5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

彼女のアパートにこっそりと‥

1 :banana-fire:2006/12/05(火) 15:20:16 0
昔、浮気の気配を感じて、彼女のアパートに不法侵入。
それがクセになって、何度も出入りしているうちにバレました。
一連の話をここで晒してみようと思うんですが、聞いてもらえますか?

2 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 15:29:10 0
おk

3 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 15:31:03 0
数年前のこと。
最近俺の部屋に寄り付かなくなった彼女を見ていて、
気持ちが離れているのを感じた。

いっしょにいても、知らない男から電話をうけていたりして、
「ずいぶん堂々とした浮気じゃないか?」
なんて、思ってた。

他にも俺の不在に部屋にあがりこんで
ネットで怪しげなチャットを利用したり、
後で考えるとだいぶ舐められてた。

それでも長く付き合った彼女のことを否定しきれなかった俺は
真相をつきとめるために、

彼女の部屋に忍び込んで、調べてみようと思った。



4 :banana-fire:2006/12/05(火) 15:37:49 0
まずは彼女を部屋に呼び、前後不覚になるまで酔わせることにした。
酒に弱いのでチューハイ3缶で陥落。
前日は夜遅くまでつれまわしたので、疲れも手伝って熟睡するだろう。

狙いどおり眠ったところで、バッグを漁る。
丁寧にビニールに包まれた鍵がでてきた。
せっかくなので他にも怪しいものがないかチェック。

ローン会社の契約書がでてきた。ダイヤのネックレスを30万で買ったらしい。
ろくにバイトもせず、おれに金をせびっておいて。。

と腹が立ったが、それは置いて、彼女のアパートに向かった。



5 :banana-fire:2006/12/05(火) 15:44:24 0
深夜だったので、周辺住民は寝静まっていただろう。
それでも音が響かないように、慎重に鍵を開けた。

これまでなぜか入ることのなかった彼女の部屋。
どんな状況なのか想像もつかなかった。
だが時間的な余裕はたっぷりある。

女の部屋とは思えないほど殺風景な部屋だった。
引っ越してきてそのままのように、積まれたダンボール。
とりあえずビニール袋に詰め込まれた洗濯物。
パッと見、注意をひくようなものはなくて、
入念にチェックするしかないと思った。

探すものは、まず他の男の痕跡だ。
衣類、手紙、毛髪、その他、他の男の存在を示唆するものがないか
しらみつぶしに調べることにした。


6 :banana-fire:2006/12/05(火) 15:54:02 0
風呂、トイレ、台所にはそれらしい痕跡はなかった。
目につく場所には、日用品しかなくて、手がかりになりそうなものはない。

手紙の束をみつけた。
最近友達からもらったものが束になって置かれていて、
その下の箱には、中学生のころからもらったものが丁寧にまとめて保管されていた。

俺ととったプリクラも、束にしてまとめてあって、すこしホッとする。

とりあえず、手紙をひとつひとつみていくことにした。
差出人が女性でも、内容にはなにか手がかりがあるかもしれない。

だが、内容は他愛のないものだった。
俺との関係についてたずねるものもあったが別段どうこうという話はしていないようだ。
膨大な量の手紙をチェックしているうちに3時間が経過してしまった。

なにも情報は得られなかったが、そろそろ帰らなければ。
このときスペアキーをとっておけばよかったのだが、眠さと疲れで思いつかなかった。
そもそも、今後さらに侵入しようというつもりも、なかった。

7 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 16:33:56 0
彼女が1の部屋で同じことしてたらうけるな

8 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 16:41:41 0
>>7
>>3

9 :banana-fire:2006/12/05(火) 17:07:00 0
なにくわぬ顔で鍵を返して一週間が過ぎた頃、
彼女は実家で不幸があって、数日間街を離れることになった。

そうなると、また部屋の中に入るチャンスだなーと思えてしかたがない。
一週間の間に、彼女の動向は怪しさをまして、疑いも募っていた。

そこで、ピッキングツールを注文した。
翌日には届いたが、なかなか使い方がわからない。
販売している人にメールで問い合わせながら、
自宅のドアや、隣の空き部屋で練習。

5分以上はかかってしまうがともかくも開錠できるようになった。

10 :banana-fire:2006/12/05(火) 17:10:50 0
技術的な不安はあったが彼女の部屋の鍵も同じタイプなので、対応できるはずだ。
夜を待って彼女のアパートに向かった。

念のため呼び鈴を鳴らしてみる。もちろん誰もでてこない。
作業にとりかかる。近隣の住民にみられたらアウトだ。大急ぎで開錠しなければ。。

慣れなのか、集中力のなせる業か、それまでよりも短い時間で開いた。
シリンダーがクルっと回った瞬間は感動でいっぱいになり、
彼女の部屋の中身などどうでもよくなりそうだった。






11 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 18:44:53 0
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::::ノ::::ぃ::ヽ::::::ヽ!
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::::::/" ::     '\-:'、
. \::゙、: : : :./:::::::::::::::::::::::::::::(・ )::  ,...,(・ ):::':、      で ?
 r、r.r ヽ 、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___
r |_,|_,|_,|`ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-
|_,|_,|_,|_,|、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,
|_,|_,|_人そ(^il:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、
| )   ヽノ |l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \
|  `".`´  ノヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ
   入_ノ   ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、
 \_/  //:::::::::            {.        V
   /   / ./:::::::::::::            ',
  /  /  /:::::::::::::::::.            ',.

12 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 20:21:34 O
早く続きが知りたい((o(^-^)o))

13 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 20:33:10 O
そしてドアノブ斎藤ノブにザーメンをつけた。

14 :夢見る名無しさん:2006/12/05(火) 20:37:00 O
まだかなまだかな

15 :banana-fire:2006/12/05(火) 23:59:58 0
部屋の中は一週間前とそう変わっていなかったが、

テーブルの上をみると、男か女か微妙な名前の差出人名の封筒があった。
動悸をおさえながら落ち着いて手紙を取り出す。

男だった。しかも熱烈なモーションをかけている。
末尾にあったのはチャットの過去ログでよくみかけたハンドル。
彼女が公衆電話から電話をかけられるようにテレカを同封したらしい。

こみあげる怒りと嫉妬。
この時点で俺は完全に切れていた。

エアコンと電気コンロを全開に作動。
風呂場で熱湯を一日中だしっぱなしにしてやった。不在のあいだそれをずっと続ける。
ろくに収入の無い彼女は困って俺に頼ってくるはずだ。。

引き出しからスペアキーを盗み出し、
ホームセンターで複製した。
これでなんでもやり放題だ。


16 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:00:43 0
暗黒士ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


17 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:06:10 0
彼女が不在の間に例の男からまた手紙が来た。
底部から開封してみた。会いたいという内容の手紙。

俺はその手紙に犬の糞をつけて封筒をうまく閉じて
郵便受けに戻しておいた。

翌日彼女が帰ってきた。
俺の部屋にくるのをドキドキしながら待った。
痕跡は完全に消したはず。だが不安はぬぐえない。

深夜彼女は俺の部屋にやってきた。
特別変わった様子はなかったが、
唐突に「ねぇ?手紙にトイレの臭いがついてるのってどう思う?」と聞いてくる。
俺は笑いをこらえながら「トイレ?トイレみたいな芳香剤の香料ってことか?」ととぼけた。

「‥そうじゃなくて大きいほうの臭いがついているの」
「なんだよそれー!?」と俺は爆笑した。


18 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:10:02 0
(0゚・∀・)ワクワクドキドキ

19 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:11:28 0
営業だった俺は、彼女が不在のタイミングをみつけてはアパートにたちより、
郵便受けをチェックしたり、部屋に侵入したりした。

郵便物はかたっぱしから開封して、工作した。
彼女は例の男に対して返信するのをやめたらしく、
もうそいつからは手紙が来なかったが、別の男からくるようになっていた。

彼女は俺の前では平然とふるまっていて、俺はそれがなおさら許せなくて
かえって行動がエスカレートした。

ある時点から緊張と疚しさで疲れきって、正直「誰か俺を止めてくれ。」と思っていた。

20 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:12:58 0
>>19
その時点でも、まだその糞ビッチのことが好きだったんですか?

21 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:13:40 0
暗黒士ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

22 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:14:27 0
>>20
わかりません、ただ、好きってなんだろ、愛ってなんだろうと悩んでました。

23 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:19:50 0
1さん・・・(ノД`)

24 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:20:48 0
月末、公共料金の請求額に彼女は少しとまどっている様子だった。
「ばーか、お前風呂とか長いからな。ちょっとは気をつけろよ。」
「うん‥」

それでも俺の復讐心は満たされなかった。
オーディオの基盤に水分をつけてボイルしてやったり、
美顔器をみつけると、バッテリーをショートさせて破壊したりした。

ちょっともうやりすぎで、そろそろ異常に気づくんじゃないかと思った。
でもバレてもいいと半分思ってた。



25 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:22:31 0
暗黒士ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

26 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:26:52 0
そして、その予感を契機に事態は悪くなりはじめた。
もしかすると俺の潜在意識がそうさせたのかもしれない。

ある日帰宅すると、彼女がアパートにいて、青い顔をしていた。
「‥どうしたの?」
「部屋にね、私がいない間に誰かいるみたいなんだよね。」

27 :banana-fire:2006/12/06(水) 00:37:54 0
「便座が上がってたの。」

明らかに俺を疑う口調だった。

「‥掃除したときに下げ忘れたんじゃないの?」とさらにとぼけた。
「あー‥そうかもしれないけど。。」

そこで話は終わった。
それにしてもなんでそんな致命的なミスをしたんだろう。と冷静なつもりで顧みるが分からない。

でも、事態は確実に破綻に近づいていた。
俺は、それでも工作をやめなかったんだ。

28 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 00:52:00 0
暗黒士ね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


29 :banana-fire:2006/12/06(水) 01:06:35 0
ある日の昼、俺は仕事中にまた彼女のアパートによった。それはもう日課だった。

生活を立て直すために、彼女は感心なことにバイトに行くようになっていた。
これは好都合とシフトをチェックして、俺は行動を拡大した。

男からの手紙にはもう慣れた。
女友達との手紙をみると、俺に対しての気持ちが冷めていることを示唆するやりとりがあった。
この期におよんで俺はまたショックをうけていた。

そして怒りのやりばを探した。
30万のダイヤのネックレス。どうせ騙されて買った安物だろう。
俺はペンチをつかってクラウンを歪めてダイヤをもぎとった。
そしてハンマーで叩いたりしてみた。
ダイヤは硬度は高いが甚性が低いので簡単に割れると聞いていたが、砕けはしなかった。
「ふん、安物でもダイヤには違いないってことか」

後で「ふとした拍子にクラウンからダイヤが外れた」かのように工作するため、ダイヤをまたクラウンにねじ込んだ。
その作業をしているときだった。

ドアが突然開いて、彼女がいた。


30 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 01:31:50 O
ワクワク

31 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 02:22:30 O
おもしろいです!

32 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 13:40:39 0
なんか焦ってる俺がいるwww

33 :banana-fire:2006/12/06(水) 18:33:55 0
「‥どうやって入ったの?」
「鍵をお前のバッグからとって複製した。」
「いつから入ってたの?」
「今日初めてだよ。」

バレバレの嘘は通った。なぜなら彼女はそれ以上の衝撃をうけてそれどころではなくなったからだ。
それは俺が手にしているダイヤのせいだった。
激しく泣き始めた彼女。

「友達に見せようと思ったのに!」と俺を詰る。
俺にしてみれば、せびりとった金をくだらないことにつかいやがって。
という思いがあったから、申し訳ないとも感じなかった。

ただ、状況をどう収集しようかぼうっとした頭で考えていた。

34 :banana-fire:2006/12/06(水) 18:35:13 0
>>32
なんで焦ってるのですか?心当たりでも?

35 :banana-fire:2006/12/06(水) 18:40:12 0
「とにかく早くでてってよ!鍵を置いてね!」

俺は鍵を渡して部屋を立ち去った。なにもかも終わった。楽になった。そう思った。

でも、彼女はその夜からも俺の部屋に来て、なにごともなかったかのように過ごした。
こんな大事件があったというのに、何も変わらないということで、俺は混乱したけど、
特に不利になったわけじゃないから、俺自身、事件を忘れた。

でも、俺の手には、予備で複製した鍵がもう一本残されていた。。




36 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 18:46:58 O
続き書いて(*゚ω゚)ノ

37 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 18:55:10 O
笑えるw

38 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 19:04:20 O
ワクワク

39 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 19:51:02 O
ageとく

40 :banana-fire:2006/12/06(水) 20:01:33 0
彼女は俺が契約するISPで勝手にメールアカウントを取得して、
男とメールしている様子だった。

ただ、接続に際してパスワードが必要なように設定しておいたから、
彼女がメールを送受信するときは、俺がいる必要があった。

彼女がいないとき、俺はメールを勝手に受信した。
そして内容を改竄してやった。
送信トレイに溜まっていたメールも改竄した。
そして保存されているやつをもとどおりに編集して偽装した。

彼女が俺のことを誰かに愚痴っていれば、
返信されてくるメールを「あなたにも悪いところがあるんじゃない?」的な内容にしてやる。
その後のやりとりをさらに偽装しなければならないから、落としどころが難しい。

しばらく部屋に侵入するのは控えていたが、情報収集には余念がなかった。
バッグに盗聴器をしのばせたり、アパートにコンクリートマイクをしかけたり‥
もうそんなバイタリティとお金があるなら、他の女を捜したほうがいいんじゃん?って自分で自分につっこみたかった。


41 :banana-fire:2006/12/06(水) 20:06:24 0
そんなある日、明らかに別れをすすめる内容のメールが
男から送られてきていた。

別にモーションをかけている雰囲気ではないが、
見も知らぬやつからそんなサジェッションが与えられているのを知って
気持ちが良いわけがない。

「そのつもりはない。大きなお世話だ」と本人に代わって返信してやりたいところだったが
偽装が困難に思えたし、彼女の反応をみたい気持ちもあった。

だからそれは改竄せずにそのままにしておいた。

42 :banana-fire:2006/12/06(水) 20:13:58 0
彼女の返信内容は
「彼の方が別れようとしないから」というものだった。

‥じゃあ別れてやりゃいいのかな。と思った。
それで、別れ話を持ちかけた。

「おまえがもう俺のことどうでもいいと思ってるなら、別れよう」
台本を読むような空々しさだったけど、案外すんなりいえた。
「そうだね。」

彼女は出て行った。
これでやっと終わった。くだらないことを続けないで済む。そう思った。でも終わりじゃなかった。

でもその翌日くらいからわけのわからない男から電話がかかってくるようになった。
「もしもし○○さんのお宅ですか?」
例のメールの男だ。俺が居ない間に彼女とこの部屋でよく電話で話していたらしいことが(しかも国際電話)
メールから推測されていたが、まさか分かれたあとに俺がその電話をうけることになるとは思わなくて
面食らった。

「あなたがなんのつもりか知らないけど彼女はでてったよ。」
そういっても聞こえないかのように
「もしもし○○さんのお宅ですか?」と繰り返す。
明らかに嫌がらせだと思った。でもどうして?
行為の内容よりも動機がはっきりしないことが俺をいらだたせた。



43 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 21:27:58 O
続きが読みたい(>_<)

44 :banana-fire:2006/12/06(水) 21:58:42 0
>>43
すみません当時のことを思い返していると時間がどんどんすぎていっちゃって。。

45 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:03:13 0
不気味な電話は数日間続いたと思う。
留守録に10件以上ヤツからのメッセージが残されていたりもした。

最初は、嫌がらせなんだからほっとけばいいと思っていたけど
だんだんそれが耐え難い恥辱に思えてきて、俺は泣いた。
悔し涙なんかながしたのはあのときぐらいだろう。

誰かに相談したかったけど、自分自身の行いが露見するのも怖くて耐えるしかなかった。
我慢が限界に達したとき、

憎悪はなぜか彼女にむかった。

46 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:15:44 0
関係が拗れてから1年半が経過していて
関係がもとにもどることなど、もはや期待していなかった。

でも、別れた彼女の部屋に、俺は侵入した。
これまでだって不法侵入には違いなかっただろうけど
事実婚に近いような関係のもとだったわけで、

それ以外にも、器物破損、窃盗、親書開封罪、電波法違反。
いろいろやったが、心理的なハードルは低かった。

でもここからはちょっと感覚が違った。
報復、それも逆恨みだと、自分でも分かっていて、
俺はいままでと同じことをやった。

もしかすると、困った彼女が戻ってくると、
心のどこかで期待していたのかもしれない。

47 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:19:37 0
でも、冷静さを欠いた行動はすぐに失敗に結びついた。
誰もいないはずの時間。

俺は仕事の忙しさのせいで少し焦っていて、
中の様子を確かめもせず、
鍵を開けて、ドアを引いた。
ドアは、しかし途中までしか開かなかった。

ドアチェーンだった。
室内には彼女が居た。

悲鳴、怒声。

俺はその場にへたりこんでしまった。

48 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:20:45 0
彼女は部屋をひきはらい田舎に帰っていった。

49 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:26:30 0
一年半の間の俺の行動は、
その後もずっと俺自身を苛んだ。

彼女との楽しかった思い出もあったはずなのに
それはどうしようもなく黒い結末に結びついて、
その部屋、その街がいたたまれなくなった。


50 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:28:51 0
だから俺は別の街にうつることにした。
決心したら早かった。なんでもっとはやくこうしなかったんだろう。
と思った。

引越しの時、衣装ケースを整理していたら、
彼女がきれいに畳んでくれた服が出てきた。
俺とは違う丁寧な畳み方なので、すぐ分かった。

涙がとまらなかった。

51 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:32:41 0
別れ話をしたときに彼女が言った言葉

お金にうるさくて、年寄り臭いあなたが嫌になった。
もっと私をひっぱってくれる人が良い。

それは確実に俺のその後に影響を与えたと思う。

好きなように、思いのままに生きようと思ったら、
ネガティブな感情に支配されることもなくなった。

52 :夢見る名無しさん:2006/12/06(水) 22:43:31 0
>>1
GJ!!!
1の気持ちはわかるような気がする。

53 :banana-fire:2006/12/06(水) 22:44:07 0
最近ビデオを整理していたら、彼女が俺に見せようとして録画したと思われるテープがでてきた。
くだらない番組だったけど、俺はちゃんと観た。

あんな壊れた関係の中でも彼女は俺に対して何かをしようとしてくれていた。
それに比べて俺は‥そう思うと、またいろいろなことが悔やまれて、泣いた。

だから、どうしていいかわからないけれど、どこかで誰かに全ての出来事を告白しておこうと思いました。


M子、元気ですか?俺はあの年月の間にたくさんの劣等感を身にまとい、
20代の大半を無為に過ごすことになった。周りの人にくらべたら、もったいないとしかいいようがないほど
暗く、情けない20代だった。

あなたのせいだと思っていたけれど、それはもちろん違う。

でも、ここから、俺は変わっていけると確信している。
あの体験すらも、俺のコアを形成する原体験として、きっと俺を支えると思います。
あの頃の思い出のものを全部捨ててしまったことが悔やまれます。
もっと、ひとつひとつの丁寧に、大事にしていけば、あんなふうに関係が壊れることもなかった。

ひどいことしてごめんなさい。そして、ありがとう。

54 :banana-fire:2006/12/06(水) 23:42:43 0
>>52
ありがとうございます。
そう言っていただけると、少し気持ちが落ち着きます。

55 :夢見る名無しさん:2006/12/07(木) 04:07:02 O
ちょっとだけ泣けた。
きっと誰もが思うことだよね。
実行しないだけ。

56 :夢見る名無しさん:2006/12/07(木) 06:52:26 O
涙が出そうになりました...
そして色々考えさせられました

話してくれてありがとうごいます...

57 :夢見る名無しさん:2006/12/07(木) 07:07:27 0
彼氏のチンポをレロレロなめて、指3本でワギナ攻められ、
バックからズコズコとチンコを入れられて、イク前に彼氏に
イカれてしまって、おま●こ拭く前にM字開脚しているところを
撮られた写真を見てみたいな〜

58 :ガチンコ:2006/12/07(木) 07:47:18 O
↑惚れた

59 :夢見る名無しさん:2006/12/09(土) 03:26:34 0
(ToT)

60 :夢見る名無しさん:2006/12/12(火) 03:13:52 O
>>1さんの話をもっと聞きたい。

61 :夢見る名無しさん:2006/12/13(水) 18:12:28 O


62 :banana-fire:2006/12/13(水) 20:31:17 0
>>60
どうも、何か付け加えることがないか、考えてみます。

63 :夢見る名無しさん:2006/12/14(木) 03:03:51 O
>>62
楽しみにしてます。

64 :夢見る名無しさん:2006/12/19(火) 06:52:07 O
( ̄□ ̄;)!!

65 :夢見る名無しさん:2006/12/20(水) 04:57:20 O
( ̄□ ̄;)!!

66 :夢見る名無しさん:2006/12/20(水) 08:10:13 O
( ̄口 ̄)

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)