5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

境界例(ボーダー)被害者友の会part54

706 :優しい名無しさん:2006/12/07(木) 01:03:47 ID:ZvIJ0i6q
包丁で父親刺殺、37歳の娘起訴事実認める 名古屋地裁
2006年12月06日20時51分
 愛知県新城市で7月、大谷久男さん(当時74)が自宅で刺殺された事件で、殺人罪に問われた同市、無職村石典子被告(37)の初公判が6日、名古屋地裁豊橋支部(島田周平裁判長)であり、村石被告は起訴事実を認めた。

 検察側の冒頭陳述によると、村石被告は7月11日、長男(当時6カ月)のことをめぐり、父親である大谷さんと言い争った際、大谷さんが「刺せるものなら刺してみろ」と言ったことに激高し、大谷さんの腹めがけて近くにあった刃渡り約14センチの骨スキ包丁で刺した。

 村石被告は99年、境界性人格障害の診断を受け、抗うつ剤や抗不安剤などを継続的に服用していた。弁護側は、事件当時、心神耗弱状態だったと主張している。



ようやく報道でも病名が取りざたされるように成った。
おせーよ

353 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)