5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)7棺目■■■

1 :優しい名無しさん:2006/10/02(月) 23:53:55 ID:yQL1xDL0
誰も立てないから立ててみた。

過去ログ
1 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053
2 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
3 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
4 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
5 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/


前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)6棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/


2 :1:2006/10/02(月) 23:58:25 ID:yQL1xDL0
それとも、このまま誰も立てないまま「死」を迎えたほうがよかったのだろうか。

もう誰も書けない、スレの存在もそのうち消えるという・・・

3 :優しい名無し三鳥:2006/10/03(火) 00:11:47 ID:rN2eztU1
3取りー!!!

4 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 00:34:19 ID:zx+9/Ig8
立ったぁ

5 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 00:37:34 ID:zx+9/Ig8
メンヘルサロン
 
死恐怖症が集うスレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1159788537/

6 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 01:59:05 ID:YN3Z2M4K
去年1回
今年も1回バイクで大怪我
来年こそ死ぬのかな…

しにたくない!

7 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 10:24:19 ID:zx+9/Ig8
おまえら元気か?

8 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 12:21:59 ID:PARVQosw
あれ?自分っていつか必ず死ぬんだよな?
これって冗談でも夢でもないよな・・・。




ハアハアハアハア・・・・



9 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 12:53:57 ID:DXNR44Yz
てか、死って何?なんでこんなに怖いんだ?

10 :クレイモん。:2006/10/03(火) 15:23:57 ID:xlREdsAB
寂しさや恐怖や苦しみは、こういったサイトでは和らげることできないのかな。
誰かと話してみたり、そんなことが重要でしょうか?

■自殺者と未遂者の7割が事前に誰にも相談していない。
■自殺者と未遂者の3割が事前に人に相談している。

どう受け取るべきなのでしょう。

http://www.geocities.jp/o_wonderland/

11 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 16:04:13 ID:zx+9/Ig8
スレ違いじゃ
自殺とかこのスレでは禁止


12 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 16:07:28 ID:zx+9/Ig8
>>8そのいつかが・・・・・

13 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 17:33:24 ID:zx+9/Ig8
このスレ過疎り過ぎ

14 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 18:27:39 ID:zx+9/Ig8
なんだかなー異常なタナトフォビアだから、いつも発狂

15 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:11:09 ID:xm+Mx42D
夜寝る前とか無性に死ぬ事が怖くなったり、なんだろ…私は今生きてるけど、いつ死ぬかわからないし怖いとか考えたり、焼かれる時この体はどうなるんだろう…
とか考えるのって死恐怖症ですか?

16 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:11:58 ID:xm+Mx42D
↑のですが最近は授業中も考えるようになりました。

17 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:19:38 ID:UZ1kxv+0
過疎のほうがいいんじゃないのか

18 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:45:46 ID:zx+9/Ig8
>>15完全なタナトだね
死がきて、完全な無が訪れる。思考の断絶である。そしてそれが永久、まして永久すら感じることができないから

19 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:46:33 ID:zx+9/Ig8
>>16オレなんかいつもだよ。このスレのレスほとんどオレだしorz

20 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:48:20 ID:zx+9/Ig8
>>17過疎は寂しい


21 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 19:54:25 ID:xm+Mx42D
ヤバいんですか?

22 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 21:08:42 ID:zx+9/Ig8
別にやばくないよ
てか大学生板からきた?

23 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 21:27:06 ID:07nUlAMn
ていうか死って何だ?無って何だ?
自我や意識の消失のことか?

そもそも自我や意識って何だ?
己の存在を知覚できることか?
なんでそんな感覚があるんだ?

たぶん生物が、より確実に生き残るために
感情というメカニズムが生まれ
それが結局複雑に進化して
己とは何かと迷い、死を恐怖するまでになったんだろう

そう考えると肉体という存在を
生き残らせるために出来た意識が
肉体が滅びた後まで存在する意味はないわけだ

そう考えるとやはり死は・・・・・無だ

24 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 22:07:59 ID:xm+Mx42D
考え過ぎて発狂する時があっても正常ですか?

25 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 23:27:08 ID:7hcGgIyW
ニュース23 の「がんを生き抜く」を見てしまった!死ぬの怖いよぉぉぉぉ!

26 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 23:51:20 ID:zx+9/Ig8
無が続くが それすら意識することができない無

27 :優しい名無しさん:2006/10/03(火) 23:56:18 ID:zx+9/Ig8
人間は死から逃げられない
いつかは・・・・
しかし その いつかが

28 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 00:24:44 ID:pqEoFOl6
目を閉じて何も考えない
これが ずーと続く
続くという感覚すら残らない無

29 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 00:36:04 ID:pqEoFOl6
ずっーと って感覚もなくなるんだろうな

30 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 01:30:57 ID:mpdTbZtg
秦の始皇帝は「不老不死」の薬を欲しがったらしいが逆に考えてみて、もし人間が死ねなくなったら・・・。
何万年も生き続けたら・・・。そっちの方が怖いと思うよ。なんかそんな小説あったな。恋人も友達も
子供もみんな死んじゃって自分だけが何百年も生き続けるの・・・。怖いというか悲しい話だよ。

人間は生まれる前は何処にいたのかな?死んだら元の場所に戻るような気がするが・・・。
魂のふるさとというか・・・。よくわからないけど。
あとは宗教によって解釈が違う。

ちょっとスレ違いですね、失礼しましたm(_ _)m

31 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 01:32:30 ID:bDTBFAum
>>30
頭ではわかっていても怖いものは怖い

32 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:16:49 ID:pqEoFOl6
死んだら意識が消滅。完全に無くなる
始皇帝の意識が何千年も存在すると思うのか?

33 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:32:27 ID:pqEoFOl6
10日すら死んだ意識が存在する疑わしいのに

34 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:34:02 ID:pqEoFOl6
はっきり言えば10日っての100%あり得ない、なら何日意識って存在するんだよ!
死んだら消滅するぐらいだろ

35 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:35:55 ID:fWUXfLEU
また恋人作るし、何度でもやり直す。
一度きりの短い人生だから一人の人を愛するしか出来ないと思い込むんだよ。

36 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:54:09 ID:pqEoFOl6
短いの?

37 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 02:56:15 ID:rfF4u2aX
死に近付く

脳の働きが衰える

知覚力が鈍る

時間の感覚がだんだん長くなる

つまり死の直前の状況を無限の時間をかけて味わうんだと思う

38 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 03:49:40 ID:igaJIu1m
>>1


39 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 04:00:14 ID:IdXgfzrn
>>37
そのときに自らの死を受け入れ、
幸せを感じられる状態なら永遠の幸福が得られる。
つまり天国へ行けるということか。

40 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 04:56:31 ID:9DxzKSgq
タナトフォビアという言葉を今日初めて知りました
これからよろしくお願いしますです

41 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:06:59 ID:pqEoFOl6
眠ったときが怖い
気持ち悪くなってくる
無意識の状態といより意識の断絶
つまり一切の終わり
そしてそのいつかが・・確実に・・・・
足音?









うぎああああぁあああああああああああああああああああ

100年前のタナトフォビアだった人は・・・・・・・







42 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:15:02 ID:v7AGJd4V
夢は異世界で、その異世界に飛び込んだ瞬間私は死ぬのかな?
もしかしたら今私が生きてる世界が夢で…


考えるだけで怖い。

43 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:24:20 ID:pqEoFOl6
死んだら異世界なんてないよね。無なんだよね。それが永久なら
今生きてること自体無なんだよ


44 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:32:48 ID:pqEoFOl6
空を見てみれ

息をしてみれ

物を触ってみれ

感じる

それが生きるといこと
それはミニスカート生きているということ
それは鉛筆
生きているということ
それは



45 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:47:55 ID:AdaytUxr
自分の死も周りの人の死も怖い。
家族の体調が悪そうだと想像してしまっておかしくなりそう。

46 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 09:59:50 ID:pqEoFOl6
今日は
なんか安全運転で

47 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 10:00:47 ID:pqEoFOl6
そー言えば
丹波さんの意識はまだあるの?
ってかないだろうね

48 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 11:07:04 ID:pqEoFOl6
怖いいい

49 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 11:17:15 ID:pqEoFOl6
無が怖い


50 :とむ:2006/10/04(水) 11:40:48 ID:bKyobsjF
無を受け入れたい














今日こそは…















結局できないんだよな…

51 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 11:57:37 ID:pqEoFOl6
こっちのスレでは向き合ってみることにしたお
死恐怖症が集うスレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1159788537/

52 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 12:15:41 ID:pqEoFOl6
あひゃやや
3:死恐怖症が集うスレ (7)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1159788537/

53 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 12:23:05 ID:VNFetypr
北朝鮮の核でズドーンと死んだりしないだろうな。

54 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 12:32:25 ID:pqEoFOl6
もっと確率が高いのは 交通・・・・・

55 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 12:42:53 ID:pqEoFOl6
もっと確率が高いのは頭の上から・・・・・・・・・・

56 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 13:15:32 ID:Bav53iA4
もうこのスレ飽きた。
グダグダ言ってないで医者で安定剤もらえ。


57 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 13:45:00 ID:TMj4GAXk
>>56
はぁ?じゃあ来なきゃ良いのにw

58 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 15:18:18 ID:fnivU+TU
自分が消えて無くなることについては無上の喜びを感じるけど
死の際に味わう苦痛がただひたすら怖い。

59 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 16:26:00 ID:pqEoFOl6
無になるのが怖いのです

60 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 17:40:30 ID:pqEoFOl6
怖い

61 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 19:14:18 ID:pqEoFOl6
おまえらもしデスノートみたい
人生の最後分かったらどうする?

62 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 19:16:59 ID:65z504gz
自殺する

63 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 19:44:34 ID:pqEoFOl6
自殺なんて怖くてできねーよ

64 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 21:41:22 ID:pqEoFOl6
うわい

65 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:08:39 ID:pqEoFOl6
さてここで疑問だ
当たり前だが、動物にすぎない人間は死んだら無であるが、死は一度きりということである
つまり、過程は無茶苦茶怖いが
死んだらその思考すらできないから
怖いことなのか?
結論が無なら恐怖も無に等しいのでは?

66 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:41:23 ID:DUiSvSxd
ああああああああああああああこわいいいいいいいいいいいいいいいいいい
>>65
だからその無が怖いんだよおおおおおおおお

67 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:52:12 ID:hB4YjDwH
太平洋戦争当時タナトだった人は地獄だろうな………。

>>65
そういうのはタナトにとっては思考の根幹だから説得には使えない。

68 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:53:45 ID:pqEoFOl6
いや、まて落ち着くんじゃww
その無を実際に感じることはできないんだよ。死んだ後一切の無がきてそこで終わり
ならこの恐怖は生きているうちに存在するが、死んだ後はその恐怖すら存在しない
つまり生きている間、宗教に頼ってしまえばある意味勝ち組ではないか?

69 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:54:42 ID:tbLB9+R3
だが今は無じゃないからね。有だ。意識五感思考およそ生命あるところにあるものがある。
有→無への通る際のどういったフィルターをくぐるのか。
痛いのか怖いのか寒いのかそしてその先はあるのか。

今が無なら何も変わらないが有→無の際にかかる摩擦がこわいのだ。

もっとも俺はそれは怖くない。自分のことは我慢できる。もちろん怖いけどね。
父母姉弟大切な人のその苦悩へのシンパシーが怖いよ。

死は必然だから対処方なんてないよね。何も考えるなって言うしかない。

70 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:57:31 ID:DUiSvSxd
自分という概念
自分という存在が消えてしまうのが怖くて怖くて・・・
宗教とかに頼ってもやっぱり死んだらどうなるとか考えてしまう
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああせrがうぇ0rkg

71 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 22:59:41 ID:tbLB9+R3
>>67は死が怖いの?
てことは満たされてるのかな。
俺は全然楽しくないし先も恐らくこんな感じだからあんまり執着はないな。
自殺はしないけど。

だからつかの間でもやりたいようにやんなよ。つかの間っていっても長いしさ。
死に立ち向かうエネルギーを溜め込むの。快楽を満腹にするの。後腐れなく。



72 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:00:25 ID:pqEoFOl6
そしてこう考えることができる
"生きている"ということは"死んだら無になるのだから、意識も消滅する
つまり"今"という時俺たちの意識は存在するが いつかは消滅する。それも永久に
だったら初めから無なんだが、この恐怖は今だけのものだ
だったら宗教にすがって自分を最後まで騙してみるのは
意外に損ではない

73 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:01:47 ID:tbLB9+R3
死ぬ過程は多分眠たいんだよ。
眠たいってことは寝たいってことでしょ?

だから持ち越す心配や未練のない状態でその時を向かえようよ。

74 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:03:24 ID:tbLB9+R3
>>73
でも今は無じゃないじゃない。

75 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:04:26 ID:pqEoFOl6
100年後このスレの住人は無である
つまり
意識は初めから何も無かったことになる


76 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:05:46 ID:tbLB9+R3
>>75
でも今は確実にあるでしょ。
100年前は無だよ。今の。

77 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:07:06 ID:pqEoFOl6
どちらにしろ死んだら無なんだから、すべては消滅する
ただ今、勝手に恐怖心を抱いてるだけ
その時が来たらすべて消える
それは宇宙すらも消し去る
だったら 考えないで生きてみるのも良い


78 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:08:28 ID:tbLB9+R3
そうだね。考え抜いた過程より生きた結果だよ。
飽きようよ考えることに。

79 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:09:54 ID:pqEoFOl6
AくんBくんは人間である
Aくんは
意識が存在する間
彼女と恋愛を楽しみセックスしまくった
Bくんは
脅えまくり何もしない
さてどちらも無になるならどっちが素敵だ?

80 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:11:33 ID:pqEoFOl6
このスレには俺のレスが一時間おきにある


81 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:11:39 ID:tbLB9+R3
一緒かもしれないけどA君かな。
その思い出が防具になるよ。

82 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:12:10 ID:tbLB9+R3
一時間置きじゃないがw

83 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:13:21 ID:IdXgfzrn
>>79
それで比べるとA君かなと思うけど
A君は最後の瞬間に得たものを失うことに対してどう思うだろう。
未練なくというか、納得して最後を迎えるにはどうすればいいだろう。

84 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:13:26 ID:pqEoFOl6
俺をID検索してみるか
このスレで俺のIDを探してみたら
分かるが
俺はずっと発狂してる

85 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:15:04 ID:pqEoFOl6
まぁどうでもいいよな
今から目をつむって何も考えない無意識な状態を保つと
不思議なことに気づく
意外に怖くない

86 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:15:53 ID:+MzLdS1E
理想を言えばこの世界に溶けたい
恒久的な存在になりたい

87 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:16:27 ID:tbLB9+R3
お迎えが来るって表現使うよね。
それに当てはめると、貴方が五歳くらいで友達の家に遊びに行ったとき
人のするゲームを眺めてるのか一緒に野球やるのかそれ以上にやりたかったプランを全うするのか。

帰るよ〜の一声でどれで満足できる?


88 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:17:34 ID:pqEoFOl6
タナトフォビアは実は死と向き合うことが最大の治療なんだよ
Latin語でCatholicなんかではよく使われるメメント モリ
は常に死を思え
おまえらは一日何回を死を意識してる?

89 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:20:28 ID:tbLB9+R3
意見を交換しようぜ

90 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:20:41 ID:pqEoFOl6
どうせ死んだら何も分からない
これが事実だから、今の恐怖なd

91 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:22:18 ID:tbLB9+R3
まあ土田世紀の雲出る処を読めよ。

92 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:24:10 ID:+MzLdS1E
多少キチガイじみてても女子は貰い手がいるからいいよね
男のキチは相手にされないし寂しい

93 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:27:29 ID:tbLB9+R3
>>92
欲望があるなら努力して頑張りなよ

94 :優しい名無しさん:2006/10/04(水) 23:35:23 ID:fnivU+TU
死ぬのもずっと眠った状態でいるのも同じだよ

95 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 00:30:58 ID:6thu1Fmq
それは厳密に言えば違う
眠るのではなく一切の停止である
つまり意識することもできない無
そして無がさえも意識できない無
>>89の言うとおり
このスレではなんらかの意見を出し合いたいよな

96 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 00:33:36 ID:6thu1Fmq
ただ問題がある
それは意識の消滅はどの時点なのかである

97 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 00:37:47 ID:6thu1Fmq
まぁはっきり言えば死後、消滅するのは確かである
400年前の秀吉の意識が魂となって存在するのなんてありえない
2000年前ならもう絶対ありえない

98 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 00:43:50 ID:USU4sP9q
死は意識の喪失派が多いな。
私は輪廻転生派でも死が怖い派なんだ。

記憶が無くなって人格が変化するなら
今の自分は無に帰するのと同じに感じる。
あと来世でとてつもなく悲惨な目に遭うんじゃと思うとすごく怖い。



99 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 00:52:12 ID:6thu1Fmq
どちらにしろ結局は意識は完全に抹消される。つまりソレで終わり。
そこから先も後もない


100 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 04:23:18 ID:WCR2yonr
100

>>86
火の鳥のコスモなんとかですね

101 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 09:19:47 ID:6thu1Fmq
ウホ

102 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 10:01:17 ID:qfLeyCAJ
>>95
現実逃避出来るならどっちでもいいよ。
少なくとも眠ってる間はつらい現実を忘れられる・・・

103 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 10:19:46 ID:6thu1Fmq
逃避にはならないよ
だって想像してみなよ
永久の無が続くんだぜ
永久すら意識できない無がくる


104 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 10:48:02 ID:qfLeyCAJ
>>103
無がどういうものかなんて誰にも理解出来ない。
とにかく今の生活が終わればいいんだ。
そして、その後また違う誰か、何かとして違う生活を
させられるような状況にならなければいい。

105 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 12:19:29 ID:6thu1Fmq
一切の断絶だから続きはない

106 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 12:53:57 ID:uKTjph6x
時間は止まらない。

産まれてしまった以上、死は絶対だ。
このスレを見ている全員が死を迎える。
例外は・・・ないっ!!!




107 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:38:47 ID:H1iMYsf/
んーどうかな?以前どこかの国が実験で102才の年寄りが古びた臓器を若い人の臓器と移植して余命が約20年伸びたらしいし。ただ実験段階でコストが問題視された。
ならばと今度は脳を若い体に移せば良いのでは?要は容器さえあれば。と言った案が出てた。予想された問題点が体の拒否反応、しかし結果は難なく無事成功。
こんにちではすでに血液型の違った臓器も移植できるように研究がされているし。

108 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:41:33 ID:6thu1Fmq
たださー結果的には死ぬという現実があるんだよね
そのいつかが分からないだけなんだよ


109 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:41:44 ID:H1iMYsf/
ふと思ったけど体は若くてもボケたりしそうに俺は思ったけど...

110 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:42:35 ID:6thu1Fmq
どんなにあがいても 結果的には死がくる。これからは逃れようとしても、必ずくる
どんな形であれ・・・・・・・

111 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:44:43 ID:H1iMYsf/
しかし昔から人間ってのはどんな人種も共通して不老不死にこだわり続けてますね。

112 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:45:48 ID:6thu1Fmq
香田さんみたいに国際情勢に突如巻き込まれたり
尼崎脱線みたいに突如

阪神淡路大震災みたいに突如

丹波哲朗みたいに突如

113 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:47:05 ID:6thu1Fmq
無の恐怖は死んだら無なんだから感じないジャンという現実もあるし

114 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:48:24 ID:6thu1Fmq
例えば今日のニュースみてみろよ


115 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:49:58 ID:H1iMYsf/
様はその死ぬ瞬間をどうにかなれば・・・

116 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:51:02 ID:6thu1Fmq
それが突然ならいいのか?

117 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:53:06 ID:H1iMYsf/
ん?今つけてみるよ、なんかあったのかな?

118 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 13:55:58 ID:H1iMYsf/
いやさー突然とかより眠るように死ねたら一番ベストなのかなぁーってさ・・・。

119 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:07:47 ID:H1iMYsf/
ま、そんなに良い話しは無いかな、、年取ってボケる前には苦しくても死にたいや、孫子供に自覚なしに糞尿たれる姿を想像したら・・・死んだほうがましに思えてきたW

120 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:15:14 ID:H1iMYsf/
ちょっとだけ来世は犬です!って言われたのが気になるな〜Wえっ?!犬!?・・・ワンちゃん・・?ってW

121 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:33:22 ID:6thu1Fmq
>>118それってごく希だよ

死んだ方がましとか思えないのがタナト


122 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:46:01 ID:6thu1Fmq
デスノのリュークは人の最後が分かるんだよなぁ

123 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:54:55 ID:6thu1Fmq
ぐぁはひゃひゃははふひゃひゃひゃ







そうだ
おかしくなればいいんだ

124 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 14:58:38 ID:w0r8q1jv
それよりも医者行けってのに・・・
医者行く金も根性もないのか、発狂連中どもは。

125 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 15:13:32 ID:6thu1Fmq
保険が利きます
薬である程度落ち着きますが、なんの意味もありません
これといった療法はないのよ

126 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 15:41:20 ID:6thu1Fmq
うわあああああ

127 :124:2006/10/05(木) 16:18:35 ID:w0r8q1jv
>>125
そりゃそーだ。人間の致死率は100%だもん。
でも恐怖を和らげることは確実にできる。


128 :優しい名無しさん:2006/10/05(木) 17:08:18 ID:2bUWBjb0
とりあえずこれ見たら落ち着いた
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159713974/

129 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 00:21:13 ID:2uiBKD0x
てか死は100%
いつかは不確定

130 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 00:41:37 ID:Y7DQqPg/
死にたくない…
このまま寝たら死にそう…
死にたくないよ…助けてぇ…

131 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 00:49:41 ID:p8hq8GgN
眠ってるうちに死ねたら最高じゃん!!
って思える俺は死恐怖症ってやつではないのか。

132 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 03:09:03 ID:2uiBKD0x
起きた感想どうだ

133 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 04:36:51 ID:eq5EvsA/
起きた自分と、寝る前の自分は同一なのか自信がなくなる時がある

寝る前の自分はもう死んでいて
起きたこの自分というのは生まれたものではないか…

とか思ったり

134 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 07:59:10 ID:2uiBKD0x
それなんか別の病気w

135 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 08:19:55 ID:eq5EvsA/
ん…タナトフォビアから派生してでてくる思考のひとつです、と言っておきます。。。

136 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 08:25:50 ID:3jBA+1aG
ネクロフォビアと違うの?

137 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 09:50:43 ID:eq5EvsA/
>>136
ネクロフォビアは死体恐怖症、じゃなかったですかね…たしか

138 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 09:57:45 ID:NAE+0+y0
ネクロフォビアってFFXのボスでしょ?神竜がいるダンジョンにいて、最期はギルガメッシュと自爆するやつ。

139 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 12:33:40 ID:2uiBKD0x
いろいろあるだろうけど
意味は同じだよ

140 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 15:06:54 ID:2uiBKD0x
タナトス

141 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 16:01:22 ID:2uiBKD0x
フォービァ

142 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 18:00:14 ID:eq5EvsA/
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2419025
タナトフォビアとネクロフォビアの違い

自分はここの発言を参考に発言しました

143 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 18:02:38 ID:eq5EvsA/
タナトフォビア⇔タナトフィリア

144 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 18:04:24 ID:nV50b0cD
釘を頭に打ち込まれた3遺体が見つかったって。。。
ガクブル

145 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 18:15:46 ID:rEV5Qdyx
個人的な意見で悪い。

この言葉にすがりついてる奴が嫌いだ。
大半の人は違うと思うのだが、自分はタナトフォだから〜と振りかざしてウザい。
彼の気持ちの全てを否定するつもりはないのだが、
その自分に酔っているとしか思えない。


自分勝手だと思うがsage推進でお願いしたい、

146 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 18:43:06 ID:eq5EvsA/
>>144
ガクブル
>>145
正直言うと…その言葉にすがりついています。。。

147 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 22:18:43 ID:Rqqrtzw3
オレもどうやらこれみたいなんだけど、病院の何科に行けばいいの?

148 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 22:50:58 ID:2uiBKD0x
自分に酔うとか意味不明ですね
はっきり言って酔えるならまだマシ

これは酔うのではなく発狂するんです

死んだら完全しかも永久の無がくるんだ
それが怖い

思考の停止

149 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 22:52:05 ID:2uiBKD0x
今日だって嫌なニュースがたくさんあった
バイクの女の子は可哀想
突然だったんだろうね


150 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 23:22:40 ID:XnRXqaiy
この動画見れば、スッキリするぞ。死を恐れる諸君。

Meteorite Collision 隕石衝突シミュレーションと、隕石回避法
http://www.hiroburo.com/archives/50264868.html

151 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 23:26:16 ID:rEV5Qdyx
生憎酔ってたりすがりついてるのは俺じゃないんだよ。
そいつは掴まえて言ってやれw

まぁ、そいつは酔ってる自覚がないが、タナトフォビアだから…と言っている時点でアウト。
もう耳にタコが出来る程聞かされる訳だから、嫌にもなるw

152 :優しい名無しさん:2006/10/06(金) 23:49:20 ID:rBiHJ3Yj
>>150の米見たらいいこと書いてた

>けっきょく、地球は遅かれ早かれいつかは死んでしまうということだ。それは生命あるものはいつか滅んでしまうということ。大きな視点で考えればの話だがな。
>こういう話を知っているか。
>「この宇宙は現在膨張している」で、考えられる宇宙の結末は二つ。
>一つ目は、いつまでも限りなく膨張し続ける、ということだ。但し、有限の宇宙が膨張し続ければ限りなくその密度はゼロに近づく。
>そのうち、夜空には、星が輝かなくなる、と想像される。但し、その時まで地球があれば、の話だが。膨張し続けると宇宙は暗黒の冷たい世界となり生物が生きる可能性もゼロになるということだ。
>二つ目は、今は膨張しているが、どこかでこれが収縮をはじめる、ということだ。「輪廻」という東洋的考え方から行くと、こちらの方が納得しやすいと思う。
>つまり万有引力が、膨張する力をどこかで上まわり、そのうち星々は近づきはじめ、それはどんどん加速し、最終的(?)には、この宇宙は、一点にまで縮む。
>一点に縮んだ後は、もう一度ビックバンが起こる。つまりまた同じことが繰り返されるということだ。
>どちらの説にせよ、宇宙は死ぬ運命にあるということ。もちろんそれは地球や地球に生きている生命にも同じことが言える。「けっきょく」というのはそういうことである。
>しかし、「けっきょく」にはもうひとつの逆の意味がある。それは私達はけっきょく生きねばならないということだ。
>どんな悲惨な結末があったとしても、今を精一杯生きる権利がある。美学で言っているのではない。生きる理由がなくても。それが最大の使命であると私は想っている。
>だいぶ長くなってしまって申し訳ないが、以上だ

153 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 00:34:32 ID:uljhHila
死を怖れながらも死に惹かれる自分がいる。
何一つ確かでない世の中で「死」だけは「絶対」だもの。

154 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 01:35:11 ID:W73+8P4w
あぁ 今日のバイクの女子大生可哀想だよな
まさか後ろトラックに・・・・・・・なんて思ってもいなかっただろうに
バイク乗るの止めよう
てか 昔、三菱自動車の何だっけ?アレ?

155 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 01:43:44 ID:W73+8P4w
パナマ船座礁
日本船座礁
車椅子が電車に
自分の大学教授が
こんなニュースばかりだ

156 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 01:51:19 ID:W73+8P4w
変な話し
隣は外国人で地震に弱いボロアパート
ボロバイクすでに何回か転けてる
それで高速に職場に凄いスピード
enjoyスリリングライフ

157 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 08:26:09 ID:Oau55JyG
なんかこのスレって死のニュースが多いんですね…あう…

158 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 12:49:46 ID:W73+8P4w
じゃお前
テレビ観てみろよ
今日だけでどんな不愉快なニュース
突然・・・
まさか車に乗ってて巻き込まれと思わんだろ


159 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 13:14:22 ID:Oau55JyG
んー…子供の頃、とかですかね、いつどこから死が訪れるかもと怯えていましたので色々心配していました、そういえば

160 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 15:34:54 ID:W73+8P4w
バイクなんか危険度が高いから乗らない
牛丼食べたいけど食べない




161 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 15:48:00 ID:BdVrg+/5
>>sageていきませんか?

せめて此所では落ち着きたい…

162 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 16:17:13 ID:W73+8P4w
無理ですわ タナトフォビァをナルと勘違いしてる方ですよね?

163 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 20:49:49 ID:W73+8P4w
だいたい一日何回死について考えてるか知りたい

164 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 21:11:26 ID:W73+8P4w
私は一日中死について考えてしまう
バイクに乗ってるとき
職場で働いているとき
飯を食べているとき・・・・・・
分かるでしょ?この恐怖

165 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 21:12:26 ID:W73+8P4w
私は一日中死について考えてしまう
バイクに乗ってるとき
職場で働いているとき
飯を食べているとき・・・・・・
分かるでしょ?この恐怖

166 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 21:20:34 ID:Oau55JyG
とりあえずですね
シンドラーの事件以来僕はエレベーターに乗る時も緊張していますよ、と言っておきます

167 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 21:45:30 ID:aio0Jl9i
わかるけど、誰だってそうだよ。

168 :優しい名無しさん:2006/10/07(土) 22:23:14 ID:mOXUdF8O
死恐怖症でバイク乗るって凄いな

169 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 00:07:00 ID:qBwNXxYk
だよな しかしバイクは早い

170 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 00:07:51 ID:W73+8P4w
本田ミナコとかの意識この場合、魂とかある?

171 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 00:53:36 ID:qBwNXxYk
結局、宇宙もてか地球もなくなるみたいだね。
死後の世界なんて人間の希望的観測
すべて無になるんだよなぁー無というより意識の断絶と消滅
つまり、永久に消えてなくなる
だから魂なんて存在しないのかな?

172 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 02:18:54 ID:6L6+JtC+
そんなこと言うなよ…
ここなら落ち着くかな?と思ってきたら逆に怖くなってきたorz

173 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 02:24:05 ID:6L6+JtC+
連投ごめん
タナトってどこからタナトになるの?

話し方が悪いせいか親に話してもうまく伝わらない

174 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 02:29:22 ID:MsQ9rcwz
ごめん俺の頭じゃ一般ピーポーの言ってる意味が良くわかんない。

175 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 02:36:51 ID:MsQ9rcwz
俺は子供の頃からこの恐怖に苛まされてきた、授業中この事ばっかり考えてた、が!16才ぐらいに克服できた、今ではここ読むと昔の俺が一杯いるみたいw

176 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 07:54:29 ID:ARX8x470
>>173
タナトス?
死の神?

177 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 08:45:30 ID:AJGFOV1A
死ぬのが怖くて自殺したいと思ったことがある。

178 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 09:01:21 ID:AJGFOV1A
死ぬのも怖いが、それよりわたしは「永遠」という物が怖くて仕方がない。
……わたしはどこから来て、どこへ行くのか。宇宙開闢以前はどうだった
のか。宇宙が熱的死を迎えるか、あるいは一点に収縮してしまったら、
そのあとどうなるのか。時間に始まりと終わりがあるということが、どうしても
納得できない。わたしも子供の頃、時々こんなことを考えては、恐怖に
震えていた。

179 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 12:10:56 ID:qBwNXxYk
とりあえず
死と向かい合って生きていこうと思う

180 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 14:25:57 ID:qNYzosMO
漏れも、子供の時、

太陽が50億年後(100?)に膨張して地球を飲み込む、

という話をはじめて聞いて大ショックだった。
いままで永遠につづくと思っていた世界に終わりがあることを知って。
はじめてのタナト。

181 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 16:13:14 ID:qBwNXxYk
今生きている人はそれよりも遙かに短い

182 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 17:27:42 ID:zRly9uXM
亀でスマンが。

>>85
>今から目をつむって何も考えない無意識な状態を保つと
>不思議なことに気づく
>意外に怖くない
>>86
>理想を言えばこの世界に溶けたい

「宗教に逃げる」と云うのを嫌悪する人もいるみたいだけど、「死後天国にいけますよ」
「生まれ変わりがありますよ」と云うのを信じられないと言うのは分かる。

でも一部の仏教では死後について語らず(輪廻について語らない)、死を受け入れる
よう説くものもある。座禅なんかは>>85の考えに近いし、>>86は「自然と一体化する」
と云うことだと思う。座禅をすると、周りと一体化し、自分が溶け込んだように感じるこ
とがある。自然と一体なら死も怖くない気がする。もともと仏教は執着することを諌め
る。いわゆる俗欲はもちろん、生への執着も当然諌められる。

まあ座禅の場合、終われば元に戻ってくると言うのが分かってやるわけだが・・・。で
も座禅の最中、寝ている最中って怖くないし、その状態がずっと続く(現世もしくは起
床した世界に戻らない)のも嫌じゃないと感じている気がする。

その辺を悟れた人がこの恐怖とも逃れられ、生への執着も捨てられるのだろうか・・・

183 :182:2006/10/08(日) 17:32:35 ID:zRly9uXM
念のため、禅宗は輪廻を語っていないと言うわけではないので・・・

誰か宗教に詳しい人いたらよろしく。

184 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 19:19:24 ID:yfeERLRB
>>176
thanatology:死亡学
からきてると思われ

185 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 21:07:22 ID:zRly9uXM
>>184
それは「サクラ貝は桜色からきていると思われ」と言ってるようなものでは・・・

186 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 21:19:18 ID:P3eDv7YS
>>182
同意
華厳経では一瞬の中に永遠があるとか、禅では「今」しか存在しないとか。
宗教は単純に死後の世界に望みをかけるのではなくて、
世界との一体感や永遠に生きる大安心に繋がる感覚を手にするものだと思う。
現世では時間と空間という座標軸に規制されて生きるしかないわけだけど、
座禅やキリスト教なら観想によって、そういう座標軸から解き放たれた時に
ふれる感覚が「真理」であり、その感覚を手にするために、宗教があるのだと思う。
また、その真理に目覚めたとき、今まで実感してきた世間は「虚仮」であり「夢」と感じるそうな。
宗教的真理というと、我々俗人の目にはそれこそリアリティーのない夢物語のようだけど、
それに到達した人から見ると、俗人の執着こそ、夢みたいにはかない実体の無いものなんだろうね。

>>184
語源「タナトス(ギリシャ神話の神)」の派生語が「タナトフォビア」であり「タナトロジー」であるってことじゃないの?
「さくら」の派生語が「さくらいろ」「さくらがい」であり、
「エロス」の派生語が「エロトピア」「エロガッパ」と同じで。


187 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 23:07:56 ID:+eCAF+ai
俺も1年前はタナトだった
電車に乗ってたとき、ふと100年後ってどんなんだろ?って考えてたら、
てか、100年後俺いないじゃん。死んでるじゃん。うわ!やばい。俺、いつか死ぬんだ
怖いよ、怖すぎる。この目の前の人たちは、笑ってるけど、死ぬの怖くない??
うわ!俺、やばい事に気づいたな。どうしよう
ヤバい、怖いよ
ってなって、1週間くらいずっと食欲もなかった
過去に失恋で悩んでたことも、このことに比べたらカスに思えた
本当に死ぬのが怖かった
けど、今は違う
また、失恋したんだ
辛い、死よりこっちのがやっぱり辛い
もう、死ぬの怖くない
死にたい
タナトの人は、失恋しましょう
死なんてもうどうでもよくなるから

188 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 23:39:32 ID:ARX8x470
>>184
いや…?はわからないって意味の?じゃないんで…

189 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 00:17:54 ID:HWP/LsM3
>>187
その人の優先順位にもよるよな
恋愛を第一に考える人なら失恋は一番辛かろう。
学歴を第一に考える人なら受験落ちは一番辛かろう。
お金を第一に考える人なら貧乏は一番辛かろう。
まあいろいろ複雑に混じってるから一概には言えないんだろうけど

ちなみに自分は、失うものは1つしかないので
やっぱり死が一番怖い。
>>187 恋愛出来るんだからまだ死にたいとか言うな。これから楽しいこといっぱいあるぞ。がんばれ。

190 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 02:06:19 ID:LNBQLZgv
ああああああ

191 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 02:16:24 ID:elO/CuAV
今年こそはと思ってた国家試験に落ちた。

妹が先に社会人になり、
友人は結婚したり親になったり転職したりと
確実にライフステージを進んで行っている。

なのに自分だけ学生時代同様バイトして自宅で親の世話になっている。

時間の流れに取り残されてこのまま消えてしまいそうな気がすることがある。
自分はほんとはもういないんじゃないかと思うこともある。

恋人はいるけど、価値観が違いすぎて
明らかに社会生活のパートナーにはなれそうにない。

このまま親に迷惑かけて
あると信じている自分の能力も熱意もおもてにだせないまま
消えてしまうんじゃないかと怖くてたまらない

死を意識するときほど生きていると思うけど怖い

192 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 07:25:30 ID:UwqV7++h
この世って下手なファンタジーよりよっぽど不条理な世界だよな

193 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 09:43:28 ID:6LQHI975
このスレほんまおもろいわ〜

毎日笑いを提供してくれてありがとさん

194 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 11:46:26 ID:lrmeNE5p
私は恐怖は感じないけど、『死』って不思議でしょうがない。自分が死んでも世の中は動き続ける。けど、それをよく考えるとカナリおかしい。この世界は誰かが作った仮想世界なんじゃないか?とか思っちゃう。
死んだらどこに行くんだろ?死後の世界があって魂が生き続けるなら、何で人は死ぬんだろ?
マジ不思議ー

195 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 12:58:53 ID:ZskdpQ75
自分以外の人たちが亡くなったら、死後の世界は〜なんて都合良く考えてるけど
自分が死んだ後にそういう世界(霊界?)があってなんて考えたら怖すぎる。

196 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 16:27:39 ID:GvBzABYf
突然の事故や病気等で死んだらどうしようという思いが頭から離れない。死ぬ原因なんていくらでもあるよね?
パソコン等で衝撃映像やグロ画像とか見てしまったら余計に怖くなる。その瞬間はどんなんだったんだろ?とかもし、自分だったらとか考えてしまう。
また、まだ小さい子供がいるのだが、この子がもし不慮の事故や病気等で…等と縁起でもない思いが浮かんできて苦しい。
頭がおかしくなりそうだ。これもタナトなのかな?

197 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 17:47:22 ID:Z9J9b3Lk
>>195
そう思う。
「自分」という存在が、意識が未来永劫消えることなく果てなく続くと考えると
頭をかきむしらずにはいられなくなる。

198 :優しい名無しさん:2006/10/09(月) 22:40:11 ID:lrmeNE5p
もし、そんな世界があるとしたら、生き物の一生って一体どこまで続くの?ヤバい…
寝れなくなるじゃんかぁぁぁぁー

199 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 00:32:12 ID:ZdjA2WFJ
死ぬことで自分が消える無くなる恐怖は子供の頃は感じることもあったけど
大人になった今は死の恐怖=死に伴う肉体的、精神的苦痛に対する恐怖だな。

200 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 02:05:11 ID:ktY+X2P8
要するにだ、宇宙マジやヴぁいってこったな

201 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 06:50:46 ID:S5hI/1Ig
俺死んだことある。
原付に乗っててトラックに跳ねられて、病院で手術を受けてる間に4分間位心肺が停止したみたい。
ひかれる瞬間は物凄く鮮明に覚えてる。
車のブレーキ音が聞こえて右を見ると、目の前にトラックがあって、ああ、こりゃぶつかると思った。
次の瞬間すごい力で体が飛ばされて、逆さまに落ちる時には自分の原付が火花を出して地面を滑ってるのが見えた。
周りからは叫び声が聞こえて、通りの人間がみんなこっちを見てるのが分かった。
そこで意識を失ったみたい。
夢をみたのは覚えてるけど、どんな夢だかは覚えていない。次の瞬間は病院のベッドの上だった。
ああ、生きてたのかと思った。
事故の時は恐怖も痛みも何もなかった。事故で即死するのは、きっと病気で苦しむよりもずっとずっと楽。
死は自分ではどうしようもない圧倒的な力だと思った。ああこれは仕方ないや、逆らえないやって思った。
あと、死後の世界はないなとも。俺は寝てるのと一緒だった。起きるのは少し煩わしくも思った。

202 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 15:49:58 ID:4gbk7ci/
>>201
>夢をみたのは覚えてるけど、
それが死後の世界の入口だったとしたら?


203 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 19:52:37 ID:rVgULeLd
このスレ怖すぎる

204 :優しい名無しさん:2006/10/10(火) 23:18:01 ID:HfkkQ7ex
だったら見るな……なんちゃって。

わざと小難しい言葉使うなら、
自分たちの身の回りにあるものの存在とか
そういうものが不確実すぎる……orz

205 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 02:53:01 ID:E33BLqbm
死んだら無になるんなら、生きてることも結局は無


206 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 03:03:35 ID:E33BLqbm
所詮この恐怖もなくなる




てか






すべて無くなる

207 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 11:32:08 ID:nwpnjWcv
そんなこというなあああああああああああああああああああああ


(´・ω・`)うああああああああああああああああああああああああ

208 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 15:06:21 ID:lgwkMtwA
生きるとか死ぬってなんなんだろうね…よく生まれ変わるとか言うけど、ホントに命は循環してるものなのかな?誰がさせてるんだろーな

209 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 21:14:58 ID:SQrw5pzo
ダビンチのモナリザも、
ドストエフスキーも、
ジャンプにのってたドラゴンボールも、
キアヌ・リーブスも、
ビートルズも、


だれもそんなの知らない日が来る。

210 :優しい名無しさん:2006/10/11(水) 22:47:40 ID:x1KggbHR
(なにもかもが)
あっという間に世の中から消え失せて
未来永劫無に帰る不条理

〜桜玉吉『幽玄漫玉日記』より〜

211 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 01:34:56 ID:EYMF8H4R
結局、無になる
生きている事自体意識できない無がくる
なら初めから無なんだ

212 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 03:58:30 ID:QYHCiMx7
死後の世界があると考えるのも恐ろしいが、無を考えるのも恐い。
本当に何もない無。
生まれる前は皆そうだというが、自分は今ここにあるわけで。
眠る時も(夢なんかは置いといて)、確かに意識は無いけど朝には目覚める。「無い」記憶はない。
無そのものが恐いというより…何だろう。ただ漠然と不安になる。
ごめん、うまく表現できないわ。
「死にたい」と思う気持ちも分からなくない。でも、そんな果てしない無を考えると、自殺には疑問を感じてしまう。
死ねるなら他にどんなことでもできるはずなのに。現実にいながら逃避する方法はいくらでもあるはずなのに。
スレ違いになってきて、スマソ。寝て頭冷やすわ。

213 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 08:11:12 ID:of8Jlk+i
しかし我々は無になる。

214 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 12:22:10 ID:EYMF8H4R
そして永久に無

215 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 17:47:50 ID:LQ472jB0
ここにいる奴って無が恐いのじゃなく永遠が恐いんだろ?
睡眠中は無だけど別に恐くないだろ?

216 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 18:02:03 ID:nd80uzeS
どっちも怖いんだよ
無になるのも嫌だし、永遠というのもおぞましい
この世に生を受けたことが呪わしくカゴの中の鳥のような気分になる



217 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 19:18:31 ID:QcKGJSb7
アンビリバボー…

218 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 19:20:04 ID:/fN3fhGI
前世…TV

219 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 20:16:02 ID:EKkDBnRz
地球上の生物の数はもしかしたらずっと一定かもしれない。微生物とか含め。
実は死んでも無じゃない。それどころか死も終わりもなくて
違う形に交代するだけ。生まれ変わりですらない。
そうだったらどうですか

いまこの世界は全て夢かもしれない。
永眠とか言うから、[死んだ]ら夢を見続ける。
もう死んでて夢の中の人生だったら?
どうですか

でもやっぱり死んだら無かもしれない


頭オカシくてごめんなさい

220 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 22:59:05 ID:LQ472jB0
結局どうなってほしいわけ?

221 :優しい名無しさん:2006/10/12(木) 23:57:46 ID:9N/NxHlo
『稟』
作詞 命殊
作曲 雛憑

さぁ儀式の時間だよ
素敵な衣裳に躰を包み
御覧あれ 闇に溶けた微睡みの街で荒れろ
不死の夜 降臨 悩ましい象徴が踊ります

生者必衰 禁断の×××
地ヲ踏んだその子は無知の病
拷問…喪失…逝け…
劇薬アルカノイドを飲んだのなら 子孫末裔まで地獄を見せるアレを始めなさい
一瞬の夢ヲ叶えたく私は粘液ヲ求め彷徨う
処刑への賛美はソコから始まるんだ
さぁ儀式を楽しもう
素敵な衣裳も引き破り
毒ヲ体内ニ 注ギ込メ

222 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 00:20:30 ID:dyNBSip1
>>201
そうなると長いこと病気をわずらって床についている人より
事故であっという間にあの世に行けた人の方が幸せかもしれないな。

もし、輪廻転生があるのならすでに何度も死んだことを経験して
いることになる・・・。死んだら魂の故郷に帰って又出直し(来世)
するのかな?

223 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 02:18:48 ID:AZ9kG1OH
ガッツ石松「あの世っていい所なんだろうな。だって帰ってきた人いないし」
確かに死んだら無だ。

224 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 02:20:43 ID:AZ9kG1OH
タナトな人も

225 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 02:51:46 ID:mrwbvqw6
人が死ぬのが怖い。自分が死ぬのも怖い。生きてても地獄。

226 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 05:58:39 ID:dJzJfJp7
自分を産み落とした母もまた、産み落とされた存在で
辿ると宇宙の始まりが憎い。宇宙の運動全てが憎い。
絶望というか無力感しかないわ。

227 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 17:11:05 ID:vVx8c242
小学生か中学生の頃の保健の授業で、
「男性は精子を一日に約5千〜数億個作り、女性は卵子を約一ヶ月で一個ずつ作ります。
ということは、にんげんの寿命を70年とすると、男性は一生で約1兆〜2兆個の精子を、女性は約400個の卵子を作ることになります。
皆は兄弟何人いるのかな?そんなにいないよね。大体1〜5人程度だよね。
あんなに膨大な数の精子と卵子の組み合わせの中から選ばれて生まれた君達は奇跡なんだよ」
みたいな話をされたことがあるけど、あんまりピンとこなかった。

例えば私が卵子Aと精子Aの組み合わせによって生まれる「人間A」という存在だとする。
でもなんかいろいろアクシデントが発生して卵子Aと精子Bの組み合わせになっちゃった。
この受精卵が成長した人間を「人間B」とすると、人間Bは私ではない。だって私は人間Aだもん。
私とは容姿も性格も違う人間になる。
先生が言いたいことはこういうことだったと思う。
ここまでは私も納得できる。

でも、仮に生まれたのが人間Bであっても、その人間Bも私(主観、というか)になる気がする。
そもそも「卵子A、精子Aの組み合わせのときに私が発生する」って何か変な感じがする。

自分の事も分かんないのに60年そこらで更に難解な死が… 気が狂いそう

228 :優しい名無しさん:2006/10/13(金) 17:39:07 ID:giI15/nD
目隠しされた状態で生かされて、それが解けないまま死んでいくという感覚だよね。
決して外の真実を直接知ることはできない。見えないこと、分からないことが多すぎる。

科学的にいろんな事実が分かるようになってきたけど、
未知なことはまだまだ山ほどあって、地球が平らな世界だと
信じられてきた昔と人間の知識は大して変わらないんじゃないか。
あと、たとえばサルには時間の概念が理解できないというけど、
人間も同様に理解できることに限界があって、どうあがいても分からない
こともあると思う。所詮は地球上で最も高等なだけの不完全な生き物。

229 :優しい名無しさん:2006/10/14(土) 12:36:40 ID:8a1CJRtH
宇宙もいつか終わり、全てが無となる。

230 :優しい名無しさん:2006/10/14(土) 16:54:32 ID:g7Wj9L0X
宇宙に終わりがあるかどうかは、
最新の科学論でも答えは出てない訳だが。

少なくとも宇宙そのものが消えることはない。
最後は生物が存在しない空間になるという説もあるし、
宇宙そのものが新しい宇宙を造る礎になるという説もある。
いずれにしても無になることはない。

生物がいずれ滅びるというのはほぼ間違いないが。

231 :優しい名無しさん:2006/10/14(土) 23:49:14 ID:eNeNStpw
人類が滅びれば、僕たちが意識を再び持てる機会は
永遠に失われる。人類の歴史も全てが水泡となる。
この世とはなんという不思議なものなのだろう。

ただ自分が死ねば、世界がどうなるか、いつ人類が
滅びるかなど関係ないし、確認することもできない。

ただただ、無念である。

232 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 00:03:51 ID:j01rE0Vv
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=3721
「それでも生きていこう」

233 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 02:00:50 ID:M8tDhPow
天国や地獄など人間の希望的観測
人間の意識は消滅する
なら消滅が怖いが その消滅って?


234 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 02:02:01 ID:mXtXTmNR
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160838336/

235 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 20:40:06 ID:M8tDhPow
意識がなくなるのはいつ?自覚は?

236 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 22:01:04 ID:ujhlA8RQ
なんというゲーム・・・
これから俺たちは間違いなく消える
       
   / ̄\
  | ^o^ |
   \_/


   / ̄\
  | ^o^ |
   \  /
   /  \/ ̄\
  | ^o^  ^o^  |
   \_/\_/

237 :優しい名無しさん:2006/10/15(日) 22:07:04 ID:2N6+CLaA
死ぬと分かっていながら生きるのって虚しいな。
高いビルの屋上から飛び降りて見えない地面が迫っている中、
平静を保つことなんてできるか?

238 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 00:30:19 ID:yUVisgNR


239 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 01:06:47 ID:K+VdlNlq
意識がもうろうとしてきた…

周りの景色がだんだん見えなくなっていく……


みんなの声,周りの音もどんどん聞こえなくなっていく………



落…ち…て…い…く…………




恐…怖……の………ふ…………ち……………に………………………┃
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無
無無無無無無無無無無無無無無無無無無

240 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 01:07:42 ID:K+VdlNlq










          無












.

241 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 01:31:00 ID:NB8pQOL+
もう宗教でも入るかな

242 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 01:38:11 ID:j0sGWpmo
こういう恐怖に悩みまくった一部の人間の知識の集大成が宗教だったり
哲学だったりするわけだから、考え方を知っておいて損はないと思う。


243 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 17:08:24 ID:Yp48tUZM
夜眠る前に意識を失うのが恐ろしくなったりする。
あのころから10年たったな・・・とか考えてると、
もしかして死ぬ前にもこんな感じなんだろうかと考えて動悸が・・・
光陰矢のごとしって言うじゃない。
気が付いたら病院のベッドの上で死を待つだけの状況になってるんじゃないか?なんてさ。
死んだらそこで意識が途絶えるんだろ?二度と目が覚めないってどんな気分なんだ?

なんであの時死んでおかなかったんだ・・・・


244 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 18:16:39 ID:WHFKOHNZ
たぶんあっという間に老人になって死の床にいるか、
事故とかで自覚なしに死んでいくんだろうな。
人生ってそういうものなのだろう。

最近、自殺とか心中とかよくニュースになってるけど
やっぱり来世を信じているんだろうな。

245 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 18:47:13 ID:yUVisgNR
おまえら 長いよ
そんな最後をむかえるなんて 極わずかなんだよ!

人間にいつかなんて決まってない


246 :優しい名無しさん:2006/10/17(火) 19:11:34 ID:yUVisgNR
ニュース速報+
http://news19.2ch.net/newsplus/

247 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 04:36:31 ID:e48AHwT8
お前らは肉体は生きているが心は死んでいるな
死ぬとか死なないとか、もっとほかに考えることはないの? 暇人なの?

248 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 04:51:00 ID:w4bzijiX
>>201さんに感銘を受けた
最後の一文はよくわかるようなわからないような…

249 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 08:04:50 ID:21tlLVdG
漏れは逆に死が楽しみだよ
死んだらどうなるんだろうとか

250 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 10:45:37 ID:dQSmjU8c
>>249
ん、不思議な少年のソクラテスの話かな

というか不思議な少年って=死、についての話ですよね

251 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 15:54:20 ID:sQqOScKQ
無とか永遠より痛みのほうが怖い。
もし死ぬとき身体が謎の光に包まれて消えてしまうってカンジの痛くなさそうな
漫画的アニメ的死にかただったらあまり恐怖は抱かないと思う。
生きててもきついことのほうが多いし、人間として存在している限り思考とかにも
限界があるのでもっと上位の存在になりたい。
死ねばなれるかも。
ってか世界むかつく!死ね!(発狂)
永続する幸福をおくれ sameone!

252 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 16:18:55 ID:sQqOScKQ
死んだら無になって永遠に復活しないと思ってる人が多いけど
そうとは限らないかもしれません。
なんせ少なくとも一度は宇宙に発生してるんだからもう一度発生する可能性
はある。なんせ無限の時間があるわけだから。
時間は宇宙が消滅しようがなかなか消えないモンでしょう。
僕たちの常識では死=完全消滅ですが所詮人間の考えることです。
所詮地球でNo1なだけの矮小下等生物の考えることですです。
宇宙空間や時間や宇宙の外側とかを作った
僕たちよりも上の存在からすれば人間なんてチンカス以下です。
だからこんな人間としての自分の存在に拘泥する必要はなく、
もっと上を目指すべきなのです!
よって死は恐れるものではないのです。
しかし神的存在のやつに恐れるようインプットされているのです。
これは許しがたいことです。
我々は完全に弄ばれているのです!
神!出て来い!殺してやる!!

…疲れた。寝よ。




253 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 18:41:27 ID:rnBTQS2E
楽しいはずの海外旅行でバスが転倒して死んじゃうとは。
やはり人生は分からない。
まさか自分たちの死亡がニュースになるとは。

核攻撃されて日本がボロボロになっても海外では
ニュースになるが、死んだ人たちは自分が死んだことすら
気がつかないだろう。。。

254 :チンカス:2006/10/18(水) 18:59:24 ID:D4PDmsn4
呼んだか?なんか最近だりぃんだよね〜

255 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 19:05:24 ID:UWfy01Ys
「人生は生まれた瞬間から、余命数十年の不治の病にかかっている」

―――糸井重里

256 :チンカス:2006/10/18(水) 19:08:45 ID:D4PDmsn4
んな事言ったら俺は105歳だぜ。まじで。


257 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 20:51:43 ID:0A6hGKn+
死恐怖症だあるのに 何で生恐怖症が無いんだろ・・・・

258 :優しい名無しさん:2006/10/18(水) 22:14:01 ID:x25YIcsf
>>257
生き続けることは自殺と言う手段で回避することはできるけど(と言うか自殺志願者も
一種の生恐怖症にならないかな)、死ぬことを回避する方法は未だ見つからないから
じゃないかな。

259 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 03:12:31 ID:53T93p06
最近は症状が落ち着いてきたんだけど
この症状の真に怖いところは
発狂した時の怖さを上手く思い出せないところ
たぶんハンパなく怖いんだけど、なかなか思い出せない

しかしこうやって症状を少しずつ分析していくこと
これは問題そのものの解決とは無縁にしろ、何らかの良い結果に繋がるかもしれん

260 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 11:57:38 ID:K3LjMdLf
俺は社会人になり忙しくなると発作が滅多に出なくなった。
日々の充実は効果的だぞ。


261 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 17:28:27 ID:lTPvUP7p
>>260
俺は逆だ。充実してくるとこれが永遠に続かないんだなってところから徐々に…

262 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 17:48:14 ID:zOanv4+b
自殺者が多すぎてびっくり。
もったいないよー。
その寿命分けてくれ。

263 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 19:10:48 ID:Ic9zUFJk
どうせ死ぬって考えるとやる気失せませんか?

264 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 19:47:13 ID:XuqAeEpy
死ぬのが怖い、死ぬかも、とかよく言う人に限って長生きが多い件について。

265 :優しい名無しさん:2006/10/19(木) 21:56:08 ID:6RWBu9AD
それぐらい誰だって言うだろ

266 :優しい名無しさん:2006/10/20(金) 03:23:02 ID:FAwO6YXQ
うるせー死ねカスども。
悶え苦しんで無に帰せ。

267 :優しい名無しさん:2006/10/20(金) 04:29:16 ID:jDiB5/W1
湯本 香樹実の夏の庭って小説読むと、
余計死が怖くなる

268 :優しい名無しさん:2006/10/20(金) 17:34:43 ID:0GLbDPPw
>>266
まあお前もいつか死ぬんだし
死ぬ人同士仲良くしようぜ

269 :優しい名無しさん:2006/10/20(金) 19:59:11 ID:A1cPusdU
なぜ死が怖いか
→永遠の無
→なぜ永遠の無が怖いか
→?。怖いから。
→なんで?なんで?

270 :sage:2006/10/20(金) 23:34:24 ID:AnVV6Yl3
生きるときは、精一杯生きて
死ぬべき時が来たら、スパッと死ねばいい

死後のことや来世のことは
その時になってから考える

271 :優しい名無しさん:2006/10/21(土) 03:32:53 ID:F0+Lz6q+
長いこと収まっていたはずの発作が
ストレスのかかる部署に一時的に配属になって数日で再発した。

やはり、タナトフォビアは、脳の病気なんだなぁと、つくづく感じる

272 :優しい名無しさん:2006/10/21(土) 05:48:26 ID:2VLwwpTp
>>267
誰だろ?って思ったけど『夏の庭』って見てあ、あの作品かってわかた

273 :優しい名無しさん:2006/10/21(土) 23:15:37 ID:325Yo6BZ
リアル消防の時に中学受験の問題でよく見かけたなあ。
あのときは何とも感じなかったけど、今読むと……どうなんだろ……。

庭の古井戸からチョウチョが出てくるんだっけ……?

274 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 00:51:21 ID:Xo2G7L8y
コワクナイコワクナイコワクナイコワクナイ


275 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 01:08:56 ID:tg4rg4Ib
生まれたこと自体意味わからん。つーか宇宙って何?宇宙はなんで生まれたの?
じゃあ宇宙ができる前はそこには何があったの?
何も無いの?
何も無いってのはどんな状態だよ?
何も無いって思ってる意識があるんだったら無いことなんて無いじゃない。

漫画にかいてあった。
「無」は作れないんだって。
割っても切っても燃やしても何か残っちゃう…

276 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 01:19:06 ID:2duRs62Q
>>275
宇宙の前に何があったの?ってことを考えると、
その前には何があったの?じゃあ、さらにその前は?の無限ループに陥る。
存在というのは人間ごときには理解できない概念なんだよ。

277 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 01:47:22 ID:JFbR+IEm
あーもぉ、小学生の頃から毎晩泣いてた状態って
タナトフォビアって言うのか?
そういう名前があることにびっくりだよ。

自分もうあきらめた。死んだら死んだだ。
輪廻転生は信じてないわけじゃないけど、
きっとこの世で愛した人にはきっと何かしら
あの世か来世で出会えると信じてる。

信じてないと生きていけないwww

278 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 10:37:27 ID:jYN5xD3U
お前等の手相は?

279 :優しい名無しさん:2006/10/22(日) 21:05:01 ID:ATy8G4uo
ますかけ

280 :優しい名無しさん:2006/10/23(月) 12:08:52 ID:i2+9DSk8
毎日、病気になって死なないだろうか?
事故にあって死んでしまわないだろうか?
少し先の予定が入ると、それまで生きているだろうか?
寝る時、このまま意識が戻らなかったらどうしようと怖くなり、眠れない日々…
これもタナトでしょうか?

281 :優しい名無しさん:2006/10/23(月) 12:51:02 ID:0RwJ6y6H
>>280
ただの心配性

282 :優しい名無しさん:2006/10/24(火) 00:07:45 ID:nrTvntw9
今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が
ひとり、駅前の立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。
エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。
男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、
一度も店員とは話したことがない。
当然、話す理由なども特にないのだが、今日
男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。
「おやじ、今日俺退職するんだ。」
「へぇ・・・。そうかい。」
会話はそれで途切れた。
ほかに特に話題があるわけでもない。
男の退職は、今日が店を訪れる最後の
日であることを表していた。
すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが
もう一尾乗せられた。
「おやじ、いいのか。」
「なーに、気にすんなって」
男は泣きながらそばをたいらげた。
些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。
男は退職してからもこの店に通おうと決めた。
そして財布から500円玉を取り出す、
「おやじ、お勘定!」
「800円」



283 :優しい名無しさん:2006/10/24(火) 12:35:33 ID:lIyaFuXd


284 :優しい名無しさん:2006/10/24(火) 22:11:38 ID:xFn671RJ
俺も脳の病気だ

285 :優しい名無しさん:2006/10/24(火) 23:54:16 ID:PQTyHjxu
>>282
発作を起こしました。


286 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 00:48:54 ID:r07Z6QsP

http://gazo08.chbox.jp/guromovie/src/1161091469222.wmv

287 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 05:19:44 ID:LtJffZxB
死んで終わりなら別にいいんだけど死んだ後が恐い

消えても一生終わらないんだよね?
死んでも終わらないって本当に恐い

所詮死ぬまで解らない事なんだけど小さい頃からの悩み

288 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 08:10:19 ID:R7jNejEO
>>280>>287
分かる…('A`)

289 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 15:28:13 ID:1/1PgdH6

"死"を求めるのは容易いし
行動もあっさり
そんな衝動に毎日かられる

実際死んだら自分の意識は?
心はこのまま残るのか

そんなことばかり考えて
毎夜眠れない私がいます…。

290 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 16:24:01 ID:t78GIvxQ
残らないから心配するな


つか心配もできなくなる

永遠の無

291 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 18:28:41 ID:e0Z3vhZg
死んだら生まれる前の状態に戻るだけ

何が恐いのか理解に苦しむ

292 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 18:55:15 ID:CwIeTpEV
>>291
偶然の結晶で出来た今を失うのがもったいないんだよ
怖さというよりも惜しさ

293 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 19:10:34 ID:+jVDaPSF
>>286
それ昨日の夜に見たせいで怖くて眠れなくて今日の1限目寝坊した

294 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 20:06:11 ID:e0Z3vhZg
>>292
物理法則によりエントロピーは時間が立つとどんどん増大し,決してへらない

偶然の結晶で出来た今はエントロピーが低い状態だから時間が立つとエントロピーが増大して死ぬ

それが宇宙の法則だから仕方ない

295 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 20:38:05 ID:8xn4tKqK
>>294
だから何?

296 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 22:01:03 ID:DE3F4qJM
そのうち脳細胞も減少してきて死を悲しむ能力もなくなる

297 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 22:05:23 ID:lxipw4wA
レッツ痴呆

298 :優しい名無しさん:2006/10/25(水) 23:35:46 ID:RNweQO88
死恐怖症って生きてる証だよね。
死んだら恐怖を感じることもできなくなるんだから・・・。

299 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 03:17:30 ID:2JFnfX7w
一度思い始めたら、うーん怖くて眠れない…
仕方ないからラジオ聞いてるけど、こんな時どうやって落ち着かせればいいんだろう
早く寝たい

300 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 03:38:44 ID:FFbdioUt
>>299
話し相手がいればいいんだけどね

301 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 04:16:59 ID:2JFnfX7w
>>300
話相手か、この時間だとなかなか
でもこのスレに来て少し楽になってきたよ

302 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 07:09:50 ID:Eh8nrAch
寒いけどいい天気だな。いつかなくなると思うとせつないな。

303 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 07:31:02 ID:Mml4uVq6
千葉県でいい医者ないかな

304 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 11:48:41 ID:Eh8nrAch
相性の問題だろ

305 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 12:37:35 ID:0D3r3f2A
>>298は大事なことを言っている


306 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 13:06:26 ID:0D3r3f2A
死への恐怖の大部分が「自意識の消失」だと思う。
自意識が消失した後、それが戻ることが無い・・そんな状態はどういうものなのか、という解決しようの無い疑問
それが恐怖に転化すると、辛いことに、これからの自分の何十年という人生も「短すぎる」と思えちゃうんだよね



307 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 13:10:56 ID:7SL7RJXJ
>>305
本人乙

308 :298:2006/10/26(木) 14:29:06 ID:s5bVNp9J
>>307
勝手な推測乙

309 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 14:52:24 ID:Kjw70zwL
人間はいつかは死ぬ。だから、今、一生懸命生きている

310 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 16:25:26 ID:Pzbk2oFG
考える甲斐の無い問題だよな。
悩むだけ時間の無駄というもの。

311 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 16:44:35 ID:0D3r3f2A
でも、死について恐れている時、その人間は逆説的に、自分が生きている事を世界の誰よりも実感していると思うんです。
それは素晴らしい事じゃないかと思うんです

312 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 18:14:10 ID:JGZ0gXv+
親が死ぬの想像すると恐いな。

313 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 19:08:02 ID:41wQEbJV
>>312
ニート乙

314 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 20:44:42 ID:JGZ0gXv+
>>312
ごめん、ニートじゃない。
妻と3人の子供がいる32歳。
実家を継いだから老いた両親を毎日みているんだ。
この人たちが死ぬのをみるのはきついなと。
サラリーマンになっていればこんな思いはしなかったのかも。。。

315 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 20:57:16 ID:NlZBIgfj
>>314
>この人たちが死ぬのをみるのはきついなと。

っていうか、スレ違い。

316 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 21:20:38 ID:IjLFG6/q
親の死は誰だって怖いだろ
同居してるにせよ、してないにせよ。

317 :優しい名無しさん:2006/10/26(木) 22:32:15 ID:VmKb+r/N
夜、寝る時とか特にそうなんだけど、頭の血管が急に切れてしまわないだろうか、心臓発作が起きて死んでしまわないだろうか?とかの不安が湧き出てきて、平常心でいられなくなり、不安状態になりそれがさらに不安を呼ぶという悪循環に陥ってしまいます…

318 :優しい名無しさん:2006/10/27(金) 00:53:35 ID:II8Wm71B
>>314
あなたの子供も同じ気持ちであなたを見るんでしょうね
所詮自分も歴史の中継点の一つでしかないというのがやるせない
自分以外の未来を認めたくない。人類最後の人類になりたい、いや宇宙最後の、いやry

319 :優しい名無しさん:2006/10/27(金) 08:50:51 ID:kXkd9k3Y
討つものも 討たれるものも かわらけよ 砕けて後は もとの土くれ

320 :優しい名無しさん:2006/10/27(金) 16:09:24 ID:6Stkx3ia
無くなってるのに無って何だよ
死ぬのは動作であって状態じゃないだろ

321 :優しい名無しさん:2006/10/27(金) 23:24:04 ID:O+x7+QMU
宇宙全ての万物が自分のためだけに存在したいと思いたくなる。
それが青少年時代。

322 :優しい名無しさん:2006/10/27(金) 23:28:14 ID:lXhw1p5C
俺ぐらいのオッサンになると、自分ができないことでも
ほかの誰かがやってるからいーや、なんて思えるようになる。
それでも死への恐怖や存在に対する哲学的な興味は薄れない。

323 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 00:01:49 ID:z6FbnqGg
自分が蓄積してきたものが無になるのは恐いというより惜しい気持ちでいっぱいだ。
両親や祖父母に対しても同じような気持ちでいっぱい。本当に惜しい。

324 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 08:39:51 ID:LilHhlsi
生きているという事が神のたわむれ。
そして神などいない。
宇宙も消滅する。

全てが無になる。

325 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 09:00:08 ID:uyk8sztn
それにしても過疎スレだな。殆ど書き込んでんの俺だし。
超マイナーな病気なんだな。

326 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 12:30:17 ID:oall1cj2
死など怖くない。
広大な宇宙の中で起こる、何の意味もない一個体の消滅。
考えるだけ無駄。時の流れに身を任せ、ジタバタせず逝くべし!
無理かな。

327 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 12:40:21 ID:dWRv3Hx+
そもそもこれって病気なのかな?いや決して死恐怖症の人を責めてるわけでなく。
自分も夜中とかやたら『死』を意識して物凄く怖くて吐き気がするよ。震えが止まらないよ。

でも死が怖いって生き物として当たり前なんじゃないかな?
寧ろ生き物が生まれた時から持つ持病みたいなモンじゃないかな・・・と
動物だって死ぬのが嫌だから、死にたくないから擬態したり身を隠したりするわけだし

生まれた瞬間から皆死に向かってて、誰もそれから逃げられないんだから
その辺はもう割り切るしか無い気がする・・・・・・いや、勿論自分も怖いけどさ、しょうがないよ

328 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 18:29:36 ID:oall1cj2
なるようにしかならない。
ビビッてもしゃーない。
いままで無数の生命が死んでいったわけだからなんとかなるでしょ。
先例に従いましょう。
痛くても怖くても苦しくても我慢しましょう。

329 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 18:37:23 ID:E7cm4z14
>>328
とか強がってみても、怖くて怖くて仕方ないんだろ?
見えるのに見えないふりをする生き方って恥ずかしいよね。

330 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 20:32:30 ID:IFlz2Olr
恥ずかしいか?
そうして誤魔化さないと、精神がボロボロになる。だから誤魔化す。
それも恥じることなのか。いや、第一恥じぬ生き方とは…?
死を考えることはあっても、生きるにそれほど焦点を当てなかったが、生きるとは?

331 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 20:54:18 ID:z5wFczNb
死を恐れてはいけません

332 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 20:54:59 ID:W2iBelui
流れ切るスマン
昨日突然来たマジやばい怖い
この2〜3年ずっと鬱気味だったのが突然反転したみたいだ
高校生の時ヤバくなって以来だ
怖い怖い怖い怖い怖い
何でみんな普通にしてられんの?
怖いよ何で俺生まれてきたんだよ何で消えなくちゃならないんだよ怖いよ

333 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 21:20:11 ID:z5wFczNb
仕方ないじゃん

334 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 21:27:05 ID:nAYaqGS+
ここ読んでたらパニック障害が再発しそう

335 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 22:47:09 ID:1+JcWpN0
パニック障害とタナトフォビアって関係あるの?

336 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 22:54:07 ID:nAYaqGS+
関係ないと思うけど
呼んでたらパニックの感覚がよみがえってきた

337 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 23:00:51 ID:Vptv1/GF
お前ら命は続いて行くぞ。生命は46億年生きて来たんだ。命は一代で終わりじゃない。

338 :優しい名無しさん:2006/10/28(土) 23:07:32 ID:1+JcWpN0
でも有限だよ。人類ならあと1万年持たないだろうし。

339 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 00:06:43 ID:y12Y31mh
宇宙は……
……消えたあとまた別のが発生するのか……?
生命のように。

340 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 00:43:51 ID:45YY262T
それも謎。
全てが謎。

人類が存続する間にもその謎は解明されまい。
生命の神秘。

でも死ぬ。
死ぬのは事実。
自我の消滅。
避けられない。
必ずくる。


341 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 02:20:16 ID:duUtYLPS
そう、輪廻があっても自我の消滅は絶対。怖い。

342 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 02:32:30 ID:Vvam9b/G
今こうして意識がある、ということを考えれば
輪廻(死んだ後再び別の個体として意識を持つこと)はありうるよね。

343 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 06:31:16 ID:WXg1ChGu
>>339
量子力学による宇宙だと、
そもそも宇宙は消えない。
光のみが存在する空間になって終わり。

終局の宇宙が新しい宇宙の礎になる、
と主張する学者もいる。

このスレでは、
宇宙も最後は消えると決めつけたがるやつが多いが、
何でだろう?

自分も死ぬんだから宇宙も最後は死んでくれないと不公平だとでも思っているんだろうかw

344 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 06:49:54 ID:Vvam9b/G
量子力学なんて人間が発見した知識体系は、
この偉大な宇宙様々の前ではなんの役にも立たないけどな。

鳥かごのなかの人間は外の世界を知ることなんぞ出来ない。
そもそも、鳥かごに入ってることすら気づかないし、
気づいたとしても、なんと出るための方法がないんだから。
俺らが普段宇宙だと思ってる宇宙って、あくまでも人間の
観測圏内の宇宙であって、本当の宇宙のことは何もわからないんだよね。

345 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 07:09:28 ID:XpsYJn3D
つか自分の終わりが宇宙の終わりだろ

346 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 07:12:47 ID:Vvam9b/G
>>345
そういう解釈好きよ。
下手に普通の人間の前で話すと、自己中の子ども扱いされる諸刃の剣だけどな。

347 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 07:28:42 ID:duUtYLPS
宇宙は一つじゃなく何個もあるってのはあり?

348 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 07:38:34 ID:Vvam9b/G
>>347
あり。何個もどころか無数に。

349 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 08:32:40 ID:fZvcbYOq
通りすがりの者だが、この宇宙は人間の認識によって存在する(知的)宇宙で、それ以外にも違う宇宙が無数にある。それを漏れらは「あの世」とかって呼んでいるらしい。

350 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 09:11:22 ID:KtIEfvBq
それは恐怖を緩和する宗教ですか?

351 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 09:37:34 ID:duUtYLPS
でもまあこの世には科学を超えた真理があると思うと
個人的にはワクワクする

352 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 09:40:25 ID:XpsYJn3D
まあ死ねばワクワクも終わりだがなw


353 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 10:12:31 ID:duUtYLPS
死ぬまではワクワクして生きられた方が幸せじゃない



354 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 13:47:16 ID:XpsYJn3D
そういう人はタナトじゃないよな

355 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 19:11:25 ID:Vvam9b/G
恐怖と同時に畏敬の念を抱くことはよくあること。
俺も宇宙の謎をあれこれ妄想するのはワクテカですよ。

356 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 21:56:58 ID:45YY262T
宇宙が何個もあってとか考えるとすごく怖い。
ちっぽけな人間が戦争だなんだと殺し合いをしても、
最期はみんな死ぬ。
みんな消える。
俺も消える。
貴方も消える。

なんだこれ?

357 :優しい名無しさん:2006/10/29(日) 22:04:29 ID:Vvam9b/G
>>356
>なんだこれ?

あることとないことは等価であるということ。

358 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 00:02:43 ID:KTw7mWAm
死の瞬間って何がおこるの?

359 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 02:01:26 ID:F6JA/G1w
質問なんだけど、ここの方は「死」について考えたくないのかな。
「死」があることを忘れて生きていきたかった系?

私は死について深く考えたい、(勿論凄い恐怖感だけど)知りたい。
知らなければいけない気がする。
気づいてしまった以上、追求したい好奇心と義務感を感じる。
『薬、殺人、自殺、ヒトゲノム』その他色々な「死」に関りそうな本を趣味で読むようになったし、
タナトを自覚してから自然と目に止まる。
この自分を脅かす、最終的に必ず行き着く問題をもっと知りたい。答えは無いかもだけど…。
たまに発作…発狂?はするし心臓はバクバクして心底辛い、
けどそれでも知りたい。いつか向き合わなければいけないなら。知っておきたい。

えー…、もう単刀直入に言うと私は今、
「死(タナト)について語れる人を募集したい」んです。
ココにはよく来るんだけど、
前に結構オフとか、メル募集の話も少し出ていたので、思い切ってしてみました。
他の人のタナトの話を聞きたいのも一つ、
ぶっちゃけ気持ちを共有して安心したい、という気持ちがあるのも本音なんだけどね。

『みんなでメッセしようよ!INメンヘル』というのに募集かけましたので、
もし話してやっても良いという方、よろしくお願いします。

場違いだったらごめんなさい。

360 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 02:11:42 ID:dTr8cwga
デカルト、カント、ハイデガーあたりの原著や解説を押さえれば
この手の話の大抵の知的好奇心は満たされると思うよ。
はまった結果、仏教マニアに行き着く人もいる。

361 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 07:06:47 ID:y+Z4i23d
無宗教だからつらいんでしょ

362 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 07:24:30 ID:ajNqsgra
寝てるときにさ、「今日の俺、目が覚めないなー」なんて思わないよな。
てか夢でも見てなきゃ何も考えたりできないよな、寝てるときって。
だから寝てるときと死んでるときって同じなんだぜ、目が覚めないだけでさ。

363 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 07:40:59 ID:dTr8cwga
>>362
>だから寝てるときと死んでるときって同じなんだぜ、目が覚めないだけでさ。

意識の有無=人の生死、と考えるのならばね。
意識・無意識・そのいずれも持てない状態(死)と3つに分ける考え方もあるよ。

364 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 09:05:03 ID:y+Z4i23d
だよな

365 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 14:22:51 ID:4CWDrWpV
死ぬと分かっていてなせ生きる?

死ねば全て無になってしまうというのに

366 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 14:26:22 ID:279FffiA
死ぬの怖いから生きるの

367 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 15:47:44 ID:y+Z4i23d
気がついたら生きてたわけだし。

368 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 16:13:17 ID:S+GoDQ2K
気がついたら死ななきゃならないわけだし。

369 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 17:59:15 ID:aADI9AMz
幸せです。
僕は生きてて幸せです。
僕は死ねて幸せです。
僕は死んでも幸せです。
だからずっと幸せです。
イェイ。

370 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 19:13:55 ID:aADI9AMz
死について考えたり怯えたりするのは無意味どころか害。
忘れて過ごしたほうがいい。
受精の瞬間に死は決定されたのだからもう遅い。
生という死ぬまでの猶予をできる限り楽しむだけさ!
と、わかっていてもグダグダ考えてしまって
受験勉強できてない俺ってやっぱ病気か?


371 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 19:53:19 ID:dTr8cwga
>>370
>受験勉強できてない俺ってやっぱ病気か?

ただのよくある現実逃避だよ。。

372 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 20:02:44 ID:1E2RbfVL
>>370
まだ若くていいじゃないか。
32歳のおっさんになるとな、受験ももうないしな、
就職もしたし、結婚もしたし、子供も2人作った。
これからあるイベントは親の葬式や孫をみることくらいか。
だんだん経験できる初イベントが減ってきて死が近づくんだぜ。
君なんかまだまだ何度も人生の岐路にたつだろうよ。羨ましいぜ。

373 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 20:11:08 ID:aADI9AMz
>>372
子供ができてもやはり死は怖いですか?

374 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 20:28:10 ID:1E2RbfVL
>>373
この子たちも歳を重ねて何れは・・・と思うと恐いね。
守りたいものが増えれば増えるほど死が恐くなってくるよ。
いつか無くなってしまうと悲しいというか、惜しいね。

375 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 21:15:01 ID:LSiHScUa
>>373  子供が出来て、可愛くて、いとおしくてたまらない。生きててよかったと思うと同時に、いつか別れてしまう恐怖。事故や病気などで、自分、あるいは子供が亡くなってしまう恐怖、
そして、生まれたがゆえにこの子にも死の恐怖を与えてしまった申し訳なさ。いろんな思いがかけめぐる

376 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 23:16:43 ID:ngK6qkwi
死は あまりに 多くのものを 奪い去る

377 :優しい名無しさん:2006/10/30(月) 23:38:57 ID:Yns2+915
どうにかして永く生きる方法を模索しないと
マジで死にたくないよ、消えたくない。
とりあえず当面は数千年くらい生きて、それから結論だすつもり

378 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 00:31:24 ID:4iHxDI40
俺はまだ子供の年令だけど、確実に人生の5分の1を消費してる。
あっという間に、家を出る日がきて、家族との日常の生活は永久になくなってしまう。
いつのまにか人生の3分の1を消費してしまい、結婚して子供をつくっている。
たとえ幸せな家庭を築いても、あっという間に子供は巣立っていく。
やがて親が死んでしまう。
人生の折り返し地点を通過し、10代のような何にでもなれる希望も無く、ただ年老いてく体で毎日をすごす。
俺はこのときが来るのがすごく恐い。
ドラマとかを見ても、自分の将来はもう死ぬだけなんだから楽しめない気がする。
希望は過ぎ去って、ただ死をみつめて生きる日々。
どんな心境なんだ?
もう人生に満足して、安らかに余生を過ごせるものなんだろうか。


379 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 02:12:14 ID:jQZ3IcuU
現状に満足してる人が多いのかな?
で現状のなにもかもを奪い去る死が怖い。になると

380 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 06:03:49 ID:4iHxDI40
現状に満足というよりは、年をとっていくのがただ単に恐いよ
生きてるっていうことを、失うって凄く恐い
意識がある今って、いったいなんなんだろう。
生きている今が不思議でしかたないよ。
なんのための今なんだろう。世界ってなんなんだろう、、、
宇宙の外って何がある?
物語やゲームには創造者がいるけど、この世の創造者は今はまだわからない。
いないのかも。
そう考えるとこの世って不気味。


なんか考えすぎてタナトからずれてきた。


381 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 07:37:34 ID:uFqDOXSe
ずれてないよ
恐さの本質はそういう不可解さにある

382 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 07:40:32 ID:KhKMbttZ
履修漏れの高校校長自殺
よくこの程度で死ねますよね。
すごい

383 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 07:55:28 ID:uFqDOXSe
人間はどんなに下らない事でも理由があれば死ねる
逆にどんなに下らなくても意味さえ作れば生きられる

384 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 12:27:19 ID:KhKMbttZ
死を愛することができれば…

385 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 12:42:43 ID:dTp/QyEF
>>384
死ねば意識なくなるから愛するもなにも無いけどな

386 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 20:11:51 ID:KhKMbttZ
せめて死ぬまで明るく生きたい

387 :優しい名無しさん:2006/10/31(火) 22:17:22 ID:G+jqy4cv
さっきお風呂場で発作キタコレ。しかも立て続け2回。

最近子供の自殺多いよね。
なんでそんな簡単に死ぬことができるんだろう…いや、辛かったんだろうけど…。
死と比較すれば結構嫌な事でも乗り越えていける気がする。

でも怖いマジで。

388 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 00:12:49 ID:eNnlGnE1
ヘッセの車輪の下だったかな、、、?
主人公が自分の自殺する木を決めて、自殺に使う道具をそろえて心穏やかに安らいだ気持ちになるんだ。
それ読んでるとき、死に対して、安らぎや安心感みたいなものを感んじた。
なんか、死って恐れなくても求めなくてもちゃんとそこにあるんだな、、、みたいな。

389 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 00:27:56 ID:eNnlGnE1
連投スマソ
>>152を読んだら凄く恐くなった。
俺は宇宙恐怖症だww
宇宙の膨張してる端っこってどうなってんだろう。
宇宙の外側って何色なんだ?なんの原子も存在しないのか?
死ぬと本当になんにもなくなるのか、じゃぁ今はなんなんだ、生きてる今はなんなんだああああ
今夜も眠れないよ、、、

390 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 01:55:03 ID:DwJln0Js
一瞬お気に入りに入れているヘッセスレかと思ってしまったw

391 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 02:02:40 ID:M+BUNuNv
ところでハレー彗星の次期出現は2061年夏らしい
私はもう死んでるだろうな
例え見れる人がいてもその人もいつかは
100年なんてあっという間だなと思ったら私の人生もきっと
自我の死を理解し見えているからこそ残り時間を意識できる
見て見ぬ振りをしている人達より幸せだと思うよ

392 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 02:20:41 ID:M+BUNuNv
>>79
A君だと思うけど>>83 の気持ちもよく分かる
A君だと言えるのも今生きているからであって、心理無意識に自身の生を前提にしてる
はじめから無いよりも一度獲得して失う方がはるかにつらい
でも獲得することができる幸せは無を理解しているからこそよく分かる
>>237
共感
>>270
理想の生き方。でもそれがなかなかに難しい

生まれる前は無だったけどその頃の記憶はない
私はいつの間にか生きていてつまり
無 → 生 → 無  ではなく
(いつのまにか存在する)生 →無 と
主観では一方通行であってこれから初めての死がやってくるわけで
もちろん死後はこの意識すら無いことも知ってるけど
でも今は生きちゃってるし自分を理解できちゃってる
いっそ

393 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 07:28:33 ID:10CTncpQ
暇だなおまえらw

394 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 18:24:59 ID:coHxhhIr
死は身近なのに人間の理解を超えている。


395 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 18:27:43 ID:coHxhhIr
この世はマジで果てしなさ過ぎる。


396 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 18:31:07 ID:+utX0bMA
もしここで死んだらどうしよう…
私の知ってる人は誰もいない…
怖い。死にたくない。

397 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 20:37:27 ID:coHxhhIr
うぎゃ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああ嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああ

398 :優しい名無しさん:2006/11/01(水) 22:30:54 ID:5sMTFFkz
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

399 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 02:27:42 ID:QMJNlnUk
この体が灰になるなんて信じられない
もう無理

400 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 08:08:59 ID:cSXo4LIo
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

401 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 12:39:49 ID:Mw67yFF+
バカだなお前

402 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 17:01:05 ID:TS+Ve9Vt
現国の授業で死について熱く語る先生がいる…。
今日も教科書を題材にして人間の体をハイテク化(人工臓器)にして〜
とかずっと話してた。(そして毎回私に当てる)

ってか教科書の題材はみんな生死をテーマにしてて苦しい。
授業中に発狂しそうになる。
私以外にタナトになっちゃう子いたらどーすんだよ…

403 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 17:35:22 ID:3hM96gUs
最近、近親者がなくなりました。
その人と同じとこに行きたいので自分なりに日々一生懸命生き、人の迷惑にならないように細々とやっていきます。
死は狂いそうになるくらい怖かったけど周りの大事な人といっしょのとこにいくと思えば幾分やわらぎます。
僕なりのアドバイスとしては健康に気を付けて一日でも多く生きることがこの恐怖からの抜け道だと思います。
だから老人はあんなにも穏やかに死を受けいれるのだと思います。
開き直って一度の人生楽しく生きることにします。
チラシ裏すいません。






404 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 18:34:52 ID:ILi4pGmY
そもそも生き物の定義もよく分からん。

405 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 18:54:22 ID:5dqxijnY
>>403
>だから老人はあんなにも穏やかに死を受けいれるのだと思います。

野暮な突込みかもしれないが、老人が死をあまり恐れなくなるのは
経験というよりも生理的な側面が強いのではなかろうか。
ちょうどいい感じに脳が萎え枯れる。

406 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 20:51:51 ID:Jska8vTD
>>403
一緒の所にはいけないでしょう。
いった場所がないのだから。

407 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 21:29:04 ID:pXrSxx7s
>>403
健康は手段であって目的じゃない
その老人の目的または目的だったものの方を聞きたい

408 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 21:34:14 ID:RcTPN/w0
一日の有り難さを噛み締めて生きてたってことじゃないの?
目的だの手段だのいってるから人生が空虚になってしまうんだよ。

409 :優しい名無しさん:2006/11/02(木) 23:04:40 ID:pXrSxx7s
でも私はひねくれてるから生きてる意味を明確にしないと
有り難いなんて思えない性格なんだ
その有り難さはどういう感情か教えて
どのようなことでなぜ

410 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 07:08:28 ID:pMIEoCnN
あんたは有り難くなくていいよ

411 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 10:15:27 ID:j3xiGLOB
>>408
どう考え、どうあがこうが、人生は空虚そのもの。
有り難さはかみ締めるものではなく、当たり前のものとしてあるもの。

>>409
>でも私はひねくれてるから生きてる意味を明確にしないと

そんなこと考えなくても有り難さの概念は分かるはず。
有り難いの本来の意味を考えてみ。

412 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 13:23:18 ID:9Qye7XA5
死にたくない

413 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 17:20:35 ID:6Zlg6/Y9



414 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 20:02:03 ID:/0xK+nB7
さっきテレビで有名な女のお坊さん?が悩み相談教室みたいなのやってた。

「死を恐れるものは愚か 受け入れるのが良」とか言ってたよ。
あと来世とか前世とか…。

どうせ愚かだよウワーンって発作になりかけた。

415 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 20:28:14 ID:CVnZHyhc
携帯電話のさ、スケジュールってあるでしょ
なんの気なしにあれを進めてみたら、はるか先まで入ってるのな。
到底自分が使うはずもない2200年とか。
友達が面白がって最後まで見たら、どうも1世紀分入ってるらしいけど。
そんな先まで月も日も曜日も決まっている。
空っぽのスケジュールだけど、多分確実にその年月は訪れる。

自分は使えないのに。
義体が欲しい。ずっと生きたい。自分が消えるのはいやだ。

416 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 21:16:59 ID:vUipfS2X
みんな死ぬ。
死は不可避。

417 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 21:54:01 ID:PqdhRRVf
この病気って治るの?精神科行けばいいの?こんなことばっかり考えて生きていたくない

418 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:07:53 ID:j3xiGLOB
>>417
治らないよ。不老不死、蘇生、意識の媒体化などの技術が完成して、
人間の死生観に根本的な変革が起こるまでは。
しかし、それでも、宇宙が無くなることは不可避だから、
人間の無に帰すことの恐怖は未来永劫無くならないだろうね。

ただし、絶望的なようだけど、次善策はある。

419 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:12:18 ID:PqdhRRVf
>>418
でもそんなことばかり考えずに人生を謳歌してる人だっているじゃん。私はそうなりたい。
意識の改革が必要?それができればいいのかな?

420 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:20:49 ID:Q5o/vgRM
>恐怖は未来永劫無くならないだろうね。

死ねば無くなりますよ。

421 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:21:54 ID:j3xiGLOB
>>419
それはひとつの理想形かもしれないが、非常に難易度が高いと思う。
人間は各自固有の脳に縛られているわけで、意識や性格を変えようと
思って変えられればだれも苦労はしないよね。

そうだなあ、このスレを見ていて誰にでも出来そうな簡単な方法をひとつ挙げると、
「2ちゃんねるをやめる」
ことかなあ。半年くらいやめてみるとかなり効果あるよ。

422 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:23:30 ID:j3xiGLOB
>>420
ちゃんと文章読んでね。
不老不死になったとしても、という前提で書いてるわけで。

423 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:25:08 ID:PqdhRRVf
>>421
結局それかよwwwwそれは何故?

424 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 22:33:10 ID:j3xiGLOB
>>423
適当なことをいってるように思われるかもしれないが、れっきとした根拠があるんだよ。
人間はあることへの欲求が高まると、プライオリティの低いものに対する
欲求が相対的に落ちるんだ。そういう、人間の生理を利用した安全な方法なんだよ。

馬鹿にされたと思って一度やってみ。効果は必ず実感できるよ。

425 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 23:22:39 ID:vUipfS2X
結局みな死ぬ。みんな死んできた。
気の遠くなるような人数の人間が今まで
死んできた。
今も死んでいる。

あとは、時間軸の関係だけだ。未来では僕たちは
もう死んでいる。過去では小学生時代、中学生時代と
生きている。

もし時間軸がめちゃくちゃになり、同じ人生を何度も
繰り返し繰り返し繰り返し・・・・。
想像を絶する拷問かもしれない。

本人に自覚は無くても、何をどうする事もできない。
何度も何度も繰り返し、意識は永遠に続くことになる。
何度でも死ぬ。何度でも繰り返す。




426 :優しい名無しさん:2006/11/03(金) 23:30:29 ID:j3xiGLOB
一度きりでも永遠の繰り返しでも同じことさ。

427 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 00:11:44 ID:hbBsg8Kn
だよな

428 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 01:27:12 ID:2KVWUzEG
>>411
すみません私は頭が悪いので分かりません
詳しく教えてください
>>419
それ以外方法は無いと思う
自身の死は決定事項だし死に対する考え方を変える以外対処のしようがない
でも死を嫌いではなくなったときにはもう私は私でないような気がする
私が死を恐れる最たる理由は私の喪失であって、私がなくなっては全く意味がない
私が私らしく生きかつ死を恐がらずに残り時間を過ごす方法
なんてあるのかな誰か教えて或いは
これがあれば死ねるっていう理由付け持って生きてる?

429 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 01:40:05 ID:K/cswLxj
無いものねだりをしてはいけない。
無いものねだりをしなければ生きることなど容易い。

430 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 07:27:20 ID:ogI7ciBc
考えても仕方ない事を考えてどうするんだ?
持ち時間は限られているんだ、大切に使え。

431 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 07:39:15 ID:jDnw2lqb
>>425
永遠に繰り返してもこの時間軸の自分たちは1回しかないので
1回です。
永遠じゃないです。

432 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 07:40:37 ID:K/cswLxj
生きている間に時間を有効に使って何かを為し遂げる、
そんな考え方にはなんの価値も感じなくなってしまった。
そういう考え方をする人は、社会動物・人間として生まれたことに
無条件に適応しすぎだと思う。あるいは、考え抜いた末のことかもしれないが。

自分以外の誰かがそうやって生きてれば別に良いや。
俺があえて選択する必要は無い。

433 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 07:44:05 ID:K/cswLxj
>>431
そうだね。
一回きりを永遠に繰り返すことと、記憶ある内容を何度も繰り返すことでは
意味がまったく違う。一度きりを永遠に繰り返すことは何の苦にもならない。
その都度、すべての出来事が初めてなんだから。

434 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 08:53:46 ID:EL1TTrqD
想像すると疲れるな。

435 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 09:03:44 ID:K/cswLxj
>>434
なーに、難しく考える必要は無いさ。
今この瞬間がまさにそれなんだから。

436 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 09:11:40 ID:tJn5oP9y
疲れてきたぜ

437 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 17:01:20 ID:zsgV+wn8
生命線みてみようぜ

438 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 17:25:34 ID:EL1TTrqD
マンドクセ

439 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 18:06:40 ID:jDnw2lqb
がんばれ人類。

440 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 18:18:14 ID:odTar5x1
友人に生命線薄すぎっていわれた

441 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 18:28:37 ID:smAwM3wH
なあ、もとは自分(この意識)がいない状態から自分が生まれてきたわけで
死んだらまた自分がいない状態になるんだろ?
そしたらまた自分が生まれてくるんじゃね?
生まれる前と死んだ後が同じ状態だとしたらね

442 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 18:50:25 ID:zsgV+wn8
それは違う。いまディスプレイを観ているおまえは一人だということだ

変な話 無が永遠なんだよ だから 最後は無になるんだから初めから無だと同じなんだ

443 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 18:52:29 ID:zsgV+wn8
前から思うんだが生命線って当たるのか?

444 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 19:07:14 ID:smAwM3wH
>>442
何が違うのかをくわしく
何かしらの生き物として生きていることを「有」
生まれる前と死んだ後を「無」としたら
無有無有無・・・と繰り返される(同じ人生がという事ではなく生が)
気がするのだが
無有無で止まると考える理由が知りたい

445 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 20:58:51 ID:jDnw2lqb
>>444
生まれる前は無ではない。
なぜなら無から有は生まれないから。
ただそう勘違いしてしまうだけ。
生まれる前も有。今につながる何かがあったはず。
たとえば今の身体の成分は何千年何万年も前から何らかの形で存在していたはず。
意識も同じ。今の意識の元となるものは最初からあったはず。
無だと思っていても必ずそれは有であり無有の変化など起こりえない。
もしくは最初から無か。
だと思うね!


446 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 21:03:00 ID:tcTczDb4
宇宙創世から終焉まで物質質量とエネルギーは変わらない

447 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 21:08:36 ID:LPIuFO3a
どうでもよくなってきたよ

448 :優しい名無しさん:2006/11/04(土) 21:27:07 ID:jDnw2lqb
確かにどうでもいいなぁ。
確信をもっていえるが、世界の真理を知ったところで
この現実が変わらなければなんら意味はない。
死も避けられないし…。残念!

449 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 00:28:49 ID:s/rJnL1I
>>445
そういう考えがあるのか。おもしろいな
ここでの「無」は真の無ではなく、自分(意識)がいないということだろ?
無からは何も生まれないが、「無」からはどうかわからない
今の自分が死んだとして
次につながる何か、次の意識の元となるものは必ずしも存在しないのか?
この体を形作っている原子はなくなりはしない
少なくともこの(物理的)意味では生まれる状態と変わらないのでは?
つまり問題は意識の元となる物の存在ではないのか?
さらなる君の意見を聞きたい

450 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 01:29:57 ID:V2in9PLu
>>445 >>449
おれは両者の意見に納得できる。

今の自分は気の遠くなるような因果の連鎖の末に出来た、
ワンアンドオンリーの存在であると同時に、
意識を持つ個体としてはこれが決してはじめてのことではない、
という可能性も捨てきれない。輪廻転生という概念とは違うが、
意識を持つ個体として、時系列の中で重複することなく存在する
可能性は、「今、現に意識を持っている」以上、否定できないと思う。

451 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 02:08:15 ID:r9uyuQTJ
死恐怖症今日初めてしった。これはまじである病名なの?おれは結構重症です。想像力がかなり豊かだと結構つらい。おれは幽霊が見たくてしょうがない。みた瞬間死後の世界があると思ってよろこぶと思う。

452 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 02:17:17 ID:tL2yE1JB
私も一時期あった。
友人が毎年一人は事故や自殺や病気で亡くなっていたので、
凄く悲しいのと恐ろしいので頭の中がゴッチャになっていたなぁ。
最近は皆生きているので怖さは無くなったけど、
夜は八時以降は外に出られない生活している。
事故にあって死ぬのが怖いとか、
ガンになって死ぬのは嫌だとかでコンビニの物も買わない。
潔癖なまでに実行している。

453 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 07:05:37 ID:kuOgqjT/
ストレスでガンになるぜ。

454 :449:2006/11/05(日) 11:44:56 ID:s/rJnL1I
>>450
貴重な意見ありがとう
君の考えをまとめれば、どちらの可能性もあるということだよな
宇宙の死をぬきにしていえば、生命は永遠に子孫を残し続けられる
つまり無限に命が生まれる
ならばその意識の元となるものは無限にあるのか?それは考えにくい
有限のそれを使いまわしていると考えるのが自然だ
しかし意識の元が有限としたら、生命が同時にたくさん存在しすぎて
それが無くなったとたん、セックスしても子供は生まれなくなるのか?
それも考えにくい
結局俺もどっちかわからなくなってしまった
この状況を打破できる考えを持つ人はいるだろうか
(意識の元=魂と考えると分かりやすいかな)

455 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 12:23:01 ID:37jKKc7+
俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!

俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!

俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!

俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!

俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!

456 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 13:09:31 ID:MPlXbtY/
>>455
俺たちっていつか死んじゃうじゃん!
自我って必ずなくなるじゃん!
別にいいじゃん!
何か不都合でも?


457 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 13:36:48 ID:kuOgqjT/
自我が永遠にあっても恐いがな。

458 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 18:27:37 ID:R8HpHsEu
宗教のせいで余計に怖くなった。

459 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 19:21:02 ID:KXn2LMT1
>>458
なんで?

460 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 20:10:35 ID:MPlXbtY/
>>458
わかる。宗教ってのはモトモト死ぬのが怖い人が適当に書いたもんだから
死を大げさにとらえすぎてるんだよ。
もっと軽いノリでいこーよってカンジ!

461 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 21:13:28 ID:zxv+ZI62
元タナトの俺なりのタナト解決法を教えるぜ。
まあ一言で言えば、自分で宗教を作りハマるって、ことかな。
俺の場合死と意識の無はは逃れられないと悟った。だけど一切合切
存在全て無に還りたくない。だから自分が死んで屍になると飢えた野良犬が
腹を満たし、蛆を育むと考えたそうするとだいぶ気が落ち着いた。
自分がいたおかげでと考えると、自分の存在は自分の意識が消えても残っていくんだと。
まあまだ自分だけが死にたくないと考えてる人も、もう少し時間がたつと落ち着いてくると思う。
俺も最初は世界中が死んでも死にたくねえと思ってた。
なんでもいいから死と折り合いをつける理由を探すことだね。
俺も今は平気だけど実際臨終が近くなったら、平気とは言い切れねえし

462 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 21:54:15 ID:1JSWjr+A
以下、ジミ・ヘンドリックスの名ゼリフです。

Life is pleasant. Death is peaceful
It's the transition that's troublesome
(生は愉しい。死は安らかだ。 移り変わる時が面倒なんだよ)

463 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 22:32:16 ID:KXn2LMT1
「時空は有限だが果てが無い」

って言葉が人間の理解の限界なのかなって思う。

464 :優しい名無しさん:2006/11/05(日) 22:52:57 ID:V2in9PLu
人間もより高等な存在から見れば下等な知的生物に過ぎないよね。
人間、はたまた宇宙まで含めたものを下位システムとして使っている
超生命体(厨くせー表現だw)がいてもおかしくない。
バクテリアが人間の存在を部分的にしか感知できないように、俺たちも
その存在を部分的にしか知ることが出来ないんじゃないか。

465 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 01:00:16 ID:u3Yotx3t
死んだ後にまた生まれ変わるとするなら
あの人とかあの人とかも今頃どっかで生まれ変わってんだろうなー
私らが考えても考えても分からない場所に
死んだ人はみんな行ってるんだよな

466 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 01:05:08 ID:+KodF6nx
>>463
それは確かなのか?
時間の経過を線上の点の移動に例えたら
円上を点が動くってことだろ?

467 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 03:54:09 ID:Whr5OyBM
おまえらの生命線wがなんであれ
おまえら そんなに自分が貴重か?そもそも自我ってのは欲望でもあんだぜ
見て見ろよ 社会では欲ばっかりだぜw

468 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 03:59:22 ID:Whr5OyBM
今 恐れても意味ないだろ?
どうせ最後は・・

変な話戻ってきた奴なんていない
宗教なんかは恐れる人間が作り出したんだからな

じゃ答えは無だよ

469 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 04:00:20 ID:Whr5OyBM
無を意識できない無なんだから

恐怖っておかしなもんだろ

470 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 12:54:52 ID:A2VqeCuK
生まれ変わりも人類が滅亡でオシマイ。
やっぱり無しかない。

471 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 17:51:04 ID:Yn1Gg3dX
脳の恐怖を感じる部分を手術で取った人はホラー映画見てヘラヘラ笑ってるらしい。 取ったら幸せになるのかな? それともとんでもない人になるのかな? 自分だけが幸せな。

472 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 23:05:56 ID:QYpgiH7T
>>471
ある意味自我の消失だぞ。怖くないのか?

473 :優しい名無しさん:2006/11/06(月) 23:51:16 ID:KUZzb1ws
女子大生「悔い無し」だってなんだかちょっと憧れちゃうな
私はもし選べたとしたら生まれてこない方を選んだかもしれない
でも既に私は存在しちゃってるから「すら」や「こそ」のために今を捨てきれない

>>461
やっぱりそこに落ち着くのかな私は無神論者だから
あきらめる、が自分も納得できる唯一の方法なんだと自覚してる

>>469
1.無という状態の恐怖
2.過去の喪失による絶望
3.始まることのない終わり
1に関しては同感でも恐がらずにはいられないのが悲しいタナト
恐いと思っている自分がいる自分がなくなる確かにおかしい
想像や感性或いは本能かもね本当に自分が無くなるんだと思うと恐がらずにいられない
2人生って自分に意味付けをしていく作業だと思うんだけど
人間関係とか知識とか幸福とか子孫とかでかためていってあたかも自分は生きてる意味が
あったと思いたい行動が全部失われる事に対しての喪失感脱力感
3要するに終わるわけだから途切れるわけだよね
くやしいなんてもんじゃないよだってあの赤ちゃんはまだ何十年も生きられるんだよ
もう二度と来ない最初で最後のこの人生が本当に終わるってこと

474 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 00:06:03 ID:+KodF6nx
皆一緒なんだしいいじゃん!!!!!1111

475 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 02:27:50 ID:9XFiwDRN
死ぬの怖い、滅亡は嫌だ
怖いのどうすればいい?

476 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 04:46:51 ID:qgx0kRRZ
>>475
死ぬと治るから安心して死ね

477 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 09:46:23 ID:6BxIc0HY
嫌だ

恐い
恐い
恐い





478 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 12:39:59 ID:GW3DfA4U
ダイの大冒険のポップもタナト

アイドルのしょこたんも、寿命を日数に換算して
短い、もったいないからという理由で深夜も起きてるから
タナトかも。

479 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 16:19:44 ID:naPCZftK
死を受け入れる
1.痛み
2.親しい人との別れ
3.永遠の意識消滅
4.死体の扱い(燃やされるとか)の不安
これらすべてが同時に襲い掛かってくるんだから怖くないってほうが
おかしい。
逆にこれらすべてをどうでもいいと思えたら勝ち!!

480 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 16:25:58 ID:naPCZftK
1.痛み
ちょっと我慢すればいいだろ。
2.親しい人との別れ
別にいいだろ。
3.意識消滅
あったって仕方ないだろ。
4.死体扱い
意識無いんだからいいだろ。

と、思えたら勝ち!!


481 :優しい名無しさん:2006/11/07(火) 20:28:12 ID:n6jms/sr
勝とうが負けようが結果は同じ

482 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 06:29:36 ID:PsnY6ynV
結果は同じだが過程が違えば全然違う。

483 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 06:39:30 ID:RJialuzE
死ぬことより死んでからの世界が怖い。また同じ環境に生まれ変わる
ことや地獄に落ちること。浄土真宗じゃ人間はみんな悪いことしてるから
人間みな無限地獄に落ちるらしい。怖すぎる!異常な恐怖で胸が痛い。

484 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 11:37:01 ID:ygteYKM+


485 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 17:53:59 ID:PsnY6ynV
じゅ

486 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 18:50:59 ID:Hc1e44oc
交通事故死やガンとかなら想像できるけど、
竜巻で死ぬのは想像しがたい。
どのように死ぬかなんて解ったものじゃない…

487 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 19:22:16 ID:PsnY6ynV
寝てるときは死の恐怖なんて感じないから、寝てるとき死ねば良い!

488 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 21:25:54 ID:aD1Ypca7
だから寝る前が一番怖いんだよ!!!!

489 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 22:24:43 ID:rujQVCOU
こわいこわいこわいこわい

490 :優しい名無しさん:2006/11/08(水) 23:28:37 ID:VY5bhaRt
でも僕はもう、死ぬかもね

491 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 01:42:34 ID:090EGnF7
無がどういうものか、という定義より
生まれてくる以前の状態に戻るんだ

492 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 01:49:37 ID:37zXtuKy
生まれる前って無じゃん

死ぬのが怖くて大学入ったのにぜんぜん勉強してない
恐怖が足りないんだろうか

493 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 01:51:31 ID:RfUcccrk
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/rail/1158588441/l5

↑のスレにマンコとオッパイのどっちが好きかをageで書いてください。
「両方」と答えたり、見て見ぬ振りをするとオヤシロ様に祟られるでしょう。

494 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 02:49:46 ID:l+ZiGBok
てか、俺も火の鳥を見てから死の恐怖に脅えて、発狂しそうになり暴れたり、夜中に親に電話したりしていた。
俺は本当に悩んだ。
必死に解決方法を探そうとした。
そして、自分の体をサイボーグ化するとか考えが浮かんだ。
結局、人間の体は長生きしても、せいぜい百年で老化する。
それなら、人工臓器などから応用(現代は臓器だけだが)出来ないのかとか考えた

また、テレビのアンビリバボーでも不老不死のヒントとして『紅クラゲ』という不老不死の生物の研究から実現するのではと言われていた(アンビリバボーでは約20年後には研究も終わり投薬から人で実用できると言ってた)。

俺は恐怖から、不老不死の研究をしようと、医者とエンジニア(人工臓器等を作る機器を作るため、これは生物学だけ勉強しても意味が無いから)になろうとしている。
俺は現在大学生、まずエンジニアになり、五年ほど働いて再度医学部に行くだけの金を貯めることが目標だ。
時間はかかるかもしれんが、死の恐怖から逃れられる唯一の手段だと思っている。

格言で『死ぬ気でやれば何とかできる』とかあるが、まさにその通りだ。

長文すまん。
皆も解決方法を考えて実行しようと思ってくれ!

495 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 07:26:50 ID:EDfyGxfm



他にすべきことがある



496 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 07:49:12 ID:pqmo86AM
なるようになる。
なるようにしかならない。

497 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 13:28:03 ID:7tMVJrfZ
発射オーライ

498 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 14:03:05 ID:sDUMDiDV
自分が今までけっこう衝撃受けた言葉。
アニメ「満月をさがして」の主人公の女の子
(歌うことが好きだが、難病で外に出られない。声帯手術すると声が出なくなる)が、
「死ぬのは別にこわくない、でも歌えなくなるのがすごくこわい」
と言って手術を拒む場面

生存するっていう本能を捨てられるほど、そんだけ歌が好きなのだという意味なんだと思うけど、
死がこわくないなんて幸せ者だなって思う
自分は絵描くのが好きだけど、この子みたいに、生存すること以上に大事なものになったら、死ぬのこわくなくなるかも。
でも、やりこめばやりこむほど、いつまでも絵描いてたくて死にたくないってなるかも。

499 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 16:25:12 ID:e6Pt98iY
おいらもそういうもの、見つけたんだけど、それを失ったからもう死んでもいいかなって思ってる。
昔はタナトフォビアだったのにね・・・

500 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 17:11:25 ID:pqmo86AM
俺は死んだら、とりあえず神になる。


501 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 17:15:07 ID:28nrPPod
ウツと逆の病気か?
死にたくないのか?

502 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 22:58:54 ID:ZRQtTvdN
ああ

503 :優しい名無しさん:2006/11/09(木) 23:27:29 ID:e6Pt98iY
死ぬことに決めたよ

504 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 00:15:15 ID:wfJFnPJH
むかし人さらいは
子供たちを探したが
すべての迷路に番号がふられ
子供の隠し場所がなくなったので
いま人さらいは引退し
子供たちが人さらいを探して歩く
いまは子供たちが
人さらいを探している

だれも人生のはじまりを憶えていない
だれも人生の終わりに気付くことは出来ない
でも祭りははじまり
祭りは終わる
祭りは人生ではないし
人生は祭りではない
だから人さらいがやってくる
祭りが終わるその日暮れ
人さらいがやってくる

505 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 00:21:07 ID:iSd9XMCA
>>504
心動かされたよ

506 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 00:25:52 ID:C4Pzf2DQ
ポエマーはもういいよ
よくがんがった
もうここにはVipperとヲタしかいないからやめときな

507 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 07:22:32 ID:hty8PytT
それはどうかな

508 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 07:25:21 ID:Xe9LXQJU
うわぁあぁぁぁーーーー!!!!
いやだーーー!!!
逝きたくないーー!
死にたくないーー!
ぐえっ…。
ち、ちくしょう。
ぽてち。

509 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 11:38:46 ID:OJs5VAou
死ぬまでは楽しくやろう

510 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 15:06:35 ID:Xe9LXQJU
なんで宇宙?
なんで地球?
なんで日本?
なんでいま?
なんでオレ?
なんだなんだなんなんだ!!

511 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 15:31:52 ID:OJs5VAou
どんとまいんどびーはっぴー

512 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 17:55:36 ID:Xe9LXQJU
どんとまいんど即戦力

513 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 18:28:12 ID:NWZRXVPp
静かな場所 暗い場所 狭い場所

そんな所では常に恐怖が襲ってきます
更にナイトヘッドまできてぬるぽ
そろそろ生きるのが嫌になってきますた

514 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 20:30:44 ID:Xe9LXQJU
これしきのことで死ねるか!!
まだ何も成し遂げてはおらんのだっ…!!

515 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 20:52:40 ID:umFg+HeJ
皆さんは森田療法についてどう考えますか?(私は森田スレの人間ではないです)

516 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 22:36:02 ID:Bao3OSl8
その恐怖感でバランス取れてるからね。
中には全く死後が怖くないという人もいるしね。
ちょっと脳天気な気もする。

517 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 22:48:30 ID:4b84ela0
死ぬまでが恐いのであって
死後は誰も恐くないだろう

518 :優しい名無しさん:2006/11/10(金) 23:37:26 ID:hnUnZUdW
今日、交通事故の現場に出くわした。即死状態のおばさんを
見てしまった。
人生とは儚い。
いつ死んでも運命のいたずら。
僕達はいつ召されるのか。
今年は生きていられるのかな。
来年はいよいよ死ぬのかな。
自我が無くなるんだね。
先延ばしにしても、その運命の日はいずれ来る。
必ず来るんだ。

519 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 00:07:10 ID:FTBgDkvz
そだよ

520 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 04:29:45 ID:gDQ53ugy
軽くなったり重くなったりしてから気付いたけど、寒くなり始めてから怖くなる度が上がり易い気がする
暗くなるのが早くなったからなのか、気温が下がるせいなのか分からないけど不安を駆り立てるような

521 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 04:34:12 ID:pEV+4L/c
冬に発祥しやすいと言うのは同意

522 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 05:03:32 ID:GzNgaTEK
時間がたりないんだ

523 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 07:01:16 ID:1lFmo7yX
冷静に考えれば、生き続けても仕方ないと思うのだが、それでもなんかいやだ。

524 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 07:03:56 ID:GzNgaTEK
>>523
そうだね。

525 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 11:48:59 ID:xFzp8FTe
死後,悩みや苦痛等が一切なく,素晴らしいパラダイスで永遠にすごせるとしたら満足か?

526 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 11:56:06 ID:PZUyHNDB
>>525
悩みがないってことは、悩みがないことにも悩まないわけで
それは満足そのものだと思うが。

527 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 15:04:52 ID:bXHEPQiu
現実は変わらない

528 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 19:09:07 ID:1lFmo7yX
もうわけわからんこの現実

529 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 20:41:52 ID:gDQ53ugy
>>521
冬に起こりやすいのか…そういうところは鬱と似てるね
考えても仕方がないことなのに思い返したら気持ち悪くなってきたorz

530 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 23:24:01 ID:urWNJoOI
死んでいくとき、だいたいの人は来世とか考えるんじゃないでしょうか。
即死じゃない限り。
でも来世がなかったら永遠の無な訳ですね。
来世があるかどうか、確認する手段はない。

そして、もし来世があるとしても、人類が滅びたらもうそこで
おしまいな訳です。結局何をしても、最後には無なんだろうなー
って思うと何もかもが虚しいし怖い。

この思考の繰り返しです。
おそらく、いつか人類がなくなるってのが一番のポイントです。
すべてのものに終わりがあると思うし

531 :優しい名無しさん:2006/11/11(土) 23:41:35 ID:ISzH6y0F
死んだ瞬間に全体性をとりもどし、恋愛のときめきの何百倍もの幸福感と
愛と、故郷に帰ってきたという安心感を得る。

と、鈴木秀子の本に書いてあったから、なんとなくそれを信じてる、、、。

532 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 05:00:02 ID:9HtF5AYg
俺も小さい頃は急に怖くなっていても立ってもいられなくなって
走り回ったりしてたなw
いつのまにかならなくなってた

533 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 07:24:51 ID:PnHjhp/z
>>530
なのに宇宙は永遠に膨張してスカスカの暗い空間が残るんだよな。

534 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 10:13:49 ID:oGCEt2r4
死っていうか無が怖いんだよね
死の先に何かがあるならいいけどないと思ってる
最近はキリスト教にだまされたくなってきた(´・ω・`)

535 :谷口:2006/11/12(日) 13:21:55 ID:d8UNQ+uK
wawawa忘れ物〜♪


536 :谷口:2006/11/12(日) 14:02:11 ID:d8UNQ+uK
死恐怖症で喫煙してる人いるのだろうか…

537 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 14:39:32 ID:vw+szx8c
死が怖いっていうか
心臓発作とか脳梗塞とかで急死するのが怖い

これってタナト?

538 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 14:55:41 ID:Q2qY025p
>>537
正常な人間ならば誰でも怖いと思う。
それを恐怖症と呼ぶかどうかは程度の問題。

539 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 15:11:05 ID:vw+szx8c
>>538
ありがとう。

なんか「心臓発作起きそう」って思って、冷や汗とかかいてきて、左胸らへんが変な感じになる。

そのうち「死ぬかも…」ってなって怖い…
あと、飼っている犬と離れるのが凄い怖い…

日本語おかしくてすみません

540 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 15:15:17 ID:Q2qY025p
>>539
あなたの様子も日本語もいたって普通じゃないでしょうか。

541 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 18:16:00 ID:vw+szx8c
>>540
普通でしょうか、それは良かったです。

そして気を悪くさせてしまったようならすみません…

542 :優しい名無しさん:2006/11/12(日) 23:40:01 ID:IOTxiezg
そりゃタナトじゃないよ

543 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 07:34:02 ID:4Bh2QQja
恐い

恐い

恐い

死にたくない

544 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 08:49:13 ID:YAP/I2ol
仮に同じくらい、社会に何とか適応してるレベルの
鬱患者と神経症患者とタナト患者が居たとして
精神でなくて身体に見て取れる諸症状は
 
鬱→ため息
神経症→ふるえ、どもり
タナト→発作
 
こうだから、内面的でなく身体的な症状だけで言えば
実際社会生活を送る際にキツい順位としては↓なんかね?
まあ比べても意味ないけど
 
鬱<神経症<タナト、パニック、てんかん

545 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 08:52:56 ID:FJN0ADPq
>>544
意味分からん。
タナトって神経症だよ。

546 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 10:11:05 ID:HbbGdBbl
いや、定義自体公式にはない

547 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 14:08:02 ID:DDt3c68a
私は悟りました。
宇宙には意志があります。
その意志は自分の存在理由を知りません。
宇宙は存在理由を知りたいのです。
そこで意志は長い時間をかけて地球をつくり、生物を創造しました。
生物も宇宙の中にあるので当然宇宙の意志の一部です。
我々は宇宙の意志の末端です。
生物が常に進化するのがその証拠です。進化とは宇宙の真理に近づいていくこと。
進化が見込めない奴らは削除されます。(恐竜とか)
進化は子孫を作ることによって徐々になされます。
なぜ、一個体が永遠に生きて単独で進化しつづけないのか?
→したくてもできなかった。(宇宙の意志にもできないことはある)
もしくは子孫を作っていくほうが進化に都合がいいと宇宙意志が判断したから。
進化の見込みのない老人は削除されます。
→肉体は別の形として宇宙の一部に残り続けます。
 火葬されれば身体は骨と灰と二酸化炭素とかになります。
 二酸化炭素が植物に吸収され…というふうにまた生命の循環に戻ります。
 我々は再び宇宙の意志に取り込まれまだけです。消えはしません。
 もっとも現在の記憶は完全に消えるのでほとんど消えるも同然ですが…。
 
なぜ他の動物は真理に遠いのに削除されないのか?
→生態系を維持するためです。生物は無限にエネルギーを自ら作り出すことはできないように
作られました。生態系全て宇宙の意志の末端です。

私はこのことを悟ってから全く死が怖くなくなりました。
これは世界の真理ではありませんが、とりあえず最強の宇宙の真理です。




548 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 15:25:16 ID:YAP/I2ol
>>545の言う感覚がいまいちピンとこなかったけど神経症っていう定義が今は
強迫神経症、不安神経症とは別されたせいだろね
厳密に使わなきゃならないんだろうね
なんとなく、前者は脅迫性障害、
後者の軽度が不安性障害、重度がパニック障害、
で神経症といえば脅迫〜でも不安〜でもなく脅迫観念の薄い状態、
と捉えてたんだけど実際曖昧でよく分からんね神経症の定義が。
 
でタナトはDSMとかに記載されてんのかな
あとタナトのひどい人は広場恐怖みたいに電車は無理なのか
いや過去スレでも見てみますすんまそん

549 :優しい名無しさん:2006/11/13(月) 15:36:09 ID:DR/7hfUG
宇宙の外は何があるの?

始まりはいつ?その前は?

550 :547:2006/11/13(月) 21:40:42 ID:DDt3c68a
>>549
宇宙の外に何があるのかはわかりません。
そもそも我々は宇宙そのものなので。
ただそれを調査するために今の我々がいるのです。

551 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 02:45:57 ID:TFIVgdwS
全然違うと思う

552 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 05:50:24 ID:ib8aX4lB
オブジェクションの理由も提示できない低能には死ぬまでわからないでしょう。

553 :547:2006/11/14(火) 09:21:37 ID:aKjhVD6N
>>552
低脳はあなたです。
いいですか?我々が宇宙の一部であることは間違いないですよね。
身体も宇宙の物質でできており、空間の一部なわけです。
私もずっと宇宙は何のために、いつできたのか、自分はなぜ生まれなぜ死ぬのかに
ついて考えてきました。
そこで自分が宇宙空間の一部であることに気付きました。
さらに人間や世界の仕組みを考えたところ
「宇宙は自分の存在理由を求めている」とすればさまざまな事象に
ある程度整合性のある説明をつけることができるんですよ。
なぜ宇宙が存在理由を求め我々に調査をさせるのか宇宙である我々には
わかりえません。ここ大事です。ただの結果です。
今我々がここにいて、存在すること。
宇宙が存在しているということは間違いありません。
しかしそれはなぜかと問われて答えられるものは存在している以上いません。
意味わかりますか?
存在している、ということはなぜかは絶対に説明できません。
たとえば神的な存在がいたとしても「あれ?なんでオレ神やってんだろう?」
と思ってしまうでしょう。存在するということはそういうことです。
「無」の世界であればそんなことは思わないんですがね。
つづく

554 :547:2006/11/14(火) 09:53:05 ID:aKjhVD6N
訂正
上の「>>552 低脳はあなたです。」は「>>551 あなたは低脳です」でした!

ビッグバン以前は「無」だったのになぜビッグバンなんて起こるんだろう
と考えると思いますが、そんなことはいまはどうでもいいことです。
「無」→「有」の変化など起こりえないと普通思いますが、
今実際「有」であることは間違いない…。
受け入れるしかない。
 
「なんのために〜する?」と問われて「Aのため」とこたえます。
さらに「なんでAのために〜する?」と問われて「Bのため」と答えます。
さらにさらに「なんでBのために?」と問われ…
と、いうように目的や理由を求め続けたらキリがありません。
「どうせ死ぬんだから意味がない」となるかもしれません。
しかし、「宇宙は自分の存在理由を求めているから」という時点て
区切ればすべてのことは一応宇宙レベルでは意味がある、ということになるんですよ。
考えてみてください。

人はなぜ生まれなぜ死ぬのか。
人はなぜ進化し続けるのか。
なぜ子孫を残すのか。

「宇宙は自分の存在理由を求めている」
「自分も宇宙だ」
「宇宙にもエラーや限界はある」
と、すればこの世のすべてにある程度納得のいく説明をつけることができるんです。
そして死はちょっと怖くなくなるんです!

私の考えに反対があればどんどんどうぞ!
すべて論理的に反論できますから。
ちなみに、私は発狂してませんよ。

555 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 09:59:15 ID:StTul6LT
じゃあもう来なくていいよ

556 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 10:23:30 ID:qvHup8Aq
>>553-554
理由を求めないと生きていけない人なんだね。可哀想に。

557 :547:2006/11/14(火) 10:41:35 ID:aKjhVD6N
>>556
理由もなく生きられるのか?
なんか無理やりにでも作んないとやってらんないし…。
理由もなく何も考えずただ死ぬまでのうのうと暮らせたら
それが一番いいけど、考えちゃうでしょ、やっぱ。

558 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 11:21:07 ID:qvHup8Aq
哀れなやつ。

559 :547:2006/11/14(火) 11:48:40 ID:aKjhVD6N
イェイ!ニート万歳。

560 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 11:56:00 ID:J4HeffBR
存在に思考停止な君が羨ましい

561 :547:2006/11/14(火) 12:18:08 ID:aKjhVD6N
考えたって仕方ない。
死ぬまで前向きに明るく生きればいいのさ!
がんばれ人類!

562 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 12:49:05 ID:/rgCaoHC
罪人

563 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 14:35:30 ID:AuIqQE3/
元・フォークダンスDE成子坂 の村田さんが部屋で死亡35歳だってorz

564 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 18:51:14 ID:wU7Jczcj
くも膜下出血だってな
部屋見に行ったら死んでましたなんて…

565 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 20:59:14 ID:aKjhVD6N
eiyuus dasaaw
いつ死んでもいいように覚悟しとかないと。

566 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 22:02:52 ID:7hw7KKE2
覚悟しなくても死ぬときは死ぬ

567 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 23:08:25 ID:EQJUW2m2
あああああああああああああああああ
怖い
死にたくない
私の家族も誰も死なないで

568 :優しい名無しさん:2006/11/14(火) 23:55:04 ID:EQJUW2m2
前スレにも書いた気がするけど
自殺できる度胸のある人はすごいと思う。もったいないけど…
でもうだうだ愚痴を言いながら死にたいって言いながら生きてる人は
じゃあ死ねば?って思う。家族が死のうとしたら絶対に止めるけど


569 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 07:08:27 ID:x4QIbach
永久の無からみたら今死ぬのも数十年後も目くそ鼻くその世界だけどな。

570 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 13:21:44 ID:Aja7ayK9
無に永久なんて時間の概念はない
 
意識、感情、記憶等の精神活動が停止した主体からみれば時間など認識不可で、
客体からみれば主体の全ての肉体構成素粒子の存在が消失するのは
仮定としては基本的には時間、空間の開闢と終焉の時のみ。
 
宇宙開闢137億年の歴史からみたら
もしくは
半永久の時からみたら
なら分かるがこれもナンセンス
とかいてみるてすと

571 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 13:24:44 ID:Aja7ayK9
肉体構成素粒子の存在が始まって137億年ってことね
つかどーでもいいことでからんでごめん

572 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 13:36:01 ID:Aja7ayK9
太陽系の存在が始まったのは46億年前だねああスマンよ

573 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 15:59:00 ID:l5dxTycG
死んでもいいけど生きてもいいのでなんとなく生きてる日々

574 :優しい名無しさん:2006/11/15(水) 22:07:40 ID:wkObJsIM
>>573
一番理想の生き方だ

怖いまだ死にたくない
畳の上で安らかに死にたーい

575 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 02:32:53 ID:YBrKzuqy
おまいら「姉ちゃんの自作詩集」は読んだかい
自分は不覚にもこの詩がグラっときた↓

「生きる」


生きてるってなんだろう
生きてるってなぁに
死んだらどこにいくの?
思い出はどこに消えるの?
あと悲しくないのかな
たましいって浮くの?しずむの?破れつする?
火葬はあつそう
どそうはさみしそう
しにたくないよ!本当に死にたくない!
好きなことも出来なくなる
嫌いな人にも会えないとさみしくなる
私はいま生きてるから
なみだがあったかくてうれしいです

576 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 03:07:04 ID:ocSc97vj
無って目をつむった時みたく真っ暗なのかな
それとも真っ白なのかな
死んだらそんな感覚もなくなるのかな

577 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 06:24:17 ID:6q36C/3j
>>576
目が見えない人は頭の中で何を見てるんだろうか
そんな感じなのかな、無って



578 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 07:11:24 ID:WlaVbaty
違うだろ。意識不明なんだから。

579 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 09:43:57 ID:M6MOvNNz
死ぬのが怖い人は自分好き

580 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 15:22:54 ID:SHQKblOt
>>579
そ、そうだったのかー!

581 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 15:41:05 ID:WlaVbaty
自分の定義も考えだすと怖い

582 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 22:04:25 ID:M6MOvNNz
パリ人肉事件怖すぎ

583 :優しい名無しさん:2006/11/16(木) 22:04:36 ID:5kyLObCc
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

584 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 00:20:18 ID:qq+QCJJe
>>576
眠ってる時と同じ

585 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 02:36:10 ID:NdY/AxYa
冬が近づいたせいかまた症状が悪化した気がする
ああもっと生きたい。永く、とにかく永く生きながらえさせてくれ

586 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 07:09:29 ID:GOVGLDq9
だめォ

587 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 14:38:21 ID:/73idw+B
人間を生むということは殺すことにつながる。
安易に生むな!

588 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 15:50:20 ID:GOVGLDq9
だめォ

589 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 15:57:13 ID:xiLnEY7G
というか頃さないと生きれないんですけどね
あなたがたまたま失敗作に終わったとしても
適応した周りの同胞たちが生き続けるんだからまあいいじゃないですか
他種もあなたの分だけ喰われることもなくなるし
なんてね

590 :優しい名無しさん:2006/11/17(金) 17:53:16 ID:/73idw+B


591 :優しい名無しさん:2006/11/18(土) 13:21:52 ID:sU2BuG1z






592 :優しい名無しさん:2006/11/18(土) 22:15:53 ID:+2dgjieV
ルボックス2倍

593 :優しい名無しさん:2006/11/18(土) 22:27:48 ID:9Mq/VGeq
自殺大杉

594 :優しい名無しさん:2006/11/18(土) 23:39:58 ID:+FzpTe2Y
死んだもの勝ち

みたいなー…

595 :優しい名無しさん:2006/11/18(土) 23:50:25 ID:/v96nLgK
生まれたもの負け

596 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 00:27:50 ID:8ZCva1/0
>>494

597 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 03:30:02 ID:fa6Y1P6B
ごめんなさい、宣伝か紹介です

死恐怖症(タナトフォビア)が集うスレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1163658307/

598 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 11:30:59 ID:iEVC+7WU
死んだもの勝ち
生まれたもの負け
確かにその通り…。

599 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 14:03:43 ID:u4/GZ/C2
でもね、気にしたら負け

600 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 15:51:26 ID:1UmoInN0
こんなもんに勝ち負けなどない

601 :優しい名無しさん:2006/11/19(日) 21:06:33 ID:0kFHYMCY
もう年末か・・・。
時間が過ぎるの速すぎだぜ。

602 :優しい名無しさん:2006/11/20(月) 00:41:06 ID:ueZN8AF/
>>601
せいぜい人生80年と考えて、オリンピックは20回しか見れない。
そう思うとなんかゾッとする。実際今自分が20だから、あと15回かorz

603 :優しい名無しさん:2006/11/20(月) 11:58:17 ID:chwqeRku
オリンピックなんぞみたくないがな

604 :優しい名無しさん:2006/11/20(月) 15:54:21 ID:fPZLzepP
早く逝きたい

605 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 02:32:56 ID:yqxsYAGg
死にたくない

606 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 19:55:52 ID:FPm69sXN
ただいま、何スレぶれか…

死にたい…

607 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 20:01:37 ID:Z4X3Hf0v
俺が死んだら、マリオが死んだときの音だしてくれ

608 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 20:02:58 ID:FPm69sXN
着メロにでもしとけ

609 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 20:42:02 ID:24eu01sl
自傷も出来ないなんて・・・

610 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 21:25:05 ID:ql0mJkSH
こんなくだらないこと気にしてるヒマがあったらすることちゃんとしれって
言われそうだけど、それも逃げに見えてしまう。
やはり何かに没頭した人は死の恐怖から逃げられるのだろうか?
でも一度この問題を意識してしまった以上、逃れられない気がする。
このスレを覗くのは1年ぶりぐらいです。再発した。

死について考えると同時に、自分について考え出すと止まらない。
歴史上、現代日本ほど幸せな時代ってなかなかないと思う。
でも、世界には不幸せな人もたくさんいる。
なんで自分はここにいるのか。
過去の歴史なんて全部作り物だしこの世界も嘘じゃないかなと思う。
死んで、この気持ちいい夢から覚めるのが怖い。


611 :優しい名無しさん:2006/11/21(火) 21:35:57 ID:Z4X3Hf0v
気持ちいい夢かな?オレには悪夢としか思えない。
がんばってもがんばっても全て無になる。
これはかなり悪質ないじめだ。

612 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 00:45:04 ID:t8tu0Xbc
死にたいよー・・・ぅ

勇気をくれーぃ・・・

613 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 01:55:14 ID:lyIc/noM
死にたいのに死の恐怖
があります。

614 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 04:47:50 ID:tietwPIr
誰か教えて下さい。死んだらどうなるのですか?
江原裕之の本によると死んだ後は肉体を持たないそうですが
目は見えるのですか?呼吸はできるのですか?気になって夜も
眠れません。恐怖で落ち着いてられないです。呼吸ができなく
なる恐怖を考えるといてもたってもいられません。
それと地獄はあるのですか?私は刑務所入るくらいの悪いことは
していませんが親にさんざん迷惑かけました。対人恐怖でもあるので
治療費に二千万くらいかかってしまいました。ほとんどの治療法が
詐欺でした。あと大人しい性格なのであまり他人に喜びをあたえ
ませんでした。あと虫をたくさん殺しました。地獄に落ちますか?
恐怖でどうしようもないんです。無になるのは怖くないんです。
どなたか教えてください。

615 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 04:50:25 ID:K2p/ndzN
>>614
「前世療法」がおすすめ

616 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 05:50:11 ID:tietwPIr
615さんおはようございます。前世療法で死に対する恐怖が
おさまるのでしょうか?でも実際、前世療法やってる所って
詐欺ばかりです。どこか本物のお勧めの治療院ありますでしょうか?
よかったら教えて下さい。

617 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 07:07:22 ID:ihX5qBZg
死んだら見えません聞こえませ考える事もありません。心配いりません心配も出来なくなりますから。

618 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 08:11:24 ID:vrCiqk2q
俺がタナトフォビアになった理由は2つ。

1.自殺を繰り返しているうちに(全て未遂)、自殺がでかなくなった。

2.死後の世界の有無(地獄とかあったらどうしようという心配)。

以上です。
自殺したいけど怖い。

619 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 08:17:00 ID:2BGSTmxS
>>618
実は自殺は成功していて
今いる世界が地獄だったりして。


620 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 09:09:04 ID:2RDrDr81
死は誰もに平等に訪れる


待つのは



だ。

621 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 13:49:37 ID:fSYdYAi3
死、痛み、苦しみ、恐怖、裏切りのない愛と希望と夢に満ちた理想の世界に
生まれたかった…。

622 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 15:55:16 ID:ihX5qBZg
生まれたら最後だね。

623 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 17:13:18 ID:fSYdYAi3
もうやだこんな現実…。
助けてよ神様

624 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 17:37:52 ID:T7Czlz03
つまらん事で悩むな
時間の無題

死んだら死んだでしょうがないだろう


そんな漏れは統失の自殺未遂者


死に対する恐怖なんか無い


むしろ早く死にたい


だか今愛する人が居てくれてるから死ぬ事不可能

彼女が悲しむからな


625 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 18:51:47 ID:2Se29a2E
死んじゃえばいいのに

626 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 19:05:43 ID:ypPrFtIU
>>624
自分が矛盾してること言ってるのわかってる?

627 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 21:20:49 ID:uG2aWGCq
貧血で、意識がdだ時、死ってこんなもんかな…と思った・・・
でもその貧血の時脳はまだ生きてるんだよな
ほんとうに脳が働かなくなったらどうなるんだろう…

628 :優しい名無しさん:2006/11/22(水) 23:16:32 ID:K2p/ndzN
>>616
催眠術で次々と前世を思い出し、その結果強迫観念が直ってしまった
女性について書かれたものです。文庫本なら600円くらいですから
そう高くありません。読んだからといって治るとは保証できません。
(現に私は治ってないです)。あるかないのか判らないものを信じるなんて
非科学的だ。と思うタイプならお奨めできません。
お奨めの治療院はこっちが聞きたいです(泣

629 :優しい名無しさん:2006/11/23(木) 00:35:28 ID:MrrtvrAt
「自分って絶対死ぬんだな」


って思うとすごい重すぎる事実というか。
今日だって人は面白いぐらい死んでいる。自分にいつその番が
回ってくるか分からない。
そして、回ってきたら最期、二度と自分というものが持てないんだ。
仮に生まれ変わってもそれは今の自分とは違うし、すぐ死んだり
非業の人生の可能性も高い。そして必ず死ぬ。

そして、いつか人類は滅び、自我を持つ術はなくなる。
完全に無となる。

この事実が「絶対に」いつか来てしまう。
そう考えるだけで本当に怖い。
そして、もし何らかの方法で永遠に意識がある、とすると
それはそれで本当に怖い。

人類が自我を持ち、正気を保っていられること自体が奇跡すぎる。
恐ろしい

630 :優しい名無しさん:2006/11/23(木) 14:07:56 ID:U/5xzTQl
なぜオレなんだ?
全く謎だ。精子があんだけあってなぜオレなんだ?
なんでこの時代、この場所、この身体なんだ?
精子としてできたワンチャンスを逃すことなくこうして生まれてきたのか…。
ありえん。
もはやほんとに神のイタズラだと考えたいくらいだ…。
くそ…一体どうなってるんだ…。
ありえん。
マジでありえん。

自分より年下のやつが自殺するのが怖い。
いまはいいけどいつかテレビとかも自分より年下のいまはまだ生きてない
やつらばっかりでると思うと恐ろしい。

631 :優しい名無しさん:2006/11/24(金) 01:22:01 ID:ZVmRzAva
幼少の頃から、
何で3歳より前のことを思い出せないんだろう?
無限の宇宙って言うけどずうっと遠くまで行ったらまだ遠くがあるのかな?
太陽がなくなったら天国もなくなっちゃうのかな?
時間がないって言う人がいるけど本当に時間がなくなったら世界はどうなるんだろう?
なんてことばかり考えてた。

632 :優しい名無しさん:2006/11/24(金) 12:58:26 ID:ike3Ullg
死んだら全部終わり
いやだ

633 :優しい名無しさん:2006/11/24(金) 15:51:51 ID:0GmChkJh
終わりがないのも恐いぜ。

634 :優しい名無しさん:2006/11/24(金) 17:13:12 ID:/ZY/fdU/
↑なんか惚れた
付き合ってください

635 :優しい名無しさん:2006/11/24(金) 17:22:55 ID:qK8fAWEz
恐くなんてない、そんなのただの詭弁だ

636 :優しい名無しさん:2006/11/25(土) 17:57:00 ID:Pt0am+3j
もう疲れた。消えたい

637 :優しい名無しさん:2006/11/25(土) 19:06:18 ID:Pt0am+3j
迷わず逝けよ
逝けばわかるさ

638 :優しい名無しさん:2006/11/25(土) 20:35:12 ID:c+k8MRte
この葛藤には終わりがないんだよねえ。
死ぬのが怖いって気持ちは死なないと治らない。
自分から逃れたいものが救いにもなるって、不思議というか、残酷。

でもかぐや姫にも不死の薬とか出てくるし、
昔の人だって自分が絶対死ぬって気付いてるのに
進歩してパソコンとか作ってしまう人間ってすごいわ。
おかげで今日もマターリ2ちゃんができてます。
こういうことに気付くとちょっと他人にやさしくできるかも。
でも他人にやさしくしたところで絶対死にますけど。
こういう卑しい考えを封じ込めて世の中上手く動かすために
宗教があるんだあと思います。

639 :優しい名無しさん:2006/11/25(土) 22:02:42 ID:QasoBodx
自分はどんな病気で死ぬのかが怖い。
糖尿病で失明なんてことがあったら死ぬこと
より怖い。不安で仕方ないです。
誰か助けて。

640 :優しい名無しさん:2006/11/25(土) 22:18:27 ID:Pt0am+3j
死に方よりいつ死ぬかわからないのが怖い

641 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 10:32:05 ID:9O5uYp2c
いつ、どんな死に方するかわからないのが怖い。

まぁ、もしわかっちゃったら逆に怖そうだけど。

642 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 17:23:54 ID:1TtisABd
西尾維新でも読めよ
人が飛蝗飛蝗死んでいくぜ

643 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 18:21:54 ID:2GXY44dh
だから生きてるのが恐いんだろ。

644 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 19:45:08 ID:ZLUFqbLv
生きるのも死ぬのもイヤ
どうすりゃいい?

645 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 20:39:08 ID:i5rmYylT
死ぬまで2ちゃんやってろ

646 :優しい名無しさん:2006/11/26(日) 21:22:44 ID:6Hp+IndJ
>>639>>641
糖尿病で失明しちゃっても色んな不治の病になってもどんな死に方しても
死に方、死後のこと、死に際の苦痛度、、まるっと事前に解っちゃったら
あるのは『怖い』ではなく苦痛やら重圧やらの『辛い』感覚だと思う。
失明した後なら失明は当然怖くはないし、死んだ後なら死は怖くないから。
精神障害者になるよって占われてたとしても
いざなった後なら偏見が解けて後は怖いっつうか苦しいだけでね。
 
未体験→ストレスを想像→『怖い』→突入か回避
事後→ストレスを実感→『辛い』→回避、抑圧、昇華、、
こんな感じだからこの二つは全然違う。
 
タナトや予期不安が、発作を体験した後もそれを『怖い』と感じるのは
発作の影響で危険な事態になると感じてしまうからかなあ。
死なんかを悲観的に捉えてるからリスクを想像し回避の為に不安を感じるんかね。
感じ方が変わらない限り大変そうだけど。どうんなでしょうか

647 :優しい名無しさん:2006/11/27(月) 11:24:10 ID:QPcELHdB
小学生くらいの時、死ぬのがめちゃくちゃ怖くて怖くて
お母さんに泣きついた事がある
でも今は平気
あれはタナトだったのか...

648 :優しい名無しさん:2006/11/27(月) 13:28:20 ID:l4Mk1XLO
たとえば俺たち生まれなければ生きてる意味など迷わなかった
あけてはいけない扉もあるよ

今思うと深い歌詞だな。
秋元康ほどの金持ちでさえこういう誌が書けるんだな。

649 :優しい名無しさん:2006/11/27(月) 15:50:42 ID:IlrvVRE3
野猿か…。
開けてはいけない扉を開けてしまったんだな〜
と、いうか無理やり放り込まれた感じ…。
人の一生なんてゴミみたいなもんだ。

650 :優しい名無しさん:2006/11/27(月) 16:06:57 ID:QPcELHdB
そんなことはなーい!

651 :優しい名無しさん:2006/11/27(月) 21:54:41 ID:IlrvVRE3
人の一生なんてゴミみたいなもんなんだよ…。


652 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 15:25:29 ID:BmENBpwL
消えちまえばいいんだ、こんな世界

653 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 17:21:59 ID:5qhNUJwv
死ねば消えるよ

654 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 18:05:32 ID:ZBv13Xzs
おまえらきめーーー
病みすぎやろ

655 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 18:14:08 ID:dTSXEUru
家族が死ぬのが怖いのは違う病気ですか?
寿命が来る前に交通事故で死んでしまったらどうしよう。

656 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 18:48:47 ID:q+OLtND6
爆発して灰になっても
この世の果てまで
心中しよう
さぁ、手を伸ばして
もう数えるくらいで僕らは消え失せて、真っ暗な朝が来るね
ラルク・アン・シエル
Driver's High(1999年)

657 :優しい名無しさん:2006/11/28(火) 23:37:17 ID:3tClKY/7
刺客は使い捨て
首相も使い捨て
人間みんな使い捨て

658 :優しい名無しさん:2006/11/29(水) 06:31:59 ID:1Cpovuar
やっぱこういうスレあったか…
自分なんかは夜更け布団の中で死について深く考えてから
夜中条件反射で思い浮かべてガクブルする日々
一時期不眠症みたいな状態に
夜明けから働き始めて昼寝る時間あるのが救いか
どうにかする方法ないんかねえ
まあ無理か?一人じゃ

659 :優しい名無しさん:2006/11/29(水) 09:33:40 ID:B04lIDRH
死ねば悩まなくなる。

660 :優しい名無しさん:2006/11/29(水) 16:55:50 ID:ijYF2+3b
>>658
唯物論でいくなら。
いずれ消えるから何も悩まなくてよいよ
悩む意味や意義がない
自殺しても寿命まで悲観してもどのみち何もかも分からなくなるから
何も心配しなくてもしても宇宙から見れば超大した問題ではない
宗教でいくなら、
今は辛くても自殺はしないほうが救済はされるんじゃないか
個人的にいうなら、
死を思う方が享楽的には生きられるとは思うんだが
ミスチルの花-メメントモリ でも聴いたらいいよ
傾奇者でいうなら、
死に人と化したもののふには迷いがないね。マンガだけど。
いちど真剣に死ぬことを受け入れてみたら?
 
こんなんじゃダメ?
それで怖かったらそれは仕方ない、みんな怖い部分だと思います
あとは薬だね

661 :優しい名無しさん:2006/11/29(水) 16:59:36 ID:BpV9VRBj
死ぬのはかまわんが、痛い苦しいは勘弁してちょ

662 :優しい名無しさん:2006/11/29(水) 17:44:32 ID:LNFCLumR
友達が真剣な顔で"死が怖い"って言ってきたから笑っちゃった
ゴメンね

663 :優しい名無しさん:2006/11/30(木) 10:23:06 ID:pHtSAdPZ
>>661
それだよそれ!(・∀・)9m
楽に死ねればべつにいいよね♪

664 :優しい名無しさん:2006/11/30(木) 10:44:27 ID:74EJ31qk
それはタナトじゃないよ

665 :優しい名無しさん:2006/11/30(木) 21:21:01 ID:55RxhT3c
>>662
最低だよ

666 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 01:12:51 ID:pYptA1TA
タナトフォビアという言葉を今日知った
俺も死が怖い
でも同じように怖いと思っている人がいて少し怖くなくなった

一時期なんかはしょっちゅう考えてた
でも学校のこととか人間関係のこととか死以外についていろいろ考える
ようになって死が怖いことをあまり思わなくなったから

つまり死以外にいろいろと考えればいいんじゃないかと思う

667 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 09:40:47 ID:joyCaZvz
>>666
おお、いいこというじゃないか。
そうだよそう。つか、自分もそうだった。
今を必死で生きてると死ぬ事なんか忘れちゃうよね。

668 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 13:21:13 ID:R6RXctCr
死んだ事も気づかずに永遠に時間が流れるんだな。

669 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 14:05:26 ID:i4JtU15Q
自分の爪を切ってコンロで焼くと自分の遺灰が見れる

670 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 14:21:16 ID:f1g5CMwW
30になった。
最近死をよく思う。
もう若くないんだなぁと。

671 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 16:38:39 ID:sU2tL9Am
そういえば中川翔子は
今がもったいないから、ていう理由で睡眠時間がめちゃ少ない上
命を燃やすように生きてる。みたいなこと聞いたことあるよ。
発想も強迫観念もタナトに近いかもね


672 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 17:22:35 ID:/jPdEi/a
>>667,669
俺個人の印象なので、揚げ足を取るつもりはまったくないんだけど、
>今を必死で生きてると死ぬ事なんか忘れちゃうよね。
必死になっている間は目の前で手一杯だからある意味充実しているて、死の事
など思いもしないんだけど、ある瞬間、フッと気が抜けるというか、気がつく
というか、それだけ時間が過ぎたこと、死に近づいたこと、過ぎた時間はもう
戻ってこないことを意識してしまい、「俺、何やってきたんだろう。」として
発作に襲われる。必死に一生懸命やってきた割には、人にいいように利用され
ていただけで、結果的には時間を浪費しただけで、自分には何も残らなかった
ような仕事の仕方、生き方をしてきたからなのかも知れないけれど。
だから、死から目をそらすことより、どうやって死を受容れるか、その術を見
つけ出す方がいいのかなと思っています。(でもって未だ見つからず、今日も
また一日過ぎてしまったと毎夜就寝時に発作に襲われるわけですが...。)


673 :優しい名無しさん:2006/12/01(金) 22:37:29 ID:WgVacSyh
>>672
死ねば発作に襲われる心配もなくなるよ、大丈夫。

生れる前の状態に戻るだけ、本来あるべき姿に戻るだけ。

674 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 00:53:36 ID:r+khy7mQ
サービスタイムは終わったのさ・・・

675 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 03:51:49 ID:gTYXdr0c
痛みや、苦しみが怖いのは違うのか…じゃあこれは何だろう
まあ、苦痛だけじゃなくて死後あると考えるのも同じくらい怖いや

676 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 05:15:03 ID:VEG5k8T6
>>672
凄く大好きな人と念願かなって一緒になれて、理解し合えて、
信頼し合えて、婚約して、
孤独を分け合うように抱きしめ合って寝るような仲になれたら
いくらかの安心は得られないですか?
どうやったらカタルシス得れそうですか?

677 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 06:34:53 ID:k/Hq08fl
死にたくない死にたくない
死にたくない死にたくない
死にたくない死にたくない
死にたくない死にたくない
死にたくない死にたくない
死にたくない死にたくない…

678 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 07:34:08 ID:/bkgtrTH
>>676
守りたい人や物が増えれば増えるほど死ぬのが恐くなって発作に襲われるよ。

679 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 12:05:25 ID:dXw25ut6
戦時に生まれなくてよかった

680 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 12:42:10 ID:dXw25ut6
アウシュビッツとかで殺されなくて良かった

681 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 16:16:55 ID:VEG5k8T6
>>678
比較的恵まれているから怖いの?
今の職や立場をすべて失って引きこもりになって
大切な人がすべて離れていった後
それでもやっぱり発作はしそうなの?
うざければスルーしてください。

682 :優しい名無しさん:2006/12/02(土) 19:44:56 ID:hDz0JK3E
>>673
同感。問題は死ぬ直前までのことをどうしたらよいものかなんですよね。

「有漏路より 無漏路へ帰る 一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け」

頭では判ってはいても、なかなか心で受容れられません。

>>676
>>678さんのおっしゃるように、守らなければならないと思うものがあれば
あるほど、それを残して死ぬわけには行かないと思うようになってくるの
ではないでしょうか。子供(自分の遺伝子を持つ者)がいればまた違う考え
になってくるのかな?

>>681
私的には、その状況になったら、むしろ死を引き止める理由がなくなるなと
安心するかも。つまんねぇ人生だったな、と生きることに諦めがつけられる
のかもしれませんね。その意味では死を受容れられる方法なのかな。


683 :優しい名無しさん:2006/12/03(日) 02:18:56 ID:AQB6bu1d
死んだら、今まで生きてたってことも忘れちゃうんだろうね

684 :優しい名無しさん:2006/12/03(日) 03:25:30 ID:PPBV3U68
死んだらどうなるんだろうって考えると凄く怖くなるな。
無 って事も感じられないだろうし、生きてる時には分からない感覚だから余計怖い。

685 :優しい名無しさん:2006/12/03(日) 06:32:45 ID:w0JqIq1y
その「感覚」がないし
寝るときに疑似体験するっていうけど「疑似体験」って適切なのかも怪しいしね
「体験」できんっちゅーねん みたいな
でもたぶん生きてる側の認識としては
寝るって概念に近いから永遠に寝ること自体はおそれなくていいんじゃない?
トラウマの元凶は喪失感かなと予想

686 :優しい名無しさん:2006/12/04(月) 07:32:22 ID:4b3kuU5P
「荘子」を読むといいよ。

687 :優しい名無しさん:2006/12/05(火) 22:21:46 ID:eP2p19ZO
なら、おまえら突然に起きる
事故とか怖くないの?
あと病とか

今日なんか沢山あったよ

688 :優しい名無しさん:2006/12/05(火) 22:53:41 ID:LzpB9X/Y
人間なんて不意に、いとも簡単に死ぬ。
だからあんまりがんばらないほうがいい

689 :優しい名無しさん:2006/12/05(火) 23:01:39 ID:2TzhtKux
>>687
このスレではそういう死に方を望んでいる人多いよ。もし死ぬのであれば
これから自分が死ぬということに気づく間もなく一瞬で死にたいという人。

690 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 00:43:12 ID:3pmjANCR
それはおかしいだろ?
事故などでも、一瞬だろうけど
それって怖くないか?
恐らく、よく考えたら怖いと思うぜ

突然・・・そして無が永久

691 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 04:28:17 ID:VpKuXRMF
だって無を意識することもなくなるだろ。

692 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 04:30:20 ID:cw6vtlSl
病死は嫌だよな

693 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 07:10:51 ID:jHt12wSc
選べないよ。自殺なら選択できるが。

694 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 10:11:19 ID:+d1FXiSO
とにかく
さっと苦しまないでしにたいよー

695 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 13:45:53 ID:lmxxNjJF
昨日死ぬほど腹痛かったんだけど実際死にそうなとき
は痛すぎて永久の無とか考える余裕無いと思う

696 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 16:52:00 ID:jHt12wSc
だよな

暇だから怖いんだよ

697 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 21:43:05 ID:3pmjANCR
嘘だろ。突然や苦痛って確かに考える余裕はないが、それがいいとは思わないはずだ


698 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 22:05:49 ID:8mztA8F3
俺も、子供の頃から死ぬのが怖かった。
土曜の夜は、特別で、父ちゃん、母ちゃん、姉ちゃんと自分。
ひとつの部屋で寝ていた。
夜中に一人で、目が覚めたとき、
考えた。自分が死んで他の家族が生きてるのと、
他の家族がみんな死んで、自分が生きてるのと、
違いがあるのかどうか。
大人になった今でも、死ぬのが怖いよ。
年をとって、体が弱れば、ホルモンなんかの関係で
死を自然に受け入れられるのかな。
最近、遺伝子の異常が判明して、死の確率が高まったんだが、
長生きする人もいれば、若くして死ぬ人もいるという
ものなんだ。あくまでも確率の問題。
交通事故や、事件や病気で子供が死んだりするのを考えると、
俺の悩みは贅沢かな?
でも、やっぱり死ぬのは怖いな。


699 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 22:33:22 ID:w0yhzdaz
怖さは恥ではないさ
怖れをしらないのは
ただのバカだ

700 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 23:11:54 ID:/ZWuaA79
数年前だけど、雪の降る峠道を車で走行中にスリップ
そのままガードレールに衝突するまで、下り坂を30Mほど滑り降りた。
死は意識したけどさほど怖くはなかったね…
頭の中が真っ白になり、恐怖感は不思議と出て来ないよ。
むしろ助かった後の方が恐怖が込み上げてくる
10分ほど体が震えまくって、ハンドル握れなかったから…

701 :優しい名無しさん:2006/12/06(水) 23:35:47 ID:3pmjANCR
突然 に
そして 永久


702 :優しい名無しさん:2006/12/07(木) 07:09:57 ID:vNoY283w
永久さえわからなくなるんだからいいじゃん。

つか仕方ないじゃん

703 :優しい名無しさん:2006/12/07(木) 18:01:34 ID:CICO8Kz+
死ぬのが怖いっていうか、死について考え出して
「うわああああqwせdrftgyふじこlp!!!」ってなるのが怖い。

だから極力考えないようにした。
そしたら苦しさが半分以下に減った。
やっぱり「考えない」これしかない。
絶対に避けられないものなら、忘れる以外に対処方法はない。

704 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 03:01:18 ID:P9HKJiWP
考えそうな時は手を動かしたりして紛らわしたり、忙しくして考えないようにするのが一番いいね
それでもダメな時はここにきたり、面白いもの見て大笑いして忘れるようにしてる

705 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 07:13:11 ID:tH5IJryF
でもね、30歳を過ぎるとあちこち体が衰えてくるのを感じて
嫌でも死を意識することが多くなるのよね。
死はもう隣人だ。

706 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 11:26:15 ID:yvhoHqWO
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
30で隣人?
うちのままんは60過ぎてるけど元気はつらつだよ〜

707 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 15:18:32 ID:b+cwtY08
死んだらどうなるの?
よりも


この世界はいつまで続くの?の方が怖い。


私が死んでも世界は終わらない。
いずれ終わるんだろうけど、終わりが分からない。

そう考えると、何の為に生きてるのか分からなくなる。


幼少からそれを考えてて、学生になり、授業中思い出しては恐怖心に襲われてた。


こんな事、考えたくも無いのに…ふと思い出してしまう自分がイヤだ。

708 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 16:07:34 ID:tH5IJryF
自分の死がこの世の終わりだって。

709 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 16:14:48 ID:yvhoHqWO
んだんだ

710 :優しい名無しさん:2006/12/08(金) 19:34:43 ID:b+cwtY08
>>708-709
ありがとう。
ちょっと元気になれたかも…

711 :優しい名無しさん:2006/12/09(土) 08:56:52 ID:oN/5obnN
パニックか
一人のとき怖いなら自慰したりメシ食ったりすると
エンドルフィンで落ち着くんじゃない?

712 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 00:44:13 ID:6ArmSIy/
死んだ後自分がどうなるか分からないってやばいよな
もう生きちゃってるのに

713 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 08:29:57 ID:ywuhRAk7
私タナトフォビアかもしれない。

最近ふと気付いたら、
死んだらどうなるんだろう
焼かれる
骨になる
埋められる
いなくなる

ってな事ばっかり考えてる。怖い。考えるから怖いんだろうけど
考えないって事が出来ない。
どうしたらいいんだろう。

714 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 11:15:30 ID:N6Z/r1RM
死ねばいい

715 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 11:48:54 ID:fZH0zVU4
人間、殺人(自分・他人)さえしなければ、それだけで合格です。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、盛者必衰です

行く川の流れは絶えずして しかも元の水にあらず 人の世も同じ

716 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 15:48:24 ID:edSyu6iP
アホか

717 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 17:43:32 ID:N6Z/r1RM
バカか

718 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 19:06:22 ID:fZH0zVU4
分かる人は分かる

719 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 19:25:38 ID:DJBipx/+
人間は常に殺人をしている存在だというのに

720 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 21:27:17 ID:uDINyxxf
肉食は合格ですか?

721 :優しい名無しさん:2006/12/10(日) 23:10:43 ID:X2FWs4xO
時空は有限だが果てが無い

722 :優しい名無しさん:2006/12/11(月) 11:50:42 ID:G0ETxhoS
球体の内壁を蠢いても果てはないよな
ん?どういうこと?果てを追い越しても外がないとかか?

723 :優しい名無しさん:2006/12/11(月) 20:20:48 ID:80axTgAS
恐い

恐い

恐い

気持ち悪い

死にたくない

724 :優しい名無しさん:2006/12/11(月) 21:35:44 ID:vQ7rWDUC
時間の果てまで♪
Boooooooooooooon!!!!

725 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 01:27:15 ID:9IrrdA4L
>>712
なぜ?

726 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 11:37:45 ID:QvMqkL7r
昨日すごい地震雲出てて、今日テレビで千葉震度6の恐れって。
怖い怖い怖い
死ぬの怖い怖い怖い
死にたくない あの人とせっかく出会ったのに嫌だ嫌だ嫌だ

727 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 12:46:15 ID:JrgveqIH
天国とか来世とか縁を信じたら?

728 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 14:07:26 ID:a3MlwCuT
もっと死ぬのがこわくなるじゃんw

729 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 15:49:43 ID:JrgveqIH
うんでも726はまたあの人と再会できるってなっていいんじゃない?

730 :優しい名無しさん:2006/12/12(火) 23:16:14 ID:xBiLaZFF
>>728-729
なんでもっと死ぬのが怖くなるんだ?

731 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 01:05:00 ID:KNwvhsZl
怖い・・・だめだ・・・
どうやって折り合いをつければいいんだよ。
今やってる事なんて、どうせ無くなるんだから意味ないだろ。
生きているけど、無になるんだろ。
どうすればいいんだよ。
なんで今、ディスプレイに向かってキーボードを打っているんだよ。
意味わかんねーっうか意味ねえじゃん。
なんだよこれ。なんでこんなのがあるんだよ。

732 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 01:08:35 ID:nYQVbdB2
人に理解されようとは思わないが
「人は死ぬから人生には意味がある」と思っている人間とは仲良く出来そうにもない。

733 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 01:42:56 ID:TLDRimse
どう思おうと現実は何も変わらない

734 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 01:46:37 ID:5vJkEjyp
有限でも無限でも変わらないから?
盲目的に肯定するから?
いずれ消滅するのに価値も何もないから???

735 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 01:47:45 ID:UW6xG1Te
人生に意味なんてないですよね。なのにさっきから死ねない。怖くて怖すぎて死ねない。

最後の最後くらいドデかい勇気が欲しいよ…

736 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 02:00:04 ID:5vJkEjyp
気持ちは分かるけどそれじゃかまってちゃんに思われちゃいますよ
意味、、ある人にはあるでしょうね

737 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 09:26:59 ID:HjpJFlVA
辛い事があるから楽しい事に意味がある
死があるから生に意味がある

738 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 10:06:17 ID:Vs+LCnSi
死があるから生に意味が無くなる

739 :万物斉同:2006/12/13(水) 11:40:29 ID:FzXm7p7q
無為自然に生きる

740 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 13:13:16 ID:efomZKFW
死んだら何処に行くんだろうって考えたら怖くて仕方が無い。死のうとする直前に考えるからか?

741 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 13:22:59 ID:HjpJFlVA
>>740
死のうとしてるんか?

死んでも意識がなくなるから、どこにも行かないし何も感じない
リュークが言ってたろ?無の世界だって

742 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 16:08:16 ID:4cBIvKTs
死んだらどーなるのかな…でも自分が生まれる前は影も形もなかったってことは生まれる前は死んでたってこと??
何の為に生があるんだ?
地球ってなんの為にあるんだろ…

743 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 16:45:24 ID:HjpJFlVA
>>742
産まれる前は死んでたってwww

産まれてないんだよ

744 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 17:15:32 ID:Vs+LCnSi
うまれる前と死んだ後は同じ状態ってことでしょ

745 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 18:11:31 ID:4cBIvKTs
この世って怖い…
今まで沢山の人間が生きて死んでを繰り返してる。
毎日のように人が死んでるのに自分は生きてる。
せっかく命を授かったのに世の中には自分の知らないことばかり…
なんで尊い命なのに必ず死があるんだろ。

746 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 18:34:27 ID:Ogp58nZF
終わりが無いのも恐ろしいと俺は思う。

747 :優しい名無しさん:2006/12/13(水) 18:51:55 ID:iZbvvr31
そこで生命は行き通しであり不死、と信じることはムリ?
でも宗教によっては死後の裁きが待ち受けてるんだが、
日本の宗教なんかはもっとすなおでハッピーライフで超おK。

748 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 00:27:08 ID:c3z20OWJ
優柔不断は疑いと恐怖心を生み出し、行動は勇気を生み出す。
恐怖心を克服するには、家に閉じこもってくよくよしていては
駄目だ。外へ出て仕事に精を出すことだ。
《デール・カーネギー》

749 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 00:28:15 ID:c3z20OWJ
人生の全体ばかりに気を取られて思い悩んではいけない。
まだ自分の手元に来るかどうか分からない重荷の数と性質を、
一目で読み取ろうとするな。
《マルクス・アウレリウス》

750 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 02:07:59 ID:Ubz4h/zj
小さい頃から地震が起きて死ぬんだどうしよう気持ち悪い眠れない雷が落ちたらどうしよう気持ち悪い眠れないって思ってた
でも人がたくさん死ぬグロ漫画とか大好き
世界は生死を繰り返してなんの意味があるんだろう
現世で何かをする為に生まれてきた
でも死んだら全て無くなる
大切な人のことや思い出、全て忘れて感情もなくなる
じゃあなんで生まれてきた?っていつも考えてしまう
今は進路を決めなくてはいけないのにいつか死ぬんだばかばかしい、と世の中のなにもかもがとてもくだらなくて劣化して見えます
これは普通ですか?

751 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 02:43:05 ID:vya/BdL3
普通です。
私はそう思ってます。
周囲の大多数がどう思ってるかわ分かりません。
でも、少なくとも私は、同じ事を同じように思い苦しみながら生活しています。

752 :750:2006/12/14(木) 02:46:43 ID:Ubz4h/zj
そうですか、死恐怖症ってことですか?
昨日友達に話したら普通じゃないと言われ聞いてみました

753 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 11:32:24 ID:QiV1sUsu
死ぬ時の事考えて生きたってしょうがないんじゃない?
生きてるうちに楽しめる事を楽しめば、生きてる意味はあると思う。
その時よければ、後はどうでもいいじゃん

754 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 16:39:15 ID:wIOo3UjU
生きてるうちじゃないと死について考える事も出来ないから、考えるのもいいんじゃないか。

755 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 17:15:16 ID:nDDvxI7M
>>749
読んでみっかな。神谷美恵子のファンだし

756 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 17:17:02 ID:nDDvxI7M
食卓に並んだ小魚たち。
彼らの生は、わが口に入ることで意味を終える。
しかし彼らにその意味はわからない。
俺にもわからない。

757 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 20:03:34 ID:xF/CwZMH
>>756
熱エネルギーになったりウンコとして出た後に
なんかの役に立ったり意味があるといえばあるんじゃないか?

758 :優しい名無しさん:2006/12/14(木) 20:54:42 ID:rg8AyyGS
絶滅を防ぐためには種と個体の多様化が生物に課せられた
と同時に、個体には移動能力が必要になった
それには太陽以上のエネルギーが必要だった
相手をエネルギーごと内に取り込み動けるようになったものが現れた
 
『動きまわれ』
魚も人もこの意志に従ってるだけ

759 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 00:35:02 ID:246PEKsl
このスレにタナトフォビアな人が一斉に毎晩10時に集まるオフを開始したいと思います。


760 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 12:33:24 ID:E93wjvEb
我々は死ぬ。必ず死ぬ。

それなのにサラリーマンなんてやってる場合じゃない。
よし、退職しよう。
マジです。

761 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 12:54:25 ID:FUNozGpY
辞めてどうするんだ?

762 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 13:01:47 ID:YUIWt1sf
そうだよw
やめてどぉすんだよ〜

763 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 18:15:04 ID:Jq2HXj8L
即死

764 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 22:06:23 ID:/QdTZ6xu
おはようございます

765 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 22:28:51 ID:FUNozGpY
こんにちわ

766 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 22:33:12 ID:xNY6pOiR
こんばんは

767 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 22:42:17 ID:x/+TOpsT
 いずれ 死ぬので 
 どうせなら 苦しまないで死にたいもんだが

 こればっかりは運命だし
 

768 :優しい名無しさん:2006/12/15(金) 22:57:19 ID:6JickAQQ
>>760
君はなんとなく 面白いことが言える椰子で魅力的な椰子な飢餓ス

769 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 01:01:42 ID:h8IGwuet
人は皆それぞれにそれぞれの寂しさを持って生きていると思います。
親がいない。兄弟がいない。友達がいない。恋人がいない。
お金がない。仕事がない。食べ物がない。大切な人の死。病気。
数え上げたら切りがありません。私は寂しさを知っている人が好きです。
寂しさを人の所為にしない人が好きです。
そして何か自分に出来る事はないかと行動する人が好きです。
自分もそうなりたいと思ってはおりますが、まだまだなれずにいます。
しかし命には限りがあります。生きていれば人の優しさに出逢います。
生きていれば自分の可能性に巡り会える事もあると思います。
命がある事は幸いです。
自分が生きている事が自分以外の誰かの為になっていたなら、もっと幸いだと思います。

770 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 01:50:14 ID:pYE5vqFI
もっと10時に集まろうよ

771 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 03:13:54 ID:8AGtlFdA
生まれる前の状態に戻るだけでしょう
死んだらモノになるだけ

772 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 03:25:36 ID:8AGtlFdA
「生、死」なんていう境目は人間のしょうもない思い込みだと思う
そう思えば我々は永遠に死なない、死も生もない 私もあなたも無い
ただ存在しているだけ∞

人間だし 死ぬときはやはり恐いんだろうけど
死んだ後は自分という境目が無くなって自由になれる

773 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 03:27:18 ID:q2ZDPYeM
人類絶滅とか戦争とか言葉聞くだけで怖くなってきりがない

774 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 07:05:22 ID:A56hEICc
太陽が膨張して地球も無くなるんだぜw

775 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 07:17:25 ID:k5aFYYqJ
趣味で生物学や生態学を勉強してるんだけど、
高等動物が「不老不死」を避けるために、なんでこうも
周到に設計されてるか、不思議に思う。

遺伝子は、自己の永遠的存続を保証するために、
細胞核の中から、生物という乗り物を運転してる。
「生」の根本原理である遺伝子に、「死」が縫いこんである。
なんか、すごいと思う。

フロイトは、無意識の中に「死の本能」を見出した。
これもまた、生命本来の性質の、表現形なのだろう。

776 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 08:14:04 ID:nYW0xhd7
遺伝子ってさ、実体はDNAとか言われるけど本当は違うんだ。
DNAの成分の半分が複製するたびに新しく合成した材料で作られる。
壊れたところやエラーを修正するたびにやっぱりまた新しく合成した分子を使う。

DNAもただの物質に過ぎない。
じゃあ「遺伝子」ってなんなのか?
それはそこに書き込まれた情報。
祖先から延々「遺伝」され、残っていく情報。
情報が生物を形づくり、増えていく。

「心」や「意識」というものも実体は「脳」じゃない。
そのネットワークで構成された情報の動き。

777 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 13:46:24 ID:A56hEICc
難しい話やめようぜ

778 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 14:23:42 ID:PaFqLeuL
>>776
感情とかといった人間らしさもまた、所詮はコンピュータウィルスのような
自己増殖型・自己変形型プログラムの一種なのかな。

779 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 16:49:57 ID:W2Yx6S1D
>>776
その情報のプログラマーは誰だってならないか。
分子というが、それを構成するのが自然界では100通り以下の原子だとは理解しがたいし
同じ陽子電子中性子の数で原子の性質が決まることが理解できない
なんで質が数で決まるんだろ?まあ聞いても仕方ないが。
あとそれらは物質でもあり物質ではない波でもあるとかも訳わかめだよね

780 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 19:45:45 ID:58bh856r
ネットやあらゆるインタフェースから隔絶されたPCのメモリ空間みたいな世界が俺達のいる宇宙。
外にいる誰かがカメラやマイクなどを繋いでくれなきゃ、外の様子は窺い知ることすらできない。
んでもって、外の世界もさらにそれを内包する世界の入れ子状態なっていて、しかも、単純な入れ子構造に
なっているだけでなく、どこかの世界同士が互いにリンクしている。そして、その階層は無限に続く。

その極限をとれば、もはや「真の外界」なるものすら存在しないことになる。
分かりやすくいえば、どこまで行っても中から出られず、一方で、どこまで行っても外がある。

この辺りのマトリックス的世界観が人間の直感の限界なのかね?

781 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 20:35:19 ID:W2Yx6S1D
マトリックスが見ている
 
白兎についていけ_ カタカタ・・

782 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 20:47:40 ID:w3qsVbzy
>>738 に感動した。

私的にはオーラの泉の人に死んでもらって、
あの世に逝ってもらい、
なんらかの方法でこっちの世界に戻ってきて(幽霊…とか?)
あの世があることを証明してもらいたい。

そしたら安心して死ねるのにねあはは。

783 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 20:48:10 ID:W2Yx6S1D
理系の人とプログラマーとそれ系の業種の人ってみんな似たような世界観持つよな
でも入れ子は確かに説得力ある

784 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 21:08:14 ID:1OZYvr4h
たぶんアナロジーとして理解しやすいんだろう。
仏教にも同種の考え方があるけど、はるか昔から人間の
思考ってまったくといっていいほど進化してないんだよな。

785 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 21:08:22 ID:W2Yx6S1D
オーラの泉・・
ペテン師を取り締まれない商業主義は少しおかしいと思う。
放送倫理にひっかからないのはどうなんだろう

786 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 21:10:26 ID:WlKUvp8z
>>778
もし、人間の感情、記憶をそっくりコンピュータに移したら、
そこに人間の「心」があるのかどうか、誰にも分からなくなるだろうな。
けど今、自分の中には確かに「心」という、
ただの情報ネットワークとは違う何かがあるように感じる。
結局「心」って何なのか、はっきりした答えを持っているわけじゃない。

>>779
「プログラマー」はある目的のもとにプログラムを作るけど、
「目的」という言葉は自然界では意味を持たない。
遺伝子にも(少なくとも人間が知ることのできるような)目的はないけど、
生物もいなかった太古の地球で偶然合成され、自身を複製できるシステムを偶然持った。
そして現在までそのシステムが続いているという壮大な話。
いつ途絶えてもおかしくないのにずっと続いている。

進化の末にヒトが地球に登場する確率ってのは
箱の中にバラバラにした時計を入れてガチャガチャ振って、
元の時計が出来上がるよりも低い確率なんだってさ。

787 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 22:05:41 ID:pYE5vqFI
無に意識は存在しない

788 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 22:07:38 ID:pYE5vqFI
10時だが誰も来ないんかよ!

789 :優しい名無しさん:2006/12/16(土) 23:40:28 ID:W2Yx6S1D
777 788 残念だったな
>>786 その時計の確率計算が正しいのならもう「故意」じゃないか?結局わからんが
あと脳には直観とかもう一個たしか機械にない特徴があるよたしか
あとわずか数十の素粒子で八百万の万物を構成できる理屈がわからんよ教えて

790 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 00:06:24 ID:7lQNs3TF
>>789
小さいものが集まると全く次元の違うものになるということはよくある。

例えば細胞がそう。
同じ遺伝子の細胞もうまいこと協調し合うと全く異なる多細胞生物を形づくる。
会社や組織もそう。
中にいるのは全て人間だけど、違う役割を一人ひとりが果たすことで全体が成り立ってる。
違うのは、会社には何らかの「目的」があるってことか。

あと、「故意」か「偶然」かってことはわからないとも言えるし、
区別が付かない以上は同じことなのかもしれないし、
わかる必要なんてないのかもしれない。
ただ、ここに人間が存在してるって言う結果はたしか。
「我思う、故に我あり」

791 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 00:41:54 ID:FtrGreiM
とりあえずミワさんと結婚して安心させてもらうってのはどうだ。

792 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 07:08:56 ID:nG/NFkay
やだあんな妖怪

793 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 07:32:34 ID:izcKkOv5
でもお金持ちなんじゃない
ああいう商売はボロいでしょ

794 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 07:33:22 ID:izcKkOv5
>790うんでも炭素と窒素と酸素がたった陽子1個の差とは思えないよ
コギト命題は正しいとは限んないよ

795 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 11:14:51 ID:7lQNs3TF
>>794
炭素と窒素と酸素の差は陽子の数じゃなくて電子の数。
電子は原子の一番外側にあるから数が変わるだけで性質もぜんぜん違ってくる。

それから、自分が存在していることを信じなかったら何も始まらないよ。

796 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 15:22:37 ID:izcKkOv5
>>796
いや違う
電子が一個増えればプラスイオン。
デカルトはコギトで神を証明したんだが。
合理論は始まってるよ

797 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 15:40:14 ID:izcKkOv5
いやコギトはどうでもいいんだけどね
絶対として信仰にしてるみたいだからそれは百パー正しいとは限らないと言いたかっただけだスマン
ただ知らないのに断定しないほうがいいよ

798 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 15:53:39 ID:yLqqCLqV
>>796
>電子が一個増えればプラスイオン。

陰イオンだろ。

799 :795:2006/12/17(日) 16:36:00 ID:FFd2Ls/G
言葉が足りなくてすまん。

陽子が1個増えるから電子も1個増える。
炭素と窒素と酸素の性質が違うのは、
陽子の数が違うからというよりも電子の数が違うから。

あと、自分はできるだけ断定をしないようにしてる。
だって全ては過程に過ぎないもの。
本当に正しいことは何なのか知らないってことは把握してる。
ただ、こういう考え方もあるんだということ。

800 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 16:37:43 ID:FFd2Ls/G
あ、過程じゃなくて仮定ね。

801 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 17:20:58 ID:nG/NFkay
そんな議論しても死は確実に訪れる。

802 :チンポ猿:2006/12/17(日) 17:29:55 ID:0nu+5aCa
>801 俺は自分の死よりも母親の死と対面するのが恐ろしく恐い((((((;゜д゜))))))想像したら頭から離れなくなり鬱…そういや俺 アスペだった_| ̄|○

803 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 18:08:04 ID:izcKkOv5
>>798
ゴメンかなり間違えた
>>799
電子が減ったらイオン化で
中性子が減ったら同位体で
陽子が1個増えたら次の原子の同位体のイオンじゃないのか。
でそんな1、2個のどこに質の元があるのかっていう話。
仮にさらに入れ子だったとしても
とある粒子のリュウ君が、一人いるかないかで世界がこんなに違うとかどうなんだろって思って。

804 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 18:31:25 ID:FFd2Ls/G
>>803
「質」と言ってもいろいろある。
そのへんにある「もの」の質だったら
多くの種類の分子の多くの数の集合の結果だと考えればいいと思う。
「分子」の性質だったらそれを構成している数種類の原子とその結合状態の組み合わせ、
それに伴って分子軌道に入る電子が重要になる。
原子の性質だったら…これはもう日常の「質」の概念とはかけ離れた話になるけど、
その原子軌道に電子が1つ入るか2つ入るか、1つも入らないか。
それはその原子核にある陽子の数(=電子の数)が重要になるし、
さらに軌道の混成のことも考える必要がある。

たかが粒子の数の違いだけど、
物理法則を考えるとそれは何段階も経て「物の質」につながるには充分なもの。
その物理法則は宇宙が誕生した瞬間に創られた。
それから現在まで、おそらくその法則にしたがって動いてきて地球と人類が誕生した。

805 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 19:01:09 ID:DjtL7Qrj
>>802
アスベスト?

806 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 19:02:44 ID:eMTf5Pt1
>>802
マザコン?

807 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 20:24:42 ID:l/6hPNbl
急に寒くなったからかな、タナトの症状が再発してきた。
言いようの無い不安感と寒気、体の芯から冷える感じだ・・・

808 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 20:58:03 ID:FFd2Ls/G
ある学者はこんなに都合のいい条件の星は宇宙の中にただ1つしかないと計算している。
かなり飛躍するけど、この宇宙自体が人類のために創られたとも言えるのだとか。

それが故意なのか偶然なのか、
そもそも「偶然」という概念自体が間違っていて全ては必然なのか。
この宇宙を支配する物理法則が何らかの「意図」をもって創られたのか。
いまの科学者にはそれを証明することができないし、
その「意図」をこの宇宙に住む一生物たる人間が完全に理解できるとも思えない。

ただ、もし遠い将来に科学が進歩してそれを判断できる領域に行きついたとしても、
そこでは神学者たちが待ちくたびれたと腰を下ろして彼らを迎えるのかもしれない。

809 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:04:41 ID:DjtL7Qrj
>>807
それはタナトじゃなくて冷え性じゃないか?

810 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:20:57 ID:izcKkOv5
>>808
じゃあより差異の大きい原子の性質のほうで。
でもダイヤと炭とかも謎だから分子でもいいけど。
物理法則を考えてとは何?
あとたとえば電子3個に陽子6中性子8ならリチウムでなくて6番の炭素14のイオンでしょ。
電子6陽子8中性子8なら炭素じゃなくて酸素イオンで。
なんかトンデモになってないか。

811 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:21:51 ID:l/6hPNbl
>>809
実は大事な人が倒れちゃってさ、思いっきりタナトを意識しちゃったんだ
怖いし寒いし、そして変な思考が止まらん。何したらいいかも分かんない
生まれてしまった瞬間それと同時に最悪の不幸を背負ってしまった

812 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:34:54 ID:FFd2Ls/G
>>810
そういうイオンは作っても不安定だからすぐさま崩壊するか
周りの電子を吸収するか他の原子に結合しちゃうよ。

ダイヤモンドはCが立体的にsp3混成軌道の電子を共有して結合してて
グラファイトはCが平面的にsp2混成軌道の電子を共有して結合してる。
グラファイトのパイ電子が電気の伝導にかかわってる。
一方で、ダイヤモンドはパイ電子を持たないから電気を通さない。

いま言ってる物理法則はおもに量子力学に関係するもの。

813 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:57:28 ID:FtrGreiM
今10代の自分は、
30歳過ぎれば忙しくなってタナトとか老化とか考えなくなると思ってた。
60歳の親も、いつも笑ってるけど本当は死について考えて、
怯えてたりするのかなぁ…。親に20年後の話とかされて、
「その時は父さん死んでるかなーあはは」とか言われたときは
心臓ヒンヤリしたぜ…。

814 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 21:59:37 ID:DjtL7Qrj
>>813
多分死んでるだろうしな

815 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 22:24:53 ID:izcKkOv5
>>812
うんダイヤとか導体とかの性質はだってその電子由来だからね。
そんなんはどのように結合してるかとかは説明されなくても直観的に分かるよ。
性質ってほかにあるでしょ。融点だとかから形から。
なぜそんなに電子にこだわるの?電子で分子原子の形状の特質の説明って科学的に正しいの?
電子はその電磁力で結合させてるだけで
原子の性質を決めるのは陽子な気がするんだけど違ったっけ?
あとは自分で調べてみますスンマセン

816 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 22:29:25 ID:++LBNIt6
馬鹿なのか?それとも馬鹿のふりをしているのか?

817 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 22:41:38 ID:FFd2Ls/G
>>815
「?」マークが並んでるので一応レスしとく。

ダイヤモンドは強力な共有結合で立体的に構成されてるから強い。
グラファイトの共有結合は平面に広がってるのみで、それが積み重なってるだけだから弱い。

電子にこだわるのは原子(で出来てる分子)の一番外側にあるものだから。

形状の特質の説明は電子というよりも、電子が入る原子軌道(や分子軌道)で説明される。

原子が持つ電子の数は陽子の数に由来するから
陽子が性質を決めてるというのは当たらずとも遠からずと言った所か。

分かり始めると面白いがなかなか理解しづらい分野ではあると思う。

818 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 23:22:30 ID:NKQqPmNU
ある人間がいて,そいつと全く同じ原子配列の物体を作ったらそいつの自我はどうなるか

819 :優しい名無しさん:2006/12/17(日) 23:49:17 ID:izcKkOv5
やっぱり。。
>>816
いや理系でも得意でもないから自信満々に言われたら分からない
グラファイトとか初めて聞いたが流れで炭素分子と判断
sp2とかは存在無視して読んだバカちんな俺だが
酸素イオンが一瞬でも物理学的?量子力学的?にとにかく実際に存在するなら
陽子の数に性質が依存してんじゃんとは思うんだけど違うのか。
で硬度とか結合の問題は結局、電子と陽子の持つ電磁力で
電子そのものの性質だからそんな所は俺の疑問じゃない。
色とかは波の状態とか光子とかだろうけど融点沸点液体固体そんな
その他の形状の多様性がいったいどこからという疑問は全然薄れん。
あと高校レベル大学、専門レベルで「原子の質は電子/陽子に由来」と
表記が違ってもおかしくないのでググってもたぶん分からん期ガス。
あと俺と817の想定してる前提がいまいちかみ合わん
性質もそうだが、科学で分からないWHYを語りたいのに
HOWで結論まずありきで大部分知ってること答えられても。
この疑問は疑問として記憶はするがこれだけ書いたらもうどうでもよくなってきた。
>>817
最後っぺみたいでスマンがそんな感じに色々疑念とか沸いてたんでこの際レスしたごめん
 
あと今更だがスレチでスマン

820 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 00:06:00 ID:L5PFKfXh
>>819
過去の科学者も同じように疑問に思ったし、いまの理論も生まれたときは突飛なものだった。
ただ、この理論なら辻褄が合うから一番真実に近いんだろうということで落ち着いているわけだ。
どうしても疑問が残るなら自分で勉強するのをおすすめする。
そのときは先入観を捨てて学ばないと訳分からなくなるから気をつけて。

昔、「フロギストン説」というものがあった。
物が燃えるのはフロギストンが物質から勢いよく飛び出る姿で、
燃えた後に軽くなるのはそのためだ、という。
いまじゃ笑ってしまうような説だけど当時はまじめに考えられていた。
現代の科学も遠い将来、笑い飛ばされるような理論だったりする可能性はあるかもね。

>>818
前スレ当たりに張られてたどっかのサイトで見た。
どこでもドアに入るとその人間の情報が目的地にあるどこでもドアにコピーされるというもの。
オリジナルは処分のために毒ガスをかけられ、苦しみのあまり発明した人を呪いながら
「自分は自分だ!」と叫びながら朽ちていくという…。

821 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 00:15:56 ID:y2BmGBH0
うんあとは気が向いたら自分で勉強してみるよ
最初トンデモかと思ってしまって
でも結局分からないから寝る
とにかく教えよとしてくれてそれはアリガト

822 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 03:19:06 ID:3dRg2QaX
違うスレにも相談したのですが…
布団に入って目を瞑ると、私が死んだらどうなるんだろう、〇〇〇〇(自分の名前)がいなくなったら私は私じゃなくなって、私がいなくても時間は進んで……と思考がループします。
極度の不安感と恐怖に陥って泣くこともあります。
これって死恐怖性の症状ですよね…
このスレにはお世話になりそうです。

823 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 03:48:48 ID:gwHrZjMC
>>822
まさにタナトフォビアの症状だと思う。
夜になると出てくるよね。
そしてがんばって解決しようとしても逆にひどくなる・・・。

824 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 03:55:49 ID:y/z9wgpQ
死にたいけど死にたくないぜ。

意味わからんと思うけどさ、なんていえばいいんだろ

825 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 07:06:47 ID:VclMRQAA
いわなくていいよ。死ぬことに変わりないから。


826 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 08:15:47 ID:HLI/QrFC
>>824
俺はよく、「自殺しようとは思わないけど、この世から消えたいとは思う」という気持ちになる。


827 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 10:28:15 ID:sxIIMcq9
それって社会不安な要素を持ってるんじゃね?
俺も人間関係の煩わしささえなければ、人間として
食欲・睡眠欲・性欲を満たす喜びを永遠に享受していたいもの。

828 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 13:38:50 ID:VclMRQAA
それは無理

829 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 15:58:21 ID:K5SG/n+F
なんで無理なんだろう?
なんでこれが現実なんだ?
ざけんじゃねーーコラ!!
責任者出て来い!!

830 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 16:12:24 ID:MLvs8O8E
やだぁ、おなか空いて来ちゃった♪

831 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 16:42:18 ID:sxIIMcq9
>>828
うん、無理だよ。

>>829
>なんで無理なんだろう?

それは俺らが人間だから、ってことに尽きるでしょ。
人間ゆえのあらゆる拘束を受けて生きるしかない。
理不尽なゲームのルールとなんら変わりない。

>責任者出て来い!!

宇宙本体か宇宙作ったやつ、もしくはさらにそれらを作ったやつ、さらに…

832 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 17:09:32 ID:K5SG/n+F
ってか人間弱すぎ。
車に激突されたくらいで死ぬなんて。


833 :優しい名無しさん:2006/12/18(月) 17:16:29 ID:Jz2qFeEm
別にいいじゃん。全員死ぬんだし。生れる前に戻るだけだし。

834 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 02:42:58 ID:Vt6JITH+
なんか一回どん底まで堕ちたらあんまり怖くなくなった。

けどこの前USJでETに乗ったとき軽く出た…orz

835 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 10:35:33 ID:soysjx5J
毎日毎日死ぬことへの恐怖で発狂しそうになる。
寝ていても死ぬ夢を見て絶叫して目が覚める。
ほんとうに苦しい。

836 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 11:14:55 ID:KhJytab4
そんな苦しみも百年は続かないから安心して。すぐに永遠の無になる。

837 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 13:48:25 ID:LMjumXH5
ただ無に永遠とか時間はない
周りがそう思っても
本人は死ぬ瞬間の走馬燈で終わり
案外本人にとって永遠に長く感じ続ける一瞬があるのかもしれない
じゃあ本人は永久に意識あるじゃん、ていうのはうさぎと亀のパラドックス

838 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 22:41:29 ID:f4AsmGx7
2×2=死!!!!!!!!!!!!!!!!

839 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 22:56:25 ID:9SHwt+jk
こんなスレあったんだ…
まさかとは思ったけど自分もこれだ…

840 :優しい名無しさん:2006/12/19(火) 23:28:54 ID:yj0Z7ZB8
自分だけかと思ってた…病名(?)まであるんだね。

怖くて怖くて、しょっちゅうそれを考えてしまい大声で叫びたくなる。本当に怖い。
どうしたらいいんだろう。今はとりあえず好きなコトを考えたり、とにかく他人と会話したりして気をまぎらわしてる。

841 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 07:49:39 ID:K9fHZZb6
>>838
まマジかよっ!!それ盲点!!!

842 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 10:23:08 ID:9p7gculj
死にたくない

843 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 10:33:32 ID:H5gqFMw/
>>840
私も今このスレ知って驚いた。
自分だけがおかしいんだと思ってた。


844 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 13:48:49 ID:BCn1PYWN
思春期くらいまでには誰でも一度は患う典型的な中二病でしょう。
ただ、引きずる人は少ないけどね。たまに気になるぐらいなら問題ないと思う。
一昨日見たNHKの連ドラでも、小学生の男の子が友達の死などをきっかけに
タナトっぽくなってる様をほほえましく描いてた。

845 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 15:55:58 ID:9p7gculj
死にたくない

846 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 16:32:34 ID:lpJmU78r
死ななきゃいいじゃん
自分は死なないって思い込めばいいじゃん

そんでいざその時が来ても一瞬だからわかんないよ

847 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 16:41:23 ID:K9fHZZb6
タナトの自殺志願者ってどんな感じ?
怖いもの見たさな感じかな
見ても戻ってこれないけど

848 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 16:53:10 ID:ughmlCiR
親って勝手だよな。
人間はいつか死ぬってわかってるのにこんな厳しい世の中に子供
産み落とすんだから。
現代日本ならまだいいかもしれんが、戦争中や貧困国において
子供を生もうとするキチガイはマジ死んだほうがいいと思うぞ。


849 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:07:32 ID:BCn1PYWN
>>848
まあ、一人生むってことは一人殺すってことと同義だからな。
本来はよほどの覚悟がなきゃやっちゃいけないことだと思う。

ただ、その殺し合いで人類の歴史が続いているわけで、
もっと長いスパンでの視野を持つことが必要だとも思う。
でも、この世の中、未来に希望がなかなか持てないから、
楽観的になることは難しいんだよね。

850 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:22:23 ID:K9fHZZb6
人間って勝手だよな
動物はいたがって死ぬってわかってるのにこんな不要で無用に動物を殺しまくるんだから
モンゴル人民ならまだいいかもしれんが
養鶏場や養豚場において子供をうませようとするキチガイどもはまぢ死んでくれ

851 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:26:42 ID:Q/stg7m7
>>844

こんなに真剣に辛くて苦しくて、人にも話せない感情が、「ワルぶってる自分カコイイ」のおめでたい中二病?フザケンナ!!





と始めは思ったんだが、「これは自分がガキだから考えるコトなんだ」
と思ったらちょっと気が楽になったよ。ありがとう。

852 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:45:59 ID:BCn1PYWN
>>851
気が楽になってくれたのはうれしい。

ただ、ガキだから悪いってわけでもないけどね。
「大人」は単に深淵な真実から目を逸らし、自己欺瞞がうまくなった生き物なだけだから。
一生タナトを患う生き方もまた乙な物。どっちを選ぶかは自分次第かな。
このスレの人は中島義道のエッセイを読むと共感できるかもしれない。

853 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:46:57 ID:ughmlCiR
>>850
なんでモンゴル人民ならいいんだよ(笑)

そもそも食ったり食われたりする食物連鎖のシステムが間違ってる。
みんな植物みたいに立ってるだけで栄養が入ってくるようにできてたら
誰も苦労しないんだよ。



854 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 17:59:37 ID:9p7gculj
そもそも森羅万象に意味なんかないんだよ

855 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 18:00:33 ID:BCn1PYWN
>>853
>なんでモンゴル人民ならいいんだよ(笑)

まあまあ。無駄な殺生はいくない、ってことだろw

植物にしても太陽のエネルギーだけで生きてるわけじゃなくて、
動物の屍からも養分を得ているわけで、生物というシステムに
縛られている以上は食物連鎖からは避けられませんな。

太陽だってやがて死ぬ。そしたら地球上の生物が息絶えて一件落着。
その前に、人間様が余計なことするかもしれんけどね。

856 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 18:36:16 ID:Ddd7abnW
岸田今日子さん死去
青島幸男さん死去
(T_T)

857 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 20:17:05 ID:K9fHZZb6
>853
まあ語感で。
遊牧民は家畜を資本にしてるから大事にするじゃない。
でも資本主義経済になってくるともう家畜は効率で モノにしか見られないから。
草 食って生きていける奴らのエゴ聞いてぬっ殺されてく身にもなれよ
って知り合いの豚がぼやいてました。

858 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 22:24:31 ID:04t7qOkO
青島幸男はちょっとショックだな

859 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 22:42:52 ID:04t7qOkO
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061220-00000179-sph-ent
お笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸さんが20日午前11時46分、死去した。35歳だった。

860 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 22:50:17 ID:UTwYvxvS
数ヶ月落ち着いてたのに、また再発しやがった。
始末におえねえ

861 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 23:25:10 ID:K9fHZZb6
俺も今日知ったんだが、死を直視して乗り越えよう って学問があるんだね
死生学でウィキみてみ
脳内で「どうしよう」って持て余してないで
死について体系立てて本気で学べば少しは楽になるんじゃないか

862 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 23:29:13 ID:oUcfVhlu
>>859
漏れ仮に白血病かかったら発狂すると思う 合掌

863 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 23:35:22 ID:gp/vqo68
まあ、最初に死を科学的に取り扱ったキューブラー・ロスは、
結局、「死後の霊的世界」の信奉者であり、普及者。
死生学の権威アルフォンス・ディーケンスも、キリスト者。

要するに死生の問題は、宗教とか死後の世界とか、そっちを信じなきゃ解決しないわな。
いったんタナトになった以上。

864 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 23:37:04 ID:04t7qOkO
>>861
最後まで読む元気がないぜ

865 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 23:40:35 ID:BCn1PYWN
自己欺瞞のための方便は、数々の賢者達が昔からいろいろと開発してくれているね。
まあでも、どれを使っても根本的な解決にはならんけどね。不老不死以外には。

866 :タナトスの幻想は終わらない:2006/12/21(木) 00:17:54 ID:yYk/3/ls
冷たい月に導かれるように 眠れない夜が訪れる
そんな時は いくつかの死を幻想して過ごす
私は 死ぬのが恐ろしいのだ

何故 私は生きているの

明日突然私がいなくなっても 何事もなかったかのように機能していく
私は この世界が恐ろしいのだ

何故 私は此処にいるの

生きているから悲しいのか 死んでいくから悲しいのか
殺すために生きているのか 殺されるために生きているのか

生きていくから笑うのか 死んでいくから笑うのか
殺すために生かされているのか 殺されるために生かされているのか

黒の歴史 死の幻想 喪失の唄

光溢れる夏には新しく歴史が生まれ変わるというのに 未だタナトスに抱かれる幻想は終わらない

見ている 見ている 見ている 見ている
 私を 私を  私を
私を見ている  見ている
   見ている  見ている見ている 見ている見ている 見ている
ああ、タナトスは今も何処かで私を、私を見ている




867 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 02:03:31 ID:7/U9jtT3
>>863
ロスは真面目に看取りすぎて正気を保ちにくくなったかもね
でも常人がみんなオカルトいくとは限らない。
まず君らがそうでしょ。
もう一人は知らないけど欧米人はみな日本人が想像つかないほどキリスト教から脱洗脳できないんじゃない?
ロスも影響から完全脱却できなかったんじゃないかな。
欧米で日本人並の無宗教者は逆に珍しいんだよきっと
 
>>864
参考文献もだめぽか?

868 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 02:33:44 ID:wfZgrmAP
>>862のレスみて思ったんだけど…
自分は少し体調がおかしくなったりしたら凄く不安になって「死ぬんじゃないか」とか思うんだけど、皆はどう?

869 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 08:38:58 ID:BDm5lT7t
>>868 俺もそう! 常に体のどこかが悪いんじゃないかと気になる。検査して異常無くても、見落としじゃないかと気になって安心出来ない。
知り合いの不幸や、芸能人の不幸なんか知ると、根拠もないのに、同じようになるんじゃないかと恐怖におそわれる。
夜も、このまま寝て、目が覚めないんじゃないかと不安になり眠るのが怖い。


870 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 14:48:00 ID:7puAuxOc
「たけしの本当は怖い家庭の医学」とか。

871 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 17:57:43 ID:7wP1uQ2v
人間死ぬまで生きるから大丈夫だよ

872 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 18:23:09 ID:qBRtT9q/
>869
私も。先生に言ったらアモキサン出ました。

873 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 20:07:55 ID:N9UBMeJg
「社会不安障害(一部の患者)」

・一つのこだわりから離れることができない
・対人恐怖などの恐怖、コンプレックスを消滅させようと努力し続ける。
 ※その努力が強迫行為(同じことを永久にやり続ける)という”病気”だという自覚がない。
・グルグル思考(同じことを考え続けるという強迫行為)は頭の中で起こっているため、周りの人には理解ができない。
・何をするにも「治す為」という強い観念(強迫観念)・また、恐怖や不安などの刺激に対して神経が健康な人に比べ
 過剰に反応しすぎることにより、頭がロックされてしまうため、目の前の物事・現実が認識できない。

 共通点は「一つの物事にこだわり、停滞している」こと。

  「薬・療法・カウンセリングは無効」
正常な神経の働きである不安・恐怖の消滅、コンプレックスの消滅、性格の改善、実現できない理想や夢をかなえるために利用してしまうため。

社会不安障害を治す方法である斎藤療法(無為療法)は精神科・医者にほぼ知られていないため、今病院に通っている人がいましたらこのHPを医者に紹介してください。

http://saito-therapy.org/index.htm

874 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 22:39:05 ID:TeizVW6F
というかそもそも生き物って何を持って生き物とされてるの?
自分は前まで、「秩序あるシステムをもつもの」が生き物なんじゃないかと思ってたけど、この定義だと地球も宇宙も生き物になってしまうからおかしい。
今調べたら「エネルギー交換ができること」「自己増殖できること」「自分で固体が維持できること」が生き物の定義らしいけど、
これって生き物を生き物たらしめる定義じゃなく、生き物の特徴を並べただけじゃないのかな?
ウィルスは生き物じゃないと言うけど、自己増殖できることが生き物にとって(生きているということにとって)そんなに重要なことかな
繁殖しようとするものが生き物なら、自己複製型のコンピュータウィルスは生き物になるんだろか
ああ、だから「自分で固体が維持でき」なきゃいけないのか。上手く出来てるな。


アオミドロとかって意識あるのかな。多分ない気がする。
アオミドロは間違いなく生き物で、感覚的にもそんな感じがするけど、ずっと深くそれについて考えていくとアオミドロ自体が何なのかが分からなくなってくる。そのうち「アオミドロって生き物じゃないんじゃないか?」って気がしてくる。
それと同じように生き物が何なのかが分からなくなる。

875 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 22:49:21 ID:GolHWBxe
>>852さんへ。
中島義道さんの本は、いくつか読んだよ。
子供の頃から、死ぬのが怖くて、東大に入って、
引きこもりして、いろいろ苦労して、
カント哲学で、自分が強くなったと言う人だろう。
彼は、どういう死に方をするんだろう。
ただ事故や、急性の脳や心臓の異常で死なないでほしいな。
最後まで、精神的には元気ではっきりと意識のある状態で、
死を迎えてほしい。そして我々に教えてほしい。


876 :優しい名無しさん:2006/12/21(木) 22:50:36 ID:xG8uMtOt
「生物」の定義はそれで合ってる。
けど、「生物」とそこで言う「生き物」は区別して考えるべき。
地球や宇宙はもちろん生物ではないけど、「生き物」と言えるかもしれない。
でもそれは普通にイメージする「生き物」とはかなり違う意味で。

アオミドロなんかのほかの生き物が持つ意識があるとしても、
ヒトの脳が作り出すネットワークからなる意識とは次元がかなり違っていて、
同じようには定義できない。
例えばヒトの細胞一つ一つは生きているけど、
それぞれに意識があるとしても想像できないと思う。

877 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 00:58:39 ID:2fSKiOiD
死もそうだけど、最近は病気が怖い。腕とか頭痛くなっただけで、死と繋げてしまう。
常にマイナス思考な自分が嫌だ。

878 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 01:40:07 ID:vSL6zM5T
>>877
ストレスでガンになるよ

879 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 07:04:30 ID:BN91ecPX
つか読むの面倒だから長文書くなよ

880 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 08:06:38 ID:3kiX9Ldl
>>879
自分はいつも読み飛ばしてる。

881 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 09:23:00 ID:DLt58CNd
うん、私も長文飛ばしてる
脳が萎縮してるので長文が理解できません

882 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 17:48:48 ID:gwIrDfgX
ゆとり教育のイマ を見た

883 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 18:20:58 ID:55pHvIp+
ここに書き込んでる奴何歳だと思ってるんだwww

884 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 19:09:53 ID:gwIrDfgX
ゆとり教育は昔(77年)からはじまっとる
円周率が3といわれた世代はもう大学生じゃないのか

885 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 20:18:06 ID:xy5AxxHj
>>873俺はある友達との付き合いをやめて努力して全部失敗して薬飲んでその人の事忘れてたら脱出できた。今は思い出してうつうつとしてます。まだ治ってないのかも。

886 :優しい名無しさん:2006/12/23(土) 13:35:03 ID:0ptvXii8
>>884
円周率を3しか教えないっていうのはデマらしい

887 :優しい名無しさん:2006/12/23(土) 15:44:54 ID:+kpsa/0K
3,1415までならわかる

888 :優しい名無しさん:2006/12/23(土) 22:39:50 ID:LiHDLEOe
3.14159265… あとはSuperπに任せた。

889 :優しい名無しさん:2006/12/23(土) 22:40:12 ID:ke5apDdB
台形の公式とか  さすがにスレ違い

890 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 09:52:53 ID:uvjy1Lht
秋から冬へと冬から春へと気温差が激しい季節に再発する。

891 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 10:27:48 ID:eWBwhAJS
魂修行のために繰り返し生まれ変わると思うのはどうですか

892 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 11:05:31 ID:uvjy1Lht
地球がなくなった後はどうしますか?
宇宙は永遠に広がり続けてスカスカになるそうですがどうしますか?

893 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 11:11:36 ID:xmXqm1oa
死んだら地球がどうなろうがもう関係ない

894 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 15:18:37 ID:uvjy1Lht
だよな

895 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 16:03:12 ID:RhTlcBby
死んだら死体に生まれ変わるよ

896 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 17:28:16 ID:PFpzZ5kc
宇宙は無限に存在するから、今いる宇宙がなくなってもへっちゃら

897 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 22:22:38 ID:fG7frZ67
「生」とは何か?
人間に限って言えば、「自分」という存在を認識していることである。
「死」とは何か?
「自分」という存在を認識できないことである。

そう考えると、「死」によって今の「自分」が消滅しても、
新たに生まれた別の「自分」が意識されるのならば無問題。
と考えてみた。
ある意味、輪廻転生っぽい持論。変かな?

898 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 23:02:28 ID:xmXqm1oa
新たに生まれるかどうかわからないし普通に考えてなさそう。
仮に新たに別の自分が生まれたとしても、前回分の記憶がなくなっていれば
何の意味もない。


899 :優しい名無しさん:2006/12/24(日) 23:39:00 ID:euM0Sm1l
だから生物自体そんな遠い未来まで存在しないよ。

900 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 02:03:53 ID:W+Is20vn
>>897
>ある意味、輪廻転生っぽい持論。変かな?

俺も君と同じ考え。
重複しない時空の中で意識ある主体(=「自分」)として、
生成・消滅を繰り返しているというイメージ。
輪廻転生と違うのは、複数の「自分」の間の
一切の因果の記憶が排除されているということ。

ただ、ひとつ不安なのは、もしかしたら、
「今の自分」を同じ時空の中で何度も何度も繰り返し
ているんじゃないかってこと。まさに無間地獄というか。

今の俺はいったい何度目の俺なんだろうか?

901 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 07:09:38 ID:/eLhVxFH
それはなんていう宗教ですか?W

902 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 08:39:50 ID:ovzVu2Sp
田中フォビア

903 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 09:54:52 ID:nduNzCau
死ぬのは誰でも怖いだろ。人間は生まれた時から死に向かって
生きていくだけの存在だ。人間だけでなく全ての生物がそうだ。

だからこそ、死ぬ前に死んで後悔の無い人生を送るべき。
その為に日々をただ漠然と過ごさないよう努めるべき。

904 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 10:09:10 ID:W584lolx
>>903
きめぇ

905 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 11:36:13 ID:nduNzCau
>>904しねぇ

906 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 11:58:37 ID:W+Is20vn
>>901
さぁ?さしずめ俺教といったところか?
むろん無数に考え得る妄想のひとつに過ぎんから
過去現在を通じて似たような考えを持つ人間は多少なりともいるだろう。

907 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 12:08:56 ID:yRDpyx4C
考えない、コレ最強間違いないアル

908 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 14:28:01 ID:LrnVzSR1
みんな霊とか信じてる?

909 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 14:50:04 ID:5E+HCQjH
信じない

910 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 15:05:18 ID:yRDpyx4C
信じないアル

911 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 16:29:03 ID:f7COJE0S
山田詠美が言ってた死ぬのは永遠の眠りにつくことだから
特に怖いことではない。だからわたしも怖くはないな。


912 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 16:59:15 ID:yRDpyx4C
ここには、今不治の病にかかっている人こないアルか?

913 :優しい名無しさん:2006/12/25(月) 20:17:38 ID:p4IF9Dyl
お袋が肝硬変。
家族と一緒に病院のベッドの上で医師より告知された時は笑いながら震えていた。
お袋は以前から実父である祖父を連れていった癌恐怖症の気があった。
その日はお袋のメンタル面が心配でならなかった。
しかしお袋はその日から努めて行く末の死を感じさせないように生きている。
それが半世紀以上を生き抜いてきた女の度胸とは楽観していない。
俺はいつも心配している。
死は遠からず来るだろう。
お袋を主軸に動いてきた残りの家族の絆は一枚岩ではない。
相当荒れるのは覚悟の上で仕切らねばならんだろう。
我が家の栄えは三代目の私で終りかもしれん。

914 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 01:07:40 ID:s8SlR+07
>>912
人間は生れた瞬間から余命数十年の不治の病にかかっている。

915 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 09:41:25 ID:YFO/6Qpa
おおおおお!なるほど!

916 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 12:03:01 ID:noG7MDmH
いまさら気付いたのかよw
といっても、普通の若者は死を身近なものとして感じることはすくないからな。

917 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 13:20:22 ID:YFO/6Qpa
私は普通の若者じゃなかったのか...
つか、タナトは子どもの頃ありえない死の恐怖におびえてた。

今は怖い物無しの普通のおばさん\(^o^)/

918 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 19:26:52 ID:siyhzCKh
私は今まさに普通でない若者なのか\(^o^)/

でも本当に友達は死後の世界を信じてる人が多いよ

919 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 22:47:00 ID:XL9W2jcl
>>914
漏れがこのスレで同じ言葉書いたときにはリアクションなかったのに
くやしいなwwww

920 :優しい名無しさん:2006/12/27(水) 01:42:36 ID:fCejj9ir
>>919
同じことを考えているやつはごまんといるようだ。
俺が以前に書いたときもまったくリアクションなしw

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)