5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【統合失調症】は服薬で遷延化する。 Part4

1 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:10:39 ID:nD8pwaKg
【統合失調症】の予後の良さは、

服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止
の順はだそうです。疑い例で服薬すると
統合失調症になるケースも多いとの事です。

http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html



2 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:11:37 ID:nD8pwaKg
抜粋@
薬物療法を止めた患者の状態が悪化することから、
薬物療法の効用が説明されることがあるが、
薬物療法を受けている患者が悪化するケースは16パーセントで、
薬物療法を止めた患者が10カ月以内に悪化する率は50パーセント
とされている。
しかし、薬物療法を受けていない患者が悪化する率はもっと低い
とされる。
悪化率が一番低いのは、薬物療法を受けていない人々である。
つまりこれは単に体がその薬に依存してしまって、
薬なしの生活が困難になっていることを示しているのではなかろうか。
もしも長期的な改善を望むなら、向精神薬による治療は、
治療の選択肢にはならないし、統合失調症の治療に薬物療法が
有用であるという証拠はないとされる。


3 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:12:09 ID:nD8pwaKg
抜粋A
抗精神病薬のもたらす副作用は看過できない問題点である。
「化学的手錠」という言葉が、頭脳の自由が奪われて独房に
入れられている感じを表現している。
抗精神病薬は症状を慢性化させ、取り返しのつかない脳の損傷と、
早死にをもたらすと警告されている。
薬物療法を受けていない患者の再発率は7パーセントで、
薬物療法を受けている患者の45パーセントが再発したと報告されている

4 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:14:14 ID:nD8pwaKg
抜粋B
薬の引き起こす精神障害が指摘されているのに、
予防のために薬物療法をしたら、その薬の引き起こす副作用で
精神障害が発症することをどう考えるのだろうか。
そして薬物を急に止めると精神障害が現れることについては
どう考えているのだろうか。
調査研究によると統合失調症の危険の高い青年に予防的薬物療法
をすると、治療開始後6カ月で40パーセントの人が精神障害を発症し、
48パーセントが12カ月以内に発症するという。
将来統合失調症になる可能性が高いとされる青年を見分ける基準
の一つが「疑い深いこと」とされた。
そして厳密にこの基準を当てはめて行くと、50パーセントが危険範囲
に入るとされる。
ゴズデンはこの青年たちが放置されていても恐らく
精神障害を経験することはないであろうと主張している。


5 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:15:38 ID:nD8pwaKg
前スレ
【統合失調症】は服薬で遷延化する。 Part3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1139300869/

6 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:29:07 ID:u0Mt/vGQ
おいこらいい加減なウソ書き込んでんじゃネえぞ。
抗精神病薬ができてから統合失調症が軽症化したんだよ。
それまでは精神病院に廃人同然の患者が大勢いたんだよ。
ウソも信じてしまうような人がいることをよく認識しろよ。



7 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 22:35:43 ID:nD8pwaKg
新スレ立てました。
統合失調症の知識は書籍やネットで広く普及していますが
その多くは悲観的な病態の認識と薬物治療の宣伝に終始している
ように思われます。
実際に統合失調症と診断された患者の立場として真に将来への希望を
抱かせてくれる情報はネットの世界でも希少であり、パート3までの
このスレッドは十分に有意義なものであったと思います。
さらに統合失調症患者として賢明な医療との関わりを皆様で議論できたらと
思います。


8 :優しい名無しさん:2006/07/17(月) 23:04:07 ID:nD8pwaKg
>>6
嘘を信じて不利益を蒙るリスクは誰の身にもあります。
例えば、かつて行われていた統合失調症の治療でロボトミー手術が
ありますが、その結果命を落とした人もいるのです。
権威ある精神医学を信じて、こんな結果になったことをどう思われますか?
いやいや現代は医学が進歩してるから、と思われる人もいるでしょうし
医療関係者の宣伝によると統合失調症の治療はSDAの出現により
飛躍的に進歩したということになっているから、そんな悲劇はもう過去の
ものと思われるかもしれません。
しかし、私は統合失調症と診断され、そのSDAの治療を受ける当事者として
決してそのようなことはないと言えるのです。
統合失調症に関して現代でも精神医学の犠牲になる人は数多くいると
思われます。

9 :優しい名無しさん:2006/07/18(火) 07:19:26 ID:EWIJ195W
>>8
ロボトミーは仕方ないですよ。昔は薬がなかったんだから・・・
死亡率が高いからとっくに禁止になりました。


最近では薬で幻聴、妄想の刃を磨ぎ、社会復帰できた人もいます。
最新の精神医学で救われた人も多い。

10 :優しい名無しさん:2006/07/18(火) 07:53:58 ID:EWIJ195W
>>1のソースは胡散臭いですね。薬物を否定して栄養を肯定する矛盾。

11 :優しい名無しさん:2006/07/18(火) 15:02:54 ID:H0HD0jB2
統合失調症、社会不安障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153185826/


12 :優しい名無しさん:2006/07/19(水) 22:03:48 ID:m5mflavX
薬なしが良くないことは昔、薬がなかった時代に証明されている。

13 :優しい名無しさん:2006/07/19(水) 22:32:14 ID:m5mflavX
統合失調症の治療では、患者が治療の指示をきちんと守ることがきわめて重要です。
薬物療法をしないと、70〜80%が診断時から1年以内に統合失調症の症状を再発します。
継続的に薬を服用すると、再発率は20〜30%程度に下がり、症状は大幅に少なくなります。
退院後、処方薬を服用しない人では1年以内に再入院する確率が非常に高くなりますが、
指示通りに服用すると、再入院率が驚くほど低くなります。

このように、薬物療法の有効性は証明されているにもかかわらず、
統合失調症の人の半数が処方薬を服用しません。
自分が病気であるという認識がないため服用を拒む人もいれば、
不快な副作用を嫌って服用しなくなってしまう人もいます。
記憶障害、支離滅裂な思考、あるいは単に経済的理由から薬の服用をやめてしまうケースもあります。



14 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 12:48:41 ID:Mewt3ylI
分裂病で薬がなかった時代は悲劇でした・・・

15 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 12:53:24 ID:EwZqAc5f
ロボトミーの責任とれ!

16 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 12:56:51 ID:EwZqAc5f
>>9
なにが仕方がないんだよ!
ロボトミーの責任とれ!
無駄な薬物療法も禁止しろ!

17 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 13:10:16 ID:EwZqAc5f

札幌・ロボトミー訴訟事件

http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage338.htm



18 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 13:12:52 ID:EwZqAc5f

ロボトミー殺人事件

http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage207.htm

19 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 16:28:42 ID:w5/ACBNL
毒舌セカンドオピニオンの笠先生は、統合失調症の診断を受けた人の
8割は誤診であると言っています。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~akira25620/mypage20.htm.kaironituite.htm

>誤診で多いもの・・・・
 
@解離性障害の幻聴や混乱を、統失と診間違える。
(統失には幻視様体験は無い)

A強迫の自生思考や雑念強迫を、統失の被害妄想と間違える。
(訂正可能かどうか)

B社会不安障害の不安(特に思春期不安)や醜形恐怖を、統失と間違える。
(特定の状況に左右されるかどうか)

C医者自らが作った薬剤性症状を、統失と強弁する。

Dアルコールなどの薬剤性を見落として、統失とする。

E内分泌性や産褥性、更年期性など、非定型精神病を診れない。

FACやPTSDや強迫まで、ひっくるめて「うつ病」にしてしまう。

G気分変調症を、人格障害として扱う。

H不登校で追い詰められた子供の、引きこもりや反撃までも統失に扱う。

I発達障害の二次障害を統失と診る。(強迫観念の有無)

もちろん、診断が合っていても、悪処方は限りが無い。
青の皆さんの不運は、大学病院や県立など、基幹病院に受診したこと。
やつらには、知識、経験、モラル、責任感など皆無に等しい

20 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 16:52:26 ID:w5/ACBNL
>>17
リンクありがとう。参考になりまました。
私はこの記事を読んで、現在もなおこのような悲劇が日本中のあちらこちらで
起きていると思いました。
ちょっと怒りっぽい性格だったり、引きこもってたりするだけで精神病院に
連れて行かれ安易に統合失調症とみなされてしまう。
統合失調症となれば、その後の人生設計を大きく変更せざるをえなくなるでしょう。
夢や希望を諦めるよう薦められるかもしれないし、本人が投げやりになるかもしれません。
統合失調症は、その症状だけでなくレッテルがその人の人生の可能性を摘むのです。


21 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 17:59:54 ID:48o1nYBP
>>16
ロボトミーは薬がなかった時代だろ?40年も50年も前の話です。古いです。
現在は薬で強力に強力に治療します。無駄な薬物療法をなくすことは賛成ですが、
薬物療法を全否定して薬を排除するのは理解できません。

22 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 18:28:21 ID:diuTb46o
急場をしのぐ方法があるのなら薬以外も検討したい。
何がある?

23 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 20:15:32 ID:w5/ACBNL
私は、精神障害者地域支援センターに行って色々な患者に会いました。
そのメンバーの大半は10代、20代の若者です。病気を訊いてみると統合失調症が
多いですが、うつ病もいますし神経症までいます。
皆、話す内容はまともで一見どこが病気なのか分かりません。
それなのにどうしてこんなところに来ているのだろう?不思議でした。
でも、それには訳がありました。それは長期間ブランクが空いてしまったために
社会復帰が困難になっているからなのです。
社会経験を積むべき時期を無為に過ごし、生活保護を受け、障害者年金を
貰い、もうその生活から抜け出せなくなっているのです。
一体、医者や福祉関係者は何を考えてこのような生活を彼らに勧めたのでしょう。
無論、彼らはまだ若いのでこれからいくらでもやり直しは可能です。
でも、もしこのまま一生この生活を続けるとしたら、医者と福祉関係者の誘導が
彼らの可能性を奪ったと私は思います。

24 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 20:25:33 ID:diuTb46o
>>23
で、どうしたら良いと思ったんですか?

25 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 20:50:52 ID:w5/ACBNL
>>24
どうも。23です。
誤解が無いように予め言っておきますが、私もまた生活保護を受けてなんとか
命をつないだ者です。ですから福祉を必要ないとは思いませんし、むしろ感謝の
思いすらあります。
しかし、そこから立ち直るのは容易ではなく、過去に生活保護を受けていたという事実を
隠さなくてはなりません。特に統失で生活保護なんて近所の人にも勤め先にも
ましてや恋人・配偶者になろうという人には口が裂けても言えないと思います。(あくまで
私の気持ちです)
いわゆる「履歴の傷」というのでしょうか、将来を考えた場合には無いほうがよいのです。
で、私が思うのは、皆可能性があるんです。一時的に病的な状態で休養をとる
必要があったのかもしれませんが、改善したら速やかに元の生活に戻るべきです。
また、医者と福祉職員は、本当に彼らを思いやる気持ちがあるのならば、甘やかすだけでなく
社会復帰へ向けて積極的に働きかけるべきと思います。
どうもそこが精神医療、なかでも統合失調症は他の疾病と違った扱いのように
思います。
医療って、病気を治して元気に暮らせるようにするためにあるのじゃないの?と思うんです。

26 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 22:06:01 ID:sU8RZzuz
>>25
ID変わってますが>>24です。

私は自分自身がメンヘラではなく、統失患者の家族です。
ごめんなさい。生活保護の方は経験が無くよくわかりません。
社会復帰というか社会参加については、この春ひとつ失敗しています。
症状が良くなってアルバイトでもと本人がやる気を見せたのでそのつもりで応援したら
間際になって緊張に負けたのか再発。たまに頓服のお世話になる生活へ「復帰」しました。

まあうちの場合は急ぎすぎたとも思いますが、復帰のさせ方や時期を見極めることは難しそうですよ。
医師と相談しながらでもこれです。
普通に見えるのに復帰できていないのは不思議かも知れませんが
慎重にならざるを得ない病気なのです。
そのセンターで会った元?患者さん達の後ろには
まだまだハラハラしながら見ている家族が居るんです。

制度に改善の余地が無いとか言ってるのではありませんよ。
でもこの話で医師や福祉を叩くのもちょっと変かなと思えます。

27 :優しい名無しさん:2006/07/20(木) 23:44:10 ID:w5/ACBNL
>>26
ご家族の方で統合失調症の方がいらっしゃるのですね。ご本人の就業への
意欲を理解して暖かく見守っている様子が文面から感じられました。
私は、当事者のため、統合失調症の身内を持つご家族の心情というのは
想像でしかわかりませんが、おそらく患者本人と同じくらい苦しまれているのだろうと
思いました。
しかし、医者や福祉職員がそれほど親身に患者のことを考えているとは私には
思えないのです。
参考になるか分かりませんがリンクを貼っておきます。もしよろしければご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/

28 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 01:22:48 ID:06rcxpFS
無駄な薬物療法をなくすことは大賛成ですが、
薬物療法を全否定して薬を全て排除するのは理解できません。

薬がなかった時代は統失患者は悲劇でした・・・。

29 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 08:34:24 ID:Z7B+DHdQ
>>28
>無駄な薬物療法
精神科医の笠先生によると、セカンドオピニオンで先生のもとに訪れた統失患者の
8割が誤診だったそうです。
診断が誤っているのだから、それに基づく薬物の処方も不適切で病状をさらに
悪化させます。中には薬物性精神病といって抗精神病薬のせいで妄想・幻覚を
見るようになり、それが統合失調症と見誤れている例もあります。
仮に診断が正しくとも、日本の精神科医の多くは多剤・大量処方であり世界的に
みても異常です。
以上、一口に「無駄な薬物療法」と言っても、この2点があります。
最近は、統合失調症の軽症化などと盛んに言われていますが、とんでもない
誤解ではないでしょうか。単なる引きこもりやSADを統合失調症と誤診している
だけで統失が軽症化したのではありません。全然別の病気です。
このように、医者の診断技術が低レベルなために誤診された患者は不適切な
薬物の投与により病状を悪化させ、さらに統失のレッテルのため社会生活が
困難になり、ついには無為に過ごす一生を余儀なくされる。
ロボトミー手術で人生を棒に振った悲劇に通ずるものがあるのではないでしょうか?

30 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 08:55:40 ID:qwJKyt8f
>>29
精神科医は経験があります。8割が誤診というのは信じられません。
ソースは一精神科医の笠先生だけですか?

幻聴、妄想があれば90%統合失調症です。
誤診はたしかに大いに問題ですが、バイバリ本物の統合失調症患者はどうするの?薬なしですか?
自分は大量処方は反対です。しかし病気を再発させないために少量の薬は必要だと思います。

それとロボトミーは薬物療法の進歩とロボトミーは利より害が大きいと30年も前に禁止になりました。
もしかして貴方は向精神薬を麻薬か何かと勘違いされているのですか?
健常者が統合失調症の薬を飲んでも病気にはなりません。眠くなるだけです。

31 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:01:14 ID:jonVmtws
精神医療をぶっ壊そうぜ!

底辺医療 精神医療の現実

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/





32 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:04:08 ID:jonVmtws
>>30

底辺医療の精神科医が必死だな
これからは内科が吸収するので無能なお前らの職はなくなります

33 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:12:28 ID:qwJKyt8f
精神病は脳神経の病気です。薬を投薬できる精神科医が必要です。

34 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:18:00 ID:jonVmtws
脳外科様は絶対です

35 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:23:10 ID:Z7B+DHdQ
>>30
>ゴズデン(2001)はオーストラリアで起こっていることについて憂うべきこととして警告して
いる。統合失調症を早期発見し、薬物による予防治療をしようとする動きである。
薬物がもたらす病気について副作用が明記されおり、それによると例えばクロザピンには
幻聴や妄想のような精神障害が起こる可能性も指摘されている。
薬の引き起こす精神障害が指摘されているのに、予防のために薬物療法をしたら、
その薬の引き起こす副作用で精神障害が発症することをどう考えるのだろうか。
そして薬物を急に止めると精神障害が現れることについてはどう考えているのだろうか。
調査研究によると統合失調症の危険の高い青年に予防的薬物療法をすると、
治療開始後6カ月で40パーセントの人が精神障害を発症し、48パーセントが12カ月以内に
発症するという(p.243)。
(柿谷先生の論文から抜粋)

36 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:23:46 ID:jonVmtws
>>33

はいはい、脳のこともわからないのに精神科医ってなに?
医学会で認められないから自分達で精神医学会ってなに?

37 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 09:27:54 ID:jonVmtws
ID:qwJKyt8fhは逃亡した?

38 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 10:29:00 ID:rOwp8wPc
>>37
いや、逃げたってよりあんたが暇杉

39 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 11:01:44 ID:tOIVgbr2
>>38
いつも精神医学は逃げてばっかりだな それに俺は暇人だよ

40 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 11:51:15 ID:rOwp8wPc
精神医学を信じる>>33には果たすべき日常が有って
精神医学を批判する>>39は社会に参加できていない事実

41 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 12:03:28 ID:Yl670rWE
・治療に関する質問に答えない臨床心理士。
・患者の感情を取り扱えなくなると、逃げる臨床心理士。
・治療の失敗に対して取れる責任もないのに、責任があると言う臨床心理士。
・患者の精神を崩壊させて、放置する臨床心理士。

彼らは、プロではありません。無責任なアマチュア集団です。


42 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 12:07:05 ID:rOwp8wPc
臨床心理士は薬と関係ないのでは?

43 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 12:17:28 ID:mBa5NZVB
薬無しで狂気の生活送るか、薬で鎮静されてひっそりと底辺の生活送るか。
残念ながら今の医学水準では後者を選ばざるをえない。

23は等質の人が普通の人に混じって普通の社会生活を送るのがどれだけ
大変かよくわかってないようだ。



44 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:17:38 ID:O8HR8CYW
>>40
はいはい妄想妄想
暇人が社会参加していないって厨房の発想だな
>>33って何者こんなやつどうでもいいよ
>>43
精神医学に関わるから狂人になるんだろ
精神科医やその下部には狂人が多いし

俺は精神医学を否定しているだけだよ


45 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:19:52 ID:h9TwLX99
44は投薬前の激しい陽性症状の患者とか見たことある?

46 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:22:29 ID:O8HR8CYW
あとな税金の無駄遣いだから精神病院もぶっ潰せ!
無駄医療による保険金 無駄な福祉 薬で狂人を捏造 カルトで猥褻行為

精神医学の存在が税金の無駄

47 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:24:44 ID:E1+iz6nW
断薬したら再発するらしいけど
断薬してどれくらいたったら再発するの?
一日でもやめたら再発するのかな・・・(泣)

48 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:25:05 ID:O8HR8CYW
>>45
精神病院でつくられた狂人

精神医学などに関わるから狂人になる
現実社会にも刑務所に狂人は一杯いますよ


49 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:26:34 ID:O8HR8CYW
>>47
妄想ぐらい抱えて生きろよ
それと狂人に結びつかない
無駄な福祉はいりません
税金の無駄

50 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:29:34 ID:O8HR8CYW
>>47

一番の税金の無駄は保険金!

無駄な治療は意味がないオランダは精神病院を潰して福祉に無駄がなくなったとさ


51 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 15:33:18 ID:O8HR8CYW
まだ果たすべき日常があるらしいレスがなくなった


52 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 16:40:59 ID:Yl670rWE
クソスレの予感・・・

53 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 17:00:49 ID:h9TwLX99
一人変なのがまぎれこんだな

54 :優しい名無しさん:2006/07/21(金) 19:14:52 ID:Yl670rWE
栄養療法には科学的な証拠がない。

55 :優しい名無しさん:2006/07/22(土) 05:07:34 ID:mSWDy7Zf
薬なんか効果ないが精神病があるからニートや無職は生きていけるw
障害年金だけでは生きていけないから株をやるそれが俺の人生だw
しかし労働もしないで年間100万の種ができるのは美味しいw
あと5年は利用するつもりなので潰れないでくださいw


56 :優しい名無しさん:2006/07/22(土) 07:34:56 ID:TMbTUVR1
>>55
障害年金で株ですか?

57 :優しい名無しさん:2006/07/23(日) 15:06:29 ID:T9oimQn3
あげ

58 :優しい名無しさん:2006/07/23(日) 18:39:59 ID:e7oauTP5
栄養療法には科学的な証拠がない。

59 :優しい名無しさん:2006/07/23(日) 22:56:34 ID:QeKegBhj
薬は万能ではありません。
しかし薬なしでは統合失調症患者が人格荒廃にいたる症例が存在する限り
不特定多数に薬を排除するように仕向けるのは無責任だと思います。

60 :優しい名無しさん:2006/07/23(日) 23:45:23 ID:2TLFSBEC
精神科の薬を否定する諸君たちのような人間が、
「これを飲めば糖尿病が!」「アトピーも跡かたなく!」「ガンが消滅した!」
なんて煽り文句の疑似科学のインチキ療法に引っかかるんだろうな。

61 :優しい名無しさん:2006/07/24(月) 00:26:12 ID:b6LYuPrF
血糖値が高い俺に救いを。ちなみに痛風傾向もある訳だが。この前血液検査をしたがもしインスリン打つ様になったら最悪だ。

62 :優しい名無しさん:2006/07/24(月) 02:07:45 ID:BMIJgHbG
>>61

ダイエット汁!

63 :優しい名無しさん:2006/07/24(月) 06:21:55 ID:cUwZYFik
薬物療法は否定して栄養療法を肯定する矛盾・・・。
栄養療法は副作用はないのですか?

効果があれば必ず副作用もあります。

64 :優しい名無しさん:2006/07/24(月) 06:59:10 ID:CY/p3ywA
民主党論文「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」の主著者は、
東京医科歯科大学医学科出身の内科医で参議院議員の方と見られる。
論議内容の骨格は、筆者と綺麗に一致。

以下の論点を民主党には認めていただいた可能性が出ている。
また安部幹事長の個人事務所HPに掲載されていた情報である以上
自民党も今後、方針を転換し、偽患者への医療費をカットし、歳出削減に進めていく可能性
がある事が否定できない。

もはや精神医学界は学問的・倫理的に崩壊しつつあるものと見られる。

統合失調症、社会不安障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153185826/


65 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 02:03:30 ID:jok8yI4C
>>60
お前のような馬鹿はロボトミー事件や薬剤エイズ事件に巻き込まれるんだろうね。
薬飲んでいて致命的な副作用が解明されて後で訴えても知らんよ。


66 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 02:44:23 ID:HZyYdE9E
>>65
ロボトミーは大昔に禁止になったのを知らんのか?ヴォケ!
お前はいったい何者精神病患者ですか?それともただの阿呆ですか?

薬なしで悪化しても知りませんよ。

67 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 11:07:24 ID:+STtqb1k
誰も検査していないサプリをでたらめなバランスで飲んでいて
致命的な副作用が解明されて後で訴えても知らんよ。

68 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 12:46:14 ID:rElE9VCk
>>66
実は日本ではロボトミーが禁止になっていない事実・・

69 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 13:22:17 ID:qwVbl3KT
>>67
サプリは一切飲みません。科学的な証拠がない。

70 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 16:48:08 ID:qwVbl3KT
>>68
禁止になっています。

71 :優しい名無しさん:2006/07/25(火) 19:06:39 ID:xTc1Mud7
薬は万能ではありません。
しかし薬なしでは統合失調症患者が人格荒廃にいたる症例が存在する限り
不特定多数に薬を排除するように仕向けるのは無責任だと思います。


72 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 02:51:43 ID:mCsfbrPy
>>69
精神科の薬は科学的証明されていないのでいっさい飲まない
>>70
馬鹿ですね
>>71
薬を飲んでませんが人格荒廃になる人は一切いませんよ
ロボトミーの責任はどうなったの?
薬を普及させようと仕向けるのは無責任だと思いますよ
30年前ロボトミー手術を当たり前のように普及させたのは精神医療ですしね
まだ30年しかたってないのにそもそも腐った精神医療が改善されているとは到底思いません
精神科医もいくら医療の底辺でも信念をもって欲しいものですよ


73 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 02:58:49 ID:mCsfbrPy
2002年11月07日 毎日 副作用 統合失調症治療薬で1人死亡 12人にこん睡



74 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 04:24:34 ID:kc5JbVDV
マスコミ報道は偽りだらけ〜

昏睡の12名はODしてたかもしれんよ?

薬だけじゃ死なないと思う

75 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 06:26:04 ID:zt7MfDr7
904 名前:学籍番号:774 氏名:_____ :2006/07/25(火) 23:18:26 ID:Sw3+03cw
秋田大学医学部の清水徹男とは
http://nscrc.crc.akita-u.ac.jp/researchers/people/02-058.html

934 :地下行政組織:2006/07/25(火) 22:56:40 ID:2njAgW+s0

行政地下組織より、●●を精神病院で抹殺せよとの指令が下された。
方法は、まずは前頭葉及び頭頂葉運動野を睡眠中にイソゾールで麻酔し電気焼却、
マーゲンゾンデより、30日間ジプレキサ200mgを濃厚高カロリー液剤(1万カロリー)混入のうえ、
対糖能を麻痺させる。高血糖状態になった所でインスリン30単位によるインスリンショック療法。
低血糖発作により、合法的に抹殺される。



905 名前:学籍番号:774 氏名:_____ :2006/07/26(水) 06:19:49 ID:2Kz+0aID
ジプレキサの悪用による糖尿病薬殺が
実はかなり多い可能性が
秋田大学医学部の清水徹男によると見られる
>>904の異様な殺人予告文章から確認できます。
http://nscrc.crc.akita-u.ac.jp/researchers/people/02-058.html

少なくとも秋田ではジプレキサによる毒殺・薬殺が
一般的なのではないでしょうか?

糖尿病死亡率の統計データもそれを裏付けていますが・・・

これは合法ではありません。殺人罪です。



76 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 07:36:41 ID:shYwUk2h
ロボトミー手術って何?簡単に説明ぷりーず

77 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 08:02:32 ID:wn9e19pd
>>76
ぐぐれ

78 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 08:56:36 ID:vBg6n8TC
>>72

精神科の薬は科学的に証明されています。
薬を飲んでいる人は再発率が格段に少なくなっている。

薬なしで妄想、幻聴、バリバリの入院患者はどう治療するの?

79 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 12:52:12 ID:sfU8O0ah
>>1

> 服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止

どうやって調べたのか教えてください。
普通に考えると「全く同じ症状」の患者が
最低3人いないと調べられないとおもいます。
「統計的に有意」となると、更に大勢の患者が...

80 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 15:04:17 ID:qB4rM72u
私は、この掲示板で栄養療法と腹式呼吸を知り、実践してみましたが結構
良い感じです。
栄養療法は、ナイアシンアミドを3g/dayと総合ビタミン&ミネラルを1錠飲むだけ。
これは、もう10ヶ月くらいやってます。
複式呼吸は、まだ2ヶ月くらいですが、なんかわかりませんがあまり落ち込まなく
なりました。
全体的に去年の今時分と比べるとかなり良好です。試しに抗精神病薬を
断薬して2週間になりますが、特に変化がありません。去年断薬したときとは
大違いです。
ただし、私の場合、もともと幻覚の無い統合失調症ですし、自分では統失というよりも
アスペルガーに近いと思ってます。

81 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 15:25:33 ID:uwwiGwhb
統合失調症患者は病識がないので薬を拒否する。
よって再発する。また薬を拒否する。再発する。悪循環。

82 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 15:36:36 ID:qB4rM72u
抑うつを起こす可能性がある薬物に抗精神病薬があります。
私も抗精神病薬を飲み始めて半年くらい経ったとき、ひどい抑うつになり
仕事を辞め生活保護を受け本気で自殺を考えていました。
いま振り返ると、これは薬の副作用で抑うつになったのではないかと思います。
医師に相談したところ、直ちにリタリンが処方され少しはマシになりましたが、
一方で不安や焦りが強くなり辛い毎日でした。
その頃の精神状態を台風に例えるなら、今は梅雨時の小雨くらいでしょうか。
これからもっと状態が良くなって心に晴れ間が見えたらいいなと思っています。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/yokuutuokosu.htm

83 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 15:44:10 ID:qB4rM72u
>>81
統失患者がみんな病識が無いというのは間違いです。
等質にも軽度と重度の違いがあり、症状も様々です。
私がそうだったように、自ら異変を感じて精神医学書などを調べ、病因に相談に
行くというケースは多数あるはず。
どうもこの板を見ていると、かなり重度の統失患者をイメージしての意見が多いと
思います。

84 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 15:47:38 ID:qB4rM72u
そもそも、もし統合失調症というのが、病識が無く妄想と幻聴があって
しかも錯乱して暴れてる人と定義するのなら、私は間違いなく統合失調症では
ないでしょう。

85 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 16:13:49 ID:qB4rM72u
私はオーディオが好きでアンプの自作なども少しやりましたが、やはり
音質の良し悪しは根本的な回路の改良によらないと駄目だと思います。
それをしないで、例えば低音の不足をトーンコントロールで調整しても、一時的には
良くなったような錯覚はありますが、すぐに飽きてしまいます。
本当に音の良いオーディオセットにはトーンコントロールなんて必要ないです。
精神科の薬も、これに似てるなと服用してみてそう思います。


86 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 16:20:59 ID:BWYSiqdF
>>85
例えが悪すぎ。
イマイチ説得力がねーよw


87 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 17:00:52 ID:qB4rM72u
>>86
そうですかorz

88 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 17:07:50 ID:qB4rM72u
>>87
確かに例えが悪かったですね。
よく読んでみたら、これでは元が良いのに余計な処置をしたから悪くなったと
とられてしまいます。
実際は、等質の症状(無気力など)があるから、なにかを施さないといけないのですね。

89 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 17:50:51 ID:yZ3GB9UZ
>>78
いいえ、精神科の薬は科学的に証明されいません。
どこで証明されているのか教えてください。
薬を飲んでいる人は薬害によって凶暴化&廃人化しているのが現実でしょう。
ちゃんと薬を飲んでいる患者さんと薬を飲んでない患者さんを比較しましたか?
>>81
日本の精神医療は薬を出すしかのうがないよって薬が絶対だと無理やり押し付ける。今は強制力がないので前提を宣伝するのに躍起w
これはロボトミーのときも同じでしたね。
いくら自分達がなにもできない無能な医者だからといって効果がないことを効果があると嘘をつき
薬害被害が原因で廃人化&凶暴化する人がいるのにそこを反省しないさまは酷すぎます。



90 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 17:57:54 ID:uwwiGwhb
>>89
薬なしで妄想、幻聴、バリバリの新規入院患者はどう治療するの?
放っておくの???質問に答えてください。

91 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 18:24:01 ID:7lVu1/0t

桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

*上の論文内の一連の執拗な脅し(暗殺、監視等)は、論議の真実性を高めている

92 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 22:37:06 ID:Cc1p3HZo
妄想、幻聴、バリバリの新規入院患者はどうするの?放って置くの。

93 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 22:37:55 ID:Cc1p3HZo
無駄な薬物療法をなくすことは大賛成ですが、
薬物療法を全否定して薬を全て排除するのは理解できません。

薬がなかった時代は統失患者は悲劇でした・・・。


94 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 22:46:34 ID:8ADVqmtf
慢性化じゃなくて蔓延化?
そんなのあるわけないだろ。
頭悪すぎ。
>>1は死ね。

95 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 23:14:16 ID:qB4rM72u
>>93
89ではありませんが、症状が激しいときは薬で沈静させるのが最も有効だと
思います。
しかし、それ以外の目的での投薬は好ましくないと思います。なぜなら、
不適切な投薬は統合失調症を遷延化させるからです。

96 :優しい名無しさん:2006/07/26(水) 23:22:27 ID:V/TZGJm8
>>94は今頃後悔しているだろうかwww

97 :優しい名無しさん:2006/07/27(木) 00:00:13 ID:MCrYXdAX
>>93

本人よりも、家族や周囲の人が悲惨ですね。


98 :優しい名無しさん:2006/07/27(木) 00:24:02 ID:Gdwl/5jS
薬は万能ではありません。
しかし薬なしでは妄想、幻聴がバリバリある人が自殺する症例が存在する限り
不特定多数に薬を排除するように仕向けるのは無責任だと思います。


99 :優しい名無しさん:2006/07/27(木) 14:09:03 ID:OIwN79j7
>>97

でも一番悲惨なのは本人だろ?
妄想、幻聴で苦しんでいる本人が一番苦しい。
薬の発見で回復する可能性がでてきた。

100 :優しい名無しさん:2006/07/27(木) 14:12:03 ID:QfsQreCF
てか20年くらい前を考えれば解るだろ。
薬物治療が進歩したから等質患者がある程度良くなって
出歩いたり、働ける位まで回復する人が増えてる。
昔は等質なんて一生病院暮らしで廃人になるしかなかった
不治の病だっただろ。

101 :優しい名無しさん:2006/07/27(木) 20:09:38 ID:7gEzhUmL
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 統失になったら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

102 :長征 ◆ymghbCgSQk :2006/07/27(木) 22:48:06 ID:SucHdTFA
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / カルト系臨床心理士に騙されたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


103 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 14:15:05 ID:HOvCocfA
>>100
違うよ、社会的な隠蔽が強かっただけだよ。
統合失調症は誤診や仮病が8割はいる。
よって薬を飲まなくても健康な人間が殆どなのが実態。
しかし、その健康な人間が薬害によって廃人化凶暴化する割合が高い。
ロボトミー殺人事件の時もいあるけど同じようなケースだった。
精神医療が落ちこぼれの救済産業としてなりたっている以上現状はなかなか変わらない。
精神科医も落ちこぼれならその客も落ちこぼれ。
福祉を受けたいならその社会構造を知るべきだね。
それでないと後でとんでもないことになるよ。

まあ、薬害のことを知りたいなら君も統合失調症の掲示板に行けばわかるよ。
笠先生の深い意見と精神医学会の提示する浅い前提のどちらを信じる?
君はいつも同じ次元のことを繰り返し自分に訴えて自分で自分を洗脳しているみたいだね。
そんなことを繰り返していると精神科医や精神病患者のように自殺するよ。
だから、これ以上話しても無駄だよ。


104 :訂正:2006/07/28(金) 14:21:52 ID:HOvCocfA
>>100
違うよ、社会的な隠蔽が強かっただけだよ。
統合失調症は誤診や仮病が8割はいる。
よって薬を飲まなくても健康な人間が殆どなのが実態。
しかし、その健康な人間が薬害によって廃人化凶暴化する割合が高い。
ロボトミー殺人事件の時も薬害とロボトミーの違いはあるけど同じようなケースだった。
精神医療が落ちこぼれの救済産業としてなりたっている以上現状はなかなか変わらない。
精神科医も落ちこぼれならその客も落ちこぼれ。
福祉を受けたいならその社会構造を知るべきだね。
それでないと後でとんでもないことになるよ。

まあ、薬害のことを知りたいなら君も統合失調症の掲示板に行けばわかるよ。
笠先生の深い意見と精神医学会の提示する浅い前提のどちらを信じる?
君はいつも同じ次元のことを繰り返し自分に訴えて自分で自分を洗脳しているみたいだね。
そんなことを繰り返していると精神科医や精神病患者のように自殺するよ。
だから、これ以上話しても無駄だよ。



105 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 14:28:08 ID:Me3fS5Ks
自分は別に何もないのに緊張したり不安になったり音がすると気になってしまいます。これって統合失調症なのでしょうか?スレ違いでしたら誘導お願い致します。

106 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 15:03:10 ID:aE9ieabc
>>105
統合失調症は幻覚・幻聴が主体ですよ。統合失調症でありたいようなレスにはムカつきます。幻聴の恐ろしさもしらないくせに。

得体の知れない姿もない声に命令されたりするんですよ。その苦しみは本当の統合失調症患者にしか分かりません

107 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 15:51:27 ID:EIMcoJa0
>>106
幻覚や幻聴がなくても等質と診断されることあるよ

108 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 16:01:29 ID:aE9ieabc
>>107
では、どんなケースか教えて下さい

109 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 17:00:50 ID:EIMcoJa0
>>108
自殺願望がある、引きこもりみたいな状態、自分はダメなんだと悪いほうにばかり
考える、などの症状を等質と診断する医者もいます。
俺もそれで等質と診断されました。
ところが別の医者の意見を聞こうと病院を変えたら、等質ではなく
うつ病だと診断されました。
同じ症状を訴えてるつもりなのに、医者によって診断基準が違うみたいですね。
俺にはどっちの診断が正しいのかわかりませんけどね。
ちなみに等質と診断した医者に聞いたところ、等質患者のなかで幻覚や幻聴
の症状がある人は一部の人で、自殺願望がある人の多くはうつ病ではなく等質の
可能性が高いそうです。

110 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 17:10:33 ID:EIMcoJa0
もっとも幻覚や幻聴の症状がある人はまず間違いなく等質でしょうけどね。


111 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 17:27:00 ID:aE9ieabc
>>109
統合失調症の陰性状態が欝病に似ているので、そういう診断だったとしたら、

どちらを信じるかはあなたが決める事なので発言は控えますね。

どっちみち大変だと思います。>>109さんの病気の症状が早く良くなるといいですね。

112 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 17:39:48 ID:aE9ieabc
まず統合失調症の患者に直接病名を伝える時点で怪しいですね。私は家族ですら病名を知らされる事なく強制入院。

自分の病名は治療にさしつかえるので教えてもらうことはできませんでしたけど、

退院後、糊付けの封筒に入った診断書を母と開けてみて初めて自分がこの病気なんだって分かったんですよね。

病院によって違いがあるんでしょうかね

113 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 18:07:13 ID:zGGGP3/b
>>103
>統合失調症は誤診や仮病が8割はいる。
>よって薬を飲まなくても健康な人間が殆どなのが実態。

ソースは?
それとも強烈な思い込み?

114 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 19:58:57 ID:owN7jZYv
>>103は統合失調症

115 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 20:38:47 ID:HOvCocfA
>>113
逆に考えてみたらわかる。
精神病などパイの少ない所にまともな治療者がいると思うほうがどうかしている。
なぜ精神科医になるのでしょう?
なぜ精神科医と他の医者には壁があるのでしょう?

しかし、その中には精神医療を真剣に改善したいと志す希少な人間もいます。
その人達の努力がむくわれる日がくるといいですね。

それ以外の精神科医は落ちこぼれたからやくざ商売に落ちた人間でしょう。

116 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 21:00:41 ID:zGGGP3/b
>>115
逆に考えてもまったくわかんない。論理的な説明が出来ないのですね。「降参」ということで宜しいですね。

>>103 であなたはこういってるんですよ。
A:「統合失調症は誤診や仮病が8割はいる。」
B:「薬を飲まなくても健康な人間が殆どなのが実態。」
A∴B

どうしてそういえるの?ソースは?の質問に対し、ソースの提示は全くなく、
>逆に考えてみたらわかる。
>精神病などパイの少ない所にまともな治療者がいると思うほうがどうかしている。
>なぜ精神科医になるのでしょう?
>なぜ精神科医と他の医者には壁があるのでしょう?

わけわかんないね。

結論:ただの強烈な思い込み

117 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 21:24:48 ID:RRs/Wl3M
>>112
俺の通ってる医者は、統合失調症というのは脳の病気としつこい位言ってくるわけだが。つうか、自分から俺は統合失調症だと思うんですけどと言ったからなのかな。

118 :優しい名無しさん:2006/07/28(金) 22:41:53 ID:I1ldfKnJ
このスレはバカばっかだな。
荒らしてやろうか。

119 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 00:58:09 ID:8gc74Wwh
私の経験は10年以上前の事で、今、現在どういう人を統合失調症というのか分かりません。勉強不足な上に少し感情的になってしまってすみませんでした。それ以前にスレ違いのスレで話を続けてしまってごめんなさい

120 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 02:50:22 ID:lYsoWZHN
統合失調症なんて不治の病になりたがる奴の気がしれね。
発病初期には急性期があんだよ!
大体精神分裂病なんてね廃人同様にまでなる奴もいるんだぜ!
医者とまともに会話なんか成り立つはずがねーんだよ。そいつが統合失調症ですか?だとふざけるな!
そんなに統合失調症になりたきゃ統合失調症の治療薬飲んでろや!
馬鹿馬鹿しくて話にならんわボケ

121 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 02:53:00 ID:lYsoWZHN
>>117
統合失調症なんて不治の病になりたがる奴の気がしれね。
発病初期には急性期があんだよ!
大体精神分裂病なんてね廃人同様にまでなる奴もいるんだぜ!
医者とまともに会話なんか成り立つはずがねーんだよ。そいつが統合失調症ですか?だとふざけるな!
そんなに統合失調症になりたきゃ統合失調症の治療薬飲んでろや!
馬鹿馬鹿しくて話にならんわボケ

122 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 04:28:43 ID:ZGlKcsFW
>>121
>そんなに統合失調症になりたきゃ統合失調症の治療薬飲んでろや!

ハア?統合失調症にならない為に薬を飲むのだろ?お前の考えは逆?

123 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 05:04:10 ID:8gc74Wwh
>>122
病気の事知らなさすぎ。このスレを最初から読むだけでも>>121の意見がどういう意味か分かると思いますよ?スレ違いですし喧嘩なら他でやって下さい

124 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 05:56:03 ID:kEbwCHku
>>119
あなたは元等質患者ですか?今現在はもう治ってらっしゃるんですか?
よろしければ投薬から断薬までの期間と詳しい経緯を教えて下さい。

125 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 09:56:56 ID:/Izdafnn
精神病は怖いもので治療をしないと自傷他害の恐れがあるとされている。
そして、現在の精神医学は画期的に進歩していて、治療すればほとんどの
人が社会復帰できるまでに改善されると一般的に言われている。
しかし、当事者の立場で現場を見てきた私には、それらは眉唾ものとしか思えない。
まず、精神病は怖いという偏見は一部の重症患者の特異な例を一般化したもので
ほとんどの患者はきわめておとなしく無害である。
次に、治療をすれば社会復帰できるというのは事実はそうではないと思われる。
一つには、薬物治療の副作用による倦怠感や気力の減退で日常生活が
困難になる。
二つには、精神病であることによる社会の偏見と、それに伴う自己の無力化がある。
一たび精神病のレッテルが貼られると、諸々の制限があり失うものは多大である。
統合失調症の症状に陰性症状があるが、これは病気自体というよりも自己の
無力化により引き起こされている可能性があると大賀達雄氏は言っている。

126 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 10:29:57 ID:8sJ1IkCg
【精神医療の多くは実は医療ではなく工作である容疑について】

根拠1: 桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

根拠2: 『統合失調症・SAD患者数と盗聴器販売台数との奇妙な一致】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/256-258

根拠3: 『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、
アスペルガー症候群等の大半は「架空の疾病」である可能性が高い』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/2-16

根拠4: 『統合失調症薬とされるジプレキサの糖尿病誘発効果を悪用した組織的薬殺の兆候が
明確に統計データから確認できる事実』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/19-23

根拠5: 『統合失調症の予後の良さは、服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止の順。
疑い例で服薬すると統合失調症になるケースも多い』
http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html

根拠6: 『イタリアでは精神病院が廃止され、新規入院が停止されている。
精神病が従来説のような形態で本当に存在するならば、そうはならない。』
http://jicr.roukyou.gr.jp/hakken/2003/128/128-saitou.pdf


127 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:19:51 ID:ke5wBmqS
今日のNHKでやる「格差社会生活保護がおりない」の原因の殆どが無駄な精神医療があるからです

労働対価によって金の得にくい社会の落ちこぼれに生活保護がおりません

その様な人間は鬱や統合失調症であることで初めて福祉金がおりるのです

金の稼げない人間は健康でも精神病であることを甘んじる人間が殆どです

よって仮病や誤診(この意味は後の文で解明する)が当たり前の様にある

しかし、精神病の定義に当てまめるとそれは仮病なのか誤診なのかあいまいになるのです

医療の世界にもお落ちこぼれがいますその人間は能力もないのに他の医者と同じだけのものをもとめようとします

それによって毎年、精神病患者の数が増えていく傾向にあります

その無駄な医療に歯止めをきたす為に脳の異常を検査できる優秀な脳の専門医が必要だと思います

精神医療の縮小とともに生活が困難な人間に生活保護がいきわたるのが理想でしょう

128 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:43:29 ID:MRXbbyHd
★中1、性嗜好の多重障害 男児誘拐殺害で精神鑑定

・七月に長崎市で起きた男児誘拐殺害事件で、さいたま市の児童自立支援施設に
 送致された中学一年の少年に対して、補導後に実施された精神鑑定の全容が
 二日までに、長崎新聞社の調べで分かった。少年は性的な加虐性と被虐性を
 併せ持つ「性的サドマゾヒズム」と「小児性愛」の傾向と診断され、異常な性嗜好の
 多重障害が認められた。精神発達障害の一つの「アスペルガー症候群」とも診断
 されており、異常な性嗜好と相まって「反社会的行為に対する抑止力を働きにくく
 させる恐れがある」と分析している。事件に至った背景について、少年の資質に
 加え、非行当日の偶発的要素も絡んで殺人へ「暴発」した―と結論づけた。

 性的サドマゾヒズムは、精神的・肉体的な苦痛を相手に与えたり、自分自身が
 苦痛を受けることで興奮を覚える。小児性愛は幼児に対する性的な愛好を意味
 する。アスペルガー症候群は知的能力の高い自閉症の一つで、通常の言語や
 知的能力に障害はないが、人間関係を築くことが難しく、共感性の乏しさなどを
 特徴としている。

 長崎家裁が公表した処分決定要旨は、少年の「男性性器への異常なこだわり」を
 明記した。鑑定では、このこだわりと事件に至る経過を分析。少年は、小学三年生
 ごろに負った性器のけがから性器に興味を抱き、アスペルガー症候群の特徴で
 ある「継続的な強いこだわり」が影響、異常な性嗜好と思春期に伴う性衝動の
 高まりも相まって性器への関心が変質したとしている。

 被虐的なマゾヒズムの要素として、自分の性器をトイレ用洗浄剤などで痛めつける
 行為に及び、加虐的なサディズムの要素として、誘拐殺害事件前の今年四月、
 同市北部の大型商業施設で別の男児の性器を触るなど強制わいせつ事件を
 起こしていたことを確認した。
 鑑定の際、少年は非行時の心境を明確に表現できていないが、性的な興奮状態に
 あったことが分かった。

129 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:44:40 ID:MRXbbyHd
 健常者は僕の苦しみを
 妄想と言う
 健常者は僕の苦しみを
 幻想と言う
 そしてそんな僕のことを
 精神障害者、キチガイ、
 気狂い、分裂病と決める
 苦しみが幻想?
 苦しみが妄想?
 ならばこの苦しみは
 存在しないと言うことなのか
 ならばこの苦しみは
 気のせいだと言うことなのか
 と言うことは否定している訳だな
 と言うことは俺を否定している
 と言うことは精神障害者を否定している
 と言うことは分裂病患者を否定している
 だが僕は苦しんでいる
 だが僕は苦しんでいる
 苦痛にさいなまれている
 精神病のレッテルを貼られたら、
 レッテルを貼られたら、それは、それは、
 全てのものを否定される訳だ
 人格を否定される、人間であることもだ
 だから精神障害者は不幸だ
 だから健常者は幸福だ
 そして僕は僕の苦しみとその苦しみと共に
 忠実に生きることを選ばずにおえなかった
 僕の運命は不幸の連続と決まっていた・・・・

130 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:45:24 ID:MRXbbyHd
 嫌われた、嫌われた、嫌われた、
 やっぱり俺って気持ち悪いのか
 いい年こいた変なオッサンだものな
 気持ち悪いよ、確かに
 俺は救われないなあ、
 俺は救われないなあ、
 本当に・・・・
 なんで分裂病患者になるように
 この世界に生まれてきたのだろう
 なんで精神の病を患うように
 この世の中に生まれてきたのだろう
 
 キチガイになるんだったら
 生まれてきたくなかったな、・・・・
 あーあ、キチガイか・・・・
 
 あ、あそこに俺の病気を
 笑っている奴らがいる
 世の中、こんなものだ

131 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:51:26 ID:MRXbbyHd
 不可能は不可能
 求めたって与えられないものは
 与えられない
 不可能は不可能
 狭隘な幸せでも取り上げられる
 何も与えられない
 精神障害者は求めてはいけないのだね
 分裂病患者には何も一切与えるな、
 と言う事なのだね
 夜更けに救急車の間抜けなサイレンが
 鳴り響く
 不可能は不可能
 求めたって与えられないものは
 断固として与えられない
 それがこの社会の仕組み
 これがこの世界のルール
 求めるのが阿呆なんだ
 精神障害者の自覚を持つべきなんだな
 おもしろくねぇ世の中だな
 世間の風は冷たいなあ
 春は来ないのかなあ、
 不可能は不可能、無理は無理
 精神障害者の生きざまを見よ
 不憫の一言だ
 不可能は不可能、無理は無理だ
 と、言うことなんだなあ、・・・

132 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:51:55 ID:MRXbbyHd
 冷たい泥水に首まで浸かり
 その濁流に流される
 時代と言う濁流に
 時間と言う濁流に
 社会と言う濁流に
 世界と言う濁流に
 流れに逆らっても
 逆らっても、逆らっても
 逆らえ切れず
 無駄な努力をして魂を
 磨り減らしていく
 濁流の強力なことよ
 逆らえる力は無い
 この世の価値も感じられない
 自分の価値も既に無い
 嗚呼、魂が漂流していく
 嗚呼、魂が彷徨していく
 だが、それは限りがある
 それが救い
 唯一の救い

133 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:52:31 ID:MRXbbyHd
 神様、僕を救ってください
 望みません、
 分不相応な望みは願いません
 だから僕を救済してください
 僕の生活に
 安らぎを与えてください
 平穏を与えてください
 僕は煩悶は好きではありません
 僕は苦痛も好きではありません
 何故、こんな人生なのでしょう
 何故、こんな運命なのでしょう
 これが僕に与えられた
 人生なのでしょうか
 運命なのでしょうか
 僕は安らぎが優しさが
 楽しさが、・・・・、
 でも無理でしょうね
 僕には祈る事しか出来ませんから
 神様、どうもすみません、では

134 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:58:34 ID:MRXbbyHd
 YOUYOUから美術鑑賞に行った
 ピカソ「愛とエロチシズム」というもの
 砕けた単純な鋭い線の連続の版画
 その中に人間の生きとし生けるものの
 自然な行動が愛を伴って表現されている
 なかにはカリカチュアされたものもあるが
 それはそれでなかなかユニークだ
 人間の生の欲望、人間の性の欲望
 欲望、欲望、欲望、
 性欲、性欲、性欲、
 男と女、女と男、男性と女性、
 やっぱり、コンナモノナノカネェ
 世の中は男と女
 とにかくピカソは強大な性の
 エネルギーの持ち主だった
 僕もピカソみたいになりたい
 だって男はそのように身体が
 できているんだものなー
 羨ましいなー
 これが僕の正直な感想です

135 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:59:21 ID:MRXbbyHd
 二 月 十 四 日 、 聖 バ レ ン タ イ ン デ ー
  今 日 は 女 性 か ら 男 性 へ 愛 を 告 白 で き る 日
 愛 の 告 白 の 一 日 だ
  僕 は 三 十 三 年 生 き て い る が
 女 性 か ら 愛 の 告 白 を 受 け た こ と は な い
  義 理 の チ ョ コ レ ー ト は 二 回 ほ ど
 も ら っ た こ と は あ る が 、 そ れ で も
  淋 し い の は 淋 し い な ・ ・ ・ ・
 若 い こ ろ 、 も ら え な い 僕 は こ の 日 を
  残 酷 な 日 、 な ど と 想 っ て い た が
 僕 は そ う い う 星 の も と に 生 ま れ て い る
  こ の 世 に は 求 め て も 得 ら れ な い も の が
 た く さ ん あ る
  こ れ も 僕 に と っ て は そ の ひ と つ だ ろ う
 二 月 十 四 日 、 こ の 日 は 僕 は
  あ ま り 考 え な い よ う に し て い る
 な ぜ っ て 、 哀 し い か ら ね
  な ぜ っ て 、 悲 し い か ら ね

136 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 12:59:51 ID:MRXbbyHd
 わたしは不完全です
 人として不完全です
 人間として不完全です
 男として不完全です
 こんなわたしは何者なのでしょう
 こんなわたしは何処へ行くでしょう
 何処にも行かずに何処にも行けず
 不完全な人間
 悩む事自体が不完全
 人間として不完全なわたし
 不完全な苦悩が不完全な
 わたしの心に襲いかかる
 わたしの存在はいったいいつまで
 いつまでその存在を許されるのでしょう
 いったい、いつまで、・・・・・、

137 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 13:03:42 ID:MRXbbyHd
  き ら き ら 光 る 虹 色 の 玉
 こ れ は 私 の 悲 し み
  こ れ は 私 の 哀 し み
 こ れ は 私 の 憂 い
  こ れ は 私 の 苦 し み
 次 か ら 次 か ら 生 み 出 さ れ る
  悲 し く 光 る 虹 色 の 玉 の 数
 こ の 中 か ら
  こ の 玉 の 中 か ら い つ か 、
 い つ か は 喜 び の 玉 が
  平 穏 の 玉 が 見 つ か れ ば い い な
 私 は 好 き で 悲 し い 玉 の
  蒐 集 を し て い る 訳 じ ゃ な い
 そ し て 現 実 は 苦 し み
  私 の 希 望
 私 の 星
  私 の 月
 私 の 太 陽
  そ ん な き ら き ら 光 る
 虹 色 の 玉 を 集 め た い

  生 き て い て も い い で す か ?
 キ チ ガ イ で も 生 き て い て い い で す か ?
  死 に た い と 想 う と き と 生 き て い た い と
 想 う 時 が あ る の で す
  生 き て い て も い い で す か ?
 キ チ ガ イ で も 生 き て い て も い い で す か ?

138 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 13:05:46 ID:MRXbbyHd
死んでください。


139 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 14:52:33 ID:ke5wBmqS
今日のNHKでやる「格差社会生活保護がおりない」の原因の殆どが無駄な精神医療があるからです

労働対価によって金の得にくい社会の落ちこぼれに生活保護がおりません

その様な人間は鬱や統合失調症であることで初めて福祉金がおりるのです

金の稼げない人間は健康でも精神病であることを甘んじる人間が殆どです

よって仮病や誤診(この意味は後の文で解明する)が当たり前の様にある

しかし、精神病の定義に当てまめるとそれは仮病なのか誤診なのかあいまいになるのです

医療の世界にもお落ちこぼれがいますその人間は能力もないのに他の医者と同じだけのものをもとめようとします

それによって毎年、精神病患者の数が増えていく傾向にあります

その無駄な医療に歯止めをきたす為に脳の異常を検査できる優秀な脳の専門医が必要だと思います

精神医療の縮小とともに生活が困難な人間に生活保護がいきわたるのが理想でしょう

140 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 16:14:40 ID:oGtGVk6e
>>139
読みにくい文章ですね。
読まなかったけど。

141 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 17:03:09 ID:wC54Wjn9
薬を否定する人は聞きたい。
妄想、幻聴、バリバリの新規入院患者はどう治療するの?
放って置くの。

142 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 17:18:18 ID:F36FGob2
RDレインかよ

143 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 20:23:32 ID:ke5wBmqS
>>141にこの現実をどう思うのか聞きたい

今日のNHKでやる「格差社会生活保護がおりない」の原因の殆どが無駄な精神医療があるからです

労働対価によって金の得にくい社会の落ちこぼれに生活保護がおりません

その様な人間は鬱や統合失調症であることで初めて福祉金がおりるのです

金の稼げない人間は健康でも精神病であることを甘んじる人間が殆どです

よって仮病や誤診(この意味は後の文で解明する)が当たり前の様にある

しかし、精神病の定義に当てまめるとそれは仮病なのか誤診なのかあいまいになるのです

医療の世界にもお落ちこぼれがいますその人間は能力もないのに他の医者と同じだけのものをもとめようとします

それによって毎年、精神病患者の数が増えていく傾向にあります

その無駄な医療に歯止めをきたす為に脳の異常を検査できる優秀な脳の専門医が必要だと思います

精神医療の縮小とともに生活が困難な人間に生活保護がいきわたるのが理想でしょう




144 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 20:41:19 ID:T2065iaS
>>143
生活保護がおりにくいのは、審査を一手に握っておいて「入信したらおりるよ」とかやってる
どこぞのカルト宗教団体の布教活動のせい。精神科関係なし。

145 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 22:07:32 ID:ke5wBmqS
>>144
妄想乙
精神医療が縮小することで社会の無駄がなくなる。


146 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 22:24:44 ID:cBIyY7N6
仮病ではなく本物の妄想、幻聴、バリバリの新規入院患者はどう治療するの?


147 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 23:21:51 ID:/QRycose
【精神医療の多くは実は医療ではなく工作である容疑について】

根拠1: 桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

根拠2: 『統合失調症・SAD患者数と盗聴器販売台数との奇妙な一致】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/256-258

根拠3: 『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、
アスペルガー症候群等の大半は「架空の疾病」である可能性が高い』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/2-16

根拠4: 『統合失調症の治療薬とされる薬剤の糖尿病誘発効果を悪用した組織的薬殺の兆候が
統計データから確認できる事実』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/19-23

根拠5: 『統合失調症の予後の良さは、服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止の順。
疑い例で服薬すると統合失調症になるケースも多い』
http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html

根拠6: 『イタリアでは精神病院が廃止され、新規入院が停止されている。
精神病が従来説のような形態で本当に存在するならば、そうはならない。』
http://jicr.roukyou.gr.jp/hakken/2003/128/128-saitou.pdf


148 :優しい名無しさん:2006/07/29(土) 23:43:45 ID:oGtGVk6e
>>143
読みにくい文章ですね。
読まなかったけど。

149 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 00:27:22 ID:Oohg3CrJ
【最近、急拡大した「精神医療への不信・抗議関連スレッド」】
〜スレ主はほぼ全員別人だろう。新たな国民運動への展開か?〜

1.精神科って意味あんの?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1125399839/

2.精神科の薬は毒だよ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148130027

3.【藪医者】医療不信総合スレッド【精神科版】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1152169286

4・心理学・精神医学は全て嘘である
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1121071258

5.【統合失調症】は服薬で遷延化する。 Part4
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1153141839/

6.精神医学と社会学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1146401937/

7.::臨床精神医学を語ろう!::
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1008412831/

8.統合失調症、SAD、人格障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/


150 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 04:33:08 ID:9u9mdCum
多剤投与する低能医者が多すぎるのは認める。

151 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 07:50:08 ID:obXS5a30
>>129
精神障害者とは社会の落ちこぼれとも言えると思う。
社会で普通に生きていけない人たちを精神病というレッテルを貼って保護する制度が
精神医療なのでしょう。
しかし、タダでは保護しないよということなんです。すなわち、一人前の人間としての
判断力が認められない。いわゆる弱者認定、障害者認定の後に保護してもらえるのです。
それは辛いよ。自分に何の価値も無いと嘆きたくなるのは当たり前と思う。
その辛さを解決したければ、薬を飲んででもいいからどんな形でも社会復帰したほうが
いいと思う。


152 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 08:51:54 ID:14qlxC/W

以下の論文から151の論議は成立しない。


桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104


153 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 09:09:32 ID:VYL3plSi
>>151
過去に飲んでる薬(セロクエル)の殻をゴミ箱から
発見されて、病名知られて首になったことがある。

154 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 18:38:44 ID:obXS5a30
>>152
具体的にどこが論議が成立しないのか、よくわかりませんので教えてもらえないでしょうか?
152の論文は目をとおしましたが、統合失調症は「監視社会を隠蔽するためにある」と
書いてあります。
たしかに、そういう面もあると思います。しかし、もしそうならば精神病患者はまったくの
健康な精神の持ち主ということになりますが、実際は自分で悩んで精神科を受診する
ケースが多く、等質かどうかは別にしてなんらかの心の問題を抱えた人達です。
例えば、私の場合、別に思想なんて何も持っていません。政治にも全然興味ないですし、
ただ単に無気力と対人恐怖で病院に行ったんです。そしたら統合失調症になってしまった。
しかし、思い当たることがあるとすれば、某宗教団体S学会の敵対組織に所属している
ことです。もちろんこれは診察の場で医者に話しました。
まあ、私の宗教団体の機関紙にはS学会を脱会した後、何者かに自動車のタイヤを
パンクさせられたとか、盗聴器が仕掛けられてたとか、実際そういう記事が掲載されてるので
全くあり得ない話だとは私は思いません。
話が脱線しましたけれども、要するに自分から精神科に行くような人は、それなりに
精神が危機的な状態であることは確かです。そして、薬物が有効であることも
私の経験から間違いないと思います。

155 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 18:51:43 ID:obXS5a30
>>153
それはお気の毒でしたね。精神病では従事できない職業があるそうですから
そういうお仕事の方ですか?
やはり、精神病は誰にも隠した方が良いのですね。

156 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 21:22:27 ID:6DXMz6VQ
>>146
脳の異常を検査する機関を設けることで、数字的には精神障害者の数を今の2割以下に落とし
それと同時に精神科医の数も2割以下に減らすのが社会目標
余った精神科医には医者のいない田舎に派遣する
>>151
そうだよ無駄な精神医療に落ちるお金が社会保障にまわり福祉の充実した社会が築ける
無駄な精神医療に落ちるお金>福祉金




157 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 21:22:28 ID:C1f3qs0P
>>155

>やはり、精神病は誰にも隠した方が良いのですね。
当たり前です。言って良いことがありますか?

158 :優しい名無しさん:2006/07/30(日) 21:24:30 ID:6DXMz6VQ
>>157
精神障害者の現実をオープン化するべきです
無駄な精神医療を縮小して豊かな日本を目指しましょう

159 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 01:52:54 ID:F+n+Gq4d
薬を全否定する人に聞きたい。

仮病ではなく本物の妄想、幻聴、バリバリの新規入院患者はどうするの?

どうするの?

160 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 02:29:42 ID:Eg3XSN5N
ttp://pr2.cgiboy.com/S/2424468/

161 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 07:43:34 ID:L+CF5IAf
>>159
脳の異常を検査する機関を設けることで、数字的には精神障害者の数を今の2割以下に落とし
それと同時に精神科医の数も2割以下に減らすのが社会目標
余った精神科医には医者のいない田舎に派遣する

これらにより無駄な精神医療に落ちるお金が社会保障にまわり福祉の充実した社会が築ける


162 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 12:57:41 ID:yguCJw+k
>>161
それのどこが>>159宛の回答なんだか頭の悪い俺にも分かるように詳しく。

で、その2割の根拠とか、2割減ったらいくらの金がどう流れるかなんて辺りは
その電波議員さん達のレポートを読めば分かるのかね?
どうして精神障害者が2割減ったら医者が2割減らせるんだ?
精神科の患者は全員精神障害者?
その脳の異常を検査する方法は後何十年先にできるんだ?
障害者が2割減って余った金額でまかなえる見込みは?

163 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 14:32:49 ID:L+CF5IAf
>>162
脳の異常を検査する機関を設ける!ことで、数字的には精神障害者の数を今の2割以下!に落とし
それと同時に精神科医の数2割以下!に減らすのが社会目標
余った精神科医!には医者のいない田舎に派遣する

これらにより無駄な精神医療に落ちるお金!が社会保障にまわり福祉の充実した社会が築ける





164 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 14:34:50 ID:L+CF5IAf
>>163
田舎に派遣するさい精神科医の再教育も必要かと

165 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 15:07:18 ID:yguCJw+k
>>163
2割以下「に」か。ごめんね。
ってことは8割減だね? もしかしてまた笠氏のサイトのみが根拠???

166 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 15:23:46 ID:yguCJw+k
>>163
で、それのどこが>>159への回答なの?
脳の異常を検査する機関を設ける!のはいつ?
それまでは何も出来ないの?

167 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 19:11:12 ID:RtlEpvTt
おれんちの母親が糖質で、薬を飲む前は車で正面衝突を起こしたり水飲みまくって中毒起こしたり、
クラシックのCDを近所迷惑も考えずに大音量で流したり、小学生の弟の授業参観にサングラス掛け
てマスクしてサングラスの隙間をテープで貼り付けて行ったり、変な妄想おこして一切喋らなくなったり
息子の話も完全スルーで仏壇に泣きついたり、「時計が自分を睨んでる」とかいって家の時計を全部破
壊したり、「光があると悪い人に殺される」とかいって家の電気全部割ってカーテン締め切ったりしてたのが、

精神科の病院いって薬飲むようになってからは以前と同じ普通の状態に戻って、今じゃ仕事もやってるんだが、
ここで薬物否定してる奴は薬を完全廃止したらそういう人が狂ったままだってのにはどう対処するつもりなんだ?

168 :優しい名無しさん:2006/07/31(月) 20:16:09 ID:eAnwtrLR
>>166
かわいそうだから、いじめるのはそれぐらいにしとけ。

169 :優しい名無しさん:2006/08/01(火) 21:33:13 ID:N3JgNxBN

嘘の情報で薬を飲まなくなって余計に病気を悪化させる人間が居るんだろうな。まぁ自業自得だね。

170 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 10:45:14 ID:mr8ymqbk
精神医療の崩壊は事実のようだ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/

『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、アスペルガー症候群、ADHD等は
思想統制等のための一種の行政ツールに過ぎず、「本当は存在しない架空の病気」である傾向が強いという説が最近強まっている。』

薬理学的根拠:
  1)不安・不眠等の同様の症状に対しドーパミンD2受容体への作用ベクトルが180度逆の薬剤が両方、使われている事。
  2)欝やADHDで使われる向精神薬(リタリン等)は覚せい剤様の薬剤であり、その中毒症状と統合失調症の症状が類似している事。
  3)統合失調症治療薬の中には糖尿病誘発効果が知られているものがあるが、地域によっては糖尿病死亡率が自然発生では考えにくい傾向を示している事。

社会科学的根拠:
  1)秋葉原等で販売されている盗聴・盗撮機器の累積販売台数は国内だけで数百万個に及んでいるだけでなく、
     従来、幻覚、妄想として処理されていた事象を
     再現可能である事を示唆する新機密技術関連資料が最近、増加している事。
  2)同じく、従来、幻覚、幻想として処理されていた
     集団ハラスメント関連資料(創価学会と何らかの接点がある団体、同和系団体、共産系団体など)が最近、増加している事。
  3)精神医学界による頑なな社会科学論議の拒否
    (特に薬理学矛盾および通信傍受インフラ問題には、なかなか答えようとしない事)
  4)イタリアでは精神病院が既に廃止されている事。英国も全廃を検討している事。
    (当該精神疾患が本当に従来道理で存在するなら、他国でのこのような状況は考えれない)
  5)一卵性双生児にて遺伝性がない事が証明されているにも関わらず、遺伝子研究が行われているのは矛盾している事。
    また遺伝子研究の捏造例(理研)も新聞報告されている事。    


171 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 15:38:23 ID:Gb1hAvVC
>>166
脳の異常を検査する機関を設ける!ことで、数字的には精神障害者の数を今の2割以下!に落とし
それと同時に精神科医の数2割以下!に減らすのが社会目標
余った精神科医!には医者のいない田舎に派遣する

これらにより無駄な精神医療に落ちるお金!が社会保障にまわり福祉の充実した社会が築ける





172 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 15:39:38 ID:Gb1hAvVC
>>166
その際精神科医!にまともな医療ができるように再教育を受けさせる

173 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 15:45:49 ID:Gb1hAvVC
>>166
精神医学の人間が知らない脳医学
精神の病は存在しません脳の病気です
精神医学が脳医学
精神医療が脳医療
精神科医が脳医
と名乗ることは世界の医学会がゆるさないでしょう
なぜなら精神医学、精神医療、精神科医は落ちこぼれだからです


174 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 16:19:03 ID:Gb1hAvVC
>>167>>168>>169
また実績実態のない精神医療の捏造ですか?
捏造までやらないと成り立たない精神医療が可哀想です

無駄な医療を無くすには医者の技能による診療報酬の差別化を進めるべき

175 :166:2006/08/02(水) 18:24:06 ID:YDkJ/m0B
>>171>>172>>173
将来的に精神病のシステムが明らかになってくれば精神科という分類が
無くなる可能性は十分あるだろうけど、現在精神病と呼ばれている病気
に最後まで付き合ってくれればこっちにしてみればどこでも良い。
しかし、例えば来年度から「脳科」を立ち上げて検査や治療を始められる
見通しなんて無いんじゃないの? 今のところ架空の分野でしょ?
いつから始められるのかも分からないし、ましてや何人程度従事すればいいのか、
いくらの金がかかるのかも試算できるはず無いじゃない。
医師が2割以下に減って他の保障に金がまわせるんだって主張のそのものの方が
現時点では捏造なのではないの? 多少検査っぽいことができたところで、
結局患者にデパスだのパキだのリスパだの飲ませるんじゃないの?
現時点では構想に過ぎない「脳科」よりは精神科の方が実績が多いよ。
病気と関係ない野次馬には分からないだろうけど医師をよく選んで
うまく付き合えば役に立つ仕事をしてくれるよ。

それに脳の病気であるのかどうかだってまだ分からないじゃない。可能性は高いとは思うけど。
栄養教の人たちなんて現時点で
「栄養失調なんだ!内科へ行くんだ!」とか大騒ぎしてるじゃない。
栄養の問題ではなかったにしても内科が見るようになってくる可能性は否定できる?

技能による診療報酬の差別化が良いのか悪いのかは検証を待つ。
でも精神科に特有の問題ではないよね。

176 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 19:36:42 ID:S/B2pvIs
精神科の薬を否定する諸君たちのような人間が、
「これを飲めば糖尿病が!」「アトピーも跡かたなく!」「ガンが消滅した!」
なんて煽り文句の疑似科学のインチキ療法に引っかかるんだろうな。


177 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 22:32:01 ID:x7ungQaN
薬が必要な人は飲めばいいと思う。別にそのことに文句はない。
ただ薬の副作用にこれだけ苦しんで、
それを一生続けなくてはいけないといわれている自分としては
他の方法がないかと考えたくなる。

178 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 22:46:36 ID:bpfT3/rk
>>177
その気持ちは当然でしょ。
しかしそういう気持ちに付け込んでインチキ商売を目論む奴が大杉。
真面目にやってる人、可愛そ杉。

179 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 22:55:03 ID:bkS87Wkt
>>50

 精神病者は安楽死させてくれるという法律ができないかな?
(生きてるのがつらい)

180 :優しい名無しさん:2006/08/02(水) 23:46:06 ID:PPOMU4TJ
さっさと死ね。

181 :優しい名無しさん:2006/08/03(木) 00:00:09 ID:Gb1hAvVC
薬で遷延化しようが我々には関係ない

しかし、精神医療に実績実態がないのは事実

医者の落ちこぼれの救済措置は税金の無駄に繋がる

無駄な医療を無くすには医者の技能による診療報酬の差別化を進めるべき

医者の落ちこぼれは田舎や海外に派遣するべき

精神科医をそのまま派遣しても役に立たないので再教育を受けさせる





182 :優しい名無しさん:2006/08/03(木) 05:57:16 ID:sQWDnOMB
>>180
お前は最悪



治療法を患者が選択できない事が一番問題だと思う
それ以前に精神病かどうかという問題があるが

精神科医が患者の意思決定を阻害している事実を国が何とかすべきだ
まるで精神科医が薬物と同じ作用を引き起こしている

183 :優しい名無しさん:2006/08/03(木) 10:43:31 ID:ws7yum3j
>>181
前半の 2割以下! はやめたのか?
でもその残ってる部分もね、
再教育ってのが金銭的にも人的にも効率が良さそうに見えないしね、
医者が足りなくて困ってるような田舎に
そんな藪医者を赴任させてもかえって無駄が増えると思えるしね、
ちっとも頭良さそうな案に見えないんだ。
情報を沢山流して藪医者を干し上げられるようにしておけば
それで良いんじゃないの?

その技能による診療報酬の差別化については
何か研究されたレポートとか有るの?

184 :優しい名無しさん:2006/08/03(木) 10:47:54 ID:ws7yum3j
>>182
> 精神科医が患者の意思決定を阻害している事実
って具体的にはどういう状況のこと?

保護か措置で入院したような場合でなければ
普通は患者が治療法を選んでるのでは?

185 :優しい名無しさん:2006/08/03(木) 20:29:20 ID:FbzIO5Cy
薬は万能ではありません。
しかし薬なしでは統合失調症患者が人格荒廃にいたる症例が存在する限り
不特定多数に薬を排除するように仕向けるのは無責任だと思います。


186 :優しい名無しさん:2006/08/04(金) 01:47:07 ID:umSHpRq8
>>159
↑薬を全否定する人はこの質問に答えれない・・・

187 :優しい名無しさん:2006/08/04(金) 07:14:46 ID:Mcgobo0v
薬は、鎮静剤だから一時的に苦しみを和らげるために使うのはやむを得ないが、
所詮は鎮静剤に過ぎないので薬を飲んでれば治るというものではない。
治すためには、まず栄養療法を行うのが重要です。その次に妄想で頭が
グルグル回りしているのをストップさせる意味でヴィッパサナー瞑想を行うこと。
これで、ほとんど治るはずです。
そういった対処があって、はじめて薬物治療が意味をなすのであって、いまの
精神科のやりかたは虫歯治療に例えれば虫歯を治療せずに痛み止めだけ
与えているのと同じです。
また、>>1の論文にあるように、疑い例で薬物治療をすると薬物性の精神病に
なる恐れが高く、精神医療が多くの人々の人生の上でマイナスに働いているのは
事実です。


188 :優しい名無しさん:2006/08/04(金) 15:09:24 ID:WrCDtBaE
>>187
統合失調症の急性期の原因の一つにドーパミンの過剰があります。
分裂病患者の脳の画像で確かめられました。
抗精神病薬はドーパミンを遮断して治療します。
抗ドーパミン薬には科学的な証拠があるのです。

それに比べて栄養療法の効果は証明されていません。
仮に効果があれば副作用も必ずあります。

>ヴィッパサナー瞑想
馬鹿馬鹿しい・・・。科学的な証拠が全くありませんね。

虫歯に例えると、今の精神医療は虫歯を大量の薬物療法で治療して
虫歯が新たにできるのを防ぐために少量の薬物療法で防ぐ。
実に利に叶っています。

>疑い例で薬物治療をすると薬物性の精神病に
>なる恐れが高く

抗精神病薬を麻薬と勘違いされているのですか?

189 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 00:32:17 ID:KwGRXcYN
>>188

特定の栄養素が不足すると、精神症状が出るのは確かです。
病気の症状として、精神症状が出る場合もあるし。

治療の前に十分な検査は必要ですね。


190 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 00:37:18 ID:bLKl5nRH
>>189
だけど薬を全否定する奴はどうかしている。

191 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 03:44:23 ID:DcsZQBmw
統合失調症の急性期の原因の一つにドーパミンの過剰があります。
分裂病患者の脳の画像で確かめられました。
抗精神病薬はドーパミンを遮断して治療します。
抗ドーパミン薬には科学的な証拠があるのです。


192 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 07:05:16 ID:SfjA3oQb
科学の進歩には期待しますが、それは逆に現在はマダマダだということです。
特に、精神のことについては1タス1ハ2とか言ってるレベルでありながら、
人間に対して非常に傲慢な態度が目に付き滑稽です。
そもそも精神の健康が、なにか固定的に存在すると捉えること自体、認識が
狂っているのです。
そりゃそうでしょう。心が汚れているために、どこへ行っても人間関係で苦悩し、
将来への夢も希望も絶望的でありながら、気分だけ元気溌剌なんてありえない。
精神科というのは、そういう当たり前のことを無視して、気分良くなりたい結果だけ
求めているのです。それは自然の摂理に反しているので決して得られないのですが。
では、原因は何か、そしてどうすれば心の苦しみを解決できるかと言えば、
自分の心をきれいにして成長させる以外にないのです。その正しい原因を
認識いた上でのまっとうな努力以外に方法は無いと考えます。
また、そうしたところから考えると、精神の不健康な状態を精神医学でいうところの
精神病と定義することも百害あって一理なしと言えるでしょう。

193 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 11:25:44 ID:Zjo7M2ZI
統失うざいから今すぐ死ね。
医者は患者に猛毒を飲ませろ。
レントゲンとります、とか言って飲ませれば飲むだろう。
そして、死んだらすぐに高温で焼き払ってコンクリートで封印して深海に沈めろ。

194 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 13:20:03 ID:2pR8PrQU
>>193
お前が死ねヴォケ!

195 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 19:31:42 ID:bhPR/8Qw
>>194
釣られてますよw

196 :優しい名無しさん:2006/08/05(土) 19:32:22 ID:LLvRmtDm
統合失調症の治療に薬は必要。
薬だけでいい、というのは古い考えだが。
これだけ抗精神病薬の有効性が示されてるのに、全否定する人はどうかしてる。

197 :優しい名無しさん:2006/08/06(日) 06:28:07 ID:MyF0K99H
農業の生産に農薬は必要。
農薬だけでいい、というのは古い考えだが。
これだけ農薬の有効性が示されているのに、農薬を全否定して
使用しようとしない人はどうかしている。


198 :優しい名無しさん:2006/08/06(日) 07:26:40 ID:7s0yZ1VZ
>>193
うちの兄貴かと思ったわ
なんてね

199 :優しい名無しさん:2006/08/06(日) 07:39:46 ID:BH7mvv/g
薬は万能ではありません。
しかし薬なしでは統合失調症患者が人格荒廃にいたる症例が存在する限り
不特定多数に薬を排除するように仕向けるのは無責任だと思います。


200 :優しい名無しさん:2006/08/06(日) 13:42:27 ID:MyF0K99H
農薬は万能ではありません。
しかし農薬なしでは作物が全滅にいたる事例が存在する限り
不特定多数に無農薬農法を奨励するのは無責任だと思います。


201 :優しい名無しさん:2006/08/06(日) 22:36:28 ID:4Ul930Vh
統失は万能ではありません。
しかし統失なしでは統失が全滅にいたる可能性がある限り
不特定多数に健常者化を奨励するのは無責任だと思います。

202 :優しい名無しさん:2006/08/07(月) 04:22:05 ID:ubH2wxWo
薬を否定する阿呆は氏ね。

203 :優しい名無しさん:2006/08/07(月) 04:33:41 ID:ubH2wxWo
薬なしが良くないことは昔、薬がなかった時代に証明されている。


204 :優しい名無しさん:2006/08/07(月) 09:16:44 ID:8mc79+6X
農薬を否定する阿呆は餓死すべし。
農薬なしが良くないことは昔、農薬がなかった時代に証明されている。


205 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 17:04:43 ID:SSzFhiau
セコムから電磁波照射を受けているという妄想を持っている患者を薬なしでどう対処するのだ?

206 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 21:51:19 ID:cq/HxB1C
向精神薬って麻薬と薬理が似てるっていってるあるアメリカの医者が
論文で発表してましたがなにか?<真偽は自分で調べて、めんどくさいから>
なんでロボット工学とかでも脳のメカニズムがまだ完璧に分かってないのに
薬とかつくれるんですか?もしつくれたとしても中途半端で未完成品の試作品ですよね
うつ病に抗欝剤でなおるのならなぜうつ患者は悩み、苦しみ、
挙句の果て自殺するんですか?
お坊さんが発狂する話ってあんましきかないよね
肉が食いたいとか魚が食いたいとか煩悩をすて<ちょっと宗教チックかな>
ストレスをためずに粗食にすればいいんじゃないでしょうか


207 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 22:58:42 ID:KhxJlJ3q
>向精神薬って麻薬と薬理が似てるっていってるあるアメリカの医者が
>論文で発表してましたがなにか?

その医者阿呆ですね。向精神薬と麻薬は全くの別物ですと日本人の医者は言っていますが。

>うつ病に抗欝剤でなおるのならなぜうつ患者は悩み、苦しみ、
>挙句の果て自殺するんですか?

薬は万能ではありません。残念ながら鬱病は薬を飲んでいても自殺率は高いものです。
でも薬なしは論外です。薬なしでは遥かに自殺する危険性が高くなる。

208 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 23:14:15 ID:KhxJlJ3q
>向精神薬って麻薬と薬理が似てるっていってるあるアメリカの医者が
>論文で発表してましたがなにか?

それリタリンでは?普通の医者は鬱病にリタリンは処方しません。

209 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 23:36:54 ID:KhxJlJ3q
リタリンを全ての向精神薬と言うのはバカですね。

210 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 23:43:01 ID:mgVU+DCO
糖質を否定するアホは死ね

211 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 23:44:38 ID:KhxJlJ3q
薬を否定するアホは死ね

212 :優しい名無しさん:2006/08/08(火) 23:57:38 ID:xBniZOKO
>>206

>向精神薬って麻薬と薬理が似てるっていってるあるアメリカの医者が
論文で発表してましたがなにか

似てると言えば、似てますね。
鎮痛剤とモルヒネも似てます。


213 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 05:04:32 ID:Q8NnkaUG
>>212

統合失調症患者が薬を飲まなくなったらどうするの?
貴方の行為は罪深いですよ。

214 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 05:12:51 ID:Q8NnkaUG
>>212
全然似てません。ドーパミンを過剰に分泌されるのが麻薬、
ドーパミン遮断するのが抗精神病薬です。
薬がなかったことは分裂病患者は本当に悲劇でした。
治療法がなくロボトミー、電気ショックしか方法がなかった。

215 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 18:05:41 ID:11hkXGqc
統合失調症や双極性障害やてんかんは脳の病気です。
薬が100%絶対に必要です。臨床心理士は役に立たない。


216 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 20:57:34 ID:Sho2/SH7
統合失調症は社会に迷惑をかける、難治性の病気です。
本当は隔離して去勢し、あわよくば殺処分すべきですが、公になるとまずいのでできません。
そこで、日本では、差別をして精神的に追い込み、本人に勝手に死んでもらうという方法を取っています。
皆さんもこのことを理解し、差別に協力してください。

217 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 22:52:13 ID:r4tKKgSi
>>216
臨床心理士は氏ね!

218 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 22:57:45 ID:lD+JsTDk
でも‥周りの人間に有害だよねぇ‥何とかならんかね昨日も自殺未遂‥身内は、うかうか寝てられない‥

219 :優しい名無しさん:2006/08/09(水) 23:10:29 ID:Cs/wcekq
>>217
意味がわかりません。
被害妄想癖が激しい統失の方ですか?

220 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 00:35:54 ID:Kbq0Tb5H
薬を否定する臨床心理士は恥を知れ。

221 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 00:43:51 ID:Kbq0Tb5H
無駄な薬物療法をなくすことは大賛成ですが、
薬物療法を全否定して薬を全て排除するのは理解できません。

薬がなかった時代は統失患者は悲劇でした・・・。


222 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 04:59:28 ID:vG6mcWtr
薬物療法は否定すべきでないが、統失の存在は否定すべきだ。


223 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 08:56:29 ID:L9uM0nUx
>>222
統失の存在を否定する根拠は?

224 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 12:26:30 ID:FfSQnXih
統失は存在します。
木直田先生がその証拠です。

225 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 13:33:42 ID:GEnjfvAE
>>224
本人は単に社会科学・自然科学研究の開拓を試みているだけなのでは(棒読み)

226 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 15:01:28 ID:Dw7vmH2f
>>222
では精神病院で狂っている人は何なの?

227 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 23:27:36 ID:vG6mcWtr
>>223
社会的に有害だからです。

>>226
私が言う存在の否定とは、存在していないと主張することではなく、
存在することを認可しないということです。
狂っている統失は即刻死刑にすべきです。

228 :優しい名無しさん:2006/08/10(木) 23:35:08 ID:TrnGFyWg
おっ? そういうのありなんだ?
じゃあ俺>>227の存在を否定するぅ!!
今の社会に思想が合ってなぁい!!
危険んんっ! きらいぃぃっ!

229 :優しい名無しさん:2006/08/11(金) 00:50:20 ID:tCDd6a+V
>>214
 ドーパミンを出すのは覚せい剤のほうです。
 麻薬は沈静する方。
 (ただ、切れたときの反動で異常になるが)

ところで、なぜ似てるとダメなのですか?


230 :優しい名無しさん:2006/08/11(金) 01:00:52 ID:+JSZ4M+d
>>229
>ドーパミンを出すのは覚せい剤のほうです。
良く分かっているじゃない。
>麻薬は沈静する方。
アフォか?麻薬は興奮します。幻聴、妄想をが出ます。

全くどうしようもないアフォですね。麻薬と向精神薬は別物。

231 :優しい名無しさん:2006/08/12(土) 10:11:38 ID:NdKD2x0V
薬物療法で健常者が精神病になるケースが存在する以上
統合失調症の診断と薬物療法には慎重になるべきです。
もし、統合失調症と診断されて納得いかない患者さんは、
まず栄養療法を試してみたらいかがですか?
次に、ヴィッパサナー瞑想の実践をお薦めします。
栄養療法は、半年程度の長い期間をかけて神経を正常化します。
ヴィッパサナー瞑想は、2週間程度で効果を感じることができます。

232 :優しい名無しさん:2006/08/12(土) 19:00:12 ID:uOX8m8Y8
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1154483229/

海上保安庁の以下の資料は、統合失調症に関する考え方を一部、一変させるだけの数字を含んでいる事がわかる。
覚せい剤利用者は精神科医自身も含め予想以上に多いのであろう。

覚せい剤乱用者の数が180万人に及んでいるならば、そのうち何割かは
ドーパミンニューロンが損傷され統合失調症やパーキンソンと類似した症状を示しているであろう事
が容易に推測できる。

という事は国内で数十万人レベルの国民が、統合失調症やパーキンソンに酷似した症状を示している
事になる。この数は現在、統合失調症として考えられている患者数の半分程度には及んでいるであろう。
また実は覚せい剤であるリタリンを精神科は使う以上、患者だけでなく、精神科医自体も覚せい剤中毒になっている割合は少なくないだろう。

統合失調症の正体は、「電子機器類を用いた集団嫌がらせ犯罪被害」と「覚せい剤様物質中毒」が2本柱(恐らく99%)で、
後者が占める割合も予想以上に高く、半々くらいにはなっているのかもしれない。

=============
平成12年版 海上保安白書
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm

『12年4月に公表された統計数理研究所の調査結果(覚せい剤乱用者総数把握のための調査研究(2))
によると、我が国における覚せい剤乱用者数は185万人と推定されている。

また、国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部による調査結果(薬物使用についての全国住民調査)によれば、
11年の覚せい剤生涯経験率(これまでに、1回でも乱用を経験したことがある者の率)は、
国民の0.4%、43万±21万人と推計されている。

このように、乱用者数の推計値は調査機関によってばらつきがあるが、
少なくとも数十万人から百万人規模で乱用者が存在すると推定されている。』

233 :優しい名無しさん:2006/08/12(土) 19:18:17 ID:TGBLGQfw
>>228は頭悪そうな書き方だなw
そんなきみにエッチな画像をプレゼント。
ttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader255126.jpg

234 :優しい名無しさん:2006/08/12(土) 23:44:39 ID:JMmLlbZC
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155163180/

400 :卵の名無しさん :2006/08/12(土) 23:04:29 ID:vmJ/g8HE0
以上、まとめますと、統合失調症の99%程度は以下のように分類できると考えているのですが
いかがでしょうか。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣の組織隠蔽(このケースは健常者であり被害は現実。妄想ではない):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
ttp://www.syaanken.or.jp/02_goannai/05_yakubutsu/yakubutsu.htm
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm
A組織犯罪者陣によって健常者に対して投与された不必要な覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)

なお前出しましたようにゲノム変異が原因のケースも数万人に一人はいても不自然ではありませんが
その場合、幼少時から発症しているはずです。成人後に発症するケースは上の2点と推察しています。


235 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 02:52:05 ID:8hkoDE17
>>234

カルト系臨床心理士は阿呆。
リタリンを統合失調症患者に処方する精神科医がいるかよ。ヴォケ!
向精神薬=リタリンと考える阿呆。

236 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 09:01:46 ID:3j4qm5ob
リタリンを欝やADHDだけでなく統合失調症でも投薬するケースもある
という資料も根強くある。

237 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 16:17:22 ID:ak6TEBuQ
>>236

その精神科医がバカです。でも胡散臭いな。本当にいるのか?
リタリンは軽い覚せい剤です。統合失調症の症状を悪化のは常識です。

238 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 16:30:40 ID:6EVCIYA7
>>237
私は医者からはっきり統失の診断を受けた者ですが、リタリンを2年近く
出されていました。
リタリンだけでなく、同じ作用のベタナミンも併せ相当な分量です。
>その精神科医がバカです。
バカと言いますが、その精神科医は40年の大ベテランですよ。

239 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 17:41:16 ID:b4LS6H5M
>>238
違うよ、若い最新の情報を持ってる医者の方がまともな診断をする。
年だけ食った「ベテラン先生」の方が何を飲ますかわからん。
というのがこの世界の常識。
いい大学病院かアメリカ帰りの医者にでも見てもらいなさい。

240 :優しい名無しさん:2006/08/13(日) 18:10:28 ID:ak6TEBuQ
>>238
>バカと言いますが、その精神科医は40年の大ベテランですよ。

うちの主治医はリタリンは統合失調症には絶対処方しないと言っているよ。
年寄りの精神科医はロボトミーや電気ショックをやっているからね。
考えが古いかもしれない。。。
若い優秀な精神科医にしたら?

241 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 10:54:27 ID:N1hPksuH
あのはじめにのっていた論文はマジですか?!

242 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 12:37:53 ID:nktaY2ha
>>1の論文の著者は医師ではなく、もちろん精神科医療を行ったこともない人です。
医学中央雑誌で著者の名前を検索しても、一つもヒットしません。まともな医学
論文なんて書いたことのない人です。

>【統合失調症】の予後の良さは、
>服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止
>の順はだそうです。

これはレトロスペクティブスタディである限り、当然のことで、
「服薬しなくて済む人」と「服薬が必要な人」と「服薬が必要だけど途中で中止した人」を
比較すれば、上記の順の予後になります。

243 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 13:51:48 ID:N1hPksuH
そうなんですか?情報が氾濫していて、何を信じてよいかわからないよ

244 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 14:20:17 ID:nktaY2ha
このスレッドには「木直田徹先生(のなりすまし)」が多くの書き込みをしています。
木直田先生は、自分が統合失調症と診断されたが、それを認めたくないために
「統合失調症は架空の病気である」という独自の理論を作り、それを流布して
います。しかし、その理論は「統合失調症は覚せい剤中毒である」「向精神薬が
統合失調症を引き起こす」「統合失調症は政治的に個人を抹殺するために作られた
病気である」というものであり、本当の統合失調症の人が読むと誤解を受け、
内服をやめてしまったりする恐れのある、危ないものです。

木直田先生は秋田県立大学の准教授・農学博士であり、このスレッドで語られています。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1155237749/

245 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 14:50:48 ID:h7tdi0QU
>>244
もしかして前スレの最後の方で自滅してたのはこの人?

246 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 15:42:03 ID:1sCAdqzu
重度の陰性症状が慢性化した場合、リタリンを出す医師はいるらしいですよ。

247 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 18:38:04 ID:N1hPksuH
主人が、リスパダールでいきなり、体重が10キロ激太りしました。普通じゃないです。このまま一生飲み続けなければいけないのでしょうかね‥、なんだか医療に不信いだきます、おかしい。

248 :優しい名無しさん:2006/08/14(月) 23:56:15 ID:GnoSUR0s
>>247
あなたはご主人が太ったことだけでおかしいと思っているんでしょうか?
それは副作用なので仕方がありません。
ただ本人の症状が治まり社会復帰して仕事も対人関係もうまくいき
元気になっているのに、なおかつ何十年も薬を飲み続ける
という今の日本の精神医療には非常に疑問を抱きます、
薬を飲まないと必ず再発すると脅す医師がまだ多いのが現状です。
でも回復が早く1年以内に元通りになってしまったような人には
数年後には断薬をしてみる、というやり方が海外では主になっているようです。


249 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 01:24:19 ID:lCKqgrQi
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1154483229/l50

110 :優しい名無しさん :2006/08/14(月) 22:12:30 ID:1BJWkOJS
>何が矛盾なのか論理的に説明してみ?わかりやすく。

そもそも覚せい剤乱用者が全国に230万人もいる事を
政府自身が認めているにも関わらず、その中毒者の動向を把握していないのは
不自然だと思わない方が、頭がおかしい。

ロシア政府は薬物乱用者の約5割が中毒者であるという統計値を公表している。
麻薬や覚せい剤は常習性があるので5割という数値は不自然ではない。
仮にこの5割を230万人に適用すると100万人以上が
日本で薬物中毒者となる。この数は全国の統合失調症患者数とほぼ一致している。

そして覚せい剤中毒者と統合失調症の症状は酷似している事が
大量の資料によって既に証明されている。また精神科を受診する患者が自ら薬物乱用者である事を
告白するはずがない。症状だけ話す。そうすれば必然的にその患者は「統合失調症」としてカルテに記される。

当然の帰結だ。日本の統合失調症の患者の半分以上はこれだろう。そう考えないと統計値があわない。
そしてその事実性はGC/MSなどの微量機器分析で診断可能だろう。日本の精神科医はそれすらやっていない。
自分たち自身がリタリン汚染されているからだろう。

またそれとは別に秋葉原等から年間70万個の盗聴器が販売されているのも事実だ。
これは盗聴器妄想では説明がつかない数だ。盗聴器被害は覚せい剤とは別に数十万人単位で確実にある事の証明でもある。


250 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 01:53:11 ID:S/CMPFra
シャブ中の人は病院行かないよ
たくさん見て来たけど、精神科には行かないよ
行く判断なんて出来ないのが中毒者
薬よりカウンセリングよりシャブ打った方が楽な人だよ


251 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 01:58:07 ID:lCKqgrQi
覚せい剤中毒は、段階的に発生するであろうので、判断能力を保持した人も
相当数いるだろう。

自分がどこかおかしくなっている事に気づき始めるだろう。
そういった場合、やはり医師にかかるだろう。薬物乱用を隠して。





252 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 01:59:47 ID:lCKqgrQi
恐らく警察にも医師にも覚せい剤中毒はたくさんいるだろう。

253 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 02:44:01 ID:HStficIE
もうさっさと心自前よ。

254 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 08:54:59 ID:SM1DyB78
覚せい剤乱用において、覚せい剤の原理上、だんだんと覚せい剤が効きにくくなる。

覚せい剤を打っても打っても効きにくくなる。
したがって覚せい剤を手に入れるために売春でも何でも
行うようになるケースもあるが、そうやって手に入れた覚せい剤でも効果が
なくなっていき、むしろ禁断症状の方がひどくなる。

そうなってしまえば、覚せい剤には頼れなくなる。医者の世話になろうとする。
その結果として精神科や心療内科の門を叩く。しかし覚せい剤を使ってましたとは言えない。
言えば医師から警察に密告されたり医師に強請られたりする可能性があるから。

よって症状だけ医師に話す。症状だけ医師が聞けば、当然、統合失調症等の病名がカルテの上ではつく。
覚せい剤中毒の進行状況に合わせて、社会不安障害 → 欝、ADHD → 統合失調症 といった病名が
カルテ上はつく。そして医師が投薬するのは、欝やADHDの場合、リタリンなどの覚せい剤様物質、
統合失調症にはドパミン受容体遮断剤である事が多い。こういった場合、ドパミン調節能が覚せい剤によって損傷
された患者にとっては、むしろ毒物となり廃人化を進める事になる。

しかし患者は医師を信じて薬を健気に飲む。そして飲めば飲むほど廃人化が進む。
オランザビンにいたっては副作用の糖尿病で死亡する人も出る。しかし医師は同じような投薬を続ける。
そして医師自体が身近にあるリタリン等で覚せい剤中毒に苦しんでいる。

これが現状だろう。儲かるのは製薬会社。得をするのは排除手段に使える行政。
この利権が覚せい剤中毒者を食い物にしているのだろう。覚せい剤乱用者は全国に230万人。
政府自身の発表データだ。間違いなくこのうちの何割かが中毒となり、その症状は統合失調症に酷似している。
また政府や自治体自体が飲食店や小売店を通して様々な向精神剤等を投与しているという犯罪容疑も一部で報告されている。
現在、得られている知見は全てがこの一連の考え方に矛盾しない。恐らく間違いないだろう。恐ろしい時代になった。


 



255 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 15:44:40 ID:ZEbmt7t/
統合失調症はやはり大半は「架空の病気」である。

半分はドラッグ中毒。
半分は集団盗聴犯罪被害者。

このうち後者は健常者。


256 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 18:49:09 ID:OWZXilp7
統合失調症や双極性障害やてんかんは脳の病気です。
薬が100%絶対に必要です。臨床心理士は役に立たない。


257 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 20:01:32 ID:mYeF64TP
「Aが役に立つ、∴Bは役に立たない」というのは論理的におかしいですね。
このスレもPart4になって荒廃してきましたね。

脳の病気というのは常識として、薬を処方するだけで精神療法をしない精神科医というのも??(保険点数はしっかり取っている)
脳の病気が原因で、心がどう病んでいるか?
薬の効果をどう判定するのか? ドーパミンレセプターを70%ブロックしたとして、人により幻覚妄想が消えたり消えなかったりするでしょう。

変な病院から脱出できたので、研修医脱却記念に2chを引退して、別のブログに異動します。



258 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 20:10:21 ID:cuSRExqD
>脳の病気というのは常識


この常識が今回、潰れたのは明白。
医師自体の覚醒剤汚染が疑われます。

259 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 21:16:47 ID:MW7Dw0tr
経験者として言えば、これは脳の病気ではない。
夢を見ている状況や、催眠術にかかった状態が脳の病気ではないように、
希有な、人間存在の自然な在り方の一つだ。
たとえて言うと、
泣いてるいる人間を科学的に分析して、
「この現象は、目の病気であって、この病気の原因は目に過剰な液体を分泌すことにある。一生涯薬を飲ませ続けて二度と泣かないように管理するのが良い。」
といったような思想が遷延化している。


260 :優しい名無しさん:2006/08/15(火) 21:33:43 ID:psRNnsAI
>>259
違うでしょ。
泣くことに例えるなら、普通に泣いていずれ泣き止むのが自然な在り方、
泣いたまま何時間も何日も止まらなくなるのは異常。
この異常の方には何か手を打つ必要があるってことでしょ。

261 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 08:50:30 ID:ko9tpqic
統合失調症、SAD等は架空の病気か?(論議用2)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155163180/l50

771 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/16(水) 07:37:18 ID:GYuBP6tA0
今回の論議で、統合失調症・欝分野における今までの「治療」の多くが
全て患者を害する方向に向いていたのが明らかになった。

パーキンソンと統合失調症、欝が全て
同じ覚醒剤中毒から発生しているケースが少なくないにも関わらず
抗パーキンソン薬と、統合失調症薬とでは
ドパミンD2受容体への作用ベクトルが180度違うという事実は
精神科行政は「初めから患者を治す意思はない」という事に他ならないのではないか?

また欝と統合失調症の双方が同じ原因(覚醒剤中毒)であるケースも
少なくないと推察できるにも関わらず、この両者で治療薬の作用ベクトルが
違っているのも不自然。特に欝治療に覚醒剤そのものであるリタリンを出しているのは
患者を廃人化することが目的であると見られても仕方がない。(しかも精神科は
ADHDの小学生にまでリタリンを出しているのは一体どういう事だろうか)

この業界は「患者を治す」、というよりは、
「患者およびその家族を騙して、可能な限り金(薬代)を搾り取り、その薬で患者を逆に廃人化・糖尿病殺害する」事、
更には「異端的な健常者を巧妙に排除する」事が
この分野の目的の一面だったと考えないと、やはり説明がつかない。

これはnon-MD(Ph.D)の立場からの視点であるが、
MDがなくこの業界の利権とは無関係な立場の方が
医師より、むしろこの分野の真実性を見抜きやすいのではと
考えている次第である。


262 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 10:58:43 ID:BI5MaSSw
>>257 全ては261の助教授の仕業です。
それと、各県患者スレ汚すのはやめなさい。
患者から非難の嵐ですぞ。
(「頭おかしい」・「変な奴」とまともに相手されていないけど。)
↓スレ荒らしプロフィール↓
http://www.akita-pu.ac.jp/stic/souran/kenkyu/2308.html
皆さんも、植田先生のいましめカキコやって下さい。


263 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 14:02:33 ID:YC8bFLPe
松沢病院の元院長が等質で完治したとか。
で、本を出したとか。読んだ人いる?

264 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 20:03:13 ID:2TYRfcts
統合失調症や双極性障害やてんかんは脳の病気です。
薬が100%絶対に必要です。臨床心理士は役に立たない。

薬を処方できない臨床心理士は統合失調症の治療に口出しするな。ヴォケ!

265 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:02:25 ID:qY8O9Qaj
この臨床心理士の先生の最初の着眼点は

非常に参考になりました。感謝しています。

こういった立場の先生の存在も重要と思います。

266 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:04:50 ID:qY8O9Qaj

ただ問題は、教育学部心理学科出身の臨床心理士では

最低限の生化学、細胞生物学のバックグラウンドがない事です。

これがないと次の論議ステップにはなかなか移れない。

同じ土俵で議論が行いにくい



267 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:07:48 ID:qY8O9Qaj

ドーパミンニューロンの損傷が主因の一つである事は

もはや明らかでしょうが、その場合、その点についつは

心理学ではもはや対応できなくなります。


どうしても治療薬が必要です。ドーパミンニューロンを再生可能な

薬剤がないと、多くの患者を助ける事はできません。

268 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:11:17 ID:FB7O1UXS
植田先生の名誉を繰り返し傷つける阿呆を批判すべく、
最悪版にスレ立てしました。

「副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用」だとw
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1155668528/

269 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:13:28 ID:9hmVtqQ6
抗生物質ミノサイクリンに損傷した脳神経の回復作用
http://atoyofpsd.net/info/news_01.html

ミノサイクリンは黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌感染に古くから用いられる抗生物質です。
近年、ミノサイクリンがパーキンソン病などの神経変性疾患に対する改善作用が報告されています。
このたび、覚せい剤により低下した脳内のドパミン神経系の機能を
ミノサイクリンが回復させるという研究報告がアメリカの医学誌 Biological Psychiatry に
発表されました。

本研究は、浜松ホトニクスと千葉大学橋本教授らの合同研究チームによるもので、メタンフェタミンという覚せい剤をサルに投与すると、PET(陽電子放射断層撮影)を用いた測定の結果、ドパミン調節機能が平均約40%まで低下したが、ミノサイクリン投与のサルでは
同78%まで回復することを認めました。

このように、メタンフェタミンのような覚せい剤投与による様々な神経中毒症状に対して、
ミノサイクリンが有用な治療薬となりうる可能性が示されました。
2006年6月よりエール大学と共同でアメリカにおいて覚せい剤中毒患者を対象とした臨床試験を
開始する予定だそうです。


270 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:14:38 ID:9hmVtqQ6

この抗生物質ミノサイクリン関連の薬剤開発が

この分野の希望の光でしょう。



271 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:15:23 ID:9hmVtqQ6

どうしても治療薬が必要です。ドーパミンニューロンを再生可能な

薬剤がないと、多くの患者を助ける事はできません。


272 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:17:26 ID:9hmVtqQ6

ただ、現在のドパミン受容体遮断剤関連の投薬(オランザビン、えぴりふあぃ)では

臨床心理士の先生がおっしゃるとおりであると思います。


この点、臨床心理士の先生の最初の着眼点は

非常に参考になりました。感謝しています。

こういった立場の先生の存在も重要と思います。



273 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:19:30 ID:9hmVtqQ6
また民主党の桜井議員(内科医)が主張されているように

様々な機密技術を使った集団盗聴犯罪の被害者問題も

コレとは別に非常に重要な問題であり、

統合失調症問題の半分程度は、民主党の主張の通りだと考えています。

この場合、あらゆる薬は毒になります。

274 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:21:18 ID:9hmVtqQ6

したがって、その場合、臨床心理士の先生が主張された

最初の着眼点と矛盾しません。


先生の論文は非常に参考になりました。感謝しています。

こういった立場の先生の存在も重要と思います。


275 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 21:23:29 ID:9hmVtqQ6
以下は非常に立派な論文だと思います。
正直、尊敬しています。

==========

【統合失調症】の予後の良さは、

服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止
の順はだそうです。疑い例で服薬すると
統合失調症になるケースも多いとの事です。

http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html


276 :優しい名無しさん:2006/08/16(水) 22:10:21 ID:Y5wRGMhu
>>275
薬なしで妄想、幻聴、バリバリの精神病院の新規入院患者はどう治療するの?
論理的に答えてね。話を逸らさずに・・・。

277 ::2006/08/16(水) 22:18:04 ID:8WlhA6ii
この病気は架空の病気ではないのですか

278 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 03:23:58 ID:ko/LbFul
>>277

では精神病院で狂っている人は何なの?


279 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 07:25:00 ID:Ak8uCJIS
>>278

恐らく半分程度以上は、覚醒剤・麻薬中毒者(ドパミンニューロン損傷)ではないですか?
覚醒剤等乱用者が全国に230万人いるならば、中毒者は100万人はいるでしょう。
覚醒剤中毒の症状と人数は共に、統合失調症とされている症状や人数と一致しています。

そして残りの半分は思想統制された健常者群でしょう。
これは民主党の桜井議員が強く主張されている点でもあります。
こちらは完全な健常者であるにも関わらず、何らかの思想抹殺のために
事実上の座敷牢に入れられた形ではないでしょうか?そしてその一部は巧妙に殺されている。

民主国家では考えられない事が、日本で起こっているのが実態と考えます。





280 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 08:49:09 ID:dBNELj1k
>>78>>90>>92>>276
何回、同じこと言っているの?薬を飲むことで機能が失われ知的障害者並みの廃人になるんだよ
人間は誰だって想像力のある生き物だから妄想があるのが普通
妄想がマイナスの方向に向かうことは社会生活をおくることが困難になり無職になる
普通の無職の人間でいいだろそれを無駄な税金を使って嘘の治療で金儲けしていることが社会の無駄だ
医者もあまっているんだから無職もいて当然だ、能力もない人間がお医者さんごっこをするな税金の無駄
もう一度技術を習得して過疎地や医療の不足している所に派遣しろ
鬱でも薬では治らないことが証明されているんだから精神病院は社会のゴミ
日本もオランダの様に精神病院を壊すべきだね

281 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 10:20:13 ID:ko/LbFul
>>280
統合失調症は薬を飲まない方が廃人になると思う。

282 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 14:23:20 ID:O1p+5VN+
以上の論議を、まとめますと、統合失調症の99%程度は以下のように分類できると考えられますが、
ドパミン受容体遮断剤を中心とした現在の「治療薬」では、T、Uのいずれも
飲めば飲むほど廃人化するのは原理上明らかであると考えます。特にUは健常者です。

日本もイタリアのように精神病院を廃止する必要があるよう思えてなりません。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣(このケースは健常者):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
A組織犯罪者によって健常者に対して投与された不必要な薬剤による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)


283 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 16:15:19 ID:g8FI96YA
>>282
先生自身はどの分類に属しているのですか?
残りの1%?

284 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 16:38:33 ID:th78hO5n
>>283
薬物の影響によらない一万人に一人のピュアな統合失調症です。

285 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 17:36:39 ID:iFoRjvOX
一般論として「薬物の影響によらない」場合、

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣(このケースは健常者):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

この場合は疾病ではなく、健常者でしょう。

286 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 17:43:21 ID:Nm+54a43
つまり、「盗聴されている」と訴えるタイプの統合失調症ってことだね。

287 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 17:48:37 ID:iFoRjvOX
一般論として考えた場合、
盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされています。
盗聴器は年間70万個販売されている以上、それを安易に否定する事は
誰にも出来ないと考えます。

特に本人が裁判所提出可能な物証を抑えている場合は特にそれがいえます。

これは医師マターではなく、集団犯罪被害マターであり、
その点の確認なしに何も出来ないのが現実ではないでしょうか?

この場合は疾病ではありません。健常者となります。

こういったケースが恐らく半数程度は占めるのではないでしょうか?
そでないと全国に数百万個といわれる盗聴器の累積販売数が説明できません。



288 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 17:50:47 ID:th78hO5n
>>286
違うよ。覚せい剤使用のカミングアウトだよ。

289 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 17:58:46 ID:iFoRjvOX
>覚せい剤使用のカミングアウト

@尿、毛髪、血液中の覚醒剤、大麻等の代謝産物の分子プロファイリング (RIA、GC/MS、LC/MS等)

A脳ドーパミン量試算のための血中ドーパミン量解析 (RIA、GC/MS,LC/MSなど)

の2つを診断基準に加えれば、明らかになるのではないでしょうか?
この検査は医師や臨床心理士自体も含め全員行うべきと考えます。


290 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 18:14:27 ID:Nm+54a43
>>288
そうだね。覚せい剤使用を批判したりしないもんね。

291 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 18:32:14 ID:iFoRjvOX
@尿、毛髪、血液中の覚醒剤、大麻等の代謝産物の分子プロファイリング (RIA、GC/MS、LC/MS等)

A脳ドーパミン量試算のための血中ドーパミン量解析 (RIA、GC/MS,LC/MSなど)

の2つを診断基準に加えれば、明らかになるのではないでしょうか?
この検査は医師や臨床心理士自体も含め全員行うべきと考えます。


292 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 18:42:07 ID:Nm+54a43
精神科医は麻薬などがが手に入りやすいからと言っていたけど、
臨床心理士はどこから出てきた?

293 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 18:48:36 ID:iFoRjvOX
以下に示すように、統合失調症患者陣の半数以上は、覚醒剤中毒者である可能性がある以上、
その覚醒剤中毒者と接点がある医師、臨床心理士は当然、汚染の機会が出てきます。
よって、全員がまず等しく、検査を受けないと、次の診断ステップにはいけないと考えます。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣(このケースは健常者):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
A組織犯罪者によって健常者に対して投与された不必要な薬剤による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)


294 :優しい名無しさん:2006/08/17(木) 19:03:31 ID:Nm+54a43
盗聴アンテナがたくさんあるという秋田の人も、全員調べた方がいいのではないか。

295 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 02:12:25 ID:+bQWf5+j
989 名前:フ工吹き退屈男 ◆FUEFUKilOk メェル:sage 投稿日:2006/08/18(金) 01:45:38 ID:TznjuPoY0
 あなたの考えた、あなたのためにある、あなただけのSADとか統合失調症は

 架 空 で し ょ う ね

 これが、このスレの結論でおk?

296 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 03:09:34 ID:gY0KlUuo
>>281
誤解しているみたいだけど、もともと統合失調症は廃人になる病気ではないよ
統合失調症の人間が自然に廃人になると言うならその原理を証明しろ!

薬を飲んでいる人間は理性や知能がなくなり作業所で強制労働や病院のベットで廃人状態
そのような人間を作り出しているのが精神医療である現実
廃人になった人間に障害年金や生活保護を受けさせ税金で金儲けしている現実

このような社会悪を許していていいわけがない!

297 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 03:46:19 ID:6VlVscgF
>>296
俺は281ではないけど。
脳の器質的な病気として必然的に悪化するのかどうかは
実感としてよく分からない。
でも以下2点は患者と暮らしている体験から断言できる。

 ・幻聴そのものが物凄くつらい。
病気と関係ない人の発言を見て一番頭にくるのがこれなんだけど。
軽い人はそうでもないみたいだけど、
うるさい声から逃げられない、ただこの一点だけで死にたくなる程につらい。

 ・妄想が妄想を悪化させる。
この板でよく健常者だって妄想するんだとか言ってるアホがいるけど、
健常者は妄想と現実の区別がつかなくなったりしない。
患者は妄想も実際の体験として記憶して次回はそれを基に更に進んだ妄想を持つ。
恐怖が拡大する。

廃人化するには十分な効果がある。
必死に支えてるよ、能天気な空論を読まされて怒りに泣きながら。

298 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 04:07:05 ID:cOAys6UK
それらの症状が薬による影響だというお話ですよ

299 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 04:13:19 ID:cOAys6UK
入院患者の大半は妄想も幻聴もなく、普通にコミュニケーションできるのに退院する人は少ない
長期入院患者で、病状が改善しない人から薬を減薬したら、完全に回復する例もたまにいる
地域によって平均入院期間に大きな開きがあり、あきらかに病気以外の理由によって幽閉されていると言える

300 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 06:35:01 ID:cOAys6UK
 慶応大精神科医師の稲垣中(あたる)さん(35)は「多剤大量処方は世界ではまれな治療法。抗精神病薬を3剤以上使った場合の有効性は医学的に検証されたことがない」と首をかしげる。

 アメリカやイギリスでは、抗精神病薬1剤だけの処方が8割を占め、他の先進国も2剤程度までがほとんど。異常な多剤大量処方は、日本の精神科医の“発明”だ。国内では大学病院でも一般的に行われている。

301 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 07:50:46 ID:gY0KlUuo
>>297
>>廃人化するには十分な効果がある。
>>必死に支えてるよ、能天気な空論を読まされて怒りに泣きながら。
上辺の空論を並べても話が全くみえてこないぞw
人間や社会を掘り下げないとみえてこないぞw

統合失調症や鬱であることはニート、無職であることと繋がっている
統合失調症はいじめから学習した「おびえ」にしか過ぎない
いじめられるとかおびえとかで社会の枠から逸脱することは廃人になることではない
差別は保身と偏見で生み出されるもので事実とはことなる社会妄想である

精神医学などの浅い言い分は底辺医療のいつもの言い訳なのでどうでもいい無価値
社会の方向性が社会を肯定しようとするあまり、反社会的な引き篭もりをゆるさない風潮がある
精神障害者のレッテルは差のないものに差別を生み出す
そのジレンマに苦しんでまで社会で生きるべきではない
無理にその方向に持っていくと全く何もしない人間が生まれ、物騒な事件にまで発展する
深層心理に強い諦めの念や世の中の恨みを溜め込んだ思考能力がない薬物入院患者が外に出た瞬間、凶器に変わる
個人の社会不信は一生消えない哲学などを学習させ別の価値感をもって生きるべきだ
金銭面も月1万とかの作業所などでなく割りのいい在宅のバイトは幾らでもある
ようするに引き篭もって生活する能力を学習させるべきだ

私も5年前に統合失調症と診断されて住宅団地から人里離れた静かな場所に家族と引越したら日常におびえは全くなくなった



302 :297:2006/08/18(金) 10:57:13 ID:6VlVscgF
>>298
服薬による治療を始めることができたのが一年前。
それまでは精神科の出す薬やそれ以外の何らかの薬を続けて使ったことはない。
そして悪化した。
それ以外の化学的な工業製品一般の話だとか言うのなら消えろ。
今は誰もそんな話をしていない。

>>301
その長ったらしいレスの大半は>>297とは関係なさそうなのだが。
在宅のバイトで稼げるのはそれなりに社会経験か知識がある人だけ。
20代後半、中卒でできる割の良い在宅仕事など全くない。
家族や親戚が自分で商売をしていたりしなければまず無理。
転地はやった。現在も継続している。
しかしうちの場合、結果は芳しくない。
嫌がっていた本人が通院を承知する程に、行くところまで行った。
むしろ親が進んで社会から少し離して守ってあげていたのに、
結局十年近くかけて徐々に深みにはまった。

少なくとも「廃人化などしない」だとか「自然な状態だ」だとかは
どう考えても重い患者について全く知識が無い人の発言にしか見えない。
何考えてんの? ウソつきたいの?

303 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 11:47:18 ID:gY0KlUuo
>>302
あなたは中卒や年齢でコンプレックス持っているようだけど
在宅ワークの場合登録がほとんどで仕事量によって賃金が決まる完全能力の世界だよ
自営で商売やってもいいんだし自営の場合リスクもあります、物を得ることは本来リスクのあるものです
雇われの場合、割のいい仕事なんかないよ作業所よりは全然マシだというレベル
それとあなたの言っているわりのいい在宅の仕事ってなんですか?

中途半端に社会と関わることで本人の中にジレンマが生まれる、それが暴走や堕落を生み出す発端になる
まず、平和に生きれる環境を築く努力をしないといつまでも精神医療の食われもののままです
在宅ワークも社会と関わっていることは同じですが方向性の違いだけです

冷静になって>>301をよく復読してくださいそして、ありのままを見てください
重い患者っていうのは統合失調症ではないのではないのではないでしょうか?
その重い患者を強調したいなら全体の何割存在しているのか知っていますか?
実際、どのような症状の人間を重い患者といっているのか具体的に書いてください
混乱で暴れている人間なら薬でなく社会の空しさやしくみをありのまま学習させてください
なぜなら彼らは精神的に幼稚だからです、そしてそのまわりの人間も幼稚だから混乱を生むのです

患者の親とか言う嘘もやめて本音で語ってください幼稚な卑怯さは差別から身を守る為に身に着けたものでしょうけど
私からしたら馬鹿らしいですよw

304 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:04:25 ID:cOAys6UK
>>302
誰も何も嘘など言ってないよすべて真実だから
君の言うように、とにかく成すすべがない人もいるのも事実だが、そうでない人が大勢いるのも事実なんですよ
勝手に片方しかいないなんて妄想を持つのはやめてもらえませんかね

305 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:06:54 ID:cOAys6UK
そもそも統合失調症は症候群だと言われるように、識別できないあきらかに異常な状態すべてを一つの病名で
まとめてしまってるものなので、いろんな人がいて当然なのに、治療方法も考え方もひとつしかない
ほとんどの人が偏見のよる無謀な治療の被害者ということです

306 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:11:32 ID:cOAys6UK
まあ、精神科医はこういった事実があることは認めますが、それは本当の患者を治療するためのリスクだから
問題ないなどと言って話しになりませんけどね

307 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:30:38 ID:94Q29dD5
>>302
統合失調症の患者さんのご家族も大変ですね。お疲れさまです。

>>303 の書き込みとか見ると、統合失調症の病識欠如という以上に、
悪意を感じるから相手をしない方がいいですよ。


308 :297:2006/08/18(金) 12:33:33 ID:cMxluOSW
>>297でも>>302でもうちみたいなのがメジャーだなんて一言も書いてないよ?
ちゃんと読んでるの? 存在を否定されてるから答えてるんだよ?

>>303
登録によって決まる完全能力の世界だから全く仕事がない。
あれができる位なら自営で働ける。
あなたも言う通り患者には幼稚な所がある。社会の仕組みが理解できにくい。
生きていくために必要な社会の学習で固い壁に当たっているよ。
あなたは健康を取り戻して在宅で仕事を取れるまでになってるんだろう?
それはそれで良いだろう。ある程度の症状で踏みとどまったんだから。
そうではないような、苦痛で悪循環に陥っている人間の存在を何故否定する?
あと、自分は親ではないから。

>>304
>>298>>297に対して言っているんだろう? だから間違いかウソだ。
それに逆だろう。>>297には無いが自分は多様な状態があることを認めている。
それをあなたが>>298で「薬による影響だ」と一括して断定しているんだ。

309 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:34:57 ID:cOAys6UK
>>308
私は存在否定などしてませんが、ちゃんと読んでるの?

310 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:37:58 ID:cOAys6UK
だいたい薬で治るなんての嘘ですけどね
治る人はもともと病気じゃなかったとかそういう話ばっかりで、薬は一時的にぐちゃぐちゃにしてるだけで
最終的な経過はあまり変わらない
無駄なことしてるだけです

311 :297:2006/08/18(金) 12:38:00 ID:cMxluOSW
>>309
冷静になって>>301をよく復読してください

312 :297:2006/08/18(金) 12:39:47 ID:cMxluOSW
>>309
冷静になって>>298をよく復読してください

貼り間違えた。

313 :297:2006/08/18(金) 12:41:39 ID:cMxluOSW
>>310
治るのかどうかは自分でも全く自信がない。
しかし苦痛を緩和することができる。これが最大の理由。

314 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:43:54 ID:cOAys6UK
>>301を読んでふと思った

実際にイタリアでは単科病院は完全に廃止されて、地域の人が理解し生活の場を与えることで犯罪率が
激減しているといいます
本来、一生病院から出られないと考えられていた患者の多くが社会復帰し、10分の1近くまで減っています
犯罪者収容型の精神病院は現存しているものの、新規の入院がないため、いずれなくなると言われています

315 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:48:38 ID:cOAys6UK
>>313
君は苦痛を緩和するすべを間違ってるようだね

316 :297:2006/08/18(金) 12:51:55 ID:cMxluOSW
>>315
では拝聴しましょう。どうしたらよかった???

317 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:56:03 ID:94Q29dD5
>>314
もしかして精神障害者と犯罪者を一緒くたにして考えているの?

318 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:56:38 ID:cOAys6UK
患者のサイドなら被害者だしそれ以外の選択が用意されていない現状では
どうしようもないだろうね、ご愁傷様
現状の精神医学がまともかどうかとはまったく別の話ですけどね

319 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 12:58:07 ID:cOAys6UK
>>317
表向きには言わないけど、統合失調症と犯罪については昔から公安にマークされています
本来隔離するというのは犯罪を未然に防ぐのが目的なので、多少の冤罪があってもしょうがないという
考え方で行われています

320 :297:2006/08/18(金) 12:58:39 ID:cMxluOSW
>>318
だから何をどう間違ってるの???

321 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:00:20 ID:cOAys6UK
精神医学が?あなたの選択が?

322 :297:2006/08/18(金) 13:02:08 ID:cMxluOSW
>>321
俺が何かを間違っているんだろ? それが>>315だろ?
何を間違っているのか指摘しろよ。

323 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:03:19 ID:cOAys6UK
薬でなんとかしろではなく、周囲の理解を求めるべきだったね

324 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:04:29 ID:cOAys6UK
統合失調症の人は少なからず差別を受けるはずなのに、語る人をまったくみない
差別されること自体、病気だと思ってるのだろうか

325 :297:2006/08/18(金) 13:07:26 ID:cMxluOSW
>>323
周囲がどう理解すると苦痛が無くなるんだ?
少なくとも家族は全面的に理解してたぞ。本人の希望も良く聞いたし。
転地も本人の意志だ。それで病院が嫌ならそれはそれでどうにかなるように
相談にも行きまくったし。

なにをすれば良かった? ズバリ言ってもらいたい。

326 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:10:39 ID:cOAys6UK
言ってるのは視点の問題です
現状できることすべてをやったのは理解してます、ご愁傷様です
別の道があることを知ってください
現状が最善策とは限りません
しかしそれは日本にはまだありません

327 :297:2006/08/18(金) 13:11:57 ID:cMxluOSW
>>326
だから何を間違ったんだよ??
別の道ってのはじゃあ何なんだよ????
あなたはどういう視点で見て間違っていると言ったんだ????

328 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:14:54 ID:94Q29dD5
>>324
統合失調症にかかった人が発言するような集会は全国どこでも開かれている。
べてるのビデオなんかもある。単にあなたが知らないだけです。

それに、統合失調症にかかっている普通の人はあなたのような人を避けると思うし。


329 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:15:07 ID:cOAys6UK
薬もほとんどつかわず、病院が廃止され、野放しになってる国が日本よりいい結果を出していること
日本の精神医学は世界的に見ても孤立した存在で、科学でもなんでもないこと

330 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:16:18 ID:cOAys6UK
>>328
2chでは見ないね、振ってもそういう話題になると黙る

331 :297:2006/08/18(金) 13:17:40 ID:cMxluOSW
>>328
ぺてるの家が成り立つには豊富な資源に恵まれた地域や人的環境が必要だ。
それを自分の周りに作り出そうとして必死になってる。
あと是非>>326から話を聞きたい。

332 :297:2006/08/18(金) 13:20:33 ID:cMxluOSW
>>330
ぺてるでは自ら治療を受けるのも条件ではなかったか?
服薬の否定なんて全くしていない。

333 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:21:15 ID:cOAys6UK
何を聞きたいのかがわかりません

334 :297:2006/08/18(金) 13:22:12 ID:cMxluOSW
>>333
あなたが>>315で間違っていると言っているのはどういうことでしょうか??
これを聞きたくてさっきから待っている。

335 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:23:45 ID:cOAys6UK
視点が間違ってるってことって書いてるでしょ
現状それしかないからといって精神医学が正しいという根拠にはならないって言ってるでしょ

336 :297:2006/08/18(金) 13:25:00 ID:cMxluOSW
>>335
ではどういう視点で見るのが正しいのか?
指摘して頂きたい。

337 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:25:51 ID:94Q29dD5
>>331 がんばってね。

ID:cOAys6UK は2ちゃんを通じてしか世界を見ない人がただの釣り師だよ。

338 :297:2006/08/18(金) 13:26:26 ID:cMxluOSW
>>335
精神医学が正しいかどうかなんて言っているのはあなただけだ。
そんな話題には触れていない。

339 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:28:58 ID:cOAys6UK
>>338
ここはそういうスレだし、端からそのつもりで会話してるんだけどね
これじゃスレ違いな君と話が合わないのは当然だよね

340 :297:2006/08/18(金) 13:31:21 ID:cMxluOSW
>>339
違う。
だったら何故まじめに栄養療法をやってる医師のレポートまで登場するのか?
あれは医学ではないのか?

誤魔化してないで>>336に答えてくれ。

341 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:35:59 ID:cOAys6UK
栄養療法やってる人が精神科医の間でどういう扱いを受けてるか知ってて言ってるのか?

342 :297:2006/08/18(金) 13:37:31 ID:cMxluOSW
>>341
知っているが論破はされていない。
それを言うなら精神医学だって論破されていない。

>>336に答えろ。

343 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:39:06 ID:cOAys6UK
もう2回も答えたし、理解できないなら付き合う気はないよ、かってにやってれば?

344 :297:2006/08/18(金) 13:40:32 ID:cMxluOSW
>>343
どのような視点か?についてはどのレスでご回答頂いておりますでしょうか?

345 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 13:40:57 ID:cOAys6UK
UFO研究や永久機関だって論破されてないけどね

346 :297:2006/08/18(金) 13:42:06 ID:cMxluOSW
>>345
>>344の回答は?

347 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 14:49:50 ID:gY0KlUuo
>>307
・・・差別して私の発言を無効化したいだけなら何も言うな、馬鹿を晒しただけだしなw
恥ずかしくてID変えたのか?
>>314
社会的な理想はそうなることだけど、底辺医学の生活圏を維持する為の言い訳を聞きたい
>>341
栄養療法も商売臭いなwわざわざ栄養を与えるより食事生活や生活環境(日光にあたるなど)を改善すればすむことだね

297さん
論破とか厨房ですか?1つの意見やアイデアを掘り下げていけば良いだけでしょ
個人が粋がってどうするの?
あなたは幼稚という言葉に踊らされて私の言いたいことが伝わってないみたいですね
私はあなたのまわりの親や精神科医も幼稚だ、だからあなたが混乱すると言っているわけです

348 :297:2006/08/18(金) 15:18:47 ID:cMxluOSW
>>347
1つの意見やアイデアを掘り下げていけば良いだけでしょ

349 :297:2006/08/18(金) 15:24:56 ID:cMxluOSW
>>347
> 1つの意見やアイデアを掘り下げていけば良いだけでしょ

何故そもそもの>>296については全く掘り下げない?
どうして廃人化することはないのか?
>>303では多数派について持ち出そうとしたみたいだけど、これはどういうつもり?
割の良いバイトだってそもそもあなたが言い出したことだ。
あなたはどういうつもりで言ったんだ??

350 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 16:45:56 ID:+bQWf5+j


http://www.hi-ho.ne.jp/inverse/kibennogaidorain.htm

351 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 16:59:37 ID:+bQWf5+j
柿谷先生、儲かってまっか?

http://www.choicetheory.net/kcc/

352 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 17:31:38 ID:mmuF0/2D
>>300
その発明を若い医者に教え込む。
上の教えに疑問を持てば自分の処遇にも関るような気がして、間違った教えを信じ込む。
科学的なことを言うと冷遇される。とくに、変に歴史のある病院などでは。
ちょうど40歳前後の精神科医は、古いものと新しいものを両方リアルタイムで経験できた幸運なタイミングである。
もともと、医学部の中でもあまり優秀でない人が精神科を選んでいる傾向もある(エビデンスはないが)

結論:日本の精神科のレベルは高くない。また自分の権威を失いたくない一部の高齢の精神科医が新しい考え方を学ぼうとする若手を阻害している。
   若手の精神科医は、誰の下につくか良く考えて、できれば病院も主体的に選びましょう。
   
   

353 :優しい名無しさん:2006/08/18(金) 17:38:04 ID:mmuF0/2D
その発明を若手の医師に教え込もうとする。上の指導に疑問を持てば自分の処遇に影響しそうで非科学的な考えを受け入れるものも少なくない(それが大人なんだと)
科学的なことを言うと冷遇される、ということもある。

もともと、医学部の中でも優秀な人が精神科医を選ぶ傾向があるのではない。
更に、一部の高齢の精神科医が権威を失うことを恐れて、新しい科学的な考え方を学ぼうとする若手を阻害しているのではなかろうか。そういった方は、権威ある大学の出身であったりする。

これからの時代を生きる若手は、誰の下につくかよく選択し、病院も主体的に選ぶのが良い。

354 :307:2006/08/18(金) 17:58:04 ID:HRuCHNrO
>>347
私は、あなたの発言内容が妄想や病的な思いこみという範疇にとどまるものではないと感じました。
さらにいえば、実際に統合失調症にかかっている人やその家族に対する悪意を感じ取ったため、
それを率直に表現しました。

355 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 00:06:33 ID:Q4GQ0cgf
>>354
それが浅はかな考えだという事実を知ってください
悪意じゃなくその現実をありのまま受け入れないと駄目でしょ、お茶を濁しても問題は解決しません
疑問点があるなら細かく指摘してください、それを掘り下げていきましょう

297さん>>296のレスで納得しないのはあなたは精神病院に関わる前に重度の患者だったということですか?
だったらその経験をありのまま晒してください、みなさんの参考になります
私は統合失調症は初めはいじめを経験しておびえた人間だけしかいないと思います、それが問題ありますか?
そのおびえた人間は一生治りません、社会は差別やいじめがないとなりたたないぐらい個人の価値は不安定です
その中で生きることは差別のレッテルがある障害者の日常は辛いものとなるでしょう
それなら自活するしかありません、その場合覚悟と家族や親友のささえが大きな力になります
周りの人間が幼稚だと喧嘩が絶えず、喧嘩を繰り返すあまり他に力が回らないでしょう
しかし、密度の濃い喧嘩はいいものですよ、1度暴力を抜きに本音をぶつけあってください


356 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 07:27:20 ID:wGIS+F6x
>【統合失調症】の予後の良さは、

>服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止
>の順はだそうです。疑い例で服薬すると
>統合失調症になるケースも多いとの事です。

無知な臨床心理士ですね。薬が嫌いなのかな?

357 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 08:23:03 ID:Q4GQ0cgf
>>356
頑として話を聞かない受け入れない同じ時限の宣伝を繰り返すは何かの特徴ですね
幼稚な行為はやめてもらえません?異論があるなら細かく指摘してください
臨床心理士も精神科医も無知の集まりなのかわりありません
どちらも必要のない押し売り医療なので中身などありません

薬を初めの段階から全く飲まないほうが良いのです、薬の副作用は一生治らない混乱を招くからです
統合失調症のおびえは差別やいじめから距離をおくことで改善されるのです
私は田舎に引き篭もりましたが言葉の理解できない海外に行くのもいいですよ

358 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 08:31:21 ID:Q4GQ0cgf
同じ時限じゃなく同じ次元ですね

359 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 08:51:37 ID:K9B2Ai5d
賛否両論だけど薬を飲む、飲まないは一概に言えない。今、ある理由で断薬中だが幻覚、妄想状態がひどい。いまさら慣れてる事だから驚きはしないがたまに冷や汗が出てしまう。本当は薬飲んで押さえたい…

360 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 08:53:45 ID:6S1YSAtG
一言で言えば、レベルが低いということに他ならない。
日本のレベルうんうん+医学部の中で特に優秀な人が精神科を選ぶという傾向があるわけではない、ということも受け入れないといけない(私も含めて)

これからの若手の精神科医は、自称ベテラン→レベルが高い、と短絡的に考えずに
よく師を選び、(単なる処世術ではなく)科学的な視点でものを考えるようにしてもらいたい。病院もできるだけ主体的に選ぶ。そうすれば、価値がありそうでないものとはなにか、見えてきます。

それでは皆さん、がんばってくださいね。

--------------------------------------------------------------
スレタイトルに対する回答は
 現実に不適切・非科学的な薬物療法により不利益を被っている(遷延しているように見える場合も含む)患者さんは多いが、統合失調症の治療に薬物療法は必要である。(当たり前か?)

361 :360:2006/08/19(土) 08:58:20 ID:6S1YSAtG
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1122084777/826

362 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 09:58:46 ID:O8GHOKO2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

27 :卵の名無しさん :2006/08/19(土) 08:35:52 ID:nOI25pda0
何の論理的反駁も出来ていません。ここでの論議を覆せる根拠を
どなたも提示できていません。

@覚醒剤等の薬物乱用者230万人(政府統計@統計数理研究所)
→100万人以上の中毒者(ロシア政府が発表した中毒者割合から試算)
→統合失調症、鬱、本態性パーキンソン病との症状および患者数の類似性
 (100万人規模の覚醒剤中毒者の動態が把握・報道されていない不可解性)
→100万人規模の中毒患者が、覚醒剤取締法での検挙を恐れて、医師には覚醒剤案件を話せないまま
  統合失調症、鬱、本態性パーキンソンとして治療を受けている可能性が最も高い。(科学的推論)

A中世以前からの思想統制の流れ(異端者狩り、魔女狩り、思想犯、政治犯としての扱いなど)
→その時代の技術にあわせた「健常者の排除手段」
→現在の排除技術としての各種の違法盗聴手段(大規模な通信傍受インフラ)
→秋葉原から年間70万台の盗聴機器の販売実績、200〜400万人といわれる盗聴マニア(盗聴犯罪者陣)の存在を指摘する資料。
→層化、同和、共産系、宗教系団体の集団嫌がらせ犯罪を指摘する膨大な資料
→年間70万台と言われる盗聴器販売実数に相当する盗聴犯罪被害者陣は必ず実在する事実
→全国の統合失調者数と年間盗聴器販売台数との奇妙な一致。

*上の2点が診断基準(DSM)に加わっていない不可解性
*上の2点は血液・尿・毛髪検査(ドーパミン量、覚醒剤等の代謝産物量)で識別可能であるにも関わらず
 診断基準に含まれていない不可解性
*医師や厚生官僚自体でのリタリン汚染(リタリンは医師にとっては合法的覚醒剤)の懸念
*覚醒剤中毒者や健常者には「毒(廃人化剤)」にしかならないドパミンD2受容体遮断剤(オランザビン等)多用の不可解性

以上の理由により、日本の精神医療の学問性はやはり崩壊していると結論付けられる。


363 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 11:02:34 ID:Q4GQ0cgf
>>359
自分で妄想や幻聴と自覚しているならたんなる被害学習による想像力でしかないよ
ところで生活圏に社会の差別とかいじめを感じますか?
良かったら静かな環境に変えてみたらどうですか?

364 :297:2006/08/19(土) 11:49:30 ID:5b+4WGfN
>>355
あなたは>>302を読んでいるはずだ。レスしているのだから。
それで尚その質問を投げてくることは解せない。話をそらしたいだけではないか?
>>296について納得できないのは、
そもそも>>296であなたが糖質で廃人化する原理を回答するよう迫っている所へ
自分が横から口を出したのが>>297なのに、以後全く触れられない点だ。

>>363
うちの場合も一度薬で症状が押さえられて以後は、
症状の出ていないときには妄想していた件についてある程度「勘違いだった」
と認識するようになった。
陽性症状が出てくると再び区別を失う。
>>359が病識のある人の発言ならば不思議な点は無いと思う。

365 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 12:24:07 ID:Q4GQ0cgf
297さんこんにちわ、あなたはとても熱心なので一度徹底的に話をしたいな
>>302を強調しているようだけどどこを注目すればいいのかわからない
私は統合失調症は社会のいじめや差別を意識しことで生まれるおびえだと言ってます
社会にいじめや差別の形式がある以上病気はなくならないよ
>>297のレスのどこを注目したら納得してくれるのかわからないから細かく表現してください

>>359には当たり前に>>363ではないのと返しているよなにが問題なの?


366 :297:2006/08/19(土) 12:37:57 ID:5b+4WGfN
>>365
そこまで徹底してすっとぼけると言うことは、
>>296の廃人化に関する発言は二度と触れられたくない内容である
と考えるが良いか?

367 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 13:12:38 ID:Q4GQ0cgf
>>366
なにを伝えたいのかわからないが>>296に疑問あるなら細かく指摘してください
誤解しているみたいだけど、もともと統合失調症は廃人になる病気ではないよ
統合失調症の人間が自然に廃人になると言うならその原理を証明しろ!

薬を飲んでいる人間は理性や知能がなくなり作業所で強制労働や病院のベットで廃人状態
そのような人間を作り出しているのが精神医療である現実
廃人になった人間に障害年金や生活保護を受けさせ税金で金儲けしている現実

このような社会悪を許していていいわけがない!


368 :297:2006/08/19(土) 13:32:09 ID:5b+4WGfN
>>367
では改めて>>297を読んでくれ。
自分が廃人化に至る原理の一部と考えている
患者を消耗させたり生活する能力を奪ったりするものを二つあげておいた。
体力、気力が消耗して妄想が日に日に成長してしまったら
自分の力で生活に必要な諸動作ができなくなったり
考える力を失ったりするんだ。だから病理がどうであっても危険なんだ。

廃人化する病気ではないという根拠をまだ聞いていない。書いてほしい。

369 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 14:04:36 ID:Q4GQ0cgf
>>368
廃人化って言葉がマイナス要因を引きずっていて明確でないよねw
社会の差別やいじめから離れれば豊かな生活は築けるよあとは勇気と覚悟、
普通の価値観を押し付けて中途半端なかかわり方をしても駄目になっていくだけよと上の方のレスで説明しているけどw
普通であることに価値が必要なほど価値を見出せない時代
世の中差別やいじめを強調するのもその表れ冷静に対処しよう

370 :297:2006/08/19(土) 14:17:27 ID:5b+4WGfN
>>369
では>>296で使われている廃人化とはどのような意味か?
廃人化しないという根拠は何か?

371 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 16:23:31 ID:252ERaGa
数百年で築き上げられた、統合失調症の疾患概念。

1.急激に幻覚妄想状態になるが治療に反応。予後良好。
→廃人化しにくい。
2.徐々に、思考がまとまらなくなり、幻覚・妄想に支配され再発入院を繰り返す。予後やや不良。
→廃人化までは逝かないが、人格水準低下進行。
3.自閉・感情鈍麻・対人交流が初期より低下し、治療抵抗性。自立困難・予後も不良。
→初期より社会適応乏しく、入院しても他患との交流なく、部屋の隅でブツブツ。すでに廃人化?

2chにカキコしている時点で3は、無さそうだから安心しな。

原因は、その他を合せて、少なくとも7タイプ。サブタイプで20位はありますから。
個々は、原因違うと思われてきていますね。(もともと疾患概念です)

例えば「腰痛症」のようなもの。
原因として、
1 椎間板ヘルニア。
2 腰椎すべり症。
3 変形性腰椎症
4 筋肉疲労
5 筋緊張亢進
6 その他色々。
大抵は鎮痛薬、シップ、筋反射緩和薬の対症療法。
でも必要な場合には、脊柱の大手術。でもときとき失敗し下半身不随に。

治る可能性見つかっても、脳ミソ手術するのは怖すぎ。




372 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 19:22:31 ID:KBbmSpGI
「分裂病患者は周期的に発作を繰り返し、最終的には人格崩壊に至る」みたいなことは、
現在のような薬物療法が行われる以前の時代によく言われていたようだが。


373 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 20:03:39 ID:F5ghk96z
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/

45 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/19(土) 14:32:50 ID:FsVTEuYl0
鬱病等の気分障害・・・・・44万人(軽度の薬物中毒に症状類似)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5d.html
統合失調症・・・・・・・・73万人(中度の薬物中毒に症状類似)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
パーキンソン病・・・・・・13万人(高度の薬物中毒に症状類誌)
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_1.html
=====================================
主要3精神病・・・・・・・130万人

一方、厚生労働省管轄の国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部は、
http://www.ncnp-k.go.jp/dyakubutu/drug-top/data/researchJDU2005.pdf の15ページ)
@有機溶剤の乱用者数:  161万±36万人  精神病状態、無動機症候群
A大麻の乱用者数:    146万±35万人   精神病状態、無動機症候群、フラッシュバック
B覚醒剤の乱用者数:   34万±17万人    精神病状態(包囲襲来妄想を特徴)、フラッシュバック
============================
上記を含む薬物のいずれか 265万±47万人   

となっており、統計的に眺めた場合、薬物乱用者の約50%が常習性ゆえの中毒者になっていたとすると
精神疾患の実は大半が薬物中毒だったと考えても辻褄はあう事になります。
(ただそれ以外にも集団盗聴犯罪の被害者推定数も同程度いるので、実際は半々だと推察していますが・・・)

それにも関わらず、現在の診断基準DSMでは尿・血液・毛髪中の薬物検査すら行っていないのは、
どう考えても理に適っておらず、構造的な誤診によって患者に害になる薬剤を治療薬と称して投薬しているのが
現状ではないか?、そして実際、投薬によって症状が悪化しているケースの方が多いとする立正大学論文もある。
という点を重く考えざるを得ないというのが今回の論議の趣旨です。


374 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 21:34:25 ID:Q4GQ0cgf
>>370
その文章をそのまま捕らえてもらって十分だよ
薬を飲んでいる人間は理性や知能がなくなり作業所で強制労働や病院のベットで廃人状態
そのような人間を作り出しているのが精神医療である現実
廃人になった人間に障害年金や生活保護を受けさせ税金で金儲けしている現実
>>371
>>372
実際にどのような経過を辿るのも本人しだいじゃない?
歴史的にみて妄想や前提にとらわれ狂信的な殺戮を繰り返すのも人間なわけだし
精神医学も妄想や前提で凝り固まり宗教じみているよね、歴史的にも破綻している
妄想を持った人間が生み出す娯楽や芸術もあるわけで悲観的に捕らえるのは現実的じゃない
いかに世の中の差別やいじめと付き合うかだよね
差別やいじめの社会構造を分析してみたらいいよ
>>373
私は薬害による人間の短絡化が犯罪率の増加に繋がっていると思う
薬害に被害は治療は難しい、そういう人間は精神医療が責任をもって隔離して面倒を見るべきだ
精神医学の歴史のつけや責任はとるべきだと思うよ

375 :297:2006/08/19(土) 22:01:45 ID:5b+4WGfN
>>374

1 そのレスには廃人という言葉が出ているが、その意味を特定できる記述は無い。
理性や知能についての部分も廃人と並立しうると読め、定義とはとれない。
明確に定義してくれ。

2 廃人化しない病気であるとの発言について未だ根拠が示されない。
無根拠だったのではないか。

3 自分が>>368で書いたような状態はあなたの定義では廃人ではないようだが
これは自然な有るべき姿と考えるか。

4 患者自身が苦痛である点を徹底的に無視する理由を聞きたい。

376 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 22:38:23 ID:Q4GQ0cgf
>>375
>>374などをよく読んでくれ
統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない
差別やいじめの情報は日常に溢れている、なぜならその形式が短絡的でも乗りやすいからだ
おびえに囚われる人間もいるだろう、考えの成長によって冷静さを取り戻せるものだと思う
なぜならそのような哲学や考え方も現在は溢れているからだ

あなたは廃人という曖昧な差別語に囚われている
私が言っている廃人とは薬害による脳の短絡化を表している
潜在的なトラウマは失われていない「知的障害者」が一番危険だといっている
何のために過去の人間が悩み続けたのか・・

377 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 23:09:13 ID:/coK6w1o
> 私が言っている廃人とは薬害による脳の短絡化を表している

 あ、また
 自分勝手な言葉の定義が(笑

378 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 23:10:19 ID:/coK6w1o
 この人、
 こういう「定義の後出し」をよくするんだよね
 だから議論がメチャクチャw

379 :297:2006/08/19(土) 23:35:54 ID:5b+4WGfN
>>376
それが>>375の1と2への回答なのか。
3と4が未回答なので答えてくれ。
質問を加える。

5 >>296では廃人という語に対するあなたの解釈は説明されていない。
廃人という語が、薬により脳が短絡化?された状態のみを差しているとする
用法が一般的であると判断していたということになるが
何故そのように認識するに至ったのか。
自分は一般的な用法とは思わなかったし、
>>281に対して用法の誤りを指摘していないのは不思議だ。

380 :優しい名無しさん:2006/08/19(土) 23:37:03 ID:qJq+qAVy
http://www.geocities.jp/x_meishu/index.html

381 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:26:35 ID:sHEnHRgQ
>>377>>378
なにか問題でもあるの?
逆にそうでないといいきることができるの?
私が言っている廃人とは薬害による脳の短絡化を表している
薬害が作りだした潜在的なトラウマは失われていない「知的障害者」が一番危険だといっている
>>379
だからあなたは精神病院に関わる前から重度の患者だったんだよね
その体験をベースに凝り固まってない?
私のレスを読んだら3、4の回答も含まれていると思います
3,4も差別やいじめに対するおびえではないの?
その発想もあなたが差別やいじめにおびえているから生まれるものでしょう
だから、こそ差別やいじめの意味を知る必要があるわけですよ
差別やいじめを馬鹿にできる知恵を持ちなさい

>>281の前提だけのレスを強調しているみたいだねw
じゃあ反応してみるよw
私は統合失調症の要因などをありのままに説明しているつもりだけど私のレスをすべて読んでください
それと自分の体験も細かく晒した方がいいよみんなで掘り下げて分析しようよ
薬害被害は元に治すのは難しいと思うよ、まあ治すことができるなら知的障害者もいないけどねw


382 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:27:40 ID:vFAclpYd
> 統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない

どこからこういう断定が出てくるの?
統合失調症と診断された患者が、
「俺は病気じゃないぞ」という妄想を正当化しようとして
こしらえあげた珍説にしか見えないが。

383 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:31:35 ID:TY8mVZBn
>>382
> どこからこういう断定が出てくるの?

 そういう人だから

384 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:53:58 ID:sHEnHRgQ
>>382>>383
統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない
そういう病気ではないの?違うなら統合失調症の要因を明確に説明してください
人間、社会の概念まで掘り下げた深い説明を期待しています





385 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:56:59 ID:vFAclpYd
>>384
俺が要因を明確に説明できなければ、それでその珍説が正しいことになるの?
どういう思考回路? 私が聞いているのは、その説にどういう根拠があるだよ?

386 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:57:46 ID:vFAclpYd
あるだよ→あるかだよ

387 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 00:59:21 ID:TY8mVZBn
な、
「そういう人」だろ(笑

こいつ、単なる釣り師だから

388 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:00:57 ID:sHEnHRgQ
>>385
まずはあなたの主張もないのにどうしろとw
統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない
人間、社会的概念からおかしい所を指摘してよ、なぜ珍説にしたいわけ?
単なる粘着ならもう眠いので寝ますよ

389 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:04:12 ID:TY8mVZBn
今のところ確認されてる手法は
廃人になる とかあいまいな言葉を使って、誰かが食いついたら
「自分の意味ではそうじゃない」と言い出す
珍妙な仮説を、一般化して断定し、
それに対して疑問を投げかけると
「じゃ、そうとは言えないと証明してみろ」

 ま、古典的だわね

390 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:05:34 ID:sHEnHRgQ
>>387
あなたはなにがしたいわけですか?
単なるいじめや差別の構造に乗っているだけのお馬鹿さんでしょw
煽るだけしか能がないのでしょうか?あなたにも説明を求めます

391 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:08:57 ID:sHEnHRgQ
統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない
そういう病気ではないの?違うなら統合失調症の要因を明確に説明してください
人間、社会の概念まで掘り下げた深い説明を期待しています

朝の8時までに回答を期待してます




392 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:10:49 ID:ZzLCbGxA
薬を全否定するのは論外。

393 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:15:22 ID:TY8mVZBn
>>391
 そりゃ
 あなたの脳内にある、あなたの為だけの統合失調症は、
 あなたのおっしゃる通りの病気なんでしょうね

 世間一般で言われてる統合失調症ってのは
 今のところ原因不明なんですから
 どんな原因だって、不明なんですよ

394 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:15:36 ID:vFAclpYd
>>391
私が統合失調の要因について説明する必要などまったくないよ。
「統合失調の要因あてクイズ」やってるわけじゃないんだから。
ただ「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない」というのは
根拠のない誤った説だと思う。差別やいじめを受けても統合失調のに
ならない人がたくさんいるし、差別やいじめとは関係なく統合失調
になる人もいる。それだけで、あなたの説が誤っていることの証明としては
十分じゃないか?

395 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:18:47 ID:TY8mVZBn
>>394
 退屈しのぎでやってるのなら、止めはしないけどね

396 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:21:12 ID:TY8mVZBn
 今のところ原因不明なんだから
 どんな原因を言っても、おいそれと証明できてないってことですわね

 それを
  「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない、これが違うと言うなら、他の要因を明確に説明しろ」って、それぞれの原因仮説に対する反論だけを挙げれば良いところに持って行く
 って話法かな


397 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:23:11 ID:TY8mVZBn
っで、そろそろ
別IDで変な賛同者が出てきて、
また別のIDで、多量のコピペが出てくる

退屈しのぎにはありがたいね

398 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:25:50 ID:vFAclpYd
この手のスレはそういう展開が多いね。
「集団ストーカーのせいで精神病扱い」スレなんかもそうだった。

399 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:29:45 ID:TY8mVZBn
 こういうスレをみるたび、
「プロ固定」ってもんの存在を信じちゃうね(笑
 楽しませてもらえてあり難いんだけど

400 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:31:14 ID:sHEnHRgQ
みなさんすぐに返答ありがとう
>>392
なぜ?そういう生き方も肯定しないとね
私は薬害に巻き込まれる人生も肯定していますよ
ありのままを伝えるべきだと思います
>>393
原因不明のまま凝り固まってそれから成長しないのでしょうか?
統合失調症の方一人一人の理由や結論は必要だと思いますよ
それでないから混乱を生み出しているのではないでしょうか?
>>394
あなたには期待したのですが・・
別やいじめを受けても統合失調のにならない人がたくさんいるし
精神病院とかかわってないだけではと・・
差別やいじめとは関係なく統合失調 になる人もいる。
それは不思議ですねどのようなケースか精神医学的に是非知りたいでしょw
それと証明は十分ではないとあなたも理解してますね
要因を知らないでなにができるのでしょう?

統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない
そういう病気ではないの?違うなら統合失調症の要因を明確に説明してください
人間、社会の概念まで掘り下げた深い説明を期待しています

朝の8時までに回答を期待してます







401 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:32:58 ID:TY8mVZBn
400getおめ
今日は帰っていいから

402 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:34:33 ID:sHEnHRgQ
>>401
あほw
今日も朝の8時いや朝の10時までには来ます

403 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:35:03 ID:TY8mVZBn
それか
話を聞いて欲しい人、聞くからおいで 48
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1155954495/l50

ここに行くと、話を聞いてもらえると思うお

404 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:35:56 ID:vFAclpYd
> それと証明は十分ではないとあなたも理解してますね

いいえ。あなたの珍説に対する反証としてはこれで十分だと思ってます。

> 朝の8時までに回答を期待してます

どういうつもりでこういうことを書くのか知りませんが、
あなたの対話能力の欠如の証明にしかならないと思いますよ。w

405 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:46:55 ID:sHEnHRgQ
>>404
頑として>>400のレスを受け入れないのはそれだけしかあなたに能力がないということです
掘り下げるとあなたに都合の悪いことが起きるのでしょうw
病院のベットで一生生活してください金銭的に厳しいなら生活保護を適応してください
くれぐれも病院から出ないでください

下のは単なるコピペの繋がりです、それと何が言いたいのかわかりませんよ
私は夜の12時に寝て朝の8時に起きる悪いくせがついているので書いたまでです
今日は違うみたいですけどw
中身のない反論いや反応はやめてね、対話能力が欠如しているのはあなただからね


406 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:51:51 ID:vFAclpYd
いいえ、私は>>400のレスを受け入れないのは、
そこに受け入れるべき内容がないからですよ。
ご自分がお書きになったことを読み返してみたらどうですか?

407 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:52:46 ID:TY8mVZBn

決して自分の珍説
「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない」
の裏付けをしようとしないsHEnHRgQだったとさ

ヒマだしな

> 掘り下げるとあなたに都合の悪いことが起きるのでしょうw

 はい。ここポイントです



408 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 01:57:23 ID:sHEnHRgQ
>>406
中身がないと否定しあっても私もあなたもアホの連鎖ですねw
まずは差別やいじめと向き合わないといけません
あなたの現状や体験を聞かせてください

409 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:00:20 ID:TY8mVZBn
> まずは差別やいじめと向き合わないといけません

 おやおや
 もはや前提にしちゃってるよ

410 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:02:38 ID:sHEnHRgQ
>>407
「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない」
で全てじゃない?どこを裏づけする必要があるの?

煽るだけしか能がないあなたの空っぽな中身など興味ない
低脳な煽りを繰り返してくださいね
今後あなたにセンスを感じたらレスをします

411 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:09:19 ID:TY8mVZBn
> 煽るだけしか能がないあなたの空っぽな中身など興味ない

 私は、あなたの空っぽな論法に興味があったんでね

412 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:13:39 ID:TY8mVZBn
>>410
ま、いずれまた誰かがこれを読むんだけど

> 「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない」
> で全てじゃない?どこを裏づけする必要があるの?

>>393
>>396

 ですからね(笑

 

413 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:20:34 ID:dVe2Or51
この人(>>400、ID:sHEnHRgQ)病んでいるのでは?俺は今統失と診断されて
いるが、発症当時がこんな感じだった。分野は違うが、とにかく自説が
正しいと信じ、誰彼構わず議論を吹っかけずにはいられなかった。孤軍
奮闘したものだ、大人数を敵に回して。論理的であるふりをして実は高所
から相手の感情を逆撫でする戦法を取るところも似ている。

悪いことは言わないから、>>400は早めに専門家に診てもらったほうが
いいよ。このスレをプリントアウトして、医師やカウンセラーなどに見せ、
「自分の意見に対してこんな支離滅裂でひどいことをいう人がいるんですよ、
自分は差別されていじめられているんですよ」、と訴えればいい。

皆もあまり構わないほうが、この人のためだ思うよ。

今思うと、俺に対する差別やいじめは一切なかった。順序としては、
俺の悪しき言動によって人々が俺から去っていった感じだった。

414 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:25:01 ID:sHEnHRgQ
なんか頑張ってるけど恥の上塗りだよね、それは粘着というものだね
反応だけでなく流れを読んでください

411 :優しい名無しさん :2006/08/20(日) 02:09:19 ID:TY8mVZBn
> 煽るだけしか能がないあなたの空っぽな中身など興味ない

 私は、あなたの空っぽな論法に興味があったんでね


412 :優しい名無しさん :2006/08/20(日) 02:13:39 ID:TY8mVZBn
>>410
ま、いずれまた誰かがこれを読むんだけど

> 「統合失調症は差別やいじめへのおびえでしかない」
> で全てじゃない?どこを裏づけする必要があるの?

>>393
>>396

 ですからね(笑

かわいそうだからレスしてあげましたw
差別やいじめから身を守る心を閉ざした幼稚な表現だと受け取っているからw
自分を消したいんだね、それなら薬を飲んで隔離されることをお勧めします
あなたは心を永久に閉ざしてください空っぽのままでいてください
しかし、幼稚な煽りになにがあるんだろう?

415 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:30:08 ID:sHEnHRgQ
>>413
そうのとうりだよ、それと専門家に見てもらったよ
自分は今の現状が精一杯だよ
支離滅裂とは珍論とイコールな表現かなw

もしこのスレを公共に見せるなら見せて欲しいな


416 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:42:25 ID:sHEnHRgQ
なあ、おまえら幼稚すぎないか?厨房か?
私は統合失調症の27歳だよ、一生無職でしょう
今はバイトや障害年金を貯金500万しています
貯金が500万しかないのでとても不安ですw
趣味は家庭菜園など

417 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:53:35 ID:TY8mVZBn
> しかし、幼稚な煽りになにがあるんだろう?

 私の書き込みを
 幼稚な煽りととるか
 詭弁を指摘し、注意を喚起する忠言ととるかは

さて、誰が判断するんでしょうかね

418 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 02:57:51 ID:sHEnHRgQ
>>417
だからなに?
そんな表現しかできないから幼稚だと言っているわけでw
まず、自分と向き合ってね



419 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:01:47 ID:TY8mVZBn

だそうです

420 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:02:51 ID:sHEnHRgQ
>>419
だそうです、限界?

421 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:03:01 ID:vFAclpYd
睡眠不足は良くない。統合失調症ならなおさら。

422 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:04:29 ID:sHEnHRgQ
>>421
睡眠はリカバーするでしょう
あなたは夜型人間なの?

423 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:09:36 ID:vFAclpYd
>>422
私は特に夜型とかではないし不眠症でもないと思う。
ただ、今日は寝つきが良くないだけ。
ともかく、私は統合失調症でも他の精神病でもないから、
多少睡眠が増減しても大丈夫だけれど、
療養中ならそういう有害なことはしない方が良いよ。


424 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:10:28 ID:TY8mVZBn
話題そらしも詭弁のテクニックだね(笑

ま、みなさんお気をつけて

425 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:10:58 ID:sHEnHRgQ
君達は精神病院で一生暮らすつもりなの?
しかし精神病院が今後永久にある保障はないよ
なんらかの自活手段を見つけないとねw

426 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:12:23 ID:TY8mVZBn
 ほぅら

427 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:12:46 ID:vFAclpYd
>>425
統合失調症なのはあなたの方でしょ?
どうして「君達は・・・・・・」ってことになるの?

428 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:16:59 ID:TY8mVZBn
あとね、
これはどんな意図があるのかわからんのですけど

> あなたの現状や体験を聞かせてください

 これと同様の問いが繰り返されてるよ
 >>415>>416はその伏線

429 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:24:31 ID:sHEnHRgQ
>>428
差別やいじめから身を守る心を閉ざした幼稚な表現だと受け取っているからw
自分を消したいんだね、それなら薬を飲んで隔離されることをお勧めします
あなたは心を永久に閉ざしてください空っぽのままでいてください
しかし、幼稚な煽りになにがあるんだろう?

精神病院がなくなると病院で入院している統合失調症の人間はどうなるんだろうね
生活保護があるから金銭的には問題ないんだろうけど薬害で作られた知的障害者が世の溢れると怖いよね
その人達はどのように潜在にある怒りを処理するのだろう?


430 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:28:49 ID:sHEnHRgQ
君達はもっと将来を考えた方がいいよ

431 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:32:38 ID:vFAclpYd
>>429とか>>430は、「統合失調症の27歳」が、
自分に対して言ってる言葉なのかな?

432 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:34:56 ID:sHEnHRgQ
>>431
そうだよ自分にも君達にもねw
私はリスクを背負う覚悟はありますよ
あなたはどうするの?

433 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:35:25 ID:TY8mVZBn
 意図はよくわからんが、
 悪意の塊みたいなレスを書く人だねぇ

434 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:36:14 ID:sHEnHRgQ
>>433
あなたも将来を考えた方がいいよ

435 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:38:56 ID:vFAclpYd
>>432
あなたは私が統合失調症だと思っているの?

436 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:41:55 ID:sHEnHRgQ
>>435
さあ、どうなんでしょうw
こんな夜中にくやしくて粘着反応しているのがあなたの事実ですからw
煽りどころか完全にあしらわれているのに気付かない知能の低さは薬害のせいですか?


437 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:47:13 ID:vFAclpYd
あなたは、自分と自分が会話している相手の区別が付かないみたいだね。
どちらにしても、もう寝た方がいいだろう。

438 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:49:02 ID:TY8mVZBn
> こんな夜中にくやしくて粘着反応しているのがあなたの事実ですからw


 大爆笑

 あーおもろかった。

439 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:50:02 ID:sHEnHRgQ
>>437
ID:vFAclpYdID:TY8mVZBnやっと自分らの低脳ぶりに気付いたみたいですね
あなたがたはすでに精神障害者でなく知的障害者なのではないですか?


440 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:53:08 ID:vFAclpYd
うん、言いたいことは分かったから、もう寝た方がいいよ。

441 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 03:57:41 ID:sHEnHRgQ
>>440
あなたのことは詮索しません
ただ今までの粘着ぶりがあなたの現状であることを理解してください
0時あたりのレスから流れを振り返れば面白いですよお休み

442 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 09:05:06 ID:5EyqaF7N
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/

45 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/19(土) 14:32:50 ID:FsVTEuYl0
鬱病等の気分障害・・・・・44万人(軽度の薬物中毒に症状類似)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5d.html
統合失調症・・・・・・・・73万人(中度の薬物中毒に症状類似)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
パーキンソン病・・・・・・13万人(高度の薬物中毒に症状類誌)
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_1.html
=====================================
主要3精神病・・・・・・・130万人

一方、厚生労働省管轄の国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部は、
http://www.ncnp-k.go.jp/dyakubutu/drug-top/data/researchJDU2005.pdf の15ページ)
@有機溶剤の乱用者数:  161万±36万人  精神病状態、無動機症候群
A大麻の乱用者数:    146万±35万人   精神病状態、無動機症候群、フラッシュバック
B覚醒剤の乱用者数:   34万±17万人    精神病状態(包囲襲来妄想を特徴)、フラッシュバック
============================
上記を含む薬物のいずれか 265万±47万人   

となっており、統計的に眺めた場合、薬物乱用者の約50%が常習性ゆえの中毒者になっていたとすると
精神疾患の実は大半が薬物中毒だったと考えても辻褄はあう事になります。
(ただそれ以外にも集団盗聴犯罪の被害者推定数も同程度いるので、実際は半々だと推察していますが・・・)

それにも関わらず、現在の診断基準DSMでは尿・血液・毛髪中の薬物検査すら行っていないのは、
どう考えても理に適っておらず、構造的な誤診によって患者に害になる薬剤を治療薬と称して投薬しているのが
現状ではないか?、そして実際、投薬によって症状が悪化しているケースの方が多いとする立正大学論文もある。
という点を重く考えざるを得ないというのが今回の論議の趣旨です。


443 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 09:24:51 ID:2HdOZa0g
アトピー皮膚炎にしても病院で貰った薬を塗ると悪化する
アトピーを完治させた人はみんな民間療法で完治させてる

444 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 12:02:41 ID:vFAclpYd
>>1のリンク先の論文?って、肝心の部分を Whitaker って人の本の孫引きで済ませてるんだね。


445 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 19:41:52 ID:iEHjPPgh

     人類による有史以前からの麻薬乱用の歴史
           ↓  
    麻薬乱用に関する耐性遺伝子、依存遺伝子の変異の
        人類集団への固定
           ↓
      AKT1、SNP3のゲノム変異
           ↓
       覚醒剤依存性に影響 (ドパミンニューロンに作用する「覚醒剤と麻薬の不純物」は同一である事から)
           ↓
      覚醒剤等乱用の頻度増大
           ↓
      @統合失調症と類似した症状
      A鬱と類似した症状
      B覚醒剤による自殺惹起  

+++++++++++++++;;;

1.覚醒剤使用障害との関連では、SNP3との有意な関連を見いだした。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22

2.AKT1と統合失調症との関連が見出されたことは、Caucasianにおいて関連を示す先行研究もあり、
注目される。さらに、本研究によって覚醒剤使用障害との関連も見いだされた。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22



446 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 21:09:33 ID:iEHjPPgh
【統合失調症、欝病、パーキンソン病そのものの遺伝因子】
1.幻想、幻覚、妄想、行動異常に関する遺伝型
==================
【統合失調症、鬱病そのものの遺伝因子ではないが、間接的に影響を及ぼす遺伝因子】
2.覚醒剤、大麻、有機溶剤などへの依存性 に関する遺伝型
3.人間が人間の脳や内臓を食べてBSEと同じ原理で脳萎縮を行う遺伝型
4.異端的なものの考え方を行う傾向に関する遺伝型

********************

このうち1は発見されていないので、統合失調症の一卵性双生児の遺伝率は50%に留まっています。
すなわち、当該疾病はやはり「遺伝病ではない」と考える必要があると考えます。

一方、薬物中毒や集団盗聴弾圧などを通して、「見かけ上の類似症状」を引き起こすことによって
間接的に影響を及ぼす因子としては2〜4を考える事ができるが、このうち
薬物中毒の2と、人肉中毒の3の2つに関しては既に分子マーカーが確認できている。

2の薬物中毒に関しては、SNP3とAKT1とが覚醒剤使用障害との関連が見いだされています。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22

また3の人肉中毒に関してはヒトのプリオン蛋白遺伝子(PRNP)によく見られる遺伝子多型性は
異型接合性であるため、プリオン病の発症を相対的に阻止するものと考えられ、古来から人喰いを行い
クールー病に耐性がある住民の場合、129種類の優勢なPRNP異型接合体を有する事があり、
本来PRNPの129種類のホモ接合体を排除するような強い淘汰を部族に対して課している例が
報告されています。

・プリオンと人喰いとヒトゲノムPRNP遺伝子、そして人間の認知能力バリエーション&認知能力進化 2004/03 FuturePundit:
・Cannibals Differ In Cognitive Ability To Protect Against Prion Disease? ;Science. 2003 Apr 25;300(5619):640-3

447 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 21:12:14 ID:XPXBtLkJ
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください


448 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 21:20:55 ID:NgU4WrlA
>>447
自殺幇助です。

449 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 21:38:23 ID:iEHjPPgh
なお、秋田県民は以下の行動奇形が非常に多い事が推察されます。

*****************************
3.人間が人間の脳や内臓を食べてBSEと同じ原理で脳萎縮を行う遺伝型
*****************************

また3の人肉中毒に関してはヒトのプリオン蛋白遺伝子(PRNP)によく見られる遺伝子多型性は
異型接合性であるため、プリオン病の発症を相対的に阻止するものと考えられ、古来から人喰いを行い
クールー病に耐性がある住民の場合、129種類の優勢なPRNP異型接合体を有する事があり、
本来PRNPの129種類のホモ接合体を排除するような強い淘汰を部族に対して課している例が
報告されています。

・プリオンと人喰いとヒトゲノムPRNP遺伝子、そして人間の認知能力バリエーション&認知能力進化 2004/03 FuturePundit:
・Cannibals Differ In Cognitive Ability To Protect Against Prion Disease? ;Science. 2003 Apr 25;300(5619):640-3


450 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 21:40:53 ID:iEHjPPgh
527 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/13(日) 23:37:46 ID:2btDY5NT0
以上の根拠より、要素還元主義的な因果関係論を集約させたコッホの3原則を踏まえて、
まとめますと、統合失調症の99%程度は以下のように分類できると考えているのですが,いかがでしょうか。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣の組織隠蔽(このケースは健常者であり被害は現実。妄想ではない):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
ttp://www.syaanken.or.jp/02_goannai/05_yakubutsu/yakubutsu.htm
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm
A組織犯罪者陣によって健常者に対して投与された不必要な覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)

なお前出しましたようにゲノム変異が原因のケースも数万人に一人はいても不自然ではありませんが
その場合、幼少時から発症しているはずです。成人後に発症するケースは上の2点と推察しています。


451 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 22:09:16 ID:XPXBtLkJ
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください


452 :優しい名無しさん:2006/08/20(日) 22:15:47 ID:iEHjPPgh
293 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/20(日) 22:03:47 ID:2b7I8oTD0

優生学の暴走は戒めないといけない。

今後、ゲノム解析がどんどん安価かつスピーディになっていくであろうが
ゲノム差別、遺伝子差別を行えば、社会が単純化する。

多様なゲノム資源を国民全体に抱えたほうが、雑種強勢がおこりやすく
その雑種強勢こそが、大半が混血の日本人の強みである事を
今一度思い起こさねばならないだろう。

有性生殖における遺伝子シャフリングの母集団は、できる限り大きい方がよい。


453 :優しい名無しさん:2006/08/21(月) 06:33:43 ID:Q3TQVnDR
>>447>>451
おまえもなw
メルヘル業界が潰れたらどの道自殺しないといけなくなるよ

454 :優しい名無しさん:2006/08/21(月) 20:15:02 ID:VVlgat/V
**************************
公害病(環境病)の一種として「架空の精神病」を考える
**************************
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

精神病(鬱、統合失調症、パーキンソン病)及び
引きこもり(ニート)の相当割合は
患者の数、症状、(更には統失はDNAマーカー)の共通性から
「100万人を越える麻薬・覚醒剤等中毒」が原因と推察できる。
       ↓
それでは中毒原因となった大量の麻薬・覚醒剤等はどこから来ているのか?
       ↓
考えるヒント:
1.高度盗聴社会であるため当局の目を盗んで大規模に売買するのは無理。
2.と言うことは、大量の薬物提供者は必然的に当局そのものとなる
(北朝鮮報道は拉致にせよ覚醒剤にせよ国内責任を隠すためのカモフラージュと分析できる)
       ↓
合法的に大量の薬物を扱える部門(3本柱)→組織的な裏金作り
(敗戦直後に軍部から流出したヒロポンで膨大な利潤を上げたであろう伝統からか?)
1.厚生労働省管轄の精神科医による覚醒剤横流し(合法覚醒剤リタリン等の暴走)
2.厚生労働省管轄の麻薬取締官による麻薬横流し
   (合法のおとり捜査の暴走;そもそも同じ官庁の1を組織構造的に取り締まれない)
3.警察庁・警視庁による麻薬等横流し(北海道警、神奈川県警は氷山の一角か?)
       ↓
100万人水準の中毒者(および当該、地下システムの察知者)受け皿としての精神病院 → 更に投薬を通しての裏金作り
(こういった場合、当局は薬物中毒者という表現は必然的に使いにくい。「架空の精神病」への組織的すり替え)
(精神病院を通しての膨大な利潤の取得)←健康保険制度の悪用(そのためもあり保険財政パンク)
(違法な人体実験場として精神病院悪用、製薬会社利権)
       ↓
巨額の利潤の一部を、新たな麻薬・覚醒剤製造・買い付け経費に回す


455 :優しい名無しさん:2006/08/21(月) 20:15:48 ID:VVlgat/V
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

*厚生労働省は全てわかった上でこのサイクルを回している可能性あり。

*米国DEA(麻薬取締局)でも同様な容疑が出ている事を示す資料がある(ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領声明)。
http://la-news.cocolog-nifty.com/lanews/2005/05/15011525_9d1a.html
ベネズエラ大統領は、「ベネズエラの麻薬業者を助け、ベネズエラ由来の麻薬の米国流通を行なっているのは
実はDEAそのものである事」を示唆した声明を出している。それが事実の場合、米国精神医学界の精神病診断基準DSMと
初めから連動させたシステム矛盾と考える必要が出てくる。すなわちDSM成立自体が国家犯罪上の欺瞞に基づいているという概念である。

*リタリン製造元は外資。少なくとも一部は「外資に支配された麻薬流通システム」である可能性も。

以上の理由により、精神病(鬱、統合失調症、パーキンソン病)及び
引きこもり(ニート)の相当割合は、行政テロによる環境病(公害病)であると論理推察できる。


456 :優しい名無しさん:2006/08/21(月) 22:23:46 ID:vs3jl4Nv
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください
メンヘルの皆さんは、生きていても意味ないので、死んでください


457 :優しい名無しさん:2006/08/21(月) 22:24:06 ID:ltf6XFae
すげ〜「論理推察」だなぁw

458 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 00:13:06 ID:KeI6VLfy
これだけ買い被ってもらえれば厚生労働省はむしろ喜んでいるのではないか。

459 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 01:14:12 ID:KQSg25Dk
>>458

厚生労働省は下に掲載したような、これだけの一致を偶然と言い張れるのだろうか?
全てわかった上での対応だろう。かなり悪質だ。

45 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/19(土) 14:32:50 ID:FsVTEuYl0
鬱病等の気分障害・・・・・44万人(軽度の薬物中毒に症状類似)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5d.html
統合失調症・・・・・・・・73万人(中度の薬物中毒に症状類似)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
パーキンソン病・・・・・・13万人(高度の薬物中毒に症状類誌)
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_1.html
=====================================
主要3精神病・・・・・・・130万人

一方、厚生労働省管轄の国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部は、
http://www.ncnp-k.go.jp/dyakubutu/drug-top/data/researchJDU2005.pdf の15ページ)
@有機溶剤の乱用者数:  161万±36万人  精神病状態、無動機症候群
A大麻の乱用者数:    146万±35万人   精神病状態、無動機症候群、フラッシュバック
B覚醒剤の乱用者数:   34万±17万人    精神病状態(包囲襲来妄想を特徴)、フラッシュバック
============================
上記を含む薬物のいずれか 265万±47万人   


460 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 01:30:23 ID:PC6FGnt9
この間、バイト先に自律神経失調症の人きたよ。マッサージ店だから「マッサージって自律神経失調症にも効きますか?」って言われた。
正直に言ったよ。
「薬よりも効きますよ」って。

マッサージとか気長で治らないなんて考えてるみたいだけど、とんでもない。西洋医学よりむしろ東洋医学の方が効く事をみんな知らないんだよ。
医者もあえて言わないけどね。

461 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 01:34:14 ID:5yOFu229
>>1
氏ね!ヴォケ!

462 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 02:43:09 ID:MSB/ZYCh
無免許マッサージ師がなんか言ってるぞ

463 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 02:43:18 ID:KeI6VLfy
>>459
それ「一致」してるか??

464 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 03:14:00 ID:PC6FGnt9
信じないなら別にいいけど?
ただいつまでも欝に対して不満があるくせに何も調べようとしない欝の人はばかなのかなぁと思っただけだから

465 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 03:37:02 ID:MSB/ZYCh
とりあえず違法操業はやめなさい

466 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 08:32:05 ID:if6MW0zw
これから精神病院はどうなるんだろう?

467 :優しい名無しさん:2006/08/22(火) 10:51:35 ID:4WC1Nnj3
812 :卵の名無しさん :2006/08/22(火) 10:43:14 ID:bHTl1Otn0
>どの道治らないなら・・・・

ドパミンニュー-ロンには
ある程度の自然治癒力はあるのではないですか?

そうでないと麻薬を止めてしばらくたてば、
症状が若干、回復する事は起こりえません。

その上で自然治癒を更にどう高めるかが
ポイントになってくるかと思いますが、いかがでしょうか。
医師は信用できません。現時点でのDSMに基づく治療薬は
毒にしかならないと思います。

なおドパミンニューロン再生を行うと言う例の抗生物質は
不自然な点があるので現時点では呑まない方がよいと考えます。


468 :優しい名無しさん:2006/08/23(水) 22:07:47 ID:yrLC2F4o
統合失調症患者の末路
ttp://file300kb.run.buttobi.net/fl/src/Oil0001.jpg

469 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 00:58:31 ID:0MFLHj+1
>>459
統合失調症や他スレにもコピペしまくるお前がマジでウザイよ。
お前は植田という秋田の人間らしいが、自分のHPじゃ満足できないのか?
他人の意見を無視・蔑ろにするんだから、ブログでオナニーしてろよ。

俺は普段、そんな排他的な考えを持ったことはないが、
お前に関しては2chでアク禁にして欲しいと心から思う。


470 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 08:25:25 ID:sgTlO2iW

この業界で個人カウンセリングで商売している人は
今までのご自身の治療方針と相容れない考え方は
認めたくないと言う心因反応でしょうか?



471 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 08:27:37 ID:2Zgzea2b

しかし、統合失調症が栄養不足からきているという貴説は
何の科学的根拠もありません。

472 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 08:34:03 ID:2Zgzea2b
服薬がマイナスになっていると言う先生の説は
先生が開設された個人カウンセリング事務所に
相談に来る多くの患者の声を拾って抽出されたという点で
一定の根拠があると考えていますが、

栄養不足説に関してはカウンセリングではわからないので
先生の勝手な思いつきに過ぎず、何の測定データもない
非科学的なタワゴトに過ぎないと考えます。

よって心理学系カウンセリングの長所と短所をわきまえて
科学的な論議を進めていくことが大切と考えます。

473 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 08:35:28 ID:UiI3OrX2
>ストレス源の重要性をもっと前面に出すべきでしょう
>そうすることで病気の本質の見え方も変わってくるだろうし、

「全ての精神活動は物質(化学反応)で説明できる」という
利根川進先生の主張が「基本」ではないでしょうか?
(麻薬・覚醒剤や遺伝体質は物質論の上にたっていると考えます)

その上で「心因反応」が占める部分も大きいと考えます。
すなわち「通常では考えられないような考えや言動」というのは
必ずしも妄想ではなく「通常では考えられないような集団犯罪の被害」から
きている事も当然ありうるという事です。この場合は完全な健常者です。


474 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 08:36:21 ID:UiI3OrX2
>もしかしたら統合失調症が存在しなくなるかもしれない

恐らく大半は「架空」ではないでしょうか?
1.麻薬・覚醒剤中毒と
2・層化・同和・共産系・人喰い地域などの団体による
  常軌を逸した集団犯罪に対する当然の心因反応
(あと強いていえば人肉によるBSE様の脳萎縮)
が大半を占め、

3.妄想・幻覚などを多発させる遺伝型

の存在は、集団遺伝学的に考えれば、極めて稀と考えざるを得ない
のが現状と考えます。

「薬物依存系の遺伝型」や「独創思考系の遺伝型(すなわち弾圧されやすいタイプ)」は、
配偶者を娶り、子をなし、育てるのに大きな支障をきたさないケースが多い
ので集団に変異が相応割合に固定するでしょうが、ドパミン等の代謝系ゲノムが
先天的に変異し幻想や幻覚が日常化しているタイプの遺伝病は
配偶者を娶り、子をなし、しかも育てる事は事実上ほとんど出来ず、
長い自然淘汰の過程で人類集団にゲノム変異が固定する度合いは、前者2つと比較し
遥かに少ないと考えざるを得ません。


475 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 15:26:01 ID:eLdKZ7P6
今朝の新聞によると
米国が採用した冥王星が惑星から外されるらしい。

同じく米国が採用した統合失調症が
精神医学界から外される日も近いのではないか?

統合失調症の大半は明らかに架空である。
それを一番知っているのは米国であろう。

覚醒剤等中毒者と集団盗聴被害者の2つを隠すための
隠蔽工作だ。本当の意味での統合失調症は集団遺伝学的に考えれば
自然淘汰のプロセスで、ほとんど生き残れるはずがない。

今の精神医学のほとんどが欺瞞。




476 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 15:41:36 ID:o4hLnT/T
> 米国が採用した統合失調症

どういう意味?? ブロイラーはアメリカ人?

477 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 18:27:30 ID:8ILFwjbi
>>475
>統合失調症の大半は明らかに架空である。
>それを一番知っているのは米国であろう。

木直田先生が2chで日本語でしか書かないから、アメリカの人は木直田先生の主張を知らないんじゃない?

478 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 18:46:49 ID:3YHyLAYm

ブロイラーはスイス人だが、
米国精神医学界によるDSM採用によって
当該疾病は大きく成長したという事。

しかし麻薬中毒や集団盗聴インフラへの当然の考察が
抜け落ちている以上、疾病概念としては成立しない。

また死亡率統計解析により、非常に不自然な死亡者が
秋田など北日本中心に大量に出ており、自殺も北日本中心に異様な伸びを
統計上示しているのは事実。こういった事は地域で大量殺人でもおこしていないと
起こらない。仮説演繹法では他に説明が付かない。こういった事がある以上
盗聴妄想や殺人妄想はきちんとした統計上の裏づけのある現実をカモフラージュする
ためにあると考えられても仕方がない状況であるにも関わらず
未だに当該疾病概念を捨てないのは、WHO提訴が求められる段階になっていよう。

479 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 19:01:51 ID:8ILFwjbi
>>478
>また死亡率統計解析により、非常に不自然な死亡者が
>秋田など北日本中心に大量に出ており、

木直田先生の解析では、そんな結果は出ていないですよ。
日照時間が短いと自殺が多いとか、そういうのだけでしたよ。

480 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 19:08:44 ID:o4hLnT/T
>>478
アメリカで普及する前にドイツから日本へ伝わっているような気がしますが。
少なくともDSMができるずぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと前に。

481 :優しい名無しさん:2006/08/24(木) 22:07:59 ID:MxZ0ddi0
目を傘で突いた統失患者が逮捕されました。
統失患者は存在が犯罪です。
他人に危害を加える前にさっさと死ね。

482 :奈々氏:2006/08/24(木) 23:15:31 ID:4JxToxls
え〜まじ。このスレpart4までいってたんですか。
>>6さん・・・がpart3さん曰く、有意義な議論があったそうですね。
見とけば良かったです。

483 :優しい名無しさん:2006/08/25(金) 02:46:17 ID:eFU5+VfX
>>482
このスレには薬を全否定する人がいます。

484 :優しい名無しさん:2006/08/25(金) 09:22:29 ID:I3exADxW
行政自体が大量殺人を行っている容疑が強い現在。
架空の病気を設定して他人を排除するために
この疾病概念は悪用されてるね。

疾病概念が崩壊しているまま使っている、現在の薬は全て毒。
それは間違いない。そうでないとするならその根拠を示すべき。

また、架空の精神病によって大量殺人が怒った例はほぼない。
多くの報道は架空の工作。それに対し行政がテロ殺人を起こすのは
9・11以降は日常茶飯。毎年1万人以上は殺害されている模様。

全く矛盾している。

485 :優しい名無しさん:2006/08/25(金) 10:11:42 ID:wKeICWrS
何一つ根拠を示さない発言中で他人には根拠を要求。
全く矛盾している。

486 :優しい名無しさん:2006/08/25(金) 17:12:06 ID:3SGj03j3
>>485
矛盾はしてないよ。
糞スレらしい展開だと思う。
目くそにも鼻くそにも説得力なんていらないじゃんw

487 :優しい名無しさん:2006/08/25(金) 22:18:10 ID:f1sih7ko
矛盾しているかどうかはともかく、糞スレであることは間違いない。


        ■■■  糸冬    了   ■■■


.

488 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 00:23:24 ID:08NAohZf
>>1
精神科の薬を全否定してどうする?


489 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 00:27:23 ID:PlgE82OD
>>488
やっぱり全員、電気痙攣療法でしょう。
副作用も少ないし。>>1には一時的な効果は抜群でしょうね。

490 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 08:56:51 ID:MrtSFKke
日本の精神科医は複数の薬を組み合わせたりを当たり前にやっていますが
効果がなく副作用しか出ない可能性が高いそうです
海外では1種類以上の薬を同時に処方することはほとんどありません
胃薬などの補助的な薬を含めても2種類までしか出しません
そもそもそうやって処方するように研究され開発された薬だからです

これは本当の話です
一部の精神科医はこのおかしな風習を危険視しているものの、利権主義の精神医学会では
誰も文句を言えない状態になってます
精神病にとって一番重要なストレスを語ることはご法度で、とにかくどう治療するかしか語ってはいけません
だから薬を使うことしか考えてないです、そしてその処方は非科学的に行われています

491 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 13:33:20 ID:SeKzIZRU
>>490
 うそだらけw

492 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 20:58:27 ID:sh76DWO3
欧米ではメジャーは単剤投与が普通。日本はメジャーは3〜4剤と多剤投与が普通。

493 :優しい名無しさん:2006/08/26(土) 21:28:35 ID:a5FZ1mde
定型しか無かった頃は仕方なかったのではないの?
非定型登場以降も続けてる古い人がダメ。

494 :優しい名無しさん:2006/08/27(日) 00:37:04 ID:Lx03gQlH
>>493

欧米では90%の患者が非定型に移行している。

495 :優しい名無しさん:2006/08/27(日) 00:47:20 ID:kAkUdRXC
>>490
 そのご意見は
 このスレッドのタイトルとも矛盾しますね

496 :優しい名無しさん:2006/08/27(日) 08:33:25 ID:idhXkndq
>>495
矛盾はしません、アメリカの単剤投与で悪くなるかどうかというお話ですが
日本はそれ以前の問題でございます
悪くなるかではなく、悪くなります

497 :優しい名無しさん:2006/08/27(日) 08:35:18 ID:idhXkndq
あと平均入院期間が諸外国は長い国でも1週間程度なんですが
日本だけは1年です
WHOをご立腹

498 :優しい名無しさん:2006/08/27(日) 19:31:19 ID:glhR611Q
>>496
あんた薬を全否定しているのでは?

499 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 00:36:33 ID:hlQuTcS9
全員電気椅子で感電死治療しろ。

500 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 02:14:57 ID:oRDzQ/qE
死ねば、統合失調症が直ると考えるのは間違いであって、
死ねば、統合失調症の意識状態が始まるのである。
それは、誰も彼もが、そうなる。悟りを得た人間以外は。
特に、499のような気の毒な人間は酷いことになる。


501 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 07:13:34 ID:W4LWYtYh
健常者と言われる人でも、人間の心なんて誰でも病んでいる。
よくよく自分の心を観察してみれば分かります。殺したいと思うくらい
怒ったり、嘘をついて得しようとしたり、やらなければならないことを
怠けたり、そんなことは日常茶飯事です。
それを行動に移さないのは、その結果自分が法律で罰せられたりして
損をするのが怖いからであって、心はいつでも悪いことを望む危険な
ヤツなんです。
それがあんまりひどくなると、人間関係が上手くいかなくなって、生活が
つまらなくなり、無気力、無感動、不安、イライラ、うつ状態になり、やがて
定着するのです。
この状態で精神科に行くと、うつ病や統質の病名を貰って薬を飲むことに
なりますが、思うように回復しません。
それは原因である心の汚れを放置したまま、気分だけ爽快にしようという
望みが無理だからです。


502 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 07:31:55 ID:ANZfuOTr
薬通院いらずならロボトミーも悪くないかも・・・。
薬飲まなくても飲んだ状態のままで薬の副作用がないんだから・・・。

503 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 07:52:17 ID:heIY+iGo
>>502
ロボトミーは死亡率が高い手術ですよ。
重大な副作用で脳出血を起こします。

副作用がないなんて嘘。

504 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 08:27:31 ID:Az3VBOjA
統合失調症の大半は架空である。麻薬等中毒と国民監視社会を隠すためにある。
遺伝、服薬等とはほとんど関係がない。

例えば、秋田県では、全県民の自宅への集団盗聴犯罪を通して
かなりの県民が殺されているようだ。赤ん坊まで殺している。臓器や人肉で殺人が金になるからだ。

他人の自宅を盗聴すると言う最も卑劣な風習をもち
互いの自宅を聞きあっている。間違いない。

それを主導しているのが創価学会と見られる。
その結果、その自宅盗聴で殺害対象の県民が毎年、相当数選ばれ
地域で本当に殺して自然死扱いする間引きが日常化している。

これは一種の環境病(公害病)だろう。凄まじいテロを行政自体がおこなってる。
市役所や県庁が平気で殺人を行っている。

そしてそれを隠すための行政ツールとして、架空の統合失調症が悪用されている。
盗聴自体が元々ないとするための方便に使われている。

そのため秋田では集団盗聴犯罪に対する苦情を口に出すとこの行政手法が簡単に使われる。
かなり悪質な状況だ。この環境病問題をたださない限り、今後も秋田県民は殺されていくだろう。
人間が住む社会でなくなっている。恐らく北日本は多かれ少なかれこうなっている。

こういった悪質な社会システムを是正するためにも当該学術論議は必要だ。
そして集団盗聴を行っている輩は知事であろうが市長であろうが逮捕が求められる。
こんな卑怯な社会システムは許されない。


505 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 09:51:53 ID:hvDxAKcW
土日はお休みだったのですね。
盗聴などせずとも日本中で勤怠がわかってしまう準教授。
こんな卑怯な社会システムは許されない。

506 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 11:19:18 ID:sefvF/hG
あのぅそれって本当の事ですか。?

507 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 11:38:19 ID:hvDxAKcW
ごめん、ここか大学板を見てると嫌でも知るってだけのことで。
重大な意味は無いの。

508 :優しい名無しさん:2006/08/28(月) 14:45:16 ID:heIY+iGo
>>504

今時、反精神医学なんか流行らねェよ。ヴォケ!

509 :優しい名無しさん:2006/08/30(水) 22:29:43 ID:DxOZNVqr
人のことを気の毒だとか言ってる>>500も気の毒だな。


510 :優しい名無しさん:2006/08/30(水) 23:21:30 ID:z34kwXQO
あのー、秋田県で年間数百人の人肉食あるとの妄想はどうでもいいけど、
年間3万人以上、一日100、1週間700人の自殺者の、防止・保護を考えましょう。
毎週2機の747が墜落しているような社会です。
「精神科・心療内科は不要」と発言する前に、考えましょう。

某精神科医より。

511 :優しい名無しさん:2006/09/04(月) 21:32:27 ID:f31cX2VG
ロボトミーって今でもやってるの?

512 :優しい名無しさん:2006/09/04(月) 21:50:10 ID:BC3aDtXt
>>511
日本ではやっていない。死亡率高いからな。

209 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)