5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)5棺目■■■

1 :優しい名無しさん:2006/01/03(火) 19:36:17 ID:/YqLtWLs
パート5です。

過去ログ
1 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053
2 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
3 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/

前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)4棺目■■■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/

2 :優しい名無しさん:2006/01/03(火) 19:48:26 ID:gcdwv3ci
>>1
乙。前スレから・・・。

■発作が起こりやすい状況
・夜
・入浴中
・寝る前
・生活に暇があって充実してない

■タナトのタイプ
・死後の無(自己、意識の喪失)が怖い
・いつか死ぬなら生きている意味がない
・死ぬ時の痛みが怖い
・今の幸せ(またはまだ幸せを手にしていない)が死で終わる
・自分を忘れ去られるのが怖い
・死後の罰が怖い

■発作を起こさないためのヒント
・楽天的に考える
・くよくよしない(心配するのをやめる)
・暇を作らない(死を考える余裕をなくす)
・セックス
・死について考えない。
・趣味などに没頭し充実する
・あまりにひどい場合は、心療内科に行き薬を貰う選択もある。


3 :優しい名無しさん:2006/01/03(火) 19:48:49 ID:qpaL+vwn
( ゚皿゚)。彡O んー! んー! んー! んー!!

4 :優しい名無しさん:2006/01/03(火) 20:29:02 ID:ea4OhC/y
最近発作がこない…

5 :優しい名無しさん:2006/01/03(火) 23:55:29 ID:C1h4wSeK
発作を起こさないためのヒントって・ ・ ・。
一番下以外、現実逃避じゃん。

6 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 00:00:12 ID:bn+k9rh/
四番目はデブオタの漏れには・・・

7 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 03:50:04 ID:jsFWuX2m
現実逃避の何が悪いというのか。
死ななくはなれないのだからどうしようもないわ

8 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 04:59:05 ID:5hIN0Oe2
前スレでも挙がってたが、死に対する考え方を変えないとどうにもならない。
死自体はなくならないからな。
おそらく無神論者が多いと思うので天国や輪廻などは受け容れがたいだろう。
俺たちは死ぬ。まずこれは認めなければならない。
この限られた世界をどう納得するか。克服はそこにあると思われ。

9 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 05:58:07 ID:lANzYZwM
本当にその通りですね。死は避けられない現実。考え方を変えなければダメだとは解ってる。生きてる間、こんな自分でいる時間がもったいない…。怯えながら生きてるなんて…。日常の中で、些細な事で恐怖を感じる事ってありますか?みなさんは病院へは行ってますか?

10 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 10:17:25 ID:QCcEFQpO
>>5
死ぬ事については、真面目に考えたら答えが無いんだから・・。
死んだら消えるって話も、死んだら生まれ変わるって話も、死んだら地獄や天国って話も
全て想像なんだから。
逃げるしかないんだよ。

11 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 12:42:52 ID:8kznTULe
>>8 おそらく無神論者が多いと思うので天国や輪廻などは受け容れがたいだろう

全く その通り。私も完璧に無神論者。それが発作を起こす要因になってる。
神様・天国・地獄・死後の世界・魂…どれも人間が考え出しただけのもの。
無意識の知恵なのかな。これも遺伝子に組み込まれてたもの?タナト回避の為に。

全ての人間がタナトの感覚を知っていたら、人類はこんなに繁殖・繁栄しなかったと思う。

私は大きな発作が起きるたびに、「今度こそもうダメかも」って思う。本当に正気を失いそうになるから。
その時は混乱しながらも「このまま頭がおかしくなって楽になりたい」と思っている自分がいる。
でも何故か正気に引き戻され、次の瞬間からは普通に社会人として生きている。

タナトに蓋をしてなんとか普通に社会で暮らしている自分と、タナトの発作に取り込まれ狂人になった自分…。
どっちが真の人間の姿といえるのか、最近解らなくなってきている。

いずれにしても、自分は自分の物ではなくて、遺伝子の都合で存在しているのだと思う。
ばかばかしい。

12 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 12:50:29 ID:anwU0lBI
>>11

>>どっちが真の人間の姿といえるのか、最近解らなくなってきている。

持論スマソですが、どちらを真の姿にするかは、その人次第だと思います。
どちらにせよ言えることは『どちらも自分である』と言うことではないでしょうか?

13 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 15:25:34 ID:jsFWuX2m
遠藤周作はよく知られているようにキリスト教徒だが、タナトフォビアだったそうだよ。

14 :優しい名無しさん:2006/01/04(水) 22:25:28 ID:WHc9TsVG
これって治らないのかな。
病気とはまた違うっぽいもんね…
子供の頃からだったしなあ。

15 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 00:02:17 ID:ptzWoQqw
治る人もいるのかもしれんが
治療法は確立されていない。

16 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 18:38:33 ID:U40mxS57
みんなの言うことはすごく良く分かるんだけどあきらめきれるわけがない
自分が消えるんだよ?考えることすらまたこうして意識していることすらできない
一度死ねば二度と死は無いんだから、死に意味があるのも今生きている間だけで、この恐怖も死んだら感じることはない
人生一度きりそしてたった今その最初で最後の人生にいる
そうなると何もかもが、意味のあるのは今生きている間だけになっちゃう
だったら余計今生きている自分をあきらめきれるわけないよ
おかしいよどうして今在るのに消えなくちゃいけないの
ぜっっっったい死にたくない
でも!私もいつか必ず死ぬ何これ

17 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 22:02:26 ID:hVPlScoj

ゆんべ久々に、夜中に発作やっちまいますた(-_-;
「死ぬ 死ぬ 死ぬ 死ぬ こわいよ こわいよ こわいよーーー!」とか
お布団ひっかぶって ひとしきり叫んでしまいますた。
壁の薄いアパートだから、お隣が お留守で良かったよ・・・。

18 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 23:04:05 ID:WPbo/iy2
欲しい物があっても、「どうせいつかは死ぬんだから不要になるよなあ…」と思って買うのをためらう。
でもすぐに金欠になるよ〜なんでだろ〜

19 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 23:13:34 ID:JB5pn8WK
こんなに死ぬのが怖いと思うのは小学生以来で、発作が起きるとつらい
死んだら無だっていう考え方は昔からあったのに、なぜ今更突然恐ろしくなったんだろ・・
最近はスレが落ちるのを見るとすごく恐ろしくなる。
高校の時はフローチャートの一番最後の「おわり」がすごく怖かった。

20 :優しい名無しさん:2006/01/05(木) 23:55:50 ID:wNVV8HBI
数百年後にいない自分を想像すると悲しくて切なくて苦しくなる。
例えば、○○流星群だの○○彗星だのが見られるのは何百年ぶり、みなさん見ましょうね〜っていうのがあったとする。
普通の人は「そりゃすげえな見ておこう」だろうけど、
ああこれ見逃したらもうあと数百年は見れないわけか、その数百年後世界はどうなってるんだろう?
でも自分はいなくて……

そういう感じで想像がエスカレートする。

21 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 10:45:48 ID:DxpvjVja
イジメとかで自殺する中学生とかもいっぱいいるけどな。
きっと来世を信じているんだろうな

22 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 11:11:31 ID:6Z4PSrnH
>>13
遠藤周作は死の直前に『死について考える』という本を書いているけど、
それを少し読むと(発作が起きそうで怖いんで全部は読んでない)
ちょっとつめが甘い感じがする。要するに死をとことん突き詰めようとしないで
死の恐怖の「癒し」の方向へ持っていこうとしている。

その論調自体は悪くないんだけど(一般には受け容れられそうだから)、
タナトフォビアとしては物足りないし、彼自身もタナトというほどでは
無かったんじゃないかと思える。


23 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 11:18:31 ID:eRlG16Zy
付き合うならタナトを理解してくれる人とが良い・・・なんて思ってます。
でも今までそんな人と会った事ないよ・・・orz

24 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 11:20:00 ID:6Z4PSrnH
中島義道という人の本を読んでいる人は居ますか?
彼の人生論系のエッセイを読むとすごく共感できる人は多いと思いますよ。
彼は本当にタナトフォビアだと思う。
けれど、発作にご注意。
かく言う私も一度激しいのをやっちまいました。

25 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 11:26:29 ID:6Z4PSrnH
>>23
連投すまそ。
私はそういう人に会ったことありますよ。
でも彼女は某宗教に思い切りハマってしまっていて
(ハマっていても救われているわけじゃなかった)、
そこで断絶があって親しくはなれなかったです。

26 :優しい名無しさん:2006/01/06(金) 23:57:46 ID:0pWS6dk0
自分より大事なお母さんがのどのポリープの手術する。
そう怖い病気じゃないことは知ってる。
でも全身麻酔とか、術後の経過とかが怖くて泣きそう。
お母さん自体もちょっと怖いらしい……
本当に泣きたい。
怖い想像しか浮かばないよ。

27 :優しい名無しさん:2006/01/07(土) 03:42:07 ID:8Eaxdttc
久しぶりに発作きそうになって飛び起きた
一時期に比べてラクになったが、発作が起きそうなのを
かろうじて抑えている感じ
疲れた

28 :優しい名無しさん:2006/01/07(土) 18:50:48 ID:YFH4yvvH
>>25
その宗教ってまさか創k(ry

良いなぁ・・・会った事あるんだ。私はまだネットでしか(しかもココだけ)見た事ありません。
誰か身近な人に話して理解しえる友達みたいなのがほしいんだけど、
どうやって知り合えばいいのか・・・orz
周りの友達は私みたいな考えの子居ないから、打ち明けるとか無理だし。

タナト4見ててOFFの話チョロっと出てたから期待してマスタ(´・ω・`)
出会厨とかじゃなくて、マターリかつそういう話も軽くできる会があったら良いのに。

29 :優しい名無しさん:2006/01/07(土) 23:00:41 ID:l3dwQ+DY
父親が同病。



これはこれでアレなもんです

30 :優しい名無しさん:2006/01/08(日) 02:46:52 ID:9Z24DNO1
風呂入ったらタナトきた。まさにテンプレ通りorz
泣きまくって目がはれた。

31 :sage:2006/01/08(日) 13:38:20 ID:H1pWLsgb
>>16
あなたと友達になりたい。
自分も絶対にあきらめきれないから。
死にたくない・゚・(ノД`)・゚・

タナトの話ができるOFF会したい。


32 :31:2006/01/08(日) 13:39:47 ID:H1pWLsgb
間違えた。ごめんなさい。

33 :優しい名無しさん:2006/01/08(日) 15:23:18 ID:LTFV9BWy
最近は湯槽に浸かってる時と、布団に入ってすぐぐらいに怖くなってきて心臓がバクバクして息苦しくなる。
ていうか小さい頃はみんなこういう恐怖に怯えながら生きてるんだと思ってた。

34 :優しい名無しさん:2006/01/08(日) 18:18:52 ID:+/n3bQRX
>>28さん、もう知り合ってるよ、私達とねっ☆

35 :優しい名無しさん:2006/01/08(日) 18:23:35 ID:+/n3bQRX
↑ごめんageちゃった

36 :優しい名無しさん:2006/01/08(日) 20:45:07 ID:aQnAKk94
今我々のいる地球。太陽系。
銀河には太陽のような恒星が2000億個。
宇宙には銀河のようなものが2000億個あるという。
まず間違いなく我々地球人以外にも知的生命体は存在するだろう。
これだけ広大な箱庭を作り我々を飼って何をしようというのか。
仮に生物を進化し続けさせるためだとして最後に残るのは究極の生物。
しかしそんなものを作って何になる。宇宙すらいずれ滅びる計算だ。
我々の生まれた、生きる理由など分かるはずがない。

37 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 00:48:37 ID:Q1XsAk5R
話すだけで気が少し楽になることってあるから
気休めでもいいからタナトな人と話してみたい。
offあったとしても地方だから無理だけど・・

38 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 03:22:35 ID:FPH2rdOX
うん、やっぱ他の人と話してみたい・・・。
まぁ私もサムーイ地方の人ですからOFFレポ見てニコニコすることしかできませんがw

39 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 04:08:20 ID:gt6Wmae9
私もOFFあったら嬉しい事だと思う。でも、なかなか実現は無理なのかな?みなさんが、どこの人が多いか解らないしね…。でも、このスレに来るだけでも安心する。

40 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 09:48:30 ID:yK/nH4Kl
埼玉です。
OFFあるなら参加したいかも。

41 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 14:42:23 ID:gt6Wmae9
私、神奈川。

42 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 14:49:23 ID:gcZ0QKyV
群馬です(`・ω・´)

43 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 17:36:30 ID:DQP2cKuD
そうだな。あんまり深く話し込んでも逆にアレだし
軽くお茶して流れる感じで良いんじゃないか。俺埼玉。

44 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 20:13:09 ID:EnlFb3q+
offやったらみんなで発作起こしてパニックになると思う。

45 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 20:19:20 ID:gt6Wmae9
↑それ言えてるかも!深刻になりすぎて発作起こしたら困るね…。みなさんに聞きたいんですが、仕事中に発作が起こったら…または起こりそうになったらどう対処します?やっぱり薬?まわりにカミングアウトしてますか?

46 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 20:47:24 ID:d/EpEHRh
俺は宇宙も必ず滅びると信じている。
人類なんかすぐちょっとした未来にもういなそうだし。

だから本当に「無」になるんだなーって思うとホント何コレ?ですよね。
あと歴史の偉人もみんな無かよって感じると笑えるよ。
ナポレオンだろうが始皇帝だろうが無。
始皇帝は永遠の命を求めたタナトフォビアだな。

宗教のある国に生まれれば少しは軽減したかもね。
しかし俺はこの先絶対に宗教は信じない。神などいない。


47 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 20:50:32 ID:d/EpEHRh
そして俺達の命は本当にちょっとしたきまぐれで無くなってしまう。
時間は2度と戻らない。ちょっとしたアクシデントで無の世界へようこそ。
毎日、テロだ戦争だと人は死にまくっている。
ニュースで聞いてもどこまでも他人事。日本国内で電車が脱線しても他人事。
いつ俺達が巻きこまれてもおかしくない。
1番可能性の高いのは大地震だろうか。交通事故で暴走車が突っ込んで
きてもおかしくない。変質者に刺されるのも珍しくない。突然死だって結構ある。

明日生きてる保障だってどこにもない。
1度死ねばあとは無。何これ

48 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 22:38:15 ID:uy2wO7/V
>>47
「何コレ?」←この言葉、妙にはまるなーw


49 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 22:45:05 ID:DQP2cKuD
今からここは「何コレ?」スレになります。

50 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 22:52:15 ID:uy2wO7/V
>>49 ありがとう。なんか、和んでしまいました。


51 :優しい名無しさん:2006/01/09(月) 23:16:14 ID:8+TOFCGc
>>24

俺もよしみっちゃん好きだよ

52 :優しい名無しさん:2006/01/10(火) 00:34:54 ID:BZZn5tX5
「時を忘れて」飲んだくれてきました。
いつのにか成人になってしまいました。。。
きっといつのまにか死ぬんでしょうね。。。

53 :優しい名無しさん:2006/01/10(火) 10:49:26 ID:tjt3LNR7
>>22
遠藤周作はいつもそうだな。
問題の着眼点はいいし、厳しく突き詰めていくんだけど、
いつも最後は曖昧に誤魔化して終わる。

でも「老い」を非常に嫌がってるあたり、かなりのタナトだと思うよ。

54 :優しい名無しさん:2006/01/10(火) 17:25:44 ID:2vKYxgWJ
>>OFF
東北。
以外にOFFに興味ある人多いな。
OFFで発作・・・うん、なる人はなるかもしれない・・・。
私は人と居るとその人に集中するから発作は起きませんけど。
ましてやOFFだと緊張して発作どころじゃねぇな。

>>45
発作起こりそうな時は無理やり別の事考えたりしますね。
後は誰かに話かけちゃうとか、一人でいるのが一番起きやすい。
薬は飲みません、病院にも行ってませんし・・・。
カミングアウトだけは絶対しませんね。言っても意味わかんないだろうし、反応に困るだろうから。
だからこそ、最初からわかる人と話してみたいと思う。

なんかさ、今更だけど今の世の中「死」を安易に考えてるよな。
映画でもゲームでもアニメでも、すぐ撃ったり刺したり殺し合い・・・
本当はもっと「死」を大事にするべきなんじゃないのか?
簡単に死を取り入れすぎて、みんな麻痺しちゃってる気がする。

最近、眠りについたらこのまま目覚められないんじゃないかと思って怖い・・。
不眠症。

55 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 00:29:38 ID:DAgjSzFa
俺も結構タナトっぽいけど医学が発達して人間は死ななくなると
信じ始めてからだいぶ楽になった。

56 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 06:08:37 ID:8hq//MGr
私もテレビで観た!20年先には医療も進み、人の寿命は500歳〜1000歳と言う半永久的になる…と。肉体も体内も治療や美容整形で出来、衰えることもないそうだが…。この医学を応援したい

57 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 10:06:02 ID:yuCj/+a5
無理です。
人口問題を解決できません。
少なくとも自分たちが生きている間は実現しません。
寿命の大幅増加があるとしたら人間の数が著しく減った時ぐらいです。
数百年先でしょう。現在なら優先権は各国の大統領ぐらいでしょう。
今の社会で寿命が増えるのはありえない。社会が複雑すぎる。

仮にできたとしても、人間の死、人類の滅亡、宇宙の消滅は不可避

58 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 11:30:56 ID:6G3QproX
>>57
・゚・(ノД`)・゚・

59 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 15:11:39 ID:8hq//MGr
そう否定は市内で下さい。希望を持つことは、タナトには必要な事。

60 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 15:13:51 ID:8hq//MGr
↑市内× しない○

61 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 16:48:10 ID:pFQYNBG5
>>57
同感。だからこそタナトだと思うんだけど。
自分たちの世代が永遠に生きられるはずないじゃない。
一、死は必ずある
一、死後は無
一、生を全て失う
これが私の恐れる理由。
今、この掲示板を見てるあなた、あなたもいつか来るのよ。もちろん私も。
でも私はあきらめたくない。あきらめちゃったら本当に私の命に意味はなくなっちゃう。
自分の人生を意味のあるものにはしておきたい。そういう意味での希望は
私も必要だと思うけど。
でもさらに言うと、意味のあるものにしたとしても、どうせいつか死んじゃうからそれも
消えちゃうってことだから、、どうなのかなとも思う。
自分で矛盾しまくりなのも分かるんだけど。

62 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 18:44:39 ID:riOhqmko
てかさ、今日、学校行くために早く起きたの。
けど、メッチャ眠いね。
眠くて眠くて。
今なら、このまま死んでもいいかなって思えた。
要するに、死ぬ前は早く死んで気持ちよくなりたいって思えるんじゃない?


63 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 22:59:42 ID:62KlBWSk
誰かリアルで人類補完計画発動してくれないかなぁ
ああいうまさに甘き死なら何も怖いことなんてないや

64 :優しい名無しさん:2006/01/11(水) 23:09:36 ID:i5r3woWd
死にたいってのと死にたくないってのが交互に来る。
死にたくない時は本気で発狂しそうなほど怖いけど、それを過ぎると自分なんて生きてても…となる。

いっそ気が狂った方が楽かもしれない。

65 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 01:13:17 ID:D86ZvjHW
俺も中学んときちょっとあったな・・・今はとりあえず、考えても仕方ないって思ってるけど
死ぬことを考えながら生きていくなんてなんか嫌じゃん

ところでセックスってなんか関係あるわけ?

66 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:01:41 ID:MiEjgi//
タナトフォビアって今初めて知った…。









国家試験を来月に控えた医学部6年生なのに…。

67 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:07:14 ID:MiEjgi//
しかも俺の持ってるショボイ精神科の教科書には載ってなかった…。
恐怖症性不安障害あるいは強迫性障害の一亜形かな?

68 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:10:32 ID:uIJTLAfY
専門家のあんたから見て、ここの書き込みどう思う?

69 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:16:32 ID:v1NFd9+C
いっそ狂って・・・・なんて私は思わない。
死を身近に感じ、今ある時間をどれだけ有意義に使うかを考えて生きるべきだ。
誰にでも訪れる「死」を、誰しもが気づいて生きていけるわけではない。
「人」という生き物の中で、「タナト」となった私達だけがそれに気づき生きていけるのだ。
別に言いかえれば、私達は気づけた人間、「生きる」という事を考えて生きられる選ばれた人間。
何も考えず生きてる人間とは、格が違うんだ。人生の重みを知って生きていけるんだ。

もっとお前ら自信を持て!
お前らはそこら辺の奴らとは違うんだよ!
時間を取り戻せないと知っているから、一分一秒を大事に生きられる特別な人間なんだよ!私もお前らも。

70 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:34:35 ID:MiEjgi//
あまり読み込んでいないので申し訳ないですが…。

恐怖症性不安障害であれば、単にその対象が「死」であるだけで、
先端恐怖症や閉所恐怖症、高所恐怖症などと変わらないでしょうね。
ただ対象が物理的なモノではなく概念的なモノだから、
いろんな哲学的思考や宗教的思考と絡んできてしまうのでしょう。
また、物理的ではない為に、意識して避けることができない
(他の恐怖症は尖った物や密閉されたところ、高いところを避ければ発作はおきない)
のが辛いところですね。

もし本当に日常生活・社会生活に支障を来たすほどに、発作的な恐怖が襲ってくるのでしたら、
精神科で抗不安薬や抗うつ薬など、恐怖症性不安障害用のマイナートランキライザーを処方してもらって、
飲むのがよいかと思います。
認知行動療法や森田療法などの非薬物的治療が、タナトフォビアに有効かどうかは分かりませんが、
臨床心理士などの精神療法を受けてみるのもいいかもしれません。

精神科は特別で、「キチガイ」が行くところだという認識がまだ少なからずありますが、
実際の外来患者は見ても話しても普通の人で、たまたま睡眠障害や抑鬱気分がコントロールできないという人が多いです
(入院患者はどうしても統合失調症の方が多くなりますけどね)。
あまり偏見を持たず、苦しみ続けるくらいなら行きやすいメンタルクリニックなどでも結構ですから、
行ってみた方がいいかもしれません。

ちなみにテンプレの「心療内科」ですが、心療内科は純粋な精神・神経疾患の治療を行う場ではなく、
ストレスなどの心的要因によって胃潰瘍などの身体的疾患に罹った場合に、
原因である心的要因も含めて、身体的疾患を治療する場です。
純粋な神経症はやはり専門家の精神科の方がいいと思いますよ。

71 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:38:10 ID:MiEjgi//
蛇足ですが、精神神経疾患の特徴として、いくら論理的に正しい説明を受けても、
納得や改善が見られることはない、というものがあります。叱咤激励はもってのほかです。

苦しみをお互い分かち合う場として、お互いどう考えているかを話し合うのは、
治療的側面からも有効ですが、断定的に「こうしろ」と言うのは辞めた方がいいと思います。

72 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 02:57:11 ID:v1NFd9+C
うわー・・・なんかかっけぇなー。
昔、臨床心理士になりたかったんだよね・・・友人、先生、親、全てに反対されて諦めたけどorz。

なんかアレだな、
こう専門の人の書き込み見るとなんか変に納得するっつーかドキドキするww

73 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 03:03:45 ID:uIJTLAfY
わざわざorz
前スレからここの住人が聞きたがっていた事だ。参考になると思われ。
俺もなぁ・・自分では処方してもらう程異常じゃないと考えてるからなぁ。
>>69 禿同。むしろ死を意識しない人が異常じゃないかと思うくらいだ。
そうだな。避けられない、というのは問題だよな。

ところで、ターミナルケアというものは具体的に何をする?何を話す?
死が避けられないと認知している俺たちは同じ条件だと思うんだが。
これも暇なとき聞かせてください。

74 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 03:20:40 ID:v1NFd9+C
>>73
おー、同意見の奴いるとなんか安心するな・・・内容が内容だしw
ターミナルケアの内容は私も気になる。

昔一度だけ心療内科に行った事があるんだが、色々先生と喋った結論は
「アナタは自分の意見をきっちり持っていらっしゃる。大丈夫ですよ。」だった。いや、確かに自分に薬は不必要だけどさぁ・・・。
なんか・・・自分でも何を求めて心療内科に行ったかしっくりはわかんないんだけどさ、なんか物足りなくて・・・。
でも金はしっかり取られるわけだから勿体無くてそれっきり。
自分の中では「なんでも喋れる一回きりのお友達を金が買った。」と思うことにした。
今ではそれもまた良い経験になったと思ってる。

ところで、今猛烈に眠いんだが寝るのが怖い。
何故かというと>>47さんと同じ。寝てる間に何起こるかわかんない・・
意識を失う=死んでる という風に思っている私は寝るのが怖い。
しかも電気消してベットに一人になるとまるで当然のように死について考えてしまう。
やだ・・・一人は怖い・・・。

つーことで今夜も日の出を見る宿命か、私。

75 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 03:23:57 ID:MiEjgi//
ターミナルケアの精神的な側面ですか?身体的な側面は苦痛の除去が最優先ですね。
いわゆる死の五段階…否認・怒り・取引・抑鬱・受容の過程を支えるメンタルケア
(死の五段階/キュブラー・ロスで検索してみてください…あちこちにあると思います)
が精神的側面でしょうが、基本的姿勢が「共感と支持」である、というくらいしか説明できません…。
精神的対応は、患者の人間性によって変わって来ますので…もちろんやるべきこととやってはいけないことはありますけどね。

でも俺自身まだ医者ではないので、所詮は教科書的な知識に過ぎません。
直接的なお力にはなれないと思います。

76 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 05:25:20 ID:Fq4TvZKU
タナトについて書いてある、医学書や著書ってありますか?良かったら、作者とタイトルを教えて下さい

77 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 05:26:07 ID:2V180YuD
あんまり重度ではないんだろうけど、たまに一人のときに死後は消えてしまうんだと思いついてはブルッとくる。
死後は魂が残るなんていうけど、仮に魂が残ったとしても、その魂もいつかはなくなるんだろうなぁと考えては落ち込む。

結局、死んでもまぁあの世とか霊とか、あったらいいよなぁと思うことで落ち着いてるけどさ。
こういうのはみんな考えないようにしてるから社会でうまくやってけるんだろうな。
いつも考えてたら意欲とか湧かないって。

78 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 05:48:04 ID:D7/rcXHk
どうせ死ぬなら生きることに飽きてから死にたい。まだ飽きてないんで死にたくはないが
ついでに人生振り返ってそこそこ良い人生だったかなぁと思えれば尚良しだ。
贅沢を言えば、輪廻転生とかもあったらいいな。今の記憶がなくなろうとも次の人生があるのならそれもいいかと思えるから

こういうの、楽観的に考えるってことなのかな?

79 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 05:58:41 ID:Fq4TvZKU
死後の世界があって、あの世で先立たれた人たちと会ったり…。その世界が存在する事を、インチキ霊能者でなく、本物の霊能者から聞いてみたい。私は霊感弱いから、何も感じない。自分でも体験してみれば、死後は恐くないと思える

80 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 06:04:07 ID:wvS8bQKs
なまじ賢い人間ほど、発作になりやすいんじゃないかな。
DQNはそんな先のことを真剣に考えないから。

まぁこの世の人間の大多数がタナトフォビアのような気が駿河。
じゃなきゃ宗教に救いを求める人間なんて、いないはず。

81 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 08:33:12 ID:WbhmsBOO
死後の世界については、宗教や怪しい霊能者の言葉しかなくて
しかも根拠なんてないし実際はただの妄想ばかりだろうし
完璧な答えが無いから辛いよね。
人間の脳についての番組見てる時にきつくなったなぁ。。。
性格も感情も記憶も全部脳が作ってくれていて、見るのも聴くのも触るのも味も全部脳が感じていて。
体が無くなったら感情も記憶も全部失って、見たり聴いたり覚えたりして足す事もできなくなるんだと考えたら
死後の世界なんてやっぱり無いんだろうなって、想像して
すごく怖くなった。

82 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 09:20:05 ID:Pv/aWo7e
俺、病院に行ったこともないし、発作が来て
恐怖で叫びたくなっても理性で抑えられる程度の軽い症状なんだけど、
この病気って発作が無くても普段の生活に悪い影響与えてるような気がする

自分があんまり活動的でなく、色々な物事に対して真剣に取り組めないのは、
「いつか死んで無に還るっていう事が、まず人生において絶対に解決できない問題で、
且つ、全ての問題の根源に位置してる」っていう原因があるからなのかもしれない
まぁ、めんどくさがり屋の単なる言い訳のようにも聞こえるんだけど

83 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 11:55:23 ID:p3Iu1DA7
言い訳の何が悪いんだにょ^^

84 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 12:41:37 ID:WlTXezq6
死後が怖いんじゃなくて自分の死に方を考えだすと怖くてたまらない
病気で死ぬとしても絶対痛くて苦しいだろうし、殺されるのも怖い
考えることの中で一番怖いのは拷問みたいにひどい痛みを与えられて死ぬこと
普通に生活していたらまずありえないだろうって思っても100%無いとは言い切れないから怖い
寝てる間に無痛で死ねたらすごい幸せだなーって毎晩のように思う
今の生活も楽しいけど、こんなに怖いことだらけなら最初から生まれてなきゃ良かったな

85 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 15:23:39 ID:Fq4TvZKU
一般の人や芸能人が、霊体験したとか言う話…。恐いけど、霊界があるのなら別の意味で安心して聞いていられる。それらの話が嘘や妄想でない事をひたすら祈る。自分が霊体験して確信できればいいのにな〜。恐くない体験で…。

86 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 18:30:55 ID:+jbdeAPZ
現実的に考えたら死後なんてありえない
性格とか感情だって、脳が出してるだけだから幽霊もありえない
体が無くなれば記憶も感情もなくなるんだから恨みだって無くなる
霊界なんてない
宗教や死後の世界なんてタナトの人間達が過去に作った事だと思う


87 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 18:38:12 ID:uIJTLAfY
キューブラー・ロスのいう心理で俺とは決定的に違う部分がある。
>>もし、死に逝く患者があなたに会いたがらなくなったら、それはあなたとの間に思い残すことがなくなった証拠で、喜ぶべきことです。
>>そうして患者は、安らかな気持ちで逝くことができます。
>>けっして幸福な状態ではないが、不幸でもない。感情はほとんど消失しているが、
>>生の放棄というものでもない。まさに勝利の段階といえる。
俺は死と死による影響を確かに意識していながらもそれを「好意を持って」受容することを望む。
それは単に俺が未だ末期の状態にないためかもしれないが、まるで絶望のまま死を受け容れようとは思わない。
死は不可避であるため残される道は受容しかない事も理解しているが
だからと言って死に急ぐというわけではない。「生き生きと」「生きていく」上で
いわゆる悟りのように「安らかに」死を受け容れた状態でありたい。それがいつ来ても良いように。

>>「共感と支持」
他人の人生に干渉しないということだろうか。自分で答えをださせるという点は好感が持てる。
これがタナトフォビアは、自我を強く持ち、感性の鋭い人間が多いと思われる理由だろう。

88 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 20:43:35 ID:qmBTNQGB
>死後の世界
どうなんでしょうね。自分は基本的には無神論者なので無いと仮定して過ごしてます・・・
(仮定してるってことは懐疑派なのかな・・)
遺伝子の本とか、ネオトニー進化論とかの本を読んでると、やっぱり人間はただの動物なんだなって思ってしまいますね・・。

89 :優しい名無しさん:2006/01/12(木) 21:16:20 ID:LFnl6lCC
>>84
最後の1行以外は同じだ。
極悪犯罪に巻き込まれたらとか確率的に少ないことまで考えてキリがない。
それと、タナトでもあり心気症でもある。
身体の症状が異常に気になる。
悪い病気で悲惨な最期になるんじゃないかって。
自分の死に方も怖いけど家族や大切な人の死に方も怖い。
もういろんなことが気になってパンクしそうだぁぁ・・


90 :優しい名無しさん:2006/01/13(金) 02:19:02 ID:w0rsdPSU
いきなり空気読まないで言うけどさ、
この場でいきなし捨てアド出してタナトの事とか話せるメル友募集ー
・・・・・・・・・とかやったらやっぱアレか・・な?


91 :優しい名無しさん:2006/01/13(金) 07:35:02 ID:Znd+Qz8u
>>90
私はありだと思う・・・。メールで個人的に話し合いたいって人もいるからね。
現実ではタナトの人とは知り合えないし。タナトの知り合いなんて探しようが無いし。
ただ、一人が晒すとみんながアド晒しはじめて出会い系みたいになって荒れたスレも
過去にあったから、そこが微妙。

92 :優しい名無しさん:2006/01/13(金) 17:08:16 ID:8izELMu0
このスレだけでもなんぼか落ち着くよ

93 :優しい名無しさん:2006/01/13(金) 23:57:20 ID:knh3bsdu
>■タナトのタイプ
>・死後の無(自己、意識の喪失)が怖い

俺コレだ
死んだ後は完全な無で、それが永遠に続くと思うと吐きそう・・・・
痛みとかは怖くない、存在が消滅するのが怖い・・・

94 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 01:07:51 ID:AZxwWw0j
私もです…
死んだらもちろん永遠に無ですよね
永遠に…
永遠に無って凄く怖いです
何のために生きてるんでしょう;

95 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 01:11:49 ID:14s9EDwi
>>90
自分もアリだと思うよ。

96 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 04:48:47 ID:cz84QTI+
お前らそんな事ばっかり考えてっと死神がよってくるぞー

97 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 11:23:29 ID:JItSAysB
>>91 >>95
アリ。ですか。意見ありがとうございます。
私が一番不安なのは荒れることですかね・・・。
せっかく何事も無くこうやって同じ気持ちの人達が自分の意見を述べられる場所が、
私の行動で崩れたら・・と思うと・・。

でも募集したかった。
ので、もうちょっと良い案が無いか考えてみます。


98 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 12:18:35 ID:RqxwULRA
私も同様の症状で夜は眠れず、風呂に入れば吐くこともあったが
最近は症状のひどさが半端じゃなくて朝でも昼でも考えてしまう。

理系の人間だからか、少し極端な発想をしがちで
仮に幾らでも生存する事が出来るとしても
現在生きているならば、いずれは死ななくてはならないとか
物事に誕生と終焉があるなら、いずれ宇宙も終焉するだろうし
仮に今私が死んで、分子レベルに分解され、何かをまた構成することがあっても
最終的には宇宙の終焉と共に極限に圧縮されてしまうのだろう
そしてその宇宙より大きな何かもまたあるのだろう、とか

いつもそんな結論に陥っては吐く

99 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 12:57:44 ID:NGFdSKkD
どこかにチャットを開いてみては?
週一くらいで時間決めてさ。
ほんとはカウンセラも参加してもらえれば良いんだろうけど。

100 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 17:06:48 ID:YFMqsRgH
>>93
漏れもそれ。

101 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 18:17:49 ID:1KrFsT4v
時間は決して止まりません。
僕達は片道キップの列車に乗車しているんです。
必ず「無」という終着駅に着く。
いや、駅などなくブラックホールだ。

自動車で事故ってもアウト。
電車が脱線してもアウト。
飛行機が墜落してもアウト。
大地震がきてもアウト。
病気になってもアウト。
ドア開けたら変質者に刺されてもアウト。
突然心臓が止まってもアウト。
敵国が血迷ってミサイル撃ってきてもアウト。
新種の伝染病ができてもアウト。
地球の爆発もアウト。
宇宙の突然の消滅もアウト。

何これ?

102 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 18:54:37 ID:JItSAysB
>>101見て思ったんだけどさ、
ほんと、こうやって自分達が生きてるのって、ある種ラッキー・・・強運者なんだよな。
今こうやって書き込みしてんのも、結構凄いことで。

駅とか行くと、「あぁー今このゴチャゴチャした人達も100年後は全員絶対居ないのかー。すげぇな!」
とか思う。


103 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 19:57:26 ID:1KrFsT4v
そして無数のアウトを潜り抜けた猛者も結局は寿命でアウト。
しかもこれだけは潜り抜ける術が無い。
世界の支配者になろうと逃れるる事ができない。
医学の進歩がどんなに進もうと死から逃れる術はない。
僕達は必ず死んでしまう。

食うか食わざるか、殺すか殺されるかの状況下なら人は死の事を
ゆっくり考える暇も無く死んでいくだろう。
しかし幸か不幸か僕達には考える時間と猶予が結構ある。
そしてここ100年ぐらいの文明の進歩のスピードは凄まじい。
パソコン、携帯電話、ちょっと前なら当たり前じゃなかった。

100年後、世界がある程度平和なら楽しい世の中になってるかも。
しかし僕達はいない。
「無」になっているだろう。

104 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 21:36:14 ID:L+IfpLOA
俺去年の夏頃、正にここのみんなと同じようなタナトフォビアになって、
毎日発作に苦しんでたんだけど、今はあんまり感じなくなった。
まあ、いつか死ぬのはしょうがないんじゃん、って思えるようになった。

それでも夜中ふと目が覚めた時とかは、やっぱり発作が起こったりする。

105 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 23:32:07 ID:VPvXCxh4
>>90さん達、メール交換の件を提案です。www.himasiteru.jp/ このサイトは無料で登録できて、サイトを通して携帯にメールが直に来るシステムです。ここで『悩み』のジャンルがあります。ここを利用してみては?

106 :優しい名無しさん:2006/01/14(土) 23:34:34 ID:VPvXCxh4
>>105連書きします。ここで、プロフなどに『タナト』といれれば私達とわかるかも。私は暇な時に利用してますよ。

107 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 09:38:49 ID:YYWdFHX+
育てた子供が成人した後は、
自分の血を未来に繋いだ達成感から、
死に対する恐怖は激減する。

108 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 11:42:12 ID:FUVQATDV
発作…まではないけど、恐怖はいつでも付きまとってるなぁ。

>>101
そのうち、回避できるものはできるだけ回避しようとしたら、
どんどん引きこもり体質が加速してきt 。 orz
外に出たら車に引かれんじゃね?電車乗ったら危険なんじゃね?
とかつねにそんな思考だから困る。
2.3年だけでも生命の保証をしてくれたらすごい前向きに生きられそうな気がするが、
そんな気がするだけで実際何も出来ないで終わるのかな。とか
そんなことをだらだらと考えてしまうよ。

ここの人っで椎名林檎好きな人いる?
「明日くたばるかもしれない だから今すぐ振り絞る」とか
「いくつになれば寂しさや恐怖は消えうる? 子供を持てばやがて苦痛も失せるのか?」とか
怖いよ。ジワジワくるよ。

別に寿命で死ぬのはそんなに怖くないな。80とか100じゃ実感持てないってのもあるけど。
何かに本気で打ち込んでるとき横から生命掻っ攫われるような死に方が一番嫌だ。てか怖いんだ。

すれ違い含む長文ですまん。

109 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 12:06:03 ID:cT2EZecF
あと親が死ぬと、恐怖感が減るらしいね。

110 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 14:12:11 ID:YYWdFHX+
どうせ死ぬなら、スパッっと一瞬で断ち切って欲しい。
ジワジワ蝕まれて命が消えていくのは嫌だ。

111 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 18:11:22 ID:s0GyYGgs
たしかに。今俺歯が死にそうに痛いから余計にそう思う。

112 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 21:00:09 ID:JBZuEpCM
>>105さんありがとう。早速行ってみました。
なんか発作とか書いてる人いたんだけど・・ココの人かな?
とりあえず明日くらいにでも投稿してみようかなぁーと思います。
見つけた人、よろしくww

>>108
椎名林檎(東京事変)超大好き。よく聴いています。
「いくつになれば寂しさや恐怖は消えうる? 子供を持てばやがて苦痛も失せるのか?」
はタナトになる前から好きなフレーズ。タナトとなった今では自分の中で名言になってますw
なんか自分の気持ちを適切に言葉にしてくれてるから。
でも何故だろう、聴いてて怖いとは思った事なかったなぁ。

椎名じゃないけど、パッと聴いてタナトを連想させた歌詞は
「悔みたくないよ生まれたこと」「人一人の思いを僕らはどこまで残せるだろうか」
「まわるまわるまわるこの愛も命も」かな。知ってる人絶対居るよねー?w

昔は眠ってる間に死にたいと思ってた。
でも今は、どうせ死ぬなら「死」を実感して死にたいと思う。
「あぁ、私の人生は今終わるんだ」って。
きっとすごくすごく怖いだろうけど・・・・。







113 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 22:33:02 ID:CENEm1HY
>>107
そうだろうね。
育てた子供が独身で血を繋がないことが決定している
うちの親は再び恐怖感が増しているのだろうか。
怖くてそんなこと聞けないけど。

114 :優しい名無しさん:2006/01/15(日) 23:53:05 ID:xc/bRUxB
俺はそんなことはないと思うが。
子供を育ててもそいつは俺自身ではないし、肝心の無になる恐怖は打ち消せない。
その子供がまた子供を産んでも、俺が引き継がれ永遠に生きられるわけではない。
またそれが本当なら、人間はやはりただの頭のふくれたサルだったことになる。
種の保存。それが目的なら俺たちに生きる意味はない。本能に操られた生物。
それに子供をつくるということはその子供に命を与えるということ。
つまり死をも与えるということになる。俺には耐えられない。
こんなにも苦しい思いを味わって欲しいと思わない。
人間は心、特に個性を持っていることに意味があると思う。
個人の望む唯一の目的を全うしたとき、人生に満足し死にきれると信じている。
種の保存など虫ケラでさえできる。

115 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 00:06:37 ID:YYWdFHX+
種の保存という意味では、虫も人間も根本的な意味は同じ。
種を保存出来ない個体は遺伝子は淘汰され未来には続かない。

唯一の目的が一生変わらないことを望む。
老いてからの目標変更は非常に困難であろうから。

116 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 00:23:26 ID:c1k1oCYs
何にせよ、俺達の死は回避できない。
10兆円稼ごうが死んでしまう。
全人類が死を迎える。
織田信長もとっくに死んだ。

何これ?

117 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 03:17:18 ID:cG5bECLe
要するに、何かを死後に遺せたと思えば遺せなかったと思うよりは救われた気がするのかな
自分にはわからんけど、まだ何も遺せるものもないし

118 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 04:18:03 ID:cpMydwzh
>>112さん、>>105です。さっそく行ったんですね。発作…とレスしてた人は、前からよくいる人で、別の精神的な病の人みたいです。私は最近、見てるだけでレスはしてません。あのサイトならアドも知られる事なくメール交換できるから安心ですね。

119 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 18:18:28 ID:y+eJAnZV
タナトフォビアではないから気持ちは分からないけど、
死後に何かを遺したいという気持ちがあるのならそれは共感できる。
死後に何か遺したいし、遺せないような(自分が死んだらなくなってしまうような)ものには興味がない。
名誉・地位・金・名声・恋人・家族・友達…そんなもの全て自分が死んだら何の価値もないし、
生きているから有った方がいいってだけのもの。そんなもののために苦労して生きるのは自己矛盾してる。
そんなもののために苦労して生きるくらいなら死んだ方がいいってのが持論。

だから遺せる何かのために、この世に生きたことに意味を持たせるために生きる。

120 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 18:21:26 ID:y+eJAnZV
そういう持論を持ってる俺だからの質問なんだけど(きついかも知れない…ごめん)、

↑のように何かを遺そうと必死に生きてる訳でもないのに、
何も遺せないことに恐怖を抱くのって、何か矛盾してない?
つまり、努力してないなら当然の結果なんだから努力するのが正しいんじゃないの?

あ、もちろん後世に何かを遺せないことに恐怖を抱いているんじゃなくて、
単に死を恐れてる人達は別ね。

121 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 21:02:47 ID:cpMydwzh
>>120同感。私の場合は何かを遺すとかでなく、死に対しての恐怖が発作となってあらわれる。動悸や吐き気など…。何か遺したいとか私は関係ない。タナトの意味は、死恐怖症でしょ?死後を考える事だけじゃないような…?精神的な病だと思う。私は心療内科に通ってます…

122 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 21:10:22 ID:cpMydwzh
>>121です。連書き失礼します。↑は、あくまで私の場合なので…。単純に自分の存在が消えてしまう事が恐いのです。ゾッとする。人それぞれですよね。

123 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 21:39:30 ID:pH4VkYmd
なんていうか、そんな高尚なもんじゃないんだよ。
ただ怖い。そんだけ。

124 :優しい名無しさん:2006/01/16(月) 22:51:18 ID:tLU+1lg+
若い頃は自分や家族の死を恐れているだけだったけど
三十路を過ぎた頃から後世に何かを遺せない恐怖が加わったってかんじ。

125 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 06:10:11 ID:7m/nM+vj
>>112さん、先日のサイトには登録しましたか?掲示板へのカキコはしました?もし、した時は教えて下さいね。『悩み』の所。捜し出しますよ。女性の方だったら話しやすいな

126 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 09:55:53 ID:Gjrh/MLJ

               _ヽィつ     _ r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
  存在が         \   .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
 キモ!!!         /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
               __l>ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :

127 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 17:56:48 ID:BIIiZ96R
死ぬのは怖い
怖いと思っている自分がいる
でも、この自分だって絶対じゃない
いつかは変わるハズだ、永遠なモノなんてこの世には無いんだから
でも、100年ぐらいじゃ足りないかもしれない
死ぬその時までに、怖く無くなってたらいいなぁ・・・

128 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 20:58:08 ID:Ny2RpI8B
脳を健康な体に移植できれば死なないよな?

129 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 21:09:18 ID:QJHltN83
配線の規格が合致して、尚且つ全部繋げられれば可能かも

130 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 21:14:42 ID:0UxMIs5/
脳細胞がどんどん死んでいくから_。
Alzheimer病じゃないにしろ、脳腫瘍で死ぬ。
そもそも中枢神経系は再生しないし、移植は_だね。
中枢神経系で繋がっている、五感のうち四感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚)は確実に消えるし。

そんな無駄なこと考えてないで、もっと死を見つめろ。不可避。

131 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 21:19:19 ID:QJHltN83
いっその事マモーになっちゃえば?

132 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 23:28:49 ID:C8N8ha9R
子供作れば良いじゃん
自分の分身だよ

133 :優しい名無しさん:2006/01/17(火) 23:32:02 ID:ipX7w9kt
生きる意味?そんなのどうだっていい
初めから意味を与えられて生まれてくる人間なんかいない
みんな何の意味もなく生まれて、そのほとんどがたいした意味もないまま死んでいった。死んでいく
人はみんな死ぬ
どんな人間だって100年もたてばみんな土に還って消えていく
悲しいけどそれはどんなにがんばっても変えられないこと、仕方のないこと
だから、負けない
それが仕方のないことだというのなら、わたしは、そんなものに負けてなんかやらない

134 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 00:19:00 ID:ImWoV+DL
宮崎勤の死刑が確定

【絞首刑 】
昔のように13階段を上らせるものではない。仏壇におまいりさせたあと
「好きなだけ食べなさい」とお供え物の和菓子をすすめるが
この時点でほとんどの死刑囚はガクブルで喉を通らない。
隣の部屋に目隠しをさせて連れて行く。
部屋の中央には縄の輪が下がっておりそこに死刑囚の首をかけ
両手両足を縄でしばる。

「お別れの時間がきたようです」

と最期の言葉。その後5人の刑執行人がボタンをいっせいに押し
死刑囚の足元の床が開き下方に落ちて宙吊りになる。
首に縄をかけ両手足縛りつけ床が抜けるまで10秒とかからない。
その後頃合を見計らって胸に聴診器を当て心音が止まっていたら刑執行終了。
遺体は遺族に引き渡されるが遺族の居ないものは拘置所内で荼毘に付され
無縁仏として所内の墓に埋められる。



135 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 02:53:04 ID:h0PrNhwU
>>134何でそうゆう事を無神経に書く?ここはタナトの集まりだぞ!これみて気分悪くなる人だっているかもしれないし、自分も発作が起こりそうになった!スルーしたくても自然に目に入ってくるんだよ!ちと考えろ!

136 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 12:32:18 ID:y+DVoKds
(´    ・∀・    `)ミカーン

137 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 15:54:04 ID:9Vy82ejj
昼、かつ知り合いがいればあんな文見てもあまり発作は起きないな…
夜一人で見た場合の行動は保障できないがな

138 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 16:27:33 ID:oRxmJCe2
サルトルの壁っていう小説が物凄く怖かった(´・ω・`)
自分があんな状況になったら死ねる。死にたくないが。

139 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 22:02:52 ID:cQDUFRcJ
こういう関係の本(死刑ね)読んだからある程度は平気
でも執行直前に供物があるってところがたまらなく嫌だ…

140 :吉田兼好:2006/01/18(水) 22:49:41 ID:V3z0PyDL
人、死を憎まば、生を愛すべし
(中略)
人皆生を楽しまざるは、死を恐れざる故なり。
死を恐れざるにはあらず、死の近き事を忘るるなり

141 :優しい名無しさん:2006/01/18(水) 22:53:45 ID:zu6i6mj/
>>125
あ、投稿しましたよ。
「恋人と別れて死にたい」という人からは多数メールいただきました。・・アレ?
多分私は貴女と同性ですよ。

>>131
一時期本当になりたいと思った。
でもクローン人間は自分と同じ意志だけど別の脳の生き物だから魂(?)が乗り移らない限り死ぬのはやっぱ怖くないか?
・・・・としかしそれ以前に魂なんて無いと思うけど。

142 :優しい名無しさん:2006/01/19(木) 00:53:06 ID:qSB1rHzd
心気症=病気にかかっているのではないかと異常に気になる
の人いますか?
自分はコレなんだけど、何か悪い病気にかかっているかも→タナトで
もうなんだかノイローゼ気味…

143 :優しい名無しさん:2006/01/19(木) 03:34:27 ID:G74TBlNw
そういえば、話それるけどアメリカだかどっかに自分を冷凍保存してもらって未来で解凍してもらうってビジネスがあったなぁ・・・

144 :優しい名無しさん:2006/01/19(木) 03:59:00 ID:kVGGf+r1
↑私も知ってる。死後すぐに冷凍保存して、未来に蘇生技術ができたら生き返れる。でも高額…。契約してる人は、腕にブレスみたいのしてるんだよね?死んだら運んでもらう場所。

145 :優しい名無しさん:2006/01/20(金) 17:15:42 ID:/VMlLbog
ホリエモンも人生終了かな

146 :優しい名無しさん:2006/01/21(土) 15:56:25 ID:hGZ81b4p
小さい頃思い出して
あの頃からもう時間がすぎていて
生きていられる期間が減ったと考えていたら
怖くなってきた
今も削られてるんだって思うと怖い
どうしよう
怖いよ

147 :優しい名無しさん:2006/01/21(土) 15:58:37 ID:hGZ81b4p
死んだらどうなっちゃうんだろう

148 :優しい名無しさん:2006/01/21(土) 20:27:46 ID:DdqX3hKk
「無」になります。
永遠に目覚めません。
でも安心してください。人類もいつか消えますから。
宇宙もいずれ消滅。

ところで冷凍保存で蘇生を待つって「輪廻」を否定することにも
つながらないだろうか。仮に数百年後に死者が蘇る技術が
あるとしたら、その身体の持ち主が輪廻してたら人格が2つになる???
早い話が「蘇生」も「輪廻」もない、って結論になるのだろうが・・・

149 :優しい名無しさん:2006/01/21(土) 23:18:04 ID:8PSUfsEQ
冷凍保存して賦活しても、結局は死ぬのにな。
それもきっと、普通に死ぬより寂しい死に方で。

150 :優しい名無しさん:2006/01/21(土) 23:21:22 ID:KrTsYJSj
SFでさんざっぱら論じられてるテーマだな


最近、就職がさっぱり決まらなくて
寿命まで生きられるかどうかも怪しい状況になってきたら
あまり発作とかでなくなったよ。いいのか悪いのか

151 :優しい名無しさん:2006/01/22(日) 04:50:29 ID:namjGO49
今大学3年だけど、就活で自己分析してると発作クル・・・・・OTL

152 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 02:48:24 ID:891O0DAY
わかる。俺も今テスト期間で寝なきゃいけないのに二年ぶりくらいにきたよ。
なぁ…無になるってみんな言うけど、無って確認しようもないしされてるわけもないよな。あの世ってのもそうだよな。無って言うのも存在しちまった以上不自然にも感じるんだ。アイデンティティを持ってしまったからこそ、無を信じたくないからこそこんな希望も持ちたい。

153 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 03:19:39 ID:SWMcnctj
>>152
それ私もある
私が生まれたとき私は生まれた実感を持てるはずもなく
私はいつの間にか生きていて気づいたら私が在った
だから私の誕生から死へのプロセスは 無→生→死 ではなく
「いつの間にかあった」生→死 と一方通行でとても納得できない
私は私自身でありたいと強く願う
でも私にも選択できないものがある
おかしいな
私は笑うために生きてきたはずなのに

154 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 03:30:30 ID:891O0DAY
>>153
いや、笑って生きて行こう。死を考えてもつまらないよと矛盾した事を言ってみる。笑
>>153は死後をどう思う?

155 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 03:51:58 ID:SWMcnctj
ないと思う
だから本当に今だけ
一瞬で消えるために降る儚い雪
儚いとエンタテインメントされた雪
みんなあたりまえに生きてるけど全然あたりまえじゃないのにね

156 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 04:38:08 ID:891O0DAY
詩人だね!俺も同じような考えだよ。でも死後の世界を否定も出来ない。あの世を証明は出来ない。だが無も人間が考えやすいように考えだした想像に過ぎない。同じ土俵とも考えられるよね。何か要点まとまってない文章になっちゃったけど。笑
とりあえず笑って生きて行こうよ。死を恐怖する一生なんてそれもくだらない。

157 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 04:39:02 ID:891O0DAY
俺もこのスレ来てる以上矛盾してるけどさ。笑

158 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 12:36:01 ID:tWIECuje
世界-内-存在
Sein und Zeit

見た世界が全てである
Philosophie der Freiheit

159 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 14:10:18 ID:891O0DAY
正に、我思う故に我あり。だね。自我ってものは記憶の重なり。記憶があるから自分を認識出来る。昨日の自分、一年前の自分。だからこそ、わかっているからこそ死が恐ろしい。
でもそのことばかり考えて楽しくない人生ならばなんのために生きてるのかそれこそわからない。

160 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 17:22:34 ID:YVWUqOz2
ホリエモンも人生アウト。
時間は元に戻せない

161 :優しい名無しさん:2006/01/23(月) 18:24:00 ID:891O0DAY
>>160
ホリエモンを妬んでた気持ちが手に取るようにわかるよ

162 :優しい名無しさん:2006/01/25(水) 02:42:19 ID:iRFwS0oS
セントジョーンズワート飲み始めてから長いこと遠ざかってた
本格的な発作に数ヶ月ぶりに襲われた


原因はとあるゲームで
登場人物が年取って死ぬところの描写で
これから行くところはどうたらこうたら〜とかいう記述

まさか薬が効いてるのに文章程度にこんな心揺さぶられるとは

163 :優しい名無しさん:2006/01/25(水) 23:12:09 ID:p3quSPTB
死・・・死・・・死ぬ・・・・
俺達はいつか「必ず」死ぬ・・・
死、死、死の恐怖・・・
恐怖を抱えたまま人は死ななければいけない・・・
例外は・・・ない

164 :優しい名無しさん:2006/01/26(木) 12:21:49 ID:1LT+CD71
>>163
何でそうゆう事を無神経に書く?ここはタナトの集まりだぞ!これみて気分悪くなる人だっているかもしれないし、自分も発作が起こりそうになった!スルーしたくても自然に目に入ってくるんだよ!ちと考えろ!


165 :優しい名無しさん:2006/01/26(木) 22:40:45 ID:nAtYtnWt
みんないつか必ず死んじゃうんだね。
いつかっていうより明日に大地震で死ぬかもしれない。
人類が滅びたら輪廻も無いんだね。
絶望だね

166 :優しい名無しさん:2006/01/27(金) 02:35:39 ID:7SuCVZDV
人類が永遠なら輪廻もあるんだ?

167 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 02:20:39 ID:AyDRR74I
私の友達は幽霊?とか、たまにフラッシュバックで前世とかの記憶みたいなのが出るらしい。
んで、オーラの泉を良く観てるらいし。
その子と行動を共にしてる私は良くそういう話を聞かされるんだけど・・・
でも私はそういうのは脳が作り出したなんたらかんたらで〜という感じで基本的に信じない。
人に魂なんて無く、脳が死んだら全部終り。恐怖も感じされない、さらにその事も考えられない。
つー感じで・・・タナト。
でもその子の話聞いてると、幽霊いるかも・・・とかちょっと思っちゃう。
んで「そんなはずないか。」って発作。

あァもう、普段一緒にいる友達は選んだ方がいいですね・・・orz




168 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 03:08:49 ID:xcvXBjK7
たとえば、魂のようなものがあったとして、死後に何か苦痛を強いられる(地獄)とか、
自分の意思に反して他人を傷つけざるを得なくなる(地縛霊)とか意思にとおりに行動できないとしても、
消え去るよりはマシと感じるんでしょうか?

タナトの逆、生きていることが苦痛で仕方ない、死んですべて消え去りたい、
でも死んだとしても、数十年間現実に存在したという事実自体や、
人々の記憶から消し去ることは出来ないことが苦痛で仕方ないという感覚は理解できますか?

歴史に名を残すようなことをすれば、永遠に人々の記憶から消えることは出来なくなりますが、
それでもタナトフォビア発作とは無関係でしょうか?

169 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 11:11:45 ID:Sa9kac8t
歴史など無意味です。
人類が滅んで歴史は無になります。
永遠などないのです。
これが真理です

170 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 16:01:31 ID:nXeIOVDW
死んで、今ここにある「自分」という意識(自我?)が無くなるのが怖い。
どうしようもなく嫌。
死んだ後も、意識だけは存在するというなら落ち着くんだけれど。
30代後半になって、病気や死が、まるっきり人事ではなくなってきてから特にそう。

オーラの泉とか江原さんの特番とか見ていると、意識は残るのかな?って気分になれる
けど、本当のところはどうなんだろう。誰か教えてーーー!
怖いのよ〜毎晩、毎日!

171 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 16:47:12 ID:YKeCJ1Xd
オーラの泉・・・放送作家が高須光聖だからなあ・・・

172 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 16:52:10 ID:nXeIOVDW
高須光聖だとダメなんですか?インチキとか?

173 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 17:32:08 ID:YKeCJ1Xd
いや、ヤラセで有名だからさ。
あ、オーラの泉がヤラセだと断言するわけではないよ(・ω・)
気悪くしたらスマソ

174 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 18:36:17 ID:nXeIOVDW
いやいや、レスくれてありがとう。
なるほどね。

175 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 19:56:14 ID:+BAiW44c
幽霊だって永劫不滅ってワケじゃあるまいよ

・・・結局、諦めるか受け入れるしかないんだろうな。

176 :優しい名無しさん:2006/01/28(土) 23:06:43 ID:Sa9kac8t
無だ。
結局は全て無になる

177 :優しい名無しさん:2006/01/29(日) 02:24:03 ID:8Adz7H49
前から思ってたんだけど「無」ってどうなのよ?
宇宙は「無」から始まって「無」に還るとか言うけど
「無」からいきなり何かが出現するなんて、ありえない
この先どんなに科学とかが発展しても説明できないだろ
でも、「無」じゃなくて何かがあった所から始まった世界だとしても
その「何か」の前は?って話になるだろうし
両方の問題に対して仮説すら立てられない

どちらにせよ人間には知覚出来るような仕組みではないんだろうな
でも実際に今こうしているってことは、何か答えはあるんだと思う
死んだら解るようになる、とか希望を持ってみるテスツ

178 :優しい名無しさん:2006/01/29(日) 03:18:33 ID:zakR8ttq
>>177
いいこと言って下さいました。
なんか少しホッとします。そう考えるしかないですよね。
宗教、物理、哲学、いろいろ試してみたものの…
結局は。

179 :優しい名無しさん:2006/01/30(月) 00:01:13 ID:RznRgfUW
>>175
江戸時代とか戦国時代の人間の霊の話はあるけど、縄文時代の人間の霊の話
なんて聞いたことないよ。やっぱり霊にも寿命みたいのがあるんだろうね。



180 :優しい名無しさん:2006/01/30(月) 01:08:32 ID:gHnhCYwP
>>179がなぜかつぼにはまって発作が


181 :優しい名無しさん:2006/01/31(火) 10:19:14 ID:8sH0XR/4
死!死!死!死!死!



死ぬ!死ぬ!死ぬ!
「いつか絶対に」死ぬ!
死んでしまう!
無になる!

182 :ヘタレ:2006/01/31(火) 22:40:05 ID:zzTicVmQ
初回スレのスレ主でした。
もう3年も続いているんですね。
なるべく深く考えず、ヤバイと思ったらすぐ別の楽しい事を思うようにして、
まぁ、なんとかやってます。

やはり、自分の辛さ、悲しさを分かち合える人が、
こんなに大勢いるんだというだけで、
問題解決にはなりえないけど、少し気持ちが落ち着くと思うんです。

皆さんは、ご自分自身が好きで、人も好きで、とても優しい人達なんだと思います。
だから自分や自分が愛する人、自分を愛してくれる人の存在そのものが無くなってしまう事に、
耐えられないのではないでしょうか。

また、昨今、他人の生命を簡単に奪ってしまうというそんな事件が多くなりましたが、
そういう人間は、絶対に許せません。
生命というものを普段からとてもとても尊いものだと感じているからです。

このスレは、皆さんの優しさを感じます。

あまり書いているとハマリそうなので、この辺で。


183 :優しい名無しさん:2006/02/01(水) 04:02:27 ID:ktyZYYgU
無も科学的便宜のための想像に過ぎない。
1番わかりやすいようで現実にはアリエナイんだよ?
とか言ってる自分もタナトです。笑


幽霊とかってのもなんだかねぇ。
真空から有は生まれるけど無から有ってのはおかしい。あ、これは哲学も入ってるけど。
アイデンティティを持った時点でこれは永遠の課題だよね。みんなは何かきっかけがあったのかな?自分もタナトのきっかけがあったんだけども。
本気でこの苦しみわかる人って中々いないからね〜。最近は落ち着いてるんだけどさ。

184 :優しい名無しさん:2006/02/01(水) 05:57:59 ID:rMHmTUSl
寝るのが恐い…。眠剤を飲んで寝るんだけど、眠ってしまいたい自分と、眠ってしまいのが恐い自分がいる。発作もおきやすい。みなさんは、そんな事あります?対処方など?

185 :優しい名無しさん:2006/02/01(水) 08:13:57 ID:ktyZYYgU
>>184わかるわ〜
なんかそのこと考えたくなくても考えちゃって心臓バクバクいって眠れんのよね

186 :優しい名無しさん:2006/02/02(木) 00:12:52 ID:Gpt9k5g6
死恐怖症って二種類あるね
周り、世界中の誰も自分という存在を忘れてしまうことが怖いという人と
自分が消えて何も意識できなくなることが怖いという人
後者のほうは治療法がない分なおりにくいっぽいが

187 :優しい名無しさん:2006/02/02(木) 20:55:33 ID:RNKVNmcR
訪問介護やってるんだけど、
今日行った じいちゃんちで昭和40年代のアルバム写真をたくさん見せられたの。
「わー、懐かしい写真ですねえ」なんてニコニコと話を合わせて一緒に見たのだが
もうね、そこに写っているのは今はもう生きていない人たちが大半なわけ。
去年無くなった奥さんも写ってる。
その じいちゃんの娘・息子も写ってるんだけど、生まれた時からどんどん成長して
結婚して家庭を持って子供が出来て…世代交代…人間の一生が繰り返し写っているわけよ。
怖いよ(涙)その場で発作が起きたらどうしようかと思った。
この怖い気持ち、この板になら解ってくれる人が居ると思います…。

188 :連投すみません:2006/02/02(木) 21:05:46 ID:RNKVNmcR
>>186
周り、世界中の誰も自分という存在を忘れてしまうことが怖いという人と
自分が消えて何も意識できなくなることが怖いという人

私はその2種類とも当てはまるような違うような…。
とにかく上手く表現できないんだ。

宇宙や地球や自分の存在の不確かさを感じた時に、酷い発作が起きます。
発作の最中に書き込みが出来れば、もっと的確に表現できると思うんだけど
それは絶対無理。発作中はもう自分じゃない。狂人になる一歩手前。
いつもギリギリのところで正気に戻れてるんだけど、いつかはヤバイんじゃないかと思います。

189 :優しい名無しさん:2006/02/02(木) 23:22:55 ID:+ivSB3XX
>>188
俺はある日自分の部屋の整理をしてたんだ。親父の本棚から写真が落っこちてきた。
見ると親父のガキの頃の写真なんだこれが。当時カラーなんかないし茶色で
ばあさん(つまり親父のおかん)他一家10人くらいでそろって写ってるんだ。
その中で一番小さい子供・・確かに親父の影がある。まじかよ・・・。
信じられねえ。あの豪放な親父にもこんな時代が・・・。見なかったことにしとこうとしてふと気づく。
今の写真はこの本にはさまっていた。それでだよ。所々に親父の写真がはさまってるんだ。
どんどん成長していくんだこれが。もう俺泣いたよ。今親父50だぜ?あっという間かよ。
親父ももうすぐいなくなるのか。そして俺も・・・!

てことがあった。古い写真は結構来るものがあるよな。

190 :優しい名無しさん:2006/02/03(金) 01:42:26 ID:t2veB68l
近松門左衛門の時世の言葉を聞いたら具合が悪くなった

別に内容は普通なんだが

191 :優しい名無しさん:2006/02/03(金) 21:18:47 ID:03dAP5Pq
無になります

192 :優しい名無しさん:2006/02/03(金) 21:46:38 ID:rwYh12s3
死があるからこそ
生が意味を持つ
死は生の価値を照らすもの
だらだらと長く生きても仕方ない
無になったっていいじゃない
その時後悔しないように生きればさ


193 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 01:32:07 ID:4rKRzmX8
宇宙が突然なくなる
地球が突然爆発する
日本が沈没する
大地震がくる



どれだっていつ起こるか分からない。
命なんて・・・

194 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 01:47:41 ID:2VyMWxph
異常恐怖です 鉄棒する時に自覚しました 小学生
絶対自分が回る時に棒は折れる 前周りできたことありません
こんな人居ませんよ 最悪ですよ

遊園地でも確認できます 自分が乗ってるときに絶対事故すると
友達が乗ってるときアイス食べてますよ そんな人いませんよ

車でも軽トラとか前のボンネットのないのは恐怖感増大です

エレベーターも自分の時はちぎれて落ちますよ 階段ですよ 居ませんよ

マンションであろうが一戸立てであろうが耐震激弱です 常にガクブルですよ

飛行機なんてアドレナリンと乳酸出すぎで大変ですよ 船ですよ 居ませんよ

195 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 02:53:47 ID:Ic8HGMWp
実家に帰ってきたら発作が
大声出すとかではないが、布団の中でいてもたってもいられずバタバタしてる

実家に帰って母や弟の顔を見てたら、いつかはみんな死んじゃうんだなーと
無駄に考えてしまってorz
自分がいなくなるのも嫌だが、家族や友達が死ぬのも耐えられない。
このまま実家にいたい。毎日顔を見れるだけでもいいよ
死んでしまったら二度と会えないんだろうな

196 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 05:24:40 ID:jvKorBSg
嫁は某宗教に熱心
おれは適当
嫁は海の一滴たりともあの世の存在を疑っていない。
おれは死後か直前の冷凍を考えてる。
嫁はマンモスだとわらうし、絶対しないという。  

197 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 16:09:45 ID:SgDPsUe3
どうせ100%死んじゃうんだろうなあという思いと死に対する恐怖を意識するようになって
些細なことがどうでもいいと思うようになった。
会社で給料やら売り上げやら細かいことで争ってる連中を見るにつけ、そんなことで
ケンカしなくてもどうせ最後には死んじゃうのにと。みんな死にゆく仲間じゃないか、
死ぬ恐怖を考えたら本当にどうでもいいことだと思ってしまう。

この考えを持つようになってから少々の事では人に対して怒らないし、生活できる
だけ稼げればいいやと冷めているのだが、そんな考え当然回りに言えるはずもなく
上司からは「君はもっと自分の意思をはっきり言うべきだ」とか「やる気がない」と
再三言われる。
俺からするとなぜそんなに熱くなれるのか理解不能…

198 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 17:04:45 ID:bAj8LEZi
私は幼稚園の頃、よく布団の中で死ぬ瞬間を妄想しては悦楽のような
感覚を得ていた。はだしのゲンってマンガが全巻家にあって、ゲンの
弟と姉と父が原爆で家の下敷きになって炎にまかれて死ぬんだけど、
その弟や姉の立場に自分を置き換えてた。少し自分はおかしいなぁと
子供心に思ってたけど、おかげで小学生の頃母が亡くなったときも
冷静でいられた。もっとも、後で寂しくなってたくさん泣いたけど。
大人になった今は焼かれて死ぬのはイヤだなぁと思うよ。死ぬ時は
できれば畳の上でぽっくり死にたい。でも多分、死ぬ瞬間は一生で
一番気持良い感覚を体験するんだと思う。多分生まれ変わりもあるん
じゃないかな?自分は子供の頃の経験からそう感じてるんだけど。

199 :優しい名無しさん:2006/02/05(日) 18:49:41 ID:bhnVfWn2
100%人間は例外なく死にます
じゃあその限られた時間の生を
どういったものにしたいのですか

極論すれば
死に怯えて限られた時間を費やすのか
生を完全燃焼して超特急のように限られた時間を過ごすのか

ただ死を受け入れた人間ほど強いものはない
死を意識して生きることのできる人は
それだけで潜在能力は高いと思う

200 :優しい名無しさん:2006/02/06(月) 12:56:40 ID:BDu2WEBU
死にカタログって本に人はいつか死ぬことを普段は無意識に否定し忘れているとか書いてあった気がする。
確かにそのことを「思い出した」瞬間は本当にドキッとくる。

この本は死ぬ事について語る系にしては暗くも重くも無いので結構良かった。

201 :優しい名無しさん:2006/02/06(月) 14:27:28 ID:OVAJixHd
生れ変わりがあるとしたって人類は絶対に滅びるはず。
やっぱり無だ。
そしてこの問題は解決できない。

202 :優しい名無しさん:2006/02/06(月) 19:57:50 ID:+zYKptBq
人は誰でも死にます。
しかしその時が近づいてくるまで、多くの人はその事実に向き合おうとしません。
不動性、不可逆性、普遍性、絶対性。
心理学では死のイメージをこの4つにあてています。
ここには4つ全てを自覚している人もいればそうでない人もいるようですね。
一般に普遍性と絶対性は受け容れることが困難だと言われています。
タナトフォビアとはつまり死のイメージを理解しつつも受け容れられない状態だと考えられます。
これは何も他人より劣っていると言っているわけではありません。
タナトフォビアの人間は、他人より死のイメージに敏感な鋭い感性を持っているということです。
私は死に間際に死にたくないと叫き散らしながらとうとういってしまう患者を見てきました。
きっとそれまでずっと死から目をそらし続けてきた結果でしょう。
しかしどうですか。
タナトフィビアの人間はまだ死が遠いにも関わらず自身の死を強く自覚しています。
死のイメージを理解している人なら分かるでしょう。
最後。本当に最後なのです。最後こそ幸せに終わりたいと思います。
残念ながら今の日本はメディアによる影響か死に対する感覚は鈍いようです。
この世界で生きるのは苦しいですが、しかし誰よりも鮮やかに感じていることを誇りに思ってください。
怖さを知る人間は強いものです。泣きたいときには泣いてください。
泣き終わったら笑ってください。今という瞬間も最後ですから。

203 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 01:52:50 ID:hwr56gYC
生命の尊さとか優しさとかまったく!理解できない!

204 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 06:59:41 ID:FHi3yfZ6
死ぬ時に、ぁあーィィ人生だったなぁと思える様な暖かい生き方をしないとぃけなぃのカナァ。 と思うケド どーなんだろぉ

205 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 14:23:41 ID:v67zrHSB
>>202
医者の方ですか?
悪いけどそんな哲学的なものじゃないのよ
自分が消えることを想うともう発狂しそうな恐怖を感じる
人生を満足させることで死の恐怖が消えるわけじゃないのよ
例えば私が1分後に石ころになるとする
そのことにどう納得するかが問題なの
1分間にどれだけ人間らしいことをするかはどうでもいいの
だって石ころになっちゃうんだもん
あなたは石ころの感情を理解できる?w
違うよ感情がないんだよ

206 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 16:58:03 ID:M8tbh35D
いくら必死に、いくら幸せに生きても、最後死ぬんじゃ意味があるのか?って虚無感があるんだよね。
そして考えられないというアイデンティティの消滅。恐ろしい。これが1番恐い。どんなホラーも本当の話しなら逆に安心出来る。

207 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 19:38:22 ID:6vl6HPCZ
生きてる間に痴呆症とかBSEで脳がスポンジになる方がよっぽど恐ろしいよ。

208 :優しい名無しさん:2006/02/07(火) 23:56:20 ID:eQxyNcwu
意識が永遠に続いたら拷問よ。

「無」になることは不可避。
でも「無」は救いだ。
もし「無」になれず輪廻転生するなら、人類が滅ぶまで死を
何度も何度も経験する。平和な死に方をするのは稀。

幼いうちに餓死したり、内戦の激しい国で爆死したり、ゲリラに首を切られたり、
死刑囚になって死刑を執行されたり、拷問を受けたり、事故死、溺死、
列車の脱線、飛行機墜落、カミカゼ特攻隊に志願させられたり・・・etc



それでもあなたは輪廻を望みますか?

209 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 01:06:42 ID:xv/8FXjE
少なくとも俺はそれが叶うなら最高なんだが。
死ぬ時の痛みや恐怖なんてのはその一瞬で終わる。
その後の無を回避できるなら喜んで拷問を受けるぜ。
生への執着?そうですが何か?

210 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 01:22:37 ID:FZ8aGfY3
でも仮に生まれ変わったところで、今の自分ではないからね。
デヴィッド・ボウイもタナトフォビアだね。昔は飛行機乗れなかったから
初来日は船に乗って来た。彼ほど才能豊かな人間なら、今の生に執着する
気持もよくわかるよ。

211 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 05:31:31 ID:2Wi96JgT
自己意識が無に帰する恐怖 

この手の議論は永遠と(いうものがあれば)いっていいぐらい結論がでない 


212 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 09:48:31 ID:mTfRnK4c
輪廻がある、なしに限らず人類と宇宙もいつか必ず無くなると思う。
だから結局は100%無だと思う。
人類の歴史なんて宇宙からすれば本当にゴミみたいなもので
簡単にリセットできちゃうと思うとすげー。

213 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 20:31:19 ID:PFVCTn6I
>>186私は、その両方が恐いよ。
>>205あたなと全く同じ気持ちです。哲学?並べられたり、死について考えたり、私には無意味。とにかく消えてしまうと言う事が恐怖なのだから。

214 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 21:36:46 ID:mTfRnK4c
よくドキュメント番組で「天国のお母さんが見守ってる・・・・」みたいな話が
あって、いい話なんだけど、やっぱ死者にとっては自分が死んだ後の事は
全て感じれない訳で、そういう事考えると感動できない。

去年亡くなった人にとっては、皇室問題も、耐震偽装も、違法建築も
全く関係なくなったっつーか体験できない訳で、地球の歴史ももはや
どうでもいいこと。
歴史上のどんな偉人も現在の世界を体験する事ができずに無となった。

そういう意味で、俺は自分が体験できない未来に嫉妬する。
できれば人類の滅亡にいたいのかもしれない。

215 :優しい名無しさん:2006/02/08(水) 22:39:18 ID:PFVCTn6I
みなさんに聞きたいんですが、タナトの発作などの症状が辛くて、病院に行ってる方いますか?その時、医者にはどのように伝えますか?

216 :優しい名無しさん:2006/02/09(木) 00:32:06 ID:obubMODu
ボーグに同化されてぇ…

217 :優しい名無しさん:2006/02/09(木) 01:22:18 ID:NuzIkkJn
このスレ見るたびにドキドキする・・・

218 :優しい名無しさん:2006/02/09(木) 11:14:16 ID:xta4epU3
>>214
人類の滅亡に居たいって気持ちは凄く同意できる

無が嫌だって気持ちもあるけど
自分が体験できない事があるって言うのが悲しいかなぁ…


個人的には最後の人間になってもいいから、この世を見届けたいね

219 :優しい名無しさん:2006/02/10(金) 18:16:04 ID:pu3z3aO/
子供が生まれると誰もが「おめでとう」と言う。確かに子供はすごくかわいい。
しかし生まれた瞬間からその子は将来100%体験しなければいけない"死"を背負う
わけで果たしてその子にとっておめでたい事なんだろうかと考えてしまう。
そんな考えは世間一般の人から見れば頭がおかしいと思われるのだろうけど…
こんなことで将来普通に結婚や子育てができるのか不安。

220 :優しい名無しさん:2006/02/10(金) 18:44:58 ID:Yu7Zy9gk
暗くなるとなぜか自分が死ぬんじゃないかと思ってしまって発狂しそうになる。
夜が怖すぎる。暗くなるのが怖すぎる。どうしたらいいんだ。
一昨日からずっとこんな感じでなかなか眠れない。
他人に相談しても、自分のことは結局自分にしかわからないって考えが自分の中にあるから大丈夫とか言われても大丈夫だと思えない。本当にどうしたらいいのかわからない。
また夜が来る。怖い。
これはタナトフォビアってやつなんですか?

221 :優しい名無しさん:2006/02/10(金) 21:13:38 ID:DfWJiVLf
もともと人間に備わる感情は生命の危険をコントロールするためのものだからな。
暗い場所は獣がいた、高い場所は落下の危険、先の尖った物は切れる。
暗所恐怖症、高所恐怖症、先端恐怖症。
全て根源には死に対する恐怖がある。
ではなぜ死の恐怖があるのか。
死を回避しようとすることで寿命は延びることになる。
また絶滅を免れようと進化することもある。
どうもこれはこの世界の生物を発展させ続けるためのシステムのようだ。
ではなぜ・・・!

222 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 00:30:19 ID:35UjthLh
元巨人軍監督の藤田元氏の冥福を祈ります

223 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 00:31:14 ID:35UjthLh
藤田元司氏でした。
もはや何も考えられないのか・・・

224 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 02:26:48 ID:G6dWm5fg
今秋にあの世のシステムを解明する映画が公開されるらしい(東映系)
永遠の法 幸福の科学

225 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 03:37:19 ID:wFWiDQkd
これあるけど、病気に分類されるのか。。
普通皆あるのじゃないの?

226 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 22:50:05 ID:CRvboqlv
人間が死を回避して生きている以上、確かに誰にでもあるといえると思います。
でもその程度が極端になってしまうのがタナト。
けれどこの場合、極端な感覚に陥ってしまうのはきわめて正常であるといえるかもしれない。
人間の本来の姿(死に至る存在であるということ)がどうしても見えてしまうのだから。
その恐怖から目を逸らせないのだから。
その点、病気とは一線を画す心理状態でしょうね。

227 :優しい名無しさん:2006/02/11(土) 23:15:36 ID:Yva0r2qu
一度タナトの発作というものを経験してみればわかるよ。
普通でもなんでもない、あれは異常体験そのものだから。

228 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 00:43:24 ID:kdPQrd0/
1回でも死んだら終わり。

229 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 00:46:22 ID:kdPQrd0/
時間は決して元には戻せない。
1度でも死に直面したら終わり。
重い病気にかかっても駄目、交通事故に巻き込まれても駄目、
原因不明で急死しても駄目、大地震に居合せても駄目、
テロも駄目


とにかく時間は元には戻らない。
死ぬ瞬間にそれが冗談でも何でも無く、2度と元には戻れない
現実だと気が付くんだ。そしてその瞬間は全員に訪れる。。。。。


230 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 00:52:15 ID:SWWTHxqQ
わたしはときどき、何もかも嫌になって自分が自殺することを想像する。
そのことを考えると逆に怖くて怖くて苦しくなる。
こんな自分もタナトフォビアですか?

ちなみに映画「ブレードランナー」のレプリカントの気持ちがすごくわかり、
ラストのルトガー・ハウアーの台詞は涙がでます。

231 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 02:13:44 ID:Lj7wyzoQ
5HTPとSJWでおさえ続けてきたけど
最近、効きが悪くなったのか軽い発作が出るように。

232 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 03:25:28 ID:pTO+wPTa
いずれ宇宙もビッグクランチで無になるというのなら、
この世界は何のために存在するのだろうか
結局何も残らないなら、何のために生きるのだろうか
そんなことばかり考えてしまう

233 :優しい名無しさん:2006/02/12(日) 23:54:07 ID:kdPQrd0/
生に意味などないと知るがいい!

答えなど、どこにもないと泣くがいい !

234 :優しい名無しさん:2006/02/13(月) 00:03:38 ID:i5ZZUq0t
耳の穴がカユい!

235 :優しい名無しさん:2006/02/13(月) 04:43:35 ID:6K9dO5RL
タナトだったのか…!

私子供の頃から西暦何千年とかのこと考えたり、宇宙の何万光年って話聞くだけで
そのときにはもういないんだって思ったら凄く胸が苦しくなって辛いのね。
わーーって不安が襲ってきて苦しくて、考えるのやめようって切り替えてようやく治まる。
だからSF漫画も読みたくないくらい。
あれって発作ですかね??

辛くなったときに消えたいと思うことはあるけど、死んだことを考えるとやっぱ死にたくないって思う。
自分医療関係者だし、いつかは死ぬなんてことよくわかってるけど、
未来のこと考えたときにやっぱり死後が怖い。

宇宙の話だけで怖くなるのなんて私だけだと思ってたんですが…。

236 :優しい名無しさん:2006/02/13(月) 13:32:49 ID:dbuH81Ts
ホラー映画やジェットコースターなんぞに頼らなくても、
いつでもどこでも、考えるだけで恐怖を味わえるなんて、
これはもう特技と言ってもいいんじゃないかな!


OTL

237 :優しい名無しさん:2006/02/13(月) 13:46:11 ID:3JQMmArZ
ホラー映画とかジェットコースターは、終わった時の安心感を得るのが目的だろ
俺らのは解決しないんだぞ、ただ考えるのをやめるだけ
すぐそこにジェイソンがいるのに、シカトして布団かぶって寝るようなもんだ

238 :優しい名無しさん:2006/02/13(月) 16:13:48 ID:lD0IYoRz
ジェットコースターに乗ったことある?あれって実際乗ってる時間はほんの何分かでしょ?
だからってあれに乗ってる最中に、あと何分しかない、あと何秒で終わっちゃうって
そんなことばかり考えてたら、何のために乗ったかわかんないよね。
何のために生まれてきたかわかんないじゃん。
そんなヒマないよ。

239 :優しい名無しさん:2006/02/14(火) 04:20:58 ID:NF/o8Hef
私達はあと何回オリンピックを観れるでしょうかね。
4年間、無事に生きれる保障はありませんね。
死んだらオリンピック観れませんね。

240 :優しい名無しさん:2006/02/14(火) 19:20:00 ID:evexQayb
生きるのからは死ねば逃げられるけど死ぬのからは絶対絶対逃げられないからなぁ、
タナトフォビアの人って大変だなぁ。

241 :優しい名無しさん:2006/02/14(火) 21:20:24 ID:pE4pWH40
怖いよ 助けて
これって治るの?
今はまだ死には遠い年齢だからたまに発作がくるだけだけど60とか70とかなったら本当に気が狂いそう…。
どうしたらいいんだろう…

242 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 00:02:14 ID:B5laK9ze
たまたまこのスレ発見しました。
正直びっくりしました。私の他にも同じように恐怖を持つ方がいらっしゃるのですね。
夜中に飛び起きたり、電車に座っているときに脈絡無く恐怖心が襲ってきました。本当に脈絡無く叫んで周りを驚かせました。
今私が全て過去形を使っているのは、今鬱病治療で精神科に通っているからです。正直鬱や不眠で悩んでいると、この恐怖が消えるのです。皮肉だなぁと思います。
だから鬱も苦しいけど、鬱が治ったらまたあの恐怖が襲ってくるかと思うと怖いです。
カウンセラーの先生には「今は思い出すのも怖いのではなせませんが、実は今の状態が改善したら悩みがでると思います」と話しています。先生とは焦らなくてもいいから、徐々に解決しようと話しています。
しかし同じ悩みを持つ方がいるとわかり、不謹慎とは承知ですが、今孤独感から解放されています。
長文すみませんでした

243 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 00:52:17 ID:yAoQYuGi
>>242
ようこそ、お仲間。

244 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 01:32:27 ID:QQF5x6oj
結構仲間いるんだな。俺は一人で夜中に起きてるとときどき死ぬほど怖くなる
消えたらどうするって

245 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 02:21:04 ID:aergprKa
>>242かかりつけの医師が、患者は風邪を引くとメンヘルの症状が
軽くなる傾向があると言った。そっちに気力を使うからだそうだ。

246 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 03:19:20 ID:pGjlNfAh
人生まだ半分も経ってないんだから、まだ経験してないことは沢山あるし
何か新しいことをやれば、自分の何かが変わることもありうるのではないか

子供が出来ようが、歴史に名を残そうが
この恐怖は無くならないんじゃないかとも思う
でもやってみなきゃわからないことだ
今は考えずに、動くしかない・・・・
いつかは治ると思うしかない。そう信じるしかない・・・・

247 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 05:19:27 ID:aCV9gVut
時間は決して止まりません。
冗談でも何でも無く、我々は1秒ごとに死に近づいてます。
突然のガン宣告されたら「え?冗談でしょ?」と思っても冗談じゃありません。

病気にならなくても事故や災害がいつ襲ってくるか分かりません。
もしかしなくても、今日にも大地震がきて命を失う可能性もあります。
全ては運命なのです。そして我々は今も1秒ずつその日に近づいています。
「時間を止めてください」・・・・・無理なんです。死ぬのです。
答えなどどこにもない、ただ死ぬという事実のみです。



248 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 05:33:11 ID:lKjFytKF
これのせいで心気症がすごい;

249 :優しい名無しさん:2006/02/15(水) 14:42:28 ID:giGBoAHY
あんまりこのスレ来ない方がいいかもね。
逆に引きずられる時がある。

250 :優しい名無しさん:2006/02/16(木) 00:25:47 ID:l+exivK4
自我の喪失は避けられません。
最期は全てを失うのです。
この世の全ては夢みたいなもの。
夢は終わる。
そして2度と始まらない。
「夢」という言葉も何も無くなる。
全てを置いて無になる。


251 :優しい名無しさん:2006/02/16(木) 01:14:02 ID:szML7Z8T
>>249
激しく同意。昔は好奇心のが勝ったんだけど今は_
スレ一覧で「死」の一字を見るだけで鬱になる時あるし
たぶん各種ある精神病の中でも最重量級の難題だよ

252 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 01:17:10 ID:0j0+xNq/
バス乗ってて、隣り合わせたおじいさんのほうをひょっと見ただけで
「そういえば俺もいつか年取って死んじゃうんだよな」みたいな想念に一瞬かられた。


タナトに近い代物で、老人恐怖症というのも本当にあるらしいし
いよいよ大丈夫か俺

253 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 17:31:53 ID:+CGGFnYL
コンビニで買った北斗の拳総集編を読んで
シュウの生き様に感動して泣いた
俺もあんな風に死にたい

254 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 18:25:11 ID:0j0+xNq/
我が生涯に一片の悔いなし

255 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 18:51:18 ID:5bjNhbrS
本当?

256 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 21:25:55 ID:0j0+xNq/
ごめんうそ

257 :優しい名無しさん:2006/02/17(金) 22:42:35 ID:gVWL+jM3
>>252
自分もご老人見かけるとそういうふうに思うよ。
死だけじゃなくて皺くちゃ老人になるのも怖い。

258 :ぽぽおめ ◆f74VnzI2hs :2006/02/17(金) 23:06:12 ID:q1BWv9oa
老いたくないと思う。
死ぬのと同じ位怖い。

259 :優しい名無しさん:2006/02/18(土) 01:28:27 ID:WPKJCUvN
幼い兄弟がたった5年で亡くなってしまった。
まさか昨日までは自分が死ぬなんて自覚もできなかっただろうに。
可哀想すぎて理不尽すぎて、言葉がみつからない。

地すべりでも大量の死者が出た。
人間の一生なんて儚いもの。
自分にだけ死が訪れないと油断しているとすぐお迎えがきそう


260 :優しい名無しさん:2006/02/18(土) 15:40:44 ID:bsvkvZMj
この症状の一番やっかいな所は、他の精神病と違って
考えなくなることを善だと言い切れないことなんだよな
考える事を止めたって、その問題自体は何の解決もしてない
結局、考え続けることが人生の命題のようになってしまう

261 :優しい名無しさん:2006/02/19(日) 01:17:03 ID:oYczdS7h
最近毎日がかなり早く過ぎている気持ちになる。
朝目覚めたと思ったら今は夜だ。
特に忙しいわけでも面白い事があるわけでも無いのに・・・
本当に昔と同じように時間は流れてるの?実は20時間くらいに短くn(ry

と、いうわけでこんなに時間が早く過ぎるなら私がお婆ちゃんになって死ぬのもスグだなと思った。
困ったなぁ・・・まだまだ死にたくないのに。
いや、死にたくないのに。

この掲示板見てからタナトを忘れる事は無くなった。
読んでると辛くなるから来なければ良いんだけど、何故か気になって見てしまう。
まったく不愉快な。



262 :優しい名無しさん:2006/02/19(日) 01:30:46 ID:DR0rTK7v
>>261
自分も見たくないのについついここへ来てしまう。

歳をとるほど一日が短く感じられるよね。
こんな特に何をしたわけでもない一日一日の積み重ねで
歳をとっていくことに焦る。
上のほうにも書いてる人がいたけど
心気症もひどくて生活を楽しめなくなってきた。

263 :優しい名無しさん:2006/02/19(日) 06:47:40 ID:5JOGAZ1o
死ぬとカーリングも見れません。
何も見れません。
何も感じれません。
自分が死んだ瞬間、それは宇宙の消滅を意味するのです。
2度とビックバンは起こりません。
永遠の無意識に包まれます。
全てが有限なんです。
全て滅びる。
全てが無くなる。
誰にも止めることはできない。


264 :優しい名無しさん:2006/02/19(日) 18:53:16 ID:OhA3kO1x
もし死んだら全てが無に帰すのだとしても、その事を考えてあせったり
落ち込んだりしてばかりじゃ、今生きてる時間の無駄遣いじゃん。
時間が限られてることをイヤというほど自覚してるんだから、そのぶん
時間を有効に使えると思う。ボーッとすることだって人生には必要では?


265 :優しい名無しさん:2006/02/20(月) 00:49:16 ID:SlQnOjYc
死のことばかり考えていたら生きてる時間がもったいない
って思っていてもそのことばかり考えてしまう。
ほとんどノイローゼ状態・・

266 :優しい名無しさん:2006/02/20(月) 11:27:57 ID:RZPxwnYL
怖いもんは怖いんだからしょうがない

267 :優しい名無しさん:2006/02/21(火) 05:52:23 ID:BDQD0HDx
心気症も兼ねている人、多いですね。
私もそうです。体のちょっとした異変が気になって仕方ない。
このまま、不治の病で死ぬんじゃないかと思うと真っ暗闇。

268 :優しい名無しさん:2006/02/21(火) 19:41:30 ID:ZdQfbGXd
                     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                    <              >
                   <   皆 に 死 が   >
                    <    訪 れ る !!   >
                     <           >
                 ∨\ /∨∨∨∨
              (/^      //
            /(⌒^       ∨          ^\)
          / ノ)         /| ∧       ^⌒)\
        / ./ ノ     ____/ / ヽ\_     //ヽ\
      /   ./( (.    (_ __/ (^\ )   / /  ) \
    /    / ) \.     ヽ ヽ_ノ .ノ⌒   ノ /\.. )   .\
  //   〈/; `ヽ^⌒\.((´ ∀`))/⌒ ノ  (⌒^ノ   \_>
  ⌒/     \__:/:^⌒> ⊂ ⌒^⌒つ <⌒~ヽノ^  ノ     \
   /       \ ) ノ /⌒|::::::|:::::|⌒\ヽ (^   ノ   /⌒^
  /          \)/   (__)_)   \(    ノ  ./
  / /~)        \                ν  ノ /
 ν   ⌒^~)       \                 ノ/
          ⌒^~)     \        |\   ν
             ⌒^^)   \     ∧|  \∧∧∧∧∧
                 ⌒⌒ヽ )  <           >
                      ν  < 決 し て       >
                    <  逃 れ ら れ ぬ  >
                    <  死 が !!!! >
                      <           >
                      ∨∨∨∨∨∨∨

269 :優しい名無しさん:2006/02/22(水) 06:47:10 ID:68J/D5KS
「信仰」を捨てたら
それと深く結びついている「善」(倫理)がグラグラしてきた

270 :優しい名無しさん:2006/02/22(水) 20:36:19 ID:rhEsTkpz
>>267
自分も心気症。
そんなに気になるなら病院行けって言われるけど
怖すぎて行けない。で、ますます不安が募って真っ暗闇という悪循環。

271 :優しい名無しさん:2006/02/24(金) 00:53:50 ID:MFrNcoUX
人生運良く長く生きても70〜80年。
40歳を超えれば立派な中年で身体にもガタがくる。
短い、短過ぎる。
あっという間に来る。そして死ぬ。
そして何も考えられなくなる。
この日が・・・「必ず」くるっ!!!

272 :267:2006/02/24(金) 03:29:40 ID:23zxh0Vq
>>270
そう、私も怖過ぎてなかなか病院に行けない。
やっとの思いで重い腰を上げて検査を受けてくる。

検査が終わった後、結果を聞くために待合室で待っている間が最高に怖い。
もう本当にガクブルで、冷や汗たらたら。頭ふらふら。
もし
「…病です。余命…ヶ月です。」なんて言われた日には。
絶対に気が狂うと思う。

結果的に今までは「異常なし」だったけど、医者は絶対的に安心させることは
言わないし、自分としてはあまり腑に落ちないままだったりする。
結局、不安はそれほど変わらない。


273 :優しい名無しさん:2006/02/24(金) 07:21:30 ID:66k8/lxj
ちょっと前までは自殺願望強かった。
死の恐怖なんてまったくなかった。
でも今はその反対。意味無く自分がすぐ死にそうで怖い。
眠ったらそのまま起きないのではないかと思ってしまい、
眠いけど怖くて寝れない。
ここのとこずっと眠りが浅い。
死がテーマの怖い夢ばっか。
夢見るのも怖いから眠れない。
眠りそうになるとドキドキして頭が変になりそうなくらい緊張する。
生活していても突然恐怖に襲われる。
他人の死も怖い。
どうしよう。これって治るの?この呪縛は解けるのかえ?

長文失礼しました。

274 :優しい名無しさん:2006/02/24(金) 13:45:07 ID:SZwCX2va
医者に余命を宣告されてから絶望するのはおかしい
私は今、その瞬間がきてしまっている感じ
だってみんな同じだよ
ただその刻が明らかかそうでないかの違いだけ
今死ななくたっていつかは必ず死ぬんだから
みんなすでに余命宣告されてるようなものだよね
私たちはそれを知ってしまっている
何も知らず無邪気に笑ってた頃に戻りたい・・

275 :優しい名無しさん:2006/02/24(金) 23:53:13 ID:23zxh0Vq
「人は生まれながらにして死刑宣告されている」と言ったのは誰だっけ。
確かに医者に宣告されるのをビビっている自分はおかしいと思う。
本当に、現実的に、いつどこで死ぬのかは分からないのにね。

でも常に死の恐怖に戦いているのだから、自分は
それだけで今現在絶望の境地に在るということになるんじゃないかな。

死の想念はいつも自分を取り巻いている。

買い物に出かけては
「ああ、死ぬんだなあ」
トイレに行っては、床については
「ああ、死ぬんだなあ」

と、ため息をついている毎日。
どうしたって脱することのできないこの毎日。


276 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 00:07:53 ID:S1NYKIQ+
人は生まれながらにして自由の刑を宣告されていると抜かしたやつもいるし
刑多すぎ

277 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 12:44:59 ID:5JZ0zuK5
怖いというか虚しい
所詮無に帰すんだと思うと……

278 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 17:29:30 ID:Tt7DvzJL
今日夜9時のTBSの「人間とは何だ5」で、
末期がんの宣告をされた人を取材するそうです。
なにかいいヒントがもらえるかも。

279 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 18:10:27 ID:iK/wkgoP
逆に苦しくなりそうだから見ない

280 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 19:47:17 ID:MvghqjLo
やだやだやだやだ 絶対見ないい


281 :優しい名無しさん:2006/02/25(土) 19:51:28 ID:5JZ0zuK5
戦わなきゃ 現実と

282 :優しい名無しさん:2006/02/26(日) 22:00:12 ID:SLwwUkuZ
>>272
病院行くんだ、勇気あるなぁ。
自分は今けっこう本格的に体調悪いからガクブルで行けそうにない。
ちょっと良くなったら病院行ってみよう…w
タナトだと既に余命を宣告されてるようなものだけど
実際に具体的に何かの病気だと言われるのとはまた違うよね。
布団に入ると発作くるから寝るのも怖い。何をしてても怖い。 ハァ

283 :優しい名無しさん:2006/02/26(日) 23:23:11 ID:NvhiHzW1
私の場合、眠るときが怖いです。
なんというか・・寝たら起きられないんじゃないかって恐怖より、眠った感覚=死んでいるのと同じ。
つまり眠る瞬間が死ぬ瞬間と同じなんじゃないかと考えると、それだけで眠りたくなくなる。
最近は鬱でマイスリーもらっているから、それで眠りますが。それでも考えるのは怖いです。
一度考えると、仕事してようが友達とバカ話してようが、常に頭から離れないのが嫌。
皮肉なことに、でもこれが生きている証拠であって、考えなくなる近道は死ぬ事なんだな。
連鎖は続く、頭おかしくなりそうだ。

284 :優しい名無しさん:2006/02/27(月) 01:12:14 ID:AFPJWU+6
私もあるよそれ
朝起きる瞬間も恐い
またこの世界に戻ってくる、またここに生き始めるということは
その終わりを共に認めてしまうことになる
始めなければ、終わらずに済むのにね
でも始めたから、私はここにいられる
そんなこと分かってるでも終わらなきゃいけないなんてひどいよ
ずっとここにいたい・・

285 :優しい名無しさん:2006/02/27(月) 02:06:08 ID:tiONpyH/
いつか僕達は死ぬんですね。
実感できませんね。
でも死ぬ。

286 :優しい名無しさん:2006/02/27(月) 15:14:29 ID:H1cjjtmJ
死っていろんな事を考えさせるよね
そしてどんなに多く、どんな角度から考えても結論が出ない
実は結論を出したくないだけかもしれんが

287 :優しい名無しさん:2006/02/27(月) 23:43:30 ID:yChK5pys
最近どんどん発作(?)の回数が多くなってきてる・・・orz
もっぱら電気消して布団に入った瞬間死について無意識に思考が始まって、
体の芯?がゾクゾク・・というかスッと抜けるような感じがする。

昨日は呼吸するたびに肺のあたりが居たくて、このまま寝たら死んで起きれないんじゃないかとずっと怖くて眠れなかった。
寝てる間に死ぬって、楽かもしれないけど嫌だなぁ・・・。うぅ。
んで、発作寸前で気を紛らわそうと、初★出会い系wサイトに投稿してみる内容を「タナトフォビア」知ってる人。にしてみた。
結果は今度書きますー。

288 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 01:33:25 ID:rbch7X4j
避けられない死におびえてやまない俺たちもいれば
首を吊っちゃう市長もいるんだよな



共通点はみんな死ぬってことだがorz

289 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 14:05:40 ID:rbch7X4j
就職採用面接に10回連続で落ちて
もう生きてくのもうんざりだという心境になったら
重度のタナトのはずなのに死への恐怖とかも薄くなってきた

これは回復じゃないよな。むしろ悪化だよな。

290 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 14:20:42 ID:im93ZKiD
鬱に転移したんじゃないか?
私も死にたい、と思ったり、嘘ですごめんなさいホントは死にたくないです、をいったりきたりしてる

291 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 16:40:14 ID:qSQR4LZ5
ダメだ、最近発作が毎日ある。

食欲も減退して、
食べても吐いてしまう。

生きることも辛いけど、
自分の意識が消えてしまうと考えると、
狂いそうになる。

仮に輪廻転生があっても自我が保てないのでは、
何の救いにもならない。

地球や宇宙が永遠と思えないから、
オカルトのいう永遠にもすがれない。

周囲に迷惑をかけてはいけない、
という思いから何とか社会人をやってるけど、
押しつぶされそう。

292 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 20:01:32 ID:E+TUYGAS
>>291
凄く分かる。というか自分と同じような発展、展開をしてる考え方だ
んで周りの人間に軽くその話をしても「はぁ?」とか「考えるだけ無駄」
と言われまったく理解されない

最近では食事も、毎日伸びるヒゲも、心臓の鼓動さえも恨めしい
生命が磨耗していくようで鬱になる。
このスレの住人と寄り添い泣きあいたい

293 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 20:31:19 ID:+jRfEUgb
>>289
がんばれ、就活。
自分はやっとのことで職が決まり、
働いたら忙しくてタナトも薄らぐだろうと思いきや
こんなつまらん仕事に時間の大半を費やして人生を消耗して終わっていくのか…
とさらに鬱&タナトになってしまった。
ほんとこのスレの人たちと嘆きあいたい気持ちになるよ。
嘆いてもどうにもならないとわかっていても。

294 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 20:49:11 ID:weNVWh5F
一人一人が必ず死ぬように、人類も100%滅びるよね。
なんか終わりはあっけなく、突然消滅みたいな最期な気がする。

俺は人類の最期がやっぱり見たい。文明の最期が見たい。
でもまあ見れないうちに死んでしまうだろう。
人類が滅びれば今までの歴史は全て無になる訳で、なんか
すげーなー。神の気まぐれとしか思えない。
ダヴィンチやアインシュタインのような大天才の頭の中が見たい。

295 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 21:51:06 ID:TMaEUmLW
一度オフ会やってみたいね
でも会って嘆き合うことで症状悪化しそうな気も・・・

296 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 22:15:48 ID:tqJac55O
お前らいいなあ
オレすさまじい耳鳴りが24時間キンキン鳴るようになってから
もういつ死んでもいい気分だよ
はやく寿命来てくれ
もう勘弁してくれ

297 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 23:42:39 ID:LYnyUyKX
>>296
医者には行ったの?

私は輪廻はあると確信してるんだけどそれでも死が怖い。
死んで生まれ変わって自分であって自分でないものになるの怖い。
でも死ねないのも怖い。どっちにしろ怖い。

298 :優しい名無しさん:2006/02/28(火) 23:55:56 ID:weNVWh5F
輪廻はあるかもしれない、ぐらいに思ってて(たぶん無いと思うが)
もしあるなら今度は平和な世界や国に生まれるなんて無理かもって思う。
でも、1番の根底に「必ず人類はいずれ滅亡する」って思ってるから
何の救いにもならない。
1000年後に本当に人類がまだいるのか。
もしかして寿命が飛躍的に延びているかもしれない。
でも、今の僕達はそれを見ずに死ぬ。
無念

299 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 00:09:32 ID:wnR/N5Hq
有名なアレの

銀行に預金があって財布にいつも金が入ってて
家に小銭が転がってる人は100人のうちの8人だけです

って話を聞くと、生まれ変わるのもある意味恐怖だ

300 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 01:31:09 ID:79NZtTMN
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < 300
   \|   \_/ /  \_____
      \____/


301 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 01:33:59 ID:79NZtTMN
このスレも関係あるな。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1136369449/l50

302 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 01:51:31 ID:N7zirXmQ
289さん
290さん
あなたたちは私ですか?
タナトが薄くなってもこれが鬱のせいってのが微妙やね・・鬱関連のスレをみると、実に「死にたい」との書き込みが多い。けど私は鬱でも死ぬこともできない。いつも境界線を逝ったりきたり
ざっつ板挟みとはまさにこれなり。
まぁ、鬱って時点で生きながら死んでるようなものだが、確実に今こうやってカキコしてるのは鬱でも生きてる私。
生きながらの死と、本当の死とは私の中では確実にちがう。

303 :289:2006/03/01(水) 01:54:33 ID:XAkvAumH
自殺でもしようかと一日さ迷ってみたけど
やっぱり死ねないね。

欝がひどすぎると自殺する元気も出ないし
元気が出るとタナトがぶり返して死ねなくなる。

気が狂うこともできないしさ。難儀難儀

304 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 02:06:20 ID:5xukTwCd
このスレ知って初めて病名知って二年
一番酷いときは高校の時かなー
発作起こして叫んで暴れまくって親兄弟に不審がられてたな…
死に向かう全てが怖かった

いまではマシになったけど、やっぱり年に二度は発作が来るね

本当精神病だと思う

死ぬまで辛いのかと思うとぞっとする

かと言って死にたいときもある
死が怖くないときに死にたいと思うよ

305 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 02:54:44 ID:mUCupFnJ
昔からこの症状に悩まされてて、周囲には自分と同じ悩みの人なんていなかったから、
このスレに出会えてからすごく救われた気がする
不安定な時期も、安定している時期もあったけど、この恐怖はきっと乗り越えられるって、今は思う
死の恐怖は、寿命が10倍に延びたり、事故や病気で死ぬ事が無いとしても、消えるものじゃない
だけど、生命という一瞬の光が、時に死の恐怖さえ塗りつぶすほど強烈に輝く瞬間があるんだって知ったから
たとえ一瞬でも、錯覚にすぎないモノだとしても、その感動に打ち震える事を身をもって知っていたなら
死の間際にだって、怯えず胸を張っていられるはずだよ

306 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 10:17:11 ID:wDKhSgua
むかし カトリック 父親がそうだったので洗礼。
今は幸福の科学に改宗している。(家族のすすめ)
未だに天国も地獄も無いと思っているのに
あの世や生まれ代わりを信じてもいないのにだ。(無いと思うがあれば儲けもんという感じ) 
むかしはミサに行ったり今は幸福の科学の会合に出たりしている(ただし不熱心)
自分でもとても矛盾していると思うが、気休めにしているのかもしれない

307 :優しい名無しさん:2006/03/01(水) 20:33:34 ID:sdkgJfHB
通院しだして少しずつ症状が改善してきたけれど
今度は逆に、自分はこの症状から治っていいのかって疑問が湧きだしてる
考えるべき命題ではないのか、無知のまま終わっていいのかみたいな。
そういう話を医者にしたら強迫性障害の疑いありと言われたよ

308 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 14:10:53 ID:DXIQCtmC
タナトが治るというのは、悲鳴をあげて走り回ったりしなくなることであって
死について考えなくなるということではないだろう

309 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 17:18:05 ID:xa+1QH3X
>>308
いや、いちおう考えはするんだけどその
>悲鳴をあげて走り回ったり 
してた頃の自分の恐怖心や絶望感に対して無責任な気がするんですよ。
医学的に言えば神経系の物質が薬や環境の変化などによって充足してきた
だけなのだろうが、その恐怖を忘れつつある自分を肯定する事が出来ない

310 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 20:24:24 ID:6dxM1ENO
>>309
その気持ちに同意。
あの恐怖と絶望を忘れて(忘れたふりして)日々を過ごしていても
それは自分を騙しているだけで何も解決していないから。
あんな恐ろしい事実を背負って存在しているのにね。


311 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 20:31:54 ID:DXIQCtmC
それはもうタナトとは別の一種の病気だな
強迫性障害というのもむべなるかな

312 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 22:38:22 ID:VTKProb7
病院で死が怖いって言ってみたら「それは誰でも」って言われた。
そういうんじゃないんだよね

313 :優しい名無しさん:2006/03/02(木) 22:56:44 ID:DXIQCtmC
もう少し詳しく語らないと通じない。
実際、死ぬのが怖いというだけではタナトフォビアではないし

314 :優しい名無しさん:2006/03/03(金) 02:46:39 ID:l19FWb6/
タナトフォビアで猫を飼ってるおかげでわかったこと


猫は人間の恐怖をかなり敏感に読み取る

315 :優しい名無しさん:2006/03/03(金) 13:09:20 ID:QpRg4lXJ
具体的にどうわかるんですか?

316 :優しい名無しさん:2006/03/04(土) 21:44:51 ID:UMzwuMeX
ここある意味良スレだね。ホントに深い、
言葉にしにくいもどかしい恐怖も伝わってくる

317 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 00:12:39 ID:WoxgFyYS
自分はまだ17なのに死ぬことばかり考えてしまうんですが、
ここの人達って若い人は少ないんですか?

318 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 02:00:31 ID:grsYjEMU
>>317
俺も17だ。

319 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 05:28:57 ID:iDQ9OCy1
今日このスレ見つけまして、タナトフォビアという単語も初めて知りました

私はもう何年も、限界まで眠くならないと眠れなくて困ってます
ちゃんと眠気は来るから不眠症とは違うんだろうけど
限界じゃないと死についての不安がぐるぐる巡って怖くなってどうしても眠れない
何かしてないと怖いです
翌日に学校とか予定があっても眠れず、朝まで気を紛らわすため2chしたりチャットしたり
一度眠ってしまえばぐっすり眠れるので、不眠症とかで医者に行くのは躊躇っています・・・

あとこれはたまになんですけど、肉や魚を食べてる時に不意に
「元々は生きていたのに、死んで変わり果てた姿になっている」という考えがよぎって
なんともいえない恐怖のようなもの感じ、気持ち悪くてとても食べられなくなります
ひどいときは食べた分を戻しちゃうこともあったり
これもタナトフォビアの一種なんでしょうか?

320 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 07:10:55 ID:5Ln3LZ6f
それは…重症だね。
一刻も早く受診することをお勧めする。

321 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 09:20:40 ID:qJxn5q4d
宗教的なものは救いにならんのかな
一応私はは幸福の科学の信者ですが、
信者でありながら、あの世の存在、仕組み、生まれ変わりが
イマイチ信じられない。あの世なんか、無いんじゃないのかな、、、otl
気休めでやってるような感じ、、、
信じられないのにおすすめするのは矛盾しているが、
今秋に 永遠の法 が東映系で放映されるから観たい人はどうかな? 
あの世のシステムすべて解明 みたいな感じだったと思うが、、、
気休めになれば幸いだが  

322 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 16:11:06 ID:UIQUGr7H
>>319
まず、入眠困難は立派な不眠症の一種。
中途覚醒とか、いろいろ種類がある中のひとつ。

君はタナトフォビアでもあるかもしれないが
多分、もっと大きな診断名が付くよ。病院行きな

323 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 18:01:16 ID:eOqFCM+2
病は気からってほんとだよな。

324 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 19:40:14 ID:8PXk/VlN
癌細胞を操る事ができたら人類は死ななくなる

325 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 19:57:43 ID:WoxgFyYS
永遠に生きるってのも恐いよ。
かと言って死んで無になるのも恐い。
死後の世界があって輪廻転生を繰り返すのも恐い。
この世は地獄だね

326 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 21:46:15 ID:oyOncrme
>>325
論理的にそういう結果になってしまうよな
なぜ皆そのことを考えずに暮らしていけるのか不思議

327 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 21:48:03 ID:UIQUGr7H
生きる苦しみと
老いていく苦しみと
病の苦しみと
死に行く苦しみと

328 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 22:46:00 ID:zKnAhCMl
>>326
そればかり考えておびえて暮らしても、それを忘れて現実に生きても
どのみち老いるし死ぬんだから、それなら生きるのに楽な方を選ぶ。


329 :優しい名無しさん:2006/03/05(日) 22:48:07 ID:UIQUGr7H
メメント森

330 :優しい名無しさん:2006/03/06(月) 01:45:40 ID:890iA/zT
何のために生きてるのか分からない鬱の私と、死ぬのが怖いタナトの私。
今頭の中で喧嘩してます。
早いとこ薬飲んで寝よ・・寝るの怖いがこの大混乱を沈めるにはクスリに頼るしかない。

331 :優しい名無しさん:2006/03/06(月) 21:30:29 ID:LgifWj2b
>>330
同じ。
生きてる意味のないような生活なのに、死ぬのは怖い。
私もクスリ飲んで寝ようっと。

332 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 07:18:24 ID:bgPDMzRt
発作きたのでage

333 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 07:50:50 ID:O+CtZXbZ
すごい、俺の病気がここに凝縮されてる。
今まで俺が悩んできたのは、すべてここだ。

20目前、国立大学にかよってます、ですが、実質ニート、ひきこもりです。

発症は8歳、波はありましたが、いつもこれに悩まされます。
ここ1ヶ月は非常にひどく、落ち着くためにパソコンから離れられません。
宜しくお願いします、というか皆さんどういった治療をしていますか?

334 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 07:53:30 ID:O+CtZXbZ
ダメまた発作きた・・・あやうく発狂しかけた。
いまは狂気的行動数回で収まった。はぁ、絶対もう無理だ・。

335 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 08:28:35 ID:o/9Sy2+J
>>333-334
とりあえず病院行ったら?
薬を飲んでれば発作自体はおさまる可能性高いよ

336 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 08:38:48 ID:O+CtZXbZ
>335
はい、別の件で薬を処方してもらっていたころがあったんですが、
死への恐怖からくる、不安神経やPDでのことです。
結局薬を飲んでても、恐怖にさいなまれるときはたびたびありますし、
逆に、まったく薬を飲んでなくても、
恐怖に耐えて、どちらかというとあまり深く考えないようになるだけかも、
何不自由なく日常生活を送れてたこともあります。
これは完全に波で私でも分かりません、ただ時間の経過が分かるようなとき、
たとえば、私の場合は誕生日(11月)、年末年始、後は、2,3,6月に弱いです。


337 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 10:16:51 ID:j2RyE5QR
鬱が悪化すると、駅のホームに電車が入ってくるときの
風が心地よくて、このままポーンと逝ったら気持ちよさそうだな〜
なんて考えるようになるので死は怖くない。逆に生きるのが楽しいときは
生きてるだけで気持ちいいから死についてなんてウダウダ考えない。

338 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 11:22:22 ID:o/9Sy2+J
>>336
冬季は気温と日射の関係で鬱になりやすいそうで。6月は説明つかないけどね
まぁこのスレに居る人の症状は哲学的で極限の知に対する絶望と言ったものも多く
他の精神病に比べ薬物治療だけでは治りにくいものなんだと思います
とりあえず波の来てない普段の状態を維持できるように・・・何するんだろ。
やはり一人で考え込むよりは病院に行くべきと思いますけど

339 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 11:48:34 ID:j2RyE5QR
6月・・・梅雨?
冬季鬱っぽいね。

340 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 13:52:02 ID:O+CtZXbZ
>338
>339
私も季節的なものかと考えてみたのですが、やはり、それ+別の因子もある気がします。
後、この病気に関しては、メンヘルの中でも極限的なところですよね。
だから直りにくいというか、おそらくよほど精神的にショックのあることがないと、直らないんでしょうか。

昔知人にこんな人がいました、
死ぬのが怖い、だから医者になって死ななくするって。
今頃医学部に通ってます、どうしてるんだろう・・・
彼もよほどこれに悩んだようで、中学のいつだったかに、
休みをへて、激ヤセ、性格も変化、キャラごと変わってました。
そこから、よく死ぬのが怖いって言ってました。
でも、彼はちゃんと学校出席して、ちゃんと大学に合格しました。
それにくらべて私は、あぁ、この病気と少しでいいから軽減してほしい。
せめて、人並みに社会生活おくりたい。

341 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 14:28:06 ID:9Z5aX7Ph
タナトになってから、妙に疑い深くなってしまった気がする・・
おかげで詐欺とか霊商法とかにひっかからなくて良いのですが・・
とうかもともと疑い深いからタナトになったのか?

342 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 14:35:49 ID:O+CtZXbZ
上の方であったけど、奇声を発して、走り回るのって、私だけじゃないんですね。
良かった、これの発病が8歳ぐらいだったので、当時は親はあせったんでしょうね。
最近親の前でこうなったのは、インフルエンザにかかったときだったので、別にごまかせますが。
昔は、ねぼけてたとか、怖い夢見たでごまかせますけど、たとえば、今じゃ昼で言い訳ないですからね。
一人暮らししてたもんで、そういう意味では、一人だと、ちょっと大きな声で、
狂気的行動しても、せいぜい、お隣さんに声が聞こえるとかですよねー。
たぶん、お隣さんは、普段音楽とかも鳴らさないし、テレビも音かなり小さめでやってますので、
急に甲高い声で叫ばれたりするとあせるんでしょうね。廊下なんかにも丸聞こえですので、
もしそのときに廊下歩いている人いたら事件かと思われそうです。

>341
私も全然引っかからないですねー。
そういう意味では、いいですね。

343 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 15:17:16 ID:O+CtZXbZ
今日ずっとここにいる。
発作きた。。。終わりだああああああああああああ

344 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 17:05:57 ID:Y5SoskST
適度に忙しい方が発作は起きないな
暇だと色々考えちゃうから発作きやすい。でも逆に、
あんまり忙しいと、忙しさの合間に「人生を浪費してる」感覚が襲ってきて発作きたりするけどな
生活のバランスをとりつつ、楽しい時間を増やすのが一番だと思うよ、根本的な解決は望めない

345 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 18:23:27 ID:O+CtZXbZ
いろいろな人の死の捉え方をネットで見てきたけど、
余計に恐怖が高まるよ。
怖いにも何も、怖すぎる。さっきまた発狂しかけた。
ごめんね、何度も、うざいって思うのが普通だと思う。
だけど許して、本当に気が狂うのをここで何とかつなぎとめてるから。
本当ごめんなさい、またいっぱい書き込むと思うけど、許してください。


346 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 19:37:59 ID:KO8BK8d+
俺の死のイメージは無ではなく意識だけのようなものが存在してて
宇宙の果てのような真っ暗なところを永遠にさまよわされてる感じ

347 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 20:15:57 ID:8CT8qZM3
発狂しそうな人 幸福の科学の霊的世界観で安んじたら 

http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/

348 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 20:37:20 ID:9Z5aX7Ph
死を考えるのも怖いけど、宇宙の広さとか、時間とか、
永遠に続く的な要素を考えるのも怖い。
なんで空間があるのか、とか、
なんで時間があるのかとか。
どうでもいいけど永遠とか無とか、ちゃんと想像したいのに想像できなくて逆に怖い。
今の段階の人間の脳では想像できないのかな。
もうちょっと進化した時代に生まれたかった。

349 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 20:52:07 ID:j2RyE5QR
>>346
全く同じイメージだ。他の意識とは会えないんだろうか・・・

ボーダーは他人との究極的な一体感を求めるというけど、話題は
恋愛沙汰ばっかりで、死別や死後の孤独について悩んでる人がいないのが意外。

350 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 21:13:00 ID:ui67IWjK
会えないんだよ。そして狂うこともできない。
家族に会いたい会いたい、嫌いだったあいつでもいいから話したい。
そんな超絶的な孤独を無限に味わう。
もしかしたら、地球の感覚とはスケールが違うから
何十億年という何千億年というありえないような長さの彷徨の後
あれ、なにか光ってるものがあるぞ。あれはなんだ。みたいになるのかも。

351 :優しい名無しさん:2006/03/07(火) 21:50:28 ID:rRpZ+Z0d
>>348
かなり同意。というか宇宙や時間のほうがオレは怖い
何のために存在し、何故その形を取り、その果てには何があるのか、とかね
また最近は日常の、当たり前と思っていた些細なことさえも疑問に感じたりする

352 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 06:14:02 ID:PIDXsQhf
>>348>>351
そういうのって哲学的思惟の出発点じゃないかな?
恐怖感は別にあってもいいと思うけど、そうした問題にとことんまで
付き合って考えてやろうじゃないか、っていうのが哲学者じゃないかな?

僕の場合は、「僕の自己意識は、他の人間(現在・過去・未来を含めて)
にではなく、なぜこの僕という人間に存在しているのだろうか?」というのが
疑問・問題意識の始まりだった。「もしかしたら、僕の意識のみが存在していて、
僕が現実にあると思っているもの―空間・時間を含め、あらゆる物事や
あらゆる出来事―は、実は現実には存在しておらず、単に僕の意識の中で
起こっている現象にすぎないのでは?」と考えたこともある(これを哲学では
独我論というのだけど)。
この辺を徹底的に考察している哲学者として、日本では永井均さん(現在は
確か千葉大学教授だと思う)がいる。
「〈子ども〉のための哲学」や「私・今・そして神」(ともに講談社現代新書)
などは、彼の問題意識や哲学的思索が明確にわかる本だよ。

自分の意識が存在し、それが交換不可能なかけがえのないものであること、
宇宙も時間も森羅万象、自己意識があってこそ存在しうるものであること、
したがって、宇宙(空間)も時間も、過去も現在も未来も、世界のあらゆる
事物も出来事も、客観的に存在しているようでありながら、実は僕という
自己意識の中で収斂し構成され存在しうるものであること。言い方を換えれば、
僕という自己意識=認識主観こそが世界(世界)を存在させているということ。
時間も空間も宇宙も世界もあらゆる存在もあらゆる出来事も、それらをあると
想定できるのは、前提として僕の意識があるからだよな。そんな僕の自己意識とは
何なのか?僕を僕たらしめているのは何であり何故なのか?・・・
宇宙(森羅万象)の前提となる僕なる自己意識ということを考えると、確かに
その大きさに恐怖するが、それ以上に哲学的な驚愕・不可思議の念で一杯になる。

353 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 08:11:11 ID:zebE6SLR
じゃあ結局どうすればいいの?
明朝2時に急に目覚めて、あやうく家族寝てるなか発狂しかけた。
もういやなんだよ、そこから、脈は速いわ、眠れないわで、
5時ぐらいまでテレビ見てた、そのあとは少し落ち着いて2時間眠った。
でも今またおかしな感じ。

354 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 09:09:43 ID:6Jcm43IW
それノイローゼになってるよねたぶん
病院行ってみなさいな
少なくとも、そうして発狂の日々を暮らしてそのまま終わりたくないでしょ
死が確定された時点で、永遠に生きるという目標は途絶える
代わりに、限られた人生を有意義に過ごそうという目標にせざるを得ない
悲しいね人間

355 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 14:52:05 ID:zebE6SLR
>354
悲しいもなにも、どうせ死ぬのに、何を目的として生きるのか、本当に分からないです。
どうせ、最後は、考えたくないけど、そうなってしまうのに、
どうして人は活動的に、建設的な人生を送ることができるのか、本当に分かりません。
ずっとこの恐怖に怯えて、ずっとこの影に追いかけられて、
逃げようと思っても、逃げられないし、宗教に頼っても結局こればっかしは解決されません。
薬に頼ったこともありましたが、逃げられず、その妄想はいつも頭についてまわり、
狂気の声をあげて、走り回るか、落ち着くためのパソコンの前から離れられない。
これが原因でPDなんかにもなりましたが、そのときも結局直りませんでした。
ついには精神崩壊をおこし、今となっては、誰にも理由を言わず、ただひきこもりばかりです。


356 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 15:42:26 ID:y7OjcuDG
天文学、数学、音楽・・・学問は神にアプローチするために発達した。
学問を極めればこの世の真理がつかめるかもしれないと昔の人も思ったんだろう。
でも、こーゆーのはスキゾタイパルに多いのかな。
思考が非日常的すぎて地に足がついてないというかさ。

357 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 15:50:38 ID:boT3JK0A
風呂入ってるときにたまに死のこと考えていてもたってもいられなくなって
体も拭かないまま飛び出すことある

358 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 16:19:55 ID:zebE6SLR
>357
よくあることじゃないですか?
まだ家の中ならましですよ、外でこうなりますから。
外でこうなると周りからはただのおかしな子としか思われません。
ですから、ひきこもる。もうやだやyだ

359 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 16:34:05 ID:boT3JK0A
>>358
このスレは初めてきたんですが、僕は風呂に入ってるときがほとんどです
外でそうなることはほぼ無いです。風呂場という密室状態、血圧が下がる?
ことが原因だと思っていました。覚えている限りだと6・7歳のときに
はじめて恐怖におびえました。

360 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 16:40:12 ID:zebE6SLR
>359
いいな、ほかだとならないなんて。
今発作だよ、ああああああああああいあやssだだdさdさsssds。
ごめん、なんとか精神を維持しなきゃ、
ああああああああああああああああああああああ
死ぬまでこれに悩み苦しむなんてええええええええええええええ
もうや駄々あああああああああああああああああああああ薬ない。
あああああああああああああああああああああああああああ

361 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 16:45:30 ID:boT3JK0A
>>360
苦しんでるところスイマセンがどのくらい続くんですか?
僕はグワァーっときて錯乱一歩手前までいったらすぐ治ります

362 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:01:29 ID:zebE6SLR
錯乱状態が30分近く続きます、
直るというより、常に死への恐怖が頭から離れないため、
ずっとです、
こんなに死に対して恐怖を抱いているのに、
私を助けてくれるのは、死だけなんです、
もうだめだ、
発作は呼吸が高まり、脈は速くなり、のどが乾く、震える、寒気など、
普通のPDと同じような症状が出ます、
私の場合は、もう朝から10時間程度同じ状況を繰り返してます。
たぶん一度発狂しちゃえば楽なんですけど、家には家族がいますし、
その前で、やああああああああああああああと言いながら走り回るのはさすがに無理です。

363 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:03:19 ID:zebE6SLR
ほかに寝起きですかね、最近、まともに寝付けず、
夜中暗闇の中2,3時に目覚め、今日はあやうく発狂しかけました。


364 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:10:20 ID:85d7nq6S
漏れは心療内科行って抗不安薬もらって、劇的に改善したけどなぁ・・・
まぁ確かに「死って何?」「生きるって何?」って疑問は残ってるけど、
少なくとも発作は起きなくなった。


365 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:10:39 ID:boT3JK0A
30分もですか!それはつらいでしょうね。
僕は大体30秒ぐらいですよ 心臓バクバク、震えはあります
あとじっとしていられない、歩き回り窓をガッと開けたり
でも日に何度もとかはないです 脳内に恐怖を抑制する物質
が放出されるからなのか?と想像してます。

366 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:24:29 ID:zebE6SLR
>364
劇的に改善ってすごいいいですね、
私も昔処方されたことがあったんですが、
結局効果でませんでした、
恐怖におののき発作が出るときもあれば、
薬をやめたのに、発作が出ずに日常をおくれてた日々もありました。
今となっては、あのときの日常が懐かしいです。
もしよろしかったら、
心療内科いったときの手順教えてくれませんか?
昔は精神科だったので、なんか、周りにもっと大変そうな人いっぱいで、
薬だけもらって、後は何も無かったです、
正直当時は薬に依存したいとも思ったのですが、結局2ヶ月ぐらいでやめてしまいました。
飲んでても改善がなかったので。

>365
30秒で脈が落ち着くんですか?いずれにせよ、30秒で大丈夫なら、
相当精神力の強い人なんでしょうね、私にもその強さ分けてください。
じっとしてられない、急に激しく窓あけたりするってのは分かります。
私もじっとしてられず、というか、本当は発狂するのをおさえるため、
何か思いっきり壁とかにぶつかったりはしました。すでに発狂してるのかも。
声にだしてないだけで。さっきから落ち着かないのがずっと続いてます。
何かすぐに落ち着きを取り戻す方法ありましたら、教えてください、お願いします。

367 :364:2006/03/08(水) 17:29:52 ID:85d7nq6S
>>366
手順も何も・・・普通に心療内科に受診して、
「死ぬのが怖い」っつって、薬もらっただけだよ。
ちなみに飲んでるのはレキソタンって抗不安薬だけど。
この程度で参考になれば嬉しいっす。


368 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:30:23 ID:boT3JK0A
お笑い番組を見るとか(今の時間帯はやってないか)
散歩して外の空気を吸う、コンビニに行くとかはどうでしょうか?
徒歩でも自転車でも

369 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:31:56 ID:boT3JK0A
あとスポーツ番組もいいかも 一生懸命な人見てるとなぜか
勇気がわきます 僕の場合

370 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:32:22 ID:zebE6SLR
>367
私も昔、死への恐怖にずっと怯えていて、
普通の生活がおくれませんって言ったら、
死ぬのはみんな怖いですから、落ち着いて薬のんでくださいといわれて、
2ヶ月通ったけど、薬飲んでてもぜんぜんましにならなかった。
そのときもらった薬は忘れましたが、だめでした。
今もお薬は飲んでらっしゃるのですか?後、減らすとか相談されたことありますか?


371 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:34:48 ID:boT3JK0A
誰かに電話するのもいい
とにかく外部から違う刺激を取ったほうがいいと思う

372 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:36:17 ID:zebE6SLR
>368,369
昨日、半月ぶりに外へ出ました、2時間ほど散歩してきました。
6kmぐらいふらふらで歩いたと思います。
なんかずっと足が震えて、ちょっと歩くだけなのに脈がはやくなって、
顔面蒼白で、市民公園とか歩いてきたので、
まわりにいた小さい子供連れやお年寄りの運動家の人から怪しがられました。

分かります、深夜にBSでトリノ総集編やってるので、
それをオフタイマーで見ながら眠ります、だけど寝入ってもすぐ目覚めてしまって、
結局熟睡できず、睡眠不足のまま精神が安定せず、明朝みたいに、あやうく走り回るとかになりそうで・・
ごめんなさい、何言っても否定的なことばっかりで。


373 :364:2006/03/08(水) 17:39:16 ID:85d7nq6S
>>370
漏れの場合、鬱も併発してるから、他の抗鬱剤(今名前思い出せないw)と
併用して、半年近く飲み続けてるよ。
減るどころか、最近は鬱傾向が増したので薬増えてるし・・・orz
でも、レキソタンは確実に効いてるなぁと自分では思ってる。
飲み出す前はマジでガクブルな発狂状態だったのが、ウソみたいに治まったし。

申し訳ないけど、これから仕事あるんで、これで落ちます。
苦しんでる人々が、少しでも楽になりますように・・・


374 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:41:53 ID:zebE6SLR
>373
お仕事頑張ってきてください、
私もいつか、社会に出たい。
今日はいろいろとありがとうございました。
またいろいろご指導ください、お願いします。

375 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:49:51 ID:cL3CzABP
俺の場合は本当にやばくなりそうな時は、兎に角、走る、走る、走る
5,6時間ぐらい本気で走り続けて、疲れはてて寝る。
家に帰る体力が無い時はその辺の公園で寝たりもした

「健全な精神は、健全な肉体に宿る」っていうのはある意味真実だと思うな、
毎日規則正しく起きて、食事も3回ちゃんと食べて、運動もするようになったら
あんまり発作も起こらなくなったし、たまーに来ても耐えられるぐらいまで良くなったよ

376 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 17:58:05 ID:zebE6SLR
>375
そうですか、確かに健全な肉体に宿るって言いますよね、
私の場合、きても耐えられるときもあるんです、
そのときは、怖いなー怖いなー、怖いなー。で終わるんですけど、
一度、その限界を超えてしまうと、今のようになってしまって、
ずっと怯えるようになってしまうんです。まだ過呼吸と口の渇きが収まりません。
耐えられる時とそうじゃないとき、いったい何が違うんでしょうかね。
いずれにせよ、私の場合、一度耐えられないと、次元に戻るまでかなりの時間がかかるんでちょっと大変です。

食欲はこうなってから日々減退です、今日はこうなってから初めて、朝抜きました。
昼もおにぎりだけです、晩はうどんだけということにしてもらいました。
母親が面倒を見てくれるのですが、ここに書いてるようなことをすべて話してなく、
ちょっと体調が悪いとしか言ってないので、逆に心配かけててすごいいやです。
どうにかしなきゃ、でもさすがに親がいる中、夜中飛び出して何時間も全力で走るのは今は無理です。


377 :348:2006/03/08(水) 20:09:10 ID:hMN7Iyif
>>351
やっぱり同じこと考えたりするものですね(・ω・)不思議だ・・
何のために存在するのか、ということが一番不可解です。
>>352
早速「<子ども>のための哲学」読んでみました。
すごくおもしろいです。
ですがある一文を読んで発作が・・orz
ゆっくり読む本のような気がするので、ゆっくり読んでみます。
ありがとうございました。

378 :優しい名無しさん:2006/03/08(水) 21:58:58 ID:03Rg22Mn
>>376>>333さんかな?
あなたの気持・状態、よく解るよ。読んでて辛くて涙出た。
他の人も言っているけれど、抗鬱剤・安定剤などは効果出ることがありますよ。
私は鬱になって色々な薬を試すことになり、結局今飲んでいるのが
パキシル・レキソタン・炭酸リチウム・コントミン・ソラナックスなのですが
飲み始めてから「あの」発作は殆ど起きなくなりました。
あなたの 「次元に戻るまでかなりの時間が…」という表現に全く同意です。
発作時、私は耐えられなくて『あー、もうダメだ。このままだと境界を超える』っていう
とこまで行って、だけどギリギリで戻ってくるんです。
なんなんだろう?あの発作は。
いっそのこと、そこを超えてしまって狂人になってしまえたら…と思ったりもします。

379 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 00:21:04 ID:RnbnpsQn
死が怖くて夜も眠れないなんて人、あんまりいないだろうなぁなんて思ってた。
このスレ見たら、同じような症状の人がいてビクーリだ。
昼は死が恐くなることはあんまりないんだが、夜は激しく怖い。
発作?(急に心臓がとまりそうになって座り込んでた)みたいなこともあった…。
もう絶対経験したくないw

380 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 01:40:29 ID:6+cyb2hJ
十代の頃そういう時期あったな。死は無ってところまでたどり着いたら恐怖が無くなってこの苦しみから解放された。
親のほうが年齢的に死が近いし、同じように苦しむのが普通と思ってたから勝手にタブー視しててそれについて相談なんかできなかった。

381 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 09:07:37 ID:hphEFeXp
>380
そこにたどり着いてもなお恐怖は恐怖のまま残っています。
なぜそこにたどり着くのに、みな必死で、一応社会生活を人並みには送っているのか。
すべての人が夢や希望にあふれてるとは思ってはいませんが、
それでも日常を楽しく、愉快に生きています。私もせめて、つらくない日々を送りたいです。
そうですよね、タブーですよね、
昨日も親が心配して、悩み事があるなら一人で抱えずに話したら?といってくれたのですが、
こればっかりは話せません。
昔友達とかに話したことがあるのですが、
私と同じように苦しんでいた人は、こういった会話をかなり深いところまで進められるのですが、
普通?の人と会話すると、なんかみんな怖いよって言われて終わるんですよね。
そんなことより、なんとか〜という感じで。
20にもなってくると、周りの方でも、親がなくなった人とか多くいらっしゃるのですが、
みんながんばって生きてます、本当にえらいし、すごいことだと思います。
私は幸い、というか、そうじゃないとおそらく発狂して、ついには暴れてしまうかも、
家族みんなおかげさまで健康で元気です。ありがたいです。こんな日々がずっと続けばいいのに。
無常ですよね、無情ですよね。はぁ、食欲ないけど、せっかく作ってくれたので、ご飯食べてきます。


382 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 09:18:04 ID:hphEFeXp
ごめんなさい、レスの順番が変わってしまいました。

>378
完全に狂ってしまうと、本当はだめなんだと思いますが、
そのほうがある意味幸せなのかもしれませんね。
薬でやはり発作は抑えることができるんですか・・
私の以前の通院はなんだったのか、種類と量だけ増えて、
結局まったく改善されず。
どういった治療をされるのかも聞いてもちゃんと答えてもらえず、
たびたび変わる薬に疑念を抱き、結局2ヶ月ぐらいでやめてしまいました。
少し聞きたいのですが、薬を飲み続けて、どれくらいなんですか?
初診のときから、薬の種類とかって変わってきましたか?
こういうのを聞くのは失礼かもしれませんが、減らすとかの方針というのは、
たってくるのでしょうか?
ごめんなさい、せっかくいろいろ教えていただいているのに、疑いばかりで。

>379
もう絶対経験しないほうがいいです、
毎晩これに悩まされていると、周りから見ても、明らかに廃人の雰囲気になります。
ヒトである以上、この恐怖からは逃れられないのかもしれませんが、
それにしても思考が無限ループしてしまうのは、いやです、
もうかれこれ、寝るときは、テレビを暗闇のなかつけて、オフタイマーにしないと眠れません。
何か気分をごまかせるもの、思考を別方向に持っていけるもの、
パソコン・テレビ・・これぐらいかな、に依存してしまいます。


383 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 09:31:52 ID:k6EeeIgd
当たり前のように家族と過ごす日々、いつか必ず終わると思うと
辛いですよね 自分が死んで2度と何も発せない、受け取れない
感じられなくなり無になる。それと同じくらい怖いです。

384 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 12:27:01 ID:hphEFeXp
また発作きた、家に誰もいなかったので、小声でやだやだあああああって叫んだ。
でも、そろそろ親帰ってきて、こんな私のために、お昼ご飯を作ってくれる。
でもぜんぜん食欲ないから、また2口ぐらい食べて残しちゃうのかな。
自分が情けない、生きてる価値ない、でも死ぬのは怖い、
もうどうしようもないね。いつか、たまに死にたいと思える瞬間が来るから、
そのときにけじめつけたほうがいいのかな。でも無理なんだろうな。
助けて。

385 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 13:34:43 ID:k6EeeIgd
昨日いた人かな?
俺には的確なアドバイスが出来ない、薬使ったことないし
でも死のうなんて思わないで、心が楽になって前向きになれる日が来るから

386 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 16:16:34 ID:hphEFeXp
ちょっと前にもらった薬を、ひとつだけ飲んでみました。
なんとか賞味期限?前だったので。こういうことしてはいけないと分かっているのですが。
一種の頓服として我慢できずのみました。上でも触れられてるレキソニンです。一番小さいやつだと思います。
落ち着くというより、何か死への恐怖は非常に高いのですが、
それから先考えることが面倒というかできないというか、
確かにこれでは発作など起きそうもないです。
でも、逃げられないものからただ逃げてるだけというか、逆に、
さっきまでの不安感とは違う、別の不安が取り巻くようになりました。
なんかさっきまでは体全身で恐怖を感じていたものが、
全身では感じないものの、どこか、分からないところで恐怖を感じてます。
結局私の場合では根本的解決は望めないのでしょうか。
ネットでいろいろ調べていると、私と同じような病気で悩む夫を持つ人なんかがいましたが、
結構大変そうで、いきなり夜中に発狂したって・・一般人からしたらそれこそ恐怖ですよね。


387 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 17:11:25 ID:hphEFeXp
連続ですまない、
上で薬を飲んだものだが、
気分が晴れてきた、
やはりいつかは効果は切れるのだろうけど、
この気分を大事にしたい。
不安はあるのだが、不安を不安として考えることがなくなった。
何か安らかな気持ちを持って死を考えることができるようになっている。
これは脳内で何か化学物質が作用した結果なのかは分からないが、
なるべくこれが続くことを願いたい。
本当に安らかだ、このまま何事もなく眠りたい。

388 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 19:39:51 ID:PVZis0Ow
タナトは、
死が怖い理由が人によって分かれるから、
なかなか救いがないんだよな。

死後があるのが怖いのか無になるのが怖いのか。

この両極端だと、
救いとなるものはまるで逆だしね。

俺は死後の無が怖かったが、
最近の宇宙論を知って、
宇宙の永遠や死後の世界もあるかもしれないと思えるようになったので、
少し楽になった。

389 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 19:54:32 ID:h0wJQj46
>死後があるのが怖いのか無になるのが怖いのか。
どっちも、と言う人がけっこういる気がする。
そうするともうどうしようもない罠・・考える脳を持ったことが苦になってくる

390 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 20:03:59 ID:hphEFeXp
薬の効果がきれた、
せっかくふっきれていたはずだったのに、
あの安らぎはどこへ行ってしまったのだ・・
あああああああああああまた同じことの繰り返しかよおおおおおおおおお

>389
私もそう思う、脳をコンピューターみたいに、
ボタンで制御できればいいのに。
そしたらどれだけ幸せか。

391 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 20:06:32 ID:Mr3TYMyi
生活の要点
@物理・化学を信じる=仕事への応用・自己防衛・証拠能力
A生物としての認識=体調管理
B自由思考=ストレスからの解放
C運動不足解消=精神障害の改善
D口呼吸予防=ニチバン肌に優しい絆創膏 唇を中心に凹型に貼る(口を軽く閉じる)


392 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 20:17:32 ID:FcjwvIQK
ああああああああ なんて言いながらキーボード叩いてられるかよw
とりあえずおまいの他にもいろんなヤシが来るんだから餅つけ

393 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 20:19:51 ID:tO5YZck9
この症状で悩んでる奴、
多分発作が酷い奴ほど、タナト以外にも沢山問題抱えてるんじゃないか?
俺は死の恐怖が無い時は、将来の不安とか、孤独感とかにも悩まされてた。
でもタナト以外の問題を全部解決したら、発作とかもなぜか軽くなった
心のバランスって大事だな、やっぱり

394 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 21:24:18 ID:hphEFeXp
>392
言いたいことは分かるけど、キーボードたたけるんだよ、
逆にキーボードをたたくことで、少しでも気を紛らわしたりしてる。
だから、私なりの発狂回避なんです、分かってください。ごめんなさい。

>393
発作がむごい人間ですが、
抱えてる問題はすべてこれがらみからです。
パニック障害とか不安神経と持ってますが、これらは死の恐怖にさいなまれて発狂するのがいやで、
そのせいで、ひきこもったり、満員電車が苦手だったりというのです。
昔は潔癖症とか完ぺき主義なんかの神経症も抱えてたけど、
このあたりは、自分の気の持ちようで解決できた。
だが、PDと不安神経、そしてこればっかりはなかなか。
孤独感とか、人生での将来の不安はなぜか感じることが少ないんです、
こじつけですが、逆に孤独であったほうが誰かにおかしくなった姿を見られないという点では、
いいですし、一人暮らしもしていた時期があるので、ぜんぜん大丈夫です。
将来の不安は、このままだと大変どうしようってのはありますが、それはやはりこれからくるものです。
心のバランスをとるために、ほかのこと全部解決したとありますが、
どのように解決されたのでしょうか?
通院や治療など教えてくださると幸いです。
後、軽くなった発作、どういうふうに抑えてらっしゃるのかも教えていただけるとありがたいです。

長文で、言葉遣いもおかしくなってますが、すいません。

395 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 21:32:01 ID:h0wJQj46
>>393
あ、それヒントっぽいな。この症状を治すことへの。
そういえば、好きな教科を徹底的に勉強すると、他の教科の成績も上がると聞いたことがある。
それと同じように、心のほかの部分を改善すればタナトも収まるかもしれない。
多分
ああでもほかの部分を改善することも難しいのか・・うーん

396 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 21:35:44 ID:hphEFeXp
>395
あなたはほかに何抱えてる?
やっぱり複雑??



397 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 21:49:30 ID:tkzToRtM
>>393
>発作が酷い奴ほど、タナト以外にも沢山問題抱えてるんじゃないか
それ言えてる。
派遣社員だから生活不安定だし、友達・恋人なしで孤独、おまけに病弱。
393は問題全部解決したってすごいね。どうやって?


398 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 22:27:02 ID:h0wJQj46
>>396
私は視線恐怖持ちです。でも最近治ってきました。
>>396さんはタナト以外で何かあるんですか?(・ω・)

399 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 22:32:19 ID:i+WJaD4x
タナト以外で抱えてる問題といえば鬱が酷い時に自殺の衝動に駆られる事かな。
精神神経科に通ってはいるが普通に結婚して仕事もしている。辛い時はあるけど
鬱なんて珍しい病気じゃないし、抱えてる問題は人並み程度かなーと思う。
寝ようと思って布団の中でボーっとしている時に、
自分の存在とか、自分が死んだ後の事や、地球が消滅した場合の事なんかを考えると
段々不思議な気持ちになってきて、物凄い恐怖に襲われ、やがて発作が起きる。
発作の重度はその時によって色々。一番酷い時でもまだ気絶したことは無くて何とか正気に戻る。

ところでタナトの発作が起きる状態って、人間として間違いなの?
どうしても考えてしまうんだよね。
考えると発作が起きるから、だから考えないようにすればいいと言われたとしても
困惑してしまう。こんな重たい事実から目を逸らして生き続けるって、背筋が寒くなる。

例えば、
夢中でボールを追いかけて思い切りテニスを楽しんできた自分が、ある時
なにげなく後ろを見たら実はそこは高層ビルの屋上で、自分は柵のない淵でプレイしていたことに
気付いてしまったらどうしようと思う。
そんなの見なかった事にして再び前を見てテニスを続けるのかと。

400 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 22:36:47 ID:i+WJaD4x
>>398
ごめんなさい。タイミング的になんか横レスみたいになってしまいました。

401 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 22:46:46 ID:h0wJQj46
>>400
全然あやまる必要ないですよ(;・ω・)

しかしそうですね。そういう、「考えなくてはいけない」というか、
「考えないでいられない」みたいな感じ、よく分かります。
考えたくないのに考えたいってなんか矛盾してるな・・
知りたくないことを知りたい、というか・・パンドラの箱みたいなもの?

402 :393:2006/03/09(木) 22:53:29 ID:tO5YZck9
他の問題全部解決したってのは言いすぎだった、スマソ

症状が酷い時は、無職、友達恋人一切無しで一日中家にひきこもりとにかく発作に怯える毎日だった。
見かねた親に無理やり病院連れてかれて、クスリをもらい定期的にカウンセリング受けるようになって
それから少しづつ生活を改善していった。
まず生活を規則正しくして、それからカウンセリング受けたり地域活動に参加するなりして、
人とコミュニケーションとるようにして、クスリにも頼りつつなんとかアルバイト出来る状態までこぎつけた。
発作は兎に角無視した。ひどい時はクスリをすぐ飲んでごまかした。
タナトを治そうとは思ってなかった、とにかく一般人らしい生活がしたかった。

今は少ないながらも友人が居るし、初の恋人も出来た。
将来の不安はまだあるけど、現在資格の勉強しつつ、就職を目指してる途中。
死ぬのはまだ怖いけど、症状は発作が起きても耐えられるぐらい軽い。


403 :393:2006/03/09(木) 23:06:26 ID:tO5YZck9
>考えると発作が起きるから、だから考えないようにすればいいと言われたとしても
>困惑してしまう。こんな重たい事実から目を逸らして生き続けるって、背筋が寒くなる。

これすごいよく解る。
目を逸らし続けて、問題を先送りにして、死の間際になったらきっと負債はやってくる。
でも、自分は弱い人間だから、正面から立ち向かって行くのは無理だ。
嫌な事は考えないで、人生楽しく生きて、死ぬ時は後悔でも発狂でもなんでもしてやろうと思う。
その方が、今、大切な人を悲しませないで済むと思ってる。

404 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 23:07:50 ID:hphEFeXp
>401
考えないではいられない、よく分かります、
私もそのせいで毎日がつらいです、
同じことの繰り返しなんですけど、これが直らない。
本当にこの病気を治せる人はいるんでしょうか・・
軽い発作、私にとっては発作はすべてひどいもの。
思考が奥深く入ってしまうと、発狂せずにはいられなくなる。
誰か救ってください。

405 :優しい名無しさん:2006/03/09(木) 23:36:01 ID:i+WJaD4x
>>403
>でも、自分は弱い人間だから、正面から立ち向かって行くのは無理だ。
>嫌な事は考えないで、人生楽しく生きて、死ぬ時は後悔でも発狂でもなんでもしてやろうと思う。

393さんは弱いわけじゃないと思う。
人間である以上、この発作に正面から立ち向かうのは無理だと思うんだ。

わけわからない世界だけど、生きてかなきゃならないのなら覚悟するしか道は無いんだよね。
393さんは強いよ。
「死ぬ時は後悔でも発狂でも何でもしてやろうと思う」なんて、私なんかこれ読んだだけでもうすっごい怖いもん(ニガワラ)。
でも、なんだか勇気の出る言葉だね。ありがとう。

406 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 01:04:29 ID:tLU5L7Zk
死の恐怖に苛まれ日常生活に支障をきたすこと自体、死が全ての生き物に
平等に訪れるという現実を鑑み、重大なバグだと認識すれば、少しは気が
楽になりませんか?

407 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 05:53:38 ID:5HOo5L3i
誰でも「あなたは何年何月何日に必ず死にます」と具体的な死亡日時を
告げられればとてつもなく恐怖だよね。きっとそれは老人だって同じだと思う。
死刑囚でさえ死刑執行日を知らされることはない、というのも同じ理由だよね。
でも、人間ってせいぜい生きても100年前後、誰でもやがては死が訪れることは
知っているから、広い意味で死刑?の宣告は受けている。
なのに、普通の人たちは、たとえ漠然と死を恐れているとしても、決して
タナトフォビアじゃない。なぜなんだろう?
哲学者ハイデガーは「人は死の不安を忘れて生きている」と『存在と時間』の
中で語り、自分の死を鋭く意識することを死への「先駆的覚悟性」と呼んで、
そこから生の意味を捉えなおして再構成を試みた(ハイデガーがタナトだったか
どうかは不明だけど)。
オレが思うところでは、普通の人は、死を忘れているというよりも、特にこんな
ご時世「いつ死ぬかもしれない」と漠然と死を意識しながらも、
「今日や明日に死ぬことはおそらくないんじゃないかな?」と楽観的な可能性を
感じ、それを毎日繰り返しながら生きているような気がする。難病の人も老人もね。
オレの知ってる看護師さんがこんなことを言っていた。
「私ら、そんな先のことをどうのこうの言われても、そんなこと考えてもない。
今日しなければならないことで頭がいっぱいだし、せいぜい2〜3日先までのこと
くらいしか考えて生きてない。」
オレはその言葉に、なぜか妙に感動し納得した。人が日々生きているっていうのは
そういうもんなんだなって。

408 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 05:55:07 ID:5HOo5L3i
407の続き
よく考えてみれば、本来なら一番死期に近いはずの老人に最もタナトが多いはず
なのに、オレの知る限り、老人のタナトって聞いたことがない。老人は一般的に、
自分の若かりし頃の出来事など過去の想い出話をするのが好きだけど、それは
目前の死から逃避しているのではなく、「過去を生きる」ことで「今」を生きて
いるんじゃないかなって思ったりもする。案外、人間ってそういう風にできて
いるのかな?
オレが死んで消滅し無に帰するのは恐い。でも逆に、仮にオレが永遠に死なず
消滅しないとしたら恐ろしくて生きてられない(矛盾も甚だしいけどね)。
きっと、オレが死んで無に帰することを恐怖しないということは、
オレが生まれる前(物心がつく前)にオレが無だったことを恐怖しないのと
同じなんだろうな。
少なくとも、オレが死ぬことを恐怖しているときはオレは生きているんだし、
オレが死んだときにはオレが死んだということ自体、オレにはわからない訳だから、
タナトなんって徒労とわかっているんだけどね。

409 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 09:34:51 ID:OcWti+O6
やはり皆さんも考えていることが非常に私と共通することがあります。
死が気が狂うほど怖い反面、このまま終わり無く生き続けるのも耐えられない。
鬱が酷いときには他に何か考える気力すらないが、問題は結局先延ばしに考えないようにしているだけと気づくと、鬱とタナトがミックスして大混乱に陥ります。
電車や会社でそれが起きると恥ずかしいったらまぁ・・
そんなときこの生きるのと死ぬのはどちらがいいのか考えるのです。
まだ答えはでてないけど、確実にわかるのは、死んでいると後悔や判断すらできないんだなということでした。

410 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 10:18:27 ID:csyp8Nqx
>409
分かる、
私も昔薬によって発作を抑えていた?こともあったけど、
結局、先延ばしにして逃げてるってことに気づいて、
それがとんでもない恐怖になって発狂します。
だから私は薬の種類と量だけ増えていって、結局直らないと思い通院を放棄したのですけど。

電車・会社で起こる。
分かります、一見健康そうに電車にのってた人間が大きな声で発狂して、
やだやだだやだyだやdって言いながら走り回るんですものね、
私も、発作で危ない時が、多々あります。それのせいでPDになったり、
それが不安で不安神経症。どこへ行っても私はこの観念にとらわれたまま生きるということに、
ひどい失望と絶望を感じます。
上で老人はこの病気にならないとありました、なぜなんでしょうね。
考えないようにしているだけなのか、それとも強い心や精神を会得したのか。
もうやだ、
薬で解決されず、治療でも解決されない、唯一の解決は私が死ぬこと。
なんでこんなに矛盾するんですか。もうやめてください。助けてください・


411 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 12:11:10 ID:VKPA5GFn
タナトの恐怖をせおうことによって
ふけて死期がちかくなると考えれば?
長生きするには死をおそれてばっかいないで健康にきをつかったらどうだ。
フコイダン、カロチン、ヤクルト、DHA、カレー、カルシウムを摂取しまくればガン、ボケ、骨訴訟症予防になる。
ビクビクしてる間にガン解析、アルツハイマー解析とか協力しろよ。
人間ドック、脳ドック、健康診断マメにいけよ。

412 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 12:18:15 ID:VKPA5GFn
外人、ラテン人のほうがイキイキ毎日ニコニコしてるのはなんでだ?
日本人ってかんがえかたとかちょっとくるってると思う
外人の死生観がしりたい

413 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 16:16:08 ID:cWzP3LcH
ある地域・民族・文化環境において発生しやすい精神疾患の事を「文化依存症候群」と呼ぶ

「文化依存症候群」とされている病気には、

・日本の引きこもり 、対人恐怖症(taijin kyofusho)
・マレーシアのアモック(Amok)、ラタ(latah)。
・韓国の火病(Hwa-Byung)。
・北米・西欧に多い拒食症(神経性無食欲症、神経性食欲不振症、anorexia nervosa)
・17-19世紀のヨーロッパで流行した拒食症の一種anorexia mirabilis。
・アイヌのイム(imu)
・中国、東南アジアのコロー(koro)
・南米のスストー(susuto)
・北米のオブジワインディアンのウィンディゴ(windigo)
・アフリカ ポリネシアなどのヴードゥー死(voodoo death)
・シベリア グリーンランド エスキモーのピブロトク (pibloktoq)
・西アフリカ ハイチに多い、boufee deliriante
・西アフリカの学生に多い脳神経衰弱症 (brain fag)

などがある。

414 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 16:16:15 ID:csyp8Nqx
死後の世界、少しだけあるよ。
だから大丈夫。怖くない。

415 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 18:07:39 ID:csyp8Nqx
だめだ、崩壊だ。助けて。

416 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 19:46:20 ID:wx+YLPtE
だいじょーぶ。
無限に大きい空間では、起きる確立がゼロでないことは何でも、無限に何度も起きなければないことになる。
そして今のところこれについての有力な逆説はない。
ということは、死んでもどこか別のところで同じ自分が生きていることになる。
まあ根本的な問題はそこではないんだろうけど。

417 :優しい名無しさん:2006/03/10(金) 22:20:01 ID:N6MFxkxR
人生とは,二つの無限に長い時間に挟まれた一瞬のフラッシュである

418 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 02:02:37 ID:mvC/BMXt
就職と引越しが決まって忙しくしていたら
三日間くらいは自分がモータルだってことを忘れていた。

419 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 05:25:40 ID:4S2d1leP
>>417
いや、人生とは、絶え間なく次から次へと訪れる「今」の連続なのです。
時間そのものは存在ではありません。意識の存在によって初めて成立しうる
概念形式なのです。

420 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 09:10:29 ID:jz6qWr2x
>418
モータルって、逆じゃない?
イモータルじゃなかったっけ?
そのあたりはどうでもいいか。
確かに、忙しいときって、なんか忙しさの中に空虚感をうめてくれるものがあって、
ある意味この死恐怖というか、死の存在を忘れることってありますよね。
でもふと思い出してしまうとき、忙しさが無くなったときや、ちょっと一息休んだりしたとき、
この後に来る絶望感や不安感、虚無感といったら耐えられるものではありません。
そしてまたここにやってくる。
そういう意味では忙しさにずっと包まれてるほうがいいのかもしれませんが、
また忙しさの中にいると、毎週同じことの繰り返しで、ずっとこれが続くと考えると、
本当に無駄に思えてくるとかいって、休みを求めたくなるんですよね。
そして休みになると、またこの症状が発作として現れる。
わがままと思われるのが普通なんでしょうが、そういうのじゃないんですよね。
難しい。今日も発狂・発作・狂気的行為との戦いです。
死ぬまでこの恐怖に怯え、いったい私は何のために生きているのでしょうか。

421 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 13:54:55 ID:2NEqR7OZ
>>416
時間も空間も有限.宇宙の始まり(ビッグバン)と共に時間,空間が始まり膨張を続け(←現在はここ),
やがて膨張が停止して収縮に転じ,やがてビッグクランチを起こして時間,空間が消滅する
ビッグバンの前も,ビッグクランチの後も,現在の宇宙空間以外の地域というものも,本当に

 何 も 無 い

のである

422 :nil ◆xtU8YM7bC. :2006/03/11(土) 14:17:13 ID:iwVa+E6X
今北産業(。Φн)
誰かこの中でoooo
「今の世界」死んだら人が言う【死後の世界】に行ってooo
俺にとっては【新しい世界】なんだo
またその【新しい世界】で死んだら
また違う《新しい世界》へooooその《新しい世界》で死んだらまた違う『新しい世界』へoooo
てエンドレスワールド思考いない?
まぁ次行く【新しい世界】もマタ「今の世界」みたいな「宇宙」の「銀河」の「地球」と設定された世界かもしれないし違うとこかもだしoooo
とにかくこうゆう事考えた事ある人レスしてほしい(。Φω)

423 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 14:25:58 ID:SEd0JJgb
このスレ読んでたらとっくに忘れてた死への恐怖が蘇ってきた

424 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 14:28:16 ID:c9vsPAu+
>>421
ダウト。

M理論などを調べよう。

425 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 14:28:52 ID:RCKOkxmW
>>422
文末のooooってのは、句点のつもりなのか?

426 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 14:37:47 ID:oO0pMW2G
ちとでかいがそのつもりだろう°

427 :nil ◆xtU8YM7bC. :2006/03/11(土) 14:40:10 ID:iwVa+E6X
>>425
ケータイでは小さいんだけどPCじゃデカいすか?´・ω・。)

428 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 14:44:02 ID:c9vsPAu+
>>421
後、
こういう話もある。
ttp://www.astroarts.co.jp/news/2004/06/03dark_energy/index-j.shtml

429 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 15:26:12 ID:ImKs51g8
宇宙は永遠に膨張するしかないんだよ。どんどん密度が薄くなり暗い空間になる。悲しいけど止められないし膨張速度は強烈に加速し続けている。

430 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 15:37:24 ID:2NEqR7OZ
五感を完全に失っても意識は残るのか?

431 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 15:40:30 ID:VfuAF/x7
http://blog.m.livedoor.jp/deathvox/

432 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 16:21:17 ID:jz6qWr2x
はぁ、また発作だよ、
誰かに助けてほしい。
逃げ出してきて、ここに来た。
もうそろそろ家族から完全に不審がられた。
急に立ち上がって、部屋にかけこんで、パソコンだよ。
怖い、やめてええ・

433 :nil ◆xtU8YM7bC. :2006/03/11(土) 16:51:52 ID:iwVa+E6X
よしよし
(´Φω)ノ゙>>432

434 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 17:02:47 ID:jz6qWr2x
>433
よしよしって言われても私の場合、
この恐怖からくる発作の場合、
漠然とした不安や絶望に長時間さいなまれるので、なかなか。

435 :nil ◆xtU8YM7bC. :2006/03/11(土) 17:05:40 ID:iwVa+E6X
ぢゃあ長時間よしよしするちゃ
(`Φω)ノ゙>>434

436 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 17:11:56 ID:jz6qWr2x
>435
それがなかなかねー、
不安っていうのは、簡単には消されないんだよ。


437 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 17:29:44 ID:fAo3N1pw
最近発作が起きなくなってきた。
死について気が済むまで考えても大丈夫になってきた。
かわりに自分の心の変化が怖くなってきた・・
むしろタナトの時のほうが正常だったのか?あれ??
死もわからないけど心の動きもわからない。こわひ。
よく考えたら分からないことだらけな気がしてきた…きりがなくてやだ

438 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 19:22:21 ID:jz6qWr2x
>437
その心理状態、私もある、
死について考えても、大丈夫だったとき、
逆に不安になるんだよね。
だから、今私が怯えまくって、毎日発狂したりしてるのは、
正常なのかもしれない。
でも、もし今、あなたが日常生活に不自由が生じてないなら、そっちをとったほうがいいよ。
絶対、今の私の姿を見たら、あなたは確実にドン引きする。

439 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 20:41:01 ID:jz6qWr2x
だめ、また不安きた、発作、やだ。

440 :優しい名無しさん:2006/03/11(土) 23:03:18 ID:15dDgJvb
>>437
オレも今まで当たり前と思っていたことを懐疑的に思ったりするようになった
なんていうか、タナトや宇宙の事って哲学の極地だし、例え自分なりの
答えを出しても次の悩みを考え出してしまうような気がする
お互いひょっとしたら悩みや疑問を作りだしてしまう人種なのかもしれないね

441 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 09:50:40 ID:2aPuqU6E
朝からまた発作です、もういやだ、
死にたくない、でもこのまま苦しむのはいやだ、
誰か助けて。

442 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 10:26:31 ID:LuubpcQ9
>>420
いちおう説明
mortalは「死すべき定めを持つもの」
頭にimを付けてimmortalにすると「不死なるもの」になる

443 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 10:28:13 ID:gUMJsWP2
人は死ぬと宇宙の果ての無の世界へ旅立ちます。
何十億光年という長い時間を一人でゆっくりと進んで行きます。
退屈な思いをせぬよう出来るだけたくさんの思い出を持っていきましょう。

444 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 10:33:36 ID:32FRE6oT
長旅にそんな大荷物! 思い出重いで。w

445 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 10:48:24 ID:2aPuqU6E
やめて怖い、変なこと考えさせないで。

446 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 18:40:20 ID:2aPuqU6E
っぃに、体重も減ってた、
よく考えたらお風呂も入ってないな。
やだぁ、死ぬの、いやだぁ、


447 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 18:41:40 ID:32FRE6oT
そういうこと言っているうちは死なんから、落ち着け。w

448 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 18:48:57 ID:2aPuqU6E
でもいつか来るのが怖いんだよ、
今来るならあきらめつくかもしれないけど、
今じゃなくて今度なの。
だから毎日発狂しちゃうんじゃん。

449 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 18:56:45 ID:XmH6DJbm
電車で今きた
うわ

450 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 19:07:13 ID:DTBUjx6c
>>443
逆にやってみたい

451 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 19:50:28 ID:2aPuqU6E
>449
大丈夫?気持ちすごい分かる、
どうにかして落ち着いて。
途中下車でもなんでもいいから。
がんばってというのは不適切だけどそれしか。
落ち着ける方法あったら誰か教えてあげて。。

452 :優しい名無しさん:2006/03/12(日) 20:00:16 ID:32FRE6oT
>>448
来る来るって言って、結局いままで来てないだろ。
「狼が来たぞ」少年みたいなもんだって。


453 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 02:09:26 ID:9U60r942
さんざん言われてるけどこれって結局「未知を思考することによって現れる恐怖」であって、
死、死後、無、意識、永遠、宇宙・・
「これら」が怖いのではなく「これらを考える」から怖いのでは?
現時点ではこれらについて確かな答えはほぼ100%出ない。誰にも出せない。
故に、考えるから怖いんであって、考えなければよい、考えては
いけない事、答えがないのが答え、人間の考えることではない、
などと思えば少し楽になるのでは?

もしくは、死ぬのは当たり前の事、当たり前の事に恐怖するということは
たとえるならば1+1=2であるということに恐怖しているのと同じなのではないか?
・・いや、これはちょっと違うか!?

・・とか色々思ってはみるんだが、やっぱり辛いよね。
何だか心、体が得体の知れない黒い物に覆われている感じだ。

死ぬのは確かだからなぁ・・儚い。

454 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 10:39:32 ID:6f9szbYr
矢田ああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああいやいだd」あdあ
亜fじjfがjdかじflf;えあ

455 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 11:23:17 ID:6f9szbYr
少し落ち着いた、
落ち着くっていうか、あきらめっていうか。
あああああああああやだ。

456 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 11:45:01 ID:A8qFkhZi
1+1は2とは限らないんじゃ

457 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 19:20:05 ID:6f9szbYr
この病気ってなおりますか。

458 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 20:55:21 ID:ZgjrS8gu
カウンセラー次第だと思う。上野の相談室がいいらしい。

459 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 21:19:45 ID:B+pbicFx
おれも子供の時死が怖かった。
いつか死ぬんだなと思って進んでいく時計の針をにらんでいたことがよくある。
母に死ぬのヤダよ〜って泣きついたこともあった。
今は、いつかテレビで見た、
死んだらトンネルを抜けてみんなに会うみたいなのや輪廻転生
を不安ながらも信じている。

460 :優しい名無しさん:2006/03/13(月) 22:14:30 ID:qMR9WKNd
輪廻転生こえー(((;´・ω・`)))
でも無もこえー(((;´・ω・`)))

461 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 00:02:03 ID:xyQqobkR
結局私は「今の自分」が無くなるのが怖い。
だから生まれ変わろうが無になろうが、今の自分が無くなることには変わらないから、それを考えると・・ってヤバい、考えちゃいけない。寝る前に考えたら眠れなくなる・・・

462 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 10:58:09 ID:KkGMIgqv
やだやだ、怖いよ、怖い、
たすkて、やだぢゃだfdか」

463 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 11:04:14 ID:T8VuwFup
関西のある18歳の女の子の日記。今も書き続けられています。12月3日から始まっています。お願いします、話の内容がわからなくなると思うので、最初(12月3日)から全部読んでみて。私は泣きました。彼氏の大切さに本当に気付いた。−Link−
http://mbsp.jp/d.php?ID=myae&c_num=86538

464 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 11:52:46 ID:KkGMIgqv
はぁ、少し落ち着いた、
何が落ち着くのか分からないけど、
この病気って本当に治るの?
経験者の人とか、今も苦しんでる人とか、どう?


465 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 12:03:35 ID:ZbSAGRth
>>464
自分は昔に比べると症状はずいぶん軽減されたよ
テンプレには書いて無いけど、恐怖を克服するためには
恐怖に対する答え、言い訳を自分なりに作るってのも有効なんじゃないかな
ボクは薬物と上記のやつでかなり症状は回復しつつあるけど
それでも完治には到ってないね。やっぱ多少のトラウマみたいな感じで残る

466 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 12:23:50 ID:0dv30+P/
私は特に小中高のとき眠る前とかに死んだらどうなるか考えて心臓バクバク眠りがやって来るのを待っていました。でもそういう時に限ってなかなか眠れなかったり・・・
いまでも時々そうなりますが、自殺願望があるから矛盾してるんですよね。

467 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 14:00:38 ID:gGVvEvE5
今の世界もまぼろしなんだよ

468 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 15:52:55 ID:TzJQJs4A
でも自分はまぼろしじゃない

469 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 15:58:40 ID:KkGMIgqv
>465
やっぱり完全に直るのは厳しいですよね、
でも薬でだいぶ軽減されてるように思いますが、
軽減してる状態ってどういう感じなんでしょうか。。
私も昔処方されてたときがあったんですが、
ちっとも直ってる実感がなくて、余計不安になって大変なことになったことがあったので。
やはり死恐怖症からPDなんかも同時に併発しちゃうと、
完全にひきこもりの異常者になってしまうので、がんばって直さないと。。

>466
自殺願望は一年に1回ぐらいあるときもあるし、
今だって、ずっとこのまま苦しむのなら一回怖いの我慢してでも死んだほうがいいって、
思うこともあります。
だけど、結局恐怖に打ち勝つことなんかできないので、生きています。
最近は何のために生きてるのかってことに疑問を思ってばっかりです。
後、眠る前って、ついそういうこと考えがちになるので、
私は、もうかれこれ5年は寝る前にテレビ必須です。
部屋暗くしてオフタイマーにして音なるべく小さくして、
その状態で、画面ほとんど見ないで、眠りにつきるのを待ちます。
これで眠れるんですけど、
それでも旅行なんかで人が一緒だと、夜中テレビずっとついてるのは問題で、
眠れずに大変だってこともあって、最近は旅行も言ってないです。。

470 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 17:28:57 ID:ch0spTdb
恐怖の原因は食生活にあり
http://hazakura.jp/3.htm

動物の死骸が脳を循環しています。

471 :優しい名無しさん:2006/03/14(火) 19:51:15 ID:ejoe8MO1
>>469ずっとこのまま苦しむのなら一回怖いの我慢してでも死んだほうがいいって、
思うこともあります。

とてもとても、よく解る。
この先どうしよう。ワケ解んないこの世に生み出されてしまって…。
とりあえず命の危険が無い平和な国に生まれた事は幸せ、恵まれてると言えるんだろうけど。
この恵まれた環境を最大限に生かして、泣いたり笑ったりして人生を楽しめば良いってな事を
健全?な人に言われたら、返す言葉も無いでしょう…。
でもね、いや、違うんだよ。論点はそこじゃないんです。
この問題を考えるのは不健全な事なの?だって考えないでいられないじゃないの。
虚し過ぎませんか。怖すぎませんか。この現実。
「中途半端な知能」を与えないで欲しかった。

472 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 03:49:09 ID:rRex1xYZ
落語家の桂枝雀さんも、タナトだったんだよ。
昔やってた「枝雀寄席」(関西ローカル?)って番組で、「死ぬのが恐い病」に
かかったことがあるって言ってたもん。

473 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 04:40:29 ID://0V4hef
>>471
日本は平和ではあるけど同時に劣悪な環境でもあると思う。
個人的には功利主義的なところにウンザリしてる。

>>472
タナトのあまり自殺を図られたのか・・・カワイソス
というか明日は我が身か(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

474 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 07:58:12 ID:GtPPKK+x
やでああああああああああああ
ああああああああああああああああ

たすけて。
朝起きたときから、急にこwかうなってく、
はきょうして、あjふぁいyだぢあwこわいおいこw

475 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 12:21:12 ID:rRex1xYZ
>>473
>タナトのあまり自殺を図られたのか・・・カワイソス

枝雀さんの自殺は、タナトが原因じゃなくて、確か、鬱の回復期だったから
だと思うよ。

476 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 16:19:25 ID:GtPPKK+x
死恐怖症の発作と、冷静に死を見つめる恐怖。
どちらも発作があるかどうかの差だけど、
いつ冷静さを失って発作に結びつくか、
寝ているときにでも、急に目覚めて、474みたいなことになって。
毎日がこれの繰り返し、いっそう死んでしまえば楽なのかもしれないのに。
でもそこが怖い。
この不安はどうすればいいの?
直るの?この病気。

477 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 20:39:16 ID:7p37ig7Q
絶対に治らない。が、症状を軽減出来るということは確実に言える
人によって改善する方法も効き目もまちまちだろう、色々やってみないことには解らないだろう
だけど、何もしなければ変わらない。苦しみから逃れたいなら何かしらするべき

478 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 21:38:29 ID:qneVUgQb
・死後の無(自己、意識の喪失)が怖い
・死ぬ時の痛みが怖い
・今の幸せ(またはまだ幸せを手にしていない)が死で終わる
って奴に聞きたい


   生 き た い の か ?



479 :優しい名無しさん:2006/03/15(水) 21:57:12 ID:yVhvSvWU
意識の喪失が怖い俺としては、
死後があるのなら死んでも良い。

でも、
オカルトとかまるで信じてないから、
死後もないだろうと思ってる。

そもそも宇宙ですら永遠か分からないのに、
死後があるとは思えない。

今のまま生きているのも苦しいけど、
死にたくない。

タナトにとっては、
どう転んでも苦しみしかない気がするよ・・・。

480 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 00:15:11 ID:GI6YQVB7
人間関係 仕事 近所付き合い
生活 自分の存在

今どの辺りが苦しいのか分からないが、この辺りなら自分の心一つで少しづつなら変えれる
周りが変わるのを待つだけじゃ、何も起きない

心から今の状態が嫌なら、何でもいい
朝起きる時間を統一する事でもいい
部屋の模様替えでもいい
仕事を止める又は始める
何か一つでも変えて気を紛らわせないと本当に危ない

心が押し潰されてからじゃ、生きたいと思える様になっても遅いから


481 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 11:52:59 ID:PgnWKUaH
「生きたい」と考えたとき、どうして生きたいのかな、とまず思うんだけれど、
結局死ぬのが怖いから「生きたい」って思ってるような気がする。(夢があるから、とかは省いてます)
そうでもしないと皆最後は結局死ぬわけだから、生きてる意味がなくなってしまう。
そうするとタナトの「死ぬのが怖い」という感情は「生きたい」という感情に結びつく健全なものになるよね。
ただ、死ぬのが怖すぎて生きていることに影響を与えるだけで。
↑これがいけないのか!!!!

482 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 15:39:54 ID:31FpoO5h
>481
すごい同意、
私は、まわりで言われてるような自殺したいって感情は基本ない、
自殺したいと思うときってたいてい、この恐怖に耐えられず、
このまま怯えた生活するなら死んだほうがましと思うときだけ。

生きたいよ。それが普通だよ、今それなりにでも幸せだよ。
家族もみんな元気、少し体調悪い親族もいるけど、基本は健康。
薬は飲んでたりしても、みんな毎日健康な笑顔で生活してる。
なのにそれが死によって破壊され、ついには自分の今、
自分の存在・意識が消えると考えると、
じゃあ何のために生きてるの?ってことしか考えられなくなる。
生きる意味を探すために生きるとか、
生きることに意味はないから考えるだけ無駄とか、
死ぬために生きるとか、滅びるために生きるとか、
そういうのはいやだ、
とくに最後の2つとか、じゃあ何のために、
政治や経済、技術開発、スポーツ、いろいろな仕事に一生懸命になれるの?
どんなにがんばっても結局同じようになってしまうのに。
さらに考えると、悪いことして逮捕されて、裁かれる人、
どうせ一緒なら、別に裁かれたっていいじゃんって考えで、悪いことしても、
ぜんぜん大丈夫ってことになるじゃん。

ああああああああああああああああやだやだだ。もうやだよ。
ずっとこのままだ、上で直らないって言ってたけど、
軽減されるって言ってる人、もしあなたがこれで苦しんでるなら、
どういった処置をされたのですか?
もしよろしかったら、おすすめの本・病院・薬、いろいろ教えてください。


483 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 15:51:32 ID:4AhbkYWE
俺は今まで自分は絶対死なないと思ってた。
てか今もそう思ってる。
そんなこと考えるのは死ぬ直前で十分だよ。

484 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 15:54:16 ID:4d+J7FH/
>>482
昔から慢性的に悩んでる訳じゃなく、最近ヒドクなったのなら
病院行って薬もらうのが早いよ。根本の治療にはならなくとも
発作が収る・・・というより収まってしまう

485 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 17:52:30 ID:YYRCyrEA
そうだね、
まだ病院へ行ってない人は行った方が良い。
それで軽くなれるかもしれないし。

俺は通院して薬もらってもダメだった。
薬の効き目が恐怖心に負けてるらしい。

俺の場合、
意識がとぎれる事自体嫌で、
眠るのも嫌だから、
自我が消えてしまうという恐怖はどうやっても消せそうにない・・・。

486 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 18:05:47 ID:31FpoO5h
>484
昔から慢性的に、おそらく8歳ぐらいのときから悩んでます、
それからもう数十年、今もなお悩んでます。
ひどく悩むときもあれば、楽観的に悩むときもある。
生まれる前の状態に戻るとか、流れの中で生きるとか、
宗教書なんか読んだりして、いろいろ知識や考え、見てきました。
落ち着くときもあるし、あきらめのときもあります。
でも、急にこの現実を思い返してしまうと、いつも元通り、
今の状態に陥ります、こういう場合って、慢性的ってなるんでしょうか。
断続的というほうが適切なのかもしれません、
薬もらって、収まってしまう、どういう状態なのかもし良かったら教えてください。

>485
薬でもだめで、今どうやってるんですか?
日常生活できます?学校行ったり、会社行ったり。
できてるなら、それはすばらしいことだと思うけど、うらやましい。
できてないなら、少しでも改善できるように一緒にどうにかしよう。
その不安とか恐怖、絶望感、すごい分かるから。

487 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 18:09:34 ID:imXrH22T
私もたまに小さい時からむしょうに死が怖くなる時があった
母子家庭一人っ子なもんでままんが死んだらもう会えなくなるのとか
一人になるのがめちゃ怖かったし自分も死ぬとままんに
あえなくなるんが怖いとか思って不安になるときがあった

488 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 18:21:55 ID:31FpoO5h
>487
それで今はどうですか?無事に人並み程度に生活してる??
隣でご飯食べたり、日常会話したり、ほんと、いろいろなことしてもらって、
いっつも私を励ましてくれて、迷惑かけたりしまくったけど、
それでも、勉強でもスポーツでも、ずっと暖かく見守ってくれて、
一人暮らし始めても、心配してくれて、病名は言ってないけど、
やんでて、社会生活送れない、だめ人間な私をそんなに攻めることなく、
資金的な援助だけじゃなくて、本当に体調とか、心の状態でも、自分のことのように
心配してくれる家族のこと考えると、
もうやだ、涙出てきた、今、一人いきなりパソコン打ちながらないてる。


489 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 18:23:48 ID:6tkvWslU
【東京】メンヘルOFF【関東】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1124624488/l50

490 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 18:50:25 ID:YYRCyrEA
>>486
仕事はしてるよ。
周囲に迷惑をかけてはいけないという責任感だけで、
何とかやってる。

後、俺の場合、
結婚して嫁がいるから、
それで大分救われている面もある。

それでも、
発作が消える事はないけどな・・・。

491 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 19:01:09 ID:31FpoO5h
>490
えらいですね、私は完全に甘えちゃってます、
発作がくる恐怖から、PDの気もあるので、なかなか定職にはつけず。
かといって、いきなり不安に怯えたり、発狂したりする人間が、
新たに家族を築くなんてなかなか無理で。
ご家族や会社の方は、もうあなたのことご存知なんですか?
発作が来たとき、どうやって潜り抜けています?
私は、なるべく発作きて、発狂する自分を見せたくないので、
家では発作くると今みたいにパソコンの前へ逃げちゃったり。
お見受けするところ薬にも頼ってらっしゃらないようで。
私も、発作で壊れたり、発狂したりする自分を、
こんな年でも見せるべきなのかな、もうこの年で、いきなりどうのしちゃうのは、
さすがに周りでもひかれるのは間違いなしなので。
でも、がんばってる490さんが、すごいですし、これからもがんばってください。
私も発作対策しなきゃ。せめて、社会復帰。。


492 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 19:25:39 ID:YYRCyrEA
>>491
家族はもちろん知ってるよ。
気が狂いそうなときとかは、
いっぱい話をしてもらって、
とにかく気をそらしてもらってる。

会社は知らないね。
発作が起こりそうなときとかは、
トレイに逃げて何とかしている。

ありのままの自分は見て貰った方が良いと思うよ。
タナトは歳と関係ないし。
俺の嫁の祖母は90過ぎてるけど、
死ぬのが怖いと震えて暴れたりするし。

493 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 22:43:10 ID:RvNU+29H
ttp://swf.tank.jp/src/0043.html

494 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 23:27:37 ID:dqMmJC1c
親に
「せめてお前が結婚して孫ができるまでは頑張って生きるから。」

って言われたぁあああああああああーーーーーーーっ!!!!!!
やめてくれホントマジで悲しいから生きて?ねぇちゃんと生きてて?
そんな寂しい事言わないで耐えられないよ消えないで消えないでずっと一緒に居てよ。
なんでそんな事言うの私ずっと面倒見るからずっとそのままでいてよ
なんでお別れってあるのなんで永遠なんて言葉あるの
なんで親と子供ってこんなに年齢差あるの一緒に人生歩みたいよ
消えるって何意識が無いって何死ぬって何生きるって何将来ってなに
今って何未来って何コレ書いてる間も私死にかけてるよアハハハハハ

、とちょっと狂い始めてきた今年17歳女、春。

495 :優しい名無しさん:2006/03/16(木) 23:30:54 ID:p2v8Kzsg
死ぬ時にできるだけ自分の人生に満足して死にたいから、生を充実させようと努力するんじゃないの。
どうすれば満足できるかは人によって違う。つまり人生の目的は人によりけりってこと。
大抵の人間は、生を充実させるためには社会に適応したうえで、個々の目標を設定し、努力する。
でも中にはその生を犯罪行為によって満足させることを、優先するものもいる。
どちらもその生を生きる主体にとっては、意味がある。
限りある生だからこそ、充実させようと努力することに意味がある。


496 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 00:23:41 ID:mXf5nz+H
いつか死んで全てが0になるにしても、自我がある今0は嫌
+−どちらでもいい。動いていたい



497 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 07:04:28 ID:KpQjwMJR
>>495
理屈の上ではみんな分かってると思うよ。
でも、
それを受け入れられないからタナトなんだと思う。

498 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 09:57:00 ID:2T12+Rp/
なんかさっき夢の中で、宇宙を見た気がする。
寝てもすぐ目が覚めて、結局数時間しか寝てなくて、
朝ごはん食べた後に、2時間ほど寝たんだけど、寝起きに発狂した。
何十億年とかいう単位から、たった100年あるかないかの出来事で、
分からなくなった。
歴史なんかで勉強しても今西暦2006、やだ、考えたくない。


499 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 15:45:18 ID:3iRb925i
怠け者どもが

500 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 16:58:00 ID:ffH/yV31
スマソ(´・ω・`)

501 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 17:02:44 ID:k5Nk3Z4O
まぁ、そのうち遺伝子操作かなんかでタナトぐらい治るさ
今の技術でも、脳のナントカってやつを切り取れば恐怖感じなくなるんじゃなかったっけ

502 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 17:51:28 ID:k5Nk3Z4O
俺の場合、死について考えるのは
暗い底なし沼の中に潜って行くようなイメージがある
ある一定の深さを超えると急に怖くなって、発作が起きる
↑は目をつぶってゆっくりと考え始めた時の場合で、
突発的に発作が起きる時は、「自分が暗い沼の深い所に居る」ということを、
急に、「思い出す」或いは「認識する」ような感覚に陥る

心身ともに健康な時は、発作が来ても自力で這い上がってこれるが、
精神が疲弊している時は、思考の沼からなかなか浮上することが出来ずにパニくることもしばしばあった

503 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 21:03:44 ID:2T12+Rp/
>502
そうだね、徐々に死を見つめていけると、
虚無感に打ちひしがれるけど、
発作的に急にその真実が脳をよぎると、
漠然とした不安、ものすごい絶望感で、
時に発狂しちゃう。
確かに、そう考えると、怖いのは死でもあるけど、
急激に死を意識しちゃうときかな。
段階を踏まないと脳が耐え切れずに発狂するしかない。
段階を踏んでないと、ひたすら逃げ続けて、今みたいにパソコン前にたどり着く。
最近は、発狂前に、ここにきて、不安なまま眠りにおちて、の繰り返しだけど。
精神が困憊してるとき、あなたはどうやってくぐり抜けてきたのですか?
もしよろしかったら参考までにお聞かせください。

504 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 21:54:22 ID:YDxpfySJ
>>488
わかるー
自分は親が唯一の理解者だから、
そう遠くない将来(親はもう高齢なので)いなくなるんだよな、
二度と話せなくなるんだ、って考えて毎日気が狂いそうになる。



505 :優しい名無しさん:2006/03/17(金) 22:20:05 ID:2T12+Rp/
>504
考えたくないよね、本当にいやだ。
まだそこそこ若いけど、考えると本当に気が狂う、てか発狂しちゃう。
でも、周りには、親がもうなくなられた人いる、
なのに普段どおりに生きてる、すごいな、あの人たち。

506 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 00:09:21 ID:lumhXSns
親が亡くなったばかりのときは辛くて寂しくて悲しい。
でもそのうち、親がいない状況に徐々に適応していく。時間薬。
思い出すときは楽しい思い出だけ反芻するようになるんだよ。だんだん。
調子悪いときは亡くなったときの辛い思い出に苛まれたりもするけど。

酷い失恋からの回復過程に似てるかもしれない。
でもこのスレの人たちは、そうやって少しでたらめに忘れっぽくなることで
自分の心の傷を自分で治癒する力が、やや弱いような気がするね。

507 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 00:38:13 ID:JRfCd7H9
今日初めてこのスレを見つけました。
長年苦しんできた悩みの名前を初めて知った。2〜4歳のころからずっと悩んでました。この気持ちを理解してくれる人がたくさんいることに安心しました

自分は親が死んでしまうことが怖くて仕方ない。親が病気になったり、亡くなって葬式の事を考えたり骨を拾ったり…考えたくもないことを考えてしまう。足がひやっとして、胸がつまって、狂ってしまいそうになることがある。
最近はおさまってたけど、もうすぐ祖父の法事があるし発作が再発気味です…

>>504
私もです。大好きな親を失いたくない、苦しむ姿も見たくない。でも2人はきっと私よりはやくいなくなってしまう…考えたくたいのに考えてしまう。今の幸せを失いたくないのに。
辛いですよね。

長々と書いてごめんなさい。

508 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 00:42:42 ID:ev+1eRhY
私は従兄弟が亡くなった時くらいから死ぬのが怖くなりました。
まだ19で亡くなったというのもあり、人間は死ぬ時はあっけないと思いました。
それからは人間が死んだらもう一度人生をやり直すんじゃないかな?
とできるだけポジティブに考えようと思っているのですが…
やっぱり死んだ後の自分の意識はどうなるのかと考えると不安になって死ぬのが怖いです。
小さい時から宇宙の果てはどうなってるのかと考えていくと最終的に何もなくなるような感じがして怖いことははよくありました。
やっぱりこれもタナトフォビアなんですか?
親やペットが死ぬのもかなり怖いです。

携帯から長文失礼しました。

509 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 00:59:20 ID:PdggqkLe
>507
私も同じです。というより、同じでした。
幼い頃から、両親(特に母親)が死んでしまったらどうしよう、と考えて夜も眠れない日
が何度となくありました。
考えたくないのに、一度スイッチが入ってしまうと、棺に入った親の顔とか、
遺影の写真の映像まで想像してしまい、動悸がしてきて、狂いそうになるんです。
親の死っていうのは、誰もが乗り越えていかなければならないものだってわかってはいるんですけどね。

そういう私は、去年母親を亡くしました。
母の死によって、そういう苦しみからは解放されましたが、死ぬってなんだろう、
生きるってなんだろう、って今は自問自答の日々です。
自分がいつか死ぬ時に、母親に会えたらいいなぁなんて考えるんですが、
結局死なんて、「無」になっちゃうだけなのかなあ・・・。
怖い。

510 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 01:07:10 ID:50pCyPYB
子供の頃からあった恐怖感、コレだったんだなぁ・・・。
自分の場合は、死んだ後の事は別に怖くないんだけど、
死ぬ時にどれだけ痛い・苦しい思いするんだろうかと思うと
気が狂いそうになる。やめときゃいいのにいろんな死に方の
パターン想像しちゃって、どんどんドツボにはまっていく。
あと、自分が死ぬんだってわからずに突然死ぬのも怖い。
死ぬならちゃんと死ぬんだってわかった上で死にたい。
だから、これから死ぬって納得して安楽死できるんだったら
何も怖くないんだけど・・・。実際にはそんなの無理だろうし。
恋人や親にも怖い思いして死んでほしくない、でもそんなの
自分じゃどうしようもない・・・とか考え出すとキリがなくて、
本当におかしくなりそうで苦しい。

511 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 01:20:57 ID:JRfCd7H9
>>509
もう全く同じです。本当に驚く程に。だからすごくわかります。

自分などからで申し訳ないのですがお母上様の御冥福をお祈りします。
やはり「死」に対する疑問や恐怖はずっとつきまとってしまいますよね。しかも恐怖を和らげる答えがでない…。

怖いし、これからも発作に苦しむ夜があるとおもうとつらいですね。寝る時にこれでまた死に一日近付いたのかとか考えてしまう…

512 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 01:28:29 ID:JRfCd7H9
ごめんなさい!あげてしまいました…

513 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 01:45:38 ID:BMWZ9YPC
はぁ‥やっと共感しあえる場所を見つけました。
小さい頃から、自分という意識が喪失することが本当に怖かった。
最近特にひどくて、夜眠る瞬間、意識がなくなりそうになると急激に怖くなって
がばっと起きちゃう。
死ぬ瞬間って、こんな風に自我が無くなっていくんだろうな‥自然に意識が無くなって
いって、自分で気づかないうちに自分は消えちゃうんだろうな‥なんて考えるともうだめ。
だからなかなか眠りにつけませんでした。

大昔から、こんな風に命は生まれて消えて、そして続いてきたわけで。
あー所詮自分はどうあがいても、あと百年とか生きていられるわけもなく‥。
だから受け入れるしかないし、残された時間をいつぶった切られても後悔無い様に
生きることに頭を切り替えた方がよっぽどいいということもわかっているけれど‥。

うーまとまりなくてごめんなさい。
とにかく今は薬で安眠を買ってます。

514 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 01:58:30 ID:BMWZ9YPC
連投ごめんなさい。

私は結局、自分大好き人間なんだと思う。長所も短所も全部含めて、きっと
自分が好きなの。だから、自分を手放すことがすごく嫌で固執してしまうんじゃないかと
思ってました。あと、気持ちが前向きじゃ無いとき、暇な時に良く考えちゃう傾向にあります。

最近数週間前より少しだけ楽になってきました。
春が近いから、気持ちがうきうきしてきたからかもしれないし、
最近手術を経験して人生観がちょっと変わったからかもしれない。
でも一番大きかったのは、みなさん言われているように、死後の世界をちょっと
信じられるような気がしてきたからだと思う。
自分の不思議体験(霊的なもの)が最近とても多かったのと、オーラの泉とかを見てw
あ、あと、薬で安眠を買っているから、というのも大きいですね。

ほんとまとまり無いですね。
失礼しました。



515 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 08:30:01 ID:qqnmyAWA
やだ、今日も寝起きいきなり、発狂するように目が覚めて、
家族が、ご飯食べたりしようかとしてるなか、パンだけもって、
自室(ここ)にかけこみました、まだ気分が落ち着かないです、
そわそわ、がくがく、あぁ、なんかもうだめ。

死後の世界、臨死体験、これらが実際どうなのかは分かりません。
私はかなりの高熱が出た時、夢の中で、
真っ暗な闇の中、一本の白い筋の上に自分がいて、それがすごいずっと続いてるようなところにいて、
なぜか最後は妙な発達したようで発達しきれてない機械都市にたどり着くような夢を見るんです、
いつも、その途中か、都市にたどり着いてすぐぐらいに、目覚め、
私は無意識の中、部屋を走り回って、あああああああああとか叫びまくるそうです、
気がつくと、どこかに倒れこみ、脈ははやく、息はぜえぜえ、おそらく本当の発狂なんでしょう。
この夢を見ると、毎度完全発狂です、
普段から発狂するといっても、その発狂は何か別の行動をすることによって、
抑えることができますが、この発狂だけはかつてとめられたことがないです。
幸いここ5年は出てませんけど。
最近、臨死体験を見てみると、これは脳の伝達物質で説明がつくそうです、
でも、これらの物質は、脳の恐怖をやわらげる方向に働き、それでもって臨死したときの、
恐怖、苦痛を和らげるそうです、でも私の場合は毎度発狂。
普段、健全?な時には起こらないので、私の中の不思議の一つです。

ごめんなさい、気を紛らわすためだけに、一人で書けばいいことをこんなところに書いてしまって、
なんとか目覚め発狂だけは落ち着き始めました。


516 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 08:31:06 ID:qqnmyAWA
連でごめんなさい。
ところで、仏教では、生老病死といって、人生の4大苦と定め、
人が苦しむのは(煩悩)は、欲望を持つからだといっています。
お金持ちになりたいと思うから、お金持ちでない今の自分に対し苦しむといったように。
でも、生老病死、
誰だって、老いたくない、病気にかかりたくない、死にたくない、という気持ちがあって、
さらに、これらがあるから、生きることもつらくなってくる。
でも、この4つの欲望を捨てれば、苦しみはなくなるとしても、
どうあがいても、これは捨てられないし、生でも死でもないところ、どこにもない。
困ります。

荒らした感じになって本当にごめんなさい。

517 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 08:34:17 ID:TtX+U/42
死が怖いてみな同じジャマイカ?

518 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 09:50:12 ID:UOKwkQkN
>>515
臨死体験は、
脳内だけでは説明がつかない例もある。
脳派停止状態から回復した人間が、
停止していた期間の病室の出来事を覚えていたとかね。

そういう例外があるから、
今でも研究しているまともな医者とかいる訳だ。

まあ、
臨死体験が脳内の出来事ではなかったと証明出来ても、
死後の証明にはならないけどね。

519 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 12:43:12 ID:38u3q4Bg
たったの100年強で,60億人が1人残らず総入れ替えするのか…

すげーな…

520 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 13:23:19 ID:ScqRU9d+
((((;゜Д゜))))

521 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 15:14:51 ID:X6iAPHCJ
死ぬのが怖いと思うからドツボにはまるんだ

せめて、死にたくないから死が怖いと思えるようになれ


522 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:04:35 ID:50pCyPYB
私の場合は、死がいつ来るかわからなくて、どんな死に方するのかも
わからないっていうのが怖くてたまらない。それを考えだしちゃうと
発作みたいになる。わからないからいろいろ想像しちゃうし・・・。
だってその時は明日かもしれないし、5分後かもしれないんだよ?
世間の人達はみんなよく平気で生きていられるなぁっていつも思う。


523 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:20:04 ID:qqnmyAWA
やがて来るってのが怖いから、それ以上考えられない。
あああああああああああああああああああ
矢田あああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああ
意あやだ依田度やおだljふぁえいふぃえたうさえあkたえ

524 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:29:37 ID:WkV2DX3d
>>522
30歳直前に手当たり次第に男に結婚を迫る無職女ような剣幕だね。
悪い事すると死んでから地獄に堕ちるとかの宗教を信じてるのかな。



525 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:32:50 ID:BTKKeuX/
私は、生き物はいつか死ぬ時のために生きてるんだと思ってる
だからそれに怯えて生きるなんて勿体ない
もし明日死ぬとしても、後悔しないだけ今日を生きたい
たとえどんな死に方でも、時が来たら仕方ない

有終の死を迎え入れるために生きる

526 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:53:20 ID:qqnmyAWA
>525
そんなに立派な精神をもてないんだよ、
消えちゃうんだよ、全部。もしかしたら。
せっかくがんばって悔いのない日々を生きても、
それが死でなくなってしまうなんて、
そう考えただけで、発狂するし、上みたいなことになっちゃう。
なんでそんなに冷静でいられるの。

宇宙の流れの中で何をして生きればいいの?

527 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:54:47 ID:qqnmyAWA
それに上でも、誰か書いてたけど、
この病気治りますか?って質問に対して、
誰もちゃんと答えられない、
もう直らないのかな。、いやだ。やだ。やだよ。もうやだよ。
ああああああああああああぃぅあぁjだどふぁ。

ごめん、何回も発狂しかけて。発狂との戦いなんだ。

528 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 16:57:46 ID:oiqyMS1A
永遠に答えは出んな

529 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 17:07:11 ID:ScqRU9d+
>>524


530 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 17:44:52 ID:BTKKeuX/
>>526
消えてしまう事の何が怖いの?
終わる、ただそれだけの事
今の恐怖心も確実に消える

あなたは生まれて来る時恐怖を感じた?
死ぬ時の辛さを覚えていたの?
何もない所から始まったことが
また元のように、何もなくなるだけのこと
無にかえる

531 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 17:57:06 ID:qqnmyAWA
一度有を経験した以上、
無は単なる恐怖ではすまされない。
だから怖い。

532 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 18:18:12 ID:gK0LBATk
仕事は完璧にできるが、娯楽(テレビを見る、漫画を読む)などがまったくできません。
つまり、リラックスできる時間が皆無。
あと、家事、洗濯とかも億劫。
この症状を医者に訴えても理解してもらえません。
医師からの意見書などに「日常生活はできるが、就労には困難」というカテゴリはあっても、「日常生活はできないが、就労はバッチシ」なんて、カテゴリどこにもありません。
これは私の特異症状でしょうか。

533 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 18:20:26 ID:gK0LBATk
532です。
すみません、間違えてスレ違いでした。

あ、このカテには関連することとして。
以前「死ぬ」という恐怖から、悪夢を見て真夜中に絶叫するということを10年以上繰り返していました。
でも、ネットに繋がるようになってから、不思議とその悪夢から解放されました。
なんか、自分もネットのビットに溶け込むことができるような気がしてきたせいかもしれません。

534 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 19:48:02 ID:P+SWFEIg
>>507, 509, 511
同じような人がたくさんいて少し安心しました。
自分の死ももちろん怖いけど
親のこととなると、葬儀のことなど具体的にリアルに想像してしまい発狂しそうです。
何年か前祖母のお骨を拾ったときは本当におかしくなってしまい精神科通いしてました。
世間の人々はこんな大変なことをちゃんと乗り切っているのだなぁと変に感心してしまいます。

509さんのお母様の冥福をお祈りします。

535 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 22:09:53 ID:mieCMA89
>>532
そんなにスレ違いじゃないかもよ
オレもタナト発症してからマンガやドラマ見れなくなったし
なんかストーリー性があるものが駄目になってしまった
何でだろ

536 :優しい名無しさん:2006/03/18(土) 22:18:29 ID:mieCMA89
>>530
そういう考え方を出来てた時期もあったんだがね
ある時スイッチが入っちゃったんだよ
というか死についてはタナトの患者自身が誰より深く広く考えているから
そこらの一般人が直接的に患者を説得するのは不可能に近い。

537 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 00:45:51 ID:L8ICp2IV
発作が起きて、四六時中死ぬことばかり考えて、とことん考えると、
そのうち諦めがつくというか、恐怖が薄れてくる。
すると今度は猛烈な虚無感が襲ってくる。
どうせ死んだら何も残らない、というのが頭から離れず、
常に陰鬱な気分で、何をしてても楽しむことができない。
そんな生活を送っているうちに、また突然発作が起きる。
これの繰り返し。
死への恐怖故に死んだような生活を送っている。
皮肉なものだ

538 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 01:21:05 ID:xZ2hYy4Z
昔の上司の座右の銘が「死ぬまで生きる」だった。
お前らも死ぬまで生きてください。

539 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 18:01:14 ID:cjI/AvdC
>536
スイッチが入るか、うまいこというね。
思考回路の中で、死について考えるときに、
このスイッチが入ると発狂するんだよね。
顔くしゃくしゃにして、発狂して、走り回りたくなって、
その後に、絶望感に打ちひしがれる。

>537
分かる、慢性的な不安感、絶望感、虚無感で1日が終わる。
朝、不安
昼、絶望
夜、虚無
毎日、これだよ、今日は久々に外出したんだけど、
何度不安と絶望に逃げ出したくなったか、今日は逃げなかったけど。
それでも、この時間になって虚無感、
これをごまかすために、必死で今パソコン。

直るのかな。直らないのかな。
結局、恐怖をひたすら感じるけど、
死ぬまでその恐怖にとらわれて、
今の精神的苦痛から逃げるには死だけしかない。
生きて、死を恐れながら生きて、死によって救われる。
ああああああああああああああああ
もうおかしいよ、ああああああああああやだよおおおおおおおお
もうああああああああああああああああああああああああ
助けてよおおおおおおおおおおおおおおおお
しんどいあああああああああああ

540 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 18:43:20 ID:cjI/AvdC
連でごめん、別スレからのねた投下なんだけど、
1死恐怖症になったのっていつ?きっかけは?
2生物の死を自覚した経験はいつ?きっかけは?
3自分の死を自覚したのはいつ?きっかけは?
もしかしたら、これらをちゃんと理解できてないから、
不安感を持つんじゃないかって。
もしくは理解したつもりになっているからって。
参考までに考えてみてください。
で、私の場合の答えを、これから書きますので、適当に独り言と思ってスルーしてください。

1死恐怖症
おそらく10歳、きっかけは、寝る前に布団の中で何かに気づいた、
たぶん自分の消滅について。恐怖のあまり家を大声あげて走り回った。
親は驚いてた、でも確か、怖い夢見たとか寝ぼけてたで終わった気がする。
たぶん、このときから、これは禁句だと思っていたのかもしれない。
2生物の死
おそらく4〜5歳、たまたまテレビについてたドラマで、
どこかのおばあちゃんが亡くなるシーンをやってた。
そのとき、死について、親に教わったと思う。
ドラマのシーンではその人の思い出が走馬灯だったと思う。
わけも分からずに泣いてた記憶しかない。その後は分からず。


541 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 18:53:13 ID:cjI/AvdC
3連でごめん、
3自分の死
5歳ぐらい、当時は地獄を信じていたと思う。
何かどこかで見たのかな、地獄へ行ったらどうしようって悩んでた記憶がある。
ご飯食べてるときもその恐怖から食べるのが遅くて、ご飯食べるの遅いって親に怒られた記憶も多々ある。
地獄では、ずっと鬼にいじめられ、ずっと苦しみがあると思ってた。
そのときは、言葉遣いとか、親に迷惑、心配かけたら地獄だと思ってた。
いつしか地獄への恐怖が、死への恐怖にかわった。
死を自覚したのは、それぐらいなのかもしれないけど、死は終わりではなく、
死は新しい天国・地獄への分岐点だと思ってた。
でも、上のとおり、それがいつからか死を消滅と思った。
恐怖に感じ、壊れたのは10歳、それから直ったことはない。
成長した、知識が増えた、考えも広く、深く、多様になった。
身分は大学生にもなった。成人を迎える。でも、いつもとらわれてる。
ひどいときには、何もできない、ずっと不安に押しつぶされて。
らくなときには、冷静に死をみつめて、漠然とした不安を抱えながら。
今ちょうどひどいときにいる。
時に死にたいと思うこともあった、
それは本当に社会的な悩みや挫折だったときもある。
もしくは、この不安が原因で、このまま一生つらいなら、
はやく死んだほうがいいんじゃないかって思ったり。
でも生きてる、死ぬのが怖いから。生きる意味、いや理由は死ぬのが怖いから。ずっとこの状態。
私が死を恐れることで得したことなんて、ほとんどない。
唯一心に思うとすれば、誰かがどんなにむかついても死ねといったことはない。
心の中で、あいつ死ねって思っても、ねって言う寸前に、死、、・・んだらだめって。
だから、言葉の暴力というのは、少ないのかもしれない。
単なる過信かもしれないけど、世間ではやさしい人・いい人って通ってた。
たぶん、死恐怖症から始まる不安、パニックから、人と深くかかわらないから、
かかわりたいけど、かかわって、発作起きてる姿見られたくないし、
見られたら、もうたぶんただの気違いってことがばれるし。


542 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 18:56:36 ID:cjI/AvdC
4連でごめん、最後にするから。

だから、実際は、違う。
家では、私は、どう思われてるんだか。変質者だろうな。
発作起きてる姿は何とか隠し続けてるが、隠すために、一般人ではありえない日々。
用がないとひきこもったり、会話もあまりしないし、波がはげしいし。
急に元気になったと思えば、スイッチはいってどん底に。
元気なうちに立てた予定は、スイッチ入るとお蔵入り。
だから、最近は元気でも無理しないで、いつでもスイッチに構えてる。
というか今はスイッチ状態なんだけど。
最後に、私、どうなるんだろ。
このまま死に怯えながら、
それでもたぶん仕事や課題が与えられると、何かとこなすんだろうな。
それで何も解決されないまま月日を過ぎ去って、
結局死ぬんだろうな。そうやってずっと怖がっていた死をむかえて、
死によって、死が怖かったことさえ忘れてしまう。
ああああああああああああああああああああああああああああ
最後はまたああああああああああああああああああああああで終わった。
あああああああああああああああああああああああああああ
もう亜yだだyだだっやだよゆだfじゃfhけふぁ。ごめんスレ荒らして。


543 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 21:48:08 ID:0sC5ReUg
人生とは死に至る因数分解である

544 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 23:12:47 ID:xf2v92It
父親が孫を抱きたいと言ってるのを又聞きした。

両親は65歳を超えた。
今でも転職活動をしている私は親不孝者だと思う。
いつしか死を迎えるにあたり、急に発作が起こる。
家族の写真が無いので、そろそろ年に1度は家族写真を
撮ろうと思う。遺影のための準備を気づかれないように。

545 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 23:15:25 ID:Qzpb9EM0
タナトになる人には何らかの共通点があるのかもね
という訳でオレからプロフ晒すけど
【症状】
死や宇宙など、知の極限に踏み込み、時に発狂する。年末から症状が重くなった
医者から今までに言われた症状は離人症・鬱状態・不安神経症・強迫性障害etc
【現状】
20歳、大学生、ヒマ人、不遇と感じてる。自分は優秀だと内心思ってるくせに、
あまり自分を好きではない。また、今まで支援してくれた親や友人に恩返しがしたいと切に思う
【周囲から言われること】
雰囲気が他と違う。テンションの起伏が激しい。深く考えすぎ、頑固。
キレたらとんでもない事になりそう。わがまま。野心家

546 :優しい名無しさん:2006/03/19(日) 23:52:13 ID:w/+G6YYG
http://www.denpan.org/book/DP-2b19-533c-1/47.html
これでも読んでろ

547 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 08:48:58 ID:pwtKP0Pv
>>545
現状から下は結構似てる。ヒマ人だし親のことを考えたら狂いそうになるし
深く考えすぎもよく言われる。理屈っぽいとかも言われる
まぁ考え込むタイプは死恐怖症になりやすいのかも

548 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 08:55:34 ID:Qgm+3f/H
>>545
ほぼすべて当てはまってる。

549 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 19:55:18 ID:z6JZu+CJ
>545
年齢まで似ているとは。
周囲から言われることは、
ミステリアスだって・・
後は、クールだとか、冷静だとか・・
ただ必死で発作と不安に耐えてるだけなのに。


550 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 20:06:45 ID:z6JZu+CJ
あぁ早く楽になりたい、
せっかく楽しい時間も、
いつも頭の中に死への恐怖があって、
何かすぐに思い出して、
心のそこから、楽しめたり、
なにかに打ち込んだりすることができない。
どうすればいいの?

551 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 21:23:57 ID:V8G/mDmt
>>544さんは私ですか?
うちの親も65超えるというのに
自分はいまだ職が定まらない。孫どころじゃない。一人っ子なのに。
ご先祖様ごめん、ほんとは命のリレーつないでいきたかったよ・・

552 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 22:15:42 ID:oTofm/Bl
>>551
幾つか知らんが、諦めんなよ。
んなこの世の終わりみたいなこと言ってて、実はまだ20代とかだったら笑うよ?

553 :優しい名無しさん:2006/03/20(月) 22:56:31 ID:987zcnXb
>>534
このスレには同じように悩んでるひとがたくさんいる。
少しでも一緒に支えあっていきたいね。
507でした

554 :544:2006/03/21(火) 09:21:24 ID:U4yUhFck
>>551
同じ立場に似ていますね。父親は孫の代わりに、犬を可愛がってます。
もう生後13年になるので、可愛がっていた犬が先に逝くでしょう。
犬が死んだときの事を考えると恐ろしくてたまらない。

そんな私が考えてる事。生後間もない一匹を、
両親に与えようと思う。

そのような事しか思い当たらない自分が親不孝者に感じる。

555 :優しい名無しさん:2006/03/21(火) 19:29:02 ID:RGlwPTEx
すいません、やっぱり血は絶やさざるべきものですよね。
あぁ、もうやだ、死ぬのも怖いけど、生産?もしないとだめなのか。
一人っ子長男御曹司の俺はもうやだよ。

556 :551:2006/03/21(火) 21:23:54 ID:qTMs4zk2
>>544さんは私ですか?part2。
うちの親も犬が孫代わり。
犬が死んだようにぐっすり眠っているのを見ると怖くなって呼吸を確かめに行ってしまう。
こんなことばかり考えてると神経が磨り減って自分が先にいってしまいそう・・
明日はお祖母ちゃんの命日。仏壇に向かって血を絶やすことを謝るよ。
出産は難しい年齢の♀でした。



557 :優しい名無しさん:2006/03/22(水) 11:19:06 ID:eqH0XMGS
生きるとも思えないなど生ける屍たな

558 :優しい名無しさん:2006/03/22(水) 22:14:17 ID:N6FGvY93
次元って言葉あるじゃん。
1次元が線で2次元が平面、んで3次元が立体でオレらのいる空間ね。
じゃ4次元は?っていうと立体に時間が加わるってのはよく言われるけど
ホントにそうなのかもって>>551の「命のリレー」って言葉読んで感じたよ
何でいま宇宙が出来て数百億年、地球が出来て数十億年、文明が出来て数千年
西暦20世紀のこの世に自分が生まれたんだろ。なんか怖いよ助けてくれ
所詮自分も親も祖先もリレーの繋ぎに過ぎないのかzsxdcfvgbhんjm

559 :優しい名無しさん:2006/03/22(水) 22:24:13 ID:N6FGvY93
ヤバイ怖いマジ怖い。だからageます助けて

560 :優しい名無しさん:2006/03/22(水) 22:44:18 ID:77UPAQDY
人間の寿命は130歳位らしい
ストレスや病気等で寿命は縮まり,一度縮まった寿命は二度と元には戻らない
そして,寿命が尽きた時に……

561 :優しい名無しさん:2006/03/22(水) 23:40:12 ID:0WfV/BsV
130歳まで生きようがあまり変わらない
遅かれ早かれ死んでしまうんだから

562 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 00:01:50 ID:6VIhZRr7
母が父と色々あって「死にたいよ…でも怖くてできない…もうやだぁ・・。」
って泣きじゃくった。親子そろってタナトなのか?親の「死にたい」ほど聞きたくない言葉はない。


563 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 08:01:15 ID:EBUTEQeQ
>>562
『死』というより『自殺』が怖いんじゃないの?



それにしてもこの虚無感は何とかならないんだろうか

564 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 11:27:41 ID:MkgJCwnf
>>562さん
私も>>563さんと同じ考えかな。

自殺は痛い、苦しいから嫌だ、っていう感じなんだと思う。
タナトは痛いから、苦しいから死ぬのは怖いじゃなくて『
死んだらどうなるんだろう?』
とかの未知の不安があるから死は怖いってなるんじゃないかな?
見当違いだったらスルーしてください。

565 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 11:29:30 ID:MkgJCwnf
下げ忘れごめんなさい…

566 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 13:56:17 ID:sGDKRHc+
死ぬのは怖い。どこに行くのか。「自分」という存在がなくなる事が怖い。
でも不老不死も怖い。老いていくこともなく死ぬこともなく永遠に生き続ける。
永遠に。怖い。怖い。怖い。怖い…

567 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 14:27:57 ID:/jkGnH0G
>>556
♀でしたか私は♂。親と犬との関係がホント似ていますね。
どこに行くのも犬と一緒。母親がもう犬はいらないと
言っているのですが、それでも結構可愛がってる。
再就職で収入が入ったら。犬をプレゼントします。
優しくて賢い、優しい♀犬を。

解雇されたときに泣いた母親、私に期待させしつつも
うつになり期待に応えられなかった私。
もう生きるのしんどいと思いながらも
死の恐怖。夜寝てそのまま逝きたい。

568 :556:2006/03/23(木) 20:27:04 ID:TFcWe/Fb
>>567
しつこくて悪いけど567さんは私ですか?3回目。
自分も鬱になって生きることそのものが辛くて
寝る前に「このまま目が覚めなければ…」と考えるくせに死は怖い。
矛盾しまくってます。

再就職先見つかるといいですね。
あわよくばそこでいい出会いがあって嫁と孫の顔を見せられることになるとか・・




569 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 23:29:01 ID:PVscjdBb
やああああああああああだああああああああああああああああああ

亜ddrgjrヴィ和えrヴぉあjヴぃmhヴぁvじおdじゃいたすあおえrかえ

570 :優しい名無しさん:2006/03/23(木) 23:50:02 ID:wU3fDjXZ
もちけつ!

571 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 00:22:40 ID:bhYLGqRx
一時期死ぬのがとても怖かったけど、なんか全部どうでもよくなって
適当に生きはじめてからはそうでもなくなった。
別にいつ死んでもいいや。自分が生きてても大して意味ないし、
むしろ迷惑かけっぱなしだし。悩まずに済むならそれでも良いかなと思う。

572 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 00:33:53 ID:SHt1ZG+7
死ぬの怖い?

生まれる前の状態に戻るだけだよ。

生まれる前って怖かった?

怖くなかったでしょ



自分の意識も記憶も、何にも無いんだから

573 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 01:47:31 ID:5WN4fNPG
>>572
生まれる前がどんなものだったのかがわからないから死ぬのが怖いのです。
未知の世界は怖いのです。

574 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 03:06:03 ID:1TbUIada
>>572
そう簡単に割り切れないのよ。それに、タナトは恐怖だけじゃない
いずれ無に帰してしまうなら、という虚無感が常に張り付いてる
人生の目的は命のリレー?じゃあ何のために命をつなぐの?
いつかは宇宙だって無になってしまうかもしれないのに
そんなやりきれない気分からは逃れられない
あぁ、また発作が起きそうだ

575 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 07:24:27 ID:id7vteaR
>>572
むしろ、一度芽生えた自我が無になるから怖いわけだが。
それは自我が生まれる前に戻るとかそういう問題ではない。

問題の本質が分かってない。

576 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 16:02:23 ID:LDKNLeFT
生まれる前の状態に戻る過程も怖いよ

577 :優しい名無しさん:2006/03/24(金) 18:27:56 ID:26rNXnNf
すいません。質問です。
自分以外の誰か(例えば、家族や恋人)が死ぬって考えると異常なほど恐いんですが、この病気とは違うんでしょうか?
自分が生きてる間に、大事な人が死ぬなら、その前に自分が死んだ方がよっぽどマシです。

578 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 02:38:31 ID:yCCoEfXu
深夜に発狂した。助けて。怖い。
いやだよ。体のふるえがとまらないし、
のどだけやたらと渇くし。
ああもう本当にいやだ。
今の発狂とか、不安とか、いつもの倍以上のがある。
あやうく走り回って親とか起こすとこだった。


579 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 02:57:11 ID:7sSYH9gv
発狂しそうな時は、大切な人に抱いてもらう(セックルにあらず)と少しマシ。

または無理やりギャグ漫画を読む。

無理やり快楽で誤魔化す。

以上、私が行っている発作がおきる寸前にする悪あがき。

580 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 03:17:42 ID:yCCoEfXu
>579
無理やりですけど楽しそうでいいですね。
発作がおきる寸前なんて、たいてい、そういうことはできないところにありますからね。
ごまかすって言っても、ごまかせないことってこの病気にはあると思います。
でも、なんとか発作をさけようとする思いだけは通じるところがあります。
私も、逃げてここに。

581 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 08:34:22 ID:U1Md0qje
こういうのって遺伝とか育った環境とか影響するのでしょうか?
引き金になっても困るので本人にはっきり確認してないのですが
私だけでなく妹もタナトっぽいので。

親が言うには私は幼少のころに恐怖で体重が落ちるところまでいったそうです。
今はこれ以上はまずいというところで考えるのを止める
程度のことはできるようになりました。

妹は過去に何度か突然パニックに陥って頭を抱えながら
「駄目だ…!駄目だ…!」と繰り返すことがありました。
何が駄目なのか聞ける状態でもなかったのですが、
別のときに、死について毎日考えていると言ってたので
タナトの発作だったのではないかと思いました。

ただ、両親にはそういう様子はなさそうなので、遺伝というより、
育てられ方が何か影響しているのではないかと思ってます。

582 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 10:29:42 ID:Uo78u3Ci
死が怖いという感覚がわからない
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1137249284/


583 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 18:35:45 ID:yCCoEfXu
>581
それは興味深い事実だと思います。
おそらく遺伝的な要因が強いのだろうけど、
それが恐怖として出るか出ないの違いだと思ってます。
だから、人によっては出るだろうし、出ない人もいると思う。
ただ遺伝子の中には書いてあるんだと思うけど。
こんなこと家族に聞くのはタブーみたいなとこあるから、
なかなか聞けないと思うけど、もし妹さんを助けられるなら、
あなたしかいないかもしれないから、不安がってるときは、
その不安を受け止めてあげたりしてあげてください。


584 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 19:42:56 ID:0SDPh2yi
信じる信じないは別として、幽霊の存在が立証されればいいのに。
でもどっちみち自分は消えるわけでふわあああああああああああああああああああああああああああ、、、、、、、、、、、、、

なぜか深夜に楽になるから早く深夜になればいい

585 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 20:28:35 ID:Lk76coNu
幽霊が実在したとしても、
それが死後の存在とは限らない訳で。

初めて行った家で、
昔飼っていたペットの霊を見る霊感の強い人とかいるから、
どちらかと言えば残留思念のようなものの可能性が高いような。


いずれにしても、
死の恐怖が消えるわけではない・・・。

586 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 20:46:46 ID:yCCoEfXu
だからこそどうにかしなきゃ。

587 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 20:48:04 ID:d3BntvIu
と言うか、死後も意識が残るとしたら、それはそれで怖い
永遠に意識があるなんて地獄としか思えない
そう思っても、無になることへの恐怖は消えない
どのみちタナトに救いの道はないというわけだ
あるとしたらそれは『死』だろうな

588 :優しい名無しさん:2006/03/25(土) 23:12:10 ID:HtGn03+4
ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

589 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 13:49:45 ID:dbfyeFNc
>588
帰れといってみる。

590 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 14:03:00 ID:dbfyeFNc
やだだだjfkふぇれrめおkrghrt。
あfじぇrじうふぃrじrじえrじあ
たうsけてあrじぇrg

591 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 14:06:31 ID:UXG8nTaS
皆おばかだなあ…。
死後どうなるか分からないなら、聞けばいいじゃん。
死んだ本人に聞けば、そんなの即答だろ。議論の意味が分からない。
暇な連中が羨ましいよ。羨ましくないけどwwwwwwwww

592 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 15:12:05 ID:hklfmvvJ
>>591
どうなるか分からないから怖いんじゃない
どうなるとしても怖いんだ

593 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 15:24:44 ID:UXG8nTaS
>>592
別の人間に生まれ変われるとしても?
輪廻は信じてない、とかじゃなく、例えばね。
死が怖いって、想像力が豊か過ぎるか、その逆か、どっちだろうな

594 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 16:34:48 ID:ObM8Gdkq
考えすぎじゃない
近いうちに死ぬとか、死ぬ前にすごく苦しむとか
宣告されてるなら、怖くもなるだろうけど

いずれ、何らかの形で死ぬってのは、当たり前というか
不公平だらけの世の中ですごく平等なことだと思うんだが
善人も悪人も、金持ちも貧乏も、みんな死ぬわけだし

まあ、死んだ後のことは、死んでから考えればいいんじゃない
考えられるかどうかわからんけど

595 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:15:45 ID:dbfyeFNc
>594
そんな都合よく割り切れないんだよ、なぜか知らないけど。
だから朝から晩まで苦労して、夜中に目覚めた後の寝起きが一番ひどい。
どうしてこんな大事なことをみんな忘れていきてられるのか。
今必死でがんばってても、最後には同じって、
じゃあいったい何なんだよ、今は。

596 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:18:17 ID:hklfmvvJ
>>593
永遠に意識があるのも、意識がなくなってしまうのも怖いよ
だから輪廻転生、幽霊、死後の世界、無、あらゆる可能性全てが怖い
どちらか片方だけが怖い人は信仰によって救われるかもしれないけど、
両方怖い自分には絶望しかない

597 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:23:34 ID:UXG8nTaS
>>596
じゃあ、完全にダメじゃんw
非常に悪いが、八方塞がりっぷりにワロタwwwwwwwww
悩みとしては、癌を患う方がマシだな。
あんたらにかけてやれる言葉はないよ。頑張れとも、死ねとも言えない。本当に絶望だな。

598 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:24:10 ID:8krrzYy7
ここにタナトじゃなくて書き込むやつって、
何をしたいんだろうな。

書き込まれるような内容は了承済みで、
それでもそれが受け入れられず、
気が狂いそうなほど苦しんでいるというのに。

599 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:27:12 ID:dbfyeFNc
気がくるって、もう何も人間らしい生活遅れてないよ。
でもどうせ死ぬから関係ないやとかわけ分からないことも言うし。
何のために生きるんだよ、死んで、すべてから開放されるとか・
死ぬまでの暇つぶしとか、意味分からんね。
もうウダjンfジャジオウェfrpあrj

600 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:29:36 ID:UXG8nTaS
お前ら、タナトって言いたいだけちゃうんかとww

601 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:38:56 ID:hklfmvvJ
>>600
うーん、一度発作を体験した人じゃないと分からないだろうね

602 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:39:58 ID:dbfyeFNc
俺はおぼ毎日ここに着てるけど、
毎日発狂してるからだよ。
本当に気がくるううよだ。


603 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:43:29 ID:dbfyeFNc
命のリレーとか、命のバトンとか、
そんなんじゃないんだよね。
何か、もう言葉にできない恐怖が頭から離れなくなって、
極限に達すると、場所はかまわず発狂する。
逃げつく先は2ちゃんかパソコンか携帯。


604 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:48:38 ID:ObM8Gdkq
あくまで俺の考えだけど
死んだら何も残らないとか、無になるなんてことはない

目には見なくとも生きた以上
この世界に何らかの影響を与えたわけだし
それに肉体は次の何かの材料になる

誰も覚えてなくとも
自分が生きたということは絶対だし

結局どうあがいても、あるものはなくならないし
あったこともなくならない

605 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 17:55:08 ID:dbfyeFNc
>604
本当に?
本当に?
でも自分はなくなるんだよ。
自己中心的すぎるけど、
自分内あと、いったい何するのさ?
世界は。
今まで多くの人が、
政治経済文化宗教哲学物理化学生物地学宇宙論量子論ひも理論
とかやってるけど、
死んだあとはどうしてるの?
後の人の役に立つ、でも、その後の人だって、いつか・・
ああああああああああああ考えたくないけおd、かんがえてしまう。
そしていつも発狂m発狂モードになるとタイピングとかやたら早くてこまる。

606 :604:2006/03/26(日) 19:00:10 ID:ObM8Gdkq
>>605
なくならない
自分の死体から生まれた命は
ある意味自分だから

自分というのを意識と考えるなら
意識がどうなるかはわからないが

あの世みたいなところがあるなら
ますます自分はなくならないし

意識が消えるなら
この世より遥かに穏やかでいられる

そもそも肉体と意識は不可分だから
意識だけが自分じゃない、全部ひっくるめて自分

文書くの下手だから
気休めにもならないかもしれないけど

最後に死ぬからって生きたことが無駄とかじゃない
少なくとも俺は605と話して影響を受けていくわけだし
誰だって生きてる以上いやでもこの世界に影響してる

607 :優しい名無しさん:2006/03/26(日) 22:01:10 ID:vkaHFRuB
かつて恐怖から解放されていた時期が2度ありました。
どちらもおすすめはできませんが。

1度はお酒を飲んで気を失った後。
意識が戻って考えたことは、
「死とはこのまま意識が戻らなかったようなもんだろうか。
だったら、怖いとか苦しいとか嫌だとか何も考える暇なんて無いんだ。
そういう死に方だったら、悪くないかもしれない。」
でした。
当時は、死よりもそれに至るまでの苦痛が怖かったんですね。

もう1度は仕事が忙しすぎて精神的に疲弊しきっていたとき。
休日に友人達と遊園地に行って絶叫マシンに乗ったんですが、
普段なら落ちる感覚が怖くて、吹っ飛ばされたらどうしようとか
有り得ないこと考えてハンドルにしがみついて突っ伏してしまう私が
何も感じずにぼんやり座ってました。

608 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 00:35:23 ID:yWa2DsTG
発作はやっぱり薬で抑えるしかないんじゃないの?
考えたくないけどどうしても考えてしまう、強迫神経症的なもんだろうし。

609 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 01:37:14 ID:Y18PeJH2
死が怖い奴はここに来ないほうがいいと思う。
考えすぎてよけい怖くなる 一度離れてみたら。
なんて言ってあげたらいいかわからないけど、考えすぎなんだよ。
趣味とか宗教とかで気まぎらせたら。

610 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 03:10:13 ID:5ZboE5qD
>>608-609
この尋常でない恐怖から逃れたいと痛切に願いながらも
死を考えなくなり恐怖から逃れることが最善の治療であるとは思えないのです
これは一見矛盾しているようですが
薬を飲んだり趣味などで気を紛らわせようと問題自体は
まったく解決してなく自分を誤魔化してるだけに過ぎないと感じるからなんですよ
だから問題を軽視したり考えないってのはタナトを経験してない第三者目線の
アドバイスであって、患者にとっては単純にとても納得できる意見ではないと思います
と言いつつ私も薬はガンガン飲んでて、それで発作も収まったり死を考えなくなったり
するんだけど・・・上記の理由でそんな回復しつつある自分を許せずにタナトに逆戻り。

611 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 03:20:09 ID:5ZboE5qD
しかし薬を飲むことは、今の私にとっては良い選択だったと思いますね
もし飲んでいなければ今ごろは死んでるか廃人化してた可能性高いし
610の文の結論も>>608氏の言うように強迫性に近いものがあるから
薬によって精神の防衛力を高めてから、死という問題と向き合うべきかな

612 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 17:08:26 ID:MmKZHfTW
強迫性障害の一種だと思うよ、俺も。
ぶっちゃけ、もともと神経症の気があって、
こっちのほうが早かったと思うけど、
過去〜現在の神経症、名前ついてるだけで、
潔癖症、不安神経症、パニック障害、強迫性障害、〜〜いくらでもあげられる。
ひどい時期なんて、文字が怖かったとか、意味分からんこと言ってたよ。
今は発作とパニックとやがてくる死が怖い。
最近は潔癖症はほぼなおったし、まだ完璧じゃないけど。
自分でも神経症なんだと思う。
だから薬もらわなきゃといいながらも、結局一度も病院行けてないのが、自分。
今度、4月から、環境がまた変わるので、
そのときに、気休めでもいこうと思ってるんですけど、
なんていえばいいのかな。
死ぬのが怖い、って言ったら分かってくれるのかな・・

613 :優しい名無しさん:2006/03/27(月) 22:27:36 ID:xpleiSAC
死後まで死恐怖症はもっていけない

614 :優しい名無しさん:2006/03/28(火) 13:03:18 ID:iwoMVVOk
死と正面から向き合って平気な奴なんて居ない、
いるとしたらそいつは単に想像力が足りないだけだ
だから、みんな死ぬ事からは常に目を逸らしてる。それが普通
だけど、自分がそうすることを許せないと感じるのは、完璧主義者だからなのか

そもそも「問題を解決せずに先延ばしにする、目を逸らす」という行為が、
人間こうであるべき、という理想像からかけ離れているというのは
結局のところ、人間という矛盾だらけの存在を無理やり倫理や道徳でもって
完全なモノにしようとする教育の弊害なのかもしれない

615 :優しい名無しさん:2006/03/28(火) 16:14:44 ID:xh8mzOo/
死に怯え続けたからといって、死後どうなるかという命題が解明されるわけではない。

616 :優しい名無しさん:2006/03/28(火) 18:25:17 ID:kHtaizqy
子ウィ、怖い、こうぃあ、mやめfかえ。
あkldぁlふぁこいえじゃff;・
ないすらあすrmp著跡rtままてt。あやえまてて。てうおああああああああ
亜kだぅあふぇうfふあえhfぁゆであぃぢゃだ

617 :優しい名無しさん:2006/03/28(火) 20:14:24 ID:lgSH2We6
パパー616が怖いおー(´;ω;`ヾ)グスン

618 :優しい名無しさん:2006/03/29(水) 11:18:44 ID:LWcxsAQV

一応忠告しとく
死が怖いなら生きる目的を見つけんなよ
生きたいなんて考えんなよ
生きたいと思えた時の死の恐怖なんて今までの幻想と比べられる程生易しくない


619 :優しい名無しさん:2006/03/29(水) 18:07:08 ID:s2Aa4g34
>>618
こっちからも忠告するけど、ここは言葉遊びをする場じゃないから。
苦しくて苦しくてどうしようも無い人たちが集まる場所なんです
当事者じゃない奴が安っぽい説教たれないでください

620 :優しい名無しさん:2006/03/29(水) 19:29:38 ID:s1sBBRJV
そんなのどうでもいいあk、ら
怖い、よ、やmだよ。あぁぁたあだめ、」だめmあtえ
だへあんたうsけて。しn怖い意お・

621 :優しい名無しさん:2006/03/29(水) 20:00:40 ID:PcNnq4P+
>>619
>>618は病気で余命を宣告されたとか、本当に死を目の前にしたときのことを
言ってるんだと思うよ。

622 :優しい名無しさん:2006/03/29(水) 20:06:17 ID:K7bsCWzK
タナトフォビアかどうかは知らないけど、
幼少の頃から時々(夜寝るときとか)
「無」や「無限」を考えてて気がおかしくなりそうになることがあったなぁ

623 :優しい名無しさん:2006/03/30(木) 03:38:02 ID:nu2J4q3D
夜中は発作が起きやすい……

624 :優しい名無しさん:2006/03/30(木) 10:37:03 ID:ovVagOri
ここによく出てくる「あの感覚」がある日車の中で出そうになった。
底知れない恐怖感、心臓バクバク、背筋がつっぱる感じ、手足の震え。
怖くて車に乗れなくなって、でも精神科に抵抗あったから
内科に行ったら「自律神経失調症ですね」でグランダキシン出されて終わり。
次の日物凄い死の恐怖が発作的に起きて家族の前で尋常じゃないくらい取り乱した。
こりゃあの薬じゃ駄目だってことで母がその内科からもらってきたのが抗不安薬。
2ヶ月精神科に通って抗不安薬飲み続けて、死の恐怖からはだいぶ遠ざかった。
寝る前はたまに考えちゃって憂鬱になるけどパニックみたいな発作はもうない。

たまに考えて鬱になるとかじゃなく、
気が狂いそうな恐怖が発作的に何度もくる人は絶対病院行った方がいいよ。
暴れてるうちに無意識に怪我したり道路に飛び出して死んだりする前に。

625 :優しい名無しさん:2006/03/30(木) 19:31:01 ID:cwN1stTl
やだよlだkfぇうふぁえ、ふぁじえ、
lpをあきでかこpplpをあ。。llをあklこいわおl・

あじゃつぃmぬなおさあ

626 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 01:01:06 ID:TrD5hFj1
たったいま夢にうなされてハネ起きてしまった
その夢はずっと未来の話で、なのに人類はまだ戦争が絶えないって時代で
とにかくどんどん人が死んでいく訳よ、ありえないってくらい死ぬ。
たぶん夜に先輩の家で見たガンダムSEEDのDVDの影響なんだけど
過去(文明の出発を約1万年前くらいとして)から今までもう数百億という人が死んだのに
まだ人は死ななくちゃならなくて、未来でも死に続けるんだってのを再認識しちゃったよ。
神様はどこまで人を殺す気なんだろうね、もう嫌だ助けてくれくぁwセdrftgyフジコlp;@

627 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 01:12:20 ID:TrD5hFj1
そういや小学生の頃「生まれるならいつの時代が良かった?」という教師の問いに
戦国時代みたいな乱世か、或いは現代とみんなは答えてたが
オレだけは「ぜったい未来が良い!」って力説してたな
昔から自分は未来にたいして希望や羨望の感情を抱いていてたけど
ホントどうして20世紀に生まれたんだろう。喜ぶべきか悲しむべきか・・・

628 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 01:16:50 ID:WI9T50Wk
初めてこれ見た。
「あの感覚」は人間なら誰でもある発作なんだと思ってた。いつも頭を掻きむしって自分を殴ってあざをつくってしまう。


629 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 01:21:23 ID:TrD5hFj1
最後にもう1レス。
自分は歴史が好きで、洋の東西を問わずとにかく本を買っては読んでた
でも最近になって気づいたんだけど、ホンットに当たり前のことだけど
自分も歴史の流れの当事者なんだと気づいた。今までずっと傍観者のつもりでいたよ
上の方で言われてた命のリレー、オレらって人類が滅ぶ際のアンカー走者までの
繋ぎ役に過ぎないんだよな。いつ生まれても一緒か、なんだろうこの虚無感は。

630 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 20:01:53 ID:MFS1F5po
やだあああああああああああああ
あああああああああそんあのnあうあyだyどやぢゃお」
ぢゃめfrgかえt。おっわいおっうぃあ。。あsdんkfな、
しぬrgrkじゃえrじゃwくいあづあ

631 :優しい名無しさん:2006/03/31(金) 21:41:42 ID:K2dzJ3A6
『生きていたい』と言う価値観以上の
価値観を持たない人にとって、
死はおそろしいだろう。

それを超える価値観を得るには、多分宗教しかないだろうなぁ。

絶対的価値観を持つことは、心にやすらぎを与える。
宗教の存在意義は、まさにここにあると思う。
寺でも教会でも、一度のぞいて見るのもありかもよ。


632 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 00:40:59 ID:bEq7m4uq
このスレももう5棺目か、初代スレが立ったのは何年前だっけ
今までの間に住人の何人か死んでるよね、自殺か病死か知らんけど

633 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 00:50:06 ID:TDxymeCO
日本じゃ生き物は皆死んだら神か仏。ばんじゃーい。

634 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 03:54:30 ID:MRKCY1z5
>>632
((((;゚Д゚))))

635 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 07:07:08 ID:bZ5FiWcU
>>631
死ぬのが怖くて僧侶になったが、
やはり怖いモノは怖いというブログを見付けた・・・。

636 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 12:07:44 ID:DbCA6D3M
この感覚で苦しんでる自分は、冗談でも(冗談ならなおさらだな)
人に「死ね」とか「死ねばいいのに」とか軽々しく言う奴が大嫌いだ。
特に、発言が公になる立場であるタレントが言ってるのが許せない。
それ以外の言葉なら、けして冗談が通じない性格ではないんだが・・・。

人間なんていつ死ぬかわからないんだから、「死ねばいいのに」とか
言って、その後もし本当にその相手が事故とかで死んだりしたら、
おまえ後悔しないか?どんな顔してお悔やみ言うつもりだよ、と思う。

637 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 15:35:50 ID:z9fSOgf8
やだ」、」ゆお、なんで、毎日、こうやって、怖い子ウィ亜って覚えて、
なやんえあt、えであしぬだおがうぇあmでmあjんふぇkmんふぁえ。いああえて。

638 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 15:42:37 ID:+2XmwY34
このスレ人増えたな

639 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 18:36:13 ID:bEq7m4uq
メンヘル板って2chの中でも相当やさしいような気がする
やっぱりメンヘラは人の心の痛みが分かるんだろうね
自分もタナト含め幾つもの症状を経験して優しくなれたと思うし。

あ〜楽になりたい。だが楽になる自分を許せん、どうすればいいんだ・・・

640 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 19:15:04 ID:Xp75uYch
このスレ見てなんだか安心した。
自分だけじゃないんだって思えた…
私の場合は鬱との併発。
死にたくなるけど死ぬのが怖い…。

641 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 21:42:17 ID:o8EH7f+7
うつとの併発はキツいよね。
パニック+うつだけどかなりおかしい。死にたいんだか死ぬのが怖いのかわからん。

痛い、苦しいのが嫌で消えたい、が近いかも。

642 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 23:04:01 ID:c3FRtPWV
小さいころから死に付いて考えるとパニックを起こす障害があってここ一年は精神科に通っています。自分がなんの病気かもわからずただ薬の量が増えるだけの毎日です。ここを見て当てはまります。俺はタナトフォビアなのでしょうか?

643 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 23:06:44 ID:c3FRtPWV
この病気に付いて詳しく知りたいです。自分の苦しみのもとが知りたいです。なにかわかりやすいサイトや書物はないでしょうか?

644 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 23:08:23 ID:c3FRtPWV
なんだかテンパっていてすいません…

645 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 23:26:05 ID:TDxymeCO
カウンセリングに定評のある病院に変えた方がいいんじゃないの。

646 :優しい名無しさん:2006/03/32(土) 23:59:30 ID:c3FRtPWV
ありがとうございます。カウンセリングという選択肢を考えていませんでした。
先日の診察では、パニック障害と欝と予期不安が併発しているといわれました。でもよく考えたらそれしか言われてなかったです。

647 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 01:11:39 ID:i53Zvfh4
>>640,641
自分も鬱との併発。
鬱が酷くなるとタナトも酷くなるよね。
毎年この時期は特にきついよ。
なぜか寝てるとき(うとうとしてるとき)と寝覚めてすぐのときが一番怖い。
死の状態に近いからだろうか。

648 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 01:26:26 ID:uJUv1Xfn
何か私、
死ぬの怖いし、発作起きないように頑張ってるのに、
「死」にまつわる本とかそういうの大好きなんだよね。
同じ人、いますか?

649 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 02:26:42 ID:uO3npyHO
>>648
人が死にまくるような話や死そのものを考える話とか好きだけれど、
子供の頃から発作持ち。
そう言うのが読める時は大丈夫なんだけれど、
一度発作が出ると部屋でのたうち回ってる。

鬱が出てからは夜(特に寝る前)は発作が厳しい。
前は一月に一度発作が出るか出ないかだったのに、
最近は発作でない日の方が珍しい。
薬で眠らないと発作が酷くて眠れないよonz

650 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 02:44:49 ID:6sufKV+h
俺もタナト(って言っても結構軽い)だけど、結構「死」関係の本読むよ
発作来そうで怖いけど、何か答えが見つかりそうな気がしてつい読んでしまう

651 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 08:32:54 ID:X9qxSx+k
同じ苦しみを持っている人がたくさんいるんですね。なんだか仲間意識出てしまいます(笑

652 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 09:19:56 ID:RonI2VD9
こうぃ、怖いよ、なんで、やぢゃお、
あああ毎日、発作と。ああかか、あz。やめて。
dsかうあえりゃめて。死ぬの子ウィ愛意wjmdmなえやえmて。

653 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 09:24:25 ID:RonI2VD9
どうせ死ぬになんで、そんな一生懸命生きてるの?
なんで楽しもうとするの。何が目的なの。
もうやだようあだう「いだいぇまて。、子ウィsあよ、
あこわいえよ。

654 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 10:11:04 ID:RonI2VD9
やぢゃお、やだy−やだ^よ
あ、、めあrてたまえまんrとえ、llpをあ。lpwふぁw、
dしにmがえまdけm、cじょあtt@あ、あ、て、家庭縫えあこwじゃいえ。

655 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 10:47:45 ID:SMLYmsdj
恐怖というのは常に、
自分の内側を見つめすぎるときに生まれる。
その目を転じて外を見ると不思議と恐怖は去ってゆく。

つまり、見方を変えればいいということ。
蝋燭はいつか燃え尽きるが、燃え尽きることが重要なのだろうか?
とかね。

656 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 17:50:43 ID:RonI2VD9
じゃあああああああああああぎゃあああああああああああ
また発狂しかけた。いやしたのかも

657 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 18:44:05 ID:5veYM/5P
俺は、恐怖というのはほとんどつねに未来について考えることと
関連してると思うんだが、違うか?

658 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 18:50:25 ID:QL64HCx9
私もなんとなくそんな感じがします。

659 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 19:01:09 ID:f58TwD5a
タナトフォビアであってネクロフォビアではないんだな。


660 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 19:05:06 ID:5veYM/5P
しかしタナトフォビアであり、
同時にネクロフィリアでもあるっていう香具師は、
あまりいそうにないが。

661 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 20:37:54 ID:ocC7esdY
ちょ、初めてメンヘル板来てこのスレ見つけたけど、
あの問答無用の恐怖感には病名があったのか…

自分の場合は極力死について考えないようにしてたら
夜中に泣き叫ぶことはなくなったな。
根本的な解決にはなってないんだろうけど。
ただ、これってブランクが開けば開くほど
次に発作が来たときの恐怖は大きくなるんだよな。
数ヶ月平穏に暮らしてるが「次」を考えるとものすごく不安だ。

つか、病気だとは思ってもみなかったなあ。

662 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 21:23:24 ID:L0sXaT8e
>>661
死への恐怖は誰でも持っている。
それが、
日常生活に問題が出るほど重すぎるのがタナトな訳だ。

薬で症状を抑えられるモノもいれば、
効き目がないモノもいる。

とりあえず、
まだ病院へ行ってないのなら、
一度行ってみることを勧める。
薬で楽になれるかもしれないけどね。

俺は恐怖の方が強すぎて、
薬の効果が負けてダメだった・・・。

663 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 21:24:33 ID:L0sXaT8e
少し文章がおかしかったな。

しれないけどね→しれないからね

664 :優しい名無しさん:2006/04/02(日) 21:59:39 ID:RonI2VD9
やだよ、やだ、ゆあめt。えこうぇjfkwめ4、あw;
あしsぢんすんどあうぇw死ぬのこわい。やだy9、あだえ
あぁ、あもういあyだ。どゆしよどうしうよ祖ぢゅそddpどうれうsばいいの>}

665 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 01:26:12 ID:vjydy+jW
またぞろ何にでも病名をつけたがる医療業界の癖かもしれませんが、死を怖がった挙句、神経症にまでなる人々を、タナトフォビア(死恐怖症)と呼びます。

これはまさに私権時代の精神破壊の産物であると思います。

確かに、病気や怪我、といった負の身体イメージと分かちがたく結びついている「死」という状態は、集団にとっても固体にとっても好ましくないものであり、避けるべきものとして捉えられることは納得できます。

しかし、一方で、死は誰にでも確実に訪れるのであって、最も日常的な、人類が無限に繰り返してきた営みの一つに他なりません。

集団の中で生きる人類にとっての死とは、個体の滅亡ではありますが、集団自体が喪われるわけではなく、むしろ、仲間を悼むことで仲間同士の結びつきが強くなる機会であったと思います。

当然死に逝く側にとっても、自分がはたして来た役割が仲間に受け継がれていくことを自覚し、死に対する過剰な恐怖を感じることは無かったと思います。

これに対して、死恐怖症の代表的なものが、私権時代以降の王や、地獄を作り出して徹底的に恐怖を教え込む古代宗教です。

収奪によって得た栄華も死によって全てが失われることから、永遠の命を願い、巨大な墳墓やありとあらゆる不老不死の技法を編み出した古代文明や、救いを求めないものを煉獄へ追いやる古代宗教には、死=恐怖という結びつきが如実に現れています。

現代の死恐怖症は、「自分」に執着し、自我欲求にしがみつくなれの果ての姿であると思います。


666 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 03:10:02 ID:yBcvwHcE
今井スーレ見てて思ったんだけど、おまいらひょっとして軽いてんかんと違うの?

667 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 03:17:29 ID:RYl2asY0
今日、生まれて初めて死に対してものすごい恐怖を感じたよ。゚(゚´Д`゚)゚。
今まで死ぬ瞬間のことを考えたことなかったし、むしろあんまり長生きはしたくないって思ってた。(自殺願望はなし)
けど今日急に、自分が死んで思考が停止する瞬間が頭に浮かんできた。
死んで無になるのを想像したら、長い時間死に怯えて生きるのも早死にもどっちも嫌だ。
無にならないで、輪廻転生できるなら全然怖くないのに・・・

ちなみに自分は無神論者だけど輪廻転生は結構信じてる。
けど自分の死を想像したら死後は無だった。

668 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 03:31:14 ID:yBcvwHcE
輪廻転生、怖いよ。だってくじ運ないもん。無の方がいいよ。めんどくさいから。

669 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 07:53:15 ID:ifiA8MnD
>>665
養老孟司だっけ?
それを転載して何をしたいのか分からないな。

主観だけの適当な文章を載せられてもね。

>>666
全然違う。

670 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 10:14:56 ID:S/zCxotQ
このスレ見て自分もタナトフォビアかも・・・って思ってる人、少し違うよ。
オレも幼い頃から無とか永遠とか死とか考えて震えたり怯えたりしてたけど
あるとき(正確には去年)にその症状が数段階くらい昇華しちゃって
目の前の風景が虚ろに見え自己の五感すら信じられない、何もかもが
信じられない、圧倒的な絶望感と虚無感に押しつぶされ、発狂したり
のたうち回ったり(もちろん場所を問わず)して見かねた家族や友人が
話を聞いたり病院を薦めようとしたんだけど、当時のオレは
「無知だから平静としていられる、私は真理を見つけてしまった。
お前たちは哀れむべき者たち、人類は悲劇だ」とか言ってたもん
まぁみんなの助けもあり通院もしてさすがに今はずいぶんマシになったけど
上記くらいの症状がタナトフォビアです。一人で神と問答してる状況ね

ちなみに症状がマシになった今も、時おり昔の自分が正しいような気がして
今の自分が真実から逃げてるように感じ、戻らなければと思ったりします。

671 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 14:09:41 ID:VWpaoG4k
>>670のそれもまた少し種類が違うような気がする…
なんか他の病気もいろいろ混じってないか?

672 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 14:36:23 ID:Zesr3LIS
>>670
>自己の五感すら信じられない、何もかもが 信じられない

ここらへんがちょっと他の病気が混じってる気がするかも。
あと、一人で神と問答ってところは無神論者でもタナトになるから違うような・・・

673 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 14:43:19 ID:y2uAkJ/R
でもタナト自体が>>2にあるように単純に割り切れないからね
強迫性とか離人感とか色々併発しやすいし。
まぁ>>670読む限り半端ないね、そこまでいったら重症でしょ

674 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 15:44:02 ID:nCd3Q8FJ
>670
俺がここでやだあああああああああってひたすらやってるが、
その状態は似てるかもしれんな。
完全に壊れたらそうなるんだろうが、完全に壊れるのが怖くて、
そこまで進めずに、ここに舞い戻ってくる。

675 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 17:24:49 ID:wYkHfl4S
死ぬって体が変わるだけだよ。

676 :優しい名無しさん:2006/04/03(月) 21:56:36 ID:OjrLyVG0
死後は怖くないけど、どんなに痛み苦しんで
死ぬのかと思うと狂いそうだよ。もう死ぬって
決まったら痛みなんて感じなくしてくれればいいのに。
痛みって死なないように、体を守るためあるんでしょ?
もう手遅れなほど重症(傷)なら、どうせ死ぬなら、
痛みなんか無くしてほしいよ。そうすれば怖くないのに。
痛み苦しんだあげくに結局死んじゃうなんて耐えがたい。

677 :670:2006/04/03(月) 22:31:02 ID:1jMDGUK8
>>672
一般人の、時に感じる漠然とした不安と一線を画す症状だと伝えたかったんだけど
まあ確かに“死”恐怖症だけじゃないね、色々と複合してた気がする
強いて言えば哲学恐怖症って感じだったのかな
あと神と問答とは書いてるけど、当時の自分は完全な無神論者だったよ
便宜的に神という語彙を用いただけで宗教に対して興味はあっても冷徹だった
逆に今のほうが宗教に寛容になれたかな、死後は無であると言い切ることのほうが
かえって天国地獄を唱える宗教家と同じレベルに居るような気がするし

678 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 07:22:42 ID:74rwfQAV
漠然とした不安ではなく、
恐怖のあまり日常生活に支障が出る、
て感じかね、
タナトの定義は。

そこまで行っちゃうと、
このスレにたまに張られる気休めな言葉とか、
まるで無意味になる。
あんなので救われるぐらいなら、
タナトにはなってないよ・・・。


神との会話というのは、
俗に言う「ガイドの声」かもしれないね。
中谷彰宏とかが言うには、
右脳人間とかは自分を導く声が聞こえるんだとか。
もちろん超常的なモノではなく、
自分自身の無意識から出るモノらしい。

679 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 11:23:34 ID:6R5GjPUg
やだm怖いよ、やめて、いうやsだかjでl、。え」あいあいぇr、え、
やだおやだよだ、あぢゅえあrええ怖い汚わい子ウィ亜序子ウィ阿古輪

680 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 18:25:47 ID:6R5GjPUg
ああああああああああああああああ
まただたよ、だう7やぢゃd、やめて、こわおああぁぁ
なんで、かならず、いつかくtる。やだy。あddか

681 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 19:26:57 ID:NZ1xKYK6
ここ数日、死ぬのこええなーって考えてて、このスレ見つけた。
まだ自分は死ぬの怖いって不安になる程度だけど、もっと辛い人いっぱいいるんだな。
多分、このまま突き詰めると自分も死恐怖症になってしまうんだと思う。
だって、死ぬって逃げらんないし、頭よかったら本気で不老不死研究したい。

春休みだから、考えちゃうんだろーな。
早く、忙しい毎日に戻って欲しい。

682 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 19:47:49 ID:z4bRrS6E
>>679-680
オマイラ、レイプかよ?w

683 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 22:35:51 ID:mqg7iY57
>>681
でもさ、不老不死って何?それはそれで怖いでしょ。
周りは死ぬのに自分だけ生き続けるんだし、
意味合い的には不老だから死ぬ時期を自分で選べるってことだろうけど
選べるだけであって、いずれは、いつかは死ななくちゃならないんでしょ
それが違うというなら地球が滅んでも宇宙が消滅しても生き続けるということかな

やっぱ怖いよ、有限も怖いが無限も怖い。
自分という自我を持った時から、人は生きるか死ぬかの二択を迫られる事になる

684 :優しい名無しさん:2006/04/04(火) 22:41:06 ID:mqg7iY57
>>681
さらに追記。
>早く、忙しい毎日に戻って欲しい。

これもどうなんだろうね、感じた恐怖を忘れても
その恐怖を感じさせた問題自体は何も変わらない
私も感情としては忘れたいが、忘れていいものかどうか・・・怖い

685 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 03:39:40 ID:RF2JZCEk
>有限も怖いが無限も怖い。
まったく同感
安心出来る答えを妄想することすら出来ない問題だよね

だからこそ、
>私も感情としては忘れたいが、忘れていいものかどうか・・・怖い
これについては忘れた方が良いって断言できる
忘れようとしても忘れられないっていうのなら、しょうがないんだけど
なんで忘れちゃいけないと思うのか知りたい



686 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 09:40:10 ID:P7NN4AJq
>>685
問題が大きすぎて手に負えないから忘れるべきという意見かな?
私は逆で、こんな大きな問題を忘れていい訳ないだろ派です
遅レスだけど>>399を読んでなるほどと思ったのが
>夢中でボールを追いかけて思い切りテニスを楽しんできた自分が、ある時
>なにげなく後ろを見たら実はそこは高層ビルの屋上で、自分は柵のない淵でプレイしていたことに
>気付いてしまったらどうしようと思う。
>そんなの見なかった事にして再び前を見てテニスを続けるのかと。
この部分。私は忘れられないし、忘れるべきじゃないと思うね

687 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 11:02:21 ID:vpHVxj7p
発作からぬけだすヒントがかかれている>>393-423
それと>>403重要

688 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 11:11:45 ID:vpHVxj7p
>>434-439

689 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 15:27:32 ID:LTJV3vlB
やだ、やだよ、またでも発作きたよ、
ごめん、文字読んでる暇なくなってきた。
お願い、ちょっとだけまとめて、ごめんm、あかあゆあだよ、うあだ、
やめて、ああああ。こわい、wかおいわこうぃあ、

690 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 17:52:45 ID:KbFvw21Z
こんなの自分だけかなって思ってた、病名あるのか〜。
特に死後の無が怖い。思考を止めたくない。
家族と一緒に住んでた頃は、家族の寝息とか寝顔みて抑えられたけど、一人暮らしで
夜中にコレなると厳しい。
目の前が真っ白になる。布団被って大声出す。自分の声聞いて「まだ生きてる」「まだ
死なない」って頭の中で繰り返してる。
無神論者で現実主義で無宗教、テンプレ見事に当てはまってるけど眠れるうちは大丈夫
かな。

691 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 19:11:14 ID:qkr28VnA
・・・このスレ見てタナトフォビアなるものの詳細をはじめて知った。
・・・・・・・・・・おれ、幼稚園以前からタナトフォビアだ
思えば昔から寝つきが悪い癖のもともとの発端はたしか寝る前に「死」と「肉体」について考えたことだったよ。
なんか考えてたら怖くて怖くてたまらなくなって・・・次の瞬間死んだら如何しようとか思うともう動けなくて・・・
息苦しくなるわ金縛りみたいになるわでもう寝るどころじゃなかったな。気付いたら寝てたけど。
今思えばあれが発作だったんだろうね、今では軽減したけどもさ。
一時期ぜんっぜん夢をみることがなくなった時期があったが、あれはきっと死んでたんだろうね、夢の中で。
まぁ自然と夢を見るようにはなってったんだが。

692 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 19:17:03 ID:RF2JZCEk
>私は逆で、こんな大きな問題を忘れていい訳ないだろ派です
なぜ忘れていい訳無いと思うのかな?
もしあなたが強い人なら、それでもいいと思う
だけど、日常生活に支障が出るような恐怖を感じる人は
きっぱりと、忘れるべきだと断言できる(忘れる事ができるならね)
自分にとって本当に大切なモノを守る為なら、勝てない敵から逃げたっていい



693 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 19:46:32 ID:GYL+z4/I
>>692
それは合理的だね。どっちにしても、生きていかなきゃならないわけだから。
もう割り切っちゃって、忘れるか…。

それにしても ひど過ぎるよ、この事実は。
7〜80年だけ与えられた自我。何なんだよコレ。
その後は永遠の無だなんて。全てが終わるなんて。
この 『さようなら』は誰に言えばいいの?

694 :優しい名無しさん:2006/04/05(水) 21:20:55 ID:kz+LXjen
>それにしても ひど過ぎるよ、この事実は。
>7〜80年だけ与えられた自我。何なんだよコレ。
>その後は永遠の無だなんて。全てが終わるなんて。

俺もその事実に気付いてからは、
もうダメだ。
更に言えば、
死は常にあるモノで、
70年どころか数秒後に死んでいてもおかしくない訳だ。

だからこそ今を大切にしないといけない訳だが、
結局は無になるのだと思うとな・・・。

死後の永遠が信じられる様な人間なら良かったのに・・・。
これをタイプしてる間にも、
気が狂いそうになりながら壁や自分を殴ったりしているよ・・・。

695 :優しい名無しさん:2006/04/06(木) 15:40:59 ID:/kK0fKCB
>694
俺も気が狂いそうになりながら、自分の頭、こうとうぶを殴るよ。
頭をどこかにぶちつけたり。
一人のときは、発狂。今はだから、発狂してる。
だから、そろそろ、ああllぢあyだいyだぢょあいyだだkで、こわいy、「お
しぬえうぇのいうえいや、ぢあうだえmt、えあkだこえこあえいgtぇ

696 :優しい名無しさん:2006/04/06(木) 15:53:50 ID:aDb6L54H
いいから黙って寝るか薬飲め

697 :優しい名無しさん:2006/04/06(木) 22:41:58 ID:Ju41elfW
この症状のせいで大学の成績がガタ落ち。
政治や経済の話とかどうでもよすぎる
厭世感と虚無感がフィルターになって何に対しても興味が湧かない
そして命を少しずつ消耗していくのを実感しながら時に来る発作に怯える毎日
どうすればいいんだ・・・マジでオフ会したい。嘆き合いたい

698 :優しい名無しさん:2006/04/06(木) 23:53:39 ID:LDwi/uIi
同じ症状の人が居るのってちょっと安心するけど、
実際にOFFしたらすごい集団になりそうで怖いな

699 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 00:18:38 ID:KgW4chLL
> 7〜80年だけ与えられた自我。何なんだよコレ。
この文読んで背筋が寒くなった。まさにそうだよね。
このスレで「何コレ?」って言葉が流行ってた(?)ことが
あったけど、本当この一言に尽きるよね。何なのコレ。怖いよ。

700 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 15:29:27 ID:qYP70EHj
やだよ、死ぬんだよ、やぢゃお、そんなおいやd、あやめあ、て、こわいm
無い亜gさそうdすれpdすどうすればいいの

やだ、こうぃあいlmよあ、ゆあえmmて、あぁ、ただやぢゃおい、

701 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 16:16:15 ID:n7Y7WwAC
私も前はひどいタナトでしょっちゅうわめいていたけど、ある時、生まれてくれば死ぬのは当たり前だし、死なない人なんていないんだからこんな事を考える事自体が馬鹿げてるなって思ったらタナト発作起こらなくなったよ。

702 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 18:31:55 ID:aJyDtzd1
オレも幼稚園から5年程タナトだった。
何も見えない、何も感じないってこと自体を理解できなくなるのが凄く怖かった。
またそれを何となく想像出来てしまうのもイヤだった。
でもある時、周りの人も同じように死を迎えるって悟ってから
「なにオレ一人だけ辛いとか言ってるんだろう。生まれてきた以上、人生を終わるときには死ぬんだ。みんな一緒だ。」
って割り切ってからタナトが軽くなった気がする。
ある意味「生まれてきたこと自体が運が悪かった」って開き直っただけだけど。
長文スマソ

703 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 19:11:36 ID:qYP70EHj
割り切れないよ、だあて尾wるんだよ、仔ウィ亜、なんで、怖いよ、
なんでこわkyないの?おかしいちょ、やだぢょ、ゆあぢゃ9おk
こわい、あゆだだ、やだ、だyd、あだd、あ

ねえどうすれbかあひいのいいの?ねえたすけて。怖い仔ウィ亜やだy、yだd

704 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 20:00:34 ID:3zACLB00
いや、そのくらいはタナトじゃないでしょ。

705 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 20:32:30 ID:PCkAzxmv
>>700 >>703
なんか以前から喚き散らしてる人と同一人だろうけど、
みっともないから早く医者へ行け。話はそれからだ。

>>701
漏れも近い感覚。段々と、生きるだ死ぬだと考えるのが
アホらしくなってきた。


706 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 22:47:47 ID:+R8SJIvH
「みんな一緒、死なない人がいるものか。」
といった程度の結論で思考や想像がストップ出来ない人もいるんですよ
私も割り切った答えを出していたはずなのに、あるとき症状が再発して
子供時代よりずっと大きなショックを受けちゃって、今も立ち直れず精神科通い。

707 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 23:04:59 ID:MLW9dC/F
>>701>>702>>705
変な言い方するけど、そういう回復しつつある自分を疑ったりしないの?
オレも投薬や環境の変化でずいぶん発作などは減ってるけど
あの言い難い絶望感と恐怖感を単なる気の迷いであったと片付けられない
重症だったときの自分がみつめていたモノはそんなに小さくなかったはずだと思う
最近はかえって正常な自分を嫌悪したりしてしまうよ、目を背けているだけだってね

708 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 23:10:33 ID:Tj0OaGDZ
自分の恐怖症状と比べれば死なんてことはむしろ望みたいこと。
こんなことが悩みなんて楽に見える。

709 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 23:15:43 ID:Q5i9tWju
>>708
恐怖症状ってのは、基本的に「そうじゃない人には楽に思える」ものでしょ。

710 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 23:44:32 ID:HeXNCioW
他人より深く考えている(と自画自賛する)自分に優越感を感じ
そうでない(と勝手に思っている)周囲の人を見下している。
その状態に疑問を抱かないくらい鈍感だから、いつまで経っても
治らないのではないかな?
大体強迫症が治らない人ってのは、強迫症の状態にある自分を
無理に肯定しているという矛盾から目を背けていることが多い。

711 :優しい名無しさん:2006/04/07(金) 23:47:54 ID:n7Y7WwAC
>>707
私は私なりにそれを考える事が馬鹿らしい、くだらないという答えをだしたので、私はそれでいいかな。
例えば、風邪が治ったのに本当は治ってないんじゃないかと疑ってまた寒い思いをしたりして考えこむような得にならない事はしないよ、私はね。

712 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 00:00:37 ID:MLW9dC/F
>>710
何が優越感で、どこが見下してるんだか・・・
強迫性を含むのは確かだろうが>>710の上段部にはとても承服しかねるよ
どの辺が癪に触ったのか分からんけど、そんな野次のような説得されても困る

713 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 03:30:10 ID:nxVVefXX
俺だって、4月から、新しい一年が始まったら、
最初はまた日常の忙しさとかで、気分が晴れることもあるかもしれない。
毎年そうだ。4月は忙しい、5月もそれが続く。
でも、いずれこの症状に戻ってくる。
通院したこともあった、確かに直ったよ、
ひどい発作はそれでとまった、医者にも、もう大丈夫ですね。
と薬はなくなり、通院回数も減り、そして通院も終わった。
でも、ふとしたときに、普段、忘れていた恐怖が帰ってくる。
このときのショック、絶望感不安感恐怖感虚無感、忘れる時期が長ければ、
忘れてる間の幸せが大きければ大きいときこそ、倍になって帰ってくる。
結局逃れられないんだ、死からも死恐怖症からも。
なんで死について考えて、発狂しないんだ?

714 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 04:56:18 ID:84bksafs
死よりも老いのほうが怖くない?

715 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 07:51:52 ID:CD/Ai2GB
>>707
あの言い難い絶望感と恐怖感を単なる気の迷いであったと片付けられない
重症だったときの自分がみつめていたモノはそんなに小さくなかったはずだと思う

↑全く同じ気持ちです。自分の言いたい事がはっきりと表現されていて安心した。

私は身近なヒトにタナトの事を説明したら
『そんな哲学的な事を考えて、利口ぶってるように見えるよ』と言われました。
そういう風に受け止める人も居るんだなと思いました。

優越感云々…というレスが時々付きますよね。これの何が優越感なのか私には解らない。
ただ、どうしてこの無情な事実を解っていながら、それはそれと割り切れるのか…。
生きて行く上での知恵を皆は授けられて生まれてきてるのに、
私にはそれが無いのかもと考えることならあります。

ひとつだけ言えるのは『あの言い難い絶望感と恐怖感』は間違いなく実在するという事。
究極の恐怖。

716 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 15:38:10 ID:7v8AaDy6
タナトがわりとすんなり治る人と、なかなか治らない人の違いには強迫観念の有無もあるのかもしれないね。
強迫観念のないタナトは何かしら答えをだせれば、それでよしとなりやすくて治りやすい。
強迫観念があるタナトは発作が起きても治まってても、「本当にこれでいいのか」っていう観念が付きまとうためにループにはまりやすいんじゃないかなぁ?

717 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 21:02:06 ID:LJlvQkJ2
ずっと考え考え続けていくうちに
生きる活力がどんどん失われていくことに気づく
テレビもつけないし、新聞も読まないし、本にも興味なくなったし
社会に溶け込めなくなってしまった

718 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 21:25:47 ID:sqpfTuCo
>716
まさにそれに当てはまって、定期的にこれにつきあたり、
発狂して、毎日発狂不安と戦う、一人で部屋にいるのが楽になる。
発狂しても誰にも変に思われないし、隣近所には最悪だと思うが、
どうすれば治ると思う?
今度一回普段のPDじゃなく、こっちで病院行こうと思うんだが、
なんていえばいいの?
私「死ぬのが怖い」
医者「普通です」
私「怖いんです」
医者「私もです」
この繰り返しだとやだな。

719 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 21:27:42 ID:HVAZITP7
>>717
鬱になってしまったんだね。自分もです。
四六時中死について考えてたら鬱にもなるよね。
こうして2chに書き込む気力だけが残ってるのが不思議だ。

720 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 21:59:42 ID:sqpfTuCo
2ちゃんは普段人に言えない声を出せる、だから、
発狂する声をここに書き込むのも間違いじゃない。
やだやyだよ、やだよ、いあyだ、怖いよ、

721 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 22:24:46 ID:s3UYoWL3
寝る直前とかに死を考えると不安で不安でしかたなくて
動機発汗嘔吐などの症状がでてしまいます
死後の永遠の無が怖くて仕方がないのです

それ以外はいたって健康で年齢も20で今の生活が特に幸せとか
不幸せとかはないのですが
眠りにつく行為で死を連想してしまい情緒不安定になってしまいます。
このせいもあり睡眠不足も続いております


自分で不安になって初めてここの板に訪れたのですが
同じような方がいて、不謹慎ですが安著してしまいました…。


精神科へ行くことをどうにも躊躇ってしまって
自力でなんとかできるものならなんとかしたいと思っているのですが
やはり医者へ行ったほうが良いのでしょうか

722 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 22:45:09 ID:sqpfTuCo
>721
年齢も恐怖の対象もまっらく一緒。
どうしよっか・・

723 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 22:53:48 ID:sy2WtQS8
何度も書いているが、
一度も行ったことがないなら、
まずは病院へ行け。

それで症状が軽くなるなら儲けものだ。

724 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 22:55:21 ID:HCkLxFXH
死は病気じゃなく、自然なことだ。
そう思うようにしてる。


725 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 23:39:50 ID:Qg6/dSl5
タナトも所詮病気ってことだよな
「死」が怖いのは普通の感覚で、怖すぎるから病気なわけだ
「死」の部分を別の言葉に変えたら、「ナントカ恐怖症」にすぐ置き換わる
病気が治っても、恐怖はまだちょっとあるけど
怖すぎて生活できないなんてことは無くなるわけだ

726 :優しい名無しさん:2006/04/08(土) 23:43:49 ID:LJlvQkJ2
確かに自然なことですよ、もう人類だけで数百億回も経験してますからね。
しかし一個人として、この持ってしまった自我を捨てなくてはならんという
これはどうなんだろ。単なる自然なこととして済ませれますか?

727 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 00:40:48 ID:RbS6i+3h
こんなスレがあったなんて…
喪前らdクス

728 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 05:41:12 ID:7OWe07sQ
病院行くってのも、どんなふうに、症状を訴えればいいのか?
それにどういった治療がされるのか、それが分からない上に、
治療が難しいと思われる、誰かアドバイスください。
と死恐怖症の発作で飛び起きた俺。

729 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 09:48:58 ID:xIABnZ0j
>>728
心療内科行って、
『夜になると死んだりする事への不安が強くなって寝不足気味で』
と言ったらデパスとマイスリー貰った。
ま、対症療法だけれど、それでも薬飲めば発作に悩まされるのは減ったよ。
根本的な治療じゃないけれどね。

730 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 10:35:55 ID:7OWe07sQ
じゃあ俺は死ぬ恐怖が頭からはなれず常に慢性的に不安と絶望と虚無感を味わって、
心の底から楽しめることがないし、用もないのに外へ出たりできないし、
ずっとパソコンから離れられないって言えばいいのかな?

731 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 11:58:43 ID:7OWe07sQ
矢田矢田やだやだやだydyぢゃyだっよ、jまだ発作ただよ、
やえmて、助けて、誰かーあああああ怖いあれにこrこれwれうるちゃう。

732 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 12:29:45 ID:YNjj8hQy
このスレの人たちって、みんな若いんじゃないか?
親とか知っている人が死んでいくと、この問題の見方も変わってくるかも。


733 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 12:46:15 ID:7OWe07sQ
身近な人がいなくなるなんて、それだけ考えたら涙出てくる。
怖いよ、怖い、よ、今のままずっとがいい。ずっとずっと、なんで。
kpを位ア怖いよkwこうぃあよ、。

734 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 13:00:16 ID:zd8o0UXW
>732
ああ、かもね。若い時間を無駄に使ってるなぁ。冷たい言い方だけど。
発作は薬で押さえられるってわかってるんだから、対症療法でも有効に
活用した方がいい。死について一所懸命考える前に、一生懸命生きろよ。
特に若いうちはやるべきことやっておかないと、中年になってから後悔
するし、周りも心配するよ。まだまだ新卒で進路決めないと、やり直し
効かない制度だから、この国は。

・・・届かないんだろうなぁ・・・

735 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 13:27:09 ID:7OWe07sQ
俺だって、頑張ってるんだよ、
日本で一番偏差値高い大学だぞ。
ニートっぽいけど大学生だ。
でも、怖いんだよ、怖くて怖くて、
毎日なんかそわそわした感じだ、貧乏ゆすりが家では止まらない。
眠れない、発狂しかける。一人になると声を出すことで不安ごまかしてる。
小声でやだやだってな、古和Oi怖い。

736 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 13:29:31 ID:YNjj8hQy
頑張るのもいいが、すこし休んだら?

737 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 13:54:26 ID:4lja9MyH
死は誰だって怖いよ。特に日本は無宗教国家だから悩む人が多いのも当然だ。
とりあえず宗教っぽい本を読めば安心できるよ。そもそも悩んだって仕方のないことだけど。
俺は死ぬことなんか怖くないよ(少なくともそう思い込んでる)。

738 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 14:50:12 ID:7OWe07sQ
やだよ、またそwそわ』してきた、」」やだよ、」じわうよい、
k9おわいよ、こわい。

739 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 15:21:03 ID:nO2wEVre
「うわああー」とか書き込む前に病院行けって、マジで
クスリで症状緩和してるうちにタナト以外の問題解決しろ。そうすりゃタナトも軽くなるから

740 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 15:29:00 ID:7OWe07sQ
どんな薬貰えば委員だよ、
今前dだって、何個か試したよ
でもやdなんだよ、やだよ、だこわい、あヵかkmfcけrんfじぇ、か。あ
やdまえt。え」

741 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:01:20 ID:zd8o0UXW
このスレのログプリントアウトして、心療内科か精神科にいけ。
医者の処方してくれた薬を飲め。ただ薬も一度で効くとは限らん。
場合によってはドクターショッピングも必要になるだろう。

742 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:09:13 ID:7OWe07sQ
ログってどれやればいいの?
もうやだよ。ああああああああああ


743 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:11:28 ID:c99KRz6X
私は東京の方のまずまず良い大学に合格したけど
1年目にこの症状が発症して休学→退学で実家に戻った
でも実家に居続けると、いつも親と向かい合っていたたまれない気持ちになって
しまうから仕方なくまた受験して、いつでも助けを呼べたり帰れるよう
家から1時間半くらいの大学に通って、形だけの一人暮らししてます。

最高に親不孝者だよ、金はかかるし申し訳ない。
最近考えるのは、東京で以前の自分が思い描いていた未来を、私は放棄した。
つまり未来を放棄した私が取るべき道は自殺しかないんじゃないか
そんなことばかり考えてる。もちろん死は怖いんだけど、そんな感じ

744 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:15:58 ID:7OWe07sQ
>743
今からでも、それだけ考えられるなら、頑張ればいいと思う。
俺も、もう言おう。
今、東京の大学に通っている。一人暮らしだ。
確かに実家にいると、部屋で大きな声で発狂できないから、息がつまる生活をすることもある。
春休みも実家に帰って、普通の大学生らしからぬ生活にあきれられた。
今、また明日から大学が始まるから、東京に帰ってきた。
新幹線、よく長い間乗れたよ。ずっと携帯電話触ってた。
くだらないゲームでも、気分をごまかすためには、あれしかない。
一人暮らしが寂しいとは思わないし、そういう意味での不安はない。
ただもうこの生活の先になにがるのか、結局死を迎えるあmで
なyだだえまだ。こえjfげ

745 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:24:33 ID:c99KRz6X
>>744
いやもうムリ。頑張れません。
何にも興味が湧かないし、動くことも出来ない
生ける屍のような状況なのです。しかもそういった症状がどんどん進行して
少しずつ死への止め金が外れていくような感覚を覚える

昔はあんなに死ぬことが怖かったのに、不思議なもんだね

746 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:37:41 ID:7OWe07sQ
>745
気持ちは分かる、
俺もずっと不安と発作から人間として崩壊してるよ。
このまま怖いとかで発狂するなら死んだほうがましだとか、
もうはやく死なせてとか行ってしまうけど、
やっぱり駄目なんだよ、怖い、怖い、怖くて何も出来ない。
何も無いのが永遠にあるとかもう駄目、やだ、怖い。

何も興味ないのは同じだね、動けないのはずっとひきこもってるってこと?
進学とか卒業しないとさらに親に迷惑かかるから単位とるためには大学行かないと駄目だし。
電車も30分弱なのに耐えられないときあるし、授業は90分、
大学は真ん中の席座っちゃうと、出にくいから、絶対外側で座る。
少しでもおかしくなったらトイレへ駆け込む。そうやって過ごしてきたけど、
今年はもう大学さえいけなさそう。
食欲はないし、お腹減っても少し食べたら満腹。
いける屍なのは同じだけど、親は絶対心配してるから、親を悲しませることだけはやめて。

747 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:39:41 ID:zd8o0UXW
>743=745
それ、鬱だよ。治療してるか?まぁほんと真面目なんだろうけど
金出してくれる親がいて、学生やってるうちはあんまりよけいなこと
考えずに甘えとけ。社会人になったら恩返ししたらいいじゃんか。
自殺したりしたら、それこそ親不孝の極みだろが。

748 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:42:37 ID:zd8o0UXW
>>746も。モラトリアムでもあるんだろうけど、ちゃんと治療しなよ。
学生が発作で学校行けないんじゃ、どうしようもないじゃん。

749 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:47:46 ID:7OWe07sQ
>748
行くよ、学校は。
親に高いお金払ってもらって、
ここに着てるからね。
家賃は管理費とか諸経費込みで8万、
授業料は6万ぐらい?それに俺の生活費、光熱費、その他、6万、
20万だ。単純に12倍して、240万、他交通費とか考えたら、
年間250万も俺にやってる。これだけあれば、どんんだけ幸せに生活してるんだよ。
だから、俺は大学へは行く、何があっても、前も電車で狂喜したけど、別にそれ以上ないしな。
まわりから人が減っただけ。
でも、やなもんはやだし、治療受けても全然治療にならないんだよ。
薬飲んでても、発作は起こるし、薬飲んでなくても発作起こらないこともある。
そうやって生きてきた。8歳ぐらいから。

750 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 16:58:19 ID:c99KRz6X
>>746
予定がない場合は引きこもってる。んで何もしない
ベッドでずっと横になってるだけかな。重度鬱だね
東京に居た頃から通院して投薬うけてるし、今は環境も変わったから
発作とかに悩まされることはなくなったよ。

>親を悲しませることだけはやめて。
そうだね、これが私が自殺を考える際の最も強いブレーキになってる
極論すれば死後は無なら、何も考えずに死んでいいはずなんだけど

というかよく東京で一人暮らしできるね、凄いと思うよ
私はあの人混みと助けを呼べない状況に耐えれなかった
んで死とか永遠とか時間や空間の概念とか、とても一人で背負えない問題を
ずっと考え続けて発作でフラフラになって2ヶ月くらいで休学届けだしたもん

751 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 17:04:11 ID:zd8o0UXW
やっぱりドクターショッピングの必要があるんじゃないかな、>749の場合。
上の方にも発作の対症療法でこういう薬を飲みました、ってレスあるじゃん。
それらの薬を試したのか?東京は人が多すぎて電車通学も疲れるだろうけど、
これからの生活考えてもパニック発作が出るのはキツいだろうし、自分に合う
医者見つけるのも大変かもしれないが、ちゃんと治療した方がいいって。

752 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 17:10:50 ID:c99KRz6X
>>751
私もそう思う。
病院行って薬をもらって服用してれば、少しずつ楽になるよ
あと悩みを打ち明けれる知人とか持ってると良いんじゃないかな
私はかなりの秘密主義者だけど、鬱とかタナトのことに関しては
耐え切れず数人に話してるし、それで楽になった部分は結構あるよ

753 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 17:28:12 ID:7OWe07sQ
>751
ドクターショッピングなんて、なかなか簡単に出来ないよ、
死恐怖からパニック障害とか不安神経症とか自律神経失調症みたいなのは、
診断されるんだけどね、それ以上はないから。結局治療にならない。
本当、明日また病院行ってくるよ。もう駄目だ。
人が多いのは苦手だからね、やっぱり。極力大学でも深く人と関われない。
コンパみたいなとこは2度行ったけど、本当に辛い。逃げられない。
もちろん、次のカラオケなんか絶対行かない、だから人付き合い悪いと思われてるよ。

>752
どんな薬を処方してもらえばいいんだろ。前は緊張緩和剤と抗不安剤を貰ったことある。
正直聞いてるようなきいてないような、微妙な薬で、効き目ないですと訴えると、
種類と量ふえて、それから飲み続けて、結局もう大丈夫ですねといわれた。
そりゃ大丈夫になるときもあるんだけど、次、この発作がきたとき、
大丈夫なときが長かったらそれだけ受け止められなくなって、終わる。
秘密主義だよ、俺も、まして死が怖いなんて、家族や親族にはタブーなことだし、
友達に話しても、みんな怖いよ〜て行って話題すりかえられる。
そんなことよりレポートやった?とか。で、なんとか書いたって。
で話題はすりかわり、、、はあ、今は落ち着いてる。
またきそう、来るまでに何か飲み物だけ買ってこよう。

754 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 17:31:26 ID:4lja9MyH
超素人で、知識も何もない俺の考えだけどさ、何か必死になれることを
見つけると良いと思う。俺自身そうだから…。

755 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 18:11:01 ID:7OWe07sQ
なかなかないんだ、ゲームしてても、何かどこかに心のわだかまりがあるし、
ドラマ見ても、アニメ見ても、映画見ても、どこか心から楽しめないとこある。
結局死とか宇宙とか哲学的なものが目に入ってしまって、なんかそればっかりにとられる。

今は50(51?)回目の宇宙だとか、前どこかの教授が楽しそうに語ってるのみて、
発狂しかけた。

756 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 18:18:12 ID:zd8o0UXW
>753
なんで親に話すのはタブーなの?
友達はまぁ、浅い付合いだったらその程度のリアクションだろうなってのはわかるけど。

757 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 18:23:43 ID:7OWe07sQ
やっぱり家族にはいえないよ、
自分より25年以上長く生きてて、
それで死ぬのが怖いって、なんかそれこそ人の不安をあおるような。
友達にも、あまりにも根本的過ぎて解決にならないってこと分かってるから、
結局それ以上会話にならないよ。
人付き合いとか進学とか将来の悩みとかなら発展するのにね。
逆に俺はそういうことあんまり悩まないから不思議に思われてる。
死恐怖症を前にすれば、別に進学先がちょっと駄目でも、就職が無かったとしても、
現実に直面しない限り悩まないんだろうと思う。
本当、わがままだよ、傍から見ればわがままとか思い込みとかに思われるのも分かる。
こうやって客観的に自分を見ると落ち着けるけど、
主観が入ると、すぐ壊れる。

758 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 18:26:20 ID:hL6mlzAi
>今は50(51?)回目の宇宙だとか、前どこかの教授が楽しそうに語ってるのみて、
>発狂しかけた。

こういうのホントたまらんよな、何で楽しそうに言えるんだか
いや昔はオレも楽しそうに聞けたはずなんだが・・・幸せだったな、あの頃は

>>756
親に心配かけたくないんじゃない?オレもそうだし

759 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 18:42:37 ID:gmy/QxlD
ネットや医学書・哲学書でどんな理由見つけても駄目だった
死ぬのが怖すぎた想像するだけで欝になってヒステリーなりかけた
 
考えないようにしてたら、6ヶ月目くらいでどうでもよくなった。
時間が経てば「普通」に戻るよ。気楽に待っとけばいい

760 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 19:19:10 ID:zd8o0UXW
>>757
わがままっていうか、現実離れ、浮き世離れしてるように見える。
地に足をつけて生きることを拒んでるっていうかさ。
あと、黙って抱え込んで鬱やパニック発作を悪化させる方が、よほど
親に心配かけるんじゃないかと思うけど。
我が子から死ぬのが怖いと打ち明けられた親が、タナトと同質の不安を
煽られるだろうか?子供を大学まで育てる甲斐性のある親なら、あまり
そんな可能性はないと思うよ。ひょっとしたら若い頃、同じような悩みを
抱えていたかもしれないけど。

761 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 19:46:34 ID:hL6mlzAi
恐怖の対象が死とか哲学的なことだからね
確かにタナト患者の多くは現実離れ、浮世離れしてると思うよ
でもそれは患者も自覚してることなんじゃないかな
オレも現実の社会を直視できなくなってると感じてるし。

そして逆にそんなこと考えず日々を活き活きと過ごす人々に、疑問を持ったりする。
こんな大きな問題を、なぜ考えずに、狂わずに生きていけるんだ・・・と
ありきたりだけど思うわけ

762 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 19:57:51 ID:nYdZdNg7
考えないんじゃなくて、受け入れて消化してるから

763 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:02:15 ID:7OWe07sQ
>759
そうなんだよ、「普通」に戻る時期だってある。
今まで間、「普通」「不安」を繰り返してた。
そうとうつみたいなものかもしれないけど。
でも、不安の時期に入ると耐えられない。
結局いずれこの心理状態に戻ってしまって、そこから脱するのに時間がかかる。
自分にとってどっちが普通なんだか分からなくなってしまう。

>760
だから一人暮らしで帰省するときは、いつもちょっとやんでるだけだと、言ってる。
確かにご飯食べられない、家から出ない、異常な生活送ってると思うけど、
なんか漠然と不安があって生活が手につかないからほっといてと言ってる。
ちゃんと学校は行ってるから、進学できるからその辺は大丈夫って納得してくれてるし。
親だって、更年期障害の前触れみたいなのを感じてて、意外と大変そうだ。
でも、本当強いよ、なんかそわそわしてドキドキするって言いながらも、ちゃんと家事もするし。
俺、そういうときって家から出ないし、人と会話をさけて、パソコンから離れなくなるのに。

>761
最後のとこ同意、なんでこんなこと考えずに生きていけるのかとか、
末期な考えだけど、どうせ死んでしまうのに、なんでそんあ目的をもって生きられるのかとか。
本当駄目だ、
死ぬのが怖い、発狂する、自律神経が狂う、日常が送れない。
ずっと慢性的に不安・恐怖・虚無・やるせなさにとらわれて、何も心から楽しめたり、
それこそストレス発散っていうのが出来ない。やだよ。古和いよl。

764 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:03:38 ID:7OWe07sQ
>762
そんなに強さがないんだよ、
死んだ後、何も考えられない、それが怖い、
どうなるの?今の自分あ?やだよ、。喜びも苦しみもない。、
そんなお子WIあ仔WIあkCOWIあゆお」怖いよ、やぢゃお、

765 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:05:35 ID:hL6mlzAi
なら何故、受け入れて消化できるの?
単に胃の中で溜まってるだけじゃないの?
ただ悔しいことにそんな人たち多数派が社会を、世界を構成している以上
そいつらに合わせて生活しないと落伍者として扱われてしまう・・・
でも正直言ってどうでもいいんですよ中国が油田掘ろうが
イラクでテロがあろうが日本がワールドカップ行こうがね
興味が湧かない、何も楽しめない、ただ、苦しい。

766 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:17:40 ID:gmy/QxlD
1年前までタナトで異常なくらい死が怖かったから、ここのスレの人達が言いたい事が分かる気がする
親に相談しても友達に言ってみても皆深く考えてなかったり適当な答え返されたりで吹っ切れる答えが見つからなかった。
考えるなって言われても寝ても冷めても怖くて考えてしまう。本読みまくったり。
何かの原因で不安要素ぷっつり考える事がなくなったんだけど・・・・・・
確か遠くの死より近くの現実問題だったような・・・

767 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:34:05 ID:gmy/QxlD
みつけた 自分なりに納得した過去のレス貼ってく 
 
317 :マジレスさん :05/01/30 19:48:53 ID:QBFyHIBE
>>296
>この「永久」というところが、とてつもなく、怖い。

小学生のころから定期的に発作のように死の恐怖におそわれていたんだけど、
(自分の場合)「死」の恐怖の本質が「永久」という部分にあるんだということが
最近になって分かってきた。
死んで自分の意識が消失して、そしてその状態が「永久に続く」ということの恐怖。

このあたりの感覚は、宮崎哲弥氏の『憂国の方程式』が実にうまく表現しているんだけど
この中で紹介されている音楽評論家の宇野巧芳氏の
  「要するにぼくがこわいのは死ではなくて永遠なのだ」
という言葉にとても共感できる。

で。
ここまで分かってくると、死の恐怖を克服するとまでは行かなくとも、
なんとか折り合いをつけていけるようになるまで、あと一歩という気がしてきた。
「永久」という概念をどうにか操作することによって死の恐怖から解放されるんじゃ
ないだろうか。



768 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:35:32 ID:7OWe07sQ
その冷静に死を受け入れられるときと、
受け入れられず、恐怖症に陥る時期、
なみがあるから、結局戻ってくるンだ。
766さんは、もうそれっきりなの?
私の場合は、また必ず直面して発作発狂の日々。
だから薬貰ってても、また来る。
どうすればいいの?怖いよ、やだよl、誰も死んでほしくないよ。
今がずっと続いてよ。お願い。助けて。誰か、神様、。お願い。仔WIアよ。
ゆあだよ。

769 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:37:05 ID:gmy/QxlD
767 続き

321 :317:05/01/30 21:36:38 ID:QBFyHIBE
>>318
輪廻は無いと思うし、318さんの言うとおり仮にあったとしても
自意識が連続しない以上、死が永遠ということとの関連では
輪廻がないことと変わらないと思う。

というか、自分は最近かなり独我論的になってきたんで、
自分が死ねば世界は(輪廻の舞台としても)最初から存在
しなかったことになるという実感をもってます。
この実感を得たことで、何分の一か死の恐怖が減りました。

>同時に今こうして意識があることもものすごく怖い
自分の場合、死の恐怖を克服するための前段階として
「今こうして意識があること」の意味をいろいろ考えてます。



770 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:45:24 ID:gmy/QxlD
>>768
自分は767と769のレス見つけてタナトが半年間の1度で切り上げ、だったか。
だからなみがあるっていうのはよく分からない。ごめんね。
治る方法見つけることができたらまたここ来るよ。

771 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:49:41 ID:nYdZdNg7
永久が怖い、っていうけど、どうせ人間には世界が永久だろうが有限だろうがその瞬間は見れないんだし。

772 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:59:13 ID:Sj1Bp60Q
もし自分が治るとしたら
それは偶然ある誰かに出会い、その人が私と同じ論理で話を進め
最終的に善である解を与えてくれた時に治ると思ってる

でもなかなか会うこと無いだろうな。
それこそ全世界が総力を上げ私という人間と、私の悩みを調べあげ解法を出し
偶発を装って私と出会わせることでもしないかぎり無理だろう

773 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 20:59:41 ID:nYdZdNg7
っていうか時間って言う概念自体が人間の作り出した観念で存在するかどうか怪しいっていう哲学者もいる。
禅なんかじゃ今しかないって考え方だな。
まあ、そう意識すると逆に時間を考えちゃいそうだけど。
死後の世界については宗教よりオカルトの方が思想がない分具体的だな。眉唾だけど。
死ぬってのは芋虫が蝶に変わるように、存在形式や世界認識が変わるって説もある。
別もんになるというより、広がるってかんじじゃないかな。
伝統宗教だと悟りの瞬間は帰属感や安心感がすごい勢いで広がるとのことで、
臨死体験もそうだというから、現在の恐怖は、むしろ凡夫の身ゆえの恐怖なんじゃないの。
立花隆とかエリザベス・キューブラー・ロスとかの本読むとそんな感じ。

774 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 21:13:09 ID:zd8o0UXW
永遠に生きなきゃなんないとしたら、そっちの方が怖いけどなぁ。

生は有限だから、目的をもって生きようとするんじゃないの?
達成、実現できるかどうかは別として。
もし輪廻転生があるとしても、少なくとも今の自分の生は1回きり。
そうあらためて思うと、まぁつまらん人生なりに愛おしいし惜しい。

→やっぱ勿体ないから、もうちょっと頑張って生きよう。
→無になっちゃう、怖い。どうせ無になるなら何もかもどうでもいい。

どっちに使っても今の自分が生きる時間に限りがあることに変わりはないんだよね。

世界の終わりなんか別に確かめたくないしなぁ。死んだあと霊になって見守るとか、
あったとしても腹立つこと多そうだしなぁ。

775 :優しい名無しさん:2006/04/09(日) 22:10:09 ID:jFbGEE67
ここの皆は、実際に死にそうになったことってない?
自分は交通事故とかで、もう死ぬんだなと本気で思った事が人生で
2〜3回あったんだけど。「恐怖を克服するには、その恐怖に逆らわず
3分間身を委ねろ」って書いてあったのを読んで、発作きた時に逆に
死についてどんどん考えて、死にかけた時の事もできるだけ事細かに
思い出してみんだ。そしたら、あぁ死ぬって、あの時あのまま意識が
戻らなかったってだけのことなんだ、じゃあ何も怖いことなかったじゃん、
意識なくなる時は怖いとも何とも感じなかったし、痛みとかも意識が戻った
後にきただけだったし・・・って思えて、この症状軽くなったよ。
感覚だから、うまく言えないけど。好きな人達に会えなくなるとか考えると
今でも普通に死は怖いけど、発作みたいなのはあまりこなくなったし、
きそうになっても死にかけた記憶思い出すことによってひどくなる前に
抑えられるようになった。全然参考にならないかもしれないけど、
そういう考え方もあるよってことが言いたかったんだ。長文スマソ。

776 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 00:01:13 ID:OCyx8YTo
死が怖いなら怖い、怖くないなら怖くない。
どちらにしても、どうしようもないな。
死は、考えたり準備したりすべきことでもないだろうし。

777 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 02:06:38 ID:d+5SeQFQ
タナトも山ほどある恐怖症の一つにすぎないよ
あんまり特別視しない方が良い、治りが遅くなるだけ
「死」ってのは確かに生物にとって特別な概念だけど、
病気の症状として、恐怖の対象が「死」であることに意味なんて無い

778 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 02:18:55 ID:RNidN/dV
特別視するつもりはないけれど、
思考してればいつ発作が来るか分からないのが困りものだけれどな。

>>775
今度発作来たら試してみるよ。
薬で抑えるのもあんまり良くはないしなあ…

779 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 03:24:23 ID:2DSnAfXE
やだよ、怖い。
発作で目が覚めちゃったq、
おきてるときは死しか考えられない。
怖いよ、やだやだよ生きる意味もないし。
新うのも怖いし、何。やだ。どうしyとえ。lやだよ。


780 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 13:19:09 ID:cnaaO8KE
>>779
だーかーらー、医者へ行けってばよ!!!!


781 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 17:05:47 ID:EQGSnaix
テレビで般若心経の現代語訳が紹介されててびっくりした。
ちょっとだけ死についての考え方が変わる。

業者と思われたくないから本の名前は言わないが

782 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 17:37:58 ID:2DSnAfXE
>780
今日行こうとしたけど、要予約って書いてあって、気がひけた。
目の前まで言ったのに。
なんて症状言えばいいんだろう。
死ぬ恐怖もだけど、なんかそわそわして落ち着かない感じ。
これって何か治療されるの?さっきからずっとそわそわだよ。
やだよ。怖いよ、恐怖とそわそわともうやだだああああああああああああああああああああああああああああ

783 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 18:25:12 ID:d+5SeQFQ
別に飛び込みで行っても大丈夫だと思うよ。ちょっと待たされるかもしれないが

784 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 19:48:04 ID:wvL0K6QN
どうでもいいけどわざとパニクったような文字とか使うなよ。うぜえ

785 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 21:33:34 ID:q5qruok2
死は不可避です。
死への恐怖を完全に消し去りたいあんたら、今すぐ飛び降り自殺でもしなさい。
死ねば恐怖なんて感じませんよ。
後数十年苦しむか、ほんの数十分悩み苦しむか、どっちにしますか?
どっちにしろあんたらは皆死にぬんです。
あんたらの中に100年生きている人間などいません。
最初から死んでるんですよ。

786 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 21:41:41 ID:yiu/tBHy
生まれてから死ぬまでは生きとるわ、ヴォケ。勝手に殺すな。

787 :優しい名無しさん:2006/04/10(月) 21:55:14 ID:UM/8kZrx
何故100歳超えた人がここを見てないと言い切れる。
100歳超えでネットを見る人とか親戚にいるがw
後、タナトの老人もな。

両方の条件が当てはまる人がいないとは言い切れないw

788 :優しい名無しさん:2006/04/11(火) 02:17:10 ID:zh8vJsP4
あんたらの中に100年(後)生きている人間などいません。

いくらあなたが低学歴でも誤字脱字の可能性位視野に入れておいて下さい。

789 :優しい名無しさん:2006/04/11(火) 07:12:22 ID:fvsPOQv2
怖い。怖い、怖い.怖いよ,
やだ。やだ、やだ.やだよ,
いやあ、やだやだやだやだやだやだやだやだやだやだ。
もうやだよ、矢yだyだやyだyぢゃyだyだや、怖いよ。
ゆあだけうかめきゃだぅだyだ、」あぁぁうやだkだえ、おぢゃえkだ

790 :優しい名無しさん:2006/04/11(火) 09:43:24 ID:A/QCDTh0
>>789
その苦しみから解放されたいだけなら、病院かけもちでもいいから大量に薬を服用しよう
そうすれば発作や恐怖は収まっていくはずだ。
だが問題の本質は変わらないし、そういう意味で別の疑問が次々に出てくる
かもしれない、でも苦しみから解放されたいだけなら薬で治る

791 :優しい名無しさん:2006/04/11(火) 14:58:50 ID:G04m13eq
>>788
低脳丸出しの文章書いといて開き直ってんじゃねーよw

792 :優しい名無しさん:2006/04/11(火) 23:06:02 ID:+TXGkCYI
まあこんな煽り合いも100年後にはなかったことになってるんだが

793 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 00:48:19 ID:Z+43C9Cu
>>782
ぜひ教えてください

794 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 00:49:30 ID:Z+43C9Cu
>>781でしたごめんなさい

795 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 01:45:52 ID:l1Ca9n5R
>>792
だから何?

796 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 08:37:27 ID:ZkmXSWCt
ああああああああああああああ
はあああああああああああああ
結局寝起きから不安定。
目が覚めてから怖いよ、怖い。
昨日は久々によく練れたのに。
やだよどうすればいいNo?
あああ、矢田yだyだyぢゃyだyぢゃyだd・

797 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 11:52:08 ID:WJlJGPkt
>>2
この症状で悩んでたんだけど、これ、ちゃんと病名があるんだねぇ。
何か負担が少し軽くなった気がするよ…。


798 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 16:41:18 ID:ZkmXSWCt
796です、ごめんなさい、
久々の投稿だったので、血迷ってしまいました。
薬を飲んでるのですが、
結局怖いものは怖くて発狂してしまいます。
死後の無とか自己意識の喪失とか、ありえないことばかりで、
どうすればいいんですか?怖いです。怖いです。助けてください。

799 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 19:26:14 ID:c8XojEuw
何も感じない状態がいつか永遠に来る

800 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 19:35:41 ID:ZkmXSWCt
やだよそんなの、やだyだyだyだ、やめて、そんなの言わないで、
やだようあだ、やぢゃおだ、やぢゃお、やめて。うやだ

801 :優しい名無しさん:2006/04/12(水) 21:53:50 ID:LwSd6kNj
Paul Simonもタナトだと思うよ。たとえば、

雨に負けぬ花
何が本当なのか分からない
感ずるものに触れることもできない
ただ、自分の幻想の盾に身を隠し
そして偽りを続けるのです
私の生命は終ったりしないのだと
雨で花は折れたりしないのだと

パターン
生まれた瞬間から
死ぬ間ぎわまて
なぞらなければならないパターンだらけ
息をしなければならないみたいに
迷路の中のネズミと同じて
私の前にある道は私を欺く
そして このパターンは変ることもないでしよう
ネズミが死んてしまうまで

802 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 07:46:49 ID:zutbeT7g
薬のんでから、寝られないってのは治った、
一応途中何度か目覚めるけど、それでもまた寝られるようになった。
でもこの慢性的な不安とか、恐怖、全然治まらなくて、
結局また発狂しかけてる。そしてここに着てるけど、
怖いよ、やだよだえきゃだ、yだあ、あぁぁぁぢゃyだよえ、kでかえやぢゃお、l
止めR打矢田YだY茶アY茶ぢゃyぢゃyだyd。やだぢょあえ

803 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 08:19:30 ID:zutbeT7g
ああ薬飲んでから、なんか全体としてだるいよ。
ずっと倦怠感がある感じ、その倦怠感を超えて、
恐怖や不安が強くなると、倦怠感を忘れて、発狂する。
倦怠感より弱い不安や恐怖だと、何が辛いのか考えられなくなる。
でも死ぬんだよ、やだよ。生きる気力がなくなってきたから、
死を受け入れられるようになるのかな。薬のおかげで。

804 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 11:31:03 ID:upErn1Eq
>>803
頓服用の精神安定剤でももらったら?
倦怠感てのはよく分かるよ。自分も薬を服用すると
思考力も落ちるし何より気力が失われる

805 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 11:35:37 ID:9s+B0OvD
>>802-803
IDがずっとベッド。寝られるようになったのは良かったですね

806 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 13:18:51 ID:ejtN/ZW+
永眠すればいいのに

807 :優しい名無しさん:2006/04/13(木) 13:43:43 ID:uB3FR+1H
>>806
マジで、そういう事はやめなさい。
もっと他に煽り煽られが出来る板があるでしょう。

色々言いたい事があるんだけど、とりあえず 恐い よ…


808 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 06:47:53 ID:IsfWx0Bu
怖いよ、やだよ、怖い世怖い怖い怖いやっだyぢゃだ
怖いよ、ああああああああああああああ
やだああああああああああ怖いよ仔淮横WIア仔WIア仔WIア怖いp
うだぢゃおだぇうやぢゃだyだおd「あw2

809 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 09:59:35 ID:oRy6bbtI
自分じゃなくて家族が死ぬことが怖いというのは何なんでしょうか?
家族が倒れて以来、死なれることが怖くて不眠やらノイローゼ気味になってしまいました。
自殺願望まで湧いてしまって自分でも異常だと思います。

810 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 12:48:50 ID:Il7qFWp/
>>806
確かに一度死ねば、もう死ぬことを怖がる必要はなくなるわけだが...。

811 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 19:47:57 ID:IsfWx0Bu
おそらく今まで生きてきた中で一番ひどい恐怖だ。
もうなんか生きてるというより、彷徨ってるといった感じ。
今日は大学へか通ったものの、
何を思ったか、いきなり逃げ出してきて、
電車に乗らずに歩いて途中の駅まで帰って、そこから最後電車乗った。
何してたんだろ。
>809
分かる、死というものが、今の幸せを、それが自分じゃなくて誰か別の、
友人とか恋人とか親族とか、もうやだよ、矢田だだだだyだyぢゃyぢゃyぢゃ。
ゆあだああああああああああああああああああ怖いッ怖い怖い子WI愛仔WIア個々WIア

>810
次があるなら、もう少し恐怖はなくなるのに、
永遠に死んだとかもう駄目だ、やだよ、また怖いよ、
やだやyぢゃyだyぢゃ、怖いやだyだyだ。

812 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 20:37:34 ID:hOMzA4n1
死ぬのが怖いのは今死ねば後悔するって思ってるからじゃない?それなら
後悔しないように生きることに集中しなきゃ。学校の先生が学校からも社会からも
逃げたいときは逃げてもいいって言ってた。生きてるんだから、生きることだけ考えてればいいんだよ。



813 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 20:50:50 ID:Txm54STj
元タナト…今もかもしれんが。
君達は一度しかない人生の何分の一かを苦しみや恐怖で埋めて損だと思わないか?
確かに過去、俺も発狂しかけたが…わからないから恐いのはよくわかるが、俺は『無』だと決める事にした。だから何かを残す事にした…今はまだ何もないが、証だけは残したいと願う。次があればそれはラッキーだと…。

814 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 21:29:12 ID:h9idId0i
>>812
>死ぬのが怖いのは今死ねば後悔するって思ってるから
自分はまさにこれ。
でも悔いのないように生きようって意識すればするほど
それから遠ざかる。
充実した毎日ってどんなだろう?悔いのない人生ってどんなのだろう。


815 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 21:48:13 ID:hOMzA4n1
悔いのない人生かどうかは本当に死ぬ直前しか分からない。そのことを考える
ことは無駄じゃないと思うけど、それに嵌ってしまうのは本末転倒だよね。
楽しいと思えることを少しずつ見つけて積み重ねていく。もちろん楽しいことばかり
じゃないけど。そして死ぬ瞬間にそれをひとつでも思い出せたら私は幸せだと思う。

816 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 22:28:43 ID:TzWd3DWm
私も家族が死ぬのが怖い。最初は自分が死ぬのだけが怖かったけど、今は周りのみんなが死ぬのも怖い。
というか頭おかしくなりそうになる。
夜中家族が寝ているのを、よく息しているか触って確かめたくなる。

817 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 22:37:08 ID:JuQrsJiE
>>813
何でそんな恐ろしいことを言うんだ。
読んでて発作が来たよ。

俺は自我が消えるのが嫌だから、
そんな恐ろしいこと受け入れられない。
睡眠ですら、
医者から貰ってる薬か、
疲労の限界で眠ってしまう形でしか取れない。

通院してるけど、
発作と気が狂いそうな苦しみは消えないし、
治りそうにない。

何でこんな事になってしまったんだろう・・・。

818 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 23:19:26 ID:hOMzA4n1
死ぬってそんなに怖いかな。不思議だとは思うけど。

819 :813:2006/04/14(金) 23:41:05 ID:Txm54STj
>817
俺はね、自我が無くなる事も永遠に終わりなく続く事も恐かったんだよ。
ただね、自我が無くなるという事は何も感じないって事。そうなる事は恐いけど、それに縛られている自分が愚かに感じた。だから俺はみっともなくても、あがいて生きていくって思った。無くなる事を恐れるより有る事を感謝したい。
生きてる意味なんてないよ。自分で意味を持たせる意味しかない。
読みにくいし、意見が違うかもしれん。すまんね。

820 :優しい名無しさん:2006/04/14(金) 23:47:15 ID:8LyVgZt5
タナト…はじめてこういう言葉を聞いた。
そして私もすごく当てはまる。
こどものころから死にたくないって泣いてわめいてた。
今は人前で泣いてわめくことこそないけど
夜寝る前とかにいきなりすごく死が恐ろしくなる。
無ってなんもないなんて考えられない。。
私は母が大好きなんだけど母がいつか死んでしまうのもこわい。


821 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 00:46:28 ID:Oh/sh+w9
常に死にたいと思ってる私とは正反対のスレですね。
死んだら後悔するから怖いとか、悔いのないように生きるとか、まるで考えられない世界です。
不思議です。

822 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 02:50:00 ID:ymGGEoDW
死にたいとか行ってる人は、
まだ死ぬの奥深さに気付けてないんだよ、
怖くないの?やだよ。

823 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 02:50:46 ID:DsDlH3Zn
毎日が楽しければ楽しいほど、死の恐怖は大きいから
鬱とは正反対かもな。
むしろ死にたいと思えるぐらいひどい人生の方がマシかもって思うよ。

824 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 07:48:43 ID:ymGGEoDW
毎日が楽しくないのに、俺は怖いよ。
なんか楽しいじゃなくて、今ある存在が、
それがたとえ辛くとも、あるということがあり難い。
だから、死によってすべてが喪失したりすると、
とんでもない恐怖にかられて、発狂する。
何かを残したいとか昔は思えてたけど、
何を残すのか、何のために、誰のために、残すのか、
その残したものは何か意味あるのかとか考えて、
結局夢も希望も持てなくなった。

825 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 08:40:46 ID:1F/lflIN
人は死んだら完全な「無」になる
永遠に「無」になる
この先何京年立とうが,宇宙にどんな変化があろうが,自我が再び目覚めるという事は絶対にない

永 遠 に 「無」 が 続 く の で あ る

826 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 09:22:09 ID:tXqOTmWh
>>825
誰がそれを確認したの?

827 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 12:54:33 ID:ymGGEoDW
なんかずっと落ち着かない、怖いよ。

828 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 16:41:55 ID:ymGGEoDW
やだああああああああああああああああああああああああああああああああああ

829 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 20:14:52 ID:F4A7EPlY
やっぱり他人がどうこう言っても何にもならないのかな。結局自分を治せるのは
自分しかいないのかな。

830 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 20:55:05 ID:S4xl69K7
治らなくても死んだら解放されるという矛盾。

831 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 21:38:16 ID:/+VN6o6h
さてどうだろう。
もし死後があった場合、
死後があるのも怖いという人は永遠に解放されないことになる。

832 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 22:51:02 ID:S4xl69K7
そこでニルヴァーナですよ

833 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 23:23:31 ID:zqePT+FD
いずれにせよ、死後は「永遠」か「無」かどちらかしかないわけだ。
どっちも恐いって人は今だけを生きれば永遠も無も自分にとっては存在しなくなる。
まあできればだけど。

834 :富江:2006/04/15(土) 23:37:09 ID:aIFqKD/d
死語は無になると思うと思考がストップしてしまうのが、気が狂いそうに怖い。

835 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 23:49:11 ID:soQJv+NW
依然通っていた塾の講師にこんな質問をした奴がいた。
「人は死んだらどうなりますか?」
俺はワクテカしながら先生の答えを待ったが、先生はこう言った。
「人は死んだら…、腐る。」
その答えにおどろいた生徒は言った。
「え?だから、死んで腐ったらどうなりますか?」
すると
「無くなる。」
と冷静な顔をして先生が言った。

836 :優しい名無しさん:2006/04/15(土) 23:53:18 ID:S4xl69K7
>>833
生きているなんていってみても死んでるのと変わりゃしない、
わざわざ死ぬのも面倒くさいから枯れ木のように生きて死のうぜ、
という方向性もある。というか荘子。

837 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 00:45:23 ID:/mjHma4h
ウワッ、久しぶりに発作が来た私が通りますよ。
心臓バクバクいって眠れないorz

838 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 06:28:57 ID:++HgUW0B
やだあああああああああああああ
ああああええまtあああああああああああy駄々yだ茶yだyぢゃyだyぢゃyだyだ。
八重田世怖い怖い怖い怖い怖い怖いよ、やだyぢゃぢゃyぢゃ。あああああああ

だkせkdふぇmkふぇぎゃ

839 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 06:39:01 ID:7bl6uvbq
ここは精神病院スレですか?

840 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 16:06:48 ID:k/PY4//P
恐怖を忘れつつある自分が憎い
あんなに死を恐怖したはずなのに
今ではなぜ恐怖したのかさえよく分からなくなってきた
これは一体どういう訳だ・・・回復したと言っていいのか?

841 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 16:30:15 ID:++HgUW0B
どうせ悩んでも何も変わらないんだから、それでいいんだと思うよ。
俺みたいに、毎日発狂してどうの、死んだら何もないとか、
ずっと怯えて怯えて、何も出来ずにひきこmって、
なんか頭なぐったり、ぃやぁだyだだえあじぇjでdねj
うや田d顔w個WIア仔WIア古和怖い

842 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 17:13:45 ID:++HgUW0B
家で思いっきり発狂しちゃった。
自分で顔ばしばし殴って、なんとか落ち着いた。
でも動悸ひどいし、脈はやいし、

843 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 18:08:01 ID:++HgUW0B
避けられないってのがやだよ、何しやってんも、意味がないだよ、
怖い、頑張って逃げて逃げて逃げて逃げまくってるのに、
あうぢゃぢゃyだyぢゃ、
自分の力でどうしようも出来ないから怖いんだ、
パニック障害も一緒かもしなんあ。えwやだよ。。
ねえ薬貰ってるのに、どんどんひどくなっってるよl、
だおうしどうしれうばいいの>どうしれいびの>

844 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 18:19:45 ID:++HgUW0B
なんかちび丸子ちゃんみて、死んだらどうとか行ってるけど、
楽しそうに会話できるってなんでだろう。
死とかを笑いの寝たにするこtで、不安から逃げるのかああ。
どうすればいいの、

845 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 20:30:15 ID:Cz1N6LEf
>・いつか死ぬなら生きている意味がない

まさにその通り。もっと極論すれば人類も、宇宙もいずれ滅亡するはず
ならば何の為に存在するのか、必要があるのか、分からない
この空間、時間の中で存在してしまった自我を私はどうすればいい?

846 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 20:58:21 ID:5t1zGXVJ
せめてもっと長ければ……80年というのはあまりにも短すぎる

847 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 21:15:05 ID:Bl/iWAuD
自分が生きてる間は自分にとって自我は意味をもつし、少なくとも人類が
存在してる間は思考することにも意味はあるでしょ。その仕事や功績により
死後も名を残す人は沢山いる。名もなき人だって、大抵はその人のことを
覚えてる人、一人くらいは残して死ぬでしょう。
そもそもほんとに宇宙が有限かどうかなんて、わからないよ。
人の頭の数だけ自我がある。生まれてから死ぬまでその自我を生きる。
個々の自我の基本的意味なんて、それ以外に何がある?

848 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 21:15:47 ID:sq79PCa2
>>845
だからさ、今生きてるのって奇跡じゃん。広い宇宙の中の地球って言う
小さい星に生まれて、自分を持ってる。これってすごいことだよね。
で、死ぬのも奇跡。生を与えられたモノだけが死ぬ権利を持ってるんだから。
だったら生きてる今は生きてる奇跡をもっと大切にしたほう楽しくない?

849 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 21:29:08 ID:5t1zGXVJ
>>848
その楽しみも、死んだ瞬間に無に帰してしまうわけだ。
どうせ無になるなら、最初から無かったのと同じことなんじゃないか

850 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 21:46:07 ID:sq79PCa2
>>849
それは客観的に見た場合だよね。世間からみたら私が存在していたことなんて
そのうち忘れられてなくなるかもしれない。でも生きていたのは確かだよ。最初から無かった事になるなんて
あり得ない。


851 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 21:47:05 ID:Cz1N6LEf
>>847
そうだよ、自分が生きてる“間”は意味を持つし
人類が存在してる“間”も意味はあるだろう。
だが存在しなくなったらどうよ、死後にどれほど名を残そうと
人類が消えれば無に帰してしまう。
ならばこの生まれて子孫を残してを繰り返す作業に何の意味があるのかと

>>848
逆転の発想だね、少し元気が出たよ。

852 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 22:14:52 ID:0ditEuyd
生きてるだけでもすばらしい

853 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 22:36:16 ID:sq79PCa2
生まれて子孫を残してを繰り返すのは自然の摂理。そこに意味なんてないよ。意味付けすることは
できるけど。

854 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 22:44:05 ID:Cz1N6LEf
>>853
論旨が上手く噛み合ってない気もするけど
その意味がないという事実が生きる活力を失わせるんですよ

855 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 22:52:09 ID:TCO0A+L+
>どうせ無になるなら、最初から無かったのと同じことなんじゃないか

そう思ってる人達は、楽しい事とか好きなものとか一切ない?
一つでも好きなものがあるなら考えてみて、例えばゲームでもいい。
面白かったゲーム、意味なんてないからやらない方がよかった?
なんでそのゲームやるの?って他人に聞かれたらなんて答える?
好物の食べ物も、どうせ死んで無になるなら食べない方がいいと思う?
人生も同じなんじゃないかな。意味なんてなくても、少しでも楽しいとか
嬉しいとかおいしいとか感じられるなら、意味なんてなくていいんじゃない?
自分も発作に苦しんでたけど、ある時なんか吹っ切れたよ。
辛いのはわかるし、死についてちゃんと考えるのは大事な事だと思うけど、
それにとらわれすぎて何もかもに絶望しちゃうのはもったいないよ。
偉そうな長文ゴメン。昔の自分を見てるみたいで黙ってられなくてさ・・・。

856 :優しい名無しさん:2006/04/16(日) 22:54:19 ID:sq79PCa2
>>854
その程度で失わないで。

857 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 00:20:08 ID:Xw2zfVr+
>>851
存在しなくなったら、てのは仮定でしかないでしょ。
科学がいくら発達しても、宇宙の真理を解き明かすとこまではいってないよ。
宇宙がいずれ消滅すると思いこむのは勝手だが、逆に永遠に膨張し続けると
考えるのも自由だし、人類が滅ぶと信じ込むのも、或いは仮に地球が滅んだ後
宇宙に移住すると考えるのも自由。

個人的にはどっちでもいいけど。しょせん個人の自我なんて、大したことない。
今の自分が人類の未来を見届けられなかったとしても、それがどうした?
いずれ自分の子孫が見届けるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
でもどっちでもいいよ、そんなこと。なんでそんなことで気が滅入るんだ。
さっぱりわからん。そんな先のこと心配する暇あったら自分の今在る人生を
大事にすりゃいいのに。

858 :富江:2006/04/17(月) 05:15:06 ID:IKogLbGe
今、生きているという現実。
現在思考し得るという現実。


またそれらが一切無くなるという現実。

生半可な気持ちでしたり顔して受け入れられるか?

859 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 07:20:07 ID:TUXCnW8q
>>857
どんな合理的な結論に至ろうと、最終的、究極的には有限か無限の二択のはず
有限であれば意味を感じないし、無限であれば地獄と思う
それを分からない、で誤魔化す行為に納得できない
確かに思いっきり先のことに違いないが上記のことを考えると
自分も、親族も、先祖も、人類すべてが悲しくなる

規模の大きい話だし、わからんと言われるのも仕方ないことだが
それで悩み苦しむ人も居るんです。その立ち位置の違いを理解してください

付け加えるけど、もちろん個人についての死も十分怖いよ

860 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 07:49:29 ID:OAjs/Cv3
>しょせん個人の自我なんて、大したことない。

そう思わないから、
自我が消えてしまうであろうことが恐ろしい訳だが。

861 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 16:07:42 ID:kIuj2EPI
自我は大事だから、
やだよ、こんな100億年がこれで50回目だという宇宙の中で
5000おくの年の中で、なんで、100年あるかないかで、
それで怖い、やだ、せっかく50年あっても、
そあああああああああああyだああああああああああああああああああああああ
怖いよやだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
やだあああああああああああああああああああかかっかかkぁかっかかっかかっか

862 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 17:26:51 ID:e4KaN3TR
>>860
そう、初めに自我ありきだと思っているから、これが無くなることが恐ろしくて仕方ないのだよね。


863 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 17:57:31 ID:Igt1IGGv
ちょっと質問なんだけど理論はわかるけど死恐怖の気持ちがわかんない人はこのスレに
書き込んでほしくないとか思ったりする?タナトファビアのひとって。

864 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 18:27:31 ID:OAjs/Cv3
別に嫌とは思ってないよ。
レスの中から回復のヒントを得る人もいるだろうしね。

基本的に、
タナトは理屈っぽいやつが多いから、
議論や会話自体は好きだと思うw

まあ、
そういうのが好きだから、
それが出来なくなる死が怖いわけだが・・・。

865 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 19:30:58 ID:+4+R+SC7
最近「未来に生まれたかった」という欲求が強い
なんでこんな荒んだ時代に生まれたのだろうという寂寞感に悩まされる
あと現実感も喪失気味。何をやっても興味湧かないし、鬱と離人も併発のようだ

866 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 20:02:07 ID:Kfxj12nE
俺も一つ質問。タナトの人って生きてる事に感謝してる?
それとも生まれた事に後悔してる?
その両方?

867 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 20:02:08 ID:Igt1IGGv
>>864
なるほど。

868 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 20:03:32 ID:NRXyiawz
最近キーボード連打して
例えば あああああああああ とか fyhujikolp@; とかって
カキコするヤシがいるけど、
そういうのいい加減うざい。

怖いのはお互い様で、そういうカキコする気持ちもわからんではないが
制御の効かない衝動はリアル世界で発散してホスィ。

869 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 20:30:48 ID:nPpZ8JIG
>>866
私の場合、別に感謝も後悔も無い。
そもそもそういう発想が無い。

なぜなら、もう生まれてきてしまったというこの現実は
どうしようもなく変えられないから。

生に対する感謝や後悔って、宗教を信じている人でないと
根本的には感じられないのでは?
私は完全な無神論者ではないけど。



870 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 20:44:12 ID:Igt1IGGv
>>869
私は無宗教だけど生きてることうれしいと思ってるよ。常にそう感じるほど感受性豊かじゃないけど。
神様に感謝してるわけじゃないけどすごく綺麗なもの見たときとか生まれてよかったとか思っちゃう。
869さんはそういうこと一度もない?

871 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 21:09:31 ID:kIuj2EPI
>868
ごめん、でも何か考えちゃうと、そうなるんだ。
だkら許して。今だっておかしいいんだよ。
外で発狂していいのかな?電車の中で、
位オアYだY茶Y茶yだああああああああああああああぁぁ
とか行ったらどうすう?どうしてくれる?
みんなの進めで薬貰って、治療も始まったけど、
ひどくなってるんじゃないかってぐらい、今辛いのに。、

872 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 21:16:31 ID:Igt1IGGv
>>871
お医者さんとかは何て言うの?

873 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 21:21:30 ID:Kfxj12nE
>869
意見をありがとう。
生まれて来た現実は受け止められるが、死ぬと言う事は受け止められないという認識で構わないか?

これは俺の意見だが、感謝に宗教は関係ないよ。完全無神論だが親とか自分のまわりには感謝してるし。

874 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 21:50:11 ID:+4+R+SC7
興味本位か親切心か知らんが下手に足を突っ込むのは止めてくれ
せめて過去ログ読むなりして価値観、立場の相違を理解してから書き込んでください

>>871
でも治療って何なのだろうね、恐怖を忘れても本質は変わらないというのに。
自分も通院して発作は治まったが、やっぱり怖いものは怖いし
発作という臨界点が無くなったぶん奥深くまで考えてしまってるような・・・

875 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 22:37:37 ID:kIuj2EPI
>872
少しずつ直していきましょう

>874
発作おさまったって本当ですか?
私は確かに外で発作することは実はないんです、
いっつも家だと、思う存分発狂できるからすぐ出ちゃう。
たぶん外だと、限界のとこにきて、限界のまま溜め続けるんです。
だから、授業中なんかに死後の無とか永遠とか考えると、
いつもノートは適当になるわ、怖い顔してどこかにらんでるわとかになるんだと思います。
でも家だと、すぐに発作が来て、もう駄目。
発作直ったってのはどうなんですか?
私は薬貰っても結局変わらず、外では、なんとか我慢してるけど、
家だと抜けたかのように発狂します。

876 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 22:43:58 ID:nPpZ8JIG
>>870
どんなに楽しく感じられることがあっても(それもめったに無いけど)
生まれて、生きていて、嬉しいと思ったことはないです。

>>873
> 生まれて来た現実は受け止められるが、死ぬと言う事は受け止められないという認識で構わないか?

受け止めるも何も、もうすでにここに存在してることを
発見してしまったのだから何もしようが無いという感じ。
後半はだいたいそのとおりかな。

> これは俺の意見だが、感謝に宗教は関係ないよ。完全無神論だが親とか自分のまわりには感謝してるし。

そうですね。宗教は飛躍だったかな。
自分は宗教と無宗教の狭間でもがいています。
あと、素直に「感謝する」ということが自分は好きです(何言ってるんだか)。

877 :優しい名無しさん:2006/04/17(月) 23:06:11 ID:+4+R+SC7
>>875
確かに発作は治まったよ。私の場合は部屋で発狂してのたうち回るわ
路上で四つん這いになるわで半端ないほど狂ってたけど
病院で薬もらって環境も変わったからか治まったね
とはいえ慢性的な不安感・絶望感はあるし、死や永遠についての
思考もやめられない。最近は鬱っぽくもなって本は読めないしテレビも見れない
部屋はだんだん散らかりだす、現実感が無い、と悪化してるような気もする
今日の朝なんて自殺しようと思ったしね、あんなに死を恐怖したはずなのに・・・

878 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 01:53:58 ID:2PpZ9FLM
こんな時間に発作で飛び起きて、
やだーーーーーーーーーーーーーって言いながら、
部屋を走り回って、窓ガラスにぶつかって、怪我した。
もうやだよ。

879 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 08:03:46 ID:2PpZ9FLM
結局寝てない、学校行ってくる。
遅刻するけど。

880 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 09:28:10 ID:6sRd/C7p
まずい、今電車なんだけど、症状が出かかって、必死にまぎらわそうとしています。
ニュー速みなけりゃよかった・・

881 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 12:56:36 ID:k/FDP7Lp
マジで、マジで、マジの提案なんだけど、オフ会しませんか?
似たような考え、症状を持つ人たちが集まれば何らかの前進になると思うんだけれども。
それに一人でこの問題と戦うのに疲れました。みんなとお話したい

882 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 13:03:05 ID:nJP8Vqwi
同病の人間が集まっても、
ますます後ろ向きになるだけ、
と思うのは俺だけだろうか・・・。

883 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 13:12:24 ID:2PpZ9FLM
>881
別にやってもいいよ。
何か今までの経験とか、治療歴・通院歴とか、価値観とか、
人によっては、更にマイナス来るかもしれないけど、
救われる人もいるかもしれない。本当にやるなら、歓迎します。

今日は、学校へ行ったけど、何も出来ずに、もう帰ってきました。
もうやです、深夜の発狂のせいで、錯乱しった状態がずっと続いてます。

私は、東京に住んでます。でも、オフするとしても、人が多いところ、
渋谷とか新宿とか、もう駄目です、できれば、オフしても、
トイレに行きやすいか、外へ出やすいとこにしてください。
地下とか、エレベーター降りたらそこが会場とかそういう雑貨ビルけいは御免。

884 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 13:13:57 ID:2PpZ9FLM
だけど、自殺願望ある人は来ないって約束にしませんか。

885 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 13:55:27 ID:RfG1AcfJ
PDのオフみたいに一人が発作を起こしたら連鎖したりして・・・

886 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 17:50:15 ID:q95rkM3Y
朗報です。頑張って2050年まで生きてください。人間は不死身になれます。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=3&nid=1620798&st=writer_id&sw=kuraudo

887 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 18:24:36 ID:Obm1zU5r
>>881
やってみたらどうですか?一人で悩むより絶対何か発見があると思います。
死についてだけじゃなくて他の話題とかも出してみたら?

888 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 19:15:14 ID:XpSlOlRI
>>886
あと44年って結構長いんですが。

889 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 19:21:14 ID:XpSlOlRI
>>886
しかも脳のデータをPCに移すって・・・
なんかまた新たな死についての疑問が沸いてきた

890 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 22:15:38 ID:cts+hdxH
しかもソースがエンジョイこりゃて。

891 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 23:54:00 ID:2PpZ9FLM
もしオフに興味がある方いましたら、
ご自身の住所、偽りで構いませんから、
ある程度の範囲で、書き込みお願いします。

私は、東京23区内です。

892 :優しい名無しさん:2006/04/18(火) 23:56:01 ID:D5+wiUVk
私は福岡市内。とても参加できそうにないが、オフ会あるなら
その結果報告だけでも是非聞きたい

893 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 04:36:24 ID:PgCzSiCy
発作のおきた事がない人orタナトじゃない人も2~3人いたほうがいいんじゃないか?

894 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 07:44:03 ID:RzYDD1G/
やだああああああああああああ
発狂して、また部屋中は知りまわった。もうやだよ。
どうしよう。

895 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 09:55:56 ID:RzYDD1G/
ああああああああああああはああああたっさいう
Hさっせせdrdつうyがふぁっちおl

896 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 10:08:15 ID:j+Hg5Pu4
だからお前は何がしたいんだ。
ここでパニクった文章書けば満足か?

897 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 10:28:34 ID:pGbHecN5
東京都東部に住んでます。
参加してみたいと思う。

898 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 11:24:02 ID:RzYDD1G/
だって、あまりにも怖いくて、何もできなくなる、
永遠、無、無理だもん。
無駄よ、だって、無理だよ仔WIア物は怖いもの。
やだよ。

今のところ、参加者リスト、何人ぐらい集まればやるのですあ?私も参加しようかあ。
東京都 2人
福岡県 1人


899 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 11:52:30 ID:d3nasLf+
>>886
なんかおそろしい…

900 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 14:00:55 ID:sHMkNG5d
皆様は地獄を信じますか?

901 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 15:48:11 ID:2Tyz1Y5p
死の苦しみ=地獄 と解するならば、在るともいえるかもしれない
いわゆる仏教の八大地獄とか具体的にこうされる、なんていう
地獄は全くナンセンスだと思うけど

902 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 15:49:45 ID:2Tyz1Y5p
私は東京に出やすい北関東に住んでます。

903 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 19:14:43 ID:DYElhjdC
比較的軽いタナトですが福岡県南部にいます。二年くらい発作はでてないんで。オフあるなら行きますよ。

904 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 20:18:04 ID:RzYDD1G/
皆さん、参加できそうですか?
今の所、
東京都+ 3人
福岡県  2人

私は東京のほうしか分からないのですが、
予算はだいたいいくらぐらいでしょうか?
怖くて仕事できずに無職な人もいるので、
出来るだけ、お金のかからない、交通費込みで1500円程度に抑えたいです。
何か案ありますか?未成年の方もいるかもしれないので、お酒は飲まない方向にしますか?
会食、遊ぶ、参拝、のんびり、

905 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 20:44:35 ID:mWk58YtF
なんか前向きな感じになってきてますね・・・

>>904
ただ話せればそれでいいんで、のんびりに一票です

906 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 21:25:54 ID:eNivzEJv
タナトじゃないし遠くて参加できませんが、感想とか教えてくださいね。
少しでも楽になるといいです。

907 :優しい名無しさん:2006/04/19(水) 23:16:04 ID:QaRxq/X1
こちら東京在住です。
ただタナト以外に不眠やら情緒不安定やらで病院通いですが、それでもみなさんに迷惑かけないのであれば、なんとか行きたいです。
迷惑かけないかちょっと心配なところも少しあります。

908 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 07:24:29 ID:yon0TJgx
>>816自分も同じ。自分が死ぬのが一番嫌だけど、家族が死ぬのを見るのも嫌だ。
夜中たまに泣きそうになって、寝てる母親の口元に手を近づけて
息をしてるか確かめたりしてる。
家族が死んだらどうしようって想像して鬱になる…

909 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 08:36:42 ID:p98LuvGr
お聞きなさい
あなたも 宇宙のなかで
粒子でできています
宇宙のなかの
ほかの粒子と一つづきです

そしてまた新月となり
生きる苦しみにばかり心囚われる。

不実の者であるゆえに
あらゆる執着をも捨てられず。

彼の心を想えば
私という存在の軽さに胸ふさがれて
また涙にくれる。

「ひとはなぜ苦しむのでしょう
ほんとうは
野の花のように
わたしたちも生きられるのです」

          「生きて死ぬ知恵」より


親に「死ぬ時は私を殺してから死んで」
なんて無責任でキティな事を言った事がある。
あぁ・・・・明日はばあちゃんの通夜だ・・・・

910 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 15:49:17 ID:nEgOtju0
皆様!助けてください。
死ぬのは怖いです・・・
死ぬのは恐ろしいです・・・・・

何もない無が永遠に続く・・・。

911 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 19:03:46 ID:4PDG307f
助けて、ゆあぢょ、。
今日はせっかく楽しいひと時を遅れてたのに、
それが死によっては全部破壊されて、
それさえ出来ない、もうやぢょ、怖いよ、やぢゃお。
ぃややややややっやややややっや。せkっかくたまにはご飯でも作ろうと思って、
色々買ってきたのに、なんっか全部、あ。あ。あぁ落ち着かない、どうしよう、
やぢゃお、怖い怖い怖い、やだだだlkだぁぁっぁ、かやyだkdかえ、:ややだだyどあ
電車の中で一回大声でやあああああああああああって言ってそのまま歩いて帰ってきた。
ちゃだああああああああああああああああぁぁっぁぁっぁ

912 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 19:16:34 ID:4PDG307f
東京都でしたg、何か行くと、
すごい、大変なことになりそうなんですけど、
介護してくれますか?
なんか今日の変貌振りは、おかしいです。


913 :LANI:2006/04/20(木) 20:04:34 ID:UZx3dyL9
死んだ友達の作った詩(?)です。
ずっと、幸せにLaniを友だちや家族と飛び回っていた。
気が付いたら、神様が、暖かい、暗いトンネルに貴方を連れてきていた。
Laniの皆や、前の世界が恋しくて泣いた。
でも、長い暗いトンネルを、10ヶ月かけて歩いた。
気が付いたら、不思議な世界に居た。
たくさんの人が違う言葉を話し、時に憎しみあい、 飢餓に苦しんでいた。
帰りたくて、たくさん泣いた。
でも、 新しい家族、友だち、景色を見た。
どんどん前の世界を忘れていった。
新しい世界の言葉を覚え、 ルールを覚え、 喜びを覚え、 悲しみを覚えた。
人と手をつなぎ 愛する事を知った。
愛して、傷ついて、泣いて、 忘れて、また愛し、笑った。
出会いを喜び、別れに泣いた。
何時のときか、神様が、白く輝くトンネルに貴方を連れてきた。
向こうには、遙か昔幸せに過ごしたLaniがあった。
トンネルの入り口で振り返ると、
今までの世界があった。
・・・戻ろうかな? 不意に向こうから声がした
「待ってたよ!70年ぶりだね!
ぁ、昔、Laniで一緒に過ごした友達達だ。
な〜んだ。2つの世界は繫がってたんだね

*Lani・・・ハワイの言葉で、空、天国、楽園、

914 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 20:28:52 ID:HM6eQSa7
早く死ねカスども

915 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 20:40:30 ID:qaDaIozP
春だなぁ( ´-)y-~~

916 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 22:54:52 ID:iPaRqyX/
>>908
同じ。
朝親が起きてくるのが遅いとガクブルです。
お葬式の場面を想像して眠れなくなったり。
こんな恐怖にとりつかれた生活もういやだ。

917 :優しい名無しさん:2006/04/20(木) 23:14:15 ID:RUCv0Z7h
>>909の書き込み見て改めて思ったけど死の恐怖というより
孤独に対する恐怖なのではないだろうか?

918 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 00:54:03 ID:vChU4IMn
マジでオフやんの?
俺は埼玉都民だけど、発作はほぼ夜しか出ないから、
昼間はごく普通のサラリーマンに過ぎないんだよね。

919 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 06:37:15 ID:hejtxsua
>>917
死後があった場合、
それが怖いという人は、
永遠の孤独が怖いんじゃないかと思う。

920 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 07:41:48 ID:FgbJHEAU
そうじゃないよんだ、そうじゃないんだよ、
何もNで着ないのが、それが英英ンで、あもっやだyだyだだ。
あぁl怖い怖い怖い怖い仔WIアうよp。、

やだよd、あだyだえ、えdえなんで、
やだづあだえ、d、えw怖いこよl

句知り貰ったら、発作はおさまるって聞いててのtに、
なんで、やだあああああああああああああぁっぁぁぁld阿kを愛仔WI阿
仔WI阿古和濃い濃い怖い怖い、やだよ、ぁぁぁlkkぃぅいっぅぅlkyたあああああややy


921 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 08:30:41 ID:FgbJHEAU
落ち着いてきたけど、薬によって、目の前の発作かれあ逃げれるのかもしれないけど、
根本的解決にならないからどうすればいいんだろいう。
薬持った手飲んでるけど、全然効き目ないよ。量増やした方がいいのかな?
病院だと、キチガイにならなくて、なんかちょっと疲れがたまっているのでは?
とか、一度リラックスとか気分転換でもどうでしょうか?っと言われて、結局、
もらえる薬はけっこう軽めのやつらしいです、薬局でききました。

922 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 09:23:01 ID:BsmxwE/e
>>918
マジやって欲しいよ、自分は遠方だから参加できないだろうけど
オフの報告とかすごく聞きたい

923 :フニ:2006/04/21(金) 10:37:07 ID:jHxe2ftK
私、渋谷に住んでるの。
あんまり遠くには行かれないけど
オフ、参加したいな。

924 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 11:50:31 ID:Yak2WlUv
おまえらとっとと死ね

925 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 11:57:01 ID:0nhjUBPe
現在
東京周辺 6か7人
福岡県 2人

>>924
そういう書き込みはホントに止めようね


926 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 12:51:35 ID:m3s59b7b
>>919孤独というか、確かに孤独も恐いんだが自分の場合「死」そのものが恐い。
うまく言えないが、死ぬ瞬間が来るのが恐いというか…
だからもし死後も自分が存在できるなら(例えば幽霊とかになったり)
死への恐怖は少しは軽減できるかなーと思ってみたりする。
でも家族が死ぬのが嫌っていうのは孤独が恐いからかもな。
大切な人に死なれたくないってのは誰にだってあるだろうけど。
この瞬間のまま時間が止まればいいのにってのはよく思うな

927 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 13:46:23 ID:plNtHNPx
オフしたら何するんだ? ただ溜まって話すだけ?
話すって何話すんだ? タナトの人という条件で着たからにはそういう話をするんだろ?
そういう話したら発作起こす奴いるだろう?
タナトの人が集まって発作起こす人がでたら周りはどうなる?
何するかわかる?

オフしない事にこした事はないけど
するとしたら「発作を起こした事がない人」限定にしないとやばくね?

928 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 18:00:46 ID:Bc7kzeu/
まさか、そんな発作を起こした事が無い奴ばかりでタナトの論議が進むものか
そもそも発作を起こすとは限らんし、起きても周囲は理解ある人たち
少なくともそんなデメリットより、同症状の人たちの考えや症状への対処方などを
話し合えるメリットのほうがずっと勝ると思うけど

どうしても宿題が解けないから、解けない者同士で集まって勉強する
そんな気持ちで集まっていいんじゃないの。

929 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 19:12:31 ID:DEoYOnNO
「死ぬのって怖いですよね〜」
「そうですよね〜」
「……」
「……」

930 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 21:00:15 ID:xkgXNsRe
>>929 
ワロタw

ずっと前にもオフの話出てたけど、そのときはレスが殆どなくて自然消滅していたね。
その時は、やっぱこれはオフとかするような質のものじゃないんだなーと残念に思っていました。
オフ実現するといいな。私は田舎在住なので出れないけれど、結果報告ぜひ聞きたいです。

だけど、発作が起きてしまった場合…これ問題だよね。
タナト同士で話をした時ってどんな感じなんだろうか。やっぱり発作起きやすくなるのかな。
他人の発作を見たらすっげー怖いだろうな。
それがきっかけで、タナトの『あの感覚』が襲ってくるかも。そして、本当に気が狂ってしまったりして(恐)。
それとも案外、冷静になってしまうのかな。なんせ初の試みだから解らない。

私は、同じタナトの人に会って話ができるのなら、たとえ気が狂ってしまってもいい。
一度で良いからこの恐怖を、自分以外の誰かと共感したいよ。
ただ、オフ会で発作来たら、救急車で運ばれちゃうよね。ん〜。。。

931 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 21:38:17 ID:SVIu9aCY
発作って人と話してる時にも起きるの?一人の時に多いような想像してたけど。
一人で悶々として爆発する、みたいな。928に同意。気分が紛れるし何より苦しい
気持ちを分かり合える人に実際に会うって言うのは大きなことだと思う。オフ、実現
するといいです。行けないけど・・・・・・

932 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 21:42:36 ID:XjQ+J7WO
福岡でやりませんか?
発作を起こさないように事前に処方薬を飲んでおくのも手です。
今まで散々いろんな人にタナトの話してきましたが分かってもらえずもう限界です。

主に如何対処したらいいのか、併発している症状と如何付き合っていくかなどを喋りたいと思います。
此処がお邪魔なようでしたら違うところにスレを立てます。
参加されたい方はメール欄までお願いします。お気軽にどうぞ。

933 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:11:30 ID:FgbJHEAU
朝は取り乱しまくって、大変だったけど、
薬を普段より多く飲んで、そのまま学校へ通学、
無事?外では発狂せずに帰ってきました。
何度か、おかしな行動をしてしまったけれども。

オフについてですが、
[場所]東京・福岡
[日時]未定
[費用]交通費+未定
[予定]集まる、話す、気分転換、散歩、食事?
[目的]自分とは異なる価値観を持つ人?と出会うことによって、
   人によっては、ひどくなるかもしれないですが、
   その中に、一つでも建設的な意見交換が出来るのであれば、
   また、少しでも、改善され、生きること・死ぬことについて、
   冷静に考えることが出来るようになれば。
   病院・カウンセリングなど、自分の治療法に対する意見交換。
[持物]発作の不安があり、また薬を処方してもらわれてる方は、必要であれば。
   自由な格好で、楽な姿でいらっしゃることが大事です。
   目的は、少しでも心の持ち方、気分を改善することで、苦しむためではありません。
[注意]不用意に宗教などの勧誘はしないこと。
   金銭トラブルの発生を防ぐため、無闇に自分の名前をサインしたりしないこと。
   匿名・偽名での参加も可能。
   プライベート情報の公開は各個人の判断にゆだねることにします。

参加する意志のある方、興味のある方、ある程度の都合をお聞きしたいのですが、
曜日、時間など、教えてくださると幸いです。



934 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:12:23 ID:FgbJHEAU
これより下は東京予定の人へ。
場所につきましては、広場不安などの恐怖を極力避けるため、
渋谷・新宿といった、人の多い場所はなるべく回避し、
その一方で、静かで広々とした公園などの場所は必要かと思います。
食事については未定ですが、何か案がございましたら、ここに書き込んでください。
又何かございましたら、ご意見いつでも承ります。

935 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:16:33 ID:XjQ+J7WO
sage進行でお願いします(´・ω:;.:... スイマセン

話を聴いて欲しい方もどうぞご参加ください。

936 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:21:53 ID:xkgXNsRe
オフの話が進んでる。ワクワクo(・∀・o)o(・∀・)o(o・∀・)oワクワク

937 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:31:59 ID:FgbJHEAU
>935
ごめんなさい、sageってよくみるんですけど、
なんなんですか?
よくsageろ、ボケとか、あげるな。って言われるんですけど、


938 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 22:53:31 ID:XjQ+J7WO
>937
スレが上がらないようにメール欄に「sage」と書き込んでください。
あまりオフの話を好まない方がこのスレを見ると荒らされかねないので・・・


939 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 23:03:56 ID:A0Wn+myq
>>937
初心者さんですか?
メール欄に半角英字でsageと入れるんです。
そうすると書き込んでも掲示板(ここの場合、メンヘル板)の中でスレッドが
一番上に行かなくなります。その、現在在る場所にとどまるんですね。

言ってる意味がわかりづらいかもしれないけど、とにかくなるべく
sageと入れておいてください。
上に上げてしまうと、目立ってしまい部外者のヘンな書き込みが入ったりして
荒らされる可能性もあるので。
ちなみに、いくら下げてもdat落ちする可能性はほとんどありません。


940 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 23:05:25 ID:A0Wn+myq
かぶってしまった… orz

941 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 23:10:53 ID:XjQ+J7WO
>>939
(・∀・)イキロ

942 :優しい名無しさん:2006/04/21(金) 23:51:30 ID:1GcFU1mx
地方在住だけどGWに東京へ行くから都合が合えばオフ参加してみたい。
自分は四六時中じわーっと恐怖感にとらわれてるかんじだけど
発作(わめいたりするような)は起きないから他の人のとはちょっと違うのかも?
でもこの話を一度他人としてみたい。


943 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 00:34:45 ID:NDx5Ts7V
仙道とか気の修行してみたら?
精神安定に良いし、上手く行けば霊も見えるようになるよ。

944 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 02:27:12 ID:A8Rt+jqO
>>943
する気力すらも無い・・・orz

945 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 03:28:51 ID:6VDMPj3G
霊と会話できるようになれるなら是非とも死後のことについて聞いてみたい
もしかしたらタナトを克服できるかも

946 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 06:56:58 ID:iLcXAo85
前世がどうのって言われるけど、
前世の人の前世ってなんなんだろう?
やっぱり、駄目だあああああああああああ、
怖いよ。逃れられない。こうやってパソコン触ってる間にも、
あああああああああl阿怖いうお怖いよ、やだよ。

947 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 07:58:18 ID:3eyGuQkE
空気読まずに書き込んでみる
気分を悪くしたらごめんね
自分は死恐怖症克服できたんだけど大事なのは思い込みかな
発作が起きたら今考えても仕方ない、と念じ続けて他の事を考えられない様にするのを繰り返した
後、睡眠恐怖症みたいな感じに一度なったんだけどその時期に治ったね。睡眠の方が怖くてその時は死恐怖症の方がマシだと思ってたけど気付いたら両方治ってた
楽観的に考えて生きてね

948 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 09:30:42 ID:iLcXAo85
いずれ来るってのが怖いんだ、だから、考えないようにって無理なんだ。

二度ねしてたら、いきなり目が覚めて、久々に声に出して発狂した。


949 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 09:38:17 ID:3eyGuQkE
追記
レス読まずに書いたから少しずれてた
大体の人が書いてる事柄に対する対処を載せてみる

死への恐怖がなくなる事も怖い→死への恐怖がなくなったら恐怖がない事に対する恐怖はないよ。安心してプラス思考に考えよう

自分を失うのが怖い→すごく怖いけれどそうやって恐怖を感じてるうちに自分を構成する感情の恐怖比が増えるんだよ。幸せな事を考えてる方が良い。そう思えなくてもそう思い込める様に頑張れ

死なないのも怖い→どっちに転んでも怖いなら何も考えない様につとめる。無心をたもてる様にする

自分が変わるのが怖い→イケメンになりたいとか思うよね。それと同じ様に思える様に頑張るしかない

ざっと書いてみた
本当に辛くて悲しいだろうけど希望を捨てない様に。死への恐怖がきそうになったら心の中で「あああああ」と叫び何も考えられない様に努めると中々良いです

950 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 09:39:34 ID:3eyGuQkE
追記
レス読まずに書いたから少しずれてた
大体の人が書いてる事柄に対する対処を載せてみる

死への恐怖がなくなる事も怖い→死への恐怖がなくなったら恐怖がない事に対する恐怖はないよ。安心してプラス思考に考えよう

自分を失うのが怖い→すごく怖いけれどそうやって恐怖を感じてるうちに自分を構成する感情の恐怖比が増えるんだよ。幸せな事を考えてる方が良い。そう思えなくてもそう思い込める様に頑張れ

死なないのも怖い→どっちに転んでも怖いなら何も考えない様につとめる。無心をたもてる様にする

自分が変わるのが怖い→イケメンになりたいとか思うよね。それと同じ様に思える様に頑張るしかない

ざっと書いてみた
本当に辛くて悲しいだろうけど希望を捨てない様に。死への恐怖がきそうになったら心の中で「あああああ」と叫び何も考えられない様に努めると中々良いです

951 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 10:33:30 ID:6xJgoQ/m
彼女がタナトなんですが・・
僕は全然タナトの気持ちがわかりません
どういう言葉をかければいいのかもわかりません・・・
あと、どういうこと言うとNGなんですかね??

952 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 10:37:57 ID:BOnn6VJj
>>951
どうせいつか死ぬんだし・・とか1000年後地球はどうなってるとか死を連想させる話かな

953 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 10:53:16 ID:9tPUbI/5
ミッキー・マントルもタナトフォビアだな

954 :フニ:2006/04/22(土) 14:44:09 ID:fqM8gkMH
また、オフの話に戻しちゃうけど、
やりたいなぁー
お世話係さんを決めないと、
実現しそうにないような・・・
私でよければ・・・たよりないフニャフニャ人だけど。

955 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 15:20:57 ID:A8Rt+jqO
福岡でしたら私がしてみたいのですが・・・

956 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 16:47:08 ID:wJzjyw/q
>>955
是非おねがいします。私も福岡市内に住んでますんで
でも福岡でそんなに集まるかな・・・

957 :優しい名無しさん:2006/04/22(土) 19:35:32 ID:RbC/4vpp
東京の方はどうなってる?

958 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 03:05:54 ID:ajN32V4o
一応企画だけでも。
[場所福岡
[日時]5月を予定してます。
[費用]交通費+未定
[場所]なるべく人がいないところで。
[予定]集まる、話す、気分転換、散歩、食事?
[目的]自分とは異なる価値観を持つ人?と出会うことによって、
   人によっては、ひどくなるかもしれないですが、
   その中に、一つでも建設的な意見交換が出来るのであれば、
   また、少しでも、改善され、生きること・死ぬことについて、
   冷静に考えることが出来るようになれば。
   病院・カウンセリングなど、自分の治療法に対する意見交換。
[持物]発作の不安があり、また薬を処方してもらわれてる方は、必要であれば。
   自由な格好で、楽な姿でいらっしゃることが大事です。
   目的は、少しでも心の持ち方、気分を改善することで、苦しむためではありません。
[注意]不用意に宗教などの勧誘はしないこと。
   金銭トラブルの発生を防ぐため、無闇に自分の名前をサインしたりしないこと。
   匿名・偽名での参加も可能。
   プライベート情報の公開は各個人の判断にゆだねることにします。

ほとんどコピペで申し訳ないです。
興味をもたれた方はメール欄のsageを取ってお気軽に連絡ください。

959 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 04:36:13 ID:rXjRpYV5
発作が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
yただよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおmm
もう何が怖いかはっきりした。
永遠の無だ、思考の停止だ、それが怖い。
やだあああああああああああああああああああああああ
怖い横和湖WI阿怖い怖い怖い怖いよー^^^^^^^^

やだいおやぢゃお、ぁlだkぁlだゃぢょだうぇlだやぢゃおだyだよ。

960 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 11:49:15 ID:rXjRpYV5
前から気付いてたんだけど、気付いた。
薬貰って、発作おさえて、
発作きたら頓服飲んで、そうやって毎日、
大学生というかニートの生活を送ってる。
でもこれって何の解決にもなってない。
結局死ぬ。死ぬのが怖い。

961 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 12:27:45 ID:hDwB7zeP
自分は小学校2年生の頃からだけど、ほかに一生懸命になれることがあると忘れられる。
けど一人になって、夜になって、あるいは布団に入って考えにふけっているとどうしてもそのことを考えてしまう。
解決できる答えは見つけられない。

たぶん答えは人間の脳で考えられる範囲に無いんじゃないかな。
けど救いはある、何の根拠も無いけど信じてる。
例えば二次元平面の世界で生きる生き物がいるとしたら三次元空間のことを考えられないと想像される。
より高次元の存在がその答えを持っているかもしれない。

ちなみに東京にはすぐ出られる環境だけどどうしようかな。

962 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 14:22:08 ID:rXjRpYV5
死ねば解放されるけど、
解放された後の状態を感じられない、
あああああああああああああああああああああああああああ
本当におかしくなりってきた。もうやだよ、さっきから家で発狂しまくり、
発狂、頓服、発狂、頓服、発狂、頓服、おかげで食欲不振は直った、

963 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 19:46:22 ID:9K2UuQ/J
>>951 俺もだ。こんな自分で御免って別れる言う彼女なんとか宥めたのは良いが。タナトとの恋愛はだめかも…って絶望寸前。救いたいけど。だめなのか。

964 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 20:23:05 ID:omzVEPbb
余計なことを言わずに側にいてやってくれ。
症状の程度にもよるけど、それくらいしか薬はない。

タナトフォビアであると同時に
人格障害とかも並存してる奴だったら、別れたほうが身のためだが

965 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 20:24:33 ID:rXjRpYV5
怖いものは怖いから、救われないよ。なかなか。
頓服飲んで記念あげ。

966 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 20:29:22 ID:rXjRpYV5
最近楽しいことしてる時間に発作着て、
楽しめなくなって気Tあ。
明日仕事だ。どうしよ。いつもより大目に薬のんでいくしかないか。
部屋が狭くて暑いから、やりにくい。


967 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 23:06:40 ID:FWoTW/Nu
形ある物はいつか壊れる

生きる者はいつか死ぬ

永遠なんて存在しません

968 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 23:09:29 ID:ajN32V4o
やめてえええええええええええええええええええええええええええええ
ああああああああああああああああ

969 :優しい名無しさん:2006/04/23(日) 23:11:11 ID:ajN32V4o
福岡の方一人連絡がありました。
他にも参加されたい方がありましたらログにメールアドレスが残っていると思いますのでそこまでお願いします。

970 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 07:31:01 ID:J3Cv1ku/
ぃゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
怖い怖い怖い仔WI阿、朝にから起きて発狂やだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

971 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 07:40:34 ID:J3Cv1ku/
薬飲んで終了。
薬飲むと何が辛いのか分からなくなるからいいよね。
明日もうちょっと貰ってこよう。
安いわりに効き目が大きい。死ぬこと忘れる。
辛いことなくなる、怖いことなくなる。
即効性の高いのにしてもらってから楽になった。
発狂すぐ飲む5分で直る。気持ちい。

972 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 09:00:06 ID:YH/ha21D
薬があれば恐怖から解放される……
所詮人間の脳なんてそんなもの、と思わせるカキコだな
この恐怖も種を残すためのプログラムでしかないと言うのか

973 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 09:46:29 ID:Wh6tv/nn
>>972
薬が恐怖に負けて効かない、
というレスも過去にある訳だが。

俺も実際効かない方だ。
あれで楽になれる人が羨ましくもある。

974 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 12:23:14 ID:/H+ob1Tm
種類変えたり量を増やせば効くよ、所詮人間はそんなもの

975 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 18:14:38 ID:A/EmqNdi
人間が薬の代わり出来ると思いますか。俺は楽にしたい人が居る。

976 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 20:29:15 ID:QMg4yFXg
個人的な考えとしては…
ムリポ

977 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 20:52:00 ID:cotyQtif
鬱+PDで薬飲み始めてから発作の回数が激減した。
現在パキシル40mg/dayと頓服でソラナックス0.4mgを服用中。

978 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 22:25:38 ID:G7foUQL9
夜中に発作が起こりそうな予兆を感じて
がさがさと薬入れを探って、5HTPを嚥下して横になる。


何の病気なんだよ俺は畜生

979 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 22:42:16 ID:sltsJGF/
自分が明日にでも死んでしまうんではないかって思えてきた…
それと少年犯罪について調べてたら「自分がこんな事件に巻き込まれたら怖い」って思うようになって
眠れなくなった

980 :優しい名無しさん:2006/04/24(月) 23:06:48 ID:zKt081mK
つーかこのスレがヤバイ。最初から読むと一般人でも軽いタナトになると思う

あとオフ会の参加状況どうなってるの?かなり興味あるんだけれど

981 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 03:47:28 ID:9Mg9HoyS
この地球自体も、太陽も、宇宙もいつかは滅びる。
当然人類もかならず滅びるのだ・・・

982 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 06:50:31 ID:LNlLuf5j
どうせ死ぬのに悩む意味がない、
どyせ死ぬのに生きる意味がない、
死ぬために生きるのではない、
滅びるために栄えるのではない、
意味がない








983 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 10:02:24 ID:JoGeb9y4
意味なんかいらないだろ

984 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 13:37:26 ID:GdwBWTb7
>>981
じゃあ何の為に存在するんだ!って叫びたくなるよな

985 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 16:50:08 ID:anH76BKB
宇宙が滅びるかはまだ謎な訳だが。

インフレーション理論によれば、
宇宙は新しい宇宙を生み出す礎になるらしい。
そうやって宇宙は永遠に続いていく。
まあ、
新しい宇宙と過去の宇宙は別とか言われればそれまでだが。

最新の宇宙論である、
大統一理論にしろインフレーション理論にしろ、
所詮は仮説でしかない。

宇宙が永遠かはまだ誰にも分かっていないのだから、
滅びるとか悲観的に考える必要はない。
て言うか、
宇宙の永遠はないとか言い切るのは、
日夜研究している科学者達をバカにしてるだろ。
お前が何を知ってるんだよ、とw

986 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 17:19:09 ID:loLG8AgN
>>984
宇宙的視点からすれば、何のためにとか、目的考えるのがそもそも間違いなんじゃないの。

人間社会のレベルで何かのために生きる、生きる目的をもつのは当然ありだけど。
自然は人間のために存在してるわけじゃないからね。人間が勝手に利用してるだけで。
ましてや宇宙をや。

987 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 21:43:51 ID:LNlLuf5j
結局いつか死ぬんだ、怖いのは変わらない、だかr、薬、頓服、
やだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

988 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 22:34:16 ID:LNlLuf5j
きぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

989 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 22:40:02 ID:W21eFZUX
毎日牛乳飲んで幸せ

いいじゃん、この程度でさ

990 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 23:07:33 ID:OvwBVXpF
生死は運命
人間の感情思考も運命
宇宙は神の見ている夢
人の夢と書いて儚い全ては夢
現実も夢死後も夢
人生上等
Take it easy


991 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 23:19:54 ID:OvwBVXpF
宇宙は狂いの無い緻密な物理法則に支配されて動いている
死が避けられない運命だとしたら死後も救いは有る
大自然の流れの通過点

992 :優しい名無しさん:2006/04/25(火) 23:34:30 ID:KWWcRMx/
>>991
それそれ。
ある本で見て感動を覚えたんだが、
この宇宙が始まったときから万物は緻密な物理法則にしたがって動いてきた。
そして現在人類が存在している。
つまり宇宙が始まったときすでに、人間は存在する運命だった、と。
人間は存在するべくして存在している。
(宗教的だが、)それをつかさどる超存在は人間の思考の及ばぬ次元にある。

幼いときは死後の永遠(もしくは無)を考えては布団の中で絶叫していた。
けど、この本を読んで、
死後にどのような救いがあるのかは人知の及ぶところではない。
最後まで信じよう、と考えるようにしている。

993 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 00:28:59 ID:cdutNTYH
恐怖も与えられた感情。
いつか必ず消え去る。

994 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 00:57:28 ID:nj9Pqz88
死は生の対にあるのではなく、
常に生のうちに潜んでいる。
いつか来るものではなく、
今も来ているものだ。
本当に差し迫った問題なのに、どうしてみんな平気なんだろう。
避けられないのだから仕方ない、では納得できない。
死後は誰にも推測できない、はただの楽観視。
みんな消えちゃうんだよ分かってる?
例えば100年後もこのスレが続いてて、その時代の人が今のこのスレを掘り起こして
私を見てくれるかもしれない。そういうの考えるとすごく哀しくなるんだ。
私は既に失うものとして初めからセットされて生まれてきたんだね。
だからたぶん本当の強さは強さは自分に抗うものを押しのける強さではなく
あるものとして受け容れる強さなのだ。
でも私はうまくこの世界に馴染めそうもない。
とてもあったかいし、とてもつめたい。むしろ真理を知った事で、それが本当に
あったかくつめたいものであるのかさえ分からない。全てが灰色に見える。

995 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 01:13:30 ID:cdutNTYH
>>994
ひとは死しても体は残る
土となり灰となる自然という天に還り
物質として造り変えられ天を巡る

996 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 02:26:24 ID:TkpEHtjn
肉体には限りがあるが、想いを受け継ぐ人がいる限り魂は未来永劫生き続ける。
と諭されたことあるけど思いを受け継いでくれる人なんていないし、受け継いで
もらいたい想いなんて持っていないし、そもそも肉体に終わりがあることに恐怖
を感じているわけで...。

997 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 07:29:17 ID:8mh1uV/W
結局自己の消滅が怖いんだよ。
別に俺の仕事を受け継ぐやつがいても、いなくても、
俺の仕事が達成できずに、それを未来、誰かがやってくれても、
俺はそれを見ることも出来ない、味わえない。
死ぬのはああああああああああああiやdなんだああああああああああああああ
怖いンdあああああああああああああああああああああやえmてええええええええ
怖い怖い怖い怖い怖い

998 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 07:44:12 ID:GHraaptn
つーか次スレは?

999 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 08:33:03 ID:QyUoaBJR
さぁ!行くで!

1000 :優しい名無しさん:2006/04/26(水) 08:37:04 ID:HEaKg3RU
おはようございます。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

342 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)