5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大変です!!!!!!!!!!!!!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 03:55:21 ID:GMA5A+Fw
ウチのトイレがつまりました!!!!!!!!

2 : ◆b....../cc :2006/06/11(日) 06:45:56 ID:T94X9q/T ?#
つまんね

と言ってみたりね

3 :エスプレッソ神無月 ◆EsPREsSogY :2006/06/11(日) 23:41:37 ID:pOLJDg0r ?#
つまる

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 02:09:10 ID:WelVWZpp
はよ吸い出せ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 04:32:53 ID:0/PP6vNV

つ ラバーカップ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 04:57:38 ID:i0mtnC4I
クラーシアンです 500〜500♪

8000円でつまりを直すかわりに、水道管を破壊していく暮らし安心クラーシアン♪

7 :りんうぇんつえいじ:2006/06/13(火) 23:26:36 ID:4JF1N7E6
たいへん!!
ラジカセに虫が住み着いてる…。
なので捨てます。

針先くらい小さい黄色い虫の正体がわからん。
よく見かけるのに。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 23:34:31 ID:p9Fz3GxN
>>7
ダニです。

9 :りんうぇんつえいじ:2006/06/14(水) 00:07:59 ID:gLVxPVsJ
ダニって目に見えないほど小さいんじゃなかった?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 18:04:24 ID:4Jw+TChm
>>9
でかいのも居るよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 03:19:44 ID:H8OAkQut
ていうか紙魚(シミ)じゃないの?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 03:08:51 ID:JmLetGK2
依稚御都(いちおつ)

三国時代、呉には依稚(いち)と言う大工がいた。
ある時、大将軍・陸遜の命令で依稚が作った州麗(すれ)という町を見た呉皇帝・孫権は感嘆のあまり
「御都(おつ。長安のこと)のようだ」
と漏らしたという
そのことから、素晴らしい物を作り上げた者に対して依稚御都と声をかけるようになった
一時は絶滅しかけた風習であったが、現代日本のネット上で「>>1乙」という形になって蘇ってきている

民明書房「ねぎらいの言葉百選」より抜粋

てなわけで2get


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:58:05 ID:q3rQ4tpW
うんこドーン!!

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 15:58:32 ID:upq5aiQw
うんこげろ

15 : ◆yJvzbEEh4c :2006/08/07(月) 01:05:37 ID:G4I4nJB/
n


16 :この板の名無し議論中:2006/08/12(土) 12:46:22 ID:IQQH2Yap


17 :test:2006/08/30(水) 10:56:06 ID:1fPSBDKP
!do

18 :この板の名無し議論中:2006/09/03(日) 17:30:30 ID:FrJpU8bO
かなりの大物をぶっぱなしたというわけですね(・∀・)

19 :(名前は掃除されました):2006/11/17(金) 16:21:23 ID:H5LnETeb
 昭和天皇のもとに十八年にわたってお仕えしたのち、私は異動で、まだ
皇太子殿下でいらした今上陛下のもとにお仕えするようになりました。
 そのころの私は、胸の内にずっと葛藤を抱えていました。いかに立場は
役所の一職員であったとしても、実際には長いこと昭和天皇を主君のよう
に仰ぎ仕えてきた身ですから、「異動になりました、はい次の職場でも
頑張りましょう」という具合に、簡単に気持ちの切り替えがつかなかった
のです。(中略)
 なかでも一番困ったのは、お寿司でした。秋山徳蔵さんが、寿司屋のよ
うにその場でお寿司を握って昭和天皇に召し上がっていただきたいと考え、
寿司職人のもとに通い詰めてその技術を学んで、陛下の前でお寿司を握っ
て召し上がっていただいたという有名なエピソードがありますが、おそら
くその「御前握り」の習慣が伝わったものでしょう。皇太子殿下、美智子
妃殿下、そして三人の宮さま方が並んでおすわりになる前で、お寿司を握
るようなこともありました。
 和食の人のサポートとして私がつくのですが、どんなに練習しても、に
わか仕込みでは寿司職人のようには握れず、大いに緊張したものでした。
 いまだに忘れられないのは、礼宮(現秋篠宮)さまが、
「それ、さび抜きで」
 とおっしゃったのに対し、私は緊張のあまり、頭と手がちぐはぐな動き
をしてしまって、
「はい」
 と答えながら、わさびをつけてお出ししてしまい、
「渡辺さん、さび抜きって言ったじゃない」
 というお声が飛んできたことです。そんな失敗もありました。
 そうはいっても、一時間半なり二時間のあいだ、目の前で東宮ご一家が
ご歓談されながらお食事をされている、その場に居合わせるというのは、
実に光栄なことでした。
「ああ、美智子妃殿下はとてもお優しい方なのだなあ」とか、「浩宮
(現皇太子)さまは、お話のなさり方だとか雰囲気が、陛下(昭和天皇)
によく似ていらっしゃるなあ」といったことを感じたりしたものです。

20 :(名前は掃除されました):2006/11/17(金) 16:22:14 ID:H5LnETeb
 紀宮さまにお菓子の作り方をお教えしたりすることもあって、徐々に
東宮ご一家のお側に仕えることに慣れはじめていくのですが、そんなとき
に昭和天皇が崩御なさったのです。
 まさに、ひとつの時代が終わったという気がして、気持ちを奮い立たせ
ようにも、なかなか力が湧いてきません。抜け殻のようになってしまった
心をもてあまし、退職することを真剣に考えたりしたものです。
 これは私ばかりではありませんでした。役所の先輩、同僚のなかにも
同じような喪失感から、実際に役所をあとにした人たちもいました。先に
お話しした谷部さんもそのひとりで、彼は、陛下が亡くなられるとまだ
四十代の若さで身を引いてしまったのです。何か転職のあてがあったわけ
ではなく、いわゆる「燃え尽き症候群」のようなものでしょう。
 私も、どうしても料理一筋に打ち込めない、自分の気持ちがあちこちに
拡散していくような状態で、そんな自分がまた疎ましく感じられたりする、
悩み多き時期でした。
 やがて、それまでご家族ご一緒に暮らしていらした皇太子殿下が独立さ
れることになりました。そして、私は洋食部門の責任者として、そのお側
に仕えることになったのです。
 それは私にとっての大きな転機でもありました。
【東宮御所の和やかな日々】
 私は日ごろから、いくつもの幸運に恵まれてきたと感じるのですが、の
ちのち考えますと、このタイミングで殿下のお側近くに配属されたことは、
私にとって最高の幸運だったのではないでしょうか。ここからは、そんな
ことも少しずつお話していきましょう。
 気配り上手なジェントルマン
 それまで雲の上の方だったのが、垣根越しにではなく殿下と直にお話が
できるようになりますと、そのお人柄に触れる機会もぐっと増えました。
 殿下はご自分がおっしゃったり行動されたりすることによって、周囲に
もたらす影響の大きさをよくご承知なのです。それゆえに、非常にお気を
遣われます。そのお心遣いにはしばしば感服されられました。

21 :(名前は掃除されました):2006/11/17(金) 16:23:04 ID:H5LnETeb
 (中略)
 日ごろからご公務などのスケジュール表は必ずご自身でご覧になって、
先々で起こりうることをいろいろとお考えになったうえで行動されます。
これもまた、そうした好例のひとつだったわけです。
 いろいろな面で間近に知れば知るほど、「なんて素敵な方なのだろうか」
という思いは強くなり、私はお人柄に心酔していきました。殿下のお名前
には「徳」の字が入っていらっしゃいます。まさに名は体をあらわすと
言いましょうか、まわりの者を惹きつける人徳が備わっていらっしゃるの
です。
 帝王学という言葉があります。料理人である私にはそれがどういうもの
であるか、むずかしいことはわかりませんが、お側にいると、それが何で
あるかが理解できるような、そんな気がしたものです。
 自由な発想
 赤坂仮御所に移られた当初のことですが、殿下はお部屋にコーヒーミル
を置かれて、自らコーヒーを愉しまれることがありました。これは、従来
の皇室では考えられないことでした。
 イギリスのオックスフォード大学に留学中の生活をご自身でまとめられ
たご著書『テムズとともに』(学習院教養新書)のなかには、コーヒー豆
の思い出話も登場します。
 おそらく、二年四ヶ月にわたるイギリスでの寮生活のあいだに、殿下は
ご自分でコーヒーを淹れる愉しみを発見なさったのでしょう。豆を入れ、
コーヒーが出来上がるまでの数分間、お部屋に芳香が立ち昇るときの心地
よさといったものを味わわれたに違いありません。
 ご一家でお住まいのときには、ご自分おひとりだけというわけにもいか
なかったでしょうが、それが独立を機に、再び可能になったようなご心境だったのでは
なかろうかと思います。
 そこで、ご要望により、いつでもお好きなときに飲むことができるようにと、
コーヒーミルとメーカー、カップなどのセットが、お手元に用意されておくように
なりました。

22 :(名前は掃除されました):2006/11/17(金) 16:23:49 ID:H5LnETeb
 ときには、ご自分でお淹れになったコーヒーを、両陛下や紀宮さまに
お出しになられることもありました。朝、「お拾い」でお見えになった
陛下や紀宮さまに、淹れたてのコーヒーをご馳走され、そのままご朝食を
一緒になさることもありました。
 ご朝食の準備は、通常の場合、侍従を通して「明日の朝食は朝八時に用
意してください」というように連絡を受けます。大膳では、八時には殿下
が食べはじめられるように準備をします。パンも五分ほど前にはトースタ
ーから出されて運ばれます。どんなにナプキンで包んで冷めないように気
を配っても、お待ちしたときには塗ったバターがトロリととろけるような
熱々のトーストというわけにはいきません。なんとかいちばんおいしい
状態で召し上がっていただく方法はないかと、頭を悩ませたものでした。
 あるとき、日常のお食事に関して、殿下から直接に忌憚のないご意見を
承る機会がありました。毎日の食事を愉しむという視点からすれば、もっ
と自由な発想をしてもいいのではないかというお話でした。
 私たち料理人は、メインがビーフシチューだったら、それに合わせる主
食はパン、とごく当たり前に考えてしまいます。あるいは、バターライス
と付け合せの野菜というのもあるでしょう。しかし、日常食であるなら、
ビーフシチューに白いごはんとお新香といった組み合わせがあってもいい
のではないか、そういったご趣旨のお話をされたのです。
 これには私ども担当者は目から鱗が落ちる思いでした。たしかに、家庭
で食べる日常のごはんというのはそういうものです。日ごろそういう食事
をしている私たちが申し上げたのではなく、これを殿下がおっしゃったか
らびっくりさせられたのです。まさに日常の食事、「ケ」の食事ならでは
の発想です。
 厨房が洋食・和食と担当が分かれているからといって、メニューに対し
ても凝り固まった考え方ばかりしていることはないのです。毎日のお食事、
飽きのこないお食事のためには、そのほうが自由で愉しい味わい方ができます。
 以後、日常のお食事には、正統派スタイルばかりではなく、ごく一般的な
家庭ふうのスタイルも採り入れられるようになりました。

23 :(名前は掃除されました):2006/11/28(火) 02:15:41 ID:LSlfnYwm
続き待ってます
つC

24 :(名前は掃除されました):2006/11/28(火) 18:58:11 ID:hI5Y4dok
旦那のうんこが詰まったとき、えのきが浮いてきてワロタ

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)