5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教を考える(その2)

1 :481:2006/12/10(日) 22:51:44 ID:X5IHycNW

雑記帳です


前スレ:
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/

56 :481 ◆6pXOJ91fGQ :2006/12/12(火) 07:46:12 ID:y7avLt36
【イタリアン・パラドックス】

なおワイン生産が盛んなイタリアでも以下URLに示したように
大量の外国人労働者が毎年、行方不明になっており、
彼らの死(血)がイタリアワインになっている可能性が否定できない状況にあります。

【イタリア】トマト畑で働かされる“農民奴隷” 劣悪な労働条件の中、逃亡者は殺害 地元警察もマフィアを恐れて摘発に及び腰[1027]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1162120625/l50

ワインは欧州の「暗部中の暗部」なのだろう
http://ime.nu/www.asahi.com/international/update/1120/012.html
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1162120625/l50

ワイン生産国は世界中から人間の血液をあらゆる裏手段で
集めているものと見られる。イタリアが東欧から季節労働者を大量に受け入れ
毎年殺害しているとの記事やフランスが熱波という名目で国内で大量に死亡者を
出したといった記事と関連がある可能性も考えていかざるをえない。また
イラク戦争前のイラクでのフランス利権の実態やユーゴ空爆での役割、更には
フランス外人部隊の機能も考察する必要がある。

圧倒的な血液不足が続く業界構造があるならば、拉致・戦争を含め
あらゆる手段で、血液入手に努めると考えない方がむしろ不自然ではないか。
そもそも英仏の100年戦争はワインが戦争目的の一つだったと言われている。

その上で不足している分は、家畜の血液を使っているのであろう。
家畜のバイオマスもかなり大きい。相当の血液量を供給できるだろう。しかし
フランスやイタリアの老舗はあくまでも「人間の血液」にこだわるであろう。
「人間の血液」の愛好家が欧州貴族に多い以上、それだけの品質のニーズがあると
見た方がよいと考える。

57 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 20:21:20 ID:klEp9ZfE
>612 :Appellation Nanashi Controlee:2006/11/23(木) 21:03:06 ID:m8RRF3cp
>今飲んでるイタリア人の血液は、かなり美味いわw
>サンジョベとメルローという名の血液のバランスが非常にいいw
>もう、カニバリズムマンセーとしかいいようがないねw

多分、これが多くの欧州貴族の本音でしょうね。
欧州の老舗のメーカーではワイン用に殺害された犠牲者の名前が樽についているのでしょう。
一つのワイン樽(225リットル)に一人の犠牲者の血(3L)が入っている混合割合なのでしょう。

確かにこの計算なら、ワインの鉄濃度に矛盾がなくなります。
これがキリスト教社会の本質の一面なのでしょう。

血液の鉄分:68〜139μg/dl
http://ime.nu/www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/blood.htm
赤ワイン(新酒)の含有量. 6.0mg/l
www.pref.iwate.jp/~hp1017/kenkyu/naibu/sokuho/sokuho051-100/078.pdf
ブドウ中の鉄分は1mg/kg
http://ime.nu/www.ja-e-chuo.or.jp/public_html/cooking/budou/budou.html


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)