5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

†††キリスト教と生まれ変わり 2†††

1 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 20:22:06 ID:/wMX6N7h
次スレ立てました。

話は色々飛びますがスレタイの内容も扱っております(たぶん)
丁寧に煮詰めて参りましょう。


2 :| i |^竸ノ||<ぁT=ι ♪カヽゎιヽ━レヽょ☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/28(火) 20:26:31 ID:Qf6VrSA+
2ゲット!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11111
       /     / ※         ※   ヽ.     \
.      〈    | / ,.  -'ー‐'ー‐'ー‐'ー-  __   \    \
       \  |/           |    \   `ヽ|   ソ
           >'               川      `ヽ.※ }j イ
        / ,   /  /       /ハ    ヽ   ヽ l}  |
        ;' /   / /    /  //  \    l|    | }l  !
          | |   / /―- // //   __><亅    | l}   |
          | |  | ムr‐</)< // ー '"   __ |   / }l  !
          ヽヽ |ヘ「 \_> /   x "´  //   / l}   |
          /\∧          `ー ' ∠ イ /※ }|  ! !
.          / ト 八                / イ   l}  i  l
         /  ハ  | >  ヽ = ニ⌒)  ∠ < |{   }l  i !
      /  / {l トy/  >   _,.  <     {l .※. l}   i |
.      /  /   l{  V/                 l{   }ト   i !
      /  /  {ハ |               {l    l}ヘ   !
    /  /  /l{ ヽj、                l{ .※ }l ∧  i
 /   /  | {l ※〉 \          (⌒ヽ {l    l} ∧ ゙ 、
    / /了 l{  〈> \         `ー' l{     }l   \ \

3 :某ピカ:2006/11/28(火) 20:52:57 ID:faV22gr/
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ●_ ●  | <  生まれつきの盲人について、
 (〇 〜  〇 |  \  親の罪でも本人の罪でもなく、 
 /       |     神のみわざがこの人に現れているのだ。
 |     |_/ |    とイエスが言った話があったと思うけど、
              まあまあ感動したピカ。
              仏教なら「下劣な業をもった罪人」だと説くだろうピカ。

4 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 21:14:55 ID:eLPP9hJj
エドガーケイシーの本で、盲人の人が前世で囚人をいじめていた
といっていたケースがあったような

5 :サンチャゴ ◆LjoCgW7m92 :2006/11/28(火) 21:25:32 ID:sFi0fqQ4
オレの母はケーシー高峰の患者役で舞台に上がっていた。

6 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 21:27:41 ID:yB9b65t1
前スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159931033/

7 :コテん:2006/11/29(水) 06:55:02 ID:hvbpbDle
現時点での My World Story.

アダムは気功でいうと神(しん)のレベルで創造されたと思われる。神(しん)の
レベルはかなり知能が高く脳が覚醒している。しかし神の状態では神(かみ)の理知には
届かない、解脱も不可能である。
そして永遠に生きる肉体を同時に与えられた。この永遠の期間に新しい命を地に増やす
ことやエデンを広げるなど人としての役割を果たす。
一定の役割、働きを終え、その期間に神の言い付けを守り行っていれば、命の木の実を
食べることを許される。その実は人を神の理知と繋がる「虚」の状態に昇華させる。
そうなると望むときに天に戻ることができるようになる。

しかしアダムは闇に興味を持ち自ら神になることを望んだ。気の減少と共に肉体も弱体
化していく。
世代を経ていつしか衰え行く自分を見つめる者が現われる。それは神への悔恨の念からか。
しかし、その行為こそまさに瞑想。こうして今の自分のありのままを受け入れる処世術
からヨガの瞑想が誕生する。そして神へ思いを繋げるこの行為こそ気を再生し昇華させ、
自らを救済する術そのものであった。(これ重要!)
創造の初めから神の理知は地に溢れており、人はそれを掴む能力を得さえすれば幾らでも
神の理知を吸収することが出来る。こうしてインドから人類を救う実際的な手立てが世に
広まることになる。
仏教はインドから、密教もインドから。 インド最強! 多神教バンザイ!!w
負けてないのが仙道道教。しかし一部ヨガからのパクリ有る模様。儒教は知らない。
解脱を目標とする宗教は達成者が少なくなる厳しいもの。その行法の危険性から解脱では
なく死を迎えるかもしれない危険を伴う諸刃の剣。素人にはお勧めできない。
まあ一般人は次を読みなさいってこった。

8 :コテん:2006/11/29(水) 06:56:29 ID:hvbpbDle

アダムが罪を犯したときに御子による人類救済が速やかに決まった。
これは御子をメシアとするため、厳しい修行体系に着いていけない一般人が救いの対象と
なる。解脱達成者はメシア不要。
それ故、聖書はオカルティックなものを信じない人、不確かなものを容認できない人々の
ために可能な限り一般人の視点で記される。
メシアがみ業を達成した後、救いの音信は同じく不確かなものを容認できない人々の元へ
伝えられる。(表向きはパウロがローマの市民権を持っていたから?)
そして密教などとは違い伝道することが義務付けられている。これは一般人向けの救済方
法であることを鮮明に裏付けている。また一般人向けのためユダヤ人の履歴がつらつらと
書き連ねられ、人はどうあるべきか、神と関わる際にどうあるべきかを細かく記している。
キリストの教えを学び実践するということはヨガで言えばカルマ・ヨガに当たる。
ただしカルマ・ヨガは解脱段階に至るには時間が掛かる。一般人だから贅沢言わない。
しかしここにメシアとしての力が働けば。。。

だからどこかの教会に所属しているなら最後まで居座るべき、そうやってカルマを浄化さ
せ続けるべきである。解脱を望むなら最寄の多神教、またはヨガ・仙道道場へ!


9 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:42:48 ID:QRKKU1LF
hageる時にも時がある。髪の毛も空だ空だ、あーむなしい。
コヘレトはかっこつけてる、どこがいいんだろう、リストラ男の嘆きみたい。



10 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:54:54 ID:QRKKU1LF
コヘレトが好きな人って変わり者が多いんだって、hagehageムータン、、

11 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:14:52 ID:1S0VfoC4
遅いけど前スレの感想です。
ナルミは転生しない。絵里子は転生する。それでいい。
転生したくない人は転生しない。転生したい人は転生する。
これでみんな、まるくおさまる。
聖霊にしろ転生にしろ、体験しないと真実はわからない。
でも聖霊はこの世の話だから、こっちが優先かな。
まずこの世でしょう。
 
 


12 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:47:07 ID:1S0VfoC4
まずは体験したことを話そう。
本で読んだことを、自分の体験であるかのように話さないこと。
気をつけようね。本の紹介だけにしよう。
そして想像や空想はそうであることを最初に断ろうじゃないか。
みのりある話にするために。

13 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 19:34:10 ID:2tJa6rjs
この板にはキリスト教徒がたくさんいると思うのですが
聖霊を説明できる人はひとりもいないのですか。
断っておくけど聖霊は〈気〉でありません。
そして聖霊がわからなければ三位一体もわからないでしょう。
聖霊を体験した人、その体験を教えてくれませんか。

14 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 19:51:37 ID:2tJa6rjs
宗教の話をしたり、神の話をしても
それによって実際に、神の力が動き出すようでなければ
まったく意味がないでしょう。
神が動き出すような、そんな話をしませか。
むずかしく考え、むずかしい言葉を話す必要はありません。
イエスのように、わかりやすく話しましょうよ。
 


15 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 19:57:32 ID:YFw2IfPH
7つの茶蔵を開けば解脱して神になれるの四

16 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/29(水) 20:02:29 ID:3DYMQHj5
>>こてんさん
おもしろそう。
まだ職場なので後で読んでみます。

>>9-10
雪ちゃん
コヘレト好きは変人多いのかw
変人はもう百も承知。凡人で生きるのも大変だけど変人は変人で苦労も多いのよ。


17 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/29(水) 20:04:25 ID:3DYMQHj5
>>14
神を求め祈ってください。
覚者はいずれも個のうちに神との対話、光への同化をハタしました。
議論のうちには存在しません。
本気で求めるなら孤独になってください。
実践しかありませんよ。

18 :コテん:2006/11/29(水) 20:36:28 ID:oeQRWud9
>>13
> 断っておくけど聖霊は〈気〉でありません。
では何ですか?

19 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 20:36:30 ID:CpE+c9RN
>>15
聖霊がわからないのに、どうしてチャクラをもちだすのかね〜
あなたはチャクラを体験したのですか。
それとも本で読んだだけとか。


20 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 20:40:01 ID:CpE+c9RN
>>18
聖霊は聖霊でしょう。
新約にたくさん出てくる言葉です。


21 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 20:43:11 ID:CpE+c9RN
>>17
神は光ですか。聖書のどこかに神は光だと書いてありましたか。

22 :青い星:2006/11/29(水) 21:01:09 ID:UA4eFS9Y
マタイ(27:46)
わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか

mutantさん、コテんさん、
これはどういう意味なのでしょうかね




23 :青い鳥:2006/11/29(水) 21:16:19 ID:UA4eFS9Y
>>17
あなたは祈ったことが現実になったことがあるのですね。
たとえばどんなことがありましたか。
あなたは実践した・・・

24 :コテん:2006/11/29(水) 21:18:12 ID:oeQRWud9
>>11
何度も転生してるけど忘れてるだけなんだけど。

>>22
イエスにメシアとしての業を達成させるため。
て、贖罪の方向での話し?


25 :青い鳥:2006/11/29(水) 21:32:49 ID:UA4eFS9Y
>>24
忘れていたら忘れたままで〈よーし〉
思い出したら思い出したときに考えよう
 
青い鳥  ・・・  ぶー  
 

26 :青い鳥:2006/11/29(水) 21:38:27 ID:UA4eFS9Y
25の訂正です

青い鳥 → 青い星   青い星・・・ぶー

27 :赤い星:2006/11/29(水) 21:49:55 ID:UA4eFS9Y
>>22 22については
mutantさんの答えをまってから話を進めましょう。
 
それより聖霊とは何か
キリスト教徒のレスがたくさん欲しい汁


28 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/29(水) 22:23:14 ID:zX+dTw1K
>>21
抽象名詞としては新訳各所に出てきますし、私も文脈上闇との対比として
使用したのですが。例え聖書に書かれてなくとも何か問題でもあるのですか?

>>22
ηλι ηλι λεμα σαβακθανι.はマタイ26:39のゲッセマネでのイエスの祈りに
対応したものではないでしょうか?
個人の願望としては父親に救出を願ったものの叶えられなかった。
これはイエス個人の叫びだと思います。26:39でのイエスの祈りにもありますが
自己の観念を滅し、絶対に委ねると同時に、我の願望はあるのですね。
磔刑・贖罪は神の摂理であって、神の怒りの対象となったイエス個人が子供としての
叫びを最後に父にぶつけたのでしょう。

>>23
日々なってますよ。
例えば日々の生活が神のうちにあることを信じる生活です。




29 :青い星:2006/11/29(水) 22:54:54 ID:UA4eFS9Y
>>28  >21 創世記1:3
光は神ではなく、神が造ったものです。
神が光であるかどうかは、神秘体験との関係で重要です。
感覚が鋭敏になれば、わずかな光でもまばゆい光に感じるのです。

>22 「エリ、エリ、サバクタニ」
少し違いますね。わたしはこれこそはアブラハムの逆説以上、
イエスの教えの極地かと思っています。神はここから動き出すのです。

>23  そういうことを聞きたいわけではないのですよ。
 

30 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 22:56:43 ID:aa4qbFU+
>>29
アブラハムの逆説って何ですか?

31 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/29(水) 22:58:08 ID:zX+dTw1K
>>29
だから抽象名詞ですって・・・
あと、新約にも抽象名詞としてイエスを光と表現してるところもありますよ。
って、>>28のリピートなんだけど・・・

>>アブラハムの逆説以上、
イエスの教えの極地かと思っています。神はここから動き出すのです。

わからないですね。アブラハムの逆説とは?
イエスの教えの極地とは?

32 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/29(水) 22:58:51 ID:zX+dTw1K
ちと席を外します。

33 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 22:59:57 ID:aa4qbFU+
逆説のアブラハムって
つまりは実のところアブラハムはってことですか?
新説があると言うことですか?
トンでもなら面白そうですね

34 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:02:44 ID:oeQRWud9
>>27
つ【聖霊とは何ですか?】スレ

35 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:08:44 ID:aa4qbFU+
アブラハムの逆説・・・
実はまだ生きていた?

36 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:19:54 ID:aa4qbFU+
えりえりくぱさばくたに?じゃなかったっけ?「くぱ」があったような気がするんですけど

37 :青い星:2006/11/30(木) 00:09:22 ID:HDBYNKDL
アブラハムは神に、自分の子を生けにえにしろと言われ、そうする直前で
子供の命を助けられる・・・これがアブラハムの逆説。
神に従いきることで、生きる希望が見えてくる。
 
イエスの場合は、十字架上で「エリエリサバクタニ」と叫ぶ
これは神に支えられてきたイエスが
そのハシゴがはずされて底なしの絶望を見せられている状態ではないか。
ここから立ち上がるには、ただひたすらに
これで「良し」とするイエスの意思しかない。
この意思が闇の中で輝きだすイエスの光。
この光が神の光に向き合う。

自分の命をかけたイエスは
子供の命をかけたアブラハムより深い。

38 :青い星:2006/11/30(木) 00:25:12 ID:HDBYNKDL
まったくの闇の中で、神がいない闇の中で
これで「良し」という決然たる意思を示してみよう。
神が即座に動き出す。これが神と向き合うこと。


39 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 00:38:00 ID:/gfvG7eA
良しも悪しもないですよ。
それこそ善悪の知識の実の効力であり、人に原罪である所以ですから。

人間理性を肯定している時点でキリスト『教』思考はダメなんですよ。
光はイエスが示し
知恵は釈尊が説きましたよ。

40 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 00:40:51 ID:/gfvG7eA
>>7
うーん。。。
なんとなく色んな話のごった煮のような気が・・・
ギリシャ神話や神道のような善悪包含した神世界のイメージですね。
二元世界というか。

41 :青い星:2006/11/30(木) 00:50:03 ID:HDBYNKDL
たとえば幼い子供が殺されそうなとき
殺される側から行動しますよね。それが良いことです。
釈迦もイエスも関係ありません。
これは極端ですが、似たようなことはけっこうあると思います。
そこで決然たる意思を持つこと。
そうすることで善悪が善の一元に姿を変えます。
人は意思です。


42 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 00:54:51 ID:/gfvG7eA
最高善の意思は神でしかありえません。
人間の意志は全てが相対です。
それを神の意思と同体させる作業が光に向かう作業であり、解脱に向かう作業
なのだと思います。
ですからロゴスによって意思を特定化させるならば良いでしょうが、
全ての意思を同様に扱うわけにはいきません。
相対そのものが神となるからです。
それは収縮ではなく発散です。

43 :青い星:2006/11/30(木) 00:56:43 ID:HDBYNKDL
神が動いたのだ。何の文句もない。
神が動くかどうかが問題なのだ・・・

44 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 01:00:30 ID:hBqbd9jn
>>41
殺さないより殺す方が簡単だと思うんですけどね

45 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 01:02:24 ID:/gfvG7eA
神は動くのではなく「在る」のです。
そもそも動く媒体とする空間を創造したのは?
全知全能ならば神は全ての空間をも創造します。
それは神にとって未知はなく、全てが既知であり、
要素が動くのであって、集合体は在るのです。

46 :青い鳥:2006/11/30(木) 01:06:23 ID:HDBYNKDL
>>42
たぶんmutantさんはどれぐらいの決意なのかを知らない。
十字架の上で、弱りきった中で、それでも善を選ぶ意思です。
これは相対を超えてしまう。
 
夢の中の選択と似ているかもしれない。
夢に選択などないと思っているかもしれない。
実は夢の中でも善悪の選択が可能なのです。

47 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 01:11:46 ID:hBqbd9jn
>>45
神はシステムでそ?装置でそ?

48 :青い鳥:2006/11/30(木) 01:20:38 ID:HDBYNKDL
>>45
神が人の心をいつもノックしている、という意味では
神が「在る」からだと思います。
でもわたしたちの感覚としては、神の答えがあった時、
神が動いたと思うのではないでしょうか。
視点(言葉)の違いで、それほどの違いがあるとは思いません。

49 :青い鳥:2006/11/30(木) 01:31:41 ID:HDBYNKDL
今日は寝ます。乙。

50 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 01:33:47 ID:wxHly7sX
>>49
絵里ちゃん着替えたの?

51 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 01:39:22 ID:IDC6P+yK
すべて無いから在るのだ。


52 :光の先:2006/11/30(木) 01:42:54 ID:OruPpdXQ
>>46
青い目さんですか、Mutantさんの言うことが合理性があり正しい、
あなたの言う究極的意志論というのは、人間の潜在意志に対する誤解から生まれている。
死の瞬間を味わう人は非常に多くいた、現在でも殺されたり、死刑囚でもそうだ、
誤った考えで、死を選ぶのはアラーのために自爆テロを試みる人達だ、「アラー」と命をかけて、
テロリストは、光を見たと思いますかな?潜在意識が清明であり、二元性を超えた状態に達していなければ、
無理なことだ。貴方の論法を洗脳的影響を与える方法と言うのである。

53 :光の先:2006/11/30(木) 02:17:02 ID:OruPpdXQ
>>7
それから、コテンと言われる方だが、ビックリしたな、よくもこんなすごいことが考えられるのお。
正直言って感動したよ。ビックリしたんで5回も読み直した。あんたこんな知恵どっから得たんじゃ。
少しおかしいとこはあるが、わしが考えてたこととよく似てる。さらによいのは、宗教にとらわれずに
上手にシンタグマしておる。なかなかの明識じゃ。

54 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 02:21:46 ID:hBqbd9jn
コテンさんて平平平平さんに似てるけど違うのかな?

55 :光の先:2006/11/30(木) 02:27:51 ID:OruPpdXQ
>>54
あんた名も名乗らずに横から訳の分からん私語を言うな。説明を加えよ。

56 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/11/30(木) 03:26:46 ID:5o4vb9eG
なぜイエスは、大衆には喩えでしか真理を語らなかったのか、
なぜ、ゴータマ仏陀が、形而上のことは、無記としたのか、俺もここ2chの書き込みを通じて、
よくわかったよ。だからおれも、ここでは、喩えで話す。決して直球では話さない。
特にここ2chの宗教板には相当に性質の悪い者がいる。だから喩えで話す。聞く耳のない者の魂の責任は
私にはない。彼ら自身にある。邪悪な彼らは、自分自身、光に進むのを拒むばかりか、他の人をも、
光に進もうとするのを、執拗に邪魔をする。闇は、光を憎む。

「聖」とは、耳と、口と王と書く。闇を好む彼らは、決して聞く耳を持たない。

イエスは言われた。エリ、エリ、サバクタニ。父よなぜ私をお見捨てになったのですか。
イエスは言われた。父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。と。
彼は十字架で、人々を、右の者と、左の者とに別けた。残念ながら、全ての者が救いに預かるわけではない。
多くの者は救いに至らず、この時が終わる時、滅びるだろう。それは完全なる消滅。完全なる無だ。
救いに預かる者も、滅びに至る者も、彼、「人の子」イエスなんだよ。
なぜなら彼は、自らを男性にした。彼は、我々の花婿だ。女は男の内にあり、女は子を生んだ。
元の花婿の元を離れ、元の花婿の元に帰らず、姦淫の罪を犯し続ける者に命は無いだろう。死んだままだ。
その者は、時が終わる時、第二の死を迎えるだろう。これは真の死。

聖書に記された、イエスの十字架上の、言葉の意味を悟る者は幸いだ。あなたに聖霊の助けあらんことを。


57 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/11/30(木) 03:37:55 ID:5o4vb9eG
なにか聖霊について、神秘的なものだと解釈してる人がいるようだが、
そういうものではない。聖霊も、悪霊も、我々人の心に在る。
霊とは、神秘的なものでもなんでもなく、人の心にあるものだ。獣には霊は宿らず、
塵にすぎない獣と等しい人の心には、悪霊が支配するだろう。
塵から生まれたものは、塵に帰る。彼らは生きない。死んだままだ。
誰が知るだろう。獣は地に下り、人の子は天に上げられるかを。

求めよ、ならば与えられん。
光を求める者には、必ずやあなたの内にある聖霊が、あなたに真理を明らかにするだろう。
兄弟よ、あなたに、聖霊の導きがあらんことを。アーメン。

58 :光の先:2006/11/30(木) 04:36:06 ID:OruPpdXQ
>>56
うわー偉い人がでできましたな、色々教えてもらわないかんなあ。でもちょっと難しすぎて後回しや。
でも一つだけ教えて、「カラスの唄」ってえのはどういう意味があるんかな。
わしは名無しで投稿する人と話するのは、どうもいやなんやが、あんたはちゃんと名前付けてる。


59 :光の先:2006/11/30(木) 04:41:53 ID:OruPpdXQ
>>29
それから、この「青い光」という人の言うことがどうも納得いかん、もったいぶった言葉が多いし。
一つ質問したろ、

「感覚が鋭敏になれば、わずかな光でもまばゆい光に感じるのです。」ってのはどういうことや。
神秘体験と関連づけて正確に説明してほしいな。論理的にやで。

60 :コテん:2006/11/30(木) 06:59:38 ID:EJOMkQwL
>>40
アダムは二元世界の住人じゃないんですか。

>>54
違う

>>53
おかしいところは修正したいので知識と理解をお授けくだされ。
得たのは絵里子さんとエホ証スレと氣に対する研究と実体験でござる。

61 :光の先:2006/11/30(木) 11:01:04 ID:OruPpdXQ
>>60
絵里子てえのはどえらい女やな、何で住所ぐらい聞いとかんかったんや、ワシやったら死んでも離さんで。
あれはな、女神っつうか観音様つうか、半分以上すでに目が開いた人間や。今生中に達成するで。読んたら光を感じるし、
不敬やけど、頭だけと違うて、下半身まで刺激されてしまう。海みたいに吸い込まれてしまうわ。たまらん。

62 :光の先:2006/11/30(木) 12:20:09 ID:OruPpdXQ
>>45
あんたも偉いのお、existanceではなくbeingだよな、「動く」というのはすでに二元的に
存在の中や、だから距離の中を動くんや、「在る」というのは普遍的一元性やから動く
必要はないんやぞ。偉い。

63 :光の先:2006/11/30(木) 12:24:08 ID:OruPpdXQ
>>46
あんたな、「たぶん」なんて偉そうに言うな、前文の自信とえらい違うやないか。
どしたんや。論理性も知性もない文章やな。あんたはそれでもキリスト教徒なんか?

64 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 12:55:27 ID:LiiHHP9C
>>60
一元、二元について精査します。
今晩カキコしますね。

>>61
私はα⇔Ωについての思考を諦めていました。
それを創造起源、輪廻についての思考を通して絵里子さんにその思考次元まで
引き上げられました。ほんと彼女には感謝してるんですよ。
2chは玉石混合ですが、様々な思考との出会い、特に傑出した上級との
出会いがあるから侮られるモンでもないですね。



65 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:20:45 ID:BfJuf6q/
>>16雪ちゃんって誰?違います、

>>28は、詩篇22篇にもあるでしょ。預言の成就、イエス様がメシアである事を証する為の
ものでもなかったの?自分勝手な解釈だけど・・・

66 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:23:14 ID:BfJuf6q/
>>65ものでもあったんじゃないの?に訂正





67 :光の先:2006/11/30(木) 13:23:51 ID:OruPpdXQ
>>64
いや惜しいことしたな。ワシも運がわるかったな、一度絵里子さんと話したかったな。
何とかなならんかい。あの子は上級なんてもんでないぞ。あんたよく読んでみい、あの子は全部お見通しだったの分かるやろ。
結局あの子はあんたに何にも聞いていないじゃないか、我慢してあんたに付き合ってくれたんだよ。あの子は全部知っていた。
むしろ隠していた。コテンくんにはコテンくんに合うように、あんたとまったく違う次元でちゃんと納得させていた。
待機説法というやつだよ。たぶん24〜25歳だろうけど、あんなに多くの哲学と理論を消化できるのは変だと思わなかったのかいや。
しかも親も親戚もなくだよ、所謂運命づけられた子、天命を持って生まれた子だよ。初めから一次元世界が見えてないと無理だからな。
あんたを導きたいと思ってたんだな。意志をくんでやれよ。

68 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:31:05 ID:BfJuf6q/
イエス様ってすごいなー、十字架上でも伝道してるんだよ、並大抵の事では出来ない
イエス様ってほんと神様みたい。

69 :光の先:2006/11/30(木) 13:36:54 ID:OruPpdXQ
>>68
ばかやろう、偉いと思うなら、そして信仰に真摯に生きるつもりがあるなら、名無しにせず
名前ぐらつけるマナーをしなされ。夢みたいなファンタジーばかりじゃ、その内に時代に追い越されるぞ。
陰湿な姿勢だな。幻滅するよ。幼児の遊びじゃないんだぞ。

70 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:48:37 ID:lrrYA9/D
うるさいなー知らないわよ、

71 :光の先:2006/11/30(木) 13:54:14 ID:OruPpdXQ
>>70
あんた女みたいだな、すまんことした。ワシは女はいじめんことにしてる。
ワシは素直だからちゃんとあやまる。失礼した。名前ぐらいつけるマナーはあったほうがいいな。
誰としゃべってんのか分からなくなるだろうに。

72 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 15:39:33 ID:LiiHHP9C
>>67
ある部分同意ですが。
彼女も所謂Ωの淵には辿り着いてないですよ。
だから自力、他力についても若干の修正を加えている。
所謂∞の次元での創造のベクトル、意志については彼女もわかっていない。
わかったときには覚醒してるのでしょうが。
彼女は私に探り出すきっかけを与えてくれたんです。
彼女が私に合わせていたのも理解しています。
あのスレッドは絵里子劇場でしたよ。

そんな意図も組んで私は最後に苦笑したのです。

73 :光の先:2006/11/30(木) 16:35:45 ID:OruPpdXQ
>>72
>>72
なるほどな、ただ直感で感じていることを知的理解まで論理で証明していくには多少時間がかかるからな、
釈迦が悟っていても、テレビの作り方への論理構成するまでには論理世界のこね回しが必要になるからや。
そこが二次元論理と一次元直感のギャップだーな、所詮一時現世界(無限)は二次元世界には完全に入り込めないのは分かるやろ。
無限は有限を包含できるが、有限は無限を包含できねえってやつだ。また、二次元世界は時間経過があるから、翻訳には時間に束縛される。
ワシは彼女が二次元的に知っていたとは言ってないよ、どうせ直ぐに直感を翻訳し知ってしまう領域だろうな、ってことや。あんたなら異論はないやろ。惜しいことした。


74 :Amy:2006/11/30(木) 16:48:39 ID:jmEoBXge
転生とチャクラの開発は表裏一体なのです。
それはチャクラを一段一段上ることが、実は、
神への合一へと続く転生の階段を一段一段上ることと
パラレルな関係を築いているからであり、
また、今の人生で内的階梯を上ることにより、
転生を通しての進化の過程を加速することができるからです。
それをすべての聖者は悟っております。

75 :光の先:2006/11/30(木) 16:51:40 ID:OruPpdXQ
>>74
あんたも大したもんやな。なんで転生を通して進化が促進されるのかいな、教えて。
それは魂かいな、肉体かいな。

76 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:57:04 ID:lplTXjcj
また訳が分からない事ばかり、どこが面白いんだろう、
そんな事死んだら分かる事でしょう。今ああでもないこうでもないって考えて
なんになるんだろう、、今はイエス様が言われた一番目と二番目の戒めを守るように
努力する、それだけで十分だと思う。

77 :Amy:2006/11/30(木) 16:57:32 ID:jmEoBXge
今のあなたが進化のどの段階にいるかはどのチャクラが一番作動しているかで判定がつきます。
大部分の人は最下位のチャクラの段階から胃のチャクラまでの段階に在ります。
進化への階段を上っている人々はそれ以上のチャクラが作動しやすい状態になっています。
バランスを取るのはハートのチャクラであり、瞑想する対象としてこれほどふさわしいものは在りません。
最初から松果体へ瞑想するのが好ましくないのは、その段階からかけ離れている人にとって
催眠効果を促進するだけであり、マインドコントロールのよき材料になりえるからです。

78 :光の先:2006/11/30(木) 17:03:24 ID:OruPpdXQ
>>76
また名無しか、インターセプトするなら、まずマナーぐらい守れ!名無しのあんたに興味が無く
分からんことだと気づかんのか。権利もない。まず名前をつけからスタートせんか。

79 :光の先:2006/11/30(木) 17:08:15 ID:OruPpdXQ
>>77
なるほど、絵里子が言って、失敗の末悟ったバランスやな。それで転生の質問の答えは?
それとあんたの修法とはなにかいな、ヨーガ?

80 :Amy:2006/11/30(木) 17:08:39 ID:jmEoBXge
>>77チャクラの開発により転生の周期を縮めることが可能です。
>>78イエスの2つの戒律はまさにハートのチャクラを開発するための基本条件を満たすものとして与えられたのです。
それにふさわしくハートのチャクラは開かれて、そこから神への合一を遂げる松果体から上に位置する
5つの不可視のチャクラへの道を進めるように配慮されているのです。
キリスト教はハートチャクラを基点として進化の階梯を進むように配慮されているので、
この道を取る人はそれ以下の事柄にあまり取り巻かれることが在りませんが、
霊的合一を抑圧する人々は、しばしば、知性のレベルに安住し、進学やドグマの精神的奴隷と化すのです。
それがキリスト教の大勢と見るべきでしょう。

81 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:13:53 ID:UHp2ecEd
イギリス人(不確か)も生まれ変わりはあると思っている人が、それなりの数いるんだと
新聞記事で読んだ。

82 :Amy:2006/11/30(木) 17:14:15 ID:jmEoBXge
>>79
ヨーガです。絵里子はチベットヨーガを推していますが、あれは非常に危険です。指導者なくやる人はみんな体を悪くしていますし、がんで死んだ人もいます。

83 :Amy:2006/11/30(木) 17:16:29 ID:jmEoBXge
研究室に戻らなければなりませんのでこれで失礼します。

84 :光の先:2006/11/30(木) 17:18:13 ID:OruPpdXQ
>>81
また名無しか、悪意の名無しがいるから、あんたも名前は付けた方がよい。
どうせ顔も何もわからんやろうがな。中傷やインターセプトを防ぐためには
記名者の合意でするのが常識やで。

85 :光の先:2006/11/30(木) 17:27:48 ID:OruPpdXQ
>>82
つまり絵里子はうまく切り抜けたか、すでに下のチャクラが開いておったと言うことやな。
そんな感じやな。

86 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 18:02:30 ID:qilbpKXH
>13
>聖霊を体験した人、その体験を教えてくれませんか。

ある(クラシック系の)歌手のチャペルコンサートで”体験”しました。
私の通う教会に来られた時のことです。

プログラムの最初は日本の童謡などで、後半は海外の作曲家によるものでした。
最後から2曲目、DIOS TAN SOLO DIOS(ただ神だけが)<Phill McHugh:作詞作曲>の演奏中、
歌手の立っていた演壇(クロスがある場所)から氷河のようなものが押し寄せてきました。
もちろん 冷たくはなかったですが、透明で、硬く、質量を伴った、
圧倒的な存在感のある「実在」でしたね。
「ドーン」と押し寄せてきたという感じです。
その存在は私たちをめがけて突進して来ました。

私はというと、その時涙がボロボロとこぼれ嗚咽しました。

87 :spcc:2006/11/30(木) 18:13:24 ID:OruPpdXQ
svcc

88 :某ピカ:2006/11/30(木) 18:13:42 ID:Y4iZYrY3
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ●_ ●  | < 去年ピカルームで映画「パッション」を見ていたとき、
 (〇 〜  〇 |  \ 部屋が強い霊気に満ちたと思った瞬間、
 /       |    バチン!とセラミックヒーターが切れて消えてしまったピカ。 
 |     |_/ |    映画を見ている間にそれが2、3回あったピカ。
             電気と霊は何か関係があるピカ? 

89 :光の先:2006/11/30(木) 18:14:20 ID:OruPpdXQ
cc

90 :青い鳥:2006/11/30(木) 18:29:42 ID:mIvmniEn
>>36
聖書をよく見たら、ご指摘の通り、
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」でした。すまそ〜

91 :赤い星:2006/11/30(木) 18:39:02 ID:mIvmniEn
>>31  神は光なのか・・・神が光を造ったのではないか
光や闇の抽象? 何のことか理解できません。
でもそれらが何かの象徴なら妥協しましょう。
ヨハネ伝の冒頭部分は後から付け足したような印象です。

92 :赤い星:2006/11/30(木) 18:52:10 ID:mIvmniEn
>>56  直球を避けるカラスの唄さんの思い・・・よくわかります。
でも最近は、相手に押し付けなければいいのかなと思っています。
ネット社会ではイヤならそこから去ればいいわけで、
直球を受け取るかどうかは、受け取る相手の責任だろうと思っています。
直球を投げる人の責任ではないと思います。

いまの時代は直球を投げないと、
何がなんだかわからなくなっているのではないでしょうか。

93 :赤い星:2006/11/30(木) 18:56:15 ID:mIvmniEn
>>86  聖霊ではなくて感動だと思います。
>>88  わかりませんピカ。


94 :赤い星:2006/11/30(木) 19:09:13 ID:mIvmniEn
>>89
光の先さん、みんなをからかったり、寸評したり言いたい放題だね。
遊び場、メーケッとか思ってない。
あなたと話したくても、あなたの立場が不明だ。
あなたは神を信じてるの? 神を否定するの?
信じてるならどの神?
あなたの価値観を簡単に述べてくださいな。


95 :光の先:2006/11/30(木) 19:25:40 ID:OruPpdXQ
>>94
うーん丁寧なご提案だね。からかったわけではないが、ただ「青い鳥」さんからの返事はいただきたいな。
正式に丁寧に進みましょう。ただ「名無しの人」が放題になるのはコントロールすべきでしょうね。私は記名している。
実は勉強したというのが本音であり、「神」については概念および判断保留の立場。したがって基本的に現在は無宗教(保留中)。
他にあれば、どうぞ。確かにお互いに、無遠慮な批判しないことは大賛成。また今後は押し付けは禁止。関西人なんで関西弁がでてしまうので
先にお断りする、偏見を持たないでいただきます。

96 :光の先:2006/11/30(木) 19:31:34 ID:OruPpdXQ
>>94
で、逆に聞くが、私にした質問と同じことを貴方に聞きたい。自己紹介は記名式の
重要な事項。


97 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 19:33:23 ID:QicNKiiN
>>22
その言葉をイエスの願望と理解しておられる方もいるようですが、
だとすればそうなることを予めわかっておられたことや、
イエスの普段の教えともかなり矛盾してきます。
だからそういうふうには捉えないほうがいいですね。

それはイエス自身の心の声ではなく、
詩篇22編のダビデの唄を、自らの境遇と重ね合わせてただ唱えていたのでしょう。

「私の神よ、なぜ私を見捨てるのですか。
なぜ私を救うことから、私が大声で叫ぶ言葉から遠く離れておられるのですか。
(中略)
神を恐れる者よ、神を賛美せよ。
ヤコブの全ての胤よ、神の栄光をあがめよ。
イスラエルの全ての胤よ、恐れおののけ。
神は苦しむ者の苦しみを軽んじたり厭われたりせず、
またこれに顔をそらさず、その叫ぶときに聞かれたからである。
(中略)
王国は神のものであって、神は全ての国民を統べ治められます。
地の驕り高ぶる者はみな神を拝み、塵に下る者も、
誰一人自分の魂を生き長らえさせる者はいません。
子々孫々まで神に仕え、人々は神のことをきたるべき世まで語り伝え、
神がなされた恵みの御業を、後に生まれる民に告げ知らせるでしょう。」
そして詩篇31篇の5節の
「私はあなたの御手に我が魂をゆだねます。
真理の神よ、あなたは私をあがなわれました。」
に繋がるわけですね。通して読んでみて初めて、
イエスが十字架の上で何を思っていたのかが窺えるのではないでしょうか。

98 :86:2006/11/30(木) 19:41:04 ID:qilbpKXH
86です。
では、違いの分る赤い星さんの体験をぜひ聞かせてください。
お願いします。

99 :赤い星:2006/11/30(木) 19:44:27 ID:mIvmniEn
>>95
あなたはからかったわけではないと弁解するが
それを判断するのはあなたではなくて言われた側だろう。
からかうな、と言われたら謝るべきではないか。
 
それに信仰において保留ということはありえない。
冷たくもなく熱くもないものは吐き出されるだけだ。
あなたは何を大事にして生きているのですか。
宗教との関連でいいから、それを明らかにすべきでしょう。
そうしないと話がスタートしない。
 

100 :光の先:2006/11/30(木) 19:51:28 ID:OruPpdXQ
>>99
では謝罪いたします。
なぜ生きているかが知りたいからです。
それに結びつく適切な宗教が見つからないからです。宗教関連?
ヨガを少しと、ダライラマが好きでチベット関連をすこし。あとは心理学で精神分析と犯罪心理学
そこで少しは宗教心理学を学んだがほとんど忘れた。
これくらいでいい?よければ貴方の番。だけど他の人は貴方すでに知ってるの?

101 :赤い星:2006/11/30(木) 19:56:15 ID:mIvmniEn
>>98
聖霊は心の内側からやってきます。あなたの場合は外側からやってきた。
だから聖霊ではなくて感動です。気を悪くされたらごめんなさい。

102 :赤い星:2006/11/30(木) 20:05:05 ID:mIvmniEn
>>100
ほかの人ではなくて、あなたに関心を持っただけ。
嫌なら返事しなくてかまわないよ。わたしも返事しないから。
あなたは今、何を大事に生きているのですか。
それに答えてないでしょう?
 



103 :光の先:2006/11/30(木) 20:08:39 ID:OruPpdXQ
>>102
少ししつこいような気がするけど、今何を大事に?
一番大事なのは、やはり家族。心の関係で言えば、悟れればいいのになあと思っているので「悟り」。
それがヨガとチベットと心理学の理由だろうね。
これで答えた?

104 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 21:40:01 ID:LiiHHP9C
>>こてんさん
一元、二元の問題は思ったよりもかなり深いです。
もう少し時間ください。
もっと、情報を肉づけて後ほどまとめます。

>>73
そうですね。
ただ∞-Dを知るにはそこに身を投げ出す覚悟で進まねばなりません。
臆病の私に渇を与えてくれただけで感謝ですね。
私が成長し、進んだならばまた話し合いたいですね。

>>97
例えば不治の病を告知され、わかっていながらも苦悶し、嘆き、叫ぶのは
愚かしいことでしょうか?

理性や、観念を削ぎ落とし、最後に残ったもの、子として父への直截な
叫び・感情だったと私は解釈してるのです。
ならば、ゲッセマネでなぜあのような祈りをしたのですか?

MATT 26:36
それから、イエスは少し進んで行って、ひれ伏して祈って言われた。
「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。
しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、
なさってください。」

単なる願望といった単純な論考ではありません。存在対存在の対決です。


105 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 21:57:47 ID:LiiHHP9C
>>91
ちなみにヨハネ伝の箇所以外でも光を象徴名詞として使用してますよ。
二元思考では便宜上使いやすいんです。
別に名前なんぞなんでもいいんですけどね。
相手に意図が伝えるための記号としては使用しやすいのです。
ってか、これを理解できないのは相当ですよ・・・
逐語霊感、無誤無謬の方ですか?

では、仕事に戻ります。

106 :光の先:2006/11/30(木) 21:59:34 ID:OruPpdXQ
>>104
∞-Divineとしたのは、from ∞ to Divineということか?
惜しいしたんは、私なんや。損したみたいや。私やったらもっと速く突っ込んでいた。

107 :光の先:2006/11/30(木) 22:07:11 ID:OruPpdXQ
>>105
然り、「光」とは物質的光のことではない、物質世界で最も不可視、不思議なものが光であるから
そう象徴させただけだけや。この場合は闇との対峙ではないないのや、創造源泉としてのカオスとの対峙だな。

108 :コテん:2006/11/30(木) 22:12:05 ID:mL5/RoEX
>>61
そげなこと云わんといて、切なくなる。
プリンストン大学に行けば会えるよ。
ぼかぁ英語サパーリだけど。
最後にLOVEを交わせただけでもえぇねん。
あの世でハグハグするんだ!!

光の先殿
良かったら僕のも読んでくれませぬか。
自分のことが知りとうござる。
どのチャクラが一番作動しているかだけでも良いです。

109 :光の先:2006/11/30(木) 22:25:31 ID:OruPpdXQ
>>108
あんまり下品なこと言うと、誰かに怒られそうなんで、ちょっと上品にやろう。
私、紹介:身長185cm 体重75kg 股下 100cm 日本のブッラッピと呼ばれ、アメリカ行ってもブラッピで通用すると
みんなに言われる、だからまかしとけ!!ま、私は悟りの世界で会うことに決めたけどな。努力の張り合いができるがな。
よしまた気が変わった、今から勉強してコテンと競争や。チャクラなんて気にスンナよ。
また気が変わった、チャクラね、もう少し真剣に取り組もう、読む読む。

110 :コテん:2006/11/30(木) 22:33:59 ID:mL5/RoEX
あ、僕も悟りの世界で会えるようにがんばろう。
悟りの世界でLOVEを交わしてHUGHUGするんだ!
遠隔気功で絵里子さんの健康をサポートできるようにがんばろう!!

光の先殿、デカイですね。
体重はそんなに差が無いけどorz


111 :光の先:2006/11/30(木) 22:37:46 ID:OruPpdXQ
>>110
あのな、「悟りの世界」とはな、「Love交わしてHUGHUG」できないんじゃ。
コテンは悟らんほうが良い。渇愛を越えたところにある。あんたの悟りはひどく遠い。

112 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 23:03:59 ID:LiiHHP9C
>>106
Dはdimensionです。
神が在るなら時間にも縛られない存在なんですね。
現在我々がいるユークリッド次元にnt軸を加えるととんでもなくなるんです。
∞-D
そこから創造の方向性、∞の淵という一見矛盾した命題に取り組んだのです。
輪廻、他力、自力を解明するために。
これは光の先さんが仰る通り、有機世界で無機世界を理解しようというもんだから
到底不可能に近いのです。

ですから、私は以前にこの命題についての思考を諦めていたのですが絵里子さんが
強引にそのステージに私を押し上げましたw
しばらく懊悩してますよ。
それが楽しくもあるのですがねw

>>111
然りw
特に「コテンは悟らんほうが良い。」には愛を感じましたよw

113 :コテん:2006/11/30(木) 23:13:08 ID:mL5/RoEX
>>111
自分のことながら爆笑してしもうたw
冗談ですがな、半分くらい。
でも悟りに愛情の介入は出来ないのでしょうか。
神は愛なのに。

114 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:23:59 ID:QicNKiiN
>>104
示されたマタイ26章にあるイエスの言葉は、
迫る苦難への恐怖と、意思の葛藤したイエスの本心だったでしょう。
そしてその後、二度目の祈りでイエスはどう決心を固めたのでしょうか。
「私の父よ、この杯が私が飲まないでは過ぎ去ることのできないものでしたら、
どうかあなたの意思が成るようにしてください。」(同42節)
神とイエスはそれだけ強い信頼関係で結ばれていて、
イエスはこの後の運命と自分の復活まで予言しています。

「彼らがあなたがたを引き渡したとき、
言うべきことを心配しないがよい。
言うべきことはその時に授けられるからである。
語るものはあなたがたではなく、
あなたがたの中にあって語る父の霊である。」(マタイ10・20)
当時のユダヤ人というのは聖書に精通しており、
イエスの残した言葉も大半は聖書を引用したものです。
「なぜ私を見捨てたのですか」という言葉も
それが聖書のどの部分を意味するか、
当時の人々には特に説明も要さない自明のものだったでしょう。
提示した詩篇は断片的に引用したのみですが、
大略最初は神に自らの苦難を取り除いてくれるよう懇願する内容です。
これは仰るように人の感情としては当然のものだと思いますが、
しかし、それはどれだけ苦難にあっても神の言葉を述べ伝えるという意味に変わっていき、
最後は全てを神にゆだね、自分も永遠の命を与えられるというような内容なのです。

115 :光の先:2006/11/30(木) 23:26:15 ID:OruPpdXQ
>>112
あのね、@時間軸を同じ時間的推移を辿る場合 A時間軸は次元によって異なった推移を辿る場合。
の仮定がユークリットにはないのではと思うが。

それと、点の延長である線(一次元)、線の延長である面(二次元)、面の延長である立方体(三次元)、
立方体の延長である(四次元:不可能)ではなくそれが無限界(方向は内向性)、各次元の延長が時間軸とすれば話が早いのでは。

理数系ではないので空想かな?

116 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:27:06 ID:QicNKiiN
しかし、霊ははやっても肉体は弱い。
仰るように人として内的な範囲で苦悶し、嘆き、叫ぶことはあるのでしょうが、
それは恐怖に打ち勝つ心理的な支柱となるはずの信頼をも殺ぎ落とし、
「なぜ」という疑念が生まるような性質のものでしょうか。

殉教したヤン・フスは捕らえられ火炙りになるまで
様々な苦しみ、辱めにあわされますが、
「主イエスよ、私は心から喜んであなたの為に恥辱の冠をかぶります。
あなたは私のために茨の冠をかぶられました。」
と言い、火炙りにっても息の根が止まるまで賛美歌を歌い続けたそうです。
その最後は敵からも「激しい炎も彼らの歌を止める事はできなかった」と感動されるほどでした。
殉教というものはそれだけ強いものです。

117 :光の先:2006/11/30(木) 23:31:09 ID:OruPpdXQ
>>113
だからよー、絶対愛は決して肉欲の愛でありえないし、男と女の対極が存在しないんだよ。
だから絵里子が最後のほうで、「頭が2つある」と言っておったのじゃ。
読んであげたのか?愛してるくせに。やっぱり俺の方が資格あるな。

118 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:33:31 ID:QicNKiiN
悟りも禅宗の悟りなら、
「Love交わしてHUGHUG」というのもアリなんですけどね。

119 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/30(木) 23:43:39 ID:LiiHHP9C
>>115
要素間の距離が存在する限りユークリッド空間です。
ただ、そこに運動する点、つまり
A時間軸は次元によって異なった推移を辿る場合。
になるとスケールアウトしますね。
だから、私はnt軸を「加える」としたんです。
ユークリッドは有機世界での次元ですからね。

>>各次元の延長が時間軸とすれば話が早いのでは。
ってとこがわからないですね。変数要素が異なるのでどれだけ延長しても
同義にはなりませんよ。

∞-Dは収縮し、発散し、分裂して結合する。
有機でもあり無機でもある。
光でもあり闇でもある。
この先に創造があるんです。
まぁ、まだまだ先ですね。

>>113>>117
要はアガペは特定しないってことですw
ってことでおれも資格有りですか?

120 :光の先:2006/11/30(木) 23:50:28 ID:OruPpdXQ
>>119
やっぱりその線はMutantに任せたほうが安全だな。

おれも資格ありの「おれ」とは誰?

121 :コテん:2006/11/30(木) 23:51:21 ID:mL5/RoEX
>>117
「LOVE交わした」ていうのは前スレの文字のことでんがな。
霊になったら肉体のような接触は無いだろうくらい分かってますがな。
HUGHUGはそれ程に愛しているという意味で。 いま僕は人間。

>>やっぱり俺の方が資格あるな。
+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',
       =  {o:::::::::(´・ω・)::}  お届けします。
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)

>>118
それで行きましょう!

122 :光の先:2006/11/30(木) 23:52:39 ID:OruPpdXQ
>>120
ああ、分かった分かった。
そういう意味で言ったんじゃなく、交際権があるなということだがな。

123 :光の先:2006/11/30(木) 23:56:19 ID:OruPpdXQ
>>121
いいよ俺は気前がいいから。だけど自分で思っていても、相手が誰を選ぶかが問題だから。
結局は。だって体重75kgを身長185で割るのと、150で割るのじゃ、比較にならない愛の次元。

124 :光の先:2006/11/30(木) 23:58:16 ID:OruPpdXQ
>すまん、馬鹿な話を続けてしまった。

125 :コテん:2006/12/01(金) 00:02:07 ID:iv45Zs9k
今、前スレから絵里子さん語録整理してるんですけど、前半narumiと良く絡んでるんですよ。
アンカー先も含めてるんでnarumiのムカつくレスも入れないといけないんだけど、narumiの
レス続けて読んでると悪魔に憑かれてるような気がする。
自分の波動を巧みに絵里子さんにぶつけて波動レベル落とそうとしている感じ。
ただの煽りのテダレじゃない気がする。


126 :Aimee:2006/12/01(金) 00:04:01 ID:6V9B3MmM
人はみな分裂して悲しみと苦しみがまねンしています。
そして、宗教者さえなぜひとつになれないかを知らないのです。
悲しいことです。


127 :Aimee:2006/12/01(金) 00:06:02 ID:By+tJq2J
まねン → 蔓延です。


128 :光の先:2006/12/01(金) 00:06:50 ID:OruPpdXQ
>>125
なるみ ってのは確かにひどい言葉を吐いているね、人間とは思えないような。
ま、人間だからあれなんだけど、何か相当な欲求不満があるんだと思うよ。
どういう世界の人?

129 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 00:07:30 ID:FvFHck3S
>>122
あ、私も交際権の有無を訊ねたのですけど
一瞬間でやっぱり辞退しますw

絵里子さんと付き合うなんて恐ろしいことはできませんよw
帯に短し襷に長し。
茶飲み友達としてはぜひともですけどね。

さて、帰宅します。
はぁ〜仕事すすまんかった・・・

130 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 00:09:25 ID:FvFHck3S
>>125>>128
ままっ
彼女(ナルミ)はちとあれなんです。
ここは2chですから。
勘弁してやってください(ぺこり

では。

131 :Aimee:2006/12/01(金) 00:12:39 ID:6V9B3MmM
チャクラの続きを書こうとしたのですが、手がかじかんで書けません。明日にでも書きたいと思います。
おやすみなさい。

132 :光の先:2006/12/01(金) 00:14:54 ID:gybNReNl
それが良かろう。

133 :コテん:2006/12/01(金) 00:20:04 ID:iv45Zs9k
>>123
僕は170cm。
絵里子さんハーフでモデルでバスケやってたから背高そうだなぁ・・

>>131
部屋の中ではないのですか? (思わずワロタ

134 :コテん:2006/12/01(金) 00:27:15 ID:iv45Zs9k
>>130
あれなんです、ていう擁護のしかたはどうなんだろうと思います。
あれとは何ですか?

135 :光の先:2006/12/01(金) 11:41:15 ID:gybNReNl
>>134
ま、今のところこのスレではNarumiの被害が出ていないようなので捨て置いたほうがええよ。
名前を変えて出現しても、言葉で可能性が判断できるし。そのNarumiの宗教名は・・・・と書いてあるね。
それにしても、その人だけでなく、何かのキリスト教の知性レベル、論理レベルの低い方々が複数出現する傾向があるな。とくに「名無し」を通じて。
過去の宗教者は科学や知性でも時代の先端を走っていたのに、ガリレオ以来、パリサイ人のレベルに堕落してしまったのだろう。
真摯な他の宗教者に対して気の毒に思うな。また神に救われる考え自体にはどうこう言わないが、医学や電子工学の理論、論理によって多くの人命が
救われているのに、その論理性の理解に乏しいのは残念だな。そういう宗教的偏狭者には、我々の社会資産である救急人命医療を使ってもらいたくないし、
テレビも見て欲しくないと思うな。ま、過去のスレを拝見すると、誰もが絵里子がイエスキリストで周辺に群がる非難者達はパリサイに見えることは誰もが否定しない内容だな。


136 :光の先:2006/12/01(金) 11:54:20 ID:gybNReNl
>>133
170cmあれば上等、上等。モデルやっていたというのはいいね。俺と同じだ。

137 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 11:55:26 ID:P69XWDf8
NARUMIさんは宗教板きっての面白キャラだからねw
でも時々は鋭い真理の言葉も発するから侮れないw


138 :光の先:2006/12/01(金) 12:00:59 ID:gybNReNl
>>137
また、「名無し」かね、あんたもだめだね、名を語らずは人後に落ちる。それと論理だけではなく、寛容性、
柔和性、優しさ、と言った「人間性のレベル」に欠陥があることの方が問題なのが見えんのか。

139 :光の先:2006/12/01(金) 12:24:47 ID:gybNReNl
>>137
また、真理の一発や二発ぐらいでれでも、その道の人間なら発砲できるが、
持続性とシンタグマがない、つまり、「木を見て森を見ず」に類似していて、
木の数本ぐらいはまともだが、森全体は枯れてしまっていて、水もないということだ。
人を潤す役目としては不適格なんだな。

140 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 13:22:02 ID:xSVEy4Ns
>>139
ずいぶんnarumiを憎んでるんだな
何された?絵里子君w

141 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 13:30:44 ID:xSVEy4Ns
絵里子が消えたとたん出てきた「光の先」wwwwwww
言ってる内容は絵里子のまんまwwww

142 :光の先:2006/12/01(金) 14:49:50 ID:gybNReNl
また「名無し」さんか、ついにそこまで血迷ったな。

143 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 15:41:11 ID:zX/bNBp5
でも、詩篇を引用されたのには他に理由はなかったのかなぁ?と思ってしまう。
イエス様がメシアである事を証したかったからじゃないだろうか?>>97





144 :光の先:2006/12/01(金) 15:54:07 ID:gybNReNl
>>141
ひょっとして、俺の精神分析的知識から想定すると、あんたが真犯人のNarumi。
犯罪心理学でも、それが通説、真犯人は必ずどこかで見ていて顔を出す。
図星だろうが、俺の目はごまかせん。

145 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 15:56:10 ID:zX/bNBp5
イエス様は生きてらっしゃるとき、自分を受け入れてもらう事を説に願ってあった
じゃないですか?それはただ自分の為じゃなく信じる人の救いのために。
イエス様によらなくては救いはもたらされなかったんでしょう?イエス様の切実なみ言葉
にあらわれてる。
そんな事考えたら、十字架上のイエス様は自分の事以上に神様とこの世の救いを思ってあったのかも
しれないなぁ、と思うの。十字架上でさえイエス様は伝道されたのかもしれないって・・・
だからイエス様は神様みたいな人だって思ってしまう。

hageムータンてもう言わないけど、言っとくけどhageってムータンの自己申告だから。
私が意地悪で言ったんじゃないから、どこの誰だかわからないけど、意地悪な人だって思われたくない
意地悪なのはムータン

146 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 15:57:58 ID:zX/bNBp5
ハズレ、ぜんぜん違いますよ、ただの名無し

147 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 16:00:09 ID:Vxwvi1YL
すみません勘違い

148 :光の先:2006/12/01(金) 16:04:17 ID:gybNReNl
>>146
そうかな?俺はそんな生易しい図体じゃないぞよ。俺があぶり出しをしたのが見えなかったようじゃな。
出現、間違いなし。真犯人というものは、隠れて即座に反応するのが通説じゃ。それを初心犯が回避できるのは難しい。
まあよい、心せよ。

149 :光の先:2006/12/01(金) 16:09:41 ID:gybNReNl
それとなあ、どうせ顔が見えんのだから、無差別に「名無し」を連ねるのは止めて、
もすこし、真摯にやりたまえ、宗教者たるものは。まず、常識に心がけよ。

150 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 16:13:28 ID:Vxwvi1YL
141を143と勘違いしただけ。だいたい絵里子さんの言われる事は興味ないし見てないし
narumiさんも迷惑私も迷惑。それにここは名無しで書き込む掲示板なのよ、
さようなら。

151 :コテん:2006/12/01(金) 16:15:31 ID:nTUVGaan
>>140
絵里子くんとは僕に行って欲しいもんだな。

今はまだ飛行機の中かな。
一年後、また来て欲しい・・・

152 :光の先:2006/12/01(金) 16:18:39 ID:gybNReNl
>>150
分かったよ、Narumiちゃん、俺は女はいじめない。何かかき回したいときは、「私はオンナ」
と書きなされ、恐れることはない、食ってやろうと思わない。近こう寄れ。
女の道を教えてしんづれるわな。

153 :光の先:2006/12/01(金) 16:19:57 ID:gybNReNl
>>151
なんだコテン、ちゃんと仕事してるのか?妄想が多すぎるわな。

154 :コテん:2006/12/01(金) 16:28:38 ID:nTUVGaan
>>153
今日はお休み取ったのでした。

絵里子さんとお別れしたのが一昨日。
そして絵里子さんは父と母のもとへ。
僕が実家に帰ることが決まったのが昨日。
何かの導きを感じずにはいられない。。。

いまメチャメチャ宗教に燃えてますよ。
今生で解脱してやろうかくらいに。
このLOVEを胸に頑張れそうだ。

妄想壁は僕の得意技です。

155 :コテん:2006/12/01(金) 16:30:14 ID:nTUVGaan
ていうか光の先さんは?
モデルが本業?

156 :光の先:2006/12/01(金) 16:31:31 ID:gybNReNl
>>154
なんで孤児が父母の元へ帰れるの?

157 :光の先:2006/12/01(金) 16:33:12 ID:gybNReNl
>>155
すまん、それ今生ではじめての嘘、ちょっとコテンに差をつけたいと思う邪心じゃがな。
すまん。

158 :コテん:2006/12/01(金) 16:41:49 ID:nTUVGaan
>>156
前スレ987に養子縁組について書いてありますがな。

>>157
チョい待てーーい!!w


ところで、僕はどんな感じでしたか

159 :光の先:2006/12/01(金) 16:46:45 ID:gybNReNl
>>158
ああ、新しい父母ね、ちょっとジェラシーで間違ったわな。

「ところで、僕はどんな感じでしたか」って、なにか、その船頭とかいいうのかいな?
実は、ちょっと教えてくだされ、パートワンが1と1000だけで、どうやって前のを見たらよいのかわからんのや。

160 :Aimee:2006/12/01(金) 16:47:37 ID:9SLDk8mA
>>158あなたの場合はハートチャクラが最初に発動したので、あなたの進化における現在地は第4段階。大衆よりも一ランク上であり、キリストを理解する最初の段階に来ています。アナハタの特性は、中庸、愛、治癒、保護、共感です。他を癒す力と包容力があります。

161 :光の先:2006/12/01(金) 16:50:29 ID:gybNReNl
>>159
あは、他の人への質問ね。今日はどうもNarumiの進入で影響を受けたな。とちりが多いわな。

162 :コテん:2006/12/01(金) 16:52:30 ID:nTUVGaan
>>159
なんか功力持ってるからそれなりに誠実かと思いきや。おもろい人や。
昨日、僕を遠隔で見てもらってないですか?
最下ページの[全部]を押すとどうでしょうか。
倉庫だったらダメかな。
テキストで保管したんでうぷしますよ。

>>160
Aimeeさん、ありがとう。
あとは気功よりも瞑想系の方が良いのでしょうか。
慣れてるから気功の延長で無理なく瞑想しようと思ってますが。

163 :Aimee:2006/12/01(金) 16:57:27 ID:9SLDk8mA
チャクラは人間のパワーセンターです。誰もがこのパワーセンターによって生きているのです。
それはあらゆるモルモンの要です。脳下垂体、松果体が最高というのではなくて、
7つのチャクラすべてにバランスを取らねばなりません。
そのために不可欠になるのが体心霊の調和ヨーガです。ヨーガの語義は「統一」です。
人は分裂ばかりを起こしひとつにまとまろうとしません。
人類すべてがひとつの理想を意識できれば自然に統一されるのです。
細胞すべてが全体の目的を意識して協調して働くことにより、健康が維持できるように、人もそうなのです。
何がその邪魔をしているかを私たちは見極める必要が在るのです。
チャクラは人体を大きく7区分してそれぞれの区画に属する細胞に対して、
全体の一部として不可欠な役割を果たすよう指令を送るセンターです。
私たちは外界よりも内界のこの指令センターに注意を寄せる習慣をつける必要が在るのです。
一度にすべてのセンターに耳を傾ける瞑想のときを持つことです。


164 :光の先:2006/12/01(金) 17:01:40 ID:gybNReNl
>>162
なんやそれ、侮辱か?俺が誠実ではないとや?あのなあ、悟りとは千変万化できる才能があるんだな。
悟りに対する誤認を解き放ちなはれ。そのな、倉庫を開いても、1と1000があるだけで、中途がないのや。
サンキュー助けてちょいな。

165 :Aimee:2006/12/01(金) 17:03:41 ID:9SLDk8mA
ミステイク

モルモン→ホルモン

これから研究室に戻ります。失礼!

166 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 17:09:25 ID:bI+7UzS6
アイメーは絵里子だな。間違いない。研究室だとw

167 :光の先:2006/12/01(金) 17:09:48 ID:gybNReNl
>>165
Aimeeさんかな、すまんが、貴方は女性?男性?
研究室って、特にいやなら答えなくてもよいが、ヨガと関係あるわけ?

168 :コテん:2006/12/01(金) 17:13:47 ID:nTUVGaan
>>164
ttp://mars.x0.com/

marsa62062.zip
PASS: eriko

仙人は先祖、つまり他人の能力を取り入れることが出来るそうです。
光の先さんはそんな感じなんですね。
つうことはサハスララ開いてるんですか?

>>165
ですよね。
いきなり「モルモンの要」って来たから宗教の勧誘かと思ったw

169 :光の先:2006/12/01(金) 17:14:45 ID:gybNReNl
>>166
おい、名無し、またインターセプトするな。名を名乗れ、あんた達は絵里子の亡霊に取り付かれるほどショックを味わっただけじゃ。
ショックを反省の材料とするのが、あんた達に必要なことじゃ。この真実はすべての事についていえる。
「汝の敵を愛せよ」

170 :コテん:2006/12/01(金) 17:16:33 ID:nTUVGaan
MARSはClassAです。

>>166
研究室にいるのはみんな絵里子さんかw
オレよりもファンなんだな

171 :光の先:2006/12/01(金) 17:20:58 ID:gybNReNl
>>168
それより、モルモンがおもろいがな。あのモルモン教ってのはなんだいな。

その通りじゃが、ちと違う、要するに、深遠の中には、当然すべてが存在する故に、
その深遠に達すれば、何でもそこから引き出せるということじゃがな。待機説法ができるのも
その各人の波長に合わせることができる、ということだがな。コテン、すこし分かったかいな?

172 :光の先:2006/12/01(金) 17:26:38 ID:gybNReNl
それよりも、誰彼の区別なしに、絵里子、絵里子と叫ぶ気の毒な心神障害者達が
「名無し」を通して徘徊しとるのお。お気の毒なことだ。南無阿弥陀仏。


173 :コテん:2006/12/01(金) 17:27:56 ID:nTUVGaan
>>171
うろ覚えでは、盗まれた何かが木の下を掘ったら出てきて、
神のお告げだみたいになって、アメリカ発の宗教になったかと。

そのくらいの説明で十分です。じゃぁ先祖に限らないということですね。
サハスララ開けるかなぁ。
実は年明けそうそう元極気功というところで貫頂というものをやってもらう予定です。
頭の百会とか勇泉とかが開くそうで。功力の助けにでもなればと。

チョッと離脱。

174 :光の先:2006/12/01(金) 17:39:18 ID:gybNReNl
>>173
そらいいね、効果があったら、俺にも場所を教えて。ただ、年明けてオームみたいになるなよ。

175 :コテん:2006/12/01(金) 18:41:15 ID:SNwcr57+
>>174
空中浮遊しながら帰ります

176 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 18:47:02 ID:FvFHck3S
>>97
すんません。また職場から。
じっくり腰据えてレスする暇なくって。
でも、不定期ですが必ずレスつけますんで。

・一元二元
・∞の淵→創造のベクトル

リアルに仕事してないとマジでそっちの世界に持ってかれそうだなw

>>145
えー雪ちゃん
そんなこと言わずにまた書き込んでください。
ここはおっかないおじさんが多いけど、ぼくは優しいお兄さんですので。
ちなみに髪もふさふさです。
ふさふささらさらすぎて将来細毛になってく心配はありますが・・・

ってことで皆さん、雪ちゃんのことびびらせないで、相手したってください。
また、深夜でもレスつけます。

師走は特に忙しい・・・

>>157
関西ノリですねーって光の先さんって結構なおじさんですよね?
不倫はまずいですよw

177 :光の先:2006/12/01(金) 19:35:10 ID:gybNReNl
>>175
悟りはさらに遠のいた。

178 :赤い星:2006/12/01(金) 19:37:45 ID:U+OZ9zbl
光の先さん、突然の帰省中でした。すまんでした。
さあ、昨日の続きだ。

あなたは信仰を保留中とか、生きてる意味は何かとか家族が大事だとか
悟りたいとかいうけど、それらは質問に対する答えではないよね。
逃げないで答えてくれないか。
 
あなたが答えたらわたしも答えよう。
いつまでもとぼけていないで答えてくれないか。
 


179 :光の先:2006/12/01(金) 19:41:03 ID:gybNReNl
>>176
どうやって、雪ちゃんとか、何ちゃんって見分けてるんやな、教えといてくれたら、
ちゃんと配慮するがな。相手もまかしとき。ただ、聖書は私の専門外やな。別の話をしてあげるよ。
雪ちゃんの、興味と趣味はナーニ。

180 :光の先:2006/12/01(金) 19:49:06 ID:gybNReNl
>>178
あまりしつこいので、ちょっと困るな。正直に答えてそれを疑る理由はなんやねん。
あんた悪いが、少し失礼とは思わんか? その行為を自分でどう判断する。あんたは自分のことは一切語っていないんやで。
あまり人を馬鹿にしすぎるんとちがうか?そこまで聞くなら、自分自身はこうだが、貴方はどうか、言うぐらいの相互信頼が必要と違うのか?
誰が見ても一方的過ぎるな。

181 :nアルミ ◆lqWrB4ttOo :2006/12/01(金) 19:50:54 ID:G9NSQygb
>>180
絵里子乙

182 :赤い星:2006/12/01(金) 19:52:54 ID:U+OZ9zbl
光の先は何だかね。神なのか闇なのか。
そこを聞きたいのだよ。

183 :赤い星:2006/12/01(金) 19:58:00 ID:U+OZ9zbl
光の先さん、
あなたはみんなをからかって、寸評してたじゃないか
その判断基準を質問しているのだよ

184 :光の先:2006/12/01(金) 20:03:41 ID:gybNReNl
>>182
何それ?そんな簡単なことでいいのかね。それなら、あんた自分の質問と違うじゃんかいな。
そういわないと、いつまでたっても貴方の質問が終わらんやないか。
光の先は私の、ここの名前であるだけやないか、説明したはずで、光の先は光の反対でカオスと書いてるだろうに。
「神」は自分は(よくは)分からないとも書かなかったかな。闇と言う言葉はますます分からん。
貴方は分かるのか?


185 :nアルミ ◆lqWrB4ttOo :2006/12/01(金) 20:06:55 ID:G9NSQygb
光の先は絵里子 動かぬ証拠

・絵里子も光の先も勧めるのはチベットと仙道とヨガ

・絵里子も光の先もモデルでアメリカ志向

・絵里子も光の先も心理学専攻

・絵里子がいなくなって、しばらくして光の先が出てきた。

・絵里子と光の先はnarumiを憎悪してるw

絵里子は光の先

186 :光の先:2006/12/01(金) 20:08:03 ID:gybNReNl
>>183
一つ聞くが、「みんな」とは誰で、「赤い星」さんに対してコメントしたことはないと思うが。
だから、あんたが私に、何か言うこと自体が分からん。それともあんたはグループの代表かな?
その質問に答える義務があるな。まず。

187 :光の先:2006/12/01(金) 20:13:55 ID:gybNReNl
>>185
そう、俺は絵里子って答えたら喜びそうやな。それでいこか。他の人に言いまくるよりはましのようやな。
よし、俺は絵里子。
それで、私の質問に対する、あんたの答えは?

188 :光の先:2006/12/01(金) 20:19:33 ID:gybNReNl
ひょっとして、Narumi。

189 :赤い星:2006/12/01(金) 20:23:01 ID:U+OZ9zbl
アーメン
あなたの神秘体験を話してください

190 :光の先:2006/12/01(金) 20:24:37 ID:gybNReNl
>>189
あんた、大丈夫かいな。心配するで。187の答えは?

191 :光の先:2006/12/01(金) 20:25:32 ID:gybNReNl
ちがった、186の答えは

192 :赤い星:2006/12/01(金) 20:34:58 ID:U+OZ9zbl
答えよ、光の先。
あなたは神秘体験をしたのかどうか。
そこを聞きたいのだよ。

193 :光の先:2006/12/01(金) 20:38:26 ID:gybNReNl
>>192
あんた、自分は何にも答えずにいつまで質問を増加させるんや。次は貴方の番。
今までの質問に答えれば、その答えをしてやるで。

194 :赤い星:2006/12/01(金) 20:41:30 ID:U+OZ9zbl
バカ言うな。わたしの質問は最初の質問から変わらない。
まずあなたが答えよ。あなたの神秘体験は何だ?

195 :光の先:2006/12/01(金) 20:43:34 ID:gybNReNl
>>194
なんじゃとね、187の質問に答えないと権利がないのが分からんのかね。Narumiちゃん。

196 :光の先:2006/12/01(金) 20:44:16 ID:gybNReNl
また、ちがった186

197 :白い星:2006/12/01(金) 20:48:10 ID:U+OZ9zbl
何を言ってるのかね〜、光の先さん
あなたの神秘体験を聞いてるのだよー
もったいつけるな
話なよ


198 :コテん:2006/12/01(金) 20:49:36 ID:gZQNBNCY
>>181
それは僕に言ってくれと

>>185
>>・絵里子も光の先も勧めるのはチベットと仙道とヨガ
絵里子さんは仙道は知りませんでした。残念。
>>・絵里子と光の先はnarumiを憎悪してるw
絵里子さんは誰も憎悪していません。


光の先殿
悟ってる人には悪魔の攻撃が酷いですね。
波動を落とさないように気をつけてください。

199 :光の先:2006/12/01(金) 20:51:24 ID:gybNReNl
ほほ、やってきましたな。道理が分からんグループ登場。こりゃどうにもならんな連中だな。
今度は「白い星」が登場しましたな。

200 :光の先:2006/12/01(金) 20:54:18 ID:gybNReNl
>>198
コテン君、心配は要らぬ、このスレをみるように友人達にも配布した。全部見届けようぞな。

201 :白い星:2006/12/01(金) 20:55:37 ID:U+OZ9zbl
コテン君
あなたは今のことを忘れ、前世や来世を考えてたらいいと思う。
それからもうひとつ、辞書で「妄想」を調べてくれたまえ。
参考になると思う。


202 :コテん:2006/12/01(金) 20:55:58 ID:gZQNBNCY
>>200
光の先殿
IDをご確認くだされ。赤と白は同じでござる。

203 :コテん:2006/12/01(金) 20:57:47 ID:gZQNBNCY
>>201
忘れていられるならそうしてるさ。
君に言われなくても。

204 :光の先:2006/12/01(金) 20:58:01 ID:gybNReNl
>>202
なんじゃそのIDとは?

205 :コテん:2006/12/01(金) 20:58:57 ID:gZQNBNCY
>>200
光の先殿
友達も覚者でござるか?

206 :光の先:2006/12/01(金) 21:00:29 ID:gybNReNl
ああわかった。どちらにせよ、これはNarumiじゃ。心配でもよい。ワシがこのくらいで引き下がりはせん。
それよりこのスレをできる限りおおくの人に見せよ。

207 :コテん:2006/12/01(金) 21:00:37 ID:gZQNBNCY
>>204
あなたの
gybNReNl
でござる。
IDが同じならコテハン変えても一緒でんかな、基本的に。

208 :コテん:2006/12/01(金) 21:01:47 ID:gZQNBNCY
>>206
それは何かのお告げですか?
多くの人に見せるとどうなるのですか?


209 :光の先:2006/12/01(金) 21:03:11 ID:gybNReNl
>>207
わしゃ不慣れで、何のことかさっぱり分からん、簡明に説明せよ。

210 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 21:04:30 ID:E1o14ySC
つまりIDのある板なら、
固定ハンドルネームにしなくても誰が何を言ってるかわかるんで、
匿名だなんだと騒ぎ立てする意味もないのですね。

211 :光の先:2006/12/01(金) 21:04:51 ID:gybNReNl
>>209
あんたの多くの友人にこのスレを見るように伝えるのじゃ。そうすればこの気違いがみんなに知れる。
それでよい。

212 :光の先:2006/12/01(金) 21:07:54 ID:gybNReNl
>>210
それが分からん、固定ハンドルネームとはなんじゃい。友人から電話がかかってきた。
面白なんと言っとるが、このスレ人気番組になるぞ。友が友を呼びどんどん増える。

213 :コテん:2006/12/01(金) 21:09:38 ID:gZQNBNCY
>>209
時間表示の右側にある意味の無い文字列です。
そこまで目が行ってくれー

>>211
いえ、この程度のお子チャマは2chにはどこでも居りますよ。
特にジャンル的に宗教板は多いでしょう。

また解脱

214 :白い星:2006/12/01(金) 21:11:28 ID:NAYlYDVZ
おかぴー・・・・です。

215 :白い星:2006/12/01(金) 21:14:34 ID:NAYlYDVZ
小さなヨハネ風になってきましたね。ふふふ

216 :光の先:2006/12/01(金) 21:14:53 ID:gybNReNl
なかなか面白いのお。久しぶりに良い体操じゃ。もっと行け、どんどん。
それ走れ、「赤い星」「白い星」次は「梅干」が来るぞ。

217 :光の先:2006/12/01(金) 21:16:41 ID:gybNReNl
また分からん、何で白い星が2つもあるんやな。ちゃんとせんか。IDが違って別人28号か?

218 :光の先:2006/12/01(金) 21:18:33 ID:gybNReNl
コテン、もう終わりかいな?つまらんやんか。友人たちに合わせる顔がない。

219 :コテん:2006/12/01(金) 21:55:21 ID:RcI3X0lR
>>218
何を期待してるんですか?

昨日、ハートチャクラに意識を詰め込むようなことをしたんですよ。
そしたら今日は特にHighになってる感じ。
で、さっき何の気なしに自分の気についてのレポートを開いたら
ーーーーー
厳新氏の気功功法に環童功というものがあり、男子は自分の7歳頃、
女子は6歳頃を思い出すというのがあります。この思念をティグレに
向ければ更に効果は高くなるだろうと、最近少しやっているわけです。
でも強くやり過ぎると偏差起こしてバカになるそうで、チベット密教では
時間を掛けて修行するそうです。
ーーーーー
という記述を見つけた。また導きを頂いて助けられたようです。
ということで光の先さん、今後真面目にレスすることにします。

これからダビンチ・コード見るのでまだ解脱。

220 :光の先:2006/12/01(金) 21:59:20 ID:gybNReNl
>>291
今、三丁目の夕日見てるから、今日は終わりじゃいな。邪魔スンナ。

221 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 22:13:21 ID:FvFHck3S
>>179
皆それぞれ文章に癖がありますよね。
雪ちゃんの文章もメルヘンチックで癖がありますね。
彼女はメルヘンチックでも善意なので好感ありますよ。
すぐ慣れますよ。

赤い星は中級のクレーマー→ちとうざい
ナルミは上級のクレーマー→結構うざい

同じく文意を組み論理を組み立てることが苦手なプレーヤー達ですが
まだ、無問題です。

2chにはベルゼブル級の凶悪クレーマーもいますから。



222 :光の先:2006/12/01(金) 22:17:54 ID:gybNReNl
>>221
変な用語じゃな、ちとおしえてくんな。
クレーマーってなんじゃい。「クレーマー、クレーマー」かいのお。

223 :すずめちゃん:2006/12/01(金) 22:22:28 ID:Qy/1j5z6
>>222
クレーマーってなんじゃい。ってそれナゾナゾなの?

224 :光の先:2006/12/01(金) 22:25:39 ID:gybNReNl
>>223
あんた女の子?

225 :すずめちゃん:2006/12/01(金) 22:26:41 ID:Qy/1j5z6
>>189
私の神秘体験を聞いてください
夜寝ていたら壁一面にオムライスの映像が出てきて、手を触れようとしたら
消えました。それで私はキリスト教徒になりました

226 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 22:26:55 ID:FvFHck3S
>>222
あっすいません。
日常語ではないですね。クレーマーって要は文句タレのことです。
何かにつけいちゃモン付ける人。主に、対企業、対サービス供給者でしょうか。
買った商品が気にくわないって何かに付け文句言って店員を困らせるのが
趣味みたいな人です。

とにかくいちゃモン付けて相手を困らせることが目的って意味でクレーマーって
言葉使いました。
2chでも無自覚にクレーマーやってる人いるんで。

227 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 22:28:41 ID:FvFHck3S
>>225
本気?
すげーうけるんですけど。

228 :光の先:2006/12/01(金) 22:30:04 ID:gybNReNl
>>226
クレームつける人な。こんどは雀がとんで来たよ。

229 :すずめちゃん:2006/12/01(金) 22:30:51 ID:Qy/1j5z6
>>224
性別は不明にしてるんです
>>227
話は結果に至るまではハショリましたが本当なんですねこれが

230 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/01(金) 22:33:40 ID:FvFHck3S
>>229

347 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 22:12:16 ID:Qy/1j5z6
僕も男だよ〜気が合うね☆

男ですね。

あーつまらんレスしてしまった。。。
はよかえろ・・・

231 :光の先:2006/12/01(金) 22:35:56 ID:gybNReNl
>>230
ワシも、三丁目の夕日が終わったら、今日は寝るとするか。

232 :すずめちゃん:2006/12/01(金) 22:39:56 ID:Qy/1j5z6
ドクター小石事件カルテが終わったら何見よかな

233 :aimee:2006/12/02(土) 02:16:20 ID:NHNPWrMw
>>219
あなたはハートチャクラの人ですから、免疫力に優れて、人を癒すことができるのです。
ぜひとも、来年は治療パワーを発揮して人助けに尽力してください。
方法は簡単です。あなたはすでに治療者です。手だけを前頭、頭頂、後頭、首筋、目、あるいは患部に当てるだけで、
相手の方はいやされる経験をします。
他を癒す場合には充電法も身につける必要が在りますから、気の吸収法を来年は身につけてください。
難しい技はありません。ヨーガの呼吸法を毎朝、毎晩するだけでよいです。
できれば朝は戸外の自然の中でいたしましょう。

234 :aimee:2006/12/02(土) 02:31:31 ID:NHNPWrMw
>>219
レイキマスターになって開業してくださいっ!


235 :aimee:2006/12/02(土) 02:43:02 ID:NHNPWrMw
ハートチャクラの人は次の喉のチャクラを目指しています。
転生のサイクルも半ばに来ていて、大きな関門を前にしています。
この喉の関門をマスターするのが次の生涯のテーマになりますので、
今から準備をしましょう。
そのために、音楽、声楽、祈り、祝詞、真言、お経など、声や音を用いる業を身につけることを勧めます。
ヨーガのレッスンでは、スキのポーズや半逆立ち、お魚ポーズなど喉を訓練するものを取り入れます。

236 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 03:21:13 ID:pE/zZnDj
今宵は思索するには良いときだ。

このスレは各人各様の宗教観を持ちそれぞれが距離感を持ちながら
観察し、得るものは得んとし、それは自己の成長に繋げようと目指すものだ。

押し引き、中道で居られるものは更に得るだろう。
しかし、危険性も多分に含まれる。
各人、強い気を持つために毒性も強い。
偏向することなかれ。中道を失わずに各々が真理へ近づかんことを。

>>100
今更ながら過去のレスを読み返しています。

>>なぜ生きているかが知りたいからです。

私も高校時代よりこの命題について思索してきました。
キリスト教に答えも求めたものの、名こそ迷いであることを気付き
名を捨て、裸になって「在る者」を求めています。
絵里子さんと問答したときも結局、この段階で留まってしまいました。
∞を思考するとき、今は宗教・哲学のアプローチからではなく量子論、相対性理論
といった、物理学の面からのアプローチのほうが答えに近いような気がしますね。
まだまだ、じっくりと準備し、思索を続ける必要があります。

名を捨てられるものは幸いですね。宗教カテゴリーに囚われずに魂の根源の
ステージで共有し合える。
そして、私にもその資格が与えられていることを神に謝します。


237 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 03:29:20 ID:pE/zZnDj
>>114
ここでは、イエスが預言を成就させるための言であり、罪なきものが罰を背負い
殺される局面にて、父への信頼ゆえに吐いた、罪なき子の真実な叫びだったと
解釈します。

罪のために罰せられるならば当然ですが、罪がなくとも罰せられる悲しみ、嘆き。
罪とはそもそも悲しみであり、嘆きであり、死なのですね。
個人としての悲しみと同時に、全人類の嘆きを代弁したものかもしれませんね。


238 :aimee:2006/12/02(土) 03:34:50 ID:NHNPWrMw
>>236
あなたには経験が必要に思われるのです。神存在はいくら分析してもわかりません。
それは主観的なもので、客観的に理解されるものでは在りません。
宗教経験なくして神を捕らえることは不可能であり、また、それを他に理解させることも不可能です。
各自が私的経験からその理解に応じて神を体得し、感じ、我がものとし、
その理解を生活に表面化させ、徐々に世界に光を照らし、闇を払拭するのが
私たち神の子の使命であると思うのです。

239 :aimee:2006/12/02(土) 03:41:06 ID:NHNPWrMw
キリスト教徒にとっては酷に聞こえるかもしれませんが、イエスは罪を負っていたからこそ、処罰されたのです。
罪を負うものが処罰されるのが宇宙の法則です。因果応報とはそのことです。
イエスは完全に人でしたから罪も完全でした。すべての人類が持つ罪を共有したということです。
イエスは人類として処罰を受けたのでス。それゆえにそのあがないの業信じるものは救われると説明されるのです。

240 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 03:41:10 ID:pE/zZnDj
>>赤い星

ヨハネ福  1:5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

ヨハネ福  8:12 イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。
わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

エペソ 5:8 あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、
光となっています。光の子として歩みなさい。
エペソ 5:9 ――光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。――

聖書でも用いられている便宜上の用法はまだまだあるがこの位で。
確かに光は被造物であるが、闇→悪、光→正義と比喩的に使用しているにすぎない。
これが青→悪、赤→正義ならば青と闇、赤と光を入れ替えればよい。
つまり、光、闇といった二元対比上便利な語句は意思を伝えるための道具であり

キミが言っている「被造物である光と同化したいなどとは馬鹿げている」といった
発想はそれ以前であり、一般常識というか文脈を読む力がないというか
とにかくそのレベルになってしまう。



241 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 03:44:06 ID:pE/zZnDj
>>238
私的経験により神を知るのではなく、神は何によっても左右されない「在る」
です。あなたのは相対化された個々人の、それこそ主観です。
人間が有限である限り、相対なのです。

>>239
それも主観ですので歯牙にもかかりません。

242 :aimee:2006/12/02(土) 03:49:00 ID:NHNPWrMw
>>240
光は被造物ではなく創造の力です。万物は光から命を得るのです。それゆえに、キリストは、霊の命を説明するのに光をたとえに用いたのです。
光は相対的では在りません。光は常に一定しており、各天体の重力に捉えられるときに、被造物に相対化して認識されるというだけで、光そのものは普遍です。
光は創造のエネルギーです。

243 :aimee:2006/12/02(土) 03:53:11 ID:NHNPWrMw
>>241
個々人の相対は絶対としての集合の部分に過ぎません。
たとえれば、ダイヤモンドの各面が相対的ではあっても、部分の集合としてのダイヤモンド全体はひとつであり、絶対です。
部分にとらわれるのではなく、部分が集合した究極の姿、それが神であり、部分の相対は絶対なる神の中に在るのですから、
あなたは今の状態で神を感得できるのです。わかりますか。

244 :aimee:2006/12/02(土) 03:55:08 ID:NHNPWrMw
今日はこれで失礼します。これからヨーガをして休みます。

245 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 03:59:03 ID:pE/zZnDj
>>242
あらら・・・
一度相対性理論を読みなされ・・・

>>243
梵我一如でしょうか。私も全肯定ではありませんが、汎神論的一元主義の立場です。
理解できなくもありません。
ただ、問題は先のスレッドで弁証して組み上げようと試みました、創造の方向性
進歩性なるもの、つまりは意思がどこから来て、どこに向かい、どこに在るのか。
これを知る必要があるのです。

これがわからない限りは全てが論理不十分であり、未完に陥っているのです。
ですから、各々が己の信条の不完全さを自覚し、謙虚に学ぶ姿勢が必要なのです。

246 :aimee:2006/12/02(土) 04:35:52 ID:NHNPWrMw
>>241>それも主観ですので歯牙にもかかりません。

そのように自分の思い込みにそぐわない話しに耳を貸さないというのが主観でなくてなんでしょう。
少なくとも理解するようになさい。
イエスの十字架を理解するには旧約の祭儀から理解しなければなりません。
大祭司は無傷の羊を選び国民の罪をその手を通して羊に注ぐことにより、
羊は罪あるものとなり、殺されるのです。
その儀礼において羊は罪とされて殺されるのです。キリストの場合も同じです。
キリストは全イスラエルの罪を大祭司カヤパの手を通して注がれ、国民の罪を背負う完全なる罪人として殺されたのです。
十字架上の叫びはまさしく罪に閉ざされた国民の苦しみの代弁であったのです。罪なき者が殺される苦しみではないのです。
全国民と心をひとつにしていたために発せられた、集合的な民の叫びの代弁だったのです。
あなたの説によれば、罪なき者が殺される苦情を神に述べたということになります。それではキリストの意味が失われます。

247 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 04:48:32 ID:wOVSyTJK
キリストが生まれ変わらず、
いきなり人類の姿で発生したと
思ってるような人にとっては、
神が何万年間修行して神界に到達したかなど
知るよしもないことである。

248 :aimee:2006/12/02(土) 04:52:58 ID:NHNPWrMw
>>245
光は光子であるという先入観があるから、光は被造物であるとお書きになるのです。
光子か波動か誰にもわからないではないですか。相対なる人間があれこれ名づけているだけです。
ほとんどの人間は名づけるだけで満足し、本質に迫ろうとしません。
あなたもその一人ですね。相対という逃げ場に逃げ込んで甘んじているだけです。
一歩踏み出されることをお勧めします。
光はキリストにたとえられるように、それは創造する側であり被造物ではありません。
また創世記の最初に出てくる光は可視光ではなく不可視光ですから、
もちろん光子ではなく宇宙線の波動です。
この不可視の波動エネルギーから見える見えざる万物が分かれたのです。
また創世記によれば、神は動いたのですから、神は不動の存在では在りません。

249 :コテん:2006/12/02(土) 05:07:57 ID:Xa4clQl+
>>241
そこにあるものを模索するのはナンセンスで、そこにあるんだから
ただ認識するだけで良いんじゃないでしょうか。
直感的知覚でなければ真理は理解できないとクニダリーニ覚醒者は言います。
mutant さんはもう分かったと思います。

ーーーーーーー
老子: タオ=混沌。聖書で比較するとタオは神に当たる
聖書: 人が神を見たら死ぬ
気功: 氣在人中、人在氣中 (氣は人の中に在り、人は氣の中に在り)

上記の内容から、宇宙を創造した神はみ使いたちに比べてとてつもなく大きく、
そして自らの膨大な氣(聖霊)に包まれているのではないだろうか。
老子先生が見たタオとは気に包まれた神のことではないか。
ただ光だけではなく全てを包含しているため闇も含んでいる。
ーーーーーーー
こういうのも知覚して<観>れば一発ではないでしょうか。
不確かなこと模索し続けるか、知覚によって知り得たことを二元世界に展開するか。
絵里子さんは後者を行ってmutant さんに伝えたのではないでしょうか。


250 :コテん:2006/12/02(土) 05:25:10 ID:Xa4clQl+
>>233
ご助言ありがとう御座います。
将来、気功整体師になりたいという希望はあるのですが、法律的に本当に
良いのか悩んでいるところです。「治療」という言葉を使わなければ医師法
には引っ掛からないみたいですか、そういう法の網を潜るような行為というか
考え方から抜け出せなくて。

aimeeさんも外界の理知と繋がっておられるのですか。
僕は瞑想しようとすると自分のものでない妄想が出てきて困っています。
これ、どうにかなるでしょうか。

レイキってあまり良い噂は聞かないんですよね。僕は気功なので氣は自力で
コントロールするつもりでいます。外氣内集、内氣外放。


251 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 05:48:20 ID:thjvCINO
>>237
イエスの言葉の解釈は、
これ以上はどうも個人的な信条の部分に関わってきそうです。
私としても言うべきことは事は言っているので、
もう他に付け加える事はしません。

>>239
大変興味深い見解なので、少し質問させていただきます。
『ヨブ記』はご存知だと思いますが、
悪因悪果、因果応報が絶対の法則であるのなら
完全で正しい人であったヨブはどうして耐えがたい苦しみを味わったのか、
そして
「考えてみなさい。罪のない人が滅ぼされ
正しい人が絶たれたことがあるかどうか。」
と、あなたと同じような事を言ってヨブを責めた3人の友人に、
神は「あなたがたは正しいことを言わなかった」と激怒しましたが、
この解釈についてはどうお考えなのでしょうか。

252 :aimee:2006/12/02(土) 10:58:49 ID:hXiqkNn/
>>251
ヨブ記を書いたのが誰かをまずいいなさい。

253 :光の先:2006/12/02(土) 11:11:33 ID:SF4kyXeT
Mutant
コテンさん

なかなか、進んできたのう。そろそろ私の指南聞くかいね。絵里子のも合わせて。
どうじゃいな?

254 :aimee:2006/12/02(土) 11:17:57 ID:hXiqkNn/
>>250
レイキは100年以上昔に日本人の老師が鞍馬山にこもり天から授かった世界的な手技療法の先駆というべきものです。
それが海外から逆輸入されたときに欧米のメタフィジクスの手法が加味され俗受けしやすいよう変形されたのです。
マスターの量産や非公開の秘儀を公開されてしまうなどの問題がここから派生し、金儲けのために行うような人も増えてきました。
しかし、元の霊気法は今も日本に継承されています。こちらを学ばれるのもよろしいかと思います。

255 :aimee:2006/12/02(土) 11:19:15 ID:hXiqkNn/
>>251
>>246で回答しているはずです

256 :コテん:2006/12/02(土) 11:33:25 ID:4ZciFgyZ
>>253
是非、拝借致したく。

>>254
そうなんですか。では俗に染まってないレイキを探す必要がありますね。
ALPというところはどうなんでしょう。
ああいうのは下手すると邪霊から気をもらうみたいで邪気を知覚出来ないと
治療どころか害悪になってしまいます。邪気って正氣より知覚し難いですから。


257 :コテん:2006/12/02(土) 11:34:52 ID:4ZciFgyZ
>>256
拝借じゃないですね、拝領に訂正します。

258 :光の先:2006/12/02(土) 11:40:33 ID:SF4kyXeT
>>257
最後になる理由を述べる、
Mutantもよいかいね。よければ返答せい。

259 :コテん:2006/12/02(土) 11:48:54 ID:4ZciFgyZ
>>258
突然。最後とはどういう意味でしょうか。
また光の先さんも去られるのですか?
僕は問題ありません。

260 :光の先:2006/12/02(土) 11:52:36 ID:SF4kyXeT
>>259
本当の理由じゃ、絵里子と私の理由じゃ。Mutantの返事があれば述べようぞ。

261 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 12:38:39 ID:thjvCINO
>>252
教学的にいえば当然ながら神です。
神が誰の手を借りて書いたかという趣旨でしたら答えることはできません。
なぜならヨブ記の著者を特定する有力な説はないからです。

>>255
246を改めて読ませていただきました。
内容はキリストは罪を負って殺されたのだという説明だと理解しますが、
これは、私の質問とは直接関係のない回答ではないでしょうか。

あなたが239でされている主張は、
a,罪を負うものが処罰されるのが宇宙の法則
b,イエスはすべての人類が持つ罪を共有した
c,前提abによりイエスは殺された
という三つのロジックに要約されます。

このうちbについては、イエスが人類の罪を被り、
代わりに罰を受けたという宗教的事実は、
キリスト教徒でなくとも知らない人は少ないはずです。
それをもってキリストは罪を負っていたと表現されるのならそうでしょう。
キリスト教徒にとっても酷でもなんでもない自明のことですので、
特に私もこの点には触れてはおりません。

しかしaについては
“「悪因悪果」「善因善果」という論理は、場合によっては必ずしも真ではない。”
というヨブ記の1つのテーゼと矛盾しないのか、
その点が疑問に思ったので質問させていただくことにしたのです。

262 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 12:52:00 ID:VsuUvo3w
>>260
私もこてんさんに同じく拝領したく願います。

繁忙期故に職場からなのでタイムリーに返事はできませんが
目を通し反芻した後レスしたいと思います。

263 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 12:54:31 ID:x2oxrqOg
>>261
まず神が書いたというあなたの主張が妄想です。いえ、洗脳の所産です。聖書はことごとく人間が書いたものであり神も神の子とされたイエスも書いてはおりません。モーゼ5書についても然り。
次に、因果応報は絶対の法則です。その法則は神が与えた法則では在りませんか。旧約ばかりではなく、イエスも明確にそう述べているではありませんか。
イエスはさらに「法則を破るために来たのではなく満たすために来た、法は宇宙が死滅してさえ崩れない」と話しています。
イエスは純然たるユダヤ教の信奉者でありました。法に例外があるとするあなたはイエスよりも上に自らを位置させているのです。
ヨブ記の著者が誰であるかもわからずにその記述の一部を神の言のごとく妄信するあなたは危険な状態に在ります。
3000年近く昔に誰ともわからないものが書いた一部の文章を権威にして他を裁こうとするその姿勢です。
今のあなたのすべきことは、自らが聖霊に触れ、自らが聖霊の受け皿となり、人を死に至らしめる文字にとらわれることなく、その精神を汲み取り、
権威やドグマ的偏見を脱して、精神的奴隷状態から自由になることです。

264 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 12:56:59 ID:x2oxrqOg
一度回線が切れました。トリップを入れて同一視できるようにします。

265 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 13:00:32 ID:VsuUvo3w
>>246
長レスできませんが・・・

もちろんキリストとしての代弁であり、同時に子と父との個人的関係による叫び
であると説明したつもりでしたが・・・
そうでなければ、ゲッセマネでなぜあのような祈りをしたのでしょか?

どちらかではなく、どちらもなのです。

あと、認識の問題ですね。
基本的なコンセンサス、定義が共有できていなければ互いの主観を主張しあうだけに
なります。
あなたが断定で語るとき、相手に基本的なコンセンサスが得られていなければ
それは主観になります。

なぜ、あなたは主観を否定しながら断定なのでしょうか?
深夜にでもレスしましょう。

266 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 13:02:47 ID:VsuUvo3w
例えば

レイキは100年以上昔に日本人の老師が鞍馬山にこもり天から授かった
世界的な手技療法の先駆というべきものです。

これが妄想でなく

なぜ聖書は神が書いたというのが妄想なのですか?

では仕事オチです。

267 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 13:04:29 ID:x2oxrqOg
>>266
レイキのレの字くらい勉強してから答えようね。恥ずかしいですよ

268 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 13:06:27 ID:x2oxrqOg
>>265
ゲッセマネの祈りがどうしたというのでしょうか。この話とは関係在りませんが。

269 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 13:14:32 ID:x2oxrqOg
>>261>bについては、イエスが人類の罪を被り、
代わりに罰を受けたという宗教的事実は、
キリスト教徒でなくとも知らない人は少ないはずです。
それをもってキリストは罪を負っていたと表現されるのならそうでしょう。
---
あなたは誤解していますね。イエスは大祭司によりて有罪と認められた時点で罪人になったのです。そして、罪の値は死で在るという神の動かしがたい律法に従い、十字架の死を受け入れたのです。無実の者が殺されたのではなく罪人として死んだのです。まだわかりませんか。
それと贖罪がどう結びつくのかを何日かけてもよいですから瞑想しなさい。

270 :光の先:2006/12/02(土) 13:21:24 ID:SF4kyXeT
Mutant
コテンさんへ

最後の言葉じゃ。私も多忙でな、ここらでだいたい良いじゃろう。
1)これ以上、無駄な議論を続けるな、直ちにこの場から去り、二度と外部的探究心を起こすなかれ。ゲームとしての対戦を楽しむな。汝自身をむなしく扱うなかれ。
汝ら二人にはもはや無駄な時間じゃ。いづれイエスや仏陀にもあったように、修行が進めば自然に闇と戦う時が来る。
それまでは避けよ。無駄な時間じゃ。わざわざドブに足を入れる馬鹿があるか。
2)絵里子の伝えたことは、すべてが事実であり、私と共にあった時に得たものじゃ。夏休みはいつも私と一緒にいた。
よくよく研究せよ、重要なことは殆ど述べられていた。突然、絵里子に機会が到来して、私に完了を依頼してあの子が去ったまでじゃ。
柔軟に人生を戦え。「鳩のように柔和で蛇のように賢明に」な。私はまだ生きておる。
3)追加として、「中つ国」の反対側が闇(悪=不秩序)の世界である、中つ国で上下が交じり合っている。
その理由は、修行を続けていけばそのうちに理解される時が来る。それ以上は興味だけで探求しても時間の無駄じゃ。そうと知っておるだけでよい。
4)三次元Solidの外へ展開しても何もない、内部へと進むこと、また時間は物質の空間的運動によって計測され発生するだけであり、
複数の次元界が同一空間内に存在するが、各々の物質の振動速度がオクターブ的に異なり、そのため時間の経過速度が全然異なる。
「神の一日は千年である」というのはその象徴的な言葉である。
5)物質が無となるbeingにおいて時間がないのはそういう理由である。所謂神性世界も段階的に複数ある、最終部分がカオスである。


271 :光の先:2006/12/02(土) 13:22:05 ID:SF4kyXeT

よくよく吟味されたし。時間と空間の謎を解け。
6)何が相対的かと言うと、「より秩序的、調和的」と「より不秩序的、不調和的」なものが相対し多重に積み上がっている。神と表現されるのは、現在在る限りにおいての調和的な次元である。神も必然的にさらなる調和へと進んでいる。
7)レベル低を下げる議論と興味を捨てここから立ち去り、二人の知恵と知識を合わせて研究と修行に励め。
Mutantは理知に偏ることを注意せよ、コテンは軽率に簡単な修行法に手を出すことに気をつけよ、簡単に与えられるものなどない、あったら苦労はせぬ。
「簡単です」とある方法には近寄るな、そこで停止してしまう。まして「与えられるもの」などない、勝ち取ることしかない。
8)結局は、インスピレーションの窓を開けることである、脳内中央部が開かんと二次元的思考では、見れども見えず、聞けども聞こえずじゃ。
そのための努力に心せよ。まず、「まず天の国を求めよ」の真の意味がそれである。

私も絵里子が愛しくてならなかった、煩悩じゃ。美人で愛嬌があるからよくもておったわい。
惜しいことをした。我々のような者達がこのような場所に現れることまずない、日本を離れる寂しさからのあの子のミステイク、未熟じゃ。
早く立ち去られよ。私(壮年期の男)が絵里子に言った最後の言葉じゃがな。
さらばじゃ、おぬしもしっかりがんばれよ!


272 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 13:25:52 ID:x2oxrqOg
>>270
あなたはいつまでも自演していないで、さっさとプリンストンにでも、どこにでも逝きなさい。

273 :aimee ◆.kFTmDPw2k :2006/12/02(土) 13:27:04 ID:x2oxrqOg
>>271
good bye, good friend ! (ww

274 :コテん:2006/12/02(土) 15:31:03 ID:cs+udBjH
>>270
光の先さん
1)気功の先が分からなくなっていて、たまたまこのスレを覗いたときにグッドタイミングで
絵里子さんが登場しました。僕は導きとしか思っていません。
僕は2歳頃、その日その夜その瞬間から邪霊に憑かれ苦しめられてきました。
これは戦いのうちになるのでしょうか。
2)ということはあなたが岡山の方ですか。ハートチャクラが開いた僕は脳にアプローチ
しても大丈夫でしょうか。昨日横になりながら瞑想していたら鈍い声で一緒に来いみた
いに云われました。こういうのを全部ぶった切れば良いんですよね。
強力なヤツが出てくると先に進めなくなります。頑張るしかないですか。
3)「中つ国」。この辺は知識が全く無いのでゆっくり調べます。
4)「三次元Solidの外へ展開しても何もない」。そうじゃないかという意識はいつの頃から
か持っていました。10代だったか。社会人になると考える暇も無く、価値も感じなくなりま
したね。一応理系なので後の言葉は解ります。相対性理論も。
5)6)最終部分がカオスの理由は誰にも解っていないのですか。まぁ老子が解らないん
だから・・
7)Mutantさんと連絡を取り合ってということですか。Mutantさん、その氣ありますか。
因みに僕は来月には九州に帰ります。
今まで他に手を出すことは考えていませんでした。気功を普通に先生に習っていれば
滞っている部分の経絡を通すということくらいはサービスでするので、気功の範囲で
収めようと思います。
8)やはり祈りが大事ということですね。ひとつ、昨日ダビンチコードを見たのですが、
あれが真実ですか?

来年一月五日頃岡山を通るのでお会いすることなどできるでしょうか。

275 :コテん:2006/12/02(土) 15:33:49 ID:cs+udBjH
>>262
mutant さん、反芻するんですか。
もはや南方熊楠レベルですね。



276 :青い星:2006/12/02(土) 15:49:53 ID:Cmk99DxF
>>185
光の先は絵里子だったな。hアルミは鋭い。
 
ムータンもコテン君も、絵里子に早く謝れ
とにかく謝れ・・・今なら戻ってくるかもしれない



277 :光の先:2006/12/02(土) 16:04:05 ID:SF4kyXeT
>>274
私は現在静岡に移っているが、今お会いするのは勘弁願いたいな。
その気があればその内にMutantのメールに入れるだろうがな。
カオスの理由はへんな言い方だが、二次元的には説明不能と言うしかない、名がない、名状しがたいと老子も書くてるな。
Mutantの言っていた創造のベクトルは説明可能じゃが、やはり自己修行の果てに証明可能でないと、結論ばかり言っていても
答えを推測していく過程で得るものが膨大なので、それを飛ばしてしまうと結局、その後の展開が自分でできなくなり、
結局自分が損をするだけだがな。だから知る必要はないと言っただけじゃがな。知識ばっかり太っても何になるかいな。
それを知らんでも修行に何の影響もない。一定レベル以上の人達で話さないと、時間の無駄だから二人でやったほうがましじゃ、と言っただけ。
やる気がなければ、そこまで何も言えん。

ダビンチコードって映画のかいな?すまんがまだ見ていないが、たぶん作り話だろ。

278 :aomee:2006/12/02(土) 16:18:49 ID:7PkOWjJM
>>270>闇と戦う時が来る。

これは間違い。悟っていない人の発言です。
闇と戦うことはできないのです。私たちにできるのは光を発現することだけです。
光を発現すると闇が散らされ、闇の住人が憤るが、闇は光に勝てない。光は常に闇を消すからです。
戦うのは闇と闇のみが戦うのであり、光は戦う必要がない。光は存在するだけですでにすべてに勝利している。
光はすべての実相を明らかにする。闇に隠されていた自分自身が明らかにされるときに自分自身のその闇から抵抗が起きる。
その抵抗は光には勝てない。それで、光を常に意識し、一体となり、光そのものとなり、光の通路となり、光に包まれること。
そこに秘訣がある。戦うならばすでに負けている。それは闇の自分に同一化していることに他ならないからです。
わかりますか絵里子さん。


279 :aimee:2006/12/02(土) 16:28:00 ID:7PkOWjJM
>>274
すべて経験することは自分自身の何かを経験しているのです。
瞑想すればするほどに自分自身が明らかにされます。なぜか。
先ほども申しましたように、光が自分自身の闇を照らすとき、そこに霍乱が起こり、各種の抵抗が起きてくるからです。
自分自身が抵抗しているのです。自分以外の霊ではないのです。
それをまず知れば、抵抗が悟りへと転換されます。
たとえ外部からの影響を感じることがあっても自分の内から来ているのです。
自分自身が最大の敵なのです。それに同化しないことです。
ただ光に同化することです。光はすべての命の源であり、光はすべてを成長させます。
光は宇宙を創造した神の子の命でありやがて神の子へと成長する私たちの命です。

280 :aimee:2006/12/02(土) 16:40:54 ID:7PkOWjJM
最後に、神は克服できない試練を与えたまわないという、パウロの言葉を記憶しましょう。どんなときにも力づけられます。

281 :光の先:2006/12/02(土) 16:41:07 ID:SF4kyXeT
私は絵里子ほど聖書的知識はないし、むしろ彼女のほうがそれは得意だったな。
それと彼女ほどの丁寧な親切心は持ち合わせていない。だからいちいち逐語的に反論する気持ちはない。
どのように解釈されても誤解されても私には何の影響もない。ご存分にどうぞ。

282 :コテん:2006/12/02(土) 17:20:49 ID:Eber4hK/
>>277
僕はいま、神奈川は川崎です。 そうですか、また機会があれば。。。
だけど今後縁が出来そうな気がしないです。

ふと思ったけど光の先さんが絵里子さんを養女にすれば良かったんじゃ・・
そしたら僕もいつか会う機会が出来てHUGUHG。 煩悩ですね。。

ひとつお聞きしたいのですが、厳新氏によると一定の瞑想レベルに達すると
鐘の音がすると書いてありました。これは霊界からのものということですか?


283 :青い星:2006/12/02(土) 17:25:49 ID:F6nRhuhh
>>281  絵里子、かむばあく
まだ絵里子の神秘体験を語っていないじゃないか

284 :青い星:2006/12/02(土) 17:30:05 ID:F6nRhuhh
ムータンもコテン君も反省しろ
ハグハグとかハゲハゲなど言うからいなくなる、言うてる
早く絵里子に謝ってくれ

285 :コテん:2006/12/02(土) 17:34:28 ID:Eber4hK/
>>277
ダビンチコードですが、絵里子さんが以後の方で時間があったら説明しようとして
いたものです。杯のYの字の意味、ダビンチの絵の意味など。
聖書のYの字は何かご存じないですか。


>>284
あなたのような人が居るから来るなと云われます。
ま、短期間でえらい理解したんでそれも好いかもね。

286 :光の先:2006/12/02(土) 17:48:59 ID:SF4kyXeT
>>282
281からが私本来の波長です、絵里子とは全く違う。絵里子の波長を出そうとしたが疲れてどうしようもない。
あの子はナイチンゲールだよ、私は完全な求道者タイプでぜんぜん違う。私は去る者は一切追わない。
絵里子はできる限り救済しようとする。

絵里子は去ったんだよ、だから追わない。正直言って私には、言葉ほど彼女に執着はない、成功を祈る気持ちのほうが強い。
勿論HUGHUGの気持ちはそらあったべな、ワシも男だがな。
だけど人の顔も見えずに説法するほどの親切は私は全くない。だから私には「名無し」は心理的抵抗があった。PCも得意でない。
絵里子はそんなこと言う人間じゃない。無性に人助けをしてしまう、だからこの話を聞いたときに、「馬鹿やろう」とどなった。

私の経験として話すので、解釈は勝手だが、
1)まず蜂の羽音のようなブンブンする感じが脳内の中心(松果腺)で起こることが最初。
2)次に気持ちよいうずきのような感覚が起こってくる、気持ちが良いのでいつまでもそうしていたくなる。
3)つぎに前頭葉下部にある脳下垂体との連結が起こってくる。
4)連結が達成されると、潜在意識と現在意識の相互通行が発生し、直観力が生まれてくる。

だから鐘の音が初心者のものであれば、1)のことだと思う。
ただ、人の体質によって、明らかに生来的に発達しているチャクラに差があるので、人によっては、
安全を見てまず下のチャクラからということになるが、絵里子はすでにかなり開いていた、だから即、頭の集中をさせた。
だから、人によって明らかに違うはずである、良い師は無駄をさせず的確にそれを判断できる人である。
だから、この派はこう言う、あの派はこう言うというのは、そこの開祖の状態が反映しているだけのことであり。
論議すべきものではない。と言うのが私の確信である。また霊界といっても定義によってどうにでも解釈される。
私が「闇」といっても受けてが闇をどう解釈しているのかが重要である。だから下手な論議はやめとけ、と言ったのである。
実際きりがない。

287 :光の先:2006/12/02(土) 17:57:59 ID:SF4kyXeT
>>285
それは絵里子が何か言ってたが、私はあまり興味がなかったので説明できない。
Yと言うなら、三方向ということで、脳内では、松果腺、脳下垂体、視床下部が悟りの三点セットと
覚えておいたほうがよい。

288 :光の先:2006/12/02(土) 18:16:44 ID:SF4kyXeT
そろそろ終わりじゃい。

289 :コテん:2006/12/02(土) 18:18:47 ID:vee6X19R
>>286
情報に感謝します。
そういえば気功法の本は多々あれど瞑想の詳しい本は持っていませんでした。
チベット密教の瞑想本を購入する予定です。
絵里子さんの方でタントラとボン教でしたでしょうか、手を出すなと書かれていました。
僕は気功がメインで自力で行うつもりなのでタントラなど行う気はさらさらありません。
でも祈りは必要なんですね。
他に注意すべき点などありましたら、お聞かせ願えれば幸いです。

オカルト整体師はタントラ勧めるんですよ。止めろって云ってるのに。
タントラで邪気を払わないと間に合わないようで。他人の治療も大変です。
でもかなり高いところと交信している感じはします。素人感覚ですが。
竹下雅敏という人と付き合いがあるようです。

290 :コテん:2006/12/02(土) 18:28:45 ID:vee6X19R
>>286
僕もお節介だからナイチンゲール。
いや、付いてるけど。

291 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/02(土) 18:49:24 ID:VsuUvo3w
正直2chでこれほどの情報を頂けるとは思ってもいなかった。。。

光の先さんありがとうございました。
私は一度、∞の入り口に辿り着き逃げ出したのです。
そして、逃げた結果他力であると結論づけました。
しかし、それでは創造のベクトルが失われてしまう。
魂の救いに至らないのですね。

そして、もう一度そこへ立ちました。

絵里子さんと別れてから妙に脳の回転がクロックアップしてます。
意識がありながらも何か体を離れていくような感覚があります。

それこそカオスに身を投げ出し漂っているかのようです。
以前は、そこで恐ろしくなり逃げ出したのですが・・・

まだ、職場です。切り上げてから深夜レス付けます。

また、絵里子さん、光の先さん、本当にありがとうございました。


292 :コテん:2006/12/02(土) 19:13:47 ID:vee6X19R
>>288
最後にご挨拶したくて待ってたんですが、、、

本当にどうもありがとう御座いました。
結構な功力の知人が居るので救われるために彼にも伝えようと思います。
いつかこの世で会えることを。


293 :青い星:2006/12/02(土) 19:39:27 ID:PQYdkRnh
>>286
絵里子、素人にもわかるように書いてくれないか
神秘体験をした時、何がどうしたのかね
どこがどうなったのかね
逃げないでくれ
 

294 :青い星:2006/12/02(土) 20:08:58 ID:PQYdkRnh
絵里子か光の先か知らないけど
あなたの体験したことを書いてみたらどうだ。
あなたが本物かどうか見分けてやろうじゃないか。
まだニセモノとしか思えないのだよ。
 




295 :amy:2006/12/02(土) 20:14:40 ID:fQF11Oqg
>>294
やめなさいよ。音が聞こえるのは当たり前。鐘の音は聞いたことないけれど、鈴の音はしょっちゅう聞こえています。今もです。
ヨガをすれば普通は初心者でも1ヵ月後には聞こえてきます。
脳細胞の振動数が変わるんです。微小血管床に流れる血液の音ではないかと思いますよ。神秘的なことではありませんよ。

296 :amy:2006/12/02(土) 20:16:38 ID:fQF11Oqg
>>287
あなたは神智学を学んでいますね。あまりお勧めできませんよ。

297 :amy:2006/12/02(土) 20:36:46 ID:fQF11Oqg
脳内から聞こえる鈴の音は本当にきれいです。山間のせせらぎの音のようにも聞こえ、鈴虫の音のようにも聞こえます。
シンとする森の音を聞いたことはありますか。それに近い音がします。それが非常に自然で生活の邪魔にならないのです。
自分が二つの世界に住んでいるという感覚が最初に始まるのがここですね。

298 :amy:2006/12/02(土) 20:38:50 ID:fQF11Oqg
これから休みます。明日は書き込めないかもしれませんけれど、明後日はまた、夕方に書きこめると思います。

299 :コテん:2006/12/02(土) 20:46:34 ID:zavAs+UG
>>296
amyさんはaimeeさんですか
何が好い悪いを言い出すと切が無いと思いますが、
何故神智学が良くないのでしょうか。

300 :青い星:2006/12/02(土) 21:00:41 ID:PQYdkRnh
>>295
血液が流れる音のどこが神秘体験なのですか
心臓が鼓動する音と何がちがうのですか
本質的に同じでしょう?

301 :青い星:2006/12/02(土) 21:22:00 ID:PQYdkRnh
>>295
光の先の神秘体験は血液の流れる音だしたか。
ひどくがっかりしました。光の先は絵里子の先生だから
ムータンやコテン君はニセモノに洗脳されたのですね。

302 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 21:25:12 ID:vbo532+/
>>301
おまえうるさいよ。w
だからクリは嫌いさ

303 :赤い星:2006/12/02(土) 22:03:57 ID:PQYdkRnh
チャクラもわからない話だなあ。
ところで猫にもチャクラがあるのかな。
猫には霊感がありそうだから。でも犬には霊感がないと思う。
猫って不思議な生き物だよね。チャクラがありそう。

304 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 22:27:54 ID:L18hhweu
私は脳内から電子信号の音がします


305 :赤い星:2006/12/02(土) 22:32:01 ID:PQYdkRnh
その信号は日本語に変換できますか
もう少し聞かせてくれ

306 :261:2006/12/02(土) 23:06:17 ID:thjvCINO
>>263
「聖書はすべて神の霊の導きの下によって書かれた」(テモテ第二3・16)
聖書が全て神の言葉であるという前提は私が勝手に思っているわけではなく、
キリスト教にとってカトリック、プロテスタントの別なく共通した認識です。
あなたはそれを洗脳であり妄想だといわれますが、
なるほど人によってはそう思うのも無理はありません。
私も相手を選ばず自分の考えや信仰を絶対の基準とするほど傲慢ではありませんので、
科学的事実とも歴史的事実であるともいわず、
あらかじめそれを“宗教的事実”と断っているのです。
そういうお約束の宗教ですよ、と。そういうわけですね。

あなたは聖書は全て人が書いたものであるとして、その霊性を否定されました。
その記述を神の言のごとく妄信するのは危険であると。
それはいいでしょう。
しかし「因果応報は神が与えた絶対の法則」というご自身の考えの根拠に、
「旧約ばかりではなく、イエスも明確に述べている」と聖書の記述を
権威として説明しているのは矛盾ではありませんか。
聖書の記述を権威とするのであれば、当然ヨブ記も権威です。

307 :261:2006/12/02(土) 23:06:57 ID:thjvCINO
「法に例外があるとするあなたはイエスよりも上に自らを位置させているのです。」
と、大変いきり立っておられるようですが、
私はヨブ記を絶対の基準とはしていません。
正しいとも間違いであるとも言わず、法に例外があるとも言わず、
ただその記述、その本質をどう判断されるのかと質問したのみです。
あなたの言うとおり、イエスは「法を完成させるためにきた」と言っています。
そして、そのために何をしたのでしょうか。
安息日に働かれ、姦淫の罪を犯した女を赦され、食物を全て清いとされ、
汝の敵を愛せと教えています。
律法の形式的実行に執着して聖書の言葉の外形だけを捉え、
偽善におちいるパリサイ派を糾弾し、
聖書の本質を捉えることが法の完成であると。
その本質を捉えようとする謙虚な姿勢があるのなら、
聖書の記述を何かの公式のように捉え
「絶対の法則です」などと驕慢な言葉はいえないはずです。
絶対の存在が、相対の人間の智恵で完全に理解できるはずがないからです。
そしてまさにそれがヨブ記を貫くテーゼではないでしょうか。

308 :261:2006/12/02(土) 23:08:38 ID:thjvCINO
因果応報というが、現実を見ればどうでしょう。
横暴を極める悪人が現に栄え、弱い者、貧しい者を
不当に虐げる人々が安泰なのはどういうわけでしょう。
悪事を働いて繁栄し、死ぬ時も特別の苦しみにもあわない。
あなたは「記述の一部」だと切って捨てられましたが、
一部ではなく、『ヨブ記』の記述全体の根底には、
そういった現実の矛盾にたいする疑問があるのです。
ヨブを責める友人たちの論理は、ほとんどが悪因悪果の公式論でした。
因果応報というのはなるほど教理として正論かもしれませんが、
しかし、弱さゆえ正しさゆえに苦しみあうことがあるのが現実です。
それを振りかざせば苦しみにあう者を「当然の報い」と切って捨てる
論理につながる危険な側面があります。
正論も正しい時に使わなければ正しくないのです。

309 :261:2006/12/02(土) 23:09:30 ID:thjvCINO
あなたは盲信といいましたが、
そのことをヨブ記は伝えているのだと私は捉えていますし、
私だけでなく目にしたことのある注釈書もほとんどはそう解釈しています。
しかし自分の考えのみが絶対と判断するのは驕慢です。
他の解釈が成立しうるなら知っておきたいものですので、
「どう判断されているのか、矛盾はしないのか、教えてほしい」
と、疑問な点に質問のレスをつけました。
答えるのが面倒でしたら答えなくても結構ですし、
責めたりするはずがないのです。
それに対して、
「記述の一部を神の言のごとく妄信し、権威として他を裁いた」
とあなたは厳しく論難されました。
それが事実なら、私は
「ヨブ記にはこう書いてあるので、あなたは間違っている。正すべきだ」
そう言うべきではありませんか。
私は掲示板を見て、わからないことがあれば質問し、
間違っていると思う事柄には自分の意見を述べる事はあります。
ただそれを絶対の基準として、他人を非難したことは一度もありません。
どうもあなたは、2chという環境に浸かりきっているあまり過敏になり、
自分に対するレスは質問、疑問、補足、説明など形態を問わず全てが攻撃であると、
過剰に反応しているところがあるのではないでしょうか。

そして最後の文章ですが、失礼ですが、よく意味がわからないのです。
ご自身が聖霊に触れ、自らが聖霊の受け皿となり、権威やドグマ的偏見を排して
精神的自由のもとに聖書の精神を汲み取ったのだと。
その結論が「因果応報は絶対の法則」であると、
そう判断してよろしいのでしょうか。

310 :青い鳥:2006/12/02(土) 23:39:45 ID:6rzqIOk0
261さんの言ってることが正しい。
AMYは洗脳されて固まっている。
 
>>97
ダビデの詩篇を持ち出すのが正解です。ピンポーン
 

311 :青い鳥:2006/12/02(土) 23:58:39 ID:6rzqIOk0
>>304
電子信号を日本語に変換できないなら
残念だけど、光の先や絵里子、AMYのレベルかもしれないです

312 :青い鳥:2006/12/03(日) 00:46:02 ID:NZpcPqZZ
>>240  ムータント
わたしたちは、単純化すれば太陽の光を見ている。
これ以外の光を見ていない。だとすれば光と言ったら、
この太陽の光をイメージするしかない。
神は光だと言ったら、この太陽の光をイメージするだけ。
そしてこの光は永遠に被造物である。
同じ例えるなら、光ではなくて星にならなければならない。
その意味で言うなら「光の先」のほうが適切だろう。
 
実際には、この世は寂光土であって、地面や町全体が光っている。
それにしてもこの寂光と同化したいと考えるのはまちがっている。 


313 :青い鳥:2006/12/03(日) 01:11:12 ID:NZpcPqZZ
意志こそが善悪という相関語を善と悪とに断ち切る。
絶望の中で、神がいなくても、命をかけて
善を選択する意志です。これがパウロの言う心の割礼です。
そしてあなた自身が光りだす。
 
言葉で善を探しても見つかりません。決然と善を選択する意志です。
エリ・エリ・レマ・サバクタニ
イエスは平安の中でそう叫んだと思います。


314 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 02:46:58 ID:lgwivK5n
>>270
1)個に向かえということですね。仰る通りです。もはや、ここでの議論レベルは語句のニュアンスの差異を指摘し合ったりと
国語レベルになり下がっています。
もともと、2chですからそれほどのものは求めてもいませんでしたが。
しかし、自身の進歩、求道を選ぶ時、渇愛を断ち切り、独歩を選ぶ必要はありますね。
貴重な忠言痛み入ります。

2)>>私はまだ生きておる。
あなたが件の老人でしょうか?
だったら何故絵里子さんはあのような嘘をついたのでしょう。あなたも度々その様態を変えています。
2chといえどもその文章から書き手の人格が見えてくるのですが、あなたはわざわざ変えて書いていますね。
なぜでしょうか?
それでも内容は非常に濃いため、言葉の持ち主が誰であろうと私の謝意は変わりませんが。

3)まだ、創造過程ということでしょうか?それならば全てが解明されます。
ベクトルも輪廻も何もかも・・・
自由意志も堕罪も全ては摂理だった・・・

そしていずれ『中つ国』になるのですね

4)全く異論ありません。正しく空間要素が変異するため距離を失い、全ては相対となる。ということですね。

5)神性世界の諸段階はインド宗教に色濃く見られますね。
最終部分がカオスであるということは我々が主体でない限りカオスを目指す理由はない。
主体たらんとする時、そこに意志、方向性が発生する。
無となり、同化する。
主体となる。

315 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 02:48:04 ID:lgwivK5n
>>271
6)既上記

7)確かに得るものは一人の時です。
私は尚、諸宗教、哲学、物理学を学び自己の思想を統合していきます。
確かにここでは、もはや得るものも少ないでしょう。

>>コテンさん
今、一元二元について一元を説く宗教、二元を説く各宗教の分析をしているところです。
まだまだ時間はかかりそうですが、いずれ報告できるでしょう。

>>二人の知恵と知識を合わせて研究と修行に励め。
と言っても特に何かするでなしに、何気ない情報交換ができるかもしれません。
せっかくの縁です。よろしければメールをください。

8)はじめに直感知があり、それを言葉で表現するには噛み砕かねばなりませんね。
具体的な解析が必要になる。それが有機無機のn次元世界の説明となればほとんど
論証は不可能でしょう。
わかっていながらも、絵里子さんは「できる」と言い切りました。
私も、そこへ向かおうと思っています。
∞-Dに向かう時、思考がクロックアップをはじめます。

私は光に導かれ「成るべくして成っていく」でしょう。
そして皆さんもまた光を目指して成らんことを!

316 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 02:55:42 ID:lgwivK5n
明晰な命題の要素は関数要素である。−ウィトゲンシュタイン

逆説的に考えるならば不明確な命題は論証不能ということ。
すなわちカオスを論証しようにも命題そのものが不明確であるから
結論として論証不能である。
確かに老子も直感知であると説いてますね。

今日、道教の概略を読んだのですが、正直驚きました。
私がユークリッド空間にnt軸を加えることで神の国は膨張し、収縮するといった
ことと同じだったからです。タオがカオスであると説いたことにも興味が沸きました。
老子とはどのような思考回路だったのか。

東洋思想は深いですね。
西洋では近代以降、旧教(カトリック)の教会権威に対する絶対化を相対化
することにより実存主義哲学、自然科学の分野により皮肉にも宗教的にものすごい
勢いで発展しましたが・・・

317 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 03:04:11 ID:lgwivK5n
>>277
私は都内に勤めています。
静岡までは行きませんが神奈川の川崎、鎌倉方面にはちょくちょくと行きますよ。

コテンさん、光の先さん
いずれお会いしましょう。
私はmutantです。
会う時にはまた変位していますよ。

318 :コテん:2006/12/03(日) 07:33:30 ID:8kCeyXLf
>>315
mutant さん
前スレはテキストで保存したのでmutant さんのメアドが残っていません。
すみませんが再度提示をお願いします。
お望みならハートチャクラを開くオカルト整体師をご紹介します。
チョッと遠くに引っ越してしまったのですが。。


319 :aimee:2006/12/03(日) 08:55:37 ID:nRYAJUCf
>>299
amyです。PCを新しくしましたら、ネームが保存できなくなりました。毎回ネームを書き込まないと。
神智学はヨーガを西洋合理主義的に再解釈したと思われてますが、最初から政治的色彩が強く
発足当時からインドの聖者からも「えせ神秘主義」と批判が寄せられています。逆輸入されたレイキが批判されるのと似ています。

>>306
あなたは東洋思想を学ぶべきです。思考回路がギリシャ哲学で作り変えられたキリスト教一辺倒です。
これ以上何を言っても仕方ありませんね。残念ながらほとんどのクリスチャンがあなたと同レベルです。

320 :aimee:2006/12/03(日) 09:22:16 ID:nRYAJUCf
>>312
あなたは神を制限する罪を犯しています。光は7色だけでしょうか。目に見えない光が無数にあるのがなぜわかりませんか。しかもあなたはその中に生きている。
見ても見ないとはそのことです。イエスは目に見えるもので神を制限するなといっているのです。
私は目にみえない光を見、耳に聞こえない音を聞きます。それは脳細胞の固有振動数が高まることによって、自然に結果することです。
オーラは昔の人には自然に見えたのです。見えるという表現さえ正しく在りません。人間は感覚でそれをはっきり色のように認識するのですが、色というべきかどうかさえ。
それは私が日々に聞く緻密な細胞の語り合いが、音ならぬ音、声ならぬ声として聞かれるのと同じです。
あなたが他キリスト教徒は、それが見えない、聞こえないのです。ドグマという合理主義によって感覚を遮断しているからです。
その感覚を持つものを魔女として裁き、殺し、排斥してきました。その罪を今も背負っているのです。

321 :aimee:2006/12/03(日) 09:34:40 ID:nRYAJUCf
>>313
意志ではありません。善悪のマーヤーへ人間をいざなったのは意志です。意志によって勝てると考えるのは妄想です。意志が敗北するのです。意志の力は常に悪を選びます。人のwillは神のWILLに配列しなければ常に人を迷いへといざなうのです。


322 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 09:49:15 ID:lgwivK5n
>>318
公開フリメです。

オカルト整体師については
絵里子さんも言ってましたが、私も関心は神の国であり神の意思です。
なので、現世利益的なメソッドというものはあまり関心ないのです。
私の健康法は柔軟体操とジョギング、そして∞に思考を巡らせることですw


323 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 09:52:15 ID:lgwivK5n
>>321
ちなみにあなたの宗旨はなんですか?

324 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 09:58:39 ID:lgwivK5n
>>319
あなたは脊髄反射に相手を切ってしまう癖があるようですが261さんは自分の
立ち位置を示した上で、宗教を超えた共通のテーゼを示してますよ。
そこに「キリスト教は〜」という一般的な批判を持ってくるのはどうでしょう?

彼の質問
>>因果応報というが、現実を見ればどうでしょう。
横暴を極める悪人が現に栄え、弱い者、貧しい者を
不当に虐げる人々が安泰なのはどういうわけでしょう。
悪事を働いて繁栄し、死ぬ時も特別の苦しみにもあわない。

についての答えはないのでしょうか?
あなたの主張に対してはあなたが責任をもって答えるべきでしょう。

自己の主張の説明もなく断定し、反対命題は断ち切るならば
そこで思考・議論はストップします。あなたはあなたの観念を絶対化してるだけで
言葉の裏を読もうという努力に欠けているように感じます。
随分いいことも言ってますが、そこだけは残念ですね。

325 :amy:2006/12/03(日) 11:20:56 ID:GDCal7ts
>>324
彼はそのように装ってはいますが、キリスト教徒です。ですから、私もキリスト教の立場で答えました。ヨブ記は誰が書いたかもわからない。成立年代もわからない。少なくともヨブが書いたのではないし、今から2500年も前に書かれたものなら神話です。
その一部を、さも絶対の神の言葉であるかのように引用するのは、キリスト教徒です。
>についての答えはないのでしょうか?
あります。そう見えるだけであるということです。見方を変えれば逆の現実が見えてくるのです。見える世界にのみとらわれているから、悪が栄えているかのように錯覚しているだけです。
常に善が栄えて今に来ているのです。悪が栄えていたならば科学の進歩はありません。人類の進化は創造主が常に導き、創造主の意のままに動いているのですから、すべては善の中で生成しているのです。否定的に見ないことです。何事も肯定的に見ることです。
世の罪悪や悲劇は因果応報の法則によって起きている。それは作用反作用の科学法則のメタフィジカルな表現です。人の所業はすべてわが身に帰るのです。前世で行った悪行は今生の者には見えない。忘れているからです。しかし、必ずそれは支払わねばなりません。
その支払いが来たときに、悟らない者は当惑し、神を疑い、冒涜さえします。知恵者はいかなる試練も甘受できます。
作用反作用の法則をイエスは「まいた種はすべて刈り取る」、「最後のコドランドまで支払う」と表現したのです。イエスはこの因果応報の法則を満たすために来たのであり、破るために来たのではありません。安息日を破ったことも一度もありません。
安息日にすべきことをしたのです。神の子が神の法を破れば、人類がそれを守れるわけもありません。「神の法を満たすこと」ーこれがイエスの教えです。
破ったと教えるなら、そのキリスト教徒は誤りを犯しています。神の法は破るものではなく満たすものです。破ることができないのです。その最善の満たし方をイエスは「愛し愛されよ」と表現したのです。

326 :amy:2006/12/03(日) 11:23:23 ID:GDCal7ts
>>323
答える必要はありません。

327 :amy:2006/12/03(日) 11:28:27 ID:GDCal7ts
>>306-309
>>325

328 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 12:57:59 ID:uY64OffK
age

329 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/03(日) 13:32:10 ID:GAa7eFo8
十字架に掛けられた人の子は、罪なき人どころか、
罪人の他ならない。聖書の十字架の記事の多くは、それが本当にあった出来事
というより、後の人の創作だろう。もちろん、それには意味がある。
聖書には、イエスと同時に十字架に掛けられた二人の罪人のエピソードが書かれている。
イエスの右にいる罪人は悔い改め、天の御国が約束されるが、もう一人は、
悔い改めず、天の御国にははいらない。この二人の罪人は、何を隠そう、人の子そのものなのだ。
中央にいるイエスは、父として置き換え、両方にいる罪人は人の子である。そして、
聖霊に満たされた人の子は、父と一つである。

330 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/03(日) 13:33:15 ID:GAa7eFo8
おそらくこの二人の罪人のエピソードは、現実の十字架にはなく、作者が後世の者に
残したメッセージなのだろう。このように聖書はほとんどが喩えでかかれている。
人の子が聖霊により生まれたのも正しい。処女から生まれたのも正しい。だが喩えで書かれている
文言を、そのまま受け取る者は、全て誤謬する。これらは喩えなのだ。
「人の子」は聖霊から生まれ、処女から生まれたのだ。イエスという名の肉の男の話ではない。
イエスという名の肉の男は、もういない。存在するのは「一」だけなのだ。他は幻。
多くのクリスチャンは、誤謬に誤謬を重ね、真理から遠く離れている。喩えで書かれた聖書を与えられた
彼らには、真理を悟ることが許されていない。彼らには彼らの役目があるのだ。
その役目終わるまで、真理を悟ることが許されていないのだ。こうして多くの後の人が先になり、
先の人が後になるという預言は、成就する。クリスチャンがしたり顔で、イエスは罪が全くない完全な人なのに、
我々の身代わりになって死んでくださった。などと言うのを聞くにつれ、笑けて来るんだよね。
彼は、罪人でないどころか、我々を地獄に落とした張本人だ。彼は十字架の御業により、自らを男性にし、
己の業を滅ぼしたんだよ。人の子が、再び命を得たということは、全ての人々に命の門が開かれたことになる。
そういう意味では、彼は救い主でもあるが、我々を地獄に突き落とした張本人でもあるのだ。
人の子は、「一」を、善と悪とに別けたのだ。そして我々はここにいる。この世という地獄にね。
この世の生存を続ける限り、我々には死が付きまとう。死人のままだ。我々は生まれ持っての人殺しなのだ。

男と女は一つだった。イエスは言われた。
「皇帝のものは皇帝に。私のものは、私に返しなさい」
そう、彼のものは、彼に返しなさい。

331 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/03(日) 13:51:06 ID:GAa7eFo8
一部の仏教もどきの宗派は、言葉を軽視するが、私は言っておく。
真理を悟ることが許され、生きることができるのは、「言」をもつ ”人” だけなのだ。
そこんところを勘違いしてはいけない。
この世の生存は、死の他ならないが、言葉を持たない獣は、
決して真理を悟ることもなければ、生きることもない。塵に帰るだけだなのだ。

善悪を知る知恵の実のなる木も、命の木も、エデンの中央に、隣接してなっていた。
二つの本質は、同じだ。知恵は、人を殺しもするが、生かしもする。
その知恵は、「言」によって成る。「言」は人を生かしもするが、殺しもする。
言を持たない獣は、決して生きることはない。

この世は美しい。人の命とは、甘美なものだ。だから失ってはならない。
”人” の命がこの世界を創造した。「言」がなければ創造はない。「言」は人の心だけがもつ。
「言」がなければ、聖霊もない。聖霊がなければ、人の子もいない。
人の子がいなければ、この世界もなく、我々もいない。

332 :amy:2006/12/03(日) 14:18:46 ID:6jowZCdu
キリストは国民のために頃されたといわれますが、
普通なら国民の罪がそれによって除かれるはずです。
ところが、その後のユダヤ人の悲惨さは想像を絶するものでした。
2000年間、虐殺と隔離と差別と流浪の歴史をたどったのですから。
この矛盾は何を意味するのでしょうか。
それはイエスはメシアであったにもかかわらず、
ユダヤ人によって犠牲の羊に祭り上げられ、
なきものにされたということです。
贖罪の美名の下にスケープゴートにされたのであり、
決してユダヤ人の罪をあがなったのではないということです。
罪は自分であがなわなければならない。それが絶対的な神の法です。
それはユダヤ人の歴史が証明しているではないですか。
キリスト教徒にしても同じです。
イエスに罪を擦り付けて2000年を過ごしてきましたが、
世界を少しでもよくしましたか。
世界を少しでもよくしたのは、「イエスの教え」だけだったのです。

>>329-331 邪魔です。

333 :カラスの唄:2006/12/03(日) 15:14:23 ID:eojC9Je1
>>332
心配しないでも、おまえに話してんじゃないんだよ。
悪いけど、ここの多くの人は興味ないが、伝えたい人がいるんでね。
なにが世界をよくしたのは、イエスの教えだけだよ、キリスト教にケチだけつけたい低脳が。
おまえみたいな奴が人々に争いを招くんだよ。わかってんの?偽善者さん。
ちゅうか暇もできたし、ケンカ売るんなら、おちょくるぞ、おまえ。
別にこいつらの為に書いてるんじゃないのに、必ずこの手の輩が、余計な一言で絡んでくる。
興味がなければスルーすればいいのに、この手の輩は、エゴを相手に押し付ける。
2chにはそういう奴が一杯いる。それがどういうことかも知らずにね。

334 :Amy:2006/12/03(日) 16:19:21 ID:daN7DvcZ




>>333そのハンドルが気に入らないだけ

335 :コテん:2006/12/03(日) 16:31:37 ID:E2FwIx2y
>>319
貴重な情報をありがとう御座います。
神智学は複雑なようなので慎重に扱うつもりです。
ていうか、伝統的に云われていることの方が信頼できますね。

>>322
そうですか
本当に神の意思を知るためには解脱しなければならす、ハートチャクラの
開放はその第一歩と思ったのですが。 ま、ご本人の意思ということで。
Mutantさん、光の先さんは理知に偏ることに注意せよと言っています。
僕は他人の議論をスルーするのが得意です。
メール送ります。

336 :青い鳥:2006/12/03(日) 17:53:29 ID:gTu4WS7K
カラスの唄さん、ありがとう。
半分ぐらいしか理解できないけど、いろいろ啓発されています。
わたしはカラスの唄さんの変化球ではなく直球がほしい。
ただしゆるい直球にしてください。
 
ムータンもコテン君も目を覚ませ。
あなたたちはニセモノに洗脳されてる。
 

337 :コテん:2006/12/03(日) 18:09:57 ID:eyHmMsqt
>>336

・嘘を嘘と見抜けない人は、ネットの利用は難しい  ←蛇

                                 by ヒロユキ


・真実を真実と見抜けない人は、益を得ることは難しい  ←鳩

                                 by コテん

338 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 18:10:01 ID:lgwivK5n
>>325
私もクリスチャンです。しかし逐語霊感の立場はとっていません。
聖書解釈についてはどちらかと言えばカールバルトの新正統主義の立場ですね。
あなたは随分名前に拘るようですが、それは、あなたが貶めたいキリスト教と
同じロジックなんですよ。
わかります?

>>325
申し訳ないがあなたからは所謂カルトの匂いがします。仏教系新興宗教
といったところか。

>>336
私は言葉で判断する。名はどうでもよいのです。
例えば絵里子さんが複数HNで語ったとしても私は同じように
それぞれに感応したでしょう。
名は変えても本質を変えることはできないのです。

カラスは形而上の表現だけをして、我々に思考させる。
カラスの唄とはよく言ったものだ。
直球は時として人を愚鈍にさせるから、それはそれで非常にありがたいですね。





339 :青い鳥:2006/12/03(日) 18:13:42 ID:gTu4WS7K
以前テレビで、ある気功師がベンガル虎をリラックスさせる
パホーマンスをやっていた。そして実際に効果があった。
ということは虎にもチャクラがあったのだ。
虎は猫科だから猫にもチャクラがある。
チャクラで解脱が可能なら、虎も猫も可能になるではないか。
チャクラ派のコテン君、光の先や絵里子、AMY
あなたがたの理論は崩れ去った・・・。

340 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/03(日) 18:15:15 ID:lgwivK5n
>>339
これ以上醜態は曝すな・・・

341 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/03(日) 18:24:35 ID:GAa7eFo8
直球で話したいところだが、
ここで話すと、必ずAmyみたいな者が現れる。
別のスレでは、かなり直球で話したが、必ずこういう輩が現れ、執拗に邪魔をする。
彼らは聞こえる耳があるのに聞こえず、見える目があるのに見えないでいる。
だからあえて、彼らの前では、何を言っているのかわからないよう、喩えで話す。
心配しないでも、喩えで話しても、理解する者は理解するだろう。
仏典や、聖書を、いくら読んでも、理解できない者は理解できないが、理解できる者は
たちどころに理解する。兄弟達よ、求める者には与えられるのだ。

342 :青い鳥:2006/12/03(日) 19:36:43 ID:jgYcFWyj
>>341
了解しました。できるだけ理解するよう努力します。
カラスの唄さん、早速ですが教えてください。
 
エリ・エリ・レマ・サバクタニからダビデの詩篇22になり、
ヨブ記に話題が移ってます。それはこれらに内的な関連がある
からだろうと思います。わたしは、神のいない闇の中で、
それでも善を選択しようとする意志が、これらの話の隠された
テーマではないかと思うのですがいかがでしょうか。
わたしは意志こそがその人だと思っています。 
   

343 :青い鳥:2006/12/03(日) 19:56:46 ID:zOBzS7Wq
ムータンとコテン君
あなたたちは光の先が2チャンネルを馬鹿にしていることに
気がつきなさい。わたしたちを侮辱しているのです。
かれは今がネット社会であることに気がつかないアナログです。
 

344 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 20:01:21 ID:LEmvqOs9
チャクラを悪用することなんてあるんでしょうか?
あるとすればどうなるのでしょうか?

345 :青い鳥:2006/12/03(日) 20:20:58 ID:kPbGRNjg
チャクラの悪用かどうかわからないけど
猫の場合、決まった場所で首を振ったり、立ち止まったりする。
それを見てるといつものようにエサをあげたくなる。
催眠術のようなものかもしれない。


346 :Amy:2006/12/03(日) 20:35:53 ID:bYsjcBvW
>>344
チャクラは古代インドの用語、「輪」を意味します。古代インドの宗教者は人間の見えない体内まで透視して、エネルギーセンターが大きく7つあることを確認したのです。それが肉体にも感情にも精神にも作用する大切な力のポイントであることを見抜いたの。
20世紀になって、精神医学が発達してから、7つの位置に重なるようにして存在する内分泌腺が人間の肉体と心に大切な働きを担っていることが認められるようになりました。
それで、今では内分泌腺として理解する人が多くなりました。
チャクラを悪用すれば、ホルモン分泌がバランスを失い、自分の体を何よりも害するのです。これも作用反作用の法則です。チャクラはその目的を満たすために使わなければなりません。
特定のチャクラを選別的に使えば、内分泌腺の働きを選別的に高めることになり、全体のバランスを失います。
特定のホルモンが過剰に消費され、それを埋めようとして体内の貯蔵アミノ酸が分解して不足部を充当しようとします。
結果、心身のバランスを崩し、病気になります。
長く持続する怒りは副腎をかく乱してその管理下にある器官、神経を痛め、胃炎、胃潰瘍などの症状を起こします。
性行為が過ぎる人は前立腺に関わる炎症や潰瘍を生じる等。
ただ身体面だけではなく、神経や血管床も損傷するので、神経的、精神的に、非常に悪い影響を与えます。
霊能力を持っているだけで、感情と精神のコントロールのきかない人は、しばしばこのような結果になるので、注意が必要です。
ですから、宗教の基礎に必ず「倫理的戒律」が定められているのです。基礎が一番大切です。

347 :Amy:2006/12/03(日) 20:38:40 ID:bYsjcBvW
>>345
あなたは無知なのですからここには書き込まないでください。レベルが低下しますから。談話室がお似合いです。

348 :Amy:2006/12/03(日) 20:41:48 ID:bYsjcBvW
>>342
そういう話をしたいなら、談話室に書けばよいでしょう。ここを荒らさないようにお願いします。もともとスレッド1を立てたのは私なのですから、ここは2ですが私が管理する責任が在ります。

349 :Amy:2006/12/03(日) 20:43:38 ID:bYsjcBvW
>>338>クリスチャンです。

はいはい。ご立派ですねw
何かお証でもしてください。


350 :Amy:2006/12/03(日) 20:46:00 ID:bYsjcBvW
>>335
そうですね。ブラバツキーはごった煮です。心霊的テクノロジーに傾き、宗教倫理が欠けているのが特徴とも言えるかもしれません。

351 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 20:51:20 ID:Hs3rtAY5
あげ

352 :コテん:2006/12/03(日) 20:51:51 ID:P8hNMPtt
>>350
Amyさん
昨日、うつ伏せで寝ながら片手の指先を額に向けて気をアージュニャに
送っていたのですが、暫らくすると仙骨がバイブレーションを起こしました。
これってクンダリーニですか?

353 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 21:10:31 ID:LEmvqOs9
>>345
それは、青い鳥さんが猫ちゃんにチャクラをいじられてるということですか?
動物にはやはり人には理解できない領域があるのでしょうか

>>346
丁寧な回答ありがとうございます
チャクラを知っているのと知らないのとでは自分自身を防衛するという観点からも
大きな差を生みそうだとまずは読んで感じました。
特に長い怒りによって身体に悪影響を及ぼすあたりは
あまり一般的には知られていないのだろうと思いました


354 :赤い鳥:2006/12/03(日) 21:18:27 ID:33EIkzFi
>>347
Amy、それじゃ逆に聞くけど
チャクラが内分泌腺なら、あらゆる動物がチャクラをもって
場合によってはクンダリーニを経験することになるだろう。
聖なる悟りがそんな安っぽくていいわけ。だめでしょう?
 

355 :Amy:2006/12/03(日) 21:52:53 ID:7LCwfDZ9
>>352クンダリニーです。アジナーと仙骨は直結しています。仙骨に抑えられているいわばエネルギーの「バネ」が、緊張を外されると、弾みがついて飛び出すような衝撃とともに動きだします。
>>353チャクラは心身相関センターです。それぞれ特徴的感情や精神機能と直結していますから、思いが大切になるのです。
>>354無知で無礼なキリスト者には答えませんw

356 :コテん:2006/12/03(日) 21:59:00 ID:P8hNMPtt
>>355
それでは教えてください。
この先どうすれば好いでしょうか。
クンダリーニはまちがうと精神崩壊するというし。
飛び出したら死んでしまいそうな気がします。


357 :261:2006/12/03(日) 22:10:55 ID:xAaMxnwg
>>325
筆者不詳の点に目をつけて、
なんとかヨブ記のみを否定しようとされる努力は評価しますが、
モーセ五書といわれる創世記などをも含め、
実は聖書の大半は筆者不詳なのです。
伝承はあっても研究者の間では否定されているもの、
一部の筆者しかわからないもの、
後に付け加えられたり編集されたと思われるものなども多く、
福音書ですら、マタイやヨハネなど筆者は特定されていません。
また筆者がわかっている場合でも歴史的には無名の人物であることなどから、
論理的にその内容の信憑性を証明できるはずがないのです。

あなたは旧約聖書や福音書をよく自説の根拠とされていますが、
誰が書いたのかもわからない。今から2000年も前に書かれたものを
権威とするあなたはキリスト教徒なのでしょうか。
気に入らない部分だけを否定しようとアクロバット攻撃を続けるあまり、
あなたは自己分裂を起こしてしまっているのではありませんか。
私が重きを置くのは、
2000年以上も前の誰が書いたのかもわからない書物ではなく、
2000年以上に渡って多くの人々に受け入れられ信じられ続けてきた書物です。

358 :真面目人間:2006/12/03(日) 22:16:05 ID:TH6iPaas
>>355
でも354の質問、意外とまともだよ。
とりあえず、チャクラが内分泌腺なら、動物にもチャクラはあるの?


359 :261:2006/12/03(日) 22:16:20 ID:xAaMxnwg
因果応報についてのお考えですが、前世の因縁まで持ち出されては、
ちょっとスレッドの趣旨と外れてきているような気がしますし、
イエスや聖書を引き合いにだされていてもキリスト教の教義に
基づいた見解ではないということがわかり疑問も解決したので、
私としては特にこれ以上言う事はありません。

ただ、私は宗教者ですが他宗教の教師で、キリスト教徒ではありません。
聖書についても教養として有益な書だとは思っていますが、
それ以上の特別な信仰があるわけでもないということを断っておきます。

360 :Amy:2006/12/03(日) 22:18:02 ID:7LCwfDZ9
仙骨はモーター、クンダリニーは電力、大脳基底は照明器具、間の7つチャクラは抵抗器みたいなもの。抵抗器がショート起こさないようにきれいにしておかないといけませんね。
大切な条件が食生活です。水は多く飲むようにします。天然塩を欠かさずとります。必須アミノ酸をバランスよく取ります。五穀、豆類、にんにく、たまねぎなどなど。
感情のバランスを取るように心がけます。
エネルギーがこもらないようにする必要が在るので、無償で人を癒し他に喜びと幸せと健康を与えるとよいと思います。
他へ向けられる愛が心身の健全さの秘訣です。

361 :Amy:2006/12/03(日) 22:20:05 ID:7LCwfDZ9
私もう寝ますので、今日は書きません。
明日の夕方は書けなくなりました。おそらく明日の夜遅くになるかもしれませんが
手が悴んでなければ、、、暖房を使っていないのです。修行のためですw
では、失礼します。


362 :Amy:2006/12/03(日) 22:23:14 ID:7LCwfDZ9
簡単に
>>357私が根拠にしているのは聖書ではなく共通する真理ですが。イエスは仏教を知っていなければあのような教えは説けません。イエスの教えは東洋思想ですよ。キリスト教はギリシャ哲学による焼き直しです。
>>358チャクラは進化のセンターですが何か。動物が進化しないとでも思っているのですか。


363 :Amy:2006/12/03(日) 22:27:23 ID:7LCwfDZ9
>>359>因果応報についてのお考えですが、前世の因縁まで持ち出されては、
>ちょっとスレッドの趣旨と外れてきているような
>イエスや聖書を引き合いにだされていても

>>1のタイトル読んでないのですか?


ではおやすみなさい。

364 :Amy:2006/12/03(日) 22:29:13 ID:7LCwfDZ9
>>360>>356へです。でわ

365 :真面目人間:2006/12/03(日) 22:33:07 ID:TH6iPaas
>>362
いえいえ、なかなかいい答えでした。だと、結局人間は動物と同じで進化しただけ、動も
多少なり魂があるんでしょうか?

366 :コテん:2006/12/03(日) 22:49:20 ID:P8hNMPtt
>>360
うわぁ、なんか扱いが面倒くさいですね。
やっぱ金丹にしとくかな。自力でどうにでもなるから。
情報ありがとう御座いました。
おやすみなさい。

367 :赤い鳥:2006/12/04(月) 00:01:48 ID:V1QmLuqm
>>365  真面目人間さん
動物にチャクラがあるなら、霊魂もあり、解脱する可能性もある。
たまたま解脱してしまえば、牛や豚も神に祈り始める。
そんな家畜を食べるわけにいかない。
こうなったらSFですね。
 
そうかといって牛や豚の解脱を否定するなら
チャクラは解脱に無関係であり、ヨガ自体が
単なる柔軟体操であることを白状してしまう。 
  

368 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 01:17:44 ID:0LMhWQY0
随分ごった煮になってきたw

>>359
あなたのスタンスがいまいち読めなかったのですが、はっきりしました。
聖書も随分読んでおられるようですが、所々微妙にズレを感じた理由も
はっきりしました。ちなみにヨブ記の成立年は3〜4世紀と言われています。
Amyの説では5世紀以前が神話だそうですから、ヨブ記は神の言葉でしょうか?
まぁ、揚げ足取りは意地悪ですね。冗談です。

あなたは、聖書注解書も読んでいませんか?解釈が注解書通りに感じます。
教科書通りの優等生かと思っていました。その割りにこんなやくざなスレに
来てるので変だとは思ってましたが。これも冗談です。

輪廻についてはキリスト教でも排除されていますが、旧約聖書を同じくしている
ユダヤ教では因果応報は認められています。しかもユダヤ教神学の上位に
位置づけられている重要教理のようです。
カバラでは輪廻も認められています。

そして、驚くことにキリスト教異端とされているグノーシス(正確にはグノーシス
の方が先行成立)、マニ教も輪廻を認め(もっともマニ教は仏教の影響を受けている)
グノーシス二元論は、道教、ブラフマー教二元論と同じものでした。

正直、東西宗教間でこれほど近い主張がされていることに驚きを覚えています。
二元論についてはもう少し精査の必要を感じています。

創造のベクトルに主眼を置くと、輪廻は論理整合するのですが、
今度はキリストの贖罪の意義についてどう相関するかを追求せねばなりません。

様々な軸が交錯し、複雑化してきますが、諦めずに追求します。

369 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 01:22:16 ID:0LMhWQY0
>>346
うーむ・・・教養としてはおもしろい・・・
実はチャクラなるものがなんだかよくわからなかったから説明乙。
クンダリーニとは人間に内在している潜在能力のようなものですか?

これは瞑想によって得られるもの?


370 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 01:30:25 ID:0LMhWQY0
>>362
イエスの教えだけを我田引水か・・・
みっともないから止めとけ・・・

イエスの言行は旧約と一貫しているよ。
律法は完成された。
ちなみにAmyの中で西洋−悪、東洋−善の図式が出来上がってない?
だったらヨガなんかやってないで、真剣に真理を求めなさい。

371 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 01:46:51 ID:0LMhWQY0
訂正
ヨブ記の成立年
3〜4年→前3〜4年

>>367
そういや禅の公案にあったよ。
「犬に仏性はあるか?」ってやつ。

もっとも公案とキミが関係する質問じゃ質が違うから参考にならないかもだけど。

372 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 03:36:05 ID:qbt2I9an
>>242
>光は相対的では在りません。光は常に一定しており、各天体の重力に捉えられるときに、
>被造物に相対化して認識されるというだけで、光そのものは普遍です。 光は創造のエネルギーです。
>>248
>創世記の最初に出てくる光は可視光ではなく不可視光ですから、
>もちろん光子ではなく宇宙線の波動です。
>>342
>光は7色だけでしょうか。目に見えない光が無数にあるのがなぜわかりませんか。しかもあなたはその中に生きている。
>見ても見ないとはそのことです。

>チャクラを悪用すれば、ホルモン分泌がバランスを失い、自分の体を何よりも害するのです。
>これも作用反作用の法則です。チャクラはその目的を満たすために使わなければなりません。
>>360
>仙骨はモーター、クンダリニーは電力、大脳基底は照明器具、間の7つチャクラは抵抗器みたいなもの。
>抵抗器がショート起こさないようにきれいにしておかないといけませんね。
>>362
>チャクラは進化のセンターですが何か。動物が進化しないとでも思っているのですか。
>>361
>暖房を使っていないのです。修行のためですw

おまえ馬鹿なんじゃねぇの。あほくさ。
今度は臨死体験のときの光を受け入れれば、水子も救われるなんて言い出すぜ、この馬鹿女。

373 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 03:48:18 ID:qbt2I9an
>>347
談話室にはよ、人一倍妬み深く、嫉妬深く、他人に対し、対抗意識剥き出しで
絡んでくるキチガイ女がいるんだよ。他人のことはほっとけばいいのによ。
そいつはなぜか自分はキリスト教徒を自称しながら、輪廻を肯定しているくせに、
他のキリスト教徒が、輪廻を語ると、それはヒンドゥーだのなんだのと
対抗意識剥き出しで、絡んで来るんだよ。なんなんだ?あのキチガイ女。
そんなに自分が一番になりたいのか?滅びる者とは、あんなものだ。
あのキチガイ女、自分はキリスト教徒じゃないのに、キリスト教徒だと、嘘ばかり付いてやがる。
ここにもいるよな、キリスト教徒でないくせに、キリスト教徒を自称するキチガイ女が。
命の書に名前のない、無明に囚われてる滅びる定めの者は、他人に対して対抗意識を燃やす
自分のその心とは、どういうことか、知らないでいる。彼らは光を憎み、闇を好む。


374 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 04:09:43 ID:qbt2I9an
>>362
なにがイエスは仏教を知っていなければ、あのような教えはできなかっただよ。
それを言うなら、彼は真理を悟っていたから、あのような教えを説いたと言うんだよ、タコ。
仏教が上だとしたいのかなんだか知らんが、あれこれと ”区別” する思考から開放されないお前は
終わってるんだよ、低脳。

375 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 04:35:53 ID:qbt2I9an
クンダリニーをなにか超能力、超自然的に捕らえて得意げに語る者をみると
笑けてくる。何がチャクラは抵抗器だの、エネルギーセンターだの漫画みたいなこと言ってんだよ低脳。
チャクラとは車輪。ムーラダーラ チャクラとは本体のようなものである。
他のチャクラはそれぞれ、性欲、食欲、愛執、妬み、嫉妬、思考を比喩する。何が輪廻しこの世の生存を
我々にもたらすか?これらのものが車輪のごとく回り輪廻しているのだ。つまりチャクラとは、
輪廻するものをたとえているに過ぎない。
クンダリニーの覚醒は、これらの輪廻するものを頭頂から天に登らせるとあるが、これは、輪廻の元を断つという喩えだ。

クンダリニーの上昇は、よく蛇にたとえられる。
おかしいと思わないか?なぜ一神教では、ただの爬虫類である蛇を、知恵の象徴とするのか?
これは、クンダリニーの覚醒をした者なら、なぜ蛇と比喩されるのか理解するだろう。蛇である本体は、クンダリニーでは、
尾てい骨に収まっているとたとえられる(苦笑)

普通に考えれば、おかしいと思うだろう?なぜ、爬虫類に過ぎない蛇が、知恵の象徴とたとえられるか。
答えはここにある。

376 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 04:57:04 ID:qbt2I9an
クンダリニーヨーガには、ヨニ・ムドラーのポーズがある。
親指は、耳の穴を塞ぎ、人差し指は額に当て、中指で目を塞ぎ、
薬指は、小鼻の横に置き、小指は、口の両端に置く。
このポーズは、諸感覚が停止した状態を象徴している。
すなわち、親指は、聴覚。人差し指は、思考。中指は、視覚。薬指は嗅覚。
小指は、味覚が停止した状態である。
よくクンダリニーヨーガは、なにか超自然的な能力を得るためだというう風に思っている人がいるようだが、
私は、瞑想により、感覚器官が停止した状態を知る手段だと理解している。
つまり、肉体的に死んでいる状態だ。瞑想とは、読んで字のごとくである。
ゴータマ仏陀は、ヴィパッサナーをやった。サマタでは、思考を停止した状態など得られるはずもない。
考えても見ろ、ローソクの火を一点ずっと見続けたところで、どうして、思考が停止し、
感覚器官が停止した状態が得られようか。それを得るには智慧が必要である。
瞑想により悟りを開きたくば、ただ、一点を集中すればいいのではなく、智慧が必要なのだ。
一見矛盾していることを言っているようだが、思考を停止するには、智慧が必要なのだ。これは少し利口な者なら、
何を言っているのか、意味をたちどころに理解するだろう。ではどうすればいいか?瞑想には、呼吸が重要なポイントである。
死んでいる状態とはどういうことか?これは呼吸が停止した状態である。
だがこれを実践すると、本当に死んでしまい、この世界には戻ってこれないだろう(苦笑)
だが呼吸は、生きているものの証。呼吸を観察し、智慧を働かせる。ここにキーポイントがある。
なぜサマタではなくヴィパッサナーなのか?智慧なければ、真の瞑想は得られない。瞑想とは読んで字の如しなのだ。
先にも言ったが、クンダリニーヨーガとは、感覚器官、思考が停止した状態。つまり肉体的に死んでいる状態を悟る手段だといった。
これは別に釈迦のヴイパッサナーとは別物ではない。ヨーガとは、なにも超能力を得る手段ではい。そんなものはない。
「一」と合一する手段なのだ。そのとき人は自分が何者かを悟るだろう。私は七日間座を組み、第八の日に座を崩した。
私は創造主とは誰かをよく知っている。兄弟よ、あなた方に、智慧のあふれる、よき瞑想(祈り)が得られんことを。


377 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 05:08:05 ID:qbt2I9an
クンダリニーの上昇は、輪廻する原因(チャクラ)を肉から開放(滅ぼし)し、
再び迷いの生存に過ぎない、この世の生存に戻らないことを意味する喩えのようなものだと、理解する。

あんなもので、超能力が得られるようなごとき能書き垂れてる奴はまことにおめでたい。
彼らは、ヨーガの本当の目的を見誤る。

何度も言うが、チャクラとは、輪の喩え。回る回る。悟りに至らず、自分が何者かを悟らない者は、
己の内にある、輪廻する原因になるものを大事にし、迷いの生存を繰り返すのだ。

378 :コテん:2006/12/04(月) 07:13:50 ID:J0plGXnt
>>377
経絡を掃除すると超能力が得易くなりますよ。
クンダリニーの上昇目的とはなんの関係も無いですが。
超能力が欲しい人がクンダリニー上昇を利用しようとしているだけとか。
ならそれは正しい術を知らないからですね。超能力の意味もかな。


379 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 10:07:29 ID:O5cWpYZB
カラス語録w

おまえ馬鹿なんじゃねぇの。
あほくさ。
この馬鹿女。

380 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 10:12:45 ID:O5cWpYZB
野狐禅に落ちるとこうなりますから要注意

カラス語録w

おまえ馬鹿なんじゃねぇの。
あほくさ。
この馬鹿女。
タコ。
低脳

381 :Amy:2006/12/04(月) 12:11:30 ID:Kv5FplU8
>>366食生活をおろそかにするとクンダリーニが上昇したときに神経が焼かれてしまいます。経絡の流れをよくするには食の面からも配慮しないと。面倒ではないですよ。習慣にしてしまえば楽。
>>367少しは勉強しようねw
>>370旧約聖書こそ東洋からの借用ですがw
>>372-377邪魔。
>>378大脳基底が照らされるとイエスの言った内に光をの意味が理解できます。

382 :Amy:2006/12/04(月) 12:23:19 ID:Kv5FplU8
>>372

6 名前:阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/11/20(日) 20:14:07 ID:R35vRMkG
中略
追記:スレに出没しては無意味有害有毒な病的朦朧言説を排泄し続ける外道「机龍之介」、
同じく病的粘着を続ける「栗花 馨」ならびに「カラスの唄」という、スレ荒し常習者は一切
出入厳禁。カキコがあっても無視・スルーでお願いいたします。尚、これらにレスを与える
ことも荒し行為と認定いたします。


383 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 13:51:26 ID:qbt2I9an
>>381
>食生活をおろそかにするとクンダリーニが上昇したときに神経が焼かれてしまいます。

おまえ、本当に馬鹿なんじゃねぇの?ケラケラ。あんまり幼稚なこと書いて、俺を笑わせないでくれる〜
言ってることが、怪しげな、糞の役にも立たない、ヨガ道場の支障・・おっと間違えた、師匠レベルと一緒。

アホくさいんだよ、おまえ。こういう低レベルな奴に限って、他人に対する対抗意識だけは、いっちょまえなんだよね。
迷惑な人達だ。

384 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 13:59:06 ID:qbt2I9an
>>382
おまえよ〜。あんたはここには書くなだのと、あんたは書いてもいいだのと、
他人様に指図してんじゃねぇぞ。
何が修行だ。本当の修行とは何かもしらねぇで、幼稚な能書き垂れてるんじゃねぇぞ、低脳。
ここは2ch。てめぇでオナニーしたけりゃ、てめぇでHPでも立ち上げて能書き垂れてろや。タコ。
そういや、聖句スレでもお前と同じ奴がいたな。そこのアホウ陀羅經も、聖句スレのお山の大将も、
おまえも、同じ穴の狢だと知れ。エゴの奴隷が、てめぇらのエゴを他人様に推し付けんじゃ
ねぇよ。わかったかい?馬鹿女。

385 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 14:14:13 ID:qbt2I9an
ま、あれだ。実際の話、女は駄目だ。
パウロの書簡には、一見女性蔑視とも取れる記述があるが、
あれはキリスト教のいう、”男”、”女” の意味を理解しなければ、
彼の、あれを書いた本当の真意は理解できないだろう。
だが、実際の話、生物学的な女は黙ってろというのも間違いではないがな。
あれは、キリスト教の、男、女と、肉の女と絡めて書かれているものだ。
女は、その業ゆえ女に生まれる。女は、どんなに頭がよくても、所詮は、最終的には子宮思考。
女はつべこべ言わず、黙ってろよ。
女がでしゃばるとろくなことはない。これは真理だよ(苦笑)

よく2chには、ネット右翼がいるだろう。あれって案外女が多いんだぜ。女とはそういうものだ。

386 :Aimee:2006/12/04(月) 14:43:29 ID:Kv5FplU8
===================================================
≪カラスの唄 ◆S5WLCcUno2警報≫

 カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 @カトリック多元主義の異端です。
                   A釈迦に帰依しているのでスレ違いです。
  
 コテハン リスト・ttp://evangelical.zouri.jp/kotehan.html


君がイエスの名によって真理を語ろうとするならば、以下の事を心に留めなさい。

※イエスの愛を持って語りなさい。
  どんなに真理であっても、それを伝えるためには愛がなければ全ては無意味です。
  君の言葉からはイエスの愛よりも「怒り」を感じます。

※イエスの忍耐を持って語りなさい。
  真理は示すだけでは無意味です、君が宝を人に手渡したいのなら暴言を慎みなさい。
  人を裁くこと、張り倒してやるとか、人を豚呼ばわりする事は君自身の品性を損なうことです。
  今の君は、自分の宝を自慢しているだけにしか見えません。

※イエスの謙りを持って語りなさい。
  幼子であっても真理を理解することはできます、簡素に平易な言葉を持って語りなさい。
  君の言葉から高慢を取り除きなさい、謙り語り合いなさい。
  聞き手の心に届かなければ、真理を語っているつもりでもそれはモノローグでしかありません。

===================================================

387 :Aimee:2006/12/04(月) 14:54:38 ID:Kv5FplU8
カラスの唄 ◆S5WLCcUno2: ローマ・カトリックで幼児洗礼を受ける。「信仰だけでは救われないんだよ。プロテスタントはおめでたい。 」また「救いにキリスト教徒である必要はないんだよ。 」と主張。カトリック多元主義の異端である。
カラスの主張
http://evangelical.zouri.jp/karasu.html
その続き
http://evangelical.zouri.jp/karasu2.html
さらに釈迦に帰依する
http://evangelical.zouri.jp/karasu3.html


388 :真面目人間:2006/12/04(月) 15:09:04 ID:nZaJF1dA
Aimeeさん
それより、僕は真剣真面目に365の質問に答えて欲しいんだけど。

結局チャクラに関してのことだけど、人間は動物と同じで進化しただけであり、動物も
多少なり魂があるんでしょうか?

389 :Aimee:2006/12/04(月) 15:25:36 ID:Kv5FplU8
>>383-385 入室の資格なし

レス禁止!こましの日記帳
19 名前: 翔べないカラス ◆S5WLCcUno2 投稿日: 02/10/31 22:56: 10月31日 晴れ 今日はあのクソ会社とおさらばした日だ。 ... 25 名前: 翔べないカラス ◆S5WLCcUno2 投稿日: 02/11/03 02:16: また落書きさせてもらおうかなっと。 11月2日 晴れ ...
http://www2.bbspink.com/pub/kako/1035/10358/1035888922.html

関西のテレクラ事情
翔べないカラス ご心配なく。ちゃんと見せてもらいましたよ。 しかし女に会いに行くときにデジカメ持参とは、あなたもDM同様に 鬼畜ですね(w ... ほんま>>翔べないカラスさん 臭味おなじですね!是非データー 交換しましょう!!DMも必ず持参です。
http://www2.bbspink.com/club/kako/981/981805200.html

関西のテレクラ事情 Part5
234 名前: 翔べないカラス 投稿日: 01/10/31 20:51 ID:+g8TY6ef ... 302 名前: 翔べないカラス 投稿日: 01/11/08 18:11 ID:twboMJNN: 少し前にここでデブ専の情報を求めたところ、教えてくれた人がいたので ...
http://www2.bbspink.com/club/kako/1001/10019/1001938594.html


390 :Aimee:2006/12/04(月) 15:28:02 ID:Kv5FplU8
>>388
1進化を信じないの?
2一寸の虫にも何とやら



391 :真面目人間:2006/12/04(月) 15:34:07 ID:nZaJF1dA
>>390
つまり、チャクラは進化の原因で、チャクラ=内分泌腺であり、それを持つ動物には魂はあるという答えですね。

392 :Aimee:2006/12/04(月) 15:36:40 ID:Kv5FplU8
チャクラは内分泌腺ではありません。
内分泌腺は可視的領域にありますが、
チャクラは可視スペクトルを超えています。


393 :Aimee:2006/12/04(月) 15:39:27 ID:Kv5FplU8
>>385
相手してほしいなら、素直に言いなさいな。
でも、その前に聞きたいことが在ります。
あなたは何人の女性に薬を打って奴隷にしましたか。

394 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 15:42:28 ID:ADty3Ryg
>>390
おまえ進化論の”進化”を字義通りに解釈してんの?
自然科学の分野は本当に無知だな。

あと、旧約聖書が書かれた年代に、どうやって上座部佛教が布教するんだよ。
部派仏教、大乗と旧約が執筆された年代を照合してみろ。
あまり妄想振りまかないように。

395 :真面目人間:2006/12/04(月) 15:46:49 ID:nZaJF1dA
>>392
動物も人間にもチャクラはあると書かれたでしょう。>>362
動物にも人間にも内分泌腺はあるでしょう。
チャクラが進化の原因とされたでしょう。

だから、内分泌腺は別としても、動物にも人間にもチャクラがあるので、それが進化の
原因であるの書かれているのだから、動物も魂を持っているんですかと質問してるんですが?

396 :Aimee:2006/12/04(月) 15:50:15 ID:Kv5FplU8
>>394
あなたにおまえなんて言われる筋あいでは在りません。
生物の進化を否定する原理主義者はお断りします。
誰が仏教の話をしましたか。あんたも妄想家ね


397 :Aimee:2006/12/04(月) 15:51:53 ID:Kv5FplU8
>>395
質問の意図は?w

398 :真面目人間:2006/12/04(月) 15:54:12 ID:nZaJF1dA
>>397
僕は知らないので意図無し、分からないから反論するつもりも無し。
ただ聞いているだけ。

399 :Aimee:2006/12/04(月) 15:55:12 ID:Kv5FplU8
私、あと1時間で実家に行かないといけません。
お掃除と食事の支度をしないといけません。
帰宅してから子供の世話が在ります。
教は久々に時間が取れましたが、
あと30分ぐらいしかネットできません。
長い回答は期待しないでください。

400 :Aimee:2006/12/04(月) 16:08:01 ID:Kv5FplU8
>>398
そう。なら答えます。
動物にもチャクラは在ります。前にチャクラは抵抗器だと書きましたように、抵抗の度合いが人間とはまったく異なります。
大体、大脳の構造から分量を考えてもわかるでしょ。
抵抗をいろいろに調整してもろもろの動物を作り出したのは創造主です。
霊長類のチャクラを変質させられて創造されたのが人類ではないでしょうか。

401 :真面目人間:2006/12/04(月) 16:11:41 ID:nZaJF1dA
>>400
親切にありがとう、一応の納得です。魂との関係はどうでしょうか?
つまりチャクラとか大脳基底部で光を見てと書かれていますが、魂は動物の低いレベルに応じた
低いレベルで存在しますでしょうか?

402 :Aimee:2006/12/04(月) 16:21:38 ID:Kv5FplU8
>>401
魂とはなんですか。
人は肉体と感情と精神と霊があります。


403 :真面目人間:2006/12/04(月) 16:23:23 ID:nZaJF1dA
>>402
何なんですか?

404 :Aimee:2006/12/04(月) 16:27:23 ID:Kv5FplU8
プシュケは肉体の死後長いこと存続する体です。
日本語の魂は広い意味があり虫にもあると言われる魂は
ギリシャ語のテモスでこれは人魂のような幽体で、
死後まもなく消えるものです。

405 :真面目人間:2006/12/04(月) 16:32:19 ID:nZaJF1dA
難しくてよく分かりませんが、ある程度以上の進化をすれば、自動的にプシュケが発生するのですか?
それともテモスがプシュケに変わるのですか。

406 :Aimee:2006/12/04(月) 16:35:42 ID:Kv5FplU8
動物のことではなくて人間の進化を扱ってるのですがw
プシュケは魂です。誰にでも在ります。それが転生する主体です。
テモスは肉体を包む目に見えないエネルギーの皮膜です。
それは肉体の死とともに役目を終えて消えていきます。

407 :Aimee:2006/12/04(月) 16:36:44 ID:Kv5FplU8
では、これで失礼いたします。

罪深いカラスはちゃんと質問に答えなさい。


408 :真面目人間:2006/12/04(月) 16:44:10 ID:nZaJF1dA
>>406
そいうことではなく、動物の進化を神が促進させて人間を発生させた訳でしょう。
だからプシュケはその進化に応じて発生したのですか、それともテモスから変質したのですか
と言う質問ですが?

409 :真面目人間:2006/12/04(月) 16:50:10 ID:nZaJF1dA
>>406
つまりそのプシュケの由来、どこから発生し、どこから来たのか、また動物にはそれがない。
しかし進化は停止したわけではないのでプシュケが自動発生ならば、そのうちに高等霊長類はプシュケを
持つ可能性がある??のでしょうか??

410 :Aimee:2006/12/04(月) 16:52:50 ID:Kv5FplU8
ww

411 :真面目人間:2006/12/04(月) 17:01:11 ID:nZaJF1dA
>>410
>>400
「霊長類のチャクラを変質させられて創造されたのが人類ではないでしょうか。」
と書かれていますね。

412 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 17:10:59 ID:GaWa+Hwv
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった。                   


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。 
信じるか信じないかはあなた次第です。

413 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 17:13:46 ID:ADty3Ryg
>>396
原理主義って・・・
そうじゃなくって、あなたの言う進化とは?

あと、佛教の影響でなければ東洋の影響とは具体的にどこからの影響を
指してんの?確かにヘレニズムからの影響はあるだろうけど、民族の純粋性を
保つための旧約聖書体系化だったわけだがね。
具体的なソースをくれ。

414 :青い鳥:2006/12/04(月) 17:30:45 ID:B8Iw1YR3
>>353 
チャクラで遊べるかどうかに答えたいと思います
わたしはチャクラ派ではありませんからわかりませんが、
チャクラ派なら猫とハグハグしそうです。
また猫は、妄想にふけらないので霊感があるのではないでしょうか。
 

415 :青い鳥:2006/12/04(月) 17:41:06 ID:B8Iw1YR3
>>368
あは君は犬と同化しています。
人が犬に退化するなんて、あは君はあはや。
あは君には罪の意識が欠落しています。


416 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 18:25:24 ID:qbt2I9an
>>400 >>404 >>406
適当なこと言ってんじゃねぇよ、馬鹿女。


417 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 18:41:41 ID:qbt2I9an
>>389
わはは。懐かしいスレをありがとう。
お前なんであんなスレ知ってるんだ?案外お前もテレ蔵女じゃねぇのか?
何人と円光した?何人の男のものくわえ込んだんだよ?(嘲笑)
しかし懐かしい。当時のことを思い出し、何気に楽しい気分になれた。
あぁそうだよ。女遊びは随分してきた。汚い仕事も随分やった。
それがどうした?

おかげで人の気持ちや、人間の汚い部分も、そのへんの世間知らず
の童貞坊やなどより、よく知っているつもりだ。
全ては過去の話だ。幼児洗礼を受けたのはいいが、宗教心に目覚めたのは、
ここ数年の話だ。それまでは、神様、仏様など信じちゃいなかった。
もちろんお前の貼ったスレに書き込んで、遊んでいたときもそうだった。
教会などには、ほとんど通ったことはない。いまでもあんなくだらないところに通うつもりはない。
この宗教板で、当時と同じトリップを使うのは、意味があってな。わざとおなじトリップを使っている。
でなきゃ、全然テーマの違うこの板で、同じトリップなど使うものか。
それはお前には関係ないことだ。一切行無常。人の心は変わる。それも今となってはどうでもいいことだ。
お前が過去のスレを貼ろうと、痛くも痒くもないよ。

418 :青い鳥:2006/12/04(月) 18:59:09 ID:B8Iw1YR3
みんな、カラスの唄さんを誤解していると思う。
カラスの唄さんがホンモノだよ。光の先はニセモノだ。
Amyも光の先は悟っていないと言っている。
机龍之介も善悪が水あめのようになっているからニセモノだ。
 
カラスの唄さんの言ってること、よーく読んでごらんよ。
中身が濃いから難解だけど、繰り返し読んでるとわかってくる。
わたしはだれがホンモノかわかってきた。 


419 :真面目人間:2006/12/04(月) 19:04:48 ID:nZaJF1dA
>>413
分かってるよ、彼女のは淘汰ではなく展開ですが。とりあえずMutant的突然変異説的でもいいので。
答えを聞きたいのです。

420 :真面目人間:2006/12/04(月) 19:41:08 ID:nZaJF1dA
>>410
もうあきらめた、貴方には無理のようだ。別のスレにいきまーす。バイバイ。

421 :Aimee:2006/12/04(月) 20:25:00 ID:I2phj3gQ
今帰宅しました。これから子供をお風呂に入れて、ねかし付けて、それからですので、11時ごろかな。
でも、私も寝なければならないしなあ。バカカラスも荒らしにきてるしなあ
やっぱ、今日はやめとこww


422 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 20:32:26 ID:P9x93/dn
なんだ響子か

423 :コテん:2006/12/04(月) 20:54:28 ID:ILfeGhy3
うーむ
このままクンダリーニ発動させるべきか否か・・・

424 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 21:09:48 ID:xB228Y8P
>>417おまけwwww
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=+site%3Awww2.bbspink.com++%E7%BF%94%E3%81%B9%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9&lr=

425 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 21:51:24 ID:qbt2I9an
>>393
>あなたは何人の女性に薬を打って奴隷にしましたか。

はぁ?おまえ、薬のやりすぎで、脳みそにウジ沸いてんじゃねぇのか?

426 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 21:57:18 ID:qbt2I9an
>>418
残念ながら俺は君の希望に答えられる者ではないよ。
俺は全てを知っているわけではない。全てを知ったのなら、今の俺のままでは
俺は決して許されないだろう。この世に生まれ落ちる人は、心は熱く燃えていても、
肉の思いには、弱いものだ。それほどに肉の思いはすさまじい。
私は自分の心が弱いということはよく知っている。私は肉の思いに負けている。
全てを知ることを恐れる私が、ここにいる。

427 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 22:20:54 ID:qbt2I9an
黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、
あなたは切られて地に倒れてしまった。 あなたはさきに心のうちに言った、
『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上ににおき、
北の果てなる集会の山に座し、 雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。
しかしあなたは陰府に落とされ、穴の奥底に入れられる。
〜イザヤ第14章12〜15節

馬鹿な学者共は、これをバビロンの王だとか抜かす(苦笑)
あほな宗教学者は言うに及ばず、今のキリスト教はバッタものだ。真理のかけらもない。
蛇は知恵の象徴。知恵は我々を地獄に突き落としたが、知恵こそが我々を救う。
宇宙の不変の真理が我々を救うのだ。それは「言」を持つ我々人だけが許されたこと。
旧約の創造の神の名を教えてあげよう。彼は無知と言う。体の作り主よ。お前の正体は見破られたのだ。
無知なキリスト教徒達よ、おまえ達は、死神を拝んでいるんだよ。
キリストとは何者か?彼のもう一つの名前を教えてあげよう。皆が知っている名前だ。その名はルシファー呼ぶ。
もう一度言おう。蛇は知恵の象徴。知恵は我々を地獄に突き落としたが、知恵こそが我々を救う。
不変の真理が我々を救うのだ。その知恵は、「言」によって成るのだ。

428 :narumi:2006/12/04(月) 22:23:33 ID:xB228Y8P
>>427
ルシフェリアン異端てか悪魔主義者は死んでいいよ

429 :narumi:2006/12/04(月) 22:24:37 ID:xB228Y8P
>>426
おたーとハルカに言い負かされたくせにプ

430 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 22:28:14 ID:qbt2I9an
>>428
無知なお前達は、死神でも拝んでいろ。
創造の神とは何者かも知らずに、お前達は真におめでたい。

真のキリスト教は、知恵の象徴、蛇を拝むんだよ。バッタもんのお前達は、死神を拝んでいる。

431 :narumi:2006/12/04(月) 22:29:12 ID:xB228Y8P
>>430
一人で拝んでれば?

432 :narumi:2006/12/04(月) 22:32:15 ID:xB228Y8P
>>430
どうでもいいけどさー
カトリック教会で幼児洗礼受けたなんて
嘘つくのやめなよ。。
地獄落ちるよ。

433 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 22:35:16 ID:qbt2I9an
>>431
別にお前に同意は求めていない。
あんたはあんたの信じる道を進めばいいだろう。
救いに至る者は、誰に言われるまでもなく、真理を探し見出すだろう。
だが、滅びるものは、無知の中のままでいる。
そいうものだ。

434 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 22:36:52 ID:qbt2I9an
>>432
俺はカトリックの幼児洗礼者だ。
嘘は言っていない。ま、別に信じる信じないはあんたの勝手だけどさ。
あんたの相手はつまらないんであしからず。

435 :サロメおたぁ ◆wHb3uVRoA. :2006/12/04(月) 22:37:05 ID:a9iCBNRy
>カラス
グノーシス乙www

436 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 22:39:48 ID:ADty3Ryg
>>427
これはすごいな・・・

今までの内容が全て繋がる・・・

自我に迷うものにはわからんだろうな。
おれも理解しきれたワケじゃないが、じっくり思考させてもらうよ。

437 :narumi:2006/12/04(月) 22:40:46 ID:xB228Y8P
>>434
カトリックに何の恨みがあるわけ?
ソウカでしょ?

438 :narumi:2006/12/04(月) 22:41:33 ID:xB228Y8P
>>436
死んでイーよ

439 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 22:42:35 ID:ADty3Ryg
カラスは相当の絶望の中にいたんだな。


440 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 22:43:40 ID:ADty3Ryg
>>438
一言教えるよ。
名前を捨てろ。

441 :青い鳥:2006/12/04(月) 22:45:22 ID://zgYXhD
カラスの唄さんは自分の弱点を承知している。
いずれ弱点を克服すれば、話し方も変わってくると思う。
鋭く真理に切れ込むけど、逆に自分自身にも切れ込んでいる。
そこらへんが誤解される理由かもしれない。
 

442 :narumi:2006/12/04(月) 22:45:31 ID:xB228Y8P
>>436
あのねえ。ルシファーてラテン語ですが。意味わかってる?
イザヤ書はラテン語で書かれたんですか?



443 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 22:47:11 ID:ADty3Ryg
>>442
本当に価値のない人間だな
言葉がなぜ発生したのかよく考えろ。

444 :narumi:2006/12/04(月) 22:48:20 ID:xB228Y8P
>>443
ハァ?なにが?
イザヤ書のその名詞はなあに?
ばか?

445 :narumi:2006/12/04(月) 22:51:21 ID:xB228Y8P
>>436
なに感動してるの?キモイよ。。。
ハレルは蛇でしゅか?ばかじゃんw

446 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 22:56:15 ID:qbt2I9an
>>442
>ルシファーてラテン語ですが。意味わかってる?

ルシファーとはラテン語で明けの明星。それがどうした?
そんなことはどうでもいいんだよ。俺はキリストのもうひとつの名前を示したまでのこと。
この世界の音による認識などどうでもいい。
名前は識別するもの。それは「言」を持つ「人」だけが成せる業。
善と悪も表裏一体。存在するのは「一」だけだと私は言った。2000年前の男は、父の名を
世界に知らしめた。だが父の名を理解する者は少ない。聖霊が名付けた子の名は、父の名となる。
存在するたった一つ名前。彼が他に名付けた名前は、全て幻。父の名を知る者は、自分自身を知るだろう。
愚か者よ、キリストと、みんながルシファー認識する者は、表裏一体なのだ。

存在するのは「一」だけだと、私は言った。

447 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 22:58:32 ID:lAqfU/QV
10代のアニオタのスレみたいだ

448 :narumi:2006/12/04(月) 23:03:22 ID:xB228Y8P
>>446
ルシファーじゃないって。ばかだねw
ハレルよw
ヘブライ語で調べな。ばかあほ

449 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:07:25 ID:qbt2I9an
Lucifer はもともと、ラテン語で「光を帯びたもの」
(lux 光 + -fer 帯びている、生ずる)を意味し、キリスト教以前から「明けの明星」を指すものとして用いられ、
オウィディウスやウェルギリウスなどの詩歌にも見られる語である。無論、ヘブライ語の旧約聖書にも、
ギリシャ語の新約聖書にも使われてはおらず、元来は、サタンや堕天使といった伝説と一切無縁のものだった。

>>448
だからなんだと言ってるんだよ。お前の相手はつまらない。

450 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:11:08 ID:lAqfU/QV
あるいは多重人格女のサイト

451 :narumi:2006/12/04(月) 23:12:28 ID:xB228Y8P
>>449
だから、原語はハレルですって
ハレルはバビロン神話の金星の神様。
イエスと関係ないよ。


452 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:22:41 ID:lAqfU/QV
悪魔は悪魔だろ

453 :narumi:2006/12/04(月) 23:25:41 ID:xB228Y8P
「輝く存在」を意味するヘブライ語のハレルをまんまラテン語に訳してしまったの。
それがラテン語で「輝く存在」を意味するルシファー。
でも、日本語の金星を「金の星」を意味する「ゴールデンスター」って訳す?
訳さないよねww
だから、イザヤ書のその箇所は誤訳なの。
それはカトリックの辞書にも乗ってるよ。
聖母マリアだって、ルシファーという称号持ってるし。
わかった?
バカラスwwwwwwwwwwwww


454 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/04(月) 23:25:44 ID:ADty3Ryg
意味を知りたい人間はこのスレと前スレ「生まれ変わり」を読み返しなさい。
そこに書いてるから。

もう一度言う。
「名前を捨てなさい。」

これが理解できなければ読まなくてもいいよ。

455 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:27:37 ID:lAqfU/QV
シュタイナーのいうルチフェルは彼はほんとに見てたんだとおもう

456 :narumi:2006/12/04(月) 23:28:07 ID:xB228Y8P
>>452
だから悪魔じゃないってば。
イザヤ書のその箇所はバビロン/カナン神話をそのまま
ヘブライ語で表記したものだもの。
あ、これ日本語にもなってるよ。ググれば?

457 :narumi:2006/12/04(月) 23:29:23 ID:xB228Y8P
>>455
だーかーら、ルチフェル=サタンという考えがそもそも間違いなの。

458 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/04(月) 23:31:13 ID:qbt2I9an
馬鹿は人の言ってることを理解しようともせず、ひたすら自分のエゴを他人に押しつける。
それがどういうことかも知らずに。滅びる者とはそういうものだ。

禍だ。神無き者たちよ。おまえたちは、望みを持たず、起こりもしないことに依り頼むのだ。
禍だ、お前たちよ。お前たちは、滅び行く肉体と牢獄の中で、望みを抱くのだ。
いつまで眠っているのか、いつまで滅び行かざるものを、滅びるものと思っているのか。
お前たちの望みは、この世に置かれ、お前たちの神はこの世の命だ。お前たちは、お前たちの魂を腐らせている。

今日駅のホームにいた。あふれる人、人、人。だが100年もすれば、ここにいる人たちは、全ていないだろう。
それは私とて同じこと。楽しい思い出。悲しい思い出。全ては私の大切な記憶。だがこの大切な記憶も、私の時が終わるとき
全て消え去るだろう。私とはいったいなに?私の時は、あとどれくらい残されているのだろう?私は幻を愛している。
そして私は年をとり、今日という一日は終わる。時は過ぎ去る。

今宵は月がきれいだ。

459 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:32:59 ID:lAqfU/QV
>>456
ではここのスレ主?はルシファーという名称で悪魔を拝んでるわけだ
光放つという語源に釣られて悪魔を輝かせている、と

460 :narumi:2006/12/04(月) 23:35:01 ID:xB228Y8P
>>459
ウルガタ聖書ペテロ第2の手紙に
ルシファーはキリストを先触れする光と書かれてますが何か。


461 :narumi:2006/12/04(月) 23:37:20 ID:xB228Y8P
カラスがルシファー=蛇=キリスト=拝むべきと
妄想した。
それをオバカな学研のおばたんが「すごいな」と
感動した。
だから、訂正してあげただけだけど。
感謝したら?w


462 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:39:43 ID:lAqfU/QV
>>460
あなたの言うとおりなのだろう
自分としてはカラスという人の精神状態が、気の毒です

463 :narumi:2006/12/04(月) 23:48:04 ID:xB228Y8P
>>462
間違ってないよ。。。
イザヤ書も神の言葉ではなく伝承のひとつなの。
それが正統的カトリックの認識。ユダヤ教でも同じ。


464 :narumi:2006/12/04(月) 23:50:41 ID:xB228Y8P
あ、でも、雹とか、私的啓示に染まってる人たちは、
今でもルシファーはサタンだって、必死に信じてるみたい。
かわいそう


465 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:54:23 ID:lAqfU/QV
瞑想とか内面の冒険、怖いから気をつけてちょ

466 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:54:53 ID:0B6O72Ts
>464
あなた達は2千年前となんら変わらないですね。

現代のファリサイ派さん。

467 :青い鳥:2006/12/04(月) 23:55:33 ID:o/MEWuDa
ルシファーの話はいったん中止して
ヨブ記にも関係する因果応報について教えてくれませんか
善因善果と悪因悪果は絶対の法則なのかどうか

468 :narumi:2006/12/04(月) 23:55:57 ID:xB228Y8P
妄想が現実化するからね。。。怖いよね。。。

469 :narumi:2006/12/04(月) 23:58:45 ID:xB228Y8P
>>467
あれは神様が悪魔さえ使って選んだ人を試すと言うお話。
旧約聖書によく出てくるモチーフの一つ。
神は愛するものにアルルの門をくぐらせる、
金をさらに精錬してえり分けるとか。


470 :narumi:2006/12/05(火) 00:00:00 ID:xk+HpsMw
寝ます

471 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:03:07 ID:5ik4TrVk
>>463
勉強になる

472 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:05:55 ID:5ik4TrVk
>>458
離人感あるみたいですが
それは、実際、魂が離れているわけだから、お祈りで保護してもらってください

473 :青い鳥:2006/12/05(火) 00:08:44 ID:oo492ERY
narumiさん、おやすみ。
  
カラスの唄さん、いま月を眺めました。
きれいな満月ですね。
 


474 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:09:51 ID:5ik4TrVk
                  _r'ニ二> 、
               _,. :'´ ̄: :`ヽ\::.::`ヽ
            _,.:'´: : : : : : : : : : ヽ ';:.::.::ハ
          ∠,仁._‐-、 : : : : : : : : : :}_j::/::.::i
        , '´ ̄¨´‐.、 `y'^ー、: : : : : : :/'イ::.::.::{       ,.、
      /  .   : :  Y }   }_;.-'TT´::::::.::.::.:;ノ   _,.f´__,\
      .′ :   :    :}v  .i`ト-く._!:::::::_;.イ--、―¬;.:.:.:.:_:.:.:\
.     l .  :     :. .:!|   !!  /イ ̄ /   j_,. -亠'¨⌒ヽ:_ノ
      ! {  :  :.  |:.:,! !  | `ー'´ ヽ.__,,.. -‐'´
     }.:}.  :.l  :.: .!:.i r' , 、〉
   (_,ノ_;{:...:.:.:!: .:.:. .ハ:{_`T~^i
      f彡Y:.:.}:|:.!:.:!:{:イ'` |  !
     ⌒j,ィ:.{:!:ハ:|:!{{|   j  !
       ,レ^ト! }川`ー/,.  {
              }n.n r}


475 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/05(火) 00:12:51 ID:HnAJKDOb
きみらの信仰は神社で賽銭放ってお参りするのと同じレベルだよ。

正直おれは非常にショックを受けてる。
カラスの言ってることは当たり前のことなのだ。
しかし、キリスト教は当たり前のことを隠してしまった。

これが独り歩む道だと知ったよ。

476 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:12:59 ID:5ik4TrVk
                  _r'ニ二> 、
               _,. :'´ ̄: :`ヽ\::.::`ヽ
            _,.:'´: : : : : : : : : : ヽ ';:.::.::ハ
          ∠,仁._‐-、 : : : : : : : : : :}_j::/::.::i
        , '´ ̄¨´‐.、 `y'^ー、: : : : : : :/'イ::.::.::{       ,.、
      /  .   : :  Y }   }_;.-'TT´::::::.::.::.:;ノ   _,.f´__,\
      .′ :   :    :}v  .i`ト-く._!:::::::_;.イ--、―¬;.:.:.:.:_:.:.:\
.     l .  :     :. .:!|   !!  /イ ̄ /   j_,. -亠'¨⌒ヽ:_ノ
      ! {  :  :.  |:.:,! !  | `ー'´ ヽ.__,,.. -‐'´
     }.:}.  :.l  :.: .!:.i r' , 、〉
   (_,ノ_;{:...:.:.:!: .:.:. .ハ:{_`T~^i
      f彡Y:.:.}:|:.!:.:!:{:イ'` |  !
     ⌒j,ィ:.{:!:ハ:|:!{{|   j  !
       ,レ^ト! }川`ー/,.  {
              }n.n r}


477 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:15:26 ID:5ik4TrVk
>>474
本気なら行くところまで行きなさい

478 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:17:20 ID:5ik4TrVk
ヨブ記のことなど論じるのもおそろしい

479 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:19:29 ID:5ik4TrVk
> 神社で賽銭放ってお参りするのと同じレベルだよ。
カトリックの美点

480 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:22:02 ID:BPtdzfMi
ファンタジーとオナニーばかりでした。

481 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:23:31 ID:BYS5gacJ
人間は醜い
おまえも>>480

482 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:23:59 ID:BPtdzfMi
ここでは神は死んでいる。アーメンじゃなくて、もうラーメンと一緒。
幻滅と絶句。

483 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:25:12 ID:BPtdzfMi
間違ってもキリスト教には入らない。

484 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:25:25 ID:BYS5gacJ
神なんて気安く書くなタコ

485 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:28:44 ID:BPtdzfMi
生きる意味を誤魔化された痴呆症の一団みたい。

486 :narumi:2006/12/05(火) 00:47:43 ID:xk+HpsMw
だめだ。眠れない。。

>>475
頭使いすぎ。ばかになったら?

487 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:56:47 ID:BPtdzfMi
眠れ良い子よ〜、ららららららら〜、ららららららら〜
眠れ良い子よ〜。

488 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 00:59:57 ID:+jw7s+sg
ごめんおれが寝るw

489 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 01:01:18 ID:nah03EKM
zzzz

490 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 01:21:06 ID:HVi5eF0/
ルシファーは堕落天使ではなかったのか。知らなかった。

というか、ちょっと驚き。

ルシファー=フリーメイソンの崇める「知恵の堕天使」だと思っていました。

ムーの読みすぎだったかも。



491 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 01:28:32 ID:rOsftm0+
>>490シャヘル
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
シャヘルはカナン神話(ウガリット神話)における曙(明けの明星)の神。
黄昏(宵の明星)の神シャレム(ちなみに、エルサレムとは「シャレムの家」の意味である)とは対になる双子の神とされる。

イザヤ書の「暁の子ルシフェル」という言葉は、聖書で唯一のルシフェルへの言及であるが、
「シャヘルの息子ヘレル」というヘブライ語の訳である。
よって、シャヘルはルシフェルの父ということになるが、シャヘルが太陽神に反逆して堕とされるというカナン神話の存在が、
明らかにルシフェルの神への反逆の伝説の下敷きになっており、しばしば両者は同一視される。

492 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 01:29:25 ID:tdrqWuDY
すぐに突っかかって来て人に噛み付く
narumiは等活地獄に落ちるな
気を付けろよ

493 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 01:39:52 ID:rOsftm0+
どうやら、カナン神話の太陽神を取り入れて父神としたのが
カトリックのようですね。なかなか面白い。

カナンの太陽神→父
カナンのシャヘル→ルシファーの父
カナンのヘレル→ルシファー

494 :なぞだ:2006/12/05(火) 02:09:26 ID:rOsftm0+
再構成

1カナン神話の太陽神がカトリック神話の天の父になった

2カナン神話の明けの明星神がカトリック神話の(・・・・・・)になった

3カナン神話の明けの明星神の子神がカトリック神話のルシファーになった。


2の()に入るのがキリストだろうか?





495 :Amy:2006/12/05(火) 10:07:17 ID:37aJaSbJ
>>418

これがキリスト教徒です。笑えますね。荒れてきたので、私はしばらく書くのを停止します。

496 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:51:05 ID:7x3/78l6
このスレの住人のうちわけ

クリ
第1種 ローマカトリック
カラス 大阪の風俗店経営者       幼児洗礼
narumi イグナチオ所属会社経営者の娘 幼児洗礼
青い鳥 履歴不明

第2種 プロテスタント
mutant 学研のおばさん

ノンクリ
Amy=Aimee=絵里子=響子=光の先 ヨガ仙道神道気功レイキの導師
こてん   気功を目指す修行者



497 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 14:42:01 ID:zdJY3+6j
〜イザヤ第14章12〜15節
黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、
あなたは切られて地に倒れてしまった。 あなたはさきに心のうちに言った、
『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上ににおき、
北の果てなる集会の山に座し、 雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。
しかしあなたは陰府に落とされ、穴の奥底に入れられる。

〜黙示録12章07〜09節
さて、天で戦いが起こった。ミカエルとその使いたちが、竜に戦いを挑んだのである。
竜とその使いたちも応戦したが、 勝てなかった。そして、もはや天には彼らの居場所がなくなった。
この巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者は、投げ落とされた。
地上に投げ落とされたのである。その使いたちも、もろともに投げ落とされた。

〜黙示録20章01〜03節
わたしはまた、一人の天使が、底なしの淵の鍵と大きな鎖とを手にして、天から降って来るのを見た。
この天使は、悪魔でもサタンでもある、年を経たあの蛇、つまり竜を取り押さえ、千年の間縛っておき、
底なしの淵に投げ入れ、鍵をかけ、その上に封印を施して、千年が終わるまで、
もうそれ以上、諸国の民を惑わさないようにした。その後で、竜はしばらくの間、解放されるはずである。



498 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 17:43:52 ID:IrVKZuuN
http://www.newadvent.org/
カトリック百科事典

ルシファー
[ヘブライ語ヘレル、セプタギンタ訳聖書フォスフォルス、ウルガタ訳ルシファー]

 ルシファーの名はもともと金星を意味します。
 ウルガタ聖書はこの語を「朝の光」(ヨブ11:17)、「黄道帯の諸宮」(同38:32)、オーロラ(詩篇109:3)に当てています。
 比ゆ的にはバビロンの王(イザヤ14:12)、オニアスの子大祭司シモン(集会50:6)、天の栄光(黙示録2:28)、イエス・キリスト自身(2ペテロ1:19、黙示録22:16)に適用されています。
 シリア語聖書では、ルシファーのヘブライ語名ヘレルの語源を、「嘆く」を意味する動詞ヤラルに求めています。聖ヒエロニムスがこの考えを採用して、ルシファーを失った栄光を嘆く堕落天使長の名前にしたのです。
 キリスト教の伝統ではこの意味のルシファーが出回っていますが、「ルシファーは悪魔の名前ではなく堕落前の状態を指すに過ぎない」というのが教父たちの意見です(ペタヴィウス・デ・アンジェルスIII、3:4)


499 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:10:34 ID:zdJY3+6j
〜イザヤ第14章12〜15節
黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろの国を倒した者よ、
あなたは切られて地に倒れてしまった。 あなたはさきに心のうちに言った、
『わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上ににおき、
北の果てなる集会の山に座し、 雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう』。
しかしあなたは陰府に落とされ、穴の奥底に入れられる。

〜黙示録22章16節
わたし、イエスは使いを遣わし、諸教会のために以上のことをあなたがたに証しした。
わたしは、ダビデのひこばえ、その一族、輝く明けの明星である。」

500 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:18:32 ID:zdJY3+6j
アルバートパイクの手紙
----------------------------------------
第一次世界大戦はロシアの皇帝を倒しロシアを共産主義の砦とするための戦争。
第二次世界大戦はナチズムが倒されて、
強力な政治的シオにズム勢力がパレスチナにイスらエル国家を打ち立てる戦争であった。
第三次世界大戦は次のようなものだ。
第三次世界大戦は、イるミナティのエージェントによって引き起こされる政治的シオにストと
イスラム世界の指導者の間の紛争を利用して誘発されるはずだ。この戦争はイスラム
(イスラム教アラブ世界)と政治的シオにスト(イスらエル国家)が相互に破壊し合う形で行われるはずだ。
一方、他の国々は、この問題に関して再度意見が食い違い、物理的にも、道徳的にも、
精神的にも、経済的にも極度の消耗状態になるまで戦わざるを得ないだろう。
われわれはニヒリストと無神論者の鎖を解き放ち、社会の大変革をなしとげる。この変革は、
残虐行為と大部分の流血を伴う混乱の原因である完全な無神論の結末を、恐怖の中、国民たちにはっきりと示すであろう。
そして、あらゆるところで、市民達は、世界の少数派である革命家たちから自己防衛せざるを得なくなり、
これらの文明の破壊者を殲滅するであろう。そして、大衆の多くはキリスト教に幻滅し、
その時点から、大衆の神を求める精神はコンパスを失って方向を見失い、理想を切望するけれど、
自分達の信仰心をどこに向けていいかわからなくなる。
そして、最終的には、ルシファーの純粋な教理が公に教示される。
大衆はこの教理の宇宙的な明示を通して真の光を受け入れることになるだろう。
キリスト教と無神論は同時に征服され破棄されるが、この破壊の後には反動主義者の運動が広くおこる。その結果として、
ルシファーの教理が明示されるわけだ。
----------------------------------------------
この手紙は、1817年書かれたものだとされている。
このパイクの手紙はロンドンの大英博物館の図書館に短期間展示してあり、カナダ海軍の諜報担当士官、
ウイリアム・ガイ・カーによって複写された。しかし、現在では、大英博物館ではそんな文書は無かったと言っている。
第一次世界大戦が始まったのは、1914年からである。

501 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:25:29 ID:49QTxRvT
>>499-500
鬼塚5十一うざ

502 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:33:48 ID:49QTxRvT
デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報
このパイクの手紙はロンドンの大英博物館の図書館に短期間展示してあり、カナダ海軍の諜報担当士官、ウイリアム・ガイ・カーによって複写された。 しかし、現在では、大英博物館ではそんな文書は無かったと言っている。 第一次世界大戦 ...
icke.seesaa.net/archives/200508.html

Loose * Leaf : 大いなる秘密
デーヴィッド・アイクの「大いなる秘密爬虫類人(レプティリアン)」。
これはSFとかファンタジーではなく、私の大好きなトンデモ本。
どれほどトンデモないのか、目次を見てみよう。
scw.paslog.jp/article/327544.html


503 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:34:19 ID:zdJY3+6j
某団体では、友愛をテーマにしながら、彼らのあがめるものはルシファーだと、噂されていますね。
何でもその団体のメンバーの条件では、無神論者は入会できず、なにかしら神の存在を信じていなければ
入れないのですが、その団体の集まりでは、決して宗教の話はしてはならず、政治の話しもしてはならない。
ただ、お互い、友愛の精神で、兄弟だと、愛し合うのが決まりだそうで、極端な話、世俗のしがらみで、
一般社会では、戦争中だと仮定し、お互い敵国同士で、戦場ではドンパチやりあおうとも、その集まりでは、
敵同士であろうが、味方同士であろうが、兄弟よと、友愛の情を示すそうで。
本当の教会とはどういうところでしょう?今のキリスト教を名乗る所が、本当の教会なのでしょうか?
さて、本当のキリスト教は、どちらのほうなんでしょうか?本当のキリスト教は、表には公だって表れていないが、
綿々と、我々の世界に、息づいているような気がします。
予言ではなく、言葉を預ける、預言とは、成就させるものだと聞きました。
案外、今のキリスト教、ユダヤ教、イスラム教などは、預言を成就させるための当て馬みたいなものなのかもしれません。

504 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:39:38 ID:49QTxRvT
>>503
陰謀論なら他のスレでやれよ。

505 :コテん:2006/12/05(火) 20:21:05 ID:6CRdzwfF
能力開発でクンダリーニが覚醒するということは、
人は自力救済方法を既に持っているということ?

506 :narumi:2006/12/05(火) 20:39:33 ID:8hE6mxIz
>>505
クンダリニは赤い蛇。赤い蛇は黙示録のサタン。
人はサタンをすでに持っているということ。

507 :ババチ:2006/12/05(火) 20:46:57 ID:q0htQldJ
>>505
自力救済はない。パラマハンサ・ヨガナンダはいう。
「自力が3割、恩寵が7割」
所詮、人間にできる子とは他体が知れている。神々の加護なくして何もできない。

508 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 20:51:35 ID:7RXs4RLo
>>505イエスは言いました:::神は自らを助くる者を助く。まず自力次に神信仰。

509 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 20:53:23 ID:IuKIy4ZM
自力でやるべきなのは正しく生きることだろ
クンダリニー覚醒ではないと思うよ

510 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:07:32 ID:7RXs4RLo
>>509
納得

511 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:13:25 ID:Dcmn05Ky
キリスト教もう時代遅れ!

512 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:24:17 ID:7RXs4RLo
>>511
なぜ?

513 :コテん:2006/12/05(火) 21:29:48 ID:6CRdzwfF
>>507
その3割の努力に対して7割の恩寵は来ないんですか?
当然信仰は持っていることが前提で。

514 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:46:01 ID:BPtdzfMi
>>513
目を開く時点までは自助努力しかないのだよ、目が開けば後は楽になってくる。

515 :青い鳥:2006/12/05(火) 21:46:29 ID:SClwkaNV
>>506
ヨブ記の答え、遅くなったけどありがとう。
クンダリニの考えもユニーク。正解かも。

516 :青い鳥:2006/12/05(火) 22:00:24 ID:SClwkaNV
チャクラやクンダリニは最初から備わっていて
その備わっているものを覚醒させるって何?
この話は??だ・・・と直感させるものは
原罪への洞察が欠けているから
 

517 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 22:06:39 ID:IuKIy4ZM
悪い状態を魔境といってるが
魔でない境があるみたい言うのはイクナイ

518 :青い鳥:2006/12/05(火) 22:24:28 ID:SClwkaNV
>>517
魔境は悪いものではなくて、
神仏から心の底を見分けられているステージです。
むしろ魔境は解脱するチャンスです。
魔境の手前が、魔でない境になります
 

519 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 22:28:02 ID:IuKIy4ZM
青い鳥さんはキリスト教とヨーガどちらもされるのですか

520 :青い鳥:2006/12/05(火) 22:36:52 ID:SClwkaNV
ヨガではなくて瞑想や坐禅かな。
キリストも釈迦も瞑想や坐禅をしてますよね。
 
わたしが最初から言ってるのは、
この魔境をどうやって超えるのかということ。
だからエリ・エリ・サバクタニやヨブ記なのです。
 

521 :青い鳥:2006/12/05(火) 23:08:33 ID:EjbZHUCp
因果応報も興味深いテーマです。
だれかこの法則が人間を支配していること、
これを簡単に証明してください。
 


522 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:37:06 ID:BPtdzfMi
その手は桑名の焼き蛤。

523 :青い鳥:2006/12/05(火) 23:54:57 ID:o5A0qGyv
うんと熱いハマグリ、だれか食ってくれ

524 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 04:48:19 ID:kVC0JsjK
>>498
深いですね。名無しのでたらめ発言より、
百科事典を訳してくださるのが一番信頼でき、
ありがたいことです。
これからもよろしくお願いします。


525 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 05:11:39 ID:oGmiCTrc
http://www.ewtn.com/library/MARY/IC-PADUA.htm

聖母誕生についての説教2−4
パドアの聖アントニオ
「雲の間にあるルシファーのように、満月のように、彼女は輝く」(集会50:6)

金星はルシファー、光を携えるもの、と名づけられています。どの星よりも明るく、輝くからです。ルシファーは太陽に先立ち、朝を告げ、夜の闇を散らします。
明けの明星、ルシファーは、雲の間に生まれ、闇にふす者たちに、恩寵の朝、正義の太陽を告げる聖母マリアです。
それで、聖母について主はヨブに言われます(ヨブ38:32)。「あなたはときに応じてルシファーを輝かすことができるか。」
それで、主は、人々への光として、ルシファー、聖母マリアをつくられたのです。


526 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 05:28:27 ID:j+I4OQi+
ルシファーは悪魔じゃないんだw

527 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 05:43:57 ID:fyMDOdwG
そう言えば、お釈迦様も、輝く明の明星を見て、真理を悟ったと、
伝承されていますね。

まったく無関係な、話しなんですかね。

528 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 05:57:59 ID:fyMDOdwG
キリスト教においては、ラテン語で
「光をもたらす者」ひいては明けの明星を意味する言葉
「ルシフェル」(Lucifer)は、他を圧倒する光と気高さから、唯一神に仕える最も高位の天使。
そして後に地獄の闇に堕とされる堕天使の総帥の名として与えられた。
ルシファーは、地獄の支配者ともされている。

529 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 06:17:54 ID:JHYWvw9T
>>527
光明ですね。
>>528
>「ルシフェル」(Lucifer)は、他を圧倒する光と気高さから、唯一神に仕える最も高位の天使。

間違いです。栄光をルシファーというのです。ルシファーは個人名ではありません。
私たちも天国に召されれば失ったルシファー(栄光)を回復できるのです。

530 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 06:23:16 ID:j+I4OQi+
だから悪魔は仙骨(地獄の牢屋)にとぐろを巻いて眠ってるの

それを牢屋から解放して、天国(大脳)に昇華させるのが修行


531 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 06:25:55 ID:PRXcQnJO
むちゃくちゃや

532 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 06:55:36 ID:j+I4OQi+
だから、それが昔からの修行の真実w
危険でしょう?
やめたほうがいいって

533 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 09:30:02 ID:b+L8F/Si
クンダリニーは悪魔の力だ?馬鹿じゃないのか?
仙骨に悪魔が住んでる?仙骨が地獄だ?ゲラゲラ

534 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 12:00:46 ID:SvVWNxlM
アホクサ

535 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 13:00:25 ID:r55t8gam
くだらねぇ連中だな
ギャーーー‐‐ハハハハハ
ギャハハ
ギャーーー‐‐ハハハハハ
ギャハハ
ギャーーー‐‐ハハハハハ
ギャハハ
ギャーーー‐‐
ギャハハ
ギャハハハハハハハハーーー‐‐

536 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 13:03:00 ID:jzBrEzU5
>>503
フリーメイソンのこと?

537 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 14:46:21 ID:k+HZfObR
ちょっと違いますね。
人間は小宇宙ですから、確かに天国も地獄も内包していますが、内なる天国は脳天あるいは梵の裂け目で、そこに詰まっている英知がいわば天使ですね。
内なる地獄は、当然一番下。そこに詰まっている下等な欲望がいわば悪魔ですね。
悪魔は下から上まで7階にそれぞれ住んでますね。欲望の人格化です。もっとも高等な悪魔は脳下垂体に住んでいます。
クンダリニーは悪魔ではなく神経組織を清める電流ですね。
チャクラ神経節が異常を起こしていると、漏電を起こしますから、ハタヨーガで体を作る必要が最初にあるわけです。そのほか神経に損傷があれば、やはり漏電しますね。
あくまで自己責任ですから、私は感知しませんよ。

538 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 16:55:09 ID:k+HZfObR
>>536
アメリカ初代大統領もフリーメイソンでしたね。

539 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:28:57 ID:bj6WJn7j
>>573
そうではなくて、その第七番目の下に地獄界があると表象されているのですよ。
だから第7番目のちゃくらの正確な位置は最先端部ではなく、その一つ上にある。
解剖図を見れば、先端に3つの骨が癒着した部分があるが、そこじゃない。

540 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:31:48 ID:bj6WJn7j
>>537
そうではなくて、その第七番目の下に地獄界があると表象されているのですよ。
だから第7番目のちゃくらの正確な位置は最先端部ではなく、その一つ上にある。
解剖図を見れば、先端に3つの骨が癒着した部分があるが、そこじゃない。yoga行者の
集中点はその上。

541 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:36:44 ID:ArxUAWgv
>>537
漏電するとどうなるの?
>>540
クンダリニは悪魔なの?

542 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:46:18 ID:bj6WJn7j
>>541
クンダリニが悪魔だと勘違いされるのは、その位置が脊椎の最先端部と誤解されることによる。
実際にはヨガ行者が修行で最も危険で決して行うなとされるのは、その最先端部であり魔界に接続されると言われている。
だから、クンダリニーの正確な位置はそこでないことは修練したひとなら知っている。
実際にその最先端部はきわめて危険であり決して集中しない。その一つ上に集中する。だからクンダリニはまったく悪魔ではない。
実際には緑色とされる。よくご存じない人やエセ行者がそう言うだけである。

543 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:49:22 ID:k+HZfObR
>>540
ですから、[一番下]って書いてるじゃない。
字が読めないの?カラスww

544 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:50:59 ID:k+HZfObR
>>542
だから、電気だって書いていますけれど、字が読めませんか?

545 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:51:15 ID:bj6WJn7j
>>543
7つの内一番下というのでなく、8番目ということならそれでよい。

546 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:53:44 ID:bj6WJn7j
>>544
電気ではないし、また7つのチャクラには悪魔は存在し得ない。

547 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:54:02 ID:k+HZfObR
>>541
漏電を起こすとその部位の神経他の細胞を焼いてしまいます。
馬鹿にハサミじゃないけど危険なのよ。
焼かれたいならどうぞ。健康満々でどこから見ても異常がなければトライしてください。それでも責任は持ちません。

548 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:55:51 ID:bj6WJn7j
>>547
電気ではないが、その危険性は確かにある。良き師につかれよ。

549 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:56:18 ID:k+HZfObR
>>546
電気です。あなたは未経験者ですね。その一言でわかりました。
悪魔は我欲の人格化です。誤解なさらないように。

550 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:58:40 ID:bj6WJn7j
>>549
ではお元気で、消灯。

551 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:59:48 ID:k+HZfObR
>>548
正真正銘の「電気」なんですけどw
経験したことありません?
電気器具で扱われる電気とはだいぶ違いますよ。
ずっと繊細で、無害で、暖かく、経絡を電線として通う電流です。
つまり人体にもっともふさわしい電流です。

552 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:00:56 ID:bj6WJn7j
>>551
それなら、当たらずとも遠からずです。

553 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:05:45 ID:k+HZfObR
>>546
チャクラにカルマが溜まっているのを知りませんか。
チャクラはカルマの貯蔵庫ですよ

554 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:07:28 ID:bj6WJn7j
>>553
7つのチャクラの内の一つにカルマが蓄積するだけであり、全部にではない。

555 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:08:44 ID:k+HZfObR
>>552
わからない人ですね。あなたは本当の電気の状態がクンダリニーに示されていることを知らないのですよ。
照明する電気は特殊な目的のために人工的に変調されたものですが、本来の電気は体によいのですし、霊的進化を助長するのです。
電気の秘密を知りなさい。生体電流こそ生命の秘密を説く鍵です。

556 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:09:45 ID:k+HZfObR
>>554
すべてにあります。

557 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:10:16 ID:bj6WJn7j
>>555
正解ではないが、近いことは事実だね。

558 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:10:49 ID:bj6WJn7j
はい、さようなら、消灯。

559 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:14:28 ID:k+HZfObR
>>558
逃げるのかよ!

560 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:16:53 ID:bj6WJn7j
>>559
他の人達はチャクラやクンダリニを信じていない人が多いのだから大成功、ここまで信憑性を
持って二人で話したのだから、それでいいのでは。あとは微妙な違いだけじゃない。

561 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:18:14 ID:j+jyN4Xj
オカルト問答だよw

562 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:31:17 ID:1uqAGXdI
>>542クンダリニの正確な位置はどこですか。
正確に示してくだされば幸い

563 :青い鳥:2006/12/06(水) 19:52:58 ID:beNOYjy8
カルマは霊魂に蓄積します。
オカルトから科学へ。妄想から事実へ。

564 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:01:59 ID:1uqAGXdI
>>563
おは 主の平和

565 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:04:24 ID:RHpY2F+m
人間はそんなに偉大だろうか
瞑想により内なる光が輝いて云々
しかしそれは地獄絵図を創出するのが関の山ではなかろうか

566 :青い鳥:2006/12/06(水) 20:04:52 ID:beNOYjy8
ヨブ記のレビヤタン
竜を思わせるけど何なんだろう。神が自慢する神の傑作。
これも蛇? ヨブもクンダリニ覚醒ですか?


567 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:06:07 ID:1uqAGXdI
>>565
観想なら大丈夫 修道院に来てね。愛と光の家おすすめ

568 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:09:44 ID:RHpY2F+m
ヨブってそのあたりにいる目の前のホームレスで
子供に叩き殺されたひとのことじゃないのか

569 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:11:01 ID:bj6WJn7j
>>562
Coccygealと呼ばれるのが尾てい骨であり、本によって多少異なるが、一番詳細な本では
4つの骨で構成されている、その最上部の一番大きな骨の部分がクンダリニの宿る相対的位置である。
だから間違っても、その下の3つの骨の部分には決して集中してはいけない。

570 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:11:53 ID:1uqAGXdI
カトリックで瞑想するなら危険はないのよ。
他で瞑想するから危険なの。

だって、悪魔だらけだし他は

571 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:13:53 ID:RHpY2F+m
>>567
過日あなたにマタイ伝の「汚れた霊が人から出て行くと」を
お尋ねした者です

572 :コテん:2006/12/06(水) 20:13:54 ID:+oHcUcie

それで、僕はこの先何をすれば良いんですか?



573 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:17:14 ID:1uqAGXdI
>>571
穢れた霊が人から出て行くと、休み場所が見つからなくて、帰宅するの。
そうすると、きれいになってたので、たくさんお友達を連れてくるの。

>>572
カトリックになること。そして、修道士について、観想法を習いましょう。

574 :青い鳥:2006/12/06(水) 20:22:41 ID:beNOYjy8
>>570  narumiさん、おはよ
 
>>570  こてん君、おはよ
コテン君は聖霊を探しなさい。求めなさい。
 


575 :コテん:2006/12/06(水) 20:31:24 ID:+oHcUcie
>>573

    へ          へ|\ へ     √ ̄|        へ
   ( レ⌒)  |\   ( |\)| |/~|  ノ ,__√    /7 ∠、 \ .  丶\      _ __
|\_/  /へ_ \)   | |   | |∠  | |__   | /   !  |     | |_〜、  レ' レ'
\_./| |/   \     .| |( ̄  _) |     )  | |    i  |  へ_,/    ノ   ,へ
  /  / ̄~ヽ ヽ.   | | フ  ヽ、 ノ √| |   ! レノ  |  !. \_  ー ̄_,ー~'  )
 / /| |   | |   | |( ノ| |`、) i ノ  | |   \_ノ  ノ /    フ ! (~~_,,,,/ノ/
 | |  | |   / /    | | .  し'  ノ ノ   | |       / /     | |   ̄
 \\ノ |  / /      | |___∠-".   | |      ノ /       ノ |  /(
  \_ノ_/ /     (____)     し'      ノ/      / /  | 〜-,,,__
     ∠-''~                        ノ/         (_ノ   〜ー、、__)

576 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:33:21 ID:RHpY2F+m
元オウムはばらばらになってかなり自殺したと思う
哀れでならない

577 :コテん:2006/12/06(水) 20:33:30 ID:+oHcUcie
>>574
聖霊ならおびただしい量を浴びたことある。
今は御国の求め方を模索中。
心の問題だな。


578 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 20:38:58 ID:bj6WJn7j
>>575
神の恩寵をお探しかな?なぜ誰がクンダリニとチャクラをあえて配置したのか考えたことは無いの?
光で照らせば「道=タオ」が見え、道が見えると、「道に迷わなくなる」。

579 :青い鳥:2006/12/06(水) 20:39:00 ID:H/cCG2A5
ヨブ記のポイントは因果を説く三人の友人ではなく
突然登場する若いエリフのような気がする。
 
若いエリフの話を聞いているうちにヨブの心は
神から完全に離れたように思う。神なんかいなくてもいい。
神がいなくても善を選ぶ。それがヨブの選択。
そうヨブが選択した即座に神が登場する。
神の声がする。
 


580 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:53:25 ID:1uqAGXdI
>>575
そんなにカトリックが好きなの?

581 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:54:39 ID:1uqAGXdI
>>576
なぜ自殺するの?

582 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 20:57:42 ID:1uqAGXdI
オウムて簡単に自殺できるような教えだったの?
オウムのこと知らない。
でも、自殺者がたくさんいるなんてはじめて聞いた
心が痛む。。。。


583 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:04:33 ID:RHpY2F+m
>>581
元信者でまじめな人は、家族親族から孤立し、生活不能になり
教義と関係なく、追い詰められたただのふつうの人として、死んでいったと思います

584 :コテん:2006/12/06(水) 21:05:06 ID:+oHcUcie
>>580
                 /\
                / ヽ\
               /  ヽ \             / \
              /    ヽ \__        / ヽ \
             /  ‐_ ヽ     ―――__/   ヽ \
            /        ̄           / __ ヽ \
           |                          ̄  \
           |                             |
           |        ||                   |
           |  ゝ_  |||/                  |
           |  ( ・ ブ       ゝ__       ┃ ┃   |
           |    ̄         ( ・ ̄ ̄ ブ   ┛ ┗  |
           |              ゝ__ ノ    ━┓ ┏  |   ┃ ┃
           |    __            ̄        ┃  |   ┃  ┃
           |     | ̄ ̄ーヽ                  |   ┃   ┃
           |     |     ヽ                 |
           |     |     |ヽ               |      ━┓
            \   _⊥_    |                |      ┃┛
             \      ̄ ̄ヽ_⊥               |
              \                         |     ┏━┓
               \                       /        ┏┛
                \                     /         ・


585 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:07:38 ID:lmurkjm9
キリスト教もう時代遅れ!「聖書」を書き直すべき!

586 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:08:14 ID:bj6WJn7j
>>584
猫ちゃん、まだ神の恩寵が分からないの?

587 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:08:31 ID:1uqAGXdI
>>583
とても悲しい。。TT
>>584
カトリックにおいでよ。ね?

588 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:10:38 ID:1uqAGXdI
>>583
信者の人かわいそう。どうしたらいいのだろう。。

589 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:12:35 ID:1uqAGXdI
>>585
カトリックにおいでってバ
>>586
ねえ、光の先爺も、カトリックにおいでよ
みんななかよくしようよ。

590 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:13:50 ID:bj6WJn7j
>>588
オウムをクリスチャンに改宗させれば信じるよ。虎穴に入らずんば虎児を得ず。

591 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:15:45 ID:1uqAGXdI
>>590
光の先爺はどうしてキリストをあんなに尊敬してるのに、
クリスチャンにならないの?

592 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:16:50 ID:1uqAGXdI
洗礼だけでも受けなよ。あとは自動的に洗脳されるよ。。
あ、いい意味でね。宗教はみんな洗脳だもんwww

593 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:18:03 ID:1uqAGXdI
ねまつ。。。。おやすみん

594 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/06(水) 21:20:54 ID:1uqAGXdI
誤解があるとやだなあ。イエズスに洗脳されるという意味ね。。じゃお休みン

595 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:22:23 ID:RHpY2F+m
めくるめく共時性、幻視、そういうものがあるのは事実と思う
脱会組織や世間の非難は醜い

596 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 21:35:07 ID:RHpY2F+m
悪魔がどこにあるか
仙骨のどこそこにあります
見たのか
悪魔の怖ろしさを知って言っているのか


597 :青い鳥:2006/12/06(水) 22:19:05 ID:H/cCG2A5
コテン君、まだまだ。
イスラエルの聖者たちはボロ服を着て、灰をかぶったり
イナゴや蜂蜜で飢えをしのいだりした。
 
コテン君は聖霊が〈気〉であると誤解している。
聖霊は聖霊であって〈気〉ではない。
リンゴはリンゴであって、ミカンではない。
聖霊は、聖霊を体験しないとわからない。
探してください。求めてください。
  

598 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/12/06(水) 22:48:41 ID:4i93j/vN
>>528
そして我々は、この世に生まれ落ち、この世界を支配する。

しかしあいも変わらず、お前は間違っている、こいつは間違っている、
我こそは正しいだのと、自説を押し付ける低脳ばかりだな。それがどういうことかも知らずに。
彼らには、真理は程遠い。

599 :Amy:2006/12/07(木) 10:47:14 ID:GB/ktA+w
>>597聖霊は気です。人体は気によって活かされている。その気を最初に吹き込んだのが神であると創世記に書かれているではないですか。
神の息を「気」と言うのです。キリスト教の専売特許にしないでください。どこの誰でも神の息、聖霊、気を持っているのです。
それに活かされているのです。ペンテコムーブメントで気功法を使っているのが何よりの証拠です。
>>598 邪魔



600 :Amy:2006/12/07(木) 11:17:00 ID:GB/ktA+w
>>596
恐ろしいと思う思いが一番恐ろしいのです。恐怖は想像上の怪物を作り出します。あなたが悪魔的でない限り悪魔はあなたと関係しません。あなたが悪魔的な業に関係しているなら悪魔があなたの一部ですから恐怖すべき対象です。


601 :Amy:2006/12/07(木) 11:23:31 ID:GB/ktA+w
クンダリーニが起きてきたら、思念力を使うときです。思念のままに動かすことができます。過剰と思えば下に下げればよいのです。下へ下へと意識するだけで下がります。
体のどこかに病変や欠陥があればその部分で漏電を起こすの、その血管がますます増幅されるようになりますから、体をヨーガで作る必要があります。

602 :Amy:2006/12/07(木) 11:24:31 ID:GB/ktA+w
訂正箇所

漏電を起こして、欠陥がますます増幅されるようになりますから、体をヨーガで作る必要があります。



603 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:20:56 ID:NnAZyiGz
>>589
俺はあんたのほうが邪魔なんだが。
言ってることはトンデモさんだし。

604 :Amy:2006/12/07(木) 12:37:23 ID:GB/ktA+w
コテんさんは面倒くさいといいましたが、何が面倒くさいのでしょうか。食生活ですか。
ゴピ・クリシュナは食生活を無視していたのでクンダリニーが突然上がったときに対応できなくなり、最後に肉を食べてよくなったと書いていますが、早死にしました。
肉を食べて効果があったのは、アミノ酸を補強できたからです。
クンダリニーが上がると体内諸系統を動かしたりホルモンを生産したりする過程で、アミノ酸を大量に消費するので、たんぱく質に不足してくるのです。
しかし、植物性たんぱくで十分なのです。肉は悪い影響しか与えません。

605 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 16:28:33 ID:ty3FOw4I
あげ

606 :青い鳥:2006/12/07(木) 18:29:45 ID:BbKqB/FU
コテン君、Amyさん、聖霊は真理の霊です。ヨハネ16:13
「真理の霊は、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」
 
<気>を経験したあなたがたは何を探しているのですか。
ベンガル虎(シベリア虎?)も気功でリラックスしました。
でもベンガル虎は真理に目覚めましたか。
わたしは<気>を認めています。でも聖霊と<気>はちがうのです。
 

607 :青い鳥:2006/12/07(木) 19:57:44 ID:a1A7PhIP
ヨブ記42:5〜6
あなたのことを、耳にしてはおりました。
しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。
それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し
自分を退け、悔い改めます。
 
これが聖霊の力です。
子供を十人なくしても、財産すべてを失っても
人から嫌われる皮膚病に侵されても、神は瞬間にリセットしてしまう。
聖霊は人の心を雪のように純白にしてくれる。
あとのことは全能の神がみてくれる。
  

608 :コテん:2006/12/07(木) 20:03:44 ID:0yxHucEV
>>601
クンダリーニエネルギーも意念でコントロールできるんですね。
じゃぁ、それ程恐がる必要は無いか。

>>604
突然たくさん云われたのでおののいただけです。
要は健康ならOKと言うことですよね。
健康はヨガは慣れてないので太極拳やる予定です。

Amyさん
今日、瞑想状態というものに気が付いたと思います。
そしたら周りが霊だらけの様に感じたんですがこんなものでしょうか。
取りあえず左後ろに人の気配と目の前に小さな球体が飛んでる感じでした。
左後の人は背後霊とかですか?


609 :青い鳥:2006/12/07(木) 20:33:50 ID:a1A7PhIP
ヨブ記・・・神は信頼するヨブがサタンに負けるかどうか
サタンにゆだねた。結局どうなったか。神がカケに勝った!!
 
ここから神と人間との関係が見えてくる
神が望んでいる人間は、神に依存しないような人間であり
むしろ神と正面から向き合えるような人間である
 

610 :青い鳥:2006/12/07(木) 20:50:29 ID:a1A7PhIP
ヨブ記・・・神が自慢する神の傑作・レビヤタン

神はレビヤタンにだれが勝つのかと言う。
それに勝てる者はだれもいない、勝てる者は名乗り出よと言う。
なぜ神はそう言うのか。勝てる者がいたからである。
ヨブが勝ったからだ・・・
 
 

611 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 21:12:50 ID:bz/alvba
キリストが悪魔だと気づいてない人が多いようだな。
彼の血の呪いが世界を破滅へと導いているのだよ。
なぜユダヤ人がキリストを救世主だと認めなかったのか考えてもみたまえ。


612 :青い鳥:2006/12/07(木) 21:26:08 ID:a1A7PhIP
想像してごらんよ。ヨブの不幸は絶望的じゃないか。
そのヨブが、瞬間に癒され、神にひざまずく。
神はそれほどに巨大な力なのだよ。
人間は神の前で塵や灰のようなもの。
 
神や神の光と同化するなんて言わないでほしい。
そうではなくて神と向き合おう。小さくてもいいから。


613 :青い鳥:2006/12/07(木) 22:00:06 ID:a1A7PhIP
疲れたので寝ます。おやすみ。

614 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 22:14:01 ID:4zh4T9E2
キリスト教か・・・。

>>http://blog.m.livedoor.jp/gidora07/index.cgi

615 :タンポポ:2006/12/08(金) 00:02:13 ID:EDRD2a9f
ここに居るキリスト教徒は、宗教を説く以前に人間としての、常識とらしさが必要だな。
押しつけと、反対意見を持つ人間に対して非道なまでの圧力を加えたり洗脳行為が目に余る。

616 :タンポポ:2006/12/08(金) 00:14:28 ID:EDRD2a9f
しかも誰にも相手にされなくなったら、かってにぶつぶつ空念仏を唱えている。
情けないキリスト教徒。

617 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 10:56:39 ID:kha9rlGF
キリスト教は実はカルトだからね。いったん洗脳されると後戻りするのは難しい
でしょう。せいぜい死ぬまで光と闇の間で戦うか、仲間同士集まって、神に救われた
とか言っててください。今から警告しとくけど、死んだ後にだまされたと分かっても
もうおそいよ。俺はそういう地獄へ言ったクリスチャンの念を多く体験してきたから。

618 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 13:04:21 ID:VNTzx8nl
天国と地獄と言う二元論から卒業しないとね

619 :タンポポ:2006/12/08(金) 13:48:48 ID:EDRD2a9f
そうだな、残念だがキリスト教のカルトと大差がない非論理性と洗脳行為と攻撃性を見せてもらったな。
イスラム教だけが悪いわけじゃないかもしれないと考えさせられたよ。
落ちるとするか。

620 :narumi:2006/12/08(金) 14:03:26 ID:6fHgf/4J
>>614-619
うざ

621 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 19:44:01 ID:dvkBVJ2d
ザ・掲示板にも関連スレが立った。

聖書における輪廻転生の記述の真偽を考える
http://religion.bbs.thebbs.jp/1165507735/

622 :amy:2006/12/08(金) 21:36:16 ID:ydJPiBKV
クンダリーニと転生の関係は深いのですよ。
転生を通して進化をつなぐ力がクンダリーニ。魂の力がクンダリーニなんですよ。
だからそれを覚醒することは、解脱により、転生の回数を減らすことに直結するのです。
俗人には理解の及ばないことです。いいえ、むしろ、理解しないほうがよいのです。

623 :amy:2006/12/08(金) 21:47:56 ID:ydJPiBKV
>>608
いちいち返答しません。健康は肉体の健康だと思っておられるならそう思っておられればよいでしょう。
周囲に霊が見えるのは当たり前です。霊の海の中で生活しているのですから。いちいちとらわれないことです。

624 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 22:05:03 ID:EDRD2a9f
霊の海って、何の霊の海ですか?

625 :タンポポ:2006/12/08(金) 22:05:50 ID:EDRD2a9f
です。

626 :amy:2006/12/09(土) 05:01:00 ID:BJveE+Jh
私たちは霊です。霊が住む世界は霊界です。肉体は外套です。魂が覚醒すると霊の世界が見えてくるのです。そしてそれこそが人の生きている実存世界であることを知るのです。

627 :コテん:2006/12/09(土) 08:49:46 ID:PUhuR0p3
>>623
あら、急に冷た・・
太極拳は気功という意味でも侮れないですよ。邪気の発散にも打って付けです。
瞑想重視ならヨガ、エネルギーコントロールなら気功動功と思っています。


628 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 09:57:34 ID:QV9iNgu/
>>626
意味不明。使用言語と文法の一致をよくよく確認されよ。

629 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 10:04:12 ID:QV9iNgu/
>>627
食物は主要要因にあらず、所詮副次的要因。必ず「最終目標に主眼を置き」、
そのまま精神的領域の制御に邁進せよ。さすれば自ずから道は整う。

630 :コテん:2006/12/09(土) 10:09:48 ID:PUhuR0p3
>>629
気功整体も念頭においてるので、
太極拳、站椿功、瞑想の三段構えで挑むつもりです。


631 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 10:17:13 ID:QV9iNgu/
>>630
結局、この世界に配置されたものに無駄は何もない、どう正しく使うかだけである。
特に人体の高級組織の部分に最高のものが配置された理由を自ら確認せよ。決して「最終目標」を
念頭に置いた行動を忘れるな。球をを打つとき、常に最終着地点を見据えよ。

632 :コテん:2006/12/09(土) 14:34:17 ID:RMfTekuR
>>631
十分念頭に入れておきます。
僕なりに現時点で必要と思えるものを整理した結果です。
続けるうちに直ぐに内容も変わるかも知れないことも念頭に置いています。

太極拳  邪気排出、経絡の掃除、気のコントロール、知覚力・集中力向上
站椿功  気の取込み、瞑想効果
瞑想   悟りへ

という感じです。
何分、身体は十分健康とは言えない状態なので、いまは肉体にも注視した
内容にしています。
瞑想の理解が深まればウェイトも上がると思います。

633 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 18:59:29 ID:QV9iNgu/
実に古代から先人達は多くの努力をしたものだ。人間の不思議を解け。

634 :コテん:2006/12/11(月) 18:32:05 ID:XKRKw6d9
絵里子さん語録見直したけど、どうもアダムは神の理知と接続した状態で
創造されたっぽいな。 それなら人間の好き勝手で無く、神の理知を用いて
エデンを拡大できただろう。
額に汗して、というのは食べ物のことではなく、神の理知を失ったが為に
苦労するという事を匂わせてるね。

>>633
一度にいろいろ云わんでください。
絵里子さんみたいなスーパーの付く逸材じゃないですから。


635 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 11:36:38 ID:VJ9zkRU3
>>634
無理もない、この答えは絵里子も自分一人では解けなかった、難題だった。
1)神の目的と人間の目的は同じであること。
聖書に、「人間が善悪の樹の果実を食べて善悪を知った」が故に、神が人間に「生命の樹の果実を食べるのを禁じた」の下りの分析が答えに導く。
2)しかし元々人間は善は知っていたはずである。なぜ悪を知るはめになっったのか?知ったのではない!
3)神が人間、そして創造界を造らざるをえなかった理由とは?
4)「額に汗して」とは、肉体的努力をしないと生存できなくなったことを意味する。
それ以前はその必要がなく、神から分け与えられた「創造力」があり、何でも創造できた。
神性回復とはそのことである。
5)なぜ神は創造をしなければならなかったのか?
多々の疑問があるが、それを抱きながら、1年間は精進されることを望む。

636 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/12(火) 13:02:20 ID:2TKWxBeL
>>635
さすがですね。
脳が刺激されます。

3)
造らざるを得なかった理由
理由はないのだと思います。神とはあらゆる次元、エネルギーからも束縛を
受けず、自由である。故に収縮し、発散する。この収縮、発散の中に創造が
自然に在るのではないでしょうか?

今我々がいる状態は発散過程
しかし、いずれ収縮するときがくる。それは神を中心にエネルギーが収縮する
こと。いずれにせよ我々は神に向かっているのですね。
神と同体することにより主体、つまり創造者となるのではないでしょうか?

4)あらゆる観念、エネルギー、空間からの束縛を受けない存在が神ならば
束縛される存在が被造物。
神からより離れることでより束縛を受けることになった。
この束縛からの開放が神性回復ですね。

5)
ここが一番難解ですね。
我々が存在するような空間が無数にあるのかもしれませんね。

637 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 15:27:24 ID:VJ9zkRU3
>>636
久しぶりだね、Mutantさん。去るか去らぬか困ったものだ。固人的にどうかしたいが、これ以上背負う時でもないし。そのうちに信号を発するかも知れないが。

だだ、「造らざるを得なかった理由」こそが真の創造のベクトルの所以であることを忘れないように。カオスの中での神の発生は自己発生ではあるが、神による創造界は自然発生ではない。

そこで、不秩序状態と秩序状態が存在することの理由が創造の原因であることが重要となる。

空間は無数ではなく限定数であることと、それ故各空間はその確たる存在理由があることが理解されることが必要である。ヒントだけでは無理かも知れないが??

だから理知だけに頼る分析は、一つの歯車が間違っていると、なかなか脱出できないことになる。だからコテン的修行によるインスピレーションとの共同作業が必要だと分かっていたのである。

638 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 15:30:31 ID:p+JZSBSz
糞でちゅ見てると殺意さえわいてくる

639 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 16:15:00 ID:VJ9zkRU3
>>637
逆説として付け加えると、
もしすべてが自然状態での拡大収縮、延長拡散ならば、我々は何もせず寝ていればよい。
そのうちに成るようになるし、逆らっても意味はない。物理的宇宙論だけで満足しても良いことになる。
そこに欠けているのは「意志」である。「意思」というより「意志」である。
すべての創造空間を通して流れているベクトルであり意志である。「どうにかしたい」「する必要がある」というのは特に人間において強い。
神がすべてであり、人間が神の一部ならば、神も同じ意志を持ち、人間である全体の一部が進歩すれば、神も進歩しない論理的理由は成立しない。
進歩への意志ではなく不秩序の秩序への吸収作業である。神はさらなる秩序を目指しているとなると?物質性と意志の課題が一つの焦点である。

640 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/12(火) 18:45:32 ID:2TKWxBeL
>>637
お久しぶりです。

やはり難しいですね・・・
>>空間は無数ではなく限定数であることと、それ故各空間はその確たる存在理
由があることが理解されることが必要である。ヒントだけでは無理かも知れな
いが??

神の理、そして意志がわかれば明らかになるのでしょう。
正しく創造のベクトルですね。
これがわかれば後の問題は全て枝葉であり、紐解くように理解されるのでしょう。

インスピレーション作業は・・・確かに必要を感じています。
生を与えられながら存分に堪能していない、どこか不十分さを感じてますから。



641 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/12(火) 18:48:46 ID:2TKWxBeL
>>639
神の次元が∞とする理由は神は何からも自由であるという定義から派生してます。
時間からも自由であるならば次元は無限大に発散・縮小するからです。
しかし、神は時間を創られた。それは秩序ですね。何故神は秩序を与えられたのか
イエス・キリストはなぜあの時代に生まれなければならなかったのか。
ここに、神の自由と秩序という一見矛盾が摩擦し、ベクトルを生み出すと直感して
います。そして、私が嵌り込んでる命題ですね。

決して、自然状態の発散縮小が無秩序であるとは思っていませんよ。
理は明快です。発散・縮小という運動の中にも理はある。
運動を認めながらも理が運動するか否かまではまだわかりません。

神の進歩
そうですね。それこそ創造のベクトルであり、人間が罪あるものとして創られた
raison d'treが生まれます。

我々は神に呼ばれ、また意志して向かう必要があるんですね。
古今東西の宗教家が見た光こそが、創造の意志であり啓示なのでしょう。

642 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 18:55:51 ID:VJ9zkRU3
然り、結論を言うと、先に答えが見え感じていてそれをブレークダウンする場合には間違うことがない。
つまり道が分かっていれば「道に迷うことはない」が、
下から論理を積み上げると、知らない要因があったり、解釈に誤りがあると全体構成に非論理性と不合理が起こり先に進めなくなる。
ニーチェのように「神を殺し」廃人となるだけである。
ウドゲンシュタインが学んだナーガールジュナの説明は断トツの教えである。
少し待たれ、必ずや方向を示そう。

643 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 19:13:24 ID:VJ9zkRU3
>>641
神が∞であるという定義に少し間違いがある、∞というのはすでにその中にesistanceを含んでいる。
existanceが無限にあるということであるだけで、それは真の神の界ではない。むしろあえて言えば∞は存在界の宇宙領域としか言えない。
だから神の領域には拡大も収縮もないし、∞には根本的自由は存在できない。あえて定義すれば、その上の絶対界としか言いようがない。
また自然状態は完全な法則の支配下にあるが、それと相対的秩序、無秩序とは少し異なる。


644 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 19:33:37 ID:VJ9zkRU3
だから、∞-Dと書いてあったときに、from ∞ to Divineかと聞いたのである。

645 :コテん:2006/12/12(火) 21:51:23 ID:2/77X1Tr
>>635
> 4)「額に汗して」とは、肉体的努力をしないと生存できなくなったことを意味する。
> それ以前はその必要がなく、神から分け与えられた「創造力」があり、何でも創造できた。
> 神性回復とはそのことである。
これは霊界の住人のように想うだけで食べ物が出てくるとかそういうことですね。
あと羽の無い人間でありながら空を飛べるということですね。
修険道開祖の役小角や仙人みたいに。 あぁ、空飛ぶ夢が叶う。。

>>637
> だからコテン的修行による
これは「古典」ですか、「コテん」ですか?w
あれ依頼、瞑想で霊が知覚出来ない・・・

九州に帰る必要が無くなりました。これからどうしよう。
良かったらメールください。
アク禁喰らってネット喫茶より

646 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 22:04:20 ID:VJ9zkRU3
>>645
何でそこまで遊ぶのヤイ。
勿論。コテン的であり古典的ではない、コテン!

647 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/12(火) 22:05:15 ID:2TKWxBeL
>>644
さすが絵里子さんの師匠ですね。
同じ波を感じます。
さすがに絵里子さんのほうが母性的ですがw

まだまだ職場ですので、落ち着いたらレスします。
思考を刺激されるのは楽しいですね。感謝です。

648 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 22:06:34 ID:z2xXj4y9


http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1157976367/278

殺人サイト。殺しの依頼受け付けます

649 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/13(水) 02:44:44 ID:H5vGw9Pz
>>642
ウィトゲンのナガールジュナの説明・・・おもしろそうですね。
今、本ばかり買っていて、未読の本が山積みなのですがいずれ挑戦してみます。

確かに論理で下から積み上げようとしても仮定の選択肢多すぎるため収集が
つかなくなりますね。そして、本来の目的を見失い実存に閉じこもってしまう
恐れもあります。
直観知というものが確かにあり、そこを目指しながら言葉を肉付けしていく方法が
建設的でしょう。目的ありきですね。

『天と地と私は一緒に住んでいる。あらゆるものと私は「一つ」である。
すべては「一」であるので、どのようにしてその「一」を表現できようか。
「一」を表現しようとすれば我々の表現と「一」とは二つにわかれることになる。』

荘子の言葉ですが、これは真理を突いてますね。
よもやロジックはその世界でのみ完全であり、それ以上の世界を組み上げることは
不可能ですからね。

私自身に必要なものもだんだんはっきりしてきました。
実践として社会的な活動は行い、またヴィジョンも持っているのですが
それはあくまで表層の部分。

既にお解りのことでしょう。
楽しみにしてます。


650 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 12:11:09 ID:Ug/wv6B4
>>649

了解したよ。一週間以内にメールを送ろう。コテンにもな。
知識と知恵と力を灯火にして進む領域なり。己の理性と論理にそぐわば従うなかれ。
理に合わぬものは排斥せよ。されど迷うが人の心なれば、愛と慈悲とは心を癒すに欠くべからざるものなり。

来るも自由、去るも自由なり。卒業して去ったのは絵里子一人じゃ。

651 :コテん:2006/12/13(水) 20:00:57 ID:37aShLtu
>>646
> 何でそこまで遊ぶのヤイ。
僕がそんな悪戯するわけ無いじゃないですか、いい大人が。
食らったのはプロバイダーですがな。

> 勿論。コテン的であり古典的ではない、コテン!
なんじゃそりゃー!(笑

>>650
何が来るのでしょうか? 楽しみにしています。
(以前、爆弾送ったからなぁ・・・)

絵里子さんは名前を会理子(理に会う子)と改名すべきですね。
あ、もぅアルファベットか orz
絵里子さんは光とも闇とも知れないものに導かれた。
これはタオそのものから導かれたのでは、と思ってます。
トンでもないことだ! 精神世界ででも一度会わんと気が済まん!!

アク禁が解けるまで一日1レスです。。。


652 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 21:35:50 ID:Ug/wv6B4
>>651
抜けるなら今の内だし、興味半分なら即時に降りてもらうことになるが覚悟はいいか。長続きはせんぞ。覚悟があるならもう一度アドレスを知らせよ。

653 :コテん:2006/12/13(水) 22:09:03 ID:Ka0sgpWK
>>652
今生で解脱目指す意志は変わっていません。
出来なかったら来世はインドに生まれて、若い内にヨガとインドの聖典勉強して、
マイトレーヤーの元で修行して解脱することを既に希望しています。
面白キャラ演じてきましたがみくびらんでください。
メアドです。

654 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:23:10 ID:c6twLw2i
Mutantメールアドレスが分からない。

655 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/12/14(木) 02:57:22 ID:qWnuYF6j
私のメルアドです。
omajue@hotmail.com



656 :コテん:2006/12/14(木) 20:50:59 ID:aiKukxtx
>>635
> 2)しかし元々人間は善は知っていたはずである。なぜ悪を知るはめに
> なったのか?知ったのではない!
これは通常「実を食べたから」が答えなので、つまり「体験した」から?
二人が実を食べて目が開けたのは二元世界に居ること(落ちたこと)に
気付いたから?
--------------
人間の霊体が天使と同等の霊力を持っていれば飛行したり、
食べ物を自分で作り出すことは造作もない。
アダムが禁断の実を食べたのは怠けたことを意味するのか?
それを望んだゆえ創造力を失ったのか。
それ以前にそんな霊力があるなら肉体を持つ必要性は?

どうも、ハートチャクラが強いせいか頭の回転時間が少ない。
愛情湧くのは良いんだけど。
抑える方法はないでしょうか。


657 :コテん:2006/12/14(木) 21:10:49 ID:aiKukxtx
>>639
> そこに欠けているのは「意志」である。「意思」というより「意志」である。
> すべての創造空間を通して流れているベクトルであり意志である。
> 「どうにかしたい」「する必要がある」というのは特に人間において強い。
自分なりの答えを出すと
「悪を滅ぼす正当な理由」
これを見出すために秩序の創造を繰り返しているのかと。
いま神はそれらしい名を名乗ってはいないけど、秩序が完成した暁には
その様に相応しい名を自らに着けるのではないかと。


658 :コテん:2006/12/15(金) 21:20:39 ID:xpqgRiaw
>「生命の木」もあらゆる国の伝承にある、時には「虹の架け橋」とも呼ばれる。
>神の国から「中つ国」への虹の架け橋、生命の木。
>生命の木の根が神の国にあり、地上界へ枝を張り実を実らす。
>実の数は常に10個、枝の数は12。

宇宙は12個。
10は物質世界の完全数。
実は何を意味?


>従ってこれは当然カバラが発祥ですね。さらに言うと、YHVHは聖なる4文字と言わ
>れ、生命の木の四界であり、ヤハウェを「神」と解釈するにはかなり無理があり、む
>しろ「神が降下した段階的な道」となる。さらなる解釈も可能で、YHVHは「神の4つ
>の諸力」と言うこともできる。ユダヤ教およびカバラのこの文字は非常に複雑な展開
>を持っている、と言うのが私の感想です。

「神が降下した段階的な道」 「神の4つの諸力」
コーザル体より下の各階層による放射?

659 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:14:55 ID:/FNBVgf6
あの、結局のところキリスト教って何なんですか?
元カレは急に洗脳されるようにキリスト教にハマリ、この上なくつまらない人間になってしまいました。
耐え切れずに別れましたが、キリストは人間の何かを吸い取っているんですか?

660 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:30:55 ID:n5I7akoA
>>659
イエス・キリストが悪いわけではなく。教会の権威主義がそうした間違った方向に人を導くことになってしまった。
スレを辿ってみても、このスレのキリスト教徒達が普通の人間以上に過激、攻撃的、排他的、洗脳的、論理性がない
といった悪いカルトの見本みたいな人が多い。このスレを見れば一目瞭然だ!

661 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:52:39 ID:TCTDrv3K
まあキリスト教徒は極端なのが多いわな
メンヘルとかな
でもそれはこのスレのヒンドゥイズムでも同じだわな

662 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:00:01 ID:n5I7akoA
キリスト教に限ったことではないが、宗教は一歩間違うと確かに常識的な生気を吸い取ってしまい、
生きた屍のようになった友達をオレも見たよ。そいつは後で気がついて結局キリスト教を止めたけど、
最近は宗教そのものにアレルギーしてるよ。所詮、後世の人間がねじ曲げて解釈したんどろうな。
だって、聖書を読んでみても、イエスは、隣人を愛せよ、と言ったりして、聖書で言ってることは
真っ当なことで役に立つけど、いざ、キリスト教徒の話を聞いて、疑問を持つと彼等は、異端だとか、
なんだかんだ言って、最後には怒り出すし、オレの友人なんかはしつこく追いかけ回されたり、電話が
かかってきたりして、ノイローゼになり警察に相談しようとまで考えたくらいだから。みんなでそいつを
助けてやって、キリスト教徒を追い返してやっと始末がついた。だから、今は正気になってずっと良くなった。

663 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:29:03 ID:FB5m4eUO
前スレリンク張りヨロ

257 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)