5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part9

1 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:21:46 ID:7W0syeFY
リンク:
 忘却からの帰還
 http://transact.seesaa.net/
 創造論(科学的)再検証会議室
 http://158.teacup.com/kenko/bbs
 創造論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96
 創造科学 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
 インテリジェント・デザイン - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3
 進化論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
 進化 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
 進化論裁判 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E8%A3%81%E5%88%A4


過去ログ:
Part 1 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/
Part 2 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/
Part 3 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119518385/
Part 4 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131206904/
Part 5 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142424454/
Part 6 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152371808/
Part 7 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154362803/
Part 8 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161149681/

2 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:25:26 ID:4Qucfm82
超重複の悪寒

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論 Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/


3 :名無し三鳥@3周年:2006/11/16(木) 00:26:31 ID:T3ABAecB
3取りー!!!

4 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 22:25:15 ID:Ze6wzCQP
おーーーーーい。
開店休業かい。


5 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:36:44 ID:X3PpMD6R
電波宗教屋が来ないとここまで寂れるのか。

6 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/11/25(土) 18:24:53 ID:/WpyAiHA
良いところで哲板がアク禁にするし。


7 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:01:36 ID:b6liuwLP
いや…本スレは↓だろ…
【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論 Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/

8 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 08:15:03 ID:lZnh1h3T
>>7
な、なんだと…
重複スレだったのかここ。

orz

9 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 04:59:41 ID:sdzDxoLE
みんな、なぜ気付けないの?十人に一人の集まりは、十人に一人でしかないよ。残りの九人は全く関係がないよ。たった一割の人間に影響されてしまうのは、その人たちがおかしなことを言ったりしたりするからじゃない?

10 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:51:29 ID:JE5BVeEQ
なんかわけかんないこという人きても、
スレの寂れは解消しないみたい。なげかわしやー

11 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:02:03 ID:MHqtDNUk
だから重複スレだって。
本スレは>>7

12 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 22:25:22 ID:k4Td5TnY
>>11
何かあやしいぞ!

13 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 00:47:01 ID:UU44Ao3Q
13

14 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 22:58:21 ID:dwtfQOJ8
14

15 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 08:09:04 ID:vqvNlaJn
創造論のガイドライン

・論理的でない
・矛盾点を指摘されても無視する
・否定された説を何べんも繰り返す
・学説を曲解し自分らの妄説を肯定する為に援用する
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
・霊、魂とかの証明不可能な概念を用いる
・論理や科学的な理論になりえない信念から議論を展開する
・話の筋が頻繁に捻じ曲がり、何が言いたいのか不明である
・自分しか理解しない概念を用いて意味不明な電波理論を撒き散らす
・矛盾点、知識の不正確さを指摘されると聖書を引用したり、霊だ魂だの妄言を垂れ流して話をかき回す



16 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:34:08 ID:hLqlfzcf
再利用しましょうか


■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す
2. ごくまれな反例をとりあげる
3. 自分に有利な将来像を予想する
4. 主観で決め付ける
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める
7. 陰謀であると力説する
8. 知能障害を起こす
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする
10. ありえない解決策を図る
11. レッテル貼りをする
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13. 勝利宣言をする
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する

17 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:37:12 ID:hLqlfzcf
ついでに生物板の進化論関係スレ(「進化」で検索しただけ)

猿属(族)は人間属(族)から進化したbigpapa説★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1145822323/
進化論は本当に正しいの?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1156603525/
人間が猿から進化したとするなら
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1117346846/
いつまで進化論を信じてるの?w
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1124033569/
【新総合説】新今西進化論2【進化論革命】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1165248452/
進化論は嘘
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1163922834/
は虫類は、何故、海に適応進化しないのか。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1033011751/
【進化って】素人に進化学を語るスレ F3【何?】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1126763870/
同性愛を容認する進化論は疑似科学??
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1143560673/
【進化】アクア説〜人類の祖先はカッパだったの?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1074647335/
進化論的にネアンデルタール人について語ろう
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1133776233/

18 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 19:37:42 ID:hLqlfzcf
未だに進化を誤解している人が大半の件について
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1122886554/
ネオテニー化=進化か
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1060415682/
ウィルス進化論について
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1091024756/
人間が進化すると
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1113986383/
進化:ペニスでフェンシングペニスでフェンシング
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1032033835/
生物の進化を1000スレで表すと
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1092594141/
哺乳類の次の進化はどうなる??
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1140103567/

19 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 21:13:02 ID:DWiNakXD
> 進化:ペニスでフェンシングペニスでフェンシング
> http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1032033835/

ちょwwなにそれw

20 :某377:2006/12/13(水) 23:04:50 ID:3+jlCkf+
>>前スレ981
>それはまず、物質脳からでしか心は説明できないとする科学知の

物質的に説明できるという仮説を検証しているところであって、
「物質脳からでしか心は説明できない」なんてことは一部の
厨房以外は言わない。

>>前スレ982
><それにしては、論理的には弱いな。

なにがどう?

>>前スレ984
><チューリング・マシンとゲーデル理論。金甌無欠を誇る数学体系さえ
>崩れかけている。のよ。

自分で何言ってるのかさえ把握できてないだろ。

><ペンフィールドの研究も知らずに脳、語るなWWWWW。

別に俺は脳を語っちゃいないが?

>>994
><これも独断。量子脳理論なんか信じていない。のよ。

じゃあなんで論拠に使えると思うの?


21 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:03:29 ID:235dKKsw
創造論のガイドライン批判に対する(個人的見解)

・論理的でない
(・理解出来ないことは非論理的いという。)
・矛盾点を指摘されても無視する
(・具体的に指摘しろといわれるとすぐ黙る。)
・否定された説を何べんも繰り返す(・同上)
・学説を曲解し自分らの妄説を肯定する為に援用する
(・学説もろくに理解していないの曲解などと相手のせいにする。)
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
(・みことばの意味がわからないのに妄言を繰り返す。)
・霊、魂とかの証明不可能な概念を用いる
(・霊、霊魂の概念的知識もないので理解できないものはすぐ否定する。)
・論理や科学的な理論になりえない信念から議論を展開する
(・科学知でさえろくに理解していないのに科学論理がと言う。)
・話の筋が頻繁に捻じ曲がり、何が言いたいのか不明である
(・誘導されなければ堕スレになる傾向がある。)
・自分しか理解しない概念を用いて意味不明な電波理論を撒き散らす
(・自分の理解力を超えると意味不明を頻繁に使う。)
・矛盾点、知識の不正確さを指摘されると聖書を引用したり、霊だ魂だの妄言を垂れ流して話をかき回す
(・具体的に指摘しろといわれると指摘の替わりに罵声が返ってくる。)



22 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:13:46 ID:oM869W8C
三国人は何で日本で売春するの?

23 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:16:16 ID:oM869W8C
朝鮮人はどうして犬食べるの?

24 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:17:37 ID:235dKKsw
・論理的でない
(・理解出来ないことは非論理的という。)
・聖書とか一部の信仰者だけに権威のある妄言集を引用する
(・みことばの意味がわからないのに妄言を繰り返すと言う。)

どーでもよいけど、一応訂正しておこう。


25 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:22:55 ID:oM869W8C
朝鮮人のおまんこは発酵してるから臭いの?

26 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:24:11 ID:235dKKsw
>三国人は何で日本で売春するの?
<日本人がスケベーだから。

>朝鮮人はどうして犬食べるの?
<日本人はどうして犬食べないの?


27 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:28:34 ID:235dKKsw
>朝鮮人のおまんこは発酵してるから臭いの?

<あなたの腐った脳みそほど匂わないのよ。



28 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:29:17 ID:oM869W8C
三国人はスケベーじゃないの?
朝鮮では犬は食材なの?

29 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:32:25 ID:oM869W8C
>>27
君の脳みそも腐った匂いするの?

30 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:35:13 ID:235dKKsw
三国人はスケベーじゃないの?
<みんな紳士淑女です。儒教思想があるから。

朝鮮では犬は食材なの?
<赤いのがいいのよ。いっぺん食ってみるあるか。


31 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:41:41 ID:oM869W8C
朝鮮人は偉いんだね。 犬も家畜の仲間なんだね!
儒教思想の国には売春はないんだねしらなかった。

32 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:41:52 ID:235dKKsw
君の脳みそも腐った匂いするの?

<たまに取り出して洗っているから、匂わねーと思うよ。

33 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:44:42 ID:235dKKsw
>>31
知らんカットンネ。もうー無知、ムチ、キムチー。


34 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:46:42 ID:euaKMVMf
なんだなんだ?痛々しい展開になってきたぞ。

35 :某377:2006/12/14(木) 00:50:29 ID:yKqac/Ep
1.ネヨが本格的にキレた。
2.嫌韓厨の自演荒し

どっちだろうね。

36 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:54:24 ID:235dKKsw
再利用しましょうか
■ 詭弁のガイドライン

1. 事実に対して仮定を持ち出す
2. ごくまれな反例をとりあげる
3. 自分に有利な将来像を予想する
4. 主観で決め付ける
5. 資料を示さず自論が支持されていると思わせる
6. 一見関係ありそうで関係ない話を始める
7. 陰謀であると力説する
8. 知能障害を起こす
9. 自分の見解を述べずに人格批判をする
10. ありえない解決策を図る
11. レッテル貼りをする
12. 決着した話を経緯を無視して蒸し返す
13. 勝利宣言をする
14. 細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
15. 新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
16. 全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する
17. 勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
18. 自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する


総括的に言って、、、自分では論理展開が出来ないので、上記負け惜しみで
自慰することでウップンを解消する能力?を獲得する。


37 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 00:54:27 ID:oM869W8C
先日チョンデル呼んで 無理やり生で中出ししてやったら
結構喜んでたよ。朝鮮人は日本人のペットみたいだよ。

38 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:01:10 ID:oM869W8C
中国ハルピン女性は色白でおまんこは小さいよ。
チンポ痛かった!

39 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:02:38 ID:235dKKsw
そーか。横でみていたら、アカンベーしてたような気もするが。
そちんのそーろはらくでいいといっていたような。

40 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:06:46 ID:oM869W8C
北チョン女性だったら 日本円で120円でおまんこさせるよ。
おまんこ臭いよ。

41 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:15:01 ID:235dKKsw
安物買いのチン失いというよ。

42 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:23:58 ID:oM869W8C
ソウルのホテルでコールガール呼んだら おまんこからチーズの匂い
がしておまんこ舐めたらキムチの味がしたよ。

43 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:24:54 ID:oM869W8C
朝鮮人は奥が深いね。

44 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:29:45 ID:235dKKsw
なめくじ大統領の融和政策も奥が深いこと、理解できたか?

45 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 01:35:02 ID:235dKKsw
もういったか? 早くネローWWW


46 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 03:01:00 ID:UEYBkgrq
この痛ましいスレ違いな罵りあいについて・・

創造論を奉じる韓国系キリスト教@カルト「ネヨ」と謙韓厨が鉢合わせし、
互いに論理よりはむしろ体臭によって敵を見分けつつ、
お互いに意図する誘導に成功しない会話からの逃避にライトな罵りあいでウサ晴らし。

という仮説を立ててみるテスト。


47 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 03:41:40 ID:Rf8t8Kxa
嫌韓厨うざいな。



しかし、反論をその場その場の出鱈目で結構上手く切り抜けている部分では、
不誠実な人物ぐらいだけどトータルでみるとキチガイだっていう…w
この手の人物は害悪にしかならないんだけど、これを飼っているセクトもそんなもんだろうねw


48 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 04:01:32 ID:euaKMVMf
有ってよかったNGID機能。
ココで使うとは思わなかったが…

49 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:40:26 ID:flxaMj+7
キチガイとキチガイが出会ってしまい…そしてスパーク。

50 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:00:23 ID:2+wEWXpa
自分を獣と思っている進化論者たち。

51 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:17:16 ID:KzPahEFE
>>50
そうとも、そしてもちろん君のことも獣だと思ってるよ?

52 :某377:2006/12/14(木) 18:31:06 ID:+4aPv4N5
エックルスの本に、
人間がサルの一種だと思うならば、鳥は魚の一種だとみなければいけない (だから不合理だ)
といった趣旨の記述があるんだが、進化論の立場から返事するのならば、
「そうだね。つまり旧来の分類に問題があるってことだよね」という話で
しかないんだよな。

旧来の分類と進化論の結論が合わないという話は進化論の不合理性を
示しているのではなくて、分類のほうがおかしい(のかもしれない)と
いうことが理解できないアンチ進化論者は非常に多い。
>>50なんかはそのわかりやすい例。


53 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:46:34 ID:2+wEWXpa
>>51
<そうとも、そしてもちろん君のことも獣だと思ってるよ?

<自分が、けがらわしい、けだものと思ってる創造論者はいない。のよ。
さあ、けだものなら、けだものらしく振舞え。吼えろ、呻れ、
そうしてわが身を呪え。って。


54 :某377:2006/12/14(木) 19:16:34 ID:+4aPv4N5
「獣」という言葉の定義の問題なんだな。

人間以外の哺乳類を獣と呼ぶ、のであれば人間は獣ではない。
生物学的に根拠のある言葉ではないという程度の話。

そういう意味では「魚」もそうだし実は「爬虫類」もそうだという話がある。


55 :モエカス:2006/12/14(木) 19:36:44 ID:ChmIlMVK
>>53
進化論に動物を「けがらわしい」と定義する要素はありません。
したがって、「わが身を呪う」必要もありません。

むしろ創造論者の動物に対するスタンスがよく分かる発言です。
ありがとうございました。

56 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 20:00:10 ID:euaKMVMf
まぁ所詮分類は分類で、人が扱い易いように分けてるだけだし。
外見や代謝系等で分類されていた旧来のものと、分子系統分類では一致するものもあれば一致しないものもある。
基準が異なるんだから当たりまえ。

57 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 21:31:50 ID:flxaMj+7
例えば鯨なんかも魚類だって言われてたことあったみたいだけど、実際には象とかカバにちかいらしいしな。

58 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:55:48 ID:Vetezx4T
朝鮮人もカバの仲間らしいよ。

59 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:58:00 ID:Vetezx4T
朝鮮人は5千年の歴史があるんだ!

60 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:01:01 ID:a2HUasqM
朝鮮人は熊の仲間だろ?

61 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:04:02 ID:Vetezx4T
そうか。熊女の伝説があるよな! 朝鮮人は人間の仲間なのか?

62 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:08:55 ID:Vetezx4T
訂正します。

朝鮮人の先祖は熊だった 朝鮮の歴史に出てたごめん。

63 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:11:10 ID:Vetezx4T
朝鮮人は先祖が熊だからおまんこが臭いのか?

64 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:13:52 ID:ZkFwFoN3
朝鮮人は朝鮮人。
日本人ではありません。
相手にしてもなりません。

65 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:17:12 ID:Vetezx4T
>>64 ??朝鮮人と日本人ですか?
朝鮮人は人間じゃない動物ですよ。

66 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:19:09 ID:Vetezx4T
朝鮮人は神が見せしめのために創った物ですよ。


67 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:21:44 ID:Vetezx4T
朝鮮人のおまんこは横に避けてる。

68 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:25:34 ID:Vetezx4T
おまんこの種類が違う。朝鮮人は人類じゃないな。

69 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:30:25 ID:Vetezx4T
朝鮮人は神が創った犠牲者だ。SEXしたら朝鮮女はおまんこから
キムチのエキスをだす。 神も残酷なことをしたもんだ。

70 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 00:15:25 ID:vCjFhpE0
朝鮮人は進化の過程でゴキブリの仲間だろ。

71 :某377:2006/12/15(金) 01:06:17 ID:5ccz4G14
>>55
何度も言ったが、創造論者ってのは結局、自分達が特別だという
妄想を守るために神を利用する涜神者なんだよ。
聖書に「人間も動物だ」と書いてあったら聖書を捨てるほうを選ぶような連中。
まあ、ネヨの場合は聖書に書いてあろうとなかろうと関係なしという
やや特殊な人間ではあるのだけども。

72 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 01:30:11 ID:+R563ySB
>>71

コヘレトの言葉
3:18 人の子らに関しては、わたしはこうつぶやいた。神が人間を試されるのは、人間に、自分も動物にすぎないということを見極めさせるためだ、と。
3:19 人間に臨むことは動物にも臨み、これも死に、あれも死ぬ。同じ霊をもっているにすぎず、人間は動物に何らまさるところはない。すべては空しく、
3:20 すべてはひとつのところに行く。すべては塵から成った。すべては塵に返る。



73 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 07:00:15 ID:bPgpouy4
ちょwwwホントにそんな一文があるのかwww?
創造論者はこれをどう理解するんだ?

74 :某377:2006/12/15(金) 07:29:55 ID:5ccz4G14
>>71
ほう、そいつは知らなんだ。
創造論者がその一節をどう説明するか見物だね。

75 :某377:2006/12/15(金) 07:35:07 ID:5ccz4G14
>>72 のまちがい。

「動物と獣は違う」という言い逃れはありうるかな?

76 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 09:42:25 ID:blmBjQs4
>>75
きっぱり無理。>>71は新共同訳だが、なにしろ連中御用達の新改訳で

伝道者の書
3:18 私は心の中で人の子らについて言った。「神は彼らを試み、彼らが獣にすぎないことを、彼らが気づくようにされたのだ。」
3:19 人の子の結末と獣の結末とは同じ結末だ。これも死ねば、あれも死ぬ。両方とも同じ息を持っている。人は何も獣にまさっていない。すべてはむなしいからだ。
3:20 みな同じ所に行く。すべてのものはちりから出て、すべてのものはちりに帰る。


口語訳でも

伝道者の書
3:18わたしはまた、人の子らについて心に言った、「神は彼らをためして、彼らに自分たちが獣にすぎないことを悟らせられるのである」と。
3:19人の子らに臨むところは獣にも臨むからである。すなわち一様に彼らに臨み、これの死ぬように、彼も死ぬのである。彼らはみな同様の息をもっている。人は獣にまさるところがない。すべてのものは空だからである。
3:20みな一つ所に行く。皆ちりから出て、皆ちりに帰る。

77 :某377:2006/12/15(金) 09:46:14 ID:mD6SfwA1
>>76
ああ、それじゃ逃げ道ないね。
ネヨあたりなら本当に聖書捨てかねないなw

78 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 09:56:12 ID:9vBWKuSp
>>77
実際、見なかったことにしてしがみついてるでしょう?
連中が大嫌いな極左リベラルが創世神話や処女降誕や復活など
気に入らない個所を恣意的に無視するのとまったく同じ様にね。

79 :某377:2006/12/15(金) 10:02:05 ID:mD6SfwA1
違いがあるとすれば、聖書直解の大看板をあげているところだね。
アイデンティティに関わる大問題なんじゃないの?

80 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 19:34:29 ID:4nfNw4t3
私は、「運命が、善人も悪人も裁く。全てに時があり、時が全ての運命を定める。
神は人間を試し、人間が獣である事を思い知らせようとしている。」と思った。
何故ならば、人の運命も獣の運命も同じであり、人も獣も鼻で息をしており、
いずれも死ぬからである。人間が獣よりも勝っている事は、何もない。本当に、
人間は空しい。全てのものは死に、土に帰る。「人間の霊は天に昇り、獣の霊は地に降る。」
とは言われているが、それが正しい事を、誰も知らない。
 人間は、自分の行為を楽しむしか無いのだ。それが、人間のあるべき姿なのだ。誰が、
自分の運命を教えてくれるだろうか。誰も教えてくれない。


81 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 21:22:05 ID:QnqDW8SC
どうせ「我が輩は聖書を文字通りに解釈していない」とか言い出すんだろうが、自分の好きなように解釈するんならノストラダムスの大予言レベルだぜ。何でも好きな文章を作れる。

ゲーム帝国聖書もネヨの聖書解釈も同程度に正しいと言える。

82 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 23:03:26 ID:vCjFhpE0
朝鮮人はおまんこから卵を産むらしいな。

83 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 23:53:25 ID:xSB/A28c
今日も電波と嫌韓荒らしが来たな。

昨日は、意味の分からん反応にびびった嫌韓荒らしが逃げたみたいだが今日はどうなるんだろう。




>>76のレスが流れるまでネヨはこないかも知れんな。

84 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:05:05 ID:2hksz/OY
コヘレトの言葉。

11.5 妊婦の胎内で霊や骨組みがどの様になるのかも分からないのに、
すべてのことを成し遂げられる神の業が分かるわけはない。

12.7 塵はもとの大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。

12.12 それらよりもなお、わが子よ、心せよ。書物はいくら記しても
きりがない。学びすぎれば疲れる。

12.13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」
それこそ、人間のすべて。

12.14 神は、善をも悪もを、一切の業を、隠れたこともすべて裁きの
座に引き出されるであろう。

85 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:30:44 ID:b99Xr6Yq
嫌韓荒らしは削除依頼に出しましたので、これから
かまわないようにしてください。

86 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 10:57:51 ID:2hksz/OY
心は果たして頭脳と同じものか?

動物学者イワン・サンダーソンは、ニューヨークのある病院で死亡した男
のことについて述べている。解剖の結果、この男には脳がなく、頭の中は
「コップ半分の汚い水」だけという男のことだ。ガードナー(マーチン 
数学者)に言わせれば、これも議論する値打ちもないつまらない話となる。

しかし、1980年代初め、シェフィールド大学のジョン・ラーバー教授は、
知能指数が126で頭の中が「水」だけの学生を発見している。この学生の
頭脳を走査すると、頭脳は外皮で厚さは1ミリしかないことが分かった。
脳が実質的にない人間がどうして人間としての機能を発揮できるのか?

水頭症が専門のラーバー教授は、頭の中の95パーセントが液体で、しかも
完全に正常な人間を数多く知っているという。70から90パーセントが液体
というケースはありふれているらしい。これはサンダーソンが考えたように
心と頭脳が別と言う証明にはならない。しかし、確かにその疑問のきっかけ
は提唱する(世界不思議百科より)
「狂気」とオーソドックスな学問の間に明確な一線を引くことは常にあやうい。
のよね。


87 :某377:2006/12/16(土) 11:32:28 ID:x2TDr9xT
事実関係にでたらめの多いオカルト本からの引用じゃなくて、一次資料を提示してね。

88 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:21:33 ID:X2lcCPVE
そんなオカルトソースしか提示できないってのがネヨの限界でしょう
前スレ前半につっこまれたことを未だに放置してるアホだし
そもそも「論理なんか関係無い」とカミングアウトしたような話にならない奴

89 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:32:42 ID:3yvsbIqK
脳が半分しかないが普通に生活できてる事例ってのはある。
脳の可撓性、冗長性がなせる業。
CELLプロセッサが歩留まりをごまかすためにSPEがいくつか死んでても出荷するようなもんだ。

オカルト本がそのへんのネタを極端に誇張したってのがありそうだ。

90 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:35:53 ID:o177nwYg
どっちにしろ、霊だかなんだかの証明とは無関係なのが激しく笑える。

91 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:52:52 ID:2hksz/OY
なにを言っても信じない、現代科学知教育が産んだ奇形児たち。

92 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 12:54:30 ID:tSo2Eg69
デタラメ・デマカセ・オカルトなことしか言わないからだろw

93 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 13:25:22 ID:2hksz/OY
オカルトとは超自然的の意味であって、デタラメの異名ではない。
今の科学では証明できない現象の総称なのよね。
カルトも正教と聖書の別解釈のことを言うのではない。
激しく使い方を間違っているのよ、ね。

94 :某377:2006/12/16(土) 13:47:22 ID:wzc1pM5s
>>93
君のやってることは俗にいうオカルト、カルトの範囲内。
オカルト、カルトに本来の意味にもどして何らかの役割を認めると
するならば、そこから君は脱落する。

95 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 13:54:58 ID:1M+qp+1r
そうだな、狂気とか妄想とか迷惑とか社会敵の美称と化してるよな。

96 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 14:51:34 ID:kOMtL2go
聖書に人間も獣(動物)って明記されてる(>>72>>76)のはスルーなんだなww

97 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:05:22 ID:+wLJiQGO
>>93
詭弁のガイドラインにあったな。細かいミスを指摘して話をそらす、だっけ。

98 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 19:21:51 ID:YYpMgP06
>>80>>93
で、答えたつもり。紀元前200の頃も現代も人を動物の一種とする見方に
警鐘をならしていることも理解できんのか?
見かけで判断すれば、ずべて誤ることになる。
だから、
「12.13 すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」
それこそ、人間のすべて。」となる。
だからこそ、
「12.14 神は、善をも悪もを、一切の業を、隠れたこともすべて裁きの
座に引き出されるであろう。」
動物が神の裁きの場に引き出されることはない。

科学知もないが、国語力もないよ。ね。



99 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 19:26:51 ID:YYpMgP06
>>94
偏狭知識型論理凡庸的独断先行型人間の代表ってとこか。


100 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/16(土) 19:41:47 ID:5L9nTNc2
>>98
なるほど、理屈はともかく、それが君の信仰ということか。

101 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 22:28:38 ID:sqpypFxM
朝鮮人は本当に人間なのか? 家畜が進化したんだろ!
聖書に出てないのか?

102 :某377:2006/12/16(土) 23:20:54 ID:KKeZpo3J
>>98
答えたって何に?
何かへの答えになってるようなレスじゃないけど。

>科学知もないが、国語力もないよ。ね。

科学力や国語力の問題じゃないと思うな。
君の妄言なんていちいち理解できないよ。
エスパーじゃあるまいし。

>>99
誰が?君じゃないよね?
独断先行はともかくとして、知識なし論理なしの異常人なわけだから。

103 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 23:25:59 ID:2zqjMKEj
>>101
チョンは国際社会から隔離されている 朝鮮民族のDNAの中に刻まれてるんだな。
家畜からの進化? まさしく神が創った素晴らしい芸術ですね!

104 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 02:57:16 ID:E46rEWY4
ネヨの芸風(矛盾の指摘とかは「いつか説明してやる」とか言って放置、
論理おかしいという指摘は論理自体を批判することによってさっくり無視)にも飽きてきたなあ

もう一人の◆QznUfgqaPYの方は戻ってこないのかな。
間違いを指摘されたぐらいで情けない。
ネヨは間違いを指摘されたときは「そもそも間違ってたってかまわない」とか言い放って
平然とこのスレに居続けたような厚顔さを持ってるのに

105 :新しい創造:2006/12/17(日) 03:32:49 ID:8aRC9LvS
新しい天地創造

進化論掲示板

http://6609.teacup.com/natrom/bbs

106 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:20:58 ID:XN6kmokB
科学知でボケまくった頭に真理の光を差し込んでやろうとする
我輩の親ごころ?にたいし、厚顔でたたき、無恥でしばくという
出迎えとは何事か。想定外。少しは反省せよ。よね。
我輩の言うことを理解できるのは1000人に5人くらい。
1人目はなかなか現れそうもないのよね。なげかわしやー。



107 :某377:2006/12/18(月) 18:34:37 ID:Fpwtny/O
1000人に5人もそんな気違いがいるようじゃ社会が崩壊するな。
いいから指摘・質問への回答と証拠をもっといでって。

108 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:41:01 ID:7bgt2Q4i
単に自分が正しいと言いたいだけなのよ。ね。
そのためには捏造も理論も教義も関係ないの。
高邁なので理解できる人が少ないと言えば、自尊心が満たされるのよ。ね。

109 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:01:30 ID:XN6kmokB
いま答えても、そんな頭じゃとても理解できないでしょうなあ。
一つテストしてみても分かる。
「愛」とはなにか?
「日常用語的には感情の一種で、何かの対象を肯定する気持ち、対象に
存在意義や価値を見出したり、対象に快を感じたりする気持ちである
と理解されている。(ウイキ)」
科学知はここでも人を騙しているんですねえ。
つまり感情の一種だと。ね。
他スレで「愛とはなにかを語ろう」でも、誰もわかっている人いない。みたい。

さあ、「愛」とは何か答えてみなさい。よ。

110 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:11:51 ID:3qHoWPMZ
ためらわないことさ

111 :某377:2006/12/18(月) 19:18:46 ID:Fpwtny/O
>ネヨ
そろそろスレタイ読みなおすのがオススメ。

112 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 19:57:12 ID:JVNpA65Y
>>110
ギャバンかよw

113 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 20:20:58 ID:avinrD2I
俺の場合、愛はちんちんの付け根あたりのところにあるな。
言葉じゃないんだよ。

114 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/18(月) 20:29:24 ID:3rkXb4GQ
>>109
マジレス
学術用語とか法律用語じゃないんだから明確な定義なんぞある筈がない。

で、そういうおまいは「愛」とは何か答えられるんだろうね?

115 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:15:28 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
「愛」と聞いて、人はその存在を知っていても、「愛」が一体何かということ
になると人はほとんど知りません。つまり、愛が人の(いのちそのもの)だと
いうことに、まったく気が付いていない。愛が人の(いのち)であるのを知ら
ないと、人の(いのち)が何なのか、知っている人はだれもいません。

愛自体は、自分を愛することではなく他者を愛すること、そして、愛をとおし
て他者と結びつくことです。愛自体はまた。他者から愛され、結びつけられる
ことでもある。
どんな愛でも、その本質は結びつきです。あるいは(いのち)です。それは、
うれしさであり、愛らしさであり、楽しさであり、うるわしさであり、至福
であり、祝福であり、幸福です。

愛とは、自分のものが相手のものになるようにすることです。あるいは、相手
の(よろこび)を(よろこび)そのものとして感じること、つまり相手の(よ
ろこび)を愛することです。それにたいし、相手のうちに(よろこび)を感じ
ないこと、つまり相手の(よろこび)をそのものとして喜ばないことは、愛し
ていないことになります。前者は隣人愛となりますが、後者は自己愛です。

愛からくる情愛が」なかったら、何かを考えたり、行ったりできるでしょうか。
愛からくる情愛がしぼんでくると、それだけ思考力も、会話力も、行動力もしぼ
んできます。また、その情愛が燃えると、それだけ熱をもってきます。
賢者の悟りは、愛が人の生命であるという思想から来るのではなく、愛が人の
生命であるという体験から来ています。



116 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:17:14 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
通俗的には、愛とか英知を、いわば希薄なエーテルの中に浮遊し、流れている
もののように考えます。せいぜい何かの発散として。したがって、これが事実
上、実体や形相(ケイソウ)として考える人はごくまれです。愛や英知が実体であり、
形相があると分かっている人でも、その愛や英知が主体の外にあって、主体か
ら(たとえば脳)流れてくるもののように考えています。主体の外に向かって、
主体から出てくるもののようであれば、結局は浮遊していて、流れでてくるも
のと同じですが、それを実体または形相と呼んでいるに過ぎません。

ところが、愛や英知は、主体そのものです。主体から外へ向かって浮遊し、流
れでるものは、主体それ自身がもつ状態の外見であって、それを見まちがえて
いるのです。今までそれがよく分かっていなかったのも、多くの理由があります。
まずは、人間の精神にとって理性形成の出発点が、外見apparentieaにあるためで
しょう。しかも、外見から奥へは原因の追究という作業がなかったら入れません。
その原因が奥深く隠れていれば、追求もいっそうできなくなります。その追求には、
霊的光の中で、理性(識別力)をしっかり固定させなくてはならないのに、それさ
え出来ません。いつも後ろに引っ張る自然の光(自然的思考)があるため、それに
邪魔されて理性がしっかりしません。

いずれにしても、真理は次のとおりです。つまり、愛や英知は、事実上・実際上の
実体であり形相です。そして、その実体や形相が、主体そのものになっています。
神の愛と神の英知は、実体である。その実態は、形相でもある。のよ。


117 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:26:09 ID:Omq7BX2l
>>115-116
分かってないな…愛はそれ自体が主体じゃないからこそ価値があるものなのに。
そんな薄っぺらい情念しか持てないのに精神を語るのかね
自己愛に毒されすぎて真実を見失ってるな、嘆かわしい

118 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:30:59 ID:Zbd5Pnc4
どんな素晴らしい愛の概念を語るかと思えば・・・・・・・・・・・・・・・・・



で、どこの宗教書からの抜粋?

119 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:46:06 ID:VY4T44MJ
ボケ愛なんか世の中にあるか!世の中に愛があるのなら北チョンが拉致するか。
進化論者に言う 朝鮮人は人間の姿した鬼だ!!


120 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:06:49 ID:+0NC2QJx
>>119
全然面白くないし邪魔
さっさと巣に帰れ

121 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:08:26 ID:XN6kmokB
それを自己愛=エゴイズムというのよ。
これも愛あれも愛♪

122 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:30:19 ID:VY4T44MJ
>>120
君は心の淋しい人種ですね! 朝鮮系統一教会でも入って精神修行でも
した方がいいようだね。 かんばって理屈言ってなさい!
朝鮮人はばい菌だぞ!!

123 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:39:25 ID:XN6kmokB
「愛」とは、
人間には、五つの外的感覚があります。触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚です。
聴覚の主体になるものは耳です。聴覚は、音が発する場所にあるように見え
ますが、聴覚は耳の中にあり、しかも耳という実体または形相の感じ取りなの
です。聴覚が、耳から遠くにあるように見えるのは、見かけにすぎません。
視覚も目から対象に向かうのではなく、対象物のイメージが目の中に入り、目
の実体と形相に影響を及ぼすわけです。以上によって、次のように理解できま
す。実体または形相は、主体を構成するわけで、その主体の感知力は、主体と
離れた別のところにあるではない。主体はあい変らず主体として前後をとおし
て同じです。

愛や英知についても、同じことが言えます。愛また英知は、実体または形相で
あって感覚器官が外へ向かって働いているように、眼前に現れてくるわけでは
ありません。それだけの違いは、だれもが認めるところですが、実体や形相は
、英知や愛の実体であり形相です。それは思考cogitations であり、感知perc
eptions であり、情愛Affectionsです。虚無から流れ浮遊してくるものではな
いし、主体をなしている現実の実体・形相から、抽象されたものでもありません。

脳の中には、数知れぬ実体や形相があり、それにはみな内的な意味interior sensus
があります。つまり、理性や意志に対応した意味をもっています。情愛にしても、感
知力にしても、思考力にしても、脳から吐き出される息のようなものではなく、実際
上・現実上の主体です。その主体がその中から何かを放出するのではなく、外郭の感
覚について前述したとおり、刺激によって起こる流動をともない、主体(愛や英知)
自らが変化します。刺激によって起こる流動とはどういうことか?いずれまた。ね。

ここで、神の愛と英知はみずからが、実体であり、形相であることがはっきりします。
神の愛は存在自身であり、神の英知は実在自身です。もし、この存在自身および実在
自身が、実体や形相でなかったとしたらどうでしょう。まるで虚構しかありません。
そては、そのものとして、なにもないことになります。



124 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:02:33 ID:XN6kmokB
まるで虚構でしかありません。
それは、そのものとして、なにもないことになります。に訂正。

補足。
愛や英知は霊的実体です。霊的実体は時間や空間の内にはいません。
だから見えません。情愛や感知力、思考力もすべて愛や英知から派生します。
愛や英知を受け入れる器が人の霊魂です。だから人の霊魂も見えません。
人の霊魂は人の体の形をしています。というより人の肉体のあらゆる部分と
個々全体細部に至るまで完全に密着しています。生きている間は、、ね。






125 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:09:47 ID:1jWAEIb4
もはや、科学とは縁もゆかりも無い方向へと進んでいってるな。
スレ違いだからどっかいってくれ。

126 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:12:57 ID:Sv/evZ0R
>>125
お前がどっか行けよ!勘違いするなボケ!

127 :モエカス:2006/12/19(火) 00:19:37 ID:AOoJu767
>通俗的には、愛とか英知を、いわば希薄なエーテルの中に浮遊し、流れているもののように考えます。
一体どこの誰がそのように考えているというのか。
しかもエーテルって。

128 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:21:44 ID:CXrKsDV4
もうスレ違いの垂れ流しと煽りはスルーすべき頃合かと。
きりがないよ。

129 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:38:53 ID:qfQhY6ey
>>125

科学が、科学がと偉そうなこというが、宇宙の始まりや人の心の一も説明でき
ないくせに。だから無神論的「進化論」が蔓延こって、信仰者がかえってバカ
にされるんだ。だまってみてられねえ、てんだ。よ。
その上、全くのウソまで人に信じ込ませた。
科学は人の手足。人の頭になってはいかんと言うこと。
、、、悔しかったら宇宙の始まりや、心が脳からどうして生まれる
のか、ちゃんと説明しろよ。ね。
この宇宙で存在できる最小の存在、プランクサイズ宇宙のなかに、137億光年も
広がっている宇宙のものすべてが何故入れるんだ?。時間が逆上るとともに
物質はみなプランクサイス以下に縮むのか。理屈に会わねえの。
1グラム原子の中にどれくらいのプランク宇宙があると思うのかい。
科学さえもろくに理解していない科学ボケが寝言は寝て言え。てーの。


ネヨWWW


130 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:47:41 ID:qfQhY6ey
物質等はみなプランクサイス以下に縮むのか。理屈に合うねえの。
また、午前様だ、ホントにネヨWWW


131 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:50:32 ID:e8GQJFQE
理屈に合わないことばっか言ってるやつに
「理屈にあわねえの。」って言われてもねえ・・・




132 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:50:34 ID:qtnXkBRQ
>>129
何百年前から使い古されてる、数学的帰納法ならぬ宗教的帰無知法をいまだに使ってる奴がいるんだなぁ。

133 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 01:10:18 ID:1jWAEIb4
なんつーか。スレタイもまともに読めないような人間はスルーでよいだろ。

134 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 02:49:22 ID:o+OAHJ1+
ネヨはいまやこのスレの肝である。
スルーすると弄る対象が無くなる。w

脳みそが無くても生きられるゾンビ野郎はそうそういない。
今も脳みそ無しで見事に生きている・・

135 :某377:2006/12/19(火) 09:13:05 ID:11/A5N5p
ポエム以下の代物にコメント入れるのも野暮というものかもしれんが。

>>129
何度もいうように、未説明の領域があることは科学がまちがっていることの
証明にはならないし、まして創造論が正しいことの証明にはならない。
創造論は事実と矛盾しているから棄却されるのであって、いくら進化論や
科学を叩いてもムダ。

あとプランク宇宙云々は君の感想でしかないね。
せめてそれが不可能であることの論理的説明をつけるべきだろう。
無理だろうけど。

136 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 09:37:46 ID:aiXcjcLj
ネヨの理屈って、くやしかったら漏れが理解できるように説明してみろ。説明できないなら漏れの勝ち。
というだけで、創造論も進化論も実は関係ないんだよね。

137 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 11:40:47 ID:1jWAEIb4
創造科学の奴らが良くやる手法で、
専門家が議論中だったり、注目していないような事柄、
つまり一般的に定まった見解が存在しない事柄について説明しろと言ってくる。
それがどれだけ下らない事か全く理解できていないんだなぁ。

138 :某377:2006/12/19(火) 12:08:34 ID:h4pokEyY
>>136
一番難しいのは「漏れが理解できるように」ってところだな。
わかりきった話であっても、理解力皆無、妄想力絶大の輩に理解できる
ような説明が存在するかどうか。

>>137
どっちにしても詭弁のガイドラインの範囲内だけどね。

139 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 12:41:28 ID:5nr5I6Nk
>>136
 そういう自滅シチュエーションを創ってくれたら勝ったも同然でしょ。
それこそおよそ誰でも判るように懇切丁寧に説明してやって、
それでも判らない馬鹿野郎は誰なのか衆目に明らかにしてやれば
こっちの仕事はおしまいだよ。


140 :某377:2006/12/19(火) 12:44:25 ID:h4pokEyY
>>139
とっくに衆目には明らかなわけだが。

最近は、そもそも何を説明しろと言ってるのかも不明な要求とか、
科学の埒外のものを説明しろとわめきちらすとか、そんなんばっかり。

141 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 19:31:52 ID:1NMSCBbG
>とっくに衆目には明らかなわけだが。
<何が衆目に明らかなんだ?また、独断先行か?

>科学の埒外のものを説明しろとわめきちらすとか、そんなんばっかり。

<ほう、宇宙の始まりを説明しろと言うのも科学の埒外か。人の心は脳で説明
できるという定説も、愛は人の感情であるということもみな科学の埒外なんか?
そのくせ「進化論」は科学知の範囲内なんだよな。
で、生き物(生命)は何からどのように生まれたのだ。そして、どのように進化
してきたんか。ね。見てきて来たの?
分からないことは科学の範囲外。ご都合主義もいいとこだな。

142 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 20:40:57 ID:YrvfNsUu
まったくだ。
説明を求めておいて理解できなくなったらどうでもいいと言い放つとか。
誠実さは正教会の信者にでも求めろ、こっちは知ったことじゃないとか。
真理を探究するために両者を平等に比べているとイイながら、最初から立場が決定していたりとか。
ご都合主義もいいところだ。

143 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 20:57:13 ID:N+TpxAw+
>>141

生物の始まりはRNAだな。
原始地球では何億年ものあいだ、無数のRNAの適当に合成されては破壊されてきたが、
あるとき、自己複製能力をもつのが1コできた。
そいつが適当にエラーを繰り返しながら自己複製し、より複製能力の高いものがはびこるようになり、他の便利な高分子も合成するようになり、色々機能分化しながら現在に至る。

現在ではどんな反応が起きようが、無機物からある程度の生物に至る前にまず他の微生物に食われてしまうが、当時はライバルはいなかった。

まぁ地球1コ分の無菌のハビタットと数億年の実験時間があれば再現できると思うよ。

144 :某377:2006/12/19(火) 22:03:46 ID:WPky8F36
>>141
><何が衆目に明らかなんだ?

おまえがデタラメを口走っていること。

>また、独断先行か?

おまえがな。

><ほう、宇宙の始まりを説明しろと言うのも科学の埒外か。

たしかにそいつは科学の範囲内だな。で?

>分からないことは科学の範囲外。ご都合主義もいいとこだな。

いや?
科学の範囲内でもわからないことはわからないと何度も言っているはずだが。
揚げ足とったつもりでいい気になってないで、自分の責任を果たしたらどうだ。

145 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/19(火) 23:59:30 ID:fRA2pWPx
ネヨはネタ切れのようだ。

146 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 00:45:43 ID:R7xJNSMy
何時まで経っても「科学」が「学問」であることに気が付けない可愛そうな子っているものナンダねぇ…
学問なのだから、未知のものもあれば既知のものもあるし研究中のものもある。
そんな簡単な事にも気が付けない…ってのは人としてどうなのだろうか。

147 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 02:29:35 ID:zqmTsm7E

なになに、分かったことに対しては、これが科学だと空威張りするのが
科学で、分からないことに対しては、てんで意気地がないのも又、科学
の特質でして、、、まあガキ大将みたいなもので、すいません。
よく言い聞かせますから、許してやってくだせえ、てか。

148 :モエカス:2006/12/20(水) 04:30:15 ID:SQzbGD4A
>ネヨ
あなたのように分からないことについて
分かったふりをする必要がないというだけだよ。

149 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 06:17:11 ID:F4gSq9Lw
「科学はまだこんなこともわかってないのか、
しょうがねーな教えてやろう、俺に天使が教えてくれたことによればだなぁ・・・」

ネヨの意見は要約するとこの程度のもんだからなー

150 :某377:2006/12/20(水) 08:29:41 ID:q3MKxyNZ
>>147
つまり君は、
分かったことがかけらもないくせに空威張りするほうがずっと偉い、
とこう言いたいわけだ?
まあそれも一つの生き方かもしれんね。がんばってね。


151 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 13:51:46 ID:WDN/bvkl
まあ、脳内真理抱えて好きに生きて好きに氏ねばいいんじゃない?

152 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 19:22:20 ID:wVA3LD8x
>>146代表者様
>何時まで経っても「科学」が「学問」であることに気が付けない可愛そうな子っ
ているものナンダねぇ…

<まあ、安易な貼り付けで言わしてもらえば、だな。
科学 (かがく、 science) は、ラテン語のスキエンティア(scientia、知識)に
由来する概念で、体系的で実証的な学問の総称である。学問(がくもん)とは、
文化の1つで、個々の事実が相互に関連しあうという仮定の下に体系化した仮説
をたて、その仮説を検証する研究活動によって得られた知見の総体である。
つまり、科学には、大まかに、人文科学、社会科学、自然科学がある。
人文科学には、 
哲学 倫理学、宗教学、言語学、文学、美学、芸術学、歴史学、考古学、地理学
(自然地理は自然科学に分類される)人類学(自然人類学は自然科学に分類される)
民俗学 心理学(心理生理学は自然科学に分類される) この分類以外に、大学の
文学部で行っている学問を指す解釈も有る。下記の小分類の幾つかは、人文科学に
含める場合も有る。最も大まかな分類では、社会科学全体が人文科学に含まれる。
統治系 。
社会科学には、
法学政治学政策学(オペレーションズリサーチという側面が有る場合には応用科学
に分類)行政学経済系経済学経営学商学会計学一般系社会学この分類以外に、大学
の法学部、経済学部、教育学部などで行っている学問を指す解釈も有る。

自然科学基本的には、大学の理学部で行っている学問を指す。
数学 、理学、物理学、化学、生物学、地学、天文学、計算機科学 、応用科学等

それを、個々の事実が相互に関連しあうという仮定の下に体系化した仮説
をたて、その仮説を検証する研究活動によって得られた知見の総体である。
とある。つまり還元主義的な考えである。
つまり、餅は餅屋的な専門的分業作業である。しかも、その分業は統合されれば、
ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
そこんとこ、よく理解して科学を語っているのか。ねえ。


153 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 20:11:00 ID:7EHW8pAZ
うん、君は精神科に行って天使の声が聞こえるんですと相談してからまた来て

154 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:20:57 ID:zpDBm4u5
自然科学>>社会科学>>>>人文科学>>>>|越えられない壁|>>>>宗教

155 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:23:10 ID:SU2qH5Mn
自然科学>>社会科学>>>>人文科学>>>>|越えられない壁|>>>>宗教=嘘

156 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:33:06 ID:wVA3LD8x
あは、聖書の天界的天使の教えと言ったまでで、天使の声が聞こえる
なんてこと言った憶えはないのよ、ね。そこんとこ間違わないでね。
したがて、空耳でもなんでもないんだよ。精神科無用。

157 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:40:55 ID:7EHW8pAZ
俺の聖書解釈は天使の解釈であって問答無用に正しくて
科学にわからないことでもわかるんだー
根拠?そんなもん無いよ

158 :モエカス:2006/12/20(水) 21:43:51 ID:SQzbGD4A
>ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
なくてはならない必要がどこにあるか。

159 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:02:13 ID:wVA3LD8x
根拠を知らないで聖書の教えを信じる人は単純(純粋)な人、
も聖書の天使的教えを受け入れ(みことば)を信じる人は霊的・
天的人間で、いづれも他生で天界におります。
一方、聖書の教えをせせら笑い、科学知でもってこれを否定する
人は他生で地獄におります。とは、天使の教え。




160 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:05:45 ID:ohlpdRv6
>>156
「天使の教え」なのに天使から伝えられたものではない?
じゃああんた自身が天使なの?それですらないなら
「天使の教え」という呼び名は間違っていることになるが。

161 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:07:15 ID:WDN/bvkl
ネヨの人は完璧に何かへんなものの影響を受けていますね。
それの証拠に創世記の読み方を思いっきり間違えているし、この世界の見方も間違えている。
創世記における天地創造と、観測事実による宇宙とは全く別の場の話なわけで。
この二つが矛盾するのは当たり前なのですよ。別々のものなんだから。

162 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:07:25 ID:qG/qSgXt
>>159
>一方、聖書の教えをせせら笑い、科学知でもってこれを否定する
>人は他生で地獄におります。とは、天使の教え。

お前、それを天使から直接聞いたのか?

163 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:10:49 ID:qG/qSgXt
>>159
で、このスレッドで聖書の教えを科学で否定した人がどれだけいたんだ?

「聖書は科学的に正しい」とか、あるいはお前の電波を
「せせら笑い、科学知でもってこれを否定」した人ならいくらでもいたが。

164 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:15:06 ID:ohlpdRv6
聖書の教え(>>72>>76)を自己流電波教義(>>53)で否定してた奴ならいるね。

165 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:27:00 ID:wVA3LD8x
>創世記における天地創造と、観測事実による宇宙とは全く別の場の話なわけで。
<だから、創世記は神の宇宙創造でも、生き物の種ごとの創造のことを書いてあ
るのではないと何度も言っている。のよ。

>お前、それを天使から直接聞いたのか?
<だれがそんなこと言っていると書いたか。ちゃんとこれまでのスレ読め、アホ。



166 :天ノ川 創:2006/12/20(水) 22:29:15 ID:6LKrR94s
アマテラス降臨!

167 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/20(水) 22:32:08 ID:qG/qSgXt
>>165
じゃあお前はどうやってその「天使の教え」とやらを知ったのだ?

168 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:32:57 ID:WDN/bvkl
>>165
いやいや、そうじゃないですね。
あれは文字通り、そのまま理解するべきなのです。
そこをヘンに辻褄が合うように解釈しようとするから、へんなものに付けねらわれて影響を受けるのです。
創世記は文字通り理解してもよいのです。
ただし、今観測されている場とは別の場のことを指しているだけなのです。

そこんとこをねじ曲げるから、脳無しで心が〜とか無茶な話の展開をしなくてはいけなくなるのです。
ついでにいうと、仏教でも表現は違えど根は一緒なのです。

それを何を呼ぶべきかはわかりませんが、キリスト教も仏教も世界中の宗教も断片でしかないのです。



169 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:47:04 ID:wVA3LD8x
>>168
創世記を文字上どうり解釈すると何を言っているのか分からなくなる。
これが神の言ったこと書いたものか?と。
なんなら、最初から仕舞いまで訳せるのか?
なんぼか、やってみるか?。ね?
やめとけよ、人間にはムリだ。


170 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:51:48 ID:WDN/bvkl
それがわけがわからなくなるのは、この世界と対応できなくなるからなのです。
創世記の最初に伝えられている神が創造したモノと、この宇宙は別のモノなのです。
この宇宙はエデンの外なのです。
エデンの内を語った創世記と違っていて当たり前なのです。

それを無理にこじつけで解釈しようとすれば、それは隙にしかならないのです。

171 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:55:09 ID:wVA3LD8x
>>158
>歴史学に客観性(科学性)を賦与するこの反証可能性というものは,同時に,
歴史学がありのままの現実だのとは無縁であることを含意している。なぜなら
歴史のrealityだのtruthだのというものが仮にあるとしても,そ
の大部分は不可知の事実から成り立っており(人間の心の中や頭の中が不可知
であるのみならず,事件史や構造史についても不可知の事実は多数あり,不可
知の事実は無限であると言ってよい),しかも現実はカミュの言うように不条理
(非論理)であるかもしれないからである。以上のような意味で,歴史学は,
ありのままの現実や真実の復元などははじめから問題にせず,真実を語ることは
芸術家の直感に任せているのである。

>ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。
なくてはならない必要がどこにあるか。

<ひとつのしっかりした倫理体系にならなくてはならない。科学とはそう在るべき。
そうでなければ科学は、真珠がバラバラになるように自己矛盾を起す。と書いてあっ
たから書いたまで。我輩が言ったのではありまシェン。
ひとつの論理体系にならないのなら、歴史学も科学の範疇からはずすべきである。
また、化石的事実に重要な依存をしている「進化論」も当然、科学から除外すべき
である。のよね。


172 :モエカス:2006/12/20(水) 22:55:23 ID:SQzbGD4A
>>165
おまえのように比喩はおろかアナグラムにさえなってない文章の読み方でいいなら、
日本国憲法前文から創造論でも科学主義否定でも見出すことが可能。

173 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:57:19 ID:wVA3LD8x
>この宇宙はエデンの外なのです。

<エデンの園とは何を意味するの。分かっているの?


174 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:02:37 ID:WDN/bvkl
>>173
あなたのように自分の解釈だけが正しい。聖書の言うことは間違っているという考えの方に言われても全く痛痒を感じませんです。
自分の考えが正しいというためだけに、論理的思考などどうでもよいし誠実さなども必要ないという悪しき考えの方の思うエデンの解釈はしりませんです。

どんな天使的な解釈か知りませんが。

いずれにせよ、あなたの解釈では何も説明できておらず、そのことを覆い隠すために自分にしか理解できない高邁な考えだと吹聴することしかできていないのです。
実に恥知らずです。
そんなあなたのエデンの解釈など、私が知るわけ在りませんですね。

175 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:06:05 ID:wVA3LD8x
>>172
貴様も創世記訳せるのか。やってみるか?
まず、簡単なところから。
「主なる神は、東のほうのエデンに園を設け、自ら形づくった人をそこに
置かれた。」(第2章第8説)


176 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:09:40 ID:WDN/bvkl
>>175
元のテクストを指定しないと全く意味がありませんね。
つまらない挑発はどうでもいいです。

翻訳合戦をどうしてもしたいというならば、原文を画像に取り込むなり何なりしてアップロードしてくださいです。

そもそも、スレを丸々一つ費やして、あなたの天使的な解釈とやらは何もこのスレの方々に影響を与えていないではないですかです。
そのこと一つとっても、どれだけ独りよがりか底が知れようというものですます。

177 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:17:03 ID:wVA3LD8x
>>174
>あなたのように自分の解釈だけが正しい。聖書の言うことは間違っていると
いう考えの方に言われても全く痛痒を感じませんです。

<だれが聖書の言うことを間違っていると言ってるのよ。
文字通り解釈すると意味が通じなくなると書いたまで。ね。

>この宇宙はエデンの外なのです。
>エデンの意味も知らないでなぜそういえるのか。へんなの。



178 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:24:47 ID:WDN/bvkl
>>177
知らないとは言ってませんね。
ネヨ天使的解釈のエデンは知らないですけどですね。

ところで、知らないのに言えるのがおかしいというならあなたの方がよっぽどヘンですね。

なんせ、知りもしない情報量がどうとか散々語っていたではないですかですね。
私も情報量の何たるかは知りませんが、あなたはどーしてそれを語っていたのですかですね?

で、さんざんに突っ込まれて論理などどうでもいいと言っていましたですね。

こっちの方がよっぽどへんですよです。

そういう極めて自己中心的な態度をとるから、誰もまともに相手をしなくなってしまうのですよですよ?
挙げ句の果てに、科学知が騙すとか言って自分を慰めることになるのですよですよ?

さて、寝ますですよです。

179 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:29:52 ID:wVA3LD8x
>>176
<ほー。聖書の邦訳では解釈できない。原文なら解釈できる?
たれか、原文示してやってくれ。よ。アラム語かヘブライ語か?
原典を持ってきても、文字上の意味はあまりかわらんと思うがな。あ。


180 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 00:12:59 ID:7b6orAql
>>178
>なんせ、知りもしない情報量がどうとか散々語っていたではないですかですね。

<理解できていないのは。おまえさんのほうだろー。
<情報量の意味と、情報量を支える物理的基盤の意味は違うの。
なぜなら、精神と物質の関係から見ると。

世界T=脳を含む全物質・エネルギー界。
世界U=精神、意識あるいは心の世界。
世界Tをさらに二つに分けると
世界Tp=物質・エネルギー界の精神と関係しない部分。
世界Tm=物質・エネルギー界の精神と関係する部分(精神と関係する脳の神経活動)
徹底的唯物論=世界T=世界Tp、世界Tm=0(存在しない)世界U=0(存在しない)
ニ元論的世界=世界T=世界Tp+世界Tm 世界Tと世界Uは相互作用する。 
唯物論者はこの世は物質しか存在していないという。情報量が(世界U=精神、意識ある
いは心の世界。)なら、この意味を理解しているのは人間の(思考)。人の思考は脳ミソ
の活動で物質脳そのものしか認めないのなら、情報量を支えている物理的基盤は脳そのも
のとなる。情報量が人の脳から切り離されて、単独に存在する概念ならニ元論的世界感。
某377はこれを否定した。つまり唯物論者なんだろう。ね。


181 :某377:2006/12/21(木) 00:28:09 ID:tzecOq1p
記号や等式(っぽいもの)を書けば論理的だと思ってるだろw

>>180
俺は否定はしてないよ。
エックルスの二元論は何らの根拠も示されておらず、
したがって思いつきを語ったという以上のものではまったくなく、
結局のところ何かの論拠に使えるものではないことを指摘しただけ。

二元論一般がまちがいだとも、一元論が正しいとも言った覚えはない。

二元論は科学にとっては今のところ不要な仮定だとは思っているが、
究極的に唯物論的に世界が解釈可能かどうかは判断を保留している。

さらに言うならば、「唯物論者」が罵倒語だと思ってるのは一部のキチガイだけ
なので、そのへんも知っておくとよいだろうね。

182 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 00:54:49 ID:7b6orAql
>さらに言うならば、「唯物論者」が罵倒語だと思ってるのは一部のキチガイだけ
なので、そのへんも知っておくとよいだろうね。

<霊界では唯物論者はみな気が狂っているので、天界には迎え入れられません。
なぜなら、全能の神を認めないからだそうです。
だから、みな地獄に行きますと。いいます。(天使的解釈より)




183 :モエカス:2006/12/21(木) 00:58:58 ID:X7tl+TuQ
>>171
とりあえず引用には出典を示し、自分の意見とはっきり分けろ。
それから、 Wikipediaの中とはいえ、別々の項目からの一部をつなげ一つの説明文のようにするな。
もしかして他のサイトや本からも勝手にひっつけてるのか?

>と書いてあったから書いたまで。我輩が言ったのではありまシェン。
あなたもそう思うから引用したんじゃないの?
あなたに尋ねているんだよ?

ちなみに↓この人は同じものを見てあなたと反対の感想をもったようだけど。

「ラビタンのウソじゃない日本史学&考古学 第5話 科学としての歴史学」
ttp://www.fsinet.or.jp/~rabitan/dai5wa.htm

184 :某377:2006/12/21(木) 01:06:19 ID:tzecOq1p
>>182
>(天使的解釈より)

はいはいw

185 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 01:19:47 ID:7b6orAql
>とりあえず引用には出典を示し、自分の意見とはっきり分けろ。

<純粋な自分の意見なんてあると思うのはおお思い違い。



186 :某377:2006/12/21(木) 01:38:08 ID:tzecOq1p
だからと言って他人の著作物を剽窃・改竄するのはおおいなる間違い。
まあ今さらおまえに遵法精神なんぞ求めたりは(俺は)しないけどな。

187 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 02:31:37 ID:EVzJiRjX
「だそうです」ってwww
妄想乙だな。

188 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 03:27:20 ID:+jbbbIVq
>>180
ごまかそうと必死な努力乙。
宇宙がデジタルだとか語ってたけど間違いを指摘されて
「間違ってたってかまわない」と開き直ったよなお前。
お前の醜態は過去ログとしてずーっとデータに残るしスレ見てる奴の記憶にも残る。のよ。ね。

189 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 07:51:31 ID:7b6orAql
>>188
>宇宙がデジタルだとか語ってたけど間違いを指摘されて

<そいつも>>180で言っている意味が分かっていないから
そう書いたんでしょう。デジタルでもアナログでもかまわない。
何が醜態だ。よ。


190 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 09:50:59 ID:2wVuPXd0
日蓮よけよ

191 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 10:15:21 ID:xXhgHszY
日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、頭おかしいとしか思えん。
接続詞とか全く意味なく使ってるしな。「しかも倫理的に」ってなんだよ。知識を統合したら倫理的に正しいものになる?何その電波理論。
別に宗教を信じたけりゃ信じたらいいし、聖書を独自に解釈したけりゃすればいいよ。でもそれを科学に持ち込むな。
科学の基本スタンスは疑うことだ。端っから何かを正しいと仮定した時点で科学的じゃないんだよ。
それが何千年も前の何の根拠もない文章ならなおさらな。

192 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 12:37:14 ID:Bun6qybm
>>189
どっちでもかまわない割にはずーっと言い張って、反論するやつを馬鹿扱いして、
何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて
それで初めて「間違っててもかまわない」と言い出してたけどなお前。

醜態を取り繕おうとしてさらに醜態を晒すのね・・・

193 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 18:09:48 ID:LL/LEjXl
>>171でもごっちゃになってるし、もしかしてネヨは倫理と論理の区別がついていないとか

194 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 18:34:15 ID:tlH8BP1P


195 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 18:49:56 ID:KAhcC74w
>倫理と論理の区別がついていないとか

<論理と書くところを倫理と書いてしまった。単なる書き違い。
許されよ。しかし論理にそうヨタはない。のよね。

>日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、
頭おかしいとしか思えん。

>>189
<何処かでそんなこと言ったかなあ?
みことばを解釈してね、言った憶えはあるが。
翻訳と解釈の意味分かって言ってんのね?

>>189
>何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて、、、

<ぜんぜん気が付いていません。それで、なにか?
バカにも分かるように説明してね。ね。

>>164
>聖書の教え(>>72>>76)を自己流電波教義(>>53)で否定してた奴ならいるね。

<コヘレトの言葉は仕舞いまで読まないと理解できないのよ。これで、おしゅまい。



196 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 19:11:24 ID:KAhcC74w
>>189 →191
>日本語に翻訳された文章持ってきて「翻訳して見ろよ」とか、
頭おかしいとしか思えん。

<何処かでそんなこと言ったかなあ?
みことばを解釈してね、言った憶えはあるが。
翻訳と解釈の意味分かって言ってんのね?

>>189>>192
>何人もから間違いを丁寧に指摘されてやっと気づいて、、、

<ぜんぜん気が付いていません。それで、なにか?
我輩のようなバカにも分かるように説明してね。ね。

云い間違って、罵声の対象みたいなとこあるから。許されよ。



197 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 19:41:30 ID:KAhcC74w
もう一丁いくか。
>>192
>醜態を取り繕おうとしてさらに醜態を晒すのね・・・

<ぜんぜん醜態とは思いませんが、なにか?
そこまで言うなら、ちゃんとどこが醜態なのか、論理立て説明しようね。
出来ねえなら、すっこでろ。よね。


198 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 19:48:57 ID:tlH8BP1P
そして愛

199 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:01:13 ID:KAhcC74w
愛のアントニムは、無関心=自己愛=エゴ=霊的死。

200 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:06:52 ID:4utsXL3z
> 愛のアントニムは、無関心=自己愛=エゴ=霊的死。

自己愛、エゴか。
まさにネヨのことだな。

201 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 20:29:38 ID:KAhcC74w
>自己愛、エゴか。
まさにネヨのことだな。

<自己愛が地獄を形成すること知ってんの。
さて、自己愛とはなにか? カントも全容を知らなんだ。
天使的解釈なく、説明出きるものか。やってみれ。よ。




202 :天ノ川 創:2006/12/21(木) 22:31:12 ID:m++/bBcA
さらに愛


203 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 23:30:56 ID:xXhgHszY
>>175で思いっきり「創世記訳す」とか言ってんじゃねーかww

204 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 23:49:20 ID:EVzJiRjX
ジャイアンツ愛とはどう違うの?

205 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 08:01:40 ID:U3oMh6rP
やっぱり愛

206 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 13:33:31 ID:U3oMh6rP


207 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 15:17:05 ID:aY0A6ss6
阿呆の戯言

208 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:33:32 ID:BU8a4G17
醜態の記録

自分理論を披露し、つっこまれ続けると
「べつに間違いでもようござんすが、こちらは。」
「もともと科学理論はどうでもよろしい。」
と開き直る。

ID:uc6AmyVS、ID:54Ra7BDk、ID:V1vYRmoH、ID:DBiuP67Pがネヨ氏である

209 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:34:29 ID:BU8a4G17
389 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 20:31:37 (p)ID:uc6AmyVS(8)
で、
プランク長宇宙の情報量を支える物理的基盤は一体なんなのか?
科学理論に従えば、情報量だけが、単独に存在しているわけではないだろう。
1ビットの情報は自分自身が大きく膨れ上がれという情報なのかい。


390 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 21:52:05 (p)ID:x/HoEZr9(4)
これだけ話が進んでるのに、まだ情報量を誤解してるし。
もういいよ。つまらん。


391 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:10:39 (p)ID:uc6AmyVS(8)
>まだ情報量を誤解してるし。

<情報量を表す単位をビット(bit)という。 1ビットとは2つの状態を区別する
情報量で、たとえば、赤と青しかない歩行者用の信号が示す情報量は1ビットである
(歩行者信号は、赤信号か青信号の2状態のいずれかだから)。このように、赤と青
とかOnとOffとかの2値を抽象化して、「1ビットは0か1かの2種類の情報を表わす」
ということが多い。つまり、1ビットは次のように、1つの升目□に0または1を割
り当てて表現できる情報量と記述できる。

べつに誤解しているとはおもえんが。
この情報を担う物理的基盤は、半導体、集積回路などのハードウエアー。
脳の中にある情報も、脳と言う物質的基盤があっての情報だろう。
説明できないから言って誤魔化すなよ。ね



210 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:35:26 ID:BU8a4G17
392 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:21:41 (p)ID:uc6AmyVS(8)
一辺がプランク長のタイルを四つ並べて一回り大きな正方形を作ると、宇宙の中を
駆け巡る情報は、この正方形(タイル四枚)当たり1ビットが最小単位となる、デジタル情報、
情報の量子らしい。これはブラックホールの温度やエントロピーの研究からわかってきた事実である。
とするとこれより小さい空間は情報を担えない。(ジェイコブ・ベケンスタインが、ブラックホールには
大量のエントロピーがあるとの説を唱えてからは、熱を帯びているのならば発見できるだろうという可能
性が出てきた。そして、1974年、ホーキングは、量子力学的な見方を考慮に入れれば、
「ブラックホールは完全にブラック≠ナはない」といった驚くべき見解を発表した。)
四枚のタイルが宇宙の画素を担い、宇宙情報処理の最短速度はプランク時間あたりが限界なのだと。

だから、無(虚数)時間的に存在していた宇宙は、どんな情報で膨れ上がったか、
また、その情報を担ってる基盤は何かといっている。


394 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 22:31:37 (p)ID:x/HoEZr9(4)
情報量っつうのは、ある事象が発生した際の確率的な尺度を示すものでしかない。
従って、信号の例でいうならば、その信号は1bitの情報量を有しているというだけの話。
ここで重要なのは実際に赤もしくは青を出力するという操作は論理演算と言って情報量とは全く別物ということ。
別に信号が実在していようがしていまいが、信号の情報量は1bitなのだ。
それを保持する物理機構は全く別の問題。
論理演算と情報量を混ぜて何が楽しいんだか。


395 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 22:42:13 (p)ID:uc6AmyVS(8)
<情報が沢山集まって情報量になるんでねえのか?
メガバイト、ギガバイト、テラバイトとか。さ

>情報量っうのは、ある事象が発生した際の確率的な尺度を示すものでしかない。
<テレビの映像は確率的にしか映らないのか?



211 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:36:34 ID:BU8a4G17
399 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:00:40 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>情報が沢山集まって情報量になるんでねえのか?
>メガバイト、ギガバイト、テラバイトとか。さ
全然違う。つか、メガだのギガだのはタダの単位だろうが。

>テレビの映像は確率的にしか映らないのか?
それを恣意的な情報にするために論理演算を行って復調するんだろうが。


401 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:06:42 (p)ID:uc6AmyVS(8)
メガバイト、ギガバイト、テラバイト級の情報を器械が情報処理(演算)
してパソコンで2ちゃんの書き込みが出きるつうのが科学理論じゃないのかい。



212 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:37:45 ID:BU8a4G17
407 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:20:14 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>>401
だから、情報量と論理演算は全く別だと言ってるだろうが。

たとえば、だ。

おまえはあほだ。 という情報があったとする。この情報の情報量は16バイトだ。
しかし、
おまえがすきだ。 という情報の情報量もやはり16バイトなのだ。
これは情報量というものが、事象の生成率に起因しているためだ。
この二つの文は確率的に同等なのだ。
同様に
ああああああああ という情報の情報量も16バイトだ。

情報量というのは乱暴に言うならば、その情報量から発生しうる情報の範囲を決めているだけなのだ。
そして、情報量というのは事象の生成率の指標でしかないので保存量ではない。

で、この情報を任意に出力するにはどうすればいいか?
16バイトの情報量を担保できる装置があればよい。

この装置を論理演算装置と呼ぶ。

つまりonとoffのスイッチがたくさんあれば、任意の情報量の特定の情報を保持し好きなときに出力出来るのだ。
これが論理演算。磁気ディスクはSとNをスイッチにして特定の情報を保持しているわけだ。

つまり、我々は情報量を元に必要な数の論理演算素子を使って特定の情報を操作してインターネットなんかをしているわけだ。
だから、情報量と論理演算を混ぜて話をしても全く意味はない。

さて、スレ違いはここまでにするべ。



213 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 17:38:53 ID:BU8a4G17
408 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:26:14 (p)ID:uc6AmyVS(8)
科学知は人を騙す。スレ聞いているとよく分かるようになる.
科学は人の手足。頭になってはいかん、ということなのよne。
もっと頭は人間本来の使い方しましょう。

ネヨWW


409 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日) 23:27:44 (p)ID:WA9hHNcz(5)
訳:「意味分からないよ!騙された!泣き寝入りします!」


410 :名無しさん@3周年 :2006/11/26(日) 23:43:05 (p)ID:ZfiX1U0c(3)
うはww
議論に負けたら突然レベルの違う捨て台詞吐いてふて寝wwみっともねえwwwww




214 :某377:2006/12/22(金) 18:26:34 ID:+41B1o+6
まあその「論理演算」の話もわかりづらいというか、はっきり言って
俺もよくわからんかったのだけどな。


話はもっと簡単で、情報量というのが確率の逆数の対数である以上、
確率がきわめて小さい事象であれば、その事象が占める空間の
サイズに関係なく情報量は大きくなる。

つまり情報量とサイズとは独立のものであって、
ネヨのいう、全宇宙の情報量が「プランク長」におさまるわけがない、
という主張には何の根拠もないことになるのだね。

まして、情報に「物理的基盤」がなければいけない、というのも
ネヨの妄想にすぎない(何度も言うとおり情報量というのは事象の
確率を表す数字であって、質量などのような物質に付随する量では
ない)。


信号がどうのこうのというのは、人間が工学的に情報を保持しようと
思えばなんらかのメディアが要る、ということでしかなく、情報量の
本質とはあまり関係がない。



215 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 18:50:29 ID:Gp/CplNr
>さて、スレ違いはここまでにするべ。

今更ながら同意。

216 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:39:15 ID:BU8a4G17
411 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 00:50:39 (p)ID:54Ra7BDk(2)
臨時ムク!

情報というものは、どっかで単独で漂っているものではないのよね。
半導体、たとえばシリコンチップ上に碁盤の目のような枠を作り、そこに
00、01、10、11、、、、とビットを当て込んで、8ビットで1バイト、
100万バイトが1メガバイトというふうにして情報を貯めていく。

プランクサイズ宇宙でのシリコン素子に当たるものは何かといっている
のだし、最小の1ビットしか担えない宇宙(情報)の中にはイエスかノウかしか
入いれないんじゃないかと聞いているのよね。
イエスが入っていたら、神を認めるかね?
だから、情報量と論理演算を混ぜて話をしているわけではないんだよ。

>うはww
議論に負けたら突然レベルの違う捨て台詞吐いてふて寝wwみっともねえwwwww

<別に負けたわけではないんだよ。認識の違いWW


412 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 02:19:09 (p)ID:MHqtDNUk(5)
>>411
>>407のすごく分かりやすい説明がなぜ理解できてないのか理解できない。

情報量ってのは、要するに入れ物の大きさってことでしょ?
んで、その中身の情報については質量保存則みたいな保存則は適応されない。
増えたり減ったりするわけだ。
だから宇宙の始まりに情報がめちゃくちゃ少なかったからって何にも不具合は無い。


大体こんな感じの理解でいいのかな?

217 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:40:35 ID:BU8a4G17
414 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 02:30:47 (p)ID:cCZ5obj5(7)
なんだか聞きたいことが全然伝わってこないが、要するに

「俺は今の宇宙をプランクスケールの素子の集まりとして捉えた。もしこれが正しいなら、
宇宙の全ての状態を、この素子が「あるかないか」の1or0でデジタル信号で表せるはずとも思う。
では宇宙が一つの素子分の大きさしかなかった時は一つの信号ぶんの状態でしかなかったはず。
そんな少ない信号からこんな多様な宇宙になるのはなぜだ?
もし一つの素子の分の宇宙でもそれ以上の状態を持てるなら俺の捉え方・理解は間違っているのか?
もし間違っているなら、どこが間違ってているのか?」

とか、そういうこと言いたいのか?

宇宙始まりの頃はプランクスケールの中にプランク密度というものすごい密度がつまり
プランク温度というものすごい温度であったらしい。

お前の捉え方じゃ「あるかないか」しか見てなくて
そういう温度とか密度とかを記述出来てないよな。
つまりまずひとつめ、お前の捉え方は間違っている。

で、どこが間違ってるのかと言うと、「あるかないか」のデジタルで考えようとしたのが間違いなんだろう。
プランク長はあくまで「長さ」の最小単位でしかない。
その長さに含まれるエネルギーとか密度とかまで一緒くたに最小単位になってるわけじゃない、と。
ということはその多様なエネルギーや密度と言った属性を無視して
「あるかないか」のデジタルだけで宇宙を考えた点がお前の考え方の間違いだった、と。

こんなもんでいいのか?

218 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 19:41:35 ID:BU8a4G17
415 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 02:44:38 (p)ID:cCZ5obj5(7)
しかしお前、上のほうで論理的反論ができなくなった時、
「論理的におかしくても私は間違ってない!そもそも論理的思考や科学的思考はよくない!」
みたいな事言って反論から逃げっぱなしみたいだけど、
それってつまり「少なくとも論理的・科学的には自分の考えはおかしい」と認めちゃってるな。


417 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 07:56:43 (p)ID:54Ra7BDk(2)
>>414
>宇宙始まりの頃はプランクスケールの中にプランク密度というものすごい密度がつまり
プランク温度というものすごい温度であったらしい。

<ホーキングによれば、宇宙のエネルギー収支がゼロと言う意味での
「無」からの宇宙だといっている。初期宇宙は無からの創造ではなく
、無時間的に存在していたと。
プランク温度というすごいがあったら、エネルギー収支がなゼロなのだ?
ものすごい温度というのは、虚時間を経過したその後に起こるインフレーション
の始まりの時からだろう?

219 :天ノ川 創:2006/12/22(金) 21:53:03 ID:4KyyfG/k


220 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:05:47 ID:BU8a4G17
418 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 08:59:42 ID:8e7XVrVe
新しい話題に入る前に今話してることを片付けたら。
キミの考えたデジタルな宇宙は間違いでした。

これOK?


420 :某377 :sage :2006/11/27(月) 10:19:09 ID:r9Au2w7z
なんか情報量とデータ量の区別のついてない議論がつづいているようだね。
今時間がないしそもそもスレちがいだからまた別の機会にするけど、
両者ともに変なこといってると思う。


425 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 19:36:13 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>417
>キミの考えたデジタルな宇宙は間違いでした。

 これOK?

<デジタル情報量子の宇宙ではなく、アナログ型でもいいんだよ。
しかし、プランクが絡むとアナログ(連続的)ではなくデジタル(非連続的)
となるだろう。プランクサイズの4枚のタイルでつくった正方形当たり1ビット
が最小単位のデジタル情報。これより小さい空間は情報を担えない。
これ一流の科学者が言っていることなんだよ。
我輩はこれを利用しただけで、科学知?側から否定してくるとは、まさに
「天にツバはく行為だね。」
ご立派。WW 毒をもって毒を制す。だね

221 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:07:16 ID:BU8a4G17
426 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 19:46:23 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>414に反論は無いって事やね。
それじゃ>>392のお前の書いたことは間違ってたと言うことで話を進めようか。
>>392はどこの出版社のなんていう本もしくは論文から引っ張ってきたのかね?
それともお前がいくつかの本や論文を元に考えたことなのかね?

つまり、
・情報ソースが間違っていた
・情報ソースの記述は合ってたがネヨの理解が間違っていた
のどっちなのかと言うことを明らかにしていこう。


427 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 19:52:19 (p)ID:+uroxOxv(2)
>>425
情報量を思いっきり自分妄想で解釈していたんだから、真実そういうことを言ってるのかはっきり言って信憑性が無い。
というわけで、そのパネルがどーたらという論文なり書物なりのソースの開示を要求する。


428 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:03:14 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>426
>>414に反論は無いって事やね。
>>414 で反論したつもり。
>>392はどこの出版社のなんていう本もしくは論文から引っ張ってきたのかね?
<企業秘密。
ただし「プランクサイズの4枚のタイルでつくった正方形当たり1ビット
が最小単位のデジタル情報。これより小さい空間は情報を担えない。」
はブラックホールの温度やエントロピーの研究から、分かってきた事実である。
と。そこらから勉強したら?
自分の解釈など全くない、。

222 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:08:09 ID:BU8a4G17
429 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:05:04 (p)ID:V1vYRmoH(4)
>>414 で反論したつもり。
417だった。ゴミン


430 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:08:06 ID:6m/CR6e4
自分の頭の中にしか存在しないものは出せないよな。


431 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:11:22 (p)ID:V1vYRmoH(4)
頭の外にあるものを出せるのか。
器用だな。


432 :名無しさん@3周年 :SAGE :2006/11/27(月) 20:36:29 (p)ID:+lLuzgLB(3)
ありもしない事実をでっちあげかよ。
プランク単位みたいな微小世界で2値素子みたいなはっきりした構造なんざ成立するわけないだろ。


433 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 20:48:31 ID:Iuiv3AZL
>>431
自分の頭の外でちゃんと存在してる論文や書物の名前なら出せて当然だろ。


434 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 20:52:21 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>428
><企業秘密。
ぶっちゃけ、ウソだろ。
秘密にする理由なんて無いもんな。
お前が頭の中で考えたってだけか、あやしげな本に書いてあったこと
鵜呑みにして書いちゃっただけだろ?

223 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:09:17 ID:BU8a4G17
>>417>>414への反論になってないぜ。
お前が>>392で問題にしたのは「宇宙の始まりかどうか」じゃなくて
「宇宙がプランク長単位の小さなスケールだったとき」だもんな。
そして>414であげたそのときプランク密度だったことは確かなことだぜ。
(お前の負け惜しみくさい「企業秘密」とは違って検索すればたくさん出るだろう)
で、それが本当なら>392とか>428で言ってることはウソと言うことになると>414で言っている。
つまり>414で>392が間違ってることは十分に示せていて、>417はそれを打ち消せてないのさ。


435 :名無しさん@3周年 :SAGE :2006/11/27(月) 21:42:29 (p)ID:+lLuzgLB(3)
だいたい、一流の理論学者が事実なんて簡単に言うかよww

224 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:10:09 ID:BU8a4G17
440 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:02:16 (p)ID:DBiuP67P(13)
>>434
インフレーションは、宇宙誕生直後、10のマイナス44乗秒から10マイナス33
乗秒後くらいまでに起こった。宇宙誕生はプランクサイズ(これ以上小さな
宇宙は存在できない)の宇宙は、エネルギー収支がゼロと言う意味では「無」
からの宇宙で、したがって初期宇宙は無時間で、境界条件を持たない、自己完
結した宇宙であったと。(ホーキング)

無時間的に存在していた、初期宇宙はエネルギー収支ゼロ。
これはアラン・グースの説とか。概要は、無から生み出されたように見えるエネルギー
や物質は重力場を生み出し、この重力場が負のエネルギーを持つので、宇宙全体
のエネルギーはゼロとなって収支が合う、エネルギー保存則も保守しているとか。
グースの説をわかるように紹介するのは容易ではない。(読んでみてね)

>そして
>414であげたそのときプランク密度だったことは確かなことだぜ。

<プランクサイズ宇宙が超密度だという説は、エネルギー収支ゼロと言う説に対し
いかなる説明をするのか?
それと、無時間的に存在していたプランクサイズの宇宙は、永遠の昔から存在して
いたのか、それとも何かから生まれたのか。一般的に言うところの「無」からか?
いわゆる存在論(科学的範疇でないかい?)


441 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/27(月) 23:09:18 (p)ID:EbTLdaPA(7)
その理論のどこにもパネルだのなんだのという話は出てませんが。


442 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:11:31 (p)ID:DBiuP67P(13)
あ、そう。

225 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:10:56 ID:BU8a4G17
443 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:14:33 (p)ID:cCZ5obj5(7)
>>440
インフレーションの話とかグースの説だとか話題を分散させる前に、
まずお前が>>392で持ち出したデジタル宇宙説の元ネタをはっきりさせて欲しいんだがね。

どうして間違ったのか?
元にした本だか論文だかが間違ってたから、お前も間違ったの?
それとも、本や論文は正しかったけどお前の理解が間違ったの?


445 :名無しさん@3周年 :2006/11/27(月) 23:28:59 (p)ID:DBiuP67P(13)
>>443
<書いた人に迷惑かけるから。逃げ口上。
べつに間違いでもようござんすが、こちらは。

それより、
「無時間的に存在していたプランクサイズの宇宙は、永遠の昔から存在して
いたのか、それとも何かから生まれたのか。一般的に言うところの「無」からか?」
ヨネ。本題は。

「創造VS進化」無神論敵「進化論」を撃破するために来たのだから。
もともと科学理論はどうでもよろしい。科学知に人はみなだまされいることを
伝えに来た立場上、ちょっとさわって見ただけ。

それにしても、聖書のどこに「生き物は種ごとにつくられたと」書いてあるのかなあ?



226 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:57:25 ID:vv3j9nsg
今日も馬鹿共頑張ってるな。

227 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 01:51:37 ID:KtlPIguY
正直、ネヨの俺様理論が合ってるか合ってないかはどうでもいいんだよ。



あのさ、おまえ何が言いたいわけ?現在の科学理論が間違ってるとするわな?じゃあおまえの言ってることが正しいってことになるの?違うよな。
おまえの発言は、人の理論にケチ付けてるだけで、自分の理論ってのが全くないんだよ。
おまえが創世記をどういう風に解釈したらどういう結論になったんだ?とりあえず天地想像のところだけでいいから、やってみてくれない?

228 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 05:31:45 ID:eyShd6Q4
こっちでね

【討論】聖句の解釈をマターリ語るスレ11 (^^)v
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163418874/l50

229 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 08:08:50 ID:iBAZmxSi
視点・論点「まん延するニセ科学」
http://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY

230 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 08:26:26 ID:bNPbEpgm
やっぱり愛

231 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 11:16:49 ID:iivSmiNx


232 :天ノ川 創:2006/12/23(土) 18:55:57 ID:YdmncNWT
無だっ

233 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 01:31:46 ID:3nf6F2Is
こいつらに合理的思考のプロセスを求めても無駄だろう。サル並の思考力しかない。

234 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 02:26:13 ID:wE6Vjdkq
>>233
サルに失礼じゃね?
コミュニケーションの取り方さえ確立すればある程度の会話は成り立つぞ。
もともとコミュニケーションの取り方に混乱はないはずなのに会話が成り立たないのはサル以下だろ。

235 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 18:51:08 ID:APybTiup
>>233>>234
貴様らは家畜と同じだな。チョン=家畜

236 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 19:16:18 ID:wE6Vjdkq
>>235
ふーん。

237 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:03:17 ID:rOGM7bVV
名前: 名無しさん@3周年
E-mail:内容:390 :名無しさん@3周年 :sage :2006/11/26(日)
21:52:05 (p)ID:x/HoEZr9(4)
>これだけ話が進んでるのに、まだ情報量を誤解してるし。
もういいよ。つまらん。

<バカにもわかるように説明してくれと言ったのに、前スレの貼り付けだけか。
つまらん。 といってもスレ違いにしかならん。ので、

情報量とは、、、ある事象が確率 P で起こるとした場合。
「この事象が実際に起こった」という知らせは、 - log P [ビット](または[シャノン])
だけの情報量を持つ。従って、「どこにでもありそうな話」というのは P が 1 に近
いため、持っている情報量は 0 に近づく。
このことを、わかりやすく言えば、確率が低いことをなし遂げようというときには,
より多くの情報量が必要になる。多くの情報とは,精密な情報である。 ゴルフを
例にとれば、150m のショートホールを、プロが目隠しして打った場合に、ほと
んどホールを中心に200mの直径 の中には落ちるであろう。この状態を情報量ゼロ
に近いとしよう。 しかし、これをワンオンし ようと思ったら,目隠しをはずし、
真剣な顔になり,風の向きを見たり,まわりをみたり,何かしら情報収集活動,知的
な活動をする。


238 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:04:07 ID:rOGM7bVV
確率でみると,先程の直径200mの偶然が支配する世界で直径10mのグリー
ンにオンするという確率は100回に1回。さらにホールインワンしようとすると
400万回に1回らしい。普通では入らないということになる。 
この確率の世界で,毎回オンしようと思うとより多くの情報が要る。情報量が問題に
なる。これをショッテイング・ロボットにやらせる場合どうするか。当然、ホールイ
ンワンをさせるため数々の試行実験を行い、その情報(条件)を、ロボットの人工知
能に憶えさせ得させなくてはならない。情報を憶え、記憶させる基盤は、説明するま
でもなく 人口知能の仕組みの中のにある。 人間の場合は人の脳であるという。情報
量が物理量でなくて、人の思考の中の数学的概念(形而上学的)、なら、唯物論者は脳
と共に思考もなくなるというので、情報量と言う概念を支える基盤もなくなる。プラ
ンク長サイズの宇宙では、人間もロボットも存在出来そうにない。この極小宇宙自身
が情報量を支える物理的基盤は一体なんなのか? と言っている。物理的基盤なしに情
報量が単独で存在できるなら、唯物論を基盤とする科学理論から説明してくれ。
って言うのよね。



239 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:32:14 ID:0oGbVqG9
運動方程式を利用すれば、試行回数は格段に減らせる。

240 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:47:19 ID:f5zHBjQu
そりゃその極小の宇宙には何も存在できないな。
でも現在の宇宙は150億光年のでかさがある。だから人間がいるわけだ。

あのさ、お前のトンデモ情報論が正しいとしてもさ、宇宙誕生の時と現在じゃ状態が変わってるってことが何でわかんないの?
宇宙誕生の時に情報量が無かったとして、何で今もないってことになるわけ?


ってその事はおいといてだ。例えばお前の情報論云々だのプランクサイズのタイルが四枚だのデジタルが何だのって理論が実際にあるとしよう。
そしてその理論が現在の宇宙論として広く認められてるとしよう。
そんでお前の指摘が正しいとしよう。

さて、神がいるって結論になるか?もちろんそんな結論出てくる訳ない。どっかが間違ってるからそこを見つけて新しい理論を組み立てて新しい理論が提唱されるだけ。


わかったら、お前の説が正しいって証拠を出せ。
つーかお前の説って奴をちゃんと言え。分かりやすく、簡潔に。

241 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 22:53:57 ID:APybTiup
家畜共 もっと家畜なら家畜らしく分かりやすく言えよ!

242 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 23:30:32 ID:rOGM7bVV
科学知によれば、物質的なものが存在出来る最小の単位はプランク長らしい。
宇宙を時間的に過去に遡れば、プランク長を直径とする球形の表面宇宙が存在出来
る最小宇宙となる?。ので、二次元的なタイル宇宙でもよかろう?to

また、科学理論によれば、この世のあらゆる事象(結果)の原因は物質的なもの
(その機能)=(働き?)自身であるという。ミクロ宇宙が自分自身を膨らませた
情報はなにか? 確かに情報量は物理量ではない。
原子や電子などのミクロの存在は確率的存在であるという。プランクサイズの宇宙
も確率的な存在の宇宙でないとおかしい。そこにいる確率が何%、あそこにいる確
率が何%とかそれが一箇所に存在しているのもおかしい。
「進化論」も生物(物質)そのものが原因で進化したらしい。のだとよ。


243 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:05:31 ID:gcP8Ixc4
何が言いたいのか全くわかりません。ほんとうにありがt(ry


つーか俺の言ってること何一つ聞いてねーな。

244 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:17:31 ID:UshsL8tL
>>243
分かったよ! 早く糞して寝ろ。明日は精神科で診察受けろよ!!

245 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 00:36:19 ID:gcP8Ixc4
二次元的なタイル宇宙でもよかろうって、そんないい加減でいい訳ないだろ。
ってかなんで情報がないと宇宙が膨らまないわけ?つーか確率的でないといけないってなんだ?量子論のこと言ってるんだと思うけど、言っとくけどその不確定性原理ってのは物質があるかないかの話だぞ。平たく言うと。


あとな、何回も言うけど、現在の宇宙論が間違ってたからっててめーの屁理屈が認められる訳じゃねーんだって。宇宙の始まりがどうだったかについての仮説はいくつかあるし、そのどれが正しいかそれとも全部間違ってるのか分かってない。実験のしようもないしな。
そんで、現在の物理学が宇宙のはじめまで遡ったて立ち行かなくなったからって、現在の物理学が否定される訳じゃないのよ。

マクロの世界の物質の振る舞いとミクロの世界の物質の振る舞いが矛盾してたからって、どっちかが否定されるわけじゃないようにな。

246 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 02:27:52 ID:hltP68eD
ネヨの言ってる情報量云々の話って、別に矛盾とか無くないか?
パソコンをコンセントつなぐと、ゲームできたりインターネットできたりアホがアホなこと言ったりしてるのみれるよな。これが情報量が多い状態な訳だ。
んで、豆電球に電池を繋ぐと豆電球が光るよな。これが情報量が0に近い状態な訳だ。
んで、プランク長の宇宙では情報量が担えないっていう。つまりプランク長の宇宙は情報量0な訳だな。
情報量0のプランク長の宇宙は、情報量0の豆電球回路が必ず光るのと同じように、必ず膨張する。そういう事じゃないの?

247 :某377:2006/12/25(月) 07:21:05 ID:DtwVupdG
>>237-238

すでに指摘したとおり、工学的に情報を扱おうとすれば何らかの物理的なメディ
アが要る(これは現状としてはまあ正しい)、という話から、情報が関わるもの
には何にでも「物理的基盤」がある(これはまったくの嘘)、という話に飛躍
している。

長々と書いてくれてご苦労さんだけど、しょせんゴミ文章だよ。

248 :某377:2006/12/25(月) 07:22:27 ID:DtwVupdG
>>246
ごめん、よくわかんない。

249 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 07:59:06 ID:oQ2N4qLL
>情報が関わるものには何にでも「物理的基盤」がある(これはまっ
たくの嘘)、という話に飛躍している。

<唯物論科学は、この世は物質的なもの以外は存在していないという。
だから心も脳とその機能で説明できるのであって、脳が滅びれば心
も同時になくなるという。
情報量という概念は脳の思考作用(心)が支えているという。
この基盤がなくなれば情報量と言う概念もなくなる。心がなくなれば
思考作用もなくなるので確かめようがない。
情報量が物理量(物質の属性)でないなら、心や脳とは別に存在して
いてもよい。しかし、たしかに情報量は物理量ではない。
心と脳は別々の存在か?

250 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 11:14:22 ID:hltP68eD
時空もエネルギーも物質じゃないし、重力とか強い力とか弱い力とか電磁力とかも物質じゃないわけだが、科学はそれが存在してるって認めてるよ?
正直おれは情報量って概念がさっぱり理解出来ないんだけど、
それ、科学じゃなくて、なんだろ、エンゲル係数とかエントロピーみたいなもんじゃないの?世の中のなんか分かりにくい実感みたいなものを数字にした、みたいな。
なんだろ、仮想的な数字?おれも自分で何言ってるかよく分からんが。

251 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 11:26:03 ID:hltP68eD
今ちょっとwikiで情報量調べてみたんだが、エントロピーみたいなもんじゃなくてエントロピーそのものなんだな。
やっぱりイマイチ意味はつかめんかったが。


ってか、ネヨってもしかして、宇宙が演算素子みたいなもので、物理法則を演算してる、みたいな理解の仕方してるのか?
SFとしてはちょっとおもしろいよな、それ。大数理論とか、デュラックの海とかみたいな感じで。

でもそれ、間違いなく宇宙理論のスタンダードからはかけ離れてるよwww

252 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 12:42:02 ID:jUnHsq6C
>時空もエネルギーも物質じゃないし、重力とか強い力とか弱い力とか電磁力
とかも物質じゃないわけだが、科学はそれが存在してるって認めてるよ?

<物質とエネルギーは同等 質量の保存則や E=MC^2くらい知ってるだろー。
しかし、時間や空間は物質的なものとは関係ない存在といっている科学者もいるが。
これって、唯物論的科学の危機?

時空は物質の持つ属性か、それ以外か?


253 :某377:2006/12/25(月) 12:47:54 ID:f2A9l54u
>>249
で?

何が言いたいのかさっぱりわからんのだけど。
まあいつものことだが。


254 :某377:2006/12/25(月) 12:55:27 ID:f2A9l54u
ところでネヨくん、君の同類がこの板に来ているようだから
行って遊んであげたら?きっと楽しいと思うよ↓

弓月城太郎の『神秘体験』(宗教版)
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165439583/


255 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 13:24:41 ID:cM6qF5Ra
> これって、唯物論的科学の危機?

いや全然。

256 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:21:17 ID:hltP68eD
科学は「あるような気がするもの」を「実際にあるもの」として論じたりしない。
それを唯物論って言いたいなら言えばいいけど。

もし魂だの霊魂だの神だのが確認されればそれを論じるだろうよ。

257 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:27:20 ID:X/b3GHIq
>>256
するよ。おまえは科学史について学んだほうがいいよ。


258 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:44:21 ID:hltP68eD
そりゃ「あるだろうと思われていたもの」だろ。
フロギストンだの(光の媒体としての)エーテルだの自然の四元素だの。
それだって一応観察から得られた情報から推測した理論だ。
実際には間違ってたわけだが、それがあるらしいという証拠はあった。もちろん解釈の違いだったわけだがな。

んで、今ん所魂だの神だの天使だのってのはある証拠も無ければ理論も無い。
全然別の話だわ。

259 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 17:53:59 ID:UGd239VG
>>254
>弓月城太郎の『神秘体験』(宗教版)
精神波量子脳理論
http://8012.teacup.com/whatconscious/bbs

<ウヘー勘弁してくれWWW よね。
同類項とは激しくひどいぞ。のよね。

260 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:48:24 ID:UGd239VG
>今ん所魂だの神だの天使だのってのはある証拠も無ければ理論も無い。
全然別の話だわ。

<ない訳じゃないのよ。自分が知らないことは即ち無いは知見が狭い証拠。
もっといろいろな本読みなさい。井蛙の蛙にならないで。ね。


261 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 19:48:53 ID:pJVt1Nxu
>>260
そういうお前こそ寝言言ってる暇あったらさっさと顔洗って「と学会」の本くらい読めよ。

262 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 19:58:38 ID:UGd239VG
>>261
>また、知見の狭い奴がなんか言ってるよ。その科学知でボケまくった
頭ひやすには、創世記はむりでも、せめて臨死体験の本でも読めよ。てんの。
ふんと科学ばかりやると、脳は瀕死状態になるってことがよくわかる。のよね。

263 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 20:04:26 ID:UGd239VG
>>261
>もひとつ、情報量は物理量じゃない。てんのなら唯物科学は
これをどう説明するんだ。唯物論廃業か?

264 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:40:53 ID:hltP68eD
例えば金銭は物理量じゃないよな。でも存在してるよな。それと同じじゃね?

265 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:43:19 ID:UGd239VG
>例えば金銭は物理量じゃないよな。でも存在してるよな。それと同じじゃね?

<なぜ、存在しているといえるのか。ね。


266 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:47:59 ID:a4kN0Wu0
今日も宗教マニアの諸君 楽しい屁理屈聞かせてくれたまえ。

267 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:50:41 ID:hltP68eD
ただの概念だってことだよ。アホか。

268 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:55:23 ID:UGd239VG
あたりき、しゃりき、くるまひきの、概念か。
その概念はなにから生まれるのか。妄想じゃじゃねーだろうな。

269 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 22:00:22 ID:pJVt1Nxu
>>262-263
聖書は手元にあるので創世記は何度も読んだが、それが何の根拠になるって言うんだ?
臨死体験の本は読んでみたくもあるが、その後の検証の結果間違いだった、若しくは疑わしいものばかりが掲載されていると予想しておこう。

魂だの神だの天使だのがある証拠がない訳じゃない、ってのは唯物論的な考えだがな。

ところで>>167の質問にはいつ答えてくれるうんだ?

270 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:10:44 ID:a4kN0Wu0
>>269
君のは本当はキリスト教大好きなんだろ!

271 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:25:01 ID:UGd239VG
>聖書は手元にあるので創世記は何度も読んだが、それが何の根拠になるって
言うんだ?

<ターヘル・アナトミアを玄白や良沢等が、フルヘッヘンドの意味を苦心惨憺の
すえ、ようやく「鼻」と理解したようにはいかん。のよね。聖書は教義なくして
はその本当の意義は決してわからない。わからなくても信仰は出来るが、、、

>臨死体験の本は読んでみたくもあるが、その後の検証の結果間違いだった、、、

<せめて、サム・パーニアくらいは読んでほしい、のよね。
(科学は臨死体験をどこまで説明できるか)
それでもボロクソにいうなら言えばいい。

>ところで>>167の質問にはいつ答えてくれるうんだ?
<いまは企業ひみつ。気が向いたら話す。の。




 


272 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:33:10 ID:e2lVYPtk
企業秘密クソワロタwww

273 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:40:19 ID:hltP68eD
>>268
人間が・物事を扱いやすいように・作り出した・単位なんだよ。
wikiによると、物事がどれくらい起こりにくいかの尺度、らしい。
金って概念が人間にしか通じないように、情報量って概念も情報理論を扱う人間にしか意味がない。いや、これは言い過ぎか。
ただ、情報量云々が物理法則とかに直接関係ないのは間違いない。
物理法則を説明するのに便利であることはあるかも知れんがな。

んでさっきも言ったが科学は唯物論を信奉してるわけじゃないぞ。
だからテメーの言ってることは全く的外れ。

274 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/25(月) 22:47:09 ID:pJVt1Nxu
>>271
>聖書は教義なくしてはその本当の意義は決してわからない。

じゃあお前は本当の意義をわかっているんだな。
で、それが臨死体験とどんな関係があるんだ?

>(科学は臨死体験をどこまで説明できるか)

結局お前も頼るのは科学知かよ。

275 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:10:46 ID:UGd239VG
>>274
>天的天使の教えと、臨死体験者の言っていることは、とてもよく似ている。
これって偶然の一致ではない。の。

>結局お前も頼るのは科学知かよ。

<科学知を無視して、天的天使の解釈を語るとすべて妄想でかたずけられる。
何度も言っているように、科学知批判は、科学知をもって論じなければならない。
このスレにヨタ話をしに来たのではない。
科学知は人を救えない。人が死んだあとではもう遅いということを教えに来たの。
のよ。ね。



276 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:17:57 ID:UGd239VG
現代脳科学への第一弾を放ったのはチャールズ・シェリントンてあったろう。
そして第二弾がペンフィールドである。第三弾が、ジョン・エックルスであっ
たろう。
ペンフィールドの考え方にある中心のアイディアを象徴しているのは、次の
文章である。
「意識の流れの内容は脳の中に記録される。しかしその記録を見守りながら、
かつ同時に命令を出すのは心であって、脳ではない。では、心は独自の記憶
をもっているだろうか。その証拠はないという理由で、答えはノーである。
そうした記憶があるとすれば、まったくおもいもよらない別種の記憶が存在
することになる。そんな別種の記憶がないのだとしたら、心は最高位の脳機
構を通じて一瞬のうちに記憶の中の記録ファイルを開くことができると考え
たほうがよいだろう」。
脳を動かしているのは脳でなく、心なのである。
ペンフィールドは「心は脳のどこにも局在しない」と言った。だから、
「心を脳のしくみだけで説明することはできない」と言ったのだ。


277 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:17:59 ID:hltP68eD
与太話しかしない奴が何言ってんだwwww

278 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:22:56 ID:UGd239VG
脳を動かしているのは脳でなく、心なのである。
ペンフィールドは「心は脳のどこにも局在しない」と言った。だから、
「心を脳のしくみだけで説明することはできない」と言ったのだ。
 
しかしペンフィールドは最後の最後になって、こんな問題にも言及した。
それは、「心は独立した存在だ」というものとして人々に受け入れられるなら、
「その心は死後はどうなるのか」という疑問にも答えるべきなのだろうという
ものだ。よくぞこんな問題にまで言及したものだと思う。
これは、心が脳と別なものであるとすると、肉体の活動に所属している脳の活
動が生命の灯が消えることによって停止したとしても、心の活動が継続される
ことがあるだろうという"霊魂不滅説"のような問題だ。そこをどう考えればい
いかということだ。
偉大な脳科学者がそこまで踏みこんでいくというのはあまりにも大胆であるのだが、
ペンフィールドは平気でその道を通過していった。




279 :某377:2006/12/25(月) 23:30:08 ID:C9T0MkZN
>ネヨ
偉いセンセが何言ってたって、証拠がないんじゃしょせんただの思い
つきの域を出ないよ。論拠にはならない。
科学知を否定しておきながら科学者の名声だけは盗用しようという態度は
あいかわらずだね。

まあ君に学習能力があるなんてことは今さら期待しないけどね。


280 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:32:15 ID:UGd239VG
>与太話しかしない奴が何言ってんだwwww

<脳が腐り始めているので、たまには取り出して洗いなさいね。


281 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:35:26 ID:hltP68eD
脳が腐りきってる奴になに言われても全く堪えんww

282 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:39:01 ID:UGd239VG
>科学知を否定しておきながら科学者の名声だけは盗用しようという態度は
あいかわらずだね。

某377よ
<科学知の中に真理を認めた人には敬意を払うまで。
盗用だなんて失礼よ。

283 :某377:2006/12/25(月) 23:47:27 ID:C9T0MkZN
>>282
失礼なのはおまえだ。
彼らの恥というべき発言ばかりとりあげて非科学の権威づけに使おうってんだからな。

284 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:47:42 ID:hltP68eD
科学者が書いたものであろうと、その論理が科学的手法にのっとって書いてなけりゃ意味ない。
単に「魂が不滅であって欲しい」って願望がどれくらい普遍的で強力なものかってのを証明するケースってだけに過ぎないよ。

実際宗教なんて、それを保証するためだけに生まれたようなもんだし、それで安心得られるならいくらでも信じたらいいんじゃね?

285 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:10:35 ID:kxcdnSPC
>その論理が科学的手法にのっとって書いてなけりゃ意味ない。

<その論理は科学的手法にのっとって書いてんの。読んだことアンの?
彼等が、人の脳つつきまくってどれくらい研究したと思うん。
だから、現代の脳科学者も、彼等を偉大な先駆者といっている。
しかし、心は、脳の唯物論的機能として説明できるはずだいう信念を捨
てない学者も多いんよ。ね。

>単に「魂が不滅であって欲しい」って願望がどれくらい普遍的で強力な
ものかってのを証明するケースってだけに過ぎないよ

<脳学者が、願望だけで研究するか。もうアホかと。


286 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:10:52 ID:ACAv2Z6j
>>275
だからその天的天使の教えをどうやって知ったのだ?
今のところお前の妄想と区別がつかないぞ。

>科学知批判は、科学知をもって論じなければならない。

お前はその科学知と称してヨタ話をしているわけだが。

287 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:12:53 ID:kxcdnSPC
心は、脳の唯物論的機能として説明できるはずだいう信念を捨
てない学者も多いんよ。ね。

飯の種なくなるから、名声も、地位も、研究費も、、、生活も。

288 :某377:2006/12/26(火) 00:13:36 ID:5YlHlrqj
>>285
><その論理は科学的手法にのっとって書いてんの。読んだことアンの?

おまえが前にもちだしたエックルスの本はまったく科学的手法に
のっとってなかったが?
こんどはペンフィールドの本をもちだしてみるか?


289 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:14:25 ID:kxcdnSPC
>お前はその科学知と称してヨタ話をしているわけだが。

<どの部分?

290 :某377:2006/12/26(火) 00:16:13 ID:5YlHlrqj
しかしペンフィールドやエックルスもかわいそうにな。
せっかくまともな業績があるというのに、もっぱら頭のイカレた
連中の妄想強化にばかり著作が援用されてしまうとは。

死んでも死にきれないとはこのこったな。

291 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:21:05 ID:ACAv2Z6j
>>289
かつてあげた臨死体験の例もそうだし、情報量にしても専門的知識を持った人に太刀打ちできずにいるし。

292 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:23:20 ID:kxcdnSPC
>おまえが前にもちだしたエックルスの本はまったく科学的手法に
のっとってなかったが?

<なら、ノーベル賞返せっていえ。てんの。どこに向かって言ってるか。ねえ。
ちゃんと読んだか。おまいさん、どのくらい脳の研究したんか。その道の専門家
の書いた本にケチつけるなら、それ相当の反論する根拠があるんだろうな。
それ、示してみてくで。よ。
■ 詭弁のガイドライン
4. 主観で決め付ける にならないでね。


293 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:28:21 ID:kxcdnSPC
>>290
<なに言ってんだか。自分でコケミソにしておいて。
自己撞着起こしたんか。ねえ。信じられねえWWW



294 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:31:14 ID:o7X/7MzX
>>285
>脳学者が願望だけで研究するか
>>287
>信念を捨てない脳学者も
こういうのをダブルスタンダードっていうのか?
都合のいいとこだけ持ち上げてんじゃねーよ。
つーか学者だって人間だし、死の恐怖はでかいし、そういうのに研究が左右される事だってあるだろうよ。
問題は、脳と心が別だって話に全く根拠も証拠も無いことなんだよ。

295 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:32:09 ID:kxcdnSPC
>>291
かつてあげた臨死体験の例もそうだし、情報量にしても専門的知識を持った
人に太刀打ちできずにいるし。

<まだ理解できていないのか。情報量とその基盤の関係。
ほんとうに頭活動してんのか。

296 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:33:30 ID:8Y9dm3w8
結局、ネヨは脳と心が別っていうのを立証出来たのか? 出来てないのか?
要点はそこだけだよ。

297 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:34:14 ID:kxcdnSPC
<つーか学者だって人間だし死の恐怖はでかいし、そういうのに研究が左右
される事だってあるだろうよ。

<ふんとバカだね。笑われるよ。

298 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 00:35:37 ID:ACAv2Z6j
>>295
それはこっちのセリフだ。

299 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:39:35 ID:kxcdnSPC
>>296

<そういうことだね。(*^_^*)。


300 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 00:39:35 ID:o7X/7MzX
お前が情報量について全くなんにも理解してないだけだろ。
その物理的基盤がどうのって話は、完全にお前の脳内理論だしな。
ソース聞かれたら「その人に迷惑がかかる」ってwww
お前の個人的知り合いかなんかかw
電波には電波な知り合いがいるもんだなw類友w


つーかお前みたいな連中って、大抵そういう「分かる人だけにしか分からない」
みたいな理屈こねるよな。
教義を理解していないと聖書を解釈できない、とか。
天的天使の教えを理解できないからどう、とか。
科学知←脳内用語 に毒されてるから分からない、とか。

301 :某377:2006/12/26(火) 00:53:17 ID:5YlHlrqj
>>292
><なら、ノーベル賞返せっていえ。てんの。

ノーベル賞をもらった仕事はちゃんと科学的手法にのっとってるんだろうよ。

>おまいさん、どのくらい脳の研究したんか。

別にしとらんよ。あの本での主張が科学的手法に基づかない、
まったくの主観であることなど、まともな判断力があればわかることで、
脳のエキスパートである必要などない。

>4. 主観で決め付ける にならないでね。

おまえに言われとうないわw

302 :某377:2006/12/26(火) 00:55:15 ID:5YlHlrqj
>>299
もしもし?返事になってませんが?

303 :某377:2006/12/26(火) 00:57:59 ID:5YlHlrqj
>>295
>情報量とその基盤の関係。

だからそんなもんないと言うておろうが。
おまえの脳内がどうこんがらがってるかなんて我々が知るわけがなかろう。

304 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:14:47 ID:Sw4iHwRD
今日の屁理屈は互角だな! 誰か納得すること言えよ!!

305 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:41:52 ID:kxcdnSPC
>>300
>お前が情報量について全くなんにも理解してないだけだろ。
その物理的基盤がどうのって話は、完全にお前の脳内理論だしな。

<あのなあ、情報量ってのは、数学的概念であって思考の中でしか知覚出
来ない概念だろ。唯物論科学では人の脳が滅んだら心も思考も無くなるんだろ。
だから情報量の概念も脳の働きがなくなれば、心や思考とともに消失する。はずだ。
それでも、脳の働きがなくなって、情報量概念が心や思考とともに消失しな
いなら、つまり、情報量概念だけ宇宙に単独で残るのなら、なぜ存在出来ると
いえるのか。唯物論科学は何者が情報量の存在があると言い張れるのだ。
神の秩序(情報量)を認めるのか?

脳が死んで心も思考もなくなっても情報量が単独存在すると言うのなら
情報量が物理量でないとして、もう、二元論となるしかない。
唯物論科学は、情報量は物理量でないといっている。のよおー。
物理量は、物理的基盤を持っている。
唯物論的科学捨てるか? 一体どっちだ。


306 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:50:08 ID:kxcdnSPC
スレ帰らないので
激しくネヨ。爆睡。

307 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 01:53:31 ID:o7X/7MzX
数学的概念であって思考の中でしか
まで合ってる。
>知覚できない
ここから間違い。そもそも情報量ってのは人間の思考の中にしか存在しない。ただそれがあると思考の助けになるってだけの概念です。

情報量概念だけ宇宙に単独で残るとか全く意味分かりませんね。
つーか「概念」って言葉の意味すら分かってないだけか。

308 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 07:36:57 ID:kxcdnSPC
概念
1 物事の概括的な意味内容。「―をつかむ」「文学という―から外れる」
2 《concept》形式論理学で、事物の本質をとらえる思考の形式。個々に
共通な特徴が抽象によって抽出され、それ以外の性質は捨象されて構成される。
内包と外延をもち、言語によって表される。




309 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 08:21:21 ID:CIG257Ks
ほんとネヨみたいなオカルトは、理性ではなく権威に、論理ではなく思い込みに従って議論を展開するんだなw
聖書、ノーベル賞学者等が言ってるから正しい!そして俺がこう思うから正しい!の2本立てだw

310 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 12:06:56 ID:o7X/7MzX
ちょwなんでwikiから引っ張ってきたような文章乗せて
「どう?おれちゃんと意味分かってるよ?」みたいな雰囲気醸し出してんのw
もうその文章が、「よく分かってません」って白状してるようなもんなんだけどw

311 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 14:11:44 ID:7u7h6Ffh
>脳の働きがなくなって、情報量概念が心や思考とともに消失しな
>いなら、つまり、情報量概念だけ宇宙に単独で残るのなら、

残らないから問題ないな。
ホログラフィック宇宙論の情報量は、平面上のプランクサイズのビットこそが物質やエネルギーの本体であると言ってるだけだし。
ホログラフィック宇宙論は唯物論の最右翼と言えるだろうな。

312 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 14:16:56 ID:7u7h6Ffh
>>305のネヨの主張は要約すると

「霊が存在すると仮定すると、唯物論は否定される」


そんな当たり前のことをわざわざ読みづらい長文で書かれても困るんだが。

313 :某377:2006/12/26(火) 16:08:04 ID:urs0qcYW
>>305
日本語でおk
ところでいつのまに情報量が神の秩序にまで昇格したんだw

>>312
よくそこまで読めるな。
俺は途中で根性が失せた。

314 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 19:47:01 ID:EnEw7FT3
>>312
>「霊が存在すると仮定すると、唯物論は否定される」

<そこまで論理飛躍していない。
「情報量と心が一体で、脳とは別存在なら、唯物科学は論理基盤を失う。」
と書いたまで、誤解しないでね。


315 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 19:57:07 ID:PPEgAO7b
>>314
でもネヨがいくら仮定をこねくりまわしたところで肝心の別存在だという証拠は何一つないようだし、唯物科学は盤石なままだね。


それに、唯物科学が崩れたとしても、だからといって霊だの神だの天使だのインテリジェンスデザイナーだのが肯定される保証もないしな。


316 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 20:21:46 ID:EnEw7FT3
>>315
>唯物科学が崩れたとしても、だからといって霊だの神だの天使だの
インテリジェンスデザイナーだのが肯定される保証もないしな。
唯物科学は盤石なままだね。

<そだね。なんなら、これから証拠探しようか。ね?
否定されようが、肯定されようが、世の中がそんなに変わるわけないし。
あいかわらず。唯物科学はこの世では磐石だろう。生きて間好きほうだ
いにすればよい。しかし、自分がたどる運命、それにはいずれ、たれも
この世の行為で責任を負わなければならくなる。の。
信仰心持つもよし、持たないもよし、人には自由選択力がある。のよ。




317 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 21:29:11 ID:o7X/7MzX
相変わらず意味不明な文章だが、僕負けちゃいましたってことで良いのかな。

つーかほんとに証拠見つけて論文にでもして発表すれば、お前の言う「唯物科学」ってのが盤石でいられるはずないと思うんだが。

てかさ、何回も言うけど「唯物論」と「科学」を混同するのやめろ。

318 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 21:56:37 ID:5uCzOIj7
神の存在とか、心と脳は別とか、「前提にしてる」やつの言うことって、こんなもんだろ。情けないやな。

319 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:16:57 ID:EnEw7FT3
科学は世界を成り立たしている要素として、物質以外の何ものも見でしていない。
したがって、私たち人間もまったく物質的な存在でしかありえない。

そーか。自然科学は唯物論(一元論)かと思ったが、勘違いか?
「進化論」も物質とその属性によってのみ説明できる説かと思ったが
これも誤りであったか。
んじゃ、神の創造論も認める余地あるのね。?

320 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/12/26(火) 22:22:49 ID:uNKuWzFU
>>319
>神の創造論も認める余地あるのね。?

証拠があればな。

321 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:23:38 ID:5uCzOIj7
しょーこがねぇから却下なのさ。科学の方法ではね。
信仰は別だよ。あなたのように、自由に信じたらよろし。

322 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:38:29 ID:EnEw7FT3
科学知でなければ何事も真実ではないという人が増えた。
そうして、人は、自分の思考世界は、科学的な真実と、
まったく主観的な思いつきのニつから成り立つと思うよ
うになる。
科学の妨げていないことは、何事にも反対せず、科学の
認めていないことは、何事も支持しないのが正しいと思い
込むようになる。
まあ、一種の科学知奴隷だな。

323 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:40:21 ID:5uCzOIj7
そりゃ、あんたのただの思い込みだ。科学的な真実なんて、ないんだよ。

324 :某377:2006/12/26(火) 22:48:14 ID:5YlHlrqj
>>314
><そこまで論理飛躍していない。
あのぉ。
論理としてはまったく飛躍してませんが。
それはトートロジーないしは同語反復と言うやつ。

>「情報量と心が一体で、脳とは別存在なら、唯物科学は論理基盤を失う。」
むしろこっちのほうが論理飛躍。
別存在だとしても論理基盤は失われない。
心が物質であるという可能性が残ってるので。
(俺がそう主張しているわけではないので注意。といっても勘違いしてくれるだろうけど)


325 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:49:28 ID:EnEw7FT3
真実のない科学なんてクソだ、ね。
よくそんなものに心をよせられるものか。ね。
聖書の(みことば)には真理がある。

326 :323:2006/12/26(火) 22:57:03 ID:5uCzOIj7
>>325
私はキリスト教徒ではないので。それだけの話かも。ね。

327 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 23:00:26 ID:EnEw7FT3
>>324
>心が物質であるという可能性が残ってるので。

<臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。

328 :某377:2006/12/26(火) 23:25:14 ID:5YlHlrqj
>>325
「真理」という言葉は君らのような連中のせいで不当に貶められてしまったよね。
今や「個人の思い込み」というものから一歩もでない言葉になってしまった。

329 :モエカス:2006/12/27(水) 02:10:42 ID:pf74sk8F
>>327
><臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。
いや、もういいよ。

330 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 09:24:21 ID:QOKrRhyq
><臨死体験研究から心が非物質の存在である可能性を語ってみたい。
そんな客観的記録のしようがないものをどうやって…
しかも人間の記憶なんて誘導次第でいくらでもねつ造できるのに

331 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 10:02:18 ID:HJxiyZNp
ネヨって、別に科学を認めたくないんじゃなくて、
キリスト教以外を認めたくないだけなんだよな。しかも超独自解釈版。
ただ、論理で武装してる科学なら屁理屈こねりゃ勝ったように見えるだけで。
他の宗教も基本的に屁理屈で武装してるから、そもそも試合にならんもんな。

332 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 10:58:19 ID:qbj093nD
>>331
冗談じゃない、奴の主張しているのは「エラいオレサマ」であって
断じてキリスト教じゃないぞ。

333 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 14:02:48 ID:wsYoRgLt
>>319
>科学は世界を成り立たしている要素として、物質以外の何ものも見でしていない。

科学は物質以外にも、エネルギーとか仮想粒子とか真空分極とかいろいろわけのわかんないもの見てます。
「淘汰圧」なんてものも見たりしてます。

334 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 14:05:27 ID:wsYoRgLt
>>325

「自分に都合のいいその場しのぎの解釈」が真理か。



126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)