5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

主イエス・キリストは父なる神 3.

1 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/10(金) 22:50:28 ID:wfVxTyYY
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち]

「いつまでも永らえると、誰が言ったか?
もう十分長く 鷲のように舞い上がり、星々の間に巣くい
刺となった。
さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。 
顔を合わす相手は アベルでない。 
おまえの剣を 叩き落す。
 
おまえは我が家を荒し、最も尊いものを そこから盗んだ。
心ゆくまで盗み取った。 
我が民の門を通過し 民の目を見えなくさせた。 
その闇の王国を広げ 私の民を誤った道い連れ込めると
まだ信じてはいるが、
今や、おまえの時は終わった。

もうやめよ。
今にも 義は水のように流れ出し 
我が霊は 止めどない流れのように 溢れ出す・・・」

2 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:53:13 ID:vaBn8BqX
ヴァッスーラはカルトです。
偽聖母です。

3 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/10(金) 23:00:40 ID:wfVxTyYY
>>2
ブルネルス、主がお呼びだ。正々堂々ブルネルスの名前で出てきなさい。

「さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。 
顔を合わす相手は アベルでない。 
おまえの剣を 叩き落す。」

4 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/10(金) 23:04:06 ID:wfVxTyYY
ブルネルスのプロフィール
1.本名・・・ブルネルス(ロバ、馬の名らしい)。別ハン、名無しで2ch頻出。
2.職業・・・大学の哲学教授を自称。キリスト教の知識豊富。
3.信仰・・・無し。無神論 。留学先のカトリック国で洗礼を受けたらしい。
4.行動・・・別ハン、名無しを多用した自作自演。質問・回答形式の掛け合い 。
       卑猥AA。下劣な書き込み。おかま言葉。悪質なスレ建て。 成り
       すまし。議論では逃走、話題変更。
5.目的・・・主イエス・キリストや聖母を貶め人の信仰心を破壊すること 。
       真理に対する探究心を奪い、人を神から遠ざけること。
6.使用名・・(昔)おかま巫女マリア、ふらんちぇすこ、dendo. あうぐすちの、
          シルビウス、俺、神、ver. さきこ、元福音派 etc
      (今)ペガサス、ダニエル、我、narumi、サロメおたぁ、処刑ライダー
         武庫川女子大学総長etc
      (哲板)哲学者最高位、ケツ学者云々、練馬哲人、機械的唯物論者、
       一言居士、ユダの告白、短パン、バミューダ、ゾルレン、クォンタム etc
7.常駐スレッド・・「カトリックスレッド」、哲板・「決定論:脳は物質だから意識は必然
          にすぎない」。この2スレッドは殆どすべて自作自演。他にも多数。
8.天敵・・・聖母。「マリヤ崇敬という偶像礼拝を考える」「金槌を持ってマリヤ像を
          一瞥 する」スレッドを運営。
      小ヨハネ。三位一体論の矛盾を指摘される。また、おかま巫女マリア自演を
          見破られる。

5 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:09:55 ID:vaBn8BqX
狂ってますね。完全に。

6 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/10(金) 23:12:35 ID:IYKeTcjU
>>4


7 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 10:26:36 ID:EsAmX20e
>492 名前:小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 09:53:36 ID:EsAmX20e

>ワトソン:ここ(カトリックスレッド)もブルネルスの自作自演だ。

>ホームズ:まあ、一部には本当に第三者もいるかもしれない。しかし殆どはブル
     ネルスの自演だ。小牧氏はブルではないだろうが。

>ワトソン:初めて見た人間はここがブルの自作自演とは気がつかないだろうな。

>ホームズ:ああ。5年前もそうだった。おかま巫女マリアやふらんちぇすこが代表的
     なブルネルスの自演だ。

>ワトソン:シルビウスもそうだろう。

>ホームズ:うん。その通り。


>493 名前:小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 09:56:12 ID:EsAmX20e

>ワトソン:今はずいぶん名前が変わっているな。

>ホームズ:うん。少し若返ったようだ。

>ワトソン:ブルの若作りだ。

>ホームズ:ははは。

8 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 22:39:21 ID:MYQvgs9s
963 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 16:01:25
>>936 :考える名無しさん :2006/11/11(土) 01:09:48
>小さなヨハネは宗教版ではどうかしらんが、哲学板では下品なコピペとAAで
>有名になったけど、キリスト教信者なんてみんなこの程度以下だとは思う。
>自己欺瞞ナルシスト自己保守主義者ども。

>ワトソン:よく言うよ、ブルネルス。自分でしておいて小ヨハネに濡れ衣を着せる
     とは。君には良心というものがないのか。

>ホームズ:そうだね。


964 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 16:06:17
>>942 :哲学者最高位 ◆zH5vyVK1vo :2006/11/11(土) 02:50:11
>SYN君 久しぶりだね
>というか、何度も名無しで来てたよねw
>>320も、キミだろ?

>ワトソン:最高位が久しぶりに出て来たぞ。しかしSYN君 久しぶりだね、は
     良かったな。

>ホームズ:はははは。これでSYNとブルネルスの自演は明らかだね。



9 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:42:18 ID:MYQvgs9s
ホームズ:ワトソン、哲板に変なスレッドを発見したよ。
ワトソン:何だい、それは。
ホームズ:「まだだ。まだやられはせんよ」というスレッドだ。

10 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:44:48 ID:MYQvgs9s
ホームズ:これだ。http://academy4.2ch.net/philo/#5

ワトソン:何だこれは。ちょっとおかしいんではないか。

ホームズ:うん。

11 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:47:41 ID:MYQvgs9s
ホームズ:このスレッドの中にこんな書き込みがあった。

>496 :考える名無しさん :2006/11/06(月) 01:36:19
>知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
>初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」に
>カリカリしてしまったが・・・・落ち着け!落ち着くんだ・・・俺
>まだらんまだらんよ!!!!

ワトソン:この初老リーマンという表現はどこかで見たな。

ホームズ:うん、あった。ブルネルスが小さなヨハネに対して言った言葉だ。

ワトソン:するとこの訳のわからないスレッドもブルネルスのものか。

ホームズ:かもしれないね。


12 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:50:22 ID:MYQvgs9s
ホームズ:哲板の決定論スレにあった。

哲板 「決定論:脳は物質だから意識は必然にすぎない」80
>537 :考える名無しさん :2006/11/06(月) 01:24:01
>知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
>初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」に
>カリカリして発狂する人間こそが優秀な人間だと断言できる!


13 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:08:58 ID:MYQvgs9s
ホームズ:あ、このリンクではだめだ。順位が変わるとリンクしない
     ようだ。
ワトソン:しかしこの「まだやられはせんよ」スレッドの書き手はちょっと
     おかしいな。ということはブルは病気なのか?
ホームズ:そうかもしれない。
ワトソン:うーん・・・。

14 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:20:48 ID:MYQvgs9s
ワトソン:ブルネルス、君は具合が悪いのか?
ホームズ:確か、以前分身のdendo.がどこかのスレッドで何か薬を飲んで
     いると言っていたように思う。
ワトソン:それでブルは時々変質狂のようになるのか。
ホームズ:うん。おかま巫女マリアの小ヨハネに対する粘着も後半鬼気迫る
     ものがあった。
ワトソン:うん。異常だった。小ヨハネは疑問を感じていた。
ホームズ:今回も前スレッドの若いスウェーデンボルグ読者を装っていた
     糞ヨハネ迎撃システムも乱暴な言葉が異常だった。
ワトソン:うん。確かに。
ホームズ:あれもブルネルスであることに相違はない。
ワトソン:そうだ。

15 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:30:01 ID:MYQvgs9s
ホームズ:なぜなら、迎撃システムはペガサスに対して、またスウェーデン
     ボルグ・スレッドに来て教えてやってくれと言っていた。それに
     よって両者の自演が分かった。ペガサスはダニエルの発言で
     件の著者に言及していた事実が判明し、明らかにブルと同一人物
     であることが分かった。
ワトソン:うん。つまり迎撃システムとして小ヨハネに粘着していたのも
     結局ブルネルスだったということだ。
ホームズ:その通り。

16 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 23:32:34 ID:MYQvgs9s
ホームズ:あれ、名無しになっていた。>>9-15は小ヨハネの発言だ。

17 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/11(土) 23:38:47 ID:MYQvgs9s
ワトソン:ということはブルは可哀想な奴ということか。
ホームズ:うん。ただ、しかし、同情はするが、発言内容や行動には
     問題がある。それを放置する訳にも行かない。
ワトソン:確かにね。


18 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 00:09:36 ID:v4Pq5Ex0
ホームズ:君は精神科について詳しいか?
ワトソン:いや。よく分からない。
ホームズ:実は、「霊感者スウェデンボルグ」という本を読んだことがあるが、
     著者ウィルソン・ヴァン・デュセンは精神科の医師だ。
     (今村光一訳・日本教文社刊。後にサンマーク文庫より)
     彼は患者の幻覚がスウェーデンボルグの言う悪霊の働きとの類似に
     着目して書いている。
ワトソン:ふーん。


19 :ブルネルス:2006/11/12(日) 01:58:15 ID:eY4QHGyI
ホームズ:実は小ヨハもブルネルスの別名らしいぞ。
ワトソン:そうか、それで、繰り返ししつこくブルの宣伝をしているんだな

20 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:08:42 ID:eY4QHGyI
お、やっとカミングアウトしたな。
小ヨハの自作自演だったとはね。

21 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:29:04 ID:W5o67tAD
過去スレ

主イエス・キリストは父なる神
http://makimo.to/2ch/life_psy/1007/1007382318.html
主イエス・キリストは父なる神(その2)
http://makimo.to/2ch/life_psy/1012/1012830658.html
主イエス・キリストは父なる神(その3)
http://makimo.to/2ch/life_psy/1016/1016940729.html
主イエス・キリストは父なる神(その4)
http://makimo.to/2ch/life_psy/1018/1018880007.html
主イエス・キリストは父なる神(その5)
http://makimo.to/2ch/life_psy/1021/1021426357.html
主イエス・キリストは父なる神(実質6)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157415660/
主イエス・キリストは父なる神 2.(実質7)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160998301/

22 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 13:05:53 ID:v4Pq5Ex0
>>21
過去スレ貼ってくれて有難う。
ブルネルスはこんな親切なところもあるのに・・・。

23 :参加者希望:2006/11/12(日) 13:13:33 ID:Z29o6LKr
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162898570/l50

24 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 13:18:12 ID:AFoizyWj
変質狂www

どんな基地外やねん

25 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 18:58:25 ID:v4Pq5Ex0
>>19-20
ワトソン:これはブルネルスのいつもの目くらましなのでご注意。

ホームズ:小さなヨハネはブルネルスとは全く別の人間だ。

26 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 19:14:40 ID:v4Pq5Ex0
>>11

ホームズ:ところで先ほど指摘し忘れたが、初老リーマン云々の最後にある
     言葉だが・・・。

ワトソン:「まだらんまだらんよ」か?

ホームズ:いや、それはまだ終わらんよの略のようだ。そうではなく、その前に
     ある言葉だ。

ワトソン:「俺」か?

ホームズ:そうだ。何か思い出さないかい?

ワトソン:うーん・・・。

ホームズ:聖母を攻撃している「俺」さんというのがいたろう。

ワトソン:ああ! あれか!

ホームズ:そうだ。これが恐らくその名の由来だろう。

ワトソン:ここから来ているのか!

ホームズ:うん。ブルネルス演じるダニエルも聖母を攻撃していた。ここで
     ブルネルスの言った「俺」とダニエルの聖母攻撃が符合する。

ワトソン:なるほど。


27 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 19:33:34 ID:v4Pq5Ex0
ワトソン:しかし、この「知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボン
     パパみたいなルックスの 初老リーマン」というのは可笑しいな。
     ルックスについては知らないが、小さなヨハネは知的劣等感というのは
     少なくとも持っていない。彼は主によって充足しているから劣等感とは
     無縁になってしまった。外国語が読めなくても平気なのだから。

ホームズ:うん。恐らくその言葉はブルネルス本人から来たものだろう。

ワトソン:そうだろうね。彼はまだまだ俗物のようだから。あの各大学哲学科に
     ついての論評スレッドを見ていてそう思ったよ。

ホームズ:はははは。

28 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 19:44:16 ID:v4Pq5Ex0
ワトソン:前回も小さなヨハネはブルとdendo.連合軍、と言ってもブル一人
     にだが、にさんざん哲学的な知識や語学力がないことを馬鹿にさ
     れたが、全く意に介さなかった。

ホームズ:ははは、確かに。

29 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 19:52:16 ID:v4Pq5Ex0
ワトソン:まあ、それは余談として、その精神科医がどうしたんだい。

ホームズ:うん。デュセンはその本の第6章「狂気と霊の存在」の中で
     精神病的な幻覚の正体がスウェーデンボルグの言う霊と
     同じものではないかと指摘している。

ワトソン:ふーん。

30 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 20:00:31 ID:v4Pq5Ex0
ホームズ:
彼は16年間カリフォルニア州立精神病院に勤務した。数千人の患者を診たが
1964年頃、スウェーデンボルグが霊と人間とのかかわりについて述べている
ことと、患者たちの言っていることの類似性に気がついた。彼はスウェーデ
ンボルグが述べていることを可能な限り収集した。すると、スウェーデンボ
ルグの指摘は患者の体験と完全に一致しているだけでなく、より明瞭で
その指摘がなければ面食らうような幻覚の正体が明らかにされていると
言っている。

31 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:05:12 ID:z5I8mET/
主キュリオスなるイエスは 父ヤハ エホバではありません。異端ですか?

32 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:06:47 ID:z5I8mET/
>31
ソースです
http://www2.d-b.ne.jp/koujima/cgi-bin/bbs/possible/wforum_possible.cgi?no=2346&reno=2323&oya=2315&mode=msgview

33 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/12(日) 20:08:07 ID:v4Pq5Ex0
ホームズ:精神病患者は目に見えない者が出て来て戸惑ったり、彼らと会話
     したりしているが、そのような体験は秘密にしているのだそうだ。
     なぜなら、それが異常であって狂気の証拠であることを自分で知
     っているからだとデュセンは言っている。

ワトソン:ふーん。

ホームズ:せいぜい彼らは医師だけに、昔から体験してきた幻覚のうちの
     一つか二つを話すだけらしい。

34 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:24:38 ID:fYCZBxU7
哲学する諸現場
http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/index-j.html
知に誠実な哲学者 ブルネスル先生の重量級なサイト。
オッカム研究の一人者で論理学の先鋭なブルネルス氏の
論考が読める貴重なサイトなのだが、日本語頁は最終更
新日が2001年と完全放置プレイ。先生は飽きたらしい。


35 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/14(火) 23:00:43 ID:9mLrlN/0
>>34
ワトソン:昨日はアクセス規制か何かで書けなかったが今日は書けるぞ。
ホームズ:うん。
ワトソン:しかし、これは何だ。泥棒が盗みに入り込んだ部屋に脱糞して行くそう
     だが、また誰かさんが随分でかいのを残していったな。
ホームズ:ははは。
ワトソン:「知に誠実」はたくさんだ。おーい、せっかくだけど取りに戻って来ーい。
ホームズ:はははは。

36 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/15(水) 22:58:33 ID:5o452VE+
ワトソン:しかし、そのデュセンはどうなった?
ホームズ:ああ。彼は幻覚を持つ患者に協力してもらい、幻覚の人物と対話したんだ。
ワトソン:患者の幻覚中の人物と対話した?
ホームズ:うん。
ワトソン:幻覚というのは実は人物で、患者に突然やってきて話し掛ける。姿の見え
     ない場合もあれば、見える場合もある。


37 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/15(水) 23:16:38 ID:5o452VE+
ホームズ:幻覚中の人物には次元の低い者と次元の高い者がいる。低次元の者は
     酔っ払って騒いでいる酒癖の悪い酔っ払いのような声で、患者をから
     かったり、いたぶったりして喜ぶ。患者の弱点をあきもせずつつく。
     たとえばある男の患者はすでに返した10セントの借金のことで3年間
     声にいじめられた。声は患者にみだらな行為を指示したり、殺すと言
     ったりする。あるいは手を上げていつまでもそのままにしていろと命
     令して、その通りすると今度はいつまでそんな馬鹿なことをしている
     んだとからかい、しなければしないと言って脅したりする。
ワトソン:ふーん。患者もそれではかなわないな。

38 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/15(水) 23:21:37 ID:5o452VE+
ホームズ:低次元の声は患者の体の一部、例えば目とか耳とかを支配して
     本当に痛みを与えることがある。その脅迫で患者の神経はぼろ
     ぼろにされてしまう。最もひどいのは数十の声で耳元で叫ばれ
     続けることだ。こうなると患者は狂乱状態になって、鎮静剤を
     与えなければならない。

39 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/15(水) 23:29:45 ID:5o452VE+
ホームズ:低次元の声は患者の人格を破壊しないではおかないというしつ
     こさを持っている。彼らは患者の弱さや信念に働きかけて、自分
     は恐ろしい力を持っていると脅したり、うそをついたりする。
     そうやって患者の意志を打ち砕いて行く。彼らは自分が特定の
     誰とは言わずに多くの名前を言ったりする。声の質を変えたり、
     つかい分けたりして患者を混乱させて誰がしゃべっているか
     わからなくする。
ワトソン:しかし、2CHでそういう経験をよくするな。しつこい粘着なんか
     全く同じだ。ハンドルネームをころころ変えて粘着して来たりする。
     まるで別の人間が言っているように振る舞う。

40 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:30:43 ID:6sTpL4f1
2chの真実
http://anti2ch.blog61.fc2.com/

小さなヨハネ様もお気をつけて。



41 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:36:46 ID:HArv6FAI
>>39
ちょっと言いたいんだけど、よく哲板でがんばってるね。
最初にスウェ信者がどうのとか言い出したのは俺だ。
悪かったな。
しかし俺はスウェを今も読む気ない。

42 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/16(木) 20:44:41 ID:MAWva0vA
>>41
>最初にスウェ信者がどうのとか言い出したのは俺だ。
>悪かったな。

どんな発言だったか記憶がない・・・。


43 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/16(木) 20:54:37 ID:MAWva0vA
ホームズ:真理を愛する者はスウェーデンボルグを読むだろう。単にオカル
     ト的興味から読む者もいる。しかし、読む気にならないなら真理
     に興味はないのだろう。
ワトソン:嘘や成りすましを愛する者にはスウェーデンボルグは読めないだ
     ろうな。

44 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/16(木) 20:57:02 ID:MAWva0vA
ワトソン:スウェーデンボルグの本は読む人間を選ぶということだ。
ホームズ:ははは。

45 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 21:55:21 ID:wBmzpGY4
>>41
ワトソン:結局スウェーデンボルグを読んだこともないのに、読んだように振る舞える
     というのはどういうことだ。
ホームズ:悪霊ないし低次元の声の連中は人の記憶に入り込んでその人の記憶を使
     うからだ。その時自分の記憶は忘れてしまうらしい。
ワトソン:ということは他人の記憶に入り込めるということなのか。
ホームズ:そうだ。インターネットで調べたくらいで発言することはそれに似ている。

46 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 22:01:00 ID:wBmzpGY4
ワトソン:ふーん。
ホームズ:2chに登場する人間はこの悪霊や精神病患者に現れる幻覚の声に
     よく似ている。デュセンは低次元の声の連中は反宗教的であることを
     指摘している。2chに書き込む人間は殆どが反宗教的だ。

47 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 22:13:22 ID:wBmzpGY4
ホームズ:また、低次元の声たちは論理的でないことをデュセンは述べている。
「低次元の連中のつかう言葉や彼らの考えの幅はびっくりするくらいせまい。
 ごく少数の考えだけがいつまでもくり返し語られるのだ。
(中略)低次元の声たちは論理的な思考などはまるでできないように見える。」

48 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 22:34:41 ID:wBmzpGY4
ワトソン:低次元の声と言うが、高次元の声もあるのか。
ホームズ:ある。高次元の存在についての幻覚は低次元のものについてよりずっと
     稀だ。低次元の者は休みなくしゃべるが、高次元のものはあまりしゃべ
     らない。高次元のものは宗教的で患者を助けてくれる。

49 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 23:02:25 ID:wBmzpGY4
ワトソン:しかし、2ch宗教板のキリスト教関連のスレッドは殆どが不信心な
     輩の書き込みばかりだ。無神論、おかま、唯物論からの攻撃。これでは
     初めてここを覗いた人間は信仰心も何も吹っ飛んでしまうだろう。
ホームズ:ああ。デュセンはこう書いている。「高い次元の者は、低次元からの
     攻撃も患者の弱点や間違いを教えて、それに気付かせるという役には
     立っているのだと患者に教えたりすることもある」と。

50 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/18(土) 23:06:27 ID:wBmzpGY4
ワトソン:ということは、キリスト教はそういう攻撃によって自らの弱点、間違い
     に気付くということか。
ホームズ:そうだろう。キリスト教は何万人も殺してきたとよく書かれているが
     それも神への愛や畏れから離れて自己愛が強くなってしまった結果で
     あり、指摘はそれなりに意義はあるのだろう。

51 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:11:29 ID:MdYlhn9W
>>50
おお。妄信的だった小ヨハネが自己批判を開始してるW
成長したなー

52 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 17:16:49 ID:oeY8jdKx
>>51
ワトソン:勘違いしないように。旧来のキリスト教のことを言ったまでで、新しい
     キリスト教のことを言っているのではない。
ホームズ:ははは。議論のすり替えだね。

53 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 17:24:49 ID:oeY8jdKx
ワトソン:ご存じの通り、旧来のキリスト教では主イエス・キリストは神ではない
     と思っている。天に父がいて、キリストはただの預言者の一人であるな
     どと。新しいキリスト教は、新しいというより本来のという意味だが、
     それは主イエス・キリストが父なる神ご自身であるという内容だ。
ホームズ:それを認める人は少ない。いや、殆どいない。
ワトソン:うん。だから新しい内容を言っているのに、旧来のキリスト教に対する
     批判を繰り返す。問題が違うということが理解できないのだろうな。
ホームズ:ははは。低次元の声(霊)は言葉や考えの幅がびっくりするほど狭く、
     論理的な思考は全くできないように見えるとデュセンは述べている。

54 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 17:34:47 ID:oeY8jdKx
ワトソン:「低次元の声(霊)は言葉や考えの幅がびっくりするほど狭く、
      論理的な思考は全くできないように見える」・・・。
     なるほどね。ここに来る自称哲学者の霊にそっくりだな。
ホームズ:ははは。
ワトソン:そういう霊は卑猥なことも言うだろう?
ホームズ:ああ、その通りだ。患者たちは声(霊)が語るわいせつなことを
     他人に言えば自分の評判を落すと心配する者もいるとデュセンは
     述べている。
ワトソン:まさに彼にぴったりだな。
ホームズ:ははは。

55 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 21:06:39 ID:oeY8jdKx
ワトソン:しかし、最近精神を病む人間が多い。どうしてだろう。
ホームズ:確かに。
ワトソン:彼らの話を聞くとやはり人の声が出てくる。
ホームズ:デュセンの言っているのとまさに同じだ。それはスウェーデンボルグの
     霊とも共通する。スウェーデンボルグは我々人間には2人の天使と2人の
     悪霊がついていると言う。普通はその霊たちと話しは出来ないし、お互い
     のことも気付かない。それが何らかの理由によってお互いの存在に気付い
     接触を持つようになるのだろう。それが所謂精神的な異常だ。

56 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 21:16:14 ID:oeY8jdKx
ワトソン:その原因については何か触れられているのかい。
ホームズ:ああ、デュセンは社会的な活動から習慣的に身を引いて内なるファン
    タジーの世界や内なる誇りの世界に入ることが原因になるように書いて
    いる。また、スウェーデンボルグの説明、すなわち自分自身の幻想の中
    に捉われてしまうこと(霊界日記1752)、自分自身の力を過信すること
   (天界の秘義10227)が原因になっていると説明していることを紹介して
    いる。

57 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 21:23:12 ID:oeY8jdKx
ワトソン:確かに精神を病んでいる人間は一方で自信家の側面を持っていることは
     言えるかもしれないな。やたらに自分と他人を比較したり、あるいは
     他人を軽蔑したりする傾向がある。
ホームズ:ニーチェも狂人となったが、ルサンチマンなどという発想は自分と他人
     を比較して優越感を味わいたがる人間の概念かもしれない。
ワトソン:うん。主によって充足してくると、他人との比較という発想はしなくな
     るものだ。

58 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 21:27:30 ID:oeY8jdKx
ホームズ:自分が何程のものでもないというところまで自覚して来ればね。
ワトソン:ああ、神の前では我々は所詮、糞袋さ。くそぶくろ同士で自慢し合う
     んだから馬鹿げているよ。哲学徒なんて特に始末が悪い。
ホームズ:はははは。

59 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 21:30:24 ID:oeY8jdKx
ワトソン:だいたい自分のホームページを2chに貼りたがる奴はろくでもない
     連中さ。
ホームズ:あははは。

60 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 20:46:44 ID:VlaMiUj5
小さなヨハネさん!
カトリックの教義を信じてないのにカトリックに行くのは止めてください!


61 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 22:34:44 ID:LHtwBsmZ
>>60
カトリックのどの教義のことですか。
それから神を信じないあなたと何の関係があるのですか。

62 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 22:48:11 ID:p20KzjTO
スウェデンボルグの教説を信じるということは、明確にカトリックの教義とは合致しないということに気づかないのですか?
あなたは教皇の無謬であることを信じているのですか?



63 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 22:54:53 ID:p20KzjTO
ワトソン:ご存じの通り、旧来のキリスト教では主イエス・キリストは神ではない
     と思っている。天に父がいて、キリストはただの預言者の一人であるな
     どと。新しいキリスト教は、新しいというより本来のという意味だが、
     それは主イエス・キリストが父なる神ご自身であるという内容だ。


あなた自身がカトリックとスウェデンボルグは別物だと言ってるではないですか。

64 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:23:09 ID:LHtwBsmZ
>>62-63
カトリックの教義(具体的に条文を例示していただきたい)とカトリック信徒の
思っていることが同じではないのです。恐らくスウェーデンボルグもカトリックの
教義の条文とは矛盾していないのではないかと思います。父と子と聖霊も何度も
言いますが、矛盾してはいないのです。旧来の教徒がそれを別物と解釈している
だけです。それとあなた自身クリスチャンではないのに何の関係があるのですか。
教皇の無謬に関する条文を示していただきたい。

65 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:25:19 ID:LHtwBsmZ
全く言葉面しか理解できないのですか。論理的な思考ができないのですか。

66 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:26:26 ID:LHtwBsmZ
「低次元の声(霊)は言葉や考えの幅がびっくりするほど狭く、
 論理的な思考は全くできないように見える」

67 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:30:37 ID:LHtwBsmZ
哲学徒というのは知識は豊富だが、論理的な思考はできないということを
発見しました。論理の飛躍、すり替えがはなはだしい。それは単に記憶知
でしゃべっているからです。自分で理解しているわけではないのです。
三位一体論における父と子の非対称性の矛盾はどうなったのですか。
一向に説明がないではないですか。

68 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:31:30 ID:p20KzjTO
恐らくスウェーデンボルグもカトリックの
教義の条文とは矛盾していないのではないかと思います。


これがカトリック教会の公式な見解なのですか?

>教皇の無謬に関する条文を示していただきたい。

カトリック信者ならば当然信じるべきことであるのに、何をいってるんですか?
すっぱりカトリックを辞めてください。


69 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:35:38 ID:p20KzjTO
 論理的な思考は全くできないように見える


スウェデンボルグ教徒なのに、カトリックに属するというのが、論理的なのですか?

70 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:49:43 ID:LHtwBsmZ
>>68-69
ワトソン:公式な見解?そんなことは知らない。
     どうして教皇は無謬なのか。
ホームズ:それから君はクリスチャンでないのに何の関係があるのか。

71 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:52:28 ID:LHtwBsmZ
ワトソン:スウェーデンボルグ教徒なんていないよ。スウェーデンボルグは
     キリストは神だと言っているだけさ。

72 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:53:04 ID:LHtwBsmZ
ホームズ:ところで非対称性の矛盾はどうなったのか。

73 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:54:47 ID:p20KzjTO
公式な見解?そんなことは知らない


知らないのにどうしてカトリック教会に巣くうのですか?
教皇無謬はカトリックに属するあなた自身が調べてください。




74 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:55:00 ID:LHtwBsmZ
ワトソン:自分がクリスチャンでない人間が一体何の関係があるのか。

75 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:55:59 ID:LHtwBsmZ
>>73
ワトソン:ははは。調べない。

76 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/20(月) 23:58:44 ID:LHtwBsmZ
>>73
ワトソン:巣くうとはよく言う。おかま巫女が宗教板それもキリスト教
     スレッドに巣くうのはどうしてか。

77 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 00:01:16 ID:LHtwBsmZ
ワトソン:それに自作自演の嘘つきが何を言っているのか。嘘つきに
     説教されたくないよ。
ホームズ:ははは。論理的な矛盾だ。

78 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 20:15:34 ID:OZnTX4Wb
あなたはどうしてすぐに人格攻撃に走るのですか?
私は自作自演などやっていませんが。
それより↓にはやく答えてください。


69 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:35:38 ID:p20KzjTO
 論理的な思考は全くできないように見える


スウェデンボルグ教徒なのに、カトリックに属するというのが、論理的なのですか?

73 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:54:47 ID:p20KzjTO
公式な見解?そんなことは知らない


知らないのにどうしてカトリック教会に巣くうのですか?

79 :予想:2006/11/21(火) 20:17:58 ID:8N2+a3ok
そろそろ小さなヨハネが「コテつけて相手にはまともに答えてあげないもん」と言い出すであろう。

80 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 22:30:37 ID:wPbus7tB
>>78
スウェーデンボルグ教徒とは何ですか。それがカトリックと矛盾するのですか。
私は本来のカトリックと矛盾するとは考えていないのです。それが答えです。

>>79
まあ、コテハンを名乗る勇気を私は皆さんに期待します。


81 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 22:35:11 ID:wPbus7tB
おかまに自作自演に名無しに論理矛盾に無知蒙昧に、とにかくどうしようもない・・・。


82 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 22:36:09 ID:wPbus7tB
それはそうと、三位一体論における非対称性の矛盾はどうなったのか・・・。

83 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 22:36:48 ID:wPbus7tB
答えを避ける卑怯者・・・。

84 :コテハン:2006/11/21(火) 23:03:49 ID:M7Uwb+8z
コテハンがお好きなようなので、これでご満足です?

>私は本来のカトリックと矛盾するとは考えていないのです。

あなたの言う本来のカトリックとはなんですか?
カトリック教会の公式な見解を知らないというあなたが、どうして本来のカトリック、などと言えるのですか?



85 :コテハン:2006/11/21(火) 23:06:39 ID:M7Uwb+8z
81みたいな罵詈雑言は、新しいエルサレムでは流行っているのですか?

82については、なんのことだかさっぱりわかりませんが。


86 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:08:48 ID:i15x1LC9
謙虚になって、自分が間違っている可能性も認めた上で、
牧師さんに相談してみては?


あなたが思っているよりもカトリックは懐が深いのでは?


87 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:10:11 ID:i15x1LC9
あなたが、かってな協議を宣教して、もしも、あなたが間違えていたとき、
あなたは、その人の魂に対して、責任が取れるのですか?

あなたは、まず、自分の考えが正しいのか、教会にぶつかって、
自分の考えを試してみるべきでは?



88 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 23:20:57 ID:wPbus7tB
>>85
ブルネルスが知っている。

89 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 23:22:21 ID:wPbus7tB
ワトソン:神もキリストも信じない者がけたたましいな。
ホームズ:ははは。

90 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:25:44 ID:i15x1LC9
ワトソンとホームズが逆だよ

91 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:26:43 ID:i15x1LC9
教会が怖いの?

自分が異端と言われるのが怖いの?

きっと、誠心誠意相談すれば、立派な学者さんを紹介してくれるよ

92 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:28:21 ID:i15x1LC9
まずは、教会にぶつかってみなよ!

教会は、2千年の歴史と、人類の三分の一の人間と、膨大な学者や政治家や
偉い人を抱えているんでしょ?

93 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 23:28:51 ID:wPbus7tB
>>91
ワトソン:ははは。怖くはないよ。ブルネルスはノー・サンキュー。

94 :コテハン:2006/11/21(火) 23:29:16 ID:M7Uwb+8z
83 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/21(火) 22:36:48 ID:wPbus7tB
答えを避ける卑怯者・・・。

あなたは上記のように書き込んでおいて、どうして84には答えてくれないのですか?

95 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:29:18 ID:i15x1LC9
他人に宣教する前に、自分の魂を、地上の教会で試してみたら?



96 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:35:04 ID:i15x1LC9
あなたの言う本来のカトリック?

むずかしいことはわからないよ
ただし、一人きりなのに、カトリックとは言えないだろ?

もしもあなた一人だけが真実に気がついたのが事実なら、
そのことに、もっとおそれを感じるべきでは?

そして、本当に世界を救いたいなら、まずは教会を救ってみては?
もしも、あなたが正しいなら、カトリックが軌道修正されるだろうし、

あなたが間違っていても、あなたに悔い改める心がある限り、
道を踏み外すことはないんじゃないかな。



97 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:39:00 ID:i15x1LC9
もしも、世界で一人きり、あなただけが、正しいキリスト教を見つけた
と本気で思っているなら、もっと、おそれを感じたらどうですか?

失礼な言い方だけど、たとえあなたに自信がなくて、あなたが間違えていたとしても
もしも本気で信じているなら、「不正な財産」に誠実になって、教会にぶつかったら
いいじゃないか。嫌われれも、牧師にぶつかればいいじゃないか。


教会が真実を得るのか、あなたが真実を得るのか知らないけど、
誠実に追求したものだけが、真実を得たときに感動できるのでは?




98 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:42:17 ID:i15x1LC9
あなた自身が、正しいと認められてないし、あちこちで批判されているし、
実際に教会で話すこともできないし、告白もできない教義を他人に宣教する
なんて、あまりにも無責任では?



99 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:44:21 ID:i15x1LC9
失礼なことばかり言ってすみませんでした。

考えていただければ幸いです。

(__)

100 :ブルネルス:2006/11/22(水) 00:15:55 ID:VCxICycJ
このスレを見つけてから、しばらくウォッチさせていただきましたが、
驚いたことの第一は、小さなヨハネ氏が、自分の気に入らないあらゆる発言を、「ブルネルス」という名称に結び付けていることでした。

ブルネルスというコテハンで私以外の誰かがいろいろ書いているのかと思うとそうでもないので、数年前に少しの間書いていた私のことらしいですね。
私の身に覚えのない数々の発言を、私のものだと決め付け、ネット上で公言されるのは、失礼であり、名誉毀損ではないか、と思います。ここにはっきり抗議しますので、以後改めてください。



101 :ブルネルス:2006/11/22(水) 00:16:42 ID:VCxICycJ
次に、小さなヨハネ氏は、数年間に渉り、よく飽きもせず、似たようなことを繰り返し書き込んでおられるようですが、それにもかかわらず、論敵について全く無知であることに驚きました。

>>53
 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/19(日) 17:24:49 ID:oeY8jdKx
    ワトソン:ご存じの通り、旧来のキリスト教では主イエス・キリストは神
       ではないと思っている。天に父がいて、キリストはただの預言
       者の一人であるなどと。

まあ、これはワトソン氏の発言であって、小さなヨハネ氏の理解ではない、というような逃げ口上が用意されているのかもしれませんが、
「旧来のキリスト教では主イエス・キリストは神ではない」などという事実誤認を、よくもまあ何年間もし続けておられるなあ、と思います。
「旧来のキリスト教」は、まさしく「イエス・キリストは神である」と主張しているのであり、そのために三位一体という教義が出てきたのではないですか。

最後に:「三位一体論における非対称性の矛盾」とは何のことですか。私が忘れてしまったのか、私とは別の誰かを相手にした論の中に出てきたために、私が知らないのか、分かりませんが、よろしかったら教えてください。



102 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:53:31 ID:KNMlNnn1
デュセンとか調べてもさっぱりわからん。マイナーなんだよ。

103 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 18:41:24 ID:x7B5l0tz
小さなヨハネは逃亡したの?

104 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 19:24:35 ID:U2M+7Ed8
ヨハネどうしちゃーたの

105 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/30(木) 23:01:01 ID:b2ftSlPo
ワトソン:小さなヨハネは連続休暇で出かけていただけだ。コテハンを使っていた
     ら逃げられる訳が無いだろ。名無しと使い分ける誰かさんとは違う。
ホームズ:ははは。

106 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/30(木) 23:08:53 ID:b2ftSlPo
>>100
ワトソン:何が名誉毀損だ。小ヨハネは卑猥なAAなど貼ってもいないのに誰かさん
     から濡れ衣を着せられている。そもそもこれはどういう意味なのか。

19 :ブルネルス:2006/11/12(日) 01:58:15 ID:eY4QHGyI
ホームズ:実は小ヨハもブルネルスの別名らしいぞ。
ワトソン:そうか、それで、繰り返ししつこくブルの宣伝をしているんだな


107 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/30(木) 23:43:18 ID:b2ftSlPo
ワトソン:すぐその後にこんなことを書いたら、19と20は自演であるというのが
     2chの常識だ。
ホームズ:ははは。

20 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:08:42 ID:eY4QHGyI
>お、やっとカミングアウトしたな。
>小ヨハの自作自演だったとはね。


108 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/11/30(木) 23:54:31 ID:b2ftSlPo
ワトソン:カミングアウトなんてなつかしい言葉だ。以前、ふらんちぇすこが
     ブルネルスに言っていた言葉だ。まあ、そもそも息の合った掛けあい
     など別人の間では成立しないのが掲示板だ。両者が合致して一つの
     考えに誘導するのは自作自演だから出来ることさ。だからこうして
     ホームズと私でしているんではないか。
ホームズ:はははは。

109 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 00:02:45 ID:A3nFeohl
>>101
ワトソン:三位一体論における「非対称性」とは自分で言った言葉ではないか。
     もう忘れたのか。
ホームズ:これだ。

460 名前: ブルネルス 01/12/29 00:23
>>446
| 3.「三位が一つの意志、一つの能力、一つの働きを持つ」というなら
|(405)、「子」も「父」を発出できるのですか?もし、「出来ない」
| 、あるいは「しない」というなら「三位が一つの意志、一つの能力、一
| つの働きを持つ」という前提と矛盾しています。

えらい!よく言った!
父と子の関係である、生む―生まれる、ないし 生んだ―生まれた ということ、
父を子から分かつ特徴が「生まれたのではない」であり、子を父から分かつ特徴が
「生まれた」であるということを、三位一体論者は主張します。そして、この三位
の内部での関係に関しては、非対称性が生じるのですね。父と子の働きは一つとは、
ひとまず外部への働きだとしときましょう。その上で、生む―生まれるも一つの働き
の両側面と見ることができれば、ここでも一つの働きといえる、となりますが、この
辺は実際に三位一体論者がした説明かどうか、教父のことばを思いつきませんので、
自信ありません。

ところで、上の質問は諸刃の剣となって、小さなヨハネさんにも向けられると思いま
す。子が父なる神なら、父が子を生むという関係はどうなるのですか?「父が子を遣
わす」とは「子が子を遣わす」「父が父を遣わす」と言い換えてもいいことなのです
か?


110 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 00:05:03 ID:A3nFeohl
ホームズ:それに対して小ヨハネはこう答えた。

500 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 16:36
仮に「子なる神」を認めるとしても、まず「出生」ということ自体
がおかしいのです。「神から神が生まれる・・・?」そんなことは
あり得ません。神は唯一であり、そもそもそれがおかしいと単純に
気付かなければなりません。それは何らかの「用語法」なのだと気付
かなければならないのです。福音書にも次のように書かれています。
また、旧約聖書、とくに予言者の書、あるいは黙示録など、聖書には
「譬え」が多いということは公然の約束なのです。譬えの意味する霊的
な事柄を「内意」と言います。その内意を知らなければ聖書をよく理解
することは不可能です。

511 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 17:47
>>460
「非対称性が生じる」なら、前提を訂正することが正しいのではあり
ませんか?

私の考えは、神がその本質(父)を現す(=子)ということです。です
から、「子が子を遣わす」「父が父を遣わす」ということはありません。


111 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 00:10:27 ID:A3nFeohl
ワトソン:そしてブルネルスは逃げた。
ホームズ:ああ。こんな風に。

527 名前: ブルネルス 02/01/03 23:04
>ALL
三位一体説を信じてもいない私が、これを擁護するかのような説明を繰り
返すのは疲れる作業です。誰か、三位一体を奉じている方、役割を代わっ
ていただけませんか?

小さなヨハネ氏も、
*三位一体説の代理説明人としての私と、
*イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神と
され、唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形
成されたのだ、と考える本来の私
とを区別して対応するのが難しくなっているのではないでしょうか。


112 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 00:14:37 ID:A3nFeohl
ワトソン:しかもこんなことを言っているにもかかわらず。

471 名前: ブルネルス 01/12/30 01:46
(前略)
私がこのスレでうるさいこと言うのは、理論闘争をやる気ならちゃんと
やれということであって、やらないならそれで結構。またーりと、和気
藹々とお過ごしください、ってところです。


113 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 00:17:50 ID:A3nFeohl
ワトソン:こんなことも言っていたぞ。
ホームズ:ははは。


名前: ブルネルス 01/12/29 00:20
>>445 :小さなヨハネ
おお、正面からのアタックですね。歓迎します。


114 :ブルネルス:2006/12/01(金) 01:42:42 ID:pr8cbWze
>107 自作自演もなにも、19と20はIDが同じ(=ID:eY4QHGyI)なのだから、別にここについては、小さなヨハネが見当違いな疑いをしている自作自演を私はわざとやっているのであって、それを隠そうなどとは思っていない。
なんでもかんでも同一人物の発言だと思い込むのだったら、小さなヨハネだってブルネルスの自作自演だ、と妄想してはどうですか、と皮肉を言ったまで。
(こんなことを説明するのも恥ずかしいことだが)


115 :ブルネルス:2006/12/01(金) 01:49:30 ID:pr8cbWze
>110
  511 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 17:47
  >>460
  「非対称性が生じる」なら、前提を訂正することが正しいのではあり
  ませんか?

なるほど、5年近くまえの話で、確かにこれらの発言におけるブルネルスは私に
違いない。で、「非対称性の矛盾」とは何がどう矛盾しているのか、分かりません。
上記の発言で、前提を訂正せよと小さなヨハネ氏は言ってますが、
どういう前提を、なぜ訂正しなければならないのか、説明が欲しいところです。

116 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 21:23:19 ID:OA5Yytyo
>>115
>どういう前提を、なぜ訂正しなければならないのか、説明が欲しいところです。

ワトソン:>>109にこう抜粋してあるじゃないか。分かりの悪い奴だな。
ホームズ:ははは。

3.「三位が一つの意志、一つの能力、一つの働きを持つ」というなら
|(405)、「子」も「父」を発出できるのですか?もし、「出来ない」
| 、あるいは「しない」というなら「三位が一つの意志、一つの能力、一
| つの働きを持つ」という前提と矛盾しています。


117 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 21:33:10 ID:OA5Yytyo
>>114
>なんでもかんでも同一人物の発言だと思い込むのだったら、小さなヨハネだって
>ブルネルスの自作自演だ、と妄想してはどうですか、と皮肉を言ったまで。

ワトソン:小さなヨハネそのものがどうしてブルネルスの自作自演になるのか。
     第三者がそう勘違いすることはあっても、少なくとも小ヨハネに向って
     そんなことを言うのはナンセンスだ。皮肉にもなっていないよ。

ホームズ:ははは。全くだ。

118 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/01(金) 21:46:31 ID:OA5Yytyo
>>114
>自作自演もなにも、19と20はIDが同じ(=ID:eY4QHGyI)なのだから、別にここ
>については、小さなヨハネが見当違いな疑いをしている自作自演を私はわざとや
>っているのであって、それを隠そうなどとは思っていない。

ホームズ:しかし、ワトソン、ここでブルネルスは貴重な行動と発言をしている。
ワトソン:ああ。
ホームズ:彼はブルネルスというハンドルネームと名無しというハンドルネームを
     使うということだ。つまり複数のハンドルネームを使い分け、そして目
     的が皮肉であろうがなかろうが、IDがどうであろうが、自作自演をす
     るという事実だ。
ワトソン:なるほど自分で暴露しているな。

119 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 03:21:32 ID:zx7Rd+kg
神は主であるということが被造物との関係においてはじめて規定されうるように
(神は存在であり、また存在の主である、ということも可能ではあろうが、
それはあまり教父のことばには出てきそうにない)
父が父であるということも子の存在を前提にしていているのではないか。
むしろ子は父を父として規定する限りでは、
この規定性における限りでは子は父に本性的に先立つのではないだろうか、
(父は子を生む以前において子の父ではあるまい)、
それとも子であり父であることは永遠において一挙に存立する相互規定的事態なのか。
 この相互規定性と両者の本質における同一性が、あるいは父子同一論の淵源なのか。

ところで聖公会スレに「イエスが信じることで信じる者が救われる」
云々という議論がありましたよ>某所

120 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 05:21:12 ID:Mz+vQz5Z
父=ご隠居
子=若旦那
二人は同質であって、
担い手の世代交代(新陳代謝)とコピーの製造工程を言う。
父子の関係は創造ではなくコピー製造、被製造の関係。

121 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 05:23:13 ID:Mz+vQz5Z
子→父となり、
子の子がまた父となり、
これが神の永遠。永遠のつながり(連輪)の輪。
円環。円とは完全性。
世代交代の仕組み(しぐみ)をも含む、完全円満なる神存在。

122 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 05:27:04 ID:Mz+vQz5Z
ここで問題となるもう一つの「精霊」の役目とは、
女・母という「触媒」であろう。
精霊=女 が、つまり世代交代のために不可欠な鍵なのである。
精霊=女でもって、神の完全性の円が完成するんである。

123 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/03(日) 10:00:30 ID:EtkE/uez
ブルネルス、三位一体論の非対称性の矛盾について説明しました。さあ、今度は
あなたがきちんと答える番です。名無しによるいい加減な答えで誤魔化さないで
下さい。私はあなたに同情するが、あなたの行動について同情はしません。
あなたが人の信仰心を破壊しようとすることについての同情は。

124 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/03(日) 17:02:46 ID:PbMtYRki
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/第]巻

「いつまでも永らえると、誰が言ったか?
もう十分長く 鷲のように舞い上がり、
星々の間に巣くい 刺となった。

さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。
顔を合わす相手は アベルでない。 
おまえの剣を 叩き落す。 

おまえは我が家を荒し、最も尊いものを そこから盗んだ。
心ゆくまで盗み取った。 
我が民の門を通過し 民の目を見えなくさせた。 
その闇の王国を広げ 私の民を誤った道に連れ込めると
まだ信じてはいるが、今や、おまえの時は終わった。

もうやめよ。今にも 義は水のように流れ出し 
我が霊は 止めどない流れのように 溢れ出す・・・」


125 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/03(日) 23:14:21 ID:PbMtYRki
ワトソン:待ち人来らずだな。
ホームズ:ははは。結構。

126 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/03(日) 23:16:02 ID:PbMtYRki
ワトソン:そのうち名無しか別ハンが来るだろう。
ホームズ:どうかな。

127 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/03(日) 23:19:05 ID:PbMtYRki
ホームズ:無神論者のキリスト教解説には自ずから限界があるだろう。
ワトソン:それもそうだ。

128 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:33:18 ID:uP3VuTGI
>>1
日本語でおk

129 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/05(火) 00:19:59 ID:kBVwBUMg
ワトソン:おーい、ブルネルス。三位一体論における非対称性の矛盾はどうなった
     のか。もう逃げ出したのか。他で自作自演で遊んでないできちんと答え
     たらどうか。
ホームズ:はははは。

130 :ブルネルス:2006/12/06(水) 01:37:51 ID:ieNVQdId
>116
なんだ、そんなことだったのか。
非対称性ということは、私が「一つの意志」等々ということと、父と子の区別
ということについて説明した際に使ったことであって、はじめから矛盾でも
なんでもない。
次の元発言をよく読み直していただきたい。非対称的であることと、働き等々
が一つであることとが両立していることを、ちゃんと説明してあるでしょ。

==============
460 名前: ブルネルス 01/12/29 00:23
>>446

・・・・・・
父と子の関係である、生む―生まれる、ないし 生んだ―生まれた ということ、
父を子から分かつ特徴が「生まれたのではない」であり、子を父から分かつ特徴が
「生まれた」であるということを、三位一体論者は主張します。そして、この三位
の内部での関係に関しては、非対称性が生じるのですね。父と子の働きは一つとは、
ひとまず外部への働きだとしときましょう。その上で、生む―生まれるも一つの働き
の両側面と見ることができれば、ここでも一つの働きといえる、となります
==========================




131 :ブルネルス:2006/12/06(水) 01:38:41 ID:ieNVQdId
上の発言で引用した、以前の私の書き込みは、ヨハネ福音書において、父と子が
きっちり書き分けられながら(見えない父―それを顕した子/遣わした父―遣わ
された子などなど)、しかもイエスをして「私と父は一つである」と言わせている
ことを念頭において、例えば遣わす―遣わされるという一つの働き、一つの意志に、
父と子が共に与っているというあり方を説明しています。
小さなヨハネ氏は、こういうヨハネ思想を理解しないで「非対称性の矛盾」などと
いう見当外れの論評(内実のないレッテル貼り)をしているだけではないですか。

しかもちゃんと説明してあることを無視して、「ブルは逃げた」とか数年言い続けた
ようですね。事実を歪曲して宣伝しても、あなた自身の評価を低くするだけですよ。



132 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:07:13 ID:Vn/MIoVr
405 名前: ブルネルス 01/12/27 13:49

>>397 小さなヨハネさん
|私は反対を受けてきたように思います。イエスは創造主だが、父で
|はないということですか?

そういうことです。三位一体論者は、「父は神である――イエス・キリストも
神である」&「神は唯一である」とは言いますが、
「イエス・キリストは父である」は否定するのです。しかし、「子(=イエス
・キリスト)は父であるところのものである」とは(以前、ふらんちぇすこ氏
が引用してたと思うけど)認めるのです。(「父であるところのもの」はもし
かすると訳としてまずいかもしれない――「父がそれであるところのもの」な
のではないかな――いずれ原典を調べておこう > ふらんちぇすこ)

かつ、三位は(三つの別々のではなく)一つの意志、一つの能力、一つの働き
を持つので、父が創造主であれば、子も、霊も創造主だということになります。

三人の人間は互いに相手を排除しあってべつべつに存在するあり方をしてます
が、三位は「互いに互いのうちにある」と説明されます。互いに排除しあうの
ではなく、「浸透しあって」いるのですね。(私は人間同士の間にも、この浸
透しあうというモデルを適用することによって、共生のあり方がよりよく説明
できるなどと思っているのですが)。


133 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:08:17 ID:Vn/MIoVr
406 名前: ブルネルス 01/12/27 13:56

405の続き:
三位はしかし、互いに区別されます。
子は父から「生まれた」ものですが、父はどこから「生まれた」
ものでもありません。霊は「父から(西方教会は、ここで「および
子から」と付ける)発出した」ものですが、父はどこからも「発出
しません」。
ただし、「生まれる」とか「発出する」ということを私たちが理解
するのは、私たちの身の回りに起っていることをモデルにしてのこ
とで、あくまでも人間がそう言い表すしかない、ということなので
すがね。
働きの共同性については、すべては「父から、子を通して、霊にお
いて」なされるというように、三者を区別する定式が語られます。

134 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:11:09 ID:Vn/MIoVr
445 名前: 小さなヨハネ 01/12/28 21:38

大変遅くなりました。ブルネルスさんのご回答に対する質問は次の通りです。
1.主(イエス・キリスト)は「創造主」であるが「父」ではないと言う
そうですが(405)、「創造主」が「父なる神」でないなら、何が神な
のですか?一般的には「創造主」が「神」の別名ではないのですか?

2.「父」も「子」(イエス・キリスト)も「神」であり、かつ、「神は唯一で
ある」なら、当然イエスは父だと思います。神は唯一ではないと言うなら理解で
きますが?(405)
それでも神は唯一というのは、やはり矛盾しています。


446 名前: 小さなヨハネ 01/12/28 21:40

3.「三位が一つの意志、一つの能力、一つの働きを持つ」というなら
(405)、「子」も「父」を発出できるのですか?もし、「出来ない」
、あるいは「しない」というなら「三位が一つの意志、一つの能力、一
つの働きを持つ」という前提と矛盾しています。

135 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:13:31 ID:Vn/MIoVr
460 名前: ブルネルス 01/12/29 00:23

459の「453の続き」は「458の続き」の間違い
で、459の続き:
>>446
| 3.「三位が一つの意志、一つの能力、一つの働きを持つ」というなら
|(405)、「子」も「父」を発出できるのですか?もし、「出来ない」
| 、あるいは「しない」というなら「三位が一つの意志、一つの能力、一
| つの働きを持つ」という前提と矛盾しています。

えらい!よく言った!
父と子の関係である、生む―生まれる、ないし 生んだ―生まれた ということ、
父を子から分かつ特徴が「生まれたのではない」であり、子を父から分かつ特徴が
「生まれた」であるということを、三位一体論者は主張します。そして、この三位
の内部での関係に関しては、非対称性が生じるのですね。父と子の働きは一つとは、
ひとまず外部への働きだとしときましょう。その上で、生む―生まれるも一つの働き
の両側面と見ることができれば、ここでも一つの働きといえる、となりますが、この
辺は実際に三位一体論者がした説明かどうか、教父のことばを思いつきませんので、
自信ありません。

ところで、上の質問は諸刃の剣となって、小さなヨハネさんにも向けられると思いま
す。子が父なる神なら、父が子を生むという関係はどうなるのですか?「父が子を遣
わす」とは「子が子を遣わす」「父が父を遣わす」と言い換えてもいいことなのです
か?

136 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:18:06 ID:Vn/MIoVr
471 名前: ブルネルス 01/12/30 01:46

(中略)
まあ、厳密な理論闘争は現代の教会の信徒には向かないように思います
し、それでいいのではないでしょうか。信じるという神に対する姿勢な
り態度なりが大事であって、どう理解するかなど、どうせ人間に分かる
程度など知れているのであって、異端も正統も(そういう区別自体に私
はアンチですけれど)50歩100歩でしょうよ。

私がこのスレでうるさいこと言うのは、理論闘争をやる気ならちゃんと
やれということであって、やらないならそれで結構。またーりと、和気
藹々とお過ごしください、ってところです。


137 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:20:25 ID:Vn/MIoVr
500 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 16:36

仮に「子なる神」を認めるとしても、まず「出生」ということ自体
がおかしいのです。「神から神が生まれる・・・?」そんなことは
あり得ません。神は唯一であり、そもそもそれがおかしいと単純に
気付かなければなりません。それは何らかの「用語法」なのだと気付
かなければならないのです。福音書にも次のように書かれています。
また、旧約聖書、とくに予言者の書、あるいは黙示録など、聖書には
「譬え」が多いということは公然の約束なのです。譬えの意味する霊的
な事柄を「内意」と言います。その内意を知らなければ聖書をよく理解
することは不可能です。


501 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 16:38

マタイ13・34−35
イエスはこれらのことをみな、たとえを用いて群集に語られ、たとえ
を用いないでは何も語られなかった。それは、預言者を通して言わ
れていたことが実現するためであった。「わたしは口を開いてたとえ
を用い、天地創造の時から隠されていたことを告げる。」

マルコ4・33−34
イエスは、人々の聞く力に応じて、このように多くのたとえで御言葉を
語られた。たとえを用いずに語ることはなかったが、御自分の弟子たち
にはひそかにすべてを説明された。

138 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:21:50 ID:Vn/MIoVr
511 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 17:47

>>460
「非対称性が生じる」なら、前提を訂正することが正しいのではあり
ませんか?

私の考えは、神がその本質(父)を現す(=子)ということです。です
から、「子が子を遣わす」「父が父を遣わす」ということはありません。

139 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:23:24 ID:Vn/MIoVr
513 名前: ブルネルス 02/01/03 17:58

>>500
|仮に「子なる神」を認めるとしても、まず「出生」ということ自体
|がおかしいのです。「神から神が生まれる・・・?」そんなことは
|あり得ません。
「そんなことはあり得ない」と断言するあなたは一体何様なのか?神についてそう
断言できるような知恵を持った存在なのか?人間の限界をわきまえた考え方をしよう
よ。
|神は唯一であり、そもそもそれがおかしいと単純に
|気付かなければなりません。それは何らかの「用語法」なのだと気付
|かなければならないのです。
「生まれる」という用語が人間をはじめとする動物に起こることに基づく語であって、
それをそのまま神に適用してはまずい、という点は同意する。アナロジーとして理解
しなければならないのは、その通りだろう。その理解を、「神からの神、光からの光」
等々(不正確な引用だが)と、ニカイア信条は言い表そうとしている。少なくとも、
これを告白した信徒たちは、神の存在が人間の理解をはるかに越えたものであること
を認め、人間の言い表しには限界があることをみとめながら、彼らが啓示と信じる聖
書全体から何が言えるかを探求した。その真摯さだけは、見習うほうがいいと思う。
単純に「そんなはずがない」といったロジックで扱える相手ではないのだ。


514 名前: ブルネルス 02/01/03 18:11

>>510
この発言の限りでは異議はない。私が小さなヨハネに対して言いたいのは、
自分の理解があくまでも、神について人間の理解力の限界内でのもので
しかないことを認めた上での語り方にせよ、ということなのだ。聞いて
いると、何か人間に分かる限界内で神について語り、それで神の存在に
ついて把握できたかのような物言いになっているところを指摘したつも
りだ。

140 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:26:11 ID:Vn/MIoVr
527 名前: ブルネルス 02/01/03 23:04

>ALL
三位一体説を信じてもいない私が、これを擁護するかのような説明を繰り
返すのは疲れる作業です。誰か、三位一体を奉じている方、役割を代わっ
ていただけませんか?

小さなヨハネ氏も、
*三位一体説の代理説明人としての私と、
*イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神と
され、唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形
成されたのだ、と考える本来の私
とを区別して対応するのが難しくなっているのではないでしょうか。

141 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:28:13 ID:Vn/MIoVr
536 名前: 小さなヨハネ 02/01/04 21:19

ああ、ブルネルスさん、大変ありがとうございました。ここまで
よくお付き合い下さいました。私の旅はまだまだ先が見えないの
ですが、おかげさまで道程がはかどりました。
ひとつだけお聞きするのを忘れていたのですが、ブルネルスさんは
クリスチャンなのですか?

142 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:31:36 ID:Vn/MIoVr
130 :ブルネルス:2006/12/06(水) 01:37:51 ID:ieNVQdId
>116
なんだ、そんなことだったのか。
非対称性ということは、私が「一つの意志」等々ということと、父と子の区別
ということについて説明した際に使ったことであって、はじめから矛盾でも
なんでもない。
次の元発言をよく読み直していただきたい。非対称的であることと、働き等々
が一つであることとが両立していることを、ちゃんと説明してあるでしょ。

==============
460 名前: ブルネルス 01/12/29 00:23
>>446

・・・・・・
父と子の関係である、生む―生まれる、ないし 生んだ―生まれた ということ、
父を子から分かつ特徴が「生まれたのではない」であり、子を父から分かつ特徴が
「生まれた」であるということを、三位一体論者は主張します。そして、この三位
の内部での関係に関しては、非対称性が生じるのですね。父と子の働きは一つとは、
ひとまず外部への働きだとしときましょう。その上で、生む―生まれるも一つの働き
の両側面と見ることができれば、ここでも一つの働きといえる、となります
============

143 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:34:12 ID:Vn/MIoVr
>>130
>非対称性ということは、私が「一つの意志」等々ということと、父と子の区別
>ということについて説明した際に使ったことであって、はじめから矛盾でも
>なんでもない。

ははは。大いに矛盾しているではないですか。


144 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:36:11 ID:Vn/MIoVr
>次の元発言をよく読み直していただきたい。非対称的であることと、働き等々
>が一つであることとが両立していることを、ちゃんと説明してあるでしょ。

はははは。どこが「ちゃんと説明してある」のですか。

145 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:44:39 ID:Vn/MIoVr
>父と子の働きは一つとは、ひとまず外部への働きだとしときましょう。
>その上で、生む―生まれるも一つの働きの両側面と見ることができれば、
>ここでも一つの働きといえる、となります

あははは。これは詭弁です。
「生む―生まれるも一つの働きの両側面と見ることができれば」
両側面と見ることは出来ません。それで父と子が同一の説明には
なりません。
もしそんなことを言うなら、人間の父と子が生む・生まれるの一つの
働きの両側面だから父と子は同一だと言うのと同じであって、それは
馬鹿げています。

146 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:47:44 ID:Vn/MIoVr
だから私はこう言ったのです。

511 名前: 小さなヨハネ 02/01/03 17:47

>>460
「非対称性が生じる」なら、前提を訂正することが正しいのではあり
ませんか?


147 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:55:06 ID:Vn/MIoVr
| 3.「三位が一つの意志、一つの能力、一つの働きを持つ」というなら
|(405)、「子」も「父」を発出できるのですか?もし、「出来ない」
| 、あるいは「しない」というなら「三位が一つの意志、一つの能力、一
| つの働きを持つ」という前提と矛盾しています。

要するに、前提と結論が矛盾するなら前提が間違っているというだけです。
あなたの「ちゃんと説明」は何ら説明になっていません。

前提を訂正すべきではという私の問いに結局あなたは答えなかった。

148 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 22:59:39 ID:Vn/MIoVr
そしてあなたはその問いに答えないまま次のように議論を放棄してしまった。

527 名前: ブルネルス 02/01/03 23:04
>ALL
>三位一体説を信じてもいない私が、これを擁護するかのような説明を繰り
>返すのは疲れる作業です。誰か、三位一体を奉じている方、役割を代わっ
>ていただけませんか?

>小さなヨハネ氏も、
>*三位一体説の代理説明人としての私と、
>*イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神と
>され、唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形
>成されたのだ、と考える本来の私
>とを区別して対応するのが難しくなっているのではないでしょうか。

149 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 23:12:46 ID:Vn/MIoVr
>>131 :ブルネルス:2006/12/06(水) 01:38:41 ID:ieNVQdId
>上の発言で引用した、以前の私の書き込みは、ヨハネ福音書において、父と子が
>きっちり書き分けられながら(見えない父―それを顕した子/遣わした父―遣わ
>された子などなど)、しかもイエスをして「私と父は一つである」と言わせている
>ことを念頭において、例えば遣わす―遣わされるという一つの働き、一つの意志に、
>父と子が共に与っているというあり方を説明しています。
>小さなヨハネ氏は、こういうヨハネ思想を理解しないで「非対称性の矛盾」などと
>いう見当外れの論評(内実のないレッテル貼り)をしているだけではないですか。
>しかもちゃんと説明してあることを無視して、「ブルは逃げた」とか数年言い続けた
>ようですね。事実を歪曲して宣伝しても、あなた自身の評価を低くするだけですよ。

こちらの問いに答えずに議論を放棄したのですから逃げたと言われるのは当然です。
「ちゃんと説明」も説明になどなっていないではないですか。
それから、「数年言い続けた」も誤りです。私はあなたが議論を放棄したことを
「投了」であると前回のシリーズの最後で指摘し、それについての反論はなかった。
その後長いブランクがあって、今回のシリーズの前スレッドあたりで、あなたが
また来ていることを知って、逃げたと言ったまでで、数年間言い続けたなどと
いうことはありません。

150 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/06(水) 23:29:18 ID:Vn/MIoVr
従来の三位一体説がそもそも誤りなのですから、あなたがその「代理説明人」
としての任務が果せないことは当然なのです。

それはそれとして、「*イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化
して、ついには神とされ、唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一
体説なるものが形成されたのだ、と考える本来の私 」とありますが、

その考えは全く逆だと思います。主はもともとは唯一の神と認識されて
いたのですが、後世になって単なる人間としか思われなくなったのです。
だからこそ三位一体説が生まれたのです。

151 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/07(木) 23:16:51 ID:954TcHbQ
さて、一日経ちました。
何か反論はないのですか、ブルネルス。

152 :narumi ◆BsviaE72Qo :2006/12/07(木) 23:47:18 ID:pkMDS69f
あんたまだヴァカスーラを信じてるの?w
雹と同じ脳の構造ね。

153 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/08(金) 23:45:09 ID:ZFCw/Kte
>>152
ワトソン:子供たちではなくお父さんを連れて来なさい。君らも三位一体だな。
     子は父の内におり、父は子の内にいる、子は自分勝手に話すのでは
     なく、父の言う通りに話している・・・。これで君のお父さんも
     三位一体の本当の意味が分かるだろう。
ホームズ:ははは。
ワトソン:取調べに応じないなら呼び出しの館内放送を2局でしなければなら
     ないな。
ホームズ:はははは。

154 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 01:19:06 ID:1PsKwDM4
ここは三位一体論を語るスレって認識でいいの?
ニーチェはどこに行ったの?

155 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 11:04:39 ID:u+rhCl34
>>154
ワトソン:まあ、結局三位一体論の議論に行き着くだろう。しかし、ニーチェ
     なんてくだらないのは問題にならないよ。ニーチェを有難がるのは
     精神的に未発達な哲学徒だけさ。
ホームズ:はははは。
ワトソン:ところでブルネルス、反論しないならまた逃げたと小ヨハネに言わ
     れ続けるだけだぞ。宗教板と哲学板の両方で永久に恥を晒す気か。
     せめて男らしく自分のハンドルネームでうんとかすんとか言ったら
     どうか。
ホームズ:はははは。

156 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 12:08:55 ID:u+rhCl34
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/第10巻より

「死骸から聞こえるのは 自慢気な声、

『ほら!ペリカンのように私は 砂漠で生きていける。
ミミズクのように 廃墟で生活できる。 
私は神がいなくても生きられる 
神より上手くやれるから・・・』」


157 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 12:10:41 ID:u+rhCl34
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち]

「いつまでも永らえると、誰が言ったか?
もう十分長く 鷲のように舞い上がり、星々の間に巣くい
刺となった。

さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。 
顔を合わす相手は アベルでない。 
おまえの剣を 叩き落す。
 
おまえは我が家を荒し、最も尊いものを そこから盗んだ。
心ゆくまで盗み取った。 
我が民の門を通過し 民の目を見えなくさせた。 
その闇の王国を広げ 私の民を誤った道に連れ込めると
まだ信じてはいるが、
今や、おまえの時は終わった。

もうやめよ。
今にも 義は水のように流れ出し 
我が霊は 止めどない流れのように 溢れ出す・・・」


158 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 12:11:46 ID:u+rhCl34
ブルネルス、主がお呼びだ。
正々堂々ブルネルスの名前で出てきなさい。

「さあ、戦いに出てきて 私と顔を合わせなさい。 
顔を合わす相手は アベルでない。 
おまえの剣を 叩き落す。」


159 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 18:36:29 ID:hCqdSMki
ワトソン:ココモスキーに答えてもらったけれど、ブルネルスにも質問。

質問その1.主イエス・キリストは神か人か。
質問その2.聖母は神の母か。
質問その3.おかまは許されるか。

ホームズ:ははは。

160 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 18:40:33 ID:hCqdSMki
ワトソン:ああ、それから、三位一体説の非対称性の矛盾についての
     反論は引き続き要求するよ、ブルネルス。反論出来ないなら
     従来の三位一体説は前提が間違いなので間違いだと認めるこ
     とだ。

ホームズ:はははは。

161 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 21:11:50 ID:BqQB+wfh
さて、話題は変わりますが、キリストに興味ある人はマリア・ワルトルタを
読むことをお薦めします。あかし書房から抄訳全10巻、天使館から現在完訳版
第3巻中まで出ています。

これは無神論者やアンチキリスト教の人間には全く受け付けられないのは
おもしろいことですが、真に主イエス・キリストに惹かれる人には素晴らしい
福音となることでしょう。

162 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 21:15:58 ID:DjSk/SNa
キリスト教もう時代遅れ!

163 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 22:25:29 ID:BqQB+wfh
2CH初心者に言いたいのですが、宗教板、特にキリスト教スレッドは
大半が一部の無神論者による自作自演によるものです。彼らの、あるいは
彼の書き込みの動機は人の信仰心を破壊することであり、それが彼の無上の
喜びなのです。

聖書の内容に触れていても、単にそれは自然的な解釈であって、霊的なもの
ではありません。実にくだらない内容です。

信じられないくらいたくさんのハンドルネームを駆使し、会話を繰り広げます。
初心者の質問コーナーなどというスレッドも要注意です。さくらの役が質問し、
無神論者が回答します。まったく自作自演の虚構です。

女性言葉もいわゆるネカマと言われる男性の同一人物によるものです。
議論をしようとすると逃げるのが常です。そのため捨てハンや名無しを
使用します。

どうかよく気を付けてください。

164 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 22:34:48 ID:BqQB+wfh
主イエス・キリストを神と信じない者で聖書を研究する学者はいます。
彼らは聖書の字義上の意味は知っていても内意は理解していません。
ですから無理な自然的解釈をするのです。彼らの言うことを聞いては
いけません。神を理解できない霊的に盲目な人間なのですから。
彼らは盲人の道案内をする盲人です。盲人が盲人の道案内をすれば、
二人とも穴に落ちてしまうのです(マタイ15・14)。穴とは誤謬と
いう意味です。

165 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 22:41:25 ID:BqQB+wfh
彼らも哀れむべき人たちであり、同情はしますが、彼らの行為には
同情できません。犯罪者は哀れむべき人たちですが、彼らを放任
していたら社会に害が及びます。彼らは捕まえられて社会的に更正
させなければなりませんし、社会を彼らの犯罪から守らねばなりません。
最悪の場合は死刑もあります。
2CHでも同様です。悪を放置することは許されないのです。

166 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/09(土) 22:43:06 ID:BqQB+wfh
人の信仰心を破壊することは人を霊的に死に至らしめることです。
霊的な殺人なのです。ですから許されないのです。

167 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 03:02:55 ID:rg4m/ClI
>ブルネルス

結局、小さなヨハネの相手にしてるんだ。律儀だね。
三位一体や位階という構造を理解できないものは、
偽のブルネルスと真のブルネルスが存在するということも理解できないんだよ。
無駄な徒労に終わるから止めた方がいい。

愉しんでいるなら、これは野暮の横槍になるけどね。

168 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/10(日) 09:04:52 ID:eDVjvTBz
>>167
ワトソン:何を言っているのか意味不明だ。それよりブルネルス、
     反論しないならまた逃げたと言われるぞ。
ホームズ:はははは。

169 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/10(日) 22:23:06 ID:04XI2Skc
ワトソン:ココモスキーに答えてもらったけれど、ブルネルスにも質問。

質問その1.主イエス・キリストは神か人か。
質問その2.聖母は神の母か。
質問その3.おかまは許されるか。

ホームズ:ははは。


170 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/11(月) 22:50:48 ID:PPLSYf1K
しかし、最近の2CHは訳の分からない書き込みが多くなりました。
プロ固定か何か知りませんが、ピッチの早い事。
時の終りとはまさに現在のことです。

171 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/11(月) 22:53:06 ID:PPLSYf1K
何が本物で何が偽物かを判定する基準はただ一つ、主イエス・キリスト
を唯一の神と認めているかどうかです。主を唯一の神と認めない者は
皆偽物です。

172 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/11(月) 23:00:35 ID:PPLSYf1K
現代の哲学徒たちは神の存在を認識しません。恐らく皆無神論です。
彼らが神と言うも、それは神ではなく、自然のことを指します。

クリスチャンもイエス・キリストが神であることを知りません。
父なる神が神であり、子なるイエス・キリストはただの人間と考え
ています。しかし、イエス・キリストは父なる神ご自身なのです。

173 :ブルネルス:2006/12/12(火) 01:43:09 ID:HXK99Blk
いろいろ余計なことを書き連ねるので、本筋が隠れてますが、私がちゃんと説明していることを、
「説明してない」「逃げた」と繰り返し書いているだけのようです。

>>145
小さなヨハネ氏は、神の存在を、人間その他の限定された存在と同じようなイメージで考えて
います。そこが、三位一体論が理解できず、「非対称性の矛盾」だなどと言って、反論したつ
もりになっている原因のようです。

三位一体論は、父と子が「同一」だなどとは言いません。父と子は異なります(そもそも異なる面
を捉えて、父、子と呼び分けているのですからね)。
「父も神、子も神、しかも神は一つ」とは言うでしょう。
そういうと、小ヨハは人間個体をモデルに考えるので、相手が何を言っているのか分からなくなり、
誤解に基づいて、見当外れにも、

> もしそんなことを言うなら、人間の父と子が生む・生まれるの一つの
> 働きの両側面だから父と子は同一だと言うのと同じであって、それは
> 馬鹿げています。

などといって、反論したつもりになってます(これは見物人にとってはおもしろい見世物でしょう)。

おもしろいことに気付きました。小ヨハ氏とエホバの証人とは、神の存在の仕方を人間レベルに貶め
て考えるという点で、共通しています。
小ヨハ氏は、父と子を同一だというとき、人間個体の同一性についての理解に基づいているのです。
神はそういう存在の仕方を超えたあり方をしているという三位一体論者の理解を無視しています。




174 :ブルネルス:2006/12/12(火) 01:43:45 ID:HXK99Blk

>172
> クリスチャンもイエス・キリストが神であることを知りません。
> 父なる神が神であり、子なるイエス・キリストはただの人間と考え
> ています。

指摘したにもかかわらず、批判する相手が何を信じているかについて、事実に反することに固執してま
すね。アリウス主義と三位一体論の区別もできないようでは、議論以前のレベルでしょ。あるいは知っ
ていて、わざとデマを流して、自分に都合のいい世界をつくるつもりなんでしょうかね。

175 :ブルネルス:2006/12/12(火) 01:56:29 ID:HXK99Blk
>150 小さなヨハネ:
 その考えは全く逆だと思います。主はもともとは唯一の神と認識されて
 いたのですが、後世になって単なる人間としか思われなくなったのです。
 だからこそ三位一体説が生まれたのです。

どう思おうが勝手といえば勝手ですが、上のような考えは何の根拠もない憶測・妄想にしか過ぎ
ません。単にそう思っているだけである以上、反論のしようがありません。あるいは反論する必要
もありません。あはは、と笑うだけです。

「イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神とされ、唯一性とのかね
あいを調整する必要から三位一体説なるものが形成された」
という私の考えには、根拠があります。ですから、その根拠について、また、その根拠に基づいて
結論を出した経過についてチェックし、反論することもできます。開かれた主張です。

*私は毎日この板を見ているわけではありません。それほど暇ではないのです。仕事の緊張を
ほぐして、頭をリラックスさせるために、時々来てます。ですから気長にやってください。
一日たってレスがないからといって、じたばたしないでいただきたい。
私を遊び相手にしようとして、やっきになっていろいろ言っても無駄なのですよ。

気が向かなければ反論もしませんし、「ここは答えておかないと、負けになる」というよう
にも思いません。そもそもそう思ってしまうような突っ込みは何もされてないのですから。


176 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 22:07:25 ID:QKRGvWyn
>位一体論は、父と子が「同一」だなどとは言いません。
>と子は異なります(そもそも異なる面 を捉えて、父、
>と呼び分けているのですからね)。

それなら結局2神論です。聖霊も別なら3神論です。
それはキリスト教ではありません。人間レベルに貶めていようが
それは矛盾でしかないのです。それに、あなたは三位一体論を
信じているわけではないのに、それが素晴らしいというのも
矛盾です。あなたはそもそも無神論なのですから。
                        小さなヨハネ



177 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 22:11:08 ID:YQB9gVX/
ブルネルスさん、トリップつけたほうがいいよ。

178 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 22:13:38 ID:QKRGvWyn
あなたはクリスチャンでもないのにどうして三位一体論の肩を
持つのですか。論は素晴らしいが信じないというのですか。
それならその論も素晴らしくはないのです。

イエス・キリストが神であることを認識出来る人は実際まれです。
あなたが主をただの人だと思うのはおよそ世間一般の人と同様です。
しかし、それでキリスト教がここまで広まった説明は出来ない
でしょう。ただの人ならそんなに騙されはしないのです。
                    小さなヨハネ

179 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 22:17:06 ID:QKRGvWyn
>>177
わたしは成りすましなどしません。
                 小さなヨハネ

180 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 05:51:37 ID:SGTeOfqo
「神」がすぐれて父なる神ってのは、実はパウロと同じ用語法だよね。
なのにスウェーデンボルグはパウロが嫌いらしい。
それはパウロが「主イエス」と「父なる神」を明確に分けているからなんだろうか。

181 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:07:36 ID:sq3hcEjM
>>180
さあ、どうなんでしょうか。
しかし、神は唯一ですから主が神なら主は父なる神であることは論理の当然の
帰結です。
後世の不信仰のためを慮って聖書ではあたかも主と父なる神は別人格のように
書かれているのです。このことが自然的な者には理解できないところです。

182 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:08:27 ID:DPWHD0ey
イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神とされ、唯一性とのかね
あいを調整する必要から三位一体説なるものが形成された

183 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:11:42 ID:DPWHD0ey
「イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神とされ、
唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形成された」
という考えはいかにもナンセンスです。
そうではなく、最初は神と信じられていたのに、後世になるとただの人と
思われるようになってしまったというのが本当です。
現に前者のように主張する人は主が神だなどと思っていないではないで
すか。今、主が神だと思っている人はほとんど皆無であるということを
無視した議論です。

184 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:12:45 ID:DPWHD0ey
失礼。182は書き込みミスです。

185 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:15:10 ID:DPWHD0ey
今、主イエス・キリストが唯一の神御自身であったなどと信じている
クリスチャンはいないのです。まして皆さんがそんなことを信じて
いないことなど明らかです。だからこそそんな議論は空理空論なの
です。

186 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:20:14 ID:DPWHD0ey
主イエス・キリストが神御自身であることを理解するには相当な
試練と回心、すなわち悔い改めが必要です。

心の清い人は幸いである、その人たちは神を見る(マタイ5・8)

心が清くならなければ神を見る(理解する)ことは不可能なの
です。心が清くなるには悔い改めが必要なのです。
嘘を平気でつけるうちはまだまだ人間は悔い改めてはいません。
そのような人には神を理解し、その存在を信じることはできません。


187 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 00:23:06 ID:DPWHD0ey
聖書の文書を云々する人は聖書の内容を全く理解していません。
そういう人は中味より包み紙の方が大事だと言っているのと
同じでナンセンスな人びとなのです。

188 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 00:34:38 ID:GLQYsdh2
>神は唯一ですから主が神なら主は父なる神である
ひとつはひとつだものね。
しかし流出でもないし分有もないから、「主は父なる神」か。
いや、とてもよくわかったよ。どうもありがとう。

ブルネルスは、そろそろまた、やっててむなしくならないのかな。

189 :ブルネルス:2006/12/16(土) 00:59:25 ID:ZD0g3NmL
>188
   ブルネルスは、そろそろまた、やっててむなしくならないのかな。

うん。まあね。
いつもこうなることは分かっているのだけど、つい教育的配慮??から口を出してしまう。
「俺も懲りない奴だなあ」と自覚してますよ。

190 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 01:19:08 ID:GLQYsdh2
いや、教育的配慮でしょう。あなたは根っから教育者だから。
おかげで何がどうなってるのか少し攫めたから、感謝してますよ。

そうそう、ヨハネの抜き刷り、まだ手元にあったら下さいません?


191 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 05:50:46 ID:xAHKE1vN
あら イエス様は主でしょ?神様 当たり前ですよね。
ただの人間が生まれて 2000年 崇められるでしょうか?予言をクリアし、三大陸のドッ真ん中で布教し 十字架にかかり 3日目に復活されたでしょうか。私たちには理解不能ですが 確かに 主イエスは ヤハウェです♪

http://www.01.246.ne.jp/~magnific/yhwh.htm

192 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 19:54:15 ID:DPWHD0ey
「イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神とされ、
唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形成された」
という考えはいかにもナンセンスです。このような屁理屈が平気で言われる
のですから驚きです。主は「私はある」といわれましたが、それはモーセに
現れた神その方の名であり、主は神御自身なのです。

これが一般には理解できないのです。


193 :narumi:2006/12/16(土) 19:54:49 ID:rSPK+Pvy
>>192
異端

194 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 19:59:36 ID:DPWHD0ey
彼らは聖書の言葉に霊的意義があることを理解しません。それを拒否します。
しかし、聖書の言葉は内意を抜きには理解できないのです。
内意無しにヨハネの黙示録などどうやって理解できるでしょう。

195 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 20:01:22 ID:DPWHD0ey
地を這う蛇に空中高く舞う鷲の視力は与えられていないのです。

196 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 20:02:24 ID:DPWHD0ey
賢しらな蛇たち・・・。

197 :narumi:2006/12/16(土) 20:02:56 ID:rSPK+Pvy
スエの教える内意は異端


198 :ブルネルス:2006/12/16(土) 21:02:50 ID:MONQAQ3q
>192
イエスに「私はある」と言わせているのは、ヨハネ福音書です。ヨハネ福音書は、まさしくイエスを
ヤハウェと同一視しています。
「聖書は私について証する」というのは、単にメシア到来の預言ということではなく、旧約の主人公である
ヤハウェを指して「私」だとしていると、私は理解しています。
数年前にもこのことを書いたつもりです。

ただし、ヨハネの旧約解釈として、人間に直接語りかけているヤハウェは顕現体であると見て、
見えない神とそれを顕した神という構造、後者は「御使い」と言われることもある、というもの
があるように推測します。



199 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 21:03:45 ID:VQyMIpp/
>>195
>地を這う蛇に空中高く舞う鷲の視力は与えられていない
詳しく

200 :ブルネルス:2006/12/16(土) 21:05:01 ID:MONQAQ3q
>198の続き
だから、小ヨハネ氏が、ヨハネを援用して、イエスはヤハウェだとするのは、OKですが、「だから父なる神だ」とはならないのです。

>175 で、「私の考えには根拠がある」と書きましたが、それは例えば、次のような観察を指しています:
・パウロには、イエスを神とする考えはまだなかった
・ヨハネには明確にある。ただし、ヨハネははっきりと、
見えない父なる神―それを顕した子なる神
を区別している。
・パウロに擬して書かれたテサロニケ第二あたりには、父なる神と主イエスを同一視していると
も思われる傾向がある。
というように、成立年代順に段々イエスが神格化している様子が跡付けられる。


201 :ブルネルス:2006/12/16(土) 21:25:36 ID:MONQAQ3q
>183
ここで小さなヨハネ氏は、
(1)イエスをキリストと信じる人々の間で、イエスが何者であるかについて、どのように考えが
進展したか、という話と、
(2)世の一般の人々がイエスを誰と考えているか、という話とをごっちゃにしています。

相手の言うことを適切に批判するためには、相手の言うことをまず理解しようという姿勢が必要です。
ことに小さなヨハネ氏が、このようなスレをたてて、世の人々に向ってメッセージを伝えようという態
度でいるのなら、なおさらです。自己満足のために書き込みをするというのは、小さなヨハネ氏の信
念に従っても、不適切な態度でしょうからね。

202 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/16(土) 23:58:56 ID:DPWHD0ey
主イエス・キリストは神その方でした。だからこそ主は水の上を歩くことも
出来たし、盲人の目を見えるようにし、死人を生き返らせることも出来たし、
諸々の奇跡を行えたのです。当時の弟子たちはそれを見て、まことに神その
方であると信じたのです。しかし時間が経つにつれ、主を直接見た弟子も
亡くなり、弟子たちから直接話を聞いた者も亡くなり、人々は主を神である
とは信じなくなったのです。

203 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 00:03:04 ID:UIjTxXEP
神がこの世にイエス・キリストとなって直接来られたことを信じられる
人は稀です。まずそもそも神の存在自体疑っており、ましてその神が
人となられて来られたことなど信じるはずもありません。もぐらや蛇に
そんなことが理解できるはずもないのです。

204 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 00:05:33 ID:DPWHD0ey
神もキリストも信じない人間がキリスト教や聖書を研究しても
その真髄を理解できはしません。そもそも人間は理解したことを
信ずるのです。信じない者は理解していないことと同義です。

205 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 00:08:18 ID:UIjTxXEP
ファリサイ派や律法学者たちが主が神であられることを信じられなかった
ように、現代の不信仰な者たちにも主が神であれられることは理解も
できないし、当然信ずることはできないのです。理解できない者たちの
解説など一体何の意味があるでしょう。

206 :ブルネルス:2006/12/17(日) 00:29:43 ID:Ci0OuBfq
>204 の骨子は、
「・・・信じない人間は、・・・・理解できはしません。
 人間は理解したことを信じるのです」
となります。
つまり、
「信じなければ理解できない」かつ「理解したことを信じる」
と小さなヨハネ氏は主張しています。
同氏によれば、信じない人が信じるようになることは不可能のようですね

207 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 08:57:02 ID:UIjTxXEP
「イエスはもともと人だったのが、だんだん神格化して、ついには神とされ、
唯一性とのかねあいを調整する必要から三位一体説なるものが形成された」

とは単に無神論者が主をつまり神を否定しているに過ぎません。
無神論者から出てくる結論は無神論しかありません。
無神論者がキリスト教について教育するとは笑止千万であり、教える内容とは
神の否定でしかないのです。自分は賢いと思いながら神を認識できない人は
哀れです。

208 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 10:06:32 ID:T4kry3Oy
神は霊であるので、見えたり、触ったりできるものとは
存在の仕方が違うのでしょう。

209 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 10:37:09 ID:5juv0kJY
神はエネルギー強いからそれに纏われたら人は頑固にもなる
神本来の精神を維持できないようにもなる
ありのままが難しい

210 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 15:54:28 ID:UIjTxXEP
棄教者や似非キリスト者が何かを異端と呼ぶことが馬鹿げていることが
分からないのも滑稽です。本来のものすら信じない単なる部外者が
本来のものと違うということを理由にそれを異端と呼ぶのは一体
何なのでしょうか。勿論本来のものすら誤解しているのですから
無茶苦茶です。

211 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 16:05:04 ID:UIjTxXEP
サタンは己を崇拝することを強要します。ですから人が神を崇拝しようとすると
その邪魔をするのです。神はいないとか主は神ではないとか聖母は神の母ではない
とか。様々な妨害をして来ます。哀れな連中です。
おかまというのも神の秩序に対する公然たる侮辱・冒涜であり、毒を含んでいます。
可哀想な人たちです。自家中毒でいかに己の姿が醜いか知らないのです。

212 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 16:06:59 ID:UIjTxXEP
哀れな毒蛇たち・・・。白い墓、おしろいを塗った蝮たち。

213 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 22:25:35 ID:UIjTxXEP
神を理解するのはかくも難しい。彼らの聖句の解釈は字義上のレベル以上
に登り行くことはできないのです。

214 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 22:35:26 ID:UIjTxXEP
主の神格化というのは無神論の主張に他なりません。しかし、無神論の主張
というのは霊的認識能力欠如の表明でしかないのです。主張すればするほど
自分が間抜けだと言っているようなものです。

215 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/17(日) 22:38:21 ID:UIjTxXEP
神の存在は証明できないと言った人がいるそうですが、己の間抜けを
表明しているだけです。本来そんなことを言えば恥ずかしいというの
が分からないのです。

216 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 07:32:43 ID:UVH6SNPo
>>215
証明できるんですか?

217 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/18(月) 23:17:58 ID:Nc4MdU3R
神の存在は証明の問題ではないのでしょう。神の存在が明らかな者に
とってはそんなことはくだらないことなのです。もぐらと鷲の視力に
違いがあるのと同じです。太陽の見えないもぐらは太陽の存在は証明
できないと言いますが、太陽が見える鷲にとってそんなことは問題に
ならないのです。

218 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:19:43 ID:R+e1pn+m
イエスはヤハです。主なる神なり。アーメン。

219 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/18(月) 23:23:57 ID:Nc4MdU3R
どうして神の存在が証明の問題ではないと言うかというと、では
何がどうなら神が存在することの証明になるのか、彼らは答えられ
はしないからです。それはすなわち証明の問題ではないのだろうと
いうことです。盲目の蛇につける薬はありません。

220 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/18(月) 23:26:30 ID:Nc4MdU3R
知性のない者に神の存在を演繹する力はありません。

221 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 00:10:17 ID:e4ETPFte
カントのことを言ってるんだと思いますけど、
カントは従来の神の存在証明が間違ってることを証明しただけでしょ。
間違いを明らかにすることは大切なことだと思います。
あなたにとって意味がなくても、哲学にとっては意味のあることなのでは?

222 : ◆xGAtZtjybY :2006/12/19(火) 10:38:34 ID:uoCfIRpD ?2BP(0)
>>221
相手にしないほうがいいですよ。長くなるので
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147515142/374-381 に経緯を書いておきました。


223 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/19(火) 21:50:16 ID:abdkaExB
神の存在証明云々はもぐらがどのくらいもぐらか自慢しているだけです。
神を否定していることに変わりありません。どちらにしてももぐら同士の
議論など空飛ぶ鷲には興味などないのです。

224 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/19(火) 21:54:29 ID:abdkaExB
神を理解しない者が神を解説すること自体ナンセンスなのです。

225 :小さな巨人:2006/12/19(火) 22:05:12 ID:9NWrmzoj
小さなヨハネさんはじめまして こんばんは 聖書について詳しいようなので、一つ質問宜しいでしょうか?

226 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 23:54:59 ID:e4ETPFte
間違いを明らかにすることが、なんで神を否定してることになるんですか?
あなたが興味ないからといって、他の人にも意味がないことにはならないでしょ。
それから、神を解説してるんじゃなくて、理性による理解の挑戦ではないでしょうか?
しかも、それが不可能であることこそ、まさにカントが証明したことでしょ。

227 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 00:08:31 ID:wDwahjpV
神は人間が作ったもの


228 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 00:35:42 ID:aHdh7Cvq
1+2+X=10
さて、上の式をみてみよう。Xの値を埋めて初めて10と言う合計を出せる。
では最初にXを求めればよいのだ。10と言う答えからXを導き出すためには、
1と2を足して10から引かなくてはいけない。これはめんどくさい。
(わかりやすいように簡単にしてあるが)
1+2+7=Y
この式を見てみよう。XがわかっていればYを導き出すのは簡単だ。当たり前である。
それではこれはどうだろう?
1+2+X=Y
Xを出すにはYがわからなくてはいけないし、Yを出すにはXがわからないといけない。
Yを知りたかったら、そう、Xを求めないといけないのである。
何が言いたいのだろうか?



229 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/20(水) 21:42:07 ID:TTkFvMe1
神を理解することは不可能、不可能と言う人間がよくいます。
己の愚鈍を声高に主張しているようなものです。
自分が愚鈍だけなら結構ですが、他人に害を及ぼすのでそれは罪です。

230 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:09:47 ID:cnpR59/R
イエス様は人間100%神様100%です。人間が神になる話はたくさんありますが、神が人間になる話は イエス・キリスト以外他にありません。前代未聞 奇妙キテレツ マカ不思議 驚天動地 波乱万丈 な奇跡 アンビリーバブル。

231 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/20(水) 22:13:48 ID:TTkFvMe1
もぐらに鷲は理解できないでしょう。神を認識できる人間は
いるのです。
サタンは人間が神を認識することを必死で妨害しようとします。
だから人間は神を理解することはできないと言うのです。サタン
は大嘘つきです。彼らに騙されないよう気をつけないといけません。

232 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/20(水) 22:23:14 ID:TTkFvMe1
神を理解できない人は可哀想です。賢い人だと言われれば言われる
ほど哀れを誘います。ある人は稀代の哲学者として尊敬されていたの
ですが、年老いて認知症になってしまいました。

若い時はコントロールが効いたのでしょうが、年老いてたがが緩むと
本当の中味が出てしまったのでしょう。

233 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/20(水) 22:25:52 ID:TTkFvMe1
逆に、神を認識出来る人間は年老いると益々意識は鮮明となり、
認識能力は際限なく大きくなって行きます。

234 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 22:46:33 ID:cnpR59/R
主を待ち望む者は新たな力を受け
歩き疲れず、鷲のように、飛翔することができる。

235 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:26:13 ID:Cu9ktk5c
モーゼは100何歳まで生きて認知症になんなかったのか!?

236 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 23:39:26 ID:MDwQY1nT
わあ まだやってんの ヨハネさん

 あなたは 幸せなひとですね がんばってください

237 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:03:55 ID:sRHJxWd9
理性によって神を認識できる、という意味でしょうか?
それはどうすればできますか?
道理によって理解できたのなら、それを言葉にできませんか?
理屈で表現できれば、それが神の存在証明になりませんか?
あと、
わからないことを解明したことがどうして間抜けなんですか?
間違いを明らかにすることが、なんで神を否定してることになるんですか?
あなたに意味がないからといって、他の人にも意味がないことにはならないのでは?

238 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/21(木) 21:54:28 ID:RJguX6eT
もぐらに神が認識できないというのは証明された事実かもしれません。
しかし、鷲には何の関係もないということも事実です。

239 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 22:00:15 ID:1U078nz0
信仰は人間に謙虚さを与え堕落から救う

240 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/21(木) 22:12:31 ID:RJguX6eT
もぐらの間では大した学者でも、もぐらはもぐらでしかありません。

241 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/21(木) 23:17:35 ID:RJguX6eT
哲学板に行くと、何と、哲学者最高位などと自称する人までいる始末です。
「高くする者は低くされ・・・」
そういう人には神を理解することは出来ないでしょう。

242 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/21(木) 23:23:02 ID:RJguX6eT
神の存在を証明することは出来ないと言った人が神を見たという人を
批判した本を書いたことがありますが、その本を読むと著者の品性の
無さがもろに出ており、とても読むに耐えませんでした。

神を否定する人間の知性などそんなものです。

243 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 23:55:00 ID:COtEWhaA
鏡を見よう

顔を、姿を、映してみよう

鏡を持たないひとは不幸
鏡を見ないひとは不幸

もっとも不幸なのは
他人の眼の奥に自分の眼が映らないひと



244 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/22(金) 23:59:50 ID:OTcEoclj
自分が罪にまみれていることを理解しないうちは神を見る(理解する)
ことはできません。
おかまが罪でないなどと思ってふざけているうちは神を理解すること
など到底不可能です。

245 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/23(土) 00:03:36 ID:seBTJ67V
2CHで悪ふざけしている者は神や教会について如何に知っている
風でも何も分かっていないのです。そういう人たちの言葉に騙されて
はいけません。
彼らのする聖書の解説など何の意味もありません。むしろ有害です。

246 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 00:09:21 ID:rkFUO1OQ
あなた御隠居でしょ

247 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/23(土) 00:13:41 ID:seBTJ67V
神が誰か知らない人はスウェーデンボルグをお読みなさい。
主イエス・キリストが神その方であることを教えてくれるでしょう。

あるいはサンダー・シングもいいでしょう。彼の中で神なる主が
働いておられることが分かるでしょう。

主がどんな方か知りたい人はマリア・ワルトルタを読むに限ります。
どれほど神である主が慈悲深い方か分かるでしょう。

教会の分裂がいかに主を悲しませているかヴァッスーラを読むと
分かるでしょう。


248 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/23(土) 00:17:05 ID:seBTJ67V
サタンは決まってこれらの本を異端だと言います。
サタンにこれらの本を異端などと言う資格があるのでしょうか。
サタンはその存在そのものが異端なのに。

249 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/23(土) 00:18:52 ID:seBTJ67V
非クリスチャンの学者がこれらを異端などと言うこと自体
ナンセンスです。そんなことすら理解できないのが彼らの
理性です。

250 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/23(土) 00:23:01 ID:seBTJ67V
サタンは主イエス・キリストが神であることを隠そうと必死です。
それこそ彼らにとって人間に知って欲しくない秘義中の秘義なのです。
それを人間が知ってしまったら、人間はサタンがサタンであることを
知ってしまうからです。

251 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 22:02:49 ID:/hSkjFRH
>>238
理性によって神を認識することはできない、という意味でしょうか?
あなたに関係ないからといって、
わからないことを解明したことがどうして間抜けなんですか?
間違いを明らかにすることが、なんで神を否定してることになるんですか?

252 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/24(日) 09:21:29 ID:K287yYb9
理性によって神を認識することは出来ます。
神を認識できないという人は結局神を否定しているのです。
もぐらに神が認識できないからといって鷲に認識できないか
どうかは別です。個人によって認識能力の差があるからです。

253 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/24(日) 09:24:26 ID:K287yYb9
もぐらが自分たちに神は認識出来ないということを証明したから
といって、それは自分たちの間抜けを証明しているだけだという
ことにしか過ぎないのです。

254 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 09:41:42 ID:vIKZY1+D
モグちゃんですが、何か?
ケロヨンウ
もよろしくね♪
バッハッハ〜イ
木馬座の藤城清治です!

255 :ブルネルス:2006/12/25(月) 17:22:38 ID:5N8dyRZ9
小さなヨハネは言う:
  もぐらには見えないが、鷲には見える(そして自分は鷲だ)

なんたるヒュブリス!
よろしい。次のことばをよく味わいたまえ:
  イエスは言われた「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。
  しかし、今『見える』とあなたたちは言っている。
  だから、あなたたちの罪は残る (ヨハネ10:41)

また、
  主は・・・思い上がる者をうち散らし・・・(ルカ1:51)




256 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:17:10 ID:imSgYZej ?2BP(0)
そこで Es ist gut といってスルーしてくれれば
あなたをもっと尊敬するんだけどなあ。とほほ。

257 :ブルネルス:2006/12/25(月) 18:35:37 ID:5N8dyRZ9
すんません。つい・・・

258 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:51:04 ID:imSgYZej ?2BP(0)
気持ちはわかるよ。よーく。
しかしあなたが相手してるのはニコデモでもパウロでもなく、
かのヨハンネスであるということは
そろそろ覚えておいてもよいと思うのですよ、ガマリエルせんせ。

259 :ブルネルス:2006/12/25(月) 19:47:51 ID:5N8dyRZ9
私には、もぐらと鷲の区別がつかんのですよ
あるいは、
私は、もぐらと鷲を区別するのが嫌いなんですよ

260 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 20:52:03 ID:imSgYZej ?2BP(0)
そういうことをいってるのじゃない
彼には彼に届く話し方じゃないと届かないよといっている。
1スレのお仲間の攻めのほうがせんせのより彼にはずっと堪えてたみたいよ
といわなかったでしたっけ。




261 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 21:13:24 ID:imSgYZej ?2BP(0)
もぐらと鷲は私はどうでもいいけどね。嫌いっちゃ嫌いだが。どちらが偉いというものでもなし、機能していない比喩だとは思うけど。
しかし、それはいまさらしょうがない。昔から彼はそういうレトリック使うのが下手だし、そもそも末教徒は師匠ゆずりの下手な比喩を使うのが好きなんだから、しょうがない。
あれが彼らの個性で、我々はそれをも受け入れざるをえない。キリスト教世界の諸表象がそうであるように、彼らのもまたひとつの歴史的所産で、それが彼らの表象世界で、彼らはどうもそこを離れて語ることが難しいらしいのだから。

ただ、そこに捉われている彼を私は憐れに思う。
もののひびき、知性によって受け取られる以前のところに、神の言は現前する。それをどうやって知るか――その道はいろいろあっていい、たぶん。
けれどひとつの道を否定する者には、別の道もただ閉ざされてあるのだろう。それはあるけれど、向こうにいわれせば大きなお世話ということだろう。

ちと語りすぎたかな。ギャラリーに戻るわ……そうそう、クリスマスおめでとう。

262 :ブルネルス:2006/12/25(月) 21:46:08 ID:4hTKJZTV
>259は
>258の
  |あなたが相手してるのはニコデモでもパウロでもなく、
  |かのヨハンネスであるということ
へのレスなのね。そこを区別することに対して言ってるのです。

>260
  |彼には彼に届く話し方じゃないと届かないよ
うん。届かんでいいの。半分はギャラリーに向ってのパフォー
マンスなんだから。

>261
あなたは基本的に真面目なんですね。



263 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:33:19 ID:QOHNMnc6
>>252,253
理性によって神を認識できるんですか?
それはどうすればできますか?
道理によって理解できたのなら、それを言葉にできませんか?
理屈で表現できれば、それが神の存在証明になりませんか?

理性による理解とは、従来の神の存在証明のことを指しています。
「従来の神の存在証明の間違いを明らかにすること」が、
なんで神を否定してることになるんですか?
間違いを間違いのままにしておいた方が良かったんでしょうか?

認識能力とは何のことですか?
それは理性ですか?
その認識能力はある人とない人がいるんですか?
それは生まれつきのものですか?

盲目の人が、自分が盲目であることを理解したら間抜けですか?
盲目の人にものが見えないのは間抜けですか?
盲目の人は間抜けですか?
盲目だという事情を知れば、理解し、納得できないでしょうか?

264 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2006/12/26(火) 23:30:32 ID:t/iPI4sy
もぐらが何を言っているのか訳が分かりません。

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)