5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿含宗という宗教112

1 :口下手番長112:2006/11/09(木) 10:58:24 ID:+WZuzKQz
このスレッドは阿含宗批判が目的です。
霊感商法、霊視商法をするカルト宗教・阿含宗の宗教詐欺を世に知らしめるためのスレッドです。
初めての方のためのダイジェスト版は
http://religion.bbs.thebbs.jp/1130673101/463-864
http://religion.bbs.thebbs.jp/1137513788/7-79
過去の関連スレッドは下記にあります。
http://etcsouko.hp.infoseek.co.jp/
http://i.ringoya.nu/?u0=http%3A%2F%2Fetcsouko.hp.infoseek.co.jp%2F
ダウンロードして保存することをお勧めします。

2 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 10:59:31 ID:+WZuzKQz
初代「口下手番長」さんの宣言文。

皆さん阿含宗という宗教団体を知っていますか?
今では伝統宗教のようにふるまっていますが昔は自ら作ったインチキ
超能力で民心を惑わしあのオウム麻原を生んだとんでもない宗教団体
です。(オウム麻原と桐山靖雄を比べればそっくりであることに気が
付くでしょう)桐山靖雄の過去も疑わしい点があります。
偽ビール事件で実刑判決を受け、学歴詐称を行い(初めは早稲田の卒
業と偽り、それがばれると、日大の芸術学部と偽った)、実際は僧歴
もないのに、僧歴を偽るなどの悪行を行ったのです
現在も金銭の見返りに世界各国から勲章をもらうなどしてますし(池田
大作に模倣して??)インチキなノストラダムス本を書いてまた民心を
惑わし続けています。
皆さん、こんな宗教団体に騙されてはいけません!!
阿含宗の信者だった、もしくはそこの内部事情を知っている方ここへ書
き込みしていただけませんか?宜しくお願いします
また、私も阿含宗の資料が集まり次第ここへ書き込みいたしますので
どうか宜しくお願いします。

3 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:35:03 ID:LlnaHUTi
スレ111
>700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S
>話題にはその人の関心の強さが反映される。
>七氏は学歴の話題がかなり好きだな。前から一人でやってる。

最初、あなたの文章を読んだ時、私の批判のどの部分から
こんな話が出て来るのだろうと不思議に思った。
前スレの684以降では桐山さんの学歴詐称のことは書いていないからです。
あなたは695に反応したのですね?
695の内容を学歴の話題と受け取ったとは興味深い反応です。
あなたのいうとおりで、「話題にはその人の関心の強さが反映される」。
695は学歴のことを書いているのではありません。
桐山さんの頭は求聞持脳とか仏陀の智慧などと呼ぶに値しない程度の
普通の脳味噌の持ち主にすぎないと批判したのです。
文章の最初で、功徳の意味を間違えている点を指摘して、
最後のほうでも、高い知性など見たことがないと目撃を書いた。
結論として、異常に高い自己評価があるだけだと批判した根拠を示すために、
桐山さんが書いている自惚れの文章を出したのです。
桐山さんの文章も、学歴ではなく、その気になれば東大に入れるくらい、
また大学を一年で卒業できるくらい自分は頭が良いと誇っているのです。
私はその頭の良さに何の根拠もなく、ただの自惚れだと批判した。
こういう話を読んで、あなたはこれを学歴の話だと解釈した。
学歴が話題になっていないのに、学歴と読んだあなたのこそ
学歴にものすごくこだわりがあるのではありませんか。

4 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:36:00 ID:LlnaHUTi
11 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 07:49:01 ID:IPN9zwcQ
前スレ、818は、何か、七氏のコンプレックスが出ているようで嫌なカキコだな。。。

641 :名無しさん@3周年:2006/08/14(月) 08:37:51 ID:MDUgvCti
学歴コンプレックスかどうかはともかく、誰だってコンプレックスを持たない人間はいないよ

66 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 20:22:06 ID:mHv5JBJ1
ユビキタスは学歴コンプレックス丸出しだな。
七氏が上智大卒なのはナントカ許せるにしても
池田慈水が早稲田出とは!
自分は早稲田なんかアウトオブ眼中(古いね)だったのに。偏差値高すぎて。
チクショー、ジミズのバカ〜〜〜! ウラヤマシイぞ〜〜(本音)

669 :可愛塾:2006/10/07(土) 10:43:57 ID:R8IBWUWO
◎栗花馨(三十三天慶大使)・・・慶応大学文学部卒(偏差値67)
◎池田慈水・・・・・・・・・・・早稲田大学第一文学部卒(偏差値66)
◎七氏・・・・・・・・・・・・・上智大学外国語学部卒(偏差値66)
○青柿(あおがき)・・・・・・・青山学院大学法学部卒(偏差値60)
×ユビキタス・・・・・・・・・・名も明かせぬ三流大学卒(偏差値48)

5 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:38:24 ID:LlnaHUTi
>700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S
>情痴大学・害国語学部卒じゃ一流企業は無理だったようで。

>>4の引用を見ると、信者さんたちのほうが学歴にこだわっている。
もしかして、これらは全部あなたが一人の書き込みではありませんか。
ほぼ一ヶ月に一度は発作のように学歴に反応している。
なぜなら、あなたは普段は私の批判を読むだけだが、
学歴を連想させる内容になると、その都度反応している。
あなたは他の話題で私に反論したことはありませんよね?
>>4の669はあなたが書いたのでしょう?
前に私は上智大学工学部という設定だったのに、669からは外国語学部になった。
こんな細かいことまで覚えている人は少数なはずなのに、
あなたは「情痴大学・害国語学部卒」と書いている。
「話題にはその人の関心の強さが反映される」のはあなた自身です。

6 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:50:42 ID:LlnaHUTi
>700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S

あなたは自分の目線がトンデモない方向にあることに気が付くべきだ。
第一に、自分で指摘しているように、学歴に異常にこだわりがある。
第二に、そのこだわりをあなたが一番目を向けるべき相手から
無意識に目をそらす手段に用いている。
一つ目の学歴へのこだわりは個人的な問題だから、どうでもいい。
問題は、二番目です。
桐山さんがいかにおかしな人物かを批判され、
目を桐山さんに向けなければならない時に、話題にもなっていない学歴を
わざわざ出して、批判側に目を向けようとしている。
あなたは学歴に強いこだわりがあるから、話題を学歴にすると、
目を桐山さんから離しやすいのです。
批判を読むとあるがままの桐山さんを示されるから、
信仰し依存している相手の醜悪な姿を見ることが苦痛なのだ。
知性では受け入れられても、感情がついていけない。
だから、あなたはなんとか現実の桐山さんから目をそらしたい。
一番簡単で信者さんたちがよく使うのが、
目線を批判側に向けて、荒探しをすることです。
あなたの場合、それが批判側の学歴です。
>>4の669のようにあれこれ妄想まで広げて、
一番見なければならないものから自発的に目線をそらしている。
だから、自己洗脳なのです。

7 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:00:29 ID:LlnaHUTi
>700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S

批判側の学歴と阿含宗批判の是非とどう関係しているのだ?
私が亜細亜大学不合格で、ユビキタスさんの大学の偏差値が低いなら、
批判は間違っているのですか。
逆に、立派な学歴があれば、あなたは批判を鵜呑みにするのか。
批判側の学歴など阿含宗批判や桐山さんの山のような嘘とはなんの関係もない。
私が中卒だとわかっても、信州の幕末に上意討ちが出現することもないし、
阿含宗の仏舎利が本物になることもない。
批判とは関係なしに、桐山さんの嘘は嘘なのだ。
批判側の学歴とは関係なしに、阿含宗は阿含経とは無縁の外道なのだ。
信者さんたちの多くも、桐山さんの「他宗教の人たちが阿含宗の出現に危機感をいだいて、
潰そうと攻撃している」などという話を鵜呑みにしているのでしょう。
それこそ、独裁者が「外国が攻めてくる」と、国民の目を国内問題に
向けさせないのと同じ古典的な手法です。
信者さんたちの多くは歴史で何度も習ったはずのこんな初歩的な
目くらましの手法に見事にひっかかっている。
それとも、あなたも歴史の単位はとらなかったのだろうか。

8 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:02:02 ID:AmUCoE1q
あの鳥羽一郎だって、紺綬褒章をもらってる
http://www.jfa.maff.go.jp/release/17/17.1205.01.htm


9 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:09:14 ID:LlnaHUTi
>700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S

信者さんたちが肉眼でしっかりと見るべきは桐山さんと阿含宗です。
なぜなら、あなた方は阿含宗にこそ金と時間を費やしている。
批判側や伝統宗教に金を出しているのではない。
「霊障オオカミが来るぞ。食い殺されるぞ」と牧場主から脅かされ、
あわてて家畜小屋に逃げ込み、恐怖で震えながら、
オオカミが来るという森のほうだけを見ている。
だが、信者さんたちが見なければならないのは、
自分の作り上げた嘘を仏陀の智慧だと自惚れている牧場主です。
彼こそがあなた方の心を捕らえ、時間と金と先祖への同情心まで搾り取って、
己の欲望のために費やしている。
今回の勲章だって、宗教家畜から搾り取った金で「買った」。
信者たちは勲章を見せられて、阿含宗が宗教として社会的にも認知されたと錯覚する。
宗教的な業績を評価されたのではありませんよ。
寄付に対する見返りの勲章です。
信者から集めた金で買った勲章を自慢しなければならないブッダ様とやらに
信者さんたちはミジメさを感じないか。
信者さんたちは見たこともないのに、巨大で凶暴なオオカミが大挙して来ると信じているが、
実際は、あなた方のすぐそばに勲章をつけたずる賢い銀狐がいるだけです。

10 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:29:29 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて1
平成4年10月か11月頃の冥徳祭で総本殿に行った時、いつものように
露店で光和食品が、健康食品の販売をしていました。その場所に、貼紙が
ありまして、それにメシヤの法の伝法で、ゲイカが一日にマルチヴァイタ45とかいう
サプリメントを90粒摂るように御指導がありましたとか書いてありました。
自分は、伝法には参加しなかったので詳しい伝法の内容は知りませんが、
ずいぶん思い切った御指導をされたなと当時は思いました。
後の情報によると、なんでも看護婦をしている信者が一ヶ月ぐらいこのような
サプリメントの摂り方をして体質改善に成功したのだとか。
しかし、桐Yさんは自分でも試してみたのでしょうかね。


11 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:30:50 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて2
一年半ほどして、信者の中に、
「因縁霊視でガンの因縁が書かれてなかったのに、ガンになりました。」
という信者が出てきました。
桐Yさんに御指導を仰ぐ手紙を書いたようです。平成6年の5月か6月頃の
例祭で桐Yさん自らが、その内容の法話をしていましたよ。
法話の結論から先にいうと、その信者に対して
 「阿含宗を、やめなさい。」
でした。
自分は、その法話を聞いていて、少々呆気にとられましたよ。
時間が過ぎていくにつれて、いろんな疑問がわいてきましたね。


12 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:32:25 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて3
そのガンになった信者さんは、家族も入信させているし、家の御宝塔?
もいただいているようだし、梵行とかいう活動もよくしているようでした。
桐Yさんが例祭で、何百人もいる信者の前で、その信者さんの手紙を朗読して
いましたね。手紙の文面からは、「ゲイカ、助けてください。」という悲痛な気持ちが
伝わってきましたね。
しかし、手紙の朗読を終えた桐Yさんは、
 「自分は、とてもここまでは面倒がみきれない。阿含宗をやめなさい。
  そうすると運が悪くなるから、そのとき信仰を反対している家族に
  阿含宗をやめたから運が悪くなったのだと自分の行動を翻しなさい・・・」
とかわけのわからないことを言っていましたよ。
それから、
 「卵は、アミノ酸スコアが100だ・・・」
とか
 「脳のはたらきには、糖が必要だ・・・」
とか、話の本論を逸らすわけのわからない逃げ口上のようなことを言っていましたね。
しかし、このガンになった信者さんは、ガンの因縁がないのなら、ガンになるような
食事の摂り方をするはずがないと思うのですがね。
この信者さんは、ガンの手術をして、人工肛門をつけ、いままでどおりの元気な活動が
できなくなったとのことでした。


13 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:33:27 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて4
平成5年頃メシヤの法の伝法で質問座談会の法話では、
ある信者からの質問で、
 「サプリメントに頼っていると、体が普通の食事から栄養を
吸収できなくなるのでは?」
というものがありました。一般に言われていることです。
しかし、桐Yさんは、これを否定していましたね。
 「そのようなことはない。ストレスの多い現代社会では、むしろサプリメントで
  栄養補給をしなければならない・・・」
とかいうようなことを言っていたように思います。
今思うに、やはり桐Yさんは人間の体の健康について何も分かってないと思いますね。


14 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:36:37 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて5
やはりサプリメント信仰では、体が容易に栄養素を吸収できてしまうため、胃腸が
栄養素を吸収しようという努力を怠ってしまいがちになりますね。
栄養素を体が吸収しようという働きをさせているのは自律神経によるものです。
自律神経の働きが低下してしまいますよ。するとそれに連動して、免疫機能も低下して
しまうのです。そうなれば、ガンになるリスクは、もちろん高くなります。
免疫機能が低下すれば、まず風邪をひきやすくなるので要注意ですよ。
パーフェクトな栄養素を摂っていたのに、なぜかガンになってしまったというのは、
こういうところに落とし穴があるわけです。


15 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:38:03 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて6
そもそも人の体というものは、健康な人でも毎日ガン細胞が3000個から
6000個ぐらいは発生しているのです。
それらを免疫細胞が、食い潰してくれているのでガンとして発病しないだけの
ことです。そのバランスが崩れれば、当然ガンになるでしょう。
極端な言い方をすれば、この世にガンにならない肉体を持った人間など存在しない
のです。


16 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:39:33 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて7
後になって、光和の人間も気がついたのでしょう。ダルマチャクラに食事の
摂り方の記事を掲載していましたが、内容が一般論で知識まるかじりの
素人が書いたようなものでしたね。
要は、なるたけ常識的な食事をし、ガンになりにくい体質に普段からしておく
ことです。


17 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:44:16 ID:ifJ/Lfx8
サプリメントとガンについて8
アゴンの信者さんたちは、サプリメントによって、体があまやかされ、
心は、ご利益信仰によって貪欲でいっぱいです。心身ともにガンになりやすい
傾向がありますね。
ガンになり宗教家畜として役に立たなくなれば、即廃棄処分です。
助けてなんかくれませんよ。
アゴンの信者の皆さん
そのままほっておくと、大変なことになりますよ。
最終警告!
マスオの本当は怖いアゴンの医学
早期自覚が、あなたを救うのです。


18 :ザ@桐山晴雄:2006/11/09(木) 19:00:27 ID:o+3cbBBw
桐山の紫綬褒章受賞発言の「嘘つき話」のつづきをおねがいします。
強欲さとボケ加減がよく表れている話題なので、皆さん書き込みのほう
お願いします。

19 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 20:40:07 ID:VlbAaQId
紫綬褒章の話です。
今回の桐山さんが紺綬褒章らしき受賞を紫綬褒章と偽ったか
呆けて間違ったかの疑惑がまだ情報が曖昧なので、批判には
至れず、批判にも発展する可能性、方向性のみ示唆しています。
しかしもう一点別角度から批判できる事実がある。
前スレ704さんのような検証しようと努力しない態度です。
この人は新聞を読まないのか?
読んだらあんなことは書けない。
褒章受賞は10団体くらいの一つが阿含宗で、これから出る
のだそうだ。この後の紫綬褒章はもう来年の4月29日までない。
今回は21個人が発表済みなんです。
緑綬の19団体の名前も全部確認できる。
日経新聞に出たものが朝日、読売、毎日等に出ないわけがない。
ましてや例祭法話でシジ褒章と聞いたばかりだろう?
情報キャッチのアンテナ、問題意識はどうなっているのか?
褒章などに関心ないと言うだろうが、それならば知ったかの
ようなコメントはすべきでない。
時事常識の不足はお互い様だから咎めない。
だから707でこれを機会にお互いに勉強しようと言った。
ネットにつながる環境ならば、国の褒章制度など容易に調べがつく。
せめて新聞くらい読んでくれと言いたい。
私も一週間前に新聞とネットを調べた。
今回再度調べた。新聞に出た受賞者に紅綬と紺綬のないことに
気付いた。再度ネットを見て紺綬は春秋ではなくその都度の
ものと初めて知った。
704さんはID表示が同じ703と同一でタマキンなんて書いてる
のは例のあの信者かと想像がつく。
新聞さえも検証せずにそれでいて無知な弁明をするところに
簡単に騙される土台があるのです。
他の信者さんも自分を確かめて下さい。

20 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:49:45 ID:/sxot5fg
桐山のボケ発言連発に信者さんも振り回されているだね。
嘘を積み重ねた上にボケを乗算しちゃたまらんわな。

21 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:19:16 ID:aT6IO7H8
>>10 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:29:29 ID:ifJ/Lfx8
>ありまして、それにメシヤの法の伝法で、ゲイカが一日にマルチヴァイタ45とかいう
>サプリメントを90粒摂るように御指導がありましたとか書いてありました。

これを実行していた人を何人か知っています。
その中で最高に悲惨な例は、ガンになった信者で、
藁をもすがる思いで、サプリの一気飲みを実践していた。
ガンの末期だから、当然体調はすぐれない。
そこに牛骨粉を混ぜたサプリを大量に飲むのだから、体調がもっと悪くなったはずです。
周囲もさりげなく、そのことを示唆するのだが、
桐山ゲイカを深く深く信じている彼女にしてみれば、聞く耳を持たない。
そのまま亡くなった。
別院でも曜日班などで中心的に活動していた人です。
一気飲みは桐山さんや、求聞持サプリの開発者であるK池さんなども勧めていた。
大量に飲めば売れ行きがもっとよくなるからでしょう。
犯罪行為です。

22 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:11 ID:aT6IO7H8
>>11 :ベレムベア:2006/11/09(木) 14:30:50 ID:ifJ/Lfx8
>「因縁霊視でガンの因縁が書かれてなかったのに、ガンになりました。」
>という信者が出てきました。

この話は『ダルマチャクラ』(1994年6月、60号、15頁〜)に
質問と桐山さんの答えが出ています。
たぶん1994年4月の月曜日の例祭で最初に出て、これを『ダルマチャクラ』にまとめ、
5月の例祭で『ダルマチャクラ』を引用しながら、桐山さんが話をしたのでしょう。
この当時信者でなかった方、『ダルマチャクラ』を持っていない方のために、
信者からの質問部分を引用します。
桐山さんの答えはカラー頁に17頁に渡るもので、引用は無理ですから、内容を要約します。

23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8
『ダルマチャクラ』(1994年6月、60号、15頁〜)

私は昨年の十一月、体に変調をきたして入院しました。最初は、尿道と便道との間に
穴が開く奇病ということでした。ところが点滴をしているうちに便が出なくなり、放っ
ておくと腹膜炎を起こすということで、急遽、人工肛門の手術を受けました。昨年末に
退院し、現在は自宅療養中です。数日前に家内が泣きながら明かしたところでは、S字
型結腸ガンだということで、数年前に発病したもようです。ちょうど、天命殺の頃では
ないかと思います。私は、入行以後、家族全員を入行させ、家の守護仏も戴き、解脱供
養や冥徳供養など、ほとんどあらゆることをしてまいりました。また、メディテーショ
ン(瞑想)に人一倍励んだと思っています。メディテーションさえしていれば絶対にガ
ンになどならない、という信念を持っていました。したがって、一切の保険に入ってお
りません。これがまた家内を大いに怒らせているのですが、私自身、ガンといわれても
信じられません。
「こんなにあらゆることをしているのに、なぜ!」
と家内はいいます。また、
「阿合宗でよけいな死者の霊などにかかわるから、こんなことになってしまったんだ」
などともいいます。もともと家内は私の信仰に批判的で、ことあるごとに、
「阿合宗はお金がかかる」
といって、異義を申していました。しかし私は、
「管長の威力は絶対なのだ」
といって、今日までなんとか引っ張ってきたのですが、もう限界のようです。これ以
上、家内を説得できそうにありません。かといって、財布のひもを握っているのは家内
です。今後の私はどうすればよろしいのでしょうか。この病気は、いったいどのように
説明すればよいのでしょうか。

24 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:28:12 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

読んでいる信者さんたちにまず自分に問いかけてほしい。
この質問者があなたの信者仲間なら、どんなアドバイスをしますか。
解脱供養、お手配願い、特別御祈願、冥徳供養、梵行・・
だが、質問者はこれらのことに多額の費用を使い、妻が反対するほどだった。
ただお金を使うのと違い「家族全員を入行させ」とあるのだから、梵行にも熱心だった。
家族全員の入行がかなり難しいことは、信者さんたちの多くも経験しているはずです。
桐山さんが「わたくしもこの人の名前に覚えがありますから」(27頁)
というくらいだから、先達として梵行で活動していたのです。
質問者は一つ大きなミスをした。
梵行や勤行のことばかりで、サプリメントの件を書くのを忘れた。
しかし、質問者が勤行、梵行、瞑想も熱心にしていたことを見れば、
サプリメントを摂っていなかったなどありえない。
質問は1994年ですから、桐山さんが独古加持でサプリメントを
宣伝し始めてから、すでに8年近くもたっている。
知らないはずはないし、「ほとんどあらゆることをしてまいりました」
という言葉どおり、サプリメントを摂っていなかったはずはないでしょう。
しかし、これを書かなかったために桐山さんに「因縁」を付けられた。

25 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:31:49 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

『ダルマチャクラ』の17頁にも渡る桐山さんの法話での
信者への指摘の要点を一言でまとめてしまうなら、
「オレの言うことを聞かずにサプリメントを摂らなかったからだ」
というものです。
信者さんたちにも『ダルマチャクラ』の原文で桐山さんの“御指導”を読んでほしい。
しかし、ただ中身を読むのではなく、あなた自身が質問者のように
ガンになったと思って、読んでみるのです。
他人の話や法話として読むのではなく、自分がガンになり、
「どうすればよろしいのでしょうか」と五里霧中の状態であり、
今まで家族には阿含宗の素晴らしさを宣伝して来ただけに、
「この病気は、いったいどのように説明すればよいのでしょうか。」
と、桐山ゲイカに頼り、おすがりする以外に道がない状態まで追いつめられたと考えてください。
桐山さんの法話全体からどんな印象を受けるかを“感じて”ほしい。
すると、桐山さんの心がどういうものかよくわかる。

26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

信者さんたちがガンになった自分への指導として17頁に
渡る桐山さんの法話を読んだ時、まっさきに感じるものがあるはずだ。
「愛情が感じられない」
桐山さんの話には、ガンになり、立場もなくなり、家族への申し訳なさにで
いっぱいのこの質問者への同情も愛情も何もない。
文章だから弱めてあるが、ほとんどただただ質問者を叱っている。
それもほとんどがサプリメントを摂っていないと勝手に決めつけて、
そこが悪いと延々と叱りつけている。
叱る背景にあるのは桐山さんの怒りです。

『ダルマチャクラ』(1994年6月、60号、24頁、27頁)
「・・・「頼むから摂ってくれ」と叫びたい気持ちです。
たまらないのですよ、このような手紙が来ると。
・・・わたくしの気持ちを理解している人が少ない。
それがわたくしは悔しくてしかたないのです。」
「わたくしを悲しませないでくれ!
わたくしが悲しむことは、仏さまが悲しむことなんだ」

27 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:40:59 ID:wQ7E9Rup
>>26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup
・・・わたくしの気持ちを理解している人が少ない。
「わたくしを悲しませないでくれ!

信者さんたちはこの桐山さんの言葉をどう読むか。
他人事ではなく、ガンになり自分が苦しみ、周囲にも迷惑をかけ、
立場を失い、桐山ゲイカに助けを求めたあなた自身に言われたらどんな気持ちか。
何の役にも立たないことを言っていると思わないか。
このガンの信者も信者さんたちもサプリくらい摂っていたはずだ。
ところが、それを確認もせずに、一方的に摂っていないと決めつけ、
罪状を捏造して、桐山さんの指導にまるっきり従わないかのような言い方をして、
挙げ句が、桐山さんを苦しめ、悲しませているとまで責め立てられる。
信者がガンでどうにもならず、悲鳴をあげて助けを求めているのに、
なんですか、これ?
信者さんたちも『ダルマチャクラ』を探して、全文を読んでみてください。
どこにもこの質問者への救いもなければ、同情や慰めの言葉すらない。
最初から終わりまで、ひたすら質問者の至らなさを責め続けている。
不思議だと思いませんか。
普通の人でも他人のガンには同情の意くらい表す。
だが、桐山さんはほぼ全編私憤にかられ、弱り切った質問者を責め続けている。
何をそんなに怒っているのでしょう?

28 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:45:37 ID:wQ7E9Rup
>>26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup
>・・・わたくしの気持ちを理解している人が少ない。
>それがわたくしは悔しくてしかたないのです。」
>「わたくしを悲しませないでくれ!

桐山さんは自分をけなされたと思っているからです。
自分と自分の作った阿含宗にケチを付けられたとして怒っているのです。
熱心に修行しても、ガンの因縁は切れずガンになった質問者は、
阿含宗の教学にケチをつけているのと同じで、
それはとりもなおさず、桐山さんにケチをつけたのと同じです。
こういう時の桐山さんはひたすら怒る。
だから、普通の人なら同情の気持ちを持つべき時なのに
彼は質問者への同情など微塵もなく、自分の不快感も露わに、
八つ当たりのように、最初から最後まで質問者を責め続けた。
こういう桐山さんを信者さんはどう見るか。
ものすごいエゴイストであることに気が付きましたか。
桐山さんは自分が傷つけられたこと、「自分の痛み」に怒っているのです。
ガンの質問者は桐山さんよりも何倍も痛みを感じているのに、
桐山さんは「自分の痛み」だけで、質問者の痛みなど気にならない。
それが「叫びたい」「悔しい」「悲しい」という的はずれな表現になっている。
質問者の苦しみに同情して、叫び、悔しく、悲しいのではなく、
桐山さんの因縁解脱にケチを付けられたから、叫び、悔しく、悲しいのです。
桐山さんの法話は自己中毒丸出しです。

29 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:48:33 ID:wQ7E9Rup
>>26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup

桐山さんの返答は質問者への愛情がないという感情的なものだけではありません。
先に、桐山さんの自己チュウぶりを示すために、感情的な面を指摘したが、
17頁に渡る法話では、質問者への具体的な指導が何もないのです。
「ガンになったら、こんなふうな食べ物を食べなさい。
あなたの場合には、これこれの修行をしなさい」と指導すべきです。
ところが、17頁の中には何一つない。
というと、「いや、桐山ゲイカはガンと栄養学の話をしている」と反論するかもしれない。
だが、それはガンにならないためといういつもの話にすぎない。
質問者はすでにガンになり、手術まで受けているのです。
この人に足りない部分を霊視して、指導するべきです。
4月に手紙が来て、一ヶ月たっているのだから、
本人を呼ぶか、職員を通じて指導し、その結果も含めて、5月の例祭で話すべきでしょう。
だが、桐山さんは明らかに何もしていない。
一ヶ月たっても、自分の法にケチをつけた質問者への怒りが収まらず、
『ダルマチャクラ』にさらし者にしたばかりか、
サプリメントを飲んでいないなどと因縁をつけて、
質問者をなぶり者にしただけです。

30 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:54:56 ID:wQ7E9Rup
>>26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup

信者さんたちは私の解釈が違うというなら、
この法話の中のどこにガンの質問者への深い同情と、超人的能力と
因縁解脱の成仏リキをもった聖者様による指導があるのか、示してください。
私は何も探せない。
桐山さんは、いつもの因縁の成り立ちと、お得意のガンと栄養の関係、
活性酸素の話などを8頁にわたって話しているだけです。
ガンになった人への指導はどこにあるのか。
なんにもない。
ガンを防ぐための栄養学なんて桐山さんでなくても知っている。
阿含宗には世間にはない法の力があるから質問者は帰依していたのです。
しかし、桐山さんの指導のどこにそのホウとやらがあるのか。

31 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:00:18 ID:wQ7E9Rup
>>26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:36:10 ID:wQ7E9Rup

「しかし、わたくしの法話をあまり聞いていないのではないか」(27頁)

質問者への追い打ちの責めは、サプリを摂らなかったという言いがかりだけではなく、
今度は法話すら聞いていないと責めた。
サプリを摂っていないことも、法話を聞いていないことも、
どちらも質問者は認めていないし、質問からは読みとれない。
むしろ、これだけ熱心に信仰をしていたのだから、
法話を聞かないなどありえないでしょう。
それを根拠もなしに、「問題点を指摘したい」などと、
まるで法話を聞かないと本人が認めたかのような二つ目の“無実の罪”をなすりつけた。
こういうのを信者さんたちは何というか知っているか。
因縁を付ける、というのです。
桐山さんが宗教ヤクザだという実例です。
宗教ヤクザなどと言われて、信者さんたちは強い反発心を覚えたでしょう。
だが、現実の桐山ゲイカは宗教ヤクザにふさわしく、
これでもまだケチをつけられたことへの腹の虫が収まらず、
次に血祭りにしたのは質問者の妻です。

32 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:04:49 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

「このご主人の梵行の成果を半分傷つけているのは、
ほかならぬ奥さんだだとわたくしは思う。」(28頁)

信者さんたちは桐山さんがどうして奥さんにも刃を向けたかわかりますか。
霊視して、直感的に奥さんのことをこういった・・なんてはずはない。
>>23の質問をもう一度読んでみてください。

「こんなにあらゆることをしているのに、なぜ!」
「阿合宗でよけいな死者の霊などにかかわるから、こんなことになってしまったんだ」
「阿合宗はお金がかかる」

質問者は奥さんからこのように言われ続けたと書いている。
これが桐山さんの逆鱗に触れたのです。
なぜなら、これらの三つとも夫を責めるというよりも、
桐山さんと阿含宗を責める内容だからです。
奥さんのこの言葉は桐山さんの一番痛いところを突いた。
あの桐山さんがこんなことを言われて黙っているはずはない。
反論として、奥さんがご主人の生き甲斐を奪っているなどと、
もっともらしいことを書いてるが、本音は桐山さんを批判した奥さんへの
怒り心頭で、ただではおかないという気持ちです。
ここでもエゴ丸出し。
困っている質問者と奥さんの立場なんか何にもなく、
自分の痛みに逆上しているだけです。
さあ、そこで桐山ゲイカは仕上げとして、質問者と奥さんを二人まとめて始末する。

33 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:07:22 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

「離婚しないで、阿含宗をやめなさい」(30頁)
そう念じて、わたくしは快く「阿含宗をやめなさい」といいます。(31頁)

これは質問者に離婚しなさいと直言しているのでありません。
伴侶に阿含宗の信仰を反対され、自分か阿含宗かどちらかを選べと
選択を迫られたら、桐山さんは「阿含宗をやめなさい」と助言します、と言っているのです。
一見、一般論であり、家庭を壊すまいとした桐山さんの配慮のようにも見える。
だが、この法話はこういう一般論を話しているのではなく、
ガンになり、妻から責められている質問者への指導です。
質問者の“無理解な妻”を夫の修行成果を傷つけているとまで非難して、
その話の流れで、伴侶が反対するなら、阿含宗を辞めろと言っている。
信者の皆さんは、桐山さんが質問者にどのように指導したか、わかりますか。
「阿含宗をやめろ」と指導しているのです。
ですから、桐山さんは質問者に指導していないと最初に書いたのは訂正しなければならない。
桐山さんは、ガンで苦しみ、妻からも批判されて、泣いている信者に
「阿含宗をやめろ」と指導したのです。

34 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:11:08 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

「離婚しないで、阿含宗をやめなさい」(30頁)
そう念じて、わたくしは快く「阿含宗をやめなさい」といいます。(31頁)

桐山さんのお慈悲に溢れた指導を信者さんたちはどう見るか。
他人事だと思わずに、あなたが指導を受ける立場として読むのですよ。
桐山ゲイカの御指導によれば、「阿含宗をやめろ」だそうです。
夫がガンになれば、妻と家族に大きな負担をかける。
普通なら、「奥さんはたいへんだろうが、夫婦で協力して
困難を乗り切りなさい」と言うべきところを、
奥さんは夫の修行を邪魔する最悪の妻だが、離婚はできないだろうから、
だったら、質問者は阿含宗をやめろ、というのです。
信者さんは桐山さんが何を言いたいか、御心に気がついただろうか。
「阿含宗をやめろ」ではなく「阿含宗から出ていけ」と言っているのです。

35 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:13:22 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

「離婚しないで、阿含宗をやめなさい」(30頁)
そう念じて、わたくしは快く「阿含宗をやめなさい」といいます。(31頁)

「阿含宗から出ていけ」と聞くと、何か思い出しませんか。
そう、あの「このバカつまみ出せ」です。
あれとまったく同じパターンなのです。
桐山さんや阿含宗にちょっとでもケチを付ける奴は
タダではおかないとばかりに、徹底して排除する。
「オレ様の築き上げた大事な阿含宗を傷つける奴は絶対に許さん!
全部、叩き出してやる」というのが桐山さんの本音です。
質問者はガンという阿含宗の教義を否定する見本なのだから、いてもらっては困る。
金がかかると文句を言う妻と一緒、さっさと出ていけ、というわけです。
だから、17頁にも渡る法話でありながら、
質問者への同情も、ガン治療のための指導も見あたらない。
質問者には、サプリメントを摂っていない、例祭に来ていないと二つも因縁をつけて、
奥さんには「夫の運気を剋する因縁」をオマケにつけてあげて、
二人まとめて山門から放り出したのです。

36 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:19:09 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

これが“信者さんたち”が、つまりあなたがガンになった時の桐山さんからの御指導です。
なにせ桐山ゲイカは宗教ヤクザだから、因縁付けは得意中の得意。
文句を言う奴は有無を言わさず、因縁を付けてでも「つまみ出せ!」
私は信者さんたちに最初に、桐山さんの法話の印象を“感じて”ほしいと書いた。
指導という理屈理論ではなく、桐山さんとはどんな人物なのかを知ってほしいからです。
聖者や超能力者など理想化された絵空事を見るのではなく、
現実の桐山さんをあるがままに見てほしいからです。
他人の痛みには鈍感で、自分の痛みだけは十倍くらいに感じて、
傷つけられたことに強烈な復讐心に燃え、あらゆる因縁をつけて排除する。
これが桐山さんが実際したことであり、いつもしていることです。
これのどこが聖者なのだ?
信者には「犠牲を伴う愛」などと偉そうに説教しながら、自らはエゴの塊です。

37 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:22:58 ID:wQ7E9Rup
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

信者さんが桐山さんを弁護したいのはわかる。
当時の先達たちがどう言っていたか知っています。
だが、その前に、もう一度、自分がこの質問者だったらどうかと、彼の立場に立ってほしい。
因縁切りを長年信じて、言われたことをしたのに、ガンになってしまった。
自責の念にかられ、妻や家族には大きな迷惑をかけ、
身の置き所もないような状態で、泣きながら桐山ゲイカに助けを求めた。
ところが、二ヶ月に渡り、機関紙と法話でさらし者にされた挙げ句が、
桐山ゲイカの御指導は「出ていけ」です。
信者さんには、自分がこれをされたらどんな気持ちかという立場から、
こういうことを宗教の名のもとにする桐山ゲイカをもう一度よおおおおおおく見てほしい。

38 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:32:26 ID:Yq7HHBdE
シュダオンの聖者になれたので、阿含宗最高。

39 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:36:24 ID:Yq7HHBdE
因縁が出ても良いのです。シュダオンになれれば、

40 :ザ@桐山晴雄:2006/11/10(金) 18:28:30 ID:8Xqx2zOq
>>38
>>39
アンタのは「思い込みシュダオン」「偽シュダオン」というヤツです。
そんなことより、はよ、病院ゆきなさい。

41 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/11(土) 00:00:58 ID:oPmRu5kP
紺綬褒章に関する情報です。
前スレの一番最後の713を書いた人が貼ってくれた政府官報の
ページをたどりました。刻々と変わるものですから。
11月8日官報の本紙(4459号)に入って、褒賞の欄に入ると
10月28日付で紺綬褒章を授与された人の名簿が出ています。
個人でない団体には褒状が出てますね。
18団体あります。
しかしこの中には阿含宗はありませんでした。
それもそうでしょう。
桐山さんは10月の例祭でその褒状を示したそうですから
その官報告知のそれではない。
それより以前の9月末あたり付で10月初旬に官報告示が
出たものだと思われます。
あるいはもっと遡るのか。
調べがついた人は情報をお寄せします。
今回の10月28日付の褒状授与の団体の中には宗教法人法○寺
なんてのもありました。
宗教団体でも紺綬褒章くらいもらうのですよ。

42 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/11(土) 00:14:45 ID:rQgQEECY
訂正
誤:調べがついた人は情報をお寄せします。

正:調べがついた人は情報をお寄せ願います。

43 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:22:36 ID:KJEoUtPK
>>22-36
桐山さんて鬼ですね。 読んでいてゾ〜〜っとしてきました。
見てはいけない暗黒面を見てしまった感じ。

44 :樹意:2006/11/11(土) 05:46:56 ID:k899kCxa
>>21
> そこに牛骨粉を混ぜたサプリを大量に飲むのだから、体調がもっと悪くなったはずです。

法人にしろ人の本音を見るにはお金の流れを見るのが一番です。
ゲイカの事業ポートフォリオのうち 健康食品事業からの上がりであっても
零巻ビジネスからの上がりであっても 収入は収入ですから
売上をあげるよう w駄さんの方からの進言もあったやもしれませんね、

アメリカのレンダリングプラントの惨状(?)は、知る人ぞ知る惨状です。
もともと草食の牛さんに 死んだ牛さんを粉末にしてまた食べさせるのですから
自然な状態のものではありません、共食いするようなことをするかさせると
大きな異常が出るのは誰がみてもわかることです。
アルツハイマーと脳症は症状が似ており、アメリカでアルツハイマーが
多いのはおそらくこの 牛骨粉のせいであろうと言われています。
つまり、 愚問時脳の天才を手に入れるつもりが アルツハイマーの
リスクを 信者さんたちは負うという事です。
一方 インドでアルツハイマーが少ないのは 宗教の関係で牛を食べないのと
カレーに要因があるという 報告もあります。

いつもの余談ですみません。 (^^ !

45 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 06:00:47 ID:6Ql8HeHD
マルチバイタ45にはそんなに大量に牛骨などはいっていませんね。
主成分ではないってこと
まあ、指導について不親切だとかいうのはわかるが、
冷静に判断せず、ことさら、強調して、いいかげんなこと言うのはどうなんだか
だいたい専門の栄養士や医師、研究者じゃあるまいし
サプリメントに原因があったかどうかわかんねえだろうが、いいかげんなこと
ばっかぬかしていやがるんだから。

46 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 10:41:54 ID:bKanskSz
>>22-36

こんな凄い話が過去にあったなんて初めて知りました。それで信者さん達は納得したんでしょうか?
ほんと、体から血の気がなくなる、血が引いていくてこの事ですね。
心の底からゾ〜〜っとしてきました。
これを読んだだけでも如何に阿含宗の因縁解脱がいい加減な話であり法などというものもなく
桐山ゲイカの作り話であるかがよ〜くわかりますね。
こんな所に長居は無用です。「出て行け」などと言われなくても
こっちから三くだり半をたたきつけておさらばしますよ。それがゲイカの望みなんだろうけどね。

47 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:32:28 ID:tl3qY3RI
>>45 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 06:00:47 ID:6Ql8HeHD
>マルチバイタ45にはそんなに大量に牛骨などはいっていませんね。
>主成分ではないってこと

批判側の誰が大量の牛骨が入っていると書いているのですか。
樹意さんの文章にはそんなことは書いていない。
私が>>21で書いたのは、
「そこに牛骨粉を混ぜたサプリを大量に飲むのだから、体調がもっと悪くなったはずです。」
この文章では、大量に飲むのはサプリであって、
サプリに大量に牛骨粉が入っているなどとは普通は解釈しない。
星祭さんは前から国語の読解力を指摘され、私から反撃されたのだから、
学習能力があるなら、もう少し、あなたのいう「冷静に」読む癖をつけたらどうか。
主成分でないというが、成分の量をあなたは知っているのか?
こんな企業秘密を知っているはずもないのに、
どうしてそんないいかげんなことを断定して書くのだ?
私はサプリに牛骨粉が入っていたと光和も認めていることを書いただけで、
>ことさら、強調して、いいかげんなこと
など述べておらず、読解力が低くく、いいかげんなことを書いてるのは星祭さんのほうです。

48 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:34:56 ID:tl3qY3RI
>>45 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 06:00:47 ID:6Ql8HeHD
>サプリメントに原因があったかどうかわかんねえだろうが、いいかげんなこと

これも具体的に誰の文章の何に対して反論しているのですか。
樹意さんは光和の金儲けと、牛骨粉を食べた牛を食べることの危険性を指摘しただけで、
サプリメントが原因でアルツハイマーが多いと言っているのではない。
私の書いた>>21も、サプリメントが原因でガンになったなんて書いていません。
ガンで体力が衰えている所に、サプリメントの大量摂取が胃腸に負担をかけて、
悪化させたと指摘しているのです。
桐山さんの金儲けが目的の養生法を信じて、金をかけて、
かえって苦しみを増したと指摘したのです。
星祭さんはサプリの一気呑みの実例や、このガン患者を知っているのか。
何も知らないで、想像だけで、あれこれいうあなたこそ「いいかげんなこと」を書いている。
星祭さんも毎度こういう指摘をされたら、
他人に「冷静に」などと説教するなら、まず自分の頭を冷やし、
冷静に日本語としての文章を読んでからにしたらどうか。
他人の文章を斜め読みして、侮蔑と慢心と無知で反論することを冷静とは言わない。
三十年、宗教ヤクザのみもとで修行して因縁をつけるのが趣味なったのか、
それとも・・あなたもサプリの牛骨粉のせいで脳味噌がスポンジになりつつあるのだろうか。

49 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:48:34 ID:DFhBxRHd
>>22-36

で、この話の顚末はどうなりましたか?「阿含宗をやめなさい」と言われた信者さんはどうしたのか?
当然やめてしまつたのか否か? 周りの信者の反応はどうだったのか? 知ってる方、教えてください。

50 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:15:46 ID:/rB9Yd7l
>37 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:22:58 ID:wQ7E9Rup

>>22-37では、もっぱら桐山ゲイカから出ていけと言われた信者の立場で説明をしました。
信者さんたちに彼の立場で桐山ゲイカの指導を読んでほしかったからです。
次に、桐山ゲイカの立場で見てみましょう。
桐山ゲイカの一大特徴は、「転んでもタダでは起きない」であり、
これを彼はブッダの智慧であるとも言っています。
ガンになった信者からの質問の時も、これがいかんなく発揮されている。
桐山さんが名前を覚えているくらいの信者からの訴えで、
職員たちは手に負えないとばかりに桐山さんに手紙を渡したのでしょう。
因縁解脱という桐山さんのウリにケチがついた。
これに黙っているようでは宗教ヤクザの資格はない。
桐山さんはまず質問者と妻に因縁をつけて阿含宗から放り出すことで邪魔者を始末した。
しかし、恫喝して追い出しただけでは宗教ヤクザではなく、宗教チンピラにすぎない。
桐山ゲイカは宗教チンピラではなく、立派な行歴のある宗教ヤクザです。
転んでもタダでは起きない。

51 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:20:59 ID:/rB9Yd7l
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

読んでいる方々の中に、この法話を聞いていた信者さんたちもいるでしょう。
あなた方は桐山さんから脅迫されたことに気がついているか。
脅迫を伴った物売りをされたことに気がついているか。
今でも信者なら気がつかなかったはずです。
宗教家畜に気づかれる脅迫をするようでは、
二流の宗教詐欺師であり、一流の桐山ゲイカはそんなにマヌケではない。
ガンになった質問者に対する桐山ゲイカのご指摘は、
法話などで指摘した養生法をやっていないというものです。
養生法をやっていない、法話を聞いていないと二つ因縁をつけたようだが、
両者は同じ内容です。
養生法というと聞こえがよいが、簡単に言えば、「光和のサプリメントを買え」です。
実際、法話ではタンパク質が必要だとして光和のプロティンパウダーを紹介し、
活性酸素についてはイチョウ葉エキスです。
ダルマチャクラの17頁の法話のうち8頁は栄養学と称する光和の商品の宣伝です。
「ガンになりたくなかったら、光和のサプリメントを買え」
これが桐山ゲイカが法話でおっしゃりたかったことです。
庶民のガンへの恐怖心につけ込み、ガンになった信者をさらし者にしながら、
「オマーラ、オレ様のいうことを聞かないと、こいつみたいにガンになるぞ!!
なりたくないなら、文句を言わずに光和のサプリを買え」とおっしゃったのです。

52 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:23:33 ID:/rB9Yd7l
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

前にはガンという恐怖があり、後ろからは桐山ゲイカが
ガンの因縁とガンになった信者をさらし首にしながら、追い立てる。
桐山ゲイカと悪因縁を信じている信者なら、逃げ場がなく、
自然に光和のバカ高いサプリメントに追い込まれる仕組みです。
1994年はバブル崩壊の影響をもろに受けて経営が悪化していた。
この後、別院では職員の人権無視のリストラが始まり、
数年後には婿殿局長は経営手腕が問われて辞めることになった。
一方で、台湾に出かけたり、サンフラシスコ大学には100万ドルの寄付をするなど、
外面出費を減らすことは桐山ゲイカの本来の目的からしてありえない。
とすれば、方法は一つで宗教家畜にムチをあてて、絞り取ることです。
光和も経営が悪化していたから、ガンになった信者をネタに、
宗教ヤクザにふさわしく、家畜を脅かして、一石二鳥を狙った。

53 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:27:03 ID:/rB9Yd7l
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

桐山さんが普通の人なら因縁解脱と矛盾するガンの質問者の出現に頭を抱える。
信者たちに不信を与え、教団の衰亡を招きかねない。
だが、桐山ゲイカは普通の人ではない。
超人的宗教ヤクザだから、逆に質問者を妻もろともたたき出し、
この窮地を逆手に疑問を持つ信者たちを恫喝して黙らせたばかりでなく、
さらにサプリメントを買わせた。
ピンチをチャンスに、ではなく、ピンチをお金に変えた!!
転んでもタダでは起きない。
見よ!このゲイカの仏陀の智慧を。
信者さんたちが練脳塾で学ぼうとしている中身は、こういう内容なのですよ。
宗教ヤクザの才能がなければ無理で、あなた方や私の能力では宗教家畜です。
え?一緒にするなって?
なあに、今時、まだ阿含宗にいるということは、
宗教家畜の素質しかないことの何よりの証拠です。

54 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:32:30 ID:/rB9Yd7l
>>23 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:23:47 ID:aT6IO7H8

すべては桐山さんの手の中にあるから、なんとでも言える。
解脱供養が足りない、冥徳供養の家系が足りない、冥徳墳墓を買っていない、
梵行による徳が足りない、サプリを取っていない、
八段錦法をしていない、心構えが間違っているなど、何とでも因縁をつけられる。
これで十分だという客観的に評価できるものは何もなく、
条件を満たしているかいないかは、桐山さんのハラ一つです。
信者さんたちのように、何がどうあろうが、
桐山ゲイカを信じて、批判の目を向けようとしない人がいる限り、
桐山さんは常に“後出しジャンケン”ができるから、「絶対に勝つ」。
これからは守護神や守護霊をもらった人たちからもガンになる人が出てきます。
しかし、何が出てきても、桐山ゲイカは困らない。
阿含宗では、悪いのは常にあなた方信者であって、桐山ゲイカではないからです。
ガンになっただけでも気の毒なのに、さらに桐山さんにさらし首に
された質問者を他人事だと思わない方がいい。
私は何人もそういう目にあった人たちを見てきた。
次は、信者さん、あなたの番ですよ。

55 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:20:49 ID:o/0zo0Yj
いまテレビで品格の話をしてますが、桐山ゲイカは品も格もないね。
わたしが見たのは幻の品格だったんだ。
詐欺師は品格まで騙してしまう。でもいつか必ずボロがでてきます、ウソだから。
そのボロを見せ付けられた思いです。

56 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:51:50 ID:o/0zo0Yj
だいたい名誉や称号を集めまくりそれに執着するなんてとても品格のある人とは言えません。
品格さえないのにそんな人が聖者であるわけもないし、まして仏陀のような解脱者でもない。
当然のことです。そうでしょ? あまりにも当たり前のことですよね。
最近の桐山ゲイカを見てるとほんと品のない顔してます。狐のお面を被ってるような感じで
品の無さがありありとしてます。ここでもダマシが効かなくなってますね。

57 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:49:30 ID:andd0MLn
>>56

品のない顔といえば、某学会の犬作さんも同じですね。さすが、同類。

58 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:32:16 ID:yD0x9KPt
ヌマエビさんの投稿も凄いが七氏さんのそれも凄いな!
私たちの知らんことが暴露されててびっくりだ。
それも理路整然としてるしナルホドと思うことばかりなんだよ。
2chを批判する人もたくさんいるが、こんな生の情報が
出てくるんだからね。でも宗務局からもきちんと反論してほしい
とも思うんだが、無理だろうね?自分の首もかかってるからな。

59 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:04:26 ID:HyZcWOP4
阿含宗次期管長F田・次期経営者Wダを語るスレから転載

[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>56
やっとるでしょうが、全国の護国神社での法要とか
どういうこと出来るのって、そういうことだよ。
そんなのどこでもやっているって、だがね、全国的規模で
こういう事が出来、かつ続けてこれたのは法に対する厚い信仰
と確信なんだよ・・・あんたのような幹部が辞めようとバカ職員が
いようとも、あるいは反対者、敵対者、不満もって辞めてやめた怨み持つ元信者がいようとも、その反面、熱烈なシンパ、純粋な信仰心もつ信者、親切な協力者、それらの人々のいるのも事実。
これが法の持つ徳というべきものだよ。

それともなにかい、桐山ゲイカの人徳と権力の賜物とでもいうのかい(笑)。
それは違うだろ、アゴンビルの失敗やらン十億円だまされたり
W田という妖怪に寄生されたりしてさ、
たなんる只の教団経営者じゃ、あきらかに失敗倒産だね。
法があるからもっているんだよ。
いくら、本当のアジャリが伝統的に伝えてきたモノホンだとかいっても、しょせん人間の思惑やらなにやらで伝わってきたもんにすぎない。
だから、サヘトマヘトの霊示は本当だと思うね、ただし、それは
阿含宗という限定された教団のものだとと思わん、ゲイカは
使われているだけ、釈迦のパシリにすぎない。
人間の作った作法など、あちらがわの意思でどうにでもなる。
阿含宗など、ただの器、コップにすぎない
だから壊れても別の器に入れ替えればいいだけ、そういうもんだよ。
では、なぜ阿含宗なのか?
いまのアバウトな時代にピッタリなんだろうな(笑)。

60 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:06:35 ID:HyZcWOP4
>>59 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:04:26 ID:HyZcWOP4
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8

夜祭(星祭)さんは、阿含宗は教団としては失敗でも、
生きた法があるから、イベントが開かれており、
桐山ゲイカは釈尊の使い走りなのだと主張している。
スレでの様々な批判や、現実の教団の矛盾を見たとき、
信者さんたちの中にも自分の信仰を維持するためにこのように信じている人たちがいるでしょう。
夜祭さんはその典型です。
だが、こういう主張自体、根拠がない。
「法は生きている」などと阿含宗の映画で繰り返し使われるから、
夜祭さんの頭にもすっかりこのCMが入り込み、呪文のように唱えている。
だが、阿含宗では当たり前のこの言葉こそ、
阿含宗の法も桐山さんも、釈尊やその教法と何の関係もないことの証拠です。

61 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:09:18 ID:HyZcWOP4
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>これが法の持つ徳というべきものだよ。

桐山さんから植え付けられた大きな誤った概念の一つに
「法は生きている」とか「生きた法」などという表現です。
仏教では法を生きているなどと表現すること自体ありえない。
釈尊の教法とは学校の勉強と同じです。
教師が教え、生徒が学ぶ。
しかし「学校の勉強は生きている」「勉強の持つ徳」などとは言わない。
この表現を見れば、「法は生きている」などというのが、
いかに的はずれでおかしいかわかるでしょう。
学校の勉強とは生徒本人が先生などから学ぶものであって、
勉強や学問や教育が生きてニョロニョロと学校の中をはっているのではない。

62 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:12:55 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>これが法の持つ徳というべきものだよ。

信者さんたちは、法とよばれる何か力が存在して、
それが仏舎利の中にこもっており、導師が成仏法を修すると、
それがドロドロとたれ流れてくると思っている。
そういう力が世の中にあるかどうかは議論しない。
だが、釈尊のいう教法とはそんな“霊的な何か”ではけっしてない。
学校の勉強とは何かと聞かれれば、教科書を示し、
国語や算数など、具体的な内容を誰の目にも明らかにすることができる。
釈尊の教法とはそのように誰が見ても聞いてもはっきりとわかるのものであって、
霊力がないと認知できないようなおどろおどろしいものではありません。
だから、仏教は「知恵の宗教」と呼ばれたのです。
霊能力や神秘、不可思議な法力が中心なら、
大霊能力の宗教などと呼ばれていいはずです。
理性的、知性的、合理的な宗教だから、知恵の宗教なのです。
釈尊は呪術を排除したのに、桐山さんわざわざ呪術性を最大に強調した。
信者さんたちは、なぜだと思いますか。
桐山さんにはちゃんとご都合があったのです。

63 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:20:03 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>ゲイカは使われているだけ、釈迦のパシリにすぎない。

桐山さんの呪術的な力のスゴサを強調するためです。
これをするのに、桐山さんは最初密教を用いた。
密教は元々呪術性の強い宗教だから、相性がいい。
密教の奥義、インドの古代密教、古代神道、さらにチャクラ、
クンダリニー、ヨーガ、求聞持法、息吹長世などの単語をちりばめられると、
神秘的力にあこがれるのは何も庶民だけではなく、
多くの大学教授や僧侶たちまで最初はひっかかった。
今日の桐山さんを見ればわかるように、全部目くらましです。
密教のマジナイの化けの皮がはがされ、おまけに前科まで暴露されので、
次に用いたマジナイが阿含経と釈尊です。
庶民の無知をうまく利用して、阿含経の釈尊が霊能力を説いたかのように錯覚させ、
自分はそれを体得したとして、自分の霊能力のすごさを強調した。
釈尊の虎の威を借りて、桐山さんがすごい能力をもっているかのように錯覚させたのです。
信者を引きつけ、騙すには霊能力が一番だし、
それを釈尊の名前を使って、代理人であるかように見せかけた。
銀狐のトリックにすぎないのだが、上記のように、夜祭さんは今でも化かされ、
桐山さんを釈尊の代理人だとまだ信じ込んでいる。

64 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:23:31 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>これが法の持つ徳というべきものだよ。

夜祭さんなどの信者の多くは仏教、あるいは阿含経の釈尊を
こういう桐山さんのオカルトを通じてしか知らない。
原典の阿含経や解説書でいいから丁寧に読めば、
おかしいことにたちまち気がつくのだが、
桐山さんから「間脳で読まないと阿含経はわからない」などと
暗示をかけられているから、読もうともしない。
読んでも、桐山さんの話と一致しないのは、自分の間脳が開いていないからだと思いこむ。
学者などの解説を読んでも、「学者は間脳が開いておらず、
所詮、新皮質で考えているにすぎないから、釈尊の本意を理解していないのだ」などと、
侮蔑心すら持っているから、彼らの説明が耳に入らない。
釈尊が霊能力、間脳開発、摩訶不思議な仏陀の智慧を説いたと
桐山さんから“条件付け”させられているから、
釈尊が因縁解脱も死者の成仏も霊障も説いていないことすら知らない。
あるいは、批判側からこれを指摘されても、
「それは新皮質の人間の言葉だ。間脳を開いたゲイカを理解できないのは、
どんなに頭の良い猿でも、人間の言動が理解できないのと同じだ」などという。
それでいて信者は間脳とは何なのか知らない。
桐山ゲイカに霊性の場とか、間脳思考なんて言葉を植え付けられて、
中身も知らないのに、さも大脳生理学をわかったかのように思い込んでいる。
だから、矛盾が出てくると、この言葉を呪文として唱えて自分で納得してしまう。

65 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:25:44 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>これが法の持つ徳というべきものだよ。

こうやって三十年近くも徹底して自己洗脳してできあがったのが夜祭さんです。
「法の持つ徳」などと、何の意味もない言葉を作り出して、
一人で悦に入り、矛盾を指摘する者を侮蔑する。
信者さんたちの多くも、程度の差こそあれ、似ている。
真正仏舎利の中には成仏リキという不思議な力があり、
人と金を差し出すと、そいつがニョロニョロと出てきて、
御利益やら解脱をくれるという。
使者さんなど、この取引信仰から一歩も出られない人だし、
夜祭さんなどはこれが取引信仰にすぎないことすら気がつかず、
むしろ、聖なるバイブレーションと称して誇り、感じない者を侮蔑している。
阿含経の釈尊の言葉を読んだら、こんな信仰は絶対に出てこない。
正反対であることが、子供でも読めばわかる。
釈尊は摩訶不思議な力を授けるなど説いたのではなく、
学校の勉強と同じで、ただ煩悩を断ち切るための方法を教えたにすぎない。
釈尊が生徒である信者の煩悩を成仏リキで断ち切ってあげるのではなく、
断ち切るのは生徒本人です。

66 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:30:05 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8

阿含宗は悪因縁(カルマ)を切れと言っているが、
釈尊は煩悩を切れと言っているから、目的(解脱の中身)が違う。
さらに大きな違いは、阿含宗は神秘的なシャカの成仏法、
成仏リキを如来や導師の力に頼りながら因縁解脱すると説くが、
釈尊は各人が各人の力で各人の煩悩を切るように説いており、
釈尊が何か力を貸すことも出すこともない。
夜祭さんや信者さんたちが信じているのとはまるっきり違う。
この説明が違うというなら、ぜひ阿含経の根拠を示してください。
釈尊は、阿含宗の言葉でいうなら、間脳を開いていない一般庶民に教法を説いた。
桐山さんと星祭さんの大嫌いな大脳新皮質の作り出す理論理屈で説明し、
バイブレーションではなく、始めから終わりまで言葉で問いかけた。
弟子たちにも道理に沿った言葉で説明しろと指示している。
間脳でなければ把握できないなどというオカルトは説いていません。

67 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:32:35 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>た怨み持つ元信者がいようとも、その反面、熱烈なシンパ、純粋な信仰心もつ信者、親切な協力者、それらの人々のいるのも事実。
>これが法の持つ徳というべきものだよ。

熱心な信者がいることがどうして阿含宗に法があることの根拠になるのだ?
オウムには今でも熱心な信者が1600人もいるという。
殺人教団ですらこの有様です。
熱烈なシンパ、純粋な信仰心を持つ信者などどこの教団にもいるし、
大作さんのところなど、阿含宗と桁違いのシンパや信者がいる。
だったら、あれは法の持つ徳であり、本物の法が生きているのか。
夜祭さんは何の根拠にもならないことを、自分の言葉に酔いながら書いている。

68 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:34:15 ID:J5m24vfU
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>だから、サヘトマヘトの霊示は本当だと思うね、ただし、それは

信者さんたちはこの一文をよく見てください。
桐山さんが1980年にインドで釈尊がもらった御霊示とやらをまだ信じている。
阿含経の釈尊は御霊示と称するもので何かを伝えるなんてしません。
サヘトマヘトにはミラクルの池など最初から存在しない。
その御霊示とやらの1999年の地球壊滅はバカ外れした。
これだけ見事なまでに御霊示が成り立たない現実があっても、
信心深い夜祭さんの知性には何の作用もしない。
これで仏陀の智慧を目指すのだという。
聖なるバイブレーションを感じたはずのカスケットには
仏舎利は入っていなかったという現実すらも
夜祭さんには何の作用もしないのだから、当然でしょう。
桐山さんと同じで、妄想空想の中に生きているからです。
釈尊の説く修行や信仰とはまったく逆です。

69 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:37:50 ID:aCH9yAZ0
>[60]夜祭 06/11/12 06:36 M115pOUAW8
>たなんる只の教団経営者じゃ、あきらかに失敗倒産だね。
>法があるからもっているんだよ。

教団経営が危機に瀕した例などいくらでもある。
たとえば、真如苑など、一時、教祖の親族の激しい争いで、
分裂の危機すらささやかれた。
だが今では、阿含宗とは逆に、タレントをたくさん抱え、
企業の跡地を買うなど、発展を続けている。
信者さんたちも、正しい宗教でなければ衰退するとか、
維持できるのは法があるからだなどと、夜祭さんのような根拠のない幻影を持たないことです。
経営が下手でも阿含宗が存続している理由はたった一つで、
何をどのように示されても現実を見ようとせず、
桐山さんの妄想空想に共鳴する夜祭さんのような信者がいるからです。
夜祭さんは気がついていないようだが、阿含宗は法の力でなく、彼こそが支えているのです。
法も何も関係なく、こういう空想を信じて金と労力を提供する信者という
宗教家畜がいるから、宗教牧場は経営が成り立つのです。
信者さんたちも、夜祭さんの自己洗脳の妄想ぶりを他山の石としてほしい。
法の力や仏様ではなく、信者さんたちが阿含宗というカルト宗教を存続させているのです。

70 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/12(日) 13:15:01 ID:wHMeRu8L
あのう、錬脳初級基礎コース
今日で終わるんですが誰も書かないので
夜にまとめますね。

71 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:37:17 ID:rWipvJrq
>70 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU
>あのう、錬脳初級基礎コース
>今日で終わるんですが誰も書かないので
>夜にまとめますね。

どしたの?
まとまったら教えてくださいネ。

72 :ザ@桐山晴雄:2006/11/13(月) 12:38:59 ID:fl5/nqOR
現在の阿含宗で生き残ろうとしたら、夜祭=星祭さんの理解?(屁理屈)
の仕方しかないでしょうね。「まちょう」為らば馬鹿ばかしくて
所属できませんね。桐山の言う「法」なんてものがほんとうにあると
信じている「30年信者」。会員皆さん、これが真実なのです。
何にもないものを信じてありがたいと思う。宗教詐欺師のやりかたに
疑問ある方は、すぐに「退会」するのがいいのです。インチキ新興宗教
と縁を早くお切りください。
まあ、夜祭=星祭は無理なことでしょうがね。



73 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:43:36 ID:9o8WGBZ9
退会するぞ!! 退会するぞ!! 退会するぞ!!
オレは阿含宗を退会するぞ!! 

74 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/13(月) 16:34:48 ID:FD6aD159
>>71 遅れました<("O")> ナンテコッタ!
今回も猊下の都合で予定がちょっぴり
変更でした。
今回は、参加者55名でした。そして、
挨拶が出来ない人が多い〜職員がいない
所では横着な印象。
自己中心的な感じです
まあどうでもいいことなので流れ
一日目 開講式 ウォーキング 食事
錬成道場で自由トレーニング
二日目 滝行 八段筋〜第四式まで、
猊下の講義 食事 あとは一日目
と同じ
三日目 プール 八段筋 閉講式
でした

75 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/13(月) 17:05:09 ID:FD6aD159
>>74 続き
二日目ですが、猊下の講義は17時でしたが
かのロシア関係者がきたので12時20分頃
入山〜管長応接室で談話、日暮の庭〜本殿回廊〜大仏案内(案内人は大○職員)
13:30 ロシア関係者帰る。
14:00からの八段筋予定を変更いたします。
猊下の講義です。
実際は14時10分位までまたして
諸般の事情で八段筋にします。
第四式までやって一旦休憩
15時45分に集まって下さい。16時から
猊下の講義します
15:30 おやつ
15:45 本堂に受講生集まる
16:20 猊下登場です。
18:55 講義終了

76 :ザ@桐山晴雄:2006/11/13(月) 20:12:33 ID:fl5/nqOR
なんだか楽しそうだね。内容は全然無いようですが。
そんなことで「お金」取るの?詐欺そのものですな。
しかし、食事におやつに(適度な?)運動、楽しそうだね!?
なにがやりたいのかね?
桐山の雑談(ボケ老人の戯言)まで聞かなきゃいけないなんて
まるで、どこかの殺戮宗教の「サティアン」みたいだね。
お笑い種です。

77 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:17:20 ID:rWipvJrq
>75鈴虫さん

すいません。かのロシア関係者ってなんですが?
スレ全部は読んでいないもので。
簡単にまとめてくれたんでしょうが、
なんかおざなりな感じですね。スケジュールもなりゆきみたいだし。
参加者は満足してるんですかね。

78 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:49:05 ID:FD6aD159
>>75 後は一日目と同じ流れで省略。
三日目も何も無いので。
猊下の御講義
簡単にいえば、
なんそのほう 屍のポーズ
火の呼吸法をやっていれば病気も
治る。私は、今は健康だ。
はじめは、結核にかかり治した話延々
途中、17:30 に話を終了するように釘を
さされたがそのまましゃべり続けた
屍のポーズをとらせ、最後の火の呼吸法
を行えば、糖尿病まで治る。
と、話ました。
後で○田課長が、過去最長時間の講話で
良かったですね。とフォロー。
しかし、猊下は何時も時間通りに始まり
も終わりもしないね。

79 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/13(月) 22:02:18 ID:FD6aD159
>>77 すいません。本業が忙しくまとめ
きれなくて端折りました。
ロシア関係者とは、来年のシベリア護摩
の方です。来年のほしまつりまでには、
詳しく分かると思うのですが。
今回の受講生が満足したかどうかは、
情報をしいれます。
今回の錬脳は、沖縄、関ヶ原、鳥取県?
の行事が重なり、職員が少なく成り行き
任せの感じがしましたね。

80 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:05:34 ID:dQS6F4J1
>>75 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/13(月) 17:05:09 ID:FD6aD159

鈴虫さん、いつも報告をありがとうございます。
昔なつかしいナンソに八段、水浴びしてオヤツを食べ、
老人の漫談を聞くために55人も集まったなんて、
ほんとうに阿含宗は奇跡の教団ですね。

81 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/13(月) 22:06:37 ID:FD6aD159
今週末は 錬脳(火と水のコース)
別名、護摩!滝!(護摩薪コース)です

82 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:07:04 ID:dQS6F4J1
ザから転載
[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s
ユビくんはある程度、冷静に三供養品を考えることが出来てきたようです。
そこで、また、冷静に考えてみることです。
三善根を、無貪、無瞋、無痴と解釈するならば、なぜそれを仏、法、僧に
限定して、そこにおいて実践しなければならないのか?
おかしいでしょう。
三毒煩悩を断つ修行は、修行の基本です。それこそ、ユビキタス時代では
ないが、いつでもどこでも、実践しなくてはいけません。
それを、仏、法、僧のもとに限定する必要はないのです。

しかし、この場合における善根を、布施供養を中心とするものなら、
仏、法、僧のもとに限定する意味がわかります。
釈尊は、「行いの正しい者に布施供養するならば大いなる果報がある。し
かし、行いの悪い者に供養しても果報はない。」と、説いているからです。
この場合の果報を、涅槃界にいたることと考えると、すごく話がわかりやす
いでしょう。
ユビくんは、桐山師の説くことを否定することを目的にしているので、客観
的に判断が出来ないでいるのですよ。

83 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:09:55 ID:dQS6F4J1
>>82 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:07:04 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s
>仏、法、僧のもとに限定する意味がわかります。

読んだ時、目が点になった。
もしかして、他の信者さんたちもこんな解釈をしているのかと心配になりました。
使者さんは、三供養品では「みもと」とあるから、文字通りに解釈して、
仏、法、僧の「みもと」と限定していると受け取っているのだ!
使者さんによれば、「煩悩を断ち切ることは四六時中なのに、
三供養品はミモトと限定しているのだから、
この三善根は煩悩を切ることではない」というのです。
こういう解釈を使者さんがいるのには二つの理由がある。
一つは、経典の解釈ではなく、国語力の問題です。
二つ目は、如来に金と人を貢いで、見返りの徳で解脱するという
桐山型解脱から一歩も出られないからです。

84 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:12:46 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s
>仏、法、僧のもとに限定する意味がわかります。

一つ目の国語力というか、解釈についてです。
使者さんの解釈がどれほどバカげているかは、次のようなたとえがわかりやすい。
「教師のミモト、教科書のミモト、同級生のミモトで学びなさい」と言われたら、
普通は、教師から、教科書を使い、同級生とともに学ぶ、と解釈する。
ところが、使者さんによれば、
「教師、教科書、同級生のミモトで学ぶと限定しているのだから、
これ以外では勉強してはならないことになってしまう」のだそうだ。
教師のミモト、教科書のミモト、同級生のミモトで習ったことを
自宅でも学習し、さらに実社会でも応用するのが勉強です。
これ同様に、釈尊のミモト、正法のミモト、聖衆のミモトで
三善根(煩悩を断ち切ること)を学び、それを日常で実践しなさいと言っているだけです。
なぜなら、三善根は釈尊しか教えておらず、三善根こそが正法であり、
実践している聖衆とは比丘とその信者以外にいないのだから、
これらのミモトで三善根を学び、実践せよと説くのは当たり前です。

85 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:15:24 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s
>仏、法、僧のもとに限定する意味がわかります。

ミモトを理由にして、三供養品の三善根は別な意味だなどというのはおかしい。
「また、無貪、無瞋、無癡の三つを三善根という。」(『岩波仏教辞典』499頁)
と仏教辞典ですらもはっきりと定義され、スレ111の690で引用した地主経でも、
「不貪善根。不恚善根。不癡善根なり。」
と釈尊自らが説明している。
もし、三善根に別な意味があるというなら、なぜ辞書にその意味がないのですか。
なぜ、釈尊は三善根をまったく別な意味に使うような
紛らわしいことをしたのですか。
そんな筋の通らない説よりも、三供養品の三善根も
辞書にあるのと同じ意味であり、これを釈尊が三宝になぞらえて
三度繰り返し強調したのだと解釈すれば、何の矛盾もありません。

86 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:22:43 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s
>仏、法、僧のもとに限定する意味がわかります。

次に、二つ目の桐山型解脱から一歩も出られないという点です。
人と金を差し出して、見返りにもらう徳で解脱しようなんて
取引信仰、餓鬼信仰に染まりきっているから、
使者さんは釈尊から何を説明されても意味がわからない。
これがどれほどさもしい信仰か、学校の勉強にたとえるとよくわかる。
「教師のミモト、教科書のミモト、同級生のミモトで学びなさい」とは、
教師にお金を渡し、教科書を拝み、同級生におごって、試験をカンニングさせてもらい、
それで進級(解脱)するという意味である、というのが桐山型解脱です。
信者さんたちは三供養品をこんなふうに解釈しているのと同じなのですよ。

87 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:32:56 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

使者さんの主張は阿含宗の擁護であり、これをできるのは
仏教の基本を理解していないからです。
仏教では「徳を積んで、その力よって解脱する」なんて思想はありません。
釈尊の説く解脱には「自分以外」は対象外であり、関係がない。
釈尊は比丘の解脱には直接的に関係せず、比丘は比丘本人の力で解脱する。
というと、「それは出家だからで、在家は別だ」というでしょう。
桐山さんから上根、下根などというインチキ仏教を教え込まれているからです。
釈尊は上根、下根などという区別をつけたことがないことは何度も書きました。
出家も在家も解脱に種類などなく、程度の差があるだけです。
在家も自分の力で解脱への道を歩むのです。
釈尊はいっさい力など貸してくれないし、貸しようがない。
これについては桐山さんが因縁切りにとてもよいたとえをしている。
飯を他人が食っても自分の腹がふくれることはない、というたとえです。
煩悩も同様で、釈尊といえども他人の煩悩を切ってあげることはできない。
彼はただ道を教えるだけです。
釈尊の教法には出家在家を問わず自力以外はありません。
如来に供養すれば、徳が得られて、その力で解脱するなんて、体裁のよい他力です。
阿弥陀如来に祈れば解脱するというのと同じレベルの信仰です。

88 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:36:25 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

信者さんたちが桐山さんの手管にひっかかっているのは二つ理由がある。
一つは、自力は困難であり、とうてい無理だと半分あきらめているからであり、
もう一つは、釈尊が功徳、福徳などを説いたとすれば、
そっちのほうが楽そうだと欲にかられているからです。
だから、功徳とは、解脱と引き替えにできるような御利益ではないと
いくら説明されても、納得しないというよりも、信じたくないのです。
桐山さんの説のほうがはるかに安易で、容易だからです。
それに比べたら、釈尊の説く煩悩を切れは、
普通の俗人なら一番やりたくないことです。
阿含宗なら、人と金を差し出せば、解脱は無理としても、
功徳というラッキーがもらえるから、
これで十分だと思っている信者さんたちがたくさんいる。
だが、信者さんたちが信じている功徳、福徳の意味は、
釈尊の用いているのとは違っている。
そこで、信者さんたちに一つ考えてほしい。
釈尊は功徳や福徳なんて、なんで御利益と間違うような言葉を用いたのでしょう。
桐山さんのように御利益大好きで、使者さんのように国語力を欠いた人は、
文字通りに受け取ってしまう。
功徳をウエルなんて言わないで、煩悩を切れと言えばいいのに、
なぜ釈尊はこんな紛らわしい言葉を用いたのでしょう?

89 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:39:54 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

三大根本煩悩を切れとストレートに言えばいいのに、
何のために「功徳をうえる」などと説いたのでしょう。
これは、今の信者さんたちがそのまま答えになっているのです。
当時の一般人の使う「功徳」は今の信者さんたちが信じているのと同じで
御利益の意味だったはずです。
御利益信仰は人類であれば、どんな時代、どんな地域にも常に存在した。
大昔も今も多くの人たちはお賽銭を出して、お願い事をいっていた。
釈尊の時代にも、宗教に功徳(御利益)を求めるおおぜいの人たちがいた。
こういう民衆に釈尊はまったく逆の教法を説かなければならなかった。
釈尊の説法の特徴は、頭から彼らの信仰を否定するような表現をとらず、
むしろ、彼らが信じている事や理解している概念をたくみに利用して、
煩悩を断ち切れという教法を教えるやり方です。
たとえば、釈尊は「真のバラモンとは」と問いただした。
実際は、カーストのバラモンを指しているのではなく、
煩悩を断ち切った比丘を指しているのです。
同様に、功徳(御利益)を求める民衆を頭から批判するのではなく、
民衆の欲しがる功徳、福徳という概念を用いながら、
中身を煩悩を断ち切るという教法に取り替えてしまったのです。
そこで、ちょっとタイムスリップして、釈尊の時代をのぞいてみましょう。

90 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:43:07 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

埃っぽい道を向こうから歩いてくるのがシシャという庶民で、
彼は宗教とは、神仏に人や物を差し出すと、御利益として返してくれるものだと信じきっていた。
知性はともかく、信仰心はインドの夏のように萌え〜ている。
雨期も終わり、涼しい季節になったある日、彼はビッグニュースを聞いた。
シャカという宗教家に供養すると、懐に入りきらないくらいの大きな功徳を授けてくれるという。
シシャは他人に御利益を取られてたまるかと、必死に走ってシャカの所にたどり着いた。
しかし、たくさん人がいて、シャカのそばまで行けそうもない。
隣にシャカの侍従だという人がいたので、「功徳はあるんかい?」と質問した。
侍従は少し困ったように笑ってうなずいた。

91 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:47:22 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

シシャは侍従を見て、疑問に思った。
着古した衣類をまとい、これまた使い古した鉢を持っているだけで、
これで功徳があるなんて、ありえるだろうか。
功徳を授けるほどの力があるなら、太鼓腹でカーシー産の最高の衣類を付け、
美女が団扇で扇ぎ、御輿に担がれて、鳴り物入りで現れ、念力で火を付けてみせるはずだ。
ところが、シャカも痩せており、同じような古い衣類をまとっているだけで、
執着を捨てろとか、訳のわからんことをほざいている。
「このおれの目を騙せると思うなよ」とシシャは決然と立ち去った。
論理的で知性が高いと思っているシシャには自分の判断に自信があった。
今帰依しているキリ・ヤマシという東から来た宗教家は、
火と骨を拝みながら勲章、総本殿など思いのままに念力で生み出す。
痩せたシャカに比べて、キリ・ヤマシは脳梗塞になるほど飽食し、
衣類一枚の釈迦に比べて、国から勲章を買うほど金も持っている。
見よ、この功徳の差!
シシャは、キリ・ヤマシこそが本物であると確信した。

92 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:51:09 ID:dQS6F4J1
>[16]大王の使者 06/11/10 11:31 al7jtdSI.s

シシャが憤然と立ち去るのを見たアーナンダは、説法が終わった釈尊に、
「功徳(御利益)や福を求めた者が去ってしまいました」と問いかけた。
そこで釈尊は仏教の功徳を三つに渡り説いた。
「煩悩を断ち切った如来の説いた煩悩を断ちきるための修行法を、
煩悩を断ちきろうとする衆生とともに修行するならば、
その功徳は他のいかなる功徳よりも大きく、福は盡すことができないほどである。」
少し気落ちしていたアーナンダは釈尊の説法に大いに勇気づけられた。
・・・もちろん、このシシャ物語は私の作り話にすぎない。
しかし、たぶん、シシャのように、宗教とは御利益であると
頭の中が固まっており、一歩も出られない人が多くいたのでしょう。
釈尊は彼らの大好きな功徳や福徳を否定せず、
それこそが煩悩を断ち切ることなのだと説いたのです。
そこで、インドのシシャではなく、日本の使者さんに話を戻しましょう。

93 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:55:03 ID:dQS6F4J1
>[1004]大王の使者 06/11/09 12:38 al7jtdSI.s
>福田という言葉は、釈尊に供養すると菩提の功徳を得る因となるところから
>きてるんですからね。

インドのシシャと同じで、使者さんは「福田」である如来に人と金を「供養」すると、
「功徳」をくれて、その力で解脱すると信じ込んでいる。
前述のように、インド時代にはおそらく、阿含宗と同様に、
福田とは功徳をくれる存在、功徳や福徳は御利益という意味だったのでしょう。
では、釈尊はこれらの言葉をどんな意味に用いたのか、仏教辞典を見てみましょう。

『岩波仏教辞典』
「福田・・・善き行為の種子を蒔いて功徳の収穫を得る田地という意味。」(687頁)
「福徳・・・善いこと。功徳とも訳される。」
「功徳・・・善根を修することにより、その人に備わった徳性をいう。」(210頁)
「また、無貪、無瞋、無癡の三つを三善根という。」(499頁)

94 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:02:52 ID:dQS6F4J1
>>93 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:55:03 ID:dQS6F4J1

福田(フクデン)とは“功徳”を得る田地という意味で、
福徳は“功徳”と同じ意味で、“功徳”とは三善根によって得られる徳性のことです。
使者さんのような人を除いた普通の国語力を持つ信者さんたちなら、
福田、福徳、功徳は、おおまかに同じことを指していると気がついたはずです。
福徳や功徳とは三善根によって得られるものであり、
これらを得られるのが福田なのだから、福田もまた三善根そのものです。
三善根とは煩悩を断ち切ること、つまり解脱であり、涅槃です。
如来の教法である三善根を実践すれば解脱を得られるから如来は福田なのです。
釈尊は、当時民衆が御利益用語として用いていた福田、福、福徳、
功徳などの言葉を全部自分の教法に置き換えた。
桐山さんの解釈は、こういう事情すらわからない無知から来た一種の先祖返りであり、
釈尊が批判したインドの宗教そのものです。
どこにも、如来に金と人を差し出すと解脱できるなんて説いていないのに、
信者さんの多くが錯覚しているのには理由がもう一つあります。
ユビキタスさんもザで指摘しているように、
三供養品とは供養を説いた経典だと信者さんたちは誤解している点です。

95 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:08:36 ID:dQS6F4J1
>[1004]大王の使者 06/11/09 12:38 al7jtdSI.s
>福田という言葉は、釈尊に供養すると菩提の功徳を得る因となるところから
>きてるんですからね。

使者さんの「功徳をうえる」とは、如来に金や人を「供養する」という意味に使っている。
しかし、供養と功徳をうえることとは違う。
信者さんたちも、
「功徳をうえる」→「如来に供養する」→「阿含宗の仏に人と金を貢ぐ」
こんなふうに信じていませんか。
使者さんはまさにこういう図式が脳味噌に刻み込まれ、一歩も出られない。
三供養品をしっかりと読んでみてください。
「如来に供養する、正法に供養する、聖衆に供養する」なんてありません。
供養するのではなく、「功徳をうえる」とあるだけです。
桐山さんから巧みに錯覚させられている。

96 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:19:30 ID:dQS6F4J1
>[1004]大王の使者 06/11/09 12:38 al7jtdSI.s

三供養品には供養は一つも出てこないにもかかわらず、信者さんたちは、
「功徳をうえる」→「如来に供養する」→「阿含宗の仏に人と金を貢ぐ」
といつの間にか信じ込まされていた。
これは題名が三供養品だからです。
しかし、三供養品という題名はこの経典の題名ではありません。
三という数字でまとめられた十ほどある経典群の名前が三供養品なのです。
この経典はその二番目にある経典で、供養とはまったく関係がない。
三供養品とついているのは、一番目の経典が供養について書いてあるからです。
桐山さんの見事な目くらましで、信者さんたちは煩悩を断ち切る三善根を
如来への供養だと思い違いをして、しかも如来とは全然関係のない偽の仏舎利に
人と金を貢いでいる。
三福道などと捏造したのも、すべては供養であるかのように錯覚させるためです。
「三福道」 = 「供養 → 功徳 → 解脱」
これが桐山さんが説いた三供養品だが、以上のように、どこを切っても全部嘘です。
三供養品という阿含宗の在家の最大の拠り所とする経典が、
これだけの桐山さんの嘘とデタラメとマヤカシでできている。
信者さんたちは使者さんと同類、同レベルになりたいのですか。

97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>[121]大王の使者 06/11/13 17:47 al7jtdSI.s
>ユビくんの「宗務局の許可を得よ、議論するな」の情報はどこからかね?

1996年11月16日、冥徳祭法話
「インターネットにホームページを作って他宗の坊さんと論戦している人がいます。
阿含宗の宣伝をしようとしているのかもしれませんか、マイナスになっています。
阿含宗出版局に高野山真言宗の僧侶から質問状が来ました。
パンフレットや私の本に答が出ているものについてです。
私は高野山の教学部からならともかく、僧侶からの質問ならば相手にしません。
阿含宗の宗務局に相談せずに論戦することを認めません。
論戦するのならば宗務局の許可を得て、また、指導を受けながらやりなさい。
ただし、通常は許可しません。」

98 :悩める怪& ◆bJHJOS/Z5Q :2006/11/14(火) 00:25:54 ID:BPK+2eMo
ぼくは困っています。かんちょーげーかには凡行しかなかったことが分りました。W田ちゃんが求聞持法の邪魔をしたから失伝した、とは考えられません。
しかし批判派の皆さんのカキコでタルパもいることが分りました。
たしかに信者の皆さんの欲望の想念で出来たタルパを武息で純化するとプラナが活性化します。だから止めようにも止められないのです。
半分バカにしながらも・・・
仮説として僧侶であろうとなかろうと如意宝珠法を修したら、仏舎利が生産されると信じたいです。欲望のタルパとは思いたくないです。

ザ・晴雄さんは強くて純粋な良いタルパがある神道系のどこぞを知りませんか?(但し一ヶ所しかない神社仏閣は省く。)
七氏のいうとおり、クリン含さんのようにならないように、当分崩壊の成り行きを見届けたほうが無難なのでしょうか

99 :悩める怪(印)くん:2006/11/14(火) 00:26:41 ID:BPK+2eMo
・・・

100 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 01:58:50 ID:RqNSZj1t
>>98
ここで書いても、良い回答を得られないでしょう。
スレ違いだから。
青垣君、いくらコテハン変えても同じ話題しか出さないから、
すぐわかりますよ。
貴方はまったく違うセミナーに行く方が良いでしょう。
ヨガなり気功なり、選んでください。

101 :樹意:2006/11/14(火) 05:34:57 ID:8SFZC+6N
>>45 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 06:00:47 ID:6Ql8HeHD
>マルチバイタ45にはそんなに大量に牛骨などはいっていませんね。
>主成分ではないってこと

お詫び
牛骨粉はそれ程 危険性は無いようです。 肉骨粉で生育させた牛さんから
取る 成分があった場合は危険性があるようです。
ゲイカの好きな漢方 東洋医学の考え方からいけば、
補法の前に 寫法があるはずで、 補を考える前に寫が先です。
人間の腸は広げるとテニスコート一面分あるそうで、 これがしわしわの
管として一日三回の使用をされているわけです、 
これが なんと 生産されてから一度も掃除されたことが無いというのが
普通人の 現状です。
(サンゴ草はあまり効き目がありませんでしたが 、 )
どちらにしろ、 栄養価の高いものは処理されない場合、 (腐る)
と覚えておいた方が良いでしょう。
 結局からだが腐ってしまったのでは と 私は推測します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
因縁解脱を説く宗教家?が これらのリスク(悪縁)を考慮しない
はずは無く、 結局商業ベースでしか考えていないという事です。

多くの 苦 の要因は食事より来ますから、
食事ほど注意すべきものは無いと思われます、。

ゲイカの場合は 憑いているのが憑いているもんですから
そういった方面の歯止めが利いていないと私は思います。

そういうわけで、
諸君いよいよ スポンジ脳を獲得する 時 がきた、ーーー



102 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:38:33 ID:Izj5Iozw
ヴァッカリやバドラーヴダやアーラヴィ・ゴータマが信仰を捨て去ったように、
 そのように汝もまた【信仰を捨て去れ。】
 そなたは死の領域(死王が支配する世界=悲苦にさいなまれる煩悩の世界)の
 彼岸にいたる(超克する)であろう。ピンギヤよ。
 (スッタニパータ 1146、中村元訳『ブッダのことば』岩波書店)

 ・・・比丘たちよ、教え(法)とは筏のようなものであると知るとき、
 なんじらはたとえ【善き教え(法)でも捨て去るべきである。】
 【悪しきものならばなおさらのことである。】
 (マッジマ・ニカーヤ 22)

103 :ベレムベア:2006/11/14(火) 14:09:05 ID:9ZkcMCtz
冥徳祭にて1
平成4年の6月か7月頃だったか桐Yさんは、ある女性に霊障をおこしている
ホトケの解脱供養をしてあげたという法話をしていました。
なんでも、その女性には10体ほどの横変死した霊障のホトケが祟っており、
情緒不安定、そのままにしておくと、その女性は自殺してしまう恐れが
あるのだとか・・・
とりあえず最も強い霊障のホトケ2、3体から霊視して解脱供養をすると
いうことでした。
それで、その女性は心理的に情緒が安定し、自殺する恐れがなくなってきたとか・・・
本当なら桐Yさんは、りっぱな宗教家です。
しかし、その後がいけない。桐Yさんは、その女性のフル・ネームを冥徳祭の法話にて
何百人もいる信者のまえで公表してしまった。


104 :ベレムベア:2006/11/14(火) 14:11:13 ID:9ZkcMCtz
冥徳祭にて2
ふつうは、公表するべきではないでしょう?
たとえ本人が承諾したとしても・・・
彼女は、ある楽器の演奏者。ある意味有名人。ステージで演奏するようなことが、
しばしばあるでしょう。これからの彼女の将来のこともある。
第一、情緒不安定だったのだから、心のケアを最優先しなければいけないでしょう。
彼女のフル・ネームを公表するときの桐Yさんのなんとも横柄でふてぶてしい態度は、
見苦しいものでした。
裏側で、なにかあったのでしょうかね。
しかし、ふつうに考えるなら、本人の恥部です。
教養のある常識人ましてや聖者ならば、
フル・ネームを公表することだけでなく、この事情すべてを何百人もいる信者の前で
話してはいけないのではないのですか。
考え方によっては、これはある意味セクハラですよ。


105 :ベレムベア:2006/11/14(火) 14:13:27 ID:9ZkcMCtz
冥徳祭にて3
20年ぐらい前でしたか、桐YさんはNさんとかいう愛人に逃げられましたね。
そのとき、桐Yさんはわざわざ幹部職員を集めて
「彼女は管長に対して無礼なことをしたので・・・」
とか言い訳したそうではないですか。
具体的なことはわかりませんが、無礼だったのは桐Yさんの方では
なかったのですか。
要するに桐Yさんは、レディに対するエチケットもわきまえていないということです。


106 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:29:57 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>阿含宗の宗務局に相談せずに論戦することを認めません。
>[143]大王の使者 06/11/14 11:59 al7jtdSI.s
>わたしは論戦を避けることにしましょう。
>[155]大王の使者 06/11/14 16:34 al7jtdSI.s
>論争せずに、桐山師の教学を論じながら学習するのまでは管長も禁止しない。

桐山さんの十年前の指示に信者さんたちがどう反応するか、
いつも楽しみにしている。
使者さんはさすが甲羅を経ているだけあって、うまく使いましたね。
反論できないような内容が出たら、桐山ゲイカの指示に従うと言い訳に使い、
屁理屈を付けられる時は、管長も禁止しないと勝手に許可を出す。
許可するかしないか、桐山ゲイカが決めるのではなく、
「桐山使者」が決めるのだから、御都合でどうにでもなる。
銀狐の信者だけあって、さすがは腹芸のタヌキだ。
化けるのがうまい!

107 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:32:55 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>阿含宗の宗務局に相談せずに論戦することを認めません。

信者さんたちには桐山さんの指示に反発してほしい。
あなた方は言論の自由を制限されたのですよ。
言論の自由は、人類が多くの犠牲を払い、長年かけて獲得し、憲法で保障された権利で
桐山さんが信者さんたちに許可しないなどいえる立場にない。
桐山さんは信仰の自由によって税制面からも保護されて、恩恵を受けているくせに、
信者には、「議論するな」と言論の自由を阻害するような発言を平気でする。
信者さんたちが桐山さんの指示をどう読んだかによって、自己洗脳度も測れる。
「そのとおりだ」と思ったか、それとも「個人の立場で信仰を議論するのは、
個人の自由であり、いくらゲイカでもこれを制限する資格はない」と思ったか。
答える必要はないから、信心さん自身に問いかけてみてください。

108 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:36:13 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>パンフレットや私の本に答が出ているものについてです。
>私は高野山の教学部からならともかく、僧侶からの質問ならば相手にしません。

信者さんたちは>>97の桐山さんの態度をどう思いますか。
桐山さんが坊さんの質問に答えない理由は、
パンフレットや本に答が出ている、坊さん個人からの質問は受け付けない、というものです。
まるっきり理由になっていない。
信者からの質問にも「本に書いてあるから答えない」というのか。
僧侶からの質問が何であったかすら述べていない。
「質問はこれこれだが、○○というパンフレットや、
**という私の著書の**頁に答えが載っています」というならわかる。
どう見ても、質問が桐山さんの御都合に悪いから無視したのです。
学生が「この試験問題は昨日おれは解いたから答えない。
満点ちょうだい」と言っているのと同じなのですよ。
こういう桐山さんの態度を何というか知っていますか。
答えられないから「逃げた」というのです。
桐山さんは議論のできない人です。
自分の一方的な主張を法話や講演で話し、本に出すだけで、議論ができない。
信者からの質疑応答も、議論ではなく、桐山さんからの一方通行です。

109 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:41:30 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>パンフレットや私の本に答が出ているものについてです。
>私は高野山の教学部からならともかく、僧侶からの質問ならば相手にしません。

桐山さんは議論ができないから、因縁をつけて逃げ出したのです。
真言宗の坊さんという敵から質問が来たのだから、攻撃です。
表現が悪いが、正式に売られたケンカです。
しかも、相手は真言宗のただの坊さん。
桐山さんは七つの超人的能力と仏陀の智慧を持つ仏陀サマなのですよ。
素人の相撲取りが横綱に勝負を挑んだようなもので、
信者の前で一ひねりして投げ飛ばしてみせればいいではないか。
いつもの強気で、過去の力自慢をする桐山さんはどこに行ったのだ?
自分が答えるまでもないというなら、宗務局に答えさせればいい。
桐山さんに仏教の僧侶が正式に質問しているのに、なぜ無視するのですか。

110 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:45:20 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1
>私は高野山の教学部からならともかく、僧侶からの質問ならば相手にしません。

信者さんたちの中には桐山さんのこの態度に
「釈尊は議論を禁止したから」などと本気でいう人がいる。
まったく逆で、釈尊は議論を奨励した人です。
比丘など身内はもちろんのこと、他の宗教家が論戦を挑んできても、
避けたことは一度もありません。
それどころか、桐山さんも引用しているように、
ひたすら罵声を浴びせた者に対してすら、贈り物のたとえで一撃で倒している。
この一例を見ただけでも、釈尊がどれほど議論にたけ、
どれほど知性に優れた人だったかよくわかる。
一方、我らが胃大な大王様・桐山ゲイカはどうかというと、
オバサン一人に「嘘つき」と事実を指摘されると、
いても立ってもいられないほどに激昴して、
「キサマ!キサマ!キサマ!」と罵声を浴びせ、
暴力でオバサンをつまみ出した。
このヤクザまがいの行為を大勢の信者の前でやった。
こういう人を議論のできない人といいます。

111 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:49:45 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1

信者さんたちは桐山さんから間違った釈尊像を植え付けられて、
オシャカは他宗教と議論などせず、ニッコリ笑って、神通力でやっつけた、
なんて信じていませんか。
戯論や争論と、議論の区別がついていないのです。
悪口と批判の区別がつかない信者も多い。
桐山さんのように質問されて答えないなど、当時のインドでは通用しない。
釈尊の時代は、新しい宗教が百花繚乱で、激戦だった。
六師外道はその代表だし、主なものだけでも60以上あったという。
こういう宗教乱立時代に、議論すらできず、質問を無視したら、
たちまち、愚か者としてあざ笑われる。
ところが、桐山さんは「釈尊は布教に言葉よりも神通力を使った」といい、
これを信者さんたちは信じている。

112 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:52:23 ID:79gF0AAl
『阿含仏教超奇蹟の秘密』
「布教のさいごのキメ手は、その持つ奇蹟の力であった」
「つまり、幻術としか思えないような超自然的な現象―――
奇蹟を起こして、布教を成功させていたわけである。」(18−19頁)

この実例として、カッサパ三兄弟が帰依する際、神通力を示した例を出している。
しかし、信者さんたちもこの本に引用された経典を読めばわかるが、
神通力で三カッサパが帰依したのではありません。
ウルヴェーラ・カッサパは釈尊の神通力のすごさを見ても、
「しかしかれはわたしのように真人(アラカン)ではないのだ」と思った。
桐山さんの本では、26,27、29、30、33.35、37、38頁と
この文章が繰り返し出てきます。
大神通力を見ても、カッサパは釈尊を真人(ブッダ)だとは認めず、帰依しなかった。
カッサパは釈尊から真人ではないと言葉でさとされてから帰依したのです。

113 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:57:21 ID:79gF0AAl
『仏弟子の告白』中村元、94頁
「375 名声あるゴータマの驚異的なはたらきを見て、わたくしは嫉妬と傲慢に欺かれて、
最初のうちはひれ伏すことをしなかった。」

ごらんのように、釈尊の神通力で帰依したのではないことを
ウルヴェーラ・カッサパ本人が証言している。
彼は嫉妬と傲慢という煩悩を指摘されて、初めて帰依したのであって、
釈尊の神通力にひれ伏さなかったと本人が述べている。
くりかえし、くりかえし神通力をふるって、奇蹟をあらわして見せても、
カッサパは帰依しなかった。
言葉で煩悩を指摘されて、初めてカッサパは目が覚めた。

「わが教えを世に弘めるにあたって、仏陀釈尊ほどのおかたでも、
くりかえし、くりかえし神通力をふるって、奇蹟をあらわして見せなければ
ならなかったのだ、ということである。」(『阿含仏教超奇蹟の秘密』
44頁)

なんて桐山さんが書いていることと経典に書いてあることは逆です。
桐山さんが引用して、文字としてはっきりと書かれた経典解釈すらも
間違う彼のどこが仏陀の智慧なのだ?
嘘つきか、あるいは使者さんと同じで国語力がないのか。

114 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:00:27 ID:79gF0AAl
「340 わたくしは、かれの教えを聞いて、誤った見解を除き去った」
(『仏弟子の告白』中村元、88頁)

釈尊が神通力で布教したなんて、桐山さん恒例の真っ赤な嘘です。
ナディー・カッサパとガヤー・カッサパも釈尊の神通力を見て
帰依したのではないことは、上記のナディー・カッサパの告白を読んでもわかる。
「かれの教えを聞いて」とあります。
ウルヴェーラ・カッサパが「ゴータマ君の神通力がすっごいからさあ、
オレ、帰依しちゃった」というのなら、他のカッサパも、
「ほんじゃ、ゴータマ君、オイラにも念力の手品護摩か、
天気予報のアメフラシでも見せてよ」となったはずなのに、
ナディー・カッサパの証言によれば、神通力ではなく、
言葉による教法を聞いて、帰依したのです。
釈尊が神通力を使った事例ですら、神通力で帰依させたのではなく、
言葉による教えによって帰依させている。
しかも、釈尊がカッサパに神通力を使ったのは例外です。
解脱して最初に法を説いた五人の比丘には言葉を使っている。
彼らは釈尊を堕落したと批判していたのだから、
神通力は効果的だったはずなのに、釈尊は用いていません。
阿含経の釈尊はほとんどの場合、言葉を用いて説明し、
幼稚な質問にも答え、相手と議論して、納得させているのです。

115 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:02:41 ID:79gF0AAl
>>112 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:52:23 ID:79gF0AAl

釈尊は、桐山さんが言うような神通力で人を驚かして布教していたのではないことは、
他の経典にもいくつか例があり、前に引用した。
たとえば、スレ69の213以降で引用したのが「ディーガ・ニカーヤ、第11経」です。
ケーヴァッダという在家信者が、釈尊に次のように提案した。
「世尊よ。比丘に、超人の備えている性質によって、神通力による奇跡を行なう
ようにと命ぜられよ。そうすれば、このナーランダで世尊を信じる人々がさらに増えるでしょう」
桐山さんのように、神通力をウリにして布教してはどうかと提案したのです。
これに対する釈尊の答えは次のようなものです。

116 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:05:18 ID:79gF0AAl
「ケーヴァッダよ。わたしは比丘に次のような教えは説かない。
『あなたがた比丘らよ。在家者らのために、超人の備えている性質に
よって、神通力による奇跡を行なうように』と。」
(「原始仏典 第一巻」春秋社、477〜479頁)

ケーヴァッダが釈尊のにべもない返事にさらに食い下がると、
釈尊は神通力を布教に用いない理由を説明した。
神通力による奇跡はガンダーリーという魔術でもそっくり同じ事を行うことができるから、
「・・・その比丘は、その魔術によってさまざな奇跡を行うのである。」
と誤解されてしまうと説明して、最後に、
「それゆえ、ケーヴァッダよ。わたくしは、神通力による奇跡に欠点があるのを知り、
神通力による奇跡に不安を感じ、恥じ、避けるのである。」
同様に、神通力の一つである読心術の奇跡も、マーニカという魔術と間違われるから、
「読心術による奇跡に不安を感じ、恥じ、避けるのである。」
これが釈尊から、奇跡を売り物にしている桐山さんへの返答であり、教えです。
こういう釈尊の指示は、桐山さんの態度を否定している。
阿含宗の信仰のあり方を否定していることに信者さんたちは気がついているか。

117 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:09:03 ID:79gF0AAl
>>116 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:05:18 ID:79gF0AAl
「神通力による奇跡に不安を感じ、恥じ、避けるのである。」

信者さんたちは釈尊のこの一言をどう見るか。
奇跡を売り物にすることは「恥」だと言っているのです。
阿含宗の態度は釈尊から見たら、恥ずべき行為なのです。
桐山さんは、インチキの神通力による奇跡を売り物にしている。
『阿含仏教超奇蹟の秘密』『阿含仏教超能力の秘密』などと、
まるで夜の繁華街のネオンサインのようにけばけばしい。
釈尊ははっきりと神通力による奇跡で布教はしないと否定しているのに、
桐山さんは釈尊は神通力で布教したのだと嘘を書いている。

「初め善く、中ごろ善く、終わりも善く、道理とことばがそなわった教法を説け。」
(律蔵、『ゴータマ・ブッダ』早島鏡正、128頁)

このように、弟子たちへ、言葉を使い、理路整然と説けと指示している。
釈尊は神通力ではなく、言葉で道理を説いた方なのです。
こういう釈尊が議論にたけていないはずはない。
弟子たちにも議論を奨励したから、仏教の三蔵の一つに論蔵があるのです。
桐山さんみたいに、「おれの見えないところでは議論は禁止」なんて言っていたら、
釈尊死後の論蔵なんてあるはずがない。

118 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:13:34 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1

釈尊の弟子だという桐山ゲイカはどうか。
たしかに口八丁で、よくしゃべる人だが、たいてい中身は真っ赤な嘘。
それでいて、誰かに議論をふっかけられると、とたんに逃げ出す。
真言宗の一介の坊さんに質問されてすら、答えられない。
釈尊はあらゆる質問にも批判や非難にも答えたというのに、
真言宗の正式な坊さんからの質問に答えないなんて、どうなっているの?
信者さんたちの反発を恐れずに申しあげるなら、この時の桐山さんの印象は、
「腰抜け」
でした。
嘘をついたり、ハッタリを言うときはすごい度胸で腹がすわっているのに、
攻撃されると普段の強気の姿勢とはうらはらに、たちまちビビル。
「オレ様は勇者だ。百戦錬磨で、いつも大勝利だ!」と吠えていたのに、
敵から矢が一本飛んできただけで、脱兎の如く逃げ出す。

119 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:17:43 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1

桐山さんは昔からこうで、内弁慶を絵に描いたような情けない男です。
先達が法華系の宗教団体と論戦して、『霊障を解く』から引用して批判した。
ところが、袋叩きにあって、定例会で指導を求めると、「議論するな」の一言だった。
桐山さんの書いた主張を用いたら、やっつけられたというのです。
だったら、どう反論するかを述べた上で、議論するな、ならわかる。
桐山さんは何一つ説明もしなかった、ではなく、できなかった。
あれは先達ではなく、桐山さんが相手の教団からやっつけられたのです。
批判本が出たときの桐山さんの動揺と混乱ぶり。
批判本をネタにして法話で笑ってみせればいいのに、
まともに批判を正面から見据えることができないのです。
普段の強がりがあるだけに、本当にみっともない。
「腰抜け」とは、宗教なんか抜きにして、男としてみっともないと言っているのです。

120 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:21:11 ID:79gF0AAl
>>97 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:39:00 ID:dQS6F4J1

桐山さんが本当に仏陀の智慧をもっているなら、議論なんてお茶の子さいさいです。
真言宗の坊さんから質問されれば、法話や本のネタとしては最高です。
昔、織田師という真言宗の坊さんにさんざん批判され、
裁判に訴えたのに、逆襲されて、シッポを巻いて逃げ出したのだから、
江戸の仇を長崎で討つつもりでもいい。
質問者は真言宗の坊さんですから、飛んで火にいる夏の虫です。
すでに本やパフンレットに書いてあることなら、なおさら簡単です。
ところが、桐山さんはお得意の因縁を付けて、答えなくてもいいようにした。
坊さんからの質問の中に「いつ得度して、いつ真言宗の阿闍梨になったのか、
度牒など客観的な証拠を示してほしい」などがあったのでしょう。
これでは答えられない。
だから、因縁をつけて、逃げたのです。
桐山さんは批判や現実と正面から向き合うだけの勇気がない。
代わりに、外国で護摩を焚き、名誉を買い集め、総本殿を誇ることで、
批判に勝利したかのように錯覚する。
桐山さんの仏陀の智慧とはこういうゴマカシの悪智慧です。
信者さんたちはまともに議論もできない腰抜け男の智慧を体得したいのですか。

121 :樹意:2006/11/15(水) 21:14:23 ID:0iNg8HCG
>>98
> ぼくは困っています。かんちょーげーかには凡行しかなかったことが分りました。W田ちゃんが求聞持法の邪魔をしたから失伝した、とは考えられません。
> しかし批判派の皆さんのカキコでタルパもいることが分りました。

愚問時もなにもありません、 精白児やら痴呆の老人の社会復帰だとか書いていましたが
まったくやった形跡すらありません、 全ては小説です。
確かに 某繁華街などで 欲望の想念が漂ったようなものとは遭遇した
事がありますが、 はっきりと悪質な意思を持つ想念体とは別に区別するべきです。
なんども同じ警告で申し訳ないが、 本当の意味で危険性があります、
そういったものとは関わらないのが一番いいのです。
武息で浄化できるだのといったものとは 次元が異なるのです。

122 :樹意:2006/11/15(水) 21:16:26 ID:0iNg8HCG
>>98
以前も書きましたが、霊能者などが霊を見たとかいう場合 我々が物質を
観るのとは違い、光の反射を見ているわけではないという事を念頭に
おいて下さい。
そういったものを認識する? 或いはした場合既に、被見者の脳(意識)とは
アクセスが済んでいるという パラドックスがあるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の推測では、被見者の記憶にアクセスして 記憶の中からソレらしき
想念を呼び出すというのが彼らのやり方のようです。
 (電波で申し訳ありません。)
ですから 仏陀が、こういった形而上のことを (ありもしない事を
語っている)と表現したのもむべなるかなといった具合です。


123 :樹意:2006/11/15(水) 21:24:55 ID:0iNg8HCG
>>98
確かにセヤドーのHPなどでは 智慧には光明があると引用されており
天眼通も光があり強烈であると書かれています。
http://www012.upp.so-net.ne.jp/asia21/hikari2.htm

 <増支部>(anguttara nikaaya)のなかに、<睡意経>(pacalayamana sutta)
と呼ばれる経があるが、この経には、仏陀が、マハーモッガラーナ尊者に対して、
昏沈と睡眠を克服するために、日に夜を継いで、光明(aaloka)を強める方法を教えた、
ということが書かれている。疏鈔(注14)によると、四種類の光明があるという。
<増支部>の<光明経>(aaloka sutta)と<放光経>(aabhaa sutta)において、
仏陀もまた、四種類の光に言及している。一、日光。二、月光(星の光も含む)。
三、火の光。四、智慧の光である。
<睡意経>の疏鈔では、四種類に言及している。一、天眼通、同じく光があり、
かつ強烈である。二、光明遍。または全ての遍は、みな光を持つ。三、初歩の予備定、
その次の段階の近行定から最高度のサマタまでの修習心、これらには皆、光が伴う。
四、ウィパサナの光明と呼ばれる、一種の汚染。この種の光明は、ウィパサナ智の光明である。
上述の四種類の光明がある。

これらの光をもって 対象を認識するのでしょうが、(天眼通も光がその力の
要因であり源になるものと推測します)
ですがゲイカの場合は何から何まで嘘が多く とてもじゃないが
こういった光明のある道理がありません。
従って、魔的な危険性があるものと 思ってもらいたいと思います。


124 :悩める怪(印)くん:2006/11/15(水) 23:54:09 ID:8DUnjP/g
>>123 樹意さんは霊能があるから良いタルパがいるところを教えてください。
金光教は良いのがいませんか?

それとアゴンのはどういう危険が予想されますか?

125 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:59:22 ID:nsmyLOTb
まあ糞議論などやらないほうが勇気がいるものだ。
アウシュビッツの法要はどうだ、カルト、セクトだと反対妨害を受けたが
やるべきこと、やらねばならないことはスジをとおす。
これは腰抜けには出来ません。
ほんとうに勇気の要る行為ですね。

126 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 01:22:12 ID:WuqltFeA
>まあ糞議論などやらないほうが勇気がいるものだ。

桐山には議論できるような論理的基盤がないんですよ。
自分が訴訟起こしといて逃げちゃう腰抜けだから、勇気もありません。
それから糞講義と糞法話はやめた方がいい。
おやすみ。

127 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 07:26:49 ID:tpV4nGSG
>>126 まあ まあ
彼は、最近の猊下の講義を聞いたことない
から、聞いていたら、(~-~;)ヾ(-_-;)オイ
となるはず。
今日、冥徳ですね。またしても、遅刻?

128 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 07:37:00 ID:tpV4nGSG
>>125 そうですね。議論する暇があった
ら、錬脳塾に参加したほうが意義があり
ますね。

129 :ザ@桐山晴雄:2006/11/16(木) 10:45:41 ID:kjWRyAwZ
海外で「焚き火」して誤魔化してるんですよ、桐山靖雄さんは。
金集めに「海外イベント」をやってるんですよ。
あの腰抜け男は、金と名誉がほしいから、大宣伝してやるんです。
「菩提心」集めるなどという大義名分かざしてね。ほんとクズですよ。
ところで映画作りの妄想はどうなりましたかね。

130 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 12:44:58 ID:5i4vrlNm
桐山靖雄のそうきょう
阿含のそうきょう


131 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 14:02:05 ID:d0L/I27W
成仏法がわからない。残念な人発見です。

132 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:31:38 ID:m6Oj9wGF
ある芸能人について1
平成4年の8月頃だったでしょうか。桐Yさんの法話で、
関西で有名な横Yや○○さんが、暴漢に襲われ瀕死の重症を負った
という話がでていました。
なんでも桐Yさんによると、この事件は桐Yさんが占いで予知しており
それが見事に的中したんだそうです。
この事件が起こる前から桐Yさんは、職員に
「今に横Yや○○が、横変死するぞ・・・」
とか言いふらしていたのだそうです。
それを話すときの桐Yさんの子供の様な嬉しそうな態度に
失望しましたね。
まるで鬼の首を取った様な喜びようでしたよ。

133 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:33:26 ID:m6Oj9wGF
ある芸能人について2
桐Yさんは、なにか横Yや○○さんに個人的な恨みでもあったので
しょうかね。しかし、聖者がそのようなことを法話で話題にするなど
ありえません。法話で畜生談未満の話をしてどうするのでしょうか?
こんなことに占いを使っているなんて、占い師としても失格でしょう。
この事件が阿含宗とどう関係があるのですか?
信者は、例祭や伝法に大切な時間をつぶして、このような話を聴きに
来ていたつもりはないですよ。まあ、例外もいたでしょうけれどもね・・・

134 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:34:10 ID:m6Oj9wGF
ある芸能人について3
後になって、案の定、桐Yさんの節操のなさに異議を申し立てる信者が
出てきました。
 「ゲイカ、そこまで仰るのなら、彼に悪因縁や霊障のことを教えてあげれば
  いいではありませんか・・・」
とか言うようなね・・・
しかし、桐Yさんは頑として自分の主張を曲げようとはしませんでした。
 「徳のない奴は、そういうことを教えてもらえる縁にめぐりあえないのだ・・・」
とか言っていました。
強烈なエゴまるだしですよ。
本の執筆活動では、ものすごい能力を発揮するのに、この卑近で幼稚な性格は、
どう理解すればいいのでしょうかね?

135 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/16(木) 19:57:46 ID:tpV4nGSG
本日の猊下は、元気に歩いてました。
御講話は、オカルト満載でした。しょぼい
し いいかげんなので書きません。
何が敦子ちゃんなんだ?
あっ?これは、体験談の朗読でした。
ばかばかしくて(>_< )( >_<)イヤー

136 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:22:55 ID:gkZH3Me/
>>125 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:59:22 ID:nsmyLOTb
>まあ糞議論などやらないほうが勇気がいるものだ。

真言宗の坊さんからの質問に答えることが糞議論?
桐山さんは答えがすでにパンフレットや本に書いてあると述べているのですよ。
ということは、桐山さんが書いたことは糞議論ということになる。
使者さんも質問内容も知らないのに「幼稚」だとあざ笑った。
あなたは「糞議論」と書いた。
桐山さんの書いたパンフレットや本の中身は糞議論であり幼稚だと信者が書いたことになる。
時々、あなたが批判側に投げたつもりの石が桐山さんに当たる。
今回も桐山さんに当たった気分はどうだ?
と聞かれても、何を指摘されているのかわからないのかもしれない。

137 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:26:34 ID:gkZH3Me/
>>125 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:59:22 ID:nsmyLOTb
>アウシュビッツの法要はどうだ、カルト、セクトだと反対妨害を受けたが

アウシュビッツは議論したから焚けたのか?
海外で焚き火をするのにどんな勇気がいる?
アウシュビッツの護摩が焚けたのはお金を出したからです。
議論も勇気も関係ない。
あなたの頭はどうしてそんなに脈絡がないのだ?
桐山さんは腰抜けだからこそ、護摩を焚いて、妄想の世界で
さも霊障のホトケを成仏させて、世界を平和にしたかのように錯覚することで、
現実世界で自分のなしたことと正面から向き合わないようにしているのです。
これを腰抜けといいます。
あなたも桐山さんと同じで、勇気がないから、
桐山さんの現実を指摘されても、見ようとせず、
こんなふうにアウシュビッツなど関係のない話に「逃げる」のだ。
詐欺師の桐山さんを解脱者や超能力者だと信じてしまった愚かなあなた自身と
向き合うだけの勇気がないのですよね?
そこだけは桐山さんとそっくりです。

138 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:28:43 ID:gkZH3Me/
>>132 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:31:38 ID:m6Oj9wGF
>関西で有名な横Yや○○さんが、暴漢に襲われ瀕死の重症を負った
>という話がでていました。

桐山さんの「後出しジャンケン」は毎度のことです。
古くは、田中角栄が逮捕された後も、週刊誌などで刑獄の因縁の事例として、
大作さんと並べて書いていた。
『霊障を解け』の196頁あたりに出ています。
全盛の頃に「逮捕され、有罪になる」と言っていたのなら、因縁を当てたとも言えるが、
逮捕、起訴されてから、刑獄の因縁があるなんて、子供でも言える。

139 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:34:41 ID:gkZH3Me/
>>132 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:31:38 ID:m6Oj9wGF
>関西で有名な横Yや○○さんが、暴漢に襲われ瀕死の重症を負った
>という話がでていました。

横山やすしについては1989年頃、彼の子供が人を傷つけた時も取り上げています。
例祭の法話で因縁霊視のおまけまでした。
「彼の家系は二代以内に三人の横変死者が出ている。
二重人格の因縁を持っており、霊障から来ている」
これが公開の場で言ったことです。
因縁を言ったのだと信者さんたちは言うかも知れないが、
人前で二重人格者だと罵ったのですよ。
彼のハチャメチャな性格からこんなふうに類推したのでしょう。
二代以内に三人の横変死者も簡単で、週刊誌で何か読んでいたか、
あるいは適当に言えば一人くらいいるだろうとハッタリをかけたのでしょう。
当たらなくてもかまわない。
「傍系にいる」などといくらでも逃げ口上ができる。
「この三年のうちに大いなること二つあり」と予言したのと同じ手法です。

140 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:37:49 ID:gkZH3Me/
>>132 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:31:38 ID:m6Oj9wGF

横山やすしを桐山さんが出したのは、その直前に美空ひばりが亡くなったからです。
前に彼女の因縁を見たことがあると称して、次のように言った。
「結婚運は薄い。子縁が薄い。首を絞められて窒息死するような
横変死の因縁を持っていた。」
死んだばかりの人をよくまあこんなふうにひどく言えるものだ。
信者さんたちは、「霊視でそのように見えたのだから、ひどくない」と
いうかもしれない。
だが、すでにこのスレで何度も批判されているように、
桐山さんに霊視能力なんてありゃしません。
結婚運が薄い、子縁が薄いなんて、週刊誌を読んでいたら誰でも知っている。
彼女は離婚したし、実子はいなかった。
そうすると、「横変死の因縁はどう解釈するのか」というだろうが、これも簡単。
死因はウィキペディアによれば「間質性肺炎による呼吸不全」とある。
呼吸不全から推測して「首を絞められて窒息死するような横変死の因縁」を作り上げた。
子供じみた類推をして、自分の知性を自惚れ、それを霊視だと称する。
桐山さんの頭の中って、こんな程度です。

141 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:44:20 ID:gkZH3Me/
>>133 :ベレムベア:2006/11/16(木) 14:33:26 ID:m6Oj9wGF
>桐Yさんは、なにか横Yや○○さんに個人的な恨みでもあったので

桐山さんは有名人に恨みがあったのではなく「嫉妬」です。
それぞれの分野で才能を発揮して大成功をおさめたのが妬ましくて仕方ないのです。
ところが、後日、彼らはひっくり返った。
桐山さんにしてみれば、成功者が転倒したのが、小気味よいのでしょうね。
一番の嫉妬の対象だった大作さんを、初年運で、運気は凋落して、
悲境に沈むとのまで週刊誌に書いて罵った。
自分よりも成功している者たちが妬ましいから、
相手がコケタ時に因縁を付けてやっつけて、溜飲を下げているのです。
桐山さんが悪質なのは、弱者、弱っている相手、反論できない相手に
因縁をつけて蹴飛ばし、自分の力を誇示する点です。
芸能人の件も、田中角栄も、彼らが困っている時になると、
鬼の首でも取ったかのように、彼らに因縁をつけて、足蹴にして力自慢のネタにする。
死んだ人など、反撃できない弱い人だけを相手するしかない。
なぜなら、霊視能力なんてないし、とても卑怯な男だからです。

142 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:47:49 ID:gkZH3Me/
『一九九九年地球壊滅』
「念力の護摩か。惜しいかな。メシアの火の洗礼にくらべて、
舞台が小さい。背景が小さ過ぎる。メシアのように、
アメリカでデビューすべきだったな。かわいそうに、
よいプロデューサーがおらんかったのだろう」(361頁)
「わたくしでございますか?私は、天才だと思っております」(366頁)

桐山さんの嫉妬の元は、自分の能力への異常な自惚れから来ている。
上記は『一九九九年地球壊滅』の小説の中で、
桐山さんをモデルにした高山聖峰を高く評価させた文章です。
桐山さんは自分はすごい才能と能力を持っていると思っている。
桐山ゲイカは自分は天才であり、巨大教団に成長しないのは、
日本という舞台が小さすぎるからであり、
よいプロデューサーに恵まれなかったからである、
つまり、桐山ゲイカが悪いのではないと言っているのです。
信者時代、この本での桐山さんのすさまじい自惚れと子供じみた責任転嫁に
嫌悪を覚えそうになるのをこらえながら、
「これはあくまでも小説なのだ」と読んだのを忘れることにした。
もちろん、醜く薄汚い物を見てしまった不快感がずっと残り、
今に至るまで忘れられるはずはない。

143 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:53:05 ID:gkZH3Me/
>>142 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:47:49 ID:gkZH3Me/
「わたくしでございますか?私は、天才だと思っております」(366頁)

信者さんたちにお聞きしたいのは、あなたがもし、誰が読んでも
自分がモデルだとわかる小説を発表するなら、登場人物に
「彼は天才だよ」「良い部下がいれば、世界的な企業を作っていただろう」
「彼女はクレオパトラのように美しい」などと書くか。
仮にそんな自惚れを持っていたとしても、
ほんの少しの羞恥心があれば、書けない。
だが、我らが胃大な桐山ゲイカの、ヒマラヤのように高い自惚れは、
すべての羞恥心を凌駕してしまい、こんな本を書いて恥ずかしいとも思わないのです。
天才だという桐山さんは、仏教の解脱の定義すら間違った。
辞書にすら書いてあることを間違える天才とは何なのだ?
三供養品では三福道を捏造し、仙尼経では異陰を捏造した。
どう見ても、桐山さんの天才とは嘘つきの天才、自惚れの天才です。

144 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 23:04:21 ID:gkZH3Me/
>>142 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:47:49 ID:gkZH3Me/

桐山さんは文化勲章をもらった寂聴さんの悪口も昔言っていましたね。
「夫と子供を捨てていながら、今さら何が出家だ」というような言い方でした。
妻子の住む家から出たのは桐山さんも同じなのに、
どうして他人の悪口を言えるのかと聞いていておかしかった。
しかも、寂聴さんのほうは数多くの小説を発表して、
作家としても成功をおさめた。
小説で成功した彼女への嫉妬なのでしょうね。
文化勲章に彼女は一銭も払っていない。
あくまでも彼女の業績に対する評価です。
一方、桐山さんが教団でもらったという紺綬褒章(?)は寄付へのお礼です。
信者さんたちはよおく現実を見ることだ。
桐山さんは金を出さないでは世間から一切評価されていない。
全部、お金を出している側です。
お金を俗人に供養する聖者、寄付をする仏陀なんて、アリか?

145 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 23:06:27 ID:gkZH3Me/
>>142 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 22:47:49 ID:gkZH3Me/

寂聴さんが桐山さんと大きく違うのは、お金を要求しないことと、
大衆に安らぎや慰めを与えている点です。
桐山さんはひたすら大衆を宗教的に脅かして、金を集める。
信者さんたちは、「桐山ゲイカは法の力で人を救っているが、
寂聴さんはただ説法しているだけだ」というでしょう。
桐山さんが法の力で人を救ったことなどない。
自称天才と同じで、法力で救ったなんて、桐山さんの自己申告です。
信者以外で、桐山さんと利害関係を持たない誰が、どんな組織が、
桐山さんの法力で助かったと言いましたか。
そんな人も組織もありません。
モンゴルの四ヶ月も続いた山火事を消したというのに、
モンゴル政府からは感謝状という紙切れ一枚もらっていない。
核戦争を防いだというのに、インドもパキスタンも認めていない。
今もロシアに多額の金をばらまいて、なんとか護摩を焚かせてもらおうとしている。
彼がしていることは、因縁や霊障など霊的な脅かしをして金を集め、
その金でイベントを開き、自分を偉くみせようとしているだけです。
こういうのをカルト宗教といい、信者さんたちは仏道の修行をしているのではなく、
桐山さんの自惚れと自己満足と妄想の手伝いをしているのです。

146 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 08:19:19 ID:gTgkrENK
ほんと、そうだよね???。

147 :ザ@桐山晴雄:2006/11/17(金) 10:31:28 ID:VnEvfGtB
だからね、若いころに桐山は、谷口雅春さんの「生長の家」なんかに
ゆき、いい大人の信者たちが「ひれ伏す」のを見ていたわけですよ。
あの性格だからね、
『なあん??????だ、簡単じゃねえか。俺ならもっとすごいのつくれるぞ』と
考えたわけだよね。あとはご覧の通りです。
桐山により、宗教というものが、日本では更に「うさんくさい」ものに
「変身」したのです。桐山のやり方は「なんでもあり」です。
まあね、宗教というもの自体に「うさんくさい」傾向はもともとあるんだ
けどね。それにしてもアイツのやり口は「姑息」なんですよ。

148 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:30:50 ID:Y5ER+Q2M
ザの部分転載
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s
>の根本だと書いてあるね。そしてP176には、この福は世間福(現世利益)ではないと書いてあります。ユビくんも読んだらよい。

私が一年半ほど前のスレ85の312以降で、使者さんの書いた同じような内容に
すでに反論していることを知らないか、忘れているのでしょう。
使者さんはユビキタスさんにお任せして、
他の信者さんたちは世間福と出世間福について教学を思い出し、
桐山さんがここでも教義を捏造している点を復習しましょう。
信者さんたちが桐山さんから信じ込まされている世間福、出世間福の意味と、
釈尊が説いている意味とは違っているのですよ。

149 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:36:18 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

桐山さんは福には世間福と出世間福があり、お釈迦様が説いた福とは、
世間福ではなく、出世間福だという。
出世間福を桐山さんは次のように説明しています。

『社会科学としての阿含仏教』318頁
「出世間福を具体的にいえば、解脱の福です。解脱成仏の福です。
因縁解脱してしまう福、悪いカルマを切ってしまう福が出世間福なのです。」

つまり、世間福とは御利益であり、出世間福をもらうと解脱できるというのです。
桐山さんの説明は一見世間福を否定しているかのような書き方です。
因縁解脱してブッダになるための高尚な福がえられるのだと説いているように見えます。
ところが、出世間の福で因縁解脱ができれば、

「出世間福を得る過程で、世間福などは自然に身についてくるでしょう。」
(『社会科学としての阿含仏教』の319頁)

ほらね、桐山さんはほんとうに口がうまい。
「釈尊は出世間福のみをくれる。しかアし、出世間福で因縁解脱すれば、
世間福もばっちり得られる」というのです。
これじゃ、釈尊は世間福を説いていると言っているのと変わりない。
これは桐山さんは、「我が教団こそは解脱という福も、
世俗的な御利益も、どちらもバッチリでっせ」と言いたいがための詭弁です。

150 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:38:27 ID:Y5ER+Q2M
『社会科学としての阿含仏教』318頁
「出世間福を具体的にいえば、解脱の福です。解脱成仏の福です。
因縁解脱してしまう福、悪いカルマを切ってしまう福が出世間福なのです。」

この桐山さんの文章にはゴマカシがいくつかあり、
一つは仏教には存在しない因縁解脱ができるという点、
もう一つは世間福と出世間福の意味の嘘です。
すでに何度も述べているように、仏教には因縁解脱などありません。
因縁解脱は簡単にいえばカルマ解脱です。
しかし、釈尊はカルマを断ち切ることを説いていないし、
解脱の定義もカルマ解脱ではありません。
ですから、仮に、百歩譲って、如来に人と金を差し出すと
解脱の福徳を見返りにくれるとしても、その解脱の福とは
因縁解脱ではなく、煩悩がなくなることです。

151 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:45:26 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s
>の根本だと書いてあるね。そしてP176には、この福は世間福(現世利益)ではないと書いてあります。ユビくんも読んだらよい。

次に、桐山さんのいう世間福と出世間福の内容についての嘘です。
世間福、出世間福の教義を復習してみましょう。
使者さんが引用してくれた『アラディンの魔法のランプ』の176頁に
世間福と出世間福のことが書いてある。

「ただ、この福というのは世間福というような世俗的な福・御利益のことではなく、
出世間福、つまり因縁解脱する福徳のことです。」

桐山さんは、ボランティアなど善行の結果得られるのが世間福であり、
如来に供養することで得られるのは出世間福であると説明しています。
だから、本物の如来のいない他の教団でどんなに金を貢ぎ、活動しても、
それは世間福しか得られないというものです。
宝クジで当たり、かえって不幸になるケースのように、
世間福は本人を幸せにするとは限らないが、
出世間福は因縁解脱の福だから、絶対に幸せにするというものです。
桐山さんのこの定義をまとめるなら、
*世間福・・・一般社会の善行で得られる世俗的な福
*出世間福・・・如来に供養することで得られる世俗的な福と因縁解脱の福
ということになります。
以上の教義は、阿含経から見たら真っ赤な嘘なのです。

152 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:49:50 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

桐山さんは旧『座右宝鑑』で「世間福経」を引用して、
世間福と出世間福を説明しています。
この経典は『國訳一切経 阿含部 4』(大東出版社)29頁以降にあります。
経典には七つの世間福と、七つの出世間福とが説かれている。
しかし、内容を読むとは桐山さんの説明とは違います。
七つの世間福とは、簡単に言えば、比丘たちのために衣食住を提供して、
彼らの修行が順調に進むように手助けすることです。
桐山さんは、慈善事業やボランティアなど世俗的な善行で
得られる世俗的な福徳が世間福だと説明しているが、
経典の世間福はそうではなく、如来と比丘への供養で得られるのが世間福です。
桐山さんは、如来への供養で得られるのは出世間福であると説いているのだから、
桐山さんのいう出世間福は、経典では世間福です。
また、信者さんたちは世間福を世俗的な御利益とみなしているだろうが、
世間福経の釈尊のいう功徳や果報とは世俗的なものではありません。
それは次の出世間福の説明からもわかります。

153 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:54:27 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

釈尊は世間福に続いて、七つの出世間福について説いています。
それらは、簡単に言えば、比丘たちを探し、彼らに供養して、
三宝に帰依し、在家の五戒を受けること、つまり在家信者になることです。
ここでも七つの出世間福によって大きな功徳が得られ、
世間福と出世間福がそろえば、すばらしいことだと絶賛しています。
世間福も、出世間福も桐山さんの解説とずいぶん違うことに気が付きませんか。
出世間福とは、在家が仏教に帰依して信仰を実践することそのものを指しているのです。
世間福は比丘たちの修行を助けることであり、
出世間福とは在家として信仰を実践することだというのですから、
世間福や出世間福など、言葉としては新しいが、内容は従来から釈尊が在家に説いてきたことです。
在家として比丘たちに衣食住を提供(供養)して、
自らも釈尊の教法を実践するように説いたにすぎない。
桐山さんのようにことさら取り上げて、強調しなければならない新しいことではありません。

154 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:56:44 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

桐山さんの解釈のおかしい所をまとめてみます。
一つ目に、世間福の解釈が完全に間違っている。
桐山さんは世間福を「一般社会に対する布施行による福徳」と述べているが、
釈尊のいう世間福とは、比丘たちに供養するという行為そのものです。
つまり、桐山さんのいう出世間福を釈尊は世間福だと言っている。
二つ目に、出世間福の解釈も間違っている。
桐山さんは、功徳というエネルギーで因縁がキレテ、 解脱するなどと述べている。
釈尊のいう出世間福とは、在家が仏教に帰依して実践することです。
本人が実践したなら、解脱への道を歩むから、大きな功徳だと言っているだけです。
釈尊が何か授けてくれるのでも、悪因縁や煩悩を切ってくれるのでもない。
三宝に帰依して、“自分で”煩悩を切る修行を実践して得られる結果を出世間福と述べたのです。

155 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 13:06:05 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

桐山さんはどうしてこんな明瞭なゴマカシをしたのでしょうか。
ちゃんと理由があるのです。
一つには、桐山さんの頭が使者さんと同じで他力の御利益信仰だからです。
こういう餓鬼クラスの目でいくら阿含経を読んでも、曲解するのは当然です。
つまり、桐山さんの脳味噌はこういう点では使者さんと同じ程度なのです。
もう一つは、信者さんたちに教団以外で寄付やボランティアなどしてほしくないからです。
これをやられたら、その分、教団の取り分が減る。
桐山さんは自分の所に人集め、金集め、労力奉仕が欲しい。
ところが、釈尊は困っている人たちを世俗的にも助けるよう説いている。
これを知った信者たちが教団と関係ないことで寄付や労力奉仕されても、
桐山さんの懐は潤わないばかりか、下手すれば減ってしまう。
信者さんたちの寄付や労力奉仕のすべてが教団に向くようにしたかった。
そこで、世間的な寄付や労力奉仕は世俗的な功徳しか生まないと
釈尊を操り人形にして言わせたのです。

156 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 13:11:03 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

信者さんたちは世間的(世俗的)な福徳はダメだと教え込まれている。
「金持ちでも悪因縁があれば、それが原因でかえって不幸になる。
だから、世間的な功徳は因縁のままであり、幸せになるとは限らない。
出世間的な福徳は、仏様がくれる福徳だから、
悪因縁を切ってくれて、不幸になることは絶対にない。
あなたは世間と出世間のどちらで功徳を積みたいか。
もちろん、生きた如来がいらっしゃる阿含宗でのみ功徳を積めばいいのであーる。
世間の人たちを物質的に助けても、彼らの因縁がそのままなら何にもならない。
因縁を切らない限り、世俗的な助けはかえって因縁を増長させる。
彼等を本当に助けたければ、入信させ、如来へ供養させるしかない。
だから、彼らを教団に釣れてきて、入信させるか、
最悪でも護摩木一本でも買わせて、如来に供養させることである。」
こんなふうに教えられていますよね。
桐山さんはいかにもこういうことを釈尊が説いたかのように
信者さんたちに錯覚させたいのです。
しかし、その元となった経典を読んでみても、釈尊はそんなことは言っていない。
世間福も出世間福も、比丘に供養し、自ら煩悩を切るための教法を実践するという
在家信者のあり方を説いた普通の内容にすぎません。

157 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 13:26:58 ID:Y5ER+Q2M
>[227]大王の使者 06/11/17 10:32 al7jtdSI.s

信者さんたちは福徳という言葉で釣られていることに気がついていますか。
>>93以降で、インドにいたシシャの話としてたとえ話をしました。
福徳、福田、功徳、福、三福道などといわれると、解脱すらも御利益に結びつけてしまう。
それをあさましいと批判できるほど私は立派な人間ではない。
かつては信者さんたちと同じように因縁切りの御利益に釣られた。
因縁をつけられたにすぎないのに、悪因縁に恐怖を感じて、
これを避けようと、金と時間と善意すらも浪費した。
因縁切りが御利益信仰であることすら気がつかなかった。
だが、そろそろ信者さんたちも桐山さんのマヤカシと、
自分に欲得があるから御利益信仰にひっかかるのだと気がついてはどうか。
因縁解脱、能力開発、超能力獲得など、一見高尚に見えることでも、
実はただの御利益信仰の形を変え、入れ物を変えたにすぎない。
いずれも煩悩増大の信仰だからです。
信者さんたちが拝んでいる釈尊はこれらをすべて否定し、捨てるように説いた方です。

158 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 14:13:24 ID:LjHadiok
普通一般に冷静になって考えれば桐山さんの言ってることはおかしい事だらけなのに
御利益に目が眩んでついつい騙されてしまうんですよ。 私もそうでしたから、よくわかる。
でも当時も、なんかおかしいぞと思ってました。「エー?そんなの仏教??」と疑問にも
思ってました。 でもダラダラと桐山さんの色に染められてしまうんです。
そのうちそれが普通に感じられる様になってしまう。怖いことですねー。
とに角、もう一度原点に戻って仏教を見ることです。
そうすれば如何に桐山さんの言ってることが馬鹿馬鹿しいかがよーく分かります。

159 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:23:52 ID:7hiIHYNN
株や先物をやってる人は分かるんですが、これらの世界には「損切り」と言う言葉があります。
この株は絶対上がるとよんで買うんですが、意に反して上がらず下がり始めることがあります。
下がってもまた上がったりもしますが、大きく下がって大損しない為にもストップロスを設定し
そのラインを切ったら迷わず売り払ってしまうのです。
大きな損を出し再起不能に陥らない為のテクニックです。そうゆう観点で阿含宗を見たら、
もうとっくにストップロスラインを切って危険な段階に入っている訳です。
星祭さんなどはとっくの昔にこの領域に入ってしまいもう抜け出せなくなっているんですね。
彼の場合、桐山さんと一蓮托生ですから、もうう運命共同体見たいなもんです。損切りしようものなら
自分も一緒にお陀仏になってしまう。だから絶対出来ません。
でも損切りしても傷が浅く再出発できる信者さんもたくさん居ます。そうゆう方々は迷わず
阿含宗を「損切り」して下さい。きっと別の素晴らしい世界が開けてきますから。

160 :迷える信者:2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K
阿含宗信仰ん十年以上の現役信者です。
最近、たまたまインターネットで阿含宗批判の膨大な書き込みを始めて見ました。
大変なショックを受けています。
最初は、猛烈な反発→心の中で反論→しかし、何日も経たない内に、
私の中に有った幾つかの疑問の数々に批判側の方々の書き込みに答えを見つけました。
いままでの信仰生活で使ったお金を計算してみたら、1000万円を超えていました。
青春時代を全て阿含宗に掛けてきたと自負していました。
今、涙を流しながら、書き込みしています・・・・・。

161 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 18:15:58 ID:7hiIHYNN
私は阿含宗を「損切り」して本当に良かったと今つくづく思っています。
1000万円ですか、大変なお金ですね、、訴えて取り返してあげたいが、
すぐには無理かもしれない、、
でも、これ以上は絶対阿含宗には投資(供養)しない様にしてくださいね。


162 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 21:22:50 ID:YEbKRRWn
>>160
今すぐ、結論は出せないでしょうが、落ち着いて考えてください。
まだまだやり直しは出来ます。反省すべきはして、新しいこれからの
人生を切り開いていってください。
貴方ほどではありませんが、私もかつては阿含宗にお金を出し、
修行をしました。でも、今は「勉強」だったと思っております。
貴方がしっかりと新しい一歩を踏み出すのを、望みます。

163 :樹意:2006/11/17(金) 21:36:54 ID:cZVtGt7i
>>124
> >>123 樹意さんは霊能があるから良いタルパがいるところを教えてください。
> 金光教は良いのがいませんか?
>
> それとアゴンのはどういう危険が予想されますか?

どうして そのタルパとやらに執着するのでしょうか?
私には依存心に見えます。
依存心があるうちは、ゲイカのような方に大事な時間その他を巻き上げられる
可能性を残すという事です。
いずれにしろこの世界 (欲界 ーーー)に展開している存在はすべて
欲に名前がついただけのものです。(十二縁起  愛 取 −− )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これあるによりて 彼あり これなきによりて 彼なし
これ生じれば   彼生じ これ滅すれば   彼滅す。

いずれも 無我であるというのが仏陀本来の教えるところであり
佛教の旗印もそのようになっています。
私は今でもちょくちょく 識魂さんたちにいたづらされていますが
増谷文雄氏の阿含経典を読み 無我を些少なりとも理解するに及んで
彼らのイタズラにも耐性が出てきました。
僅か三冊の簡易な本であり 一万円にも満たない投資です。

164 :樹意:2006/11/17(金) 21:38:31 ID:cZVtGt7i
> それとアゴンのはどういう危険が予想されますか?

アゴンに限らず あなたの文面からこういった世界の
扱いに対する姿勢に危ういものを私は感じます。
そういう世界と関わりを持ちたいと思うならば それ
相応のリスク管理が必要だと私は思います。
具体的な危険云々につじては過去スレでも書いたはずです。
識を操作されている時は 何故か気づかず後になって気づく
というのがパターンのようです。
 私は本来の仏陀が説くように こういった世界
の住人というか識魂というのは 五根に引っ張られた
存在であり
欲や執着で凝った存在が多いと思っています、中には
通力らしきものを発揮する存在があるようですけれども、
見惑の林に迷い込むという仏陀の喩えの方に 価値を置きます。
全て基本は 五根から生じる識にあるという事です。




165 :樹意:2006/11/17(金) 21:51:13 ID:cZVtGt7i
>>160

金銭もそうですがこの教団の場合はお導きと称する 人集め
ボン行と称する 時間奉仕を要求してきますから、その方面のケアも
必要です、私の場合は、関係ある方にはゲイカが 多くの嘘をついていた
事を伝えて、お詫びした記憶があります。
カルト問題は金銭のみならず 人の時間と信用を根こそぎもっていくことに
あります。

私は一番身近な親に、良かれと思ってやったことだとお詫びしたら
納得してくれたようです。
生きているうちに気がついただけでも善かったと思いませんか?
確かに教団主催者達は後ろで 舌を出すような方達だったようですが
私達元信者がご先祖の供養で出した(気持ち 真心)といったものは
間違いではあったものも ちゃんと届いていると私は今でも
思っています。
一千万円分の気持ちや善意というものは きっと>>160 さんの
周囲にいい雰囲気として漂っているものと思います。
ですから決して無駄ではない そう思います。




166 :樹意:2006/11/17(金) 22:15:23 ID:cZVtGt7i
現時点で私の尊敬する バフェット氏は社会福祉 慈善事業に300億ドルの寄付を
表明しています。

長者の十徳を地でいくような方であり、王様の富は持つつもりはないと
言います。
私的資金を 公的使い方をしているわけです。
所謂 旦那という存在でもあります。
税金というのも本来はこういう富の再分配であるはずなのですが 日本の場合は
お役所の利権がからみ アメリカのようなわけにはなかなかいかないようです。
要するに寄付に関してもお役所の利権を通すように しているのです。
結局 今介護難民が問題になっているように そういった方面になかなか
お金が回らないようになっているのです。

某大手政治カルトが 老人ホームを独占して顰蹙を買っているように
カルトはこういった 本来の寄付だとか社会性だとかとは方向性が
違い 自分達の利権の為に政治力を使うという傾向があります。
私達元信者が、善意で払った供養金も右翼だの暴力だのに使われた
経緯があり、その政治力を駆使してアウシュビッツまで出かけていった
わけです。
確かに 払った供養金の気持ちというものはご先祖様に届いては
いるのでしょうが、
こういったカルト団体には、資金提供や政治力を与えてはいけないのです。
ですから気づいた方は その資金提供を控えて欲しいのです。



167 :ザ@桐山晴雄:2006/11/17(金) 22:22:51 ID:VnEvfGtB
私は桐山さんという人を近くで見て、更にその人となりをみて
「詐欺まがい」のインチキ宗教者だと断言できます。
信者さんは、管長が一番法力がある、すごい霊力があると信じてるん
ですね。なかなか批判的なことは受け入れられない。しかし一度疑問が
出てきて、この掲示板の中に「答え」を見出し、更に桐山さんを分析すると
何と!自分は騙されてたんだ!と気づくのです。
たしかに10年、20年、1000万円2000万円は「大損」です。
おおきすぎる。しかし、それでも自分の人生を「自分足で歩く」
「自覚して歩む」という真実は得られるのです。
洗脳が解けない擁護派は、いつまでも「インチキ宗教家畜」のままです。
どうぞ元気を出してください。
自己カウンセリングのつもりで、書き込みしてください。

168 :悩める怪(印)くん:2006/11/17(金) 23:03:37 ID:oc61udJq
>>164 高藤本読んだことありませんか?結構利用できるものはなんでも利用してます。
リスクですが織を操作されるような体験をしたことないので分らないんです。
プラナは強化できるような感じです。樹意さんのカキコで性欲が強化されるのに関心をもちました。
性欲が強ければこそ、それを武息で気に変えれるので。
まあ自分は仏道修行者じゃないんですね多分

169 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:50:38 ID:Qbt74zkN
インチキではないです。
アナゴンに成れるからです。

170 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 07:04:52 ID:6O/163Cd
本日は、錬脳塾(火と水のコース初級)
です。土日を有効に利用しましょう。
今回、猊下は来ません。
また、暇になれば書き込みます。

171 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 10:44:41 ID:iQDqCqt+
阿含宗を「損切り」するぞ!! 阿含宗を「損切り」するぞ!! 阿含宗を「損切り」するぞ!!
おれは絶対阿含宗を「損切り」するぞ!!

阿含宗から一千万円を取り戻すぞ!! 阿含宗から一千万円を取り戻すぞ!! 阿含宗から一千万円を取り戻すぞ!!
阿含宗から絶対一千万円を取り戻すぞ!!

172 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 12:16:34 ID:tT+fuqSf
これがあれば、これがある。これが生ずれば、これが生ずる。これがなければ、これがない。
これが滅すれば、これが滅する。
無明によって行がある。行によって識がある。識によって名色がある。名色によって六処がある。
六処によって触がある。触によって受がある。受によって愛がある。愛によって取がある。
取によって有がある。有によって生がある。生によって老死・憂・悲・苦・悩・絶望がある。
無明を滅しつくすことによって行が滅する。行がなくなれば識がなくなる。
識がなくなれば名色がなくなる。名色がなくなれば六処がなくなる。
六処がなくなれば触がなくなる。触がなくなれば受がなくなる。
受がなくなれば愛が無くなる。愛がなくなれば取がなくなる。
取がなくなれば有がなくなる。有がなくなれば生がなくなる。
生がなくなれば老死・憂・悲・苦・悩・絶望がなくなる。
この苦の集積の滅尽は、かくのごとくである
三次元世界(在家)の生衆において実行は無理だね。三次元世界(在家)ではその精神を理解したうえで善、徳を
のばす生き方をするしかないみたいだね。

173 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 12:18:55 ID:tT+fuqSf
12因縁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%A0%E7%B8%81

174 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:49:47 ID:i3R9p+Be
>>160 :迷える信者:2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K
金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。
管長の指導のとおりにやっていればそれなりの霊験は誰でも得られるのだよ。
やることをやらない奴が批判を垂れてるの。
10年以上もせっせ、せっせと金をつぎ込んでご苦労サンだが
これからは、もう少し体を使った修行をしてみればどうだろう?
いまここでやめたところで悔しさが残るだけだし、人生は変わらんと思うよ。
ユビや名無しを見ればわかるだろう?
いや、変わらないどころか、ますます悪くなるだろう。
少なくとも、彼らは今の人生に満足していないのは万人の認めるところだ。

175 :ベレムベア:2006/11/18(土) 14:50:58 ID:585dvKuy
昭和の時代には、自分を世話してくれていた先達さんがいて、
梵行とかいう活動がうまくいかず落ち込んでいると
 「総本山が完成するとね、阿含宗はものすごい力を発揮するように
  なるのですよ・・・」
と言って励ましてくれたり、いろいろと悩みを聴いてもらったりしていました。
それで、総本山が平成3年に完成して後、何があったのでしょうか?
桐Yさんの道楽とわがままを見ただけでした。
気がつくと、平成の時代では
その先達さんは、すでに退会され、いなくなっていました。

176 :ベレムベア:2006/11/18(土) 14:52:35 ID:585dvKuy
あの総本殿とかいうところで、例祭をしたことがあるのですか?
あそこの写真や映像を見るとき、いつも閑散としていますね。
いつか総本殿に、参拝したとき、
あそこのいちばん中央の鬼瓦にカラスが一羽、平然と留まっているのを
現場で目撃したことがありました。
なんのパワーも感じず、あまりよい思いはしませんでした。
あそこは、なんの意味があるのですか。

177 :ベレムベア:2006/11/18(土) 14:53:49 ID:585dvKuy
以前カキコした「獄門島」とかいう映画を再度ビデオで確認しました。
あれは、見方によっては桐Yさん一族には、キツイ冗談ですね。
映画、テレビシリーズいくつもあるようですけれども、
自分が見た映画は、
石坂浩二さんが金田一探偵を演じている分です。

178 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/18(土) 14:58:09 ID:nYJzOu3R
>>160
迷える信者さんの気持ちはよくわかる。
そうです、私も最初は批判側の批判に反感覚え不愉快だった。
しかし根拠のある理性から語る批判内容は無視できなかった。
私も含めて大方の元信者がそういう体験をしている。
ん十年で1000万円というのは阿含宗では頷ける話です。
珍しい話ではない。皆何百万単位の浪費をした。
悔しいが、これを戻すのは難しい。
それよりも1000万円も払って世の中の悪意にふれて騙される
自分を知るという人生勉強をしたと考えるしかない。
逆に未だに気づかずに投資を今後も続けていたであろうことに
ゾッとした方がよい。
気づく機会に接しただけラッキーだったし、気づいたあなたには
知性が残って生きていた。
そしてここで全てを捨て去ることです。
欺瞞に気づきながら捨て去れずに未だに信者を続けている人がいる。
その一人がザのスレやここにもいる青柿さんです。
彼は桐山さんや阿含宗の9割は嘘でできているとスレを読んで
気づいた。しかし退会などをせずに悩みながらも残っている
のが1割の真実という動物霊のような俗念のタルパが道場に
満ちており、こんなもんでも活用できないかと考えている。
武道や気功やヨガなどを他の実践者から習ったり本を読んだり
してる彼には未練を残す理由がない。
未練は別にある。
彼がチラと書いていたことがある。
これまで解脱供養などに多額投資したのが無駄になってしまう
というものです。
だからタルパでもよいから価値を残したい。
しかし私は思う。
捨てて初めて得られるものがある。

179 :ベレムベア:2006/11/18(土) 15:01:05 ID:585dvKuy
先日、用事が出来て大阪へ行ってきました。ついつい懐かしくなって、
余った時間に西天満の旧大阪道場跡を訪ねてみました。
その建物は、まだ存在していてリフォームされラブホテルに、
なっていました。
冗談のような現実を前にして、ずいぶんと時間が経ったのだなあと
思いました。

180 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/18(土) 15:03:46 ID:nYJzOu3R
>>174
なんで迷える信者さんが、ん十年も在籍しながら、金ばかり
投資して、体を使った修行をしなかった、足りなかったと
根拠なく判断するわけ?
ひょっとして、それって、君自身の自省の念かね?

181 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 17:14:45 ID:vLWHsC9l
>>178 なるほど! 自分ではうまく自己分析できないものですが、原因はそこにあったのですねえ。我ながら、あはは・・です。
知人が以前に見合いをしたのだがなかなかの器量良しを相手に、「自分がアゴン宗をやっている」と言ってしまったんですね。もちろん破談。
私も元カノに言ったことがある。それが主な原因ではないが、振られる際にその理由のひとつにされてしまいました。
ちなみにその知人はボンギョーで再起不能になりました。再起不能になっても読経をしてました。もっと有効な修練を薦めたが聞く耳なし。

でも今、私にとってアゴンってそれほどの価値はないから知人ほどには失敗はしないでしょうねw
止めるべきときには止められます。

182 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:31:24 ID:ZceIxgp6
>>179
>先日、用事が出来て大阪へ行ってきました。ついつい懐かしくなって、
>余った時間に西天満の旧大阪道場跡を訪ねてみました。
>その建物は、まだ存在していてリフォームされラブホテルに、
>なっていました。

そうでしたか、ラブホテルになっていましたか。
私も昔、あそこへ伺ったことありますが、
それじゃ郷愁に浸るどころじゃなかったですね。
みんなあの頃は燃えてましたが、悪い夢だったなんて
ほんとうに寂しい話ですよ。

183 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 18:50:49 ID:6O/163Cd
今の流れじゃー何書いても意味なし
もう情報流すのは止めにしますね

184 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 18:54:02 ID:vLWHsC9l
>>183 何故何故? 具体情報くれれば盛り上がると思うけど

185 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 19:56:15 ID:6O/163Cd
>>184 そういっていただけるのなら
今回の錬脳塾火の行水の行は、第一回
護摩コースで猊下が念力護摩を会得する
ためには、不動護摩と滝行で精神を鍛え
なければいけない云々ということから
念力護摩の伝法の前段階として行われる
ものらしい。
猊下はこないので一日目は開講式の後
次第と実践を行い夕食後 猊下のビデオ
火の行水の行の意義-鑑賞後
自由時間 就寝
参加者は80名内護摩コース参加者数名あり
尚、ビデオは過去二回の護摩コースでの
猊下の講義を編集したもの

186 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 20:07:05 ID:6O/163Cd
>>185 続き
本来なら初級基礎→滝→護摩→護摩滝
のはずが護摩滝→護摩になってしまった
でもまだ初級コースなんです

187 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 20:14:18 ID:6O/163Cd
質問をうけますよ。
誰か北海道本部の工事について
解る人情報ねがいます。

188 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 20:22:01 ID:vLWHsC9l
>>185 参加者の年齢層についてお聞きしたいのですが、20〜30代の参加者って結構いるのでしょうか?
会員であっても念力護摩は手品だと知ってる人もいますし、また作法だけでは念力護摩は不可能だと思う人もいます。(私自身はチャクラ云々が加わっても人が火を出すなんてぷっ、って思いますがw)
だから参加者は50代〜70代が多いと予想しているのですが?
また参加人数も募集定員に満たないのでは?と思います。

189 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/18(土) 20:25:26 ID:nYJzOu3R
>>183
>>185
いつも情報提供ありがとうございます。
冷え込んできましたが、冬眠などされずに許せる範囲で情報提供
していただけると役に立ちます。
流れなどというものは、もともとこういうスレは雑居空間
なのですから、複数のネタが同時進行します。
私はそういう雑居空間が好きです。
当然レスがつく話題とスルーされたかのようなスレがあります。
しかし私を含めた参加者は皆、各スレの内容を注目して読んでいます。
レスがつかなくてもそれは情報として皆の頭にインプットされ
後の批判の土台になったりもします。
今回の情報で言うならば、桐山さんが信者の錬成育成という
最も重要な課題に自ら続けて参加できないという事実がわかる
わけです。些細なことでも有効な価値ある情報です。
ベレムベアさんの旧大阪道場の跡地がラブホテルになったと
いうのもなかなか笑える話でしたね。
聖衆たちが聖業に励んだという聖なるバイブレーションに
満ちていたはずの空間が今では性なるバイブレーションに
溢れているのはどういう因縁でしょう?
もともとそういう欲望の渦巻いていた空間に異業種だが同類が
時期を別にして使用した因縁があるのでしょうかw

190 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 20:31:19 ID:vLWHsC9l
>>189 タルパパワーにおもいしったか!?

191 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:33:09 ID:ZOppb8Bv
甲州ワインの欧州販売記事は、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-00000407-yom-soci
当方の以下の論説が影響した可能性もある。欧州ワインが血液酒ならば
本当の意味でのぶどう酒は確かに欧州で売れるだろう。

フランスは「欧州の韓国」と言われているのは、これが原因だろう。

===============
フレンチ・パラドックスと北朝鮮拉致事件との接点
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/132-143
コリアン・パラドックスと北朝鮮拉致事件との接点
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162341238/650-686


192 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 20:37:34 ID:vLWHsC9l
護摩滝(80人)→護摩(参加者数名)ということだろうな。
どいつもこいつも知性ない奴ばかりだろうw
一番アホそうなのが、参加者数名 ってところかw

193 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 20:44:35 ID:vLWHsC9l
http://religion.bbs.thebbs.jp/1162293024/92
ザビビで見たのですが、こういう系統の実践はあったんでしょうか?

194 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 20:54:26 ID:6O/163Cd
>>188
今回は40歳位だったかな?
初級コースは三十代が平均です
時々若くなるので何ともかんとも

195 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 21:03:38 ID:6O/163Cd
>>189
ありがとうございます。
どうしても館長いや猊下の講話ばかり
のようで本殿を見ないのかと
一度本殿をみてください
栄華とはいえ儚いとおもえます

196 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 21:10:09 ID:6O/163Cd
>>192 それは、可哀想。
護摩焚きは、いつも出来ないから
まとめたと、いうことで
先週の錬脳参加者より、いいので悪く
いいません。

197 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 21:14:06 ID:6O/163Cd
>>193
私の記憶にありません

198 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 22:24:05 ID:vLWHsC9l
>>195 「金を惜しむな、名を惜しめ」という言葉があるみたいですが、
隊長先生も、ザ晴雄さんをもっと大事にすればこんなこともなかったんでしょうね。
教団拡大の武器、つまりW田ちゃんや小僧ただしさんを重用した結果ですね。
成仏法とか間脳とか中身なくても、啓発だけは した人でしょう?
で実践はザ晴雄さんに引き継げば良かったのです。
しかし残念です。

反対に本山博氏の名は後世に残るでしょう。もちろん良い意味で。
団体は小さくても海外のニューエイジの人からも評価されてますし

199 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:44:05 ID:zwVjvY0O
いやべつにお年をめしたゲイカが参加しなくとも問題はない
きっちりと、滝行、護摩行ができればね。
わざわざホテルのプール借り切ってのくだらない水泳だとか
計算だとか、あんなもんやらせるからバカくさいんだよ。
滝行くらい、みんなにやらせろって!
場所としてはいい場所なんだからさ、もっと練成道場を活用しなくっちゃね。
本山さん、って、そんなにいいかね?
ニューエイジに評価されてもしょうがねーよ
晴雄さんね、彼についても過大評価しすぎだね、言っちゃわるいけどさ
知識だけは豊富らしいけど、言うほどの事はない
まあ、私の知っている例の元幹部だとしたらね。
けっこう今大変らしいけど・・・社長業どころじゃない(笑)。

200 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:46:39 ID:zwVjvY0O
残らないよ・・・。

201 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:48:46 ID:uEscxnIc
>>183 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/18(土) 18:50:49 ID:6O/163Cd

鈴虫さんの書き込みにレスが少ないのは、読んでいないとか、関心が低いからではありません。
元信者の批判側ばかりか、信者側ですら、練能塾に参加している人は少ない。
ハンドルをつけている信者は一人も参加していないのではないか。
状況がわからないから、高い関心の割にはレスが付けにくいのです。
沈黙の信者さんたちが一番関心を寄せて読んでいると思います。
どんな小さなことでも書き込んでください。
断片的な情報でも、それは何かの一部を表しているのです。

202 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:51:18 ID:zwVjvY0O
箱根は冬場は水が凍りついて滝行どころではないらしい
また、あそこは高級別荘地だろ
はたして宗教団体の修行場としてやって、苦情がが来そうな気がする。
でかい声で「ノウマク・サーマンダー!」なんて、やってみ。

203 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:52:38 ID:uEscxnIc
>>198 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 22:24:05 ID:vLWHsC9l
>「金を惜しむな、名を惜しめ」という言葉があるみたいですが、

桐山ゲイカはこれを実践されて、宗教家畜から集めた金を
惜しげもなく、名誉を買い集めるために投資しています。
桐山ゲイカの国語力では「名を惜しめ」とはエラクなることのようです。

204 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:54:49 ID:uEscxnIc
>>181 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 17:14:45 ID:vLWHsC9l
>止めるべきときには止められます。

星祭さんは、「自分は、一般信者のように桐山ゲイカ万歳でもなく、かといって、
批判側のように批判ばかりでもなく、桐山ゲイカの良い点と悪い点を
最も客観的に見ている」と思いこんでいる。
青柿さんはこういう星祭さんの思い込みをどう見るか。
星祭さんは、桐山さんを擁護する根拠を「思う」「感じる」しか言えないのに、
客観的だなんて、爆笑ネタでしかない。
しかし、星祭さん本人は大まじめにそのように信じ込んでいる。
青柿さんもこういう星祭さんを他人事だと見ないで、
自分の姿を映す鏡だと思ったほうがいい。
依存とか自己洗脳をそんなに甘くみないほうがいい。
たいてい信者は自分だけは「依存なんてしていないさ」
「自己洗脳なんて、まさか」と思っているし、
他でもない私もそのように思っていた。
自分の意志で辞めるべき時に辞められる、などと思っているのは、
自分の依存性や桐山さんの詐欺師としての能力を過小評価しているからです。
自分をもっと疑ってみることです。

205 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:56:27 ID:zwVjvY0O
>201
あなた沈黙の信者のひとりってわけ?

206 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:58:47 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K
>今、涙を流しながら、書き込みしています・・・・・。

心ない信者からは罵声の書き込みがあるだろうが、気にしないことです。
さっそく>>174のような信者が現れた。
ン十年で一千万円なんて、少し熱心な信者なら珍しくはない。
守護神をもらうためには、二家系十順で最低でも400万円であり、
これに家族の冥徳解脱を加えれば500万円はいくでしょう。
冥徳供養が始まってから15年として、その間に護摩木を毎年、
千本勧進していれば150万円、伝法会に出ていれば5コースだけで約50万円、
会費も自分と妻と子供が二人いれば、15年なら百万円以上です。
これだけでも800万円をこえている。
こんなふうに目立つ部分だけ計算しても、
一千万円なんて珍しい数字ではありません。

207 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:00:54 ID:zwVjvY0O
>204
おまえこそ、ひとりよがいの悪口しかいえないくせに(笑)。
「思う」、「感じる」っていうのは、自分の意見を
おまえのように強引に押し付けるような下品なことは
したくないからなんだよ。
また、人々それぞれの意見、と自分で実際に感じるべきであって
ネットでぐだぐだ言って結論をだすな!っていうこと、
おまえのようウジウジしているのが、いちばんキモいんだよ(笑)。

208 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:02:07 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K

ところが、>>174さんは、
>金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。
なんだそうだ。
桐山さんに指示された程度の金を供養していれば、
一千万円など珍しくもないのに、金で買うなどと書いている。
他の信者さんたちも考えてほしい。
どうして、174さんはこんなことを書いたと思いますか。
これは、ユビキタスさんも指摘しているように、
174さん自身が金銭的な供養をしていないことの言い訳に使ったのです。
普通に計算すればン十年で一千万円などおかしな数字ではない。
だが、それを出していない174さんは自分を正当化したいがために、
160さんを、梵行も何もしておらず、金だけ出した信者だと決めつけて、
罵ったのです。
涙を流して苦しんでいる人の頭を踏んづけて、
自分が金を出さないことを正当化したのです。

209 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:04:18 ID:uEscxnIc
>>174 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:49:47 ID:i3R9p+Be
>金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。

「青春時代を全て阿含宗に掛けてきたと自負していました。 」
と、160さんは書いているのだから、梵行をしていないなどありえない。
ところが、>>174さんの助言によれば、
「これからは、もう少し体を使った修行をしてみればどうだろう?」だそうだ。
160さんが金が惜しくて泣いているのだと思っている。
普通の国語力があれば、160さんがただ金が惜しくて泣いているのではなく、
騙されたことや青春も取り返しがつかないことに泣いているのだとわかる。
ところが、174さんは何を160さんが苦しんでいるのかわからず、
一千万円というお金にしか目に行かなかった。
つまり、174さんこそ金の供養もろくにしないくらい貪りが強く、
金の供養が足りないことにどこか劣等感を持っている。
だから、一千万円という金額を示されて、
出していない悔しさから、160さんを思いっきり殴った。
宗教を理由に、自分のうっぷん晴らしをした。
そんなところまで桐山さんのマネをしなくてもいい。

210 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:08:06 ID:uEscxnIc
>>174 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:49:47 ID:i3R9p+Be
>金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。
>管長の指導のとおりにやっていればそれなりの霊験は誰でも得られるのだよ。

教義がメチャクチャで、教祖が嘘だらけだとわかって、
ショックを受けている法友への助言が、金と霊験?!!
もう少しまともなことが言えないのか。
160さんは霊験(御利益)がないと批判しているのではなく、
桐山さんと教団の嘘に絶句しているのです。
霊験を御利益とも知らず、自分の主観しか頭にない174さんの感性では理解できないだろうが、
普通の人は、桐山さんのように芯から嘘デタラメで出来ていれば、
もはや付いていくことはできない。
160さんはその普通の人であり、174さんは普通の人ではないだけです。
「ゲイカについて疑惑を持っているなら書いてください。
批判ばかりでなく、擁護側の説明も聞いてください」と
あなたが160さんの疑惑に答えてあげればいいではないか。
もっともと、>>174さんに疑惑に答えるだけの知性があれば、
これだけ御利益を批判されている時、霊験なんて出さないし、
阿含宗にもいないだろうから、あなたには無理な要求ですね。

211 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:11:09 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K
>今、涙を流しながら、書き込みしています・・・・・。

160さんが桐山さんへの不信、教団への疑問を出したり、
批判を述べると、たちまち周囲には174さんのような人たちが出てきます。
こういう愚劣な人たちは発言を聞くと、はっきりとわかるから実はあまり害がなく、
むしろ、困るのは本気で心配してくれる真面目な信者です。
これまで法友として信頼があると思っていた人たちが意外な反応を示します。
これからあなたの周囲の信者の反応は、ショックかもしれないが、
良い人生勉強の機会だから、よく観察することです。

212 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:11:40 ID:zwVjvY0O
だから、それだけ金をかけて満足できなかったということでしょう。
ノートにかきだしてみると良い。
何にどのように使って、結果がどうで、どのような不満が残ったのか
なぜ、そのとき、お金を出したのか。
過去をいちいち悔やむより、これからどうするべきなのか考えるべきです。
どうせ七氏の話などはアゴンを貶すネタぐらいにしか思っていませんから
同情するふりして、クソみそに貶すして喜んでいるだけですからね。
あまり真にうけて落ち込まないように。

213 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:15:41 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K
>今、涙を流しながら、書き込みしています・・・・・。

>>162さんや他の人も書いているように、一つは勉強させられたということです。
桐山さんのように「中途挫折の因縁」とか「必ず成功する」などと
単純な図式で人生を見るのではなく、失敗から学んだのです。
なぜなら、桐山さんと違い、あなたは自分の失敗を認めた。
桐山さん、星祭さんや使者さんなどは決して自分の選択の間違いを認めようとしない。
あなたや元信者はそれを学んだのです。
釈尊の最期の言葉が「人生は短いから、怠らず精進せよ」であったように、
生きている間、学び進歩しなければならない。
幼稚園の砂場の宗教ゴッコを終えたのです。
星祭さんや使者さんように今生では砂場から卒業できない人たちもいる。
今回の人生でここまで来れてよかったです。
ただ、卒園はできたが、小学校に入学できるかどうかは次の段階です。

214 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:18:29 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K

せっかく砂場の大王様ゴッコを卒園できたのに、
小学校に上がり損ねた人を何人か知っています。
彼らは後ろを振り返ろうとせず、なぜ自分はこのような愚かなことを
信じてしまったのか、見ようとしないから、また似たような宗教に流れていった。
選んだ桐山さんがインチキ教祖だったから、次は本物の教祖を捜そうとしたのです。
依存を次の相手に乗り換えたにすぎない。
樹意さんが書いているように、これを勉強の材料とするためにも、後始末は大事です。
「捨てればゴミ、使えば資源」です。
ここに批判を書き込んでいる人たちは後の道を選んだ。
あなたの場合、これからどうするのか、という問題がある。

215 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:18:33 ID:zwVjvY0O
>211
おまえに言われんでも、アゴンは金がかかるって
みんな言っているんだよ。
だから、ふつうの家庭もちは全部なんかとても出来ない。
必要と思われるものだけ供養している。
これが一般の信者。
オレだってそうだ、とても首がまわらん。
無理してやる人もいるが、そんな人達は目標なり、なにか信念があって
やりつづけている人だと思っていた。
無理していたんですね・・・。
そこまでやることないですよ、そこまでやらなくとも、私はこうして生きております。

216 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:22:47 ID:zwVjvY0O
>214
七氏、おまえは以前、オレに護摩木1000本も勧進していないくせにとか
言っていやがったな!
そのくせ、金がかかるという苦情がでりゃ、そうくるんかよ!
人には金かけてもいないからとバカにしていたくせに
ころころ変わるんじゃないよ!どあほ

217 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 23:25:51 ID:vLWHsC9l
あれれ?>>174さんは夜祭さんのようですね?
七氏の>>209の、梵行を・・・という部分に反論してないところを見ると、
体を使った修行ってボンギョーなのですか? 錬行じゃなくて。
もしボンギョーだとしたら人間として恥ずべきことを言ったのですよ。
160さんに今からでも詫びるべきです。

218 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:26:41 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K

人生をかけ、若い頃から、いろいろな意味で多額の投資をしたのだから、
周囲も巻き込んでいるでしょう。
これから批判をさらに読み、時間がたてばたつほど、
桐山さんに強い嫌悪がおきてきて、もう見るのも嫌になる。
桐山さんへの嫌悪ならまだいいのだが、自己嫌悪に陥る。
また、逆に、元に戻ろうかという気持ちや、自分の信仰心が試されており、
これを乗り越えるのが修行ではないか、などと妄想もおきる。
嫌悪と揺り戻しが、多かれ少なかれ交互に訪れます。
このスレにも時々来ているある信者は、桐山さんの嘘に気が付き、
一度は離れたのに、激しい揺り戻しに耐えきれずに、信者に復帰した。
強烈な依存心があるとこんなふうになってしまう。
ここには、あなたと同じように揺り戻しを体験しながらも、
くぐり抜けてきた人たちがたくさんいる。
体験のいくつかはあなたにとっても役立つはずです。
今は感情が乱高下して、どうしたらいいかわらないだろうが、
少し落ち着き、余裕が出たら、かならず後ろを見ることです。
桐山という人物を冷静にじっともう一度観察することです。
あなたは青春をかけたと書いている。
だったら、なおさらその青春を含めて冷静に振り返ることです。

219 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:34:01 ID:7Lhn+b+1
>>174 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:49:47 ID:i3R9p+Be
>金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。

笑わせてくれるよ。
阿含宗で直接金を出さずに済むのはALCの相談と独鈷の家事だけじゃないか。
この二つは信者が勝手に商売気を起こさないようにあえて無料にさせている。
後はすべて金、金、金だ。金を出さなきゃ悪因縁も切ってやらなし幸せにもさせない。
徳を積むという詭弁で、何が何でも金を要求するのが阿含宗だ。
金は出せませんが、体を使った修行をしますので指導してください、
錬脳塾に参加させくださいって、かん腸に言ってみな。

220 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:35:06 ID:uEscxnIc
>>160 :迷える信者 :2006/11/17(金) 17:35:15 ID:JUjAr+7K

後を振り返る方法の一つが自分が見てきたこと、
体験したことをこのスレに書いてみることです。
これはユビキタスさんも書いてるように、
批判を書いているようでありながら、実は自分の頭を整理している。
整理とは、残っている“生ゴミ”を出す作業でもある。
あなたがまだ批判について疑問に思っている点があれば、
遠慮せずに質問してください。
心のどこかに桐山さんへの信仰心を持ったままにしておくことは危険です。
腐った生ゴミを処理するのに似ている。
生ゴミは外に出して発酵させ、堆肥にするのが一番良い。
ところが、ビニール袋に入れて押入に入れてしまう人がいる。
ビニール袋に入れてしまえば、臭いもなく、忘れることもできる。
だが、袋の中には腐った生ゴミが何年たってもそのままです。
そういう事例が何人かこのスレにも出てきた。
ずいぶん前に辞めたにもかかわらず、桐山さんの正体を知らないから、
相変わらず桐山さんへのノスタルジーを持っており、
「そこまで批判しなくてもいいではないか」などと擁護を始めた。
この人のビニール袋に入っていた生ゴミはそのままだったのです。
だから、私は信者にも元信者にも「桐山さんをあるがままに理解すること」を勧めている。
今あなたが進もうとする道は五里霧中で訳がわからんかもしれない。
ここにはかつてあなたと同じように五里霧中でその道を通過して来て、
道に詳しい人たちがたくさんいることを覚えておいてください。

221 :青柿(あおがき):2006/11/18(土) 23:41:24 ID:vLWHsC9l
夜祭さんは売り言葉に買い言葉で「体を使った修行=ボンギョー」を否定するのを忘れていませんか?
錬行なら、パクリとはいえ本のとおりやれば役にたつわけで160さんへの励ましになるでしょう。

もしボンギョーなら・・・ん〜〜〜・・・

222 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/19(日) 00:08:14 ID:nYJzOu3R
>>714がたぶん星祭さんなんだろうという推測はしてました。
そして、ひょっとして自省の念?と書いたのは、自分が160さん
と同じく、ん十年も在籍していながら1000万円も払えなかった
劣等感と言うよりも、彼のいう体を使った修行を実は彼自身が
最もやっていない、足りないと感じているコンプレックスから
あなたも私と同じクチで実践不足なのではないか?それでは
まだ判断が早過ぎるだろうと諫めたと考えてみたのです。
この体を使った修行が練行ならば、それは星祭さんが最近
最も否定していることです。だから教えてもない練行のこと
ではない。とすると梵行しかない。
しかしその梵行を十分やって、俺は金はほどほどにしたが
梵行の実践でつかむものをつかんだのに、君はそれが不足
しているのではないか?という自分の経験に裏打ちされた
自信のあるアドバイスとは、彼の場合そう思えないのです。
むしろ彼自身が一番自分の梵行不足を内心自覚しているのでは
ないか?だから自分の境界が高まらないのも教祖のせいではなく
自分の責任だと自省しているわけです。
で、これだとまだまだ自分の努力不足なんだから、やめるのは
おかしいではないかと、やめない口実にできる。
で、うだうだ続ける。梵行の鬼になるわけでもなし、練脳に
通うわけでもなし、中途半端な自分を継続する。
これは長くいられる。教祖批判をせずに向上心の伴わない
改善実践の伴わない自己批判でごまかす。
こういう信者って案外多いと思う。
私もそんなものだったかな。
だから自省の念か?と問うたのです。

223 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/19(日) 00:09:57 ID:rCRheE6I
訂正
>>714>>174

224 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:13:25 ID:AyXGbgEv
精神科に掛かる患者は体験が常人と違う人が多い為、神や霊を信じるひとが多く
特にカルト思想で自律神経のバランスを崩す人が多いそうです。
精神科入院暦のある元阿含宗徒を四人しっています。
内一人は阿含宗に解脱供養もして独鈷加持も習得してた人で阿含宗信者時代に
経営していた会社が倒産したそうです。
精神病もかなり悪化して今はどうされてるか・・・。
私も信者時代、伝法会に会社をさぼっていったのが親にばれて親が宗務局に
どなりこんで宗務局職員の返事は、あまりこれにいっしょうけんめいに
なっても頭がおかしくなりまよだったそうです。
霊障が解けるどころかひどくなっているありさまをみました。
霊媒体質の人や感受性の強い人は要注意だとおもいます。

225 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:14:28 ID:9oMErGzk
護摩は全員が焚けるのかな?
火焚いて水に入って満足する修行なのね?

226 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:21:16 ID:lQODqB7+
鈴虫さん、いつも情報をありがとうございます。
ここのスレの活性化につながるのですが、今は信者が少なく
なってるそうですので、個人が特定されない様、お気をつけ
ください。

227 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:13:58 ID:SIaEImbQ
やっぱり、阿含宗って詐欺だったんですよね。 ポツリ
私も1000万円近く使ったクチです。20年以上かけて。
馬鹿だな。
でも、結局楽してもうけようの精神がいけないんだなって事を
学びました。
それで良しとしよう。



228 :樹意:2006/11/19(日) 04:07:25 ID:r/2EDKnE
>>183
>>185
いつも貴重な情報をありがとうございます、
七資産が書いているようにネタが 善すぎて食いつくに食いつけないというのが
正解ですので 気にしないようお願いします。

>>178
> 未練は別にある。
> 彼がチラと書いていたことがある。
> これまで解脱供養などに多額投資したのが無駄になってしまう
> というものです。

いつもながら 見事な推理で感心しました。
は〜 そういう事でしたか、青柿さんも、私と同じような凡人だったのですね。
ロスカットできないのは 一般ピーポーの証です。


229 :樹意:2006/11/19(日) 04:12:35 ID:r/2EDKnE
>>161
> 私は阿含宗を「損切り」して本当に良かったと今つくづく思っています。
>>159
> 株や先物をやってる人は分かるんですが、これらの世界には「損切り」と言う言葉があります。

投資板の住人でもある樹意が 少し脱線して書きます、ご勘弁の程。
ロスカットは株や先物に限らず商業一般、さらにはこういった
諸縁と縁を切る場合にも使えます。
ゲイカのやっているのは宗教風のビジネスもどきです。 根拠が嘘ですから
厳密に言うとビジネスではありません。
株式市場がいいのは こういった経営者と渡り合うことでインチキがよく
理解できることになる事です。
ゲイカの経営術には必ず 保険を掛けておくというのがあります。
(言動その他 どうとでも取れる言動をしておいて使えそうなもののみを
 後で宣伝に取り上げるといったことです。モンゴル 世紀末予言 その他)
こういうのは神通力でもなんでもなく どっちに振れてもいいようにする
経営術です。
ゲイカの場合は法律ぎりぎりの線をうまく渡っているところから見ても
この経営術に長けた方であると思われます。
こういう経営術は見習うところがあります、(牧場経営者ですからして)


230 :樹意:2006/11/19(日) 04:25:10 ID:r/2EDKnE
一般の方はこの損きりはなかなかできませんから、私は株というものは
勧めません。(できる方は別です。)
逆を言うなら ロスカットできない方はやってはいけません。 
(事業も )(アゴンをロスカットできた方は一皮剥けているはずですが
(ゲイカの手法を観察し、嵌められた要因を観察しなかった方は
 これまた手を出すべきではありません。 )
転換社債(CB)というものを勧めます。
これは保険が掛かっているのと同様であり、ロスカットも自動であると
考える事ができます。
以前資源関連で書いたものも 商社のCBが結構いいポジションにあった
わけです。(ジミズさんと議論 ○紅その他のCB)
(今ですからネタばらしします)(時間のある方は調べてみるといいでしょう。)
(ガソリン等の値上がりのヘッジであるという意味が解ってもらえると思います、 )
ペイオフ発動で 銀行預金もリスク資産に変わったわけですが
これが何を意味するかというと 金融資産のある方はすべて 金融業
のリスク管理が必要になったという事です。
つまり銀行にお金を預けているのではなく 貸しているという事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、そのものずばり銀行にお金を貸したらどうなんだろうと
いう考えが出てきます、つまり銀行の CBに投資するという事です。
で、昨年は 金利のついたCBが年初額面で売っていたわけです。
(H○銀行)(○ブレーキ) その他
んで、その○越銀行は最大で7割程の上昇を見せましたので、
一年ほどで7割の金利が付いた計算になります。
銀行にお金を貸すというまったく同じことをしていながら これだけの
差がついたという事に着目されたい、
(こういうのは十年に一度あるかどうかというところでしょうが、)
余談になりました ご勘弁の程を。


231 :樹意:2006/11/19(日) 04:42:42 ID:r/2EDKnE
>>230
> 転換社債(CB)というものを勧めます。

訂正しときます、 やりたいならこちらにした方がいい
という意味です。 思いっきりスレ違いになりました ごめんなさい。
仏陀の縁起の法は政治経済向きだと 思われます。
すくなくともゲイカが説いているような 依存心を増長するような
ものではありません。

ゲイカやアサハラが売名に利用したダライラマ氏もこれに沿って 国家運営を
していたなら チベットの方々が数百万人も虐殺されず済んだかも
しれません。
 (日本の圧力が消滅した時点で、シナがどういう行動を取るか読めた
 はずであり、 相応の手が打てたはずです、返す返すも残念です。)



232 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/19(日) 07:22:58 ID:BXpqpOtJ
>>201 ありがとうございます。
2日目も報告させていただきます。
では、後ほど。

233 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/19(日) 07:39:16 ID:BXpqpOtJ
>>225
今回は護摩焚できます。
一応、滝行コースを終了した方みたい
ですので、滝の説明は無く実践一回
のようです。

234 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/19(日) 09:21:24 ID:BXpqpOtJ
錬脳2日目 スタート
男性は、本堂での説明の後滝へ(09:00)
女性は、護摩スタート(08:30)
それぞれ、滝、護摩終了後に交代します

235 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 09:53:05 ID:9oMErGzk
護摩は一人が焚くのに所要時間はどれくらいですか?

236 :青柿(あおがき):2006/11/19(日) 10:51:50 ID:K0EX36kw
>>222 こっちに貼ります。
http://religion.bbs.thebbs.jp/1162293024/122-130

237 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/19(日) 12:17:29 ID:BXpqpOtJ
>>235 120分で約四十人
護摩段が4器だから一人 10〜20分位
だとおもいます
準備は、職員がしているので実際の
護摩より早いとおもいます

238 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 12:30:02 ID:9oMErGzk
>>237
10???20分では普通の不動護摩はたけないはず。
まず不動法で40???50分。そのあと護摩でも30分くらいはかかるはず。
へたすると成○山のご祈祷の護摩よりはやい。
念力護摩式の柴燈壇護摩次第でやってるんですか?
いったいどんな護摩焚いてるんだろう?

239 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 12:35:33 ID:9oMErGzk
よければおおまかに、次第の項目をあげてください

240 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/19(日) 14:47:10 ID:BXpqpOtJ
今回、トラブルは雨くらいでしょうか。
すんなり終了しそうです。
さて、閉講式ではどんな話がでるのか?
今回、猊下はきてません。

241 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/19(日) 15:28:15 ID:rCRheE6I
当のゲイカはテレビでマラソン見てたでしょうね。
しかし一般参加も続々ゴールイン。
世の中超人だらけだなあ。
指がかじかんでカキコがままならないよー。

242 :樹意:2006/11/19(日) 19:29:33 ID:r/2EDKnE
>>238

営業用の護摩(?)でしょうから、参加者が飽きなければそれで
いいのでしょう。

確か 滝は温度調整ができるとあったはずですから、
中味は 温泉プラントと同様なのでしょう。そうなると
滝の衛生管理の方が問題で、同じ水をぐるぐる回しているだけだと
少し問題があるかと思います。
浄化装置も そんなにいいのは使ってはいないのでは?と想像します。
浄化装置があっても私は そんなところで滝を浴びたいとは思いません。
やはり お滝は バージンウォーターでの方が、いいのではと
思います。



243 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 20:06:10 ID:oEUN8Rgu
スターウオーズ的に見れば
阿含帝国のキリヤマ卿のは偽フォース(偽成仏力)ですね。
そんなもんまったく効き目がありません。
ダースベーダー卿のように皆の前でフォースの
力を見せ付けた訳でもない、自己申告してるだけですから。
それも30年近くずーっとなんですよ。
馬鹿馬鹿しいお話です。彼は空想癖のある物書き以外の
何者でもない。
物書き的に仏教をかじって都合のいい様に話を作り上げ
あっちゃこっちゃくっ付けているだけです。
「密教誕生」などを読むとそれがよく判る。
あの中には角川書店発売の仏教の思想シリーズ2や4の
存在の分析<アビダルマ>や認識と超越<唯識>から
ぱくった文章がたくさんあります。
本当にどうしようもない奴ですキリヤマ卿は。

244 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 22:12:32 ID:n1uAEm1T
>>207 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:00:54 ID:zwVjvY0O
>「思う」、「感じる」っていうのは、自分の意見を
>おまえのように強引に押し付けるような下品なことは
>したくないからなんだよ。

過去の議論で、私が桐山さんを批判し、あなたの意見に反論し、
毎回あなたは何も言えなくなっただけですよね。
私が強引に押しつけたのではなく、あなたが反論できなくなったのです。
星祭さんが反論できない責任を私に押しつけるのは筋違いです。
反論できないのはあなたのほうが間違っているからです。
自分の間違いを認めたくないがために、私が意見を押しつけたなんて、
他人のせいにするのはとてもみっともない。

245 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 22:26:25 ID:n1uAEm1T
>>207 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:00:54 ID:zwVjvY0O
>おまえのように強引に押し付けるような下品なことは
>したくないからなんだよ。

あなたは「信州の上意討ちがあったと思う」
「聖なるバイブレーションを感じる」と書いた。
信州に上意討ちなどないし、カスケットは空だった。
上意討ちの根拠を示すこともできず、
空のカスケットからバイブレーションを感じると
主張する星祭さんこそ自分の感覚を他人に押しつけている。
今でも星祭さんは相変わらずバイブレーションの話を書いている。
空っぽのカスケットからバイブレーションを感じるなどと、
間違いや思い込みや主観を認めないのは自己顕示欲から来ている。
自分が霊的に修行者として優れているのだと自己主張している。
あなたみたいな思い込みと自惚れと自己満足でできた信者を何人か知っている。
桐山さんはその大親分だから、その意味では星祭さんはよく学んでいる。
あなたは自慢したくて自慢したくてしかたないのですよね。
しかし、あなたのしていることは仏教では自己顕示欲という煩悩にすぎない。
桐山さんやあなたのように、煩悩を人前で吐き出し、それを恥とも思わないことこそ下品です。

246 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 22:40:16 ID:n1uAEm1T
>>212 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:11:40 ID:zwVjvY0O
>過去をいちいち悔やむより、これからどうするべきなのか考えるべきです。

こういう助言を星祭さんが実行すると>>174の罵りになるのですね。
あなたは悔やむことと反省の区別がついていない。
後悔と反省は違うのです。
160さんが出した金や時間が戻るはずはないから、悔やんでもしかたない。
だが、高い授業料を払わされたのに、反省し、学ぶことがないなら、
それは生ゴミを再利用していないから、また同じ間違いをする。
星祭さんは両者の区別がつかないし、桐山さんと同じで、
反省が大嫌いだから、ミスを毎度指摘されても、同じ間違いを繰り返す。
これではダメですよと、あなたは悪いほうの見本を示してくれているのかもしれない。
こういう星祭さんを参考にするなら、後悔はいらないが、反省は必要です。

247 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 22:48:36 ID:n1uAEm1T
>>212 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:11:40 ID:zwVjvY0O
>同情するふりして、クソみそに貶すして喜んでいるだけですからね。

星祭さんの文章は主語や述語が抜けているから、
何を言いたいのか読むのにいつも苦労する。
あなたは私が「160さんに同情するようなふりをして、
桐山さんをクソミソに貶して喜んでいる」と言いたいのですね。
これはあなたが>>174で160さんをいきなり罵ったことへの言い訳に、
私を踏み台にしている。
174では自分が金を出さないことを正当化するために160さんを踏み台にして、
次は、自分がなした174の罵りを正当化するために私が偽善者なのだと話をすり替えた。
どうして星祭さんて毎回、自分のしていることを他人のせいにするのだ?
本当によく桐山さんの手法を学んでいますね。
元信者の私が160さんに同情するなんて当たり前です。
ふりをするもの何も、私も金と時間と善意を浪費した元信者ですから、
泣きたい気持ちはよくわかる。
また、桐山さんをクソみそに貶すとは具体的にどこを指しているのだ?
桐山さんの嘘つきぶりを指摘することは貶すとはいわない。
これも星祭さんが反撃され、やっつけられたことへの恨みを
桐山さんを貶しているとすり替えた。
あなたのほうが誰よりもひどい罵声を浴びせ続けているのだから、
「クソみそに貶すして喜んでいる」のは星祭さんです。

248 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:03:36 ID:n1uAEm1T
>>215 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:18:33 ID:zwVjvY0O
>そこまでやることないですよ、そこまでやらなくとも、私はこうして生きております。

>>211は160さんへの返事だが、わざわざあなたがこれにレスを付けたのは、
私が174を引用したからでしょうね。
つまり、ユビキタスさんや私の推測どおり、
星祭さんは自分が金をろくに出していないことの言い訳にするために、
お金の話を出した160さんを罵ったのだ。
あなたがどのくらい金を出しているかなんてわざわざ
説明してもらわなくても、出していないことはわかっています。
でなければ、好運会ではねられるはずはない。
あなたが練脳塾をクソミソに叩くのも、金を出していないから、
参加できないことへの悔しさですよね。

249 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:15:10 ID:n1uAEm1T
>>215 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:18:33 ID:zwVjvY0O
>そこまでやることないですよ、そこまでやらなくとも、私はこうして生きております。

ほら、こうやって“自分”を正当化する。
星祭さんがどんな金を出しているなど誰も話題にしていないのですよ。
あなたが174で、いきなり金の話にもっていって、160さんを罵った。
普通の国語力で読めば、160さんは金の話をしているのではない。
ところが、星祭さんは一番そこに敏感に反応した。
“自分”が金を出していないことの言い訳に160さんを踏み台に使ったのです。
星祭さんは160さんがどうして涙を流しているのか、理解できないのでしょう?
だから、平気で罵り、金をださないから“自分”は生き残れたなんて
ピンボケなことを書いていられる。
160さんの立場で考えるのではなく、“自分”の気に障ることを書かれると、
“自分”の感性だけで相手を判断して、“自分”の関心事のみを書く。
批判されると“自分”を正当化するためなら他人を平気で踏み台にする。
あなたが桐山さんと共鳴できるのは、桐山さんもまた“自分”の痛み、
“自分”の名誉など“自分”にしか興味がないからです。

250 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:19:47 ID:n1uAEm1T
>>215 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:18:33 ID:zwVjvY0O
>そこまでやることないですよ、そこまでやらなくとも、私はこうして生きております。

『修行読本T』111〜112頁
「我を捨てて御法にみ捧げをすること。」

『修行者座右宝鑑』290頁
「導師のおさとし、おみちびきには、いかなることでも言葉を返さず、服さねばならぬ。
なにごとにも、すなおにハイとお受けせよ。我を出してはならぬ。」

「そこまでやることないですよ」というのは星祭さんの「我」や「因縁」が言わせている。
それでは因縁のままです。
ゲイカから守護神をもらいなさい、冥徳墳墓を買いなさいと言われたら、
「空気に払う金はない」「墓場には興味がない」などというのは、
我であり、因縁そのものです。
ゲイカに言われたら、いかなることでも言葉を返さず、服さねばならぬ。
なにごとにも、すなおにハイとお受けして、従うのです。

251 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:24:47 ID:n1uAEm1T
>>216 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:22:47 ID:zwVjvY0O
>人には金かけてもいないからとバカにしていたくせに
>ころころ変わるんじゃないよ!どあほ

私の書いた>>214には護摩木の本数のことなど書いていない。
もう少し普通の知性で理解できるように罵ってもらえませんか。
何を罵っているのかわからないのでは読者に説明するのに困ってしまう。
>>208あたりで書いたことに反論したつもりでしょう。
星祭さんは160さんの書き込みを読んで、>>174で、
>金で結果を買おうとする態度が駄目なんだな。
と書いた。
私は、160さんの書き込みからは、金だけ使った信仰とは読めないし、
ン十年で一千万円はとてつもない金額ではないと述べたのです。
桐山さんに言われたように普通に金を出していれば、
たとえば15年で軽く計算しても800万円くらいになってしまう。
「普通に計算すれば」とは、普通の信者ならばという意味です。
私は星祭さんの事例を計算したのでもなく、あなたを普通の信者だと言ったこともない。

252 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:32:52 ID:n1uAEm1T
>>216 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:22:47 ID:zwVjvY0O
>人には金かけてもいないからとバカにしていたくせに
>ころころ変わるんじゃないよ!どあほ

早とちりして自分のことを計算されたと思っているのですね?
いつも星祭さんて文章を斜め読みして、一知半解でカーッと頭に来て、罵りを書く。
174は星祭さんではあるまいかと思ったので、>>204で星祭さんを誘ったのです。
だから、青柿さんへのレスでありながら、一行目から星祭さんの名前が出ている。
羞恥心があるなら、どちらが「どあほ」かよく考えてみることです。
私は星祭さんのことは一貫して金銭の供養が足りない信者だと書いてきた。
あなたは金銭の供養が足りず、因縁が切れないから、詐欺師が聖者に見えるのです。
今後は因縁切りのために桐山ゲイカのご指示にはハイと素直に従い、
財布も時間も人生も、み捧げに徹してください。
あなたはきっと悪業が強すぎて、そのくらいしないとカルマが切れないのでしょう。
今生では無理でも、来世か来々世くらいには160さんの涙の意味がわかるようになります。

253 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:39:03 ID:gIcvB4Ki
宗教団体による被害者リンク集まとめ@Wiki
http://www11.atwiki.jp/anti-religion/

254 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/20(月) 00:00:07 ID:LrmB4fqq
>>238 法務が練習している時間は二人
一組で準備後片付け含め二〜三時間
この基準でいくと、かなりの時間短縮
されているとおもいます。
また、護摩の状況は、中に入ることが
出来ません。護摩堂が狭いので。
情報に依りますと、初日の護摩修法時
次第が、おかしいと担当の法務部僧侶に
噛みついた参加者がいたそうです。

255 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/20(月) 00:14:05 ID:xU3MDgTp
>>242
残念ながらその給湯器があるのは、
九州本部です。チャンと活性炭の濾過器
がついてます。
本殿の滝は水道管からバルブを開く
タイプなので つまり水道水ですね
心配なし。一応、ガス給湯器(プロパンガス)
がありますが湯気が立ちすぎとの事で
桐山さんが使用禁止にして今に至ります
多分使っていないので壊れているとおも
いますよ。

256 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/20(月) 00:34:35 ID:xU3MDgTp
会員の皆さん朗報ですよ、加賀道場に
護摩修錬堂と御滝場が完成するそうです
猊下が、念力護摩を焚いた場所じゃない
ですか(本当ですか?)
関東別院も 御滝場、護摩修錬堂の計画中
だそうですね。火の行、水の行を行って
念力護摩を修得してください。
ところで、誰が指導するのでしょうか?

257 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 09:31:05 ID:iJFySEv2
マ○ックが指導アジャリにふさわしい
管長よりもっとすごいことやってくれるよ!!

258 :ザ@桐山晴雄:2006/11/20(月) 10:25:08 ID:am0ZDPcy
どんなに「滝場」をつくろうと「護摩堂」つくろうと
そんなものをいくらやってもダメですね。
みんなで「インチキ祈祷師」にでもなるんですかね。


259 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 12:41:45 ID:EGo15sYT
>>255
>残念ながらその給湯器があるのは、
>九州本部です。チャンと活性炭の濾過器
>がついてます。

なんだかなあ・・・滝行ってそんなんでいいんですかね。
昔、先達が滝行は神聖なお山の霊気を体内に取り入れることができる
みたいなことを言ってましたが。
水道水や温度調節した水で修業になるんでしょうか?
そういえば、桐山さんは修業は形から入るもんだとも言ってましたが、
ホントに形だけなんですね。阿含宗の修業は。

260 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 12:51:01 ID:EGo15sYT
259 PS.
多分、偽仏舎利と成仏法で水道水に霊気を込めたとか言うんでしょうね。

261 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 16:06:42 ID:drK3Xp3s
チャンチキ聖者の大行進

262 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 16:26:50 ID:U2Kj4XwS
ボケ桐山にボケ信者どもめ、いつまでお遊戯してりゃ気が済むんじゃい!!

263 :ザ@桐山晴雄:2006/11/20(月) 17:24:22 ID:am0ZDPcy
>>260
そのくらいは「朝飯前」でしょう。
とにかく「仏舎利製造」掏るような人間だからねえ。桐山さんは。
>>262
それはなんですねえ、彼らの中の「超洗脳会員」は、死ぬまで
「お遊戯」しつづけるんでしょうねえ???。一種の気違いですね。

264 :ザ@桐山晴雄:2006/11/20(月) 17:28:39 ID:am0ZDPcy
なにが「法務部」だよ。
「新興宗教団体職員坊主型」というのが正式名称だね。
ふつうの連中は「新興宗教団体職員有髪型」というんでしょう。

265 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:29:13 ID:lSJ4StQ7
ザのスレから部分転載
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP
>中国の養父母への寄付を、中国仏教会への寄付にしたのはね、政府系にその
>窓口がなかったためですよ。寄付を養父母へ届ける窓口がなかったので
>しょう。それで、阿含宗→中国仏教会→養父母、の経路になったとのこと
>ですよ。ユビくんは聞いていないの?ほんとにデマ情報化社会だなあ。

この件は二年ほど前、星祭さんが「養父母にはお金が渡った」と主張したから、
根拠がないと私が反論した。
再度、この件を取り上げましょう。
桐山さんがこういう説明を法話でしたのは事実です。
問題はそこから先です。
最初に、この件を知らない信者さんたちのために少し説明すると、
1986年、桐山さんは中国の残留孤児の養父母とアフリカ救済のために
中国で柴燈護摩を焚き、護摩木の利益を寄付すると発表した。

266 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:31:51 ID:lSJ4StQ7
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

中国で柴燈護摩は焚いていません。
ハルピンの極楽寺で中国人の参拝者を追い出し、山門を閉めて、
桐山さんたちは山伏の格好だけして短い勤行をした。
台湾護摩は護摩木を積み上げたが、それすらもなく、境内で
テーブルの上に普通の祭壇を作り、その前で立ったままの勤行だったという。
参拝者はカメラすらも持ち込み禁止で、勤行の最中はもちろん、
終わった後の祭壇や寺の境内すら撮影は許されなかったという。
柴燈護摩どころか、護摩すらなく、お茶を濁した勤行だけだったことを
写真入りで報告されては都合が悪いからでしょう。
山伏の格好で記念撮影を発表して、理護摩と称してゴマカシた。
柴燈護摩という宣伝から見れば大失敗だった。
ところが、意外にも桐山さんは夜のパーティーではすこぶる上機嫌で、
一人でグルグル回りながら踊っていたという。
宗教的には大失敗なのに上機嫌?
これにはちゃんと理由があり、他でもない使者さんの話と関連してくる。
桐山さんの上機嫌の理由を知るために、まず趣意書と報告書を見てみましょう。
報告のほうは新聞にも発表しました。

267 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:32:30 ID:lSJ4StQ7
「・・、私たちは、この護摩木勧進の収益一切を、
一、中国残留日本人孤児養父母援助基金
二、アフリカ基金救援金
に寄付することに致しました。」

「収入、5億6120万円
支出、3億2800万円(宣伝費、交通費、渉外費、材料費等)
剰余金、2億3320万円

寄付金
1.FAOを通じてスーダンへ 一千万円、五千万円、一千万円
2.アフリカ協会へ 5百万円
3.中国仏教協会へ 1億円
4.中国残留日本人と交流する青年の会へ 1千万円
5.中国残留孤児援護基金へ 5千万円
合計、2億3千5百万円」

268 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:36:22 ID:lSJ4StQ7
>>267 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:32:30 ID:lSJ4StQ7

趣旨どおりにアフリカと中国にそれぞれ寄付しています。
でも、中国仏教協会に一億円??
仏教協会って、残留孤児の養父母とどう関係するの?
なんの説明もなしにただ並べてある。
しかも、その額が半端じゃない。
全体で2億3千万円しかないのに、ほぼ半額であり、最大の寄付先です。
残留孤児養父母関係と思われるのが合計6千万円、
アフリカ関係らしいところには合計7千5百万円、
合計をみても、仏教協会だけが突出しています。
これを見てたいていの信者は首をかしげた。
だから、桐山さんに質問まで出ました。
桐山さんは法話で、「養父母に直接届ける窓口がないので、
そういう慈善活動は仏教協会がしているので、寄付した」と述べた。

269 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:40:01 ID:/rTSo+3K
>[359]大王の使者 06/11/20 16:24 JG6JNXCXuP
>ちょうど管長にユビくんみたいな質問を出した信徒がいてね、憤慨(した
>ふり)しながら答えてましたよ。例祭に出て来ないからそんな誤解をする
>んだ、なんて、憤慨(したふりでしょう)してましたね。

ところで、使者さんは桐山さんの話を確認しましたか?
確認しないまでも、仏教協会が窓口になり、養父母にお金が届けられたとか、
養父母たちがとても喜んでいる姿などを阿含ニュースでもいいから、見たことがありますか。
今から二十年前信者だった人も思い出してほしい。
そんなこと何もないのですよ。
何もないから信者から質問が出たのです。
分配された先が報告されただけで、養父母に本当に渡されたのか、
あるいは彼らのためにどんなことに投じられたか、まったくわからない。
桐山さんは信者からの疑問に法話で答えただけで、
報告書のパンフレットには何ら説明がありません。
説明がなければ、普通は仏教協会への寄付を養父母への寄付と解釈しない。
一番重要で一番肝心なことなのだから、仏教協会になぜ1億円も寄付したのか、
質問などされるまでもなく、説明を書くべきです。
憤慨したふりなどと使者さんは書いているが、
桐山さんは痛いところを突かれて、ムッと来たのです。
使者さんは、まるで桐山さんが前から法話で説明しているかのような書き方だが、
これ以前に説明などしていません。
だから、質問が出たのです。
仏教協会が養父母と関係があるなんて桐山さんの言い訳は恒例の真っ赤な嘘でしょう。

270 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:41:50 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

養父母などに金を出すというから、信者も寄付を募り、一般の人たちも寄付してくれた。
養父母に寄付が渡ることが一番重要なことです。
ところが、フタをあけてみると、半分はなんと養父母と関係のない仏教協会に寄付したという。
仏教協会に一億円も払ったのには理由があります。
中国で柴燈護摩を焚くと大宣伝したが、批判が山のように中国政府に届いた。
いったん中国側から拒絶されたが、元広報室長のコネで何とか体裁を繕った。
宗教行事をするのだから、仏教協会に多額の寄付をしてご機嫌をとり、
見返りに、廣済寺で勤行させてもらい、体裁を保った。
桐山さんは転んでもタダでは起きないから、これを機会に金をばらまき、
後に、王震などの重鎮との会談や名誉教授、
囲碁での寄付など、中国との深いつながりを作り上げた。
北京大学名誉教授は桐山さんにとってその頂点であり、
ようやくあこがれの大作さんに二十年ぶりに追いついた。
今日の中国側とのコネはすべてこの一億円から始まっている。
つまり、桐山さんは、残留孤児や養父母の不幸と人々の善意を利用して
集めた金の大半を使い、後々の自分の名誉買いのための中国側とのコネを作ったのです。

271 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:46:01 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

今の日本でも一億円の寄付は巨額だが、1986年の中国はまだ経済も発展していなかったから、
桁違いの金額で、中国側を動かすには十分だった。
一億円は表向きの寄付であって、コネ社会であり、ワイロが横行している中国なら、
桐山さんが裏でどれだけの金を使ったかは想像するしかない。
それを彷彿とさせるのが、収支報告にある支出としての宣伝費、交通費、
渉外費、材料費等の3億2800万円です。
収支報告によれば収入の約6割はこれらの事に消費されています。
材料費と言っても護摩木は印刷ですから、大した値段ではない。
前宣伝と違い、柴燈護摩そのものは準備すら行われておらず、
お寺の本殿の前で山伏姿の信者たちが短時間の勤行をしただけですから、これも金がかかっていない。
交通費は、信者は自前で参加していますから、桐山さんなど阿含宗側の旅費のみです。
新聞に次々と全面広告を出していましたから、宣伝費に多額の費用をかけたことは事実です。
しかし、まるっきりわからないのが渉外費です。
宣伝費と渉外費に3億円近い金を使ったことになります。
中国側との交渉と称する裏金も渉外費になります。
実は、仏教協会への寄付は寄付金ではなく、渉外費に入れるべきお金です。
養父母関係が6千万円、アフリカ関係が7千5百万円、合計1億3千5百万円を寄付するために、
宣伝と中国とのコネのために4億円以上を使い切ったことになります。
寄付した額の3倍の金を渉外費と宣伝に使っている。
金額を見れば、養父母への寄付が目的ではなく、阿含宗を宣伝して、
中国とのコネを作るのが目的なのは明らかです。

272 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:49:38 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

中国の護摩木は一千万本、つまり十億円が目標だった。
ところが、一年以上も前から宣伝を続けて、結果は560万本。
この年1986年の星まつりでは2千万本、
1987年には2千7百万本も集めたと公表しているのに、
あれだけ新聞で宣伝して、信者たちが一丸となって護摩木勧進をして、たったの560万本?
千本勧進で賞詞がもらえて誉められた。
阿含宗は30万人とか50万人の信者を抱えている、のですよね?
その数パーセントの信者がノルマという誓願を
達成できなかったなんて、なんかおかしいと思いませんか。
どう見ても、おかしいのは30万人という信者数。
1千本達成者がたった5600人いれば560万本は集まる。
逆にこれが信者の2割とするなら、信者数は2万8千人しかいなかったことになる。

273 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:52:31 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

養父母とアフリカに寄付した1億3千5百万円とは、護摩木に換算すれば135万本です。
1986年の星まつりでは2000万本だから、その一割にも満たない。
1987年は2700万本というのだから、約5%です。
だったら、何もせずに、黙って護摩木の売り上げの5〜10%を寄付すればいいではないか。
信者に「今年の護摩木の一割を寄付する。諸君もがんばって勧進しなさい」と呼びかければいい。
結局、このようにしてみれば、桐山さんのやったことは、
養父母やアフリカの問題という他人の不幸と、世間の同情をうまく利用して、
阿含宗を宣伝して、中国への足がかりを付けたにすぎない。
寄付先の「中国残留日本人と交流する青年の会」は会の名前からして日本の団体だし、
「中国残留孤児援護基金」は、阿含宗はこれで厚生省から感謝状をもらっていますから、
厚生省の外郭団体なのでしょう。
つまり、二つとも日本の団体だから、こんな所にいくら寄付しても中国へのコネにはならない。
だから、あの寄付の中で一番重要なのは、中国仏教協会への寄付だから、一億円なのです。
金額に桐山さんが何を意図としたかが明瞭に表れている。

274 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:54:20 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

中国の護摩木の報告のパンフレットはこういう点でとても興味深い。
最初に金銭報告が載っており、アフリカの報告もありますから、この点は普通です。
ところが、養父母がどこにもいない。
護摩木集めはアフリカよりも養父母への寄付が先です。
当然、その養父母がお金をもらって喜んでいる写真などが出ていいはずなのに、
養父母たちがいるというハルビンでは、極楽寺で山伏の姿をして勤行している場面だけで、
養父母の姿はどこにもありません。
寄付してくれた人への報告書なのだから、内容は養父母とアフリカの
人たちで占めるはずなのに、ない。
カラー印刷の美しい冊子のページの半分以上を費やしているのは、
北京で仏教協会の副会長と会談している場面など、
中国側から歓待されたという桐山さんの自慢話の写真です。

275 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:57:45 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

報告書に養父母の姿がまるで出てこない点を見ても、
桐山さんにとって養父母なんかどうでもよく、
これをネタにして、何とか中国とのつながりを作ろうとしていたのがわかります。
一時は挫折するかに見えたが、結局、一億円という巨額の貢ぎ物を出すことで、
中国の要人たちとコネができた。
仏教協会の副会長は病院からわざわざ出てきて桐山さんに挨拶したという。
当時の中国の物価から見れば、一億円は十億円の価値があります。
養父母をネタにして集めた金を中国側の口に突っ込んで、コネを作った。
阿含宗が受け入れられたのは、法力でも桐山さんの人徳でもなく、
お金の力であり、それは今でも変わらない。
中国側に歓待されたことを冊子で誇示して、反対した人たちに、してやったり、
ざまあみろ、おれ様の勝ちだという気持ちでいっぱいだったのです。
だから、桐山さんは夜のパーティーで踊り狂うほど上機嫌だった。
この上機嫌どおりに、桐山さんはこの後、お金で中国と太いパイプを作り、今に至っている。
メインであったはずの養父母なんか完全に消し飛んでしまい、
自分がいかに中国から丁重な扱いを受けたかしか頭になかったから、
パンフレットはあのザマなのです。
桐山さんは他人の不幸と人々の善意を利用して、自分を飾り、誇り、
報告書で自分の薄汚い本音をさらけ出した。

276 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:00:46 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP
>桐山師の場合はその学位により、中国の国立大学で阿含経の講演ができた
>こと、それが重要なのよ。阿含経は小乗でつまらない経だと位置付けられ
>た中国で、そうじゃない、阿含経は源流だと講演したことが重要なのよ。

使者さんは中国人の仏教学者たちをバカにしているようですね。
五時教判が間違っていることや、阿含経が釈尊が説いた経典であることくらい、
中国の仏教大学でも教えています。
まるで桐山さんが発見したかのように思い込んでいるのですね。
桐山さんは阿含経の名誉回復などしていません。
むしろ、因縁解脱や超能力開発を説いたなど嘘を教えている。
阿含経の主旨を完全に歪めて伝えているのが桐山さんです。
北京大学名誉教授を買うために払った金は100万ドル、約1億2千万円です。
奨学金や研究費の形をとっているが、明らかに見返り寄付です。
大作さんは二十年も前に同じ北京大学名誉教授を購入している。
桐山さんの名誉教授は学問的に認められた本物で、
大作さんの名誉教授は金で買ったなんて、信者さんたちは本気で思うか。

277 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:04:24 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

““100万ドル””
(↑ 太文字、ゴシック体、ライトアップ、鳴り物入り)
信者さんたちは北京大学名誉教授の価格が100万ドルであったことを知っていましたか。
日本でも名誉教授や名誉博士という制度があります。
長年大学に貢献した教授などを退官後、名誉教授として処遇したり、
大きな学問的な業績をあげた人に名誉博士号を授与する。
しかし、いずれも寄付は伴わない。
なぜなら、たいていの大学教授は寄付できるほどの金を持っていない。
ノーベル賞をもらった田中耕一さんは、出身の東北大学から名誉博士号をもらったが、
田中さんが東北大学に多額の寄付をしたなんて聞いたことがない。
名誉教授や勲章など、本当に価値があるかどうかは、
どちらが金を出しているかを見れば一目瞭然です。
受賞者が金を出していれば、それは受賞したのではなく、買ったのです。
桐山さんは一つとして金を出さない名誉や賞はなく、全部金を出して買った。
私財で買うのは自由だが、信者さんたちが仏への供養だと思って出した金で買いあさった。
仏への供養というきれい事で金を集め、私利私欲に使っているのです。

278 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:09:05 ID:/rTSo+3K
>[351]大王の使者 06/11/20 11:56 JG6JNXCXuP

北京大学名誉教授だけでなく、桐山さんはサンフランシスコ大学の
理事を買った時も100万ドルだった。
どうやら、100万ドルは桐山さんの相場らしい。
さすがは、太っ腹。
自分の名誉を買うためなら、いっさい出し惜しまない。
職員を薄給で働かせ、先達たちが長年建立基金を集め、
道場建立をお願いしても「どこに金がある!」と怒鳴りつけるゲイカが、
自分のこととなると大黒天のような太っ腹で、100万ドル!!
桐山さんは世界が危機に陥った時、これらの肩書きで関係者に交渉するのだと法話で話していた。
いったい桐山さんがこれまで買い集めた名誉教授や名誉博士が
世界平和の何の役にたったのだ?
アウシュビッツの護摩が焚けたのは北京大学名誉教授だったからではなく、
10万ドルを銀行も通さずに寄付して、決定権のある市長を取り込んだからです。
海外で護摩を焚けるのはお金を寄付しているからであって、
桐山さんの肩書きなど誰も見ていない。
信者さんたちの供養した金を釈尊は受け取るはずがない。
桐山さんのエラクなりたいという欲望と自己満足のために浪費されているだけです。

279 :水曜、大○さん:2006/11/20(月) 23:04:52 ID:rcQqNYCW
大阪道場のみなさん、特に水曜ファミリーの大○さん、目を覚ましなさい。
桐山下以下は宗教詐欺師です。
自分だけならまだしも、他人を巻き込むのはやめなさい。

280 :樹意:2006/11/21(火) 00:07:35 ID:htjfA79E
>>271

> 宣伝費と渉外費に3億円近い金を使ったことになります。

いつもながら 素晴らしい財務分析で感服いたします。
このときは私も多額の勧進をしましたのでよく覚えております。
費目を額面通り受け取ったにしろ 5億中 3億の経費は多すぎであり、
七資産が言われるように費目を精査するならば ほとんど広告宣伝費
と 捉えるのが正解なのでしょう。
企業の投資活動と同様 の行動なのですが 嘘とインチキがありますので
社会悪です。
お金の使い方を精査するなら 本音は隠せないものです。

生活習慣は血液検査の数字やら検診の数字にでますし、
客観的な数字は全てを物語ります。
数字で判断できるようになりたいものです。





281 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 05:37:13 ID:VmluTH8k
中国の講演で、止息法を出したから名誉教授になれたのです。

282 :ザ@桐山晴雄:2006/11/21(火) 11:03:29 ID:1OrTiqnS
全国の会員さんたち、そのすべてを私は知りませんが、
比較的情報を知リ得る立場におり、また桐山の近くにあった人間と
いってよいでしょう。私は間違いなく「インチキ宗教」だと思うから
このようなところに登場して「書き込み」をしている。
七資産の分析は随分正確でおどろきます。
会員さん、元会員さん、この掲示板や「ザビビ」など読んで参考にして
ご自分の人生を大切にしてください。それが私の願いです。

283 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:37:26 ID:XLsDDr1U
ザのスレから部分転載
>[359]大王の使者 06/11/20 16:24 JG6JNXCXuP
>中国の養父母寄付金の件は、法話で聞きました。
>ちょうど管長にユビくんみたいな質問を出した信徒がいてね、憤慨(した
>ふり)しながら答えてましたよ。例祭に出て来ないからそんな誤解をする
>んだ、なんて、憤慨(したふりでしょう)してましたね。

使者さんはいかにも桐山さんが前にすでに説明しているのに、
例祭に出ていない信者が間抜けた質問をしたかのような書き方をしている。
嘘です。
例祭メモを引っ張り出して読んでみました。
中国護摩があった1986年6月の法話ではただ報告があっただけで、
仏教協会に1億円寄付した件は出ていない。
当然、これ以前にも仏教協会の件など出ていない。
仏教協会との関わりが法話で出てきたのは6月の例祭からです。
正果阿闍梨から歓待されたという話で、この時も寄付の話はない。
この件に質問が出たのは夏の伝法会、つまり7月になってからです。
伝法会で出た質問を七月の例祭法話で答えた。
つまり中国護摩が終わり、>>267に引用した報告のパンフレットが出て、
これを見た信者が伝法会で質問を出した。
1億円の話は6月の法話で出ていなければ、これ以前に出るはずがない。
それとも、使者さんの超人的記憶力では、桐山さんが最初から、
仏教協会に多額の寄付をすると法話で話していたのか?
信者たちは報告のパフンレットを見て初めて1億円の件を知り、
桐山さんは信者から質問されて初めて1億円の釈明をしたのです。
使者さんは、記憶を都合よく作り替えているか、もしくは嘘つきです。

284 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:40:55 ID:XLsDDr1U
>[359]大王の使者 06/11/20 16:24 JG6JNXCXuP

7月の法話での桐山さんの説明は、
「養父母救済基金の受け入れ先がない。
寄付するとすれば、紅十字(赤十字)か仏教協会である。
我々は仏教徒であり、お世話になったから仏教協会に出した」
という歯切れの悪いものだった。
信者さんたちは上記の説明で納得できるか。
養父母救済のために、どうして仏教協会なのか説明していないのです。
赤十字は医療機関だし、救済活動をしているからわかる。
だが、その赤十字ではなく、仏教協会に大半の金を寄付するというなら、
具体的に彼らがどんな慈善活動をしているのか説明をするべきです。
それすらなく、理由は、同じ仏教徒で世話になったから、という。
理由にも根拠にもなっていない。
1億円もの金を寄付するのに、同じ仏教徒であり、世話になったから、というのです。
読み方によってはとても意味深です。
桐山さんはこういう時、ポロッと本音を漏らすことがある。
「お世話になった」とは、巨額の寄付でコネができたことを言っているのでしょう。
つまり、ズバリ本音を言っているのです。

285 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:43:30 ID:XLsDDr1U
>[359]大王の使者 06/11/20 16:24 JG6JNXCXuP

1986年の6月の例祭法話のメモによれば、
中国での柴燈護摩について、桐山さんは次のように述べている。
「柴燈護摩の様式で法要を行った。
厳粛さを壊さないために撮影していない。
中国側の申し入れによる阿含宗柴燈護摩の様式でお護摩を焚いた。
山伏装束で記念撮影をした。」
よくもまあ、ここまでゴマカシを堂々と言えるものだとあきれる。
山伏の法衣を着て短い勤行をすることが阿含宗の柴燈護摩の様式なのだそうだ。
護摩壇も作らずに、普通の祭壇を前に勤行することを柴燈護摩とは言わない。
柴燈護摩だという嘘がばれないように、
厳粛さを保つために撮影しなかったと言い訳をした。
だったら、星まつりなども撮影しなければいいではないか。
信者さんたちも現実と桐山さんの法話を比較してください。
いかに彼がその場しのぎの嘘を並べるかよくわかります。

286 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:55:33 ID:XLsDDr1U
>[359]大王の使者 06/11/20 16:24 JG6JNXCXuP

桐山さんの法話を正確に翻訳しましょう。
「中国側から柴燈護摩の許可は取り消され、中止に追い込まれそうになった。
しかし、1億円を仏教協会に寄付した見返りに、
ハルピンの極楽寺で短い勤行をすることだけは許可がおりた。
やっぱり現ナマ攻撃が一番効く。
新聞にまで大々的に柴燈護摩を宣伝して来たのだから、今さら
柴燈護摩は焚けなかったというのは悔しい。
勤行を公開すれば、柴燈護摩どころか、護摩ですらないのがばれてしまう。
だから、撮影を一切せず、参加した信者にも厳禁にした。
山伏姿の記念写真だけ公開すれば、いかにも護摩を焚いたかのように
愚かな信者どもを錯覚させるのには十分だ。
こういう護摩カシを阿含宗様式の柴燈護摩という。
1億円も、仏教協会が窓口だと嘘を言えば、わざわざ調べる人もいないだろう。
反対してくれたおかげで、かえって中国との太いパイプができた。
護摩木で集めた金でオレはますますエラクなれる。
どんなもんだい、オレ様の仏陀の智慧は。」

287 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 13:04:11 ID:XLsDDr1U
ザのスレから部分転載
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>ちなみに、皆さんの集めた「護摩木供養シール」、これどうなったか
>わかりますかね。あれはねえ、ずいぶんながいこと、霊廟の地下倉庫
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。
>なにが、ハルピン護摩供養だよなあ。ほんとふざけとる。

中国の護摩木は輸送用にシールになっていた。
もちろん、柴燈護摩など焚いていないのだから、中国で焚いたはずはない。
では560万本の護摩木シールはどこに行ったのか。
今回、「数年後」に処分されたことが改めて暴露された。
これにはさすがの使者さんも驚いている。
常識的に考えれば、翌年の柴燈護摩で焚きあげればよかったはずです。
ところが、数年間、霊廟の倉庫に放置されていた。
信者さんたちは、なぜ、“桐山さんが”数年間も放置したのだと思いますか。
処分方法は桐山さんがちゃんと指示して、また護摩木を勧進した信者にも公開するべきです。
しかし、桐山さんが処分方法を公開できなかったのも当然です。
信者たちには、
「柴燈護摩の様式で法要を行った。
中国側の申し入れによる阿含宗柴燈護摩の様式でお護摩を焚いた。」
と法話で話しているからです。
何も知らない信者は、星まつりのような柴燈護摩が行われたと誤解している。
だから、今さら、シール護摩木がそのまま日本にあるとは言えない。
これが一つ目の理由なのだが、普通なら、信者には告げなくても、
翌年の星まつりで焚いて、処分するでしょう。
ところが、桐山さんは普通の人ではない。
桐山さんが護摩木を放置したのにはもう一つ、普通の人ではありえない大きな理由があった。

288 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 13:11:00 ID:XLsDDr1U
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

桐山さんはシール護摩木のことなどきれいに忘れていたのです。
処分の指示を忘れていただけでなく、シール護摩木の存在そのものを忘れたのです。
これは桐山さんを知っている人なら驚かない。
桐山さんは終わってしまったこと、関心のないこと、都合の悪いことは、
見事というくらいにきれいさっぱりと忘れる。
過去への反省心が皆無だからです。
中国護摩が終わったから、関心の薄い護摩木のことなどきれいに忘れたのです。
桐山さんの関心は、仏教協会とのコネができて、
さらにはバチカンとのつながりもできて、自分がエラクなることです。
これが十分に達成できたから、道具にすぎない中国護摩木のことなどきれいに忘れた。
こういう桐山さんに見て、信者さんたちは気が付きませんか。
桐山さんにとって中国柴燈護摩の本当の目的が何であったか、
また、アウシュビッツやロシア護摩など、海外の護摩の本当の目的が
なんであるか、露骨なまでに示されているではないか。

289 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 13:17:11 ID:XLsDDr1U
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

桐山さんには養父母や祈願してくれた人の心なんかどうでもいいのです。
「護摩木による死者の供養、護摩木で菩提心を集める」
なんてのが口先の宣伝文句にすぎないのがよくわかる。
祈願してくれた一人一人の菩提心がそれほど重要なら、
祈りのこもった護摩木を忘れるなどありえない。
約束どおりには焚きあげができなかったのだから、
率直に話して、「星まつりで厳修します」というのが普通でしょう。
ところが、処分方法どころか、桐山さんは存在すら忘れていたのです。
財産家の娘と結婚した男が、火事になったら、助けを求める妻を無視して、
金目の物を持ち出したようなものです。
信者さんたちはこの男の言葉どおり、妻を熱愛して結婚したと思うか。
護摩木で祈りを集めるとか、菩提心の托鉢とか、
桐山さんが普段言っていることがいかに空虚かわかる。
桐山さんにとって、菩提心とか、死者の供養、養父母の不幸など、
エラクなるための金集めの道具や手段でしかないことが、
こういう事例一つでよくわかる。
信者さんたち桐山さんの本音が現れた事実を無視しないことです。
二十年前のことは過去の話ではない。
二十年前と同じように、桐山さんはエラクなりたいという本音を隠し、
死者の成仏や霊障解脱を建前にして、信者から護摩木を集めて海外で護摩を焚いている。

290 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 13:22:45 ID:XLsDDr1U
>[371]青柿(あおがき) 06/11/20 23:11 8DATEOmZ7o
>関西圏の職員の独断で処分したのですか?

青柿さんは「中国護摩木の処分を誰が指示したのか」と質問しているが、的はずれです。
こういう質問をすること自体、あなたが自己洗脳している証拠です。
自己洗脳とは、桐山さんを見ないで、他の人を見ようとする心癖です。
これでは、「サリンをまいたのは誰か」と追求しているようなもので、
重要な点は「サリンをまくように指示したのは誰か」です。
倉庫から見つけて、処分を判断した職員は桐山さんの「尻ぬぐい」をさせられた。
これはよくあることで、桐山さんは間接的に汚い仕事を職員にさせ、
後でばれても全部その職員に責任を押し付ける。
桐山さんが護摩木や導きの数字を上げないと怒り出すから、
職員や先達たちは奴隷だから、必死に数字を上げる。
無理をするから、トラブルが起きる。
トラブルが表面化すると、その職員や先達を吊し上げて、処分しておわり。
たしかに、トラブルを起こしたのはその本人だが、数字をあげるために
汚いことまでせざるを得ないように追い込んでいるのは桐山さんです。
だから、桐山ゲイカに数字を貢ぎながら、まだ生き残っている先達たちは
いずれも動物霊が憑いたようにさもしい顔をしている。

291 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 13:31:52 ID:XLsDDr1U
>[371]青柿(あおがき) 06/11/20 23:11 8DATEOmZ7o
>関西圏の職員の独断で処分したのですか?

信者たちは桐山ファンだし、職員には反感を持っていることが多いから、
桐山さんが職員に責任を追及して批判すると迎合する。
何かトラブルがおきても、全部、職員や先達のせいにして終わりです。
桐山さんは職員などが自分の泥をひっかぶるのが当たり前だと、
はっきりと口に出したことすらあります。
自分は偉いのだから、部下はつぶれて当然だというのです。
だから、責任を他人に押し付けることがなんともない。
桐山さんはこれを宗教や信仰を振りかざし、自己正当化しながらやる。
実際は、ただの自己中心の無責任男がエゴを丸出しにしているにすぎない。
職員が護摩木シールの処分を決定したとしても、これを放置した、
というよりも、すっかり忘れていた桐山さんにこそ全責任があります。
青柿さんが追求したい気持ちもわかるが、それをすると、
桐山さんの作戦と目くらましに騙され、真犯人を見失います。
これは読んでいる信者さんたちも同じです。

292 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/21(火) 18:03:30 ID:eMFvBS6q
さて、無駄になりそうなものとして、
本山にあるロールスロイスですかね。
結局、猊下が乗降しにくいという事で
ガレージに、ほったらかしになるので
しょう。

293 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/21(火) 18:11:18 ID:eMFvBS6q
阿含宗出版社から出版部になりましたが
電話FAXはそのままですね。

294 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:47:26 ID:ifQME6to
ダルマチャクラはまだあるんですか?
月刊ですよね、普通の本屋さんでも売ってましたが最近見かけないなあ。
どうでもいいけど。
まともな宗教論と桐山のデタラメ阿含経解説が混在してたっけ。


295 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/22(水) 00:01:00 ID:WjP2rIY1
別院のロールスロイスはオークションにかけるとか。
あと関東別院にも滝場ができるとのことですが、B2ガレージ
の一角に作ってちまえばよいですね。
健康ランドの風呂場にある打たせ湯みたいの作ればよいわけです。
溶岩みたいな岩をゴツゴツしつらって。
竹の樋をつけて水道の蛇口をひねるのです。
24時間営業の健康ランドと違って、たまに滝行する人が
来た時だけじゃぶじゃぶすればよいのだから、管理も楽です。
掃除も会員がするし。
潔斎で行水するようなもんだ。
修行資格は当然一口10万円の御滝場設備基金を出した人に
限り、なおかつ有料(御指導料)をとればよい。

296 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/22(水) 00:03:07 ID:5yWoxlPp
>>284
廃刊になって、アゴンマガジンに代わったようです。
内容は知りません。

297 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/22(水) 09:38:20 ID:GOXz36px
>>296 私もないようしりませんが
KBS京都が日暮の庭て゛紅葉の撮影を
行ったようです

298 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 11:15:16 ID:xCFmYeCg
>>296
>廃刊になって、アゴンマガジンに代わったようです。

そうですか、アゴンマガジン。
やる気のないネーミングですね。ネットで検索しても出てきません。
もともと出版物で信者を引きつけて来た団体なのに、
今は桐山の昔の本の焼き直しだけですか。
廃刊、出版社が出版部に縮小、阿含ビル売却。
普通の会社なら倒産に向かって転げ落ちている状況ですね。

299 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:07:07 ID:zMBRaAH7
その日ぐらしの庭

300 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:31:42 ID:lxctk30c
>>293 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/21(火) 18:11:18 ID:eMFvBS6q
>阿含宗出版社から出版部になりましたが
>電話FAXはそのままですね。

『ダルマチャクラ』の6月号までは発行人が「阿含宗出版社 M真知子」で、
7月号以降は「阿含宗出版部 N村肇男」になっています。
『阿含宗報』は6月前は発行が「阿含宗出版社」だったが、
6月以降は「阿含宗出版部」です。
どうやら、水面下では6月頃にすでに終わっていたらしい。

301 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:35:59 ID:lxctk30c
>>298 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 11:15:16 ID:xCFmYeCg
>そうですか、アゴンマガジン。

『ダルマチャクラ』には北海道から九州まで、それぞれイベントなど
記事が掲載されていたが、これがなくなり、おおよそ90頁→70頁、
値段も650円→500円になりました。
つまり、内容の変更はほとんどなく、約2割スリムにしただけです。
たった2割をスリムにするのに、阿含宗出版社をつぶしたとは思えませんから、
目的は『ダルマチャクラ』の廃刊ではなく、出版社をだれかさんの配下に置くためでしょう。
誰がご主人様か思い知らせるために、シツケをしたのでしょう。

302 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:41:19 ID:lxctk30c
ザから部分転載
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP
>中国護摩木の件、みんな推測で書いてる。くだらん。

推測だろうが何だろうが、現実に中国護摩木は数年間霊廟に放置された。
中国の柴燈護摩でお焚きあげすると多くの人に約束したのに、
これを守らなかったばかりか、菩提心のこもった護摩木を数年間放置して、
半ばゴミのように処分した。
このようなことをした責任者は誰なのか?
信者さんたちもよく考えて見て下さい。
ユビキタスさんが、中国護摩木を職員が隠したのではないかという説を出している。
信者さんたちは、桐山ゲイカの能力からして
そんなことはありえないと、反論しなければならない。

303 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:44:05 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

桐山ゲイカ様をどのような方だと心得る!?
桐山ゲイカ殿は事物明解な認識力を持つばかりでなく、
透視能力、霊能力を持ち、直感力に優れた超人なのです。
職員のしていることなど、はるか遠くの道場での出来事すらお見通しじゃあ!!
と、ハッタリをかければ、職員は恐れをなして、
悪いことをしないだろうなどと思っているのではない。
ゲイカは死者と生者との区別もつかない高度の霊能力をお持ちだ。
すごい記憶力によって、自分が出した許可すらも忘れて、職員を怒鳴りつける。
先達たちが困って指導をあおいでも、質問を理解できずに漫談を始めてしまうくらいの
優れた直感力と認識力をもっている。
代議士の当落すら当てられない素晴らしい予知能力も持っておられる。
このような超人の桐山ゲイカが、中国護摩木の隠蔽を知らなかっただと?

304 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:47:01 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

桐山ゲイカの場合、ご自身の超能力だけではない。
龍神をはじめとする守護仏、守護霊、守護神が十重二十重に取り囲んで、
何かあれば告げ口・・あ、いや、御霊示を垂れ流す。
守護霊は1500万円以上、守護神は400万円が基本料金。
もちろん、星祭さんや使者さんなど口先信者は一体ももっておらぬ。
こういう金を出さないシケタ信者ども違い、
高級霊ならぬ“高額霊”を桐山ゲイカの場合、無料でお持ちなのだ。
そりゃもう御利益満載で、夫人はガンで死ぬし、自分も脳梗塞になった。
教団は縮小して、大作さんに追いつけなくても、なあに、宗教家畜は今も尽きない。
護摩を焚いている最中に、突然、斜め前方からそれは来たあ〜。
「桐山ドノオ、職員が中国護摩木を隠しておりますぞ〜」
このように御霊示があるから、桐山ゲイカの能力で把握していなくても、
中国護摩木の隠蔽に気が付かないなんてありえないのです。

305 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:50:04 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

中国護摩木が花山霊廟の倉庫に数年間放置されていたという事実がある。
これを信者さんたちはどう説明するか。
職員が倉庫に入れたのを忘れて、桐山ゲイカが気が付かなかったと
いうユビキタスさんの説をとるなら、
信者さんたちは桐山さんの超能力、霊能力を否定したことになる。
何百万円もする守護神には何の力もないことになる。
桐山さんを擁護すればするほど、袋小路に入ったことに
使者さん以外の信者さんたちは気が付きましたか。
超能力なんて桐山ゲイカのホラを信じるから、矛盾したのです。
実際は桐山さんには超能力なんてない。
守護神や守護霊も嘘だから、こんな大事なことも告げてくれない。
倉庫に入れた職員も忘れて、桐山さんが気が付かなくても何の不思議もない。
普通の護摩木と違い、紙ですから、本数の割には体積がない。
中国にもって行かないとわかり、奥にしまい込み、
指示が何もなかったから、それっきり忘れてしまったのでしょう。

306 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:54:57 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

中国護摩木を発見した職員は桐山さんに報告しなかったのでしょう。
無意味なだけでなく、下手すれば自分が怒られるからです。
念のためにいうと、護摩木の処分を忘れたのは桐山さんであって、職員ではない。
職員が自分の不手際を誤魔化したのではなく、桐山さんの不手際を誤魔化したのです。
カスケットに仏舎利を入れるように指示し忘れたのは桐山さんであって、
F田さんでないのと同じです。
護摩木のことなどきれいに桐山さんは忘れて、指示など出していなかったのでしょう。
目的地に到着すれば、乗ってきた列車のことなど忘れてしまうのと同じです。
桐山さんにとって護摩木など手段であって、終わってしまえば関心がなくなる。
桐山さんの性格を何も知らない使者さんが職員なら、
桐山ゲイカに、護摩木がありましたと報告してしまう。
そうなるとどうなるか。

307 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:00:54 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

報告を受ければ、指示を出すのを忘れていたのは桐山さんですから、
普通の人なら「あっ、しまった」と自分のミスを思い出し、反省する。
しかし、それは普通の人であって、桐山ゲイカは普通の人ではない。
桐山さんは指示を出さなかったことも忘れている。
だから、使者職員の報告を聞いた桐山さんはいきなり怒り出す。
「なに?!護摩木がそのままだったと?
おい、使者、キサマどういうつもりだ?
理解力が低くて、頭の鈍いヤツだとは思っていたが、本当にただのバカだな。
信者の真心のこもった護摩木を何年も放置していたなんて、
キサマ、多くの人の菩提心を踏みにじったんだぞ」
と、自分のミスを棚に上げて、逆に偉そうなお説教が始まる。
信者さんたちは「忘れていたのは桐山ゲイカなのだから、
反論して、説明すればいいではないか」というかもしれないが、
目をつりあげ、声を張り上げている桐山ゲイカに異見するのは、
襲いかかろうとする猫に鈴をつけるネズミのようなものです。
そんなことをしたら、後で桐山さんから別な形でどんな目に遭わされるか、
桐山さんのそばに長年いる職員なら知らないはずはない。
桐山さんに道理なんて通用しないのです。

308 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/22(水) 13:04:30 ID:5yWoxlPp
>>300
ハッつぁんだったのか!
なかなか愚かな。

309 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:04:41 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

13運動が始まった十年ほど前、桐山ゲイカが
「誰がこんなことを許可した!」と双方向通信の最中に怒り出した。
引っ張り出された別院の職員は恐る恐る「許可をいただきましたよね?」と言ってしまった。
桐山さんは自分が許可を出したのを忘れて、
職員を大勢の信者の前で怒鳴りつけようとしていた。
13運動が成果をあげないのでイライラして、何かに八つ当たりしたくていた。
許可も出さないことを勝手にやる職員が出てきたから、ストレス解消に
ぶちのめしてやろうとしたら、逆に足払いをかけられた。
あろうことか、職員は正しいことを、事実をあるがままに言ってしまった。
彼は猫に鈴をつけてしまったのです。
結果は見るも無惨で、翌年には退職した。
信者の前で恥をかかされた恨みを桐山さんが晴らさないはずはない。
桐山さんの復讐は執拗で陰険です。
恥をかかされたといっても、悪いのは桐山さんなのですよ。
でも、そんな道理が桐山さんに通用するはずがない。
北朝鮮の将軍様と同じで、大王様の気分を損ねたら、あそこでは生きていけない。

310 :樹意:2006/11/22(水) 13:06:02 ID:98Ud6kae
>>305
> 中国護摩木が花山霊廟の倉庫に数年間放置されていたという事実がある。

これは職場の上司やら同僚やら書いてもらったのですが、−−−
あまりに酷い、 −−−−
募金詐偽で この前パクラレタグループがいましたけれど、宗教のカテゴリであるだけで
やりたい放題ですものね、 脱法産業はいやですね。
5億集めて3億経費というのも変だし、 1億だって使いすぎです。





311 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:14:28 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

護摩木シールがそのまま残っていたなんて報告を聞いたら、
桐山ゲイカは“喜んで”激怒する。
あの方は何かに当たり散らして、周囲を土下座させて、威張りたいのです。
因縁をつけて他人を怒鳴りつけてストレス解消すると気分がいいのでしょう。
一般社会でもこういう人がたまにいる。
立場を利用して、相手のちょっとしたミスのシッポをつかみ、振り回す。
桐山ゲイカはこういう性格のねじれた連中と同じです。
桐山さんを解脱した聖者だと信じているオメデタイ使者職員と違い、
実際に中国護摩木をどうするか判断を求められた職員は桐山さんの
この性格をよく知っていたのでしょう。
知っていたというよりも、身に染みて体験させられていた。
信者さんたちは桐山ゲイカが高度の知性を持っていると信じてるが、
実際の桐山さんは問題が起きると、どう解決するか冷静に考えるのではなく、
怒り、怒鳴り、周囲に八つ当たりするのが常です。
それを信者の前ですらやったのが「このバカつまみだせ」事件です。

312 :樹意:2006/11/22(水) 13:17:02 ID:98Ud6kae
>>295

単なるシャワールームですね、
本格的な設備にするとお金も掛かりますし、紫外線殺菌装置なんぞも
必要です、面手も大変ですから、給湯装置つけるだけにするほうが
いいでしょうね。
ほとんどろ過装置が機能していない 設備をもったところが沢山あります。
個人的にそういったところで 歯を磨いている方なんかを観ると
知らないって 怖いなーーと思ったりします。
ま、体を清潔に保つという事は大事なことです。?



313 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:18:41 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

オバサン一人に嘘つきと批判されて、「このバカつまみ出せ」事件で示した姿、
あれが普段の桐山さんなのです。
何の冷静さもなく、批判されたとたん、もう目つきが変わっている。
自分の気持ちを落ち着ける時間は十分にあるのに、
むしろ、時間とともに押さえが効かなくなり、
椅子に座っていることもできず、立ち上がり、内陣の端まで出てきて、
オバサンを指さしながら「キサマ!こっちに来い」
「キサマ!責任とらせるからな!」とキサマを連発した。
最後は暴力でつまみ出した。
これが普通の桐山さんの姿なのです。
この人はほとんど現実的な問題解決能力がないと言ってもいい。
桐山ゲイカの解決方法とは、悪因縁や霊障や超能力といった妄想をつくり、
責任を死者や仏と職員など他人に押しつけ、周囲を怒鳴りつけて威嚇し、
無能で無責任なあるがままの自分を見ないで、忘れてしまうことです。

314 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:28:26 ID:lxctk30c
>[417]大王の使者 06/11/22 10:49 JG6JNXCXuP

こういう桐山さんの姿を普段から見せられている職員なら、
中国護摩木の件を報告したら、桐山さんがどう反応するか、容易に予想できた。
自分の非など忘れて、周囲に当たり散らすだけです。
桐山ゲイカの尻ぬぐいをするのはいいとしても、
自分に責任を押し付けられ、まるで無能な職員だと思われたのではたまらない。
というと、信者さんたちは「まさか」と思うだろうが、
桐山さんは自分が受けた好悪の印象だけで相手を判断する。
好きか嫌いかという、まるで小さい子供のような感覚で人を評価し、判断する。
一度不愉快な印象を桐山さんに与えたら、どんな仕事をしても評価されない。
これでは人材が育たないのは当たり前で、だから、優秀な職員や先達は去ってしまう。
絶対服従のF田さんやオベッカつかいがはびこる。
これを読んでいる職員や先達なら、桐山さんの性格を説明されれば、
現実の教団で感じた様々な矛盾がかなり納得できるはずだ。
逆に、星祭さんや使者さんのように、熱心に修行したことがなく、
ただ桐山さんの宗教小説を鵜呑みにして、理想化している人たちは、
現場の体験がないから、言われてもわからないのです。
二人とも体験を伴わないから、机上の空論を書いていられる。
桐山さんの正体とは、信者さんたちの信じているような高度な知性と
理性と霊性をもった聖者などではなく、
一番わかりやすいたとえは北朝鮮の将軍様です。
中国護摩木の処分の件を、使者さんのように小さいことだとみなして無視するのではなく、
桐山さんがどういう人なのかを知る手がかりとすることです。

315 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 14:01:04 ID:GOXz36px
>>300
『ダルマチャクラ』の6月号までは発行人が「阿含宗出版社 M真知子」で、
7月号以降は「阿含宗出版部 N村肇男」になっています。
『阿含宗報』は6月前は発行が「阿含宗出版社」だったが、
6月以降は「阿含宗出版部」です。
どうやら、水面下では6月頃にすでに終わっていたらしい。
ということですが、確か Mさんが退職の
挨拶にきていたのが万燈会でしたので
8月で正式に終わったということですね。

316 :ザ@桐山晴雄:2006/11/22(水) 19:36:29 ID:QaaHmKWK
Mさんて、「M尾さん」のことかな?

317 :宗教にたよらず。:2006/11/22(水) 21:35:32 ID:Wwu5LpE7
阿含経は独自に学び正しく解釈してみましょう。

http://www1.ocn.ne.jp/~shodesi/index.html

http://www1.ocn.ne.jp/~shodesi/agomenu.htm

318 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/23(木) 00:25:56 ID:v4xGaCmm
>>316 そのとおり

319 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 00:41:35 ID:aBe+M5kz
いまは例祭の護摩は全部F田さんが焚いてるんですか?
お手配とかも?

320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。
個人的に彼を信じているので、今度の例祭で手続きを・・・と考えていたのですが、
阿含宗のHPでも観ておこうとして、偶然この批判の数々を見てしまいました。
匿名の書き込みを信ずるべきか、彼の人間性を信ずるべきか、宗教に免疫が無い私は、
とても迷っています。どなたか、決定的な事項をお示し下さるとありがたいのですが。

321 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 04:24:29 ID:PjZ5GMhD
>>320
基本的にはやめた方がいいと思います。
あそこ(阿含宗)がやっていることは、早い話が詐欺です。
現在会員で、これまで20年以上も会員をやっている私が言うのだから
間違いありません。信じた方がいいです。
もう一度言いますが、阿含宗は詐欺です。
意志の弱い、あるいは自分の人生に責任を持ちたくない卑怯な
人間のある種の弱い部分につけこんで、時間(勤労奉仕ですね)と、
金をむしりとっているだけです。
(私は総額で1000万円近く、時間についても膨大に貢ぎました)
あなたにとって何が決定的な事項になるのかはわかりませんが、
その友人との関係もあるのでしょうから、入ることが避けられない、
もしくは、今更断ると後々面倒な事にになりそうだというのであれば、
入ってもいいのではないですか?

ただし、その場合には以下のことにご注意ください。
(1)自分の人生ですので、基本的に人生の行動の責任は
   すべて自分でとるものであること。
(2)世の中にうまい話はないものであると言うことを忘れないこと。

「幸せ」や「うまい話」は、簡単に手に入るものではありません。
最後に判断するのは自分であるのですから、どうなろうがすべての
結果は自分に戻るものです。



322 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 07:54:04 ID:bObz15nl
シュダオンになるためなら死んでもいい人が、入会すべきです。
阿含宗は、シュダオンになる方法しか教えてないからです。

323 :樹意:2006/11/23(木) 08:46:46 ID:LH2JuwKr
>>320

重大な岐路に立った時点でこういう質問ができるというのは ネット社会のいいところです。
女性の場合は特にこれから伴侶になるかもしれない方?の言う事を信頼するのは
当然のことと思います。
あなたにとって決定的な事項というのは 私には解りかねますが
匿名であっても、実名であっても、事実と意見の違いは調べれば解ることです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インチキが多いこの世の中をこれから渡っていこうかという方ですその程度の
確認作業はされてください。(天は自ら助くものを助く)といいます。
いずれにしろ 確認 決断はあなた自身が下すのです。

このマンションは広い割には安いですよ、と勧められて鉄筋抜きの
マンション買った方は今どうなったでしょうか?

細木 某 がライブドアの株が五倍になると言ったから、ライブドアの株を
買った方は 今どうなっているでしょうか?

世の中には落とし穴が沢山ある。 
他人が勧める(意見)からといって(事実)確認しないというのは つり橋の手すりを
自らはずすようなものです。

こういう事は調べて事実を精査するなら解ることです。
ましてこの教団はお金が掛かる団体であり、宗教というのは魂を乗せる船です。






324 :樹意:2006/11/23(木) 09:00:32 ID:LH2JuwKr
>>320
詳しくは 過去スレを参照してください。

本尊は真正仏舎利と言っており スリランカ大統領から手渡された写真がありますが 
真正ではありません、 由来書きを調べてみてください。
(スリランカ大統領の権威を利用するために日本の政治家にもお金が渡っています。)
百歩譲っても 各地にある道場その他にある真正仏舎利がありすぎ 数が合いません。

教祖は真言宗のアジャリを名乗っていましたが、 これは自称です。

因縁解脱を標榜する教祖夫妻からして 悪因縁を出しています、教祖は脳梗塞 婦人は
ガン、ですから教義が完全に崩壊しています。

仏陀直説の阿含経よりどころにすると言いますが、阿含経で仏陀が禁止する(大戒ーー)
占い 護摩を焚いており、仏陀が霊だの無記とされたことをあえて売り物にしている
のですから 権威のみを阿含経にもとめ 実践は外道です。

この団体は常に他の権威を利用します、からお金の投資先は よく観察するなら
そういった権威に対する投資です。
いまあなたに対しても 信頼できる方からのオファーの形をとっていますが
こういうのは ねずみ講にもみられるものです。
他の権威 信用を利用するのが こういった団体のやり方になります。




325 :樹意:2006/11/23(木) 09:03:02 ID:LH2JuwKr
>>324

> 本尊は真正仏舎利と言っており スリランカ大統領から手渡された写真がありますが 
元大統領に訂正 

326 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 09:35:51 ID:mJUlqEWV
>>321
ほんまにそうですね。
世の中にうまい話なんてありません。
うまい話に乗って、結局は騙されてむしり取られ、それすらも判らなくなる。
何十年も騙し続けるんだから、本当に詐欺師って凄いと思います。
桐山ゲイカですか? 勿論、彼も超一流の詐欺師ですよ。


327 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 11:04:47 ID:LjcusWIl
>>320
プロポーズされたわけでは無いよね。ただの宗教の勧誘だよ。
とろい男と優柔不断な女が一緒になっても幸せになれるわけ無いじゃん。


328 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 11:11:19 ID:mJUlqEWV
>>243
>「密教誕生」などを読むとそれがよく判る。
>あの中には角川書店発売の仏教の思想シリーズ2や4の
>存在の分析<アビダルマ>や認識と超越<唯識>から
>ぱくった文章がたくさんあります。

仏教の思想シリーズ3の空の論理<中観>からもぱくってますよ。
桐山ゲイカはパクリの名人なんです。
最近はボケが始まってますからパクリさえも出来なくなりました。
だからマンネリ化した話ばかりです。

329 :青柿(あおがき):2006/11/23(木) 11:49:34 ID:NMaQL4V0
ザビビで指摘ありましたが、隊長先生はサイコパスなのですか?

330 :青柿(あおがき):2006/11/23(木) 11:51:36 ID:NMaQL4V0
http://religion.bbs.thebbs.jp/1162293024/158
です

331 :樹意:2006/11/23(木) 12:08:25 ID:LH2JuwKr
>>329
> ザビビで指摘ありましたが、隊長先生はサイコパスなのですか?

いい話題をありがとうございます
少し検索してみました。
http://72.14.235.104/search?q=cache:WIQ9Xm01wUcJ:profiler.hp.infoseek.co.jp/p.htm+%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%91%E3%82%B9&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

サイコパスの定義 (ロバート・ヘア)
饒舌で一見魅力的
過大な自尊心、自己中心的
異常なほど嘘をつく
後悔/罪悪感が全くない
冷淡で共感がない
行動の責任を取れない

だ そうです。
ん〜 なんかあてはまりそうですね。



332 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:09:41 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

批判側の書き込みを読んでも、仏教用語や教団独自の概念も多いから、
意味がわからないだろうし、匿名の批判がどこまで本当かと疑う気持ちあるでしょう。
ただ、それを含めても、スレを数個読めば、あなたも教祖の桐山さんに
一つの印象を持つはずです。
それは「嘘だらけ」ということです。
宗教であり、新興宗教だから、理屈理論で割り切れるものではなく、
従来の説とも違うのは当然です。
しかし、この教団では、教祖が主張した教義に教祖自身が矛盾するという
目も当てられない状態です。
他の方も書いているように、人によって“決定的な事項”が違います。
桐山さんの山のような嘘に嫌悪する人もいれば、虚言癖に何も感じない人もいます。
要望があれば、教団のおかしい点を項目で書き並べます。
項目の中で、特にあなたが関心の高い内容について説明するという方法です。

333 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:18:29 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

仏教の基本である三宝からして偽物であるとか、
教義の因縁解脱、霊障解脱、能力開発の根拠や実証か全部デタラメだとか、
北京大学名誉教授やサンフランシスコ大学の理事を100万ドルで買ったとか、
教祖の桐山さんが世界平和を唱えながら、直接警護していた警備員は
拳銃で武装していた右翼だとか、話題には事欠きません。
しかし、あなたはこれらは批判側の主張であり、
どこまで本当かわらないようというでしょう。
そのためにも112もあるスレのうち、最近のものでいいから、
十個くらい読んでみてほしい。
読むのは大変だろうが、あなたの人生がかかっているのだから、
そのくらいの時間はとるべきでしょう。
すると、内容もさることながら、批判側と擁護側の議論で、
教団や教祖の基本にかかわるような議論でありながら、
信者側が最後は何も返事ができなくなり、沈黙するか、
罵倒で終わっていることに気がつくはずです。
批判側から教義を逆に説明されるような有様で、
屁理屈をこねくり回し、話題をそらし、中には罵声を浴びせる信者もいる。
これはあなたの友人がここに来ても同じ事です。
教義はメチャクチャで、現実と矛盾だらけだから、
現役の信者でも批判に十分に反論することはできないのです。
なぜなら、批判側の元信者の多くは現役信者よりも教義などを正確に
理解しているばかりか、中には長年桐山さんの側近として活動して、
詐欺師ぶりを目の前で目撃した人もいるからです。

334 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:23:32 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

私のお勧めは、とりあえず、今月の入信(入行)は延期することです。
入信は月に一度ですから、延期には何の問題もありません。
しかし、友人が難色を示し、入信を急がせたり、
「代わりにご宝塔を受け取りましょう」などと言ったら、要注意です。
あなたの友人の本音が実はここに出ている。
新興宗教の多くがそうであるように、この教団でも
新しい信者獲得は大きな功徳があるとされている。
これを「導き」といい、重要な修行の一つであり、
導きの数が多い人は教祖からも誉められ、周囲からも尊敬される。
たとえば、教団には練脳塾という能力獲得の訓練がありますが、
上位クラスに参加するには導きの数を要求される。
つまり、信者たちは、熱心であればあるほど、
導きをしようと鵜の目鷹の目になっているのです。
友人から見て、あなたがどんなふうに見えるか、少し理解できたでしょうか。

335 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:31:23 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

あなたと友人との関係がよくわからないから、
友人が異性であり、恋人や結婚相手として考えているという仮定で、話をします。
もしそうなら、よくよく考えたほうがいい。
信仰は夫婦といえども各人の自由だというのはそのとおりです。
しかし、現実には成り立たない。
なせなら、お金がからむからです。
阿含宗はまじめにやればやるほど金がかかる。
これは現役の信者たちも認めることです。
あなたの友人に「守護神はもらったのか」と質問してください。
守護神をもらうには、基本料金が400万円で、最低でも五百万円くらいかかります。
しかもこれは供養のほんの一部です。
この教団が強制的に金を出させるようなことはありません。
だから、金を出さないばかりか、これを自慢する不真面目な信者もいるが、
桐山さんを信じて信仰するなら、金を出さない訳にはいかなくなる。
友人が、知り合いであるあなたに入信を勧めたということは、
かなり熱心な信者であると見てまちがいない。
結婚すれば、信仰の問題ではなく、家計つまりお金の問題になります。
現実に、これが理由で争いが起きたケースや離婚に至ったケースを知っています。
宗教は、個人の信仰の問題、などという小さなものではないことを覚えておいたほうがいい。

336 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:35:48 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。
>とても迷っています。どなたか、決定的な事項をお示し下さるとありがたいのですが。

友人に入信を一ヶ月延長を申し出て、次にあなたの友人に
何を信じているのか、聞いてみることです。
教団の特徴、ウリ、入信を勧めるほどの素晴らしさとは何なのか、
言葉で説明してもらうのです。
あなたのいう「決定的に事項」を知るには、
逆に、友人が信じている「決定的に事項」を聞いてみるのが一番良い。
教団の最大のウリは、因縁切り、霊障解脱、能力開発です。
友人が信じている点をここに書き込んでもらえば、
それらがどれほど根拠のない話か、こちらが指摘します。
また、あなた自身が調べられるように、文献なども示します。
ここでの批判を読めばわかることだが、
教団のこれらのウリは、今ではボロボロで、現実を示されれば、
中学生ならこれらの教義が成り立たないことを十分に理解します。
あなたは第三者的な立場なのだから、冷静、客観的に見られる。
一つ一つの批判を聞けば、あまりの矛盾と稚拙さにウンザリして、
「決定的に事項」とは、教祖と教義の一部にあるのではなく、全部だと気が付きます。

337 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:41:46 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

友人が信じて、あなたに入信まで勧めた立派な教義への批判に対して、
友人がどう答えるか、聞いてみてください。
友人にここに来てもらって、
私と友人との議論をあなたが読んで、判断すればいい。
「悪口は相手にしない」とか「桐山ゲイカに世に出られては困る教団の回し者」
などというかもしれない。
私はこの教団と教祖以外には帰依したことはないし、
どこの教団とも関係がなく、元信者という立場のみで批判しているにすぎない。
友人が理屈でどうにもならないとわかると、最後の頼みの綱は「体験」です。
理屈や現実で議論すると勝てないから、体験という主観に逃げ込むしかない。
これはあなたの友人に限らず、このスレでの信者の多くも、
最後は体験に“逃げる”しか道はありません。
友人は「とにかく、入って、体験してみればわかる」というでしょう。
半分それは本当です。
私など入っていた人間だからこそ、桐山さんの俗悪ぶりを体験できた。
目撃し、知った時の嫌悪感は身体の中に今でも残っているほどです。
あなたが体験によって判断したいと、入信するならそれもいいでしょう。
引き続き、このスレに書き込んでくれれば、私が教団と桐山さんの
どこが薄汚いか、観察の仕方を先輩としてお伝えします。

338 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:48:50 ID:10Vue6nQ
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

あなたの友人がここでの批判を読んで、桐山さんに疑問を持つようなら、
逆に見込みのある人です。
狂信的でなく、知性や良識がまだ生きている。
ここに来て、疑問を持ち始めた信者の多くがそうであるように、
教団に関わり、桐山さんを見てきた人なら、
批判のいくつかに思い当たる「体験」があるはずです。
だから、あなたにとって信頼のおける友人だと思うなら、
なおさら、このスレを教えてあげて、疑問をぶつけてみたらどうでしょう。
友人は桐山さんの正体を知らないのかもしれない。
私もかつて、知らないがために、桐山さんを理想化して見ていたことがあります。
批判本を読み、周囲の人たちから話を聞き、自分で確認して、
やがて桐山さんが妄想癖の強いただの宗教詐欺師であり、
自分は宗教詐欺にひっかかるほど愚かだったと気が付かされた。
すべては周囲の人たちのおかげです。
あなたのほうが友人よりも正しい知識を持っている。
本当に友人だと思うなら、それを伝えてあげることです。
逆に、伝えたために友情が壊れるなら、大変失礼を申し上げるなら、
「とても信頼している友人」とはあなたの思い込みにすぎなかったことになります。

339 :元カイーンくん:2006/11/23(木) 17:54:33 ID:NMaQL4V0
>>320 そうですね。自分も>>321の人と同意見です。
あまり薦められませんがアゴン宗に限らずどの新興宗教も祈る信者の念みたいなのが渦巻いてて、
それが一種の気となってます。タルパといいますが。
こういう気を気功の武息法で純化して服気するというテクニックがあります。

しかし信仰をしようというのであればデメリットが多すぎます。
やめたほうが無難ですよ。
自分も上記のようにテクニックと割り切ってましたが、
やはり割り切れなくなり今は会員ではありません。

340 :元カイーンくん:2006/11/23(木) 19:40:13 ID:NMaQL4V0
ユビキタスさん菜々子さん樹意さんハルオさん、情報ありがとうございます。

341 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/23(木) 20:43:40 ID:e61lNJ+9
>>339-340
その昔ザのスレで元カイーンというネームの人がいて、
こちらもつい調子に乗って元カイーノさんと書いてレスを送り
元間寛平ではありませんとレスされた人のことが一瞬頭をよぎり
ましたが、いつもお見かけする方でいらっしゃいましたか?
レスはザの方で書いています。
まだはっきりしないので短い文ですが。

342 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 21:35:00 ID:ot4PtgiR
>>320 :誘われてます。:2006/11/23(木) 03:39:50 ID:TXEP+e07
>とても信頼している友人から阿含宗への入信を勧められています。

似たような状況を経験した者としてレスします。
私はここの皆さんのように熱心な信者ではありませんでした。
あなたが入行(入信)しようかと考える主な動機が、友人に対する好意なら止めた方がいいと思います。
一言でいえば無理です無駄です。
阿含宗に信頼感を持つことができなければ信者を続けることはできません。
あなたも例祭やついたち護摩の見学に行ったことがあるようですが
私も見学に何度か行って、うさんくさいという思いはありましたが、特に危険性を感じることは無く
友人の「趣味・考え方」を理解してあげようという気持ちで入信しました。
しかし根底に阿含宗に対する疑いの気持ちがあるために、法話、修業もろもろに
矛盾と嫌悪感を感じるようになりました。
無理というのは二人の会話、価値基準の大きな部分を信頼できない阿含宗が占めるのです。
やっていけますか?共感することができそうですか?
金と時間の無駄、カルト団体を擁護することになるのは他の皆さんの言う通りです。
判断はあなたがすることですが、このスレッドに書かれていることのほとんどは(私の体験から)真実です。
(このスレに引用されている新聞、雑誌、文献は大きな図書館なら見ることができます。)
彼の人間性を信じることは間違っているとは思いません。
しかし彼の信仰対象が正しいということにはなりません。
理想的にはあなたは外にいて客観的に判断し、社会の常識、経済的にバランスをとってあげることが
ベターではないかと思います。

343 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/23(木) 21:43:29 ID:e61lNJ+9
>>320
信頼できる友人の勧めということですが、一般論的にも宗教団体
への入信はよくよく慎重に決断せねばならないので、今週末
と思われる例祭での入行は見送った方がよいでしょう。
情報を得て考える時間が必要です。
現実にかかる費用について友人さんが正直に1体10万円の
解脱供養を何回もする必要があるとか出費のかさむことを
認めて示す人ならその人は誠意があります。
しかし会費は月2000円だけだ、解脱供養なんて強制では
ないからできる時にすればよいのだとか示す人ならば、
この人は単に自分の入信導き実績だけを考えてる人かもしれません。
またこの人自身がよく理解して真面目にやる人でないことになる。
結婚を見据えての伴侶の場合、私も相手に求める条件に悩んだ
ものだ。自分だけでも大変なのに、また1から遡ってこの高額出費
の道を誘導していかねばならないのであり、すこぶる憂鬱でした。

344 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/23(木) 21:47:38 ID:e61lNJ+9
>>320
で、誠意ある人で本当にあなたの幸福を案じている人だった時こそ
大変です。これから10万単位の出費が限りなく続くわけで
彼からも強く説得されます。
それを念頭に置いてご自分で決められることです。

345 :元カイーンくん:2006/11/23(木) 21:51:03 ID:NMaQL4V0
>その昔ザのスレで元カイーンというネームの人がいて

ハンドルネームがダブってしまいました。
私は]27号と名乗ってた若造です。

346 :孔孔富隼:2006/11/23(木) 22:23:50 ID:9hKCxi3M
>>345さん。共々苦しみを乗り越えられた事を慶賀いたします。

347 :孫逸朗 @元カイーンくん:2006/11/23(木) 22:28:50 ID:NMaQL4V0
>>346 しんじんさんありがとうございます。
「揺り戻し が 来る」 と聞いてますから、乗り越えなければいけませんですw

348 :孔孔富隼:2006/11/23(木) 22:48:26 ID:9hKCxi3M
友人に勧誘された方のお話ですが、
112もあるスレの何番のスレかは忘れましたが、
結婚を約束している彼から勧誘をされてドウ仕様かと悩みに悩んで
スレ上で相談された女性がいましたが、今が幸せならば良いのですが。
X27号さん、クルクルさんもいることだし、お互い競い合えばよいと思いますが。

349 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/23(木) 23:08:47 ID:e61lNJ+9
孫逸朗さんにおかれましては、ザのスレにてレスをつけておきました。
って、報告するまでもないことですが。
また恥ずかしいこと書いちまっただな。(→o←)ゞ

350 :樹意:2006/11/23(木) 23:11:41 ID:LH2JuwKr
優秀な詐欺師は真実の中に嘘を混ぜるといいます。
ゲイカの論理の組み方は 相応の説得力があるのです。
そのさりげなさが、気づかせない原動力でもあり、ソフトカルトとしての
真面目でもあります。

これが普通の防犯板での軽微なものであるなら 一度騙されて苦い薬を
味わってくださいといえるのですが、 こういう宗教の体裁をとっている場合は
世間一般の法律の歯止めも機能していませんし、 教団へお金を使うことが
継続化するという習慣性もあります。
それを継続させるために次から次へと、脅し的なものを提示してきます。
導く側が気づかない場合は、まったくの善意から、いろいろお金やら時間を
使うように説得してきますから、社会悪の塊のようなものです。

普通に10万円騙し取られたら大騒ぎするでしょうが
これが 継続したらどうでしょう?
どうしてこれが抵抗にならないかといえば、ご先祖の供養という形であり
自分にとって大恩ある方の権威を使われるからです。
親族に仕送りすると思えば 収入の半分を出しても惜しくは無い方が
多いかと思います、 ですがこういう善意、権威を利用するのがこういう
カルトの手口です。
はじめが 肝心なのです、どうかこういった悪意の連続技の一番初めに
嵌らないよう気をつけてください。

こういったものは麻薬と同等です、一度注射され 洗脳されてしまうなら
その後 継続してしまう可能性が多いのです。



351 :樹意:2006/11/23(木) 23:25:35 ID:LH2JuwKr
アゴンはソフトカルトですから こういう心配は無いのですが、
世間は広く、すさまじい被害の出ているカルトもあるのです。

○一境界などでは合同結婚式の後 数千人の日本人女性が行方不明との
事です。
命があったとしても南京状態で、召使のごとく奉仕させられていることでしょう
日本側は返せといっているようですが、国境を越えた場合はそうもいきません
悲しむべきことです。
これらは 日本の政治家秘書に関係者をおくり込むなどしていますから
○本のトップレベルの政治家などが、 親しくお付き合いをしている現実が
あり、かつまた 金玉にぎられた状態なのです。
神父さんの格好をして日本人女性ばかり 強姦していた方もネットを
にぎわせています。

うら若い女性などはよくよくこういう団体には気をつけるべきなのです。
どうか 宗教が絡んだ異性関係と金銭を要求してくる団体の場合は
事実関係を調べた上で判断されるよう自衛の策を取ってもらえるよう
お願いします。

 また脱線しました すみません。









352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I
皆さん沢山のアドバイスありがとうございます。
阿含宗の被害者が増えない様に皆さんが真摯な書き込みをして下さった事に感動しております。
事態は急展開しました!
今日、例の彼から連絡があり「私は阿含宗を辞める・・・間違った道に誘ってしまい大変申し訳なかった・・・」と涙ながらの告白がありました。
話を聞いてみると、彼はつい先日、この掲示板で「160・迷える信者」で書き込みをしていたとの事です。
その後、書き込みはしていないが、掲示板だけは毎日チェックし、皆さんの書き込みにとても励まされ、
自分がお導きした方がたの退会をすべてフォローしてから、皆さんに報告の書き込みをしようと決めて、
何人かのお宅へお詫びと説得に回っていたそうです。
そんな時、私の書き込みをみて、「もしや?!」と思い、連絡してきたとの事でした。
彼から強引に勧誘された訳ではないので、
私が本当に今月入会手続きまでするつもりだとは思っていなかった様で、
「連絡遅く本当に申し訳なかった」の言葉が痛々しい程、気の毒でした。
ゲッソリ痩せて、相当悩んだ様ですが、少しずつ、また元気になってくれると信じています。
取り急ぎ報告まで。
皆さん、本当にありがとうございました。
追伸「160」の彼は「全てのフォローが終わるまで、教団から妨害が入らない様に、書き込みはひかえます・・・皆さんによろしく」とのことでした。



353 :孫逸朗:2006/11/24(金) 03:54:28 ID:QLbJde0i
マジっすか!!!
良かったですねえ。世間は狭いものですね。2人でカキコんでたとは?
でも160=321だと思ってましたが、違うようですねw
私はあなたがたにシンクロしたわけですねえ。
私はザビビでシール捨て事件を見たのと、320さんのいまどきお導きなどやってるのがいる(失礼w)と、憤慨し止めることにしたんです。
160さん頑張ってね

354 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/24(金) 08:47:18 ID:Ofy1Jjgs
>>352
いやあ、よかったよかった。
信頼できる友人さんが本当に信頼できる人で誠意のある人で
よかったですね。
タイミング的にもラッキーでした。
ネットの掲示板の力を改めて評価いたしました。
160を書いた迷える信者さんは本当に頑張って下さい。
宗務局の動きを牽制して書き込みを控えるのは賢明です。
やはり誠心誠意をこめて熱心に活動されていた人の方が気づき
も早く対応も誠実ですね。ねえ?星祭さん。
シンクロといえば水上でこれだけ奇跡が重なるのですから
水面下を想像すると素晴らしいことになっているかもしれません。

孫逸朗さんにおかれましては、まだあなたがこのスレに来られる
以前の過去ログを参加するようになってからのスレも含めて
読破することをお勧めします。
昔はいろんな人がすごいネタを披露してくれていたものです。
自己洗脳の影響を受けていた時と今、これからとで受け止め方
が大きく変わっているはずです。
ハルピン護摩の護摩木シールを職員に命じられて京都の山奥に
埋めた話も出てきます。
その時は今回のザのスレのように数日その話題が続くという
ことはありませんでしたが、こうして長い年月を経た後に
その効力を発揮するのです。
思想的な誤解を理由にではなく、こういう誠意のない教団と
教祖のあり方が退会決意のきっかけとなったのももっともな
ことでしょう。
このように過去ログとは現在でも生きている宝庫ですので
積極的に活用して下さい。

355 :孫逸朗:2006/11/24(金) 10:29:46 ID:QLbJde0i
>>354 ありがとうございます。そういたします。
揺り戻しへの対抗手段にもなりますし

356 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:20:12 ID:s2D6RVa3
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。さん

ほんとによかった。
阿含宗に誘われた人が教団HPを見ようとすれば、必ず検索結果に批判サイトが出てきてしまう。
阿含宗も外部の人にHPを見てくださいと言いにくいでしょうね。
他は見るなといっても聞くわけ無いし。


357 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:40:20 ID:ButBdfXU
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I
>ゲッソリ痩せて、相当悩んだ様ですが、少しずつ、また元気になってくれると信じています。

160さんの気持ちもわかります。
金を出し、時間を浪費したのは自分の判断だから、自嘲で済んでしまう。
問題は他人です。
導いたり、お世話をした人たちにどう謝罪すればいいのか、本当に困ってしまう。
私は他人の人生を詐欺宗教に無駄使いさせたという自責の念は今でも消えません。
中国護摩木も、気の毒な養父母のためなのだから、
信仰はともかくとして、寄付してくれと、普段なら声をかけない人にもお願いした。
ところが、寄付の大半が桐山さんの欲望のために使われた。
勧進に応じてくれた知り合いや住所の分かる人には報告のパンフレットと
お礼の手紙を後で送った。
仏教協会への一億円のことを私に問いただす人はいなかったが、
信者であった私が見て疑問に思ったくらいだから、
奇妙に思った人たちもいたでしょう。

358 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:42:52 ID:ButBdfXU
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

導いた人だけでなく、ファミリーの仲間も、チーフを手伝って様々な形で引っ張った。
自分ではこれが相手のためになるのだと信じていたからです。
ところが、だんだん桐山さんの正体が見えるようになると、
自分のしたことの恐ろしさに気が付いて、どうしたらいいのか迷った。
チーフと阿含宗の教義について想定問答をしたのもこういう背景があるからです。
批判側と信者側になり、立場を変えながら議論しても、
議論することで物事を整理するから、それまで気が付かなかった桐山さんの嘘がわかり、
やぶ蛇もいいところでした。

359 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:50:23 ID:ButBdfXU
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

導きやお世話にエゴはなかっただろうかと、これまた振り返りたくない事項にも
向き合うしかなくなった。
どう見ても、エゴがないはずがない。
導きをした功徳で自分の悪因縁が切れるというのが教学なのだから、
導きをする時、相手の為であるという建前を自分に振りかざしても、
当然、その引き替えとして、因縁が少し切れるだろうという欲があった。
これは相手を自分の“エサ”として見ていたのと同じです。
これが餓鬼信仰であり、宗教的ネズミ講に自分がはまったのだと
気が付いた、というよりも、認めたのはずいぶん後です。
このように書くと、「あなたは導きに我が入っていた」などと偉そうに説教を始める人がいる。
自惚れが強く、慢心に満ちた信者は、自分の心を省察する習慣がないからです。
なにせ教祖が模範を示しているのだから、信者がそうなるのは当然です。

360 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:54:45 ID:ButBdfXU
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

仏様に導きや供養をすることで、自分の因縁が切れて、不幸が防がれ、
好運が得られるなど、信者さんたちは当たり前の信仰だと思っているのだろうが、
それは立派な宗教ネズミ講にすぎない。
因縁解脱、梵行、積徳行など意味をすり替えられたオカルト仏教用語で
粉飾されているから気が付かないだけで、ネズミ講です。
ネズミ講は他人を仲間に引き入れ、彼らが出す金を自分の利益とすることです。
引き入れる人数が多い方が自分の利益も増す。
因縁がキレルはずだし、ファミリーも大きくなり、
前に出た牧童犬さんがそうであるように、周囲からも尊敬され、教団でも重宝される。
練脳塾でおシャカの成仏ホーを教えてもらうためにも導きは欠かせない。
他人をエサにして自分が利益を得て、人数が多い方が利益も増えるのだから、
成り立ちや利益の流れからみても、立派な宗教ネズミ講です。

361 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:59:22 ID:ButBdfXU
>>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

導きは徳という御利益だけでなく、ムチにも使える。
十年前、13人導けば、命の保証をすると桐山さんは言った。
逆に言えば、13人導きをしない人の命は保証しないというのと同じです。
普通のネズミ講は欲望で他人を踏み台にするだけだが、
桐山さんは恐怖心まで用いて他人を踏み台にしている。
信者さんたちは自覚がないだろうが、この手法は今でも使っており、
前には好運と超能力というエサをぶら下げられ、
後ろからは悪因縁、霊障、横変死の因縁というムチで追い立てられている。
これを信者さんたちは釈尊の説いた信仰であり、修行だと思っている。
「そんことはしていない」と言うだろうが、
でも、あなた方はアウシュビッツの護摩に参加して、
ロシア護摩にも参加しようとしているのですよね?
それは霊障のカルマによる地球壊滅を恐れ、死者たちに霊障のホトケと
いう不名誉を与え、成仏させて功徳を得ようというのだから、
恐怖心から他人(死者)を踏み台にして利益を得ることです。
つまり、信者さんたちは恐怖に追い立てられ、欲望に釣られて
他人を踏み台にしているのだから、宗教ネズミ講のただのネズミです。
私が信者さんたちをネズミだとか宗教家畜だというのは、悪口ではなく、
かつての自分をも自嘲しているのです。

362 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:04:22 ID:ButBdfXU
>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

宗教的な修行や積徳行と称して、自分のために他人を踏み台に使っていた。
これを認めるのは相当な苦痛だった、というよりも、今でも苦痛です。
こういう苦痛が予想されたから、実は、回避する道もありました。
その道を選んでいるのが星祭さんです。
様々な屁理屈をつけて、自分の選択は間違いなかったのだと納得させれば、
これまでなした霊感商法の悪業も悪業ではなくなる。
素知らぬ顔をして、口をぬぐい、導きやお世話などもちろんいっさいやめて、
阿含宗との関わりを最小限にして、“隠れ阿含宗”になれば、
周囲に対して恥をかくこともないし、自分の非を認める必要もない。
このように心の中で何度も煩悶した私は、「星祭型選択」を笑うつもりはない。
むしろ、ユビキタスさんや160さんのように、
現実を示されて、すみやかに決断する人は例外でしょう。
私の場合、期限を決めて、周囲の信用のおける人に宣言しました。
もっとも、自分が決めた期限の一ヶ月前に辞めることになり、
これは爆笑ネタなので、機会があれば御紹介しましょう。

363 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:08:13 ID:ButBdfXU
>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

私が「星祭型選択」をしなかったのは、一つにはその選択は卑怯であり、
正しくないと思ったからです。
教義が嘘だ、自分の選択は間違っていたとわかっているのに、
様々な言い訳を並べ、保身に走るのは、卑怯です。
星祭さんを卑怯だと言っているのではなく、自分がそのような選択をしたら
卑怯者として、もう一人の自分が一生許さないだろうという意味です。
もう一つは、これ自体がある種の宗教的な修行だと思ったからです。
安易に自分をごまかし、桐山さんと一緒に嘘を突き通しても、
宗教ネズミ講や霊感商法は犯罪として裁かれることはないから、
周囲は私を責めることはできない。
だが、周囲が責めなくて、正しくないことは自分が一番良く知っている。
自発的に自分のミスを認め、大恥をかいてでも修正するか、
それとも、口をぬぐって屁理屈を並べて、自分すらも偽り、素知らぬふりをするか、
これは選択という大きな修行です。

364 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:20:15 ID:ButBdfXU
>352 :[320]誘われてます。を書いた者です。:2006/11/24(金) 03:03:29 ID:jVtTCz8I

160さんもそうだが、他の迷っている信者さんたちも、その苦痛と選択こそが、
本当の意味での釈尊の説いた修行であることに気が付いてほしい。
私はそのことに気が付いて選択したというよりも、
自分の心を奮い立たせるためにも、修行としてやろうと決心したのだが、
実際にそれは修行なのです。
かつてユビキタスさんは信者時代、議論の後、数ヶ月沈黙した。
あの期間こそが修行なのです。
嘘を突き通すか、それとも正しい行いをして屈辱や苦痛に耐えるか。
恥をかきたくない、これまでの人生を否定したくない、
ここまで時間と金を投資したのに捨てたくないという欲望や、
桐山さんへの依存という執着と戦い、
これを「損切り」しようと決心するのは、まさに自分と向き合うことです。
釈尊の説いた四念処観そのものであることに気が付いてほしい。
160さんは今は敗戦処理のような惨めな気持ちだろうが(同病だったからよくわかる)、
あるがままの現実を認め、正しい選択をして、苦痛に耐えながらも
自分のなしたことと向き合うのは、釈尊の説いた教法そのものです。
桐山さんが一生逃げ続けていることに、我々は立ち向かったのです。
導きや柴燈護摩、練脳塾なんて、砂場の宗教ゴッコにすぎない。
なぜなら、それらはすべて自分の「外」にあるからです。
釈尊は「内」にあるものに目を向けるように説いた。
信者さんたちも、桐山さんの山のような嘘を目の前にした時、
自分の内にこそ目を向けるべきです。
言い訳と屁理屈という騒音で自分の耳を塞ぐのではなく、
内にある良識と良心が、桐山さんを信じ続けることについて、
なんと言っているのか、耳を傾けるべきです。

365 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/24(金) 13:34:01 ID:Ofy1Jjgs
>>364
あ〜、記憶違い記憶違い。
私は数ヶ月も沈黙してません。
数日間でしょう。12月の例祭法話の報告が終わってから
数日沈黙した。
それでも年末に年賀状を書いている時に、「俺は伊集院じゃ
ねーよ!」とよー痴疑惑を晴らす星祭さんにレスをつけた。
1月3日ごろ再登場してアンゴルモア真言の授与資格の訂正
指摘と、ご霊示というのも管長のノリでしょうと書いて七氏さん
からレスを受けた。
で、1月7日に一人で暴発自己批判を始め、七氏さんのレス
も受けながら、ついに1月9日悟りを開いた。

366 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:56:59 ID:LRh4S+z+
いよいよ。メシア出現に書かれた大動乱が始まるのです。
桐山師の予言が当たるのです。

2007年1月19日平成が終わる大動乱です。死ぬ人は死ぬのです。

日本人の7割が死ぬ?

367 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:57:30 ID:CZmfoC/6
阿含宗の教え(教義?)の中に宗教ネズミ講的手法が密かに組み込まれていたなんて
ハッキリとは気が付かなかったよ。
確かに「仏様に導きや供養をすることで、自分の因縁が切れて、不幸が防がれ、
好運が得られる」と言う言葉の中には宗教ネズミ講的要素がプンプンしてますね。
但し、前々から13救いの輪運動?はそれに近いとは思っていました。

368 :孔孔富隼:2006/11/24(金) 17:31:15 ID:1MWFqEQQ
久しぶりにスガスガシイ一日だった。いじめ・自殺・殺人の横行する昨今、
いたわり合う人達(男女)の生き様を読んでいて、
日本も捨てたモノではないと明るい気持ちになった。
ザでの旧知の方の決断・決意にも「マ−一杯やろうや」という感慨。
寒くなりそうだから、鍋にしようか、オデンもイイネ−

369 :シャープ社員:2006/11/24(金) 20:30:21 ID:Y9dytlQc
kロ元局長、シャープ時代、パワハラ、セクハラひどかった。すこぶるわるかった。

370 :シャープ社員:2006/11/24(金) 20:31:33 ID:Y9dytlQc
あの人、宗教に関係あるなんて、信じられない。

371 :シャープ社員:2006/11/24(金) 20:32:16 ID:Y9dytlQc
そちらでもいjめてるの・

372 :みやこ:2006/11/24(金) 20:39:32 ID:Y9dytlQc
顔もゴリラ、頭もゴリラ並みの意地悪N川職員いるよね。

373 :みやこ:2006/11/24(金) 20:41:28 ID:Y9dytlQc
宗教心のない人

374 :みやこ:2006/11/24(金) 20:43:10 ID:Y9dytlQc
くようぶ

375 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 20:53:55 ID:EzQevS58
クフ王みたいな顔の職員さん(関東)は大変親切にしてくださいました。
有難うございました。

376 :樹意:2006/11/24(金) 21:05:53 ID:6aOYXuuO
>>352

あなたも聡明な方なら彼氏も見事です。
この彼氏は間違いを認めて さらに撤収もすばやく、そのフォローも見事です。
私ならこうはいきません、いつまでも うじ うじ うだ うだ 悶悶 。

こんな方が旧日本軍の参謀本部に沢山いたなら、人的被害はもっと少なかったかと
思われます。(また 脱線しました)
こういう方はビジネスをやっても マーケットを相手にしても致命傷は回避できる方です。

人生や仕事の場合 小さな失敗は沢山やってノウハウの蓄えるべきなのですが
カルトの場合は致命傷になる場合が多々あります。
決定的な間違いはやってはいけません。(きっぱり!)
いずれにしろよい選択をされました おめでとうございます。


377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
はじめてここで書き込みしています。
私の家族は10年くらいこの宗教のお札やらお守りやら何やらを
買い続けています。きっかけは、母の友達と、その友達の兄弟からです。
私は最初からあまりこの宗教には???という感じなので、お祈りをしたり
していません。母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

実際この宗教はどうなのでしょうか?結構お札とか色々お金がかかりますね。
母もそろそろ止めよう、止めたい気持ちが段々強くなってると言います。


378 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:26:37 ID:qhEDZrs5
続きです。

母も友達から誘われたというので断りにくいのもあると思いますが、
やっぱり色んな種類のお札があって、それが無いと不安になるらしく
なかなか止めれないところもあるようです。

母はいつも言ってることは、「この宗教に入ってるにもかかわらず、
家族に大事故とか大病なんてあったら即止める!」なのですが。。
でも今年は特に止めたい気持ちが膨らんでいるようです。

私は最初からこの宗教がどちらかと言えば嫌いです。止めて欲しい。。
でも少し依存みたいなところがあるみたいで。。何とか説得したい。

379 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 00:14:09 ID:rcm4SqM1
ほんと、ここ読んでいる職員さん達、
すこしは考えたほうがいいぞ!
毎年おなじことやるんだろ、また初護摩札のキャンペーンとかで
出来るだけ多くの御札買わせようとして
くだらねぇ
ちゃんと行やってりゃ、あんなもん必要ないと言ってやれよ、信者たちに
もっと別の方法で教団の発展と自らの収入を考えろ。
もう限界だぞ、バブル時代じゃないんだから。
いいかげんW田商法などやるんじゃないよ!
仏道の本道を行け!ケータイの占いキャンペーンなどやめろ!

380 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 00:25:59 ID:rcm4SqM1
ほんとやりすぎだよな。
こんなことばっかやってっからダメになるんだよ。
腐ってうまいのは納豆ぐらいじゃ!
アゴンが腐ったらどうにもならん
バカルト教団じゃ(バカでカルトでオカルトの意)。
まず法務部に基本からやらせろ、山篭りとか、加行、瞑想行
つでにインドの貧民街でボランティア、耐え抜いて鍛えぬいた
坊さんが信者を指導しろ。
つまらない、お守りとか買わせたりするんじゃない!

381 :孫逸朗:2006/11/25(土) 00:35:40 ID:sHK8PiMg
>>379-380 そうだそうだ!自分は夜祭さんが今主張したことを辞めるときに言いましたよ。

382 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 00:38:43 ID:/+cqExg0
あんた、よく言ってくれた。
ほんまにその通りやで。
おい! 阿含の3バカトリオ、よく聞けよ!

383 :ネットカフェから冷やかしマン:2006/11/25(土) 03:48:55 ID:wi/aUWii
本日の例祭アンケートに、次の事を書いて出してみます。
「私は脳梗塞にもガンにもなりたくありません。もちろん離婚も絶対さけたいです。
どの様に修行に励めばよろしいでしょうか?」
ご指導よろしくお願い致します。
合掌


384 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 08:18:19 ID:884g0olh
あるがまま

385 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/25(土) 08:31:23 ID:x5RJNrSi
>>377-378
お母さんが正月のお札を買わされてるだけなのか、正式に
入会して金色の鉄の筒みたいのを前にナモナモお経を唱えて
いるのかわからないが、もともとが誘われただけのつきあいで
熱心でなく、また理解も十分でなくのめりこんでないと思われる。
それでもお札がないと不安になるのは見事に人間の依存心を
狙ったものです。
あさましい欲望よりも病気や事故などしない恐怖を脅されて
の回避したい心が根底にある。
これの克服などというテーマはなかなか我々凡人には説得も
難しいところがある。
ならば身体健全だの病気平癒だの一般論的なスローガンよりも
これを売り出す教祖を観察することを諭してはどうか?
管長の桐山さんは今から10年前に脳梗塞の発作で倒れ、
なんとか回復したもののその影響、障害からは脱していない。
ヨレヨレで杖をついて歩き、頭も相当呆けている。
85の老人なんだからそういう老人がいても当たり前なんだが、
しかし同年齢でもっと元気な老人がたくさんいるのも現実です。
誰だって脳梗塞になりたくないし惚けたくない。
しかしこの教祖はお札を売る立場にありながらこのとおり
その御利益を受けてないのです。
その夫人がかつては副管長だったのだが、彼女は今から6年前
74歳でガンで亡くなった。
普通の人がガンで亡くなるのも不思議ではないが、女性の
平均寿命も全うできなかった彼女はお札の御利益も受けて
なかったことになる。
どうしてこんな程度の気休めに過ぎないお札に囚われる必要が
あるのか?そんなところから考えて諭してはいかがでしょうか?
事故や病気が起きてから止めるなんてこと言ってないで。

386 :孫逸朗:2006/11/25(土) 09:15:36 ID:sHK8PiMg
>>379-380 そしてそれをやらせている張本人にもいってやれ〜。
ゴシンピツなんかいらねえよ って

387 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:00:31 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

>>385のユビキタスさんの意見と重複します。
お母さんは信者なのですか、それとも、単にお札や護摩木を勧められるから、
買っているという程度なのでしょうか。
お母さんが高さ十数センチほどの金ピカの金属製の筒を拝み、
紫のお袈裟と呼ばれるものを首からかけ、長い数珠を持っていれば信者です。
たぶん信者なのだろうということでレスをつけます。
お母さん自身、信者のままでいることに疑問を持ち、
誰かに背中を押してほしいのかもしれませんね。
だったら、ストレートに教祖の桐山さんという人が
どれほど嘘つきかを教えてあげてはどうでしょうか。
お母さんは家族が元気でいられるようにというために信仰をされているようですから、
桐山さんとその家族のことを話してあげるといいでしょう。

388 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:03:51 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

桐山さん本人は糖尿病からきた脳梗塞です。
糖尿病であることは認めていませんが、状況証拠からほぼ間違いないでしょう。
脳梗塞は本人も認めています。
これは教義からいってありえないことです。
阿含宗では病気は悪因縁から来るとされ、桐山さんは悪因縁を全部切ったと
宣言しています。
ですから、「脳障害の因縁」から来る脳梗塞になるはずがない。
ところが、現実は脳梗塞です。
ご存じのように、脳梗塞は生活習慣病であり、その多くは食事に問題があります。
桐山さんが脳梗塞になった理由はまさに生活習慣病で、
美食、飽食を続けたために、糖尿病から脳梗塞を併発したのです。
それでもまだ美食がやめられず、京都からわざわざ職員に
新幹線で弁当を運ばせています。
今85歳の桐山さんは杖をつき、時には車椅子に乗り、
同じ話をクドクドと繰り返す普通の老人です。
お母さんも85歳になった時、桐山さんのようになりたいなら、
今の信仰を続ければいいし、84歳でも森光子さんのようになりたいなら、
信仰に金をかけるよりも、健康に金をかけたほうがいいでしょう。

389 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:05:17 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

お母さんは家族の健康も心配しているでしょう。
桐山さんの奥さんは、2000年に、ガンで76歳の“若さ”で亡くなりました。
桐山夫人は光和食品という信者に健康食を売る会社の社長をしていた。
歯科医だったから、人間の身体についても専門家でした。
ところが、平均寿命よりも10歳近くも若くして、亡くなった。
二十年前もガンにかかり、因縁切りと健康食品による養生法をしていたはずなのに、
結果はこの有様です。
お母さんが法リキを頼っている桐山ゲイカは、
自分の妻すらも助けることのできない男なのです。
自分の病気も治せないのだから、他人の病気など治せるはずがない。
今では、雪駄を自分ではくこともできず、周囲にはかせてもらっているそうです。
頭の上のハエも追えないし、自分の尻ぬぐいもできない男に
どうして他人を助けられるはずがあるでしょうか。

390 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:08:26 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

お母さんが家内安全といったいわゆる御利益だけで信仰しているのなら
それほど大した問題ではないと思います。
御利益を宣伝するタヌキ宗教は世の中にたくさんある。
桐山さんと夫人を見れば、この教団に御利益などないことは明らかだから、
御利益信仰を目的にする人は、現実を示されると去ってしまう。
だが、この教団のキツネは性格が悪く、もう一つの別な面を持っている。
それは悪因縁や霊障などの恐怖心を植え付けることです。
この教団の御利益は恐怖とワンセットです。
ポンポコタヌキのようなひょうきんさはなく、御利益が欲しければ、
まず悪因縁を切れ、霊障を解けなどと人を霊的に脅かすから、
信者は自覚なしに、恐怖心から桐山さんに依存してしまう。
お母さんが気が付かないうちに恐怖心を植え付けられている可能性は高い。

391 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:10:47 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

あなたが見た御札などに戒名が書いてあるものはありませんか。
もしあれば、それは一つの戒名が10万円という高額商品です。
もし、ここまできていれば、お母さんはあなたが考えている以上に重傷です。
お母さんがこの教団が異常に金がかかることを気にしている。
数千円程度の御札や、百円護摩木でいやになるということはないはずです。
気になって、辞めたいと思うほどの金額とはどのくらいなのだろうということです。
あなたの文章で、「それが無いと不安になる」という点から見ても、
お母さんはすでに悪因縁や霊障などの強い霊的な恐怖心を
植え付けられているのではないかと思うのです。

392 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:13:18 ID:berh4iTU
桐山さんが脳梗塞になったのはいつごろでっしょうか?
アウシュビッツ護摩のあとですか?

393 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:13:24 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

恐怖心は感情ですから、なかなか自覚も難しい。
方法としては、桐山さんの説く霊障や悪因縁は根拠のないもので、
ただの小説にすぎないことをお母さんに伝えることです。
友人からどんな話しを伝えられているかそれがわかれば一番です。
桐山さんの霊視する因縁とは、すでに述べたように、
本人も夫人も因縁を出しているのだから、因縁切りなんて嘘です。
桐山さんは自分に脳障害の因縁はないと機関誌に書いたのに、
脳梗塞という脳障害の因縁を出しているのだから、霊視能力もありません。
霊障についてはこのスレで何度も馬脚が指摘されています。
桐山さんのいう霊障の一つ目の桐山型は、彼の先祖が上意討ちをして、
斬られた武士たちが桐山家に祟ったという話ですが、
上意討ち自体が歴史上存在せず、桐山さんの作り話です。
霊障のもう一つはソンディ型と呼ばれるもので、
心理学者のソンディが異母兄の生まれ変わりであることを桐山さんは霊視した。
しかし、現実はソンディは四歳から異母兄に育てられたのです。
歴史上存在しない霊障武士を霊視して成仏させ、
あるはずのない生まれ変わりを霊視する桐山さんの霊能力を
あなたのお母さんは信じているのです。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:14:58 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

死者の成仏供養を解脱供養といいますが、
桐山さんは同じ死者を二度解脱供養してしまったことがある。
また、なんと生きている人を死者だと霊視して解脱供養したことがある。
私はその実例を知っているし、他にも苦情が来ていたと元職員が証言しています。
自分が成仏させた死者が成仏しているかどうか見分けがつかないばかりか、
生霊と死霊の区別もつかないのが桐山さんの霊視能力です。
これらの現実を普通にみれば、桐山さんには霊能力なんてない。
信者はこんな程度の桐山さんの霊能力に死者一体につき十万円を払っているのです。

395 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:17:51 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

桐山さんは霊的な世界を自在に見られ、死者を自由にコントロールできるかのように
みせかけているだけです。
元小説家希望でしたから、話を作り上げるのはうまい。
幽霊話が上手で、聞いたほうがすっかり怖くなるのと同じです。
幽霊話は話で終わりだが、桐山さんの場合、人質をとって金を請求する。
人質とは、お母さんの先祖と家族です。
「先祖が霊障のホトケとなって、家運の重荷になるから、
家族の運を悪くして、どんなに努力しても浮かばれないような人生をおくる」
おそらくお母さんもこれを信じさせられている。
先祖を霊障のホトケとして人質にとり、さらに家族の運すらも人質に取られたら、
家族を心配する母親としては桐山さんから離れられなくなる。

396 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 13:22:31 ID:KHSgBrPw
>>377 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:14:54 ID:qhEDZrs5
>母も半信半疑でずっとこの宗教を続けています。

お母さんは友人を通じて、霊的な恐怖心を植え付けられているのでしょう。
なにせ、その友人もお母さんを霊的に脅かしているなんて自覚はなく、
むしろ、不幸を未然に防いであげようという親切心から出ているから、
なおさら困った話です。
現役信者で、自分の中に霊的なものへの恐怖心があるなどと自覚しているのは
ほんのわずかで、指摘されても、自覚できない人がほとんどです。
何を恐怖しているのか、話を聞いてあげて、
桐山さんの霊能力の実態を示して、根拠がないことを教えてあげるのが一つの手です。
どうして辞められないのか、その理由を聞いて、ここに書き込んでくれれば、
お母さんの信じていることが桐山さんの嘘にすぎないことを説明します。
それをお母さんに再度伝えてはどうでしょう。
お母さんは、紳士然とした虚言癖をもつ銀狐に騙されているのです。

397 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:15:18 ID:SWgP0tK5
いま関西総本部に潜入中。
今日も遅れてくるんだろなあ、カンチョは…

398 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:19:37 ID:ulT7x9Ly
桐山銀狐君、もういい加減にしてくれよ。
あんたのウソで信者の皆さんが大変な迷惑を
被っているんだぞ。
オレオレ霊能者詐欺もオレオレ詐欺と一緒なの。
もうバレバレなんだから居直ってもダメダメ。

399 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:53:32 ID:mohZ71X1
通常の迷毒集金に飽き足らず
今度は絶えた家系まで根こそぎ食い尽くすまでに至った激貧の阿含宗


400 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:48:15 ID:i64zBagf
哀しいねー
詐欺師とわかっているのに
相変わらずふんぞり返っていやがるんだからな〜。
捕まえることも罰することも出来ないなんて
悔しいよ、まったく。 こんちくしょー。


401 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/26(日) 00:22:06 ID:2zzTPSS0
>>388 私の聞いた話は、猊下は、糖尿病
を火の呼吸法と遠赤外線で治した
と言っていたと聞きましたが
まあ、嘘ですからね。
某所の猊下専用トイレの床はべとついて
いると聞きましたので、今も糖尿病確定
ですね。

402 :樹意:2006/11/26(日) 02:28:40 ID:hBQcGAKX
>>377
>>378

中国養父母の護摩木シールの一件やら、本尊からして偽というのを
提示するまでもなく (誠意)がありません。
また教祖は出家受戒した 僧侶でもありません。
法はまことをもって締めくくると教える教祖からして まこと なるものが
ないという 御札なのです。
僧侶のコスプレをした方が、たんに御札に似た木切れを売っている
というのが実態です。
ですから お母さんにはあれは御札といえるようなものではないと
教えてあげてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

403 :樹意:2006/11/26(日) 02:33:51 ID:hBQcGAKX
おかあさんのその不安というのは家族愛から出ているもので、この
家族愛を利用された場合は、金銭的にはいくらでも出ていく状態に
なります。
また教義を実践するようになると、現実世界のリスク管理がおろそかに
なる傾向がありますから 滋賀で例祭に向かう途中の交通事故の例を
ひくまでもなく、事故やら詐偽やらに遭いやすい体質を作るという
皮肉があります。
(金銭を引き出す為にそういう風に教育というか洗脳がなされます)
スピードを出すなら出しただけのリスクが出てきます。

404 :樹意:2006/11/26(日) 02:34:59 ID:hBQcGAKX
インネンだの霊障だの運命だのといったことを基準に考えるように
仕込まれますので、現実的なセキュリティやら観察がおろそかになる
傾向が出てきます。
運であるとか守られるとかの基準で思考するように
なりますから、普通人がやるべき普通のリスク管理がおざなりになります。
お釈迦様の教えは 縁起の法といって
これあるによりて 彼あり
これなきによりて 彼なし
これ生じれば   彼生じ
これ滅すれば   彼滅す

という簡単なものに集約されます。 
佛教とは何ですかと聞かれたら 縁起の法に集約されるのです。

玄関のカギを閉め忘れたら 泥棒に入られやすくなる。
自動車のスピードを出しすぎるなら 事故に遭いやすくなる。
保険を解約して、教団に差し出すなら何かあっても、当然保険なる
現実世界の守りが無い。 至極当たり前の論理であります。

405 :樹意:2006/11/26(日) 02:52:38 ID:hBQcGAKX
>>367
> 阿含宗の教え(教義?)の中に宗教ネズミ講的手法が密かに組み込まれていたなんて
> ハッキリとは気が付かなかったよ。

ねずみ講もあるし 原野商法もあるしおおよそ詐欺的な要素はほとんど網羅されています。
自他に関わらず死後に対する投資になります。
後は七資産が説かれる通り、存在しない霊障武士やらソンデイやら
ゲイカの作り上げた妄想に私達は投資したのであるし 投資するよう
薦められているという事です。

御札の一件にしてもそうですが、これらの妄想に現実味を持たせ箔を
つけるためには他からの権威を利用する必要がありますから
イベント開催をお金で買って、教団が他からの信認を得たかの
ごとく見せる必要があります。
その結果として、 僧侶でもない方が拝んだものでも 
お札として見え、お札としての値段で売れるというビジネスとしての
サイクルが出来上がるのです。

御札と木切れを混同してはいけません。
出家受戒した僧侶がちゃんと法に則って拝むものとは違うのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうかお母さんの件で悩まれている方はその点を示してあげてください。
白衣を着ているからといって全てお医者様の免許をもっているわけでは
ないし、お医者様の免許をもっていない方には身を任せないのと同様
僧侶の格好をしているだけで出家受戒していない方が拝むものは
御札ではないと。

406 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:34:24 ID:32ht972/
>>400 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:48:15 ID:i64zBagf
>悔しいよ、まったく。 こんちくしょー。

できることからしましょう。
ロシア護摩はロシア大使館に、各地の土地浄霊は護国神社や管轄している自治体などに、
カルト宗教なのだから、手を貸さないようにと意見を伝えることはできます。
一カ所だけでなく、関連している団体や個人にも送りましょう。
信者もそうだが、これらの関係者も十人に一人くらいは聞く耳を持っています。
アウシュビッツの護摩だって、「潰されそうになった」と桐山さんが
ぼやくほどの騒ぎになり、自民党の代議士に頭を下げることになった。
あれは真言宗の坊さんのたった一通の手紙が火を付けたようです。
地道に丁寧に関係者に手紙やメールを送りましょう。

407 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:38:10 ID:32ht972/
>>365 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/24(金) 13:34:01 ID:Ofy1Jjgs
>あ〜、記憶違い記憶違い。

あ、そうでしたか。
数日とはまたすごいなあ。
自分の場合を思い出すと恥ずかしくなる。
ザのスレで物わかりの悪いトッツァン相手にいつもご苦労様です。
勤務先にいたネコのほうがまだ話せばわかります。
私の後をついて建物の中に入って来たので、「君は入っちゃダメだよ」
と言うと、ドアが閉まるまでの間に彼は出ていきました。
ネコと比べて、使者さんは他人の反論は記憶せず、過去の議論はリセットして、
同じ主張を「答えてやろう」などと偉そうに繰り返すから、最初はかなりのお年寄りで、
半分逝ってしまった人なのかと思っていた。
年寄りで、相手が何を言っているのか理解できず、
自分の過去の知識と経験だけを絶対正しいとごり押しする人がいる。
だが、使者さんは年金まで少しあるというのだから、老化ではなく、
元々彼の脳味噌がこうらしい。
現実世界での彼の周囲の人たちは迷惑しているでしょうね。
仕事関係でこういう年上がいたら、仕事が渋滞して、たまらんだろうなあ。
ただ、こちらにとってはネタを提供してもらえてありがたいので、
ユビキタスさんには引き続き忍辱行をお願いします。
ニンニク食べて頑張ってください。

408 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:39:28 ID:32ht972/
ザのスレから転載
[481]大王の使者 06/11/23 09:37 JG6JNXCXuP
中国護摩の件だがね。養父母募金の件。
信者でもない、一般市民ならどう考えるか、考えたことがあるかね?
私ならこう考える。
「阿含宗が本当に嘘つきなら、中国仏教会ではなく、養父母基金へ1億円
とパンフレットに書けばすむことだ。どうせ誰も知らないのだからね。
それを中国仏教会と書いたのは、正直ということだろう。」とね.

[574]大王の使者 06/11/25 15:51 JG6JNXCXuP
護摩木シールの件はね、ユビくん、山に埋めたという噂でしょう?
う、わ、さ、。だから真面目にコメントする気もないの。
人間だとて死亡すれば土に埋葬するくらいだから、いいんでないのと、
書いたわけね。そりゃ、噂でなくて、確かに山に埋めたと、確かな人が
名乗り出たら私のコメントも変るでしょうよ。
いまのとこ噂に真面目にコメントする気はないよ。
あんたも噂に振り回されてはいけないよ。
いつでも、どこでも、うわさもある情報化社会だからね。

409 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:41:05 ID:32ht972/
>[481]大王の使者 06/11/23 09:37 JG6JNXCXuP
>それを中国仏教会と書いたのは、正直ということだろう。」とね.

さっそく、使者さんのネタを使わせてもらうことにしましょう。
何がどう正直なのですか。
適当に言葉でごまかさないで、誰が書いたことの何が正直なのでしょう。
仏教協会を通じて養父母に援助金などが渡ったという根拠はありません。
報告のパンフレットにもないし、阿含ニュースでも見たことがない。
>>284で紹介したように、翌月の信者からの質問でようやく桐山さんが
答えたにすぎず、その説明も歯切れが悪く、なんら説明になっていない。
一億円もの金が養父母のためにどのように使われたのかわからないのです。
これのどこが正直なのだ?
これを正直というなら、「正直にゴマカシを認めた」という意味になるが、
桐山さんはゴマカシだなどとは言っていない。
仏教協会を窓口にして養父母の援助に使われたと説明したのだ。
使者さんの書き方を見ると、まるで桐山さんがゴマカシを
堂々出したことが正直だと書いているように見える。
桐山さんがゴマカシたと信者が認めてどうするのだ?
桐山さんの味方をしたいのか、足を引っ張りたいのか、どっちなのだろう。

410 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:44:38 ID:32ht972/
>[574]大王の使者 06/11/25 15:51 JG6JNXCXuP
>護摩木シールの件はね、ユビくん、山に埋めたという噂でしょう?

相変わらず、何が議論され、何を問題だと指摘されているか、
使者さんの年金前の脳味噌では理解できないらしい。
数年後に中国護摩木を山に埋めたか、海に沈めたかだけを
問題にしているのではありません。
問題は、なんで「数年後に処分」なのかと批判しているのです。
中国で護摩を焚いたかのようにまやかしの報告をして
一般人と信者を騙したばかりか、
人々が忘れた頃を狙って、こっそりと処分していた。
処分を手伝ったという書き込みだけでは疑われるかもしれないが、
今度は、桐山さんの側近であった元職員がこれを裏付けたのです。
年金前脳味噌の使者さんが事の重大性に気が付かないのは仕方ないとして、
読んでいる信者さんたちは、とんでもない話だと気がついてほしい。
自己洗脳していると、桐山さんと教団にとってマズイ出来事を
できるだけ矮小化して、「何が問題なんだ?」「大したことはない」などと
見ないで済むように屁理屈をつける。
信者さんたちも使者さんがまさにこれをしていることを参考にしてください。
目を開けて、桐山さんが何をしたのか、よく見ることです。

411 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:46:49 ID:32ht972/
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>ちなみに、皆さんの集めた「護摩木供養シール」、これどうなったか
>わかりますかね。あれはねえ、ずいぶんながいこと、霊廟の地下倉庫
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

ハルオさんの証言によれば、倉庫に「隠して」おいて、処分したという。
つまり、たまたま偶然忘れていたのではなく、わざと隠しておいて、
みんなが忘れた数年後にこっそりと処分したという意味です。
私はこれを読んで、桐山さんは中国護摩が終わり、護摩木のことも
きれいさっぱり忘れたのだろうと、つい善意に解釈した。
ところが、私はこの説を撤回しなければならない事実が出てきた。
それはユビキタスさんの目撃です。

412 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:48:11 ID:32ht972/
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

ユビキタスさんが阿含ニュースで、星まつりで中国護摩木が護摩壇に入れられるのを見たという。
私も、そう言われるとどこかで見たような気がしました。
そこで例祭メモを読み直してみました。
当時例祭で上映された「阿含ニュース」57号によれば、
1987年2月の星まつりの準備のため、桐山ゲイカが修法地を訪れ、
金剛界、胎蔵界の壇の中に入り、修法しています。
胎蔵界の中に入ったとき、中国護摩木に九字を切り、中に収めたとあります。
おそらく、ユビキタスさんが見たのはこれでしょう。
「ほら、中国護摩木は星まつりで焚いたのだ」と喜ばれる信者さんたちもいるでしょう。
だが、話はそんなに簡単ではない。

413 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:52:23 ID:32ht972/
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

星まつりで全部焚いたのなら、なんで霊廟に残っていたのですか。
地方道場に忘れ去られて残っていたというならともかく、
星まつりを開催する同じ山にある花山霊廟にあったのです。
ニュースでは、桐山さんが二度、一つかみの中国護摩木に九字を切って中に入れただけで、
たくさんの中国護摩木が積み重なっていたのでありません。
ニュースに出てくるのは二つかみの中国護摩木だけです。
だから、実のところ、残りの中国護摩木がどうなったのか、誰も知らない。
そして、花山霊廟に中国護摩木が数年間隠されていた。
これらの事実を見た時、信者さんたちは桐山ゲイカが何をしたのか気が付きましたか。

414 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:55:44 ID:32ht972/
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

桐山さんは、ハルオさんが言うように、「隠した」のです。
たまたま少し忘れて残っていたというなら、
量が少ないだろうから、次の星まつりに混ぜてしまえばいい。
だが、こっそり処分したくらい大量だったということは、
逆に言えば、ほとんどの中国護摩木は数年後に処分されたのです。
では、ニュースで中国護摩木に九字を切る桐山ゲイカは何だったのか?
ニュースにまで撮影させ、中国護摩木はすべて星まつりで焚きあげたように
全国の信者に信じ込ませた。
最初から信者たちを騙すつもりで、わざと中国護摩木を護摩壇に入れる光景を撮影させ、
さも星まつりで焚き上げたかのように錯覚させた。
だが、ほとんどの護摩木は花山霊廟に隠し、数年後にこっそりと処分させた。
私が推測したような、桐山さんは中国護摩木を忘れたなんて
タヌキ的なオトボケではなかった。
彼はやはりどこまでも人を騙す銀狐なのだ。

415 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:01:40 ID:32ht972/
>[363]ザ@桐山晴雄 06/11/20 19:03 qd.7TwEc2T
>に、隠してあり、数年後に密かに「処分」したんです。

信者さんたちも中国護摩木の処分光景に目を開けてよく見ることです。
菩提心の托鉢と称して、相手に合掌までさせて祈願させた護摩木を
一度目は、中国で焚いたかのようにごまかし、
二度目は、星まつりで焚いたかのように錯覚させるために、
わざとニュースでパフォーマンスまでやって、信者も忘れた頃にこっそりと処分した。
どうやら、山に埋めたらしい。
全部計画的に意図的にやったのです。
これが、祈りや菩提心を集めると称する男のなしたことです。
中国とコネを作り、教団宣伝のパフォーマンスをやってしまえば、
護摩木なんて道具にすぎないから、信者を騙して「隠して」、
山に埋めて「処分」してしまうことに、なんのためらいもない。
この桐山さんの宗教心を信者さんたちはどう見るか。
年末にかけては初護摩、年明けには星まつり、来年はロシア護摩の護摩木勧進が行われる。
だが、人々の真心と菩提心を仏様に供養するのだという護摩木を
桐山さんがどう扱ったかをよく見てください。
護摩木を意図的に隠し、信者の目を欺き、山に埋めて処分したのを見れば、
護摩木など金集めの道具であり、その金で柴燈護摩というイベントをして
自分と教団を売り込むのが目的であるのがはっきりと露骨に出ている。
護摩木も菩提心も信者も、桐山さんにとって自分を飾るための道具でしかない。

416 :孫逸朗:2006/11/26(日) 14:05:12 ID:O+jm6BZw
ユビキタスさんのような批判派の剛の者でも退会時は揺り戻しはありましたか? 他の方もどうでしょう?

私は昨日ありました。内容はというと。
・批判派の単なる噂に惑わされたのではないか? 噂は事実ではなく。
・また事実だったとしても批判派のいうことはその事実を主観によって悪いほうに悪いほうに解釈してるのではないか?
・ハルオ氏は七氏の解釈が正確と評したが、ハルオ氏 自体某・元ダースベイダー職員なのかどうか?(ダースベイダー職員が退職したのは事実でも) 彼になりすました偽者ではないか?

私は上記の現実逃避、思考停止に陥りました。
そこで考えたことが、少なくとも七氏のいう三福道偽作は学問的に本当である。
三福道を根拠に信徒にボンギョーをやらせて、看板のグモンジ法から逃げていた。これだけで充分イカサマをやったわけだ。
というより一番悪いイカサマがこれなのだ。こう言って自分を納得させました。

すると次は下記のような内容が。

・やっぱり批判派は本当だった。でもイカサマでも大衆部に不快感を感じながらも十数年いつづけたところはある種居心地が好かった。
 居心地が好いから、居つづけたほうが良かったのかも?

やめたサッパリしたのは大きいです。
以前は数多くの大衆部信徒達への不満それとカンチョーへの疑問と不満だったのが、退会して数多くの大衆部信徒達への不満などは無くなったからです。

しかし上記のように揺り戻しと喪失感はあります。

417 :孫逸朗:2006/11/26(日) 15:11:16 ID:O+jm6BZw
ps、"ダースベイダー"は悪い意味で使ってるのではないので誤解なく。
スターウオーズでも人気キャラですから

418 :あ中継車だ:2006/11/26(日) 15:37:47 ID:GWSu1Vgi
今日も関西総本部潜入中。まもなくカンチョ法話の時間。またまた遅れてくんだろうなあ。もうYANやめよっかなあ

419 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/26(日) 16:00:49 ID:ogQzEH5v
>>416
私の退会当時ってのはその沈黙の1週間か2週間くらいの間に
いろいろと考えているのです。まあカキコをしてる時でも
考えるわけですが。
事実の検証などは必ずしもしてませんよ。
図書館で遊行経を少し読んだり盂蘭盆経の由来を調べてみたりは
したけど。18人の武士などは山川出版の「長野県の歴史」
という一冊の本の幕末のところを読んで、どこの藩も藩論
定まらず、日和見だったと確認したのみで
長野県史などを取り寄せるのはそのずっと後です。
ヌマエビさんの偽の真正仏舎利のスリランカ編はまだ始まって
間もなく全貌が明らかではなかった。
だから検証などは完璧ではない。
しかし考えた。もし桐山さんの力に嘘ではなく本物の部分が
あったらどうしよう?
私は再入行に苦労した経験がある。
今ここで退会などしてしまい、その後何か機会があって桐山さんの
真実が証明された時どうしよう?また再再入行に向けて懺悔努力
することになるのか?それもかなわないのか?それなら退会
だけは避けて在籍し続けようか?なんて考えた。
しかしそこでまた考えた。そんな人生を送る自分が情けなく
なってきた。どうして自分は阿含宗がないと生きていけないの?
親離れができない子供みたいなものではないか?
自分はこれを思い切って捨てることで成長があるのではないか?
この信仰が自分の成長を阻害しているのではないかと考えた。
そういう経緯があるから、私の退会決断前夜に「一応会員」さん
という方が現れて、私に無理に退会なんかしなくても護摩木も
書かない供養もしない不良会員のままで続けていってもよい
のではないかというアドバイスを頂いた時も、そんなことは
実はこの沈黙期間中に考えたことだよと示したわけです。
葛藤を経た後だったのです。

420 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/26(日) 16:25:41 ID:ogQzEH5v
>>416
もし桐山宗教にすごい力があったことが後から証明されても
俺はそんなものに頼らずに俺の力だけで人生に勝負してやろう
じゃないのと考えた。なんだったら桐山軍団と競い合って
こちらが勝ってやろうかとも。
で、悟りを開いたという1月9日に確信したのですね。
桐山宗教の真実が証明されることなどあり得ないと。
この時不動の信念を自覚した。不退転を確信した。
1月9日の朝は俺って長年何をやっていたんだろう?
何で気づかないボンクラだったんだろうと自責と脱力感に
苛まれた。
昼に七氏さんが、もはや洗脳の解除を果たしているかのような
私はよしとして、そうでない一応会員さんに向けたカキコの中で
自殺した信者と教団の冷たい対応のショッキングな報告を読んだ。
これが自分すら不可知の矛盾かつ錯綜に満ちた現代人の
コンプレックスを解決する精神科学とやらの呆れた実態か
と知り、もはやこれまでだと思った。
その日の晩過去スレの一部を読んで(過去スレはそれ以前から
読んでいるが)ショックよりも笑えてきた。
よし、退会するんだ、退会を宣言してお世話になったスレの
先輩たちに報告してお礼を言いたいと決意した瞬間腹の底から
強い喜びが沸き上がった。
この笑いと喜びをもって「因縁切ったり!」と自覚した。
自分の心の中のマーラ(魔)を降伏させた瞬間だと思った。
だからその後は禁断症状だってあるだろうな、そりゃ長かったん
だから仕方ないさ。でも単なる症状なんだからそれを味わおう
じゃないのと、自分に優しい対応を決めた。
夜寝る時も頭の奥がぴりぴり痺れるような症状を感じたが
気にしない気にしないで数日でおさまった。

421 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/26(日) 16:41:19 ID:ogQzEH5v
>>416
車を運転する前についつい護身法を切ってしまう習慣とかは
最初のうち残り、いけねってな感じだったが、もう一度戻って
行をしたいなんて揺り戻しは私の場合一度もなかった。
ただ焚き火が好きだったので、お台場などに見物に行った
阿含宗ではないが、秩父長瀞の火祭にも高尾山の火渡りにも見物に行った。
行動の奥深い動機に未だに残る焚き火への憧憬から脱していない
ことなどはあなたが当時私を分析して批判したのも受け入れて
います。しかし無理にがまんしないで折り合いをきちんと
付けられればよいと思った。事実焚き火に行っても昔のような
感動もなかったし、揺り戻しもなかった。
批判を続けた。
お台場のあれは実は黛さんの名曲を聴きたくて行ったような
もんでした。
揺り戻しが来た時には正直に受け入れて認めて、それから
冷静に考えるとよいと思います。
ここに書いてみるなど活用しながら。

422 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/26(日) 16:55:02 ID:ogQzEH5v
>>461
ああ、それから桐山さん関係の夢、夜寝ている時に見る夢ですね、
今でもたまにありますね。
桐山さんも出てきますが、桐山さんを憧憬している自分はなく
私は桐山さんの欺瞞を知っており、その欺瞞をどう暴いてやろうか
とか考えてるシーンとかですね。
これは毎日批判のカキコしてるんだから夢の中でも批判精神
タップリなんです。(笑)
とにかく夢に出て来る桐山さんってどれもこれもなんか醜いのです。

423 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 19:26:01 ID:MxukXptN
さっき、TBSで詐欺商法の特集近未来通信とエルゴナントカという会社。
詐欺師ってとにかくずぶとい、それと贅沢好きだね。
いなおり、その場限りの嘘をつく、約束を守らない・守る気が無い、
人を騙すことに罪悪感を感じない、一種の才能だ。
桐山に騙された皆さん、相手は騙しのプロだ、
自分を責めずに、まっとうな人間として生きていこう。

424 :樹意:2006/11/26(日) 21:17:06 ID:hBQcGAKX
>>423
> さっき、TBSで詐欺商法の特集近未来通信とエルゴナントカという会社。

近未来通信は一口1000万オーバーであり
自分が箸の下げおろしまで管理しているような事業であるなら別ですが
年利にして4割近い配当があると思う方が異常なのです。
そんな美味しい話があるなら、銀行を説得して銀行から自分で
お金を調達するでしょうし 大口の投資家だって黙ってはいません。
資本コストは、投資家から集める自己資本の方が掛かるのです。
本職の金融業がリスク管理で撥ねた案件ですから、そういうリスク管理に
甘い一般人を嵌めこみにくるわけです。
50代 60代でこの程度の投資知識すら無いのでは、ここで騙されなくでも
他で食われたことでしょう。

動機に ○日新聞に公告を載せていたからなんてのもあります、
    (どっかで聞いた話だなーー )

アゴンの場合は教祖の経営方針が巧みであり 小口のものを沢山用意して
あります。
(私はゲイカのこの一線を越えない経営方針は カルトながらアッパレだと
思っています )
しかも宗教のカテゴリは 法律の隙間にあるものですから、やりたい放題です。
洗脳やら宗教的脅しは心の傷を悪化させますからこちらの方が 社会悪です。
どちらにしろ 法律の抜け穴は沢山ありますから
我々が賢くなる以外には無いのです。



425 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 22:10:58 ID:SJ/G3c9q
山伏位階すごいね。晴雄さんに見せたいね(w

人工中絶1億回を書いたことで、
件数が減ったのは良いことです。 合掌。


426 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 00:28:29 ID:bzTiRZP6
>>387
>お母さんが高さ十数センチほどの金ピカの金属製の筒を拝み、

親戚知人に宝塔のプレゼント行をしている人がいました。
何体配ったかしりませんが、
あれは買い取りではなく月1000円払い続けるのだと記憶してます。
結構、負担になるでしょうね。
私はやったことがありませんが、他人事ながら気になります。
当人が阿含宗を辞めた場合、どうなるんでしょう。
もらった人のリストはあるんでしょうか。その人のところに請求が行くとか?

427 :孫逸朗:2006/11/27(月) 01:00:20 ID:D/WWDQdD
>>419-422 ありがとうございます。やはり同じ経験をされたんですね。

擁護派で3ヶ月 → 擁護派で約2年

沈黙の1週間か2週間、葛藤 → 退会後の今、葛藤

強い喜びが沸き上がった。 → まだ先ですw

私の場合、2年間考える期間がありましたが、それでも退会を考えたのは数分でした。汚いよ、もう辞めよう。
それは今だ!今なら辞められる。考える時間を与えたら「タルパだけを利用」などと言ってまたずるずる。

タルパを使うテクニックというのは存在するが、もう少し奇麗なタルパを使うことにしよう、で、それは後で考えること、にしよう。(オカルト派だからここは変わらないw)
急いで退会しました。

今ユビキタスさんの1週間か2週間、葛藤を味わってます。
今日は葛藤は少ないです。
数日でおさまったらいいなw と思います。

キリヤマさんの夢ですかw
最近まったく見なかったけど返って辞めてからこれから同じく見るんでしょうね。自分の場合。
カンチョーゲーカって、昔から金を使うせいで外部の人間関係って一流と交流してるではないですか。
だから一見汚く見えないんですよね。だから困りものです。

使者さんに対する気持ちが変わりましたね。会員時代は恥ずかしいから止めろ、とむかつく。
今は、おもしれえヤツだな、もっと恥さらしてぇ です

428 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/27(月) 01:26:16 ID:D/WWDQdD
>>426 プレゼントされた側ではなく会員のほうにしか来ません。
今はプレゼント行という言い方じゃなく"代行"と呼んでます。
プレゼントしてもよし。会員が"代わり" に "勤行" してもよし。
会員に責任があるのです。

429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6
>>296 亀ですが
今日アゴンマガジン発見!
11月号が創刊号のようです。ただ
内容はよくわかりません。暇になれば
また、書きます。
さて、星まつりに向けて業者のプレハブ
か゛建設中、今回はTSP太陽〜大手イベ
ント会社〜を切って初めてですので
どんなトラブルが起きるか楽しみです
訳が解らない方は、過去スレの営繕管理
部あたりから探して下さい。
どうも、今回から仕切る方祥という業者
は、怪しい感じがします。
詳細なことは質問が有れば書きますが
過去スレの私の書き込みをみていただけ
ば、それなりにわかるはずです。

430 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:37:49 ID:os2xKygy
>>429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6
>さて、星まつりに向けて業者のプレハブ

鈴虫さんに質問というより、教えてほしいことは山のようにあるのだが、
あなたの立場もあるだろうから、ためらいがあります。
選択して答えてくれてかまいません。
前の書き込みでは、星まつり、大仏祭、万燈会、初護摩など
イベント関係は「TSP太陽」だったのが、
どういう訳か「方祥」へと業者が変わったということでした。
その後、業者が変わったことの理由について何か聞いていますか。
前に鈴虫さんが書いた営繕管理については、
「去年まで営繕管理は桐山さんが関係した元○谷組の建築士K氏であった。
しかし、今年になってから、Y先生主導になり、その結果、方祥に変わった。」
と理解してよいのでしょうか。
それとも、今でもK氏は健在なのですか。
また、Y先生とはどういう立場の人なのでしょうか。
この流れを見ると、これまで桐山さんがすべて仕切っていたのが、
もうろくしたのをうまく利用して、彼の手から奪い取り、
別な人が仕事の利権を得て、これを周囲に配り、
業者を変えるなどして、甘い汁を吸っているように見えます。
別な人とは、結局、あの方しかいないんでしょうね。

431 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:39:34 ID:os2xKygy
>429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6

地方道場の建築営繕のすべては上からの指定業者になっていたから、
宗務局が、信者からの建立基金を二重に吸い取っている。
これは信者さんたち、というよりも、道場建立など
活動している先達たちもそろそろ気が付いているはずだ。
建立基金はすべて宗務局にいったん吸い上げられる。
具体的な建築や工事内容もすべて宗務局が決めるから、
現場ではいったいいくらかかったのかさっぱりわからない。
つまり、建立基金が足りているのか、足りないのか、
余った金はどこにいったのか、知っている先達は一人もいない。
桐山ゲイカと宗務局からは常に「足りない。もっと集めろ」と文句が来るだけです。
これは宗教家畜を飼い、収奪する方法としてはよく出来ている。

432 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:50:09 ID:os2xKygy
>429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6

宗教家畜というと信者さんたちは反発するかもしれないが、
かつての私や今の信者さんたちはうまく桐山牧場で飼われて、
収益を上げさせられているのです。
桐山ゲイカの経営術をご紹介しましょう。
一つには、>>431で述べたように、入出金を見せないことにより、
先達たちの金集めの仕事は永久に終わらない。
いつでもお金は足りないから、地方道場の職員と先達たちは
常に御供養と称する金集めをさせられる。
昔、大きな石臼をロバなどにずっと回し続けさせたように、
職員や信者は目隠しをされて、ゴールのないレースをさせられている。
だから、星祭さんですら、別院の改修で集めた金と
使った金との差額はどこに行ったのか、と指摘していた。
こういうことは別院改修だけでなく、ありとあらゆることがそうです。
星祭さんですら疑問に思っているのだから、
他の信者さんたちもぜひ気がついてほしい。

433 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:53:51 ID:os2xKygy
>429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6

二つ目は、実際に金を出しているのは信者であるにもかかわらず、
まるで桐山ゲイカが道場や営繕のお金を授けているような錯覚を与えることです。
これは前から桐山さんが用いている錯覚です。
地方道場が物件を見つけて建立をお願いすると、桐山ゲイカは目を釣り上げて、
「どこに金がある!」と怒鳴りつける。
定例会などで何回かこういう光景を目撃させられた。
桐山さんのお気に入りの道場なら金を惜しまないが、
行ったこともない地方道場など関心対象外だから、
目の前に現金を持ってこいと怒りだす。
それまでずっと建立基金を集めて、本部がこれを吸い上げていた。
地方道場一つ程度の施設を借りるのには十分な金が集まっていた。
だが、桐山ゲイカの求聞持脳にはそんな理屈は通用しない。
それらの金は全部桐山さんが使い切ったのだから、現実に金がない。
常に新たに金を集めろと怒鳴りつけ、
信者たちは土下座しながら、金をさしだし、ありがたく道場を受け取る。
まるで自宅を金を出して建ててもらった客が、
建築会社に土下座して受け取るような光景です。
信者さんたちもこのたとえを聞くと、少し不思議に思うだろうが、
「仏様への供養」などという言葉で錯覚させられている。
仏様が受け取るのではなく、桐山さんが受け取っているのです。

434 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 12:59:04 ID:os2xKygy
>429 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/27(月) 03:31:58 ID:6XTAoNS6

釈尊は精舎の供養を信者たちに説いたことはありません。
祇園精舎など有名な精舎はたくさんあったが、
いずれも信者が自発的に寄進したものであって、
釈尊が呼びかけたことは一度もない。
釈尊が食事などの供養を呼びかけたのは、比丘たちは桐山さんのようなパフォーマンスを
しないから食べ物が得られず、しばしば餓死の危機にみまわれたからです。
もちろん、供養の見返として解脱するなんて
信者さんたちが信じている三福道など釈尊は説いたことがない。
供養と解脱は全く別物です。
いくら供養しても寄進しても、解脱はしません。
寄進された精舎に釈尊がなんの執着もなかったことは、
死ぬまで法を説くために遊行して、最期は田舎の森で“野垂れ死”にしたことを見てもわかる。
本当の仏陀、本当の解脱者とはこのようなものです。
同じ有余依涅槃の聖者だという桐山ゲイカはどうか。

435 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 13:00:19 ID:os2xKygy
ザのスレから部分転載

[961]フジウス 05/02/20 04:41 IjzSBTUeM0
お手配の中を管 長はみません。人型を書いているのは職員です。
それを内陣におくだけ。お金がついているのを執務室にもっていき『星九字』一回切るか切らないかわからない。
そして封筒を職員にまとめさせてポケット¥。
その人が申し込んだお手配が管長と接するのはその時だけ、
びどいのになると申し込んで1ケ月たっている。
今はレジを通している。なぜそうなったのかというと、ある時、国税局職員が来て調べた。
そして特別祈願にゆきあたった。3万円のお礼なのに職員は命令によ りとぼけた。
一人の職員は特別祈願のノートをもっていって今日は休めといわれ休んだ。
でも事務室にたった1枚業務日誌が残っていてそれでバレて厳重注意と なった。
これが真相です。1日20通は特別祈願は全国からくる。
20通×30日で“600通×3万円=1800万円、年2億円以上の収入です。
これで管長 もサラリーマンだ!なんて言える?国税局が嗅ぎ付けるの当たり前ですね。
職員だからといってどうしてグルにならなければいけないの。

436 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 13:08:03 ID:os2xKygy
>[961]フジウス 05/02/20 04:41 IjzSBTUeM0
>20通×30日で“600通×3万円=1800万円、年2億円以上の収入です。
>これで管長 もサラリーマンだ!なんて言える?国税局が嗅ぎ付けるの当たり前ですね。

桐山ゲイカは信者には財布の中身をいっさい見えないようにして、
手を変え品を変え、なんとか金を出させようと必死です。
お金と総本山などの財産に強い執着を持っている。
前に阿含宗は脱税容疑で税務署の査察が入り、新聞沙汰にまでなった。
桐山さんは、見解の相違による申告漏れだと法話で話した。
だが、上記の元側近の告発によれば、特別御祈願のお金を
経理を通さずにそのまま桐山さんが懐に入れていたことが
問題視されたということだった。
二万円ではなく、二億円もの金を経理も通さなかったのですよ!
信者さんたちに着目してほしいのは、隠そうとしたという点です。
桐山さんはヤバイと百も承知でやっていたのだ。
宗教以前の問題として、人間として悪質です。
見解の相違ではなく、桐山さんの脱税行為です。
経理担当の職員がミスをしたとか、経理方法に問題があったなどというのではない。
桐山さんは悪いことだと承知しながら、脱税行為をしていた。
これが執着を断ち切ったはずの聖者のすることか。

437 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 13:14:50 ID:os2xKygy
>[961]フジウス 05/02/20 04:41 IjzSBTUeM0
>20通×30日で“600通×3万円=1800万円、年2億円以上の収入です。
>これで管長 もサラリーマンだ!なんて言える?国税局が嗅ぎ付けるの当たり前ですね。

税金の面で優遇されている宗教団体が、経理も通さずに教祖が金を使うなど、
素人が聞いてもおかしい。
賽銭箱に手を突っ込んで財布に入れるなど、普通の宗教関係者はしない。
桐山さんのしたことは、中小企業の脱税社長と変わりない。
信者さんたちが聖者、煩悩を断ちきった解脱者として崇めている男は、
悪いと百も承知で脱税行為をしていた。
脱税解脱者、脱税聖者、こんな男に信者さんたちは土下座しながら金を貢いでいる。
鈴虫さんが報告しているように、信者から集めた利益に多くの人が群がって、
甘い汁をすすっている。
鈴虫さんは牧場を上から眺めているから、その様子が手に取るようにわかる。
信者さんたちは鈴虫さんの目線で自分たちの姿を見てみることです。
宗教牧場で飼われている家畜に蚊が群がり、血をおいしそうにすすっている。

438 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:18:15 ID:xICEmwa5
桐山糞ジジイ呼んできて冥途の土産にセロのマジックでも見せてやってチョ。
今マジックの世界はここまで進んでいることを教えてやってチョ。
もう老いぼれジジイの出番なんて無いんだよ!
わかったか、この糞詐欺師め!!

439 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:56:07 ID:bzTiRZP6
>20通×30日で“600通×3万円=1800万円、年2億円以上の収入です。
>これで管長 もサラリーマンだ!なんて言える?国税局が嗅ぎ付けるの当たり前ですね。

所得隠し、背任横領、使途不明金。
いずれにしろ脱税行為にあたると思いますが、
国税局は追徴金などの罰を与えたんでしょうか?

440 :樹意:2006/11/28(火) 05:30:03 ID:yE+huA1m
>>435
> 今はレジを通している。なぜそうなったのかというと、ある時、国税局職員が来て調べた。
> そして特別祈願にゆきあたった。3万円のお礼なのに職員は命令によ りとぼけた。

隣の増上寺のお坊さんが○税?してたとかで、アゴンも調査を受けたが
問題は無かったとの話を思い出します。
(ここいらへんの記憶は定かではありませんが)

はっきり覚えているのは たしかに(管長はサラリーマンなんだね。)という言葉です。
この前も管長の個人名口座に振り込んだという方の書き込みがありましたが、
ゲイカって 嘘つきですね。

企業の場合は受注するのに やりたくも無い 浦鐘を作り それを渡す
或いは発注元に強要されしかたなくやる場合がほとんどです。
アゴンの場合は 発注元が信者ですからそんなものは必要ありません。
(その分宣伝費がかかりますが)


441 :樹意:2006/11/28(火) 05:36:50 ID:yE+huA1m
鈴虫さんにおかれましては
自分の身を守ることを第一義に考えていただきたいと思います。
その上で情報をいただけるなら ありがたいと思います。

(そんな詳しいことまで書いて 大丈夫なんだろうかと
 いつもハラハラしております。 )

この団体の今の評価は○屋関連団体としか見えていないので
  シノギ関係のある周囲が動く可能性もあります。


442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>439
追徴金じゃなくて所得漏れということで支払いました。
新聞にも、たしか載ったはずです。
管長やら宗務局は小心者だから、それで法話やらで言い訳
しておったわけであります。
たいしたことじゃなかった、といえば語弊がありますが、
そういうことです。

そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています
7000万のマンションを二つ所有し、ブランド品で部屋が
埋まっているという
いくら教団の経理のトップとはいえ、そんな高給取りなのか?

443 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/28(火) 09:57:51 ID:ifE1LuX7
>>430 この質問は回答できます
山○先生主導で
本殿関係の修繕その他は、営繕管理の
K氏が行います。
阿含宗の主催イベントと外周の所有地の管理(草刈)は方○
に別れました。
囲碁は関係しません。
要するに建築関係ですね。
未確認ですが護摩札、守護神社などは
H建築が引き続き担当のようです。

444 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/28(火) 10:12:36 ID:ifE1LuX7
>>443
Y先生は、過去スレの最初で阿含宗の
登記簿に名前があったと思います。
税○士より上の公認○○○です。

445 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 11:08:47 ID:10noisGB
梵きょうの中身は何?

446 :ザ@桐山晴雄:2006/11/28(火) 11:29:31 ID:UL16Fryk
ここのスレには、いろんな人がみにきていますね。
掲示板ならではの効果がでてきてますねえ。
現役会員の方たちは、この掲示板を「一度見てみる」という
運動を展開してみてください。

447 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 11:30:41 ID:ntWlYEbq
桐山糞ジジイ呼んできて冥途の土産にセロのマジックでも見せてやってチョ。
今、マジックの世界はここまで進んでいることをよーく教えてやってチョ。
念力護摩がどうのこうのとほざいている老いぼれジジイの出番なんてもう無いんだよ!
わかったか、このトリック糞詐欺師め!!

448 :ザ@桐山晴雄:2006/11/28(火) 11:33:32 ID:UL16Fryk
そう、お手配・特別祈願は、すべて桐山さんの「脱税ポケットマネー」
になってたんだね。関東別院ができた時分に「値上がり」したね。
拡張しすぎて「お付き合い」の費用捻出が大変だったんだねえ。
桐山は、真に「俗物」ですね。

449 :ザ@桐山晴雄:2006/11/28(火) 11:44:23 ID:UL16Fryk
>>445
梵キョウの中身?
まあ、桐箱ですでわね〜。
で、その桐箱の裏側に「ヒエイ解脱○○曼荼羅」というものが
ハンコで押してあるのです。
五輪塔が図示されていて、五輪のまわりには「真言」がつらなり
書かれている。知りたければ、「続:守護霊を持て」を購入し
梵キョウを申し込むのです。送ってくるので、桐箱をうまく開封
すればよい。いまは、桐山が護摩焚かないからどのようにして
生産してんのかな。法務部の「インチキ団体職員坊主方」にでも
聞いたらいいよ。

450 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:13:24 ID:10noisGB
解脱供養の霊視はいまは誰がやってるの?

451 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:34:42 ID:Cgx4V5q2
ザからの転載
[672]夜祭 06/11/27 05:47 rJG8OghSSk
解脱供養はインチキじゃないよ。
これこそ要でしょ、アゴンの。

こういった、深い霊的関連につながるものが無い
ということで、南伝を戒律仏教と批判したのでしょう。
チベット仏教に関しては、異質だが阿含の流れをくんでいると評している。霊法が優れているからでしょう。
阿含経の正しい評価とは言えないかもしれないが、ゲイカは
そう読み込んだということでしょうね。
つまりは、それで教団がまだ健在しているし、供養の旅はまだ続く
土地浄霊、護国神社などの法要など、これこそ梵行だよ。
まあ、そこは評価するね、わたしは
行法オタクになるつもりもないし・・。

452 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:35:20 ID:Cgx4V5q2
ディーガ・ニカーヤ「スバ経」「原始仏典」春秋社457ページ

二九、「また、修行者・バラモンたちのなかには信者からの布施を受けながら、次のような似非科学、間違った生活
手段、すなわち願をかけること、お祈りをすること、土の家で呪文を唱えること、鬼霊の呪術、精力を増すこと、精
力を減らすこと、地相を占うこと、土地を清めること、口を清めること、身体を清めること、犠牲をささげること、
嘔吐剤の使用、下剤の使用、清めのための嘔吐、清めのための下痢、頭痛治療(頭を清めること)、耳にオイルを注ぐ
こと、目を洗うこと、鼻の治療、点眼剤を使うこと、目に軟膏を塗ること、眼科医となること、外科医となること、
小児科医となること、〔木の〕根と薬を与えること(調剤)、薬の効力を消すこと(解毒)によって生活するものもあ
る。しかしかれは、それらの似非科学から離れている。これがかれの戒律の一つである。

453 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:39:47 ID:Cgx4V5q2
>[672]夜祭 06/11/27 05:47 rJG8OghSSk
>土地浄霊、護国神社などの法要など、これこそ梵行だよ。

夜祭さんはいろいろな情報を提供してくれているので、お礼に、
書いている内容がいかに仏教とかけ離れているか>>452に経典を引用しました。
信者さんたちもよく読んでみてください。
「土の家で呪文を唱えること、鬼霊の呪術・・土地を清めること、」
「それらの似非科学から離れている。」
とある。
釈尊は信者さんたちの土地浄霊を批判し、否定したのです。
信者さんたちは釈尊が禁止したことを釈迦の成仏法と称して行っている。

454 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:43:17 ID:Cgx4V5q2
>[672]夜祭 06/11/27 05:47 rJG8OghSSk
>土地浄霊、護国神社などの法要など、これこそ梵行だよ。

『岩波仏教辞典』747頁
「梵行・・清らかな行い。
すなわち出家者が戒律を守って禁欲の生活を送ること。」

仏教でいう清らかとは、信者さんたちが信じているような霊的な浄化などではありません。
清らかの反対が煩悩です。
煩悩に基づいて清らかでない行いが、
「土の家で呪文を唱えること、鬼霊の呪術・・土地を清めること、」
であると批判しているのです。
つまり、土地浄霊は仏教の梵行とは正反対の行為です。
土地浄霊は釈尊の教法に違反しており、煩悩に満ちた汚れた行事であることを
信者さんたちは承知しておいたほうがいい。

455 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:45:25 ID:Cgx4V5q2
>>425 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 22:10:58 ID:SJ/G3c9q
>人工中絶1億回を書いたことで、
>件数が減ったのは良いことです。 合掌。

一億人の水子供養を始めたから、件数が減ったと言いたいのですか。
どうしてあなた方の脳味噌はそんなに脈絡がないのだろう。
では、ガンの因縁を書いたから、ガンは減ったのか?
横変死の因縁を書いたから、自殺者は減ったのか?
両方とも増えているのは、教団とは何も関係がないように、
中絶が減ったのもまるっきり関係がありません。
一億人の水子供養と称してやったことは
水子を持つ人たちの罪悪感につけ込み、霊的な脅かしをしただけです。
桐山さんには霊視する能力も成仏させる力もない。
世間の水子ブームの尻馬に乗って、人集めと金集めの道具にした。
最後に「合掌」と書くと、何か自分がとても霊的に立派で、
謙虚な人間であるかのように錯覚するのですよね。
それは謙虚ではなく、ただの自惚れと錯覚です。
我田引水をして誇ったつもりが、何の根拠もないことを書いて、
己の無知と思い込みと慢心というゲロを吐き出している。
それがあなたが桐山さんから得た信仰の結果か。

456 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:49:37 ID:Cgx4V5q2
ザのスレから部分転載
>[683]大王の使者 06/11/27 14:10 JG6JNXCXuP
>いまでこそ、そう言えるかも知れないが、桐山師が立宗した当時は、
>阿含経=小乗、という見方が常識でしたからね(一般大衆は)。
>なんで今更小乗を?という僧侶もいたそうですからね。

桐山さんが水子を減らすのに貢献したとか、
阿含経を広めるに貢献したなどと信者さんたちは本気で信じているのですか。
阿含経を小乗であるなどという一部の愚かな僧侶やジャーナリストを取り上げて、
あたかも桐山さんは自分こそが阿含経を広めたかのように宣伝している。
まったく逆で、広めるどころか多く人たちにとんでもない誤解を与え、
釈尊の教法をねじ曲げて伝えた。
その証人が他でもない信者さんたちです。
信者さんたちは今でも、因縁解脱、先祖供養、霊障解脱、護摩や占い、
土地浄霊などを釈尊が説いたと信じ込んでいる。
これらは全部釈尊が否定し、批判し、禁止したことです。
今でもこれを宣伝し、周囲に伝えようとしている信者さんたち自身が、
桐山さんが阿含経を歪めて伝える悪業をなしたことを示す証人です。
その手先の一人が使者さんです。
桐山さんの味方をするためなら、阿含経を曲解することがなんともない。

457 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:50:34 ID:Cgx4V5q2
ザから転載
[687]大王の使者 06/11/27 16:16 JG6JNXCXuP
ユビくんは解脱供養の順序が普通と逆だね。
ふつうは冥徳解脱が後だと思うがね。

遊行経に
「先祖の祭壇をあがめ、祭儀をおこなうこと」
これが国を栄えさせる方法のひとつだと、釈迦は説いてますね。
家庭を栄えさせる方法と思っていいでしょう。
阿含宗の解脱供養を、そのことと考えてはいけませんか、ユビくん。
ユビくんの解脱供養申し込みにより、桐山師が祭儀をしてくれたんで
しょう?
桐山師にインチキだというならば、釈迦にもインチキだというべきでは
ありませんか?ユビ殿。

[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs
修行課程で思考錯誤することは誰にもあるでしょう。桐山師の初期の本を
出して矛盾をついても、せんのないことですよ、ユビくん。
それより、釈迦が説いた国が栄える七つの法です。
その一つは、
 「先祖の祭壇をあがめ、祭儀をおこなうこと」です。
これには、ユビくんが理窟をこいたようなことを、釈迦は言っていません。
他の六つをみると、いかにも実効のあることを説いています。
会議を多くして政治を話し合え、とか、上下相和し父母に仕えとか、
なるほどなあ、と思えます。
ところが、先祖の祭儀をおこなえ、なんでしょうこれ?
なんの効果あんの?と疑問がでます。毒にも薬にもならない、ような、と
しかし、これは単なる気休めではないでしょう。
なんらかの大きな実効があるから釈迦が説いたと思いますね。
桐山師の理由がどうあれ、解脱供養は先祖供養の一つですから、ユビくんの
非難はあたらない、と思いますね。

458 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:53:33 ID:Cgx4V5q2
>[687]大王の使者 06/11/27 16:16 JG6JNXCXuP
>遊行経に
>「先祖の祭壇をあがめ、祭儀をおこなうこと」

桐山さんが阿含経をねじ曲げ、さらにその信者は自信たっぷりに歪める。
使者さんのいう遊行経で簡単に手にはいるのが、
『ブッタ最後の旅』(中村元、岩波文庫)で、使者さんの話は第一章(9頁)に出てきます。
信者さんたちもぜひ手にいれて、本当の釈尊の言葉を読んでください。
マガダ王がヴァッジ族を征服しようと、釈尊からの助言をもらうために使いの者を派遣した。
釈尊は使いの者の問いには直接答えず、アーナンダにヴァッジ族について七つの質問をします。
アーナンダは、質問に対して、ヴァッジ族は、
1.会議を開き、話しあいで物事を決める
2.協力し、力を合わせる
3.規則を破らない
4.老人を尊重する
5.女性や子供に暴力を働かない
6.霊域を大事にする
7.比丘たちを保護し、大事にしている
の七つの項目を守っていると答えます。
釈尊はこれらが守られる間は、
「ヴァッジ族は繁栄が期待され、衰亡はないであろう」と宣言した。
これがおおよその筋です。
使者さんが、釈尊が先祖供養を説いたといいたいのは6についてです。
そこで、信者さんたちはこの話を読んで、釈尊が何をいいたいのか、
一言でまとめるなら、なんだと思いますか。
使者さんと同じで、先祖供養をすれば国が栄えると説いたと解釈しますか。

459 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:59:47 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs
>「先祖の祭壇をあがめ、祭儀をおこなうこと」です。

使者さんの解釈は国語の試験なら0点です。
釈尊が使いの者に一番言いたかったのは、七つのことをすれば繁栄する、ではありません。
「平和に暮らしている人を征服するなど、悪業をなすな」と言っているのです。
使者さんの解釈は揚げ足取りだと言ってもいいくらい、
釈尊がどういう場面でこれを話しているのか無視している。
王様から使いの者はヴァッジ族を「征服しよう、根絶しよう、滅ぼそう、
破滅に陥れよう」(9頁)という意図で来ているのです。
こんなことを釈尊に質問するくらいだから、彼らは釈尊の教法がわかっていない。
釈尊でなくても、絶句するような質問を王様はしている。
使者さんと同じで、いくら教法を説明されてもわからない人たちです。
こういう国語力に乏しく、無理解で、自分が信じたいように信じてしまう
人たちに戦争や霊感商法という悪業を思いとどまらせ、
正しい行いをさせるにはどうしたらいいか。
普通の人なら、「ゴルア!ワシは平和を説いているに、
戦争を判断しろとは、なんだ、キッサマ」ということになる。
だが、釈尊はそんな手法は取らなかった。

460 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 13:01:40 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs

桐山さんのように、相手を叱りつけ、霊障で脅かして戦争をするななど言っても、
これは相手を威嚇し、命令しているだけです。
釈尊の説き方は、相手に考えさせ、自分で判断させる。
七つの項目は、今でこそそのほとんどが当たり前ことのように行われているが、
二千五百年前は法治国家なんてないし、独裁者が当たり前だし、
女性はモノとして扱われたし、老人や子供は弱者として切り捨てられた。
それどころか、今だって、某教団では、話しあいで物事を決めるどころか、
たった一人の独裁教祖がすべてを決めて、
この教祖の思いつきで言ったことには絶対服従で、
教祖に人と金を貢いで、ご機嫌を取ることが一番尊ばれ、
婦女子を大事するどころか、女性は後家の因縁などと罵られ、
子供は水子供養と称して金儲けの道具に使われ、
古老を大事にするどころか、先祖を霊障のホトケと罵り、
霊域を大事にするどころか、伝統的な先祖供養を法がないと非難している。
比丘を大事にするどころか、阿含経を金集め人集めの道具に使っている。
まさに釈尊のいう七つの指摘をことごとく破っている。

461 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 13:08:10 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs

七つのことがきちんと守られることがいかに難しいかよくわかります。
ヴァッジ族が正しい行いをしているかをアーナンダに言わせ、
正しいことをして繁栄している国を滅ぼすなど正しくないと使いの者に気づかせた。
一つの項目を指摘するたびに、「ヴァッジ族は繁栄が期待され、衰亡はないであろう」
というのだから、使いの者が、使者さんのような国語力でない限り、
釈尊は征服はするなと言っていることくらい理解するでしょう。
ところが、使者さんに言わせると、
釈尊の言葉は繁栄のための条件をあげたのだという。
時々、周囲の状況をまるっきり理解しないスットンキョウな人がいるが、
使者さんて、こういうタイプの人なのでしょう。
釈尊がどれほど必死になっているか、わからないのです。
一つの国、部族が存亡の危機に瀕しており、
自分(釈尊)の言葉一つで救うことができるかもしれないのです。
七つの事柄を言いたかったのではなく、戦争をするなと、
次々と項目を出しながら、必死に救おうとしているのが、
「ヴァッジ族は繁栄が期待され、衰亡はないであろう」という言葉ににじみ出ている。
七つは八つでも十でもかまわない。
要するに、使いの者が理解できるまで、項目を並べて、繰り返しているのです。
こういうものすごい緊張感が経典から伝わってくるのに、
使者さんに言わせると、繁栄のために先祖供養を説いたのだという。
本当に頭が平和な人だ。

462 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 13:11:40 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs

そこで、「6.霊域を大事にする」をどう解釈するか。
他の項目をみればわかるように、話しあい、規則、良い伝統、
老人や婦女子を保護する、そして、比丘を大事にするなど、
在家の社会を維持するのに役立ってきたことを並べているのです。
霊域を大事にするというのも、日本でいえば、昔から大事にされてきた神社や
街角にある小さなお稲荷さんや観音堂などを壊したりせずに、大事にするということです。
お盆には親族が集まり、墓参りをして、先祖を偲ぶような良い行事を大事にすることです。
伝統や文化を大事にしろと言っているのです。
釈尊は在家に対して、害のない伝統や祭祀は否定していない。
しかし、同時にこれを特別なことだと言っているのでもない。
七つの事を守っていたら、社会が平和になり安定するに決まっているし、
それはここ半世紀の日本をみてもそのとおりです。
十分とは言えないが、日本は七つのうち6番目まではある程度守ってきた。
何か霊的な特別なことを釈尊は言ったのではありません。
ましてや、死者を不成仏霊と罵り、解脱供養や冥徳供養をせねばならないなんて、
釈尊の七つの教えとは正反対です。

463 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 13:24:06 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs

信者さんたちに、もう一つ釈尊の反応に気が付いてほしいことがあります。
それは、滅亡の危機に対する釈尊の反応です。
信者さんたちは桐山さんから、地球壊滅の恐怖を植え付けられている。
テロ、大地震、核ミサイルと、我々はヴァッジ族とたいして変わりない。
ヴァッジ族は過去のインド人ではなく、我々自身なのです。
では、釈尊は滅亡の危機に、我々にどのようにするように説いたか。
「ヴァッジ族の諸君、マガダ国が攻めてくる。霊障による滅亡のカルマじゃ。
ワシの霊視によれば、諸君の4割は横変死する。
助かりたければ、冥徳供養をして、守護神をもらいなハイ。
冥徳糞墓も好評発売中!
霊域?ンなもん、成仏リキがないから、ダメじゃ。
伝統仏教のお寺や神社は霊的に汚れている。
護摩を焚けば、ワシの成仏リキで霊障のホトケを成仏させる。
13人信者を獲得すれば、その徳で命だけは保証するぞ!」
こんなことを釈尊は説いていません。

464 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 13:26:47 ID:Cgx4V5q2
>[736]大王の使者 06/11/28 10:56 wR7j3boCOs

釈尊の説く滅亡の危機にどう対処するかという方法が、
桐山ゲイカが説いていることとまるっきり違うことに気がつきましたか。
釈尊が説いた七つの項目のうち6つまでは常識的な内容にすぎない。
だが、>>460で指摘したように、信者さんたちこそ、それすらも守っていない。
先祖を不成仏霊と罵り、伝統宗教の先祖供養の悪口を言い、
桐山ゲイカという独裁者に従っている。
何よりも、七番目の「比丘を保護」どころか、まったく逆のことをしている。
世俗の人たちは比丘を保護もしないが、罵ってもいない。
だが、桐山さんと信者さんたちは、護摩を焚き、占いをするなど、
阿含経で禁止されたことを釈尊が説いたかのように宣伝しているのだから、
まさに釈尊と比丘たちを罵っている。
釈尊が説いた七つの事が繁栄をもたらすなら、これを守らない者は滅亡することになる。
七つ全部に違反している桐山さんと信者さんたちは滅亡の道を歩いているのです。

465 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 19:36:27 ID:x2wXgezo
>>442
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています
>7000万のマンションを二つ所有し、ブランド品で部屋が

いまさらながら、すごいとこですね〜、阿含宗は。
幹部は信者の浄財で私腹を肥やすのに懸命。
難民のための心のこもった援助物資を自分たちの懐にいれてしまう
北朝鮮の体制とおんなじだわ、ほんまに。
信者さん、辞めなくてもいいから、金を出すのはよしなよ。バカバカしいから。

466 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:06:24 ID:a+HxN6dA
『阿含宗・桐山靖雄の正体』早川和廣、170頁
1985年5月4日、『朝日新聞』(大阪版)
「阿含の星まつり」で知られる宗教法人、阿含宗(総本山・京都市山科区北花山大峰町、桐山
靖雄管長)が臨時に雇った従業員の給与を源泉徴収しなかったり、桐山管長のゴルフ会員権を肩
代わりするなどで、この三年間に総額六千七百万円の所得をごまかしていたことが、大阪国税局
の税務調査で明らかになった。追徴税額は加算税を含めて一千万円。阿含宗の総本山を含む京都
府以西の経理を担当する関西総本部(京都市東山区)は「信者の奉仕活動にお礼の金を渡したら
給与と認定されるなど税務署との見解の違いだ」としながらも、経理面で不備があったことを認
めている」

467 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:13:09 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>追徴金じゃなくて所得漏れということで支払いました。
>>466 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:06:24 ID:a+HxN6Da
>追徴税額は加算税を含めて一千万円。

夜祭さんの記憶違いで、「所得をごまかしていた」のであり、
「追徴税額は加算税を含めて一千万円」とあるから、
所得をごまかしていたために、追徴課税されたということです。
記憶違いはお互い様とはいえ、どうしてあなたはこんなことを堂々と書くのでしょう。
前にも、桐山さんが伝法会で信者二人を平手打ちにしたことを嘘と否定して、
あなたは胸ぐらを掴んだと書きましたね。
古いことだと嘘を書いてもわからないだろうと思っているのですか。
それともあなたの記憶そのものが書き換えらているのだろうか。
桐山さんのしたことは完全に脱税です。

468 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:16:15 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>たいしたことじゃなかった、といえば語弊がありますが、

大いに語弊があります。
新聞で暴露された脱税だけなら、必ずしも桐山さんだけのせいとは言えない。
経理担当者のやり方に問題があったと見るべきでしょう。
鈴虫さんの情報から、この方面の専門家が重宝されているのは、
二十年前のこういう出来事があったからでしょう。
二十年前を知る信者や元信者も、阿含宗が脱税事件という
不名誉があったのは、新聞記事の内容だけだと信じていた。
しかし、>>435のフジウスさんの告発によれば、実は脱税事件が、
新聞で暴露された内容だけではなかった。
夜祭さんはフジウスさんの告発を読んだ時、ショックを受けなかったか。
どうも、夜祭さんといい、使者さんといい、信仰以前の問題として、
あなた方の道徳心は普通の人たちとかなり違うようですね。

469 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:17:33 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>たいしたことじゃなかった、といえば語弊がありますが、
>[961]フジウス 05/02/20 04:41 IjzSBTUeM0
>一人の職員は特別祈願のノートをもっていって今日は休めといわれ休んだ。
>でも事務室にたった1枚業務日誌が残っていてそれでバレて厳重注意と なった。

特別御祈願などのン億円もの金を経理を通さないことが、たしたことじゃなかった?
桐山さんはたいしたことだ、悪事だと知っていたから、隠そうとして、職員を休ませた。
こういうのを隠蔽工作といいます。
経理を通さないというのも悪質なら、これをばれないように工作をしたのも悪質です。
これほど悪質なことをあなたが崇拝する解脱者がしたのですよ。
何かショックは受けないのですか。

470 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:25:11 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>たいしたことじゃなかった、といえば語弊がありますが、
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

夜祭さんは自分で書いていて、前後矛盾することに気が付かないか。
年間ン億円を経理も通さずに財布に入れていた桐山さんがたいしたことがなく、
高級マンションとブランド品を買うW田さんは大問題?
聖者が脱税と隠蔽工作をしてもたいしたことがないと見向きもしないのに、
その下で、俗人のW田さんが教団の資産を私物化していると大騒ぎをする。
聖者が脱税することと、俗人が私物化することとどっちがおおごとですか?

471 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:29:32 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

泥棒の親分の手下が泥棒して何がおかしい?
詐欺師の子分が詐欺をして何がおかしい?
根が腐っているのだから、大きな幹も腐っていてもおかしくはない。
養父母など他人の不幸を利用して金を集めて、
己の欲望のために金を使う男の側近が、横領していたとしてもおかしくはない。
今、W田さんに関心が向くのは理解できる。
だが、前から指摘しているように、あなたの目もまた、
「桐山さん以外」の人を見ようとする癖がついている。
W田さんがどんな悪事をしても、彼女は指導者ではないから、
あなたの人生には直接関係がない。
だが、桐山さんはあなたが大半の人生と少しの金を使った相手です。
桐山さんが賽銭箱に手をつっこんで財布に入れていたという
とんでもない告発を「たいしたことじゃない」と捨てて、
俗人のW田さんが何かしていると大騒ぎをしている自分に疑問を持つべきです。

472 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:33:28 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

護摩木など様々な形で集まる金額がしばしば関西のほうが勝ったことになっていた。
この点に疑問を持つ人たちは昔からいた。
護摩木などはお金であり、その地域の経済力そのものです。
これは分析するときれいに出てくる。
一時的に関西が勝つことがあっても、長期的には無理です。
ところが、奇妙なことに関西はしばしば関東よりも金額が大きかった。
可能性は、W田さんが嘘の報告をしていたという疑いです。
どうせ桐山さんは数字音痴だし、目の前の現金しか見えない人です。
護摩木にしても、教団自体が嘘の数字を堂々と発表しているだから、
今さら内部で正直な数字を出しても意味がない。
ピークでも2千万本を越えたことはあっても、3千万本なんて越えたはずはないのに、
毎年の発表は今でもこの数字。
来場者も50万人なんて、あのガラガラスカスカの桟敷席と、輸送能力からして、
物理的に絶対ありえないのに、インチキ数字を出している。
教祖自らが嘘だらけなんだから、その部下が正直なはずがない。

473 :ザ@桐山晴雄:2006/11/28(火) 22:36:54 ID:UL16Fryk
そうそう
桐山靖雄銀狐爺は「大悪人」
Wダ尚子女狐婆は「小悪人」
F田トンガリ頭小僧ただし操り人形は「小心者」
一番悪いやつは、桐山さんだね。

474 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:39:03 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

仕事の面でこういうゴマカシをする人が裏では正直だなんてありえない。
桐山さんがそうであるように一事が万事、表も裏も嘘だらけです。
彼女は年中その嘘だらけの仕事をしてきた人なのですよ。
十年ほど前、婿殿局長が退職して、W田さんの天下になった時、
関東別院にも関西からの仏具業者などが入り込んだ。
それまで修行者が手仕事でやっていたことも取り上げて、
わざわざ金のかかる業者を入れた。
あれを見ただけでも、何かおかしいと気が付くべきです。
全部、W田さんの息の吹きかかった業者です。
彼女は朔日護摩講でも良い成績を上げていたという。
どうやって成績をあげていたか見当がつくではありませんか。
業者が仕事ほしさに実権を握っている相手の要求に応えるなんて、
どこの世界でもあります。

475 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:41:46 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

アメリカの裁判で、元職員を教団が訴えていながら、
なんと20万ドルを逆に支払って和解したという。
元職員から弱みを握られ、逆に脅迫された。
訴えたほうが20万ドルを支払ったのですよ!
20万ドルで元職員の口をふさがなければならないほどの悪事が後ろにあったからです。
海外での黒い噂はこれまた前からあった。
信者には裁判の件はいっさい知らされていない。
インターネットがなければ誰も知らないままだった。

476 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:46:50 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

信者たちはW田さんを吊し上げて、満足できるかもしれない。
だが、話はそう簡単ではない。
なぜなら、アメリカの元職員以上に、W田さんは教団の裏を知っているというよりも、
教団の裏そのものだからです。
汚い仕事も一手に仕切り、桐山さんの欲しがる物をかき集めてきた。
彼女はあそこまで生き残れたのは桐山さんの建前のきれい事ではなく、本音を知っているからです。
気に入らないと誰でも切り捨てる自己中心的な桐山さんの性格を知っている。
また、桐山さんもいつまでも生きているわけではないから、身の保全は考えているでしょう。
頼りになるのは偽仏舎利や空気の守護神ではなく、お金です。
桐山さんと彼女が一番よく知っている。

477 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:54:31 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

教団の裏の裏を知っている彼女を横領などで追求したら、
やぶ蛇どころか、逆に恐喝されるでしょう。
追い出すなら、20万ドルどころか、桁が二つくらい上の退職金を払うしか方法がない。
桐山さんの老化で、教団の屋台骨が揺らいでいる時、
W田さんを追い出して、代わりに誰が経営するのですか。
堤一族が賢いなら、彼女を追求などしないでしょう。
私が堤一族なら、宗教牧場の経営は彼女に任せ、売り上げだけもらい、
宗教貴族をする楽な道を選ぶ。
だが、世の中は予測とは全然違う方向に行くからおもしろい。
意外な展開になるかもしれない。
どうせ夜祭さんはたいした金は出していないのだから、
放火だけして、対岸の火事の高みの見物をしたらどうか。

478 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:58:22 ID:a+HxN6dA
>>442 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 05:59:37 ID:U2HgyOF/
>そんなことより今はW田の横領疑惑が信者間に広まっています

個人的には、夜祭さんと同じで、彼女を追求してくれればおもしろいと思う。
蜂の巣、それもオオスズメバチの巣や大蛇やコブラのいる藪をつつくようなものです。
教団の薄汚いウミがもろに出てくるから、批判に耳を貸さない信者には一番の薬です。
どうなるか、楽しみにしていますから、ぜひ今後も報告してください。
と言うと、「七氏のためなど教えてやるか」と思うかもしれない。
そんなことはない。
夜祭さんは情報とは親友ではないようだが、もっと仲良しになってください。
生きた情報を放てば、もっとたくさんの情報を連れて戻ってきます。
ここに書いてあることを多くの信者が読んでいる。
あなたが報告したことが、信者たちにすでに相当な影響を与えているはずです。
そして、あなたもそれを望んでいる。

479 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/29(水) 00:11:43 ID:Ezn6cEi1
不思議な事に本殿は、業者が変わった
のですが、他のところは、熊谷組とか戸田建設とか大手がやってるんですよ。
そうそう、営繕管理の熊○氏は熊谷組
時代に本殿の設計をしたと言う噂です

480 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 00:15:49 ID:nMwbfOf9
あの人を擁護する人はいても、あたしをかばってくれる人はだれもいないのね。
寂しい・・・・・一生懸命ゲーカに尽くしきたのに。
                             by ナオコ

481 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/29(水) 00:23:06 ID:Ezn6cEi1
>>441 返事を返すの忘れてました
まあ、今のところは大丈夫と思って
ます。言えない事は沢山有りますが
そうそう、猊下の講話や出版物を、
まとめて体系化して頂けませんか
誰がするのでしょうね。

482 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/29(水) 01:03:28 ID:mzgoRByS
最新の宗報に阿含宗が紺綬褒章だかなんだかを受賞した記事は
掲載されてますでしょうか?
内容詳細書いてあることの情報をお寄せ願います。

483 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 05:52:55 ID:NcMvkfau
断る。

484 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/29(水) 08:22:17 ID:mzgoRByS
>>483は誰だか知らんが、笑ったが、ザのスレで夜祭さんが
宗報に基づき教えてくれました。
やはり紺綬褒章であり8月付けの受賞です。
小泉総理の頃ですね。

485 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:27:18 ID:LC31zPS5
ザのスレから転載

[777]大王の使者 06/11/28 19:11 *7*7*7*
ハルピンの護摩木シールなんて、問題じゃないよ、そんなもの、ユビくん。
信仰からみたら馬鹿らしい話だ。
勿論、山に埋めたのは噂と断定してだがね。

噂で判断するほど、ユビくんは軽薄な人物なのかい?
山へ埋めたという話が本当だというなら、その人の本名を知らせてくださ
い。わたしも真相を調べてみますよ。

[786]ザ@桐山晴雄 06/11/28 19:41 fMlYMx0SEr
「死者」おまえナア、きたねえんだよ。
調べる?おめえみたいのに、調べるすべなんかねえよ。
どうせ「宗務局」にTELでもして、「そんなことはない」
とのこたえだ、なんていうんだろ。てめえのやることは
そのくらいのもんだ。
元警備主任と東北から来た3Pの仲間の職員「N取」を
あたれ。こいつらが「運び屋」だよ。
噂だと「セコイ論法」にでた、「死者のロクデナシくそジジイ」は
詫びを入れろや!
てめえみたいな「クズ」がいるから、インチキ宗教がはびこり
詐欺教祖がのさばるんだよ。

486 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:32:22 ID:LC31zPS5
>[777]大王の使者 06/11/28 19:11 *7*7*7*
>山へ埋めたという話が本当だというなら、その人の本名を知らせてくださ
>い。わたしも真相を調べてみますよ。
>[786]ザ@桐山晴雄 06/11/28 19:41 fMlYMx0SEr
>元警備主任と東北から来た3Pの仲間の職員「N取」を
>あたれ。こいつらが「運び屋」だよ。

ハルオさんから中国護摩木を処分をした具体的な職員の名前が出ました。
“真相”を調べてみると大きく出た使者さんはどうするつもりでしょう。
使者さんがN取さんを個人的に知っているようには見えない。
使者さんのことだから、「N取って、誰?知らないから調べようがない。
したがって、山に埋めたという証拠はない」なんて笑いを取ってくれるでしょう。
どんなふうにお茶を濁すか、楽しみです。
さて、中国柴燈護摩で護摩が焚けなかった点を桐山さんがどんなふうに
護摩かしたか、すでに述べました。
当時を知らない信者さんたちは、「寄付が目的なのだから、
柴燈護摩は焚けなくても、問題ではなかったのではないか」
と思う人もいるかもしれない。
そこで、当時、どれほど柴燈護摩を強調していたかという資料を示しましょう。

487 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:33:18 ID:LC31zPS5
『日中友好世界平和祈念 阿含宗・大柴燈護摩法要 趣意書』

「このたび、私たちの教団は、中国黒竜江省人民政府の御配慮により、
来る昭和六十一年六月八日(日)黒竜江省ハルビン市に於いて、
一行800名の同勢により、
日中友好世界平和 祈願大柴燈護摩法要
を奉修することと相成りました。」
「ところで、大柴燈護摩法要と申しますのは、ひろく一般から護摩木を勧進(募集)して、
お焚き上げするものでございますが、私たちは、
この護摩木勧進の収益一切を、
一、中国残留日本人孤児洋舞簿救護基金
二、アフリカ飢餓救援金
に寄進することに致しました。」
「日本中の人、一人一人の、心をこめた浄財を集めて贈ってこそ、
私たちの心が届くというものではないでしょうか。
・・阿含宗 管長 桐山靖雄」

488 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:37:46 ID:R2HmAPkP
>>487 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:33:18 ID:LC31zPS5

趣意書では、繰り返し「大柴燈護摩」という文字が強調されている。
趣意書は桐山さんの名前入りで書かれている。
つまり、一宗の管長自らの責任において出された宣言文なのです。
当時、一般に配布したチラシでは、もっとはっきりしていて、
一番目立つのは星まつりの柴燈護摩の写真が載っている。
一番上の表題からして、「阿含宗平和の祈り大柴燈護摩法要」と題して、
「護摩木大勧進」とあります。
また、大手新聞だけでなく、地方紙にも全面広告が掲載された。
一例を出すと、ゴシックの大文字で、次のようなタイトルが踊っていた。
「阿含宗が中国で護摩法要」(読売新聞、1985年7月16日)
「平和の祈り大柴燈護摩」(毎日新聞、1985年7月18日)
誰がどう見ても、大柴燈護摩がハルピンで行われると理解します。
ところが、実際には柴燈護摩は行われなかった。
柴燈護摩どころか、護摩そのものが焚かれなかったのです。
一宗の管長の責任ある宣言文でこれだけはっきりと柴燈護摩をうたい、
それが実行できなかったら、少なくともその点をはっきりさせるのが当然ではありませんか。
最大のウリでもある柴燈護摩ですから、小さな変更として無視して良いことでない。
ところが、中国柴燈護摩が終わった後の桐山さんの出した報告書には次のようにある。

489 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:38:29 ID:R2HmAPkP
『阿含宗・日中友好世界平和の祈り護摩木勧進 御報告と御礼』
(パフンレットと新聞広告)

「このたび阿含宗、日中友好、世界平和の祈り訪中団、桐山靖雄管長以下
一行350余名は、去る六月六日、北京市・廣済寺(中国仏教協会所在)、
六月九日、ハルビン市・極楽寺(黒竜江省仏教協会所在)において、
日中友好・世界平和の祈りの法会を阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し、
それぞれ所期の目的を達成して無事帰国致しました。」

490 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:40:24 ID:R2HmAPkP
>>489 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:38:29 ID:R2HmAPkP

これはカラー印刷のパンフレットになっただけではなく、
大手新聞にも報告として掲載された。
新聞紙面は、週刊誌の広告などの大きさのさらに半分です。
星まつりには全面広告を出すのに、報告となるとずいぶんシケタ面積だが、
それはともかく、問題は文章と写真です。
「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」
という一文を一般人はどう読むでしょうか。
阿含宗の様式とは、護摩壇も組まないで、
ただ山伏の格好をして勤行することだと書いているのと同じです。
屁理屈もさることながら、これは明らかなゴマカシです。
「阿含宗の様式をもって修し」というならわかる。
だが、大柴燈護摩という文字を入れたら、完全な嘘です。
読者を騙すための手法はこの文字だけではなかった。

491 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:43:33 ID:5+9w0/ys
>>489 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:38:29 ID:R2HmAPkP

新聞広告には6枚ほどの小さな写真が掲載されており、
内、二枚は、“柴燈護摩”の写真です。
一枚目は、極楽寺の前に山伏が並び、桐山さんが山門から入場するかのように、
後ろ姿を見せている。
「6月9日、極楽寺門前に勢揃いの阿含宗山伏一行」
と、まるで、これから山伏による大柴燈護摩が始まるかのような光景です。
二枚目は、山伏の格好をした桐山さん一行の記念撮影で、
「修法を終えての記念撮影(一部)」
と、まるで、大柴燈護摩が終えたかのような写真です。
この二枚の写真と「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」という文章を
読んだら、普通どんなふうに連想しますか。
中国の極楽寺で星まつりのように、山伏たちが大柴燈護摩で護摩木を焚きあげて祈り、
修法が終わった後で記念撮影をしたのだろうと思います。
一般人どころか、信者でさえそう思うでしょう。
ところが、実際は、柴燈護摩なんてやっていない。
言葉や写真を用いて巧みに連想を誘い、しかも、大手新聞の権威を使い、
あたかも柴燈護摩を焚いたかのように騙した。

492 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:49:24 ID:5+9w0/ys
>>489 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:38:29 ID:R2HmAPkP
「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」

>>285で書いたように、例祭法話でも、
「柴燈護摩の様式で法要を行った。
厳粛さを壊さないために撮影していない。
中国側の申し入れによる阿含宗柴燈護摩の様式でお護摩を焚いた。
山伏装束で記念撮影をした。」
と話をした。
実際は寺院の前の小さな祭壇の前で、山伏の格好をした桐山ゲイカと
信者が、短い勤行をしたにすぎない。
新聞に掲載した記事やパンフレットでも
大柴燈護摩をやったと書いているのに、実際はやっていないのです。
もちろん、桐山さんには屁理屈がある。
秘密は「阿含宗大柴燈護摩の様式」という表現です。
“大柴燈護摩”ではなく、“阿含宗大柴燈護摩の様式”だというのです。
大柴燈護摩といったら、星まつりのような柴燈護摩だが、
その様式、つまり「柴燈護摩の型」でやったのだと言っている。
柴燈護摩の型とは、山伏の格好で桐山さんが柴燈護摩の空想をしながら、
勤行をすることです。
ここで「柴燈護摩の型にはそんなやり方はない」と批判が来ても大丈夫。
「柴燈護摩の様式」ではなく、「阿含宗柴燈護摩の様式」なのです。
阿含宗のやり方であり、従来の柴燈護摩の様式だと書いていないから、批判は当たらない。
短い文章なのに寸部の隙もない素晴らしい文ゴマカシです。
まるでキツネにばかされたような内容です。

493 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:53:36 ID:5+9w0/ys
「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」

やってもいない柴燈護摩を、やったかのように見せかけるために、
文章や写真など、様々なゴマカシの工夫をちりばめ、
しかも、万一、焚いていないことがばれて批判されても、
大丈夫なように、言葉を慎重に選んでいる。
報告はゴマカシ、屁理屈、詭弁です。
「柴燈護摩が焚けなかったくらいでいちいち文句をつけるな」
という信者さんもいるでしょう。
そのとおりで、柴燈護摩など大した問題ではない。
寄付した人たちは寄付金が養父母に行ったかどうかだけが問題であり、
焚き火をしたかどうかなんてどうでもいい。
しかし、それすらも誤魔化そうとする桐山さんを見てください。
これを強調するのは、信者さんたちに桐山さんが
どういう詭弁を使い、嘘をつくかを知ってほしいからです。
柴燈護摩を焚けなかったことが問題なのではなく、
それを隠そうとしてと、様々にごまかしていることが問題なのです。
桐山さんは様々の場面でこういう小賢しいゴマカシをやってのける。
柴燈護摩を大々的に宣伝したが、焚けなかったのだから、
率直に報告して謝罪して、「しかし、このような形で世界平和を祈りました」
と書けば、誰もそれを悪いと言う人はいない。
なぜしないのですか。
ここに桐山さんの心癖、煩悩がそのまま表れている。

494 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:59:16 ID:5+9w0/ys
「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」

言葉を巧みに濁し、山伏の格好の写真を見せて、読者の錯覚を誘った。
必要のないゴマカシ、嘘であることに着目してください。
これが桐山さん流なのです。
徹頭徹尾ごまかし、絶対に自分の非を認めようとしない。
偽ビール造りに積極的に加担して、服役しただけのことを、
認めたくないばかりに、上意討ちによる霊障武士や悪因縁とか、
仏様からの十界修行だったなどと壮大な嘘と言い訳を作り上げる。
両者が同じ手法であることに気が付きませんか。
「柴燈護摩は焚けなかった → 柴燈護摩の様式で」
「偽ビール造りの詐欺 → 霊障武士の崇り」
こういう手法の嘘が桐山さんの人生そのものを形作っている。
彼の人生は「桐山さんの嘘の様式」でできている。
だから、作り上げた宗教も、経典は捏造、上意討ちやソンディの話も捏造です。
全部その場しのぎの嘘で作り上げ、多くの人を騙せたことを
彼は自分が天才だとか、仏陀の智慧だと自惚れている。

495 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:11:49 ID:5+9w0/ys
管長よりのメッセージ
「日中友好・世界平和」を祈念する阿含宗一行三百五十名は、
只今、使命を終えて、全員無事帰国しました。ご安心下さい。
管長一行は、
北京=廣済寺(中国仏教教協会本部所在)
ハルビン=極楽寺
上海=玉仏寺
蘇州=寒山寺
に於いて、それぞれ、大歓迎のもとに「日中友好・世界平和の祈り」の
法会を修し、あるいは祈念いたしました。
大成功でたので、お喜び下さい。
詳しいことは、近日、発表します。楽しみにお待ちください。
昭和六十一年六月十三日午後六時 管長

496 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:20:58 ID:5+9w0/ys
>>495 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:11:49 ID:5+9w0/ys

これは帰国してすぐに書いて、信者に発送されたメッセージです。
信者さんたちは一読してどんな印象を持たれましたか。
奇妙なことにいくつか気が付きませんか。
一番大きな点は、養父母のことが何もない。
養父母とアフリカ飢饉を一番大きなテーマにしているのだから、
彼らのために寄進した信者への最初のメッセージは、
いかに彼らが喜んでいるかを書くべきではないか。
しかし、それについてはただの一行もない。
自分が中国で客人として丁重な扱いを受けたというそればかりです。
これはメッセージだけでなく、>>489での報告も同様です。
養父母がまったく出てこない。
仏教協会の重鎮との会談の写真より、養父母が喜んでいる写真を載るべきです。
なぜなら寄付に応じてくれた人たちは、桐山さんがどんなに歓待されたかではなく、
養父母がどうなったのかにのみ関心がある。
しかし、桐山さんの最初のメッセージには、「自分」が歓待されたことばかりに強い感動があり、
養父母のことなどケロリと忘れているのが如実に出ている。
こういうエゴ丸出しの桐山さんが、趣意書>>487でなんと書いていたか。

497 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:22:42 ID:5+9w0/ys
>>487 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:33:18 ID:LC31zPS5
「日本中の人、一人一人の、心をこめた浄財を集めて贈ってこそ、
私たちの心が届くというものではないでしょうか。
・・阿含宗 管長 桐山靖雄」

全文は掲載しないが、桐山さんは日本は経済至上主義であると説教を垂れながら、
偉そうに心とか、浄財などと書いているのです。
その桐山さんの帰国後のメッセージや報告のどこにも
養父母への心や浄財など出てこない。
自分が中国で歓待され、もてはやされたという自慢で有頂天になり、
養父母のことなどきれいに忘れている。
養父母への同情を利用して集めた寄付金を中国仏教協会に寄付して
その見返りに歓待という自己満足を得た。
他人の不幸や同情を利用して、自己満足を得る桐山さんが、
他人には、心をこめた浄財などとお説教を垂れている。
信者さんたちは桐山さんのその恥知らずぶりをよく見てください。

498 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:25:12 ID:5+9w0/ys
「阿含宗大柴燈護摩の様式をもって修し」

信者さんたちは、桐山さんの描く霊的な世界を信じて金と時間を提供している。
だが、現実世界の柴燈護摩一つについてもこれだけの護摩カシをする人です。
正直に「修法した」とだけ書けばいいのに、桐山さんはそれすらできない。
なぜでしょう。
桐山さんは虚言癖という心の病を持った病人だからです。
信者さんたちは、二十年前の出来事にすぎないと無視する心癖を捨てて、
二十年前になした嘘、ゴマカシ、エゴ丸出しをよく見ることです。
柴燈護摩一つのゴマカシだけでなく、寄付先をゴマカシて私利私欲に使い、
中国護摩木を星まつりで焚いたかのようにゴマカシ、後でこっそりと処分させた。
信者をことごとく欺き、騙し、口を拭う桐山さんを見てください。
これは二十年前だけでなく、今もそうです。
今も初護摩、星まつり、ロシア護摩などイベントで、
信者たちを恐怖と欲望で追い立てて、金を搾り取ろうと必死です。
その金の行き先の一つが、>>442の高級マンションとブランド品です。
だが、W田さんなど“阿含貴族”の氷山の一角にすぎない。
桐山さんの高級志向は言うに及ばず、
桐山夫人も高級品の買いあさりがゴシップ記事になったほどです。

499 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:31:49 ID:5+9w0/ys
>[770]大王の使者 06/11/28 15:30 wR7j3boCOs
>そして無理せず、ボンギョーもね。周りに巻き込まれて自分を見失って
>はいけない。解脱供養も無理してはいけない。

信者さんたちは阿含貴族の宗教家畜であっても、信仰を続けたいと願っている。
そこで、阿含宗で長く信仰を続けるにはどうしたら良いか、
先達たちの意見を聞いてみましょう。
上記のように、使者さんや星祭さんも自らの体験として、
お金や労力奉仕は必要最小限にするように勧めている。
使者さんは20年以上、夜祭さんは30年をこす先達です。
彼らが遠回しに述べている長生きのコツを簡単にまとめるなら、
「金を出すな」「労力奉仕(梵行)をするな」に尽きます。
こうすれば、彼らのように阿含宗で長く信仰を続けることができるというのです。
たしかに、使者さんの我流の教義解釈や、
夜祭さんの聖なるバイブレーションは一円もかからない。
会費さえ払えば信者でいられるのだから、護摩木も冥徳供養も金のかかることはやめる。
例祭や星まつりといったイベントに参加するのもやめる。
信者さんたちはぜひお二人の長生き先達の助言を参考にしてください。

500 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 14:03:01 ID:d4GMxAHK
そうゆう事なのです。
阿含宗の信者として長く生き残る秘訣は

 1.解脱供養や冥徳供養などの供養は基本的にはやらない。
 2.梵行(奉仕修行)もやらない。
 3.例祭はたまに気が向けば出る。
 4.御札など買わない。
 5.自分の都合の良いように我流の教義解釈をして楽しむ。
 6.会費も半年くらい付けにして、気が向いたら半分だけ払う。
 7.先達が何と言おうが自己中心で考え行動する。

以上、信者の皆さんしっかり実行し生き残りましょう。

501 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:26:18 ID:A0LiTvcH
了解いたしました。

502 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 21:00:51 ID:NcMvkfau
断わる。

503 :ザ@桐山晴雄:2006/11/29(水) 21:44:30 ID:mbl3ZTmZ
最初はね

504 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 22:34:08 ID:NcMvkfau
会費と御供養金3000円と人型出してれば、因縁解脱できるのです。
簡単です。

505 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:45:51 ID:eiIA4A8R
>>504 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 22:34:08 ID:NcMvkfau
>会費と御供養金3000円と人型出してれば、因縁解脱できるのです。

実行委員長さんも月5000円のペースを守っているから長生きできるのですね。
ただ、教学からいって、これでは因縁解脱はしません。
霊障があれば因縁は切れない。
霊障は桐山ゲイカの成仏リキに頼らなければ無理です。
霊障のホトケは解脱供養、冥徳解脱で一体十万円ですから、
月3千円では一体につき三年もかかってしまう。
実行委員長さんに霊障のホトケがたくさんいることは
批判側と擁護側の双方の意見が一致しており、
したがって、あなたの因縁は一つも切れていません。
嘘だと思ったら、解脱供養を出してみてください。
桐山ゲイカはオシャカの成仏ホーによる正しい霊視能力を持ってるから、
霊障のホトケがなければ「該当者なし」で戻ってきて、損することはありません。
ところで、前に例祭で「ゲイカ、私はアナゴンの実行委員長です」と
名乗ってみてはどうかと提案しましたが、その後、実行されましたか。
・・・あ、そうか、そんな度胸がないから、実行委員長のハンドルを捨てたのですね。
さすがは嘘つきブッダの桐山ゲイカの信者らしい嘘つきアナゴンです。

506 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:49:26 ID:eiIA4A8R
>>426 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 00:28:29 ID:bzTiRZP6
>当人が阿含宗を辞めた場合、どうなるんでしょう。

紹介した信者の住所で申し込んでいるだろうから、
プレゼントされた人の所には連絡は行かないと思います。
相手のところにご宝塔が行っていないことも多い。
ファミリーで、プレゼント行で申し込んだが、相手に渡すこともできず、
そのまま持っている人たちの大きな負担になっていることがわかり、
チーフが頭を抱えていましたよ。
本当の意味で本行に移行できた人はほとんどおらず、返納を勧めていた。
使者さんや夜祭さんなどは、「だから、無理をするのはよくない」と
我が意を得たりと喜ぶだろうが、現場を知らないからです。
修行や供養と称する「お祭りワッショイ!」で大騒ぎをして、
信者は乗せられて金を出し、桐山さんは金さえ受け取れば、後は知らぬふりで、
信者に後始末や責任まで全部押し付ける。
これを繰り返しているだけです。
イベント宗教とはこの教団にぴったりですね。

507 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 23:57:07 ID:eiIA4A8R
>>427 :孫逸朗:2006/11/27(月) 01:00:20 ID:D/WWDQdD
>キリヤマさんの夢ですかw

昔、夢で、桐山さんがヤクザの親分で出てきたことがあった。
バリッとした背広を着て、帽子を斜めにかぶり、若い連中を数人連れていた。
目が覚めて、「おれもここまで来たか」と苦笑いしました。
退会してから見た夢では、いつの間にか伝法会のような会合に出ている。
桐山ゲイカを見て「この嘘つきの詐欺師め!」と腹の中で舌打ちしていた。
どなたかが、「前はゲイカの頭にオーラがあるように見えたのに、
今はペンペン草が見える」と書いたことがありましたね。
揺り戻しもあるだろうが、一方において、桐山ゲイカの崩壊も早く、
いったん化けの皮がはがれ始めると、溶け始めたロウみたいになる。
「オズの魔法使い」で、ドロシーたちを家に返してくれる魔法使いは、
実は、トリックを使っていた老人だった。
あれは我々の場合をあまりに象徴的に表している。
力のあるすごい魔法使いだと思っていたのが、裏をのぞいたら、
チンケな仕掛けを必死に動かしている老人がポツンといたようなものです。
どこを切っても嘘しかない桐山さんとガランドウの総本殿。
自分が費やした時間とお金と善意。
揺り戻しよりも、その現実とどう対峙するかがけっこう大変です。

508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh
「オズの魔法使い」
OZですね!千葉最強の族 これもあまりに象徴的に表している。
OZ初代総長ヤザワエーサク。この漫画・「カメレオン」を古本屋で読むときカンチョーゲーカとダブりますw
>揺り戻しよりも、その現実とどう対峙するかがけっこう大変です。
ありがとうございます。揺り戻しは今は収まったので・・・でも18年の努力がほとんど無駄だったんですね。役にたった部分は全体のわずか。え〜〜んw


509 :樹意:2006/11/30(木) 01:39:42 ID:wzKfkzhh
>>507
> 自分が費やした時間とお金と善意。
> 揺り戻しよりも、その現実とどう対峙するかがけっこう大変です。

>>508
> ありがとうございます。揺り戻しは今は収まったので・・・でも18年の努力がほとんど無駄だったんですね。

大日本帝国が滅びたのは、それまでつぎ込んだ 人的資源やインフラその他の投資 
人的被害(英霊さんたち)
が無駄になるからといって 損切できず  ずるずるいったからと
いうのも要因の一つに挙げられます。
事業をされているような方も、芳しくない事業があってもそれまでつぎ込んだ投資が無駄になる
からといって これまたずるずるいって致命傷になるといった方がいます。
どんなに損失になろうが気づいたらすぐ撤収できるというのは すごいことなのです。
アゴンで○○年の長きにわたり信仰されていたような方は 多くの人がこの選択に迫られることでしょう。
この前の方同様 金銭にして一千万単位 時間にしても同様 の損桐を迫られるわけです。
実はこういう決断ができるというのは ものすごいメリットをその人にもたらします。
経営板でも投資板でも こういう事がスッとできる方は人生をトータルで見た場合
プラスになるのです。

こういう好ましくない事象を 損切った感覚というのを大事にされてください。
これからきっと役に立ちます。




510 :樹意:2006/11/30(木) 02:02:40 ID:wzKfkzhh
私は道徳であるとか精神修養の一切は仏陀の、無我の教法に行き着くと思っています。
五蘊 (識 肉体) ですら我が物ではないのにどうしても 欲界の事象に執着して
しまう。
つまり 現状把握ができず、損切が遅れてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 皮肉な事にゲイカが座右宝鑑で説いた 間違いは早めに気づかねば損である
に行き着くのです。
いままで以上の損失を回避するというのは 利益を出すことと
同義なのです。

ですから私は部下には 間違いを指摘してもらったら「儲かったありがとう」
と感謝するよう教えておりました。
純然たる人格への誹謗と区別するよう教えているのです。
アゴンを損桐した方は宗教家畜としての これから生じたであろう
不利益を回避したのですから 見えない利益が生じているのです。

未来を思う前に 現状把握の能力を磨くのが大事なのです。

 

511 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 02:06:11 ID:9FqxY0Fl
オレは会費を一年以上払ってません。当然例祭には出てません。
でも宗報は届いてます。
向こうがストップするまでほって置きます。
自然退会とし、本部側に処理を任せるつもりです。
絶対会費は出しません。建立基金に10万単位の献金もしてるので無視します。
向こうが文句を言ってきたら逆に訴えてやろうと思ってます。
とに角、このスレッドで洗脳が解けたので道場には金輪際近寄りたくありません。


512 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 12:24:53 ID:U1MTy7eh
>>509 よい思い出楽しい思い出もありますからさびしい気持ちもあります。
これが損切りを遅らせてた原因のひとつだったのかもしれません。

513 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:30:19 ID:rHPhIKCT
>>511 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 02:06:11 ID:9FqxY0Fl
>自然退会とし、本部側に処理を任せるつもりです。

桐山さんは「去る者は追わず」を建前にしていますから、
これが一番簡単な方法です。
もう見たくもないという嫌悪感でいっぱいだろうが、
少し忍従して、自分が信じたものが何であったかを
批判スレを読むことで、直視して下さい。

514 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:31:15 ID:rHPhIKCT
「阿含宗次期管長F田・次期経営者Wダを語るスレ」から転載
[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu
何度も言っているよう偽アジャリだとか
そいうことを問題にするんだったら、そもそもアゴンなんかに
くることないんだよ、高野山なり比叡山に行ってろと言いたい。
あくまでも、信者と教祖の関係なんだから、
もともと世間的な地位だとかで信頼して結びついているわけではない
そういうことのステータスなりで結びつくのは
あるていど固まり歴史の出来た教団でしょ、
そういう意味で後継者たるF田さんの問題が浮上して来るんだよ。

515 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:33:39 ID:rHPhIKCT
>[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu
>何度も言っているよう偽アジャリだとか
>そいうことを問題にするんだったら、そもそもアゴンなんかに
>くることないんだよ、高野山なり比叡山に行ってろと言いたい。

信者さんの中にも夜祭さんのように思っている人がいるかもしれないから、
反論しておきます。
何度も言っているように、桐山さんの肩書きがないことを問題にしているのではなく、
資格もないに阿闍梨を詐称している嘘つきぶりを批判しているのです。
真言宗阿闍梨の資格ないから、桐山さんがダメだと言っているのではない。
阿闍梨を詐称する桐山さんの道徳心を問題にしている。
夜祭さんのように毎回問題をすり替えて、桐山さんを擁護する信者の道徳心を問題にしている。
真言宗阿闍梨の資格もないのに詐称して、小田師を騙して伝法を受け、
さも真言密教の正統な血脈を受けたかのように信者に信じ込ませている。
真言宗をクソミソにこき下ろしたのだから、阿闍梨も法脈も名乗らなければいいのに、
権威だけはちゃっかり利用している。

516 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:34:22 ID:Xz6gKlPE
くやしいー。金返せよ桐山ジジイ。

517 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:41:21 ID:cEY+69GJ
>[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu
>何度も言っているよう偽アジャリだとか
>そいうことを問題にするんだったら、そもそもアゴンなんかに
>くることないんだよ、高野山なり比叡山に行ってろと言いたい。

桐山さんていつも相手を蹴飛ばしながら、権威だけを利用する。
キリスト教にしても、成仏法がないからダメだとか、
キリストは政治的な反乱者にすぎなかったと主張する本を引用したり、
ついにはヨハネの預言したメシアとは自分なのだと言ってみたりと、
キリスト教を罵り、彼らの信仰心を叩き潰しながら、
バチカンの権威だけはちゃっかり使わせてもらう。
いつ見ても、歪んだ性格だとあきれる。
信者さんたちは、批判を悪口だというが、それをいうなら、
桐山さんが真言宗やキリスト教に対してなした礼儀知らずの批判はなんなのだ?
あそこまで批判、非難をするのに、どうして権威にだけはおもねるのだ?
真言宗の権威も喉から手が出るほど欲しいから、
北野師から、高野山から位階がもらえるなどと騙された。
「密教界の鬼」などと自称しても、真言宗側からは見向きもされないばかりか、
インチキ坊主として手の内を暴露されてしまった。
桐山さんは、真言宗が自分を認めて勲章をくれるどころか、
過去の悪業を暴露したことを逆恨みして、飛び出し、
阿含宗を立宗して復讐の攻撃を始めた。
というと、信者さんたちは私の推測にすぎないというかもしれないが、
『変身の原理』(2002年)の後書きに桐山さん自身が書いている。

518 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:42:03 ID:cEY+69GJ
2002年版『変身の原理』(558頁)

同時に、こういう卑劣きわまる策を弄する連中と、これ以上、
付き合っていることに嫌悪を感じ、「そんなに邪魔なら、消えてやるよ」
と密教界からサヨナラする決心をした。
以前から、釈尊直説の経典、「阿含経」に興味を感じて研究していたので、これを好機と
みて、阿含宗を立てることを決意したのである。

519 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:46:25 ID:cEY+69GJ
「と密教界からサヨナラする決心をした。
以前から、釈尊直説の経典、「阿含経」に興味を感じて研究していたので、これを好機と
みて、阿含宗を立てることを決意したのである。」

立宗した理由は、『阿含密教いま』の後書き(298頁)に、
1.シャカの成仏法を広めるため、
2.前科を持つ者が血の涙を流しながらも世に出られることを示すため、
という二つであると書いてある。
まあ、なんと美しく、ご立派な理由でしょう。
六十を迎えようという男が、釈迦を世に出すなど器ではないと反省し、
逡巡しながらも、ついに決心する姿が感動的に描写されている。
ところが、これが桐山ゲイカ恒例の作り話だったことが、
『変身の原理』に告白してしまった。
2002年頃には脳がすでに老化していたから、つい本音を書いてしまった。
はっきりと「これを好機とみて、阿含宗を立てる」と書いている。
シャカの成仏法も血の涙も関係ない。
前科まで暴露してくれた真言密教や世間への復讐心から、立宗を決意したのです。

520 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:55:32 ID:cEY+69GJ
>[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu

これは立宗だけでなく、桐山さんの作り上げたもの全てに共通している。
復讐心や自惚れなど、欲望や執着が元となって宗教を作り上げている。
桐山さんのしたことは偽ビール造りという詐欺にすぎない。
しかし、絶対に自分がなしたと認めたくないために、
悪因縁、霊障という壮大な宗教物語を作り上げた。
いかにも悪因縁と霊障に苦しみ、戦い続けたかのような書き方だが、
霊障武士など存在しない相手と戦ったのだから、小説です。
自分を正当化して、非を認めないがために作られた言い訳が悪因縁と霊障なのです。

521 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:58:01 ID:cEY+69GJ
>[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu

名誉をもらうのも同様です。
北京大学名誉教授などたくさんの名誉を買い集めている。
背後にあるのは学歴コンプレックスというつまらない劣等感にすぎない。
劣等感に衣裳をつけさせ、これまた壮大な宗教的な理由を作り上げた。
地球壊滅がおきた時、無冠の帝王では誰も話を聞いてくれないから、
肩書きが必要なのだという。
彼のちっぽけな学歴コンプレックスを地球壊滅に拡大させている。
信者は地球壊滅に目が行き、元となった桐山さんの欲望が見えない。
夜祭さんも目線を他に向けて、桐山さんの欲望を見ようとしない。
桐山さんは自分の学歴コンプレックスを癒し、名誉欲を満たすために、
宗教を利用して、正当化している。
自惚れを認めてくれず、逆に批判されたことへの恨み、憎しみ、
それを癒すための名誉など、煩悩というゲロを
宗教的な理由をつけて美しく着飾らせた。
つまり、桐山さんの煩悩そのものを宗教で粉飾したのが、阿含宗です。

522 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 13:06:05 ID:cEY+69GJ
>[179]夜祭 06/11/29 05:37 GZL6arlylu
>何度も言っているよう偽アジャリだとか
>そいうことを問題にするんだったら、そもそもアゴンなんかに
>くることないんだよ、高野山なり比叡山に行ってろと言いたい。

夜祭さんが資格なんかどうでもよく、信者対教祖なのだと主張しても、
それは夜祭さんの基準であり、桐山さんはそうではない。
資格にこだわっているのは批判側ではなく、桐山さんです。
そうでないなら、どうしてチベットや南伝仏教から位階を買い集めるのだ?
信者のヨイショ本では「これで阿闍梨詐称を言われずに済む」などと書いている。
海外からいくら阿闍梨の資格を買っても、
真言宗阿闍梨を詐称した宗教的犯罪は消えません。
チベット語もわからず、南伝仏教を学んだこともない桐山さんは、
これらを一瞬で体得して、三つの仏教を統合した完全仏教を作り上げたのだという。
脳内仏教とは便利なものだ。
肩書きがほしいという子供じみた欲望を満たすために、
釈尊や仏教を引きずりだして、欲望の回りに貼り付けて、信者たちの目をくらませた。
信者さんたちは桐山さんの劣等感や復讐心や欲望のお手伝いをしているのですよ。
私はまだ桐山さんの煩悩の臭いが手に残っているような気がして、ゾッとする。

523 :ベレムベア:2006/11/30(木) 14:16:18 ID:aPc8fGrs
1.チャンスをピンチに変える?
中国ハルピンでの柴燈護摩について
あれは、最初は昭和60年に行われる予定でした。それを桐Yさんは、国連が協賛
するからというので、一年延期するという事であったと記憶しています。盛大に
行いたいので、準備に時間がかかるという事でした。強引な予定変更であった
のか、中国の現地の人々は怒っていたという事でした。例祭のとき桐Yさんの口から
その様なコメントが出ましたよ。
素直に、昭和60年に行えば、護摩は焚けたかもしれませんね。それ自体が、
詐欺だったとしてもです。
一年延期しての護摩木勧進は、無理があったと思います。
周りの事情を無視して、強引に欲張ったのですよ。自分の力を過信してね。
それで、一年の間にチャンスの扉は閉まってしまったのだと思います。


524 :ベレムベア:2006/11/30(木) 14:18:12 ID:aPc8fGrs
2.道楽大将
例えれば、
一国の大将が、無理をして戦を起こした。必要のない戦です。すでに、追放して
首を刎ねた家来(Y田先達のこと)の首をいつまでも晒しものにして、
残りの家来をおどし無理を強いた。
そして、死にもの狂いで戦っている家来をそのままにして、本陣を離れて国外で
遊んできた。(信者さんたちが、必死に護摩木勧進している最中に、
ハワイのビーチで肌を焼いていた。)
このことは、以前にカキコしましたよね。
合戦の最中に、本陣を離れて遊びに行く大将がどこにいますか。
映画「影武者」をみても、重臣が主人公に「磔になった覚悟で動くな!」って
言っていた場面があったじゃないですか。
こうなったら勝算はありません。後は、勝ち負けは関係ない。最後まで戦って、
大将として、勝ったら勝った、負けたら負けたで身の振り方を考えるべきです。
皆の前で無様な姿は晒さないようにね。それが大将としての美学でしょう。


525 :ベレムベア:2006/11/30(木) 14:20:10 ID:aPc8fGrs
3.パチンコの玉
現代社会でも同じことが言えるのじゃないのですか。
桐Yさんは、武家の家系でしたよね。
あの時、皆の先頭に立つ者として、そのように行動したのでしょうか?
昭和60年の初護摩で、「西に東に・・・云々」とうれしそうに詩を詠んでいたのを
記憶しています。あの年、幸先良かったのにね。後から、いろんな真相を知って
振り返ってみると、あの年の桐Yさんて、まるでどこにも入らなかったパチンコの玉
のようだった。特に、元広報室長M氏の記事を読んでそう思いました。
最後の最後まで期待させておいて、なんというチンケな男だ。
恥を知りなさい。


526 :ベレムベア:2006/11/30(木) 14:23:03 ID:aPc8fGrs
4.共犯者
それから、現地の寺院の前で記念撮影をして写真に写っている人達は、真相を知っている
のでしょう?ならば、彼らも共犯者ですよね。
帰国してきて、少しは信者の前で申し訳なさそうな様子ならともかく、ずいぶんと
偉そうな態度であったのを記憶しています。
しばらくして、例祭などで気に入らないことがあると、なんでも批判の対象にして
屁理屈を捏ねて、先達スピーチをしていた先達さんがいましたっけ。
なにが「高い理念」ですか。戯け者が!
いったい彼らは、どういう神経をしているのでしょうかね。おかしな人達だ。


527 :ベレムベア:2006/11/30(木) 14:25:21 ID:aPc8fGrs
5.ラッシャーI大いに吼える!
後に、その先達さんを自分は秘かに、ラッシャーIとあだ名をつけて呼んで
いました。
あの当時、プロレス界にラッシャー木○さんていうリングでマイクパフォーマンスを
するのが好きなプロレスラーさんがいました。
その方に因んで、命名したのでした。
ラッシャーI先達は、昭和61年の秋頃に例祭で、ずいぶんと吼えまくっていました。
高い理念が、どうとかこうとか・・・
偽者と未熟者とは違うとか・・・
屁理屈を捏ねまくっていました。
なにかの犯行を隠すための犯罪者の心理ですかね?
先達スピーチは、
本人にとっては、ずいぶんとストレス解消になったことでしょう。


528 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 14:34:25 ID:Xz6gKlPE
くっそー桐山!
 騙しあがってー、この野郎ー!、
          畜生めー!、
早くくたばって大好きな霊界とやらへ行っちまえー!

529 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:07:09 ID:MhFvjt8v
528は死んで後悔します。

桐山師は、成仏法をすべて教えてます。

530 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 18:32:47 ID:sJR+5frt
否、おしえたのはスッテンテンのお陀仏法でした・・・・・・・

531 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:05:51 ID:YHcVMraO
>>529
あんたみたいに善良な人間を巻き添えにするやつは
近いうち必ず桐山と同僚に天罰がくだるぞ。
楽しみに待っておれ。

532 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:40:56 ID:MhFvjt8v
あなたにお返しします。
僻みですね。

533 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:42:10 ID:MhFvjt8v
わたしは、アナゴンなので天罰受けません。
生まれ変わらない脳だからです。
2007年1月19日に大動乱で平成が終わる。

534 :ザ@桐山晴雄:2006/11/30(木) 22:10:53 ID:WiejFD6J
おい、お幸せな「実行委員長クレイジー」君、あんたがたの
インチキ新興宗教の教えなどに「僻む」ものなどないんだよ。
勘違いしないようにね。くれぐれも「懺悔」するよう言い渡しときます。
2007年1月19日に、キサマのいう「大動乱」がおきないときは
おまえは、もう二度とここにくるなよ。
アンタは、お釈迦様の教えを「冒涜」している、インチキ阿那含だと
ここの住人、全員が確信してるんだよ。ほんとにおまえくだらねえな〜〜。

535 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 22:56:00 ID:N1cKkZrU
実行委員長は自分が何を書いたか、記憶にないから
きっと忘れて出てくるね。

536 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 07:09:27 ID:ONZXsG4K
断わる。

537 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:34:37 ID:R8WRjUZE
>>529 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:07:09 ID:MhFvjt8v
>桐山師は、成仏法をすべて教えてます。

実行委員長さん、また教義を間違えていますよ。
アナゴンなんですから、もうちょっと桐山教を正しく理解してください。
桐山さんはまだ止息法は教えていないから、成仏法は教えていない。
信者をこれで釣って、金集めをする重要なネタなんだから、
簡単に教える訳ないじゃないですか。
実行委員長さんのように月5千円では、「あさって来い!」と言われます。
実行委員長さん、使者さん、夜祭さんのように成仏法を習ったとか、
体得した、感じたいう信者には、金を出していないという共通点がある。
金を出したくないから、出さなくても簡単に得られたと言いたいのですね。
お手軽で詐欺宗教にはお似合いの信者だと思うが、
桐山ゲイカはそんなチビタ金額では決して許してくれません。
金がないなら、人を集めればいいが、実行委員長さんはそれもできない。
練脳塾で先に行くのにも人と金を出さないでは通過させてくれない。
金も人も貢げないあなたがあの教団でアナゴンになれるはずがない。
信者の分際で桐山ゲイカをなめてはいかんですよ。

538 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:37:13 ID:R8WRjUZE
>>532 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:40:56 ID:MhFvjt8v
>あなたにお返しします。
>僻みですね。

これ、実行委員長さんのトレードマークで、なんか、プーンと臭って来る。
アナゴンを自称しているのは実行委員長さんなんだから、釈尊をまねたつもりで、
「お返しします」と言われても誰も受け取りようがない。
自惚れも思い込みも詐称も全部あなたの心の中にあるものだから、他人は受け取れない。
月に五千万円を供養しているというなら、うらやましいと僻むかもしれないが、
月五千円の実行委員長さんをどう僻むんですかねえ。
ここにいる元信者の多くはあなたよりも金を出していたでしょう。
たとえば20年で一千万円なら、月4万円です。
ほら、あなたよりも十倍も供養したのです。
十分の一しか出していない実行委員長さんを僻むなんてありえない。
世の中には、大した顔でもないのに自分がイケメンだと信じ込んで、
「周囲の男どもは僻んでいる」などと信じ込んでいる男がいます。
実行委員長さんを見ているといつもこういうオメデタイ男を思い出す。

539 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:42:35 ID:R8WRjUZE
>[857]ウミエビ 06/11/30 17:05 5R5qT6eKbE
>止息法です。

実行委員長さんは前から止息法の発作がありましたね。
何の脈絡もなく、止息法、止息法と手が自動書記してしまう。
斜め前から突然、ビビッと来るんでしょう?
年も年もなんだから、検査を受けないと、桐山ゲイカにみたいになっチまうよ。
私が止息経を引用して、止息とは呼吸法などではないと
桐山さんのインチキ止息法を指摘したら、しばらく止息法を書かなくなった。
でも、もう学習効果が薄れて、御病気がぶりかえした。
止息法の発作の治し方を前に教えてあげたのに忘れたようだ。
桐山さんは止息法は呼吸法だと教授されているように、
実行委員長さんも30分息を止めればアナゴンから一気にアラハンに解脱できます。
せっかく成仏法を無料で教えてあげているのだから、実行してください。
30分が難しければ、15分間、水をはった洗面器に顔をつけてください。
実行委員長さんの解脱成仏を信者と元信者一同衷心よりお祈りします。

540 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:48:19 ID:R8WRjUZE
>>508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh
>でも18年の努力がほとんど無駄だったんですね。

これを認めたくないから、多くの信者は桐山さんの嘘を指摘されても、
なかなか辞められない。
桐山批判が、桐山さんの否定ではなく、自分への否定に見える。
18年分の努力を丸ごと捨てることになるからです。
気の毒だとは思うが、同病者として、あえて弱っている孫さんにトドメを刺すなら、
「18年の努力がほとんど無駄だった」ではなく、
「18年の努力が全部無駄だった」。
あれは腐った生ゴミの山ですよ。
夜祭さんは、私がなんでも桐山批判につなげてしまうとあざ笑っていた。
だが、わざとつないでいるのではなく、
どこを切っても、金太郎飴みたいに、桐山さんの場合には嘘だらけです。
私も少しは自分の信じていたことを擁護したかった。
だが、信者時代、擁護しようとして掘り下げると、ことごとく嘘というゴミが出てきた。
芯から腐ったタマネギはいくらむいても無駄で、食える所はなく、全部生ゴミです。

541 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:53:32 ID:R8WRjUZE
>508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh

信者さんたちも、桐山さんが作り出した事で嘘でないことが
一つでもあるなら出してみてください。
事実ですらも、桐山さんの手にかかると嘘が混じってしまう。
阿含経などその典型でしょう。
阿含経自体は釈尊直説だと言っていいでしょう。
これ自体は桐山さんの発見ではなく、学問的には常識です。
ところが、桐山さんの手にかかると、阿含経の釈尊が
因縁解脱や死者成仏や霊障解脱を説き、護摩や占いを認めたことになってしまう。
真正仏舎利とは「本物の仏舎利」という意味です。
しかし、桐山さんの手にかかると「偽物の本物の仏舎利」なんて
世にも珍しい仏舎利に変身してしまう。
おまけに、偽物でも入っていればまだしも、カスケットの中は空っぽだった。
偽物の本尊は造れと言われもなかなか造れない。
なぜなら、本尊は教祖が勝手に決めていいものだからです。
イワシの頭と決めたら、イワシの頭でかまわない。
ところが、桐山さんの場合、イワシではなく、イワだった。
いや、カスケットにはイワすら入っていなかった。

542 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:59:39 ID:R8WRjUZE
>508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh

桐山さんが作った因縁解脱や霊障解脱の教義は徹頭徹尾、嘘が満載。
因縁解脱も霊障解脱も仏教とは関係ないのだから、逆に桐山さんの思い通りに作れた。
仏教にはないのだから、内容は自由勝手に作れるのに、それすらも嘘です。
因縁解脱と霊障解脱は桐山さんが作った基準において嘘なのですよ、信じられます?
騙すにしても、普通なら、信州に上意討ちがあったかどうか、
歴史を調べてから話を作るとか、ソンディ心理学の解説書くらい
丁寧に読んで、矛盾しないように話を作るとか、嘘がばれないようにするでしょう。
ところが、桐山さんはこんなことすらせずに、
ただの空想と思いつきと思い込みで教義を作り、堂々と発表した。
これを見ても、桐山さんの感性は、一般人のように嘘に対して恥を感じ、
最小限にしようとするのとはかなり違うと、信者さんたちは気が付きませんか。

543 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 13:01:58 ID:R8WRjUZE
>508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh

誰かがたとえていたように、桐山さんの手には「嘘」というバイ菌が付いていて、
彼が料理すると、どんな高級食材も腐って嘘になってしまうようです。
というよりも、桐山さん自身が嘘というバイ菌で出来ているではあるまいか。
金で買った名誉は現実なのだが、こんなものの中にすら、
国連INEOA平和賞みたいな嘘が混じっている。
初めて読む信者さんのために少し説明すると、
『守護霊が持てる冥徳供養』のカラー口絵に載っているのがこの賞です。
ちなみに、国連にはINEOAなどという組織は当時も今も存在しません。
授賞式は「日曜日」にニューヨークの国連の建物で行われた。
ちなみに、日曜日は国連は休み、閉館です。
授賞式に出席するために同行した信者は国連での授賞式には参加させてもらえず、
国連とは道路向かいにある「国連附属の教会」で再度授賞式をしたそうだ。
ちなみに、国連には附属の教会は存在しません。

544 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 13:05:30 ID:R8WRjUZE
>508 :孫逸朗(そんいつろう):2006/11/30(木) 01:14:10 ID:U1MTy7eh

大作さんも嘘の多い人だが、それでも現世利益として
利益や利権を周囲にばらまいているのだから、
御利益信仰もまるっきり嘘というわけではない。
欲望で集めているだけあって、欲望で成り立っている。
ところが、我らが桐山ゲイカは聖者をかたりながら聖者でもなく、
超能力者をかたりながら超能力もなく、
御利益信仰をかたりながらも信者の財布は細るばかり。
あるのは桐山さんのエラクなりたいという満たされない渇望と、
これを支える山のような嘘だけ。
「ヲラっちの大将は大作ちゃんよりも偉い」と言いたかったが、
宣伝とイベント、ハッタリ以外、なんの取り柄もない。
釈尊はこういう比丘を、両端に火がついて、真ん中に糞を塗った木のようなもので、
在家でも出家でもないと批判した。
しかし、単に在家でも出家でもない、つまり役立たずだというばかりでなく、
桐山さんのようだと、明らかに大きな害がある。
両端の欲望という火によって周囲に火事を引き起こし、
嘘という汚物によって周囲を汚染している。
信者さんたちは自分の手が汚れて、異臭がしないか、確認してみてはどうだろう。

545 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 13:54:25 ID:k1nHRFSl
臭い家は外から入って診ないと、その臭さがなかなか判らない。
家の中にずぅ〜と居ると臭い家でも慣らされ鼻が麻痺して判らなくなります。
ウソだらけの阿含道場にどっぷり浸かっていると脳内がウソに汚染され
麻痺して単純なウソさえ見分けられなく成ってしまう。怖いことです。
そしてそのウソ知識を基にして新たなウソ知識の壁を塗っていく。
終いには洗脳のバリアーが出来てしまい宗教家畜に成り下がってしまう。
こうなれば、後は金や労働を貢ぐロボットとして牧場で働くだけです。
信者の皆さん、一度阿含牧場の外へ出てこの現状をよ〜く見てみなさい。

546 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 14:43:47 ID:k1nHRFSl
桐山教は完全なる邪教であり阿含宗を名乗る資格などない。
釈尊を冒涜する教えあり全仏教の敵です。
名乗りたいなら邪教アゴン臭とせよ。

547 :ザ@桐山晴雄:2006/12/01(金) 15:39:54 ID:WLTpqdQC
そもそも桐山靖雄は「私度僧」の分際で「僧侶」だと自らいっている。
自分で「法名」つけたりするのもおかしいが、更に密教の「偽アジャリ」に
なって「伝法」し「伝法料」を取るという詐欺までしている。
都合のいいように「経典解釈」し、勝手に「神仏両界護摩」などありもしない
法をつくっている。桐山阿含宗というのは、まがいものばかり
そして「霊障因縁」の恐ろしさを説く「霊感商法団体」なのです。
断じて仏教ではなく、邪教:桐山教が、本当の名称です。

548 :ザ@桐山晴雄:2006/12/01(金) 17:16:19 ID:WLTpqdQC
よう、クリンなんとかの「クズ」はどうしたんじゃ。
何で星祭は「夜祭」の変更したんじゃ。

549 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 18:09:27 ID:ONZXsG4K
止観の源流としての阿含仏教を読めば、止息法の重要性がわかる。
「○○の○○」との関係ですね。

550 :ザ@桐山晴雄:2006/12/01(金) 19:06:25 ID:WLTpqdQC
>>549
実行おまえは早く「クソ」して寝ろ!
なにが「止息法」だ。脳を開発するだ。
できもしねえのにオマエはいうんじゃないの。
なんだあ〜、止息法体得者なのに、桐山さんは「脳梗塞」になったんだ。
へええ〜〜。
なにかい、それとも「脳梗塞開発法」なのかね。
その「止息法」というのは。

551 :死に神参上:2006/12/01(金) 19:36:39 ID:9Cbn2yTE
福永法げん、高齢にしては、
懲役でしたゾ。だまし騙して、反省のかけらもないとかでネ
犯罪では1円も一億も同罪。マ−たかをくくるさ
おえらがたの方々は、何処までのびるかネ。
阿含宗の見本が出れば一挙に類似の犯罪に手が入るでしょう。
なにせ、公明党区議に手が入ったのですから。


552 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 23:29:12 ID:JGdDQ82v
僕の親戚のおばさんは2千万円くらい阿含宗に使いましたが・・・・
おばさんの旦那さんが何度も脱会を頼んだらしいのですが結局それが原因で離婚しました。
僕も何度か三田道場や京都のお祭りに行きましたが・・・怪しいな・・・と思うところが沢山ありました。
まず15年位前ですが色々なグッズを販売していて、これが因縁解脱と、どう関係あるの?
と思う物が多々ありました・・・500円テレカ2枚セットで3000円ですよ?
たっけぇ〜と思ったのを強烈に覚えています。こんな金がかかる宗教なら世界中で日本人しか出来ないし・・
アフリカ人とかは金払えないし因縁解脱出来ないでしょ・・・
先祖の因縁解脱一回で10万円って・・・・冷静に考えればわかると思うのですが・・・

553 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 01:15:31 ID:UAR9qUg9
阿含宗もそろそろ崩壊の入り口に近づきつつあるのか?
そう言えば【ザ】の七章は<崩壊への序曲>だった。
今、桐山さんの体力、智力が確実に落ちてきているのが目に見えてわかる。
それにも増して2chや【ザ】の掲示板で阿含宗の詐欺性を告発し訴える
投稿文により捏造や嘘、そして教団内部のゴタゴタや不祥事が白日の下に晒され、
さらに桐山さんの人間性も暴露され仮面の下のおぞましい性格が
ネットを通して一般会員の目に顕わになった。
今後、桐山さん身に何かがおこればそれを引き金にカタストロフィーに突入し
阿含宗は確実に崩壊する。


554 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 08:10:04 ID:O4R1iaSB
阿含宗は崩壊しません。成仏法が会員に伝わるからです。

555 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 10:26:11 ID:vOHpDTDY
>>545
脳内が阿含臭で麻痺し完全に宗教家畜化され人間ロボットとして
北○阿含牧場で働かされている医者の奥さんを知っている。
彼女の頭の中は完全に180°反転しているが本人にはそれが判らない。
洗脳され世のため人の為に働いていると思っている。
彼女も2000万円以上を貢いだ口です。本当にこれはもう詐欺犯罪です。
阿含宗はじわじわと分らない様に供養金などの名目で金を
巻き上げます。本当に巧妙なやり方であり完全なる霊感商法です。
オレオレ詐欺以上の犯罪であることは明白です。
こんな宗教詐欺をいっまでも許しておくべきではない。
皆が立ち上がって声を大にして訴えなければ被害者も今後更に増え
大変なことになる。
我々もネットを使って糾弾していこう。

556 :ザ@桐山晴雄:2006/12/02(土) 12:44:55 ID:JaiaB/p1
そうそう、同じネタでもいいからね、書き続けるんですよ。
この掲示板を初めて見る人がいるんですからね。どこからみても
桐山さんのインチキ・詐欺性が読み取れるようにしておく。
少しでも疑問のある善良な方々は「こりゃイカサマ新興宗教だ」と
おのずからわかるでしょう。
まあね、実行・死者・夜祭・クリンは「洗脳会員」何で桐屋魔境で
終生いくんでしょうけどねえ〜〜。

557 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 13:40:26 ID:VgEBETRj
桐山さんの切る九字って実際は何を書いてるの?
へのへのもへじ??

558 :ザ@桐山晴雄:2006/12/02(土) 16:29:44 ID:JaiaB/p1
星まつりのときはね(つまり桟敷席にむかって九字切るとき)
三方に、点・点・点とそれらしくやる。
つぎに「梵字のタラク」をかく。周りをおおきく三回転させて
「星九字」。
桐山さんの切る九字、こんなもの何の「功徳」もありませんね。

559 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 17:21:16 ID:O4R1iaSB
YANがあるから大丈夫です。
願望のリスト作りの応用が成仏法を習得する第一歩なのです。

560 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 17:51:03 ID:O4R1iaSB
脳に関する瞑想法です。

脳のなかの水分子 中田 力著
全身麻酔は、水の結晶化と関係があるそうです。

空海が中国で生の求聞持法に接して法を成就し、
覚鑁は空海の作った行法の中に求聞持法を見つけたのです。

この2つの中に密教の秘密があるのです。


561 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 17:52:46 ID:wPBfWul+
>>559
>願望のリスト作りの応用が成仏法を習得する

???前から思ってましたが、この方、だいぶ逝かれてますね。
四半世紀前の桐山さんの言葉がバカの一つ覚えのように頭に残っているのか?
相変わらず訳のわからん夢を見てるんでしょうか?
それにしても「願望のリスト作り」なんて古い話を
よくまぁ〜今だに出してきますね。
貴方、死ぬまで言ってるんですか??

562 :水曜、大○さん:2006/12/02(土) 17:58:21 ID:F0XTW2yl
>>559
むかしあったな・・・。
「マダムYAN」ってラーメン

563 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 18:25:09 ID:O4R1iaSB
死ななければわからない人なのですね。かわいそうです。

564 :ザ@桐山晴雄:2006/12/02(土) 18:44:18 ID:JaiaB/p1
同じことしか「書き込み」できない、貧相で哀れな会員
その名は「実行委員長」。
わたしは「実行クレイジー」というのがいいと思うが。
馬鹿の一つ覚えで「願望リスト」「止息法」「アナゴン(自称)」
という言葉をつかい続けている。
死んでもわからない人間でしょう。かわいそうだと思う必要もありません。

565 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 18:54:11 ID:O4R1iaSB
あなたにお返しします。

566 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 19:24:24 ID:PrG1Hpds
阿含宗ってカッコイイ。

567 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 19:24:41 ID:5EdYzFCh
早く崩壊しないかなぁ

わくわく

詐欺だもんなぁ、やっぱ

だれか訴えない?

あ、無理か日本にも信教の自由ってのがあったからな


568 :ザ@桐山晴雄:2006/12/02(土) 22:09:28 ID:JaiaB/p1
>>565
返すことはできませんね。
頭のおかしい、馬鹿の一つ覚えの実行クレイジーくん、あんたは
インチキ宗教を今でも妄信している「哀れ」な存在なんだよ。
どうあがいても、洗脳からは逃れられない人間だよ、君は。
しかし、シシャにしてもオマエにしても、月5000円会員とはね。
情けない人間だよ、オマエは。

569 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/12/03(日) 00:16:13 ID:2OI7YefI
>>559 YAN合宿今年無かったでしょ
別院の島○さんも出版部に移ったし

570 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 00:25:31 ID:ag9Tjq3V
ここで、YANを教育して、星祭の時に口コミで広めるのです。

571 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 00:34:07 ID:MFDcaYGb
>564
月、5000円の会費だと、特別会員になれるんですか?
そんな制度聞いたことありません。

572 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 00:53:00 ID:MFDcaYGb
まあ、テレカは、お守りも兼ねているから、高かったのと
供養10万円の供養も永代が付くから、名目上、慣習的な寺院の供養と
かわらんからね。これらは別に悪くねーよ。
また、阿含経じゃないとか文句いうのがいるけど、そうじゃなく
桐山管長の手法を知りたいってのが主なんだよ、来るのは。
阿含経をやりたけりゃ上座部いけって、スマサーラ師も日本にいるんだから

それより、問題は意味不明というか有名無実の用途金とか
たとえばアシュラム・アーガマ、教えもしないくせに、月会費など取るんじゃ
ねーよ!瞑想室を利用できるってだけのことじゃねーか、くだらね〜
錬脳塾・・・ごまかさないでグモンジ法おしえろって!
なにかというと○○フォーラムとかいって、資金集めの集会するな!
何にもないんだったら、何もするな!
静かに祈れる道場だけ提供してくれるだけでいいよ。
オレはここの連中みたいに、あとでサギだインチキだコンニャクだのと
喚かねーし、過去に払った金などに、いちいち執着しねーからさ。
静かに瞑想できる雰囲気の道場にしてくれ!

573 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 00:58:13 ID:MFDcaYGb
>569
出版社はW田がつぶして、宗務局内に出版部をつくったんでしょ、
広報もW田が握ってやりたい放題・・・
陰で言われているよ、阿含宗の金正日だって。

574 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 00:59:42 ID:MFDcaYGb
YANでおしえているカブキ体操もW田の考案だとか
笑っちまうね。

575 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:03:58 ID:MFDcaYGb
>570
教育するほどYANなんていないだろ
ほとんど二世信者だし、サッカーやら太鼓教えているんだろ合宿じゃ
カブキ体操(笑)も。
こんなんじゃダメになるにきまっとるがな。

576 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:12:49 ID:MFDcaYGb
いっそのこと解体して、護山修行クラブ・アゴンという会を作って
超宗派、会員ならば、花山の総本殿ならびに各地区の修業道場を
利用でき、修行することが出来る。
日泰寺みたいに各宗派がもちまわりで管理する
また、おのおの深い教えの講義を開き、希望者はその教えを学ぶことが出来る
そのような会を作ったらいい。

577 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 01:15:29 ID:MFDcaYGb
W田教になったらおしめーだよ。

578 :樹意:2006/12/03(日) 02:42:25 ID:lQpfwxxD
>>572
> 阿含経をやりたけりゃ上座部いけって、スマサーラ師も日本にいるんだから

この手の突っ込みは沢山しまいしたが、
行動の規範にしないのであるなら、アゴンと名乗るべきではない。
依経であると宣伝したのは 教団側です。
嘘の宣伝をしていると批判されるのは当然です。
勝手に詐称しておいて批判されると 他へ行けでは単なる開きなおり
です。
宗教のカテゴリで語るのもおぞましい。
お守りに関しても 仏法僧が本物で無ければいけないだの
本尊が真正でなければいけないだの、物差しを提示したのは
これまた教団側です、
テレカにしても、プレミア上乗せ分がそのまんま嘘のプレミアだったと
いうのですから、詐偽と批判されてもこれまたいたし方の無い事です。
信教の自由を利用した脱法産業であり、投資商法です。
信者さんはありもしないものに投資させられているのに気づきましょう。





579 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 10:25:06 ID:01VbvZ3N
そうだよね〜、俺達は供養だけを目標に阿含宗に入行したんでないぞ〜。
因縁解脱の行は当然だが
瞑想や
求聞持聡明法や
阿含経の勉強や
三十七菩提分法(成仏法)などに
引かれて入行したやっもたくさん居るのだ。
それを宣伝だけしておいて、入って見たらお茶を濁すような事ばかり、
これじゃ〜嘘つきと言われても返す言葉がないでしょ?
昔からず〜っとそうなんだから、おかしいよ。
現実は梵行と言う名の奉仕と供養と言う名の献金ばっかし、そして最後に護摩焚き。
こんなもん、投資の世界では不良債権と同じじゃ。
星祭さんみたいに、もう損切りできん奴はほっといて
さっさと「損切り」するのが当然の流れです。
供養も実は金を取るのが目的で死者の解脱成仏なんて「まっかな嘘」です。
なんせ全てが「嘘」で出来てるから、ここは。
とに角、傷が浅い内に早よう「損切り」で行きましょう。

580 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 11:57:56 ID:01VbvZ3N
星祭さんは一生「塩漬け」ですね。
水分を塩に吸い取られ干からびていくでしょう。
でも腐らんから良いかもね、美味しい味も出てくるし、
阿含宗で天然記念物になれば良い、皆が齧っくれるよ。

俺達は貴方と違って不良債権化して回収困難な
阿含宗などとっくの昔に損切りしてますから。
後は高みの見物で〜す。

581 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 14:38:22 ID:dlTIMAib
>>572
>オレはここの連中みたいに、あとでサギだインチキだコンニャクだのと
>喚かねーし、過去に払った金などに、いちいち執着しねーからさ。

星祭さん 、コンニャクに塩まいて放っとけば終いにゃフニャフニャになり消滅してしまうの知ってる?
アンタは「塩漬け」だからそんなこと言えるんでしょう。
でもね、普通の会員はアンタと違って塩漬けした阿含宗など食べたくないの。
いくら「塩漬け」してもコンニャクやナメクジと同じで消滅してしまいますから。
食べるどころじゃありませんよ、ゼロです、消滅です!!

582 :水曜、大○さん:2006/12/03(日) 17:33:43 ID:ZK/Ha4dG
詐欺師です。桐山靖雄は・・・・。
地獄行グリーン車が待ってます。

583 :樹意:2006/12/03(日) 17:48:10 ID:hO+aP1Dz
>>423
> さっき、TBSで詐欺商法の特集近未来通信とエルゴナントカという会社。
前回サラッと触れただけでしたが、この近未来通信の
スレッドにお邪魔すると結構 アゴンとの手法において共通点があります。
ここもマルチ商法の出身者が経営していたようです。
ゲイカは法話で豊田商事を批判して、しばらく苦しんでもらわないと
成仏は難しいような話をしていましたが、なんのことはない、
ゲイカも同じような行為をしていたわけです。

上記スレッドより転載
600 2006年 sage New! 2006/12/01(金) 06:08:20 ID:7WvibjO10
石井は考えた。団塊の世代はお金を持っている。
しかも、そのお金を増やしたがっている。
また、小金持ちの中高年層は退職金や預貯金を溜め込んでいたり、年金があっても、
国を信用せず 自分の力でお金を増やしたがっている。
この中高年のお金を集めて自分のものにしてしまおうと。

1997年(平成9年)12月、石田は毛皮、宝石等の販売を目的に
有限会社エクセルジャパンを設立 、翌年、墓地の永代使用権の
販売等様々な商法も画策したが、 最終的にIP電話中継局オーナーを
募集する投資商法を始めた。 「新日本通信」という名前に変更したのは、
お客さんに大手通信会社のように錯覚させるためであった。

1998年(平成10年)12月、更に商号変更して株式会社近未来通信となる。
新聞広告や代理店を使い、事業説明会にお客さんを集め投資のためにサーバーの購入を勧める。
そして、お客さんがサーバーを購入してお金を殖やしてみようという気持ちになったら
販売契約を結ぶが、 その契約の中身は、サーバーは同社が預かり、
その預かったサーバーを稼動させて 月50万円以上の利益を出し、
それをお客さんに還元するというものだった。


584 :樹意:2006/12/03(日) 17:55:22 ID:hO+aP1Dz
>>583
> 募集する投資商法を始めた。 「新日本通信」という名前に変更したのは、
> お客さんに大手通信会社のように錯覚させるためであった。

豊田商事の場合もこれも いかにも信用力ある会社がバックにあるかの
ごとく信用させるために それらしい名前を使うことにあります。
アゴンの場合も行動の規範とはせず 名前だけ使うやり方になります。

この近未来にしても豊田にしても 完全なるペーパー商法であって
現物はお客さんには 渡さないし見せない。 見学させるときだけ
サーバーの電源を入れるといった手口です。
アゴンの場合も、解脱成仏の根拠がすべて、三法において否定された
のですから これまた単なる紙切れに 信者さんたちはお金を
出しているということになります。



585 :樹意:2006/12/03(日) 18:03:04 ID:hO+aP1Dz
アゴンの場合は死後の世界に対する投資を勧誘するものです。
ですから 投資商法であり ペーパー商法です。 (宗教のカテゴリにありますが
私はこういうのは現金が動いているのであるから 立派な投資の 防犯板 投資板
のカテゴリで議論されてもいいと思っています。)

さらに根拠を偽造するのですから マルチでありねずみ講と同様であると考えます。
(阿含経の改ざんその他)

死後の世界(ご先祖の成仏 自他の成仏 )
超能力
愚問時法
 いわゆるこれらに対する投資商法です。

近未来については なんと売り上げにしていた金額というのが 
投資家からの出資金を売り上げに計上していたというのが実情であり
実際に利用者からの売り上げというのは ほぼ実態がなかったというのが
本当のようです。


586 :樹意:2006/12/03(日) 18:16:48 ID:hO+aP1Dz
すべてこういった ものの実態を表すのは財務諸表であり
数字です。
すべて数字に表れるのですから こういったものに対する
再発防止を図るなら、数字の批評力を磨かねばなりません。

愚問時法に対しても 精白児やら、ボケ老人に対する効果など
一切報告されたことはありません。 (数字にないのです)

以前○木某の占いでライ○ドアの株価が5倍になるだのといった
発言を信じるより、こういった財務諸表を精査し
剰余金がないのはおかしいと気づかないといけないと書きましたが
実はこのライ○ドアもこれらと同様 投資家の出資金を売り上げに
換算していたというのが実態であり、ライ○ドアの企業価値というものは
投資家の出資金によって水ぶくれさせていたものであるというのが
その実態なのです。
○エモンの錬金術は 投資家の出資金によって自らの株価を
膨らませたことにあるわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ではアゴンの場合はどうかというと これまた信者さんたちからの
供養金というお金をもって 名誉買い、宣伝その他でもって
見かけ上の信用を演出するという サイクルになります。




587 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 18:30:50 ID:ag9Tjq3V
願望のリスト作りの応用です。修行課題は、毎月教えてますよ。

588 :樹意:2006/12/03(日) 18:57:05 ID:hO+aP1Dz
>>587
> 願望のリスト作りの応用です。修行課題は、毎月教えてますよ。

解脱の別名に 無願(appanihita) という名称があります。
無願の解脱というそうです。
涅槃はただひとつでありますが 一切の有為に対することにより
その名前は多数となるとのことです。

五根 感覚器官から生じる執着になるものはすべて 離貪する
のが本当の仏陀の教えです。
ゲイカの説くのは仏教ではありません。




589 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 22:59:37 ID:fM78q1f/
「阿含宗と桐山氏について―第二十九章―箱根の山は天下の険―」から引用

[926]夜祭 06/12/02 00:18 GZL6aCsBU8
オレなんか紫綬褒章の意味もわかんねえよ(笑)。
関心ないから
文化勲章や文部大臣賞とかなんたらいうのと違いがわかんねえから
爆笑問題や中島みゆきがもらったのと同じようなもんだと思っていたぞ(爆!
ゲイカよりひどい。

590 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:03:37 ID:fM78q1f/
>[926]夜祭 06/12/02 00:18 GZL6aCsBU8
>オレなんか紫綬褒章の意味もわかんねえよ(笑)。

桐山さんが寄付に対して授与される紺綬褒章を紫綬褒章だと板書までして、
信者に嘘を伝えたことを沙羅さんがザで暴露した。
桐山さんの嘘つきぶりは毎度のこととして、
信者の皆さんは上記の夜祭さんの反応をよくみてください。
典型的な自己洗脳の反応を示していることに気が付きましたか。
「桐山ゲイカに都合の悪いことがおきると、桐山ゲイカ以外に目線をそらす」
これまでも何度もこれが自己洗脳なのだと事例を示してきた。
夜祭さんもこれが初めてではなく、毎回恒例であり、その都度指摘されても、
鼻先で笑い飛ばしているから、このザマです。
桐山さんが恒例の嘘をついて信者を騙しているのに、
それを見ようとせず、自分のことがどうのと、関係のない話に置き換えてしまっている。
夜祭さんが勲章について知識があるかどうかなんて議論しているのではなく、
桐山さんの嘘つきを指摘しているのに、全然関係のない話にそらしている。
これは他人の目線をそらしているだけではなく、
夜祭さん自身の目をそらそうとしているのです。

591 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:05:49 ID:fM78q1f/
>[926]夜祭 06/12/02 00:18 GZL6aCsBU8
>オレなんか紫綬褒章の意味もわかんねえよ(笑)。

夜祭さんは桐山さんへの批判を避けるためなら、
なんと、自分を笑いの対象することも厭わないのです。
すばらしい自己犠牲の精神です。
普段なら現実の桐山さんから目線をそらす簡単な方法は
批判側を罵倒することだが、この件ではさすがの夜祭さんも
何も思いつかなかった。
そこで、最後の手段として自爆する道を選んだ。
夜祭さんの自虐的な書き込みは批判側に向けたものというよりも、
自分に向けているのです。
自分の中で信仰を持続するために、自虐してでもゲイカをお守りする。
このすばらしい狂信的ぶりを、信者さんたちも他人事だと思わずに、
我が身に置き換えてみてください。
自己洗脳はたいてい本人の自覚がなく、指摘されてさえも自覚がないことを
夜祭さんが模範演技で示してくれている。

592 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:09:51 ID:fM78q1f/
>>549 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 18:09:27 ID:ONZXsG4K
>止観の源流としての阿含仏教を読めば、止息法の重要性がわかる。

実行委員長さんにはネタまでふっていただいて恐縮です。
『止観の源流としての阿含仏教』は桐山ゲイカが北京大学名誉教授に
なられた時の講演ですから、信者さんたちも丁寧に読んでみましょう。
桐山さんの恒例で、専門用語を並べ、本から知識を引用してきて
あまり反論の出ないような内容をまず並べて納得させ、
途中で突然、脈絡もなく、自分が言いたいことをパッと出して、
相手を煙に巻いて、あれよあれという間に桐山教に変身させる。
これが桐山さんの本で数多く表れる手法で、
この本でもいかんなく彼の手品のような詐欺手法が出ています。
そういう目で読んでみて、どこにあるか探してみてください。
手品と同じで、ほんの数行で桐山さんはパッと話を飛躍させてしまう。

593 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:16:25 ID:fM78q1f/
>>549 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 18:09:27 ID:ONZXsG4K
>止観の源流としての阿含仏教を読めば、止息法の重要性がわかる。

この本での桐山さんの最大のインチキが止息法です。
止息法の嘘については、ちょうど一年前
スレ95の543〜578、スレ96の90〜100、スレ100の8〜22、
スレ101の723-729で書きました。
ユビキタスさんがザのスレで反論していますから、
そちらのほうをお読み下さい。
簡単に言えば、七科三十七道品の具体的な修行法の書いてある経典として
桐山さんが出した止息経は恒例の嘘だということです。
止息を桐山さんは呼吸法だと書いたが、
釈尊ははっきりと貪瞋癡の煩悩を断ちきることだと述べている。
止息は呼吸法であり、神通力の開発法だなど、真っ赤な嘘なのだが、
この嘘すらも桐山さんはよそから盗んできたネタなのです。
『釈尊の呼吸法』(村木弘昌)からパクッタ。
盗んできた足跡まで桐山さんはきれいに残している。
この件は、スレ100の516以降に書きました。
桐山さんがカッパラッテきた元ネタをご紹介しましょう。

594 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:17:48 ID:fM78q1f/
『釈尊の呼吸法 大安般守意経に学ぶ』(村木弘昌)

「・・釈尊の場合は、断息といった言葉の方がふさわしいほどのはげしい止息をされています。」(14頁)
「アナパーナ・タチは改良の前の後も一貫して止息が入っていなかった。」14頁)
「64.神足」(164頁)
「正しい呼吸の実践により迷いの多い生活を脱し、道を知る、
そして撓まぬ実践から神足が得られるというわけです。」
「65.神足の獲得」
「医学的に見れば正しい呼吸が常時行われることにより・(中略)・
それらの持てる機能があまたところなく発現するのではないだろうか。
特に六神通といった能力は、すばらしい脳循環により大脳の発揮できる最大限の能力が、
よどみなく湧きでてくるのではないだろうか。」(168頁)

595 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:22:20 ID:fM78q1f/
>>594 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:17:48 ID:fM78q1f/

上記の文章に桐山さんの安那般那や止息の呼吸法で神通力を得るというネタが全部入っている。
モノマネである証拠の一つが、村木さんの間違いまでそのままであることです。
村木さんは医者であって、仏教は素人だから、
安那般那(アナパーナ・タチ)や止息を呼吸法だと思いこんだ。
この素人の間違いを桐山さんはそのまま引き継いで、止息を呼吸法だと述べている。
止息とは煩悩を断ち切ることであって、呼吸など関係がない。
使者さんばかりか、星祭さんまで屁理屈をつけているが、無駄です。
止息と呼吸が関係があるというなら、食事もトイレも全部止息と関係し、
日常生活の中で止息と関係しないことなど一つもない。
安那般那ですら、目的は呼吸ではありません。
村木さんは安那般那や止息などの呼吸法によって脳の循環がよくなり、
神通力を発揮したのだろうと推測している。
桐山さんをこれをパクリ、1989年の『仏陀の法』から今日まで、
安那般那や止息などの呼吸法でチャクラを覚醒させ、神通力を得ると述べている。
他人のパクリだから、間違いまでパクッテしまったという爆笑超能力です。

596 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:26:17 ID:fM78q1f/
>>549 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 18:09:27 ID:ONZXsG4K
>止観の源流としての阿含仏教を読めば、止息法の重要性がわかる。

せっかく実行委員長さんが『止観の源流としての阿含仏教』を指定してくれたのですから、
内容についても吟味してみましょう。
桐山さんの主張を一言でいうなら、智リの摩訶止観の元は釈尊が
阿含経に説いた止観が源流だろう、という当たり前すぎる内容です。
桐山さんは『阿含密教いま』でも
「だが―――、すると、ここでまことに奇妙なことになるのです。
というのは、なんと、この摩訶止観は、アーガマの中に説かれているのです。」(177頁)
などと、鬼の首でも取ったかのよう書いているが、
こんなことは仏教辞典の解説に書いてあることです。

597 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:30:11 ID:fM78q1f/
「阿含経や大乗起信論など諸経論に説かれるが、
体系化したものとしては天台止観が有名である。」『佛教大辞典』小学館、373頁
「・・・阿含をはじめ諸経論に多く説かれる。」『総合佛教大辞典』法蔵館、518頁

これらは仏教辞典に載っている止観の説明です。
ご覧のように、阿含経にあるとはっきりと書いてあり、
智リが独自に開発したものであるなどとは誰も言っていない。
北京大学名誉教授をいただいたのだから、よほどの見識を披露したはずなのに、
当たり前のことをまるで自分の発見であるかのように述べているだけです。
だから、あの本は数頁もあれば終わってしまう内容で、後は余談です。
そればかりでなく、桐山さんは智リの止観の意味や、釈尊のいう止観の意味も理解していない。
というと、信者さんたちは、「仏陀の智慧をお持ちのゲイカに
素人の七氏が理解していないなどとは、片腹痛い」というかもしれないが、
桐山ゲイカは止息を呼吸法だと言った方なのですよ。
桐山さんがいかにいい加減なことをさも何か悟ったかのように書いているかを示すために、
まず、智リの止観を普通の学者はどう説明しているか引用してみましょう。

598 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:32:48 ID:fM78q1f/
『仏教・インド思想辞典』春秋社、163頁
「その智リによれば、止観とは、まず最も基本的には妄念妄想を休息させ、
心を一つところに集中して、動揺なき心を確立させ、
煩悩を見すえてそれを滅却させ、そして真理を了知し、
それを通達させようとする実践的態度のこととされる。」

表現は小難しいが、さらにこれを簡単に言えば、智リの止観とは、
「心を集中して煩悩を滅却させる実践」
となります。
一方、釈尊の止観を、桐山さんは経典から引用しています。

『止観の源流としての阿含仏教』82−83頁
『求聞持法瞑想入門』134−135頁
「止を修したならば、いかなる目的を体現するであろうか。・・・
いかなる貪欲も断ぜられるのである。
観を修したならば、いかなる目的を体現するであろうか。・・・
いかなる無明でも断ぜられるのである。
・・・貪欲を離れることから心の解脱が起こり、
無明を離れることから智慧の解脱が起こる。」

簡単にいうなら、
「止観によって、貪欲と無明という煩悩を断じるから解脱する」
というものです。
智リも釈尊も表現はともかく、要するに、止観とは
煩悩を断ちきるための修行法であると述べていることがわかります。

599 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:35:31 ID:ag9Tjq3V
YANは、間脳思考の176と止息法を考えることです。あと216です。

600 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:37:01 ID:ag9Tjq3V
YANは、国訳一切経の123を暗記することです。

601 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:38:43 ID:fM78q1f/
>>598 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:32:48 ID:fM78q1f/
>「止観によって、貪欲と無明という煩悩を断じるから解脱する」

止観と止息は驚くほどよく似ていることに気が付きませんか。
止息経では、止息とは、
「貪欲心に於て解脱を楽(ねが)はず、恚癡心に解脱を楽(ねが)はざる。」
とあり、要するに、貪瞋癡という三大根本煩悩を断ちきることが
止息なのだと説明しています。
>>598の止観を説明した経典では、止観で貪と癡(無明)を断ち切ると述べている。
結局、釈尊のおっしゃっていることは、煩悩を切れと言っているだけです。
止息や止観に限らず、四念処も、すべて釈尊の説いていることは
煩悩を切れと言っているのだという目で読むと、とてもよく理解できます。
逆に、こういう視点で読まないと、何を言っているのか理解しにくいし、
これ以外の視点で読むと、とんでもない誤解をします。
とんでもない視点で読んで、とんでもない誤解を
まるで悟りであるかのように話しているのが桐山さんです。

602 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:39:36 ID:fM78q1f/
『止観の源流としての阿含仏教』59頁

仏陀の瞑想について、申し上げましょう。
釈尊の瞑想は、要するに、仏陀として完成された瞑想であるということでしょう。
それは、人間の瞑想ではない、仏陀に成った方の瞑想です。人間の境界では、理
解のできない瞑想なのです。ですから、その瞑想の核となる概念も、われわれ人間
には、理解できないのです。つまり「無病無上安隠涅槃無老無死無愁憂感無稼汚無
上安隠涅槃」などという表現でしか表わすことができないのです。

603 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:45:47 ID:fM78q1f/
>>602 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:39:36 ID:fM78q1f/
>人間の境界では、理解のできない瞑想なのです。
>ですから、その瞑想の核となる概念も、われわれ人間には、理解できないのです。

桐山さんに言わせると、止観は仏陀にしか理解できない瞑想法だというのです。
信者さんたちは桐山さんの欺瞞に気が付いてほしい。
桐山さんの言っていることは矛盾している。
止観や止息は仏陀になっていない人間が実習するものです。
それなのに、人間が理解すらできないことをどうやってやるのですか。
止観は前述のように煩悩を断ちきる修行法です。
仏陀は煩悩を消滅させたのだから、止観をする必要はない(実際はする)。
止観が必要なのは解脱していない凡夫のほうです。
教師が生徒に「算数は難しいから、生徒には理解できない。
先生にならないと体得できない」と言っているようなものです。
なぜ、こんな矛盾したことを桐山さんは言っているか、
信者さんでさえも、少し気が付いた方がいるでしょう。
桐山さんは「オレ様だけがわかる。おまえたちにわかってたまるか」と言うためです。
自分がいかにすごいことを体得しているかを誇示する一方で、
万一、質問されたり、相手が納得しなくても、説明に矛盾があっても、
「体得していないチミたちにはいくら説明しても無駄だ」と逃げられる。
偉そうに説明をしながら、なんのことはない、ハッタリでありもしない力自慢をして、
それを攻撃されないための姑息な予防線を張っているのです。
ほんとうに小ずるい銀狐だ。

604 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:47:39 ID:fM78q1f/
『密教入門』
「だから、前の節で述べた密教占星術による因縁把握は、すべて「シャマタ」の法の一部なのである。」(211頁)
「この「止」の法をまなんで、こころのひずみを是正し、抑圧・葛藤をきれいに
除去する方法を体得しないと、求聞持法は絶対に体得しできない。」(212頁)

凡人にはかわらないという止観の止(シャマタ)について、
桐山さんは上記のように説明しています。
この本は立宗前に書かれたものですが、発行された1976年は立宗二年前で、
桐山ゲイカの言い分によれば、阿含経からシャカの成仏法を体得して、
立宗するまで数年間考えあぐねたというのですから、当然、
この本の時代は阿含経の止観を知っていたはずです。
桐山さんのいう「止」を簡単に言うなら、
深層意識にある先祖と個人の抑圧などを解放することだというのです。
それどころか、因縁を把握することも釈尊の説く止観の一部だというのです。
そこで、信者さんたちにもう一度、釈尊の説いた止観を読んでみてほしい。

605 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:51:36 ID:fM78q1f/
>>598 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:32:48 ID:fM78q1f/
「・・・貪欲を離れることから心の解脱が起こり、
無明を離れることから智慧の解脱が起こる。」

この釈尊の言葉のどこに深層意識や潜在意識を把握することとか、
ましてや死んだ先祖の欲求や抑圧を解放することが止観だとあるのですか。
桐山さんのいう悪因縁(業報)を把握しろともない。
釈尊が述べているのは、意識できない抑圧や欲求ではなく、
また死んだ他人の意識や抑圧ではなく、
自分で集中し観察してとらえることのできる自分の煩悩です。
信者さんたちが、批判を読んで最初に感じた「ムっカア〜」が煩悩です。
それって、あなたの先祖の感情なのですか。
あるいは、あなた自身は意識できないほど深い心の奥にわき起こった感情ですか。
先祖も潜在意識も前世からの業報も、なあんにも関係ない。
あなたが読んで、他人ではなく、あなたの心に普通にわき起こった煩悩です。
釈尊は、夜祭さんのようにその感情を丸出しにするのではなく、
感情をまず捕らえ、なぜそのような煩悩が起きるのか、
知性をもって観察するように説いたのが止観です。
その知性の重要な物差しが縁起の法です。

606 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:59:38 ID:fM78q1f/
>>598 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 23:32:48 ID:fM78q1f/
「・・・貪欲を離れることから心の解脱が起こり、
無明を離れることから智慧の解脱が起こる。」

智リの止観のほうが、桐山さんの解説した止観よりも、
まだ釈尊の止観に近いことがおわかりでしょう。
なぜなら、智リは桐山さんと違い、解脱とは煩悩を切ることだと理解していたからです。
ところが、桐山さんは解脱とは悪因縁を切ること、
前世からの業報としてのカルマを断ちきることだと信じ込んでいる。
だから、釈尊が止観を説明した経典を
三十年近くも自分で引用していなから、意味が理解できないのです。
煩悩を切ることが仏教の目的なのだということを理解せず、
悪因縁を切る、業を断ち切る、先祖の抑圧をなくすなんて、
外道の教法を作り上げ、これを仏教だと信じ込んでいる。
「止」を抑圧葛藤を取り除くことだなどと勝手に決めつけて、
「ビバシャナ(観)あれどシャマタ(止)なし」(『密教入門』194頁)
などと、伝統仏教を偉そうに批判していた。
阿含経の釈尊の止観の説明を読めば、あきらかにおかしいのは桐山さんのほうです。
信者さんたちの北京大学名誉教授様はこんな簡単なことも理解できないのだ。
これで仏陀の智慧や天才だと宣言しても笑われるだけです。

607 :沙羅:2006/12/04(月) 00:57:18 ID:sl2hL0iW
ザのスレにも書かせて戴きましたが…

『損切り』いたしました!(こちらのスレの批判派の皆様にも深く御礼申し上げますm(__)m)

半ば阿含宗の教義がおかしいことに気付きかけながらも事実から目を逸らし、耳を塞いでいる現役信者の皆さん。
確かに今までの自分の信仰を否定するのは辛いことです(私も20年来の信者でした)。

が、それをしようとしないのは、信仰ではなく『自分』を否定したくないだけなのではないか?それは自分の『執着』ではないのか?と、一度虚心になって自分の心に問い掛けてみてください。

608 :沙羅:2006/12/04(月) 01:40:41 ID:sl2hL0iW
ここのところ、2000万( ̄□ ̄;)!!貢いでしまった等の話題がありましたが。ほんとソフトカルトね、阿含宗って。

こないだ、とある勉強会で『40体以上解脱供養してきたのですが、状況は良くならず、抑圧意識もとれないが?』という質問に『その功徳は先にあなたの御家族に回っていて、まだあなたにまで回っていないんでしょう。これからも続けていけばあなたに回ってきますよ』って。
誰が施主だか分からんけど、当人が施主ならそんな説初耳!
しかもまだ搾り取るつもりかい!と思いますた。
合掌…

609 :ザ@桐山晴雄:2006/12/04(月) 09:58:48 ID:D21leMe+
この掲示板の最大の功績は、桐山アゴン宗に疑問のある会員さんが
書き込みを読んだとき「謎が解ける」のです。
桐山さんのしていることは「インチキ」「詐欺まがい」だとね。


610 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:34:57 ID:xNp9NhAK
>>608 :沙羅 :2006/12/04(月) 01:40:41 ID:sl2hL0iW
>『その功徳は先にあなたの御家族に回っていて、まだあなたにまで回っていないんでしょう。
>これからも続けていけばあなたに回ってきますよ』って。

この種の言い訳は「お笑い集」ができるほどありますね。
辞めた信者が、「お金が楽になり、おまけに仕事でうまくいった」という話に、
「それは阿含で仏様へ供養した功徳が今返ってきているからだ」
と発言した先達がいた。
そうだそうだとうなずく人もいたが、沈黙して賛成しない人もいたのはまだ救いでした。
さらに、これにはトドメまであって、
「徳はお金と同じで使うとなくなる。
あの人の功徳はもうないから、これから因縁のままになる」と
まるで呪いのように言ったのには驚かされた。
この先達の発言には、こういう言い訳のパターンがいくつか見られます。
信者さんたちも、先達のような発言をする前に、
それが自己洗脳であることをまず自覚することです。

611 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:41:39 ID:xNp9NhAK
>610 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:34:57 ID:xNp9NhAK

パターンの一つが、「とにかく良いことは桐山ゲイカのオカゲ、
悪いことは因縁と霊障、本人の心構えのせい」です。
これは大変よく見られる自己洗脳で、何か少しでも良いことがおきると、
全部仏様、管長ゲイカのオカゲであると感謝する。
感謝することは良いことだと思っているから、
仏様やゲイカに感謝する自分を信心深いと錯覚する。
詐欺師に感謝することと、信仰心とは別なのだが、
この区別がつかないのも、我々の中に依存心があるからです。
普通の人は、何か大きな力のあるものに依存することで、
保護や利益を得ようとする。
なんでも桐山ゲイカのオカゲというのは依存症そのものです。
感謝などではなく、依存にすぎないことに気がつくことです。

612 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:48:42 ID:xNp9NhAK
>610 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:34:57 ID:xNp9NhAK

桐山ゲイカは人間を越えた聖者様なのだから、人間的な欠点などあるはずがないのに、
実際はただの俗物だから、欠点が出てきて、建前と矛盾する。
欠点どころか、現実の桐山さんは欠陥がある。
信者はその現実と向き合うと、信仰心が傷つくので、
これを回避するためにとる行動が、
「桐山さん本人から目を離し、原因を他に求める」です。
その一つが、商売仇の伝統仏教が悪口を言っているというものです。
よく考えてみれば、桐山さんの学歴詐称、阿闍梨詐称はじめ、
教義の嘘は、伝統仏教とはまったく関係がない。
でも、桐山さんに伝統仏教が攻撃している、などと言われると、
信者たちの憎しみは彼らに向かう。
アウシュビッツの護摩でも、真言宗の坊さんが手紙を出したという。
だが、信者さんたちはその真言宗の坊さんの手紙とやらを読んだことがあるのか。
読んだこともなく、内容も知らず、本当に真言宗の坊さんの
手紙であったかどうかすらわからないのに、信者の頭では
「伝統仏教が攻撃している」と置き換えられ、彼らへの憎しみが増す。
現実は、批判の手紙が一通届いたということと、
桐山さんが10万ドルもの大金を銀行も通さずに寄付して、
テレビで取り上げられるほど市民からは疑惑の目で見られていたという事実があるだけです。

613 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:53:53 ID:xNp9NhAK
>610 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:34:57 ID:xNp9NhAK

桐山さんの嘘が暴露され、止息経など、教義の矛盾を指摘され、逃げ場がなくなると、
使者さんと夜祭さんの反応がそうであるように、思考放棄が始まる。
別名、「脳味噌のご供養」です。
自分で考えるのをやめて、桐山ゲイカに判断のすべてを預ける。
これ自体も桐山さんから植え付けられたものです。
信者さんたちは「植え付けられた覚えはない」というだろうが、
だから、>>602をわざわざ引用したのです。
桐山さんが何を言いたいかわかりますか。
「釈迦の瞑想法は自分にしかわからない」、
だから、「信者ごとき凡脳で考えてもわからない。考えるな」と言っている。
こんなふうに信者さんたちは気がつかないうちに、
思考放棄を様々な場面で植え付けられているのです。
脳味噌のご供養が信仰なのだと錯覚する。

614 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:56:54 ID:xNp9NhAK
>610 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 12:34:57 ID:xNp9NhAK

信者さんたちは、桐山ゲイカは、
「凡人越えた高度な知性と高度な霊能力を持っている。」
と信じている。
ここまではほとんどの信者さんたちが同意するはずだ。
だが、これを裏返しすると、「したがって、桐山ゲイカのおっしゃることが、
一般社会の基準から見ておかしくても、凡人である自分が理解できなくても当然である。
それはサルが人間を理解できないと同じだ」となり、簡単に書くなら、
「自分や世の中の人の知性は桐山ゲイカに比べたら、サル並である」
ということになる。
これを脳味噌のご供養というのです。
そんなことはないと言える信者が何人いるだろう。
その典型的な反応が、ザのスレの使者さんと夜祭さんです。

615 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:02:01 ID:xNp9NhAK
>[1009]大王の使者 06/12/03 19:19 wR7j3boCOs
>わたしはこの止息経を読んでも理解が出来ないのであるが、内容を理解でき
>た桐山師は、どのように信徒に内容を教えるであろうか?ということです。

信者さんたちも使者さんのこの文章をよく読んでください。
止息経の止息に呼吸法などという意味がないと明瞭に証拠を示されても、
その逃げ口上が、まさに脳味噌の御供養です。
止息経を理解できないのではなく、理解するわけにはいかない。
理解したら、桐山ゲイカが嘘つきだと認めるしかなくなる。
そこで、理解できないと思考を放棄した。
そして、桐山ゲイカの特殊な脳では別に見えるに違いないと言い訳をしてあげる。
まさに使者さんは
「自分や世の中の人の知性は桐山ゲイカに比べたら、サル並である」
という自己洗脳の見本を示しているのです。

616 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:04:49 ID:IBYxojqD
>[1009]大王の使者 06/12/03 19:19 wR7j3boCOs

このレベルの自己洗脳を解除するためには、特別な訓練などいらない。
普通の知性をもって桐山さんと教団を見てみることです。
普通の知性で止息経を読んでみることです。
釈尊を頭から信じる必要もなく、ただ釈尊が何を言っているのか、
学校で習った普通の国語力で、文字をそのまま読んでみることです。
「貪欲心に於て解脱を楽(ねが)はず、恚癡心に解脱を楽(ねが)はざる。
是を勝止息・奇特止息・上止息・無上止息にして、諸々の余の止息に過上なる者無しと名づく」
これが釈尊のいう止息の意味であり、簡単に言えば、
貪瞋癡という三大根本煩悩を断ちきることであり、
これこそが、勝れた、奇特な、この上ない、無上の止息なのだという意味です。
言うまでもなく、勝止息・奇特止息・上止息・無上止息とは、
四つの止息を述べているのではなく、
一つの止息を四回、最高のものだと賞讃しているのです。
「花子さんは美人で、賢く、気だてがよく、やさしい」というのと同じです。
四人の花子さんがいるのではなく、一人の花子さんを賞讃しているのです。
ここまでの普通の国語の解釈を納得していただけたでしょうか。
一方、桐山さんは、これをどう言っているか。
信者さんたちは中学校の国語の時間だと思って、読んでみてください。

617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD
『止観の源流としての阿含仏教』91−92頁
ことに、仏陀は、雑阿含経「止息法」で、四つの最上深秘の呼吸法を説いています。
勝止息 奇特止息 上止息 無上止息
仏陀は、この経典で「この四つの呼吸法は、すべての呼吸法において、
これ以上のものはない最上の呼吸法である」述べています。
こういう最高度の技術を持った瞑想法は、貴重きわまりないものであると思います。
それに、なによりも、仏教本来の目的である霊的障害――「霊障」を解脱させる成仏法は、この仏陀の「止観瞑想」に拠ってのみ、獲得できるのであります。

『阿含密教超奇蹟の秘密』265頁
つまり、奇特止息法とは、奇蹟を起こす力をあたえる得意な禅定法なのである。この四つの法は、すべて、奇蹟――大神通力を与える特殊な法なのである。
私は、この四つの法は、四神足法の中の、「観神足法」と同じであると考えている。

『阿含密教超奇蹟の秘密』274頁
これが先にのべた「四安那般那念法」である。これが、四神足の核になるもので、
修行者はこの法によって、解脱・変身し、大神通力を身につけるのである。

『阿含仏教超能力の秘密』319頁
この呼吸法が、なぜ最上深秘のものであるのかというと、この呼吸法は専ら、脳を対象と
したものであるからだ。脳のチャクラを動かし、脳の神経回路を改造し、殊に、脳に特殊な
能力を持たせる呼吸法であるからである。
つまり、クンダリニー・ヨーガの極意についてのべているからである。

618 :ザ@桐山晴雄:2006/12/04(月) 13:10:30 ID:D21leMe+
桐山がクンダリニー開発者覚醒者?
そんなわけないよ。なにがチャクラだよ。
アイツはほんと笑わしてくれるよ。

619 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:10:34 ID:IBYxojqD
>>617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD

桐山さんによれば、「止息法とは呼吸法であり、
釈尊は四つの呼吸法を説き、これによってチャクラを覚醒し、
神通力を獲得する最高度のクンダリニーヨーガであーる」。
だが、止息経のどこを読んでも止息が呼吸法だとは書いていない。
ましてや、チャクラの茶の字も出てこないし、神通力を得られるとも書いていない。
何の根拠もないことを空想で書いているにすぎない。
国語解釈とは空想ではなく、書いてあることをそのまま理解することです。
桐山さんの経典の国語解釈はほぼ0点です。
中学生レベルの国語解釈すらできない桐山さんのどこが高度の知性なのか。

620 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:14:07 ID:IBYxojqD
>>617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD

このように批判すると、「桐山ゲイカのはただの解釈ではなく、
自らの修行体験からおっしゃっているのだ」と反論する信者たちがいる。
体験と解釈は別物なのだから、こういう反論自体、
解釈の矛盾から目をそらそうとしているのだが、
あえて、その反論にもおつきあいしましょう。
では、桐山さんが体得したという神通力とはどこにあるのか。
あの桐山さんのどこに神通力があるのだ?
信者さんたちに何度も質問したことが、あなたはどこで桐山さんの神通力を見たのか。
四神足とは、壁を通り抜け、空中に浮かぶらしいが、
信者さんたちは桐山さんのこういう力をどこで見たのですか。
三明六通という神通力では、他人の心を読み、前世を透視するらしい。
信者さんたちは桐山さんがこういう力を示したのをどこで見たのか。

621 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:18:06 ID:IBYxojqD
>>617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD

「解脱供養でよくなった」「冥徳解脱で守護神をもらって好運を得た」
などというのダメです。
なにせ、神通力の項目には死者の成仏や、御利益信仰はない。
桐山さんが示した神通力とは、実は二つしかない。
それがモンゴルの奇蹟と、印パの核戦争を防いだという話です。
桐山さんは華々しく、たくさんの神通力を示したかのように
信者さんたちは錯覚しているだけで、
教団の公式の発表でも、第三者が確認できるのはこの二つしかない。
このように指摘されると驚きませんか。
何かたくさんの神通力による奇蹟が教団に溢れているかのように錯覚していたはずです。
それは奇蹟ではなく、一つには御利益話を桐山さんの神通力と錯覚させらている。
もう一つはアウシュビッツ護摩など、イベントがあると、
桐山さんの神通力が示されたかのように錯覚するからです。
アウシュビッツでどんな神通力が示されたか、考えてください。
あれはただの焚き火であって、なんにも奇跡なんてありゃしません。
その内、欧州で何かトラブルが起きたとき、
「あれが小さな争いで済んだのは護摩を焚いたから」などと
我田引水の後出しジャンケンをするつもりでしょう。
実際、神通力の一つであるはずのインド護摩は後出しジャンケンです。

622 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:23:10 ID:IBYxojqD
>>617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD

印パの核戦争の危機を、デリーで焚いた護摩で防いだというのが
桐山さんの神通力の一つです。
だが、いったい誰がこれを認めたのですか。
桐山さんと信者以外、利害を持たない第三者で認めている人たちは一人もいない。
「昨日、事故がなかったのは、ワシが祈ったからだ」などと、
こんな後出しジャンケンなら、子供でもいえる。
モンゴルの奇蹟もそうです。
桐山さんはシャカの成仏法で霊障のカルマからきた山火事を消したのだという。
だが、山火事を消すと言い出したのは天気予報がすでに出ていた護摩の二日前です。
モンゴル政府は護摩の前日に鎮火の見通しを発表していた。
桐山さんはモンゴルでは六月は雨が降らないなどと書いているが、
六月は日本と同じでモンゴルも雨期の始まりです。
巨額の損失を出した山火事を消したというのにモンゴルからは感謝状一つない。
これは奇蹟や神通力ではなく、他人の不幸に便乗して、
桐山さんが二日前に思いついた詐欺ネタです。

623 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:31:32 ID:IBYxojqD
>>617 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:05:34 ID:IBYxojqD

経典の解釈はメチャクチャで、その結果得られたという神通力の証拠は
天気予報や後出しジャンケンにすぎない。
こんな矛盾だらけの桐山さんを、使者さんと夜祭さんは必死に擁護する。
矛盾に耐えきれずに、ついに自爆の道を選んだのか、>>589です。
ユビキタスさんの表現を借りるなら、夜祭さんは崖にかろうじてしがみついていたのに、
助けられるくらいならと、手を離して落ちた。
夜祭さんの反応は信者としては珍しいことではない。
「悪いのは自分」と桐山さんに植え付けられているからです。
元々は因縁を付けて、教団に縛り付けるためのものだが、
桐山さんを批判させないことにも役立つ。
信者たちは、自分は悪因縁、霊障を持って、不徳であり、
霊的に汚れた人間だと信じ込まされている。
体験発表などでも、いかに自分が因縁に汚れ、霊障を背負った悪い人間であり、
仏様と管長ゲイカに救っていただいたと、涙ながらに語る信者がいる。
あれは宗教的な自虐です。
桐山ゲイカにこれらを浄化してもらう以外に道がないと信じている。
ヤクザに「おまえには十億円の借金がある。さあ、耳そろえて払え!」と
因縁を付けられたようなものです。
ありもしない借金に追われて、最後は自殺するしかなかったのが、>>589です。
信者さんたちは、使者さんや夜祭さんを他人事ではなく、
自分の今の姿を映す鏡だと思ってみることです。

624 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:46:07 ID:XMld4tDM
お〜い! 「塩漬け」した星祭君はどこへ行ったんじゃ?
本部道場のロビーで天然記念物として展示中かよ?
もう干されて皴々で見るも無残な状態だな。

625 :ザ@桐山晴雄:2006/12/04(月) 15:58:47 ID:D21leMe+
桐山阿含宗の擁護派・職員等々、全然セイサイがないねえ〜。
どうしたのよ。最近は勢いがないじゃんよ。
批判派や撲滅同盟の書き込み読んでるうちに桐山さんにたいして
「疑問」が出てきたんでしょう。
確信もって書き込みができないんでしょう。
上級幹部の連中でてこいよ。コテンパンにやっつけてやるから。
さあこいよ。特に、元東海・関東職員の「A藤」のバカでてこいよ。
頭が「パー」のくせに「屁理屈」ばかりで生意気なんだよ。
馬鹿職員もでてこいよ。衆人のまえで「論戦」しようじゃねえか。
いちばんいいのは、そういう下っ端じゃなくて桐山靖雄がでてくれば
ありがたいんだがな。PCすら使えねえからダメか。
なにが「霊感とエレクトロニクスの合体」だよ。
桐山銀狐爺わらわせるな!


626 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 18:05:20 ID:lInA0lOk
元東海YANの寺さ○、
いまでも霊感ごっこしてるのか?
こんなヤツが組織部長だった阿含宗って最初から終わってたんだよなw。

627 :ザ@桐山晴雄:2006/12/04(月) 19:38:42 ID:D21leMe+
あのこね、ああいたねえ〜。
東海の「奥○さん」は、あいつ(寺さ○)がYAN東海から
職員になることは「大反対」でしたね。まあ、社会人として
世間様で生きたほうがよかったでしょう。
「根暗」だときてるからねえ。
ダメだね。一人前の宗教人になれるような「器」じゃありませんね。
ああそうか、そもそも桐山阿含宗というのは「宗教」じゃなくて
『インチキ詐欺まがい新興宗教モドキ』というべき集まりだったねえ。
はじめから「まちょう」じゃないから、お話しにならん。
「寺○君」は、桐山阿含宗に入って「性格」がさらにねじくれたんじゃ
ないのかね。うんうん、ねじれてしまったんだよなあ〜〜。

628 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 21:13:52 ID:p5qTg2r/
残ってる阿含宗の職員はヘタレばっかしだぞ。
まともに論戦できる奴は誰もいないし、
もうW田女狐の小間使いばっかしだ。
ろくでなし職員の筆頭は誰かい?
そう言えば柏原霊園に出向した薄ナ○職員もいたな。
あんなバカが職員なんだからお先真っ暗だよ。
騙されて職員に成った行かず後家はんも居るし、
とに角、阿含宗にまともな職員はもういない。


629 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 21:54:55 ID:YwWr8cHn
転職しようにも特殊な職業だからたいへんなんだよ!
晴雄さんなんかヒーヒーいっているんだから(笑)。
こういうとこに書き込むのもうっぷん晴らしの意味もある。
いや、しゃちょー、でしたか失礼しました・・・
まさかナントか未来通信とかいうとこじゃないだろな(笑)。

630 :樹意:2006/12/04(月) 22:25:13 ID:6H0sXYOy
>>607沙羅
> 『損切り』いたしました!(こちらのスレの批判派の皆様にも深く御礼申し上げますm(__)m)

七資産 ユビ氏 晴雄氏はじめ批判者の皆さんが事実に沿った書き込みをこつこつされた
効果があったようでよかったです。 私も彼らにはいつも感謝するしだいです。
さて、損きりの話は私が持ち出したものではありませんし書きたいとは思って
いましたが、あまり脱線するのはどんなもんか悩んでおりました。(^^
話題を振っていただいた方にはこれまた感謝するしだいです。
私の好きな言葉に「マーケットの神様は神頼みする奴を地獄に連れていく 」
というのがあります。 
つまり事業でもなんでも損失が多くなると合理的な判断が利かなくなり、
自分で自分を洗脳するようになる。(一種の思い込み)が生じます。
(損を認めたくない)(間違いを認めたくない)そういう意識が
おきます。
結果として現状把握が効かなくなり、自分を納得させる理屈を作り出すように
なります。
でもそれは 地獄への近道となります。(地獄的様相)(^^!
○チンコ ○ロット 賭博行為 事業 戦争 カルト すべて引くに引けないと
自分では思っていても それまでの投資分を手放したくないがための欲なのです。
こういうソフトカルトのような洗脳手法を使うパターンでなくても、
自己洗脳は起こるのですから 洗練された洗脳手法を駆使するこういう
団体ではなおさら 引くに引けない(欲)の引力が生じてしまうのです。
何度も書きますがこういう二重にある欲のくびきを断ち切って
損きりできるというのは凄いことなのです。
投資板でさへ○千万の損切のできる人はなかなかおりません。
どうかこの感覚を大事にされて頂きたいと切に思います。

631 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:00:07 ID:p5qTg2r/
>>629
よお〜! 星祭君、あんた未だ生きていたのかえ?
もう干されてミイラになったかと心配してたよ。
まあ、元気だせよ。
このスレッドも先が長いからさ、鮭でも食べて、「塩漬け」の味を
堪能してちょ。
君が「塩漬け」した阿含宗は心配しなくとも七氏さんがじっくり
料理して始末してくれるから。

632 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 10:23:58 ID:m3T5fLCk
批判側・・・「損切り」
擁護側・・・「塩漬け」

さぁ〜、皆さん頑張って行きましょう。

633 :孫逸朗(そんいつろう):2006/12/05(火) 11:53:49 ID:FyNeIpMq
星祭さんはタルパを利用してるだけです。不必要になったら退会するでしょう。いじめてはいけませんw

634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2
『止観の源流としての阿含仏教』91−92頁

ことに、仏陀は、雑阿含経「止息法」で、四つの最上深秘の呼吸法を説いています。
勝止息 奇特止息 上止息 無上止息
仏陀は、この経典で「この四つの呼吸法は、すべての呼吸法において、
これ以上のものはない最上の呼吸法である」述べています。
こういう最高度の技術を持った瞑想法は、貴重きわまりないものであると思います。
それに、なによりも、仏教本来の目的である霊的障害――「霊障」を
解脱させる成仏法は、この仏陀の「止観瞑想」に拠ってのみ、獲得できるのであります。

635 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:37:52 ID:nn8pX+D2
>>634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2

信者さんたちは634の文章に、桐山さんお得意のメチャクチャ飛躍が
あることに気が付いていますか。
止息を呼吸法だというのもメチャクチャだが、
「仏教本来の目的である霊的障害――「霊障」を解脱させる成仏法」
この一行です。
この直前までは止観、安那般那、止息の話を、呼吸法や瞑想法として説明してきた。
ところが、何の脈絡もなく、突然、仏教の目的は霊障解脱なのだと、
まるで誰もが知っている常識であるかのように書いている。
止観、安那般那、止息といった阿含経に出てくる内容を示して、
釈尊その人が説いた内容の解説であるかのように聴衆を安心させ、
その上で、突然、これらとはまったく脈絡のない霊障解脱を
仏教の目的であると話を飛躍させ、煙に巻いた。

636 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:46:45 ID:nn8pX+D2
「それに、なによりも、仏教本来の目的である霊的障害――「霊障」を
解脱させる成仏法は、この仏陀の「止観瞑想」に拠ってのみ、獲得できるのであります。」

この文章を何も知らない人が読んだら、釈尊や智の止観の中で、
霊障解脱が仏教の最高に目的であると説いているかのように思うでしょう。
しかし、阿含経どころか、大乗仏教を探しても、霊障なんてどこにも存在しません。
信者さんたちにはお馴染みでも、普通の仏教徒には
まったく通用しない言葉であり、概念です。
霊障などオカルト仏教用語にすぎない。
この本の中で霊障が出てくるのは上記のたった一度です。
いくら時間制限のある講演であり、止観についての説明とはいいながら、
霊障解脱するための止観なのだから、
聴衆にきちんと説明しなければならない。
中国の聴衆も霊障なんて言葉も内容も知らない。
好戦経などから「肉段」が霊障のホトケであると“発見”したのは、
桐山さんですから、彼の本を読んでいない中国人が知るはずがない。
だったら、止観や拈華微笑の話よりも、霊障について、
せめて数ページに相当する時間をさいて説明するべきです。
仏教の最大の目的であり、これで何冊も本を書いてる桐山さんなら、
もっと霊障について語るべきではないか。
ところが、たった一文です。
いつも桐山さんから霊障談義を聞かされている信者さんたちにしてみれば、
ちょっと意外に思いませんか。
もちろん、桐山ゲイカにはご都合があるのです。

637 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:57:56 ID:nn8pX+D2
>>634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2

これは北京大学で、名誉教授をもらう前の講演です。
日本での素人相手の講演や信者相手の法話ではない。
聴衆のほとんど大学関係者であり、中には宗教学や仏教学の専門家もいる。
仏教には存在しない霊障なんて出したら、
「それ何ですか。霊障解脱なんて、釈迦はいつ説いたのか」と疑問を持たれる。
内容を聞けば、霊障とは崇りだとすぐにわかってしまう。
釈尊は崇りなど説いていないし、これを解決するのが解脱だなんていうはずがない。
中国の共産主義では、崇りなどは社会を混乱させる迷信であるとして排斥してきた。
桐山さんは反発を招かないように、霊障はたった一度、ドサクサに紛れて、言った。
中国語にも霊障なんてないだろうから、聴衆の学者でも意味がわからない。
桐山さんにとってはこれで十分で、中国人からの反発を招かず、
しかも、霊障について北京大学で講演したと宣言できる。

638 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:02:15 ID:nn8pX+D2
>>634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2

相手の顔色をみながら、話を変えて、しかもわからないように巧みに紛れ込ませた。
権力者には当たり障りのない話をして、信者相手には霊障で脅かしている。
桐山さんのこの態度を信者さんたちは、普通、何というか知っているか。
「ずるい」というのです。
相手に応じて話を変えているのは、同じ本にある中山大学名誉教授の講演を見てもわかります。
ここでも、普段の桐山さんの法話と違い、悪因縁も霊障も天命殺も出てこない。
仏教学的に当たり前の内容と、脳に関する話をしているだけです。
相手に応じて態度を変えている。
話している内容がおかしいだけではない。
講演した時期を考えれば、桐山さんという人がどれほどズルイ人かがわかる。

639 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:05:03 ID:nn8pX+D2
>>634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2

この講演は1997、1998年に行われた。
この時期、桐山ゲイカは信者さんたちに何を話していたか覚えているか。
霊障のカルマによる地球壊滅です。
1995年に出た本では、1999年と2000年に壊滅が起きて、
横変死の因縁40%であると書いてある。
桐山ゲイカは地球壊滅の時、世界中を駆けめぐり、
それまで得た肩書きを使って、世界の指導者たちと話しあいをして、
護摩を焚いて、地球壊滅を防ぐはずだった。
講演のあった1998年11月は、
桐山ゲイカが地球壊滅を予告した1999年まで一ヶ月もないのです。
日本人が横変死40%の時、中国人が無傷で済むはずがない。
霊障のカルマというなら、1960〜1970年の文化大革命では2000万人が死んだという。
これは大半が虐殺や餓死だという。
ユダヤ人の虐殺が600万人と言われているから、
これの三倍もの霊障が中国では渦巻いていることになる。
霊障のカルマによる地球壊滅が目の前に迫り、
霊障を大量に生産している国に行って講演するなら、
霊障の恐ろしさ、悪因縁の怖さを説いて、早くシャカの成仏法を取り入れて、
霊障を解き、共に平和を勝ち取ろうと呼びかけねばならない。
たとえ、中国人から「崇りを説いている」と一部に誤解されても、
彼らを救うためなら、あえて桐山ゲイカは説かれるはずだ。
ゲイカは二十年間も前から命をかけて獅子吼し続けてきた。

640 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:06:33 ID:FlzPIsiZ
『輪廻する葦』334−335頁、
「わたくしは、シャカのこのカルマを断つ教法を、社会運動まで盛りあげなければ、
もはやこの世界を救うことはできぬと確信している。
宗教運動のワクに入ったままでは、もう、間に合わぬのだ。」
「わたくが、かくも狂的に、身も世もなく訴えるのはそれである。
このシャカの教法を、世界を動かす社会運動にまで盛り上げねばならぬ。
いまだったら―――まだ、間に合う(かも知れない)から―――」

『間脳思考』255頁、1984年
読者よ、
いまや、人類は二つの道を選択するギリギリの時点にさしかかった。
核ミサイルによる地獄の業火か、
シャカの仏法によるきよらかな霊光か、
二つに一つである。
読者よ、
地獄の業火でこの地球を焼きつくしてはならない。
人類よ、
全人類がすべてこのすきとおったきよらかなオーラを身にともし、
この地球を霊光にかがやく天体と化そう。それが21世紀の地球なのだ。
読者よまずあなたがオーラをともせ! 聖者になれ−

641 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:11:07 ID:FlzPIsiZ
>>640 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:06:33 ID:FlzPIsiZ
「わたくが、かくも狂的に、身も世もなく訴えるのはそれである。
このシャカの教法を、世界を動かす社会運動にまで盛り上げねばならぬ。」

見よ!この桐山ゲイカの獅子吼を!
そして迫り来る1999年の地球壊滅の直前に、
桐山ゲイカはついに中国の学問の殿堂ともいえる北京大学での講演の機会を得た。
金で買ったなどという事実を言ってはならぬ。
これこそ地球壊滅を回避させようという仏様のお手配であろう。
一般民衆に説くには遅すぎるから、トップたちの意識を変えるのである。
桐山ゲイカの両肩には仏様からの大きな期待がかかっていた。
「今ならまだ間に合う。中国の霊障のカルマを断ち切らなければならない。
中国の仏教には成仏法がないから、霊障だらけだ。
君たちの先祖は霊障のホトケとなって激しく苦しみ、子孫に祟っている。
わたくしの霊視によれば、中国人の横変死の因縁も40%を越えている。」
と、桐山ゲイカは獅子吼する。
会場からこの警告に反発する声が起きると、ゲイカはおもむろに結跏趺座をして、
定に入ると、おお!ゲイカの身体からキンピカのネオンサインのようなオーラが出た。
エイッと九字を切ると、反発していた聴衆の髪の毛に火がついた!!
会場は騒然となり、やがて一人、二人と、桐山ゲイカに土下座して・・
・・ま、年末の妄想話はこれくらいにしましょう。

642 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:17:00 ID:FlzPIsiZ
>>640 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:06:33 ID:FlzPIsiZ

こういう光景が絵空事ではなく、桐山さんは中国人に対しても、
霊障の怖さ、地球壊滅が目の前に迫っていること、
自分が体得した釈迦の成仏法以外では絶対に防げないことを話すべきだった。
ところが、北京大学の講演では、まるで聞かれてはまずいかのように、
霊障という単語を一度出しただけで、説明すらしない。
中山大学名誉教授の講演ではただの一度も出てこない。
地球壊滅の前年、前々年にしてこの有様なのですよ。
信者さんたちもこのように比較してみると、
桐山さんの態度がずいぶん相手に応じて違うことに気が付かないか。
そこで、信者さんたちにも考えてほしい。
桐山さんのこれまで主張からしたら、地球壊滅の前年なのだから、
信者への法話と同様に、講演は霊障のカルマ一色でいいはずなのに、
なんでたった一文だけなのか。
信者さんの良識が、小声で答えを告げたはずだ。

643 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:32:02 ID:FlzPIsiZ
>>634 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 12:34:49 ID:nn8pX+D2

北京大学で講演できたのだから、北京大学名誉教授をもらえると期待していた。
すでに中山大学、仏教学院から名誉教授がもらえたが、
ここでおとなしくしていれば、中国の最高峰ともいえる北京大学からも
名誉教授がもらえるかもしれなかった。
実際、功を奏して、二年後にもらえて、
桐山ゲイカは「奇蹟だ」と信者にメッセージを送った。
つまり、この講演での桐山さんの頭には、北京大学名誉教授のことしかなかった。
元々、霊障なんて信者を脅かして金を集めるための道具ですから、
うっかり中国に霊障があるなんて言ったら、反発を買い、
もらえるものももらえなくなる。
だから、当たり障りのない話をした。
しかし、後で本にして信者たちに読ませる時、
いかにも霊障の話もしたかのように見せかけるために、一度出したのです。
信者さんたちもこの本を読んだとき、
「そうか、釈尊や智の止観とは霊障を解脱するための方法として説いているのだ」、
こんなふうに思いませんでしたか。
信者は霊障という単語に敏感に反応するから、桐山さんが霊障を中国で説き、
自分たちが北京大学でも認められたと錯覚する。
これが護摩木というお金となって桐山さんの懐に返ってくる。

644 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:36:40 ID:FlzPIsiZ
>>640 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 13:06:33 ID:FlzPIsiZ

信者の前では、霊障と地球壊滅を声高に説き、
それを社会運動にするのだと宣言しているのに、
名誉をもらうためなら、きれいに口をぬぐい、素知らぬ顔で、
止観などいう別な話をして、お茶を濁す。
桐山さんの社会運動で「かくも狂的に、身も世もなく訴える」とは、
たった一文を紛れ込ませることです。
脅かせる相手である信者には霊障と地球壊滅で徹底的に脅かして金を絞り取り、
名誉や栄誉を得るために、金で権力にへつらい、お世辞を書き、
普段とは話の内容まで変えてしまう。
この桐山さんのどこが聖者なのだ。
私には、後ろ足を信者の頭に乗せながら、権力者にヘラヘラとこびた笑いを浮かべて、
名誉を舌なめずりしながら受け取った銀狐にしか見えない。

645 :ザ@桐山晴雄:2006/12/05(火) 18:52:54 ID:e7ha76Oo
ほんとうにそうですね。
桐山靖雄という人物は、インチキの塊ですね。
人により態度を変えて、都合の悪いことや、合いたくない人間(それが
会員でも)露骨に嫌な顔をする。散々みてきている。
桐山さんのどこに「慈悲心」があるのだ。
慈悲が自分にないことをよく知っている、桐山さんは「智慧」だ
などと誤魔化している。慈悲なんて言い出すと「貧乏人」とか
「病人」ばかりきて「金儲け」できなくなるんでいわないんですよ。
あんたナルシストのどこに「仏さまの性質」があるんだよ。
どこにもありはしない。
名誉のためには、自分の主張すらかえる。
あの有名な「広島講演」とおなじようにやればいいのにねえ。

646 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 20:20:44 ID:VPbHR7hi
>>633
あの口汚い星祭君が哀れみの目で見られるようではもう彼も終わりなのか?

647 :沙羅:2006/12/05(火) 21:16:40 ID:FYxRm004
>630
有難うございますm(__)m
昔商売をされてた方が『赤字が続いていても、あと少し頑張って続けていれば巻き返せるかも知れない、今まで苦労して苦難を乗り越えてきたのに辞めるのはもったいない

648 :沙羅:2006/12/05(火) 21:21:59 ID:FYxRm004
続きです。

と、引き際を間違えて失敗した人間をたくさん見てきたので、自分は早めに退けた。その時の判断は正しかったと確信している』と話してくれたのを思い出し、私も阿含宗に見切りをつけることができました。

これからは、ここを読んでいる『いつか真実に気付く誰か』のために、書き込みを続けようと思います。

649 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:08:58 ID:/znwiQfL
♪ ∧,_∧
   (´・ω・`) ))    ハァ 踊り踊るなら チョイト頭狂音頭♪
 (( ( つ ヽ、   
   〉 とノ )))
  (__ノ^(_)


650 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:29:34 ID:0tUv6fYs
ヨイヨイっと

651 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:44:29 ID:8VzrO3hX
阿呆宗頭狂音頭

♪ ハア キリに踊らされ
チョイト 頭狂音頭 ヨれヨれ
花の都の 花の都の真中で
サテ 焚ーき火する ヨイヨイヨイ
ヤッパナーキリ ヨれヨれだー ♪

♪ ハア 脅し騙して
チョイト 騙して脅す ヨイヨイ
地球壊滅の 地球壊滅護摩のハエ
モートナソレ カネカネカネ
モートナ出せ カネカネカネ ♪

♪ ハア 名誉名誉の
チョイト 大作おっかけ ヨイヨイ
名誉博士も 名誉教授も買い集め
さて 悔ーしいけど 大作ちゃん
負ーけちゃったよ ヨイヨイヨイ ♪

♪ ハア 信者財布だ
ちョイト たたけば出すさ ヨイヨイ
基金供養の 金だ人だのキリキリ舞い
サテ こーんなこと やってらんない
こーんなアホウ やってらんない ♪

652 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:51:27 ID:8VzrO3hX
>>648 :沙羅 :2006/12/05(火) 21:21:59 ID:FYxRm004
>これからは、ここを読んでいる『いつか真実に気付く誰か』のために、書き込みを続けようと思います。

マイペースでいいから、ぜひ継続してください。
人によって目が覚める材料は微妙に違います。
沙羅さんの何気ない書き込みに、ある信者はハッとすることもあります。
自分と同じタイプの信者が必ずいるはずです。
私は、桐山さんのあのぬめるような自己陶酔と強烈な自己愛、
異様な自己評価の高さ、自惚れが鼻についてしかたなかった。
最初から最後までそうで、後半になればなるほど、悪臭はひどく感じられた。
こういうことにまったく鈍感な使者さんや夜祭さんのような人もいれば、
気になる人もいるはずです。
こういう信者は自分の手が桐山さんの煩悩という汚物を
触っていることに気が付いたら、脱兎の如く逃げる。
法友にも一人このタイプの信者がいて、あの人なら話せばわかるだろうと、
桐山さんの行状を教えたら、次に連絡をとった時には、辞めていました。
元信者がそれぞれの立場で書けば、
必ず見知らぬ“法友”がどこかで読んでいるはずです。

653 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/12/06(水) 00:10:51 ID:nns3pVdv
>>648
もともと真面目で修行熱心で法友、他信者を思いやることの
できる方だっただけに、その証言には今後もすごく期待しています。
ザのスレとともに宜しくお願いします。

654 :樹意:2006/12/06(水) 01:08:03 ID:f7O2VYaU
>>沙羅
>>648
> これからは、ここを読んでいる『いつか真実に気付く誰か』のために、書き込みを続けようと思います。

よろしくお願いします、
まあ、お金は天下の回り物ですからどうにかんなるにせよ、問題なのは時間の方です。
以前書き込みがありましたが、若い女性などは、どんどん若さを失っていきます。
やはり 伴侶を得るだの 壮年期 熟年期の実りを得るための勉強 スキルだのと
いった 時間が食われてしまいます。
○一教誨のようなハードカルトのように 結婚式の後行方不明になり そのあと軟禁状態
召使のような 悲惨なことはありませんが、
ゲイカの欲の為に 若さや時間を失うという失策は犯してほしくはありません。

事実と意見の違い 批判と悪口の違い 
また本当の仏陀が説いたのは縁起の法であり無我の教法であると
いうのを理解してもらいたいと思います。




655 :沙羅:2006/12/06(水) 09:22:42 ID:g0PBmZlr
>652
一人、救えて良かったですね!
ほんとに、人によって反応(食いつき?)するところが違いますよね。

『護摩木の存在自体が釈迦の教えから外れてると思うが、100歩譲って必要だとしても、祈願護摩木は不必要じゃない?』と言ったら、『えーでも、ご親筆で祈願したら鬱病治ったから、祈願護摩木って効くよ!』との返事がorz

その人にとっては『釈迦の教え』はどうでもよくて『自分の願いが叶うかどうか』が阿含宗徒である理由なのでした。

私はネットで初めて『法友』に出会えた!と感じてますm(__)m

656 :沙羅:2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr
>653
レスアンカーの付け方も分からん私に過分の御言葉、有難うございます(ノД`)

思いやりと言えば。
リアルで法友と思える人に『私たちが今まで信じてた阿含宗はインチキ詐欺宗教やねんで!』と教えたいのですが、それをしてしまうと辛い状況に耐えている彼女の『心の支え』を失わせてしまうので、無慈悲で酷だ、けど事実は事実やし…と悩んでおります(>_<)

657 :沙羅:2006/12/06(水) 09:50:54 ID:g0PBmZlr
>654
>問題なのは時間の方です

まさにその通り!
私がある程度知っている三十路〜の女子信者、殆どが独身(結婚したくないならいいんですが。)、恋人なし、さらに定職なし、さらに引き籠もりだったりするにも関わらず『ご供養・ボンギョーしてるから大丈夫!』みたいな感じで…
他人事ながら、本気で彼女達の将来が心配です。

>事実と意見、批判と悪口の違い

ついでに信仰と盲信も違うよ?と二名に話しましたが、すごく抵抗されました。『ハリネズミ』を彷彿とさせる姿でした。

658 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 10:30:35 ID:bemFPN7O
たしかに桐山さんは自分の痛みは人の百倍以上感じているようだけど、
他人の痛みとなると屁とも思わない所があります。
この点でも宗教者として失格と言わなければなりません。
否、人間として失格です。
七氏さんの投稿文を読んで改めて強く感じました。

659 :ザ@桐山晴雄:2006/12/06(水) 11:35:11 ID:k99cZgAA
このことはご存じない方のほうが多いと思うが、供養のつもりで
書くことにします。
少数民族「高砂族」に関する記述です。悲しい物語となるので
みなさんよーくこころのとどめて、桐山に対する「正義の怒りの炎」を
燃やしていただきたいと思う。

660 :エルカンターレとも呼ばれた賢者:2006/12/06(水) 11:42:15 ID:mMuM5K8+

恐怖の大王を名乗って来たのが、桐山だろが!
桐山と創価を直ちに処刑しろ!

望みどおりに世界大戦をくれてやろう!



661 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/12/06(水) 12:31:55 ID:nns3pVdv
>>656
どうでもよいことですが、レスアンカーの付け方は私も当初
間違ったものです。
間違いというわけではありませんが、半角記号の>を2つ付けて、
スペースを空けずに半角数字の番号を入れると、そこをクリック
した時に自動的に飛んでいけて便利です。
技術は素晴らしい。超能力じゃー。
全角の記号で>とか≫とか〉を使うと失敗します。
ケータイの場合、半角記号、半角数字で選択すれば大丈夫。
>>1-2とか半角ハイフンを使うことによりひとまとめにする秘伝もあります。
>全角数字 使って、口汚い罵り言葉を使い、最後に(笑)や
(爆)を付けるのは大抵星祭さんです。

662 :沙羅:2006/12/07(木) 01:19:45 ID:kj3neTlp
>>661
おおーすごいっ素晴らしいっ!
ちゃんと飛べる!
超能力だーテレポーテーションだー(^O^)

ご教授多謝ですm(__)m
ひとつオトナになれまちた。

663 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/12/07(木) 08:53:51 ID:N5P0R0x2
>>656
辛い状況に立たされて阿含宗を心の支えとする友人からそれを
奪い取ることに躊躇う人情はよく理解できます。
そういう意味では「やめなさい」とお勧めするのもどうかと思う。
しかし私はこれこれこういう事実を知ってこう考えたので
退会することにした。
しかしあなたの人生はあなたの決めることなんだから続けて
みても、こちらからは何ともいいませんと示すようにしては
どうか?情報だけは伝えて後はその人に自分で考え自分で
判断していただく。
無理に退会させないでどこまでも待つしかない。
もちろん情報を伝えること自体が人情的に辛いことはよく理解
できることですが。

664 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:37:04 ID:tllYvu0L
>>656 :沙羅 :2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr
>それをしてしまうと辛い状況に耐えている彼女の『心の支え』を失わせてしまうので、無慈悲で酷だ、けど事実は事実やし…と悩んでおります(>_<)

逸郎さんがザでも書いているように、周囲の信者は蜘蛛の子を散らしたようにいなくなります。
中には「え!この人までこんな態度をとるの」と驚かされた人もいた。
こちらが退会を勧めているのではなく、別れの挨拶をしたにすぎないのに、完全無視。
前後して辞めた法友の一人にこの話をしたら、
「信者から見たら、あなたは裏切り者であり、死んだ人間ですよ。
死んだ人間に返事をする人はいない」と言われ、妙に納得した。
沙羅さんも逸郎さんも、人生に何度とない人間観察の機会を得たと思って、
彼らの反応をじっくりと見ることです。
予想とどう違うか比較すれば、人を見る目がどの程度かわかるし、
観察力に修正を加えることができる。
また、自分が同じような立場に立った時、どう対処すべきか、
するべきこと、してはならないことを学べます。

665 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:39:11 ID:tllYvu0L
>>656 :沙羅 :2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr
>それをしてしまうと辛い状況に耐えている彼女の『心の支え』を失わせてしまうので、無慈悲で酷だ、けど事実は事実やし…と悩んでおります(>_<)

“よ”さんがこの件で悩んでいましたね。
共に修行した法友や、お世話をした信者がいるなら、この悩みは当然あります。
沙羅さんの場合と違うかも知れないが、お年寄りが一番困りました。
身寄りがなく、信仰という心だけでなく、人間関係を拠り所としている。
年をとって、人間関係が少なくなり、同じ年寄り同士ではあまりおもしろくない。
宗教なら、年齢や性別、職業などの区別がないし、様々な人たちと話ができる。
それがそのお年寄りには何よりうれしいようでした。

666 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:41:54 ID:tllYvu0L
>>656 :沙羅 :2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr

桐山さんのてんこ盛りの嘘など、こういうお年寄りにはどうでもいいことなのです。
金銭的に余裕があるから、ファミリーなどでも供養金を出す。
すると、そのファミリーのチーフや職員までが金をあてにして、様々に請求していた。
財布代わりされていることをそのお年寄りは気が付いていた。
でも、お金を出す間は相手にして、大事にしてくれることも知っている。
私が「いざという時、頼りによるのは仏や護摩木ではなく、
ましてや先達や職員ではなく、お金ですよ。
(お年寄りに桐山ゲイカは助ける力どころか、慈悲の心もないとは言えなかった)
金のない年寄りくらい惨めなものはないと桐山ゲイカもおっしゃっています。
困った時、教団があなたを助けてくれるとは思えない」と忠告しても、
聞く耳を持ちませんでした。
こういうお年寄りは今後もっと増えるだろうから、
教団側としては財布代わりに使える甘い汁です。

667 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:44:39 ID:tllYvu0L
>>656 :沙羅 :2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr

そこで沙羅さんの悩みに戻るなら、
私の場合、とにかく相手に桐山さんの嘘をまず話すことにしていた。
その信者がどう判断するかは本人の自由です。
そのお年寄りにも詳しく話をしました。
また、今でもたまたま知り合いの信者と会った時には、
時間の許す限り、桐山さんの大嘘を伝えるようにしています。
相手は「辞めて、悔しいから、ゲイカの悪口を言っているのだ」という気持ちが
目にありありと出ているが、気が付かないふりをして、
丁寧に事実を道理に沿って述べるように心がけています。
相手を追いかけもせず、無視もせず、相手の心に左右されず、
耳を傾けてくれるであろうという期待も持たずに、
自分の心に静寂を保ちながら、道理だけを話す、というのが理想です。
つまり、釈尊の「初め善く、中ごろ善く、終わりも善く、
道理とことばがそなわった教法を説け」です。
当然のことながら、私は今でもできません。

668 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:48:49 ID:tllYvu0L
>>656 :沙羅 :2006/12/06(水) 09:33:57 ID:g0PBmZlr

信者と話しながら、心の中に「っタク、まだこんなバカなことを信じているのか」と
侮蔑心や、星祭さん的なあざ笑いの気持ちが次々と起きてくる。
口には出さないように心がけるが、表情には出ているでしょう。
ここで重要なことは、沙羅さんの視点が相手の信者に向いているのに対して、
釈尊は自分に向けろと言っている点です。
相手の事情を無視してもいいというのではなく、
視点の半分以上を自分の心に向けろという意味です。
この釈尊の視点は、私のように人間観察の機会だというのとも違う。
釈尊の指摘を実行するのは難しいので、そこで私は、相手に告げて、
義務は果たした、見て見ぬふりはしなかった、と考えることしています。
宗教麻薬で幸せになったつもりで、依存しているのは、本人にとってよくない。
気が付いた人が、一度は注意してあげるのが社会人としての義務だと思っています。

669 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:54:18 ID:tllYvu0L
>>654 :樹意 :2006/12/06(水) 01:08:03 ID:f7O2VYaU
>以前書き込みがありましたが、若い女性などは、どんどん若さを失っていきます。

前に、私が“商品価値”という言葉を用いた時、
女性信者から、差別だと激しい反発をもらったことがあります。
もちろん、こういう反発を百も承知で書いたのです。
なぜなら、樹意さんも書いているように、現実に教団内で
馬鹿げた御祈願で、白馬に乗った王子様をゲットできると信じて、
理想を山のように高くして、梵行に励む女性がいるからです。
これを私は男性として侮蔑的に書いているのではなく、
現実にその悲惨さを見て、事は深刻であるのを知っている。
男性信者が、頭がよくなり、超能力を得て社会的な大成功を得ると信じるのと、
女性信者が、美人になり、金持ちで学歴ピカピカの二枚目ハンサムが
ひざまずいてくれると信じるのとは、信者の欲望妄想の双璧をなしている。
どちらもこれを教団で梵行と称して、金と人と労力を貢ぐと
その見返りに得られると思っている。
私は男なので、ヤロウの妄想は自業自得だと、冷たい態度しかとらない。
問題は女性です。

670 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:56:55 ID:tllYvu0L
>669 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:54:18 ID:tllYvu0L

女性信者たちの相手に求める理想は、一般の女性たちよりももっと高くなる。
供養の功徳によって、仏様がお手配くださるから、
理想に下駄をはかせてもらえると信じている。
なぜなら、桐山さんがこのように宣伝している。
『守護神を持て』で守護霊をもらったら、
「・・容色衰えたみすぼらしい女性としか形容しようがなかったこのOLが、
いつしか見違えるような美女となり、青年実業家に見初められて玉の輿に乗り・・」(97頁)
このような絶句するほど下品なバカ話を女性たちは本気にしている。
と私から批判的に書かれると、「そんなことはない」と口では言うだろう。
だが、女性信者さんたちはこれを読んだとき、疑いながらも、
自分もそうなりたいとは思わなかったか。
“美人になれる守護霊”“玉の輿の守護霊”を欲しいと思ったでしょう?
それが桐山さんの仕掛けた罠にひっかかった瞬間です。

671 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 13:04:15 ID:tllYvu0L
>669 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:54:18 ID:tllYvu0L

桐山さんは、後家の因縁、夫婦縁障害の因縁など、
女性なら誰でも恐怖にかられるような因縁を付けて追い立てる。
霊障のホトケを抱えていれば、家運衰退があるから、
どんなに美人で頭がよく、素晴らしい女性でも良い縁がつかないと脅かす。
次に、冥徳解脱や解脱供養で霊障のホトケをなくし、
徳を積めば、因縁がキレルと称して、金と人と労力を提供させる。
練脳塾で訓練すれば、ホルモンのバランスがよくなり、若返るなどと宣伝する。
だが、これを宣伝している桐山さんはどうか。
長女と二女はうまく信者で高学歴の婿殿を捜せたが、
三女はなかなか結婚できなかった。
桐山さんは高学歴の職員や、著名な大学教授にまで声をかけていた。
遅れに遅れて、なんとバチカンの神父と結婚して、
蜂の巣をつついたような大騒ぎになり、信者にすら秘密扱いです。
ホルモンを自由にコントロールするという桐山さんは、
自分では、年よりもはるかに若くみられるなどと自惚れ、
信者も、ゲイカはお若い、とオベッカを言っていたが、
昔から年齢相応の容姿をしていた。
杖をつき、時には車椅子を使う桐山さんは普通の85歳です。
こういう現実を見ても、女性信者の皆さんは因縁を切り、霊障解脱して、
徳を積み、水浴びや焚き火の訓練をして、墓を買い、守護神をもらうと
美しくなり、王子様がひざまづくと信じられるか。

672 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 13:21:34 ID:tllYvu0L
>669 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:54:18 ID:tllYvu0L

桐山さんから因縁の恐怖で脅かされ、しかも御利益で釣られるから、
理想は異様に高くなり、できれば信者の中からとか、
自分の信仰に理解のある男性とか、結婚の条件が次々と大きくなる。
信者同士で見合いの話があったとき、会う前に女性側が断った。
理由は、男性側の家族が信者でないというものです。
信者であることは結婚には何のプラスにもならず、マイナス面があまりに大きい。
これは信者時代に感じたことです。
見合いなどで、信仰を持っていることがわかると断られたケースをいくつも知っている。
信者同士で結婚して、その後、片方が桐山さんの欺瞞に気が付き、
信仰を失い、当然、夫婦の間がうまくいかなくなった。
教団内でも広く知られた先達で、信者同士で結婚したのに破綻した例もある。
他にも、信者同士で結婚して、離婚になった例や、
奥さんが老後の貯金を供養に使い、夫が激怒した例。
何よりも、桐山さん夫妻も本当の意味で仲の良い夫婦ではなく、
妻の口に札束をつっこんで黙らせている“理想的な夫”にすぎなかった。

673 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 13:31:11 ID:tllYvu0L
>669 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 12:54:18 ID:tllYvu0L

阿含宗で信仰していれば良縁があるとか、
夫婦仲がうまくいくなどというのは、真っ赤な嘘というよりも、
女性たちにとっては猛毒の嘘です。
結婚を望んでいる女性信者さんたちは、教団で無駄な時間と金を浪費しないことです。
金は取り返しがつくし、時間も節約すればなんとかなる。
だが、あなたの“若さ”は決して取り返しがつかない。
今この瞬間も若さを失いつつあるのだ。
男性だって同じだが、明らかに女性のほうが不利です。
私は、桐山さんの嘘を信じて、良縁があるだろうと若さを
無駄にした気の毒な女性信者のケースをいくつも知っている。
私だけでなく、信者さんたちの周囲にもいるはずだ。
今の女性信者さんたちに自覚してほしいから、
若さを失い“商品価値”を下げていると、反発されることをあえて書いたのです。
大いに反発してくれていいから、現実の自分をよく見ることです。

674 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 15:39:59 ID:FE6GjK+K
シュダオンになれるから安心です。

675 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 16:19:01 ID:sYszK0L0
20年くらい前になりますが、私が知ってる阿含宗の女性会員に行かず後家はんが
たくさんいたな〜。
今はどうして居られるのやら?
桐山さんの都合の良い話に騙されて婚期を逃したのか否かはわかりませんが
みなさん理想が高そうに見えたね。

676 :桐山靖雄猊下:2006/12/07(木) 17:31:16 ID:nrHbA+zU
桐山靖雄のそう今日は、星祭りから、
阿含宗のそう今日は、飛行機から飛び降りたキリストである。
空を飛行機でスイスイ、下に池が見える。



677 :ザ@桐山晴雄:2006/12/07(木) 18:36:28 ID:F3zQPo6m
>>674
アンタは「シュダオン」なんかにはなれません。
「夢のまた夢」ですねえ〜。
まあ、地獄には確実に行けるから安心しなさい。
行き先があってよかったねえ〜、実行くん。じゃあね。

678 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 19:00:45 ID:FE6GjK+K
貴方にお返しします。

679 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 19:02:02 ID:FE6GjK+K
10代のYANから求聞持法の成就者を作るのです。

680 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 19:52:50 ID:lrDKER+V
>>679

ばか。

681 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 21:23:13 ID:bxXOU2PW
>>659
>少数民族「高砂族」に関する記述です。

つづきをお願いします

682 :ザ@桐山晴雄:2006/12/07(木) 22:11:42 ID:F3zQPo6m
>>678
>>679
あのね、返せないの。わかる坊や。
求聞持法なんてあきらめなさい。YANなんか古いの。なんだそれ。
アンタがなれるのは「愚悶児」でしょ。

683 :沙羅:2006/12/07(木) 22:31:24 ID:kj3neTlp
>>663
そうなんですよ。
『情報を伝えること自体が人情的に辛い』んです。
他は同意見です。
今後の対応をずっと考えていたんですが、やはり自分にも彼女にも釈迦にも嘘をつけないので、直接会って真実を伝えることにします!
それをどう理解し、どう自分の中で折り合いをつけるかは彼女の問題ということで。

684 :沙羅:2006/12/07(木) 22:42:51 ID:kj3neTlp
>>664
まさに阿含宗は『人間観察、心理的考察のサンプル』の宝庫ですね。
自己欺瞞に現実逃避に反動形成に投射に暗示にメサイアコンプレックスにetc(^-^)

こないだの『ハリネズミ』反応も興味深く観察させて戴きました。

しかし『死んだ人間扱い』って…
自分の信条に反する者は無視して切り捨ててしまう現役信者の、一体どこに宗教心があるのでしょうね?

685 :沙羅:2006/12/07(木) 23:02:20 ID:kj3neTlp
>>665-673
>人間関係を拠り所にしているお年寄り

いらっしゃいますねえ。個人的にお年寄りに対しては、真実を伝えて人生の最後を後悔で終わらせてしまうのもなぁ…と思ってしまうので『来世で頑張ってくださいね〜』って感じですね。
でも、『財布代わりに使える甘い汁』扱いは阻止したいです。ひどすぎる!

友人に対しては、私情を挟まず淡々と事実を伝え、お互い『自灯明・法灯明』を実践していきたいです。

686 :沙羅:2006/12/07(木) 23:30:53 ID:kj3neTlp
>>673
『商品価値』、反発されましたか〜。
女性が男性の身長・収入・学歴等に拘るのも立派な『差別』なのにねw

私は女なので、自分を客観的に見ることも磨くこともせず、気もきかないくせに男性に高望みする女が婚期を逃がすのは当然至極で、そんな女には同情の余地なし〜って感じですね。

>>673
>阿含宗で信仰していれば良縁があるとか夫婦仲がうまくいく

そんな人、見たことないわw
むしろボンギョーと称して、家庭から逃げてきてる人が殆どでしょう。
現実を把握し、自分をみつめ、相手を認め、お互いを思いやる以外に方法はない!

687 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 00:33:09 ID:oddDgfrj
桐山師は、求聞持法を伝授しています。
ここで私が解説していきます。

688 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 00:36:14 ID:1xFLx+uZ
>>687
ほう、どぞ、やってみてちょ

689 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 02:38:24 ID:OWbNo4cB
貴様
松尾かっ・・・・・
生きておったか・・・・グヌヌヌ

690 :沙羅:2006/12/08(金) 03:48:24 ID:gDMO7FK/
>>687
お待ちしてまする。

…ところで、京都花山に『グモンジ堂』ってあるんですか?

691 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/12/08(金) 07:14:03 ID:cXgtTmi2
>>690 そんなものありません

692 :ザ@桐山晴雄:2006/12/08(金) 10:41:15 ID:Fp/kOEr7
空海アジャリのは「虚空蔵菩薩求聞持法」
桐山のは「駄都如意求聞持法」。桐山さんのは、勝手に作ったものです。
根拠がない。仏教でもないし、邪教のものです。
桐山自身が「独自」と公言している。実行くん、君がいくら書き込み
しても「真実」はかわらないの。桐山のやることは、すべてインチキなの。

693 :樹意:2006/12/08(金) 11:53:59 ID:gODYjqvK
>>669
> 男性信者が、頭がよくなり、超能力を得て社会的な大成功を得ると信じるのと、
> 女性信者が、美人になり、金持ちで学歴ピカピカの二枚目ハンサムが
> ひざまずいてくれると信じるのとは、信者の欲望妄想の双璧をなしている。

以前 ビジネスにおいては顧客の欲望願望の鍵は何なのかよく、観察し
本当に顧客が欲しがっているサービスを探り当てるのが本当の営業と
紹介したことがあります。
ですからその鍵を探し当てるためにも 批判というものが欠かせない
苦情の中に利益が隠れている。 そういうことなのです。
顧客に腹を立てる前に そういう鍵を探り当てる努力をしたのか
省みる必要があるわけです。
これが真っ当な 商売というものです。

インチキ、詐欺 ねずみ マルチ商法に至ってはこれが 欲の釣り針に
変化します。
釣り針ですから、そっくりもっていかれるだけです。
どっちも欲を対象にするのですが 
鍵とドアであるなら 双方が納得するのですが 釣り針ではそれも
叶いません。
鍵とドアなのか 単なる釣り針なのか? 
それを見分けるのは個人個人の見識に掛かってきます。
ちなみに私が極端に弱いのは美少女です。 (^^
このつり針にはいつも 食いついてしまいます。
ゲイカの場合はこの欲の釣り針がいくつも用意してあるわけです。

本当の仏陀が説くのは十二因縁にあるように 欲界からの解脱に
なりますから、こういう欲を扱うビジネスをしないのです。




694 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 12:41:08 ID:VipQsSAK
そうなんだよね〜、いろんな餌が用意されてるんだよな〜。
大変美味しそうに見えるのでついつい食いついてしまうんだよ。
でもどれだけ食いついても偽の餌だからいつも空腹なの。
前の空腹を忘れてまた今現在の空腹を満たすために食いつく。
こうして悪の連鎖が永遠に続くのね。
だけど人間てバカだね〜、イヤ桐山が一枚上手なのか。
ま〜、早く気づいて桐山と縁を切ってほしいよ。

695 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 13:56:06 ID:auU82MMW
結婚なんてとんでもない大白身になって1999年、
一発落ちるのを待つなんていっていた
当時の若い女性信者は今どうしてるかな?
地に足をつけてるかな?

思いと実現の法則

http://mountainstone.seesaa.net/article/21670535.html



696 :ザ@桐山晴雄:2006/12/08(金) 14:14:55 ID:Fp/kOEr7
一発落ちるのを待つんじゃなくて
一発やられてしまえばよかったのにねえ〜

697 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 14:20:33 ID:r8n/DAdd
そっか、そうだったな〜、1999年7月で地球が滅亡するか
あるいは大変革が起こるか・・・、みんな桐山に踊らされていたからな〜、
結婚なんて眼中になかったかも?
ノストラダムスをパクった桐山だったが、あんなに騒いでおきながら
そんな話があったかのようにのほほんと生きており
相も変わらず似たような話でまた脅しているんだぜ。
よっぽどケツの穴がでかいんだろうよ。

698 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:09:39 ID:r8n/DAdd
>>696
>一発やられてしまえばよかったのにねえ〜

??桐山さんのこと? 女性信者のこと??

699 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/12/08(金) 15:53:27 ID:l0xW7Ofz
花嫁募集中
阿含宗からは完全に脱会していること。
現役信者はダメよ。
信者経験がなければなおよし。
山歩きの好きな方歓迎。
自分は山に行かなくても夫を山に行くことを認めてくれる人なら可。
マッサージの得意な方歓迎。
年齢容姿は問いませんが、必ず面接の上採用を決めます。
(↑あたりまえだわな)

700 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 16:59:45 ID:oddDgfrj
空海が中国から持ってきたものと止息法の関係です。

701 :age:2006/12/08(金) 17:10:49 ID:zv9DzMsW
ユビキタスさん、彼女いたんじゃなかったの?

702 :ザ@桐山晴雄:2006/12/08(金) 17:31:31 ID:Fp/kOEr7
>>700
アンタは空海のお友達ですか、真言宗の信者ですか。
君のような「インチキ宗教」もどきを信じている人間に
空海のことを言う資格はないねえ〜。
「死即法(地獄逝きの方法)」のことでも書いてりゃいいんだよ。

703 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/12/08(金) 17:44:19 ID:l0xW7Ofz
>>701
欲が深いんですよ。

704 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 17:46:21 ID:oddDgfrj
死即法だって、おもろいな。
貴方にお返しします。
>>702

705 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 17:58:38 ID:yUBV5Bsc
それをいうなら堕地獄法だよね

706 :沙羅:2006/12/08(金) 18:46:35 ID:gDMO7FK/
>>691
鈴虫さんだ!
いつも興味深い情報、有難うございますm(__)m

ツッコミ処を探して?昔のダルマチャクラを読み返してたら12号(1989.11.1)の質疑応答で『求聞持聡明法を完全にマスターするには、京都・花山の求聞持堂でトレーニングしなければならないと思いますが云々』とあり、『ん!?そんなもんあったっけ?』と思ったもので。
やっぱないですよね。
また『近々作ります』って言っておいて放置パターン常の如し〜でしょうね。

707 :気配:2006/12/08(金) 19:58:47 ID:CusD3FMF
私どもカルトアンチは他の掲示板でも述べたとおり、在日カルト創価、統一や

在日チョンも攻撃対象にしてます。すべてのカルトを潰してまいりましょう

みなさん、ネット掲示板で街宣を始めてください。

みなさん。あちこちにコピペよろしく
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

708 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 20:36:15 ID:1fcoznhc
みえけんの たかさきひろやすくん しっている しんぢゃさん てをあげてくださいなぁ

709 :樹意:2006/12/08(金) 21:13:17 ID:gODYjqvK
>>707
> 在日チョンも攻撃対象にしてます。すべてのカルトを潰してまいりましょう

人は行為によって測られるべきであって、人種や出自で測られるべきものでは
ありません。と反カーストの仏陀が仰っております。
半島カルトはハードカルトが多いので私は批判的な態度ですが、
その点は押さえておいて貰いたいと思います。
しかしながら あまりにも酷いものが多すぎて嫌になるご時世であります。
先に書いた○一教誨花嫁行方不明も形を変えた拉致ですが こちらの方は
ニュースにはなりません。(嘆かわしいことです)
その点ユビキタス教の合同結婚式でなら安心です ? (^^!
同じような餌で釣られるにしろ、アゴンの場合は夢で釣る分まだ良心的であると
言えます。
耐震偽造も○家さんの関連ですし、コアになった○木建設の親分は半島に
その利益を移設されたとのことです。
利ホーム詐欺も半島系の方がその筋ですから、まあ私たちが賢くなる
以外にはありません。
ゲイカはこういったハードカルトの政治的な庇護というものを最大限
利用しておりますし、そのやり方を熟知しております。
なお予談ですが、生活保護 補助金 (半島系銀行への公的資金)その他
を含めると年間数兆円の規模に膨れ上がります。
すでに日本国においては憲法は機能していないのです。
せめて税金は納めていただきたいと思うのですが、そうではないのが現実の
ようです。
半島カルトさんの活躍の賜物です。
ゲイカの教団もそのおこぼれに預かる 団体であると思われます。


710 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 21:16:34 ID:1fcoznhc
おやさまは天才!

711 :樹意:2006/12/08(金) 21:42:16 ID:gODYjqvK
ゲイカの手法は
ビジネス?という観点から眺めると典型的なゲートビジネス?です。
企業でいうなら「トールゲート企業」ということになります。
関所だとか門だとか橋だとか 高かろうがなんだろうがそこを
利用する以外には目的を達せないそういう 企業が存在します。
これがまともな企業であるなら、社長の経営が下手糞であっても
社員は安泰な状況に置かれます。
いわゆる「通行料を徴収する特権を持つ」ということです。

愚問時法にしても、ブッカイにしても ジョウブツにしても
根拠が否定されてはいますが、それを信じる人にとっては
費目はどうあれ通行料を払っているということなのです。
ゲイカは宣伝によりこの蜃気楼のような「ゲート」を作り出し
その通行料を請求しているのです。

本当の仏陀は詩を唱えた報酬すら拒否された方ですから
こういう通行料を取って成仏させるなんてことはやりません。
四念処をコアにする戒定慧の修行は自分で観察し自分で気づくように
仕向け教師の握拳はないとするのです。


712 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 22:11:28 ID:D2Iaj24A
>…ところで、京都花山に『グモンジ堂』ってあるんですか?

実行委員長を見よ。全山これ愚悶持堂なり。

713 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/12/09(土) 00:32:38 ID:m6DWbrws
>>706 おそらく 錬成道場がそれに
近いのかなと思います。錬成道場は、
完成してから数年ほったらかしにされ
カビだらけだったそうです。
今でも、匂いがしますもの

714 :沙羅:2006/12/09(土) 01:04:45 ID:4r1w0iAn
>>713
そうでしょうね、後だしジャンケンっぽいですが。
確かにほったらかしにしてましたねえ。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)