5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

|†| キリスト教@質問箱158 |†|

1 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 01:54:22 ID:tPqivLX0
メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先更新総合スレッド。
現行スレッドではhttp://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1151690537/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
前スレ
|†| キリスト教@質問箱157 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160146384/

2 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 01:58:19 ID:tPqivLX0
ごめんなさい重複した。

3 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/25(水) 02:00:43 ID:QLe14ti1
>>1-2
次スレで使えばいいんじゃない?
まずは下記から消費。

|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161666489/

4 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 02:01:34 ID:tPqivLX0
|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161666489/
優先スレッドです↑<(_ _)>



5 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 02:02:00 ID:tPqivLX0
>>3
すみませぬ。

6 :盲目の虎 ◆4ZvEOwCmqs :2006/10/25(水) 02:08:23 ID:W/wCZO+W
http://www.febcjp.com/ キリスト教 
ネットラジオ

7 :コテハンリスト :2006/10/25(水) 06:55:03 ID:mEbFPGwX
コテハンリスト
http://evangelical.zouri.jp/kotehan.html


8 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 07:19:02 ID:pNPX+4AJ
>>7をクリックするとIP抜かれ人生終わります

9 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 11:31:50 ID:EkF8PKsF
自分を絶対化する癖を治せヨハ
       彡川川川三三三ミ〜
      川|川 /四犯 \|〜
      川川  ◎---◎|〜 / ̄ ̄ ̄ハア ハア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      川川     3  ヽ〜< 質問箱で回答するのキモチイイィ〜!
      川川  ∴) A(∴)〜  \____________
      川川     U  /〜     ___
    _;川川     ダッラ〜   .    |  |   |\_
  /  川川   __/        . |  |   | |  |\
 /    /     | |              |  |   | |  |::::|
(    (   ◎  / \_          .|  |   | |  |::::|
 \   \   /\    ̄ ̄\     |  |   | |  |::::|
  /:\   \  ドピュ ̄\っ))))〜〜|  |   | |  |::::|
 /:::  \    つ___  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |:::    \   (__3。 ;。 ̄ ̄ |  _________ .|
 |::::     \__/          .| |             . |.|
 \:::    (;;; );; )          | |           .   |.|


10 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:18:50 ID:/DdmCUXF
たぬきうどんにたぬきが入っていないのはなぜ

11 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/29(日) 00:23:35 ID:QonN2eTz
本スレッドは後から立てられた、重複スレです。
キリスト教の質問は、下記↓リンク先スレにどうぞ。

|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161666489/

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:59:00 ID:cArO27Bu
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 http://www.yahoo.co.jp/ http://www.goo.ne.jp/ http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 1997年9月5日 帰天 享年八十七歳 1997年9月5日 最後の手紙より 未完 福者マザー・テレサ 列聖の可能性大
最後の手紙より マリア P62 聖母のそばに P64 イエズスの叫び P66 小さき花 P68   マリアP62 本と別訳
 Mariaに通しJesusのみにすべてを、貴方たちひとりひとりが差し上げるを願う、私の愛、祈り、祝福をこの手紙に託します。
 「Mariaに通しJesusのみにすべてを差し上げなさい」と,私はよく言います。それは,貴方たちの為,また貴方たちから,私が願うすべて故で御座います。
 Mariaに通しJesusのみに,Mariaに通しJesusのみの為,すべてを,貴方のこころがもし行えば,貴方は正しく「Missionaries of Charity 神の愛の宣教者」で御座います。

14 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:59:35 ID:cArO27Bu
聖テレーズと聖ピオ神父の紹介 http://search.goo.ne.jp/web.jsp?TAB=&MT=%C0%BB%A5%C6%A5%EC%A1%BC%A5%BA%A4%C8%C0%BB%A5%D4%A5%AA%BF%C0%C9%E3%A4%CE%BE%D2%B2%F0
AVE MARIA 聖マリアと共に http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/1052/mi04.html

カトリック教会の祈りとしらべ http://www.minc.ne.jp/~hosanna/menu5.htm
心のともしび http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&IME=1&CK=0&QGR=1&JP=1&QGA=1&DE=2&OCR=0&MT=%BF%B4%A4%CE%A4%C8%A4%E2%A4%B7%A4%D3&DC=10&ET=&web.x=0&web.y=0


15 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:00:05 ID:cArO27Bu
ローマ人への手紙 6  パウロの手紙の歴史順 ローマ人への手紙 6  プロテスタントの聖書 66書
レビュー
内容(「BOOK」データベースより)
新共同訳(旧新約66巻)の全朗読108枚のCDを、6枚のCD‐ROMに収録しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820282387/qid=1154710407/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/
マルチン・ルター ルーテル 福音派とも 「キリスト者の自由、聖書への序言」岩波文庫 
ローマ「暗記するどころではなく」 文庫を見てください 

ルター派の信条は、「アウグスブルグ信仰告白」「アウグスブルグ信仰告白弁証」 「シュルマルカルデン条項」「小教理問答」「大教理問答」「和協信条」の
六つのみ

新約聖書 著者
十二使徒 五人 ヨハネ ペテロ ヤコブ ユダ・タダイ マタイ
六人目の使徒 パウロ
ルカ マルコ

聖書 6+6+6 六番目 十二番目 十八番目 パウロに因る

ルターが1525年の『盗み殺す農民に対して』で農民の殺害を認めたことは、民衆にとって初めは農民を支持していたルターの裏切りと感じられた。

ルターは精力的な活動の一方で聖書の翻訳事業も続けており、1534年に念願だったドイツ語旧約聖書も完成し、出版された。
ルターは旧約聖書の諸書の選択において、七十人訳聖書(セプトゥアギンタ:ギリシア語旧約聖書)にあってマソラ本(ユダヤ教徒によって編纂されたヘブライ語聖書)にないものを旧約聖書から排除した。
また新約聖書でも『ヤコブの手紙』、『ユダの手紙』、『ヨハネの黙示録』は自分の義化のアイデアとそぐわないと考えたため、排除した。
ルターが排除した諸書は新約聖書ではやがて元に戻されたが、旧約聖書の方はルターによって外された諸書はそのままで現代に至っている。
ルターが聖書の翻訳において、自分の義化説に合うように本文解釈を行って訳したことも知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC

16 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:40:45 ID:ikqG/rjv
カルト福音派のブッシュは転落し始めたね。アヒャアヒャ

17 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:40:15 ID:rdI0CEcz
パウスチャンとクリスチャンの区別しようぜ!福音派はパウロの書簡を重んじるパウスチャン。リベラルは四福音書を重んじるクリスチャン。

18 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:52:45 ID:Z/gT1t2L
カトはマリアチャン

19 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:07:54 ID:Ih83j8Jn
ヨハネ二十三世
パウロ六世                         6
ヨハネ・パウロ一世 ヨハネ二十三世・パウロ六世 6
ヨハネ・パウロ二世 ヨハネ二十三世・パウロ六世 6
ベネディクト十六世

20 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:17:25 ID:Ih83j8Jn
聖書学http://216.239.63.104/search?q=cache:u4jtc1xUw8cJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/INTR_BBL.html+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:tNzVPx6Mj-cJ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E6%2596%25B0%25E7%25B4%2584%25E8%2581%2596%25E6%259B%25B8+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
Lukeに因る福音書  聖書 バルバロ  講談社  教会認可http://216.239.63.104/search?q=cache:78nRdNevKX8J:http://homepage3.nifty.com/mir/bible.htm+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:B8axRI_3OcQJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/JAP_BIBL.html+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&JP=1&DE=2&OCR=0&CK=0&NKW=1&QGR=1&IME=1&QGA=1&MT=%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&DC=10&ET=&web.x=25&web.y=7


21 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:17:56 ID:Ih83j8Jn
キリスト教 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99
ニカイア・コンスタンティノポリス信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9%E4%BF%A1%E6%9D%A1
カルケドン信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%B3%E4%BF%A1%E6%9D%A1

カトリック教会の左傾化
「君が代」反対から「沖縄米軍基地」反対そして環境問題
澤田 昭夫
(月曜評論平成十二年五月号掲載) 
二〇世紀の基本的性格
右旋回から左旋回したプロテスタント教会
政治分布地図を見ると、ナチス支持の多かったのはプロテスタント多数の北と東で、カトリック多数の西と南でナチスは少なかった。
ニーメラー牧師は戦後反ナチ抵抗者として英雄視されたが、彼は実は三三年当時積極的にナチスを支持。
ヒトラーとの個人的確執のゆえに三八年に投獄はされたが、獄中では特別優遇され、三九年には国防軍に従軍を志願していた。
デハウの強制収用所に収監された二八〇六名の聖職者の九五パーセントはカトリック、プロテスタントは四パーセントだった。
http://hvri.catholic.ac/sawada.htm

■性的虐待隠ぺい 引責の枢機卿が復活
東京新聞 2005/04/13
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050413/mng_____kok_____002.shtml
聖職者による子どもへの性的虐待の責任を取って辞めたはずのバーナード・ロー枢機卿(米国)が十一日、バチカンで行われた故ヨハネ・パウロ二世の特別ミサを執り行ったことに対し、米国内の被害者家族から怒りの声が上がっている。
http://www.circam.jp/weekly/?pid=33

22 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:14:48 ID:SZl90h2f
ドイツ連邦共和国外務省 - ドイツの実情: 哲学
60年代初頭から、ドイツでは「フランクフルト学派」の影響が強くなってゆく。
ドイツでこの学派を代表する哲学者テオドール・W・アドルノとマックス・ホルクハイマーは、ユダヤ系でマルクス主義の流れを汲んでいたためナチス時代にドイツを離れている。
彼らの思想は60年代末の学生運動に大きな影響を及ぼした。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/33

公安調査庁
内外情勢の回顧と展望
「内外情勢の回顧と展望 −核・テロの脅威及び複雑化する国際情勢と日本−」(平成18年1月)
http://www.moj.go.jp/KOUAN/NAIGAI/NAIGAI18/naigai18-00.html


統一通貨がある故に,安い高いがあり得る
<科学哲学史(2) 帰納主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t2.html
<科学哲学史(4) 論理実証主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t4.html
<科学哲学史(6) 反証主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t6.html
不完全性定理 1930年頃
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/fukanzen.html

自己言及のパラドックス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A8%80%E5%8F%8A%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
悪魔の証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E
弁証法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%A8%BC%E6%B3%95

23 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:15:19 ID:SZl90h2f
二重基準 二重標準  二重規準
二重規範
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%c0%a5%d6%a5%b9%a5%bf
多重基準
 さて、日本流植民地主義は現地民の日本人化だった。
つまり同化政策だ。
これは日本が植民地化した国々では、どこでも行われた。
 これを見た欧米人は恐怖した。
なぜなら、彼らには理解できない、不愉快な政策だったからだ。
彼らに言わせると「他国民の文化を根こそぎ奪うとは、許されない行為だ」となる。
たとえば、韓国でも中国でも独自な文化がある。
独特な言語もあれば名前をもある。
それをすべて日本化してしまうからだ。
http://www.kitombo.com/gimon/0513.html
性(せい)の二重(にじゆう)基準
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&p=%E6%80%A7%E3%81%AE%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%9F%BA%E6%BA%96

アルベルト・アインシュタイン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1952年、イスラエル政府はアインシュタインに対し、第2代大統領への就任を要請したが、辞退している。
平和活動
科学的業績によって得た世界的名声を背景に、アインシュタインは様々な政治的発言を行っている。
第一次世界大戦中は平和主義を掲げ、戦争を公然と批判した。
「2%の人間が兵役拒否すれば、政府は戦争を継続できない。
なぜか、政府は兵役対象者の2%の人数を収容する刑務所を保有していないんだ。」と発言し、反戦運動に影響を与えた。
しかし、第二次世界大戦の際は、一転して戦争を正当化し、「最早、兵役拒否は許されない」と発言し、同時代人の文学者ロマン・ロランから後に痛烈に批判されている。
また、ユダヤ人である彼は、ユダヤ人国家建設運動であるシオニズムを支援した。
このためナチス・ドイツから迫害を受け、アメリカに亡命している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3
アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96


24 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:15:59 ID:SZl90h2f
魔女狩り
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(魔女裁判 から転送)
かつて魔女狩りといえば「12世紀以降キリスト教会の主導によって行われ、数百万人が犠牲になった」というように言われることが多かったが、
このような見方は1970年代以降の魔女狩りの学術的研究の進展によって修正されており、
「もともと民衆の間から起こった魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が犠牲になった」
と考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E8%A3%81%E5%88%A4
ガリレオ・ガリレイ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガリレオ裁判
第2回の裁判
1616年当時の裁判にも参加し、ガリレオの親友でもあったバルベリーニ枢機卿(Maffeo Vincenzo Barberini)がローマ教皇ウルバヌス8世となっていたが、教皇の保護はなかった。
一説によれば、『天文対話』に登場するシンプリチオ(「頭の単純な人」という意味)は教会の意見を持っており、シンプリチオは教皇自身だと教皇本人に吹き込んだ者がおり、激怒した教皇が裁判を命じたというものがある。
この説には物証がないが、当時から広く信じられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%A4
異端審問
スペインの異端審問
これは教皇のコントロールを離れた独自の異端審問であり、異端審問が政治的に利用されることの危険性を察知した教皇は許可をためらったが、フェルナンド王は政治的恫喝によってこの許可をとりつけることに成功した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%AB%AF%E5%AF%A9%E5%95%8F
スペイン異端審問
スペイン異端審問の開始
教皇は当然、世俗権力によって異端審問が政治的に利用されることの危険性を察知し、なかなか首を縦に振ろうとしなかった。
(これによってボルハ枢機卿は後年のコンクラーヴェでスペイン王の強力な後押しを受けることができた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%95%B0%E7%AB%AF%E5%AF%A9%E5%95%8F
次のファシストは,ファシストとの言葉と共に来る 次の魔女狩りは,魔女狩りとの言葉と共に来る 言葉狩り

25 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:02:04 ID:2EVow8xX
イスラームについての基礎知識    4.イスラーム法
ムスリムはどのような刑罰を受けたのですか?
固定刑は、姦通、中傷、飲酒をした場合は定められた回数のむち打ち、窃盗をした場合は手足の切断、追い剥ぎをした場合は死刑あるいは手足の切断あるいは追放、といった具合に明示されています。
また、背教者は死刑です。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~tomyam/q&a/q&a04.htm
国旗は緑色。
白い文字は「アッラーの他に神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒である」というイスラム教の信条。
その下に、抜かれた剣が信条と平行に描かれている。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%A6%A5%B8%A5%A2%A5%E9%A5%D3%A5%A2
イスラム教についての資料 NO40
B聖戦(ジハード)について
190.
あなたがたに戦いを挑む者があれば,アッラーの道のために戦え。
だが侵略的であってはならない。
本当にアッラーは,侵略者を愛さない。
191.
かれらに会えば,何処でもこれを殺しなさい。
あなたがたを追放したところから,かれらを追放しなさい。
本当に迫害は殺害より,もっと悪い。
だが聖なるマスジドの近くでは,かれらが戦わない限り戦ってはならない。
もし戦うならばこれを殺しなさい。
これは不信心者ヘの応報である。
192.
だがかれらが(戦いを)止めたならば,本当にアッラーは,寛容にして慈悲深くあられる。
193.
迫害がなくなって, この教義がアッラーのため(最も有力なもの)になるまでかれらに対して戦え。
だがもしかれらが(戦いを)止めたならば,悪を行う者以外に対し,敵意を持つべきではない。
http://islam3.hp.infoseek.co.jp/study/jhsislam1.htm

26 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:02:35 ID:2EVow8xX
クルアーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルアーンとイスラム法
イスラム法の一切を廃止しヨーロッパから持ち込んだ近代法一本に改めたトルコはその極端な例である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3
Muhammad ムハンマド
☆マホメット冒涜で死刑も
パキスタンの「冒涜法」は、「神聖な予言者(マホメット)の名を汚す者は死刑」と定めているが、それを非イスラム教徒や良心的ジャーナリストに適応する動きが強まっている。
あるキリスト教徒に対する冒涜罪での告発を無罪にした高裁の判事が殺害されているため、判事や裁判官でさえ危険を感じているという。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/headline09a.htm
十字軍
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
概略
十字軍遠征までの経緯
トルコ人のイスラム王朝であるセルジューク朝にアナトリア半島を占領された東ローマ帝国の皇帝アレクシオス1世コムネノス(在位1081年-1118年)が、ローマ教皇ウルバヌス2世に救援を依頼したことが発端(1095年)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%AD%97%E8%BB%8D

 1956年、博士は30万人の民衆と共に仏教に改宗しました。
ヒンズー教徒としての差別撤廃に限界を感じてのことであったようです。
また、本中、パキスタンの分離・独立も根はカースト制にあるという発言がありました。
低カーストにあった人々が、圧制と差別に耐えかねてイスラム教に改宗したのだし、仏教・キリスト教への改宗も同じである、といったものでした。
http://www.mskj.or.jp/getsurei/horimoto9601.html


27 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:03:06 ID:2EVow8xX
浄土真宗やっとかめ通信
(東海教区仏教青年連盟)
◆ 六道輪廻について
 というのも、ここは非常に大事な点ですが、釈尊を含む革新的思想家たちがバラモンの教えを批判するのは、それがバラモン支配の社会を支えるための教え(今ふうに言えばイデオロギー)だったからです。
たとえば、輪廻という考えは厳然としてカースト制を支える教えとしてあります。
つまり、現在バラモンであるものは前世によい行いをしたからであり、反対にシュードラにあるものは、前世でわるい行いをしたからであり、来世でよい境遇に生まれたければ善いことをせよというわけですが、
その善悪の基準とは、つねにカースト制を含む社会が存続するのに都合のいいものです。
善を行ない悪を行うまいとして道徳を守れば守るほど、一方では安逸を貪り、他方ではいかに努力しようとも悲惨な状況から抜け出すことの出来ない階層が存在するという状況が続くわけです。
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/98_10_21.html

アメリカのミシガン大学、ジェロ−ム・O・ヌリアグ教授によると、古代ロ−マ帝国が崩壊・滅亡してしまった原因の一つは、帝国の人々が愛してやまなかったワインだというのだ。
古代ロ−マ帝国ではワインの消費量が1人1日3〜5リットルにも及んでいた。
特に上流階級の間では、ワインを甘くして飲むことが流行していており、シロップや葡萄液などの添加物が加えられていた。
このシロップや葡萄液を煮詰めて作る際、鉛でコ−ティングされた青銅器を使用していたという。
そのためシロップや葡萄液には大量の鉛が溶けだしていたと考えられるのだ。
教授によると、古代ロ−マ帝国では、鉛中毒が蔓延していた可能性があるという。
それが帝国を支配する皇帝にも大きな影響を及ぼし、滅亡につながったというのだ。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20011028/f1107.html


28 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:28:02 ID:2EVow8xX
人身御供
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東アジア
日本では人柱など。
転じて同様の行為にも使われる。
「白羽の矢が立つ」とは、元々このことをいった。
白羽の矢は所謂匿名による指名行為であった訳だが、これらは霊的な存在が目印として矢を送ったのだとされ、この矢が家屋に刺さった家では、所定の年齢にある家族を人身御供に差し出さなければ成らないとされた。

アメリカ大陸
アステカ人は「太陽の不滅」を祈って、人間の新鮮な心臓を神殿に捧げた。
ほかに豊穣、雨乞いを祈願して、捧げられることもあった。
しかしその一方では、これら生贄に捧げられる事が社会的にも名誉であると考えられていたとされ、球技によって勝ったチームが人身御供に供されるといった風習も在った模様である。

生贄は石の台にのせられ四肢を押さえつけられ、生きたまま火打石のナイフで心臓をえぐり取られたとされる。
生贄の多くは戦争捕虜で、生贄獲得のための花戦争も行われた。
選ばれた者が生贄になることもあり、稚児が神に捧げられることがあった。
ただアステカはこのような儀式を毎月おこなったため、一説にはこれにより社会が弱体化、衰退したとも言われている。

インカでも、同種の太陽信仰に絡む人身御供を行う風習があったが、これらの生贄は社会制度によって各村々から募集され、国によって保護されて、神への供物として一定年齢に達するまで大切に育てられていたという。
http://72.14.235.104/search?q=cache:vmz4DIE7hqcJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B+%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8
このとき、血塗られた神殿も案内された。
まだうごめいている心臓が銀の皿にのせられていたという。

翌日、スペイン人による人身御供の禁止に怒ったアステカ人が反乱を起こしモクテスマ2世を殺すと、コルテスは命からがらテノチティトランを後にしてトラスカラに引き返した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%B9


29 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:28:32 ID:2EVow8xX
高岡法科大学
 だが、人身売買を完全に無くすことは大変難しいことである。
当時は奴婢(ぬひ)と呼ばれる最下層の人々の売買は法律上認められていた。
鎌倉・室町 時代になると、奴婢の売買も禁止され、江戸幕府も人の売買を禁止したのではあるが、それは永代売買が禁止されたのであって、数年間というように期間を限った年季売りは禁止されなかったのである。
その年季売りは次第に年季奉公の契約の形となって残っていったし、養子契約をする事によりそれも一生実親子との縁を切って他人の養子に出すという形で事実上の人身売買が行われていたようである。

現在は人身保護法や売春防止法で完全に 人身売買は禁止され、民法90条によりそういう契約の効力は否定されているが、でも風俗営業、芸妓置屋等をめぐって、この非合法現象が根絶されているわけではない、という難しさを抱えている。
なんと言っても、人身売買禁止政策の最大の敵は、鎌倉時代以来700年以上も続いてきた公娼(こうしょう)制度であった。
遊郭には派手に遊びまわる客人から落 ちるお金が躍動し、片や貧困にあえぐ農村地域の生活苦が隣接すれば、おのずと人の流れが人身売買の道を通じて生ずる事になる。
戦後1946年に占領軍総司令部(GHQ)は、日本の公娼制度を廃止したが、いわゆる赤線地帯といって売春が行われる特別地域の温存が図られたし、
また、占領軍のほうも、日本の公娼制度をなくしておきながら、かげで占領軍兵士のために娼婦の提供を要請したのではないかとの疑いもあり、それらの周辺で反人権である人身売買が行われていたらしい。
明治初年頃はなおさらのことであったろう。

 このような状態であったから、ペルー政府の抗議は時の明治政府に一方ならぬ当惑を与える事になった。
ペルー政府の抗議は日本政府が依然として人身売買という非行を許す未開の国である事を正式に世界にさらけ出した事になり、世界の文明国と肩を並べあうために条約改正という難事業を目前にした日本政府にとって手痛い打撃となったことは間違いなかった。
http://72.14.235.104/search?q=cache:3il60uZl6h0J:www.takaoka.ac.jp/zatsugaku/044/ishida02.htm+%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8

30 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:29:03 ID:2EVow8xX
わが国ではメスカリンも「麻薬」に指定されています。
http://www.dapc.or.jp/data/other/5-4.htm
 そこで使われるタバコは、一種の幻覚剤みたいなものらしく、それを回し飲みして夜を徹するらしいのですが、そういった儀式は他の南北アメリカ大陸の先住民族の文化にも聞いた事があります。
 それから、PEYOTEで使われる成分は違法なもので、メキシコから密輸入されてるとも聞きました。
 マリファナといえば、居留区内にもマリファナがはびこってます。
もちろん、アメリカでは違法ですが、こっそりと栽培したり、ギャングが売買していて、学校や社会で問題になっていました。
◇タバコと文化
http://ww4.tiki.ne.jp/~zl10/navajo8.html

31 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:02:31 ID:VcUsfNm6
日本基督教団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2.3.1 戦争責任告白
3.2 教義・神学的立場
http://72.14.235.104/search?q=cache:5STeUvc8FngJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3&hl=ja&ct=clnk&cd=2&ie=UTF-8

<パレスチナ基礎知識>
 パレスチナ自治区とイスラエル入植地
 パレスチナ難民
 国連は、パレスチナ難民に対して元の居住地に帰る帰還権を認め、また帰らない場合でも財産などの保証を認めていますが、イスラエルはこれを拒否しています。
http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/know/know.html

アムネスティ国際ニュース
アムネスティ日本
 帰還の権利は、国際法において保障されている権利であり、その他の人権はこれと矛盾するものではなく、それらの人権を行使することが帰還の権利を否定するものでもない。
レバノンにいる難民を含めすべてのパレスチナ難民は、帰還の権利が実現されるまで、十全に人権が保障されるべきである。
パレスチナ難民に対する差別的政策の廃止が少しでも遅れることは、人権に関してレバノン政府が負うべき義務を違反し続けることを意味している。
http://72.14.235.104/search?q=cache:fF5zC8gYXE8J:www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2006/0606080.htm+%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A+%E5%B8%B0%E9%82%84&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8


32 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:04:58 ID:VcUsfNm6
秦郁彦「昭和史の謎を追う」より
ユダヤ人亡命者の国別受入数(1933〜1945)
ソ連 25万人
アメリカ 19万9千人
パレスチナ 12万人
イギリス 6万5千人     アルゼンチン 5万人
中国 3万人          ブラジル 2万5千人
スイス 1万6千人       ポルトガル 1万5千人    チリ     1万4千人  
スペイん  1万2千人    ボリビア   1万2千人    スエーデン  1万2千人
豪州      9千人     カナダ     8千人      南アフリカ   8千人
日本       2千人
あと秦氏のは、難民を受け入れた数字であって、海外への脱出を支援した数はそもそも含まれていない。
杉浦氏のような例を含めるなら、最もユダヤ人を支援したのは、スターリンとムッソリーニということになる。

 日本語を解さぬヒレル・レビンが,自らの研究を取り巻いているポレミックな脈絡(レビン講演会の主催者が,他ならぬ「日本会議」の国際広報委員会なのだ!)にどれほど自覚的なのかは分からない。
ただ,『千畝』の原著の文献一覧には,宮沢とグッドマンの英語文献(フリー・プレス刊)があがっているので,
「戦時中の情勢からいえば,杉原は日本政府を裏切ったことになり,不服従を理由に罰されたのである。
だからいまになって日本政府がかれの行動をほめ,あたかもかれが役人の典型であったかのごとくいうのは,日本の反ユダヤ主義の歴史から目をそらそうとする,見えすいた行動である」
という文は,英語の原文で読んでいるはずだ。
http://72.14.235.104/search?q=cache:tY3h9HU9GRoJ:www.linelabo.com/chiu0009.htm+%E7%8C%B6%E5%A4%AA+%E5%AF%BE%E7%AD%96&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2&ie=UTF-8


33 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:08:52 ID:VcUsfNm6
実はこの「猶太人對策要項」以前に1938年5月10日に、「猶太對策(案)」というものが外務省で起案されているのだが、この案中では以下のように述べられている。

猶太民族の民族的要望及之が実現の諸方策は根本的に帝国の国是と相容れざるものあるを以って究極に於て該民族勢力の縮滅を期すべきものとす。
然れども其の各国に有する政治、経済、宣伝、思想各界に於ける厳正力に鑑み之が実施は極めて慎重隠密なるを要す。
即ち公的には排撃的言動を避け反日暗躍に対しては有効に報復し得る実力を認識せしむるに止め、一方彼等の窮状に対しては同情ある態度を示す等公正中庸なる態度に終始し、
他方当面隠密なる手段並びに主として外郭機関の利用に依り猶太民族の策動を封じ、其の勢力を縮滅せしむる諸施策を実施す。
http://72.14.235.104/search?q=cache:IXjr2TfzLFUJ:www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/antigo84.html+%E7%8C%B6%E5%A4%AA%E3%80%80%E7%B8%AE%E6%BB%85&hl=ja&ct=clnk&cd=3&ie=UTF-8&inlang=ja

 それでは参考までに,五相会議決定と同年外務省が起草した『猶太対策(案)』の冒頭部をあげておこう。
「猶太民族ノ民族的要望及之カ実現ノ諸方策ハ根本的ニ帝國ノ國是ト相容レサルモノアルヲ以テ究極ニ於テ該民族勢力ノ縮滅ヲ期スヘキモノトス」。
「縮滅」と「絶滅」は,なるほど違う。

ちなみに,安江大佐は,三国同盟締結後に予備役編入された。
http://72.14.235.104/search?q=cache:0IU-4X_ZHmoJ:www.linelabo.com/chiu0012.htm+%E7%8C%B6%E5%A4%AA%E4%BA%BA%E5%AF%BE%E7%AD%96%E8%A6%81%E7%B6%B1&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=3&ie=UTF-8

A1 ユダヤ人を差別しないことを決めた「五相会議」決定は、「第一次」近衛内閣の決定で、日独伊三国同盟の締結を前提として成立した「第二次」近衛内閣にとって、千畝の行為は、ドイツとの同盟締結を危うくしかねない反逆行為であった。
http://72.14.235.104/search?q=cache:gvtJ56db9YEJ:homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/holocaust/sugiharaFAQ.htm+%E4%BA%94%E7%9B%B8%E4%BC%9A%E8%AD%B0&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=10&ie=UTF-8

目次
◆日本
◆◆杉原千畝関連
 【珍説】 「杉原千畝のビザ発給は,杉原個人の決断ではない(小林よしのり)」???
http://mltr.e-city.tv/faq08b.html

34 :参加者希望:2006/11/12(日) 13:34:17 ID:Z29o6LKr
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162898570/l50

35 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:43:01 ID:LTFtzMXA
次の賛辞は、著者の文通相手から寄せられたもの。名前は変更していない。彼らは著者の私的文通者である。
カナダ、ケベック州、テルブルック、イラ・ブラサ大司教
カナダ、ケベック州、スリーリヴァー、ジョルジョ・パントー神父(司教座聖堂参事会員)
カナダ、ケベック州、ドフェー、ジョセフ・デアンジョー神父(イエズス会)  
http://www.aliceinwonderland.com/library/japanese_files/AA1025.txt

36 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 21:01:44 ID:R/JLoXWx
前スレ終了、今度なこちら

37 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:03:53 ID:k2sdqN+3
キリスト教は神様に見える媒体
馬鹿神道の道場破りが聖書つついたって 救いなんて理解できませんw

38 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:05:21 ID:k2sdqN+3
女子高生がなぶり殺し?
そんなのデフォだろうがw
なにビビッテるンだよw

まぁ神道じゃ救われないだろうがw

代打1発ホームランがあってw逆転できんのがキリスト教なのよw

39 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:07:49 ID:HArv6FAI
978 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:44:59 ID:x7kytqH2
>神が目の前に現れて、一々、全ての人の行為を懲らしめていたら、
>世の中一体どうなるのだろう。

うん?生まれ変わりがあって
一切はカルマで自分の罪は来世で受けるって説明の仏教のほうが
宗教としては遥かに合理的だな。
まあ、私は仏教も宗教も信じてないがキリスト教ほど理不尽な教えを信じられる人間って
どういう脳構造してるのかと不思議だ。
結局、キリスト教の「信仰してる自分だけは救われる、他は救われない」
っていうところが麻薬的なんだと思うね。

あと、キリスト教で一番説明つかないのが、堕胎された胎児や
赤ん坊のまま死んだ魂だな。
そんな赤ん坊のまま死んだだけで「永遠の天国」にいけるんだったら
苦労して現世生きてる人間、また苦労したあげく「永遠の地獄」に逝くことになった人間って何なのさw

君たち「永遠」について考えたことある?永遠だよ永遠w

40 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:09:50 ID:k2sdqN+3
>>39
まぁ神様にまみえたことがない馬鹿震盪の道場破りのありふれた煽りだなw

41 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:13:03 ID:HArv6FAI
>>39
暇だからこれを考えてみる。

>結局、キリスト教の「信仰してる自分だけは救われる、他は救われない」
>っていうところが麻薬的なんだと思うね。

まず信じなければ地獄だとはどこにも書いていない。

>あと、キリスト教で一番説明つかないのが、堕胎された胎児や
>赤ん坊のまま死んだ魂だな。

説明はどうとでもいえるが、信じなかった者の死後なんて知らん。

>そんな赤ん坊のまま死んだだけで「永遠の天国」にいけるんだったら
>苦労して現世生きてる人間、また苦労したあげく「永遠の地獄」に
>逝くことになった人間って何なのさw

そんなことは霊能力者にでも聞け。

>君たち「永遠」について考えたことある?永遠だよ永遠w

考えても想像つかないな。で、だから何?

42 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:14:32 ID:k2sdqN+3
>>41
っていうか
自分が救いの確信に至れば全部わかることばかりだな


43 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:16:19 ID:cQj0LZ7t
議論は後だ。まずは生きろ!!
海の近くにいる人は逃げろ〜〜〜!!!

津波警報!!

北海道太平洋沿岸など、9時10分に津波の恐れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061115-00000014-yom-soci

44 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 21:17:06 ID:WVgFfwYx
('∇'*)サロメおねぇたマン(ハート♪)

45 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:18:56 ID:LfQxiYJL
>>39
>結局、キリスト教の「信仰してる自分だけは救われる、他は救われない」
>っていうところが麻薬的なんだと思うね。

他人に親切にすると、そのひいちにちじゅう気持ち良く過ごせる
って事が有るだろ。
それと同じなんだよ、神を信仰して人が救われることを神は
願っているのよ。その神の思いを実行する為に神は「麻薬的」
なものも使うのよ。

それと「苦労して現世生きてる人間、」これキリスト教の
人生の考え方だよ。それに対する慰めが「福音」なんだそうだ。

46 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:20:35 ID:LfQxiYJL
>>39
>君たち「永遠」について考えたことある?永遠だよ永遠w

「永遠」とは「今」のことだよ。

47 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:20:57 ID:TZL+EgUL
>>サロメおたぁ

おまえ、なんちゃってクリスチャン?おまえが神の子?氏ねよ、アフォが!
つうか、そのわけのわからん名前をまず何とかしろ。


48 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:22:20 ID:cQj0LZ7t
おまえら人の命より教義の心配ですか・・・

今、必要なのは聖書ではない。
多くの人に津波警報を教えて救え!

49 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:22:58 ID:k2sdqN+3
>>45
あのね
救いっていうのは人と比較するもんじゃないんだよ
あの餓鬼は救いを前々理解できてないw
で救われた人間は神様に作り変えられるから 周囲の人間を
神様に対するのと同時に愛せるようになる
善行はその時点で自然に出てくる
福音を広げるのもその一つ

神道や仏教なんかみたいに 救われるためにいいことするのとはぜんぜん違うのw

50 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:24:08 ID:k2sdqN+3
>>47
手メェはリンチ女子高生の死体にたかる蛆虫だろうがwwww

51 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:26:27 ID:LfQxiYJL
>>49
探究の良い事とは、神に感謝し信仰することなんだね。
解るかな?

52 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:29:51 ID:LfQxiYJL
>>39
救われる為に良いことをするのよ。
その良いこととは、神に感謝し信仰することなんだね。

そして、良いことをすると、気持ち良くなるんだよ。
神が人に自分自身を信仰させる為に、人をその様に創ったのだよ。

53 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:29:59 ID:TZL+EgUL
>>サロメおたぁ君へ

おっ!怒ってる怒ってる。まあまあ、落ち着けよ。
そんなんじゃ、キリスト教徒になれないよ。怒りも抑えられないなんて。プッ・・
左の頬も差し出すぐらいじゃないとね。まあ、君には無理だろうけど。

また、地獄で会おうぜい♪


54 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:31:47 ID:k2sdqN+3
>>53
その聖句の意味しらねーだろ餓鬼w


55 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/11/15(水) 21:33:42 ID:+W/ftY2x
>>48
そりゃ、そうだ。
そして今家や家族を省みず職務を果たしている
役場職員や消防・警察に敬意を示そう。君も普段小ばかにしていないかい?


56 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:34:06 ID:HArv6FAI
>>52
俺は行為によって巣食われるとは考えてないけどね。

57 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:36:02 ID:k2sdqN+3
>>53
それとアタシャ怒ってるのがデフォだからwww

58 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:38:44 ID:cQj0LZ7t
地震があったので臨時@2ch掲示板
http://live22x.2ch.net/eq/

59 :サンチャゴ ◆LjoCgW7m92 :2006/11/15(水) 21:39:14 ID:NokSTB7y
>>38
首班の母親は事件後学会に入信しました。
キリスト教は救いについてもっと語らなくてはならないと感じました。

60 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:42:02 ID:LfQxiYJL
>>56
行為と救いが無関係だとすると、
偶像崇拝と救いは、無関係だと言うことになる。

聖書を読むと、神は偶像崇拝を極度に嫌っている、
また偶像崇拝者をも嫌っている。

しかし、行為と救いが無関係だとすると
神は、神自身が大嫌いな偶像崇拝者を救う可能性も排除できない。

61 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 21:43:47 ID:k2sdqN+3
>>60
偶像とは神ならぬものを神とすることです
だから真実の神様を見失う
だから救いから遠ざかるってコト

62 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:45:44 ID:LfQxiYJL
>>61
だから、真の神を神として感謝し信仰する事が探究の善行なんだよね。

63 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:48:46 ID:HArv6FAI
>>60
排除になくてもいいんじゃね?
それも神の自由だろう。
そし行為の中に信仰も入れるんなら、
行為の中でも信仰という行為によってのみ救われる。
でおk?

64 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:54:43 ID:HArv6FAI
おお。思いっきりタイプミスしてた。

65 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:56:08 ID:LfQxiYJL
>>63
救いと滅びが神の人に対する自由な選びなら
偶像崇拝者が救われる可能性もあるね。

信仰と言う行為が、人の神に対する自由な行為なら
救いと滅びは、人が自由に選べる事になる。

66 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:00:39 ID:HArv6FAI
>>65
そうそう。
だから人間も救いと滅びを選べるし、神も人間との救いの契約
と別の事は自由に決めるだろう。
もともと聖書では信じれば救ってやるとしか
神は人間に対し約束してないんだから。
ってのが俺の見解だなー

67 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:04:53 ID:Ml68RaLm
信仰の自由って何が根拠にそういわれるの?

68 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:05:35 ID:HArv6FAI
>>67
憲法の話?

69 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 22:07:08 ID:k2sdqN+3
>>65
偶像崇拝者が救われるのはありえない
救いとは救命ボートですから
それに乗ることを拒み 自分で勝手に何とかしようとする
偶像崇拝者は遭難死します

70 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 22:20:34 ID:R/JLoXWx
救いとは、空気であり酸素である。
誰にでも等しくあるもの。
酸素を吸えないような、神を完全に拒否するような状況になった時、人はつまずく。
つまずいても、神が救急搬送してくれて、神の病院で酸素吸入してくれる救いを与えてくれる。

71 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:43:04 ID:HArv6FAI
>>69
ま、そんなもん死ななきゃわからんけどな

72 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:56:09 ID:mvVYvtf4
>>71
それが正解。

73 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 22:58:50 ID:k2sdqN+3
>>71
しんでもわからんってw

74 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:59:49 ID:HArv6FAI
>>73
そうだな。まさに信じるしかないな。

75 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:02:48 ID:Ml68RaLm
>>68

思想・信条、信教の自由じゃなくて...
よく神は自由意志をお与えになった
とかいわれるじゃない?
牧師や神父が、
キリストのあがないを
信じるか、信じないかわぁ
自由だー!!
とはいわんでしょう。

76 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:07:57 ID:HArv6FAI
>>75
俺は完全な自由はなくて自由のような自由はあると思うよ。
ま、神はある程度、未来は設定していても
自由という介入の余地は残してるのかもしれんけど。


77 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:40:20 ID:Ml68RaLm
なぜ自由という介入の余地が残されたか
という疑問。
神は人をロボットのようには...という
説明で納得できれば幸い。神は命令を
しているのであって、それに背く自由
があるのは不幸じゃない?パウロと同様
迷える子羊に何という?


78 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:46:02 ID:HArv6FAI
>>77
余地があるかという前に
神の存在自体が信じるしかない現状で
自由の有無は語り得ないと思うな。

>背く自由があるのは不幸じゃない?

よってこれもそんな自由があるかどうかも厳密にいうとわからない。

>迷える子羊に何という?

わからないものはわからない。
もしくは知らないと言えばそれで事足りる。

おk?

79 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 00:02:27 ID:Ml68RaLm
はい、なんとなくわかりました。
とりあえずokってことで。

80 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 00:04:02 ID:zHeC5Gb1
>>77
背く自由、というか「他の可能性」もある、ということ。
「他の可能性(神以外のものによる救い)」がなければ、そんなのは「自由」とは言わないからね。

人が自由意志を持っている、ということは「救い」とは何か、自ら自由に選び、それが(キリスト教の)神であれ、他のものであれ、各自が(各々異なる)自らの求めるものを追求する、ということだよね。

福音を信じ神に従って神の王国で永遠の命を得ることが救いだという人、自らの迷いの根を悟って解脱することが救いだという人、すべての存在を満たす神性に気づいて「神」の一部としての自分自身を取り戻すのが救いだという人。

各自が各自なりの「救い」を自由に追い求められる、という現実の中に自由の意味はある。


81 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 01:19:50 ID:NK6m0l7c
サロメはたしかに頭がいい。
だが、なぜキリスト教に落ち着いたのかはなはだ疑問だ。
ま、どこ見回しても合う宗教なんかなさそうだが。。
そういや、教会も合わないって言ってたような気が。。
要するに救命ボート出してくれなきゃ生きていけないってことか?

82 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 09:04:34 ID:JSz912x4
フリーメーソンとキリスト教の関係について

83 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 10:30:25 ID:Xzq75Qw8
1000 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:58:39 ID:LfQxiYJL
宗教は、救いを求めるものではなく
人間に突きつけられた問いだ。
上記のレス見て大川隆法を思い出したw

84 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 10:36:24 ID:Xzq75Qw8
主イエス・キリストの父なる神なワケだから
やっぱ キリスト教の神じゃないのかなあ。

85 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 10:38:07 ID:Xzq75Qw8
>>84は下記レス読んでの感想です。
997 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:56:44 ID:LfQxiYJL
>この宗教に救いを求めることが無駄
これが大間違い
救いを要求する対象は宗教ではなく神です。

86 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 10:46:33 ID:Xzq75Qw8
>>81
彼女カトリックに転会希望らしいですが、聖母崇敬どうするんでしょうか。
頭のいいw彼女だけに、異端論、教会論、信徒の信仰姿勢に関するあれだけの
こだわりを満たすことは誰にもできません。破綻は目に見えています。

87 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 10:57:48 ID:Xzq75Qw8
>>83
ご存じない人もお出でかと思います。スミマセン
「人生は一冊の問題集だ」は幸福の科学・大川総裁の有名な御言葉です。
後に『大川隆法の霊言』を書いて彼をちゃかした早川某氏は、著書の中で
「当たり前だが、人生は一冊の問題集なんかではない」と述べた。
失礼しました。

88 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 11:02:27 ID:Xzq75Qw8
>>86
おっと、これは是非書いておかないと。w
彼女自身が彼女の要求するところを満たしてもないのにね(爆笑問

89 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/16(木) 11:18:01 ID:OocW3hdV
>>86
マリアさんは尊敬してるよ
息子に苦労した信仰深いおっかさん
まぁでも取り成しなんか依頼しないけどねw
セガレのことで散々苦労したのに かわいそうじゃんw

アタシはカトリックが人間の切実な要求に答えようとしてるところ
あと鈴木秀子シスターのような人も受け入れてるところが好きだな

90 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 11:51:25 ID:Se2ET33x
キリスト教会の掲示板に、ちょっとケチをつける書き込みしたら、あっという間に
削除されちゃった。キリスト教会って心が狭いんすね。
多少の悪口は受け入れてくれる、心の広いキリスト教会を教えて下しゃい。

91 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 14:12:33 ID:kgkhxcXF
>>90
あらら、どんなこと書いたんですか?

92 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 14:44:57 ID:+CFs/1FP
>>69
>偶像崇拝者が救われるのはありえない
>救いとは救命ボートですから
>それに乗ることを拒み 自分で勝手に何とかしようとする
>偶像崇拝者は遭難死します
欧米の偶像崇拝と仏教の祈る行為って違うんだよね。
本来、釈迦は、有神論者、無神論者に対しての見解として
真理の追究(悟り)に神は、関係ないとしてるんだよ。
キリスト教の救いは、神が苦しみから救ってくれるということだけど
仏教の救いは、自己の煩悩を滅する、無我の境地に至ることが
救いなんだよね。仏像は、後世の人たちが作りだしたもので
釈迦の教えに枝葉がついたと考えてもらっていいと思う。
日本では、仏像を一心に拝むのも、無我の境地に至るところからきている。
釈迦の教えからは、大きく外れていないということです。
煩悩を滅する方法論のひとつですね。
キリスト教徒の神の概念と仏教徒の神の概念は、違いますね。

93 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/16(木) 14:51:40 ID:OocW3hdV
>>92

一体誰が悟れるのさwww

94 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 14:54:07 ID:+CFs/1FP
>>93
人です。

95 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 14:54:11 ID:FNPz1N0M
>>90
 というより、どこの教会の掲示板にどんな事、書いたか、ですね。
本当に些細なことなのか、それとも案外重大なことなのかは、これじ
ゃ判らん。
>>92
 仏教の神って、仏教の教勢拡大の中で既存の異教の神々を守護神
として包含していった後発的な神々だと、教義上、本質的という
性格のものとは見えないですが

96 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 15:28:31 ID:+CFs/1FP
>仏教の神って、仏教の教勢拡大の中で既存の異教の神々を守護神
>として包含していった後発的な神々だと、教義上、本質的という
>性格のものとは見えないですが
それは、釈迦没後の話でしょう。
あなたの言ってる神々は、大乗仏教からなる仏を指していると思われるのですが
釈迦の教えから発展した宗派と考えてください。
頂点は、釈迦だけです。ですから、釈迦の教えを本質と解釈しております。

97 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 15:34:30 ID:8LiSizOv
>92
そもそも、悟りというのは、真理の追究ではありませんよ。
そんな生易しいものとして考えるなら、それは間違いです。
悟りとは真理の実践ですよ。
そして、それを他人に教え導くことです。

当然、煩悩なんてありません。
だから、そんなものを打ち消す必要もありません。
あなたは、仏教を誤解されています。
当然、キリスト教も誤解されてるでしょう。

例えば、空を仰ぐように、偶像に向かって祈るならば、
その祈りは本物です。
だからもし、祈ることで宗教を比較するおつもりなら、
キリスト教も仏教もありません。

神の違いなど、意味もありません。
当然、祈りに違いがあるはずもありません。
当然、祈る対象が違っても、その祈りに違いがあるはずがありません。

キリスト教に祈りに違いがあるのですか?
私には、聞いたことがありませんね。

98 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 15:49:54 ID:+CFs/1FP
>>97
仏教の真理とは、悟りに目覚めることを意味します。
原始仏教を調べてください。
煩悩がなければ、苦しみもありません。
偶像崇拝で遭難死するといわれてたのは、キリスト教徒の方です。

99 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:04:24 ID:8LiSizOv
>>98
>仏教の真理とは、悟りに目覚めることを意味します。
>原始仏教を調べてください。

あなたは、なにを頼りに仏教などと、言ってるのですか?
まして、悟りなど。
あなたの思う悟りがあって、その悟りにあなたが到達していないなら、
あなたが、どんなに悟りと言っても、なんの意味もありませんよ。
そして、あなたの信じる仏教に、あなた自身の確信がないなら、
あなたがいくら仏教を語っても、それは他人に納得させられるものではありません。

あなたの否定するものには、なんの意味もありません。
煩悩がなければ、苦しみはありません。
だから、お釈迦さんはニルバーナと言うことができたのです。

偶像崇拝者が救われないのなら、そういったものも同時に救われないでしょう。
あなたがそう思うなら、それでこの話は終わりのはずですよ。
それとも、祈りに違いがあると確かめたいのですか?

100 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:09:30 ID:+CFs/1FP
>>99
神の概念に違いがあると言っているだけです。
偶像崇拝にこだわる意味がわからないのですよ。

101 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:14:10 ID:8LiSizOv
>>100
確かめられないものを確かめようとして、なにかそこにいい関係が生まれるのですか?

それは、仏教とは程遠いものです。
線の引けないものに線を引くことほど愚かなことはありません。

やめた方がよろしいのではないですか?
貴方にとって、なによりも得るものがあるように思えませんが?

102 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/16(木) 16:19:45 ID:OocW3hdV
どうでもいいですけどここはキリスト教の質問箱です

誰も救われないパンチパーマおやじ崇拝の議論は止めろw

103 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:20:08 ID:+CFs/1FP
>>101
確かめられないものを確かめようとしているのは、あなたじゃないですか?
煩悩がないと、釈迦の教えを否定されているじゃないですか。
ここにも良い関係があると言えますか?

104 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:23:07 ID:io13MX8M
二つの宗教の教義や救いのすり合わせをしたところで、
双方にとって何かいいことがあると思えません。

105 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:24:47 ID:8LiSizOv
>>102
そのキリスト教の範疇にはまらないから、パンチパーマオヤジが現われたのです。
それとも、あなたは、パンチパーマオヤジはキリスト教徒にあらずと?

まあ、偶像崇拝にこだわるのがキリスト教の限界なんですけどね。
公会議で認められた見解を否定して殺しあうわけですから。

106 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:26:52 ID:8LiSizOv
>>103
釈迦は、煩悩なんかないと否定してますよ。
それは自ら作り出している幻影に過ぎません。

まあ、これ以上は、このスレでは意味がありませんね。
仏教質問箱スレでどうぞ。
私は、行きませんけどw

107 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:27:17 ID:io13MX8M
いい誘導先はないものでしょうか。

108 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:34:47 ID:+CFs/1FP
>>106
煩悩を滅するという教えを否定と捉えているようですね。

109 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:43:05 ID:8LiSizOv
>>108
煩悩自体の捉え方が違うと言ってるだけのことですよ。
ここは、キリスト教スレですよ。

あなたの煩悩は、キリスト教スレで、煩悩を語ることです。
仏教質問スレで、仏教の煩悩を語りなさい。
あなたの煩悩が納得行くでしょう。
キリスト教スレにとって、いまいましいパンチパーマおやじも消えるでしょう。

それが、今の涅槃です。

110 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:48:48 ID:+CFs/1FP
>>109
キリスト教徒に質問することが煩悩なんですね。
私が知りたいのは、偶像崇拝の意味だったんですがね。

111 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 16:54:43 ID:t3fCpScK
教会ではこれからの世界情勢はどうなるといってるんですか?

112 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/16(木) 17:27:51 ID:eCuXZzfw
>>98
>煩悩がなければ、苦しみもありません。

それは嘘だと思います。
この世には「病気、死」というものがありますから
苦しみも悲しみもあります。
ない、と言い張るならそれは嘘になります。

概念の遊びに過ぎないと思います。


113 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 17:36:07 ID:8LiSizOv
>>112
あるがままに受入れることに苦しみはありません。
キリスト教徒の歴史はなによりもその事実を証明しているはずですよ。
キリストの苦しみは、あなた方の喜びなのではないですか?

あなたの苦しみは、解釈です。
意味のない結論は、惑いを産みます。

キリストはあなた方の代わりに裁かれたのではないですか?

まあ、パンチパーマおやじの私には知るはずのないことですけどw


114 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 17:41:51 ID:8LiSizOv
>>110
あなたの質問に答えることができないのが、ここのスレの限界なのかもしれませんね。

115 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 17:43:35 ID:kFgEB+HJ
昔、2000年頃ニュース議論板で、仏教論議したんだよな
相手は変なコテ名で、もうひとり * という記号コテ(女)がいた
変なコテは、原始仏教を延々と講釈した

116 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 18:31:10 ID:mrmeypIS
原始仏教とキリスト教と言われても。 仏教とキリスト教なら分かるけど。
大体、キリスト教は偶像崇拝じゃないから。
十字架なら、十字架を崇拝してるわけじゃないし。
マリア様、聖人なら崇敬だし

117 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 18:54:15 ID:kFgEB+HJ
いまいましい記憶思い出したので必死で検索したら出てきたw
http://mimizun.com:81/2chlog/news2/kaba.2ch.net/news2/kako/1004/10047/1004791959.html
変なコテとは800あたりから書きまくってる「通りすがりの懐疑主義者」っていう人だ
900とかが俺w
次スレで正面対決になったんだがそのスレは検索に出てこないですorz

118 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 18:54:45 ID:KAdfRSog
>>110
>私が知りたいのは、偶像崇拝の意味だったんですがね。

>偶像崇拝者が救われるのはありえない
>救いとは救命ボートですから
>それに乗ることを拒み 自分で勝手に何とかしようとする
>偶像崇拝者は遭難死します

>>69 のこの理屈が正しいとすれば
偶像崇拝とは、自分自身を崇拝することだろうね。

119 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:12:44 ID:kFgEB+HJ
>>116
その通りかと
仏教は実は偶像崇拝ではないという見解があるから、ややこしくなる

120 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:16:03 ID:mrmeypIS
偶像崇拝者は、真の神を知らない者。 で、ええんでないの?
何で議論の余地があるの?

121 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/16(木) 19:16:05 ID:VtWu1k+l
誰もID:+CFs/1FPの質問の真意がわからないのか・・・

まぁこれがキリスト教の限界だな。。。

>>ID:+CFs/1FP

キリスト教特にカトリックは人間理性の肯定からはじまってるので
そもそもの出発点から原始佛教とは真逆の方向にベクトルがあります。

偶像とは「あれ」であり「これ」であるわけですが、
このことは多くのクリスチャンには理解できないところです。

しかし残念ながら私の解釈ではこれも煩悩です。
釈迦はアートマンもブラフマンも否定しました。

>>日本では、仏像を一心に拝むのも、無我の境地に至るところからきている。
釈迦の教えからは、大きく外れていないということです。



122 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/16(木) 19:18:52 ID:VtWu1k+l
落ち☆

123 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:19:38 ID:kFgEB+HJ
>>120
ないよ

124 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:21:32 ID:mrmeypIS
なんだ。ムーたんか。
オレ、虫。 断酒つれーな。

125 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/16(木) 19:22:59 ID:OocW3hdV
>>121
一行にまとめろ

126 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:25:25 ID:kFgEB+HJ
wwww
キモい

127 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:29:21 ID:K+nGsYJR
ID:+CFs/1FPが正しい仏教徒だってことだよ
糞ども

128 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:30:57 ID:K+nGsYJR
そろいもそろってキリスト教以前のコテどもが質問に答えようとしやがって

129 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:39:26 ID:cEUzQ+qQ
>>91
福音書はお伽話、と書きました。削除が必要なほど、
悪いことを書いたのかな?


130 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:45:26 ID:cEUzQ+qQ
>>106
何をとぼけたこと言ってるのですか。自ら作り出した幻影――
その幻影に執着することを、仏教では煩悩と表現して
いるのです。

131 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:50:01 ID:cEUzQ+qQ
>>112
病気も死も幻影です。幻影を現実と取り違えることから苦しみが生じます。
それが仏教の説く煩悩です。

132 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:51:54 ID:8LiSizOv
>>130
それが目的だとあなたはおっしゃるのですか?
とんだ勘違いを押し付けるものですね。
そんなものは、仏教でも何でもないです。
それこそ、グノーシス主義ですね。
仏教はペシミストの養成所ではありません。

しかし、まあ、キリスト教は隣人を攻撃するのが好きですネェ〜

そんなことでは、キリスト教は世界の概念を永遠に提示できないで終わるでしょう。
困ったものです・・・・・・

133 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:53:36 ID:cEUzQ+qQ
>>120
それならキリスト教徒は、全員が偶像崇拝者ですな。正しい神はアッラーだけ、
とフセインが言っていたも〜ん。

134 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:57:02 ID:cEUzQ+qQ
>>132 それが目的だとあなたはおっしゃるのですか?

日本語の読解力は大丈夫ですか。仏教の目的は
煩悩を超えることです。

135 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:58:17 ID:mrmeypIS
>>128 m(_ _)m

136 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:59:13 ID:8LiSizOv
>>134
仏教スレに行ってね(^O^)/

137 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 20:18:13 ID:yv0t/Vqf
以降、スルーでいきましょう。

138 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/16(木) 22:50:37 ID:eCuXZzfw
>>131
>病気も死も幻影です。幻影を現実と取り違えることから苦しみが生じます。

幻影だというのが仏教の教えだというのは知っていますよ。
ですから、幻影だというのは嘘だと言っております。

この世というのは、生と死が同居している世界ですから、
絶対的な存在というのは無いとも言えるし、在るとも言えるのです。
生と死が交互に現れているから、実体(生)は在るとも言えるし
無いとも言えるのです。
言い換えれば、瞬間瞬間には、確実に存在はしているのです。
ですから、仏教徒が考えているように、この世が幻影だと言うことは
出来ないのです。

痛みも苦しみも幻影ではなく、リアルなものです。
それは、限定的ではありますが、地獄や死を味わっていることだからです。

139 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/16(木) 22:53:36 ID:eCuXZzfw

逆に言うならば、限定的ではありますが、
天の国も、今ここにあることになります。

私たちは、この現実世界において、この天の国を認識して
掴み取る必要があります。
死んだら天国や地獄に行く、というのは人間の考えであって、
この世に生きている時の、その人の意識が天に向いているか
地獄に向いているか、によってその後の進路が決まるのです。

140 :暇人:2006/11/16(木) 22:55:28 ID:PIqMimjM
仏教一般が この世を幻影と考えているのではなくて
中期大乗の唯識の影響下で独自展開した思想でしょ それは

141 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/16(木) 22:59:06 ID:eCuXZzfw
>>113
>あるがままに受入れることに苦しみはありません。

こういう思想が、仏教を信じているという人の多くが陥っている過ちです。
ありのままに受け入れようがいまいが、「痛み」は「痛み」として
当然感じるのが人間です。そのように創られているのだから、それが当然なのです。

痛みの無い世界というのは、新天新地の時代を待たなければなりません。
今の私たちの肉体では、痛み、苦しみ、死を感じないわけにはいかないのです。

142 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 00:21:26 ID:wZcXGbn/
>>141
痛みのない世界じゃなくて、痛みを克服しようという思想でしょ。
仏教が何たるかを理解出来ずに、思想批判は、どうかと思いますよ。

143 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/17(金) 00:26:58 ID:4JuJy97M
>>142
キリスト教スレで仏教の話もいいけど、
この『キリスト教質問箱』ではやめてほしいです。
下記スレ、談話室でどうぞ。
【カニは】キリスト教@談話室304【おいしい】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163423041/

144 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 01:22:28 ID:1l9tUQny
>>142
>痛みのない世界じゃなくて、痛みを克服しようという思想でしょ。
>仏教が何たるかを理解出来ずに、思想批判は、どうかと思いますよ。
それは違います。
克服しようという教えではありませんよ。
仏教の教えでは、この世というものが諸行無常であると説き、
生まれるということも無く、死ぬということも無く、
それゆえ、痛みや苦しみも本来は無いということを説きます。
この世のすべては、実体が無いと説きます。
しかし、それは観念上のことに過ぎないのです。
実際には、私たちが生きているこの世というものは、単なる
幻影ではないからです。ここに仏教思想の誤りがあるのです。
ちなみに、私はかつて仏教について聖書と平行して学んでいました。

145 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 01:26:06 ID:1l9tUQny

「本来的な実体」のことを、神とよんでもよいのです。
なぜなら神ご自身が、「我は在りて在る者」と自己紹介しておられるからです。

神は実体そのもの、存在そのものであられるお方です。
この世は、神と悪魔がどちらも干渉しているために
永遠も死も、どちらも不完全な現れとなっています。

どちらを選択するかは、人の自由意志にまかされています。

146 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 01:27:56 ID:1l9tUQny
>>142
>痛みのない世界じゃなくて、痛みを克服しようという思想でしょ。

まったく違います。
仏教は、何かを克服するという思想ではありません。

147 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 01:33:23 ID:1l9tUQny
時間というもの自体が、「命」と「死」とがせめぎ合っているために
あるのです。
この時間も、いずれは無くなり永遠に入ります。

神と悪魔が完全に切り離されたなら、永遠の命と永遠の死とが
現れることとなります。

148 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 01:47:36 ID:bkB1pRyg
質問です
1、一度何処かのカトリックで洗礼を受けたとします。
  その後プロテスタントに改宗したらもう一度プロテスタント
  の、洗礼をうけるのですか?
  つまり、一生の間に何回か洗礼を経験することもありうるので
  しょうか。
2、よく、テレビや映画で食事の前のお祈りや、寝る前などに
  お祈りしてる場面でのせりふは、決まり文句があるように
  見えますが、お祈り集のようなものがあるのでしょうか?
  あるとすれば、何処で手に入れることができるのかご存知
  のかた居りましたら教えてください。

149 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 01:53:41 ID:uH8kT0wG
質問。三日後の復活の証拠は?

150 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 02:00:33 ID:1l9tUQny
>>148

1.について
洗礼は一回だけ、それで有効のはずです。
しかし、できればカトリックのままでいた方がよいと僕は思います。

2.について
「祈りの友」というカルメロ会の本があり、
その中に「食前の祈り」があります。
つい最近まで、ほぼ毎日祈っていました。

また、カトリック中央協議会から出された「日々の祈り」という
本もあるようです。

151 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 02:01:57 ID:1l9tUQny

カトリック関係の本であるなら、四谷のサンパウロが
もっとも有名です。

http://www.sanpaolo.or.jp/info/information.htm

152 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 02:03:17 ID:1l9tUQny
>>149
>質問。三日後の復活の証拠は?

正確には、三日後ではなく、三日目に復活されました。
証拠は聖書の記述です。

153 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 03:19:36 ID:bkB1pRyg
>>150
ありがとうございます。
ちなみに、プロテスタントからカトリックへの
改宗もおなじでしょうか?またたとえば
俗に、異端と呼ばれているキリスト教などでも
同じでしょうか?
それと、カトリックのままでいたほうが良いとの事
ですが、意味を教えてください。
よろしくお願いします。
申し送れましたが、私は、キリスト教徒ではありません。


154 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 04:11:25 ID:wZcXGbn/
>>144
幻影というのは、物質を否定するために言ってるわけじゃないんです。
固体としての実体がないということになれば、すべては、固体ではなく、皆、つながっているということ。
自分も隣人も関係ないということはないわけです。
否定することで物事を肯定する理論なんです。
固体としての実体が有るか無いかというより
固定概念から物事に対する執着を抜け出すためのプロセスが大切なんですよ。
また、仏教の説法が、対機説法、応病与薬というように
すべての人に同じように当てはめるものでもありません。
ですから、聖書と平行されても、意味がないと思いますよ。

155 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 07:56:18 ID:MaHSxbF1
>>150
なぜカトリックのままがいいの?

156 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 10:12:31 ID:xGRN34uT
>>153
>それと、カトリックのままでいたほうが良いとの事
>ですが、意味を教えてください。

カトリック教会は、イエスの言葉に従い、聖なるミサを
捧げている教会だからです。
また、告解(ゆるしの秘蹟)とよばれるものがあるためです。
プロテスタントには告解はないはずです。
ですから、カトリックはプロテスタントと比較して、よいところがあるのです。

157 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 10:33:26 ID:6eGg29J9
ダニエルさんはプロテスタントの教会に行ってるそうですが?

158 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 10:45:41 ID:XEo9clYW
>>155
あなたがもしイエス・キリストの救いにあずかりたい、と願っておられるなら、
プロテスタント教会のほうがよいでしょう。

イエス・キリストさまの救いのまえに、いっさいの差別、へだてはありません。
イエス・キリストさまの救いは完全で欠けたるところがないのです。
イエス・キリストさまは世の終わりの最後の瞬間まで、救いにあずかろうとするすべての者を、
神の国へまねいてくださろうとしています
「信じる者」をわけへだてなくすべての人をお救いくださるのがイエス・キリストさまなのです。
「ゆるし」はイエス・キリストさまの救いを信じる「信仰」によって、
あたえられています。
「告解」は救いを信じて受け入れていない「ノンクリスチャン」の方々にとっては、
必要なものなのかもしれませんね。

159 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/11/17(金) 11:08:51 ID:+K4VK/4s
>「告解」は救いを信じて受け入れていない「ノンクリスチャン」の方々にとっては、
>必要なものなのかもしれませんね。

告解について誤解されていると思うです

なぜ 罪を犯すたびに神と和解することが クリスチャンにとって必要でないのですか
プロテスタンとの方だって なにか悪いことをしてしまったら 神さまに許してくださいと祈ったりするんではないのですか
信じても洗礼を受けても クリスチャンは人間の弱さを持っています 告解は必要です

160 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 11:27:05 ID:XEo9clYW
>>159
罪を赦してくださるのは人なのですか?それとも神なのですか?
人の前に犯した罪なら、その人の前に赦しをこうべきでありましょうし、
神の前に犯したのなら、神の前に赦しをこうべきではなのですか?
いずれにしろ、神は聖書の御言葉にもあるように祈りをとおして、
わたしたち人間と語らってくださるのですから、
あいだに人間の仲介を置く意味は、少なくと聖書的にはなんらありません。
少なくとも信仰によって歩むプロテスタント信仰者はみな、
罪を犯そうが犯すまいが普段から、聖書の御言葉をとおして、
神と語り合うひとときをもつようにしています。
それが「信じて救われる」ということです。

161 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 11:28:53 ID:XEo9clYW
>>159
罪を赦してくださるのは人なのですか?それとも神なのですか?
人の前に犯した罪なら、その人の前に赦しをこうべきでありましょうし、
神の前に犯したのなら、神の前に赦しをこうべきではないのですか?
いずれにしろ、神は聖書の御言葉にもあるように祈りをとおして、
わたしたち人間と語らってくださるのですから、
少なくと聖書的にはなんら、あいだに人間の仲介を置く意味はありません。
少なくとも信仰によって歩むプロテスタント信仰者はみな、
罪を犯そうが犯すまいが普段から、聖書の御言葉をとおして、
神と語り合うひとときをもつようにしています。
それが「信じて救われる」ということです。

162 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/11/17(金) 11:34:33 ID:+K4VK/4s
>>161
告解(ゆるしの秘跡)はひとつの秘跡であって つまり神さまのなさることのあとかたです
罪を犯すのはわれわれ ゆるしてクダサルのは神さまです

163 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 11:37:35 ID:XMJ8z3gS
>>161
兄弟で祈りあうって意味わかってっか?


164 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 11:45:34 ID:XEo9clYW
>>162
>罪を犯すのはわれわれ ゆるしてクダサルのは神さまです。
よくわかってらっしゃるじゃないですか?
だから信じて救われているのですよ。
信じて救われることに人間の仲介が必要なのでしょうか?
神父の取次ぎがなければ、赦しの願いも聞き入れないとしたなら、
イエス・キリストの救いは少なくとも完全ではありません。
しかし幸いながら、神はわれわれ信じて救われた者の祈りの声を、
もれなく聞きいれてくださるのです。
それゆえわたしたちは、少なくとも信仰によって歩むプロテスタント信仰者はみな、
罪を犯そうが犯すまいが普段から、聖書の御言葉をとおして、
神と語り合うひとときをもつようにしているのですよ。
わかりますか?

165 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 11:55:59 ID:XMJ8z3gS
>>164
じゃあ
洗礼も聖餐もいらねーじゃんw
一人でシャワーでも浴びて パンかじればOK?w

教会も礼拝もイラねーなぁw

166 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/11/17(金) 11:57:34 ID:+K4VK/4s
>>164
プロテスタンとのカタノおかんがえはよくわかりましたです どうも

>罪を犯そうが犯すまいが普段から

こちらからプロテスタンとの方に質問させていただけるならば
罪を犯すたびにそれを痛悔して ふたたびそれをやらないようにする という祈りはしないのかな という点が不思議です

167 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 12:01:09 ID:XMJ8z3gS
御言葉を通して祈るだけでいいなら
なんでプロの教職は按手が必要なんだい?w
信じるだけでOKなはずだろ?w
人の仲介なんていらないじゃんw
聖書から聖霊が来るんじゃねーの?w

168 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:23:12 ID:XEo9clYW
>>165
そうですよ、ですからプロテスタントの信徒は聖書一冊あればどこへいっても、
聖書の御言葉と祈りをとおして神と交わっていくことができるのです。
神さまとの交わりのひとときを信徒みんなでもつことと、
聖書の御言葉をとおして神さまと1対1の関係で交わるひとときが、
どうもあなたの心のうちでは対立しているようですね、それはほんと不思議。
しかし、どうであれ信仰はあくまで神さまとその人とのあいだにあるものであって、
第三者がとやかく口出しできるような性質の事柄ではない。
あなたがどの程度の信仰をおもちなのか知りませんが、
すくなくとも信仰に対するその程度の認識はおもちなのでしょう?
わたしがいつ洗礼や聖餐の意義を否定しましたか?
それらは聖書の御言葉にもあるようにイエスさまご自身がお定めになったことです。
よほど聖書の御言葉をとおして祈り神と語らいのひとときをもてるという、
信徒にとってはあたりまえのことが、あなたにとっては気がさわったようですね。
もっとも正統な信仰を継承するプロテスタント信仰者にとっては、
日常的なあたりまえのことでもカトリック教徒の方にとってはめずらしいのかもしれませんが。

169 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:42:17 ID:+9pHZk1i
サロメとかいう人はなぜカトのふりをしてるんだ

170 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:45:32 ID:XEo9clYW
>>166
イエス・キリストさまの救いに信じてあずかった人が、
どうして「ふたたびそれを」やってやろうなどと祈ったりするものなのでしょうか?
それは祈りをするしない以前の問題ではありませんか。
もっともほんとうに信じて救いにあずかっている信仰者なら、少なくとも、
プロテスタント信仰者にとってはあたりまえのことですが、
この罪を犯している、あの罪を犯しているという具体的な認識があろうがあるまいが、
神のまえには数多くの罪を犯してきている、これからも犯すかもしれないだろうという、
謙虚な認識はもっているものではないですか?
それはつまり神のまえに犯してある罪とは、道徳や法律の内容とは違うからです。
カトリック教では違うのでしょうか?
あなた自身で認識できる、あるいはしている罪だけが、
おそらく神のまえに罪なわけではない。
あなたがもし自分で罪を犯した、と認識したときにのみ、
その犯した罪に対して赦しを乞うというのであれば、
それはあまりにも浅はかな考え方ではないでしょうか?
それゆえ、わたしたち「信じて救われた」プロテスタント信仰者は、
聖書の御言葉と祈りをおとして、神との語らいのひとときをもつこと、
交わりをなにより大切にしているのです。

171 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 12:48:28 ID:XMJ8z3gS
>>168
でちゅくさいw

じゃあ使徒の定めは無視なさるんですか?w

172 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:49:23 ID:XEo9clYW
>>170で「下部」消えている部分です
それゆえ、わたしたち「信じて救われた」プロテスタント信仰者は、
聖書の御言葉と祈りをとおとして、神との語らいのひとときをもつこと、
交わりをなにより大切にしているのです。


173 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 12:54:11 ID:hrwMYNoR
お答え

プロテスタントといっても一様ではありません

174 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 13:03:12 ID:XEo9clYW
>>170で「下部」消えている部分です
それゆえ、わたしたち「信じて救われた」プロテスタント信仰者は、
聖書の御言葉と祈りをとおして、神との語らいのひとときをもつこと、
交わりをなにより大切にしているのです。
>>171 でちゅであってもなくてもさして意味はないでしょう。
こういう掲示板では「誰が書いたか」ではなく、
その「書かれてある内容」こそが読む人にとってはもちろん、
書いた当人にとってももっとも意味をもつのではないですか?
誰が書いていたとしてもさして大きな意味はない。
読んでもらえたならそれでいい、ということではないですか。
ハンドルネームをつけるのは主張や意見の一貫性を読む人に理解していただくため、
あなたは違うのですか?
質問に対する答え
あなたの「信仰」があなたを「救う」のですよ、わかりましたか?

175 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 13:58:10 ID:XMJ8z3gS
>>174
こらでちゅw
使徒の定めも無視すんのか?
あと洗礼は浸礼と滴礼 どっちが主の定められた洗礼なのさ?
聖餐のパンは? 聖体の変化は?

どれが正しい聖餐なのか答えろw

176 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 14:10:08 ID:XMJ8z3gS
でちゅが属してる日本福音同盟は 極左分子に汚染され 反日活動に加担している
もじ通りの過激派であります
ご注意ください

177 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 14:15:26 ID:XMJ8z3gS
福音派に質問です

アメリカの福音派はアメリカ合衆国に忠誠を誓い 星条旗と国歌を
敬わないのですか?
もし敬っているならば なぜ日本人のクリスチャンが日本を尊び
国旗国歌を大切にしてはいけないのですか?

178 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 14:16:46 ID:SV7OZeQ+
アメリカはキリスト教の精神にもとづいて建国されているからいいんだろう。

179 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 14:20:35 ID:XMJ8z3gS
>>178
当初から信仰の自由を保障しています


180 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 14:24:17 ID:SV7OZeQ+
キリスト教の精神・・つまり侵略主義ね。
侵略主義ならOK。日本は八紘一宇だからダメ。

181 :─────y──────:2006/11/17(金) 14:33:13 ID:nN0rAtOW
           ∧_∧                     
          <;`∀´>   ニダ                 

182 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 14:35:11 ID:SV7OZeQ+
キリストで天下統一することがキリスト教徒の悲願。
仏教徒は仏教で天下統一することが悲願。一番の願い。

183 :─────y──────:2006/11/17(金) 14:37:51 ID:nN0rAtOW
         /:|.              /:|
        /  .:::|            /  :::|
        |  ...:::::|           /u  ::::|
       i  ノ (  低脳チョン /   ::::::::|
      /_,, ⌒  u   . _        ::::::::::::\ 
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           :::::::::\
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::::::\
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::::::::::\
  /  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::::::::::::/
  \ ) し ∨.|llllllllllllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /  :::::::::::::::::/
   \⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::::/
     |  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
     .|  | |.|llllll|′  /    . |  u .|     :::::::::::/
     .| | |.|llll|    |     .∧〔   /   u:::::::::::::|  ←低脳腐れとむ
      ヽ}.∧lll    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
       i/| \┌┌┌┌┌ /. / /:::     :::::::::::::::::i
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄| i/::::::::::: u          i
        ヽー─¬ー〜ー――i | :::::::::::::

184 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 14:38:23 ID:nN0rAtOW
ゴバク

185 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 14:46:25 ID:XMJ8z3gS
いや正論

186 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 16:13:17 ID:CB8CRt/H
アメリカ合衆国憲法が成立した時はプロテスタントの白人の権利しか認めていなかったらしい。
いわゆるWSPね。原住民やカトリックや黒人は対象外だったらしい。
アメリカが本当に自由の国だと幻想抱いてる人いるのかな。

187 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 16:19:53 ID:XMJ8z3gS
>>186
つ 合衆国憲法修正第一条

まぁ亥スラムの住みかなんて生き地獄だけどな

188 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 16:32:15 ID:LVPyHJLp
私たちも人を赦します・・・と祈ってはいるものの
どうしても赦せない人間が何人かいます・・・
ですからこのように祈っていても
自分はイエス様に嘘をついているのではないか・・・
この偽りの自分の祈りはイエス様には当たり前のように見透かされていて
哀れな奴だと思われているのだろうな・・・とか様々な葛藤が沸いてきます・・・
この様な場合はどのように対処するべきですか?

189 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:18:28 ID:2OiYRsCu


190 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/17(金) 17:39:51 ID:x/kroB0l
>>188
人間は弱いので簡単に弱点がなくなるわけではありません。
あなたはすぐにその人を赦さなければならない。と、いうわけではありません。
いつか赦すことができれば良いのです。経験上「時」が解決する事が多いです。
今は赦せなくともいつか赦す時がきます。今はその試練なのです。

191 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 18:07:25 ID:nN0rAtOW
エクソシストについて語れ

192 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 18:32:58 ID:FAzy1BJp
>>188
許せないひとがいても、それも実在ではなく想念の波が消えてゆく姿なんですよ。
消えてしまう泡みたいなものです。とにかくこだわらないことですね。
何か出てきたら、いつでも世界人類の平和をいのって、
神様のみ心の中に入れてしまうというか自分がその中に入ってしまえばいいんですよ。
やがて嫌なものもすべて消えてしまいますから。現象そのものに悩むよりも、
それらは消えていくものとして、ただ神様の気持ちになって祈ることだけしているのがいいです。

193 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 18:36:37 ID:XMJ8z3gS
>>192
髭オヤジはもう地獄に行ってますよ?

194 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 19:53:48 ID:epACUdWA
神を信じない限り、いずれ最後の審判を受ける際に地獄に落ちてしまう、とキリスト教は言ってますけど
キリスト教を知らない、又は信じない人、例えば、子供、仏教やイスラム教を信じている人、ボランティアや寄付、
援助などを行っている人、欲に縛られず節制した生活をしている人が地獄に落ちる理由が分かりません。


195 : ◆konbu//XQ6 :2006/11/17(金) 20:02:36 ID:rW3Nl05S
彼らにとっては、信じてないって、だけで罪なんでしょう。
私は別にいいけどね。
地獄に落ちても。

それに、キリスト教の世界観は我々の天国や地獄の考え方とは違うよ。
彼らにとって、火葬があり得ないのは、そこから来てるんだから。

みんな一度生き返るらしいよ。
最後の審判を受ける前に。
身体のない人がどうするか知らないけどw

196 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 20:03:02 ID:Nseetgc5
食いつきが悪いから
スピナーできたかw

197 : ◆konbu//XQ6 :2006/11/17(金) 20:05:58 ID:rW3Nl05S
>>196
スピナーって?

198 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 20:20:38 ID:5ekaVByy
>>197
ルアーフィッシングに用いるルアーの一種。

199 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/17(金) 20:29:46 ID:x/kroB0l
>>194
罪有る者は天国に行けません。罪を清めるには神様を信じる他に方法はない。
これは神様がお決めになられたことだから、あなたが「それはおかしい」と
思ってもしょうがないのである。

200 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 20:36:50 ID:LGHF8Z6u
>>184,195
神を信じない限り神に罪とみなされ滅ぼされるというのはその通りだけど、
実際にはまず「アダムらの不服従(原罪)によって、神から見てすべての
人間は罪と見なされている」という前提があります。その人がどんなに
「良い人」かは関係なく、人はみな神から見て「滅ぼすべき罪」なのです。
そして、神に赦されるためには、神を信じ服従すること。神への不服従に
より神から罪とされた人間が神に赦されるためには、神を信じて服従する
しかないですからね。ですから、神を知らなかった人、異教徒などはすべ
て神に滅ぼされ永遠に苦しめられます。
「罪」とは、神に従わないこと、なのですから。それは神を知らなかった
としても同じこと。

201 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 20:38:53 ID:epACUdWA
>>199
神様は、宇宙を創造した。人間も然り。人間は知恵の実を食べたか、蛇にそそのかされたかで
神から追放されたみたいな感じらしいけど、そもそも何故神が知恵の実やら蛇やらを創ったのかが分からん。
神が人間に罪を持たせたようなものじゃないですか?

202 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/17(金) 20:48:20 ID:x/kroB0l
>>201
>神が人間に罪を持たせたようなものじゃないですか?
その通リ!それも神様の想定の範囲内。全ては御子イエスの為である。

203 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 20:49:27 ID:XMJ8z3gS
>>200
中絶された胎児は?

204 : ◆konbu//XQ6 :2006/11/17(金) 20:54:22 ID:rW3Nl05S
>>198
なるほど。
フライならやってみたくて、一式揃えたんですけどね。
ルアーは知らなかった(^O^)/アリガトォw
まあ、内容は知らないw

>>200
しかし、信じる神や信仰の仕方によっても地獄に落ちるんでしょw
そして、そんなこととは関係なくはじめっから決ってるとも言われてるし・・・・・・
とりあえず、神様がそう言ってるという確約もないわけですしね。
私は、眉に唾をつけつつ、うふふふっヽ(^。^)ノw!


205 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 20:57:35 ID:1l9tUQny
>>161 XEo9clYW さん
>罪を赦してくださるのは人なのですか?それとも神なのですか?
>人の前に犯した罪なら、その人の前に赦しをこうべきでありましょうし、
>神の前に犯したのなら、神の前に赦しをこうべきではなのですか?

罪を赦すのは神だけ、というわけではないのです。
なぜなら聖書にイエスの言葉として以下のように書いてあるからです。

ヨハネ福20:23
だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。
だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」

206 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 20:59:26 ID:1l9tUQny
必ずしもプロテスタントが聖書の教えに忠実かというと、
必ずしもそうではないことが多いと思います。

聖書に忠実にあるべきだと思います。

207 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/17(金) 21:05:26 ID:kroYm+x3
どちらが正しいとか間違ってるとかそんなレベルだから仏教徒に冷笑されてるの
気付かんの?
ダニエル、キミは霊によらず肉によって判断してるのだよ。

208 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 21:14:06 ID:1l9tUQny
>>209
>どちらが正しいとか間違ってるとかそんなレベルだから仏教徒に冷笑されてるの
>気付かんの?
僕は、どちらが正しいとか間違っているとか一言も書いていません。
なぜ、このようなことを書いてくるのですか?
僕は総合的に判断して、カトリックをおすすめしました。
ただ、それだけのことです。
カトリックが正しい、などとは一言も書いていません。

209 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 21:17:19 ID:1l9tUQny

最終的には、神と自分との関係になりますから、
結局、プロテスタントであってもカトリックであっても
それほどの差はないことになります。

命であるLiving god とともに生きればいいだけなのです。

しかし、プロテスタントには非常に危険な集団もありますから
カトリックにしておくのが無難だと僕は思います。

信仰の初期の段階では、偶像やメダイも役に立つことがあるかも
しれません。いつまでも信心に留まっていることはおすすめしませんが。

210 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/17(金) 21:21:06 ID:kroYm+x3
>>208
では何によって「総合的に判断し薦める」のだ?
その判断基準は?
詭弁は弄さなくていいよ。
>>しかし、プロテスタントには非常に危険な集団もありますから
カトリックにしておくのが無難だと僕は思います。
カトリックにも危険なカルト集団はいるし、それは個々人のうちにあるのだよ。
現行キリスト教会はほとんど病的だとおれは思ってるよ。
何をそんなに必死になってしがみついてるんだい?

211 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/17(金) 21:24:03 ID:kroYm+x3
じゃ、落ち☆

212 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/17(金) 21:28:50 ID:1l9tUQny
>>210
>現行キリスト教会はほとんど病的だとおれは思ってるよ。
>何をそんなに必死になってしがみついてるんだい?

あなたがそう思っていることについて、申し訳ないですが何の関心もありません。
また、教会は必死になってしがみつくものではありません。
教会に対してそのような認識を持つことは勘違いです。

教会というのは、同じ信仰を持つものが集う場所です。
また、共にひとつのパンを食べ、共に祈るための場所です。

ひとりで祈ることは非常に大切ですが、大勢でともに祈ることも
同様に大切です。

213 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 21:48:38 ID:XMJ8z3gS
仏教なんてヒンドゥーに笑われてるマイナーセクト

214 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 22:22:03 ID:yv4JM57H
>>190>>192
どうもありがとうございます
少し気持ちが軽くなりました

215 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/17(金) 22:24:47 ID:XMJ8z3gS
>>192は白光真光会だぞwww
ただの新興宗教の気休め

216 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 22:36:49 ID:Ze6wzCQP
>>100
あなたの「神」概念を聞きたい。


217 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 22:39:41 ID:Ze6wzCQP
>>100
あなたの「神」概念とはどんなもんですか。



218 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 23:14:34 ID:2U7Mputf
旧約聖書の神の名前って一体なんでしょうか。
エホバの証人は「神のみ名はエホバ」と言ってますが。
み名は、「主」でしょうか。それとも「ある」?それとも「エホバ」?
宗派によって違うのでしょうか。私はカトリック信仰です。

219 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 23:30:05 ID:RMN6sYeU
>>210
>現行キリスト教会はほとんど病的だとおれは思ってるよ。
なるほど。やっぱりそうか。
聖書の中から全ての人が納得できる教理を導き出すのは難しいよね。
なんかジグゾーパズルみたいな気がする。
この聖句とこの聖句を組み合わせると、こんな絵ができる。で、その部分だけ見ると
なんとなくそれらしく見えるけど、全体的に見るとやっぱりまともな絵になってない みたいな。
誰がやっても、同じ。全体としてみるとどうもアンバランスな部分があるから、
次々に新しい教派ができていく みたいな。。。 

220 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/17(金) 23:41:00 ID:oIvyOCl0
>>218
そもそも、神の名の正式な読み方はわかっていません。
意味は英語で言う「be動詞」のようなものだとは思いますが。

学者の間では、「エホバ」という読みは読み間違いであるという考えが一般的で(これには私も賛同します。)、「ヤハウェ」「ヤーヴェ」などと読むのではないかと考えられています。

読み方がわからないなどの理由で、「主」と訳している日本語訳の聖書が多いということです。

教派による違いはそれほど感じたことはないですね。

221 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 23:54:04 ID:2U7Mputf
>>220
そうなんですか…。
ありがとうございます。

222 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 23:55:52 ID:zIa6gNPq
>>215
なんでその回答だけで信仰宗派が分かるのですか?

223 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/18(土) 00:00:15 ID:XMJ8z3gS
>>222
いや
現れては消えていく
世界平和の祈り

これ
完全に白光www
生長の家の分派です

224 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/18(土) 00:05:03 ID:1l9tUQny
>>218

神の名は、「I AM that IAM」です。

「わたしは存在している」というのが神の名です。
あるいは、「わたしは生きている」というのが神の名です。

人間の自我意識を考えてみてください。
人間は、誰もがみな、「自分はいる」と思って生きています。
これが、「神の名をみだりに唱える」ということの本当の意味です。

このことを神は、戒めておられるのです。
人は、禁断の木の実を食べてしまい、蛇が言ったように
「あなたは神のようになる」という言葉が本当のこととなりました。

自分が主人になっている意識、これが諸悪の根源であり、
神の名を自分のものとし、みだりに唱えていることなのです。


225 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/18(土) 00:07:58 ID:LrTvA7uv

神の名を崇めること、神に栄光を帰すること。

これは別の面から言えば、すなわち悔い改めなのです。

このことを真剣に受け止め、神の名を崇め、神のみを崇めなければ
なりません。

226 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2006/11/18(土) 00:09:38 ID:9fKI3xSB
そんな余計な解釈は要らないって。
文字通り、やたらと神の名を唱えるんじゃないってことだ。

227 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:12:08 ID:3LLxN+Lp
>>222
彼は異教批判と煽りのプロですから。
キリスト教についてもいろいろ言いますが、
最終的にはここに落ち着いています。
おそらく彼が異教に対するのと同じ基準でキリスト教批判を始めれば
いくらでもできます。でも、そこまではしないのです。
なぜかって? 救命ボートがなくなってしまったら困るからです。

228 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/18(土) 00:12:57 ID:b7SGkTec
>>227
おちつこうねw

229 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/18(土) 00:13:16 ID:LrTvA7uv
>>226
神の名が何を指すのかわかっていないのに、
どうやって、あなたはみだりに唱えることができるのですか?
わたしは世界中のどこにいっても、聞くことのできないことを
ここに無料で書いたのです。
神の名について、説明のできる人は、ほんのわずかしか存在して
いないのですよ。もちろん、ユダヤ人も神の名がわからないのです。

230 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/18(土) 00:16:20 ID:LrTvA7uv

神の名は、崇めるものであって、たびたび
唱える(つまり、呼び出すとか使用する、という意味)の
ものではないからです。
神の名を崇めるとは、つまり命の価値を尊び、森羅万象を
有らしめている神を崇めることとなります。
まったくの無料で書きました。もってけ、どろぼう。

231 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2006/11/18(土) 00:17:47 ID:9fKI3xSB
有料の書き込みってあるのか?

232 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:19:07 ID:3LLxN+Lp
>>226
彼は聖書に忠実をモットーにしていますが、
誰よりも「解釈」がお好きです。

233 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/18(土) 00:20:08 ID:dZEiWnoM
>>229
>>ここに無料で書いたのです。


あんた馬鹿?
あんたの話で、お金取れると思ってるの?

234 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/18(土) 00:20:27 ID:b7SGkTec
>>229
ユダヤ人は知ってたでしょ

235 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 00:24:57 ID:xI6dVAG3
>>224
おおお…なんか妙にすんなりと受け入れられる回答。
そっか。なんだか納得した。ありがとう。

236 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/18(土) 00:26:38 ID:LrTvA7uv

無料奉仕をして、なおかつ馬鹿あつかいされましたが満足です。
人に尊ばれるものは、神の前では忌み嫌われると書いてあるからです。
「神の名」ということについて、神学として解釈を確立した神学者はいないのです。
しかし、「神の名」ということは、聖書における読み解くキーワードなのです。
気が向いたら、「イエスの名」についても書くかもしれません。
こんな話は、日本以外で聞くことはおそらくできないと思います。

237 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/18(土) 00:29:30 ID:b7SGkTec
>>236
ユダヤの伝統で神の名ははっきりしてるって

238 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 01:14:30 ID:3LLxN+Lp
マタイ26:73
イエス様ってなまってたんですね。知りませんでした。

239 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/18(土) 01:18:26 ID:Gcmq6nIU
>>212
オレの質問には答えずにおまえ自身が言う「関心のないこと」にはしっかりレスかwww
もう少し内省しろよ

240 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 02:10:26 ID:xp95T1Hw
キリスト教に関する質問
1 神は何故アダムとエヴァが手に取れるところに、知恵の実を置いたのか?
完全である神は、完全であり、過ちを犯さない人間を作れなかったのか?
(作れなかったのなら、神は完全無欠の存在ではないのではないか?)
2 なぜ旧約聖書では、神はエジプト人を殺しまくったのに、
新約聖書では「右の頬を打たれたら???」のような思想に変わっているのか?
神は気まぐれなのか?
3 異端、異教徒の弾圧、殺害は正義か?
正義でないならば、十字軍や異端尋問に関わった人間を聖人から外すべきではないのか?

241 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 09:05:17 ID:B29Rjx1p
>>240
1 人間に罪を犯させる為。過ちを犯さない人間を「作れなかった」のではなく、
 「創らなかった」が正しい言い方、なぜなら罪を犯さない人間を創ると
 イエス・キリストが要らなくなるから。
2 イエス様が地上に来て律法を成就されたのです。旧約においてもイエス・
 キリストを見出さなければならないのです。
3 神の御心に叶ったものであれば正義と言える。但し誤まった戦いは悪である。

242 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 12:14:33 ID:sGXzsiIf
じゃあ全てはイエスキリストを誕生させるための神様のエゴ?
でも何のために?


もうひとつ。
キリスト教と神道って何か関わりあるの?

243 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 12:26:34 ID:kHzk4M8v
>>241
旧約では、ヨシュアら神の信者たちが神の命令で異教徒の町を次々に襲っては住民を皆殺しにして財産を略奪したりしているけど、こうした略奪や虐殺も神の命令で行ったものなら「正義」になるの?
「神の御心に叶った」異教徒の殺害が正義ということは、今後も神の信者たちによって「正義」の異教徒殺戮が行われる可能性があるということ?

244 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 13:01:32 ID:wYD9p+QS
はぁ?
異教徒であっても「神の御心に叶った」ひとは救出されていますよ

245 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 13:03:50 ID:EHpkFqRk
真に神の意思なら洪水を起こして滅ぼすのも
イスラエル人を動員して滅ぼすのも同じことでは?

また救い以前の時代と、救いがもたらされた現代とでは単純に比較は出来ない

246 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 13:44:07 ID:HUbhWWAF
なんで日本では進化論なんて間違ったものを教えているんですかね?
進化論なんて嘘っぱちなのに。

247 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 13:53:37 ID:hfV/5E8c
母なる大地
これは卵子
父なる神
これ精子
卵子が精子と結合し体内で育つ
そして出産
これって進化論に当てはまるんじゃね?

248 :◆82SSORBSMo :2006/11/18(土) 14:37:24 ID:6jMwR1Xg
>>246
この国の官僚たちは神に反感を持っているのだと思う。

249 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:57:33 ID:euikjTj6
>>233
無料で教えてやってるんだ、という傲慢さは
彼のどこから出てくるのでしょうか。
彼の信仰から出てくるのではないのでしょう
か。

250 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/18(土) 15:01:50 ID:uVSJtsN/
>>248
そいつにNHKもいれておきましょう。

251 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:03:41 ID:euikjTj6
>>246
信仰者の立場で断言しますが、進化論は正しくありません。ダーウィンさえ
晩年には、「あれ(進化論)は若い者が考えつくような未熟な説」と自己批判
しています。
進化論提唱者が間違いだったと言っているのですから、私たちは進化論を
無視してよいでしょう。

252 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:04:31 ID:2cG0EnRr
宗教を理由に殺戮を犯すのか。
それを望む神は、神ではない。

人間は、己と神を重ね過ぎる。



253 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:07:03 ID:HUbhWWAF
子供を邪悪な悪魔の教育、進化論で洗脳するのはいかがなものか

254 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:17:57 ID:S0vWbUjd
ユダの中にサタンが入った、と聖書に書いてあるけど
どうしてユダだったんですか?質問。

255 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:26:29 ID:z/v1+fsQ
>>254
ユダは、会計係だったのです。
これは、非常に重要な勤めなのです。
弟子達の序列でいうと ペトロに次ぐ第2位です
序列第一位のペトロは、3度イエスを知らないと公言します。
序列第2位のユダは、イエスを神殿勢力に引き渡します。

つまりこの両者は弟子達を代表しイエスを裏切ったのです。

256 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:10:20 ID:xqSQxJoF
 唯一無二にして完全なる絶対神に子などあるわけがありません。イエスを神の子とする教義は間違っていると思います。進化論が間違っていると批判されていますが、キリスト教の教義も間違っているとしか思えません。
 福音書にある弱者をいたわるイエスの行為と、憐れむ気持ち、神への信仰さえあれば三位一体やイエスが神の子といった教義など、どうでもいいと思うのですが、どうなのでしょうか。


257 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:11:53 ID:uX6/Pou6
人間が猿から進化するなんてありえん
進化論は間違い、聖書が正しい

258 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:17:55 ID:sGXzsiIf
242の質問に答えてくださいますか。

259 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:18:33 ID:K4d5mx1M
>>255
最近発見された「ユダの福音書」は読んだの?新しい発見があれば、そのつど
聖書の誤りを訂正すべきです。
「ユダの福音書」によれば、イエスがキリスト教の将来を確保するために、彼
が最も信頼したユダと「共謀して」、「意図的に」十字架に上ったそうですが。
反証がありますか。

260 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:26:45 ID:MdYlhn9W
三位一体やイエスが神の子といった教義など、どうでもいいと
俺も思うけど、
イエスが私を通して出しか救いに至る道はありませんって
いってるんだから、イエスは救い主だと
信じる事は必要だと思うよ。

261 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:30:22 ID:K4d5mx1M
>>260
君は、詐欺師の言うことを、確認もせずすべて信用して騙されるタイプw。
世の中には、イエスをはじめとして詐欺師がうようよいるから、注意した
ほうがいいよ。

262 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:32:09 ID:MdYlhn9W
>>261
ありがとう。
でも人の宗教の自由までどうこう言うのは人権侵害だよ。

263 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/18(土) 16:42:20 ID:cSc3ihb5
>>257
人工的に猿の群れを木のない水辺へ隔離し
海産物だけを採らせて生活させ続ければ
ひょっとすると50万年くらいして水に慣れた
人間っぽい生き物に変異してるかもしれない
山から追放された彼らが生み出す神ってのは
はたしてどんな神だろうね

猿がいづれ自然に人間になるというのはウソだよ
繁殖しても猿は猿。ヒトはヒト

264 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 16:50:31 ID:K4d5mx1M
>>262
>でも人の宗教の自由までどうこう言うのは人権侵害だよ。
憲法も、人間の営みを律するものだから、「信教の自由」は無制限ではない。
「公共の秩序」や「道徳」、つまり現代の社会通念に反することは許されて
いない。

265 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/18(土) 17:01:32 ID:0BqIyl0k
>>264
あほ?
キリスト教信仰そのものがどう公序良俗に反するんだよ。
反してるのは反社会的カルト信仰に陥った場合だろ。
反社会活動でない限りカルト断定は安易にするべきではない。
信仰は個人の心の問題だ。
そもそもイエスがどう詐欺師なんだ?
確証がなければおまえのほうが偽証罪、つまり詐欺師だぞ。

266 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/18(土) 17:01:46 ID:cSc3ihb5
暇なのでとりあえず反証
>>259
ユダの福音書に「意図的に共謀した」という記述はありません
日本語版の広告でそう宣伝してるので
そう受け止める人はいるかもしれませんが、
ユダ福においてユダの裏切りはユダ自身の意思です

267 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:06:24 ID:UB8zbJSt
キリスト教徒はイエスキリストの花嫁と言うのは得意の比喩ですか?
私は本当にイエスキリストとまぐわってみたい
霊的にまぐわうことだろうとは思いますが
エクスタシーにまでのぼるにはどのようにまぐわえばいいのかアドバイスください

268 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:10:22 ID:3LLxN+Lp
>>241
神はマッチポンプでした。か。キリスト教の限界。情けない。
だから>>242のようなこと言われても何の反論もできないんだよ。
こじつけでもいいから、もっとそれらしい説明できないの?
2番の回答は意味不明。
>>245
>また救い以前の時代と、救いがもたらされた現代とでは単純に比較は出来ない
も少し説明お願いできませんか?

269 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:14:06 ID:3LLxN+Lp
>>249
どういう意味?

270 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:16:13 ID:3LLxN+Lp
>>251
どこが未熟なのか、ちゃんと説明してくれないと。

271 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:20:11 ID:MdYlhn9W
>>268
責任をとるのがマッチポンプという呼び方をするなら
そういうこともできるだろうなー。
子供を作って育てる。でも子供が俺なんか生まないでもよかった。
なんて子供が親に向かって言う状態はまさにマッチポンプだと
言ってるようなもんだからなー。

272 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:20:17 ID:SKi1wFsF
正確には、歴史上キリストの福音により救われた全ての人たちからなる集団を
キリストの花嫁にたとえているのだと、私は解釈しています。

そのキリストの花嫁にたとえられた時代・場所・民族をこえた集団こそ
神の視点からみた真の意味での教会(エクレシア=呼び集められた者たち)と呼べるのでしょう。

人類の贖いのため十字架で死なれ、福音により新しい命を与える人々のために復活された
救い主キリストの再臨こそが、子羊の婚姻にたとえられています。
キリストがすべての人をよみがえらせキリストの憐れみ・恵み・救いに与る人々が
キリストとともに永遠にともにおる事態が実現するからです。
その輝きと喜びのため、再臨された栄光のキリストによって栄光の体を与えられた人たちの
キリストとの顔と顔を合わせたシーンが婚宴にたとえられています。

273 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:23:51 ID:U8jJGoyT
キリストの花嫁ってカルトじゃなかったっけ?

274 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/18(土) 17:26:26 ID:uVSJtsN/
日本人は、4福音書の内容は信じようともしないのにユダの福音書は詳しく調べもせずに信じてしまうひとがいる。なぜだろうか。

275 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:32:46 ID:3LLxN+Lp
>>254>>255
ユダにサタンが入ったのは、序列第2位だからじゃなくて、
悪いことをしていたから。悪の条件があったから。
(ヨハネ11:6)
「財布を預かっていて、その中身をごまかしていた」

276 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:33:09 ID:SKi1wFsF
キリストは映像的・物語的な多様なたとえによって
神の経綸と神の国の様々な側面、福音のもたらすもの、永遠のいのちについて語っています。
新約聖書をご覧ください。

また、旧約聖書の雅歌から、神の贖われる人たちへの愛を読み取っているキリスト者は多いです。
それは神の愛を知りキリストの恵みに感謝し聖霊のうちに祈りつつ読み進める
信仰の上での大人に体験できる確信という幸いだとおもいます。
信仰の無い人、信仰があっても偽りを識別するのに弱い人にとっては雅歌から神の愛を受け
その神への愛が読み手のうちに形成される事態は起こらず、別の弊害が読み手に起こるかとおもいますが。

277 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:33:43 ID:SKi1wFsF
>274
日本人に限らない。

278 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/18(土) 17:38:10 ID:uVSJtsN/
>>277
そいつもそうですね

>>255
結局のところ全員が裏切ったといってもいいのではないでしょうか。
しばらくの間扉を閉めてぶるぶるしていたみたいだし。

裏切った後の行動がユダとほかの弟子とでは違ったのではないでしょうか。

279 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:50:09 ID:3LLxN+Lp
>>271
>責任をとるのがマッチポンプ
???
何の責任を取ったのか言ってごらん。
マッチポンプの意味をちゃんと調べてね。
「俺がいかに愛の存在か見せてやる」
「まず、苦しめ」
「どうだ苦しいか」
「よし、じゃ、助けてやろう」
「さ、俺の息子だ」
「信じたやつは、助かるぞ」
「もちろん、信じなければ地獄行きだがな」
「どうだ、俺の力と愛がどんなにすごいか分かったか」
「だから言っただろ。感謝しろと。俺は愛なんだ。愛。愛が何かわかるか。」
ってなもんでしょ。

280 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:56:01 ID:diF1yVPF
>>256
>唯一無二にして完全なる絶対神に子などあるわけがありません。
なぜでしょう?「唯一無二にして完全なる絶対である」ことが
「子の存在がありえない」ことにどうつながるのか、説明できますか?
もしかして「自分のイメージに合わない」からじゃあないでしょうね?

281 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:56:03 ID:MfG7gYpD
>>278
 ユダに関しては、それでも悔い改める機会はあった、
正に自殺に問題あり、という事ですね。


282 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:59:41 ID:z/v1+fsQ
>>240
>1 神は何故アダムとエヴァが手に取れるところに、知恵の実を置いたのか?
>完全である神は、完全であり、過ちを犯さない人間を作れなかったのか?
>(作れなかったのなら、神は完全無欠の存在ではないのではないか?)

「神は完全無欠の存在」だから 人間は完全無欠ではないのです。
なぜなら絶対とは 対を絶するものであり ゆえに
一つ以上の絶対は あり得ないから。

283 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:06:06 ID:z/v1+fsQ
ユダは 神対してでは無く 祭司長や長老に対して
後悔して罪を告白した(マタイ27:3〜)
ユダは 神に頼らずに 人に頼ったから 自殺することになった。

284 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:16:58 ID:3LLxN+Lp
>>282
こども?馬鹿?

285 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:19:56 ID:z/v1+fsQ
>>240
>2 なぜ旧約聖書では、神はエジプト人を殺しまくったのに、
>新約聖書では「右の頬を打たれたら???」のような思想に変わっているのか?
>神は気まぐれなのか?

いわゆる「右の頬を打たれたら???」の思想とは
ある人が 他人に一方的に殴られている様子を
第三者が見て その第三者が その争いを止める事 或いは 
その第三者が 殴っている人を止める事を 前提としています。
つまり 一方的に殴られている弱い人を 救うことを目的としています。

出エジプトも エジプト人に虐げられている イスラエルの人々を
救うと言う出来事だから 基本的に同じです。

286 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:22:38 ID:MdYlhn9W
ID:3LLxN+Lpさん。それがあなたの認識の限界なんでしょう。


287 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:23:42 ID:c++Yjpdw
VIPと生き物苦手板の最終戦争だ!!
虐殺野朗どもの最後の拠点を埋めるのだ!!!
お前らの正義を貸してくれ!!!!!!!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/
■自治スレ
VIP統一自治スレッド第二本社
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/116382223

288 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:23:47 ID:z/v1+fsQ
>>284
完全無欠が 複数あったら それは完全無欠ではないよね。
わかるかな?

絶対なものは 唯一です。
絶対なもの同士を 比較したら 片方が絶対ではなくなるよね。

289 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/18(土) 18:27:14 ID:c4ZSjkyt
>>285
今、その考え方と行為は危険だと思った
殴ってる側の怒りをさらに増長させるだけで
さらに火に油じゃないか?
>>283
ちがうと思う
ユダは神でもイエスでも祭司長や長老にでもない
ユダは何者にも頼らず自分に対し後悔し行動したんだ
だから自殺したんだ
 マタイ27:04
 「わたしは罪のない人の血を売り渡し、罪を犯しました」と言った。
 しかし彼らは、「我々の知ったことではない。お前の問題だ」と言った。

290 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:36:56 ID:z/v1+fsQ
>3 異端、異教徒の弾圧、殺害は正義か?
>正義でないならば、十字軍や異端尋問に関わった人間を
>聖人から外すべきではないのか?

聖人等は 良く解らない
で 異端・異教徒の弾圧等は 正義ではないとおもよ。

良く説教で 他宗派 他宗教の批判をする牧師がいるが
これは 正義ではないね。

唯一絶対の神の教えと 他宗教の教えを 比較すると言うことは
他宗教を批判する牧師が信仰する神は 他宗教信者の信仰対象と
比較可能な神ということだ これは唯一絶対の神への信仰ではない。

だいたい唯一絶対の神と 他のものを比較しようとする考えは
唯一絶対の神に対する信仰から出るはずが無い。

291 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:39:36 ID:3LLxN+Lp
>>285
聖書的根拠要望。
>>286
ちゃんと質問に答えてね。
マッチポンプ調べたかな?
じゃ、あなたの認識をどうぞ。
それじゃ、子供のけんかだよ。
>>288
>わかるかな?
わかりません。あなたじゃないもん。
馬鹿じゃないもん。

292 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:44:56 ID:MdYlhn9W
>>291
あーお前めんどくさい奴だなー。
じゃあちょっと真剣になってやるよ。
>何の責任を取ったのか言ってごらん。
神が人間を創造したからその責任をとったんだよ。
で?何かまだ言いたい事あるか?
というかお前に聖書を教えた奴は誰だ?
エホか?

293 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:50:52 ID:c++Yjpdw
>>291

294 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:51:36 ID:c++Yjpdw
>>291
じゃ、あなたの認識をどうぞ。
それじゃ、【子供のけんか】だよ。

わかりません。【あなたじゃないもん。
馬鹿じゃないもん】。
( Д )゜゜

295 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 18:58:01 ID:kHzk4M8v
>>290
比較というより「他のもの」を信じる人を、あるいは自分の信じるものを自分と同じように信じない人を「存在自体認めない」って発想が問題なんだろうな。
聖書の中で、神はカナンの異教徒を「憐れみをかけず滅ぼしつくす」よう、そして彼らの土地を奪い取るよう命じた。
そしてそれを「正義」と信じた神の信者たちは、実際に異教徒の町を次々に襲っては住民を皆殺しにして財産を略奪していった。
彼らは「唯一の神」のために、「他の神(と信者が信じていたもの)を信じる異教徒」が存在すること自体、否定しようとしてしまったんだろうね。
そして、残念ながらキリスト教の歴史において、また他の世界においてもこれと同じような「正義」の虐殺は、幾度となく行われてきた。
「自分の信仰に反する人たちは存在自体認めない」人たちによってね。

296 :ぬこ:2006/11/18(土) 19:08:08 ID:SE6DsUac
ええと、流れ無視して質問いいですか?
旧約ってどうすれば買えるんでしょう、普通の本屋さんにある?

297 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:17:43 ID:MdYlhn9W
>>296
ぐぐればいいんでは?
てかこの板、エホも統一もキリスト教かじってるから
変な質問ばっかで面倒だな。
それならまだ独学の仏教徒のほうがマシな気がする。

298 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:19:25 ID:jZ4eQ3k4
>296
少し大きめの書店で聖書として販売している書籍には
旧約聖書と新約聖書の合本にちゃんとなっていますよ。
ご安心ください。

片方だけの場合は、旧約聖書(通常、旧約だけは店頭にはないとおもいます。)あるいは
新約聖書と題名になっているはずです。
新約聖書だけなら薄いですよ。

299 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 19:19:40 ID:ZcioNAll
>>243
出エジプトの事かな?あれは虐げられていたものが、逆に金品をプレゼント
されるという奇跡を効果的にするための神様の演出と考えられます。
もちろん神様の命令なので聖戦です。これからもそういう可能性はないことは
ないですが今のところそのような予言は見当たりません。
>>267
人が最高に祝福されるのは結婚式ですよね、その祝福されるに喩えているのです。
もちろん男尊女卑なのでイエス様が花婿です。

300 :ignis ◆lux./oYs9M :2006/11/18(土) 19:27:57 ID:u+iYUGuZ
>>296
http://www.bible.or.jp/i/

旧約だけでも買えるですー

301 :ぬこ:2006/11/18(土) 19:28:05 ID:SE6DsUac
即レスありがとうございます。
何をどうググれば良いのか判らないほど
ネットもキリスト教も初心者なもので。
助かりました。
ちなみに、聖書(旧約新約)もエホバ 統一などによって違うんですか?

302 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:32:53 ID:kHzk4M8v
>>299
神は、「演出」のために信者に人を殺させたり他人の財産を奪い取らせるのかw
 
で、「今後も」また神の命があれば、神の信者らによる虐殺と略奪が「聖戦」として起こる可能性がある、ってわけだね……。
 
これらの町町の分捕り品と家畜はことごとく、イスラエルの人々
が自分たちのために奪い取った。彼らはしかし、 人間をことごと
く剣にかけて撃って滅ぼし去り、息のある者は一人も残さなかった。
主がその僕モーセに命じられたとおり、モーセはヨシュアに命じ、
ヨシュアはそのとおりにした
(ヨシュア記)


303 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:34:11 ID:3LLxN+Lp
>>292
>神が人間を創造したからその責任をとったんだよ。
創造の責任取ったって? 責任取らないといけないようなことしたんだ。
じゃ、神の創造は善じゃなかったって認識か。
真剣になって答えた結果がこれか。
>>279の流れのどこがおかしいか言ってごらん。
>あーお前めんどくさい奴だなー。
あなたは、人と話すときいつもこんな感じ? クリスチャンじゃないよね?
>お前に聖書を教えた奴は誰だ?
あなたの発言です。はい。
>>三位一体やイエスが神の子といった教義など、どうでもいいと
俺も思うけど

304 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:34:22 ID:FcQ0CbVl
ナマハゲと秋田県と拉致殺人の一考察
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/392-396


305 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:35:57 ID:MdYlhn9W
>>303
善悪は神が決めるんだろーが。
お前まじ何をどう思考してるんだ?

306 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:39:52 ID:jZ4eQ3k4
>301
翻訳者の拠って立つ信仰的土台、翻訳指針が異なるため日本語訳も異なってくるかとおもいます。
特に聖書以外に、特定の人物や集団、文書に聖書と同等あるいはそれ以上の権威を付与する
カルト宗教団体による日本語を含む各言語への翻訳には彼らに都合のよい「翻訳」がなされているという指摘も多々あるようです。
また、キリストの福音への信仰を持たない、あるいはキリスト教を積極的に否定する立場の学者による
翻訳の場合、ある種の「学術的」立場にバイアスのかかった翻訳も成立しうるのかもしれません。
(学術的立場も複数存在しうる状況の中で学者の動機付けに依存する仮説を選ぶため)

新約聖書のみ、あるいは旧約聖書の各書毎の翻訳でしたら
日本語だけでも多くの種類の翻訳があります。
>296さんのご要望に沿う旧新約聖書正典の全巻を網羅した日本語訳となると
現在、日本各地で一般に入手しやすいのは、「新改訳」と「新共同訳」になるかとおもいます。
ご参考まで。

小型聖書 - 新改訳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4264020034/
中型聖書 - 新改訳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4264020018/
日本聖書刊行会
http://www.wlpm.or.jp/seisyo/

小型聖書 - 新共同訳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4820212044/
中型聖書 - 新共同訳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4820212117/
日本聖書協会
http://www.bible.or.jp/main.html

旧新約聖書 - 文語訳
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4820212354/

307 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:43:48 ID:MdYlhn9W
>>303
>>279の流れのどこがおかしいか言ってごらん。
「俺がいかに愛の存在か見せてやる」 神が別に送る必要もないキリストを
わざわざ送ったのは愛だろ。

「まず、苦しめ」人間に神に文句言う資格はない。

まずお前はこれがわかってないよ。

>あなたは、人と話すときいつもこんな感じ? クリスチャンじゃないよね?

おいおい。クリスチャンだぞ。

>あなたの発言です。はい。

おいおい質問に答えろよ。


308 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:45:04 ID:jZ4eQ3k4
>296

お住まいの近くに、キリスト教書店がもしかしたらあるかもしれません。
少し大きめの書店にキリスト教コーナーがあったとしても、
多くの場合、信仰書や註解書などは無いことが多いかとおもいます。
キリスト教書店ならば、そういう書籍やポストカードなどの雑貨、CD、
近隣の教会でのイベント告知のチラシなどがあったりします。

どうぞ、ご参考ください。

キリスト教書店 - Google
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E6%9B%B8%E5%BA%97

309 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:46:04 ID:MdYlhn9W
>>302
おお、その通り。
しかしもう人間には神は直接語りかけないから
そういう事態にはならんけどな。

310 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:48:40 ID:H+Foge/9
質問
救世軍の調査によれば、
アポストロス宣教会は統一協会の下部機関だそうです。
これが宣教会のサイトhttp://jp.apostolos.org/
この組織は何をもくろんでいるのか教えてください。

311 :植木を植えんりー:2006/11/18(土) 19:48:43 ID:O5W+ndjz
質問です。
教会によって、信じないものは地獄へ行くというトコと
イエスが死も陰府も滅ぼしたのだから、地獄へいくなんてあり得無いというトコが
あります。
実際のところはどうなのでしょうか?信じない人は(仏教徒や無宗教は)、地獄にいくのでしょうか?

312 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:53:09 ID:MdYlhn9W
>>311
陰府にいってそこから天国に行けるのか、
そもそも陰府なんてあるのかわからない。
聖書に確実に書いてあることはイエスを信じれば天国にいける
ってことだけ。
だからそれ以外の者がどうなるかは厳密にいうとどうなるかわからん。

313 :240:2006/11/18(土) 19:55:45 ID:xp95T1Hw
>>241
>人間に罪を犯させる為。過ちを犯さない人間を「作れなかった」のではなく、
>「創らなかった」が正しい言い方、なぜなら罪を犯さない人間を創ると
>イエス・キリストが要らなくなるから。

つまり我々人間が不完全なのは、神がそのように創ったからであるという事ですね。
であれば、人間が罪を犯してしまうのは、神の責任であり、人間にはどうしようもないのでは?
もっと突っ込んで言えば、人間が神に対して「罪を犯してしまう事」を謝罪する必要もないのでは?

314 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:57:34 ID:MFxFtaTN
異教や無宗教で有徳な人は、「辺獄」にいくと聞きましたが
そこは地獄の一部ではあるが、責め苦はなく、ただ静かなさびしい場所だと聞きましたが

315 :植木を植えんりー:2006/11/18(土) 19:58:39 ID:O5W+ndjz
>>312
信じない人が地獄に行くのなら、片思いのカワイイあの子を必死に信じさせなきゃならんし、
別に地獄などいかないのなら、安心していられるんですけど。
気になる木なんです。

316 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:59:11 ID:MdYlhn9W
>>313
神はそうやって人間が自分の意思で神を信じること
を望んだんだから仕方ない。

317 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:01:11 ID:MdYlhn9W
>>314
読んだらわかると思うけど
あくまでそういう場所があるように読みとれるという解釈であって
直接的には表現されていないから実際はわからん。

318 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:02:35 ID:MdYlhn9W
>>315
それは辛いとこだな。
でもわからんものはわからん。

319 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:06:06 ID:3LLxN+Lp
>>307
>「俺がいかに愛の存在か見せてやる」 神が別に送る必要もないキリストを
>わざわざ送ったのは愛だろ。
>「まず、苦しめ」人間に神に文句言う資格はない。
>まずお前はこれがわかってないよ。
反論になってないよ。だから、この流れで合ってるんでしょ? ってことよ。
>>305
神は、責任を取らないといけないようなことをしたのだが、
それは善だったということでいいかな?

320 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:08:49 ID:MdYlhn9W
>>319
反論になってるかどうかは関係ない。
そして、流れは間違っていない。
しかし
>「俺がいかに愛の存在か見せてやる」 神が別に送る必要もないキリストを
>わざわざ送ったのは愛だろ。
>「まず、苦しめ」人間に神に文句言う資格はない。

まずお前はこれがわかってない。

>>319
ああ、善だ。




321 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:23:04 ID:3LLxN+Lp
>>320
>流れは間違っていない。
確認してくれてありがとね。いいとこあんじゃん。
君は、根は素直だね。

322 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:26:10 ID:MdYlhn9W
>>321
おお。俺はいいやつだよ。
しかしモロアホみたいなレスには切れそうになるがな。

323 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:30:39 ID:ZOppb8Bv
甲州ワインの欧州販売記事は、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061118-00000407-yom-soci
当方の以下の論説が影響した可能性もある。欧州ワインが血液酒ならば
本当の意味でのぶどう酒は確かに欧州で売れるだろう。

フランスは「欧州の韓国」と言われているのは、これが原因だろう。

===============
フレンチ・パラドックスと北朝鮮拉致事件との接点
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/132-143
コリアン・パラドックスと北朝鮮拉致事件との接点
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1162341238/650-686


324 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:33:19 ID:z/v1+fsQ
>>313
>人間が神に対して「罪を犯してしまう事」を謝罪する必要もないのでは?

人間の神に対する罪とは 神を孤独にすることです。
つまり人間が神に対して 「俺達で上手いことやるから
アンタは必要無いから アッチ行ってくれ」と宣言することです。

ですから神に「 謝罪する必要もない」と考えることが 罪なのです。

325 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:37:36 ID:MdYlhn9W
とりあえずこの板のやつは自分の頭使って考えること
を訓練してから人に質問する事を覚えた方がいい。
というか普通それが先だろ。

326 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:40:16 ID:LtltYBcj
頭使って考える力のある奴が、キリスト教の信者みたいなものに
なるかえ?

327 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:42:05 ID:jZ4eQ3k4
わが国には、こういう人たちもいるようですよ。


日本のキリシタン有名人の名前を晒せ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1118899662/

328 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:42:50 ID:MdYlhn9W
>>326
さあ。勝手に考えてればいい。

329 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:50:25 ID:jZ4eQ3k4
ヨーロッパの民が旧約聖書の示す神をまったく知らず、
土着の宗教・迷信を信じ、ギリシアを中心として様々な哲学の諸派が活発だった時代に、
キリストの福音を信じた非ユダヤ人の知識人たちが
古代に存在しましたよ。

彼らは無知蒙昧でも打算的でもありませんよ。
現代のように確立した巨大組織による利権など発生しない時期に
わざわざ命がけで、自分の所属する民族の歴史や伝統にない教えに生涯を生きた人たちがいます。

キリストの使徒たち以後の時代に、非ユダヤ人でキリストの福音を信じ
それに生きた4世紀までの古代教父たちは知的にも優れてますよ。
組織が大きくなると今度は組織内部が腐敗してくるため、組織が小さいときとは別の課題が生じるのでしょうね。

330 :ぬこ:2006/11/18(土) 20:52:27 ID:SE6DsUac
>>306>>308さん
丁寧に教えてくださり
ありがとうございます。参考にさせていただきますね。

331 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 21:08:49 ID:jZ4eQ3k4
>330
お手元に聖書を置く機会のご参考になれば幸いです。
お気に召す聖書を手に取ることができますように。
聖書のことばによる平安がありますように。

332 :240:2006/11/18(土) 21:17:00 ID:xp95T1Hw
>>324
なぜ神を孤独にする事が罪なのですか?

333 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 21:26:05 ID:z/v1+fsQ
>>332 神が人間を創造したのだからね。

ある人のことを無視すると言うことは その人にとってつらいことです。

人間にとって辛いことは 他人に「オマエは必要無い」と
言われ無視されることです。

これは 神に対しても言えることです。
偶像崇拝とは 神以外のものを崇拝する と言うことです。
つまり 神を孤独にする と言うことです。

334 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 21:31:00 ID:8UVgg7O/
>>313
>つまり我々人間が不完全なのは、神がそのように創ったからであるという事ですね。
そうです
>であれば、人間が罪を犯してしまうのは、神の責任であり、人間にはどうしようもないのでは?
100%そうとは言い切れないが概ねそう思って良い。神様は責任をとり御子イエス・キリスト
を世に送ってくださいました。
>もっと突っ込んで言えば、人間が神に対して「罪を犯してしまう事」を謝罪する必要もないのでは?
あなたの質問はなかなか素直な感じがして良いです。上記の回答ですが「罪」は
人間の弱さゆえに犯してしまうものではありますが、だから100%神様が
イケナイとはいえないような気がします。というのは罪を犯そうとする時、
少し我慢すれば罪を犯さずにすむ事ができるのも事実だからです。
それに罪というか悪い事したら謝罪するのは自然なことです。

335 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 22:09:03 ID:0gWW07Ae
イエス様よりもイエス様のお父さんのほうが力があるはずなのに
なんでお父さんの方に祈りを捧げずにイエス様だけを拝め奉るのですか?

336 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 23:04:48 ID:S4fGtwWc
>>335
三位一体の神様につきイエス様に祈る事は神様に祈るのと同じ。
神様の名前よりイエス様の方が言い易いからじゃないかな?

337 :240:2006/11/18(土) 23:10:26 ID:xp95T1Hw
>>333
それは親が子供の自立を許さないようなものではないでしょうか?
>>334
>100%そうとは言い切れないが概ねそう思って良い。
>神様は責任をとり御子イエス・キリストを世に送ってくださいました。
それでは人間が神に対して悔い改める必要はもはや無いと言えるのではないでしょうか?
>だから100%神様がイケナイとはいえないような気がします。
しかし、人間が環境によって罪を犯したりしてしまう弱い生き物であるのは、
やはり作った神のせいだとは言えないでしょうか?
>悪い事したら謝罪するのは自然なことです。
謝罪する相手は被害者や、社会に対してであって神に謝罪する必要は無いのでは?

338 :植木を植えんりー:2006/11/18(土) 23:14:04 ID:O5W+ndjz
なんだかまるで、こんな人間に育てたのは親のアンタが悪いんだ!みたいな考え方だね。
素直に悪いことしたら、謝る、それでいいじゃない。なんでひっかかるの?

339 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:14:39 ID:3LLxN+Lp
>>334
>100%そうとは言い切れないが
>罪を犯そうとする時、少し我慢すれば罪を犯さずにすむ
長老派さんは、予定説じゃなかったっけ?
全てが予定ではなくて、人間のやり方次第では違った結果になることも
十分あり得るってこと?

340 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:26:50 ID:2CFRt1xC
人は神の予定を完全に知りえません。

341 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:34:01 ID:3LLxN+Lp
>>340
で?

342 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 23:39:55 ID:S4fGtwWc
>>337
なんでも神様のせいにしないで、悔い改めて罪を犯さないようにしましょう。
それが神様の御心です。で、神様に謝罪するのは神様はあなたの霊的な父親
なので赦しを得るのです。
>>339
あー私は聖霊派みたいなものです、だから予定説ではありません。
紛らわしくてすいませんねえ。
>人間のやり方次第では違った結果になることも 十分あり得るってこと?
私はそう思います

343 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:41:45 ID:jBcBzvJ+
>>336
その神様の名前は噛みそうな言いにくい名前なのですか?

344 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:44:04 ID:2CFRt1xC
人が神の予定をすべて知っているあるいは知ることができるつもりであるという
暗黙の前提に立つとき、その人は思い違いをし判断を誤るところに近いということです。

人は自己の暗黙知を神の前に省みる必要があります。
神の予定を論じるとき、我々は神の立場に立ち得ないことを意識する必要があります。
父・子・聖霊を讃えることこそ人が生きるうえで価値あることです。

345 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 23:47:18 ID:S4fGtwWc
>>343
ヤウエだのエホバとかちょっと言い辛いね

346 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:47:20 ID:utgAaZTT
誘導されて来ました。
早速質問させてもらいます。
人間は死ぬとどうなるのですか?
ウィキで「死者の復活」とありましたがこれはどういうことでしょう?

正確には「死者の復活と来世の生命」と書かれてました。
これは輪廻転生と近いものなんでしょうか?

347 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:50:21 ID:MdYlhn9W
>>346
神の裁きを受けます。

死者の復活は文字通りです。
ある意味輪廻思想と近いかもしれませんが、
畜生になっての復活はありません。

348 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:52:05 ID:utgAaZTT
>>347
神の裁きとは地獄のことでしょうか?
地獄に行ったものはどうなるのですか?

349 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/18(土) 23:53:58 ID:S4fGtwWc
>>346
生きてる間イエス様を信じてる人はその人の霊がパラダイスに行きます。
しかし信じてない人は、その人の霊がハデス(墓、地、薄暗いところ等の意味がある)
というところで苦しみを受けます。
復活は新しいからだを手に入れるかいてあります。でもそれは再臨の後だと
思うから少し説明がややこしくなるので省略。輪廻転生とは関係なし。もう寝ます。

350 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:56:39 ID:MdYlhn9W
>>348
神の裁きによって天国か地獄かが裁かれます。

地獄に逝った者は永遠に火で焼かれ続けると書かれています。
がそれは一体どんなものかは知る由もありません。

351 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:59:51 ID:utgAaZTT
>>350
地獄には救いは無く、天国ではまた生をうけることが出来る。
ということですか。

352 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:03:35 ID:MdYlhn9W
>>351
地獄には救いはもうないと考えられます。
しかし地獄に逝く前にハデス、煉獄と呼ばれる
場所にいったん逝き、そこで改心するチャンスがあると
いう考えもあります。
そして天国に逝った者はまた復活できると考えられています。

353 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:03:37 ID:utgAaZTT
しかし、地球上の人口は実際に増えています。
地獄に行ったものを考えると減る一方なのではないですか?

それと動物には天国も地獄もないのでしょうか?

354 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/19(日) 00:07:29 ID:dZEiWnoM
>>353
魂は肉体と違い、分離出来ると思うよ。

355 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:07:49 ID:MdYlhn9W
>>353
最初の二行はまず輪廻ありきの発想なので
どうとも返答しかねます。

動物にはもともと罪というものが無いので
天国に逝くのかもしれないし、魂自体が無いので死ねば無になる
とも考えられます。
ですが実際書いていないので、これはあくまでそれぞれの解釈でしか
判断できません。




356 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:10:50 ID:q2fmnu1i
>>355
輪廻でない発想とは>>354さんのように魂の分離のことですか?


357 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:13:03 ID:igZHpTiI
>>356
魂の分離というか、別に人類が増えていることと輪廻とは
必ずしも結びつくものとは考えられないのでは?
ということです。

358 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:13:36 ID:GDisgIjy
>>353
そういえばアメリカのカトリック信者の人が宗教本として書いた本に
天使は人間になるのを志願すればなれる、と書いてあった。
何年も前にパラッと見ただけだからタイトル忘れちゃった。
守護の天使は人間一人につきっきりだからもっと交流したいと思う天使もいるんだって。
もしそれを認めるなら人口増加の意味もわかるけど。どうなんでしょーねw

359 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:21:29 ID:igZHpTiI
ま、俺の言う事も真に受けずに、
教会の牧師に直接聞いたり、
自分で聖書かって読んで、自分で考えて下さい。
あくまで信じるか信じないかは自己責任でW

360 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:23:33 ID:q2fmnu1i
>>357
知識不足で「輪廻」という言葉の意味が明確に分かっていないので
変な質問をしているのかも知れません。

では、魂の分離以外の要因でも人口の増加をする、ということは無から有に生じたものもあるのでしょうか?

361 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:28:06 ID:igZHpTiI
>>360
まず生物学的に言って(専門家ではないですが)
普通に生殖活動を行えば、人口は増えると考えられませんか?
それとは別に魂についても、キリスト教徒なら
その都度、人間が新たに誕生するたび神が与えていると考えて
いると思います。

362 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:34:15 ID:q2fmnu1i
>>359
教会!
そうですね。行ってみます。

>>361
人口は増えますが、天国で再生した人間と神が与えた魂との違いが分かりません。
どういう肉体なら再生した人間だとか、そういった差はないのですか?

363 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:37:03 ID:HomJ4PbI
イエスキリストとまぐわうにはどうすればいいですか?

364 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:40:13 ID:HomJ4PbI
人間は何歳ぐらいまでまぐわうのだと思いますか?
ひとそれぞれだとは思いますが
何十年も連れ添った夫婦はもうまぐわうことは無いと想像します

365 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:40:52 ID:e9jWJ/cy
ユダヤのユハウェ神もインドのビシュヌ神も、共に天地万物を創造したと
主張していますが、さてこの2つの神がケンカした場合、どっちが
勝つのでしょうか。

神さまの優劣に関する質問です。

366 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:44:04 ID:igZHpTiI
>>362
まずその辺について聖書は詳しく書かれていません。
確か聖書によるとイエスを救い主だと信じた者は
死ねば天国に行き、そこで一定の期間過ごした後に
イエスがもう一度地上に来られる(再臨)の時に
地上に復活するという流れだったと思います。
ですから神が与えた魂は一貫して同じ魂です。
そして復活後、肉体についてもあると解釈できるけど、
実際どんな肉体なのか、ちょっと聖書の表現ではわかりにくいです。

また聖書読めば確実に分かりますが、面倒なんでちょっと勘弁して下さいw
ごめんなさいw


367 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:47:19 ID:igZHpTiI
>>366を訂正

この確実に分かるというのは
流れのことで、全部確実にわかるという意味ではないです。

368 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:50:07 ID:q2fmnu1i
>>366
いえ、よく真摯に受け答えしてもらえて感謝しています。

先程教会について調べてみたのですが、祈祷会と礼拝というのがありました。
質問をするにはどちらに行けばいいのでしょう?


369 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:53:57 ID:BlhqtcxY
人は死にます。

キリスト者はイエス・キリストが旧約聖書に預言されていた救い主であると信じています。
イエス・キリストは十字架で死に、三日目に復活しました。
その復活は単なる蘇生ではなく、通常のからだのありかたではありませんでした。
復活したキリストは閉じられた部屋にいた弟子たちの面前に突如現われたりしました。
と同時に触れることのできるからだであり、食物も食しました。
40日の期間にわたり、500人以上の人たちに現われました。
エルサレムのオリーブ山で弟子たちの目の前で復活のキリストの体が空へ昇っていきました。

歴史の将来において、このイエス・キリストが再び空からエルサレムへ来ることが預言されています。
始めにイエス・キリストが来たのは世の罪を贖う神の用意された子羊としての役割を担ってでしたが、
次に再びキリストが来られる時は世を裁き永遠に治める王として神の栄光をともなって来られます。

キリストが再び来られる時にそれまでの歴史で亡くなった人類が神によりよみがえらされます。
そしてキリストによる神の憐れみと裁きがすべての人に下ります。
栄光のキリストに似た新しい栄光のからだを与えられキリストとともに
永遠に涙も死もなく喜びを受ける人たちが一方におり、
また一方にはサタンとともに永遠に神から離される人々に二分されると聖書は語ります。
その裁きはキリストが行います。人ではなく。
裁き主はキリストであるため、その裁きの基準は人にではなく、神のことばであるキリストにあります。

人が死ぬと即、「天国」と「地獄」に振り分けられるとか、
別の生き物や別人に生まれ変わるという主張を、聖書はしていません。

キリストの裁きの後、神が新しい天と新しい地を創造されるとの預言もあります。

370 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:55:23 ID:igZHpTiI
>>368
礼拝というのが毎週日曜日にやってるスタンダードな集まりなんで
まずそちらに行ってみて教会の雰囲気を見た後、
礼拝終了後に牧師に聖書について知りたいと
言い出せば大抵応じてくれると思いますよー。

でも教会の人間も聖人じゃなく、あくまで思い込みや押し付けはしてしまう
弱い人間なので自分をしっかり持って、流されずに自分の納得いくまで
考えるのがいいと思います。
あといわゆるキリスト教系カルトと言われる所には行かない方がいいかと。

371 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 00:58:14 ID:igZHpTiI
あ、もしかししたら土曜日に礼拝やる教会もあったかも。

その辺(宗派)の事は自分はあんまり詳しくないです。

でもプロテスタントやカトリックならいいんではないかと思います。

372 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/19(日) 01:01:27 ID:JJ7eOF7N
>>368
おすすめします
http://www.tomoshibi.or.jp/tushin/

373 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:06:09 ID:q2fmnu1i
>>370
では礼拝の方に行ってみます。
運悪くカルトであったとしても自分は大丈夫だと思います。
さっきの質問で最後です。
短い間ですが、ありがとうございました。

>>372
早速やってみます。
貴女にも感謝しています。
ありがとうございました。

374 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/19(日) 01:16:50 ID:JJ7eOF7N
>>373
じゃあこれもいいよ、おすすめ
http://www.inori-no-sono.com/jyouhou/tele.htm

375 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:21:12 ID:BlhqtcxY
>369
>人が死ぬと即、「天国」と「地獄」に振り分けられるとか、
>別の生き物や別人に生まれ変わるという主張を、聖書はしていません。

乞食ラザロがアブラハムのもとへ死後行き、
慈悲のないある金持ちが死後、上記とは別の苦しいところへ行ったという話しを
主イエスがされているので、>369の前半については正確では無いかもしれません。

人が死ぬとそれが永遠に続く最終的な状態をもたらし完結するわけでなく
再臨したキリストによる裁きがあるという意図で括弧つきの天国・地獄と書きました。

誤解されうる文章でした。訂正します。

376 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/19(日) 01:26:36 ID:xG+LCdbr

復活について考えるのは良いことです。
教会で復活について話を聞くことが、ほとんどありませんが、
それなら、こういう場所で、皆がイエスの復活について語ろう
ではありませんか。
神父や牧師が語らないから、石(自分のようなつまらない人間のこと)が
叫ぶのです。

377 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 01:30:11 ID:BlhqtcxY
>375

× 主イエスがされているので、>369の前半については正確では無いかもしれません。
○ 主イエスがされているので、上記引用部分の前半については正確では無いかもしれません。

378 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/19(日) 01:33:12 ID:JJ7eOF7N
>>376
記念唱があるじゃない。
記念唱が復活についてのすべてよ。
のぞみはミサの中で、記念唱が一番好き。

♪信仰の神秘♪
♪主の死を思い、復活をたたえよう♪
♪主が来られるまで♪

379 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/19(日) 07:47:22 ID:Z+aKsH6Z
>>365
ヴィシュヌは創造神ではありませんよw
出直して濃いw

380 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 08:56:29 ID:xqpDd+rg
カルトに当たっても自分は大丈夫と言う人が一番いい鴨かも
被害者になっても大丈夫と言うなら話は別だか

381 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 11:12:33 ID:qQlhVI56
>>372
通信講座と書いてあるけど、なんか書籍の販売みたいですが。

382 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 11:14:45 ID:qQlhVI56
>>376
おれが無料でしゃべってやってんだ、と恩に着せないでね。

383 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 11:17:36 ID:qQlhVI56
>>379
その名前、聞いたことあります。何を司る神さまですか。インド神話にも
創造主というのはあるのでしょうか。

384 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 11:32:36 ID:sq2quGrs
>>280
完全であれば、わざわざ神の子を作らずとも、すべて人類を救うこともできるはずです。なぜ絶対神に子が必要なのでしょうか?

385 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/19(日) 12:25:08 ID:Z+aKsH6Z
>>383
インドには唯一の創造主と言う概念はありません
三柱の神 ブランマー(創造)ヴィシュヌ(維持)シヴァ(破壊)
をもって宇宙の原理を象徴しています

唯一の三位一体の神様を信じるキリスト教とはまったく別の信仰です

386 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/19(日) 12:44:45 ID:JJ7eOF7N
>>381
販売と違います。
無料でもらえます。
通信添削用紙がついてきます。
記入して送り返せば、添削されて戻ってきます。
送らなくても可、書籍だけ読むのも可です。
勧誘などは一切ありません。
安心出来るカトリックの、無料通信講座です。

387 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:53:46 ID:2Jr12xSQ
>>385
キリスト教の神さまとは別物としても、ユダヤ教の神さま(非・三位一体の
神)とは同じみたいですね。

388 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:59:16 ID:2Jr12xSQ
>>386
この世知辛い時代に、本も添削も無料とはビックリです。近放伝なんかはガツガツ
お金を徴収してますけど。
●第1コース(キリスト教入門講座) 全7課 費用:テキスト代 1,000円…etc.
http://www.kinpouden.com/

389 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/19(日) 15:01:23 ID:Z+aKsH6Z
>>387
まったく違います
ヒンドゥーの三神一体は 宇宙原理の現れにすぎませんから
元々
ブランマー 4ヴェーダを神格化したもの
ヴィシュヌ インドラより遥か下位の 光を神格化したもの
シヴァ   ルドラと呼ばれる 暴風雨の神格化

といった既成の神々を宇宙原理に当てはめたものにすぎません

390 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 15:25:40 ID:qYny5lOw
マルコやヨハネによると復活の目撃者はマグダラのマリアであるが
ペテロは何故自分が最初だと言ったのだ?

391 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 16:49:14 ID:/Ed9QImz
http://www.warnermycal.com/store/food.html
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report4562.html
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/1N2M001.html

ポップコーンでかいな。
ホットドッグ、パンでくるんでるのか。
ナチョスって、ドンタコスみたいなのかな。

392 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 21:14:47 ID:A3YeFYlY
イエス様の側近である大天使ミカエル様は大きな羽があり空を飛ぶ事が出来ます
しかしイエス様は羽もないのに同じ様に飛べます
僕も飛べますか?

393 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 21:19:15 ID:GIyYeo99
>>392
飛行機に乗ればね。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 23:13:25 ID:8FtLV12X
誰がやってるんだか知らんが
早くこの板のトップページのここにこの現行スレをリンクしてくれよ

☆ 質問は、返事が早くもらえる可能性が一番高い
   【キリスト教】  神 道  仏 教  初心者・宗教なんでも  @質問箱
   がおすすめです。

395 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 00:26:08 ID:nGNyEYIm
アホやねえ

396 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 00:43:09 ID:gDV3UYDG
>>394
すまそ>>1です。重複スレだったので忘れてました。
リンク変更申請いたしました。反映までしばらくお待ちくださいませ。

397 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 00:46:34 ID:HKX31sTA
キリストは何処で産まれたの?

398 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 00:48:23 ID:gDV3UYDG
>>397
ユダヤのベツレヘムとされています。

399 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 01:03:01 ID:2bz4Ba3c
結婚するまでに一度もセックスをした事の無い人は?
ほとんどゼロだね。
宣教師になってしまった後に結婚する事を許されないカトリックの宣教師のなかの
独身の人は子供に性的虐待をする事で有名だね。
つまり人間はどこかで性欲を発散させる必要が有る事の証明だね。

強姦されて出来た子供には罪が無いので
中絶せずに生みなさい? そんな事は無理です。

セックスの低年齢化で問題になっている
10代の妊娠と性病を防ぐ為に性教育が必要。
例えばハイスクールでコンドームの使い方を教えるとか
コンドームを生徒に配ってしまうとか
でもあなた達は変。

結婚前のセックスは信仰に反するから
セックスを教えてはいけない、
コンドームを配ってもいけない。
教えは一つだけ "セックスをするな!"
そんな事言っても99パーセントの人はします。 

それでは質問です。 あなた達が適切な性教育を少年少女に受けさせない為に
10代の性病と妊娠の件数が増える事に関してどう思いますか?

400 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/20(月) 01:11:44 ID:igEkXkoF
>>399
適切な性教育とは純潔を守るように教え、励ます事です。


401 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 01:57:31 ID:qCMEKzHK
>>399
>それでは質問です。 あなた達が適切な性教育を少年少女に受けさせない為に
>10代の性病と妊娠の件数が増える事に関してどう思いますか?

10代の女性の性が乱れるのは、コンドームなどの性教育を受けさせないから
ではありませんよ。
そうしたことの原因は、家庭崩壊にあるのです。
また、世の中のムードというものが関係していると思われます。
こうしたものは、おもにマスコミなどにより形作られています。
ある種、マスコミによる教育と言ってもいいかもしれません。

402 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 02:02:11 ID:qCMEKzHK

現在の世の中において、マスコミなどによる情報の影響を受けずに
生きていくことは、とても困難なことであると思います。

街を歩いているだけでも、世の中のムードが伝わってきます。

しかし、それだからといって、すべての人の性が乱れているわけでは
ないと思います。

最後は、自分の判断による自主管理にかかってくるからです。

ただし、暴力や脅迫による性行為の強制については、
その加害者側にのみ責任がありますから、司法により
厳重に罰せられるべきであると考えます。


403 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 02:13:06 ID:lXX97q2u
エロネタのコピペにマジレスするなよ
スケベ心まる出しにもほどがあるぞ
そんなこと答えるのにこの時間まで起きてるなら
いいかげんに>>384の質問に答えろよ

404 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 02:19:01 ID:qCMEKzHK
>>403
>完全であれば、わざわざ神の子を作らずとも、
>すべて人類を救うこともできるはずです。

これは、あなたのお考えです。
神が完全であられるのは、あなたの言うとおりです。
しかし、神の救いの計画においては、神の子が必要だったということです。

僕は、これについて自分なりの結論を持っていますが、
今ここで書くことは控えたいと思います。

>なぜ絶対神に子が必要なのでしょうか?

なぜ神に子が必要でないのでしょうか?
あなたのそのお考えの根拠を、むしろお聞きしたいです。



405 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/20(月) 02:24:02 ID:lXX97q2u
おっと
>>384はオレじゃないからね
オレを攻撃するのは全然構わんが


406 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 02:27:27 ID:qCMEKzHK

聖書を読むと、神は、神のみを愛する人を欲しておられる、ということを
書いてあるのだということが、ありありと伝わってくるのです。

このテストに最初に合格したのが、アブラハムです。
ですから彼は、『信仰の父』とよばれているのです。
そして、彼はイスラエルの民の父となりました。

イエスは、神とひとつであられます。
神みずからが、わたしたちのために死んでくださったことになります。

聖書には以下のように書かれてあります。ご存知でしょうか?

ヨハネ福15:13
友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。

神がわたしたちのために死ぬことにより、これ以上にないほどの
大きな愛を示してくださいました。

この人となった神は、「人の子」として、人がどう生きるべきか、
また、将来に人はどのような姿になるのかを、人類の初穂として
お示しになったのです。

407 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 02:29:33 ID:qCMEKzHK
>>405

あなたが書いた質問ではないのですね?
失礼いたしました。

408 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 02:41:48 ID:qCMEKzHK

愛というのは、聖書にも書かれてあるように
「犠牲」のことと、言ってもいいのです。

他者のために、自分を犠牲にするものは愛です。

さまざまな作家が、愛の定義をしていたとしても、
聖書から導き出される愛の定義は、これなのです。

神のために小さな犠牲を捧げることは美しいことだと思います。
祈り、善行、そのほかのすべてにおいて、神の栄光をたたえるために
用いることが、「生きている」ということになります。

「生きていながら死んでいる人」にならないように気をつけたいものです。

409 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/20(月) 07:51:56 ID:d70bB0t5
>>384
よく言われることですね。

あることを聞いたことがあります。
まるっきり同じ質問ではなく、「なぜ、神はイエスを十字架という残酷な目に合わせるという方法で人類を救ったのか。もっと楽な(?)方法があるのではないか」
という質問です。

それに対する答えが、「そのようなことを考えること自体が罪である」ということです。
つまり、神様のお考え、ご計画に対して文句をつけることですから。
神のご計画には人間には想像のつかないことが神のご計画であることが時々あります。
子を送られ、十字架で死なせるというのもその想像の付かないひとつなのかもしれません。



410 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 08:24:24 ID:a6FIVevh
>>408
愛は、犠牲をよろこぶ神(愛)ではなく、慈悲の愛です。

411 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 08:27:42 ID:qCMEKzHK
>>410

そうではありません。
聖書にそのようなことは書かれていないからです。

聖書によれば、わたしたちの犠牲は「砕かれた心」です。
これを犠牲として、神にささげます。
これが、もっとも神の喜ばれる犠牲です。

412 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 08:29:31 ID:qCMEKzHK
>>410

あなたの神は、聖書の神ではないようです。

413 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 08:33:35 ID:qCMEKzHK

詩篇 51:17
しかし、神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。
打ち砕かれ悔いる心を 神よ、あなたは侮られません。

414 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 08:47:30 ID:qCMEKzHK

私たちが神に捧げるいけにえとは、わたしたちの打ち砕かれた霊、
つまり悔いる謙遜な心です。


415 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 10:59:15 ID:CbqiN1JU
盲目的になれってことか?違うだろ。
イエスも、なぜこんな結末なのか、見捨てたのか、十字架の前に神に尋ねてるぜ。神は乗り越えられる試練しか与えない。当時は他にも残虐な刑があったがな。
十字架のインパクトは後世に語り継ぐために必要な事だった。毒殺刑だったら今頃教会には杯があるだろう。
信じるもののある強さについての話であって犠牲云々の話ではない。

416 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 12:01:38 ID:VFBmAggL
神の愛は、放蕩息子を迎え入れる父親のような愛です。
愛は交換条件ではありません。
理由なく慕わしく、慈しむ、親の愛です。

417 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 12:02:48 ID:V5KfMKpY
>>414
謙遜な心が生贄?そんなこと初めて聞きました。それは聖書のどこに
書いてあるのですか。

418 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 12:29:08 ID:9nHyHfN9
>>399ちょっと考えたらわかるよ
異性の体は子孫繁栄のために性欲をおこして
甘いマスクとか可愛らしさは愛でもなんでもなくて
(犬とか猫みたいに)本能的に好きにさせるだけだから
騙されないように気をつけたらいいよ

419 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/20(月) 12:48:41 ID:5YD3Kdep
>>415
あの十字架上の言葉は聖書(詩篇22篇だったかな)の言葉です。
イエスが引用された箇所お読みになると何かわかるかもしれません。

確かに当時にもいろいろと残虐な刑(できれば例を示してほしかった)があったでしょう。
ですが、旧約聖書に木(=イエスの場合の十字架)にかけられて死ぬということに特別な意味がありました。

ちなみに、特にカトリックでは聖餐のための立派な杯があると思います(笑)

420 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 13:36:31 ID:4eXWMN/M
>>410
マザー・テレサなんか、まさしく慈悲の愛だよね。

>>411
聖書に書いてないようなことをマザー・テレサも言ってるよね。
世の中は、この人のことを偉人として扱ってるしね。

421 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 14:00:17 ID:wQBSz9bZ
まぁ、相手に何かを捧げるよう求める、ってのは「愛」なんかじゃないよな。
それは「欲」だ。

愛は条件による取引ではないのだから。
相手が何かを捧げれば、相手が自分に服従すれば「愛」する。
そんな「愛」がどこにある?


422 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 14:06:47 ID:ctEQJbxb
時代も異なる大昔の「人間たち」が書いた書物である「聖書」を、いかなる
意味でも「絶対視」するのが、基本的な誤り。

どのような書物でも、時代の変化に応じて改訂や訂正を行うのが当然。聖書
も、あくまで当時の状況に基づいて書かれた書物に過ぎない。現代では、当時
に比べて、人間社会は比較にならない変化と進歩と遂げていることを、忘れて
はならない。

423 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 14:56:26 ID:2zrjb9+m
質問じゃないならスレ違い。
ここはそんな主張をするスレでもない。
同じようなことをしたあと自分ルールを振りかざして
荒らしを正当化した奴がいたが、ここは2chだ。
自分のやりたいようにしたいなら、目的にそったスレを探すか自分で立てるか、
自分のサイトや掲示板でも作ってそこでやるべき。

424 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 16:22:43 ID:fQ4qn0u3
ダイアナ妃は聖母マリア様の生まれ代わりだったのですか?

425 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:09:22 ID:GT8dBesI
既成の神々を宇宙原理にあてはめたとかどっかに書いてたが

 宇宙原理

とは何だ?そんなものどこにある

426 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:11:23 ID:VFBmAggL
>>411
>聖書にそのようなことは書かれていないからです。

それとも、神の慈愛があなたを悔い 改めに導くことも知らないで、
その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。(ロマ2:4)

あなたがたの父なる神が慈悲深いように、
あなたがたも慈悲深い者となれ。(ルカ6:36)

これ、違うの?

427 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 17:31:01 ID:dpzf0+KL
愛は犠牲ではありません。すべてを生かすのが愛。
何かを殺して何かを生かすのは、神の意思ではありません。
それは愛ではなくトレードです。愛は何も求めないものです。

428 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:28:28 ID:WWNjXyin
すいません、突拍子もない質問で恐縮なのですが
どなたか映画「ダヴィンチ・コード」の予告編に登場していた
「岩に腰掛けたキリスト」の絵のことについてタイトルをご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

母が「ダヴィンチコードの予告編で見たあの絵、素敵だね」と言うので是非詳しい情報を知りたいのですが
ダヴィンチコード本編をいっしょに見たのですがその絵は登場せず、では母が見たという予告編はというとどこで見たか
覚えてないというのです。若いころ、別の場所で見たことがあるそうで実在するのは間違いない様なのです。

自分でも調べてみましたが手がかりも見付かりません。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。


429 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:33:40 ID:JATff0SP
>>411
> 聖書によれば、わたしたちの犠牲は「砕かれた心」です。
> これを犠牲として、神にささげます。
> これが、もっとも神の喜ばれる犠牲です。
いい言葉だ
心の傷口にしみた

430 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 18:56:54 ID:fQ4qn0u3
隣人を愛せとありますが
身内等に被害があった場合
信者の方々はその加害者をも愛せるのですか?

431 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 19:44:22 ID:5S3jt+KT
>>428
お時間があるなら、これで探してみるのも一興かと・・・・・

絵画で見るイエス・キリストの生涯
http://www21.big.or.jp/~pcs/ent/omoukoto/2005_80/cryst.html


432 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/20(月) 20:52:32 ID:amm4sUYq
>>430

簡単なことではないと思う。信者だから愛せるというものではない。
あくまで愛することが目標。加害者を愛する為には人間の力だけでは無理。
祈りと御業が必要である。


433 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:25:11 ID:8h4hi5R3
>>428
こんな感じですか?
http://img373.imageshack.us/img373/2472/janbaptystaok151316luwrpary380.jpg

子供イエスと聖母や他の人たちが書いてあるやつなら「岩窟の聖母」だと思います。

434 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:34:26 ID:5ipkDMLX
こんばんは。僕は今度、教会に通おうと思っています。
教会は、プロテスタントのにしようと思っています。
プロテスタントでも、いろいろあるみたいなので、迷っています。
プロテスタントで、一番大きな教派はどこですか?
僕の家の近くに、「日本イエス・キリスト教団」というところの教会があるのですが、この教派は、大きいですか?


435 :434:2006/11/20(月) 21:36:25 ID:5ipkDMLX
あと、教会で友達を作りたいのですが、そういう目的で行ってもいいんでしょうか?
一応、聖書は持っています。勉強は、苦手ではないほうです。
でも、賛美歌を歌ったり、「アーメン」と言ったり、イエス「様」と言ったりするのに抵抗があります。
教会に行けば、必ず、賛美歌を歌ったりしなければならないのでしょうか?


436 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:41:08 ID:i4D2F97D
>>417
>>413

437 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/20(月) 21:41:15 ID:8zs5YUQH
>>435
プロテスタントのキリスト教会は、歌うことは強制的に近い。
カトリックは、自由な雰囲気。

438 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:44:49 ID:5+Lp4dZw
アーメン



439 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:46:09 ID:5+Lp4dZw
イエス・キリスト・クリニック

440 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 21:51:00 ID:KT3Q4gvA
>>432
このような問題をかかえた信者さんもいると思いますが
教会の牧師さんはカウンセラーの資格がないと
やっていけないのではないのでしょうか?
というかカウンセラーの技量を持ち合わせた牧師さんっているのでしょうか?

441 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/20(月) 21:54:19 ID:8zs5YUQH
>>440
http://www.ne.jp/asahi/cmcc/top/

442 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/20(月) 21:58:04 ID:amm4sUYq
>>440

>やっていけないのではないのでしょうか?

そんなことはありません。

>カウンセラーの技量を持ち合わせた牧師さんっているのでしょうか?

いますよ。



443 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 22:35:45 ID:dtEJSaSO
>>404
> あなたのそのお考えの根拠を、むしろお聞きしたいです。

「神は唯一完全絶対であって分けることのできない存在だから」です。完全なる神は
子を作る必要がありません。
ところでもしも「イエスは人として他者を哀れむ行動や言葉がもっとも優れてい
て、それは神のようである」という形容の意味で神の子であるというならば、私も理
解できます。ただしこの意味で神の子であるなら、イエスは「人」であって、「唯一
完全絶対という性質である神」ではありません。

444 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 22:39:05 ID:qCMEKzHK
>>443
>「神は唯一完全絶対であって分けることのできない存在だから」です。
>完全なる神は 子を作る必要がありません。

完全なる神が 子を作る必要がないとあなたが言うのはどうしてですか?
子を作る必要があるかないかは、神のお考えによると思います。

445 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 22:41:37 ID:qCMEKzHK
>>443 さんへ

>>409 のエステルさんが、よいことを書いていると思います。
エステルさんの投稿を、お読みになってみるとよいと思います。

446 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 22:47:26 ID:qCMEKzHK
>>416
>神の愛は、放蕩息子を迎え入れる父親のような愛です。

神が放蕩息子を受け入れたのは、彼の放蕩の故ではありません。
彼が悔い改め、神の元へ自分から戻ったためです。

何でもかんでも、赦す神だと考えることは
神を侮ることです。神を恐れるものは幸いです。

ヨブ22:4
神はあなたが神を恐れることのゆえに、
あなたを責め、あなたをさばかれるであろうか。

レビ記25:17
あなたがたは互に欺いてはならない。
あなたの神を恐れなければならない。
わたしはあなたがたの神、主である。

447 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 22:58:33 ID:qCMEKzHK
>>421
>まぁ、相手に何かを捧げるよう求める、ってのは「愛」なんかじゃないよな。
>それは「欲」だ。

あなたは聖書の神に、そのように言って反抗するのですか?
神は「あなたの主なる神を愛せよ」と言ったのです。

申命記6:4
イスラエルよ聞け。われわれの神、主は唯一の主である。
あなたは心をつくし、精神をつくし、力をつくして、あなたの神、
主を愛さなければならない。


448 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 23:04:09 ID:qCMEKzHK
>>427
>愛は犠牲ではありません。すべてを生かすのが愛。
>何かを殺して何かを生かすのは、神の意思ではありません。
>それは愛ではなくトレードです。愛は何も求めないものです。

あなたのようなお考えの人は、旧約聖書をよく読んでいないのです。
そして、ギリシア神話のアガペを神と勘違いしているのです。

しかし、神がもしトレードをしないのならば、イエスの十字架の死は
無意味になってしまうのです。
あなたのお考えは、旧約とイエスの十字架をも否定するお考えなのです。

異邦人の伝説の道を行かず、聖書の神を求めることです。

449 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/20(月) 23:07:38 ID:qCMEKzHK

なぜ犠牲が必要なのか、わからない人があまりにも多いので、
ここできちんとご説明いたします。

その理由は、
『目には目を、歯には歯を』という、黄金律法が旧約に存在するからなのです。

他人に与えた損害は、それと同じ価値を持つもので購わなければならない、
という律法が旧約に存在しているのです。

みなまで言わないことにします。この律法の意味と犠牲との関係について
よくよく考えてみてほしいと思います。

もし興味がある人がいたならば、このスレッドではなく、「聖句の解釈を
マターリ語るスレ」でご質問いただければと思います。

450 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/20(月) 23:12:04 ID:8zs5YUQH
>>449
>>もし興味がある人がいたならば、このスレッドではなく、「聖句の解釈を
マターリ語るスレ」でご質問いただければと思います。



ダニエル ◆o31oshrvYEの何レスにも渡る長文、読むの面倒。
興味無いです。

451 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:26:10 ID:e80408Lk
>>435
誰でも最初はそんなものだから
心配することこないない
ツンデレでも心の中ではみんな歓迎してるし
心のまんま歓迎してくれるところもあるし
どっちにしても大歓迎

452 :名無しさん@3周年:2006/11/20(月) 23:34:04 ID:TV8EuxRu
自慰は罪ですか?
やってはいけませんのですか?

453 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/20(月) 23:34:21 ID:d70bB0t5
>>434
とりあえず、その教団自体は大きいです。一つ一つの教会が大きいとは限りませんが。

公式サイトによると

2006年
教会数134(4月1日現在)、会員数12,937名(1月1日現在)

とのことです。

プロテスタントでは、「日本基督教団」が最大です。が、この教団は、一つ一つの教会によってかなり差があるということを聞いたことがあります。

日本イエスキリスト教団もかなり大きな部類に入るといえます。

454 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:08:59 ID:8qQGzuat
>>450
禿同。
私も興味ないです。

455 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:11:21 ID:zlrYIIG9
>>449
>なぜ犠牲が必要なのか、わからない人があまりにも多いので、
>ここできちんとご説明いたします。

愛は与えるもの、何も求めないものという定義も
善人の価値観だと思います。
説明は、必要ないでしょう。

456 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:14:06 ID:T7oly3Ar
>>435
友達を作りたいためのキリスト教会なんて、笑いますね。わが国のクリスチャン
なんて、まあ大部分がこのレベルだろうけど。それから、ちょっと気取って
みたいとかね。

457 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:14:41 ID:APGpZCJp
>>452
このての質問周期的に来るんだけど未だ決定的な回答はみたこと無い

458 :434:2006/11/21(火) 00:15:18 ID:x0lTCPbV
皆さんいろいろ返事ありがとうございます。
公式サイト見ました。http://jccj.info/faith.php
「信仰告白」というのがあるのですが、これは、唱えるのですか?
内容を読んでみるとなんだか、原理主義というか、なにか近寄りにくく感じました。
そこで、他の教会にしようと思っていろいろ調べたんですが、カトリックでもなく、プロテスタントでもない、聖公会という教会はどうでしょうか?
日本聖公会のウェブサイトを見ると、階級制度みたいなのがあるようだし、カトリックに似てるみたいなんですが、カトリックと何が違うのですか?


459 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:23:44 ID:T7oly3Ar
>>458
あなたはキリスト教に何を求めているのですか?

460 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:37:30 ID:Wc8h6cD7
>ダニエル氏へ

あなたは「愛」とは何かを、徹底的に考えたことがあるのですか。愛とは、
他人の窮状を目の当たりにして、助ける「行動」の原動力となる、身体から生
じる「動物的な本能」です。すべての人間が、生来的に心の中に持っているも
の。

考えたり、唱えたり、ましてやイエスや神や宗教から教えられるべきものでは
ありません。イエスや聖書に命令されて行う愛は、愛とは程遠い偽善に過ぎ
ません。あなたは、神や、ましてや人間について、根本的に誤解していますよ。

461 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 00:55:51 ID:MZU6SKyA
>僕は今度、教会に通おうと思っています。
>あと、教会で友達を作りたいのですが、そういう目的で行ってもいいんでしょうか?

聖書の勉強をしたいの?それとも礼拝に参加したいの?
単に友達を作りたいの?
教会に通う目的をはっきりさせた方がいいのでは。

>賛美歌を歌ったり、「アーメン」と言ったり、イエス「様」と言ったりするのに抵抗があります。
>教会に行けば、必ず、賛美歌を歌ったりしなければならないのでしょうか?

抵抗があるのにわざわざ礼拝に参加する必要ないよね。
いつまでも一人だけ歌わなかったら周囲も変に思うでしょう。
聖書の勉強をしたいだけなら牧師に頼んでみたら。


462 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 01:22:18 ID:APGpZCJp
>>458
簡単にいうこともできるし難しく説明することだってできるようだけど
簡単に説明すると
聖公会ってカトリックの良いところとプロテスタントの良いところを
合体させたような感じだって2ちゃんで誰かが言ってたよ


463 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 01:42:03 ID:MZU6SKyA
釣りか

464 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 06:50:45 ID:qkK3MbU2
>>448
なるほど。
聖書の神の「愛」と称するものって、神が自らの必要を満たすためのトレードなんだね……。
そんな愛のかけらすらない(トレードは愛とは最も遠いもの)「聖書の神」なら、もう求めるのやめようかな……。


465 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/21(火) 06:58:02 ID:8gwYuNBb
>>464
神様の愛に匹敵するほどのものはない
だからトレードではありえない

ダニエルは統一教会に洗脳されてるから放置で

466 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 09:42:28 ID:McD9rnbb
>>458
その信仰告白は、国内最大教派「日本キリスト教団」の信仰告白を
あからさまにパクったもので、ほとんど全キリスト教教派の教理の最大公約数
といってもいい内容です。

ですので、これに本質的に難色を示されるようでは、
あなたはどこに行っても真にキリスト教徒になることはできないでしょう。


467 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 14:40:54 ID:ZsIg+FCX
真剣にオナヌーはしてはいけないのか熟練信者の人教えて下さい

468 :428:2006/11/21(火) 14:51:16 ID:LrfSvymR
>>431 さん
>>433 さん

すいません、どちらも当てはまらないようです。
さらに詳しく母に聞いたところ、横長の絵で、左に月があり、右にキリストが岩に腰掛けているそうです。
ダヴィンチコードなのでレオナルドダヴィンチの作だと思うのですがググっても上手く発見できません。
何度もお手数ですが「これではないか?」と思われる方、ご情報お待ちしております。

469 :434:2006/11/21(火) 20:01:00 ID:houU5o4P
皆さんたくさんのアドバイスありがとうございます。
>>461
一応目的は、友達を作ることです。キリスト教徒の友達をです。それと、聖書の勉強です。
聖書の勉強には自信があるというか、別に勉強は苦手なほうではありません。
でも、信仰には自信がありません。まだ、イエスとか神を信仰していません。
妥協というか、礼儀として、「様」付けとか「アーメン」を言うのはできると思います。
でも、賛美歌を歌うのだけはできません。僕は、歌を歌うことが苦手なんです。
歌を歌ったことがないんです。カラオケも行かないし。

まずは、聖書勉強だけさせてもらえるように、頼んでみます。

>>462
いいとこどりってことですか。

>>466
そうなんですか。まだ信仰心がないので、ちょっと残念です。

ありがとうございます。教会は、まだ考え中ですが、どこかに決めて、聖書の勉強に行こうと思います。


470 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/21(火) 20:14:55 ID:6cfv7zCg
>>469

動機は不純だが教会に行くことはとてもすごい事なのです。ある種の奇跡
だと言ってもいいでしょう。あとはあなたが光の道を歩むかどうかです。

471 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:19:17 ID:p8jO0fjW
>>465
>神様の愛に匹敵するほどのものはない
>だからトレードではありえない

目をさまして、聖書の聖句をご確認ください。

1コリント6:20
あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。
ですから自分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい。

マルコ10:45
人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、
また、多くの人のための、贖いの代価として、
自分のいのちを与えるためなのです。

472 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:23:02 ID:p8jO0fjW
>>464
>聖書の神の「愛」と称するものって、神が自らの必要を満たすためのトレードなんだね……。
>そんな愛のかけらすらない(トレードは愛とは最も遠いもの)「聖書の神」なら、
もう求めるのやめようかな……。


あなたが神を求めるのも求めないのもあなたのご自由です。

しかし、神の愛は無償なのではありません。
神はいつでも、わたしたちからの愛を求めておられます。
だから、素晴らしいのです。

わたしたちが神を愛そうが愛すまいがなんともない、という神ではないのです。
神は熱烈に私たちからの愛を求めておられます。
それほど、私たちの愛に価値を置いてくださっているのです。

このありがたさがわからない人たち相手であるなら、何を言っても意味がないです。

473 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/21(火) 20:23:28 ID:8gwYuNBb
>>471
人の行為が主の贖いに匹敵するって?

474 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:24:58 ID:p8jO0fjW
>>472
適切な言葉でないので、以下のように訂正いたします。

× しかし、神の愛は無償なのではありません。
○ しかし、神の愛は何も求めないという愛ではありません。

475 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:26:08 ID:p8jO0fjW
>>473

サロメおたぁさんに、何を書いたとしても理解できないのは
承知しております。

これは、ここを見ている真面目に主を求めている人のために
書いたのです。ですから、気になさらないでください。
あなたのためではないからです。

476 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 20:31:07 ID:tmdZJj61





2ちゃんねるは動機づけの為だけだとご承知ください。







477 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 20:33:07 ID:tmdZJj61







2ちゃんねるは動機づけの為だけに存在しています。
ご承知ください。











478 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:38:08 ID:p8jO0fjW

神の律法により、すべての事柄は、同じ価値によって購われることに
なっています。もし誰かが神を悩ませたなら、その分の悩みをその本人が
身に受けることになるのです。

神は、多くの人が思っているような無感情なお方ではないのです。
神は怒り、嘆き、ねたみ、激しく愛してくださるお方なのです。

この神に対して犯したさまざまな罪の代価を支払うべきなのは
神に負債を負った本人なのですが、人が背負いきれるようなものでは
ないのです。

ですから、イエスは身代わりとなりました。
そしてイエスが人の罪を赦すように、わたしたちも人を赦すことが
その代価としてイエスに求められているのです。

マタイ5:38
「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。
しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。
だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。

479 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 20:47:45 ID:p8jO0fjW

この初心者向けの質問箱に書くべきでないようなことまで
書いてしまったことを反省しています。

聖句について深く考えたい方は、「聖句の解釈をマターリ語るスレ」に
来てみてください。

480 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 20:49:58 ID:+4d7Q5iq
真剣に読んでいるので続けてほしい

481 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 21:11:58 ID:zlrYIIG9
ダニエルさん、無駄な議論ですね。ご自分の主張さえ、通れば良いのですか?
そういった説明をして、善人の志を否定する必要はないのではないですか?
善人と戦う必要があるんでしょうかね。

マザー・テレサは、言っています。

<何をするかが問題ではなく、どれほどの愛をそこへ注ぎ込むことができるか・・・
それが重要なのです。>


482 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 21:19:33 ID:p8jO0fjW
>>481
>ダニエルさん、無駄な議論ですね。ご自分の主張さえ、通れば良いのですか?

自分の主張など何一つしていません。
聖書に書いてある内容を、わかりやすく噛み砕いて説明しただけです。
これは議論ではありませんよ。あなたたちが、聖書の言葉に反したことを平気で書き、
僕の投稿に噛み付いてきているだけではないですか。

また、神について考えることをすすめているのです。
無駄な議論をしているのではありませんよ。

483 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 21:20:51 ID:p8jO0fjW
>>480 さん

近いうちに、神についてどこかのスレッドで語り合いたいですね。
よろしくお願いいたします。

484 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 21:29:01 ID:IWCiJTWN
>469

クリスチャンのご友人や信頼できる牧師、親切な教会員のいる通える範囲の教会が見つかると良いですね。
牧師先生はもちろん、信徒の人もあなたと一緒に祈ってくれるとおもいます。
日本のクリスチャンは少ないです。
親や家族・親戚にクリスチャンがいる人もいますが、
神道や仏教を奉じている家庭に育ち、家族の中でただ一人キリストへの信仰を歩む方も多くいらっしゃいます。

洗礼を受けてからでも、信仰のことで悩んだり、揺らいだりするものです。
聖書(旧約でも新約でも)の中の登場人物でも、神さまがいらっしゃり、人に良くされる方だとは
おもいつつも、神への信仰に悩んだり、自分の弱さに苦しみ、苦悩の中で神へ祈りを捧げる人の姿は多く描写されています。

イエス・キリストと聖書に対して、ご関心を抱いたことはとても幸いなことです。
近隣には、さまざまな教会があることとおもいます。
祈りにおいて、礼拝において、牧師と信徒が心から神を称えている聖い雰囲気を
もし、あなたが感じられたなら、その集いにしばらく通い、
牧師に聖書を教えていただく時間をお願いできるか、ご希望をご相談されてはいかがでしょうか。

穏やかに聖書を静かに読める時間が、どうかありますように。

485 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 21:44:44 ID:zlrYIIG9
>>482
質問したことだけに答えることは出来ないのですか?
愛は、与えるものだと言っていることも間違いではないでしょう。
どう考えても、善人の価値観だと思いますよ。
噛み付いてきたと受け取ることもないんじゃないですか?
心穏やかではないですね。
相手が善人かどうかは、聖書の言葉に反しているかいないかで決まるのですか?
マザー・テレサの言葉は、聖書にのっていませんよ。
ダニエルさんは、2ちゃんで、聖書の議論をして楽しみたいんでしょう?
ご自分のためにされていることなので、そこは、勘違いすべきではありませんよ。


486 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:17:03 ID:/yS2zPC3
ロザリオとかいうのが無いので
近所の神社のお守りを握って祈ってたりするのですが
これだとイエス様は怒ってしまうでしょうか?

487 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/21(火) 22:25:22 ID:3zNYJc9k
>>486
ロザリオって、一種のビーズアクセサリーみたいなものなの。
祈るごとにビーズの数を追い、祈る回数を数える計数器なのよ、ロザリオって。
だから神社のお守りと、根本的に違うの。

488 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/21(火) 22:28:40 ID:3zNYJc9k
>>486
ロザリオって、安いものからあるよ。
http://www.sanpaolo.or.jp/

489 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:29:24 ID:kdl2dpr3
>>486
神社のお守りを握ってどうやって聖母マリアへの祈りの回数を数えるのか
教えて欲しいです。


490 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:43:08 ID:Xtbi+6Gi
質問です。

教会で英会話を教えてくれる外国の方達は、どのような方なのでしょうか?

491 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:45:12 ID:kdl2dpr3
>>490
無料の英会話教室ならモルモン教の宣教師じゃない。



492 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:47:36 ID:1ZCZdF7t
神=イエスなら、
なぜ死ぬ間際に「神よ、なぜ私をお見捨てになるのか」と言ったのですか?

493 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:50:22 ID:Xtbi+6Gi
ありがとうございます。

そうです、無料の英会話教室です。
最近、その方と知り合う機会があり、行ってみたいのですがキリスト教を勧められたりするのでしょうか?

494 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:51:17 ID:arcgp5ig
>>467
>>457
>>452
私からもこの方々の質問にどなたかコメントお願いします

495 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/21(火) 22:53:15 ID:8gwYuNBb
>>493
ほとんど別の宗教で コーヒー コーラ お茶も飲めないほど戒律厳しいですよ

496 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 22:57:46 ID:TDIr+Bi4
あと、酒、タバコも厳禁>モルモン教

497 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:01:10 ID:Xtbi+6Gi
そうなのですか。

教会でという事なので、キリスト教なのかと思っていました。
せっかく、知り合ったので仲良くなれたらと思ったのですが、厳しそうですね。

498 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:03:59 ID:kdl2dpr3
>>493
結果的にはモルモン教に入信することを勧められます。
ここで聞くよりもモルモン教のスレこの板にあるからそちらで聞いた方がいいと思う。
モルモン教又は末日イエスキリスト教会でぐぐってみたら。


499 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:07:01 ID:Xtbi+6Gi
わかりました。

モルモン教の板に移動したいとおもいます。
ありがとうございました。

500 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:08:33 ID:SbzmTs5I
キリスト教会を名乗る有名な異端がモルモンです
外国人が教会で英会話を無料で教えるといえば大体モルモンです
聖書を微妙にずらしている巧妙な異端です
避けられたほうがよいです
過去、友人が二人モルモンにはまってしまい、二人ともChristianになれないでいます


501 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/21(火) 23:14:02 ID:3zNYJc9k
>>500
>>聖書を微妙にずらしている巧妙な異端です



モルモン書は、聖書を微妙にずらす程度でなく、完全に異なります。

502 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:17:56 ID:YxoNOk5F
具体的には?

503 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:26:56 ID:WUXIpial
>>501
おふでさき,みかぐらうた,おさしづ
はどうですか?

504 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/21(火) 23:34:18 ID:p8jO0fjW
>>485
>ダニエルさんは、2ちゃんで、聖書の議論をして楽しみたいんでしょう?
>ご自分のためにされていることなので、そこは、勘違いすべきではありませんよ。

聖書について語ることは楽しいことです。
僕は、聖書が大好きだと、本心から言えます。
そして、イエス・キリストが大好きなのです。
ですから、同じような人がいたら嬉しいなあとは思います。
自分のため、といえば自分のためです。

議論をしたいのじゃありません。
愛する神について、人とこの思いを共有したいだけです。

もし僕に質問がおありになるのなら、ここではなく聖句スレにお願いします。

505 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:34:51 ID:GHiFF+eK
>>488
なにこのコスプレショップ・・・・・

506 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:48:19 ID:zlrYIIG9
>>504
>僕の投稿に噛み付いてきているだけではないですか

思いを共有したいなら、心穏やかに対応されてはいかがですか。
質問は、ありません。

507 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/11/21(火) 23:57:28 ID:3zNYJc9k
>>502
聖書を読んだ人が、モルモン書をさっと見ただけで、まったく違うのがわかります。
聖書を見たことない人に、モルモン書を見せて「これがキリスト教よ」と言えば、ダマされるかもしれません。
わたしは古本屋さんで、モルモン経、モルモン書をちょっと立ち読みしただけであり、持ってはいません。
聖書、モルモン書の具体的な違いは、モルモンスレ住人に尋ねてください。

508 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/21(火) 23:58:19 ID:3zNYJc9k
>>503
このスレでは、質問を却下します。

509 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:11:46 ID:9kpK+iK0
>435
>でも、賛美歌を歌ったり、「アーメン」と言ったり、イエス「様」と言ったりするのに抵抗があります。


あなたは正直な方です。
聖書の神について説明を聞いておらず、イエス・キリストへの信仰を持っていない方なら
そのように感じて当然だからです。

キリストを知りその福音に感謝し信仰を告白し洗礼を受けた人たちが、称え、祈る対象を
あなたが祈り求め、お知りになることができますように。
一人になったとき、素直で正直な気持ちで神に祈られてみてください。
キリストの福音を見出す喜びを得られる日がきますように。

510 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:49:00 ID:cuQonRRW
「この聖句はこういう意味である。神とはこういう存在である。この問題はこう見るべきである。」と、
まるで自分が全てを正しく理解しつくしているとでも言いたげに、一方的・断定的解釈にあけくれ、
自分の解釈と少しでも違う意見に対しては断固としてはねつける人がいる。

彼にとって、自分と違う見解を持つ人間は「間違っている」のであり、「わかっていない」のである。
彼は、自分の信仰こそ最も正しく、自分の目こそ最も正確であると信じて疑わない。
そして「わかっていない人たち」を、「どうにもやりきれない」といった顔で上から見下ろすのである。

彼は聖書の尊くありがたい解釈をのたまうが、聞く者たちはそこに愛と平安を感じない。
本心の喜びを感じない。逆に、そこに、ある種の「胡散臭さ」と「いぶかしさ」を察知する。
すると、彼は言う。「君たちには高度すぎた」と。


511 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:53:10 ID:QegnjIBt
逆もまたあり

512 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:53:29 ID:qnFdTgch
ノンクリスチャンです

キリスト教信仰に
興味があるわけではないのですが
少し質問させてもらってもいいでしょうか

もし不愉快な質問でしたら
無視してもらえればと思います

当方、演劇の台本を
書いているのですが
現在、グノーシス主義の世界観を
演出する必要に迫られそうな状態で
これに関する資料を集めているところです

「トマスによる福音書」等の
ナグ・ハマディ文書群を探しているのですが
こういったものはキリスト教書店に置いていますでしょうか?

ご存じの方いらっしゃいましたら
ご回答いただければ幸いに思います

513 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:56:03 ID:qbs9dmmP
>>512
キリスト教書店よりも、大型書店の宗教コーナーへ行った方がいいと思う。

514 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 01:03:33 ID:zejyz82r
>>512
文庫本で買いましたよ。
まだ開けてもいないけど。

ちょっとした大型店なら置いてるでしょう。

515 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 01:07:14 ID:9kpK+iK0
昔から、ミイラ取りがミイラになる、といいます。
気をつけてください。

516 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/22(水) 01:11:55 ID:2FK7FZAO
>>512
トマスによる福音書なら、講談社学術文庫で発行されてた気がするよ。

517 :512:2006/11/22(水) 01:16:45 ID:qnFdTgch
ご回答どうもです
今日、近場の図書館で探してみたところ
発見できず、帰ってからネットで
市内の図書館貯蔵全てに検索をかけましたが
同書籍はどこにも置いていませんでした

キリスト教書店では
扱っていなさそうな感じですね

近場の店舗で探してみて
なかったら取り寄せます
ありがとうございました

518 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 01:19:59 ID:zejyz82r
>>515
他宗教、特に原始佛教からは多くの啓発を受けましたよ。
正しく目を開かされた思いでした。

固執することなく、視野を広げるのも良いことですよ。
自分をコントロールしきれず魔境に落ちてしまう人もいますがね・・・

まぁ、いずれにしても良し悪しあって人生です。柔軟性と、自己の軸
が大切ですね。

519 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 01:27:43 ID:Z+OS+OfN
>>518
>他宗教、特に原始佛教からは多くの啓発を受けましたよ。
>正しく目を開かされた思いでした。

何故大乗仏教ではなく原始仏教?キリスト教と同じく、開祖個人崇拝のカルト
だからだろ。

仏教の真髄は、多数の人々が膨大な思索を重ねた大乗仏教にあるのだよ。釈迦の
偉大さは、無の思想により大乗仏教への道を開いたことにある。



520 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 01:32:46 ID:zejyz82r
>>519
ふーん・・・
無の思想によりどう大乗仏教の道を開いたのか教えて欲しいなぁ・・・

釈尊ははじめ悟りを教え広めるのを拒んだのだがね。
そもそも大乗だの小乗だのって分けることが既に無の思想から外れてるよ。
キミは単に池田せんせに洗脳されてるだけ。

521 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 01:33:51 ID:Q+GDh+Ya
>>512
トマスによる福音書ならここでも読めます。
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html
>>518
変な人に因縁をつけられてもスルーしましょう。

522 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/22(水) 08:08:53 ID:uQd2SOJl
>>520
無の思想はシャンカラ・アチャーリアに論破されたらしいよ

523 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 08:19:51 ID:M50i9mzm
質問です\(__)

私、無宗教で...あともう少しで友達の誕生日なんですが、その友達がキリスト教を信仰していて...サプライズで祝いたいと思っているのですが…宗教上大丈夫なんだろうかと思い...質問させて頂きます。

キリスト教では、自分の誕生日や友達の誕生日などを祝いますか?

幼い質問で申し訳ないのですが...よろしければ教えて下さい。

524 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 08:52:01 ID:saKsunFB
>>523
論破のしようがないと思うんだけど。
無我の境地は目指すものだから。

つまり個人の意識の問題であって、実在論としての有無を論じてるのではないでしょ。
無の概念も時代によって形を変化させていてるみたいだしね。

525 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 08:53:40 ID:saKsunFB
>>523
むしろ誕生日を祝ってはいけないってクリスチャンを捜すほうが難しいかと・・・
あとは、サプライズの内容によるのでは?

526 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 09:13:08 ID:NbuqiawJ
>492
旧約聖書の詩編第22編の冒頭を叫ばれたのだと。
神を賛美する詩編です。私はまだ求道中の身ですので、
間違いがあったらごめんなさい。
でも、同じ疑問を持ち、この答えを知った時には、涙が出そうでした。
↓詩編の冒頭です。

  わたしの神よ、わたしの神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか。
  なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず、呻きも言葉も聞いてくださらないのか。
  わたしの神よ、昼は、呼び求めても答えてくださらない。
  夜も、黙ることをお許しにならない。

以下、ここに書き込むには長いので省略します。
聖書をお読みになるか、検索してみてください。

527 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/22(水) 09:27:35 ID:uQd2SOJl
>>524
では有なるものの始原は?

528 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 09:30:29 ID:M50i9mzm
>>524さん、すみません...よく分かりません。

>>525さん、ありがとえございます。
前に、宗教上ダメだという友達がいたもんで...どうなのだろうか?と思ったんです。やっぱ違うんですね....
サプライズの内容は、普通です。その子に黙って、他の友達をたくさん集めてその子に楽しんでもらうだけです(^^;


529 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 09:36:34 ID:QegnjIBt
>>523
教会では、みんなでその人の誕生日を祝います。
「あなたは愛されるため生まれた人」とかみんなで歌ったりもするんだけど、
クリスチャンでない友達が遊びに来ててちょうど誕生日だったので祝ってたら、
泣いていたよ。笑って過ごしてるようにみえて、みんな何かしら辛い思いして生きてるんだなって思った

530 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 09:52:23 ID:M50i9mzm
>>529さんもありがとございます。

みんな生きてますもんね...いろいろありますよね...そこで「あなたは愛されるため生まれた人」なんて題名の歌染みるんだろうなぁ、その歌は難しいですか?あと、教会で祝うのって時間決まってたりしますか?

531 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 11:06:42 ID:+fdlzgfY
>>527
よく読め
実在論ではないって書いたじゃん。
認識論の問題だよ無の思想は。
これがキリスト教に欠けてる部分。
キリスト教はどっちかというと感情論だね。
何か(ex教会の権威=聖職者、関係者の立場)を守るために理論を構築して
いくからマリア無原罪、被昇天だの天使の序列だのいろいろでてくるだろ?

だから、キリスト教のほうが迷いやすいと思うよ。
捨てていく作業が佛教なら
付加していく作業がキリスト教

イエスは光だけど、現行キリスト教はどうしようもないな。


532 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/22(水) 11:13:52 ID:uQd2SOJl
>>531
っていうか ちゃんとインド哲学の流れ嫁よ
仏教がインドで絶えたのは ヒンドゥー側に論戦で負けたのも
あるんだよ

533 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 11:14:05 ID:+fdlzgfY
異端認定に狂ってるバカ栗どもが良い例だな。
他を異端に認定して自分の立ち位置を確認したいだけだろ?

人をけ落とすことによって得られる信仰、守られる信仰ってなんなんだろ〜?



534 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/22(水) 11:15:51 ID:+fdlzgfY
>>532
論戦っていうより政治上の問題でしょ。
カーストを否定した佛教は権威者には好ましくなかったからね。
そもそも、どう論破したんだよ?


535 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/22(水) 11:21:57 ID:uQd2SOJl
>>534
シャンカラ アチャーリア で検索

536 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 11:59:25 ID:RcfOyH7b
>>528
エホバの証人、というキリスト教の派生宗教(伝統的キリスト教会からの視点では異端)では
誕生日を祝うことを禁じています。
国内で誕生日の祝いを禁じる宗教としては確率論的にこれではないかと思います。



537 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/22(水) 12:45:54 ID:Gq/kqu1T
なんか読んでて思ったんだけどさあ、聖書って矛盾する言葉がすごく多いんだけどなんで?
どうにもこうにも納得がいかないんだけど
矛盾ってか正反対のことが多いんだけど
いまいちってか、まったく理解不能でまぢなんで?ってなるんだけど
なんで正反対のことばが多いの?

538 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 12:56:33 ID:QegnjIBt
>>537
具体的に言うと例えば?

539 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/22(水) 13:00:18 ID:Gq/kqu1T
>>538
なんかよく覚えてないけど「明日のことを煩うな」
ってこんなようなこと言ってるのに「終わりの日に備えて」とかさ、
確定してない先のことなんか心配しないでいいよ☆って言っといて先のこと心配しろとか書いてあるんだけどなんで?

540 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:18:14 ID:u9+Lf1dU
自分の制御できないことについて思い煩って心身が疲労してしまうのを避けることと
神の約束に信頼して敬虔に毎日を過ごすことは両立することじゃないかな。

矛盾してるとはおもわないけど、私は。

541 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/22(水) 13:18:48 ID:uQd2SOJl
>>539
いつ どこで 誰が 何を どのように

542 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:22:08 ID:QegnjIBt
↑子供か

543 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:23:57 ID:cuQonRRW
>>537
理由はともかく、それゆえにさまざまな解釈が可能であるにもかかわらず、
「この聖句はこうとれ」とか、「聖書はこういうことを言っている」などと断定的に
自説を展開する人がいるのには閉口します。

例えば、全てを神の予定と見るか、あるいは人間の行動が結果を左右すると見るかによって、
決定的ともいえるほどの神観、信仰観、価値観、世界観の違いが生じるにもかかわらず、
そんな根本的なことすら統一されていないのが現状ですね。

どの聖句に重点を置いて全体を見るかによって、さまざまな教理と解釈が可能になります。


544 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:26:56 ID:u9+Lf1dU
>543

だからこそ、神さまはフェアな方だとも言えるね。
それぞれが誠実に真実に神を求めているのか、一人ひとりの心を神はご覧になりご存知だから。

545 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 13:42:49 ID:iujZdzyz
祈りとはお経みたいなものですか?

546 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 14:05:51 ID:u9+Lf1dU
>545

お経とは違うように感じます。


 また、祈るとき、異邦人のように同じことばを、ただくり返してはいけません。
 彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。
 (マタイ 6:7)

547 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 14:40:04 ID:Y5LgewLb
>>545
聖書はお経みたいな物で
説教は説法みたいな物ですが
(浄土真宗では「説教」だとか)
聖書朗読は読経みたいなものではないですし
(読経のほうが意味が変わってしまって相似が破れている)
祈りも読経とは違います。

むしろ祈りと黙想の方が密接ですから
瞑想や禅の方が近いかも。

カトリックや正教の定型祈祷は
念仏やお題目のようなものといっても
いいかもしれません。

548 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 16:01:41 ID:fQ9J6wtV
>>540
聖書の中に、矛盾する、又は矛盾する解釈が可能な二つの言葉や教えが出てく
れば、それらのいずれも「無効」であると考えるべきである。これは世の中の
常識。さもなければ、聖書は読者次第で「どうにでも」解釈できることになり、
何の基準にもなりえない。厳密かつ批判的に読めば、聖書には、そのような言
葉や教えが、キリスト教による意図的な歪曲・捏造を含めて、他にも多数存在
する。

屁理屈でこじつけたり、正当化しようとすることは、むしろ、読者による聖書
の冒涜。大昔の人が書いた書物に誤りや矛盾がないと考えること自体が、基本
的な誤りであることを自覚すべし。

549 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 16:03:27 ID:1fQJoRBC
宗教は石ころのようなもの

550 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 16:17:51 ID:QegnjIBt
>>548は、その主張でいったい何を訴えたいのだろう?

551 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 16:24:40 ID:DfTS6jAo
>>550
すごくわかりやすい文章なんだけど。>>548

552 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 16:54:03 ID:QegnjIBt
んーだから、矛盾することばがあるから無効だっていう論理で、
聖書つまりはキリスト教や聖書(旧約)の神の存在自体をもを否定しようとしているのか?
それともただ単に、聖書の言葉は信用できないと言いたいだけなのか?そこんとこがわからんのでレスした。
矛盾点については、それこそこの2千年の間、重箱をつつくように議論されてきたわけだけれども。
そこでいくつかの決まりごとを決めて、使徒信条、二ケア信条など…今に至ってて、それ以外の部分は、
正直いって誰も分かんないことなので、あらゆる人が自由に発言している。…そういうことじゃない?
この決まりごとを守らないのを異端としているのだしね。

553 :無能人 ◆dmfu//97yw :2006/11/22(水) 17:16:48 ID:PqHhz9Wt
霊能者はよくその能力ゆえ見たくも無いものが見えて煩わしいと言われます。
鍛錬すれなスイッチみたいにオン・オフを出来るようですが・・・。

イエス様とかの神々の皆様も究極の霊能者みたいなもので
その完璧な能力ゆえに普通に神々だけで存在していてはつまらないと感じ
人間を創造したのではないかと思います。
例えば、神様同士で神経衰弱をしようとしても先読みが出来てしまい面白くはないと感じるでしょう。


ところで、普段我々がああしてほしい、こうしてほしいと祈りますが、
神様から見れば、各人各々の祈りや願望の内容はどうこう言わなくても既に分かってらっしゃる事だと思います。
この観点からすると祈らずとも神々の皆様方のほうで、
我々の願いや祈り等を悟ってくれるのでは、と思ったりもするわけなのですが
どうでしょうか?

554 :無能人 ◆dmfu//97yw :2006/11/22(水) 17:18:59 ID:PqHhz9Wt
訂正

誤 鍛錬すれな

正 鍛錬すれば

555 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 17:22:06 ID:IPPZlSYH
都合の良い文書を付け足したり書き足したりしたのが聖書
聖書の言葉は信用できないと言いたいだけなのか?
当たり前だろ
むしろ
信じるほうが異常だ。

556 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 17:22:13 ID:M50i9mzm
>>536さん、そうです。
友達は、エホバの証人だから...誕生日は、祝えないって言ってました。


557 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/22(水) 17:25:16 ID:Mdg2xevr
>>553
すごい想像力(笑)

まず、キリスト教の祈りには5つの要素があると聞いたことがあります。
「感謝」「賛美」「願い」「とりなし」「悔い改め」
決して、神社でしているような祈りと同じではありません。

また、神様は、ご存知であっても私たちに聞いてくださる方です。
創世記をご覧ください。

神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」

558 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 17:46:07 ID:IPPZlSYH
その神様は日本人など相手にしない
創世記をご覧ください。

559 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:09:36 ID:saCXsI9w
>>556
エホバの証人の友人にバースディサプライズを仕掛けたい、のだが大丈夫だろうか、
という質問だったということでしょうか。

だとすると、お勧めしません。
本人がまじめにその信仰を持っているなら、
喜ぶわけにいかず
かといってあなた方の善意に怒るわけに行かない、精神的窮地に
追いやることになります。
もっと単純に怒り出してしまうとあなた方が気まずいし、
造り笑顔で感謝して見せても裏では罪悪感満載で
夜通し懺悔の祈りなんかされたら、
あなた方の寝覚めが悪いはずです。

その人が親に引きずられてやってるだけでその信仰に懐疑的である場合、
いままでだれも祝ってくれなかった誕生日を祝ってもらって嬉しい、という
ことになるかもしれませんが、それならきちんと意向を聞いて、
親御さんを含むその宗教の一味に漏れないように
こっそりするべきで
(違反者は親も兄弟もなく村八分にするのがカルトの恐ろしさですから)、
そうするとサプライズにはできません。



560 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:25:38 ID:M50i9mzm
>>559さん、すみません...違います。
エホバの証人の友達は、前の話です。

今回は、キリスト教の友達です。

ややこしくしてしまって、すみません...

561 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:46:28 ID:57h4mVVJ
>>1キリスト教では神がこの世界を創った
となってたと思うのですが。
病気などの不幸も神が創ったということですか?

562 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:47:50 ID:bV3mfOzh
>>561 そうです。

563 :561:2006/11/22(水) 18:56:02 ID:57h4mVVJ
キリスト教の神は人間に賞罰を与えるという
考えなのですか??

564 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:58:03 ID:HHKweVgH
>>558さん
なるほど…
「神が日本人を相手にしない」を言うなら出エジプト記や申命記を引いたほうがいいかもしれませんよ。
それがホントに言えるかどうかは分かりませんが…

それはともかく、マタイをお読みになりましたか?
あるいはイザヤ書など。
実は創世記などを見ても、
「神は日本人のみならず、すべての人に関心を持っておられる」ことが分かるんですよ(^-^)

565 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:58:54 ID:snbw3fW3
聖書は文学のジャンルでいうと何になるんですか?

566 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:07:04 ID:1PIz2p4Q
贖うとかいうのが分かりません。何ですか、贖うって。贖い金は別の表現で
身代金とも言いますね。神さまが身代金を要求する宗教がキリスト教ですか。

567 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/22(水) 19:08:14 ID:2FK7FZAO
>>565
聖書は、ノンフィクション小説

568 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:08:53 ID:hWhNcMjv
>>560
ああ、こちらも早とちりしてしまってすみません。
なら、好きなだけ、なんだってやってあげてください。

ちなみに私の教会では教会員の誕生日に牧師と役員のメッセージ入りの
手作り誕生日カードが送られます(ちょっとキモい?)。

569 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:10:23 ID:1PIz2p4Q
>>565
聖書は古代ユダヤの説話文学でしょう?

570 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:12:47 ID:h6PjioST
>>565
神話と歴史書と法律と詩歌と小説と官能小説と幻想文学とノンフィクションと書簡とSFです。



571 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:12:57 ID:bV3mfOzh
>>563
賞罰と言うよりも「神の怒り」だろうね。
人間が最も恐れなければならないのは
神のこの世に対する「無関心」だ。

572 :563:2006/11/22(水) 19:20:34 ID:57h4mVVJ
>>571神の定義は何ですか??

573 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:23:54 ID:7ErbF+zr
>>566
その理解は半分ぐらい正しいです。
イスラエルの長子はあがなわれる規定でしたし。

むしろ交換人質で神の裁きから解放してもらおうというのがキリスト教です。
もっと踏み込んで、その交換要員を用意したのも茶番を仕組んだのも全部神、
ということにすると、たとえ話としてはかなり良くなります。

574 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 19:44:08 ID:M50i9mzm
>>568さん、きもくないですよッヾ(≧∇≦)〃

手作り誕生日カード良いですねぇ〜用事があって来れない友達もいるので...ゥン、すごく良いです☆やってみます(^ー^)
ありがとうございます。
めっさ、助かりました。
良いアイデアも頂けましたし(^_^)

575 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/22(水) 19:51:49 ID:Gq/kqu1T

ヾ(≧∇≦)〃 ☆

576 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:13:52 ID:1PIz2p4Q
イスラエルの長子が贖われる規定というのは何のことですか。分かりやすく
説明して下さい。

577 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:17:15 ID:jm1Sw79H
初物を神棚に御供えすることよ。


578 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/22(水) 20:19:02 ID:v77g2lHI
>>539
>なんかよく覚えてないけど「明日のことを煩うな」
>ってこんなようなこと言ってるのに「終わりの日に備えて」とかさ、
>確定してない先のことなんか心配しないでいいよ☆って言っといて
>先のこと心配しろとか書いてあるんだけどなんで?

「思い煩い」というのは、生活のことについて
あれこれと悩むことのようです。

ペテロ第一 5:7
思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。
神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。

ですから、終わりの時について考えることは
「思い煩い」ではないと思いますよ。

強いて言うならば、それは希望だと思います。

579 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:50:34 ID:KWuOKfXk
若いときに堕胎しました。
その後別の人し結婚もしたけど結局相手の要望で離婚もしました。
今も悪い事をたくさんしています。
食べ物を残すし、人を憎く思ったり、文句言ったり、怠惰に過ごしたり。
反省して直すように練習していますが、すぐ不安になってしまいます。

神は赦してくれますか?



580 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 20:51:06 ID:cyQcLOZf
求道中の身ですが、旧約聖書に関しては、創3-11は寓話であると
再三シスターから言われています。
何かをヒントにしてそれらが書かれていますが、内容(喩や真偽)ではなく、
その話から「何を云わんとしているか?」という事がとても大切、と仰っていました。
あくまで、創3-11の寓話に関してですが。

581 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/22(水) 20:56:49 ID:2FK7FZAO
>>579
神さまは、あなたに、神に寄り掛かって生きること、をのぞまれてると思いますよ。

582 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/22(水) 20:57:43 ID:v77g2lHI
>>580

あなたが、その投稿をここに書いたのはなぜですか?
あなた自身は寓話だと思わないということなのですか?
それとも、誰かシスター以外の人の見解も知りたいということですか?

583 :ホセ・ロドリゲス ◆ECSBlXEnS. :2006/11/22(水) 21:02:22 ID:PqHhz9Wt
蜂の子を食べるのは罪ですか?

584 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/22(水) 21:28:52 ID:I3touxe0
>>583
罪ではありません
>>579
イエス・キリストがあなたの罪の為に十字架に架かった事を信じるならば
神様は赦してくれます。
>>539
明日の事を心配するなというのは物質的な事。終わりの時とは再臨の事。
聖書の対比の部分はよく悟らないと勘違いする。
>>566
購うとはキリスト教において罪の身代わりの事を言います。
>>563
罰と考えないで欲しい。「試練」です。


585 :580:2006/11/22(水) 21:30:22 ID:cyQcLOZf
>>582
分かりにくい文章になっていてすみませんでした。
私が580を投稿した理由は勿論580を書きたかったから投稿したのですが、
>>567の「聖書は、ノンフィクション小説」と短く言い切ってしまっていらっしゃるのを見て
それはちょっと違うな、と思ったからです。

私は洗礼準備の勉強会に付き合ってくださっているシスターを尊敬しています。
その事(寓話だということ)に関して何も疑っていませんし、私は聖書自体疑ってかかるほど
知識もありません。

586 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/22(水) 21:35:24 ID:v77g2lHI
>>585

良い恵みがあるようにお祈りします。
どうぞ興味をもってイエスについて学んでくださいね。

587 :580:2006/11/22(水) 21:39:02 ID:cyQcLOZf
>>586
どうもありがとうございます。
洗礼を受けるその日を待ちわびています。
でも先はまだまだ長そうです。

588 :563:2006/11/22(水) 22:35:24 ID:57h4mVVJ
論破しに来たんですけどwwww
>>572に答えて下さいよwww

589 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 22:43:20 ID:aHxCf5L4
>>588
おまえごときに論破されるくらいだったら
とっくの昔に神なんて言葉はなくなってるだろうよ。

590 :563:2006/11/22(水) 22:51:01 ID:57h4mVVJ
>>589矛盾を指摘しに来ましたwww
あなたキリスト教の人ですか??言葉使いが汚いですねwww

591 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 22:57:54 ID:aHxCf5L4
>>590
おめ〜のイメージするクリスチャンってどんなのよ?

592 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/22(水) 22:58:24 ID:Mdg2xevr
>>579

キリスト教の基本的なことに「悔い改め」というものがあります。
それをするためには「罪を認める」ことが必要です。

あなたはそれができるようになっていると思います。


教会には、さまざまな過去を持った人もいます。
まともな教会の少なくとも教職者や聖職者(牧師や司祭)はあなたを拒絶しないはずです。(もし拒絶されたらその教会が変だから気にしないでね)
一度お近くの教会の門をおたたきになってください。
事前に教会に「人生に付いて悩んでいることがあるんです。話を聞いてくれませんか」見たいな電話をしてからのほうがいきやすいかもしれません。

593 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/22(水) 23:02:39 ID:Mdg2xevr
>>572
まずあなたの考える「神」の定義を教えてください。
日本人の考える神と、キリスト教の「神」では、概念が違うかもしれません。

また、ここは「質問箱」であって、「議論箱」ではありません。
議論するところのすれがあればそこですればよいし、なければ新スレッドをお立てになってください。

594 :572:2006/11/22(水) 23:37:59 ID:57h4mVVJ
ごもっともな意見だ。質問に答えてくれないもんだからつい・・

私の考える神の定義は 科学で証明されていない法則です。
科学が進歩を研究することは
神を研究する事だとおもっています。

595 :594:2006/11/22(水) 23:39:34 ID:57h4mVVJ
間違えた
>科学が進歩を研究することは
科学が進歩する事は

596 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/22(水) 23:50:17 ID:Mdg2xevr
>>594

法則は、キリスト教の神ではありません。
確かに、自然の法則に反すること(死者の復活等)が起こることが聖書には書かれています。
それは、神そのものではなくて、神がなさる奇跡です。

神はすべてのものを主権を持って支配される方です。もちろん科学も超えて。
試練も与えられます。
ある人は言うかもしれません。「そんな神ならば要らない」と。
主権は神にあるのであって私たちにあるのではない。上のようなことをいう人は主権を自分のうちにあると考えています。
キリスト教の神は違います。

597 :594:2006/11/22(水) 23:57:03 ID:57h4mVVJ
>>596
抽象的すぎてわからんよ。
>主権を持って支配される方です
ってもっとわかりやすく説明してくれ。

598 :594:2006/11/23(木) 00:05:22 ID:57h4mVVJ
キリスト教の人は 法則が神でないとするならば
神を想像する時
ひげのはえたおっさんでも
思い浮かべるのかい??

599 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 00:09:25 ID:A106wf2K
永遠の命と言うけれど
みんな氏んだら焼かれて消えるじゃないですか?
こう言うと魂は永遠なのですとか答えるんだろうけど
少なくとも肉体は永遠ではないわけでしょ?

600 :594:2006/11/23(木) 00:13:49 ID:DjfqWqeM
>>596人間にはわからない自然の法則を
神がやっただとか神の奇跡だとか
都合のいい解釈してるっていうふうにとれるぞ。


601 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 00:17:27 ID:brCfQGCv
>>598
法則が神であるなら、どんな法則によって森羅万象が生じたのでしょうか?
>>599
魂は永遠なのです。

602 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/23(木) 00:25:32 ID:GZt6rd37
>>598
>キリスト教の人は 法則が神でないとするならば

法則を創ったのが神です。
ですから、神は法則ではないことになります。

宇宙の法則も物理法則も、現在の天地が存在している間に
限られて存在しているのです。
現在の時間と空間の範疇での決め事です。
この天地を創られたお方が神です。

また、神は現在の天地をまったく新しい聖なる
天地に創りかえるご計画を持っておられるのです。

603 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 00:27:13 ID:vkL7YEXi
>>600
では、神の奇跡であると私たちが考えるものが神の奇跡ではないとしたら何でしょうか。

604 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/23(木) 00:30:25 ID:GZt6rd37
>>599
>少なくとも肉体は永遠ではないわけでしょ?

現在の私たちの肉体は永遠ではありません。
それは、現在の物質の限界です。

しかしながら、神は、私たちの肉体のみならず
この世、つまり物理的な世界をすべて創り変えてしまう
ご計画があるのです。
このことが、聖書には、はっきりと書かれているのです。
聖書に書いてあることは、このような壮大なスケールの事柄なのです。
イエスの肉体が、まったく新しい物質に束縛されない自由な肉体に
復活されたことが、聖書の預言が正しいことを証しています。

605 :594:2006/11/23(木) 00:42:49 ID:DjfqWqeM
>>602
わからない人ですね。
神が法則を創ったっていいますけど、その神も法則の一部だと
考えられるでしょ。人間のわかっていない法則を都合のいいように
いってるだけってとれますよ。
森羅万象とかいうのも人間わからない法則だって
かんがえられるでしょ。
>>603私達って誰ですか??キリスト教徒のことですか??
人間にわからない法則だから、都合よく
神の起こした奇跡といっているというふうに取れますが。



606 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 00:47:27 ID:vkL7YEXi
>>605
私たち=キリスト教徒
です。

なぜ、そこで「都合よく」という文言が入るのかがわかりません。
おやすみなさい。

607 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/23(木) 00:56:56 ID:GZt6rd37
>>605
>神が法則を創ったっていいますけど、その神も法則の一部だと
>考えられるでしょ。

神が法則の一部なのではありませんよ。
法則というものが、神の性格の一部を表現しているのです。

また、法則というものは永遠に存在するものではなく、
物理法則であるなら、現在の物質と空間が存在する間だけのものです。
また、地球上で通用する物理法則が宇宙では通用しない、ということがあります。
法則というものは、このように相対的なものなのでしょう。

しかし、神は絶対的なお方であり、物質や時間や空間に依存しておりません。
けれども、法則というものは、物質や時間や空間に依存しているのです。

608 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:02:25 ID:brCfQGCv
>>605
だから、
法則が神であるなら、どんな法則によって森羅万象が生じたのでしょうか?

609 :594:2006/11/23(木) 01:06:51 ID:DjfqWqeM
>>607神が法則を創ったっていいますけど、その神も法則の一部だと
考えられるのは確かなはずです。

あなたがいっているのはそうあって欲しいという願望であって
説明になっていません。
あなたはかってに
法則をかってに物質や時間や空間に依存したものだと定義していますが
物質や時間や空間に依存しないものが科学で証明されれば
それは法則ですよね。

610 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:13:09 ID:x8qCVfky
>609
>その神も法則の一部だと考えられるのは確かなはずです。


あなたの選んだ定義や公理系は仮説であって、それは真であると確定した事実ではないし、
キリスト者の考え捉える神理解とあなたの理解はそもそも定義からして異なっている。

あなたの考える神は、神ではないのかもしれないよ。
そのことをわきまえて生きることが慎みであり誠実さじゃないのか。
自身の信念を持ち探求することを否定するつもりはないけれど。
少なくとも、キリスト者の神観はあなたと異なるし、
世界にはあなたと価値観や世界観を共有しない人間が存在する事実を受け入れることは必要だよ。

611 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:14:01 ID:sSl/D/xR
ミカエル神
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164041797/l50

612 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:15:49 ID:vkL7YEXi
>あなたがいっているのはそうあって欲しいという願望であって
>説明になっていません。
という言葉を、
>神が法則を創ったっていいますけど、その神も法則の一部だと
>考えられるのは確かなはずです。
の、返答にそのまま使えそうですね。


613 :594:2006/11/23(木) 01:16:05 ID:DjfqWqeM
>>608
まえのれすをよくよんで
ちょうだい

614 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:21:52 ID:x8qCVfky
人類は自動車を造りましたが、人類を自動車の一部だと考えることは不合理です。

615 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:24:36 ID:brCfQGCv
>>613
もしかして、これのこと?
>森羅万象とかいうのも人間わからない法則だって
>かんがえられるでしょ。

日本語変だよ。

616 :594:2006/11/23(木) 01:25:49 ID:DjfqWqeM
>>612使えませんよ。人間にわからない法則(科学で証明できない法則)を
神と定義して考えるなら。全てが法則(神)であるという考えは
論理的におかしなところはありませんので。
思いたいという願望では ありません。

それとあなたがそのように答えるということは自分でも説明に
なっていないことを認めたという証拠ですよね。



617 :594:2006/11/23(木) 01:27:13 ID:DjfqWqeM
>>615
ごめんよ

森羅万象ってよくわからないんだけど
ビックバンだと思えばいいのかな??

618 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:29:19 ID:vkL7YEXi
>>616
>それとあなたがそのように答えるということは自分でも説明に
>なっていないことを認めたという証拠ですよね。

なぜそうなるのかがまったく持って意味不明。

ひとつだけ。
攻撃したい相手のことをもう少し勉強されたほうがいいかと思われます。
よくみませんか?進化論を勉強せずに進化論を攻撃して撃退されていく人を。

あなたがやっていることはそれとたいして変わりません。

619 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:30:49 ID:brCfQGCv
>>617
存在するもの全てです。人間とか動物とか…

620 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:31:19 ID:vkL7YEXi
誤解のないように。。。
私は創造論者です。

621 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:31:26 ID:nJag6kbO
>>616
議論はよそでやってくれ!

622 :594:2006/11/23(木) 01:33:49 ID:DjfqWqeM
>>610
仮説???なぜ仮説???
科学で証明できる法則を神だという人は いますか??
どんな宗教でも人間にわからない(科学で証明できないこと)を
観念的にとらえているはずですが。
人間にわからない法則=神
は仮説でなく事実でしょ。

623 :594:2006/11/23(木) 01:37:55 ID:DjfqWqeM
>>618
わかりました。ではどのように>>607が説明になっているのかを
説明してください。

624 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:38:14 ID:vkL7YEXi
>>622
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157662058/l50

スレの中身確認していないので、どんなスレッドかわからないけれど、あなたにぴったりそうな場所がありました。

625 :594:2006/11/23(木) 01:42:43 ID:DjfqWqeM
>>624ちゃんと質問に答えてよww
あなたがたがわたしの突っ込んだ質問に
うまく答えられず。
わたしを納得させられないんでしょwww

626 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:43:37 ID:x8qCVfky
>622

>私の考える神の定義は 科学で証明されていない法則です。(>594)


これは仮説です。

627 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:45:57 ID:vkL7YEXi
>>625
もうひとつ

「w」は、(笑)という意味というよりは、嘲笑の意を含んでいます。
そのため、回答者にきちんと答えてもらうつもりのないという意味すら読み取れないこともありません。
議論するなら、そちらのスレへどうぞ。

ちなみに、あなたが納得しない理由は。。。わかりますよね、皆さん。

628 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:47:44 ID:x8qCVfky
>594や>622の文言では、
法則という語が未定義ですし、神が「法則」なるもので十全に規定されうる存在として仮定されています。

629 :594:2006/11/23(木) 01:50:50 ID:DjfqWqeM
>>627そうだったんだ知らなかった
べつにわざとじゃないぜ
>ちなみに、あなたが納得しない理由は。。。わかりますよね、皆さん。
ってやな感じだなおい
わかってるなら書き込めばいい

630 :594:2006/11/23(木) 01:57:36 ID:DjfqWqeM
>>626
定義=仮説
ですか
でもこれは誰でも認めるところですよね。
人間にわかる法則を 神だという宗教はないですよね。



631 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 01:59:10 ID:vkL7YEXi
>>630
>人間にわかる法則を 神だという宗教はないですよね。
科学教くらいなら思いつきます。

なお、「宗教=神が出てくる」。。。というわけではありません。

632 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:59:53 ID:vVDE3x5s
最近つまらんな〜ここ。
もう少し気の利いた事書けよ。


633 :594:2006/11/23(木) 02:00:23 ID:DjfqWqeM
はやく>>607に答えてよ

634 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:01:37 ID:x8qCVfky
>630
>人間にわかる法則を 神だという宗教はないですよね。

ありませんね。

635 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:04:17 ID:x8qCVfky
>630
>定義=仮説
>ですか


たとえば、死刑が確定したオウム真理教の麻原を神だと定義する人間がいるとします。
その命題は真ではなく、仮説にすぎません。

そして、その仮説は偽です。

636 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:13:49 ID:nJag6kbO
いつからここは哲学スレになったんだ?

637 :594:2006/11/23(木) 02:15:41 ID:DjfqWqeM
>>635神は観念的なものだというのには
誰もが納得するはずです。
観念的なものに共通して言える事は、科学では解明できないという事です。
つまり神は科学で解明できないもの。
どんな宗教でも科学で解明できないものを神に定義しているはずです。
なので神は人間にわからない法則だといえるはずです。

638 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:18:26 ID:x8qCVfky
>637
あなたはどういう意味で法則という言葉を用いているのですか。
それとも、あなたにとって法則という語は未定義語ですか。

639 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/23(木) 02:25:31 ID:roDnoDS0
神とは「在ってあるもの」ですよ。
絶対相対含めあらゆる時間と空間とを網羅する「在る」です。

あなたの定義もあながち間違いではありません。
しかし、あなたは神を唯名論として捕らえているようですね。そんなものは
神とは呼べませんよ。

神は人間の観念では捕らえることはできません。
捕らえた瞬間にそれは神とは別物になってしまうのです。


640 :594:2006/11/23(木) 02:28:58 ID:DjfqWqeM
>>639
科学で解明された法則は
神じゃなくなるからな

641 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 02:29:35 ID:Y/eCcKQs
>>639
絶対相対含めあらゆる時間と空間とを網羅する「在る」です。


神には、時間も空間も無いのよ。
時間、空間を網羅する、と語る時点で、あなたの語るのは神とは違うよ。

642 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/23(木) 02:33:23 ID:roDnoDS0
宇宙の果てを知ったとして、その宇宙を包む空間が更に広がってるかもしれませんからね。

神とはそんな果て無き存在ですよ。

黙示録 21:6 また、わたしに言われた。「事は成就した。わたしはアルファで
あり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水
の泉から価なしに飲ませよう。

α、Ωは私は0⇔∞を表していると解釈します。

両者共に無限を意味しますね。

643 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/23(木) 02:34:14 ID:vkL7YEXi
>>640

>>614を読んでください。

644 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/23(木) 02:35:13 ID:roDnoDS0
>>641
あまり無知を晒さないように。
それはキミの神観でしょ。
神は石ころも網羅する。
それを否定したらば全てが無になる。
神が創造者である限り、全てを網羅する。
ただ、何によっても支配されないというだけ。

645 :594:2006/11/23(木) 02:36:04 ID:DjfqWqeM
>>638
法則っていうのは
定義しろといっても・・
むずかしい・・
足算だって法則なわけだし

全ての物は
人間にはわからない法則でつくられているとおもってるよ

646 :594:2006/11/23(木) 02:42:58 ID:DjfqWqeM
まあとにかく自分の一番主張したいことは
神=人間にはわからない法則で説明がつくのに
神が法則をつくったていうところだ
その神だって人間にはわからない法則だと説明できるのに

仮に神を作った神がいたとしても
それも法則だと説明できる


647 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 02:43:35 ID:Y/eCcKQs
>>644
時間という概念は、人間が作ったものよ。
神には、24時間制などないのよ。

648 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:45:59 ID:DqKXPMpW
とりあえず、のぞみが神だということはわかったw


649 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 02:49:21 ID:Y/eCcKQs
>>648
神と言われたことないけど、昔は某板で、女神と言われたことあるwww
(^o^;)

650 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:49:33 ID:x8qCVfky
>646

あなたは真理を理解しており、
あなたの知る真理を、クリスチャンに教え諭したい、というわけですか。
それで、このスレであなたの主張を展開しあなたの考えを伝え
クリスチャンを啓蒙したいと考えているのですか。

金正日による北朝鮮体制の正当化の言説に価値を感じないのと同様に
あなたの神観にも耳を傾け、一生を捧げるつもりは毛頭感じません。

651 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/23(木) 02:56:09 ID:roDnoDS0
>>646
私があなたの言ってることがあながち間違いではないといった理由は
聖書のこの箇所にあります。

 ヨハネ福  1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。

この言を中世神学者はアリストテレス・プラトンのロゴス(理性)を用いて
神の言=子なるイエス=神の絶対理性として神学を展開していきました。

理性とは神の絶対理すなわち法則とも言えますからね。
ただ、この法則という言葉に縛られてしまうと、既成概念に固執してしまう
可能性があります。あくまでも神の国は既成概念では捕らえることができない
という前提を踏まえていてください。

>>647
なるほど。では、朝には日が昇り、夕には日が沈むというサイクルを創造したのは?
人間の肉体は何によって老い、滅び、生まれる?
それもいっそのこと仮想であると断言する?

まぁ、それもありだろうけど、だからといって時間の存在まで否定するのは乱暴だよ。




652 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 02:59:26 ID:dnEW3sTP
神が時を造った。
12時間
12ヶ月
十二使徒

653 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:03:14 ID:Y/eCcKQs
>>651
神には、時間の概念は必要無いのよ。
人間の考えた、365日が一日としても構わないわけ。
現在の時間制は、人間が生活に便利なように編み出した知恵なのよ。

654 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:05:17 ID:Y/eCcKQs
>>652
聖書が無い時代は、時間は無かったわけね?

655 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/23(木) 03:07:10 ID:roDnoDS0
>>653
あのね・・・

>>644をヨーク嫁よ
>>神が創造者である限り、全てを網羅する。
ただ、何によっても支配されないというだけ。

神は何によっても支配されない。
時間にも空間にも支配されない。
だから神の空間はn次元ともいえる。

しかし、創造したのは神である限り、全てを「網羅」する。
ってか、ひょっとして網羅って言葉の意味を誤読してるの?

656 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:08:03 ID:dnEW3sTP
>>653
しかし人間に必要な時を造ったのは神

657 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:09:53 ID:Y/eCcKQs
>>656
『時』と『時間』は違うよ。
時間は、時を計る物差しなのよ。

658 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:10:09 ID:nJag6kbO
あのう、時間って時計やカレンダーをイメージするから混乱するのではないかと。
スレに書き込む自分と、書き込んだ自分、そしてこれから書き込む自分が存在している。つまりこれが時間。
過去、現在、未来

659 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:10:33 ID:dnEW3sTP
>>654
教会池
以上

660 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:11:53 ID:dnEW3sTP
>>657
なら時とは何かね?

661 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:14:21 ID:Y/eCcKQs
>>659
あんた、うざい。
イエズスは、安息日に羊を助けたでしょ。
安息日でも、24時間365日、入院患者さんがいる病棟勤務は、イエズスさまの目に、叶っている。

662 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:15:12 ID:dnEW3sTP
時は神が創った
時計は人間が作った

663 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:16:26 ID:nJag6kbO
時計は人間が作った
人間は神が創った


664 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:18:29 ID:Y/eCcKQs
>>660
時って、流れと思うよ。
その流れを時間という約束事を作り、生活に便利にしたのは人間。

665 :金日生:2006/11/23(木) 03:20:53 ID:DjfqWqeM
>>650
おおげさだな
たかが2chの書き込みだろ
そんなことでムキになってたら
キリスト教のイメージ下がるよ。

666 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:22:59 ID:dnEW3sTP
>>664
その知恵を持つ人間を造ったのが神。

667 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:25:36 ID:Y/eCcKQs
>>666
それはわかるよ。
だから神が時と人間を作り、人間が時間を作った。
これでいいでしょ。

668 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:26:55 ID:nJag6kbO
しかし髪を作ったのは人間。 (カツラ)

669 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:32:01 ID:Y/eCcKQs
>>668
シラけるね。
そんなのは下記スレに書きなよ。

【JEDI】キリスト教@談話室307【SITH】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163948277/

670 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:32:20 ID:DqKXPMpW
言葉としての神を考えてるのか、
言葉を超えたところの神を考えてるのか整理してほすぃw

主というのは、そんな言葉遊びの次元なのか?

こういうやり取りをみるとクリスチャンのレベルは低いって思われるぞ。


671 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:34:27 ID:dnEW3sTP
>>667
人間が時間を作ったというより、時を数字で解かり易くしたのが
人間の知恵ではないかな?
その知恵を与えたのも神だが。

672 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:35:55 ID:dnEW3sTP
>>670
クリスチャンも人間だからw

673 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 03:37:50 ID:dnEW3sTP
と言ってみたのはワシであるw

674 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:37:57 ID:DqKXPMpW
>>672
神は、結構雑に、手抜きして、人間を創ったんだなw

675 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:38:34 ID:e4c4jsv0
>>670
出来た人間なら、こんなとこにレスする暇あったら
人の為にボランティアしたり、能力を高めるために勉強したりしてるでしょ。
レベル低いのは、お互い様。

676 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:38:48 ID:Y/eCcKQs
>>671
知恵はすべて神からって、違うと思うよ。
神は人間に、自由な意志を与えたのだから。
あなたの考えなら、足し算だって神の意志になるよ。

あのさ、かなり酔ってきたよ。
おしっこしてくる。

677 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:39:08 ID:DqKXPMpW
>>673
と私も、真似して明かしたいけど、面白すぎるからやめとこw


678 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 03:39:38 ID:dnEW3sTP
>>674
似せて造ったらしい。レプリカ

679 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:42:06 ID:DqKXPMpW
>>678
この流れとしては、正解(^^♪
神も欠陥品w

ということで、荒らしたくないから、ノシ

680 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 03:44:12 ID:dnEW3sTP
>>679
誰だよ〜w正体明かせよw

681 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:47:39 ID:Y/eCcKQs
>>680
ここは談話室じゃないのよ。
このスレに出入りするなら、新約聖書ぐらいは買いなさい。

682 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 03:52:14 ID:dnEW3sTP
>>681
ID:dnEW3sTPはワシ。聖書持ってなくとも過去の経験でこれくらいは出来る
ということだ。
のぞみんもJESUS好きなら教会行きなよ。

683 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 03:57:15 ID:Y/eCcKQs
>>682
患者さんを放って教会は、クリスチャンがするべきことでない。
元創価学会員のあんたは、聖書も持たずに、なぜキリスト教スレをうろつくわけ?
談話室ならまだしも、質問箱までは、あんたは荒らしダヨ。

684 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 04:04:05 ID:dnEW3sTP
>>683
ワシはダークサイド
嵐で当然である。

のぞみんは日曜も仕事なのは分かってる。
しかし夜間礼拝とか平日の集会くらい都合つくだろ?

685 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/23(木) 04:08:43 ID:Y/eCcKQs
新約聖書さえ持たない創価学会員には、質問箱スレではレスの必要無し
以上、以後スルー

686 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 04:11:56 ID:dnEW3sTP
なぜキリスト教スレをうろつくか・・・

それはワシにも今となっては分からん。

しかし何故か嫌いでないから来るのである。

687 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/23(木) 04:20:46 ID:dnEW3sTP
>>685
お望み通り常駐してやろう

688 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 06:57:49 ID:fcfypHfG
>>526
じゃあイエス=神は、
自分で自分を賛美したという事?

689 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/23(木) 09:22:21 ID:75nNxd6n
>>670
>主というのは、そんな言葉遊びの次元なのか?

あなたは神様の御言葉を体験してないので、
「遊び」という感覚でしか捉えられないのでしょう。
言葉には力があります。例えば国会で消費税10%にします。といえば
私たちには相当な負担がかかります。また最愛のひとに「死ね」と言われれば
本当に死ぬこともあります。クリスチャンは神様の御言葉に信仰を持って
歩む時に神様より祝福を受けるのです。


690 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 11:54:52 ID:Clot/cdQ
>>685
旧約聖書さえ読み取れなく聖書全てをノンフィクションと言い切る人の言葉に説得力ないよ

691 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:31:24 ID:DqKXPMpW
>>689
>あなたは神様の御言葉を体験してないので、
>「遊び」という感覚でしか捉えられないのでしょう。

神様の御言葉の体験ってなんでしょう?
具体的に教えてください。

>クリスチャンは神様の御言葉に信仰を持って
>歩む時に神様より祝福を受けるのです。

よろしければ、具体的に教えてください。


692 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/23(木) 12:34:45 ID:dHFj0kTC
>>691
考えるな 感じろ

693 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:50:03 ID:b3FQkZuX
>>691
>神様の御言葉の体験ってなんでしょう?

律法の実行です。つまり
神の人間に対する要求を実行することにより
神の人間に対する思い・気遣いを体験できるのです。

694 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:56:52 ID:DqKXPMpW
>>692
とりあえず、神は言葉だっていうもんで、ちょっと絡んでみたんですが(^^ゞ・・・・・


695 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:59:47 ID:DqKXPMpW
>>693
>律法の実行です。つまり
>神の人間に対する要求を実行することにより
>神の人間に対する思い・気遣いを体験できるのです。

親切にありがとうございます。
よくわかりませんが、わからないということがわかりました(^_^;)

理解できるように勉強してみますm(__)m


696 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:08:52 ID:lqmf6nMY
クリスチャンはこういうの好きでしょ

なんかじんんわりと祭のよかん
銚子電鉄応援OFF会 凸デキ3
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1164227598/l50

というわけで、2ch名称使用に関してひろゆき氏からOKが出てますた。
という事。昨日の午前一時で締め切ったがカンパも集まったよ
http://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d158146.jpg
これ原案だけどこういう感じのです。


697 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 13:10:53 ID:lqmf6nMY
あ、スレ間違えた  >>696 は誤爆です、スマヌ。
談話室へ貼るつもりだったのに

698 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/11/23(木) 13:11:31 ID:Yc8lkOx3
>>696  祭り、というのは、みんなでボコボコに叩く、ちゅうのだけではないのか。一つ賢くなった。

699 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 14:00:28 ID:EYCIDg72
キリスト教がミトラ教とそっくりなのは何故ですか?
マリア崇拝とか後からくっつけたりして
姑息ですね
何故?

700 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 14:01:57 ID:b3FQkZuX
>>699
>キリスト教がミトラ教とそっくりなのは何故ですか?

具体的にお願いします。

701 :金日生:2006/11/23(木) 15:20:58 ID:DjfqWqeM
結局だれも>>646にまともにこたえねんだな

702 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 15:58:47 ID:5iVvAaL6
答えるも何も質問してないじゃん。

703 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:20:25 ID:htAld36S
ここはいつからオカルトスレになったんだ?

704 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/23(木) 16:45:41 ID:BQJSyiw4
>>691
>神様の御言葉の体験ってなんでしょう? 具体的に教えてください。

「あなたの重荷を主にゆだねよ。主はあなたのことを心配してくださる。」
詩篇55篇22節
私若い頃(今でも若いが)神様を信じ一生懸命教会で奉仕した。その結果ご褒美として素敵な人と
結婚することができました。これはホンの一例です。

>よろしければ、具体的に教えてください。

神様の導きによりあなたの生活は100%生かされます。


705 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/23(木) 17:04:37 ID:yevY2pI0
重荷です結婚が
まだ若いのに

まで読んだ

706 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 18:45:46 ID:+iZOq4V2
>>576
長男が生まれたら、それを神へのイケニエにするか、
代わりに子牛や子羊などをイケニエにするか
どっちかを必ずやれということです。
どう考えても選ばれるのは後者なので、
普通は長男が生まれたら神殿で捧げものをする規定、
と読まれます。


707 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 19:45:38 ID:ihwXCeXh
ルー・ダイアモンド・フィリップスが出てた
ペンタグラムという映画を知ってますか?
キリスト教はブードゥーに立ち向かい勝てるでしょうか?

708 :大嵐浩太郎:2006/11/23(木) 23:38:28 ID:Hx5DkAUA
巻いていこう

709 :金日生:2006/11/24(金) 00:51:04 ID:k30OfjOu
>>646のように考えればつじつまが合うのに
なぜ法則を神が作ったといいきれる。

710 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 02:25:53 ID:zejZf7Kw
キリスト教徒は精神を病んだ人や、それ相当の人に対して
どう接してますか?どう接すればベターですか?

711 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 02:32:57 ID:9pKRmoit
やっぱ、結婚するまでHってしちゃだめですか?


712 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/24(金) 02:37:52 ID:k2cVYnDL
>>710
わたしは、精神科看護経験者ですけど。
精神を病んだ、と書かれても、病名やその人の状況により対応は、異なる。

713 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 02:45:25 ID:zejZf7Kw
>>712
あなたとよく似てます
幼児体験が原因なのはわかってるんです
その境遇を乗り越えられないようです

714 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/24(金) 02:49:43 ID:k2cVYnDL
>>713
内因、外因、心因、これだけは理解してください。
精神が病んだと書かれても、これがわからないと精神科医師でも?でしょう。

715 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 02:52:03 ID:zejZf7Kw
>>714
申し訳ないですが、そのような科学的面での質問ではありません
ここはキリスト教質問箱です
キリスト教としての接し方ですので

716 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/24(金) 03:41:40 ID:k2cVYnDL
>>715
あなたみたいな、いい加減な考えでは、迷惑でしょう。
真剣に考えるなら、下記団体のように、クリスチャン・メンタル・ケア・フレンドとしての知識を学ぶべきです。
http://www.ne.jp/asahi/cmcc/top/

717 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/24(金) 08:13:20 ID:P7azna8D
>>710

愛情をもって接する事。「○○さんこんにちは〜」「今日は良い天気ね」等
の声かけもかまいません。もしそのことで機嫌を損ねたり問題が起こっても
その責任は神様が取ってくれます。

>>711
「ダメというより」はしない方が良い。と、考えて下さい。




718 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:33:53 ID:zejZf7Kw
>>717
レスありがとうございます。
結局はご機嫌取りのような関係でしか方法は無いので
こちらは大変疲れます。
正直縁を切りたいです

719 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:41:46 ID:zejZf7Kw
>>716
分からないのならば原則スルーすることが礼儀だとわかりませんか?
赤の他人に迷惑ばかりかけ甘えないでその辺り考えてみてください
わたしは今から仕事なのであなたの相手はしてあげることはできません



720 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 15:41:10 ID:BaPUB9Wf
皆さんの好きな聖書の一句教えてください

721 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 16:24:58 ID:sHTCs9Yd
>>718
精神疾患の方と接するのは大変気を使いますし、逆にこちらが傷付けられることも
ありますよね。
疲れたなら、離れてみるのも良いのではないでしょうか。
マザーテレサのの言葉「あなたの中の最良のものを」はこころにグッと来ますよ。
読んでみてください。

722 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 17:53:01 ID:E71YwVI3
ロザリオの祈りは1セット50回以上祈りますが
これを何セットも繰り返せば繰り返すほど
主は喜ばれるものですか?
また祈りが通じやすくなりますか?

723 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 18:36:23 ID:YYzGYjKC
その日、その時は誰も知らない。
父なる神だけが知り得る事なのだ。

ここの答えは何の意味も持たない。

724 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 18:37:59 ID:tgvFTIbt
福音書に予定説を想像できるようなところってありますか?
ローマ人への手紙には予定説を想像できるようなことはありますけど

725 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 19:15:09 ID:016vwynZ
うーん。

726 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 19:16:20 ID:016vwynZ
カトリックでも予定説は、根本教義
しかし、秘蹟とか胡散臭い方向へ走って忘れられたというのが現実
予定説を理解しきれるのは難しい

727 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 19:37:12 ID:3xLhUq/X
私はバツイチです。結婚期間は短かったのですがとても楽しかったです。
離婚は彼からの申し出で私は『彼がそう望むなら』と思い何も言わずに承諾したのですが
今頃になって何か間違った事をしたのではないかと自信がなくなってしまい
将来にも自信がありません。

キリスト教では結婚に対し2人にどのような心構えが出来たら
良いタイミングであると教えますか?

今後の為に教えてください。

728 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 21:13:17 ID:CakKchv2
>>706
信者には分かっているのでしょうが、部外者にはちんぷんかんぷんです。なぜ長子が
生贄にされなければならないのですか。それは古代ユダヤの何かの迷信と関係して
いるのですか。人命を軽視する神がまともとも思えませんが。

729 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 22:42:54 ID:dbdpKoHp
こんなスレも終盤にさしかかった頃リンク反英されてもな・・・・・・

730 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 22:57:02 ID:mVrNTQqJ
本当の信者は予定説から目をそらすことは出来ない

731 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:19:39 ID:zejZf7Kw
>>721
マザーテレサの本は何冊か読んでます。
ご紹介くださった本は読んでないので早く読んでみたいと思います
自分にとって「お薦めの本」を
紹介されるというのはうれしいものですね。ありがとうございました。

732 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:37:02 ID:u4zfaw16
蚊を潰すのは罪ですか?
ゴキブリを捕獲して捨てるのは罪ですか?
ネズミを捕獲して捨てるのは罪ですか?
アリを踏んづけるのは罪ですか?
ダニを駆除するのは罪ですか?
木の枝を切るのは罪ですか?

全ての生命に限りがあるのならば
海は死にますか?
山は死にますか?
風はどうですか?
空もそうですか?
教えてください m(_ _)m

733 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/25(土) 00:33:36 ID:ISCfCEVJ
>>732
> 蚊を潰すのは罪ですか?
> ゴキブリを捕獲して捨てるのは罪ですか?
> ネズミを捕獲して捨てるのは罪ですか?
> アリを踏んづけるのは罪ですか?
> ダニを駆除するのは罪ですか?
> 木の枝を切るのは罪ですか?

基本的に問題ありません。
キリスト教のキャンプ場にいってみてください。準備の方がバンバン害虫をやっつけています。
人間は神から他の生物を支配するように命じられています。もちろん合理的な範疇でということですが。
そのような意味で人間は他の動物と違い特別です。
なお、だからといってむやみにやっていいというものではありません。
一生懸命にえさを運んでいるありさんはそのままにしておいてあげるのもありですね。

確かに、「海は生きている」という表現はよく使いますけれど、どのような状態を持っての命なのかがはっきりしないので、この状態ではなんともいえません。

734 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 03:31:13 ID:1mLxTbYE
質問です。

>ありさんはそのままにしておいてあげるのもありですね。

というのはもしかして洒落だったりするのでしょうか?

735 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 03:35:08 ID:1mLxTbYE
>>732
アルミ堕天使さん。JIS規格アルミマークつきでおちょくるのは止めましょうね。
さだまさしに切り替えたのですか?

そうですか。

736 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/25(土) 07:31:51 ID:ISCfCEVJ
>>734
そこまでは考えてなかったっす!!

737 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 07:47:02 ID:34JhwLR3
>>728
 人間の子供だろうが、家畜の初産の子供を神に捧げるのと同様、
神からの賜りものだから、先ず神に捧げて称えるのが当然という
事だろ。人も家畜も多産多死が常識の時代ならではだな
>>732
 前半は仏教では厳格な宗派なら罪、ジャイナ教では明らかに罪。
 後半は、太陽が赤色巨星として膨張して、地球の地上面を蒸発
させれば、海は消滅する。山、風、空も太陽の膨張が続き地球自体
が消滅sれば無くなる。

738 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 10:35:18 ID:NlLM/hTc
予定説を信じない信者っているのですか?
キリスト教の根本教義なのに

739 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 11:19:20 ID:aYAxvD0p
>>738
ふつうにいるし、根本教義というにはちと応用的すぎないか。
少なくともこのスレが基準にしている基本信条らには謳ってないよな。

740 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 11:35:53 ID:kE3gTgIv
>>737
神から賜ったとしても、子は親の所有物ではない。もし自分の所有物なら、好き勝手に
廃棄処分にもできるけれど、現実には不可。殺人罪が適用されます。子は親の所有物では
ないからです。そんなことも知らないヤハウェ神はアホですか。

741 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 11:38:04 ID:My2m1sGq
予定説って、神が既に生まれる前から救うか救わないか決めているんだよね
救われるのは、ただ1つ神を信じること

742 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:04:43 ID:bVldiMSX
>>741
とすると、神は自ら滅ぼして永遠に苦しめるために(神を信じない)人を生まれさせることにもなるね。

神を信じないと神に滅ぼされる(神を信じれば神に滅ぼされずにすむ)、というのも、実際は違う。
最初から神は滅ぼすつもりでその人を生まれさせた、と。


743 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:08:01 ID:My2m1sGq
>>742
そ。まったくその通り。既に生まれる前から予定されてるからね。

744 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/25(土) 14:13:41 ID:e107U5D0
だからそれは予定説でなしに二重予定説だってば・・・

定義くらいちゃんと自分で調べてから推論を組み立てていけよ・・・
ちなみ何度も書いてるけどWikiの予定説の説明は間違ってるからね。


745 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:16:45 ID:My2m1sGq
いやあんたが間違ってると俺は思ってる

746 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/25(土) 14:25:56 ID:e107U5D0
「思う」のは勝手だけどちゃんとそれなりの専門書で調べろよw


747 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:39:43 ID:g4j3b2Ih
予定説によれば、救われるか
どうかは神が既に決定していて人間には分からない

748 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:44:34 ID:kYFWAir2
予定説(よていせつ)とは、ジャン・カルヴァン(Jean Calvin)によって提唱された神学思想。カルヴァンによれば、神の救済に与る者と、滅びに至る者が予め決められているとする
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%AA%AC

まあ、二重予定説なんて、間違いですな。予定説だけで十分。
なんら問題なし。

749 :sage:2006/11/25(土) 14:46:38 ID:+CC91x3P
仕事中にこんな事していいの?

750 :hage:2006/11/25(土) 14:50:52 ID:e107U5D0
生まれてきてすいません

751 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 14:52:19 ID:D8ydNMj4
太宰?

752 :hage:2006/11/25(土) 14:53:29 ID:e107U5D0
いえ、ただのhageです。

753 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:04:14 ID:82K6xUEw
俺も予定説で既に決められているのか。
俺は救われるほうっぽいな。

754 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:07:43 ID:HfczJzCl
私も仕方なくクリスチャンやってます。

神の予定で決まってしまっているので、
本当はクリスチャンやりたくないのですが、
クリスチャンをやっています。

755 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/25(土) 15:13:56 ID:+iEJ/zA2
>>727

聖書(エペソ5章)に書いてある通りの心構えができたら良いタイミングと言えよう。

756 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:25:20 ID:J0whSzTY
日本人ってなんで無知なの?
進化論なんて、胡散臭いもの信じて。
間違った考えを改めさすのは難しいですかね?

757 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:38:36 ID:bMenZXeQ
予定説こそ、キリスト教のくだらないドグマ。
>>756
だから、そういうことを言うときは根拠を提示してね。
(わたしも信じてないけど。)

758 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 15:59:06 ID:Vnwywg+c
>>757
聖書に書いてあるじゃん。

759 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:00:44 ID:FE4ft2LJ
根拠なんて簡単聖書を見ろの一言で決まる。

760 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:01:40 ID:xkp3K8/6
>>756
チャールズ・ダーウィンが進化論を後悔したという、かの有名なトラクトは、
正しい信仰者によって書かれたのでしょうか。

761 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:12:03 ID:E7CDFUja
人間の自由意思の余地は全くない。
神の予定は完璧であり、確実に実行される。

762 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:15:32 ID:ZBtlabUn
一挙手一投足をなんでもかんでも
聖書に書かれている類似項目と照らし合わせて
それを元に人生の舵取りをしているのは疲れませんか?
たまには神さまに頼らず自分自身の考えで進んでみようとか思わないのですか?
つっても自己判断で生きていくのは
それ自体神さまの教えに反してしまう行為になってしまうのですか?

763 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:18:08 ID:gkqGYt/l
>>762
仕方がない。
自分は本来別の道に進みたかったが、
神がそう予定されたので、
神の予定されている通りに動いているだけです。

764 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:30:00 ID:jXaHxQb8
>>762
自己判断で生きていくと自分では思っていても、すでに神様が生まれる前から予定されてるのですよ。
自分の意思で好きなように生きているつもりでも生まれる前から神様が決めていて、
実際には神様の計画通り動いていくだけなんです。どうあがいても人間がその予定を変えることは不可能なんです。

765 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/25(土) 16:33:37 ID:ISCfCEVJ
>>762
そもそも、罪のスタートはそんなところ(神に頼らない)から始まるんじゃないかな。

766 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:39:32 ID:bMenZXeQ
>>761
思考停止。

創6:5/
主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計らっているのを
ご覧になって、地上に人を作ったことを後悔し、心を痛められた。

自分で予定して、自分で後悔してりゃ世話ないね。




767 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:45:40 ID:C7fNAKYv
>>766
予定したあと、後悔したのでしょうね。
地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計らっているのは、
全て神様が予定していたことが完璧に実行されただけですから。

768 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:45:46 ID:5R/XzXOi
すべてが予定されているのなら、神を信じても信じなくても同じこと。黙って
この世をひたむきに生きればよいだけ。

それなのに、クリスチャンは何故神を信じているのですか。自分の都合どおり
予定を変えて欲しいのですかw。それでは、むしろ、神の予定を信じていない
ことになりますよ。

769 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:53:15 ID:bMenZXeQ
>>767
苦しい

770 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:56:00 ID:C7fNAKYv
>>768
神様を信じるかどうかも神様が予定したことなんです。自分の自由意志で行動しているわけではありません。
人間が生まれる前から既に予定済みなんです。いくら信じないようにしようとも神様が予定したことなので、
どうしようもないのです。もう信じるように予定されているのですから。

771 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:00:57 ID:bMenZXeQ
>>770
洗脳って、こわいね。

求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば開かれる。

求めなければ与えられない。探さなければ見つからない。門をたたかなければ
開けてもらえない。ってことです。予定とは無関係。

772 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:02:11 ID:C7fNAKYv
>>771
求めるように既に予定されていただけですね。
予定したとおり求めただけです。

773 :hage:2006/11/25(土) 17:04:31 ID:e107U5D0
いや・・・だから予定の意味が違うんだってば・・・

神は人間に意志を与えたの。
ロボットではないのよん。

774 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:06:01 ID:C7fNAKYv
>>773
いえ違います。人間に自由意志はありません。
全て神様が生まれる前に決めたととですから。

775 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:07:48 ID:Q6cYQd2N
>>766
創3から11までは「原罪の結果」を物語にして示したフィクションですよ

776 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:11:35 ID:aYAxvD0p
今思いついたことをタイムマシンに乗って過去の予定表に書き込めるような奴相手に予定なんか問い詰めても意味ないだろう、
というのがバルトの予定解釈のぶっちゃけた説明なんだけど、
当然に保守派には評判悪い(多分何言ってるのかさえ判らないんだろう)。

777 :hage:2006/11/25(土) 17:24:05 ID:e107U5D0
>>776
バルトはアウグスティヌス、ルターの予定説は神の豊かな恩寵として評価してますよ。
カルヴァンの二重予定説に対しては否定してますが。

778 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:25:25 ID:bMenZXeQ
>>774
>いえ違います。人間に自由意志はありません。
>全て神様が生まれる前に決めたととですから。

いえ違います。人間に自由意志はあります。
全て神様が生まれる前に決めたことですから。

779 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:26:06 ID:QHez9/YU
>>778
それも神様の予定済みなんですよ。

780 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:29:55 ID:aYAxvD0p
>>777
それは自称「カルヴァンの後継者」共の、であって
カルヴァンの、ではないよ?

781 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/25(土) 17:34:02 ID:ISCfCEVJ
とりあえず予定説で独立したスレッドを立てたほうがいいかもしれません。
なお、私は規制中でした。

782 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:34:37 ID:OEE9YCoK
救われているという感情は、当人の努力なんかとは関係なく
突如として、あらわれてくるものなんです。これも全て神様が予定したことなんです。

783 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:41:13 ID:bMenZXeQ
マルコ13:18
このことが冬に起こらないように、祈りなさい。

イエス様もずいぶん無駄なことをおっしゃったんですね。
すでに、決まっているのにw

>>782
ナンセンス。1人でマッタ〜リ洗脳されていなさい。

784 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:44:48 ID:OEE9YCoK
>>783
これも全て神様が予定されたことなので仕方がないのです。

785 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:48:32 ID:bMenZXeQ
>>784
イエス様を侮辱しないでね。

マタイ24:20
逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい。

786 :hage:2006/11/25(土) 17:49:00 ID:e107U5D0
>>780
あ、そうなの?
カルヴァンが二重予定説唱えたワケじゃないんだ。

そもそもカルヴァンには関心なくってスルー気味だからなぁ・・・

787 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:50:35 ID:OEE9YCoK
>>785
祈りたいという感情は、当人の努力なんかとは関係なく
突如として、あらわれてくるものなんです。これも全て神様が予定したことなんです。

788 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:53:56 ID:bMenZXeQ
>>787
要するに、イエス様は無駄なことをおっしゃったと。

789 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:55:34 ID:OEE9YCoK
>>788
イエス様の言葉がきっかけとして、祈るように予定されていただけなんですよ。

790 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:58:22 ID:bMenZXeQ
>>789
わけわかりませんね。予定に「きっかけ」が必要なの?

791 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 17:59:09 ID:OEE9YCoK
>>790
いいえ。きっかけも予定されていただけです。全ての出来事は予定されてますから。

792 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:05:03 ID:D8ydNMj4
想定外だ 
     神by softbank

793 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:05:58 ID:bMenZXeQ
サムエル上15:11
私はサウルを王にしたことを悔いる。彼は私に背を向け、私の言葉を守らなかった
からだ。

神は、サウルが王になったら、神に背を向け、言葉を守らないことを予定しました。
それを、見て神はひどく後悔し、怒りましたとさ。

後悔することも想定内だったのです。ぜ〜んぶぜ〜んぶ想定内。ぜ〜んぶ予定。

794 :hage:2006/11/25(土) 18:08:48 ID:e107U5D0
でも、カルヴァンとツヴィングリが予定論と自由意志で論戦張ったんじゃなかったかな・・・

今、資料ないから帰ったら調べむす

795 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:09:40 ID:OEE9YCoK
>>793
天地創造より前に
神は、救済される人、救されざる人を予定されたので当然です。

796 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:10:47 ID:aYAxvD0p
>>786
いや、論理的帰結として二重じゃない予定はありえないから、
ルターだってアウグスティヌスだって同じ。
ただ、論理の振り回し方において正統主義時代の改革派と
アウグスティヌスの予定説に質的な差を感じ取るなら、
カルヴァン本人は、改革派正統主義より
アウグスティヌスによほど近しい、ということ。

ドルトやウエストミンスターに見る頑迷っぶりが
カルヴァンには帰せないのは、
一致信条集で進化が止まったルター派の保守ぶりを
ルターに帰す事が出来ない事に似ている。





797 :hage:2006/11/25(土) 18:12:40 ID:e107U5D0
あまり自由意志を軽んじないように。

何故に神が自由意志を備えたのか?
神が善ならば自由意志も善である。
その先に神は何を見たのか?

自由に、そして大胆に神を求め神に近づきなさい。

落ち☆

798 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:14:50 ID:OEE9YCoK
>>797
全ては予定されていることだから仕方がないんです。

799 :hage:2006/11/25(土) 18:14:56 ID:e107U5D0
>>796
いやー
あなた予定説を全く誤解してますよ。
アウグスティヌス、ルターの予定説が動的ならばカルヴァンの予定説は静的なもの。

予定説はダイナミクスを持って我々と相関する。
二重予定説のように冷めたもんじゃないのよ。

800 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:17:30 ID:bMenZXeQ
>>795
ま、正常な思考回路はやられてしまっているということで。
キリスト教ドグマに洗脳された人の悲劇ですね。
あなたは、神ですか?

801 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:17:32 ID:OEE9YCoK
>>799
いいえ。誤解してるのはそちらですよ。
宗教は学問と違いますから。

802 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:18:00 ID:W+5lzy0F
アウグスティヌスの予定説は、マニ教のパクりだよ。
つまり予定説の大元は、グノーシスだ。

「救いの確信」と認識(グノーシス)は
考え方が似てるだろ。

803 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:18:48 ID:OEE9YCoK
>>800
これも全て神の予定されたことです。信じる信じないも神様が予定されたことなので。
あなたは現時点では信じないように予定されていたのでしょう。
今後、神様がどんな予定をしていたのかは分かりませんが。

804 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:25:36 ID:aYAxvD0p
>>799
いや、動的な予定とはつまり暫定とか未定とかだろう?
数レス置きにチャチャいれてる機械的運命論な奴と混じってないか?

805 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:34:22 ID:4m+1Jf/q
>>768
善きことをするから神が予定する(救済すると選びたもう=永遠の生命に予定する)のではない
神が予定した人だから、この人は善きことをするのである。

神の予定は、必ず、実現される。

806 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:38:05 ID:bMenZXeQ
>>803
すべて神の予定です。と駄々こねてるだけ。

807 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:41:42 ID:OqAjplGP
>>806
残念ながら違いますね。予定にしたがっているだけです。
自分の好き嫌いに限らずに。これはどうしようもありませんね。

808 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:46:43 ID:pxIFiO22
初めにマルちゃんは赤いきつねと緑のたぬきを造られた。

809 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:51:33 ID:5R/XzXOi
>>770
>神様を信じるかどうかも神様が予定したことなんです

じゃあ、ノンクリは予定に漏れたわけですね。予定を漏らすような神は全能
などではないよ。

俺はノンクリだから、予定に漏れてほっとした。「神」から与えられた現世
を精一杯生きられる。

クリスチャンたちは、自分たちの考えの馬鹿馬鹿しさを、いい加減で覚れよ。

810 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:54:23 ID:bMenZXeQ
>>806
あなた、神なの?
予定ではありません。

811 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:55:06 ID:OqAjplGP
>>809
予定に漏れているのではありません。信じないというのも、それも予定済みです。
ただ、その人は救済されない可能性が高いってことだけです。

812 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:55:25 ID:bMenZXeQ
>>807
あなた、神なの?
予定ではありません。


813 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:56:02 ID:bMenZXeQ
>>811
残念でした。
予定ではありません。


814 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:59:32 ID:OqAjplGP
>>812
私は、ただの人間ですよ(笑。
ただ、宗教的感情が、突如として、あらわれてきてるだけです。
神の予定したとおりに。

815 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:01:32 ID:bMenZXeQ
>>814
予定ではありません。

816 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:04:04 ID:OqAjplGP
>>815
そう思うのも神の予定なので分かる気がします。

817 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:05:05 ID:bMenZXeQ
いいえ、違います。

818 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:05:45 ID:pxIFiO22
思いつきではないよね。

819 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:12:55 ID:pxIFiO22
天地創造て神の単なる思いつきではなくて、計画があったのではないの?
食べてはいけない木をエデンの園の中央に配置するあたりかなり意図的だと思うけどね。

820 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:16:06 ID:5R/XzXOi
>>811
>ただ、その人は救済されない可能性が高いってことだけです。

予定に漏らしたからと言って負け惜しみ言うなよw。

神はゴマンといるのだから、別にキリスト教の神に「救って」もらう必要
はない。

予定に漏れた人間は、「神」から与えられた自由意志、知性、能力を精一杯
使って、自らを救うことが可能になる。それが創造主の本当の意図ではない
のかな。

「天は、自ら助ける者を助ける」。

821 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:18:15 ID:OqAjplGP
>>820
予定に漏らしたのではなくて、全て予定通りですよ。
何1つ予定からズレていません。

現時点に関しては、あなたは、他の神を信じるように予定されていたのでしょうね。

822 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:23:44 ID:VxgMvPdo
宇宙の中に地球が出来て海ができたり橋梁が生まれて消えてとか
なんだかんだあって今の私たちが居るわけで
それが偶然だかなんだがわかんないけど超すげーって言うんで
人間は神サマって名前をつけて呼んでるだけでしょ。
宗教ごとに呼び方はゴマンとあっても神様(のような存在は)ゴマンとは居ないよ。
一個だけ。

それがキリスト教で言う天にいる父だと私は解釈してる。

という訳で神の御計画は人間の考える予定とはちょっと違うんだと思いますよ。

823 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:28:27 ID:OqAjplGP
キリスト教徒になるのは、神がキリスト教徒として選んだからである。
自らの意思で信仰に入るのではない。

824 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/25(土) 19:33:51 ID:uH7n70KZ
>>823
のぞみが、カトリックと天理教、2つ選んだのも神さまの意思なのね。

825 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:34:07 ID:doql4zSu
私は神の摂理に余儀なくされて、むりやりにキリスト信者となさしめられた者であります。

(「キリスト教問答」180頁 内村鑑三)から引用。

内村鑑三も告白しているね。
機械的運命論かどうかは別としてね。

826 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:35:24 ID:5R/XzXOi
>>822
>という訳で神の御計画は人間の考える予定とはちょっと違うんだと
>思いますよ。

そんなことが「人間」である君にどうして判るの。君は神になったつも
りかw。

古代人にとっては、自然(現象)のそれぞれが違った「神々」だった。
そして、その神々の多くは、自然の脅威により人間に災いを齎す、憎む
べき、闘うべき神々だった。「救う神」などではない。

古代人の生存のための自然との闘いに思いを馳せ、人類における「神概念」
はどのようにして発生したかを考えてみてください。寝そべって、唯一の
神など考える余裕はなかったはずだよ。

827 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 19:47:05 ID:wj1NlqGC
人はイエスを神格化するために三位一体という説を生み出した。
時の権力に取り入る為に物語が作られた。
これも予定かね?

828 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:12:07 ID:bMenZXeQ
思考回路がやられて、思考停止している人に何を言ってもムダです。
「洗脳」がいかに恐ろしいかわかります。
彼らは、壊れたレコードのように繰り返すだけです。
だから、同じように対応すればいいのです。

「ものの考え方では、子供となってはいけません。
悪事については幼子となるのはよいが、考え方では大人となりなさい。」

829 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:14:06 ID:pxIFiO22
コーランの18章23節に「何事によらず、『わしは明日これこれのことをする』と言いっ放しにしてはならない。必ず『もしアッラーの御心ならば』と付け加えるように。」とある。
神との向き合い方としてはこちらのほうが正しいと思うがな。
神の御心の何たるかは人間には分からんが、神の御心がなければ信仰することすらできないだろう。
俺は>>823を支持するな。

830 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:22:41 ID:5R/XzXOi
>>829

神が、人間の空想の産物で、架空の存在だったら、一体どうするの?

ここは人間界なのだから、人間にあらざる神などを前提にすべきでは
ない。

人間が蛇に騙されて知恵付き、身の程を忘れて神などを思考し、信じる
ようになったことが、「原罪」の本当の意味である。そのため一神教徒
は神の怒りにふれ、絶え間ない殺戮と争いを続けているではないか。

831 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:31:06 ID:pxIFiO22
>>830
お前は信仰を理解してないよな。
「神が人間の空想だとしたら」人間の意思が最優先にされることになるだろが。
そうすると、人間が最高の地位を獲得し、人間の意思が最高の価値を持つことになる。
謙遜や感謝の心を養う機会が失われることになるだろ。
そうなったら、お前とアルカイダの間に違いなどなくなる。

832 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:44:57 ID:BYpAY8du
死にたい

833 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:49:00 ID:pxIFiO22
>>832
他人の迷惑にならない場所でやってくれな。

834 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 20:49:27 ID:5R/XzXOi
>>831
>そうすると、人間が最高の地位を獲得し、人間の意思が最高の価値を持つ
>ことになる。

ここは人間界だから、人間が最高の地位を獲得するのは当たり前。「人間に
あらざる架空の神」に最高の地位を与えるから、一神教は毎日のように殺し
あってるではないか。

神は架空の存在だから、その内容は人間がどのようにでも作れる。現に君らは
それぞれ好き勝手に「神の言葉」を語っているではないか。神概念は「人間が
人間を勝手に支配するための」最も効果的な手段であることを忘れてはならない。
これは、どこの宗教の神でもすべて同じ。

「謙遜や感謝の心」は、あくまで「人間」の自然の感情。神に「人間らしい」
感情があるとでも。

アルカイーダも、神や天国を信じたのが原因。彼も熱心に神を信じているので
ある。人間にあらざる神を信じさえしなければ、あのようなことは、人間の自然
の感情からは絶対に出来ないこと。




835 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:05:15 ID:r1BSC6Wz
だが人間よ、神に口答えするあなたは何者か。造られたものが造ったものに向かって、
「どうしてあまたはこのように造ったのか」と言えようか。つぼ造りは同じく土くれをもって、
尊いことに用いる器と卑しいことに用いる器を造る権利をもっているではないか。
(「ローマ人への手紙」第9章20,21)


神がある人を貴き器(救済する人)として造り他の人を卑しき器(救済しない人)として
造りたればとて、吾人あわれむべき人間はこれに対してなんと言うことはできません。
吾人は「神はかくなしたまえり。その他を知らず」と言うのみであります。
(「キリスト教問答」187,188頁 内村鑑三) *()内は私の補足。

内村鑑三は、パウロの言葉を換言して、上記のように言っている。


神の意思決定は自由であるから、誰を救済し、誰を救済しないか。その予定(選択)も自由。
何者にも拘束されない。自分たちは既に決まってしまっているのである。

836 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:07:43 ID:pxIFiO22
>>834
じゃあ、お前は一切の権威や権力も認めず、人間本来の良心に従えば、殺戮はないと言うのか?
では、共産主義によって起こった、スターリンの粛正や中国の文化大革命、カンボジアの原始共産主義による大量虐殺をどう説明するわけ?
神を信じることによって大量殺戮を行うのが正しい信仰者だと考えてる時点からお前の論は逸脱を始めている。
人間は農耕生活を始めた時から村を形成し、財産を守るためによその村との殺し合いを始めてるわけ。
人間が本来どういう心を持っているかは無神論である仏教でも説明されている。
人間は生得的に良心を持っているわけではないのだよ。

837 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:12:46 ID:OVdVTEZu
>>834ご隠居はこちらへ

【殺戮教団】キリスト教とは、血塗られた教義
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164451155/l50

彼と議論する人にも向こうに移動して頂きたい。
ここは議論スレではなく質問スレなので。

838 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:18:31 ID:r1BSC6Wz
人間を作る前に、誰を救済し、誰を救済しないかを神は決定した。
それに条件はあるのか。内村鑑三いわく無条件。神の自由意志で勝手に決めたのである。

839 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/25(土) 21:24:50 ID:YTsaqz3J

絶対神は存在が絶対なので欠けている場所はありません
絶対神に子は必要ありません
人類を救う必要もありません
神の子を世に送る必要もありません
欠けたる存在の人類を創造したことに
神にとってなんら不都合はありません
人間は神より創られた欠けた存在なので
欠けた部分を人間自ら補い自立しても
絶対の神にとって何の得にもなりません
人間が泣き、笑い、怒り、喜んでも
絶対神自ら関心を示すことは絶対ありません

ttp://www.youtube.com/watch?v=g0C0DSb4Gu4

840 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:31:11 ID:bMenZXeQ
>>833
信仰を口にする者の答えとしてはいかがなものか。
もう少し温かくいきましょう。

>>835
そんな聖句は100も承知。予定をほのめかすような聖句は他にもたくさんある。
予定じゃないことをほのめかす聖句もたくさんある。
内村鑑三引用しなくていいよ。

>>837
答えの準備されている決まりきった質問と、待ってましたとばかりに
出てくる型にはまった回答なんて陳腐すぎ。
時には議論もいいと思う。議論を通して新たな発見だってあるはず。

841 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:36:54 ID:r1BSC6Wz
>>840
内村鑑三が予定説の教義を信じているという考えを書いたまでです。
私は、彼を宗教的天才として尊敬していますので、彼の考えを支持してます。

842 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:38:51 ID:r1BSC6Wz
>>840
だから聖句のほうが重要ではなく、内村鑑三の引用のほうが重要です。
私は、彼のような宗教的天才とは違って、一人で解釈なしに聖書を読破しても分かりませんので。

843 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:41:11 ID:VxgMvPdo
>>826
私は「判る」と言ったのではなくて「私は思う」と言ったのよ。

逆に揚げ足を取れば古代人でもないあなたが何故
>「救う神」などではない。
と言い切れるのかしら?


844 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/25(土) 21:42:18 ID:uH7n70KZ
>>842
内村鑑三先生は、信仰的天才と思うよ。
宗教的天才とは違う、と感じる。

845 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:44:52 ID:mdE616St
>>839
>人類を救う必要もありません

これが 有るんだよ。
なぜならば 神は天地創造の6日目に人間を神の似姿として創造した。
その目的は 人間にこの地(世界)を支配指せるためだ。

つまり 神が創造した この世(世界)が存在する限り
神は 人間を必要としているのです。


846 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 21:47:43 ID:pxIFiO22
人間はエデンを追い出されたけどね。

847 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:08:26 ID:mdE616St
>>846
そして 人間は死ぬ存在に成った。
この死は 人間の罪に対する神から与えられた罰です。
この罪を 原罪といいます。
そしてすべての人間は 死にます。
つまり全ての人間は 神から罰を与えられます。

そこでだ 罰が終了すれば 罪は赦されます。
死ね事によって 全ての人間の神に対する罪は赦されます。
つまり 全ての死者は 無原罪です。
最後の審判時に 全ての人は復活し 神の前に立ち 裁かれます。
全ての復活者は 全て死を経験しています。
つまり 全ての復活者は無原罪であることにより
全復活者は 神の前で義とされ永遠の命を与えられます。

つまり 神は人間を救うのです。

848 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:19:31 ID:pxIFiO22
>>847
仏教に似てるね。

849 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:22:59 ID:PLSds3v3
>>847
復活しない人は、人間を造る前に
神によって救済されないと予定された人か

850 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:30:17 ID:hyJNF5Ju
>>840
>時には議論もいいと思う。

時には?粘着されてずっとこんな惨状なんだが。
陳腐だろうが何だろうがそれがルールだ。

851 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 22:31:21 ID:WfRLD3nq
神によって、救われないと予定されたものは
永遠の滅亡の状態に止まる

852 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 23:23:06 ID:bVldiMSX
>>847
>そして 人間は死ぬ存在に成った。

違います。
人間はもともと死ぬ存在でした。
神が人を追放する時に人にかけた呪いは、死ではなく「生きる苦しみ」を与える呪い。

神は、知識の木の実を食べた人間が命の木の実も食べ「我々」のように永遠に生きる者となるのを阻止するために人を追放したのです(創世記)。
死ぬ存在である人間が、神と同じ不死の存在とならないように。


853 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 23:30:48 ID:pxIFiO22
じゃあ、知識の木から食べても死なないと言った蛇は事実を述べたのであって、決してそそのかしたわけではないということにならないか?

854 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 23:39:04 ID:pxIFiO22
「善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」という神の言葉は嘘?
食べても食べなくてもどっちみち死ぬが、食べたら即座に死ぬという意味だとしても、アダムは930年も生きてるしな。即座には死んでないな。
食べなかったら1万年くらい生きたのかもしれんが。

元々は不死身だった人間が神の警告があったにもかかわらず、蛇にそそのかされて食べてしまい、死ぬようになったと解釈するほうが自然な感じがするんだけどなあ。

855 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 23:51:06 ID:CuiyEws8
善悪の知識の木の実をたべたときから、
にんげんは、命の木の実を食べて永遠に生きるという善を知ってしまったんだよ。
神は人間が実を入手して食べて神のように永遠に生きるようになることを恐れて
命の木を隔離して人間を死ぬようにさせてる。
神=死神。まちがいない。

856 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 00:02:25 ID:ufYuk+QJ
不死的存在→善悪の知識の木から食べる→可死的存在→命の木から食べる→不死的存在
善悪の知識の木から食べて一旦死ぬようにならないと命の木の価値が生じない。

857 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 00:04:57 ID:ohfYf0ja
永遠の命の木=イエスキリスト。
の実=キリストの言葉。

キリストを取り上げてしまった人=神ヤハウェ。

858 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 00:59:46 ID:6tdeVAkY
ななえ ◆7/a/CHzZno = 希美 ◆55nynIr58w
 同一人物の自作自演でした


看護助手のななえについて議論するスレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1156175259/
【宗教板の恥部】のぞみ【いいとこ取り】
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1110758235/
はぁ〜ぃよろしくぅ〜♪
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1135375829/



138 名前: ななえ ◆7/a/CHzZno 投稿日: 2006/10/30(月) 01:02:32 ID:XJsfxrucO
肉便器でもいいよ。
ななえも楽しいし気持ちいいもん。

576 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/22(水) 03:51:42 ID:2FK7FZAO
のぞみは公衆便女。
でも、誰かの気持ちに満足を与えられればいいよ。


859 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/26(日) 02:16:26 ID:BVBt8Bla
>>801
遅レスすまんね。

神学上何故アウグスティヌス、ルターの予定説とカルヴァンの予定説を分けてるのか
理解できてないでしょ?
確かに皆が誤謬するようにカルヴァンの予定説のほうが「わかりやすく」
アウグスティヌスの予定説は理解しにくいんだけどね。

だから、あなたのように二重予定説と予定説をごっちゃにして平気で
いられるんですよ。

あと、予定説は学問上の問題でなくキリスト教信仰の根幹を成すものですよ。
上でも名無しの人がレスしてますがその通りです。

イエスの贖罪の意味をもっと体系的に知らなければ決して理解できないのです。
あなたの無理解は間違いありませんから決して開き直らぬように。

860 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/26(日) 02:36:46 ID:BVBt8Bla
この人(>>726)のことね。
理解できた人は予定説が神の豊かな恩寵であり十字架磔刑による贖罪の神秘を
深く感じることができる。
でも本で予定説の解説読んだだけじゃ理解できないよ多分。

ヘブル7:27
ほかの大祭司たちとは違い、キリストには、まず自分の罪のために、
その次に、民の罪のために毎日いけにえをささげる必要はありません。
というのは、キリストは自分自身をささげ、ただ『一度』でこのことを成し遂
げられたからです。

キリストの救いの遡及性、そして将来に渡っての有効性を説くもの。
だからこそ、予定説は信仰に密接に相関し、ダイナミックに息づくものなの。
むしろ二重予定説のほうが死んだ机上のものだよ。

理解できるかな〜・・・




861 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 06:15:00 ID:ufYuk+QJ
>>860
君も負けず劣らず本からの受け売りだろ?

862 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/26(日) 10:12:19 ID:BVBt8Bla
>>861
キミのレベルがよくわかるレスだなw

863 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 10:26:36 ID:EbMMK09F
アダムとエバが人類の祖なら
今の人間は劣化コピーが進んでるって事だ
そうなる事は予定されているw

864 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 11:18:00 ID:ufYuk+QJ
>>862
本からの引用を用いながら文字を使って知ったかぶりな解説をして、
>予定説は信仰に密接に相関し、ダイナミックに息づくものなの。
とか言い、理解できるかな〜?で終わるとこはお前が受け売りだからできることだよな。

信仰に密接に相関するものを他人と共有するのは不可能であり、お前の理解が正しい理解だと確認することも不可能なのである。

他人と共有することも正しいかどうかも確認できない考えを述べて、「理解できるかな〜?」とか言うお前には【ペテン】の称号を授けよう。

865 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:15:52 ID:agCLrqsi
イスラム教はキリスト教に連なるものだとされています。キリスト教徒のかた、あるいは学問として研究なさる方は、キリスト教とイスラム教の関係についてどのようにお考えでしょうか?


866 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 12:49:23 ID:VraHjmAq
無宗教なのですが、婚前にセックスはいけないと私は考えています。カトリックだと嘘をついて性交渉を断ったら罰があたりますか?

867 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/26(日) 13:04:15 ID:KHgewdOA
>>866

あなたがまだセックスをしたくないと考えていることを
相手に素直に話したほうがよいと思います。

868 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:08:03 ID:VraHjmAq
>>ダニエル神父
ありがとうございます。そう言うとみんな去っていきます…私に価値がないのでしょうが(T_T)
カトリックの人はみんな、婚前交渉はしないものなんですか?

869 :金有財:2006/11/26(日) 13:08:57 ID:exNSGvoq
>>866
無宗教なのに罰が当たるって考えるのは変じゃない?

それにしても考えが古い。
セックスも試しておかないと相性が分からないよ。

870 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:12:30 ID:VraHjmAq
>>金有さん
そうですよね…やっぱり古いですか(>_<)
別にしなくてよければしたくないないので、相性なんて私はどうでもいいんですが(汗)

871 :金有財:2006/11/26(日) 13:15:51 ID:exNSGvoq
>>868
つりのようなきもするが。
もし本当なら、あなたのように考えの古い女性とは楽しい結婚生活は送れないと思え、私も遠慮いたします。
もちろん、やたらにセックスすべきとはいいませんよ。

でも、たぶんつり。女とは思えない言葉遣い。


872 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:19:51 ID:VraHjmAq
つり?
そうですか…欲のない人っていないんですかね(^_^;)

873 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:59:31 ID:4e84JRUe
>>872
そいつ創価
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155951671/l50

926 :金有財:2006/11/26(日) 09:16:48 ID:exNSGvoq(このレスのみ)引きこもりニートの諸君、
このどうしようもない状態を脱しようと思えば、
創価学会に入るに限る。
引きこもりニートでも貴重な一票だ。
大歓迎してくれる。
財務をさせるために、
仕事の相談にものってくれる。
夜は毎日会合に引っ張り出される。
題目を唱えていれば元気も出るというものだ。
あっというまに「引きこもりニート」が
優秀な学会員になれる。
さあ、勇気を出して学会に電話しよう。
おまけに、学会員には若い美女も多い。

874 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/26(日) 15:38:15 ID:7HNmiCMu
>>868
プロテスタント(福音派)信徒(男)です
私も婚前交渉はしないと決めております。
そもそも、その男性がなぜあなたに性交渉を求めるかですね。

よくいわれるのが、男はセックスを目標にするのでセックスをすると飽きてしまう。
女は、セックスをする=すべてを与える。だからセックスの後も仲良くやっていきましょう。。。

少し男性と女性では考えが違う場合も出てきます。男の中には「彼女=専属の風俗嬢」だと勘違いしている人も中にはいますので。

お付き合いってセックスがなければ困るものなのでしょうか。
結婚となるとさすがに特別な事情がない限りはセックスはするものだと思いますが、お付き合いの段階ではそうではありません。

ただし、キリスト者でない男性(中にはキリスト者でも)で、付き合うならセックスをして当然という考えを持っている人が多いのは承知しています。
なぜセックスをしたいのか、なぜセックスを今する必要がないのかをお互いに納得のいくまで話ましょう。
その上で去っていくのであればはじめからあなたの体が目的なのですから。

性病に感染してもいい。エイズにかかってもいい。妊娠してもいい。そのくらいの覚悟でないとね。。。
私がしない理由のひとつはもちろんキリスト教的な理由ですが、もうひとつはコンドームなど手軽な方法では確実な避妊にはならないからという理由もあります。

求められるというのは魅力のある証拠。自信を持ちましょう。
素敵な人にめぐり合えますように。
駄文失礼

875 :金有財:2006/11/26(日) 16:05:03 ID:exNSGvoq
>>874
コンドームでは確実な避妊にならないなんて知識なさ杉。

童貞と処女の結婚ほど危ないものはないのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>>872
欲のない人がいたらそれは異常あるいは病気。
当然結婚の対象になりません。

しかし、これはつりですよ。まじレスしてるのはまじ恥ずかしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>>873
下手な引用するな。
ちゃんと行をあけろ。




876 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 16:10:16 ID:EasindMC
新しく知り合った友人がキリスト教徒で、色々とはなしていると、酒やコーヒーは教義でダメらしいのです。
初めて聞いた教義で、どんな宗派かと分からないでいます。

向こうさんは教えてくれません…このスレを見ているとモルモン教であることが濃厚のようですが
他に酒一般やコーヒーがダメなキリスト教の宗派はありますか?

877 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 16:11:51 ID:Xv/cAgXg
>>875
草加なのに、なぜキリスト教質問箱にいるの?



878 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 16:16:25 ID:h1ho0t9s
金有財さんはセックス自由派なんですね

879 :金有財:2006/11/26(日) 16:22:54 ID:exNSGvoq
はっきり言おう。
おれは、カトリックだ。
ただし、よそにも書いたが、バチカンは、バカチンだと思っている。

なら、カトリックをやめろという人がいる。
それについては、
日本の政府が嫌いなら、日本人をやめるのか?
ということ。
バカチンが嫌いでも、カトリックを辞める必要はない。


880 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 17:33:41 ID:AWvH6as0
欧米人は自由気ままにやりまくっていますが?

881 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 17:40:45 ID:GR+tO700
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155951671/l50

926 :金有財:2006/11/26(日) 09:16:48 ID:exNSGvoq(このレスのみ)引きこもりニートの諸君、
このどうしようもない状態を脱しようと思えば、
創価学会に入るに限る。
引きこもりニートでも貴重な一票だ。
大歓迎してくれる。
財務をさせるために、
仕事の相談にものってくれる。
夜は毎日会合に引っ張り出される。
題目を唱えていれば元気も出るというものだ。
あっというまに「引きこもりニート」が
優秀な学会員になれる。
さあ、勇気を出して学会に電話しよう。

882 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 18:14:21 ID:5iLDStiE
同じ信者さん同士ならいいけど、無宗教なのに付き合いはじめた後で
セックスしないと言われたら愛情がないと取られても仕方ないかもね、今の時代。
結婚が先かセックスが先か、どこで妥協するかは話し合いでしょ。

883 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 18:15:45 ID:kUKvud5l
聖書について質問です。

聖書ってすばらしいものだと思うのですが、
一体誰がどうやってあんなに事細かに記録したんでしょうか?
「なんでこんな事わかったんだろう」って思う場面沢山あります。

聖書にでてくる会話は必ずしもその通り言われているわけじゃないんでしょうか。
言うなれば「聖書(一部フィクション含む)」なのでしょうか。
ああー気になる。
友人は聖書はうそ臭いと言っていましたが、
確かにどうして人は人類の始まりからすべて記録できようか(´・ω・`)
聖書を信じているかた、ここらへんはどうなんでしょう。
私の頭をすっきりさせてください。お願いします。

884 :金有財:2006/11/26(日) 18:16:22 ID:exNSGvoq
>>881
貼るだけじゃなくコメントも書けよ。

それから、行間を空けてくれよな。
せっかくの名文が台無しだ。




885 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 18:20:42 ID:zA3hR7mg
>>880
アメリカの田舎者の貞操概念は
日本なんかよりはるかにカタいぜ?

886 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 18:31:38 ID:Xv/cAgXg
>>882
そんなアホは日本人だけ

887 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 18:55:24 ID:ZYU5GKm3
>>883
「ウソ臭い」と言った友人こそ正しい。事実、聖書の肝腎な点はすべて出鱈目。とくに
創世記の「アダムの造られ方」と福音書の「死人復活」はまったくの作り話。


888 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 19:18:02 ID:XsDRZ2Xn
死人の復活はあると思うんだが

889 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 19:32:14 ID:kUKvud5l
聖書は信仰の問題であって
実際にこういうことがあった…ではなくて、
大きなたとえ話みたいに捉える面もあるような気もしないでもない(´・ω・`)
神様はそれだけすごい方なんだって教えるための。

890 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/26(日) 19:48:26 ID:ery3YW5H
>>883
聖書は神の霊感によって書かれたものです。
悪魔はそれを信じさせないように惑わします。
クリスチャンはまず疑うのでなく、まず信じることから始まります。

891 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 19:54:57 ID:nzAzZBRl
「啓典」でググればそのへんの教義がわかるかもね。

892 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 19:57:02 ID:Q+DmFlAp
>>876
モルモン教ですね
モルモン教はキリスト教とは違います

893 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 20:12:53 ID:EasindMC
>>892
どうもー!
モルモンのほかに、このような教義を持ったキリスト教系の
宗派は無いわけですね?

モルモンはどうもキリスト教とは違うようですね…似せてる感じかな?


894 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/26(日) 20:22:12 ID:zEfRtEca
>>893
>>モルモンはどうもキリスト教とは違うようですね…似せてる感じかな?



キリスト・イエスを主題にした、『モルモン書』というモルモン教独自の教典がある。

895 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/26(日) 21:04:03 ID:BVBt8Bla
>>864
おいおい・・・
オレがどの本引用したんだよ。ちゃんと引用文献あげてみなw

それにしても情けない逃げ口上だな・・・

896 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 21:35:46 ID:5t8bDiWd
>>890
軽率な言葉は慎むべきではないでしょうか。霊感で書かれたかどうか、きちんと検証
されたのでしょうか。佐倉先生は自身で検証した上で結論をお出しになっています。

検証しないで一方的に霊感の書と決めつけるならば大いに問題です。パウロの独り善がりが
通用する時代ではありませんよ、今の時代には。

897 :| i |^竸ノ||<ぁT=ι ♪カヽゎιヽ━レヽょ☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/26(日) 21:38:00 ID:1KJbVcWP
>クリスチャンはまず疑うのでなく、まず信じることから始まります。

いくらなんでもそれは間違ってるでしょw
これだけカルト宗教が跋扈する時代に疑わないでどうすんのよwww☆

898 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 21:41:08 ID:HuF5wckB
ベルナデッタさんみたく特を積むと肉体も永遠になるのですか?
空海和尚でさえミイラ化しているのにこの差はなんなんですか?

899 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 21:42:22 ID:BXCIv80d
>>896 直感だよ。直感。

>>897 まあこれも 直感なんだよ。




900 :長老婆 ◆Usa74VnLFs :2006/11/26(日) 21:43:17 ID:t8EKxqnh
>>898
蝋のコーテングじゃ

901 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 21:50:22 ID:UBkgy47W
我さんかよ

902 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/26(日) 22:06:51 ID:KHgewdOA
>>901

蝋をコーティングしているのは本当のことです。
カトリック教会も認めていることなのです。

903 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/26(日) 22:35:12 ID:7HNmiCMu
>>875
http://www.ihealth.co.jp/main/health/sex/001.html
創価学会の方はお帰りください

>>893
酒に関しては酔っちゃいけないってことで避けるようにお勧めしている教派はあるでしょうが、とりあえずコーヒーは聞いたことがない。

モルモン教は、モルモン書などの聖書以外のものも経典として扱っております。また、それらを聖書よりも重要に扱っている模様。

904 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 23:46:43 ID:JIxyE2l4
>>902
偽者って事?

905 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 01:13:37 ID:RKVkT3Ia
最近iPodを買ったのですが、
ゴスペルや賛美歌などを配信しているPodcastを探しています。

お勧めのものがあったら教えて下さい。

906 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 01:39:13 ID:DAassdFe
http://blog.livedoor.jp/frog753/archives/50181088.html

907 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 07:32:25 ID:pASbV3JS
>>899
なにが直感だ。
直感で正しいと判断した聖書から、なんで分裂が始まるの?
あなたの直感は正しくて、他の人の直感は間違ってるってか。

だから、すべては神のご計画通りなんてカルト的発想をするんだ。
オウムのサリン事件も女子高生コンクリート事件も神が予定したんだろ?

予定された方はたまったもんじゃないな。
その女子高生が「神様はやっぱり愛でした」なんて言えると思ってるの?

908 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/27(月) 07:36:03 ID:H/voUWXy
>>907
聖書が神の言葉であるとは聖霊が教えてくださる。

神は悪をなされる事が出来ない。

神の愛は十字架にあらわされている。

909 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 07:48:30 ID:pASbV3JS
>>908
聖霊によって分裂する。
女子高生コンクリート事件は、神の予定であり、悪ではない。
十字架があるので、他にいかなる問題があろうとも問題なし。

と解釈します。

910 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/27(月) 07:57:24 ID:H/voUWXy
>>909
Iコリント
11:19 というのは、あなたがたの中でほんとうの信者が明らかにされるためには、
分派が起こるのもやむをえないからです。

女子高生コンクリート事件のような悪を、神に責任があるかのように言う事は出来ない。
すべての人は人殺しと同じ、罪人である。すべての人が罪を犯した。

十字架に、いかなる問題も持って行くことができる。


911 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 08:37:35 ID:pASbV3JS
>>910
「異端論争」から始まった分派なので、異端規定も意味がないってことね。
ヨハネ福21以下、イエスは「完全に一つになる」ことを祈祷してますが。
イエスの言葉より使徒の言葉優先。

何をしでかそうが、みんなの責任。
すべては神の計画通り起こるが、都合の悪いことは責任回避する。
それは、人の責任。人が堕落したのも人の責任なんでしょ?

「私を殺してから信じなさい」なんて言ってないけどね。むしろ呪ってます。





912 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 09:15:26 ID:pASbV3JS
↑ヨハネ17:21以下

913 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/27(月) 09:37:33 ID:6yB+yJK/
>>908
十字架につけられ復活したのは、イエズスさま。
神の愛は、イエズスさまで現された。

>>910
パウロが十字架につけれたわけでなく、パウロの言葉に、神とつながる価値はなく、倫理に過ぎない。

914 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 10:09:32 ID:QQq9AQ/I
質問

915 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 10:14:05 ID:QQq9AQ/I
あらっ、書き込めた。じゃ質問。
予定説って結局、すべての人の救いが神様の計画としてあるという事なんですか?
二重予定説よりも予定説の方が神様のみ心にかなってるんですよね?


916 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 10:19:11 ID:QQq9AQ/I
そして神様の計画だけではなくそこに人間の努力とか責任が必要という事なんですか?予定説って。
すみません。

917 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 10:30:46 ID:qcwBYgeq
>>915
全然違う。それはユニバーサリズムという異端。

>>916
そっちはジェネラリズムという予定論と喧嘩中の思想、あるいは律法主義という異端。

918 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 10:43:54 ID:QQq9AQ/I
でもhageムータンが言ってたのはこういう意味だと思ったんだけど・・
正しい解釈をはってもらっていいですか?

919 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 11:01:32 ID:QQq9AQ/I
hageムータン暇なときに教えて下さい。

920 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 14:41:51 ID:nW+4viTt
>>919
あとは、カルヴァンや改革派に興味がないがコテハンのhageと
予定論の当事者である改革派であるが名無しの私のどちらを信用するか
というだけの問題だよ?


921 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 16:41:49 ID:kRAXP78A
キリスト教初心者です。お祈りについて教えて下さい。

日曜のミサでは神とイエス様とどちらに祈ってるのですか?
大昔、イエス様が神に祈り、罪を被ってくださったので
私たちはイエス様にありがとうとごめんなさいを祈っているのでしょうか?
またメダイやロザリオなど聖母マリアへ祈りはなんの為?
混乱中です。

922 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 16:42:50 ID:Axfd+szB
改革派であるが名無しの君だからといって予定論の当事者とは限らんだろうね

923 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 17:19:13 ID:t5LEecRa
>>922
寝言は寝て言って呉れ給え

924 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 17:59:39 ID:j/2Tmb9k
お風呂でおしっこするのは罪ですか?

925 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:11:03 ID:eWnlfc7j
聖書にははっきりと国連が宗教弾圧をすると述べられている。
逃げ場はないのだ。

926 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:12:07 ID:OFExewlk
>>917
>全然違う。それはユニバーサリズムという異端。

有る福さえ使わない「異端」と言う言葉を使う改革派
こいつらがキリスト教の癌。

927 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:15:11 ID:906hoEs/
わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。
わたしはあなたがたを友と呼びました。
わたしは助け主をあなたがたのところに遣わします。
その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたを
すべての真理に導き入れます。その日には、あなたがたは
わたしの名によって求めるのです。それはあなたがたが
わたしを愛し、また、神から出て来た者と信じたので、
父ご自身があなたがたを愛しておられるからです。
あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしが
あなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。

父よ、お願いします。あなたがわたしに下さったものを
わたしのいる所にわたしといっしょにおらせてください。
わたしは彼らにあなたの御名を知らせました。また、
これからも知らせます。それは、あなたがわたしを愛して
くださったその愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの
中にいるためです。

928 :| i |^竸ノ||<ぁT=ι ♪カヽゎιヽ━レヽょ☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/27(月) 18:16:37 ID:0jtYkD+d
万人救済主義、ユニバーサリズム

929 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:19:40 ID:w4sxPM4Z
プロテスタントは、殆ど人が予定説を信じているんですかね?
ちなみに二重予定説とただの予定説とでは意味が違うんですか?

930 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:34:53 ID:J6lrfCYk
>>915
救済される人のためにイエスが罪を背負って死んでくれた。
救済されない人のためではない。そして救済されない人は永遠の滅亡。

931 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:44:15 ID:Axfd+szB
>>929
真逆。プロテスタントどころか、ほとんど全部のキリスト教会は予定説も二重予定説も否定。
否定というより、話題にもでてこない、というのが本当のところ。
二重予定説とただの予定説も大して違わない。神が予定しているか、あくまで人の意思による選択か、という違い。


932 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:46:54 ID:vgf8urvO
>>931
ありがとう。
欧米の人も殆ど信じていないのかな?
キリスト教原理主義者とかも。

二重予定説も予定説もほぼ一緒かあ。

933 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:54:02 ID:mP2tSKYg
このスレを読んでいると、教派ごとに言っていることがばらばらという印象を
受けます。全教派で一致している教義はあるのですか。

934 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:54:39 ID:Axfd+szB
>>932
欧米だろうが東南亜細亜だろうが、信じているのは何かといえば神そのもの。
なんだろうが、一つの説にすぎんものは受け入れるか受け入れないかの違い。
そんなものに右往左往するような教会は捨ててしまうべし。

935 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 18:55:20 ID:Axfd+szB
>>933
神は神。これで十分。

936 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:05:55 ID:906hoEs/
イエス=キリストということなんじゃない?

937 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:32:10 ID:j3BzSWvO
アメリカ、欧州、日本で、どの程度
予定説が信じられてるか具体的な数字ないの?

みんな言ってるのは単なる経験と観のような気がするんだけど

938 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:36:08 ID:Axfd+szB
エルダーチャーチとリフォームドチャーチのみ。
おそらく、全世界のキリスト教会の2パーセント程度だろう。

939 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:52:39 ID:ZWwgJda3
結局、カンっぽいんだよな
具体的な調査した数字ないんかな
ソースつきで

940 :パンジャ:2006/11/27(月) 19:57:32 ID:IJPkJLq1
がう〜

941 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:59:06 ID:gv9Cfyme
うーむ

942 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 19:59:55 ID:gv9Cfyme
通説・アメリカには3000万人のキリスト教原理主義者がいるが
キリスト教原理主義者たちは予定説信じてるよ

943 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:04:27 ID:Axfd+szB
具体的な字が出たところで、それで何がわかるのか、となるとどうなんだ、で終わりだわな。
つまりは自分で考えるしかない。

944 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:06:34 ID:Axfd+szB
>>942
予定説を取り入れている教会に所属しているからといって、それを信じているとは限らない。

945 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:13:10 ID:kNmdTbJT
こうやって見ると予定説信じている人は全世界に結構いるもんなんだな。
プロテスタントは殆ど信じてるみたいだしぃ。

946 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:15:32 ID:Axfd+szB
>>945
つまり、自分で考える力のないものは数に頼るわけだ。数でいくならカトリックだ。
カトリックでは予定説なんぞ煙にも立たないぞ。

947 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:24:27 ID:QQq9AQ/I
じゃあイエス様の十字架は偶然ですか?
それに神様がどのような方なんだろうと想像した時、予定説と二重予定説では
ぜんぜん違うように思うんだけど、気持ちの上で、

948 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:25:45 ID:1DQTU7k0
>プロテスタントは殆ど信じてるみたいだしぃ。

面白い人ですね。


949 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:26:44 ID:Axfd+szB
>>947
予定説と二重予定説の違いがわかった上での発言か?

950 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:38:08 ID:QQq9AQ/I
談話室でほんのほんのちょっとだけー。教会行って教えてもらおうかな・・やっぱやめた。

951 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:45:01 ID:7NPIzYX4
キリスト教原理主義者は馬鹿、利己心のかたまり!

952 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:45:27 ID:Axfd+szB
なんとか現行教義との差別化をはかろうとしたジャンが、オーガスティンの
日記からヒントを得て脚色しただけのこと。

953 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:53:48 ID:60STI5TI
立てます

954 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 20:55:56 ID:Axfd+szB
予定説
救われるものは世の初めから既に予定されている。救われるものは全て善行に終始する。

二重予定説。
救われるものばかりではなく救われないものも全て世の初めから既に予定されている。
いかなる悪行を行おうが、救いに予定されているものは行いに関わらず救われる。同様に。いかなる善行を行おうが、滅びに予定されているものは行いに関わらず滅びに至る。

955 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:01:05 ID:Axfd+szB
非予定説者からすれば、予定説も二重予定説も同じ。
予定説で、救われるものが予定されているということは、滅びるものが予定されているというのと同じ。
なぜわざわざ二重予定説を打ち立てたのか不可思議極まりない。

956 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:01:48 ID:Axfd+szB
つまり、ジャンの悪あがきとしか思えない。

957 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:03:39 ID:QQq9AQ/I
あー、気持ち悪い。もういいから、何か神様の愛を感じるようなみ言葉を教えてください。

958 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:05:06 ID:QQq9AQ/I
ついでに証もあったらいいなー

959 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:05:42 ID:Axfd+szB
>>957
ふざけるな。
そもそもお前の質問に親切に答えてやっているのに何だ?
気持ち悪いとは何事だ。

960 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:07:57 ID:Axfd+szB
「証」とやらが欲しいならプレハブの教会へ行け。
間違いなく見物できるぞ。

961 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:12:39 ID:QQq9AQ/I
今日一日イヤーな気持ちで終わりたくないから、それだけ。

962 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:14:05 ID:Axfd+szB
>>961
お前のその発言でこっちがイヤーな気持ちになるのはどうでもいいのか!

963 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:24:11 ID:QQq9AQ/I
すみませんでした。そんなに怒らないで下さい。

964 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:26:33 ID:ih54tXLL
エリシャが子供にハゲと言われて、キレて熊で皆殺しにしちゃったのは罪にならないんですか?

965 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:27:20 ID:Axfd+szB
前言撤回。
もう怒ったぞ。そして再び怒ったぞ。
2ch.netってひろゆきの個人掲示板(つーたてまえ)なんだから
他人のものを勝手に私物化すんじゃねー。

だいたい「宗教板削除」ってなんだよ。板とスレと混同するんじゃねえこの厨房が。
てめえが糞スレばかばか立ててdat.落ちペースが早くなってんのに気付け。
大斎スレなんてある意味どーでもいいが、マイナー教団でレス少ないけど
助けを求めて探しに来る人が読んでる、そーゆースレだってあるし、
マイナーな話題でほそぼそ続いてるところだってあるのだ。

自分がどれだけ人様の迷惑になってるか尻の穴ほじってよく考えろ。
次スレ立てるなら雑談板か厨房板か自己紹介板か……とにかく
スレにもっと適応したところに立てろ

宗 教 板 以 外 の な

厨房はとっととクソして寝ろ。


966 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:28:49 ID:Axfd+szB
( `ω´)優しい顔してたら調子のりやがってお
( `ω´)これからはこれでいくお
( `ω´)ビビってもらすなお!!

967 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 21:34:00 ID:Axfd+szB

ハゲ!

968 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:00:03 ID:VYjuO+Nn
>>954
予定説のほうで予定されてない人は
行いによっては救われるという解釈なんですか?

969 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:02:49 ID:c1YMBLxB
>>935
何をとぼけたことを言っているのですか。ゾロアスター教とか他の宗教も、
それぞれに異なる神を説いているのです。それ程度のことも気づかないのですか。

970 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:08:17 ID:NV4kZ0JB
内村鑑三先生なんかは二重予定説のほうか
だけど内村鑑三先生は普通に予定説とか言っていたな
二重なんて言葉をつかってなかった

971 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:48:18 ID:jl2+Kndd
三重もあるの?

972 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 22:58:49 ID:RKVkT3Ia
予定説だろうが、非予定説だろうが、
さほど信仰には影響しないと考えている信者が多い思うのですが、
そんな考えは間違ってますか?

973 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/27(月) 22:59:27 ID:bVJsX8m+
新スレたて挑戦します。無理ならほかの人頼む

974 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/27(月) 23:02:08 ID:bVJsX8m+
やはり無理でした。ほかの人、新スレッドを立ててください。
|†| キリスト教@質問箱160 |†|
メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先更新総合スレッド。
現行スレッドではhttp://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1151690537/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
前スレ
|†| キリスト教@質問箱158(159) |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161708862/


975 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:15:38 ID:jl2+Kndd
キリスト教談話室にキリスト教でない人がたくさんいるんですが
なぜですか?

976 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:16:48 ID:k/b/F6Si
予定説は説得力あるなあ。予定説をはじめて聞いたときは感動して泣いた。
予定説ほど素晴らしい教義はないと思う。

977 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/11/27(月) 23:18:19 ID:6yB+yJK/
>>974
そんなに長いテンプレ、いらないと思うよ。
長すぎるテンプレだから、ケータイでスレタテ、チャレンジ出来ないのよ。
テンプレ全文、読み込めないから。

978 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/11/27(月) 23:22:37 ID:6yB+yJK/
>>975
キリスト教談話室は、キリスト教に関心ある人たちのスレです。
過去にはテンプレに、『他宗教者歓迎』の記載もありました。

979 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:24:31 ID:WEDz8tmg
正直、信じれば救われるとあるけれど信じることが一番難しい。
救われて信仰に入っても躓きはある。誘惑もある。性の欲望は
抑えられない。結果罪を犯し、信仰を放棄し、結果死に至る。
祈り、御霊によって自身を常に保っていなければならない。
ミニスカートのおなごを見て、香水を嗅いで、それでも祈って
聖きを保つ。それでも罪を犯した後の落胆よりは肉の思いを十字架に
張り付けていたほうが生の喜びはあるのだ。アーメン

980 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:30:11 ID:ZlqpOatj
>>974
次スレ↓

|†| キリスト教@質問箱160 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164637283/

リンク先の更新はそちらでお願いします。

981 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/28(火) 00:55:26 ID:QN315K6/
こちらを先に消費age

982 :| i |^竸ノ||<ぁT=ι ♪カヽゎιヽ━レヽょ☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/28(火) 01:03:47 ID:Qf6VrSA+
消費あげ☆

983 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/28(火) 01:13:29 ID:QN315K6/
>>974 >>977
キリスト教質問箱のテンプレは、無駄に長すぎる。
長すぎるテンプレは、コテハンメェーたちが残した、負の遺産。
希美が作成した、質問スレのテンプレ。
この程度の短さで、キリスト教スレも充分。

◎天理教∞質問回答専用スレ◎PART1
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156002879/

1:宮崎希美 :2006/08/20(日) 00:54:39 ID:Hg0hmEup [sage]
天理教に関する質問をどうぞ。
おたすけ回答者さんは質問を見かけたら、2ちゃんならではの物凄い勢いで書きにいきましょう。
天理教教義から天理教組織、おやさとのお天気情報まで、さあどうぞ。
質問と回答が目につくように、常時age進行でお願いします。

984 :narumi ◆GG1SfzBGbU :2006/11/28(火) 04:23:33 ID:VLGDQMwS
1000tottabakasine

985 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/28(火) 04:28:14 ID:QN315K6/

【初心者】キリスト教@談話室308【歓迎】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164322536/

999:narumi◆GG1SfzBGbU :2006/11/28(火) 04:20:27 ID:VLGDQMwS
1000げとじゃましないで

1000:名無しさん@3周年 :2006/11/28(火) 04:20:58 ID:jKrPoK/8
999

1001:1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

986 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:12:57 ID:tYw1ymdT
旧約の最初には神は「我々」とか言ってるし、
神の息子が地上に来て人間の女とセックスしてるがどういう事?
ていうか旧約の神はイカれ狂った神で、
イエスの言う神と全く別人格のように感じます。

987 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/28(火) 12:23:52 ID:QN315K6/
>>986
旧約聖書はユダヤ教、それを超えたのが新約聖書キリスト教。

988 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:36:56 ID:j68d2GRy
>>933
つ 使徒信条

989 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/28(火) 12:42:10 ID:XpbLALa1
>>933
私があなた方に最も大切なこととして伝えたのは、次のことです。
キリストは、聖書の示す通りに、私たちの罪のために死なれたこと、
また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現れ、それから12弟子に現れたことです。

990 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 12:49:35 ID:ULb1eD7b
990

991 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/28(火) 12:51:45 ID:XpbLALa1
991

992 :希美 ◆55nynIr58w :2006/11/28(火) 12:54:11 ID:QN315K6/
終了したら次はここ

|†| キリスト教@質問箱160 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164637283/

993 :narumi ◆HIME/eGzDI :2006/11/28(火) 13:06:47 ID:a0CX63xo
1000geto

994 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/28(火) 13:11:53 ID:XpbLALa1
>>993
まだ994

995 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 16:07:52 ID:cF99qBUJ
あっぱい

996 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 16:08:56 ID:cF99qBUJ
いっぱい

997 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 16:09:34 ID:cF99qBUJ
うっぱい

998 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 16:13:03 ID:UsOYd9ew
えっぱい

999 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 16:13:41 ID:UsOYd9ew
おっぱい

1000 :OH!イエス:2006/11/28(火) 16:14:29 ID:UsOYd9ew
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

339 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)