5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

|†| キリスト教@質問箱158 |†|

1 :AVE MARIA:2006/10/24(火) 14:08:09 ID:3DLsEl5n
メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先更新総合スレッド。
現行スレッドではhttp://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1151690537/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
過去スレ
157:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160146384/

2 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:08:40 ID:3DLsEl5n
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 http://www.yahoo.co.jp/ http://www.goo.ne.jp/ http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 1997年9月5日 帰天 享年八十七歳 1997年9月5日 最後の手紙より 未完 福者マザー・テレサ 列聖の可能性大
最後の手紙より マリア P62 聖母のそばに P64 イエズスの叫び P66 小さき花 P68   マリアP62 本と別訳
 Mariaに通しJesusのみにすべてを、貴方たちひとりひとりが差し上げるを願う、私の愛、祈り、祝福をこの手紙に託します。
 「Mariaに通しJesusのみにすべてを差し上げなさい」と,私はよく言います。それは,貴方たちの為,また貴方たちから,私が願うすべて故で御座います。
 Mariaに通しJesusのみに,Mariaに通しJesusのみの為,すべてを,貴方のこころがもし行えば,貴方は正しく「Missionaries of Charity 神の愛の宣教者」で御座います。

3 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:09:10 ID:3DLsEl5n
聖テレーズと聖ピオ神父の紹介 http://search.goo.ne.jp/web.jsp?TAB=&MT=%C0%BB%A5%C6%A5%EC%A1%BC%A5%BA%A4%C8%C0%BB%A5%D4%A5%AA%BF%C0%C9%E3%A4%CE%BE%D2%B2%F0
AVE MARIA 聖マリアと共に http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/1052/mi04.html

カトリック教会の祈りとしらべ http://www.minc.ne.jp/~hosanna/menu5.htm
心のともしび http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&IME=1&CK=0&QGR=1&JP=1&QGA=1&DE=2&OCR=0&MT=%BF%B4%A4%CE%A4%C8%A4%E2%A4%B7%A4%D3&DC=10&ET=&web.x=0&web.y=0

4 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:09:42 ID:3DLsEl5n
ローマ人への手紙 6  パウロの手紙の歴史順 ローマ人への手紙 6  プロテスタントの聖書 66書
レビュー
内容(「BOOK」データベースより)
新共同訳(旧新約66巻)の全朗読108枚のCDを、6枚のCD‐ROMに収録しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820282387/qid=1154710407/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/
マルチン・ルター ルーテル 福音派とも 「キリスト者の自由、聖書への序言」岩波文庫 
ローマ「暗記するどころではなく」 文庫を見てください 

ルター派の信条は、「アウグスブルグ信仰告白」「アウグスブルグ信仰告白弁証」 「シュルマルカルデン条項」「小教理問答」「大教理問答」「和協信条」の
六つのみ

新約聖書 著者
十二使徒 五人 ヨハネ ペテロ ヤコブ ユダ・タダイ マタイ
六人目の使徒 パウロ
ルカ マルコ

聖書 6+6+6 六番目 十二番目 十八番目 パウロに因る

ルターが1525年の『盗み殺す農民に対して』で農民の殺害を認めたことは、民衆にとって初めは農民を支持していたルターの裏切りと感じられた。

ルターは精力的な活動の一方で聖書の翻訳事業も続けており、1534年に念願だったドイツ語旧約聖書も完成し、出版された。
ルターは旧約聖書の諸書の選択において、七十人訳聖書(セプトゥアギンタ:ギリシア語旧約聖書)にあってマソラ本(ユダヤ教徒によって編纂されたヘブライ語聖書)にないものを旧約聖書から排除した。
また新約聖書でも『ヤコブの手紙』、『ユダの手紙』、『ヨハネの黙示録』は自分の義化のアイデアとそぐわないと考えたため、排除した。
ルターが排除した諸書は新約聖書ではやがて元に戻されたが、旧約聖書の方はルターによって外された諸書はそのままで現代に至っている。
ルターが聖書の翻訳において、自分の義化説に合うように本文解釈を行って訳したことも知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC

5 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:31:52 ID:3DLsEl5n
聖書学http://216.239.63.104/search?q=cache:u4jtc1xUw8cJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/INTR_BBL.html+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:tNzVPx6Mj-cJ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E6%2596%25B0%25E7%25B4%2584%25E8%2581%2596%25E6%259B%25B8+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
Lukeに因る福音書  聖書 バルバロ  講談社  教会認可http://216.239.63.104/search?q=cache:78nRdNevKX8J:http://homepage3.nifty.com/mir/bible.htm+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:B8axRI_3OcQJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/JAP_BIBL.html+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&JP=1&DE=2&OCR=0&CK=0&NKW=1&QGR=1&IME=1&QGA=1&MT=%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&DC=10&ET=&web.x=25&web.y=7

6 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:32:26 ID:3DLsEl5n
キリスト教 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99
ニカイア・コンスタンティノポリス信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9%E4%BF%A1%E6%9D%A1
カルケドン信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%B3%E4%BF%A1%E6%9D%A1

カトリック教会の左傾化
「君が代」反対から「沖縄米軍基地」反対そして環境問題
澤田 昭夫
(月曜評論平成十二年五月号掲載) 
二〇世紀の基本的性格
右旋回から左旋回したプロテスタント教会
政治分布地図を見ると、ナチス支持の多かったのはプロテスタント多数の北と東で、カトリック多数の西と南でナチスは少なかった。
ニーメラー牧師は戦後反ナチ抵抗者として英雄視されたが、彼は実は三三年当時積極的にナチスを支持。
ヒトラーとの個人的確執のゆえに三八年に投獄はされたが、獄中では特別優遇され、三九年には国防軍に従軍を志願していた。
デハウの強制収用所に収監された二八〇六名の聖職者の九五パーセントはカトリック、プロテスタントは四パーセントだった。
http://hvri.catholic.ac/sawada.htm

■性的虐待隠ぺい 引責の枢機卿が復活
東京新聞 2005/04/13
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050413/mng_____kok_____002.shtml
聖職者による子どもへの性的虐待の責任を取って辞めたはずのバーナード・ロー枢機卿(米国)が十一日、バチカンで行われた故ヨハネ・パウロ二世の特別ミサを執り行ったことに対し、米国内の被害者家族から怒りの声が上がっている。
http://www.circam.jp/weekly/?pid=33

7 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:33:30 ID:3DLsEl5n
ドイツ連邦共和国外務省 - ドイツの実情: 哲学
60年代初頭から、ドイツでは「フランクフルト学派」の影響が強くなってゆく。
ドイツでこの学派を代表する哲学者テオドール・W・アドルノとマックス・ホルクハイマーは、ユダヤ系でマルクス主義の流れを汲んでいたためナチス時代にドイツを離れている。
彼らの思想は60年代末の学生運動に大きな影響を及ぼした。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/33

公安調査庁
内外情勢の回顧と展望
「内外情勢の回顧と展望 −核・テロの脅威及び複雑化する国際情勢と日本−」(平成18年1月)
http://www.moj.go.jp/KOUAN/NAIGAI/NAIGAI18/naigai18-00.html


統一通貨がある故に,安い高いがあり得る
<科学哲学史(2) 帰納主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t2.html
<科学哲学史(4) 論理実証主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t4.html
<科学哲学史(6) 反証主義の問題>
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/t6.html
不完全性定理 1930年頃
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/fukanzen.html

自己言及のパラドックス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A8%80%E5%8F%8A%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
悪魔の証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E
弁証法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%A8%BC%E6%B3%95

8 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:59:06 ID:3DLsEl5n
二重基準 二重標準  二重規準
二重規範
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a5%c0%a5%d6%a5%b9%a5%bf
多重基準
 さて、日本流植民地主義は現地民の日本人化だった。
つまり同化政策だ。
これは日本が植民地化した国々では、どこでも行われた。
 これを見た欧米人は恐怖した。
なぜなら、彼らには理解できない、不愉快な政策だったからだ。
彼らに言わせると「他国民の文化を根こそぎ奪うとは、許されない行為だ」となる。
たとえば、韓国でも中国でも独自な文化がある。
独特な言語もあれば名前をもある。
それをすべて日本化してしまうからだ。
http://www.kitombo.com/gimon/0513.html
性(せい)の二重(にじゆう)基準
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&p=%E6%80%A7%E3%81%AE%E4%BA%8C%E9%87%8D%E5%9F%BA%E6%BA%96

アルベルト・アインシュタイン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1952年、イスラエル政府はアインシュタインに対し、第2代大統領への就任を要請したが、辞退している。
平和活動
科学的業績によって得た世界的名声を背景に、アインシュタインは様々な政治的発言を行っている。
第一次世界大戦中は平和主義を掲げ、戦争を公然と批判した。
「2%の人間が兵役拒否すれば、政府は戦争を継続できない。
なぜか、政府は兵役対象者の2%の人数を収容する刑務所を保有していないんだ。」と発言し、反戦運動に影響を与えた。
しかし、第二次世界大戦の際は、一転して戦争を正当化し、「最早、兵役拒否は許されない」と発言し、同時代人の文学者ロマン・ロランから後に痛烈に批判されている。
また、ユダヤ人である彼は、ユダヤ人国家建設運動であるシオニズムを支援した。
このためナチス・ドイツから迫害を受け、アメリカに亡命している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3
アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E7%90%86%E8%AB%96


9 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:59:38 ID:3DLsEl5n
魔女狩り
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(魔女裁判 から転送)
かつて魔女狩りといえば「12世紀以降キリスト教会の主導によって行われ、数百万人が犠牲になった」というように言われることが多かったが、
このような見方は1970年代以降の魔女狩りの学術的研究の進展によって修正されており、
「もともと民衆の間から起こった魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が犠牲になった」
と考えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E8%A3%81%E5%88%A4
ガリレオ・ガリレイ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガリレオ裁判
第2回の裁判
1616年当時の裁判にも参加し、ガリレオの親友でもあったバルベリーニ枢機卿(Maffeo Vincenzo Barberini)がローマ教皇ウルバヌス8世となっていたが、教皇の保護はなかった。
一説によれば、『天文対話』に登場するシンプリチオ(「頭の単純な人」という意味)は教会の意見を持っており、シンプリチオは教皇自身だと教皇本人に吹き込んだ者がおり、激怒した教皇が裁判を命じたというものがある。
この説には物証がないが、当時から広く信じられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%A4
異端審問
スペインの異端審問
これは教皇のコントロールを離れた独自の異端審問であり、異端審問が政治的に利用されることの危険性を察知した教皇は許可をためらったが、フェルナンド王は政治的恫喝によってこの許可をとりつけることに成功した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%AB%AF%E5%AF%A9%E5%95%8F
スペイン異端審問
スペイン異端審問の開始
教皇は当然、世俗権力によって異端審問が政治的に利用されることの危険性を察知し、なかなか首を縦に振ろうとしなかった。
(これによってボルハ枢機卿は後年のコンクラーヴェでスペイン王の強力な後押しを受けることができた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%95%B0%E7%AB%AF%E5%AF%A9%E5%95%8F
次のファシストは,ファシストとの言葉と共に来る 次の魔女狩りは,魔女狩りとの言葉と共に来る 言葉狩り

10 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 15:00:13 ID:3DLsEl5n
イスラームについての基礎知識    4.イスラーム法
ムスリムはどのような刑罰を受けたのですか?
固定刑は、姦通、中傷、飲酒をした場合は定められた回数のむち打ち、窃盗をした場合は手足の切断、追い剥ぎをした場合は死刑あるいは手足の切断あるいは追放、といった具合に明示されています。
また、背教者は死刑です。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~tomyam/q&a/q&a04.htm
国旗は緑色。
白い文字は「アッラーの他に神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒である」というイスラム教の信条。
その下に、抜かれた剣が信条と平行に描かれている。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%A6%A5%B8%A5%A2%A5%E9%A5%D3%A5%A2
イスラム教についての資料 NO40
B聖戦(ジハード)について
190.
あなたがたに戦いを挑む者があれば,アッラーの道のために戦え。
だが侵略的であってはならない。
本当にアッラーは,侵略者を愛さない。
191.
かれらに会えば,何処でもこれを殺しなさい。
あなたがたを追放したところから,かれらを追放しなさい。
本当に迫害は殺害より,もっと悪い。
だが聖なるマスジドの近くでは,かれらが戦わない限り戦ってはならない。
もし戦うならばこれを殺しなさい。
これは不信心者ヘの応報である。
192.
だがかれらが(戦いを)止めたならば,本当にアッラーは,寛容にして慈悲深くあられる。
193.
迫害がなくなって, この教義がアッラーのため(最も有力なもの)になるまでかれらに対して戦え。
だがもしかれらが(戦いを)止めたならば,悪を行う者以外に対し,敵意を持つべきではない。
http://islam3.hp.infoseek.co.jp/study/jhsislam1.htm

11 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:01:55 ID:3DLsEl5n
クルアーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルアーンとイスラム法
イスラム法の一切を廃止しヨーロッパから持ち込んだ近代法一本に改めたトルコはその極端な例である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3
Muhammad ムハンマド
☆マホメット冒涜で死刑も
パキスタンの「冒涜法」は、「神聖な予言者(マホメット)の名を汚す者は死刑」と定めているが、それを非イスラム教徒や良心的ジャーナリストに適応する動きが強まっている。
あるキリスト教徒に対する冒涜罪での告発を無罪にした高裁の判事が殺害されているため、判事や裁判官でさえ危険を感じているという。
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/headline09a.htm
十字軍
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
概略
十字軍遠征までの経緯
トルコ人のイスラム王朝であるセルジューク朝にアナトリア半島を占領された東ローマ帝国の皇帝アレクシオス1世コムネノス(在位1081年-1118年)が、ローマ教皇ウルバヌス2世に救援を依頼したことが発端(1095年)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%AD%97%E8%BB%8D

 1956年、博士は30万人の民衆と共に仏教に改宗しました。
ヒンズー教徒としての差別撤廃に限界を感じてのことであったようです。
また、本中、パキスタンの分離・独立も根はカースト制にあるという発言がありました。
低カーストにあった人々が、圧制と差別に耐えかねてイスラム教に改宗したのだし、仏教・キリスト教への改宗も同じである、といったものでした。
http://www.mskj.or.jp/getsurei/horimoto9601.html

12 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:02:32 ID:3DLsEl5n
浄土真宗やっとかめ通信
(東海教区仏教青年連盟)
◆ 六道輪廻について
 というのも、ここは非常に大事な点ですが、釈尊を含む革新的思想家たちがバラモンの教えを批判するのは、それがバラモン支配の社会を支えるための教え(今ふうに言えばイデオロギー)だったからです。
たとえば、輪廻という考えは厳然としてカースト制を支える教えとしてあります。
つまり、現在バラモンであるものは前世によい行いをしたからであり、反対にシュードラにあるものは、前世でわるい行いをしたからであり、来世でよい境遇に生まれたければ善いことをせよというわけですが、
その善悪の基準とは、つねにカースト制を含む社会が存続するのに都合のいいものです。
善を行ない悪を行うまいとして道徳を守れば守るほど、一方では安逸を貪り、他方ではいかに努力しようとも悲惨な状況から抜け出すことの出来ない階層が存在するという状況が続くわけです。
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/98_10_21.html

アメリカのミシガン大学、ジェロ−ム・O・ヌリアグ教授によると、古代ロ−マ帝国が崩壊・滅亡してしまった原因の一つは、帝国の人々が愛してやまなかったワインだというのだ。
古代ロ−マ帝国ではワインの消費量が1人1日3〜5リットルにも及んでいた。
特に上流階級の間では、ワインを甘くして飲むことが流行していており、シロップや葡萄液などの添加物が加えられていた。
このシロップや葡萄液を煮詰めて作る際、鉛でコ−ティングされた青銅器を使用していたという。
そのためシロップや葡萄液には大量の鉛が溶けだしていたと考えられるのだ。
教授によると、古代ロ−マ帝国では、鉛中毒が蔓延していた可能性があるという。
それが帝国を支配する皇帝にも大きな影響を及ぼし、滅亡につながったというのだ。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20011028/f1107.html

13 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:03:03 ID:3DLsEl5n
人身御供
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東アジア
日本では人柱など。
転じて同様の行為にも使われる。
「白羽の矢が立つ」とは、元々このことをいった。
白羽の矢は所謂匿名による指名行為であった訳だが、これらは霊的な存在が目印として矢を送ったのだとされ、この矢が家屋に刺さった家では、所定の年齢にある家族を人身御供に差し出さなければ成らないとされた。

アメリカ大陸
アステカ人は「太陽の不滅」を祈って、人間の新鮮な心臓を神殿に捧げた。
ほかに豊穣、雨乞いを祈願して、捧げられることもあった。
しかしその一方では、これら生贄に捧げられる事が社会的にも名誉であると考えられていたとされ、球技によって勝ったチームが人身御供に供されるといった風習も在った模様である。

生贄は石の台にのせられ四肢を押さえつけられ、生きたまま火打石のナイフで心臓をえぐり取られたとされる。
生贄の多くは戦争捕虜で、生贄獲得のための花戦争も行われた。
選ばれた者が生贄になることもあり、稚児が神に捧げられることがあった。
ただアステカはこのような儀式を毎月おこなったため、一説にはこれにより社会が弱体化、衰退したとも言われている。

インカでも、同種の太陽信仰に絡む人身御供を行う風習があったが、これらの生贄は社会制度によって各村々から募集され、国によって保護されて、神への供物として一定年齢に達するまで大切に育てられていたという。
http://72.14.235.104/search?q=cache:vmz4DIE7hqcJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B+%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E5%BE%A1%E4%BE%9B&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8
このとき、血塗られた神殿も案内された。
まだうごめいている心臓が銀の皿にのせられていたという。

翌日、スペイン人による人身御供の禁止に怒ったアステカ人が反乱を起こしモクテスマ2世を殺すと、コルテスは命からがらテノチティトランを後にしてトラスカラに引き返した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%B9

14 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:20:28 ID:3DLsEl5n
高岡法科大学
 だが、人身売買を完全に無くすことは大変難しいことである。
当時は奴婢(ぬひ)と呼ばれる最下層の人々の売買は法律上認められていた。
鎌倉・室町 時代になると、奴婢の売買も禁止され、江戸幕府も人の売買を禁止したのではあるが、それは永代売買が禁止されたのであって、数年間というように期間を限った年季売りは禁止されなかったのである。
その年季売りは次第に年季奉公の契約の形となって残っていったし、養子契約をする事によりそれも一生実親子との縁を切って他人の養子に出すという形で事実上の人身売買が行われていたようである。

現在は人身保護法や売春防止法で完全に 人身売買は禁止され、民法90条によりそういう契約の効力は否定されているが、でも風俗営業、芸妓置屋等をめぐって、この非合法現象が根絶されているわけではない、という難しさを抱えている。
なんと言っても、人身売買禁止政策の最大の敵は、鎌倉時代以来700年以上も続いてきた公娼(こうしょう)制度であった。
遊郭には派手に遊びまわる客人から落 ちるお金が躍動し、片や貧困にあえぐ農村地域の生活苦が隣接すれば、おのずと人の流れが人身売買の道を通じて生ずる事になる。
戦後1946年に占領軍総司令部(GHQ)は、日本の公娼制度を廃止したが、いわゆる赤線地帯といって売春が行われる特別地域の温存が図られたし、
また、占領軍のほうも、日本の公娼制度をなくしておきながら、かげで占領軍兵士のために娼婦の提供を要請したのではないかとの疑いもあり、それらの周辺で反人権である人身売買が行われていたらしい。
明治初年頃はなおさらのことであったろう。

 このような状態であったから、ペルー政府の抗議は時の明治政府に一方ならぬ当惑を与える事になった。
ペルー政府の抗議は日本政府が依然として人身売買という非行を許す未開の国である事を正式に世界にさらけ出した事になり、世界の文明国と肩を並べあうために条約改正という難事業を目前にした日本政府にとって手痛い打撃となったことは間違いなかった。
http://72.14.235.104/search?q=cache:3il60uZl6h0J:www.takaoka.ac.jp/zatsugaku/044/ishida02.htm+%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8

15 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:20:59 ID:3DLsEl5n
わが国ではメスカリンも「麻薬」に指定されています。
http://www.dapc.or.jp/data/other/5-4.htm
 そこで使われるタバコは、一種の幻覚剤みたいなものらしく、それを回し飲みして夜を徹するらしいのですが、そういった儀式は他の南北アメリカ大陸の先住民族の文化にも聞いた事があります。
 それから、PEYOTEで使われる成分は違法なもので、メキシコから密輸入されてるとも聞きました。
 マリファナといえば、居留区内にもマリファナがはびこってます。
もちろん、アメリカでは違法ですが、こっそりと栽培したり、ギャングが売買していて、学校や社会で問題になっていました。
◇タバコと文化
http://ww4.tiki.ne.jp/~zl10/navajo8.html

16 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:21:56 ID:QzQ/h4R0
本当に小さい質問なんですけど、どこで聞いたらいいかわからないので。
子供が教会の幼稚園に入りました。
そこで出会ったキリスト教に心ひかれます。
日本キリスト教団系のところです。
でも、密かに海外で見るたび憧れていたカトリック教会・・・。
カトリックで洗礼することと、プロテスタントで洗礼することは
後々の信仰生活にすごーく、差が出ますか?
例えば、プロテスタントで洗礼したら、
もうカトリック教会へは普通は足を踏み入れられないとか。
あと、日本キリスト教団で洗礼して、転勤して、
他の教団の教会のほうが近かったりしたら、
そっちに行ったりできるんでしょうか?
初心者すぎて、そのあたりの壁の厚さが見当もつきません。
気軽に、今行ってるところで勉強して洗礼を受けたら、後悔したりするもの?


17 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:38:08 ID:3DLsEl5n
カトリックは,教皇は伝統を大切にする

日本司教団はリベラル 
学生運動関係

日本基督教団
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
目次 [非表示]
2 歴史
2.3 高度成長期の歩み
2.3.1 戦争責任告白
3 信仰と教義
3.2 教義・神学的立場
http://72.14.235.104/search?q=cache:5STeUvc8FngJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E5%9B%A3&hl=ja&ct=clnk&cd=2&ie=UTF-8
リベラル
学生運動関係

伝統を大切にする人,保守は極少数

18 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:01:43 ID:3DLsEl5n
<パレスチナ基礎知識>
 パレスチナ自治区とイスラエル入植地
 パレスチナ難民
 国連は、パレスチナ難民に対して元の居住地に帰る帰還権を認め、また帰らない場合でも財産などの保証を認めていますが、イスラエルはこれを拒否しています。
http://www32.ocn.ne.jp/~ccp/know/know.html

アムネスティ国際ニュース
アムネスティ日本
 帰還の権利は、国際法において保障されている権利であり、その他の人権はこれと矛盾するものではなく、それらの人権を行使することが帰還の権利を否定するものでもない。
レバノンにいる難民を含めすべてのパレスチナ難民は、帰還の権利が実現されるまで、十全に人権が保障されるべきである。
パレスチナ難民に対する差別的政策の廃止が少しでも遅れることは、人権に関してレバノン政府が負うべき義務を違反し続けることを意味している。
http://72.14.235.104/search?q=cache:fF5zC8gYXE8J:www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2006/0606080.htm+%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A+%E5%B8%B0%E9%82%84&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&ie=UTF-8


秦郁彦「昭和史の謎を追う」より
ユダヤ人亡命者の国別受入数(1933〜1945)
ソ連 25万人
アメリカ 19万9千人
パレスチナ 12万人
イギリス 6万5千人
アルゼンチン 5万人
中国 3万人
ブラジル 2万5千人
スイス 1万6千人
ポルトガル 1万5千人
チリ     1万4千人
スペイん  1万2千人    ボリビア   1万2千人    スエーデン  1万2千人
豪州      9千人
カナダ     8千人    南アフリカ   8千人
日本       2千人
あと秦氏のは、難民を受け入れた数字であって、海外への脱出を支援した数はそもそも含まれていない。
杉浦氏のような例を含めるなら、最もユダヤ人を支援したのは、スターリンとムッソリーニということになる。

19 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:05:47 ID:G7MJuggQ
>>16タソ
カトがいいお

20 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:06:49 ID:3DLsEl5n
 それでは参考までに,五相会議決定と同年外務省が起草した『猶太対策(案)』の冒頭部をあげておこう。
「猶太民族ノ民族的要望及之カ実現ノ諸方策ハ根本的ニ帝國ノ國是ト相容レサルモノアルヲ以テ究極ニ於テ該民族勢力ノ縮滅ヲ期スヘキモノトス」。
「縮滅」と「絶滅」は,なるほど違う。
 日米開戦後の五相会議決定は廃止された。
理由は,「猶太人ヲ利用シテ外國資本ヲ導入シ或ハ米英両国ニ対スル関係ヲ打開スル」必要がなくなったためだという。
このありがたいユダヤ人「保護案」には,誰しも感涙を禁じ得まい。

(注)ユダヤ人を他の外国人同様扱う主旨の「要綱」にある,「資本家技術者ノ如キ利用価値アル者」に関する特記事項には,安江大佐が軍上層部に策定を説得する方便という側面もあったが,廃案理由に見られる露骨なまでの利用論が政府と軍首脳の本音であった。
ちなみに,安江大佐は,三国同盟締結後に予備役編入された。
http://72.14.235.104/search?q=cache:0IU-4X_ZHmoJ:www.linelabo.com/chiu0012.htm+%E7%8C%B6%E5%A4%AA%E4%BA%BA%E5%AF%BE%E7%AD%96%E8%A6%81%E7%B6%B1&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=3&ie=UTF-8


 日本語を解さぬヒレル・レビンが,自らの研究を取り巻いているポレミックな脈絡(レビン講演会の主催者が,他ならぬ「日本会議」の国際広報委員会なのだ!)にどれほど自覚的なのかは分からない。
ただ,『千畝』の原著の文献一覧には,宮沢とグッドマンの英語文献(フリー・プレス刊)があがっているので,
「戦時中の情勢からいえば,杉原は日本政府を裏切ったことになり,不服従を理由に罰されたのである。
だからいまになって日本政府がかれの行動をほめ,あたかもかれが役人の典型であったかのごとくいうのは,日本の反ユダヤ主義の歴史から目をそらそうとする,見えすいた行動である」
という文は,英語の原文で読んでいるはずだ。
http://72.14.235.104/search?q=cache:tY3h9HU9GRoJ:www.linelabo.com/chiu0009.htm+%E7%8C%B6%E5%A4%AA+%E5%AF%BE%E7%AD%96&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2&ie=UTF-8


21 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:08:14 ID:3DLsEl5n
A1 ユダヤ人を差別しないことを決めた「五相会議」決定は、「第一次」近衛内閣の決定で、日独伊三国同盟の締結を前提として成立した「第二次」近衛内閣にとって、千畝の行為は、ドイツとの同盟締結を危うくしかねない反逆行為であった。
http://72.14.235.104/search?q=cache:gvtJ56db9YEJ:homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/holocaust/sugiharaFAQ.htm+%E4%BA%94%E7%9B%B8%E4%BC%9A%E8%AD%B0&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=10&ie=UTF-8

実はこの「猶太人對策要項」以前に1938年5月10日に、「猶太對策(案)」というものが外務省で起案されているのだが、この案中では以下のように述べられている。

猶太民族の民族的要望及之が実現の諸方策は根本的に帝国の国是と相容れざるものあるを以って究極に於て該民族勢力の縮滅を期すべきものとす。
然れども其の各国に有する政治、経済、宣伝、思想各界に於ける厳正力に鑑み之が実施は極めて慎重隠密なるを要す。
即ち公的には排撃的言動を避け反日暗躍に対しては有効に報復し得る実力を認識せしむるに止め、一方彼等の窮状に対しては同情ある態度を示す等公正中庸なる態度に終始し、
他方当面隠密なる手段並びに主として外郭機関の利用に依り猶太民族の策動を封じ、其の勢力を縮滅せしむる諸施策を実施す。
http://72.14.235.104/search?q=cache:IXjr2TfzLFUJ:www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/antigo84.html+%E7%8C%B6%E5%A4%AA%E3%80%80%E7%B8%AE%E6%BB%85&hl=ja&ct=clnk&cd=3&ie=UTF-8&inlang=ja


目次
◆日本
◆◆杉原千畝関連
 【珍説】 「杉原千畝のビザ発給は,杉原個人の決断ではない(小林よしのり)」???
http://mltr.e-city.tv/faq08b.html

22 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 21:27:02 ID:KG4hF7p/
修道院の会派に詳しい方にお尋ねいたします。
カルメル会派と、カルマドリ会派の教義の特徴や相違点について、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞご教示下さい。

カルメル派は、検索でもそこそこヒットしますが、カルマドリ会派については、
ほとんど知られてない様なのです。よろしくお願いいたします。

23 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/24(火) 22:14:40 ID:1nUR7q8S
>>16
カトリックがいいよ♪
http://www.inori-no-sono.com/jyouhou/tele.htm
http://www.tomoshibi.or.jp/tushin/

24 :コテハンリスト:2006/10/24(火) 23:43:56 ID:6nna7fhO
コテハンリスト
http://evangelical.zouri.jp/kotehan.html




25 :盲目の虎 ◆4ZvEOwCmqs :2006/10/25(水) 02:20:06 ID:W/wCZO+W
http://www.febcjp.com/ キリスト教ネットラジオ 

26 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 07:20:39 ID:pNPX+4AJ
>>24をクリックするとIP抜かれ人生終わります

27 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 11:33:57 ID:EkF8PKsF
自分を絶対化する癖を治せヨハ
       彡川川川三三三ミ〜
      川|川 /四犯 \|〜
      川川  ◎---◎|〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      川川     3  ヽ〜< 質問箱キモチイイィ〜!
      川川  四) A(犯)〜  \____________
      川川     U  /〜     ___
    _;川川     ダッラ〜   .    |  |   |\_
  /  川川   __/        . |  |   | |  |\
 /    /     | |              |  |   | |  |::::|
(    (   ◎  / \_          .|  |   | |  |::::|
 \   \   /\    ̄ ̄\     |  |   | |  |::::|
  /:\   \  ドピュ ̄\っ))))〜〜|  |   | |  |::::|
 /:::  \    つ___  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |:::    \   (__3。 ;。 ̄ ̄ |  _________ .|
 |::::     \__/          .| |             . |.|
 \:::    (;;; );; )          | |           .   |.|


28 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/25(水) 15:26:43 ID:QLe14ti1
先に立ったこのスレから先に使用しましょ。
あげ♪

29 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/25(水) 19:31:34 ID:zqe5qgME
>>16
プロテスタントだろうがカトリックだろうがどちらでも良い。
神様は必要に応じてプロテスタントからカトリックへ、
カトリックからプロテスタントへ移されます。
今あなたは神様を知り慕い求める事が大事です。

30 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:11:56 ID:jHstXz/I
>>29
> 神様は必要に応じてプロテスタントからカトリックへ、
> カトリックからプロテスタントへ移されます。

神様が必要に応じてキリスト教からオウム真理教へ、
オウム真理教から創価学会へ移されることも
あるのでしょうか。

31 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/25(水) 20:21:04 ID:zqe5qgME
>>30

>キリスト教からオウム真理教へ

神様がそうする必要はありません。それは悪魔の攻撃です。

32 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/10/25(水) 21:13:47 ID:QLe14ti1
長老派 ◆uiEg7tVQ1Uの教派は、祝福バナナという異端的要素があります。

33 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/25(水) 21:16:28 ID:QLe14ti1

☆ ★ 宗教なんでも@質問箱 6 ★ ☆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161414254/
20:◆uZDTmyM.k2 :2006/10/25(水) 15:20:54 ID:qrLQa3Z/
キリスト教徒の方に質問があります。
キリスト教を信仰している方にとって著述をするということは
なにか宗教的な意味があるのですか?
現在まで書かれてきた神学関係の書物も膨大な量になります。
キリスト教徒の作家も多いですし。
著述をするということも信仰の一種なのでしょうか?
よろしくおねがいします。

34 : ◆uZDTmyM.k2 :2006/10/25(水) 21:27:46 ID:qrLQa3Z/
>>33
代わりにレスをしていただいてすいませんでした。

35 :16:2006/10/25(水) 23:02:05 ID:ogqbs2a0
>>23
>>25
>>29
ありがとうございます。
すべては神様が導いてくださる・・・ということですね。
確かにそんな気がしてきました。



36 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 17:19:39 ID:uOKm+f/9
>>35タソ
でも  カトがいいお

37 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 18:58:18 ID:Xvgb4qpJ
>>36
君がカトリックなら、行きたくない。低知能が伝染しそうだから。

38 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:04:01 ID:W8ccUsRa
勧誘されてモルモン書というのを貰いました。
明日教会に話を聞きに行くんですが、お金を払わされたりとか無いですよね?

あと、みなさんは家族も全員入信してますか?自分一人だと何か言われません?法事とか普通に参加できますか?

39 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/26(木) 19:57:53 ID:wln9puMI
>>38
モルモン教会は、キリスト教と違います。
下記リンクスレの、モルモンスレで質問してください。

末日聖徒を悪くいうのはやめろ18
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148034473/

【カルト】 モルモン教 【カルト】 モルモン教 【カルト】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153098267/

モルモン教宣教師が黒人だったらついていかない
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079674307/

40 :主の僕えりー ◆qK02iQ4eu2 :2006/10/27(金) 18:58:42 ID:ZVTOQL1H
>>38-39
ケント・ギルバートはモルモン信者です。どんな宗教もしょせんは
イワシの頭ですから、信じられればその教えが真理なのです。

41 :あずみ ◆eeV.9uSetc :2006/10/27(金) 23:40:31 ID:CqOXhY9G
何でもいいけど、悪いことは言わないから、キリスト教はやめておいた方が
いいよ。

42 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 23:43:30 ID:bqSU/2nv
>>41
あずみさんのようにならない為ですか。


43 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/27(金) 23:49:28 ID:NQwCGZ43
>>41
あずみ◆eeV.9uSetc先生の偉大なお言葉。
キリスト教だけ信仰は、道を間違う。

カトリック、天理教の2つを信仰してこそ、バランスが取れより良い信仰になる。

44 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 13:50:01 ID:fe1v7Tio
すみません、すごく基本的なことなんですが…
回心とはどういうことでしょうか。
どういう状態になるんですか。

45 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:08:00 ID:qbHZbYOQ
質問です。キリスト教には「護教学」という学問があるのですか?

46 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:13:05 ID:qbHZbYOQ
神学と護教学は、明確に別物なのでしょうか。

47 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/28(土) 16:18:53 ID:/9MxnZrK
>>44

罪のゆるしと洗礼によってひきおこされる、心の大きな転換。
要は神様中心の生活をすると言う事です。

48 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:27:44 ID:oliL222x
テスト

49 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:51:55 ID:oliL222x
転生を信じてる人間を教会は受け入れてくれますか?

50 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/28(土) 18:26:40 ID:/9MxnZrK
>>49

教会によりけりだと思います。うちの教会はOKなぜならそういう人も
立派なクリスチャンになる事ができるからです。

51 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:45:00 ID:oliL222x
>>50
ありがとうございます。
本当に大事な部分(キリスト・愛など)以外は、割と寛容な教派って、
あえていうなら、どこになりますか?

52 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:54:06 ID:pHrbj1Dm
>>50
救世軍のまこっちゃんが怒ってたよ。
教える人が統一協会との関連ありということで。

53 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/28(土) 18:59:54 ID:/9MxnZrK
>>51

カトリックなんか妥協するから寛容というか甘いですね。


54 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:15:31 ID:oliL222x
>>53
そうなんですかぁ。
カトリックが一番厳しいかと思ってました。
校則みたいなもんなのかな?
一応決まりはあるけれど…って感じなんですかねぇ。

55 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/28(土) 20:12:26 ID:AdWWXVpp
>>54
カトリック>>23

56 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:26:13 ID:n5UxQhFC
>>54
カトリックは、教皇様の鶴の一声で教義も変わりっぱなし。もう無茶苦茶。アダムと
イブを史実として受け入れても可。進化論のほうを受け入れても可。ええ加減な
連中でっせ。

57 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/10/28(土) 20:54:49 ID:B3bcP62l
>>54

>カトリックが一番厳しいかと思ってました。

カトリックが一番甘いでしょうね。
イメージと実際とが異なる見本みたいなもんです。

58 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:30:19 ID:oliL222x
聖書に
1神を愛すること
2隣人を愛すること
この二つにまさる掟はほかにない。(マコ12ー29ー31)
って書いてあるけど、個人的にはこの二つ以外は、
あんまり教義で締め付けないで欲しいです。
生まれ変わりが有ろうと無かろうと、
正しく生きていれば、悪いようにはならないと思います。
死後は誰も完全には証明出来ないと思うので、
結局はどう生きるかですよね。

59 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:37:25 ID:8jS9UUJT
旧約聖書で書かれていたんですけど、箇所がわかりません。
教えてください。

内容は、

肉体関係を求められた女性が要求を断り、逆上した男が偽証して訴えて
その女性が死刑になりそうになるのだが、神の介入で助けられる

というものです。

60 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/28(土) 22:44:53 ID:/9MxnZrK
>>59

ダニエル書付加

61 :不可知:2006/10/28(土) 22:49:29 ID:1/MXCsEp
「護教学」というジャンルは
神学にはありません。
まったく別物です。

ただし、「護教学」と名のついている「古典」はあります。

それも、極めて広い意味での「神学」のひとつではあります。


今日に至る「正統的」「神学」の決定的な方向性を定めたのは
カール・バルトです。

彼は、「神学」を
教会のための、教会に使えるための学問として
定義づけました。
それがバルトの言う「福音主義神学」です。

なぜ教会のための学問としての神学かというと、
それは、聖書に出てくる証人たちが、
神の恵みの出来事を
体験し、
神の言葉を耳にした、
その特別な「選び」という事実があり、
教会は、そのことに聴き従う者、宣べ伝える者として、
また神に選ばれた者たちの群れであり、
神学は徹頭徹尾、そのことに仕えるという理解によるものです。

ただし、「福音主義」というのは、
むちゃくちゃ保守的なキリスト教のグループの代名詞となっているので、
それとの区別が必要です。



62 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/29(日) 00:29:56 ID:QonN2eTz
>>58
イエズスは、それが聖書のすべてであり預言者、と言われました。
その言葉が大切、イエズスの話によれば、その言葉だけが大切、とも言えます。

63 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:39:04 ID:5/nGYjqQ
>>62
のぞみさんはカトリック?

64 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 07:28:44 ID:oWtd/zWw
>>59
日本聖書協会刊の新共同訳聖書の旧約続編の296ページ
ダニエル書補遺にある「「スザンナ」です。

65 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 10:06:45 ID:cvRX6LOA
>>61
護教学という分野はないが護教論という標識(レッテル)は一般的。これには
必ずしも神学の名に値する水準を求められない。

福音主義は代名詞になどなっていない。
代名詞化しているのは「福音派」。
福音主義と福音派の区別がちゃんと説明できるのは
キリスト教に関する知見の一つの指標。


66 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 10:17:22 ID:QUTU/fZ3
>>60
ありがとうございます。

67 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 10:18:41 ID:QUTU/fZ3
>>64
ありがとうございます。

68 :あずみ ◆eeV.9uSetc :2006/10/29(日) 19:52:52 ID:kQ5kIAfR
福音派(キリスト教ファンダメンタリスト)の人たちは、自分たちは
「福音主義」だけど、日本基督教団とかNCCなんかは「福音主義」
じゃなくて「リベラル」だと主張しますが、こういう自己中心的で
独善的な人々が決して本来の意味での「福音主義」であるはずもあり
ません。

69 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/29(日) 20:19:20 ID:QonN2eTz
>>63
カトリックに転会手続きの途中

70 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/29(日) 20:30:08 ID:QonN2eTz
>>68
同意。

71 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 20:46:14 ID:/ir+ba+X
>>68
それは各々の定義の問題でしょう。
彼らにも「福音主義」を自分達流に定義して使う自由があるんじゃないですか


72 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:59:39 ID:FP2K7o4g
信者になればパイプオルガンとか
ゴスペル聞き放題な宗派おしえて



73 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 22:34:08 ID:o8tpFReF
カトリックってなんですか?

74 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 22:34:37 ID:mAh4Cp8S
ミトラ協

75 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/29(日) 22:37:23 ID:QonN2eTz
>>73
カトリック>>23

76 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 22:43:11 ID:k56nWS9V
>>73
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/index.htm


77 : ◆IbYG6dQTTc :2006/10/30(月) 00:31:50 ID:AlGyEbqI
歴史的キリスト教、福音主義信仰のファンダメンタルな真理をさす。
http://evangelical.zouri.jp/fundamentals.html
これを否定すると正統的なキリスト教信仰ではなくなってしまう。

78 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 12:15:58 ID:UaPukzgu
>>73
教会の会派名に「〇〇国教会」ってのがよくあるでしょ、英国とか、、、、。
それの「ローマ帝国」のものだと考えてください。

79 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 12:17:17 ID:s9yMMGIv
>>78
極めて明快、かつ歴史的経緯を踏まえた名回答。

80 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

81 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 15:01:53 ID:h6jEXWqD
田舎に行けば、何処かしこに貼ってる
黒に黄色字の気味の悪い看板
アレってどこの宗派がはってんの?

キリストの血は罪を清める とか
なんつーかマイナスオーラ漂う変な看板

82 :45&46:2006/10/30(月) 16:48:51 ID:3KSFjfEC
>>61
有難うございました。でも「聖書に出てくる証人たちが云々」という箇所は
ちょっと怪しいですね。福音書は必ずしも史実とは言えないわけですから。

83 :45&46:2006/10/30(月) 16:54:29 ID:3KSFjfEC
>>81
その種の話題なら、青龍さんが詳しそうですよ。
ttp://www.bluedragon.pos.to/kanban/

84 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 17:28:26 ID:nC6lhZX2
>>73
カトリック
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148970014/

85 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 18:21:57 ID:9d8urdn6
質問です。

マタイ16:28
はっきり言っておく。ここに一緒にいる人々の中には、人の子がその国と共に来るのを見るまでは、
決して死なない者がいる。

実際の史実では、現在までに”人の子がその国と共に来る”こともなく、その時から”死なない者”
もいないはずです。

どのように考えたらよいのでしょうか?


86 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 18:42:30 ID:tvAhggoa
>>85
マタイ福音書は、その福音書が書かれた時から、
現在も、そしてキリストが再臨する時も教会で朗読されます。

そこで御質問のマタイ福音書の「ここに一緒にいる人々の中には」
の「ここ」は マタイ福音書が朗読される教会です。

そして「一緒にいる人々」は その教会でマタイ福音書を聞く
聴衆のことです。

「人々の中」とは、マタイ福音書の朗読を聞く全ての人の中に
と言う意味です。
つまり 空間と時間を限定した人のことでは有りません。

また次のように考えることも出来ます。
たとえば 神は普遍に存在する、と言う時
そこに神の一部があり あそこに神の一部があると、言うわけではなく
そこに神の全てが現臨し あそこにも神の全てが現臨します。

これは時間的に言えることです、今現在、神の全てが現臨します。
つまり、今現在、キリストは生まれ、福音を述べ伝え、十字架に掛かり
死に、復活し、天に昇り、再臨、している、考えることも出来ます。



87 :85:2006/10/30(月) 19:11:16 ID:9d8urdn6
>>86
すみません。ちょっと理解できません。

やはり、”ここに一緒にいる人々”というのは、あの時イエス様と一緒にいた人のこと
としか理解できません。

これ以上は思考は停止します。文字通りにしか理解できません。申し訳ありません。

88 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:03:36 ID:+W/WR/tx
信じないと助けないセコい
神なんていらねーしw
信仰で北朝鮮の
核を止めてみろタコ

89 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:13:42 ID:tvAhggoa
>>44
>回心とはどういうことでしょうか。

通常「悔い改め」と日本語に翻訳されているギリシャ語に
メタノイヤと言う言葉が有ります。

ノイヤというのは「思考」 またメタと言うのは「ひっくり返す」
と言う意味です。
ものの考え方の方向を180度ひっくり返す、と言う意味です。
「悔い改め」といよりは「回心」というニュアンスです。

90 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:39:22 ID:ydFooG17
日本福音ルーテル教会
日本福音ルーテル むさしの 教会
説教 「大胆に罪を犯せ」 賀来周一牧師
< 「大胆に罪を犯せ」(ルター) >
 私はこういう不正な家令の話を聞きますと、ルターの言葉をいつも思い起こします。
ルターがこういうことを申します。
きっと何べんも聞いていらっしゃるかと思います。
「キリスト者よ、大胆に罪を犯せ。
大胆に悔い改めて大胆に祈れ。」
こう申しました。
(1986年09月21日 主日礼拝説教。
http://www4.big.or.jp/~joshiba/message/sermon/116.htm
次のようにも書き換えられる。
「クリスチャンよ,大胆に強姦しろ。
大胆に悔い改めて大胆に祈れ。」
どう思われますか。

91 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:57:24 ID:J/bmuKu5
>>90
光市母子殺人犯の元少年はキリスト教徒になって、すでに
自分の罪は許された、とうそぶいています。

こーゆーのもアリ?

92 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 20:57:51 ID:NGAf3ESw
>>90
通報しますた。

93 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:10:12 ID:MRpySrZe
>>91
仮に神に赦されても、何の意味があるでしょうか?
神は、殺人事件に関しては当事者ですらない「部外者」なのですよ。

人に対して犯した罪を赦せるのは人、そして人の集まりである社会だけ。
罪を犯してその罪を神に赦されたとしても、そんな赦しなど何の意味もありません。

罪を犯してしまったら、赦しを請い和解すべきなのは、神ではなく被害者なのですから。


94 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:12:46 ID:ylnKphnr
変な設計したのは誰?

95 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:13:48 ID:k8idUhwj
無誤と無謬は違うらしいけど、聖書の無謬性って証明できるの?

96 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:16:30 ID:ylnKphnr
仮にソニーに謝罪されても、何の意味があるでしょうか?
神は、電池爆発に関しては当事者ですらない「部外者」なのですよ。

消費者に対して犯した罪を謝罪すのは人、そして人の集まりである社会だけ。
電池爆発を犯してその罪をソニーに謝罪されたとしても、そんな謝罪など何の意味もありません。

爆発してしまったら、謝罪を請い和解すべきなのは、ソニーではなくユーザーなのですから。


だってよwwwww

97 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:16:29 ID:HxmEtBbR
>>96
ソニーは謝罪するが、神は謝罪しない。ソニーと神を同列で論じる
底抜けのアホ。死んで下さい。

98 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:22:13 ID:mJ6fhWss
おいおい
ソニーの責任は追及するが、神は放任かね
なるほどそれが愛かw
ソニーも愛で包んでやれよw

99 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:31:34 ID:c3QRAXvd
プロテスタントの三育系の入学を考えていたんですが
SDAと関連があるんですね
やめた方がいいと思われますか?
最近この問題を知ってショックです。

100 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 01:21:56 ID:alNaBGCX
新約聖書に、洗礼を受けないものは地獄に落ちると書いてありますが
これは、現在では解釈が見直されているのですか?

101 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 01:30:37 ID:65uQGMBA
>>100
えっ、具体的にどのへんに??
マルコの最後あたりくらいしか記憶がない…

102 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 01:55:48 ID:alNaBGCX
>>101漏れも忘れた・・・

あなたがたはいって、すべての人に洗礼を授けよ
洗礼を受けないものは地獄に落ちる

ってのが福音書のそれぞれにあったはず

103 : ◆IbYG6dQTTc :2006/10/31(火) 02:07:52 ID:YX81mnbc
>>100
この箇所ですが、この節を欠く写本があることからこれは付加文であるという説もあります。

マルコ
16:15 それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。
16:16 信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。

伝統的キリスト教ではイエス様を信じない者は罪ゆえにすべて地獄に落ちるとされてきましたが、
古代の教父オリゲネスの時代からすでに、それに異を唱える者はおりました。
現代ではローマ・カトリックの包括主義、リベラル・プロテスタントの多元主義では、
ノン・クリスチャンがイエス・キリストを信じないままでもいいとする立場がありますが、
歴史的キリスト教の立場からは異端として退けられます。

104 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 02:24:04 ID:alNaBGCX
洗礼を受けたが悪人なので地獄→当然

洗礼を受けてない善人が地獄→不平等すぎる

ましてや宣教できなかった非キリスト教文化圏のとこでは辛すぎる

105 :narumi  ◆emUsk8tTiU :2006/10/31(火) 02:38:42 ID:X6R/UUxI
>>104
洗礼を受けたかどうかではないのです。信仰の証しとして洗礼を受けたかどうかです。
そういう人は罪人であっても救われて地獄に行きません。

洗礼を受けていない善人がどうなるかは神様がご存知です。
善なる人はキリスト者を馬鹿にしません。

今では全世界に聖書があり弁解はききません。聖書を読んだ人は神に触れたのです。

106 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 03:09:24 ID:m6hBmruN
>>86
>マタイ福音書は、その福音書が書かれた時から、
>現在も、そしてキリストが再臨する時も教会で朗読されます。

>そこで御質問のマタイ福音書の「ここに一緒にいる人々の中には」
>の「ここ」は マタイ福音書が朗読される教会です。

>そして「一緒にいる人々」は その教会でマタイ福音書を聞く
>聴衆のことです。

>「人々の中」とは、マタイ福音書の朗読を聞く全ての人の中に
>と言う意味です。
>つまり 空間と時間を限定した人のことでは有りません

>つまり、今現在、キリストは生まれ、福音を述べ伝え、十字架に掛かり
>死に、復活し、天に昇り、再臨、している、考えることも出来ます。


そういうのを詭弁と言うのですよ。
こじつけ解釈をして、わかったような口をきいている不思議な人ですね。

107 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 05:40:58 ID:bHG7gjh2
ハッキリいってキリスト教は悪、まあ宗教じたい悪といえるが
危険思想で政治的に悪用される

108 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 07:41:52 ID:WzkHdX74
キリスト教は「悪」じゃなくて、キリスト教を利用して悪事をはたらくやつが「悪」

109 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 09:50:11 ID:LtrE3HUE
キリスト教を利用して悪事を働く奴もいかんが、最初にナザレの只の
しょうもないオッサンをキリストに仕立てた奴がいちばん悪い。

110 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 10:17:43 ID:7hYW1Rxw
自分たちで異端扱いで火刑にしておきながら
のちのち撤回し聖人扱いする、そんないい加減な宗教です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%AF

111 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 11:53:59 ID:TX15kt+I
>>110   (ごめんね、リンク先を読まずに脊髄反射で回答してます)
回心と転向は誰にも起き得る事ですし、キリスト教徒にとっては誉めるべきことですらあります。
   [過ちをあらたむるに憚ることなかれ] By 中国の古典より

112 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:01:18 ID:7hYW1Rxw
それでヌッ殺されたもんの気が晴れると?
おめでーな。
アンタのカーチャンぬっころされても、そんな事いえる人?
絵空事なんだよ

113 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 14:19:53 ID:tk62+SHl
すみません、質問です。聖書に輪廻転生を否定するみことばはないですよね?

114 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 14:34:53 ID:tk62+SHl
輪廻転生があった方が罪人というのが、人は皆等しく罪人なんだっていうのが、
素直に受け入れられる。
前世が善人ばかりという人はいないと思うから。

115 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 14:40:34 ID:tk62+SHl
でも輪廻転生があるのなら、別に今の人生続けなくてもなー、なんて・・・


116 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 14:42:45 ID:hZ1cndV9
ロザリオの祈りのやり方で分からない事があるのですが、
主の祈りにも聖母マリアへの祈りにも栄唱にも最後にアーメンとありますが、
アーメンと言う毎に胸十字はきるのですか?
例えば主の祈りは一回で済みますが、聖母マリアへの祈りでは10回で、
トータルで50回もありますが50回も十字をきるが正しいのですか?
それともう2つ質問があるのですが、これらの祈りの文句は声に出して言わないといけないのですか?
心の中で唱えるみたいな事ではいけないのですか?
あと、祈りの文句を唱えている最中は目は閉じるのですか?
それとも空を仰ぐように見つめるのですか?

117 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 15:50:06 ID:oYjEBCym
ロザリオの祈りについてですが・・・。
「アーメン」のときに十字を切る必要はありません。
十字を引くのは、祈りの始めに、ロザリオの十字架を手にしたまま、
その手で十字を引くときだけです。
それから、祈りの際に、声を出す必要もありませんよ。
ご自分のやりやすい方法で行ってください。
ちなみに私は、一人で祈るときは、目を閉じて、小さな声で祈ります。

ただ、大勢の方と共同でロザリオの祈りを唱えるときは、
先唱者が唱える部分以降(会衆者が唱える部分)を声を出して
一緒に唱えるようにした方がいいでしょう。
心を一つに、声を一つにして、共に祈ることが大事ですから。



118 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 16:21:12 ID:hZ1cndV9
>>117
どうもありがとうございます
もう少しお聞きしたい事があるのですが、
祈りの花束というのはロザリオの祈りとは別に行うのですか?
調べてみたら祈りの花束は午後3時に行いなさいみたいな事なので、
3時とか3時台に行う様にはしているのですが、休日とか時間が取れる時はいいのですが、
少ない休憩時間とかにロザリオの祈りと祈りの花束を織り交ぜた祈りをするのは正直時間が足りませんです
かと言って、急いで祈ると心がこもってなく、こんな心のこもっていない祈りならば祈らない方がましだな・・・とか考えて
少し自分自身に嫌悪感がします
ですので普段の時間が無い時にはロザリオの祈りを1連か2連までしかしておりません
こんな自己都合で短縮した祈りでもいいのでしょうか?
長々となりすいませんです

119 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 16:57:42 ID:hZQm0r6h
>>113
聖書に輪廻転生を否定するみことばはないだろう。
聖書解釈で誰だか忘れましたが神学者か哲学者に輪廻転生を唱えた人がいたと思います。

120 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 17:05:10 ID:QmPvDQG0
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w
マニュアル至上主義者w

121 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 17:45:57 ID:+WvYRrs/
初心者のうちは誰でも基本事項に頼ると思うが

122 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/31(火) 18:05:36 ID:UKbN+v/N
>>99
あなたの自己判断で。
他板のSDA関連スレも紹介しておくわ。

【SDA】東京アドベンチスト病院  2【病院】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1150580522/

123 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 18:18:53 ID:NoBqG8tY
マタイからです。

16:8 イエスはそれに気づいて言われた。「信仰の薄い者たちよ、なぜ、パンを持っていないことで
論じ合っているのか。
16:9 まだ、分からないのか。覚えていないのか。パン五つを五千人に分けたとき、残りを幾籠に集めたか。
16:10 また、パン七つを四千人に分けたときは、残りを幾籠に集めたか。
16:11 パンについて言ったのではないことが、どうして分からないのか。ファリサイ派とサドカイ派の人々の
パン種に注意しなさい。」

五千人の供食と四千人の供食ですが、”パンについて言ったのではない”と言われていることから
そういう奇跡があったのではなくて、パンの数と人数と籠の数は何らかの暗喩ではないかと考えます。

何についてのたとえでしょうか?

124 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:15:25 ID:njOvM8ip
ロザリオの神秘
教会博士
http://www.sanpaolo-shop.com/product/182
一連ずつ 一日の内で唱えれば良しと書いてあります。

125 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:33:40 ID:0mjIBvP0
>>123
パンが七つの時より、五つの時のほうが、沢山の人に食べ物を与え、
残ったパンの屑も多いというのが不思議だね。

126 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 19:56:57 ID:6ZYcwbhc
>>123

あの奇跡は事実で、比喩ではありません。

127 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:57:26 ID:NiE4b2yb
今まで聖書など全く触ることのなかった無知な人間です。
家の置き物に素敵な英詩のようなものが書いてあったので調べてみたら、
新約聖書のPhilippians 4:8の引用のようでした。
家にあった聖書に載っていたのは
Whatever things are true,whatever things are noble,…ですが、
置き物に載っていたのはWhatever is true,whatever is noble,…でした。
これはどちらが正しいという訳ではなく英訳の違いですか?
探せば下の訳の聖書もあるんでしょうか?(下の方が気に入ってしまったので)

あまりに素人な質問ですが宜しくお願いします…

128 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 20:09:29 ID:6ZYcwbhc
>>113

>聖書に輪廻転生を否定するみことばはないですよね?

というよりはその輪廻転生を肯定するみ言葉がないと言った方が正しい。
そんな下らない事をいちいち否定するほど聖書は安っぽくないのです。

129 :123:2006/10/31(火) 20:09:47 ID:NoBqG8tY
>>126

パン五つと魚二匹 →5000人 →12籠
パン七つと小さい魚→4000人 →7籠

こういう事なんですけど、”残りを幾籠に集めたか”ということを
イエス様は聞かれています。やはり何かのたとえだとしか思えないのですが。


130 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:12:40 ID:tfhm5cLd
ハロウィンは万聖節イヴにやりますが、
カトリックはこの風習をキリスト教として認めているのでしょうか?

131 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 20:14:35 ID:6ZYcwbhc
>>129

マタイの福音書16章でイエス様が言いたいのは「パン種」のことであり、
決して食べるパンのことではありません。
パンなんかその気になればどうにでもなりますよって事です。

132 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:19:02 ID:0mjIBvP0
そういえば魚ってキリストの象徴ですよね。
魚=キリスト
パン=?

133 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:21:24 ID:X9qv5GOu
>>123
少しのパンで大勢の人が満腹になり、それでもまだパンが余った、
と言ううことは、イエスと供にいる時に食べのもの心配は無用だ、
と言うことだ。

食べ残したパンの残りを籠に納めた、と言うくだりは
出エジプト記16章のマナのことと関係が有るかもしれない。

134 :123:2006/10/31(火) 20:21:48 ID:NoBqG8tY
さて、再びマタイからです。

27:45 さて、昼の十二時から地上の全面が暗くなって、三時に及んだ。

日蝕があったという事実もなく、しかも3時間も地上が暗くなるという事実が
あったとすれば、他の歴史書にも残ると思いますが、そのような報告は聞いた
ことがありません。

これは、後世の付け足しではないですか?

135 :123:2006/10/31(火) 20:22:59 ID:NoBqG8tY
27:51 すると見よ、神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。また地震があり、
岩が裂け、
27:52 また墓が開け、眠っている多くの聖徒たちの死体が生き返った。
27:53 そしてイエスの復活ののち、墓から出てきて、聖なる都にはいり、多くの
人に現れた。

これも付け足しっぽいですね。

”死体が生き返る”というのは、仮に百歩譲っても、イエス様がその最初の初穂
ではないでしょうか?
(イエス様の奇跡の中には、死人の蘇りもありますが…それはともかく)

こんな恐ろしくもありえないような奇跡があったとしたら、なんでもっと詳細に
記載しなかったのでしょうか。
どんな名前のどんな人がどのようによみがえったのか。その人たちは、その後どんな
人生をたどり、今は死んでいるのか生きているのか?
いくら昔でも、事実ならそこらへんの情報は残ったでしょうが。

27:52 では、すぐにでも生き返ったかのような記述ですが、
27:53では、”イエスの復活ののち”となっています。
どちらが本当か、ちょっと理解しかねます。
無理につけたしたので、矛盾が生じたのではないでしょうか?


136 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 20:23:22 ID:6ZYcwbhc
>>132

魚はギリシャ語でΙΧΘΥΣ(イクスース)と書き、「イエス・キリスト、神の子、救い主」
という意味の言葉の頭文字です。


137 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:35:08 ID:X9qv5GOu
>>134
マタイ5章45節に「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ」とあるように
太陽の光は、神の恵みです。
この神の恵みとしての 太陽の光が消えると言うことは
神のこの世に対する恵みとしての救い主イエス・キリストのが消える
と言う事であり そのことを裏付ける様に イエスは「わが神わが神ど
うして私をお見捨てになったのですか」といって死にます。

138 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 20:37:37 ID:6ZYcwbhc
>>135

実に唸る質問で驚いています。素晴らしい質問です。説明すると長文になるので、
回答を絞りたいと思います。27・52は旧約の律法を守ってきた人々の霊が、
イエス様により旧約が成就されたのです。一瞬のことです。
52・53はまた別の日にエルサレムに現われたということです。
つまり両方正しく矛盾はしていません。

139 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:37:44 ID:GixtBRsJ
生まれながらにして罪だといいますが
生まれてくるなという事ですか?

140 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:39:58 ID:X9qv5GOu
>>135
>27:51 すると見よ、神殿の幕が上から下まで真二つに裂けた。

この神殿の幕は、一般人が入ることが出来ない至聖所の幕のことであり
その幕が裂けるということは、全ての人が至聖所に入れる、
と言うことを意味します。つまりイスラエル神殿の神が全ての民の神
になった、と言うことです。


141 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:49:20 ID:X9qv5GOu
マタイ福音書
>22:32 『わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である』
>とあるではないか。神は死んだ者の神ではなく、
>生きている者の神なのだ。」

このイエスの発言は、アブラハム・イサク・ヤコブは、生きている。
と言うことを意味しています 。つまり、神は生きている者の神だから
その神自身が、アブラハムの神、イサクの神・ヤコブの神 と言って
いるのだから、この三名は生きている、と言うことです。

マタイ福音書では、イエスは復活の初穂ではないのです。
つまり、マタイ神学では聖徒が復活しても何の不思議も有りません。

なをイエスを復活の初穂とするのは、パウロです。

142 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:56:59 ID:X9qv5GOu
>>135
マタイ福音書
>27:52 また墓が開け、眠っている多くの聖徒たちの死体が生き返った。
>27:53 そしてイエスの復活ののち、墓から出てきて、聖なる都にはいり、
多くの人に現れた。

52節は、聖徒が復活した、と言うことが報告されている。
53節では、墓から出てきた、と言うことが報告されている。
何の問題もない。

143 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:02:35 ID:zlZRdlCL
>>139タソ
イエスの死により今の私達に
うまれながらの罪=原罪はないお

144 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:09:26 ID:X9qv5GOu
パウロのいわゆる「原罪」は、アダムに由来する罪のことです。

アダムが神の戒めを破った事で、その神に対する罪の罰として
アダムは死ぬ事になりました。死は、神に対する罪の報いとしての罰です。
全ての人が死ぬ、と言うことは、全ての人が唯一の神に対して罪を犯した、
と言うことです。
つまり全ての人は唯一の神の管理下にある、と言うことです。

全ての人は、唯一の神の管理下にあるのなら、唯一の神の御子
イエス・キリストの結ばれることで、復活できると言うことです。

>>139
>生まれながらにして罪だといいますが

これを言いかえると 全ての人は、神の管理下に有り
神の子になれる、と言うことを意味します。

決して、神が与えてくれた「命」を否定する、考え方では、有りません。

145 :123:2006/10/31(火) 21:17:43 ID:NoBqG8tY
>>138
くどくてすみません。

その生き返った人たちは、今何をされているんでしょうか?
また死んだということもないでしょうが、お名前と出身地くらいは
聞いてみたいものです。

個人的なことですが、私は医療職です。
心停止した患者さんはまず確実に死にますし、ほっておけば死体は腐敗します。
先日は、職場の上司も癌で亡くなられました。そのお顔を見せていただきましたが
やはり死んだ人の顔でした。
日々の仕事の中で、”復活”については疑念を抱かざるを得ないような気がします。

クリスチャンであることを止めないのは、自分でも何でかわかりません。

146 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:21:30 ID:X9qv5GOu
>>113
>聖書に輪廻転生を否定するみことばはないですよね?

ルカ福音書
>16:23 そして黄泉にいて苦しみながら、目をあげると、
>アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。

アブラハムもラザロも、 輪廻転生していません。
これは明かな 輪廻転生 否定です。



147 :123=85:2006/10/31(火) 21:22:35 ID:NoBqG8tY
すみません、123=85でした。
>>85
につきましても、疑念は晴れていません。
追加してご意見いただけたら幸いです。

148 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:25:04 ID:X9qv5GOu
>>147 アブラハムの食卓に居るのでは?

149 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 21:27:08 ID:6ZYcwbhc
>>145

>その生き返った人たちは、今何をされているんでしょうか?

今はパラダイスという所でくつろいでいます。ただし肉体ではありません。
霊がパラダイスにいるのです。聖書にかいてある。死んでも生きるとは
肉体が生きるのではなく、霊が永遠に天国で生きるのです。逆に霊が死ぬ
のは滅びの世界において永遠に苦しむことを言うのです。



150 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:29:57 ID:k1Y2HYsC
>>135
聖書は矛盾だらけの本です。佐倉先生のホームページ、『聖書の間違い』を
読んでみて下さい。

佐倉先生は聖書学を専門にご研究された専門家です。

151 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/10/31(火) 21:32:13 ID:UKbN+v/N
>>149
質問です。
『パラダイス』
『天国』
『永遠に苦しむ』
具体的な内容や様子を示してください。

152 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/10/31(火) 21:40:42 ID:6ZYcwbhc
>>151

パラダイスはイエス様を信じて救われた人が裁きを受ける前に待つ
楽チンな待合室みたいなもの、

天国はイエス様を賛美する所。大きさや造りは黙示録に書いてます。

永遠に苦しむこれは滅びの世界の事、聖書には地獄という言葉は使われてない
ので滅びの世界と言ってます。あるクリスチャンの話だと剣で突付かれ火で焼かれる
との事。絶対に行ってはいけないところ。


153 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:41:08 ID:RG20Ba8F
>>145
>日々の仕事の中で、”復活”については疑念を抱かざるを得ないような気が
>します。

イエスは仮死状態で死んではなかったのか、若しくは目撃者の幻覚でしょう。

要するに、聖書の記載は、著者の嘘、出鱈目だというこです。

こんな嘘くらいは、聖書の作者である人間にとっては、簡単に作れます。

154 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:41:15 ID:zlZRdlCL
肉=土だお
肉にこだわりすぎだお
肉=命ではないお

155 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:49:19 ID:1drHlEz7
>>123
>>129

ちょっと遅いけど‥‥

ここのポイントは「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意しなさい」にあります。
聖書において「パン種」は罪と偽りの教えの象徴です。
すなわち「ファリサイとサドカイのパン種」イコール「偽りの教え」になります。
わずかなパンが、かご一杯がたくさん出たということは、つまりこの句は、
どんなに小さな罪でも、やがて大きくなって影響力を増し、全体を汚すという意味です。
関連する聖句は、コリントの手紙1の5章6〜8をどうぞ。


156 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:51:21 ID:RG20Ba8F
>>154
命(生命)とは、「身体の生命」以外にはありません。身体(生命)がなくな
れば、その人にとって、すべての営みは、この世界の存在さえも消滅します。
イエスも身体(生命)があったからこそ、弟子たちに教えを説くことが出来た
のです。

157 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:11:15 ID:DCpiP2n2
>神の管理下に有り
>神の子になれる、と言うことを意味します


これってよく言えばのことで悪く言えば神の奴隷というふうに解釈されないの?
神の奴隷になってはいけないとか説いている人もいるけど奴隷になるなと言われると
祈りがある程度疎かになってもいいという事と解釈してもいいの?

158 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:17:57 ID:zlZRdlCL
>>156タソ
創2、6だお


159 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:30:09 ID:Vk4v3vpw
>>139
>生まれながらにして罪だといいますが
>生まれてくるなという事ですか?

確かに、神を信じない非キリスト教徒は生まれてこなかった方が良かったとも言えるかもしれませんね……。
福音を信じ神に服従しなければ、その人は報復として神によって永遠の苦しみに投げ込まれるとされているので……。


160 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:37:39 ID:VtE68FLr
プロテスタントとカソリックとあるますが
お茶の世界で例えるとどっちが表千家になるのでつか?

161 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:46:52 ID:DuJow8+z
>>160
カトリックの人はカソリックとは言わない。

表千家と裏千家の違いは?



162 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 02:18:06 ID:q5RMzYzB
切支丹ってただの売国奴でしょ?

163 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/01(水) 02:31:26 ID:rlHborkp
>>162
いいえ、カトリックだけでなく、日本で生まれた天理教も好きです。
カトリック教会で神様に祈りに行くだけでなく、天理教教会にも参拝します。

164 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 02:43:49 ID:3CQ+lyvg
>>162
キリシタンなら長崎県に僅かに存在しているから会いに行け。



165 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 05:23:05 ID:q5RMzYzB
>>163
戦国期に日本に来た宣教師が日本女性50万人(誇張かと思われるが)を、性器丸出で鎖に繋ぎ奴隷としてアフリカやインドなどに売ってたのはなぜでしょうか?

166 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 05:37:41 ID:V9xCMSEP
あああああs

167 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 06:12:47 ID:in6wg0rn
>>161
泡立てない表千家に泡立てる裏千家といったとこでしょか
キリスト教も確かに元は同じだというのは分かりまつが
どこがどう違うのでつか?
テレビではたまにカソリックと言ってまつが
なんで信者さんはカソリックとは言わないのでつか?

168 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 07:54:41 ID:V9YzqAXz
キリスト教原理主義者ってアメリカ以外の国にいるの?
もしいるとしたらどんな国にどれぐらいいるの?

169 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/01(水) 07:55:26 ID:JG7imTja
>>165
『天皇のロザリオ』からのネタだと思うが、
どの程度が史実だと考えているのか?



170 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 09:51:32 ID:e1DkcJay
>>167
日本のカトリック協議会が表記をカトリックに統一するように通達しているからです。
英語からの音写を気取るならキャソリックになるはずで
カソリックというのは外国事情にもキリスト教にも詳しくはない方の表記ですね。

171 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:04:53 ID:8GU2fHiq
◆ やりがいのあるのは芸術家か

Ib 大学教授

YG6dQTTc  それか献身くらいだ

172 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 11:14:41 ID:11QGs/C3
例えばカマルドリ会では、ウィーンに修道院付の教会があるのですが、
(聖ヨーゼフ教会。その礼拝堂にも『ソヴィエツキ礼拝堂』と名前が有る)
修道会で、その会派に属する『教会』を、修道院とは全く別な地所に、
独立して有するケースはあるのでしょうか?

イエズス会でもどこでも、会派は問いません。
そういう例をご存知でしたら、どうぞご教示下さい。

173 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 11:22:36 ID:ONwIymtl
>>172
どのくらい離れていると「全く」ですか?
修道司祭だけでブラザーシスターの住んでない修道会の教会なんて
いくらもあるように思いますが。

174 :福音作家マルコ:2006/11/01(水) 11:49:52 ID:+skF4SmD
>>153
その通りです。福音書はすべて私が頭の中で空想して執筆しました。私は何ひとつ
目撃していません。

175 :ペテロもしくはペトロ:2006/11/01(水) 12:10:28 ID:bl1axPhC
俺だって知らないなんて3回も言ってないお
誰がみたんだお

176 :アンチキリスト御隠居ちゃんと220と戦おう!!:2006/11/01(水) 12:42:18 ID:lIDQhvUN
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161867290/l50

177 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 14:38:14 ID:QmRHubE1
13分になにか物事を行う・・例えば祈りを始めようと時計を見たら○時13分だったりする場合
14分になるのを待った方がいいですか?
なんか13分に始めるとイエス様に失礼な気がするのです
13という数字はキリスト教的にはどの様な解釈というか位置づけなのですか?

178 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 15:45:10 ID:d5QV5YFr
>>175
ゲッセマネの祈りも
誰が目撃した?

179 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 16:38:50 ID:pYejUX8O
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

180 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 16:39:24 ID:zW9s704q
SDA教会ってカルトなの?

181 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 16:57:02 ID:rni8F7iP
ここは談話室でしたか。。失礼した

182 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 17:00:27 ID:rni8F7iP
>>165
今は日本女性が東洋一のポルノ資源ですね

183 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 17:18:47 ID:pYejUX8O
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

184 :ルー:2006/11/01(水) 18:08:08 ID:rH/FIiQf
カトリックとプロテスタントの違いをおしえてください


185 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 18:17:30 ID:706zwzJ0
>>157
>これってよく言えばのことで悪く言えば神の奴隷というふうに
>解釈されないの?

ローマ信徒への手紙 6章16節
>知らないのですか。あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、
>その従っている人の奴隷となる。つまり、あなたがたは罪に仕え
>る奴隷となって死に至るか、神に従順に仕える奴隷となって義に至るか、
>どちらかなのです。

パウロは、罪に奴隷から、神の奴隷となる、と言っています。

186 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 18:35:20 ID:LP5Nn6F3
輸血を嫌っているエホバの証人についてはどう思ってるのですか?
輸血すれば余裕で助かるのにそれを拒むのはどうかと思う

187 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 19:47:54 ID:wxHhBxih
カトリックのロザリオなどの祈りはマタイ6章の
「あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。
異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。
彼らのまねをしてはならない。」というイエスの教えに反しないのでしょうか?

188 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:15:06 ID:p1qK/Kaf
堕天使・サタンとは、実は、元の善の体裁を踏襲するかのような伝説・伝承を隠持して、一般に知られた悪の権化というポストが、固定的・永続的なものではない可能性があることを示唆していたように思える。キリスト教会は、
 「サタンはいずれ救われて神のもとへと戻るのか」(11)
との議論をし、音楽家のヤーコブ・ロルバーの黙示によれば、
 「物質界の創造はルシフェルと共に堕落した清霊たちを救済し復帰させるため、神が愛をもって予見し、はからった手段であったという。物質界を通じての贖罪の道は長く険しい。しかし、最終的には神へと至る…」(12)
と言う。

189 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/01(水) 21:22:29 ID:qqoFYSL4
>>187

もちろん反していますよ。
あなたがそのように思われることは
正しいと思います。

190 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:22:44 ID:Kj1grLNZ
>>170
英語ではカソリックです
どこの田舎でキャソリックと発音するのか知りませんが(T-T)

191 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/01(水) 21:24:46 ID:qqoFYSL4
つまり、ロザリオの祈りは
異邦人の祈りということです。

イエスの言葉に反しています。
しかし、御出現の女預言者と、ドミニコには反していません。

イエスの言葉と、ドミニコとのどちらに従うかは
個人の判断にまかされていると思います。

わたしはもちろんイエスに従います。

192 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:38:59 ID:IExorD0L
>>187
ロザリオの祈りは短くて単純ですよ

193 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:55:39 ID:IExorD0L
天上の礼拝はこうです。

【黙示4章8節】
この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも
一面に目があった。彼らは、昼も夜も絶え間なく言い続けた。
「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
 全能者である神、主、
 かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」

194 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:57:03 ID:rx3b9SYy
192さん  よろしかったらお祈りの「サンプル」を オネガイ!

195 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:59:58 ID:IExorD0L
>>194やだよ。カトリック信徒じゃないもーん。

196 :盲目の虎ちゃん ◆U/eDuwct8o :2006/11/01(水) 22:15:51 ID:DN2iDn7S
>>194

http://www.minc.ne.jp/~hosanna/ カトリック祈り






197 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 23:20:58 ID:FYQq9AA0
>>187
ロザリオは、むしろ「くどくど祈らない」祈り方ですよ。


198 :ミヤギ ◆rdQNMJy1GE :2006/11/01(水) 23:21:17 ID:rkWa9Wwn
   , - ,----、 
  (U(    ) 
  | |∨T∨
  (__)_) ダニエロさんこんばんは

199 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 00:09:56 ID:pZr/tFjq
イエスなんて汚い親父を崇拝してるのが面白w

200 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 00:19:56 ID:l8Rkc9lc
>>199
イエスはセムシで背の低いブ男、という意味の記述が
聖書外典にあるそうです。私は読んでませんけど。

201 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 00:21:02 ID:pZr/tFjq
そもそもイエスなんていたの?作り話だろwww

202 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 00:40:44 ID:b65bBXSa
>>200 それはパウロの容姿だったと思います。

203 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 08:11:12 ID://HW8LS+
カトリックは予定説って信じてないの?
プロテスタントだけ?

204 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 09:41:51 ID:wwp6B8Nk
>>201
イエスはいましたよ。今だっていますよ。平凡な名前ですから、ここにも
そこにもゴロゴロしてます。

ただ処女マリヤから生まれたイエスはいなかったけどね。

205 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 12:53:39 ID:mcnI+/cx
>>203
異端です。
イエスも予定説なんて信じていなかったし

206 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 14:02:14 ID:T7mGIQR1
マグダラのマリアとの間にできた子供がいて
イエスの血は今も引き継がれているそうですが
なんで昔は人々に姿を現してくれたのに
今現代は公に出てきてはくれないのですか?

207 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 14:03:57 ID:yyUW65mw
>>203
予定説の端緒はカトリックの神学者に拠ります。

208 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 14:06:34 ID:yyUW65mw
>>206
仮にイエスの子孫がいるとして、教祖が世襲されるべきものとでもお考えでしょうか?

209 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 14:26:07 ID:zXYKtDij
>>203
予定説
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%AA%AC


210 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 14:45:59 ID:PwLjPBHl
米国ではファンダメンタリスト(聖書の記述をそのまま信じる人)
が多いし増えていると聞きます。

なぜ日本には少ないのでしょうか?

211 :歴史家:2006/11/02(木) 14:56:42 ID:NdK3JpVi
>>204
処女マリアから生まれたイエスは確かに存在していないが、
墓場でピロローンと生き返ったイエスの話も史実ではない。

212 :歴史家:2006/11/02(木) 15:03:02 ID:NdK3JpVi
>>210
日本は学校教育が徹底していて、誰もが進化論を知っているからです。カリキュラムの
変更で、たとえ学校で進化論を教えなくても、NHKが進化を前提にして科学番組を
制作してくれるので、やはり聖書の説を受け入れる人はいません。

213 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 15:05:23 ID:PwLjPBHl
>>212
分かりました。
ありがとうございました。


214 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 16:48:53 ID:ANWrwA4P
何この自演・・・・・・・
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

215 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 16:52:08 ID:g6g9yILs
ヨーロッパや他の国にはファンダメンタリスト(聖書の記述をそのまま信じる人)って
どれぐらいいるの?大勢いるのはアメリカだけ?

216 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 16:54:50 ID:itsrYcvN
>>207>>209

ありがとう

217 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/02(木) 17:28:15 ID:dkre9jAu
>>206
今は恵みの時代につきイエス様はあわられません。
かわりに聖霊様が来ておられます。

>>210
日本には800万の偽者の神々がいるので、中々素直に御言葉を
信じるのが難しいのです。

218 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 18:02:20 ID:BQIH9jxb
聖霊様って誰の事?

219 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/02(木) 18:35:59 ID:dkre9jAu
>>218

イエス様の代わりの助け主の事です。

220 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 18:40:29 ID:BQIH9jxb
どんな容姿なの?

221 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/02(木) 18:41:48 ID:dkre9jAu
>>220
聖霊様は霊なので姿、形はありません。

222 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:00:48 ID:V7ZaDSjL
聖霊様は、イエス様ご自身!

223 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:24:16 ID:usEOXjYK
>>221
姿形がないのに、実在していることが
よく分かりましたねえ。w

224 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/02(木) 19:26:04 ID:dkre9jAu
>>223

あなたも信じてみればよくわかりますよ。質問でないのならこれ以上は言いません。

225 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:29:23 ID:V7ZaDSjL
イエス様の肉と血を、信仰によって頂くと聖霊と化する!

226 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:26:29 ID:Y6eN9SNn
>>215
ヨーロッパにはほとんどいません。
アメリカが本場です。

227 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:31:45 ID:DzG1mF1r
>>226
アメリカぐらいっすか
ありがとう

228 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:32:13 ID:EDt4/MVY
   , - ,----、 
  (U(    ) 
  | |∨T∨
  (__)_) 病み上がりの長老派さんこんばんは



>私たちの主イエス・キリストのおん体とおん血、
>ご霊魂と神性をみ前に捧げます

おん体←これの読み方は「おんたい」でいいのですか「おんからだ」ですか?
おん血←これの読み方は「おんち」でいいのですか「おんけつ」ですか?
神性←これの読み方は「しんせい」でいいのですか「しんじょう」ですか?

229 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:59:49 ID:fFsFuSSb
昔あったカトリックの『公教会祈祷書』はもう入手できないのでしょうか?

230 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/02(木) 21:26:37 ID:XjqJPWM5
>>228

ああどうもこんばんは

>私たちの主イエス・キリストのおん体とおん血、

これってどこの箇所だい?「おんたい」ではなく「御体」=「みからだ」ね。
さて問題は「おん血」ですが、教会で よく使うのが「御血潮」=「おんちしお」です。
だけど本当に「御血」ならばうーーーん「みち」でしょうか「おんけつ」はありえん。
神性これは「しんせい」です。




231 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:33:55 ID:HwM/UfSq
>>230
ご病気だったのですか。

病気は悪魔と悪霊のせいです。病院へ行かないで、カトリック教会で悪魔祓い
してもらうと、すぐに快方に向かいますよ。

232 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:35:36 ID:gyKDBAtd
なんで、日本では進化論なんて間違った教育してるんだろか
進化論なんてデタラメなのに

233 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:45:17 ID:7tDUXiXZ
日本人のくせに キリスト教なんか信仰する精神が まったく
理解できないのですが 簡潔に説明してください。

234 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:45:49 ID:MZ098Diy
聖書よりは信憑性があるからだろう

235 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:46:38 ID:MZ098Diy
被差別部落だとか、虐げられた人が「平等」に戻るときの武器ですよ

236 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 22:57:41 ID:uzO/Kw+d
進化論教えるのは間違い

237 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 23:59:38 ID:KQKbjRtC
祈りを一日でもかかすと駄目ですか?

238 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:11:44 ID:OGNOXgur
宗教なんかやらずに個人的にいいと思う霊媒師のところへ行こう。
宗教は危ないから。

239 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:16:55 ID:66ChkCIh
霊媒師のところへなんぞ行くもんじゃありません。
危ないから。


240 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/03(金) 00:20:49 ID:FS9LWsUp
>>231
なぜ、社会福祉法人や医療法人のカトリック系病院があるの?
www

241 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:21:56 ID:6iGMTZW8
>>230
ここを見て手本にして今までずっと「おんたい」と「おんち」と祈ってました・・・orz
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/1052/itukusimi.html

「おんちしお」との事ですが「みちしお」と言った方が
五七五みたいな語句の流れ的にはよさ気な気もするのですが・・・
調べてみるとどこもそれぞれ違った表記をしててどれが正しいのやら正直分かりませんです・・・

242 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:39:56 ID:66ChkCIh
>>241
「おんからだ」と「おんち」じゃないの


243 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:58:15 ID:JxDfOque
偉い人が お前とお前結婚しろって勝手にきめるのって 何教ですか? あと17になったら 婚約者がなんちゃらかんちゃらと 聞きました

244 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 01:16:27 ID:SN6kuMnp
>>241

なんだかかわいそうなので教えてあげます。
「おんからだ」と「おんち」と読みます。
カトリック信者なら、誰でも知っています。

長老派さんは、カトリックじゃないので
読み方を知らないのです。

245 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 01:19:18 ID:SN6kuMnp
>>197
>ロザリオは、むしろ「くどくど祈らない」祈り方ですよ。

なにを馬鹿なことを書いているのですか?
きちんとドミニコが定めている玄義を確認してみてください。

ロザリオを知らない人がこんなに大勢いるのだから
僕がロザリオ批判をしていること自体、意味がないのかもしれません。

おそらくカトリック信者でも、もうロザリオなど唱えていないのでしょう。

246 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 01:58:35 ID:SN6kuMnp
>>145
>日々の仕事の中で、”復活”については疑念を抱かざるを得ないような気がします。

聖書に書いてある復活という事柄は、
単に死んだ人間が生き返る、ということとは異なります。

復活というのは、新しい体になり新たに生まれることです。
また、同じような体で生きることではありません。

聖書に書かれてある復活後のイエスについての記述を
ご確認ください。


247 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 02:02:58 ID:SN6kuMnp
>>145
>その生き返った人たちは、今何をされているんでしょうか?
>また死んだということもないでしょうが、お名前と出身地くらいは
>聞いてみたいものです。

聖書をご確認ください。
復活にあずかる者は天使に等しい、と書いてあるのを
あなたもご存知のことと思います。
あなたは天使を見たことがありますか?
ないはずです。

このように、復活後のわたしたちのボディは
現在のボディとは異なるものとなります。

わたしたちの不幸(病、死など)は、
すべて、現在の体に起因していることであると悟るべきです。



248 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 02:03:46 ID:SN6kuMnp
みなさんは、あまりにも聖書を読んでいないのです。
聖書を読んでください。


249 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/03(金) 02:04:07 ID:EhB2Jl9H
>243
世界基督教統一神霊協会 通称 統一教会

のことだと思われます。
統一教会≠キリスト教

250 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 02:07:57 ID:ogFzi3Bu
まあガタガタ言わずにキリストなんかいねーよ。エクソシストの見過ぎだ!

251 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 02:18:20 ID:SN6kuMnp
>>152 長老派さん
>永遠に苦しむこれは滅びの世界の事、聖書には地獄という言葉は使われてない
>ので滅びの世界と言ってます。

聖書に「地獄」という言葉が使われていない、というのは初耳です。
数多く地獄という言葉は聖書に登場してきます。

代表的なものとして、
マタイ 10:28
体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。
むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。

などがあります。

あなたの使用している聖書に「地獄」は出ていないのですか?

252 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 02:25:54 ID:ogFzi3Bu
地獄地獄言って恐がらす手だろが。オレオレサギと一緒だろが。騙されてるのアンタは。よく見なさい。だ!ま!さ!れ!て!る!はい見たか?

253 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 02:44:28 ID:SN6kuMnp
>>252 

カトリック教会ではリベラルな神父さんが大勢をいますから、
「地獄、地獄」と言う人などは、現在ではほとんど見当たりませんよ。
カトリック教会の、このていたらくぶりは目を覆いたくなるほどです。

イエスが地獄について語っているのに、なぜ躊躇する必要があるのか
はなはだ疑問なのです。
きっと、彼らはイエスよりも、この世の常識やヒューマニズムに注意を
奪われているのでしょう。
ですから、わたしたちには祈りと、聖書を読むことが必要なのです。


254 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 02:51:20 ID:1ztnydqy
聖書読んだけど面白くねー
アンナ作り話何がおもろいの?

255 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 02:54:25 ID:SN6kuMnp
>>254

聖書を信じられないのは当然だと思います。
僕も、本気で自分ひとりで読み始めてから
二年経って、はじめて信じてよい書物だとわかったのですから。

少しだけ読んだからといって、すぐに信じられる、というものでは
ないと思いますよ。

否、むしろ、少ししか読んでいないのに「わたしは信じます、アーメン」
などと平気で言っている人たちのことが信じられません。

そうした人たちよりも、むしろあなたの方が正直でよいと思います。

256 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 04:08:50 ID:FyFNam4w
>>255
母に抱かれた幼子は聖書のみことば一つ知りませんが、主は祝福してくださいました。
この幼子のように自分のすべてを委ねて平安であることこそ、信じるということでは
ないでしょうか。文字は殺し、霊は生かす。あなたは何か勘違いしておられるとしか
思えません。

257 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 06:50:00 ID:pmVhyNRS
なぜ日本の学校では
進化論という間違ったことを
教えているのでしょうか?
それが不思議でなりません

258 :暇人:2006/11/03(金) 07:19:47 ID:F8hXwyGI
たった二年だったのか。。

259 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:38:15 ID:JxDfOque
エステルさん>ありがとうございます。統一教会ってやばいんですか!?

260 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:42:35 ID:YpPQUDHz
>>257
キリスト教よりは合理的な考えだから

261 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:50:16 ID:c8221x98
キリスト教を信じると何かいいことがありますか?

262 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:51:13 ID:YpPQUDHz
>>261
キチガイになれるよ

263 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:57:16 ID:c8221x98
>>253
聖書には「地獄」という言葉はありません。
聖書に出てくるのはゲヘナ、ハデスではないでしょうか。



264 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 11:40:33 ID:NUkRHwCH
聖書って沢山ある逸話を都合よく選別したものだろ?
そんなもののなにを信じられるというんだ
不思議で仕方が無いのだが。

265 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 11:48:16 ID:SN6kuMnp
>>263

口語訳でも新共同訳でも「地獄」という言葉を
用いています。

あなたの聖書をご確認ください。
なお、ゲヘナというのは地獄と同義なのです。

266 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 11:51:45 ID:SN6kuMnp
>>257
>なぜ日本の学校では
>進化論という間違ったことを
>教えているのでしょうか?
>それが不思議でなりません

進化論に限らず、英語の授業ひとつとっても
学校では間違いばかりを教えています。

文部省の人間がガイドラインを作っているのですから
間違いがあっても仕方ありません。

学校は嘘を教えない、というのはそもそも幻想なのです。
所詮、すべては人間のしていることなのですから。

267 ::2006/11/03(金) 12:07:01 ID:YpPQUDHz
宗教よりは進化論のほうが真実味あるけどな

268 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:08:32 ID:c9ArjvoZ
このスレも議論スレや談話室に変えられてしまうのでしょうか。

269 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 12:11:51 ID:SN6kuMnp
>>267

いいご意見ですね。
真実味があるものが、必ずしも本当のことではない、ということでしょう。

エデンの園で、善悪知る木を見たときのエバも、神から禁じられていたにも
関わらず、「見るによく、食べるによく、賢くなるにも好ましい」と思えたのです。

すべてについて疑って、吟味すべきなのです。
そのために、わたしたちひとりひとりに脳みそがあるのです。

人から教わったことを、そのまま受け入れるためだけに脳みそがあるわけでは
ないのです。ですから、自分で判断し、自分で見極め、自分で神に祈るのです。

これをしないでなまけているから、他者に騙されることとなるのです。


270 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/03(金) 12:18:20 ID:EhB2Jl9H
>>259
カナリやばいです。

・ものみの塔(エホバの証人)
・末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)

と並んで三大異端といわれています。

>>263
新改訳にも出てきますよ。第3版は知りませんが。

「神は、罪を犯した御使いたちを、容赦せず、地獄に引き渡し、さばきの時まで暗やみの穴の中に閉じ込めてしまわれました。」(2ペテロ2:4)

271 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/03(金) 12:21:52 ID:EhB2Jl9H
>>264
一度外典を読んでみると良いかもしれません。値段は高めですが。

たとえば、正典に入らなかった、「ペテロの福音書」

復活の記事を読むと笑えます。
なぜかお墓から十字架も一緒に復活して十字架がしゃべりだすんです(笑)

272 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:29:54 ID:KnWe/Yii
>>270
異端と正統は人間の尺度です。

異端と正統に限らず、創世記の解釈ひとつとっても
教会では間違いばかりを教えています。

273 ::2006/11/03(金) 12:33:52 ID:YpPQUDHz
聖書読むよりドラゴンボール読むほう面白い

そもそも聖書なんて人間作ったものだし

神はノータッチです

274 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:44:51 ID:9N9/8iqv
>>247
また墓が開け、眠っている多くの聖徒たちの死体が生き返った。そしてイエスの復活の後、
墓から出てきて、聖なる都に入り、多くの人に現れた。

多くの人に現れたのは「霊」ですか?なぜ多くの人が天使のような復活体を見ることが
できたのですか?墓は墓石のあるあの墓と解釈していいのですか?もしそうであるなら
復活前は墓石の下に閉じ込められていたということですか?ここで言う聖徒とは誰の
ことですか?

275 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:50:09 ID:ogFzi3Bu
死霊のはらわたの見過ぎ!生き返るか死人が。昨日も言ったが聖書より電話帳の方が七億倍役に立つっつー事。

276 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 12:54:03 ID:SN6kuMnp
>>272

統一教会というところは「イエスの復活は不完全な救い」と
教えています。
従って、根本的に間違っています。

なお、教祖の文鮮明が再臨のイエスキリストだと自称していますが
聖書に書かれてあるように「救いはユダヤ人からくる」のですから
これも聖書に反しています。

カトリックも聖書に忠実ではありませんが、統一教会までいくと
キリスト教とはいえないのです。

人間の尺度というより、明らかに嘘を教えているのですから
異端と言われても仕方がないのです。

277 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 13:00:16 ID:SN6kuMnp
>>274
>墓は墓石のあるあの墓と解釈していいのですか?もしそうであるなら
>復活前は墓石の下に閉じ込められていたということですか?

墓が開け、眠っている多くの聖徒たちの死体が生き返った、と書いて
あるのだから、閉じ込められていたのではなく、聖徒たちの死体は
「眠っていた」のです。

>ここで言う聖徒とは誰のことですか?

具体的に書いてないので、誰のことかはわかりませんが、
アブラハム、イサク、ヤコブ、その他の預言者など、神に
忠実であった人たちのことだと思います。


278 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 13:02:32 ID:SN6kuMnp
>>274
>多くの人に現れたのは「霊」ですか?なぜ多くの人が天使のような復活体を見ることが
>できたのですか?

姿を見ることができた、とは書いてありません。
多くの人に現れた、と書いてあります。

もう一度、注意深く読んでみてください。

279 ::2006/11/03(金) 13:05:53 ID:YpPQUDHz
>>278
聖書って神とまったく関係ない

神はキリストとか知らないし

280 ::2006/11/03(金) 13:16:08 ID:osjHZQiG
>>279
279って神とまったく関係ない

神は279とか知らないし

281 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:18:11 ID:ogFzi3Bu
だから復活なんかしねーよ。マリオか

282 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:29:44 ID:NUkRHwCH
統一教会=ニセモノ
とわかっているなら何故
倒そうとしないの?
何故排斥運動とかやらないの?
聖書とやらに書いてるの?
ニセモノも愛せよとか
笑って済まそうとかって
笑えますじゃないよ

283 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:35:12 ID:ogFzi3Bu
よくまーそんなくだらない事で真剣に。ダースベイダーがマジでこの世にいるいないで取っ組み合いしてるみたいなものだよ?トトロはいる!みたいにさ。赤ちゃんか

284 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:39:14 ID:9N9/8iqv
>>277
復活体になると、なにが違うのですか?
イエスの生前にもモーセやエリヤが現れて話し合っていますが...。
彼らは眠っていなかったのですか?

多くの人に「現れた」のは、見ることはできなかったけど感じることはできたという
ことですか?
それと、悪霊というのは、悪人の霊のことですか?それとも悪い天使のことですか?

285 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:42:28 ID:FJPFBl4Y
>>282
統一協会が法的にもとる行為を行っているなら(そしてその可能性は濃厚ですが)、それを取り締まり処罰するのは司法や警察です。
また、そうした法的な面からの告発などのアプローチはキリスト教的な組織・他宗教・市民団体などから既になされています。

キリスト教会から見て「異端」や「異教」を、「正統ではない」「キリスト教ではない」と言うことは可能です(そして実際教会はそう発言しています)が、
貴方もご存じの通り日本には「信教の自由」というものが存在しています。
つまりキリスト教から見て「正統ではない」という理由だけでその宗教(もちろん統一協会も含む)や思想家「倒す」ことは日本ではできません。

イスラム圏などでは、ムスリムと対立する思想を合法的に統制できるようですが、このような状態を「良い状態」と考えるかどうかは人によりますね。



286 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:44:56 ID:9N9/8iqv
>>276
すみません。「救いはユダヤ人から来る」ってどこにあるのでしょうか?

287 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 13:54:42 ID:ogFzi3Bu
何でも屁理屈こねて理由つけんなって。ダースベイダーがマジでいる!いやいない!みたいな話を理由つけんなって言ってるの。いないから。神もダースベイダーも。フィクションだから昔のフィクション。馬鹿

288 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 14:14:30 ID:fDIYflOU
メシアとは当時のユダヤ人の救い主とあるがこれいかに

289 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 14:43:37 ID:hzjTc+VZ
>>276
「統一教会というところは「イエスの復活は不完全な救い」と
教えています。
従って、根本的に間違っています。」

という箇所を、
「正統キリスト教会というところは『イエスの復活は完全な救い』と
教えています。
従って、根本的に間違っています。」
と言い返されたらそれまでのことです。

聖書解釈は各教派の好き勝手。進化論を認めてみたり、否定してみたり
という具合。

290 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 16:14:19 ID:ZKKCqOxR
★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

291 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 16:19:02 ID:ZKKCqOxR
>>282
>>1
異端だよ

292 :291:2006/11/03(金) 16:26:13 ID:ZKKCqOxR
282 ×
285 ◯でした


293 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 16:43:59 ID:CJqMLtCK
なるほど神さまも人の世の法律には勝てないか

294 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 17:13:04 ID:FJPFBl4Y
>>291-292

私は>>285

>(そして実際教会はそう発言しています)
と言っていますよ。
統一協会は異端です。

>>293
あなたはイスラム圏のようなやり方を「神が人に勝っている」状態である、と考えているようですね。
私の考えとは少し違うようで。

295 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 17:27:23 ID:SN6kuMnp
>>284
>復活体になると、なにが違うのですか?
>イエスの生前にもモーセやエリヤが現れて話し合っていますが...。
>彼らは眠っていなかったのですか?

復活後の肉体については、聖書に書かれてある範囲内のことしか
わかりませんし、今はそれでいいのではないかと思います。

また、モーセとエリヤに関しては聖徒の中でも何か特別な人たちなのでしょうね。


296 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 17:29:42 ID:SN6kuMnp
>>286 さん
>すみません。「救いはユダヤ人から来る」ってどこにあるのでしょうか?

ヨハネ福4:22
あなたがたは知らないものを礼拝しているが、
わたしたちは知っているものを礼拝している。
救いはユダヤ人から来るからだ。

297 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 17:31:24 ID:c8221x98
新しい天地が出来るまで、召された人たちはどこにいるのでしょうか?

298 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 17:40:32 ID:SN6kuMnp
>>297

聖書によれば、眠っているのです。

299 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 17:43:17 ID:SN6kuMnp
また、たとえ話として、金持ちとラザロの話の中で
金持ちは苦しい場所にいて、ラザロはアブラハムのふところに
いる、と書いてあります。

ですから、死ぬと、すでに苦しみの場所と楽な場所がある、と
推測することもできると思います。

いずれにしても、はっきりとは聖書に書かれていないところをみると
この世に生きているうちは、この世で聖書の教えを守ればいい、という
ことであると思っています。

300 :アル:2006/11/03(金) 17:44:46 ID:2wedRt/r
>>298

何処にですか?

301 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 17:52:57 ID:SN6kuMnp
>>300

墓の中、と書いてあります。

302 :アル:2006/11/03(金) 18:25:25 ID:2wedRt/r
なるほど、お墓の中ですか…

303 :アル:2006/11/03(金) 18:35:51 ID:2wedRt/r
>>299

毒麦のたとえで、『良い麦は大切に倉にしまわれ、悪い麦(毒麦)は焼くために縛られる』と書いてあります。

304 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/03(金) 18:54:08 ID:zLOtoDW1
>>299
日の目を見なかった赤ん坊のことなど放っておけ ですか

305 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 19:03:10 ID:9N9/8iqv
>>296
ありがとうございます。

でも、こう取れませんか?

救いはユダヤ人から来た。→しかし、人々は信じなかった。
→泣きながら、イスラエルの崩壊を予言される→救いは、他の国に移る。

マタイ福21:43
だから、言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい
実を結ぶ民族に与えられる。

マタイ福21:33以下では、度重なる不信の結果、ついには神の一人息子まで殺すことに対して
激しい怒りをあらわしていらっしゃいますが。

306 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:11:01 ID:SN6kuMnp
>>305

確かに救いの福音は、諸国の民に延べ伝えられる
こととなりました。
しかし、ユダヤ人が神に選ばれた特別な民である、という
事柄が変えられたわけではありません。

すなわち、以下のように書いてあります。


ローマ11:29
神の賜物と召しとは、変えられることがない。

307 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:13:19 ID:SN6kuMnp
「救うもの」はイスラエル(シオン)から現れます。
以下のように、はっきりと預言されています。

ローマ 11:25
兄弟たちよ。あなたがたが知者だと自負することのないために、
この奥義を知らないでいてもらいたくない。
一部のイスラエル人がかたくなになったのは、異邦人が全部
救われるに至る時までのことであって、
こうして、イスラエル人は、すべて救われるであろう。
すなわち、次のように書いてある、
「救う者がシオンからきて、ヤコブから不信心を追い払うであろう。
そして、これが、彼らの罪を除き去る時に、彼らに対して立てるわたしの契約である」。

308 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:16:31 ID:SN6kuMnp
キリストの福音は、イスラエルから始まり、
結局、世界を一巡して、一番最後にまた
イスラエルに届くのです。

こうして先の者が一番最後になるのです。

そして、それから世の終わりが来ることになっています。

309 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:22:56 ID:SN6kuMnp
>>303
>毒麦のたとえで、『良い麦は大切に倉にしまわれ、
>悪い麦(毒麦)は焼くために縛られる』と書いてあります。

そうです。
私たちは、聖書では麦にたとえられています。

焼かれてしまう毒麦ではなく、蔵にしまわれる麦になりたいものです。

蔵にしまわれた良い麦は、いずれ時がくると
パンになるために用いられるのです。

私たちは、キリストの体の一部です。


310 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 19:28:50 ID:FaGzqpQM
肉(名)に支配された世界が終わり
GODの一部となり
神の国に住まう


311 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 19:36:07 ID:1M6Yv37+
ダニエルさんの信仰にもっと触れてみたいです。ダニエルさんのホームページを
教えて下さい。

312 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:42:23 ID:SN6kuMnp
>>311

ホームページは現在ありません。
おもに、2ちゃんねるの掲示板のうち
キリスト教質問箱、+++カトリック+++、聖句の解釈をマターリ語るスレ
あたりにいますので、よろしくお願いいたします。

313 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/03(金) 19:48:16 ID:SN6kuMnp
パウロが書いた次の聖句の中の
最後の一行に書いてある、
「死者の中から生き返ることでなくて何でしょう。」という言葉は
言葉のあやや、たとえではないのです。

ユダヤ人が悔い改め、彼らがついに「主イエスきたりませ」、と叫ぶとき、
復活という驚くべき出来事が、この世に起こるのです。

ローマ 11:13
そこで、異邦人の方々に言いますが、私は異邦人の使徒ですから、
自分の務めを重んじています。
そして、それによって何とか私の同国人にねたみを引き起こさせて、
その中の幾人でも救おうと願っているのです。

もし彼らの捨てられることが世界の和解であるとしたら、
彼らの受け入れられることは、死者の中から生き返ることでなくて何でしょう。

314 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 20:21:10 ID:c8221x98
今日のダニエルさんは冴えてますね

315 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:09:49 ID:SSMqXWRA
個人的な質問です。

私の娘は小学生ですが、発達障害があり、特殊学級に行っています。
時々大声を出すので、歓迎してくれる教会は少ないのですが、
本人が楽しんで教会に通っていた時期もありました。

このような娘なものですから、キリストの教えを理解して洗礼を受けられる
かどうかわかりません。
しかし、仮に受けたとしましょう。私ら家族が死んで、もし復活にあずかれる
ことになったとしたら、私の娘の知的障害はどのようになっているでしょうか?


316 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/03(金) 22:24:06 ID:FS9LWsUp
>>315
イエスさまは、神でありながら身を低くして、人の子としてこられました。
イエスさまが現れるのは、特殊学級、養護学校生徒などの低くされた子を通してでしょう。
マザー・テレサは、弱者の中にイエスさまを見出だし仕えました。
知的障害などを持つ人たちは、いつもイエスが傍にいるのです。

317 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/11/03(金) 22:28:23 ID:d2vGPsDG
>>315
清い魂の姿で復活するのではないでしょうか。


318 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:30:36 ID:XPVPW6+d
正直2ちゃんねるなんかで聞くのはおかしいんですが、今いじめによる自殺
問題がメディアで大きく扱われてます。いじめを受けたら、どうすれば加害
者が裁かれ、問題が解決するのでしょう?報道されているいじめは氷山の
一角でしょう。こういった質問は神父さんや牧師さんは答えられるのかな?
こんな腐りきった国滅べばいいのに。いじめられても親に相談できず、また
相談しても助けてくれず、教師も信頼できない。こういった八方塞がりのこ
ともあると思います。僕も過去にいじめを受けたことがありますが、どうす
れば解決できるのか親も学校も教育してくれませんでした。

319 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/03(金) 22:33:39 ID:zLOtoDW1
>>318
転校するか
自身に問題があるなら 問題解決のセラピーでもうけるか

もしくは 法律的に厳正に対処 暴力は即告訴
その間 シカトされるだろうけど 耐える

一番いいのは転校じゃないの?
わざわざ宗教に持ち込む問題じゃないでしょ

320 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/03(金) 22:34:39 ID:zLOtoDW1
>>318
大人が自殺に追い込まれるほどの虐めされたら 大騒ぎでしょ
企業などで

子供だからって 甘く見すぎよ世間は

321 :318:2006/11/03(金) 23:07:36 ID:XPVPW6+d
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81
wikipediaのサイト見つけました。かなり問題解決は困難そうです。宗教
は人を救うべきものだと思うのですが。人間はとても不完全な生き物で、
AIDSやドラッグ、レイプや餓え、餓死や凍死、失業や失恋、自殺や
精神病、いじめや人種差別、貧困に障害などあるから、宗教があるんじゃ
ないですか。

322 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 23:28:05 ID:4sD+mvOF
教えてください。お願いします。

「悲しみが喜びにかわる。」といったような聖句が、
聖書のどこかに書いてあったような記憶があるんですけど、
何処だったでしょうか?


323 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/03(金) 23:38:27 ID:EhB2Jl9H
>>322
たとえばですがヨハネ16:20

まことに、まことに、あなたがたに告げます。あなたがたは泣き、嘆き悲しむが、世は喜ぶのです。あなたがたは悲しむが、しかし、あなたがたの悲しみは喜びに変わります。

324 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 23:45:07 ID:k0ugfj47
キリスト教に関する質問とは若干ズレてしまうかもしれませんが・・・。
特にキリスト教を信仰したり、洗礼を受けようと思ったりしているわけではないのですが、
昔から旅先で教会や神社、お寺などを見に行くのが好きなんです。
それもどこでもいいというわけでもなく、なんとなくその場所の気とか空気みたいなものがあるのか、
いいなと感じた教会とか神社とかといった場所しか行かないことが多いです。

それで、なぜだか昔から教会の売店で売られているものを覗くのが好きで、
最近いくつか気に入った陶器製の小さな像だとかメダイなどを別々な場所で購入しています。
信仰がないのにそういったものを集めたりだとか、
色んな場所のものを一緒においたりしない方が良いのでしょうか?
自分自身、なぜそういったものに惹かれるのかわからないので
こういったことをすることが信仰なさっている方々からすると失礼なことなのかなと
気になっています。

325 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/04(土) 00:12:02 ID:YEU2WMx4
>>324
像やメダイなら、カトリックですね。
地域は違っても、カトリックは同じですから、あなたの不安はいらないでしょう。
いろんな神社のお守りや絵馬を集めるのとは、違います。

聖堂ならぜひ機会があれば、東京の目黒駅傍、カトリックのアンセルモ目黒教会へ行かれるといいかな、と思います。
素敵な祈りの場所です。

326 :197:2006/11/04(土) 00:12:19 ID:ULc/xZgN
>>245
ヨハネ・パウロ2世が定めた光の玄義を合わせて
20の玄義のことですか?

僕が言いたいのは、繰り返し絶えず祈ることが
くどくど祈ることにはならないでしょう?と
いうことです。




327 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 00:41:36 ID:JVuD/Jww
>>324
>信仰がないのにそういったものを集めたりだとか、
>色んな場所のものを一緒においたりしない方が良いのでしょうか?

いろんな所で買い求めて、たくさん集めるとバチがあたるとか、
一緒に置いておくとよくないとか、そういったことは
一切ありませんのでご安心ください。
メダイでも像でも一緒に置いて大丈夫です。

聖具信心に興味がなくても、アクセサリーとして買い求める人も
近頃は多いようですから。

>こういったことをすることが信仰なさっている方々からすると失礼なことなのかなと
>気になっています。

失礼だと思う人は、あまりいないと思います。
それほど重要なものではありませんよ。

カトリック信者自身、信心と関係なく、メダイなどを
人に送ったり送られたりしていますよ。

328 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 00:43:41 ID:JVuD/Jww
>>326

同じ文句を呪文のように繰り返すことが
正しい祈りのわけがありません。

329 :197:2006/11/04(土) 00:57:28 ID:ULc/xZgN
>>328
うーん…。
心が定まらない時に、同じ文句を繰り返し
祈ることによって、祈りに集中し、神との交わりが
深くなることもあると思いますが…。

何をどう祈ったらいいかわからないぐらい
いっぱいいっぱいの時に、
「主よ憐れみたまえ、主よ憐れみたまえ…」
と念仏のように祈ることないですか?

個人的には、取り次ぎ自体は否定しませんが、
マリア様の取り次ぎに熱心すぎるのはどうかと
思っています。

330 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 01:16:02 ID:JVuD/Jww
>>329

>何をどう祈ったらいいかわからないぐらい
>いっぱいいっぱいの時に、
>「主よ憐れみたまえ、主よ憐れみたまえ…」
>と念仏のように祈ることないですか?


それとロザリオとは異なる事柄です。
ロザリオの祈りというのは、それぞれの玄義で祈るための事柄、内容が
決められており、また、何を何回祈らなければならない、ということまで
定められているメカニックな祈りです。

御出現の聖母から教わった、とドミニコは告白しています。
さらに、この祈りは神に対するものではなく、「聖母へ捧げる薔薇の花束」
である、とドミニコ自身が言っています。

このロザリオの祈りは、はじめから御出現の霊に対してのものであり、
神に対しての祈りではないのです。



331 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:19:16 ID:Riupdeh3
>>330
カトリックでは天で生きる聖徒を この世の教会の兄弟姉妹と同じように
捉え 彼らによりとりなしを依頼します
その点においては ロザリオの祈りも なにも目くじら立てることではありません

ダニエルはカトリック背教者ですから要注意

332 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 01:42:19 ID:JVuD/Jww
わたしは、たまたま、とあるカトリック教会に貯蔵してあった
ドミニコについての古い本を手にしました。

そこには、ドミニコは当時に人たちに疎まれてさえいたが、
そうした記録は、ドミニコ会の人たちがほとんど焼却してしまっている、
ということが書かれていたのです。

実際、彼は非常に戒律を重要視する人物であり、他者にもそれを
強要させていた人物であったようです。

幸い、彼が書いた手紙は焼却されずに資料として今でも見ることができます。
ドミニコの手紙を載せているサイトがありましたので、どうぞご確認ください。

そして、どうして御出現の女預言者が、ドミニコを選んだのかを理解してください。

http://members.at.infoseek.co.jp/StudiaPatristica/domile2.htm


333 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:43:55 ID:Riupdeh3
>>332
異端追求の急先鋒ですからね
あなたのような異端の

334 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:47:52 ID:Riupdeh3
もと統一教会のダニエルさん
よく読んでねw

http://home.e-catv.ne.jp/cth.dogo/domingo.htm

335 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 01:48:28 ID:JVuD/Jww
>>333

あなたは異端でさえない、「にーじーせーそー」ですよね。

336 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:49:18 ID:Riupdeh3
>>335
原理講論を崇拝してた癖が抜けないのね ダニエルw

337 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:52:18 ID:Riupdeh3
アルビ派の異端とは南フランスのアルビ市から来たもので、その教えは
次のようである。すなわち霊は善神、物質は悪神によって創造されたから、
肉体は本来的に悪であり、キリストの人間性、また教会秘跡、所有権、
婚姻なども悪であり、肉体の復活を否定する。その教義に基づく実践を
通じてキリスト教的社会組織と道徳を破壊していたのである。そこで
カスチリア王から受けた使命から解かれるとすぐ、二人の使徒は南フランスで
アルビ派の異端との戦いに、また福音の真理の宣教に全力をそそいだ。

そのころ、聖ドミニコは、その使徒的熱誠にもかかわらず得るところの
乏しいのを嘆き、聖母にそれを訴えたところ、聖母は次のことばをもって
ロザリオの祈りを教えられた。”あなたは余りにも異端者たちに対して
議論しすぎる。あなたも自分だけの努力で彼らを信仰へ連れ戻そうとしている。
人々の心をかちとるには信仰の主な玄義を示す程度にとどめ、あなたのことばに
耳を傾ける人々とともに、中途で度々祈るようにせよ。ロザリオをひろめよ。
そうすれば罪人は改心に導かれよう。”これが今日のカトリック信者の愛好する
ロザリオの信心の起源である。

>統一教会のダニエルさんがドミニコを憎むのも当然ですねぃw


338 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 01:53:43 ID:JVuD/Jww
サロメさん、
前にも書いたように、まずキリスト者になりなさい。

また、聖人について書かれた本のほとんどは、その聖人を
褒め称える内容となっているのです。
ドミニコ会が書いたドミニコについての本は、素晴らしい賛辞で
満ちていました。

このように、この世においては、うっかり信用できないものばかりなのです。
本当のことを見極めることは、冷静さを保たない限り、大変困難です。

ですから、私たちに残された最後の砦は、聖書の聖句であるのです。
これは、神からの言葉が書かれたものだからです。

聖書の聖句を読み、自分の気持ちというものを棚上げして、神に
祈りを捧げることによって、精霊の導きがあります。

ですから、このようにすることを多くの人にお勧めいたします。

339 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 01:55:32 ID:JVuD/Jww
>>338 の誤字を訂正します。

精霊⇒聖霊 です。

340 :197:2006/11/04(土) 01:56:46 ID:ULc/xZgN
「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」

聖母のとりなしとは、これだろうと思います。
わたしたちをキリストへの従順へと招く。

聖ドミニコの手紙拝見しました。
日頃から思っていることですが、人間は弱いですから、
権威をもって宣言されてしまうと、恐ろしくて従わざるをえなくなる
というか、従わなければ安心できない、という状態に陥ってしまいます。
これは、カトリック信徒の心情に当てはまるのではないか、と
考えています。


341 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:57:27 ID:Riupdeh3
アルビ派は 統一教会の教えにも重なるし ダニエルの盟友 カラスの唄や
ココモスキーが信じるグノーシスにも通じる

なぜ統一教会員のダニエルが 聖ドミニコを憎むか明白ですなwww

>>338
聖書はあなたが信じる原理講論と違い 金科玉条にするものではなく
信仰を養い 聖霊によって真の理性を育てるものです
聖書に書いていない重要なことも それによって判断できるようになるのです

はやく 文鮮迷の呪いから解放されて 真の福音を受け入れなさいダニエル


342 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 01:58:51 ID:Riupdeh3
>>340
アルビ異端との臨戦態勢の中での戒めですよ その書簡は
歴史的背景をわきまえましょうね

343 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:02:00 ID:Riupdeh3
833 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/11/04(土) 01:58:57 ID:5a/Kw8wk
>ダニエル ◆o31oshrvYEさん
くりかえしますが、ある特定の司教認可の聖母出現において疑義を示すには、神学的根拠、
明白な神学的誤謬や、認定の手続きの不備の証拠を示さなくてはなりません。
何のどこが、問題なのか具体的に指摘しなさい。

また、出現の認可のために調査した一定の権威をもつ神学者、司祭たちに対して
疑義を申し立てるわけですから、あなた自身が彼らに匹敵する神学的素養がある
ことをまず証明してください。

>いやアタシ マリヤ崇敬しちゃいそうだわwwww

344 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 02:05:40 ID:JVuD/Jww
>>341

原理講論という統一協会で使用している教科書みたいなものは
確かに熟読しました。
しかし何度も過去に書いたように、統一協会に所属したことはありません。

あなたの、他人を貶めようとする気持ちが、あなた自身を
悪い方向へと導くことになりますよ。

そうした気持ちを捨てないうちは、
もちろん、聖書を信じることもできないはずです。

まず、自分中心の思いを捨てること。
自分自身が持っているのそうした醜い思いを直視して自覚することを
してください。

キリスト者になりたいのなら、創価学会の仏壇はなるべく早い時期に
破棄すべきです。もちろん、ご本尊も焼いてしまうべきです。

345 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:10:35 ID:Riupdeh3
>>344
見苦しいですよダニエルさん

繰り返しますが かつてあなたが属した異端と真実の福音はぜんぜん
異なりますし 聖書は薄っぺらな原理講論のようなドグマではありません

ムーの呪いに束縛されたあなたにとって 真の福音が憎いのはわかりますが
闇を離れひかりにいらっしゃい
いもしない創価学会員におびえるのは 異端からはなれず 悔い改めをしてない
せいですから

346 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 02:13:00 ID:JVuD/Jww
>>340
>人間は弱いですから、
>権威をもって宣言されてしまうと、恐ろしくて従わざるをえなくなる
>というか、従わなければ安心できない、という状態に陥ってしまいます。
>これは、カトリック信徒の心情に当てはまるのではないか、と
>考えています。


そうですね。
しかし、多くの人たちが他者からの強制に従ってしまうのは、
実は、それが楽なことだからです。
おかしなカルト宗教団体でも、人々が集まるのはそのためです。

他人に頼らずに、自分の目で物事を見て、自分の頭で考えて、
自分の体で確かめることが、生きているうえで大切なことです。

イエスは「求めよ、さらば与えられる」と言われました。
このように、求めなければ与えられません。
ですから、どうぞ、心から求めてください。
他人の考えや意見を気にする必要はありませんし、信心やら
何やらを強制される必要もないのです。
神との親しい関係を、自分から築いてください。

347 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:18:08 ID:Riupdeh3
>>346
ちがいます
聖ドミニコが アノ書簡を送ったのは 異端の見せ掛けだけの清らかな
振る舞いすら超えるほどの 正しい信仰生活を確立させるためです

ダニエルのような原理講論異端でさえ 聖書の上っ面だけを律法的に
振りかざしますからね

しかし 真の信仰は律法からは生まれません
私たちは聖書を禁忌集に変えてしまってはいけないのです

348 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 02:25:04 ID:JVuD/Jww

とにかく冷静に物事を見ていくことが大事なことです。
ロザリオについて、まるで神聖犯すべからざることであるかのように
カトリックでは持ち上げているが、本当にそうなのか?と自問することも
必要なことです。

多くの人は、ロザリオがどのように形成されたのかも知らないはずです。
つまり、ロザリオというものについては、はじめから女預言者の御出現が
関わっていることを知っている人は案外少ないからです。

その後も、御出現の女預言者は、いろいろな人に現れては預言をしていますが、
いつもいつも、ロザリオを唱えなさい、と発言しています。

このロザリオという祈りは、神にではなく女預言者への薔薇の花束
(つまり栄光を女預言者に与えるもの)であります。
制定者のドミニコ自身が、その口で語っていることです。

いいかげんに、もうカトリック信者の人たちも
このことについて、目をさましていい時期です。

349 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:31:30 ID:Riupdeh3
>>348
>そのころ、聖ドミニコは、その使徒的熱誠にもかかわらず得るところの
>乏しいのを嘆き、聖母にそれを訴えたところ、聖母は次のことばをもって
>ロザリオの祈りを教えられた。”あなたは余りにも異端者たちに対して
>議論しすぎる。あなたも自分だけの努力で彼らを信仰へ連れ戻そうとしている。
>人々の心をかちとるには信仰の主な玄義を示す程度にとどめ、あなたのことばに
>耳を傾ける人々とともに、中途で度々祈るようにせよ。ロザリオをひろめよ。
>そうすれば罪人は改心に導かれよう。”これが今日のカトリック信者の愛好する
>ロザリオの信心の起源である。

この文章に描かれているロザリオの意味 かつてマリア崇敬を批判した私にさえ
理解できますよ
原理講論にいまだに洗脳されてるダニエルさんには理解できないのですね

神様への愛と隣人愛
隣人愛は教会の兄弟姉妹相互の愛が響きあい 天の兄弟姉妹の愛と響きあって
真の神様へのささげモノとなります
同時に 異端に迷う人々の心まで揺り動かす
かたくなな知識による議論ではなく愛によって心を溶かす
ロザリオはそのよすがになるものなのです
天の兄弟姉妹と私たちをつなぎ 神様へのとりなしを願う 伝書鳩です

かつてのアルビ異端が目覚めたように ダニエルさんも目覚めますように。。。

350 :197:2006/11/04(土) 02:33:04 ID:ULc/xZgN
>>346
またお相手して下さい。
それではおやすみなさい。

351 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:35:30 ID:Riupdeh3
>>350

あなたも原理工作員の洗脳にご注意くださいねw

珍味の匂いがするんだけどw

352 :197:2006/11/04(土) 02:40:13 ID:ULc/xZgN
珍味?

353 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 02:41:47 ID:JVuD/Jww
>>350

おやすみなさい。
それと、あなたの愛するカトリック教会を批判した僕に対して、
冷静に会話していただけたことを感謝します。

僕も、批判的なことを書いてはいますが、カトリック教会を愛しています。
偶像崇拝があっても、おかしな信心があっても、やはり異邦人の自分にとっての
教会は、カトリック教会なのです。

この世の組織に絶対ということはありえないのです。
ですから、カトリック教会が完全でないのは、ある意味当たり前のことです。
それにも関わらず、完全であるかのように主張する人たちは思い違いをしています。

この思い違いは、大変不幸な思い違いであるので、こうした人たちのために
あえてカトリック教会のよろしくない部分を指摘しているのです。
この世では、たとえカトリック教会といえども完全ではありえない、ということを
わかってもらうためです。

人々が、おかしな信心やらセンセーショナルな預言などに惑わされずに、
ただ、心を落ち着かせて、神に拠り頼み、永遠の命について学んでいくことが
できますように、微力ながら祈ります。

354 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:46:21 ID:Riupdeh3
原理講論に洗脳された頭で 時代背景も理解できない自称カトリックに
ゆがんだドグマを演説しても自己満足ですよw

355 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 02:46:32 ID:Lh5Pe5hK
窓の外には珍味売り、声を枯らして珍味売り♪
きっと誰かがふざけて、キリスト教徒の真似をしているだけなんだろぅ♪
僕の聖書が寒さで、画期的な色になりとても素敵なあの子をとても魅力的な子にしてすぐ消えた♪

今年の寒さは記録的なもの、震えているのさ、
OH、まいにーち吹雪吹雪、氷のせかいー♪



356 :197:2006/11/04(土) 02:50:08 ID:ULc/xZgN
>>351
まあいいや。

>>353
僕は教会を移るべきか悩むことがありますよ。
なので、こういうところでは、あえてカトリックを
擁護する立場から発言してみて、議論を深めたい
と考えています。(今日は少ししかしませんでしたが)
ではまた。。


357 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 02:51:15 ID:Riupdeh3
>>352

あなた 時代背景って理解できます????
聖ドミニコが どんな時代に どのような活動をしたか

カトリックなのにその辺も調べずに 統一教会員のドグマ
受け入れるの????

あなた きちんと受洗したんですか???
>>356
さっさと移ったほうがいいね
ろくに堅信もしてないようですからw

あきれたわ。。。w

358 :197:2006/11/04(土) 03:03:42 ID:ULc/xZgN
>>357
内容が無さ過ぎてレスに困りますぞ。
おやすみでござる。

359 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 03:12:45 ID:Riupdeh3
>>358
聖ドミニクの事跡も知らないカトリックなんているんだーwww

いや空っぽなのは アンタの教養だからw
恥ずかしい人w

360 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/04(土) 07:33:27 ID:smAvudhY
>>348
フラー神学校のピーター・ワグナー博士が書いた、
『天の女王との戦い』を読まれる事をおすすめします。

この本では天の女王として各国であがめられてきた存在の正体が書かれています。


361 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 07:52:11 ID:sqiaWm2h
>>325、327
ありがとうございます。
ずっとその部分が引っかかっていたので安心しました。
東京に遊びに行くことがあればぜひ、325さんオススメの教会を訪ねてみたいと思います。



362 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 09:21:44 ID:LtIy1t9t
サロメさんって、卑屈ですね。
正直、驚きました。
あなたからは、信仰の香りを感じません。
自分の考えと違うと、すぐにかっとなって言い返す。
非信仰者よりもひどいですね。
あなたは、相手にレッテルを貼り、卑下し、攻撃することによって
いかに自分の主張が正統であるかを確認したいのでしょう。
そうでもしなければ、かろうじて保っている「カトリック教徒としての優越感」が
傷ついてしまうのかもしれませんね。

>隣人愛は教会の兄弟姉妹相互の愛が響きあい 天の兄弟姉妹の愛と響きあって
>真の神様へのささげモノとなります
>同時に 異端に迷う人々の心まで揺り動かす
>かたくなな知識による議論ではなく愛によって心を溶かす

などといっぱしの口をきいておきながら、

>聖ドミニクの事跡も知らないカトリックなんているんだーwww
>いや空っぽなのは アンタの教養だからw
>恥ずかしい人w

などと、恥ずかしげもなく相手を攻撃する。
しょせん、あなたは口先だけの偽者です。

さ、あなたの得意な攻撃の番です。
あなたの知識をひけらかして、偽者振りを披露してみてください。

363 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 09:41:38 ID:Riupdeh3
>>362
まず自分が名無しであることをお忘れなく

それと統一教会由来の異端の言葉を真に受け
重要なロザリオの由来も知らない
聖ドミニコの由来も知らない

工作員か?と疑わせるほどの自称カトリックの
無知さにあきれ返っただけです

リアクションは正しく返さないといけないんですよw

364 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 09:52:13 ID:Riupdeh3
あと私は 異端の言動が酷いため乗り出しただけで カトリックじゃないですw
転会検討中ですがw

まじイチャモンつけてるやつ 珍味売りじゃないの?www

365 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 10:00:18 ID:DkmbkNNV
天の女王との戦いはマルコーシュ・パブリケーション刊ですね。

366 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 10:08:15 ID:Xz7fUTQU
珍味ってなんですか?

367 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 10:10:18 ID:Riupdeh3
>>366
統一教会が押し売りして資金源にしている食品

368 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 10:11:47 ID:Xz7fUTQU
サプリメントや健康食品的なものですか。なんとなくイメージがつかめてきました。

369 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 10:13:29 ID:Riupdeh3
>>368
いや スケトウダラの干物や裂きイカみたいなものです
市販で3っつ千円を5千円で売りつけるらしい

370 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 11:07:42 ID:JVuD/Jww
サロメおたあという人は嘘ばかり書いていますので
賢明な方は、書いていることを無視するのが得策と思います。
以下のようなデタラメを平気で書き続けています。

>それと統一教会由来の異端の言葉を真に受け
>重要なロザリオの由来も知らない
>聖ドミニコの由来も知らない

などと僕について書いていますが、
これらが何の根拠もないデタラメだからです。

そもそも、統一協会の人たちは、ドミニコの名前も知らないし、めったに聖書を読みません。
僕の書いているどこが統一協会由来なのかを、サロメさんにお聞きしたいものです。

カトリックについても、もちろん統一協会についての知識もないにも関わらず、
ただむやみに他者への中傷のために平気でデタラメな内容の投稿をくりかえす人が
「サロメおたあ」というコテハンを名乗っている人物です。

彼女の書いていることを信用する人は少ないだろうとは思いますが、
気をつけてください。

こうしたことを見極めることも、個人の裁量にかかっていると思います。
教会で、たとえばサロメおたあの書いたことが正しいかどうか審査委員会が審査する
ことはありません。ですから、ひとりひとりが、自分の責任で他者の言っている内容を
吟味しなければならないのです。

371 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 11:13:34 ID:Riupdeh3
>>370
冷静になったらいかがですか?
そのレスはアナタ宛ではないですよ

アナタは聖書を大変独善的に呼んでいらっしゃる
普通のクリスチャンなら 聖書を読む場合 必ず注釈や資料を参考にする
カトリックなら 聖伝や教父の資料や司祭さんのアドバイ
プロテスタントでは 改革者の著作や教派の指導者の解説 牧師さんの指導などですね

一般の信者は聖書の原点に当たることができず 歴史的背景も知らないのですから
我流に読んでは 聖ドミニコの件でダニエルさんが見せた醜態をように 無様で
深刻な失敗をしでかすことになります

ダニエルさんは統一教会の洗脳を恐れ逃れようとして かえって聖書を統一教会流に
利用してしまっているのです

372 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 11:23:54 ID:Riupdeh3
皆さんお分かりですか?

ダニエルは統一教会から逃れようとして聖書を手にしたのはいいのですが
脱会支援の教会にたどり着けず 自分を守るために聖書を拾い読みし
勝手に解釈して それが真実のキリスト教だと誤解してるのです

恐怖による自己防衛の延長であるため 自分に誤りがあっても 批判を
受け入れない


つまり 典型的な

   一  人  カ  ル  ト

なわけです

ダニエルの回答に警戒してください

373 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 11:35:00 ID:aWz4UMAe
えっ。ダニエルは、統一教会系の
カルト信者だったのでつか。

374 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 11:36:39 ID:Riupdeh3
>>373
脱会したけど カトリックに馴染めなかったようですね
彼は今でも恐怖の中で おびえながら聖書を読んでるようです

祈って差し上げましょう

375 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 12:06:52 ID:JVuD/Jww
>>374

なぜ、そのように嘘ばかり書くのですか?
何の目的があるのですか。
他者を貶めようという、嫌らしい気持ちから
嘘も平気で書いているとしか思えないのですが。

統一協会に「入会」とやらをしたことはありません。

ただ、彼らの教義をまとめた原理講論については
論破するために熟読しました。
何度も書いているとおりです。

この経験は、後の自分にとってプラスとなった、ということで
ここの掲示板で自分から書いたことはあります。

その投稿を悪意をもって勝手に事実と異なる見解を付加して
他人を誹謗するために用いている卑劣な人がサロメおたあさんです。

もっとも、のぞみというHNの人も、サロメおたあと同じことを僕に
しましたので、この掲示板においては、普通のことなのかもしれませんが。

こちらの意見に反論があるなら、堂々と反論していただきたいのですが
それが出来ないからといって、事実を歪曲したり、嘘を捏造したりするのは
もうやめていただきたいと思います。

376 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 12:16:32 ID:Riupdeh3
>>375
先に私が学会員だという証拠 だしなさいよ

それとアナタがもはや一人カルトだという証拠は揺るぎません


377 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 12:20:41 ID:JVuD/Jww
>>376

あなたのことを創価学会だと誰かが書いていたので、
創価学会で、ご本尊にお題目を唱えることも偶像崇拝ですよ、と
書いたのです。

今、そうしたことをしていないのなら、それでいいのです。
あなたが反論しないので、あなたのことを創価学会の人だと
思っていました。違うのなら違うと、きちんと書けばよいのです。

なぜ、そうしたことをせずに、相手を誹謗中傷する方向にいこうと
するのですか?それがあなたのよろしくないところではないかと
思いますよ。


378 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 12:26:17 ID:Riupdeh3
>>377
誹謗中傷を相手に確認せずに決め付けるんですか?
わざわざアナタに私が釈明する????

アナタ  何様ですか
だから一人教祖 一人カルトだというのです

ダニエルさんは聖書以前に 他人との交流訓練なさい 



379 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 12:27:55 ID:JVuD/Jww

エレミヤが民に警告をしたときに、彼の声に耳をかたむける人は
いませんでした。

ですから、僕の書いていることに誰も耳をかたむけなかったとしても、
それは仕方がないことです。

しかし、僕は人々の目から、先入観や思い込み、むやみやたらな信心、
この世のならわしに付随する、一切合切の常識に潜んでいる嘘を
白日の下にさらけ出して見せ、素直な心を持つ人への気づきの役に立ちたいのです。

つまり、本当に信用できるお方は「神」おひとりである、という気づきです。

本当に信頼できるお方は、教会でもなく、神父でもなく、マスコミでもなく、
高位聖職者でもなく、バチカンでもなく、御出現する女預言者でもないことを
ここにきちんと書いておきたいのです。

このようなことを、はっきりと書く人間が皆無だからです。
栄光は、常に神とともにありますように。


380 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 12:30:46 ID:Riupdeh3
>>379
ダニエルさんは聖ドミニコの故事を知らず 誤謬を犯しました
先達によらず 己だけを信じる信仰の危険性を図らずも示しました

もうすでに勝負ありなんですよ


381 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 12:36:06 ID:bzDMq2w4
ダニエルさんは聖書を読んだ自分の見解として、
自分の責任で発言しているわけですから、
アンフェアではないと思います。

382 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 12:38:04 ID:Riupdeh3
>>381
誤謬は誤謬です

383 :アル:2006/11/04(土) 12:56:21 ID:/i0sXl5z
>>379

ダニエルさんがおっしゃった事から察すると、『教会も神父様も人も信用できない』と聞こえましたが?

384 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 13:08:18 ID:JVuD/Jww
>>383

ある意味ではそのとおりです。
この世のことは全面的に信用してしまっては
なりません。

この世のすべては「過ぎ去る」と聖書にはっきりと書いてあるのです。
このことを理解しないと、永遠の命を求める、ということがピンと
こないままであるだろうと思います。

385 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 13:14:56 ID:JVuD/Jww

聖書を学ぶ、ということは、
「現在の自分が立っている土台そのものを取り替える」
ということです。

聖書に学ぶと、この世への認識が180度変わると思います。
また、そうならなかったとしたなら、それはまだ聖書から学んでいないのです。

「悔い改め」とか「回心」とかの言葉は、このことを指しているのです。

聖書を読んでいても、聖書から学ぶ人は、あまりいないようです。
聖書を読んでも、これまでの常識知識に頼って生きていく人がほとんどです。

思い切って、聖書の世界観にダイブすることが信仰ですよ。
これまでいろいろな事柄を信じてきた過去の自分は、そのときに死んでいるのです。

このことが、「洗礼」の本来の意味なのです。

386 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 13:32:25 ID:Riupdeh3
>>385
だから我流で恥じないアナタはやはり 統一教会員ですw

387 :教会暴走族:2006/11/04(土) 13:35:07 ID:OmO2837J
385の意見に賛成、、
サロメたん、、強引だよーーん、、

388 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 13:36:57 ID:Riupdeh3
>>387
だからー
聖書を学ぶとき
ダニエルのように 統一教会流に 原理講論張りに
金科玉条としてはいけないの

先人の道を踏まえないと ダニエルのようにとんでもない間違いをする

389 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 13:42:57 ID:1VzExWZ3
                   _ -─ ¬く  ̄  ‐- 、
                 /    _==-ミァ-─‐-、 \
                /  , ‐''"         \ \
               /  /     /   |      \ ヽ
               / /  /   / /    ||  |  i  ヽ i
              i /  / /  / / /    ||  ||  |│ |ノス
               |//  / /___, -一ァ|  /! |ト、|│ | | く」
                |,-‐¬  ̄---┘'7 |!  ハ! |,、-┼十|! | | |
          , -‐ ''"  し' '´_ /,ィ二l |ト、/!ヽト、\_ヽ!|!l | ハ |
       ,r/      __   ,イ|リ ヾハ! ヽ!  ,ィ⌒ヾミリノ!/リ  |
      / ||ヽ  -'     / ̄ )` __      |ヒノ:} '` ,イ/ |  |
    ,r '   ヾ、  ,-、____ , イ ̄,r==-      ==-'  レ' /|  |
  / ヽ    `ーソ  ' | |ト、,ヘ ′""          "" / / || |     壁蝨君、
. /    \_  /  | ハ ヽ`゙'ヘ       ' '__. ィ  / / | |  |
           /   / / |  ヽ 川\    ヾ三ニ‐'′//! |  | |  |    自演乙であります!
        /    / / 八  \川| |`ト- ..  __ , イ‐ァヘ |  | ||  |!
      /    / / /  \  \ 「`ー- 、    /  .〉  ト、|  ヽ、
     ,イ    /-─=¬ニヘ、_  \   厂\ 厂ヽ /!|   | `ー=ヘ
 -‐  ̄ /─ '  ̄     ├- ヽ\  \ノ\ \ 人 ハ!ヽ ||  |-┤ ヽ
      /          /!‐-- | |\   ト、_`ヽ oヽ  ト、!  ||  |‐┤- ヽ
  // 〉      __ /  ├‐-  ||  | 川-‐  | |  厂7! ハ!  ├:┤  ̄ヽ
  / / ー ─    ̄       ├‐- リ  || ハ!ヘ   | |  ト┤|/′ ヾ,┤   ゙i_
  ‐ '              〉‐-    | / /\ .|o | /ヽ/(′    ∨     \

390 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 13:43:37 ID:Riupdeh3
>>387
アンタ
聖書は買春や奴隷制肯定してるけど
それ 否定できる?

赤ちゃんが死んだらどうなるの?

ダニエルのような輩は答えられませんから

391 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 13:52:30 ID:YDczvZs2
ダニ・エールとかサロメチールとか政夫ちゃんとか、まさに狂気の世界ですなキリステきょうって。


392 :教会暴走族:2006/11/04(土) 13:53:30 ID:OmO2837J
サロメたん、、どこに、¥売春や奴隷制度を、肯定しているのでしょうか??
教えてね、、、

393 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/04(土) 14:05:02 ID:smAvudhY
>>365
そうです。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 14:15:46 ID:YDczvZs2
キリストきゅうなんか止めて仏教に変えたほうが良いよ。

395 :教会暴走族:2006/11/04(土) 14:17:50 ID:OmO2837J
394は、本物の、層化かもね、、

396 :アル:2006/11/04(土) 14:24:20 ID:/i0sXl5z
>>384-385

う〜ん…正直に言うと、まだ分からないです。
ダニエルさんはどうですか?

397 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 14:43:37 ID:LtIy1t9t
>>385
>思い切って、聖書の世界観にダイブすることが信仰ですよ。
聖書の世界にダイブしつつ、既存の信仰観とは距離をおくというのであれば、
また新たな教派の誕生を意味するように思えますが。
キリスト教はどこまで分裂していくのでしょうか?

>>371
>普通のクリスチャンなら 聖書を読む場合 必ず注釈や資料を参考にする
>カトリックなら 聖伝や教父の資料や司祭さんのアドバイ
>プロテスタントでは 改革者の著作や教派の指導者の解説 牧師さんの指導などですね
教派によって違う主張をしていても、深入りせずにありがたく信じなさいということですね?

>>388
>ダニエルのように 統一教会流に 原理講論張りに
>金科玉条としてはいけないの
意味不明です。


398 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 14:46:17 ID:uQ16jq6J
キリスト教ではキリストによって語られ、パウロによって広められ、
アウグスティヌス、カルヴァンによって教えられてきた神学の伝統がある
サロメ氏はかろうじてキリスト教の範疇にいるが
ダニエル氏はキリスト教ですらない
聖書がどうしたこうしたといっているが、
その聖書自体が教会によって編纂されたと言う事実をもってしても
彼の論理は破綻してる

399 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 15:05:12 ID:Riupdeh3
>>397
あ 無知蒙昧の自称カトリックさんだーw
オリジナルは基本身につけてからネw
>392
旧約のユダとタマル
パウロは奴隷は主人に従順で色と命令している


400 :教会暴走族:2006/11/04(土) 15:36:08 ID:OmO2837J
ダニエルさんに異常を感じない、、
冷静に対話出来ない方にに、むしろ、異常さを感じますけれども、、

401 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 15:38:52 ID:Riupdeh3
>>400
ここは統一教会員が演説するスレじゃないし

【多宝塔】ダニエルさんが叫ぶ【手相】

スレ立てて移動すれば?

402 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 15:39:29 ID:eCVgPYfY
                   _ -─ ¬く  ̄  ‐- 、
                 /    _==-ミァ-─‐-、 \
                /  , ‐''"         \ \
               /  /     /   |      \ ヽ
               / /  /   / /    ||  |  i  ヽ i
              i /  / /  / / /    ||  ||  |│ |ノス
               |//  / /___, -一ァ|  /! |ト、|│ | | く」
                |,-‐¬  ̄---┘'7 |!  ハ! |,、-┼十|! | | |
          , -‐ ''"  し' '´_ /,ィ二l |ト、/!ヽト、\_ヽ!|!l | ハ |
       ,r/      __   ,イ|リ ヾハ! ヽ!  ,ィ⌒ヾミリノ!/リ  |
      / ||ヽ  -'     / ̄ )` __      |ヒノ:} '` ,イ/ |  |
    ,r '   ヾ、  ,-、____ , イ ̄,r==-      ==-'  レ' /|  |
  / ヽ    `ーソ  ' | |ト、,ヘ ′""          "" / / || |     壁蝨君、
. /    \_  /  | ハ ヽ`゙'ヘ       ' '__. ィ  / / | |  |
           /   / / |  ヽ 川\    ヾ三ニ‐'′//! |  | |  |    自演乙であります!
        /    / / 八  \川| |`ト- ..  __ , イ‐ァヘ |  | ||  |!
      /    / / /  \  \ 「`ー- 、    /  .〉  ト、|  ヽ、
     ,イ    /-─=¬ニヘ、_  \   厂\ 厂ヽ /!|   | `ー=ヘ
 -‐  ̄ /─ '  ̄     ├- ヽ\  \ノ\ \ 人 ハ!ヽ ||  |-┤ ヽ
      /          /!‐-- | |\   ト、_`ヽ oヽ  ト、!  ||  |‐┤- ヽ
  // 〉      __ /  ├‐-  ||  | 川-‐  | |  厂7! ハ!  ├:┤  ̄ヽ
  / / ー ─    ̄       ├‐- リ  || ハ!ヘ   | |  ト┤|/′ ヾ,┤   ゙i_
  ‐ '              〉‐-    | / /\ .|o | /ヽ/(′    ∨     \

403 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 16:07:18 ID:jphueGGV
なんか質問しづら雰囲気なんですけど、いいですか?

聖書研究的には、イエスの復活の記述はパウロのものが最古で、
実際、マルコでも”空虚な墓”の記述までが本来のものであると聞いています。
それすらパウロの書簡の後のものです。

パウロは生前のイエスを知らないのに、”復活のイエス”がなぜわかったのですか?

なぜかというと、キリスト教的に私が個人的に重視している、
”ジャンヌ・ダルクのフランス解放”の奇跡ですが、彼女の死後、
”復活したジャンヌ”という女性が現れ、偽物とわかるまでは、
家族まで信じていたそうです。

パウロが何か勘違いした可能性は高いと思われますが。どうでしょう?

私もまだクリスチャンであることをやめてはいませんが、理性的に考える
ことを止めることをしたくありません。


404 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 16:16:14 ID:XJvFLTR2
>>315
>もし復活にあずかれる ことになったとしたら、
>私の娘の知的障害はどのようになっているでしょうか?

治ってると思われます。それよりもまず救われる事を考える方が良いでしょう。

>>318
いじめの問題はまず無くならないと思って下さい。
>>322
ヨハネの福音書16章20節
>>324
問題無し




405 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 16:17:26 ID:bgpVmBvZ
六が三つ並ぶと獣の数字となるとされてますが
映画「エンド・オブ・デイズ」では九が三つ並ぶのが正しい・・云々と言ってます
どっちが正しいのですか?

406 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 16:34:21 ID:XJvFLTR2
>>403
時間のズレでパウロは自分の目で復活は見ることはできませんでした。
しかしイエス様の復活は多くの人に目撃されており、それを信じるか
信じないかが信仰の有るなしになります。パウロは聖書の使途の働き9章で
イエス様を体験してるのでイエス様の復活を信じることができたのです。
>>405
666が獣の数字です。

407 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 16:38:03 ID:bgpVmBvZ
その獣ってなんなの?

408 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 16:42:02 ID:XJvFLTR2
>>407
悪魔の印の事。将来その印を持たない人はいくらお金があっても買い物が
できなくなってしまうのである。しかもその印を持つ者は再臨にあげられないのである。

409 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 16:58:37 ID:92uzYZN3
>>403
?コリント15章1節?8節は、当時の信仰告白だと言われています。
パウロは この信仰告白当時の教会から伝えられ それを コリントの
教会に伝えたのでしょう。

>パウロが何か勘違いした可能性は高いと思われますが。どうでしょう?

パウロが 勘違いした可能性は皆無です。
なぜなら 彼はこの信仰を信じて告白しているからです。

410 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 17:23:00 ID:TkkViEWI
>>403
> なぜかというと、キリスト教的に私が個人的に重視している、
> ”ジャンヌ・ダルクのフランス解放”の奇跡ですが、彼女の死後、
> ”復活したジャンヌ”という女性が現れ、偽物とわかるまでは、
> 家族まで信じていたそうです。
> パウロが何か勘違いした可能性は高いと思われますが。どうでしょう?
> 私もまだクリスチャンであることをやめてはいませんが、理性的に考える
> ことを止めることをしたくありません。
偽者と分かったのはなぜでしょう?
家族が信じたのはなぜでしょう?
それなりの原因があったと思います。
信じる理由に足ると思ったものが,そうではなかったのでしょう。

411 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 17:28:56 ID:bzDMq2w4
質問です。

日本にもペンテコスタル・バプテストの教会があるらしいのですが
どこの教会でしょうか。ご存知の方いらしたらよろしくお願いします。

412 :教会暴走族:2006/11/04(土) 17:47:22 ID:3vNRt5+/
でも、確かに、ダニエルさんは、進化論否定など、、
批判される要素がありそうだなあ、、
ダニエルさんに過剰反応しすぎのような、、

413 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 18:27:29 ID:92uzYZN3
>>412
「ここでわれわれはもう一度、しっかりと確認しておきたい
われわれが神の前で義とされるのは、決してわれわれが神の意志
を正確にとらえ、正確に信じているのではからではないのだ。

どれほど真摯で、どれほど敬虔な信仰に基いた探究であろうとも
神をあるがままの姿でとらえることはできないし、われわれが
キリストと告白する、ナザレのイエスの地上の生を、歴史的に
誤りなくとらえる事はできない。

われわれが神の前で義とされるのは、ただただなんらの業をも
なす事のないままで、まさに「不信心な者を義とされる神」受容する
と言う意味におけける信仰によってのみなのである。」

これは 青野太潮の文章の一部からの引用だけど
多かれ少なかれ、この様な考えからダニエルさんに反応するんだと
おもうよ。

414 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 18:33:52 ID:Riupdeh3
それにダニエルは口とは違って 聖ドミニコとロザリオについて
明らかな誤謬を犯している

初心が真似したらどうするんだろ食口ダニエルのヤツは

415 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 18:34:01 ID:MKsuVxSd
神って何?

416 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 18:42:37 ID:bgpVmBvZ
>>408
その印とはこの世のもので例えると何ですか?
印が無いと買い物できない
あると天国いけない
人生とは2択問題ですか?

417 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 18:44:23 ID:Riupdeh3
>>416
バーコードらしい

418 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 18:55:11 ID:uQ16jq6J
でバーコードに対応するものがジーコード
このしるしを持たないものは将来テレビを見ることも録画することもできなくなるらしい

419 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/04(土) 18:57:53 ID:smAvudhY
>>330
もちろん、聖母がご出現して与えたことばなどというものに、
価値と根拠をおく福音的なクリスチャンはおりません。

聖書は完結しているのでそれに付け足す、
ご出現による啓示などは必要ないのです。


420 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 18:59:12 ID:XJvFLTR2
>>415
キリストの神様とはこの天地の創造主であり、無限、真実な方、愛なる方
不変、聖なる方です。
>>416
その時はまだ来ていません。ただしいつ来るかもわかりません。
人生は2沢です。どうかイエス・キリストを選んでください。

421 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:00:19 ID:IRPO+WDs
>>403 パウロが何か勘違いした可能性は高いと思われますが。どうでしょう?

日射病とか熱射病の症状を復活のイエスの姿と思い込んだ可能性もある。
さる批判サイトは次のようにからかっている。(以下、コピペ)

――自然科学の未発達だった時代、非日常的な体験はすべて 神がかり的に解されていた。眩暈も例外ではなく、サウロは 熱中症の症状をキリストの顕現と思い込んだのであろう。

422 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:07:59 ID:LtIy1t9t
>>408
どうも理解ができません。
ぜひ、もう少し詳しくお願いします。

>>417
え、それってサロメさんのおっしゃられた「先人たちの教え」による教会の公式見解ですか?
ぶっ飛びそうです。詳しい話ぜひ教えてください。

423 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 19:19:00 ID:XJvFLTR2
>>422
666という数字はアンチキリストを現しています。
少し自分で666について調べた方がわかるかもしない。
昔のバーコードは最初と真ん中と最後が一番太い線で作られていて、
それは666を意味している。だからバーコードにより物が買えなく
なるという見解がある。ちなみにバーコードをつくったのはユダヤ人。
誰が獣の正体となるかはまだ一致した見解は出されていない。

424 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 19:22:26 ID:Riupdeh3
>>422
聖霊派やJEAのねwwwwwww

425 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:27:58 ID:uQ16jq6J
住民基本台帳番号をバーコードにして、
見えないインクで国民全員の右手か額に刺青する法案も
現在、着々と審議されているそうです。

426 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 19:28:37 ID:Riupdeh3
>>425
わんこや ぬこには実施してる国あるよ
アメリカとか

427 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:31:30 ID:Qnwi0JET
質問します。

神に従うということは、
親の言うことにも従わなければならないのでしょうか?

占いを信じている親からの指示が凄いんです。
そのすべてに従うと、携帯番号や住所や職場、友人、恋人に至るまで全て、事細かに制限がかかってしまいます。

従わなければ不幸になるとまで言われ…

…もう本気で死にたいです。

428 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/04(土) 19:38:51 ID:W56A2Z06
>>427
常識外れなことや、無理難題であれば従う必要はありませんよ。
あなたの個人的な親に対する先入観で嫌悪してるなら、愛することができるように
神に求めてください。

基本的に人間自身に自ら愛することはできません。
愛することすら神に求めてください。
良いものは全て神から発せられますから。

429 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/04(土) 19:45:43 ID:W56A2Z06
愛も希望も信仰も与えられるものと知ってください。

我々は神に求めるのみです。
善行や聖霊の実は、与えられた結果為される形です。
決して我々が誇るためのものであったり、採点をつけるためのものではありません。

ただ、神に委ね感謝し求めてください。完全は神のみです。
時として牧師も信者を躓かせる石となり得ますので、警戒しすぎずさりとて
妄信せずに蛇のように聡く鳩のように素直でいてください。

430 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 19:47:32 ID:Riupdeh3
>>427
てじかなカトリックの教会で相談支那
2chは公衆便所です
それも思いっきり汚い

431 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 19:52:22 ID:JVuD/Jww
>>412
>でも、確かに、ダニエルさんは、進化論否定など、、
>批判される要素がありそうだなあ、、

現在では進化論の理論はすでに破綻しているそうですよ。
僕は詳しくは知らないですが、アメリカあたりでは
信じられていないようです。ネットで調べてみたら
いいかもしれません。

また、聖書によれば創世記にあるように、
生き物は種に従って創られているようです。

いずれにしても、進化論があるから聖書が信用できない、
というのは、何か本質的に違うと思います。

432 :403:2006/11/04(土) 19:53:02 ID:jphueGGV
>>421
>――自然科学の未発達だった時代、非日常的な体験はすべて 神がかり的に解されていた。眩暈も例外ではなく、
サウロは 熱中症の症状をキリストの顕現と思い込んだのであろう。

私が思うに、新約聖書は情報が少なすぎます。
結局、パウロの書簡が大部分で、福音書も後に書かれたものです。
信仰上の整合性をあわせるために、あえて直されたところも少なくないと思います。

もし万が一、パウロに”妄想性の人格障害”などがあったとしたら…
可能性として否定できないだけに、暗澹たる思いです。

あとやはり、”たとえ話”を我々が文字通りに取ってしまうという間違いも
あるのではないでしょうか?

433 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:54:59 ID:PMBH6Eh5
ご飯を食べる時の祈り方を教えてください

434 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/04(土) 19:56:22 ID:JVuD/Jww
>>419
>聖書は完結しているのでそれに付け足す、
>ご出現による啓示などは必要ないのです。

まったくそのとおりなのです。
しかも、御出現の天の女王の預言には、聖書に付け足す
ほどの内容のものすらありません。

彼女の預言は、人々が罪深い生活をしている、という嘆きと
そのために恐ろしいことが待っている、という内容が多いです。

人の魂の救いについて、どのようにすればよいかなどの有益な
発言はいくら探してもありませんでした。
彼女によれば、ロザリオと「穢れなき御心への信心」が救いにとって
重要だそうです。

435 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/11/04(土) 19:57:13 ID:uzCT6r+Z
>>427
あなたは、神に愛された「人」です。それに親は関係ありません。
教会に行き、具体的なアドバイスを受けてください。



436 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/04(土) 19:58:32 ID:W56A2Z06
>>432

妄想性人格障害の人が1コリントにあるような愛の賛歌を唱えることができる
でしょうか?
知識人、道徳人でもあれほどの言葉はでませんよ。
ご自分で確認なさってください。

コロサイ2 5:13
もし私たちが気が狂っているとすれば、それはただ神のためであり、もし正気
であるとすれば、それはただあなたがたのためです。


437 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/04(土) 20:00:56 ID:W56A2Z06
>>435
親は関係ありますよ。
関係ないはずがない。

それに人に頼る前に神に祈るべきです。

438 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 20:00:57 ID:Riupdeh3
>>432
熱中症であのような幻視するかどうか
臨床例出してくれません?

439 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 20:04:03 ID:Riupdeh3
>>434
牧師の話も聖書に付け足すものですか?

それと同じでしょうがw

440 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:04:17 ID:Qnwi0JET
>428
>429
>430
>435
>437

ありがとうございます。
神様に、導いて下さるように祈ります。


441 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/11/04(土) 20:07:39 ID:uzCT6r+Z
>>437
ここは質問箱です。ご本人にアドバイスしてあげて。
議論なら談話室で。


442 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 20:09:05 ID:Riupdeh3
質問
アメリカの福音派は星条旗への敬礼や自由の女神像も
否定するのですか?

443 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/04(土) 20:09:10 ID:W56A2Z06
アドバイスが不適格ならここで指摘すべきだと思いますが。

444 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/11/04(土) 20:22:23 ID:uzCT6r+Z
>>443
いや、無視して適切と思うアドバイスをすればいいんですよ。
要は質問者の益になればいいんです。


445 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 20:32:54 ID:6I3wGm9d
>>427
親の言う事を聞くのも神様の御心ですがケースバイケースです。
一つに結婚し親を離れるという御言葉もあります。問題は占い云々です。
占いは悪霊が関係してるので、その通りにすれば良い方向に導かれる事はないでしょう。
近くの教会を訪ね祈り神様の言う事を聞き、難を逃れることを勧めます。
>>433
いろいろあるけど感謝がり心がこもっていればおk ほんの1例だけ書きましょう。
「ご在天の父なる神様尊き御名を褒め称えます。御前のお食事を有難うございます。
心より感謝していただきます。このお祈りをイエス様のお名前を通してお祈り
いたします。アーメン。」

446 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:35:01 ID:rWsTb1tU
 現在も続く秋田県等の大量殺人風習:現実化した悪魔社会
〜大量の赤ん坊や老人を殺して喰い自然死扱いする秋田県民達〜
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-391

なお、比喩ではない

447 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:40:37 ID:PMBH6Eh5
>>445
神様にオマエなんてほんとに言うの?
それとひとつ分からないのは天の父とイエスは別人なの?
天の父ってイエスのお父さんって事?
要するに天の父ってゼウスの事でしょ?違うの?

448 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:43:50 ID:aV5FNmo7
>>447
デウスです。

449 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 20:48:08 ID:6I3wGm9d
>>447

オマエではない「みまえ」だ。

450 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:12:59 ID:sqiaWm2h
昨日、久しぶりに行った場所にある教会に立ち寄ったのですが、
キリスト教において祭壇に飾られている花の種類には何か意味があるのでしょうか?
なんとなく、イメージとして白百合や薔薇が多い気がするのですが。


451 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:15:47 ID:MX44utky
>>431 現在では進化論の理論はすでに破綻しているそうですよ。

その通りだ。ダニエルが正しい。

そもそも進化論みたいなものを過信するのがよくない。あまり知られて
いないが、ダーウィン自身が進化論を発表したことを後悔して、「あれは、
若い者が考えるような未熟な論理ですよ」と言ったと伝えられている
ほどだ。

452 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:42:24 ID:Qnwi0JET
>445

ありがとうございます。

問題の親とは、私の母なんですが、
残念ながら…
カラスの羽根や、蛇の皮を拾って来て、部屋に飾っています。
もう何十年も占いに、のめり込んでいます。
この先占いを信じなくなることは無いと思います。

しかし、母として私には大切な存在なので、今までずっと困惑して生きてきました。

これは私が悪いのですが、自立したくとも自立出来ず、いつも家に帰ってしまいます。そして、母が嫌になり出て行く…の繰り返しです。

453 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:43:22 ID:JMhB+Uz4
>白百合や薔薇

聖母マリアを意味する花だと思う





454 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/04(土) 21:52:13 ID:6I3wGm9d
>>452

>この先占いを信じなくなることは無いと思います。
それはあなた人間の考えで、神様に不可能はありません。
まずあなたがこの問題どう乗り越えるか?自分自身で解決できないのなら
今こそ神様に頼る時です。イエスの御名には力があります。お母さんは今
占いの霊にとりつかれているのです。霊的な教会を探し、牧師に頼めば
良いでしょう。


455 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:56:22 ID:LtIy1t9t
しかし、バーコードねー。
みなさんの見解をお聞きしたいです。
やっぱり、バーコードですか?

長老派さんは、もちろんそのごとく信じていらっしゃるようですが。
ということは、長老教会においても公式見解と解釈してよろしいのでしょうか?
サロメさんが教えてくれた「JEA」にはどんな教派が含まれるのか
よくわからないので、どなたか教えていただけませんか?

それと、これはみなさんの信仰においてどれほどの比重があるのか、
教えていただけませんか?

456 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 22:21:33 ID:Qnwi0JET
>452

母は親戚や親や夫や近所からは、奇人変人の目で見られ…
私は小さい頃からいじめられ、泣いて苦しんで来ました。
一度、遠く離れた場所で暮らしていましたが、自分の未熟さで、人間関係がうまく築けず、また実家に帰ってしまいました。

しかし母は変わっていませんでした。

またつらくなり、家を出ようと考えています。

遠く離れた場所へ。



457 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 22:23:36 ID:Qnwi0JET
>456は>452の続きです。

質問スレに長々書いてすいません。

誰かに聞いて欲しかったので…。

458 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/04(土) 22:26:50 ID:Riupdeh3
>>457
よろしかったらどうぞ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161379987/

459 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:41:19 ID:gVCc0lBf
友人知人の葬式とかどうするのですか?
全員がクリスチャンってわけじゃないでしょ?
断るのですか?

質素な生活するのがキリスト的には理想なはずなのに
好きな時に好きなだけカップ麺やジャンクフード食べてるわけっしょ?
おまけにパソコン使って夜更かしして書き込んで遊んでるわけだし
どうなのさ?

460 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 02:13:34 ID:vvYmopR4
アベ・マリアが好きで、CDを借りてきましたが
アベ・マリアがありません。
聖ヶ丘の讃美歌ばかり集めたCDなんですけど
アベ・マリアは、讃美歌ではないのでしょうか?
すみません、何も知らないので、つまらない質問で

讃美歌の312番、聴いたことありますけど、これは
冬の星座でしょうか?
これは、懺悔の気持ちになっちゃう。
友なるイエスに謝らせていたのでは、すまなかった。


461 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 02:56:49 ID:iulj4I+D
プロテスタントの人は
必ず予定説を信じていると考えてよろしいですか?
仏教の人が生まれ変わりを信じているように

462 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:26:09 ID:olkBMN8O
ウェスレアンや英国国教会福音派の系統は万民救済説が中心です。

463 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:30:43 ID:olkBMN8O
>>459
肉に巻けば肉から滅びを刈り取ります
とガラテヤ書にあるように
不規則な食生活をすると、
高血圧、高血糖、高脂血症やメタボリック症候群など
滅びを刈り取りまくることになります。

464 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:39:34 ID:NmPBdfSq
>>453
レスありがとうございます。
そうなんですか、だからチャペルも含め教会で見る花ってそういったものが多いんですね。
そういえばその教会にもマリア像の前には薔薇が飾られていました。

ところで、最近はそこまで決まりはないみたいですが、
仏壇やお墓に供える花って大体決まってますよね?
それと同じようにキリスト教でもお墓や祭壇に供える花って決まりはあるのでしょうか?


465 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:58:30 ID:FSzUYPZU
決まりはないけど。イエス様がこの花にしなさいと言った訳じゃないし。

466 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 08:13:50 ID:cItxjTOC
>>460
プロテスタントは賛美歌で聖母マリアの歌を歌わないのではないでしょうか。

>>464
西洋のキリスト教絵画を見ると聖母マリアが描かれている絵には
バラや百合が描かれている場合が多いです。

キリスト教で花に関する決まりは特にないと思いますが、
葬儀の時に飾られている花は白やピンクの淡い色が多いです。

467 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/05(日) 08:24:17 ID:swa6uJ75
>>455
http://www.jeanet.org/about/member.htm

とりあえずJEA加盟の各教会&教派です。。。

468 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 09:30:49 ID:vBDPhWvA
マインドコントロールの恐怖    
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4765230716

スティーンブン・ハッサン著

カルトにマインドコントロールを受け、そのカルトで大幹部までに
なった筆者が語るマインドコントロールの恐ろしさを描く問題作。

カルトに汚染されている日本人必読の一冊!!

469 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/05(日) 09:40:35 ID:SS0dVD5z
なんか哲学板から基地外が多数流入してるらしい

470 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/05(日) 09:47:08 ID:7HLWRX7S
>>461
カトリックでは予定説を捨てたのですか?
予定説のがむしろ伝統的ですが・・・
カトリックでは煉獄、辺獄はじめ随分、キリストの救い以外に付加物をつけます。
これも伝統的なカトリックの傾向ですね。最近では行為義認になってるようですし。

>>460
あまり意識はしませんね。クリスマス時期に少し出てくる程度ではないでしょうか?


471 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/05(日) 10:10:10 ID:SS0dVD5z
>>470
だーかーらー
じゃあムーは聖書に載っていない中絶胎児の運命 どう考えるの?

信仰にもとずく類推でしょ?


472 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:14:38 ID:1jJtf1ky
中絶胎児にまったく落ち度は無いから罪はないと思われる。

473 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/05(日) 10:15:09 ID:SS0dVD5z
>>472
聖書にはそのようには載っていない

っていわれるよw

474 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:15:25 ID:VAt7JdjO
聖書を読み始めました。
旧約から読んでいっていますが、これを新約まですべて読み終わるには
どれくらいの月日がかかるんだろう。
個人差はあるだろうけど一日3ページくらいしか進まない…(´・ω・`)

信仰者は星占いとか夢占いとかは信じないのですか?
私は教会に通っている身ではありませんがなんだかキリスト教に惹かれて
ふとこういう身近な占いに複雑な思いを抱くようになりました。
実は今日歯が抜ける夢をみてしまって。
日本では歯の夢を見ると恋愛、健康、人間関係、全てにおいての運が悪くなっている
証拠だと聞きます。

(´・ω・`)これから災いが起こるよ っていう思いと
(`・ω・´)こんなの信じないよ っていう思いが格闘してます。うーん。
くだらない質問ですみません。

475 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:18:21 ID:1jJtf1ky
聖書に人間の行為の善悪判定の基準が全て記載されている(はずだ)と
聖書を普遍的六法全書のように読む人たちにとって、
記載されていない行為に関する判定をいかに導き出すかというのは
非常に骨の折れる問題であると思われる。


476 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:29:19 ID:1jJtf1ky
バーコードのように救われる人が決まっているというのは
実に奇妙な話である。教会で「救われて感謝!」と祈っている人たちの
なかに、バーコードのない人が混ざっていたとすれば、
悲惨を通り越して滑稽である。バーコードの無い人はやがて教会から
離れ、祈りもやめるということなのだろうか?


477 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:37:38 ID:LrbRHE5o
>>385
禿同。福音書に記されていることを、
そのまま100パーセント事実だと信じることから、まず初めてみよう。

478 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:50:51 ID:dH1TS08L
>>470
カトリックは皆予定説を信じているんですか?
キリスト教徒は宗派よらず皆予定説を信じているんですかね?

479 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:52:47 ID:TIKKFvzu
マルクス、全てを疑ってかかれ。ソクラテス、汝己を知れ

480 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:57:44 ID:1jJtf1ky
>>478
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88
予定説は 長老派、改革派、パティキュラー=バプテスト、ルター派など

アルミニウス主義というのもあって、こちらは
メソディスト、ホーリネス派、ジェネラル=バプテスト、
セブンスデーアドベンチスト、救世軍、聖公会、神の聖会など、

が採用している。カトリックは予定説ではないと思う

481 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:59:20 ID:1jJtf1ky
>>478
予定説 - Wikipediaによれば

予定説は、カトリック教会のトリエント公会議で異端として排斥され、
また東方正教会でも同様に異端とみなされている。

だってさ。

482 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:12:33 ID:14cKCXlH
>>480
>>481
ありがとう。やっぱりカトリックは予定説は認めてないんだ。

483 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 12:17:17 ID:dWIdozFx
予定されてます!

484 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 14:02:34 ID:ETcS//vt
予定説も不思議ですね。どこまでが「予定」なのでしょう。
たとえば、オウムのサリンとかも予定なのでしょうか?
教派の分裂や殉教、迫害、戦争、テロなど全て予定ということはありませんよね?

485 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 14:13:21 ID:U7/P58ju
1本の髪の毛の中の細胞の中のミトコンドリアの数までも予定

486 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 14:28:56 ID:ETcS//vt
>>485
上にあがっている<長老派、改革派、パティキュラー=バプテスト、ルター派など>
は、全部そこまで徹底した予定説をとっているんですか?
ちょっと理解に苦しみます。

ちなみに、
>>480
>アルミニウス主義というのもあって、こちらは
>メソディスト、ホーリネス派、ジェネラル=バプテスト、
>セブンスデーアドベンチスト、救世軍、聖公会、神の聖会など
はどの程度の予定説なのでしょうか?


487 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 14:44:42 ID:jIZD5rpC
安息日には祈るのも休むって事?

488 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 15:38:12 ID:Ccb4VTJX
>>477
乳飲み子をからかうのはやめてください


489 :ルー:2006/11/05(日) 16:20:37 ID:tPZdscX3
悪魔が対象者を滅ぼそうとすろとゆうことはやはり殺すことなのでしょうか?

490 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 16:31:46 ID:Ccb4VTJX
>>432
サウロがどのようにして主イエスと出会い導かれ伝道決意するに至ったのかを
使途行伝を読んで確認なさるか、インターネットやらを駆使してかいつまんで
その行程を知ってほしいのです。たった一人の閉じられた個人的感傷から信じ行動
したのではなく、主イエスの命じられたとおりに行き、その弟子たちも主の声を
聴いてサウロを迎え入れたのです。

主イエスの誕生にまつわる人々の交錯した出来事にも同じことがいえます。
わたしたちはたった一人で悟ったりわかったりいわば独演のようなことはないのです。
神の業にはかならず交わりと証しとがあるように思います。

491 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 16:39:08 ID:Ccb4VTJX
>>490 使徒行伝の誤りでした

492 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:03:29 ID:dWIdozFx
全ては、神様の御心のままです!

493 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:07:06 ID:F/V71oiI
>>490
とはいいますが、使徒行伝の内容は、ペトロの言動が福音書とあまりにも違う
あたり、整合性を疑ってしまいます。

パウロが復活のイエスに会ったのが事実だとしましょう。
しかし、新約聖書の多くを占めるパウロの書簡で、パウロが自説をかくも断言
できる根拠はなんでしょうか?
携挙、復活、世の終わりなど、復活のイエスから聞いたようでもありませんし。
下手すると彼の思いこみの可能性もありますよ。特に、(空中)携挙は。
パウロは夢でもみたのでしょうか?


494 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:07:44 ID:1jJtf1ky
>>486
アルミニウス主義は予定説ではありません。
引用元のwikiの記事を読んでください。

495 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:14:51 ID:dWIdozFx
ガラテヤ書の初めを、読んで!

496 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:19:11 ID:1jJtf1ky
ガラテヤ書と福音書のイエスの発言は矛盾するね。
予定されているのか?イエスは我々に行いを迫っている。
行わない者は・・・といっているでしょう。

それとも予定されている人はみな、イエスの言ったとおりに行うのですか。
そうすると、「行い」によって予定が確認される。

なるほど。
だから予定説の改革派は弟子訓練とか規律にやかましいんだ!




497 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:55:06 ID:dWIdozFx
イエス様を、信じる!←信じることを、行うの意味!

498 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 19:12:21 ID:14cKCXlH
聖書をテキスト化してネットで配るようなプロジェクトないかな・・

499 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/05(日) 19:40:15 ID:7HLWRX7S
>>471
わかってるよ。そもそもオレはカトプロカテゴリーごとに正統異端を
考えること自体アホ臭いと思ってるし。
あくまでも宗教学上の分類でしかないもの。
って意味でオレは異端になるわけだが。

>>481
>>482
そのwikiの予定論の説明間違ってますよ。
アウグスティヌスに失礼ですね。
wikiも専門家が書き込んでるわけではないので、妄信しないように。
辞書で調べて御覧なさい。

500 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/05(日) 19:42:18 ID:7HLWRX7S
救うのは教義でしょうか?
三位一体を正確に理解できれば救われますか?

十字架上でキリストと共に磔になった罪人は、聖霊も三位一体も知らずとも
救われましたね。

キリストの救いに付加物を付け、こっちが正解、こっちが間違いと分別してる
こと自体が原罪であると気付きなさい。

501 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 19:54:02 ID:GlsN9gAR
でもなんで自演するの?

502 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/05(日) 20:04:28 ID:SS0dVD5z
>>499
それはそうだが
絵保障や原理のような例もあるからね
野放しはできん

503 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/05(日) 20:11:24 ID:7HLWRX7S
>>502
知恵があり間違った方向に導く指導者は裁かれるね。
エホ症原理ももちろんカトプロも例外なく。
救いは神とその個人との間に為されるカテゴリーフリーな業だよ。
むしろ幼子のような者ほど救われるね。

504 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 20:28:15 ID:HGcnJt9I
            ●●●●●●●●
言うまでもないが、この点に関してはバチカンや米国が言っていることは
全て嘘である。彼らは宗教を装ったこのシステムで相当数の
地球民を殺してきている。そこには結局は支配欲しかない。愛ではない。
十字軍はじめ歴史上、この偽宗教が殺した数は地球人口の相当割合に及ぶ。

キリスト教の言う愛は愛ではない。偽愛である。
スケープゴート、生贄を前提とした偽宗教や社会システムなど
人類社会にとってはマイナス以外のなにものでもないであろう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
人類、特にキリスト教圏は
この点、新たな精神革命が必要である。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/


505 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 20:30:07 ID:GlsN9gAR
でもなんで自演するの?

506 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/05(日) 20:34:50 ID:SS0dVD5z
誰かこたえれ

474 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2006/11/05(日) 10:15:25 ID:VAt7JdjO
聖書を読み始めました。
旧約から読んでいっていますが、これを新約まですべて読み終わるには
どれくらいの月日がかかるんだろう。
個人差はあるだろうけど一日3ページくらいしか進まない…(´・ω・`)

信仰者は星占いとか夢占いとかは信じないのですか?
私は教会に通っている身ではありませんがなんだかキリスト教に惹かれて
ふとこういう身近な占いに複雑な思いを抱くようになりました。
実は今日歯が抜ける夢をみてしまって。
日本では歯の夢を見ると恋愛、健康、人間関係、全てにおいての運が悪くなっている
証拠だと聞きます。

(´・ω・`)これから災いが起こるよ っていう思いと
(`・ω・´)こんなの信じないよ っていう思いが格闘してます。うーん。
くだらない質問ですみません。


507 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:23:31 ID:aj81wQOg
教会はさつじんとまではいかない罪をおかしてしまった人を
かくまってくれたりしてくれますか?

508 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:28:02 ID:cItxjTOC
>>507
罪を犯したのなら警察へどうぞ



509 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:30:48 ID:lOK4QpXg
マジレスですけど
映画のマイボディーガードの黒人主人公
が使っていた様な小型の英語の聖書を
探しているのですが?
洋書コーナーでは1000円ぐらいで普通のサイズ
しかないしネットでもみつけれない。
どなたか知っている人おしえて。


510 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/06(月) 00:31:35 ID:I0IyQ4dF
>>507
こういう判例があります。
刑法上の罪を犯した少年を教会に匿った牧師が、
犯人隠匿罪に問われた事件がありましたが、
牧師としての務めを果たしたという事で、
裁判では無罪になりました。


511 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/06(月) 00:43:14 ID:HCJDrPDB
>>509
このあたりに聞いてみた?

青山ブックセンター
http://www.aoyamabc.co.jp/

サンパウロ
http://www.sanpaolo.or.jp/

512 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:47:07 ID:lOK4QpXg
>>511
私の地元は、紀伊国屋が最大なんですがありませんでした。
店員に聞いてはいませんけど・・・・
教えてくれた所通販するか調べてみます。
ちなみにあの聖書は、カトリックなのかプロテスタントなのかも
わかりません。クリスチャンでないもんで・・。
英語の勉強のためです。聖書協会の日本語聖書はもってますけど
なんかあの小型本かっこいいなとおもって。(笑


513 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:54:26 ID:x7yKTMT6
無宗教だけどいきなり
大勢で「アーアーアーアーアーアーアーアーアー」って音あわせしてる様な(賛歌と言うのか?)歌を聴きたくなりました
訳が分からないかもしれませんが、心当たりのある方どうかお願いします。

514 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:56:08 ID:x7yKTMT6
あー、失礼。歌じゃないかもしれません
とにかくあの深みがあり、それでいてズッシリと体に響くようなあの合唱が聞きたいのです
よろしくお願いします

515 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 03:37:02 ID:PCtnid+g
>>496
イエス様の発言との整合性もそうですが、それ以外にもどうとったらよいのか迷う部分がかなりありますね。

ヤコブ2:24
これであなたがたも分かるように、人は行いによって義とされるのであって、信仰だけによるのではありません。

ロマ9:32
イスラエルは,信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです。彼らはつまずきの石につまずいたのです。

とか、ユダの死に方もそうだし…
他にもたくさんありそうです。


516 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/06(月) 03:42:54 ID:HCJDrPDB
>>512
わたし東京住まいです。
東京には、紀伊国屋、三省堂、ジュンク堂、丸善、いろいろあります。
でも洋書なら、青山かなと思っています。
ちなみにカトリックでは、六本木に外国人のためのセンターがあります。
青山ブックセンターは、六本木が本店です。
ネットでなく、電話で問い合わせてはいかがですか。

517 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 03:44:58 ID:VjwfTOb6
♪♪hey hey hey 時には喪こせよMovement♪♪

http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1159195374/

がっかりさせない期待にこたえてサビ残で鬱なオイラを捨てるよ♪
自分で動き出さなきゃ
何も起こらない夜に
デモ隊組織で自殺者救え♪

518 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/06(月) 03:47:09 ID:ZdJpPyY6
>>515

ヤコブとロマ書は矛盾しないのです。
よく読むとですが。。。

ヤコブ書のほうは、信仰だけではなく行いも必要であることを
説いています。
ロマ書のほうは、信仰がなくても行いがあればよい、という
考えを否定しております。

つまり、信仰も行いも重要である、ということを
両者とも言っているのです。

519 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 03:51:35 ID:9ZyelTk1
>>513
グレゴリオ聖歌のCDなど探してみては。
荘厳な感じがしていいんじゃないかと。


520 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 04:26:47 ID:PCtnid+g
>>518
まあ、そういうことだろうとは思っていました。
ユダの死についてはどうなのでしょうか?
(死に方はどうでもいいのですが…、ちょっと気になるだけです。)
その他にもいろいろありますよね?

あと、予定説についてのダニエルさんの見解をおうかがいできませんか?
できれば、バーコードも…
急ぎではありません。いまから、寝ようと思うので。

521 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/06(月) 04:52:54 ID:ZdJpPyY6
僕は予定説というものは信じません。
これは、ごく個人的な見解です。

そうでなければ、神がアブラハムを試す必要がなかったからです。

獣の数字とバーコードについてあれこれと書いている書物が
あるようですが、まったくの無関係でしょうね。
バーコードに666の数字が入れられているというのは、
バーコードなどによる支配を試みている集団による単なる
ブラックジョークみたいなものでしょう。
彼らは新約聖書を信じていない人たちです。
こうした新約聖書に対してのおちょくりというのが大好きな人たち
というのが、この世界には存在しているのです。

しかし、そうしたことも私たちキリスト者には関係がないことです。
私たちのすべきことは、国際情勢を見極めることではないからです。

私たちのすべきことは、イエス・キリストの言葉に従うことであり、
永遠の命を求めることだからです。アーメン。

522 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/06(月) 05:05:13 ID:ZdJpPyY6
僕が予定説を信じない理由はもうひとつあります。

創世記において、神ご自身が天地創造を行ったこと
について悔いている場面があるからです。


創世記6:7
「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。
人も獣も、這うものも、空の鳥までも。
わたしは、これらを造ったことを悔いる」と言われた。

523 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/06(月) 08:45:02 ID:vhUDmqvs
>>476
>バーコードのように救われる人が決まっているというのは
>実に奇妙な話である。教会で「救われて感謝!」と祈っている人たちの
>なかに、バーコードのない人が混ざっていたとすれば、
>悲惨を通り越して滑稽である。バーコードの無い人はやがて教会から
>離れ、祈りもやめるということなのだろうか?


おそらく予定説というものを信じる人たちは
黙示録に書かれている「命の書にその名が書かれていないものは・・・」
のくだりの解釈に問題があるのだろうと思います。
これを読んで「な〜んだ、はじめから命の書とやらに名前が書かれて
いる人が救われることになっているのか」と思うからではないでしょうか。

命の書とは、イエスのことです。
ですからイエスを受け入れてください。



524 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/06(月) 08:54:24 ID:cUq0gcuU
>>474
とりあえず、聖書すべてを読むのに70時間かかるという話を聞いたことがあります。
でも何度も読むうちに早くなります。
1年かけて読むような書物ですのであせらないあせらない。。。

聖書の創世記の時代などでは、夢の解き明かしなどが出てきますが、占いではありません。
基本的に、クリスチャンで占いの類に頼る人はいないと思います。


あなたが占領しようとしているこれらの異邦の民は、卜者や占い師に聞き従ってきたのは確かである。しかし、あなたには、あなたの神、主は、そうすることを許されない。(申命記18:14)

525 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/06(月) 08:56:21 ID:cUq0gcuU
>>523
どうでもいいのですが、ダニエルさん、もう少しお休みになってください。。。睡眠時間が短すぎの気がします。

526 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 10:10:50 ID:PCtnid+g
>>522
「とって食べるな」と言われたのに、とって食べたのも予定とは考えにくいですよね。

527 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 10:45:45 ID:nBgk5WAX
>>500
>キリストの救いに付加物を付け、こっちが正解、こっちが間違いと分別してる
>こと自体が原罪であると気付きなさい。



これが「原罪」なんですか?????

528 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/06(月) 12:46:28 ID:YnOk01jM
>>525

ご心配ありがとうございます。(^^)/
やりたいことが多くて時間が足りないんですよ。

529 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/06(月) 12:51:17 ID:IWusFa58
皆さん予定説と二重予定説を区別できていないようですね。
予定説はキリスト教の重要な教理ですよ。
それともペラギウス説を採用しますか?

>>527
その結論に導く論証はかなりの量と質を要します。
簡単に手に入れることはできません。
いきなり結論だけ突きつけられても困惑されるかもしれませんが
人間の観念が差別、争いを引き起こす元であるとだけ言っておきましょう。

530 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 14:55:15 ID:RE/UXNWP
ハレルヤなのですかアレルヤですか?
これって何語でどういう意味ですか?

531 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/06(月) 16:26:17 ID:cUq0gcuU
>>530
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%A4

532 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 16:47:39 ID:t/Wo6eO+
ヘブライ語なのですね
マイケル・フォーチュナティーの歌にもこの言葉を連呼する歌がありますが
この言葉は日常のどういった場合に使用する言葉なのですか?
例えばこんにちはみたいな挨拶代わりに使用するのですか?

533 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 17:13:33 ID:wZeP18zU
アッラーは偉大なり!

534 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 18:05:25 ID:CDOiaFzl
再掲 どなたかご回答いただけませんでしょうか?
お願い申し上げます。

>>490
とはいいますが、使徒行伝の内容は、ペトロの言動が福音書とあまりにも違う
あたり、整合性を疑ってしまいます。

パウロが復活のイエスに会ったのが事実だとしましょう。
しかし、新約聖書の多くを占めるパウロの書簡で、パウロが自説をかくも断言
できる根拠はなんでしょうか?
携挙、復活、世の終わりなど、復活のイエスから聞いたようでもありませんし。
下手すると彼の思いこみの可能性もありますよ。特に、(空中)携挙は。
パウロは夢でもみたのでしょうか?

535 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 18:32:41 ID:oOax6XlQ
>>534
>パウロが復活のイエスに会ったのが事実だとしましょう。

ガラテヤ 3章1節
>3:1 ああ、物分かりの悪いガラテヤの人たち、だれがあなたがたを
>惑わしたのか。目の前に、イエス・キリストが十字架につけられた姿
>ではっきり示されたではないか。

パウロが 復活したイエスを見たのは事実です。
世の終わりは マラキ書等で言及されていて
パウロ独自の考えではない。


536 :513:2006/11/06(月) 19:00:50 ID:MMjU07bH
>>519
有難うございます。早速探してみますね〜

537 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 19:06:05 ID:CDOiaFzl
>>535
パウロが”復活のイエス”に会ったことを前提としても、
それは1回だけの経験じゃないんですか?

常にイエスが何かメッセージを送り続けて、それを
パウロが書き留めてという印象を受けないので、
(たとえば、”ヨハネの黙示録”と比較して。)
それを聞いているのですが。

>世の終わりは マラキ書等で言及されていて
>パウロ独自の考えではない。

じゃあ、”空中携挙”はどうでしょうか?
これを信じない牧師も多いという話を聞いたことがあります。

538 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/06(月) 20:45:23 ID:Iu1HfuRC
>>459各教会により参列する場合と断る場合がある。質素な生活は理想ですが
それは後からついてくるものです。段階により大人のクリスチャンになれば
自然と質素な生活になるでしょう。
>>474
一日4章読めば一年で聖書を読み終える事ができます。通読は目標を
持たないと挫折する事がおおいです。霊的なクリスチャンは占いをしません。
神様は夢を通して啓二したりしますが、悪例も夢を通して騙したりするので
夢の解き明かしは霊的な教会の夢の解き明かしを持つ賜物の教会員に
聞かなければいけません。



539 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/06(月) 20:55:42 ID:egKGhhFO
仮蟹ってなに?

540 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/06(月) 20:56:36 ID:egKGhhFO
あwバナナがいるからちょうどいいや
>>538
ねえ、仮蟹ってなに?

541 :Lord of the Sith ◆ANAKIN.4Qk :2006/11/06(月) 20:59:32 ID:7FitviKT
規制に巻き込まれた
携帯面倒くせぇ

542 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 21:12:37 ID:PCtnid+g
>>529
ちょっとWikipediaなどを当たってみましたが、
明瞭的確にすっきりと整理してあるところが見当たりませんでした。

Wikiでは、
その人が神の救済に与れるかどうかは、予め決定されており、
この世で善行を積んだかどうかといったことではそれを変えることはできないとする。
例えば、教会にいくら寄進をしても救済されるかどうかには全く関係がない。…とありますが、
今一整理がつかないので、どなたか確認お願いします。

二重予定説:(カルヴァン。救われる者、滅びる者の両者の予定だから二重?)
「二重」の意味はこれで合ってますか?
堕落前予定説:(罪あっての救いだから、堕落も神の予定)
で、一般に予定説というときは、堕落後予定説

なのですか?
もしそうなら、「堕落」自体は、「神の予定とは無関係の人間の自由意志」による選択ですか?
で、堕落後に(予定とは無関係の)自由意志はなくなったのでしょうか?
どなたかご教示お願いします。

>それともペラギウス説を採用しますか?
なぜ、ここでペラギウス?


543 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:10:27 ID:Co10NbeQ
七つの大罪ってあるでしょ?
信者の人々はああいうのを常日頃から意識して生活してるの?
一つでも当てはまっちゃうのがあると破門とかになるの?

544 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/06(月) 22:30:55 ID:Iu1HfuRC
>>543
>七つの大罪
あんまり聞かないから人によりけりかな、普通に罪は意識してると思います。
罪を犯しても破門にはなりません。人間は弱いので罪なしには生きられないのです。

545 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/06(月) 22:34:36 ID:egKGhhFO
>>バナナ
ぺらぎうーすってなに?

546 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/06(月) 22:35:56 ID:egKGhhFO
あ、もうわかったからいいや

547 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:39:43 ID:PCtnid+g
>>523
>おそらく予定説というものを信じる人たちは
>黙示録に書かれている「命の書にその名が書かれていないものは・・・」
>のくだりの解釈に問題があるのだろうと思います。
>これを読んで「な〜んだ、はじめから命の書とやらに名前が書かれて
>いる人が救われることになっているのか」と思うからではないでしょうか。

そうなんですか?
他にも、全てあらかじめ決められているという聖句がいくつもありますよね?
でも、根本的には「十字架による罪のあがない」が、
予定説が崩れたら成り立たなくなってしまうので、
「予定説」だけは絶対にゆずれないということなのではないんですか?


548 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 23:28:03 ID:anAtnKTw
>>544
そもそも罪ってなんですか?
例えば人は生きていく上で必ず何かを食べなければ生きていけませんが
食べるという事はなんかしらの命を犠牲にしてそれを糧として取り込むじゃないですか?
要するに人は毎日毎日犠牲になった命を食しているわけで
生きている間中これが延々と繰り返されるわけです
これではいったい人はいつ救われるのですか?
死なないと本当の意味で救われない気がするのですがどうなのでしょうか?

549 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 23:56:51 ID:K4OrLPCH
ローマカトリック教会、聖公会(イギリス国教会)、ルーテル教会(ルター派)
改革長老教会(カルヴァン派) 、東方正教会(オーソドクス)、アルメニア正教会
コプト正教会、ネストリウス派 各派殿

繰り返しますが、これ以上、人民を騙さずに、キリスト教の解体を考えるべき時期に来ています。

「たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。
この方こそ、私たちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりではなく、全世界の罪を償ういけにえです。 」
新約聖書『ヨハネの手紙1』2章1-2節

に見られますように、キリスト教の本質は流派が違っても
「全世界の罪を償ういけにえ」 を前提にするという考え方であり、
これは現在、キリスト教圏のハロウィーンにつながっている
ケルトの土着宗教(サウィン祭など)で毎年、屠られている「生贄」と
共通した概念であり、殺される立場の多くの人たちにとっては理不尽きわまりないものがあります。

またミサにおけるパンとぶどう酒は、明らかに人肉食のモデルであり
キリスト教とは、「スケープゴートの人肉食によって自らを浄化する」というミームが
少なくとも潜在的には前提となっているとしか思えない教義になっており、
この考え方はあまりにも多くの犠牲を生んでいるのではないでしょうか?

繰り返しますが、キリスト教の解体を考えるべき時期に来ていると考えます。
キリスト教はミーム的にも欺瞞があまりに多く、
人類、特にキリスト教圏はこの点、新たな精神革命が必要であると考えざるをえません。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/l50

550 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 00:15:19 ID:7Qibmkhm
>>547

あなたが何について予定説だと言っているのかはわかりませんが、
完全に神がすべてを決定してしまっているのではないと思います。
人に自由意志が与えられているからです。

そもそも、予定説だとかそうじゃないとかの議論に何の価値があるのですか?
そんなことに興味を持つ、というのが僕には理解できないことです。

僕は神の愛、復活について興味があります。予定がどうなっているとか、
こうなっているとかいないとかに、興味ありません。
イエスと関係のない議論の遊びに関心を持つことは、偶像崇拝だと思いますよ。
神学に熱中するのも同様、御出現の女預言者の教えに関心を持つのも同様、
それらはみんな偶像崇拝です。

551 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:17:23 ID:3uIIDj8t
>>548
あなたの質問は鋭い
宗教の本質を突いている
あなたの質問に答えて書き込んでも
削除されてしまうだろう
その答えを知りたいですか?

552 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 00:17:28 ID:7Qibmkhm

たとえていえば、こういうことです。
正常な男性なら女性に興味を持つものです。
しかし、女性そのものではなく、女性の下着に興味を持つ
おかしな人がいたとします。
偶像崇拝とは、そういうおかしな行為のことを言うのです。
素直に神に関心を持ってください。

553 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 00:21:41 ID:7Qibmkhm

予定説だの、御出現だの、神学だの、何だのと
神以外のものに興味を向けることは、おかしな行為なのです。
それで、本人はいっぱしに信仰深いつもりでいるのだから困りもの
なのです。

このように、自分を知者だと思って、かえって人は愚かになっています。
素直な幼子のように、神を求めることをお勧めいたします。

554 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/07(火) 00:27:04 ID:5jdq04gg
>>549
コプト正教会は、割りとまともなのでは?

555 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:41:19 ID:7E2hQTga
>>516
ご親切にありがとう
電話番号を調べて問い合わせてみます。
ちなみに”マイボディーガード”見たことありますか?


556 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 01:17:52 ID:hv9IL3zd
>>550
>あなたが何について予定説だと言っているのかはわかりませんが、
>完全に神がすべてを決定してしまっているのではないと思います。
>人に自由意志が与えられているからです。
この点に関しては、私も同じ考えですが、
予定説をとる人たちは、人間の意志さえも神の予定であると言っていますよね?
地下鉄サリンも予定だそうですから。そういった主張は、一部の教会ではないはずです。

>そもそも、予定説だとかそうじゃないとかの議論に何の価値があるのですか?
>そんなことに興味を持つ、というのが僕には理解できないことです。
神と人間の関係、生き方などを考える上で、これほど重要なことにスルーというのは
ちょっと理解しがたいです。

それでは、いままで予定論について考えた経験のある人は、その時間
>イエスと関係のない議論の遊び をしていたのであり、
>偶像崇拝 をしていたとお考えですか?
予定論は、キリスト者が口にしてはいけないタブーなのでしょうか?
聖書を読む上でも、かならず解釈上の「立場」があると思います。
よりよく生きるために、先人たちが考え、祈りの中で与えられた知恵を
知ろうとしてはいけませんか?

私は議論の遊びをしようという動機で質問したわけではありません。(結果的には
そう写るかもしれませんし、時にはそれが議論というかたちをとってしまうかも
しれませんが。)
純粋な動機で質問したつもりでしたが、ダニエルさんにとっては、それが偶像崇拝と
写ったようですね。
>僕は神の愛、復活について興味があります。
興味だけなら、やはりそれも偶像崇拝になる可能性がありますよね。
なにもわかっていないので、またいろいろ教えてください。


557 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 06:40:24 ID:emnSHtBW
>>554 もしやあなたが例のギルギスさんですか?
カバラ信じてますか?

558 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 08:30:02 ID:j968sQex
ダニエル ◆o31oshrvYE さん

>>イエスと関係のない議論の遊びに関心を持つことは、偶像崇拝だと思いますよ。
>>神学に熱中するのも同様、御出現の女預言者の教えに関心を持つのも同様、
>>それらはみんな偶像崇拝です。

>しかし、女性そのものではなく、女性の下着に興味を持つ
>おかしな人がいたとします。
>偶像崇拝とは、そういうおかしな行為のことを言うのです。

偶像崇拝を拡大解釈しすぎでは?
聖書には神に見立てて像をつくってはならない。
像を神に見立てて拝んではならないとあります。
ダニエルさんがおっしゃる上記のことは、あなたが批判する
聖書に書かれていないことを独自に解釈することに
あたりませんか?

559 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 09:19:26 ID:SmmJFmMF
>>556

言葉が過ぎたようです。ご無礼をお許しください。
ただ、人生は短く、人の老いることは早いです。

人間が頭であれこれ考えることは、たいていの場合、
神へ向かうベクトルから離れてしまうことが多いのです。

ですから、あなたの魂のためには、思い切って聖書の世界観へ
そのまま飛び込むことがよいと思います。

父親をまず葬りに行かせてください、と言った人は
この世的には正しいのですが、イエスから見るとそうではないようです。

この世に立脚すること(学問、学習など)をやめにして、
思い切って裸で聖書の世界観に飛び込んでしまうことが必要だからです。

560 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 09:25:48 ID:SmmJFmMF
>>558
>偶像崇拝を拡大解釈しすぎでは?
>聖書には神に見立てて像をつくってはならない。
>像を神に見立てて拝んではならないとあります。
>ダニエルさんがおっしゃる上記のことは、あなたが批判する
>聖書に書かれていないことを独自に解釈することに
>あたりませんか?

そうした疑問があるのは理解できます。
以下の聖句をご確認ください。

ローマ 1:23
不朽の神の栄光を変えて、
朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せたのである。

この聖句により、像というものが被造物をもさすことを
ご理解いただけると思います。
朽ちるもの、というのは永遠ではないもののことを指します。
永遠でないものを拝むことは偶像崇拝にあたります。

561 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/07(火) 09:26:33 ID:fkj6PYm0
>>559
身投げじゃあるまいし
それであなたのように過ちを犯すとW

562 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/07(火) 09:28:27 ID:SmmJFmMF
なぜ永遠でない朽ちるものを拝むことが偶像崇拝かといえば、
神は朽ちないからです。

この世のものは、すべて過ぎ去ることが聖書に書かれています。
この世のものを、この世のものとして愛するのではなく、
そこにあらわされている「神の栄光」として崇め愛することが
大切なのです。
これは、物事の見方を180度変更することになると思います。

563 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/07(火) 09:33:33 ID:fkj6PYm0
>>562
あほか
朽ちないのは ほんの一部でしょ

表現しきれない存在を表現しようとするのは傲慢だからです

564 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 10:48:53 ID:DvkUNXMn
>>551
はい

565 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 12:31:51 ID:HvXkaRdG


これが本当のダビンチ・コード
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-535


566 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 13:58:30 ID:4OZcfo7U
聖書の図解
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/samueru061028.htm

トップ・ページ
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

567 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 18:44:00 ID:3uIIDj8t
>>564
確認しました。       551

あなたのご質問は
1、罪とは何か?
2、救いとは何か?
この2つでよろしいですか?

568 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/07(火) 19:34:05 ID:l6H62MIf
>>548

罪とは神様にそむくことです。肉を食べたり野菜を食べるのはキリスト教に
おいて罪ではありません。救いは神様が人間の罪を救う為に御子イエス・キリスト
をこの世に送って下さり、イエス・キリストが私達の罪の為に身代わりとなって
十字架にかかって下さった事を信じ救い主として受け入れる事です。

569 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:51:43 ID:8Pb4ePbF
占いとかも、偶像崇拝です


570 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 20:14:00 ID:533Kpo9m
>>567
はい

571 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 22:27:47 ID:diOzFxUA
受洗3年位の40代のクリスチャンです。
クリスチャンになったきっかけがそもそも、ホテルで上品なホテトル嬢(クリスチャン?)と合って、そこでいままで決して読むことのなかった聖書を読んだのがきっかけです。
つねに姦淫の思いから逃れられず、受洗後もソープやキャバクラなどに嫁さんに内緒で出入りしたり、隠れてアダルトビデオを見たりしています。
修道士の本を読んでいても、縄の記述から司祭と修道女のSMを妄想したり、旧約を読んでもそういう個所を探して読んでいたりします。
職場の女性を妄想するなどは常に行っています。
クリスチャンになる前よりも、神に背くということを自覚して行うということから、一層罪が重くなっているのではないか、どんどん地獄の方へ行ってしまうような不安があります。
こうした私が罪から逃れられる「参考になる本」「お祈り」などお教えください。

572 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 22:32:43 ID:diOzFxUA
>>570
罪とは、571の私のようなことですよ。肉食したくないなら菜食にすれば、あなたの言うところの罪は軽くなると思う。
ただ、天使のようなあなたでも、福音書を読めば、罪は見つかると思いますよ。
救いとは、その縄目から開放され、神への愛、隣人愛に生きることです。そうすれば死んだあと、天国が待っています。

573 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 22:45:27 ID:8Pb4ePbF
>>571
そのままを神に伝えて下さい。そういう思いも徐々に変えて下さる。


574 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/07(火) 22:47:36 ID:OAMcpcQR
>>571
いやし・解放・勝利  ニール・アンダーソン著

>どんどん地獄の方へ行ってしまうような不安があります。
悪魔はあなたを騙し罪悪感を持たせ主の為の働きを邪魔します。
あなたはもう救われてしまった(過去完了)のですから。
罪を犯そうとも堂々としていなさい。
祈りはもう自分の力では手に負えないわけですから、より神様にいのるしかないでしょう。
イエスの御名には力があります。まず朝でも鏡を見て自分の中に居る悪霊
(この場合姦淫の霊)に出て行くように命じて下さい。
私も同じ体験をしました。祈ると悪いことを企んだ日には頭痛をおこしたり、
閉店だったりした事がありました。
この問題は簡単に解決するものではなく生半可では解決できません。
でも「勝利」の宣言をすることにより道は開けます。


575 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:16:40 ID:DVzFjE6Q
キリスト教会の洗礼はどこから始まったんだろ

576 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:51:20 ID:pL4ulTW5
>>571さんは>>567さんですか?
ID違うから誰が誰やら・・

577 : ◆IbYG6dQTTc :2006/11/08(水) 00:27:54 ID:CRJED7W0
>>574
マルコーシュ・パブリケーション社からでている
霊的解放の良書ですね。

578 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 02:35:09 ID:OPK+72PM
>>564 567
トンネルを通り抜けると、まったく別人になるんです。
そのトンネルは(真空状態でして)自分を第1にする人は
通れないのではなく、通らないのです。
罪とは「・・・したい」の付くもので、トンネルを出ますと
内容が同じでも、罪でなく、別のものになります。
トンネルを出たところでも、包装紙は同じですが・・
自分の意思を行うのと主なる神の意思を行うのとでは・・
救いとは?
「真空地帯」を通るとき、あなたの頭の中と心の中が
真空になったとき、どこからともなく、光の束が突進
してくるかもしれません。真空が好きなのでしょう。
ガラクタを入れておいた、変な袋は、破れるかもしれません。
救いを求めているのは、その光の束のほうかもしれません。
真空を探して、泣き叫びながら、求めているのは
光の束のほうかもしれません。

アドバイスは良いが、破壊に至る干渉は悪い。
と思いますので、あなたの求めてやまない意思
によるのが、良いと思います。
削除されなければ、また明日お会いしましょう。
最後に一言申し上げます。
あらかじめ、予想して配慮することは
すべて間違いかもしれません。









579 :暇人:2006/11/08(水) 06:30:36 ID:K+9x+BdT
>>575
そもそもは
荒野のヨハネがヨルダン川で『沈め式』をしてた。
「悔い改めよ! ドボン!!」と川に溺れさせていた。
溺れて苦しくなってバタバタすると引き上げられて、
生まれかわった気分になる。
これを体験したイエスも そんな気になった。
でイエスもガラリアの猟師や熱心党崩れを糾合した。
イエス自身はヨハネグループから独立志向があり
「沈め式」は直接しなかったが、弟子達は積極的にがんがんやり
ヨハネグループから睨まれたりもした。
ヨハネグループに睨まれてトラブルを避け逃げたことさえある。

ヨハネグループ壊滅後は、堂々と中心の入信儀式にした。

580 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/08(水) 07:33:57 ID:SDjS5r4d
>>575

旧約時代のモーセが最初です。

581 :長浜派:2006/11/08(水) 08:12:23 ID:K+9x+BdT
ヨハネから受洗したイエスだが
実は新約聖書には イエスは洗礼を授けなかった。
弟子達が勝手にやってたという暴露記事がある。

しかし栗はイエスの命令なく勝手にするはずがないと
無根拠に断定する

582 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 11:02:14 ID:jqqDuisU
求めよ、されば与えられんのくだり教えてください!

583 :長門派:2006/11/08(水) 11:41:37 ID:/+r2N7fR
チンコ

584 :梅林圭介 メン:2006/11/08(水) 12:59:51 ID:DTFbbuzk
だから、福音派教会を辞めたがってる子や教会を抜けたい子がいるのは確か!その子らを集めて 新しい教会を俺はつくりたい「リベラル教団」にする!牧師なんて自己深刻でいいんでしょ?俺が牧師やるよ!

585 :梅林圭介 メン:2006/11/08(水) 13:04:58 ID:DTFbbuzk
間違えました スレ違いです 誤爆です すみません。しかし どのスレッドにレスしようとしたのかな?

586 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:19:07 ID:zFpYNcyu
>>578の内容に何かまずい事でもあるの?
意味不明なんだけど

587 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 17:43:21 ID:lSwgvISg
不思議のメダイをただで配布しいてるのに申し込んでも大丈夫ですか?
後になってから多額の献金を要求されたりなんて事があると聞きました

588 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 18:24:00 ID:hepeuRQY
質問です。
不思議のメダイというのは何ですか?

589 :長田派:2006/11/08(水) 18:29:08 ID:4rVlp+5H
>>588
http://www.tomoshibi.or.jp/medai/

>>587
上記URLからどうぞ。

590 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 18:45:45 ID:V+0qTLXb
ここって信用できるの?

591 :588:2006/11/08(水) 19:05:29 ID:hepeuRQY
>>589
なんだ呪物ですか。プロテスタント側は
せせら笑うでしょうね。

592 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:12:21 ID:Mk7sLxwr
>>589
マタイによる福音書 7−7

求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
誰でも求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。




593 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:36:46 ID:7hoeNQhY
>>573
>>574

ありがとうございました。ちなみに私は567ではありません。


594 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:29:11 ID:ovmc1AvN
>>588
「不思議なメダイ」「Medaille Miraculeuse」ともいう、
カトリックの信心用具のひとつ。なお、メダイとはメダルのこと。
1830年11月27日夜、パリにある女子修道会の愛徳姉妹会本部聖堂に
聖母マリアが現れ、修道女だった聖女カタリナ・ラブレに御自分の
姿をモデルにしたメダイを作るようにと仰った。
このメダイを身につけ『ああ、けがれなくお宿りになられた聖マリア、
あなたにより頼む私たちのためにお祈りください』という短い祈りを
唱える人に、多くの奇跡が行われたことから「不思議のメダイ」として
知られるようになった。

http://homepage3.nifty.com/makisimiriana/omedai.html

595 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:40:47 ID:cDlE/Hp+
勉強中の初心者です。よろしくお願いします。

なぜ、全知全能の神が、人間のような不完全なものを作ったのかがわかりません。
神が本当に全知なら、アダムとイブがりんごを食べることを予見できても良いと思う。
そこで怒るより、最初から、完全な罪を犯さない人間を作ることを
なぜしなかったのでしょう?
人間を超えたお考えがあると言われればそれまでですが、
旧約を読んでいると、良く怒ってるので、
「怒るぐらいなら、そんな風につくらなければ良かったのに」と
どうしても思ってしまうのです。

それから、イエス様は、ヨハネに会うまで、
ユダヤ教の洗礼をしていなかったのですか?
それとも、洗礼とは複数回できるものですか?


596 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:47:46 ID:eZ7Rnjjg
不思議なメダイを身に着けた方がいいと書かれてますが
これはお守りではないとも書かれています
じゃあいったいこれってどうするものなのさ?

597 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 22:08:37 ID:q+PgNNin
>>596

だから不思議のメダイというのです。

598 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/08(水) 22:14:46 ID:GMIydD1M
>>596
信仰に導くものとされています

599 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 22:16:33 ID:q+PgNNin

手からビームが出ているのです。

600 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/08(水) 22:24:11 ID:FD+FmhUp
>>595
神様は人間を弱くお創りになられました。それは
人間に罪を犯させ、御子イエス・キリストを世に送る為です。

>完全な罪を犯さない人間を作ることを なぜしなかったのでしょう?

そのような完全な者に将来天国でイエス様が賛美されて何の意味があるでしょう?
自由意志で神様を選んだ人に賛美されるからこそ価値があるのです。






601 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:29:04 ID:CDlf5EgV
旧約聖書と新約聖書は、どっちを先に読めばいいのでしょうか。

602 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:31:55 ID:cWKn5i/H
新約からです、旧約からだとすぐ挫折します

603 :フーテン ◆fun4F5xTy. :2006/11/08(水) 22:33:03 ID:z4+TkpH5
旧約から読まないと何も分かりません。

604 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/08(水) 22:33:24 ID:2QZwbls+
>>601
新約聖書の、四つの福音書から。
次に新約聖書の使徒行伝、その次は興味湧くのからどうぞ。
旧約聖書の箴言もいいね。

605 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:57:40 ID:9ODDAGr+
>>600
>自由意志で神様を選んだ人に賛美されるからこそ価値があるのです。

それなら、なぜ神は神を「選ばない」人を地獄へ投げ込んで永遠に苦しめようとするの?
神を信じない、あるいは(キリスト教の)神以外のものを信じて(キリスト教の)神を認めないと神はその人を永遠に苦しめるわけだよね?
自由意志(「神を選ばない」自由、「神以外のものを選ぶ」自由)なんて結局まったく認めてないじゃん。
神を選ばないと神に永遠に苦しめられる、なんて状況の「自由意志」ってのもねw

神は、脅迫で従えた人に「賛美」されたいのかな。


606 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:01:54 ID:q+PgNNin
>>605

あなたが今、「生きている」ということが神とともにいることであり、
命を大切にあつかわないこと、無駄に時間を過ごすこと、生きている意味について
少しも考えないこと、感謝しないこと、真実の愛を求めないこと、他者にたいして
冷淡なこと。

これらは、命である「生ける神」に相容れないことであるので、
この世を離れるとともに、命である神と離れてしまいます。
これが永遠の死となるのであって、神が不信仰な人を地獄に落とすのではなく
地獄へ行く人は、自分で神から離れて地獄へ行くのです。

607 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:03:41 ID:q+PgNNin
この世というのはおもしろいことに、
神と悪魔(命と死)が同居している世界なのです。

この世に生きている間に、命である神を掴まえることが
永遠の命となるのです。おわり。

608 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:08:24 ID:q+PgNNin
イエス・キリストはキリスト教に入信しないと地獄へ行くなどとは
言っておられませんよ。
そうしたことは、無責任な人たちが勝手に言っていることです。

イエスは永遠の命に至るためにはどうしたらよいかについて
多くのことを語ってくださっています。これらの言葉は聖書を開けば
いつでも読むことができるのです。

609 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:10:37 ID:9ODDAGr+
>>606
>これが永遠の死となるのであって、神が不信仰な人を地獄に落とすのではなく
>地獄へ行く人は、自分で神から離れて地獄へ行くのです。

それじゃ、神を信じていなくても、あるいはキリスト教(聖書)の神以外の宗教を信仰し聖書の神を主なる「神」と認めなくても、神によって地獄へ投げ込まれる(滅ぼされる)ことはない、ということ?
神を信じたかどうかという信仰の問題ではなく人は「生き方」によって地獄へ「自ら行く」、(神に従わない)罪によって神に地獄へ投げ込まれるのではない、と?


610 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:11:58 ID:q+PgNNin
>>605 さん。

何の固定概念も持たない、まっさらな心で
聖書にまず接してみてください。

包帯が血を見る見るうちに吸い取るように、
無垢な気持ちに、聖句が染み透ると思います。

何のためらいも持たず、聖書を開いて、そこに書いてあることに
ついて、求め学んでください。

611 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:14:58 ID:9ODDAGr+
>>610
それを言い合っても仕方がないなw
まずはその言葉、そのまま返すよ。

自分だけは「まっさらな心」で聖書を読んでいて、自分とは違う読み方をする人、自分とは違う印象を持つ人はそうではない、という「固定観念」を持っているのならね。


612 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:16:12 ID:q+PgNNin
>>609
>神を信じたかどうかという信仰の問題ではなく人は「生き方」によって
>地獄へ「自ら行く」、(神に従わない)罪によって神に地獄へ投げ込まれるのではない、と?


神に従う、というのは命の本質に従うことであります。
従って、人間の概念上の神に向かって拝むこととは異なります。
概念上の神は、実在しない神であって、生きている神ではありません。

神は善であり、愛であり、命です。
これに従わない生き方をしていれば滅ぶので、言葉の上からいえば
「神に従わないものは滅ぶ」は、まったく正しいことです。

しかし、多くの人は、これを概念として受け取って、概念上の神に
祈っていたりするのですが、こうした行いは真の神に祈っていることには
ならないということです。

613 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:21:48 ID:q+PgNNin
>>609
>あるいはキリスト教(聖書)の神以外の宗教を信仰し
>聖書の神を主なる「神」と認めなくても、神によって地獄へ
>投げ込まれる(滅ぼされる)ことはない、ということ?


聖書の神以外に神はいないのです。
聖書の神は、命をあたえてくださるお方です。
このことは聖書には何度も何度も書かれていることです。
生きてもいない神を信じるな、と書いてあります。

ですから、聖書の神以外に祈ることは、良くない結果しかもたらしません。



614 :ななし:2006/11/08(水) 23:23:03 ID:KULRHWl9
>>613
コーランの神は=聖書の神ですか?

615 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:26:06 ID:q+PgNNin

聖書の神は、「生ける神」と書いてあります。
また、イエスは「永遠の命」ということを頻繁に
語っておらえました。

この「生ける」ということ、「命」ということは聖書の
中心的なキーワードであって、このために十字架も復活も
あるのです。

しかし残念なことに、教会で、この「命」について教えてくれる
ことのできるような教師はほとんどいません。

「イエスを信じましょう」くらいしか言えない教師がほとんどなのです。
ですから、あなた自身で、大胆に聖書の神に近づくことです。

616 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:27:06 ID:9ODDAGr+
>>612
>神は善であり、愛であり、命です。
>これに従わない生き方をしていれば滅ぶので、言葉の上からいえば
>「神に従わないものは滅ぶ」は、まったく正しいことです。

(聖書の)神以外には「善」「愛」「命」などありえない、ということ?

>>613
>ですから、聖書の神以外に祈ることは、良くない結果しかもたらしません。

「良くない結果」は、「なぜ」起こるの?
聖書には、その結果(神を信じない罪の結果)は「神が」裁きによって起こす(人を罪とし滅ぼす)、としている部分もあるわけだけど、実際にはそうではない、と。


617 :暇人:2006/11/08(水) 23:29:00 ID:7fj5O+ex
ところでダニエルっちが 
むかしに統一教会と関係あったことがあるというのは事実?

単なるガセ?

618 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:30:29 ID:q+PgNNin
>>614

イスラム教とよばれるムハンマドの教えは
イエスを救世主と認めないものです。
ユダヤ教をベースとしていますが、偽りの教えとなっています。
イスラム教の一番の偽りは、アブラハムが謙譲したのはヤコブではなく
イシュマエルだと主張していることです。
これは、世紀の大嘘であると言えると思います。


619 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:33:49 ID:q+PgNNin
>>616
>「良くない結果」は、「なぜ」起こるの?
>聖書には、その結果(神を信じない罪の結果)は
>「神が」裁きによって起こす(人を罪とし滅ぼす)、
>としている部分もあるわけだけど、実際にはそうではない、と。


あなたに愛する夫がいたとして、その夫があなたの真実の愛を足蹴にして
他の女に気を引かれていたとしたら、あなたは怒らないでしょうか?

そのように、真実の神以外のものを神として拝むなら、
神からの怒りをかうこととなります。

神は妬むほどに私たちの霊を愛している、と聖書に書いてあるとおりです。


620 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:36:11 ID:q+PgNNin

淫乱な妻は、出されて縁を切られてしまうでしょう。
離縁されてしまいます。この世の夫婦関係においても
そうなのですから、神から出されたとしても文句も
言えないと思います。これを聖書では姦淫の罪というのです。

621 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:40:51 ID:9ODDAGr+
>>619
いや、だから私が言っているのはそれ(神を選ばなければ神に滅ぼされる)じゃ、神を選ぶかどうかは「自由意思」とはいえなくなるんじゃない、ってこと。
神は自分を選ぶかどうかを人の自由意志に任せているのではなく、自分を選ぶよう「脅迫」していることになってしまうよね。

「俺を愛さなければ、また俺以外の者を愛したら、お前を殺す」ってわけだから。


622 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:42:04 ID:q+PgNNin
>>618

訂正します。

X 
イスラム教の一番の偽りは、アブラハムが謙譲したのはヤコブではなく
イシュマエルだと主張していることです。


イスラム教の一番の偽りは、アブラハムが献上したのはイサクではなく
イシュマエルだと主張していることです。


623 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:44:48 ID:q+PgNNin
>>621

あなたの感覚は正しいです。
その通りに行ってください。

「死ぬであろう」「命はない」などと聖書に書かれていても
従わない人のほうが多いのです。

神を信じるなら従うはずですよね。あなたの言うとおりです。
おそらく神の言葉をなめているのでしょう。
だから、聖書には「神を恐れよ」と親切にも何度も書いてあるのです。

624 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:46:11 ID:dor90oQd
>>600
神様というのは
マッチ・ポンプですか?

625 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:46:56 ID:9ODDAGr+
>>620
おいおい。
異教徒は「淫乱」「姦淫」と来たか……。

まぁ、あなたがものすごく独特な世界観をお持ちだということはよくわかったよ……。
あなたのような人の言う「愛」ってのはちょっと遠慮したいけどねw


626 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/08(水) 23:47:12 ID:q+PgNNin

神の愛はアガペだから見返りを求めない、などと平気で
言う人が大勢いるので驚いてしまいます。

少なくとも、そんな神は聖書の神じゃありません。
ギリシア神話の、おとぎ話の中の空想の神なのです。

627 :ぢぃ:2006/11/08(水) 23:49:40 ID:7fj5O+ex
まあ統一教会とかカルトは 信仰と宗教的脅迫を 間違えている

628 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:52:18 ID:r+5GBGwh
>>618
クルアーンにはイエスを「マスィーフ・イーサー」と呼んでいる箇所があります。
マスィーフはメシアのアラビア語読み。つまりイスラムでもイエスを救世主と
考えてるということになります。また、ハディースでは
イエスはダッジャールという反キリストを討伐する存在として描かれているそうです。

629 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/09(木) 00:01:21 ID:q+PgNNin
>>628

そういう意味でのメシアというのは、旧約には沢山登場しております。
旧約聖書をご確認ください。
イスラム教においてイエスをメシアとよんでいるのは、単にそうした意味です。

イエスは、そうした意味でのメシアというだけではなく、
生ける神の子です。

630 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/09(木) 00:19:40 ID:712d4gTm
>>628 さん

あなたはイスラム教について詳しそうです。
コーランでなく、クルアーンと書いていることから
それがわかります。

なぜイスラム教では、旧約聖書に書かれているアブラハムのイサク献上に
ついて、イシュマエルと摩り替えて教えているのでしょうか。

もしご存知でしたら教えてください。

631 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:31:09 ID:paUVWx1F
クリスチャンの方に質問したいのですが
自分は全くの無神論者なのですがキリスト教やギリシャ神話、北欧の世界観やファッションが大好きでよく十字架のネックレスを着けたりロードオブザリングや世界遺産で教会特集する時よく見てます
こんな自分てやっぱりクリスチャンの人とかからすれば嫌なものなのでしょうか?

632 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:35:25 ID:vhiTpYGw
無問題

633 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 00:35:32 ID:cW+2TSwQ
>>631
十字架のネックレスは首にしてもいいけど、シルバーアクセなどでよく見かける、ロザリオネックレスは首にしないほうがいいよ。
カトリックではロザリオは、ネックレスと違い、祈りの道具だから。

634 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:41:30 ID:paUVWx1F
無問題と聞いて安心しました。ロザリオもキムタクや降谷さんがされててかっこいいと思いファッション感覚で買おうと思ってたのですが控えようと思います
ありがとうございました。

635 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:49:37 ID:3/WQNqPk
>>595
>>605
ダニエル神学からは、あなたの求めている答えは得ることができないでしょう。
あなたが今持っている素朴な疑問こそ、実は最も本質的な疑問です。
変に分かったような気になって、自分の中の素朴な疑問と妥協することのないよう望みます。

>>611
>自分だけは「まっさらな心」で聖書を読んでいて、
自分とは違う読み方をする人、自分とは違う印>象を持つ人はそうではない、
という「固定観念」を持っているのならね。
そのとおりですね。


636 :ヽ(*^^)/☆スーパーきょんきょん120%♪☆彡゚+ ◆72BsBsfcPc :2006/11/09(木) 00:52:43 ID:v9/+RBcP
>>633
のぞみさんロザリオと十字架って違うものなの!?
いままで知らなかった(^^;
十字架の英語がロザリオだとばっかり思ってたw

637 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:17:54 ID:3/WQNqPk
>>621
>>624
あなたがたの感覚は極めて正常です。


638 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:24:28 ID:ivMR2T7A
ロザリオをネックレス感覚でぶら下げてると


シスターの平手打ちが飛んでくるよ…
(20年前の実話@カトリック女子小学校)

639 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/09(木) 01:46:32 ID:c7AJ65xT
自由の意味が違うんだけどなー・・・

神から出たものは善なんです。

これを前提にしてください。
善と不善は相交わりません。
そもそも創られた人間も意志も善だったんです。
はじめから今の状態で創られたわけじゃないんですよ。

救いとは魂の浄化
迷いの消滅

もしも初めから今のような人間世界を創造したのなら、なんとも不完全な
創造だと思いませんか?
人の人生は苦しみに満ち、喜びはほんの一瞬のようです。
歳を経れば経るほどに、人生とは虚無と絶望でしかないと人は知るようになります。
時間とは残酷に、人を殺し、生むのです。

なぜ、これほどまでに不完全であるか?
完全とはいかなるものか?

聖書なんてちっぽけなもんです。大局的に創造を捕らえられると良いですね。

640 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:20:20 ID:3/WQNqPk
>>625
>おいおい。
>異教徒は「淫乱」「姦淫」と来たか……。
>まぁ、あなたがものすごく独特な世界観をお持ちだということはよくわかったよ……。
>あなたのような人の言う「愛」ってのはちょっと遠慮したいけどねw

全く同感。
キリスト教の神は「愛」の神ではありません。審判の神であり、ねたみの神です。
ですから、キリスト教徒は「愛」を説きつつ人を裁き、妬むのです。

信仰が乏しいので、裁きを神に任せることもできません。
自分たちの基準で、自分たちが積極的に裁くのです。
彼らは、良心的な人が神に向かう道を閉ざしているのです。

641 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:39:32 ID:3/WQNqPk
>>630
イエスと関係のない議論の遊びに関心を持つことは、偶像崇拝だと思いますよ。
(550より)

642 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 04:15:22 ID:UhPcdmuq
なんで予定説を信じない
似非クリスチャンがいるんでしょうか?

643 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 04:30:40 ID:3/WQNqPk
>>647
あなたの信じる予定説について教えてください。
長老派さん、mutantさん、ダニエルさん…みんな違うこと言ってますけど。
あなたの立場をどうぞ。

644 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 04:33:30 ID:3/WQNqPk

>>647じゃなくて
>>642

645 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 05:37:19 ID:/D0Vm8Tw
少し勉強してみたくなりました。
素人にも分かりやすいお勧めの聖書教えて下さい。
本屋さんでも探せますよね?
新約とか旧約とかもよくわからないので…
アホな質問ですみません。

646 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/09(木) 07:50:45 ID:oYqxwMGK
>>645
訳の面で、時々攻撃されることがありますが、最も読みやすいもののひとつはリビングバイブルなのではないでしょうか。
とりあえず、旧約聖書のはじめの二つと、新約聖書の初めの5つあたりから読み始めるのはいかがでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4264013461

オンラインでも読める模様です。
http://sinai.mech.fukui-u.ac.jp/jap/LivBibleJIF.htm

お気に召せば購入されてもいいかも。


ただし、普通の書店にはないかもしれません。大きな書店で見たことはありますが。
アマゾンで買うのも一つの手段ですね。

647 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/09(木) 08:30:46 ID:9X+sM/8l
>>605

聖書の基本はイエス様の愛であり、決して脅迫めいたおどしではありません。
あなたも聖書を1度読めばわかりますが聖書の8割〜9割は神が褒め称えます。
とか賛美等肯定的であり、地獄や滅び等のマイナスは1割もありません。
だからあなたの目の付け所が少しおかしいかもしれません。
あなたには自由意志というか神様を選ぶか選ばないかの選択権があります。

>神は、脅迫で従えた人に「賛美」されたいのかな。

クリスチャンの中には脅迫で信じた方もいるでしょうがそういう人はすくないでしょう。
多くの人は神様の愛に触れ前向きに神様を選んでいるのです。
神様は脅迫で従えた人にはあんまり「賛美」されたくないというより、
前向きに神様に従った人に「賛美」されたいと願っておられるでしょう。





648 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:30:41 ID:3/WQNqPk
>>647
605さんの>>621に対する答えになっていないような気がしますが…。



649 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:31:33 ID:Esd34Q93
>>647
その一割もないものが、台無しにしているんだよ。
愛だの散々言っておいて、結局は「俺を信じて俺に服従しないと永遠に苦しめるぞ」って言ってしまうのだからね。
その愛は、神を信じ神に従う人「だけ」に向けられる愛だった(それ以外の者に向けられるのは、愛ではなく憎しみでしかなかった)。
その愛は、「自分に従わない者、他のものに従う者への嫉妬、復讐」を根に持っていた。

むしろ、マイナスが繰り返される「愛」全体にかかってより酷くしている(見せかけの「プラス」が大きいほど、マイナスをかけてマイナスの値にしたときにはより大きなマイナスになるものだ)。

というか、一割もないってのは新約限定の話かな。
聖書全体では、神は人間だけでなく地上の生物の大部分を殺してみたり、信者に異教徒の町々を襲わせて略奪と虐殺を繰り返させたりと「滅び」「脅迫」の連続……。

>あなたには自由意志というか神様を選ぶか選ばないかの選択権があります。

で、「神様を選ばない」と「神様に滅ぼされる」わけだね。
ナイフを突きつけて「選ぶか選ばないかはお前の自由だ」、「俺を選ばなければ俺はお前を殺すが、お前には選ばないという選択権がある」と。


650 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:33:55 ID:3/WQNqPk
ダニエル氏いわく、
「神の愛とは、見返りを求める愛だ」そうですが(>>626)、

みなさん意義ありませんか?

651 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:49:57 ID:aRzNTfW9
自分は628ですが、あまりイスラムに詳しいわけではないです。
>>630
理由はわかりませんが、イシュマエルをアラブ人の祖先とする考え方があるようです。
(かといってアラブ人がほかの民族より高いものとするわけではないです。あと、
ムスリム協会ホームページのコーラン検索でクルアーンの文中にそれがあるか調べようとしたら、エラーが出て出来ませんでした。)
また、クルアーンではイシュマエルはアブラハムといっしょにカーバ神殿の基部を建てたとされてます。

652 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 10:07:09 ID:zdWEW5pc
>>645
聖書やキリスト教を学ぶためには、批判意見、否定的な意見もたいへん
参考になります。書店には擁護する立場からの本しかないのが普通です。
その点も心得ておかれたらいいと思います。

なお本格的な聖書批判のサイトとしては、『聖書の間違い』があります。

653 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:28:17 ID:wdXmG6fc
質問いいですか?
ずっと疑問だったんですが、キリスト教には神はたくさんいるんですか?
イエスが神と崇めていた神は、ユダヤ教の神?
イエスが神になった時、その神はどうなったんですか?

654 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:59:03 ID:mZ5lmYY3
>>601
全体の世界観をざっくりつかむには
創世記
出エジプト記
マタイによる福音書
使徒言行録
ヨハネの黙示録
の順をお勧めします。

次にヨシュア記、士師記、サムエル記、列王記、ルツ記
(本当はここまで読んでから新約に行けば
マタイ冒頭のカタカナの羅列に挫折しない)、他の福音書、それ以外の順でしょうか。

挙げなかったものは最初は読み飛ばしてください。
もともと読む順番考えて合本したものではないので、
退屈なのがはじめの方にあったりします。




655 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:06:06 ID:mZ5lmYY3
>>653
あなたの期待している答えは、
外部視点で見る宗教者の言い分の変遷ですか?
それとも今のキリスト教の語る、つじつま合わせ済みのストーリーですか?

656 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/09(木) 12:23:22 ID:712d4gTm
>>654
>挙げなかったものは最初は読み飛ばしてください。
>もともと読む順番考えて合本したものではないので、
>退屈なのがはじめの方にあったりします。

そうなんですよ。
今の旧約聖書は、異邦人が勝手に書かれた年代順に並び替えて
しまったものなんです。
ユダヤ人のもっているトーラーは、重要度順に並んでいるとの
ことでした。

なかなかよいアドバイスだと思いましたが、
僕としては、旧約の「申命記」は絶対に読んでほしい書物です。
あと、新約聖書の「ヨハネによる福音書」と「ヘブル人への手紙」ですね。

新約聖書については、どこから読み始めてもよいような気がいたします。




657 :長田派:2006/11/09(木) 14:32:27 ID:gd8V2oDF
>>650
それは実に興味深い答えだ。
もし神の愛が無償ではなく見返りを求める愛だ、と言い切るなら、
それは非常にスッキリした感じがあるね。

聖書を読めば、神は見返り(要求)を突きつけて迫っているように
読めるよ。「正統な教理」では違うのかもしれないが。

658 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 14:48:42 ID:lYHGM1Gk
>>653
よい質問です。
誰しもコレにぶつかりますよね。「三位一体」がキーワードなんですが、
ぶっちゃけここでは「そうなってますから」的解答しか得られないでしょう。

三一論の形成
ttp://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/medieval/gr-pat.html

参考にしてください。

ちなみにわたしもさっぱりわかりません。

659 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:36:54 ID:p4PMSLCe
アッセンブリ・オブ・ゴッド教会ってカルトなのですか?
異言ってナンですか?


660 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:01:40 ID:cW+2TSwQ
>>659
カルトと違うけど、元気な祈りが特徴。
異言は聖書にも出てくるよね、漢字のとおり、異なる言葉の祈り。
静かに祈るの好きな人には、不向き。

661 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:05:41 ID:B8AdUwYu
ノゾミチャン、なぜに、くわしい??
かなり、探検しているの???

662 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:14:52 ID:cW+2TSwQ
>>661
最初の教会**教団を離れてカトリックに落ち着くまで、あちこち見て回ったよ。
その中で、のぞみのおすすめ教派。
1位、カトリック
2位、プロテスタントのフレンド派
3位、プロテスタントのメノナイト
番外、信仰抜きで聖書そのものなら、NPO法人今井館教友会

663 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 16:21:11 ID:thhjbvqm
本来ならば祈らなければいけないというか
祈っているべき時間に忙しくて祈れなかった場合
イエスはどう思われるでしょうか?
罰が当たりますか?見放されますか?
教えてください

664 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:21:34 ID:B8AdUwYu
この、順位は、、何が、魅力だった???

665 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 16:23:01 ID:3nF9m8GL
>>662タソ
2位3位はいらないの
カトだけなの

666 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 16:26:53 ID:3nF9m8GL
>>663タソ
祈っているべき時間?
そんなものはキリスト教にはないの

667 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:28:55 ID:cW+2TSwQ
>>664
先生一番大切な掟はなんですか。
イエスは言われた。
「第一にあなたの主である神を愛しなさい。
第二に互いに愛し合いなさい。」

この言葉に近い教会の順序。

668 :659:2006/11/09(木) 16:38:29 ID:p4PMSLCe
日本基督教団の教会に通っていたが引っ越したために
近くのアッセンブリーズに行こうかと思ったんだけど
こんな私には向かない?

669 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:38:50 ID:cW+2TSwQ
>>663
イエズスは、言葉数だけが多い祈りを否定しています。
祈りに時間はかかりません。
また、カトリック看護協会が言う「看護は祈り」からも、祈りの本質は、言葉でなく、人に優しさや愛することと思います。

670 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:42:30 ID:cW+2TSwQ
>>668
行ってみたらいいよ。
イヤな感じなら、やめればいいのよ。
いろんな教会を見て回ることで、キリスト教の本質がわかるよ。

671 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:43:30 ID:B8AdUwYu
のぞみさんは、、どんな、教団に価値があると、おもいますか?

672 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:45:16 ID:cW+2TSwQ
>>671
カトリック

673 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:46:26 ID:B8AdUwYu
のぞみさん、カトリックのすばらしさ何でしょうか?

674 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 16:49:53 ID:cW+2TSwQ
2ちゃんねるキリスト教スレ見てても、カトリックが多いじゃない。
カトリックってさ、受容の幅が広いのよ。
同じカトリックでも、いろんな受け皿があって。
カトリックの世界で、自分がいられる場所で信仰。
それがカトリックの良さ、と思う。

675 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:52:23 ID:B8AdUwYu
たしかに、そういう気がする、、
のぞみさん。フレンド派て、どうだったんですか??

676 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 16:53:57 ID:d3GdPGh9
カトリックの聖人の教えは素晴らしいと思いつつも、
聖書にはどうしてもなじめないものが主に二つあります。
一つは唯一神ヤハウェの軍神としての性格です。
旧約の神は暴力的であり、子としての優しいイエズスの
性格とは余りにもかけ離れているように思います。
この両者のギャップをどう理解したらよいのでしょうか。
二つ目は生贄というものが理解できないということです。
日本にはかつて切腹というものがあったように、自分の責任は自分で
始末を付けるという価値観が根強いように思います。
それ故、生贄イコール責任転嫁だと思ってしまうのは私だけではない
と思います。日本人である私も生贄という思想を理解できるようになれますか?

677 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 17:00:50 ID:cW+2TSwQ
>>675
フレンド派は少数だから、ずばり教会名を書きます。
茨城県土浦市のフレンド教会に、おじゃましたことあります。
信徒の方たちが自主的に、心に悩みを抱えた人たちのために何かしようとする姿勢に、とても良いものを感じました。
おじゃました当時、わたしはクルマを持っていたので、日曜朝比較的楽に行けましたけど、東京から電車では大変なので、行けないかな。

東京は港区三田に普連土学園があり、そのあたりに教会もあるようです。
わたしは詳しくはないですけど、クェーカーの流れかな?
新渡戸稲造先生も関係あるの?

678 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 17:03:29 ID:B8AdUwYu
教会って、、、そういうことも、できるだ、そういうところがあるとは、知りませんでした。
ありがとうございます。
おちます、またよろしく。

679 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 17:10:29 ID:cW+2TSwQ
>>678
いろんな教会あるよ。
わたしたちはクリスチャンだ、ということに自己満足してる、つまらない教会も多いけどね。

680 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:22:18 ID:jdUi/JL0
@人が生まれながらに持つ罪ってなんですか?

A星占いとか迷信って信じてますか?

B因果応報って信じてますか?

681 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/09(木) 17:29:37 ID:UEdtkx0D
>>653
神様はお一人です。三位一体なのです。
>>659
カルトではない良い教団です。昔はニッキレベルだったが息子さんが
アメリカで勉強してよくなりました。異言とは神様の言葉で賜物の1つ。
>>663
残念に思うでしょう。神様はあなたの霊的なお父さんであり、親は子供に
必要な物を与えたいと思っているからです。
>>668
一度行けばわかります。ニッキからの転会は免疫がないときついかも、
手を上げてドラム叩いて賛美してます。
>>676
生贄という言い方に抵抗があるのかと思われます。
贖いとか身代わりという言葉なら「愛」を感じやすいかと思います。
あなたも今までに人に愛されたり愛したことがあるはずです。
人に親切な事をする場合多少なりとも犠牲が伴いますよね?
イエス様は人の罪の為に死ぬまで愛して下さったのです。

682 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:40:52 ID:mIoTSqhR
>>650
よくマクドナルドの店員の笑顔が¥0なんて書いてありますけど、
おかしいと思います。サービスというのは代価を支払って捧げるもの
という認識がありますから。

つらい時でも微笑まないといけないのですから、¥0では合わないと
思います。神は痛みを伴ってわたしたちを愛されたので、見返りを求める
という見解はまったく逆です。期待されていることは感じます。

683 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:50:06 ID:pzNMUEq0
>>666
午後3時にとあるからできるだけ3時に近くなるように祈っているのですが・・
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/faustina02.html

>>669
でもロザリオの祈りを全部は長いですよ
これって毎日かかさずやらないと駄目なんでしょ?

イエスとイエズスの違いもよく分かりませんので合わせて教えてください

684 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:50:59 ID:mIoTSqhR
チップ導入制度によって助かる家族がいるかと思うといつも涙、涙です。

685 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/09(木) 18:11:22 ID:712d4gTm
>>657 長田派さん

多くの人は、聖書を読む前から、神に対して、ある種の
イメージを持って読んでいるものと思います。

そうしたアプローチが、聖書への無垢な接触を阻む要因になっていると
思います。

聖書の神の言葉、聖書に書かれている預言と律法の言葉は、
割り引くことなく、加えることなく、人間の常識を離れていたとしても
真摯に受け取るべきではないかと思っております。

そうでないと、人間的に納得のいく答えに近づけようと聖書を読むという
過ちに陥ることになりかねないからです。

考えを変えるべきなのは聖書を読む私たちのほうであり、
私たちの価値観を聖書に合わせるべきであると考えています。

686 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/09(木) 18:12:49 ID:712d4gTm

自分の持っている常識や価値観というものは
聖書を読む前には、一度捨ててしまうのがよいと思っています。

687 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/09(木) 18:20:19 ID:cW+2TSwQ
>>686
聖書を選ぶ行為も、自己の価値観よ。

688 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:56:08 ID:BNh7nl28
     リ,;;;;;;:: ;;;;;:: ;;;;; ::;;;;;; \       人 从
     (彡ノり/リノ" ミ;;;;;;,,,.. ゝ     ) の (
     );;; ヾ、;;;;...__,,  );;;;;;;; ヾ    ) ぞ (
     i:::) ` ;;ー--、` 〈;;;;;;;::;;; i   ) み (
    i i::/   ^:::::::.. i  ,ll/ニi ;; l   ) / (
    i l ヾヽ''    ゚   ))ノ;; /  ) っ (
  i |  | iにニ`i,     (_/i;;; |  ) !! (
  | |  ! `ー‐'"    /  ゞ:l  つ (⌒
  i l|  ! " ̄  ,,,. /,;    ミi      |l
  | |i  ヾ二--;‐' ,;; ,;   ミ ||i il   i|
  | ll  _|彡"  ,' ; /' ̄^ ̄''''\  ||
  l ,..-'"  〈    ; /        ヽ
 /  、, \)  ,,.-/           `i
     `  ミー,;;' ,l             l
    /   ;; /  .|             |
   ヾ/    ,i'  ト             |
   'i     '  /゙`       イ    !

689 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/09(木) 19:00:14 ID:Wkpftf8w
>>688
ダニエル下品wwww

690 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:43:37 ID:Q1pdzXS8
>>676
生贄というのは、未開人の迷信です。キリスト教は迷信を焼き直して
でっち上げた宗教です。

691 :676:2006/11/09(木) 20:49:28 ID:d3GdPGh9
生贄についてのレスありがとうございます。

動物の生贄も含め、もう少し他の意見も聞きたいです。


692 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:54:50 ID:/D0Vm8Tw
645です。
アドバイスありがとうございました。
キリスト教には(他の宗教もしかりでしょうが)批判も色々あるということを心に留めつつ、ご紹介いただいたものを読んでみます。

693 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:27:56 ID:buyv0Avh
聖徒の交わりってHの事ですか?
子作り行為は教えに反してはいないのですか?

694 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:47:32 ID:buyv0Avh
寝る前に祈る呪文とかってあるのですか?

695 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/10(金) 00:06:06 ID:oYqxwMGK
>>693
聖徒の交わりとは、教会などでの信徒同士の親しい交わりのことを指します。
そのため、聖徒の交わりそのものはセックスをさしているわけではありません。

ですが、性行為そのものは教えに反していません。ただし、結婚の関係においてのみなどの基本的なことを守った上ですが。

神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。
(創世記より)

696 :595:2006/11/10(金) 01:34:34 ID:zwNtLbjS
>>600
>>635
遅くなりましたが、ありがとうございます。

神様が善だとしたら、不善はどこから来たのでしょう?
神様は善として人間を生み出したが、
人間や天使はその不完全さ、弱さゆえに、悪や不善を生み出した、
ということですか?
神様が関与しないものを新たに生み出すことができるのですか?

というようなことを、いまだに悶々と考えてしまいますが
それでも、神様が愛してくださると信じていたいとも思います。

697 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/10(金) 01:54:28 ID:AXB7UT6u
>>696
あまり推論を広げてしまうのは混乱の原因になりますので、聖書の話題から
逸れぬように話しますね。

不善とは?という質問ですが、単純です。
神が善ですから、神の意思に反したとき不善になります。ここで大切な前提条件として
神は人間に意思を備えて創造したということです。もしも意思なくしてロボットのように
創造したならば罪も裁きも存在しなかったでしょう。
しかし、神は人間に意思を備えました。この意思も当然に神によって与えられた
ものですから善いものです。つまり自由意志とは本来善いもの=神の意思に沿う意思で
あって、決して奔放に振り回すようなものではないのです。
エデンの物語を読んでください。旧約聖書の初めの章「創世記」にあります。
人間が神の意思に反したとき、人間の意志は本来あるべき善い意思=自由意志は失われ
肉の欲、様々な観念に支配される奴隷意思となりました。

神に反する自由、神はマッチポンプといいながら、例え神の裁きがなくとも
あなた方は一体何から自由であるというのでしょう。
人間は、重力に支配され、肉体に支配され、時間に支配され、そして人間に支配
されています。我々は我々が意識している以上に不自由なのです。

ですから、私は度々自由意志について注意を促していました。
人間に自由はありません。自由と放縦は全く別物です。

話を戻しましょう。
人間の意志は選択意思でした。ですから、選択が神の意思に反したとき、
それは不善となったのです。人間は不完全故にというよりも、神との関係において
人格において対等な関係だったのだと思います。


698 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:05:16 ID:TB4T6A93
>>697
いい話だな〜
もう少し聞きたい。
俺のキリスト教の友達モルモンだし。


699 :698:2006/11/10(金) 02:13:42 ID:TB4T6A93
>人間は不完全故にというよりも、神との関係において
>人格において対等な関係だったのだと思います。
ここの、対等?
神野と関係で対等とは?


700 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/10(金) 02:16:04 ID:bbcLzJIL
>>693
カトリックの場合、聖徒の交わりは、ミサの『平和のあいさつ』と思う。

>>698
モルモンは、モルモン書という教典を使うので、キリスト教とは違います。

701 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:16:46 ID:2HpMrdaD
良い話ですね!同感です。カルトが多いなか、やはりキリスト教会は本物だと思うよ!マジで
エホ証スレに出入りしてカキコしていたんだが…彼らに限らず 異端カルトは 今混乱真っ最中さ。多分 真の神が 異端を裁いているんだろうね。
〜と思います。

702 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:49:54 ID:2HpMrdaD
イエスは勝利!

703 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 03:10:07 ID:QNfdK2/V
モルモン教信者の人はホルモン焼きとか食べてもいいのですか?

704 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/10(金) 03:17:17 ID:bbcLzJIL
>>703
ここはキリスト教質問箱です。
キリスト教以外の他宗教については、その宗教のスレで聞いてください。

705 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 03:43:12 ID:fAGR8iiV
神が人間を作ったんじゃない。人間が神を作ったんだよ。どっちが善でどっちが悪もクソもない。人生とか生きるとかはそんな簡単じゃないよ
そろそろ目をさましましょう。

706 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 04:07:35 ID:fAGR8iiV
幾多の伝説、幻想が時や科学によってまやかしだと証明されたこのご時世にのぞみさんをそこまで信じさせるモノって何なの?
もちろんのぞみさんを救ってくれたのは事実だと思う。例えまやかしであったとしても。
でも今のままでも、霊とか神に人間が決着をつけたとしても、どちらを選ぼうが結局は選んだ方のせいで世界は滅んでしまうんだろうな。

707 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 04:29:01 ID:BEY1TEaC
>どちらを選ぼうが結局は選んだ方のせいで世界は滅んでしまうんだろうな。

意味不明

708 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 05:18:16 ID:XGHobIcv
基本的に自分は無信教派を通してますが…霊的存在は信じてる者です。キリスト教信者の皆さんはゴースト(幽霊、悪霊、先祖霊)やラップ音、ポルターガイスト等の不可解と言われる現象にはどう見解してますか?
海外のキリスト教では払い師(牧師?)がやってるのを(TVで)見た程度ですが、国内では聞いた事ないので気になりました。


709 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/10(金) 09:00:15 ID:QWOGQVJq
>>698>>699
また夜にレスしますね。

よくカトリックは〜プロテスタントは〜と聞きますが、聖書も含めて
そんな優位性などまるっきりありません。
そんなもんに拘るのは無知なのか馬鹿なのかです。

あくまで、判断基準としての指標に留めておくべきですね。
それほどに人間の価値判断など当てにならない不確かなものだからです。
神の認識一つとっても>>705のような唯名論、実在論に別れます。
そしてそれで良いのです。多様性の中で無駄を省いていったとき残るもの。
それが神(創造主)と被造物(自身)だからです。
信仰は個人に収縮していきます。
自身も含め、まず人間の認識、理性を疑うことは大前提とするべきですが
自教派の絶対性を説くカトリックにはカルト(洗脳)に近いものを感じます。


710 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:01:48 ID:cVjSdfPT
>>691
キリスト教が生贄信仰として成り立っているということは、「生贄を
好む神」というものが前提されているわけです。

日本にキリスト教が普及しない大きな理由は、日本人が「生贄を好む
神」に馴染めないからとも考えられます。あるキリスト教批判サイトなどは、
キリスト教を単なる生贄の呪術だといって馬鹿にしています。

711 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/10(金) 13:07:56 ID:VXsPbG4h
>>710
日本の神道も盛大に生贄を好む神なんですが?www

712 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 14:20:40 ID:w6KbT7EL
>>704
天理教は?

>>697
>しかし、神は人間に意思を備えました。この意思も当然に神によって与えられた
>ものですから善いものです。つまり自由意志とは本来善いもの=神の意思に沿う意思

であるならば、
mutantさんの主張は論理的に矛盾しています。

「本来善いもの=神の意思に沿う意思」が、人間に与えられた自由意志であり、
それ以外には意志はなかったはずですね。違いますか?
すなわち、すべての発想、すべての意志は自然に神に向かうようになっていたはずであり、
そこにこそ至福の喜びを感じるように創られていたはずです。

その意思が、なぜ神の言葉に背かせたのですか?
どんな意志が「神の言葉」よりも「蛇の言葉」を優先させたのですか?

713 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 14:22:00 ID:w6KbT7EL
つづき。。。

「選択の自由」という言葉はトリックです。
罪のなかったアダム・エバの「選択意志」と
堕落した後の人間の「選択意志」とを混同してはいけません。

アダム・エバの選択は「一切の悪」も「自己中心的な思い」もなかった状態での選択です。
心の自然な発露は常に神に向かっていたはずなのに「蛇」を「選択」したのです。
そして、神の言葉を「無視」したのです。

>人間が神の意思に反したとき、人間の意志は本来あるべき善い意思=自由意志は失われ

神の意思に反させた意志は、どこから生まれたのですか?
逆ならまだしも…
本来あるべき善い意思=自由意志は失われた→ 人間が神の意思に反した
ならまだわかりますけどね。

mutantさん。
mutantさんの発言に対する>>542の質問に答えてあげていませんね。ぜひ、お願いします。


714 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 14:26:52 ID:LQESOSUF
「永遠の父よ、私たちと全世界のすべての罪のあがないのために、
あなたの最愛の子、私たちの主イエス・キリストのおん体とおん血、
ご霊魂と神性をみ前に捧げます」


永遠の父とは誰の事ですか?
み前に捧げますとありますが
これってイエスを生け贄に・・みたいな意味合いなのですか?
なんか唱えてて残酷でなりません・・

715 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 15:44:37 ID:cVjSdfPT
>>714
永遠の父とは、神のことです。

神に神の子(=神)を生贄として
捧げるということです。残酷感は
ないでしょう。ただバカバカしい
だけです。

716 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:22:56 ID:61kKdtz4
>>715
各種祈りがあるようですが
主語がイエスだったり聖なる全能の神だったり父という人だったりして
イエスだけを祈るわけではないのですか?
父って神の事と言われてますがイエスのお父さんの事ですか?
お母さんはマリア様というのだけは分かるのですが
このお父さんには名前はないのですか?

717 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/10(金) 17:37:24 ID:0jp0BRnM
>>716
とりあえず、神の名前について記述されている聖書箇所をどうぞ。

モーセは神に申し上げた。「今、私はイスラエル人のところに行きます。私が彼らに『あなたがたの父祖の神が、私をあなたがたのもとに遣わされました。』と言えば、彼らは、『その名は何ですか。』と私に聞くでしょう。私は、何と答えたらよいのでしょうか。」
神はモーセに仰せられた。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。『わたしはあるという方が、私をあなたがたのところに遣わされた。』と。」(出エジプト記3章より)


YHWHが、聖書の中で父なる神をあらわすということですが、正式な読み方はわかりません。母音を表記していないので子音のみの形です。
ただ、一応「ヤハウェ」「ヤーウェ」「ヤーヴェ」などと読むと考えられています。おそらく「エホバ」とは読まないと考えられています。

718 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:45:52 ID:053ZrW0A
教派の違いを無視するのは解せない。

信仰は指導者に指導してもらうもの。
教会の雰囲気もそれぞれ違う。


719 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:46:37 ID:053ZrW0A
誰の指導もアドヴァイスも受けずに
信仰しているなら別だが。

720 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:15:11 ID:4s+Mj8LX
キリストは日本で例えると空海和尚みたいな者ですか?

721 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:26:08 ID:IDyPAFPl
>>720
違います。
キリストはユダヤのアンパンマンです。架空の存在です。

722 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:26:59 ID:idsUS4k1
その根拠は?

723 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/11(土) 01:27:59 ID:9+cvduws
>>721
自分の身体を食わせる。。。。だったらぶっころがしwww

724 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/11(土) 02:42:46 ID:oGZOUenf
>>699
>>712さんへの回答と被りますが、
「神との関係において人格において対等な関係」
つまり、人間は被造物でありながら、奴隷としての従属意思ではなく、主体性を
伴った意思を備えられたということです。つまり、主体性を認められた=自由意志
なわけですが、>>712さんの仰るように「それ以外には意志はなかったはず」であるならば
そこに主体性はなく、従属意思、奴隷意思となるわけです。主体とは選択権を与えられている
ということです。そして、神のうちに存在するとき、その主体は神の意思と合一
しているのですね。
神のうちにありながら主体的な選択意思を持つということが対人格関係において
対等であるということです。赤子や幼児に接するとき、そこに対等性はなく、
親の意思によって従属させられますね。相手の意思を尊重するときその関係は
対等であると言えます。

725 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/11(土) 02:44:06 ID:oGZOUenf
>>神の意思に反させた意志は、どこから生まれたのですか?
ご存知の通り誘われ、その意思は生まれました。
主体がある限り、別の選択肢があるならば、どちらを選択するかの可能性は
少なからず存在するでしょう。そして、本来は神はこの選択意思は天使にも
与えているようです。ですから天使が堕罪することで堕天使になるとキリスト教
では考えられています。

聖書を読む限り、どうやら神は積極的にこの選択肢を自ら備えているようにも
見えます。なぜなら善悪の知識の実や命の実を備えなければ堕罪のきっかけすら
存在しなかったのですから。

神が備えたこの「自由意志」
この概念の解明こそが宗教についての疑問を解明するキーワードのように思います。
この自由意志を軸にして、未解明な問題が残るからです。

あなたのこの命題について教えていただけませんか?
>>本来あるべき善い意思=自由意志は失われた→ 人間が神の意思に反した
ならまだわかりますけどね。

何故に自由意志は失われたのですか?


726 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/11(土) 03:03:18 ID:oGZOUenf
救いは人間の努力や功績によって得られるものではなく、神の恩寵によって与えられる
ものであるという恩恵説と、神によって、予定されたものが救われるといった
予定説がアウグスティヌス神学によって展開されました。この際、ペラギウスによる
人間の意志により救いの道は残されているという人間の意志効果を認める
自由意志論と激しく対立したのです。

これは5世紀の話であり、しかもこの際アウグスティヌスの予定説が正統であると
認められます。したがって、wikiの予定説は間違っていると申しました。


727 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 09:40:59 ID:llZ2DnBb
>>726
アウグスティヌスの予定説が正統であると、誰が認めたのですか?
俗物たちの多数決ですか。

728 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 10:00:27 ID:iXMWGj+Z
アーメン。
賛美、栄光、知恵、感謝、誉れ、力、威力が、
世々限りなくわたしたちの神にありますように、
アーメン。

729 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/11(土) 10:38:28 ID:tzCRQ48d
>>727
あなたはクリスチャンですか?アンチですか?
突き詰めると宗教組織なんぞ俗物たちの多数決で決定されていきます。
政治力の多寡すら少なからず影響してきます。これが現実ですね。
そんな表裏をも飲み込んで、特定宗派を絶対化しているのでしょうか?
というアンチテーゼをこれまでも私は暗に述べていました。

そうです。
自己の観念すらある特定情報及び、自分の好みによる偏向した選択意思であるのに
人間の集団ならば尚そうでしょう。
集団を絶対化したところで個人のその集団での立ち位置及びその視点角度、
その他個人の能力によってその集団及び教義、果ては神までその色合いは十人十色
なのです。

突き詰め、無駄を省いていった先に残るのは、人間の観念ではなく「在る」
という存在だけになるんです。この「在る」を私は神と呼んでいます。
「在る」の最小要素は「自己の存在」そして、存在の元である「在る」

そして、このとき聖書に記述される神の名が「在る」であるという事実は
わたしにとっては驚くべきことでした。

出エジプト 3:14 神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」
と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』
という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」


730 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:10:59 ID:OftSy25t
すみません、初心者です。

三位一体説で神=聖霊=キリストと言われますが、だとすると、
イエス・キリストは神の子だという表現はおかしいと思うのですが。

これでは自分が自分の子になってしまう。


731 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:14:51 ID:TEzg/IiO
>721
合体ロボに親機と子機があるのといっしょw

732 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:19:00 ID:9RB187b/
>>721
TRINITYは三位一体と訳されますが、三角形が3つの点でできているようなもので、
その中に父と子と言う霊格があるものと考えればよろしいかと。

父親と子供が一緒?と思うとありえない感じですよね、確かに。
でも3つの霊格でひとつであるものができていると考えれば自然です。


733 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:24:56 ID:OftSy25t
>>732
それだと、三位一体説って一体何?ってことになりませんか?
3つは本来1つであり不可分なものだったんじゃないかと。

霊格みたいな概念を入れると、天使も神の一部になったりしません?


734 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:26:51 ID:IJJMFFWe
ちょっと前にイスラム教からキリスト教に改宗したアフガン人アブドル・ラフマンさんは
今どうしてるんでしょうか。イタリアかどこかに亡命したと聞きますが、それ以後のことがわかりません。

735 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:10:16 ID:uTJDI47X
>3つは本来1つであり不可分なものだったんじゃないかと。

反対、それは一位一体の説だと思います

736 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:18:57 ID:t85oBgbp
クリスマスが近づいたので、つまらない質問です。

受胎告知というタイトルの西洋絵画が幾つかありますが、あれは天使の
お姉ちゃんが、マリヤに「お前は今しがた神の子を妊娠したぞ」と告げて
いるのでしょうか、それとも「お前はこれから妊娠することに決まったぞ」と
教えているのでしょうか。

737 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:20:24 ID:VvWp7YZJ
イエスの父に名はないんですか?

738 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:21:59 ID:t85oBgbp
>>729
初歩的な質問ですが、私は神さまの教えが聖書の教えかと思っていましたが、
俗物たちの決めた教えのことを「神さまの教え」と表現していたのですか?

正直なところ、びっくりです。

739 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:23:45 ID:t85oBgbp
>>737
それでしたら私でも知っています。たしかヤハウェ・ババという
名前だったはずですが。

740 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:30:16 ID:pmjlvJTj
ガブリエルが好きだったから、その女の子を。

741 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:32:10 ID:pmjlvJTj
あぁ可愛い女の子。 我慢してね 時間まで

742 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:34:43 ID:pmjlvJTj
封印する

743 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:26:49 ID:VvWp7YZJ
西方教会においてはヤハウェ(ラテン語文献では多く「エホバ」)を
父なる神と同一視することが多く、
対して東方教会においてはヤハウェは
イエス・キリストの神格における名であると考えられる。


イエス自身もヤハウェと言うみたいですが

744 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:47:10 ID:dUgbgoYD
人類がピテカントロプスになる日はいつですか?

745 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/11(土) 19:06:42 ID:hJYLVKIY
パソコンの電源抜いて外に出ろ
それだけだ

746 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:16:51 ID:rWeFF1K0
こんばんは。少々お伺いします。

知人が礼拝の時に行った「証」のビデオを見せてもらい、うんざりしたことがあります。

当時知人は悪どいやり方で会社を設立したばかりでした。
ところが、「悔い改め」は母親への感謝や海外での苦労話ばかりで、裏切りや借金の話など一切せず、
身内や仲間の自慢話に終始していました。
周囲からは「アーメン」とか「ハレルヤ」とか、合いの手みたいな牧師や他の信者の声が聞こえました。

このように、問題のある人がきれいごとやぼろ隠しを平然と行えるのが「証」なのですか?
信仰を告白すれば、反社会的な行為をしてもよいのですか?

知人のいいかげんな「証」に聞き入り、一緒になって祈っていた人たちにも疑問を感じました。
神聖なはずの礼拝の場で、どうしてあんなインチキに対して「アーメン」とか「ハレルヤ」とか言えるのでしょうか?
神とか霊とか、ストップをかけられないのでしょうか? 

747 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/11(土) 19:25:10 ID:stKza1EA
>>746

おかしいと思ったら、二度とそこにいかないことです。
おかしな教会は数え切れないくらいありまして、まともな
教会が少ないのです。

748 :慧高 ◆Tt5QIeuw6. :2006/11/11(土) 19:27:48 ID:hJYLVKIY
ストップをかけられて教会に逃げた
それだけのこと
問題ない

749 :◆IRN5rC2IGc :2006/11/11(土) 19:27:51 ID:1+4m9ekj
>>745
いいこと言うねぇ。
陽の光を浴びるだけで気分が変わるよ。

750 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:50:35 ID:zODLhb/p
なんで三位一体を信じられるのですか?
神は多重人格障害ですか?

751 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:01:07 ID:sncF4GOu
全知全能の神とされていますが、
神の持ち上げられない岩を作ることが出来なければ全能ではなく、
持ち上げることが出来れば、持ち上げられない岩を作れないとして全能では無くなります。
 
2千年近く信仰されているということは、之に対する何かよい答えがあるのでしょうか?

752 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/11(土) 20:08:38 ID:544cRGRX
>>751
全知全能の神は重力、時間、観念からも自由です。
そもそも量的、物理概念で神を計ろうとすることすら所謂次元が異なることです。

753 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:11:19 ID:AovJU7ka
神が6日にわたる創造の後に一休みしたのはなぜですか?

754 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:12:15 ID:0M7XdJNh
欧州酒(ワイン・リキュール等)と人肉食との関連(フレンチ・パラドックス)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/132-143


755 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:26:55 ID:OftSy25t
>>735
ならば三位一体が何をもって一体なのかがわからないのですが。


756 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:43:48 ID:ggJDq1r1
たらふく食事を取るのは罪になりますか?

757 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:48:36 ID:iXMWGj+Z
「肉に巻くものは肉から滅びを刈り取ります」
と聖書には書いてあります。
肉の糧をとりすぎると、高血圧、高血糖、高脂血症と死の三重奏を刈り取ることになります

758 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 20:54:44 ID:ggJDq1r1
菜食主義になりなさいという事ですか?

759 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:00:07 ID:iXMWGj+Z
いえ、肉の糧とは食品全般です

760 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/11(土) 21:22:11 ID:oCzoCASm
>>746
その、証の後ろ側にあるもの(この場合ですと、裏切りや借金の話)を、会衆が認識できていたかそうでないかということにもよりますが。。。

個人的には、疑問をもったり疑問に感じてもいいと思いますし、私自身もその場にいたら疑問を感じるでしょう。
本来、キリスト者の証は、「自分の力ではなく神の力」ということを前に出すことはあっても、「自慢話」をするようなものではありません。
それは神様に記すべき栄光を自分のものとしていることになり、キリスト教的にはよくないことです。

もちろん、そのような内容のものが証で出されることはあるかもしれません。ですが、場の問題もあって反論はできなくても、同意するような言動は慎むことが普通でしょう。

機会があれば別の教会もご覧になってほしいと願うばかりです。

761 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:21:03 ID:e3ojQJ4h
神様の神様
いわゆる海王様や海王神様みたいな人はいるのですか?

762 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 22:22:47 ID:rZGNGbUa
変な質問で恐縮なんですが、
カソリックの神父が着ている黒の法衣の生地は何が一般的ですか?

763 :質問:2006/11/11(土) 23:11:38 ID:9uiZeidU
ガイシュツかもしれませんが、旧約聖書の創世記5章だったかな?
アダムの家計図のところでトンでも人間が次々に紹介されています。
あれって何ですか?
聞いた話だと当時の暦と今の暦が違うからあのような数字が出たと聞いたことがありますが、
実際などうなんでしょうか?
もしそうであるなら、どういう計算なんでしょうか?

764 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:47:34 ID:6JhuhvV2
人生において死にそうなほど辛い局面に陥った時にはどうするべきですか?

765 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:51:58 ID:iXMWGj+Z
死んだ獅子よりも生きている犬のほうが良いと聖書に書いてありまつ

766 :698:2006/11/12(日) 00:46:20 ID:FOb1pKoZ
>>724
参考になりました。ありがとう。
>>764
わたしが、よくやる方法は2,3回ぱらぱらめくってから
ピタッとページを指で挟みそこを、読んでその意図をつ
かみ、自分の現在の状況に照らし合わせて悟る。
状況に合わないときは、こじつける。
それでも的外れのときは、自分の好きなところを読んだり
しながら適当にいろいろぱらぱらしていると、普段気にし
てないところに目がとまったりする。
そして、なんとなく納得する。
たぶん的はずれの話だとおもう。<ww


767 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 02:06:21 ID:GSCBtt2E
>>764
瞑想します

自分を苦しめてるものをじっくりと導き出し
生と死の境界上で思考するようにしてます。

768 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 02:14:56 ID:GSCBtt2E
所謂観念を除いていきます。
私を苦しめるもの私を楽しませるものは観念だからです。

マタイ11:28
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。

命を創造主である神に委ねます。
そうすることによって私が固執している観念を捨てることができるからです。
捨てると言うことは身軽になるということなんです。


769 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:22:17 ID:e/vvfqCy
>>768
>命を創造主である神に委ねます。

創造主や聖書が、観念そのものではないの。

770 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 02:24:11 ID:GSCBtt2E
>>769

>>729を読んでください

771 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:42:27 ID:e/vvfqCy
>>729

「私はある」とは、「私は全存在、即ち自然」のことではないの。「私は『一部
部』存在」などという限定語をつけないで、「私は存在」と言えば、「全存在」の
の意味になる。

772 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 02:45:07 ID:GSCBtt2E
>>771
在るは在るです。
一部も全体もありません。
そもそも一部だの全体だのと言う枠自体が観念です。

773 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:46:00 ID:e/vvfqCy
>>771の訂正
×一部部
○一部

774 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:51:37 ID:e/vvfqCy
>>
>一部も全体もありません。
>そもそも一部だの全体だのと言う枠自体が観念です。

だったら、「全存在」でもいいんだね。「在る」は、「私は○○である」と
いう不完全自動詞ではなく、「存在する」という完全自動詞だよ。




775 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 02:53:48 ID:GSCBtt2E
>>774
全も一部も私が決めることではありませんよ。
ただの被造物ですから。
そんなもん捨ててしまいなさい。

776 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:02:09 ID:e/vvfqCy
>>775
>全も一部も私が決めることではありませんよ

だったら誰が決めるの。人間が書いた聖書を解釈するのは、人間以外には
いないではないか。

現に、君も、自分で解釈している。

一部と全部では大違いだよ。それとも、創造主は「一部存在」に過ぎないの?

キリスト教は、「私は在る」を「私は全存在である」と解釈するのが、絶対に
嫌なようだね。聖書の和訳でも、「在る」としないでわざわざ「ある」として
必死で誤魔化そうとしている。


777 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 03:08:28 ID:GSCBtt2E
>>776
キミの言うとおりに言葉の定義をしたところで世界はどう変わるの?
在るは言葉では何も変容しないよ。

778 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:13:41 ID:e/vvfqCy
>>777
>キミの言うとおりに言葉の定義をしたところで世界はどう変わるの?
>在るは言葉では何も変容しないよ。

勿論、世界は言葉では変わらない。「聖書」の言葉でも変わらない。

君たちは、創造主は「全存在」だと解釈できる?「全存在、即ち自然」なら、
イエスの立場はどうなる?


779 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:20:51 ID:e/vvfqCy
>>729
>「在る」の最小要素は「自己の存在」そして、存在の元である「在る」

最小要素は「自己の存在」だが、自己は「全存在」の中においてのみ、存在
し得る。

780 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:26:04 ID:QJ9X3yKN
皆様、はじめまして。
このような質問をすると敬遠されるかと思って我慢していたのですが、質問させていただきます。

神は、その存在自体が全能・完全であるとの事ですが、それならばなぜ天使・人類を創造されたのかという事です。
「それら被造物にも生の幸福を享受させるため」との回答が帰ってきそうですが、
完全・全能・至福であるなら、被造物に幸せを享受させる必要すらなく、神の存在自体が永久至高の幸福だと思えるのです。

神とはなんぞや?と悩んでしまいます。

781 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:29:17 ID:e/vvfqCy
>>780
神とは、「人間」の思考と空想の産物です。どこにも実在しません。

782 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 03:34:31 ID:QJ9X3yKN
>>781
ご回答、ありがとうございます。

私は神について様々な疑問を抱いてはいますが、「神が存在しておられたらいいな」と
思っていますので、神の存在を信じておられる方の意見も聞かせて頂きたく思います。

783 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:02:03 ID:OJ99n8iY
キリスト教は死んだ。

イエス・キリストなど初めからいないのだよ。
教義も邪教だ。教会は解散せよ。


784 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:03:25 ID:d2EIs9d2
>>780
キリスト教においては、被造物であるもののかしらとして治め、神の善を施行させると言う目的のためです。
更にあくまでも本スレッドの主旨になるキリスト教においてですが、
ここから進んで善に目覚めぬもの死せるものを立ち返らせる教えとしての新約が与えられています。

785 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:10:02 ID:OFd77pPC
キリスト教は死んだ。

イエス・キリストなど初めからいないのだよ。
教義も邪教だ。教会は解散せよ。

       ■

欧州ワインと人肉食との関連(フレンチ・パラドックス)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/132-143




786 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:30:02 ID:GjKWqtL5
教えてください。
ダビデ張在亨というのはチョー・ヨンギのことでしょうか?
彼(ダビデ張在亨)は統一協会信者だったそうです。本人も認めている
という。今もそうですか?

787 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:34:29 ID:d2EIs9d2
>>786
チョーヨンギ師は聖霊派のカリスマ牧師です。
統一だったかとか知りませんが、今は聖霊派の牧師です。
聖霊に「様」をつけた走りらしいです。

788 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 07:49:30 ID:TUcbAdVI
>>780
実際には、「神以外のもの」はあり得ません。
神とは、すべて。
全なるもの。
すべての存在は、「神の一部」なのです。

では、なぜ神は「一」に留まらず「無数」の存在と成っている(ように見える)のか。

すべてである神は、「自分自身」を知るために、自らのうちに「世界」を創造しました。
そして、その世界の内に自らの「目(人間をはじめとする個々の存在)」を生じ、その目で世界のすべて、自分自身を見ています。
「唯一の一者」である限り、「自らを見る者」もなく、見られる者もないからです。

そして、自ら人間となった神は、自らが神そのものであることを、世界のすべてが一つの神であり、自らは神という海に生じている一つの波であることを完全に忘れてしまいました。
それによって、「自分は神の外の他者」である、と思い込み、神と「分離」されている、という自ら生み出した悪夢の中でもがいています。
しかし、人間と成った神はそうした「神との分離」という苦しみの中ではじめて「神」を、自らの本質を本当に「知る」ことができる可能性を手にすることができたのです。

そして、人は自らの内と外を満たす「本質」を見つめることが出来るようになったとき、自らもまた神であることを、そしてその神自身の輝きを見出せるようになります。
これまで、何人かの人たちが自らの内と外を満たす「神」を知り、「あるというもの」としての自分自身(神)を取り戻しました。

そのときにこそ、「神」は「存在自体が永久至高の幸福」であることを身をもって体験し知ることが出来るのです。


789 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:07:55 ID:W5o67tAD
>>788
あなたの考えによるならば、
バアルやモレクの偶像も神に含まれるんですね。

790 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 10:13:22 ID:GSCBtt2E
時にセクトに属さない素朴な疑念はその本質を抉るような鋭さがありますね。
未信者の素朴な質問はほんとに鋭いものが多いです。

恐らく>>780さんの満足しうる回答は存在しません。一つだけヒントを置いていきます。
数学者、哲学者であるパスカルの言「信仰とは賭けである」は真であると思っています。
つまり、神がいることもいないことも証明不能なのです。

そして、私もあなたと同様に「神がいるかいないかなのだったらいたらいいなぁ」
から信仰が始まっています。
もしも、神がこの世界にいないならば私の人生は全てが空虚でいつ閉じても
良いものですから。

もう少し踏み込んだ回答は、神が天使、人間を創造するということは「意思」
を創造したということです。もしもロボットを創造したならば罪も救いも
存在しませんでした。
では、なぜ創造したのでしょう?

本質を抉る質問ですね。
これ以上は推論の域を出ませんので公の場では控えさせていただきます。


791 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:30:07 ID:Mt0mG9yc
本格的にキリスト教を信仰している人からみる
仏教信仰者ってどうなんですか。
個人で意見が違うとは思うのですが、
仏教の神様はキリスト教の神様の下に創られた存在だと思っていますか?
それとも全く別物でどちらを信仰しようとその人の自由だとお考えですか?
それとも仏教の神様など存在しないとお考えですか?
あなたの考えていることをお聞かせください。

792 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/12(日) 11:17:55 ID:RlBB0Uhr
>>791
仏教で拝んでいるのは 真理の象徴です
如来や菩薩はね
あといわゆる天部の神は単なる迷信か悪霊だと思う

793 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:21:53 ID:zWCtv0aS
てか、仏教の神様って、ヒンドゥーとか他の宗教から入ってきたものじゃん・・・

794 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/12(日) 11:25:48 ID:RlBB0Uhr
>>791
キリスト教以外のものは 人間が作ったり認識によって『発見』した
存在を拝む 拝むことによって報いを受ける

キリスト教は一方的に神様のほうから働きかけていただき それを受け入れる
事によって救われる 何の代償もなく信じることによってね
これはプロテスタントの立場
カトリックなどでは救われた後でも行いによって救いにとどまる必要がある

795 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:52:08 ID:Mt0mG9yc
>>794
なるほど、ありがとうございます。

796 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:57:15 ID:gqcMa7n6
キリスト教の方に質問です。

1、キリスト教の神様とはどのような神様ですか
2、キリスト教の救済の在り方はどのようなものでしょうか

親切な方宜しくお願いします。

797 :参加者希望:2006/11/12(日) 13:21:18 ID:Z29o6LKr
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162898570/l50

798 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 14:15:33 ID:AFoizyWj
>>796
Q.どのような神か
A.父子聖霊の三位一体神
Q.救済とは
A.イエスキリストの執り成しにより罪故の死から購われ善である神に向き直り生まれ変わって新たに活きることをいいます。

799 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 14:15:49 ID:Qi1jofF7
>>796
お答えします。

1.キリスト教の神は、人格神です。人間と同じく喜怒哀楽があり、腹を立てたら
人間さえ殺してしまいます。

2.この神はまた匂いフェチで、生贄の香りを好みます。また生贄の血も大好物
です。そこで多少気に食わぬ者であっても、生贄を捧げてくれるなら赦してやろう
という、鷹揚さも持っています。

――そういう神が存在することを前提として、十字架のイエスを神への生贄とする
宗教(キリスト教)が興ったわけですね。

800 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/12(日) 15:00:04 ID:RlBB0Uhr
>>799
うせろ異教徒www

きさま創価だなwww

801 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:07:42 ID:3Zr+ZRyv
>>734ですが、キリスト教に改宗したアブドル・ラフマンさんは
今どうしているか、知っている方はいませんか?

802 :799:2006/11/12(日) 16:27:33 ID:Qi1jofF7
>>800
いいえ。創価学会とは何の関係もありません。私が何か間違ったことでも
言ったでしょうか。

803 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:30:27 ID:1BvRCDXA
「栄光は父と子と聖霊に。」


とありますが聖母はなんで入っていないのですか?

804 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:34:17 ID:Qi1jofF7
>>803
マリアがただの代理母だからです。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161087753/l50

805 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:34:50 ID:d2EIs9d2
>>803
礼拝対象である神ではないからです。

806 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:42:06 ID:1BvRCDXA
聖母を祈るのは誤っているというわけですか?

807 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:43:40 ID:gxto1egb
り〜ロメたあ我希美 w →”うせろ異教徒www ってか ゲラ

自己批判を覚えたか...


808 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:49:58 ID:d2EIs9d2
>>806
聖母を祈るのではなくて、カトリック教会においては主イエスのとりなしのその前に居て、共に神に祈ってくれるという信仰の補助的役割を担っています。
時に、お題目(ロザリオ)を唱えることにのみに力が入ってしまい念仏まがいに落ちてしまうことは残念ですが、豊かな祈りの形のひとつです。

809 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/12(日) 17:35:40 ID:U7rF6lUS
>>799
わたしは誠実を喜ぶが、いけにえは喜ばない。全焼のいけにえより、むしろ神を知ることを喜ぶ。(ホセア6:6)

810 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:01:15 ID:MALdJhhd
>>809
誠実と神を知るだけなら、十字架の贖いの血は不要です。キリスト教はあくまでも
生贄信仰です。パウロも「血によって罪が贖われる」と言っています。

811 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:22:02 ID:gqcMa7n6
>>798
>A.イエスキリストの執り成しにより罪故の死から購われ善である
神に向き直り生まれ変わって新たに活きることをいいます。

分かりました、有難うございます。
具体的な質問なんですけれど、病気で患った人、人間関係のもつれ、経済的問題
心の救いはどのようになさっておられるんでしょうか?



812 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:45:00 ID:dJPmpMj6
>810
神への完全な、なだめのいけにえはイエス・キリストの十字架での死、
このただ一度で完了しました。

人はキリストを通して父なる神の愛を知ります。

813 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:48:18 ID:d2EIs9d2
>>811
ただ神の義のみ求めなさいとされていますね。
そうすれば必要なものは添えて与えられるとあります。
多くの宗教に言える事ですが、病を治そうとして訪れる人の病を治す事が宗教の持つ役割ではなく、
病が与えられていることも含めて善に生きようとする意味のある人生に導く事が、役割です。

経済も同じです。まず当たり前の事ですが出ずるを制し、入るを増やす努力や智恵のご案内をまともな教会はいたします。
教会に来てお金が増えたり病気が治ったりするなら医者も商家も要らないです。

ただですね、信仰の入り口において奇跡は必要不可欠なものです。
よく言われますように信仰は天国へいたる道筋の路傍の石です。

814 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:54:54 ID:dJPmpMj6
旧約時代の神の選民イスラエルに啓示された羊や牛、鳥の生贄は
人の神への罪が動物の命を代償とするほどのものであり、
神は人に罪を悔い神に立ち返り神との交わり、神との和解を望むかたであることを教えています。

神と人の断絶は血つまり命の代償を必要とするほど大きく
贖いだすほど、神の目にとり人は高価で尊い存在だと聖書は語ります。

旧約時代の動物のいけにえの祭儀は人の神への罪を完全にとりさることはできませんでした。
それは神が人となり人の神への罪を人の救いのため身代わりに背負うキリストの十字架の死を
予表していたのです。
イエス・キリストの十字架の死の後、神殿はローマに破壊され以後旧約時代から続いてきた
動物の生贄の祭儀は止みました。

キリストの死と復活により、人の罪のための完全な贖いがなされたため、
もはやキリストの到来の型である旧約の生贄は罪の贖いに必要なくなりました。

815 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 19:56:54 ID:d2EIs9d2
よく言われますように信仰は天国へいたる道筋の路傍の石です。×
よく言われますように奇跡は天国へいたる道筋の路傍の石です。○

ごめんなさいね。w

816 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:05:42 ID:GjKWqtL5
786 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:30:02 ID:GjKWqtL5
教えてください。
ダビデ張在亨というのはチョー・ヨンギのことでしょうか?
彼(ダビデ張在亨)は統一協会信者だったそうです。本人も認めている
という。今もそうですか?


787 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 04:34:29 ID:d2EIs9d2
>>786
チョーヨンギ師は聖霊派のカリスマ牧師です。
統一だったかとか知りませんが、今は聖霊派の牧師です。
聖霊に「様」をつけた走りらしいです。

817 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:10:42 ID:GjKWqtL5
>>787
知り合いの牧師がチョー・ヨンギ氏を敬愛しています。
その牧師も聖霊に「様」を付けて呼びますが、一部では聖霊に「様」を付けるのは
おかしいという意見もありました。また「様」だけではなく「御聖霊様」ともったいぶって
呼んでいます。再臨のキリストを自称しているらしきダビデ張在亨と同一人物だったら
やばいことだと思いまして、質問させていただきました。

818 :787:2006/11/12(日) 20:24:51 ID:d2EIs9d2
>>817
同一人物かどうかはわかりませんが、御聖霊様と呼ぶと創造主とは完全に独立したニュアンスであって、急進的な福音派でない場合は違和感を覚えます。

819 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:28:00 ID:b91BIYBc
>>697
>人間の意志は本来あるべき善い意思=自由意志は失われ
>肉の欲、様々な観念に支配される奴隷意思となりました。
ここで、あなたは、「自由意志」の対峙的概念として「奴隷意志」という言葉を使われました。

ところが、私の「自由意志だけしかない状態」(>>712)という言葉に対して、
>そこに主体性はなく、従属意思、奴隷意思となるわけです。(>>724)と、
「自由意志=奴隷意志」などと、前言を覆すような主張をしています。

あなたは、自分で「自由意志=本来あるべき善い意思」と言っておきながら、
私が「自由意志」と言う言葉を用いると、
「あなたの言う自由意志には、主体性が含まれていないのだから、それは奴隷意思」などと
勝手に解釈しています。それでは、それほど重要なキーワードである「主体性」について、>>697
ではなぜ言及しなかったのでしょうか。

>>725
>ご存知の通り誘われ、その意思は生まれました。
エバを誘った蛇(天使)は、「絶対善」であられる神の被造物ではないのですか?
その蛇がなぜ神の御心に反した発想・行動ができたのですか?
しかも、わざわざエバに神の言葉を確認した後に、大胆にもその神の言葉を否定する行動にでています。
これも、あなたのいう「自由意志」ですか?

「絶対善」から出た「自由意志」は、あくまでも「善の中での自由」であるはずです。
もともと「悪」という概念すら存在しなかったので、「神と共に存在すること」自体が全て善だったはずです。
にもかかわらず、蛇は「神の言葉の全面否定」という行動にでました。
人間であれ天使であれ、本来、「善」でないことは、「発想として沸くはずもない」のです。
したがって、あなたのおっしゃる
>ご存知の通り誘われ、その意思は生まれました。という説明は、
私の質問に対してなんら答えになっていません。


820 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:41:11 ID:b91BIYBc
>>725
>主体がある限り、別の選択肢があるならば、どちらを選択するかの可能性は少なからず存在するでしょう。
そんな簡単な問題ではありません。ここでの選択肢は、AかBかといった単純な選択ではありませんよ。
神の言葉を守るか、神に逆らうかといった選択ですよ。神は「守らなければ、死ぬ」と言ったのですよ。

つまり、完全無欠なる絶対的至上の愛で愛し続けてくださっている神の言葉を守って、
その至福の喜びを持続的に味わうことのできる環境を選ぶか、
あるいはそれほどまでに愛し、信頼してくださっている神の言葉を裏切って「死」に至るか、
どっちにするかという選択です。

選択権があったから自分を愛し続けてくれている神を裏切って、「死」を選びました。ですか?

>何故に自由意志は失われたのですか?
私は、自由意志が失われたといっているわけではありません。
逆にしたほうが、論理的整合性が合うという意見です。わかりますか?
(その原因に言及することなく)人間が神の意思に反した → よって、自由意志が失われた。
という論理展開よりは、(かりに)自由意志が失われたという前提があって、
その後で、「人間が神の意思に反した」という部分が「結論として」語られるのであれば、
そのほうが論理的に納得できますよということです。

>>724
>つまり、主体性を認められた=自由意志なわけです
補足説明をしてくださいましたね。
でも、まだちょっと理解しにくいのですが…

主体性が認められたことが自由意志であるならば、あなたがおっしゃるように
「自由意志」と「主体性」とを「別の意志」として区別する必要性を感じません。
私が「自由意志」と言ったときにも、ある種の主体性のようなものを含む概念として
考えたのですが、あなたは、はっきりと「別だ」と主張されました。
とすると、<「別の意志」である「主体性」が認められたこと=自由意志>
ということになりますが、これでは何のことかわかりません。もう少し、補足していただけませんか?


821 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:55:46 ID:3Juiz4Mi
(旧)957 38.21-38 任務はperfectだよ 私は。

822 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:57:33 ID:3Juiz4Mi
ヨブ27章 権利 実証している、科学が追いつかないから

823 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:00:18 ID:3Juiz4Mi
法治国家日本国

824 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:02:36 ID:Mxo0xN56
バレーボウル 日本女子イタリアに負けそうだ!

825 :mutant ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/12(日) 21:03:09 ID:GSCBtt2E
>>820
選択権があったから自分を愛し続けてくれている神を裏切って、
「死」を選びました。ですか?

そうです。死を選ぶ自由もあったのです。それは今も同じです。
神は何ゆえに人を救済するために信仰を求めるのでしょうか?神ならば信仰に
よらずとも万民を赦すことも可能なのです。しかし、神は人間の主体意志を
求めました。そこに対人格関係が存在します。

>>私は、自由意志が失われたといっているわけではありません。

なるほど。あなたの疑問ももっともです。それはあなたが自由意志を完全なる主体
としてみているからでしょう。その意思は神そのものですね。
聖書によると人間は神そのものではないようです。だからこそ堕罪の余地が
あったのですね。

>>主体性が認められたことが自由意志であるならば、あなたがおっしゃるように
「自由意志」と「主体性」とを「別の意志」として区別する必要性を感じません。

同様に真なる主体性は神そのものです。自由意志には神に反する意思も認められたものでした。




826 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:08:56 ID:BGP9++Yh
95ヶ条の論題の第95番目にある文内容を知っている方がいれば教えてください。
検索しても歴史的な詳説こそあれ肝心の論題の中身が全く出てこないので…。

827 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:16:14 ID:ADxypyxk
>>812
>>814
何をウダウととぼけたことを言っているのですか。十字架の血が
生贄の血だと言っているのです。それ以後に生贄が必要だとか必要
なくなったとか、そんな話ではないでしょうが。

どこまで頭が悪い。アホバカ切支丹。

828 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:04:14 ID:b91BIYBc
>>825
>そうです。死を選ぶ自由もあったのです。

どちらがより真の幸福に至る道であり、どちらがより価値と喜びを感じることのできる
道であるかを感じ取る感性・力は与えられていなかったのでしょうか?
堕落後の人間でも、自分を本当に愛してくれた恩人に対して「裏切り」行為をするのは
良くないと感じる感性があります。アダム・エバには神からの直接的な愛を受けながらも
現在の人間ほどの感性もなかったとお考えのようですね。
あなたの言う「対人格関係」とは、堕落後の人間である我々にとってすら、
自明とも言うべき基本的人間としての感性・感覚さえも認めない実に冷たい論理ですね。

祈祷すれば、善悪判断に関する感性が高まると聞いたことがありますが、あれは間違いですか?
アダム・エバは神と直接対話をしていたのですが…、最高の霊性をもっていたのではないですか?

興味半分で、つい「死」を選んじゃいましたか?

>なるほど。あなたの疑問ももっともです。
>それはあなたが自由意志を完全なる主体としてみているからでしょう。その意思は神そのものですね。
は?私そんなこと言いました?
まずは、あなたの言う「自由意志」をはっきりと定義してくれないと話しに食い違いが生じそうですね。

>聖書によると人間は神そのものではないようです。だからこそ堕罪の余地があったのですね。
この論理もちょっと理解しかねます。
神そのものではない → よって(神が創られたが)悪にむかう要素がある。では、ちょっと理解できませんね。
原因にないものが、結果として現れるというご意見ですね。

829 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:05:44 ID:a6z51kjG
>827

そうです。
キリストの血だからこそ、人の神への罪を贖えるのです。

830 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:05:50 ID:meZhxd5/
ネットで色々神父さんの画像を拝見しますが
ピオ神父さんが人がよさそうで好感持てます
どうですか?

831 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:28:23 ID:HGlLU+HH
>>830

ここの板でピオ神父に会った人などいないでしょう。
なぜ他人の意見を聞きたがるのですか。
ネットにいくらでも情報があると思います。
ですから、それをもとにあなた自身が判断すればいいと思います。
そうではないですか?

832 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:31:41 ID:HGlLU+HH
私個人の意見としては、
ピオ神父も、また彼について偶像崇拝する人についても
嫌悪感しか感じません。

人を偶像視することは、もちろんよろしくないことです。
しかも彼は御出現の女預言者まがいの終末預言を残しています。
おおげさな包帯を自分の手に巻いてもいました。

833 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:36:01 ID:HGlLU+HH

人の注意を、イエスから少しでもそらそうとするのが悪霊の働きです。
それらは、何かに頼りたいという人の弱さに付込んできます。
ですから、聖書とイエスの言葉に従おうと決心しないならば
いろいろな誘惑に負けてしまうのです。

イエスの言葉に従うように気をつけてください。
他の、どんなもっともらしいものにも騙されないように。

834 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:38:18 ID:0VswVFTn
>>832彼は御出現の女預言者まがいの終末預言を残しています。

それはピオ神父の預言ではありません。ピオ神父自身否定してます。

>包帯

聖痕を隠すために包帯をしていたのです。見せびらかすような人は偽者です。



835 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:40:15 ID:0VswVFTn
>>833
ピオ神父様はイエス様の生贄のわざを身を持って行われた人です。
あんたのような俗物には、主の苦しみに預かることの奥義は、理解できません。

836 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:40:24 ID:HGlLU+HH

もちろん、チョー・ヨンギであっても、
ベニー・ヒンであっても、ビリー・グラハムであっても
彼らを全面的に信用するようなことがあってはなりません。

彼らは人間に過ぎないからです。

837 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:42:33 ID:HGlLU+HH
>>834

聖人崇拝も、偶像崇拝なのです。
そのようなことはしてはなりません。

気をつけて、聖書の言葉に従ってください。
そうでないなら、クリスチャンではありません。
単なる偶像崇拝者なのです。

838 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:48:01 ID:7/etNO4Y
>>837
偶像崇拝がダメというのは、プロテスタントですよね?
カトリックによって、芸術や文化というものが発展したわけですが
クリスチャンであれば、芸術を否定するものですか?

839 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:50:47 ID:HGlLU+HH
>>838
>偶像崇拝がダメというのは、プロテスタントですよね?

そうではありません。
神を信じるならば、神以外のものを崇拝してはならないからです。

イエスを信じるならば、聖書の言葉に従ってください。
教会の権威を崇拝するなら、それも偶像崇拝の一種なのです。

840 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:56:03 ID:7/etNO4Y
>>839
芸術に美を感じるのであれば、そこに神との繋がりを感じるものではないでしょうか?

841 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 22:58:05 ID:HGlLU+HH

人間というのは、どんな人であっても完璧ではないのです。
まず、このことを認識すべきです。

従って、カトリック教会で聖人の称号をつけた故人に対して、
美辞麗句をもって賞賛することは、褒められた行為ではないのです。

人は、誰でもよいことと悪いことの両方を行っているものだからです。
聖人の称号を与えられている人であっても、例外ではないのです。

まずこうした当たり前のことから、カトリック信者は認識する必要があるのです。
すすんで盲人になる必要はありません。真実を見極めてください。
そして、神のみに従うものとなってください。

842 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:00:53 ID:7/etNO4Y
>>841
キリストは、人間ではなかったのですか?

843 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 23:01:55 ID:HGlLU+HH
>>842

聖書を読んでください。

844 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:06:33 ID:7/etNO4Y
>>843
840の質問に答えていただけないでしょうか?

845 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 23:11:02 ID:HGlLU+HH
>>844

あなたが芸術に神を感じる、と言っていることについて
否定する気持ちはありません。

しかし、豪華絢爛な教会建築というものは、そもそもの
キリストの教えとは異なる文化からきているものと思われます。

また、神学についても同様です。
イエスは無学なものを、ご自分の弟子に選ばれたからです。

また、近世の芸術というものは、イタリアを発祥とした
ルネサンス運動から生まれたものです。
これは、基本的に人間賞賛の考え方から生まれたものです。
イエスの教えとは関係がありません。

846 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:23:40 ID:7/etNO4Y
>>845
初期キリスト教美術とは、紀元2世紀末から3世紀初めにかけて
地中海沿岸の各地で発祥したと言われています。

ルネサンス運動から、いきなり発祥したものではありませんよ。


847 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:26:48 ID:7/etNO4Y
補足・・・初期キリスト教美術とは、キリスト教の誕生から5世紀後半までを指します。

848 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:31:25 ID:a6z51kjG
>846

>845でダニエルさんは近世の芸術について言及しているようですよ。
紀元2世紀末から3世紀初頭は一般に古代と呼びますね。
ダニエルさんは豪華絢爛なキリスト教芸術の盛期について言及し、
その歴史的源流について論じているのではないように見受けられますが。

849 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:52:58 ID:7/etNO4Y
>>848
偶像崇拝を否定されているんですよね?
西洋美術史の中では、初期キリスト教美術として説明されています。
偶像崇拝を否定するのであれば、宗教芸術から始まった
芸術すべてを否定するのと同じだと思いませんか?
芸術に美を感じるのであれば、そこに神との繋がりを感じるのも
悪いことだと思えないのですが・・・・素朴な疑問なんですがね。

850 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/12(日) 23:59:16 ID:HGlLU+HH
>>849
>偶像崇拝を否定するのであれば、宗教芸術から始まった
>芸術すべてを否定するのと同じだと思いませんか?

それは、あなた独自のお考えだと思いますよ。
僕はそのように考えたことはありませんし、
そのような考え方をする人に会ったこともありません。

芸術というものは、人に感銘を与えたりするものでしょう?
もちろん芸術そのものを神のように崇めているのなら、芸術が偶像だ
ということになるかもしれませんが。
けれども、そんな人はまずいないと思います。

でも、芸術が神そのものではないことは明らかですので
特に問題視する必要もないと思うのですが。

851 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 00:04:06 ID:8lUGJNrD
>でも、芸術が神そのものではないことは明らかですので
>特に問題視する必要もないと思うのですが。

イエスや聖母の絵画や彫刻は、問題視する必要もないということでしょうか?


852 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:06:36 ID:CTxdPJQT

芸術を否定しようとは思いませんよ。
ステンドグラスを見れば美しいと思いますし、
教会建築にも、それなりの敬意を払いますし、
感銘を受けることもあります。
けれども、そうしたことと、生ける神を崇めることとは
あまり繋がらないことであると思います。

神というお方は「命」そのものであって、私たちの
活動の根本に関わっておられるお方であります。

やはり、聖書を読み、神に祈りを捧げ、生きていることに
ついて感謝することが大切なことと思います。

853 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:07:50 ID:CTxdPJQT
>>851
>イエスや聖母の絵画や彫刻は、問題視する必要もないということでしょうか?

その質問を待っていました。
こうして、偶像というものについて深く考えることはとても良いことです。

854 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 00:09:47 ID:8lUGJNrD
>>852
あなたが言ってる偶像崇拝とは、教会芸術ことを指しているわけではないということですね?

855 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:13:45 ID:CTxdPJQT

イエスというものについて、根本的に人々が誤解しているので
偶像を造って「これがイエス様の像だ」と思っているのです。

これは思い違いです。

なぜなら、イエスは聖書に書かれてあるように「人の子」であり、
また、「神の言」であるからです。

イエスの像を造ることは不可能です。
カトリック聖堂内にあるイエスの像は、実際にはイエスの像ではなく、
人間が頭で思い描いたイエスという人間の姿についてのイメージなのです。

ですから、この像を通じて「イエスに祈る」ということは出来ない相談です。
なぜなら、イエスの像に向かって祈る人は、その像のもととなっている
人間のイメージ上のイエスに祈っていることになるからです。
わかりますか?

イエスというお方は、天地が創られる前からおられるのです。
まず、このことを聖書から学んでイエスがどういうお方であるかを
知ることから始まるのです。

イエスがどういうお方か知らないのに、勝手なイエスのイメージを思い描いて
祈るから、それは偶像崇拝になるのです。

像に向かっていのる行為自体というよりも、そのことをすることによって
本当のイエスに祈れなくなっていることが重要な問題点なのです。

そして、このことについて指摘できる人が、現在ほとんどいないのです。


856 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:15:08 ID:CTxdPJQT
>>854

もちろん違いますよ。
偶像崇拝といものは、人間の営み全般に関わっている
問題なのです。

857 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:19:01 ID:CTxdPJQT

人にとって、本当に大切なものとは「命」です。
まず、このことを謙虚に素直に認めることが、あらゆる
偶像崇拝から離れる最初の一歩となるのです。

偶像崇拝する人が拝んでいるものとは、
お金、常識、知識、組織、権力、思想、評判、評価、賞賛、学問
などです。

858 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 00:24:32 ID:8lUGJNrD
>>855
正しく祈ることが信仰でしょうか?
偶像崇拝の否定というのも形式的に思えてなりません。
それによって、同じキリスト教の信者であっても
派によって争うのも不思議です。


859 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 00:31:08 ID:CTxdPJQT
>>858
>それによって、同じキリスト教の信者であっても
>派によって争うのも不思議です。

派というものを作ること自体が、争いの元になっているのです。
ですから聖書には分派を作ることが戒められています。
そのため、わたしは分派を作りません。

どこの宗派、分派に所属していたとしても
聖書に従うべきです。
つまり、偶像崇拝せずにイエスに従うべきです。

860 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 00:35:24 ID:8lUGJNrD
>>859
最後にひとつ質問させてください。信仰とは、何でしょうか?

861 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 01:15:06 ID:lEpMl0c1
おれは、
信仰とは、と
宗教とは、を分けて考えてるけど
一緒にすると、話がごっちゃになりやすい。


862 :861:2006/11/13(月) 01:16:42 ID:lEpMl0c1
割り込んですまん。

863 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 01:18:30 ID:CTxdPJQT
>>860

信仰とは「人に聞くもの」ではないものです。

学校の勉強や仕事なら、「人に聞くこと」が有益になります。
しかし、信仰については少しも有益になりませんし、多くの場合
有害になる確立が非常に高いと思います。

ですから他人に信仰について聞くことは避けるのが賢明なのです。
信仰については旧約聖書の登場人物である「アブラハム」が信仰の父と
よばれていますので、アブラハムがどのような態度を神にとったか、という
ことが非常に参考になります。

864 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 01:24:34 ID:CTxdPJQT

信仰とは、ひとりびとりに与えられているものです。
ですから、それぞれの人がそれぞれに、神との交わりを持つ
ことにより確立していくものです。

こういうものですから、人に聞いて答えが得られる、というものとは
違う事柄ということになります。

神に聞くことです。躊躇せずに、大胆に神と対話することです。
アブラハムもこれをしていたのですし、旧約にもそのようなすすめが
記述されていたと思います。

人というのは、「何かを信じなければ生きていけない」のです。
そして多くの人が、間違って神以外のものを頼って生きているのです。

頼るべきお方は、「生ける神」というお方であって、それ以外のものは
頼りにすることはできません。

865 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 01:54:14 ID:CTxdPJQT
>>780
>神は、その存在自体が全能・完全であるとの事ですが、それならばなぜ天使・人類を創造されたのかという事です。
>「それら被造物にも生の幸福を享受させるため」との回答が帰ってきそうですが、
>完全・全能・至福であるなら、被造物に幸せを享受させる必要すらなく、神の存在自体が永久至高の幸福だと思えるのです。
>神とはなんぞや?と悩んでしまいます。


神がなぜ人間を創造されたのかについて、明確な答えは聖書には書かれていないのです。
ですから、神がどういうお気持ちで天使や人を創ったのかは、知らなくてもよい事柄です。

866 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 01:57:10 ID:CTxdPJQT

ただし、聖書を読んだ結論として、こういうことは言えると思います。
神は私たちの霊を愛しておられ、また私たちからの愛を神は求めておられます。

それに尽きると思います。そして、これ以上に素晴らしいことなど
何もないと思います。

867 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 02:10:58 ID:aoTkprH4
司祭や教会や聖なる先人を侮りながらよく言いますね

868 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 02:15:08 ID:CTxdPJQT
>>867
>司祭や教会や聖なる先人を侮りながらよく言いますね

そんなことをした憶えはありません。
従って、あなたの書いた内容はいいがかりになります。

神以外のものを崇拝してはいけない、ということのみ書き続けております。
人を侮るとか、侮辱することとかとは異なる次元の話です。
あなたに理解できないだけです。

869 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 02:19:02 ID:CTxdPJQT

ピオ神父については、教会内でアイドルのように
崇めている人がいることを残念に思っています。

そうした人たちにも責任はありますが、ピオ神父自身にも
問題があると思います。

また、あなたがたが誰かを賞賛したり尊ぶことをするのはご自由なのですが、
以下のようにイエスは言っておられます。

ルカ 16:15
そこで、イエスは言われた。「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存じである。
人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われるものだ。

870 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 02:32:26 ID:WOlaZKaO
>>869
ありがたやありがたや

871 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 02:36:18 ID:aoTkprH4
>>868
あなたは偽りも平気なんですね

872 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 02:37:46 ID:CTxdPJQT
>>870

神を尊んでくださいな。

873 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 02:38:30 ID:CTxdPJQT
>>871

どこが偽りだったですか?

874 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 02:39:25 ID:WOlaZKaO
>>872
なんまんだぶなんまんだぶ

875 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 03:06:04 ID:aoTkprH4
>>869
>ルカ 16:15
>そこで、イエスは言われた。「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存じである。
>人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われるものだ。

これはダニエルさんへ。

876 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 03:11:17 ID:aoTkprH4
>>873
あなたはいつも自分だけがよくわかっていて正しいとおっしゃっていますよ。
まるでご自分が神になっているかのように。

>あなたに理解できないだけです。
これはダニエルさんへ。

877 :棕櫚 ◆lcL728vvpE :2006/11/13(月) 08:53:25 ID:C1JLmPPw
ダニエルさんへ
お久しぶりです
ダニエルさんの聖書知識のひろさは尊敬しております
でも2ちゃんねるで戦い過ぎて、いつの間にか傷ついておられるような…

神様に傷を見て頂き、日々癒して頂き フレッシュにされる事を願います


878 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 09:51:08 ID:SM+fCVsh
神様は創世記で一度、人が悪い考えばかりするようになり、そのことを後悔して
洪水を起こしてほとんどリセットしてますし、戦も起こしています。
旧約聖書の神様はどうしてあんなにも人を殺めるのですか?
人類みな兄弟じゃないのですか?
全能の神は、人から「悪」だけを拭ってくださらなかったのはどうして?

イエス様は誰に対してもお優しい方だと思うけれど
旧約聖書を見ると、イエス様の御父はとてもおそろしい方だと思ってしまいます。

879 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:31:12 ID:8bWZ4SkS
>>878
古い約束はイスラエルだけに与えられた律法を中心とした契約ですから、
まずあなたがイスラエルの一部族になったつもりで読んでみてはいかがでしょうか。
その後でその古い契約を覆う形で鍵とし雛形として新約が覆っているのがキリスト教の聖書です。

契約を守ることで与えられる保障はユダヤにあります。
ユダヤ教は長い歴史を子に伝えることで本質を継承しています。
こちらの律法学者にも多様な見解は存在しますので、旧約に特化してご覧になりたい場合は、
例えばハーマンベイクなどの著作をお読みになったりされることも有益です。

880 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:54:06 ID:bHDu5Yqg
すみません 洗礼ヨハネはエリアの生まれ変わりなんでしょう?
だったらキリスト教も輪廻転生を認めてあるんですよね? 質問。

881 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:00:11 ID:8bWZ4SkS
>>880
民間伝承の中では再臨と表記されこれは詭弁のようですが生まれ変わりでは無く、人格の踏襲です。
キリスト教はアドヴェント(再臨)と復活しそうに立つ宗教であって輪廻転生をドグマと致しません。

この点を数限りなく繰り返していますが、例えば仏教との根本的なドグマの相違と認識してください。
キリスト教と呼ばれる宗教は輪廻転生を信じず復活を信じる宗教です。

882 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:13:56 ID:bHDu5Yqg
でも、イエス様が言ってあるじゃないですか。
「もしあなたが受け入れることを望めば、
 この人こそきたるべきエリヤなのである」マタイ福音書

883 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:22:51 ID:8bWZ4SkS
>>882
11:13 すべての預言者と律法が預言したのは、ヨハネの時までである。
11:14 あなたがたが認めようとすれば分かることだが、実は、彼は現れるはずのエリヤである。
11:15 耳のある者は聞きなさい。
11:16 今の時代を何にたとえたらよいか。広場に座って、ほかの者にこう呼びかけている子供たちに似ている。
11:17 『笛を吹いたのに、/踊ってくれなかった。葬式の歌をうたったのに、/悲しんでくれなかった。』
11:18 ヨハネが来て、食べも飲みもしないでいると、『あれは悪霊に取りつかれている』と言い、
11:19 人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ』と言う。しかし、知恵の正しさは、その働きによって証明される。」
輪廻転生ではないので心得違いをせず正しい心で読み直してください。

884 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 15:58:47 ID:+aaKnUpY
>>878
>神様は創世記で一度、人が悪い考えばかりするようになり、そのことを後悔して
>洪水を起こしてほとんどリセットしてますし、戦も起こしています。
>旧約聖書の神様はどうしてあんなにも人を殺めるのですか?

まぁ、旧約は人間が書いた伝説的な側面もあるので……。
たとえば、神とともに異教徒の町々を襲撃し略奪を繰り返しながら住民を虐殺し続けたヨシュアたち(ヨシュア記)。
彼らは、「神」の命令で異教徒の土地の略奪・侵略を始めた、とされていますが、その「命令」を出しのははたして本当の「神」だったのか……。

あと、大洪水にしても、少なくとも人の世が始まってから地上すべてを覆うような大洪水があったかどうか。

>全能の神は、人から「悪」だけを拭ってくださらなかったのはどうして?

神から見れば、人はみな「滅ぼすべき罪」だからです。
アダムらの反逆によってすべての人は神から罪とされ(原罪)、そのままでは最後には神に滅ぼされる運命にあります。

神が望んでいるのは、人が再び神を信じて神を主と認め、服従すること。
そうして人が神に立ち返ったとき、人は神の目から見て「罪」とされなくなるのです。


885 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 16:26:07 ID:uLX08ogn
聖母の苗字は安部なんですか?

886 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 16:41:44 ID:8bWZ4SkS
>>885
アヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉です。
これは天使祝詞と呼ばれるカトリック教会の祈りの部分でもあります。
聖書箇所はルカによる福音書1:28です。
以下カトリック教会で「ロザリオ」と呼ばれる部分になります。
2CH参考スレッド http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146220465/

《口語文》
恵みあふれる聖マリア、主はあなたとともにおられます。
主はあなたを選び、祝福し、あなたの子イエスも祝福されました。
神の母聖マリア、罪深いわたしたちのために、
今も、死を迎えるときも祈ってください。

《文語文》
めでたし、聖寵満ち満てるマリア、主御身とともにまします。
御身は女のうちにて祝せられ、ご胎内の御子イエズスも祝せられたもう。
天主の御母聖マリア、罪人なるわれらのために、
今も臨終のときも祈り給え。

《英語》
Hail Mary, full of grace, the Lord is with thee;
blessed art thou among women, and blessed is the fruit of thy womb, Jesus.

Holy Mary, Mother of God, pray for us sinners,
now, and at the hour of our death. Amen.

《ラテン語》
Ave Maria, gratia plena, Dominus tecum;
benedicta tu in mulieribus, et benedictus fructus ventris tui, Jesus.

Sancta Maria, Mater Dei, ora pro nobis peccatoribus,
nunc et in hora mortis nostrae. Amen.

887 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:17:23 ID:OAV48l0P
要するにHellowのラテン語なのですね

888 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:52:09 ID:bOPzrJgD
>884
回答ありがとうございます。

じゃあ聖書に書かれていることは真実では無くて、すべて例えのようなものでしょうか。
神がこれほど偉大な存在であると示すための?
でも私はアダムとエバのお話から、全てを否定することはできません。
聖書って事実と人間が作ったフィクションが混じってるのかな。
でも今、聖書が事実云々言っても
本当のことはわからないし…うーん。
イエス様を信じます。けど聖書をどう受けとめればいいのかわからないよ…。


889 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:15:29 ID:9FlAoLKF
>>888
あなたの言葉には矛盾があります。聖書の記述を信じなければ、イエスを
信じることはできないはずです。なぜならば、イエスに関する資料は聖書の
中にしかないからです。

私はイエスをキリスト、神の子とは信じません。頭から聖書を信じていないから
です。

890 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:57:28 ID:bOPzrJgD
私はイエス様を神の子と信じます。
すみません。どうかしてました。
聖書を信じないということはキリストを、神を信じないということですね。

891 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/11/13(月) 21:13:30 ID:mu/ZcI2z
ヴェーダってなんて意味なの?

892 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:16:22 ID:ct0PgezD
アリの巣コロリってあるじゃん
蟻の行列にポンと置くと一瞬ビックリして列が乱れる
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る
そいつをマネして何匹も入る
毒とも知らずにツブツブを運び出す
一匹が一粒づつ
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい
一匹が一粒づつ丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ
せっせとせっせとせっせとせっせと
蟻さんって働き者だなと思う
俺も頑張らなきゃなと思う
次の日あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない
ほんとにいない
探してもいない
泣きたくなった


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください
信じるか信じないかはあなた次第です


893 :ルー:2006/11/13(月) 21:45:42 ID:Z77HvPRW
神を見たという人はアダムだけですか?

894 :751:2006/11/13(月) 21:52:40 ID:Un0Uhm8r
>>752
重力、時間、観念からも自由であったとしても、
自身に不可能な事を創造できなければ全能ではなく、
出来ても自身に不可能なので全能ではなくなるのではないでしょうか?

895 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 21:59:18 ID:CTxdPJQT
>>875

>>人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われるものだ。

>これはダニエルさんへ。

わたしは人に尊ばれていないので、この聖句は僕とは無関係です。

896 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:00:25 ID:8bWZ4SkS
>>895
ありがたやありがたや

897 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 22:04:40 ID:CTxdPJQT
>>877 :棕櫚さん
>ダニエルさんへ
>お久しぶりです
>ダニエルさんの聖書知識のひろさは尊敬しております
>でも2ちゃんねるで戦い過ぎて、いつの間にか傷ついておられるような…
>神様に傷を見て頂き、日々癒して頂き フレッシュにされる事を願います


お気遣いありがとうございます。
聖書知識については、僕はまだたいした知識はないです。
ですので、日々聖書を読んで考えています。
イスラエルがカルデアに捕囚になったのは神のどういう計らいなのだろうかなぁ、とか
ヘロデ・アグリッパという人はどういう人だったのだろう?とかね。

2ちゃんねるでは戦っているつもりはないのですが、
何かについて語っていると、いつのまにか敵が現れて、
討論になる、というような感じです。

昼間、仕事をしている時間がリフレッシュタイムみたいなもんかな。

898 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:12:26 ID:k1SEJerI
ダニエルさんの自作自演の情けなさは閉口しております

899 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/11/13(月) 22:20:06 ID:CTxdPJQT
>>898

早くも敵が現れました。(^^)

900 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:21:35 ID:aoTkprH4
>>895-897


901 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:24:23 ID:aoTkprH4
>>898
「家」スレの住人はチャネラーですから。
自分への反対意見は神の敵だとでも思っているのでしょう。

902 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/13(月) 22:24:27 ID:mU36Zotk
このスレ終了後は、下記スレを利用しましょ。
だからこのスレ終了しても、スレ立て不要。

|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161708862/

903 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/13(月) 22:25:44 ID:Iqm1rrbJ
>>901
少佐殿。。。。wwww

904 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/13(月) 22:54:57 ID:KZ+fJ7WC
>>893
旧約時代においてであってもたとえばモーセも見てるよ。

905 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:24:34 ID:FQ3t52BE
>>897 聖書知識については、僕はまだたいした知識はないです。

聖書知識なら、『聖書の間違い』の作者
佐倉哲先生がピカ一でつ。

906 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:37:32 ID:93jtrW1P
生きるのに疲れた・・・

907 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/13(月) 23:40:09 ID:eNKaxyJG
うん。
ときどき無性に生きるのがめんどくさくなるね。
そんなときはわざと仕事量増やしてごまかすようにしてる。

908 :mutant@仕事中 ◆ALzPjyFKI2 :2006/11/13(月) 23:47:47 ID:eNKaxyJG
理詰めで神像を作り上げたところではっきり言って無意味なんだよね。
人間が意志せずに生まれ、意志せず死ぬようにあれが神だこれが神だと言ったところで
何にも変わらない。

在るは普遍不変

突き詰めると感謝して自分に与えられた日々を生活しましょう。って結論に辿り着く。

伝道者の書 6:12 短く空しい人生の日々を、影のように過ごす人間にとって、
幸福とは何かを誰が知ろう。人間、その一生の後はどうなるのかを教えてくれ
るものは、太陽の下にはいない。

伝道 8:15 それゆえ、わたしは快楽をたたえる。太陽の下、人間にとって
飲み食いし、楽しむ以上の幸福はない。それは、太陽の下、神が彼に与える
人生の日々の労苦に添えられたものなのだ。

AMEN



909 :860:2006/11/14(火) 00:00:26 ID:6+7yb1HL
>信仰とは「人に聞くもの」ではないものです。

ダニエルさんに習うために聞いているのではないですよ。
疑問による質問です。

2ちゃんねるで、言い争いをするという行為について
疑問視してしまうのです。信仰とは、こういうことなのか?と・・・
聖書を説くということは、個人にとって大切なことでしょうが
それによって、争いを生む。
個人のそのような行為が、神の下においての行為として
正当化されるのが恐ろしく感じることがあります。

気を悪くされたらごめんなさい。

910 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 11:42:50 ID:QYqaQuhj
信仰とは、信仰心のことです。
人によって、人生歩んで来た道によってみんな違うってこと。
もしダニエルさんが教えを説く立場にある人であれば
ここでは、云わないと思う。
なぜなら、ここで書けば信仰とは、こうゆう物だとの
印象を与えるわけで、偏った考えに同調するこを嫌う
わけだし、批判されるのもやな訳だし、他人に詮索されたくない
心の中だってみんなあるから
>信仰とは「人に聞くもの」ではないものです
と言ってるんだよ。
肯定観念で、書いてる人とほころび探して書いてる人とでは
印象違って見えるのは、仕方がない。
あんたは、どっち?

911 :860:2006/11/14(火) 15:02:26 ID:6+7yb1HL
>>910
ほころびを探しているように受け取られるのは、悲しい限りですね。
聖書で有名な言葉がありますよね。
「敵を愛し、あなた方を憎む者に親切にしなさい」と。
同じキリスト教内で派閥を作ったり、2ちゃんねるで言い争いをしたり
個人のやってることに素朴に疑問を感じるので、信仰について質問をしました。
教えを説く立場の方であれば、尚のこと考えていただきたいです。
神と人との関係が一対一であれば、争いも起きません。
人は、組織化することを望み、他者からの自分への価値観の同調というのも
安心感を得るものです。
偶像崇拝を肯定するも否定するも、形式的なことに過ぎないように思われます。
教会芸術を見て、そこに芸術家や職人の苦労や美を感じる人間もいれば
権威やお金しか感じない人間もいるわけですからね。
芸術を神と崇めるのではなく、美の先に神を感じるということが
ダニエルさんには、理解していただけませんでしたが・・・


912 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:39:19 ID:8rUS+uZq
もういくつ寝るとクリスマス〜♪

というわけで、今年もクリスマスカードを書きたいと思っていますが、
聖書の中で何か気のきいた御言葉はありませんでしょうか?

いろいろ探していますが、なかなか見つかりません。
これぞというのがありましたら教えてください。


913 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:41:17 ID:SO2zGyXB
信仰とは、明日に希望を持って、今日を明るく生きていくための
心の糧であり、支えだと思います。
また、争いと議論は違うものですよね。
匿名の私が言うのもなんですが
2ちゃんねるには争いもありますが、
こちらには意見を述べて議論されている方もいらっしゃいます。
確かに「争い」をされている方がいたら「信仰とは?」とも思いますが
それは、信仰のせいではなく、人の持つ弱さのせいです。



914 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/14(火) 18:01:08 ID:Ki1V06Pg
>>912
他人の受けたものでなく、あなた自身が好きな言葉や感動した言葉、書いたほうがいいよ。

915 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/14(火) 18:12:08 ID:eScGQYqc
>>914
>希美さんの感動する書き込み

507 :ななえ ◆7/a/CHzZno :ID:AsFDncCJO
509 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :ID:AsFDncCJO

75 :ななえ ◆7/a/CHzZno :2006/09/30(土) 01:49:36 ID:AOFQAKE2O
脱いで足広げるだけで、可愛がってもらえるし、ななえも気持ち良かったし。
110 :ななえ ◆7/a/CHzZno :2006/10/22(日) 22:43:26 ID:Rn8ySmsZO
陰洗で元気になるのって、ななえのせいじゃないよ。
112 :ななえ ◆7/a/CHzZno :2006/10/23(月) 03:21:03 ID:fDPndBCbO
勘違いでもないよ。
オナニのお手伝いしたことあるし。
口と手を使ってさ、ななえは風俗じゃないのに、やってって言われて。
113 :ななえ ◆7/a/CHzZno :2006/10/23(月) 03:23:48 ID:fDPndBCbO
でも患者さんの、陰部から白いのが、ななえのお口にたくさん出た時、うれしかったな。
思わず飲み込んじゃった、おいしくなかったけど。


916 : ◆lux./oYs9M :2006/11/14(火) 18:17:21 ID:eXSSxV/I
>>914
おいらが好きなのは

天よ 露をしたたらせ
雲よ 正義を降らせよ〜って歌だな

イザヤの45:8です

917 : ◆lux./oYs9M :2006/11/14(火) 18:19:38 ID:eXSSxV/I
まちがえた。。
>>916>>914でなくて>>912さんです

918 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 19:01:09 ID:mHX+Cm+x
>>903
山谷大尉のはずがないでしょ。おたくそ。

919 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/14(火) 19:06:42 ID:nrKrRvjN
>>909

「信仰とは望んでいる事がらを保障し、目に見えない物を確信させるものです。」
と聖書に書いてある通りです。





920 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 19:28:42 ID:6XWW+XQ3
>>829
初心者です。

なぜ血で罪が贖えるのですか。現金を払って罪を贖うというのなら
まだ分からないでもありませんが、なぜ血なのですか。それはユダヤの
迷信ではないのでしょうか。

921 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/14(火) 19:34:31 ID:nrKrRvjN
>>920

命の源は血にあります。そういう意味で血による贖いなのです。
聖書にも(レビ記17章11節)贖いをするのは血だと書いてある通りです。

922 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/14(火) 19:44:02 ID:Ki1V06Pg
>>920
それがイエズスの御血、十字架になるのよ。

923 :746:2006/11/14(火) 19:46:20 ID:5S9A5Ede
>>747
そういう人を講壇に立たせる教会だと思うと、行けませんね。
当時自分は求道者みたいなものでしたが、正直もうこりごりです。
ありがとうございました。

>>748
おっしゃることがよく分かりません。
ですが、結果として知人は破産し、被害者に謝罪もせずに別の教会へ逃げたようです。
ありがとうございました。

>>760
会衆は知人の不始末を認識するどころか、話を聞いて素晴らしい信仰者と尊敬したようです。
自分が「証」に関して牧師に異議を唱えたと知るや、中傷攻撃してきた仲間もいましたから。

後で本人に直接抗議したら、「神に対する冒涜」のように言われ、逆ギレされました。
あの時の屈辱感と心の痛みは生涯忘れられそうにないです。
ああいう人たちとはもう関わりたくありません。

ありがとうございました。


924 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/14(火) 20:03:14 ID:eScGQYqc
>>923
カトリックにすれば?

925 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:31:58 ID:rNIiLFey
>>921
レビ記の作者は知らないようですが、血液は単に体中の細胞に栄養を運んでいる
だけです。別に命の源ではありませんが。

926 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/14(火) 22:51:10 ID:Ki1V06Pg
>>925
栄養だけでなく不要なものを運ぶのも血液。
末期に多量に何回も血を吐かれたり、陰部やお尻から多量に何回も出血したりするの見ると、血液は命の源と思うよ。

927 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:56:09 ID:qxbDfBEB
マリリン・マンソンはあんな格好であんなお歌を歌っていますが
敬虔なクリスチャンの学校を出ておりますのですが
こんな彼を見てどう思いますか?

「キリスト自身を憎んだことは一度もない。
    
        憎んでいるのは人々が信じる神だ。」



928 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 12:05:04 ID:WVgFfwYx
質問お願いします
私は無宗教です
三位一体の意味がわかりません
父は神?
子は信者?
聖霊とは?
父と子と聖霊の関係を教えてください
気になって昼寝が出来ない分、夜更かしがとても辛いです(-_-#
どうか無宗教の私にも分かるように易しくお答えお願いします


因みに回答者は指名出来ますか?
出来るのでしたら
のぞみんがボケた答え
それにサロメンが突っ込み
さらに良識ある回答者の発言欲しいですm(__)m
お願いします

929 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:40:16 ID:Y4fpCbd6
>>794
>キリスト教は一方的に神様のほうから働きかけていただき それを受け入れ
>る事によって救われる

その神様も「人間が作ったり、認識によって『発見』したもの」。

言ってることが矛盾してるよ。

930 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 12:43:59 ID:k2sdqN+3
>>929
あら
ニーチェ君久しぶりw

931 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 12:48:31 ID:WVgFfwYx
(´∇`*)サロメおねぇたマン♪

932 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:00:26 ID:31dpPQg9
http://210.198.152.182:8000

933 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:44:00 ID:Y4fpCbd6
>>928
三位一体についていくら議論してみても、結局は、キリスト教の狂信者たちが
イエスを神格化することによる「十戒違反の大罪」を免れるための(すでに
違反している)見え透いたコジツケに過ぎない。「聖霊概念」は、目に見えな
い、訳のわからない存在を持ち出すことにより、信者の洗脳をより深めるため。
現代のカルト宗教が「霊」によって信者を畏怖させ、洗脳するのと全く同じ。

934 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 14:39:41 ID:A/jefnbo
質問することを
相手に「俺を満足させやがれ」と要求することだと勘違いしてる人がいますね。

935 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 15:13:35 ID:AjJaiJFr
(´-`).。oO(ネタにマジレス、なんでだろう)

936 :エステル ◆EGuJO3OQ0U :2006/11/15(水) 16:29:58 ID:AqDrm0p6
>>928
のぞみさんとおたぁさんが出てくるのを待ちますか(笑)

とりあえず、「子」とは、「イエス=キリスト」のことですよ。

937 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 17:04:23 ID:WVgFfwYx
>>936
ありがとございます
父は神でイエスではなく
子がイエスなんですね
では聖霊はなんでしょ?
それと三位一体からその効果?結論は何が導かれるのですか?

お願いします

938 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 17:46:56 ID:R/JLoXWx
>>936
お大師様かまってチョ♪=南無菌=風俗通いスケベオヤジ
=お断り!

939 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 17:51:34 ID:iF6XwWbn
>>929>>933
お、久々登場「質問箱のスパイス」ニーチェ様ですな。

最近はどうしてます?元気?

940 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 17:56:27 ID:WVgFfwYx
(´∇`*)おぉ♪
マイ・スィート・ハニィー・のぞみん♪
オイラはまだ童貞だぉ♪


941 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:23:35 ID:bQoHlPD4
>>926
臓器、神経・内分泌系統、精神作用(脳)など、人体を構成する要素は
どれもすべて重要で、1つとして欠くことはできません。 血液だけを特別視
することが正しいと言えるのでしょうか。

もし血液で罪を贖えるのなら、脳や肝臓や腎臓などでも贖えるはずです。

942 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 18:24:29 ID:R/JLoXWx
キリスト教アンチお断り
>>940

943 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 18:30:29 ID:WVgFfwYx
キリストアンチじゃないぉ♪(´・ω・`)

944 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:30:43 ID:qkfzojk+
Q資料って資料は現存するのでしょうか? 翻訳があるなら、読んでみたいのですが…

945 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 18:34:58 ID:WVgFfwYx
>>941
代替出来ないもの欲求したら…
人生終わっちゃうじゃん(-_-;
血なら多少抜いても大丈夫だし
脳みそなら廃人だょ?

946 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:45:06 ID:iF6XwWbn
>>944
「Q資料」がそのまま写本や原本として出たことはありません。
この「Q資料」は、共観福音書の様式批評的研究から出てきたもので、
簡単に言えば

「マタイ(及びルカ)から、マルコとの重複部分およびマタイ(ルカ)の特殊資料(主に降誕と受難、復活部分)を引いた残りの部分から「復元」されたもの」
のことです。
主にイエスの説話部分から構成されているようです
(洗礼者ヨハネの説教、百人隊長物語は例外)。

比較的分かりやすくまとめて注解を加えたものとして

「Q資料注解」
(教文館、D・ツェラー著、今井誠二訳)

が出版されています。
キリスト教書店に行って頂くか、書店で注文して頂ければ取り寄せてくれると思います。

他にも関連書籍は出ていると思うので、探してみてください。


947 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:56:35 ID:2HBP85up
どーしようも無い俗物の願いだが
良かったら聞いてください

ミサの様な美しいキリスト教の宗教儀式の映像が見たいのです
特に動画が見たいです。世界遺産の番組に出てくる様なものです。
それらが見られるようなサイトとかは、ありますか?

ちなみに家の近くの宗教施設は

文化的でない池田文化会館と
天に近い御老人達の天理教と

これ位しかないです。
美しさや威厳さを見たくても見れなくて…

948 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:09:41 ID:TZL+EgUL
神が本当にいるなら、何故神は極悪人を放置しておくのか?
女子高生コンクリート殺人、姉妹殺人など目を覆いたくなるような事件の犯人も
神の子と呼べるのか?
僕は長い間何百冊という書物を読んできて、一度は神を信じようと思ったこともあるが
人間の残忍性を思うと最後はやはり神は存在しないと結論せざるを得ない。
またもし存在するとしても、あの残酷な悪人を放置する神は決して許すことができない。

キリスト教信者の皆さん、この問題にはどうお答えしていただけるんでしょうか?


949 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:10:28 ID:bQoHlPD4
質問です。

「キリスト」は救世主の意味と理解しています。では、「イエス」と
いう言葉(人名)には、どのような意味があるのでしょうか。

950 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:18:28 ID:uwaK6UgO
他の質問中に失礼します

すでに他のスレで質問中ですが、逆十字の意味ってなんですか?

951 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:22:13 ID:H2XhX/Qg
>>948
それは聖書に書かれているように、この世の君がサタンだからだと思います。

952 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:22:20 ID:Ml68RaLm
>>948
いや、まったくその通りだね。
君はヨブと同じことを言ってるよ。



953 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 19:29:25 ID:WVgFfwYx
再び質問お願いします
私は無宗教です
三位一体の意味がわかりません
父は神
子はキリストとの回答頂きました
では聖霊とは?
あと父と子と聖霊の関係を教えてください
導かれる結論を教えて下さい

気になって昼寝が出来ない分、夜更かしがとても辛く感じる今日この頃です(-_-#

どうか宗教に無知な私にも分かるように易しくお答えお願いします


回答は

のぞみんがボケて
それにサロメンが突っ込み
と予想したのですが

のぞみんには嫌われ
サロメンには放置プレイかまされますた(-"-メ

他の誰か是非お願いします


954 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:34:20 ID:H2XhX/Qg
>>953
詳しくお知りになりたいのであればこちらををどうぞ↓
http://www.donboscosha.com/product/689

955 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 19:38:07 ID:WVgFfwYx
m(__)m携帯からでアクセスできません…
ごめんなさい

956 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:44:20 ID:H2XhX/Qg
イエズスの聖テレジア 小品集[1183]
販売価格: 1,223 円 (税込)
イエズスの聖テレジア 著
東京女子カルメル会、福岡女子カルメル会 訳
ISBN 4-88626-118-3
「おお、キリスト者よ、娘たちよ、主への愛のために、惰眠から
さめましょう。主は、主をお愛しすることの報いを来世まで
お延ばしにならず、すでにこの世からおあたえはじめになることを
思いましょう。」
これもまたイエズスの聖テレジアの深き霊性の泉、
ふだんあまり触れられることのない小品を集めました。
1、神愛考
第一章 聖書を尊敬をもって読むべきこと・・
第二章 世と肉と悪魔が霊魂に与える偽りの平和・・・
第三章 神が霊魂に与えられる真の平和・・・
第四章 静穏の念祷と一致の念祷について
第五章 ひきつづき一致の念祷について
第六章 この愛の一致の恩恵が花嫁のすべての望みをどのように超えるか
第七章 神と隣人のためにたくさん苦しみたいという花嫁の熱望
2、神への叫び
3、霊的報告
I 聴罪司祭にあてた報告
II 特殊な恵みの報告
4、六十九の勧告
5、最初の会憲
6、洗足カルメル会修道女の修道院を視察する方法
ドン・ボスコ社
住所 東京都新宿区四谷1−9−7
電話 03-3351-7041

957 :948:2006/11/15(水) 19:49:21 ID:TZL+EgUL
サタンも原罪も聞き飽きた。何故神は人間にこのようなことを許すのか?
この被害者の魂はどうなるのか?きれいごとばかり言ってないで、よく読んでほしい。
神など存在しないことがわかるだろう。

【女子高生コンクリート詰め事件の内容】
◆アルバイト帰りの女子高生を誘拐しての不良仲間4人で輪姦
◆不良仲間の家に監禁し暴走族仲間十数人で輪姦、左記を知る関係者は100人に及ぶ
◆陰毛を剃り、陰部にマッチの軸木を挿入して火をつける。
◆全裸にしてディスコの曲に合わせて踊らせ、自慰行為を強要。
◆ゴキブリを食べさせる。
◆性器や肛門に鉄棒、ビンなどを挿入。
◆性器や肛門に入れたビンに釘を打ち肛門内、性器内で割った。
◆両鼓膜が激しく傷ついており、最後のほうはほとんど音が聞こえていなかった。
◆小指の生爪を剥がす。
◆殴打された顔面が腫れ上がり変形したのを見て「でけえ顔になった」と笑う。
◆度重なる暴行に耐えかねて、「もう殺して」と哀願することもあった。
◆左乳首はペンチのようなもので潰す。
◆顔面に蝋を垂らして顔一面を蝋で覆いつくし、両眼瞼に火のついたままの短くなった蝋燭を立てる。
◆衰弱して自力で階下の便所へ行くこともできず飲料パックにした尿をストローで飲ませる。
◆鼻口部から出血し、崩れた火傷の傷から血膿が出、室内に飛び散るなど凄惨な状況となった。


958 :948:2006/11/15(水) 19:51:37 ID:TZL+EgUL
◆素手では、血で手が汚れると考え、ビニール袋で拳を覆い、腹部、肩などを力まかせに数十回強打。
◆1.74kgのキックボクシング練習器で、ゴルフスイングの要領で力まかせに多数回殴打。
◆ダンベルを1メートル以上の高さから腹部に向けて落とす。
◆揮発性の高いジッポオイルなどを太腿部等に注ぎ、ライターで火を点ける。
◆あまりの恐怖に脳が縮小していた。
◆最初は手で火を消そうとするしぐさをしたものの、 やがて、ほとんど反応を示すこともなくなり、ぐったりとして横臥したままになった。
◆死んだのでコンクリート詰めにして放置。
◆遺体の乳房には数本の裁縫針が入っていた。
◆監禁中の被害者の様子が撮影された家庭用ビデオテープがある。
◆腸壁にも傷があった。
◆受精していた。
◆固まった血で鼻が詰まり、口呼吸しかできなかった。
◆歯茎にまともに付いている歯は一本もなかった。
◆あまりのストレスに生前頭髪が抜け落ちていた。

何も反論できまい。

959 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:55:54 ID:HArv6FAI
>被害者の魂はどうなるのか?

加害者は地獄で、被害者は天国なんじゃねーか?知らんけど。

960 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:59:13 ID:HArv6FAI
>何故神は人間にこのようなことを許すのか?

そりゃあ神がそういう残酷な行為も自分の意思次第でできるように
許したからだろう。
でもそういう行為をした結果はどうなるのかは知らんが。

961 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:08:53 ID:k2sdqN+3
>>947
Yutubeのサイトで クリスチャン あるいはカトリック 
以上英文字でw画像を検索してみ


962 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:09:51 ID:H2XhX/Qg
>>957
あなたの憤りは良く分かります。
実は私もそう思います。
キリストの再臨が早まるように祈りたいと思います。

963 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:11:31 ID:x7kytqH2
>>948
キリスト教ではこの世界の残酷理不尽な事象を全く説明ができないので
この宗教に期待するのはやめなさい。
拷問を受けて殺された少女と、この世界で幸福かつ好き放題に生きてきたキリスト教徒が
同じように永遠の天国に行くという不平等な宗教なんだから。
かといって、この神様の気に入らない罪を犯した人間は「永遠の地獄」逝き。
これはもう人間以下の慈悲すらない神ではなくて悪魔。
このあたりを無理やりこじつけるキリスト教的能書きは吐き気を覚える。

964 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:14:30 ID:HArv6FAI
>>963
おいおい。
キリスト教は拷問を与えて罪を犯した人間も
信じて悔い改めれば天国だぞ。

965 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:14:35 ID:Ml68RaLm
どうか、思い直してくれ。
不正があってはならない。
もう一度、思い返してくれ。
私の正しい訴えを。
私の舌に不正があるだろうか。
私の口はわざわいをわきまえないだろうか?
           ヨブ6.29

966 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:15:22 ID:TZL+EgUL
自由意志を与えればおのずとこういう結果(苦しむ人が出る)になることは
当然予想できたはず。であれば神こそサタンと言わざるをえない。
善良で罪のない人(原罪はあるのかもしれないが)を見殺しにするのも予定していたのだから。

人間の成長には自由意志が必要だと言われるかもしれないが、それによる犠牲者のことを
何故もっと深く考えてくれなかったのか?
そもそも成長して神に近づくことがそんなに幸せなことか?
意思に反して神の都合で勝手に創造された人間からすれば迷惑としか言いようがない。
それでも神を崇拝する謙虚な人間はマゾを通り越して滑稽だ。

神は人間を創造するべきではなかった。

967 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/15(水) 20:19:38 ID:2bFjRQ/p
>>948
>何故神は極悪人を放置しておくのか?

その極悪人はもう警察に捕まってます。神様がそのまま放置するわけがありません。
殺人犯でも悔い改めれば神の子となります。


968 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:22:08 ID:CNJhNT4X
>>957
神が目の前に現れて、一々、全ての人の行為を懲らしめていたら、
世の中一体どうなるのだろう。全ての職業が今のようには成り立たなくなるじゃないかい。
神が、悪を許されているのは、人の自由選択力を阻害しないためだよ。
人は、自分で考えてこそ、真理を主に、導かれるように造られているんだよ。
聖書にそのことが書いてあるよ。
神が、全能の力(奇跡とか)で、人がすることをすべてやってしまうと、人は一体何をすれ
ばいいんかね?
それでも、人が皆、天界に入れるように、主は、人を常に導かれているんだよ。
早くそのことに気が付きましょうね。
もっと自分が直になれば、主は、入って来られるでしょう。
人の行為は、自分で責任を取らなければ、主のみ力は働かないように出来ているんだよ。




969 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:22:52 ID:HArv6FAI
>>966
だから責任をとってイエスをこの世に送ってやったんだろうな。
ま、神の自由だし知らんが。

970 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 20:25:54 ID:R/JLoXWx
>>949
イエスの名も、救い主の意味

971 :のぞみ ◆55nynIr58w :2006/11/15(水) 20:28:25 ID:R/JLoXWx

次スレ

|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161708862/

972 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:32:41 ID:TZL+EgUL
>>967
よく調べてから言ってほしい。その中の最も罪の重い人間でさえ懲役20年。
すでに出所している。他の人間は懲役5年前後。とっくの昔に釈放され
普通の人間と同じようにのうのうと生活している。あれだけのことをやりながら。
少年法にまもられて。噂によると反省どころか面白おかしく当時のことを語っているらしい。

悔い改めればすべて許されるなんて何て都合のいい宗教なんだ。本当に怒りを通り越して笑ってしまう。
こんなこと言ってる僕だけど、実は聖書も読破しているし、教会にも随分行ってるし、
キリスト教には理解を示したいと思ってたこともあるんですよ。
でももう無理ですね。上の理不尽なことを説明してくれる人は誰もいないので。


973 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:33:08 ID:VI0aAsId
青学高等部生ですが、ICU高生に馬鹿にされます。
意味が分かりません。どうすればいいでしょうか。

974 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:35:10 ID:k2sdqN+3
>>972
女子高生を哀悼して殉死してください

975 :栄ティ:2006/11/15(水) 20:36:12 ID:ppFAfmES
私達人間は生まれた時から貧困の差があります。難民の子として誕生すれば当然難しい人生となります。併し、私は日本人として生まれ不自由の無い生活を営む事が出来ます。この差は一体なんなんでしょうか?

976 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:37:17 ID:TZL+EgUL
>>968

あの>>966を読んでくれましたか?僕の言いたいことわかりませんか?

977 :2:2006/11/15(水) 20:38:57 ID:Ml68RaLm
たとい、私が呼び、
私に答えてくださったとしても、
神が私の声に耳を傾けられたとは、
信じられない。
       ヨブ9.16

978 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:44:59 ID:x7kytqH2
>神が目の前に現れて、一々、全ての人の行為を懲らしめていたら、
>世の中一体どうなるのだろう。

うん?生まれ変わりがあって
一切はカルマで自分の罪は来世で受けるって説明の仏教のほうが
宗教としては遥かに合理的だな。
まあ、私は仏教も宗教も信じてないがキリスト教ほど理不尽な教えを信じられる人間って
どういう脳構造してるのかと不思議だ。
結局、キリスト教の「信仰してる自分だけは救われる、他は救われない」
っていうところが麻薬的なんだと思うね。

あと、キリスト教で一番説明つかないのが、堕胎された胎児や
赤ん坊のまま死んだ魂だな。
そんな赤ん坊のまま死んだだけで「永遠の天国」にいけるんだったら
苦労して現世生きてる人間、また苦労したあげく「永遠の地獄」に逝くことになった人間って何なのさw

君たち「永遠」について考えたことある?永遠だよ永遠w


979 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:45:19 ID:uVMKP+hJ
>>970
イエスという名は現在のイスラエルでもありふれているそうですから、
今の世にも救世主様はゴマンといるわけですね。w


980 :栄ティ:2006/11/15(水) 20:46:00 ID:ppFAfmES
神様の存在抜きにして、この世界は成り立つのですか?

981 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/11/15(水) 20:46:13 ID:2bFjRQ/p
>>975
物質的に恵まれていると思うのなら素直に感謝する事。
日本人に生まれたとしても恵まれない人もいるのだから。
反面豊かになると全てを捨てられなくなると言う事もいえます。
>この差は一体なんなんでしょうか?
聖書には神様の約束を守った人はその子孫を祝福すると書いてあります。


982 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:46:21 ID:k2sdqN+3
また道場破りかよw

983 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:47:00 ID:CNJhNT4X
>>972
>実は聖書も読破しているし、教会にも随分行ってるし、
キリスト教には理解を示したいと思ってたこともあるんですよ。

<学んだり、行っただけで、少なくとも主の教えはなにも理解されなかった
 と言うことですね。



984 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:47:14 ID:k2sdqN+3
>>978
仏教やヒンドゥーの教理がどれくらい苛烈か知らんのか餓鬼w

985 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:47:29 ID:LfQxiYJL
>>972
エレミヤ 12章1節
>正しいのは、主よ、あなたです。それでも、わたしはあなたと争い
>裁きについて論じたい。なぜ、神に逆らう者の道は栄え
>欺く者は皆、安穏に過ごしているのですか。

エレミヤもアナタと同じ疑問を持ったようだ。
しかしエレミヤは、神に直接議論を挑んだ。
アナタも、教会等の人間ではなく神に直接議論を挑んだら良いよ。

キリスト教の教理とうの教えは、所詮人間の創ったものだ。

986 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:50:08 ID:HArv6FAI
>>972
ふーん。じゃあそう考えてればいいと思うよ。
聖書を全部読んでまだそう思うんだろ?
俺はその言い分は善悪の知識の木の実を食った後のアダムとイブの
言い訳とだぶってみえるけど。
宗教に全て解決してもらおうとしてるみたいだけど
それは勘違いだぞ。

987 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:50:18 ID:k2sdqN+3
甘えんぼの餓鬼には神の摂理は理解できんさwww

988 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:52:28 ID:k2sdqN+3
人間の命なんて塵芥みたいなもんなんだよ
生きながら食われるシマウマだって悲惨だろw

ナニ思いあがってるんだよw

989 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:52:52 ID:CNJhNT4X
>キリスト教の教理とうの教えは、所詮人間の創ったものだ。

<神を語り、神を疎かにする愚か者。

990 :栄ティ:2006/11/15(水) 20:53:11 ID:ppFAfmES
確かに恵まれた環境の中に私は在ります。それでも、明日の食べ物さえあるかどうか分からず苦しむ方々がいるのに、自分だけ家族だけが良いという事は神様から御覧になると、どうなのでしょうか?

991 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:54:03 ID:HArv6FAI
>>990
それがわかれば ネ申

992 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:54:35 ID:k2sdqN+3
>>990
アンタは用いられるべき道具なの
だから自分ができることやれ

993 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:54:55 ID:EsxG4b0t
↓が次スレということでいいですか?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161708862/1-100

994 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:55:05 ID:x7kytqH2
自分たちが説明できない疑問を持つ「迷える子羊」は
甘えんぼのガキ呼ばわりするしかないのがキリスト教の限界w

この宗教に救いを求めることが無駄
何しろ、有史以来最も戦争を引き起こしてる悪魔教だから




995 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:55:18 ID:LfQxiYJL
>>990
この世の中には、アナタの生活環境が劣悪だ、
と感じている人が大勢いると言うことに気付くべきです。

996 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:56:40 ID:k2sdqN+3
>>994
はぁ?
身代がせこいから大したコトできなかった神道の奴隷が偉そうにw

アンタの疑問なんてとっくに解決されてるんだよw
甘えんぼで無知でおまけに低脳だからわからんだけだwww

997 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:56:44 ID:LfQxiYJL
>この宗教に救いを求めることが無駄

これが大間違い
救いを要求する対象は宗教ではなく神です。


998 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:57:59 ID:HArv6FAI
>>994
限界って何かよくわからんな。無駄かどうかは死んでみないとわからんだろ。
死ねば皆仏になるのだ!
っていえば満足なのか?

999 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/11/15(水) 20:58:38 ID:k2sdqN+3
この甘えんぼの餓鬼
キリスト教知りもしないくせにwwお笑いwww

1000 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:58:39 ID:LfQxiYJL
宗教は、救いを求めるものではなく
人間に突きつけられた問いだ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

380 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)