5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part8

1 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 14:34:41 ID:Aez0L2wh
リンク:
 忘却からの帰還
 http://transact.seesaa.net/
 創造論(科学的)再検証会議室
 http://158.teacup.com/kenko/bbs
 創造論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E8%AB%96
 創造科学 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
 インテリジェント・デザイン - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3
 進化論 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
 進化 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96
 進化論裁判 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E8%A3%81%E5%88%A4


過去ログ:
Part 1 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105361208/
Part 2 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1110537936/
Part 3 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119518385/
Part 4 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131206904/
Part 5 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142424454/
Part 6 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152371808/
Part 7 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154362803/

2 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 14:44:13 ID:wa26JPXY
>>1
乙です。

3 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 16:18:18 ID:JVUzWzc3
あーあ、立てちゃったのか。
進化論側からも糞レスしかない状態で。
資源の無駄というべきだな。

4 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 16:32:29 ID:hfUBsgeA
気が付くとえらい伸びててレスつける気無くすんだよねー

5 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 18:09:50 ID:uHP5TTKG
>>3
進化論的には、片がつくまで結構資源使い込んでるように見えるんだが。
人類いみたいな、とんでもない貪食種がのさばったり。

6 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 18:13:42 ID:uHP5TTKG
創造科学、IDだと、万能の経済学者、政策執行者による計画経済のように効率的な筈だが、
そんな様子はとんと見えぬ。


7 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 19:30:13 ID:VkjRwKbr
都合が悪くなってくると次スレ立てさせたがらない人がいるんだよね

8 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 20:14:52 ID:PldNx3zT
またスレ立ったの。この世に神なんかいないよ地球が出来たメカニズムも解明されてるのに
想像論者の諸君また仲良くするか??

9 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 20:57:38 ID:B9yhyKGQ
>>8
そういう論理だった思考が出来ない気の毒な人たちなんだよ、創造さんは。
天下り式に教条を頂くと、丸暗記して唱える事に生き甲斐を見いだす。
困ったものだ。

10 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 21:14:10 ID:PldNx3zT
創造論=想像論 同じだな。 空想してオナニしてる状態ですね!!

11 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:09:08 ID:FGCAFzLY
もう少し気の利いた奴ならSFでも書くんだろうが、SFは実証要らなくてもロジックは通ってないとな。

12 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:25:29 ID:n0t/6zZA
>>11
SFといやさ、「強殖装甲ガイバー」ってマンガあるじゃない。
あれ、学生のころ(まだ1桁台の巻数しか出てなかったころ)読んで、ちょっと
衝撃を受けたことがある。

いわく、「地球の生命は、どっかの異星人が兵器として利用するために作った。
やたら凶暴なのはそのせい」。

確かに、もし生命を創ったなにがしかがいるとしたら、善意じゃなく悪意で創ったと
考える方が、今の地球の実態にしっくりくる気がするんだよなぁ。
でも、創造説を採る御仁って、そゆ可能性全然考えてないよね。なんか無意識的に
「創造主=偉大=善」と捉えてる気がする。ガイバーみたいな可能性も、ちょっとは
考えてみた方がいいんじゃないかろーか。

13 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:16:40 ID:MAHVZ684
完全超悪w

14 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:28:13 ID:+ZsjSIAE
ID:PldNx3zT
とか
ID:uHP5TTKG
見たいな奴は市ね。頼むから。
相手と同じレベルになってどうすんだよ。まずちゃんと日本語使ってくれよ。
頭悪く見えるしゃべり方すんな。



って言うか、いままで創造論者のフリして煽ってて、今度は進化論者の振りして煽ってるようにしか思えん。

15 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:38:25 ID:vf7qsiph
>>11
いやロジック通ってない奴もあるだろ?
例えばガンダムなんて、地上戦のときこけたら
中のパイロットは全身打撲や骨折でえらいこと
になっているだろう、何しろ地上から10メートル
以上あるモビルスーツに乗るんだから。
でもピンピンしてるじゃんw
まあ科学的考証わ抜きにして俺はガンダム
好きだけどね

16 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:51:51 ID:JK3cRvl5
>>14
君は大変な勘違いしてるな。議論に負けた敗北者のようだな!

17 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:57:57 ID:71qoxKHj
>>14
そうかな?
極めて需要な点だと思うが。
場当たり的に最適化して行くのと、予め適応設計してあるのでは、資源消費に大変な差が出る筈で、
uHP5TTKGはいいところをついてると思う。

18 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 00:59:44 ID:71qoxKHj
>>15
文系やヲタのためのSFもどきだからな。

19 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 01:02:16 ID:mllIk8+l
需要→重要

20 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 01:07:20 ID:JK3cRvl5
また根拠の無い聖書の屁理屈でかかってくるのか?

21 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 01:12:50 ID:W32kzu2J
>>12
夏休みの宿題の観察日記のために作られたとかだったらやだよな

22 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 01:38:58 ID:fF20PLZH
>>20
誰に言ってるの?

23 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 09:30:16 ID:KV6lbQ07
前スレ
>>989
>アダムとイブの子供たちは「近親相姦」したのかという皮肉まじりの質問を
>耳にすることがありますが、他に人類はいなかったのですから当然近親相姦です。
>現代では、人が創造されてから長い年月が経過しているから、DNAにキズが
>付いていて、近親結婚すると問題があるけど、創造直後はDNAの傷が少なかった
>から近親結婚は問題なかったのさ。

DNAが問題にならない状況、つまり子供作らないなら近親相姦してもキリスト教としてはOKなんですね。


24 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 11:25:05 ID:8IalJI2g
イブ(XX)は、アダム(XY)から、"X"Y+"X"Y として構成したとしか考えられないから、
近親相姦どころか自己相姦。

25 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 11:29:21 ID:8IalJI2g
XYYには犯罪傾向が高いというから、蛇とはいわゆるヘビではなく、残りのYYでつくて
みました〜〜って、いう神の悪意かも知れんなw



26 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:30:19 ID:+35D2yok
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec23/ch266/ch266h.html
>XYY症候群

>XYY症候群とは男児が生まれつき余分なY染色体をもっている(XYY)疾患です。
>XYY症候群の男児は背が高く言語障害をもつ傾向があります。IQはほかの家族よりやや低い傾向があります。
>学習障害、注意欠陥障害、軽微な行動障害が起こることがあります。
>かつてはXYY症候群は攻撃的で暴力的な犯罪的行動を引き起こすと思われていましたが、
>この説は誤りであることが判明しています。

27 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:26:18 ID:8KDgAbCV
つまり、最初から誤りの創造論には、どのような科学的解釈を加えようと、
嘘がかかっているから破綻した結論しか出てこないわけだ。

28 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 14:23:24 ID:grsvSOis
男も女も一人から作るならXXYじゃね?

29 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:08:14 ID:+CA1M8PR
どういうこと?

30 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:58:30 ID:i0fatjfW
創造馬鹿が来ないとレスが伸びないというディレンマw

31 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:09:32 ID:JK3cRvl5
>>30
想像論の基地外自分達の間違いに気が付いたんじゃないの。

32 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 23:00:46 ID:WSTDkb4n
「生命工学の立場から進化論に反駁する」
−クリスチャン科学者による 綿密かつ学的な検証を経た 進化論への聖書的反論−
ttp://www.koluthse.jp/seminar/intelligent_design.htm

どんな講演だったんだろうなぁ。

33 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 23:52:07 ID:gWy+XrUR
>>32
エロ講習じゃないの? 創造論はおとぎ話だしね!

34 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:10:24 ID:MWtjN9/H
創造論はTVでやってる日本昔話と同等なレベルだよな!

35 :おばあさん:2006/10/20(金) 00:14:52 ID:nXURiEzo
レベルがどうやこうやの問題なのかねぇ…

36 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:23:23 ID:MWtjN9/H
>>35
それ以下かな?

37 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:52:44 ID:MWtjN9/H
今日は餌やってるのに創造論者は食いつかないな!カルト教会で満足してるのかな?


38 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:56:37 ID:MWtjN9/H
創造論ってカルトの原点みたいもんだよな。

39 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 02:03:18 ID:gCoALEnQ
嘘だと分ってても抜けられない、信仰とは麻薬のようなものだな。

40 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 02:12:07 ID:Z5hIn9DQ
http://www.kingdomfellowship.jp/Treatises/sciandfaith.html

41 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 10:33:53 ID:H1cqMIl1
で、そのリンク先についてどう思ってるの?

42 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 11:57:04 ID:y9lzWhzh
>>40
書いた当人の善意は認めたいところだが。

メタ言語を使った人間の認識の脆弱性を指摘しておきながら、
神だけは「究極のメタ言語」ということにしてしまい、
問題なしとしてしまう(そしてそのことに何の説明もない)あたり
がダブルスタンダードと言うべきだろうな。
信仰告白としてはこれでいいのだろうけど、論説としては二流。

43 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 17:50:30 ID:kBVmmw+Q
終わり一行のための前四行もわりと恥ずかしいものだね

44 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 20:18:47 ID:bA/iL0vy
無神論者の話って、どうしてこうもつまらないのだろう。
生きた人間どおしが会話してるって感じないな。
もともと、話の内容が粗末な上にイマージネイションが貧
困だから、しかたがないか、、、。

45 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 20:24:11 ID:SF1zYhaX
そういう印象操作はどうでも良いから、さっさと具体的な議論にうつろうやw

46 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:00:05 ID:bA/iL0vy
物質とは、目に見えるもの。非物質とは、顕微鏡を使っても絶対に目に見えないもの。すなわち、
思い、考え、意志、意識、想念といったものだね。
このような非物質を総称して「こころ」とか「意識」と呼ぶとしよう。

こころは目には見えないが、こころというものが絶対に「ある」ということを否定する人はおそらくいない。
それでは、この「物質」と「こころ」だが、宇宙で一番最初に存在していたのは、どちらが先なのだろう。

一説では、宇宙は「ビックバン」から始まったと言われている。ビックパンは、「無」から「有」が生ま
れた瞬間だ。「無」とは、物理的に計量できるものが一切ない状態のことを言いうとしよう。
宇宙の最初には、大いなる「意識」がありました。
すなわち、宇宙の最初は意識だけがあって、物質が無かったわけですな。
その宇宙の最初の意識、大元の意識のことを「神」という人もいますな。
最初の大いなる「意識」はビックバンを起こし、上下、左右といった空間を創りました。
そして、鉱物を創り、生物を創りましたと。
これらの現象を、神による「創造」と言う人もいます。

言葉が肉となった。ヨハネに
「初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。
この言葉は神と共にあった。万物は言葉によってなった。、、、」
神の言葉とは「意識」であり「こころ」であり「秩序」である。


47 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:03:15 ID:VnDkT1Ue
しかし、心と言うのもその根源は物質にあるということがほぼ確かめられている。
すると、宇宙の根源にあった心の前に、大脳のような「物」が存在しなくてはならなくなる
するとそれを造ったものは誰だと言う話しになって堂々巡りだろう


48 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:06:03 ID:fgCxB0mC
>>44
事実と妄想をごちゃ混ぜにしたものを「つまらなくない」と心底考えているならそれで良いんじゃないのかな。

49 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 21:13:16 ID:isL+35JT
最近のNHKの科学ドキュメンタリーの予告見てたら、
巨大隕石で恐竜絶滅の説は広く受け入れられてる風な
紹介の仕方だったな。

人類の誕生と歴史がこういう偶発的な出来事に左右
されてるという世界観は心理的な抵抗感が大きいんだが。


50 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:13:31 ID:bA/iL0vy
>心と言うのもその根源は物質にあるということがほぼ確かめられている。

<ほう、誰がどんなふうに確かめたのだ。
 説明してくれ。


51 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:14:30 ID:fgCxB0mC
>>49
何で?

52 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 21:21:00 ID:isL+35JT
自分たちの存在の根拠が頼りなく感じられるから。

「偶有性の問題」、自分たちの誕生が全く偶然で
無意味なのではという懐疑に繋がるから。

親切だな俺は。


53 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/20(金) 21:28:35 ID:Wbr+Xj7J
>>52
「神は偶然をも支配されている」とか思いつかないか?

54 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:43:31 ID:fgCxB0mC
>>52
偶然の存在だと思うと自分に自信が無くなるとは随分寂しい人間だな。

55 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 21:53:38 ID:sT8k7YD0
>>53
俺は無宗教的世俗社会の価値体系の中での話しをしている。

>>54
俺にとってこの世は欲望だけで生きるには下らなさ過ぎるのさ。

56 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:01:57 ID:VnDkT1Ue
>50
最新の心理学の教科書を読んでほしい。
脳の欠損と心理現象の対応関係の事実がいくつかの例証と共に提示されている。


57 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:01:58 ID:MWtjN9/H
今日も創造の痴呆症の諸君元気かな??

58 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:02:48 ID:sT8k7YD0
創造科学は進化論を否定するから俺は違うぞ。

59 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:06:44 ID:sT8k7YD0
>>56
「最新の」って百年前の話だろ、その程度の知識はw

60 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:12:25 ID:VnDkT1Ue
百年前でも真実は変わらんよ


61 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:14:53 ID:fgCxB0mC
>>55
欲望が有ろうと無かろうと、偶然の存在だろうと関係なかろう。
自分は自分。そこにいることが全て。自分で自分に価値を見出せば何の問題も無い。

只単に何かに縋らないと何にも無いという寂しい人間ってだけだろ。

科学ってのは観察し見つけたものをつなぎ合わせて価値、意味を見出していく。
キリスト教の派生宗教みたいに縋らせたり盲信させたりするものとは次元が違う。

62 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:15:21 ID:sT8k7YD0
この板に来てどれくらいだ?

63 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:16:56 ID:MWtjN9/H
たまあに創造の時代錯誤の屁理屈聞いてみたいな!

64 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:17:28 ID:sT8k7YD0
あ、>>60に。

>>61
>自分で自分に価値を見出せば何の問題も無い。

他人と共有しないボクだけの価値観で一人ぼっちで一生を送れよ。

65 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:17:56 ID:VnDkT1Ue
自分で自分に価値を見出すなんて可能なのかしら
それは凶人の努力ではないか
あくまで人は他人によって価値を見出されるものではなかろうか。



66 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:19:34 ID:VnDkT1Ue
そして究極の他者としての神が居る。
時代や社会に見捨てられ、神によって存在肯定される人も多い。



67 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:20:16 ID:sT8k7YD0
神様に徴用される場合もなるんだがな。

68 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/20(金) 22:21:32 ID:sT8k7YD0
>>VnDkT1Ue
もう良いわ。

69 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:22:06 ID:VnDkT1Ue
ゴッホだとかアインシュタインの努力。
これは神との関係の中でしか生まれ得ないものである。
もっと世情に委ねて生きていれば「賢い生き方」が出来たはず
しかし「ひまわり」も生まれなかっただろうし、相対性理論も完成しなかったろう。
どちらも時代を超越した真理を求めた人間の仕事である。


70 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:24:27 ID:fgCxB0mC
>>64
別に孤独にすごせとはいっとらんだろうに…

71 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:35:25 ID:UFLPscAe
>>64
別に神なんて持ち出さなくても、いくらでも周囲に他人がいて、その
集合体としての文化とのやりとりが自分自身をあぶりだしてくれるんじゃないの?

72 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:37:48 ID:VnDkT1Ue
神なしに正義は存在しえるかと言う問題がある。


73 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:39:45 ID:UFLPscAe
正義なんて相対的なものだと考えたほうが正解だと思うよ。

74 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:47:22 ID:UFLPscAe
ひとつ補足しておくが、絶対神をおく考え方も、「文化のひとつ」なんだよ。

75 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:19:31 ID:3jWTduEG
イスラム教圏、のちにキリスト教圏で発達した科学が宗教から独立したのはいつか。

76 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/20(金) 23:29:04 ID:Wbr+Xj7J
>>55
無宗教的世俗社会の価値体系なら偶然でもいいような希ガス。
>>64にあるような他人と共有する価値観さえ見つけられりゃいいんだから。

77 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:31:53 ID:UFLPscAe
「独立」の基準が不明確。ニュートンは神の摂理を証明しようとした、という表現も可能。

78 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:43:20 ID:UFLPscAe
ひとつ補足するなら、「方法論」から言えばベーコンだな。17世紀。

79 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:48:06 ID:MWtjN9/H
やはり神はいないな! 創造君元気出せよ!!

80 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:53:03 ID:UFLPscAe
そんなことはない。神は、それを信じる人の心の中に「居る」。それ自体は大切にすべきだ。

81 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:56:29 ID:Cit/QIPx
>>73,74
そうした相対主義が、いかに人間の宗教的倫理観を堕落させたか理解してますか?
何でもかんでも、相対化するのが、唯物論者の十八番ですが、
そのくせ、逆に進化論などの唯物論的科学思想を一つの信仰にすぎないと指摘すると、
ムキになって、相対化するなと反論するというのは明らかに矛盾しています。
今まで、人間は、生物の一つにすぎない、物質にすぎないと主張してきたくせに、
自分達の思想の土台となる、"科学"理論が相対化される段階になると途端に相対主義を放棄するとはどうしたことでしょうか?
あなた方の思想、唯物論・進化論からは、石ころ、バクテリア、犬そして人間の価値は等価の存在にしかなりません。
人間を殺すことは、その辺の石ころを割る行為と何ら変わりないという結論を否定できないのです。
唯物論・進化論者は、人間やこの世の意味をどうやって根拠づけているのでしょうか?
宗教的なバックボーン抜きにそうした問題は答えられないのに、
科学から信仰を除いて、まともな真理に辿り着けるはずがありません。
真の正義は相対化されませんし、創造主という宗教的概念は、
近代科学同様にどこの文化であろうと通じる普遍的なものです。

82 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:59:15 ID:cD3SwAB4
創造論と相対的に照らし合わせて、進化論は圧倒的に真理だワナ。
宗教家が異端を悪魔とみなして殺してたのはオッケーなんですか?

83 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:03:49 ID:SR+6jwq0
>人間を殺すことは、その辺の石ころを割る行為と何ら変わりないという結論を否定できないのです。
うん、究極的にはその通りだろう。

が、忘れちゃいけないのは、「俺たちは人間だ」って事だよ。
極めて巨視的に見れば、人間と牛の生命は等価だけど、
人間から見れば、同族を生かすために牛を殺して食うのも当たり前。
そういう複数の視点があることを忘れちゃいけないと思う。

84 :73:2006/10/21(土) 00:35:21 ID:29t5YG3o
>>81
科学と信仰は、同質に信念の体系だというのは、誤解。
方法論がまるで違う。まずはそのあたり勉強してもらったほうがいいな。

唯物論は、現象を説明するためのひとつの方法だと捉えたほうがいいし、実際に
絶大な成果をあげている。同時に、還元論的な方向は意味や価値に行き着かないのは、
あたりまえ。そこは次元が違う。

存在の意味づけについては、歴史上、様々な考え方があるわけで、あなたの思いも
その一つだと客観的に理解して欲しいと思いますね。

85 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 01:09:16 ID:N2Vsg/y3
>>83
>極めて巨視的に見れば、人間と牛の生命は等価だけど、

"極めて巨視的に"とは、神の視座から見てということですか?
人間と牛の生命は、どんな視点から見ても、明らかに等価にはなりえません。
人間は、主を意識し、信仰を持つことができ、真理を探求できますし、
牛は欲望の赴くままにしか行動できませんが、人間は倫理的に行動ができます。
主が、自らに似せて人間を作ったからです。
これで、どうして人間と牛の生命が等価になるのですか?

>人間から見れば、同族を生かすために牛を殺して食うのも当たり前。

進化論はそうした論理で、倫理を根拠づけるため、同族の人間のために、
他の民族を殺して良いという、ナチスのような、思想を生むのです。
ユダヤ人を殺すのは、家畜を殺すのと変わりないという結論を回避できません。

>そういう複数の視点があることを忘れちゃいけないと思う。

もうそうした相対主義による誤魔化しは結構です。
そもそも、進化論者達は、そうした"複数の視点"を子ども達に教えることすら拒否していますよね。

86 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:13:00 ID:ENLxC1yR
> 進化論はそうした論理で、倫理を根拠づけるため、同族の人間のために、
> 他の民族を殺して良いという、ナチスのような、思想を生むのです。
> ユダヤ人を殺すのは、家畜を殺すのと変わりないという結論を回避できません。

いやだからさ、宗教家が異端を魔女だなんだっつって殺したのは完全スルーかよ。
勝手に虐殺を何かの所為にすんな。虐殺はやった奴が悪いんであって、
理由だなんだは正当化のための道具に過ぎねーんだよ。

87 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:22:54 ID:ZH3OPXun
>>85
なるほど。そういう考え方だから他の宗教を信教している人々を迫害しても何の痛みも感じないし、家畜なんだから食べて当然とか言う発想が出てくるわけか。

88 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:24:45 ID:ZH3OPXun
>>85
別に進化論を理解しているヒトは「"複数の視点"を子ども達に教えることすら拒否」してるわけじゃなくて、科学的ではないことを科学系の授業内で教えることに矛盾を感じているだけだと思うぞ。

89 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 01:31:07 ID:N2Vsg/y3
>>84
>科学と信仰は、同質に信念の体系だというのは、誤解。

また、そうやって誤魔化すのですね。
誤解も何も、科学と宗教は、それぞれ違った教導権があるという論を、
進化論の大御所・ドーキンス氏は、その著書で批判しているのですが。
やはり、どちらかが真理でどちらかが偽であるというのが進化論者側も本音でしょう。
また、その方が論理的に一貫性があります。
聖書・創造論と、唯物論・進化論と、どちらかが間違いなのです。

>方法論がまるで違う。まずはそのあたり勉強してもらったほうがいいな。

だから、唯物論的方法論が真理というのは、未だに証明されていない、
証明しようがない信仰だということを、あなたこそ理解すべきです。

>存在の意味づけについては、歴史上、様々な考え方があるわけで、あなたの思いも
>その一つだと客観的に理解して欲しいと思いますね。

また、"客観的"になどという単語を使って相対化し、誤魔化しますね。
宗教的な前提無しに、人間やこの世界を意味付けることは不可能ですし、
それは今も昔も、世界中どこでもそうなのです。
宗教観が違うだけで、人間と世界の意味が全く変わり、辿り着ける真理も全く違うのです。

90 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:31:39 ID:JNSQCaDP
つーか、宗教こそ自分のところの教えマンセーで複数の視点を教えることを拒否してるじゃんw

91 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:41:09 ID:ZH3OPXun
>>90
だから、絶対的な正義(キリスト教のこと?w)とかいう台詞が出てきたり、相対化するな!とか言う台詞が出てくるんだと思う。

92 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:42:29 ID:JNSQCaDP
全ての宗教を基本的に肯定して非宗教信者もみんな平等に救われるという教えの宗教はないものか。
有ったら、信じるのにwww

93 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:43:53 ID:ENLxC1yR
そもそも真理なんてないよ。

94 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:49:55 ID:ZH3OPXun
>>92
何でも受け入れるって点では日本の宗教観(八百万の神とか)なんかは近いカモとか言ったらダメ?

95 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 01:54:39 ID:N2Vsg/y3
>絶大な成果をあげている。同時に、還元論的な方向は意味や価値に行き着かないのは、
>あたりまえ。そこは次元が違う。

"絶大な成果"というのは、惑星等の天体の運行といった分野や、今現在生息している生物の仕組みといった、
信仰する前提が違っても、現在進行形の事柄で、誰が検証しても同じ結果しか出ない分野に限られています。
つまり、創造論者、進化論者どちらであっても変わらない分野での話であり、唯物論の証明にはなりません。
人間や生物の起源や、昔の地球での出来事、宇宙の起源といった、タイムマシンでないと検証できない分野や、
直接見たり、触れられて検証できない地球や太陽などの内部の詳しい様子、
実際に直接計測不可能な距離の遠い天体や宇宙での現象といった、
技術的に真の検証が不可能な分野では、推測、仮説以上の成果はあがっていません。

96 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 02:08:52 ID:N2Vsg/y3
>>86
そうした批判は、カソリックに言って下さい。
バチカンは、進化論に帰順して、そちらの側の人間になっているでしょう?
それと、虐殺を根拠づけるような思想は、何の責任もないのですか?
マルクスの理論は、共産主義という惨禍に何の責任もないと言い切れますか。
犯罪を誘発しても、責任を認めずに開き直る、ポルノや暴力的映画・ゲームの製作する企業と変わりませんね。
もっとも、彼らも自由競争というダーウィニズムの信奉者だから当然でしょうが。

97 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 02:31:15 ID:ZH3OPXun
>>95
天体の運行?
地球が太陽の周りを回ってるというのを目視して確認したヒトはいないと思うけどなぁ。
となると、地球が太陽の周りを回っているという学説は、進化と同じくらいの確からしさの仮説ということになる気がしますが?

98 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 03:08:32 ID:N2Vsg/y3
>>87
>なるほど。そういう考え方だから他の宗教を信教している人々を迫害しても何の痛みも感じないし、

それは、ナチスや共産主義者といった進化論者の話でしょう。

>家畜なんだから食べて当然とか言う発想が出てくるわけか。

何だか家畜を食べることが悪いみたいな言い方ですね。
それに人間を家畜と等価に考えるのは、進化論の発想です。
ところで、あなたは菜食主義の動物愛護家ですか?
動物愛護自体は一概に否定されるべきものではありませんが、
妊娠中絶という形で殺される生命(いのち)について、考えたことはありますか?
まさか、中絶で殺される人間より、家畜の生命の方が尊いとは言いませんよね?
それに家畜はそんなに食べてはいけないのでしょうか?
前のスレッドの過去のログを見てみると、鯨の話が挙がっていましたが、
鯨を食べて当然という発想の主張を進化論側がしていましたよ。
野生の大型哺乳類を食べて当然という発想をどう思いますか?
捕獲されないように適応進化しない鯨が淘汰されるのは自然の摂理と考え、
鯨は家畜と同列の存在なので、捕鯨は何ら問題がないというのが進化論の必然的な結論ではないでしょうか?

99 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 03:45:21 ID:ZH3OPXun
>>98
オヤおかしいねぇ。他の宗教を何度も迫害してきたのはキリスト教徒では?
ナチスや共産主義者は進化論を理解していたかもしれないが、彼らのやったことと進化論の信憑性は関係ないでしょ。
つーか進化論=ナチスor共産主義じゃぁ無いし。

無理やり曲解しないで欲しいな。家畜だから当然食っていい、家畜じゃないから喰っちゃダメという発想はおかしいだろうという話で、喰うことが悪いとは言っていない。
オイラは肉も野菜も食うよ。動物にはそれなりに愛情をもって接するよ。
動物も植物も同じく生命体。動物は他の生命体を殺してその肉体を取り込まないと生命活動を維持できない。
つまり、他の生命の上に動物は立っているわけだ。だから植字はどんなものでも粗末にしたり、無駄にしちゃいけない。大切に頂く。そういう姿勢が大事だと思わないかい?
安易に「菜食主義か?」なんて聞いてきてるけど、植物にも生命があることを見失ってるんじゃないのかい?どんな動物だって植物が、太陽エネルギーを利用して炭酸同化を行ってくれているから生きていけるんだよ?
当然、野生の植物も食べれば栽培した植物も食べますよ。

あなた方は結局「意思の疎通が出来ないもの=下等」としか考えていないんじゃないかなぁ。
中絶でなくなる命も、家畜の命も、殺されたヒトの命も、野生生物の命も基本的にはおんなじ命。
安易に奪って良い命などない。
貴方の口ぶりでは家畜の命であれば安易に奪っていい、植物の命であれば安易に奪っていいと考えているように感じますが?

100 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 06:26:00 ID:5ZkxcOE5
>虐殺を根拠づけるような思想

ナチは自分たちゲルマン民族を神に選ばれた選民だと考えそれが虐殺の根拠の一つにもなったようだ。
それ以前にもユダヤ人はしばしば災害の時などに民衆による虐殺を受けていた
その根拠となったのはキリストをメシアと認めないユダヤ教は邪教だと言う考えがあったとか。
虐殺の根拠付けるような思想に問題があるというキミの立場ならキリスト教なんか非難すべき最たるものじゃないの。

>そうした批判は、カソリックに言って下さい。
キミが共産主義の虐殺の責任を進化論および無神論全般にまで広げてる事を鑑みれば
当然ナチスなどによるユダヤ人虐殺の責任もキリスト教と言う思想にあるとみなすのが自然だぜ

101 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 06:30:46 ID:5ZkxcOE5
>>81
「もし正しいと倫理的にまずいからその科学理論は間違いである!」という理屈ほどアホなものはない
どんなに倫理的に問題があろうが原子爆弾は物理学に従って爆発する

キミが言えるのは「もし正しいと倫理的にまずいからその科学理論は間違いであってほしい!」ってだけだぜ
間違いである

102 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 06:34:52 ID:5ZkxcOE5
>>95
>惑星等の天体の運行といった分野や、今現在生息している生物の仕組みといった
うん、こういうのが明らかになったのは全て科学的方法論によって調査した結果。
宗教的方法論でそういうのが明らかになった事なんてあるのか?

103 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 08:16:48 ID:SR+6jwq0
>>98
>何だか家畜を食べることが悪いみたいな言い方ですね。

善か悪か、って視点で見れば、悪だと思うよ。
少なくとも、「野生動物を獲って食う」行為なら、捕食側が失敗したり逆撃される
可能性があるから公平だし、何より自然の摂理だ。
でも、家畜ってのは「殺されるための命の大量生産」だぜ? これが「善」か?

でも、牧畜を否定はしない、つーかできない。
そうしないと、増えすぎた人間の社会は維持できないってのが現状だから。
人間は、その行為の「悪」を飲み込んで、生きていくしかない。

だけど、「人間は牛や豚よりえらいから」つって、その行為に1mmの疑問も抱かなく
なったなら、人間としてオワリだと思うよ。

104 : ◆QznUfgqaPY :2006/10/21(土) 08:33:21 ID:N2Vsg/y3
>>100
>ナチは自分たちゲルマン民族を神に選ばれた選民だと考えそれが虐殺の根拠の一つにもなったようだ。

それは初耳です。
いったい、具体的に聖書のどの部分にそんな記述があるのか、教えていただけますか?

>その根拠となったのはキリストをメシアと認めないユダヤ教は邪教だと言う考えがあったとか。

ユダヤ教徒は、確かに主をメシアとは認めていませんが、審判の時には、皆改宗することが聖書には明記されています。
また、ユダヤ教徒を虐殺せよという記述も、聖書にはありません。
ホロコーストの原因は、反ユダヤ主義という差別と、ダーウィニズムという思想であり、
聖書の記述をあるがままに受け入れていれば起こりえなかったのです。

>キミが共産主義の虐殺の責任を進化論および無神論全般にまで広げてる事を鑑みれば
>当然ナチスなどによるユダヤ人虐殺の責任もキリスト教と言う思想にあるとみなすのが自然だぜ

繰り返して言いますが、ナチズムと共産主義は、進化論を母として生まれた姉妹思想です。
それらは聖書をそのまま受け入れない、あるいは否定する所から始まったのです。
善い木が悪い実を結ぶことはありませんし、悪い木が善い実を結ぶことは決してないのです。

105 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 09:00:56 ID:SR+6jwq0
>>104
つまりこういうことでしょ?
・キリスト教を「間違って適用」し、「神に選ばれた人間が生き残るべき」としたのがナチズム
・進化論を「間違って適用」し、「優等人種が生き残るべき」としたのがナチズム

どっちも間違った考えには違いない。
でも、ナチズムの根拠がキリスト教的思想と進化論の両方にあるのなら、どっちかだけを
責任無しとし、どっちかだけを糾弾するのはダブルスタンダードってやつだよ。

106 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 09:20:50 ID:ENLxC1yR
じゃあ魔女狩りとかは善い実なんですね。っつー話になる。
カソリック?バチカン?元は同じだろうがボケ

107 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 09:41:13 ID:x9zVe9cw
■殺せ!と神が命じるとき■

キリスト教の聖典である聖書の神自身が殺人や戦争や略奪を命令するのですから、キリスト教史において、いかに
殺人や戦争や侵略が宗教的に容易に正当化されてきたかを知っても、驚くには値しません。…北米大陸へ移住して
きたピューリタンたちは、先住民たるアメリカン・インディアンたちを虐殺して、合衆国を建設してゆく過程のなかで、し
ばしば自分たちをモーセやヨシュアに率いられてカナンに侵入していったイスラエル人になぞらえて、自分たちをあた
らしい神の選民「新イスラエル人」と自称して、新国家建設(先住民文明壊滅)にいそしんだのでした。…

キリスト教史における頻繁な宗教殺人や宗教戦争は、しばしば、「本来のキリスト教の教えに背いて行われた」などと、
言い訳がなされますが、キリスト教の聖典である聖書の神自身が殺人や戦争を命令するのですから、それはおかし
いと言うべきでしょう。キリスト教史における頻繁な宗教殺人や宗教戦争は、聖書の教えに背くどころか、むしろ聖書
の教えに忠実であったがゆえになされたと考えられるからです。

[世界の悪は]、 我々が、それに全力で反対するよう、聖書と主イエスに命じられている。
(ロナルド・レーガン、米国大統領)
http://www.j-world.com/usr/sakura/other_religions/divine_murder.html

108 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 12:54:00 ID:zshsSKSU
>>81
何度も言うが進化論ってのは説に過ぎないから、多くの研究とその成果があって成り立つ。
可能性のある説多くの説を突きつけ合わせて論理的理論的に正しく、最も妥当、整合性あると判断された為に定説として残っているに過ぎない。
信じる必要は全く無い。

なぜ進化論だと倫理的で無くなるのかさっぱり理解できない。
アメリカよりヨーロッパより宗教的でない日本の治安の良さはどうやって説明するのか?

俺ら進化論者が犯罪を犯さない理由を教えてくれよw
俺は、自分が犯罪を犯さないと信じるなら他人も犯罪を犯さないと信じる、
自分が間違いを犯すなら他人も間違いを犯す、当然の話だ。

こいつらが狂ってるってのはこういう事なんだよ。
要するに思想統制した方が秩序立つとでも信じてるのか?
北朝鮮がいい例だが。治安は良いらしいなw国家が犯罪的だから。



>◆QznUfgqaPY
>マルクスの理論は、共産主義という惨禍に何の責任もないと言い切れますか。
すると十字軍の惨禍や魔女狩りの惨禍はキリスト教徒全員に責任がある訳だよな?
とりあえずお前は地球は平らだって信じとけ。

いやあ、やっぱりキチガイがこないと楽しくないねw

109 :ちょっと寝言:2006/10/21(土) 13:26:47 ID:zVKkmabB
論理は発見的だが、意味も価値も倫理も人間の発明。

110 :ちょっと寝言:2006/10/21(土) 13:29:18 ID:zVKkmabB
マルクスは人間信じ過ぎ。
方程式は合ってたが初期値間違って結果散々の類いと見た。

111 :ちょっと寝言:2006/10/21(土) 13:43:57 ID:zVKkmabB
情報の不足による確率と量子論的確率は違う。

112 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 13:52:00 ID:JUjqmcRC
毎度のことだが◆QznUfgqaPYの都合の悪いことに対するスルー力には惚れ惚れする
きっと人生楽しんでるんだろうねぇ

113 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 14:10:53 ID:ZH3OPXun
>>112
いやぁー今回のは「自分の振ったネタでつまった」という点では相当の手練だとおもうなぁ。

114 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 15:00:01 ID:1ZRNF1+B
>>56
前にも指摘したとおりだが、それは脳に起因する心理現象がある
という証明であって、心理現象の*すべて*が脳や物質に起因する
という証明ではない。いいかげん科学音痴は科学を騙るのをやめろ。


115 :モエカス:2006/10/21(土) 15:00:50 ID:I42y30Ll
>>105
いつも聖書を絶対視してるのに
「どこの文化であろうと通じる普遍的な」「創造主という宗教的概念」と
さりげなく範囲を広げたりするのも
ダブルスタンダードのバリエーションですね。 >>81

116 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 15:20:26 ID:JNSQCaDP
>>114
脳や物質に起因しない心理現象って、今のところ観測されたことあるの?

117 :モエカス:2006/10/21(土) 18:06:01 ID:I42y30Ll
>>104
>ユダヤ教徒は、確かに主をメシアとは認めていませんが、審判の時には、皆改宗することが聖書には明記されています。
それこそ聞いたことがない。証拠の聖句を示してプリーズ。
(文語訳以外の日本語で、あなたの解説なしにお願いします。)

>善い木が悪い実を結ぶことはありませんし、悪い木が善い実を結ぶことは決してないのです。
それならアダムとエバ(とその子孫とされる全人類)が罪を背負ったことの説明と矛盾する。

118 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:24:52 ID:ZH3OPXun
>>104
> 繰り返して言いますが、ナチズムと共産主義は、進化論を母として生まれた姉妹思想です。
> それらは聖書をそのまま受け入れない、あるいは否定する所から始まったのです。

おいおい、聖書を受け入れないやつは皆一くくりの思想になっちゃうのかwww
そしたら、仏教もイスラームもナチズムも共産主義も資本主義も何もかも兄弟思想だな。
むしろキリスト教徒の思想だけが孤立してんじゃん。

> 善い木が悪い実を結ぶことはありませんし、悪い木が善い実を結ぶことは決してないのです。

は?野生の木には、一つの木に美味い実も不味い実も実りますが?
美味い実のなる木の美味い実の種を選別して選別して選別しつづけて、美味い実のなる品種が存在するだけですが?
つまり品種改良の結果ですな。品種改良が可能であるってことは遺伝子の変異が存在するわけで、遺伝子の変異が起こるって事は、生物の形質・形態も変わるわけだ。
あれれれれ?悪い実を結ぶことの無い良い木が存在するのは進化と同じシステムのおかげだねぇ?

119 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:01:31 ID:h7ZuFwSc
善い悪いは人間の発明

120 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 19:36:04 ID:wdmBfpIZ
>>76
人間は遺伝子の乗り物であって、機械的な反射作用で活動してるだけってことだな。

自由も価値も無意味だ。


121 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 19:58:08 ID:wdmBfpIZ
かくて聖なるバモイドオキ神様は言われ給う。

「汝ら泥人形どもよ、生じて悦ぶなかれ、滅して悲しむなかれ。汝らの
生涯の全くの徒労なればなり」。


122 :モエカス:2006/10/21(土) 20:43:05 ID:I42y30Ll
>>120-121
伝道の書って知ってる?

123 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:10:45 ID:ZH3OPXun
随分昔から思っていたんだが、バモイドオキ神ってさ文字入れ替えるとバイオモドキじゃん。
すまん。超既出だな。久しぶりに懐かしい単語を見たんで思わず書き込んでしまった。

124 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:12:20 ID:9Tyoc+oI
>>103
肉食わなくてもタンパク質は大豆で取れる。
肉を作るよりもその分のマンパワーや資源をつかって穀物を作った方が
結果として食物となった時のカロリー量は高い。
肉を食わなくても社会は維持できるどころか、肉を食わない方がたくさんの人間を養える。

125 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:22:04 ID:29t5YG3o
>>124
暴動がおきるぜ。肉食っちゃダメって言ったら。

126 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 21:32:34 ID:wdmBfpIZ
>>122
あれは内容が釈迦の成道物語にも似てるからインドの影響を疑っておる。

しばしば仏教は唯物論だなどと言われて来たがそれは俗説に過ぎない。


127 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:34:56 ID:bg9Fit9N
最初にあるものが「目的」となり、続いてくるものが「原因」となり、最後に来るものが「結果」となります。
つまり、目に見えない「意識」は、目に見える「現象」を創造するということですな。
もっと簡単に言うと、「意識」には、無から有を生じさせてしまうほどの、我々の頭の理解を超えたパワーが
あるということなのです。秩序からこの逆はおこりません。唯物論者はこの点を理解すべきですな。
したがって、最初にある者は全能でなければなりません。
「強く念じたことは実現する」「思いは実現する」「念ずれば花開く」といった言葉を聞いたことが
あるでしょう。これらの言葉の深い意味を、理解すべきですね。

人間自体が「大宇宙の意識」、すなわち「神」の意志によって創造された生命器官です。
私たち人間がもっている「意識」は、神の「愛」と「英知」から由来しています。
したがって、私たち人間ひとりひとりが、自己の意識によってどんな現象も創造してしまう
ほどの能力を本来もっているのだということを理解してくださいね。だから、「思いは必ず
実現する」のです。これが神の法則です。

このように言うと、皆さんの中には、「私は、今まで何ひとつ自分の思い通りになったことは
ない。」
「言うだけなら何とでも言える。自分にはそんな能力はない」
と、否定する方もいるでしょう。
しかし、実はそういう人は、自己の無限の能力、無限の可能性を否定しているから、自己
の希望が実現しないだけなのです。すなわち、否定という意識が現実化してしまっているのです。

せっかく「こうしたい」、「こうなりたい」という素晴らしい希望や目標を持っているのに、
心のどこかで、「でも無理だろう」「そんなにうまくいくはずがない」「現実は甘くない」
という否定や疑いの意識が心のどこかにあれば、それが現実化してしまうのです。
否定の意識をもつことによって、その否定の意識が実現するのも、また神の法則なのです。


128 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 21:44:23 ID:wdmBfpIZ
マトリクスへようこそ…。


129 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:45:37 ID:kA9lj2yL
夢見てるんだね!

130 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 21:54:08 ID:wdmBfpIZ
時の人、この花を見ること夢の如くに相似たり。



131 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:18:39 ID:5ZkxcOE5
>>104
>ユダヤ教徒を虐殺せよという記述も、聖書にはありません。
進化論にも虐殺せよと言う記述はないな。
でもキミは共産主義やナチは進化論を元にしてると決め付けてんだろ?
それなら聖書を元にしたと言う考えにも客観的反論はできねーよ。

繰り返しになるけど、ナチズムやユダヤ人差別や魔女狩りは、キリスト教を母として生まれた姉妹思想だよ。
それらは現実をありのまま受け入れない、あるいは否定して聖書に合わせて捻じ曲げて解釈する所から始まったんだ。
善い木が悪い実を結ぶことはないし、悪い木が善い実を結ぶことは決してないんだよ。


まー冗談はともかくとして
キミの倫理的なお話はもういいよ
倫理的に問題があるかどうかは科学理論が正しいかどうかに関係ないから
もしキミの「進化論により倫理的問題が生じうる」という意見が正しいとしても
それは進化論が科学的に正しいかどうかに全然関係しないもん
科学のお話できないの?

132 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/21(土) 22:30:46 ID:vs3gW0O+
>>104
>繰り返して言いますが、ナチズムと共産主義は、進化論を母として生まれた姉妹思想です。
繰り返して反論するが、ナチズムも共産主義も、進化論を拝借しただけだ。
少なくとも進化論の解説書にそのような記述を見つける事はできないし、
仮にダーウィンがそのような思想を持っていたとしても、彼は教祖ではないのだから従う必要はない。
ヒトラーがユダヤ人を殺したか否かによって、進化という過去が変わるわけでもあるまい。
事実、進化したという証拠はあるのだから。

>それらは聖書をそのまま受け入れない、
科学は聖書にとらわれず自然界をそのまま受け入れる事なんだけどな。

>あるいは否定する所から始まったのです。
決めつけちゃいけないって親や先生から言われなかったのか?

進化論に限らず科学は事実関係を述べているに過ぎない。
そこからどんな思想が出て来ようとも、科学理論の真偽とは一切無関係だ。
グールドか誰かが言っていたが、「である」と「べき」は区別されなければならない。

とりあえずここ読んで進化論者が何を言っているのか把握していただきたい。
http://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/evolution.html
科学的な証拠を上げずにナチズムや共産主義を持ち出して進化論を否定するのは、
自分には科学的知識がなく、論理的思考もできないと告白しているようなものだ。

>>120
>自由も価値も無意味だ。

133 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/21(土) 22:32:31 ID:vs3gW0O+
最後訂正

>>120
>自由も価値も無意味だ。
それは科学じゃなくて倫理観やイデオロギーの問題だからな。

134 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:36:18 ID:QG9zrpKB
創造論者の反論を見ていると、「理解できないしする気もないが、聖書と矛盾するのでありえない」というだけでしかないな。


135 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 22:37:42 ID:wdmBfpIZ
「ある」と「あるべき」の区別はホーガンが『科学の終焉』でダーウィンの
反共思想への批判として指摘してるわけだが。


136 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:47:51 ID:1+4pi/5q
>>116
観測されたという明確な実績はないだろう。
だからと言って、「心理現象はすべて脳や物質に起因する」と
結論することはできない。
何度も何度も言っているのだが、
「『心理現象はすべて脳や物質に起因する』が証明されたわけではない」

「脳や物質に起因しない心理現象がある」
という二つのまったく異なる主張の区別がつかない阿呆がいる。
悪魔の証明がどうこう言っていたボケナスのことだ。


137 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:49:03 ID:1+4pi/5q
観測されていないことが不存在の証明になるのなら、
世の中に未発見の事物など存在しないことになる。
その程度の理屈がこの阿呆には理解できないと見える。

138 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:51:11 ID:Q2Yn4knW
なかなか難しいな。
条件から、〜でなければならない、という導出法をよくやるんだよな。

139 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 22:54:58 ID:wdmBfpIZ
『科学の終焉』の最後に出てくる日本由来の「ミステリアン主義」とか
いうのは単なるジョークだろな。


140 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 23:15:34 ID:wdmBfpIZ
>>138
自由と必然の関係は?


141 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:27:10 ID:Q2Yn4knW
偶然と必然ではなく?

142 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 23:31:26 ID:XlxHGiP/
そう、自由意志についての古典的な議論だ。

143 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/21(土) 23:33:17 ID:XlxHGiP/
 SPCDHという頭文字は「死馬愛護協会(Society for the Prevention of
Cruelty to Dead Horses)」の略である。これは世界中に支部をもつ秘密
組織であって、私たちの現代の知的気候にかなりの影響を及ぼしている。
その活動の数例をあげておかなくてはならない。
 大戦のあいだ、ドイツ政府は600万人の非戦闘員を死の工場で殺害し
た。これは最初は秘密にしておかれた。事実が洩れるとSPCDHは彼らのため
に一席弁じて、責任者たちを裁判にかけるのは不公正でありよくない趣味
だと論ずる方針を打ち出した。それは死馬を鞭うつものだというわけであ
る。(中略)
 科学ではSPCDHがとりわけ活発であった。生物学、医学、心理学における
十九世紀の粗雑な機械論的観念論は死んだ、と私たちはたえず保証の言葉を
聞いている。それなのに私たちは、教科書や専門雑誌の一節でも講義室で
も、たえずそれらに出会う。

アーサー・ケストラー/『機械の中の幽霊』

144 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 00:15:38 ID:lsjupKvT
軌道計算できるのに自由落下とはこれ如何に?

145 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:29:42 ID:DrFuICGH
言葉遊びに付き合うつもりはない。

おー、いつの間にか詳しくなってる。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0

146 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:33:22 ID:DrFuICGH
「哲学的ゾンビ」ってナイスだなw
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E7%9A%84%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93

147 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 00:39:44 ID:ZiSl5gZc
独我論と裏腹というか、証明しようがないな。

148 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:41:23 ID:DrFuICGH
貴様に心があることを証明してみろ。

149 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:45:28 ID:DrFuICGH
哲学ゾンビハッケン

150 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 00:47:01 ID:yKSw0l/b
はいはい、いいから、わかったから、もう寝なさい。

151 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:48:03 ID:DrFuICGH
お前ら、鬱陶しくてさ。冗談ヌキで。


152 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 00:49:44 ID:DrFuICGH
映画みたいにショットガンで片付けられたら清々すると思うね。

153 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:23:13 ID:rr0wZueW
我思う、故に我ありと思う、胡蝶の夢

154 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 01:30:09 ID:DrFuICGH
色は匂えど散りぬるを
わが世誰ぞ常ならむ
有為の奥山今日越えて
浅き夢見じ酔いもせず

良いか、おまいら。主観と客観は対概念なんだぞ。

この世の終わりまで繰り返してやる。

155 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:33:26 ID:+FotVDJn
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E9%80%A0%E7%A7%91%E5%AD%A6
「創造科学の主張の例」の項に
「短時間で生成された化石が世界中で大量に見つかっている事は大洪水の信憑性を物語ると思われる」とか
「瞬間冷凍されたマンモスが見つかった」とか
「ノアの洪水の水はマントルの中に流れ込んだと思われる」とか
具体例が妙に事細かに書いてあるな。

156 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 01:38:29 ID:DrFuICGH
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA

チャーマーズも意識を「クオリア」とか言うオブジェクトに
還元しようとしている限りは伝統的還元論者だな。

157 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:41:00 ID:aH4MgHo5
>>136
あるXが観測されたことがないからといって、あるXが存在しないと証明されたわけではない。
って理屈を振りかざすのは、Xに霊やら神やらなにやらを入れると、まんまオカルトじゃないの?
それが通るなら、なんだって存在するかもしれないから科学的に考慮しろってことになる。
進化の裏には(もしくは遺伝子のランダムに見える変異の裏には)神の意思が存在しないとは言い切れない、
神の意思が観測されたことが無いからといって、神の意思が存在しないと証明されたわけではない。とか。
科学的に扱うなら、とりあえず観測してから、もしくは理論的に存在を予測して、
どうしたら観測できるかを考えてからその存在について扱うだろう。
例えば、脳や物質に起因すると考えると矛盾が起こる心理現象を指摘するとか。
『心理現象は科学的には今のところ脳や物質に起因するとされている。』程度が妥当だと思う。
ま、そう考えると進化論も、『今のところ(略』ってことになるけど、まぁ、科学はそういうものだろう。

158 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 01:44:49 ID:DrFuICGH
目ぇ閉じると部屋が見えなくなる。そのまま立ち上がって
歩いてみろ。

159 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:46:36 ID:rr0wZueW
ソナー、エコロケーション

160 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 01:46:51 ID:DrFuICGH
デカルト風の「外界を疑って見る」なんてもんは、
実際には出来ないもんさ。カラダが勝手に反応し
ちまうからな。

161 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:50:31 ID:rr0wZueW
世界との相互作用は極限(作用の単位でh/2πくらい)まで存在する。
どうやら、それを処理出来る感覚器と計算組織が有る無しにかかわらず。


162 :やほよろづのかみたち@大本營 ◆0ryc.81s2s :2006/10/22(日) 01:55:04 ID:3rbbtlul
処刑ライダー、、見るの久しぶりだな。。
前回見たのは身体板で、

「俺は色盲だ」

とカミングアウトしているところ以来だ。
恰好良かったぞ。全色盲か?犬と同じだな。




163 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 01:55:15 ID:DrFuICGH
デカルトの心身二元論は心を客体としてる点で、実は
客観一元論。念仏みたいに繰り返すぞ。

164 :やほよろづのかみたち@大本營 ◆0ryc.81s2s :2006/10/22(日) 02:05:07 ID:3rbbtlul
>>158
お前は明るくても「色」が見えんだろう?

165 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:06:53 ID:rr0wZueW
あなたが見るまで月は存在しないのか?

多分、見る前と後で、ほんのわずかに波動関数が変化しただけ、と、言ってみる。

166 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:12:36 ID:aH4MgHo5
>>157に補足というか、訂正。
○○は存在しないと証明はされたわけじゃない。までできちんと止めて、
だから○○は存在するかもしれないんだから、それを存在するかもしれないとして考慮しろ!
って所までは言わないのか。なら良いんじゃない?宗教・オカルトな人達がそういう論理展開しまくるから、
○○は存在しないと証明されたわけじゃない。まで言われると反射的にその後まで言ってる様に感じてしまうw
でもそれって実質、何も言ってないの同じとして扱われるのでは?
それを考えたら、科学は何も証明してないってことになるわけだしね。
いや科学的に証明されているとされていても、覆ることなんてざらだからそれもそうか。

167 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:15:00 ID:rr0wZueW
覆される可能性が無いと、それは教条。

168 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 02:15:24 ID:DrFuICGH
>>164
人生ツマラン主義は素晴らしい!

169 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:16:21 ID:rr0wZueW
詰まる詰まらないは人間の発明

170 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 02:17:51 ID:DrFuICGH
タイマンでマトモにやりあったのは、最後はいつだったかな?

171 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:23:19 ID:3qQy2QZf
勝負はやるなら、どんな手を使おうと勝たねばならぬ。
正々堂々やっても負けるのは馬鹿だ。

ってどう思う?

172 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 02:26:08 ID:DrFuICGH
俺は死んで、この世を去る。後は知ったことではない。

173 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:27:27 ID:12ZOezu0
後があると思うのは、経験か、類推か?

174 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 02:28:10 ID:DrFuICGH
糞でも食って死ね。

175 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:32:02 ID:12ZOezu0
糞食って死ねるとも思えんし、食ってみたいとも思わん。
もっとも、乳酸菌や納豆菌や酵母の糞は食ってるかもしれんな。

176 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 02:49:17 ID:xjn9wvEJ
進化は設計されていないが故に、進化について考えるような大脳新皮質を生み出した。

177 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:08:10 ID:qLQw4Qkm
>>157
長文書いてもおまえのバカさかげんが強調されるだけだよ。
簡単な論理的ミスをいつまでも糊塗しようとせずに、
いいかげん自分の勇み足を素直に認めろって。

178 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 09:19:31 ID:nGxelvVy
この世の中が科学的に証明可能なことだけで成立しているとでも思って
るのかい?


179 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:32:19 ID:aH4MgHo5
>>177
補足・訂正にも書いたように、科学は何も証明してないことになるんだが、それでも良いのか?
地球が丸いことですら、神がそのように見せているかもしれないから、証明されてはいないことになるよ。
「「地球が丸いことは、全て物理法則や物質に起因する」が証明されたわけではない」んだからね。
進化に適用するなら、
「『進化はすべて遺伝子や物質に起因する』が証明されたわけではない」というのも正しいことになるね。




180 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:51:26 ID:tXoP68L6
実際、証明されてないじゃん。
科学は観測された事象に対しての説明というだけであって、別に絶対真理だというわけでも何でもない。
今は理論先行で観測待ちというのが多くなってるけど、それにしたって観測されるまでは保留状態で留め置きだし。
別に科学は神を否定も肯定もしない。それは観測されないから、対象外だというだけのお話。

181 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 09:52:17 ID:DrFuICGH
進化論は「下等」生物から「高等」生物への変化を
説明するが、生物の発生そのものについては何も
語らない。

進化論について世の中で語られているのを見て、
この点を誤魔化さずにいる奴を俺は未だに見た
ことがないぞw

182 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 09:53:54 ID:DrFuICGH
世の中の知的水準なんて所詮、その程度のもんでさ。

それを何もかも知ったような面して、神様にでもなった
つもりかよw

183 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:05:44 ID:qLQw4Qkm
>>179
極論へ逃げたか。バカの末路だな。創造論者といっしょだw

原則論的に言うのなら、科学の理論というのは、「その時に
もっとも信憑性があるとして受けいれられているところの仮説」
の域をでない。

すくなくとも、「証明された」と言いきるのにはよほどの慎重さを要する。
少なくとも、おまえの言っているような実験で「証明された」と
主張するのはバカだけ。科学を語る資格なし。

184 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 10:06:00 ID:DrFuICGH
こういう問題について世の中が程度がこうも低いのは何故だ?

簡単さ、主観を主観として支える確固とした精神性の基盤が
欠けているからだ。視点をどこに置いていいのか曖昧で、
堂々巡りの議論にしかならないからだ。

185 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:09:15 ID:aH4MgHo5
>>183
ただ単に証明されていないと言う点では同じだと言うことを言いたいがために、極端な例を出したわけだけど?
つーか、俺は証明されたとは言ってない、今のところ以下略って書いただろ。
レスきちんと嫁。


186 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 10:23:10 ID:DrFuICGH
米国が保守政権になって、こっちが小泉体制に切り替わって
から、こういう問題を強権的に糊塗しちまいやがったからな。

糞小泉は始末したが、本体がまだ残ってやがる。

187 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:23:37 ID:qLQw4Qkm
>>185
オーケー。「証明された」とは言ってないな。
「ほぼ確かめられている」(>>47)と言っただけだ。
いずれにしても、お前の主張する「実験」では「ほぼ確かめ
られている」と言える域にもまったく達していない。
結局同じこと。

極端な例を出すというのは論点を明らかにするためにすること。
お前がやっているのは単なる言い逃れのための屁理屈にすぎない。

188 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:25:35 ID:aH4MgHo5
>>187
>>47は俺じゃねーw
まぁ、IDも変わってるから証明もできんが。

だから、論点は証明されて無いって点では皆同じだよね?
ってことで、それを確認したかったんだけど。
妥当性、信憑性が現時点でいくら高かろうと、証明はされていないんだよね?

189 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:29:11 ID:qLQw4Qkm
>>188
おっとこいつは失礼。
同じような書き方(一行がむやみに長い)で、同じ論点を擁護する
アホウが何人もいるとは思わなかったもんでな。

>妥当性、信憑性が現時点でいくら高かろうと、証明はされていないんだよね?

原則論的に単純化して言えばな。
この先は科学的認識をめぐる哲学議論になるが、ここで問題に
されている話をするにはまったく必要のない話だから割愛するよ。

190 :モエカス:2006/10/22(日) 10:36:27 ID:/83NAKvC
>>178
>この世の中が科学的に証明可能なことだけで成立しているとでも思ってる
この世の中(のあらゆること)を科学的に証明しようとするのが科学の姿勢なので、ある意味ではその通り。

>>181
>生物の発生そのものについては何も語らない。
進化論の範囲じゃないから。

>>188
>妥当性、信憑性が現時点でいくら高かろうと、証明はされていないんだよね?
あなたが
「電子はマイナスからプラスに移動する、というのは信憑性が現時点でいくら高かろうと、証明はされていない」とか
「水素と酸素が化合して水になる、というのは信憑性が現時点でいくら高かろうと、証明はされていない」という
態度を貫くのならそれでいいんじゃない。

191 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 10:43:27 ID:DrFuICGH
>>190
その通りだ。進化論が生命の謎を解明するなりしたなりというのは
完全な誤解だ。

192 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:45:39 ID:aH4MgHo5
>>190
俺はそこまで懐疑的ではないよw
こういう考え方をするなら、こうなるけど?って質問してみただけ。
そのレスは彼(ID:qLQw4Qkm)にしてみてくれ。

193 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:53:15 ID:hdHXoPGr
>>181
やっとRNAワールドまで遡れたところだw

194 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 11:02:16 ID:S+C6qpAn
>>191
あなたがどういう思想的立場をとろうと「自由」なんだけど、俺なんかシンプルに科学的な実在論なのね。
地球は、人間とは関係なくずっと存在してきた。そのあり方を、かなり明らかにしてきたぜ、と。
(理由ではなくてね。)
進化論について言えば、ダーウィンの進化論そのものは思想だけど、遺伝とか発生学とか多くのサブ理論が
検証に耐え(進化を指し示しているので)、全体として確証されている、というだけだとおもう。
生命の発生については、ようするに「よくわからん」わけですね。確かなことは何もいえない。

195 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 14:31:19 ID:cYTY4tVS
>地球は、人間とは関係なくずっと存在してきた。

<奇妙な論理だね。人間という知的生命体がいなかったら、また
ずべていなくなったら、一体誰が、地球はずっと存在してきたと
認識できるのだろう?
サルとか宇宙人なんて言わないでね。

科学理論が人を離れて単独で、絶対的に存在していると言うのなら
神が唯一絶対的に存在していると主張してもいいわけだ。
なぜなら、それを確かめる主体(人間)がいないのだから。

我々が認識している地球は、我々の知覚に基づいている。
たとえ、人間が出現する前に、地球が存在しているらしいことは確か
でも、人間との関係なしに地球が存在しているというのは無意味じゃ
ないか。


196 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 14:44:33 ID:0vr5VZ1g
意味は人間の「発明」です。

197 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:18:11 ID:S+C6qpAn
>>195
科学は「その場にいなくても、目に見えなくても」「ある事、ある物は確かにあるだろう」という
言明を可能にする方法なんですね。たとえば酸素なんてのも目に見えないから、18世紀まで
人々はその存在を知らなかったのね。まぁそれが「実在」するのか、「あると仮定すればよりよい説明が
できるだけ」というところに留めるかどうかは、人や内容によって違うだろうけど。
ちょっと乱暴かもしれないけど、本質的には、進化論も地球科学も同じことでしょう。

科学理論は、人から離れて存在するものではありません、もちろん。
むしろ人の認識能力の限界を踏まえれば、前段ともからむけど、「検証された(100%オケ)」
とはなかなか言い難いので、「よりよい説明」派の方が多いわけですね。
しかしこの考え方にこそ、絶対的な存在(たとえば神)を前提にしてしまうそれとの
原理的な違いがあるんですね。

「人間との関係なしに地球が存在しているというのは無意味」と思いたい気持ちは
わかりますけどねぇ。それは>>196さんの言葉通り、人の思いでしかないでしょう。


198 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 17:36:55 ID:pUrdkrZy
>>195
>科学理論が人を離れて単独で、絶対的に存在していると言うのなら
どの方がそのように主張されたんですか?w

物理世界が単独で、絶対的に存在しているとは言っているかもしれないが。
科学自身は(科学者であれ学説であれ)自らを完全無欠だと主張している訳ではない。
そんな愚かな事は言わない。逆に他人のどの学説に依存しているぐらいは言う。

>人間との関係なしに地球が存在しているというのは無意味じゃないか。
無意味ではありません。なぜ人間と関係無し存在していると無意味になるのですか?
本当にどうしようもない馬鹿だってのはこういう事だ。


199 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 18:16:05 ID:DrFuICGH
>>194
貴様も自分には心など存在しないと言い張る哲学ゾンビなわけだな。

200 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 18:18:09 ID:DrFuICGH
そもそも「存在する」とはどういうこと乎っ

201 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 18:20:44 ID:S+C6qpAn
>>199
い〜えいえ、「わからん」としか言いようがないだけでね。いまのとこ。


202 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 18:23:06 ID:nGxelvVy
こればかりは苦労しないと分からないんだよな。


203 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 18:30:02 ID:S+C6qpAn
>>202
だから言ってるでしょ。物理的な世界は存在する、とする素朴な実在論だと。
さぁ、そろそろ来るぞ。哲学はどっか別のところでやれ! ってクレーム。

204 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 18:35:30 ID:nGxelvVy
孤独を知らん奴は苦労も知らんな。


205 :モエカス:2006/10/22(日) 18:49:40 ID:/83NAKvC
>処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2

>>194からどやって
>貴様も自分には心など存在しないと言い張る
という結論を導いたのか

あなたが苦労してきた(あるいは今もしている)ことや
孤独である(もしくは、であった)ことが
進化論(に限らず科学一般)と何の関係があるのか。

さっぱり分からないので説明プリーズ。

206 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:01:30 ID:cYTY4tVS
知覚する側と知覚される側との関係を書いたまで。

つまり、地球の存在を観測できる人間なしには、観測された
地球が在るってだれが決めたのの?
だから、地球が人との関係なしに単独で存在しているという
ことは無意味。
これだって、存在関係について人と地球の立派な関わり合い
だろう。存在論って大変な問題だよ。

女のヒステリーみたいな奴っていやだな。

207 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:05:38 ID:aH4MgHo5
なんか創造論者を弄るスレじゃなくて、哲学者と議論するスレになってきたなw

208 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:06:26 ID:rLNxDh12
一体どれだけの人が、観念で決め付けずに行動できるものだろう。
ネットに慣れると飛行機には乗らなくなるね。

209 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:07:03 ID:rLNxDh12
創造論も、考え方しだいだということがわからないかなぁ

210 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 19:08:34 ID:DrFuICGH
>>192
信じるか疑うかじゃない、方法論上、科学が明らかに出来る
ことの範囲には限度がある、ということ。

211 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 19:22:08 ID:DrFuICGH
>>209
創造論を支持したがる連中は、科学的知識の強制性(ヤスパース『哲学的
世界定位』)にこだわる点において、信仰に内在する困難を避けて全体主義、
ないしファシズムの道へ陥っているのではないか、ということ。

212 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:35:13 ID:S+C6qpAn
>>211
ここでは、創造論と創造科学は分けて考えましょうや。

213 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:37:22 ID:C3+oJ0wm
処刑ライダーが俺のマトリックス上の仮想意識ゾンビじゃないっていう保証も無い。

214 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:38:52 ID:wBmWkrfS
>>212
科学つけても、幸福科学と変わらん類いだ。

215 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 19:39:15 ID:DrFuICGH
>>212
いや、科学的方法論の枠組みの内部で進化論に否定的な
態度を取る点では創造論はID論と同じ科学主義。

216 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:41:24 ID:aH4MgHo5
科学的方法論の枠組みの内部に入ってるか?>創造論

217 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 19:42:39 ID:DrFuICGH
「証拠! 証拠!」って騒ぐだろ。修正主義。

218 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:02:37 ID:jSYVIbRe
理論的に予想される定量的証拠 宗教には逆立ちしたってマネ出来んわいw

219 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:05:50 ID:S+C6qpAn
>>217
まぁともかく、ここでは>>211はヨケイだろ。

220 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:16:26 ID:S+C6qpAn
>>210
表現が曖昧だな。ヒュームの徹底的な懐疑と、それを踏まえた反証主義を
通過してるんだよ、科学的な方法論についての考え方は。


221 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:17:46 ID:cYTY4tVS
創造論について

生き物の創造論とは「地球上の生物はそれぞれ個別に、創造主によって創られた」という主張です。

旧約聖書、創世記第1章が根拠だと思われるが、これはまったくの聖書の誤解釈だよ。
「天界の秘儀」第1巻によると、神の七日間の天地創造とは、一般的にいって人の再生状態を指して
いるものとして詳細に説明されているんだよ。
ダーウインの「種の起源」の前に書かれたものだから、「進化論」を著者スウェーデンボルグは知ら
なかったものと思われるがね。

正統教会は「旧約聖書」をほとんど文字上の意味でしか解釈できないのよ。
と言って、三位一体を否定したり、正統教会を批判し続けたスウェーデンボルグを認める
わけにはいかない。だから、ヨハネ・パウロ二世も、肉の進化論を認めざるをえなかった
のかもね?


222 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:23:34 ID:S+C6qpAn
>>221
思想は、ご自由です。なんなりと。

223 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 20:34:24 ID:Cs4I72y4
創造主という、在不在証明困難で、かつ特に必要でもない仮定を冒頭持ち込む事自体、
思想としても糞よのうw

224 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/22(日) 21:05:50 ID:nGxelvVy
大した反応はないようだな。期待はしていないが。


225 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 22:01:27 ID:cYTY4tVS
創造主というものがなかったら、自然や宇宙は永遠の過去から存在していたことになる。
つまり、自然や宇宙の存在・実存は、みずからの中にあっての存在、実存と言うこととなる。
そうすると科学理論の一説である、ビッグバン宇宙論の帰結、約137億年前に宇宙が無?から
始まったとする説は嘘となり、一般相対性理論の解も怪しくなる。

神の存在・実在は、みずからの力による存在の実存ではない。そうなると起源があることになる。
つまり、みずからの中にあっての存在・実在であるはずのものが、その他の起動因をもつことになる。
みずからの中にあっての存在・実在は、造られたものではない。

造られたものはすべて、つくられない方によって造られた。造られたものは、また有限です。そして
有限なものは無限な方によらないかぎり、実存することはありません。

神は、空間には関係なく、あらゆる空間のうちに存在しているように、
神は時間に関係なく、あらゆる時間のうちに存在している。


226 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 22:19:33 ID:yKSw0l/b
>>225
それを仮説演繹法で説明してみて。

227 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 22:56:12 ID:qLQw4Qkm
>>207
もともと哲学議論などではなく、単純に「科学的に言えていないことを
言えていると断言するのはまちがい」というだけの話だった。
哲学議論になる方向にずれていったのはおまえや、おまえが擁護して
いるところの屁理屈連中のせいだということを把握すべきだな。

228 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:07:24 ID:aH4MgHo5
>>227
いや、もう終わった話でしょ。
科学は何かが証明されたとは言えない。
って結論で。

229 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:27:01 ID:yKSw0l/b
>>227
哲学論議なんてやってないじゃん。かろうじて科学哲学の範囲なんだから。
なんちゃって。

230 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:42:06 ID:6fRTkAwa
>>225
存在の有無や連続の概念、順序(因果)、階層とか、これらは実はすべて経験から引っ張られた法則。
大きい方にも小さい方にも自動的に拡張出来るか、実は保証などなかった。
例えば、因果律で原因を遡って行けば、第一動因(神)に突き当たる(そうでないと無限後退してし
まう)かといえば、科学的探求は量子力学的不確定性と言う、原理的な「偶然」に行き当たる。

>>227
科学は反証可能性付きの、条件付き証明をやっている。
その証明に十分な妥当性がなければ、今ここでPCで電子掲示板に書き込みなんか出来ていない。

231 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:57:27 ID:cYTY4tVS
自然の世界には、空間と時間という二つの固有な性格があり、したがって有限の世界です。
それにたいし、霊界は時間、空間のうちにある世界ではなく、状態の世界なので永遠の世界です。

神すなわち神性は、この世の人間それぞれに、また天界の天使や霊界の霊それぞれに、
あまねく存在しています。とは言っても、空間のなかにおられるわけではありません。
これは自然的な思考概念ではとらえられず、霊的な思考によります。

自然的な思考法でとらえられないわけは、自然的概念には空間が付随しているからです。
その概念は、この世にあるいろいろなものが材料になっており、肉眼で見える個々全体に
わたって空間的です。この世にある大小さまざまなものや、長いもの、広いもの、高いも
のなど全部に空間が付随しています。一口にいえば、あらゆる形状・尺度には空間があります。
したがって、神は空間の中には存在しないとか、神は遍在であるといっても、自然的な概念では
とらえられません。ただし、その自然的概念のうちに、霊的光を当てれば、自然的思考でも理解
することができます。

霊的概念は、空間から抽象するのではなく、すべて状態から抽象します。状態というのは
愛、生命、英知、情愛、それから生じる喜びなどです。平たく言えば、善と真理です。
本当の意味での霊的概念は、空間と共通するものはなく、空間より上位にあり、自分の眼下
に、空間概念を見下ろしています。つまり、天界が地上を見下ろしているようです。

それにもかかわらず、天使や霊も、この世の人間同様に、目を使って見ているわけです。
見えてくる対象物も空間のうちにしか見えません。霊や天使のいる霊の世界にも、この地上
の空間と同じような空間があるように見えますが、本当の空間ではなく、見かけです。

霊界での空間は、この地上での空間のように、固定したものではなく、縮小・拡大・変化・
転移が可能です。したがって測定できるようなものではありません。つまり自然的概念では
とらえられず、霊的概念によってしか把握できません。空間的距離といっても、善の距離とか、
真理の距離のように、それぞれが自分の状態に応じて、親近性とか、類似性をもっているわけ
です。



232 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:58:55 ID:yKSw0l/b
>>230
もうすこし分かりやすく、「通常科学でも、人間は月にいけるぜ」でいいじゃん。
え? よけい分かりにくい? しつれいしますた。あ、後段に対してね。
前段はちんぷんかんぷんだわ。

233 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:59:45 ID:aH4MgHo5
>>227
とこで、最後に確認したいんだが
「今のところ脳や物質のみによらない心理現象があることは、科学的には観測されていない」
「今のところ脳や物質のみによる心理現象があることは、科学的には観測されている」
ということは認めるんだよね?

234 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:07:13 ID:qJZuzR3D
>>231
霊的概念とか、善の距離とか、真理の距離とか、こちらもちんぷんかんぷんだわ。

235 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:20:56 ID:ftzUKSDI
丹波哲郎の供養してるのか??

236 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:27:19 ID:ftzUKSDI
まだ創造より丹波哲郎の方がいいかもな!創造論は地球中心だけど
丹波さんは宇宙説いてるからね! 宇宙にも未確認生物確認されるのも
時間の問題ですね!日本語の聖書はまた訂正されるんだろうな。

237 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:32:25 ID:s6LGPuJY
>>231
時空一体ですよ。ローレンツ変換で互いに交換します。
さらに6の微小次元と、さらにもう1つやや性質の違うじげんあって、都合11次元です。
また量子の状態空間は無限次元ユークリッド空間(ヒルベルト空間)です。

238 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:37:43 ID:s6LGPuJY
その他、ハウスドルフやフラクタルなどの非整数次元、多元数に対応した空間の次元もある。

239 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:46:17 ID:s6LGPuJY
>>232
前半は,日常経験の類推から出された法則。ミクロや宇宙の構造スケールにまで、単純に
線型拡張やっても駄目だってこと。
普通の、マクロ範囲では、波と粒子は別ものの現象の性質を抽象化したもので、同時に持
たない性質であるが,ミクロではどちらの性質をも持った量子が、振る舞う。


240 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:56:28 ID:G8cFH7hK
>>237
それを総じて、自然的(物質的)概念というのです。
現在の時空概念は一般相対性理論から導かれた概念です。

霊的世界や霊的実体は、非物質の存在だから、
霊的概念には時間・空間の属性がありません。

>>231
は、当て推量や単なる思いつきで書いた、トッポ話ではありません。
神に導かれて、霊界つまり精霊界や天界・地獄を見聞きして、神や
天使から教わった人の話をもとに書いたのです。
とても信じられないでしょうが、、、
私も最初はとても信じられませんでしたが、その内容は人間の
思考力を超えてると思いましたがね、、、ハハハ




241 :無宗教者 ◆i7Y3D0Rlw6 :2006/10/23(月) 01:00:32 ID:ftzUKSDI
私仕事の関係で中東諸国に年に半年は滞在してるけど 世界の人々は創造論は
信じてない人が多いようだね。私ヘブライ語は分からないけどアラビア語と
ペルシャ語は分かります。ペルシャのキリストの古い書物見せて貰い愕然とした
マリアは売春婦で生まれた子供がイエスだとこと細かく書いてました。

私は無宗教ですけどどうして神が生命創れるのですか?

242 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 01:06:09 ID:G8cFH7hK
主を冒涜する、無神論者にはとても無理ということはできますが、、、

243 :無宗教者 ◆i7Y3D0Rlw6 :2006/10/23(月) 01:07:50 ID:ftzUKSDI
>>242
マリアの売春のことですか?

244 :無宗教者 ◆i7Y3D0Rlw6 :2006/10/23(月) 01:10:34 ID:ftzUKSDI
>>242
君も世界のこと勉強してくださいね!

245 :無宗教者 ◆i7Y3D0Rlw6 :2006/10/23(月) 01:16:42 ID:ftzUKSDI
創造論は人間が創った作文みたいもんだよ。

246 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 07:48:57 ID:i6G5AmMo
生物の発生については色々説が出てる。
その辺は進化論じゃなく、分子生物学とかの範疇だがな。

247 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 09:56:50 ID:ASAqWvo9
>>237-239

「僕の考えたすごい設定」を披露したいならこちらのスレでどうぞ、

厨がツクールでやりがちなこと16
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gameama/1159586502/l50

248 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 12:00:52 ID:9t3lDI81
>>230
バカたれ。何度も言わすな。
もともと「科学において証明できるか」なんて話じゃない。
そんな科学哲学方面へひっぱっていってまで屁理屈たれてる
おまえのようなバカが話をややこしくしたんだ。


249 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 12:05:32 ID:rJTSJ0I9
>>246
生物の発生に関しては基本的には分子生物学の範疇ではない。
ただ、生物たるには何らかの化学反応が必要なので、
同じ化学反応を低いエネルギーで達成するためには酵素的作用が重要と考えられており、
酵素的作用を、最も簡単な構造の生体構成物質の内でなし得るのはどれか?と言う話になると、
分子生物学的な知識・アプローチが必要になってくるケースが多いと言うだけ。

250 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 12:26:06 ID:UgiS+eXK
生物の発生について語るには、まず生命とは何かが明らかじゃなければ
ならないからね。


251 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 17:48:44 ID:i6G5AmMo
とりあえずコピー出来りゃ良いんじゃないかとおもう。
最初の生命って、それこそプリオンみたいなもんだったんじゃないかね。
自分に似たたんぱく質を自分そっくりに作りかえる。

252 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 18:14:42 ID:FCG/yXIX
「生命とは何か」という問いが人間にとって重要なのは、
それが人間に生きることの意味を教えてくれるからだと
は思わないかね?

253 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 18:39:08 ID:zJD/4ewy
>>252
私は物理化学的な「生命の仕組み」と、社会・文化がうむ「生きることの意味」を分けて考えてますよ。


254 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 18:49:37 ID:UgiS+eXK
餓鬼畜生が多すぎる。


255 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 19:02:42 ID:rJTSJ0I9
>>251
その、コピーする機構が難しい。
タンパク質によるとなると、現状では何の設計図もなしにタンパク質を作り出せる酵素は見つかってないし、
RNAなら酵素活性があることが判ってるしRNAを作れるけど、分子の安定性に疑問符がつく。
DNAだとRNAよりは安定で長期的な存在が可能だと思われてるけど、酵素活性のあるDNAは見つかってない。

256 :モエカス:2006/10/23(月) 20:06:50 ID:Fywfc98w
>>252
思わない。

「生命とは何か」が分かろうが分かるまいが
生きることの意味など自分で決めることでしょ。

ところで>>205に応えてくれるとうれしいんだけど。

257 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:24:01 ID:i6G5AmMo
処刑ライダーって、自分が考えた「かっこいい言葉」書きなぐってるだけの馬鹿でしょ。
相手にしちゃだめだって。最初っから最後まで「僕の考えた名言」言うためだけにしゃべってるから話が完全にすれ違ってるのよね。

258 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:28:09 ID:rJTSJ0I9
処刑ライダーってマダ書き込んでるの?

259 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 22:55:32 ID:FCG/yXIX
>>256
いいや、それは貴様の個人的な意見だ。

>>257-258
テメエみたいな奴はこの世から消えたら良い。

特権階級ズラしてふんぞり返ってる糞に情けなんか
かけると思うな?

260 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:05:05 ID:FCG/yXIX
>>253
物理化学的な「生命の仕組み」が解明されると、
生命が全て理解されることになるなら、生物と
無生物の本質的な区別はないことになることは
分かってるよな。

261 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/23(月) 23:17:29 ID:ysk7NLxd
>>260
生物学的にはな。道徳的、倫理的な話は別だ。

262 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:18:40 ID:qJZuzR3D
>>260
>物理化学的な「生命の仕組み」が解明されると、
生命が全て理解されることになるなら

そんなことは言ってませんよ。

>生物と無生物の本質的な区別はないことになることは
分かってるよな。

まぁ定義も人のわがままですからね。



263 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:24:39 ID:UgiS+eXK
生物学は生物を客体としてしか取り扱わない。

それも分かってるよな。


264 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:26:49 ID:qJZuzR3D
>>263
客体であり、主体であり。そこが生物学の面白いところですね。

265 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:28:28 ID:UgiS+eXK
主体を扱うのは動物行動学だろ。さもなきゃ進化心理学だ。


266 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:30:18 ID:qJZuzR3D
>>

267 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:31:07 ID:UgiS+eXK
つまり生物の分子レベルの「仕組み」についての学は生物を主体として
扱うことはない。違うか。


268 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:32:02 ID:qJZuzR3D
>主体を扱うのは動物行動学だろ

「扱う」んなら全部客体。

269 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:36:36 ID:UgiS+eXK
揚げ足取られたな。

メカニズムをどこまで細かく分析しても幽霊は見つからない。

物理的法則に従うメカニズムではないなら、それはメカニズムではないからだ。

だろ?


270 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:38:36 ID:LP6P3IzS
インターミッツション。 

スウェーデンボルグ(1688-1772)によれば、この宇宙は、最初は、われわれがふつうに認識
できる時間や空間の世界を超越した、ある目に見えないエネルギー (力) の点のようなもの
から出発したとのことなのです。そして、そのエネルギーの運動が、時間と空間の世界の中に、
たとえば惑星のような具体的な物質の形をとって、姿を現したらしいのです。

と同時に、宇宙には、四つの本質的な力 (要素)と呼ばれることもあります) が生まれた、
と彼は続けます。 第一は重力と引力、第二は磁力、第三は光・熱・電気を運ぶエーテル的
な力ないし働き (ただし、エーテルそのものの存在は、アインシュタイン以降は否定されて
います)、第四は音を伝える空気の力、であると。

また、彼は、大きい宇宙については、たとえば、太陽系の星は物質としての太陽から生まれ、
そのほかの星雲上の物質からはいくつもの太陽が生まれたであろう、と推論しています。一方、
小さい宇宙つまりミクロ的な世界については、原子を初めとする素粒子的なものの存在を、
すでに想定していたとされます。


これが今から300年も前に生きていた人の思想とはとても思われない。
しかし、それは事実なのだ。


271 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/23(月) 23:46:38 ID:UgiS+eXK
チビヨハネんとこにでも持ってけ。

物理学において「解明される」とは、その決定論的振る舞いを把握する
ことだからな。どこまで突き進んでもそれは無生物と一緒さ。


272 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:56:00 ID:LP6P3IzS
ヘーーーイ。

でもね、ひとりバカさらしていると誰もとり相手がいなくなるでしょ。


273 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 02:03:32 ID:9y7ne9U1
> メカニズムをどこまで細かく分析しても幽霊は見つからない。
>
> 物理的法則に従うメカニズムではないなら、それはメカニズムではないからだ。


こういうのが、

> 最初っから最後まで「僕の考えた名言」言うためだけにしゃべってるから話が完全にすれ違ってるのよね。

っての、自分で気づいてないんだろうか。見てて恥ずかしいんだけど。

274 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 11:34:11 ID:a9Lhx/Z7
>>270
全然間違ってる仮説をそんなに褒めたたえられても。
4つの力って数が合ってるだけだしな。ジャッカー電撃隊かっつーの。


275 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 11:36:14 ID:ppjM4Mm7
ま、ノストラダムスの予言wとさほど変わらん。

276 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:53:14 ID:uxLoH5hq
>>255
RNAとDNAのシステムは、ベースでかなり重なってないですか?
ATPをはじめ、DNAシステムが用いる比較的低分子量の酵素は、RNAやRNAもどきが多いような気がしますが。
DNAワールドは、RNAワールドの尻尾が、DNAの安定性の良さで拡大されているだけだと。

277 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:22:43 ID:ppjM4Mm7
>>276
はぃ??

278 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 14:45:37 ID:BqCJeZDp
>>277
DNA自体に酵素活性は必要ないってことで。

279 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 15:18:27 ID:ppjM4Mm7
>>278
ぽかーん ( ゚д゚)

280 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 15:21:40 ID:BTtekUMi
スゥエデンボリは、月にも知的生命が暮らしていると言っていたのでは
なかったか?

独り善がりな書き込みするな、ボゥケ茄子。

281 :モエカス:2006/10/24(火) 16:19:07 ID:fAfoFEz3
>>257
それでも、ぎりぎりまで信じててみたいんだよね。彼のこと。
・・・そうじゃなきゃ、悲しすぎるでしょ、人と人とが生きるってことが、あまりにもさ。
(↑僕が考えた(つもりの)かっこいい(と思ってる)言葉)

だから、処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2
>>205とか
>>256
何故、一方的に俺の発言のみが「個人的な意見」で、
あなたの発言はそうではないのか、
具体的な説明をプリーズ。

それとも、まじで中2病にかかってるのか?

282 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:52:03 ID:e6LAQZEv
生命とは、精度のやや悪いコピーである。

283 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 17:52:43 ID:N1HnicBx
生命とは、精度のやや悪いコピーである。

284 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 18:08:41 ID:ppjM4Mm7
DNAの複製は、精度のちょっぴり悪いコピーである。

285 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 18:24:23 ID:R0nEw9Mh
IDは嘘つきである

286 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 18:56:51 ID:5UP5y52y
想像力の貧困な、コンクリート頭。

287 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 19:18:12 ID:mqgIlrUG
精度は高いんだけど、ときどき勝手に内容を変えてしまうヘンテコリンなコピーである。


288 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 20:30:00 ID:9s/NJshn
DNAはECCのないDRAMのようなものである

289 :大寝言:2006/10/24(火) 20:57:53 ID:HD2er2l4
事実に即した証拠を挙げれば、進化論が圧倒的に有利になる。
が、無論完璧ではないから、もしかしたらIDでもいいじゃないかという逃げの息の根を止める事は
難しい。
宗教的権威の強い地域では、進化論と同等の可能性のあるものとして教えろなどという馬鹿やら、
果ては、科学的真実と宗教的真理は別物だからと抜かす阿呆まで生えて来る。
しかし、嘘は嘘なのである。

290 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 21:53:11 ID:a9Lhx/Z7
>>288
エラー訂正機能はそこそこある筈だが。

291 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 22:07:59 ID:ppjM4Mm7
ID論がありえるかもとか言ってると恥かしいぞ。

IDの存在は確認されてるのか?
IDの存在を確認する方法は理論的に存在するのか?
全ての事象の根本に関わってるIDが「何であるか」を
少しでも明らかにする、存在を示す方法が無い限り
科学の土俵に上がることすらできない。

ちなみに、進化は全て観察可能な現象のみによって構築されています。

292 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 22:44:16 ID:H4qz3WUx
>>291
>ちなみに、進化は全て観察可能な現象のみによって構築されています。

それは言いすぎだな。観察可能な現象のみによって構築しようと思ってもできないから
ID論がわりこむ理論的な空間が存在しうるんだよ。

293 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:00:16 ID:ppjM4Mm7
>>292
んじゃどこに隙があるのか指摘してみ。

294 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:12:00 ID:H4qz3WUx
>>292
カバみたいなヤツからクジラのようなヤツへの変化は、観察可能か?
化石の解釈はいろいろ「あり得る」し、DNAの解析も限界があるぞ?

295 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:26:45 ID:CvE+RCsx
神が直接人間を設計製造した、って説は笑い飛ばしてOKだけど、
進化の過程に、何らかの形で超知性が介入した…みたいな話なら、十分に「ありうる」
または「否定は出来ない」んじゃない? 
それだって、遠回りではあるけど一種のID説だよね。

いや、もちろん俺は支持しないけどね(SFのネタとしては好きだけど)。

296 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:37:51 ID:H4qz3WUx
人に「わかる」ことなんてさ、タカが知れてるぜって科学の出発点を大事にすべきだと思う。
問題は、宗教が、そうじゃなくて、勝手に「真理」なるものを決め付けちゃうことだと思う。


297 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:48:33 ID:CvE+RCsx
>>296
同感。
「進化に関しては、まだ分からないところがたくさんある」ってのは事実だし、
そこは謙虚に受け止めるべきだと思う。

ただ、「進化論は不完全」と「創造論が正しい」との間には、地球からイスカンダル
並みの距離があるってのに、創造論者はそこをいっしょくたにするんだよなぁ…。

298 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:54:55 ID:ppjM4Mm7
個別の事例の解釈と、全体的な理論の導き方を混同してどうするの?

299 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:59:41 ID:H4qz3WUx
>>298
帰納法の問題? たしかに大切ですね。リクツの上では帰納法は正当化できないものね。


300 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 00:25:28 ID:CrcOQLnw
枯れ木も山の賑わいかなアホスレも、
女の子みたいに騒いで、賑わいもこれまた
楽し今日この頃かな、、、、、字余り。

301 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 00:59:40 ID:kEyT1jx3
なんだかなぁ、種という概念と進化の肝が全く理解出来てない人が多いんだなぁ。

302 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 03:42:24 ID:UPKSGuWI
創造科学のH氏はID論すら外道だと言っている。
前提条件が「神の実在、地球の歴史6000年」。
宗教上の主張ならそれはそれで別に構わないんだが、
それを「科学」と称して進化論は間違いだと主張するのが問題。
手かざしを医療行為と称するのと変わらない。

303 :大寝言:2006/10/25(水) 13:00:04 ID:r4o5VZLp
宗教であろうが政治であろうが、あるいはお偉い先生であろうが、実証に拠らず、権威に頼ると
嘘つきの始まり。
ああもこうも考えられるからみんな正しいなんていうのも、もちろん詭弁。

かつて日露戦争の時、戦死者の4割にも匹敵する戦病死者を出し、その大半が脚気によるもので
あった。
何故たったひとつの病気で、万人単位の犠牲者を出してしまったのかを問うと、病因に対する軍
内部での論争とその経緯を見過ごしには出来ない。
軍隊ににおける脚気の深刻さは、すでに日清戦争で知られており、多くの事実から、欠乏症説が
有力と見られていた。ところがそれに異を唱え、感染症説を強引におしたのが誰あろう、かの森
鴎外その人である。
ドイツ留学帰りのエリート医学者にして陸軍軍医総監にまで上り詰めた、陸軍軍医中の最高権威、
それが、文学者森鴎外のもうひとつの顔であった。
素直に証拠に基づき、欠乏症説を採った海軍では食事の改善がなされ、大幅に患者の発生を抑え
られたのに対し、エリート先生の、それなりに論理はあっても思い込み優先の感染症説に頑に頼
った陸軍では、試験的な食事療法すらままならずに、あたら多くの命を失い続けたのであった。

神だの創造説だのIDだの、事実を見ない嘘つき宗教を信じると、人類の未来は危うい。


304 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 13:40:35 ID:kEyT1jx3
船乗りにはビタミン不足から来る壊血病の歴史が有るからな。

305 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 13:43:21 ID:qE7F1ssV
>>295
で、その超知性とやらはどういうふうにして誕生したんですか?

という無限ループが発生してしまうのでその種の説は直接の証拠が無い限り支持できない。

306 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 18:29:31 ID:xQbT+Xzz
今日も創造君のおとぎ話聞いてやるか!馬鹿は馬鹿なりの屁理屈待ってるぞ
 君達想像君は学生のころ何勉強してたの?人類の歴史に疑問もったのか?
日本人のルーツとかは知らないのか?

馬鹿ども悔しかったら反論してみろよ イエスキリストはただの人間だぞ。

307 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 18:40:36 ID:WDTG1fMv
>>304
英海軍は柑橘類の有用性をなかなか認めようとしなかった。
新しい考え方に対する反発はどこの国でも同じ。
だからこそ過去の誤った姿勢を反省して
信頼に足る検証の重要性が説かれるようになった。
創造科学はその人類の叡智に逆行する思想。

308 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 18:42:05 ID:WDTG1fMv
>>306
会ったこともないあなたがイエスはただの人間だと断じるのは何故?
それこそ検証不可能だろう。

309 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 18:50:10 ID:eiHfJZZf
>>303
長文乙

この程度のことで、宗教(創造論)を批判する人は問題外。
文の最後はなんだ?首尾一貫しているかなあ?

310 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:05:28 ID:xQbT+Xzz
>>307-308
想像君 貴様はイエスと会ったことあるのか?
話はそれからだな!

311 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:14:45 ID:xQbT+Xzz
>>307-308
イエスが神なら奇蹟は起きるはずだろ!奇蹟起こらず戦争ばかりだろ!
人類はアフリカ中央部から進化したんだイエスも人類の進化の過程の
一部にしか過ぎないんだ。イエスは猿だ・猿人だ。

312 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:27:21 ID:xQbT+Xzz
君達想像君は聖書だけだよな!月にも人類が行って そのうち未確認
生物発見されたらどうするの? 宇宙のメカニズムがあるのだから生物が
いたっておかしくは無いはずだよ!!

313 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:27:37 ID:eiHfJZZf
奇跡は信仰を強要し、人の自由意志を阻害する。
奇跡では、人に住みついた悪や偽りは取り除かれない。
全能の主、イエス・キリストが地上に御姿を現したことが
証明している。
そのことは聖書が予見している。

314 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:33:18 ID:ttF0nsML
あいかわらず291みたいな「進化論信者」が暴れてるんだね。
創造論者の工作員じゃないかとすら思えるのだが。

315 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:36:39 ID:xQbT+Xzz
>>314
想像君頑張れ!

316 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:38:44 ID:xQbT+Xzz
>>315
想像君屁理屈言って楽しまして下さい!

317 :某377:2006/10/25(水) 19:39:17 ID:ttF0nsML
俺が創造論者に見えるんだね。。。
ほんとにこのスレも末期的になってきたなあ。

318 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:39:41 ID:xQbT+Xzz
訂正>>315=>>314


319 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:44:56 ID:yDE39SWW
イエスは死ぬ時豚みたいに「いやだー!死にたくない!ユダめ裏切りやがって!ぎゃー!死にたくない」ってわめいてたよ!あいつは豚人間だよ。あははは!

320 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:47:43 ID:xQbT+Xzz
キリストは貼り付けにされる前にはかなり無駄な抵抗したそうだよ。
やはり死にたくは無かったんだな。可哀想にな!

321 :某377:2006/10/25(水) 19:48:57 ID:ttF0nsML
291には根本的な間違いが二つある。

・「IDが何であるか」は「IDが存在するか否か」とは別の問いで
あって、「IDが存在する」という主張はIDの正体がわかっていなく
てもなしうる。これは、進化のメカニズムが解明されていなくても
「進化は起こる」という主張をなしうるのとまったく同じ。
進化のメカニズム(あるいはIDの正体)が明らかになれば、
それらの主張をより強固なものとはできるが、主張として別の
ものであることにはかわりがない。

・進化論は観察可能な現象から帰納されたものではあるが、
「全て観察可能な現象のみによって構築」されているわけではない。
他のほとんどの科学理論と同様に、観測されていない部分を
仮説によって補ったもの。

322 :某377:2006/10/25(水) 19:53:39 ID:ttF0nsML
結局、291は
「生物が進化した経路(全世代)が判明していないから進化論はまちがいだ」
という創造論者のよくやるトンデモ発言を、単語を入れかえて
創造論になげかえしているだけ。


323 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:54:01 ID:eiHfJZZf
宗教論者は科学的知識がないって決め付けるのは早計だよ。
科学をやってきて、科学では解決できないことがあるから
聖書の知識にたよった人も多いんだよ。
こそんとこわかっているか?

324 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:56:20 ID:xQbT+Xzz
>>323
君は統一教会カルトだろ!気が狂ってる!!

325 :某377:2006/10/25(水) 19:57:16 ID:ttF0nsML
>>323
宗教者だからといって十把一絡げにするのは俺も反対だ。
宗教的「真理」を事実に先行させようという輩が問題なんだな。

326 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:05:15 ID:eiHfJZZf
>>324
じゃ、どの種類のキチガイだ?
おれはナポレオンのうまれかわりか、
となりの電波が俺の脳を攻撃しているとか、、
それとも、、、



327 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:06:20 ID:xQbT+Xzz
>>323
科学・数学で全部で結論は出てるんだよ!君達カルトは分からないんだろうけど
生命のメカニズムも科学で証明されるでしょう!!

328 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:08:07 ID:xQbT+Xzz
>>326
いいね!ナポレオンか?最高だよ。

329 :某377:2006/10/25(水) 20:09:42 ID:ttF0nsML
自己コピペ。

宗教支持者にせよあるいは科学支持者にせよ、答えられないものに
答えられると嘘をつくのが気違いの気違いたる所以でね。


330 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:10:34 ID:xQbT+Xzz
想像君の理屈ぽい所がいいよ!何かまだ違う屁理屈ないの??

331 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:16:11 ID:eiHfJZZf
>>327
じゃ、これから書くことの科学・数学での結論を聞こう。

創造主と言うものがなかったら、自然や宇宙は永遠の過去から存在していたことになる。
つまり、自然や宇宙の存在・実存は、みずからの中にあっての存在、実存と言うこととなる。
そうすると科学理論の一説である、ビッグバン宇宙論の帰結、約137億年前に宇宙が無?から
始まったとする説は根拠を失い、一般相対性理論の時空理論も怪しくなる。
しかし、重力理論の予言は、観測によって、その理論の正当性の支持を得てきている。

ここに、考察が必要である。神による創造があったか、科学理論のみを支持するか
それとも、自然が無?から始まったか? それとも、、、

結論が出てきているんだからすぐ答えられるよね。


332 :某377:2006/10/25(水) 20:16:45 ID:ttF0nsML
>>331
>創造主と言うものがなかったら、自然や宇宙は永遠の過去から存在していたことになる。

だうと。

333 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:23:46 ID:eiHfJZZf
>>332
じゃ、科学的に証明してみて。

334 :某377:2006/10/25(水) 20:24:24 ID:ttF0nsML
>>333
何を?
君の論法がしょっぱなからイカレていることを指摘したにすぎんのだけど。


335 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:31:47 ID:eiHfJZZf
>>334
じゃ、イカているところを指摘してね。具体的に


336 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:47:19 ID:xQbT+Xzz
>>331
重力倫理の予言? 私は子供の頃から重力の原理は知ってたぞ!
まさかニュートンも神のお告げとでも言うのか?

337 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 20:58:30 ID:xQbT+Xzz
創造論では予言だけで自分達が生まれた時からの学習能力はないのか?
重力の関係で重い物は下に落ちるんだよ! でも創造論者は楽しいね!!

338 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:03:29 ID:xQbT+Xzz
>>331
よく君の書き込み読んだら 宇宙も神が創ったとでも言うのか?
そこまで聖書に書いてるのか??

339 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:11:46 ID:xQbT+Xzz
何か宇宙はキリストとは関係ないような・・。確か天道説とか
中高生の時教科書に出てたような気がします。間違えてたらごめんなさい。
人類の進化の過程には関係はないよな!!

340 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:19:02 ID:eiHfJZZf
>>339
あなたにも教えてあげます。これを一度読みなさい。

聖書の霊的解釈はスウェーデンボルグの「真のキリスト教」がいい。
ラテン語原書を読める人は少ないから、邦訳がいいよ。
べつに宣伝しているわけではないけど。
その他の、著作郡をよく読めば、科学と宗教の関係がよくわかるよ。



341 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:43:42 ID:xQbT+Xzz
>>340
真剣なの? 実は私の卒業論文は宇宙観です。
卒業のためにかなり勉強しましたけどカルトは自分の勉強にはならない
でしょう。 私イタリアと北欧に留学した経験はあります。
カトリックとプロテスタントの違いは分かります。留学でキリストの
矛盾ばかり気が付きました。 人類動物植物が神が創ったことイタリアでは
マリア像拝んで楽しんでますよね。 イタリア人は創造論は信じてないみたい
ですよ。イタリア語で話しても私感じましたね。 もうそういう時代なんですよ。

342 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:46:25 ID:6KzAOEdw
>>331
なんで創造主が居ないと無限の昔から存在した事になるんだい?
簡単な言葉で説明してして

343 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:50:07 ID:xJvHM3sa
>創造主と言うものがなかったら、自然や宇宙は永遠の過去から存在していたことになる。
すでに宇宙の発生については科学でいくつかの理論が上げられているだろ
空間の揺らぎからの発生とか聞いたことある
創造主の存在がないと永遠の過去から存在したことになるというのがおかしい

てか、宇宙の発生に「お前のあがめる神」が確実に関与してるってことそのものが
証明できないことなので、意味がないなと思う

344 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:07:05 ID:L4cvyRBA
自発的対称性の破れ

345 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:10:13 ID:xQbT+Xzz
創造論の証明など絶対出来ない! だって嘘だからね!


346 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:13:32 ID:SQeHsq50
>>309
宗教は証明無く権威のみに頼っている。最悪の権威利用形態。

347 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:20:24 ID:DJm2YpC2
ID:xQbT+Xzzの書き込みがやけに浮いてる。
ほんとうに知識があって進化論を支持してるんだろうか。

348 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:33:24 ID:eiHfJZZf
人間という知的な生き物が生まれてきて、生存していくための
知恵として、動物の能力とはちがった方法として、科学が発達し、
さまざまな変化に対応してきたのでしょう。

しかし生存のための環境のみを改善してきても、人は人として生
きていく本質的な意義は見出せません。心とは何か、科学でもなく
哲学でもない、中間的命題、人類の最大級の問題に対して科学が明快
な答えを出せば、宗教も黙るでしょう。
しかし、科学では原理的に解明できない世界であるような気がします。



349 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:35:34 ID:xJvHM3sa
>>347
重力で重いものは下に落ちるって書き方が変だとは思う
重くなくても落ちるから、物体はより大きな物体である大地に引き寄せられるだと思うけど
ニュートンは万有引力じゃなかったけ?


350 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:35:49 ID:e4UpxGJ+
>>347
だって「天道説」とか言っちゃう人だもん。
思わず「お婆ちゃんが言っていた…」とか口走りそうになってしまった。

351 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:35:51 ID:7qLR97Bb
それは死の問題?

352 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:36:52 ID:7qLR97Bb
>>351>>348

353 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:37:15 ID:xQbT+Xzz
>>347
君には分からないんだろうね。君は統一教会か?

354 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:37:28 ID:e4UpxGJ+
>>349
それもちょっと違うような。
「リンゴが地球に向かって落ちているとき、地球もリンゴに向かって落ちている」
ってな感じでどうだろう(俺もあんまし自信ないけど)

355 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:39:34 ID:7qLR97Bb
>>354
正解。

356 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:40:31 ID:xJvHM3sa
>>348
不確定の世界であるがゆえに
人間の想像力が生み出したと解釈すべきでしょう
>人は人として生きていく本質的な意義
人が人である理由に特別をもとめたい・特別なはずだって傲慢さが
話をややこしくしてるだけですよ
なまじ知能が発達しすぎて自己の意味の有無や消失への恐怖が増大
それが宗教って混乱を生んだだけ

357 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:41:33 ID:xJvHM3sa
>>354>355
なるほど。

358 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:44:42 ID:xQbT+Xzz
>>347
確かに俺浮いてるかもしれない・・ 無宗教だし神の存在自体認めてないしね。

359 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:46:24 ID:7qLR97Bb
創造屋に訊きたいが、神は試行錯誤ってするのか?

360 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:47:27 ID:xQbT+Xzz
>>347
信仰もってない人間は変ですか?

361 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:51:34 ID:xJvHM3sa
>>360
信仰もってなくても変ではないでしょう
無宗教なのと今、浮いてることは違いますよ
>ほんとうに知識があって進化論を支持してるんだろうか。
と、あるように突っ込みかたが悪いと創造論者が付け上がるだけなので
知識的な面を指摘されているんですよ

362 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:52:08 ID:xQbT+Xzz
>>347
進化論は子供の頃から教科書で勉強したのではないのでしょうか。
初めて創造論に出会って驚きましたね。 貴方は日本人じゃないですよね!!

363 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:53:26 ID:e4UpxGJ+
>>360
いや、君が変なのは「信仰を持ってない」ことじゃない。
「信仰を持ってるのに、それを自覚していない」事だと思う。

正直、「天道説」なんて書いちゃうくらいなんだから、科学的知識は怪しいもんだ。
そして「自分がよく知りもしないものを信じる」こと、それを「信仰」と言うんだよ。

364 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:56:44 ID:xJvHM3sa
>>362
すこしモチつけ
教科書の進化論は基礎的なものでしかない
それだけの知識だったら創造論者に簡単に伸されるぞw
ついでにいうと日本も神による創造論が昔からあるんだからな
知識面で指摘受けてるのはしかたないだろ

365 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:57:20 ID:xQbT+Xzz
>>362
神の存在信じてるのですか?

366 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:58:27 ID:xQbT+Xzz
訂正>>361です。

367 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:01:59 ID:DJm2YpC2
>>358
「浮いてる」というのは思想信条でじゃなくて
煽ってるだけにしか見えないところ。
>>360
べつに。

368 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:03:20 ID:Ie9cBbmE
進化論者は人間の人格も唯物論的プロセスで生じたと考えているのか?

369 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:05:35 ID:xJvHM3sa
>>362>>361
神の定義によりますよ^^;
聖書に書かれた「自分の姿ににせて人間を作った神」とか
神話の神や人間が想像しうる神は信じていません
人間が特別な存在だという前提の話はすべて信用してませんね
創造神とやらがもし存在しても人間に知覚・想像できるはずもなし
てことで、自分が知覚想像できない存在はいないと同じと思います

生きる意味は神がいなくても見つけられます。信仰なくても人を愛する気持ちあれば十分

370 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:06:42 ID:xQbT+Xzz
>>367
そうですか。君達信仰持ってる人達に最後に言うけど神など
この世にはいない。 君達も神の存在証明出来ないだろ!!

371 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:07:12 ID:e4UpxGJ+
>>368
そう考えるのが妥当だろうと思うよ。
ニホンザルなんかはボスを中心とした群れを作る習性があるけど、それと
人間社会のヒエラルキー構造、グループ内での調和や上位者への忠誠を善とする
価値観、他のグループへの攻撃欲求…などなどは、無関係ではないと思う。

372 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:10:09 ID:xJvHM3sa
>>368
人格ですか?
人格とは周囲の環境からどう反応するかを選んだ結果の集大成ですよ
快不快という生存本能から発達してしたもの
自分以外のものがなければ存在もしないでしょう。そういう意味では唯物論的でもおかしくないと思います
人間に育てられないと、人間は人間にすらなりませんし
狼少女の事例をご存知でしょうか?

373 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:11:48 ID:xJvHM3sa
>>369>>365へのレス

374 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:13:58 ID:Ie9cBbmE
>>371
では、遺伝的変異によって稀に手や足のない人間が生まれるように、
遺伝的変異によって稀に人格のない人間も生じ得るということになりますね。


375 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:18:07 ID:xJvHM3sa
>>374
前頭葉を人為的に破壊するロボトミー手術をご存知か?
人格を抹消して人間をロボットにできるようなやり方です
生きることに問題はありません。外界からの指令は理解できます
しかし、自発的行動思考はなくなります

カエル子と呼ばれる生まれつき前頭葉がない奇形児がいます
たいていへその緒を切ればしんでしまいますが、生きても人格は生じないと思います
本能のみでしょう


376 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:19:36 ID:LVZhPUqP
>>371
進化論派に茶々入れるような事はしたくないけど、ボスザル・ヒエラルキー論は、ニホンザルに
関しては、現在?になってるので念のため。

377 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:21:31 ID:0ORCSoQK
>>374
遺伝的にかどうかは知らないけど、人を殺しても痛みを感じない類いのはいるよな?

378 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:22:12 ID:e4UpxGJ+
>>376
あ、そうなんだ。サンクス。
自分もハンパな知識で参加してるので、間違ってるとこにはガンガン
つっこみ入れてもらえると嬉しいです。

そうすると、むしろ犬や狼あたりの方が近かったりするのかな?

379 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:22:34 ID:kEyT1jx3
動物行動学は難しいからねぇ。
どんなに張り付いて観察してても全てが観察できるわけではないし、
観察した行動の「解釈」にはどうしても主観が入ってしまう。

380 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:25:20 ID:ZAwSfBk+
>>374
奇形は必ずしも遺伝的変異によるのではないよ。

381 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:34:39 ID:kEyT1jx3
てか、いつから人格は遺伝子によって決まることになったんだwww

382 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:37:42 ID:cfeKqmDu
>>381
かなり関係はあると思うよ。

383 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:42:23 ID:xJvHM3sa
うつ状態や消極的になりやすい遺伝子は見つかってたと思うが?
セロトニンの再吸収をしにくくなる遺伝子

ま。薬や事故で人格障害起こす時点で人格が唯心論だけで
片付くと思ってるは間違い

384 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:23:49 ID:pmTBHHgL
人格そのものと、人格に影響を与える要因を混同されてもなぁw

385 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:36:21 ID:+bzTjAn1
人格がどの程度遺伝子で左右されるかは判明してないが
脳の障害で人格が変わることは確実だな
>>384は器質性人格障害って知ってるのか?
あと、脳梗塞の直後に人格が変わることがある

さて、人格そのものって何を指したいの?
脳の状態薬物でころこかわるそれは本体何?
物体じゃないの?

386 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:52:44 ID:2HLiUF50
>>384
人格を構成する要素と、人格に影響を与える要因を混同されてもなぁw


387 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:06:06 ID:+bzTjAn1
>>386
人格構成要素と影響要因の混同なんかしてないけどな

人格に影響与える要因 脳の障害。薬物=物質
物質に影響受ける人格の本体は物質か非物質か

何か見て心が動くっていうのも、物質介在だしな


388 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:11:02 ID:+bzTjAn1
人間であることが特別であるがゆえに心と知能があるというなら
狼少女のように遺伝子的には正常であったろうに
狼に育てられて、二足歩行や言葉を失ない人間性を失うというのはどうしてだろうね
彼女は知恵のみを与えらなれなかった始祖の人間そのものなのに
あれが原罪をもたない人間の姿なんだろ

389 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:15:58 ID:2HLiUF50
>>387
脳内物質は構成要素側。
障害を受ける事は影響だが、実際壊された基質は構成要素(特に前頭前野は重大)。

390 :寝言:2006/10/26(木) 01:18:17 ID:LZMHX9it
何でも、生後半年くらいのシナプス密度は大人の1.5倍にも達しているそうだね?

391 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:30:13 ID:+bzTjAn1
>>390
それも外界からの刺激があればの話だけどね
反対に刺激が少ないと不必要なところはシナプスがほどける
人間らしい感情や人格や知能とやらは
生まれてからの教育がないと発生すらしない

人間として生まれただけでは、人間らしくならない
知能と人格あるから人間は特別に作られたとかいってる阿呆は考え直しとけ

392 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:36:04 ID:+bzTjAn1
>>389
書きなおすか?
薬物投与による脳内物質の変動
脳器質の損傷
以上影響要因

どちらも物質からの影響であり、それの影響を受ける以上人格は物質に依存性が高い
非物質が物質から影響与えられるってっこと誰か証明できない限り
すくなくとも唯心論はむり

393 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:40:53 ID:+bzTjAn1
続けていくか
創造論は聖書を根拠としているのだから、聖書から人間が想像されたそのままの状態を予想する
まず知恵の実は食べていない。裸だ
好きなとこから勝手に実を食べている
他者と己を明確に意識する必要はないので羞恥心はない
総合するとサルだな

394 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:44:31 ID:+bzTjAn1
知恵のみ食べた
高い知能が身についた!!
他者と自己を区別するようになって葉っぱを手に入れた!!

そしたら追い出されたTT

結論:知能と個別性の高い人格とやらは勝手に知恵の実たべて
    身についたもので神が与えようとしたものじゃなかった

本当の人間はサル

395 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:46:38 ID:+bzTjAn1
証拠
人間として生まれただけでは、知能も人格も発生しない
神がつくった人間はサルです

396 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:48:15 ID:+bzTjAn1
聖書を根拠に考えるってろくでもないな

397 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:57:21 ID:lk2/WV75
>>388
 通常、狼に育てられた子どもの話はただの創作や勘違いだったとされていましたが、この二人の少女の話は写真も残っていますし、証言者がキリスト教の牧師だということもあって真実とされ、長年語り継がれてきました。
日本では昭和30年に、『狼に育てられた子』という題名で新教育教会出版から翻訳出版されました。教科書にすら掲載されています。
 教授が調べたところ、道徳や心理学の教科書に使われている他、言語学の教科書にも掲載されています。大学の授業にもされているようです。

 教科書に載った理由は簡単で、子どもたちに教育の大切さを教えるためです。きちんと勉強しないと「教育がないと人間は人間になれない。狼少女のようになっちゃうよ」ということですね。
 しかし、近年になってこの「狼少女」も作り話であることが判明しました。

 精神分析医のベッテルハイムは、この「狼少女」の行動が、自閉症児に同じように見られ、それ以外の行動もオオカミに育てられたと考えずとも説明がつくことを指摘しました。
 人類学者バーンは、実際にインドに行きゴダムリの村の存在を確かめようとしたけれど、この村は現在どころか過去にも存在しなかったということが判明しました。

 この少女たちの話の真実性は、生物学的にも疑問があります。シング牧師の記している狼少女の特徴は、漫画的というか「もしも狼に育てられたらこんな感じになるだろう」というイメージを当てはめているので、非常におかしいことが分かります。
 1:狼少女が木登りをしたり真夜中に遠吠えをするという話が出てくるが、狼は木に登らないし、真夜中に遠吠えしません。
 2:狼の子どもは自分から乳房に近づきますが、人間は母親から乳房を寄せる必要があります。
 3:狼は時速45km前後で走るが、人間は大人の限界で35kmしか走れない。子どもが狼についていけるはずがありません(しかも四足歩行で)。
 4:シング牧師が記している「夜中に目がギラギラ光る」「犬歯が異常に伸びている」「汗をかかない」「夜の方がよく目が見える」という性質を人間が持つことは生物学的にありえません。
 5:狼のミルクと人間の母乳は成分が違いすぎるため、人間の赤子は飲めません。

398 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:58:08 ID:lk2/WV75
 社会学者のウイリアム・F・オグバーンは、インドで狼に育てられたという「野生児」の調査を行ったところ、どれもただの捏造や勘違いだということが明らかになっています。
 例えば、4年半もの間オオカミと生活していた少年が両親のもとに戻ってきたという記事がインドの新聞に掲載されましたが、これをオグバーンが調査したところ、その少年がオオカミと一緒にいたところは誰も見ておらず、ただの行方不明だったということが判明しました。
 アマラとカマラの事件も同様に調べたところ、当時孤児院にいた人々は、風変わりな子どもがいたことは覚えていたけれど、特別に「オオカミ的」な行動を示したかを覚えている人は誰もいませんでした。

 野生児の行動は、一見狼に育てられたかのように見えるので、それを「本当に」狼に育てられたと勘違いしてくる人が出てくるのは当然かもしれません。しかし、合理的に考えれば、これは捨てられた精神薄弱の子どもだったと考えた方が妥当です。
 こういった子どもたちは、「役に立たない」ので貧しい地方で捨てられることは悲しい現実としてありました。カマラとアマラもその中の一つだったのでしょう。

399 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:58:41 ID:lk2/WV75
「いんちき」心理学研究所 | 「狼に育てられた少女がいる」という神話
http://psychology.jugem.cc/?eid=44

400 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 02:03:17 ID:zc+5e/a4
大型犬に人間の赤ん坊育てさせれば、多分出来るんじゃ中と思う。

401 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 02:06:04 ID:+bzTjAn1
>>397>>398
ごくろうさん、それを持ってくるだろうと
>>393以後を書いていたわけだが
実際に教育を受けなかった場合の事例は実は日本に山ほどあったりする


402 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 02:13:16 ID:+bzTjAn1
間単に言えば育児放棄の事例(人以外に育てられないより程度はまし
知能の遅れは言うまでもなく(教育うけてないからな
人格形成も問題がある


403 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 02:18:52 ID:O21/g9cB
育児放棄と言うか、虐待でめちゃくちゃ酷い有名な事例があったような…
暗い部屋におまるに縛り付けられたままたまにパンとか与えられるだけで、
一言も話しかけられずに居たとかそんな感じだったと思うが。

404 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 02:25:42 ID:+bzTjAn1
>>403
さてなぁ、そういう一切の人間としての成長するための刺激がなくても
遺伝子異常なければ普通に発育すると思うんだけどな
創造論の神が人間である=高い知能と人格持ってると設定して作っているなら
知恵のみって教育・文化だと思うんだけどな

神の創造した人ってやつは動物そのままなんだろな

聖書根拠の話はいやだねぇ

405 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:57:47 ID:PVfvyH7B
>>404
あのねえ、創造ID以下のゴタクはやめてくれませんか?

406 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:43:49 ID:p1FzxZOO
>>382
「遺伝子によって決まる」と「かなり関係がある」との間には超えられない
壁がある。気軽に超えちゃってるやつがここのところ多いようだが。

407 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 14:06:14 ID:PVfvyH7B
一卵性双生児でも、指紋は違うし静脈のパターンも虹彩の模様も違う。
少なくとも、ホメオボックス遺伝子はそこまで細かく決めていないようだ。

408 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 14:11:29 ID:DJnBRWuO
クローン猫なのに毛色が違うなんてこともよくあることだし、発達や人格が遺伝子で全部決まるなんて、
そんな暴論どこから出てくるのやら??

409 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 14:31:59 ID:p1FzxZOO
>>404
君のいう遺伝子「異常」や「普通に」発育するの定義をよろしく。
普通に発育しなかったら遺伝子異常、遺伝子が正常なら普通に発育する、
といった類の循環論法は却下。

410 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 16:35:20 ID:lk2/WV75
>>409
IDにZOO

411 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:09:57 ID:unM7Xyff
創造カルトも怖いが、平気で他人の信仰を冒涜する奴はもっと怖い
はっきり言って、コミュニストにしか見えない

俺は進化論者(と書くのも馬鹿らしいくらい創造論は非科学)だが
神社にも行けば墓参りにも行く。

宗教の全否定と原理主義を押しつけられるのは
同じくらい危険な思想。

412 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:25:19 ID:FoShEY5G
>>411
コミュニスト? あんたの方がもっと怖い。

413 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 20:12:18 ID:CB5Dl3ZE
>>411
共産党も教条立てたところで宗教だが

414 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:27:39 ID:+EUdVlUD
>>409
ZOOさん、もうちょっとバリバリやってもらわんと全体のレベルが下がっちまうよ。
末期的、なんて言ってないでさ。

415 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:56:01 ID:BNF7FDUn
創造論はIDのどの変が気に入らないのか、ときいてみるw

416 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:57:25 ID:3Ty1Fdl5
変?

417 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:58:23 ID:sKTcz/Vk
日ハム優勝したな!

418 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:00:06 ID:LM0BQ45d
ハムの安売りあるの?

419 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:48:36 ID:j4i7lrcv
西武デパートのお中元向け「日本ハム製品詰め合わせセット」の売れ残りが
ヤフオクで売りに出される


420 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 15:40:33 ID://CwzJ66
創造論は進化論を否定していないのだから進化論者の「負け」は明らかだろう。



421 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 15:48:23 ID:Kw+VSVh8
新庄はこの先何やるのだろうな?

422 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 16:01:01 ID:rdWOfoa5
>>420
創造論がかなり誤りらしいところが問題なのだ。

423 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 16:11:28 ID://CwzJ66
>422
しかし、創造論は進化論を受け入れているわけで、もし誤りだらけだとしたら
既存の進化論も道連れになってしまう。


424 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 16:58:07 ID:fV9E5a9s
勝ちだの負けだの、どっからそういう考えが出てくるんだ?

425 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 17:01:56 ID://CwzJ66
便宜上そういっているだけだよ。
まるで勝ち負けを競っているかのような議論に対してあえてそのような表現で皮肉ったまでで


426 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 17:03:15 ID://CwzJ66
真理はひとつなのだから創造論だの進化論だのという対立も本来ないのだ。



427 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 17:19:16 ID:aTeBJw9E
創造論=カルト 進化論=幸福の科学
同じ穴の狢だな。結論はでないだろう!

428 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 18:21:27 ID:oslAtJ4a
>>426
カトリックの人なの?


429 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 18:53:24 ID:0Kwkuj54
>>427
というふうにきみんとこの宗教のマニュアルには書いてあるんですね。

430 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 19:01:56 ID:ZVTOQL1H
>>426
1つであるはずの真理が、教派によって異なっているために
現に対立しているのです。




431 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 19:03:59 ID:v7BRW+tn
進化論:事実を合理的に説明しようとする試み
創造論:ヴォケ

432 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 19:12:01 ID:oslAtJ4a
>>431
まぁそう煽らずに、
創造論:歴史的な一文化にあらわれた信念の体系

ぐらいにしとこうよ。え? 煽ってる? こらまた…


433 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 23:03:31 ID:m6hDqr6c
ラスト、さるまた失敬、にすべきだったな。

434 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:27:53 ID:Cb+IZtuB
ヤーウェとアッラーが同じだと言うと怒るだろ?
どこが唯一神なんだよ!

435 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:41:55 ID:ITyt/l3Z
いや、怒らないだろ。ヤーウェとアッラーは同じ神だからだ。単にマホメッドの預言がもっとも新しい神のお告げと信じるか否かの違いだけ。
基本的に彼らは人を神とするキリスト教徒に怒っているのだろう。


436 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:42:27 ID:lzZ9EM99
>>434
唯一神という「思想」の広がり、ってだけだからさ。

437 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:43:37 ID:ITyt/l3Z
さらに言うと天照大神もアッラーやヤーウェと呼ばれているところの究極の実体である神が垂加した姿と言う可能性もあるしな

438 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:46:40 ID:ITyt/l3Z
認識主体の数だけ太陽はあるのだ。
神もそれと同様


439 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:48:40 ID:ITyt/l3Z
進化論だってダーウィン進化論もあれば今西進化論もあるだろ?
宗教だって、民族の数だけあっても不思議ではない。


440 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:54:54 ID:lzZ9EM99
>>439
宗教や思想の個別性と、科学的な理論の(一定の方法論の上に立った)言明は、別だよ。


441 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:57:03 ID:ITyt/l3Z
>440
宗教や思想の個別性と、科学的な理論の(一定の方法論の上に立った)言明は、同じだよ。

442 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:00:37 ID:7rDXzMZP
>>423の論理が全く理解不能
こいつの頭の中を覗いてみたい

443 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:02:35 ID:lzZ9EM99
>>441
方法が、まるで違うよ。

444 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:03:33 ID:ITyt/l3Z
>442
創造論の中には「進化論的創造論」と言うのもある。
思想史などで言えばヘーゲルの絶対的観念論哲学などはまさにそれだろう。


445 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:04:49 ID:ITyt/l3Z
>443
方法が、まるで同じだよ。


446 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:22:45 ID:ITyt/l3Z
誰かヘーゲルの歴史哲学を読んだものは居ないのかね。
現代科学が明らかにした「歴史」と言うのは100年前、200年前の常識を覆すものであった。
現在新たに得られた知見を元に、その歴史に反省を加え、歴史に働く理性の発現過程を予測してみようと言う試みがあってもよいと思う。



447 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:28:39 ID:tYNnwEQi
別の場所でやれ。
しかし、定期的に同じネタを使い回すのな。

448 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:31:28 ID:ITyt/l3Z
>447
それはお互い様だろうよ


449 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:36:03 ID:ITyt/l3Z
進化論と創造論の対立は弁証法的論理学の登場によって克服されているのである。
進化論を取り入れた創造論を仮に「ネオ創造論」と呼ぼう。
ネオ創造論の前に進化論は己の業績を奴隷のように差し出すしか存在意義を持たないのである。





450 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:36:33 ID:tYNnwEQi
ヘーゲルネタは5スレと6スレでやってるな。

451 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:39:38 ID:ITyt/l3Z
にもかかわらずヘーゲル経由以後とは思えないほどの議論の水準が低下している。
なんていうか、論争自体がアメリカのパクリ猿真似としか思えない不毛さである。





452 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:42:55 ID:ITyt/l3Z
なんつってもネオ創造論の根拠は進化論なのである。
これでは進化論が勝てるはずも無い。




453 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 02:09:53 ID:svJPYI4U
>>452
それって進化論を肯定してるってこと?
じゃ、進化論の勝ちになるけど

454 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 04:02:40 ID:7rDXzMZP
>>444
そこじゃなくて「進化論を取り入れた創造論を否定したら進化論を否定することになる」と言う
お前のそのいかれた論理がわかんねってんだよ

455 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 10:01:32 ID:lGIhRNSQ
「ネオ創造論」君が中身について語らない件。
釣りだよ釣り。いつもの人。

456 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 10:32:03 ID:urvqP+pX
今日のキチガイは ID:ITyt/l3Z か。

>>437
釣りのつもりなんだろうけど、キリスト教伝来当初に
Deus を「大日」と訳してみた経緯ならあるよ。すぐ
とりやめになったけどね。


457 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 12:06:48 ID:XEHYxTAr
創造論者は進化論を全否定して「地球の歴史は6000年」とか言ってます。
そして、それを「科学」と言い張っています。
進化どころか地質学すら否定する狂信者が何を考えているのか
さっぱり分かりません。
分からないという点では北の将軍様とどっこいどっこいです。

458 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 12:20:04 ID:pCnJU6YA
創造論=カルト・進化論=幸福の科学
どんぐりの背比べ 両者とも凄い屁理屈ですな!!

459 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 13:43:37 ID:HQ3fD6op
>>458
進化論と何が=なの?
わけわかんないなw

460 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/10/28(土) 14:37:10 ID:qt3X+37U
>>437
空飛ぶスパゲッティ・モンスターもなw

>>439
宗教はそれぞれの基準では1つかもしれないが、基準は宗教によって違う。
それに比べて科学の基準は1つだ。

>>452
そのネオ進化論について詳しく聞かせてもらいたいな。

461 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:21:41 ID:XcI/yzhh
科学は検証・反証を永遠に繰り返す欠陥理論。

462 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:40:13 ID:HQ3fD6op
>>461
ゆえに常に真実を多い求めることができる
進歩がある

停滞した教会聖書至上主義から科学が救ってくれたからこそ
今の繁栄がある

お前が行きてられるのもそれのおかげだ
ワクチン抗生剤どれだけ世話になった?PC使って言いたいこと言えるの楽しいだろ

463 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:49:21 ID:XcI/yzhh
そんなことにのみ重点をおいて考えるから頭がおかしくなる
のでしょう。
ワクチン抗生剤もPC作ったのもみな人間でしょう。
その人間をつまり、人間存在の意義そのものを科学
で説明できないでしょう。
だから、科学は欠陥理論。




464 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:54:51 ID:HQ3fD6op
>>463
おかしいのそっちじゃんw
人間の意義を説明できなくても
お前は生きるために発言するために科学に助けられているジャン
検証・反証を永遠に繰り返すからこそ発展した科学にな
停滞した暗黒時代に生まれたら考える余裕もないうちにペストで死んでいたかもな
科学が生み出した余裕のおかげで生きるため以上のことを考える余裕もある
科学のこだな

465 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:03:20 ID:YICOXHTQ
科学の恩恵にどっぷりと浸っていながら、欠陥だのなんだのとは勇ましいことで。

466 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:08:44 ID:XcI/yzhh
世の中には科学で扱えないものが、科学で扱えるもの以上に
あるかも知れないでしょう。しかし、科学で扱えないものは
今は知らんと言うでしょう。
だから科学痴のみ、科学的思考法?ではどうにもならとうい
うことに気がつかない人はテイノウの証拠でしょう。

467 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:09:42 ID:VwIqcJz7
進化論は推測が入ってるから信用できんという奴は、薬を飲むべきではないな。

468 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:09:50 ID:YICOXHTQ
じゃあ、偉大な宗教的思想とやらで全ての問題を解決してくれ。
出来ないなら、欠陥だな。

469 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:11:02 ID:VwIqcJz7
>>466
断言できないものを「断言できない」と言ったほうが、
断言できないものを「嘘や妄想でごまかす」よりもましだと思うがね。

470 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:15:51 ID:HQ3fD6op
>しかし、科学で扱えないものは今は知らんと言うでしょう。
それは科学が欠陥の証拠ではない
確実性をもとめた結果なのだ
科学の暗黒時代:薬は実験ではなく葉の形とかで薬効が求められたって知ってるか?
ハート型の葉は心臓に利くとかな
ID:XcI/yzhhは現在世話になっているものへの感謝と評価をする気が無いんだ?
ほう。両親には世話になってきても、役立たずとかって良いそうだな。

471 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:27:17 ID:pVqpN5u6
>>439
いつまでたってもどれもが同列というわけではないし、理論形式が大きく異なっていても、
双対対称な場合もあり得る。
いずれにしても、何でも有りとは逝かない、または逝かなくなるのが宿命だ。

472 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:31:00 ID:V/jPfgv7
>>463
意義って、多分人間の発明で、人間以前には無かったから、そうムキになるほどのものじゃないかもよ。

473 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:32:17 ID:XcI/yzhh
人はよく日常会話で「生命」とか「いのち」という言葉を使うでしょう。
科学痴的解釈での「生命」は、物質で支えられた生命現象のことを言うんで
しょうなあ。
しかし、宗教での「いのち」とは神からいただいたもので、永遠になくなら
ないものとして捉えていますなあ。
まず、同じものを論じてもこのように考え方の違いがある事を認めるべきで
しょうなあ。
存在していることを証明する唯一の手法は科学的理論のみと言うことを信じて
いる人こそ妄想に取りつかれているんでしょうなあ。そのことは、聖書に記さ
れているんですなあ。

だから科学的致死期は欠陥理論。

474 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:34:27 ID:YICOXHTQ
別に命は神からの授かり物でも何でもないという宗教もいくつもあるんだけどな。
聖書のみが正しいという妄想を信じてるようで、こんちこれまた。

475 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:39:26 ID:V/jPfgv7
最小作用の原理とはちょっと違うけれど、物事のいろんな関係の中から、負担を減らして
利得があるようなものが「意味」や「意義」として定着し、思考や行動の節約になってい
るのであるまいか?

476 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:41:52 ID:XcI/yzhh
そのとおりですよ。どちらの宗教を取るのもその人の自由ですよ。
人には自由意志がありますからね。

477 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:44:15 ID:HQ3fD6op
>>473
>存在していることを証明する唯一の手法は科学的理論のみ
他にあるん?
>のことは、聖書に記されているんですなあ。
は?記されているだけだよね?証明できるの?
それって推論と同じ扱いなんだけど?
科学が確実性を重んじているので言及を避けているのを
勝手にこうだっていってるだけで証明が伴っていないでしょう
勝手にたてた推論を押し付けて楽しい?

478 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:50:42 ID:XcI/yzhh
これまでの部分のスレ読んで宗教が言っている意味をピンとくる
人は賢いひとであって、それでも科学痴のみが正しいと言い張る
人は、いわゆる鈍感な人で、精神的構造が未発達であるのを証明
しているようなものでしょう。

479 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:54:15 ID:HQ3fD6op
>>478
まともに反論できない言い逃れですか?

480 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:59:59 ID:LWVftiDa
>>473
それって悲壮な願望の果てではあるまいか?
脳のもとは何かと言うと、刺激とは反対側に逃げるという、ひどく簡単な神経組織だったようだ。
やがて、より早く危険を察知して逃げるシステムとして、高度な情報処理をするようになってゆく。
それは誰かが仕組んだわけではなくて、最も負担が少なく改変が可能だったというだけのことだろう。
甲殻によって攻撃をかわせば、より強力な攻撃にはより丈夫な甲殻という風に向いて、物理的限界・
・・重過ぎて動けず、多数回の攻撃によって結局は破壊されてしまうように・・・を迎える。
一方、機動的な逃走は、量的ではなく質的な変化で、スマートに対応が出来る。
にもかかわらず、神や知性の設計がかかわっていないだろう事は、人間の脳を作り出してしまったこ
とだろう。
カーナビにスーパーコンピューターを載せるような無茶は、偶然意外に求められない。

481 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:06:06 ID:XcI/yzhh
一般相対性理論が予言していることは宇宙つまり自然の始まりが
約137億年前のいつかと言っておりますなあ。その前には何があっ
てそうなったのでしょう。無からの出発でしょうか?
それとも宇宙や自然は永遠の昔から存在していて、今も実存してい
るのでしょうか。科学痴的理論ではどうにもならない存在でしょうなあ


482 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:07:18 ID:YICOXHTQ
宗教でもどーにもならない問題ですなー

483 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:08:34 ID:LWVftiDa
>>481
一般相対論は量子論とは両立しない。
特異点の前に破綻する近似理論だという事を置いといて下さい。

484 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:10:44 ID:LWVftiDa
科学は、突き詰めると「原因」が無くなる見つけている。
しかし、それが本質論である事をどうしても理解でいない人たちもいる。

485 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:12:24 ID:LWVftiDa
原因が無くなる事を

486 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:16:46 ID:XcI/yzhh
>>482
そんなことありませんよ。聖書の神は、永遠の昔からの存在する唯一神
であって、被造物はすべてその神から造られたと書いてあります。
その事実は、天使的知恵と信仰によって支えられています。



487 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:16:47 ID:LWVftiDa
波束解釈でも多世界解釈でも、量子力学的不確定性は、情報の不足ではなく、自然の本質だ。
収束する波動関数や、平行世界のすべてを見通す、いわば「神の視座」は存在しない。

488 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:17:53 ID:LWVftiDa
>>486
ネタ本と嘘と妄信じゃないの?

489 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:18:53 ID:YICOXHTQ
なんで、聖書に書いてあることが事実になるわけ?

490 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:22:05 ID:XcI/yzhh
コペンハーゲン解釈でもエベレット解釈でもなんでもよろしい。

>情報の不足ではなく、自然の本質だ。
<その自然はいつから生じたのでしょうか?



491 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:25:10 ID:LWVftiDa
つまり、究極の原因、第一動因は、存在しない、ということが、今の物理学の見方ですね。

492 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:29:02 ID:LWVftiDa
宇宙の始まりに限らず、現にこのいまの宇宙ですら、プランクの長さのスケールで『見る』と、
何の理由も原因もなくざわついていると考えられています。

493 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:30:03 ID:XcI/yzhh
>究極の原因、第一動因は、存在しない?

<じゃ何から自然は生まれたのでしょうか?
まさか、無からと言うんじゃないでしょうね。
無から有が生じたらオカルトもびっくりするでしょうね。

科学理論も根底から崩壊するでしょう?

494 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:36:43 ID:LWVftiDa
無とはそもそもなんでしょう?
無から有を生じないという「真理」はどこから来たのでしょう?
例えば、極短い時間では、エネルギーの保存則も破れます。

495 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:47:22 ID:XcI/yzhh
無とは存在するものが何もないということでしょう。
なにも存在するものがないところから、何かが生じる
ことはないことは真理でしょう。
科学痴は物質的な存在しか認めないのでしょう?
だから、物質的な存在がなにもないところ=無からは
なにも存在できるものが生じない。


496 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:49:15 ID:LWVftiDa
家を建てた大工がいるのだから、地球を作った大工がいるのでしょうか?
宇宙を創った神がいるのでしょうか?
この単純過ぎる「日常経験」の拡大に、私はひどく疑問を感じます。

497 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:55:37 ID:LWVftiDa
>>495
情報も認めていますよ。
ただ、幽霊のように、情報だけが宙に浮く事はありませんが。

しかし、何も無い筈の真空から粒子が生成し、ならば有かと思えば消えてしまう。
それが何の理由も原因もなくざわついているのがミクロの時空のようなのです。
その時空すら、無が壊れて存在を始めたのかもしれません。

498 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 18:58:39 ID:XcI/yzhh
無から自然をつくったことが科学痴では証明できない今、
聖書の神が自然や地球をつくったという信仰を持つ人が
いてもいいじゃない?

499 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:00:48 ID:okxEjm9b
>>498
6000年前はまずかろうw

500 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:02:31 ID:YICOXHTQ
別にどんな信仰を持とうが、そりゃ勝手。
その信仰を事実として、何ら科学に必要な作法を満たしていないにも関わらず「科学的にも正しい」などと言い出すのがよろしくない。

501 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:07:32 ID:XcI/yzhh
>>497
このスレで、無からなにも生まれないことを回避するため、
真空やミクロの時空とか持ち出す人がよくありますが、
一般相対性理論の時空概念を理解している人は少なくも
そんなことは言いません。もう一度、相対性理論を勉強してね。

それとも科学的な時空理論で、それに勝る(観測で)ものがあれ
ばの話しですが 、、、


502 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:10:34 ID:XcI/yzhh
>「科学的にも正しい」などと言い出すのがよろしくない。

<だれもそんなこと言ってませんが、、、




503 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:15:33 ID:HQ3fD6op
>>498
お世話になってる科学を否定するレベルまで阿呆じゃだめだな

504 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:16:53 ID:cJZws8j5
素粒子をボールの小さい奴のように考えてると、ほとんど発狂ものだよ実際。
発狂ものだけど、それは空想ではなく、実際にやってみると確かにそうなんだから仕方ない。
詳しく知りたければ、量子縺れ合いや、ベル不等式の破れなんかをお調べな。
宗教さんが考えているほど、宇宙はすっきり古典的には出来ていない。
そして、そのまさにすっきり出来ていない事が、DNAの塩基をすり替える原因だ。
原因は原因だけど、確率ありきだから、抑えは効かない。

505 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:17:59 ID:cJZws8j5
>>501
量子論と一般相対論は両立しません。で、量子論の方が本筋です。

506 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:19:10 ID:HQ3fD6op
>>504
量子力学まじめにするとな。
創造論がばからしくなる

507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:20:51 ID:XcI/yzhh
科学そのものを否定しているのではありません。
科学痴的な考えがすべてであるいう考えを批判して
いるのです。
科学は人に使える道具です。頭になっちゃいかんという
ことですなあ。


508 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:23:33 ID:HQ3fD6op
>>507
宗教も同じなんだよ
人の不安をカバーするため。民族の正当性を示すため
そうやってできた想像からくる推論
宗教も人に仕える道具なんだよ

509 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:25:52 ID:aF7H04Ay
宗教さんは、よく、目に見えないものを信じないのはどうのとおっしゃるが、実は、目に見える範囲の
ロジックを、妄想展開して見えない世界を作っているだけ。
実際の世界は、目に見える範囲の経験を、単純に拡張して云々出来るほど簡単な事じゃないの。

510 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:31:46 ID:XcI/yzhh
量子力学はミクロ的な世界を説明する理論であり、一般相対性理論はマクロ的な世界を説明する理論
でしょう。重力を取りいれた超弦理論でも完成したら、自然や宇宙はなにから始まったものか説明で
きるんでしょうかねえ?
ミクロ的な世界での重力の影響は非常に弱い。

511 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:32:42 ID:JVh5tWDQ
つかなあ、神様がいて、来世があって、神さんの言う事きいたら天国へ行けるとか、
本当にそんな世界だったらどんなに気が楽か。
いいよなあ、現実の宇宙に背を向けて、入り込める人は。
精神安定剤なんて要らないだろ?
何の因果で理論物理何か齧り始めちまったのかって、つくづく思うが、やめられないw

512 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:32:50 ID:YICOXHTQ
で、要するに何を言いたいのかね。
もう創造論も進化論も、完璧に置き去りになってるが。

513 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:36:51 ID:+gVFOVAa
>>512

「宗教さんが考えているほど、宇宙はすっきり古典的には出来ていない。
そして、そのまさにすっきり出来ていない事が、DNAの塩基をすり替える原因だ。
原因は原因だけど、確率ありきだから、抑えは効かない」

のあたりじゃね?


514 :モエカス:2006/10/28(土) 19:36:58 ID:vF3mQ35j
>>486
大川隆法は釈迦でもありイエスキリストでもある、というのも信仰によって支えられているのだけど。
あなたの信仰が正しく、幸福の科学の信者の信仰は間違っている、という根拠はなんですか?

515 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:38:34 ID:XcI/yzhh
>>509
それなら、見える世界、観測できる世界のみの科学理論で
自然や宇宙が発生したかことを説明してね。
人のこころも。


516 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:39:24 ID:cQKjAeNz
今日のカルト対決互角だな。まだ夜は長いぞ!

517 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:44:32 ID:XcI/yzhh
>大川隆法は釈迦でもありイエスキリストでもある、というのも信仰によって支えられているのだけど。

<人を神におし上げるキチガイ信仰です。地獄の亡者の信仰です。

518 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:45:29 ID:29/WL4bc
>>515
心配しなくてもその方向に向かってるようですぜ、旦那。
ただし、数学って形而上学が絡まってヤンスがね。

519 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:53:40 ID:MysWoKrU
>>517
エラソなこと言うわりに了見せまいんだなー。なんつーか、馬脚あらわしたな。

520 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:54:43 ID:HQ3fD6op
>>519
1000万出したら菩薩になれる宗教だろ?
入ってこいよ


521 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:56:26 ID:7hrxUUzU
真実はひとつ、嘘は八百万とおりw

522 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:00:38 ID:ExIYyQ4P
>>510
何故弱いか、量子論的にあっちの宇宙に漏れ出してるらしいよ、重力だけ。
イギリスのおばちゃんが言ってた。

523 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:04:45 ID:XcI/yzhh
あっちの宇宙はどこから生まれたのですか。
それとも、永遠の昔から存在していて今も存在
しているのでしょうか?

524 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:10:11 ID:XcI/yzhh
>>519
自分はナポレオンの生まれかわりであるとか、
となりの電波が自分の脳を攻撃してつとか、、
精神病者とかわりありませんなあ。


525 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:20:25 ID:XcI/yzhh
不可知論的な世界のなかで、唯一の救いは全能の主の
存在の信仰をもつことが、賢明な選択でしょう。

526 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:22:38 ID:HQ3fD6op
>>525
不可知だからってあるかどうかわからないものを
信じるなんて愚行を犯さなくても
よけい不安になってしまう人や不安定になるひとが多いでしょう
今の宗教の状態がそれを示す


527 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:25:15 ID:QDBLaTGq
不可知ってことは観測されない、相互作用がない、それこそ存在しない!

528 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:31:34 ID:/Zx0vcMs
>>510
おいおい、ミクロとマクロが別建てなんてことは、あくまで途中経過だよ。
ミクロによってマクロが組み立てられなきゃ駄目なの。
あくまで基本は1本。

529 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:31:39 ID:XcI/yzhh
聖書を語っても信じても、主の教えを行わない人は
ほんとうのキリスト教信者とはいえませんね。
人のこと言えませんが、、、

他教でも教祖を神にしたり、教祖の教えが狂っているところも
同じでしょう。そこの信者は本当にかわいそうです。

530 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:33:47 ID:J9050dzX
エホバの「生命」っていう本読んだ人いる?

531 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:36:47 ID:/Zx0vcMs

イエスは十字架にかかった自分を偶像崇拝しろって言ったか?

532 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:38:46 ID:XcI/yzhh
>>518
>ミクロによってマクロが組み立てられなきゃ駄目なの。

<じゃ、四の力が統合されたら宇宙や自然がいつから、なにから
生まれたか説明できる保障でもあるの?
重力はミクロの世界では他の3の力より、桁外れに小さいんだよ。


533 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:42:15 ID:XcI/yzhh
誤爆スマン ペコ

534 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:46:00 ID:JBpvD8rY
>>529
で、あなたは、自分とこの教祖の教えが「狂っていない」事を、どうやって証明できるわけ?

535 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:53:20 ID:VwIqcJz7
ふとした疑問なのだが。
何故キリスト教の人たちは「キリストの像」や「マリアの像」を崇めるんだ?

536 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:58:20 ID:HQ3fD6op
>>535
|†| キリスト教@質問箱158 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161666489/

537 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:59:18 ID:JBpvD8rY
>>535
ホントは偶像崇拝は禁止らしいよ。よくは知らんけど。

個人的には、やっぱり「全く目に見えないもの」を心から崇拝するのって
難しいんじゃないだろうかと思う。
何らかの形で、目に見えるアイコンが必要なんじゃないかなぁ。

538 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:00:20 ID:6BpAqOGg
>>530
http://www.jwic.com/hitching.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/cite.html
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/sort.html

539 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:09:54 ID:/Zx0vcMs
>>532
科学には絶対的保証なんてないの。宗教の妄想思い込みと一緒にしないでね。

540 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:13:19 ID:i+5EsmYM
>>532
ほんの、10^-40ほどね。
漏れ出し理論調べてみなされ。

541 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:18:18 ID:7rDXzMZP
>>454のツッコミに早く答えろよ

542 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:20:49 ID:J9050dzX
>>538
俺も一々批判しながら読んでみたが
どっちもどっちだと思う
一応進化論には無理があることは間違いない
聖書の神など関係ないこともはっきりしてる

543 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:25:44 ID:HQ3fD6op
>>542
男が神に進化するって妄想もってるのは相当むりがあるねぇ

544 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:31:52 ID:4uwdvqUD
ものみの塔も人間が理性に頼り作り出した世界に数多く存在する一つの宗教に過ぎないのでしょうか。
それでも全然構いません。ただ、何か頼れるものが皆さんはおありでしょうか。
人は誰でも老化とともに目が見えなくなり、耳は聞こえなくなり、歯は抜け落ち、身体はやがて衰えていきます。
死と言う圧倒的な存在と向き合う時に人間の無力、儚さ、虚しさに襲われるに違いありません。例外な方もおられるでしょうけど(笑)

ものみの塔の教義が度々変更されるなど、矛盾点を指摘するなら枚挙にいとまがないのは私だってよく分かってます
かつて存在した文明は最終的にいずれも衰退してきました。しかし、地球が破滅の危機に至ったのは現代文明が始めてなのです。
人類滅亡の危機に直面する今、一体誰が解決策を提示できるでしょうか。人間はそんな知恵を持ち合わせていません。
海面上昇は早くなり、動植物は絶滅し、環境汚染も凄いスピードで進んでいます。それ以上に恐いのが人の心が退廃しつつあること。
普通の感覚の持ち主なら現在流れるニュースを聞いてどうお思いですか。



545 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:33:07 ID:4uwdvqUD
キリスト、ユダヤ、イスラム、ヒンヂュー、儒教、道教、仏教、新興含めれば星の数ほど宗教はあるのです。
開祖はいずれの信者からも崇められる傾向がありますが、仏陀、マホメットなどと同じ様に、イエスも
賢くて知能に長けた一人の人物ではなかったのではとの疑念を抱いた時期が私はありました。
しかし、たった一人の人間(信仰によっては神の子)の出生年で世界の年号が分かれている。
bc(バッククライスト・キリスト前)ad(アノドミニ・我らの主の年に)といった感じですが、これは、ご存知の方も多いはず。

私は幼い頃、聖書を読まされた時これはわけ分からん書物だな。神の霊感により書かれたならもっと分かりやすく予言が誰にでも理解できる様、
難解な言い回しはやめて欲しいなどと思った物です。過去の偉人も結構な人数が聖書の意味を探ろうと研究してたんですね。結局、失敗に終わるんですが。ニュートンとか
でも、1600年もの時間をえて、また40人余りの別々筆者によって書かれたという説が事実なら、私は聖書は神の力により書かれた本だと信じます。
だって人間業じゃないから(笑)人智を越えた至高の知性の存在以外に道は残されていないのではと、皆さんは聖書、イエスについてどう思われですか?

兎に角、地球を破滅の危機から救い、永遠の命&楽園をくれるなら鰯の頭でも信じます。これが素直な気持ちですよ。jw二世


546 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:33:37 ID:XcI/yzhh
>>540
ひも理論によると,宇宙には私たちが認識している3次元以外に余剰次元が存在する。重力を媒介するグラビトンという粒子は,
通常の物質と違って,この余剰次元へと逃れていくことができる。この重力の漏れ出し効果は,非常に大きな距離スケールで初
めて顕著に表れる。その結果,時空が歪み,宇宙膨張が加速しているのだと考えられる。
 この仮説の当否はいずれ観測によって明らかになるだろう。超新星の観測は直接的な検証法の1つだ。宇宙膨張が減速から加
速に転じる状況は,グラビトン漏れ出し仮説と他の暗黒エネルギー仮説とでまったく違ってくる。

時空とはある過去のある時から始まったとする、重力理論からの概念だね。
その前には時空は存在していなかった。つまり、時空は永遠の昔からはなかったと。

グラビトン漏れ出し仮説と他の暗黒エネルギー仮説も、そもそも時空と言う
前提があっての、その中での仮説理論だろう?

>通常の物質と違って,この余剰次元へと逃れていくことができる。
 この余剰次元はそもそもどの時空に属しているのだろうね?


547 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:35:11 ID:J9050dzX
なんだ、やっぱりここエホ証のスレか。

548 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:55:17 ID:JPeR5QU/
>>546
時空(4次元)+その他の丸まった次元

余剰次元というと、フラクタルなんかで使う非整数次元の事になるので用語注意。

549 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:57:29 ID:JPeR5QU/
>>545
科学的に対処する以外、方法は無いと思いますよ。

550 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:05:52 ID:BckHk/JD
原爆もPCも、良くも悪くも結果そうなるって事は、科学という方法が当たってるという事。
おかしくなった環境をどうにかしようと言うなら、何がどうなってるのか、科学的に調べて
対処法を見つけなければ、拝んでもすかしてもどうにもならない。

551 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:09:50 ID:XcI/yzhh
>時空(4次元)+その他の丸まった次元

丸まったその他の次元は時空内にはないということで理解してよいでしょうか?

時空に属していないとしたら、その他の丸まった次元はいつから存在しているのでしょう?
永遠の昔からですか、それとも始まりがあるのでしょうか?


552 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:20:26 ID:4uwdvqUD
>>549
貪欲な商業体制が妨害してると思います。
911テロに関しては軍産複合体などが絡んでいた説が最も有力。
これ、死の商人ってやつです。結論を簡単に申し上げますと、
人類六十億人が清廉潔白な人格を今すぐに身につけて頂きたい。
そうなれば、世界平和と永続する地球が一夜にして手に入るでしょう。

最近は、一般に受け入れがたい(今でもそうですが)陰謀論などが船井幸雄さんや副島隆彦さんなどの相次ぐ出版により
巷で陰謀論?が広まりつつ有る様に感じてます。ユダヤ、フリーメーソン、テンプル、マルタ騎士団、スカル&ボーンズ、イルミナティ、
軍産複合体、ロックフェラー、ロスチャイルド、外交問題評議会、日欧米三極委員会、ビルダーバーグ会議、ローマクラブなどなど
 
出血大サービス、密着船井幸雄ビデオから、抜粋しよう。

553 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:20:47 ID:HQ3fD6op
エホ症ってあの矛盾だらけのあほ?

554 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

555 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:28:17 ID:4uwdvqUD
======== AGENDA FOR THE NEW WORLD(新世界のためのアジェンダ) =========
 
1) 中東平和の完璧な、手のほどこしようのない瓦解。

2a) バチカンとエルサレムは、宗教テロリストたちによって破壊されるであろう。

2b) すべての宗教の世界的規模での崩壊。すべての宗教は禁止されるだろう。宗教は、家庭の外では、実践されることは出来ない、説教されることは出来ない

3)  世界中の平和と安全の宣言に続いて、国際連合は、臨時単一世界政府を樹立するであろう。

4)  新しい単一世界国家の市民が出現する。英国(グレート・ブリテン)、中国、米国、の政府は、突然、組織的に瓦解する。その他の世界は、
アナーキー状態へ。善き意志と真実に従う者のみが生き残る。

5)  新しい政府機構は、十四万四千人(一四四、〇〇〇)のエリート官僚と六百万人プラスアルファーの役人が支配するであろう。

6)  新世界が創出されるにつれて、大量掃討作戦が開始されるであろう。
経済システムは復活されるであろう。インフラストラクチャーは再建される。疾病と病気は消滅するであろう。年をとることは逆転するであろうし、年をとること自体がとまるであろう。一つの新しい復元された人間の家族が徐々に地球をパラダイスの状態にするであろう。
 
======== END OF AGENDA(アジェンダの終わり) =========


556 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:03:50 ID:7aeGXiA1
>>551
多分宇宙が出来たときでしょう。
宇宙が10次元である事は量子力学的要請で有り、もう1次元は量子重力からです。
4次元分だけが広がり、他が極小に丸まってしまったのは、恐らく、微分幾何構造の多様性の
保証だと思われます。

557 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:07:57 ID:XcI/yzhh
自然や宇宙はいつから、なにから始まったのでしょう?
こんなことも説明できないのでしょうか?
だから、科学痴によって支えられている「進化論」は
欠陥理論。

558 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:09:07 ID:HtC0K394
生命の進化を説明するのに、宇宙の始まりを考える必要はないわな。

559 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:16:00 ID:7rDXzMZP
>>557
宗教も説明してないと思うが。決め付けてるだけで根拠がないからな。
根拠が無くてもいいならいくらでも決め付けれられるぜ

560 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:19:02 ID:XcI/yzhh
宇宙の始まりが説明できない科学理論が、生命の進化を説明するから
ーーーヤボ説が一般ということになる。

561 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:24:57 ID:HtC0K394
生命の進化を説明するのに、宇宙の始まりを考える必要はないわな。


562 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:31:06 ID:XcI/yzhh
科学痴という(なまくら刀)では、人というものがナゼ出現してきたか
説明できない。だから、宗教も断ち切れない。

563 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:35:12 ID:XcI/yzhh
科学は安物の酒である。あまり呑みすぎると頭がバカになる。
聖書にそのことが書いてある。
その点、信仰心は高級なワインにたとえることができる。

564 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:42:09 ID:bH27Ador
なんか釣り方が安直になってきたけどネタ切れ?
一日くらいネジの巻き直しをしてきたらいいよ

565 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:45:56 ID:ZQepcoYa
うん 今日はワインか? 日本酒じゃだめなのか??

566 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:47:35 ID:HtC0K394
>人というものがナゼ出現してきたか
まだこんなことを言ってるのか。



567 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:52:34 ID:XcI/yzhh
ネタ切れではないが、いっぺんに出すのも能がない。
科学痴をからかうのはながいほどよい。

568 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:53:44 ID:VwIqcJz7
>>542
無理があるという点を指摘よろしく。

569 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:54:29 ID:JBpvD8rY
ヒトなんてそれほど特別なもんでもないだろうに。
いちばん速く走る動物がチーター、いちばんでかい動物がクジラ…ってのと同レベルで、
「いちばん頭のいい動物」の暫定王座に納まってるだけ。ン万年後には交代してるかもしんないし。

570 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:57:46 ID:VwIqcJz7
>>569
頭がいいってのは定義にもよると思うけどなぁ。
少なくとも今人類がやってることは破滅まっしぐらなわけで、愚かな行為だと思うが。

571 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:02:06 ID:M5cenrml
我の目的は、科学痴をなぶって、いたぶって、いじめて仕舞いに
抹殺して、人には霊的なものがあることを認識させることでスーーー。

572 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:06:54 ID:5n3LfEKt
おっ 人殺しか!

573 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:07:44 ID:4OI6HlsP
>>570
うん、それはその通りだけどね。
まぁごくシンプルな定義で、とゆーことで。

>>571
お互いの主観において「俺は対立するXXをなぶって遊んでるんだ」と思ってるわけだから
平和なもんだ。攻撃本能の適当な発散としてはいいかもねw

574 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:14:02 ID:M5cenrml
科学的痴識を、科学的致死期にし、霊的思考を身につけさせる
ことです。天界では科学的痴識のみを信じる人のことを、「霊的死」
と呼んでいます。

575 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:26:02 ID:zDgHqd6k
God of the gaps
http://en.wikipedia.org/wiki/God_of_the_gaps

スキマに宿りし神
みなさん、スキマを大切に

576 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:26:10 ID:mizzrW7j
>>557
神を持って来ても逃げに過ぎないのでは?

577 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:27:20 ID:mizzrW7j
>>558
そう言い切るのは早計かと。
弱い人間原理は妥当なのではないかと考えます。

578 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:28:07 ID:mizzrW7j
>>563
アブサンかもよ。

579 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:28:34 ID:M5cenrml
科学痴のみを信じる人は重症の痴呆症に罹っています。


580 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:31:11 ID:lpbNyu3X
>>570
破滅の危険性を論理的に認識しつつあるというのは、仮に避けきれなかったとしても、
ちょっとはすごい事かも。

581 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:31:57 ID:lpbNyu3X
>>571
霊的というのも定義が難しいね。

582 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:32:46 ID:lpbNyu3X
>>579
宗教はもっと救い用が無いけどなw

583 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:37:55 ID:lpbNyu3X
信じ込んで思考放棄して不毛な安心を得ている以上のものとは思えないんだが、神も宗教も。

584 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:38:01 ID:zDgHqd6k
私には科学的な霊性があります

585 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:39:36 ID:M5cenrml
霊的とか、霊的思考がどんなものであるかいづれ教えてあげましょう。
大学でも教えてくれないよ。私のスレを聞いて悟る人は賢いひとにたとえる
ことができる。

疲れたから今日はやらない。 ネヨ

586 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:41:28 ID:zwxzSZf4
お前ら、今日も具体的な話一切しない奴に釣られまくったみたいだな…

587 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:41:48 ID:lpbNyu3X
>>585
大学で妄想教えられても困るからね。

588 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:43:09 ID:lpbNyu3X
>>586
無理だよ。
最後は根拠の無いネタ本(教典)に逃げるしか無い連中だもの。

589 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:45:20 ID:4OI6HlsP
>>583
まぁ、例えそれが欺瞞であったとしても、それによって死の恐怖をやわらげ、
人が前向きに生きていく助けになるのなら、宗教も悪くないと思うんだけどね。

ただ、それを悪用する者がいるのが問題なわけで。「この壷を買わないと地獄に落ちる!」とか。
安易な宗教的思考は、そういう信仰サギへのリテラシー能力を奪う事があるのが怖いところ。

590 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:50:51 ID:lpbNyu3X
俺は素直に安定剤飲むよ。
嘘くさいものを無理して飲み込む方が苦痛だ。

591 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:21:58 ID:5n3LfEKt
ろらりくらりの騙し合いか。

592 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:27:07 ID:lpbNyu3X
嘘つきは創造さん

593 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:31:31 ID:5n3LfEKt
抹殺発言はいかんな。

594 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:34:53 ID:lpbNyu3X
生殺しは良くない。
はっきり引導渡してやるべき。

595 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:38:56 ID:5n3LfEKt
進化論の勝ちだな。創造君の抹殺にはビックリじゃ!

596 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 14:31:07 ID:ZP5AAS18
>>574
天界から2chに煽りレスを書き込んでる人を発見しました。

597 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 15:53:42 ID:IhgzhdFG
癲界の間違いですよw

598 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:11:50 ID:kZIkGUD+
>>27
基本的なスタンスだけ押さえておこう。えらい遡るけど。
真の創造論者は科学的解釈はしません。
なぜなら、科学理論は血管理論だから。
そこんとこよく理解していてね。

ネヨ


599 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:15:21 ID:NfUPVqEm
妄想は血管と言うより病魔ですからね。

600 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:41:45 ID:JkEXEPHG
妄想は尻間より起こる症状です。
神の真理からは決して起りません。

ホントにネヨ。

601 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:46:41 ID:eZoXVFX7
>>600
「神の真理」と言う妄想なのです。気づきなさい。

602 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:46:59 ID:ZoQzJ8Tr
>>600
神の真理だと主張するやつから
妄想は出てくるけどね



603 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 01:10:07 ID:0HVoY67j
仮に『神の真理』が存在するとしても、人間がそれを理解できるとか宗教を信じてるから理解できているというのが妄想だな。

604 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 03:30:26 ID:XQeD9W9P
ネヨと言った後も気になってスレを覗かずにいられない
そのケツの穴の小ささにわろす

605 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 22:31:35 ID:I18/OV8T
マハーカーラ

606 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:42:43 ID:SCQZ9TeF
今日は偏屈対決はしないのか?このスレの書き込み見て団塊の世代の人が多いような
気がしますね。楽しんで観覧させて貰ってます。

607 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:26:15 ID:M5bOykOQ
>>606
違う あー言えば上祐だ! 攻撃する相手がいればそれでいい感じだよな。

608 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:48:36 ID:t7P3bUPY
太宰の「人間失格」ではないが、
善のアントニムは悪、罪のシノニムは罰、真理のアントニムは虚偽だよね?
それでは、愛のアントニムはなにか?シノニムは?

609 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:18:11 ID:YJMBbUis
まずはスレタイ読めば?

610 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 13:31:19 ID:8I/R+lBF
猪木

611 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 23:59:32 ID:YeMo47TQ
ほしゅ

612 :220:2006/11/03(金) 03:58:52 ID:ePGBzME8
>>397-399
> しかし、近年になってこの「狼少女」も作り話であることが判明しました。
シング牧師の日記に誤記や憶測や先入観などはあったでしょうが、
虚偽心は無かったとすると、捏造と決め付けるのは尚早でしょう。
それにオグバーンの調査は救出から30年余り経ってのことなので信頼性にも疑問があります。

村名の「ゴダムリ」は、単なる聞き間違いや記述ミス、
もしくは、カンガルーの語源的な話しのすれ違いなのかも知れません。

「狼に育てられた」
「狼と同じ生活をしていた」
と考えると生物学的にムリがあると思えますが、
「狼と共生していた」
であるなら、強ちあり得なくない話しだと思います。

アマラとカマラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%A9
狼に育てられた少女
http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_7_j.html
“オオカミに育てられた少女”は実在したか
http://www.kgef.ac.jp/ksjc/kiyo/910170k.htm

613 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 09:58:11 ID:bY0pHwJ+
>>612
要するに何ひとつ信用のおける話ではないということじゃないか。


614 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 11:14:42 ID:ovro7Ybu
でもまあ、目が光ったり犬歯が伸びたりは、普通に考えてありえないよな。

615 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 14:18:44 ID:RFhAK7PH
え?お前ら光らないの?

616 :220:2006/11/03(金) 15:35:18 ID:ePGBzME8
>>613
「狼に育てられた」というシングの憶測の言葉ばかりが強調されたため、
我々およびシング自ら騙されていたのかも知れません。
仮に狼のくだりは捏造だとしても、野生児の少女がいたということは真実かも知れません。

>>614
ありえないでしょうね。
妄想もしくは捏造でしょう。

617 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 20:34:58 ID:tVTaOZjN
今日は狼か? まだお互いあまいぞ!!


618 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 21:09:43 ID:pcsWs/d+
兎男乙

619 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 21:26:46 ID:RFhAK7PH
男は狼ー生きてる限り狼ー

620 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:11:54 ID:nECbyTz0
220は、科学理論も宗教的教義もまるで理解できていないただの
おしゃべり。





621 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:16:43 ID:z+h8MPOK
ああかもしれないこうかもしれないと言って議論を
発散させるだけの人間っているよね。
わからないなら黙っておれと。

622 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 23:43:16 ID:tVTaOZjN
今日は屁理屈聞けないのか。

623 :本物の220:2006/11/03(金) 23:56:22 ID:wDmfuME5
>>220
ん? 今気づいたが、このスレの220はおれ。スレ間違いだろ。乞確認。

624 :元祖220:2006/11/04(土) 00:14:00 ID:AcFSFwpr
えっ?俺だろ俺

625 :真・220:2006/11/04(土) 01:32:23 ID:Ig2yfzbO
ん?呼んだ?

626 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 02:09:50 ID:KY39pCC+
616のID:ePGBzME8が本当の220と思う。
よそスレで聖書をでたらめ(自己流か?)解釈していた。
こまるんだよね、こういう人が勝手な理屈で宗教をバカ
にしてくるんで、、、これでは科学的知識もうろ覚えだろうね。


627 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 09:37:03 ID:vjCXvzQa
複数の読み取りかたが出来てしまう時点で唯一基準としての信頼性は低いんだよな。

628 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 00:16:45 ID:2ZdJoN7q
奴ら的には読み取りかたは「精霊による」唯一のものだけということになってるようだ。
自分の言ってることがそもそも矛盾していることには気づいていないようだが。

629 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 12:08:28 ID:qz1J+1s8
【和歌山】太地町で足が退化したとみられる腹ビレが付いたイルカ?が発見される
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162640222/

630 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 15:48:52 ID:W0NGMR7q
                           ト-、___
                     _,,-‐‐‐‐‐‐t-:、_ `‐、、_
                __,,,-‐'´     .:. ,,:.:``‐、;:;:;ヽ_
  ,,,_____,,..、_,,,,,-‐‐‐-、、_,,-'´    ............:.:/: .:.     ````ヽ、_
 〈=__,,,,__,,,,,,,,,,,,..::::::::::...  ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;ノ::.            `‐、、
/ .._____.. .. . `````ヽ- '--‐‐'''''~~~'`::::ヽ:.:.:.....        、     ヽ、
ヒ;-'´  ````:‐:‐:-:-.:__,,、、、、、  ....:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:,;,;,;,;.:.:.;,;...........ヽ、ヽT   ◎ ヽ、
                 ````‐--:-:‐:':´:`:`´:: :::``:..、_:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__ ,-==,
                                 ````‐‐:-:-:-:-:‐"

631 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:13:02 ID:dCIctY5a
ダーウィンやアインシュタインの明らかにした宇宙は進化する宇宙であった。
生命もその例外ではない。
生命ハム生命から生まれ、地球上に繁殖したバクテリアは様々な高等生命に進化していった。
進化の目的とは何か?宗教が説くようにそれは人間であるのか。それとも人間を超えた超人類であるのか。



632 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:14:07 ID:dCIctY5a
×生命ハム生命から生まれ
○生命は無生命から生まれ



633 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:15:35 ID:VHDRqaJ2
ハム生命ってなんかかわいいな

634 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:20:42 ID:dCIctY5a
ダーウィンやアインシュタインの業績を無条件に認めるとしたら大変な話である。
宇宙は進化する。こりゃ恐るべき事実だ。


635 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:22:53 ID:dCIctY5a
俺は保守的な人間だから宇宙が進化しているなんて認めたくないな。
アリストテレスの目的論が復活する。
そして「不動の動者」として現象を操る存在−神も。



636 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:52:53 ID:4c2DsnH2
保守的なんじゃなくて、知らないだけでしょう。

637 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:03:33 ID:31YfLF+Z
結局ID:dCIctY5aは何が言いたかったんだ?

638 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 06:40:28 ID:nkqZ1iId
俺の考えるに、進化の目的は地球上の(さらには宇宙中の)
すべての場所を生命で充たすことだ。
知能を持つことは、そのための手段の一つに過ぎない。

639 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 10:00:02 ID:wcspvMp1
なんで進化に目的があるなんて考えが沸いてくるんだろうな。

640 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 11:20:58 ID:ZhM8pGTH
世界は俺が作った。
俺が手で泥をこねておまいらを作った。
だから俺を崇め奉れ。


嫌な神だな

641 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 11:45:52 ID:njtoPAxa
クラウザーさんが作ったんだ!

642 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 19:12:22 ID:6NqD4kQ2
>>639
様々な事象についつい「理由」を求めてしまう、というのが
人間が長い年月で獲得した(生物学的なものか文化的なものかは知らんが)
認識様式なわけで、それを突破するのはなかなか難しいと思うよ。

著名な進化学者の書いたものでさえ、ついつい「理由」を語ってしまう
ことがある。

643 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 01:29:46 ID:kzWyMmnN
あー言えば上祐さん 講習お願いします!

644 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 01:32:35 ID:kzWyMmnN
>>629さんのイルカさんからお願いします。

645 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 03:18:37 ID:icBCdCoJ
先祖帰りってのは、遺伝子的にはどういう仕組み?

646 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 03:22:42 ID:VzdO2jUd
>>645
癌のような欠陥の発現ではないかと思うけどな。しらん。
ただし、お猿みたいに生まれてしまったり、昨日あたりのニュースのようにイルカに足が生えてたりてのは、進化という手段があっての話で、初めから型があるイデアのようなお話ではないわけですな。生物って。

647 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 04:17:03 ID:dFl9ON36
犬猫がミアキスに戻ったりはしない。

648 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 04:26:12 ID:VzdO2jUd
なんか、負け犬の遠吠えが聞こえたりして。。w

649 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 07:29:14 ID:UnZpD9xV
>>645
俺も素人だが、たしか、体の各パーツを作る遺伝子以外に、
どの遺伝子をどの順序で動かすか指示を出す遺伝子があって、
イルカの場合、そこで後肢を作る指示を出す部分は普通はOFFになっている。
そこが突然変異を起こすと、後肢が丸々できてしまう、
というようなことだったと思う。


650 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 14:33:44 ID:fFowGNAG
たとえば、副乳の発現を創造論はどう説明するのかな。
魔女として火あぶりにしてなかったことにするのでなければいいけれど。

651 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:06:46 ID:IoafwoMV
おっぱいはいいものだからたくさんあったほうがいいよね?
という神様の洒落っ気

652 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:08:45 ID:KXXv39Oa
ヤフー検索:c点による時空論ーー読んでよ

653 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:12:47 ID:KXXv39Oa
ヤフー検索:c点による時空論ーーーよんでよ

654 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:17:55 ID:XXAvuFqZ
今日の屁理屈は母乳か?つまんない!

655 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 17:20:35 ID:vwWb67e8
副乳っていう字面からエフェソスのアルテミス像的なのを想像してたけど違うね。

656 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 18:00:00 ID:VbPRfESP
>>655
基本はあってないか?

657 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 18:46:44 ID:SmKfes9p
我輩が入らんとこのアホスレも、やはり、延びんな?

658 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:46:00 ID:odSlBQjn
蠅から人間まで、かなりの共通項を持つと言われる形態形成(ホメオボックス)遺伝子。
それをコントロールする遺伝子が変異すると、ほんの少数の変化でも、ごろりと形が戻る、とか。

659 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 21:34:03 ID:ngqYQcr1
ハエのホメオボックス弄って
  羽羽羽羽
頭胴胴胴胴胴胴尻
  羽羽羽羽
見たいにした画像を見たことがあるが、ありゃ相当グロだったな。

660 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:32:46 ID:7HoBNjeq
創造論者のホメオボックス弄ってみたかったが、受精卵のうちにやらないと駄目だから残念。

661 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:38:00 ID:DVzFjE6Q
副乳の発現を進化論はどう説明するのかな

662 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:15:15 ID:TvTMaIiT
ほ乳類の形態原型がある。

663 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:22:21 ID:iIcxoe8A
人の(いのち)を物質的現象としか考えて
いない進化論者のおバカさんは、相変わらず
こういう会話がすきですねえ。
いわゆる、物理帝国主義の還元論者にならないでね。

664 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:28:13 ID:fCcsIF/t
人間のホメオボックス弄ってといった実験も
彼らなら行っていても不自然ではないでしょうね。

暴走した科学技術が人類を滅茶苦茶にしています。

665 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:31:42 ID:zuyeVurw
>>663
物理帝国ではとうに単純還元論なんか流行じゃないかと。

666 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 01:52:53 ID:BM4U0dDh
やっかみしかできないってのは悲しいよね。

667 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:48:12 ID:TXITBNiZ
「帝国主義」ってさ、ちゃんとどういうものか分かって使ってんのかね。
よくわかんないけどとっても悪そうだから使っちゃえ!みたいな雰囲気がぷんぷんする。

668 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:56:49 ID:vQPsbuWi
レッテル貼るのが連中の十八番だからね。
レッテルが貼れればそれでよくて、その意味はどうでもいい。

669 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:52:28 ID:IkkeaoXV
>>667
臭いがするとかじゃなくて無知確定でいいだろう。
進化論の学者は物理帝国主義における被抑圧階級なので、
それに組するはずなどないのだから。

670 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:30:46 ID:F/1GCUhb
生物も、進化論も、物理法則には従って頂きます。
ただし、近年は物理法則に従う非線型現象が、単純に要素還元出来ない振る舞いを
する事はよく知られております。

671 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 18:40:57 ID:sasapDAi
自分は物理法則に従う生きた機械である。
それを受け入れなければならない進化論者って、
悲しい存在なのね。自分の心とは裏腹に、、、、、

672 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:21:02 ID:sohawuaq
物理法則には2つの不確定性があります。
1.決定論的不確定性
2.量子論的不確定性
これにも従って頂きます。

673 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:51:44 ID:sasapDAi
人の霊魂に入る神の「愛」と「英知」が(いのち)そのものと
信じている者は、それに従うのは、絶対 いーーや! と言っておりますが、、、
その物質的思考概念は、人の自由選択力を阻害しますとも、、、

674 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:55:10 ID:UFSuE8I7
人間をゲームの駒くらいにしか思っていない神の仕打ちを「愛」などと言う奴はマゾ確定

675 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:01:09 ID:sasapDAi
「愛」を人の感情と思っている人は「愛」とは何か知りません。
「愛」は人の(いのち)です。「愛」は神から来る霊的な存在です。
人には動物とちがって、この「愛=いのち)を受け入れる内奥部が
あります。「愛」と「英知」は(いのち)そのものであって、人が
人であるのはこのためです。  

676 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:03:12 ID:EL2wzsQy
>>673
進化論創造論に直接関係ない妄想を垂れ流すだけじゃ平行線のままなのですが。
あなたがスレの主旨と無関係に書き散らしてるネタを語るスレなら別にあるわけです。
>>674
どこの宗教の教義でしょうか。

677 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:08:23 ID:sasapDAi
>進化論創造論に直接関係ない妄想を垂れ流すだけじゃ平行線のままなのですが。

<神が自然をつくったか、自然がみずから自然をつくったか?
この本質的論議をしないで上面ばかり言い合って何になるんでしょう?


678 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:22:43 ID:sasapDAi
科学理論は、いつつまでも事実をあつめる帰納法的理論。
真理に行き着く担保もなにもないでしょう。
聖書の神の真理は、絶対変わらない真理から、数々の事実
を教えていく演繹的教義です。
生きているうちに、はやく目覚めなさいね。

679 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:48:00 ID:EL2wzsQy
>>677
あなたのオナニーをさんざん見せられて何になるでしょう?

680 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:50:47 ID:kOujxxX4
今日のテーマはオナニなのか??

681 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:52:24 ID:sasapDAi
進化論派?は、こんな刺客しか送れんのかね?
ああーなさけない。
じゃないよね?

682 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:56:37 ID:EL2wzsQy
>>681
親切にもあなたのレベルに合わせてあると思って諦めてくださいw
あなたがマシになればもっとマシな論客が来てくれるかもしれません。
がんばって。

683 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:00:35 ID:sasapDAi
二番手も言い訳がましーー
話になわんですねー。
あんたも心はニューロン派ですか?それともなにか。

684 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:05:40 ID:EL2wzsQy
>>683
「あなたの日本語はおかしい」派です。

685 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:15:27 ID:sasapDAi
御意。苺、二碁の間違いごめんペコ。ご指摘有難う、有難うならイモ無視十五、蝶々
は、二十で飛んで行くとくらあー。

進化論派?は、こんな刺客しか送れんのかね?
ああーなさけない。 ああーなさけない。
じゃないよね?


686 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/08(水) 21:19:06 ID:ImehCG0y
>>678
そりゃ科学を真理だって言ってる人はいない罠。
で、聖書の神の真理は、絶対変わらない真理だと言う証拠は?
君がそう信じているだけなら一向に構わないが、
進化論にまで口を出すなら俺は容赦しないぞ。

687 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:36:06 ID:sasapDAi
>進化論にまで口を出すなら俺は容赦しないぞ。

<どう容赦しないんだろうね?
あなたもニューロン、モジュール 派かね?
人の心を物質論的な理論でしか説明できないとする科学に、
 無神論的進化論者は創造論者をどこまで納得させることが出来
 るんでっか?
 
 >聖書の神の真理は、絶対変わらない真理だと言う証拠は?

 <まず、科学知をいじめて、いじめ抜かないと、人の霊性は
 復活しない。いきなりやるとギャーギャわめくだけだから。
 麻酔一本打ってからでないと、余り効果が出ないんですね。

 マズは毒抜き、毒は毒をもって制すというね。


688 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/08(水) 21:50:41 ID:ImehCG0y
>>687
>どう容赦しないんだろうね?

出鱈目な科学知識で進化論を否定するならとことん反論してやるぞと。

>人の心を物質論的な理論でしか説明できないとする科学に、

科学は説明できない範囲までは手を出さないよ(それが本当にあるのならね)。

>まず、科学知をいじめて、いじめ抜かないと、人の霊性は(ry

つべこべ言わずに証拠を出せ、無いなら無いとはっきり言え。
もし後者なら君の信仰の問題だからこれ以上俺は口を出さん。

689 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:10:48 ID:cdLVyt1y
>>678
おいおい、不用意に帰納だ演繹だなんていいだすとヤケドするぞ。

690 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:13:19 ID:fh39nsoK
アンチ進化論者が>>688みたいなレスを貰った後に
1:ひたすら人格攻撃・電波飛ばし・教義を述べ続ける等コミニュケーション不成立状態の末、勝利宣言して逃亡。
2:とっくの昔に論破された進化論への反論をひたすら持ち出し続け、叩かれまくった挙句、勝利宣言して逃亡。
3:ひたすら話を明後日の方向に拡大し、『生命の起源』や『宇宙の起源』にまで至った後、勝利宣言して逃亡。

以外の展開をしたことを見たことがない。


691 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:17:09 ID:dHdrcfg4
>>678
科学についてはそれは嘘であることがよく知られている。

絶対変わらない真理?あったとしてもそれがお前の妄想と
合致する保証はどこにもないね。

692 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:59:11 ID:cdLVyt1y
>>691
自然科学が求めるのは経験的十全性、つまり「観察可能な領域についての」主張なのでね。
倫理など人の心が紡ぐ問題にはかかわらない、という方向に持っていったほうがいいだろう。


693 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:04:04 ID:sasapDAi
科学知しか知らない人は、どうしてこうも思考力が停止してしまったっだろうね?
これも科学教育偏重のせいかもね。まあ、人が生きるってことが何なのか
考えるより、科学で生活できればいいと言う大方のアホ学者の言うこと間に受けて
批判的精神さえなくなった現代の若者たちか。これでも頭大でだよと。

21世紀は心の時代というが、科学知が支配的な世の中になり、宗教が堕落して
きた今、いったい国は何を教えたいのだろうかね?
学校で、あなたの心は、ニューロンなのですよと教えるつもりかな?

人の内面的成長に科学知が災いするて書いてあったが、本当だね。
エデンの園に生えていた二本の木、「生命の木」と「善悪を知る木」
ヘビの誘いにより「善悪を知る木」を食ったので、人は神のようになった。
神のようになったので、人は、自分の力ですべてを理解できるという妄想
に取り憑かれた。そして人は神を信じなくなった。神になど必要ないから。





694 :692:2006/11/09(木) 00:08:28 ID:QAjxIAdD
>>693
まぁ、まずは酔いをさまして。また明日ね。

695 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:12:21 ID:jP+W1k77
>>693
どうでもいいけど、全知全能のクセに、ヘビにそそのかされたアダムだかイヴだかを
止めなかった神も同罪だよなー、といつも思っちゃう俺。

696 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:21:58 ID:0NDnRE8k
じゃ、麻酔なしに一本打っとくね。

自然の世界は、物質的で、空間と時間という二つの固有な性格があります。
これは、極大から極小まで、物質的なものに在る属性です。自然界にある
大小さまざまなものや、長いもの、広いもの、高いものなど、全部に空間と
時間が付随しています。あらゆる形状・尺度には時空の概念が付着しています。
時空には始まりと終わりがあります。したがって自然の世界は有限です。
科学理論は物質の理論ですから、物質の法則に従う、例えば、重力理論が予言
したことが、現在、観測などで支持されつつあるのは別に矛盾してはいません。

聖書で言う、霊的なもの、霊的存在とは、非物質の存在で時間・空間のうちに
いません。ここは状態の世界です。非物質の存在には、時間・空間の属性があ
りませんから、ここは永遠の世界です。状態といっても、物質的な状態ではなく
霊的なものの存在の状態です。
霊的概念とは、空間から抽象するのではなく、すべて状態から抽象します。状態と
いうのは、愛、生命、英知、情愛、、、それから生じる喜びなどです。一般的に善と
真理といいます。愛も英知も神から来る霊的存在・実存です。
自然界でいう距離とは、二点間の物理的距離ですが、霊的世界で言う距離は愛や英知
が持つ情愛や真理の状態の距離です。愛や英知は主から発せられている霊的存在で、
人や天使がそれぞれ受け入れる状態に応じて、主との遠近感となります。
惚れて通えば千里も1里というでしょう。人の心も、人の霊魂に入る、神から発
する愛と英知という霊的存在だからそう感じるのです。

霊的思考とは、霊的な存在を認めることから始まります、、、。


697 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:28:04 ID:0NDnRE8k
>>695
聖書も、神の全能も、アダムやイブの意味もわからない人は
まず、物言わないほうが利口に見えるよ。
わからないのに、わかった振りして物言いうからバカをさらけ
だすんでしょう。もっと勉強しなさいね。

698 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 00:41:38 ID:jP+W1k77
>>697
やぁ、俺がバカなのは否定しないぞ。

が、そのバカな俺から見ても、神サマとやらの行為は奇矯でなぁ。
もしかして神って俺よりバカなんじゃ? とか思っちゃう事しきりなのさ。
賢いあなたが教えてくれても俺は一向に構わんぞ。

699 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:09:18 ID:qQ/P0L5q
進化論なら今の人間も進化し続けるんじゃない

700 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:18:29 ID:0NDnRE8k
神や宗教をバカにする人は、もっと勉強してから
云いなさいね。

ネヨ。




701 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:58:29 ID:0nGfzgRr
>学校で、あなたの心は、ニューロンなのですよと教えるつもりかな

それが科学的に正しいなら理科の時間に教えるのは別にいいんじゃねーの

702 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:00:10 ID:0nGfzgRr
>>696
でもそれ、客観的根拠が無いんでしょ?
デタラメと変わらないじゃん?

703 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:03:00 ID:0nGfzgRr
>>687
創造論者が納得するかどうかは科学的整合性には関係無いんじゃね?

704 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:17:38 ID:w2BPRUd6
>>675
後尾前の駆け引きが発達したもの

705 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 02:22:12 ID:U5F6qM7n
>>678
演繹は仮定から論理展開するもので、あさっての仮定から展開すれば、帰納可能な事実すら
取り入れる事が出来ず、タチの悪い病理となってはびこります。早く死んで楽になれ。

706 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 07:35:52 ID:0NDnRE8k
唯のニユーロンがなま云うんじゃないのよ。
サルとかわらん頭の構造のくせして。

707 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:55:22 ID:R/FnpvaV
>>700
科学や進化論をバカにする人は、もっと勉強してから
云いなさいね。

708 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 10:16:57 ID:X8NLyYPH
アブラハムの宗教だけが宗教じゃねえぞ

709 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:18:17 ID:kpFl667b
>>706
人とサルの頭の構造は違うぞ
言語野の発達とか
ちゃんと勉強しなきゃあー

710 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:40:49 ID:WpQ8yBic
猿も学習能力はあるけどな!本能以外にもかなり能力は
あると私は思うのだがな。

711 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:37:54 ID:CXrzZY51
「科学知は人間を騙す。」聖書の神の教え。


712 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/09(木) 22:53:16 ID:u5hli1jZ
>>696
そう、それでいいのだ、自分の信仰告白だけやっていれば。それを
>>693
などと科学にイチャモンつけるから袋叩きに遭うわけだ。

713 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:09:21 ID:CXrzZY51
>>712
しかし揃いもそろって低脳ばかりだな。

714 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:10:18 ID:71yrHFqr
>>711
申命記 18:20
>ただし預言者が、わたしが語れと命じないことを、わたしの名によってほしいままに語り、
>あるいは他の神々の名によって語るならば、その預言者は殺さなければならない。

預言者じゃなくてよかったですね。

715 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:17:18 ID:UMCjxPxv
>711
騙しにかけちゃあ、科学知ごとき、聖書様の足元にも及びませんです、はい。

716 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:21:34 ID:UMCjxPxv
>>714
パンピーには聞こえない神の言葉を伝えるのが預言者だから、一度滑ったら嘘つき通せ
みたいな話になりそうですな。

717 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/09(木) 23:24:02 ID:u5hli1jZ
>>713
少しは根拠を上げて反論しろよ。
例えばこういうのは君ならどう説明するんだ?
ttp://www.j-world.com/usr/sakura/bible/errors.html

718 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:33:39 ID:/GAlOUe/
>>711
科学なんて言葉のなかった時代の書物にそんなこと書いてあるわけ
ありませんな。聖書の言葉を騙るなど大罪もいいところですが、
いいんですか?

719 :モエカス:2006/11/10(金) 00:03:03 ID:mSB1kHTe
>>714,,>>718
今までの連中もみんなそう。
彼等は聖書によれば、というがその根拠を示せたことはない。

720 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:19:03 ID:XT138w0j
>>717
「キリスト教自身も、自分らの教理に反して進歩し続ける科学にどのように歩み寄ろうか
と葛藤しているのかなと見受けられます。
科学が進歩すればするほど自分らの世界が暴かれていく感じがするのでしょうね。
だからまだ科学では解明されていない領域に一筋の光を見出しているんでしょう。
俺は無神論者ですが、キリスト教の教えはむしろ対人関係や悩み、どうすれば人生を正しく
(言い方が微妙ですが、、)生きられるのかという問題に対しては非常に的を得ている事が多
いと感じます。
結局宗教の目指すところは人を幸せにする事なのだし、もっと解釈に柔軟性を持ったほうがいい
と思いますよね。」


「キリスト教の教えはむしろ対人関係や悩み、どうすれば人生を正しく
(言い方が微妙ですが、、)生きられるのかという問題に対しては非常に的を得ている事が多
いと感じます。」

キリスト教がなにか、聖書も主の教がなにか、まったく理解できていない者の言だ。
と言うことだね。キリスト教は、気休めや、人生訓ではない。

科学知が、人を騙すことについては、そのうち答えるからね。




721 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:23:01 ID:j2Q0EA0t
>>720
ほらまたそうやって「理解できてない」の一言ですまそうとするー。
どう理解できてなくて、どう間違ってるのか具体的に言わなきゃ、
お仲間以外の誰も納得してくれないぞ。

722 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:27:57 ID:XT138w0j
オホはだまっとれ。

723 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:30:52 ID:p0S41eTE
>>690の三原則の正しさがまた証明されそうだ。

724 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:56:19 ID:XT138w0j
新参者かな?
最初からスレちゃんと読み返して云ってね。

>>690の三原則の正しさがまた証明されそうだ。 
<スレのどの部分だ。

アホらし ネヨ。

725 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:00:33 ID:G7To/YNs
今まさにその状況だろwww

726 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:07:27 ID:XT138w0j
女のヒスみたにわめいていろ。

ああーホントに ネヨ。

727 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:16:12 ID:G7To/YNs
ヒス起こしてるのはどう見てもあんただww

728 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 03:43:00 ID:PpLyopwr

http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2006/11/post_3c57.html

729 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 04:45:44 ID:ACGn/n0w
つっこみに毎回答えつことができずふてくされて寝る、を毎日繰り返してるな。
普通恥ずかしいと思ってやめるもんだけど

730 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 07:51:15 ID:+rNfvWaH
逃げているのは、一体、どっちかねえ?
恥ずかしいのはどっちだろうねえ?

>>331当たりからじゃろうね。

科学理論で答えてみろよ。 無から宇宙が始まるわけがない。


731 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 07:57:22 ID:G7To/YNs
>>690の3キタコレwww

いいから『進化論』の話をしろってw

732 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 08:25:37 ID:qscJB4Sv
331が有効な指摘だと本気で思ってるらしいw

733 :某377:2006/11/10(金) 09:58:48 ID:CMVaEVe2
俺が呆れてほったらかしたので、勝ったと思いこんだかもしれんな。
今さらながらつっこんでおくと、>>332 で書いたとおり、
>創造主と言うものがなかったら、自然や宇宙は永遠の過去から存在していたことになる。
の段階ですでにおかしい。
人格的な(ここポイント)「創造主」がいなくても始まる物事などいくらでも
ある。自然界で起こる大半の現象が人格的な作用がなくて起こることを
考えればわかること。
そうでなくても、人格的作用なくしてものごとが始まるような数理モデルは
存在する(それが宇宙の始まりを説明しているかどうかは別として)。

したがって、一行目からしてすでに反例が存在するため、言明としては
真と言えない。前提がまちがっていればそれ以降の論証はすべてゴミ。


>>730
これぐらいでいいかい?
「無から宇宙が始まるわけがない」というのは君の思い込みにすぎない。
もちろん「無」の定義にもよるがね。

さて、宇宙論の時間はこれで終わり。進化論の話に戻ろうじゃないか。な?

734 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:02:40 ID:Bzch0pDe
>>331でレス返してる相手って…。
なつかしい。

735 :某377:2006/11/10(金) 10:03:46 ID:CMVaEVe2
ありていに言って、科学がすべてを解きあかしているわけでもなければ、
解きあかすことが将来的に可能だという保証もなく、今定説であるものが
今後もずっと定説でありつづけるという期待もできない。
それが科学というものなのであって、別に科学の欠陥でも何でもない。

宗教は真理を語るというが、現実には単に真理だと主張しているだけ。
創造論のように、現実と明らかに矛盾するような代物にしがみつく
阿呆まで含んでいる以上、単なる主張以上のものではないのは明らかで、
それをもって宗教の優位性を語ろうなどちゃんちゃらおかしい。

宗教は宗教なりの機能を持つので、科学より劣るとまでは言わんが。

736 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:52:31 ID:UrdnVmvz
>>730

>無から宇宙が始まるわけがない。

こともないらしい。真空からざわざわと物質が生まれたり消えたりしているのは、量子力学では
常識だし、宇宙の始まりは、真空を含めた時空そのものが無から生じたとする方向で考えられて
いるようだ。

737 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:02:16 ID:UrdnVmvz
全般そうだが、〜のために進化したり、〜だから生まれたりすると考えるのは、人間の思い込みの
要素が強そうだ。第一動因は偶然か、あるいは存在せずなのかも知れない。

738 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:18:09 ID:LphYJQPO
なるほど>>331で言い負かしたと思い込んでたから妙に態度がでかかったのね
実際は前提から間違ってたわけだが
さあそろそろ恥ずかしくなってきたころか?

739 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:21:19 ID:p+DCeqRi
まあ神やら仏がいるなら見せてから能書きたれなさい。進化したに決まってるだろがカルト宗教信者は足りないな。見た事もねーキリストより進化の方が信用できるわクズが

740 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:25:44 ID:jpIkgXFM
>>738
恥ずかしくなるためにはまず間違いであったことを理解することが必要。
それができる脳ミソがあればそもそも創造論者なんてやってない。


741 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:42:04 ID:7t5RDXsL
具体的にどこが間違ってるか指摘してみたら。
ガアガア云ってるだけでは低脳にはわからんよ?。

親切心出さんかい。

742 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:58:49 ID:+X2gz8ax
いつもの子って文法とか句読点の使い方が怪しいし
日本人じゃないかあるいは環境のせいでまともに教育を受けてないんじゃないだろうか

743 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:05:33 ID:LrISAlfa
偏見で逃げるつもりか?
そうじゃないよね。
こんな刺客しか遅れんのか? 馬亀。


744 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:05:50 ID:ACGn/n0w
>>741
指摘されてるやん

745 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:08:32 ID:LrISAlfa
日本語さえ理解出来ないあるか?
具体的と言う意味もわからんあるか?
貴様は日本人あるか。


746 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:08:58 ID:LLEv8k2H
進化だって見たことないだろうが。


747 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:12:33 ID:LLEv8k2H
偶然だろうが必然だろうが、素粒子が原子に進化し、原子から分子へ化合物、生命、哺乳類などの高等生命が生まれ
宇宙の起源を問う人類が生まれたのが事実だとしたら、この事実こそ神だよ。
背後に神が居て事物を操っている可能性を含めて、少なくとも、形而下の現実では、進化があった、のだとすればだよ



748 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:21:35 ID:LrISAlfa
一体、エオバクテリア?から人になったって誰が見たんだろうね。
神様しかご存知ないことを。

話を誤魔化さないでね。どっちが逃げてるんだ?

749 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:27:38 ID:LrISAlfa
>>738 
こら、さっさと答えろ。居留守使うんじゃねえぞ。
簡単だろー。

750 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:42:22 ID:ACGn/n0w
>>745
具体的に指摘されとるやん>>332>>343>>733>>736
しかし相手に親切を強要するんじゃなくて自分でスレを見直すとかの努力をしろよ

751 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:54:23 ID:LrISAlfa
>>332
肯定したのか否定したのか分からんね。

>>343
こいつは、逃げて胡麻化しているだけ。

>>733
じゃ一体自然は何から始まったのか、説明しろよ。

>>736
現代科学の時空概念さえ理解していない。問題外。



752 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 19:58:11 ID:LrISAlfa
>>736
現代科学の時空概念さえ理解していない。問題外。
おっと、失敬、指摘間違いあり。
無とは言葉に出すことすら出来ない概念。
無から有は生じない。

753 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 20:04:11 ID:ACGn/n0w
>>751
全然具体的じゃないっすね
もっと具体的に。ほらほら、

>肯定したのか否定したのか分からんね。
ダウトって間違いを意味する言葉だから否定だよ

>こいつは、逃げて胡麻化しているだけ。
なぜ逃げてるだけと判断したのか?俺はそうは見えない。ちゃんと答えよう

>じゃ一体自然は何から始まったのか、説明しろよ。
その返しはおかしい。何かを断言して判例が提示されたら更なる証拠を提示するのが筋

>現代科学の時空概念さえ理解していない。問題外。
ここが一番、ものすごくあいまい。ほらほら具体的に


>342>464>469>470>477>483>494>559>702>718
このへんのつっこみにも答えてないようなので早めに立ち向かってください
ふてされて「ネヨ」の前にね

754 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 20:06:17 ID:ACGn/n0w
>>752
しかし>>736は君よりは具体的な用語を使って無から有が生じうると述べてる。

でも君は「無から有は生じない。」と言い切ってるだけ。同じ内容の言い換えにすぎない。
これじゃあ>>736に反論できていない。

もっと具体的に!

755 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 20:08:30 ID:ACGn/n0w
>現代科学の時空概念さえ理解していない
とか一度は書いちゃうほどの人なんだから、現代科学の時空概念を理解してるんでしょう?

その用語を使ってきっちり具体的にお願いしまっす!よろしく!

756 :某377:2006/11/10(金) 20:54:37 ID:qscJB4Sv
>ID:LrISAlfa
おまえの「具体的」はおまえの妄想を全肯定する内容だけだろw

反例はすでに示した。反例が示された以上、331の全主張は無効。
お前のやることは屁理屈にすらならないわがままを言いつづける
ことではない。

>>751
>じゃ一体自然は何から始まったのか、説明しろよ。
知らん。科学はそれを解明できていない。予想はいくつかあるけどな。
そのこととお前の主張が崩壊していることとは無関係。
科学が解明できないということは宗教なら解明できるということを意味しない。




757 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 20:55:52 ID:G7To/YNs
というか、宇宙の始まりだのなんだのと話を拡張しなくて良いから、
さっさと進化論に対して具体的な反論をしろとw

758 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 20:56:07 ID:aycejSL6
>>748
神様がご存知かどうか、あんたがご存知な事の方が遥かに訳解らんだが。

759 :某377:2006/11/10(金) 20:58:32 ID:qscJB4Sv
>>757
まったくだな。

まあ奴としては、科学はダメ→進化論もダメ、というルートを通りたいんだろうが。
たとえそのルートを無理矢理通ったとしても、キリスト教ならオーケー、とは
言えないというところが罠だ。

760 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/10(金) 21:02:15 ID:yV3JkcSn
>>720
つべこべ言わずにさっさと質問に答えろ。>>690の1そのものだ。

>科学知が、人を騙すことについては、そのうち答えるからね。
俺は待ってるからな。はぐらかすなよ。言い訳を考える時間はたっぷりあるぞw

>>730
創造主なんてのは科学では扱えないのだ。それを信じるか信じないかは科学の問題じゃない。
このスレの誰一人としてお前に対し「創造主を信じるな」とは言ってないんだから。

>科学理論で答えてみろよ。 無から宇宙が始まるわけがない。
なら無から宇宙が始まるわけがないことをお前が科学理論で説明してみろよ。
お前が宇宙論に精通しているわけがない。

761 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 21:07:13 ID:aycejSL6
ご参考までに貼っときます。
http://www.hitachi-hitec.com/about/library/sapiens/014/pre1.html

762 :某377:2006/11/10(金) 21:16:26 ID:qscJB4Sv
>>761
ID:LrISAlfa的には、そこに書いてある「無」は無ではない、と
言い張りたいところだろうな。その瞬間、奴が「現代科学の時空概念」を
まったく理解していないことが確定するわけだがw



763 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:19:28 ID:LrISAlfa
無とは何か? 低脳呼ばわりされる人にも、もっと分かりやすく
説明してね。これでは、さっぱり分かんとです。

764 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:25:43 ID:LLEv8k2H
進化論というのは神様が生命をどのようにして作ったかと言うキリスト教圏に置ける解釈の違いでしかないんだがな。
だからあんな風に熾烈に争っているわけで、キリスト者が1パーセント以下の日本でその猿真似をしなくてもいいだろう。

765 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/10(金) 22:26:19 ID:yV3JkcSn
>>763
お前、自分がわかっていないのに「無」なんて言葉使ってたのか?

766 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:42:16 ID:LrISAlfa
フーーーム。

<空間とは何か、時間とは何か。この最大級の解明には過去の偉大な人
たちが取り組んできた。みんな全能の神から、考察していた。宇宙はあ
のようでなく、なぜこのようなのだろかと。

絶対空間と絶対時間を主張したニュートンと、時空の関係説を唱えた
ライプニッツとの論争から始まったことは有名だ。

結局、絶対空間と絶対時間説は否定され、アインシュタインの一般
相対性理論、重力理論が時間と空間の相対的な関係を説明し、重力が
時空を歪めることを理論的に導き、時空概念をつくった。物質が時空
を歪めている。この物質に質量を与えるものは、ヒッグス粒子とよばれ、
質量に重力を与えるものは、グラビトンと言われていて、その存在はい
まだ観測されていない。


767 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:43:48 ID:LrISAlfa
<しかし、重力理論の予言が宇宙のマクロ的観測により支持されつつある。
つまり、重力理論によると、科学理論は宇宙創成は、今から、約136億8000から6000まんねん?
前のある時点から宇宙(時空)は始まった。と、イギリスのおっさん、もう、爺さんかも、
は、宇宙の始まりが、ある重力特異点(宇宙の直径がゼロ)になると、密度が無限大になり、
この重力理論は、破綻するから、数学上の想像的な数(虚数)時間というものを、導入し、
宇宙の始まりを、おわんの底のようにして、どこにも宇宙の始まりに、重力特異点(とんがり棒の先)
が現れないようにした。
この時空が出来るまでは、それ以前には時空は存在していなかったと言う。
つまり、無からの出発であると、臆面なく云っている。

宇宙の始まりを、ミクロ的世界で説明しなければならないとする、重力理論だけでは不満な人は、
不確定性理論、真空エネルギー、量子宇宙論、超弦理論、時空+余剰次元、24次元的存在、無の
揺らぎ等々で説明しようとしているが、、、、、、

そもそも、この仮説は一体どこに属する時空説か?。この世の時空の中での時空理論ではないのか?
もし、この世の時空外であれば、その時空の始まりを説明しなければならない。
しかし時空の始まり(宇宙・自然)は、重力理論をもとに、ビッグバン宇宙論が、仮説としては
一般的に支持されている。それも、無からの出発だと。

そう噛み付くな。みっともないぜ。創造科学ヲッチャーの名が泣くぜよ。

>科学知が、人を騙すことについては、そのうち答えるからね。
俺は待ってるからな。はぐらかすなよ。言い訳を考える時間はたっぷりあるぞw

<概念構想は出来ているが、具体的に説明するのが、これでなかなか難しいのよね。
抽象的な話では、妄想とあしらわれるし、非物質の存在は、科学的には説明できないし、、、、、、
そのうち話す。


768 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:59:10 ID:I1H/ojNx
>>767
量子のアノマリーがちょうど打ち消されるのは、10次元と26次元だが、24次元は初耳ですた。
(量子的)ゆらぎは、それでどうこうしようというより、でないと片付きそうもない自然の性質と
理解して頂きたい。普通に日常の論理で宇宙が説明出来れば、物理学者の飯の食い上げにはなるだ
ろうが、よほど寝覚めは良い。それがそうはいかないのが、現実の宇宙のようだ。アーメン。

769 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:15:09 ID:ZFqNXWxt
あのようとかこのようとか、一体なんだよwwwww

770 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:18:51 ID:I1H/ojNx
宗教と違って、教条にかけて断言出来ないのが科学だからねw

771 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:20:24 ID:tfWcuhwB
断言こそが宗教の嘘の根源wwwww

772 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/10(金) 23:20:33 ID:6hbKC/0q
>>733
>人格的な(ここポイント)「創造主」がいなくても始まる物事などいくらでも
>ある。自然界で起こる大半の現象が人格的な作用がなくて起こることを
>考えればわかること。

その人格的存在抜きで、なぜ精巧な機械のような物理法則・摂理が存在するのか説明できますか?
なぜ、自然は様々な数理モデル的摂理に忠実に従っているのでしょうか?
そうした物理法則を作り、維持し続ける存在がいなければ、自然はもっと無秩序なはずです。
例えば惑星などの天体の運行は全く予測不可能になるはずですし、
また我々も今の体を維持できないでしょう。
それこそ、あなたの思い込みです。
自然現象の裏側には、創造主が作った摂理あるはずという前提で、真理を探求したニュートンが、
あなたの発言を聞いたら、科学というものをわかっていないと言うでしょう。
人間が作りだしたにすぎないはずの数式に従う物理法則が自然に存在するということは、
数式を理解する"人格的"存在がいて、それを作り維持していると考えざるをえません。
そうした創造主の作った摂理が存在するという前提なくしてはニュートンは真理に辿り着けませんでしたし、
生物の精巧な仕組みを理解する時も同じことが言

773 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/10(金) 23:22:07 ID:6hbKC/0q
>>733
>人格的な(ここポイント)「創造主」がいなくても始まる物事などいくらでも
>ある。自然界で起こる大半の現象が人格的な作用がなくて起こることを
>考えればわかること。

その人格的存在抜きで、なぜ精巧な機械のような物理法則・摂理が存在するのか説明できますか?
なぜ、自然は様々な数理モデル的摂理に忠実に従っているのでしょうか?
そうした物理法則を作り、維持し続ける存在がいなければ、自然はもっと無秩序なはずです。
例えば惑星などの天体の運行は全く予測不可能になるはずですし、
また我々も今の体を維持できないでしょう。
それこそ、あなたの思い込みです。
自然現象の裏側には、創造主が作った摂理あるはずという前提で、真理を探求したニュートンが、
あなたの発言を聞いたら、科学というものをわかっていないと言うでしょう。
人間が作りだしたにすぎないはずの数式に従う物理法則が自然に存在するということは、
数式を理解する"人格的"存在がいて、それを作り維持していると考えざるをえません。
創造主の作った摂理が存在するという前提なくしてニュートンは真理に辿り着けませんでしたし、
生物の精巧な仕組みを理解する時も同じことが言えるはずです。

774 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:22:30 ID:LrISAlfa
>>767

>(量子的)ゆらぎは、いずれの時空に存在しているのかな?
 どこから来た存在だ、存在そのものかなのか。

>無,,,数学ではこれに近い概念でゼロという数が在るだろう。
 ゼロにいかなる作用を加えたら、ゼロ以外になるのだ?

>物理学者の飯の食い上げにはなるだろうが、

<いいかげんなこといって、科学知だけ吹き込み、宗教や聖書を
をバカにする奴は、飯の食い上げぐらいではすまない。

無神論を説く愚か者。

775 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:28:20 ID:ZFqNXWxt
>>773
物理法則が精巧な機械のようとか意味分からん。
全然精巧でも超自然的でもないが。

776 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:29:27 ID:zbaZr+GI
はあ、生物に関しては、その精巧さたるや、時計仕掛けとはかけ離れた、およそ無計画な
ぐちゃぐちゃの成れの果てとしか思えないのですが。
超洗練されたスパゲティプログラムとでも言いましょうか。
これが神の業とすれば、相当悪質ですな。

777 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:32:24 ID:Iqa6ld30
>>776
なんか視神経が網膜の前から出て、横を回りこんで後ろの脳に繋がってるんだっけ?(うろおぼえ)

778 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:32:44 ID:LLEv8k2H
神の業は今この瞬間にも進行中だよ。
宇宙は今後150億年は続くと言う。それまでに今現状にある不完全な生物が完全な状態を目指して
進化していくことは十分ありえることだ。
少なくとも、自身の不完全性にため息をつける水準の生物を作り出すことには成功しているのだから、もう一息と言った感じはする。


779 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:35:41 ID:cktwZs43
>>773
>なぜ精巧な機械のような物理法則・摂理が存在するのか説明できますか?
そりゃ、人が「精巧な機械のよう」だと思ってしまうだけで、物理法則は精巧な機械でもなんでもない。
そんなことに何の説明がいるのか。

それはともかく>>117に答えてくれないかな。

780 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:36:05 ID:89h803tQ
なら、初めから完全に作れよ全知全能!

781 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:46:17 ID:LrISAlfa
>>733

>人間が作りだしたにすぎないはずの数式に従う物理法則が自然に存在するということは

<その自然はどこから来たのかと云っているのよね。

782 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:48:39 ID:zBlHuy2m
このスレッドには、無秩序に存在する原子から生命を構成することが
原理的に可能だと主張している人物が気炎をあげているのか。
その論文を提出すれば歴史に名を残すだろう。

実験室で生命をつくりだしてくれ。
既存の生物を用いずに、生命ある生物を誕生させてみせてくれ。
進化論を主張する知恵ある者と自負する人よ。

783 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/10(金) 23:49:50 ID:6hbKC/0q
>>772
すみません、誤った操作をしてしまったようです。

さて、自然界には、なぜ精巧な物理法則が存在するのでしょうか?
これは偶然でしょうか?
進化論者は、無秩序な自然は淘汰されたとでも言って逃げるのでしょうね。

それにしても、なぜ必要最小限の説明がもっとも、科学的な説明だといなら、
生物の精巧な様々な仕組みは創造主によって作られた、
という説明(創造論が受け入れられないなら、ID論でもかまいません)を、
嘘だ、非科学的だと否定するのでしょうか?
つまり、あくまでも進化論を頑なに信じたい、
創造主などの宗教的存在が実在することを信じたくないということでしょう。

784 :モエカス:2006/11/10(金) 23:50:12 ID:cktwZs43
>>773
あなたの言う「真理」とは近似値でいいものなのか。

785 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/10(金) 23:53:29 ID:yV3JkcSn
>>767
>そのうち話す。
楽しみに待ってるぞ。俺は粘着するからなw

>>773
人格的存在があろうとなかろうと、ビッグバン宇宙論や進化論にとっては屁でもないが。

786 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/10(金) 23:57:06 ID:6hbKC/0q
>>782
進化論者達に言っても無駄です。
進化論は、生命の起源は、対象外と言って、逃げるだけです。
しかし、進化論派の生物学者で、一番始めの生命は、創造主によって作られたと主張をする人なんて、聞いたことがありません。
これで明らかのように、進化論者の本音は、あくまでも創造主の否定なのです。

787 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/10(金) 23:57:56 ID:yV3JkcSn
>>783
それなら「創造主などの宗教的存在が実在する」証拠を見せてもらいたい。
ちなみに俺の創造主に関する考えは>>760に書いてある。

788 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:01:15 ID:E1Ujr0RD
>786
>進化論者の本音は、あくまでも創造主の否定なのです。

そうでしょうね。
仮説に進化論を選び立論する動機は、創造主を受け入れられない感情に起因するものだと私は考えます。

創造主の存在を仮定することに蓋然性・妥当性が一切存在しないと考えるのは
科学的でも、理性的でも、知性的でも、誠実でも無い、と私には感じられます。

789 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/11(土) 00:02:45 ID:qK+TFRl4
>>786
>進化論は、生命の起源は、対象外と言って、逃げるだけです。
実際対象外だし。もっとも、ちゃんと研究している人はいるので逃げていると言うのは言い掛かりに等しいが。

>一番始めの生命は、創造主によって作られたと主張をする人なんて、聞いたことがありません。
創造主なんて科学の対象外なんだから信じていても説としては主張できまい。

790 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:03:48 ID:QymwK4pA
無と言うのは何も無いことだとしたら、何も無いところから何かが生まれることはあるまい。
何も無いのだから。


791 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:05:00 ID:zBlHuy2m
このスレッドのような言い争いは不毛だとおもいます。
論者は疲れるだけでしょう。
感情に根ざした信念を人は簡単には変えませんから。

進化論を信奉する人に、自然の精緻さ・美しさに驚嘆し感動する機会がありますように。

792 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:05:35 ID:QymwK4pA
まぁ鬼の首を取ったかのように進化論を主張するのは鬼の首を取ったかのように聖書の創造を主張する人間に
対応しているわけで。キチガイが消えればもう一方のキチガイも消えるのではないかと言う気はする。


793 :モエカス:2006/11/11(土) 00:06:03 ID:cktwZs43
>>783
だから、その前に>>117に答えてくれ。

794 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:06:21 ID:1DZYRd0/
おいおい、キモイのが二人で語り始めちゃったよ……

795 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:15:33 ID:UMZQ9hzt
>>786
自然が無から出来ないことを科学的に証明しろだとか、
物質的なものしか取り扱えない科学理論で、非物質的
なものを証明しろとか。

もっと利口かと思ったら、本当はアホだったのね。

796 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:17:05 ID:atQ/Tc3b
科学は情報も扱うから微妙ではあるが。

797 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:18:46 ID:UMZQ9hzt
>>789

>>786 誤爆ゴメンね。



798 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:21:24 ID:QymwK4pA
何で創造主が科学の対象外なんだ?一体誰が決めたのだ?


799 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:39:59 ID:nwvIYe8e
関わってもしょうもない気もしてきたが、一応

>>783
>それにしても、なぜ必要最小限の説明がもっとも、科学的な説明だといなら、
>生物の精巧な様々な仕組みは創造主によって作られた、
>という説明(創造論が受け入れられないなら、ID論でもかまいません)を、
>嘘だ、非科学的だと否定するのでしょうか?

>>786
>しかし、進化論派の生物学者で、一番始めの生命は、創造主によって作られたと主張をする人なんて、聞いたことがありません。

>>788
>創造主の存在を仮定することに蓋然性・妥当性が一切存在しないと考えるのは
>科学的でも、理性的でも、知性的でも、誠実でも無い、と私には感じられます。

おいおいおいおい・・・
仮定をむやみに増やさないとかは科学の基本ルールでしょうが・・・

800 :寝  言:2006/11/11(土) 00:43:14 ID:RLaXn8dz
ほうほう、ついに神様は仮定に格下げですか。

801 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:44:13 ID:E1Ujr0RD
>799
>仮定をむやみに増やさないとかは科学の基本ルールでしょうが・・・

「創造主の存在を仮定することに蓋然性・妥当性が一切存在しないと考える」

上記を主張することは、
「創造主の存在を仮定しない仮説を立論する」
ことと同値ではありませんよ。
意味わかりますか。

802 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:45:37 ID:nwvIYe8e
>>753-754で言ったように、>>343>>736への具体的反論がまだないみたいなんだけど?
>>766-767では具体的反論出来てないよねー

はやく具体的に教えてよー。ほらほら早くー

803 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:51:51 ID:nwvIYe8e
>>801
それが何か?

804 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 00:52:03 ID:nX8wq+cL
>>788
>仮説に進化論を選び立論する動機は、創造主を受け入れられない感情に起因するものだと私は考えます。

日本では、神道という非論理的偶像崇拝の宗教が伝統の土台のため信仰心が弱く、
また、欧米の科学を真似るだけで、肝心な科学的論理性に欠けるため、
無批判に進化論を受け入れている人が大半だと思います。
ですから、色々進化論の問題点を指摘すると、多くの人は創造論を信じないまでも、
進化論の曖昧さ、根拠の薄弱さを理解してくれます。
ただし、ここのスレッドに書き込んでいる人達は確信犯的進化論者で、
おっしゃる通り、創造主の否定の感情がその動機かと思われます。
宗教に対して否定的で、悪意があって書き込んでいる人がいるようですが、
その一方で善意から、文字通りの創造主に対する信仰を捨てることが、
人間の進歩的と精神の解放に繋がると、そう信じて、進化論の布教をしている人もここには混じっていると思います。
特にこうした人は厄介で、創造論否定サイトの運営者達もそうですが、
その"使命感"故に、自分のしていることの問題を自覚していません。

805 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:52:53 ID:QymwK4pA
真空が「ある」のだとしたらそりゃ無じゃないね。
よくニュートンなどで、宇宙が生まれる様をイラストで示したりしているのだが
あれを見ると、ぜんぜん「無」ではない。



806 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:53:34 ID:E1Ujr0RD
>803
あなたにはおそらく理解できないことです。

807 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:04:29 ID:nwvIYe8e
>>806
単に>>799の指摘をはぐらかそうとしてるだけみたいっすね。内容がないよう
>>799への具体的な反論してみなさいな

>>753-754への反論も忘れないでねー

具体的!具体的よ。

808 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:05:09 ID:RLaXn8dz
>>805
字も文章も読まないでイラストだけですかw
厳密なところは描けないのであくまで大まかなイメージだと散々断ってあったように思いますが。


809 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:09:35 ID:nwvIYe8e
>>790
お、今までのスレ内のカキコを全く無視した発言が飛び出てきた
もっと現実をみすえて!

810 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:15:06 ID:E1Ujr0RD
>801が理解できないようじゃ程度が低い。
進化論と創造論の論争は感情論に陥る。

811 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:23:57 ID:nwvIYe8e
お。はぐらかそうと必死ですな。
でもダメダヨ。
>>753-754>>799への具体的反論よろ。

812 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:32:19 ID:5o693nIr
オカルトでも、無から宇宙ができたとは云わんぞ。
科学理論は気が触れたのか?

813 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:35:53 ID:NL1tfo/0
神はいつどこから来て宇宙を始めたの?

814 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 01:47:03 ID:nX8wq+cL
>>787
私には、あなたを完全に納得させることは、残念ながら無理です。
創造主はいないと信じ込んでいるあなたに、何を言ってあげても、豚に真珠でしょう。
何を挙げても、創造主否定を前提に解釈するでしょうから。
しかし、そう言って終わりにしていたら、意味がありませんので、
私から僅かな可能性に賭けて、少しアドバイスをします。

本当は、あなたの目の前に証拠はいくらでも転がっているのです。
ですが、あなたには見えないのか、あるいは見えていても認めようとしないのでしょう。
私達がこの世界に存在すること、多くの物が精緻に作られていること、
挙げていけばキリがないほど、世界にはその証拠に満ち溢れています。
私に聞く前に、自分の信じ込んでいる前提を疑い、もう一度世界を見渡しましょう。
そして、何らかの意思をそこから、あなたが感じていただけたならば、幸いです。
そうするば、進化論などがもたらす砂漠のように殺伐とした世界観が間違っていることに気付くと思います。
そして、そうした上で聖書を読んでみて下さい。
きっと今までと全く違った書物に感じると思います。
創造主の存在を証明するのは、結局全てあなたの心次第なのです。

815 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:06:35 ID:nwvIYe8e
>>814
科学的な根拠をあげることができないから、
結局そういう「感性の問題なんです」的な逃げに入るんだよねえ・・・

>砂漠のように殺伐とした世界観が間違っていることに
こういう言い方が既に科学的整合性よりも自分の感じる印象を重視してることを表してると思うな。

>創造主の存在を証明するのは、結局全てあなたの心次第なのです
まぁこれがこの人の結論であり限界なんだろな 結局全ては心理的な感覚しだいのはなし

>自分の信じ込んでいる前提を疑い
いやあ、ここだけは科学っぽい言葉だね。疑って検証することは科学において重要だしね。
この人本人はたぶん自分の信じる前提を疑って科学的検証をしたりはしないんだと思うけど

816 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 02:12:51 ID:nX8wq+cL
>>789
>実際対象外だし。もっとも、ちゃんと研究している人はいるので逃げていると言うのは言い掛かりに等しいが。

では、非創造論/ID論の生物学と言い直しましょう。
なぜ、無生物の物質から、生命を作れないのでしょうか?
そうした生物学では、無生物の物質から、生命は出現したという仮説にいまだに執着しているはずです。

>創造主なんて科学の対象外なんだから信じていても説としては主張できまい。

そうやって、勝手に自分らに都合の良い前提・ルールを決めて、
異論を封じるという手口は、進化論者の常套手段ですね。
もう、非進化論者はその手口には、もう引っかかりません。
そうしたルールの下では、フェアな論議は不可能です。
創造者を除外するという前提、唯物論的前提といった、
それら自体に異論があることを認めて下さい。

817 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 02:19:44 ID:nX8wq+cL
>>816の補足
進化論者達のルールに従えば、ニュートンの理論は、科学ではないことになります。
ニュートンは、創造主という前提に立脚したからこそ、あのような発見がなされたのです。

818 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:27:20 ID:nwvIYe8e
>>817
ダウト!
科学であるのはニュートンの理論であって、その理論を導き出す動機ではない。
「ある人物が理論を導き出した動機」は、「理論が科学であるかどうか」に関係ないの。

ワカルカナ?

819 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:33:48 ID:nwvIYe8e
>>816
>>799の基本を外したら、科学は科学として機能しなくなるわけだが。

「フェアな論議は出来ません。」っていうか・・・
「科学が科学である以上、このままでは私好みの仮説が採用されないので、
とりあえず科学を科学でなくしましょう」
と言ってるのと同じだぞ。
それのどこがフェアな論議なんだ?

820 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 03:35:48 ID:sKMq0aHW
感性、思い込み、良くて見かけ定性、
辻褄の合わない事ども寄せ集めて証拠と称し、
ヤバくなったら聖書におんぶにだっこ。


821 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:08:30 ID:QymwK4pA
>808
イメージったって無なんだからイメージする必要ないだろ。
無いんだから。


822 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:23:26 ID:QymwK4pA
科学者の本家家元アリストテレスは神学(形而上学)こそもっとも高貴な学問であると言っていたはずだが
一体いつから学問から外されたのだろうね。どういう権威によって?
思うに、教会が「神を思索の対称にするのはもってのほか、そんなやつは火あぶりにするぞ」とか脅すものだから
科学者はこぞって「か、神だけは科学の対象じゃないです。」と言い始めてその伝統を守っているだけじゃないのかね。



823 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:35:45 ID:sKMq0aHW
>>821
が、それじゃあシロウト向けの絵本が出来ないだろう。
神様にヒゲ生やして杖持たせるようなもんよw

824 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:37:40 ID:sKMq0aHW
>>822
唯一の成功した形而上学は数学である。
つまり、ちゃんと生きてますよ。

825 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:39:30 ID:p5VDlNsZ
>>820
聖書におんぶにだっこで何が悪い?
辻褄がちゃんとあうんだからなんの問題もあるまい。

>>817
その議論には深入りしないほうがいい。
相手の土俵に入ってって信仰と関係ないことをああでもないこうでもないと言うだけになる。

>>815
創造論を支持する者としては、科学的根拠をあげる必要はないよ。
聖書的根拠をあげればいいんだ。
聖書に書いてあることがおかしいってんなら、
何がどうおかしいか科学的にでも何でも、好きに指摘したらいい。


826 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:41:53 ID:p5VDlNsZ
>>822
歴史無視か。問題外だな。
膨大なスコラ学の蓄積を無視すんなよ。

827 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:42:56 ID:0/zDML5H
聖書は辻褄合ってない。嘘だらけのネタ本持ち出すのは悪だ。

828 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:48:19 ID:0/zDML5H

>創造論を支持する者としては、科学的根拠をあげる必要はないよ。
>聖書的根拠をあげればいいんだ。
>聖書に書いてあることがおかしいってんなら、
>何がどうおかしいか科学的にでも何でも、好きに指摘したらいい。

好き嫌いの問題ではない。科学が合ってるから、量子エレクトロニクスが可能で、
2chに書き込めるのである。
嘘つき宗教を信奉するなら、こんなもの使ってはならないのである。

829 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:54:22 ID:QymwK4pA
スコラ学はデカルトの一喝で吹き飛んでしまった。



830 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:55:25 ID:QymwK4pA
聖書は別に電子エレクトロニクスを否定して無いだろ。


831 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:58:27 ID:odqrsLl9
不確定性は神の視座(存在)を否定する。サイコロを振ってしまうからね。
が、それなくして量子関連の学問は成り立たない。

832 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:02:51 ID:QymwK4pA
神はサイコロを振るというだけの話ではないか?


833 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:11:03 ID:p5VDlNsZ
>>827
聖書は辻褄あってるよ。
辻褄が合ってないのは、カトリックと正教会とリベラルと福音派の聖書解釈。

創世記の最初の方は、これが正確。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0825435331/sr=8-1/qid=1163186758/ref=sr_1_1/503-4043945-1920726?ie=UTF8&s=english-books

既出だったらすまんが、
この聖書解釈にまともにこたえられた進化論者をまだみたことがない。

>>828
じゃ、おまえ西暦のカレンダー使うなよw

>>829
おいおい、むちゃくちゃいうなってのにw 
どいつもこいつも、知りもしないで断言するなよな。

>>831
不確定性理論で否定された「神」と聖書の神は一緒だと思うわけ?

834 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:11:12 ID:3ZIgeQ0n
科学は神への挑戦て言う言葉があるように、未解明の事象を神の仕業と考えるか否かで
古来より割れてきたのが事の始まりだが、
この論議を解決するには、原点の解明にあるのではないだろうか?
進化論と創造論は、違うように思えるが、共通点に「大いなる意思によって」という点がある。
科学的に見たらアホかと思われるかもしれないが、
無から有が産まれている点は、未解明であるのだから、これは間違いでは無いと思う。
その意思というのが何なのか、それを科学的に証明できるか、否かで決着するのではないだろうか?
過程をいくら解明しても原点が未解明では、
メビウスの輪状態になるだけではないかな

835 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:11:47 ID:Uvk4wbXB
>>822
アリストテレスがやるような、形而上学、というか自然哲学。
そこからの科学の分離は19世紀始まりぐらいから徐々に盛んになったみたいだけれど、
決定打はやはりポパーでは?
とはいえ神学と科学の相互矛盾、分離はルネサンスあたりからあったとは思うけど。

836 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:13:56 ID:p5VDlNsZ
>>834
だれの言葉?
原語は?

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AF%E7%A5%9E%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8C%91%E6%88%A6%22&lr=

837 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:16:19 ID:p5VDlNsZ
>>835
むちゃくちゃだな、みんな。
分離したって誰が決めた?

838 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:24:00 ID:odqrsLl9

>じゃ、おまえ西暦のカレンダー使うなよw

時間合わせの便宜上だよ。イ○ラム馬鹿みたいな暦使ってるとめちゃくちゃになるからな。
だいたい、西暦元年はキリストの誕生年でもなんでもないし。まさに便宜上。

839 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:34:13 ID:odqrsLl9
無の前に(神の)意思があるくらいなら虚時間の方がずっと無理がない考えだな。

840 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:35:44 ID:3ZIgeQ0n
》836
さあ〜解らない?
昔読んだ手塚治の漫画の中でも書いてあったし、
戦後まもない頃に書かれた科学関連の書籍の中にもあった言葉だから有名な学者なんじゃない?
言葉ググても出てこないよ。漏れも気になって同じことしたから
たぶん近代学者の論文の一説なんじゃない
解ったら教えて。

841 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:36:20 ID:QymwK4pA
>創造科学、IDだと、万能の経済学者、政策執行者による計画経済のように効率的な筈だが、
>そんな様子はとんと見えぬ。


前にも紹介したが
http://ofiko.hp.infoseek.co.jp/index.html
この論文を読んでみてほしい。
宇宙進化の究極目標は「美のポテンシャルの増殖・高度化」であると著者は主張する。
究極目標実現のために合理的効率的に推移しているのがこの世界の現実である。
少なくともそう著者は主張しているね。


842 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 05:37:13 ID:CKJCRd94
>不確定性理論で否定された「神」と聖書の神は一緒だと思うわけ?

一神教だろ?こういう時だけ別の神か?

843 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 07:54:03 ID:1+UioOnp
>>841
典型的なエントロピー増大の法則を誤解したトンデモちゃんだということはわかった。

844 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 07:54:54 ID:0+O5BgNj
一神教って言ってもいろいろあるさ。
麻原を唯一の神としてる人のいう神と
イスラムの神とは違うだろ。


845 :モエカス:2006/11/11(土) 11:09:54 ID:zOif0iA/
>>817
もう、新しい発言はいいから>>117に答えてよ。

846 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:25:11 ID:GC+58VL8
>833 >842
>不確定性理論で否定された「神」


あなたたち、学問しましたか。
不確定性理論が主張しているのは、量子力学とそれに基礎付けられるアプローチにおいては
人の知では、観測には原理的に限界がある、この世界の秩序の人の知での不可束性を表現しているのであって、
この世界の秩序の形成者が存在しないことを主張するものではありませんよ。

847 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:27:40 ID:GC+58VL8
「創造主の存在を仮定しない仮説を立論する」
 ・科学的態度

「創造主の存在を仮定することに蓋然性・妥当性が一切存在しないと考える」
 ・信念
 ・科学主義
 ・非理性的

848 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:28:21 ID:GC+58VL8
× 不確定性理論
○ 不確定性原理

849 :モエカス:2006/11/11(土) 11:30:03 ID:zOif0iA/
>>786
>これで明らかのように、進化論者の本音は、あくまでも創造主の否定なのです。
>>841のリンク先により、この発言は偽であるとされました。
ちゃんちゃん。

850 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:51:17 ID:6DrNz5eB
まだごちゃごちゃいってるのカルト信者共。ガンダムが有る、無いの話と同じよアンタ達は。パーか?科学一切使うなお前等は。つー事は命を断ちなさい

851 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:53:06 ID:GC+58VL8
ガンダムなんてただのTVアニメ。
空想話。
ガンダムと聖書を同類に考えるほど教養も知識も判断力もないのか。

そんなことも識別できないのか。

852 :モエカス:2006/11/11(土) 12:02:27 ID:zOif0iA/
教養と知識と判断力があれば
特定地域の宗教書に
全ての真実が記されていると
信じることはないな。

853 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:10:27 ID:GC+58VL8
>852
歴史の中での超越者による自己開示・啓示によって、
人はこの世界の秩序の形成者である創造主をより正確に知りうるということを
あなたは充分に考慮したことがないようだ。

854 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:11:53 ID:GC+58VL8
人の創造主への知は部分的なものでしかありえない。
一方で創造主による啓示によらなければ知りえない事柄が存在する。

855 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:29:20 ID:5o693nIr
>>841
http://ofiko.hp.infoseek.co.jp/index.html

<なんだこれは、これは神の名を借りた自然信仰でしかない。
 神の宇宙創造を、変形の科学的?解釈したに過ぎない。
 聖書の神はそんなこと云っていないぞ。
 まったくアホかと。
 神を語り、自然信仰をする愚か者。



856 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:39:08 ID:6DrNz5eB
だから見せてみろ神を。ガンダム見せてみろと同じだガンダムもキリストや仏も同じ。馬鹿か?ガンダムは漫画。神は崇高か?オレには同じだねぇ。何が神だハゲ。見せてから能書きたれなさい。いねーものを見せれないよね?あはは!

857 :某377:2006/11/11(土) 12:40:20 ID:uRAXvCLc
>>773
まあ理解してないだろうと思ったが、やっぱりしてなかったな。
お前みたいな阿呆には難しすぎたか?中学レベルの論理なんだが。

>その人格的存在抜きで、なぜ精巧な機械のような物理法則・摂理が存在するのか説明できますか?

その立証責任はこちらにはない。
331の前提は、宇宙が存在するためには人格的存在がなければいけない、
であるわけだから、それを崩すのには、その前提が成立しないことだけ
言えば十分で、正しいメカニズムを示す必要はまったくない。

立証責任の転嫁はおまえらキチガイの十八番だが、それが通用しないこと
ぐらいはそろそろ学習してほしいな。

>なぜ、自然は様々な数理モデル的摂理に忠実に従っているのでしょうか?

なぜ自然が「自然は様々な数理モデル的摂理に忠実に従って」いたら
それが創造者の存在の証明になるのか。きちんと説明しろ。
説明の義務はおまえのがわにある。

858 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:41:39 ID:Mn5f251y
自然信仰だろうが超越神信仰だろうが取りあえず事実として現実の宇宙は高度な進化を遂げている訳で
人類の歴史を反省してもやはりそこに進化と見られる現象はあった。
だとするとこの今と言う瞬間にも「神の見えざる手」の選択が働いている可能性も無いとは言えないだけに用心はしておくべきだろう
用心するだけならタダだからな


859 :某377:2006/11/11(土) 12:44:25 ID:uRAXvCLc
>>855
はて。創造論者もさんざん変形解釈をかましつづけているはずだが。
このスレでもいろいろな珍説をうかがった記憶がある。

860 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:45:08 ID:6DrNz5eB
いねーから。神なんていねーから。小難しい事書いて頭良さそうに見せたいんだろうけど神なんていねーから(笑)見せてから能書きたれなさい。いないものをいると信じて頭良さそうに見せたい(笑)ばか

861 :某377:2006/11/11(土) 12:47:44 ID:uRAXvCLc
>>816
>なぜ、無生物の物質から、生命を作れないのでしょうか?

作れないことを証明してください。お待ちしております。

相手にはさんざん「科学的証明」を求めておきながら、自分の言明
については何の証拠も示さないというのはフェアな論議とは言えませんね。

862 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:54:55 ID:6DrNz5eB
科学が百パー解明できてたら皆死なないし病気もしねーよ。な?できてねーのよ。ただ、お前等カルト信者みたいに「ああ神が、ああ進化はしてない、ああ主が創った」よりは科学が百億倍確かだハゲ

863 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:57:48 ID:Mn5f251y
ドラえもんやガンダムみたいな神は居ないだろうが841で言うような神は居る可能性がある
用心だけは怠らないようにな


864 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:02:12 ID:50zDtji+
>861

「なぜ、無生物の物質から、生命を作れないのでしょうか?」(>816)

という指摘は、現時点での事実を述べて、その理由を尋ねているのでしょう。
あなたは意図的に上記の発言が将来にわたって原理的に不可能な事象を
指摘した文言だと理解しているのですか。
あなたは>816を曲解し>816に回答していない。
詭弁です。

865 :某377:2006/11/11(土) 13:32:13 ID:OZ1y4Y4r
>>864
あくまで現時点での話であると認めるのですね?
では、生物学が「無生物の物質から、生命は出現したという仮説」(>>816)
に執着することに何の問題もないということをお認めいただいたということで、
結局 >>816 はまったく無意味ないちゃもんということで処理しましょうね。

回答する意義のない質問だったということを明らかにしてくださって
ありがとうございます。



866 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:40:57 ID:50zDtji+
>865

私は>816ではない。
>816の真意は本人しか知らないだろう。
ただ、>861で>816の問いをはぐらかしているように私には見受けられる。

私自身は、超越者である創造主の関与によりこの世界が生成され秩序が存在し
この超越者なる神が知を知解する人類に自己を啓示し歴史に介入してきたという
聖書の主張を信じている。

私のこの確信は他者に強要するつもりはない。
私は真実だと考えるが。
人が神の本質を完全に把握しえないことは、神の知恵によると私は考える。

この世界を観察し、その秩序を理解し、この世界の精緻さを理解することは
神を否定することでなく、神のわざを人が知ることだと私はおもう。

私は創造主の存在を論争することに積極的な意味は見出さない。
なぜなら、人の知恵により神をとらえることはできないと確信するから。

867 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:42:29 ID:50zDtji+
>865

科学では仮説はどのようなものを立てても構わない。
未知の領域に踏み込むのだから。
検証が進めば、その仮説が真であったのか偽であったのか判明するだろう。

868 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:44:29 ID:50zDtji+
人間的な感想を言えば、>861には知的誠実さのない詭弁を弄する卑怯者だという印象を感じるということだ。

869 :某377:2006/11/11(土) 14:01:11 ID:x+nuk8Df
>>866
>ただ、>861で>816の問いをはぐらかしているように私には見受けられる。

それはあなたの論理能力が低いからです。
質問自体が無意味である場合、答える必要のない質問に答える必要は
まったくありません。

>私のこの確信は他者に強要するつもりはない。

それはけっこうなことですな。
ところで「言行不一致」という日本語はご存知ですか?

>>867
>科学では仮説はどのようなものを立てても構わない。

だうと。

>>868
結局人格攻撃ですかw
おあとがよろしいようで。

870 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 14:20:34 ID:nX8wq+cL
>>815
>>砂漠のように殺伐とした世界観が間違っていることに
>こういう言い方が既に科学的整合性よりも自分の感じる印象を重視してることを表してると思うな。

>>81でも、書いたことですが、もう一度言います。
唯物論・進化論からは、石ころ、バクテリア、犬そして人間の価値は等価の存在にしかなりません。
人間を殺すことは、その辺の石ころを割る行為と何ら変わりないという結論を否定できないのです。
それが、殺伐とした世界観だと言うわけです。

>>創造主の存在を証明するのは、結局全てあなたの心次第なのです
>まぁこれがこの人の結論であり限界なんだろな 結局全ては心理的な感覚しだいのはなし

世の中、今目の前に見えている世界すら、単なる夢でこの世は仮の世界と片付ける人がいます。
心のあり方次第で、目の前の現実すら認めない人もいる訳で、結局、何を証明しようとしても、
最終的に信じるかどうかを決めるのは、本人の心次第です。

871 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 14:22:14 ID:1+UioOnp
科学は価値判断をしないだろ。
勝手に科学的事実から価値観を妄想して、それを科学の価値観にしないでくれ。

872 :某377:2006/11/11(土) 14:42:53 ID:P5zx0myw
まあ>>871の言うとおり科学は価値を語らないのだが。

>>870ってのは創造論者の本質を示している。
結局は自分が特別だという妄想を守らんがため、虚偽・詭弁を
駆使している。神を信じると言うのも、結局は自分を特別視する
ための方策であって、態度としては自己のケチな自尊心を満さんが
ための道具として神を見ていることがよくわかるね。

>>870
>唯物論・進化論からは、石ころ、バクテリア、犬そして
>人間の価値は等価の存在にしかなりません。

いいじゃん。等価で。
「山川草木悉皆成仏」と言った大乗仏教は偉かったね。
意地でも自分が偉いことにしたい創造論者のさもしさとは対照的だ。

873 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 14:53:00 ID:nX8wq+cL
>>793
モエカスさんは、メシアニック・ジュウというものをご存知ないようですね。
それに>>104の比喩から、なぜ>>117のような質問になるのか、理解に苦しみます。
それと私も迂闊でした。
私は、まだ聖書の全てを原文で完全に理解するまでに至っていませんから、
聖書の聖句に関して、あれこれ説明する資格はないのです。
ですから、残念ながらあなたの聖書の質問には答えられません。
私は、日本語での聖書理解は、自動車でいうなら仮免許に過ぎないと考えています。
聖書を批判する人にも言いたいですが、聖書の問題を論じるには、
あくまで原文によらなければならないと考えます。
もっとも、日本語訳であっても聖書と進化論が相容れないものであることはわかりますが。
それと、私に資格があっても、進化論を信じる、あなたと聖書の話しをしても、
多分聞く耳を持ってくれないでしょうから、残念ながら結局無駄でしょうね。

874 :某377:2006/11/11(土) 14:57:27 ID:P5zx0myw
>>873
>私は、まだ聖書の全てを原文で完全に理解するまでに至っていませんから、
>聖書の聖句に関して、あれこれ説明する資格はないのです。

おもしろい言い逃れだねw
明記してあると言っておきながら、説明できないときたもんだ。


875 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:01:06 ID:50zDtji+
犬に聖なるものをやってはならない。
豚に真珠を与えてはならない。

876 :某377:2006/11/11(土) 15:02:49 ID:P5zx0myw
>>875
言いのがれの手法ばっかり発達したのがキリスト教ということかい?
あんまり価値を落とすようなことばかり言わないほうがいいよ。

877 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 15:04:37 ID:nX8wq+cL
>>861
実験室で簡単にできないというだけで、十分、生命の自然発生を否定できると思います。
これだけ、科学が発達したのにも関わらず、生命の合成が達成されていないということは、
生命が偶然に自然発生したという仮説が間違っている何よりの証拠でしょう。
これから先、人間が手間暇かけて介入して、生命が合成しても、
自然界で生命が自然発生したという説には全く説得力がありません。

878 :某377:2006/11/11(土) 15:06:53 ID:P5zx0myw
>>877
実験室で簡単に再現できない現象なんてごまんとあるんだが。
ずいぶん科学を買いかぶっておいでのようでw
科学教信者というのはあなたのためにある言葉ですなww

879 :某377:2006/11/11(土) 15:09:50 ID:P5zx0myw
>>877
これだけ長い間、これだけ多い数信仰者がいたにもかかわらず、
神がいるという確定的証拠がまるでない(>>331みたいなどうしよう
もない論法を使わざるを得ない)ということは、神はいないと
結論していいんですな?

あなたの論法はそういうことなのだけど。


880 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/11(土) 15:18:01 ID:nX8wq+cL
>>874
だから、私も迂闊だっだと書いたわけです。
かつては、私も聖句を色々引用しまくっていましたが、
ある人が原文をもとにニュアンスの理解が完全に間違っていることを指摘してくれました。
以来、聖書の中の聖句を引用することを止めました。
聖書の翻訳自体は否定しませんが、訳文での理解はあくまで仮のものです。
ですから、聖書の批判も佐倉哲氏のような日本語訳に対するものは無意味なわけです。

881 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:19:49 ID:n6vhWXC4
>>846
観測とは相互作用ですからね。
世界は相互作用で構成されるので、えいやっとすべてと無関係にかつ見通すなんてことは、
人間だろうが悪魔だろうが神だろうができない。
限定付きの神は神かどうか?

882 :某377:2006/11/11(土) 15:20:11 ID:P5zx0myw
>>880
で?
言いのがれはいいから質問にはやく答えようよ。

883 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:27:35 ID:50zDtji+
>879

>877ではないが横レス。

神の存在も非存在も証明されないと、神はいないと結論される、だって(笑)
あなた、愚か者ですね。

ゴールドバッハ予想は証明されていないから、
ゴールドバッハ予想は偽だと結論づけられるのですか。
あなたの論法でいけば(笑)

884 :某377:2006/11/11(土) 15:35:27 ID:P5zx0myw
>>883
やはりバカがひっかかったな。

俺は別に神の存在を否定も肯定もしない。
◆QznUfgqaPY の論法に従うなら否定せざるをえないというだけ。

つまり否定しているのは◆QznUfgqaPYであって俺ではない。

885 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:50:58 ID:50zDtji+
>876

犬に聖なるものを、豚に真珠をやるべきでないのは、
犬や豚にはそれらの価値が分からず踏みにじり人に向かってくるからなんだよ。

886 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 15:51:02 ID:nBUe93Ul
お前達はまだ勉強不足のようだな。
早く結論だせ!

887 :某377:2006/11/11(土) 15:59:32 ID:P5zx0myw
>>885
うんうん。それで?

888 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:54:02 ID:nwvIYe8e
>>833
辻褄が合うだけでは意味ないのよ。知ってる?
スパゲッティ・モンスターでも現実との辻褄は合う。
ワカルカナ?

889 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:56:22 ID:nwvIYe8e
>進化論と創造論は、違うように思えるが、共通点に「大いなる意思によって」という点がある。
>科学的に見たらアホかと思われるかもしれないが、
>無から有が産まれている点は、未解明であるのだから、これは間違いでは無いと思う。

ダウト。
「無から有が生まれている点が未解明→大いなる意思が関係しているのは間違いない」
は論理として成り立ってない。
自分でも解るでしょ?

890 :某377:2006/11/11(土) 16:57:29 ID:P5zx0myw
たぶん解ってないと思う・・・

891 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:58:55 ID:nwvIYe8e
>>841
http://ofiko.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/press110/8.html

エントロピーですかそうですか
すごいね、帰っていいよ

892 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:59:09 ID:U5MP13mo
解ってないだろうね・・・

893 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:59:12 ID:Mn5f251y
空飛ぶスパゲッティモンスターが人間を作ったなら空飛ぶスパゲッテイモンスターを崇めればいいだけのはなしじゃないか
違うのか?


894 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:02:52 ID:U5MP13mo
>>893
俺は空飛ぶ黒胡麻坦々麺モンスターがいいな

895 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:04:09 ID:nwvIYe8e
>>847
お?その発言からして>>801だな。
>>799に反論出来てないのに同じこと繰り返しても意味ないぞー。
早く具体的に反論してね。


>>753-754あたりでつっこみから逃げっぱなしみたいなんで
早めに具体的な反論をお願いねー


896 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:05:11 ID:n6vhWXC4
ぶっからまったすスパゲティは進化の過程の記録そのものともいえる。
そこには到底神や知性の入り込む余地などない。

897 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:05:47 ID:Mn5f251y
坦々麺モンスターが宇宙を創造したのであれば坦々麺モンスターを崇めりゃいいだろ


898 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:08:16 ID:50zDtji+
>895

>783、>786 と >788は別人。

>799に反論しろって何それ。
意味不明。

899 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:08:29 ID:n6vhWXC4
>>885
聖なるものが、一部のおかしな人間たちだけの価値でしかないからでしょう。

900 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:09:19 ID:50zDtji+
スパゲティがこの世界の生成に深く関与しているなどという歴史的・文化的・実存的なしるしは無い。

901 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:11:13 ID:ITKHpl2n
だいたい、聖を物に投影しなければ崇められすらしない愚か者どもがw

902 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:11:26 ID:nwvIYe8e
>>867
>科学では仮説はどのようなものを立てても構わない。

仮定をむやみに増やさないならな

903 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:12:47 ID:DfRmzQFL
生物は壮大なスパゲティプログラム

904 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:12:56 ID:Mn5f251y
しかしぶっからますたスパゲッティを作ったのは坦々麺モンスターという話だぞ


905 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:14:13 ID:Mn5f251y
そして神は坦々麺モンスターをも作ったのである
ならばもう崇めるしかないだろ


906 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:15:04 ID:DfRmzQFL
そういう低レベルの噂が宗教のもとかな?

907 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:16:25 ID:Mn5f251y
いや人間のイマジネーションが最高潮に達した時に神が生まれたのだろう


908 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:17:25 ID:DfRmzQFL
脳内暴走か

909 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:18:50 ID:6G9xlIzz
ヤク中とかわらんなw

910 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:18:53 ID:50zDtji+
進化論という仮説に立って、この世界の秩序の理解に関する人類の知の境界をぜひ拡大するよう研究にいそしんでください。

真理を愛し、誤謬を喧伝せずに誠実に科学的見地から研究を行なうことに
反対するキリスト者はいないでしょう。

進化論という仮説を立てて学問する立場ももちろんあるでしょう。
キリスト者は神はいないという仮説を選んでいないということです。

神が存在しないという仮説が正しいのであれば
それを裏付ける知見を人類は得ることができる可能性があるはずです。
私はその立場に組しませんが。
ぜひ、その知性を生かし、神の不在を万人が確信できる知の獲得に向け
その立場の人は励んでください。

911 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:19:09 ID:nwvIYe8e
>>898
いや別人ってのは見れば解る。同じような事言ってるからまとめて指摘してるだけ。
>>799への反論と言う意味が理解できない?そりゃあまた・・・
要するに>>783>>786>>788の言動は科学の基本を無視してるって>>799で指摘されてるのさ。
それに対して反論できないの?ってこと。

>>753-754あたりへの反論からも逃げないでねー

912 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:21:10 ID:GEOoIXNA
秩序は非線型系の発散的過程において理由なく形成され得るような気がする。

913 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:21:46 ID:Mn5f251y
たしかヨブ記に坦々麺モンスター出て来たよな


914 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:21:59 ID:GEOoIXNA
神と違って、恐らく実証可能だろう。

915 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:22:37 ID:nwvIYe8e
>>870
>>>砂漠のように殺伐とした世界観が間違っていることに
>>こういう言い方が既に科学的整合性よりも自分の感じる印象を重視してることを表してると思うな。

>>81でも、書いたことですが、もう一度言います。
>唯物論・進化論からは、石ころ、バクテリア、犬そして人間の価値は等価の存在にしかなりません。
>人間を殺すことは、その辺の石ころを割る行為と何ら変わりないという結論を否定できないのです。
>それが、殺伐とした世界観だと言うわけです。

うん、やっぱり科学的整合性よりも自分の感じる印象、価値判断を優先してるってわけだね。
そこまではっきりと科学的整合性から背を向けてくれるとわかりやすいね。

916 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:23:37 ID:50zDtji+
>911

私は仮説を立てて研究することに反対していない。
その仮説の真偽は研究の推移とともに明らかになることが期待されるからだ。
>799であなたが引用している私の>788の書き込みは、
なんら分析・吟味なく、

「創造主の存在を仮定することに蓋然性・妥当性が一切存在しないと考える」

のは、論証無く決断を下しそれを真であると宣言する行為が科学的態度ではないと述べているに過ぎない。

917 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:27:28 ID:nwvIYe8e
>>910
おいおい何まとめに入ろうとしちゃってるの。
それより先にこれまでの大量のつっこみに答えていきなよー

918 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:32:34 ID:Mn5f251y
神が居ないとするのも価値判断が先行してるんじゃないのか?


919 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:34:31 ID:50zDtji+
>917

このスレに常駐していないから経緯は知らない。
私自身は一貫して強制によって人が真の神を認め、その神を礼拝するようになるとはおもっていない。
また、創造論と進化論の論争は不毛だと考えている。

私はこのスレで自分の考えを表明しただけ。
他者を説得しようともおもわないし、可能だともおもわない。

神を認めるか認めないかは、たいてい感情論。
説得によって他者に神を認めさせることができるほど私は楽観的じゃない。
神を讃え神に膝まづくか否かは、知識の多寡に依存するのではない。
神について人が完全に把握できず信じるというアプローチしか
この世界と秩序の創造主である超越の神に対してないのは神がフェアで憐れみ深いからだ。

920 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:39:53 ID:Uvk4wbXB
>経緯は知らない
そうか?w

921 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:56:20 ID:nwvIYe8e
>>916
だから、仮定をむやみに増やすとその時点でその仮説は科学ではなくなるっつの
スパゲッティ・モンスターの触手に絡まりつつあるよキミ。

あ、>>753-754にも答えてね

922 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:59:01 ID:50zDtji+
>921
あなたには何も語る必要は無い。

923 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:20:08 ID:nwvIYe8e
>>919のIDからして>>898と同一人物。
その>>898>>847へのレスに答えている。
その>>847は内容が>>801と同一。

924 :モエカス:2006/11/11(土) 18:22:26 ID:zOif0iA/
>>873
>モエカスさんは、メシアニック・ジュウというものをご存知ないようですね。
俺の聖書には書いてない言葉だ。
原文にはあるのか?

>それに>>104の比喩から、なぜ>>117のような質問になるのか、理解に苦しみます。
アダムは善い木として創られたってことだよ。
あなたの比喩は成立しないということ。

>それと私も迂闊でした。
>私は、まだ聖書の全てを原文で完全に理解するまでに至っていませんから、
>聖書の聖句に関して、あれこれ説明する資格はないのです。
あなたが迂闊なのは「あなたの解説なしにお願いします。」という部分を見落としていること。

>聖書を批判する人にも言いたいですが、聖書の問題を論じるには、
>あくまで原文によらなければならないと考えます。
それでは原文に触れられない他地域や後代の人との間に差ができてしまい、
全ての人を平等に愛しているという聖書の神の定義と矛盾する。
そもそも、翻訳や写しの際に誤訳を見逃してしまう程度の神なのか。

>それと、私に資格があっても、進化論を信じる、あなたと聖書の話しをしても、
>多分聞く耳を持ってくれないでしょうから、残念ながら結局無駄でしょうね。
人間が神の全てを知り得ることなどない、というのが
あなたたちの信仰なのだからあなたが資格を得ることなど永遠にない。

そして、進化論を認める認めないと、聖書の文を理解することは
なんら関係ないことをそろそろ理解して欲しい。

925 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:23:14 ID:50zDtji+
>751=>752
 ID:LrISAlfa

>801
 ID:E1Ujr0RD

926 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:24:53 ID:nwvIYe8e
とりあえずまとめるとこうなる

ID:E1Ujr0RD >788>801>806>810
>810 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:15:06 ID:E1Ujr0RD
>>801が理解できないようじゃ程度が低い。
>進化論と創造論の論争は感情論に陥る。

ID:GC+58VL8 >846>847>848>851>853>854
>853 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:10:27 ID:GC+58VL8
>>852
>歴史の中での超越者による自己開示・啓示によって、
>人はこの世界の秩序の形成者である創造主をより正確に知りうるということを
>あなたは充分に考慮したことがないようだ。

ID:50zDtji+ >864>866>867>868>875>883>885>898>900>910>916>919>922
>922 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:59:01 ID:50zDtji+
>>921
>あなたには何も語る必要は無い。

927 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:27:51 ID:50zDtji+
ID:LrISAlfa ≠ ID:E1Ujr0RD

928 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:07:17 ID:nwvIYe8e
>>927
君と共通する意見が多いから同じようなもんだと思ってたけど、
ID:LrISAlfaはまとめてみると君よりアッチいっちゃってるな。
>>753-754を君に聞くのは間違いだな。すまん。

でもやっぱり>>799への反論を早くね。具体的に。

929 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:11:16 ID:nwvIYe8e
ヤバイ

ID:bA/iL0vy >44>46>50
ID:cYTY4tVS >195>206>221>225>231
ID:LP6P3IzS >270>272
ID:eiHfJZZf >309>313>323>326>331>333>335>340>348
ID:XcI/yzhh >461>463>466>473>476>478>481>486>490>493>495>498>501>502
>507>510>515>517>523>524>525>529>532>533>546>551>557>560>562>563>567
ID:M5cenrml >571>574>579>585
ID:kZIkGUD+ >598
ID:JkEXEPHG >600
ID:sasapDAi >671>673>675>677>678>681>683>685>687>693
ID:0NDnRE8k >696>697>700>706
ID:CXrzZY51 >711>713
ID:XT138w0j >720>722>724>726
ID:LrISAlfa >743>745>748>749>751>752>763>766>767>774>781

930 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:13:33 ID:ChlU9i4P
神を否定するのは、価値判断というより、真理感に近いようなものに思うな。

931 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 19:15:59 ID:ChlU9i4P
ごめん、真理観。

932 :名無しさん@周年 ◆qZFKl2dobU :2006/11/11(土) 20:26:36 ID:AovJU7ka
みんなコテと酉つけたほうがいいかもね。

933 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/11(土) 20:31:16 ID:lBlzuXde
書き込みが多いのでレスに漏れがあるかもしれないがご容赦を。
>>814
「創造主を除外して考える」と「創造主の存在を否定する」の区別ぐらいつくだろうに。
論理的思考すらできないわけでもあるまい。決め付けはいけないと誰からも言われたことがないのか。

創造主を前提にできないのは、前提とすると説明できないことがあるからというのもあるだろう。
下に上げた例は創造主を前提とするとどのように説明されるのか、是非お答えいただきたい。
但し、科学のルールとして反証可能な説明に限る。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/natrom/panda.html
ttp://members.jcom.home.ne.jp/natrom/nesting.html

>本当は、あなたの目の前に証拠はいくらでも転がっているのです。
それは何か、具体的に上げていただきたい。

>>816
とりあえず進化論の正確な定義から理解していただきたいのだが。
ttp://www.fides.dti.ne.jp/~fuyamak/evolution.html

>そうやって、勝手に自分らに都合の良い前提・ルールを決めて、
ならば創造主を前提とした科学がどのようなものかご説明願おう。
#科学には科学のルールがあるのだが。

>>817
ニュートンがどのように創造主を前提としたのか知りたい。
運動の法則も万有引力の方程式もどこを見ても創造主の文字が出てこないし、
創造主を除外しても(最初からどう絡ませるかわからないが)ニュートンの理論は成り立つ。
前提としていたと言っても、そのような信仰を持っていたとかではないだろうか。

934 :某377:2006/11/11(土) 21:18:42 ID:HJT0KqZN
>>919
>このスレに常駐していないから経緯は知らない。

つまり過去の議論の経緯はすべて無視する、という宣言ということでいいね?
いいよ別に。創造論者って常駐非常駐にかかわらず一人残らずそうだからw
自分の言ったこと、そして論破されて逃走したことすら覚えていない手合いだけ。
古参だろうと新参だろうと皆いっしょ。
何か共通の病気なんだろうね。

>他者を説得しようともおもわないし、可能だともおもわない。

つまり議論拒否ということだね。
実のところはどれだけ痛いつっこみをされても無視するということなんでしょ。


935 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/12(日) 00:13:20 ID:IA4gBVKC
>「創造主を除外して考える」と「創造主の存在を否定する」の区別ぐらいつくだろうに。

創造主を否定しているのではなく除外しているという建前はわかりますが、
実際は進化論者の前提は限りなく否定に近いと思います。
それと、進化論者は、自説に都合の良い証拠や理論を選びとっています。
つまり、進化論が正しいという前提に世界を解釈しています。
ケルビン卿は、地球がまだ熱いのは、若いためで、進化論は、それに必要な時間がないので、
間違いであるとして退けました。
しかし、進化論者は大進化が起きるのに必要な膨大な時間を確保するために、

放射性元素崩壊の熱という、根拠のない熱源を仮定して、辻褄を合わせました。
進化論を成立させようと思わないなら、そんな余計な仮定は不要なのにです。
実際に、地球内部にどれくらい放射性元素があるかは、中心まで掘って検証しなければ、わかりません。
しかし、検証できないことを良いことに、いまだに地球が熱いのは、若いせいではなく、
放射性元素崩壊の熱が原因という進化論に都合の良い説が主流になっています。
太陽が核融合で輝いているという説も、似た状況です。
実際に太陽内部を検証しなければ正否は誰も判断できません。

936 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:21:21 ID:FscnDXWI
漏れはスパゲッティモンスターよりも、坦々麺モンスターよりも、とろろ蕎麦モンスターの方がいい

937 :某377:2006/11/12(日) 00:21:58 ID:EXc4+WMH
>>935
>実際は進化論者の前提は限りなく否定に近いと思います。

だうと。
進化論者に無神論者がいるのは否定しないが、信仰をもつ人も
いれば俺みたいに不可知論に近い奴もいる。
進化論支持と神の有無に対する態度とは別。

>ケルビン卿は、
いまどきケルビンの計算かよw
前提条件がまちがっていたことがとっくに明らかなのに。
この一件だけでもおまえら創造論者がいかに知というものに対して
不誠実であるかわかろうというもの。

http://www.phys.polym.kyoto-u.ac.jp/member/dotera/Research/Polymer/Cell_Crystal/Kelvin_prob0.html
>ケルビン卿の計算は,地球に他の熱源(放射性元素の崩壊)による
>発熱がないとしたとき,正しい計算であった.

現実には地球内部での発熱があるため、ケルビンの計算は成立しない。

938 :某377:2006/11/12(日) 00:25:29 ID:EXc4+WMH
>◆QznUfgqaPY
たまにはググってみるとかしようぜ。
おまえんとこのセクトのパンフばっかり読んでるからそんな初歩的なところで
恥かくんだよ。

939 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:31:29 ID:Siu2fXWV
>>935
ちなみに君は地球が出来てから何年だと思う?

940 :モエカス:2006/11/12(日) 00:48:58 ID:wuPAWaTT
>>935
あなたが思ってるほど、科学の他分野は進化論を中心に物事を考えてないよ、きっと。

941 : ◆QznUfgqaPY :2006/11/12(日) 00:49:26 ID:IA4gBVKC
>>933
>創造主を前提にできないのは、前提とすると説明できないことがあるからというのもあるだろう。
>下に上げた例は創造主を前提とするとどのように説明されるのか、是非お答えいただきたい。

創造主が、どういう理由で、パンダの前足を人間のような指の構造にしなかったかは、ハッキリとはわかりません。
多分、歩行との兼ね合いで、この構造が一番合理的なのではないでしょうか。
人間の足は、チンパンジーのような親指の付き方をしていません。
そのため、足で物をうまく掴めませんが、歩くには、親指が他の指と向き合った付き方より、
同じ向きの付き方の方が合理的なのだと思います。
それと同じで、4足歩行するパンダの前足は、笹を掴めると同時に、
歩行にも効率的な構造にするため、ああした設計になったのでしょう。

http://www2.ocn.ne.jp/~panda55/body/Physical_info_hand.htm

しかし、これがパンダの偽の「親指」に見えるというのは理解できませんね。
とにかく、優れたデザインだと思いますよ。

942 :某377:2006/11/12(日) 00:53:18 ID:EXc4+WMH
>>941
>多分、歩行との兼ね合いで、この構造が一番合理的なのではないでしょうか。

>同じ向きの付き方の方が合理的なのだと思います。

合理的であることを証明してください。

>とにかく、優れたデザインだと思いますよ。

どう優れているかを具体的に説明してください。


943 :某377:2006/11/12(日) 00:55:22 ID:EXc4+WMH
ちなみに直立二足歩行自体が合理的でも何でもないことは
肩凝り持ちや腰痛持ち、胃下垂の患者らには自明だったりするw


944 :某377:2006/11/12(日) 01:37:41 ID:EXc4+WMH
>>941
>創造主が、どういう理由で、パンダの前足を人間のような指の構造にしなかったかは、ハッキリとはわかりません。

なんで創造主の意図がハッキリわからないのはよくて、
科学がハッキリと原因を説明できないのはいけないの?

君らの得意なダブルスタンダードだね。

945 :某377:2006/11/12(日) 01:50:31 ID:EXc4+WMH
おっと、ちゃんと読んでなかったな。今ごろ気づいた。

>>935
>放射性元素崩壊の熱という、根拠のない熱源を仮定して、辻褄を合わせました。

知ってるんだね。これは失礼した。

それにしても。。。。。

根拠がない?ハァ?
放射性元素が地球に存在することはわかっている(からこそ、原発や核兵器が
存在する)わけだが。
熱源がないとするならば、たとえばマントルの熱対流をどう説明するわけ?
熱源がなければ対流は発生しないよ。

自分の説と矛盾する話をすべて捏造と決めつけるのはオカルトさんの
よくない癖だね。


946 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/12(日) 02:39:55 ID:frXKJKfP
>>935
>放射性元素崩壊の熱が原因という進化論に都合の良い説が主流になっています。
地球物理学者が進化論者の顔色を伺わなければならないとは初めて聞いた。
実際には地球の年齢が46億年と言うのは隕石や月の岩石の年代測定からの推定だ。

>太陽が核融合で輝いているという説も、似た状況です。
Wikipediaから引用してみよう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD
> 太陽内部についての知識は、太陽の大きさ、質量、総輻射量、
> 表面組成・表面振動等の観測データを基にした理論解析によって得られる。
> 理論解析においては、太陽内部の不透明度と熱核融合反応を量子力学により推定し、
> 観測データによる制限を境界条件とした数値解析を行う。
> 太陽中心部の温度、密度等はこのような解析によって得られたものである。
ちゃんとした根拠があるんだな。これらに矛盾する観測結果があるとは聞かない。

947 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 06:36:18 ID:q1g6zBDM
いいスレだな
特に◆QznUfgqaPYさん
進化論争に新しい風を吹き込んでくれてますね
実にいい

948 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 06:59:57 ID:emLNcYTN
>ちなみに直立二足歩行自体が合理的でも何でもないことは
>肩凝り持ちや腰痛持ち、胃下垂の患者らには自明だったりするw
尻を拭かなきゃならんのも直立歩行のせいだしねえ


949 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 07:12:46 ID:q1g6zBDM
宇宙は胃下垂の患者に配慮せんだろ
そういう人間中心主義的発想から脱却せんと真理は見えてきませんよ


950 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 07:24:11 ID:q1g6zBDM
ここで言われる合理性とは神にとっての合理性だよ
人間個人にとっては非合理だろうが何だろうが神にとっては合理的と言う事はある
例えば人類の滅亡それ自体が神の視点から見ると合理的と言う事もありえるのだ
「そんな神なんか居らん」とか自称無神論者は信仰に基づいて現実を否認するだろうが
実際この世の現実って自己中心的な個人にとっては不合理な事が多いでしょ
そして観念して「現実」に合わせて生きて行く
有神論者は「現実」の中に理性の導きを認めるが
神などいないと言う人も「現実」にしたがって生きて居る限り結局は神に支配されて生きて居るのと同じなのだ
前者と後者の違いは自覚があるかないかの違いでしかない

951 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 08:41:32 ID:emLNcYTN
そんな「神」の駒でしかない存在なら、結局人間もその辺の石ころと等価という事じゃないのかね
「理性の導き」なんぞマゾヒストの逃避に過ぎないよ

952 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 08:57:14 ID:q1g6zBDM
マゾヒストだろうが何だろうが七転八倒或いは七転び八起きしつつ無我夢中で生きて行かなきゃならないのがこの世の現実だろう
たとえ神がいないとしてもだ
理性の導きだろうが偶然の導きだろうが
それでいて結果として宇宙は進化してきたし、文明も進歩してきた
そのことは進化論者の皆さんも認めるところだろう


953 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:01:31 ID:q1g6zBDM
駒としての価値を考えれば石ころよりは人間の方がより使い勝手の良い駒だろうよ
人間に石ころを拾わせる事は可能だが
石ころに人間を拾わせるのは不可能なのだからね


954 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:29:39 ID:q1g6zBDM
マゾヒストと言われるかも知れんが神に忠誠を誓う事により俺の人生はより過酷で波乱に富んだものになった
神の理想を実現する為に一生懸命生きざるを得なくなったのだ
毎日が挫折の連続である
神の駒でありミッション指令を受けて命懸けで使命を果たそうとする俺はまさに神の兵士ソルジャーである
神の軍隊に志願しなければ別に苦労する事も無くのんべんだらりと生きて居たかも知れんが
マゾヒストの私は神の募兵に志願し
シルベスタスタローン顔負けに戦場を駆け巡っている
君も一緒に戦って見ないか?


955 :某377:2006/11/12(日) 09:34:36 ID:EXc4+WMH
>>947
新しい風?

笑わせるなよ。
とっくの昔に解決した問題やら、このスレの中ですら何度も
退けられた寝言を毎回むしかえしているだけ。

>>949-950
ただの言い逃れだな。しかも自分たちの議論がよって立つ基盤を
掘り崩していることに気づいていないあたりが非常に愚か。

その論法では、ある仕組みが合理的かどうかを判断することは
原理的にできないということになり、したがって体の作りが
合理的なのは創造者がいたからだ、という創造論者の主張自体が
無意味なものとなる。

956 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:42:42 ID:q1g6zBDM
俺は創造論者の主張は無意味だと思って居るからね
進化論者と同じよう人間中心主義に立って居る限りね
多分、日本の進化論者や創造論者は似非が付く同じ宗派の兄弟なのだろう


957 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:43:17 ID:Siu2fXWV
第5章 科学とはなにか
http://www.geocities.jp/enten_eller1120/post2/science.html

この試行錯誤のプロセスには,原理的には終わりがない. それゆえ現在のところ受容されている
「真なる理論」とは,これまでのところ反証の刃をかいくぐって生き延びてきた
「暫定的仮説」のことに他ならない. いかに確実に見える科学理論であろうとも,それは常に
反証の可能性にさらされているのであり,誤謬に転化する可能性を免れ得ないのである.
ポパーのこのような見解は「可謬主義(fallibilism)」と呼ばれている.

(3) 反証可能性と科学性
こうしてポパーは科学・非科学の境界設定の基準として「反証可能性」という
概念を提出する. 反証可能性が高ければ高いほどその仮説は「科学的」なのである.
そして反証可能性が高いということはその仮説のもっている情報量が多いということである.

958 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:45:43 ID:q1g6zBDM
山本七平などが指摘してるように
日本教徒創造論派と日本教徒進化論派の争いに過ぎないのだ

959 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:50:19 ID:Siu2fXWV
>>950
もし神がいると仮定してみる
→神と人間の合理性は食い違うかもしれない
→この世は人間にとって不合理である
→だから神がいる

という狂った論理を展開してるのだろうか?
文の運び方がイマイチで、何を言いたいのか明確でないなあ

960 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:53:59 ID:Siu2fXWV
山本七平 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%B8%83%E5%B9%B3

961 :某377:2006/11/12(日) 10:00:34 ID:EXc4+WMH
>>956
なるほど。おまえは創造論者ではないわけね。
ところで950で主張された立場は、神の恩寵を否定しており、
キリスト教徒としてはまったくの異端なわけだが、それでいいのね?

962 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:03:36 ID:W5o67tAD
ポール・ボネやヤン・デンマンは進化論と創造論にどんな見識をもってるの?

963 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:03:48 ID:q1g6zBDM
959
ここでは神の存在証明などしてないからな
合理性の解釈の違いを指摘しただけ


964 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:05:53 ID:q1g6zBDM
俺はキリスト教徒ではないから異端も糞も無いわな


965 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:11:09 ID:Siu2fXWV
わかりにくいから、君が言いたかったであろうことをわかりやすくまとめてみよう

神が存在するとしても神にとっての合理性なんか人とかけ離れてるだろうから
「生物の構造が合理的だから神はいる」とか「不合理だから神はいない」とか
そういった意見は成り立たない

はい、これでいいかね?

966 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:12:56 ID:Siu2fXWV
http://web.sfc.keio.ac.jp/~t95014ha/Hiyorin/shinkou4.html

たとえば懐疑主義は 「真理など求めても得られやしないのだからあきらめろ、
無駄なことはするな。 正不正・真偽の判断といったものはすべてまやかしである」 と言い、
相対主義は 「真理は人それぞれなのだから、自分の信じる真理観を他人に押しつけるな」 と言い、
そして可謬主義は 「究極の真理には到達できないとしても、我々はそれを目指して対話を重ねるべきだ」 と言うことだろう。
 ここで可謬主義のメッセージは前向きだが、 しかしそれが可謬主義である限り
宗教教義の受容(=信仰)を拒否する。 可謬主義の立場から見た宗教言説の在り方は、
森岡正博の次のような告白によく表現されている。

 彼らとつき合っているときに、ふと違和感にとらわれることがある。 それは、
彼らがもっていることの多い、 「絶対の真理がすでに誰かによって説かれている」という感覚だ。
ふとしたことばの裏に潜むそのような感覚に出会ったときに、 私はいつも無限の距離を感じてしまう。 (中略)
「絶対の真理は、まだ誰によっても説かれてはいないし、今後もけっして説かれはしないだろう」。
これが私にいちばんぴったりくる感覚である。 もちろんこの私の感覚に根拠がないのは、言うまでもない。
 こんなことを書くと、 「じゃあ、あなたは絶対の真理を求めたり、 悟りや救いを求めることは
バカげているとでもおっしゃるのですか」 と反論されるに違いない。 でも、この質問に対しては、
私ははっきりとした答えをもっているのだ。 私は思っている。 絶対の真理を求めたり、悟りや救いを求めたり、
それを得るために修行したりすることは、 ほんとうにすばらしいことだ。 どこかに絶対の真理があるのではないか、
どうすれば私はこの苦しみの多い人生から救われるのか、 この世で生きる目的はいったい何なのか、
そういう問いに突き動かされてもだえ苦しみ、その解決を求めて修行する人間の姿は、
人間が示し得るもっとも高貴な姿だと私は思う。

967 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:26:06 ID:up+ZWkhv
こりゃあくまで考えるヒントだが
人間の能力には進化論的に考えると余分な機能も備わっているのではないか?




968 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:32:19 ID:up+ZWkhv
ポパーの議論に沿えば
進化論が創造論によって反駁されたとしたら、そこで進化論は初めて科学のお墨付きを得られる訳で
ここにはどうあっても進化論を宗教にしたい勢力が巣作っているように私には思われるなw

969 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:45:56 ID:Siu2fXWV
>>968
反証可能性という言葉を理解してなくない?
ちょっと君、反証可能性という言葉をどう解釈しているか説明してみ。

970 :モエカス:2006/11/12(日) 13:36:04 ID:wuPAWaTT
>>953
>人間に石ころを拾わせる事は可能だが
>石ころに人間を拾わせるのは不可能なのだからね
石ころが自発的に人を拾うわけではなく、
神の駒として神が石ころを用いるのだから不可能ではない。
それとも、あなたのいう神はその程度のことも出来ない存在なのか。


971 :創造科学ヲッチャー ◆9..PT7xqKE :2006/11/12(日) 17:03:00 ID:Vy02HhV1
>>958
それ単に日本人の創造論者と進化論者が論争しているってだけだろ。
日本教という概念への批判は浅見定雄の『にせユダヤ人と日本人』に簡単に書いてある。

結局ID:q1g6zBDMの言いたいことは「俺はそう信じている」ってだけだ。

972 :某377:2006/11/12(日) 18:29:17 ID:EXc4+WMH
>>963-964
オーケー。ようやくわかった。
じゃあ寝言だけ言いにきただけの単なる野次馬ということで
今後はスルーすることにするね。

973 :某377:2006/11/12(日) 18:33:24 ID:EXc4+WMH
>>967
「進化論的に考えると余分な機能」ってどういう意味?

>>968
969の言うとおり、反証可能性の意味を完全にとりちがえていると思われる。



974 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 10:39:01 ID:OiSoL2HZ
次スレがいつのまにか立ってた。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163305972/1-100
980超えてから立てればよかった気がする。

975 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 10:49:24 ID:4z+uRPcH
石ころが人間に対して「俺を拾って7つ集めればどんな願いもかなうぜ」とかいうメッセージを発すれば、
石ころに人間を拾わせることができるな。

976 :モエカス:2006/11/13(月) 11:41:20 ID:qwP91MX/
ひとつでいいじゃん。

977 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:47:46 ID:bC1QsLS/
http://www.youtube.com/watch?v=vL7FcvEydqg

978 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 20:44:33 ID:vedrVLTi
エル・カンターレ・ファイト!

新興宗教では進化論はどうなってるのか??

979 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:26:27 ID:vedrVLTi
「この世は仮の世」というKK信者は反進化論者だったが・・・

980 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:42:48 ID:5E5LxGUA
宗教オタク共 日テレでボクシングでも見ろよ!!

981 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:06:22 ID:lDDdbr0c
知ったことか。

982 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 16:29:57 ID:UzdmbIxt
亀田はどんな進化を遂げるのか…見物やな!

983 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:24:17 ID:xkT3guIq
本当に『進』化なのかどうか。
俺には分化にしか見えない。
単細胞、群体、多細胞も、それぞれ適応の解というだけの事だと思うのだが。
進化なんて術語を使うから、アフォ宗教が絡むネタを与えてるのではあるまいか?
なんてねw

984 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 21:42:29 ID:Tvv2E8VC
進化って訳されたんだからしかたないじゃん。
勝手に変なイメージを持って、脳内妄想を繰り広げる方が悪い。

985 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:06:09 ID:xFRnLvlg
「進化」と言っていない諸外国で宗教に絡まれている現実からして、
訳語のせいではありえんな。


986 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:43:57 ID:FULFd8MC
自分の妄想に沿わない異質な考えを無邪気に妄想と退けてしまう様はかわゆいのう


987 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 01:34:05 ID:PDjrG0QI
妄想は実験や観察で保証されませんが、何か?

988 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 05:29:51 ID:nlzTttYF
何も?w

989 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 06:44:41 ID:TZdx0EFq
「考え」だったら何でも対等だと思うような能無し相対主義者にはかなわんな。

990 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 10:25:29 ID:u9BcEjPb
>>986
根拠出せないからそういうカキコでせめて印象付けようとしてるのね…
かわいそうに

991 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:04:38 ID:QxuaEw64
各国語での「進化」の訳語を日本語で直訳するとどうなるんかのう。

992 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:22:42 ID:7W0syeFY
【疑似科学】創造論と創造科学とID論と進化論Part9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163575306/

993 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 17:06:53 ID:8rw30DkF
>>993
「進化」になるんじゃね?

994 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:59:13 ID:CNJhNT4X
早く終われ。

995 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:46:51 ID:CNJhNT4X
総括。
創造論の勝ち。

996 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:56:51 ID:03mERUfM
>>995
なにしろ根拠も無いのに支持者がいるからな。

997 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 20:58:36 ID:99Jio8Sw
勝利宣言して逃亡、の繰り返しはよくないのです。

998 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:27:48 ID:CNJhNT4X
>>996
我輩のスレ発言で誰かが抗議したのだろう?管理人には大変ご迷惑をかけてしまったらしい。
禁固一週間の刑を食らったが、主の真理は曲げられない。

宇宙や時空の起源は依然明らかになっていない。インフレーション宇宙論の説明を
合理的にするために、エネルギーゼロという意味での「無からの創造」を想定する説が
少なくとも、二つある。
ホーキングとジム・ハートルによる「無境界仮説」とアレクサンドル・ビレンケンが
1982年に発表した説である「物質も時間もないところから極微の宇宙が生まれた。」
とする説である。ここらから、次スレで科学知をいじめたい。
間違いないとする科学知が人の霊性を損なう。




999 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:34:23 ID:shc0qiVe
気違いはスレと一緒に去ってください。

1000 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:37:09 ID:pB/8r2Di
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

301 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)