5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿含宗という宗教111

1 :口下手番長111:2006/10/08(日) 21:41:24 ID:Jol+nRN5
このスレッドは阿含宗批判が目的です。
霊感商法、霊視商法をするカルト宗教・阿含宗の宗教詐欺を世に知らしめるためのスレッドです。
初めての方のためのダイジェスト版は
http://religion.bbs.thebbs.jp/1130673101/463-864
http://religion.bbs.thebbs.jp/1137513788/7-79
過去の関連スレッドは下記にあります。
http://etcsouko.hp.infoseek.co.jp/
http://i.ringoya.nu/?u0=http%3A%2F%2Fetcsouko.hp.infoseek.co.jp%2F
ダウンロードして保存することをお勧めします。

2 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 21:42:17 ID:Jol+nRN5
初代「口下手番長」さんの宣言文。

皆さん阿含宗という宗教団体を知っていますか?
今では伝統宗教のようにふるまっていますが昔は自ら作ったインチキ
超能力で民心を惑わしあのオウム麻原を生んだとんでもない宗教団体
です。(オウム麻原と桐山靖雄を比べればそっくりであることに気が
付くでしょう)桐山靖雄の過去も疑わしい点があります。
偽ビール事件で実刑判決を受け、学歴詐称を行い(初めは早稲田の卒
業と偽り、それがばれると、日大の芸術学部と偽った)、実際は僧歴
もないのに、僧歴を偽るなどの悪行を行ったのです
現在も金銭の見返りに世界各国から勲章をもらうなどしてますし(池田
大作に模倣して??)インチキなノストラダムス本を書いてまた民心を
惑わし続けています。
皆さん、こんな宗教団体に騙されてはいけません!!
阿含宗の信者だった、もしくはそこの内部事情を知っている方ここへ書
き込みしていただけませんか?宜しくお願いします
また、私も阿含宗の資料が集まり次第ここへ書き込みいたしますので
どうか宜しくお願いします。

3 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 00:20:57 ID:MMmWUCPg
スレ110
>698 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 12:05:15 ID:5Vt9bBB8
>仰っている事はなるほどそうなのですが、以前は行をされていたのに
>阿含宗の全部をいんちきにしてしまうのは正直どうしてなの?という思いです。

阿含宗は根拠のない霊的な脅かしをして人や金を集める。
こういうのを霊感商法といって、あなたが今していることです。
阿含宗は地球壊滅を説き、横変死したくなければ帰依するように説く。
こういうのをカルト宗教といって、あなたがアウシュビッツの護摩などでなしたことです。
今、ここであなた一人ために説明したのだから、
受け入れなくても、知ったのであり、注意された。
今後は、阿含宗が霊感商法をするカルト宗教だとは知らなかったとは言えない。
今後は知らなかったという言い訳は成り立たず、あなたは百も承知の確信犯ということになる。
周囲に話をしなくても、信者として阿含宗を応援しているのだから、
詐欺宗教を助長し、霊感商法を手伝っている。
自分の信仰というエゴのためなら、気にしないらしい。
などと、ずいぶん辛辣な書き方に、あなたは気分を損ねたかもしれない。
だが、あなたのしていることは悪業あり、
私は元信者として、同じ悪業をなした者だからこそ、辛辣に書きます。
引き続き、ここに意見や質問、反論を書いてみてはどうでしょう。
自分の信仰のあり方を知る上でとても役立つはずです。
同時に、過去スレの議論を丁寧に読んでみることです。
膨大な量であり、ゴミもたくさん混ざっているが、
時間をかけて読むだけの価値はあります。

4 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 00:51:15 ID:BDoKgKKy
4get

5 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 11:49:30 ID:BDoKgKKy
おはようございます。

6 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 12:32:12 ID:yPLcr/Lw
北が実験をやりおった。

7 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:08:31 ID:23C+o/az
「ウミタコ・メソッドの実践」から引用

[715]青柿(あおがき) 06/10/07 23:44 WFb5duDuU6
批判派の樹意さんという人が"ばりばりくん"と称するポケモンがアゴン宗にいる、との報告がありました。
樹意氏は"ばりばりくん"に意識をつなげオーラ視の能力を獲得したそうです。
隊長先生もばりばりくんを召喚することが出来たのは批判派も認めているようです。

法力といってよいか分りませんが、批判派でも擁護派でのない 牧童洞窟犬氏やユビパッチン氏がアゴン宗の裏側も知ってて在籍してるのは、ばりばりくん の波動を感じているからではないでしょうか。

[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723
>>721 とにかく認めてくださりありがとうございます。
擁護派が七氏に「空のカスケットにバイブレーションを感じる、云々」と言われてますが、それだけは反論できるわけです。
>そしてだんだん先細りになる。健康も損なう。
H代(エッチしろ、と読まないでください)氏のようなサイキックな人が在籍してるから大丈夫と思います。
氏が退会したら要注意w

8 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:11:54 ID:23C+o/az
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723
>擁護派が七氏に「空のカスケットにバイブレーションを感じる、云々」と言われてますが、それだけは反論できるわけです。

何の“反論”になるのか、説明してください。
樹意さんのバリバリと、空のカスケットとどう脈絡があるのだ?
樹意さんは空のカスケットからバリバリを感じたなど話していない。
星祭(夜祭)さんが空っぽのカスケットから聖なるバイブレーションを感じたことと、
樹意さんのバリバリとどう関係するのだ?
あなたの勝手な解釈を加えて、あたかも樹意さんが主張したかのように書くのは失礼です。
しかも、二ヶ月前ここで樹意さん、ユビキタスさん、私から注意されたはずだ。
スレ107の594、623、635などです。
ユビキタスさんから、
「オカルト趣味を持つ人が墓場で肝試しをしたら、本当に幽霊と遭遇した。
やったやった♪幽霊が見れた♪この墓場は大したものだ。
この墓を経営しているお寺はよほど霊性が高いのだろうと喜ぶのに似ている。」
という辛辣なたとえをされたのを忘れたのか。
他人の考えや体験を自説の根拠としたいなら、
きちんと相手の主張を理解して用いるのが礼儀です。

9 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:15:00 ID:23C+o/az
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

阿含宗に霊的な存在や、青柿さんの好きな「気」があるとして、
それとカスケットの中身とどう関係しているのだ?
星祭さんは自分の修行の成果として聖なるバイブレーションを感じたと言っているのです。
精霊や悪霊からそのように教えてもらったなどと書いていない。
桐山さんの白銀のバイブレーションの話を真似しているだけです。
ところが、カスケットには仏舎利が入っていなかったのだ。
仏舎利の入っていないカスケットから、どうやってバイブレーションを感じるのだ?
星祭さんは日泰寺の仏舎利まで出してごまかそうと必死です。

10 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:16:50 ID:23C+o/az
「ウミタコ・メソッドの実践」から部分引用
>[696]夜祭 06/10/04 23:37 IQU0ertVlp
>法と信仰の熱意がすべての賜物ですよ。
>だから日泰寺の仏舎利塔は記念碑であり、
>真正仏舎利カスケットはバイブレーションを発揮するんだよ。

三十年も阿含宗で修行してきた先達様のゴマカシぶりを
信者さんたちもよく見てください。
無駄な努力というよりも、見苦しい。
「真正仏舎利はバイブレーションを発揮するんだよ」ならまだわかる。
従来から星祭さんが言って来たことです。
ところが、なんと、
>真正仏舎利カスケットはバイブレーションを発揮するんだよ。
カスケットがバイブレーションを発すると書いている。

11 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:21:56 ID:23C+o/az
>[696]夜祭 06/10/04 23:37 IQU0ertVlp

空っぽのカスケットからバイブレーションを感じてしまったから、
これをなんとかごまかそうとする星祭さんの屁理屈に信者さんたちもあきれないか。
率直に現実を認めて、自分の思い込みを反省するのではなく、
どんな屁理屈を付けてでも、自分を正当化する。
「おれの間違いだった」と言えば、誰もいつまでも追求などしない。
それを、詭弁で絶対に自分の非を認めない・・あれ?どこかで見た光景。
そう、桐山さんとそっくりです。
偽ビール造りの詐欺なんて、人殺しなどの重罪ではないのだから、
言い訳などせずに自分の非を認めてしまえばいいものを、絶対に認めない。
というと、信者さんたちは桐山さんは前科を認めて、血の涙を流しているというだろう。
桐山さんがなんと言い訳しているか、もう一度本で読んでみてください。

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:27:57 ID:23C+o/az
>[696]夜祭 06/10/04 23:37 IQU0ertVlp

桐山さんは今でも偽ビール事件での判決は不当だったと書いている。
あれは偽ビールではなく、インスタントビールを造るつもりだったとか、
正式な許可を取るつもりだったのを、仲間が勝手に売ったなどと
世間では絶対に通用しない言い訳の限りを尽くしている。
このスレで何度も批判されているように、インスタントビールなど造れません。
酒造メーカーを買い取って、などという最もらしい言い訳も嘘です。
清酒とビールは別な許可を取らないと造れない。
清酒のメーカーだからといって、ビールや雑酒を造っていいことにはならない。
試験醸造ですら許可が必要なのです。
ドブロク造りの前科のある連中に税務署が許可を下ろすはずがない。
誰がどう見ても、桐山さんは偽ビールで一儲けをたくらんだ。
税務署にも届けずに機械を買い入れて本格的に醸造なんかしたら、
後ろに手が回ることなど常識で考えてもわかる。
しかも、桐山さんは前年二度も逮捕されていたにもかかわらず、手を引かなかった。
犯罪だと百も承知の確信犯です。
これだけはっきりと桐山さんがなした犯罪なのに、その言い訳は、
さすがには「星祭言い訳先達」様の師匠だけのことはある。

14 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:29:12 ID:23C+o/az
『現世成仏』
「だが――結局は、わたくし自身のもって生まれた刑獄の因縁のなせる業であった。」(p.75)
「思えば、わたくしもまた、この娑婆世界において、
地獄界のドン底からはじまる十界修行をさせられてきた。
わたくしの十界修行は、刑獄の因縁による前科を持つことからはじまった。
それは、血と涙の修行の連続であったが、
いまにして思えば、すべて、み仏のお慈悲以外の何ものでもなかった。」(p.11)
「仏さまが全部やらせてくださったことであろう。
よくもこれだけいろいろな苦しみを味わったものだと、自分で感心してしまう。」(p.64)

15 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:36:12 ID:23C+o/az
>>14 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:29:12 ID:23C+o/az

庶民を騙して偽ビールを売ったケチな詐欺が、
上意討ちで無念の最期を遂げた霊障のホトケの作り出した刑獄の因縁や
御仏のお慈悲、なんだそうだ。
全部先祖、霊障、悪因縁、仏のせいにしており、自分が為したことだとは一言もない。
この桐山さんのどこが反省をしているのだ?
どこに血の涙があるのだ?
「いろいろな苦しみ」って自分が作ったことです。
世間を甘くみて、自分は頭がいいと自惚れてやったチンケな詐欺事件を
まるで仏に辛酸をなめさせられたかのような書き方です。
なんと、偽ビールの詐欺が十界修行、つまり仏道だというのですよ。
詐欺を壮大な仏道修行物語に仕上げてしまった。
屁理屈の言い訳を並べる点は星祭さんはよく桐山さんの法を学んでいるが、
桐山さんの強烈な自己憐憫と自惚れと自己満足ぶりには足下にも及ばない。

16 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:39:43 ID:23C+o/az
>>14 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 23:29:12 ID:23C+o/az

桐山さんは自分のなした悪業すらもいっさい認めず、
言い訳をして自分を正当化するために宗教まで作り上げた。
信者さんは桐山さんの言い訳を金を出して支えている。
柴燈護摩などいろいろなイベントも、結局、桐山さんの犯罪の言い訳を
支えるためのものです。
桐山さんは処罰されたことへの恨みと傷が癒えず、
信者と世間への霊的な脅迫で復讐をしている。
「キサマら、こんな立派で偉いオレ様をコケにしやがって、
絶対に許さんからな。オレ様に頭を下げろ!土下座しろ!」
だから、桐山さんは執拗に因縁や霊障で世間を脅かすのです。
例祭では信者たちに頭を下げさせ、鳴り物入りで出てくる。
信者の前に現れる時も、土下座させる。
信者さんたちは聖者に礼拝しているつもりだろうが、土下座です。
桐山さんはそれを見て、心の傷を癒し、虚栄心を満足させる。
こんな人のどこが聖者様なのだ?

17 :樹意:2006/10/11(水) 01:35:06 ID:U361AS3b
>>6

おかげさまで日経平均は上昇した模様です。
一時1万6600円の場面もあったようですが、機械受注が予想を
下回ったようで、小幅上場に留まった模様。
どっちかちゅーと機械受注の方が影響が大きいようです。
ラム○フェルド君やカー○イルの防衛産業絡みで雨と喜多の
マッチポンプではないか
という批判がある北の核問題ですからして、まあ、利に敏いマーケットの
参加者達は実態をよく把握しているようです。
彼らは金の流れしか見ませんから本音を判断されるようです。
人間の本音を見るには、金銭の流れを見るのが一番いいわけです。
どのみち日本人の財布が軽くなるというオチなのでしょう。(^^

喜多の核は日本の資金 日本の機材 日本の技術によってモタラサレた
ものであるのは明白で、事に脱法産業であるパ○ンコの資金さらに
某大手カルト団体が○ランスから入手したという格技術の賜物と
いえます。日本の某カルト団体はこれが元でフランスでは
セクトの地位を与えられているようです、ゲイカが羨望してやまない
方のとこです。
日本人全部お人よしバカの集まりですから、自分達が○畜の扱いなのも
知らないし、政治家は金で簡単に転ぶ方達が多いですからお話に
なりません、今後も沢山せびられる事でしょう。
日本は彼らのお財布なのですから、そう簡単に焼くようなことはないと
思われます。
ただし、用心するに越したことはありませんからこれからも観測は
必要です。
ゲイカは表では批判するその政治カルトの恩恵をフルに活用して
おりますから、私はカルト問題全体でのアゴンの位置づけといったものも
頭の中に入れておいてほしいと念願する次第です。


18 :樹意:2006/10/11(水) 01:54:06 ID:U361AS3b
誤   小幅上場に留まった模様。 
正   小幅上昇ーーー
>>7

転載ありがとうございます、青柿さんはいつものびょ〜気で、私の書いたものを
自分の中で変換されているようです。
だいたいにして如意輪法の話題のときも今も私がずっとやっているような
書き方でしたし、普通に考えたらありえない話です。
それにオーラ視の能力等は今はありませんとも否定したこともどっかへ
忘れてしまったようです。(^^ 
一時期それらしきことを体験したという話を書いただけです。
私の主張は、どんな霊的な体験どんな超能力もどきの体験が
あろうといったんは現実世界に立ち戻り、現実世界で判断するよう
にというのが私の書いた主眼であって、それが魔境対策にもなると
いう主張です。その一番大事な部分を排除されて主観の
部分だけ取り上げられては、誤解の生じる基です。



19 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 02:11:59 ID:H6uFltcX
青垣くんはきっと、自分がまったく霊体験をしてないので、
霊体験の様らしき話を喜び、しつこく別物にして書いている
だと思います。それらの真贋や、意味などまったく考えも
せずに。
阿含宗でこんなになったのか、もともとかはわかりませんが、
可哀想な人ですね。

20 :樹意:2006/10/11(水) 02:22:42 ID:U361AS3b
>>7

よく霊能者が霊に追いかけられただのといった書き方をしますが
私の考察するところでは、現実世界では我々は物体に光があたりその反射を
感受し、それを脳が認識するという段階を踏むわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はこういった識魂のいたづらには慣れていますし、仏陀の説く無我 非我の
教法から判断するに、彼らの手口として、脳に直接働きかけて(識の操作)
それで操作する対象である方の記憶やらの認識を呼び出して
映像等編集 感覚操作するという段取りのようです。
(ただしこれは高速で行われるようです)
ですから追いかけられていると感じる霊能者がいたとして そのときには
スデに脳と直接アクセスを取っているというパラドックスがあります。
ですから主観の世界というものは、一端現実世界に立ち返り、その上で
判断するというのが重要ではないかと考察するわけです。

ばりばり君にしても私がそう感じたというだけの話であって
それがアゴンの識魂かどうかも解りかねると書いておりますし、
前述した通り、脳に直接アクセスされて自由にその感覚を操作されると
推測されますから、どんな感覚であろうと彼らは作りだすことが
可能という推測ができるわけです。
 掲示板で電波と称されるのも 当然かなと思う次第ですが
 私の場合は魔境や独善に陥らないよう現実世界のありようで
 判断するよう呼びかけるものですから その点ご容赦願いたいと
 思います。



21 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 08:53:26 ID:BFZKJy2N
ひさしぶりに銀座に行ったんだが、アゴンビルなくなっていたねぇ

22 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:35:15 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

青柿さんは行歴の長さのわりには桐山さんの本をちゃんと読んでいない。
旧『座右宝鑑』くらい古本で買って読んでみたらどうか。
超能力開発に興味がある人がどうしてこの本を読もうともしないのか不思議です。
超能力開発法として勧めているのではありませんよ。
桐山さんが公開した内容を徹底的に検証して、やってみれば、
彼がどの程度体得して書いているかなんとなく推測がつくからです。
その際、「おれはこの本に書いているとおりにはできないが、
ゲイカのような達人にはできるのだろう」とは思わないことです。
あなたにできないことは桐山さんもできない。
そもそもこれらの教科書は初心向きに書かれたものだから、
初心の者ができないはずはないのです。
ところが、実際には出来ないことを、あるいは初心の者がこんなことをしたら、
身体に無理が来るようなことを平気で書いている。
こういう桐山さんに疑問を持つべきです。

23 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:39:51 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

桐山さんがああいう技法は書くときにちょっと練習しているにすぎないのでしょう。
反式とか、火の呼吸とか、本で読んだり、バジアンさんから教えてもらい、
ちょっと試してみると、たちまち自分では体得したような気になってしまう。
呼吸法や瞑想法に限らず、桐山さんのしていることは全部そうです。
阿含経の読み方をみればそれがよくわかる。
読んで、さもそれを昔読んで艱難辛苦の末に体得したかのような話に
仕上げて、すぐに本に書いているのがわかる。
桐山さんは阿含経を徹底的に学んで体得してから阿含宗を立宗したのではなく、
立宗した後に阿含経を読んで、ネタ探しをした。
阿含経にツバをつけて確保してから、ゆっくりと食べたのです。
だから、阿含経講義が始まったのは1980年代前半です。

24 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:45:24 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

超能力経典を探して、クンダリニーやチャクラと結びつけたかった。
だが、阿含経にはどこにもそれに相当する話はなく、後に桐山さんも認めるしかなかった。
超能力よりも桐山さん自身は御利益が欲しい。
だから、経典に出てくる「福」や「功徳」という文字に異様にこだわる。
釈尊はこれらの言葉のほとんどを煩悩を断ちきった境涯を指しているにすぎないのだが、
桐山さんには御利益話にしか見えない。
だから貪瞋癡の三悪煩悩を断ちきれという三供養品が
仏に貢ぐと功徳という御利益がもらえるという話に読めるのです。

25 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:49:41 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

阿含経からは超能力開発法が見つからないし、
骨供養と御利益で信者を釣ったほうがよさそうなので、
そっちに夢中になっているうちに、オウムに超能力のエサを盗られてしまった。
オウムに追撃されて、あわててたまったホコリを払い、超能力開発法を阿含経から探した。
だから、阿含経に神通力の体得法があると書きながら、
具体的な経典を示したのは1989年以降です。
しかし、新しいネタなんか何もなく、いつものように
『釈尊の呼吸法』(村木弘昌)
という他人の本から安那般那と止息をパクッタ。
このあたりの詳しい内容はスレ100の523あたりに書きました。

26 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:52:47 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

安那般那はただの呼吸法だと桐山さんは思っていたから、
『求聞持法瞑想入門』では軽く取り扱ったが、村木さんの観点は違っていた。
呼吸法で神通力が得られるというのです。
また、桐山さんは彼の本で阿含経に止息という単語があるのも初めて知った。
村木さんは医者であり、仏教は素人だから、安那般那とは呼吸法そのものであり、
止息とは文字通り、息を止めることだと思った。
愚かにも、桐山さんは村木さんの解釈の間違いをそのまま採用した。
桐山さんはどこから盗んできたか、足跡を残してしまったのです。
桐山さんは村木さんの本をヒントに安那般那念経と止息経を持ち出して、
これが釈尊の説いた呼吸法であり、チャクラやクンダリニーを
覚醒させるのだと書いてしまった。
安那般那ですらも厳密には呼吸法ではないし、止息に至っては呼吸とはまったく関係がない。

27 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 12:56:13 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

青柿さんはすでに理解したように、安那般那は四念処の一部にすぎない。
呼吸や呼吸法そのものが目的ではなく、
どんな呼吸をする時でも意識を呼吸に集中し、縁起の法を元にして、
執着や欲望をなくし、煩悩が漏れ出ないようにすることです。
だから、呼吸も歩行も食事も排便も同等です。
瞑想の時間が多い比丘たちのために安那般那を説いたにすぎない。
止息を呼吸法だというに至っては噴飯物、大爆笑です。
止息は煩悩を断ちきるという意味であると止息経で釈尊が説明している。
呼吸法などではない。
桐山さんは止息経を読んでいながら、これを呼吸法だと本に書いた。
読者や信者が経典まで調べることはないだろうと侮っているからです。
止息を呼吸法だと書いたのは、桐山さんのいう釈迦の成仏法、
成仏力がインチキだとバレタ瞬間です。
桐山さんがいかに阿含経など理解していないか、解釈がデタラメか、
彼のいう仏陀の智慧など銀狐の悪知恵にすぎないのがわかる。

28 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:01:56 ID:OxYMIGNw
>[723]青柿(あおがき) 06/10/08 22:22 723

安那般那と止息法は超能力を目指す瑜伽派にとっては根本です。
なぜなら、桐山さんの超能力は普通の超能力と違い、釈迦の成仏法が元になっている。
弟子に教える超能力開発法も釈迦の成仏法が元になっている。
単なるクンダリニーヨーガとは違うのです。
桐山さんによれば、釈迦の成仏法とは神通力であり、
神通力は四神足から体得されるものであり、四神足は安那般那と止息法などの
呼吸法でチャクラやクンダリニーを覚醒することで得られる。
つまり、安那般那念経と止息経こそが釈迦の成仏法、
七科三十七道品の基本経典であるにもかかわらず、
それらは誤った解釈や嘘によって成り立っているのです。
安那般那や止息法という親亀がコケタのだから、
超能力開発法という孫亀もコケル。
光明解脱大日護摩などただの焚き火にすぎないことになる。
瑜伽派はこの事実に愕然としなければならない。
そこで、瑜伽派である青柿さんに戻ります。

29 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:09:11 ID:OxYMIGNw
スレ110
>723 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 21:54:01 ID:gTDM7Ljl
>青柿さんの1割を聞いてみたいですね。

たまたま、スレ111になってから、まさに「青柿さんの1割」に相当する話になった。
723さんはここまでの説明で、桐山さんの超能力開発など
付け焼き刃にすぎないという批判は、ただの悪口ではなく、
かなり説得力があることは、受け入れがたくても、理解はできたでしょう。
阿含経から釈迦の成仏法で神通力を体得して、立宗したかのように桐山さんは話しているが、
実際は、立宗してから、阿含経を丁寧に読み、オウムに尻に火をつけられてから、
あわてて安那般那念経や止息経を他人の本からパクッテ出してきた。
超能力開発の“親亀”がこれだけデタラメなのを見たら、
超能力を目指す人は桐山さんへの百年の恋も冷める。
だが、青柿さんはそうではない。
いずれ本人から宗教的告白があろうが、概要を説明しましょう。

30 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:13:46 ID:OxYMIGNw
>723 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 21:54:01 ID:gTDM7Ljl
>青柿さんの1割を聞いてみたいですね。

723さんは青柿さんが何か体験によって、
阿含宗が本物だと確信しているのではないかと、期待しているのでしょう。
だから、1割を聞きたいと書いた。
そうではありません。
精霊でも悪霊でもいいから、阿含宗に霊的な力があれば、
その力を得たいというのが青柿さんの趣旨です。
だから、樹意さんの目撃した”バリバリ”に異様にこだわる。
樹意さんから叱責されても、まだバリバリを自分流に解釈しているのは、
阿含宗に残された数少ない拠り所だからです。
桐山さん本人は、教義から超能力から身体までボロボロであることを
青柿さんは認めてしまっているのです。
だから、安那般那と止息の話など桐山さんの嘘として受け入れており、
再度説明されても、彼にはさして衝撃がない。
また、釈尊が説いたこととは、桐山さんの説いたこととは全然違っていることも理解した。
しかし、そんな“清く、正しく、美しく”は固くお断り申しあげたいというのが本音でしょう。

31 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:19:35 ID:OxYMIGNw
>723 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 21:54:01 ID:gTDM7Ljl
>青柿さんの1割を聞いてみたいですね。

桐山さんもお釈迦さんもダメとなれば、青柿さんの拠り所は、
阿含宗にある霊的な力、“気”のようなものを吸い込んで、
力が得られないかというもので、これが「一割」です。
桐山さんが詐欺師でも嘘つきでも、毒食らわば皿までで、なんでもいいから、
とにかく強い“気”があればいい。
今の青柿さんには強ければ麻原彰晃の“気”でも吸い込みたいのです。
桐山さんの嘘を暴露されて、青柿さんの信仰の足場は
ここ数年どんどん狭まり、ついに“気”に頼るしか方法がなくなった。
前は星祭さんの聖なるバイブレーションも頼りにしていた。
ところが、これが空っぽのカスケットだったとわかり、
青柿さんの足場はまた狭くなってしまったのです。
だから、樹意さんに怒られようがなんだろうが、藁をも掴む思いでバリバリに頼っているのです。
批判側の体験に拠り所を求めるのだから、いかに窮しているかわかります。
だから、「1割」ではなく「1%」といったほうが正確でしょう。

32 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:23:24 ID:i1fLGinn
http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/lgyouage/1160451610/l50

33 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 13:26:10 ID:OxYMIGNw
>723 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 21:54:01 ID:gTDM7Ljl
>青柿さんの1割を聞いてみたいですね。

私は青柿さんに桐山さんが生きている間は阿含宗を辞めないことを勧めている。
未練を残して辞めても、また別なことに迷うからです。
問題は阿含宗ではなく、彼自身の中にある。
宗教詐欺師の“気”がひどい味だと感じるようになるまで、
青柿さんは熱心に食べ続けるほうがいい。
だから、旧『修行者座右宝鑑』を勧めたのです。
桐山さんの宗教詐欺師の“気”を腹一杯食って、思いっきり下痢をして、
自分の求めたものがいかに愚かか、自ら体得するしかない。
詐欺師の“気”ならひどい下痢になっても、死ぬことはない。
723さんや他の信者さんたちは青柿さんを笑うかもしれないが、
しかし、あなた方も他人を笑える立場にはない。
少なくとも、青柿さんは桐山さんのインチキという現実を認めた。
だから、青柿さんには桐山ゲイカではなく、隊長先生なのです。
それに比べたら、桐山さんを法力をもった聖者様だと
信じている723さんのほうが私には重症患者に見えます。

34 :青柿(あおがき):2006/10/11(水) 13:48:15 ID:RVfLCHC4
おかげで法友減りましたよw
導き親とも疎遠です。
ネットだけの情報におどらされて馬鹿な奴という人もいるかもしれません。
最初はネットの情報などと本気で向き合うつもりはありませんでしたよ。
しかし現実を見ると、チャクラとか修行とか言いながら、実際はボンギョーばかりでしょう。
さすがにオカシイと感じるわけですね。
そこでネットの情報を見ると、まさにその理由が説明されているんです。

アゴン宗の真実は1%のタルパにあります。

35 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 18:26:12 ID:94gG1XF+
現在の桐山さんは護摩を長時間焚ける体力がないほどイカレているのかい?

36 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/11(水) 20:18:03 ID:Zfa76OgR
>>35
護摩を焚くのに登壇はしてないようですね。
護摩壇の前に用意された腰掛け椅子に座って修法をします。
初護摩では所作をかなり間違ったと報告されています。

37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B

相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと
思うのですが……無理かな。(笑)

お盆に来日された中国佛教代表団の方々です。
http://news.fjnet.com/jjdt/jjdtnr/t20060904_38329.htm

「がんばれ阿含宗」と書いてくれた人です。
http://plaza.rakuten.co.jp/yasu78/diary/200609290000

管長猊下の遺言、見たいですか?
http://yoshiko3.exblog.jp/3968192


38 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 01:54:45 ID:9Tng36ws

「真如苑」というカルト ご存知でしょうか。
創価やオウムよりも性質が悪い。 その意味で素晴らしいカルトなのですが。
教主は 「ダイアジャリ」なので 権威好きな日本人には ピッタリ来ます。

信者は騙されながら喜ぶという 面白い信仰形態です。
カルト的要素は十分ですので 是非皆さんにも知って欲しいです。
「霊視」も完備していますので しっかりマインドコントロールされます。

紹介サイトを建てましたので 遊びに来てください。 掲示板完備です。


真如苑的時間:ttp://space.geocities.jp/mindmanipulate/sinnyo-en.html



39 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 02:39:43 ID:8f6kNouJ
>>38

まるで、「真如苑」にもだまされてみませんか?
という勧誘をしているみたいで、シュールだね。

40 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:25:47 ID:d1kM6ZkC
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

ЯENДAROさんは喉の渇いた砂漠の旅行者を、
「このまま行けば因縁強盗と霊障盗賊に遭って、横変死するが、
こっちに来ればオアシスがありますよ」と阿含宗オアシスに誘う。
だが、阿含宗オアシスには水なんか一滴もないばかりか、
旅行者の持つわずかばかりの水すらも奪うのです。
あなたは親切心を装った宗教的な強盗や盗賊の片割れにすぎない。
他人の弱みや不幸につけ込むことがあなたにとっては砂漠のオアシスなのだ。
桐山さんの正体や阿含宗の嘘を知らずにオアシスだと信じているうちにはまだ罪も軽い。
百も承知で詐欺宗教の手伝いをして、自分は砂漠のオアシスなのだという。
詐欺師の手先、霊感商法のセールスマン風情が砂漠のオアシスなら、
麻原彰晃は夜の砂漠を照らす月で、福永法源は疲れた旅人を乗せてくれるラクダに違いない。
己の姿の醜さを知らず、鏡に映してうっとりできるとはお幸せなことだ。
妄想から来る自惚れと自己満足は桐山さんからしっかりと伝授を受けている。
どうして、そろいもそろってこうも恥知らずばかりなのだ?

41 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:28:33 ID:d1kM6ZkC
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

阿含宗批判はあなたにとっては不毛なのですね。
気持ちだけはわかる。
見たくも聞きたくもない現実だから、不毛なのだ。
阿含宗という生暖かいどぶ川こそが心地よく、
そこから出たら、あなたにとっては北風の吹く寒い現実しかない。
阿含宗に求めたのも、嫌な現実から逃げたかったからですよね。
オウムの残党が抜けられないのも、あなたと同じ理由です。
オウムから出ても、水一滴なく、サソリなどの毒虫のいる不毛な世間という砂漠しかない。
あなたもオウム残党も妄想の世界だけが砂漠のオアシスなのだ。

42 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:32:09 ID:d1kM6ZkC
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

人を悪因縁や霊障で脅かすのは不毛な宗教です。
超能力や因縁切りなんてありもしない期待を信者に抱かせ、
インチキ仏教を釈迦が説いたかのように嘘を信じ込ませ、
信者に霊感商法の悪業を梵行(清らかな行い)だと思い込ませる。
不愉快な世界から逃れて、阿含宗の聖なる世界にあなたは到達したと信じている。
差別され、迫害されても、雄々しく戦って勝利した桐山ゲイカを賛美して、
そこに自分を重ねて、被害者意識を増大させると心地よいのでしょう。
だから、あなたにとっては阿含宗はオアシスなのだ。
だがどんな妄想を広げても、現実は何一つ変わらない。
阿含宗によって良い方向に変わったものなど何もない。
オアシスだと思っている阿含宗は、絵に描いた椰子の木と
水のように見せかけたビニールが敷いてあるだけで、そここそは不毛な砂漠です。

43 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:35:05 ID:d1kM6ZkC
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>お盆に来日された中国佛教代表団の方々です。

信者さんたちは>>37で中国や囲碁関係者たちが、
なぜ桐山さんを尊重しているか、分かりますか。
桐山さんが偉大な聖者だから、敬意を表しているのですか。
違います。
桐山さんが中国や囲碁関係に金を出しているからです。
金を出さなければ、彼らは桐山さんなど見向きもしない。
彼らに限らず、信者以外で、いったい誰が利害抜きで
桐山さんや阿含宗を支持し、尊重している?
まったく誰もいないと言っていい。
お金という栄養を与えないと、何も育たないのだから、不毛です。
お金を出さないと第三者は誰も桐山さんを尊重しないのに、彼は聖者なのか?
釈尊はただの一度もお金や物を出したことはない。
周囲こそが釈尊に物を差し出して、聖者として尊敬し、尊重した。

44 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:38:52 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>お盆に来日された中国佛教代表団の方々です。

信者さんたちは桐山さんを仏陀だと信じている。
仏陀とは供養に値する人のことを指します。
だから、中国仏教界や囲碁関係者が桐山さんに物を差しだし供養するならわかる。
なんで仏陀である桐山さんが俗人にお金を差し出して供養しているのですか。
仏教では、供養として金や物を差し出すほうが俗人で、受け取るほうが聖者です。
おかしいとは思わないか。
しかも、囲碁なんて、地球の平和とどう関係しているのだ?
桐山さんの趣味であり、中国との関係を築くための手段です。
規模が小さいだけで、大物俗物の大作さんと同じです。
お金で尊敬を勝ち得て、名誉を買い集めている桐山さんは俗物であり、
これが桐山さんのいう社会運動の正体です。
ЯENДAROはこういう記事を喜んで出すところを見ると、
桐山さんのこういう俗物ぶりが、心地よいのですね。
私は信者時代から、桐山さんの社会運動というきれい事でごまかしている名誉欲が
鼻について、見て見ぬふりをしていた。
あなたとはやはり感性が違うようだ。

45 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:42:26 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

不毛な争いを続けているのは阿含宗です。
アンゴルモアの大王様たる桐山ゲイカは恐怖の大王である霊障と戦って、
脳梗塞になって傷つきながらも勝利したのでしたね。
あなたもこのアニメみたいな話を本気で信じているのか。
桐山ゲイカが戦ったという巨悪の敵とは、どこにいるのだ?
なんでも地球を壊滅させるほどの力をもった恐怖の大王だそうですね。
その恐怖の大王様とやらはどこにいるのだ?
大地震、テロ、核爆弾など人々の恐怖心につけ込んで、
「オオカミが来るぞ」と何度も桐山さんは叫んだが当たったためしがない。
言い続ければ、いつかは当たるでしょう。
だが、1999年に来たという恐怖の大王って、どれ?
いつもどこにもいない敵といつも戦って勝利するのが桐山大王様です。

46 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:46:24 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

超能力者、アナゴン、アンゴルモアの大王、メシア、アラハン、
無能勝大王などと、桐山さんは次から次と空想上の大王様になりたがる。
気が付かないか。
桐山さんのは砂場の大王様ゴッコの延長です。
敵をバッサバッサとやっつける大王様ゴッコをたいていの男の子ならやった。
ところが、阿含宗ではいい年をした大人が、まだ大王様ゴッコをやっている。
ЯENДAROさんもこの間、その大王様ゴッコをしたばかりです。
アウシュビッツでは犠牲者たちは霊障のホトケであり、
やがて世界大戦を引き起こす巨悪だとして、正義の剣士たちが戦いを挑んだ。
焚き火を焚いて、舞を舞い、ドンドコ太鼓を叩き、
呪文を唱えて、敵に向かってエイッと九字を切る。
裏では札束が飛んでいたようだが、これも敵を倒すためのその名も実弾。
脳梗塞で身体もままならない老人を御大将にして、
見えない敵である霊障のホトケと戦い、「必ず勝つ!」
敵どもは桐山ゲイカのオシャカの成仏リキの前にあえなく降参。
霊障のホトケに操られ、阿含宗を妨害しようとした日本の巨大教団にも打ち勝ち、
無魔行満したと勝利を宣言。
砂場の戦争ゴッコと同じで、桐山ゲイカにしか見えない透明な敵と戦うのだから、
彼はいつも大勝利です。
桐山さんと信者たちの自己満足以外には何一つ社会に役立つものを
生み出さない勝利だから、不毛です。

47 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:50:47 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

信者さんたちもアウシュビッツ護摩を振り返ってみてほしい。
いったい、地球を壊滅させる霊障のホトケや、
阿含宗を妨害する巨大教団とはどこに存在したのだ?
桐山さんが作り出した妄想にすぎない。
現実に存在するのは、不当な殺され方をされた気の毒な犠牲者たちと
坊さんが送ったという阿含宗の実態を暴露した一通の手紙だけです。
これのどこが地球壊滅、どこが巨悪なのですか。
ありもしない敵を想定して、信者さんたちの恐怖心や敵愾心を煽るのは、
ちょうど、朝鮮半島で同じ手法を使っている将軍様がいる。
外国が攻めてくると国民の恐怖心や敵愾心を煽り、ミサイルを飛ばし、核武装する。
その攻めてくる敵国の一つが日本なのですよ。
日本人なら、信者さんたちも「妄想もいい加減にしろよ、このオバカ。
拉致や爆弾テロで攻撃しているのはお前だろう」と言いたいはずです。
それが信者さんたちから罪をなすりつけられたアウシュビッツの犠牲者たちが
阿含宗に言いたいことです。

48 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:54:22 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

アウシュビッツの犠牲者たちは“犠牲者”、つまり被害者であって加害者ではない。
その被害者に向かって、信者さんたちは大戦争を引き起こす悪霊だと罵った。
犠牲者たちは「いったい、我々がどんな悪いことをしたのか。
家畜のように扱われ、殺された上に、戦争を引き起こす責任まで押し付けられるなんて、
妄想もいい加減にしてもらえませんか」と言いたいでしょう。
ЯENДAROさんは周囲からの不当な扱いに不愉快な思いをしたことがあるはずだ。
そのあなたがどうして彼らのような気の毒な犠牲者に向かって、
このような仕打ちをしながら、自らをオアシスだなどと名乗れるのだろう。
阿含宗がオアシスなら、ナチスはオアシスということになる。
自分が痛みを感じた経験を持つなら、他人の痛みにも敏感になるはずなのに、
経験が活かされるどころか、逆に加害者になっている。
死者は反論ができないという意味で弱者なのですよ。
あなたのその鈍感さには本当に驚かされる。

49 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:58:30 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

北朝鮮のすべてはたった一人の将軍様の妄想から始まったように、
阿含宗もすべてはたった一人の桐山ゲイカの妄想、
それも偽ビール造りの罪を認めたくないばかりに作り上げた宗教妄想から始まった。
これくらい不毛な戦いはありません。
北朝鮮の核実験で内心喜んだ数少ない日本人が桐山さんです。
何かおきて欲しくて仕方ない桐山さんにしてみれば、
「日本に三度目の原爆が落ちる」という予言が当たるぞと信者を脅かせる。
桐山さんは二十数年前の本でこれを予言した。
外れてもいいように、いつとか、どのあたりなどとは書いていない。
当時はまだソ連の核ミサイルで信者を脅かしていた時代です。
あの本の趣旨は世紀末の地球壊滅だから、すでにこの予言は外れている。
だが、9.11のテロを予言したと平気でいう桐山さんだから、
これを持ち出して、今度の例祭で信者さんたちを精一杯脅かすでしょう。

50 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 13:01:07 ID:1j74asdX
>>37 :ЯENДARO:2006/10/11(水) 20:27:29 ID:Iu/vOR6B
>相変らず不毛な争いを続けておりますね。私は砂漠の中に湧くオアシスのようでありたいと

信者たちは恐怖に囚われ、核ミサイルを防ぐには桐山ゲイカのお力に頼るしかないと
脳梗塞で雪駄すら自分では履けない老人の見えない力に依存する。
桐山ゲイカをまねて、周囲の人を核ミサイルで脅かし、護摩木を勧める。
あちこちで土地浄霊という焚き火で核ミサイルを防ごうとする。
自分では世を救い人を救ったと錯覚して、霊感商法の悪業をなす。
ЯENДAROさんもせいぜいがんばって護摩木祈願してください。
冥徳解脱を出して守護神をもらい、「功徳で、核ミサイルが飛んできても、
批判側が全滅して、自分だけは生き残りますように、ナモナモ」。
妄想と自惚れとエゴ丸出しのその不毛な信仰が
あなたにとってオアシスに感じられるらしい。
他の信者さんたちはどうですか。

51 :国語の時間:2006/10/12(木) 14:14:12 ID:JP25j5sA
漢字の授業
猊下→猊
   ↑
   獣ヘンの漢字

52 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 16:28:29 ID:OYQCjDyL
>>49
ほんと、北朝鮮の将軍様と阿含宗の桐山猊下は同じだね。
本当の北朝鮮は脱北者でなければ分りません。
本当の阿含宗も宗教家畜には分らない、脱会して洗脳を解き外から
阿含宗や桐山さんを見直して初めて分るんです。

53 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:18:53 ID:qqRkH399
>>52
>本当の北朝鮮は脱北者でなければ分りません。

うまい例えだね。

北朝鮮は国民が飢えているのに、無駄な核実験に金をつぎ込んでるし、
阿含は桐山の道楽の囲碁や、信者以外だれも買わない本の宣伝に
信者の金をつぎ込んでる。(今日発売の週刊文春にも見開き広告のせてる、アホらし)
さしずめ、恥知らずなアウシュビッツ胡麻が、北の核実験というところか。
末期的症状もよく似てます。

54 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:37:39 ID:5zzVUDwM
>>52 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 16:28:29 ID:OYQCjDyL
>本当の阿含宗も宗教家畜には分らない、脱会して洗脳を解き外から
>阿含宗や桐山さんを見直して初めて分るんです。

本当に言いえて妙ですね。
ここで桐山ゲイカの道楽の囲碁についてのトリビアを。

【免状について】
昔、桐山ゲイカが「名誉八段」の免状をとったとき、例祭で得意げに自慢話を
しましたが、この免状は囲碁の実力だけでもらえるものではなく、日本棋院に
段位に応じた寄付金を納める必要があります。

ttp://www.nihonkiin.or.jp/joho/menjou/menjouindex.htm

「名誉」がつかない八段の場合は100万円ですが、桐山ゲイカはいくら寄付
されたんでしょう?

55 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:45:57 ID:5zzVUDwM
>>54 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:37:39 ID:5zzVUDwM

【阿含・桐山杯について】

今回で13期目(13年目)を迎える阿含・桐山杯は正式には「阿含・桐山杯
全日本早碁オープン戦」で、持ち時間が短い早碁で日本一を争うタイトル
です。優勝賞金は1000万円で、他のタイトルと比べると

ttp://www.nihonkiin.or.jp/kisen/title.htm

という感じです。ちなみに1〜5期は実は「アコム杯・全日本早碁オープン戦」
という名前で優勝賞金も500万円でした。名前を変え、かつ優勝賞金も増や
した阿含・桐山杯、果たしてどのくらいの金が掛かっているのでしょう?

56 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 18:01:29 ID:5zzVUDwM
>>54 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 17:37:39 ID:5zzVUDwM

昔ゲイカは「せめて初段にはなりたい」といったことを公言しており
ました。囲碁でも将棋でも他の趣味でも「初段」はよく目標にされる
もので、ある意味ほほえましいものでもあります。

ですが、ゲイカの場合にはいつのまにか「名誉八段」という最上の肩書き
を得て、それでも飽き足らずに自分の名を冠したタイトル戦まで作って
しまいました。

ゲイカの名誉欲は「初段という目標」をもここまで拡大してしまうほど大
きいく、またその名誉欲を満たすために使われる金は結局のところ、家畜
信者の懐から出ているのです。

57 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 21:01:01 ID:7mP0AjKp
今は、名誉九段ですよ。
残念な人発見。(w

58 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 21:52:15 ID:q5yggra3
名誉家畜 銃弾

59 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 22:03:31 ID:q5yggra3
家畜位階
馬なみ


60 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 22:09:42 ID:q5yggra3
三匹の弧ブッタ
W田 トンガリあたま ホシ

61 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 22:57:47 ID:G5UivSUn
>昔、桐山ゲイカが「名誉八段」の免状をとったとき、例祭で得意げに自慢話を

私も聞きました。よっぽど嬉しかったらしく、だらだらと自慢ばかり。
名誉八段をもらえたのは私と元総理(福田さん?)しかいないとか、
いつもの他の権威を借りるパターンも言ってましたね。
ゴルフ自慢もしてましたね。週1回レッスンプロについて練習してる、
月1回はコースに出ると何かの本に書いてました。
ゲーカの趣味について批判めいたことを先達に言うと、
ゲーカは修業を完成したのだから道楽をしたっていいのだ。
てなことことをいわれました。
宗教家畜になると正常な思考力・判断力が無くなってしまうんですね。
俺達はそんなことのために会費や解脱供養の金を払ってたんじゃねえぞ。


62 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:36:53 ID:HCHD/rRh
>>57 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 21:01:01 ID:7mP0AjKp
>今は、名誉九段ですよ。
>残念な人発見。(w

ほう、今は「名誉九段」ですか。だとすると

「名誉八段」の免状をとって例祭で散々自慢したのにもかかわらず桐山ゲイカの
名誉欲は尽きることをしらず、「名誉九段」まで取ってしまった。

ということなんですね。私の想像をはるかに上回っている名誉欲の
を桐山ゲイカが持っていることを知らなかったというのは確かに残念だ!

しかし宗教家畜の皆さんも楽ではないですね。ここまでくると
家畜というよりも奴隷に近いのではないでしょうか。

63 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:43:01 ID:HCHD/rRh
>>62 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:36:53 ID:HCHD/rRh

「てにをは」がおかしいのも残念だけど、あまり気にしないでください。

64 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:44:22 ID:mH+zHySA
どーでもいいこにいちいち反応するんだね。
桐山とつけば何でも文句つけないと気がすまない。
病気だよ。

65 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:57:46 ID:HCHD/rRh
>>64 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 23:44:22 ID:mH+zHySA
>どーでもいいこにいちいち反応するんだね。

何をおっしゃいますか。偉大なる「名誉九段」さまを「名誉八段」と言ってしまった
のは私の落ち度です。「名誉九段」だってタダでもらえるわけではないでしょうし、
ゲイカだって苦労して「名誉九段」をとった一方、それを実現するために宗教奴隷の
皆様がどれほど苦労したかを思えば「どーでもいい」の一言で片付けるわけには
いきませんよ。

66 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/13(金) 08:17:59 ID:xw5EQ2cb
その名誉九段の賞状をもらった時の法話も覚えています。
自分の実際の実力はアマチュアの三段か四段程度で、碁会所など
ではこのクラスの人に挑まれる。結構いやらしい手で挑まれる
そうで、自分はもっぱら勝ち負け度外視の指導碁で対局して
いるとのこと。
このへんの話はよいのですが、その話が済んで別の法話を
始めた時、信徒に示した賞状を片付けようと運営の修行者が
手を掛けようとした時、桐山さんはたしなめました。
「こら、粗末に扱ってはならんよ。人が大切にしているもの
なんだから」
こんな実力でもない名誉で買った賞状が大切なんですと。
その修行者だって粗末に扱おうとしたわけではない。
手を掛けようとしただけです。
桐山さんの価値観がわかりますね。
ЯENДAROさんがリンクしたKBS京都のリポーターの
手記にある「自分(桐山)が死んでも遺書を残してずっと続けて
いく」と宣言したことです。
これを信者の皆さんはどう取るか?
会員も減り財源の苦しいところにこんな出費が皆さんの浄財
から充てられるのです。
それも飢餓難民を救済するような慈善の寄付ならまだしも
囲碁文化の廃れてもいない盛んなわが国における桐山さんの
個人的な趣味における投資です。
桐山さんの名声を買うためのものです。
ザのスレの星祭さんですら、こんな投資を批判している。
ЯENДAROさんの知性と感性はどうなっているのか?

67 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 09:22:38 ID:5iFblDhE
明日は、錬脳護摩ですね。
去年のような運営ミスの無い事を
願ってます。
猊下が怒って……すねてが正しいかな
帰ったんですもの。俺より護摩がうまい
奴はいないと。

68 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/13(金) 12:21:54 ID:xw5EQ2cb
>>67
差し障りなければ、おわかりの範囲で詳述お願いします。

69 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 14:32:16 ID:5iFblDhE
>>68 詰まらん話
昨年は開講式 受講者がグループで練習
実践へ !意外にも早く終了。
猊下が本殿来る。○○さんが「参加者の日
頃の修行がよくて早く護摩がおわりました」
と報告。猊下が講話時に早く上手くでき
たらしいね じゃ、深田君に護摩作法を
説明させるから今日は帰るね。
と言って講話終了。あとは 深田さんが
護摩次第を11時過ぎまで黒板に書いて終了
次の日 猊下の講話と深田さんの補足説明
予定では 二回する予定の護摩実践が
無しに。

70 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 14:41:44 ID:5iFblDhE
>>69かなり、端折りましたが
質問は答えられる範囲でします
その時に猊下が念力護摩云々とおっしゃっ
たのです

71 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/13(金) 15:16:07 ID:xw5EQ2cb
>>70-71
ご報告ありがとうございます。
昨年の報告で桐山さんが2回「も」講義したと書いてありましたが
最初は出て来るなり、癇にさわったのかすぐに帰っていった
わけですね。
2回目はいつもの講談会。
肝心の護摩はF田さんまかせ。
これが77人厳選の訓練の実態ですか。

72 :図画工作の時間:2006/10/13(金) 16:07:58 ID:1X0aj3o9
形の授業
△の頂点は麻原がめざました。そして、こけました。人類史上みんなこれでこけてます。
▽の下をめざしたのがイエスキリストです。そして△の人達に磔刑になりました。
○の中の点。理想ですね。上もなければ下もない、そして円満ですね。

73 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 16:56:33 ID:5iFblDhE
>>71 そんなところです。
猊下と打ち合わせして無いようです
今回も厳選された70余名・・・・確定人数
明日でも書きますが
どうなりますか?
今回も猊下は来るらしいです。
念力護摩やってもらいたいなあ!

74 :ザ@桐山晴雄:2006/10/13(金) 18:36:48 ID:veIlwS9l
どうせビデオでしょ。

75 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 19:05:51 ID:Yo9S49sY
私の妹は当時、母、孝子さんの入院されていた病院の看護婦でした。
岡田有希子さん(本名、佐藤佳代)の母親(佐藤孝子さん)の手記。
http://ime.st/www.geocities.co.jp/MusicStar/5988/aiwo/aiwo_3.htm
私は岡田有希子さんのファンというわけではありません、どうとう同じように
全ての人にあわれみ、慈愛をもって下さい。
その愛が高次元でチャクラを動かすでしょう。

76 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 19:45:15 ID:5iFblDhE
>>74 いいえ ロールスロイスに乗って
きます
それ以前に前回の講話ではビデオ化
できません。

77 :ザ@桐山晴雄:2006/10/13(金) 21:51:23 ID:veIlwS9l
桐山という人間は、詐欺まがいの宗教を50年もやってきて
「奥義」として教えるのが「三摩耶戒」を犯したところの
護摩作法だと。本当にアイツは「詐欺師」だね。
更に適当な「講話?」してそれでおしまい。
信者さんたち、いい加減に馬鹿馬鹿しい茶番に気がついてくださいよ。

78 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 22:06:20 ID:5iFblDhE
>>77 無理じゃないですか
じゃないたかが護摩に何十人も
きませんよ

79 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 00:02:05 ID:rHNj5B69
>まるで、「真如苑」にもだまされてみませんか?
>という勧誘をしているみたいで、シュールだね。

ええ。ありがとうございます。ま。同じなんですけどね阿含と。
デモ真如苑の方が ズル賢いので ぜひ入信してくださいね。


80 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 00:12:58 ID:Bm8h3wh+
晴雄さんの僻みですね。みっとない。

81 :樹意:2006/10/14(土) 05:15:36 ID:mY9Noon6
>>66
> ザのスレの星祭さんですら、こんな投資を批判している。

ゲイカが嘘をついて利益を得てもパクラレナイ業界を選んだのは
その経営感覚のなせる業といえます。
ゲイカのやり方は嘘に対して見せ掛けの客観性を持たせるために
他の権威を使いその権威に細工するという仕掛けになりますが
このやり方は他人に対して、一番初めの警戒心 脳のセキュリティを
はずす役目をします。
つまり 三福道の改ざんにしても引用に見せかけて阿含経に根拠がある
かのごとく見せかけ、経典に疎い信者さんの脳のガードをくぐる
わけです、このゲートをくぐってしまえばあとは得意の話術で洗脳
すればいいだけです。

つまり検証は俺がやったから あんたは考える必要は無いよと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いうやり方です、普通の業界でこの手法は通用しませんが
この業界であれば通用しますし、見破った人は無用な争いをさけて
去るだけのものです。
ですから 常に新しい権威 新しい信者さんを勧誘する必要がある
わけです。
原野商法と似たところがあります。
つまりこの囲碁の権威に投資することに関しても、健全な教団であるとの
アピールに必要ですし、ゲイカの名誉欲も満足させられ宣伝にも
なるわけですから一石二鳥です、
現役信者のためというよりは教団を維持する為に投資するという姿勢が
鮮明に現れています。
ゲイカは使うところにはお金を使う方なのです。

82 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 05:55:50 ID:2SkTpl4r
錬脳護摩、そんなのあったんですか?
もう冷え冷えですからね。
大黒天祈願会も月一回やっていたのも、年4回に減らされるようですから。
もう、桐山管長よりも話題はW田さんが陰で何しているか
そのような話で持ちきりです。

囲碁の金なんぞチャチなもんですよ。

83 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 06:00:37 ID:2SkTpl4r
>81、
それね、阿含桐山杯のことですが、このスポンサーになること
理事達の了解もえず、管長が勝手にやっちゃったんだよね。
突然新聞とかに広告でて、某理事がビックリしていたということを
理事と親しい先達から聞きました。

84 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 12:06:20 ID:e/cJyrfH
桐山管長猊下
W田財務女狐
F田トンガリ頭小僧正
この3人が現在の阿含宗三羽ガラスなのね?
でもF田小僧正は迫力のない番頭さんみたいだし、
W田女狐はあんまり美人じゃないけど元桐山猊下の愛人なの?

85 :ザ@桐山晴雄:2006/10/14(土) 13:56:31 ID:RsawlH0s
いえいえ正確には
『隠し阿含砦の三悪人(社長・管理職・平)』です。

86 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:22:44 ID:9bD4Lemx
阿含宗に嫌悪を感じている者です。ここに来たのは初めてです。
阿含宗や桐山に係わる事無く「阿含経」というお経とその解説を読むための
書籍等ありましたなら教えてください。教えてちゃんでスンマソン。

87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx
また「堕胎教」について検索しましたら
詳しい事が何もわかりませんでした。
「堕胎教」なるお経は本当に釈尊の言葉なのでしょうか。
「堕胎教」に関する書籍も読んでみたいです。
知らないまま戦えないからです。

88 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/14(土) 22:53:31 ID:sHaTXZNj
>>87
その阿含経にある堕胎経ですが、これは捏造ではなく実際にあります。
この経典の解説書なんてものは見たことありませんが、和訳
された阿含経は大東出版社の国訳一切経の阿含部にありましょうから
これを探せばよいでしょう。
桐山さんだって、この国訳一切経から探し出したはずです。
和訳の原文の紹介に捏造はないからそのまま読んでみればよい。
気を付けて読んで下さいね。
自らの胎を堕ろす親が受ける地獄の余罪が書いてありますね。
しかし水子の霊障とかそんなことは書いてませんよね。
これは自分勝手な都合で堕胎してしまう行為を諫めた経典です。
そのような醜い欲望で(堕胎せざるを得ない状況を一律全て
醜いと評価する気は私にはありませんが、そういう一般論
ではなく、親のエゴだけで堕胎する行為を地獄も出して
戒めたわけです。
これ自体は問題ありません。
しかし桐山さんはこの経典をそういう観点で解説してませんね。
いつのまにか水子の怨念の話にしている。
親の愚かさを説いた経典であるのに、どうしてここに堕胎された
水子の影響などが出てくるのか?
ね?こんな簡単な桐山カラクリに騙されないことです。

89 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/14(土) 23:07:15 ID:sHaTXZNj
>>86
いろいろな解説書ありますが、どこでも手軽に安価で求められるのは
岩波文庫の
「ブッダのことば」
「ブッダの真理のことば 感興のことば」
「ブッダ最後の旅」
などいかがでしょうか?
いずれも中村元博士の平明さを心掛けたという現代語訳です。
ブッダのことばがスッタニパータ、真理のことばがダンマパダ
と初期に成立した経典の訳です。
最後の旅は大パリニッバーナ経ですね。
いずれもパーリ文献ですが、漢訳よりも古いし、阿含経典としての
原形をよりとどめている。
どこがということでなく通読してみて下さい。
そして桐山思想との違いを見つけ出してみて下さい。
全然異なりますよ。
これらの経典から受ける思想からどうして桐山カルトが出てくる
のか理解に苦しみますよ。
桐山さんは阿含経を釈尊の教えをそのまま伝えるものと
他宗と差別化を図る為にその権威の看板だけを振りかざした
に過ぎない。
実は阿含経の思想に真っ向から反逆しているのが桐山阿含宗です。

90 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 23:18:46 ID:9bD4Lemx
>>88>>89
早速のお返事、大変ありがとうございます。
私も水子の祟りなんてありえないと思うのです。
そういう親の罪悪感を利用してお金を巻き上げるなんて犯罪以外の何者でもない。

早速本を調達してきます。感謝します。


91 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 00:48:11 ID:NoUf7dDk
阿含経の思想なんて必要ないです。
阿含経の思考と脳が重要なのです。
それは、例祭の御護摩でしか現代において体得できないのです。

92 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 02:59:41 ID:WyCF1tq1
ほう、これから戦おうという人に阿含経読まれちゃマズイわけですか。

93 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 03:12:35 ID:sxMzvW5E
阿含経は
平河出版より、大蔵出版のほうがいいかな?

94 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 03:26:59 ID:WyCF1tq1
堕胎教でぐぐってみ
主婦が複数相手にヒステリー起こしてんから。
迷惑だよなー、こういう身近な人間は。

95 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 03:44:53 ID:sxMzvW5E
>>91
思想なしで思考?無理!

96 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 09:19:07 ID:b051NE29
ユビ先生! 伝法印って何ですか?

97 :樹意:2006/10/15(日) 10:07:04 ID:truQ1huK
>>90
> 私も水子の祟りなんてありえないと思うのです。

堕胎経、好戦経についてはこのスレッド97 の616〜621に
奈々氏さんが書いておられます  ググルとすぐ出てきますので
参照されるといいでしょう。
阿含経において仏陀の説くところは霊魂や形而上のことは無記であり
説かない。(議論の対象としない) 
スレ 97 
   618 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 12:45:54 ID:zrJvhAan
   >釈尊が堕胎経などで何と説いているか。
   >「自分も見るが、説かない」と言っているのです。
   >霊魂については無記という姿勢と一貫している。

祟りがあろうとなかろうと説かない、議論しないというのが仏陀の一貫した
姿勢になります。
仏陀がやるなと言った事で金銭を要求するのですから完全なる外道な
団体がこの教団です。

仏陀が説くのは十二縁起(支縁起)四聖締 八正道がそれであり
三法印がその旗印となります。


98 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 12:39:18 ID:NoUf7dDk
戦後60年間に1億回の人口中絶が日本で行われました。


99 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 13:22:01 ID:M93CfOn9
>>98
そんじゃ戦後だけでも1億人の水子霊が日本人に祟っているのかい?
桐山霊視ではどうなんだよ、答えてみたまえ!

100 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 13:22:36 ID:iDh/Mvd9
で?中絶が人によってどうしようもない理由があっても祟るって言うんだろう?
あのな、子孫を残して命のリレーをしてでも子供を生みたい人間だっているんだよ。
自分が死んでもいい。子供を残したいっていう人間がな。

まあ、信者には何を言っても話がループするだけで、キーボード打つのも面倒なんだが
普通に暮らしている人のために書くがな。

101 :100:2006/10/15(日) 13:29:53 ID:iDh/Mvd9
>>98
アンカー付け忘れたわ。
命のリレーをしてでも子供を生みたい人間がどうしても玉のような子供を生めずに
泣く泣く中絶する人間がいるという意味な。

102 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 16:26:10 ID:NoUf7dDk
中絶は、ある日突然命を奪われるのです。
今生きている日本人に、突然命を失う人が、来年、6000万人出る。?

103 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 19:11:16 ID:H3QhPG73
>>97
とても、わかりやすく解説してあったので助かりました。
ありがd。家族を守るためですから、勉強します。
過去ログも時間をかけて読みます。

104 :ユビ先生@と呼ばれるほどの馬鹿? ◆PYjGRf6fDs :2006/10/15(日) 19:20:39 ID:/AjwtHVc
>>96
伝法「印」ですか?
印契ですか?
なんかあったっけ?
覚えてないなあ。わかりません。
お役に立てないでどうも。

105 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 19:43:59 ID:b051NE29
>>104 印鑑の印です。
今回も猊下のサプライズでました。
今まで正式に押した事のない。伝法印を
押してあげようと
詳細を書こうと思いますがいいですか

106 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/15(日) 19:45:13 ID:/AjwtHVc
>>96
伝法許可(こか)印信のことかな?
密教の法の講伝会に出席して、たしかに伝法をしましたと
いうもの。
桐山さんはかなり古い観音慈恵会の昔、この証書を示して
「これで私も阿闍梨になったわけです」と信徒に法話で話した
ようです。
小田慈舟師などを京都の道場に招いて金剛界と胎蔵の法を
習った。しかしこれは伝法講義を受けたというだけで、これだけ
では密教の阿闍梨にはなれません。
密教の法をきちんとマスターしたという師の証明を阿闍梨位
灌頂の儀式を経て正式な阿闍梨になるのです。
桐山さんは今でも密教の阿闍梨ではない。
得度受戒した僧侶ですらないのです。
自己申告でいつのまにか僧侶みたいな服装をしてるだけです。
これは全仏教界に通用しない。

107 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/15(日) 19:47:03 ID:/AjwtHVc
>>105
あ?書いて報告して下さい。
お願いします。

108 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/15(日) 19:50:39 ID:/AjwtHVc
なお>>106の話は廣野隆憲さんの批判本「阿含宗の研究・桐山密教の内実」に詳しく書いてあります。

109 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 20:31:54 ID:b051NE29
>>108 ありがとうございます。
昨年の錬脳護摩講話の訂正。
念力護摩次第を体得してもまだ足らない
密教占星術を習得してプロとしてやって
いける云々 とおっしゃてました。
まだまだ 奥義は出てきます
今回の予定
1日目 開講式 ○田さんが次第を板書後
説明 受講者は書き写す。 猊下講話終了
2日目 護摩練習と実践 閉講式
でした 1日目は予定通りでしたが
続く

110 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/15(日) 20:48:11 ID:/AjwtHVc
>>109
そりゃ念力の護摩次第を伝授されただけで火が出るのなら
皆超人か手品師です。
免許皆伝のわけがない。
そんなお作法伝授に念力の護摩伝法許可印信なんか発行しては
ならない。
発行してそれをもらったら、皆そろって今日から俺は念力の護摩
体得者だと言う・・・はずがない。
信者は桐山さんみたいに馬鹿ではないから(笑)

111 :樹意:2006/10/15(日) 20:50:39 ID:truQ1huK
>>103
> ありがd。家族を守るためですから、勉強します。

ご自分で調べる意思表示をされましたのは大変いい兆しです。
どのような文章であっても意見なのか事実なのかの区分けを
した上で判断批判されるようお願いします。

ゲイカが説くことも教団批判者が主張することも同じ
家族を守るように勧める事になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは生存欲に根ざしたものですから強烈な需要があり、
実業の世界においても防犯防災 保険は事業として成り立つ
のです。
阿含経の出家はビジネスをしません。
詩を唱えた見返りすら報酬としては受け取らないとスッタニパータに
あります。
この教団のビジネスモデルは阿含経に根拠があるかのように
見せかけた零巻商法であり、防犯防災保険事業というのが
実態です。
阿含経の典拠を改ざんするのが平気であり、意味を曲げることも
なんら斟酌ありません。
改ざんを批判されて直すどころか 書き換たものを本の表紙に
するような団体ですから確信犯です。


112 :樹意:2006/10/15(日) 21:18:43 ID:truQ1huK
比丘たちよ、汝らのものにあらざるものを捨てるがよろしい。
汝らもしそれらを捨てれば、汝らの利益となり、安泰となるであろう。
びくたちよ、では、汝らのものにあらざるものとはなんであろうか。
比丘たちよ、色(肉体)は汝らのものにあらざるが故に、これを
捨てるがよろしい。
汝らもしこれを捨てれば、汝らの利益となり、安楽となろう。
ーーーーーーーーーーーーー(中略)−−−−−−−−−−
受においてーー
想においてーー
行においてーー
行においてーー
識においてーー 
ーーーー(中略)−−−
「大徳よ、それらは、私どもの我にもあらず、また私どもの所有でも
ないからであります」
南伝 相応部経典 22 33  雑阿含経 10 14 
      増谷文雄氏訳 阿含経典

肉体は汝らのものではない(無我) と説くのが仏陀のところです
運命を占い 事故や災難から避けるといった概念そのものがありませんし
形而上のことは説かないとするのです。
占いや護摩は禁止ですし 仏陀が説かない議論しないといったことで
収入を得るのがこの教団のやり方ですから この教団にとって戒という
ものは存在しないことになります。
ところが成仏法というのはこの戒なくしてはお話になりません。
戒定慧と唱えながら戒がありません。
戒が無いのに解脱するのであると説くのですから、その解脱とやらは
いったいなんだという批判になります。



113 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 21:28:36 ID:b051NE29
>>109続き
講話内容
念力護摩伝法会の講話を…念力護摩関連話
…書き写すした次第を清書し明日法務部に
提出して良ければ 署名と伝法印を押そう
…これを持っていれば…。
てな話でした。
寝耳に水の法務部は焦ってました。
2日目の予定変更 午前中護摩で午後
後片付けと閉講式が、午後から猊下視察になり護摩追加。皆さん予定が狂いました

114 :樹意:2006/10/15(日) 21:45:18 ID:truQ1huK
URLは長いので割愛します。
 「象跡喩小経」に13段階の修行道を説いている。
 <第1>段階は、「法を聞き、信を得て、出家する」。
 <第2>段階が、「戒の完成」である。(イ)身の行いを清浄にする、
(ロ)語(くち)の行いを清浄にする、(ハ)生活を清浄にする、
の3つに分類される。その3つの内容は、おおよそ次のとおりである(2)。

 (イ)身行清浄とは、殺生をしない、武器を捨てる、恥じる心を持ち、
慈悲深く、生けるものの利益をはかり、共感をもって暮らす。
盗みをしない。非梵行を捨てる。性交を断つ、など。
 (ロ)語行清浄とは、盲語から離れる。正直で誠実で、
世間をあざむかない。二枚舌を捨てる。人の間を裂こうとして
告げ口しない。仲たがいした人を和解させる。和合を愛し楽しみ喜び、
和合をもたらすことばを語る。悪口を言わない。綺語を離れる。
ありのまま、意味あること、法、戒律を語る、など。
 (ハ)生活清浄とは、草木を破壊しない、一日一食、舞踊・
観劇から離れる、装身具をつけない、金銀を受領しない、
家畜・土地・家はもらわない、商売から離れる、賄賂・
篭絡・詐欺などの不正を離れる、障害・殺害・拘束・
追剥・略奪・暴行から離れる。

 「このような聖なる一群の戒を身につけ、内心に無罪の安楽を享受する。」

 次に「沙門果経」は、「象跡喩小経」に列挙された戒を「小戒」
とし、ほかに、「中戒」「大戒」を加える(3)。「中戒」は、
「小戒」と似たものがあるが、無益な饒舌、諍論をしない、
ことが含まれる。「大戒」占いをしない、願をかけない、ことが含まれる。

ちなみに解脱の別名に無願というのがあります。



115 :樹意:2006/10/15(日) 21:53:58 ID:truQ1huK
信者に課す戒は やらねばならない戒として布教があります。

自らは戒なんざどこ吹く風としながら
信者には自らに都合のいい戒を課すのですから
家畜を操る無知と縄に過ぎないのが 阿含経の権威なのです。

世の中にはこういう手合いが沢山あります。


116 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 22:14:15 ID:ifTj/us4
>>115
教法に対する誹謗、捻じ曲げは
六無間業であり、死後必ず無間地獄に堕ち長い間
苦しむ。

亜○集の浣腸はどうであろうか?w

117 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:13:59 ID:b051NE29
>>113 当然、次第の清書をする時間
なく、年内に仕上げて提出となりました。
????????な展開について行けません。
まあ 今回の受講者は、護摩二回出来たの
で良かったですね。
今回は護摩初級コースのハズなんですが
いつの間にか念力護摩伝法会に?

118 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:19:50 ID:pqjlV8Ln
>>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx
>「堕胎教」なるお経は本当に釈尊の言葉なのでしょうか。

好戦経や堕胎経は下記にあります。
『國訳一切経 阿含部 2』(大東出版社)113頁
桐山さんは『間脳思考』でこれらの経典を引用しました。
好戦経の引用は桐山ゲイカの「常の如し」のインチキがあり、一年ほど前に書きました。
詳細は、>>1の過去ログ倉庫のスレ94の444以降にあります。
堕胎経のほうの引用はそのままです。
霊障のホトケを釈尊も説いたかのように錯覚させるのが最大の目的です。
桐山さんは仙尼経の異陰が不成仏霊で、
好戦経と堕胎経の「肉段」は霊障のホトケだと主張しています。
堕胎経には肉段が出てきますが、好戦経には肉段はないし、
仙尼経には異陰はありません。
まずは信者の皆さんに復習していただくためにも、
桐山さんの慢性病の経典捏造を好戦経で示しましょう。

119 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:22:16 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx

『間脳思考』137頁、後から二行目
「一大衆生の身を挙げて皮無く、純ら一の肉段にして空を乗じて行けるを見たり。」

『國訳一切経』好戦経、114頁
「一大身の衆生の身を挙げて毛を生じ、毛の利きこと刀の如く、其の毛燃え、
還って其の身を割くに、痛み骨髄に徹せるを見たり。」

信者さんたちはくれぐれも大した違いはないなんて言わないでくださいね。
ちょっとずつ桐山さんの嘘を認容すると、やがて大きな嘘も気にしなくなる。
カエルを水に入れて、ほんの少しずつ温度をあげていくと、
そこから出られなくなり、死んでしまう「ゆでカエル」と同じです。
仙尼経の「與陰」を「異陰」と書き換えたのも捏造なら、上記の引用もインチキです。
こういうことを平気でする桐山さんの道徳心を疑ってください。

120 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:24:19 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx

「我も亦た此の衆生を見て、而しも説かざるは信ぜざるを恐るるが故なり」

好戦経や堕胎経では、釈尊はただ肉段が見えると言っているだけで、あとは何もない。
阿含宗のように、霊障のホトケを成仏させないと、
生きている人に悪影響を与えるとも、これで戦争が起きるとも、
だから、肉段を成仏させなければならないとか、
釈尊は成仏させる力を持っているとも言っていない。
それどころか、上記のように「説かざる」とある。
驚きませんか。
肉段が仮に霊障のホトケだとしても、釈尊は「説かざる」なのです。
釈尊は、霊障のホトケを説かない、と出家の比丘にすら言っているのです。

121 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:26:13 ID:pqjlV8Ln
>120 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:24:19 ID:pqjlV8Ln
「我も亦た此の衆生を見て、而しも説かざるは信ぜざるを恐るるが故なり」

桐山ゲイカも信者さんたちもひたらす霊障を世間に説いて説いて説きまくっている。
わざわざアウシュビッツまで出かけて、焚き火による霊障祭を開いた。
土地浄霊の本当の目的も、霊障解脱です。
霊障のカルマによってテロ、大地震、戦争などの大災害が起きるから、
釈迦の成仏法で霊障のホトケを成仏させるのが阿含宗の護摩です。
ところが、釈尊の言葉を見てください。
「説かざる」
釈尊は霊障のホトケなんか説かないと言っているのです。
霊障のホトケを説かないのだから、霊障のカルマも悪影響も、
またそれらを断ち切ることも説かない。
実際、阿含宗でいうような霊障のカルマや霊障解脱など
言葉としてはもちろんのこと、概念すらも阿含経にはありません。

122 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:27:52 ID:pqjlV8Ln
『間脳思考』164頁

『所以は如何。如来の所説を信ぜざる者有らば是れ愚痴の人にして、
長夜に当に饒益せざる苦を受くべければなり。』
つまり、
「如来―ブッダになられたかたから発せられることばを信じない者は、
仏罰によって、饒益せざる苦を受けるようになる、
つまり、地獄に落ちるのである。そうなるとその者がかわいそうであるから、
自分は言わないのである。」
シャカのいわれたことを信じない者は、
モッガラーナの見た不成仏霊とおなじようなってしまうのである。

123 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:30:13 ID:pqjlV8Ln
>>122 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:27:52 ID:pqjlV8Ln

この文章で桐山さんが何を言いたいのか、信者さんたちは一行で表現してみてください。
「仏陀の言うことを信じないと地獄に堕ちる」?
これでは70点で、正しくは、
「霊能力を持つ自分(桐山)の言うことを聞かないと地獄に落ちる」
信者なら、字面だけを読まずに、教祖の本音まで汲み取ってあげることです。
桐山さんの得意とするのはアメではなくムチです。
釈尊という虎の威を借りて、霊障で人を脅かす銀狐なのです。
元の文章を読めばわかるように、釈尊は自分の言うことを聞かないから
罰によって地獄に堕ちるなどと子供じみたことを言っているのではありません。
如来の所説とは煩悩を切れということです。
信者さんたちのようにこれを信じないで、自分で煩悩を切ろうと努力しないから、
長い間輪廻から脱出できず、苦しむぞと警告しているのです。
地獄なんて桐山さんの捏造であり、釈尊は言っていない。
経典捏造など釈尊の教法をねじ曲げて伝えることこそ、地獄行きです。

124 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:35:14 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx
>「堕胎教」なるお経は本当に釈尊の言葉なのでしょうか。

『間脳思考』の167−170頁にある内容をまとめると次のようになります。
1.中絶された胎児は不成仏霊や霊障のホケトになっている。
2.水子の霊障は家庭不和、子宮癌、子供に泣かされることの原因になる。
3.解脱供養しただけでは罪障が消滅したことにはならない。
まず、信者さんたちに気が付いてほしいのは、
これらは桐山さんの主張であって、堕胎経とは関係のない内容だという点です。
まるで釈尊が阿含経で上記を説いたかのように錯覚していませんでしたか。
堕胎経のどこを読んでも上記の3点は出てきません。
堕胎経は、自分の子供を中絶した者が肉段となって苦しんでいるという話だけです。
これ以上は何も書いていない。
ここから、どうやって上記の3点が出てくるのですか。
霊障のホトケになっているのは水子ではなく、中絶した親のほうです。
生きている時に家庭不和で苦しんでいるのではなく、死んでから苦しんでいるのです。
好戦経と同様に、桐山さんが巧みに信者の錯覚を利用して、
釈尊が1〜3を説いたかのように思い込ませているのです。

125 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:38:48 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx

中絶経験のある人は、では「自分たちは肉段になって苦しむのか」と恐れるかもしれない。
だが、これも桐山さんの得意な錯覚です。
堕胎経、好戦経は、その前後に同じような四十くらいの経典群の中にある。
肉段になっている人たちの例をあげれば、他には屠殺業、首切り役人、調象士、
鍛銅士、捕魚師などがあります。
これらの職業を見て、なんかおかしいと思いませんか。
いずれも社会では必要な職業であり、魚を捕ったくらいで地獄に堕ちたのではたまったものではない。
動物や魚を釈尊たちも食べたのだから、彼らと同罪になってしまう。
調象士は象の調教師のことだろうし、鍛銅士とは鍛冶屋さんのことでしょう。
こんな人たちがなんで肉段になるの?

126 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:42:55 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx

牛豚や魚を殺したから、地獄に堕ちると言っているのでありません。
その答えの一部を桐山さんが『間脳思考』の167頁に書いていて、
好戦経の軍人は戦争を「好楽(こうぎょう)」している点を指摘している。
肉段の軍人は生前おもしろ半分に人殺しや略奪をして、財産を得て、出世したのでしょう。
こういう目で見ると、他の経典にも似たような記述があります。
たとえば、首切り役人は「・・好んで人頭を断ぜり」、
鍛銅士は「偽器もて人を欺けり」とある。
調象士は何も書いていないが、おそらく象を虐待したのでしょう。
こういう観点から堕胎経を見るなら、この肉段は、生前が女性なら、
自分の不注意で妊娠しながら、何の罪悪感もなく次から次と堕胎したか、
男性なら、妊娠させておきながら、自分は痛みを感じないからと、
女性たちに中絶させるなどしたのでしょう。
つまり、エゴ丸出し、何の罪悪感もなく、大きな悪業をなしたから、
それらの報いで肉段となって苦しんでいるのです。
魚を捕ったり、中絶しただけで肉段になるのではありません。
・・・あれ?信者さんたちはまだ信じてないみたいですね。
では、私も桐山さんの真似をして信者さんたちを脅かすことにしましょう。
なんせ、阿含宗で霊感商法のノウハウをたたき込まれましたから、慣れております。

127 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:48:47 ID:pqjlV8Ln
>87 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:29:19 ID:9bD4Lemx

好戦経、堕胎経は四十ほどの経典群で成り立っていいます。
肉段シリーズの中に「ト占師経」「ト占女経」というのがあります。
「此の王舎城に於てト占師と爲り。多人を誤惑し以て財物を求めたり。」
と言うのだから、占いを悪用して、たくさんの人から金品を騙し取ったのでしょう。
信者さんもALCも占いを悪用していないし、金品も受け取っていないというでしょう。
しかし、自分が悪いことをしていないつもりでも、
占いで、因縁や霊障、天命殺などという何の根拠もない話をして霊的に脅かし、
入行、護摩木、解脱供養、冥徳供養に結びつけ、
これがALCには徳という財物になるのだから、経典の占い師と同じ事です。
経典の占い師は神仏の名前を使ったとはない。
一方、阿含宗はなんとシャカを看板に占いをしている。
占いを禁止した釈尊の名前を使い、霊感商法まがいの占いで入信や宗教グッズのお勧めをする。
桐山さんも信者さんたちも十分に悪業を積んだから、肉段の仲間入りです。
どうだ、怖いだろう、などという素人の脅かしではなく、
家元の桐山ゲイカに模範演技を示してもらいましょう。
さあ、皆さん、ご注目あれ!

128 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:55:35 ID:pqjlV8Ln
「子のいのちを断つ悪業のむくい」

『間脳思考』の167頁以降です。
「子のいのちを断つ悪業のむくい」と題して、
さすがと感激するほどの脅迫が数頁に渡り続きます。
>>124に書いた下記の件です。
「3.解脱供養しただけでは罪障が消滅したことにはならない。」
桐山さんは信者から受けた質問として二つだしています。
一つ目は、中絶の業苦を受けるのは女性だけでなく、男性も受けるという点です。
当たり前といえば、当たり前だが、桐山さんの本音は
一体でも多くの水子解脱供養を出させることが目的です。
これだけでもエグイのに、二つ目の質問への答えは圧巻です。
水子を阿含宗の解脱供養で成仏させても、親には罪障が残っているというのです。
桐山さんが何を言いたいかわかりますか。
信者なら、桐山さんの本音をさっと汲み取ってあげないといけない。
「10万円で済むと思うなよ」といっているのです。
水子を持つ人の罪悪感につけ込み、10万円の解脱供養だけで済まさせず、
半永久的に教団に貢がせるための因縁を付けたのです。

129 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:59:08 ID:pqjlV8Ln
「子のいのちを断つ悪業のむくい」

10万円は水子が解脱するのに必要な徳の代金で、
親の罪障の支払いがまだなのです。
10万円はまだ金額がはっきりしているからいい。
罪障を消滅させるための供養ってナンボなのですか。
もちろん、桐山さん絶対にそんな額は示しません。
「お金の問題ではない」と言うでしょう。
それが足りなければ、水子のある信者さんは肉段になるのです。
さあ、どうするか。
罪障の支払いがいくらなのかもわからず、
また梵行や供養でそれらの支払いがどのくらい終わったかもわからず、
信者さんたちは半永久的に罪障という借金を背負わされたのです。
罪障の借金を払わなければ、死後は肉段となって苦しむ。
道はたった一つで、阿含宗に半永久的に供養をし続けることです。
水子を持つ女性の中には強い罪悪感を持っている人がいる。
この罪悪感を利用してアメとムチで追い立て、阿含宗牧場の家畜小屋に追い込んでいる。
罪悪感を巧みに換金している。
うまい!実にうまい。
さすがは、我らが胃大なる宗教詐欺師だ。

130 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:02:31 ID:I4nf2UMa
「子のいのちを断つ悪業のむくい」

桐山さんのこの手法にあきれ、嫌悪するのを超えて、
宗教詐欺師の技のすごさに驚かされる。
好戦経や堕胎経を用いて、いかにも霊障や罪障を説いたかのようにみせかけ、
信者に恐怖や罪悪感を植え付けて、いつのまにか阿含宗に
多額の借金があるかのように錯覚させる。
半永久的に阿含宗に貢ぐようにし向けている。
信者さんたちはよく堕胎経読んでみることです。
どこにも、罪障などない。
釈尊は過去になした悪業や罪障という借金を供養で返済が可能だなんて言ったことはありません。
こんなことを説いたら取引信仰になってしまう。
では、水子を作ってしまった悪業をどうすればいいのか。
反省は必要でしょう。
しかし、過去になした悪業にいつまでも囚われることを釈尊は否定している。

131 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:04:09 ID:I4nf2UMa
「マッジマ・ニカーヤ」131、V巻、第4章

人は過去を追ってはならぬ。未来を願ってはならぬ。
およそ過ぎ去ったものはすでに捨てられており、また未来はまだやって来ていない。
そこで、知者は現在のことがらをいたるところで正しく観察し、
揺るがす動かずして、それに習修するべきである。
今日なすべきことを熱心になせ。だれが明日、死の訪れることを予知できようぞ。
けだし、人はだれでも死魔の大軍と戦わないということがないからである。
熱心にして、昼夜に怠らず住するこのような人、
実にかれを善き聖者たちは“一日賢人”とたとえる。

132 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:06:54 ID:I4nf2UMa
>>131 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:04:09 ID:I4nf2UMa
「人は過去を追ってはならぬ。未来を願ってはならぬ。
およそ過ぎ去ったものはすでに捨てられており、また未来はまだやって来ていない。」

この経典の中のどこに水子の解脱供養をすれば済むとか、
罪障消滅のために如来に供養しろなどとありますか。
護摩木祈願をするどころか、「未来を願ってはならぬ」とある。
釈尊の説くところを水子の件に応用するなら、
反省したら、二度と間違いを繰り返さないようにすることです。
未来において自分が肉段にならぬようになどと祈願し、
罪障消滅の供養と称して金品を貢ぐことのほうが
よほどエゴと煩悩に満ちた行為であり、それこそ宗教家畜と肉段への道です。

133 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:15:55 ID:I4nf2UMa
ダンマパダ、『真理のことば・感興のことば』中村元、36頁
「183.すべて悪しきことをなさず、善いことを行い、自己の心を浄めること、
――これが諸々の仏の教えである。」

桐山ゲイカは霊障による脅迫を説き、人の不幸にさらに付けいり、
信者さんたちを霊的な家畜にしてしまう。
気の毒なことをしたと罪悪感にさいなまれ、
あるいは現実の様々な問題が水子の霊障ではあるまいかと
桐山さんの脅かし文句を信じている人がいるなら、
釈尊の上記の言葉をよく読んでみることです。
上記を見れば、水子を持ってしまった人が何をすべきかははっきりしている。
水子の霊障や教祖の法力という外に原因や解決法を求めるのではなく、
過去の悪業や未来の恐怖に囚われず、自分以外に原因を求めず、
常に自分の内に目を向け、今自分がなすべきことが何であるかを説いている。

134 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/16(月) 08:43:50 ID:OrEtflDO
>>109:名無しさん@3周年 :2006/10/15(日) 20:31:54 ID:b051NE29 [sage]
>念力護摩次第を体得してもまだ足らない
>密教占星術を習得してプロとしてやって
>いける云々 とおっしゃてました。
>まだまだ 奥義は出てきます

護摩次第の伝法がいつのまにか念力の護摩の話になったはよいが、
まるで念力の護摩そのものを教えたかのような口ぶりですね。
今回はあくまでも所作次第だけの伝授で念力の技術はチャクラ
開発等また別の訓練機会を必要とする、諸君は待たれたし、
と先延ばしにするのは毎度のことでわかるが、ここに密教占星術
が出てくるのはいかなることか?
念力の護摩の成就と密教占星術のマスターは関係ないはずだ。
念力の護摩も焚いて、それとは別に密教占星術もやれば
プロとしての密教指導者になれると言いたい
のでしょうが、今日習った護摩次第だってそれだけでは
なんにもならない。
>>113>>117にあるように次第と講話を清書して提出すれば
次に印鑑の証明のついたこれを持ってきた時にはまた奥伝を
教えてあげるぞとしたいのでしょうね。
印鑑なんて伝法会参加のバッチみたいなものです。
こういうグッズを発行してすごい法を伝授したかのように
お互いが満足するのか?
で、桐山さんが何を教えたかというと、念力の護摩に関する
雑談講話と、巡回視察だけです。

135 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 12:42:09 ID:FrlORlPG
桐山教が如何に仏教から外れた教えなのかがよく分かりますね。
外道の中の外道なんですよ。
信者をだまして自分の懐を肥やすように経典を捏造し解釈の歪曲に
励んだ桐山さんを許してはいけません。
仏教とは何か?もう一度スタートに戻る勇気が必要です。

136 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:35:12 ID:fH1EMNMJ
>>134 来月も護摩コースあります
護摩焚きコース違った、護摩・滝コース
です。

137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
追加。伝法会で教えてるのが不動護摩
念力護摩は実践護摩または大日如来護摩
と言ってました。
深○さんは、○音慈恵○の時にやってた
云々と言ってました。

138 :ザ@桐山晴雄:2006/10/16(月) 16:16:59 ID:7h4oeBOC
秘法の「念力の護摩法」は、「愚問児法」の次にやるという秘法。
桐山さんも「念力護摩伝授」のまえに、早く「脳ミソ変えて」
貧弱な「発想」変えたほうがいいのにね。まあ、無理か!
こんな詐欺まがいの「集金システム」に、愚か者たちは
まだ、ついてゆくんだね〜。ほんと哀れだね〜。

139 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 17:42:56 ID:QgBFNf5D
僻みですね(w

140 :ザ@桐山晴雄:2006/10/16(月) 17:50:50 ID:7h4oeBOC
>>139
そんな、くだらねえものに、僻みなんかないの。オマエ早く死ね!

141 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 19:31:05 ID:GxQCq4Ip
>>137
それで実習では念力で発火させたのですか?

142 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 20:04:08 ID:fH1EMNMJ
>>141 話で終わり

143 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 20:11:28 ID:QgBFNf5D
次の念力の護摩が、いつ焚かれるか、わたしはわかります。

144 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 21:56:54 ID:GxQCq4Ip
>>142
護摩のどこで念力発火させるかの話はありましたか?

145 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 21:57:13 ID:3Wxlgoe2
次の実行委員長がいつ発狂するか、わたしにはわかります。








次の実行委員長も、万年ニートの糞喰い野郎ですwww

146 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 21:57:21 ID:21ZgjB9F
>>136
ID:fH1EMNMJ さんおもしろい(^^)
シャンプー・リンス忘れずにいってらっしゃい( ̄ー ̄)ノ▽"

147 :青柿(あおがき):2006/10/16(月) 23:17:24 ID:BsssOYa6
137さんも話のネタに遊びで練成護摩コース出たのでしょうね。
不動護摩が大日護摩になったら何故"実践"護摩なのか馬鹿馬鹿しいですねw

148 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 23:33:19 ID:9WU65FAm
まったく適当に名前付けやがって、桐山ゲイカは何を考えているんかいな?
念力護摩、大日護摩、実践護摩、それぞれどう違うんだよ?
137さん、知ってるなら教えてくださいな。

149 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/16(月) 23:43:17 ID:OrEtflDO
>>137:名無しさん@3周年 :2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ [sage]
>追加。伝法会で教えてるのが不動護摩
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩
>と言ってました。
>深○さんは、○音慈恵○の時にやってた
>云々と言ってました。

「密教・超能力のカリキュラム」p.126
一言添えるならば、「念力の護摩法」とは「底哩三摩耶不動尊
聖者念誦秘密法」にいう「火生三昧」にほかならず、
不動護摩の極致なのである。

不動だろうが大日だろうがその場その場で適当なことを
言っているだけです。
たしかに桐山さんは観音慈恵会の当初、正統の不動護摩なんか
知らないでしょうね。
密教門できちんと加行したことないわけですから。

150 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 00:40:35 ID:2kY4duUG
パドマ マツガの瞑想
ttp://www.dimcjp.org/tokyo/meditatemain.htm

151 :青柿(あおがき):2006/10/17(火) 01:27:13 ID:YyNlfWGS
>150 面白〜い。ありがとうございます!!!

152 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 06:11:03 ID:XhAztLu4
>>147 >>148
私は、受講者じゃないのでよくわかりません。

153 :青柿(あおがき):2006/10/17(火) 09:45:17 ID:YyNlfWGS
>>152 あ、運営シュギョーでしたか。152さんも話のネタさがしで運営されたのでしょう。

154 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 09:54:14 ID:RrulcqJ8
七氏さんのお話を伺うと桐山教が如何に仏教から外れた教えなのかがよく分かります。
本当に外道の中の外道なんですね、桐山阿含宗は。
自分の懐を肥やすために信者をだまくらかして経典を捏造し解釈の歪曲に励んだ桐山を
絶対に許してはいけません。
仏教とは何か? 信者の皆さん、もう一度スタートに戻って考える勇気が必要ですぞ。

155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4
>>153 関係はありますが修行者でない。
あえていえば、傍観者です
尚、ネタを探しに来たわけでないのです
何故かネタばかりですね。護摩コースの
受講者にとって笑えないネタが有りますが
正体がバレるので言えません。
残念です。

156 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:18:06 ID:zXtFrqzZ
>>154
「だまくらかす」・・・長野県伊那谷の方言:言葉巧みにだますこと


157 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/17(火) 12:33:35 ID:3qSoMYZH
>>153
伝法会場にいたマツムシさんとかスズムシさんが、キーボードを
叩いているのかもしれないよ。

158 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:37:40 ID:WuTZP7wf
>>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4
>正体がバレるので言えません。

貴重な話をありがとうございます。
信者さんたちも興味深く読んだと思います。
質問されても155さん個人の情報の書き込みは避けてください。
ここは宗務局も読んでおり、あなたが誰なのかを特定しようとしています。
阿含宗は桐山さんがそうなのだが、自分の鬱憤を晴らすために、
誰かをなぶり者することを宗教の名の下に平気でやります。
一罰百戒で、見せしめのために信者の前で処刑してみせるのです。
ちょうど十年前の今頃、横浜のK柳先達がこれをされた。
関東の修行者たちに声がかかり、朔日護摩の後、ミーティングが開かれた。
別院の本堂で、桐山ゲイカは彼女一人をつるし上げて、なぶり者です。
彼女の暴君ぶりは目に余るものがあったから、
同情する人は少数で、大半は当然の処分だという声だった。
だが、K柳先達などどうでもいい。
問題は彼女のほうではなく、桐山さんのほうです。

159 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:40:09 ID:WuTZP7wf
>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4

横暴を注意するのに、平日の朝に修行者たちをわざわざ本堂に集めて、
彼らの前でたった一人を激しく非難するのが、仏教としてだけでなく、
社会常識から考えても、はたして正しいやり方だろうか。
まずは個人的に注意するべきであり、それで改まらなかったら、
お役を外すなり、出入り禁止にするなど、いくらでも方法はある。
ところが、仏陀の智慧を持つ桐山さんが取った方法は、
大勢の人前で非難し、処罰することだった。
つまり、公開処刑、市中引き回しの上、獄門磔です。
彼女に被害を受けた人たちは大勢いたから、信者の目は彼女のほうばかりで、
あまり桐山さんのほうには向いていなかった。
だが、あの現場にいた人を含めて、もう一度桐山さんに目を向けてほしい。
桐山さんのこの処罰のどこに仏陀の智慧、仏の慈悲があるのだ?

160 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/17(火) 12:41:30 ID:3qSoMYZH
>>156
伊那でない私でも、だまくらかすとか使いますが?

161 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:43:13 ID:WuTZP7wf
>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4

桐山ゲイカがオバサン先達一人を大勢の先達の前で吊し上げをしたのはいくつか理由がある。
一つ目の、一番大きな理由は、13運動がうまくいっていなかったストレス解消です。
モンゴルの奇跡をネタに、地球壊滅で信者を脅かして一気に100万人の
信者を擁する巨大教団にのし上がろうと13運動を始めた。
ところが、信者は笛吹けど踊らずで、盛りあがりに欠けていた。
元々短気な上に糖尿病でもっとイライラしていたのに、
信者の多くは数字の大きさに白け鳥に変身していた。
桐山ゲイカ自らが陣頭指揮で大号令を発しているのに、
成果が上がらないことにイライラが頂点に達していた。
こういう時の桐山さんのストレス解消法が怒鳴りつけることです。
オバサン先達はまさに飛んで火にいる夏の虫で、
元々、女性としても桐山さんの好みではなかったから、
ちょうどいいとばかりに、ストレス解消になぶりにものにしたのです。
桐山さんは威張り、怒ってみせ、これに対して信者たちが頭を下げ、
畏れ敬う、というよりも、恐れてくれることが大好きなのです。
多くの人が彼に土下座することがとてつもない快感なのです。
元々の性格の他に、ムショに入れられた屈辱を忘れられず、
周囲を土下座させないと傷が癒えない。

162 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:46:06 ID:WuTZP7wf
>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4

二つ目は、言うことを聞かないとこうなるという一罰百戒の見せしめです。
大衆の前でさらし者にすることで、
「キサマら、おれ様に逆らったらこうなるぞ」というミセシメをする。
「次はキサマの番だ」と言っているのと同じだから、先達たちの反乱を防ぐことができる。
恐怖心を煽り、信者を支配するのは桐山さんの最も得意とすることで、
悪因縁、霊障、地球壊滅など教義のほとんどが恐怖です。
信者は桐山さんから植え付けられた恐怖心から逃げられない。
なぜなら、恐怖心を植え付けられたと自覚している信者は稀だからです。
自覚していないのだから、恐怖心を排除しようとすらしない。
読んでいる信者さんたちも心に阿含宗から恐怖心が植え付けられているとは思っていないはずです。
これが自覚できたら、自己洗脳は半分くらい解けている。
K柳先達を吊し上げ、見せしめとして、恐怖心で服従させたのです。

163 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:47:44 ID:WuTZP7wf
>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4

三つ目が、批判の目を他人に向けさせることで、
阿含宗の抱える問題、というよりは、
桐山さんの能力や知性の問題や矛盾から信者の目を遠のかせる。
3人導くのでも容易でないのに、13人導けなんて、メチャクチャな数字です。
ただの信者獲得の教団拡大ではないか、
「命の保証だけはする」なんて脅迫ではないか、
今までやってきた導きはいったい何だったのだ、などと
桐山さんに疑問を向ける人たちが出始めていた。
疑問や批判が桐山さんに向けられては困る。
桐山さんは、相手の疑問や批判を理解して、答えるという防御は極端に弱い人で、
自分の一方的な説明を受け入れるか否かを迫るしか能がない。
そこで、殴られる前に殴る、という桐山さんの常で、
先達たちの間に起きていた不満を、K柳先達をぶちのめすことで、黙らせた。

164 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:51:00 ID:WuTZP7wf
>>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4
>正体がバレるので言えません。

桐山さんのこういう手法は職員の間にも浸透している。
だから、155さんも気をつけないといけない。
ネットで真実を暴露されていることを無視するだけでは済まなくなっているから、
桐山さんは1月にはついに「七氏の女スパイ」まで登場させた。
北朝鮮の将軍様と同じで、007の観すぎです。
批判側の書いている内容を悪口にすぎないと切り捨てるほうが
悪口にすぎないことは、普通に読めばわかるからです。
阿含宗が正面からは反撃できないことは過去の議論を読めば十分です。
こういう時、桐山さんは必ず、違う方向でストレスを解消する。
直木賞作家に批判された内容に正面から反論するのではなく、
彼の小説を罵ることで、法話では「勝った」と言ったそうです。
全然関係のないことをして、自分が勝利したかのように錯覚するのです。
そのストレス解消の一番手近な相手は批判側ではなく、身内、
つまり教団とそこに関係している人たちです。
牧童犬さんはたぶんその第一号になった。
身内をさらし首にしても何の問題解決にもならないのだが、
ヤクザやチンピラと同じで、その場でイジメる相手がいればいいのです。
今後も情報を書いてくれると有り難いし、多くの信者たちに役立つのだが、
155さんの身の安全を最優先にしてください。

165 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:57:57 ID:WuTZP7wf
>>137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩

相変わらずの茶番と、一方で、信者たちは深く深く信じ切っている様子がおもしろい。
こういう桐山さんの姿を見ても、念力護摩を本物だと思っているのですね。
そこがとても興味深い。
信者時代、念力の護摩は「方便の時代」なんだろうと解釈していた。
念力の護摩を信じることができなかったのは、
桐山さんが証拠を何も“残そうとしなかった”点です。
これはいくらなんでもおかしい。
証拠の是非ではなく、念力の護摩にはそもそも証拠がないのです。
まるで、証拠など残したら、逆に手品とばれるのを恐れて、
最初から証拠など残すつもりはなかったようにすら見えた。
本当の本物であり、桐山さんが述べているように、
世に密教の力のすごさを示そうとするのが目的なら、こういう態度はありえない。
なぜなら、公表すれば当然、手品と疑われることは予想がついたはずです。
高度の知性と予知能力など持っていなくても、
念力で火を付けたなんて話を出したら、手品や嘘つき呼ばわりされるに決まっている。
新しいことを主張したら、証拠があってさえも、批判され、
これに応えなければ本物とは言われない。
こんなことすら予想できなかったはずはないのです。

166 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/17(火) 13:00:22 ID:XhAztLu4
>>162 そんな 恐ろしいところだとは
気をつけます。
職員さんの雑談を小耳に挟んだということで
今回の冥徳祭からテント、看板設置業者
が TSP太陽から方○に変わりました
意味がわからなーいかもしれませんが
会員さん現実にも目を向けて下さい。
営繕管理部とY先生関連でした。
ユビ先生じゃありません。

167 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:04:49 ID:WuTZP7wf
>137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩

信者さんたちも考えみてください。
あなたは密教の奥義を体得して念力で火を付けるほどの力を持ったとします。
これは前代未聞の人間を超人にする技法なのだから、
自分一人が体得してオワリであってはならない。
一人でも多くの超人を作り出すことは、この技法を体得した者の義務です。
その技法の証明が念力の護摩なのです。
念力の護摩は求聞持法や大随求法を体得した超人であることの証明です。
『変身の原理』では他に何もないことに信者さんたちは気がついているか。
超人技法が本物であることを示すには念力の護摩が本物であることを示す必要がある。
しかし、手品と疑われることは目に見えている。
だったら、本物であることの証拠をできるだけ多く取るようにしようとしませんか。
証拠を示してさえも、信じない人は信じないのだから、
信じてくれそうな人を説得するためにもできるだけ多くの証拠が必要です。
「この素晴らしい技法が失われるのは、人類の損失である」などと
本当に思って世に問うなら、念力の護摩の証拠が必要です。

168 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:06:59 ID:WuTZP7wf
>137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩

だが、桐山さんは念力の護摩について何一つ検証できるような証拠を示していないのですよ。
あるのは信者と第三者による目撃談です。
五つの超人的能力という高い知能をもった人の示す証拠がこれだけ?
これが決定的な証拠になるなら、世間の手品はすべて本物になってしまう。
手品の観客は仕掛けを見抜けなくても、手品が手品でないことの証人にはなりえない。
念力の護摩も同様で、仕掛けがわからなかった観客の証言は、
本物であることの証拠にはならないのです。
しかも、彼らは信者で、身内の証言など、なおさら説得力がない。
第三者の目撃もそうです。
官僚や宗教家、新聞記者を目撃者にしているが、彼らは見物に来ただけで、
証人として来るように求められたのではありません。
彼らもまた信者同様に、手品の仕掛けのわからない観客にすぎない。
事実、彼らは一人として、念力の護摩が本物であると証言していない。
後に、桐山さんと利害関係を持った新聞記者ですら、本物だとは書いていません。
つまり、証拠らしい証拠は何もないのです。

169 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:08:36 ID:WuTZP7wf
>137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩

桐山さんが念力の護摩を公開したのは1970年と1973年です。
カメラはもちろんこと、映写機があった。
素人が8ミリフィルムで撮影していた時期です。
現在に至るまで、桐山さんは映画など映像を用いた布教に熱心です。
これだけ布教のためなら映像に金を惜しまない人が、
なんで、自分の力を示す数少ない機会に撮影しなかったのでしょう。
撮影音がうるさいというなら、消音装置もあった。
一部始終を撮影して、専門家や手品呼ばわりする人たちに配り、
検証させてみるのが一番てっとり早い。
フィルムがあれば、散杖についた水をかけて発火させたという批判も、
一コマずつ検証してみればいいのだから、簡単に反論できる。
ところが、素人でも思いつき、決定的な証拠を桐山さんはとろうとしなかった。
おかしいとは思いませんか。

170 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:12:38 ID:A6UbNm3h
>137 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 15:53:21 ID:fH1EMNMJ
>念力護摩は実践護摩または大日如来護摩

何度もチャンスがありながら、撮影しようとしなかったのは、
撮らせたくなかったからでしょう。
手品でない証拠になるはずの撮影は手品である証拠になってしまうからです。
フィルムを一コマずつ検証などされたら、インチキがばれてしまう。
桐山さんにしてみれば、念力の護摩を焚いた証人がいるというだけで十分なのです。
手のひらの上で護摩を焚いてみせるなどと法螺を吹いていればいい。
難行だから、簡単にはできないと言えば、二度とやる必要はない。
と、これまではそう思っていたのですが、もしかしたら、
桐山さんは念力の護摩をまたやるのではないかと期待しつつあります。

171 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:14:15 ID:A6UbNm3h
>>143 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 20:11:28 ID:QgBFNf5D
>次の念力の護摩が、いつ焚かれるか、わたしはわかります。

脳梗塞になる前なら念力の護摩はやらなかったでしょう。
内々で焚いても、今度は撮影させないという訳にはいかなくなり、
簡単に仕掛けがばれてしまう。
だから、二度と念力の手品護摩はやらないだろうと思っていたのです。
しかし、今の桐山さんの様子を聞いていると、焚く可能性が出てきた。
脳はどんどん老化して、脈絡がなくなっているからです。
初歩の護摩を教えているはずが、いつの間にか念力の護摩の話になっている。
桐山さんの頭は、多くの老人がそうであるように、過去に帰り始めている。
念力の護摩が手品であることすら忘れてしまっているのではないか。
「あれは発火しやすいように少し薬品を加えたが、
しかし、発火したのはオレの念力だ」などと、桐山さんのことだから、
様々な言い訳を考えて、本人が強く信じているのでしょう。

172 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:16:42 ID:A6UbNm3h
>>143 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 20:11:28 ID:QgBFNf5D
>次の念力の護摩が、いつ焚かれるか、わたしはわかります。

三十年前なら、信者たちを騙すこともできただろうが、
今は条件がだいぶん違う。
その一つは、信者の中には仕掛けを知っている人もいることです。
当時の信者の多くは護摩の作法すら知らず、
手品かもしれないと疑っても、どういう仕掛けなのかは皆目見当もつかなかった。
すぐそばにいた承仕ですら、緊張でガチガチで作法を忘れてしまうほどだった。
だが、今の信者は護摩の作法も知っており、
廣野さんの批判本やこのスレを読んだ人たちは、
散杖で水をかけて点火すると知っているから、その瞬間に着目する。

173 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 13:23:56 ID:A6UbNm3h
>>155 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 11:03:50 ID:XhAztLu4

もう一つの条件の違いは、桐山さんの脳と身体の老化です。
彼は往年のマジシャンにすぎない。
自分ではうまくやっているつもりでも、周囲からは丸見えということもありえます。
老化で身体が衰え、手品のネタを落としてしまい、
観客から失笑買っているのに気が付かない手品師のようなものです。
そこで、>>155さんのような人の登場です。
あなたは好運なら、桐山さんの念力の手品護摩を目撃できるかもしれない。
このようなチャンスを逃してはならない。
これは155さん個人だけでなく、他の信者にとっても重要な目撃になります。
だから、書き込みをする時は用心の上にも用心して、
桐山さんの手品護摩を観られるように、缶コーヒー一本を節約して、
百円護摩木に祈願をして、生き残ってください。
神仏のご加護のあらんことを。

174 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/17(火) 13:36:52 ID:XhAztLu4
>>173 期待してますが、猊下の体が
まともなら出来るとおもいますが
護摩焚きコースいやいや護摩滝コース
に期待します

175 :ザ@桐山晴雄:2006/10/17(火) 19:58:42 ID:RhtorxCP
組織が崩壊するのは「内部告発」です。
どしどし書きましょう。
桐山教が本物かどうか、わかりますので、職員・幹部会員は「内部告発」を
じゃんじゃん書きましょう。
本物なら「内部告発」しても滅びないでしょう。阿含宗桐山が聖者なら
こちらに災いが来るでしょう。
職員も幹部会員も「勝負」してくださいよ。さあさあ!

176 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 07:12:39 ID:NohPgq3W
阿含経と密教の架け橋を渡った会員がいるので、中沼さん負けです。
1年と18日でできないから負けです。

177 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 07:40:30 ID:NohPgq3W
水分子と意識ともうひとつです。それが阿含経を密教の架け橋ですね。

178 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 09:17:43 ID:2cAzfInb
念力護摩の内容をくわスク

179 :ザ@桐山晴雄:2006/10/18(水) 11:00:50 ID:W3U0I01e
>>176
このかたは実行委員長ですね。
教団としては、「?」のキチガイ信者、幽霊会員という位置づけです。

180 :ザ@桐山晴雄:2006/10/18(水) 11:05:47 ID:W3U0I01e
桐山さんも「ボケ」で頭がイカレテきているようですね。
「大日如来」だって(笑)。
かなしいかな、だんだん「チンケ」さが増してますね。


181 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 12:51:05 ID:NohPgq3W
貴方にお返しします。

182 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 15:42:32 ID:N2ld5T1r
>>178 詳しく語りたいのですが
実践でなく、次第〜つまり紙に書いた本
をフカキョンが板書し説明しただけ
念力火が着くとは言ってません
猊下の講話雑談の中の話

183 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/18(水) 16:06:04 ID:N2ld5T1r
>>182 追加
そういえば、フカキョンが護摩木の積み方は
不動護摩の様に積み上げず、奉書をしたに置護摩木を横積みするみたいなこと
言ってましたね
後は、ユビ先生お願いします
しったか青梅君でもいいや。

184 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 17:46:38 ID:NohPgq3W
やめたやつに言われても(w

185 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 18:08:13 ID:N2ld5T1r
>>184
やめた奴 しか念力護摩見てないから
副管長をイタコ使って呼びます?

186 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/18(水) 21:23:21 ID:jdcUOEaN
>>182-183
そもそも真言密教の不動護摩では奉書なんて敷かないわけです。
光明解脱大日護摩などと大層なネーミングをしたその錬脳護摩
の正体とは、カラクリ念力護摩だったわけですね。
奉書に全てのカラクリがあるからです。
奉書の右手前のラン字を特殊な薬品で塗り付けておいて
そこに洒水の際、散杖で水、あるいは水様の液体を垂らして
化学反応で発火させるわけです。
念力の護摩でない今の例祭の護摩でも形だけ奉書を敷くが
この次第の伝法とは念力の護摩次第の伝法と言ってよい。
F田さんですら、桐山さんが本当に念力の護摩を教えるかどうか
なんてわからなかったと思う。
桐山さんだけの妄想世界だから。
護摩の炎で深層意識に迫り霊性を開発する護摩というわけなんですが、
脳を開発するメソッドなどどこにもないから、古い念力の護摩を
出した。さあ、念力で護摩を焚けい。火を出せい。
受講生は質問しなさい。
「ゲイカ!どうしたら火が出るんでしょうか?」
馬鹿みたいな純朴な顔で質問すると、よしよし、可愛い奴じゃ、
と、奉書の大極秘伝を教えてくれるかも知れませんよ。

187 :樹意:2006/10/18(水) 22:19:49 ID:6FKNnKu/
奈々氏さんも指摘されていますが 鈴虫さんにおかれましては
この教団が武装した警備員を配置した経緯のある団体であり
○暴関係の団体ともお付き合いrのある団体であるという旨しっかり
認識し、必ず身を守る保険を掛けるという心構えの上、書き込みされますよう
お願いします。
批判する側にとっては貴重な情報はありがたい限りですが、
どうか宗教のカテゴリで判断することの無いようにお願いしたいと思います。

人や企業を判断するのに一番いいのは財務諸表があれば一番いいのですが
簡単な見分け方は何に経費を投じているかをみるのが一番いいわけです。
嘘を見破るのにこれほどよいものはありません。
占いも護摩も目くらましでしかありません。
戒の基礎が無いのに解脱の展望台が叶う道理がありません。
宣伝を始めてこの方30年以上たつのにやっと 念力護摩のお次第ってなんですか?
ひどいにも賞味期限てものがあるといえるでしょう。



188 :樹意:2006/10/18(水) 22:36:58 ID:6FKNnKu/
占いの
○木カズコ氏でしたかが、 テレビでライブドアの株価が5倍になるだと
吹いて、その後多くの方が大変な損害を蒙ったという事がありました。

以前からライブドアの財務諸表がおかしいと 指摘されていた方があり
実際 ざっと見渡しただけでも企業活動から生じたところの剰余金がほとんど
無いという有様であったのを覚えています。

数字というのは嘘をつきませんし、占いなどに頼るより格段に経営判断に役立つ
ものです。
ゲイカの率いる企業集団は、払い戻しの無い保険、信者さんのセキュリティを
甘くしてしまう セキュリティ事業、確立的に一般と変わりない防災保険事業を
率いています。
四度加行も切り売りするネタの一つでしかありませんし 今回のことも
その切り売りの一貫でしかありません。
もう売るものが払拭しかけていますし 奈々氏さんやユビ氏が現役だったころの
剰余金も使い果たしかけているのでしょう。
晩年になればなるほど大大運気とやらも宣伝だけだったようです。
みんなで次の 売れそうなネーミングを考えてあげてクダサイ。(^^!



189 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/18(水) 22:48:03 ID:N2ld5T1r
>>187 ありがとうございます。
以前にも書きましたとおり、アゴンに
関係している警備会社は上場企業と会津○○○と山○○で特に山○○系の阿○警備は土地絡みで密接な関係にあるやにうかがっています。
注意するとしますか。

190 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:00:55 ID:2cAzfInb
F田さんは念力発火してみせたの?

191 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 06:20:41 ID:TYp5oXD1
チャクラの伝導系を使えばできる。

192 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 06:24:37 ID:TYp5oXD1
サマーナ気を支配することができるようになると、身体から火焔を発することができる。


193 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 07:31:36 ID:TYp5oXD1
その技術は、密教の様式の中にある。

194 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 08:27:28 ID:wny6cx/E
86歳で大山に登る翁がいるのに桐山翁は杖ついて歩いてるなんて、密教の修行は
いったい何だったんだい? 超能力者でも80歳すぎればただの人なのかい?
エー!? あれは全部ホラだったんかい?? 答えろよ!!

195 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 08:38:37 ID:wny6cx/E
チャクラの伝導系??
身体から火焔を発する??

おめでたい人ですね。この期に及んで、まだこんな事を平気で書いてるなんて、
貴方は死ぬまで騙され続けてください。

196 :ザ@桐山晴雄:2006/10/19(木) 11:09:06 ID:3TvYNSfy
>>195
そうですね。騙され続ければいいのです。
くだらないことばかり書いている「実行委員長」とか言うヤツは
頭がどうかしてますからね。

197 :ザ@桐山晴雄:2006/10/19(木) 11:19:22 ID:3TvYNSfy
F田なんて「灌頂」も受けたことのない「偽アジャリ」ですね。
阿含宗宗務局および最高責任者(桐山靖雄)は、このことについて
反論してみろよ!
おまいらが大僧正・少僧正と勝手に名づけているのは、教団の中だけで
通用する「自称」だろうよ。
桐山とF田は、宗教者だと内外に知らせているんだから、答える義務が
あるだろ。ふたりとも私度僧で偽アジャリだろうが。
どうせ世間から逃げてごまかすしかできないんだよ。
ほんとウス汚えね奴らだよ。堂々と言いなさいよ。

198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl
『阿含宗報』247号、3頁

先日、行暦の長い信徒がガンになったと報告がはいりました。わたくしが
日夜気にかけているのは、諸君の健康状態についてです。諸君には、絶対に
ガンになってもらいたくはありません。脳梗塞や脳卒中にもなってほしくありませんが、
医学の著しい進歩で、それらは絶望的な病気ではなくなりました。やはり、死を
覚悟しなければならない病気の筆頭はガンですから、諸君がガンにならないことを
切に願っております。
だからこそ、わたくしはガンを防ぐ養生法を自ら実践して、効果のあるものを諸君に
教えているわけです。それなのに、信徒の中にガンになる人が出てくるのですから、
わたくしは非常に悲しいのです。「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いて
いながら、ガンなどになるんだ!」と憤りを感じることもあります。
しかし、いまさら病人を叱ってもしかたありませんので、仏さまに病気平癒を祈願しています。

199 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:39:18 ID:qgk2S3Pl
スレ110
>700 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 12:55:54 ID:yZr4Rioh
>君、阿含宗報第247号を読んだかい? 8月25日発行のやつだよ。
>この中で管長猊下ご法話 平成十八年七月度例祭 があるでしょ。

亀レスになりましたが、信者さんたちは700さんの引用した>>198の『阿含宗報』を読み、
何をあきれているのか、理解しましたか。
行歴の長い信徒がガンになったと報告され、これに対する桐山さんの指導は、
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」
というものです。
はあ??と阿含宗の教学を学んだ者ならだれでも?が頭の周囲で踊り出す。

200 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:43:58 ID:qgk2S3Pl
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

観音慈恵会時代の一番古くから一貫している桐山さんのウリは因縁切りです。
阿含宗の教学を復習してみましょう。
因縁には22種類ほどあり、人生を支配している。
ガンの因縁を持つ人は“必ずガンになる”。
養生や薬で少し時期を遅らせたりすることはできるが、しかし、“必ずガンになる”。
これは桐山ゲイカが慈恵会時代から数十万人もの人たちの因縁を透視して、
その結果得られたもので、例外はない。ことになっている。
代議士の当落は外したし、自分の刑獄の因縁が残っていたのもわからなかったが、
桐山ゲイカの因縁霊視は百発百中であーる!
因縁診断で「ガンの因縁あり」と書かれたそこの君!
あんなもの信者本人からの自己申告に因縁を付けたにすぎないのだが、
このままではどんなに努力しても、君は“必ずガンになる”。
私の後に続いて、拳を振り上げて、叫んでください。
「さあ、ガンの因縁だ。必ずうまくガンの因縁をつける。
私はとてもガンなのだ。必ずガンになる。絶対にガンになる。」

201 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:46:33 ID:qgk2S3Pl
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

桐山ゲイカは長年、人間は因縁の操り人形であり、
ガンの因縁を切らない限り、必ずガンになると述べてきた。
桐山ゲイカは霊的に脅かしているように見えるし、
本人もそのつもりかもしれないし、事実そうなのかもしれないが、
慈悲深き桐山ゲイカは救いの道も示された。
それが、古くは千座行、今の仏舎利行である。
因縁を付けて恐怖で追い込み、救いというエサをぶら下げて、
信者を獲得しようと、さながら家畜にムチをあてて牧場に追い込むかのように見えるが、
それは因縁の悪い人の目の錯覚であーる。
この行をする者は、どんなに深い業を持っていても、
必ず因縁がキレテ、好運が舞い込み、大々運気の人生をおくることができる。
それは、脳梗塞でヨレヨレの桐山ゲイカをみれば一目瞭然である。

202 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:50:02 ID:vFo+bGWv
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

仏舎利行はただ勤行すればいいというものではない。
それだけでは因縁は切れない。
拝んだだけで切ってくれるほど阿含宗のホトケは甘くない。
貢ぐのだ。
金と人を教団に貢ぐことで、その見返りにホトケは徳という御利益をくれて、
徳の預貯金の額しだいで、ガンの因縁が切れる。
悪因縁とは前世からの借金なのだから、100万円の借金は
利子を無視しても、100万円分の徳を積まなければならない。
導きと供養と称して金を貢げば、前世の借金を帳消しにしてやろうってのが、仏舎利行なのだ。
どだ?わかりやすいだろ?
ありもしない借金で因縁を付けて、金を払えというヤクザや、
フリコメ詐欺とそっくり同じ手なのが、信者なんて愚かだから、
供養、梵行、喜捨なんて言われると、あの釈尊がこんなアホな事を説いたと信じてしまう。
だが、これだけでも実は足りない。

203 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:56:01 ID:vFo+bGWv
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

勤行と梵行が本行なら、日常の心構えと養生も助行として必要だ。
ガンの因縁と御霊示があったのに、相変わらずタバコをプカプカでは話にならない。
桐山ゲイカは糖尿病になってから、あわてて栄養講義を始めた。
桐山ゲイカはいつも自分の病気の治療法を養生法として発表する。
247号の法話でも、身体を温めることを奨励しているのは、
自分の血管が詰まり、冷え性になったからだ。
そして、ついでに光和の遠赤外線マットやスマーティを売る。
他にもプロテインを買えと、これらの物売り宣伝に紙面の半分以上をさいていることにお気づきと思う。
つまり、この法話の本当の目的は光和の商品宣伝なのだ。
桐山ゲイカは転んでもタダでは起きない。
古い先達のガンすらも、信者のガンへの恐怖を煽り、商品販売のネタにする。
なんと素晴らしい仏陀の智慧であることか。

204 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:58:51 ID:vFo+bGWv
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

桐山ゲイカの養生法とは光和のサプリなどを買うことである。
そういうと、サプリメントを摂り、タバコなどの悪習慣を止めれば
ガンにはならないのではないかなとど、素人はつい考えしまう。
因縁の怖さを知らないのである。
桐山ゲイカはこれを「わかっちゃいるけど、やめられない」と表現された。
因縁もの申すで、心構えだけではどうにもならない。
良いとわかっていてもできないし、悪いとわかっていてもやめられないのが因縁なのだ!
この自己矛盾を解決してくれるのが法の力である。
それまではどうしてもできなかったこと、やめられなかったことが、
法の力で少しずつ変えられていき、
やがて自然にガンにならないような生き方ができるようになる。
おお、オシャカの成仏リキのすごさ。
では、阿含宗の因縁切りの力がどれほどすごいか典型的な事例を紹介しよう。

205 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:02:11 ID:vFo+bGWv
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

桐山夫人は阿含宗の副管長であらせられた。
同時に、光和食品、平河出版社、阿含宗出版局などの社長をされ、
仕事もせずに肩書きだけで給料を得て、贅沢三昧な阿含宗貴族の生活を
していたという事実は信者諸君は見なくてもいい。
彼女は最古参の信者であり、千座行すらも何度も満願し、
さらに桐山ゲイカの“戦友”として、“お裏方”というわりにはずいぶん出しゃばりに、
在家信者としては最高の徳を積み続けた。
光和の社長であらせられたから、桐山ゲイカの説く栄養学、養生法については
単に信者にバカ高い値段で売りつける光和のサプリがタダで手に入るというだけでなく、
在家として率先して実践されたはずである。
つまり、千座行、仏舎利行という勤行を長年行い、
積徳行という貢ぎもしっかりとやり、身体の養生についても在家ではトップだったのである。
その結果、ガンの因縁はブチ切れて、2000年には76歳の若さでガンで亡くなった。

206 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:06:51 ID:sY252A0B
>>198 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:36:45 ID:qgk2S3Pl

桐山夫人こそが、ガンの因縁を切るという阿含宗の教えを見事に体現したのである。
しかし、体現したのは、桐山夫人だけでも、>>198に出た古い信者だけではない。
十数年前、当時、阿含宗最大のファミリーを率いていたM田先達はガンで亡くなった。
同じ頃、G県の地区のリーダーもガンで亡くなった。
光和の某売店の職員もガンで亡くなった。
M田先達は60代前半、地区リーダーは40歳前後だったと言われるし、
光和の職員も30代です。
阿含宗の模範たるべき大先達たちが、ガンの因縁切りの修行をして、ガンで亡くなった。
ほらね、桐山ゲイカの説く因縁切りが見事に実証された。
そこで、今回の『阿含宗報』の法話を見てみましょう。

207 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:08:16 ID:sY252A0B
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」

古い信者がガンになったと聞いて、桐山ゲイカの忿怒の御指導がこれです。
これまでの阿含宗の教学と矛盾することに信者さんたちは気が付いていますか。
養生法をそのまま実践できるなら、阿含宗はいらないのです。
「わかっちゃいるけど、やめられない」という強烈な因縁によって、
桐山ゲイカの養生法をやりたくても、できないのです。
30万円もするスマーティなんか買えません。
言われたとおりに光和のサプリを買っていたら、財布がガンになって死んでしまう。
やはり、法の力で因縁を切ってもらい、糖尿病の大黒天が
信者の財布からお金を阿含宗に持ち去るのをやめてもらえば、
ガンの因縁も少しはほどける、かもしれない。

208 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:11:34 ID:sY252A0B
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」

法の力によって因縁をほどき、切っていくのがウリなのが阿含宗であり、
養生法だけなら、その道の専門家のほうがよほど詳しい。
阿含宗なんかいらなくなる。
古い信者なのだから、長年に渡り、千座行や仏舎利行をして、
しかも梵行によって徳も積んできたはずです。
法の力によって、身体に悪いことはやめて、良いことができるようになっていたはずです。
なのに、ガンになった。
「いや、きっと梵行が足りなかったのだ。徳が足りなかった」などと
信者さんたちは弁護するかもしれない。
見えないこと、わからないことなんだから、なんとでも因縁はつけられる。
では、あなた十分に梵行や養生法を実践していると自信をもっていえるのか。
明日は我が身と思わないから、そんなことを言っていられる。

209 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:15:48 ID:sY252A0B
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」

ガンになった>>206の3人の他にも、何人か知っています。
別院では運営修行に参加して、中心的に活動していた修行者がガンになった。
光和のサプリメントの大量摂取をしていました。
牛骨粉が入っていて、オシッコが黄色にやるサプリです。
どうみても、胃腸に負担をかけ、かえって体調を悪化させていた。
やめるようにそれとなく注意しても、桐山ゲイカを信じ切っているから、聞く耳を持たない。
間もなく亡くなりました。
最後の仕事をきちんとこなしたことが本人の誇りだった。
この人は行歴の長い信者で、勤行や解脱供養、冥徳供養はもちろん、
別院の運営をしていたように梵行も率先していたし、
また牛骨粉サプリを摂っていたように、桐山さんの示す養生法も守っていた。
心ない信者は、この修行者に「心構えが間違っていた」とか
「徳が足りず、法が届かなかった」などと批判するでしょう。
しかし、この修行者以上に、信者さんたちは
梵行や養生法をやっていると自信を持っていえるか。

210 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:18:50 ID:sY252A0B
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」

桐山さんのこの発言は、阿含宗のこれまでの教学をまるで無視している。
法の力が主であり、これをいただけるように人間が徳を積むはずなのに、
養生法という助行のほうばかりです。
桐山さんは自分が説いた因縁切りの話などきれいに忘れている。
信者さんたちはなぜなのだろうと疑問に思いませんか。
主な理由は二つある。
一つは、桐山さんの脳が老化して、因縁切りの教学と矛盾することなど
思いも寄らず、自分の関心事である養生法にしか頭が行っていないからです。
桐山さんは自分の身体の養生に一番の興味があるから、
そこにしか関心が向かない。
今の桐山さんの視野とはこんな程度なのです。

211 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:22:16 ID:VeTSW+Us
「なぜ、わたくしの養生法に関する法話を聞いていながら、ガンなどになるんだ!」

もう一つは、桐山さんの心癖である「他人のせいにする」ことです。
桐山さんは絶対に自分の非を認めない。
偽ビールを造ったことの言い訳のために宗教を作り、
18人の霊障武士なんて嘘まで作り上げたように、
間違いを認めず、必ず言い訳を滔々と並べる。
古い信者がガンになったら、因縁切りの看板に傷がつく。
つまり、桐山さんに傷がつく。
もう許し難いのです。
桐山さんは他人の痛みはほとんど感じないが、自分の痛みは十倍くらいに感じる。
だから、なんと書いてあるか。
「・・と憤りを感じることもあります。」
自分の作り上げた宗教の矛盾を棚に上げて、
他人に原因があるかのように、他人に怒りを向けている。
自分の思い通りにならないから、腹を立てている。
ガンの因縁がキレルと桐山さんの言葉を信じてついて来た信者が
ガンになったら、邪魔だとばかりに「言うことを聞かない」と怒る。
こういう態度は今に始まったものではありません。

212 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:23:11 ID:VeTSW+Us
ダルマチャクラ、135号、2001年、28頁

「・・亦家内である堤たち副管長が、先日ガンで亡くなったことからも、ガンというものの恐ろしさを切実に感じるのです。」
「しかし、わたくしの言うことをもう少し守っていてくれていれば、
正直言って、五年や十年は生きただろうと感じていますが、やはり、寿命というものでしょう。」

213 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:23:44 ID:VeTSW+Us
[126]フジウス 05/02/26 12:53 8y5ysoLTMD
現実にあったことをいいましょう。
私の懇意にしている会員に趣味解脱供養という人がいた。
およそ250回位は解脱供養している。その他家族も供養をよくやった。
結婚もご指導願いにより決めて幸せであった。
もちろん護山会に入り、護摩木勧進も沢山し、屋敷浄霊修行導き行その他の修行もよくやった。
あるとき“胃ガン"になった。食事も気をつけてきた。
彼はある筋を通して管長にご指導をお願いしたこれだけ解脱供養も冥徳供養もして、
奉仕もしてどうしてガンになるのかと。彼は理由が知りたかった。
それにしたがって対処したいと考えた。
しかし指導は、職員が本のコピー数枚とアガリクス?を持ってきて、
これがゲイカの指導ですと。さすがに 怒ったねその人は。
こういう時に役にたたないじゃないかと。職員はお礼をゲイカにしてくださいと。
彼が聞きたかったのはそんなことではない。“心解脱行云々"なんて言わないで下さいよ。
これが解脱供養250回のその人に対して(その他の修行もやっていた)の対処かねこれが。
桐山管長が一切智ならばこんなチ ンケな指導しないでしょ。
神戸の震災も予知できなかった超能力者の言うことなどまったくあてにはならないということです。

214 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:33:09 ID:VeTSW+Us
>>212 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:23:11 ID:VeTSW+Us
>>213 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:23:44 ID:VeTSW+Us

いかがですか。
教義に矛盾することが出てくると、同じパターンで桐山さんが他人のせいにしている。
桐山夫人に対してすら、
「わたくしの言うことをもう少し守っていてくれていれば、」
とある。
オシエだけではどうにもならないと普段口を酸っぱくして説き、
だから、法というものがあるのだと宣伝していたのに、
桐山さんの言うことを守るとは、その軽蔑していたオシエそのものではないか。
>>213の信者がガンになって出したのがアガリクスです。
最近、これはガンには何の効果もないと批判されている。
せめて、治すための指導をするならまだしも、アガリクスでごまかした。
自分に都合の悪いことがおきると見向きもしないのが桐山さんです。
この冷酷な反応を見てください。
あなたがガンになったら、桐山さんはこんなふうにツバをはきかけてくる。
信者さんたちはこれらの事例を見ても、まだ桐山さんのいう因縁切りが正しく、
因縁診断で示された横変死の因縁やガンの因縁がキレテ、
幸せな人生が待っていると信じられるか。
桐山夫人はじめ、ある意味で命をかけて因縁切りなど嘘だと証明してくれたのだ。
「体験談」をしっかりと見ることです。

215 :ザ@桐山晴雄:2006/10/19(木) 13:34:18 ID:3TvYNSfy
まあ、この「2ちゃんねる」「ザ・ビビスレ」で阿含宗もおしまいですね。
教義の矛盾・教祖の詐欺性・デタラメなどすべて「露顕」しました。
いまの桐山さんには、批判に答えられる気力も体力も「脳みそ」も
ありません。稀代の宗教詐欺師も年齢には勝てないということです。
疑問を抱いていた会員さんたち、迷いのある方たちは、
勇気を出して「退会」してください。桐山阿含宗などという「邪教」とは
一刻もはやく「縁切り」してください。

216 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:12:59 ID:TYp5oXD1
会員で、人型と御供養金出してない人は、因縁がでる。

217 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:15:33 ID:TYp5oXD1
思考を変える方法も、成仏法もすべて教えてますね。
わからない人は、死んでわかるでしょう。

218 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 18:16:48 ID:TYp5oXD1
神戸の時、1月3日に地震の話は、正月だからしないとお話してます。

219 :ザ@桐山晴雄:2006/10/19(木) 19:34:29 ID:3TvYNSfy
実行委員長(名無し)
>>216>>218
テメエは「キチガイ」なんだから、はよ病院へゆきなさい。
心でもわからねえのは、テメエのほうだよ。
どうしようもないヤツだ、おまいは。

220 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 19:45:03 ID:TYp5oXD1
成仏法は、名称を変えてます。気がつくのが早いか遅いかです。

221 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:39:25 ID:d7wK7/H2
気がついたときはお陀仏で、身上つぶすねwww

222 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:29:48 ID:D/yyiNd3
いづれ本に書きます。成仏法の正体

223 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 07:26:12 ID:D/yyiNd3
会員で、毎月人型と御供養金出してて、癌になるかな?

224 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 07:31:33 ID:D/yyiNd3
2007年1月19日 何かが起こる、911かも
平成が終わるのか、

225 :ザ@桐山晴雄:2006/10/20(金) 11:03:01 ID:w2ogyWTe
実行名無しは、早く本にでもなんでも書け。
アンタは「大切な証拠」なんでね。君みたいのしか桐山さんは
育てることができない。どんどん書け書け。ホレホレ!

226 :ザ@桐山晴雄:2006/10/20(金) 11:55:16 ID:w2ogyWTe
「ザ」のほうで、桐山阿含宗の「崩壊序章」の報告が
星祭(夜祭)さんから「書き込み」されています。
桐山さんは「壊れて」、W田女狐が「(教団を)壊す」。
会員のことなど全然考えていませんね。

227 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/20(金) 12:36:42 ID:U3NwosiO
>>216:名無しさん@3周年 :2006/10/19(木) 17:12:59 ID:TYp5oXD1
>会員で、人型と御供養金出してない人は、因縁がでる。

>>223:名無しさん@3周年 :2006/10/20(金) 07:26:12 ID:D/yyiNd3
>会員で、毎月人型と御供養金出してて、癌になるかな?

じっこーなんかにレス付けても意味ないのだが、ならば関東の
M田先達、G県のリーダー、副管長皆揃って人型と供養金を
出さなかったわけね?

>>224:名無しさん@3周年 :2006/10/20(金) 07:31:33 ID:D/yyiNd3
>2007年1月19日 何かが起こる、911かも
>平成が終わるのか、

いやあ〜・・・未だに1999年7の月の数字にこだわってる
のがよくわかるよ。
私もまた桐山さんの中国に1997年7月に原稿を送った説が
あまりにも恥ずかしいから、信者時代別に考えたものさ。
1999年9月19日に総本山の龍神の滝が開かれて
桐山さんが滝開きにあのチョロチョロ滝で水浴びをした。
その時インド護摩の時に感じた人間の目をしていない恐怖と
戦慄の大王を我が身に顕現して、滝に打たれるアンゴルモアの大王は
その恐怖のバイブレーションを発して信徒に示した。
(でも全然怖くねーよ)
あるいは同年10月17日の護摩堂開きの護摩でもそのバイブを
示したとか・・・
要は1と9と7が並んでいればよく、なんかの都合で並び替え
があったとか・・・考えたのだが・・・
アホらしいからやめたw

228 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 12:42:23 ID:D/yyiNd3
貴方にお返しします。

229 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/20(金) 15:10:04 ID:U3NwosiO
あ?ちなみに7の月がどうして9月や10月かと言うと、
一つにはseptmoisをSeptemberと読んだわけっすね。
もう一つは1999年のマルスの月(March=3月)に
インド護摩が行われてから「7ヶ月」後ね。
前後のマルス。前がマルス(マーチ3月)で後が7ヶ月後。
3、4、5、6、7、8、9の7ヶ月。9月。
あるいは4、5、6、7、8、9、10の7ヶ月。10月。
で、9月の水浴びと10月の焚き火。
で、それがどうした?と言われそうな特別すごいことが起きた
わけでもないので、こんな恥ずかしい見解も封印したわけ。

230 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:43:43 ID:19nPc441
>>226 :ザ@桐山晴雄:2006/10/20(金) 11:55:16 ID:w2ogyWTe
ザのスレッド

「桐山靖雄は 本当に 超能力者か?」
http://religion.bbs.thebbs.jp/1157455649/

より転載

[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
しゃれになんない問題がでてきているんだよ。
まったくよー
アゴンのシンパというかなにはともあれ協力してくれていて
たとえゲイカがただの人であったとしても星まつり等
盛り上げていてくれていた、太鼓のT先生、宝剣の本物の山伏であった
N先達、そういった需要な人々や、ゲイカと親交を深めてきたお偉いさん方が追放されたり、怒らせて縁を切られたり、全部、W田さんが
ぶち壊しているらしい、ゲイカの主治医とも縁きらせたり
ワザとやっているとしか思えない。
聞いた話だと、アゴン出版社の編集長と太鼓のT先生が会食をしていた
だけなのに、(W田に黙ってといういことだろうか?激怒して)
出版社はつぶされ、T先生出入り禁止、
ダルマチャクラ廃刊だよ、こんど宗務局に出版部ができて
会員情報誌アゴンマガジンだとさ
w田狂っているよ、腐っているね。
おそらく晴雄氏がやめたのもその辺と関係あるんでしょ?
本当のところはどうなのよ。

231 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:44:16 ID:19nPc441
[226]夜祭 06/10/20 00:24 MRRhS0ocy5
きわめつけはアウシュビッツの法要のときなのだが、
この行事をやると発表して、感激して協力させてほしい
と申し出た歌手の宇崎夫妻、例祭でゲイカが発表までしたのに
オジャンになった。
まあ、一般会員は例のカルト、セクト騒ぎで辞退したのだろうと
軽く思っているようだが真相は違う。
W田が歌作ってその著作権をよこせというようなことをやったらしい。
それで揉めて怒らせてというパターン
なに考えているのやら、ワザと信用なくすようなことしてんだよ
もっと重大な問題もあるのだが・・・用途不明金問題とか
あれだろ、職員を直接管理してんのはW田だから、だれも逆らうことできず独裁状態、機嫌とって成績あげればボーナスたんまり
それでマンションかったやつもいたとか。
ゲイカがくたばる前にアゴン宗はダメになんじゃねえの?

[227]夜祭 06/10/20 00:27 MRRhS0ocy5
それからF田さんはゲイカの小間使いじゃなくて
W田の飼い犬だった、という噂も出ています。
離婚したそうだけどさ・・・。

232 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 17:14:01 ID:19nPc441
こちらにもザ@桐山晴雄さんがおりますが、念のために転載します。

[229]ザ@桐山晴雄 06/10/20 11:36 sU.1Zccwg7
星祭=夜祭さん、いわれていることは、ほぼ正確ですね。
その通りです。こういうことなんですよ。
もう近年の桐山さんは「紙おむつ」状態で、考える力は
ないんですよ。大きな原因は「借金」なんです。
こういう話すらあったんですよ。すべての道場を閉鎖して
本山だけは残す。もう返済が大変なんです。
桐山さんの状態がアレでは銀行も態度をかえるでしょう。
金利の問題もあります。
夜祭さんのいわれている「問題」は、桐山さんが認めたうえで
W田尚○がしたことですが、桐山のボケの乗じて、W田が独断で
していることも多々あります。
つまり、すでに「阿含W田教」を形成しつつあるんです。
それはおかしいというと、桐山さんを「操作」して
「反逆罪」「背信行為」と決め付けて「処分」する。
W田のやり口は、こういうものです。
すでに「桐山さん」は死んだも同然、最後は桐山長女VS2号女狐
との頂上対決、関が原ですよ。

233 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 18:01:36 ID:oMeDu+kC
>>232
>最後は桐山長女VS2号女狐との頂上対決、関が原ですよ。

長女にそんな力ありますか? ほとんど操り人形でしょ。
ま〜どっちにしても、桐ちゃん死んだら阿含宗も終わりだね。

234 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 18:03:47 ID:x6weBHv+
>230〜232
おおおおお、面白すぎ!!

235 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 18:17:30 ID:EmfszsLZ
>>232 ちと疑問なのだが、借金というの
は何にたいするものなのか?
本殿については完済したときいたが?
また、昨年より星まつり参加の職員は
ホテル宿泊が出来るようになった。
関西総本部管轄道場は除く
なにやら怪しいドロドロした感じがする
ところで、猊下は各地に別荘なんか持って
いるのだろうか?

236 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 18:36:52 ID:q5bt1wUb
有名なればなるほど、それを妬む人がいて潰そうとする。それが宗教関連者のやることですかねー!だいたいは他宗教の妬みなんですよね、有名になってほしくないから。

237 :ザ@桐山晴雄:2006/10/20(金) 19:50:26 ID:w2ogyWTe
まあ「狂い咲き」というところでしょう。
しかし、すべて桐山さん承認のことなんですよ。すべての責任は
桐山さんです。W田女狐尖兵の所業=桐山さんの指示です。
「F田トンガリ頭小僧ただし」は、まさしくW田の飼い犬
猿回しの「お猿」です。少々不器用な「猿」だがね。
うなずき男です。
桐山さんはね、ちょうど今の時期になると、100万も200万円分も
松茸を購入させてね、お付き合いのある人間に配っていたね。
財政困難からそういうこともできないんですよ。
まあ、星祭=夜祭さんのいう阿含宗の「変化」には「危うい連中」が
関わっていることは間違いないね。ああ〜、コワイ、コワイ。

238 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 19:54:30 ID:q5bt1wUb
個々が信じてるものを信仰していればよいだけで、他を潰そうとする権利はない。それでも歯向かうのなら堂々と名乗ってきなさい。もっとも、こんなでたらめな中傷するみにくい人間たちが、自分の属する宗教名なんて明かせるわけないでしょうが。

239 :青柿(あおがき):2006/10/20(金) 20:12:46 ID:NRpB79as
>238 あの〜237のハルオさんって堂々と名乗ってますよ。過去スレで。
宗旨とかどんな流儀とか。あまりにも堂々としてて逆にまずいんじゃない?って思うほどですが

240 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 20:16:29 ID:EmfszsLZ
>>237 なるほど
財政難を理由に隠し資産かあ

241 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 20:24:08 ID:q5bt1wUb
人がどう言おうが、阿含宗は絶対に潰されないですよ。むしろ中傷でも名前を宣伝してもらって有り難いくらいです。みにくい心の方々、これからもがんばって広めてくださいね W

242 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/20(金) 20:38:35 ID:EmfszsLZ
>>241
総本殿に来て事実を確かめなさい
悪党に食い荒らされるまでに
折角情報提供しても無視しすぎ
来月の錬脳で待ってます。
逃げたらあかん

243 :ザ@桐山晴雄:2006/10/20(金) 20:47:58 ID:w2ogyWTe
馬鹿会員も大分追い詰められているようだね。
しかし桐山阿含宗というのは、宗教の形をしている集団ではあるが
「まちょう」な宗教ではありませんね。>>238のボクちゃんは、信仰とか
潰すとかわめいているが、アンタの信じているアゴン宗というのは
時代のドサクサで「法人格」を得てはいるが、オウムと同根・母体系の
団体ですよ。あんた達のは信仰じゃなくて、洗脳されているだけ
なんですよ。間違えてはいけませんね。
潰すも何も、自滅してんでしょうが。
桐山さんが「インチキ」「うそ」ついて、わたしのせいになるのかね。
2号のW田女狐が「資産隠し」して、わたしのせいになるのかね。
F田トンガリ頭が「離婚」したのが、わたしのせいになるのかね。
人のことを言う前、会員として名乗りなさいよ。
何が、堂々とだ。
そのセリフはアンタの信じてる「教祖様」にいいなさいよ。

244 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/20(金) 20:48:43 ID:U3NwosiO
>>236:名無しさん@3周年 :2006/10/20(金) 18:36:52 ID:q5bt1wUb
>有名なればなるほど、それを妬む人がいて潰そうとする。それが宗教関連者のやることですかねー!だいたいは他宗教の妬みなんですよね、有名になってほしくないから。

ちっとも有名にならないで幕を閉じようとしており、むしろ
こちらの批判で少しは有名にもなろうかと思います。

>>238:名無しさん@3周年 :2006/10/20(金) 19:54:30 ID:q5bt1wUb
>個々が信じてるものを信仰していればよいだけで、他を潰そうとする権利はない。それでも歯向かうのなら堂々と名乗ってきなさい。もっとも、こんなでたらめな中傷するみにくい人間たちが、自分の属する宗教名なんて明かせるわけないでしょうが。

潰そうなどとしなくても勝手に自滅していってるようで。
で、その自滅ネタとも言うべき夜祭さんのW田横暴批判を
でたらめな中傷と言いたいわけですか?
このネタを提供してくれた夜祭さんの属する宗教名を教えて
あげましょう。阿含宗です。本人は堂々と名乗ってます。

>>241:名無しさん@3周年 :2006/10/20(金) 20:24:08 ID:q5bt1wUb
>人がどう言おうが、阿含宗は絶対に潰されないですよ。むしろ中傷でも名前を宣伝してもらって有り難いくらいです。みにくい心の方々、これからもがんばって広めてくださいね W

はいはい、上に書いた通り有名にするのに貢献してますって。

245 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:10:00 ID:Dm/WhSsa
↑いつもお引き立ていただきまして厚く御礼申し上げます。
                      by セイユー

246 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 09:56:35 ID:o7/UCfd7
桐山管長猊下
W田尚○財務女狐
F田トンガリ頭小僧ただし

やっぱし、この3人が阿含宗の問題児なんですね?
で、W田女狐は猊下の2号でしたか。と言う事は1号もいたんですね? 例のマリちゃん??
さらに資産隠しもやってんの? 桐山猊下の個人名義で??
F田小僧正ただしは離婚したんかいな? こいつダメポ!!
護摩焚いてるヤツが離婚してる様では、信者はとても幸せなんぞにはなれませんな。

247 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 10:22:35 ID:o7/UCfd7
おいおい、大変だぞ!!

ザのスレッド

「桐山靖雄は 本当に 超能力者か?」
http://religion.bbs.thebbs.jp/1157455649/

より転載

232]夜祭 06/10/20 23:32 MRRhSv2krc
>>229
もっと重大な問題が、まだ噂と憶測としかいえませんが、
会員の間に広まっていることも事実です。
道場の建立基金やら設備基金ってあるでしょ、
これ、各道場で誓願とやらたてて集めるわけですが、
必要以上の金額の目標をたてさせられるわけですが、
まあ、これは御供養でいいとして、
たいてい誓願以上の金額が集まるものです。
その余剰金なのですが、まさかとはおもうもですがw田のふところの中に入って、スイスか韓国に隠し口座があって横領して溜め込んでいるという話。
事実、今回の別院の改装設備、ざっと聞いた話しでは、三億集まり
阿含宗から二億だして計五億費用にあてるということですが、
実際には一億ちょっとしかかかっていないのではないか、
と言う話で、あとのお金は?
アゴン宗にもどったわけでもないようです。
経理のトップならばどうにでも操作できますからね
本当だったら大変なスキャンダルですぞ!


248 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 10:24:10 ID:o7/UCfd7
続きだぞ

[233]夜祭 06/10/20 23:43 MRRhSv2krc
>228、
関西ではだいぶまえから冷え切っていたようです。
ネットの話程度では盛り上がらないわけだ・・・。
副管長や理事等が亡くなって、関東もw田の支配下に入りつつ
ありますからね。ここにきて、みんなおかしいと感じ始めたようです。
ほんと腐って醜態さらすくらいなら、いっそ潰れたほうがいいんだけどね。
こんなんじゃ釈迦の成仏法だとか言ってられねえべな。
法と本尊が泣くぞ。
でもw田のとりまきがカンチョウゲイカの名のもとに続けていくんでしょう、
まあ、このまんまじゃすみそうにないね。
ある意味、面白いといったら不謹慎だけど・・・。
まあ、とにかく、お金が動くとw田の財布が膨らむといった按配で、
そういう仕事をした職員にはたんまりボーナスが出るようです。


249 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 10:30:57 ID:o7/UCfd7
終了だぞ

[234]夜祭 06/10/20 23:59 MRRhSv2krc
結局、無理して教団を大きくしようとしたツケがまわってきた
ということでしょう。
地道にやるべきでしたね。
たしか「守護霊を持て」がヒットして、人が集まり始めた時
教勢拡大にばかりうつつをぬかしている。という批判を受けたハズです。本山さんともそれが原因で袂を分かった。
つまりヨーガなどの錬行、修行をやるといいながらやらないというような。
でもw田さんは最初からなにやら胡散臭い嫌なオバさん、こんな人が
偉いの?って感じうけましたけどね。
もっとも、関西だから関係ねーなと思ってもいました。
副管長はきさくで良い印象しかないんですけどね、
下っ端の信者ともフツーに話したりしてくれてましたし、
まあ、めったに会うことはなかったですが。


250 :ザ@桐山晴雄:2006/10/21(土) 11:00:51 ID:W6ZBoujU
だいたい桐山さんが健在なときから阿含宗はおかしいんですよ。
年次会計報告なんか1度もださない。
宗規公表しないでしょ。会員さんも見る権利はあるし、教団は報告義務が
あります。こういうことを「わざと無視」してきたんですよ。
すべての行事を管長が「独断」で決めることはできず、ましてWダが
1人で金銭の流れを統括することはできません。
1家庭の台所じゃないんですからね。自分で決めて、自分で支払い
後は報告なし、こんな経理処理がありますか。
桐山さんも、W田女狐も、F田トンガリ頭小僧ただしも、
まちょうに社会にでたことのない「非常識」な能無しなんですよ。
T江チャウチャウ犬もどき教宣能無し職員なんかも、W田のろくでもない
とりまきだね。
会員さんは桐山には騙され、今度はこいつらのせいで、まきあげられる。
どこに信仰なんてものがあるんですか。腐敗してんでしょうよ。

251 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 11:49:33 ID:o7/UCfd7
因果応報で悪いことしたら結局みんな暴露されるんですね。
仏教やりながらそんなことも分らないのか?
ほんと阿含宗は腐れきってる。
信者の皆さん、この状況をよく見なさい!

252 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 12:06:16 ID:cKLyAXw+
堕胎教でぐぐると出てくるのはザスレともう一つは儲のブログ。
そのブログの方、ひどい。
一般人を散々脅しておきながら紙人型さばいてる。こんなことが許されているなんて。

253 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 16:02:24 ID:8H9oBpv2
これね
ttp://hatofuku.blog8.fc2.com/#pagetop

254 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 16:28:17 ID:HXGwxZAq
ここに阿含宗の事が書いてあるみたいよ。
ttp://hatofuku.blog8.fc2.com/blog-entry-476.html

255 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 17:01:00 ID:AkgR2GDZ
阿含宗はバラモン教と同じ軌道輪廻の上をあゆんでるよ。
今の阿含宗はバラモン教の末路を見てるみたいだ。

256 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 17:17:55 ID:h23h58mY
>>213 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 13:23:44 ID:VeTSW+Us
>[126]フジウス 05/02/26 12:53 8y5ysoLTMD
>現実にあったことをいいましょう。
>私の懇意にしている会員に趣味解脱供養という人がいた。
>およそ250回位は解脱供養している。その他家族も供養をよくやった。

そりゃあんた、当人に問題があるんだよ。
解脱供養を250回もやって、尚且つ胃癌になったということは
それ程本人の因縁が強いということだ。
逆に言えばそれ程因縁を切るということは大変なことなんだ。
いくら解脱供養をお願いしても当人がどういう生活を送っていたかもわからんしね。
心の中で「俺はこれだけ供養をしてるんだから」という安心感もあったんじゃないの?
解脱供養だけで因縁が完全に切れるわけじゃないの。
教学でそう学ばなかったのかな?
あくまでモトを絶つきっかけにはなるが後は本人の修行次第。
そういう特殊な人の例だけ持ち出して
だから阿含宗は駄目だという話にはならんよ。

257 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 17:27:37 ID:KijXFB3V
東京平河町にあった東京本部道場、あそこは今どうなっていますか?


258 :ザ@桐山晴雄:2006/10/21(土) 17:44:44 ID:W6ZBoujU
>>256
ちがうね。君はきいた風な口をきかないようにしなさい。
この方のことは私も存じている。よーく知っている。
250回以上の解脱供養をしていて、護山会にも入り、導きもして
功徳を積んでいたんですよ。そしてあるとき「癌」になった。
どうしてこうなったのか、どうすればいいか、この人はききにいったの
ですよ。家族もいて、子供も小さい。この人は生きることに必死だった。
ところが桐山さんの指導は「アガリクス」を渡したのと、本か何かの
コピー、これだけです。このひとが「食堂」にいたり、新幹線のグリーン車
であうと桐山さんは、「おお、君か」なんていってたんだよ。
何か困ったときは、いいなさいとまでいわれていた。
それが現実とかけ離れた応対であった。馬鹿職員は「お礼を出せ」と
いったのですよ。
こんな指導していてなにが「駄目だという話にはならない」だ。
お前ボケだよ。桐山さんは、くだんのときよりも、
更に壊れてるからね。いまなんか「完全にまちょう」じゃないね。
アンタがいくら擁護してもダメなものはダメなんだよ。

259 :ザ@桐山晴雄:2006/10/21(土) 17:48:55 ID:W6ZBoujU
>>256のヤツ、お前みたいなのがいるから
「インチキ宗教」だというんだよ。何にも知らねえんだから
知ったかぶりしなくていいんだよ。修行なんて口にスンナ。
中途半端モンがよ。

260 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:22:33 ID:OdPnKo9R
[155]フジウス 05/02/27 11:51 8y5ysqedXO
[3]《因縁解脱修行宝鑑をめぐって》
結局この人はまともな指導もしてもらえないので、自分で病気を治すということで有名な真言僧のところにいった。
政財界などの方々を数々“加持”しているというアジャリのところへ。この僧は明確に治りますといい、加持したという。
もともと準提尊信者のこの人はこのお坊さんから準提尊の本尊中呪を伝授してもらい、懸命にやっている。
はっきりいつまでに病状が回復すると言われその通りであったという。
ここでね、愚かな桐山阿含教信者は、“その坊さんの祈祷がうまくいったのもすべて解脱供養、管長のお陰だ”などというのでしょう。
しかしそれはちがうね、桐山は指導にすら出てこなかったのだから。思い出すのは、星まつり当日の午後7時ごろのことだ。
まだ消火作業を山でやっている時、用事で関西本部へいった。すると管長がでてきて、“誰かいないか”と。W田がいて、管長は“今日はタイソンどうだった”と。“負けました”とW。管長“そうか勝ったか”。
“いえKO負けです”。“なにやってんだあの(タイソン)バカ”と桐山。修行者の先頭になんて言ってても所詮会員が消火作業している時に、ボクシングの試合のことを考えいるんですよ。


261 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:43:48 ID:h23h58mY
>259
ヤツ、お前、中途半端モン・・・・・
こういう礼儀知らずな発言をするあなたのお里が知れますねえ。
私は何にも知らないそうだから、だったらわかるように説明なさいよ。
それとも例によって七氏先生のご登場を待つしかないのかな。
いつまで経っても一人立ちできないんだね〜
ザ@桐山晴雄とか名乗る君。
頼むから桐山姓を名乗るのだけはやめなさい。

262 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:51:09 ID:Pvg3CU7G
久しぶりに腹が立った。

>>256
>解脱供養を250回もやって、尚且つ胃癌になったということは
>それ程本人の因縁が強いということだ。

それなら、因縁透視の時点で何百回供養したって癌になるんだと言ってやれ。
さもなきゃ途中で、癌死の因縁はとれないから止めろと言ってやれ。

>いくら解脱供養をお願いしても当人がどういう生活を送っていたかもわからんしね。
>心の中で「俺はこれだけ供養をしてるんだから」という安心感もあったんじゃないの?

どういう生活を送っていたのかわからんくせに、当人に責任があったようなことを言うな。
安心感を持つのは当たり前だろう。解脱供養したのにビクビク暮らさなきゃならんのか。
心配を解消したいから供養するんだろ。
霊感商法詐欺師の片棒担ぎが、適当なことを言うな。

263 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:51:29 ID:h23h58mY
>259
煽るとこのとおり醜態を晒す。
君は本当にウブだねえ。
君の柿子は憎悪の炎が燃えてるよ。
こんな煽りで熱くなるとは修行が足りんな。
アガリスク、いいじゃないか。それが答えなんだよ。
250回もやったんだから来世ではきっといい境涯に生まれるよ。
今生で駄目だからといってすべてが無駄になるわけではない。

264 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:55:42 ID:HXGwxZAq
>>261
この方はどんなきっかけで阿含宗に入られたのだろう。
きっと何か悩みか不運がきっかけで入られたのだろうけど
まさかトンデモ詐欺師だったとは、気の毒な事だ。
早く気づかれますように。合掌。

265 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:07:50 ID:h23h58mY
>262
>それなら、因縁透視の時点で何百回供養したって癌になるんだと言ってやれ。
>さもなきゃ途中で、癌死の因縁はとれないから止めろと言ってやれ。
そんなことは言えんだろ。
だって因縁を切る可能性がゼロではないんだからね。
どんな段階であっても可能性は残されている。
あくまで可能性だがね。
その可能性にかけるから宗教に入るんじゃないのかね?
最初から完全に結果を保証されている訳じゃないんだよ。
わずかな可能性であってもそれを信じて教団に入る。
結果的に敗れても仕方ないだろ?
それに、教祖の言うとおりに当人がやったかどうか、誰にもわからんぜよ。
君らは当人を外から見て判断しているだけで中身の質まではつかめんだろう?
中身までお見通しなのは仏さまだけだよ。
君らには何もわかりゃしないのさwww

266 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:18:07 ID:h23h58mY
久しぶりにここに来たが@桐山晴雄はちょいと前にいた撲滅同盟か?
なんか口調が似てるな。
あの一寸法師の孫弟子とか言ってたやつ。
教団から仕事ができずに干されて頭にきてヒステリー起こしてたオヤジ。

267 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:21:02 ID:HXGwxZAq
>>261 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 18:43:48 ID:h23h58mY
>259
ヤツ、お前、中途半端モン・・・・・
こういう礼儀知らずな発言をするあなたのお里が知れますねえ。
>>266 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:18:07 ID:h23h58mY
久しぶりにここに来たが@桐山晴雄はちょいと前にいた撲滅同盟か?
なんか口調が似てるな。
あの一寸法師の孫弟子とか言ってたやつ。

268 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:23:57 ID:HXGwxZAq
>>261>>266は同じ人です。

269 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:26:30 ID:h23h58mY

IDみりゃわかるだろ?

270 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:26:53 ID:HXGwxZAq
>>261>>266は阿含宗会員です。

271 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:31:08 ID:HXGwxZAq
神仏のご加護を心から感謝致します。
お蔭様で私の周りに阿含宗徒は居りません。合掌。

272 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:31:24 ID:h23h58mY
さてと、ちょいとヒステリオヤジで肩慣らし。
どうもご無沙汰してたせいで気分が乗らないな。
七氏さんにもご返事をしなきゃなるまい。
そろそろ師走も近いことでこれでは年が越せない。
アイドリングしてるからちょっと待っててくれ。

273 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:35:45 ID:HXGwxZAq
>>272
七氏さんとおたくじゃ格が違いすぎるよ。
自分じゃ同等だと思っている所が不憫だね。
おまけに自分を偉い人だと思い込んでいる。
その偉い人が修行して益々偉くなったと思っている。

274 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:43:20 ID:h23h58mY
七氏さんを偉いと思っているところが笑える。
ファンとはいいもんだねえ。
でも君はいつまでも人に頼ってはいけない。
君は宗教をやっている人間にはよくいるタイプだな。
擁護派を木っ端微塵に打ち砕くのは私だ、という気概を持ってください。
七氏さんだっていつまでもここにいるわけではないのですよ。
君自身が、ヒーローになるのです。

275 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 19:57:45 ID:bWdU6Vul
>>265 けっ 現実逃避だな
じゃあ、あんた何回解脱くようしたのさ

276 :ザ@桐山晴雄:2006/10/21(土) 19:59:13 ID:W6ZBoujU
傲慢の一言ですねえ。どうしようもない馬鹿な会員がいるものです。
偉そうに教学をのべてるよ。
このような人物のいることが、桐山さんの指導者としての「格」を
あらわしていますね。
君がいくら叫んだとて、桐山さんの「インチキ」はきえませんよ(笑)

277 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 20:05:06 ID:bWdU6Vul
>>274
えらそうな事いうなら、今月の冥徳祭の
講話 書いてくれ

278 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 20:12:01 ID:bWdU6Vul
都合が悪けりゃだんまりかい!?

279 :ユビキタス透視 ◆PYjGRf6fDs :2006/10/21(土) 20:41:26 ID:KsbV1CJH
クリン含さんもお久ですね。

280 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:23:04 ID:VgmMwsra
>[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
>ぶち壊しているらしい、ゲイカの主治医とも縁きらせたり
>w田狂っているよ、腐っているね。

星祭さんには情報を書き込んでいただき、ありがとうございます。
信者さんたちにとっても役立つ内容だと思います。
星祭さんは、W田財務局長があちらこちら壊そうとしていると
おっしゃっているが、逆だと思いますよ。
あなたは阿含宗が先にあり、彼女はその一部だと思っている。
だが、W田さんはそうは思っていない。
阿含宗は彼女にとって“彼女のもの”なのです。
桐山さんや堤一族から奪い取るという意味ではなく、
桐山ゲイカも堤一族も“彼女のもの”なのです。
いくら桐山ゲイカ本人は120歳まで生きるなんて脳天気なことを言っても、
そんなことはありえず、明日死んでもおかしくない。
人寄せパンダであり、信者は桐山ゲイカにだから金を出すが、
F田さんやW田さんには出さないことくらい知っている。
だから、桐山さんが死ぬ前に、体制を固めておきたい。

281 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:29:46 ID:VgmMwsra
>[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
>w田狂っているよ、腐っているね。

彼女は狂っても、腐ってもおらず、着々と体制堅めをしているのです。
これは最近始めたことではなく、昔からやっている。
自分の意に従う者だけを集め、ちょっとでも逆らう者、意見の違う者を排除して来た。
もちろん、独断ではなく、桐山さんの意向に添ったやり方です。
職員が何かミスをしたりすると「関西出向」になった。
桐山さんは人を育てるなんて面倒なことは金輪際できないから、
全部W田さん任せにしていたからです。
関西出向とはW田さんの「飼い犬」になることです。
従わない者は排除された。
何度も強調するが、これは桐山さんの意向に添ったやり方です。
結果的に、彼女の「飼い犬」を増やしたから、
阿含宗の中ではある意味で、桐山さんよりも権力を握っている。
だから、彼女に逆らって生きられる人などいない。
彼女は十年前にすでに全国制覇を達成していた。
その象徴が婿殿局長の退任です。
あれはW田さんが全国制覇をなした瞬間です。

282 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:33:50 ID:VgmMwsra
>[233]夜祭 06/10/20 23:43 MRRhSv2krc
>副管長や理事等が亡くなって、関東もw田の支配下に入りつつ

いくらW田さんでも桐山ゲイカの婿殿にはうかつに手は出せない。
彼が一流大卒の工学博士で、その分野のプロであっても、
宗教団体の経営なんてド素人です。
おまけに駆け引きや策謀に疎く、W田さんの敵ではない。
婿殿の辞任で関東が完全にW田さんの手に落ちた。
だから、この後、別院の内陣の消耗品すら、関西の仏具業者に変更になった。
つまり、W田さんの息の吹きかかった業者に変わったのです。
もっともその業者は後で倒産した。
息の吹き懸かった業者ということは、裏で金が動いているはずです。
こういうことを小さいことだと見てはならない。
なぜなら、金の動きであり、金を握る者が支配者です。
あなたは彼女の蓄財が最近のことのように書いているが、
こういう業者との癒着一つを見ても“行歴”が長いのがわかる。
副管長が亡くなるずっと前に関東は陥落していた。
亡くなったM本理事の存在などもW田さんの支配とは関係ありません。
関東の前に、W田さんは東海本部も攻め落とした。
関東、関西の他に、東海も小なりといえど独立していた。
古参のO村理事がいたからです。
一度は彼もW田さんの城攻めに抵抗したが、理事を外されたので、
あっさりと降伏して、城を明け渡した。
彼も口では偉そうなことを言うし、
桐山さんから因縁が残っていないと言われたという噂もあるが、
実際は名誉や肩書きがほしいというただの俗人です。

283 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:36:13 ID:VgmMwsra
>[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
>w田狂っているよ、腐っているね。

関東を攻め落として、子飼いの職員を派遣して支配させたが、
しかし、関東は人数、経済力ともに一番大きいから、完全には把握しきれない。
たとえば、今は亡き銀座ビルにしても、K柳先達が処分された件も(>>158)、
背景にはW田さんがからんでいたという噂もあります。
銀座ビルの支配権を得ようとして、K柳先達を使った。
K柳先達はあまり賢いとはいいがたい人だから、状況も立場もわからず、
W田さんからもらった“刀”を相手構わず振り回した。
実際、K柳先達はWさんの名前を出して、自分が信任されていると周囲を威圧していた。
これを桐山ゲイカに垂れ込まれた。
表向きはK柳先達個人の処分だったが、実際は「西軍=W田+K柳」対
「東軍=別院」による支配権を巡る戦いだったとみることもできる。

284 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:43:54 ID:VgmMwsra
>[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
>w田狂っているよ、腐っているね。

星祭さんが理解していないのは、W田さんの桐山ゲイカへの執着です。
彼女は愛人だったと言われているし、そういうこともあったのでしょう。
だが、容姿からして女として桐山ゲイカの寵愛を受けられるはずがないことくらい、
彼女だって自覚していたはずです。
そこで、彼女はもっと別な道を選んだ。
「ワガママで身勝手なクソガキのいうことを何でも聞いてあげる母親」になることです。
桐山さんというワガママで身勝手な男の欲しがるものを何でも右から左に提供する。
ヤクザに惚れ込んだ女が、身体を売ってでも貢ぐようなものです。
彼女が教団のあちこちを壊しているかのように見えたり、
信者や職員に容赦のない仕打ちをするのも、
桐山ゲイカの欲しがる物を提供するためなら手段など選ばないからです。
桐山ゲイカがなぜ彼女を離せないのかこれを見てもわかる。
男なら、自分のしたいことのために徹底的に貢いでくれる女がいたら、
女性としての魅力がなくても、離せない。
星祭さんや信者さんたちは宗教や信仰という目で彼女を見ているから間違う。
宗教ヤクザに惚れ抜いた女の行状だと見れば理解できるし、行動も予想できる。
彼女は“阿含宗的には”狂ってもいなければ腐ってもおらず、
むしろ、着々と次の一手をうっている。

285 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:51:37 ID:VgmMwsra
>[225]夜祭 06/10/20 00:09 MRRhSv2kf4
>出版社はつぶされ、T先生出入り禁止、
>w田狂っているよ、腐っているね。

彼女の行動を理解するためには、桐山ゲイカへの強い執着を抜きにしてはならない。
中年時代の格好のよい桐山ゲイカに惚れたのだろうが、
アウシュビッツでの写真を見ると、今のよぼよぼの桐山さんに対してさえ、
まだ十分に惚れているように見える。
桐山ゲイカへの強い愛着、権力欲、金銭欲は彼女にとって別々のものではない。
愛着と権力と金銭とは、彼女にとって阿含宗そのものなのです。
阿含宗を壊そうとしているのではなく、何とか建て直そうと必死なのだ。
星祭さんは宗教の信者として物事を見るから、彼女の行動が理解できない。
経営立て直しのためなら、部署の廃止や縮小、リストラは当然です。
阿含宗出版社は桐山さんの本を昔二冊出くらい出しただけで、
信者もろくに読まない『ダルマチャクラ』や信者すら読まない『月刊アーガマ』を
細々と出しているだけで、存在価値がほとんどない。
編集長は『週刊文春』から連れてきたが、広告記事を載せるために
今まで飼っておいたのが不思議なくらいです。
会食をしたことそのものが問題なのではなく、因縁を付けて辞めさせたいのです。
彼女が狂っているのではなく、星祭さんが読めないだけです。

286 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:00:54 ID:VgmMwsra
>[226]夜祭 06/10/20 00:24 MRRhS0ocy5
>もっと重大な問題もあるのだが・・・用途不明金問題とか

こんなことで驚いているとは驚きです。
数ヶ月前にアメリカの裁判の件でこういうことが暴露されていた。
阿含宗が元職員を訴えながら、逆に21万ドルもの金を払って決着した。
訴えた阿含宗が訴えられた元職員に2500万円も払って、和解したのですよ!?
常識とは逆です。
元職員が阿含宗とW田さんの不正を知って、裁判で暴露するぞと逆に脅かした。
これを沈黙する条件で金を受け取った。
何でもないことに2500万円の口止め料金を払ったりはしない。
暴露されたら、21万ドルでは済まない内容だったのです。
この話は9月頃暴露されたばかりで、あなたも読んだはずだ。
アウシュビッツでは銀行も通さずに10万ドルが寄付の名目で渡されたのですよ。
いくらなんでもおかしいと思わないか。
フジウスさんなどの暴露をあなたも読んだはずだ。
自民党の代議士に現金を渡しているのですよ。
何の見返りも求めず金を出す人はいない。
袋に入れて渡す金が正式な寄付であるはずがない。
だから、アウシュビッツの護摩の時は自民党の大物代議士が動いた。
ちゃんと普段から金を渡していた効果があった。
廣野さんが批判本を出そうとした時、
お金を使ってこれを潰そうとして、実際、一度つぶれた。
わかっている事だけでこんなにあるのです。
星祭さんはこういう汚い金を桐山さんとはまったく関係なしに、
W田さんなどが勝手にやったことだと思うか。

287 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:04:45 ID:VgmMwsra
>[226]夜祭 06/10/20 00:24 MRRhS0ocy5
>もっと重大な問題もあるのだが・・・用途不明金問題とか

星祭さんが間違っているのは、>>286のような事はW田さんがしていることであり、
桐山さんは関係がないと思っている点です。
これは汚い仕事を全部W田さんがしているにすぎない。
桐山さんが関係ないなどと言うのは、地下鉄サリン事件で
麻原彰晃はサリンをまいていないから殺人鬼ではないというようなものです。
また、W田さんが最近になってこのようなことを始めたと思っている。
昔から彼女はやっていたが、桐山さんが元気な頃は信者の多くは気が付かなかった。
事実、三十年もいて、星祭さんは最近のW田さんに驚いているのですよね?

288 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:09:38 ID:VgmMwsra
>[226]夜祭 06/10/20 00:24 MRRhS0ocy5
>ことできず独裁状態、機嫌とって成績あげればボーナスたんまり
>それでマンションかったやつもいたとか。

これがどうかしましたか。
星祭さんは阿含宗をどういうところだと思っているのだ?
桐山さんのご機嫌一つですべてが決まる“独裁国家”なのです。
だから、桐山さんは大王だと名乗っている。
その直属の手下であるW田さんが桐山さんと同じ事をして、どこがおかしい?
W田さんのしていることは、桐山さんの鏡なのです。
W田さんがするとこれだけあなたは批判的に書くのに、
同じ事を桐山さんがするとどうして批判しないのだ?
阿含宗の物事は桐山さんのご機嫌一つで決まる。
桐山さんはオダテにものすごく弱い人だから、オダテた人が勝ちです。
仕事の成果や内容ではなく、桐山さんの気分が良いか悪いか、
桐山さんに好印象を持たれているか否かで決まる。
星祭さんが聖なるバイブレーションという主観で阿含宗を正しいと判断しているように、
桐山さんも個人的な好悪だけで物事を決める。
その言い訳に直感だの霊感だという。
こういう阿含宗の大幹部であるW田さんが桐山さんと同じ事をして、何かおかしいですか。

289 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:14:51 ID:VgmMwsra
>[227]夜祭 06/10/20 00:27 MRRhS0ocy5
>それからF田さんはゲイカの小間使いじゃなくて
>W田の飼い犬だった、という噂も出ています。

今頃、こんなことを書いている。
「ゲイカの小間使い」も「W田の飼い犬」も同じなのです。
阿含宗で、しかも関西で、W田さんの飼い犬にならないで
法務部局長に出世するなんてありない。
職員のほとんどが「W田の飼い犬」です。
職員で、何らかの肩書きを持っていて「W田の飼い犬」ではない人などいません。
阿含宗の「正しい先達」も彼女には逆らわない。
なぜなら、全部そうでない人たちを排除してきたのです。
長年かけて「腐ったミカン」をつまみ出した。
F田さんなど性格的にも絶対に逆らわない。
保身のために彼は部下を見殺しにした。
直属の部下が窮地に立っても、素知らぬふりです。
桐山さんの直弟子らしい御立派な態度だった。
だから、星祭さんも阿含宗で生き残りたかったら、W田さんに、
「三度回って、ワンとなけ」と命じられたら、素直に従い、
5回くらい回ってシッポを振るまねをして、従順と服従を示すことです。
これを読んでいる職員はクビをつなぎたかったら、
私のこのたとえを冗談や皮肉だと思わないほうがいい。

290 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:17:14 ID:VgmMwsra
>[232]夜祭 06/10/20 23:32 MRRhSv2krc
>たいてい誓願以上の金額が集まるものです。

星祭さんはたしか地方道場所属でしたね。
道場の建立基金と実際との差額がどうなったか知っていますか。
知らないはずです。
経理でもない限り、建立基金がどうなって何に使われたのかなんてほとんど誰もわからない。
別院改修のように目標を立てて、短期間に集めたものだけを指しているが、
たとえば道場建立など長期間にわたり集めた金もある。
横浜道場などその典型で、新道場建立を目標に十年以上も集めつづけたのに、
いざ新しい道場建立となると、まったく新らたに金を集めた。
じゃあ、今までの建立基金はどうなったの?
しかし、そんなことは誰も追求しない。
あなたが指摘した内容は今回だけ行われたのではなく、
阿含宗ではいつもこの調子なのです。

291 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:25:55 ID:VgmMwsra
>[232]夜祭 06/10/20 23:32 MRRhSv2krc
>ある意味、面白いといったら不謹慎だけど・・・。

W田さんの行状にあなたが驚いていることに私は驚かされる。
W田さんは桐山ゲイカとそっくり同じ事をしているのですよ。
自分の欲望、執着、権力欲、名誉欲、金銭欲のために動いている。
桐山ゲイカがやるとあなたは批判の目を向けないのに、
どうしてW田さんがやるとそんなに批判するのだ?
W田さんは俗人であり、解脱した人ではないから、
執着や欲望のままに行動しても不思議ではないが、
桐山さんはこういう煩悩をすべて解脱した聖者という設定です。
星祭さんは「ゲイカを煩悩を切った聖者であるなどは認めていないから、
その批判は当たらない」と反論するかもしれない。
だったら、超能力者でもかまわない。
事物の明快な認識力を持ち、相手の因縁まで透視するという桐山ゲイカが、
なんで凡人のW田さんの好き放題を許しているのだ?
彼女は最近ああなったのではない。
昔からあなたが見たとおりのことをしてきたし、それを桐山さんは支持してきた。
W田さんへの批判は桐山さんにそのままあてはまる。

292 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:30:01 ID:VgmMwsra
>[233]夜祭 06/10/20 23:43 MRRhSv2krc
>ある意味、面白いといったら不謹慎だけど・・・。
>まあ、とにかく、お金が動くとw田の財布が膨らむといった按配で、

星祭さんが「ある意味、面白い」と冷静に見ているのは好ましい。
だが、W田さんの財布を膨らませているのが他人のような顔をするのはおかしい。
あなたがアウシュビッツで買った護摩木代金は彼女の財布に入ったのだ。
あなたもまた彼女の悪事を手伝っているのです。
霊的な浄化だのときれい事で阿含宗を見るからW田さんの行状が異常に見えるのです。
桐山さんも金銭欲、名誉欲などの欲望と、自分が作った宗教牧場への執着に満ちている。
桐山さんは教団への執着が強烈だから、死んだら、別院や総本殿の周囲に現形しますよ。
だから、教義もまた護摩木祈願、お願い事、好運、
さらには超能力など、どこもかしこも欲望だらけです。
桐山さん自身が陰で金を使って批判本の出版を妨害し、
裏社会にも金をばらまき、政治家にも裏金を渡し、
寄付の名目で世界中から名誉を買い集めている。
こういう桐山さんに長年仕えてきたW田さんが、
心が清らかで、欲望や執着を押さえ、身を律して正しい行いをすると思うか。
W田さんが狂っているというなら、桐山さんもそうだし、
W田さんが腐っているというなら、桐山さんも腐っているからです。
そして、これは最近始まったことでなく、昔から、最初からそうです。
銀狐のそばにいるのは女狐に決まっている。

293 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 08:48:00 ID:P7rF8wSH
桐山銀狐 ∽ W田女狐 ということですか。( ∽=相似 )

294 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:07:20 ID:P7rF8wSH
W田女狐の行動は桐山銀狐の意思に沿ったものだということですね。
納得いきます。
彼女は十代の小さい時から銀狐の下で千座行をやってましたよ。
たたき上げの筋金入り女なんです。
若い頃から職員でしたし、銀狐と同じ意思で動いていたよ。
まるで自分の意思のように総本山を絶対立てるんだと言ってましたね。
もうあの頃から一心同体だったんです。

295 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:29:27 ID:P7rF8wSH
関西の山○隆○さんや平○光○さんは今どうされているんでしょう?
まだ活動されてますか?

296 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 09:44:57 ID:P7rF8wSH
北陸から来られた○波職員は今どちらに居られますか?

297 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:04:58 ID:KKpZ1Zpt
末端会員や関連業者まで、おかしいよって
いわれているんだから、駄目だな。
会員の皆さん これから行事の仮設テントプレハブなんかは、方○の下請けがTSP#
太陽に代わってします
外から、見てないと変化に気付かないかも
しれませんが
ところで、阿含が二つの派閥に分かれ
おかしくなってるとの情報あり。
関連業者を粗末に扱うと駄目ですよ

298 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:11:44 ID:mYLFVCWV
W田さんは今、年齢いくつですか?

299 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:44:48 ID:P7rF8wSH
節分星祭り大柴燈護摩供で法剣を振ってた関西の平○光○さんはお元気ですか?
いま如何されているんでしょうか?

300 :樹意:2006/10/22(日) 10:53:43 ID:67Ozt78w
>>282

> だから、この後、別院の内陣の消耗品すら、関西の仏具業者に変更になった。
> つまり、W田さんの息の吹きかかった業者に変わったのです。
> もっともその業者は後で倒産した。
> 息の吹き懸かった業者ということは、裏で金が動いているはずです。

宗教団体とは違い
一般の会社の経理は税務署に把握されますから 税金のいらない
浦鐘を渡すのは大変なことです。
領収書をなんとか工面するか、使途不明金で処理するか。
いずれにしろ、経理操作が大変。
予談ですが ゲイカの名誉買いに影響を与えた ○策さんの個人資産は
お豆腐一個分あるそうです。

これはゲイカとの共同作業とみるべきで、ゲイカの全てにおいて
保険を掛けつつ進める経営内容からみて、どこかに浦鐘がプールされて
いるとみるべきでしょう。w駄さんはそれを指示されてやるうちに
どんどん自分の取り分を多くしていったのであると私は思います。

カリフォルニア支部の撤退にしてもかの地は 年次報告等財務報告が
厳しいようですので、こういう浦鐘操作の染み付いた教団では
カルト天国である日本のようなわけにはいかないですから、いずれ
撤退せざるを得なかったのではと思います。



301 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 11:48:25 ID:m1/X9h3k
>>254
ttp://hatofuku.blog8.fc2.com/page-5.html
9月23日〜10月14日までの内容だよ。特に
ttp://hatofuku.blog8.fc2.com/blog-entry-469.html#blogcomment


302 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:33:26 ID:KbxNFcC2
@盂蘭盆経についての真実
>阿含宗という宗教109 >14〜16
>14 :名無しさん@3周年 >お盆@盂蘭盆経は由来不明の偽経典
>万燈会はお盆の行事であり、元となった経典は「盂蘭盆経」です。
>しかし、この経典がいつ頃どのように成立したか聞いたことがありますか。 ないはずです。
>桐山さんはこの経典の正体を信者さんたちに知られたくないからです。
>盂蘭盆経は阿含経の中の経典ではなく、作者不明でインドで原典は見つかっておらず、
>チベット訳もなく、中国か中央アジアあたりで作られ偽作経典というのが学者たちの説です。
>大乗経典ならまだ偽作でもインドで作られた経典だが、 盂蘭盆経はどこで作られたかすらわからない偽経典です。
>桐山さんはあれだけ口を極めて大乗経典を偽経典、創作経典と批判していながら、
>偽経典どころか、インドで作られたものですらない経典を元にして万燈会をやっているのです。

この発言には間違いが二つあります。まずその一。
>>桐山さんはこの経典の正体を信者さんたちに知られたくないからです。
「知られたくない」とは爆笑物です。
何故なら、知られたくないと望むまでもなく既に百科事典にまで載っている内容なんです。
今さら隠しておくような秘密でも何でもありません。
何を隠そう、今年6月に教団が北京外国語大学に贈呈した「ブリタニカ百科事典」に載っているのです。
その日本語版(1988年発行)を調べると、従来説(目連伝説)と共に、近年になって出てきた新説が書かれています。
紹介しましょう。

303 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:38:10 ID:KbxNFcC2
1.盂蘭盆の流伝について岩本裕氏が「目連伝説と盂蘭盆」の中で新説を出している。
2.それによると、
  @盂蘭盆はインドではなく、イラン人の宗教から流伝されたのではないか、という。
  A理由として盂蘭盆の原語は梵語 ullambana(ウランバナ) ではなく、またそれを倒懸と訳したのは玄応のこじつけだ。
  B盂蘭盆の原語はイラン語の urvan(ウルバン)で死者の霊魂を意味し、死後の審判を受けるものとされている語である。
  Cこれはアベスタ語で植物を意味する urvara と関連があるから死者の霊魂と農業との結びつきが考えられる。
  Dソグド人を含むイランの宗教にはウルバンという霊魂を祭る祖先祭と収穫を祭る農耕儀礼があったと推察される。
  Eこの祭りがソグド人によって中国に将来され収穫祭として道教の中元節と結合し、今日の盂蘭盆になったのではなかろうか?
  Fインドでも仏教以前から祖先祭が行われ、それが仏教と習合して盂蘭盆の行事になったと思われる。

封建制や軍国主義下の日本と違い、現代の日本では情報を得ようと思えば誰にでも簡単に出来ます。
七氏さんは盂蘭盆の由来を知られたくないと猊下がビクビクしているみたいに書いていますが、
その内容は既に公表されたものであり隠しようがありません。
これをみても彼がいかに邪推と妄想で教祖批判をしているかがわかります。
それにしても信者に対して、彼はどういう印象を持っているんでしょうねえ。
江戸時代の農民の様に、文盲で情報に隔絶された存在だとでも思っているのでしょうか。 信者は全くもって嘗められたものです。
もっとも彼の幅広い?教団の人脈にはサハスララ先達のような阿呆陀ララが多い様だからそう感じても無理からぬ事かとw

もう一点、彼の誤りを指摘すると、以上の説はあくまで新説、異説であり定説ではないことです。
岩本氏自身も「なかろうか?」と推測で述べておりこれが正しいとは断言していないでしょう?
それは確証を得られるだけの材料が無いからです。
七氏さん愛用の岩波の仏教辞典にも「ウルバン」説は諸説の一つとして触れられているだけです。

304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>23 :名無しさん@3周年 >桐山さんは、盂蘭盆の元となった言葉はウランバーナであり、
>>これは逆さ吊りの苦しみを意味する「倒懸」という梵語から来たという説明をしています。
>>これは根拠がなく、今は認められていない説です。
>>玄応の撰述した「一切経音義」に書かれた大昔の説をそのまま引用した学者がいて、
>>桐山さんはこの説を取り入れたのだろうが、梵語としての根拠がなく、学説としてはずいぶん前に否定されています。
ずいぶん前というのだから少なくとも20〜30年は経っているんでしょうか?
因みに私の調べたブリタニカは1988年の改訂版でその時点ではウランバナ説は否定はされていません。
因みに岩本裕氏の「目連伝説と盂蘭盆」は1974年出版です。

>>桐山さんはこの説を取り入れたのだろうが、梵語としての根拠がなく、学説としてはずいぶん前に否定されています。
今は認められていないなどと何を根拠に言っているのだろうか?
資料があるなら是非知りたいですね。
ネットにでも出ているのかと調べましたがありません。さては神保町で見つけた古本かw
どうやら仮説や新説に過ぎぬ話が七氏さんの頭では定説になってしまうらしい。
それは七氏さんの心が猊下に対する憎しみで一杯だから、とにかくやっつけたい一心でそうなってしまうのです。
自分に都合良く情報を捏造して人を騙そうなんて、正に詐欺師の手口です!(何処かで聞いたような)

305 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:44:07 ID:KbxNFcC2
それと七氏さんの発言で愉快なのは、
 >>盂蘭盆経はどこで作られたかすらわからない偽経典です・・・・・と書いておきながら
 >>偽経典どころか、インドで作られたものですらない経典を元にして万燈会をやっているのです・・・・・
これは一体どういうことなんざんしょ?
「どこで作られたかわからない」のなら、当然、中国やインドの可能性も残っていることになります。
それが、「インドで作られたものですらない」・・・・・?
「どこで作られたのかわからない」と書いておいて、何で「インドではない」と言い切れるのか?
文章が前後で整合しておらず、まったくの出任せですね。困った人です。

現在、ウランバナ説も完全には否定されていないのだから、この説を盂蘭盆の由来だと教団が説明しても
決して間違いではありません。それは阿含宗だけでなく他教団においても同様です。
ウルバン説はかなり有力かも知れないが、あくまで新説であり異説に過ぎません。
はっきりとこれが定説であると裏付け出来る証拠は無いのです。

306 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33 ID:KbxNFcC2
ところでウルバン説に登場する「ソグド人」(中央アジアのオアシス系民族)ですが、
現在、日本・ウズベキスタンの合同調査隊が中央アジア最大の仏教遺跡「カラ・テパ」を発掘中であり、
その発掘が進むにつれて、彼らがいかなる文化や宗教を持ち、後の仏教にどのような役割を果たしたのかについて
更なる発見があるかも知れません。
この模様は以前、TBS「世界不思議発見!」でも昨年放送されました。
七氏さんはインテリの様だからクイズ番組なんて馬鹿馬鹿しくて観ないでしょうが、
私もこの番組放送を観て、ソグド人の宗教(ゾロアスター教)と盂蘭盆の関係について知りました。
このスレにもその内容を少し書きました。

参考までに
 
○白鳥正夫の関西ぶんか考  http://www.area-best.com/osaka/shiratori/49.html

○ウズベキスタン ガンダーラ仏教を訪ねて  http://www.nona.dti.ne.jp/~paotour/uzubekistan.htm


それともう一つ。
将来万が一、ウルバン説が決定的なったとしても、それによって万灯会の意義は決して消えることはありません。
何故なら、ウランバナ(逆さ吊り)よりウルバン(霊魂)の方が万灯会にはピッタリだからです。
そう思いませんか?
えっ? それでは先祖供養の根拠が無くなるから許さんですと?
ウルバン(霊魂)は先祖の霊魂も含むんだから文句言わない!!www


◎七氏さんはどう反論(というか弁解)をするでしょうか? 予想してみましょう。

例1.「桐山さんは盂蘭盆の由来について百科辞典にも書かれている新説を知らないのです」
と邪推して、すかさず「これが求聞持脳の持ち主と言えるか」と続ける。
例2.「桐山さんは百科辞典にも書かれている事を知らず、それを隠そうと必死になっているのです」と妄想する。
例3.「わざわざ擁護派が詳しく書いてくれて感謝します」と見栄を張る。

さあ、彼がどんな事を書くか、みんなで楽しみに待ちましょう。

307 :クリン含:2006/10/22(日) 12:51:55 ID:KbxNFcC2
@釈尊は死後成仏を否定した、という話の疑問
>17 :名無しさん@3周年 お盆@死者を天界に行かせるバラモン
>釈尊は阿含経で死者の供養をはっきりと否定しており、死んだ人はどうにもならないと説いています。
>最近ではスレ108の594以降で樹意さんが引用しています。 「相応部経典(四二、六、西地方人)」の中で、
>釈尊は長老に、石を水に投げ込み、浮かべと祈ったら浮かぶだろうかと質問して、
>死者への祈りは何の意味もないこと、死者を天界に行かせるなどできないと答えた。
>18 :名無しさん@3周年 お盆@死者の成仏を否定した釈尊
>「それと同じことであろう。村の長よ、あらゆる邪悪の行為をつんできたものが、
>いかに祈祷したからとて、合掌したからとて、死してのち天界におもむく道理はない。
>その人は、身壊れ命おわりてのちは、悪趣地獄におもむくの外はないのである」
>これが釈尊の死者を成仏させることができるかという質問への答です。
>釈尊は、阿含宗が一番のウリにしている死者供養、先祖供養を否定しているだけでなく、
>死者を成仏させるなど無理だと、桐山さんの「釈迦の成仏法」なるものを否定している。
>桐山さんと信者さんたちのしていることは無意味だ、できないと釈尊が否定したのです。
>信者さんたちが桐山さんの法力の源だと信仰している「釈迦の成仏法」を釈尊は否定したのです。

308 :クリン含:2006/10/22(日) 12:53:05 ID:KbxNFcC2
>>釈尊は長老に、石を水に投げ込み、浮かべと祈ったら浮かぶだろうかと質問して、
>>死者への祈りは何の意味もないこと、死者を天界に行かせるなどできないと答えた。
この釈尊の言葉は、「人は自らの蒔いた種は自ら摘み取らねばならぬ」と同様の意味だと思われる。
自ら蒔いた種を石(の重さ)で表現している。
そして、
>>あらゆる邪悪の行為をつんできたものが、 いかに祈祷したからとて、合掌したからとて、
>>死してのち天界におもむく道理はない。
>>その人は、身壊れ命おわりてのちは、悪趣地獄におもむくの外はないのである。
あらゆる邪悪の行為を積んできた者の末路について説いている訳だが、ここで一つ疑問が沸く。
あらゆる邪悪な行為を積んできた者は、さぞかし悪業を積んで重いのだから、
たとえ他人が祈ったところで業が重過ぎて、とても天界に行けるというムシのいい事は起きない、という理屈は理解できる。
しかし、では、それ程悪事を行わず、積んだ悪業の軽い者とか、或いは善人で良い事をたくさん行った者はどうなるのか?
彼らもまた、それなりに悪行は為したのだからある程度の重さはあるわけで、水に落ちた場合、当然沈むことに変わりはない。
ただし重い石が即座に沈むのに比べて、軽い石はゆっくり沈む。 軽い石とて速度が落ちるだけで何れは底に沈むのである。
このように石の喩えで考えてゆくと、重くても軽くても時間が違うだけで結果は同じだと言う話になる。
ということは、あらゆる悪を積んできた者と、そうでない者が末路は同じだという事だ。
何かおかしくはないか?

309 :クリン含:2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
重い石は地獄まで落ちるが、軽い石もまた重い石とまったく同じ地点(地獄)まで落ちるという話だよ。
あらゆる悪を行った者と少しの悪しか行わなかった者が結果的に同じ場所(地獄)に落ちるという話ならば、
極端な話、どうせ行き着くところは同じなのだから、ならば悪をたくさん積んでやろうじゃないか?と言い出す人も出てくるかも知れない。
これはどう考えてもおかしな話だ。
つまり、 石の喩えを死者全部に当てはめて考えるのは無理があるという事なんだな。
すなわち釈尊は、「あらゆる邪悪な行為を積んだ者は、他人がどう祈ろうとも自らの為した業が重すぎて地獄へ落ちるのだから、
生きている間は自らを律して決して邪悪な行いはしてはいけないよ」と諭すために石の喩えを持ち出したのであり、
死者すべての死後について語ったという話ではない、と考えるのが至極妥当なのだ。
あくまで、あらゆる邪悪な行いをした悪人についてのみ、「彼らは自らの重さで地獄へ落ちるしかない」と説かれたのであり、
すべての者の死後について語ったのではない、まして死後成仏を否定したという話もしていない(というか触れていない)、
と解釈するのが自然であると思われる。
それに魂の救済をするのが宗教家であり、死んだ人はどうにもならない、なんて無慈悲な事を言うとはとても考えられない。
別の説話で、死んだ子を嘆き悲しんでいる者に対して、「死んだ者は還らないからいつまでも嘆くな」と諭したのは、
「死後はどうにもならないから」という意味ではなくて、「生き返らない者をいつまでも嘆き続けるのはお前の体に良くないから」という理由と共に、
「そうやって死者に思いを寄せ続けることは、かえって死者の菩提や成仏の妨げになるから」という理由からではないかとも考えられる。
霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。
さもないと、とんでもない誤解に発展する恐れがある。

310 :クリン含:2006/10/22(日) 12:55:29 ID:KbxNFcC2
釈尊が目の前に居られたら以上のようにお尋ね致す所存である。
多分、師は「そちの言うとおりである」と言われるであろうな。
これには自信があるぞ。

311 :クリン含:2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2
>21 :名無しさん@3周年 お盆@火の功徳?
>合理的で死者の供養を否定した釈尊が、智慧を象徴するから灯りを供養せよ、
>精舎に三日三晩灯りをつけ、先祖供養しろ、なんて言うと思いますか。
あれー知らないのかな?
明かりは霊に対する供養になると、某霊能者がTVで話しておったぞ。
多分、それと同じで先祖にも明かりが供養になるのであろう。

>22 :名無しさん@3周年 お盆@先祖罵倒の阿含宗
>阿含宗もこういう時だけ、 「仏教では盂蘭盆会は、先祖供養の法会として営まれております。」
>なんて、伝統仏教の権威を持ち出す。
>普段はさんざんに罵っておきながら、よくまあ、恥ずかしくもなくやるものだ。
なんて言ってますが、そういう七氏さんも普段はお家の仏壇に線香を立ててご先祖の冥福を祈ったりしてんじゃないの?
で桐山さんを批判するときだけ死者の成仏を祈っても無駄だ、なんて言ってたりして。
他人の振り見て何とやら、です。

312 :クリン含:2006/10/22(日) 12:58:24 ID:KbxNFcC2
>伝統仏教の盂蘭盆と阿含宗の盂蘭盆では中身が違います。
>伝統仏教の盂蘭盆会は、先祖の威徳を忍び、先祖を振り返り、感謝する儀式です。
>これに対して、阿含宗は施餓鬼供養のところを強調してあたかも先祖が不成仏霊であるかのように、
>子孫が供養として何か提供しないと成仏できないで苦しんでいるかのように宣伝しています。
>両者は似て非なる儀式です。
ブリタニカの「盂蘭盆」の従来説にこうあります。
梵語ウランバナ ullambana の音写で、倒懸と漢訳している。すなわち、さかさに吊るされて苦しんでいる死者を救う
ために供養する祭りで、中国や日本に古くから行われている年中行事である。
唐の玄応の「一切経音義」巻十三に「衆僧自恣の日に、盛んに供具を設けて仏僧に奉施して以って先亡の倒懸の苦を救う」
とある注釈に基づいている。

信者がどのような心情で行うかは各自の自由ですが、本来の意義は上にあるとおり。
つまり伝統仏教の盂蘭盆会も「一切経音義」の注釈にあるように、不成仏霊という言葉を使わないだけで、
逆さ吊りで苦しんでいる先祖を救うために仏僧に供養するというのが本来の意義です。
よって両者は以って非なる儀式ではく、苦しんでいる先祖を救うという目的は同じです。
あまりいい加減な事を書かないように。

313 :クリン含:2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>23 :名無しさん@3周年
>目連もウランバーナも小さい事だと信者さんたちは思うかもしれない。
>だが、こういう所に桐山さんの知識やこれを判断する知恵とやらがどの程度がわかるのです。
>求聞持脳を獲得して、仏陀の智慧なんて持っていたらこんな初歩的な間違いはしません。
求聞持脳を持ったところで間違った情報を入力すればそれまでです。
その点はコンピュータと同じです。求聞持脳はハードであり情報はソウトです。
ごちゃ混ぜにしないでください。

>24 :名無しさん@3周年
>ところが、これは真っ赤な嘘で、釈尊は死者成仏を否定した。
>つまり、阿含宗の教義は根底からひっくり返っているのです。
そいつは大変だ。もうじき教団は崩壊する?
しないよね。それは嘘に対して何も感じない人がいるから崩壊を免れているのではなくて
教義が根底からひっくり返っているのは七氏さんの頭の中だけで起きている事態であり
現実にはそういう事態は起きていないからです。

>大乗経典を信じている人たちを信者さんたちは憐れんでいるが、たいした違いはない。
>どちらも根拠のない嘘デタラメを信じている。 彼らもあなた方も釈尊など信じていないのです。
では大乗仏教に対しても、さぞかし2チャンで柿ッコしてるんでしょうね。
それとも阿含宗専属って話ですかい?
あっ、草加。奴らは恐いからといってビビッてるのですか?
それともDちゃんはタイプじゃないという事ですかな?

314 :クリン含:2006/10/22(日) 13:00:35 ID:KbxNFcC2
>25 :名無しさん@3周年 
>信者さんたちは何をしたいのだ?
>先祖を供養したいのか、それとも不成仏霊と罵りたいのか。
>先祖に感謝したいのか、それとも運を悪くする霊障のホトケと罵りたいのか。
>阿含経に基づく本当の仏教を信仰したいのか、
>それとも、その場しのぎの矛盾だらけの教義を信じて、釈尊を侮辱したいのか。
>先祖にではなく、あなた自身にまず問いかけるべきです。
ではあなたは何をしたいのだ?
阿含経に基づく本当の仏教を信仰したいのか、それとも教祖を批判したいだけなのか?
教祖が忘れられないから書いてるのか、それとも教祖を忘れたくないから書いてるのか?
批判レスをただ書きたいから書いてるのか、それとも他にすることが無いからそうしているだけなのか、
何で自分はいつまでも書き続けるのか、その本当の理由は何なのか?
信者にではなく、あなた自身にまず問いかけるべきです。

315 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 13:11:36 ID:KbxNFcC2
>>277
多忙のため失礼した。

316 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 14:20:30 ID:zXDg4Yet
>>254
私の考えや想いは変りません、
たとえブログを読んで泣く人、悩む人がいてもです。
私は私ですから・・・。

ブログの主がリンク先の掲示板で吐いた言葉だ。信じられん。

317 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 14:22:15 ID:b+LNprSz
関西本部び岩野おばさんはまだ、詐欺行為に荷担しているのかね。
水曜ファミリーとか何とか言ってたな。

318 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 14:42:15 ID:b+LNprSz
>>317
間違えた
     荷担→加担

319 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:06:53 ID:UhLoHADq
>>302-314 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs = クリン含

久々に出てきたところでこの10月に盂蘭盆ねたとは、かなり旬を外しておるな。

それはともかくとして、倒懸ウランバナ説に霊魂ウルバン説が加わったところで
それが「盂蘭盆経が疑偽経典である」ということの反論にはならない。「シャカ
直説」を掲げる阿含宗が盂蘭盆経をとりあげるのには依然として無理があるし、
説明にゴマカシが必要な状況にも変わりはない。死者の霊魂が云々というのは単に
祖霊崇拝のエッセンスでしかない。

どうせ経典の出自をゴマカさないといけないのであるのならば、総本殿にカボチャ
を吊るしてハロウィン会でもやったらどうだろうか。典拠なんて「ゲイカの霊視」で
十分だ。

320 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:07:28 ID:UhLoHADq
>>308 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:53:05 ID:KbxNFcC2
>自ら蒔いた種を石(の重さ)で表現している。

石の重さの話など、経典には出てきていないクリン含さんの妄想に過ぎない。

>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、
>勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。
>さもないと、とんでもない誤解に発展する恐れがある。

と自分で書いたように、勝手な解釈をしたクリン含さん自身を省みたらどうか。

321 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:11:28 ID:pJi+IPQX
阿含経を密教の架け橋が、地球宗教なのです。

322 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 16:36:43 ID:KKpZ1Zpt
>>315 レス、サンクス

323 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/22(日) 17:29:36 ID:ED2vvPBm
クリン含さん、面白いこと教えてあげましょう。
盂蘭盆の語源のウルバン説ですが、この説は桐山さんでも
知っているとのことです。
2〜3年前の関東の盂蘭盆会で桐山さんが話したようですよ。
ソースは現地で聴聞していたトロイのヨコハマさんだったかな。
ウランバナ説の他にもウルバン説もあるのだ、どうだ?俺って
物知りだろう?みたいなニュアンスで語ったそうな。
私も退会する直前の信者時代に盂蘭盆のことも図書館などで
調べ、ウルバン説を知りました。
またウランバナ(倒懸)説では肝心の倒懸の概念が盂蘭盆経に
見当たらない矛盾も知りました。
で、まだ擁護側の信者ながらもこのイランのウルバン説の方が
正しいのだろうと思い、むしろそちら(の説)に魅力を感じました。
そもそも私も盂蘭盆経が阿含経典などという馬鹿な考えは
最初から持っていなかった。
大乗ですらないとの批判認識まではなかったが、創作経典には
間違いないと思っていた。
では、どうして釈尊の阿含経を依経として他を創作と批判する
阿含宗がこんな行事をするのか?と言うと、これは春秋の彼岸
(彼岸などという仏教用語を使っているだけで、実は経典の
根拠もない日本だけの固有民俗行事)と同じく、先祖供養を
尊ぶ機会として、由来などに囚われず、年中行事にしている
のだという認識です。
と、ここまで読んでクリン含さんは喜んだのではあるまいか?
さすが指丼!大人の考えだ!
それにひきかえ、あの七氏は考えが狭いと言うか、純粋過ぎて
青いと言うか、融通性が利かないと言うか、要するに私と組んで
七氏さんの批判攻撃に使えると思ってないでしょうか?
果たしてどうでしょうか?
(つづく)

324 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 17:40:39 ID:xgojvKSB
>>320

325 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/22(日) 18:07:27 ID:ED2vvPBm
323の続き
そもそもが阿含経に説かれるところの釈尊の思想が先祖供養などを
否定しているのです。
否定した思想に基づく年中行事に何の意味があるのか?
阿含経を依経とする阿含宗ともあろうものが、阿含経の主張
に反する行事を行うのか?
ましてや阿含宗の先祖供養には盂蘭盆経にすらない子孫への
霊障の祟りの解消まである。
これに対していかにも伝統仏教の健全行事であるかのように
権威を借りたのが、阿含宗の盂蘭盆会万燈供養です。
それでも盂蘭盆会を開くのならば、ウルバン説も後から
知ったのならば、ウランバナ説における倒懸の概念が盂蘭盆経に
見られないことぐらい示してはどうか?
どうも目連の名まで出して、仏教行事のように見られているが
その由来は倒懸とも関係ないイランのゾロアスター教の
祖霊崇拝のようですよ、でも阿含宗ではその祖霊崇拝をどうしても
したいから、こういう古い風習も活用してするのだ。
釈尊が先祖供養を否定してでもするのだ。文句あっか?
こういうことが堂々と言えずに、目連の母なんて実は作り話
であって実話ではない、それを承知で俺はこの話をしている。
阿含経にも根拠もなければ大乗仏教にも根拠のない創作経典
を基に、俺は阿含経の主張に反逆して、盂蘭盆経でも説かない
先祖の霊障からの解脱を説くのだ!
と説いたことが一度でもありますか?
いくらなんでも盂蘭盆経≠阿含経なことぐらいわかっているが
しかし矛盾した話ではないのだと、曖昧に関連付けさせる
欺瞞をこちらは指摘しているのですよ。
般若心経は阿含経ではないが、しかし空の教えは間違ってない
から阿含宗でも般若心経を重要視するのだという理屈は
ここでは通用しない。

326 :樹意:2006/10/22(日) 22:42:06 ID:67Ozt78w
ヒマラヤの清涼な水であるとペットボトルに詰めて売る業者が
他のシナ原産の水を 批判して売っておりましたとさ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
んで、実態を調査したらそのボトリング工場は日本にあった。
今まで信用して買った人達が騒いだというのが その批判。

元栓が違うわけだから 盂蘭盆経の意義なんか持ち出したところで
阿含宗がいままで地獄の底に転落した宗教だと批判した大乗経典を元に
行事をすること自体おかしなものだし そのダブルスタンダードは
何なんだという事になる。
偽ビールの時代からやっていること自体おんなじであるが
宗教のカテゴリでやるから法律には触れないようさじ加減を使っている。
脱法産業の見本みたいなものです。

>>312
> つまり伝統仏教の盂蘭盆会も「一切経音義」の注釈にあるように、不成仏霊という言葉を使わないだけで、
> 逆さ吊りで苦しんでいる先祖を救うために仏僧に供養するというのが本来の意義です。

ゲイカは戒律を受けた僧侶でもなく、アジャリでもありませんから供養の意義は成立しません。
コスプレでいいなら 白衣を着たらお医者さんであり 警官の服を着るなら警察官という
意義が成立します。 
詐称したのですから 詐称を撤回する必要があるわけです。



327 :樹意:2006/10/22(日) 22:52:30 ID:67Ozt78w
>>326

> 阿含宗がいままで地獄の底に転落した宗教だと批判した大乗経典を元に
> 行事をすること自体おかしなものだし そのダブルスタンダードは

訂正 偽経典や大乗経典を元にーー

328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP
ところが、パーリー小部経典には餓鬼事という題で供養、先祖供養の
話がのっているらしい、
偽経といわれる「盂蘭盆経」も元ネタはパーりー経典の餓鬼事から
きていて、けっして的外れなものではないのです。
おかしなことに、実は大乗経典にはほとんど先祖供養や回向功徳の話は
出てきません。
(功徳はなぜ回向できるの?、藤本晃著より)

329 :樹意:2006/10/22(日) 23:01:54 ID:67Ozt78w
>>305

創作経典である 如是我聞の罪を説いたのはゲイカです、
この法話は耳にタコができるほど私は聞いた覚えがあります。
んんじゃあ 
罪を根拠に法要をするんでしょうか?


330 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:03:20 ID:dy01J/P2
信者の皆さん先祖供養にいくら使いましたか?


331 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:07:26 ID:cPhMPEZO
>>302 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:33:26 ID:KbxNFcC2
>何故なら、知られたくないと望むまでもなく既に百科事典にまで載っている内容なんです。
>今さら隠しておくような秘密でも何でもありません。

秘密だなんて誰も書いていない。
それでいつ桐山さんは盂蘭盆経が偽経典にすぎないと述べましたか。
著作、『阿含宗報』、『ダルマチャクラ』、あるいはあなたが聞いた法話でもいい。
どこにあるのか示してください。
阿含宗が寄贈した百科事典で、いつ桐山さんが盂蘭盆経のことについて述べましたか。
こんなこと言い出したら、大乗経典は偽経典で、阿含経だけが
釈尊の言葉を伝承したものだなんてことも、
辞典だけでなく、仏教の解説書にいくらでも書いてある。
だったら、どうして桐山さんは「伝統仏教の坊さんたちは、
阿含経の事を知られたくないのだ。隠しておきたいのだ」と法話で言っているのですか。
一般の人たちが知らないからですよね。
同様に、盂蘭盆経がどんなお経かなんて、ほとんどの信者は知らない。

332 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:11:21 ID:cPhMPEZO
>>303 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:38:10 ID:KbxNFcC2
>その内容は既に公表されたものであり隠しようがありません。

隠しようもないという盂蘭盆経がようなお経か、昔からあなたは知っていましたか。
知らなかったはずだ。
あなたも私から指摘されてから、百科事典を調べたのですよね。
「昔から知っていた」と書いてもいいですよ。
ほとんどの信者は盂蘭盆経がどのようなお経か知らない。
桐山さんが毎年、餓鬼に堕ちた大目連の母親を供養の功徳によって救い出した話をする。
この話がまったくの作り話であることをただの一度も信者に述べたことはない。
あるというなら、いつどこで述べたか言ってみなさい。
桐山さんが「百科事典にはこのように書いてある」といつ言った?
盂蘭盆経の内容をまるで本当のあったことであるかのように話す。
もちろん、桐山さんは阿含経にこの話があると言ったこともない。
だが、あれだけ大乗経典などを偽経典であり、そこに出てくるシャカは
インチキのシャカだと批判している人が、
作り話にすぎない話を毎年持ち出し、信者の前で
まるで本当にあったかのように話せば、信者たちが誤解するのは当然です。
しかも、その誤解の元を積極的に阿含宗は作っている。

333 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:14:31 ID:cPhMPEZO
>>303 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:38:10 ID:KbxNFcC2

「盂蘭盆会とは、お釈迦さまの教えに基づく先祖供養の法会です。
お釈迦さまのご在世時、高弟の目蓮尊者は・・・」

これは阿含宗の万燈会のチラシに書いてある文章です。
阿含経にあるとは書かずに、盂蘭盆経は釈尊直説だとは書かないで、
「教えに基づく」なんて、たくみに言葉を濁している。
それでいながら、次の文では、「お釈迦さまのご在世時、
高弟の目蓮尊者は・・・」などと、まるで釈尊が本当に盂蘭盆経の教えを
説いたかのような書き方をしています。
「冥徳講ニュース」にも、お盆の由来として、同様に、
盂蘭盆経の話が本当であるかのように書いてある。
この話自体が作り話であり、真っ赤な嘘です。
こういうゴマカシをしているから、信者の多くは盂蘭盆経が
どんな由来のお経かなんて知らない。
ユビキタスさんが書いているように、
せいぜい「阿含経ではないかもしれない」という程度です。
隠すというのが適当でないなら、ゴマカスでもかまわない。
さんざん大乗経典を偽経典と批判しながら、
大乗経典ですらない由来不明の経典なのに、由来のいい加減さすら述べず、
口をぬぐい、まるで本当の釈尊が説いたかのように見せかけて信者に説き、
金を出せというのだから、ゴマカシです。

334 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP
>332
いや述べたことありますよ。2年前のお盆の法要か例祭だったかな?
ようするに施餓鬼供養の真言についてのことで言っていたのだが
話は作り話であっても実際、真言つかってみて、それなりの功徳が
あるから、私も使うのだと・・・
そういうこと言っていましたぜ!

335 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:24:05 ID:0pEk+OyP
>333
だから元ネタは阿含経の元であるパーリー経典にあるし
万燈会は貧者の一灯のたとえにあるように
仏様に明かりを供養して、それを先祖に回向するということです。

336 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:25:16 ID:cPhMPEZO
>>304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>今は認められていないなどと何を根拠に言っているのだろうか?
>資料があるなら是非知りたいですね。

倒懸説を否定する根拠を知りたければ、
私に聞かないで、あなたが>>304で引用した岩本教授の本を読んでみたらどうか。
あなたはこんな質問を私に投げつけるところを見ると、
岩本教授の本を引用しているが、実際は読んでいませんね。
本の題名を書いて、さも何事か知っているかのようにハッタリを書いたのだ。
どうしてそんなことまで桐山さんのマネをするのだろう。
桐山さんもちょっと知識を入れると、すべてを把握したかのような顔をする。
あなたは岩本説などを引用して、>>306
>例3.「わざわざ擁護派が詳しく書いてくれて感謝します」と見栄を張る。
などと書いているところを見ると、自分では相当に詳しいつもりのようだ。
だが、あなたの盂蘭盆の解説を読めば、百科事典をただ読んだにすぎず、
それ以上何もないのがよくわかる。

337 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:27:06 ID:cPhMPEZO
>>304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>今は認められていないなどと何を根拠に言っているのだろうか?
>資料があるなら是非知りたいですね。

盂蘭盆には今のところ主に3つの説があるのです。
1.盆器説・・・中国7世紀の慧浄の唱えた説
2.倒懸説・・中国7世紀の玄応が唱えた説
3.ウルバン説・・・岩本説
他にも、救済を意味するという高楠説、
イラン語のウランバーンから来たという井元説などがあります。
1は盂蘭盆とは器を表す漢語であるという説です。
3があなたが>>303で引用したものです。
決着はついていないが、3つの中で一番有名であり、
辞書などにも載っているのに、一番不利なのが倒懸説です。
というのは、根拠がない。

338 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:29:58 ID:cPhMPEZO
>>306 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33
>何故なら、ウランバナ(逆さ吊り)よりウルバン(霊魂)の方が万灯会にはピッタリだからです。
>そう思いませんか?

思いません。
あなたは自分で書いていて倒懸説に無理があることに気が付かないところを見ると、
どうやら、盂蘭盆経そのものを読んだことがありませんね。
盂蘭盆経のどこに倒懸があるのだ?
文字も出てこなければ概念もない。
餓鬼に堕ちたことと、逆さづりとどう関係しているのですか。
苦しいというだけで、まったく脈絡がない。
倒懸では、サーカスだって倒懸です。
倒懸そのものには苦しいという意味はないですよ。
勝手に、「逆さづり→苦しい」と決めつけているにすぎない。
阿含経に餓鬼事経という名前があるように、餓鬼で苦しんでいるのなら、
題名には餓鬼に相当するプレータなどの言葉を用いるのが普通です。
餓鬼が苦しむのは専ら飢餓だから、飢餓苦経とでもするべきです。
ところが、何の脈絡もなく、逆さづりです。
餓鬼で苦しむ話がどうして「逆さづり経」という名前なのですか。
経典の中に、逆さづりの苦しみという説明でも出てくるならまだしも、
まったくありません。

339 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:31:57 ID:cPhMPEZO
>>304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>今は認められていないなどと何を根拠に言っているのだろうか?
>資料があるなら是非知りたいですね。

倒懸の言葉もなく、そんな描写も出てこない経典に倒懸という題名が
ついているなんて説得力がない。
ただ発音が似ているから、倒懸であり、倒懸は苦しいから、
餓鬼の苦しさと一致するなんて、こじつけです。
英語のnameはナメーと読めるから、これは日本語の名前のことであり、
日本語と英語は同じ言語から派生したと主張するようなものです。
玄応の説は発音が似ているという連想ゲーム程度の説です。
3つの説の中で一番根拠がなく、説得力がないのが倒懸説です。
倒懸説に比べたら、1の器説のほうが、経典本文にも何回か出てくるし、
盂蘭盆の「盂」も「盆」も器のことだから、素人にはよほど説得力がある。
倒懸説を支持したければ、ほんとうは根拠を示さなければならない。
しかし、学者は誰も出せないのです。
では、なぜ学者たちはこの根拠のない学説を辞書にまで書くのか。
盂蘭盆を倒懸だと書いてしまった著名な学者がたくさんいるからです。
今さら大先生を否定することもできず、併記することでお茶を濁している。
こういう曖昧さは盂蘭盆だけでなく、阿含経の件がまさにそうです。

340 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:35:02 ID:cPhMPEZO
>>303 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:38:10 ID:KbxNFcC2
>もう一点、彼の誤りを指摘すると、以上の説はあくまで新説、異説であり定説ではないことです。
>>304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>どうやら仮説や新説に過ぎぬ話が七氏さんの頭では定説になってしまうらしい。
>それは七氏さんの心が猊下に対する憎しみで一杯だから、とにかくやっつけたい一心でそうなってしまうのです。
>自分に都合良く情報を捏造して人を騙そうなんて、正に詐欺師の手口です!(何処かで聞いたような)

相変わらず、自分の無知を棚に上げた図々しい発言が多いですね。
桐山さんが正しいというなら、倒懸説の正しさをあなたが根拠を示して証明してみたらどうか。
学者たちが大喜びするでしょう。
若手の学者(と言ってもいい年だが)たちはむしろ1の盆器説になりつつある。
彼らは過去の大御所たちとのしがらみが少なく、客観的な根拠から考える。
盂蘭盆経そのものに根拠を求めることができるからです。
倒懸のように根拠のない音の連想ゲームではなく、
イランやソグドなど別な言語に根拠を求めるのではなく、
文字通りに解釈して、経典も器が出てくるから説得力がある。

341 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:38:16 ID:cPhMPEZO
>>304 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:40:21 ID:KbxNFcC2
>今は認められていないなどと何を根拠に言っているのだろうか?
>資料があるなら是非知りたいですね。

そこでクリン含さんにお聞きしたい。
桐山さんが>>337の説を並べて、なお、仏陀の智慧と霊感によれば、
倒懸説こそが正しいと判断したという話を聞いたことがあるか。
ウルバン説を知っていると法話では自慢話にするくらいで、
盆器説すら出したのを聞いたことがない。
桐山さんは普通の解説書をちょっと読んだ程度の知識しかないのです。
しかし、それだけではなく、倒懸説を採用したのはもっと重要な必要性があった。
桐山さんがこれらの諸説を知っていたとしても、
彼が採用するのは倒懸説でなければならない。
その理由をあなた自身が書いている。

342 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/22(日) 23:43:14 ID:ED2vvPBm
>>334
やはりトロイのヨコハマさんがそのことを書いてましたね。
話は作り話だけどこの真言は効果があるから使用すると話す
のを聴いてトロイさんが????と腰を抜かすように呆れていた。
目連尊者のお母さんの話が作り話だったら、阿含宗でやってる
回向とやらは説得力を失うのです。
ちょっと前に18人武士の話で食い下がるシシャさんを相手に
私はザのスレでこう書いた。
人は事実により動くのであり、作り話では何の説得力も持たない。
そんな説得力のない話を毎年毎年盂蘭盆会のたびに桐山さんは
回向の根拠として話してきた。
実はこれ盂蘭盆会だけに限った例えではないのです。
回向の根拠なのです。
いくら成仏力のある導師が祈っても、それだけでは亡者は
昇天しない。徳がなく限りなく不徳の存在
なんだから、ありがたい成仏法を受け取る徳がない。
よって子孫縁者が代理に金払って徳を積んであげて、その徳を
先祖に回向するから霊障の不成仏霊でも成仏するというのが
阿含宗の解脱供養10万円の理屈でしたよね。
この理屈の根拠が目連の母の話です。
つまり盂蘭盆会で話すあの法話は普段の解脱供養の根拠でも
あるのです。
それをボケた桐山さんは作り話と認めてしまった。
解脱供養に根拠がなくなったのです。
真言に力があろうがなかろうが、根拠を捨ててしまったのです。
これは真言の力の根拠も何も示していない。
トロイさんが呆れたのも無理はない。

343 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:48:03 ID:cPhMPEZO
>>306 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33 ID:KbxNFcC2
>何故なら、ウランバナ(逆さ吊り)よりウルバン(霊魂)の方が万灯会にはピッタリだからです。

クリン含さんはさすが霊感商法の手下だけのことはありますね。
ズバリ、桐山さんの本音をつかんでいる。
逆さ吊りだろうが、霊魂だろうが、なんでもいいから、脅かしたいのです。
盆器説では怖くもなんともない。
桐山さんにとって一番ありがたいのは、霊的な脅かしのできる言葉です。
逆さに吊されるような苦痛を味わっている霊障のホトケ、
これが桐山さんが信者たちに伝えたい内容です。
信者たちを霊障で脅かすのにちょうどいいのが倒懸です。
信者たちの先祖を逆さ吊りして人質にして、助けてほしければ、
金を出せと脅かすのが目的だから、倒懸なのです。

344 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:52:07 ID:cPhMPEZO
>>305 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:44:07 ID:KbxNFcC2
>「どこで作られたのかわからない」と書いておいて、何で「インドではない」と言い切れるのか?
>文章が前後で整合しておらず、まったくの出任せですね。困った人です。

盂蘭盆経がどこで作られたかについては、
インドでないことにはほとんど異説がなく、広く受け入れられている。

「中国で作られた偽経か・・」『総合仏教大辞典』94頁
「梵文原点はないが・・」『佛教大辞典』69頁
「サンスクリット原典やチベット語訳はない」(岩波仏教辞典、63頁)

中国か中央アジアあたりで作られたのだろうというのが学者たちの見方です。
一番最後に経典を輸入したはずのチベットの翻訳すらないということは、
インド原産でないことの大きな証拠です。
岩本教授は盂蘭盆経についてはっきりと次のように書いている。

「これらの事実はすべて、『盂蘭盆経』がインド撰述の佛典でないことを
示しているといわねばならぬ。」(『地獄めぐりの文学』岩本裕、20頁)

岩本教授は盂蘭盆経などの専門家で、その人がはっきりと
インドで作られたものではないと断定している。
私は根拠を示した。
こういう学者たちの説も知らずに「整合しておらず」、
口から「出任せ」に罵っている「困った人」とは、クリン含さんのほうだ。
あなたのことだから、こういう根拠を示されても、
自分の罵りを撤回や修正すらしないでしょうね。
いつものことで、そのほうが桐山ゲイカの信者らしい。

345 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:56:56 ID:cPhMPEZO
>>312 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:58:24 ID:KbxNFcC2
>つまり伝統仏教の盂蘭盆会も「一切経音義」の注釈にあるように、不成仏霊という言葉を使わないだけで、
>逆さ吊りで苦しんでいる先祖を救うために仏僧に供養するというのが本来の意義です。
>あまりいい加減な事を書かないように。

書いていることはほとんど間違いです。
第一に、すでに述べたように、倒懸説は今では否定された説にすぎない。
第二に、盂蘭盆の供養は先祖を霊障のホトケなどと罵る行事ではない。
阿含宗のように、伝統仏教では死者を不成仏霊と罵ることはしていない。
食欲や名誉欲が押さえられず、執着のために死後、あの世に行けずに
苦しむ桐山さんのような霊魂を気の毒に思い、供養してあげようという儀式です。
普通の人たちは、先祖を餓鬼だなんて思っていない。
どこのお寺で「お前の先祖は餓鬼になって苦しんでいるから供養しろ」なんて言っている?
阿含宗くらいなものだろう。
だから、お寺でも施餓鬼は別に行っている。
普通は先祖をお招きして、供養という接待をする伝統行事です。
家族や親族との再会にすぎない。
餓鬼に堕ちた先祖を自分の供養で助けてやったなんて
自惚れているのは阿含宗の信者くらいなものです。
先祖を侮辱し、助けてやった、徳を積んだと自惚れているあなた方のほうがよほど餓鬼だ。
以上のように、いい加減なことを書いているのはクリン含さんのほうです。

346 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:02:28 ID:cPhMPEZO
>>312 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:58:24 ID:KbxNFcC2
>つまり伝統仏教の盂蘭盆会も「一切経音義」の注釈にあるように、不成仏霊という言葉を使わないだけで、
>逆さ吊りで苦しんでいる先祖を救うために仏僧に供養するというのが本来の意義です。
>あまりいい加減な事を書かないように。

普段は伝統仏教や阿含経以外を激しく非難しながら、
盂蘭盆が金集めに都合が良いとなると、口をぬぐい、
伝統仏教を引き合いにして真似事をする。
信者の無知を利用して、まるで釈尊が説いたかのような嘘までついている。
偽経典の盂蘭盆経や註釈に書いてあるなどと正当化する。
伝統仏教がやっているのに、自分たちがして何が悪いのかと開き直りをする。
クリン含さんの恥知らずぶりは、さすがは桐山さんの信者ですね。

347 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 11:24:09 ID:+LPVs40u
盂蘭盆供養にしろ、解脱供養にしろ、何の目的で主催しているのかが
一番大切なことなんですよ。桐山さんは一口に「先祖供養」だという。
しかしね、その昔、関西総本部の駐車場をそのままにしとくのは
惜しいので、万燈供養したら「稼げます」と言い出したのはW田女狐
なんですよ。
そもそも、この「クリン含」というヤツ、おまえは「W田女狐配下」の
人間だろ。別名、「栗花 馨」だろ。
星祭さんの「噂話証言」により、W田女狐の立場が危うくなってきたので
なんでもいいから「話題」を変えようとしたんだろ。
どうして「盂蘭盆会」の話などいいだすんだ。
会員の皆さん、桐山阿含宗=W田女狐教は、実に卑怯です。このクリン含の
やり口をみてください。都合の悪い話題から、どうでもいいことに話を
変えようとしている。
クリン含くん、アンタがどんなに工作しても、W田女狐の悪業が露見し
それはそのまま桐山靖雄さんの意図なのだという「一線」は変わらないよ。
アンタが「変な擁護」すればするほど、この手の情報が会員のあいだに
広まることは、もはや止めることはできません。
アンタはアンタの「上司」から大目玉くらいなさいよ(大笑)

348 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/23(月) 12:58:00 ID:+XRIZuwW
>>334:名無しさん@3周年 :2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP
>>332
>いや述べたことありますよ。2年前のお盆の法要か例祭だったかな?
>ようするに施餓鬼供養の真言についてのことで言っていたのだが
>話は作り話であっても実際、真言つかってみて、それなりの功徳が
>あるから、私も使うのだと・・・
>そういうこと言っていましたぜ!

施餓鬼の焔口ナンタラ陀羅尼でなかったかな?
その経典は作り話だが、真言は力があるから採用するとのこと。
つまり仏説盂蘭盆経が創作であると公式に発言したことは
一度もないわけです。

349 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 16:00:58 ID:+LPVs40u
まあ、とにかく「倒懸」だろうが、「盆器」だろうが、ウルバンだろうが
「救済」だろうが、論議は論議でなんでもよい。
日本には「お盆」という行事が昔から定着しているんです。ご先祖の供養
の習慣としてね。桐山さんは、そんなことはどうでもよく、新しくわかれば
そのことを「最新情報」とかいって、平気で話す人なんです。
そもそも「まちょう」に僧籍にないものが「僧侶」を名乗ったり、
加行・灌頂も授受してないのに「アジャリ」を名乗る、こういうこと自体が
インチキである証拠です。
詐欺みたいなことばかりの桐山阿含宗に「先祖供養」なんか「まちょう」に
できるはずがないのですよ。
クリン含は、生意気にも「屁理屈」ばかりいうが、アンタは「菩提心」の
「ぼ」の字もないね。人間として「まちょう」になることを、まずは
めざしたらいいんですよ。




350 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 16:06:02 ID:+LPVs40u
話を「W田女狐婆」の悪業に戻してください。
星祭夜祭さん会心の書き込みなんですからね。
みなさん、クリン含の「策略」に嵌まらないようにお願いします。
ヤツは「Wダ」のことを話題から逸らしたいのです。
「盂蘭盆」の書き込みは、そのためなのです。実に卑怯です。



351 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 16:51:28 ID:+LPVs40u
しょせん、クリン含のいうことなど「阿含宗」の公式見解では
ありません。小賢しい「屁理屈」に過ぎない。
クリン含=栗花なのですから、「しのぎ」で懸命なのですよ。

352 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 17:57:55 ID:IIroLDJy
クリン含さんと栗花さんは別人だと思ってました。
同一人物だったのですか、へ〜。

353 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 18:16:33 ID:KgP3Ahya
W田女狐婆は何で女のくせに昔から髪の毛がオールバックなんでしょう?
そう、これも銀狐と同化したいという現れなのかも?
そう思いませんか?

354 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/23(月) 18:39:10 ID:+XRIZuwW
>>353
くりぃむしちゅーの有田が細木数子センセーに対して、
「基本はオールバック」と茶化しているのを思い出したw

355 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/23(月) 19:10:12 ID:+XRIZuwW
>>352
私はクリン含さんと栗花さんは別人と見ています。
またザ・晴雄さんの言うようにw田さんの手先なんて大物(?)
でもないと思う。
一度は教団から遠ざかっていた前歴もあり、今はほとんど
活動していない。
その昔も大した活動をした様子は見られない。
関東にいながらも、例祭に参拝でもしていれば嫌でも入手できる
情報(桐山殿〜の奥方の霊障発現の話など)すら知らない。
ザのスレのシシャさんにも共通するマイペース会員です。
対してザのスレの夜祭さんこと星祭さんは、30年の行歴を
持つ会員です。長いだけで決して中核的な活動をしていない
のは、かつての私と同じだが、まあそれはいいが、決して
クリン含さんのような孤独な立場でもないから、行事には顔を
出すし、知り合いの先達との交流もある。
そこでいろいろな情報を得る。
今回は掲示板を通じての情報でなく、リアルな人間関係を
通じての情報入手なので彼も素直なわけです。
クリン含さんにはこういうネットワークがない分、都会にいながら
情報田舎者になっている。
よってw田さんの情報の話などにも反応できないわけです。
たぶんザ・晴雄さんが誰なのか未だにわからないでしょう。

356 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/23(月) 20:07:41 ID:M4OMNPEU
誰か今月の冥徳講話の内容語って
欲しいのですが。
猊下が一人暮らしは寂しいとか言って
たらしいのですが。
錬脳護摩でフカキョンが板書してた時
職員もモニター見ながら書き写して
ましたね

357 :阿呆衆最高司令官:2006/10/23(月) 21:05:49 ID:8OXsDM/l


和田尚子。




358 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 21:07:37 ID:+LPVs40u
まあね、ユビさんの言うことが正しいでしょう。しかし、わたしにとっては
おんなじ様なモンです。変な事いう内容が「阿含宗関係」という点だけは
クリン含のほうがいいかもしれない。その分、桐山批判ができますからね。
同一人物であれ、そうでない場合でも、クリン含や栗花は、どうしようもない
無責任者だということですよ。
こういう人物がいてくれるおかげで、桐山阿含宗がいかにつまらないもの
なのかわかるので、いい演出といえるかもね。いわゆる必要悪ですね。

359 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 21:58:01 ID:x6o54HOe
>>311 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2
>明かりは霊に対する供養になると、某霊能者がTVで話しておったぞ。
>多分、それと同じで先祖にも明かりが供養になるのであろう。

必要悪と認めていただいたようなので、クリン含さんへの反論を書きます。
クリン含さんはスエーデンボルグの時に注意されたことを理解していないようだ。
ここは霊的な世界一般について議論する場ではない。
阿含宗の教学を議論しているのだから、桐山さんが認めた霊能者以外の証言は無意味です。
阿含宗の万燈会は伝統仏教と違い、シャカの成仏法に基づくそうだ。
だったら、万燈会のチラシにある、
「・・灯明を仏さまにお供えすることは、非常に功徳が大きい」
という根拠を阿含経から示してください。
いつ釈尊が先祖供養のために灯明を自分に供養せよと言ったか、
阿含経を示してください。
そんなものありゃしないのです。
クリン含さんが引用しているスレ109の21でも説明したように、
灯りを供養するとは、今でいう電気をつけて明るくするという意味です。
あなたが部屋の灯りをつけるのは先祖や如来への供養のためではないでしょう。
暗いから灯りをつけるだけです。
供養とは、具体的に比丘たちの生活に必要なものを提供することで、
灯りも在家が出家の生活ために提供したのです。
その灯りも先祖を供養するとか、無意味に灯りを並べれば
オシャカが功徳をくれるなどというものではない。
比丘に対して良い行いをするから、良い報いが来世で来るというだけのことです。
ところが、阿含宗の信者さんたちは、如来に何か差し出すと、
功徳という見返りをくれるという餓鬼信仰から一歩も出られない。
三十年先達にして次のような有様です。

360 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 21:59:44 ID:x6o54HOe
>>335 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:24:05 ID:0pEk+OyP
>万燈会は貧者の一灯のたとえにあるように
>仏様に明かりを供養して、それを先祖に回向するということです

星祭さんは貧者の一灯の阿含経を読んだことがありませんね。
万燈会と貧者の一灯とはまったく関係がない。
あなたは脈絡のないことを二つくっつけた。
無知の産物であり、かなり恥ずかしいことです。
灯明を供養したのは、前述のように比丘たちの生活のためです。
先祖を供養しようとして提供したのではありません。
釈尊時代の供養には、死者への供養などという意味は金輪際ない。
生きている比丘たちが生きるために必要な物資を提供することが供養なのです。
また、貧者の一灯が阿含経のどこにあるか探してみてください。
あれは「ジャータカ」にある。
ジャータカとは仏教説話、つまり小説です。
反論したければ、ジャータカのようなものからではなく、
事実と認められている阿含経から引用してください。

361 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:02:58 ID:x6o54HOe
>>311 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2
>なんて言ってますが、そういう七氏さんも普段はお家の仏壇に線香を立ててご先祖の冥福を祈ったりしてんじゃないの?
>で桐山さんを批判するときだけ死者の成仏を祈っても無駄だ、なんて言ってたりして。

伝統行事の作法には従っているし、人々の信仰の対象には敬意を払うが、
仏壇に線香をあげるなど、自分からわざわざすることはありません。
クリン含さんの感覚をあてはめて、勝手な推測をしないことです。
あなたは私が嫌悪する桐山さんの煩悩という悪臭に郷愁を感じてわざわざ戻った。
これだけ感性の違うクリン含と私が互いの宗教観を理解できるはずはあるまい。
今ではスレの中でもあなたは使者さんと並ぶ頑迷擁護派です。
阿含宗で凝り固まり墓石のような星祭さんですら、
桐山さんの伝法のあり方に文句をつけ、
W田さんを手厳しく批判しているのだから、阿含宗批判をしている。
だが、あなたは一切桐山批判、阿含宗批判はしない。
もちろん、御都合はわかりますよ。
あなたの目は阿含宗ではなく、このスレにあるのだ。
だから、きっと戻ってくると確信していた。
誘蛾灯の周りを飛び回る虫みたいにここから離れられない。
戻ってきて、まず桐山晴雄さんに因縁を付け、罵倒した時、
クリン含さんの脳内には快楽物質が放出され、
久しぶりに阿含宗への強い信仰心と高揚感を得たはずだ。
その麻薬の味は阿含宗に行ってもけっして得られないから、
必ずここに来る、と前に説明してあげたとおりです。

362 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:06:47 ID:x6o54HOe
>>311 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2

反論され、間違いを指摘され、議論で負けたら、普通はこれを恥じる。
ところが、クリン含さんはまるで何も感じないかのように出てくる。
なぜなら、批判され、反論され、負けた時こそがあなたには快感なのだ。
議論に破れ、論理に破綻が来ても、それでも桐山ゲイカに
強い強い信仰を保つ自分に、あなたはうっとりとする。
脳内麻薬がドバドバ出てくる。
一度は桐山さんの嘘を知り、阿含宗を離れたのに、それでも戻ったら、
普通の人はこれを恥ずかしいと思うから、誰にも話さないようにする。
だが、あなたは違う。
一度離れても、戻った自分の信仰心の強さにうっとりとしている。
だから、その恥部を人前でさらしても恥ずかしいと思わない。
脳内麻薬は噴水のように吹き出てくる。
阿含宗に行って、真正仏舎利をありがたく拝んでも、
阿闍梨様に土下座三礼をしても、あなたはもはや何も感じない。
なぜなら、真正仏舎利なんて偽物であり、
阿闍梨様は肩書きからして偽物であり、目の前にいるのは、
妄想癖のあるただの老人にすぎないし、法話など法螺話だと
七氏から耳にタコができるほど聞かされて知っているからです。
だから、クリン含さんの信仰はここを抜きにしてはありえないのです。

363 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:10:12 ID:x6o54HOe
>>311 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2
>なんて言ってますが、そういう七氏さんも普段はお家の仏壇に線香を立ててご先祖の冥福を祈ったりしてんじゃないの?
>で桐山さんを批判するときだけ死者の成仏を祈っても無駄だ、なんて言ってたりして。

クリン含さんはまるで阿含宗が死者の成仏を祈っているかのようにごまかしていますね。
これは他の信者さんたちも同じような錯覚をしている。
阿含宗のしていることは死者の成仏を祈ることなどではない。
死者を不成仏霊、霊障のホトケと罵り、これを成仏させてやると自惚れることです。
死者が不成仏霊であるとは何を根拠にしているのだ?
桐山さんの霊視能力です。
その桐山さんは歴史上存在しない18人の霊障武士を霊視して成仏させた。
異母兄に育てられたソンディが異母兄の生まれ変わりだなどと、ありえない霊視をした。
つまりインチキ霊視能力を元にして死者たちを不成仏霊だと罵倒するのが
阿含宗でいう先祖供養です。
これは先祖供養の名を借りた先祖罵倒です。

364 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:12:47 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>求聞持脳を持ったところで間違った情報を入力すればそれまでです。
>その点はコンピュータと同じです。求聞持脳はハードであり情報はソウトです。

どうして間違った情報を入力したのですか。
千年前の人ならともかく、>>303であなたも、
>封建制や軍国主義下の日本と違い、現代の日本では情報を得ようと思えば誰にでも簡単に出来ます。
と、書いている。
どうしてこういう批判を桐山さんに向けないのだ?
あなたが書いているように、盂蘭盆についての情報などいくらでも手に入る。
>>337にあるように、1と2は1400年も前の話です。
桐山さんは万巻の書を読破して、経典はことごとく読んだという。
3の岩本説ですら、これまたあなたが>>304で書いているように、
1974年というのだから、今から三十年も前です。
こんな簡単に手に入る情報をなんて間違えるのだ?
ましてや「目連」を「目蓮」なんて、どこの経典にある?
どうやったら、こんな間違った情報を入力できるのだ?
こういうのを阿含宗では仏陀の智慧というらしいが、世間では無知というのだ。

365 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:15:54 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>求聞持脳を持ったところで間違った情報を入力すればそれまでです。
>その点はコンピュータと同じです。求聞持脳はハードであり情報はソウトです。

桐山さんは求聞持脳だけでなく今は仏陀の智慧を持っている。
そればかりでなく、霊感や直感に優れている。
「あるテーマについて調べていて、何気なく本を手にして、
開いた頁に答えが書いてあった」などと法話で話している。
おまけに、守護仏、守護神、守護霊など何千万円もする霊的な存在から
幾重にも守護されている。
こんなすごい人が、広く公開されている盂蘭盆や目連について
間違ったことや無知をさらけ出すのはおかしくないか。
守護神様から「おい、桐クン、それ間違っているから、
もう一度調べ直したまえ」と御霊示が下がってもいいはずです。
素人と変わりない知識や間違いをするなら、
なんのための求聞持脳、仏陀の智慧、霊感、守護霊なのだ?
「知識より知能が大切である。」(『阿含宗報』248号)
などと信者に説教しているが、知性も知識もないのが桐山さんです。

366 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:18:11 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>そいつは大変だ。もうじき教団は崩壊する?
>しないよね。それは嘘に対して何も感じない人がいるから崩壊を免れているのではなくて

教団の組織と教義の区別すらつかないのですね。
私は教団が崩壊するなんて書いたことはない。
むしろ、ずっと存続すると書いている。
>>236さんのように桐山さんの嘘をいくら示されても気にしないどころか、
あなたのように宗教家畜に自ら志願する人たちがいるのだから、阿含宗は存続します。
殺人教団のオウムすら存続しているのだから、詐欺宗教の阿含宗は当然存続する。
私が言っているのは教義です。
教義はこれから崩壊するのではなく、すでに崩壊している。

367 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:19:47 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2

阿含宗は釈尊の阿含経を元にして死者の成仏を説いた。
桐山さんは阿含経から釈迦の成仏法を学び、
その中身の一つが死者を成仏させる力です。
阿含宗の先祖供養や死者成仏が他の宗教と違うのは、
阿含経から釈迦の成仏法を体得したという点だけです。
ところが、阿含経の釈尊は死者を成仏させるどころか、無意味だと否定している。
これは阿含経の中で一貫した態度で、
好戦経でも肉段(阿含宗の霊障のホトケ)が出てきても、
成仏させる必要があるとも、成仏させる力や方法があるとも説いていない。
これだけ死者に無関心な釈尊が死者の供養や成仏を説くはずがない。

368 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:21:12 ID:x6o54HOe
スッタニパータ、『ブッダのことば』中村元、175頁
「773.欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、
解脱しがたい。他人が解脱させてくれるのではないからである。
かれらは未来をも過去をも顧慮しながら、これらの(目の前の)
欲望または過去の欲望を貧る。」

ダンマパダ、『真理のことば・感興のことば』中村元
「165.みずから悪をなすならば、みずから汚れ、
みずから悪をなさないならば、みずから浄まる。
浄いのも浄くないのも、各自のことがらである。
人は他人を浄めることができない」

369 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:26:27 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2

信者さんたちも>>368の釈尊の言葉をよく読んでみてください。
まるで阿含宗徒のために釈尊が残したような言葉です。
「他人が解脱させてくれるのではない」
「他人を浄めることができない」
これらは阿含宗の死者の解脱供養や冥徳解脱を否定しているだけでなく、
因縁切りすらも否定している。
阿含宗の教義の全否定です。
死者成仏を完全に否定している釈尊から力をいただくという解脱供養や
冥徳解脱を信者さんたちはこれでも申し込むのか。
こういう釈尊から死者を成仏させる力を学んだなど成り立つはずがない。
「釈迦の成仏法による死者成仏」という教義はすでに崩壊している。
もっとも、クリン含さんがこういう矛盾を気にしないのはここでは議論の対象ではない。
私は矛盾を矛盾と感じる知性の残っている人に書いているのです。
脳内麻薬に浸るクリン含さんや、桐山ゲイカに脳味噌のご供養をした>>236さんが相手ではない。

370 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:31:34 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>教義が根底からひっくり返っているのは七氏さんの頭の中だけで起きている事態であり
>現実にはそういう事態は起きていないからです。

>>368に引用した阿含経は「現実」のものであり、私の頭の中にあるものではない。
私がいようがいまいが、批判しようがしまいが、
「現実」の阿含経には死者の供養や成仏などありません。
阿含経から死者成仏を体得したなどというほうこそが「現実」ではなく、
桐山さんとあなたの頭の中にしかない。
桐山さんの死者成仏が現実のどこでおきたのだ?
十八人の霊障武士など、全部桐山さんの脳内成仏です。
「現実」の阿含経のどこに死者の成仏があるのだ?
阿含経から死者成仏を説いた経典を引用してみなさい。
できないから、口先でペラペラしゃべってごまかしているのですよね。
桐山さんもあなたも頭の中がオダブツさんなのだ。

371 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:34:45 ID:x6o54HOe
>>313 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
では大乗仏教に対しても、さぞかし2チャンで柿ッコしてるんでしょうね。

阿含宗徒は大乗仏教を偽仏教として憐れんでいるが、
むしろ阿含宗のほうがよほど釈尊の教法から遠いと批判した内容から、
どうしてこんな質問が出てくるのですか。
脈絡もなく、相手の言葉から勝手な連想をして、話を関係ない方向に持っていこうとしている。
他に言いようがないからです。
私は過去の自分を踏まえて書いたのです。
信者時代、偽経典を釈尊の教法だと信じている人たちを
坊さんに騙されている気の毒な人たちだと思ったことがある。
だが現実は、騙された愚か者は自分だった。
解脱の定義の違う阿含宗は仏教ですらなかった!
こんなものを仏教だとか、シャカの教法だと信じた自分の愚かさ、
それを棚に上げて、他教団の信者を憐れんだ愚かさ、
今思い出しても、ものすごく恥ずかしい。
クリン含さんに恥ずかしいという気持ちの同意を求めているのではありませんよ。
あなたとは羞恥心のあり方が違うから、私の書いていることが理解できなくていい。
普通の羞恥心を持った信者に書いているのです。

372 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:41:24 ID:x6o54HOe
>>308 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:53:05 ID:KbxNFcC2
>このように石の喩えで考えてゆくと、重くても軽くても時間が違うだけで結果は同じだと言う話になる。

釈尊が死者の成仏を否定した経典についての議論です。
信者さんたちは、スレ108の594以降で樹意さんが引用して
いますから、もう一度読んでみてください。
クリン含さんの説には>>320さんがすでに答えている。
この経典のどこにも「重い石」「軽い石」のたとえなどない。
経典に書いていないことを勝手に捏造するのは
捏造が大好きな人のところでやればいい。
あなたの勝手な解釈などここでは用無しです。

373 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:43:55 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>あくまで、あらゆる邪悪な行いをした悪人についてのみ、「彼らは自らの重さで地獄へ落ちるしかない」と説かれたのであり、
>すべての者の死後について語ったのではない、まして死後成仏を否定したという話もしていない(というか触れていない)、
>と解釈するのが自然であると思われる。

相変わらず、どういう国語力をしているのだ?
村の長は釈尊に次のように質問している。

南伝相応部経典 42 6 西地人 漢訳 中阿含経 17 
「大徳よ、西の方から来たバラモンたちは、水瓶をたずさえ、百合の花輪を
つけ、水に入って清め、或いは、火につかえるのであるが、彼らは、人が
死んで命終したのを、呼び起こし、その名を呼んで、天界に入らしめる
という。大徳よ、世尊にましまし、応供にましまし、正等覚者にまします
大徳もまた、あれやこれやと、世の人々が身壊れ、命終わりて後、
よく善処 天界に生を受けしめることができるでありましょうか」

「生きている者の力で死者を天界に送り届けることはできるか」
これが村の長の質問です。
簡単に書けば「死後成仏は可能か」と質問した。
村の長の質問は死者一般について語っており、死後成仏を質問しているのです。
村の長が出した結論と釈尊の答えは「ノー」であり、答えをまとめるなら、
1.生きている者のいかなる力でも死者を成仏させることはできない。
2.なぜなら、死後は生きている時の行いだけで決まるから。
これがこの経典の主旨です。

374 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:46:30 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>それに魂の救済をするのが宗教家であり、死んだ人はどうにもならない、なんて無慈悲な事を言うとはとても考えられない。

また勝手な決めつけ空想が始まった。
釈尊は魂の救済なんて説いていません。
魂があるかないかについて答えないと述べている。
クリン含さんと長い時間議論した仙尼経の最初に書いてあります。
釈尊は魂については沈黙している。
魂について沈黙しているのに、魂の救済を説くなんてバカな話はない。
少し阿含経を読んだら、絶対にこんなことは書かないはずです。
クリン含さんはなんとか私をやっつけたいのですよね。
「ゴルア!七氏、釈尊はこんなふうに言うとるぞ」と証拠を示し、
「ハハア、クリン含様、おそれいりやした」とやっつけたいのでしょ?
だったら、書き込みを休んでいる間だけでも、阿含経を勉強してみたらどうだ。
ところが、思い込みと空想だけで書くから、仏教もろくに知らず、
桐山さんから植え付けられたオカルト仏教から一歩も出られず、
勉強もしていないのが、こういう書き込み一つでばれてしまう。

375 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:48:24 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>それに魂の救済をするのが宗教家であり、死んだ人はどうにもならない、なんて無慈悲な事を言うとはとても考えられない。

あなたが考えようが考えられまいが、そのとおりで、
釈尊は死んだ人はどうにもならないと答えているのです。
死後の救済なんてできもしないことを宣伝する桐山さんが慈悲深く、
できないことはできないという釈尊が無慈悲?
死者がどうなっているかも知らないくせに、
勝手に不成仏霊だの霊障のホトケだのと決めつけて、
成仏させてやると自惚れるのが慈悲深いのか。
都合のいい時には釈尊を担ぎ出し、自分の狂信と合わないとこれを否定する。
「勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう」などと他人に説教しながら、
勝手な解釈をしているのはクリン含さんです。

376 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:56:08 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

というなら、どうしてあなたは勝手な解釈をしているのだ?
経典のどこにも重い石だの軽い石などないのに、
どうしてそんな勝手な解釈を加えるのだ?
クリン含さんは自分は勝手な解釈を並べて、
反論させないために、他人には勝手な解釈をするなと牽制する。
いつもあなたはそうですよね。
仙尼経の時も、「これしか考えられない」などと、
桐山さんですら言っていないようなあなたの勝手な解釈をまくしたてた。
自分は刀を使いながら、「おまえは刀を使うなよ」と言っているようなものです。
まともに刀で渡り合うと負けるからです。
そんな小賢しい方法で反論を封じ込めないと、議論ができない自分が情けないとは思わないか。
あなたがこういう解釈をしたのは、スレ108で樹意さんが引用している経典を
丁寧に読み直すこともせず、私の引用した部分だけを読んで書いているからでしょう。
直感的に把握すると称して斜め読みの一知半解は桐山さんの得意技だが、
こんなアホウなことまで真似しないほうがいい。

377 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:03:14 ID:x6o54HOe
>>310 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:55:29 ID:KbxNFcC2
>釈尊が目の前に居られたら以上のようにお尋ね致す所存である。
>多分、師は「そちの言うとおりである」と言われるであろうな。
>これには自信があるぞ。

洗面所の鏡を見て、自分の姿にうっとりしている男がたまにいる。
見てしまった時は相当に気色悪いが、上記の文章はそれと似ている。
桐山さんとクリン含さんの共通点は、外からの評価ですら、
手前味噌で済んでしまう点です。
桐山さんは釈尊が自分を代理人にしていると自称し、クリン含さんも自信満々です。
二人とも、他人にはわからない物差しを持ち出して、自惚れる。
自己評価だけで完結している便利な人たちです。
もっとも、クリン含さんが釈尊まで引き合いにする気持ちはわかる。
なんせ、批判側から叩かれてるだけでなく、信者側からも支持が得られないから、
せめて脳内釈迦に誉めてもらわないと身が持たないんでしょ?

378 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:07:20 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

「凡夫の窺い知れぬ深い意味がある」は間違いです。
これは読んでいる信者さんたちも同じような意見を持つ人が多い。
桐山さんからそう教えられているからです。
「桐山ゲイカは仏陀の智慧をもち、高い高い知性を持つ。
一見嘘や矛盾のような言動があっても、それは高度の智慧から来たものであって、
凡夫の人間が勝手に推測し、批判するのは間違いである。
それはサルが人間を推し量るようなものである。
批判側の理屈がいくら正しくても、それは人間の知性で正しいのであって、
桐山ゲイカの知性は人間を越えた仏陀の智慧なのである。
信者は人間を越えて仏を目指すのだから、
桐山ゲイカの智慧をどこまでも信じて、付いていくのが信仰である」
信者さんたちはこんなふうに思っていますよね。
信者時代に何度もこういう発言を聞かされたから、よおく知っています。
これを「思考停止」「脳味噌のご供養」といい、
桐山さんが自分の嘘がばれないように仕掛けた罠です。

379 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:08:41 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

脳味噌を教祖に預けて、思考を停止させてしまった結果が
どうなったかを我々は十年前に見たではないか。
宗教殺人鬼に脳味噌を預ければ殺人の手伝い、
宗教詐欺師に脳味噌を預ければ宗教詐欺の手伝いをさせられるに決まっている。
なぜ、仏教が知恵の宗教と呼ばれているか知っていますか。
桐山さんのいうような神秘的な智慧ではありません。
釈尊の説く縁起の法を理解することであり、
そのために自ら考え、思考を停止しないことです。
信者さんたちの「脳味噌のご供養」は釈尊のいう知恵とはまったく逆です。

380 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:14:18 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

>>373で釈尊が死者成仏の否定を説いた相手は誰ですか。
村の長です。
いくら村の長でも、今の日本人から見たら、受けた教育はわずかです。
だが、その彼でも理解し、納得できるような教法を釈尊は説いたのです。
神秘めかして「ま、霊能力のないチミにはわからんだろけど、
ワシの奥深い智慧によればだなあ・・」などと説いたのではありません。
桐山さんのように一方的に説教して、信じろと説いたのではない。
村の長に質問している。
答えはとても簡単で死者の成仏などできないというものです。
しかし、それをいきなり教えず、釈尊は質問している。
釈尊は説法でしばしば相手に質問する。
なぜだと思いますか。
考えさせるためです。
釈尊が答えを与えるのではなく、自分で考え、自分で結論を出させる。
釈尊は質問するだけで、何も誘導していないし、教えてすらいない。
村の長が結論を出してから、それをまとめてあげているだけです。

381 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:16:26 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

信者さんたちは気が付きましたか。
知恵を使っているのは釈尊ではなく、村の長なのです。
普通の人間である村の長が考えたのです。
釈尊が仏陀の智慧で、摩訶不思議な深い意味の教えを垂れて、
村の長が自分の思考を停止して、受け入れて信じたのではありません。
釈尊のいう知恵とはこういうのを指しているのです。
今の桐山さんと信者さんたちの間とは全然違います。
信者さんたちはクリン含さんが書いたように、
桐山さんの仏陀の智慧は凡人にはわからないとばかりに思考を停止して、
矛盾だらけのことでも受け入れてしまう。
その態度は釈尊の教法とは正反対なのですよ。

382 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:21:42 ID:x6o54HOe
>>309 :クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>霊能者である釈尊のお言葉には凡夫の窺い知れぬ深い意味があるのであり、勝手な解釈をすることは厳に慎むべきであろう。

釈尊がなぜ村の長に長々と質問して、答えさせたのでしょう。
本人に考えさせ、本人に結論を出させ、他人を、この場合は釈尊を頼りとさせないためです。
本人が考えようとしないかぎり、また村の長は他人に質問し、
他人の答えを頼ろうとする。
それでは、西の方からきたバラモン祈祷師の詐欺から逃れられても、
東の方からきたキリキリ祈祷師の詐欺にひっかかる。
物事を現実的に自分で考え判断しないかぎり、宗教家畜の牧場から一歩も出られない。
信者さんたちも上記のクリン含さんの発言を見て下さい。
自発的に脳味噌を桐山さんに預けて、自ら考えることを慎んでいる。
自ら宗教家畜の道を選んでいるのです。
もし信者さんたちがクリン含さんの上記の意見を読んで強く同意したとすれば、
あなたも宗教家畜である可能性が高い。
宗教家畜のままでは決して仏教徒にはなれない。

383 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:26:38 ID:x6o54HOe
>>314 :クリン含 :2006/10/22(日) 13:00:35 ID:KbxNFcC2
>ではあなたは何をしたいのだ?

何をしたいだと??
クリン含さんとはドツキ漫才を組んでずいぶん時間がたつのに、
何をしたいか理解していないとは、困ったものだ。
クリン含さんを相手に、これを読んでいる阿含宗の信者さんたちに
いかに桐山さんが嘘つきであり、阿含宗の教学などデタラメであり、
大乗仏教よりももっとかけ離れた外道宗教にすぎないことを伝えて、
信者さんたちの脳味噌を再起動させるように勧めているのです。
クリン含さんは私のしたいことを手伝ってくれているのに、それがわからない?
今回もクリン含さんは盂蘭盆なんて季節外れの幽霊まで出して、
批判ネタをふってくれた。
あなたは時々、自惚れから阿含宗の教義と関係のないこと書くのが欠点だが、
私の相方としては、こうやって懲りることなく出てくるから、優秀です。

384 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/23(月) 23:31:46 ID:+XRIZuwW
>>306:ドミニ&◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33 ID:KbxNFcC2
>ところでウルバン説に登場する「ソグド人」(中央アジアのオアシス系民族)ですが、
>現在、日本・ウズベキスタンの合同調査隊が中央アジア最大の仏教遺跡「カラ・テパ」を発掘中であり、
>その発掘が進むにつれて、彼らがいかなる文化や宗教を持ち、後の仏教にどのような役割を果たしたのかについて
>更なる発見があるかも知れません。
>この模様は以前、TBS「世界不思議発見!」でも昨年放送されました。

TBSの関係者でいらっしゃいますか?
あの番組はたまに見ています。
なかなか知的好奇心を刺激する良い番組だと思います。
で、中央アジアだろうが、東アジアだろうがインドだろうが、
文化というのは変遷するものです。
中央アジアにおいて仏教もゾロアスター教も混在していることに
なんら不思議はありません。
中央アジアの文化において霊魂崇拝もして仏教も普及したこと
があるのと、今回の釈尊の説いた教えに阿含宗が則しているか
反しているかの問題と関係ありません。
我々はここで文化や精神文化について語っているのではなく
釈尊の仏教、成仏法などとほざく阿含宗の欺瞞について論じて
いるのであり、ゾロアスター教など関係ない。
文化交流など関係ないのです。
桐山さんは混在する雑居文化の中に真理があるなどと説いた
ことはなく、あくまでも阿含経こそ唯一の仏教と原理主義的な
切り口で語るのです。
あなた世界不思議発見に出演したらバンドーさんに突っ込まれますよ。
おまえの頭が世界の不思議だと。

385 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:33:16 ID:x6o54HOe
>>314 :クリン含 :2006/10/22(日) 13:00:35 ID:KbxNFcC2
>ではあなたは何をしたいのだ?

桐山さんと阿含宗が批判対象なのに、あまり強く批判すると、
相手がめげるのではないかと気がかりです。
自分も元信者だから、ユビキタスさんを見習って、もうすこしやさしくしてあげようかとも思う。
この点、あなたは大丈夫。
ハリセンではり倒されても、ゾンビのように立ち上がってくる。
自惚れと慢心という兜をかぶり、侮蔑心と恥知らずという鎧を幾重にも着ているし、
宗教麻薬の誘惑から逃れられないから、必ずここに戻ってくる。
おまけに、ヌアんと、クリン含さんは批判を知った後で阿含宗に戻った人なのだ!!
私はピンク色のゴキを発見した時のように、
好奇心と嫌悪のどちらを先にしようかと迷ってしまうほどです。
ただ、ゴキにカソコソとこちらに走って来られると、
条件反射でスリッパで思いっきり叩いてしまう。
お釈迦さんも言っていることだし、生き物にもっと憐れみの心を
持つべきだったと反省しきりです。

386 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/23(月) 23:48:45 ID:+XRIZuwW
>>308:クリン含 :2006/10/22(日) 12:53:05 ID:KbxNFcC2
>あらゆる邪悪な行為を積んできた者は、さぞかし悪業を積んで重いのだから、
>たとえ他人が祈ったところで業が重過ぎて、とても天界に行けるというムシのいい事は起きない、という理屈は理解できる。
>しかし、では、それ程悪事を行わず、積んだ悪業の軽い者とか、或いは善人で良い事をたくさん行った者はどうなるのか?

>309:クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>すなわち釈尊は、「あらゆる邪悪な行為を積んだ者は、他人がどう祈ろうとも自らの為した業が重すぎて地獄へ落ちるのだから、
>生きている間は自らを律して決して邪悪な行いはしてはいけないよ」と諭すために石の喩えを持ち出したのであり、
>死者すべての死後について語ったという話ではない、と考えるのが至極妥当なのだ。
>あくまで、あらゆる邪悪な行いをした悪人についてのみ、「彼らは自らの重さで地獄へ落ちるしかない」と説かれたのであり、

苦しい弁明をしているが、問題が見えてませんね。
よろしいですか?こちらが批判しているのは一般論としての
霊魂救済論思想ですらない。
全ては桐山解脱供養という霊感商法の実践につながるのです。
七氏さんも書いているが、霊魂の救いとは本当にその先祖に
対する救いではない。
自分自身に関わる霊障という邪魔者の除外作業なのです。
霊障を解くのですよ。
では、その霊障の不成仏霊が真に邪悪なことをした存在でない
とどうして言えるの?
霊障の先祖が重い石のごとく邪悪な存在ならどうするのー?

387 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 00:27:38 ID:NZPpNKEx
たしかに七氏のいうとおりですが、クリン含氏の>>309も一理あるというものです。
というのは
http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/10avatara.htm
『ヴィシュヌの10の化身(アヴァターラ)
(9) ブッダ
 神々(デーヴァ)が魔神(アスラ)たちと戦い敗れた。神々はヴィシュヌに助けを求めた。
 ヴィシュヌはブッダとなり、魔神、悪人達にヴェーダをすてさせ、悪をはびこらせ、破滅に追いやった(バーガヴァタ・プラーナ 1.3.24)』
とありますよね。

神々と魔神の戦いがあって魔神が勝ってしまったんですね。最初は。
で神々はヴィシュヌ神に助けてもらおうと依頼をしたんです。
でも魔神を一筋縄ではいかない相手です。法力とか軍事力じゃかなわないかもしれない。
そこで作戦を使ったのです。それはカルマの法則を利用して魔神を打ち破る作戦です。
魔神たちだって悪業を積めば地獄に落ちます。
そこでヴィシュヌ神はブッダに転生してヴェーダに反する悪い教えを説き、魔神(肉体をもった魔神も含め)を帰依させ
結果、悪いカルマで地獄に落とす作戦に成功しました。
つまり仏弟子は肉体をもった魔神で、説法を聞きに来た神というのは魔神というわけです。

やむを得ずこういうことをしてしまったが、ブッダは印象の悪い存在になったわけです。
だから入滅のさい魔神以外の人に対し仏舎利を祭ってヴェーダに則り祭祀をすると利益があると言ったのでしょう。

で2,600年後、隊長先生がさらにブッダのフォローをしているのです。
ブッダは印象の回復のために。
阿含経をできるだけヴェーダに近い解釈をしてますよね。

無論、上記をマジに受け取ってもらったら困りますが、こういう思想もありますと、いうことでw

388 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 00:40:54 ID:PsyLHXPN
>>309:クリン含 :2006/10/22(日) 12:54:35 ID:KbxNFcC2
>すなわち釈尊は、「あらゆる邪悪な行為を積んだ者は、他人がどう祈ろうとも自らの為した業が重すぎて地獄へ落ちるのだから、
>生きている間は自らを律して決して邪悪な行いはしてはいけないよ」と諭すために石の喩えを持ち出したのであり、
>死者すべての死後について語ったという話ではない、と考えるのが至極妥当なのだ。
>あくまで、あらゆる邪悪な行いをした悪人についてのみ、「彼らは自らの重さで地獄へ落ちるしかない」と説かれたのであり、

極悪人麻原彰晃はいずれ死刑になります。
かの極悪人もまた強い怨念を発して子孫に祟ると思いませんか?
松本家だけでなく、死刑執行の判決を下した裁判長の子孫に逆恨みでナナメの因縁を
形成するかも知れませんよ。
なにしろ桐山さんの祖父だって殿様の上意討ちという大義名分
によって職務上18人斬りに関わっただけです。
武士としての覚悟もできているはずの人がよりによって
18人全員祖父に怨念を発した。
麻原のようなわからず屋が逆恨みで怨念を発しても不思議はない。
裁判官の家族としては理不尽な割に合わない話だが、桐山さん
によると霊の祟りの世界とはそういうものなんです。
オシャカの成仏法で麻原の霊魂をも怨念から解き放たないと
ヤバイではないか?
「ゲイカ!麻原の解脱供養をお願いします」
「何?麻原?それは無理だ!あんな邪悪な者はこちらが祈っても
重い石は沈んでいくしかないのだ。お釈迦様も阿含経でそう
説かれておる」
「で、では、この裁判官の子孫の運命は・・・」
「だめだ。救えない。だって麻原を救えないのだから、この
家族も・・・匙投ーげた」

389 :板東英二 ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 00:56:01 ID:PsyLHXPN
>>306
わざわざご丁寧にリンクまで貼りよって・・・
マコト君、なんとか言ってやりーな。

390 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 01:19:36 ID:PsyLHXPN
>>311:クリン含 :2006/10/22(日) 12:57:36 ID:KbxNFcC2
>あれー知らないのかな?
>明かりは霊に対する供養になると、某霊能者がTVで話しておったぞ。
>多分、それと同じで先祖にも明かりが供養になるのであろう。

クリン含さんは相当マゾヒストなようですね。
七氏さんに反論されまくって快感を覚えている。
蝋燭の火なんていまどき灯りなどには滅多に使われません。
あなたに有用な蝋燭の使い方はこうです。
ヒッヒッヒ、熱いだろ?ほれ?もっと垂らして下さいと言うてみい。
あ?七氏さんでないと感じなかったか?
ごめんごめん。

391 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 01:35:19 ID:PsyLHXPN
>>313:クリン含 :2006/10/22(日) 12:59:48 ID:KbxNFcC2
>求聞持脳を持ったところで間違った情報を入力すればそれまでです。
>その点はコンピュータと同じです。求聞持脳はハードであり情報はソウトです。
>ごちゃ混ぜにしないでください。

これって、実は桐山さんに対するすんごい侮辱なんですよ。
桐山さんをでくの坊と言っているのも同然です。
ここに野球選手がいる。他人より体格に恵まれ、体力、運動神経
等の才能に恵まれている。
しかし打撃成績が悪い。
なぜか?考える野球をしないからです。
野村監督によると才能だけでバットを振ってるだけで、研究工夫
がない。ハードばかりよくてもソフトがだめならば、その選手は
所詮失格のでくの坊なんです。
だから集める知識が重要なんです。
情報の収集力と情報の整理・取捨選択力。
こういう総合力が問われるのは超人の世界に限らず、一般社会
でも当たり前です。
これができない人は所詮無能なんです。
記憶力、創造力・・・それすらもお粗末だが、あっても宝の
持ち腐れなんです。
密教占星術を伝法会で習いませんでしたか?
大切なのは盤の組み方だけでない。
事象を判断するのに、一般的な常識とか教養とか雑学知識とかが
モノを言うのです。
盤を見て総合判断をするのにハードよりもソフトの知識を
豊かに持つことが求められるのです。
クリン含さんは桐山さんに言ってしまった。

桐 山 無 能

と。

392 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 02:14:41 ID:4h4v1uNx
ドミニ&◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33 ID:KbxNFcC2
クリン含 :2006/10/22(日) 13:00:35 ID:KbxNFcC2
IDが同じだから、同一人物だね。
わざわざ違うコテハンで登場するとは。

393 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 08:32:18 ID:PsyLHXPN
>>306 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33
>何故なら、ウランバナ(逆さ吊り)よりウルバン(霊魂)の方が万灯会にはピッタリだからです。
>そう思いませんか?

七氏さんとは別角度でこちらは同意しましょう。
そーでしょう、そーでしょう。倒懸のウランバナよりも霊魂の
ウルバンの方が阿含宗のような行事にぴったりでしょう。
盂蘭盆経に倒懸の概念がない。
目連の母が餓鬼道に堕ちたのを視た。
目の前の盆に盛ってある水や果物、食べ物を
口にしようとするとそれが火と変わって燃えてしまう。
目連はかわいそうに思い、お母さんに水や食べ物を飛ばすが
それも火に変わって餓える一方です。
こういう経典の命名にどうして倒懸経?
逆さ吊りの概念がどこにもない。
火事で苦しむ民衆を描く小説に水害物語と題したようなわけの
わからなさがある。
まだウルバン霊魂経の方が根拠として近いことになる。
こういうことを考えずに、また昔から文献で指摘されているのに
倒懸説を毎年毎年長年紹介しているのが桐山さんです。
ウルバン説をとるとどうなるかと言うとインドの仏教との
関連が絶たれてしまい、インドの釈尊時代からあった話では
なくなり、正統なインド仏教行事ではなくなってしまうのです。
だから盂蘭盆なんて中央アジアか中国の民俗行事に仏教の名を借りただけという
ことがわかる。
文化の変遷、変容に釈尊の責任はない。

394 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 08:45:49 ID:/aHbQiT3
ハッハッハァ〜、今回もクリン含さんは七氏様にクソ味噌にヤラレましたね。
おもしろいね〜、、。 いやいや、大変為になります、ハイ。
クリン含さん、次回はもう少し勉強してその成果を我々観客に見せてください。
楽しみに待ってます。

395 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 12:36:53 ID:PsyLHXPN
>>256:名無しさん@3周年 :2006/10/21(土) 17:17:55 ID:h23h58mY
>そりゃあんた、当人に問題があるんだよ。
>解脱供養を250回もやって、尚且つ胃癌になったということは
>それ程本人の因縁が強いということだ。

>いくら解脱供養をお願いしても当人がどういう生活を送っていたかもわからんしね。
>心の中で「俺はこれだけ供養をしてるんだから」という安心感もあったんじゃないの?
>解脱供養だけで因縁が完全に切れるわけじゃないの。
>教学でそう学ばなかったのかな?

>あくまでモトを絶つきっかけにはなるが後は本人の修行次第。

>>265:名無しさん@3周年 :2006/10/21(土) 19:07:50 ID:h23h58mY
>それに、教祖の言うとおりに当人がやったかどうか、誰にもわからんぜよ。
>君らは当人を外から見て判断しているだけで中身の質まではつかめんだろう?
>中身までお見通しなのは仏さまだけだよ。
>君らには何もわかりゃしないのさwww

と、他人事だと思ってこれだけ罵ることができるのなら
クリン含さんがその修行成果を書いてみればよい。
外部からわからないあなたの内面の努力を書いて成果を示して
こそ説得力がある。
星祭さん、大王のシシャさん、いずれも一度も具体的な実践を
書いたことがない。
まあ私も含めて誰にも共通な癌など健康を損なう危機はいずれ
あなたにも訪れるでしょう。その時もう一度自分の書いた
書き込みを思い出してみなさい。
金が出せないだけで、あなたも何千万も払えば必ずそれに
あった数の霊障のホトケが生産されます。
解脱させて効果があるかはあなた次第だ。

396 :クリン含:2006/10/24(火) 23:24:02 ID:HmJ9NWQL
超多忙のため、今ネットカフェでざっと眺めただけだが、
やはり七試算は定説の根拠を出せなかったようだな。
言い訳の雨あられだが家でゆっくり見るとするか。


397 :クリン含:2006/10/24(火) 23:25:27 ID:HmJ9NWQL
>394 外野は玉拾いをしていなさい

398 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 04:51:31 ID:BRy+Rs0P
>>397

きみがエラーばっかりするから玉拾いも大変だろうねw

399 :樹意:2006/10/25(水) 05:25:00 ID:NRwUGiob
霊魂を説くのは霊魂外道
その おしゃかさんに対して 霊能者という言い方は失礼だと思う。
運命宿命を説くのは邪命外道

おしゃかさんの説くのは十二因縁 支縁起 (これは教科書にも載っていることです)
欲 愛 取  これがあるから 彼がある これがなければ彼もない
執着が衣を着ているのが人間で これは苦 dukka であると説くわけです。

外道の説は議論しない説かない というのがおしゃかさんの教えで無記といいます。
外道はどんなにいじくり倒しても外道でしかなく
全ては商業ベースで動いている。
クリン含さんは奈々氏さんとやり取りするのが 単に好きなだけだと思いますが
やはり登場の仕方としては 

>>350
> ヤツは「Wダ」のことを話題から逸らしたいのです。
> 「盂蘭盆」の書き込みは、そのためなのです。実に卑怯です。

こういう批判があってもいい登場の仕方です。
教団の実情を把握してもらう書き込みも 批判としてはありがたいと
思いますので情報をお持ちの方は宜しくお願いします。
わたしも w駄さんのありようは 実質オーナーだと思います。




400 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 10:11:46 ID:xhP1bw+l
>>399 ここの養護派は、本殿参拝して
真実を見つめて 御喜捨しましょう
あっ。お金が無いのね。!

401 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:07:17 ID:XXipfmqI
>>334 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP
>いや述べたことありますよ。2年前のお盆の法要か例祭だったかな?
>ようするに施餓鬼供養の真言についてのことで言っていたのだが
>話は作り話であっても実際、真言つかってみて、それなりの功徳が
>あるから、私も使うのだと・・・
>そういうこと言っていましたぜ!

>>342でユビキタスさんがすでに反論していることに追加します。
桐山さんが作り話だと話したのは、三十年阿含宗にいる星祭さんも
この時が初めてだったのですね。
作り話だと認めたはわずか2年前だという。
それもきちんと説明したのではなく「漏らした」、
あるいは「漏れた」というのが正確のようですね、
では、それまでの万燈会でいつも桐山さんが話していた内容はなんだったのですか。
トロイさんが腰抜かすほど驚いたというくらいで、
信者は盂蘭盆の大目連が母親を救った同じ話を年に二回、
数十年にもわたり聞かされて、ただの一度もこれが作り話だとは聞いていない。

402 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:10:14 ID:XXipfmqI
>>334 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP

「盂蘭盆会とは、お釈迦さまの教えに基づく先祖供養の法会です。
お釈迦さまのご在世時、高弟の目蓮尊者は・・・」

阿含宗が盂蘭盆会のために配布しているチラシや
『阿含宗報』、『ダルマチャクラ』、冥徳講ニュースなどはどうなるの?
上記は今年のチラシに書いてある言葉ですよ。
冥徳講ニュースなど、毎年、この大目“蓮”の話を載せている。
阿含経にあるとは書いていないし、伝統仏教の行事であると書いてはいるが、これでは
「消防署のホウから来ました」と消火器を売る詐欺と変わりない。
ユビキタスさんが指摘しているように、2年前、作り話だと言ってしまったのは、
頭がぼけて、脳梗塞の話をしたように、うっかりしゃべってしまったのです。
だから、あなたも去年や今年は、作り話だとは聞いていないのですよね。

403 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:12:30 ID:XXipfmqI
>>334 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP
>話は作り話であっても実際、真言つかってみて、それなりの功徳が
>あるから、私も使うのだと・・・

ここでいう功徳とは何ですか。
信者さんたちは功徳と言われると、内容も検討せず、無批判に受け入れる。
催眠術のキーワードのようなものです。
阿含宗の万燈会は不成仏霊の先祖と如来を供養するから功徳があるのだという。
だが、霊視能力を持たない信者さんたちは自分の出したお金が、
餓鬼になって苦しんでいるという先祖に食物となって届けられたことを
どうやって知るのだ?
灯明を捧げたことに如来が功徳とやらをくれるそうだが、
どういう形でいついただいたと実感しているのですか。
それは供養をしなかった世間の人たちとどう違うのだ?
何かいいことがあると、真言を唱えた功徳だと信じ、
何もなければ、悪いことがおきないのが功徳だと思い込み、
何かあれば、これは自分の因縁や先祖の霊障だと信じる。
その功徳で桐山ゲイカは18人の霊障武士を成仏させた。
真言の功徳なんていっても、中身はこんな子供じみたものです。
信者さんたちは、餓鬼を供養しているのではなく、
自分こそが功徳が欲しい追いかける餓鬼にすぎないことに気が付くことです。

404 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:18:44 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP
>ところが、パーリー小部経典には餓鬼事という題で供養、先祖供養の
話がのっているらしい、
>>335 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:24:05 ID:0pEk+OyP
>だから元ネタは阿含経の元であるパーリー経典にあるし

328は星祭さんだと思うが、このスレを読んでいるはずのあなたが
こういうことを書くとは毎度驚かされる。
餓鬼事経については、私の記憶では二度すでに出ている。
一度目が出た時は、スレ67の97以降で私が説明し、反論した。
二年も前だから、記憶にないのは仕方ないとして、二度目は今年の5月です。
スレ103の569で「ユビキタスさんへ」というハンドルで登場した信者が
餓鬼事経を指摘した。
この方は五月の連休前後に書き込んだだけで、すぐにいなくなった。
大学の図書館にでも行かないとないような仏教の専門書まで引用していた。
ちょうど、北大の教授が『阿含宗報』にアウシュビッツの擁護文を書いた頃です。
擁護文は教授本人ではなく、親族が文責となっていた。
大学教授にしては引用文献の読み方があまりにいい加減だった。

405 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:21:13 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP

擁護文を書いた教授の親族は103の569さんと同一人物ではないかと私は推測した。
アウシュビッツの護摩の後もこの方は『ダルマチャクラ』に寄稿していましたね。
もし、まだこのスレを読んでいるなら、批判側とか信者とか抜きにして、再度助言します。
親族の肩書きを用いて阿含宗に寄稿するようなことは二度としないほうがいい。
あなたが仮に教授の奥さんなら、内助の功どころか、内助の足引っ張りです。
本人が同意したとはいえ、596さんが書いて、夫の肩書きで発表したのでしょう。
教授としての名声に傷を付けますよ。
阿含宗という新興宗教に加担したからというだけでなく、学問的にも問題がある。
引用文献の中に教授が所属する研究センターの出身者の論文があったが、
阿含宗よりにひどい曲解をしていた。
引用された本人がこれを知り、新興宗教の擁護のために、
自分の論文がねじ曲げられて用いられたと知ったら、どんな印象を持つだろう。
そのしっぺ返しがあるとすれば、596さんにではなく、教授に行く。

406 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:25:48 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP

阿含宗では他にも、中部にある大学の助教授が所属する大学の
附属研究所の紀要に研究論文として阿含宗の宣伝を書いていました。
桐山さんの話を鵜呑みにして丸ごと転用し、
仏教について何一つ調べようともせず、オカルト仏教を
釈尊の説いた仏教であるかのように書いた。
あんなものを査読して通過させた上司も上司だ。
大学の紀要として出したら、助教授個人の問題ではなくなる。
キリスト教系大学らしいから、内容がどれほど仏教の本道から外れているか理解できなかった。
学内に仏教学の専門家がいないなら、外部に査読を依頼すればいいのに、何もしなかったのでしょう。
いくら私大で、大学に学問の自由と自治権があるといっても、
特定の宗教団体の宣伝を丸写しした論文を大学の紀要として出すなど論外です。
前は紀要をネットで公開していたが、今は公開をやめたようです。
論文タイトルはずばり「火のミサT」で、これも阿含宗のものまねです。
おそらく助教授から教授に昇進するのに論文が必要だったのでしょう。
昇進する予定だったが、くだらない宗教を信じたばかりに、逃した。
596さんは同業者の失敗をよく見ることです。
「政治と宗教を職場に持ち込まない」は読んでいる信者さんたちも守ったほうがいい。
まちがっても、職場の人に護摩木や桐山本を勧めたりはしないことです。

407 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:29:00 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP
>ところが、パーリー小部経典には餓鬼事という題で供養、先祖供養の
話がのっているらしい、
>>335 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:24:05 ID:0pEk+OyP
>だから元ネタは阿含経の元であるパーリー経典にあるし

餓鬼事経について前に書いた反論を書きます。
餓鬼事経は阿含経の一部です。
しかし、阿含経といえども、すべて釈尊の言葉を書いたものではなく、
後世の人たちが付け加えた経典もあり、餓鬼事経はその一つです。
たとえば、ジャータカは阿含経にあるが物語であって史実ではない。
餓鬼事経を『南伝大蔵経』で和訳をした学者の言葉を引用します。
ごらんのように、餓鬼事経とは「巴利聖典文学」「かかる詩集」なのです。
餓鬼事経は釈尊とは関係のない経典ですから、阿含経にあるからといって、
釈尊が餓鬼供養を説いたかのように主張するのは間違いです。

『南伝大蔵経』25巻、2頁、宮田菱道
「本書は天宮事経(南伝蔵巻第24)と姉妹編をなすものにて、巴利聖典文学中新しき
部に属する。即ち第4品第3節に現れるピンガラ王は護法の註釈に従へば、仏滅
後二百年頃スラッタを統治していた。従て此の事実等より察するも、仏滅後かなり
隔たった後の時代に本書の成立を置くこと得る。天上、地獄の思想は、涅槃の思想は
共に、原始仏教時代に併存したものとするも、かかる詩集を遠く古代に遡らしめるこ
とは困難である。」

408 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:32:23 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP
>偽経といわれる「盂蘭盆経」も元ネタはパーりー経典の餓鬼事から
きていて、けっして的外れなものではないのです。

次に、盂蘭盆経は餓鬼事経から来ているという主張です。
死者を供養で助けたという点が共通しているから、
盂蘭盆経が餓鬼事経から作られたなんて、根拠になりません。
死者を供養で助けるというのは、何も餓鬼事経だけにあるのではなく、
釈尊時代にもバラモンたちがそのように説いていたことは
>>373の「西方人」の経典を読んでもよくわかる。
こういうバラモンの思想が、釈尊の死後仏教にも入り込んだのが餓鬼事経です。
こんなふうに仏教は釈尊の死後の直後から腐敗していったという痕跡です。
盂蘭盆経の根拠をインドに求めるなら、何も餓鬼事経など必要なく、
インドには当時から今に至るまで、祖霊供養は広く行われています。
だから、盂蘭盆経のような経典がインドで作られてもおかしくはないが、
少なくとも、阿含経の釈尊はそのようなことは一切説いていない。

409 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:33:40 ID:FoDfDaue
■■■元龍貴の此花警察署捜査をなめきった書き込み■■■
639 :Master ◆Foscyjlk9M :2005/04/30(土) 14:45:44 ID:lXOpQDhr
ちなみに、今回僕が取調べを受けたのは、此花警察ってところです。
649 :Master ◆Foscyjlk9M :2005/04/30(土) 15:00:04 ID:lXOpQDhr
取調べの詳細が聞きたければ、此花警察署の刑事課に聞いてくださいね。
699 :Master ◆Foscyjlk9M :2005/05/01(日) 12:20:00 ID:ofUAmWe7
此花警察から取り調べを受けたという事から察するに、 告訴した人間は
「此花公園近くに住む、貧弱な体の割りには異常に顔のデカイ男」でしょうな。
まさか妄想を信ずるままに、そこまで行うとは正直ビックリです...
あいかわらず、経営の方ではフィーバーしてますけど。
708 :名無しさん@一本勝ち :2005/05/01(日) 18:02:16 ID:A1b3twWK
警察もたいへんだな

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1122905916/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1123764294/l50
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1106575439/837-840
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1120870455/301-400
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1122941272/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1126972354/l50
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1126411457/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1126588896/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1125624504/101-200
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1126588896/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1125495740/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1122905916/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1124971860/1-100
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1124463217/1-100


410 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:41:32 ID:+V0CosQe
>>328 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:00:30 ID:0pEk+OyP
>偽経といわれる「盂蘭盆経」も元ネタはパーりー経典の餓鬼事から
きていて、けっして的外れなものではないのです。

星祭さんは内容が似ているからと餓鬼事経と盂蘭盆経を結びつけているが、
それはヘビとミミズは似ているから、同じ種類だと言っているようなものです。
あなたは霊感だの直感だの自分の主観がすべてらしいが、
普通の社会でも、ましてや学問の世界では通用しない。
盂蘭盆経がインド原産の証拠はなく、逆に否定される証拠はある。
サンスクリットの原典はもちろんのこと、チベット大蔵経の中にもない。
インド原産ならこれはおかしい。
内容を検討しても、中国の思想が色濃く反映されている。
だから、仮に中国原産でなくても、中国で加筆されたと学者の多くが認めている。
何よりも、桐山さんがそんなことを主張していない。
阿含宗は餓鬼事経ではなく、盂蘭盆経を元にして盂蘭盆をしている。
桐山さんは、私の知る限り、餓鬼事経を出したことは一度もない。
いつもお盆の法話は盂蘭盆経の話だけです。
ところが、盂蘭盆は完全な作り話だと桐山さん本人が認めたと
あなた自身が書いているではないか。
以上のように、阿含経から盂蘭盆経が来たなど、学問的な根拠もなく、
桐山さんも主張しておらず、何の根拠もない的はずれな意見です。
阿含宗が盂蘭盆会をするのに根拠や深い理由などない。
伝法会と並んで夏枯れの時期の重要な収入源だからです。
伝法会は先細りだが、万燈会は二度もやれるし、
伝統仏教であるかのように化けることもできる。
「うまあ〜」と銀狐と女狐が舌なめずりをしているのが阿含宗の万燈会です。

411 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:02:39 ID:AEfPl7ik
最近のマジックは本当にすごいな。
ストリートマジックのセロや空飛ぶ貴公子ピーター・マービーなど
彼らのマジックはとても人間技とは思えない。
桐山翁の念力護摩などチャチすぎてあほらしくなる。
とても彼らには太刀打ち出来ないぞ。
信者の皆さん、一度彼らのマジックをご覧あれ。

412 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 21:31:33 ID:AEfPl7ik
彼らマジシャンは桐山翁と違って何度でも挑戦してくれる。
何度でも素晴らしい技を披露してくれるぞ。
マジックなのに絶対ゴマカシがない。
わかるかな、この意味が?
翁のそれは一見本当に見えて実はトリックという嘘。
だから絶対再度挑戦などしないし公開もしない。

413 :樹意:2006/10/25(水) 21:37:44 ID:NRwUGiob
>>313
> それとも阿含宗専属って話ですかい?
> あっ、草加。奴らは恐いからといってビビッてるのですか?
> それともDちゃんはタイプじゃないという事ですかな?

七資産はこのスレッドの規約というか趣旨に沿った書き込みをされる
模範的な批判者です。
脱線するのは主に私の方ですが 私の場合は佛教にしても カルトビジネスに
してもとにかく一端全体を俯瞰して眺めてもらいそれから個別の事象に
議論を集中してもらいたいと思っていますので、どうしても脱線する場合が多く
なります。 
それというのもゲイカの手法をみれば解る通り、佛教の旗印である三法印
を無視した概念を、自分の都合のいい経典改ざん引用といった手口で
紹介するといったことを得意とするからです。
おおよそ佛教の旗印は何であるか 縁起の法 三法印 四法印 そういった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大まかな概念を掴んでいればこういった、カルト主催者の目くらましも
容易に見破ることができるであろうと思うからです。
カルトビジネスにしても、どういう位置づけでありどういう手法を真似ている
のかそういったものも解明したいと考えています。
なぜなら この教団を出たとしても手口を認識しなければ同様の手法に
翻弄されることもあろうかと考えるからです。
むろん 脱線したことに対する批判もあるでしょうからそれに関しては
指摘してもらいたいと思います。

414 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:45:39 ID:qTQjWgAp
>>323 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/22(日) 17:29:36 ID:ED2vvPBm
>では、どうして釈尊の阿含経を依経として他を創作と批判する阿含宗がこんな行事をするのか?と言うと、
>これは春秋の彼岸(彼岸などという仏教用語を使っているだけで、実は経典の根拠もない日本だけの固有民俗行事)と同じく、
>先祖供養を尊ぶ機会として、由来などに囚われず、年中行事にしているのだという認識です。
年中行事というのが味噌だな。何事も長年やっているとそこに場の力みたいなものが生じるものだ。
盂蘭盆とて同様。年中行事として日本古来から行われてきたので、日本の霊界ではすっかり有名になってしまった。
この時期になるとお御霊たちは皆様お誘い合わせで子孫の供養を受けるために下界へ降りて来られるになった。
そこで彼等の子孫たちはご先祖様にご供養申し上げる事ができるという訳だ。
古くからの慣わしにはみたいなものだな。経典に書かれていない事も、この世やあの世では起きているんだろうな。
指、もっと心を柔軟にして大人になりなさい。さもないと彼女ができんぞ。
そう言えば細木さんがTVで「夏は水場に子供を連れて行くな」と言っていた。
夏はお盆で霊が水場に寄ってくるから川や池などには子供を連れていくと霊に引っ張り込まれるとな。
細木さんには霊能が無いから、きっとよそで聞いた話なんだろうが、そういう事もあるのかなあ、と感心した次第。

>>325 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/22(日) 18:07:27 ID:ED2vvPBm
>そもそもが阿含経に説かれるところの釈尊の思想が先祖供養などを否定しているのです。
>否定した思想に基づく年中行事に何の意味があるのか?
>阿含経を依経とする阿含宗ともあろうものが、阿含経の主張に反する行事を行うのか?
私は釈尊は先祖供養や死後成仏を否定はしていない、という立場だからこの考えには賛同できない。

415 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:47:12 ID:qTQjWgAp
>ましてや阿含宗の先祖供養には盂蘭盆経にすらない子孫への霊障の祟りの解消まである。
祟りというと何か悪意を感じる。
阿含では、子孫を不幸にしようと気持ちからではなく先祖の肉体的、精神的苦痛の念が子孫に悪影響を及ぼすと説いている。
ユビ等はこの説明を先祖を罵っていると言って非難しているが、言葉の受け取り方の違いで批判の材料になる典型例だ。
まあ勝手にそうやって非難していなさい。これを巡って論じても堂々巡りだ。
ただ実際に霊障が存在していたら、指等は壊滅するしかないわな。その時は覚悟しなさい。
盂蘭盆経は「孝」を強調する経典だから(岩本氏説)、子孫は先祖の苦しみを取り除く為に先祖供養をしろと説くのが役目。
子孫から先祖への一方通行で事足りる。
逆のルートである先祖から子孫への影響については「孝」とは関係ないから説く必要が無い。
だから盂蘭盆経にも書いてない。

>ウルバン説も後から知ったのならば、ウランバナ説における倒懸の概念が盂蘭盆経に
>見られないことぐらい示してはどうか? どうも目連の名まで出して、仏教行事のように見られているが
>釈尊が先祖供養を否定してでもするのだ。文句あっか?
>こういうことが堂々と言えずに、目連の母なんて実は作り話であって実話ではない、
ウランバーナであろうがウラバンであろうが由来はどうでもいいの。
真相を詳しく調べたければ図書館に行けばいい。そして各自好きな説を採りなさい。
要は先祖供養には意義があり、信者がそれを行えばいいのだから。

>いくらなんでも盂蘭盆経≠阿含経なことぐらいわかっているがしかし矛盾した話ではないのだと、
>曖昧に関連付けさせる欺瞞をこちらは指摘しているのですよ。
矛盾していると思うのは指等であってそう思わない我々から見れば欺瞞ではない。

416 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:49:51 ID:qTQjWgAp
>>331 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:07:26 ID:cPhMPEZO
 >302 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:33:26 ID:KbxNFcC2
 >>何故なら、知られたくないと望むまでもなく既に百科事典にまで載っている内容なんです。
 >>今さら隠しておくような秘密でも何でもありません。

>秘密だなんて誰も書いていない。
>それでいつ桐山さんは盂蘭盆経が偽経典にすぎないと述べましたか。
>どこにあるのか示してください。

>秘密だなんて誰も書いていない。
そうやっていつも人の言葉尻を捉える態度は変わらんなあ。まったく子供じみているぞ。
あなたは「桐山さんはこの経典の正体を知られたくない」と書いた。
知られたくないとは隠しておきたい秘密だからだろ?
秘密という言葉を使わなくても、言っている意味は同じだ。

>それでいつ桐山さんは盂蘭盆経が偽経典にすぎないと述べましたか。どこにあるのか示してください。
>阿含宗が寄贈した百科事典で、いつ桐山さんが盂蘭盆経のことについて述べましたか。
おいおい、いきなり猊下に話を振るな。
猊下が何処で何を語っているかじゃなくて、盂蘭盆などは百科辞典に載ってる程度の話だと言ってるの。
お恐れながら猊下はこの際置いといて、百科辞典の話をしてるの。
猊下が話そうが話すまいが本に載ってる話なんだ。
しかも>>334さんの話では2年前に法話でされているというではないか?
そうやって話をそらして相手を煙に巻こうとしても駄目だぞ。
七四散が鬼の首を取ったとばかり喜んだのも束の間、そんな盂蘭盆ネタはどこにも転がっているものだった。
トロのはずがカッパだった。食おうと思えば誰でも口にできるキュウリだったのさ。

417 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:52:34 ID:qTQjWgAp
>だったら、どうして桐山さんは「伝統仏教の坊さんたちは、阿含経の事を知られたくないのだ。
>隠しておきたいのだ」と法話で言っているのですか。 一般の人たちが知らないからですよね。
>同様に、盂蘭盆経がどんなお経かなんて、ほとんどの信者は知らない。
伝統仏教と阿含宗の質の違いだな。
伝統仏教やその新興教団の信者などは、いわしの頭も何とやらで、指導者の言うことに黙って感心して頷いている人達なんだ。
言っちゃ悪いがインテリ層が主流ではないからだ。坊さんとか教祖の話をハイハイ聞いているようなレベルと言えよう。
指導者の説教で満足してそれ以上のことを本で調べるなんてまずしないだろう。
だから指導者側も都合の悪い事なら黙っていれば隠し通せるわけだ。
阿含経の存在についても同様だ。黙っていれば隠し通せる。だから隠すのだ。
一方、阿含の方はというと伝統仏教の信者と違って質が高い。いい例が七四散ら元信者だ。
彼らは手強い。いちいち本で調べてアラ捜しに余念が無い姿勢は信者時代から培ったものだろう。
それは現役信者とて同じ事。中には七四散の呆友みたいなアホなのがいるが、それでも全体的にレベルが高い。
隠しとおそうとしても駄目なのだ。そこは猊下だって百も承知だ。
御自分の弟子がアホ連中だとはお思いになっていない。
そこが盂蘭盆について、信者に隠し通そうなんてお思いにならない理由なんだな。

418 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:54:04 ID:qTQjWgAp
>>332 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:11:21 ID:cPhMPEZO
>>303 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:38:10 ID:KbxNFcC2

>その内容は既に公表されたものであり隠しようがありません。
>隠しようもないという盂蘭盆経がようなお経か、昔からあなたは知っていましたか。 知らなかったはずだ。
>あなたも私から指摘されてから、百科事典を調べたのですよね。 「昔から知っていた」と書いてもいいですよ。
私の話が目に入らないぐらいあなたが動揺しているのがわかる。
やはり季節はずれのお盆は効果があったようだ。クリンゴンの奇襲は大成功と言える。

私が盂蘭盆の新説をいつ知ったか>>306でちゃんと書いてる。
>>306 :ドミニ& ◆UfSB.cg5Qs :2006/10/22(日) 12:45:33 ID:KbxNFcC2306
>その発掘が進むにつれて、彼らがいかなる文化や宗教を持ち、後の仏教にどのような役割を果たしたのかについて
>更なる発見があるかも知れません。 この模様は以前、TBS「世界不思議発見!」でも昨年放送されました。
>七氏さんはインテリの様だからクイズ番組なんて馬鹿馬鹿しくて観ないでしょうが、
>私もこの番組放送を観て、ソグド人の宗教(ゾロアスター教)と盂蘭盆の関係について知りました。
>このスレにもその内容を少し書きました。

その証拠のスレがコレ。
>阿含宗という宗教87
>106 :アーリャーリャ・コーリャーリャ :2005/07/18(月) 17:24:43 ID:hhglYI8E
盂蘭盆の起源はインドじゃないって知ってます?
ゾロアスター教のウラヴァン(霊魂)が起源らしいです。
「世界不思議発見!」でやってました。

419 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:55:52 ID:qTQjWgAp
そしてこれに対する七四散のスレがコレだ!!。
>135 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 00:24:28 ID:PpvGmuZn
>>106 :アーリャーリャ・コーリャーリャ :2005/07/18(月) 17:24:43 ID:hhglYI8E
>阿含宗の万燈会など仏教ではなくゾロアスター教だということですね。
>星まつりでは菅沼教授が、護摩はゾロアスター教が起源だとおっしゃっていた。
>阿含宗はバラモン教という外道だと批判していたが、 ゾロアスター教という別な外道も入っていたのだ。
>参考になりました。

何と、七四散は私のカキコを見て、初めて万燈会とゾロアスターの関係を知ったようだぞ!
去年の7月19日の事だから、最近まで知らなかったことになる。
1年ちょっと前の話だから、きっと盂蘭盆に関する本は現在までそれほど読んではいないだろう。
誰かの書いたダイジェスト版みたいなのを読んだだけなんじゃないのかな?
百科辞典と五十歩、百歩だ。
ブリタニカは非常に権威のある百科だ。一方の七四散の種本はどうかな?
それと時間的に名前を挙げた学者等の著書は読んでいない可能性が高い。
たとえ本を持っていたとしても斜め読みだなw

420 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:56:58 ID:qTQjWgAp
>ほとんどの信者は盂蘭盆経がどのようなお経か知らない。
>桐山さんが毎年、餓鬼に堕ちた大目連の母親を供養の功徳によって救い出した話をする。
>この話がまったくの作り話であることをただの一度も信者に述べたことはない。
>あるというなら、いつどこで述べたか言ってみなさい。
>桐山さんが「百科事典にはこのように書いてある」といつ言った?
>盂蘭盆経の内容をまるで本当のあったことであるかのように話す。

何が「言ってみなさい」だ? 失礼な人間だ。
桐山さんが言った言わないの話ではない。
桐山さんが百科辞典に書いてあるなどと言わなくても、信者が自分で調べればわかることだ。
だからその程度のものは隠しておくようなことでも何でも無いはずなのに、
あなたは「桐山さんは知られたくないのだ」と猊下の心を見透かしたような事を書いたからそれを否定したのだよ。

あなたは盂蘭盆の新説が百科辞典に載ってる程度の事だとは知らなかったのだ。
何かとても凄い秘密を掴んだと内心得意になっていた。
ところがそうではない事を私に突かれたものだから、慌てて今度は桐山さんが言った言わないの話に振り向けた。
一度ぐらいは男らしく、自分の誤りを認めたらどうなんだ? 

>だが、あれだけ大乗経典などを偽経典であり、そこに出てくるシャカは
>インチキのシャカだと批判している人が、作り話にすぎない話を毎年持ち出し、信者の前で
>まるで本当にあったかのように話せば、信者たちが誤解するのは当然です。
誤解して信じ込むのはあなたの呆友さん達のような逝かれた信者だろう。
信者すべてを馬鹿扱いするなということだ。
まともな大人なら自分で調べりゃすべてがわかる。

421 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 22:58:19 ID:qTQjWgAp
>>333 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:14:31 ID:cPhMPEZO
>「盂蘭盆会とは、お釈迦さまの教えに基づく先祖供養の法会です。
>お釈迦さまのご在世時、高弟の目蓮尊者は・・・」
>これは阿含宗の万燈会のチラシに書いてある文章です。
で、今度はチラシの話にスライドかw

>>334 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:0pEk+OyP
>>332  いや述べたことありますよ。2年前のお盆の法要か例祭だったかな?
なるほど。334さんの話では2年前にそういう話をされていたんですね。
七四散がまだ新説を知らなかった時期にあたるから、本人は気にも留めなかったのでしょう。

>>336 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:25:16 ID:cPhMPEZO
>倒懸説を否定する根拠を知りたければ、私に聞かないで・・・・・
倒懸説を否定する根拠を知りたがっているのではなく、従来説が否定されて新説が定説になった根拠を示す資料を示すべきだと言っている。
倒懸説であろうと盆器説であろうとウルバン説であろうと私はどれでも構わない。
どれが定説でその根拠は何処に書いてあるのか、誰が言ったのか、そこを示すべきだ。

>岩本教授の本を引用しているが、実際は読んでいませんね。
>本の題名を書いて、さも何事か知っているかのようにハッタリを書いたのだ。
以前その本を探したのだが地元の図書館には無く、ネットで調べたところ3万5千円もする本なので諦めた。
だから残念ながらあなたの言う様に読んではいない。だが概略はブリタニカで掴めるしそれで十分だと思っている。
一々、レスで挙げる本を全部読まんといけないことでもあるまい。
それにあなたも事情は大して変わらんじゃないのか?
「目連と盂蘭盆伝説」は持ってないだろう?
たとえ持っていたとしても全部に目を通したのかは誰にもわからない。
あなたの読んだのは恐らく、盂蘭盆経全体を解説した本か、何かの本の一部で盂蘭盆を解説した本だろう。
高楠氏、井元氏については各氏の著書を読んではいないだろうな。
去年の夏に初めて盂蘭盆の新説を知ったあなたが、それ以後に全部に目を通したとは考えられないからだ。

422 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:01:38 ID:qTQjWgAp
>あなたは岩本説などを引用して、>>306で例3.「わざわざ擁護派が詳しく書いてくれて感謝します」と見栄を張る。
>などと書いているところを見ると、自分では相当に詳しいつもりのようだ。
>だが、あなたの盂蘭盆の解説を読めば、百科事典をただ読んだにすぎず、それ以上何もないのがよくわかる。
百科辞典を軽視している発言だが、あなたは利用した事が無いのがよくわかる。
日本は欧米と違って百科辞典というものの歴史が浅いから、どうしてもそういう感覚を持つ人がいるようだ。
だがそんじょそこらのいい加減な専門書より余程詳しい記述が載っている。
利用した事の無い人に説明してもわからんだろうがな。
こちらは見栄を張っているのではなく、ちゃんと手の内を見せている。
ところが七四散はこれほど書かれても書名すら挙げられない。挙げると突っ込まれるのが怖いのだろうか。
余程名を挙げるのが恥ずかしいいい加減な本なんだな。大方、どこかの古書店で見つけた本なのだろう。
それとも「これが定説である」なんて記述自体が無いのではないか?

423 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:05:36 ID:qTQjWgAp
>盂蘭盆には今のところ主に3つの説があるのです。
>1.盆器説・・・中国7世紀の慧浄の唱えた説
>2.倒懸説・・中国7世紀の玄応が唱えた説
>3.ウルバン説・・・岩本説
>他にも、救済を意味するという高楠説、イラン語のウランバーンから来たという井元説などがあります。

説の名前をズラズラ並べていかにも自分は詳しいと言う風に見せかけても駄目だ。
それこそハッタリではないか?
ウルバン、高楠、井元どれでもいいからこれが定説だと言う根拠を示すべきだな。
本の名前を挙げてここにこう書いてあると言えばいいのだ。簡単なことではないか?

>決着はついていないが、3つの中で一番有名であり、
>辞書などにも載っているのに、一番不利なのが倒懸説です。
>というのは、根拠がない。
決着は着いていない! あーあ、とうとう出てしまった。 やはりそうだったか。
倒懸説がいくら不利であるとしても現状では否定されていない事には変わりはない。
だから間違いではない。
だからこそ、関係書にはそれが依然として盂蘭盆の由来として掲載されているのだな。
残念だな(いやホッとした!)
ひょっとしてブリタニカから20年も経って、もしかすると何か決定的な内容が出てくるかも知れないと思っていたが
とうとう出なかったな。

424 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:07:20 ID:qTQjWgAp
>>344 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:52:07 ID:cPhMPEZO
>こういう学者たちの説も知らずに「整合しておらず」、
>口から「出任せ」に罵っている「困った人」とは、クリン含さんのほうだ。
また話をそうやってすりかえるのか。
整合していないのは七四散の発言を言ってるのだよ。
>盂蘭盆経はどこで作られたかすらわからない偽経典です・・・・・と書いておきながら
>偽経典どころか、インドで作られたものですらない経典を元にして万燈会をやっているのです・・・・・
これを指しているの。あなたの文章の事を言っている。
インドで作られたものでないなら最初から、「どこで作られたかわからない」などと書かなければいい。

425 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:08:10 ID:qTQjWgAp
>岩本教授は盂蘭盆経などの専門家で、その人がはっきりと
>インドで作られたものではないと断定している。
>私は根拠を示した
>盂蘭盆経がどこで作られたかについては、
>インドでないことにはほとんど異説がなく、広く受け入れられている。
>岩本教授は盂蘭盆経についてはっきりと次のように書いている。
>「これらの事実はすべて、『盂蘭盆経』がインド撰述の佛典でないことを
>示しているといわねばならぬ。」(『地獄めぐりの文学』岩本裕、20頁)

おっとっとっと。こんなもので誤魔化すなよ。
さんざん、人を引っ張っておいてこれは何だ? 
インドで作られたものではないと書いてるだけで、これのどこがウラバン説の根拠なんだ?
岩本氏はイラン語のウラバンが盂蘭盆の原語ではないかと言っている人だぞ。
その人が自分の著書の中で、ウラバンが盂蘭盆の原語である決定的証拠でも書いているのかなあ、と思っていたが
「盂蘭盆経はインドで作られてはいない」と言ってるだけでは話が違うではないか?
少なくともこれでは倒懸説を否定しているだけで新説の根拠ではない。
しかも『地獄めぐりの文学』 とは何の本だ?
文学書なのか、仏教書だか知らん得たいの知れぬ本を1冊挙げたきりでおしまいか?
偉そうなことをさんざん書いておきながら、結局自分で読んだのはこれっきりなんだろう。
それも岩本氏一人の説ではないか?
ウラバン説を支持している学者は他に居ないのか?
それに他の二人、高楠氏も井元氏がインドではないことで同意したとしても、ウラバン説には同意しないだろう。
定説の根拠は無かったんだな。
あなたの話はいつも尻切れトンボなんだよ。
出だしは派手だが追及していくと最後にボロを出す。

倒懸説を否定しただけでは不充分なんだ。
それに変わる新説が真説に取って代わらなければ、永久に従来説が半死の状態で生きてしまう。
従来説が否定されると同時に根拠のある新説が出てきて初めて説の代替わりができるのだよ。
そうでなければ、従来説と新説の共存が続く事になり、どちらも間違いではなく、また定説でも無い状態になる。
これでは従来説が根拠の薄い物だとしても、間違いだとは言えないではないか?

426 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:09:43 ID:qTQjWgAp
>>338 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:29:58 ID:cPhMPEZO
>餓鬼に堕ちたことと、逆さづりとどう関係しているのですか。
>苦しいというだけで、まったく脈絡がない。
>勝手に、「逆さづり→苦しい」と決めつけているにすぎない。
学者の説を自分の発見の様に並べ立てても全く無意味なことだ。
そういう見方もできる、でおしまいだな。

>>339 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:31:57 ID:cPhMPEZO
>では、なぜ学者たちはこの根拠のない学説を辞書にまで書くのか。
>盂蘭盆を倒懸だと書いてしまった著名な学者がたくさんいるからです。
>今さら大先生を否定することもできず、併記することでお茶を濁している。
だから間違いでも消滅しないで残っている。だから諦めるしかないという話か。

>>340 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:35:02 ID:cPhMPEZO
>桐山さんが正しいというなら、倒懸説の正しさをあなたが根拠を示して証明してみたらどうか。
今度は私に振るのか?倒懸説など最初から正しいとも、正しくないとも思っていない。
証明する気など最初から無い。個人的にはウラバンを支持しているしな。
だがあなたと違ってこれが定説であると言うつもりは無い。何故なら決定的な証拠が無いからだ。
あなたの場合は定説だと言っているのだから証明する義務がある。
私とは立場が違うことを忘れるなよ。

427 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:10:48 ID:qTQjWgAp
>341 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:38:16 ID:cPhMPEZO
>桐山さんが>>337の説を並べて、なお、仏陀の智慧と霊感によれば、
>倒懸説こそが正しいと判断したという話を聞いたことがあるか。
そうか、そいつは初耳だが、きっと霊視されてそれがわかったんだろうなあ。
先祖は逆さ吊りで苦しんでいる。
七四散も何れ味わう事になる。楽しみにして待っておれよ。

>345 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:56:56 ID:cPhMPEZO
>第一に、すでに述べたように、倒懸説は今では否定された説にすぎない。
既に述べた様に有力ではないだけで今も生きている。
七四散が勝手に飛躍して、それは否定されたと言ってるだけで世間では全く通用しない。

>第二に、盂蘭盆の供養は先祖を霊障のホトケなどと罵る行事ではない。
>普通は先祖をお招きして、供養という接待をする伝統行事です。
といくら言ったところで盂蘭盆経に倒懸の苦しみから先祖を救うのが本義だと書いてある限り駄目だ。
それが嫌なら盂蘭盆をやめるべきだな。

428 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:12:06 ID:qTQjWgAp
>>347 :ザ@桐山晴雄:2006/10/23(月) 11:24:09 ID:+LPVs40u
>そもそも、この「クリン含」というヤツ、おまえは「W田女狐配下」の人間だろ。別名、「栗花 馨」だろ。
とうとう俺も平から名誉ある直属部隊に昇格だ。嬉しいなあ。

>どうして「盂蘭盆会」の話などいいだすんだ。
>都合の悪い話題から、どうでもいいことに話を変えようとしている。
墓野郎! なんてことを言い出すんだ?
七四散がこれほど熱弁を振るってくれた盂蘭盆をどうでも良い話題とは失礼だろ?w

>>372 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:41:24 ID:x6o54HOe
>信者さんたちは、スレ108の594以降で樹意さんが引用して・・・・・
人を殺し悪い心を持った人間は他人が如何に天界へ行くように祈ったところで悪処、地獄へ行く。
逆に人を殺さず悪い心を持たない人は他人が如何に悪処、地獄へ行く様に祈ったところで善処、天界へ行く。
というのが趣旨です。すなわち当人の行いで行くところが決まるのであり他人の祈りが決まるのではないと言う話。

では人を殺さず、それほど悪い行いをしなかった人はどうなるのか?
悪い事もしたがそれ以上に善事をなした人はと言う風に考えてみる事は大事だよ。
それを重い石、軽い石と表現しただけにすぎない。
何故なら、多くの人間はそれほどの悪人でもなければ善人でもないからだ。
自分達の死後に関わってくる問題なのだ。
そう考える事を「捏造」と取り、「勝手な解釈」だとして退ける態度はどう見ても逃げているとしか見えない。
自分の言葉、頭で考える事を拒否する態度は卑怯だ。
何故逃げる必要があるのか?
それは死後成仏を説いていないとする結論に不利だからなんだろう。
そうでなければ何も逃げなくてもよい。

429 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>>374 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:46:30 ID:x6o54HOe
>釈尊は魂の救済なんて説いていません。
ということは汝らの釈尊は宗教家ではない。

>>385 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:33:16 ID:x6o54HOe
>ハリセンではり倒されても、ゾンビのように立ち上がってくる。
>自惚れと慢心という兜をかぶり、侮蔑心と恥知らずという鎧を幾重にも着ているし、
>宗教麻薬の誘惑から逃れられないから、必ずここに戻ってくる。
だったらその自惚れと慢心を今すぐ破ってみろよ。
それが出来ないから痩せ犬の遠吠えか?

>おまけに、ヌアんと、クリン含さんは批判を知った後で阿含宗に戻った人なのだ!!
前から感じてたんだが、これってかなり気になるらしいね。
わかるわかる。
俺様のレス読んでながら貴様何で戻ったんじゃ〜ってことだろ?
あなたのプライドはいたく傷つけられてしまった様だなw

>>390 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 01:19:36 ID:PsyLHXPN
>七氏さんに反論されまくって快感を覚えている。
>蝋燭の火なんていまどき灯りなどには滅多に使われません。
指の理想 : 釈チャンみたいな子に「お逝きなさい!」で アッヒーッ!されること

>>395 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/24(火) 12:36:53 ID:PsyLHXPN
>他人事だと思ってこれだけ罵ることができるのなら
250回は自分や家族の分だけだったのか?
もしそうなら、たとえ1割でもいいから、
自分等に関わる霊障の仏以外の仏たちの指定解脱を申し込まなかったのだろうか?
もしそういう心を持てば、ガンの因縁も切れたのではないかと俺は見ている。

>外部からわからないあなたの内面の努力を書いて成果を示してこそ説得力がある。
俺には何と言っても、体内に切り札がある。
成果があり過ぎて書くのに疲れた程だ。

430 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:16:44 ID:qTQjWgAp
>>421 訂正
「目連と盂蘭盆伝説」→「目連伝説と盂蘭盆」

431 :クリンちゃん:2006/10/25(水) 23:19:05 ID:qTQjWgAp
また馬鹿レスしたな
おやすみ

432 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 00:24:35 ID:Bm184rV/
自分でちゃんを付けても全然可愛くないんだよな〜。
ま、カキコの内容はどれもかわいいかな?
んで、ユビ指定の自分に関係する部分だけでもレスつけるには
私の鈍足ペースでは週末までかかってしまうなあ。
まあ焦らずにじっくり行こう。

で、直接私に関係ないところで、いっぱい笑えるところが
あったのだが、その中の一つにウルバン説の発見はクリンさんの前身のアリャコリャさんが
世界不思議発見で初めて発見して、それを読んだ七氏さんが
あわててゾロアスター教との関係を調べたと思っているオメデタサだ。
そのアリャコリャさんの書き込みって昨年の7月ですよね?
私に言わせりゃ今頃初めて知ったの?ってな感想ですね。
この説にウルバン説を書いたのは私が最初ではなかったかな?
それ以前に読み落としがあったらごめんだけど。
ペルシャ語で霊魂を意味するウルヴァンが語源という説
(誰も定説なんて言ってないよ。定説なんてものはないのだよ。
どれも仮説に過ぎないのだが、どれが一番有力視されているか
だけなんですよ)もあるとこのスレに書いた。
そしたらその直後にトロイのヨコハマさんが、そのウルヴァンについて桐爺も
盂蘭盆会の法話で俺はこんな説も知っていると自慢してたよと
報告があったのです。
それが2年前なのかな?
しかしウルヴァン説を私が知ったのはもっと前で2002年の
12月ですね。きっかけはここで盂蘭盆経を大乗経典と発言
してしまったことに対して七氏さんから大乗経典ですらない
と指摘されたからです。
で、図書館で調べた。あなたが言うようにすぐわかることです。
それでもあなたは世界不思議発見を見るまで知らなかったことだけど。
これを指摘した七氏さんがウルヴァン説も知らないとは私の
常識的感覚では信じられませんよ。

433 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:39:17 ID:Zmmwv2iQ
>>431

同意。
おやすみ。

434 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 01:00:07 ID:Bm184rV/
お盆の時期って旧盆で7月中旬だが、この7月頃中国には
中元と呼ぶならわしがある。
正月15日から上元、7月15日から中元、10月15日からを
下元といい三元説となっている。
この中元の季節に先祖をまつるわけだが、この風習にペルシャ産の
ウルヴァンが入り込んだのか、最初から三元説の成立にゾロアスター教
も関連していたのかは図書館の本を読んだ記憶で
どうなっていたか忘れたが、とにかく仏教の夏安居とは関係なく
7月15日で説明がつくわけです。
私が桐山仏教でない一般仏教の本、経典の解説書を読んでいて
不思議に思ったことがある。
こういう先祖供養とかあるいはどこの仏教寺院でもやる葬送儀礼
と経典との関係が見出せないのです。
これは浄土宗であれ禅宗であれどの宗派でも共通で死者に
引導を渡す儀式だのそういう概念思想は大乗経典であっても
どこにもない。いわんや阿含経典においては当然ない。
宗立の仏教系大学を出てお寺を継ぐ人も大学で学ぶ仏教学や
宗学は葬式仏教とは関係のない仏教思想です。
これはあたりまえで仏教にはもともと葬送儀礼も先祖供養もない。
それはその仏教の教義と関係なく後から入ってきた。
檀家制度だって江戸時代の寺院政策だし、そういう歴史的背景
もあって今日の葬式仏教があるのであって、本来の日本の
大乗の宗派仏教と関係ない話です。
こちらの分野を研究しようと思ったら、仏教ではなく宗教民俗学に
あたるしかない。
こういうことをはっきりと書いてあったのが山折哲夫氏の
「仏教民俗学」という講談社学術文庫です。
つまりクリン含さんのいうようにこういう市販の本で誰でも
調べがつく仕組みです。
しかし一般の人はそこまで調べようとしないから、未だに
大半の日本人は仏教の経典に葬式や先祖供養の根拠があると
思ってますぜ。クリン含さん。

435 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 01:03:35 ID:Bm184rV/
>>431
馬鹿レスと書いたところに自分が見えておりつつも自嘲しながら
虚勢を張っているのかな?
それなら私も同意だ。おやすみ。

436 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 04:09:45 ID:qEOnBaCw
http://www.youtube.com/results?search_query=agonshu&search=Search

437 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 04:25:54 ID:HMZqt2jK
122 :ひよこ名無しさん :2006/09/20(水) 01:22:05 0

 お前ら、垣内洋次郎を虐めんな。あんな豚面でも一生懸命に生きてるんだ。
垣内は高校ん時、親譲りの豚面で散々虐められた…そんなあいつも二十歳で、自分を変えようと
ゴミ溜めの熊本から東京に出て、燃えるゴミを漁りながらでもシブトク生きてんだ。
どうか虐めないでやってくれ。


438 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 04:37:47 ID:Q098fxuA
>>437

ユビキタス七菜死因縁一蓮托生組は、阿含宗では宣伝に一役買っているということで、尊敬されていますよ。

439 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 05:32:40 ID:CniwaDNo
>>438
でもW田とその配下の職員、
それに迎合、あるいは洗脳されたバカ信者(たいていチーフとかしている)
の金集め攻撃により、新人信者はすぐやめ、
しらけた信者は道場にこなくなり自然退会者が増えていくのです。
バカです。

440 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 05:35:51 ID:CniwaDNo
ああうんざりだ!
まいど同じことくりかえし
いつになったら三十七道品おしえるのだ!
好運会なんか何の意味があるんだ、あんなの。


441 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 08:22:50 ID:rkjU2o15
翁は三十七道品なんて永遠に教えません。 ご愁傷様でした。 アーメン。

442 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 08:39:50 ID:Bm184rV/
>>414
春秋の彼岸がインドはおろか中国にもその風習はなく日本固有
のものであるにもかかわらず、どこの寺院も阿含宗も彼岸行事を
取り入れているのは、由来などどうでもよく、先祖を尊び定期的に
これを供養する機会なのだからこれをよしとしようと私も認めた
わけです。
しかし先祖供養なんてものを阿含経で認めておらず、先祖に
感謝して思い出す機会ならばよいが、霊の行方を追ったり
これの成仏を祈ったり、ましてや子孫に悪影響が来ないように
処分する機会にするなんてことは、阿含経に説かれる教えに
対しての違反であり反逆なんだから、こんなことを阿含宗は
してはならないと述べているのです。
世間と同じように罪のない先祖感謝の機会だったらよいですよ。
教団あげてはしないが、阿含宗の信者グループもクリスマスを
忘年会的に集まり親睦を深める機会にするように。
お盆や彼岸がもはや霊の世界では里帰りをする習わしになっている
などと霊眼を持たないあなたが説いても何の根拠も説得力もないが、
仮に霊の世界から集団里帰りでやって来るのだと想定しても
それに対して関わらないのが釈尊の態度と阿含経で教えているのです。
これをクリン含さんはそう思わないのなら釈尊が阿含経において
霊魂との関わりを重要視している部分をあげてみて下さい。
あなたがあなたの考えで霊魂を重要視するのは自由ですよ。
そうではなく釈尊がそう説いたという根拠ですね。
これをあげられなくて、そう思うだの思わないだの書いたって
なんにもならんのです。
人に対して大人になりなさいなんて書く前に、自分の方こそ
子供じみたことは書かない方がよい。

443 :阿呆衆統合作戦本部議長:2006/10/26(木) 11:24:48 ID:IaiR8k3F


和田尚子。




444 :ザ@桐山晴雄:2006/10/26(木) 11:47:14 ID:my8KST9M
七科三十七道品?
現会員は、桐山流のそういう技法があると信じているの。
以前に、サキャ・ツァル派の「チョゲ・ティチン・リンポチェ」の
胎蔵界・金剛界の伝授について話したね。
この度(11月)ダライラマがこられて、おんなじ「灌頂」を
あたえますよ。誰でも参加できるよ。ちなみに金剛界灌頂は「伝法灌頂」
「アジャリ灌頂」まで含む完全なものですよ。
これで自分だけが受けたという、桐山さんの主張は「崩れ」ました。

445 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:38:50 ID:NigVXHyh
>>416 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:49:51 ID:qTQjWgAp
>そうやっていつも人の言葉尻を捉える態度は変わらんなあ。まったく子供じみているぞ。
>あなたは「桐山さんはこの経典の正体を知られたくない」と書いた。
>知られたくないとは隠しておきたい秘密だからだろ?
>秘密という言葉を使わなくても、言っている意味は同じだ。

言葉尻を捉えているのはクリン含さんのほうです。
秘密だなんて書いていないから、書いていないと反論したのです。
私がどんな表現をしようがあなたにあれこれと指示される筋合いはない。
どうして「知られたくない」をわざわざ「秘密」とあなたは置き換えたのか。
私が使ったとおりの言葉をそのまま使えばいいではないか。
悪意でなんとかねじ曲げたいからですよね。
勝手に置き換えて、違うと言われると、言葉尻を捉えると因縁をつける。
自分の表現を受け入れないからと、しつこくこうやってからむのを
「子供じみているぞ。 」というのです。

446 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:40:00 ID:NigVXHyh
>>416 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:49:51 ID:qTQjWgAp
>猊下が何処で何を語っているかじゃなくて、盂蘭盆などは百科辞典に載ってる程度の話だと言ってるの。
>お恐れながら猊下はこの際置いといて、百科辞典の話をしてるの。

ここの議論は盂蘭盆でも百科事典でもない。
阿含宗と桐山ゲイカの話です。
あなたの両足がここのテーマから出てしまうのは毎度のことだが、
私があなたの後をついて行くはずがなかろう。
「猊下はこの際置いといて」などと、あなたが勝手に決めたやり方です。
このスレのテーマは桐山ゲイカをさて置くなどありえない。
自分が決めたやり方に沿うのが当たり前だというのを
「子供じみているぞ。 」というのです。

447 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 12:40:01 ID:Bm184rV/
>>415
桐山霊障というのは祟りと呪いですよ。
祟りと呪いは厳密には違う。
呪いとはある特定の人に対して怨念を発することです。
祟りというのは、相手は特定しないが、禁断のそこに近寄る
ことにより悪い影響を受けてしまう。
触らぬ神に祟り無しというヤツです。
霊障にははっきりと特定の家系に怨念を起こしているものもあれば、
苦しみや悔恨の念だけなのであるが、それが強過ぎる為に
先祖の知らぬうちに子孫に対して影響を与えてしまっている
というものです。子孫であるばかりに祟りを受けてしまったわけです。
いずれにせよ根拠のない言いがかりの侮辱に過ぎず、こんな
話は仏典にも創作盂蘭盆経にもない。
そしてそんな霊障を起こす先祖の家系に生まれてしまったのは
偶然ではなく、その人の前世からの横の因縁でそういう分相応の
レベルの低い先祖を選んでしまったわけです。
割れ鍋に綴じ蓋ってヤツだが、これは自分の卑下も添えただけで
ちっとも先祖に感謝するどころか侮辱をやめてない。
俺がこんな綴じ蓋程度のレベルの低い奴だからアンタみたいな
レベルの低い奴を先祖に持つ子孫として生まれた。
俺が金の蓋ならばアンタとは違う金の鍋に縁があったはずだ、
アンタにも解脱供養で救われるチャンスを与えてやろうかと
いう傲慢な考えしか生まれない。

448 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:43:36 ID:NigVXHyh
>>416 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:49:51 ID:qTQjWgAp
>猊下が話そうが話すまいが本に載ってる話なんだ。

すでに反論した内容は完全に無視して、同じ主張をするのが
あなたやヂミズさんの特徴です。
ヂミズさんと違い、同じ反論を2〜3回繰り返すと、ようやくあなたは先に進む。
だから、異陰一つの話に二ヶ月もかかった。
百科事典に載っていると、どうして桐山さんが話したことになるのだ?
阿含宗の信者とはみんな百科事典を全部読んでいるのか?
何の根拠にもならないことをあなたは根拠にしていると批判しているのです。
阿含宗の信者にアンケートを取ったら、百科事典でウルバン説を
知っていたというのなら、あなたの説も成り立つだろう。
だが、誰が百科事典でわざわざ盂蘭盆を調べるのだ?
こんなことが成り立たないことをあなた自身が今回書いている。

449 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:49:17 ID:Y6uDoJiT
>>418 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:54:04 ID:qTQjWgAp
>その証拠のスレがコレ。
>阿含宗という宗教87

クリン含さんが盂蘭盆の“秘密”を知ったのは去年の夏なのですね。
しかし、あなたはこれが広く知られたことの根拠として百科事典を出したのですよ。
主張している本人が初めて知ったのは百科事典でなく、テレビで、
しかも、去年初めて知った。
百科事典を根拠としたことを自ら否定したことに気が付いているか?
百科事典には去年よりも前から書かれていたはずです。
しかし、あなたは盂蘭盆の“秘密”を知らなかった。
あなたはおそらく25年以上前に阿含宗に入った。
すると二十数年間は、盂蘭盆の“秘密”を知らなかったことになる。
他の大半の信者も同様で、百科事典に書いてあることを知らないのです。
桐山さんは信者の無知をいいことに盂蘭盆経の話が本当であるかのように
長年話をして、霊的に脅かす手段に使ってきた。
つまり、百科事典に書いてあることなど桐山さんの擁護にはならない。
自分の主張を自分で否定した気分はどんなものですか。
と言われても、何のことかわからないでしょうね。

450 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 12:52:51 ID:Bm184rV/
>>415
そのとおり盂蘭盆経は先祖を救うことしか説いておらず、
先祖から子孫に対するマイナスの働きかけについては全く記述が
ないですね。
だから盂蘭盆経は桐山霊障なんかとはちっとも関係のないお経です。
目連の母は自らの生前のあさましい心の為に餓鬼道に堕ちた。
しかし目連にも霊障を発していないし、誰の運命にも悪影響を
与えたとは書いていない。
阿含経にも大乗経典にも中国や中央アジア産の盂蘭盆経を
いくら読んでも霊障の根拠など求められない。
つまりいかなる仏教でも霊障など説かない。
親に対する孝養の心で救いたいと願うだけです。
大乗の救いだって、菩薩が地獄に堕ちた亡者の代わりにその
責め苦を受けてでも救いたい慈悲の心を説いただけで、
霊障解脱による子孫の運命転換なんて説きません。

451 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:54:28 ID:Y6uDoJiT
>>419 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:55:52 ID:qTQjWgAp
>1年ちょっと前の話だから、きっと盂蘭盆に関する本は現在までそれほど読んではいないだろう。

このスレでは盂蘭盆経については2001年から、
偽経典であり、内容は物語だという批判を始めた。
スレ9の640です。
倒懸についても根拠のない説であることを2002年には書き込んだ。
スレ24の213です。
古いスレは>>1の倉庫からのアクセスができないようだから、
下記の「にくちゃんねる」から「阿含宗という宗教」で検索すれば、出てきます。
http://makimo.to/2ch/search.html
つまり、盂蘭盆経や倒懸の話はもう四年も前からこのスレでは
毎年、万燈会の頃になると恒例のように書き込まれていた。
クリン含さんの前世の罵倒明王の時代ですら書き込まれていた。
にもかかわらず、あなたは去年になるまで知らなかった。
それをまるで自分が書いて初めて知らせたかのように威張っている。
誰が笑い者になっているか理解していますよね。

452 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:56:52 ID:Y6uDoJiT
>>419 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:55:52 ID:qTQjWgAp
>何と、七四散は私のカキコを見て、初めて万燈会とゾロアスターの関係を知ったようだぞ!

初めて知ったと私がどこに書いた?
どうしてあなたはそうやって書いてもいないことを勝手に決めつけて、
空虚な勝利宣言をするのだろう。
>>419であなたが引用した私の反論に、国語力のないあなたには、
皮肉がこもっているのが読めないのです。
去年、あなたはさも何事かわかったかのように知識をひけらかして、
阿含宗を擁護したつもりだった。
だが、私はそれを逆手にとって、阿含宗の護摩など、
ゾロアスター教という外道まで入っていたのだと皮肉を書いたのです。
私が一歩引いたように見せて皮肉を書いているのを、なんと無知だと受け取った!
自分の書いた皮肉やジョークを説明しなければならない時くらい
情けない時はありません。
クリン含さんには何度目の説明でしょうね。

453 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:59:57 ID:Y6uDoJiT
>>420 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:56:58 ID:qTQjWgAp
>あなたは盂蘭盆の新説が百科辞典に載ってる程度の事だとは知らなかったのだ。
>何かとても凄い秘密を掴んだと内心得意になっていた。

これはあなた自身のことですよ。
いつも、七氏のシッポを捕まえたと、私が書いていないことを
あれこれ指摘するというよりも、あざけり罵り、
そのたびに私から「どこに書いた」と反論される。
私がどこで「内心得意になっていた」のか、引用してみなさい。
その私が2001年には盂蘭盆経が偽物であることを指摘し、
2002年には倒懸も根拠のない説であることを指摘した。
これをどう説明するのだ?
得意になって>>303で百科事典から丸写ししたのはあなたのほうですよね。
私が憎くて、なんとか罵りたい気持ちはわかるが、
あなたがやっている薄汚い行為、あなたの薄汚れた心を
全部私にあてはめようとするのはやめてほしい。
私はその説は解説書を読んで、特にウルバン説の岩本教授の説は
>>344の『地獄めぐりの文学』を信者時代に読み、本も持っているから、
引用できたのです。
あなたが書き込んだのが日曜日の昼で、その12時間後には私は>>344を書いた。
この本は27年も前の本で、専門書だから、普通の図書館にはない。
私の手元にあるから書けたのです。

454 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 13:02:28 ID:Bm184rV/
>>415
盂蘭盆経≠阿含経ですよ。
盂蘭盆経は餓鬼道に堕ちて苦しむ母に対して息子の自分が
夏安居の最後の日の自恣の日に坊さんたちに供養した。
なぜか自分も無一文の坊さんであるのに。
この功徳で目連の母は餓鬼地獄から脱することができた。
しかし阿含経は人は他人を浄めることはできないと説く。
目連の母は自分で自分を浄めるしかないのです。
輪廻の先にでも。
池に沈んだ石は念じても浮かび上がってこない。
念じるだけでなく、供養のプレゼントを添えても浮かび上がってこない。
供養は取引ではない。
取引を頑なに禁じたのが釈尊なのです。
供養の見返りに功徳で餓鬼地獄から脱出なんて「地獄の沙汰も
金次第」なんてあさましい思想はない。

455 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:05:01 ID:Y6uDoJiT
>>420 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:56:58 ID:qTQjWgAp
>あなたは盂蘭盆の新説が百科辞典に載ってる程度の事だとは知らなかったのだ。
>何かとても凄い秘密を掴んだと内心得意になっていた。

クリン含さんはなんとか私を無知だと罵りたいらしい。
もちろん、私は仏教の素人だから、専門家から見たら無知であり、
知らないことの方が多い。
だが、あなたと違う点は、知らないことは知らない、知っていることは知っていると述べ、
桐山さんのように知ったかぶりのハッタリをせず、
自分の知識が間違っている根拠を示された時にはそれに従う。
あなたのように知らないのを棚に上げて罵り、書けと命令するのではなく、
自分の知らない事は相手に教えを請う。
だから、あなたから、桐山さんが「タンハーが輪廻する」と
書いていることを指摘された時、私は自分の間違いを認め、
知識を増やしてくれたことに感謝したではないか。
これが現実の私なのだから、あなたのねじれた性根を私にあてはめるのはやめてほしい。

456 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:08:55 ID:Y6uDoJiT
>>420 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:56:58 ID:qTQjWgAp
>桐山さんが百科辞典に書いてあるなどと言わなくても、信者が自分で調べればわかることだ。

調べるって、信者であるあなたは調べた事がなかったのですよね?
去年初めてテレビを見て知った。
あなたの上記の主張が成り立たないことはあなた自身が見本です。
それまで私が何年にも渡り、毎年、盂蘭盆経は偽経典だ、
倒懸説など学説としてもマイナーであると書いてきたのに、あなたは読みもしなかった。
結局、百科事典を調べたのは最近なのでしょう。
私がスレ109に書いたのを読んでから調べたのですよね。
それで得意満面になって、スレの主旨とは関係のないウルバン説の詳細を>>303で引用した。
おれはこんなに知っているんだぞ、と自慢し、
「無知な七氏」をやっつけたと得意満面だったのです。
桐山さんも、ちょっと何か調べるとすぐにすべてを理解したかのように錯覚して、
信者に偉そうに説教を始める。
丁寧に時間をかけて調べるのでもなく、すぐに「商品」にしてしまう。
盂蘭盆の話その典型です。

457 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:10:53 ID:Y6uDoJiT
>>421 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:58:19 ID:qTQjWgAp
>で、今度はチラシの話にスライドかw

あなたの関心が自分にしかないのはよく知っている。
だが、ここは阿含宗の批判スレなのだ。
あなたの関心の重きで議論しているのではない。
自分の都合の悪いものを出されると、「w」で済むから、
あなたの頭は本当に便利だ。
阿含宗が出したチラシや機関紙は重要な根拠になる。
チラシや機関紙は阿含宗の公式見解です。
文章となっているのだから、誰でも確認できる。
法話で聞いたという情報よりももっと重要であり、議論の対象です。
そのチラシにまるで盂蘭盆経の内容が実話であったかのように、
死者成仏を釈尊が説いたかのように書いてある。
信者は百科事典ではなく、桐山さんの話や阿含宗の見解を聞いて信じているのです。
チラシや機関紙に書かれていれば、これを信じる。
あなたの好きな百科事典よりもチラシや機関誌のほうがここでは重要なのです。

458 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:16:57 ID:o/f9SDp1
>>421 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:58:19 ID:qTQjWgAp
>倒懸説を否定する根拠を知りたがっているのではなく、従来説が否定されて新説が定説になった根拠を示す資料を示すべきだと言っている。

倒懸説の根拠を示してみなさいと言われると、この有様です。
あなたは何も知らないから、全部私に説明しろといういつもの態度です。
知らないなら説明をお願いするのが筋だろうに、示せという高飛車な態度です。
私があなたに倒懸説の根拠を示せというのは、あなたが知りたがっているかどうかなどではない。
桐山さんが長年言いづけてきた倒懸説には根拠がないと批判したのです。
あなたは私の>>337の説明など完全に無視している。
岩本説は倒懸説の否定なのです。
当然、岩本教授の本には根拠がないことの批判が書いてある。
その批判に倒懸説を支持する反論は出ていない。
だから、この岩本説はわずか三十数ほど前に出たにすぎないが、
一部の仏教辞典でも、あなたの引用した百科事典でも記載されているのです。
倒懸説はただ“伝統”として引用されただけで根拠がないのです。
これを主張してきた桐山さんを擁護するなら、倒懸説の根拠を示すべきです。
あるはずがない。

459 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:20:59 ID:o/f9SDp1
>>421 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:58:19 ID:qTQjWgAp
>ところが七四散はこれほど書かれても書名すら挙げられない。

無知を棚に上げて、罵るのが本当に好きですね。
>>344で岩本教授の『地獄めぐりの文学』を出しているのか見えませんか。
岩本教授はウルヴァン説を唱えた本人です。
あなたが>>303で百科事典から引用した内容の元の文献です。
私は岩本教授のウルヴァン説を他の解説書で知り、そこでこの本を読んだ。
あなたように解説を読んだのではなく、本人の文章を読んで、
反論の中にそれを引用して示した。
こういう私が「書名すら挙げられない」?
そこまで言うなら、あなたは倒懸説を支持するのにどんな書名を挙げたのだ?

460 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:24:52 ID:o/f9SDp1
>>421 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:58:19 ID:qTQjWgAp
>ウルバン、高楠、井元どれでもいいからこれが定説だと言う根拠を示すべきだな。

百科事典の何を読んでいるのだ?
決定的な定説などありません。
ないから百科事典でも日本で広く知られた二説を取り上げている。
そして二説だけでなく、主な説だけでも実際には3つあり、
さらには細かくいうなら5説もあるのだと示したのです。
これらの説を細かく知りたければ自分で調べなさい。
ここでは盂蘭盆の定説を議論するのが目的ではない。
桐山さんがずっと引用してきた倒懸説など若手の学者たちは
もう相手にしていない説だと言っているのです。
ただ昔の大御所の学者が唱えてしまったから、
伝統的に辞典ではこの説を取り上げているだけです。
こんな否定された説を長年唱え続けた桐山さんの脳味噌を批判しているのです。

461 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:28:09 ID:ShfoGu3I
>>420 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 22:56:58 ID:qTQjWgAp
>何が「言ってみなさい」だ? 失礼な人間だ。
>桐山さんが言った言わないの話ではない。

ほら、あなたは自分が質問を受けると「失礼だ」の一言でオワリです。
それでいて、私が書いた反論を「言葉尻を捉える」などと逃げる。
ここでの議論は、「桐山さんが言った言わないの話」なのだ。
あなたの関心事を議論するスレではない。
と、今日だけでも何回書いたことか。

462 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:30:24 ID:ShfoGu3I
>>424 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:07:20 ID:qTQjWgAp
>インドで作られたものでないなら最初から、「どこで作られたかわからない」などと書かなければいい。

あなたは>>305で盂蘭盆経が作られたのが「インドでないと言い切れるか」と私に指摘した。
だから、具体的に>>344で仏教辞典などを引用して、
インド原産でないことに学者たちの間では一致していると述べた。
インド原産でなく、どこで作られたかわからないから、
どこで作られたかわからないと書いたのです。
私の書いたことに矛盾はない。
>>344で引用した内容をあなたは知らなかったのですよね。
七氏に何か因縁を付けたいと必死なのかわかるが、
あなたの書き込みに根拠もなければ、論理性もない。
こういうのを「吠える」というのです。

463 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:33:01 ID:ShfoGu3I
>>424 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:07:20 ID:qTQjWgAp
>「盂蘭盆経はインドで作られてはいない」と言ってるだけでは話が違うではないか?

国語の読解についての説明です。
私が岩本教授の本を引用した>>344は、あなたが盂蘭盆経が
「インドでないと言い切れるか」というから、
仏教辞典と並んで、岩本さんの本を引用したのです。
あなたのように話を前後させ、ごちゃ混ぜに書いているのではない。
>>344以降は、盂蘭盆経がインド原産かどうかについて書いているのであって、
倒懸説の話はその前で終わっている。
だから、私の「話が違う」のではなく、あなたの国語の読解力が足りないのです。

464 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:33:07 ID:2igqLxtb
>>444 :ザ@桐山晴雄:2006/10/26(木) 11:47:14 ID:my8KST9M
>この度(11月)ダライラマがこられて、おんなじ「灌頂」を
>あたえますよ。誰でも参加できるよ。

http://www.dalailama2006.jp/program/vairocana.html
に詳細が掲載されていますね。

>このたびチベット・日本仏教の交流をより一層深めるため、ダライ・ラマ
>法王御自身のご提案で、金剛界・胎蔵界の両界曼陀羅の伝法灌頂をして
>くださることとなりました。

とハッキリ書いてある。また

>両界曼荼羅伝授大法会〔日本初の密教伝授〕
>チベットの両界曼荼羅の法灯がいまはじめてすべての日本人に伝授される。

と、阿含宗の桐山ゲイカの存在が思いっきりスルーされています。まあスルー
されるようなことをしたからなんでしょうけどね。

465 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:37:40 ID:VkG10T0S
>>424 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:07:20 ID:qTQjWgAp
>しかも『地獄めぐりの文学』 とは何の本だ?
>文学書なのか、仏教書だか知らん得たいの知れぬ本を1冊挙げたきりでおしまいか?

無知をここまでさらして、恥ずかしくないとは、さすがは私のドツキ漫才の相方だ。
著書が岩本教授なのだから、文学書であるはずがないだろう。
盂蘭盆経など偽経典だから、あれは仏教文学なのです。
内容の一部を引用されたら、これが仏教の研究書であることくらい、想像がつかないか。
あなたが引用した百科事典の元となった論文も掲載されている本です。
自分が引用した内容を書いた本を「得たいの知れぬ本」と罵った。
本を読んだこともなく、本を出されるとその本を「得たいの知れぬ本」と罵倒する。
シツケの悪い犬の無駄吠えみたいですね。

466 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:40:30 ID:VkG10T0S
>>425 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:08:10 ID:qTQjWgAp
>倒懸説を否定しただけでは不充分なんだ。

いいえ、十分です。
あなたの関心、といっても、あなたの関心は盂蘭盆経ではなく、
七氏をやっつけることだから、あれこれ因縁をつけているが、
桐山さんは倒懸説をずっと説き続け、ウルヴァン説すらも
たった一度ちらっと言ったにすぎない。
桐山さんもあなたと同じで百科事典の知識から一歩も出ていない。
ここでの議論は盂蘭盆の内容についての議論ではない。
桐山さんの知識がどれほど浅く、学者たちの解説すらも読んでいないかを
示せば十分です。

467 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:43:28 ID:VkG10T0S
>>425 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:08:10 ID:qTQjWgAp
>今度は私に振るのか?倒懸説など最初から正しいとも、正しくないとも思っていない。
>私とは立場が違うことを忘れるなよ。

あなたが思っているかどうかなど質問していない。
私は、桐山さんが倒懸説を出しているから、それが仏陀の智慧を持ち、
万巻の書を読破した人の判断かどうかを議論しているのです。
あなたがどう思っているかなんて、私だけでなく、信者すらも興味も関心もない。
桐山さんを支持するなら、倒懸説の正しさを証明しなければならない。
しかし、倒懸説など根拠のない説にすぎない。
岩本教授もウルヴァン説を出し、他の学者たちも
これに一目置くしかなくなったから、百科事典にも引用されているのです。
ウルヴァン説を出すためには倒懸説を否定しなければならない。
その否定された倒懸説を公式に支持する学者は今ではほとんどいない。
ただ惰性で1400年の伝統を持つ倒懸説を出し、ウルヴァン説も併記する。
倒懸説に根拠が薄いことを多くの学者が認めているからです。

468 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:47:34 ID:LfL1KMej
>>427 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:10:48 ID:qTQjWgAp
>といくら言ったところで盂蘭盆経に倒懸の苦しみから先祖を救うのが本義だと書いてある限り駄目だ。

シッポをまた出した。
あなたは盂蘭盆経を読んだことがないのだ。
盂蘭盆経のどこにこんなことが書いてあるか示してみなさい。
桐山さんと同じで、空想で自信たっぷりに書いているのがすぐにわかる。
こんなこと盂蘭盆経には書いていない。
桐山さんは盂蘭盆経をちゃんと読んでいない。
読みもしないで、桐山さんは偉そうに信者に説き、あなたは高飛車に人を罵る。
実にあなたは桐山さんの弟子だ。
盂蘭盆経を“普通”に読めば、>>337に紹介した説の
倒懸説など論外だし、ウルヴァン説などの外国語説も必要としなくなり、
一番古い1の盆器説が正しいとわかるのです。
素人には一番説得力がある。
仏教学のような世界では、過去の大御所の説を頭から否定するははばかれる。
しかし、倒懸説を支持した萩原雲来など昔の大御所も、その弟子もいなくなり、
自由に主張できる雰囲気になると、若手研究家は経典そのものを検証するという基本に立ち返る。
経典に答えが書いてあるのです。
求聞持脳も深い仏教学の知識もいらない。
漢字が読めるだけの知識があればいい。
盂蘭盆が倒懸や霊魂という意味では経典の意味が通じなくなる。
若手の学者たちは、なんで倒懸だのウルヴァンだのという説が
出てこなければならないかと首をひねっている。
そのくらい経典にははっきりと盂蘭盆が何であるか書いてあるのです。

469 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 13:51:21 ID:LfL1KMej
>>427 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:10:48 ID:qTQjWgAp
>といくら言ったところで盂蘭盆経に倒懸の苦しみから先祖を救うのが本義だと書いてある限り駄目だ。

桐山さんはあなたと同じで、経典など読まずに、
どこかの解説だけを聞きかじりして、倒懸説をいきなり出した。
クリン含さんと同じで、いったん出してしまうと、
間違いでも修正をしないのが桐山さんだから、ずっと言い続けているのです。
誰かに倒懸説は定説ではなく、ウルヴァン説もありますよと注意されたのでしょう。
桐山さんの癖で、最初から知っているかのようにひけらかす。
桐山さんが盂蘭盆経を丁寧に読んで、倒懸説やウルヴァン説が成り立たないことに
気が付いていれば、本一冊書けた。
若手の学者たちが盆器説を本格的に論文にしたのは1990年代になってからです。
その前に、気が付いて本に軽く書いていれば、さすがは仏陀の智慧と
誉められたのに、そんなもの持っていないから気が付かない。
あなたと同じで、解説書程度の知識しかなく、盂蘭盆経など読んでいないのです。
盂蘭盆経を引用して、どうして盆器説になるか、というよりも、
倒懸説が成り立たないか説明してあげればいいのだろうが、
クリン含さんのその傲慢な態度に免じて(前にこの皮肉にケチをつけましたね)、
先送りしましょう。
ネット上に大正新脩大蔵経が公開されているから、仏説盂蘭盆経で検索すれば出てきます。
まず読んで、倒懸説が成り立つかどうかあなた自身がここに引用して、
解説してみてください。

470 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 15:31:30 ID:CLKPyIRp
井の蛙。ほとんど病気スレ

471 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/26(木) 15:48:51 ID:Bm184rV/
オイラの最低ノルマはあと>>429の後ろの方だけだな。
なんとか今日中に終わるか。
また後で。

472 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 15:50:43 ID:CKCCyqp7
>>471

でしゃばり初老はいらないよ!!

473 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 15:52:54 ID:CKCCyqp7
>>471

老人らしく、余生をまちょうに過ごしなさい。

474 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 16:17:23 ID:4bsAmLEw
もし、インターネットが存在しないとしたら、あなたは阿含宗批判
をどのようにしてしますか?それとも、泣き寝入りして我慢しますか?

インターネットがある時代に生まれて本当によかったね。
なかったら、自分の存在を誇示できない人たちが、どれだけいるのだろう?

特に一蓮托生組などは。

そこまで桐山さんの予測が及ばなかったのかな?

475 :ザ@桐山晴雄:2006/10/26(木) 18:21:07 ID:my8KST9M
>>474
アンタ、なにくだらんこと言っとるのよ。
今はネットがあり自由に書き込みできる、それでいいんだよ。
時代というものでしょ。
桐山さんが清廉潔白ならネットがあろうがなかろうが
関係ないことでしょうよ。
書き込みされて困ることがあるほうが、おかしいのですよ。
桐山さんのしてきたことをみれば、おかしいことだらけですね。
みんな自分の存在を誇示したいんじゃないんですよ。
自分がかつてかかわった宗教が「インチキ・詐欺まがい」と
わかったので「桐山攻撃」をしてるんですよ。
人の信仰心・弱みに付け込んで、許せないというおもいなのです。
稀代の宗教詐欺師桐山靖雄は「糾弾」されて当然の人間です。
それから2号クズレW田女狐婆、イカサマ僧F田トンガリ頭小僧ただし、
I江チャウチャウ犬モドキ教宣能無し職員らも、同罪です。
北朝鮮人とおんなじようなもんです。


476 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:11:01 ID:DnQXyjht
>>464
>両界曼荼羅伝授大法会〔日本初の密教伝授〕
>チベットの両界曼荼羅の法灯がいまはじめてすべての日本人に伝授される。

ゲーカのコメントが聞きたいね。
ダライラマは成仏法を知らないからダメです。なんて言うかな?
それとも、とぼけてスルーかな。


477 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:35:08 ID:aKGgv1y1
I江チャウチャウ犬モドキ教宣能無し職員とは誰なんでしょうか?


478 :ザ@桐山晴雄:2006/10/26(木) 19:52:43 ID:my8KST9M
入○という名前の「さえない男」です。
「マズイしゅうーまい」みたいな顔、とにかくさえない「能無し」ですよ。
ええ、あんなのが「教宣職員!?」といいたくなる、
F田トンガリ頭小僧ただしの一番のお友達ですね。

479 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:02:12 ID:1hQ7hAuO
こんな糞スレまだ続いてんのか!
阿含宗なんて宗教法人の衣を着たねずみ講だよ。
はよ気づいて人生無駄にすんな。
得するのは頂点に立つ親ねずみだけ。
つまり桐山を中心にした堤家の人間だけが儲かる集金システムだよ。
修行法、浄霊なんて中身のない単なる大義名分、これが事実。
さっさと本質に気づいて金、時間を無駄にすんな。



480 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:16:25 ID:yeAzbUnr
>>428 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:12:06 ID:qTQjWgAp
>七四散がこれほど熱弁を振るってくれた盂蘭盆をどうでも良い話題とは失礼だろ?w

横レス失礼。
私が盂蘭盆の話を出したのではなく、クリン含さんが季節外れの幽霊を出したのだ。
自分でしておきながら、私を引き合いにして盾に使うのは、
桐山さんの信者らしい無責任な態度で、素晴らしい見本を示してくれた。
信者なら、W田さんの話にもっと興味を持つべきなのに、
無視して、夏の話題をふってきたところが、
いかにも自分の関心事のみで周囲の見えないクリン含さんらしい。
このスレでこそ、あなたは自分の信仰心を高めることができるからです。
だから、現実の阿含宗なんかさして関心がない。
また、こういう反応を見れば、現実の阿含宗とどのくらい関わっているかよくわかる。
ユビキタスさんが指摘していたように、
星祭さんは道場と関わりを持っており、法友もいる。
しかし、あなたは今でもほぼ「隠れ阿含宗」です。

481 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:16:32 ID:ilTKhdhu
>472
罵りしかデキネンだったら
ででくんなって 言ったダロホシマツリ

482 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:19:33 ID:yeAzbUnr
>>428 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:12:06 ID:qTQjWgAp
>何故なら、多くの人間はそれほどの悪人でもなければ善人でもないからだ。
>自分達の死後に関わってくる問題なのだ。

「西地人」の経典からどのような“連想”をするかはあなたの自由だ。
しかし、連想と経典解釈は違う。
この経典の主旨はあなたが書いていることとは違う。
悪業の重さで死後どうなるかなど議論していない。
村の長は「死者成仏は可能か」と質問し、釈尊もそれに答えているだけです。
経典を中学生に読ませ、主旨をまとめされたら、
「村の長が死者成仏は可能かと質問し、釈尊はこれを否定した」
と書くでしょう。
クリン含さんは「多くの人間はそれほどの悪人でもなければ善人でもないからだ」なんだそうだ。
経典の主旨と、そこから何を思い浮かべるかは別な事なのですよ。
あなたの書いていることは主旨の解釈ですらない。
糸の切れた風船みたいに、自分の頭に浮かんだことを書き連ねているだけです。

483 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:24:17 ID:yeAzbUnr
>>428 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:12:06 ID:qTQjWgAp
>何故なら、多くの人間はそれほどの悪人でもなければ善人でもないからだ。
>自分達の死後に関わってくる問題なのだ。

解釈はあなたの勝手だが、ここではスレ違いです。
どうしてクリン含さんてそうも集中力を欠いているのだろう。
一つのテーマに頭を固定することができないのですね。
これがテーマだといわれると、必ず反発して関係ない方向に頭がさまよいだす。
あなたの主張はほとんどがこのパターンです。
私の反論の労力は、さまよい出すあなたを元に戻すことに大半が使われている。
何の議論が行われているのか、最初から流れを説明してあげたこともありますね。
異陰の議論でも、あなたは霊魂一般について議論するのが当然だとして、
執念深くそれを主張し続けた。
そうやって関係ない方向に頭がさまよい出すことを
何か頭が良いことだと思い違いしているのではありませんか。
あなたの書き方はオバサンたちの井戸端会議に近い。
それぞれが自分の関心のあることを自分の感性だけでしゃべりまくる。
あれは女性たちの情報伝達であり、ストレス解消なのだからかまわないが、
仕事や議論でこれをやられると周囲はたまらない。

484 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:27:48 ID:yeAzbUnr
>>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>俺様のレス読んでながら貴様何で戻ったんじゃ〜ってことだろ?
>あなたのプライドはいたく傷つけられてしまった様だなw

昔、私は、エサも素晴らしいし、環境も最高だという所に行った。
ところが、宣伝と違い、エサは一つもなく、不潔で、臭いがプンプンして、
話が全然違うので、いたたまれず、ついに出てきた。
あなたも「そこはジメジメして、薄汚い」と聞いて、一度出て来た。
ところが、陽の当たる清潔な場所は身体に合わず、激しい拒絶反応を起こした。
そこで、カサコソと元のジメジメして薄汚い所に戻り、
「やっぱ、ここが一番さー」と、陽の当たる場所に戻った人たちに、
ベーッと舌を出してみせた。
外見はコガネムシに見えたが、どうやら薄暗く汚い所を好む虫だったらしい。
陽の当たる場所は毒以外のなにものでもなく、
薄汚れた宗教詐欺師の所が一番居心地が良いのだ。
身体に合わないことをさせてしまって、申し訳なかったと思っている。

485 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:30:45 ID:yeAzbUnr
>>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>だったらその自惚れと慢心を今すぐ破ってみろよ。

破れないから相方としてちょうどいいと誉めているのです。
簡単に破れてしまうような自惚れや慢心しか持たない人に
これらを指摘するなんて、私は凡人だから、気の毒でできない。
クリン含さんは殴っても蹴っても、びくともしない慢心の持ち主だから、
ちょうど良いと誉めてあげているのに、破ってみろよもない。
あなたはゴキを素手で叩くのか。
そんな汚いものを破ろうとしたら、私の手が汚れてしまう。
あなたの汚物を始末しなければならない義理は私にはない。
観客に「阿含宗の信者とはこのように自惚れと慢心の塊です。
桐山ゲイカとそっくりでしょう。長年信仰しているとこのようになります。」
と説明するのにあなたはちょうどよい。

486 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:34:12 ID:yeAzbUnr
>>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>>釈尊は魂の救済なんて説いていません。
>ということは汝らの釈尊は宗教家ではない。

おっ、さすがは外道の信者だけあって、釈尊にツバを吐きかけましたね。
それでこそ、外道と言われるだけの価値がある。
外道なら外道に徹するべきです。
桐山さんは中途半端だから大きくなれない。
大作さんのように俗物に徹して、超能力で御利益いっぱいの桐山教にすればいいのに、
聖者ぶっても演じきることもできず、オバサン一人に化けの皮をはがされた。
「汝ら」なんて外道の信者らしい高飛車な態度で素晴らしい表現です。
だが、私は釈尊に帰依した覚えはないから、「汝の釈尊」に相当する釈尊などいません。
「汝らの釈尊」ではなく、阿含経の釈尊は魂の救済なんて説いていない。
死者の魂の救済なんて説いていないのです。
魂や死者のインチキ救済を説くのは阿含宗の白いシッポの生えた如来と
その眷属の銀狐や女狐だけです。

487 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:37:09 ID:yeAzbUnr
>>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>ということは汝らの釈尊は宗教家ではない。

クリン含さんが先達として見本を示したから、信者さんたちも見てください。
どこまでも桐山さんを支持しようとすると、結局、釈尊を否定するしか道がなくなる。
こんなこと当然なのです。
正反対のことを説いているのだから、両方掛け持ちはありえない。
霊障と因縁で人を脅かし、護摩を焚いて、占いして集めた金で
教祖は名誉餓鬼に堕ちながら、阿含経に基づく釈迦仏教でございますと言っても、
無理というものです。
信者さんたちの中には、桐山さんの嘘に気が付いても、
「周囲に汚れがあっても、自分は純粋に信仰をするだけだ」
「仏舎利が偽物でも、自分はお釈迦さんそのものを信仰している」
と反論する人たちがいる。
これが成り立つなら、オウムの残党は純粋な信仰をしていることになる。
教祖が煩悩垂れ流しで、下流にいる信者たちが純粋な信仰なんて無理です。

488 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:43:08 ID:yeAzbUnr
>>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
>ということは汝らの釈尊は宗教家ではない。

アーナンダが「友を選ぶのは(修行の)道の半分ですね」と言うと、
釈尊は「すべてだ」と言い直している。
最良の友とは煩悩を断ちきった存在、釈尊や比丘のことです。
これは友を選ぶという教えを説いたではなく、
友を選ぶことにたとえて、信仰や修行の環境を説いたのです。
釈尊は信仰や解脱のためには“友”、つまり師や法友などの、
環境を選ぶことがすべてだと述べている。
これは阿含宗の信者さんたちには恐ろしい内容です。
師みずからが大嘘つきの煩悩丸出しで、金集め人集めのためなら、
手段を選ばない職員や先達たちに周囲を囲まれて、
純粋な信仰、釈尊への信仰ができるはずがない。
我々凡人は朱に交われば赤くなるのです。
あるいは最初から赤い人が朱の所に残り、一度出ても戻る。
それがクリン含さんです。
信者さんたちはどちらだろうか。

489 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 01:14:57 ID:V10UF5C0
>>429
一番下の具体的な修行内容とその効果は書けないということですね。
わかりました。
それはよいが、その前の250体の解脱供養の1割でも、
自分や家族が施主の供養ではない指定の供養をすればとは
なんのことですか?
解脱供養も冥徳供養も皆桐山さんが霊視をして下付するものです。
桐山さんの霊視を必要とせず、自分がどうしても供養して
さしあげたい縁者を指定して供養する。
しかし桐山さんはこう説く。何か問題のある時は解脱供養を
申し込め、そうでない時は冥徳解脱供養を進めよ。
問題のある時はその問題を添えて申し込む。
桐山さんは単に霊視するだけでなく、その人に最も重大な
影響を与えている霊障の先祖を霊視して
下付するのです。
自分はそちらの方面のプロなんだから、プロに任せて勝手な
指定などするなと指導したことがある。
この人は癌になったのだから問題を抱えている。
解脱供養であれ冥徳解脱であれ桐山さんはその人の因縁とか
状態を見て、優先順位をつけながら下付していくわけです。
当然この人のガンの因縁を透視した上での下付ですよね。
250体も桐山さんの指導に従ったのです。
あなたのような何も霊眼のない人が指定でも申し込めばなんて
なんという無責任な発言だ?
しかも桐山さんの指導に依るなと否定している。
解脱供養も冥徳供養もその人に因縁に関係ある人を供養する。
だから因縁もほどけてきて問題も解決する。
250体も霊視下付しているのならば、申し込め者の指定など
待つまでもなく、桐山さんが問題解決に密接な関係のある
ホトケを探して下付してくれるはずだ。
過去帳を写した資料箋の枠を越えて。
桐山さんの霊視が無能なんですよ。

490 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 01:23:32 ID:V10UF5C0
>>429
この先達は250体も供養したが、普通の人はそんなにできません。
クリン含さん、あなたはできますか?
単刀直入に言うが金がありますか?
ないでしょう。
だからあなたは250体も供養もできずに・・・その結果
因縁の導くようにガンにもなるしその他いやな病気になったり
あるいは不幸な運命が待っている。
こういうふうに自分の身になって想像しないから、無責任な
侮辱発言と申すのです。
あなたは金がない。
桐山さんの指導にも従えない。
よって因縁のまま霊障に翻弄されてフコウになる。
全ては金次第なんですね。
今度生まれてくる時には大金持ちの家に生まれなさい。

491 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 01:29:25 ID:V10UF5C0
ところで過去スレを探したら、阿含宗という宗教42に私が
初めてウルヴァンを紹介したログを見つけました。
489にありました。そして702でトロイのヨコハマさんが
桐山爺さんのウルヴァンも知ってるぞ法話のレスがつく。
これは2003年の7月だから3年前ですね。
やはり星祭さんの記憶はあてにならなかった。

492 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 01:38:00 ID:V10UF5C0
それから七氏さんね書いているように、仏説盂蘭盆経で検索
してみました。
クリン含さんや皆さんもググってごらんなさい。
敢えてリンクはまだ貼りません。
簡単に探せます。
左側に漢文の経典が読み方も添えて示しています。
右側に平明な現代語訳が書いてあり対比できます。
そんなに長い経典てはないから最後まで全文読んでごらんなさい。
七氏さんのいうとおり、盂蘭盆が倒懸やウルヴァンのはずがない
とわかりますよ。
余計な解説は要らない。
原文と訳文それだけでよい。
調べてみてください。
盂蘭盆という単語が経典の中に出てくるのですよ。
どういう使われ方をしているか?
逆さ吊りだったら、なんじゃそりゃと思いますよ。
いかん、ここまでサービスで言ってもた。

493 :樹意:2006/10/27(金) 05:28:46 ID:+Hu2udzi
>>474
> もし、インターネットが存在しないとしたら、あなたは阿含宗批判
> をどのようにしてしますか?それとも、泣き寝入りして我慢しますか?

批判は悪口ではありません、人も企業も発展を志向するところは
批判を欲するものです、

あなただって毎朝鏡に向かって毎日自己批判しているじゃありませんか?
女性なんかは特に念入りにやるでしょう、
やらなかったら恥をかくだけの話です。
口臭を指摘しようかしまいか迷ったときはありませんか?
私は近しい人には教えてあげるようにしています、
うらまれたことはありません、 感謝されています。
そういう方面のことは人に言うからには自身気をつけるものです。
批判に反論できない 悪口であると言い換えるというのは、
口臭を指摘されて、反発するようなものです。
あなたの書き込みも これに置き換えるなら
口臭を指摘されて 
> をどのようにしてしますか?それとも、泣き寝入りして我慢しますか?
というようなものです。
事実は事実 意見は意見 事実に沿った批判は泣き寝入りすべきものでは
ありません、それは対処すべきものです。


494 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 05:46:49 ID:c0TFXuBb
>492
そういう説をとなえる学者もいる(いた。)
ということでしょう。
べつに桐山法話じゃなくったって、どっかの坊さんの法話
とかで昔きいたことあるぞ、そんなもん。


495 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 05:55:44 ID:c0TFXuBb
やっつぱり西遊記は故夏目雅子が三蔵法師のやつが一番だよね。
香取がゴクウやる最近のやつ、金かけて映画作っているようだが
ダメだろ
ゴダイゴ解散してなかったのか?

496 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 09:23:15 ID:V10UF5C0
>>494
そらそうよ。未だに盂蘭盆経で検索すると、口にした食べ物が火に変わってしまうのは
逆さ吊りにされるような苦しみであるなんて書いてるのがいる。
先に倒懸ありきだから不自然でも無理矢理こじつけようとしている。
目連の母が歌を詠んだ。

だめだこりゃ
なにをたべても
あっちっち
さかさにつられた
ようなもん

で、この歌を元に逆さ吊り経と名付けられたとなるとなんじゃこらです。
ウランバナ説を説いた高名な学者の墓参りをしてm9(^Д^)プギャーと笑ってやりたい。
経典を読むとなになに・・・
将来の全ての仏弟子も孝養を行う者もまた、この逆さ吊りを
奉じて父母から七世の先祖までを救うことができるとな。
多くの飲食物を用意して逆さ吊りの中に安じ十方の僧に施して
祈願してもらいなさいとな。
逆さ吊りを用意して仏や僧に施して、父母の長養慈愛の恩に
報いなさいとな。
オ〜?サカサヅリ、ワンダフル!
シンジラレナ〜イ!

497 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 09:27:10 ID:V10UF5C0
で、桐山さんもその例にもれず未だにm9(^Д^)プギャーなわけです。
これを指摘したらかっこよかったのに。

498 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 13:35:32 ID:z9fypwDw
大衆の心理を恐怖と脅しで教団つなぎとめることは当然それは教団自体のカルマとして返ってくるでしょう。
嘘、偽りなく大衆の心理を歓喜させるものでなければなりません。
悪いカルマを絶つべく教団が悪いカルマを深めてどうするのですか。

499 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 19:50:53 ID:Igay+G+e
てやんでえ!カルマが怖くて詐欺師ができるか!
                by セイユー

500 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 19:52:08 ID:aTeBJw9E
500

501 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 15:57:54 ID:LsfuK4lY
何故か知らねど、阿含関連スレが止まっている。全員お出かけ?タ−ミネ−タ−に全てやられた?これ映画の見過ぎ。

502 :阿呆衆統合作戦本部議長:2006/10/28(土) 16:55:27 ID:tQaB1Dk2
とりあえず

和田尚子。




503 :ザ@桐山晴雄:2006/10/28(土) 19:11:15 ID:BAUi5p+5
もう結論が出てるんで「つまらねえ」のでしょうよ。

504 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:18:47 ID:pIDsrdHo
あ〜〜ぁ〜、はよう死んでくれや。 もうスッキリしたいんねん。

505 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:52:55 ID:4lz0kKTb
>>492 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/27(金) 01:38:00 ID:V10UF5C0
>それから七氏さんね書いているように、仏説盂蘭盆経で検索

皆さんも検索して和訳を読んでみましたか。
盂蘭盆経の本文には何カ所か盂蘭盆という言葉が出てきます。
人によって和訳は少し違うが、盂蘭盆の意味だけは明瞭です。
盂蘭盆経は大正新脩大蔵経にあり、前にも書きましたが、
これが世界的にも標準の漢訳経典です。
次に盂蘭盆が出てくる文章だけ引用してみました。
漢訳だけではわかりにくいので、書き下しをしました。
素人の書き下しなので、不適当なところはお許しください。

506 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:54:02 ID:4lz0kKTb
「若未来世一切仏弟子。行孝順者。亦応奉此盂蘭盆。
度現在父母乃至七世父母。為可爾不」
もし未来世の一切の仏弟子、孝順の者がまた此の盂蘭盆を奉るに応じて、
現在の父母ないし七世の父母を度するは、可となるやいなや。

「僧自恣日。以百味飲食安,盂蘭盆中。施十方自恣僧。」
僧の自恣の日、百味飲食を盂蘭盆の中に安じ、以って、十方の自恣の僧たちに施せ。

「年年七月十五日。常以孝順慈憶所生父母。乃至者七世父母。為作盂蘭盆施仏及僧。」
年々七月十五日、常に孝順の慈しみを以って、生父母ないし七世の父母を憶い、
盂蘭盆を作り、仏と僧に施すを為せ。

507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:58:21 ID:4lz0kKTb
>>506 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:54:02 ID:4lz0kKTb
>僧の自恣の日、百味飲食を盂蘭盆の中に安じ、以って、十方の自恣の僧たちに施せ。

三つとも同じ使い方ですから、一番短い二番目を取り上げてみましょう。
簡単に和訳するなら、
「食べ物を盂蘭盆の中に安置して僧侶たちに供養しろ」
というものです。
ここで、盂蘭盆の意味を>>337で紹介したウランバーナ(倒懸)説の“倒懸の苦しみ”、
ウルヴァン(岩本)説の“霊魂”という意味をあてはめてみます。

「食べ物を“倒懸の苦しみ”の中に安置して僧侶たちに供養しろ」
「食べ物を“霊魂”の中に安置して僧侶たちに供養しろ」

食べ物を逆さづりの苦しみの中に入れて比丘に供養する??
食べ物を霊魂の中に入れて比丘に供養する??
信者さんたちの頭にも??が並んだはずで、どちらも意味不明です。
誰が考えても、食べ物を“器”に入れて比丘に供養しろと書いているのです。

508 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:03:46 ID:4lz0kKTb
>>506 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:54:02 ID:4lz0kKTb

盂蘭盆の盂と盆は器という意味です。
蘭は植物のランで、美しい花、つまり盂蘭盆とは
「ランのように美しい器」というくらいの意味です。
日本語でもただのみそ汁を「御御御付け(おみおつけ)」などというように、
盂蘭盆とは器の過剰な装飾語です。
こういう盂蘭盆の詳しい意味がわからなくても、
経典の文章からは、食べ物をいれるのだから、器以外には考えられません。
食べ物を、逆さづりの苦しみの中にいれるとか、
霊魂の中に入れるなど、いったい何の話?
皆さんも驚きませんか。
学者や僧侶たちは1400年もこんなことを信じて、
しかも、近年に至るまでまだ議論していた。
クリン含さんが引用した百科事典がそうであるように、仏教関係の辞典などには、
器説は載っておらず、倒懸説とウルヴァン説がまことしやかに書かれている。
学者がこの有様だから、坊さんたちは言うに及ばずです。
学者たちは1400年の間、「月のウサギはモチをついてる」
「いや、あれはニンジンを食べているのだ」と議論していたようなものです。

509 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:11:00 ID:4lz0kKTb
>>506 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:54:02 ID:4lz0kKTb

盂蘭盆経を読んでみれば、素人でも気が付くことなのに、
なんで大学者すらも気が付かなかったのか。
>>337で紹介した盆器説は1400年前、最初に出た説なのです。
まるで、建物の大きなドアが目の前にあり、入口と表示してあるのに、
「裏側にあるのだ」「二階から入る特殊な構造ではないか」などと
最近まで大学者たちが知恵と時間を使い議論していたようなものです。
理由はこのスレの主旨から外れるので省略するが、
信者さんたちは「学者って、視野が狭いねえ」とあきれただろうか。
視野を狭くして、重箱の隅をほじくるのが学者だから、そのとおりなのだが、
同時に、信者さんたちもまた倒懸説やウルヴァン説を受け入れていたことを思い出してほしい。
クリン含さんを見てごらんなさい。
彼もまた盂蘭盆経を読んだことがないから、
「定説の本や学説を出してみろ、七氏め、出せないのだろう」とあざ笑っていた。
学者の説も論文も必要ないのです。
盂蘭盆経を読んでみれば、そこに答えが書いてある。
盂蘭盆経という建物のドアは、ランの模様が描いてあるだけで、
特別変わったドアではありません。

510 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:12:12 ID:4lz0kKTb
スレ42から部分引用

489 :ユビキタス :03/07/14 08:33
盂蘭盆の語源はインドのウランバーナに由来すると桐山も紹介してますが、盂蘭盆経に
倒懸の概念がないことから、イランのゾロアスター教を信じる民族の霊魂を意味する
ウルヴァンに由来する学説もあります。

702 :トロイのヨコハマ :03/07/17 00:04
そうそう。そのウルバンのこと。言ってましたよ。万灯会で。爺さんが。
法話の冒頭は、『私が、懸倒のことしか言わないと思っているのだろうが、
実はこんなことだって知っているんだ。本当は。』ってね。「場内笑い」

707 :トロイのヨコハマ :03/07/17 00:29
<万灯会法要法話>
・いつも、ウランバーナの話しかしないだろうと思っているのだろうが
 そうはいかない、ウルバンだって知っているんだ。どうだすごいだろう。

511 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:17:40 ID:4lz0kKTb
>>510 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:12:12 ID:4lz0kKTb

思い出してほしいのは、どうして、信者さんたちもクリン含さんも
倒懸説やウルヴァン説を受け入れていたのか、ということです。
桐山さんから聞いたからですよね?
他の坊さんから聞いたこともあるかもしれないが、
受け入れたのは桐山さんから聞いてからのはずです。
桐山ゲイカは長年倒懸説を唱え、ウルヴァン説はようやく2003年になって一度出した。
それも、>>510のトロイさんの証言からすると、批判が行ったかららしい。
このスレでは2001年には盂蘭盆経が偽経典であること、
2002年には倒懸説が間違いであることを指摘している。
>>510の日付に着目してください。
ユビキタスさんが桐山さんの採用している倒懸説を批判して、
ウルヴァン説を指摘したのは2003年7月14日(03/07/14 08:33)です。
そして7月15日の万燈会で桐山さんは、ウルヴァンを知っていると述べた。
なんと素早い反応。
スレを読んでいた職員が桐山ゲイカに御注進申しあげたのでしょう。
しかし、逆にいうなら、この時まで桐山さんは一度もウルヴァン説を
取り上げたことすらなかったのです。
桐山さんは批判を聞いて、ようやくウルヴァン説を出してきた。
批判されて、仏教辞典などをあわてて調べて、
さも最初から知っているかのようにウルヴァン説を出したのでしょう。
しかも、その後は相変わらず倒懸説です。

512 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:21:37 ID:4lz0kKTb
>>510 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:12:12 ID:4lz0kKTb

盂蘭盆会は阿含宗を立宗した1978年には行われていた。
桐山さんが盂蘭盆のことを言い出したのはもっと昔で、古くは
『慈眼』29号、昭和41年7月号に「ウラ盆会の話」と題して教宣部が書いている。
教宣部といっても、これは明らかに桐山さんです。
内容は倒懸説です。
桐山さんは昔から盂蘭盆会をやっていた。
2003年までに少なくとも40年近くも行われ、桐山さんは毎年二回、
倒懸の話だけをして、ウルヴァン説すらも出したことがなかった。
ユビキタスさんからの批判で一度ウルヴァン説を出したが、
倒懸説でなければいけない理由すら説明していない。
知らないと言われたのが悔しいから出しただけだから、それっきりです。
阿含宗の公式の文章にも倒懸説しか出てこない。
信者さんたちが「逆さづりの苦しみ」しか知らないのは当然なのです。

513 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:28:39 ID:4lz0kKTb
>>507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:58:21 ID:4lz0kKTb

「食べ物を“倒懸の苦しみ”の中に安置して僧侶たちに供養しろ」
倒懸説が正しいなら、こんなふうになってしまう。
これを今でも阿含宗は説いているのですよ。
2003年に間違いを指摘されて出したウルヴァン説も、
「食べ物を“霊魂”の中に安置して僧侶たちに供養しろ」
桐山さんが信者さんたちに説明しているのは、こんなメチャクチャな内容なのです。
盂蘭盆がどういう意味か知りたければ、
盂蘭盆経の本文をちょっと読んで見れば書いてある。
ネットで見ればわかるように、読むのに苦労するほど長い経典ではありません。
この桐山さんの実態を見たとき、一つ重大なことに信者さんたちは気が付かないか。
それは、「桐山ゲイカは盂蘭盆経を読んだことがない」。

514 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:38:40 ID:4lz0kKTb
>>507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:58:21 ID:4lz0kKTb

「桐山ゲイカは盂蘭盆経を読んだことがない」
信者さんたちは私が>>506に引用した盂蘭盆経の一部を読んだだけで、
盂蘭盆とは何かを理解した。
桐山ゲイカも、もし盂蘭盆経をしっかりと読んだら、
盂蘭盆が器であることがわからないはずはない。
四書五経を子供の頃から暗記させられ、漢文の素養をもっていると自惚れ、
応供を「供養に応える」などと知ったかぶりで読んでしまう桐山ゲイカでも、
本文の盂蘭盆が「逆さづりの苦しみ」などではありえないことに気が付く。
ところが、倒懸説を出し、それを批判されると、さらにウルヴァン説など、
意味の通じない説を今に至るまで主張している。
解説書くらいしか読んでいないから、知らないのです。
一宗の宗祖であり、盂蘭盆経について信者に説教し、金を出せというなら、
盂蘭盆経くらい読んで理解するのが当然ではないか。
読みもしないで、信者にさもすべてを体得したかのようにお説教をしていた。
どうですか、解脱したブッダだという桐山ゲイカのこの厚かましさ。

515 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:41:46 ID:+oLUWkqy
ゲイカも没後は逆さづりかな?

516 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:43:19 ID:4lz0kKTb
>>507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:58:21 ID:4lz0kKTb

「桐山ゲイカが読んでいないなんて、七氏の想像でしかない」と反論が来るかもしれない。
では読んだことにしましょう。
すると、もう一つの袋小路に突き当たる。
仏陀の智慧を持つのに、どうして素人すらも気が付くことに気が付かないのか。
桐山ゲイカは信者や学者のような凡人ではなく、
高度な仏陀の智慧をお持ちの方なのですよ。
凡人がなす間違いはするはずもなく、凡人が気が付くことには気が付かないはずはない。
学者たちの迷走を笑って、正しい答えを示せたはずです。
桐山さんが盂蘭盆経を読んだとすれば、そこから次の結論が出てくる。
「桐山ゲイカには仏陀の智慧などない」
桐山さんの知識は一般書からなんら出ていない。
解説書をちょっと斜め読みして、中身を体得したかのような
いつもの「即身思い込み」があるだけです。
盂蘭盆をウランバーナという梵語から来ているのだと解説すれば、
信者たちは、桐山ゲイカが実に物知りであると感心してくれる。
岩本教授がウルヴァン説を出たのは、クリン含さんが>>304で出したように1974年です。
桐山さんが盂蘭盆の行事を始めた頃は倒懸説一色だったから、
一般書や仏教辞典まで倒懸説が主流だった。
だから、桐山さんの頭には倒懸説しかなかったのです。
この桐山さんのどこに仏陀の智慧があるのだ?
解説書を読んで、さもすべてを知ったかのように振る舞うのが
桐山さんの仏陀の智慧らしいが、普通はそういうのをハッタリという。

517 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 23:51:21 ID:4lz0kKTb
>>507 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 22:58:21 ID:4lz0kKTb

阿含宗の盂蘭盆会についてまとめるなら、次のようになります。
1.盂蘭盆経は偽経典
盂蘭盆経は由来不明の偽経典であり、内容はすべて作り話、物語にすぎない。
釈尊は先祖供養や死者成仏を否定した。
阿含経を護持すると称しながら、物語を元にして万燈会は開催されている。
2.盂蘭盆の意味すら理解していない
盂蘭盆を桐山さんは長年倒懸だと信者たちに説法してきた。
だが、盂蘭盆とは器以外に解釈のしようのないものである。
つまり桐山さんは盂蘭盆経をちゃんと読んだことすらない。
あるいは読んでも理解できない程度の知性しかない。
3.目連を目蓮と書く無知
今の阿含宗では目連を目蓮と書いているが、
盂蘭盆経でも阿含経でも目蓮などという表記はない。
4.ご都合主義
普段は伝統仏教や大乗経典を激しく批判しながら、
盂蘭盆会という金集めに都合の良い行事だけはしっかりと取り入れている。

以上のような点を批判されたら、桐山さんは答えようがない。
だから、桐山さんは盂蘭盆経の正体や無知を信者に知られたくないのです。
盂蘭盆経という一つの切り口でも、桐山さんは嘘がなんともなく、
しかも、仏陀の智慧どころか、普通の知性すらも怪しいのがわかる。
信者さんたちも盂蘭盆経そのものよりも、桐山さんがせっかくシッポを出しているのだから、
しっかりと仏陀様だという桐山ゲイカの正体を見ることです。

518 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/28(土) 23:57:31 ID:uu5KzEPi
それではここで自分で自分のお尻も拭けないお子ちゃまの為に
リンクを貼ってあげましょうね。
わかりやすいでちゅよー。

http://www.sakai2aq.ne.jp/piicats/urabonnkyou.htm

クリン含さん、ご感想を。

西からやってきたバカボンが♪東に素通り〜♪
これでいいのだ♪これでいいのだ♪
ボンボンウラボンウラボンボン♪
作り話だ♪ウ〜ラボンボン♪
盂蘭盆なら毛糸洗いに自信が持てます♪

519 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
うざいんだよ!
お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。
それでいいじゃねーかボケが!
釈迦が言ったとか、いわんとかどうでもいいことだ。
阿含宗が説こうが説くまいが、お盆には田舎に帰って先祖供養をする。
とてもいいことだ。

520 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:43 ID:LJdz8v/+
そんなことよりW田なんとかしろ!

521 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/29(日) 00:04:27 ID:9Y21Jihl
いかん!ケツが拭けん!
もういっちょ

http://www.sakaizaq.ne.jp/piicats/urabonnkyou.htm


522 :この野郎! ◆PYjGRf6fDs :2006/10/29(日) 00:08:12 ID:9Y21Jihl
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/urabonnkyou.htm


523 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/29(日) 00:40:01 ID:9Y21Jihl
ったく、偽経典は世話を焼かせるわ。さて・・・

511:名無しさん@3周年 :2006/10/28(土) 23:17:40 ID:4lz0kKTb
>ユビキタスさんが桐山さんの採用している倒懸説を批判して、
>ウルヴァン説を指摘したのは2003年7月14日(03/07/14 08:33)です。
>そして7月15日の万燈会で桐山さんは、ウルヴァンを知っていると述べた。
>なんと素早い反応。
>スレを読んでいた職員が桐山ゲイカに御注進申しあげたのでしょう。

これは私も気付きませんでした。
むしろ私は今回これを掘り起こす時に苦笑したものです。
私がお盆の季節にウルヴァンの話を出したところ桐山さんも
ウルヴァンの話をしたそうだ。
その時既に退会して半年が経っていたのだが、まだ未練あって
関東別院にモグリで参拝に行ってその時聴いた話を出した
などと邪推する奴がいるかもしらんなあと。
しかしそれは反証された。
むしろ私が桐山ゲイカの師匠になってしまった。
トロイさんの報告ではないが、桐山さんが俺はすごいだろう
と自慢したのなら、信者は私をもっとすごいと尊敬しなさい。
10万円でおっかさん救ってやるぞ。

524 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/29(日) 00:51:35 ID:9Y21Jihl
>>519:名無しさん@3周年 :2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
>うざいんだよ!
>お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。
>それでいいじゃねーかボケが!

いや、一般論的に私もそう思いますよ。
しかし阿含宗の先祖供養とは特殊も特殊で、先祖を尊ぶ風習
ではなく、先祖を自分たち子孫に祟りをなす霊障と侮辱し
この始末を大真面目に大金はたいて行うものです。
10万円はまだ出せぬ先祖にとりあえず3500円の電気灯りで
がまんしてもらって、いずれ10万円で救ってあげるからね
と語りかける傲慢な子孫どもです。
こんなものは日本の良き風習のお盆行事ではない。

525 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 09:38:49 ID:M4c6j8tT
勿論! 芸下はあの世では逆さ吊りの刑です。 これは確定です。
すべての怨念が芸下に向ってますから。 あわれな詐欺師の末路です。

526 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 10:35:57 ID:M4c6j8tT
桐山靖雄 = 別称・銀狐
桐山靖雄 = 職業・詐欺師
桐山靖雄 = 性格1・大法螺吹き
桐山靖雄 = 性格2・ナルシスト
桐山靖雄 = 趣味1・餓鬼的美食
桐山靖雄 = 趣味2・囲碁
桐山靖雄 = 疾病1・慢性糖尿病
桐山靖雄 = 疾病2・脳梗塞
桐山靖雄 = 疾病3・痛風(松葉杖が必要)

こんな奴を聖者、解脱者と崇めている信者も最低ですな。
早く目を覚ませと言いたいよ。

527 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/10/29(日) 11:39:30 ID:lkpEyK6n
本殿に参拝に来てくださいね。
じゃないと素戔嗚神社や水天宮が
建立出来ません。造るきなんか無い
でしょうが。

528 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 11:56:04 ID:M4c6j8tT
素戔嗚神社じゃなくて別称阿含稲荷神社だろうが。
将来、銀狐と女狐を祭るんだろうよ。

529 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 13:01:17 ID:iZPc+4AJ
すさんだの〜神社だろうよ

530 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:43:38 ID:oYy9KUiD
>>519 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
>うざいんだよ!
>お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。
>それでいいじゃねーかボケが!

日本の伝統風習を大切にするのであれば、盆器と解釈しないと
おかしいことになる。

室町時代に成立した有職故実書の「公事根源」の「盂蘭盆」の項目には

>盂蘭盆とは梵語なり。倒懸救器と翻訳す。
>倒懸とは、倒にかくるという意なり。
>餓鬼のくるしみを思ふに、倒にかけたらんが如し。
>救器は、この餓鬼の苦を救ふうつはものなり。
>(明治25年2月6日出版「日本文学全書」版より、「翻訳」は新字に改めた)

と「うつはもの(器物)」と書いてある。また、明治期に出版された解説書
「仏説盂蘭盆経皷吹」にも盆器としての説明が書いてある。ゲイカは盂蘭盆経
どころか解説書すらも読んでいないか、もし読んでいたとしてもナナメ読みで
お茶を濁していたのでしょう。

なお「公事根源」も「仏説盂蘭盆経皷吹」も国会図書館の「近代デジタルラ
イブラリー」でネットから読めます。


531 :樹意:2006/10/29(日) 17:13:53 ID:mwZBhj9Q
結局 お金になるなら何だっていいわけですよ、
そんなものに誓願だの、使命を果たせ だのとノルマを課していた
心根というのは まさに魂の犯罪者の名にふさわしいものと言えるでしょう。

>>189
> 関係している警備会社は上場企業と会津○○○と山○○で特に山○○系の阿○警備は土地絡みで密接な関係にあるやにうかがっています。
> 注意するとしますか。

鈴虫さんで思い出しました
やくざ 税金 宗教法人でぐぐると こんなん出てきました、
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/171.html
出てくるヤの字 右翼まで○策さんの魔ねせんでもいいような感があります、
美香締めを払っているだけならまだ いいのでしょうが 
十界の因縁論の法話からいくなら 
自分がそういう点数であるから 集まるのはヤの字ばかりという事なのでしょう。

カルトがこの国をいかに蝕んでいるか、
そんな存在に先祖供養であると浄財を捧げる愚かさに信者さんたちは
気づいてほしいと思います。
倒懸 させられた認識は改めるに遅いという事はありません。



532 :樹意:2006/10/29(日) 17:44:43 ID:mwZBhj9Q
>>488
> >>429 :クリンちゃん :2006/10/25(水) 23:13:10 ID:qTQjWgAp
> >ということは汝らの釈尊は宗教家ではない。
>
> アーナンダが「友を選ぶのは(修行の)道の半分ですね」と言うと、
> 釈尊は「すべてだ」と言い直している。

「善いかな、善いかな、サーリプッタよ。サーリプッタよ、善き友情を持ち
善き仲間を持ち、善き交遊をもつというこおてゃ、これはこの聖なる修行の
全てである。−− 」
ーーー
ここにおいて比丘は、欲望の対象を遠ざかり、−−−−
 サーリプッタ 南伝 相応部経典 45 3、 増谷文雄氏訳
成仏法だの七課三十七道品だのといいますが、おしゃかさんは、
> 釈尊は「すべてだ」と言い直している。
はっきり言うなら こういう欲望の対象から遠ざかるような宗教には
旨みも何もありませんから そういうヤの字のような虫の取り付く島が無いわけです。
腐臭を発し、旨みがあるから寄ってくる、
そんなものを大事な大事なご先祖に供養してはいけないのです。


533 :樹意:2006/10/29(日) 17:46:25 ID:mwZBhj9Q
>>532

> 善き仲間を持ち、善き交遊をもつというこおてゃ、これはこの聖なる修行の
> 全てである。−− 」

修正  
善き交遊をもつということは −−− (^^!

534 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 10:53:30 ID:CVMIjRiA
age



535 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

536 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 12:21:38 ID:9WpbtaKV
>>535 かりにそれが事実だとしてもボンギョーまでやらされる、ということはないでしょう?

537 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 14:31:02 ID:WWCSVh4L
>>531 :樹意 :2006/10/29(日) 17:13:53 ID:mwZBhj9Q
>十界の因縁論の法話からいくなら 
>自分がそういう点数であるから 集まるのはヤの字ばかりという事なのでしょう。

今日の朝日新聞の記事に興味ぶかい記事がありました。
「東証、暴力団排除を強化 警察庁と情報照合」
http://www.asahi.com/business/update/1030/038.html
>暴力団などとの接触が見つかった企業は株式の新規上場拒否や上場廃止を
>検討する。

民間企業の場合、最近はコーポレートガバナンス(企業統治)の大きな要素
としてコンプライアンス(法令遵守)が求められ、営利企業といえども社会
的責任を果たしているかが問われるようになってきました。

宗教法人と民間企業を同じ物差しに当てはめることは無理があるにせよ、
ある一定の社会的責任を果たして阿含宗が果たしているのか?

http://www.agon.org/philosophy/phil0306.html には
>いま、阿含宗は、仏勅をかかげて、真正仏舎利を本尊とする社会浄化運動
>に、大きく歩み出そうとしているのである。

と書かれているが、大金を積んで買ったニセモノの仏舎利を掲げ、裏社会と
つながりのある阿含宗が「社会浄化」などというのが笑止千万なわけです。

今後民間企業と裏社会のかかわりが排除されていく分、宗教法人への関与
がこれから増えていくのではないでしょうか。

538 :樹意:2006/10/30(月) 22:19:55 ID:MH10Te6/
>>537
> と書かれているが、大金を積んで買ったニセモノの仏舎利を掲げ、裏社会と
> つながりのある阿含宗が「社会浄化」などというのが笑止千万なわけです。

まったく仰る通りです。
どうしても 関わりあうのに避けて通れないなら、その旨公開し、信徒の
信認を得てやるべきです。
というより因縁の点数から言えばまったくご縁が無いのが本当であり
仮に縁があったとしても教化するオーラがあるはずです。
(ジェット機を思わすオレンジのオーラの更に上をいくオーラのはずです)

武装した警備員に守ってもらわないといけない道理など 常日ごろの法話
から出てくる道理がありませんし これは五蘊無我とは反対であり
我執から出てくる恐怖の裏返しです。


539 :樹意:2006/10/30(月) 22:56:54 ID:MH10Te6/
>>537
> 今日の朝日新聞の記事に興味ぶかい記事がありました。
> 「東証、暴力団排除を強化 警察庁と情報照合」

余談になりますが、私に言わせるならゴッドファーザーが
ちんけなヤの字をコズいている図に見えます。

有名なジェイコム誤発注で明るみになった通り、凍傷アンド小剣会社
彼らには
ルールといったものは存在しません、
空売りできない銘柄を空売りしたり、あまつさえIPO銘柄まで
発行部数を遥かに超える空売りが可能という事は自由自在に株価操作が
可能という事です。
システム以前の問題として 発行部数を越えた注文を出せるという
カラクリが今まであったわけで これはこれからも是正される
事は無いでしょう。
ルールで縛られるのは個人透視家だけなのです。
従ってここにもインチキがあります。
ゲイカもこれと同様であり、自らは戒というルールの外にあり
自らの都合によって布教という戒 布施という戒 もろもろの戒を
信者に課すわけです。

ダブルスタンダードをするところは気をつけないといけません。
某大手小剣会社などはアメリカに上場しないかという誘いは
受けていますが、何かと検査が厳しいのを嫌い、上場は断っています。
その点ゲイカの場合は日本との土壌の違いを考慮せず、アメリカに
支部を持ちましたが、撤退という選択をしたようです、
その点はさすがに自らの土壌をわきまえる小剣会社に部があるようです。



540 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:32:07 ID:EFuZqJLe
最近、七氏さんとユビキタスさん、書き込まれませんね。
何か、阿含宗からされたのでしょうか
新興宗教を甘く見ないほうが良いですよね。
ましてカルトの噂のある団体の批判をする時は。

541 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 06:59:10 ID:EFuZqJLe
空売りで株価操作ですか、なーるほど。

542 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/31(火) 08:51:59 ID:iJs6Zclj
>>540
ゴボゴボゴボゴボゴボゴボ・・・・・・
ここはどこだ?薄暗い。
今は朝か?昼か?夜か?
俺は東京湾に沈められたのかな?氏んだのかな?

んなわけねーよ。
擁護側で誰も書き込まないからのんびり待機して、ってか
普通の暮らしをしているわけです。
スレを覗くにしても阿含宗スレとかに偏っておらず、まあネット
の面白味をエンジョイしています。
レスつける勝ちあるカキコがされた時に反応すればよいなと。
最近はザのスレでも夜祭さんこと星祭さんがw田批判、体制批判
のみですが、教団批判に走って、以前ほどこちらに食いついて
こないので、こちらは暇させてもらっているわけです。
まだまだ教祖の本質の悪意までは追及できずにいますが、
現役信者の教団批判は他の信者にとっても読む価値がありますね。
情報に疎い田舎者も多いですから。
クリン含さんみたいに関東別院の例祭などに出れる環境でも
情報音痴はいるのです。
そういう人たちにとって参考になります。

543 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 08:54:49 ID:IINf0H5l
>>541 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 06:59:10 ID:EFuZqJLe
>空売りで株価操作ですか、なーるほど。
いやいや、三宝の「粉飾決算」ですよ。阿含宗の場合は。

544 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 08:57:51 ID:IINf0H5l
もっとも、一連のスレに書かれたことからすると
会計のほうも粉飾してそうですが。

545 :ザ@桐山晴雄:2006/10/31(火) 11:13:24 ID:rTEQAqd/
見ていてごらん、桐山Wダ阿含宗は「オーラなんとか」なんて
いいだすよ。色別でわかるとかね、特別霊視とかね。見方伝授とか
またまた「ちんけな新商品」発売だよ。ほんとわらえる。

546 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:24:41 ID:RvMTZZxI
>>540 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:32:07 ID:EFuZqJLe
>何か、阿含宗からされたのでしょうか

阿含宗からは何もされていませんが、おっしゃることはそのとおりで、
用心にこしたことはありません。
桐山さん本人が暴力を指示するほど頭が逝ってしまってはいないだろうと、
前は考えていましたが、批判本を金を使って封じ込めたとか、
拳銃で武装した右翼に警護させていたという事実を見ても、何かしてもおかしくはない。
また、桐山さんの周囲におかしいのがいれば(たくさんいる)、
阿含宗が縮小しているのを、教祖の無能を棚にあげて、
批判側が悪いと信じ込み、何かしでかすかもしれない。
信者さんたちはマサカと思うだろうが、
桐山さんが拳銃で武装した右翼に警備させ、星まつりには地元の
ヤクザがベンツを連ねて参拝しているという事実をよくみることです。
批判側はとにかく用心しましょう。
批判側で私のように多くの書き込みをしている人で、事情でスレを去る時、
長期的に休む時は、一言断りを入れたらどうでしょう。

547 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:28:47 ID:RvMTZZxI
>>540 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:32:07 ID:EFuZqJLe
>最近、七氏さんとユビキタスさん、書き込まれませんね。

書き込みが減ったのは、>>542のユビキタスさんと同じ理由です。
また、信者側の推測と違い、某教団の回し者ではなく、自分の生活があり、
普通に仕事をしており、ここは空いた時間の片手間にすぎないということです。
最初からそうで、私は信者さんたちに情報は提供するが、
詐欺師に騙されるのが好きで、宗教家畜の道を選ぶのは自由です。
自分の知り合いの信者など、世の中にはけっこうこういう人たちがいる。
桐山さんのてんこ盛りの嘘を並べられても、知性においても、感情においても何も感じず、
むしろ、批判や指摘に反発して、もっとしがみつく人すらいる。
人間に成長過程があるように、たぶん魂にも成長過程があるのでしょう。
小さい子供がどんなひどい母親でも擁護して、しがみつくように、
魂が子供の人は教祖のひどさを指摘されても依存から離れられない。
こういう人たちやかつての自分を見ると、
釈尊が知性を説いたのもわかるような気がします。
しかし、私は凡人ですから、子供を無理に母親から引き離すことではなく、
親離れが始まりそうな人に呼びかけているだけです。
魂の親離れが始まっている人はこのスレを読めば、過去スレも必ず読みます。
そうでない人は母親から引き離されることを恐れて、ツバを吐いて、立ち去る。
初めて来た人のために、批判がリアルタイムで進んでいることは大切だが、
親離れの時期が来ている人には必ずしも必要ではないのです。

548 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:34:36 ID:RvMTZZxI
>>519 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
>うざいんだよ!
>お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。
>それでいいじゃねーかボケが!

そのとおりで、お盆に先祖をしのぶのは日本の風習であり美徳です。
ただ、他人に美徳説くのに、「うざいんだよ!」「いいじゃねーかボケが!」
という恒例の子孫の罵声には、さぞやご先祖さんが赤面されていることだろう。
本当に先祖供養をしたいと思うなら、まずそういう下品な発言をやめることです。
「親の顔が見たい」ではなく「先祖の顔をみたい」になってしまう。
もっとも、あなたの家系が代々ヤクザでもやっていて、
桐山ゲイカのように気に入らない相手を「キサマ!」「このバカつまみ出せ!」と罵ることを、
奨励しているのなら、伝統を守る子孫に先祖も喜んでいるでしょう。

549 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:37:37 ID:RvMTZZxI
>>519 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
>お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。

ヤクザ家業の方にも理解できるように、繰り返し説明しましょう。
ここではお盆への批判をしているのではありません。
阿含経を護持していると称する阿含宗の盂蘭盆会がおかしいと批判しているのです。
阿含宗のチラシには次のようにある。
「盂蘭盆会とは、お釈迦さまの教えに基づく先祖供養の法会です。
お釈迦さまのご在世時、高弟の目蓮尊者は・・・」
過去のチラシではなく、今年のチラシにこうあるのです。
阿含宗の盂蘭盆のどこにお釈迦様の教えがあるのですか。
盂蘭盆経の話は後世の作り話だし、阿含経の釈尊も説いていない。
阿含宗でいうお釈迦様とは、ニセ経典の法華経などに出てくる釈尊ではなく、
阿含経の釈尊です。
「お釈迦様の教え」というなら、阿含経の教えでもあるはずです。
しかし、阿含経のどこにも盂蘭盆経の話も教えもない。
むしろ、阿含経の釈尊は死者の供養や成仏を否定した人です。
大乗経典をニセ経典だと批判して出てきたはずの阿含宗が、
なんで偽物だとはっきりわかっている経典を元にした行事をするのですか。

550 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/10/31(火) 12:43:20 ID:iJs6Zclj
>>545:ザ@桐山晴雄 :2006/10/31(火) 11:13:24 ID:rTEQAqd/
>見ていてごらん、桐山Wダ阿含宗は「オーラなんとか」なんて
>いいだすよ。色別でわかるとかね、特別霊視とかね。見方伝授とか
>またまた「ちんけな新商品」発売だよ。ほんとわらえる。
情報音痴の方の為に情報提供。
東京駅前八重洲の地下街の有名な足の裏マッサージの店の隣に
ヒーリンググッズを売ってる店あります。
そこで3千円か4千円くらいでオーラの撮影がしてもらえます。
またチャクラの撮影もしてもらえます。
私は撮ってもらったことありませんが。
だからそういうネタを阿含宗がパクっても不思議はないという
ことだけ頭に入れておいてください。
高価格商品にひっかからないように。
八重洲より安かったら利用したい人はすればいいんじゃないですか?

551 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:45:49 ID:RvMTZZxI
>>519 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 00:00:01 ID:tFhMAjD2
>お盆は日本の先祖供養の風習であり美徳である。
>それでいいじゃねーかボケが!

ボケでない519さんは桐山さんの言うとおりに万燈会に参加したのでしょう。
参加しないと、あなたの先祖は大変なことになる。
桐山ゲイカが去年発売したばかりの「阿鼻野街道」です。
桐山ゲイカの霊視によれば、「阿鼻野ケ原」に作られた四車線ほどの阿鼻野街道を
死者たちは寒風に吹かれ、泣きながら歩き続けるのだそうだ。
ところが、阿含宗で子孫が3500円也の万灯を買うと、
あんら、不思議、奇跡は起きる!

552 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:47:36 ID:RvMTZZxI
『アゴン・マガジン』1号、15頁

ところがこの質問にあるように、生前に万燈供養を行った人、あるいは子孫から万燈によ
る追善供養を施されたお霊は、死んで阿鼻野街道を歩いているときに、遠くの空に万燈の明
かりが灯っているのを見つけるのです。しかし、他のお霊たちはそれを見ることができませ
ん。この明かりを頼りに歩いていくと、お霊は阿含宗の本山総本殿にたどり着きます。阿含
宗の本山は仏界・霊界直結の聖地ですから、ここに到着して総本殿をお参りしたお霊は、一
瞬にして冥界にたどり着きます。冥界に入ると生前に自分が造っておいたお墓、あるいは先
祖代々のお墓が眼前に出現します。お霊はこの中に入ってようやく安らぎを得て、安らかな
眠りにつくことができます。また、ここには子孫がお墓やお仏壇に供えてくれたお供物が届
きますので、お霊はそれを頂戴して飢えと渇きをいやすことができるのです。

553 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:51:10 ID:RvMTZZxI
>>552 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:47:36 ID:RvMTZZxI

これを読むと、3500円の万燈なしには阿鼻野街道からは出られそうもない。
死んでからまで墓が必要で、子孫が食べ物を供給してくれないと、
飢えや渇きをいやすことすらできない。
信者の先祖は大変でございますよ。
阿鼻野街道で子孫が阿含宗の万燈会に金を出してくれるかどうか、
首を長くして待っている。
信者さんたちの先祖はみなさん餓鬼に堕ちて、
肉体もないのに、食べ物を出してあげないと餓えている。
阿含宗の信者の先祖って、どうしてこんなに死んでからまで、手間暇がかかるのだ?
不成仏霊になり、供養してあげないと阿鼻野街道で迷い、
霊障のホトケとなって生きている人たちに大迷惑をかける。
世間では先祖は親族だが、阿含宗では疫病神です。
こういう設定に信者さんたちはそろそろ何か疑問を持たないのだろうか。
信者さんたちは「3500円くらいなら出してやるよ」と優しい心をお持ちでしょうから、
万燈を出されたことでしょう。
しかし、それだけで済ませてくれないのが、桐山ゲイカなのです。

554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
『アゴン・マガジン』1号、16頁

しかし、お墓のないお霊にはそのような余裕はまったくなく、ただ
ただ飲み物と食べ物を探し歩き、宿るべき肉体を求めてさまよう浮浪霊となるわけです。さら
には肉体が欲しい、休まる場所が欲しいというせっぱ詰まった思いから、肉体が持てればなん
でもよいという気持ちになり、豚や犬、あるいは猫などの動物に生まれ変わってしまいます。
動物に生まれ変わると人間のころの意識はなくなります。豚に生まれたならば豚の意識し
か持たず、ただプウブウと鳴いて餌を漁るだけです。動物に生まれてしまったならば、二度
と人間に生まれてくる見込みは立たないと考えてよいでしょう。人間として生きて、人間と
して死に、人間の霊魂としていろいろな経験をしてはじめて、来世もしかるべき人間に生ま
れることができるのですから。
霊魂が宿るべきお墓を造っておかないと、以上のような悲劇が起きます。

555 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:01:58 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/

信者さんたちも桐山ゲイカの御法話をよく読んでください。
万燈会で先祖を供養すれば、その功徳であなたは阿鼻野街道からは
なんとか抜け出せるが、話はそれだけでは終わらない。
ただ飢えと寒さに苦しむだけでは済まない。
阿含宗の墓がなければ、やがて浮浪霊になる。
たぶん、あなた方の大半は阿含宗の墓なんか持っていない。
先祖代々の墓があったとしても、成仏リキを持たない坊さんが管理しており、
霊的に不浄だからダメです。
墓がないと、なんと動物に生まれ変わる!!
ブウブウと鳴いてエサをあさるだけで、人間であったことも忘れてしまう。それだけではなく、もっと絶望的なことに、
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

556 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:04:11 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

桐山ゲイカのこの言葉に信者さんたちは恐怖に囚われたはずです。
青柿さんですら絶句していた。
万燈会で供養するだけでなく、墓も買わないと、解脱どころか、
人間として生まれ変わることもなく、
一度動物に転落したら、二度と人間に生まれることはないというのです。
あなたが方が深く深く信じている桐山ゲイカの
霊視なのだから、これは絶対に間違いない。
18人の霊障武士がインチキだなんて話はこの際、忘れなさい。
ソンディが異母兄の生まれ変わりなんてありえないなんて、
批判側の悪口でしたよね?だったら、忘れなさい。
桐山ゲイカは、死者の成仏を否定した阿含経から、
死者の成仏法を体得したくらいだから、ゲイカの霊視能力に間違いはない。
さあ、信者さんたちは有余依根の聖者様のいう言葉を、
耳の穴をかっぽじって聞いてほしい。

557 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:09:21 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

阿含宗の墓を持っていない信者さんたちは全員が豚に生まれ変わることになる。
ということは、そう!仏陀の智慧を目指す信者さんたちなら、
何をしなければならないか、桐山ゲイカが法話で何をおっしゃりたいか
直感と霊感でビビッと来たでしょう。
「阿含宗の墓を買え」と言っているのです。
嘘だと思ったら、絶対に当たるという密教占星術で占ってください。
ほーら、一番掛けから四番掛けまで全部大凶。
四番掛けでは「霊障のおそれあり」まである。
このままでは墓を持たない信者さんたちの阿鼻野街道は
真っ直ぐに養豚場に通じていることは決定です。
凡人の私が言っているではなく、大霊能者の桐山ゲイカがおっしゃっているのです。
>>552,>>554の法話での桐山ゲイカの獅子吼を端的にまとめてあげましょう。
「柏原の墓を買え!柏原も買えない貧乏人は冥徳墓を買え!」

558 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:12:17 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

ここで、私が信者さんたちのために輪廻転生の真実を特別に伝授いたしましょう。
それは、信者さんたちはすでに動物に輪廻転生しているということです。
死んでから、行き先がなくて、動物に輪廻するのではなく、
あなた方はすでに動物に輪廻転生したのだ。
だから、宗教家畜なのだ。
桐山さんから阿鼻野街道のムチを当てられて、恐怖心から、
ブウブウ啼きながら、金を出して、万燈会や墓石を買う。
恐怖心から墓石を買う人なんて世の中でも珍しい。
まさに宗教的な家畜状態で、信者さんたちは十分に犬や豚です。
だから、>>519さんなど「うざいんだよ!」「じゃねーかボケが!」などと、
道理も理屈もなく、うなり、吠え、噛みつく。
阿含宗でもこういう人を畜生クラスといいます。
しかし、519さんのようにシツケが悪くて無駄吠えする犬でなくても、
信者とは豚、牛など、種類こそ違うが、全員が宗教家畜です。
罵倒と受け取られないように申しあげるが、私も元は阿含宗の宗教家畜です。

559 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:15:02 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

宗教牧場の牧場主をご紹介しましょう。
『アゴン・マガジン』のカラー頁をごらんください。
9月に桐山ゲイカはシルクロードを訪問された。
杖をつき、腰を曲げ、車椅子に乗り、後ろから押してもらっている。
日本で85歳といえば、自分の足で歩いている老人は珍しくもない。
桐山ゲイカは、「年を聞くとみんな驚く」と昔から自分の若さを自慢していた。
また、五つの超人的能力でも
「4.強靱な体力と卓抜な精神力」
とある。
一日3〜4時間の睡眠で激務をこなしていたという。
こういう自己申告が本当だったかどうか、信者さんたちもよく見ることだ。
もっとも、超人的能力の末路が車椅子ということに恥すらも感じないで、
信者たちに公開するその「卓抜な精神力」だけはすごいと思う。
ただし、普通はこれを卓抜した精神力ではなく、脳が老化したといいます。
信者さんたちは練脳塾で厳しい訓練を積んで、身心の鍛錬をして、
85歳になったら、杖と車椅子で生活したいのですね。

560 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:20:21 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

牧場主の今回の旅はただの観光旅行・・などというのは凡人の目であって、
桐山ゲイカは仏教が伝わった道を歩み、「桐山小学校」のために訪問したのだ。
ご一行様が行くのには、市民がシルクロードに行くのとは桁違いの旅費がかかる。
中国側が歓迎してくれるのは、聖者様方だからではなく、
「小学校を寄付してくれる大金持ちの日本人」だからです。
だから、気前の良いゲイカが手ぶらで行けたはずはない。
そのお金こそは、宗教牧場からの収益が使われる。
盂蘭盆会の皮をかぶり、先祖を人質にして、宗教家畜たちを阿鼻野街道ばかりか、
「豚に輪廻するぞ」「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」とまで脅迫して、
万燈会や墓石で集めた金で、中国に朝貢して、阿含貴族としての歓待を受けた。
記念写真で、桐山ゲイカの隣ににこやかに座るW田さん、
後ろに満足そうに立つF田さんを見て下さい。
すべては阿含宗牧場で宗教家畜を脅迫して得た収益のおかげです。

561 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:23:58 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

信者さんたちは、自分は信徒であって宗教家畜ではないと言うだろう。
もし、実家などの檀家寺にお盆で行き、
坊さんから「墓を買わなかったら、豚に生まれ変わるぞ」と言われたら、
「なんというクソ坊主だろう」と嫌悪して、墓を買うどころか、寺を変わろうかと思うだろう。
坊さんだと反発するのに、同じことを桐山さんに言われて、ハイハイと金を出している。
これがあなた方が桐山さんの宗教家畜である証拠です。

562 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:26:09 ID:5JhO2gB/
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」

桐山さんの>>552,>>554の法話は、阿含経どころか、盂蘭盆経とも関係がない。
阿含経や盂蘭盆経のどこに阿鼻野街道や墓の話があるのですか。
盂蘭盆経は、桐山さんように生前に貪り、死後餓鬼界に堕ちたという話で、
阿鼻野街道も墓石も出てきません。
阿含経の釈尊は墓を造らないと動物に生まれ変わるぞなんて言っていない。
盂蘭盆会と桐山さんの話はまったく脈絡がない。
これは「抱き合わせ商法」「抱き合わせ錯覚商法」です。
盂蘭盆会とはまったく関係のない墓石を持ち出して、売りつけている。
釈尊が死者成仏を説いたかのように見せかけて3500円の万燈会で釣って、
次に家畜に精一杯ムチをあて、桁違いに高い墓を買わせようという魂胆です。

563 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:28:22 ID:LOzAV/KN
ウダーナヴァルガ、第19章、『感興のことば』中村元、219頁
「14.実に自己は自分の主である。自己は自分の帰趣(よるべ)である。
故に自分を制御せよ。――御者が良い馬を訓練するように。」

ウダーナヴァルガ、第23章、『感興のことば』中村元、230頁
「11.この世では自己こそが自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか。
賢者は、自分の身をよくととのえて、(自分の)主となり得る。」

564 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:32:54 ID:LOzAV/KN
>>554 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 12:52:55 ID:5JhO2gB/
「二度と人間に生まれてくる見込みは立たない」
>>563 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 13:28:22 ID:LOzAV/KN
「11.この世では自己こそが自分の主である。」

信者さんたちは、車椅子の超人である牧場主と、経営者であるW田さんやF田さんたちの
大名旅行のために金を出しているのだから、立派な宗教家畜であり、
外見は人間でも、宗教的には豚や犬と変わりない。
釈尊は>>563のように宗教家畜をやめるように説いた方です。
「自己こそが自分の主である」というのに、今の信者さんたちは、
誰かの法力に頼って、死後は万燈の光や墓石に住むことに頼るつもりでいる。
「他人がどうして(自分の)主であろうか」と釈尊が問いかけているのに、
信者さんたちは桐山ゲイカという他人を主として、家畜に成り下がっている。
信者さんたちはもう十分に動物に輪廻転生して、ブウブウと啼いて、
桐山ゲイカにムチで打たれ、絵に描いたエサで釣られ続けた。
そろそろ、人間だった頃の記憶を思い出し、
桐山さんに植え付けられた恐怖心に打ち勝ち、本当の「主」を取り戻してはどうか。

565 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:49:25 ID:4rryZn8I
あれ?? どうしたの? もう書き込めないの?

566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>杖をつき、腰を曲げ、車椅子に乗り、後ろから押してもらっている。
>日本で85歳といえば、自分の足で歩いている老人は珍しくもない。

桐山さんて、まだ85なんですか。
あんまりヨレヨレなのでとっくに百歳は越えてると思ってました。
きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

567 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 11:21:22 ID:4rryZn8I
厳しい修業なんてやってませんね。 ほとんど美食と空想小説執筆の日々でしたから。
そのための資料探しの日々でもありました。
だから足腰があんなに弱いんです。50代でスポーツカーに乗って遊んでましたよ。
まともな修行なんて誰も見たことありません。

568 :樹意:2006/11/01(水) 11:43:06 ID:fMlHtnfs
>>554
> でもよいという気持ちになり、豚や犬、あるいは猫などの動物に生まれ変わってしまいます。

確かゲイカは崩話で人間は人間に生まれ変わると 言っていたはずだが?
教団の経営が厳しくなってきたもんで、脅しネタとして都合つけたのでしょうね。
ま、営業品目 売買品目に付随するものですから、売るもの次第でその
(教え)なるものの内容も変わるのでしょう。

> 動物に生まれ変わると人間のころの意識はなくなります。
以前私が比喩として書いた ハエや犬の識 に近いものになったのは
少しお笑いです。

アゴンでは何代も前の方を供養するといいますが、いままでに
もうこの方は動物に生まれ変わってしまったとかいう 話を
聞きません。
それにこれでは、戒名の意味も体を成しません。


569 :樹意:2006/11/01(水) 11:44:04 ID:fMlHtnfs
本来のおしゃかさんの縁起の教法では (誰がーー)という言い方をしません、
これあるによりて これがあり これなきによりてこれ無し
これ生じれば これ生じ これ滅すれば これ滅す。
耳識 眼識 鼻識 舌識 身識 意識 
五根が対象に触れて識が生じ、欲、愛 取 の執着が生じる
これは 我である  われは色を有すという認識が生じる。
欲界 三界に結成する執着が無ければ、欲界には五蘊を結成
しませんから、所謂霊とか識魂とかいう存在はこれらの五根から
生じた識に引っ張られた存在にしかすぎないわけです。
五蘊も執着に名前がついた存在ならば 霊魂も執着に名前がついた
ものでしかありません。
これら五根に嵌った状態を抜け出すのを解脱というのです。
(無我の教法)
霊魂という主体があってそれが輪廻するとかいう思想ではないのです。
ガリレオが協会に逆らいそれでも地球は回ると地動説を唱えたのと同様
天動説と地動説程の違いがあるのです。
(霊魂外道 常見 断見)ー(天動説)
(縁起 無我の教法  )ー(地動説) 
 (これらの比喩は批判上便宜で使用しております了承ください。)
ゲイカの場合は金欲しさに むちゃくちゃになってきたというのが
感想です。


570 :樹意:2006/11/01(水) 11:45:30 ID:fMlHtnfs


「比丘たちよ、なにをか一切となすのであろうか。それは、眼と色(物体)
とである。耳と声とである。鼻と香とである。舌と味とである。身と蝕
(感触)とである。意と法(観念)とである。比丘たちよ、これらを
名づけて一切というのである。
比丘たちよ、もし人ありて、〈私は、この一切を捨てて、他の一切を
説こう〉と、そのように言うものがあったならば、それは、ただ言葉
があるのみであって、他の人の問い遭えば、よく説明できないばかりか
、さらに困難に陥るであろう。何故であろうか。比丘たちよ、それは
ありもしないものを語っているからである」
南伝 相応部経典 35 23 一切。 漢訳雑阿含経 13、17 
生聞一切 増谷文雄氏訳




571 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 12:38:27 ID:eob3esI0
桐山靖雄は 本当に 超能力者か?から転載

[252]ザ@桐山晴雄 06/10/24 12:10 sU.1Zccwg7
修行していて思うことですが、成仏する方法はいろいろと
あるんですよ。桐山さんのところには「理屈」はあるが
「まちょう」な伝授もなければ、桐山さんが修行してるの
みたことないからね。修行の体系があるのなら、実体を示して
更に具体的な結果を報告してください。
こじつけの奇跡や、イカサマ奇跡は、NGですからね。
チベットの修行をしていて、確信を持って「成仏できる」と
いえますね。残念ながら桐山阿含宗では感じないな。

572 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 12:39:47 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

>>571に引用した桐山ハルオさんは元職員だが、普通の職員とは別格で、
側近として桐山さんを直に、それも長年見てきた人です。
その彼の証言によれば、
「桐山さんが修行してるのみたことないからね。」
厳しい修業をしている人なら、日常座臥が修行だから、
側近の職員は見ようと思わなくても、目についたはずです。
ノックしたも返事がないので入ったら、たまたま桐山さんが修行中だったなど、
こういう場面にいやでもぶつかるはずなのに、見たことがないという。
むしろ、逆の修行例を見ている。

573 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 12:41:02 ID:eob3esI0
[881]桐山晴雄 06/09/13 11:44 eK/VAg6FIM
>>880
追加情報
「密教通信講座」の録音テープのなかで、桐山さんは「念珠」の
扱い方について述べている。机の上に、そのまま置くなどと
いうのは(法具なのだから)もってのほか。・・・
こう偉そうに述べている。しかし、自分が「お内仏」で置いて
ある様はどうだ。グチャグチャにして、そこらへんに放り投げて
あるんじゃないか。本当に桐山さんはいい加減な人ですね。

[749]中沼源太郎 05/11/02 00:01 BuE6DzahCa
当の本人の桐山靖雄さんは、例祭が終了して、自室に
入る。入り口に台があるわけ。自室というよりも玄関だな。
その台に、如法衣も念珠も中啓も、すべてメチャクチャに丸めて
ホッポリ投げてある。

[761]中沼源太郎 05/11/02 02:49 BuE6DWz4tR
桐山靖雄さんが、トイレで
立ち小便しているわけ。我々はすでに作務衣です。桐山さんは
黄色の如法衣 着たままで、用足ししていたの。袈裟をつけたまま
ね。それで、そのまますぐにスピーチにゆきました。

574 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 12:44:07 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

>>573によれば、信者には法具の扱いを口やかましく説教しているのに、
自らは念珠や法衣も「メチャクチャに丸めてホッポリ投げてある。」
信者には腰衣を外してトイレに入るように指示しながら、
自らは如法衣を着たまま用を足し、そのまま人前で偉そうにスピーチをする。
これが桐山ゲイカの「厳しい修業」の実態です。
信者さんたちはこれを小さなことだと無視してはならない。
一事が万事です。
これらの目撃は側近だから、たまたま目撃できただけで、
普段なら職員と言えども見られる光景ではない。
誰も見ていないと思っているから、桐山さんも不用心になっていた。
誰も見ていない時、その人が何をするか。
これを見れば、その人の人間性がわかる。
これらの目撃は桐山さんが薄汚い腹の中を見せた瞬間なのです。

575 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 12:49:24 ID:eob3esI0
『阿含仏教超奇蹟の秘密』261頁
「私の体験をのべるならば、最初に四念処法で「四諦の法門」を体得し、次いで七覚支法
で最高度の禅定を体得し、さいごに四神足法の習練に入って、神通力を得た。」

桐山さんは四念処を体得したのだという。
四念処とは行住坐臥が修行で、一瞬たりとも修行でない時間はない。
瞑想もトイレも、どちらも比丘には同じ価値しかなく、
周囲に誰かいるか見ているかなど関係ない。
なぜなら、四念処では、目が自分という内側に向いており、
他人という外には向いていないからです。
これは四念処だけでなく、仏教では他人が見ているかどうかなど問題ではない。
自らを“主”とするのが仏教だからです。
四念処を体得などしていなくても、これを実践しようという比丘が、
法具をグチャグチャに丸めたまま放り出すとか、
如法衣を着たままトイレに入るなど、他人が見ていようがいまいが、絶対にありえない。
この桐山さんの行為一つを見ても、四念処を体得したなど真っ赤な嘘で、
体得どころか、彼は四念処の概念すら理解していない。
四念処を理解できない人が、七覚支法や四神足を体得できたはずはない。
桐山さんの七科三十七道品の修行や体得など真っ赤な嘘であることが、
>>573の証言一つに表れているのです。

576 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 13:01:10 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

『求聞持聡明法秘伝』76頁
「人の三倍食べて五倍はたらくんだ。」

桐山ゲイカが宗教詐欺で総本殿を作り、それなりの財産を築いたのだから、
人の五倍詐欺を働いたのは事実でしょう。。
三倍食べたとすれば、糖尿病になり、血管が詰まり、
脳梗塞になってもおかしいことはありません。
これを「厳しい修業」といえなくはないが、
普通は修業とはいわず、美食や飽食のツケといいます。
脳梗塞は一度発症しても、運動機能などは訓練でかなり回復する。
しかし、知性に相当する部分は難しい。
なぜなら、年をとっているから元々脳が老化している所に
脳梗塞でダメージを与えてしまった。
桐山さんは運動回復の訓練を受け、その際、「東京音頭」などを歌ったのでしょう。
「青い山脈」「炭坑節」など、あの世代の老人は誰もが知っており、
全員が歌える歌なので、機能回復のために手振りをつけて歌わせるのです。
それで桐山ゲイカは御霊示を感じて東京柴燈護摩では東京音頭を出した。

577 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 13:03:29 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

『求聞持聡明法秘伝』76頁
「人の三倍食べて五倍はたらくんだ。」

脳梗塞には良い薬が出て、治療が早ければ死なないが、限界があります。
医者は脳の血管の詰まりを治すことに集中する。
しかし、脳梗塞や心筋梗塞になる人はその部分の血管だけが詰まっているのではなく、
身体全体の血管が詰まり、細くなっているのです。
血管が詰まり、血の巡りが悪いから、手足や身体が冷える。
桐山さんは、光和から遠赤外線マット、スマーティ、そして電気毛布まで
信者に売って、身体を温めるように宣伝している。
一見、健康法のようだが、これは桐山さんの常で、
自分の病気の治療法を信者には健康法として売り出した。
転んでもタダで起きない仏陀の智慧だけは、脳梗塞になっても失われなかった。

578 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 13:06:48 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

『メシア出現』325頁
「そうしてあなたの使命の達成は、私とちがって非常に長くかかるから、長生きを覚悟し
なさい。非常につらいことであるが、あなたは長命しなければならない。」

末端の血管は細いから、目詰まりには弱く、崩壊していけば、
細胞や神経が死滅して、運動機能は失われる。
だから、今の桐山さんは杖をつき、車椅子で移動している。
今後も少しずつ運動機能が失われていくでしょう。
しかし、桐山さんは元々身体が頑健だから、簡単には死なない。
こうして来ると、上記のバジアン師の予言の意味がわかってくるではないか。
普通は長生きを喜ぶ。
だが、長生きを「覚悟し」、「非常につらい」とある。

579 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 13:12:25 ID:eob3esI0
>>566 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 10:52:22 ID:rtsG7iQ+
>きっと厳しい修業のせいで、あんなにボロボロになってしまったんでしょうね。

『メシア出現』325頁
「そうしてあなたの使命の達成は、私とちがって非常に長くかかるから、長生きを覚悟し
なさい。非常につらいことであるが、あなたは長命しなければならない。」

この予言の中で、「つらい」は誤訳だと思います。
というのは、桐山さんの脳は老化しているから、
自分が周囲からどう見られているか自覚がなくなる。
だから、桐山さんはつらいとは思っていない。
七つの超人的能力の中に日々是好日をあげているように、
脳が老化してしまい、現実の問題を認識する能力が失われつつある。
強靱な体力を持つ超人である彼が、車椅子の姿を信者にさらしても
恥ずかしいと思っていないのがなによりの証拠です。
「つらい」とは見ている信者たちの気持ちでしょう。
つらくても、信者さんたちは現実をじっくりと見ることです。
その際、桐山さんのあの姿を、厳しい修業の結果なったとか、
恐怖の大王と戦って傷ついたなどと絵空事の言い訳を考えるのではなく、
桐山さんが飽食、美食をしたから脳梗塞になったという、
世俗ではありふれた原因と結果をあるがままに見ることです。
ここには何の不思議も霊的な話も修行もない。
脳梗塞はありふれた生活習慣病であり、原因の多くは食事であって、
厳しい修行ではありません。
桐山さんのように夜更かしが大好きで、不規則な生活をして、
人の三倍食べると称して飽食、美食を続けたら、車椅子になるのです。
いくらサプリメントを取って、ゴルフや囲碁をしても無駄です。
これからますます彼は坂を落ちていくでしょうから、
つらくても信者さんたちは桐山さんをあるがままに見てください。

580 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 17:16:24 ID:RRx7dgSH
阿含宗は、地球宗教になりました。

581 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 00:03:21 ID:AgTxFtFG
桐山靖雄 => 別称・銀狐 (黒染狐に変身中)
桐山靖雄 => 職業・詐欺師
桐山靖雄 => 性格1・大法螺吹き
桐山靖雄 => 性格2・超自己中
桐山靖雄 => 性格3・ナルシスト
桐山靖雄 => 趣味1・餓鬼的美食
桐山靖雄 => 趣味2.名誉称号の収集
桐山靖雄 => 趣味3・へぼ囲碁
桐山靖雄 => 疾病1・慢性糖尿病
桐山靖雄 => 疾病2・脳梗塞
桐山靖雄 => 疾病3・痛風
桐山靖雄 => 疾病4・老人性初期痴呆症

信者の皆さん、早くこんな奴と縁を切りなさい。


582 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/02(木) 03:24:46 ID:k4XrRgr9
未確認ですが、ロシア関係者と猊下が
先月怪談をしたらしいですよ。

583 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 12:22:31 ID:24f28ova
桐山靖雄 => 別称・銀狐 (黒染狐に変装中)
桐山靖雄 => 職業・詐欺師
桐山靖雄 => 性格1・大法螺吹き
桐山靖雄 => 性格2・超自己中
桐山靖雄 => 性格3・ナルシスト
桐山靖雄 => 趣味1・餓鬼的美食
桐山靖雄 => 趣味2.名誉称号の収集
桐山靖雄 => 趣味3・へぼ囲碁
桐山靖雄 => 疾病1・慢性糖尿病
桐山靖雄 => 疾病2・脳梗塞
桐山靖雄 => 疾病3・痛風
桐山靖雄 => 疾病4・老人性初期痴呆症

こんな奴、とても聖者や解脱者なんて言えません。
信者の皆さん、早く目を醒まして詐欺師と縁を切りなさい。




584 :ザ@桐山晴雄:2006/11/02(木) 12:24:20 ID:vaKv+mjX
なんだ自民党の代議士使って、「なんとか褒章」もらう。
ふざけんな。そんなものは「お金」でもらえるんだよ。
国連平和賞だのといってた威勢はどうしたのよ、桐山靖雄さん。
自民党にすりよるようじゃだめだね〜。

585 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:01:39 ID:WpMMP5pE
私が住んでる街には老人クラブがあり95歳でテニスやってるおじいさんがいます。
80歳くらいの方は結構多いのですが、皆さん頭もしっかりしてるし足腰も丈夫ですね。
超人であるはずのゲイカが車椅子に乗ったり杖をついて歩いているなんて一体どうした
事なんでしょう? 密教の修行をやればゲイカのようにヨボヨボになっちゃうなんて
ちょっと信じられない話ですね。
そんなんだったら初めから普通に生活して、普通に働き、普通に神仏に感謝してれば
それで十分なんじゃないかいな。

586 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:12:32 ID:VeLGx/gK
車椅子生活は要介護いくつですか?

587 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:13:15 ID:KDjPEpaJ
子飼いの代議士何人もいてお金あってももらえないものはもらえない・・・


588 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:59:41 ID:9pLAg6S2
信者の個人情報が暴力団に流れているかもしれない。
みなさん、気をつけてください。と言っても遅いか。

589 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:44:19 ID:cJDn83Lx
超能力志向であったはずのゲイカがいつ頃から浄土真宗などでよく話す
「三途の川」や「賽の河原」、さらには「阿鼻野街道」などを持ち出して
まるで地獄、極楽を見てきたような話をするようになったのでしょか?
これじゃ阿含宗ではなく桐山浄土宗になっちゃいますね。
お墓の話にしても然り。なんか自分の都合のいいように話をくっ付けて
いる様で、聞いてる方としては「オイオイ!?」と言いたくなりますね。
こんな話をまともに信じている信者の気がしれません。

590 :樹意:2006/11/02(木) 23:14:27 ID:c62HLhyy
http://religion.bbs.thebbs.jp/1158312539/
阿含宗と桐山氏について 第二十八章ー光の戦士たちより転載

[854]青柿(あおがき) 06/11/01 23:52 ZdNFhOauSX
霊障による破滅のカルマも心配ないということですね。
動物になるんですから。

>阿鼻野街道で一杯飲み屋に入ったばかりにブヒブヒ豚になってその後人間には生まれ変わらない。

矛盾してるのが、飲み屋でツケが効くのはアゴン宗の戒名を持ったホトケだけなのです。
「何?アゴン宗?ではツケにしてやろう」って。で一杯やって眠くなると犬や豚になるらしいです。
法話によると。

ということは他宗のほうが安全ということになりますね

591 :樹意:2006/11/02(木) 23:18:03 ID:c62HLhyy
>>590
> >阿鼻野街道で一杯飲み屋に入ったばかりにブヒブヒ豚になってその後人間には生まれ変わらない。
>
> 矛盾してるのが、飲み屋でツケが効くのはアゴン宗の戒名を持ったホトケだけなのです。
> 「何?アゴン宗?ではツケにしてやろう」って。で一杯やって眠くなると犬や豚になるらしいです。
> 法話によると。


これって、宮崎アニメ 『千と千尋の神隠し』 ですね。
ああ いい歳こいて 宮崎アニメファンなのがばれてしまった (^^!

592 :樹意:2006/11/02(木) 23:28:45 ID:c62HLhyy
ま、ゲイカの場合は必ず元ネタがありますからして 、 こんなもんでしょうね。
ゲイカの場合はパクリ街道まっしぐらですから、
自分でまっさらなところから 何かを新たにこさえるだとかは ありません、
特許タイプではなく、 実用新案タイプです。
いままであるカルト手法に すこし手を加えただけというのが
だいたいのパターンです。

>>585
> 私が住んでる街には老人クラブがあり95歳でテニスやってるおじいさんがいます。
ゲイカの場合は一口に言って食べすぎです、
老化の原因の一つは、内臓が疲れてしまうことが挙げられます。
ですから仏陀本来の僧侶達が一日2食だとかにするのは合理性があるのです。
私もできるだけ 胃腸は休めるように心がけてはいるのですが、(^^!−−
まして仙道を修行して先天の気が動き初め 摂取している方なら 後天の気から摂取する
必要は先へ進むごとに少なくなる道理です。
新幹線で料亭の弁当を運ばせてまで 食べるなんてのは
心が飢えている証拠です。




593 :樹意:2006/11/02(木) 23:36:22 ID:c62HLhyy
本来の仏陀が五根に嵌っていると表現し
さらには その識すら汝らのものではないとするのは
動物(人間)としての感覚器官からの解脱することを勧めるのです。
つまりは 動物としての存在から昇華するという事です。
これを経典等では (化生)と言っているようです。

端的に言うなら食事から自由になるという事です。
ゲイカの場合は新幹線で 弁当です。
 (^^!

594 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:14:40 ID:i/63m7k8
うわべだけの目がふしあなとしかいいようがないな
やっぱ、2chじゃダメか・・・
管長の中国訪問にしてもW田の巧妙な寿命を縮める作戦がささやけれているんだぜ
なんで体調もおもわしくない時期に、車椅子使ってまで訪問せにゃなならんのか
考えたことあるのか、
こんなパープーの日本人ばかりだから北朝鮮にいいようにされんだよ。

595 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 00:28:20 ID:0QL9G4Tu
ダライラマさん、凄い人だって盛んに言ってるけど
そんな凄い人がなんで桐山さんのインチキを全く指摘しないで
いろんな行事を一緒にしたか、金くれたから?
インチキとは知ってたけど金くれたから断らなかったのか
インチキを見抜けなかったのか。

596 :樹意:2006/11/03(金) 04:37:19 ID:oyFAG+18
>>594
論点が見えません、擁護するにしても 批判するにしても
何に対して節穴なのか 指摘されるとよいでしょう。

教団にとって ゲイカの動きが止まれば
キャッシュフローが止まります。
何が何でも回す以外にないのです。



597 :樹意:2006/11/03(金) 05:00:37 ID:oyFAG+18
>>595

彼の方は国を追われた亡命政府の方です。
援助してくれた方に対しては相応のお返しをしたに過ぎないものと
思われます。
インチキに関しては、我々が賢くなる以外にありません。
ダライラマさんは、宗教家としては相応の方ですが
政治家としては、もうお話になりません、
○非新聞などは報道しませんが、ついこの間もチベットから山越えで
亡命しようとした 70人のうち30人は行方不明で、しかも登山者の目の
前でウサギを撃つがごとく射殺され、それは映像でネットに流れています。
彼の国では以前から
100万単位で虐殺され、女性は強制的に否認手術との事です。

武力なき平和というのは残念ながらありえません、(悲しむべきことです)
ダライラマさんがそういう目利きができるなら 今の民衆の苦しみは
無かったものと思われます。
ですから宗教の世界で遊ぶのも結構な事ですが 政治にも眼を向けてくださいと
私は書くのです 。

インチキが見抜けるような目利きができるなら、
チベットの民衆は虐殺されたりしていないと私は思います。
政治家としてみるなら彼は カスです。
(宗教家としては尊敬しています )  



598 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 05:53:29 ID:9M2UfIui
>>597
よくいうよ、おまえのほうがカスだろが(笑)。


599 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/03(金) 09:02:41 ID:16cVQIDM
先月の例祭で阿含宗が法人団体として紫綬褒章をもらったとか
桐山さんが話していたそうです。
星祭さんの情報です。
しかし昨日の新聞に出ていた秋の褒賞受賞者リストの中には
紫綬褒章含め、750人19団体の中に阿含宗や関連企業
それらしき名前が見当たりません。
今日の朝刊に秋の叙勲者受賞者リストがありました。
私は関東在住ゆえ関東地域の受賞者しか出ていません。
京都府の地域枠の中でのなんらかの受賞かもしれません。
関西の方情報をお寄せ願います。
阿含宗という団体があるかどうか。
念のため堤真寿雄もあるかどうか。

600 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/03(金) 09:05:44 ID:16cVQIDM
ああ、関東地域の叙勲者のリストの中には見当たらなかったということですね。

601 :樹意:2006/11/03(金) 20:17:40 ID:oyFAG+18
>>598
> よくいうよ、おまえのほうがカスだろが(笑)。

その通り私はカスです。
ご先祖に仕送りしたつもりが 詐称 詐偽的行為の片棒を担いでしまった
わけですから 立派なカスです。

よく調べもせず、零巻商法を人に薦めたのですから
立派なカスです。

ご先祖に仕送りしたつもりが、人を殺傷する目的の為にしか
使用しない火器を携帯した警備を雇う 一助をしたのですから
立派なカスです。

ご先祖に仕送りしたつもりが
n十年の長きにわたり、御喜捨の名目で反社会的団体に
資金を渡したのですから カスもカス ろくでなしです。

家族や親に使うべき金銭や時間を 反社会的 詐称団体に
使ってしまったのですから カス 間抜け あんぽんたんです。



602 :匿名:2006/11/03(金) 20:18:51 ID:mbXYn212
本日の受賞ではありません

603 :鈴虫 ◆IbuHpRV6SU :2006/11/03(金) 21:13:19 ID:f65JQYjd
>>602 なら、何時よ?

604 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/03(金) 22:09:43 ID:16cVQIDM
今回の秋の「叙勲」の方は4028人で団体はないですね。
ところで陛下と小泉とかがその賞状に入っていたと星祭さんが
報告してるが、今回の授与に内閣総理大臣小泉純一郎でよいのか?
安倍晋三ではないのか?
昔の話か?
昔の話ならどうして阿含宗ホームページにないのか?

605 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:54:54 ID:4zq1XOB0
>昔の話ならどうして阿含宗ホームページにないのか?

妄想じゃですか、キリの。
本当なら信者が大喜びして書き込むでしょ。
なんせ、キリは頭も体もあのありさまですから。

606 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 23:20:05 ID:JQ5/9iZB
星祭クンの話を聞いてたら桐ちゃんは完全に老人性初期痴呆症になってるな。

607 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/04(土) 00:12:52 ID:NgKjszHC
調べたら秋の褒章については11月3日に授与されるが
その選考については5月15日までに内閣総理大臣に推薦を
して、内閣総理大臣はこれを受けて閣議に出すのだそうだ。
よって今回は安倍さんではなく小泉さんでよいのかも知らん。
しかしとにかく今回の秋の褒章受賞者リストに阿含宗がない。

608 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 11:04:37 ID:sMj5albv
あんなヨボヨボになってしまったキリの世話は誰がやってるの?
世話役係があるのかな? 痴呆症も進行してきたらそのうち下の世話も
せにゃなりません。 超人が下の世話してもらってるなんて笑い話にも
なりませんが。
はっきり言って、ここ数年のキリの体の変化を見てると歩けなくなるのも
時間の問題ですな。

609 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 11:08:36 ID:sMj5albv
完全に歩けなくなるのも時間の問題だと言うことです。

610 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 14:03:47 ID:tcAew52g
これっきり、これっきり
もう
これっきり〜ですか〜♪

611 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 22:07:05 ID:gulETv4A
成仏法が阿含経にしか記されとれんて本当か?なんで阿弥陀経にも記されとるんだ??

http://ja.wikisource.org/wiki/%E4%BB%8F%E8%AA%AC%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E7%B5%8C
また次に、シャーリプトラよ。かの国には、常に、種々のめずらしい雑色の鳥がいる。白鵠(白い鵝鳥)・孔雀・鸚鵡・舎利(鷺?)・妙音鳥(藪鷥に似ている鳥)
共命の鳥(雉子の類?)がそれである。このもろもろの鳥、昼夜六時に、合唱する。その声は、
五根(悟りを得るための機根。信根・精進根・念根・定根・慧根)・五力(信力・信仰、精進力・努力、念力・憶念、定力・禅定、慧力・智慧)
七菩提分(悟りに役立つ七つ。択法覚自・精進覚支・喜覚支・軽安覚支・捨覚支・定覚支・念覚支)・八聖道分(=八正道)などのような法を教える。

612 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 22:20:02 ID:iU8lSuTk
 現在も続く秋田県等の大量殺人風習:現実化した悪魔社会
〜大量の赤ん坊や老人を殺して喰い自然死扱いする秋田県民達〜
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-391

なお、比喩ではない


613 :桐山:2006/11/04(土) 23:07:59 ID:sKDkizKu
おい、F田!
ワシの文化勲章はどこじゃ。ワシの文化勲章を早く持って来い!!
ワシは寂聴よりも偉いのじゃ!


614 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:21:19 ID:IzAdtDjd
阿含宗と桐山氏について―第二十八章―光の戦士たち・・・!?

[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
最近の土曜例祭のご法話 を記憶を頼りに・・・

仏教とは因縁解脱・成仏する方法ですが、顕教と密教があり、顕教は教え、密教は法、なのです。(密教には教相は無しっすか?)
密教のほうが優れてると言えます。

因縁解脱して運をよくするためには先祖を成仏させねばいけません。
私は先祖の関わる人達の霊障を受けてさんざんなめにあった。
祖父が代々、信州いまの長野県ですね、のある藩の剣術指南番の由緒ある家柄だった。
幕末に侍を斬った。幕末は佐幕派と勤皇派に分かれて争っていた。
最初は佐幕派が優勢だったのが、後に勤皇派が優勢になった。
となると殿様というのは勝手なもので上意であると祖父に若い"佐幕派"の侍を斬らせた。
祖父は"4〜5人" "佐幕派"の若い侍を斬った。(隊長!反対ですよ〜)その怨念が殿様のところにゆかず祖父に行ったわけです。

上意である!と言っても、若い"勤皇"の侍もおとなしく従うわけがなく斬り合いになった。(よかった〜やっぱ勤皇だったすね)

維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)
祖父は千葉周作の道場で免許皆伝の強さですから、皆仇を討ちたいが返り討ちにされるから手を出せない(やっぱ返り討ちはなかったんですね?)

それでキリヤマ家は2人横変死して私はあるひどいめにあった。(新しい信者はキリンビールお好みじゃないとか)

615 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:24:43 ID:IzAdtDjd
>>614 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:21:19 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
>維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)

信者さんたちもこの法話で恒例の18人の霊障武士の話を聞いたことと思いますが、
どのような感想を持っていますか。
使者さんなどはさっそく「細かいことはどうでもいい」と書いている。
こうでも書かないと桐山さんの矛盾を受け入れることはできなくなる。
こうやってほんの少しずつ桐山さんの矛盾を受け入れ、容認していくうちに、
いつの間にか大きな嘘も容認するようになる。
桐山さんも引用しているように、これを「ゆでカエル」といいます。
カエルを水の中に入れてほんの少しずつ温度を上げると、
そのままゆだって死んでしまうというものです。
つまり、使者さんのような信者を「ゆでカエル」といいます。

616 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:25:53 ID:IzAdtDjd
『一九九九年カルマと霊障からの脱出』58−60頁
とにかく藩でいちばん強いのが二人そろっているわけですから、追うほうもこわい。命がけ
で斬りかかるというやつはめったにいない。遠くから、上意、とか、御用だ、とかけ声をかけ
て、まあ、早く逃げてくれといわんばかりにさわぐから、そこまでようやく逃げてきた。しか
し、国境はなかなか越えられない。

『修行者座右宝鑑』68−69頁
祖父と、祖父と同様に剣の使い手であった二番家老の倖と、この二人だけが逃
げた。追手にかこまれたが、藩で一番強いこの二人に必死で斬りかかるものはいな
かったらしい。
(中略)
この二人が最後まで逃げおうせられたのは、ただ腕が強かっただけではなく、多
少、人望らしいものもあったようだ。とりかこんで、掛け声や気合をかけながら、
それとなく、逃げ道をあけたり、斬りこんでゆくと、道をひらいた。もっとも、こ
の二人がほんとうに死にもの狂いになったら、どれだけ死傷者が出たか知れなかっ
たろう。

617 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:33:52 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
>維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)
>>616 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:25:53 ID:IzAdtDjd
>遠くから、上意、とか、御用だ、とかけ声をかけ
>て、まあ、早く逃げてくれといわんばかりにさわぐから、
>多少、人望らしいものもあったようだ。

桐山さんはこの上意討ちの件を『一九九九年カルマと霊障からの脱出』と
『修行者座右宝鑑』で書いていますから、信者さんたちもぜひ読み直してください。
しかし、どこにも維新後に仇討ちがあったなんて書いていないし、
法話でもしたことがありません。
>>616の引用を見てもわかるように、
追っ手たちは力の上でもとても祖父に勝てるはずがないだけでなく、
人望があったために、本気で殺そうとしたのではないようです。
こんな人たちがさらに明治維新後の、仇討ちを禁止された後も
追いかけてくるなんて、なんかおかしくありませんか。

618 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:40:03 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
>維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)
>>616 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:25:53 ID:IzAdtDjd
>多少、人望らしいものもあったようだ。

>>616などの桐山さんの本を冷静に読めばおかしい点がたくさんあることに気が付く。
祖父には、追っ手が逃がしてくれるほどの人望すらあったのに、
なんで18人全員の恨みが彼一人に集中したのか。
おかしいですよね?
逃げる時、寒中の川の中に二日二晩つかったままだったそうだ。
信州の冬の川に二日もつかっていたら、どんな人でも死にます。
0度に近い水の中なら一時間と持ちません。
武道家だから、などと桐山さんは書いているが、忍者映画の見過ぎです。
殿様が、形勢が逆転すると、上意討ちをした連中を殺したのもおかしい。
明治維新で、いったいどこの殿様がこんなことをしたのですか。
日本中探しても、こんな御都合な殿様はいません。
こんなふうに桐山さんの書いていることはメチャクチャです。

619 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:41:07 ID:IzAdtDjd
『一九九九年カルマと霊障からの脱出』61頁
それは、もう、明治政府になって、祖父も逃げかくれせずにすむようになった。

『修行者座右宝鑑』70頁
亡くなるまで、夜、寝るとき、枕もとに、刀と、旅仕度一式(路銀まで入れて)そろえていたという。
仇持ちの心がまえというものだろう。襲われたら斬りはらって逃げ、そのまま旅に出るというわけだ。

620 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:47:14 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
>維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)
>>619 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:41:07 ID:IzAdtDjd
>襲われたら斬りはらって逃げ、そのまま旅に出るというわけだ。

法話と『修行者座右宝鑑』と矛盾していることに信者さんたちは気が付きましたか。
座右宝鑑では、もし追っ手が来たら、斬りはらって逃げるつもりで、
枕元に旅の準備までしていたという。
今回の法話では仇討ちに来のだから、一目散に逃げるはずなのに、
お祖父さんは桐山家に留まった。
おかしくありませんか。
18人も斬り殺されたのだから、仇討ちに来るのは一人や二人ではない。
足が着いたのだから、逃げないと、次は大挙してやってくるかもしれない。
いくら剣術の達人でも、多勢に無勢だから、逃げるが勝ちです。
ところが、祖父は逃げなかった。
前と話が違う。
こういう事は、今回が初めてでも、桐山さんが老化してからでもなく、
昔から前と違う法話を時々していた。
少し長く聞いている信者なら「あれ?前と違う」と思ったことがあるはずです。
嘘であり、作り話で、ほら吹きだから、話が大きくなっていく。

621 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:49:50 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX
>維新後も若い侍の子孫に狙われたが、返り討ちにしてやった。(ええ?本当っすか?)

桐山さんは上意討ちの件を霊障から来る悪因縁の怖さの一例として出している。
だが、実際は逆で、自分の犯罪の言い訳のために、
上意討ちと霊障をくっつけた物語を作り出したのです。
上意討ちによる霊障物語を作る必要性に迫られていた。
それが前科の暴露です。
最初は北野師との教団間の争いの中で前科が暴露された。
これに反撃するために、1975年には北野師との絶縁宣言をして、
北野師を攻撃することで信用を落とし、前科の件もうやむやにしようとした。
ところが、桐山さんにとって予想外の伏兵が現れた。

622 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:54:14 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX

1976年、毎日新聞の「宗教を現代に問う」で桐山ゲイカの前科を取り上げたのです。
密教の鬼才として大新聞に取り上げてもらえるのはうれしいが、あろうことか、
前科も大々的に宣伝されてしまい、信者ばかりか、世間の知るところとなった。
もはや、北野師を攻撃して絶縁するだけでお茶を濁すことができなくなった。
前科の件は、暴露される十年も前に法話で話していたなんて、
いくら言い訳をしても、無駄です。
十年前に話していたのなら、なぜ『密教占星術T』などで刑獄の因縁についての
説明で、自分の前科を挙げなかったのか。
この本は1973年だから、十年前の法話とやらの後です。
実際の桐山さんは暴露されるまで、信者にはひたすら隠していた。
ところが、これを北野師だけでなく、大新聞の全国紙に載ってしまい、
この連載記事は表彰され、後で本になった。
桐山さんの前科を有名にしたのは批判側でも誰でもなく、
取材の応じてしまった桐山さん本人です。

623 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 23:58:17 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX

桐山ゲイカは前科をなんとか宗教的にごまかす必要性に迫られた。
ここで信者さんたちも桐山さんの立場になって考えてみることです。
あなたなら、これをどうするか。
素直に認め、若気の至りであったと反省を示し、
その上で、自分は宗教を求めたのだというなら、普通でしょう。
だが、桐山さんは絶対に自分の非を認めたくない。
だから、宗教を使ってゴマカス方法を必死に考えた。
桐山さんのお祖父さんの話が出てきたのはこの後です。
上意討ちと霊障と悪因縁という宗教小説を作り上げた。
これを法話や講演会で話したのをまとめたのが、
『一九九九年カルマと霊障から脱出』(1981年)などです。
こうやって時間を追ってみると、桐山さんのしてきたことが
きれいに説明がついてしまう。
信州幕末の上意討ちなど最初から作り話だから、
歴史にも存在しないし、話がこうやってどんどん拡大してしまうのです。

624 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 00:03:06 ID:IzAdtDjd
>[870]青柿(あおがき) 06/11/03 11:00 ZdNFhOauSX

今回の件を桐山さんが老化したからだと言い訳をしてあげる信者もいる。
佐幕派と勤王派の言い間違えはたしかに老化です。
しかし、返り討ちの件は老化ではありません。
桐山さんの話が拡大していることに気が付きましたか。
つまり、これは桐山さんの老化ではなく、ホラ話なのです。
老化ではなく、桐山さんのいつもの作り話、虚言癖という御病気です。
しかも、桐山さんのもう一つの癖もちゃんと出ている。
「必要のない嘘をつく」です。
返り討ちなんて上意討ちの話では必要がない。
すでに18人の霊障武士は製造されたのだから、なくてもいい。
ところが、桐山さんはわざわざ話を作り出した。
普通の人が嘘をつくときは必要最小限にする。
なぜなら、ばれたらマズイという良心の呵責があるからです。
ところが、虚言癖と妄想癖のある桐山ゲイカにはそういうブレーキがない。
ばれるはずがないとばかりに、話を拡大させ、必要もない嘘を次々と製造していく。
嘘というゴミの山が阿含宗です。
信者さんたちは今回の法話を小さなことと無視してはならない。
それではゆでカエルになってしまう。
桐山さんがせっかく皆さんの前で虚言癖の病気を示してくれたのだから、
老化などと言い訳をしてあげないで、老化しても、なお衰えることのない
桐山ゲイカの虚言癖をしっかりと目を開けて見ることです。

625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
ようするに人を切って逃げていたというのは事実だったということでしょう。
歳くって記憶があいまいになり数字がさだかでなくなったことが
なぜ虚言になるのか、
目を開けてみてねえのはオマエ!
こういうこと老化の弱みにつけこんでイチャモンつけることしか七氏は
できないのです。
むしろ七氏のこのような女々しい老人をいたぶるようなことしか出来ない
性格をしっかりと目を開けて見る事です。


626 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:05:22 ID:HoS+z9x7
だいたい信者だって、「ああ管長も衰えたな、言う事がズている、年取れば
みんな、ああなるよな、あれは、あの話のことで、このようなことを
言いたいのだな。」と考えながら聞いているものだ。
オマエのようなバカはそういった、ことを考えたりすることが出来ない
だから、いつまでたってもヒネクレ者のままなんだよ。

627 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:10:37 ID:HoS+z9x7
これで桐山管長がおっ死んだりしてら、大喜びして
あれこれ、これ幸いとばかり下らないカキコするんだろ
因縁解脱したのに死んだとか、超人なのにフツーに御臨終だったとか(笑)。

628 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:16:52 ID:p8hG9BAc
>>611
大乗経典にも七科三十七道品の記述があるということは
大衆部も七科三十七道品の成仏法をしっていたということになる。
これは歴史に何か見落としはないか?

629 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 02:00:25 ID:bqlM9W0A
>>625>>626
おいおい、いいのかい、ゲイ科をフツーのボケ老人扱いしちゃって、
愚問時法の修行ってなんだったのよ。
歳とったら記憶があいまいになるなんてフツー以下じゃん。
お年寄りって昔のことはよく覚えてるもんだよ。
愚問時報もやっぱり、でたらめなのね。
めちゃくちゃだな、阿含宗って。

630 :樹意:2006/11/05(日) 05:54:07 ID:nThTHMIq
>>625
>>626
>>627

ゲイカの愚問時脳は確か 今頃が最盛期で、どこまで
その能力が伸びるか 成就者である自分自身わからない ような事を
本に書いています。
息吹長世の呼吸法で、300歳の長寿も書いています。
ホラ話とつかなくていい嘘をつく能力を指すのであれば
嘘とはいえないのでしょうが、彼は一切の所有欲のなくなった聖者とも
書いていますから 全てにおいて矛盾が生じます。

あれもほっしー これもほっしー  
勲章ほっしー 

ま、どっちにしろ詐話氏だったのは間違いの無いことです。


631 :桐山:2006/11/05(日) 07:45:09 ID:t34BTP2H
おいF田!!!
ワシの文化勲章を早くもってこいというのが聞こえんのか!!!
信者に見せびらかすのじゃ。早くもってこい!
この前小泉からもらったヤツじゃ!もう忘れたかこのバカめが!
坊主やめたいのか!!!
ワシが寂聴より偉大なことを見せつける又とないチャンスじゃ!!
早く持ってこい!!

632 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:48:49 ID:s4XA2lCT
>>628
大衆部もなにも天台チギだって
知っていたよ、それがあることぐらい摩可止観読んでみろ。
空海も道元だって言及しているんだから
ただ、それが重要なもので大切なものとして表に修行法として出していないだけの
話だろ。小乗の行だから。

633 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:51:41 ID:s4XA2lCT
グモンジだろうが、なんだろうが歳とりゃ、衰えるんだよ
ロボットじゃあるまいし、
おまえらがアホなあたまで期待しすぎているだけだろ

634 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:55:40 ID:s4XA2lCT
まあ、それでも本などのジックリと取り組んで文章にすることには
あまり支障はないようだが、嗜好をとっさにまとめて言葉にする
という作業が緩慢になっているということじゃねーかよ。
脳の血管詰まらせ、脳細胞が破壊されているのに
あれだけのことが出来る、すごいじゃねーか!
それがわからないのかアホども!

635 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 08:18:42 ID:OFNJ2/l5
 現在も続く秋田県等の大量殺人風習:現実化した悪魔社会
〜大量の赤ん坊や老人を殺して喰い自然死扱いする秋田県民達〜
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-391


636 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 13:48:38 ID:XSUrKJ+p
>>362
そういう問題ではありません。
大乗経典にも七科三十七道品の記述がある。ただ勤行してるだけで意味をなさなかった。
阿含宗は阿含経にしか成仏法がないと唄っています。←間違いだった。
阿含宗にも七科三十七道品の記述がある。ただ勤行してるだけです。
おおきな問題があるわね七科三十七道品を在家者がそのまま実行したら
今の社会からは地から足が離れてしまうからね。
阿弥陀経は在家者も七科三十七道品をやれる理想世界をしめしてるね。



637 :ザ@桐山晴雄:2006/11/05(日) 15:05:57 ID:UXMYQ8wt
馬脚を現すということばがあるが、まさしく公衆の面前で、桐山の覆面が
剥がれつつあるようです。
皆様におかれましては、Bたけしさん原作の「教祖誕生」という映画を
ご覧になることをおすすめします。たけし扮する「司馬」という男の
セリフを「裏の桐山」と観想して視聴してください。
ああ、どうでもいいことだが、「アニメ映画」作りのお話はどうなり
ましたかね。寿命が尽きないうちにはやくやらないと。
この掲示板見た宗務局のバカ職員ども、きちんと桐山銀狐爺に伝えておけよ。

638 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 20:51:56 ID:B2X7VwnT
こんなん、ありました。
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const06q4/515869/
ヤマハは中央区銀座1丁目の「リープレックス銀座タワー1/3」を一棟借りして、
2007年1月に店舗をオープンする。同社は銀座7丁目の自社ビルに店舗を構えている。
自社ビルは老朽化を理由に建て替える計画で、工事期間中の店舗としてこのビルを使用する。
新しい自社ビルは2009年3月に完成する予定だ。

入居するビルは地上9階地下1階建て、延べ床面積2372m2の規模だ。
以前は銀座阿含ビルという名称だった。リテック・コンサルタンツが2005年12月に
阿含宗関東別院からビルを取得して、大規模なリニューアル工事を施した。

639 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 22:59:48 ID:sDjRK+hL
アホと罵る信者って見苦しいねー
自分の醜さを棚にあげて、批判してる人を罵って
「仏道修行」じゃないだろ
やっぱ、インチキ宗教をやってたって、人間修養
なんかできないよね。

640 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:13:48 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>ようするに人を切って逃げていたというのは事実だったということでしょう。

こういう結論がどこから出てくるのですか?
「目を開けて」などと怒鳴りちらす暇があったら、
人を切って逃げたという「事実」がどこにあるのか示してください。
星祭さんはこの議論が初めてでもあるまいに、
批判をまったく記憶していないのですね。
祖父が上意討ちなど人を斬ったというのは、祖父の自己申告です。
桐山家や周囲の人たちも、まったく知らない。
流れ者として桐山家に入り込んだ。
他の人が指摘していたように、祖父が剣道の指南役ほどの腕だったという証拠もない。
明治になってからの捕り物も武術で取り押さえたのではなく、
半ばハッタリで取り押さえたのです。
結局、事実とは、祖父はおそらく武士の出身であり、何かをしでかして、
誰かから追われており、追っ手に怯えていたということだけです。
旅支度をいつもしていたというのも
話に真実味を増すためのただのポーズにすぎないかもしれない。
祖父が人を斬ったから追われていたとは限らない。
何か犯罪をなして、藩にいられなくなったのかもしれない。
上意討ちの大嘘、犯人逮捕に協力した時のハッタリをきかせた役者ぶり、
そして孫のオオボラ吹きぶりをみれば、何をしでかしたかなど、想像がつく。
いずれにしろ、斬って逃げていたなどという事実はありません。

641 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:14:16 ID:31vJpir4
ボケだとかなんだとかただの悪口を批判だとかぬかすバカに
アホといってなにが悪いんだ、そういう奴こそ、ほんとうのボケ!
なんだよ(笑)。

642 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:15:27 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>こういうこと老化の弱みにつけこんでイチャモンつけることしか七氏は
>できないのです。

老化の弱み??
あなたは私の文章の何を読んでいるのだ?
>>624に、
>しかし、返り討ちの件は老化ではありません。
と書いてあるのが読めないらしい。
この件をあなたは桐山さんの老化だと思っているようだが、これは老化ではなく、
桐山さんの元々の資質、性質、性格から出たものであると私は指摘したのです。
老化による言い間違いは佐幕派と勤王派についてだが、
私はこの点については特に強く批判などしていない。
「人を切って逃げていた」なんて、何の根拠もない結論を一方的に出し、
しかも、私の簡単な文章すら読み間違えるなんて、
あなたの脳こそが老化を心配するべきです。
前に、星祭さんの頑迷な発言からして、ヂミズさんよりももっと年上で、
脳が老化して頭が固いのではないかと推測を書いたが、
わざわざ裏付けをしてくれなくてもいい。

643 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:21:09 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>こういうこと老化の弱みにつけこんでイチャモンつけることしか七氏は
>できないのです。

私が書いた批判内容は、桐山さんがまだ脳梗塞になる前に作り上げた内容です。
老化しようがしまいが、その嘘つきの性格がまるっきり変わっていないから、
また大法螺を吹いて、新しい話を作り上げていると指摘した。
これのどこが老化の弱みなのだ?
星祭さんはさすが因縁をつけるのが好きですね。
桐山さんの老化にはずいぶん擁護するのに、
どうしてW田財務局長にはそんなに辛辣に批判するのだ?
彼女だって年をとり、老化して、老後を心配しているから、
桐山さんが老化した弱みにつけ込み、彼が生きている間に
宗教家畜の弱みを利用して徹底的に吸い上げ、蓄財して、
老後に備えようとしていると、どうして彼女の弱みを理解してあげなのだ?

644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4
>640
話の筋をよく読んで流れを見て、2chなどで文句言わないで
ザで言ったらどうなんだよ、こんなこと書くのは、また
七氏だろ(笑)。
ボケかかっても、人を切ったとかいいい続けるのは、それなりの
真に迫った恐ろしさがあるからだろう、だからたぶん真実といったまで
イチャモンつけんなら、テメーがウソだっていう証拠をだして見ろって
いうんだよ。どうせ資料もなにもないくせによー、それがないから嘘だって
どういえるんだよ、いつまでたっても同じこと言っているだけじゃねーか
なあ、七氏くんよ。

645 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:26:07 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>むしろ七氏のこのような女々しい老人をいたぶるようなことしか出来ない
>性格をしっかりと目を開けて見る事です。

「女々しい」は差別用語だという指摘もあります。
つまり弱者へのいたぶりになるから、使わないほうがいい。
老人をいたぶるとは具体的に何を指しているのですか。
桐山さんの老化をあざ笑ったかのように書いているが、
>>615以降での批判では、逆に、私は老化が原因ではないと書いている。
老化だと書いているのは星祭さんのほうですよね。
どうしてあなたは自分がしていることを、まるで私がしているかのように書けるのだ?
また、誰に向かって私の性格を見ろと言っているのだ?
星祭さんはいつも自分に対してそのように言っている。
それがあなたが長年かけて行った「自己洗脳」です。
桐山批判を聞くと、条件反射で批判側に目を向けるようにする。
桐山さんに長年に渡り、訓練され、条件付けされてきたから、
ついには他人にまでお説教を始めた。

646 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:29:39 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>性格をしっかりと目を開けて見る事です。

他の信者さんたちにお聞きしたい。
私の性格を見て何の役に立つのだ?
私の性格が「女々しい」なら、信州幕末には上意討ちが出現し、
18人の霊障武士たちが真実だったことになるのか?
桐山さんの嘘と私の性格との間には何の因果関係もない。
このように説明されれば、星祭さんの目線がいかに的外れかわかるでしょう。
でも、星祭さんだけでなく、信者さんたちの多くも同じようなにしつけられている。
桐山批判を聞くと、条件反射のように、桐山さんを見ないで、
批判した者を見るように、しつけられている。
「批判側は伝統仏教から金をもらっている」
「伝統仏教は阿含宗に出てきてもらっては困るから妨害している」
などと、桐山さんから教えられたことをそのまま口まねする。
伝統仏教がどうあろうが、上意討ちの件とはまったく関係がない。
独裁者が「外国が攻めてくる」と国民の目を国内問題からそらせるのと同じです。
あなた方が信じて、お金を出してるのは桐山さんです。
議論しなければならないのは、阿含宗の霊障教学や桐山さんの霊視能力を示す
18人の霊障武士についてであり、また、このような事実でない嘘を
堂々と主張する桐山さんの性格であって、私の性格ではありません。

647 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:30:29 ID:eLI6e6OD
『阿含仏教超能力の秘密』112頁
病弱な人は健康に、健康な人は頑強に、超人を目ざして、さあ、体力づくりをはじめよう!

『阿含仏教超能力の秘密』301頁
このチャクラにsamyamaを集中してそのエネルギーが発動したとき、
瀕死の病人でも床を蹴って立ち上がるだろう。
男女ともに実際の年齢より十歳以上若くなる。

『阿含仏教超能力の秘密』307頁
実際、このナービ・チャクラにsamyamaを集中すると、
この太陽神経叢に属する器官――それは食道から胃、肝臓、膵臓、副腎にいたるまで、
すべてを自分の思うようにコントロールできるようになるのである。それはホルモン分泌も同じ事で、
これらの内臓器官が、どんな状態であるかをすぐに知り、少しでも異常があれば
すぐに正常にもどしてしまう。
 また、それは、自分のからだだけでなく、他人のからだも自由にコントロールする力を
持つから、他人の病気なども即座に癒してしまうのである。

『阿含仏教超奇跡の秘密』1996年、214頁
アジュニャー・チャクラ
一度、目にふれ、一度、耳にしたことは、ぜったいに忘れることのない記憶力。

『阿含仏教超奇跡の秘密』1996年、87頁
私は、今でも、二日くらい徹夜して五、六十枚の原稿を書き上げ、そのまま真夏のゴル
フコースに出かけ一ラウンドし、帰宅すると一時間くらい眠って、すぐにべつな仕に
とりかかり、そのまま明けがたまで継続するくらい普通である。

648 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:35:32 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>むしろ七氏のこのような女々しい老人をいたぶるようなことしか出来ない

>>647の文章はわずか10年前に書かれた内容です。
桐山さんは超人であり、身体は内臓を含めて自在にコントロールできて、
実際よりも身体は十歳若いとある。
信者さんたちの中にもこの宣伝に惹かれた人はいたでしょう。
女性など、60歳を越える俳優が若々しいのを見て、
自分も訓練でチャクラを動かして、あんなふうになれたらいいなと思ったはずだ。
だが、その見本品であった桐山さんはどうか。
85才で杖をつき、車椅子に乗っている姿のどこが超人なのだ?
桐山さんの身体は75歳だという。
75歳なら車椅子の老人のほうが珍しい。
今時、85才で自分の足で歩き、仕事をしている人も珍しくない。
桐山さんは普通の老人と変わりない。
この桐山さんのどこが超人なのだと批判することの
どこが老人をいたぶることになるのだ?
桐山さんがただこれを自慢話として法螺を吹いていたというだけではない。
これをウリにしていたのだ。
これで信者を獲得して、あなた方も若い姿のままでいられるのだと
宣伝して、超能力を獲得しろと宣伝した。
立派な詐欺であり、騙しです。
女性たちの望みを逆手にとって、いたぶっているのは桐山さんのほうです。

649 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:39:53 ID:eLI6e6OD
>>626 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:05:22 ID:HoS+z9x7
>だいたい信者だって、「ああ管長も衰えたな、言う事がズている、年取れば
>みんな、ああなるよな、あれは、あの話のことで、このようなことを
>言いたいのだな。」と考えながら聞いているものだ。

信者全員が星祭さんと同じ感覚であるかのような書き方だが、
少なくとも、青柿さんはそうではない。
桐山さんが普通の人ならあなたの書いたことはそのとおりだろう。
私は、自分も記憶違いや物忘れをするのに、こういう事で他人を批判などしない。
だが、こういう凡人の記憶力とは違うと桐山さんは、
あなたが入信した頃から言い続けてきたのだ。
>>647「一度、目にふれ、一度、耳にしたことは、ぜったいに忘れることのない記憶力。」
桐山さんはチャクラを覚醒させ、こういう記憶力を持っていると自慢していた。
だが、桐山さんが老化する前でいいから、
星祭さんはこういう超人的記憶力を見たことがあるか。
私は、批判を抜きにして見たことがない。
むしろ、職員の名前と顔すら覚えられない桐山さんにあきれた。
十年前には、13運動で職員に許可を出しておきながら、
すっかり忘れて、「誰が許可した!」と双方向通信の最中に怒り出した。
これのどこが超人的記憶力?
老化して衰えたのではなく、最初から桐山さんには超人的能力などない。

650 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:44:02 ID:eLI6e6OD
>>626 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:05:22 ID:HoS+z9x7
>だいたい信者だって、「ああ管長も衰えたな、言う事がズている、年取れば
>みんな、ああなるよな、あれは、あの話のことで、このようなことを
>言いたいのだな。」と考えながら聞いているものだ。

上意討ちの件は他人が話したことではなく、桐山さんが繰り返し
本や法話で広めてきた。
絶対に忘れないはずの人が、自分で書いたことを忘れて、
数字はデタラメ、話は桐山さんの常の如しで、どんどん膨らんで、
ついには返り討ちの話まで拡大した。
超人的記憶力を持っているだのとさんざん宣伝していながら、
どうして、ここで突然、普通の老人に変身させるのだ?
どうしてあなたはそんなに身勝手でご都合なのだ?
ばれない時は、超人だと宣伝していながら、人並みに衰えて馬脚が現れると、
突然、老人でございます、と弱者を持ち出す。
擁護していて、星祭さんは恥ずかしくないのか。
まるで、飲みながら「オレは大金持ちさ」と実家が資産家であることや、
株で大もうけした自慢話を延々と並べながら、いざ支払いとなると、
急に「子供が五人もいるし、妻はパートで夜遅くまで・・」などと
弱者に変身して、ワリカンを逃れようとするのとそっくりです。

651 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:49:05 ID:eLI6e6OD
>>625 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:00:42 ID:HoS+z9x7
>むしろ七氏のこのような女々しい老人をいたぶるようなことしか出来ない

老人という弱者を装って、当たり前だというあなた方は
いったい死者に対して何をしてきた?
口がきけないのをいいことに、アウシュビッツの犠牲者たちすらも
霊障のホトケと罵り、大戦争の原因になると、悪霊扱いしてきた。
まさに、死者をいたぶった。
死者をいたぶりながら、自分たちが助けてやったとか、
徳を積んだとか、世界を平和にしたなどと自惚れた。
星祭さんも護摩木を周囲に勧めた。
あなたはアウシュビッツの犠牲者たちをいたぶったのだ。
どう屁理屈をつけても為した悪業は消えない。
しかも、あなたの場合、批判され、警告されてもやってのけた。
年寄りの詐欺師をいたぶるとあなたは私を非難したが、
あなたは100万人の犠牲者たちのうち、何人をいたぶったのだ?
その見返りに、写真など法施までもらったのでしょうね。
桐山さんと同じで、自分のしていることを棚に上げて他人を罵る。
恥知らずだけは桐山さんが本当によく学んでいる。

652 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:55:15 ID:eLI6e6OD
>>627 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:10:37 ID:HoS+z9x7
>因縁解脱したのに死んだとか、超人なのにフツーに御臨終だったとか(笑)。

「因縁解脱したのに死んだ」って、何のこと?
私は星祭さんと違い、阿含宗の教学は正しく理解しているから、
因縁解脱したから死なないなんて書いたことは一度もない。
普通のご臨終かどうかなど、私に限らず、星祭さんや信者さんたちも知ることはない。
どうしてあなたはそうやって無意味な空想を書いて罵るのが好きなのだろう。
あなたは憎しみが強いようだが、あなたの感性を私にあてはめるのはやめてほしい。
桐山ゲイカには長生きしてほしいと私は最初から書いている。
早く死ねなんて書いたことは一度もないし、思ったこともない。
私は、桐山さんに今のようにヨレヨレ状態で長生きして欲しいと書いた。
なぜなら、桐山さんと信者にとって、これが最良の道だからです。
桐山さんは頭が呆けてしまい、自分がどんなふうに見られているかわからない。
だから、苦痛なく、長生きできる。
一方、桐山さんのヨレヨレの姿によって、信者の一部が嘘に気がつき、救われる。

653 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:01:33 ID:eLI6e6OD
>>627 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:10:37 ID:HoS+z9x7
>これで桐山管長がおっ死んだりしてら、大喜びして
>[877]夜祭 06/11/03 21:36 WtFpTSABvM
>(最近は同じ話、何度も繰り返すし、用語の間違いやら、年数の間違い、30年まえの出来事を10年前と言ったり

桐山さんを信じている星祭さんですら、こんなふうに、
目の前で桐山さんの老醜を見れば理解できる。
あなたはこのまま一生目が覚めることはないだろうが、
信者の中には、桐山さんが嘘つきであることに気が付く人も出てくる。
批判側に言われれば反発しても、目の前で桐山さんが醜態をさらせば、
気が付く信者もいるのです。
桐山さんが長生きすればするほど、こういう目の覚める信者は増える。
これは結果的に桐山さんの罪滅ぼしにもなる。
彼の悪業は消えないが、騙された人を助けるですから、善業です。
桐山さんはヨレヨレ状態で長生きすることで、初めて善業をなす。
車椅子の次は寝たきりの状態で出てきたらいいでしょう。
すっかり好々爺の顔になり、霊障武士を成仏させて宗教を目指したなどと、
星祭さんですらも取り繕えないような話を本気で言うようになるでしょう。
桐山さんは昔から死を恐れ、生きることに強く執着しており、
身体が丈夫だから、頭が逝っても生きているでしょう。
バジアンさんも「長生きを覚悟せよ」と予言しており、
信者と私も彼の長生きを望んでいる。
以上のように、桐山さんが死ねば私が大喜びするというあなたの推測には根拠がない。
何度も書くが、星祭さんの憎しみに満ちた心を私にあてはめる、というか、
押し付けるのはやめてほしい。
桐山さんの自惚れ、自己満足、侮蔑、慢心、欲望と執着に満ちた心に共鳴する星祭さんと
悪臭として嫌悪した私では互いに理解できるはずはない。

654 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:47:43 ID:62sDzxVS
星祭さんの負けー
醜い自分の心を少しは見つめたら?

655 :驚いた〜:2006/11/06(月) 00:57:12 ID:Q6B5c2AY
まだ、やってたんですね。。。。

656 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:00:50 ID:JUFe0OWc
桐山君は既に詐欺師に決定してます。今後はこの詐欺師をどう料理していくかを
話しましょうよ。

657 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:11:03 ID:JUFe0OWc
料理方1. キリ翁の肉体が超人どころか一般人よりも劣っていることを衝く
料理方2. 質問攻めにあわせ脳ミソが初期痴呆症であることを知らしめる
なんてのはどうじゃろか?

658 :樹意:2006/11/06(月) 05:45:56 ID:xzZUVdTw
>>655

日本はカルト天国です、
新聞も偏向報道が沢山あり、 チベットの惨状も報道なかったり
自作自演まである始末です。
憲法違反の政策も沢山あります。
(情報操作されても 操作されているとすら気づかない状態が
  ネットが登場する以前の状態だったわけです )
こういう掲示板もいつ 法律の枠がはまるかわかりません。

韓国ではすでに どこからアクセスしようが国民IDをうちこまないと
ネットにはアクセスできないようになっているとのことです。
 はっきりいって批判を封じるような社会は停滞する元ですが
 日本も以前の旨みが忘れられない 政治カルトがそういう
動きをしているようです。 (現在十分 美味しい状態ですが )

こういう板に継続して批判を投稿してくれる方はありがたい存在であると
思います。
以前のような状態では 気づく人も少なくなるでしょう。






659 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 13:58:11 ID:0+732WMQ
家に来た奴に100円払っちまったよ

660 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 18:53:45 ID:qr9E41ZV
このたび阿含宗は阿含浄土真宗に改名される予定です。
会員の皆様に周知徹底を願います。

661 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 19:18:56 ID:qr9E41ZV
キリちゃんは改名や変更はお手のものですからね、なにせ地獄も極楽も霊視で
その存在を確信し阿弥陀如来様と交信もしたそうです。
その交信で本山と冥界とお墓と浄土を直結させる契約もなさったそうです。
その為に契約金が必要となり、このたび基金を設立することになりました。
お浄土に行きたい信者の皆さんは振るって協力いただきたいとの事です。
なお、箱根の温泉修行道場の基金も同時に募集してますので、そちらも
同様によろしくとのことでした。
ほんまにここは金の掛かる宗教ですな〜。

662 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 20:40:43 ID:VW/ZM0i3
やっぱり地獄の沙汰も金次第なんですね。 昔の人は旨いこと言いました。
そう言う訳で、信者さん皆さん命の次に大事なお金、よくよく考えて使ってくださいね。

663 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:27:24 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4
>話の筋をよく読んで流れを見て、2chなどで文句言わないで
>ザで言ったらどうなんだよ、こんなこと書くのは、また

話の筋をよく読まなければならないのは星祭さんのほうです。
私はザのスレの書き込みを引用して反論したのではなく、
あなたが>>625で書いたことに反論したのです。
>ようするに人を切って逃げていたというのは事実だったということでしょう。
と、星祭さんは書いた。
どこにそんな「事実」があるのか示してみたらどうかと書いたのです。
ザのスレでもあなたは示していない。
示せないから、>>641みたいに、アホだ、ボケだと罵るしか手がないのでしょう。

664 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:30:37 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4
>ボケかかっても、人を切ったとかいいい続けるのは、それなりの
>真に迫った恐ろしさがあるからだろう、だからたぶん真実といったまで

これがあなたのいう「事実」の根拠ですね。
ボケかかっても、人を斬ったとか言い続けると、どうしてそれが事実になるのだ?
桐山さんのボケをあれこれ言う前に、こんな根拠のないことを
書いているあなた自身に何か疑問を持たないのか。
星祭さんは上意討ちがあったと「思う」というのが根拠だと前に書いた。
その時も私から指摘されましたよね。
「思う」とは感想であって、事実とは言わない。
普通はこういうのを「根拠がない」といいます。
「根拠がない」とは「事実ではない」という意味です。
つまり、あなたが>>625で書いた「事実だった」という表現には根拠がない。
このことは前にも何度も星祭さんに指摘した。
しかし、相変わらず、あなたはこういう根拠のないことを書いている。
毎度、反論されると、他人の無理解をあざ笑い、バカだアホだと罵る。
桐山さんと同じで侮蔑心ばかり強く、反省心がないわりには、悔しさだけは人一倍。
私からの反論や指摘を斜め読みして、一知半解のままで、
頭の中で投げ捨ててしまうから、自分のミスが記憶に残らないのです。

665 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:32:42 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4
>ボケかかっても、人を切ったとかいいい続けるのは、それなりの
>真に迫った恐ろしさがあるからだろう、だからたぶん真実といったまで

そのとおりで、病院で自分を神様だ、天皇だと叫んでいる人たちは
本気で叫んでいるのであって、嘘だなんて思っていない。
では、星祭さんは彼らの主張が“たぶん真実”だと思うのか。
一流の詐欺師とは、自分の嘘を誰よりも本気で信じる。
そして、桐山さんは一流の宗教詐欺師です。
自分で思い込むと本当の聖者であるかのように錯覚して、周囲に話す。
あなたや私のような単純バカは聖者様として礼賛、礼拝する。
周囲からの礼賛に、桐山ゲイカはいよいよ自分が聖者だと確信を持つ。
周囲の信者が桐山さんの妄想を助けて、金銭で支えるのです。
というと、星祭さんはあざ笑おうと口元が歪みはじめているだろうが、
その前に、あなたが書いた上記の一文をごらんなさい。
まさに妄想のお手伝いをしているではないか。

666 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:36:34 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

星祭さんの論理展開はいつも同じパターンです。
ザのスレで書いてみろというから、あなたが書いたのを引用してみましょう。

>[383]夜祭 06/11/05 18:54 WtFpTSAB6a
>ゲイカのいう古代ヨーガちゅうのはアーサナやったりするやつでなく
>瞑想などの心の深層を動かす技術のことを言っているのは明らかです。

これのどこが「明らか」なのですか。
桐山さんのどこが深層を動かす技術なのだ?
現実に何一つ実現していないのに、あなたは「思う」「事実」「明らか」と断言する。
こういうのを根拠がないというのです。

>[389]夜祭 06/11/05 23:02 WtFpTSABHI
>魅了もなにも、まだ法は生きていますよ。
>ボケようと、教団が腐りかけていようとも、
>まだ、大丈夫のようですね。そのように感じ受け取りました。

判断の根拠はあなたが「感じ受け取りました」ですよね。
判断の根拠が自分の主観であるにもかかわらず、
何か客観性があるかのように堂々と主張している。
それも恥ずかしそうにではなく、高見に立ったかのように相手の
無理解をあざ笑いながら、罵倒する。
あなたの主張の根拠はいつもあなたの主観にすぎず、客観性がない。
一つや二つではなく、ほとんどがこういう書き方です。
主観と客観の区別がつかないのは、ザのスレでも星祭さんと使者さんだけです。
そのことが大人としてはかなり恥ずかしいことだと二人ともわからないようだ。
ユビキタスさんから使者さんが“子供のお遣い”と書かれたことを、
星祭さんも他人事だと思わない方がいい。

667 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:39:46 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

星祭さんは宗教とは主観的なものだから、主観で判断していいと思っているのでありませんか。
少なくとも、釈尊の仏教ではそれは間違いです。
ヂミズさんとの議論で出た自恣経を覚えているでしょう。
夏安居が終わった後の集まりで、釈尊は「夏安居中の自分の行いに
何か間違いがあったら、指摘するように」と比丘たちに促した。
サーリプッタが何もなかったと述べ、釈尊もまた比丘たちの行為に
過ちがなかったことを賞讃した。
星祭さんは釈尊のこの態度をどう思いますか。
「ワシは“明らか”に間違いなんぞしとらん。なぜなら、ワシがそのように
“感じ受け取り”、そのように“思う”から」なんて言っていません。
比丘たちに師である釈尊の間違いを指摘しろというのだから、
客観的に自分の行為を評価させたのです。

668 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:44:09 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

自恣経、『阿含経典 第四巻』増谷文雄、253頁
「サーリープッタよ、私は、この五百の比丘たちについても、
その行為もしくは言語の上になんら批難すべきものを見なかった。」

この釈尊の言葉には主観などありません。
行為と言語というのだから、五感が正常な人なら誰でもわかることです。
釈尊は神通力で比丘たちの深層意識まで入り込み、
「お?星祭比丘クン、ワヒの超能力によれば、チミはまだ悪しき因縁が残っちょるから、
護摩木を供養してぶち切るように」などと言ったのではない。
俗人も持つ五感で、比丘たちの行為と言葉においては煩悩が現れなかったと判断している。
思う、感じる、バイブレーションなどという主観的なものではなく、
目で見て、耳で聞けば誰でもがわかるように、
比丘たちの言動は、客観的に煩悩は出ていなかったのです。

669 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:46:04 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

釈尊が客観的に修行を評価したのに対して、
桐山さんの人生は主観的なものだけでできている。
桐山さんは客観的な世界では何一つ成功していない。
たとえば、インスタントビールは失敗だし、
芥川賞はおろか、小説だってろくに書いていない。
求聞持脳の小説を発表して、直木賞を取ったらいい。
桐山さんは『一九九九年地球壊滅』などの小説を出しているが、
直木賞どころか、話題にすらならなかった。
桐山さんが成功したのは、お金を使った分野だけです。
名誉教授、名誉博士、名誉棋士は言うに及ばず、イベントもすべて金を使っている。
金を出さなければ、中国やスリランカ、自民党幹部が頭を下げるはずがない。
これが実力だというなら、大作さんは大変な実力者ということになる。
聖者、超能力者、解脱者、仏陀、アンゴルモアの大王などと
子供じみた主観だけで桐山さんの人生はできあがっており、
それをお金や勲章で取り込んで、本物であると錯覚させているだけです。

670 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:50:08 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4
>イチャモンつけんなら、テメーがウソだっていう証拠をだして見ろって
>いうんだよ。どうせ資料もなにもないくせによー、それがないから嘘だって

信州幕末に上意討ちがなかったという証拠を出せというのです。
信者側がこれまでも何回か書いたことがある。
証拠はすでに出している。
『長野県史』など信州幕末の歴史を詳細に述べた記録には、上意討ちなどありません。
これが何よりの証拠であり、学者や地元の研究家を総動員して作られた資料です。
私は信州に上意討ちがないという資料的な証拠を出した。
次は星祭さんの番ですから、どうぞ、信州の幕末に上意討ちがあったという
資料的な証拠を示してください。
お願いですから、「あると思う」とか「感じ受け取りました」はやめてくださいね。

671 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:53:57 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

使者さんなどは「すべてが記録されるわけではない」などと書いている。
こういう人は自分の無知に自覚がないから、
地方史などがどの程度細かく調査され、記録されているか知らないのです。
先日、テレビで退行催眠で前世にさかのぼるという実験をやっていた。
被験者の女性は、前世で浅間山が爆発した時、自ら人柱になって村を守ったと話した。
テレビ局が調査すると、1783年に浅間山が大噴火をおこしており、
たしかに女性ののべた地名が実在した。
各村での被害状況が代官所に報告された記録が残っており、
女性が住んでいた村の被害者は「一名」とあった。
前世が実在するかどうかの話をしているのでありません。
今から、220年も前の江戸時代に、大災害がおきて混乱しているのに、
一般庶民が亡くなった記録まではっきりと残っていることに着目してください。
江戸時代だから記録がないなんて偏見にすぎない。
明治維新は、桐山さんが上意討ちの話を始めた1970年代は
百年ちょっとしかたっていなかった。
二百年前のたった一人の少女の記録が残っているのに、
百年前の18人もの革命の英雄の記録が残らないはずはない。

672 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:57:08 ID:VrFr1F4p
>>644 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 23:24:07 ID:31vJpir4

会津藩の白虎隊で自害したのは約20人です。
白虎隊は明治政府から見たら敵です。
しかし、それでも庶民は彼らを忘れなかった。
明治政府から見て革命の英雄が18人も殺され、
さらに仇討ちまで行われたら、記録に残らないなどありえない。
信者さんがもし役所の観光課の担当者ならどうする?
大々的に祈念碑を建て、町おこしのためにもイベントを開催するでしょう。
地元の商工会だって大賛成です。
長野県のどこにそんなイベントや祈念碑があるのだ?
信州幕末の上意討ちなど桐山さんの作り話以外はありえない。
それどころか、桐山夫人すら、作り話であったことを証言している。

673 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 22:57:48 ID:VrFr1F4p
[623]中沼源太郎 06/03/22 16:14 lpzMDEE1sj
逆に「18人の武士」のお話しが絶対本当だという証拠はあるのかね
。そんなものはありはしないのだろ。
桐山さんというのは、そういう人なの。あとからどうにでも
言えるように書いているのだよ。そもそも「大王の使者」アンタは
桐山さんと「サシ」で話したことあんの。
故管長夫人が「あの話しはデフォルメだと」言う意味のことを
話してんだよ。夫である管長のことを一番知る人がいったのだよ。
アンタの「戯れ言」など意味ないんだよ。
管長はね本を書いているときは、すごい神経質だが、管長婦人や
京都の奥さんの「W田」には、飯のときに本のアイディアをはなす
のだよ。だからわれわれの知らないこともしっているのだよ。
さっさと「18人の武士」の話しが本当である証拠を出せよ。
人に証拠云々言う前にアンタが先に証拠とやらをだせ。
ユビさんのいっていることのほうが、私の聴いたこととの整合性が
あるのだよ。

674 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 23:04:51 ID:VrFr1F4p
>[623]中沼源太郎 06/03/22 16:14 lpzMDEE1sj
>故管長夫人が「あの話しはデフォルメだと」言う意味のことを
>話してんだよ。夫である管長のことを一番知る人がいったのだよ。

桐山夫人が上意討ちの件をデフォルメだと言っていたのです。
信者さんたちは側近が聞いたこういう話を無視しないことです。
桐山家に伝わっていた祖父の話から見てさえも、
桐山さんの書いたことはデフォルメだったのでしょう。
しかも、その祖父の話自体が作り話なのです。
祖父の作り話を孫がデフォルメしたもの、それが信者さんたちが
信じている桐山さんの霊視能力と解脱成仏リキの元です。
信者さんたちがアウシュビッツで書いた護摩木も
これからのイスラエル護摩やロシア護摩も、その目的は霊障解脱であり、
その霊障解脱の元となっているのがこの上意討ちの件なのです。
上意討ちが嘘なら、阿含宗の護摩は根拠を失い、ただの焚き火ということになる。
解脱供養も冥徳解脱もまったく無意味なことに金を投じたことになる。
失った物は取り返しがつかないが、信者さんたちはこれでもまだ
霊障解脱の護摩木や解脱供養などで、桐山さんのデフォルメ小説、
嘘の霊視能力、インチキの成仏リキにまだ金を出すのですか。

675 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 10:53:51 ID:I/ag3+3R
詐欺師桐山・・・キサマ!! キサマ!! こっちへ出て来い!!

なんてゲイカの真似はいたしません。
でもイカサマ師の悪は暴露して息の根を確実に○○させていただきます。
迷える信者を救うためにも。

676 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 12:31:08 ID:BgrcqWwW
阿含宗が阿含浄土真宗に改名する予定なんですか?
確かに今の桐山さんにはピッタリですね。

677 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:04:58 ID:UH+OCn23
桐山の祖父の名前は鳥羽源三郎だったよね。
ウソくさい名前だな。
新撰組の隊士に井上源三郎という人がいた。この人は天然理心の使い手だが
鳥羽伏見の戦いで戦死している。
同じく新撰組には北辰一刀流、免許皆伝の山南敬助という人がいた。
桐山は新撰組の小説でも読んでいて、この辺の話をごちゃまぜにして
鳥羽源三郎のストーリーを作ったんじゃないか?パクるの好きだし。
ちょっと、考え過ぎかな。

ここの信者さん。18人切りの記録が無いことはわかってるんだろうから。
北辰一刀流免許皆伝者の中に鳥羽源三郎という人がいたか調べるってのはどうよ?
そういうリストあるのかどうか知らないが、もし、見つかったら桐山の話に
いくらか信ぴょう性が出てくるかも。
めんどくさいか?やらないだろね。だまって桐山の言うこと信じてる方がラクだもんね。
お前が調べろなんて言わないでね。こっちは、もうその必要性はないんだから。

678 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:16:16 ID:KXXv39Oa
ヤフー検索:般若心経と矛盾

679 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 20:27:55 ID:DfDQ9Eif
仏舎利、拝んでボン行に励んで因縁解脱っていつまでもやってたら
自分の神性と真理にいつまでも気ずけんよ。
又、密教はヒンズ−教の神とバラモンの呪詛の合体作だし。

680 :青柿(あおがき):2006/11/07(火) 21:34:17 ID:omX3bKyR
>>677 同感です。同じことを自分もザビビに書いたことあります。名前からしてそうですねえ。

677さんも書いてる"北辰一刀流"の山南敬助、この人は純粋な尊皇攘夷の志向が高かったんです。
新撰組は佐幕+尊皇攘夷だったから新撰組にいたら純粋な尊皇攘夷は出来ない。
幕府は本当に攘夷をする力と方針はないからです。だから山南敬助は新撰組を脱退した。

だいたい"北辰一刀流"は純粋な尊皇攘夷の志士が多い。そんななか佐幕ばりばりの鳥羽源三郎さんは肩身が狭かった?ことでしょう

681 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:17:52 ID:mmv9ol6d
>同感です。同じことを自分もザビビに書いたことあります。名前からしてそうですねえ。
677
そうですか。失礼しました。
同じ連想をした人は他にもいるんでしょうね。
ってことはオッカムの剃刀的思考法によれば、この説、かなり蓋然性が高いですね。
桐山の嘘って分かりやすいところが救いですね。

682 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/07(火) 23:50:09 ID:M5tA83t0
桐山さんの祖父が、江戸お玉ヶ池の千葉門で北辰一刀流を学び、
鳥羽源三郎源靖之という名であったことは一番古くは、
「密教・超能力の秘密」のP.311にあります。
この頃は前科も暴露されてなく、18人武士の話も作る必要(?)
はない頃です。
鳥羽源三郎と北辰一刀流だけは祖父の法螺話をそのまま信じて
いただけてはないかと推測しています。
もっとも必要のないところで嘘話を作ることも多い桐山さんですが。

683 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:37:26 ID:piMs5ryA
阿含宗と桐山氏について―第二十八章―光の戦士たち・・・!?から転載
[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN
三福道などという用語はない、とかの意見があった。
なんでそんなつまらんことを問題にするのか理解できんね。
三供養品の大意は、
「仏法僧において功徳をうえると涅槃界へいたる果報があるぞよ」
と、いうものでしょう。
それを三善根と呼ぼうが三福道と呼ぼうが三果報道と呼ぼうが、意味は同じ
ことですよ。
むしろ三善根というと、無貪、無瞋、無痴、のことと混同するおそれがある
ね。三供養品の三善根の意味は、辞書の三善根とは意味が違うのだからね。
三福道と訳してる経の方が適切なんでないかね。
そういう用語はないという人は、そういう異訳経を知らないだけでないの?

684 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:38:40 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN
>三供養品の大意は、
>「仏法僧において功徳をうえると涅槃界へいたる果報があるぞよ」

ザのスレですでにユビキタスさんが反論していることに付け加えます。
三供養品の大意とあるが、使者さんが考えているのとは意味が違います。
阿含宗や使者さんたちの解釈は、
「仏法僧において人や物を貢ぐと、如来が功徳という見返りを授けてくれる。
この功徳は御利益にもなるが、涅槃界へいたるチケットにも使える」
つまり、おシャカとは、御利益自動販売機であり、
御利益の一等賞こそが涅槃であるという解釈です。

685 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:40:58 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

信者さんたちは私の説明を聞いて「なんと下品な表現だ」とあきれただろうか。
あきれるだけの感性が残っていてほしい。
そのとおりで、阿含宗のように三供養品を功徳という御利益を説いた経典だ
というのは、下品で品性卑しい解釈です。
御利益など金輪際否定した釈尊が、御利益をくれると説いたなんて、
どこをどうねじ曲げたらこんな解釈ができるのだろう。
阿含経では信者さんたちの期待している意味での功徳や福徳なんて説いていない。
むしろ、釈尊はこれらを欲望や執着にすぎないと否定している。
信者さんたちの最大の誤解は「功徳」の意味を取り違えていることです。
釈尊のいう功徳には御利益という意味はありません。
スレ110の504以降で、上根と下根の嘘について説明をした時、
功徳の意味と誤解を説明しました。
この点を再度説明しましょう。

686 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:43:10 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN
>三供養品の三善根の意味は、辞書の三善根とは意味が違うのだからね。

「善根を修することにより、その人に備わった徳性をいう。」(『岩波仏教辞典』210頁)
これが仏教のいう功徳の意味です。
では徳性を得るための善根とは何かというと、
「また、無貪、無瞋、無癡の三つを三善根という。」(『岩波仏教辞典』499頁)
これらの辞典の説明をつないでみると、
「功徳とは、貪瞋癡の三つの根本煩悩をなくす三善根を達成することによって
その人に備わってくるものをいう」
もっと簡単に表現するなら、
「功徳は貪瞋癡を消滅させることで備わるもの」
信者さんたちが桐山さんから教えられて信じていた功徳と、
釈尊が説いている功徳とはずいぶん違う、というよりは、
正反対のものであることに気が付きましたか。

687 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:46:13 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

阿含宗の功徳や福徳とは御利益のことです。
それは三善根で断ちなさいといわれている「貪」そのものなのですよ。
御利益を欲しがる心は貪そのものです。
御利益を功徳や福徳、仏様のお手配、お願い事、祈願など
名前を変えても無駄で、中身はただの御利益です。
釈尊のいう功徳とは無貪によって得られるのだから、
阿含宗のように貪を説いたら、釈尊のいう功徳は得られないどころか損なわれる。
桐山さんのいう功徳の意味は釈尊のそれとはまったく逆、正反対のことを説いている。
桐山さんのいう功徳を得る方法に従えば従うほど、釈尊のいう功徳からは遠ざかるのです。

688 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:52:08 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

阿含宗の功徳とは御利益だと批判すると、信者さんからは、
「功徳によって解脱するのだから、解脱を御利益とは言わない」と反論するかもしれない。
阿含宗では骨のホトケに人と金を貢ぐと、その功徳で、在家でも
アナゴンまで行けるし、出家は七科三十七道品を体得する器ができる。
だから、人と金を貢ぐことは、在家出家を問わず、解脱の道である、と。
しかし、これもダメなのです。
そもそも、如来に何か貢いで、その見返りに解脱するなんて考えは仏教にはありません。
この点で根本的に阿含宗解脱は仏教ではない。
釈尊は教師であって、修行の道を指し示すだけで、何かしてくれるわけではない。
貢いでも功徳もくれないし、いくらナモナモしても、お手配もしてくれない。
在家信者は人と金を貢ぎ、その見返りに、如来は成仏リキで
信者の前世のカルマを切って、解脱するなんて考えは仏教には存在しない。
学校の先生に貢いで、子供の試験の点数をあげてもらおうとするのと同じ発想です。
これはほぼ“純粋”にヒンドゥー教の思想、当時のバラモンの解脱です。
つまり、阿含宗の解脱は釈尊が批判し否定した解脱です。
仏教の解脱ではなく、外道の解脱です。

689 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:59:58 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

「また、無貪、無瞋、無癡の三つを三善根という。」(『岩波仏教辞典』499頁)

功徳を得るための善根の説明に三善根が出てきたこと着目してください。
捏造されていない三供養品に出てくる三善根です。
元々の三供養品に出てくるのは三善根であって、三福道などではない。
上記は岩波仏教辞典だから、三供養品だけの説明をしているのではなく、
仏教一般の三善根を説明している。
使者さんのように頭がアサッテのほうに解脱している人は別として、
仏教辞典に書いてあることを根拠もなしに全面否定するのは、かなり恥ずかしいことです。
仏教の三善根とは無条件で無貪、無瞋、無癡のことです。
貪瞋癡の煩悩を断ちきり、三善根を成就して得られた徳性が功徳なのですから、
三供養品の主旨とは「貪瞋癡の煩悩を断ちきれ」です。

690 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:02:26 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN
>ね。三供養品の三善根の意味は、辞書の三善根とは意味が違うのだからね。

増一阿含経、巻13、地主品23、8、『國訳一切経 阿含部8』229頁
「此の三善根有り。云何が三と爲すや。不貪善根。不恚善根。不癡善根なり。
是を比丘の三善根有りと謂うなり。」

ザのスレで前に信者さんが引用したのが上記の経典です。
ここでも三善根とは「不貪善根。不恚善根。不癡善根」、つまり貪瞋癡の
三つの煩悩を断ちることだと書いてある。
使者さんは辞書の説明を唾棄しているが、阿含経で釈尊ははっきりと
三善根をこのように説明し、定義づけているのです。
学者が勝手に解釈したのではなく、釈尊が説明しているのです。
三供養品の「功徳を種える」とは「善根を修する」ことであり、
それは「無貪、無瞋、無癡」、つまり煩悩を切ることです。
煩悩を切った如来、煩悩を切るための正法、煩悩を切ろうとしている聖衆において
あなたもまた煩悩を切りなさいというのが、三供養品の意味です。

691 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:07:23 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

仏教の功徳や三善根の意味を理解したら、
三供養品に三福道なんて変な言葉が出る幕はない。
功徳を御利益だというド素人の解釈をするから、三福道なんて言葉が出てくるのです。
ド素人の解釈をしたのは誰ですか?
皮肉抜きに信者さんたちにこの現実を見てほしいのです。
仏教の功徳の意味もわからないから、三善根を三福道なんて書き換えた。
求聞持脳だの仏陀の智慧だのと、桐山さんは自分でものすごく頭が良いという。
信者さんたちが仏陀の智慧を持っていると信じている桐山さんの知性はこんな程度なのですよ。
彼のなしたことを見ればわかるように、功徳や三善根の意味すら理解できなかったのです。

692 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:09:48 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

桐山さんの頭は良くないと批判すると信者さんたち反発するでしょう。
気持ちはわかる。
私も先達から「三福道なんてない」と言われた時、驚いて、最初は信じなかった。
『國訳一切経』のコピーを見せられても、まだ別な漢訳経典があるのではないか、
桐山ゲイカも「一書」と書いているからと、まだ信じられなかった。
「聖者であらせられる桐山ゲイカが、経典を捏造するなど、
ありえませんよ」というようなことを言った。
先達は、こいつバカだというような侮蔑した目つきで私を見ながら、
『末世成仏本尊経講義』で、桐山さんが三供養品に書き加えたことを認めている部分を示した。
こちらはグーの音も出ない。
先達にやり込められたというよりも、桐山さんの所業を見て、ショックだった。

693 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:14:34 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

信者さんたちも桐山さんの経典捏造の事実にショックを受けませんか。
これは二つの意味でショックなのです。
一つは、偽経典をさんざん批判しながら、自ら阿含経を捏造していたという
その道徳心の低さ。
しかも、捏造を本に堂々と書いているのだから、悪いことをしたとは思っていない。
桐山さんは経典捏造を宗教的犯罪と思っていないのですよ!
前科を思いだし、桐山さんの心の闇(病み)を見たように気がした。
両者はもちろん同根です。
もう一つは、後にショックを受けたのだが、前述の、
桐山さんの解釈の稚拙さから推測される知能程度です。
功徳や三善根という言葉を調べてみれば、三福道などという御利益話になるはずがない。
三善根をどうしても置き換えたいなら、
三つの煩悩を滅するための道という意味で、「三滅道」というならわかる。
経典の意味を理解したら、三福道なんて絶対に出てくるはずがない。
桐山さんは素人でもわかる経典の意味を理解できなかったのだ。
つまり、桐山さんの頭は「それを三善根と呼ぼうが三福道と呼ぼうが
三果報道と呼ぼうが、意味は同じことですよ」と無知をさらしている使者さん程度なのです。

694 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:16:35 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

三福道は、桐山さんの高度の知性とやらに疑問を持ち始めた事例の一つです。
疑問を持ち始めると、いろいろな所にほころびが見えてくる。
圧巻は、桐山さんが仏教の解脱の意味も理解していないことでした。
信者さんたちは今でも釈尊は因縁解脱を説いたと信じているのか?
すでに何度も説明しているが、それは相当に恥ずかしいことです。
因縁解脱などという言葉自体が仏教にないだけではない。
因縁解脱とは、前世からの業報を断ち切ってしまう、つまりカルマ解脱という意味だが、
釈尊はカルマを断ち切るなんて説いたことはありません。
カルマを切ると説いたのは、同じ時代のジャイナ教です。
仏教の目的は解脱であり、解脱の定義を間違えたら、もう手がつけられない。
涅槃という山に登頂するのに、海に向かって歩いているようなものです。

695 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:19:57 ID:piMs5ryA
「・・いまさら東大を志すというわけにもゆかない。」(『現世成仏』39頁)
「しかし、やる気になれば、一年くらいで大学を卒業できる程度の実力は
持ってみせるといった自信はずうっともちつづけた。」(40頁)

功徳の意味を世俗的な意味に解釈するばかりか、解脱の意味すら理解していない。
つまり、桐山さんはまるっきり仏教のド素人です。
こんな程度の桐山さんが頭が良いと信者さんたちは本気で思うか。
とうてい桐山さんが学校時代、成績の良い生徒だったとは思えない。
学校の成績とは理解力と記憶力です。
桐山さんの記憶力は平凡だし、経典解釈を見てもかわるように理解力も低い。
こういう桐山さんが大学を一年で卒業できると堂々と書いている。
桐山さんの平凡な記憶力と思い込みの理解力では東大どころか、一流大学は絶対無理です。
なぜなら学業は、桐山さんのように自分の思い込みを当てはめて、
勝手な解釈をすることではなく、むしろ、自分の思い込みを捨て、
従来の説を理解し記憶することだからです。
私は信者時代、一度でいいから、桐山さんの高い知性を目撃したいと切望した。
だが、ついに見たことがなかった。
むしろ、普通の人と同じような記憶違い、物忘れや、先達たちが
訴える問題の本質すらも理解できず、恒例の漫談を始めるのを見た。
桐山さんが持っているのは高い知能ではなく、極端なまでに高い自己評価だけです。

696 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:22:59 ID:piMs5ryA
『阿含仏教超能力の秘密』80頁
「率直にいわせてもらうと、阿含宗を立てて阿含経を世に出した私の業績は、
天才か、天才的才能がなければできない仕事である。」

勝手な解釈を天才とは言いません。
凡人にはできないほどの飛躍したものを生み出し、
それが現実世界で通用するから天才なのです。
桐山さんのような勝手な解釈や空想だけなら、誰でもできる。
桐山さんが作り出したもので現実世界で通用したものなど一つもない。
金を使って通用したかのように見せかけているだけです。
桐山さんの得意技は、思い込みです。
自分は記憶力が抜群だと思い込むこと、経典をトンデモ解釈して、
それを天才的な発想だと自惚れることが桐山さんの仏陀の智慧の正体です。
飛躍した解釈をして当たっているなら天才だが、解脱の定義すら外れており、
多くの人を惑わしたのだから、桐山さんは天才ではなく、天災です。

697 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:30:48 ID:piMs5ryA
『阿含仏教超能力の秘密』80頁
「率直にいわせてもらうと、阿含宗を立てて阿含経を世に出した私の業績は、
天才か、天才的才能がなければできない仕事である。」

信者さんたちが練脳塾で目指す仏陀の智慧、桐山ゲイカ並の知性など、
桐山さんのただの思い込みなのですよ。
こんなものに信者さんたちは金と時間を浪費している。
桐山さんの知性の底など浅い。
桐山さんにはたいてい元ネタがある。
桐山さんは和讃を御霊示を受けて短時間で書いたなどと言っているが、
他人が書いた和讃を手直ししたことが暴露されている。
伝法会で渡している「祈祷深秘」は幸文社刊の『深秘法』(北澤米吉)の
丸写しであることが、このスレで春頃に暴露された。
伝法会で教えた密教占星術奥伝は『九星日盤鑑定要法初伝』(斉藤擁道)の丸ごとパクリ。
手直しすらしないで金を取って教えたのだから、泥棒です。
『阿含密教いま』では『原初経典 阿含経』(増谷文雄筑摩書房)の文章を
そのまま自分の文章として書いている。
こうしてみると、桐山さんはパクリの天才です。

698 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:37:30 ID:piMs5ryA
>[959]大王の使者 06/11/07 11:43 nBQniSKsSN

三福道も経典にあるのではなく、桐山さんの造語であることを
ユビキタスさんが前に暴いた。
『人間改造の原理の方法』の210ページ以降で、
「三つの福業事あり」という阿含経から引用して、これを「三福業道」と書いている。
三福業とあるだけで、三福業道とは書いていないから、
これ自体が桐山さんの造語です。
元の三福業にも信者さんたちが欲しがるように御利益の意味はありません。
桐山さんはこの言葉を記憶していて、何年かたつと三福ゴウドウが
三福ドウに頭の中で短縮され、ついに三福道を編み出した。
三福道の仕掛けのなんと稚拙なこと!
信者さんたちはこんな子供の連想ゲーム程度の内容を信じて、
金と時間を費やしているのです。

699 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 19:00:59 ID:3IVE4Lf/
>『阿含密教いま』では『原初経典 阿含経』(増谷文雄筑摩書房)の文章を
>そのまま自分の文章として書いている。

両方読んでいるのに気がつかなった。俺ってダメだな。
で、結局、紫綬褒章はガセだったのですか?

700 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:02:21 ID:zVYi9z9S
話題にはその人の関心の強さが反映される。
七氏は学歴の話題がかなり好きだな。前から一人でやってる。
かなりコンプレックスがあるからだろう。
情痴大学・害国語学部卒じゃ一流企業は無理だったようで。
東大、早稲田、慶応あたりの受験に落ちて2チャンの宗教スレで敵討ちかw

701 :青柿(あおがき):2006/11/08(水) 23:43:32 ID:laISD4Hi
http://religion.bbs.thebbs.jp/1157455649/237 うげっ! カルトですw http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1053752996/

702 :青柿(あおがき):2006/11/08(水) 23:44:50 ID:laISD4Hi
なんだかどこぞと似ている

703 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:47:32 ID:2p3JlmWe
タイマンだかタマキンだかしらないけど上座部仏教系にもカルトって
あったんですね。

704 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:50:41 ID:2p3JlmWe
紫綬褒章って団体にもあたえるようだわ。
今年の秋のやつでは10団体くらいもらっていて
そのうちの一つが阿含宗らしい。ガセじゃないですよ。
そのうち詳しく報告されっでしょう。

705 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 01:05:09 ID:VlbAaQId
>>704
いいえ、違います。
この機会にお互いに勉強しましょう。
ネットという検索の武器があるのだから。
紫綬褒章はあり得ません。
今回のは紺綬褒章でしょう。
それなら秋の褒章のリストに出てなくても理解できる。
明朝解説します。

706 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 01:15:04 ID:VlbAaQId
>>704
この人は11月3日付発令で11月2日の朝刊に載った
750人、19団体を調べもしてないとわかるな。

707 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 01:34:00 ID:VlbAaQId
夜更かしついでに書いてしまおう。
褒章には紫綬、緑綬、黄綬、藍綬、紅綬、紺綬の6種類です。
うち団体がもらえるのは緑綬と紺綬です。
緑綬は今回の19団体にもありますね。
手話サークルなどの福祉関係が多い。
紺綬は個人ないしは団体がもらう。
春秋2回褒章の授与が発表される。
秋は11月3日です。
で、今回の受賞は紅と紺を除く4種類です。
調べたら、紅綬は人名を救助したような個人に与えられ、
これの受賞は極めて少ない。
そして紺綬褒章ですが、これは公益の為に寄付し、功績が顕著な個人及び団体に送られます。
個人なら500万円以上、団体なら1000万円以上寄付すれば

もらえる資格はある。
で、この紺綬は春秋でなく、その功績の生じた都度に出されます。
毎月末に審議される。
年間で約600の個人ないしは団体に送られます。
団体の場合は賞状ももらえます。
桐山さんが示したのはメダルではなく内閣総理大臣の名が入った
賞状でしょう。
これなら秋の褒章リストに出なかった理由がよくわかる。
しかし官報や新聞の片隅には出るか出たのでしょう。
紺綬授与に注意して読めば。
とにかく紫綬褒章はあり得ない。
なんで黒板に紫と書いたの?

708 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 01:44:45 ID:VlbAaQId
紫綬褒章は今回(秋)21人であり、新聞に名前出ました。
それ以上いないの。

709 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 01:56:45 ID:Gw1wsUtk
日経新聞にも載っていませんでした

710 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 01:58:19 ID:VlbAaQId
本当は紫綬褒章が欲しかったんだがねえと笑いながら説明して
黒板に紫綬褒章と書いたのなら、滑稽だけど欺瞞はありません。
しかしもし紫綬褒章をもらったと話したのなら、これは嘘であり
欺瞞です。
しかしこんなすぐにバレる嘘をつくのもおかしいし、紫綬褒章と
勘違いして話してしまったとか、相当呆けてるなあとわかる。

711 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 07:19:29 ID:GkIwHW19
僻んでる(w

712 :ユビキタス ◆PYjGRf6fDs :2006/11/09(木) 08:17:54 ID:VlbAaQId
>>707で賞状と書いたのは褒状のことです。
褒章は本来個人に対して出されるメダルですが、紺綬褒章に
相当する寄付を法人や団体がした場合、褒状に代えるとあります。
まあ賞状と同じですが。
小泉総理の名でもらったようですね。
紺綬褒章は公共のために多額の私財を寄付した個人や団体に
出されるとはっきり金の寄付の結果であることは明確なのです。
オウムのような破戒活動の認められない阿含宗が公共機関に
寄付をして紺綬褒章をもらってもなんら不思議はない。
奇蹟でもないし、数ある教団から選ばれたわけでもない。
寄付をしただけです。
するかしないかの違いです。
ザ晴雄さんの言うように与党政府に対しての根回しもあろうが。

713 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 10:35:30 ID:ghvTmpW5
>>704 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:50:41 ID:2p3JlmWe
>紫綬褒章って団体にもあたえるようだわ。

桐山さんのこの秋の紫綬褒章は大嘘です。ユビキタスさん他が新聞を調べて
くれた通りです。

褒章受章者は春は4/29(みどりの日)秋は11/3(文化の日)に公表されるととも
に、官報にも掲載されます。今回の秋の分については、11/6日の号外(251号)
に掲載され、ユビキタスさんが調べてくれた通り21名の紫綬褒章受章者の名前
があり、その中に桐山ゲイカの名前はありませんでした。

官報はネット上でも当日を含めた1週間分のものが国立印刷局の
http://kanpou.npb.go.jp/
で公開されています。(11/6日号外252号 22〜23ページ)

桐山ゲイカがこのような見え透いた嘘をつくようになったこと、またホラを
吹くにしても藍綬ではなく紫綬としてしまうところを見ると、脳は衰えていて
も名誉欲は健在で、自身をオリンピックのメダリスト並のアスリートか文芸に
秀でた天才だと思い込んでいるのでしょうね。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)