5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

いつまでつづける親鸞会

1 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:15:57 ID:kwYc6jxP
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        |   ∧ ∧エイ ! タノムタスケタマヘ !!       けんかしないでね、厨房のみなさま
     |        |  (*゚ー゚)つ ミ |  
     |        | / ⊃ ノ |   |  <財施>
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   
                        |
                        |
                        |
■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://ime.st/light.kakiko.com/skaimatome/
●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
http://ime.st/shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
●宗教法人浄土真宗親鸞会 被害家族の会
http://ime.st/homepage2.nifty.com/nonsect/


2 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/05(木) 23:17:42 ID:I/v7dq28
ヽ(´∇`)ノ南無大師遍照金剛♪

3 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:34:03 ID:wCZlMJOT
親鸞会の会員がいる(いた)大学、 あるいは親鸞会会員が勧誘を行った大学

○関東・甲信越
筑波、埼玉、千葉、東京、電気通信、東京工業、信州、山梨、新潟
慶応、早稲田、日本、明治、立教、上智、東京理科、自治医科、山梨学院

○東海・北陸
名古屋、名古屋工業、愛知県立、岐阜、三重、富山、富山医薬、金沢、福井、富山県立
中京、愛知学院、名城、中部、朝日、東海女子、金沢学院、金沢工業、金沢星稜、福井工業

○近畿
京都、京都工芸繊維、大阪、大阪外国語、大阪府立、大阪市立、神戸
同志社、立命館、京都女子、仏教、龍谷、関西、近畿、関西学院

○その他の地域
北海道、東北、岡山、広島、鳥取、香川、九州、宮崎、琉球、岡山理科


4 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:35:20 ID:wCZlMJOT
237 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:10:12 ID:PEAoCcl/

・11月末日頃の一大イベント「報恩講」に向けて気分の引き締め(先輩は勧誘)。
・学祭に紛れ込んでの勧誘も各地で。
(歩き方ポイント・これ以前に離れていき、誘いが来なくなっていたような人にも、
このくらいの頃には改めて強いプッシュが来るであろうから心の準備を。)
・新入生にも「君にも法施(勧誘)が出来るんだ。よかったねー」と、
各地の部会や講演会案内のチラシ配りなどが勧められる。
・夏に始めた「教学聖典」の暗記も相当に進んでいることだろう。

冬〜翌春
・冬休みの始め頃に本部でちょっとした合宿あり。クリスマス・初詣厳禁の通達。
・年明け辺りから勧誘部会が徐々にスタート。
翌年度のダミサ勧誘に向けて訓練。
声かけから勧誘マニュアルの話し方まできめ細かい指導を受ける。講師部員などの嘘肩書きの申し合わせ等あり。
(歩き方ポイント・ダミサ勧誘を休むのはもっての他。
他大学への勧誘ヘルプにも出向くので中々バイトのスケジュールも工面し辛い。
従来からの精一杯の財施やアニメ購入(分割払い)などで、活動費どころか生活費に困窮してくる場合も。財施は計画的に!?)

これでキミも立派なダミサ勧誘員になれるぞ!
補足事項・新情報などあれば投稿をお待ちしています(歩き方編集部)




5 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:36:13 ID:wCZlMJOT
238 :親鸞会の歩き方 :2005/05/07(土) 00:26:09 ID:PEAoCcl/
気になる予算は、設定した財施額や発行物の購入頻度などによって変動する。
他の「カルト」と評される団体に比べれば、額面的には「比較的物価の安い方」とは言える。
交通費や御法礼、日頃の部会や講演会などに参加するのに必要な経費から
考えれば、基本として月3〜4万円程度だが、
財施や発行物購入等により、実質5〜6万円位の予算は見積もっておきたいところ。
また、合宿のある月には合宿費など別途の費用が掛かるので予め準備しておこう。
(時期や地区によっても差が生じることもある)



>235-238 「歩き方」に追加
親鸞会では、以下のような暗号が用いられます。
入会後や次年度の活動では必須なので、早めに覚えておくといいでしょう。
・AT ATTACKの略。「勧誘」の意味で用いられる
・GHR 御法礼。法話を聞いたときに募られる財施。最近、一律5千円と決められた。
・GHS 御報謝。活動に際して募られる財施。
・KG 建立御報謝。会の建物造立や維持費の名目で募られる財施。
・CM 「クラス回り」。離れそうな部員などの受講している教室あたりで、対象者が出てくるのを待ち説得する。
・GM 「下宿回り」。CMの対象者が下宿生であれば、下宿先まで出向いて説得。
まだなんかあるかな。


6 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:37:02 ID:wCZlMJOT
注)顕正新聞とは、親鸞会が会員に対して発行している新聞です。

365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。


7 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:38:52 ID:wCZlMJOT
366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。



8 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:40:12 ID:wCZlMJOT
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。


9 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:41:13 ID:wCZlMJOT
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)




10 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:42:13 ID:wCZlMJOT
925 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 15:25:37 ID:W4+agxOE
親鸞会の勧誘バインダー原稿の一部(最後の押しの部分)です。

 「いいかえれば人生の目的、これに答えを出しちゃおう!というのが僕らのサークル。

  この人生の目的、なぜ生きるは大事なことだから、偉人たちも考えてさまざまな言葉を残している。
  その偉人・先哲の言葉を通して、いろんな角度からアプローチしているんだね。そして、この大事な問題については
  たくさんの人たちが取り組んできたけれども、その答えがずばり!書いてあるのが教行信証という本なんだ!

  その教行信証の中には'真仮を知らざるによりて、迷失す'と書かれてある。
  真とは人生の目的、非常に大事なこと。仮とは、趣味や生きがい、やりたいこと。
  この違いを知らないから、大学生活も無色・灰色・透明になってしまうんだね。う〜ん。

  そしたら、その違いはなにか。これを知って貰いたいんだわ〜。サークルの趣旨分かって貰えたかな?

  (なんとなく)

  そうか、有難う!このサークルはこれだけでなくて、みんなで食事会をしたり、カラオケ、ボーリング、楽しい合宿なんでもあり!
  文化系イベントサークルなんやね。
  このサークルに入ればキャンパスライフ充実120%間違いなし!○○君に最高の大学生活を約束するよ〜

  ね、そしたら今が絶好のチャンス!チャレンジ入部でロケットスタートだ!頑張ろう!」

今年もこんな感じで「文科系イベントサークル」とか、言うつもりなのかな?
そうなると、全然「正すべき点」が正されていないように思うが。いいかげん、嘘勧誘やめろよ!!



11 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:43:30 ID:wCZlMJOT
945 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:08:19 ID:7hZMTU84
大学内で新入生に声をかけても、学内では入部を勧めず、学外の場所で入部を勧めるという方法をとったところがある。

サークルの勧誘禁止期間中であったため、何人かの部員が職員に注意を受けた。
そのことを部員が講師に報告したら、「学内では入部を勧めていないのだから、勧誘はしていませんと言えばいいんだ。実際に、これは勧誘ではないんだ。」
と答えた。

多くの部員は口には出さないものの、この講師が言うことをすっきりとは受け入れられない様子だった。




12 :一向専念:2006/10/05(木) 23:44:03 ID:tbxG5iJi
せっかく親鸞会にてありがたい尊い不思議な仏縁を結ばれながら、
一時的に御縁の遠のかれておられる方々のお姿、ご発言を見るたびに
私は、何とか何とか阿弥陀仏のご恩徳をわかっていただきたい、
そして再び聴聞していただきたいという思いで一杯になります。
ともに聴聞させていただいた法友が聴聞の場におられないのは、
本当に悲しくさみしいことだあな、といつも心を痛めております。

ところで皆様は、毎日、一体何を求めて生きておられるでしょうか?
じつは私も一時、聴聞から離れていたことがございました。世間事におわれ、
五欲を追い求めている状態が続きました。
しかし、身近な人の死が縁となって再び聴聞させていただいております。
私たちの命は、本当にはかない、無常は迅速であると痛いほど知らされたか
らなのです。
あれが欲しい、あれがしたい、こうなりたいと、欲にふりまわされておりま
したが、死んでゆくときには何一つもってゆけないのだ、世間事でいろいろ
頑張ったからといって、何一つ残らないのではないかと改めて感じたのです。
ただ、一つ残るのは、「聴聞会場で何度も阿弥陀仏の誓願を聞かせていただ
いたなぁ」という仏縁だけではないかという思いになりました。そして、
どうして、どうして、私は不思議な仏縁を結ぶことができたのかという事を
考えたときに、思い起こされましたのは、「必ず絶対の幸福にしてみせる」
と命をかけて誓われている「阿弥陀如来の大慈悲心」でありました。
さらに、なぜ私が真実の仏法に巡り会えたのかと考えたとき、私に直接、い
ろいろ工夫して仏法を伝えてくだされた多くの方々がいらっしゃったからだ!
と、たくさんの法友達の顔が浮かび、感謝の気持ちも起きてまいりました。

私に仏法を伝えるために、先輩や法友がどれだけ苦労してくださったかと。

真剣に聞こうとしない私の後生を案じて粘り強く懸命に一向専念無量寿仏
を伝えてくださいました。
そうして、そんな私達がどうして仏教を聞かせていただけたのかとい
う事に思いをはせたとき、高森先生の不惜身命のたいへんなご苦労が
あったからなのだなあと、ご恩を知らされたのでありました。

13 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:44:34 ID:wCZlMJOT
私は親鸞会が「なぜ生きる」や「光に向かってシリーズ」を、ブックランキングの上位にランクインさせる為に、
会の資金で購買する運動が納得できませんでした。
そんなことまでして、上位にランキングさせなければならないのか、と疑問に思いつつも、
当時は批判の声をあげられず、ただ言われるとおりにやっていました。
一万年堂出版には、出版業界のプロの人がいて、親鸞会では、ランキングに反映されるように、
個人で購入する場合にも、各県のどの店で書籍を購入すべきか、会員は指導されていました。
「全国の購買推奨店」が発表されていました。
そして、会から事前に資金をもらった時は、そのお金で「なぜ生きる」や「光にむかってシリーズ」を本屋で購入し、
自分のお金で支払ったときには、あとで購入した書籍とレシートをもって、本部会館の経理課に提出し、
お金は返金してもらっていました。 この運動は幹部にしか知らされていないのか、あまりそれらの書籍(現物)をもって、
経理課の前を うろうろしないように、との注意もありました。
こうして、ランキングが上位にあがると、会員の人たちは喜んでいましたが、私は作られたランキングを
心から喜ぶことはできませんでした。


14 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:45:28 ID:wCZlMJOT
親鸞会では、これらの運動を、講師部や親友部員、ビデオ講師をはじめ、幹部の会員を動員し、何百人もの会員が
おこなっていましたので、親鸞会には、「なぜ生きる」や「光に向かってシリーズ」が 沢山、在庫で残っていると思います。
そのため、降誕会や報恩講のたびに、一定額以上の御報謝をおさめた人に、記念品として配っています。
本の名を宣伝するためには、そのようなことまでしなければならないものでしょうか?
私は、宗教団体で純粋に信仰を求めていた元会員として、宗教団体がこのようなことをすることに
大変、抵抗を感じていました。
上位にランキングさせるための指導は、本当に巧妙でした。 ランキングに反映されない書店で、どれだけ購入しても、
宣伝にはならないので、 必ず、「購入推奨店」で購入するように言われました。 そして、1週間あたり何冊購入すべきか、
など、しっかり決まっていました。
また、同じ人が、同じ書籍を、毎週決まった冊数購入すると、店員に覚えられるかもしれないので、
数人で、誰が何を購入するかなどを、毎週変えて、店員には覚えられないように気をつけていました。
書店に1冊しかない場合は、他の客が買いに来るかもしれないので、購入してはいけない、などの注意もありました。
このように、とても詳細な指導が行なわれていました。
こうして、ランキングは上位に入りますが、当然の結果であり、まったく作られたランキングをみては、
罪悪感を感じていました。
これらの行為は、会員にもできるだけ知られないようになされていたのではないか、と思います。
私が書籍を買いに行けないことがあり、「○○さんにしてもらってもいいですか」と講師の人に聞いたら、
「あの人は疑問に思って、いろいろ言うと思うから、させてはいけない」と言われました。 おそらく、一部の幹部しか
知らないことかもしれません。
私も最初は、別に違法行為ではないし、親鸞会以外でもけっこうされていることかもしれないから、まあいいか、と
思っていましたが、問題ないことなら、なぜこそこそ隠れながら やらねばならなかったのか、ということも疑問でした。
本当にあの頃、自分はおかしかったと思います。


15 :一向専念:2006/10/05(木) 23:45:46 ID:tbxG5iJi
「会長先生は、無上仏の御心を説き切っておられるし、
正本堂、『なぜ生きる』、『世界の光親鸞聖人』…、何から何まですべては
用意されているでのはないのか?
あとは、私が聞くか聞かないかだけの問題ではないか!」
と深く反省をさせられたのです。

私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、
真っ暗な心」です。「無明の闇」といわれます。この「苦悩の根元」
を断ち切らない限り、どんなにもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまうのです。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。
他人事ではありません。ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです!
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っ
ておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされたなれば楽にはなって
おれないはずです。
いやでもその解決に必死になるはずなのです。

16 :一向専念:2006/10/05(木) 23:48:07 ID:tbxG5iJi
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気の
さらさらない私たちをたいへん強い強いお力で引っ張っておられます。

「何とか、何とかわかってくれよ!どうか真実を聞き求めてくれよ!」と。

「必ず本当の幸福にしてみせるぞ!」と全力をあげておられるのです。

謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も
速からんことを念じあげます。
真実の仏教を伝えることは、すばらしい自利利他の菩薩行です。

真実を知らされて、そして真実を求めさせていただいている喜び、
万劫にもない時期に生を受けた身の幸をかみしめ、
人生の目的の達成に命を燃やしたいと思います。

お釈迦さま、親鸞聖人、歴代の善知識方は、

「阿弥陀如来、一つに向け、阿弥陀如来のみを信じよ。」

と、口をそろえて常におっしゃっておられます。

皆様のまことの仏縁を念じあげます。
いま一度真剣に、親鸞会にて聴聞されることを重ねて念じあげます。
今度は富山の親鸞会館・正本堂にてお会いしましょう。

長文をどうも失礼いたしました。



17 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:50:48 ID:wCZlMJOT
○従然草
http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/index.html
 従然草のコンテンツ
 ○浄土真宗親鸞会の謎(←親鸞会に学ぶ批判サイトのつぶし方入門)
 http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/shinrankai.htm
 ○金大ぁゃιぃサークル一覧
 http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/ayashiicircle.htm
 ○独り暮らしの罠
 http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/wana.htm
 ○カルト撃退マニュアル
 http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/cultgekitai.htm
  従然草の11/19
  http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/kakorogu/200411kou.htm
  従然草の12/7
  http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/kakorogu/200412zen.htm
  従然草の3/5
  http://ime.st/ime.st/www.nurs.or.jp/~juunenso/kakorogu/20053zen.htm
ちなみに、親鸞会はこのサイトにクレームを出してきた唯一の団体。

18 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:52:53 ID:CCC/ohBT
親鸞会批判の真実 「家族の絆」の正体
http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/
 本願寺僧侶による親鸞会批判が如何に事実に反する、信憑性に欠けた内容が検証、とのこと
親鸞会の真実 なにが息子を変えたのか
http://www.geocities.jp/ongwanji/
 会員の息子をもつ父親の見た、親鸞会の姿
真宗原理主義の台頭
http://cult.zero-yen.com/
 新宗教の風土(岩波新書 1997年)の引用
親鸞会ちゃんねる
http://tamahi.parfe.jp/
親鸞会マル秘情報局 極秘情報?
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/2372/

19 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:53:30 ID:CCC/ohBT
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。



20 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:54:06 ID:CCC/ohBT
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで
http://mindcontrol.tudura.com/
マインドコントロールとは何か
http://shinrankai.sytes.net/
親鸞会の本尊論を再考するを読んで



21 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:54:48 ID:CCC/ohBT
○『宗教を現代に問う』
 横山真佳氏ら毎日新聞社特別報道部宗教取材班が編集した『宗教を現代に問う
 1』(毎日新聞社、1976年)では、「反乱……異端か、改革か」という項を設
け、新宗教団体として親鸞会を紹介しています。

 本願寺がどんなに呼びかけても振り向いてくれない若ものを親鸞会はつかまえ
ているのだ。(168頁)

と述べ、本願寺の三木照国氏のレポートの引用で文章を締めくくっています。


22 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:55:29 ID:CCC/ohBT
公認サイト

親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
写真倶楽部 花と緑の親鸞会
http://park1.wakwak.com/%7Eshinran/
名句名言の裏側
http://meigen.ivory.ne.jp/meiku/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://live.usj.to/revoir/
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか
http://inochi.jpn.org/jisatsu/


23 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:56:12 ID:CCC/ohBT
○『若者はなぜ新・新宗教に走るのか』
 フリージャーナリストの室生忠氏は『若者はなぜ新・新宗教に走るのか』(時の
経済社、1984年)で親鸞会を紹介しています。
 新・新宗教の本に親鸞会をとりあげているのですが、これは

 「会そのものの歴史が浅いうえ、特殊なエネルギーで、青年層に急速に教勢を
のばしている」からであって、親鸞会は教祖を持つ新宗教や新・新宗教ではない。
 あくまで親鸞の教えを伝えようとする浄土真宗の一派であり、分類的には既成
の伝統仏教教団に入る。(105頁)



24 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:56:52 ID:CCC/ohBT
地方サイト

三河新報
http://f42.aaa.livedoor.jp/%7Emikawa/
名古屋
http://www.nagoya-hoyu.net/
 やわらか仏教入門

三重 みえの法灯
http://shinran-mie.com/
古都奈良のひびき
http://narahibiki.big-site.net/
鹿児島宮崎 法友の集い
http://www.utinti.com/%7Emiyago/
富山青年の集い
http://sun.aea.to/shinran/
長野、山梨
http://koushin-gakuto.net/



25 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:57:33 ID:CCC/ohBT
親鸞会黎明期の証言
http://tdl.to/deai/

親鸞会会員の声 法悦の泉
http://religion.saloon.jp/

教えとの出遇い
http://homepage3.nifty.com/shinran/

浄土真宗を憂う
http://shinshu.fubuki.info/



26 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:57:54 ID:Q0GnypIm
■勧誘されてどうしようか困ってる人へのアドバイス
http://d.hatena.ne.jp/tomoemon/20060629

27 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:58:05 ID:CCC/ohBT
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞聖人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)


28 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:58:54 ID:CCC/ohBT
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。



29 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 23:59:45 ID:CCC/ohBT
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。



30 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 00:00:23 ID:obYjAytu
http://shinrankai.9jp.net/
続なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで
http://shinrankai.hopto.org/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで プラス
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで レッスン

31 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 00:02:44 ID:CCC/ohBT
親鸞会 特集記事一覧
http://www.shinrankai.net/
浄土真宗講座
http://www.shinrankai.info/

32 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 00:04:07 ID:Q0GnypIm
■カルト会員がいかなるものか知りたい人へのアドバイス
http://a-draw.com/uploader/src/up0983.zip.html

33 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

34 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:14:22 ID:jH1u+Sp7
>会長の「いじめないでくれ」事件?
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
>http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719

35 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:15:19 ID:jH1u+Sp7
>父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
>http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

36 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:15:59 ID:jH1u+Sp7
>病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
>http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
>http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
>http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

37 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:17:25 ID:SoFm1rRA
親鸞会のネット対策というかネット工作について以前にも書き込みが
ありましたが、組織的に行われていることは事実です。
それにたいする批判というかやり方に対する問題がしばしば内部でも
話題になっています。しかし、一向に反省する気配もなければ、
親鸞会側が自分たちにも問題があるということを認めることはなさそうです
つくづくこの団体に属していることがいやになります。いつも
反省しろ、反省しろ、と上司は言っているのに、です。


38 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:18:12 ID:SoFm1rRA
最近の教学講義もアニメ講義も参詣者の数は減ってますね
今年の新勧も相当低迷しているようです。M晴局長と学生の
ご縁を深めようと泊りがけの行事なども各地で行われている
ようですが、一体どれだけの学生が心からしたがっている
のでしょうか。多くはしらけていると聞きます。
なぜなら講師部員がしらけているからです。


39 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:19:36 ID:jH1u+Sp7
>現役会員からのメール?
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

40 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:30:56 ID:SoFm1rRA
親鸞会は、親鸞聖人の血脈である本願寺を全否定し、批判しながらも
教えを正しく伝えられないM晴局長を会長先生のご子息というだけで
奉るという状態なのですが、大いに疑問があります。
親鸞聖人のご恩に報いるというなら、T森家の一族を崇め奉るという
のはおかしいです。いっていることと実態の違いに頭がおかしくなり
そうです。報恩講のお誘いも全然もりあがっていません。


41 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 00:26:14 ID:UwdbfE95
このスレでは渡海難さんはご遠慮戴くってことでよか?

42 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 00:38:57 ID:/kFhWnlM
もうだめかな親鸞会

43 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 01:00:20 ID:pozqQUQ7
このスレは重複スレにつき、削除依頼が出されてます。
下記へ移動してください。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159195326/l50

44 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 01:38:50 ID:z0Iviynw
しんらんかいのしはしんようがないのし

45 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 09:34:41 ID:/kFhWnlM
次のスレはここ

46 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 11:21:52 ID:w5BkA0lZ
>50 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:08:27 ID:hi0GFTTD
>>現役会員からのメール? これは偽装メールだろ? いや、捏造メール?
>>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html
>
>「京都のあるIT関連会社」とは、どこ?

47 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 11:22:29 ID:w5BkA0lZ
>51 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:13:14 ID:dY8OLH30
>>>50
>>これは偽装メールだろ? いや、捏造メール?
>
>いや、「なぜやめ」から反論がないところをみると、これは正真正銘のメール
>と考えてよさそうだ。
>
>なぜやめ管理人、反論求む。

48 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 11:23:10 ID:w5BkA0lZ
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会 [管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、●生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高澤守牧師を招きます。
> >ご期待ください。

49 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 14:56:04 ID:/kFhWnlM
■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://ime.st/light.kakiko.com/skaimatome/
●なぜ私は親鸞会をやめたのか| ホーム
http://ime.st/shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
●宗教法人浄土真宗親鸞会 被害家族の会
http://ime.st/homepage2.nifty.com/nonsect/



50 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 14:57:33 ID:/kFhWnlM
M晴の信心決定宣言の時期近づく!
どんな仕掛けをして、神格化したM晴が登場するか楽しみ
北朝鮮さながらの茶番をやってくれることでしょう
なにしろ、会長の「M晴をいじめないでくれ」の一言で
教えを利用して会を私物化していたどら息子を「お世継ぎ様!」
といってひっくりかえってひれふしてしまうような茶番劇を
演じてよろこんでいる連中のことですから




51 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 04:32:16 ID:/RVDP3k8
会長先生はご家族のために
本会を残されるという方針をさらに鮮明にされています。
講師部員の中でも、M晴局長が将来運営にあたって邪魔になりそうな
講師についての粛清は公然とおこなわれています。それを
会長先生も黙認されています。
最早(もともとそうかもしれませんが)、布教に命をかけようという
講師はみあたりません。
奥様とCえ子様それとK子さんといったT森家の女性たちによって
会の財産について熾烈な分捕り合戦がはじまっています。


52 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 04:32:56 ID:/RVDP3k8
K森さんやSづさんは明らかに粛清でした。我々講師部員からみても
その無残な切り捨てられ方、恣意的な問題にされかたは見ていて
あまりに気の毒でありました。お二人とも純粋に真実と会長先生を
慕ってここまでこられたのに、M晴局長の問題をかつて指摘した
M晴局長にしたがわないということが真因で(当然表向きは違った
事由で退部とされていますが)講師部を追われたのでした。
この件だけでももう親鸞会は終わった、と強く感ぜずにおれませんでした。
このお二人以外にもあまりにも理不尽で不可解な追われ方をされた
人もあったようですがそれらもM晴局長の問題を指摘したためだそうです
会長先生は「大きな虫を生かすためには小さな虫を殺さねばならない」
とおっしゃりました。そして、M晴局長を後継者にすえるためにこういった
粛清を許可されたとのことです。


53 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 04:33:38 ID:/RVDP3k8
一方現状表面的にうまくいっているように見える、稲B、K口支部長
たちですが、元暴走族あがりの彼らと、やはり暴走族出身のM晴局長と
本質的にそりがあうはずもなく、会長先生亡き後は泥試合がおこる
様相を呈しています。他にも、多くの講師が粛清されかかっています
その裏で糸を引いているのは、奥様、K子さんであるというのは
本当のようです。K子さんは会長先生の孫かわいい、というお気持ち
を十分利用しているようです。会長先生は、善知識といえど
普通の親ばか、孫ばか、であることを垣間見せられております。
善知識は全知全能の神でもなければ、仏様でもありませんので
御自身が説法されているように、間違えることもあるようです。
親鸞聖人のご子孫である本願寺、蓮如上人にしても親鸞聖人の
ご家系にあたられるわけですから、T森一族は親鸞聖人のご一族
に成り代わろうとなされているのでしょうか。大いなる狂いが
生じているように感ぜられてなりません。この私の気持ちは
判る方には絶対に判っていただけるものとおもっています。
私は真剣に浄土真宗の未来を憂いているのです。それだけは
本当です。
>48
私はUさんではありません。

54 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 09:03:50 ID:/kFZjTbl
404 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 08:41:43 ID:uyD9+LhW

早朝4時に長文を書き込んでる粘着キモス




55 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 20:01:14 ID:weq6MDEM
 今明かされる、ウソ講師たちの生態

      ┏     人    ┓
            (__)    ウソツキズノウ
  ウソコウシ...    (____) / ̄ ̄
    ̄ ̄\   ( ・∀・)   <よーし、今日もウソ勧誘するぞー!
         ⊂   つ  
          (つ ノ / ̄ ̄ ̄ウソツキハラノウチ
           (ノ        
      ┗          ┛                   
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃解析結果                  ┃
┣━━━━━━━┳━━━━━━━━┫
┃妄語発信率    ┃099%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃粘着度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃厨房度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃妄想度        ┃100%            ┃
┗━━━━━━━┻━━━━━━━━┛


56 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 20:21:50 ID:UeRT7/yI
アンチはうそをついたことも悪口を言ったこともないのだろうか?

うそもつかず、悪口も言わず生きていけると思っているとしたら
いかに自己が見えていないかを露呈しているようなものだ。

57 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 20:39:23 ID:wwZ14tmX
誰だってウソをついたり悪口を言ってしまうことはあるけど、普通はやっぱり良くないことだと思って
反省するわな。ウソを付き続けて平気な親鸞会とはその点が違うと思う。

58 :念仏者:2006/10/09(月) 21:04:16 ID:BKcwMHWl
>>56
>いかに自己が見えていないかを露呈しているようなものだ。

 あのな。そりゃ、人間なら嘘をつくこともあるかも知れんよ。でも、あんたらの嘘は特別だろう。
親鸞の名の下で、あるいはお釈迦様の名を使って嘘をつくというのは、どういうことよ。こんな不届
き者は聞いたことがない。
 親鸞や釈迦を、嘘つきの道具にするな。親鸞や釈迦に糞ションベンを引っ掛けるな。

59 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 21:26:16 ID:QpH00TE3
なんかさー、報恩講に向かってやみくもに勧誘始めてる?



60 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 23:04:53 ID:UeRT7/yI
>>58
どこの組織にも落ちこぼれは出るもんね。ごめんね、付いてこられないのに勧誘しちゃって。
でもそれは君の努力が足りないせいだよ。他人のせいにする前に、自分の日頃の行いを省みましょう。早く大人になってください。

61 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 01:03:16 ID:PSvmy4P1
盗人猛々しいな

62 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 16:08:59 ID:fjsrJPs4
oh 今日は体育の日

63 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 07:43:05 ID:YEkowp9P
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs2/petit.cgi
ジャンヌ雑談用掲示板





64 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 08:27:04 ID:NICNxlbM
















.








65 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 08:27:54 ID:NICNxlbM












.

















66 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 10:01:15 ID:pWJELtI+

http://hbcgil.nifty.eom/you/bbs2/petit.cgi
ジャンス雑談用揚示板









67 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 18:34:21 ID:QOmPLq9T
>>59

闇雲にもほどがある

68 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 00:53:53 ID:t+/L3aLO
親鸞会では、これらの運動を、講師部や親友部員、ビデオ講師をはじめ、幹部の会員を動員し、何百人もの会員が
おこなっていましたので、親鸞会には、「なぜ生きる」や「光に向かってシリーズ」が 沢山、在庫で残っていると思います。
そのため、降誕会や報恩講のたびに、一定額以上の御報謝をおさめた人に、記念品として配っています。
本の名を宣伝するためには、そのようなことまでしなければならないものでしょうか?
私は、宗教団体で純粋に信仰を求めていた元会員として、宗教団体がこのようなことをすることに
大変、抵抗を感じていました。
上位にランキングさせるための指導は、本当に巧妙でした。 ランキングに反映されない書店で、どれだけ購入しても、
宣伝にはならないので、 必ず、「購入推奨店」で購入するように言われました。 そして、1週間あたり何冊購入すべきか、
など、しっかり決まっていました。
また、同じ人が、同じ書籍を、毎週決まった冊数購入すると、店員に覚えられるかもしれないので、
数人で、誰が何を購入するかなどを、毎週変えて、店員には覚えられないように気をつけていました。
書店に1冊しかない場合は、他の客が買いに来るかもしれないので、購入してはいけない、などの注意もありました。
このように、とても詳細な指導が行なわれていました。
こうして、ランキングは上位に入りますが、当然の結果であり、まったく作られたランキングをみては、
罪悪感を感じていました。
これらの行為は、会員にもできるだけ知られないようになされていたのではないか、と思います。
私が書籍を買いに行けないことがあり、「○○さんにしてもらってもいいですか」と講師の人に聞いたら、
「あの人は疑問に思って、いろいろ言うと思うから、させてはいけない」と言われました。 おそらく、一部の幹部しか
知らないことかもしれません。
私も最初は、別に違法行為ではないし、親鸞会以外でもけっこうされていることかもしれないから、まあいいか、と
思っていましたが、問題ないことなら、なぜこそこそ隠れながら やらねばならなかったのか、ということも疑問でした。
本当にあの頃、自分はおかしかったと思います。

69 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:17:57 ID:FJkDw1X4
>>68
長文で粘着書き込みしてる今のお前がおかしい

70 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:32:16 ID:j8hvnQ69
以上
カルトサイドからのご意見でした。


71 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:40:06 ID:FJkDw1X4
>>70
だから何?

72 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:42:41 ID:j8hvnQ69

実況

73 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:44:13 ID:FJkDw1X4
>>72
意味不明

74 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:50:04 ID:pAQto9P9

辞書調べろ

75 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:51:40 ID:FJkDw1X4
言葉の意味じゃなくて
ここでその言葉を使う意味

76 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:53:04 ID:kIabPl3J

バカか

77 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:54:40 ID:FJkDw1X4
うるせーばかーw

78 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 01:57:17 ID:T+/ule/G

寝ます

79 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 08:19:57 ID:o3RjfwsC
みんな深夜までご苦労

80 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 16:58:21 ID:sT/+dGov
うそ80

81 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:15:49 ID:przUrSrr
次スレここでつか?

82 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:18:17 ID:0sFlo2tp
946 :秋鯔〜☆彡:2006/10/17(火) 21:24:29 ID:28HooXJ9
お久〜♪
いやぁ、ここんとこメサメサ忙しゅうて、ご無沙汰ですんません。
10月いっぱいは、まとまったカキコ無理鴨。
>>疑問さん
遅くなってすんません。さっそく、@の件。まず、信外の軽毛の出拠は、
善導大師の『観経疏』玄義分・要弘二門でつ。
「しかるに衆生、障り重くして、悟りを取るもの明めがたし。
教益多門なるべしといへども、凡惑遍攬するに(あまねく知りうること)
由なし。たまたま韋提、請を致して、『われいま安楽に往生せんと楽欲す。
ただ願はくは如来、われに思惟を教へたまへ、われに正受を教へたまへ』
といふによりて、しかも娑婆の化主は、その請によるがゆゑに、
すなはち広く浄土の要門を開き、安楽の能人は、別意の弘願を顕彰したまふ。
〜中略〜 弘願といふは『大経』に説きたまふがごとし。
『一切善悪の凡夫生ずることを得るものは、みな阿弥陀仏の
大願業力に乗じて増上縁となさざるはなし』と。
また仏の密意弘深なり、教門暁めがたし。三賢・十聖も
はかりてうかがふところにあらず。いはんやわれ信外の軽毛なり、
あへて旨趣を知らんや。」
ふ〜、以上引文でつ。
〜つづく〜


83 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:25:49 ID:0sFlo2tp
952 :秋鯔〜☆彡:2006/10/17(火) 23:13:54 ID:28HooXJ9
>>947横レススマソ
>ただでさえ嘘をついて勧誘している会だから
>あんたらのやることは信用がないのよ。
ま、今さらゆ〜必要もないんやけど、漏れもそ〜思う。
漏れは、浄土真宗でゆ〜とこの信心の立場としては、
s会には、抑止(おくしと読むんやけど)ってことが欠落しとるんちゃう?
と思うとる。元をただせば、s会の骨子たるT森さんの宗教体験自体に
抑止面での欠陥があるのでは?さらにゆえば、
阿弥陀如来の抑止が働かないような信心ってのはありえへんのに
こ〜ゆ〜事態を招くのは、個人的な宗教体験を絶対視するような態度自体に
重大な落し穴があるのでは、と思うとる。
私たちは、ある過去の経験(それがどんなに強烈なものであっても)に
よって、パーフェクトになったんや!などとゆえるんやろか?
信心決定体験をもって、浄土往生が約束されたんや、死んだら仏様、
恐いモンなしや、とするから、抑制が働かなくなるんちゃうかと。
そんなんを、真実信心と呼んでええんか?親鸞聖人はそんな免罪苻的
宗教体験を信心とゆ〜たんか?っつ〜ことです。
漏れは、ちゃうと思いまっせと、そんなスタンスでカキコしとります。
脱会者の人で、教義は間違ってないと今でも思うとる人がいまつが、
残念ながら、教義の欠陥・T森さんの宗教体験絶対視の欠陥が
現状を引き起こした根幹やと漏れとしては、ゆわざるを得ん罠。
(^-^)/~ホナ

84 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:26:32 ID:0sFlo2tp
955 :秋鯔〜☆彡:2006/10/18(水) 00:12:37 ID:7AAEGFhw
>>954
当人は猛省せなな。しかるべき社会的責任も果たさなならん。
一般寺院の私どもも、その制裁については、宗会等で問うてゆきたいとこやね。
っつ〜か、法味愛楽の方がうん千倍もおもろいのに〜。実にくだらん。
次に、わたくしに引き寄せれば、業縁もよおせば、明日は我が身と思われる。
これ、弥陀の為せるわざ。明日は我が身。一秒後、何すっか、
ホンマわからへん身の上と聞かされて、我が業に浮き身まかすな、
それよりも、本願名号正定業と念仏申すがよろし、と聞かされて、
今宵も南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。
P.S.黒野別院なんて別院あったっけか?
>>946つづき
三賢とゆ〜のは、倶舎でゆえば、五停止観・別相念住・総相念住の
位にある聖者をゆう。天台・華厳の教学では、菩薩の階位、
すなわち、十住・十行・十回向をゆう。十聖とは、十地の菩薩を指す。
こういった聖者の方々でさえ「凡夫を浄土往生さす」とゆ〜ことは、
おもんばかることさえできないと。ましてや、私(善導大師)は、
聖者の方々に仲間入りするような者とは、ほど遠い
「十信位にも満たない、信外の軽毛」やとゆうとるわけ。
いかにいわんや、私をば。そ〜ゆ〜視点から、善導大師の
弥陀如来の本願に対する考えが展開してゆくと。
次回、二種深信へ展開してくつもり。次スレになる鴨。
(-_-)zzほな寝〜☆彡




85 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:35:20 ID:33CGOLAz
976 :ぼらさんに疑問 :2006/10/19(木) 04:29:32 ID:zXLpjRiu
ぼらさん、ご返答ありがとうございます。

まだご返答の途中だと思いますので、質問を挟まないほうがよいかとも思った
のですが、先の善導の引用>>946

『一切善悪の凡夫生ずることを得るものは、みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて
増上縁となさざるはなし』

の「増上縁」とはどういう意味でしょうか?(当方真宗の知識皆無)

ここは重要な点ではないでしょうか?


86 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:35:58 ID:33CGOLAz
--------------------------------ここまで-----------------------

87 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:42:15 ID:adHZDcg1


959 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 01:23:52 ID:gF4bibXi
「人生に意味がない」とか言ってる人って、
周囲の人やものに感謝したことのない人なんだろうな。
今までだって、「今ここに自分がある」ということのために
いくつもの他者たちの相関関係が支えとなってきた。
そう考えるだけでも、そうした繋がりや縁となったものが
今の自分にとって「無意味だった」なんて、逆に考えられない。

っつか、親鸞会の人らは「こんな人生、無意味だ」とか言ってるけど
そういう風にしか考えられなかった自分の人生観とか、生き方の態度とかを
見直したほうがいいと思う。
周囲の人やものからの恩恵を受けて生きていながら、
「そんなもの無意味だ」とか言ってのけるような感覚って、すごく独善的だと思う。

そもそも、「あらゆるものごとは関係しあっているんだよ」って教えるのが
仏教のいう「縁起説」ってやつではないのかな。

88 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:47:28 ID:KiY0FTQw
名乗ろうと名乗るまいとこの団体はカルト団体
会長の「大きな虫(M晴)を生かすために小さな虫(批判分子)を
殺さねばならない」という発言は仏教ではないね。
聞法の敗残者というW部さんの造語も仏教に反するよね。
よって親鸞会は仏教を伝えていない、ということでいいね。
はやくこの世から消滅してくれ

これをよめ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6979/1158394190/l50




89 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:49:24 ID:KiY0FTQw
親鸞会について知りたい方は、公式ホームページとともに
こちらのサイトも是非、ご覧下さい。

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて
http://shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/
高森顕徹氏と親鸞会の問題
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/
高森顕徹氏と著書のルーツ
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html
親鸞会資料室
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/material.html
親鸞会録音資料
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html





90 :秋鯔〜☆彡:2006/10/19(木) 23:48:10 ID:+rweGyxk
>>82-86さん、センキュ〜☆彡
新スレ乙でつ。もう身体ガタガタになる位、イソガシス。
来週くらいには、普段のペースに戻れるやろか?
前スレ976(>>85
お返事だけ、スマソ。「増上縁」とゆ〜のは、いわゆる倶舎の分類による
因縁・等無間縁・所縁縁・増上縁の「増上縁」ではなく、
善導大師『観経疏』定善義で述べられてある、いわゆる「彼此三業不相捨離」の
箇所に出てくるとこの、親縁・近縁・増上縁の「増上縁」をゆいます。
「三つには増上縁を明す。衆生称念すれば即ち多劫の罪を除く。
命終らんと欲する時、仏聖衆と自ずから来たりて迎接し下ふ。
諸邪業繋もよく碍ふるものなし、故に増上縁と名くるなり」
で、親鸞聖人は和讃に、
「仏法力の不思議には 諸邪業繋さはらねば 
弥陀の本弘誓願を 増上縁と名づけたり」
とゆわれとります。
また、「増上縁はすぐれたる強縁なりとなり」『銘文』
「本願業力は信心のひとの強縁なるがゆへに、増上縁とまふすなり」
『一多証文』とありまつ。故に、この上ない強力な縁とゆ〜べきやね。
眠い〜(-_-)/~マタ☆

91 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 11:46:50 ID:82dzyjmu
親鸞会の報恩講、一万人来るらしいですよ
嘘をついても、一万人集まるんですねー
大本営発表じゃなきゃいいけど

92 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:41:07 ID:geTjG8yl
>>91
嘘を付いてるから一万人集まるなんて言えるんだろ。

93 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:50:01 ID:ZTh8xaKK
親鸞会について知りたい方は、公式ホームページとともに
こちらのサイトも是非ご覧下さい。

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロ−ルについて
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/20060419.html
高林顕徹氏と親鸞会の問題
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060126.htm
高林顕徹氏と著書のルーツ
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm
親鸞会資糧室
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
親鸞会縁音資料
http://kyounosinbun.cocolog-nifty.com/




94 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 21:15:47 ID:6K/SEEmw

キーワード
独裁
世襲制
嘘つき
嘘を認めない

95 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:24:06 ID:vBm8IsQt
「なぜやめた」管理人は自作自演を好むようですからね。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html




96 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:31:00 ID:6K/SEEmw

会長「一万人は集まりそうか?」
講師「もちろん(集まりません)です」
こんな会話が毎年されているとかいないとか。

97 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 22:56:28 ID:5Zg/6zU/
毎年1万人集めようとしてるんだ
すげー

98 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:35:03 ID:nBqpRCcm
http://www.youtube.com/watch?v=li04j20WGfE&eurl=

99 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:35:35 ID:nBqpRCcm
すみません、スレを間違えました

100 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:53:16 ID:4jx6iZIz
中立性無し?宗教情報アーカイブARI
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137583088/

101 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:53:46 ID:geTjG8yl
>>95
>>93みたいに都合のいいように書き換えてコピペするような会の人の言うことを、
ソースもないのに鵜呑みにすることはできませんね。
はっきり言うと、でっち上げじゃないの?

102 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:20:35 ID:0d6KVk8B
出た出た。
アンチが「それはでっちあげだ」だってwwwwwwwwwwww


103 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:53:25 ID:NMz8YUBI
>>102
笑い飛ばすのは>>95のソースを出してからだね。

104 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 01:10:23 ID:gAvzidjy
 今明かされる、ウソ講師たちの生態

      ┏     人    ┓
            (__)    ウソツキズノウ
  ウソコウシ...    (____) / ̄ ̄
    ̄ ̄\   ( ・∀・)   <よーし、今日もウソ勧誘するぞー!
         ⊂   つ  
          (つ ノ / ̄ ̄ ̄ウソツキハラノウチ
           (ノ        
      ┗          ┛                   
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃解析結果                  ┃
┣━━━━━━━┳━━━━━━━━┫
┃妄語発信率    ┃099%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃粘着度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃厨房度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃妄想度        ┃100%            ┃
┗━━━━━━━┻━━━━━━━━┛

105 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 02:46:08 ID:sHuuh7Sy
親鸞会について知りたい方は、公式ホームページとともに
こちらのサイトも是非ご覧下さい。

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロ−ルについて
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/20060419.html
高林顕徹氏と親鸞会の問題
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060126.htm
高林顕徹氏と著書のルーツ
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm
親鸞会資糧室
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
親鸞会縁音資料
http://kyounosinbun.cocolog-nifty.com/





106 :ぼらさんに疑問:2006/10/21(土) 02:52:13 ID:ICzK98l1
ぼらさんご返答ありがとうございます。善導の

『一切善悪の凡夫生ずることを得るものは、みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて
増上縁となさざるはなし』

において「増上縁」とは、>>90「この上ない強力な縁」

という返答をいただきました。

上引用文の主語は「一切善悪の凡夫生ずることを得るもの」ですから、要する
に、煩悩のことだと解してよいかと思います。

すると、「煩悩」が阿弥陀仏の「この上ない強力な縁」になるということで宜しい
でしょうか?

その場合、私たちの議論の主題である

■仏因による個人的経験がありうるか

との関係を教えていただきたいと思うのですが。

これは第二の質問である、

■「仏凡一体」の意味とは何か

を尋ねているのとおおよそ同じ質問だとお考え下さい。

107 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 13:26:44 ID:eFbF7zt3
ヒント
つ如来蔵批判

108 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 13:39:32 ID:yNYi7JNI
>>106
>上引用文の主語は「一切善悪の凡夫生ずることを得るもの」ですから、要する
>に、煩悩のことだと解してよいかと思います。

>すると、「煩悩」が阿弥陀仏の「この上ない強力な縁」になるということで宜しい
>でしょうか?

横レスすみませんが、
『一切善悪の凡夫生ずることを得るものは、みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて
増上縁となさざるはなし』 の意味は、
『善悪の凡夫すべてが往生できるのは、みな阿弥陀仏の大願業力によって、こ
れを、この上ない強力な縁としないものはない』です。

従って、「煩悩」が阿弥陀仏の「この上ない強力な縁」になるということでは
ありません。

>■仏因による個人的経験がありうるか

ぼらさんが否定的に問題にしてたのは、「仏因になる個人的経験がありうるか
」だったと思います。「後念の喜び」(仏因による個人的経験。ただし、「お
あじわい」だから、人それぞれです)は否定してないはず。

109 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 14:21:32 ID:6zujqYno
今明かされる、ウソ講師たちの生態

      ┏     人    ┓
            (__)    ウソツキズノウ
  ウソコウシ...    (____) / ̄ ̄
    ̄ ̄\   ( ・∀・)   <よーし、今日もウソ勧誘するぞー!
         ⊂   つ  
          (つ ノ / ̄ ̄ ̄ウソツキハラノウチ
           (ノ        
      ┗          ┛                   
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃解析結果                  ┃
┣━━━━━━━┳━━━━━━━━┫
┃妄語発信率    ┃099%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃粘着度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃厨房度        ┃100%            ┃
┣━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃妄想度        ┃100%            ┃
┗━━━━━━━┻━━━━━━━━┛

110 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 16:56:01 ID:jz39c7Pg
>>1
未来永劫つづきます

111 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:38:05 ID:6Wix1fUQ
つづけるとつづくの違い分かる?

112 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:49:13 ID:sSdfD298
わかりますがなにか?

113 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:57:54 ID:EdiNnEqI
なら、>>110の回答がおかしいことに気づくだろ

114 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 00:27:18 ID:cAJvlGPu
                、、、, ,、,
               /二二二\
                /_____ヽ
    _          /_______ヽ
 / ̄  \      /___/____|
 |     \ \    | <●>ハ<●>|
| ,     \ \  |二二二二二二二 |
 \ ' ,   /\ ⌒ |/WWWWWWヽ|
\ \  /   /\  \MMMMMM/ヽ__
  \  \ /  /\   \_’___/ /    ヽー、
 \ \   \ / /  ̄\ ・  ◆,_l⌒l⌒l⌒l | , , )
\ \    |\/   \  ヽ・’/ ̄ ̄| _ | _ | _ |⌒l一      お前たちのしたこと絶対にゆるさない
    \ \ | | \  ノ\ ヾ.,’◆∨ ∨ ∨|_ |
         | \_ノ   |`◆;・       |∨
         |    ・ (●λ'◆   ( ) | |
           ◆ ,    |’|,|´゚ _  `  | |゙
              ’ ||゚。|・ ) ヽ`   | |゙
                 ◆|゚ | |。◆⌒´   | |
                   |_._._._._._|_|

115 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:20:56 ID:cAJvlGPu
一切衆生 必打顕徹

116 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 07:48:35 ID:lhvtE53v
>1

ダミーサークル勧誘したり、身分詐称する嘘つき講師がいる
団体なんぞ長続きはしないから安心しな。

117 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 13:03:07 ID:FjJMVC0J
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1150108904/

ネット工作員が暇をもてあましてこんなスレ作ってるぞ
こんなんで給料もらってるなんていい身分だな


118 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/22(日) 13:42:27 ID:hcGrd32h
>>117

不 愉 快

119 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 19:37:21 ID:scjC6nFh
>>117
何でもかんでも工作員の仕業ってのはどうかと・・・

120 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:14:00 ID:vKlxM4xb
アンチの自作自演乙

121 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:30:02 ID:Fvw79Tlp
>>119
でも、工作員シンパのレスと文体が似てる

122 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:31:04 ID:vKlxM4xb
だから自作自演だってば

123 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:37:11 ID:PIJUurJp
久しぶりに家族の会掲示板を見たらすごい煽り合いだったよ…
あれじゃ2chと変わらんじゃないか…

124 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:48:10 ID:vKlxM4xb
だって2chと書き込んでるメンバーがほぼ一緒だもん
ネットでしか吠えることの出来ない負け犬たちだからほっといておやり

125 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 00:06:56 ID:zKtJ+y8M
>家族の会掲示板
久しぶりに見たけど、明橋氏がテレビ出演してたのは知らなんだ・・・

126 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 07:57:45 ID:aaoxpfRC
>>125
まあ、姓名鑑定の先生が出るくらいなんだから難しく考える方がアホらしいかと・・・

127 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 08:44:23 ID:VE+69g7P
>>117

文体だけではない。
”世親”とかかずに”天親”と記載しているところが
いかにもS会工作員らしい。
S会工作員にはなんのことやらわからないだろうけど。

128 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 09:37:34 ID:Rduhj7wo
S会工作員じゃなくても何のことやらわからん

129 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 10:10:08 ID:rJvJbPeL
T森一家は単なる金の亡者だろ?

130 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 10:29:19 ID:OIBUUcVF
http://www.shinran.ne.jp/

何?この糞みたいなホームページ

131 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 10:50:03 ID:6NUspTT8
親鸞聖人にきけば分かります。

推薦のことば
M・ハイデガー
 (哲学者)
今日、英訳を通じて始めて東洋の聖者・親鸞を知った。
もし、十年前に、こんなすばらしい聖者が東洋にあったことを知ったなら、
私はギリシャ語やラテン語の勉強もしなかった。
日本語を学び、親鸞聖人の教えを聞いて、世界中に弘めることを、
生き甲斐にしたであろう。
だが、おそかった。


132 :秋鯔〜☆彡:2006/10/23(月) 15:12:26 ID:yHCT/wU2
今日も今日とて、移動中〜♪疲れたまっとりまつ、トホホ。
>>106
遅うなって、スマソ。>>108さんが横レスされとりますが、
煩悩が増上縁などとは一言もゆわれてない罠。まんま直訳すべきかと。
「生ずることをうるもの」とは「浄土に」「生ずることをうるもの」。
故に、浄土に生ずることを得るものは、みんな大願業力
(阿弥陀如来の本願力)によって、それをこの上ない強縁と
しないものはない。と訳せるでしょう。
わたくしどもが浄土に往生する因にせよ、縁にせよ、
弥陀の清浄願心によらないものはないと。ありがたいなぁ。
あと「仏因による個人的経験」と書かれてまつが、
はて?問題は、仏因と「なる」個人的経験ではなかったんかいな?
なお、「仏凡一体」については、まずこの問題をクリアしてからカキコしまつね。
横道それて、訳ワカメにならんよう地道にひとつずつ丁寧にいきまっしょい♪
ま、帰ったら、本題に戻って「二種深信」にみえるとこの
信心を明かし、信心決定を個人的経験・体験に帰属させることは
不可とゆ〜旨を延べ、あなたの前スレ@の問いに答えてみたいと
思っとりまつ。
(^-^)/~ホナ、マタねん☆彡

133 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 15:39:42 ID:HyoWEbh4
>>129
なにを根拠にそんなことが言えるのですか?

134 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 18:19:48 ID:NuIx7V1B
「まかぬ種は生えぬ」という命題が真だとして、
その対偶は「生えたなら種がまかれた」。
先の命題が真ならこの対偶も真だ。
だから「子供が生まれたならそれに対応する因をその子供が持っていたのだ」
と言うのは命題を真だと認める限り論理的に正しい。
だが、「まかぬ種は生えぬ」から
「種をまいたなら必ず生える」は導けない。

種=因
生える=果であるなら、
「因がないなら果はない」というところから
「因があれば必ず果がある」と言うのは飛躍がある。

その子供に過去世があることはこの理屈で分かるが、
その子供に未来世があることはこの理屈では分からない。

135 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 18:30:50 ID:aFQDhDLK
>>134
典型的な観念の遊戯です

136 :秋鯔〜☆彡:2006/10/23(月) 23:27:32 ID:yHCT/wU2
乙〜♪
>>132のつづき
さて、浄土真宗の信心を機と法に開いて、その内容みると、
それは二種深信であるとゆわれとる。出拠は、善導大師『散善義』
(三心釈)。即ち、『観経』に説かれるところの、深心・至誠心・
回向発願心の深心を釈されて、「二には深心、深心と言ふは、
即ちこれ深信の心なり。また二種あり。一には決定して深く
自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、広劫より已来常に没し、
常に流転して出離の縁あることなしと信ず(機の深信)。
二には決定して深くかの阿弥陀仏の四十八願は衆生を摂受して疑なく
おもんばかりなく、かの願力に乗じて定んで往生を得と信ず(法の深信)。」
とある。親鸞聖人は『教行信証』(化身土巻・三経隠顕)に、
「『大経』には信楽と言へり、如来の誓願、疑蓋雑ることなきが故に、
信と言へるなり。『観経』には深心と説けり、諸機の浅信に対せるが故に
深と言へるなり。『小本』には一心と言へり、二行雑ることなきが
ゆゑに一と言へるなり。また一心について深あり浅あり。
深とは利他真実の心これなり、浅とは定散自力の心これなり。」
と釈されているから、深信とゆ〜のは、全く他力の信心・真実信心を
意味することがわかる。一心=深信=第18願の信楽=真実信心
=報土往生の真因とゆえると。ここまで、え〜かな?
〜つづく〜

137 :秋鯔〜☆彡:2006/10/24(火) 00:38:42 ID:MnBKDri9
>>136つづき
『教行信証』(信巻・末)には、「願成就の『一念』はすなはち
これ専心なり。専心は即ちこれ深心なり。深心は即ちこれ深信なり。
〜中略〜真心は即ちこれ相続心なり。〜略〜」等とあり、
真実信心と同意の心として、=専心=深心=深信=堅固深信
=決定心=無上心=真心=相続心=淳心=憶念=真実の一心
=大慶喜心=真実信心=金剛心=願作仏心=度衆生心
(衆生を摂取して安楽浄土に生ぜしむる心なり)=大菩提心=大慈悲心と
釈されとります(お聖教ご参照下され)。
前フリ長くてスマソでつが、ここで、問題にしたいのは「相続心」ってこと。
相続とゆ〜のは、いわゆる等流相続、すなわち全くその性質が
変化増減することなく、そのまんま持続することをゆう。
で、先程の二種深信の機の深信に照らしあわせると、
常に没し、常に流転し、出離の縁ない私、とゆう深信も、
死ぬまで継続されるとゆわなならん訳。ところが、
ある過去の宗教体験をもって、救いが完成するとゆ〜立場に立つと、
出離の縁あることなしは破られ、出離しますた、もしくは、
出離することが決まりましたと自らの経験を基準として判決することに
なってまう。信前であろうと信後であろうと、どこまでも
出離の縁あることない性分である私とゆ〜観点が欠如しとる信心、
言い換えれば、機の深信が欠如しとる信心=相続心なんてものが
ありえるのか?と。
〜つづく〜

138 :ぼらさんに疑問:2006/10/24(火) 03:47:20 ID:fWv0laxE
ぼらさんご返答ありがとうございます(横レス頂いた方にもお礼します)。

仏因「となる」個人的経験という言葉を巡って、ぼらさんとの間に誤解が生じて
いた模様です。私の考えていた「となる」は、仏因「になる」という意味ではあり
ません。

私の考えていたのは、寝タバコが原因「となる」火災、という意味で用いられる「となる」
です。つまり原因「である」という意味です。あるいは原因「による」という意味で
す。私とて、仏因「になる」個人的経験は絶対にないと考えております。

誤解を生じさせる質問設定をしてすみませんでした。せっかく答えていただいたのに
申し訳ありません。誤解のない質問に変えさせていただきます。

■質問■
@仏因による個人的経験というのはありますか?
A仏凡一体とはどういう意味ですか?

139 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 11:59:32 ID:ZSlniRow
>>133
親鸞会の活動すべてから。

140 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 12:35:14 ID:cHumiVEi
>>139
たとえば?

141 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:23:03 ID:tARFVJsG
>>138
ヒント
たいてい仏因は仏果を得る因ということになっている。


142 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:35:35 ID:HyQzGMRL
>>139
活動のすべてを知らんくせに

143 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:42:53 ID:ojCJqyXl
 仏凡一体は、あくまでも如来廻向の信心の功徳の上から
いうことであり煩悩心は決して死ぬまで無くなるものではありません。
 親鸞聖人は「摂め取られる」摂取不捨のことを、「摂」
はもののにぐるをおわえとるなり、「摂」はおさめ取る、「取」は迎えとると領解されました。
 私たちは人生の行く先も知れず真っ暗い夜の道を一人一人
歩んでいる孤独な旅人であります。如来さまは、光明無量の電灯を
つけて私たちを追い掛け追い掛けて、逃げる人をおさめ取って
下さいます。「摂」はおさめとる、「取」は「迎えとる」ことです。
私が気づくことのなかった遙か昔から、「もし生まれずば正覚
を取らじ」と私を呼び続けて下さいました。
 その阿弥陀さまのご苦労を、親鸞聖人は「弥陀の五劫思惟の願
をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなり」と味わわれました。
 私たちはこの度阿弥陀さまに捕まって念仏申す身にせしめられたのであります。
 島根の妙好人、浅原才一同行は、
  わしが阿弥陀に なるじゃない
  弥陀の方から わしになる
 と仏凡一体の味わいを歌っています。

144 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:45:27 ID:I2AP8WLg

親鸞会は自力臭い(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


145 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 16:51:40 ID:QkgoYLFx
ぼらさんのお話とても勉強になります

146 :ぼら:2006/10/24(火) 17:20:43 ID:TFbfq+Qw
ぼらさんのお話は本当にすごいです。
こんなお話はとても他では聞けません。

ぼらさんに会えて本当に良かった、心からそう思います。
生きててよかった。
人生って素晴らしい。
ひとえにぼらさんのおかげです。

147 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 22:09:39 ID:rQxWtRNB
ttp://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/tyunichi.jpg
憎いし、苦痛。安倍晋三首相が訴える「美しい国」を逆さまに読むと、こうなる。
東京都内の病院で働く女性(四〇)は、同じ母子家庭の友人に言われてハッとした。
美しいと苦痛という“光と影をはらんだように聞こえる国づくり。
「自分たちは切り捨てられるのか」と、怖くなってきた。



148 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:38:11 ID:s8e+tx87
国民年金は厚生共済年金に比べ少な過ぎる。
国民年金は2階建て方式とし、従前の保険料制度に加えて
現行5%の消費税を財源に全国民一律月3万円上乗せにしたらどうか。

厚生共済年金のある人は負担額と支給を減らし、この国民年金の上乗せ分を加え支給する。

これから未納者が受給年齢を迎えると極端に受給権者が減り、年金支払い総額が減るから
国民年金は十分にやって行ける。

但し、問題が2つ在る。一つ目は、サラリーマンの配偶者は国民年金の保険料を支払っていないのに受給権が生ずることだ。
これは非常に不公正であり、不払いの原因の一つになっているので即刻改めるべきだ。
2つ目は、無年金者の中で資力の無い者は生活保護を受ける事になるが、
国民年金満額でも月6万円。実際には3〜4万円なんてざらなのに、生活保護だと月10数万も出るのは理不尽だ。
生活保護費は月3万円とするべきだ。
またもし、国民年金の上乗せが実施されるなら、60才以上の生活保護は総て打ち切り、
この上乗せ分のみにするべきだ。

149 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 13:54:32 ID:rsuN3srT
>>142
君のいうとおりだ。
裏工作のことまで知っている人はごく一部の幹部たちだから、
活動の全部を知っているなんて会員は雨夜に星。
SK作戦
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/SKsakusen_1.PDF
これについてさえ知らない会員もいた。
人生いろいろ、会員もいろいろ?

150 :チョン死ね!:2006/10/25(水) 15:30:29 ID:s8e+tx87
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155526288/l50#tag472

151 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 15:44:32 ID:5k0u25aK
んだとゴルァ!!!!

국민연금은 후생 공제 연금에 비해 너무 적다.
국민연금은층건물 방식으로 해, 종전의 보험료 제도에 가세해 현행
소비세를 재원에 전국민 일률월 만엔 추가로 하면 어떤가.
후생 공제 연금이 있는 사람은 부담액과 지급을 줄여, 이 국민연금의
추가분을 더해 지급한다.
지금부터 미납자가 수급 연령을 맞이하면 극단적(으)로 수급 권자가
줄어 들어, 연금 지불 총액이 줄어 들기 때문에 국민연금은 충분히
해 나갈 수 있다.

152 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 18:31:38 ID:uX661vye
>>149
惜しいな。このPDFだけでは親鸞会の資料であることは分からない。

153 :秋鯔〜☆彡:2006/10/25(水) 18:41:57 ID:8BWKLmPZ
乙〜☆彡。秋深し。お鍋やシチューが恋しくなるわぁ。
お返事だけちょこっと。
>>138
むむ?仏因による個人的経験?ちと、言葉遣いが変やね。
仏因とゆ〜のは、仏果に対しての言葉、即ち、大涅槃とゆうてもいい、
往生浄土・成仏とゆうてもええが、その仏果を得るべき因
(真因・原因)とゆ〜意で用いるべきもの。ま、漏れは、その仏因に、
個人的経験が介在することは不可。なぜなら、清浄なる因でなければ、
清浄なる仏果を得ることはでけへんからとゆ〜とるわけでつ。
それについては御了解いただけたと思って、話を進めてもええんやろか?
多分、あなたの仰りたいのは、たとえば「名号法が私に至り届いて、
三業にあらわれる(個人的経験としてあらわれる)のか否か?」
ってことなんかな?想像するに。
>>145
おおきに。漏れのヨタ話だけやのうて、諸先生方のお話も聞いたり、
読んだりするとええよ。s会だけの教学に縛られる必要なんてないんやから。
>>146
ん〜、別に普通ちゃうん?漏れなんか足元にも及ばんすんごいお坊さま方、
ぎょ〜さん、おられるよん。漏れなど、小坊主に過ぎん罠。
(^-^)/~ホナねん☆彡

154 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 19:58:12 ID:01C7yiTo
         ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
        /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
      ,/´ .., ヽ,,l_)'    zェェェァ'  ;rfァt ヽ ,ト/ /    ヽ
     /    ヽ,r' ,l′    _,,,   . __,,  ,l゙.-〈__r,'、   ヽ_
    _.l    ヽ」   ,l    .イてソ` l イにj`,/    ゙‐ヽ、_,,  /l   >>153
    ,l l|  −'´ll   ,l      rソi"  ヽ じ'' f゙l    .,//゙l   //\ ココおかしいんじゃねえか
    l`l|     l|ヽ  v'⌒ヽ        .,ノ  j/    |l    //   }
   l  \    l| ,l  l_U>     r‐--‐ァ  ,l    |,l   //    l
   /   '\   l|`l   ゝ_,´    ゙ヽ__r′ .,.'   ___l ヽ //     |
  ,l     '\ l| .lヽ__lL..,,,  __ ,, _イ___./ |  ∨/      ,}
  |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l
  |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
  ヽ          |   \.    ヽ/    l  ヽ         /j
    \        /     ヽ    ヽ  |   l          /
     ゙l\..     /      ヽ     ヽj   |    ,    /
     ヾ              ヽ     ヽ   ヽ  /    ,l
      ヽ、             ヽ     l   } /    ,r′
        ヽ             ヽ     |  /′ ,,...''
        `'':..、  ___ ___,..-..   |,    ,l ,  :..-‐'"´
            ̄ /lr‐‐‐'--、_.....  l_,..-'''""'- "


155 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:25:22 ID:vJq9Wt8I
結集一万人!
で収入4億ぐらいか。

156 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 22:37:27 ID:anz2Ur3t
>>152

>惜しいな。このPDFだけでは親鸞会の資料であることは分からない。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/SKsakusen_1.PDF

「交通費は一万年堂出版」「西東京MK」「L1D」「東大3F」
あとは、当時東京で学友部の親友部員をしていた人の実名。

見る人が見ればすぐに親鸞会のものだと分かりますよ。
その気になれば、資料を所持していた人の証言もとれるでしょうし。

157 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:01:31 ID:Ic3y3FkD
また親鸞会被害家族の会掲示板でエールが暴言を吐いて暴れてるな。
エール=W部仔牛って噂、本当?

158 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:35:14 ID:Z1GpLV/b
・加害者の会(自称・被害家族の会)についての論考

親鸞会に恨みを持つ一部の人が集まって大義名分を考えた。
一般にカルト宗教対策として「家族会」があったり、拉致被害の「家族会」などが知られている。
これらの、「何か恐ろしいもの」と戦う家族の絆、というイメージを
借りたかったのだ。
さらに「被害」を付け加えることで、被害者意識を共有しようとした。
その結果、あのような奇妙なホームページが出来たのである。
(まず、色使いや文体が奇妙というか不自然で、粗雑な印象を感じたのは
 私だけではないと思う。)

「親鸞会に被害を受けた家族が運営しているホームページ」ということらしいが、
当の事務局は果たして、「被害家族」なのか。

各事務局員のプロフィールはまだ調査していないが、
・ジョー
・ねこにゃ
・枯葉
それぞれ、「被害家族」でなく、単に「元会員」「退会者」のように見える。
また、掲示板に書き込む者たちにも「被害家族」は見当たらない。
(後述する、ただ一人を除いては。)
「元会員」が親鸞会の悪口を書くのが、「被害家族の会」のネット上での主たる活動、
というわけだ。

取ってつけたような「被害家族」という文字に、
誰もが強烈な違和感を覚えずにはいられないであろう。

159 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 23:43:56 ID:Z1GpLV/b
なお、事務局のねこにゃについては以下のような指摘がある。
http://securitechno.dyndns.org
「なぜやめたのか」にアップされていた画像データに、
文字化けした「ねこにゃ」の文字があったということである。

「なぜやめたのか」の管理人がねこにゃであるか、あるいは
データを提供するような密接な関係にあることが窺われる。

「なぜやめたのか」の管理人についてはさらに以下の指摘がある。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html
「うさぎ」という名前を使ったのは、女性である印象を与えるために
違いないであろう。

160 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:02:16 ID:Hrb+Uf8j
さて、全く「被害家族の会」らしからぬ被害家族の会であるが、
事実上初めて「被害家族」が現れた。
会員の子を持つ親、beaver氏である。
beaver氏が被害家族の会の代表ならば、一応名称と実体が合っていると言えよう。
(ただし、言うまでもなく一人で「会」と称するのは不適切である。)

子供が学院に行くと言っており(行っており?)それを阻止せんと活動している。
それなら子供としっかり会話をして説得なりするのが先決かつ最重要事項と
思われるのであるが、
なぜか掲示板での発言など、「被害家族の会」の活動に気を吐く。
HNの横に常に(被害家族)を入れる念の入れようである。

我は「被害家族」なり、という宣言。

ここに、ある人々との共通したメンタリティを発見するのである。

161 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:09:26 ID:IsRuYaJJ
>>158
なんでそんな恨みをもたれるの?ダミサ嘘つき勧誘をやっているから?
悪因悪果?


162 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:21:48 ID:Hrb+Uf8j
誰と共通しているのか、お分かりだろうか。

我々は「被害家族の会」である!と言っている人々、
「被害者意識」を共有し、「家族会」のイメージを借りることで
大義名分を得ようとしている人々である。

ただし、beaver氏の場合は現実に「家族」であるから、
これらの人々と全く同じではない。

どちらかというと、beaver氏は「被害家族の会」を利用するために、
「被害家族」の文言を借用していると言った方が正しいかもしれない。

個人よりは、何らかの組織の後ろ盾があったほうがよいと、
「拉致被害家族の会」などの活動を見て考えたのではないだろうか。

そのためには「被害家族」を持たない「被害家族の会」こそ、
目下最適な居所となるであろう。

しかし残念ながら、前述のとおり、方向性を誤っていると危惧せざるを得ない。

さて、今後「被害家族の会」はどこへ行くのか。

あまりにも有害となれば、「被害家族の会」被害 家族の会 
を結成する日が来るかもしれない。
そのときは、家族で力を合わせて戦うべきであろう。

163 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 00:53:13 ID:9F80UZDv
>>161
ただの逆恨み
因果の道理が信じられず何でも人のせいにする奴っているんだよ

164 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:00:54 ID:pu5m/gt0
ネット対策員は相変わらずスレ潰しに必死だね

165 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:05:45 ID:MDNl72gm
なんでスレ潰しになるのか全然分からないんですけど
批判されると潰れちゃうんだ君たちは

166 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:21:46 ID:9F80UZDv
こんなスレ潰したって何の得もないのだが

167 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 01:32:15 ID:OaEHFC+I
こんなスレだれも見てないってwww

168 :ぼらさんに疑問:2006/10/26(木) 06:36:28 ID:Dvg2VKEx
>>153
>多分、あなたの仰りたいのは、たとえば「名号法が私に至り届いて、
>三業にあらわれる(個人的経験としてあらわれる)のか否か?」って
>ことなんかな?

はい、そのとおりです。それを前提に先の二つの質問を繰り返しておきます。

■質問■
@名号法が私に至り届いて、個人的経験としてあらわれることはないのですか?
A仏凡一体とはどういうことですか?


169 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 11:28:26 ID:DlK/nixh
>>163
>ただの逆恨み
>因果の道理が信じられず何でも人のせいにする奴っているんだよ
恨まれるのは恨まれるだけの種まきがあったと考えるのが親鸞会の教義では?

170 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:35:52 ID:28C/D6vp
ある地方紙に、カルト宗教対策の弁護士の集会で、
U氏が講演したって載ってたらしいけど、本当ですか?

171 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:40:04 ID:Sdiif/AO
「AAで語る〜」 ってどうなったん?

172 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:48:49 ID:iLdIcepm
>>169
お釈迦様もダイバから恨まれた。
親鸞聖人も弁円から恨まれた。
それもお釈迦様や親鸞聖人が悪いことになるの?

173 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:54:34 ID:28C/D6vp
>>172
これでは親鸞会の体質はいつまで経っても変わらないでしょうね。

174 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:59:07 ID:28C/D6vp
ちなみに摂理や統一教会でも、
キリストが迫害を受けたように、自分たちもそうなのだと言うそうです。
平気でウソをつくのに、
自分たちの悪い所には絶対に目を向けない。
これらの団体には他にも共通点があるようです。

175 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 14:07:36 ID:WFQA7EZz
>>172
詭弁を弄するな。

176 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 15:16:26 ID:Av3NL6BM
恨まれることが悪果なのか善果なのか
悪果でないなら善因に対する善果として
恨まれたのか。
悪果であるなら当然それに対する悪因があるはず。

177 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 15:59:10 ID:MDNl72gm
だからお釈迦様や親鸞聖人に悪因があったと言いたいわけね?

178 :秋鯔〜☆彡:2006/10/26(木) 17:50:21 ID:Y5D4UX7G
乙〜♪帰りの電車ん中〜。
>>168
法・名号(萬徳円備)→増減なく全くそのまんま→機に写って、
真実信心となる。これ、劣機たる凡夫が浄土往生し得る道理。
これが無ければ、ただ名号法が空回りしとるだけになってまう。
機に至り届いた所を指して信心といい、信心正因とゆわれるのは
そのためナリね。名号正因とはゆわれんのです。
即ち、信心とは、名号法が機に至り届いたすがたとゆえる。
しかしながら、その体をもとむれば、名号以外ない。
また、信心は相続心ともゆわれる。
故に、名号法(如来の真実心)が、真実の欠片もなき私を場として、
一刹那も休まずに常に働いとる(=相続心)、そのすがたを
信心とゆうと、こう考えることはできんやろか?
で、個人的経験は何処に語られるべきものかとゆえば、
出離の縁なき、真実心の欠片もなき自身の三業を通過した後続のもの
として語るべきと考えられないやろか?ありがたい気持ちが起こるのも、
歓喜が胸に満ちあふれるのも、自身の三業を反省するのも、
名号法の働きの顕れではあろうが、全く純粋に名号法が顕れ出たものとは
ゆえへん。それは必ず煩悩性の私とゆ〜フィルターを通過した
ものである故、真実性の欠片もなき私の三業が雑ざっておるとも、
ゆわなならん。
〜つづく〜

179 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 18:06:37 ID:DlK/nixh
>>177
嘘や詭弁にまみれた会と、聖人を同列に扱う必然性はないね

180 :秋鯔〜☆彡:2006/10/26(木) 18:36:24 ID:Y5D4UX7G
>>178
真実心と相反する自性。救われがたき私をどこまでも必ず救う法と、
どこまでも背反しようと自覚・無自覚を問わず、煩悩のほしいままに
動かされふるまう私。この両者の緊張関係は、死ぬまで途切れることはない。
上に対しては、喜びの法味愛楽となり、
下に対しては、自身の三業への反省となる。
過去に起こった宗教体験にしがみつき、それが真実であると錯覚し、
他人に自分と同じ体験をせねば救われないとふれながし、
他人にそれを求めさせ、自身は安穏だと錯覚しとる人は
名号法の働きを自らのはからいによって死にものにする。
ま、これは別に現代にはじめて起こったこっちゃなくて、
過去の異安心問題にたびたび起こってきたもん。目新しいこっちゃないねん。
と同時に、私も業縁もよおさば同じような執心を起こしかねない
ものとゆ〜のは変わりはない罠。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
三業にまかせる自性の私が、毎日毎日、弥陀の真実心に白日のもとに
さらされて。恥ずかしやな〜。お育てうれしやな〜☆彡
仏凡一体については、また次回。
(^-^)/~ホナねん☆彡

181 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 18:48:27 ID:XVMoVO+9
>同列に扱う必然性
         ↑
   
  ∧_∧ ミ ギャーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ バンバン


182 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:07:41 ID:/raRdudr
>>181
まさか親鸞会を釈迦や親鸞と同列に扱うべきだと?



183 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:56:32 ID:pyfdL4M5
>>180

ぼらさんお疲れ様です。

>即ち、信心とは、名号法が機に至り届いたすがたとゆえる。
>しかしながら、その体をもとむれば、名号以外ない。
>また、信心は相続心ともゆわれる。
>故に、名号法(如来の真実心)が、真実の欠片もなき私を場として、
>一刹那も休まずに常に働いとる(=相続心)、そのすがたを
>信心とゆうと、こう考えることはできんやろか?

言わんとすることは分かりますが、平生業成の真宗でしょ。
まず「南無阿弥陀仏」の六字のすがたをよくよく心得わけて、弥陀をばたのむべし。
と蓮如上人は言われてますが。

たのむ機と救う法が一体となった時を指して信心決定でしょう。

>真実心と相反する自性。救われがたき私をどこまでも必ず救う法と、
>どこまでも背反しようと自覚・無自覚を問わず、煩悩のほしいままに
>動かされふるまう私。この両者の緊張関係は、死ぬまで途切れることはない。
>上に対しては、喜びの法味愛楽となり、
>下に対しては、自身の三業への反省となる。

後念の喜びとしては分かりますが、そうなろうがなるまいが一念の時で往生は定まる
のだからそれは人それぞれというものでは?


184 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 21:28:26 ID:Av3NL6BM
>>177
まあそういうことなんだが実際どうなんだ?

185 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:21:27 ID:dSZhqJOh
>>158

ID:Z1GpLV/b=エール

に一票

186 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 22:31:01 ID:MDNl72gm
実際どうって、なにが?
親鸞聖人が恨まれたのは悪因があったからですかという質問かい?
知らないよ、聞いたことがない。
ただ、さるべき業縁の催せば、とは仰っているがね。

187 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 23:13:17 ID:OaEHFC+I
もしかしてあなたは

日本人は朝鮮半島を無理矢理植民地にして

朝鮮人を強制連行したり、従軍慰安婦にさせたり

して朝鮮人にヒドイ事をした。

日本人は朝鮮人に謝罪と賠償をしなければならない!

なんて思ってはいませんか?

以前は私もそう信じていました

しかし歴史を調べるにつれ、これがうそばかりだと知りました。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/1878/index.html

188 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 00:04:29 ID:BE2e6vWn
もしかしてあなたは

北朝鮮に拉致された人たちを帰せ、

すでに死んだ人たち、殺してしまった人たちについては

謝罪しろ、被害者家族たちにはそれ相応の誠意を見せろ

核実験を中止しろ、なんて思ってませんか?

たかが嘘をつかれた、雀の涙ほどのお金をだましとられたという理由で

親鸞会をなくそうとここでいやがらせをしている人たち、

真実の法を弘めている親鸞会を逆恨みするのはやめてください


189 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 00:14:20 ID:+yjcjuds
>>188
>たかが嘘をつかれた、雀の涙ほどのお金をだましとられたという理由で
たかが嘘をつかれたと言う人の真実って何?
それから嘘をついて逆恨みって何で被害者面しているの?
理解に苦しむが。


190 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 00:21:33 ID:+UGSWKly
ケンテツの周辺のやつらはデブばかり。北朝鮮のダミーだ。
肉屋の嫁デブ。不倫息子デブ。ケンテツデブ。
デブは楽してんのバレバレだからな。飯食わんと仏教に金使えやって言われたらどう反論するんやろうな。
デブ一家は。

ケンテツが死んだ時に何百人の専任講師、特選部員、学友部員、親友部のやつらが後追い自殺するかで親鸞会の価値が決まる。
会長ケンテツの要求は「会員全員後追い自殺」だ。

191 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 00:41:08 ID:QDr1wovY
>>190
ここは完全匿名じゃないんだから気をつけたほうがいいよ。

192 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 00:46:34 ID:QDr1wovY
>>172
お釈迦様もダイバから恨まれた。
親鸞聖人も弁円から恨まれた。
それもお釈迦様や親鸞聖人が悪いことになるの?

これはダイバも弁円も嫉妬心がおこしたものですよね?

193 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/27(金) 01:11:33 ID:HGmj2IQk
>>192
>ダイバも弁円も嫉妬心がおこしたものですよね?

提婆の問題については、善導と親鸞とが、独自の立場でそれぞれ重要な見解を
述べている。それを分かった上で言っているのか。それとも、それを知らずに
言っているのか。

 知らないで言っていて、しかも本気で知りたいと思っているんだったら、
  ↓ ここに書くといい。おそらく高森さんよりはましな考え方を伝えら
    るだろう。
○●Я親鸞仏教質問箱R(その2)●○
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157628310/

194 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:17:48 ID:3kYmbUKe

>>180
わたしはぼらさんの言に同意いたします。
信心をいただいたことを認識することもしないこともあるかもしれないが
その体験を真実と誤認することはあってはならないことだと思います。
信心いただいたことを認知したかどうかが往生できるかできないかの一大事だというのは
あまりに弥陀の法をおろそかにした幼稚な、それこそ煩悩しじょうの凡夫の世迷い言に
聞こえます。これで自分は往生できるという体験をしたと思うから喜ぶ体験は弥陀の心から
すでに離れているようにしか思えません。
まして、他人にむかって自分と同じこの体験をしないと地獄におちるぞと脅したりするのは
弥陀から離れるどころか、人の道からも離れています。頭がいかれているとしか思えません。

>>183
たまに後念というお言葉をよく書かれておられる方だと思います。
よく分からないので詳しく教えていただけないですか?

195 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:19:23 ID:1P/9LZqa
>>193
スレ汚しは来るな。

196 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:37:11 ID:N3+Q8SDS
>>183ではありませんが…
>信心をいただいたことを認識することもしないこともあるかもしれないが
>その体験を真実と誤認することはあってはならないことだと思います。
弥陀を信ずる心を「南無」といいます。
その南無の機をいただくことで、まことをまことと知らされるのです。

ですから、私が知らされるのは自分の三業の力によってではないのです。
信心の体験とは、衆生の三業によって起こされた体験ではないのです。

信心の体験とは、私自身が、信心をいただくということです。
信心をいただくとは、名号をいただくということです。
名号をいただけば、弥陀を信じる心をいただきます。

この「弥陀を信じる心」が私たちの三業だと思っている人がいるとすれば、
名号に自力が混じっていると思っている人ですね。とんでもない間違いです。

ここからしっかり学ぶ必要があるのではないでしょうか。

197 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 02:09:06 ID:bawJGS+y
たのむ機とたすける法ということですが、
両方とも阿弥陀仏が用意してくださるもので、こちらから少しでも自力を要して
助かる法ではありません。また、たのむとは狂信的にお願いするのでも、せっぱつまってお願いするのでも
錯乱状態になることでもないと思います。
蓮如上人のおっしゃったたのむとは、多分にこのような印象をうけることがありますが、
それは後生の一大事と同じく、仏教とのひとつの縁の持ち方であると思います。
話を聞いていけば、どんなにこちらがせっぱつまったときにでも、閃きがおりてくることが
あろうとも、それで往生が確定したと思ったとしても、弥陀の心からあまりに遠く離れております。
そんな一瞬の魔に心奪われても、よくよく考えれば助からぬ私から離れられようがありません。
たのむとは、すべてをおまかせする、こちらから一切はからいなしということです。


198 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 03:54:58 ID:SeWwGVas
ここも見てください
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7108607

199 :ぼらさんに疑問:2006/10/27(金) 06:17:04 ID:Ss6xJezL
ぼらさんご返答ありがとうございます。さて、

■質問■(私がしたものです)
名号法が私に至り届いて、個人的経験としてあらわれることはないのですか?

■返答■(byぼらさん)
>>178(返答Aとします)
>個人的経験は何処に語られるべきものかとゆえば、出離の縁なき、真実心の欠
>片もなき自身の三業を通過した後続のものとして語るべき
>>180(返答Bとします)
>過去に起こった宗教体験にしがみつき、それが真実であると錯覚し、(引用者
>中略)名号法の働きを自らのはからいによって死にものにする。

検討させていただきます。私の質問に対し、正面切って答えていただいたのは
返答Aです。Yesと回答してらっしゃることは明らかですね。この点について、
親鸞会とぼらさんとは、何ら差異はありません。差異が現れるのは、返答Bです。
Bでは、その個人的経験とは、一回的なものではないことを主張してらっしゃいます。


200 :ぼらさんに疑問:2006/10/27(金) 06:20:46 ID:Ss6xJezL
したがって、Bについて質問させていただきます。

■質問■
名号法が個人的経験として至り届くのは、一回的な経験ではないことの根拠を
教えて下さい。

201 :ぼらさんに疑問:2006/10/27(金) 06:28:06 ID:Ss6xJezL
ぼらさん、私は質問を何度もすることを、大変ぶしつけな態度であることは自
覚しております。そして、これに対して、誠実に返答くださっていることにも
感謝しております。

ただ、私が知りたいのは、親鸞会が「間違っている」根拠です。親鸞会以外の
「ありうる解釈」を求めているのではありません。私は残念ながらもはや親鸞
会の主張には与さぬ者ですが、だからといって本願寺の方の意見に与する者で
もありません。ただ、本願寺の方に(ある意味)期待するのは、親鸞会以外の
解釈の提出ではなく、親鸞会が端的に誤っているという根拠の提出です。

よろしくお願いします。


202 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 08:20:28 ID:dajPwKU9
今年度唯一の女子新入部員がケツ毛バーガーだった・・・orz

203 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 08:22:31 ID:dajPwKU9
隣のスレだった・・・スマソ

204 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 08:28:37 ID:7pP1zdPW
>>196

>弥陀を信ずる心を「南無」といいます。
>その南無の機をいただくことで、まことをまことと知らされるのです。

それは善知識より南無=帰命せよと回向されるわけでしょ。

>この「弥陀を信じる心」が私たちの三業だと思っている人がいるとすれば、
>名号に自力が混じっていると思っている人ですね。とんでもない間違いです。

んだね。

>>197

>両方とも阿弥陀仏が用意してくださるもので、こちらから少しでも自力を要して助かる法ではありません。

んだね。だけども南無は回向されるんよ。後生たすけたまえはそれ。
あんね。たすけたまえの一念が分からんようならいつまで経っても自力だよん。
まあ、家帰って、いっちょ阿弥陀さんに向かってたすけたまえって言ってみるか。
ってやっても意味無いんだな。こりゃ自力だもん。


205 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 08:44:33 ID:25hr8+jW
>>190
いくら2chでもこれはひどい

206 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 09:45:16 ID:gw1XGuPw
自分で書いておいて、しらじらしい・・・

207 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 10:32:00 ID:25hr8+jW
(゚Д゚)ハァ?

208 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 13:13:06 ID:2TtBZ0NS
とぼけられてもねぇー・・・・

209 :秋鯔〜☆彡:2006/10/27(金) 14:48:26 ID:UINMrG68
乙〜♪お〜、色々反応あるね〜。電車ん中でちょこっと。
>>183
う〜ん、あなたのお考えやと、たのむ機+救う法が完成したのが
信心とゆ〜ことになる。機法合体安心となると、法の功だけでなく
私の功も認められてしまう。故に全く仏心である真実信心とは
ゆえなくなる罠。三業が雑じるから。
あと、私どもの三業にあらわれる相続の姿は
各人各様ではあるが、弥陀の誓願がどのような者が相手なのかを
顧みてみよう。その対象は煩悩熾盛の私である。また、薬有りとて
毒を好むことはよろしくないと親鸞聖人はゆわれとる。
一刹那も休まず私を場として名号法が働きづめであるとゆ〜のは
如何なることか、何故か?悪果を招く業因を作り続ける煩悩熾盛の私が
おるからでありましょう。手放しで喜べるような分際ではない訳でつ、
弥陀の救いの対象たる私は。
(^-^)/~時間あればマタ〜♪他の方へのお返事もカキコできればなと。
ホナねん☆彡

210 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 15:27:39 ID:7pP1zdPW
>>209

横レス。

本願寺さんはそういう風に考えるのね。
三業惑乱以降、極端に三業を論じなくなったとは聞いてましたが。

領解文にあるように、たのむ一念のとき、往生一定になる。その後は御恩報謝の念仏である。
悪果を招く業因を作り続ける私であるが故に、それすらも打ち捨てて、佛に任せ参らせて、
たすけたまえの一念の時、往生は一定でしょ。

手放しで喜べない存在であるなど阿弥陀さんは承知の上で救って下さるわけですから、
故に感謝の念仏が出て来るわけでしょ。平生業成でなければ真宗じゃなくなりますわ。
それじゃ臨終業成でしょう。

>う〜ん、あなたのお考えやと、たのむ機+救う法が完成したのが
>信心とゆ〜ことになる。機法合体安心となると、法の功だけでなく
>私の功も認められてしまう。故に全く仏心である真実信心とは
>ゆえなくなる罠。三業が雑じるから。

さっきちろっと言ったけど、家帰って阿弥陀さんに向かってたすけたまえと
言ったところで、そりゃ己の自力が混ざったもんだからだめだわね。
たすけたまえの南無は善知識に弥陀に帰命せよと南無を回向されてはじめて
機法一体となるんじゃないのでしょうか。

あなた自身、悪因を作り続ける存在であると知らされているなら、
尚のこと、三業が混じるからなんて言えんのではないでしょうか。
何も混じりもののない状態なんて凡夫じゃ作れませんわ。

まあ、大事なのは、あなたは往生一定の身にさせて頂いたかどうかですね。
いつまでも弥陀に全てお任せだお任せだと言っても、それは家帰って阿弥陀さんに
たすけたまえと言うのと何も変わらんですな。所詮は凡夫ですから。

211 :秋鯔〜☆彡:2006/10/28(土) 00:11:54 ID:YzVR3gaV
は〜、帰りみち。眠〜☆彡
>>210
三業惑乱以後であろうと、以前であろうと、その方のゆ〜んは、
機法合体であって、機法一体の南無阿弥陀仏をありのまま受領する
(名号法に全領される)ものではないから、自力混在の雑行雑修とゆうべき。
凡夫やから、なんつ〜逃げ道こしらえて、己の心ではからった、
感動したとか、感激したとか、そ〜ゆ〜凡心の動きを信心とする。
そして、そうゆう自力混在の凡心を捕らえて、信心決定の証拠と
するわけやから、親鸞聖人の名など名乗らず、T森教と改名すべき。
いわゆる個人的宗教体験(T森さんの個人的な)を
根幹とする宗教が、正しくT森教なんやとゆえばええだけやん。
T森さんの宗教体験を根幹とし、親鸞聖人や蓮如上人の言葉を
それにあったものだけチョイスする宗教とゆえば、s会とゆ〜のは、
非常に説明がしやすいと思うわけ。地獄逝きも浄土行きも、
T森さんと同じ体験ができるか否かにかかっている宗教。
さすれば、親鸞聖人が引用されてない文句を教義の根本に
おいても問題ナッシングやん。『孝養経』であろうとなんであろうと
勝手にすれば、で桶と。ま、疑問さんの要望もあるようなので、
T森さんの著作検証を今後してって、この人のゆ〜とる教義が
親鸞聖人のゆ〜とることとどうちゃうのか?また、反論の仕方が
いかに人の意見を熟読せずに行われとるか、ハッキリさせて
みるつもり。
もちょい。(^-^)眠〜☆彡

212 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 00:26:24 ID:N0PSExb5
ぼらさん、お疲れ様です。



213 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:01:05 ID:OgA8BfGJ
ぼらさん、ご愁傷様です。

214 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:11:45 ID:7SCybzhq
>三業惑乱以後であろうと、以前であろうと、その方のゆ〜んは、
>機法合体であって、機法一体の南無阿弥陀仏をありのまま受領する
>(名号法に全領される)ものではないから、自力混在の雑行雑修とゆうべき。
その方ってどの方ですか?

>う〜ん、あなたのお考えやと、たのむ機+救う法が完成したのが
>信心とゆ〜ことになる。機法合体安心となると、法の功だけでなく
>私の功も認められてしまう。故に全く仏心である真実信心とは
>ゆえなくなる罠。三業が雑じるから。
えっと、たのむ機って「南無」のことですよね。
ぼらさんは「南無」を自力と解釈しているのですか?
それでは全然浄土真宗にならないと思うんですが…(^^;)

215 :秋鯔〜☆:2006/10/28(土) 01:23:18 ID:YzVR3gaV
ふ〜、タダイマ〜☆彡
>>211
もひとつゆわせてもらえば、T森さんの個人的な信心決定体験を真実と
するとゆう規定こそが、ダメサ活動・ネット対策・二枚舌構造に
つながってゆくんだと考えるねん、漏れなどは。トップの意志によって
完全に左右される団体。窮地に追い込まれると、自己保存欲求だけが
面に出て、歯止めがきかなくなる宗教。基本的にそ〜ゆ〜部類に
属するのがT森教(別に、ΩであろうとS価であろうと
エルカンターレであろうと、このジャンルに属すると考えてええんちゃうんな)。
教祖もしくは善知識は、パーフェクトとゆ〜前提のもと、
ま、裸の王さまのもと、そいつのゆ〜ことに服従してゆく。
そ〜ゆ〜コミュニティを形成し、教団内ピラミッド状ヒエラルキーでの
ポジション争いを繰り広げるとゆ〜。ま、外から見れば茶番劇。
H願寺派でもそ〜ゆ〜の大好物にしとる人おるけどね。
ま、漏れからすりゃ、古いんよ、オッサン。ってとこかな。
何が人生の根幹なのか忘れ果てて、自己の欲望におぼれてゆくのは、
真宗でゆえば、相続心が働かないから。過去の経験で信心をはかるから。
今の今、煩悩熾盛の私の上に働きづめに働いておられる名号法を
過去の経験においやるから。たのむ一念を過去に限定し、
相続しないから。漏れは大丈夫なんだろうと自身に言い聞かせながら
生きてゆくから、ま、親鸞聖人がゆ〜には、不定聚・邪定聚のお仲間やね。
(-_-)zzホナ寝ん☆彡

216 :秋鯔〜☆彡:2006/10/28(土) 01:31:15 ID:YzVR3gaV
>>214
も〜しわけないが、漏れのレスを前スレくらいから読んでいただいて、
漏れのゆ〜とることが何なんか理解してからカキコしてください。
同じこと何度もゆうんは、労力の無駄なのね。横レスしたんなら、
本レスの方の文章をよく読みよく考えてカキコして寝。


217 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:40:55 ID:7SCybzhq
>>216
誰のことを言っているのか分からなかったから

>その方ってどの方ですか?
と聞いたんですが。
「その方」=「本レスの方」、つまり>>183さんということでいいのですか?

183 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 19:56:32 ID:pyfdL4M5

218 :秋鯔〜☆彡:2006/10/28(土) 01:44:42 ID:YzVR3gaV
あ、あと追伸。
>>疑問さん
ご希望の答えにならず須磨組。けど、やっぱし漏れのゆ〜とることを
しっかり読んでから、レスほしいナリ。仏因=信心ですから。
個人的経験ではありませんってゆ〜とるのに、s会でゆ〜とるのと
同じやなんて。どんな理解なん?って、ぶっちゃけ不思議やわ〜。
非常に微妙な問題やさかい、もちと注意深く読んでほしいナリ。
ホンマおやすみ☆彡

219 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 01:44:44 ID:7SCybzhq
>も〜しわけないが、漏れのレスを前スレくらいから読んでいただいて、
>漏れのゆ〜とることが何なんか理解してからカキコしてください。
あれ、どこかで「たのむ機」のことを言われていましたっけ?

220 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 02:55:04 ID:tqDq5U1q
ぼらの発言には翻訳コンニャクが必要だなと、しばしば思う・・・

221 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 06:39:16 ID:gv9y2ga/
ぼらさん

>教祖もしくは善知識は、パーフェクトとゆ〜前提のもと、
>ま、裸の王さまのもと、そいつのゆ〜ことに服従してゆく。
>そ〜ゆ〜コミュニティを形成し、教団内ピラミッド状ヒエラルキーでの
>ポジション争いを繰り広げるとゆ〜。ま、外から見れば茶番劇。
>H願寺派でもそ〜ゆ〜の大好物にしとる人おるけどね。
>ま、漏れからすりゃ、古いんよ、オッサン。ってとこかな。

本当にそうですね。中にいたときは分かりませんでしたが、外から見るとその通りだと思います。
勘のいい人は中にいてもそういう事に気付くんですけどね。

222 :ぼらさんに疑問:2006/10/28(土) 06:46:17 ID:WbCZ5M4q
>>218
■質問■ (私がしたものです)
名号法が私に至り届いて、個人的経験としてあらわれることはないのですか?

■返答■(byぼらさん)
>>178
>個人的経験は何処に語られるべきものかとゆえば、出離の縁なき、真実心の欠
>片もなき自身の三業を通過した後続のものとして語るべき

この返答から、「個人的経験としてあらわれる」という解釈をするのは自然だと
思いますが。どこが問題ですか?私とて「個人的経験ではありませんってゆ〜と
るのに」の意味は分かりますよ。だからこそ、「としてあらわれる」という言い回
しをしてるんですよ。

■質問■
名号法が個人的経験として至り届くのは、一回的な経験ではないことの根拠を
教えて下さい。

について、お気に召さないなら、このように言い換えましょう。

■質問■
名号法がいたり届くのは、個人的な一回的経験ではないことの根拠は何ですか?

解釈の余地を容れない決定的な根拠を提出してください。これに失敗された場合、
私は貴方の解釈は、親鸞会の解釈と同列の、複数の解釈のうちの一つと位置付けます。

223 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 09:13:47 ID:4QAQh0KL
ぼらが言うのは十劫安心に毛が生えたもんだな。
聖教たくさん読んでも、たのむ一念の信を知らずは他門ですな。
ま、親鸞聖人がゆ〜には、不定聚・邪定聚のお仲間やねw


224 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 09:56:11 ID:wjvQvuE1
>>222
横から失礼

貴方の主張は「親鸞会の教義は他とは違う」みたいなものだったのでは?
直に議論していたわけではないので記憶は曖昧ですが。
失礼ながら一介の僧侶の解釈と、親鸞会のそれが同列だとなった時点で、
他とは違うということは言えませんよね?

225 :ぼらさんに疑問:2006/10/28(土) 10:43:51 ID:WbCZ5M4q
>>224
>貴方の主張は「親鸞会の教義は他とは違う」みたいなものだったのでは?

はい、そのとおりです(もちろんそれは親鸞会を援護するという動機より出でた
ものではないことはご承知おきください)。しかし、ぼらさんとの議論において
は、その主張は後にとっておかねばなりません。

私の当初からの目的は、今なお変わっておりません。その目的とは、「体験を
無とする主張は棄却すべし」です。この問題は現在、とある体験が「真宗の体験」
であるかどうかという方向に転じておりますが、これは決して脱線ではなく、
本線と大いなるかかわりをもつものです。ぼらさんの主張を聞き出してから、
また本線に戻ってくる予定です。

今後も、ぼらさんとの議論に注目していてください。


226 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 10:49:52 ID:T+ZFkcGt
宗教無知な学生が、たまたまこのダミサに勧誘されただけで
何故恥ずかしげも無く真実と言えるのかが疑問だな。
こんな単純な若者ならキッカケしだいで
オウムでも原理でも何でも嵌るわな。

227 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 11:00:35 ID:wjvQvuE1
>>225
体験の有無を前提としない議論を主張するのならまだしも、
体験が無いことを前提とする議論だけを問題とするのは片手落ちの感が否めませんが…
体験が有ることを前提とする議論を棄却しない理由が見当たりません。
その体験が有るという主張(親鸞会)と無いという主張(ぼら氏)がせいぜい同列ならば
体験が有ることを前提とする議論も棄却しなければならないのでは?

何故体験が無いことを前提とする議論だけを殊更問題にするのでしょうか?

228 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 13:02:58 ID:U5FGY4k5
>>226
宗教に博識なあなたは何が真実だと言えるのかお聞かせ願いたい

229 :秋鯔〜☆彡:2006/10/28(土) 13:42:28 ID:YzVR3gaV
乙〜♪今日は外歩いとってもきもちいい日やね。
>>220
確かに。朝、読み返してみたら、うわ〜と思ったw。
夜中に書いた論文を朝読んで「なんじゃこりゃ〜」となるんにさも似たり。
反省。
ま、漏れのゆ〜とるんは、たのむ一念とゆ〜のは、自己の経験で語ることは
不可とゆ〜こと。もう何度もゆうとるが、凡夫の心が雑ざった信心では
仏となる因にはならへんから。名号法のまったくそのまんまが
機に写った(仏智満入)最初の時をたのむ一念のときといい、
それは個人的宗教体験などとゆう、凡夫の思惑・願望・欲求に基づいた
汚れは、一切さしはさむことはできない。弥陀の願いをはからいなく
そのまんま受け取るから、そのすがたは無疑(ふたごころない)
とゆわれるわけでつね。私が疑わないように力むのとはちゃうわけや。
また、成仏の因たる信心は一生涯、変化せず相続するとゆわれるんは、
たのむ一念が過去にあったことではなく、現に今、
相続されとることを意味する。即ち、日々真実信が働いておる、
にも関わらず、それに背反して煩悩を根底として生きとる私が
真実信心に照らされて、恥ずべし痛むべしとして、白日の元に
さらされると。また、弥陀の願心にのぞめば、一切の業繋ものぞこりぬ
とゆわれるように、そのような私が目当ての法と喜ばれると。
これは、後続の凡夫の心のすがたであって、各人各様の機根にあわせて
発起される。これは信心があらわれでたものとも考えられるが、
=信心とはゆえない。故に、法味愛楽とか、お味わいとゆうべき。
(^-^)/~こんなんで、どうやろか〜♪

230 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 14:20:14 ID:N0PSExb5
なんでここの人たちはぼらさんの話しを聞けないのかな。
ぼらさん一人でがんばっておられるけど、漏れは萎え萎えですな。
たのむ一念は三業ではないのに体験だとか言ってるやついるし
バカかとアホかと

231 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 14:26:45 ID:N0PSExb5
>>226
それは確かに異様というか異常というか気味悪いね。
真実だと思っている、信じている。あるいは真宗における真実と言った方が
よいね。親鸞会にもこういう一時の宗教的熱狂に駆られて活動している人が
どんなに多いことか!もすこし冷静になれば、ダミサもなくなるのだろうにね
まあ、熱狂するのは講師熱しやすい若者を利用しているからとも言えなくはないが
だからこそ、大学は宗教をとりしまってほしいというのがある。


232 :はいや:2006/10/28(土) 14:44:02 ID:69n02Lk0
あの〜スレが違ったらスミマセンm(__)m
毎月20日とか28日とかに生き物を食べちゃいけない宗教って
どこのかわかりましでしょうか?
生クリームとか卵とか、もともとは生き物から作られてる物。。。
おわかりの方がいれば教えていただきたいですm(__)m


233 :秋鯔〜☆彡:2006/10/28(土) 15:30:29 ID:YzVR3gaV
>>229つづき
で、かくゆうことに照らしあわせた上でのs会の問題点は、
ひとつには、T森さんの個人的宗教体験をたのむ一念、信心決定とする弊害。
未体験者は、体験者(コンプリートした者)に対して何もゆえへん。
体験者は煩悩のほしいままに振る舞っても、浄土往生決定しとるんやから、
そ〜ゆ〜体験してはるんやから、ええねん、とゆえる。
体験者が伝家の宝刀を持ち、未体験者を裁くことを可能にしてしまう。
真宗においては戒律が存在せ〜へんから、この行為を第三者的に
罰したり、警告する機能がない。これは、体験者による未体験者に対する
絶対支配構造をつくる土台としては格好のもの。自然、絶対服従とゆう
概念が許容されても、問題視されなくなる。
ふたつに、信心を過去の体験に帰する失。
信心の異名として、相続心とゆわれることは前にゆうた。
また、信心を二種に開いてその内容をあらわした言葉に二種深信
とゆうものがあるともゆうた。とゆうことは、法の深信も機の深信も相続されることになる。
機の深信は、私の煩悩性を反省せしむるものとして、常に働いている、
と見なければ、相続心が欠けてしまい、もはや信心とはゆえない。
過去の喜びの体験が信心決定で、その後のことは問われない信心
などありえないとゆわなならん。決定体験とゆ〜自己の心を基準として、
生きるから、漏れは正しいとゆう利己心にとらわれ、
自然、批判は真摯に受けとらないと(ま、当たり前や罠。
煩悩成就の凡心に起こるところの経験をもって、真実心やと
思い込んどるんやから)
(^-^)/~ホナ

234 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 15:33:29 ID:5+xZZASb
>>222
>名号法が私に至り届いて、個人的経験としてあらわれることはないのですか?

横レスすみません。>>229のぼらさんのレス(たぶんアンカー先ミス)で回答は
、尽きていると思いますが・・・

勝手に付け加えさせていただきますと、真宗の立場からは、信後の「御恩報謝
の念仏」も、真実(名号法)が、あらわれたものですが、「所行(称えられて
いる)の念仏」オンリーが“真実”なのであり、「能行(称えている)の人」
や、「(称えているという)衆生の行為(三業)」には、真実は一分も無いの
と、信後後続の「お味わい」の場合も同じように考えたらよいと思います。

信後に個人的経験として、衆生の三業にあらわれた「お味わい」は、「真実信
心」ではありえませんが、日々、私に働いてくださっている「真実信」(仏願
)が、ご縁となった、凡夫(私)の心(三業)のすがたですから、その意味で
は、>>106や、>>108(私です)で言う「仏因(弥陀の願心)による個人的経験
」とも言えると思いますが、「私(衆生)の三業」と、「仏因(真実信)とは
、全く違うものです。

235 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:23:02 ID:4QAQh0KL
>>229

なるほど。

>機に写った(仏智満入)最初の時をたのむ一念のときといい、
>それは個人的宗教体験などとゆう、凡夫の思惑・願望・欲求に基づいた
>汚れは、一切さしはさむことはできない。

う〜ん。これはどう解釈すればええの?
己の機の深さを信知して、救わずにはおかんの法に対して深信するということ?
それじゃ己の計らいが混ざらんとはまったく言えんよねぇ。
そもそも、それ自体己が考えていることだもの。自力混在だわね。

平生の時善知識の言葉の下に帰命の一念発得せば、その時をもって娑婆の終り臨終と思うべし。
と言われている以上、善知識に逢わねばだめなんでしょう?
ぼらさんはそういう時を既に獲られたわけですか?

236 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:32:45 ID:IJRsae2L
ぼらさん、>>217に答えてあげなさいよ。

237 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:35:25 ID:sOgV2079
>>223
>聖教たくさん読んでも、たのむ一念の信を知らずは他門ですな。
ま、親鸞聖人がゆ〜には、不定聚・邪定聚のお仲間やねw

自分を棚にあげるのは親鸞会員の習性か。
会員のほとんど全部が不定聚・邪定聚のお仲間だろ?
違うの?

238 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:45:22 ID:IJRsae2L
>>235
あなたはどういうバックグラウンドの持ち主なの?
今までになかったタイプですね。

>>237
それはぼらさんが最初に言いだしたことでしょ。
煽った本人のぼらさんに言いなよ。

239 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:47:35 ID:N0PSExb5
>>234
称えられているのを真実と受け取ってよいが、
称えられているのを聞いているのを真実と受け取ってはならないってこと?
しかし、称えられているのを聞くのは人それぞれというのは分かるが
称えられているという状況を私無く叙述しているというのはやっぱ嘘くさい。
称えられているのを聞いていることがあって、称えられていると言えるんではないかと。


240 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 16:50:25 ID:QKXTwbne
>>237
何を根拠に?

241 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 17:11:25 ID:N0PSExb5
>>235
>>機に写った(仏智満入)最初の時をたのむ一念のときといい、
>>それは個人的宗教体験などとゆう、凡夫の思惑・願望・欲求に基づいた
>>汚れは、一切さしはさむことはできない。

>う〜ん。これはどう解釈すればええの?
>己の機の深さを信知して、救わずにはおかんの法に対して深信するということ?

どこをどう読めばw。

自分の愚かさをすべて把握したから、阿弥陀仏の法を深信するのではないよ。
愚かさが分かるくらいえらいなら、自分で直せる。
助かるために自分の愚かさを把握しようとしている心がある限り
それは阿弥陀仏の心を聞くってことではないんじゃないかな?


242 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:43:58 ID:eQFVYZ6V
>>239及び>>234 の補足
>称えられているのを真実と受け取ってよいが、
>称えられているのを聞いているのを真実と受け取ってはならないってこと?

一寸、誤解され易い書き方して申し訳無い。衆生の称名の辺に約して、便宜上
、「能行/所行」の語を用いましたが、親鸞聖人は、「真宗」(弘願門)に於
ける、「行」とは、弥陀の(徹頭徹尾、弥陀が主体の)「大行」唯一であり、
余の諸行は、何れも、「偽門」(偽宗)、「仮門」(仮宗)の行と判釈されて
いるわけですから、衆生主体に約して、「能行/所行」に分かつのは、本来は
おかしいのですが、「大行釈」に於いても、(衆生の)「能行の功」を認める
ような「解釈」(私は、間違っていると思いますが)もありますので、教義論
のうえでよく使われるので、用いさせていただきました。

要は、「聞名(所信)の体」である「御名号」オンリーが、「真実」(の「行
」、「信」)であり、衆生の三業は、信前後を問わず、「虚仮不実」というこ
とです。

243 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:54:54 ID:eQFVYZ6V
>>230
>たのむ一念は三業ではないのに体験だとか言ってるやついるし

そういえば、H願寺スレ(前々スレ)で、「三業でない体験もある」
と頑張ってられた、s会シンパと酷似の主張の方もいました。

244 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 00:17:26 ID:6ZGtQBua
>>227
>何故体験が無いことを前提とする議論だけを殊更問題にするのでしょうか?

これは既に私は何度も論じていますので、コピペでお赦し下さい(誤解を招く
点は一部改変しました)。特に2-2-1、および3を参照してください。

1. 絶対的体験が無いことの主張について
1-1. 絶対的体験が無いことを証明することはできない。なぜなら、無の証明は、
数学的な演繹的領野を除けば不可能であり、かつ体験は演繹的領野ではな
いからである。
1-2. したがって、無いことを断言すること、また無いと断言する他者を信ず
ることは誤りである。


245 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 00:18:17 ID:6ZGtQBua
2. 絶対的体験が有ることの主張について
絶対的体験が有ることを主張することは、二つの仕方で可能である。
第一は、自らそれを体験することによって。
第二は、他者が体験したことを信ずること(信憑)によって。

2-1. 第一につき、
2-1-1. この体験が実在するかは、本人以外には不明である。
2-1-2. 実在したとして、本人は絶対的体験が有ることを体験をもって知り、有
について断言可能となる。
2-1-3. 実在したとして、この体験を他者に証明することは絶対的に不可能で
ある。体験は個人においてあるものだからである。

2-2. 第二につき、
2-2-1. 他者の体験の信憑に基づく主張は、可能である。理由は、有はいかな
る場合でも信ずることができるからである(1-2との非対称性に注意)。
2-2-2. 他者の体験の信憑に基づく主張は正しいわけではない。理由は、他者
の体験の真偽が、2-1-3により、明らかでないからである。
2-2-3. しかし、他者の体験の信憑に基づく主張の内にも、検証可能性に基づく
特殊な主張もある。将来自らも体験し、以って検証しうるという推測に基づく
この信憑は、検証可能性に基づく信憑であり、一般的な宗教的信仰とは区別
されねばならない。


246 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 00:19:03 ID:6ZGtQBua
3. 結論
絶対的体験が有るか無いか。体験ある人には有ると言える(2-1-2)。無い人には
有ることも(2-2-2)、無いことも(1-2)断定はできない。だが、有ることについて、
断定はできずとも主張することは可能である(2-2-1)。さらに検証可能性が開か
れている場合は、その可能性に賭ける理由がある(2-2-3)。

さらにまとめましょう。無いと断定することは誤りである。他方、有る可能性は
あるのだから、その可能性は尊重せねばならない。


247 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 01:56:36 ID:4oV2ZR9h
ねもい

248 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 04:29:27 ID:6ZGtQBua
ぼらさん、ご返答ありがとうございます。

■質問■(私がしたもの)
名号法がいたり届くのは、個人的な一回的経験ではないことの根拠は何ですか?

■返答■(byぼらさん)>>229
>名号法のまったくそのまんまが機に写った(仏智満入)最初の時をたのむ一念
>のときといい、 それは個人的宗教体験などとゆう、凡夫の思惑・願望・欲求
>に基づいた汚れは、一切さしはさむことはできない。

おっしゃることはよく分かりました。しかし、疑問があります。
絶対的な不退転の体験をした人がいたとして(現にいますので高森氏を念頭に
おいてください)、その人が「名号法のまったくそのまんまが機に写った最初の
経験をした」と主張したとします。そして現に主張していることに注意してくだ
さい。

そして、彼は、>>229「凡夫の思惑・願望・欲求に基づいた汚れは、一切さし
はさむことはできない」ような絶対的不退転の体験だと主張しているとしてく
ださい。これまたやはり現に主張していることに注意してください。よくよく
注意していただきたいのは、ここでいう体験は「三業にあらわれる」体験で
あって、彼とて、自力のまじわる「経験」では絶対にないと主張しているとい
う点です。重ねて注意させていただきます。彼は、「三業にあらわれる」体験
をしただけだというのです。ぼらさんが>>229「確かに」と認めた内容です。


249 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 04:30:18 ID:6ZGtQBua
そして、さらに絶対的な体験をしたものだから、>>229「そのすがたは無疑(ふ
たごころない)」と考えたとしてください(現にそう考えています)。そして、
絶対的な体験であるがゆえに、>>229「私が疑わないように力むのとはちゃう」
と考えたとしてください(現にそう考えています)。そして、絶対的な体験であ
るからこそ、>>229「成仏の因たる信心は一生涯、変化せず相続するとゆわれる
んは、たのむ一念が過去にあったことではなく、現に今、相続されとることを意
味する」のだと考えたとします(現にそう考えています)。以下同様にぼらさん
の言葉にのっとって、そのように考えることが「できる」という点が重要なとこ
ろです。

さて、結論を申します。明らかに、ぼらさんの説明は、絶対的超越的体験をす
ると主張する団体の説を排除できない「一解釈」となっております。つまり、
解釈の余地を残さない根拠の提出に失敗しているということです。

ぼらさんは反論されるでしょう。「体験」ということはありえない、と。しか
し、しつこいようですが、「体験」と呼ぶ呼ばないは、我々の「定義」次第の
ことであって、「自力がまじわらぬが三業に現れる」ことを「体験」と定義す
ることも十分に可能だということが重要です。しかも「体験」は仏教用語では
ないのですから、勝手に自流の意義を盛り込んで他を排除することは不可能です。

さて、もう一度おたずねします。より尖鋭な形で問題提起をします。

■質問■
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。

根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。


250 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 04:31:28 ID:6ZGtQBua
>>233の組織論、仰ることは実によく分かります。ぼらさんより、よく知っ
ています(笑)。しかし、これは教義を打ち破る議論ではありませんので、根
拠としては利用できません。釈迦も「伝家の宝刀」で「未体験者を裁いた」云々
の議論さえ可能になってしまいます。


251 :sage:2006/10/29(日) 05:25:57 ID:ad/4n5ZZ
法律家が法をもてあそぶように
宗教家が人心の法を、もてあそんでいる。

誰にあてて言っている訳ではないが、心当たりのある者もいるだろう。
映画のジムギャリソンは言った
「正義が死ねば、天罰が下るぞ!」
僕からも一つ言っておく。ききたまえ。

それが本当に正しいなら、それは事実でしかない。

そして、訊いておきたいことが一つ。
救済について真剣に考えているわけではない君たちは、
じゃあ一体何の為にそのような活動をしているのだ。

252 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 09:49:08 ID:ghQDTY5G
そっ・・それは・・・「sage」って書く場所を間違ってる人がいるから、
いっ・・一日も早くその間違いに、きっ・・気づいて欲しいと・・
そっ・・・そういう思いから・・・かっ・・活動しています。

253 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 09:59:26 ID:FjKcZ0MD
>251
>救済について真剣に考えているわけではない君たちは、
>じゃあ一体何の為にそのような活動をしているのだ。
人を見下し、論破し、優越感に浸るため。それとひまだからです。
それだけ

254 :秋鯔〜☆彡:2006/10/29(日) 10:41:21 ID:/Wi/zpi8
おっは♪移動中〜
>>250
う〜ん。三業にかかわらない体験ってことをゆいたいんかな?
仏教においては、我々が凡夫であるうちはありえん所談とゆわねばならん。
ただ、三業がまったくもってその働きを失った所においては、
かくゆうこともできる。それは前にもゆうたように
十信、十住、十行、十回向と修行の階位を積み上げていって、
仏果を得てのちの話。身・口・意の三業をほしいままに生きておりながら、
意業に関わらない経験など言語道断とゆわねばならん。
罪業深重の凡夫は何事につけても三業の所作に振り回され、
自他ともに害をなす故、罪業深重とゆうんよ。
あと、あなたは何故、神秘体験を求めるん?それを起こさしめる
自分の心を動かしめる原因は何か?とゆ〜とこを見てくべきやないか?
と、仏教徒のはしくれとしては思うなり。
(^-^)/~またねのねん♪

255 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 11:22:50 ID:gii+ZJBT
>>253


それは、おまえ。



256 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 11:55:15 ID:raHuMKHu
>>249
>、「自力がまじわらぬが三業に現れる」ことを「体験」と定義す
>ることも十分に可能だということが重要です。
>「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
>超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
>い根拠を提出してください。

横レスすみません。
真宗に於いては、虚仮不実の衆生の三業を通過した(三業に現れた時点で、「不
真実」。そして、真宗に於いては、「自力がまじわらぬ」=「他力」=「真実」
と定義される。そして、論理的に、「真実」=「不真実」はありえません。
故に、上記のような「体験」の定義は、「真宗に於いては」ありえません。

>根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

結局、ぼらさんが提案している通り、「仏教独自のルール」に則って、ぼら
さんと議論を進めていくということでいいのですね? そう(仏教独自のル
ールに則る)のでなければ、「親鸞の言葉」は、根拠として、無意味とまで
は言えませんが、少なくとも、ワン・オブ・ゼム(諸根拠)として相対化さ
れます。
結局、前々、前スレでの議論のルールを巡るやり取りは何だったのかww

257 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 14:57:13 ID:WNSE8oU8
>>249
>「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして
>>138
>私とて、仏因「になる」個人的経験は絶対にないと考えております。

横レス補足。
「自力がまじわらぬ」=「他力の」=「真実清浄の」体験(個人的経験)
があるのなら、その体験(個人的経験)は、「仏因になる」んじゃないの?

258 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 14:59:58 ID:ySJYyXeX
ttp://kunekune.breeze.jp/up/uploader/src/up6913.gif

259 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 15:38:50 ID:6ZGtQBua
>>256
>ぼらさんが提案している通り、「仏教独自のルール」に則って、ぼら
>さんと議論を進めていくということでいいのですね?

いいえ

>結局、前々、前スレでの議論のルールを巡るやり取りは何だったのかww

これからわかります。楽しみにしていてください。

それと、誠に申し訳ないですが、貴方は「定義論」について学習した上で
言及されているかどうか、疑わしいと思われる発言があります。定義するこ
ととはどういうことなのか、考察されていますか?
横レスに対してですので、次の問題に貴方が答えてから、議論に入りたいと思い
ます。

セキセイインコは死ぬ(大前提)
ソクラテスはセキセイインコである(小前提)
よってソクラテスは死ぬ(結論)

この三段論法の問題点を挙げてください。その際、定義と推論の関係を考察
してください。

また、私と継続的に議論を希望される場合は、コテハンをつけてください。

「前々スレ、前スレ」で私と議論をした方々は、皆逃亡されました。実は、もっと
以前に私と議論された方々も、すべて逃亡されています。私との議論を逃げずに
堂々返答いただいているのは、唯一ぼらさんだけです。



260 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 15:47:29 ID:6ZGtQBua
■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>254
>三業にかかわらない体験ってことをゆいたいんかな?
>仏教においては、我々が凡夫であるうちはありえん所談とゆわねばならん。

ぼらさん、返答ありがとうございます。その根拠を、「解釈の余地を容れない」
明確な「親鸞の言葉で」教えて下さい。

261 :ぼらさんに疑問:2006/10/29(日) 15:49:34 ID:6ZGtQBua
>>254
>あと、あなたは何故、神秘体験を求めるん?

これはどういう意味でしょうか?私は求めていませんし、そのような発言をした
記憶もないのですが。。。

262 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:06:38 ID:xtAEZZ5V
疑問さんの言いたいことって

「ない」ことは証明できないから、信心獲得という体験は「ない」とは言えないってことだよね。
信仰の立場から言ったらないって言いたいけど、証明しろといわれるとたしかに無理だよね。

だから「ある」もしくは「ある可能性がある」としなくてはならない。
よって、ぼらの「ない」前提に立って頭ごなしに否定するのは間違いである。

ということですか?

263 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:21:43 ID:XPtHcwyD
あのさー、三業に表れたのは体験だろうと思うけど、
三業にあらわれたのに自力がまじわらない体験ていうのはいつ話にのぼったの?
あまりに話が独断専行しすぎてよくわからないんだが



264 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:31:52 ID:XPtHcwyD
>>262
そういうことだね。
悪魔の証明ってやつを都合良く利用してるんだよ。
「ある」ってのは簡単に言えるが、「ない」ってのは簡単にはいえない。
だから、「ある」って根拠を提示できなければ、たいていは「ない」と
判断されるべきなんだよ。
でも、ぼらさんに疑問は、そこを認めたくないという理由から
「ない」と証明しろ!、でないと「ない」と言うなとわがまま通してるんだね。
まあ、かいつまめばそれだけのこと。
良識的に判断すればどっちがまともか分かるから、冷静に見守っておこう。


265 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:38:45 ID:xtAEZZ5V
今イロイロ考えてみたんだけど

三業がまじわらない信心は「ある」っていう前提でかんがえてみたんだけど
それは証明できないんだよね。残念だけど。

体験したってことも言えないし、知覚した時点で三業がまじってるからね。

でも凡夫には不可思議で知覚できない信心だからこそ
絶対他力ということが言えるのが浄土真宗の醍醐味だからねぇ。

まあ曖昧で突かれやすいとこではあるが・・・・

266 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:46:43 ID:CKLZn3GH
東京大学スレでも警戒されてる親鸞会哀れwww
なにが世界の名著だw
高森本だけだろwwwwwww

140 名前:学生さんは名前がない[] 投稿日:2006/10/29(日) 10:07:19 ID:YQ84JUg30
東大生で、最近、『宗教法人浄土真宗親鸞会』のサークル(名前は何だったかな?)に勧誘された人いる?

最近はどんな声のかけかたしているのか知らんが、連れていかれると、
「人生の目的を考えたことはあるか?」とか、「絶対の幸福」とか「死について」とかいった話になって、
仏教や親鸞聖人を絶賛するあつまりです。

以下のHPに詳しいことが書かれています。

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて
(親鸞会学友部の活動について)
http://shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/

親鸞会必殺育成法(勧誘マニュアル)
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf


152 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2006/10/29(日) 16:13:34 ID:610Mj7cb0
>>140
今年は「世界の名著に学ぶ会」だったっけかな。毎年名前変えるんだよね。
首からウィルコムぶら下げてる奴は親鸞会と見て間違いない。



267 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 18:25:18 ID:N97Oe9tA
みなさん

「とどろき」に出てくる2匹のネコのキャラクターの、名前が募集されています。
採用されたら記念品がもらえるそうです(どうぜ「なぜ生きる」だろうけど)

2ちゃんねるでも名前募りませんか?

私のアイディア

「ダミーちゃん」
「サショーちゃん」

268 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 18:36:23 ID:2hdKOfKj
>>267
私のアイディア

「フリンちゃん」
「セクハラちゃん」


269 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 18:46:25 ID:N97Oe9tA
>>268

「ハレンチちゃん」
「でたらめだぁ! ちゃん」

270 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:13:05 ID:1YweTOE0
ぼらさんと疑問さんの議論を読んでてふと思ったことだけ書いときます。

「体験がある」とか「『体験』と言ってもいい・よくない」とかの議論も大事でしょうが
それよりも、
「何をたのみとするか」が大事なとこなんではないでしょうか?
体験をたのみとするのか・ただ弥陀の誓願をたのみとするのか。

271 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:21:01 ID:UcKQaM3O
カルトアンチちゃん
マイコンアンチちゃん

272 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:21:38 ID:rovhqVcB
http://cclemon.ath.cx/nijiura/src/1161888646481.jpg

273 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:26:23 ID:spCsUdOI
(信心だと思って)よろこんでたら
信心じゃなくて大麻吸ってただけでな

274 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:41:22 ID:N97Oe9tA
報恩講の1万人って、全然達成出来てないらしいけど、
あと一週間、最後の追い込みなるか!

275 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 20:12:59 ID:rM34/w86
>274
知ったかはやめて下さい。
あなたの情報はいい加減なもので、実際のところ、現在12000の確約がとれております。
すでに予想以上の人数ですので、会場の確保のために嬉しい悲鳴が上がってます。


276 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 20:18:56 ID:N97Oe9tA
>>275
そうですか。参詣目標に全然達してないから、
何とか参詣してくれないかと副支部長から電話があったんですけど。

実際確約12000が本当だったとしても、
いつも通りなら一週間前くらいに総崩れになって2割くらい減りますけどね。

277 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 20:50:48 ID:hxfg/u/b
>>275
今年はかなりお誘いが強いですが、確約を取るように推進がなされている
のでしょうか?

>>276
詳しいですね。2割だとすると2400減といったところでしょうか?

278 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:01:41 ID:FjKcZ0MD
>275
いこうかどうか迷ってましたが、場所がないようなのでやめます。では

279 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:21:30 ID:mnEYEjmq
親鸞会員のいうことを素直に聞いてちゃばかを見るってことさえ覚えとけば
親鸞会にいても鴨られないよ
例えば
会員は、勧誘相手が迷ってたら、とりあえず他の子は参加するって言ってたよと言う。
そうやって両方とも誘いに乗ってくれば結果オーライ
片方だけしか誘いに乗らなくても、非勧誘者には何も知らせない。
訪ねられたら急に用事ができて行けなくなったと言えばいい。
両方とも誘いに乗らなければ、失敗したで終わる。罪の意識もなにもない。
ビジネスの世界ではこんなの当たり前だよ。こんなこといちいち気にしてたら生きていけないよって
かんじ。会員がやさしいのは会のノルマを達成したいため。
今まで誠実だったからって唯々諾々と会員の言うこと信じてたらばかをみることになる。


280 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:26:52 ID:mnEYEjmq
会員は善いことをしようとする心がけより、是が非でも人集めしようって意識のほうが強いから
親鸞会に対して、本当の意味でのいい人が多いんだと勘違いしてたら、組織のやり方や会員とのつきあいに
ついていけなくなる。親鸞会から知りたいことを引き出すための付き合い、駆け引きみたいなものと
割り切って親鸞会、親鸞会員と接した方がよい。

281 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:49:54 ID:WNSE8oU8
疑問って、通行人と同じで、話題そらし要員の希ガス。

282 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 23:28:18 ID:CNSxH3VC
>>275
>知ったかはやめて下さい。
>あなたの情報はいい加減なもので、実際のところ、現在12000の確約がとれております。
>すでに予想以上の人数ですので、会場の確保のために嬉しい悲鳴が上がってます。

あなた、そんな情報誰から聞いたの?
どうせ、自分で考えたんでしょ。ごくろうさん。

283 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 23:35:54 ID:WNSE8oU8
>>262 >>264

そもそも、「たのむ一念(真実信)は、凡夫の「体験」(三業)ではありえない。
言い換えると、=真実信である凡夫の体験(三業)は無い」というのは、真宗の
教義学の範疇で言えることで、>>244の「無の証明」なんかとは、全く無関係な話
なんだけどね。
ルール違い、カテゴリー違いの話をごたまぜにして、攪乱するのは、この手のあれ
の常套みたいね。

それに、>>260ほかで、「解釈の余地を容れない」 を連発してるけど、「テクスト
解釈の多様性」を前提としない議論は、こと文学とか宗教の分野では無意味。
それこそ、>>245の2-1-3同様、「他者に証明することは絶対的に不可能な」問題
なんだから。
教義論争(神学論争)が、第三者的に、「他の解釈の余地が無く 」決着がつく
ことはありえないし、現に歴史的にも例は無い。
例えば、中国日本仏教史における「三車/四車の争論」をみても、天台真言浄土
禅日蓮など、日本仏教の大勢が、「四車家」だが、だからと言って、「三車家」
の解釈の余地が無くなったわけではない。現存のサンスクリットテクストによ
れば、「三車家」の解読の方が「正確」だとされる。
しかし、現存のサンスクリットテクストが、現存の漢訳の原本であったという
証明はされてないし(実際、異説がある)、経典などの場合、テクストの権威
自体が、「信仰的前提」に立っているのだから、「仏教徒ではない」と言明す
る「ぼらさんに疑問」氏などを含めた第三者に対して、他の解釈の余地を容れ
ない」説明などもとより不可能な話。

284 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/29(日) 23:44:47 ID:5BEmeiqf
aa

285 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/29(日) 23:47:23 ID:5BEmeiqf
ここに書いてあること高森先生に尋ねてみたら
答えてくれるかもしれないよ?w

286 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 23:58:44 ID:5PB452Go
本願寺に対して座り込み抗議のときもビビって後方に隠れてたのに、答えてくれるはずないだろ?
大勢の手下に相手させておいて、弱ったところで堂々と出てきて捨てぜりふの後、勝利宣言ってところじゃないか?


287 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/29(日) 23:59:37 ID:5BEmeiqf
233 名前:秋鯔〜☆彡 投稿日:2006/10/28(土) 15:30:29 YzVR3gaV
>>229つづき
で、かくゆうことに照らしあわせた上でのs会の問題点は、
ひとつには、T森さんの個人的宗教体験をたのむ一念、信心決定とする弊害。
未体験者は、体験者(コンプリートした者)に対して何もゆえへん。
体験者は煩悩のほしいままに振る舞っても、浄土往生決定しとるんやから、
そ〜ゆ〜体験してはるんやから、ええねん、とゆえる。


>>ひとつには、T森さんの個人的宗教体験をたのむ一念、信心決定とする弊害。

ということは何?あなたは、高森さんと違う信心決定したの?


288 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:06:00 ID:h3zzWvae
>>285
ここの掲示板にあるどの質問でもいいのならお尋ねしたいですね


289 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:13:41 ID:4s8siY8x
>>282
そのセリフは>>274にも言っておやり

290 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/30(月) 00:39:59 ID:lL2XTGai
>>ひとつには、T森さんの個人的宗教体験をたのむ一念、信心決定とする弊害。

親鸞会ではT森さんをたのめとは一言も聞いたことがありません。
ましてや、T森さんの個人的宗教体験をたのめとも聞いたことがありません。

弥陀にたのめとはどういうことか?
そういう説明しかされてません。

だいたいT森にたのめば、信心決定できるなんて
誰も思っていません。
そんなぶっ飛んだ教義を教えてる人は古今東西聞いたことがありません。

291 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:43:55 ID:lR6nYpSH
でも、T森の体験した個人的宗教体験の影を追ってるね
だから、T森にどのようにすれば同じ体験ができるか服従して教えを請う
まるで奴隷のようにね!

292 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/30(月) 00:47:15 ID:lL2XTGai
>>未体験者は、体験者(コンプリートした者)に対して何もゆえへん。

あなたは、体験者(親鸞上人)に何か言いたいことでもあるのですか?

そんなことやめて、親鸞上人の言うこと(体験)はすべて如来の直説、
凡夫の道程だと思って間違いないでしょ。

ちなみに親鸞上人はみんなに関係ない極めて個人的なことなんか
書くとは思えないですがね。
そんなに暇人じゃないでしょ。親鸞も。
T森さんも同じだと思わないといけないよ。
T森さんを善知識と思うか、思わないかはあなたの自由かもしれません。

293 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:47:18 ID:/928FKjT
>>290
おたくらは
「T森会長は体験をしているから善知識」であり、
「それと同じ体験をしなければ救われない」って教義なんでないの?
で、そうするには財施と勧誘を命令通りに絶対服従してやらねばならん、と。

294 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 00:49:20 ID:/928FKjT
>>290
で、「弥陀にたのめ」ってどういうことなんですか?
「弥陀をたのみとする」ではないんだ?

295 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/30(月) 00:54:05 ID:lL2XTGai
>>293
仏法を正しくお伝えしてくださると思っているから善知識です。
「体験」という言葉はなんとなく危険だからあまり使いたくないけど、
親鸞上人は皆に関係ないことは教えません。

>>294
弥陀をたのむです。スマソ

296 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 01:01:54 ID:/928FKjT
>>295
「仏法を正しくお伝えしてくださると思っているから」
って、体験がある(とされている)からそう思ってるんでしょ?

297 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 01:26:17 ID:Kt7h0bqI
報恩講については待ってみよう。
できれば親鸞会に反対する人が参加して数えてみるのが
最高なのだろうけど、さすがにそんな人いないのかな。
それに目でざっと見て9000人と1万人と区別がつくだろうか。

だったら親鸞会の発表を鵜呑みにすればいいのだろうか。
でも大本営発表とか少し前の野球の試合とかと同じで
都合のいい数字しか言わないだろうね。
もし8000人しか来なかったら言葉をたがえたことになるし。

報恩講は今の親鸞会の勢いを測るいい機会だ。
親鸞会が真実を伝えることを期待しようぜ。

298 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/30(月) 01:44:27 ID:lL2XTGai
>>296
体験という言葉はなんとなく危険だから多用したくはないけども
おそらく「体験」されてるんじゃないですか?w
信じる信じないは自由ですがね。
あと、体験してるだけでは妙好人だと思います。

あと、同じ信心でなければ同じ浄土に往けないとえらい人が言ってたよ。

299 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 02:52:23 ID:tCb2rQMg
>>298
>あと、同じ信心でなければ同じ浄土に往けないとえらい人が言ってたよ。

親鸞会ではどうやって見分けるんですか?
通行人さんは会長にワシと同じっていわれたんですか?
いわれてないんですか?どっちなんですか?

300 :sage:2006/10/30(月) 03:03:12 ID:iB2hKf+B
あはははは、知識に善、便利だねぇ!!

知識は、実感無き知識は、誰も知らない「知識だ」!!
アハハハハハハハ!


人をあまり馬鹿にするんじゃないよ。
親鸞関係ない、君たちは、皆を馬鹿にしすぎだ。
それにしても、
実感無き「知識」は、便利だ
学校教育の中のあの忌まわしき受験勉強に似たり!

それと、
怖くないから
入っても良いんだよって
言ってる奴
おいおいおいおいちょっと待て!
なぜに「所属させようと」するんだい???
何故に????
ああ!確かに、小便するにはトイレに行った方がいいな!!
くたばっちまいな、連れション団体!!!

会話なら、歩きながらだってどこでだって、
君を見失わない限りできるんだぜ。
それよりも君がこっちのことを見失ってちゃ話が出来ない。
僕の本当の悩みを訊いたか?
言葉の綾になりそうな持論で説き伏せようとしなかったか?
新たな知識で煙に巻こうとしなかったか?
君は以前は友人だったが、今は連れション野郎だ、かなしいよ。
萎えた。急に。
ああ、親鸞会にはいっていった友のことを思い出す。僕の喪失がわかるかい?

301 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 09:14:10 ID:1/HYAFnz
一念は覚知できないもの。出来ないのに何故決定したと言えるのか。
そのあたりに親鸞の教えがあるのでは?

302 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/30(月) 12:05:46 ID:zf8MGpUg
>>285
>ここに書いてあること高森先生に尋ねてみたら答えてくれるかもしれないよ?w
  尋ねるのは勝手だが、慢性的虚言病が治ってからにした方がいいだろう。

>>287
>ということは何?あなたは、高森さんと違う信心決定したの?

 ということは何?通行人は、高森さんと同じ信心決定したの?。
 通行人は、龍谷大学出身で、本願寺派の坊主、親鸞会の会員ではないんだよな。
あれとは別人か?。慢性的虚言病は高森さんからの伝染か(w)。

>>288
>ここの掲示板にあるどの質問でもいいのならお尋ねしたいですね
     まあ、慢性的虚言病が治ってからにした方がいいだろう。

>>290
>そんなぶっ飛んだ教義を教えてる人は古今東西聞いたことがありません。
    慢性的虚言病の譫言は、何を言っても信用がない(w)。

>>292
>そんなに暇人じゃないでしょ。親鸞も。T森さんも同じだと思わないといけないよ。

親鸞は、願成就文に称名念仏が出ているという信心正因の考え。
高森さんは、信心正因が根本から転覆した教え(白道燃ゆ)。
  親鸞さんと嘘つき高森とは同じだというのは、嘘つき親鸞会の転覆教義だよ。

303 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/30(月) 12:07:02 ID:zf8MGpUg
>>295
>親鸞上人は皆に関係ないことは教えません。
   親鸞会は転覆教義を教えます。

>弥陀をたのむです。スマソ

 「弥陀にたのむ」と「弥陀をたのむ」とは違うんだというのは、以前、僕が2茶で指摘したこと
なんだけど、その違いは分かって言ってるのか、分からんでいっているのか。
 「弥陀をたのむ」といいながら、腹の中では「弥陀に」たのんでいるのは見え透いている(w)

>>298
>あと、同じ信心でなければ同じ浄土に往けないとえらい人が言ってたよ。

 親鸞さんは、信心正因で称名念仏のある願成就一念
 高森さんは、願成就しても称名念仏がない転覆信心

 嘘つきには、親鸞さんと同じ浄土に往けないでしょう。

304 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 12:50:44 ID:1/HYAFnz
>>303

>嘘つきには、親鸞さんと同じ浄土に往けないでしょう。

う〜ん。あなたも往けないことは確定済みですが・・・。

305 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/30(月) 13:13:50 ID:zf8MGpUg
>>304
>う〜ん。あなたも往けないことは確定済みですが・・・。

 親鸞さんの念仏は南無阿弥陀仏。僕の念仏も南無阿弥陀仏。同一念仏無別道故。僕らが「違う。違
う」、と言っても、親鸞さんは「同じだ」と言ってくださる。
 

 称名念仏のない転覆信の一念には、到底理解できない心境でしょう。まあ、僕にとっては、それが、
親鸞さんと同じ浄土か違う世界か、同じでも、違っても、どっちでもいいんですよ。些末なことだ。僕
は、親鸞さんの言葉を信じれば済む。

306 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 13:26:07 ID:AsKaOg/M
↑善知識だのみの邪義

307 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/30(月) 13:48:58 ID:zf8MGpUg
>>306
>↑善知識だのみの邪義

 仏法衆徳海は三世同じく一体なり
僕らがいくら「違う違う」と言っても、親鸞さんが「同じだ」と言っているんだから
しょうがないだろう。同じだというのは、親鸞さんの信念であり、僕の信念ではない。
文句があれば、親鸞に言え。
 まあ、信心が転覆している人に理解できる話ではない。

 あんたら、馬鹿は死ななきゃ治らない。死んでも治らん馬鹿もおる。
 馬鹿に付ける薬は持ち合わせがない。高森虚言病には、薬がない。

308 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/30(月) 13:51:07 ID:zf8MGpUg
 夕方以降は多忙。レスを付けても返事はないよ。

309 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 14:13:18 ID:7hvrecdy
言うだけ言ってトンズラかよ

310 :sage:2006/10/30(月) 16:32:41 ID:iB2hKf+B
馬鹿だな、僕等は皆考える時間が必要だ。
トンズラかどうかは、半年後の判断で良いだろ。

311 :sage:2006/10/30(月) 16:49:53 ID:iB2hKf+B
ただ、モノを信ずるにも理由はいる。
理由無き信念がいかなものか、想像してかんがえよ。
人を信じるにも理由はいる。
僕等は欲している、理由を。

なぜ親鸞を信ずるのか、理由を教えてくれ。
あなたの信仰の本性を教えてくれ。
信仰とは、物質主義と仮想世界との闘いではないはずだ!

312 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 16:58:26 ID:7hvrecdy
>>310-311
お前はもうちょっと考えてから書き込め
さっぱり意味がわからん

313 :秋鯔はここですか?:2006/10/30(月) 20:12:18 ID:p7frTFpE
迷子の秋鯔はここにいますか?

>一念が「信楽開発の時剋の極促」というのは祖師聖人が初めて
明らかにされたことであるが、それは経典の解釈上のことであって
信楽開発の時剋が極促かどうかは、仏仏相念の世界のことであって
当然自分では極促かゆっくり開発したのかはわからない、
ということでよろしいか?
そう難しいことを聞いているのではないのだが。
質問の要点は
祖師聖人が解釈されたのは御自分がわかって解釈されたのか
わけもわからず解釈されたのかという点のみ。

この質問に迷子の秋鯔はとんでもないことを言い出しました。



314 :秋鯔はここですか?:2006/10/30(月) 20:22:17 ID:p7frTFpE
返答に困った秋鯔はとんでもないことを口走ってしまったのです。

582 :秋鯔〜☆彡:2006/10/12(木) 13:03:59 ID:akerMRW/
乙〜♪忙しくてスマソ。もうすぐ、おんこうさん故、あんましレスでけへんかと。
>>532
あなたの質問は、「親鸞聖人がわけわかんないで」なんてゆ〜とる時点で、
おかしいと思わん?多分、T森さんに代表される「なんかしらの
宗教体験をせなわからん」っつ〜前提において、信一念を釈するから、
必然的にそ〜ゆ〜問いになるんちゃう?そ〜いった前提自体を設けずに、
お聖教読んでみたらどうやろか?

ちゃんと忠告したのに。
「問、極促の一念、行者覚知の有無云何」
願海院はこういう問を起こして問答を作っているんですよ。
自派の先哲にむかって「なんかしらの 宗教体験をせなわからん」っつ〜前提において、信一念を釈するから、
必然的にそ〜ゆ〜問いになるんちゃう?そ〜いった前提自体を設けずに、
お聖教読んでみたらどうやろか? 」って言ってるのと同じでしょ。
「元総長はフツーじゃない」発言に続いての暴言はおさまるところを
知りません。



315 :秋鯔〜☆彡:2006/10/30(月) 21:12:41 ID:fi1zqoUe
乙カレ〜♪
>>260
『二巻鈔・下』(散善義・引文)
「貪瞋・邪偽・奸詐百端にして悪性侵めがたし。事、蛇蠍に同じ。
三業を起こすといへども、名づけて雑毒の善となす、
また虚仮の行と名づく、真実の業と名づけざるなり。
もしかくのごとき安心・起行をなすは、たとひ身心を苦励して、
日夜十二時、急にもとめ、急になすこと、頭燃をはらうがごとくするは、
すべて雑毒の善と名づく。この雑毒の行を回して、彼の仏の
浄土に求生せんと欲ふは、これかならず不可なり。
なにをもってのゆゑに、まさしく、かの阿弥陀仏、因中に
菩薩の行を行じたまひし時、乃至一念一刹那も、三業の所修、
みなこれ、真実心のなかになしたまひしによりてなり。」
同じく『二巻鈔・下』御自釈。
「雑行の言は人・天・菩薩等の解行雑するがゆゑに雑といふなり。
もとよりこのかた浄土の業因にあらず、これを発願の行と名づく、
また回心の行と名づく、ゆゑに浄土の雑行と名づく」
経験・体験とゆう言葉は、その言葉の意味上、最終的には何に帰するのか?
いかに定義し、いかに意味を添加しようとも、
「わたくし」は体験した、に帰するのならば、人の解行とせねばならん。
これは『二巻鈔』でゆえば、浄土の業因にはならないってことになる。
〜つづく〜


316 :秋鯔〜☆彡:2006/10/30(月) 22:40:35 ID:fi1zqoUe
え〜っと、レス番なんやったっけ?前スレの質問に関して。
>一念が「信楽開発の時剋の極促」というのは祖師聖人が初めて
>明らかにされたことであるが、それは経典の解釈上のことであって
ここまでよし。
>信楽開発の時剋が極促かどうかは、
この質問者は「極促」とゆう言葉をどう解釈しとるんか、まず不明。
>仏仏相念の世界のことであって、当然自分では極促か
>ゆっくり開発したのかはわからない、ということでよろしいか?
まずもって、「極促かゆっくりかわからない」とゆう概念自体が
何を出拠として出てくるのか不明。よろしいか?とゆわれても、
あなたの解釈されとる前提自体が漏れの解釈とはちゃうんやから、
あなたの解釈を押し売りされた上で、答えろとゆわれても、
質問が変でつ、としかい〜ようがない罠。
そして、質問はさらに質問者の意図が付加された形となって結ばれる。
>質問の要点は、祖師聖人が解釈されたのは御自分がわかって
>解釈されたのか、わけもわからず解釈されたのかという点のみ。
わけがわかんないのは、あんたやんwと、つっこみの一つも
いれたくなる罠。結局、質問者の一方的な解釈(もしくは感情)を
前提とした質問とゆわななるまい。
〜つづく鴨〜

317 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 22:51:00 ID:AggB+qUw
まあさすがに、ぼらも思考停止するしかないよね。
仏縁なきは哀れだ。

318 :秋鯔〜☆彡:2006/10/30(月) 22:56:28 ID:fi1zqoUe
>>316は、>>313へのレスね。
親鸞聖人が、信一念釈によって明らかにされたのは
本願力回向の信心が、開き起こる最初の時の極まりを一念というと。
極促とは、延促対でゆえば、信楽開発のはじめに往生が正しく定まる。
即ち、信益同時とゆえるんやと。
また、奢促対でゆえば、信益同時とゆうても、聞信が前であって、
正定聚の益を受くるのは後と、同時即ながらも前後次第が
存ずることをあらわさんがために、トシ・オソシと、
はやさを意味する促を充てたと、こう解釈できるのでは?
ちなみに漏れが『論題』を勉強しはじめの頃は、「信一念義」においては、
「奢促対」義は退けられとった覚えがある。5、6年前の安居判決で、
「奢促対」の意もあるとされた希ガス。あと、先日ググってみたら、
専●舎安居の判決文が出てきた。え〜仕事されるなぁ〜。
これも是非ご参照あれ。
(^-^)/~ホナねん☆彡

319 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:15:06 ID:QakMHHDL
最近はニュースで自殺が取り上げられてますが
親鸞会にはもってこいのニュースですねw

「最近は中学生とかが自殺してるけど、そういう子をどうやって止める?
 親が悲しむからやめろっていう?じゃぁ、親がいない人は自殺してもいいの?
 そんなことよりも人生には目的があるんだって言うことを教えてあげたほうがいいと思うんだ。」

とか言ってるんだろw

320 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:18:37 ID:tO5hDWYr
いってそうwww

321 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:31:04 ID:mE6E6jh2
中学生の自殺さえ下卑た書き込みのネタにするのか貴様らは。

本物の屑だな。

322 :秋鯔〜☆彡:2006/10/30(月) 23:32:08 ID:fi1zqoUe
>>317
質問者の質問が的外れやと指摘しとるだけなんやけどなぁ。
質問する立場上、一般的な言葉ではないものを扱う場合は特に、
その語義を自分はこう解釈し、その上で質問しまつ、
なら、話はわかる。質問者の頭ん中にある解釈上で、話されても、
解答者には通じんがな。赤ん坊は泣くとゆう方法で、
頭ん中にある要求を表現し伝えようとする。言語表現を学んだお互いが、
対話という方法をもって、問い尋ねるつもりならば、まず前提として、
自分が解しているところを言葉として明らかにしてから、
質問すべきやない?
せやないと、相手に伝わらへんがな、とゆ〜至極当たり前の話。
そ〜ゆ〜とこ、欠如しとる人は、感覚的な部分で判断することが
得てして多いんと違うかな?イメージも芸術方面では大切やろう。
しかし、教学はイメージやないからね。ま、学問全般にゆえるんやろうけど。
(-_-)zzホナ寝ん☆彡

323 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:34:23 ID:deK64O9V
>>321
痛ましい事件を扇動に使う組織こそ屑でしょうよ


324 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 23:41:45 ID:mE6E6jh2
>>323
答えろ、屑。

@お前は>>319-320のように、中学生の自殺をwwなどと笑いの種にする者を見て
 何も思わないんだな?

A扇動に使うとはどういう意味だ? 何が根拠だ?

325 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:06:04 ID:/3hX3jqe
>>324
別に自殺を笑ったわけではないよ。
説法に自殺の話題を入れて、真実知らされた私たちは幸せだねと
いつものごとく自己満足にふけてそうな親鸞会講師たちの幸せそうな生活を
笑ったんだよ。
それにしても、通り魔に殺された子を説法に使ったりと親鸞会は少し
慎ましさを覚えた方がよくない?


326 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:12:59 ID:zFb4tEQm
>>325
おいおい、2chでwwを使えば笑ってる意味になるんだぞ

ところで通り魔に殺された子を使った説法ってどんなの?


327 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:13:43 ID:ISRxKykH
>>325
いずれにしても自殺の話題で笑っているわけだな。
晒し上げといてやるよ、屑ども。

で、お前誰だ。>>319か?>>320か?>>323か?

328 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:16:10 ID:zFb4tEQm
>>325
仏法を聞いてそんな受け取り方しかできないのでは情けないな

自殺の話から「真実知らされた私たちは幸せだね」という
話の展開はされてないと思うけど

329 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:19:01 ID:/3hX3jqe
>>326
親鸞会講師を笑ってるんだからべつにいいだろ
通り魔の話はビデオ法話にある


330 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:27:13 ID:/3hX3jqe
>>328
死人をネタにメシ食ってるのは親鸞会の方かと…。
世の中の暗い話題はたかるハゲワシみたいなもんで
はたからみていて醜く見えるんよ。
自殺のニュースがあったから、またそれを使って
勧誘説法か?って笑っただけだろ?別に自殺を笑ったわけではない。



331 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:38:11 ID:Mm3XgazC
なんでこんな新興宗教にはまるのか理解できないな。
キレイごとを言ってもビジネスだろ?

332 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:38:55 ID:zFb4tEQm
>>329-330
何が言いたいのか全然わからん
自殺が増えても放っておけということ?
説法で自殺の話題を出すのは悪いこと?

333 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:42:13 ID:MhPMXJm0
自殺を話題にするのは悪いことではないと思う。
実際解決しなければならないことだし、
解決するまで風化は防がなければならない。

個人的には、若年で自殺する人は想像力がたくましすぎたか
想像力が足りなかったんだと思う。
昔本気で自殺を考えたことがあって、でも今その理由を考えると
いくらでも時が解決してくれることだったから。

人生の目的を達成していないから自殺しちゃいけないんだよね。
人生の目的を達成したら自殺していいの?
自殺志願の人は自分の余生を絶望で塗りつぶしていて、
死後の世界に憧れている。
そんな人が「救われるに間違いない」と確信すれば
即刻自殺しそうなものなのだが、どうなのか。

うん。今月の初めくらいに似たようなことを書いた覚えはある。
でも世間の注目を集める今もう一度聞いてみたい。

334 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:42:27 ID:Mm3XgazC
>>332
自殺を商売道具にしてるからだよ

335 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:44:43 ID:Mm3XgazC
>>332、333
じゃあお金が原因で自殺した人に
人生の目的を諭したところでお宅の会の活動なんて
お金がかかって出来ないだろ?
それともボランティアでやってるのか?

336 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:52:44 ID:MhPMXJm0
>>335
そもそも聴聞に行こうとか話を聞こうとかいう気力と時間がないだろうね。

やる気があっても今度は親鸞会が無銭聴聞のできない雰囲気だろう。
配慮はあっても、好ましくない空気が流れるだろうな。
だろうばっかですまん。

337 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:52:57 ID:Mm3XgazC
もう寝るけどへタレのシンパは>>335に誰か答えろよ

338 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:53:02 ID:zFb4tEQm
>>334-335
なんかお金のことしか考えられない人って浅ましい・・・

339 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:55:09 ID:zFb4tEQm
>>337
へタレのシンパじゃないから答えません

340 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 00:57:18 ID:GfqQpEal
>>338
 何だかんだ理屈を付けておカネを巻き上げる椰子の敵ではないから
気にするな

341 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 01:10:10 ID:tE2kbsGa
お金がかかるのは事実ですよ。
ある意味稼いでから聞きなさいという教えであるとも思う。

342 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 03:08:40 ID:/CnPNtOU
>>338
マルチする人って浅ましい・・・・・・・・・・・

343 :ぼらさんに疑問:2006/10/31(火) 04:49:45 ID:S4rypMes
■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答1■(byぼらさん)
>『二巻鈔・下』(散善義・引文)
>「貪瞋・邪偽・奸詐百端にして悪性侵めがたし。事、蛇蠍に同じ。
>三業を起こすといへども、名づけて雑毒の善となす、
>また虚仮の行と名づく、真実の業と名づけざるなり。
>もしかくのごとき安心・起行をなすは、たとひ身心を苦励して、
>日夜十二時、急にもとめ、急になすこと、頭燃をはらうがごとくするは、
>すべて雑毒の善と名づく。この雑毒の行を回して、彼の仏の
>浄土に求生せんと欲ふは、これかならず不可なり。
>なにをもってのゆゑに、まさしく、かの阿弥陀仏、因中に
>菩薩の行を行じたまひし時、乃至一念一刹那も、三業の所修、
>みなこれ、真実心のなかになしたまひしによりてなり。」

ぼらさん、返答ありがとうございます。検討させていただきます。
上引用は、凡夫の三業は悉く煩悩で穢れており、これが仏因「となる」ことはでき
ない、という根拠ですね。これは私は了承済みです。私の求めたのは、「絶対
的超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではない」根拠でした。上はその根拠
になっておりません。

344 :ぼらさんに疑問:2006/10/31(火) 04:50:43 ID:S4rypMes
■返答2■(byぼらさん)
>『二巻鈔・下』御自釈。
>「雑行の言は人・天・菩薩等の解行雑するがゆゑに雑といふなり。
>もとよりこのかた浄土の業因にあらず、これを発願の行と名づく、
>また回心の行と名づく、ゆゑに浄土の雑行と名づく」

同じく、「絶対的超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではない」根拠には
なっておりません。

まことにお手数ですが、別の根拠を挙げていただけませんでしょうか?私の
質問が悪かったのでしたらお赦し下さい。質問の比重は「絶対的超越的」の部分に
あります。

345 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 07:43:33 ID:Mm3XgazC
>>341
>お金がかかるのは事実ですよ。
>ある意味稼いでから聞きなさいという教えであるとも思う。
人生の目的と嘯いても貧乏人用なしって事ね。

346 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 08:08:31 ID:gg8X9I+/
ぼらさんに疑問さんって毎日4時起床なの?

347 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:04:45 ID:GFiHYc8s
親鸞会にいたとき 自分は自殺したくなりました。



348 :sage:2006/10/31(火) 19:07:13 ID:6xK11w4Q
>>312
「言うだけ言ってトンズラかよ」これだけが君の言ったことなら
>>310にだけ答えろよ。
>>311は(言わんでも分かることだろうが)渡海とかいうひとやその他
親鸞会のひと、内容的には宗教を信仰している人全てに当てていっているんだが。
‥‥?まさか、揉み消したい何かでも入っていた?
文章が下手すぎで通じないって、どれくらい下手だったら通じなくなるか分からんね。
まあ下手を責めたい人はもともと聞く耳がなかったりするしね。

ここに、根源的な観念の覆しがあるが、気付く人はいるだろうか。
僕が親鸞会で聴いた「自殺」についても「目的」についても
自然に考えるところの観念を覆すところから始まっていた。
しかしそれは事実とも思えない、論理の塊でしかなくて、
このひとは本当に人の苦しみや虚無感を知っているのだろうかと
疑念がわいたよ。
もしこれと同じようなことを思っていたなら>>319
の様な揶揄も生まれよう。
彼等は人の悩みをむやみに広げ、広げた形に近い姿の賛同者になりすまし、
人を誘い込むのだ、と。

自殺者について。
一括りにするのは、おかしい。
たとえば、登山者はみな高原の空気をすいにいくのか。
いや注視すべきは、登山するつもりのない登山者もいることだ。
頂上に家を構える者は帰宅のために、登山する。
だから大事なのは、登山でくくらないことだ。
何物でもくくれない。帰宅するつもりのない帰宅者。
これは、他人事だからだ。
新聞で知ったくらいの赤の他人が、眠って起きない彼を、彼という人を指して
軽々しく自殺者云々言えない。

349 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:20:29 ID:GFiHYc8s
親鸞会の人間は有名大卒が多いみたいだからね そいゆういじめとか自殺する人間の
気持ちなんてわからないと想う。だから軽々しくいってほしくはないですね。


350 :迷子の秋鯔はここですか?:2006/10/31(火) 20:10:51 ID:Gi2J5x5/
>>316
「極促とは、極促とは、延促対でゆえば、...............
はやさを意味する促を充てたと、こう解釈できるのでは? 」

ごめんねー。本願寺派の無信心の教学につきあうつもりは全く無いの。
ひどいもんだよ。「三願転入は解釈しがたい」とノタモウ重鎮方。
そんなもんありがたく拝聴してるんだからボラみたいのがのさばるわけ。
私もつまらないこと勉強してた時期があったから多少は知っているが
全く時間の無駄だったと思うこの頃。
祖師聖人に帰ろう。

祖師聖人が「一念は信楽開発の時剋の極促」と言われた一念の覚不覚を
聞いています。わかりやすく書きましょうか?
>一念が「信楽開発の時剋の極促」というのは祖師聖人が初めて
明らかにされたことであるが、それは経典の解釈上のことであって
信楽開発の時剋が極促かどうかは、仏仏相念の世界のことであって
当然自分では極促かどうかはわからない、
ということでよろしいか?
そう難しいことを聞いているのではないのだが。
質問の要点は
祖師聖人が「一念は信楽開発の時剋の極促」と解釈されたのは
御自分が「時剋の極促の一念」を
覚って解釈されたのか 、覚らず解釈されたのかという点のみ。

「極促」は祖師が言われた「極促」。
あなた方がなにを言っているかは関係ない。



351 :迷子の秋鯔はここですか?:2006/10/31(火) 20:22:16 ID:Gi2J5x5/
また云わく、「心歓喜得忍」と言うは、これは阿弥陀仏国の清浄の光
明、たちまちに眼前に現ぜん。何ぞ踊躍に勝えん。この喜びに因るがゆえに、す
なわち無生の忍を得。また「喜忍」と名づく、また「悟忍」と名づく、また「信
忍」と名づく。これすなわち玄に談ずるに、未だ得処を標さず、夫人をして等し
く心にこの益をネガわしめんと欲う。勇猛専精にして心に見んと想う時に、方に忍
を悟るべし。これ多くこれ十信の中の忍なり、解行已上の忍にはあらざるを明か
すなり、と。(信巻)


結局、『摘解』『敬信記』でこの御文はどういう解釈だったの?
いっつも放ったらかしやね、あんたは。
木像本尊の「一家衆」の根拠とかはどうなった?
「白ひつ」はどうなった?
元総長の論文さがして読んだんか?
「専修寺文書」もいろいろ言いたかったんじゃないの?
何が言いたかったのか全然わからんよ(笑)






352 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:54:38 ID:WYkW13GN
>>349
いじめや自殺に、学歴が関係するのかよ!?
お前こそ、何にも分かってないんだよ。
いじめや自殺に学歴持って来るお前こそ、気持ちが全然分からない奴なんだよ!
偉そうに軽々しく口にすんな。


353 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:19:46 ID:Mm3XgazC
>>352
どちらにせよ自殺をネタに布教
なんてもってのほか。

354 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:32:30 ID:CqsgS6HY
皆さん教学に精通された学者様のような方ばかりで、私は理解もなかなかできない
出来そこないです。こんな頭の悪い私でも救って頂けるでしょうか?それとも
皆さんみたいに一生懸命勉強しないとダメでしょうか・・・。

355 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:38:45 ID:uTF9DK76
>>352
横レス。
いじめが学歴と関係するとは言ってないだろう。
大学などにいると概して、頭でっかちになって行動が伴わなくなるから
いじめにしても、いつものごとく知識だけで論じられているのではないだろうかね?
って意見だろう?
事実、現場の声を取り上げて対策をこうじることが大事なのに
親鸞会は人生の目的が分かっていないからという理由に結びつけるためだけにいじめを取り上げるだろ?
いじめというものを好き勝手に想像して、学校に原因がある、家族の絆に問題があると論じるだけで
頭の中でもてあそんでいるだけの学者と何もかわらんじゃないか。
こう言うと、親鸞会は答えはこれ一つだと用意しているというかもしれないが、
それは他の学者が事実を根拠に答えを導くのに対して、親鸞会は信念を根拠に答え
を導きましたってだけで、どちらも頭で考えただけの解決になんの影響も与えない
空虚な議論にかわりない。
そういった、頭でっかちの議論で、いじめを論じるのは慎めって話じゃないのか?


356 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:57:31 ID:u0d82VZv
>>354
八文までしか数えることができなかった庄松同行も救われています

357 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:29:01 ID:WYkW13GN
>>355
そうでなくて、自殺やいじめられる人間の気持ちが分かる分からないと、学歴を結びつけようとしている姿勢を問題にしているんだよ。
そういうのって、有名大学とそうでない大学と、違いがあるのか?
そうじゃないだろ?
親鸞会がどうのこうのではなく、もっと人間の基本の問題を言いたかった。



358 :秋鯔〜☆彡:2006/10/31(火) 22:32:06 ID:lHGY0S+N
乙〜☆彡
>>350
ホンマに、H願寺の教学を勉強したん?三願転入についても、
様々な解釈があるんやけど。十把一からげにする前にもう少し、
深く勉強すべきやと思うんやけど。あと『論題』を勉強したんなら、
おわかりかと思うんやけど、まず<出処>
たとえば「極促」とゆ〜言葉なら、
何処に何箇所、どうゆった流れで出てくるのか。
次、<釈名>
「極」とは、親鸞聖人がどのような意味でもちいたのか、
「促」とは、と、親鸞聖人ご自身による左訓や、他の出典での
用法を探り、語義を明らかにする作業。
次、<義相>
そこで親鸞聖人がゆわれとる意義は何か?明らかにした語義をもって
今度は、意味を明らかにしてゆく作業。
で、まとめと。こ〜ゆった当たり前の手順を踏まずに、自己の感覚を元に
「極促」ってのはこ〜ゆった意味なんだ、とわかったつもりになり、
もしくは、教え込み、わからん椰子は、信心が無いんや、
な〜んてことを言いだすから、自分の感覚を主とした親鸞聖人の言葉を
断章取義的にもちいるとゆ〜、極めて主観的な教学になってまうんよ。
ま、そんなもんは教学たりえない罠。s会の教学ってのは、
矢張りT森さんの観念・感覚そ〜いったもんを勉強する教学であって、
浄土真宗の教学とはゆえないとゆわなならん罠。
>>344
う〜ん、絶対的超越的体験ってのは一体何なんやろか?
いかなる体験をしよ〜が、それは凡夫の三業が雑じったもの。
名号法が私を場として活動し、それが私どもの三業に影響を
与えたとしても、私どもの感覚とか観念等、すなわち三業として
発動するに到ってはすでに、それは純粋な信心とはゆえない。
〜つづく〜

359 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:15:51 ID:ISRxKykH
「体験」についての本願寺の主張まとめ 訂正があったらよろしく

<大前提>
1.「体験」の定義
  「体験」=「人間の三業において現れるものごと」

2.自力とは
  自力=人間の三業
  人間の三業によって後生助かろうとする心=自力の心

3.信心とは
  他力の信心とは、私の上に名号が働いてくださること。
  =名号が機に写ること。
  なお、名号が機に写る最初の時が信の一念である。

4.他力とは
  他力とは弥陀の仏力。⇔自力

<小前提>
一切の「体験」は、三業として現れたものであるから、
自力が雑じっている。 

<結論>
「体験」として現れるものは他力の信心ではない。

360 :秋鯔〜☆彡:2006/10/31(火) 23:23:34 ID:lHGY0S+N
>>354横レス須磨組♪
んなことは、ないよん。
阿弥陀様の長い間のご思惟は、誰のため?
長い長いご修行されたんは誰のため?
ひとえに、煩悩に身をまかせて、苦悩の原因を取りのぞくすべさえ
知らん、私のためやったと聞くならば、我がはからい交えることは
用ないことやと。如来のお誓いをたのみとして生き、
お互い、死ななならん身やけども、この如来の心ひとつたのみとして、
死んできましょうと。ま、何故、教学的営みをするんかとゆえば、
@凡夫が如来の誓願をはからって、こ〜ならな救われへんとか、
逆に、もう救われとるからええんや、とか凡夫の心でもって、
如来の誓願に枠を設ける輩がおる故、それはちゃうんちゃう?
とちゃんとゆ〜とかなならんため。
A教学によって、ますます味わい深い法と聞かせていただくのは
楽しいことやから。
B名聞利養の心が動くから。恥ずかしいことやけど、よくよく
我が心を覗いてみれば、全く無いとは言い切れない。南無阿弥陀仏。
今日はここまで。明日はもちっと、疑問さんの問いについて
考察する時間が取れる鴨。(^-^)/~ホナねん☆彡

361 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:26:23 ID:ISRxKykH
疑問さんの疑問まとめ 訂正あればよろ

<大前提>
1.「体験」の定義
  「体験」=「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象

<疑問>
 浄土真宗の教義上、「体験」がないと言えるのはなぜか、
 聖人のお言葉で示して欲しい。
 
 (換言すれば)
 浄土真宗において、三業から離れた「体験」がないと言えるのはなぜか。

<意見>
 「体験」がないと言える根拠はない。

362 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:28:49 ID:ISRxKykH
私の疑問

<本願寺に対して>
 機に写るとは具体的にどういうこと?

<疑問さんに対して>
 自力がまじわらぬが三業に現れた現象とは具体的にどういうこと?

363 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 23:50:34 ID:mWTcVmjb
K玉さん「クソッ春頃に自殺問題とりあげてくれればもっと勧誘のネタにできたのに!!」

364 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 00:01:27 ID:NQFo0BcA
>>354

んなこと2chなんかで質問してるようなお前には無理だ。

365 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 00:24:55 ID:8PilBwCH
唯除2ちゃんで質問する人

366 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 00:53:42 ID:oMAqd1Hp
ようかん夫妻は仲良しだ♪

いつも二人で水ようかん♪ (水入らず言うことやね)

ようかんのダンナ!

ようかんのヨメ!

夜は栗ようかん♪


367 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 11:01:49 ID:b3W0x/vl
>>362
>自力がまじわらぬが三業に現れた現象

この私とは三業なのか、三業+αなのか、私って何?

教学ではどう規定しているの?

368 :一向専念無量寿仏:2006/11/01(水) 17:11:55 ID:97JxZkcF
せっかく親鸞会にてありがたい尊い不思議な仏縁を結ばれながら、
一時的に御縁の遠のかれておられる方々のお姿、ご発言を見るたびに
私は、何とか何とか阿弥陀仏のご恩徳をわかっていただきたい、
そして再び聴聞していただきたいという思いで一杯になります。
ともに聴聞させていただいた法友が聴聞の場におられないのは、
本当に悲しくさみしいことだあな、といつも心を痛めております。

ところで皆様は、毎日、一体何を求めて生きておられるでしょうか?
じつは私も一時、聴聞から離れていたことがございました。世間事におわれ、
五欲を追い求めている状態が続きました。
しかし、身近な人の死が縁となって再び聴聞させていただいております。
私たちの命は、本当にはかない、無常は迅速であると痛いほど知らされたか
らなのです。
あれが欲しい、あれがしたい、こうなりたいと、欲にふりまわされておりま
したが、死んでゆくときには何一つもってゆけないのだ、世間事でいろいろ
頑張ったからといって、何一つ残らないのではないかと改めて感じたのです。
ただ、一つ残るのは、「聴聞会場で何度も阿弥陀仏の誓願を聞かせていただ
いたなぁ」という仏縁だけではないかという思いになりました。そして、
どうして、どうして、私は不思議な仏縁を結ぶことができたのかという事を
考えたときに、思い起こされましたのは、「必ず絶対の幸福にしてみせる」
と命をかけて誓われている「阿弥陀如来の大慈悲心」でありました。
さらに、なぜ私が真実の仏法に巡り会えたのかと考えたとき、私に直接、い
ろいろ工夫して仏法を伝えてくだされた多くの方々がいらっしゃったからだ!
と、たくさんの法友達の顔が浮かび、感謝の気持ちも起きてまいりました。

私に仏法を伝えるために、先輩や法友がどれだけ苦労してくださったかと。

真剣に聞こうとしない私の後生を案じて粘り強く懸命に一向専念無量寿仏
を伝えてくださいました。
そうして、そんな私達がどうして仏教を聞かせていただけたのかとい
う事に思いをはせたとき、高森先生の不惜身命のたいへんなご苦労が
あったからなのだなあと、ご恩を知らされたのでありました。

369 :一向専念無量寿仏:2006/11/01(水) 17:13:03 ID:97JxZkcF
「会長先生は、無上仏の御心を説き切っておられるし、
正本堂、『なぜ生きる』、『世界の光親鸞聖人』…、何から何まですべては
用意されているでのはないのか?
あとは、私が聞くか聞かないかだけの問題ではないか!」
と深く反省をさせられたのです。

私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、
真っ暗な心」です。「無明の闇」といわれます。この「苦悩の根元」
を断ち切らない限り、どんなにもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまうのです。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。
他人事ではありません。ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです!
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っ
ておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされたなれば、
楽にはなっておれないはずです!

いやでもその解決に必死になるはずなのです!


370 :一向専念無量寿仏:2006/11/01(水) 17:14:50 ID:97JxZkcF
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気の
さらさらない私たちをたいへん強い強いお力で引っ張っておられます。

「何とか、何とかわかってくれよ!どうか真実を聞き求めてくれよ!」と。

「必ず本当の幸福にしてみせるぞ!」と全力をあげておられるのです。

謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も
速からんことを念じあげます。
真実の仏教を伝えることは、すばらしい自利利他の菩薩行です。

真実を知らされて、そして真実を求めさせていただいている喜び、
万劫にもない時期に生を受けた身の幸をかみしめ、
人生の目的の達成に命を燃やしたいと思います。

お釈迦さま、親鸞聖人、歴代の善知識方は、

「阿弥陀如来、一つに向け、阿弥陀如来のみを信じよ。」

と、口をそろえて常におっしゃっておられます。

皆様のまことの仏縁を心より念じあげます。
いま一度真剣に、親鸞会にて聴聞されることを重ねて念じあげます。

今週末は富山の親鸞会館・正本堂にてお会いしましょう。

長文をどうも失礼いたしました。


371 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:47:48 ID:EEyaVCOq
>>370
>今週末は富山の親鸞会館・正本堂にてお会いしましょう。
>
>長文をどうも失礼いたしました。

目標まだ未達成なの?
参詣者、たりないの?

372 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 22:49:41 ID:GDQfhDv0
>>371

>目標まだ未達成なの?

未達成です。今全国で強引な勧誘合戦が繰り広げられています。
学生は、全員両親を誘うように言われています。
費用が足りなければ一時的に貸す、と言っている講師もいるようです。
一万人の参詣が会長の厳命ですから、なんとかして数を合わせようとしています。

まあ、達成出来なくても達成した事にしちゃうんでしょうけどね。

373 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 23:24:07 ID:t8o0Eqs1
>>372
>未達成です。今全国で強引な勧誘合戦が繰り広げられています。
>学生は、全員両親を誘うように言われています。
>費用が足りなければ一時的に貸す、と言っている講師もいるようです。
>一万人の参詣が会長の厳命ですから、なんとかして数を合わせようとしています
ノルマに必死だね。両親まで誘われたらたまったものじゃないね。
息子、娘が大学で勉学に励んでいると思ってたら
宗教に嵌ってしまいには数合わせの勧誘。
俺が親なら泣くね。

374 :迷子の秋鯔はここですか?:2006/11/02(木) 00:17:15 ID:HlVODhzI
>>358
>十把一からげにする前にもう少し、
深く勉強すべきやと思うんやけど。あと『論題』を勉強したんなら、
おわかりかと思うんやけど、まず<出処> ...........
自分の感覚を主とした親鸞聖人の言葉を
断章取義的にもちいるとゆ〜、極めて主観的な教学になってまうんよ。

私が「断章取義」なら根拠も何にもあげずに返答もしないあんたは
何なんだね。根拠をあげて出処ぐらい明らかにしたら?
>>314に書いたとおり
一念の覚不覚を論じた本願寺派の先哲はみんな「なんかしらの 宗教体験をせなわからん」っつ〜前提において、
信一念を釈するから、 必然的にそ〜ゆ〜問いになる」わけ?
ちなみに願海院はそこでは一念の分類はしてるが極促の定義はしてないから
秋鯔から言えば「もっと深く勉強しろ」っていうことになるのかなー。


>>314
「問、極促の一念、行者覚知の有無云何」
願海院はこういう問を起こして問答を作っているんですよ。
自派の先哲にむかって「なんかしらの 宗教体験をせなわからん」っつ〜前提において、信一念を釈するから、
必然的にそ〜ゆ〜問いになるんちゃう?そ〜いった前提自体を設けずに、
お聖教読んでみたらどうやろか? 」って言ってるのと同じでしょ。
「元総長はフツーじゃない」発言に続いての暴言はおさまるところを
知りません。




375 :迷子の秋鯔はここですか?再掲:2006/11/02(木) 00:18:24 ID:HlVODhzI
また云わく、「心歓喜得忍」と言うは、これは阿弥陀仏国の清浄の光
明、たちまちに眼前に現ぜん。何ぞ踊躍に勝えん。この喜びに因るがゆえに、す
なわち無生の忍を得。また「喜忍」と名づく、また「悟忍」と名づく、また「信
忍」と名づく。これすなわち玄に談ずるに、未だ得処を標さず、夫人をして等し
く心にこの益をネガわしめんと欲う。勇猛専精にして心に見んと想う時に、方に忍
を悟るべし。これ多くこれ十信の中の忍なり、解行已上の忍にはあらざるを明か
すなり、と。(信巻)


結局、『摘解』『敬信記』でこの御文はどういう解釈だったの?
いっつも放ったらかしやね、あんたは。
木像本尊の「一家衆」の根拠とかはどうなった?
「白ひつ」はどうなった?
元総長の論文さがして読んだんか?
「専修寺文書」もいろいろ言いたかったんじゃないの?
何が言いたかったのか全然わからんよ(笑)


376 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 01:13:26 ID:CDith6dU
>>372
未達成です。今全国で強引な勧誘合戦が繰り広げられています。
学生は、全員両親を誘うように言われています。
費用が足りなければ一時的に貸す、と言っている講師もいるようです。
一万人の参詣が会長の厳命ですから、なんとかして数を合わせようとしています。

当然講師の方もご両親誘って参詣されるんですよね?

377 :秋鯔〜☆彡:2006/11/02(木) 01:17:02 ID:QZUYDim2
う〜、新聞作ってたらこないな時間に。
>>375
ごめんごめん、時間的になかなかむつかしいねん。
それと、君の質問だけ答えとるわけちゃうし、携帯からやし。
ま、掲示板とゆ〜媒体では労力的にも、かいつまんで、概略・大筋を説明して、
あとはご自身で読んでってとゆ〜しかない罠。
で、まず、なんで三忍が出てくるのか意図がわからん。
時剋の極促を親鸞聖人の言葉でどうゆわれとるんか、まず当たっていって、
その語義を明らかにするのが先やない?それで解決をみてから、
三忍をみてくべきかと思いまっせ。あなたは時剋の極促を親鸞聖人の
言葉で説明すべきやない?漏れは説明したんやから。
次、白ひつとゆ〜のは、長方形の入れ物、(現在の掛け軸を入れる
細長い箱と同種なのかは、わからん。ひつとゆうからには、
もっと大きなものやもしれん。)を置いて、
すゑ奉ると表現する(中身が、尊敬にあたいする絵像であれば)
のは決しておかしなことではない。ただし、箱から出して、
中身の掛け軸を懸ける段階においては、すゑるより懸けるが
適切な表現やろう。大分前のスレに「かけ」「かける」の
『聞書』等における用例をあげといた覚えあり。そうゆう言葉の
もちい方を一家衆がしていた事実から判断すると、やはり大きな掛け軸を
すゑる、とするのは無理があると。ま、そんなとこやね。
専修寺文書については、またねん。
(-_-)zzホナ寝☆彡

378 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 03:19:16 ID:hZ+HXhuc
>人生の目的を達成していないから自殺しちゃいけないんだよね。
>人生の目的を達成したら自殺していいの?
>自殺志願の人は自分の余生を絶望で塗りつぶしていて、
>死後の世界に憧れている。
>そんな人が「救われるに間違いない」と確信すれば
>即刻自殺しそうなものなのだが、どうなのか。


ごめん。誰かレスくれないか。
ずっと気になっているんだ。
「人生の目的を達成した後の自殺の是非」
に焦点を当ててくれるとうれしい。

379 :迷子の秋鯔はここですか?:2006/11/02(木) 08:53:44 ID:eDLUPsyH
>>377
>あなたは時剋の極促を親鸞聖人の
言葉で説明すべきやない?漏れは説明したんやから。

これは鯔が「時剋の極促を親鸞聖人の言葉で説明した」ということですか?
どの箇所でしょうか?


380 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 17:18:53 ID:DOtAzU3m
>>376
目標達成は難しいの?
じゃあここは、講師に代わってオレの最後のあと押しで、
1万人突破させてみせようか?


『今年の報恩講には某番組つながりで、タモさんも参詣されます!』




よし、これで2千人ぐらい増えただろう。

381 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 17:33:04 ID:KSIBmVfT
何の為の 報恩講なのだろうか よくわからないな 一万人参詣ばかり叫んで

土日仕事の人は参詣できないの 土日仕事の人はどうでもいいみたいだな


382 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 18:01:49 ID:NLzHroXw
仏法は世間の仕事を辞めてでも聞け

383 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 18:40:16 ID:bo79Sv92
>>381
本当は分かってるくせに、しらじらしい・・・・

384 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:12:37 ID:LFLndYRn
A橋先生だけの講演会なら全国でそれぐらい集まりそう

385 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:50:34 ID:dxuV9/1e
次期会長に決まりだな

つぎの客寄せパンダはA橋会長だ!!

386 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/02(木) 20:19:43 ID:Z21Uvzog
 親鸞会は、宗教法人を止めて「明橋ハッピー会」にするといい。
親鸞なんかの転覆教義などは勉強しないで、明橋先生から子育て方法
を教わる会になれば、誰も文句は言わなくなる。みんな喜ぶだろう。
 シンパもアンチもなくなるだろう。

387 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:14:26 ID:xYQ0tJJ6
結果まともな奴らが大体の板、スレを構成している
という事。つまり邪魔な奴らはひろゆきの仕業で違う島へおびきよせられているってこと。
そして本州の平和が保たれているということ。

388 :秋鯔〜☆彡:2006/11/03(金) 00:44:24 ID:Cn6KEEO1
乙〜☆彡。なんか進展ないなぁ。
>>379
よ〜見てみ。時剋の極促は時剋の極促であって、他意なしと、
わかる罠。解らないなら、出拠を出して説明しますが?
おまたせ、>>362
それで桶と思いまつよ。他力とゆ〜ことをつきつめてゆくと、
別にT森さんがゆうことなど、さして考察する必要さえない
とゆ〜ことがわかると思います。彼の書物を解析し、親鸞聖人の
ゆわれたこと、蓮如上人のゆわれたことと対比してくつもりなんで、
報恩講シーズンが終わるまでしばしお待ちを。
(-_-)zz明日も早い、おやつみ〜☆彡

389 :秋鯔〜☆彡:2006/11/03(金) 01:07:37 ID:Cn6KEEO1
追伸
>>379
そうそう、君の捨てハンが、迷子wとゆわれとるのでつが、
君こそ、T森の意業・欲望に騙された迷子やと漏れからすれば、思うんよ。
もし、教学を真摯に問いつめてゆきたいならば、捨てハンを辞め、
ちゃんとしたコテを名乗れば、感情性に任せない、お話ができうると
考えるのだが。その方如何?

390 :ぼらさんに疑問:2006/11/03(金) 02:03:43 ID:pEQ0QQLR
■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>358
>う〜ん、絶対的超越的体験ってのは一体何なんやろか?
>いかなる体験をしよ〜が、それは凡夫の三業が雑じったもの。
>名号法が私を場として活動し、それが私どもの三業に影響を
>与えたとしても、私どもの感覚とか観念等、すなわち三業として
>発動するに到ってはすでに、それは純粋な信心とはゆえない。

親鸞の言葉で示してください、とお願いしたのですが。

よろしくお願いします。


391 :ぼらさんに疑問:2006/11/03(金) 02:22:21 ID:pEQ0QQLR
>>361
>疑問さんの疑問まとめ 訂正あればよろ

><大前提>
>1.「体験」の定義
>  「体験」=「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象
>
><疑問>
> 浄土真宗の教義上、「体験」がないと言えるのはなぜか、
> 聖人のお言葉で示して欲しい。
> 
> (換言すれば)
> 浄土真宗において、三業から離れた「体験」がないと言えるのはなぜか。
>
><意見>
> 「体験」がないと言える根拠はない。

うまくまとめていただいてありがとうございます。

異論というほどのものではありませんが、「体験」=「自力がまじわらぬが三
業に現れた」現象において、「=」の記号が若干引っかかります。というのは、
上の現象以外でも、体験はたくさんあるからです。つまり、左辺の右辺に対す
る包含関係(記号にすれば「←」)だと理解してください。

それに伴って、最後の<意見>は、
「自力がまじわらぬが三業に現れる現象」がないといえる根拠はない

に変更していただければと思います。

とはいえ、体験のうちに、「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を排除す
る理由はない、というのは、私の重要な主張点の一つです。

392 :ぼらさんに疑問:2006/11/03(金) 02:28:44 ID:pEQ0QQLR
>>362
>私の疑問
>
><疑問さんに対して>
> 自力がまじわらぬが三業に現れた現象とは具体的にどういうこと?

煩悩があるままで阿弥陀仏に救われるという絶対的超越的体験のことです。

私はこの体験が「有る」と主張しておりませんのでご注意いただければ幸い
です。他方、「無い」ということはいえないということは強硬に主張しており
ます。

393 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 02:29:07 ID:lutd37OD
みなさんは日本人として良識を持たなければ行けません。
日本人が世界から尊敬されているのは、その勤勉さや道徳心です。
誰も見ていないところや、見ず知らずの人に対して非常に親切な点です。

しかし、かの国の人たちは、そういう高潔さや美意識とは無縁の人たちです。

人間の本性が現れやすい一例である交通マナーを見れば分かりますが、韓国では
ハッキリ言ってメチャクチャで、譲り合いの精神もなく、事故が非常に多いのです。
公共心もなく、常に地域対立や非常に細かい身分制度で細分化されてきた社会で、
人々は同じ民族であろうとおかまいなしです。ただし、身内や仲間は特別扱いします。

このような民族性や道徳観の大きな差は、韓国人がしつこく謝罪と土下座を要求し、
日本人がつい自分が悪いことをしたと考えてしまう人の良さが相乗して最悪の状態です。

絶対に謝らないどころか逆ギレする遺伝子を持つ韓国人と、
相手が悪くても自分も悪かったと言ってしまうぐらいの日本人・・・

左翼と呼ばれる人たちが反日とか韓国の手先といわれることがありますが、
彼らは真面目に自分たちに厳しく考えているだけで、それが利用されている面もあります。
相手が日本人の場合は、そういう姿勢も有効なのでしょうが、よりによってあの人たちです。

394 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 03:16:10 ID:qqEMUu30
>>392
これ参考にならない?
http://www009.upp.so-net.ne.jp/kobako/18kgaku.html

395 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 03:40:21 ID:M7J9fIQT
>>378

う〜ん。自分は元会員で親鸞会から縁が離れて久しいので記憶があいまいなのだが答えてみる。「人生の目的を達成した後の自殺の是非」については次のような返答だったと思う。ぼかされてはぐらかされた感はいなめないが・・・。

阿弥陀仏に救われたら、因果の通りを深信させていただくので、今自分が不幸なのも過去の悪因悪果であったと照らされて、良い種をまかずにおれなくなる。信心決定したら阿弥陀仏の仏恩報謝をせずにおれなくなる。

という感じで「信心決定したら阿弥陀仏の仏恩報謝をせずにおれなくなる。」→自殺よりも仏恩報謝の活動に進むというような返答だったと思う。

>自殺志願の人は自分の余生を絶望で塗りつぶしていて、
>死後の世界に憧れている。
>そんな人が「救われるに間違いない」と確信すれば
>即刻自殺しそうなものなのだが、どうなのか。

回答になってるか書いてみても微妙だなw
自分の聞き間違いの可能性もあるので、現会員の人、もしくは真宗に詳しい人が返答してくれるとうれしい。

396 :迷子の秋鯔はここですか?::2006/11/03(金) 05:43:57 ID:/iZ0mXPO
>>388
>解らないなら、出拠を出して説明しますが?

出拠は出してないということだよね。

一念の話をしているのに極促の話に変える、
十信の話をしているのに三忍の話に変える。
白ひつ、一家衆は、前もってあなたの書いた話は否定されてるのに
無視する。
根拠は示さない。
祖師のお言葉を出してもいないのに「まるで出したような」表現をとる。

正直、全然勉強にもならないので時間の無駄のようですな。

あなたの論旨は本願寺派で正意と言われているものとは違います。
本願寺派は十劫安心だがあなたのはそれですらない。
安心すら否定するりっぱな外道。
哲学的な思考を用いて実験という言葉を重んじる大派の清沢らにも
似ている。彼らも後世を否定し、御文章を廃した。

しかも勉強もしてない。
御本典を読んで「十信の中の忍」も知らない。
自派の元総長の論文も知らない。
叢書も読んでない。
せいぜい安居にときどき行って勉強した程度の
耳学問じゃないですか。

西本願寺の僧侶を名乗ってバカさ加減を露呈してくれたことで
十分に役に立ちましたよ。


397 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 09:02:21 ID:KvTwEiPj
>>396

>西本願寺の僧侶を名乗ってバカさ加減を露呈してくれたことで
>十分に役に立ちましたよ。

偽経を自説の根拠にしている団体の人が言ってもねぇ…

398 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 10:50:06 ID:YOUJ8rw7
偽経って何?

399 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 11:15:36 ID:srvi+lVz
偽経を自説の根拠にしている団体ってどこ?

400 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:09:15 ID:5Df5uGI9
疑問なんだが、例えば自分が寝ている間に勝手に車に乗せられ遠い国へつれていかれた
ってことがあったとして、これは思已業じゃないけど身業にカウントされるのか?
いずれ、この運ばれたってことが原因で死ぬことがあったとしても、運ばれたことはあくまで縁であって
自分の業ではないということになるのかな。仏教的には。
だとするとね、還相回向ということがあるけど、あれは一つの形として人間の三業の所作に乗じて
表れるものだが、しかし、三業によるものではないということになるね。

ということはさ、ぼらさんに疑問の、三業に表れた体験というのは厳密ではないね。
認知しなければ、身業ということはありえないんだから、あれは
自力がまじわらないと認知した体験という現象はあるか?って話だわな。



401 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 12:10:23 ID:ypCG7zRh
2ちゃんて面白いね、いい加減なこと書いたのに、
俺が法律だ!みたいな偽善者がいるいる、電車男に
でてた人みたいなのが多数なのか?


402 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 14:31:33 ID:blbJZIea
今日って報恩講だっけ

403 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 22:07:33 ID:SyCDGgIA
>>400
うーん、でも「認知」するのは意業じゃけん、
意業の反省・解釈を経て認知されたことを頼みとするならば、
自力の信心ってことになるんジャマイカ?

404 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 23:14:33 ID:UMLjyNu0
ジャマイカだって・・・ ( ´,_ゝ`)プッ

405 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 12:48:49 ID:ih0CqL6A
うーん、でも「認知」しないと体験じゃないからね。

406 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 16:12:19 ID:STIguSgZ
>>405
その認知された体験をアテにするのは、自力をたのみとしてるってことでないの?

407 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:12:05 ID:ih0CqL6A
体験がないと自力をたのみにしてることになるんだろ?

408 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 19:28:00 ID:NzelKxZ5
>>お勤めの導師
「一心に弥陀を帰命する衆生を」
ではなく、「一心に弥陀に帰命する衆生を」ではないのですか?

しかし、↓お東でも「弥陀を」になってるし・・・。どっちか分かりません。

http://www.fureai.or.jp/~bandou/library.htm

(御縁が浅いもので。)



409 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:59:29 ID:STIguSgZ
>>407
つまり、自力(体験として認知されたこと)への信心をすすめてるのが親鸞会教義ってことだね。

410 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 21:13:50 ID:SWkWEZKG
>>376
>未達成です。今全国で強引な勧誘合戦が繰り広げられています。
>学生は、全員両親を誘うように言われています。
>費用が足りなければ一時的に貸す、と言っている講師もいるようです。
>一万人の参詣が会長の厳命ですから、なんとかして数を合わせようとしています。
>
>当然講師の方もご両親誘って参詣されるんですよね?

当日になっても目標未達成なので、以前はよく小杉駅や高岡駅の前で声かけをしたり、
小杉周辺で戸別訪問をして、直接、会館に誘っていたなあ。

そこまで必死になるのなら、なぜ毎回やらないの?って感じがした。
結局、数合わせか?

411 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:02:38 ID:9EF9j4oG
たとえそうだとしても数すら集められない本願寺よりマシ

412 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:54:37 ID:P/Yutg7J
一宗の繁盛と申すは、他団体より多く数を集めることなのかな?

413 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 05:27:16 ID:q76zWw3L
誰がなんと言おうが、浄土真宗750年の歴史の中で、一番多くの人間が
一同に集って聞法した歴史的な一日であった事は確かだ。

414 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:05:38 ID:62pw/67c
自称浄土真宗の集まりに何万人集まろうと真宗の歴史上何の価値ないけど

415 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:30:33 ID:rRZEZWNx
層化でも原理でもこれ以上集めているが。
数より内容だろ?
どうせ半分くらいがダミサ嘘つき勧誘で集められた学生で
その中の3割くらいは嫌々来ているんだろう。


416 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:32:12 ID:ncHnZbAQ
ダミサの連中も、イヤイヤ活動するくらいならサッサと退会した方が
身のためなのにね…。

まあ、信教の自由だから勝手にしてくれという話だけどさ。

417 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:43:25 ID:CueN4OSG
>>411
本願寺の報恩講の参詣人数は数十万単位だけど…

418 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:58:11 ID:Z6j6tA9w
s会も本願寺も良かったじゃないか。真宗に御縁があったことを喜ぼうや。

419 :秋鯔〜☆彡:2006/11/05(日) 19:00:22 ID:ULqC1qXt
報恩講シーズンで忙しいなり〜。やっと、小休止。
>>390
疑問さん、乙〜。ところで、超越的絶対的体験とは、
具体的にどのようなことを指しとるん?漏れなどは、T森さんの
著作『こんなことが知りたい@』におけるような
「モヤモヤした疑心が、他力信心を獲ると同時に晴れわたって
日本晴れの大安心、大満足の心になれる」とか、
「広かったぞ、大きかったぞ、想像を絶する驚天動地の喜びが
あったぞと絶叫され」るような熱狂的・狂信的意業の発動と
見るんやけど、そ〜ゆ〜規定でええんかな?
で、そうゆう熱狂的意業の発動をもって往生浄土の証拠と為すのならば、
「往生の業には、わたくしのはからひはあるまじく候なり」
「ただ如来にまかせまゐらせおはしますべく候ふ」
「また他力と申すことは、義なきを義とすとは申すなり。
義と申すことは、行者のおのおののはからふことを義とは申すなり。
如来の誓願は不可思議にましますゆゑに、仏と仏との御はからひなり。
凡夫のはからひにあらず。〜中略〜しかれば、『如来の誓願には
義なきを義とす』とは、大師聖人の仰せに候ひき。
このこころのほかには往生にいるべきこと候はずとこころえて、〜略〜」
とお手紙に書かれた親鸞聖人の意図と違うことになる罠。
〜つづく鴨〜

420 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 19:47:53 ID:Qx1Pfml1
ここ、次スレになんのか?

421 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:06:55 ID:i4uwoijM
てか、本スレはどこか悩む。

422 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:25:54 ID:Z6j6tA9w
>>419

んだんだ。
人は何か特別な状態になれねば信じないということですな。

423 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:58:17 ID:vuOpDMsY
>>417
それ全国の寺全部合わせての人数?
ソースは?

424 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 22:49:30 ID:dJcMB8UR
「一同に集って聞法した」参詣人数の多さでは「親鸞会的真宗史では」歴史的な一日であった事は確かだ。

詐欺のよう・・・

425 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 22:57:41 ID:kU8Ox0fc
>>424
そんなに親鸞会に嫉妬すんな

426 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:11:23 ID:PwuUU/lm
>>425
カルトに嫉妬するような人はいない。あなたの妄想。

427 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 00:17:51 ID:Lse1M5kX
じゃあ詐欺だというのも妄想ですね

428 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:05:25 ID:VuXgpAG7
絶対の幸福というものも妄想ですね

429 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 01:05:45 ID:kD8k8U2m
「詐欺だと思う=嫉妬」という考えが妄想。

430 :ぼらさんに疑問:2006/11/06(月) 01:09:28 ID:/GQpfb97
ぼらさん、お疲れ様です。

■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>419
>超越的絶対的体験とは、具体的にどのようなことを指しとるん?漏れなどは、
>T森さんの著作『こんなことが知りたい@』におけるような「モヤモヤした疑
>心が、他力信心を獲ると同時に晴れわたって日本晴れの大安心、大満足の心に
>なれる」とか、「広かったぞ、大きかったぞ、想像を絶する驚天動地の喜びが
>あったぞと絶叫され」るような熱狂的・狂信的意業の発動と見るんやけど、そ
>〜ゆ〜規定でええんかな?

いいえ、その規定では足りません。なぜなら、それでは質問にあるように、「自
力がまじわらぬが三業に現れた現象」のうちの後半部しか汲んでらっしゃらない
からです。前半部も考慮してください。

つまり、「自力がまじわらぬ」かつ「熱狂的・狂信的意業が発動する」ような体験
はないのか?と問うているのです。ないとするならば、その根拠を親鸞の言葉
で示してください、とお願いしております。

431 :378:2006/11/06(月) 06:37:18 ID:Nnz0otNK
>>395
回答ありがとう。
リアル会員に聞いてみたがそっくり同じ答えが返ってきた。

もし信心決定に自殺を絶対に阻止できる力があるなら
実際問題として歓迎すべきことだ。
でもやはり質問の答えにはなっていない。
まず、「○○してはならない」と「○○したくならない」は別物だと思う。
なぜなら後者なら「してもいいのだけどする気にならない」と言う事態もありえるからだ。
結局「なぜ自殺してはいけないの?」と言う質問の回答は得られていない。
果たして親鸞会の教義の中から導けるのか。
教学に精通している方の回答を望みます。

432 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 12:33:37 ID:fEyM/LKt
一万人は達成できましたかな

433 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 12:35:39 ID:/81P5pZe
>>431
人生の目的を達成すれば、喜びの心が起きるから
うれしくて自殺しようと思わなくなるんじゃないか?
自殺する人は、苦しいから自殺する。
人生の目的を達成すれば、楽しい生を享受しようとするから
なぜ自殺をしてはいけないかという問題自体が消えるんではなかろうか。

例えば、なぜご飯をたべなければいけないか?では、
食べることに喜びを感じる人は、食べなければいけない理由はいらないだろう。
逆に、ダイエットをしているなど食べることに苦しみを伴う人では、
食べなければいけない理由が必要になる。
食べないと死ぬからとか、食べないと返って美容によくないとかなどなど。

また、なぜご飯を食べてはいけないか?では、
食べることに喜びを感じる人は、食べてはいけない理由は必要になる。
理由としては、肥満になるから、罰をうけなければならないからなどなど。

つまり、苦しみを回避するため、もしくは楽しみを享受するために選択しようとする
行動について、それを否定されるときはじめて理由が必要なのであって
苦しみを求めるため、もしくは楽しみを放棄するためには理由は必要ではないということ。

434 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 12:36:58 ID:IaMCaPXy
>>432
楽勝でクリア

435 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 13:58:40 ID:9bdiW8ip
布教に「楽勝」は、無いだろうけど...

436 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 15:54:07 ID:XBHIh7ko
>>433
>>378をもう一度読み返しては如何か

437 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 17:24:50 ID:qDadeS9V
>>436
人生の目的を達成すれば、喜びの心が起きるから
うれしくて自殺しようと思わなくなるんじゃないか?
自殺する人は、苦しいから自殺する。
人生の目的を達成すれば、楽しい生を享受しようとするから
なぜ自殺をしてはいけないかという問題自体が消えるんではなかろうか。

例えば、なぜご飯をたべなければいけないか?では、
食べることに喜びを感じる人は、食べなければいけない理由はいらないだろう。
逆に、ダイエットをしているなど食べることに苦しみを伴う人では、
食べなければいけない理由が必要になる。
食べないと死ぬからとか、食べないと返って美容によくないとかなどなど。

また、なぜご飯を食べてはいけないか?では、
食べることに喜びを感じる人は、食べてはいけない理由は必要になる。
理由としては、肥満になるから、罰をうけなければならないからなどなど。

つまり、苦しみを回避するため、もしくは楽しみを享受するために選択しよう
とする行動について、それを否定されるときはじめて理由が必要なのであって
苦しみを求めるため、もしくは楽しみを放棄するためには理由は必要ではない
ということ。




438 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 18:26:06 ID:XBHIh7ko
>>437
>自殺する人は、苦しいから自殺する。
>>378
>自殺志願の人は自分の余生を絶望で塗りつぶしていて、
>死後の世界に憧れている。

439 :秋鯔〜☆彡:2006/11/06(月) 19:18:11 ID:YpPYgSUF
>>430
乙彼〜♪例えば、『正像末和讃』に
「自力聖道の菩提心 こころもことばもおよばれず
常没流転の凡愚は いかでか発起せしむべき」
とあるが、これを釈するに、身・口・意業の働きから一歩も外に
でられへんのが、常没流転の凡愚と言えへんやろか?
とするならば、こころもことばもおよばれないような境地は
発起できない私どもと読める罠。
あと、逆にききたいんやけど、
>「自力がまじわらぬ」かつ「熱狂的・狂信的意業が発動する」体験
をするのが信心決定であるとする、もしくは信心決定の証とするとゆう
親鸞聖人の言葉があるんやろか?
思うに、熱狂的・狂信的体験とゆ〜ものが信心決定に伴われると
予想するとゆ〜のは如何なることか。その背景には、未体験者にとっては、
熱狂的・狂信的体験がしたいとゆ〜要求が隠れていて、
体験者もしくは自称体験者にとっては、自身の体験が真実であると認めてほしい
とゆ〜要求が隠れているとはゆえへんやろか?
弥陀の本願(凡夫を仏にしたい願い)と法蔵修行(凡夫を
仏とするに全うじた行)を体とする南無阿弥陀仏が、
信心の体であるから、凡夫の往生成仏が叶うわけであって、
凡夫の要求(したごころ)に基づく所の業作が一微塵でも雑じわれば、
それはもはや信心とはゆえへんと。
〜つづく〜

440 :秋鯔〜☆彡:2006/11/06(月) 19:28:58 ID:YpPYgSUF
>>439つづき
「〜略〜虚仮雑毒の善をもって無量光明土に生ぜんと欲する、
これかならず不可なり。なにをもってのゆゑに、まさしく如来、
菩薩の行を行じたまひし時、三業の所修、乃至一念一刹那も、
疑蓋雑はることなきによりてなり。この心はすなはち
如来の大悲心なるがゆゑに、かならず報土の正定の因となる。
如来、苦悩の群生海を悲憐して、無碍広大の浄信をもって
諸有海に回施したまへり。これを利他真実の信心と名づく。」
『教行信証・信巻』信楽釈
(^-^)/~ホナまた〜☆彡

441 :秋鯔〜☆彡:2006/11/06(月) 19:38:09 ID:kzWFRiq4
>>430
乙彼〜♪例えば、『正像末和讃』に
「自力聖道の菩提心 こころもことばもおよばれず
常没流転の凡愚は いかでか発起せしむべき」
とあるが、これを釈するに、身・口・意業の働きから外に
でてしもうたのが、常没流転の凡愚と言えへんやろか?
とするならば、こころもことばもおよばれないような境地でも
いくらでも発起できる私どもと読める罠。
あと、逆にききたいんやけど、
>「自力がまじわらぬ」かつ「熱狂的・狂信的意業が発動する」体験
をするのは信心決定でないとする、もしくは信心決定の証でないとゆう
親鸞聖人の言葉があるんやろか?
思うに、熱狂的・狂信的体験とゆ〜ものが信心決定に伴われるないと
予想するとゆ〜のは如何なることか。その背景には、未体験者にとっては、
熱狂的・狂信的体験があっては困るとゆ〜要求が隠れていて、
体験者もしくは自称体験者にとっては、自身の体験が真実であると知ってほしい
とゆ〜要求が隠れているとはゆえへんやろか?
弥陀の本願(凡夫を仏にしたい願い)と法蔵修行(凡夫を
仏とするに全うじた行)を体とする南無阿弥陀仏が、
信心の体であるから、凡夫の往生成仏が叶うわけであって、
凡夫の要求(したごころ)があっては救われないというのでは、
それはもはや他力とはゆえへんと。
〜つづく〜

442 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/06(月) 23:48:00 ID:ItGuB0hw
>>435
一万人も集まって、それでその場でみんなは念仏をどのくらい称えるの?

443 :名無しさん@3周年:2006/11/06(月) 23:56:56 ID:MAzmsAUw
前にビデオで見た時はキチザブロウっていう名前だったけど、今回はヤッチャンっていう名前だった。

444 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:00:11 ID:naZ+W8t1
>>441

テラウザス
偽者のアンチは消えろ!

445 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:16:19 ID:+wvT6NJV
おとみさんなどの中立的、第三者的意見に対してねこにゃさんの意見が偏っていることがよく分かりました。
なぜやめたのホームページにももうついていけないですね。
かといって親鸞会に戻る気もないですし…
今はどうしようもないですね。

446 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:25:23 ID:9+g4Fkod
>>433
レスありがとう。

> 人生の目的を達成すれば、喜びの心が起きるから
> うれしくて自殺しようと思わなくなるんじゃないか?
うん。
信心決定に自殺を思いとどまらせる効果があることはわかる。
それと、食事や排泄などの自然な行動には
理由が必要ない、ということもわかる。
「だって自殺したくなくなるんだからしょうがないじゃん」
と言われたら黙るしかない。

447 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:27:00 ID:9+g4Fkod
「内からの自殺の否定」は分かった。
でもこれは万人に共通するものとは言いがたい。
やはり一人ひとりの体験は別物であるわけだし、
それから得られる信心決定後の考えも
各人で別々であるはずだろう。
ならやはり
「俺人生の目的達成したしこれからの人生に望みもないし
死んだら浄土にいけることが保障されているんだから死んでもいいかな」と
思う人がいる可能性だってあるわけだし。

もっといえば、人類で最期に信心決定した人は
他人に伝えようと言う気持ちになるのだろうか。
真宗の最終目標を「ありえん」とか言うなよ。

さらにさらに、信心決定した母親から生まれて、
出生以後母親以外の誰とも会わずに隔離されて成長した人が、
母親のおかげで信心決定して、
その後母親が死んで絶望したときどのような気分になるのだろうか。

なんか真宗の普遍性がよく分からなくなってきた。
分けてみる。

448 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:29:13 ID:vhQbsXjQ
>>447
言いたい事を3行ぐらいにまとめてくれないかな

449 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:39:35 ID:9+g4Fkod
×最期
○最後
誤字すまん。

結局一番知りたいのは「信心決定後に外から自殺を否定する根拠」。

信心決定前は
「あー、余生に望みもないし自殺するしかないよな。」
という「内からの自殺の肯定」に対して
「あなたはまだ人生の目的を達成していないから
それを達成するまで自殺してはならない」
という「外からの自殺の否定」がある。
でもこの「外からの自殺の否定」の根拠は信心決定したときに崩れる。

信心決定後は「内からの自殺の否定」があるとされる。
でもそれはどこまで万人に共通するの?という疑念がある。
すでに自殺してしまった人たちの心情を、今この世を生きている人が
完璧にトレースすることはできない。
もちろん遺書や生前の言動から推し量ることはできる。
だが自殺してしまった人は一般人には越えられない決定的な一線を踏み越えたわけで。
つまり自殺者の心境と言うのも信心決定と同じで
「なってみなければ分からない」類の心境だと言える。
自殺者の心境に信心決定後の心境がどこまで抵抗できるか分からない。

なら一番求められるのは「信心決定後に外から自殺を否定する根拠」ではないのか。

450 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 00:45:34 ID:ck2F00yP
マイコンカルトランキング

偏差値
74 なぜやめた管理人
72 ねこにゃ
71 ジョー
70 オウム真理教
----------------オウム級の壁------------------
68 枯葉
65 摂理
----------------摂理級の壁--------------------
64 beaver
63 ボラ
61 カルトアンチ
60 ライフスペース
----------------ライフスペース級の壁----------
55 一般的アンチ 

451 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 01:05:41 ID:uqpYhz34
>>450
毎度毎度飽きもせず印象操作に必死ですね

452 :一般的アンチ:2006/11/07(火) 01:21:07 ID:Hf5oQHTX
親鸞会の講師の中にもすばらしい方もたくさん見えます。
マインドコントロールといいますが、まあいわれた事をやって、
言い方悪いですがのめりこむということでしょうね。
誰がどういおうと、最終的に決めるのは本人です。特に大学生ですから学費は親に出してもらってる身分です。卒業する、優秀な成績を収めるのは当然です。
親鸞会の学生は大学にもよりますが東大とか阪大なんかは教えを重視されてます。立教などの私学は教えよりむしろ雰囲気を大事にされてると思います。
今の時代豊かですから、親鸞会の活動についていけず、これから
ますますついていけなくなると思います。

453 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 02:38:27 ID:bxrjkL2S
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/swf/1162727754/99
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/swf/1162727754/101
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/swf/1162727754/121

454 :ぼらさんに疑問:2006/11/07(火) 06:02:14 ID:g6fXuYP6
■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>439
>「自力聖道の菩提心 こころもことばもおよばれず
> 常没流転の凡愚は いかでか発起せしむべき」

ご返答ありがとうございます。検討させていただきます。
結論を先に申すと、残念ながらこれは条件を満たした根拠とはなりません。

まず、この和讃の解釈は、ぼらさん流の解釈もありうるでしょうが、そうでない
解釈も容易ですね。簡単にいうと、「自力聖道では凡夫は絶対助からない」です。

しかしぼらさんの解釈は、極めて特殊です。>>439

>身・口・意業の働きから外にでてしもうたのが、常没流転の凡愚と言えへんやろか?
>とするならば、こころもことばもおよばれないような境地でもいくらでも発起
>できる私どもと読める罠

私は正直、この解釈は意味がわかりません。「身・口・意業の働きから外にで
てしもうたのが、常没流転の凡愚」とは、曲解に近いとすら思います。

しかし、私の立場からは、「たとえ」曲解でも解釈が可能であるなら、それを尊重
したいと思います。問題は、私の提示できた条件に見合った根拠の提出に失敗
しているということです。

もう一度よろしくお願いします。

455 :ぼらさんに疑問:2006/11/07(火) 06:02:59 ID:g6fXuYP6
>>439
>「自力がまじわらぬ」かつ「熱狂的・狂信的意業が発動する」体験
>をするのが信心決定であるとする、もしくは信心決定の証とするとゆう
>親鸞聖人の言葉があるんやろか?

はっきり申し上げますが、私はこれに答える必要はありません。なぜなら、その
ような主張を私がしているのではないからです。私のスタンスを理解して下さい。
私は、親鸞会の解釈が正しいと、たった一言も述べたことはありません。納得い
かれない場合は仰ってください。この問いは、どなたか親鸞会の会員さんに提出
を求めるべきものです。

456 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 08:21:26 ID:eNel8MCB
>>451
毎度毎度ってw
こんなの初めて見たけどw
腹がよじれるほどワロタww

457 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 09:55:44 ID:hg7Dhmsp
十方無量の諸仏の 証誠護念のみことにて
     自力の大菩提心の かなはぬほどはしりぬべし


458 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 09:56:38 ID:hg7Dhmsp
真実信心うることは 末法濁世にまれなりと
     恒沙の諸仏の証誠に えがたきほどをあらはせり


459 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 09:57:19 ID:hg7Dhmsp
往相・還相の回向に まうあはぬ身となりにせば
     流転輪廻もきはもなし 苦海の沈淪いかがせん


460 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 14:47:31 ID:IfYk62/N
>>451
20分後に書き込んでるお前のことだろ?

461 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:28:09 ID:T94ykaic
>>450
偏差値74の人と72の人は、同一人物です。


Uです。
ちゆのゆうでは無いよ。

462 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:52:01 ID:nOuIf8QI
>>454

>身・口・意業の働きから外にでてしもうたのが、常没流転の凡愚と言えへんやろか?
>とするならば、こころもことばもおよばれないような境地でもいくらでも発起
>できる私どもと読める罠

これって>>441だよ

ボラが言ったのは

これを釈するに、身・口・意業の働きから一歩も外に
でられへんのが、常没流転の凡愚と言えへんやろか?
とするならば、こころもことばもおよばれないような境地は
発起できない私どもと読める罠。

だよ。
偽者のレスにだまされないようにしましょう。


463 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 18:23:38 ID:xBU6JdYw
なんだか急にシンパの工作レスが増えたみたい
報恩講はやっぱり人が来なかったの?

464 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 18:33:15 ID:/EQPx/Ih
>>450
>マイコンカルトランキング
>
>偏差値
>74 なぜやめた管理人
>72 ねこにゃ
>71 ジョー
>70 オウム真理教
     ・
     ・ 
     ・

親鸞会の会員の者ですが、「なぜやめたのか」のHPを最近見つけ、読んでいます。
ID:ck2F00yPさんは会員さんですか?元会員さんでしょうか?

よろしければ、「なぜやめたのか」のカルトぶりをいくつか教えてほしいのですが・・・。
よろしくお願いいたします。

465 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/07(火) 19:31:50 ID:QLCVNp0O
>>433
 人生の目的を達成すれば、喜びの心が起きるからうれしくて自殺しようと思わなくなるんじゃな
いか?

さるべき業縁のもよおせば、いかなる振る舞いもすべしとこそ、聖人は仰せ候いし(歎異抄)
自殺するような業縁が起きてくれば、自殺するようなこともあるでしょうと、聖人は仰せになった。

 よき心の起こるも、宿善の催すゆえなり。悪事の思われせらるるも、悪業の計らうゆえなり。故
聖人の仰せには、「卯毛羊毛の先にいる塵ばかりも作る罪の、宿業に非ずと言うことなしと知るべ
し」と候いき(歎異抄)。
 自殺は止めようと言う心が起きるのも、これは宿善による。自殺したいと思うのも、悪業による。
信心決定しても、悪業があれば自殺を避けられないこともあるでしょう。

 定心修しがたし、息慮凝心のゆえに。散心行じがたし、廃悪修善のゆえに(化身土巻)。

 定善は観を示す縁なり、と。また云わく、散善は行を顕す縁なり、と。また云わく、浄土の要逢
いがたし(化身土巻)。
 定善つまり息慮凝心は観法の方法を記載しただけだ。散善つまり廃悪修善は、仏道の色々な修行
法を記載しただけだ。息慮凝心あるいは、親鸞会が好きな廃悪修善では、浄土の要つまり浄土の核
心に至ることはできない。

466 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/07(火) 19:32:59 ID:QLCVNp0O
 上よりこのかた定散両門の益を説くといえども、仏の本願の意を望まんには、衆生をして一向に
専ら弥陀仏の名を称せしむるにあり、と(化身土巻)。
 観無量寿経で、定散両門つまり息慮凝心と廃悪修善の効果を説いているが、仏の真意は、人々に
ひたすら阿弥陀仏の名を称えてもらおうという趣旨である。

信心の人に劣らじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩をしり 称名念仏励むべし(正像末和讃)
 定散両門は、阿弥陀仏の名を称えてもらおうという趣旨なんだから、信心のある人に遅れを取る
ことなく、疑心自力の親鸞会の会員も称名念仏に励んだらどうですか。

 報恩講には親鸞の名の下に、一万人も集まって、一言の「南無阿弥陀仏」も聞こえなかったなら、
残念なことだ。

  如来常に三昧海の中において、網綿の手を挙げて、父の王に謂いて曰わく、「王いま座禅して
ただ当に念仏すべし」と(行の巻)
 釈迦はいつも父の王に言っていた。王よ、今、座禅してただ念仏なされませ。

467 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:33:30 ID:h5D/Yg50
977 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 04/04/24 22:02

>>969
>死の前には何物もない
   馬鹿だね。死も忘れちゃいかんが、生も大事なんだよ。

>学問も何かあらん
    学問をしなければ社会は発展しないんだよ。

>金銭も何かあらん

 金がすべてじゃないが、金も大事だ。金がどんなに大事かは、布施に群がる親鸞会が一
番知ってるんだろう。

>名利も何かあらん

  名利も大事なんだよ。見ず知らずの人を頼るとき、最初は何でスクリーニングするんだい。
  名利を否定すれば、人々は最初のスクリーニング手段が無くなるんだよ。

>毀誉褒貶も何かあらん    これも大事だ。

>希望も目的も何かあらん   これも大事だ。

 出世間道の問題が解決すれば、世間道で全力を尽くすべきなんだ。出世間道の問題が未解決
の段階では、無価値のものでも、世間道で全力を尽くすべき時には、大事なものは山ほどある。
そのことを忘れなさんなよ。


468 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/07(火) 19:34:06 ID:QLCVNp0O
 持戒・座禅を正法と名づく(行の巻)。
 正法とは持戒・座禅のことである。

 唯除誹謗正法(大経)。
 正法を誹謗する者は、救わんぞ。持戒・座禅を誹謗する者は、救わんぞ。

 座禅持戒は真功を用(もちい)てなり。汝若し修せずして作仏すといはば、喩(たと)へば飢
(き)け人の空(ひろ)く風を掩(おお)うが若(ごと)し
          (五会法事儀讃略抄 親鸞作 伊勢高田専修寺)
 座禅して念仏申せ。戒も忘れるな。親鸞聖人がこのように教えるのは、念仏の実利を大事にしよ
うということだ。戒を保たず、座禅もしないで、観念的に仏になるというなら、それは腹を空かし
た人が、自分に向かって吹いてくる風を思いっきり腹の中にため込もうとするようなものだ。親鸞
会では、誰一人腹の足しにはならん。絵に描いた餅。信心はない。

 さしも確かなる証文を、力を尽くして数あまた書きて参らせて候えば、それを皆捨ておうておわ
しまし候とあれば、ともかくも申すに及ばず(血脈文集)。
 京都に戻るとき、力の限り一生懸命に書いてきた文書類を、あなた方親鸞会は、みな捨ててしま
われたのだと聞けば、もう呆れ果てて何も言うことはありません。(親鸞)

 貴方はこれでも、親鸞会を続けますか? マイコンカルトランキング 偏差値 100
                           (/≧◇≦\)アチャー!!

469 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:35:25 ID:h5D/Yg50
名前:渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 投稿日:04/05/06 20:33
>>354
>南無阿弥陀仏といへる行体は、すなはちわれらが浄土に往生すべきことわりを、
この六字にあらはしたまへる御すがたなり

 我々には霊魂がある。死んだら霊魂は冥界に行く。冥界には王様がいる。王様
は、存在を信じてくれた人だけ、自分の冥界に引き入れてくれる。冥界の王様を
信じると、あ〜ら、不思議とばかりに、体から霊波が出て、あの世に一瞬で届く。
死ぬまで信じ固めていくと、冥界の王様を信じた霊波で、王様の世界に引き入れ
られ、霊魂は清められる。ああ、ありがたい。ありがたい。
 冥界には王様がいないという人が一人でもいると、今度は、その全員が冥界に
入れなくなる。連帯責任だ。だから、みんな信じないといけない。王様の実在を
信じ固め、死んだら王様の冥界に行きましょう。


470 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:35:58 ID:h5D/Yg50
917 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :04/04/20 13:06
 浄土教の先人は「先生(阿弥陀仏)」という言葉を下に創作物語を添えた。それが阿弥陀物語
だ。阿弥陀物語をなぜ作ったのか。「ああ先生」と称えることのすばらしさを伝える手段として
「先生物語」を創作したんだ。阿弥陀仏という化け物がどっかに存在するんじゃない。人は、結
婚すれば、田中さんが鈴木さんと結婚すると鈴木さんに変わる。人は、どう名前が変わってもい
い。しかし阿弥陀仏はそうじゃないんだ。阿弥陀という名前を離れてどっかに存在するんじゃない。
「ああ先生(南無阿弥陀仏)」と称えることはすばらしいことだよということを、人々に伝える
ための道具として、阿弥陀物語が作られたんだ。それが阿弥陀物語なんだ。そういうことを忘れ
ちゃいけない。阿弥陀ではなく、南無阿弥陀仏が尊いんだ。
 阿弥陀仏(先生)は、阿弥陀物語(先生物語)を通じ、南無阿弥陀仏を称賛している。こうい
う構造にこそ、創作者たち先人の知恵がある。南無阿弥陀仏は、我々が口にそれを称えるところ
で実体を持つ。南無阿弥陀仏は、座禅して称えるところに根元的な意味を持つんだ。


471 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/07(火) 19:43:18 ID:QLCVNp0O
No467,469,470 は荒らしです。無視して下さい。
No465,466,468が一体の議論です。

472 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:47:16 ID:0D7uHPPs
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
〜本願寺関係者の批難に答える〜
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人からの偽装メール
5月24日、私宛に以下のメールが届きました。

日付:Wed, 24 May 2006 12:55:29 +0900 (JST)
差出人:" うさぎ"<kit062210a@yahoo.co.jp>
件名:いろいろ思ったこと
宛先:" shinran_kai@infoseek.jp"<shinran_kai@infoseek.jp>

Return-Path: <kit062210a@yahoo.co.jp>
Delivered-To: shinran_kai@infoseek.jp
Received: (qmail 25344 invoked by uid 0); 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: from web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp (203.216.226.122)
by 172.20.1.17 with SMTP; 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: (qmail 96537 invoked by uid 60001); 24 May 2006 03:55:29 -0000
Message-ID: <20060524035529.96535.qmail@web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp>
Received: from [**.***.**.***] by web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp via HTTP; Wed, 24 May 2006 12:55:29 JST

初めまして。学友部で活動しているものです。
最近、三ヶ月くらいご縁のなかった人が、やめにきました。
近くのファミレスでいろいろ話を聞いたのですが、「なぜやめ
たのかを読んで」を読んで、親鸞会のいっていることって邪教
と一緒だと感じ、信頼できなくなった、とのことでした。
教えが大事だから、関係ないとは話したのですが、私の力が足
りなかったのか、結局止めることはできませんでした。講師の
人は、長いこと活動してなかった人だし、仕方ないと言ってく
れましたが。


473 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:49:42 ID:0D7uHPPs
ご存知とは思いますが、いま学友部は大変な苦境にあります。
去年までもかなり大変だったのですが、今年は本願寺関係者の
ホームページのおかげで、いろいろな影響が出ています。つい
最近もあるひとが、学生課から本願寺関係者の中傷ページを見
せられたと言っていました。その人はなんとか思いとどまった
のですが。
ただ、こんなことを言っては申し訳ないのですが、「なぜやめ
たを読んで」が無かったらこんなに沢山変なページができるこ
とも無かったのに、と思うときもあります。本当はそんなこと
は無いのでしょうが、いろんな意味で、「読んで」も快く思っ
ていない人は多いです。あのページがあるから、自分たちが原
理とかと一緒にみられるんじゃないかと思ったときもあります
。何しろ、お互いに相手を貶め合っているという感じがします
。みていて、いい感じがしません。
(中略)
お忙しいこととは思いますが、一度学友部の人にいろいろ話を
聞いて、問題点を整理して、提言してもらえればと思っていま
す。私が本当はやらなければならないのだと思いますが、ごめ
んなさいそんな勇気も時間もないです。
勝手なこと言って、本当にすみません。あと、フリーメールの
捨てアドで申し訳ないです。実名で言うだけの勇気がなかった
ので。
発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より発信され
ています。
その後の調べにより、これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送
ってきたことが判明致しました。
発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、多数の偽装メール
を送っている事実が判明しているようです。
いかにも女性の学生会員のように装って、このような悪意に満ちたいやがらせを
する「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人。 彼がどのような人間性の持ち主な
のか。その一端がお分かりいただけるでしょう。

474 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:54:31 ID:h5D/Yg50
>>471
■ルール
・荒らしは原則「放置」です。
・渡海難さんは悪いけど他の所に行って下さい。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。

一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/


475 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 19:56:51 ID:h5D/Yg50
渡海難は自分で自分の発言を荒らしと言っている。
実に正直な香具師だw

476 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/07(火) 20:29:04 ID:QLCVNp0O
>>475
 「渡海難」研究者か?
 僕の伝記を書くのは、僕が死んでからにしろよ。今から準備するのは勝手だが、
伝記は死んでから書くものだ。

477 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 20:59:07 ID:R8mvX+lh
>>468

>持戒・座禅を正法と名づく(行の巻)。
>正法とは持戒・座禅のことである。

だから、もう少しちゃんと拝読しなさいな。


何者をか、これを名づけて正法とする。もし道理に箇らば、これ真宗なり。
好悪いまの時、須らく決択すべし。 一一に子細朦朧することなかれ。
正法よく世間を超出す。持戒・座禅を正法と名づく。
念仏成仏はこれ真宗なり。仏言を取らざるをば、外道と名づく。
因果を撥無する見を、空とす。正法よく世間を超出す。
禅律いかんぞこれ正法ならん。念仏三昧これ真宗なり。

分かるかい?
「禅律いかんぞこれ正法ならん。念仏三昧これ真宗なり。」だよw

478 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 21:07:29 ID:h5D/Yg50
>>476

リビング・デッド 渡海難
                    ____ __
                 , ― '       `'    `― 、
               /                 ヽ
             /                     ヽ
            /                    \  ヽ
           /     /                ヽ  ヽ
           |  /  /    /        |       `   |
          | /  /    |      |   |       ヽ  |
          | /   /     | | |  |   |        |  |
          |/|  /    ャン瓜ム |   |  | |  |        |  |
          | | | |   斤卍 卍入| |  |  ||  | ヽ  ヽ   |  |
          | | |   斤卍 卍 卍 W|  |  | | | | ト  |ヽ |  |
          レ| |  或 卍 卍 卍 卍| | |リノ | | レ| ,ヽ |、 ∨  |
           | |  |弋=≠=≒ヲ レリ t十廾十メN∨ 乂  |
           |  |  、| (     )    ´, ―‐t‐、冫/ |  |
            レ| |  \ ヽ、回 ノ      ⊥_Y フ /  |
             | |  Г               ∠  / ⊥
        , ― '  ̄ \|  `>      、 ,      / / /   ` ー 、 _
  , ― '  ̄        ヽ |、\    ___   ∠ /レ'          ̄ ` ー 、
                \| \|\  `── '  ///
            ー 、_     \   ̄  /      _, ―
                  ̄ `ー─┐ ̄ ̄ ┌── ' ̄


479 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 21:16:01 ID:598Z7re8
U氏の勤務先
http://www.kccs.co.jp/

480 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 22:10:51 ID:yxIlXawV
U氏のブログ
http://blog.u-up.com/

481 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 22:23:03 ID:6dacxAqU
>>479
そうなんだ。
>>480
違うと思われ。

482 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:08:12 ID:U68KQxan
>ID:ck2F00yPさんは会員さんですか?元会員さんでしょうか?
>よろしければ、「なぜやめたのか」のカルトぶりをいくつか教えてほしいのですが・・・。
ID:ck2F00yPさんではありませんが、やはり「なぜやめたのか」管理人のカルトぶりは
例の「うさぎ」メールに現れていると思います。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160057757/472-473

また、自らのマインドコントロール論について掲示板で問われても何も答えられない無責任ぶり。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6979/1140875875/30-

一方では、自分に都合のいい「反響」はポコポコとアップしているようですね。
また、有名人が出てくると何とか足を引っ張ろう、貶めようと工作。
自分は匿名でやってるものだからそもそも信用されないのは当然ですが、
それにしても、大変惨めでかわいそうな人だと思わずにはいられません。

マインドコントロールの恐ろしさを知らされるばかりです。
きっと彼にしても、(自称)被害家族の会にしても、
自分の頭で考えているつもりなんでしょう。彼らの中では正しいことなのでしょう。
自分たちはマインドコントロールされているはずがないと堅く信じているのでしょうね…

483 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:21:57 ID:9s1c3YP/
自分とこの教義を信じて組織に加担しない人間は皆地獄に落ちるとか、
そういう人の人生は無意味だとか、
マインドコントロールって、本当に怖いね。

484 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:27:37 ID:ghDtclW9
>>483
それ、お釈迦様にむかって言ってるんですか?
どうもそのようですね、分かりました。

485 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:29:06 ID:QJ7gCbXo
>>482みたいなこと書く親鸞会信者がかわいそうになってきた。

486 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:32:41 ID:Fns0dvyr
真実の法に出会えるだけでも有り難いのに
その大切さが分からないのは哀れなことです。

487 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:37:11 ID:LMzSSDP1
でたっ!!!根拠のない真実をバックにめいっぱいの威嚇!

488 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:56:03 ID:9s1c3YP/
>>484
お釈迦様って、こんなもん作ってまで教団の勧誘してたんかい?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

489 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 23:57:51 ID:EUlezNHv
「なぜやめた」管理人は自作自演を好むようですからね。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


490 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:02:19 ID:B+0G+NF+
>>488
知らないけど
だとしたらどうなの?
お釈迦様もマイコンしてたとでも言いだすつもりか?

491 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:05:11 ID:iuQCjUjp
>>490
だとしたら?
マイコン教祖の一人としか思わんよ。

492 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:14:51 ID:C6K+avPo
>>482

偽装メールはそれ自体が親鸞会の偽装でしょ。
「読んで」の管理人が、議論で「なぜやめ」の管理人に敵わなくなったので、
窮地に追い込まれてやったものと思われ。
悔しかったらちゃんと質問に答えればいいのにね。

>また、自らのマインドコントロール論について掲示板で問われても何も答えられない無責任ぶり。
>http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6979/1140875875/30-

この30氏って人、メールでなぜやめの管理人に聞くって言ってたよね。
それ以降何の書き込みも無いってことは、おそらく言い負かされたんじゃないの?
答えが無かったらさらに掲示板で追求するだろうし。

質問されて何も答えられないのは「読んで」の管理人。
君の論理だと彼こそカルトでしょう。

>>484
>自分とこの教義を信じて組織に加担しない人間は皆地獄に落ちるとか、
>そういう人の人生は無意味だとか

>それ、お釈迦様にむかって言ってるんですか?
>どうもそのようですね、分かりました。

お釈迦様が、自分ところの教義を信じて組織に加担しないものは地獄行きとか、
そういう人の人生は無意味だとか、
そう言われている箇所があったら是非教えて下さい。

493 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:16:15 ID:C6K+avPo
>>479
個人の勤務先を晒すような事をして良いと思ってんの?
あなたは親鸞会の人?嫌がらせも程々にしないとね。

494 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:16:49 ID:P/9v9hGY
いよいよアンチが発狂してきたか
報恩講で一万人参詣しちゃったのがよほど悔しかったのかな

495 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:19:17 ID:C6K+avPo
>>482
>また、有名人が出てくると何とか足を引っ張ろう、貶めようと工作。

明橋医師の事ですか?
なぜやめでは、明橋第大二医師と親鸞会との関係を明らかにしただけでしょ。
それがどうして、足を引っ張ったり貶めようとする工作になるの?
もしかして、明橋医師は自分が親鸞会の信者だという事を、恥ずかしいから隠していたのかな?
正々堂々と言えない事なのかな?自分が親鸞会と関係しているってことは。

496 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:20:03 ID:B+0G+NF+
カルトアンチが必死すぎて泣けてきます。

497 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:20:37 ID:C6K+avPo
>>494
はいはい。一万人参詣したなんて大本営発表誰も信じませんから。
本願寺に言って自慢しておいで。

人を発狂という前に、私のした質問にちゃんと答えて下さいね。
親鸞会の人は、質問に答えられないと相手を見下して逃げるだけみたいだし。

498 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:22:34 ID:C6K+avPo
>>496
わかったよ。
じゃあそこの必死じゃない貴方、
私がした質問に答えて下さい。
>>492
>>495
に書いておいたから。

499 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:25:09 ID:y7e55C3+
まあアンチが何と言おうが一万人は突破してたけど

500 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:26:08 ID:B+0G+NF+
はあ?大丈夫ですか?
書いた人に聞いて下さいよ。

501 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:26:09 ID:C6K+avPo
>>499
それが本当だとしてだからどうしたの?

502 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:27:06 ID:C6K+avPo
>>500
貴方は答えられないみたいね。
じゃあ、そんなに必死にならなくていいよ。
貴方の仲間の答えられる人を連れておいで。

503 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/08(水) 00:29:12 ID:sta8FcLi
>>477
>「禅律いかんぞこれ正法ならん。念仏三昧これ真宗なり。」だよw

 面白いことを言うな。教行信証は何て言っているんだ?
 禅律は正法であると言っているのか?。禅律は正法でないと言っているのか?
 禅律は悪法であると言っているのか?。禅律は悪法でないと言っているのか?
 念仏三昧これ真宗ならば、正法は不要なのか?。

 唯除誹謗正法は、正法は無用だという人を救うぞと言っているのか?。正法は無用と言う人は救
わないぞと言っているのか?
 正法は否定しなさいよと教えているのか。正法は守りなさいと教えているのか?

 誹謗してはいけない対象は何だと言っているんだ?。高森先生の教えが正法で、高森先生の教え
を誹謗する者を除くと言っているとでも教わっているのか。正法とは一体なんなんだ?

 おぬしたち、親鸞会ではどう教わっているんだ?。唯除誹謗正法は、十八願だぞ。十九、二十願で
はないからな。それとも十八願は方便とでも教わっているのか?。

504 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 00:30:34 ID:B+0G+NF+
大丈夫じゃなさそうですね(^-^)
答えられる人って書いた本人ですよね。
で、私にどうしろと?
特定して連れてこいとのご命令ですかw?

505 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 07:31:36 ID:rBU7ey6F
一万人集めようとカルトはカルト
モー娘。でも1万くらいは集める。
層化なら100万人くらい集めるんじゃない?
そんなことで嘘つき勧誘をしている事実は消えないし免罪にならない。
所詮名誉欲や金銭欲でやっているだけだろ。

506 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 08:03:35 ID:6xnp4l2u
モー娘。と並び称されるとは親鸞会ってすごいところなんですね^^

507 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 09:27:01 ID:JcFct8qd
>>503

>念仏三昧これ真宗ならば、正法は不要なのか?。

だから。正法は念仏三昧これ真宗なの。
座禅は雑行なの。座禅を正法なんて言うのは異端にもならんのw
座禅は他門でしゅ。

>おぬしたち、親鸞会ではどう教わっているんだ?。唯除誹謗正法は、十八願だぞ。十九、二十願で
はないからな。それとも十八願は方便とでも教わっているのか?。

s会員じゃねーよ!! s会なんて知るか。
十八願成就文の抑止である唯除誹謗正法は誰でも知ってるわ。
あまりおかしな自論は展開しない方があなたの為だと思われ。

508 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 09:38:54 ID:Wft4h+CJ
このスレは重複スレにつき、削除依頼が出されてます。
下記へ移動してください。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160615339/1-100


509 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:09:17 ID:jkrrdErm
仏智不思議を信ずれば 正定聚にこそ住しけれ
     化生のひとは智慧すぐれ 無上覚をぞさとりける


510 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:10:16 ID:jkrrdErm
不思議の仏智を信ずるを 報土の因としたまへり
     信心の正因うることは かたきがなかになほかたし


511 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:12:05 ID:jkrrdErm
無始流転の苦をすてて 無上涅槃を期すること
     如来二種の回向の 恩徳まことに謝しがたし


512 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/08(水) 10:15:06 ID:sta8FcLi
>>507
>だから。正法は念仏三昧これ真宗なの。

 持戒・座禅を正法と名づく。念仏成仏はこれ真宗なり(行の巻)。親鸞は正法と真宗という二つ
の概念をたてる。「正法は念仏三昧これ真宗」などと、こんな話をおぬしは誰から聞いた?おぬし
の師僧はどこの誰だ?。親鸞の教えをゆがめるのもいい加減にしてほしいものだ。

 因果を撥無する見を、空とす。正法よく世間を超出す。唯除誹謗正法。
 空見に落ちるなよ。まあ、そう言っても空見とは何か、理解不能かも知れん。因果を否定する議
論を空見という。

>座禅は他門でしゅ。  おぬしにとっては、十八願など他門の教えなんだろう。

>十八願成就文の抑止である唯除誹謗正法は誰でも知ってるわ。

 ただ 〜 誹謗正法とを除きて往生を得しめず。 〜 謗法を起こさばすなわち生まるることを
得じと言う。これは未造業について解するなり。もし造らば還りて摂して生を得しめん。彼に生を
得といえども、華合して多劫を径ん。これらの罪人、華の内にある時、三種の障あり。 〜 この
義、抑止門について解し竟りぬ、と(信の巻)。

 「持戒・座禅を正法と名づく」誹謗正法は往生させない。持戒・座禅を行えば、生まれさせない
と言う。これは、持戒・座禅をまだ誹謗していない者に対して言っているのである。持戒・座禅を
誹謗する者はどうか。仮に極楽に生まれても、極楽の花が長い間開かない。持戒・座禅を誹謗する
者はつぼみの中にあって、(花開くのを)三種の支障が邪魔をする。〜 以上が抑止門である。

513 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/08(水) 10:15:35 ID:sta8FcLi
 「王よ座禅し念仏申せ(行の巻)」
 念仏三昧は、是(これ)真の無上深妙の禅門なり。弥陀法王四十八願の名号をもって仏を為(な)して願力を 事(こと)にして衆生を度したまふ。 〜 (これを達磨大師以来の)如来禅
という。二乗外道の禅ではない
     五会法事儀讃略抄(専修寺蔵 親鸞 作 真筆)

>S会員じゃねーよ!!
 親鸞を他門だというのは、本願寺のカルトボーズだな

>S会なんて知るか。
 親鸞会も本願寺も、親鸞の教えを否定する狸と狢のカルト兄弟だ。

>あまりおかしな自論は展開しない方があなたの為だと思われ。

 ここは親鸞会系の板だから、親鸞会など知らんという人とは、僕はこれ以上議論するつもりはな
い。ボラの議論に反論を寄せないのと同じ理由だ。おぬし、抑止門を教えた師僧に伝えておくとい
い。「おかしな自論は展開しない方があなたの為だと思われ」、と。 (2,3日 カキコ不能)

>>506
>モー娘。と並び称されるとは親鸞会ってすごいところなんですね^^

 親鸞会などという古くさい名前は捨てて、「第二モー娘」とでも名前を変えたらどうよ?。2
万人集まるかも知れんぞ。

514 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:21:38 ID:1UvTwOx8
どっかのばかが本願寺に対抗意識燃やして、バカスレたててるー

515 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:46:25 ID:izHvxlSJ
1000直前だからって、この技はすごい。

ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153425013/996


516 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:48:05 ID:izHvxlSJ
>>508

ここが削除されるんなら、どこが本スレなんだろう?

517 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:49:23 ID:izHvxlSJ
リンク先には、こんなのが書かれてるし

ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160615339/99


518 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:27:16 ID:JcFct8qd
>>512

>持戒・座禅を正法と名づく。念仏成仏はこれ真宗なり(行の巻)。親鸞は正法と真宗という二つ
>の概念をたてる。「正法は念仏三昧これ真宗」などと、こんな話をおぬしは誰から聞いた?おぬし
>の師僧はどこの誰だ?。親鸞の教えをゆがめるのもいい加減にしてほしいものだ。

おいおい。思い込みもいい加減にした方がいいぞ。
親鸞の教えをゆがめている張本人はあなただと気が付かんのかい?
面白い自説を言ってるヤツがいると来てみればあきれてものが言えんわ。

>こんな話をおぬしは誰から聞いた?おぬし
>の師僧はどこの誰だ?。親鸞の教えをゆがめるのもいい加減にしてほしいものだ。

そっくりそのままあなたに返しますw
あなたも正法に帰することを切に祈っておりますわ。

519 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:43:00 ID:sLud3IM5
>>518
電波にレスするなよw

520 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:24:57 ID:8bNEXiWI
>>518

>切に祈っておりますわ。

誰に、何に向かって祈るんや。
あんたはクリスチャンか?

521 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 13:28:17 ID:sLud3IM5
>>520
電波は来るなw よっぽどヒマなんだな

522 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 15:03:55 ID:3XNvKmoP
>>516
向こうは>>1からしてテンプレ改変してるし何よりこっちの方が立ったのが早い。
放置しる

523 :1001:2006/11/08(水) 16:49:38 ID:pPnhZpiQ
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。




524 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 18:55:11 ID:hjDAJTnY
親鸞会のやつらって一方的だな 人の気持ちとか わからないやつが多いんだろうな

そんな奴らに自殺がどうだとかと言われてもな・・・

525 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 18:59:47 ID:Rjt4C4sH
「だろうな」などと憶測で語る奴に親鸞会がどうだとかと言われてもな・・・

526 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:06:45 ID:qfrKLXUp
> 報恩講に行ってきました。大勢の人出でした。でも、ご老人が多く学生さんは、減りましたね。
>インターネットのサイトのおかげでしょう。 
>
なんか、学生は最近やめる人、多いみたいね…。


> 会長の得意の 億単位のお金の事例は出ませんでしたが、「鰤3本、樽酒、・・・」の例えは、お金に似たり寄ったり。
>確か「仏法を聴く気があるかないか」と「おごってくれよと言ってもおごる気がない人は、おごってくれない」の「気」を
>話されたときのことばでしたね。
>
> 会長の説法の前に、体験発表された方の話にも驚きました。
> 会長からブランドのかばんをいただいた。その中には、分厚い封筒が・・・。奥様からは一反もんの服生地をいただき、
>今日の晴れの日にはじめて袖をとおさせていただいたと・・・。
>
だれこれ?


> 五重の義の説法は、宿善の解説が時間のほとんどを占め、死んだら・・・と聞法が一番大事だ・・・が私の頭に残りました。
>
> 尚、アシスタントの方二人は、会長の側近のかたとか。でも、私にはいじめられているようにしか見えませんでした。
> 「なんもしゃべらんでいい・・・。ただ書け。」といわれていたアシスタント。また、翌日のアシスタントさんは、会長に
>欲しいものは何かと聞かれ、「お金とか・・・」と言いにくそうに答えると、会長に、「いい女だろう」と逆に言われ「はい・・」と
>答えていました。聞いているこちらが、苦しくなりました。
>
翌日のアシスタントって、K玉さん?


> 親鸞会のいいところが見えなくてごめんなさい。
> 一つだけいいところがあります。聴聞している会員さんは、マナーもよくいい人たちだなと感じてきました。
>
親鸞会のいいところって、どんなところかな?

527 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 20:22:58 ID:qI32MEIk
所詮SとMだからね。宗教の主従関係は。。

528 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:19:32 ID:c9hPaqAl
一万人は未達成だったそうです。
もちろん会員にはこの事実は伏せられていますが。

529 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:20:31 ID:CE/nncFC
最悪な団体ですね

530 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:43:08 ID:KMhzS25V
http://nagaraforum.client.jp/

531 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:16:41 ID:VRg/iS1E
「人間、外から付けた物を剥ぎとれば、皆、お前と同じ、哀れな裸の二本足の動物にすぎぬ」(リア王)


532 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:17:48 ID:VRg/iS1E
生涯をかけたものが無残に打ち砕かれ、無益だったと知らされた衝撃は、言葉にもなりません。



533 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:18:33 ID:VRg/iS1E
「何故生きてゆくのは苦しいか、何故、苦しくとも、生きて行かなければならないか」


534 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:28:41 ID:C6K+avPo
大阪の府営住宅で、家賃の滞納が44億円と新聞に載っていた。
それを見て、親鸞会の講師の人の生活を思い出した。
みんな小杉の県営住宅とか市営住宅の、安い部屋にすんで、
貧乏な暮らししていたな、と。
布教戦線にたつ講師が、こんな貧乏な暮らしで、
高森会長やM晴局長、W部さんなんかは贅沢な暮らししていましたね。
家を新築したりして。明日の食事すらままならない人もいるのに。
高森会長はともかく、局長やW部さんには反感を持っている人も多かったな。

535 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 22:45:07 ID:qfrKLXUp
参詣者一万人中、信心決定した人は何人?

536 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:24:39 ID:plQ6m20l
親鸞会以外の65億人中、信心決定した人は何人?

537 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:28:19 ID:C6K+avPo
>>535
少なくとも高森さんはしていないと思う。

538 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:41:07 ID:qfrKLXUp
>>536
>親鸞会以外の65億人中、信心決定した人は何人?

これって、65億人中も、参詣者1万人中も、信心決定した人の割合がおなじってこと?
ID:plQ6m20lさん?


539 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:44:15 ID:KMhzS25V
W

540 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 23:49:06 ID:plQ6m20l
>>538
ちがいます

541 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 06:31:33 ID:buvFE7lf
> 会長の得意の 億単位のお金の事例
>「鰤3本、樽酒、・・・」の例え

これらは、どのような内容でしょうか?

542 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 09:48:45 ID:DOf4rsLg













あほらしいスレだ


















543 :秋鯔〜☆彡:2006/11/09(木) 10:30:31 ID:akm/GUNb
今日も今日とて移動中〜。
>>454
毎度〜♪
う〜ん、なんかニセもんのレスと漏れのレス、ゴッチャになっとるよん。
ID確認してねん。で、件の和讃について。自力聖道の菩提心と
ゆ〜のは、自らの心をたのみ、自らの行業をたのんで、
仏果に向かって、求道・修道していこうとする決意する心やね。
ところが、その仏果たるや(一如とゆうてもよし、法性法身と
ゆうてもええが)、色もなく形もましまさず〜と親鸞聖人も
仰るように、妙有ともゆえるものであって、目指すにも
どう目指してゆくべきか、また、自身の目指してる方向性が
果たして正しく仏果を得る方向に間違いないのか、間違っているんか、
それさえ、厳密には、はかりかねる。唯識などでは因分可説果分不可説と
ゆ〜罠。仏果を得るためのプロセスは説けるが、仏果としての
境界は、もはや言葉によって説くことはできんちゅ〜。
親鸞聖人は、仏果自体、そのような妙有であるわけやから、
その仏果を得るための最初の決意である菩提心もまた、こころ(意業)も
ことば(語業)も及ばれないと。常に没し、迷いの生存を
繰り返しとる私どもが、どうして、そのような心を起こすことが
できようか?(否、できまい)とゆ〜とるわけですねん。
〜つづく〜

544 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:15:13 ID:ED4Fmp6E
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


545 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:16:07 ID:ED4Fmp6E
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


546 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:16:54 ID:ED4Fmp6E
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


547 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:17:58 ID:mY3SpDY5
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


548 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:18:36 ID:mY3SpDY5
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


549 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:21:06 ID:mY3SpDY5
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


550 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:43:19 ID:mY3SpDY5
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


551 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:45:13 ID:mY3SpDY5
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


552 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:46:32 ID:mY3SpDY5
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん

553 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:48:46 ID:N1X9S3kl
「困ったことが起きた」
「どうしたんだ」
「実は、今度のクリスマスに、思い切ってあのコをデートに誘おうと思うんだが、ライバルがものすごく多いことがわかったんだ。これじゃあ、どうにもうまくいく気がしない」
「なるほど。では、このお守りを君にあげるよ」
「なんだいこれは」
「ウサギの足を切って作ったキーホルダーさ。これの持ち主には幸運が訪れるっていうぜ」
「‥‥いや、やめておくよ」
「どうしてだい?」
「だって、その足の本来の持ち主は、今どうしてるんだい?」

554 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 11:54:55 ID:8hdQABRF
熊野補陀落寺の代々の住職には、61歳の11月に観音浄土をめざし生きながら海に出て往生を願う
渡海上人の慣わしがあった。

555 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:01:40 ID:mY3SpDY5
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


556 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:02:50 ID:mY3SpDY5
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


557 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:03:55 ID:mY3SpDY5
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


558 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:45:08 ID:Q553HFyq
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


559 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:45:51 ID:Q553HFyq
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり

560 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:47:01 ID:Q553HFyq
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん

561 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:54:13 ID:qwO/512p
裏2ちゃんねるには、管理人の当時の顔写真、自宅写真、住所や、
現在の住所、職業などの情報が掲載されています。

あまりに個人情報に関する情報が多いので、表2ちゃんねるにはに出すことは
出来ません。
裏2ちゃんねるだからこそ掲載できる情報です。

裏2ちゃんねるへのアクセス方法は以下の通りです。
混みあってる場合があるので時間を置いてすると入りやすくなります。


【裏2ちゃんねるへの行き方】
1.書き込みの名前の欄に &rf&rusi&ran&ras&ran&rrlo と入れる。
2.mail欄にage と入れる。
2.本文にIDとパスワードである daughter-guest と入れる。
3.その状態で書き込む。
4. タイトルが「裏2ちゃんねるへようこそ」に変わればOK。

※携帯からのアクセスも可能になりました。
2006年11月8日現在、172,231名が裏2ちゃんねるを利用しています。
さぁ、あなたもこのすばらしいコミュニティへ!


562 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:54:29 ID:Q553HFyq
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


563 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:56:05 ID:NhLR+424
だから、死ぬまでだって、言ってんじゃん!


564 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:56:27 ID:Q553HFyq
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


565 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:58:19 ID:Q553HFyq
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


566 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:04:11 ID:NhLR+424
さて、もういくつ寝ると、お正月だ?

その前に後生かも知れないなぁ。

567 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:33:27 ID:2kn3Gmtp
だから、死ぬまでだって、言ってんじゃん!





568 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:34:33 ID:2kn3Gmtp
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


569 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:35:50 ID:2kn3Gmtp
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


570 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:44:41 ID:2kn3Gmtp
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん

571 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:46:33 ID:2kn3Gmtp
さて、もういくつ寝ると、お正月だ?

その前に後生かも知れないなぁ。




572 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:50:23 ID:2kn3Gmtp
「困ったことが起きた」
「どうしたんだ」
「実は、今度のクリスマスに、思い切ってあのコをデートに誘おうと思うんだが、ライバルがものすごく多いことがわかったんだ。これじゃあ、どうにもうまくいく気がしない」
「なるほど。では、このお守りを君にあげるよ」
「なんだいこれは」
「ウサギの足を切って作ったキーホルダーさ。これの持ち主には幸運が訪れるっていうぜ」
「‥‥いや、やめておくよ」
「どうしてだい?」
「だって、その足の本来の持ち主は、今どうしてるんだい?」


573 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:50:26 ID:MlLjbbg1
ネット対策員もデブになるのですかね。


574 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:09:59 ID:vrFx25Vx
>>573
わざわざageて言うことかアホ

575 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:27:33 ID:JtKks5sV
101 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 13:03:27 ID:NhLR+424
ちゆのゆうって、知らない人もいるんだね。
Uのことも、知らない人がいるかも知れないね。

576 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:28:17 ID:JtKks5sV
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり

577 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:29:04 ID:JtKks5sV
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり

578 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:36:14 ID:JtKks5sV
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


579 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:38:32 ID:JtKks5sV
>>573
わざわざageて言うことかアホ


580 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:39:45 ID:JtKks5sV
>>573
わざわざageて言うことかアホ


581 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 15:42:15 ID:JtKks5sV
>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ


582 :秋鯔〜☆彡:2006/11/09(木) 17:31:27 ID:akm/GUNb
ふ〜、帰りみち〜☆彡
>>543つづきのよ〜なの。
疑問さんのゆ〜、自力がまじわらぬが三業にあらわれた体験
ってのが具体的にはどうゆったことを指すのやろか?いまいち釈然とせんので、
漏れもどうゆう親鸞聖人の御文を出してよいものか、正直わからん。
疑問さんのゆうところの経験とゆ〜のは、御自身でもゆわれとるように、
仏因(仏果を得るべき因)とはならないと。「正定之因唯信心」
「速入寂静無為楽 必以信心為能入」とあるから、
経験≠信心ではないと、ここまでは桶?
で、疑問さんのゆ〜とる経験ってのは、その信心とど〜ゆった関係なんか?
そこらへんやね。
(^-^)/~今日はここまで、明日時間とれたら詳しくカキコするねん♪ホナ

583 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:35:31 ID:IHaYYeiQ
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり















584 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:36:20 ID:IHaYYeiQ
南無阿弥陀仏の回向の 恩徳広大不思議にて
     往相回向の利益には 還相回向に回入せり


















585 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:37:22 ID:IHaYYeiQ
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


586 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:56:49 ID:IHaYYeiQ
ふ〜、帰りみち〜☆彡


(^-^)/~今日はここまで、明日時間とれたら詳しくカキコするねん♪ホナ

587 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:58:13 ID:IHaYYeiQ






















ふ〜、帰りみち〜☆彡
(^-^)/~今日はここまで、明日時間とれたら詳しくカキコするねん♪ホナ




588 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 17:58:52 ID:IHaYYeiQ
>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ





589 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:12:12 ID:SCxrBjiS
2ちゃんねる興したきっかけっていうかそういうのあるの?
思惑と違う方向に行き過ぎて困っちゃて収拾付かなくなってるんと違うの?
ひろさん貴方がやりたかったことは何なんでしょう。社会の批判の対象とばかりされることが狙いだった筈はないし。。今、貴方の中の良心を目覚めさせてよ。

590 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 18:34:09 ID:kyUeId7v
親鸞会の人間にも良心なんてないだろう

591 :秋鯔〜☆彡:2006/11/09(木) 19:27:02 ID:k5OEqyhJ
今日も今日とて移動中〜。
>>454
毎度〜♪
う〜ん、なんかニセもんのレスと漏れのレス、ゴッチャになっとるよん。
ID確認してねん。で、件の和讃について。自力聖道の菩提心と
ゆ〜のは、自らの心をたのみ、自らの行業をたのんで、
仏果に向かって、求道・修道していこうとする決意する心やね。
ところが、その仏果たるや(一如とゆうてもよし、法性法身と
ゆうてもええが)、色もなく形もましまさず〜と親鸞聖人も
仰るように、妙有ともゆえるものであって、目指すにも
どう目指してゆくべきか、また、自身の目指してる方向性が
果たして正しく仏果を得る方向に間違いないのか、間違っているんか、
それさえ、厳密には、はかりかねる。唯識などでは因分可説果分不可説と
ゆ〜罠。仏果を得るためのプロセスは説けるが、仏果としての
境界は、もはや言葉によって説くことはできんちゅ〜。
親鸞聖人は、仏果自体、そのような妙有であるわけやから、
その仏果を得るための最初の決意である菩提心もまた、こころ(意業)も
ことば(語業)も及ばれないと「三恒河沙の諸仏の 出世のみもとにありしとき
 大菩提心おこせども 自力かなわで流転せり」とやってみた上でおっしゃる。。
常に没し、迷いの生存を 繰り返しとる私どもが、どうして、そのような心を起こすことが
できようか?(否、できまい)と大菩提心を起こした上でゆ〜とるわけですねん。
〜つづく〜

592 :秋鯔〜☆彡:2006/11/09(木) 19:31:44 ID:k5OEqyhJ
ふ〜、帰りみち〜☆彡
>>543つづきのよ〜なの。
疑問さんのゆ〜、自力がまじわらぬが三業にあらわれた体験
ってのが具体的にはどうゆったことを指すのやろか?いまいち釈然とせんので、
漏れもどうゆう親鸞聖人の御文を出してよいものか、正直わからん。
疑問さんのゆうところの経験とゆ〜のは、御自身でもゆわれとるように、
仏因(仏果を得るべき因)とは無関係と。「正定之因唯信心」
「速入寂静無為楽 必以信心為能入」とあるから、
信心は三業には現れないと、ここまでは桶?
で、疑問さんのゆ〜とる経験ってのは、その信心とど〜ゆった関係なんか?
そこらへんやね。
(^-^)/ ̄今日はここまで、明日時間とれたら詳しくカキコするねん♪ホナ

593 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 19:58:57 ID:AauPybkG

偽物は消えろ!ウザス

また疑問が間違えてめんどくさいことになるだろ




594 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:14:45 ID:BBXQ24W8

偽物は消えろ!ウザス

また疑問が間違えてめんどくさいことになるだろ





595 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:16:05 ID:BBXQ24W8
「困ったことが起きた」
「どうしたんだ」
「実は、今度のクリスマスに、思い切ってあのコをデートに誘おうと思うんだが、ライバルがものすごく多いことがわかったんだ。これじゃあ、どうにもうまくいく気がしない」
「なるほど。では、このお守りを君にあげるよ」
「なんだいこれは」
「ウサギの足を切って作ったキーホルダーさ。これの持ち主には幸運が訪れるっていうぜ」
「‥‥いや、やめておくよ」
「どうしてだい?」
「だって、その足の本来の持ち主は、今どうしてるんだい?」


596 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:16:52 ID:BBXQ24W8
>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ

>>573
わざわざageて言うことかアホ






597 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:25:24 ID:I28XctSu
ついに工作員、暇すぎて発狂か。

598 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:39:56 ID:NJtUT8C1
















ついに工作員、暇すぎて発狂か。


599 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:41:06 ID:NJtUT8C1




















ついにエ作員、暇すぎて発狂か。


600 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:41:43 ID:NJtUT8C1
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん


601 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:57:24 ID:NJtUT8C1
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


602 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:58:05 ID:NJtUT8C1
報土の信者はおほからず 化土の行者はかずおほし
     自力の菩提かなはねば 久遠劫より流転せり


603 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 20:58:59 ID:NJtUT8C1
往相回向の大慈より 還相回向の大悲をう
     如来の回向なかりせば 浄土の菩提はいかがせん

604 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 21:38:44 ID:QM+qNyad
まとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?

605 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 21:45:56 ID:pH6jn9IZ
「歴史の終わり――もちろんそれは、人が生まれ、生活し、死ぬという自然なサイクルの終わりを指すのではない」(フランシス・フクヤマ)


606 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 21:46:37 ID:pH6jn9IZ
いかに素晴らしい社会体制も、あくまで手段であって目的ではありません。

607 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 21:47:20 ID:pH6jn9IZ
「親鸞聖人に初めから非常な信念があり、非常な力があり、非常な強い根底のある思想をもたなければ、あれ程の大改革はできない」(夏目漱石)


608 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 21:58:22 ID:cQKieeg0
まとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?

609 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:01:08 ID:cQKieeg0

まとめサイトの更新止まってまとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いまとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
まとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スまとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)まとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?
百スレ目くらいまとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?
だよね?
レ目くらいだよね?
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?
ても)百スレ目くまとめまとめサイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?
サイトの更新止まってるみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?
らいだよね?
るみたいだけど、
そろそろ(関連スレ除いても)百スレ目くらいだよね?


610 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:20:01 ID:sU+ElMTf
今日の書き込みなんかを見る限り、今日ははゴミしか書き込んでないな。

611 :秋鯔〜☆彡:2006/11/09(木) 22:54:18 ID:akm/GUNb
>>592
うわ、訂正。×信心は三業にあらわれないと→〇信心は三業ではかれないと
に訂正よろ。☆彡寝む〜☆彡

612 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 22:56:09 ID:elMdkd6Q
また偽者が現れそうwww

613 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:01:10 ID:T7QgiyzW
代表者隠蔽

614 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:04:26 ID:chUG3YTi
今日の書き込みなんかを見る限り、今日ははゴミしか書き込んでないな。

615 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:11:49 ID:SGpm4nnR
今日はは

616 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:12:32 ID:C6TtdeVF
…久々に来たら三業派の人が出没しているな
べき論でいうなら、親鸞会と関わりない本願寺派の教学論争は真宗スレでやるべきだろう

617 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:19:48 ID:lnaaO+60
今日の書き込みなんかを見る限り、今日ははゴミしか書き込んでないな。


618 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:20:32 ID:lnaaO+60
今日はは






619 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:22:41 ID:lnaaO+60
   べき論でいうなら、

    ↑
     ∧_∧ ミ ギャーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ バンバン


620 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:25:23 ID:lnaaO+60




べき論でいうなら、親鸞会と関わりない本願寺派の教学論争は






621 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:28:28 ID:lnaaO+60
べき論でいうなら、










べき論でいうなら、

622 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:42:14 ID:58N7KLQz
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら
べき論でいうなら

623 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:43:14 ID:T7QgiyzW
中傷されたから代表者は隠蔽します

624 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:44:24 ID:58N7KLQz
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら
     べき論でいうなら


625 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:45:16 ID:58N7KLQz



中傷されたから代表者は隠蔽します















626 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:45:17 ID:I28XctSu
これは ひどい

627 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 23:53:09 ID:sU+ElMTf
マイコンカルトランキング

カルト偏差値
76 なぜやめた管理人
74 ねこにゃ
73 ジョー
72 オウム真理教
----------------オウム級の壁------------------
69 渡海難
68 枯葉
66 摂理
----------------摂理級の壁--------------------
64 beaver
63 カルトアンチ
62 ボラ
61 ライフスペース
----------------ライフスペース級の壁----------
50 一般的アンチ 



628 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:00:21 ID:CV2cm3fK
新興宗教のスレって、よく荒れるなあ

629 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:01:49 ID:cznmr9em
次スレ?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163084275/1-100

630 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:03:25 ID:6pC3Cjo6
>>627
お前それ、
改 のほうぢゃねえか!


631 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:14:48 ID:2o7eIgQM
>>628
親鸞会は新興宗教ではない
親鸞聖人の教えを正しく伝えているから

632 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:27:08 ID:R8qCpHZI
>>628
親鸞会は新興宗教ではない
親鸞聖人は釈迦の教えのみを正しく伝えられたから

633 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:27:36 ID:/HJbCb0u
>>631
随分前のスレで見たことあるけど、
「金を出した分だけ救いに近づける」って信者からの財施を煽ってるんでしょ?

で、
「いくら金を出すなんてことは関係ない」って趣旨の
歎異抄18章はどうなるの?

634 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:28:41 ID:R8qCpHZI
↓これは間違い

635 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:30:14 ID:/HJbCb0u
631 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:14:48 ID:2o7eIgQM
>>628
親鸞会は新興宗教ではない
親鸞聖人の教えを正しく伝えているから

636 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:32:50 ID:R8qCpHZI
↑これは正しい


637 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:40:49 ID:/HJbCb0u
>>636
そう言いたいなら>>633に答えてください。

638 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:49:00 ID:R8qCpHZI
>>633
> 「金を出した分だけ救いに近づける」って信者からの財施を煽ってるんでしょ?

ソースは?

639 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:55:12 ID:/HJbCb0u
>>638
君は親鸞会でそう教えられてないの?

640 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 00:55:19 ID:YbARaIlk
親鸞会がカルトかどうかは断定するのは難しいが、
親鸞会が新興宗教であると断定するのは簡単だ。
ここ数十年の間にできた宗教組織が新興宗教でなくて何なのだ。
エホバや統一協会だって自称はキリスト教だ、創価もオウムも仏教を名乗ってる。
彼らが自分達は伝統宗教だなどと自称して誰かが認めると思っているのか。

641 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:03:30 ID:6pC3Cjo6
>>639
633は作り話っすか?

642 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:06:51 ID:2o7eIgQM
>>639
教えられていません
>>641
作り話です

643 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:08:51 ID:/HJbCb0u
>>641
大分前のスレだけど、
親鸞会側のレスで
「財施には功徳がある」とか「頑張って金をつぎ込んだ分だけ聞けるのは当たり前」
って趣旨のレスを返してたよ。
他力が宗旨の浄土真宗を名乗っていながら、自力の財施を必死に勧めてた姿勢に
ひどく違和感を覚えたけどね。

644 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:10:07 ID:/HJbCb0u
「アパート暮らししてでも財施しなさい」ってのも言われてるんだっけ?

645 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:11:47 ID:2o7eIgQM
>>643
それと「金出したら救われる」と言うのとの違いが解らないのか

646 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:16:15 ID:/HJbCb0u
>>645
「いくら金を出して、その自力の功徳を頼みとしようとも
それは自力を頼む雑毒の善に過ぎぬ」と、自力を排斥して
他力の救いを専ら頼みとして安心を勧めるのが浄土真宗なんだと思うんだけど。

647 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:20:01 ID:/HJbCb0u
で、親鸞会では
「会のいう通りに財施しなければ救いに近づけない」って教えてるんでしょ?
機関紙からの抜粋レスがあったよね。
「組織の言いなりになることがなければ救われることはない」って趣旨の記事。

648 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 01:48:30 ID:EqoWGHew
貧者の一灯の話から言えるのは、
光に向かって横の線を進む際、
同じ額面でも人が違えば進度が違うということ。

人が同じで、財施の額面に応じて進み具合が変わってくるのは
至極当たり前の事だと思うが如何なものか。


649 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:04:50 ID:Kz9xzC4r
今度は財施か

650 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:09:51 ID:Kz9xzC4r
喜捨ならいいはず

651 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 02:16:20 ID:nNc1kAFM
>>648
それは自力
進むも進まんも自分の力ではない

652 :ぼらさんに疑問:2006/11/10(金) 07:05:00 ID:qk1skNGF
>>543
う〜ん、なんかニセもんのレスと漏れのレス、ゴッチャになっとるよん。

これは失礼しました。偽IDを使っている方、お願いですからやめてください。
こちらは真面目に議論をしているのですから。さて、

■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>439
>「自力聖道の菩提心 こころもことばもおよばれず
> 常没流転の凡愚は いかでか発起せしむべき」

>>543
>自力聖道の菩提心とゆ〜のは、自らの心をたのみ、自らの行業をたのんで、
>仏果に向かって、求道・修道していこうとする決意する心やね。(引用者中略)
>常に没し、迷いの生存を繰り返しとる私どもが、どうして、そのような心を起
>こすことができようか?(否、できまい)とゆ〜とるわけですねん。

ご返答ありがとうございます。しかし、残念ながら「絶対的超越的体験が無い」
ことの根拠にはなりません。これは留保つきの「絶対的超越的体験の無」の根
拠です。つまり、「聖道」ではその体験は我々にできない、ということですね?
すると、私の提示した条件を満たしていないのがお分かりですか?つまり、
「浄土真宗の」体験として無いことの根拠ではありませんので、もう一度根拠の
提出をお願いします。

653 :ぼらさんに疑問:2006/11/10(金) 07:06:32 ID:qk1skNGF
>>582
>経験≠信心ではないと、ここまでは桶?

勿論です。しかし、信心を獲る「経験」があることを全く否定していませんので
そこをよく前提してください。それと、「自力がまじわらぬが三業にあらわれた体験
ってのが具体的にはどうゆったことを指すのやろか」と仰いますが、これを具体的に
述べることは本来的に不可能です。なぜなら「絶対的超越的な」鮮やかな体験があっ
たとして、これをそれ以上具体化しろといわれても、言葉による解釈しかできず、そ
してその言葉の表現は、ある意味対象の完全性(絶対性)を奪うことになるからです。

つまり、「絶対的超越的」体験を具体化せよという要求は原理的に不可能な要求であり
だからこそそれを理由に根拠の提出をしないというのも不合理なことです。

いま一度お尋ねします。

■質問■
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。


654 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 08:04:46 ID:bDi4TXSM
正しい人間観に立脚しなければ、幸福な社会の実現はありえない

655 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 08:05:20 ID:bDi4TXSM
「すべての人間の知識のうちで、最も有用でありながら、最も進んでいないものは、人間に関する知識であるように思われる」(ルソー)


656 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 08:05:56 ID:bDi4TXSM
知るとのみ思いながらに何よりも 知られぬものは己なりけり

657 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:30:20 ID:HT3bMf50
正しい人間観に立脚しなければ、幸福な社会の実現はありえない

658 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:30:58 ID:HT3bMf50
「すべての人間の知識のうちで、最も有用でありながら、最も進んでいない
ものは、人間に関する知識であるように思われる」(ルソー)



659 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:32:09 ID:HT3bMf50
知るとのみ思いながらに何よりも 知られぬものは己なりけり

660 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:40:57 ID:HT3bMf50
正しい人間観に立脚しなければ、幸福な社会の実現はありえない




661 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:41:46 ID:HT3bMf50
「すべての人間の知識のうちで、最も有用でありながら、最も進んでいない
ものは、人間に関する知識であるように思われる」(ルソー)

662 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 09:42:27 ID:HT3bMf50
「歴史の終わり――もちろんそれは、人が生まれ、生活し、死ぬという自然なサイクルの終わりを指すのではない」(フランシス・フクヤマ)


663 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:09:08 ID:HT3bMf50
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで

〜本願寺関係者の批難に答える〜
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人からの偽装メール

5月24日、私宛に以下のメールが届きました。

日付:Wed, 24 May 2006 12:55:29 +0900 (JST)
差出人:" うさぎ"<kit062210a@yahoo.co.jp>
件名:いろいろ思ったこと
宛先:" shinran_kai@infoseek.jp"<shinran_kai@infoseek.jp>

Return-Path: <kit062210a@yahoo.co.jp>
Delivered-To: shinran_kai@infoseek.jp
Received: (qmail 25344 invoked by uid 0); 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: from web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp (203.216.226.122)
by 172.20.1.17 with SMTP; 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: (qmail 96537 invoked by uid 60001); 24 May 2006 03:55:29 -0000
Message-ID: <20060524035529.96535.qmail@web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp>
Received: from [**.***.**.***] by web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp via HTTP; Wed, 24 May 2006 12:55:29 JST



664 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:10:12 ID:HT3bMf50

初めまして。学友部で活動しているものです。
最近、三ヶ月くらいご縁のなかった人が、やめにきました。
近くのファミレスでいろいろ話を聞いたのですが、「なぜやめ
たのかを読んで」を読んで、親鸞会のいっていることって邪教
と一緒だと感じ、信頼できなくなった、とのことでした。
教えが大事だから、関係ないとは話したのですが、私の力が足
りなかったのか、結局止めることはできませんでした。講師の
人は、長いこと活動してなかった人だし、仕方ないと言ってく
れましたが。

ご存知とは思いますが、いま学友部は大変な苦境にあります。
去年までもかなり大変だったのですが、今年は本願寺関係者の
ホームページのおかげで、いろいろな影響が出ています。つい
最近もあるひとが、学生課から本願寺関係者の中傷ページを見
せられたと言っていました。その人はなんとか思いとどまった
のですが。

ただ、こんなことを言っては申し訳ないのですが、「なぜやめ
たを読んで」が無かったらこんなに沢山変なページができるこ
とも無かったのに、と思うときもあります。本当はそんなこと
は無いのでしょうが、いろんな意味で、「読んで」も快く思っ
ていない人は多いです。あのページがあるから、自分たちが原
理とかと一緒にみられるんじゃないかと思ったときもあります
。何しろ、お互いに相手を貶め合っているという感じがします
。みていて、いい感じがしません。

(中略)



665 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 10:11:21 ID:HT3bMf50

お忙しいこととは思いますが、一度学友部の人にいろいろ話を
聞いて、問題点を整理して、提言してもらえればと思っていま
す。私が本当はやらなければならないのだと思いますが、ごめ
んなさいそんな勇気も時間もないです。
勝手なこと言って、本当にすみません。あと、フリーメールの
捨てアドで申し訳ないです。実名で言うだけの勇気がなかった
ので。
--------------------------------------
Yahoo! JAPAN 10th Anniversary Special Feature
--- Enjoy Yahoo! Auction with Yahoo! Mail !! ---



発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より発信されています。
その後の調べにより、これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明致しました。
発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明しているようです。

いかにも女性の学生会員のように装って、このような悪意に満ちたいやがらせをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人。 彼がどのような人間性の持ち主なのか。その一端がお分かりいただけるでしょう。


http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


666 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:03:18 ID:53aRmj7Q
弥陀・観音・大勢至 大願のふねに乗じてぞ
     生死のうみにうかみつつ 有情をよばうてのせたまふ


667 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:04:05 ID:53aRmj7Q
弥陀大悲の誓願を ふかく信ぜんひとはみな
     ねてもさめてもへだてなく 南無阿弥陀仏をとなふべし


668 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:04:57 ID:53aRmj7Q
聖道門のひとはみな 自力の心をむねとして
     他力不思議にいりぬれば 義なきを義とすと信知せり


669 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 11:24:23 ID:q1g95Xma

\(^o^)/すばらしい顕正方法を考えたのです!


670 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 12:56:27 ID:EgjY5ZbP

ID:/HJbCb0u

↑こいつまだ633のソースを出せないの?
なさけないヤツだな

671 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:03:23 ID:6pC3Cjo6
>>670
今、必死で探してる頃だろうから、なまあたたかく見守ってあげよう。

672 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:06:54 ID:6pC3Cjo6
探しててもなかなか見つからないと、逆ギレしてくるだろうけどね。

673 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 13:50:02 ID:p81ptKWw
親鸞会がカルトかどうかは分からないが大学ではカルトと見られていることは確か

674 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 14:38:10 ID:nTiQBvcj
発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より発信されています。
その後の調べにより、これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明致しました。
発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明しているようです。

いかにも女性の学生会員のように装って、このような悪意に満ちたいやがらせをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人。 彼がどのような人間性の持ち主なのか。その一端がお分かりいただけるでしょう。


http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html



675 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 15:48:36 ID:AP6p0XON


親鸞聖人報恩講が、11月4日、5日の両日、親鸞会館で盛大に勤修され、
昨年の落慶法要を上回る延べ2万人の参詣者で、さしもの2000畳の
大講堂が立錐の余地もない満堂となりました。


秋の正本堂の写真を追加しました。



676 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:38:42 ID:Kz9xzC4r
正しい人間観に立脚しなければ、幸福な社会の実現はありえない

677 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:41:41 ID:Kz9xzC4r
「すべての人間の知識のうちで、最も有用でありながら、最も進んでいない
ものは、人間に関する知識であるように思われる」(ルソー)

678 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 16:49:19 ID:Kz9xzC4r
・加害者の会(自称・被害家族の会)についての論考

親鸞会に恨みを持つ一部の人が集まって大義名分を考えた。
一般にカルト宗教対策として「家族会」があったり、拉致被害の「家族会」などが知られている。
これらの、「何か恐ろしいもの」と戦う家族の絆、というイメージを
借りたかったのだ。
さらに「被害」を付け加えることで、被害者意識を共有しようとした。
その結果、あのような奇妙なホームページが出来たのである。
(まず、色使いや文体が奇妙というか不自然で、粗雑な印象を感じたのは
 私だけではないと思う。)

「親鸞会に被害を受けた家族が運営しているホームページ」ということらしいが、
当の事務局は果たして、「被害家族」なのか。

各事務局員のプロフィールはまだ調査していないが、
・ジョー
・ねこにゃ
・枯葉
・おとみ太郎
それぞれ、「被害家族」でなく、単に「元会員」「退会者」のように見える。
また、掲示板に書き込む者たちにも「被害家族」は見当たらない。
(後述する、ただ一人を除いては。)
「元会員」が親鸞会の悪口を書くのが、「被害家族の会」のネット上での主たる活動、
というわけだ。

取ってつけたような「被害家族」という文字に、
誰もが強烈な違和感を覚えずにはいられないであろう。

679 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:02:59 ID:AOQNtU1g

\(^o^)/ 一万人参詣を達成したのです!


680 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 17:33:25 ID:bRGDVu1o

\(^o^)/ 

延べ2万人の参詣者!


681 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:22:34 ID:AMq1//z2

いかにも女性の学生会員のように装って、このような悪意に満ちたいやがら
せをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人。 彼がどのような人間性の
持ち主なのか。その一端がお分かりいただけるでしょう。

http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html





682 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:26:52 ID:MnBQ063d
b−verも、被害家族というよりは、むしろ、子供さんが被害家族、という感じ。
まともに話に付き合ってもらえないのは、子供さんの方としか思えん。
いい加減に、家族の絆を大事にしたらいいのにね。


683 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:28:23 ID:MnBQ063d
そら、会の代表者は、被害家族でなくちゃならん、という大儀があるから、
ねこんやゃやジョ--では、出せんわな。


ちなみに、うさぎもあいつも、頭文字はUだよなぁ。

684 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 18:36:23 ID:AMq1//z2
>>678
ある意味、被害家族の会に洗脳されて被害者意識を増幅させられてるパターンもあるな。

685 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 21:42:32 ID:lfv2jW08
>>675
述べ2万人というのは、二日間の行事の参加延べ人数を言ったもの。
一同に一万人集まった訳ではないし、
参加者も一万人には遠く及んでいない。

まあ、一万人と書きたいけど嘘はかけないので
こう書かざるを得なかったのでしょう。

686 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 21:50:28 ID:lfv2jW08
もっと具体的に言うと、二日目に法話と弁論大会に出た人は、
それだけで延べ人数2と計算される。
確かに大講堂は混雑していたが、
もともとあそこは8000人も入れば大混雑になる。
畳のサイズも小さく、最初から一万人入れるようには出来ていない。

687 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:14:14 ID:WMb7ZT3+
延べ人数って一日ごとの人数を足して求めるものだろう
少なくともいずれかは一万を超えてるってことでしょ

688 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 22:16:29 ID:Jmos6QLO
ID:lfv2jW08は小学生でもわかる計算ができないようだ

689 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:03:18 ID:SwU5xc1s
とにかく煽り文句だけ勇ましいカルト宗教団体ということがわかった

690 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:06:13 ID:D9TmfVpy
>>687
ならばなぜ参詣者1万人ってかけないの?
1万人結集という目標で会員を煽っといて、
目標達成した、という連絡が全くない。
あるのは、延べ人数という訳の分からない数字。

行事ごとの延べ人数という言い方、しっくり来たよ。
そんな事だろうかと思った。

691 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:14:11 ID:Jmos6QLO
>>690
アンチのあなたに連絡が行くわけがない

692 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:23:40 ID:D9TmfVpy
>>691
じゃあ、君には連絡きたの?
僕の知っている会員で、連絡が来た人なんていないよ。

693 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:24:46 ID:D9TmfVpy
親鸞会ってごまかしと嘘の名人ですね。
こんな事しているから信頼を失って行くんだろうな。

694 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:35:35 ID:vCxROR/s
>>692
>僕の知っている会員で、連絡が来た人なんていないよ。

つまり、おまいは会員ではない、と?

695 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:37:34 ID:0KCU8T5b
「なぜやめた」管理人は自作自演の名人ですね。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

696 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:40:28 ID:Jmos6QLO
>>692
アンチのあなたが連絡の取れる会員などいない
いたとしてもそれはろくな会員ではない
よって連絡が行くわけが無い

697 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:52:20 ID:8/X0aB5n
もしもーし 頭だいじょぶですかこのやろう

698 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 23:59:12 ID:vCxROR/s
会員でないところに連絡がくると思っているところが、おめでたい。

699 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:01:39 ID:D9TmfVpy
>>695
こんなの信用している人誰かいるのかなぁ?
>>698
会員に連絡来てないと書いているような気がするが。
で、参詣者数が一万人越した日はあるの?
あるとしたら、一万人参詣達成というアナウンスが無いのはなぜ?

700 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:06:03 ID:BXDWP5kT
割と前の方にいたけど、どう見ても一畳当たりに5人も座ってなかったな
後ろまで一杯だったわけでもないし・・・

701 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:10:03 ID:8KAdoJfT
今からあるんじゃねえの
つか、何でそんなに必死なんだ?

>こんなの信用している人誰かいるのかなぁ?
管理人乙

702 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:11:13 ID:KD4iBxXJ
>>699
のべ2万人なら単純に考えてどちらかの日は1万人超してるという
意味のアナウンスになるのでは?
会内の目標なんだから対外的に「達成」などと発表するわけないし

>>700
本当に参詣してた?
何度も会場整理されてたでしょ?

703 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:28:20 ID:4ntTqn8G
>>699
ある会員のところにも、その京都の会社からいやがらせのメールがきていたらしい。
「多数の偽装メール」って、そのことかな?

704 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:32:18 ID:jBvOGhiO
シンパ会員必死ですね ああ仕事か

705 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 00:40:08 ID:3PaEzMHN
>>702
1日約1万人参詣したってことが正本堂建てた意義があったってことだろ。

706 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/11/11(土) 00:49:21 ID:6Rijf3Za
 親鸞会は退会した方がいい。僕はそう薦める。しかし、本願寺は、親鸞会と同根のインチキ宗教
だと言うことも、退会をしようと思っている人に分かって欲しい。
 親鸞会が間違っていれば本願寺は正しい、親鸞会が正しければ本願寺は間違っている、という図
式は、机上の空論だ。

>>518 は、本願寺の坊さんだろう。

>おいおい。思い込みもいい加減にした方がいいぞ。

 思い込みは僕に向けた忠告だそうだ。正法は何だと聞けば、「正法は念仏三昧これ真宗」と答え
てくる。>>507

 >>477では、自分から「禅律いかんぞこれ正法ならん。念仏三昧これ真宗なり。」と書いてい
る。教行信証にはそう書いてあることは518は百も承知だ。それでいて、>>507に来ると「正法は念
仏三昧これ真宗」と意味不明の概念でぐらつき、「思い込みもいい加減にしろ」と毒づいてくる。

 阿呆は相手にしたくないものだ。このレスを見ていると、親鸞会の対抗馬として本願寺を使おう
としているアンチは少なくないようだが、アンチもシンパも、自分の頭で考えようとしないと、い
つまでたっても泥沼から出られない。そのことは阿呆の>>518から理解して欲しい。

707 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:06:21 ID:rvTCOapU
>>670
>>648が言ってくれてるじゃん。
金を出した分に応じてしか救いに近づけんと。
で、その教義からすると、
「施物の多寡を問うてはならない」として
専ら他力を頼むことを勧めた歎異抄18章の趣旨は通らない。

708 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:23:53 ID:rViVq1qz
>>706
阿呆の渡海難はこのスレに来ないでくれる?
すごく迷惑だから。

709 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:07:35 ID:mSqRjmbP
カルトアンチはよっぽど悔しいのか一万人集まったことを認めないな。

710 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:12:00 ID:JA4OS2ZA
>>708
渡海難は阿呆というより、馬鹿、池沼、DQN、うんこ、電波

_
\\
  \\       渡海難逝ってよし
   \\
     \\
      \\                    Λ_Λ
        \ 〆> Λ_Λ           (  ゚ Д゚)うぼぁーー
        ∠/⊂(∀`  )       ___;:・  ̄ ̄
            ヽ(     )ゝ   (     )
             (_\ \    | | |
                (__)  (__)_)


711 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 02:33:27 ID:HINVvk2u
ところで本願寺の本部での報恩講っていつあるのだろうか?
例年、何人ぐらい参詣するのだろうか?
それでどんな話が聞けるのだろうか?


712 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:41:19 ID:vLwBYNaF
学生のとき活動していた人で
卒業を機に止める人って結構いるのかな?

713 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 04:51:06 ID:SYA/b9pl
>>712
それは通のあいだで一番流行ってるやめ方だよ

714 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 06:14:46 ID:IZieilBY
>>700
2畳に10人座るようにアナウンスがあったけど、
どう見てもせいぜい7〜8人。
会場整理は不必要なくらい多かったし、演出では?
2000畳と言っても、通路もあるし、後ろは椅子席。
すわれる所は1800畳くらいだろう。
それでどうやって1万人収容出来るというのだろうか?

>会内の目標なんだから対外的に「達成」などと発表するわけないし

対内的にも「達成」という発表は無いよ。
君は聞いた?

715 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 08:30:52 ID:muUo+4YK
支部長に一万人達成したのか聞いたら、
わからんって言われたよ。
ホームページの2万人ってなに?

716 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 08:54:22 ID:JJVjO/3X
>ホームページの2万人ってなに?

戦争好き親鸞会の大本営発表

717 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 09:31:30 ID:v4pWpZyy


707 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 01:06:21 ID:rvTCOapU
>>670
>>648が言ってくれてるじゃん。
金を出した分に応じてしか救いに近づけんと。
で、その教義からすると、
「施物の多寡を問うてはならない」として
専ら他力を頼むことを勧めた歎異抄18章の趣旨は通らない。

  ↑ ID:/HJbCb0u

718 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 09:54:11 ID:5FgSAllL
親鸞会工作員は自作自演の名人ですね。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


719 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 09:59:53 ID:BXLTHPdH
>>713

それこそ何のための大学4年間だったのか、ですね

720 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 10:07:35 ID:5FgSAllL
>>729

いや、意味はあると思うよ。
貴重なカルト宗教体験をしたこと。
自分のバカさ加減がわかること。
二度とカルトにはまらなくなること。

ま、高い授業料払ったと思うこったなw


721 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 10:26:23 ID:qhZgccOd
>>720
誰に言ってるの?w

722 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 11:04:08 ID:55nV7ZCt

ところで本願寺の本部での報恩講っていつあるのだろうか?

例年、何人ぐらい参詣するのだろうか?

それでどんな話が聞けるのだろうか?


723 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:08:26 ID:fnarZwlK

おまえ、明らかにきくところまちがってるだろwww

724 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:21:39 ID:ozJMZfv5

ところで本願寺の本部での報恩講っていつあるのだろうか?

例年、何人ぐらい参詣するのだろうか?

それでどんな話が聞けるのだろうか?





725 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:41:48 ID:ozJMZfv5
「報恩講」とは、宗祖親鸞聖人のみ教えに遇(あ)い、聖人の御恩を感じて
生活する人びとが、年に一度その御恩に報(むく)いずにはおれない気持ち
を持って集う報謝の集いです。ですから親鸞聖人の御命日、十一月二十八日
を中心にして本山をはじめ地方の別院や各寺院で勤められるのです。
戦後は各家庭では勤めない人が多いようですが、現在でも熱心な地方やお家
では住職さんを招き家庭報恩講が厳重に勤められています。
真宗門徒にとっては、報恩講は一年間の総決算であると同時に、新しい年に
向けての年度はじめという、いわば精神的な意味でのお正月に当(あた)る
とさえ言われ、年中行事の中で一番大切な仏事として今日まで伝えられてき
ています。
親鸞聖人の教えによって「生まれた意義と生きる喜び」を見出し、この人生
が空しく過ぎない真の喜びを知らされ、日々の生活にほんとうの意味での張
り合いを感じて生きる人びとにとって、勤めずにはおれない報謝の集いを持
つことは当然のことでありましょう。
言い換えれば、この人生に「報恩」の生活を見出し、報恩の生涯を尽くして
生きる身となった人を真宗門徒と言うのであります。
蓮如聖人は、年に一度の報恩講は言うまでもなく、毎月二十八日には門法の
集いを開かれました。その御文(おふみ)に「二十八日は鸞聖人の御明日(命日)
として、必ず報恩謝徳の志をはこばざる人すくなし」と言われ、命日をあえて
「明日」とされたのも、「いのちを明らかにする日」と受けとられたからであ
りましょう。
親鸞聖人の御命日を縁として、あらためて教えを聞かせていただき、今生きて
いることの尊さを明らかにする。このことが親鸞聖人のご本意に応(かな)う
ことであり、同時に私自身の本当の喜びでもあります。
日ごろ忙しく駆けずり回っている私たちです。平常お寺にご無沙汰の人も、
せめて年に一度の報恩講には親鸞聖人と真向いになって、「何のために生き
ているのか」自身の生き様を問いつつ、じっくりと聖人の教えに耳を傾け、
悔いなき人生を見出して生きたいものです。そして、子や孫や友人たちにま
で大切な真実教(真宗)を伝えていこうではありませんか。

(本多惠/教化センター通信 No.64)

726 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:50:25 ID:Fxo0xME5
2万人って数字、
結局なぞのままですね。

727 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:50:44 ID:3PaEzMHN
お料理倶楽部
http://cooking.hoyu.net/
ここで紹介するのは一流の料理人でも知らない、世界一おいしい竹の子の調理法です。
世界一おいしい? 大げさな・・・と思っておられる方もあるでしょうが、
これは決して過言ではありません!
ぜひ一度試してみてください。

親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://live.usj.to/revoir/
Revoir(ルボワール)とは仏語で「再会」の意。
ここは学生時代に、共に親鸞会で仏法を学び、卒業して社会人として活躍する会員の、現場の声を集めたものです。

728 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:51:35 ID:3PaEzMHN
http://shinrankai.9jp.net/
続なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで
http://shinrankai.hopto.org/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで プラス
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで レッスン


729 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 12:52:23 ID:3PaEzMHN
http://shinshu.fubuki.info/
浄土真宗を憂う

生きる意味が強く問われ、親鸞聖人の教えが広く求められている一方で、日本各地の浄土真宗寺院が無住寺、廃寺と化し、消滅しつつある。
NHKの特集番組「寺が消える」で、実体のない寺院が多く存在することが報道されてから20年。
この衝撃的な事実は、その後さらに悪化の一途をたどっている。


730 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:35:19 ID:WVp8N2Zu
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔



731 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:36:39 ID:WVp8N2Zu









       ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ
    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   2ちゃんねるは見るのも書き込むのも
     i:::::(ノDole|つ旦~    時   間   の   無   駄
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U




732 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 13:37:50 ID:WVp8N2Zu



                 .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
                .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
               i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
                |       / ゙゙ミ| ,r′                   }
               {       /    .ミノ′                  〕
               |       /       :、_ リ                  .}
              |       /    、   ゙ミ}                  :ト
              |      / ''¨.  :!.,   リ                   ノ
              〔     /,,,_,:   i゙「   }                   .,l゙
              l!    / .    /     ]                  '゙ミ
              |    | _゙ ミ/;´.‐    .]                   ミ,
              |    |′  ̄/       〔                    ミ
              }    }ー''"   ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔





733 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 15:12:15 ID:in5CWWgC
なんか、ニセもんが沸いとんねw
ま、工作員?が改変した部分を分析すれば、彼らの浄土真宗の教義
が、こうあってほしいっちゅ〜願望、こうでなきゃいかんっちゅ〜
信念を読み取れるのでは?ま、あんましひどいようやったら、
トリップつけよかなと思ってまつ。で、レス番忘れたが、
>>疑問さんへ
自力=はからいとゆ〜のはええかな?で、はからいとゆ〜のは
何をはからうのか?仏智をはからうとゆ〜てもええし、
誓願をはからうとゆ〜てもええ。とにかく、「必ずお前をたすける」と
誓われ、その修行の成果すべてを、凡夫たる私に回向してくださっている。
その法を疑い、はからうから、いつまでも迷いの生存から
抜け出せないと。ある条件を設けて、こうならねば救われない。
こうせな救われない。そんな悠長なことゆ〜てられる存在ではない
不定の私であるからこそ、阿弥陀如来は、諸仏にすぐれた別願を
建てられたわけや。これでは往生でけへんのやないかと疑うのも、
はからい。これで間違いないと自己の過去の経験をもとに判断するのも、
また、はからい。あなたのゆ〜とる、なんやかよ〜わからへん経験
ってのも、他力信心の上、聞其名号の法義の上からゆえば、
無意味・無価値なものと化す。
弥陀をたのみとして死ぬるまで生きるのであって、自信をたのみとして
死ぬるまで生きるのではないからでつ。
特殊な経験など、アドレナリンかドーパミンか、脳内麻薬物質が
働けば、いくらでも起こる罠。キノコとかLSDの世界の話であって、
真宗とは関係ない。
(^-^)/~またねん♪

734 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 15:37:41 ID:in5CWWgC
>>724
お西は、一月九日午後逮夜法要〜十六日午前日中法要まで。
地方の別院や、一般寺院は本山のお待ち受けとゆ〜形で、
それに先立っておっとめされとるとこがほとんどやね。
十五日の夜からは、翌朝のおっとめまで、夜通し、通夜説教がある。
最近は、結構、布教使さんへのチェックが厳しくなっとると
ゆ〜から、ええお話聞けるんとちゃうかな?マイナーやけど、
改悔批判(がいけひはん)とゆ〜お座はええね。領解文を
安心・師徳・報謝・法度にわけてお話される。寒い御堂で、
身が引き締まる思いがする。
(^-^)/~ホナ♪

735 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 16:24:26 ID:bJIQCl+b
なんか、ニセもんが沸いとんねw
ま、工作員?が改変した部分を分析すれば、彼らの浄土真宗の教義
が、こうあってほしいっちゅ〜願望、こうでなきゃいかんっちゅ〜
信念を読み取れるのでは?ま、あんましひどいようやったら、
親鸞聖人のお言葉をあげてトリップつけよかなと思ってまつ。
で、レス番忘れたが、
>>疑問さんへ
自力=はからいとゆ〜のはええかな?で、はからいとゆ〜のは
何をはからうのか?仏智をはからうとゆ〜てもええし、
誓願をはからうとゆ〜てもええ。とにかく、「必ずお前をたすける」と
誓われ、その修行の成果すべてを、凡夫たる私に回向してくださっている。
その法を疑い、はからうから、いつまでも迷いの生存から
抜け出せないと。ある条件を設けて、こうならねば救われない。
こうせな救われない。そんな悠長なことゆ〜てられる存在ではない
不定の私であるからこそ、阿弥陀如来は、諸仏にすぐれた別願を
建てられたわけや。これでは往生でけへんのやないかと疑うのも、
はからい。これで間違いないと自己の過去の経験をもとに判断するのも、
また、はからい。あなたのゆ〜とる、なんやかよ〜わからへん経験
ってのも、他力信心の上、聞其名号の法義の上からゆえば、
無意味・無価値なものと化す。
弥陀をたのみとして死ぬるまで生きるのであって、自信をたのみとして
死ぬるまで生きるのではないからでつ。
「本尊・聖教は、衆生利益の方便なれば」とあるように救われてしまえば
自身の往生にはかかわりないものではあるが自信教人信からいえば三業と
関わりない信心をどう言い表すかに善知識方はご苦労されたわけやねん。
(^-^)/ ̄またねん♪

736 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 16:43:55 ID:bJIQCl+b
>>724
お西は、一月九日午後逮夜法要〜十六日午前日中法要まで。
地方の別院や、一般寺院は本山のお待ち受けとゆ〜形で、
それに先立っておっとめされとるとこがほとんどやね。
十五日の夜からは、翌朝のおっとめまで、夜通し、通夜説教がある。
最近は、結構、布教使さんへのチェックが厳しくなっとると
ゆ〜から、ええお話聞けるんとちゃうかな?マイナーやけど、
改悔批判(がいけひはん)とゆ〜お座はええね。領解文を
安心・師徳・報謝・法度にわけてお話される。寒い御堂で、
身を引き締めて聞かんと。
内容は改悔批判で深川倫雄和上の話をググってみればだいたい
わかるはず。後生の一大事とか一念の話はせんことになっとるから
水際はたたん話やよ。
(^-^)/ ̄ホナ♪


737 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:48:25 ID:IJKzkQHb
2日間 の合計が2万人ということでしょう 一日 約 一万人



738 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:49:12 ID:HwW7/oks
ぼらって何人もいるの?

739 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 16:58:59 ID:HwW7/oks
>>737
そのとおり
そんな簡単なことすらアンチは認めたがらないから困る

740 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 17:05:15 ID:frJLXwnE
なんか、ニセもんが沸いとんねw
ま、工作員?が改変した部分を分析すれば、彼らの浄土真宗の教義
が、こうあってほしいっちゅ〜願望、こうでなきゃいかんっちゅ〜
信念を読み取れるのでは?ま、あんましひどいようやったら、
トリップつけよかなと思ってまつ。で、レス番忘れたが、
>>疑問さんへ
自力=はからいとゆ〜のはええかな?で、はからいとゆ〜のは
何をはからうのか?仏智をはからうとゆ〜てもええし、
誓願をはからうとゆ〜てもええ。とにかく、「必ずお前をたすける」と
誓われ、その修行の成果すべてを、凡夫たる私に回向してくださっている。
その法を疑い、はからうから、いつまでも迷いの生存から
抜け出せないと。ある条件を設けて、こうならねば救われない。
こうせな救われない。そんな悠長なことゆ〜てられる存在ではない
不定の私であるからこそ、阿弥陀如来は、諸仏にすぐれた別願を
建てられたわけや。これでは往生でけへんのやないかと疑うのも、
はからい。これで間違いないと自己の過去の経験をもとに判断するのも、
また、はからい。あなたのゆ〜とる、なんやかよ〜わからへん経験
ってのも、他力信心の上、聞其名号の法義の上からゆえば、
無意味・無価値なものと化す。
弥陀をたのみとして死ぬるまで生きるのであって、自信をたのみとして
死ぬるまで生きるのではないからでつ。
特殊な経験など、アドレナリンかドーパミンか、脳内麻薬物質が
働けば、いくらでも起こる罠。キノコとかLSDの世界の話であって、
真宗とは関係ない。
(^-^)/~またねん♪


741 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:05:32 ID:4KQmg1uU
2万人×5000円=1億円
熱狂的T森ファン1000人×10万円=1億円
この収入はT森一族にいく?
他には昼の弁当を納める業者からのKBがたまらんのや。

742 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 17:06:28 ID:frJLXwnE
>>724
お西は、一月九日午後逮夜法要〜十六日午前日中法要まで。
地方の別院や、一般寺院は本山のお待ち受けとゆ〜形で、
それに先立っておっとめされとるとこがほとんどやね。
十五日の夜からは、翌朝のおっとめまで、夜通し、通夜説教がある。
最近は、結構、布教使さんへのチェックが厳しくなっとると
ゆ〜から、ええお話聞けるんとちゃうかな?マイナーやけど、
改悔批判(がいけひはん)とゆ〜お座はええね。領解文を
安心・師徳・報謝・法度にわけてお話される。寒い御堂で、
身が引き締まる思いがする。
(^-^)/~ホナ♪


743 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 17:25:31 ID:a8L+9nmV
なんか、ニセもんが沸いとんねw
ま、工作員?が改変した部分を分析すれば、彼らの浄土真宗の教義
が、こうあってほしいっちゅ〜願望、こうでなきゃいかんっちゅ〜
信念を読み取れるのでは?ま、あんましひどいようやったら、
親鸞聖人のお言葉をあげてトリップつけよかなと思ってまつ。
で、レス番忘れたが、
>>疑問さんへ
自力=はからいとゆ〜のはええかな?で、はからいとゆ〜のは
何をはからうのか?仏智をはからうとゆ〜てもええし、
誓願をはからうとゆ〜てもええ。とにかく、「必ずお前をたすける」と
誓われ、その修行の成果すべてを、凡夫たる私に回向してくださっている。
その法を疑い、はからうから、いつまでも迷いの生存から
抜け出せないと。ある条件を設けて、こうならねば救われない。
こうせな救われない。そんな悠長なことゆ〜てられる存在ではない
不定の私であるからこそ、阿弥陀如来は、諸仏にすぐれた別願を
建てられたわけや。これでは往生でけへんのやないかと疑うのも、
はからい。これで間違いないと自己の過去の経験をもとに判断するのも、
また、はからい。あなたのゆ〜とる、なんやかよ〜わからへん経験
ってのも、他力信心の上、聞其名号の法義の上からゆえば、
無意味・無価値なものと化す。
弥陀をたのみとして死ぬるまで生きるのであって、自信をたのみとして
死ぬるまで生きるのではないからでつ。
「本尊・聖教は、衆生利益の方便なれば」とあるように救われてしまえば
自身の往生にはかかわりないものではあるが自信教人信からいえば三業と
関わりない信心をどう言い表すかに善知識方はご苦労されたわけやねん。
(^-^)/ ̄またねん♪


744 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 17:26:21 ID:a8L+9nmV
>>724
お西は、一月九日午後逮夜法要〜十六日午前日中法要まで。
地方の別院や、一般寺院は本山のお待ち受けとゆ〜形で、
それに先立っておっとめされとるとこがほとんどやね。
十五日の夜からは、翌朝のおっとめまで、夜通し、通夜説教がある。
最近は、結構、布教使さんへのチェックが厳しくなっとると
ゆ〜から、ええお話聞けるんとちゃうかな?マイナーやけど、
改悔批判(がいけひはん)とゆ〜お座はええね。領解文を
安心・師徳・報謝・法度にわけてお話される。寒い御堂で、
身を引き締めて聞かんと。
内容は改悔批判で深川倫雄和上の話をググってみればだいたい
わかるはず。後生の一大事とか一念の話はせんことになっとるから
水際はたたん話やよ。
(^-^)/ ̄ホナ♪


745 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 17:58:04 ID:chmFs6Zl
ボラさんへ、本日中にトリップをつけることをお勧めします。

746 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 18:31:44 ID:E3vl9+oK
>>745
ホンマそうするわ。
そやけどトリップ言うてもオネーチャン達がが裸で踊るところとはちゃうやろ?
え?それは草履?
あんさんそれはスリッパですやんスリッパ!
誰もいまスリッパの話なんてしてへんやん。
(^-^)/ ̄ホナ♪


747 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 18:35:49 ID:E3vl9+oK
★「真宗教団連合」(http://www.shin.gr.jp/main.html)に加盟している宗派

 浄土真宗本願寺派 http://www.hongwanji.or.jp/
  門主・大谷光真  本願寺(通称・西本願寺)
 真宗大谷派 http://www.tomo-net.or.jp/
  門首・大谷暢顯  真宗本廟(旧通称・東本願寺)
 真宗高田派 http://www.senjuji.or.jp/
  法主・常磐井鸞猷  専修寺
 真宗佛光寺派 http://www.bukkoji.or.jp/
  門主・澁谷曉眞  佛光寺
 真宗興正派 http://www.koshoji.or.jp/
  門主・華園眞暢  興正寺
 真宗木辺派 http://www.cable-net.ne.jp/user/kinshokuji/ 第2公式 http://www.sinran.org/
  門主・木邊圓慈  錦織寺
  ※第2公式サイトは成立経緯に不明瞭なところがある点をお含みおきください。
   詳しくは木辺派のスレを参照してください。
 真宗出雲路派 http://www2.ttn.ne.jp/~izumoji-ha/
  管長・藤光永  毫摂寺
 真宗誠照寺派 http://www.jyosyoji.jp/
  法主・二條秀瑞  誠照寺
 真宗三門徒派 HPなし
  門主・平光顕  専照寺
 真宗山元派 HPなし
  法主・藤原光教  證誠寺

 (真宗大谷派・東本願寺総合スレッド 二 http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1092227806/4
  をもとに 調声人 ◆DlIN3YzWlI が編集

748 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 18:39:36 ID:E3vl9+oK
■11月13日、龍谷大学瀬田学舎で講演会
 龍谷大学アフラシア平和開発研究センターでは11月13日、
滋賀県大津市瀬田大江町横谷1−5・同大学瀬田学舎REC小ホールで講演会を開催。
コーネル大学名誉教授のベネディクト・アンダーソン氏が「有用な遺制か無用な遺物か? 
現代における君主制という不思議な存在」と題して君主制を論じる。

 参加無料。要申し込み。
問い合わせは同センター【TEL】077(544)7173。


749 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:33:45 ID:IZieilBY
>>739
それにしてはなんで会員に何の発表も無いんだろうね。
「一万人達成!」って、言えばいいのに、言えないんだね。

750 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:45:41 ID:BUC/JxxL

       ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ
    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   2ちゃんねるを見るのも書き込むのも
     i:::::(ノDole|つ旦~    人   生   の   目   的
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U

751 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:48:45 ID:3PaEzMHN
>>749
なんで発表しないといけないんだ?

752 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 21:58:14 ID:8jgbwkNX
>>751
んなことわざわざ発表するような事かよ?
人が1万人集まることぐらい、別にめずらしい事でもなんでもねーよ。


753 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:05:42 ID:IZieilBY
>>752
珍しい事じゃないのに、1万人1万人と連呼して無理矢理人集めしてたじゃん。

754 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:11:24 ID:JEkSdLQB
人間の悪性には、学問も教養、修養も歯が立たないのです。

755 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:12:06 ID:JEkSdLQB
ウソつきに与えられる刑罰は、彼が人から信じられないということではない。むしろ彼が誰をも信じられないということである。(バーナード・ショー)


756 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:12:51 ID:JEkSdLQB
”泣くも笑うもウソの世の中”

757 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:17:56 ID:2ru4i5lv
”ミソとクソを一緒にする”


758 :秋鯔〜☆彡:2006/11/11(土) 23:27:59 ID:in5CWWgC
>>745
う〜ん、いちいち、彼の子供じみた思惑に対応すべきなんやろか?
読みにくい鴨やけど、しばらくIDとカキコ内容で判断してや〜♪
>>746
ネット社会が生んだのか、君自身が作り出したのか、今の君は、
宗教云々ゆう前に人間として、ど〜なんよ?
( -_-)寝


759 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:39:31 ID:0GHs1ydv
先週の報恩講の正確な参詣者数は明日の教学講義の時に各支部長に報告されるだろうからそれでハッキリするんじゃないかな?
講義の中でも先生がその件でなにか話しされるかも知れないし。

760 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 23:49:18 ID:4ntTqn8G
誰も釣られないね。

761 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:14:51 ID:CMQBj9rR
>>758
本願寺の本部での報恩講は例年、何人ぐらい参詣されますか?
延べ人数ではなく、一同に聴聞するのは何人ぐらいが最高でしたか?
また、大学生は何人ぐらいいますか?

762 :ぼらさんに疑問:2006/11/12(日) 00:29:07 ID:1htLym75
■質問■ (私がしたものです)
「自力がまじわらぬが三業に現れた」現象を「体験」と呼んだとして、絶対的
超越的「体験」が、浄土真宗の「体験」ではないことの、解釈の余地を容れな
い根拠を提出してください。根拠の提出は、親鸞の言葉でお願いしたいと思います。

■返答■(byぼらさん)>>733
>あなたのゆ〜とる、なんやかよ〜わからへん経験ってのも、他力信心の上、
>聞其名号の法義の上からゆえば、無意味・無価値なものと化す。

親鸞の根拠が見つからなかったということでよろしいでしょうか?


763 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:33:13 ID:1uSNLdLe
アンチ=朝鮮人

764 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:37:53 ID:5aha15/4
アンチも大人しくなったね
一万人参詣しちゃったからおぢけずいたか

765 :ぼらさんに疑問:2006/11/12(日) 00:39:44 ID:1htLym75
■■■■■■■■■■■■■■■
 みなさん、ご注目ください
■■■■■■■■■■■■■■■

長期にわたって論争を続けてきた私とぼらさんとの議論は、いよいよ重大な
局面にさしかかっています。どうぞ議論の顛末を、最後までお見届け下さい。



766 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:48:11 ID:w/IOCD2Y
>>765
横からすいません。
疑問さんが頼みとしてる「体験」って、どういう体験があったんですか?

767 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 00:57:56 ID:sOL54yeR
>>765
門外漢でも分かるように
今までの要点を頼む。

768 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:09:21 ID:w/IOCD2Y
貪瞋邪偽、奸詐百端にして、悪性侵(や)め難し、事蛇蝎に同じ。
三業を起すと雖も、名けて「雑毒之善」と為す、亦「虚仮之行」と名づく、「真実の業」と名けざるなり。
若し此の如きの安心・起行を作す者は、縦令(たとい)身心を苦勵(くれい)して、日夜十二時、
急に走(もと)め、急に作して頭燃を灸(はら)うが如くする者も、衆て「雑毒之善」と名く。
この雑毒之行を回して、彼の仏の浄土に求生せんと欲する者は、此れ必ず不可なり。
(教行信証・信巻、散善義よりの引用文)

超越的だろうと「その人にとって絶対」と思われるようなものだろうと、
三業の体験に現れた事象を頼みとするのは、浄土真宗の教えと異なるような。
体験的事象を以って証とするのは、
むしろ真言密教とかチベット仏教みたいな神秘体験主義に近いと思われ。

769 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:25:31 ID:Y+0TB2CY
>>768
超越的な体験を信心決定の証拠であると考えれば間違いだけど、
”彼”はそういう意見なの?

一念覚知の三業派の人がいたけど、彼の主張が
「一念覚知はある」か「一念覚知が信心決定の証拠である」
なのかを掴みかねているんだけど

もっとも後者であるようなのは、時剋の極促についてのこだわりで想像できるけど

770 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:34:10 ID:w/IOCD2Y
>>769
前者でも後者でも
「我が心に覚知されたこと(体験的事象)に依らず、専ら他力を頼む」
というのが浄土真宗で説かれる「信心」ではないだろうか。

771 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:38:19 ID:aPf1d4hp
>>764
だからさ〜1万人なんて原理だろうが層化だろうが幸福だろうが
余裕で集めるだろ?
そんなことを自慢しても嘘つき勧誘等の反社会的行為は
冤罪にならないんだよ。
そういえば週刊のエコノミストにダミサによる新興宗教の
記事が批判的に載ってたよ。

772 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:44:13 ID:Y+0TB2CY
>>770
多くの宗教に伝えられるような、急激な回心体験の覚知は真宗にあるかないかという問題と、
急激な回心体験を通過しなければ真宗の信心を獲たことにならないという問題はちょっと違う。

前者は宗学の時剋の極促の解釈が争点になるだろうし、
後者の方は自力と他力の信の分別が争点になるのでは?

「往生の心行を獲得する時節の延促について乃至一念といふなり、知るべし」(略讃)
「促」は疾きこころなるものあり(尊号真像銘文)

上が延促対、下が奢促対の出拠

773 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:51:22 ID:0lH9DkQ8
>>758
ここは、その子供じみた思惑も大勢で大声でわめけば通ってしまうことがある場所です。
これ以上荒らしがでしゃばるのを防ぐためにも、是非お願いします。

774 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:54:52 ID:w/IOCD2Y
>>772
うーん。眠いのでちょっと考えつつ今夜は失礼します。

ついでにあまり話題と関係ないけどちょっと雑感。
浄土仏教というと
「原始仏教文献に浄土思想はない」とか言われたりするけど、
親鸞の提示した自力・他力のことって、
教説の構造としては、言語表現を以って言語思考の依拠ならざることを示す竜樹や
唯識説を立てたうえでそれら一切を迷いと断じる世親といった初期大乗、
延いては原始仏教でいう「五ウン非我」説とかと
実はものすごく密接に繋がってるような気がする今日この頃。おやすみー

775 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 01:59:29 ID:Y+0TB2CY
引き直し
(機に奢促あり、「奢」はおそきこころなるものあり、「促」は疾きこころなるものあり。)(略讃)

親鸞聖人は「促」を
「延促」「延びる」の対立語としての縮まりという意味と
「奢促」「おそき」に対する「疾き」で速い、という二種類で使われている
極の釈名は極まりとか極限だね

親鸞聖人の「時剋の極促」の「促」の解釈はこれだから、極促は縮まりきった極限か
速さの極限と解釈される。

三業派での「極促」の解釈は出ていないと思うけどどんなものだろう?

776 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 02:06:01 ID:Y+0TB2CY
いけねえ
略讃って…(苦笑)
略典ね

777 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 09:14:12 ID:WWUZg/ld
>>775

>三業派での「極促」の解釈は出ていないと思うけどどんなものだろう?

同じだよ↓↓
親鸞聖人の「時剋の極促」の「促」の解釈はこれだから、極促は縮まりきった極限か
速さの極限と解釈される。


778 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:20:59 ID:vfUoYnx1
釈迦の教法ましませど 修すべき有情のなきゆゑに
     さとりうるもの末法に 一人もあらじとときたまふ


779 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:22:28 ID:vfUoYnx1
三朝浄土の大師等 哀愍摂受したまひて
     真実信心すすめしめ 定聚のくらゐにいれしめよ


780 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:23:24 ID:vfUoYnx1
他力の信心うるひとを うやまひおほきによろこべば
     すなはちわが親友ぞと 教主世尊はほめたまふ


781 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 10:30:16 ID:WdJem5Pp
>>764
だからぁ、一万人も参詣してないって。
あなた方は騙されているだけ。あまりに哀れだから教えてやってんの。
冷静に考えてみな?大人なんだから。
あの講堂に果たして一万人はいるかどうか。

782 :ぽらさんに疑問:2006/11/12(日) 10:48:35 ID:/7gRrKn6
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 みなさん、ご注目ください
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

長期にわたって論争を続けてきた私とぽらさんとの議論は、いよいよ重大な
局面にさしかかっています。どうぞ議論の顛末を、最後までお見届け下さい。



783 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:00:12 ID:0lH9DkQ8
>>782
ようやく一方的な勝利宣言ができそうだとふんだわけですか。
自分は抽象的なことしか言わないでおいて、
相手が具体的なことを言えないから勝ったと言い張るんですね。


784 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:25:18 ID:IbaaYtM6
貪瞋邪偽、奸詐百端にして、悪性侵(や)め難し、事蛇蝎に同じ。
三業を起すと雖も、名けて「雑毒之善」と為す、亦「虚仮之行」と名づく、
「真実の業」と名けざるなり。
若し此の如きの安心・起行を作す者は、縦令(たとい)身心を苦勵(くれい)
して、日夜十二時、
急に走(もと)め、急に作して頭燃を灸(はら)うが如くする者も、衆て
「雑毒之善」と名く。
この雑毒之行を回して、彼の仏の浄土に求生せんと欲する者は、此れ必ず
不可なり。
(教行信証・信巻、散善義よりの引用文)

超越的だろうと「その人にとって絶対」と思われるようなものだろうと、
三業の体験に現れた事象を頼みとするのは、浄土真宗の教えと異なるような。
体験的事象を以って証とするのは、
むしろ真言密教とかチベット仏教みたいな神秘体験主義に近いと思われ。


785 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 11:35:52 ID:IbaaYtM6
(散善義)また云わく、「何等為三」より下「必生彼国」に至るまで已来は、
正しく三心を弁定してもって正因とすることを明かす。すなわちそれ二つあ
り。一つには、世尊機に随いて益を顕すこと、意密にして知り難し、仏自ら問い
て自ら徴したまうにあらずは、解を得るに由なきを明かす。二つには、如来還り
て自ら前の三心の数を答えたまうことを明かす。『経』に云わく、「一者至誠心」。
「至」は真なり。「誠」は実なり。一切衆生の身・口・意業の所修の解行、必ず
真実心の中に作したまえるを須いることを明かさんと欲う。外に賢善精進の相を
現ずることを得ざれ、中に虚仮を懐いて、貪瞋邪偽、奸詐百端にして、悪性侵め
難し、事、蛇蝎に同じ。三業を起こすといえども、名づけて「雑毒の善」とす、
また「虚仮の行」と名づく、「真実の業」と名づけざるなり。もしかくのごとき
安心・起行を作すは、たとい身心を苦励して、日夜十二時、急に走め急に作して
頭燃を灸うがごとくするもの、すべて「雑毒の善」と名づく。この雑毒の行を回
して、かの仏の浄土に求生せんと欲するは、これ必ず不可なり。何をもってのゆ
えに、正しくかの阿弥陀仏、因中に菩薩の行を行じたまいし時、乃至一念一刹那
も、三業の所修みなこれ真実心の中に作したまいしに由ってなり、と。おおよそ
施したまうところ趣求をなす、またみな真実なり。また真実に二種あり。一つに
は自利真実、二つには利他真実なり。乃至 不善の三業は、必ず真実心の中に捨
てたまえるを須いよ。またもし善の三業を起こさば、必ず真実心の中に作したま
いしを須いて、内外・明闇を簡ばず、みな真実を須いるがゆえに、「至誠心」と
名づく。「二者深心」。「深心」と言うは、すなわちこれ深信の心なり。また二
種あり。一つには決定して深く、「自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫より已
来、常に没し常に流転して、出離の縁あることなし」と信ず。二つには決定して
深く、「かの阿弥陀仏の四十八願は衆生を摂受して、疑いなく慮りなくかの願力
に乗じて、定んで往生を得」と信ず。

786 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 12:56:13 ID:GJdaagaV
教学講義で本部に来ています。
今日はいつもより受講者は多め。5000人来てるんじゃないかな?
報恩講参詣者の人数発表もありました。
1日目が約10500人。
2日目がご法話に約8300人。弁論大会に約5300人だそうです。
延べ2万達成はやはりすごいですね。


787 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 13:17:26 ID:M4xFdZCN
>>777
そこは本願寺派とかわらんわけね

それで
信心決定者には一念を覚知しなかった人もいるが、する人もいる、といいたいのか
一念覚知がなければ信心決定したとはいえない、といいたいのかどっち?

788 :ぼらさんに疑問:2006/11/12(日) 14:00:12 ID:1htLym75
>>783
>ようやく一方的な勝利宣言ができそうだとふんだわけですか

私は二ヶ月に亘りぼらさんと対等に議論してきました。今もそうです。一方的
ではありません。もしも「一方的」というなら、「根拠薄弱のまま」他者を批判
する人だろうと思いますが、それは一体どなたのことでしょうか?よく考えてく
ださい。(ちなみに>>782は「ぽら」さんに疑問によるもので、私ではありません)

>>783
>自分は抽象的なことしか言わないでおいて、
>相手が具体的なことを言えないから勝ったと言い張るんですね。

全く的外れな横レスですね。私は「抽象的」でしかありえない理由を挙げて
ぼらさんに反論しましたが、ぼらさんからそれについての再反論はありません。
ぼらさん自ら、私に再反論すればよい話です。貴方は関係ありません。

序でに申し上げますと、私はこれまで、ぼらさん、およびぼらさんシンパの方
と議論してきましたが、Yes/Noで答えられる質問には、必ず正面から返答して
きました。いい加減にお茶を濁して先送りするようなことはいたしておりません。
過去スレをご覧下さい。

「勝ったと言い張る」のか「勝った」のか、貴方のように即断するのではなく、
この先を見てあなた自身が判断すれば足ります。宜しく。

■■■■■■■■■■■■■■■
 みなさん、ご注目ください
■■■■■■■■■■■■■■■

長期にわたって論争を続けてきた私とぼらさんとの議論は、いよいよ重大な
局面にさしかかっています。アンチの方、シンパの方問わず、どうぞ議論の
顛末を、最後までお見届け下さい。


789 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 14:39:48 ID:WdJem5Pp
>>786
>1日目が約10500人。
>2日目がご法話に約8300人。弁論大会に約5300人だそうです。
>延べ2万達成はやはりすごいですね。

結局2万という数字はどこから来ているの?
1日1万人で2日で2万人じゃなかったの?
弁論大会は別なんだ。へぇ〜

1日目10500人というのもかなり怪しいね。
どうしてこの数字を発表するまでに1週間もかかったのか。
あの講堂の混み具合で果たして1万人入ってたのか?
親鸞会の発表は信用に足るのか。
会員の人はちゃんと考えた方がいいでしょうね。

790 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 14:56:12 ID:PLkm0AZB
>>788
>長期にわたって論争を続けてきた私とぼらさんとの議論は、いよいよ重大な
>局面にさしかかっています。アンチの方、シンパの方問わず、どうぞ議論の
>顛末を、最後までお見届け下さい。

もったいぶらずにとっとと決着を付けて下さい。
正直なところ、うっとおしいと思ってます。



791 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 14:58:16 ID:KmIp+n26
通路を入れないで、正本堂ってのは何畳あるんだ?
一畳4人と見積もって、2500畳あれば一万人入場可能と見るのが妥当と思われるが


792 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 15:06:56 ID:uOmZjAgi
工事概要  
工事名称浄土真宗親鸞会 正本堂 建設工事
工事場所富山県射水郡小杉町上野字瀧谷1191番地他
発 注 者浄土真宗親鸞会 代表 高森顕徹
設計者(株)石本建築事務所名古屋支所(正本堂)
澤田正建築計画研究所(改修・外構)
監理者(株)石本建築事務所名古屋支所(正本堂)
澤田正建築計画研究所(改修・外構)
請負形態戸田建設(株)
工事種別新築工事、増築工事、改修工事
構造・階数SRC造(1F〜2F)、S造(3F〜7F)
工期着工 平成14年11月19日〜竣工 平成16年8月31日
主要用途宗教施設(大講堂:2,000畳)
面積建築面積9,662.46u 延面積24,902.9u
設備工事電気、給排水衛生、空調、昇降機、自家発電設備、
特殊設備、外構、改修、町道移設等
杭既製PC杭 714本(径600mm、長さ9m〜30m)
根切深さGL −2.5m〜−11.4m
建物高さ軒高(30.006m) 最高高さ(35.38m)
屋根仕上アスファルト露出防水
主外装タイル打込みPCカーテンウォール、ホーロー金属パネル

ttp://www.toda.co.jp/news/2003/20031029.html

793 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 15:28:36 ID:S+YoVU4k
1畳で8人は無理、2畳で12人はきつきつだと思うけど
3畳で16人、4畳で20人くらいはいけるんジャマイカ?

794 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 15:47:31 ID:WdJem5Pp
>>791
通路を入れなければ1600畳程度。
ちなみに畳は小さいサイズ。1畳で5人なんてとても無理。

795 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:24:45 ID:zE/fA0T4
釈迦の教法ましませど 修すべき有情のなきゆゑに
     さとりうるもの末法に 一人もあらじとときたまふ



796 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:26:31 ID:zE/fA0T4
三朝浄土の大師等 哀愍摂受したまひて
     真実信心すすめしめ 定聚のくらゐにいれしめよ



797 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:28:47 ID:zE/fA0T4
他力の信心うるひとを うやまひおほきによろこべば
     すなはちわが親友ぞと 教主世尊はほめたまふ



798 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 16:42:41 ID:uh1pcnUY
あんなせまい場所に一万人もいたら風邪とか弾いて大変だと思うな。自分は昨年の
報恩講後 かぜを弾きました、

799 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 17:14:59 ID:Ly78xof5
U氏の自宅
http://www.indeed.co.jp/gag/uz/PAGE/UNNO/UNNO.HTM

800 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 17:17:37 ID:pJcb/JPu
USO

801 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:45:08 ID:0q2yeIKL
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)


802 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:45:53 ID:0q2yeIKL
「すべての人間は幸福になることを求めている。これには例外がない。そのための手段はいかに異なっていようとも、彼らはみなこの目的に向かっている。これはあらゆる人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、あらゆる行為の動機である」


803 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:47:45 ID:0q2yeIKL
「多数の人々が鎖につながれ、死刑を宣告されているさまを想像しよう。幾人かが日ごとに眼前で絞め殺され、残った者は、自分たちも同じ運命をたどることを悟り、悲しみと絶望の中で互いに顔を見合わせながら、自分の番がくるのを待っている。これが人間の状態なのである」


804 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:51:17 ID:iYGjqfFK
十方無量の諸仏の 証誠護念のみことにて
     自力の大菩提心の かなはぬほどはしりぬべし



805 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:52:14 ID:iYGjqfFK
真実信心うることは 末法濁世にまれなりと
     恒沙の諸仏の証誠に えがたきほどをあらはせり




806 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 18:52:47 ID:iYGjqfFK
往相・還相の回向に まうあはぬ身となりにせば
     流転輪廻もきはもなし 苦海の沈淪いかがせん



807 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:32:38 ID:LQChQkNi
>>701

> つか、何でそんなに必死なんだ?

同感。なんでこんなに必死なんや?
アンチにとって、何か痛いことでもあるんやろか?
ちょっと、想像できひん。


808 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:33:53 ID:LQChQkNi
>>703
> >>699
> ある会員のところにも、その京都の会社からいやがらせのメールがきていたらしい。
> 「多数の偽装メール」って、そのことかな?

それで、Uは九尾になったんやな。


809 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:42:01 ID:LQChQkNi
>>789

アンチの工作に釣られてるやないか。
計画的犯行か?

810 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:46:41 ID:msG1FPyG
つか反響集に一件追加されてるし

811 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 20:51:06 ID:LQChQkNi
>>794

最近、参詣してないやろ?U。
この間参詣したbeevarから教えてもらった方がええで。


812 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:11:29 ID:g0yoZPoj
http://tamahi.parfe.jp/

813 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:13:12 ID:H0hqCPPp
>>789
>どうしてこの数字を発表するまでに1週間もかかったのか。

今日は教学講義じゃないよ。
釣られるなよ。


814 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 21:58:47 ID:eF5UvYVK
>>794
知らんのにいい加減なこと言うな
畳の枚数だけで1800枚はある
大講堂全体の合計面積なら2500畳ほど
満堂なら1万人入る設計です
報恩講のときは明らかに1万人来ていた

815 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:04:50 ID:uSv8MESr
>>814
数えたけどそんなに枚数無かったぞ。
明らかに一万人きていたって、
あなたのその「明らかに」の根拠ってなあに?
まさか自分でかぞえたとか。
会員だけど未だに参詣人数の発表なんてないぞ
支部の参詣目標は未達成だし。

816 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:20:31 ID:g0yoZPoj
http://koushin-gakuto.net/

817 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:35:48 ID:eF5UvYVK
>>815
>あなたのその「明らかに」の根拠ってなあに?

満堂なら1万人入る設計
俺が言うんだから間違いない
もっかい枚数かぞえてみなさい

818 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 22:59:01 ID:WdJem5Pp
>>817

満堂なら8000人程度しか入らない設計
オレが言うんだから間違いない
もっかい枚数数えて見なさい

819 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:10:37 ID:aPf1d4hp
ところでここの講師って全員信心決定しているの?
あと会に入って信心決定できずに死んだ人はもちろん
阿鼻地獄行きだよね?

820 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:16:37 ID:g0yoZPoj
http://narahibiki.big-site.net/

821 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:21:26 ID:H0hqCPPp
大講堂に入らず、ロビーでテレビ聴聞した人が千人程度いたらしいけど。

822 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:22:31 ID:g0yoZPoj
http://hoyuiwate.ifdef.jp/

823 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 23:41:38 ID:UE8veS3/
>>818
誰だよお前

824 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 00:04:42 ID:+rOt8xmM
>>819
そんなことより自分の後生の心配しる

825 :819:2006/11/13(月) 00:25:17 ID:rgdYjwXL
>>824
思ったとおりのレスだね。
釣れたところで俺の質問に答えてくれ。
ちなみに自分は生きているときが全てだと思うので
後生は心配しません。


826 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 02:01:48 ID:a8WdwNF5
ところでここの講師って全員信心決定しているの?
あと会に入って信心決定できずに死んだ人はもちろん
阿鼻地獄行きだよね?
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=101
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=18&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=127&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=18&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=18
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=127&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=137
http://www3.ezbbs.net/cgi/bbs?id=ibconsul&dd=09&p=8
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=127
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=14&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=114&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=62&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=94&qu=1
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=28
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=ibconsul&dd=09&re=14



827 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 03:27:34 ID:qD5gJ6DS
>>826
地獄一定ぞかし・・・・・・・・だが、
六道輪廻だから、畜生、餓鬼かもしれない

828 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 08:12:58 ID:aE666pYm
自殺を止められないくせに エラそうなことをだけいってる団体だな 


829 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 08:36:59 ID:Ly7uZgKK
>>828
止めてるけど?

830 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 09:41:36 ID:+pm1LEmI
如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
     師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし


831 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 09:48:27 ID:+pm1LEmI
不了仏智のしるしには 如来の諸智を疑惑して
     罪福信じ善本を たのめば辺地にとまるなり


832 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 09:49:51 ID:+pm1LEmI
仏智の不思議をうたがひて 自力の称念このむゆゑ
     辺地懈慢にとどまりて 仏恩報ずるこころなし


833 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:10:46 ID:5+wXTD27
如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
     師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし



834 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:11:33 ID:5+wXTD27
不了仏智のしるしには 如来の諸智を疑惑して
     罪福信じ善本を たのめば辺地にとまるなり


835 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 11:12:33 ID:5+wXTD27
仏智の不思議をうたがひて 自力の称念このむゆゑ
     辺地懈慢にとどまりて 仏恩報ずるこころなし


836 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:34:42 ID:PdJsygwk
仏智の不思議をうたがひて 自力の称念このむゆゑ
     辺地懈慢にとどまりて 仏恩報ずるこころなし


837 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:35:40 ID:PdJsygwk
不了仏智のしるしには 如来の諸智を疑惑して
     罪福信じ善本を たのめば辺地にとまるなり

838 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:37:11 ID:PdJsygwk
如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
     師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし


839 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:49:56 ID:LC5wlw3B
64 名前:名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 07:45
>会員の自殺?
>いつのこと?
97年秋(10月ぐらい)の頃だと思います。
ご年配の熱心な会員さんでした。
正確な自殺の理由はわかりません。
その人と一緒に講演会のポスター張りとかしてたのでショックでした。

65 名前:名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 10:25
 自殺って言えば、親子共々熱心な会員で、でも息子の方が
自殺しちゃったって話があったような。親の方がその事を
ねたに弁論大会に出てた。誰か弁論の内容憶えてない?


840 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 12:57:42 ID:9jR+ej+l
>>839
2000年の書き込み?

841 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:12:57 ID:rfOvElWR




























如来大悲の恩徳は 

842 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:14:13 ID:rfOvElWR

























身を粉にしても報ずべし

843 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:15:01 ID:rfOvElWR























師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし

844 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:26:38 ID:rfOvElWR
せっかく親鸞会にてありがたい尊い不思議な仏縁を結ばれながら、
一時的に御縁の遠のかれておられる方々のお姿、ご発言を見るたびに
私は、何とか何とか阿弥陀仏のご恩徳をわかっていただきたい、
そして再び聴聞していただきたいという思いで一杯になります。
ともに聴聞させていただいた法友が聴聞の場におられないのは、
本当に悲しくさみしいことだあな、といつも心を痛めております。

ところで皆様は、毎日、一体何を求めて生きておられるでしょうか?
じつは私も一時、聴聞から離れていたことがございました。世間事におわれ、
五欲を追い求めている状態が続きました。
しかし、身近な人の死が縁となって再び聴聞させていただいております。
私たちの命は、本当にはかない、無常は迅速であると痛いほど知らされたか
らなのです。
あれが欲しい、あれがしたい、こうなりたいと、欲にふりまわされておりま
したが、死んでゆくときには何一つもってゆけないのだ、世間事でいろいろ
頑張ったからといって、何一つ残らないのではないかと改めて感じたのです。
ただ、一つ残るのは、「聴聞会場で何度も阿弥陀仏の誓願を聞かせていただ
いたなぁ」という仏縁だけではないかという思いになりました。そして、
どうして、どうして、私は不思議な仏縁を結ぶことができたのかという事を
考えたときに、思い起こされましたのは、「必ず絶対の幸福にしてみせる」
と命をかけて誓われている「阿弥陀如来の大慈悲心」でありました。
さらに、なぜ私が真実の仏法に巡り会えたのかと考えたとき、私に直接、い
ろいろ工夫して仏法を伝えてくだされた多くの方々がいらっしゃったからだ!
と、たくさんの法友達の顔が浮かび、感謝の気持ちも起きてまいりました。

私に仏法を伝えるために、先輩や法友がどれだけ苦労してくださったかと。

真剣に聞こうとしない私の後生を案じて粘り強く懸命に一向専念無量寿仏
を伝えてくださいました。
そうして、そんな私達がどうして仏教を聞かせていただけたのかとい
う事に思いをはせたとき、高森先生の不惜身命のたいへんなご苦労が
あったからなのだなあと、ご恩を知らされたのでありました。

845 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:27:38 ID:rfOvElWR
「会長先生は、無上仏の御心を説き切っておられるし、
正本堂、『なぜ生きる』、『世界の光親鸞聖人』…、何から何まですべては
用意されているでのはないのか?

あとは、私が聞くか聞かないかだけの問題ではないか!」
と深く反省をさせられたのです。


私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、
真っ暗な心」です。「無明の闇」といわれます。この「苦悩の根元」
を断ち切らない限り、どんなにもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまうのです。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。

他人事ではありません。

ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです!
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っ
ておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされたなれば楽にはなって
おれないはずです。
いやでもその解決に必死になるはずなのです。


846 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:28:47 ID:rfOvElWR
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気の
さらさらない私たちをたいへん強い強いお力で引っ張っておられます。


「何とか、何とかわかってくれよ!どうか真実を聞き求めてくれよ!」と。


「必ず本当の幸福にしてみせるぞ!」と全力をあげておられるのです。


謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も
速からんことを念じあげます。

真実の仏教を伝えることは、すばらしい自利利他の菩薩行です。

真実を知らされて、そして真実を求めさせていただいている喜び、
万劫にもない時期に生を受けた身の幸をかみしめ、
人生の目的の達成に命を燃やしたいと思います。

お釈迦さま、親鸞聖人、歴代の善知識方は、

「阿弥陀如来、一つに向け、阿弥陀如来のみを信じよ。」

と、口をそろえて常におっしゃっておられます。

皆様のまことの仏縁を念じあげます。
いま一度真剣に、親鸞会にて聴聞されることを重ねて念じあげます。
今度は富山の親鸞会館・正本堂にてお会いしましょう。

長文をどうも失礼いたしました。



847 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:35:47 ID:YzH5vmOF
ほな〜♪

848 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:36:19 ID:YzH5vmOF
ぼら〜♪

849 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:36:52 ID:YzH5vmOF
モナ〜♪

850 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:44:42 ID:A3WbjC7T
如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
     師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし

851 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:45:37 ID:A3WbjC7T
不了仏智のしるしには 如来の諸智を疑惑して
     罪福信じ善本を たのめば辺地にとまるなり

852 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:46:42 ID:A3WbjC7T
仏智の不思議をうたがひて 自力の称念このむゆゑ
     辺地懈慢にとどまりて 仏恩報ずるこころなし

853 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:51:29 ID:A3WbjC7T
ほな〜♪
























854 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 13:54:30 ID:A3WbjC7T
ぼら〜♪














モナ〜♪



855 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:17:27 ID:la4BBUcA
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで

〜本願寺関係者の批難に答える〜

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人からの偽装メール
5月24日、私宛に以下のメールが届きました。

日付:Wed, 24 May 2006 12:55:29 +0900 (JST)
差出人:" うさぎ"<kit062210a@yahoo.co.jp>
件名:いろいろ思ったこと
宛先:" shinran_kai@infoseek.jp"<shinran_kai@infoseek.jp>

Return-Path: <kit062210a@yahoo.co.jp>
Delivered-To: shinran_kai@infoseek.jp
Received: (qmail 25344 invoked by uid 0); 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: from web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp (203.216.226.122)
by 172.20.1.17 with SMTP; 24 May 2006 12:56:43 +0900
Received: (qmail 96537 invoked by uid 60001); 24 May 2006 03:55:29 -0000
Message-ID: <20060524035529.96535.qmail@web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp>
Received: from [**.***.**.***] by web2406.mail.tnz.yahoo.co.jp via HTTP; Wed, 24 May 2006 12:55:29 JST



856 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:19:12 ID:la4BBUcA
初めまして。学友部で活動しているものです。
最近、三ヶ月くらいご縁のなかった人が、やめにきました。
近くのファミレスでいろいろ話を聞いたのですが、「なぜやめ
たのかを読んで」を読んで、親鸞会のいっていることって邪教
と一緒だと感じ、信頼できなくなった、とのことでした。
教えが大事だから、関係ないとは話したのですが、私の力が足
りなかったのか、結局止めることはできませんでした。講師の
人は、長いこと活動してなかった人だし、仕方ないと言ってく
れましたが。

ご存知とは思いますが、いま学友部は大変な苦境にあります。
去年までもかなり大変だったのですが、今年は本願寺関係者の
ホームページのおかげで、いろいろな影響が出ています。つい
最近もあるひとが、学生課から本願寺関係者の中傷ページを見
せられたと言っていました。その人はなんとか思いとどまった
のですが。

ただ、こんなことを言っては申し訳ないのですが、「なぜやめ
たを読んで」が無かったらこんなに沢山変なページができるこ
とも無かったのに、と思うときもあります。本当はそんなこと
は無いのでしょうが、いろんな意味で、「読んで」も快く思っ
ていない人は多いです。あのページがあるから、自分たちが原
理とかと一緒にみられるんじゃないかと思ったときもあります
。何しろ、お互いに相手を貶め合っているという感じがします
。みていて、いい感じがしません。

(中略)


857 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:21:05 ID:la4BBUcA
お忙しいこととは思いますが、一度学友部の人にいろいろ話を
聞いて、問題点を整理して、提言してもらえればと思っていま
す。私が本当はやらなければならないのだと思いますが、ごめ
んなさいそんな勇気も時間もないです。
勝手なこと言って、本当にすみません。あと、フリーメールの
捨てアドで申し訳ないです。実名で言うだけの勇気がなかった
ので。
--------------------------------------
Yahoo! JAPAN 10th Anniversary Special Feature
--- Enjoy Yahoo! Auction with Yahoo! Mail !! ---


発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より
発信されています。

その後の調べにより、
これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身
が送ってきたことが判明致しました。

発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、
多数の偽装メールを送っている事実が判明しているようです。

いかにも女性の学生会員のように装って、

このような悪意に満ちたいやがらせをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人。

彼がどのような人間性の持ち主なのか。
その一端がお分かりいただけるでしょう。

858 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 14:29:48 ID:la4BBUcA



なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明





このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明




女性の学生会員のように装って



悪意に満ちたいやがらせをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人




859 :ぼらさんに疑問:2006/11/13(月) 16:05:52 ID:RaO6Ihed

■■■■■■■■■■■■■■■
 みなさん、ご注目ください
■■■■■■■■■■■■■■■

長期にわたって論争を続けてきた私とぼらさんとの議論は、いよいよ重大な
局面にさしかかっています。アンチの方、シンパの方問わず、どうぞ議論の
顛末を、最後までお見届け下さい。


860 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 16:18:53 ID:9jR+ej+l
そのコピペ秋田

861 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:17:22 ID:kn89FAI6
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)



862 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:18:34 ID:kn89FAI6
「すべての人間は幸福になることを求めている。これには例外がない。
そのための手段はいかに異なっていようとも、彼らはみなこの目的に向かっている。
これはあらゆる人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、
あらゆる行為の動機である」


863 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:19:16 ID:kn89FAI6
「多数の人々が鎖につながれ、死刑を宣告されているさまを想像しよう。
幾人かが日ごとに眼前で絞め殺され、残った者は、
自分たちも同じ運命をたどることを悟り、悲しみと絶望の中で互いに顔を見合
わせながら、自分の番がくるのを待っている。これが人間の状態なのである」


864 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:44:47 ID:kn89FAI6
安政年間の御影堂の図面を発見 東本願寺 突貫工事の苦労伝える


見つかった安政年間の「仮御影堂」の全体図(京都市下京区・東本願寺)
 
 京都市下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)で江戸時代後期の安政年間に
再建され、3年後の蛤(はまぐり)御門の変で焼失した御影(ごえい)堂の
全体像を精密に描いた図面が見つかり、7日、発表された。工期2年で建て
られたため略式の瓦が使われるなど再建の苦労が読み取れる。
 御影堂は宗祖親鸞の木像を安置するお堂。東本願寺の御影堂は本願寺の
東西分派後の1603年に建てられ、明暦4(1658)年以降5回再建
されている。今回の発見で、創建当初を除き、すべての建物の姿が明らか
になったとしている。
 図面は境内の倉庫で確認された。「假(かり)御影堂五拾分一之圖
(ごじゅうぶんのいちのず)」と書かれた袋に入り「安政7(1860)年」
の墨書があった。正面を描いた図(縦0・7メートル、横1・5メートル)と
側面の図(縦0・7メートル、横1・3メートル)の2枚あり、いずれも和紙
に墨で詳細に描かれていた。
 御影堂は明暦の再建で現在のように大型化し、以後の再建はすべて同規模だ
と思われてきた。しかし今回の発見で、現在の建物と比べ、安政の御影堂は床
面積(2900平方メートル)は同じだが、高さ(38メートル)が10メー
トル低いことが分かった。丸瓦と平瓦による本瓦ぶきではなく、本瓦に似せた
略式の桟(さん)瓦だったことも確認。また軒柱が数十本多く、お堂の内部も
柱が多かった。
 安政の再建は大火で焼失した後、3年後の親鸞の六百回忌に間に合わせるた
め、2年間で建てられた。前後の再建の工期12−14年と比べ、突貫工事だ
ったことがうかがえる。短期間の事業のため、大きな木材を調達できず、屋根
を支えるために柱を増やしたのではないかとみられる。

865 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:45:48 ID:kn89FAI6

安政年間の御影堂の図面を発見 東本願寺 突貫工事の苦労伝える


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061107-00000065-kyt-l26



866 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:29:22 ID:JO63YLVG
私は親鸞会に入会して 自殺したいと思うようになりました 今はやめてよかったと
思います

867 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:43:34 ID:4JUM5rJK





なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明






このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明





女性の学生会員のように装って




悪意に満ちたいやがらせをする「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人







868 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:45:02 ID:LC5wlw3B
親鸞会のやってることはほとんどこれと五十歩百歩だ。
http://www.aleph.to/newcentury/science/reincarnation/1-1-4.html

早く目を覚ますがよかろう。

>>866
よかったなあ、お前。

869 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:45:03 ID:4JUM5rJK

                 .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
                .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
               i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
                |       / ゙゙ミ| ,r′                   }
               {       /    .ミノ′                  〕
               |       /       :、_ リ                  .}
              |       /    、   ゙ミ}                  :ト
              |      / ''¨.  :!.,   リ                   ノ
              〔     /,,,_,:   i゙「   }                   .,l゙
              l!    / .    /     ]                  '゙ミ
              |    | _゙ ミ/;´.‐    .]                   ミ,
              |    |′  ̄/       〔                    ミ
              }    }ー''"   ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔



870 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:46:06 ID:4JUM5rJK
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔


871 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:48:08 ID:4JUM5rJK












       ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ
    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   2ちゃんねるは見るのも書き込むのも
     i:::::(ノDole|つ旦~    時   間   の   無   駄
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U




872 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:49:19 ID:LC5wlw3B
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」s会が自演したことが判明


このメール以外にも、多数の自演メールを組織的に送っている事実が判明


女性の学生会員のように装って アンチカルトと造語し

2チャンネルは便所の落書きと見下しつつ毎日毎日荒らし書き込みをする自己撞着


アンチを見下してよろこぶ精神構造をもって、今日も下品な書き込みと自演を繰り返すs会工作員

873 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 18:54:14 ID:9hCNvWmJ
カルトアンチの工作(やること)ってこれくらいが限界なんでしょうか?

さすがに同情する心が出てきてしまいます……

874 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:00:32 ID:9jR+ej+l
縁なき衆生は度し難し

カルトアンチは救いようがない

875 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:02:27 ID:9jR+ej+l
でも少しでも親鸞会とご縁があったわけだから

まだ救いようがあるかな?

876 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:10:14 ID:9hCNvWmJ
確かに。
わたしたちが救うわけではありませんが…

877 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:11:03 ID:4JUM5rJK










       ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ
    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   2ちゃんねるは見るのも書き込むのも
     i:::::(ノDole|つ旦~    時   間   の   無   駄
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U




878 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:15:59 ID:4JUM5rJK
   ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ    ヽ
      γ⌒^ヽ
    _|::::::::::::::ヽ
    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   
     i:::::(ノDole|つ旦~
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U

    \\ノハ)ヽ)
     (○) ´∀`ノ   
     i:::::(ノDole|つ旦~ 
      ゙、:::::::::::::ノ
       U"U


879 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 19:30:24 ID:IaNHWgnH
アンチってチョン、シナ人にくりそつだな


でっちあげやら、パクリやら・・・

880 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 20:25:41 ID:xOQquMJJ
わたしはシンパです!!
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔


881 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 20:27:25 ID:xOQquMJJ
わたしは光に向かうシンパの一人です。
よろしくお願いします。
みなさんと共に、真剣に求めさせて頂きます。

                 .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
                .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
               i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
                |       / ゙゙ミ| ,r′                   }
               {       /    .ミノ′                  〕
               |       /       :、_ リ                  .}
              |       /    、   ゙ミ}                  :ト
              |      / ''¨.  :!.,   リ                   ノ
              〔     /,,,_,:   i゙「   }                   .,l゙
              l!    / .    /     ]                  '゙ミ
              |    | _゙ ミ/;´.‐    .]                   ミ,
              |    |′  ̄/       〔                    ミ
              }    }ー''"   ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔


882 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 20:39:20 ID:rgdYjwXL
>>868
そのHP見たけど、どこかの会と同じで
会員が「人生の目的が見つかりました!」と言っているね。
やれやれ(´A`)

883 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 20:54:44 ID:GZJtfG3T
>>829
>止めてるけど?

会員って、けっこう自殺しているんですか?

839 :名無しさん@3周年 :2006/11/13(月) 12:49:56 ID:LC5wlw3B
64 名前:名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 07:45
>会員の自殺?
>いつのこと?
97年秋(10月ぐらい)の頃だと思います。
ご年配の熱心な会員さんでした。
正確な自殺の理由はわかりません。
その人と一緒に講演会のポスター張りとかしてたのでショックでした。

65 名前:名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 10:25
 自殺って言えば、親子共々熱心な会員で、でも息子の方が
自殺しちゃったって話があったような。親の方がその事を
ねたに弁論大会に出てた。誰か弁論の内容憶えてない?


884 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:58:28 ID:DB4YsfZt





























.

885 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 21:59:58 ID:DB4YsfZt
せっかく親鸞会にてありがたい尊い不思議な仏縁を結ばれながら、
一時的に御縁の遠のかれておられる方々のお姿、ご発言を見るたびに
私は、何とか何とか阿弥陀仏のご恩徳をわかっていただきたい、
そして再び聴聞していただきたいという思いで一杯になります。
ともに聴聞させていただいた法友が聴聞の場におられないのは、
本当に悲しくさみしいことだあな、といつも心を痛めております。

ところで皆様は、毎日、一体何を求めて生きておられるでしょうか?
じつは私も一時、聴聞から離れていたことがございました。世間事におわれ、
五欲を追い求めている状態が続きました。
しかし、身近な人の死が縁となって再び聴聞させていただいております。
私たちの命は、本当にはかない、無常は迅速であると痛いほど知らされたか
らなのです。
あれが欲しい、あれがしたい、こうなりたいと、欲にふりまわされておりま
したが、死んでゆくときには何一つもってゆけないのだ、世間事でいろいろ
頑張ったからといって、何一つ残らないのではないかと改めて感じたのです。
ただ、一つ残るのは、「聴聞会場で何度も阿弥陀仏の誓願を聞かせていただ
いたなぁ」という仏縁だけではないかという思いになりました。そして、
どうして、どうして、私は不思議な仏縁を結ぶことができたのかという事を
考えたときに、思い起こされましたのは、「必ず絶対の幸福にしてみせる」
と命をかけて誓われている「阿弥陀如来の大慈悲心」でありました。
さらに、なぜ私が真実の仏法に巡り会えたのかと考えたとき、私に直接、い
ろいろ工夫して仏法を伝えてくだされた多くの方々がいらっしゃったからだ!
と、たくさんの法友達の顔が浮かび、感謝の気持ちも起きてまいりました。

私に仏法を伝えるために、先輩や法友がどれだけ苦労してくださったかと。

真剣に聞こうとしない私の後生を案じて粘り強く懸命に一向専念無量寿仏
を伝えてくださいました。
そうして、そんな私達がどうして仏教を聞かせていただけたのかとい
う事に思いをはせたとき、高森先生の不惜身命のたいへんなご苦労が
あったからなのだなあと、ご恩を知らされたのでありました。

886 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:01:35 ID:DB4YsfZt
「会長先生は、無上仏の御心を説き切っておられるし、
正本堂、『なぜ生きる』、『世界の光親鸞聖人』…、何から何まですべては
用意されているでのはないのか??

あとは、私が聞くか聞かないかだけの問題ではないか!」
と深く反省をさせられたのです。


私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、
真っ暗な心」です。「無明の闇」といわれます。この「苦悩の根元」
を断ち切らない限り、どんなにもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまうのです。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。

他人事ではありません。

ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです!

苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っ
ておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされたなれば楽にはなって
おれないはずなのです。
いやでもその解決に必死になるはずなのです。



887 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:03:39 ID:DB4YsfZt
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気の
さらさらない私たちをたいへん強い強いお力で引っ張っておられます。


「何とか、何とかわかってくれよ!どうか真実を聞き求めてくれよ!」と。


「必ず本当の幸福にしてみせるぞ!」と全力をあげておられるのです。


謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も
速からんことを念じあげます。

真実の仏教を伝えることは、すばらしい自利利他の菩薩行です。

真実を知らされて、そして真実を求めさせていただいている喜び、
万劫にもない時期に生を受けた身の幸をかみしめ、
人生の目的の達成に命を燃やしたいと思います。

お釈迦さま、親鸞聖人、歴代の善知識方は、

「阿弥陀如来、一つに向け、阿弥陀如来のみを信じよ。」

と、口をそろえて常におっしゃっておられます。

皆様のまことの仏縁を念じあげます。
いま一度真剣に、親鸞会にて聴聞されることを重ねて念じあげます。
今度は富山の親鸞会館・正本堂にてお会いしましょう。

長文をどうも失礼いたしました。


888 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:03:53 ID:rgdYjwXL
自殺しようとするものに人生の目的、生きる意味を
説けば自殺を止めるなんてホントに都合のイイ
くだらない理論だね。
下記の理由で自殺するものに人生の目的を説いて
・借金地獄
・男女関係のもつれ
・薬物で錯乱
・愛する人の死
・陰湿ないじめ
特に借金地獄で首を吊るものに「生きる目的は〜」って
言えますか?生きていくお金が無いものに今はモノより
心の時代だよと説いて何の意味がありますか?
じゃあボランティアでもなんでもやってくれ。



889 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:07:00 ID:DB4YsfZt
自殺サイト はじめに
「真に重大な哲学上の問題はひとつしかない。自殺ということだ。

人生が生きるに値するか否かを判断する、これが哲学の根本問題に答えることな
のである」

不条理の哲学で知られる20世紀フランスの作家、アルベール・カミュは、
『シジフォスの神話』の冒頭に、こう書いています。

シジフォスは岩を山の頂まで運びあげますが、岩はその重みですぐに転がり落ち
てしまいます。運び上げては転がり落ち、また運び上げては転がり落ちる。
無意味で、希望の無い労働を永遠に繰り返すシジフォスの努力に、人生の実相を
見る人も少なくありません。

ドイツの哲学者ニーチェは、キリスト教をはじめとする一切の既成の価値を徹底
的に破壊し尽くした果てに、人生の新たな価値を創造しようとしました。
それは意味なき生の繰り返しを肯定することで、生の頂点が得られるというもの
でしたが、ニーチェ自身は発狂し、死んでいます。

相次ぐ少年犯罪をどうするか、激論が交わされたテレビ番組のさなか、
「なぜ人を殺してはいけないのか」の一高校生の問いに、識者たちの回答はあり
ませんでした。以来、この問いはさまざまな視点から論じられましたが、未だ正
面から答え切った人を知りません。



890 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:09:16 ID:DB4YsfZt
一見、平凡な日常は、実は最も根本的な問題から目を背け続けています。

そして人々は、心の空虚を抱えたまま、それに驚きもせず、ただ漠然と生き

ています。

果たして、人生は生きるに値するものなのでしょうか。

なぜ、どんなに苦しくても、自殺してはいけないのでしょうか……



891 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:11:05 ID:DB4YsfZt
大量自殺時代と若者の死生観
「命は大切です。わかっているけど理解できない」


自殺をする人がいれば、誰でも止めようとするでしょう。
しかし、「では、なぜ、死んではならないの?」と聞かれたら、どう答える
でしょうか?

せいぜい、「親が悲しむ」「君の命は世界にたった1つしかないんだ」
「生きていればそのうちいいことあるよ」と慰めるだけです。
「じゃあ、あなたは、何かいいことありましたか?」と聞かれて、
言葉を失ってしまう人も少なくないでしょう。

そういえば、いつまでたってもいいことなどない。容赦ないリストラの波が
押し寄せ、精神科クリニックやカウンセリングは人でいっぱい。
「いのちの電話」も深刻な人手不足で、景気回復しても自殺は一向に減りません。

現在、日本の年間自殺者数は、年間3万人以上の高水準が続いています。
世間体を考え、「不慮の事故」と報告される隠れ自殺者も多いから、実質
はもっと増えるでしょう。交通事故の3倍〜4倍もの人が自殺で命を落と
していることになります。

世界ではどうでしょうか。調査できる限りでは、年間約78万6千人の自殺者
があると言われています。うち、中国がその3分の1を占め、女性の自殺者の
過半数が中国人女性と言われています。



892 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:14:03 ID:rgdYjwXL
>>889
>「なぜ人を殺してはいけないのか」の一高校生の問いに、識者たちの回答はあり
>ませんでした。以来、この問いはさまざまな視点から論じられましたが、未だ正
>面から答え切った人を知りません。
なぜ殺しちゃいけないか?人を殺すって事は自分も殺される可能性が
出てくるから。
“借金地獄で首を吊るものに「生きる目的は〜」って
言えますか?生きていくお金が無いものに今はモノより
心の時代だよと説いて何の意味がありますか? ”
未だ正面からこの会で答え切った人を知りません。



893 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:14:17 ID:DB4YsfZt
中国では相次ぐ自殺者に、国内初の「自殺予防センター」が設立されました。
これによって何千人もの命が救われたといいます。ところが、立志者が、遺書
も残さず首吊り自殺をしたのです。10年近く、献身的に自殺を止めてきた人
が、です。

他人には「死ぬな」と言っていても、耐えられぬ苦しみに直面した時には、
日頃のどんな信念も、羽毛の如く飛び去ってしまうのです。

バブルと共に一世を風靡したビジュアル系バンド、元「X JAPAN」
のhide(松本秀人氏)が自殺したことも思い出されます。頽廃的な若
者たちに、音楽で生きる希望を与えただけでなく、骨髄バンク推進にも挺
身していました。

「頑張って生きようって歌ってたヒデが、どうして死んじゃったの?」

テレビでは号泣するファンの姿がありましたが、他人を励ますどんな言葉も、
自分の死へのブレーキにはならなかったことを物語っています。

それは、「なぜ死んではならないか」に明確な答えがないからに他なりません。
どれだけ真剣に自殺防止を論じても、これが抜ければ、真の自殺防止にはならな
いのではないでしょうか。



894 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:15:38 ID:DB4YsfZt
人はなぜ、死を選ぶのでしょうか。芥川龍之介は、遺書で、次のように書いて
います。

・誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない……僕は君に送
る最後の手紙の中に、はっきりこの心理を伝えたいと思っている。(中略)君
は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、或は又精神的苦痛とか、いろ
いろの自殺の動機を発見するであろう。しかし僕の経験によれば、それは動機
の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る道程を示しているだけである。
(中略)少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対す
る唯ぼんやりした不安である。(或旧友へ送る手記)
自殺の心理、ひいては現代が直面する問題に、芥川は解明の糸口を与えています。


芥川龍之介は明治25年、新原敏三の長男として、東京に生まれました。

生後8ヵ月の時、母・フクが突然、精神に異常をきたします。龍之介はフクの
兄・芥川道章に預けられ、独身を通していた、フクの姉・フキが、我が子のよ
うに龍之介の面倒を見ました。

愛情に包まれ、芥川夫妻を両親と信じて育った龍之介でしたが、子供らしく
わがままを言える、自由な時代は続きませんでした。13歳で正式に子入り
する前から、自分が"もらわれっ子"だと感づいていたのです。

実母は、龍之介が11歳の時に世を去りました。たまに訪れると、煙管で頭を
殴られる始末で、龍之介は後年、「僕は一度も僕の母に母らしい親しみを感じ
たことはない」と述懐しています。



895 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:17:24 ID:DB4YsfZt
芥川は小学校の時から成績優秀で、一高(東大の前身)へ無試験で入学を許可
され、2位の成績で卒業した後、東京帝国大学に進んでいます。
23歳の夏、才色兼備の吉田弥生と交際を始めます。青山女学院を卒業した弥生
は、文学を好み、英語も堪能です。英文科在籍の龍之介と相性はぴったりで、
順調に進めば結婚に行き着くはずでした。

ところが弥生に、別の男性から縁談が舞い込みます。龍之介はその時、どれだ
け深く彼女を愛しているか気づきました。弥生に求婚したい。しかし養父母と
フキに告げた途端、激しい反対にあいます。相手の女性が「士族」でないこと
や、私生児だったこと、また、婚約者がいるのにプロポーズする龍之介の一途
さなどが、反発を買ったといわれています。

伯母のフキは夜通し泣き、龍之介も泣きました。結局、龍之介があきらめる形
となるのです。

このときの苦しみを、芥川は友にこう打ち明けています。

・私は随分苦しい目にあって来ました 又現にあいつつあります 如何に血族の
関係が稀薄なものであるか……如何に相互の理解が不可能であるか。
・イゴイズムのない愛がないとすれば人の一生程苦しいものはない 周囲は醜い
自己も醜い そしてそれを目のあたりに見て生きるのは苦しい。
悲しみを紛らせようと、龍之介は遊郭に足を踏み入れますが、官能は悲哀を与
えるだけでした。

失恋直後に書いた『仙人』に、次のような言葉があります。
・何故生きてゆくのは苦しいか、何故、苦しくとも、生きて行かなければならないか。
この問いは、終生、芥川から離れませんでした。
そんな芥川の人生を大きく変えたのは、文豪・夏目漱石との出会いでした。
漱石が弟子と面会する「木曜会」に、参加するチャンスを得たのです。
漱石の学識と人格は、龍之介をとらえて離しませんでした。

896 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:23:37 ID:wX1n7uHk
今日、古い顕真を整理していたら、U元講師の随行文を見つけた。
なつかしいな。

897 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:53:28 ID:DafwVCXU
>>896
それは何年の何月の顕真ですか?





898 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 22:58:59 ID:v1lzxjKC
U元講師ってどこの大学とかで活動していたひと?
いま何歳くらい、おれもご縁が会った方かもしれんしね。

899 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:01:40 ID:wX1n7uHk
>>897
平成13年12月号です。

900 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:05:46 ID:Rbwh/iSp
>今日、古い顕真を整理していたら、U元講師の随行文を見つけた。

是非、うpしてください。

901 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:11:19 ID:BnW3zwcP
裏切らない幸福は
親鸞聖人のみ教えにあった!

902 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:12:50 ID:wX1n7uHk
>>900
まんどくさい

903 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:14:10 ID:v1lzxjKC
U講師って関東で活動していたいま30前半~30後半くらいのめがねかけてた人?


904 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:19:03 ID:BnW3zwcP
裏切らない幸福は
親鸞聖人のみ教えにあった!
(中略)
本誌へのご意見、ご感想もおまちしています。  p33


905 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:21:56 ID:wX1n7uHk
>>903
おそらく、私の記憶と重なっているかと

906 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:31:17 ID:v1lzxjKC
なんでU講師やめせされられちゃったの?
おれが想定しているUさんなら、真実一路って感じだったんだけど。

907 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:35:59 ID:wX1n7uHk
>>906
過去ログ見て下さい。
説明するのまんどくさい

908 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:37:38 ID:Rbwh/iSp
随行文、打ち込んで下さい

909 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:57:04 ID:IaNHWgnH
初心忘るべからず

910 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 23:57:11 ID:/McX/T18
ヤフオクに顕真を出品してみようか

911 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:09:03 ID:bL2fyjQA
>>903
>いま30前半~30後半くらい

じゃあ30代って言えよw

912 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:10:44 ID:NgcGrHJK
ヤフオク

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r30442407

913 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:13:43 ID:NgcGrHJK
>>911
そして平成五年の春、浜松でT先生とお会いすることができたのです歳です。

914 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:24:20 ID:GfYEZP6J
シンパのネット対策員は相変わらずスレ潰しに必死だな

915 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:45:28 ID:bL2fyjQA
>>914
おまいわそれしかいえんのか

916 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 00:56:15 ID:fvLXUkuW
むいみなすれだな

917 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 04:13:59 ID:vTQnh/0q
>>906 過去のどのすれですか?

918 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 04:22:03 ID:CmpIKiPk
s会が多数の自演メールを組織的に送っている事実が判明

女性の学生会員のように装って アンチカルトと造語し

2チャンネルは便所の落書きと見下しつつ毎日毎日荒らし書き込みをする自己撞着

アンチを見下してよろこぶ精神構造をもって、今日も下品な書き込みと自演を繰り返すs会工作員


919 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 06:44:20 ID:nDNx83/7
>>906
W部弘宣部長のセクハラがあまりに酷く、
U元講師の元に被害者の女性の訴えが…

W部弘宣部長を告発

その後、W部からの陰湿ないじめを受け、退部。

以上。

920 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 08:22:52 ID:muS/cmes
>>919
あながちウソとは思えないネタだな

921 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 09:27:58 ID:deqAwcL0
ウソだけどな

922 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 11:54:33 ID:ebzx2Q8O
>>919

やっぱりな。

「なぜ 私 は 親鸞 会 を や めた の か を 読んで プラス」
の作者はウラミつらみ節ばかりで私情に流されている印象を受けたが
関係あるのかな。

923 :1001:2006/11/14(火) 11:57:47 ID:ZEo7XwtF
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。



924 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 12:40:48 ID:aaZAKxBd
最近スレ潰しとU氏への中傷ばかりだね。

被害家族の会
なぜやめた管理人
その他親鸞会に批判的、懐疑的な人

それが全部U氏の仕業でU氏は酷いヤツだから親鸞会は悪くない!
とでも言いたいのかね。嘘も百回言えば本当になるなんてないのに。
批判内容そのものには反論しないでイメージ戦略ばかり。


925 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 12:49:45 ID:D7VMI7Rk
>>924
ちょっと前にW部さんにあった人が、U氏の事をきいたらしいんだけど、
私情丸出しで罵っていたそうだ。
会員からU氏の悪い評判を聞き出して、
それをぶちまけるような事もしていたらしい。

自分の破廉恥行為がネットで暴露された仕返しじゃないかと、
その人は言っていたが、
まあ、ありえそうな話ではある。


926 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 12:56:44 ID:BIMC9tyX
ウソだけどな

927 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:12:22 ID:js6OCRqy
ウソつきアンチ

928 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:29:54 ID:bL/ZEPtl
罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて
     疑城胎宮にとどまれば 三宝にはなれたてまつる


929 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:30:28 ID:bL/ZEPtl
仏智疑惑のつみにより 懈慢辺地にとまるなり
     疑惑のつみのふかきゆゑ 年歳劫数をふるととく


930 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:31:15 ID:bL/ZEPtl
転輪皇の王子の 皇につみをうるゆゑに
     金鎖をもちてつなぎつつ 牢獄にいるがごとくなり

931 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:31:34 ID:ICryWdca
もう、ええわ〜

932 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:36:03 ID:ICryWdca
「すいません。自分、不器用ですから。」

933 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:43:53 ID:EzcBr9HL
みんなが待ちわびた

934 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:44:24 ID:EzcBr9HL
れいねんには無い

935 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 13:45:23 ID:EzcBr9HL
けっさくけっさく!

936 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 14:08:45 ID:5FxLu4K6
これはね、俺もほんまに聞いてみたいわ。

937 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 14:37:03 ID:t7P8REHR
人間ロケット



938 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 16:04:16 ID:l0tVg+RJ
H13・12月の顕真持ってる人、随行文を打ち込んで下さい



939 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 16:24:34 ID:OSutYSkt
W部とUさんをどっちを信用するかといわれたらね・・・・・


940 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 16:37:15 ID:l0tVg+RJ
U+U=W

941 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 16:40:58 ID:l0tVg+RJ
【ユニット紹介/メディア活動情報】 【ディスコグラフィー】

http://www.tsujikago.com/w.html

942 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 17:28:49 ID:VT5fWcYj


うんこぉ

943 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 18:40:03 ID:+Ggt39ab
でました!

944 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 18:51:11 ID:X3/13kwP
ネット工作員がウィルコムをもってから、
ろくでもない荒らしが
増えましたね

945 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 19:29:32 ID:34TXsaZl
>>919
U氏はあのキャラで変に正義感が強いところがあったからな。

946 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 21:16:50 ID:mhNToI2m
>>944
風吹けばオケ屋がもうかるってやつっすね?

947 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 21:53:42 ID:ku7gRhiv
まことしやかに語ろうとするカルトアンチの異常性を思い知りました。

948 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 21:56:53 ID:mhNToI2m
>>947
犬も歩けば棒に当たるってやつっすね?

949 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:07:41 ID:EsHVtx2m
 

950 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:09:12 ID:EsHVtx2m
950

951 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:11:25 ID:Ykj5gNoG
>>947
風吹けばオケが飛ばされるってやつっすね?

952 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:24:53 ID:8hdWBqHT
空桶屋

953 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:30:23 ID:EWwux0i/
人はカルトに入信するのではない。ただ抜け出す決意を先延ばしにしているだけだ。

954 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:36:07 ID:EWwux0i/
ものごとがゆっくり起こるからといって、そのための準備ができているとはかぎらない。
もしそれらがすばやく起こったら、あらゆる不意打ちに注意をおこたらず、スピードこそ
決め手だと気づくだろう。ところが「ゆっくり」は、準備の時間がたっぷりあるかのように
思わせて、中心にある事実を覆い隠してしまうのだ。いくらゆっくりことが運んでも、
あなたのほうがつねにそれより遅い、という事実を。

955 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:38:33 ID:EWwux0i/
どんな複雑な問題にも、単純な解決策が一つある。そしてそれはつねに間違っている。

956 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:40:55 ID:EsHVtx2m

浄土の真宗 親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160615339/

ろくなことない親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163084275/


957 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 22:57:25 ID:T/WeL3jN
富山で児童8人が行方不明だそうだ。
K玉さんまたあんたじゃないだろうね!!

958 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:09:45 ID:EsHVtx2m
高岡な

959 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:19:33 ID:mjnevvk0
ありがとう。後で見てみるよ
ちょっと今から勉強しなきゃいけないからw

960 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:20:17 ID:mjnevvk0
乙彼。

961 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:24:31 ID:/lIlwq02
U元講師の随行文見つけた。

感動した。
これを何千という人の前で発表していたとは驚きだ。


962 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:28:02 ID:EsHVtx2m
 

963 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 23:35:31 ID:mjnevvk0
>>961
うpしてください

964 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 00:14:57 ID:3WHvVEPX
ある女性がある男性をハンサムですごく素敵だと思い、何度かデートを重ね、彼にいくつかの
プレゼントを買ってもらう。その後、あるとき彼が彼女を殴る。でもすぐに彼はあやまる。
彼女は思うんです、ふだんの彼はとても優しいし、あのプレゼントも買ってくれたじゃないかと。
やがて二人のあいだに子どもが生まれるかもしれません。すると、彼は彼女と子どもの両方を
殴る。多くの場合、事態がそこまで進んでしまってから気づくんです。『なんてことだろう。
ぜったいに何かが間違っている』と。でもそのころには、彼女はあまりにも多くの罠にはまって
しまっている。カルトに信者に起こったことも、まさにそんなふうだったのでしょう。
徐々に進行していったのです。

965 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 00:30:04 ID:mMQy1z4A
T大出身のs..o君ってやめちゃったの?

966 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 07:31:46 ID:Ku+0r5ig
ぼら逃げたか?

あんまり追い詰めるなよ。ぼらにも生活がある。

967 :秋鯔〜☆彡:2006/11/15(水) 09:23:59 ID:UIrQ9ssZ
おは♪報恩講のお手伝い、会議、その他もろもろ事務的なことに
追われとりまつ。16日の夜くらいにはカキコできる鴨〜♪
>>966
ってことで、もちっとまっとって〜。
>>疑問さん
ま、はからいとゆ〜ものが、どこまで適応されるのか?
はからいの交わらない体験を予想している時点で、それ自体が
凡愚のはからいとはゆえへんやろか?と。ま、落ち着いたら、
ちゃんと書くねん。ところで、最近、電車ん中で考えとるんは、
「三部経千部読じゅ」と化巻の「雑行を捨て本願に帰す」とゆ〜こと。
浄土真宗でゆうとこの信心とは如何なるものなんか?再考できるんちゃうか、と。
(^-^)/~ホナ、いってきま〜つ♪

968 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 10:08:55 ID:zYqrAFuO
自力称名のひとはみな 如来の本願信ぜねば
     うたがふつみのふかきゆゑ 七宝の獄にぞいましむる


969 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 10:09:48 ID:zYqrAFuO
信心ひとにおとらじと 疑心自力の行者も
     如来大悲の恩をしり 称名念仏はげむべし


970 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 10:11:14 ID:zYqrAFuO
自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば
     自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける


971 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 10:59:42 ID:wkbhJN7S
あるがままを受け止めながら
目に映るもの全てを愛したい 

972 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 11:01:04 ID:wkbhJN7S
僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか
それがこの胸に解るまで

973 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 11:02:14 ID:wkbhJN7S
死ぬ為に生きる様な暮らしの中で

974 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:28:51 ID:BeArn33Q
944 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 18:51:11 ID:X3/13kwP
ネット工作員がウィルコムをもってから、
ろくでもない荒らしが
増えましたね

975 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:30:21 ID:BeArn33Q














944 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 18:51:11 ID:X3/13kwP
ネット工作員がウィルコムをもってから、
ろくでもない荒らしが
増えましたね


976 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:43:46 ID:aA4Jnkqc
|。・ω・|づ βyё βyё☆彡

977 :秋鯔〜☆彡:2006/11/15(水) 13:04:08 ID:bfkIp1X9
おは♪報恩講のお手伝い、会議、その他もろもろ事務的なことに
追われとりまつ。16日の夜くらいにはカキコできる鴨〜♪
>>966
ってことで、もちっとまっとって〜。
>>疑問さん
ま、はからいとゆ〜ものが、どこまで適応されるのか?
はからいの交わらない体験を予想している時点で、それ自体が
凡愚のはからいとはゆえへんやろか?と,
いうことがはからいとはゆえへんやろか?ということが
はからいとはゆえへんやろか?ということが
はからいとはゆえへんやろか?ということが
はからいとはゆえへんやろか?と。
ま、落ち着いたら、
ちゃんと書くねん。ところで、最近、電車ん中で考えとるんは、
「三部経千部読じゅ」と化巻の「雑行を捨て本願に帰す」とゆ〜こと。
浄土真宗でゆうとこの信心とは如何なるものなんか?再考できるんちゃうか、と
いうことがはからいとはゆえへんやろか?と。
(^-^)/ ̄ホナ、いってきま〜つ♪


978 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:12:47 ID:RKQqcQYi
移行先

浄土の真宗 親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1160615339/

ろくなことない親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1163084275/


979 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:15:01 ID:RKQqcQYi
 

980 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 13:16:04 ID:RKQqcQYi
980

981 :秋鯔〜☆彡:2006/11/15(水) 16:15:09 ID:UIrQ9ssZ
>>977
ニセもん、乙。
ま、問題は誰が何に対してはからいを雑じえるのが、あかんのか?
っつ〜ことなんよ。お聖教読むんもはからい、教学学ぶんもはからいと
ゆえるのか?時衆の一遍上人やったら、それもはからいのうちに
入るんかもしらん。「往生ほどの一大事、凡夫のはかろうべからず」
とゆわれるように、阿弥陀如来の救済法にまかせないゆえに、
自力とゆわれるんとちゃいます?ま、ゆうてもしゃ〜ないかw
釈迦に説法か、馬の耳に念仏か。
(^-^)/~今日はここまで、ホナ♪

982 :秋鯔〜☆彡:2006/11/15(水) 16:31:16 ID:Ezu0xAur
>>981
ニセもん、乙。
ま、問題は誰が何に対してはからいを雑じえるのが、あかんのか?
っつ〜ことなんよ。お聖教読むんもはからい、教学学ぶんもはからいと
ゆえるのか?時衆の一遍上人やったら、それもはからいのうちに
入るんかもしらん。「往生ほどの一大事、凡夫のはかろうべからず」
とゆわれるように、阿弥陀如来の救済法にまかせないゆえに、
自力とゆわれるんとちゃいます?ま、ゆうてもしゃ〜ないかw
釈迦に説法か、馬の耳に念仏か,ということが
はからいとはゆえへんやろか?と。
(^-^)/ ̄今日はここまで、ホナ♪

983 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:27:21 ID:IOk0MDGB
>馬の耳に念仏か

その上の称名念仏は如来わが往生を定めたまいし


984 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:51:14 ID:HR1NXMv2
五体満足なくせしやがって チンケな不満はタラタラだべる 未成年

親鸞会はそんなやつらの集まり



985 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:53:11 ID:RxoTZ0ry
          ∩_  
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ < こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /



986 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:08:56 ID:XQeLpPN9
やばいよー

987 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:09:56 ID:XQeLpPN9
はやく埋めて!!



















988 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:10:40 ID:XQeLpPN9
やばいから!!

はやくスレつぶさなきゃ!!!




























989 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:12:34 ID:XQeLpPN9
埋めて埋めて!!
見られちゃまずいよ!!



















990 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:13:39 ID:XQeLpPN9
つぶしとこう つぶしとこう!!



















991 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:14:34 ID:XQeLpPN9
やばいやばい!!
見られちゃまずいよ!!
埋めて埋めて!!!

992 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:16:07 ID:XQeLpPN9
急げ急げ!!

993 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:16:55 ID:XQeLpPN9
上司の命令だから、さからえない。
やばいやばい!!!

















994 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:17:37 ID:XQeLpPN9
ほんと、いそがなきゃ!!





















995 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:19:07 ID:XQeLpPN9
つぶしてー









996 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:19:41 ID:XQeLpPN9
必死の対策員だよー!

























997 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:20:20 ID:XQeLpPN9
埋めて埋めて!
隠して隠して!!












998 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:22:00 ID:esZfyKKM
D・V・D・!
  D・V・D・!

















999 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:30:32 ID:wGeeDjjc
お願い、瓜生さんを悪者にしないで!

1000 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:31:51 ID:wGeeDjjc
お願い

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

417 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)