5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮正宗のスレッドB

1 :916:2006/09/28(木) 22:49:05 ID:M/UeMQzi
みんなで日蓮正宗について語り合いましょう!

2 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/28(木) 22:52:52 ID:KHMi4Kr/
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

3 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:35:22 ID:kQqCPJTJ
組織上、あるいは個々人の人間性において、色々と問題はある。
でも、他に正しい宗教がないからなあ。
日蓮正宗と教義論争やって、勝てる宗教なんて、無いよ。


4 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/28(木) 23:37:31 ID:KHMi4Kr/
何処が正しいの?

5 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:41:34 ID:kQqCPJTJ
世の中にあるさまざまな宗教の教義を見てゆくと、消去法で
日蓮正宗しか残らないってことだよ。


6 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/28(木) 23:43:56 ID:KHMi4Kr/
消去法って一番最悪って知ってる?


7 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:45:55 ID:EEfy2WpJ
警告

日蓮正宗 創価学会 顕正会 各カルト教団に告ぐ

法華経を信じぬ者他宗は仏罰が下ると一般人を脅し

特に法華経普賢菩薩勧発品 第二十八巻に説かれる

ハンセン病(白癩)は業病とした差別は間違いでしたと

ハンセン病元患者に即刻謝罪せよ


岩波文庫 法華経下 P334
※岩波文庫さんは差別的発言と関係ございません。

700年前の世界では仏罰を信じた人間は存在すると考えるが
現代では皆無に等しい
よってカルト系日蓮正宗、創価学会、顕正会は法華経の解釈を間違っています

8 :916:2006/09/28(木) 23:46:57 ID:M/UeMQzi
>>3
日蓮正宗の教義で本尊は人の命に勝るというところがあるだけで問題ですけど?
この部分ですでに最善ではなくなっています。めったなことはいわないほうが
いいですよ?

9 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:48:59 ID:C6Ekn/iV
だが正宗以外全部を邪教と見るのはどうだろうか?
そういう排他主義が争いを生む訳だが。

10 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:55:26 ID:kQqCPJTJ
>>8
>>日蓮正宗の教義で本尊は人の命に勝るというところがあるだけで問題ですけど?

そんな教義はありません。
誰か言った人がいるとしたら、それはおそらく、
「それくらいの気持ちで自分の身を惜しまず、信心に励むべきだ」という、いわば
たとえ話ともいうべき言葉でしょう。
決して、他人の命を軽く見ているわけではありません。


11 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:08:02 ID:FpC6ckBu
ところで、「南無妙法蓮華経」の唱え方に何か正式なやり方ってあるの?
前スレで916さんが

> お題目を唱えると精神安定剤的な効果があります(疑っていなければですが)

と言っていたので、もしかしたら瞑想のような効果があるのかなと思ったんですが、
あの激しいリズムでは複式呼吸にはならないよね?

12 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:08:27 ID:31NAnq9V
>>7
法華経を否定するとは、釈尊の教えを否定するわけですね。
つまり、仏教全般を否定することにつながります。
そういうお宅、菩提寺はまさか仏教寺院じゃないでしょうね?

>>法華経普賢菩薩勧発品 第二十八巻に説かれるハンセン病(白癩)は業病

「業病だ」で済ましてつき放したら、たしかに差別ですね。
ところが仏教は、そういう業をかかえた人をどのように救済してゆくか、そのことを
説いた教えなのです。
決して差別して突き放しているわけではありません。
まずは自らの業を直視し、どうやってそれを乗り越えてゆくか、それが人生の課題では
ないでしょうか。
仏教は、そのための指針です。
ちなみに、誰にでもそれぞれ業があります。ハンセン氏病だけではありません。
貧乏も家庭不和も、業ですよ。
誰もが自らの業を乗り越えてゆかねばならないのです。


13 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:11:37 ID:31NAnq9V
>>11
日蓮正宗寺院へ行って、お経の時間に、御住職の真似をしてください。
それが正式なやり方です。
正宗寺院は信徒以外にも開かれており、誰でも中に入ることができます。


14 :916:2006/09/29(金) 00:14:36 ID:Rm5WAczG
>>10
違います。あなたは自分でよく勉強していません。
なぜなら前述などの消去法のくだりなどはあなたが自分で教判しタ
とでもいうのでしょうか?教義の五重の相対をもって言っているだけでしょう。
それはただの受け売りですよ。あなたがのめり込んでいるものを批判されて
理解できないから安易にうそを言うのは不誠実です。実際本山任務などでは
三法のために死ぬ覚悟などの決意発表はよくあります。
 それに戒壇の大御本尊などは法華講衆の神四郎・弥五郎・弥六郎
だったかが対告衆です。これらは殉教しています。仏の金言は絶対で法華経比喩品
などを引用してそういっています。教義では凡夫と仏では仏尊いということになっています。
凡夫は命を惜しまず。仏に給仕なくてはなりません。過去の信者で
くどう吉隆の話などでそう指導します。
厳然と御書には価値判断として仏(本尊)が勝るとあります。指導教師
もそうおしえます。

人の命を軽く見ないのは当たり前です。しかし人の命よりも優先されることが
ある、ということが極めて重要なもんだいなのです。

15 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 00:16:49 ID:VbCsrdm7
ホケキョとシャクソンは無関係

16 :916:2006/09/29(金) 00:19:32 ID:Rm5WAczG
上記のことは異常な折伏行為にいたる原因のひとつなのです。

17 :カノン:2006/09/29(金) 00:24:13 ID:j3Db/6jp
父の入信で相談した者です。これからはカノンの名で登場します。916さん、お大師様かまってチヨさん、他の皆さん…アドバイスをありがとうございます。なんと、スレAが増していたので、今必死に読み返しています。とりあえずお礼を言いたかったので…また後で現れます。

18 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:25:16 ID:FpC6ckBu
>>13
ご回答、ありがとうございました。気が向いたら行ってみます。
でも、題目に関して言えば、呼吸法はあまり重要じゃなさそうですね。

19 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:25:49 ID:31NAnq9V
>>14
命を捨てる決意のできない人は、それはそれでいいと思います。
そういう人に対してまで、命を捨てることを無理強いするような教えはありません。
御書に書かれている命を落とした強信者のことも、大聖人は、彼らが亡くなったあとに
称えられているだけであり、生きる望みがあるのに命を捨てろなどとはおっしゃっていないはずです。

命が一番大事な人に、無理強いは絶対にしません。
しかし、法を護るために命を捨てる決意のある人については、それはそれで否定されることはないと思います。
つまり、人それぞれということです。



20 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:26:30 ID:GMN6EKPH
>>12
つまりマッチポンプって言うことね。
悪質な喩えは止めましょう。

21 :916:2006/09/29(金) 00:30:05 ID:Rm5WAczG
>>11
正式なやり方は正座して本尊を正視します。そして、合掌してお題目を
となえます。ペースは自分のペースでとなえます。みんなでするときは
導師にあわせてします。

瞑想よりもポジティブな効果があります。
南無妙法蓮華経には意味がありまして南無とは帰命するといいます。
いのちが帰るという意味です。妙法蓮華経とは人の心には非常に
すばらしい心がありましてそのことです。自分の命をそういうすばらしい
心の状態に戻す。そんな感じの意味があります。そうおもってとなえると
なんだか清々しい思いになります。


22 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:30:46 ID:ZbeTr/kz
>>20
日蓮正宗から"悪質"な所を除いたら消滅してしまう。

23 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:33:55 ID:31NAnq9V
>>20
わけわからん。
べつに喩え話をしたつもりはないが?

それで、あなたは釈尊の教えを否定するってわけですか?
さぞかし、仏教を上回るご立派な信仰をお持ちなんでしょうね。
もしかして、お釈迦様を越えた、生き仏様ですか?
是非、そのご立派なお教えをお聞かせいただきましょうか。


24 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:35:35 ID:31NAnq9V
そろそろ寝ます。
私もハンドルネームを考えておいたほうがよさそうですね。



25 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:38:10 ID:ZbeTr/kz
>>24
あれ、逃げちゃった。
都合が悪くなると・・・何時もの事だが。

26 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:43:15 ID:31NAnq9V
念のため、付け足し。
12で私が述べたこと、他宗派でも他門流でも、仏教信仰者ならば
たぶん誰でも否定しないと思いますよ。
皆さんの菩提寺の住職でも、例外ではないと思います。
法華経に書かれたことを非難する仏教者など、いるはずがありません。
非難するのなら、そのことを念頭に置いた上で発言してください。

なんのために「業」などというものを示したのか?
決して冷たく突き放すためではありません。
乗り越えるためなのです。


27 :916:2006/09/29(金) 00:44:09 ID:Rm5WAczG
>>19
大御本尊の対告衆である神四郎を筆頭にした法華講衆が殉教した
姿を感じられ法華講衆の信心をみて出生の本懐である本文戒壇の
大御本尊をあらわされたと御法主が講義していました。ご本尊は
信徒の殉教をする姿をもってあらわされているのです。

この法華講衆は生きようとおもえば生きれました。望みはありました。
この人たちは信心をやめろと強要されるのを拒んで殺されたのです。
その行動を感じて本尊は現されています。
そして法華講はこれらの信心が理想であるといいますしそれがご本仏の
意思にかなった信心と教えているではありませんか。

28 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:46:34 ID:31NAnq9V
>>22
>>25

お前さんは自分の発言に、コメントしてもらえる価値があるなどと思っているのか?
身の程知らずなやつだ。


29 :916:2006/09/29(金) 00:47:18 ID:Rm5WAczG
死んでも信心を退転してはだめだ。退転すると地獄に行くと指導します。
事実です。

30 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:54:06 ID:AZOtPZmK
結局「堕獄」で脅しが通用する頭の弱い人間をカモにしているだけだと。
さっき落ちたお仲間?もまさにその典型。
どこかの顕正会からサーフィンした夫婦とそっくりだw

31 :916:2006/09/29(金) 01:02:10 ID:Rm5WAczG
>>19
>しかし、法を護るために命を捨てる決意のある人については、それはそれで否定されることはないと思います。
>つまり、人それぞれということです。

何もしないで命がけの決意の信者が生まれたとでもいうのでしょうか?
違います。そういう教育を施したからそういうことを考えるのです。
教義をもって権威者である僧が指導したからに他ならないのです。
>>19くん、あまりばかなこというんじゃないよ。
もっと客観的に見なさい。

32 :916:2006/09/29(金) 01:05:00 ID:Rm5WAczG

カノンさんへ
心と体を大事にしてください。

ではではさようなら

33 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 01:08:09 ID:g0K7V6RL
>>3
>他に正しい宗教がないからなあ。
他もなにも観念論(宗教)に万人にとって「正しい」といえるものはないよ。
その人にとって「正しい」といえるものはあってもね。
>>5の消去法だって、すべての宗教が消える人やキリスト教、イスラム教が残る人もいるわけで。
>日蓮正宗と教義論争やって、勝てる宗教なんて、ないよ
同時に日蓮正宗が勝てる宗教もないだろう(同じ教義、教祖の宗派は除く)。
「前提」(アッラーやら仏やら又吉イエスやらニャルラトホテプやら)が
それぞれ違うのだから噛み合いようがないもの。

34 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 01:11:20 ID:AZOtPZmK
仏教に勝劣を持ち出す時点でそれは仏教じゃない。

35 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/09/29(金) 01:34:25 ID:RzOZwPC7
ヽ(´∇`)ノぅわぁ〜い♪

36 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 07:54:47 ID:FpC6ckBu
>>21
> すばらしい心がありましてそのことです。自分の命をそういうすばらしい
> 心の状態に戻す。そんな感じの意味があります。そうおもってとなえると
> なんだか清々しい思いになります。

なるほど、自分の仏性に出会うという思い、そこに帰っていくという思いが
重要なファクターなんですね。

きっと、毎日お題目をあげている信者の方と普通の方の信念は、ちょうど、
体育会系で毎日きちんとトレーニングしている人とそうでない人の筋肉の
出来くらいの差はありますね。

37 :916:2006/09/29(金) 07:55:09 ID:Rm5WAczG
>>19くん、

>命を捨てる決意のできない人は、それはそれでいいと思います。
当然です。しかし、あなたのこの言い方は「命を捨てるべきだ」と考えている
と文脈から連想します。

>そういう人に対してまで、命を捨てることを無理強いするような教えはありません。
あります。宗教と命なら宗教をとらなければ堕地獄と言っている。
それにこの言い方では無理強いはしないが命を捨てる教義があるいうことは
否定されていません。
君は不誠実です。ごまかそうとしています。

>御書に書かれている命を落とした強信者のことも、大聖人は、彼らが亡くなったあとに
>称えられているだけであり、生きる望みがあるのに命を捨てろなどとはおっしゃっていないはずです。
宗祖は法華経を捨てて生をうるよりも命を捨ててでも法華経をとれと御書にあります。
不勉強です。なにもしらないみたいですね。ふざけたことです。
物事を鵜呑みで発言している。君は信用できません。

>命が一番大事な人に、無理強いは絶対にしません。
そんなことするわけないでしょう。そういうことではない。
人の意見をもっと率直に理解しなさい。


38 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 10:09:15 ID:cW9L975G
ようするにあなたは、護法のために命を投げ出すのを讃えるのが気に入らない、というわけですね。
熱原三烈士や工藤吉隆のことを
「命を粗末にする人たちだ、後世の信者は真似してはいけない」と批判するような宗教、それだったら
あなたのおめがねにかなうわけですね。

そんな宗教あったら教えてください。
殉教者を讃えずに批判する宗教なんて、あるのですか?

もしもあったら、あなたは日蓮正宗やめてそっちへ宗旨替えするんでしょうね?


39 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 10:22:38 ID:dv/gQBpI
>>26
>他宗派でも他門流でも、仏教信仰者ならばたぶん誰でも否定しないと思いますよ。
>皆さんの菩提寺の住職でも、例外ではないと思います。
残念ですが否定してます。日蓮正宗だけの思い込みです。
ただ、「法論はどちらが負けても釈迦の恥」で論じないそうですが。

>法華経に書かれたことを非難する仏教者など、いるはずがありません。
>非難するのなら、そのことを念頭に置いた上で発言してください。
ハンセン氏病(白癩)を説いているのは法華経だけ。
>>12氏が書かれている通り700年前だったら日蓮も一応宗教と認められるでしょう。

>なんのために「業」などというものを示したのか?
>決して冷たく突き放すためではありません。
>乗り越えるためなのです。
「業」を示すのにハンセン氏病は言語道断。
現在、創価がマスコミに圧力かけて法華経とハンセン氏病差別問題を抑えているだけ。(関係者談)
創価の力が無くなったら日蓮正宗は消滅しますが。

40 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 10:24:34 ID:AZOtPZmK
顕正会員なみに痛い日蓮正宗信者の登場だなw
それとも創価の工作員の線も考えられるが、他からの移籍組ならこんな風になるかもな。

スネ夫も自分の未来の姿をよく見ておけよ。
移籍するつもりがあるんならなwww

41 :916:2006/09/29(金) 10:42:19 ID:Rm5WAczG
>>38
>ようするにあなたは、護法のために命を投げ出すのを讃えるのが気に入らない、というわけですね。
きみは駄目だ。もっと文章を読む練習をしなさい。読解力が低すぎる。
それから指摘されたことには正面から受け答えしなさい。物事の論点を
はぐらかすな。

>熱原三烈士や工藤吉隆のことを
>「命を粗末にする人たちだ、後世の信者は真似してはいけない」と批判
>するような宗教、それだったらあなたのおめがねにかなうわけですね。
論点をよく捉えて話しなさい。まったく違う。君は間違いやうそを言った。
それを指摘したのだ。おのれの妄語を棚に上げこのような文章を返してくるとは
。いったいどのような教育をうけてきたのだ?話にならん。

>そんな宗教あったら教えてください。
>殉教者を讃えずに批判する宗教なんて、あるのですか?
ないでしょう。しかし、ないとはいいきれません。

>もしもあったら、あなたは日蓮正宗やめてそっちへ宗旨替えするんでしょうね?
馬鹿馬鹿しい。なぜ変えねばならん?ふざけるな!

42 :916:2006/09/29(金) 10:52:07 ID:Rm5WAczG
ハンセン氏病ははやく謝罪することです。
業病とあるならそれだけで差別なのはあきらかでしょう。
屁理屈ばっかりでいいかげんゲンナリしますわ。

43 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 11:26:08 ID:AZOtPZmK
>>38は顕正会から法華に移った某夫婦と同じ臭いがプンプンするな。
話逸らしにしても同じ。

44 :3,19:2006/09/29(金) 12:20:30 ID:cW9L975G
>>41
「話にならん」と言われては話になりませんね。

>>>殉教者を讃えずに批判する宗教なんて、あるのですか?
>>ないでしょう。しかし、ないとはいいきれません。

がんばって探してください。

>>馬鹿馬鹿しい。なぜ変えねばならん?ふざけるな!

なぜ変えなければならないかというと、あなたが日蓮正宗のことを
人命軽視の宗教だと言わんばかりの非難を加えるからです。
そこまで非難するのなら、もっと人命第一の宗教が見つかったら宗旨替えするのが
筋というものでしょう。
そこまで非難しながら、なぜ留まっているのですか?

代わりに答えてあげましょう。
他にもっといい宗教が見つからないからでしょう。違いますか?
まさに私が、3で発言したとおりです。


45 :3,19:2006/09/29(金) 12:23:05 ID:cW9L975G
>>42
>>ハンセン氏病ははやく謝罪することです。

私に謝罪を求めるのは筋違いですね。私が法華経を書いたわけじゃありませんから。
文句があったらお釈迦様に言ってください。


46 :3,19:2006/09/29(金) 12:28:54 ID:cW9L975G
>>39
>>「業」を示すのにハンセン氏病は言語道断。

現代だったらそうでしょうが、釈尊の時代には業の一例として適切だと考えられたのでしょう。
現代だったら、経済問題や人間関係のほうが、業の例として適切かもしれませんね。
これは時代の雰囲気のちがいによるものです。

>>現在、創価がマスコミに圧力かけて法華経とハンセン氏病差別問題を抑えているだけ。(関係者談)
創価の力が無くなったら日蓮正宗は消滅しますが。

創価学会を讃えるとは、創価学会の人ですか?
学会もかつては、いや、今でも、法華経をよりどころとしているのではないのですか?
日蓮正宗にいやがらせを続ける創価学会の力が無くなったら、日蓮正宗はもっと信心しやすくなりますけどね。


47 :3,19:2006/09/29(金) 12:46:27 ID:cW9L975G
>>39
「法華経はハンセン氏病患者差別だ!」とあなたたち檀家がうるさく言うから、しかたなく認めたんじゃないですか?
しかし法華経を否定しちゃ仏教として成り立たなくなります。
それで「論じない」という態度を取っているんでしょうね。
教義と檀家衆の板挟みになっている、住職さんの苦悩が感じられますね。


48 :916:2006/09/29(金) 12:58:15 ID:Rm5WAczG
>>44
>がんばって探してください。
いやです。前のスレッドを見てからいいなさい。
そんな労力つかいませんよ。

>
>なぜ変えなければならないかというと、あなたが日蓮正宗のことを
>人命軽視の宗教だと言わんばかりの非難を加えるからです。
>そこまで非難するのなら、もっと人命第一の宗教が見つかったら宗旨替えするのが
>筋というものでしょう。
>そこまで非難しながら、なぜ留まっているのですか?
非難ではなく指摘ですよ。事実を言っているのです。宗教に筋など通していては
人生の無駄というものです。だからしません。時間と労力の無駄なのです。
なぜやめないかというと冠婚葬祭ように有用だからです。

>代わりに答えてあげましょう。
>他にもっといい宗教が見つからないからでしょう。違いますか?
>まさに私が、3で発言したとおりです。
ぜんぜん違います。一人よがりもいいところです。釣りはたのしいですか?w



49 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 13:13:07 ID:n6ID5cbh
>>47
>しかし法華経を否定しちゃ仏教として成り立たなくなります。

法華経が無くても仏教は成り立ちます。
ハンセン病など仏罰を説く日蓮正宗は存在価値無し。

50 :前スレより拝借:2006/09/29(金) 13:31:35 ID:QwYpE9fD
「五時八教」は史実的に全く根拠のないものというのが
現在の世界の仏教学・仏教史・文献学の常識であり、それを引っ張ってくるのはかなり滑稽なんだが。

「法華経」の成立もAD1C(釈迦入滅後約500年程度)ということでほぼ固まってるし、
大部分の大乗教典ともども釈迦の直説であるという可能性は限りなく0である。
日蓮は不幸なことに、当時の中国人の「すべての教典は釈迦の直説」という誤解の上に成立した
「五時八教」という教相判釈、そして「一念三千」といった中国的(で考え出された)仏典解釈など、
(当時の世情から来る)中国人の創作や誤解の知識や解釈をそのまま真実として信じてしまった。
・・・史実として釈迦や元々のインド仏教とは無関係だが、当時の日本人が信じたのは仕方無い。

が、日蓮宗派が「法華経=釈迦直説」を大前提とした「五時八教」を未だに
「法華経絶対」の理論的根拠にして信者に教え、彼らにこうやって鵜呑みにさせているのは問題。
(未だに天動説を唱え続けている様なもの)
個人的な信仰でとどめるならばそれでもいいだろうが、
外部にそんな事主張して日蓮宗派の絶対性を誇るとなると、本当にみっともない。

51 :別スレより拝借:2006/09/29(金) 13:42:12 ID:QwYpE9fD
>>36
たとえば。「うんことちんこ」これを100回唱えてみればいい。
すぐに快感・トランス状態を体験できる。これは心理学的にハンマーシュラーク
と名づけられた生理現象だが。カルトはこういうトリックをよく使う。

52 :3,19:2006/09/29(金) 14:49:16 ID:cW9L975G
>>49
法華経ナシで仏教が成り立つというのなら、何経をよりどころにするのですか?
阿弥陀経ですか?大日経ですか?
ことわっておきますが、法華経をよりどころにしている宗派は、日蓮正宗だけではありませんよ。
天台宗もそうですし、日蓮宗系各派もみんなそうです。
あなたはそれらの宗派をすべて、「存在価値ナシ!」と言って否定するんですね。
それならそれで、法華経よりすぐれている他の経を挙げてください。
「これこそ釈尊の一番の真意だ」と言える経を、挙げてください。

挙げられなければ、あなたの主張は破たんです。


53 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 15:19:40 ID:n6ID5cbh
>>52
挙げる必要はなし、ここは日蓮正宗のスレですから。

日蓮正宗においてハンセン病など仏罰は真実の教えですよね。
法華経の間違いを正せばハンセン病になってしまうと。
医学的に完全に否定されてますが。
他にも死後硬直や遺体が黒いなど、
通信手段や写真など無い700年前だったら例え話も可能でしょうが
現代ではお粗末な例え話です。

54 :916:2006/09/29(金) 15:33:08 ID:Rm5WAczG
法華経は客観的な学問として釈迦の経ではういということで教義をすればいい
のですよ。なにも日蓮正宗がn仏教というカテゴリから外れようとかまわない
でしょう?仏教でなければいけないわけでもないでしょうに。

55 :916:2006/09/29(金) 15:34:28 ID:Rm5WAczG
訂正

法華経は客観的な学問として釈迦の経ではういということで教義を修正すればいい
のですよ。なにも日蓮正宗が仏教というカテゴリから外れようとかまわない
でしょう?仏教でなければいけないわけでもないでしょうに。




56 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 15:41:54 ID:6DKaySzy
>>12
>貧乏も家庭不和も、業ですよ。

宗内不和も業ですか?

57 :3,19:2006/09/29(金) 17:06:31 ID:cW9L975G
>>53
「挙げる必要はなし」
まあそんなことだろうと思いました。
日蓮正宗を誹謗する者は、どいつもこいつも卑怯者ばかりですね。
 
挙げる必要は、あります。
要求します。
法華経がだめだというならば、法華経に勝る経典を挙げなさい。
挙げられなければ、あなたの思想は矛盾しており、間違っていることになります。



58 :3,19:2006/09/29(金) 17:10:36 ID:cW9L975G
ついでに言っておきましょう。
あなたがたは法華経のことを「ハンセン氏病患者への差別だ」と言い張っていますが、
その言でいえば、法華経以外の経典は、女性差別だということになってしまいますよ。
法華経以外の経典では、女性は成仏できないと説かれているのです。
どうあがいても、成仏するすべが無いのです。

ところが法華経のハンセン氏病患者は、救われる道が説かれているのです。
どっちが差別的ですか?

それでも、法華経よりも他の経典のほうが優れていると言い張るのですか?


59 :3,19:2006/09/29(金) 17:11:36 ID:cW9L975G
>>56
そのとおりです。
信心で乗り越えるべき、課題です。


60 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:14:31 ID:6DKaySzy
>>58
君の負けだよ、話を逸らすのがミエミエ。
見苦しいぞ。

61 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:15:45 ID:6DKaySzy
>>59
日蓮の早死にも業ですか。

62 :3,19:2006/09/29(金) 17:18:31 ID:cW9L975G
>>48
>>非難ではなく指摘ですよ。事実を言っているのです。

あなたが挙げた事実は、過去に護法のために命を落とした信者が存在することと、本山警備の人が命がけの決意表明をしたという、ただそれだけのことじゃないですか。
これだけの事実をもとに勝手に邪推して、「日蓮正宗は人命軽視だ」と言わんばかりの「指摘」をする。
これが非難じゃなくて何ですか。
しかしそんなにお嫌いなのに留まっているのはなぜなのか?
誰だって不思議に思います。

>>宗教に筋など通していては人生の無駄というものです。だからしません。時間と労力の無駄なのです。

とんでもない大間違いですね。
人間は、宗教にこそ、筋を通すべきなのです。
日蓮正宗僧俗は、筋を通したからこそ、前の違う宗旨から日蓮正宗に改宗したのです。
教義的に前の宗旨が間違っているということを知ってしまったら、改宗するのが筋でしょう。
「人生の無駄」「時間の無駄」「労力の無駄」だとは、実にとんでもない暴言です。

そういう、筋の通せない人間が、いくら破折されても今の宗教から離れようとしないのです。
「理屈はわかったが色々人間関係があるから・・・」などと優柔不断なことを言い続ける、それが、筋の通せない人間たちです。
筋を通さないから、言業不一致の矛盾したことを平気で続けます。
そういうことを続けていったらどうなるか。言葉と行動がちぐはぐなまま長年過ごしていたら、確実に幸せから遠ざかります。
あなたはそういう将来を、望みますか?

>>なぜやめないかというと冠婚葬祭ように有用だからです。

あなただけではありませんが、礼拝という行為を、甘く見ていますね。
礼拝という行為ほど、人間の精神に影響を及ぼすものはありません。
心の中で「人命軽視だ」と反発し、形ばかり礼拝する。こんな矛盾したこと続けていて、まともな将来があるはずありません。

筋を通すべきです。


63 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:19:14 ID:JR2ZqfbA
>>1
機種依存文字つかうなボケ。
死んでしまえ。

64 :3,19:2006/09/29(金) 17:19:39 ID:cW9L975G
>>61
当時としては、早死にとは言えませんね。


65 :3,19:2006/09/29(金) 17:20:13 ID:cW9L975G
>>60
見苦しければ、見なくてけっこうです。


66 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:26:00 ID:6DKaySzy
>>64
60歳ですから何ならの病死である事は明らか。

67 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:28:59 ID:JR2ZqfbA
>>51
http://de.wikipedia.org/wiki/Hammerschlag
意味不明。

68 :3,19:2006/09/29(金) 17:30:13 ID:cW9L975G
>>66
お前、まだ居たのかよ。
見苦しければ見るなって言ってんだろ。
未練がましいヤツだな。
どうしても発言したければ、法華経に勝る経典を挙げてみろよ。
どうせ無理だろうがな。


69 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:48:18 ID:Y0e0xdY8
女も成仏出来ると聞いてますが?何故だ?

70 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 17:53:19 ID:VbCsrdm7
>>68
ホケキョの何処がすばらしいの?

71 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:04:43 ID:7aWjby9u
>>45面白いねぇー!文句があるならお釈迦様に言えってか。すげえ発言だこと

72 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 18:07:50 ID:VbCsrdm7
お釈迦様ホケキョ書いてないかな

73 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:13:28 ID:AZOtPZmK
顕正会検証スレのテンプレでこいつらが反論不可能な質問があるぞ。
顕正会から法華にサーフィンした夫婦が質問者のサイトを荒らしまくっただけで何の回答も出来なかったが。
話そらしと屁理屈、責任転嫁がこいつらの手口だからな。まあさすがと言うべきかwww

74 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:31:22 ID:OE4rJkvY
>>73
誘導スレお願いします。

3,19君
反論不可能に堕ちると他宗攻撃逃亡ですか。
おまけにお釈迦様に責任転換。

ここは日蓮正宗に対するスレですよ。

75 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/09/29(金) 18:35:23 ID:RzOZwPC7
南無日蓮大聖人…(-人-)

76 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:05:06 ID:g0K7V6RL
>>57
>法華経だだめだと(中略)間違っていることになります。
失礼だがこれは、幼稚な「論点ずらし」以外の何物でもないよ。
間違いを指摘するのに正しい方法を示す必要は無い。それはごく簡単な例でわかる。
Aさんが「このブロックは10倍の質量になる」と主張した。
これにBさんがそんな理論も実例もないことを指摘した。
さてこの場合、Bさんは「10倍の質量になる石」を示さなければならないだろうか?
もちろん否だろう?示さなくてもBさんの指摘が
間違いということにもならなければAさんの主張が正しいということにもならない。
頭に血が上ってつい書いちゃったんだろうけど、こんな程度の低い論点ずらしで
非日蓮信者を一括りに卑怯などと言われてはたまらないな。
というかね、上でも書いたが極端な言い方をすると観念論(主張)に正しいものなんてないんだ。

77 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:06:11 ID:g0K7V6RL
>>76
×観念論(主張)
〇観念論(宗教)
訂正

78 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:11:19 ID:AZOtPZmK
すまんが携帯なんで、スレタイと該当レス番しか出せん。「徹底検証顕正会」のレス番10だ。
すまんが各々探してくれ。

79 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:16:32 ID:OE4rJkvY
>>78
有難う。
3,19君が見たら卒倒しそうなすれですね。

80 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 19:18:43 ID:VbCsrdm7
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪
【第68回】徹底検証!『宗教法人顕正会』
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157837754/10

81 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:03:36 ID:AZOtPZmK
>>80トン

日蓮正宗アンチ処氏
ついでにだがこの質問した顕正会アンチの風氏のサイト(テンプレにまとめサイトあり)のメイン掲示板の過去ログ見るといい。
管理人の風氏がアク禁にするまで粘着荒らしを続け、さらに仲間を呼び込んで荒らし展開しようとしていたのが分かる。
結局は荒らし工作と人格攻撃、話そらしと屁理屈、責任転嫁しか出来ないサンプルが揃っているだけw
こによく書き込むオヤジさんもよく知るサイトでもあるぞ。あの夫婦の事も同じくだがwww


82 :3.19:2006/09/29(金) 20:19:08 ID:31NAnq9V
>>76
>>間違いを指摘するのに正しい方法を示す必要は無い。

ところが宗教の世界では、そうはゆかないんですよ。

>>Aさんが「このブロックは10倍の質量になる」と主張した。
>.これにBさんがそんな理論も実例もないことを指摘した。
>>さてこの場合、Bさんは「10倍の質量になる石」を示さなければならないだろうか?

Aさんが「人間が幸せになるためには10倍の質量になるブロックが必要だ。このブロックがそれだ」
と主張したならば、Bさんは、
「10倍の質量になるブロックなど存在しないし不要だ。その代わり、これが必要だ」
と、代わりの物を示す義務がありますね。

これは自然科学ではありません。信仰の問題です。
私は、人間の幸不幸にかかわる問題を論じています。
代替案を示す義務は、ありますね。


83 :3.19:2006/09/29(金) 20:22:06 ID:31NAnq9V
なんだか長ったらしいし、無意味な罵倒が多くて、読む気になれませんね。
べつに私にはこれを読まなければならない義務はありませんし。
顕正会とアンチ顕正会の論争は、私や日蓮正宗にはあまり関係ありません。



84 :3.19:2006/09/29(金) 20:23:28 ID:31NAnq9V
>>83

80のスレ引用のことです。
わざわざ苦労して探し出したのかもしれませんが、無駄骨折り、ご苦労様でした。
私には関係ありません。


85 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:38:24 ID:AZOtPZmK
プ


まあその程度だろうなw
そろいもそろって同じ事しか言えんのはカルト脳だからだし。

86 :3.19:2006/09/29(金) 20:49:56 ID:31NAnq9V
それで、法華経を上回る経典ってのは、見つかりましたか?
法華経以外の経典が、女性の成仏を否定している問題は、どうするのですか?

法華経は、ハンセン氏病患者に対しても、救済を説いています。
法華経以外の経典が女性を見捨てているのと大違いです。
そのことを何度教えてあげても、まともに反論もしないで「法華経は差別だ差別だ」と言い続けているだけでしょう。
ばかのひとつ覚えみたいに。
逃げているのはどっちでしょうね?

さらに「だったらそれ以上の優れたお経があるのか?」と質しているのです。
法華経を排除して、どうやって仏教の教えを成り立たせるのか?と質しているのです。
これのどこがすり替えですか?

私は顕正会の者みたいに「誰それが言ったことだから絶対正しい」とは言っていません。
ただ、法華経を誹謗する者の矛盾を追及しているだけです。


87 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 20:53:00 ID:VbCsrdm7
(o^-’)bホケキョより般若心経のほうがすぐれてるよ

88 :916:2006/09/29(金) 21:04:19 ID:Rm5WAczG
>あなたが挙げた事実は、過去に護法のために命を落とした信者が存在する
>ことと、本山警備の人が命がけの決意表明をしたという、
それと日蓮正宗をやめると堕地獄に落ちるとも言いました。レッテル張りが
すきみたいですね。私は「人命よりも本尊が尊いという教えがある」といっている
のですよ。それが折伏下種のために他人に迷惑を及ぼしてもしょうがない。
迷惑だろうと折伏することが大事という自分勝手な発想につながると言ったのです。
君は話をすりかえた。非常に不誠実です。「人命軽視」というはなしにすりかえるな。

>これだけの事実をもとに勝手に邪推して、「日蓮正宗は人命軽視だ」と
>言わんばかりの「指摘」をする。これが非難じゃなくて何ですか。
「日蓮正宗は人命軽視だ」ということに関しては君がすり替えで言い始めたことです。
指摘を非難ととるのは君の感情です。いろんな問題をおこして人様に迷惑かけてるから
指摘してるんですよ。指摘されたくなかったら指摘されるような問題おこすな。

>しかしそんなにお嫌いなのに留まっているのはなぜなのか?
正宗の仲間だろうと基地外は嫌いなんですよ。そして、問題をおこして人を
苦しめる誤った教義も嫌いです。何もかもが嫌いではないのですよ。
はやくまともになってほしいと思ってるだけですよ。君のように自分で
咀嚼しないで鵜呑みにするような人間はすぐ出て行けという。
日蓮正宗は100%YESマンでないとだめのようですね?



89 :お大事様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 21:18:14 ID:JR2ZqfbA
(o^-’)bホケキョより愛経のほうがすぐれてるよ

90 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:40:14 ID:AZOtPZmK
法華経に「法華経が最高」と書いてあるから最高と思える思考が理解できん。
「自画自賛」や他人からの伝聞を根拠に絶対を口にできる思考が理解できん。
自分の読解力の低さを棚あげして屁理屈で反論できる滑稽さも理解できんwww

91 :916:2006/09/29(金) 21:44:03 ID:Rm5WAczG
>人間は、宗教にこそ、筋を通すべきなのです。
君は勘違いをしている。宗教というものを既存の宗教だけと勘違いしている。
みんな自分自身の考えがある。これは人それぞれみな違う。
既存の宗教各派の前に自分自身の主体的な考えがあるのだ。これは
立派な宗教である。わたしはなにも日蓮正宗に筋を通さずとも自分の考えや
行動に責任をもっている。なにかあれば自分で責任をとる。私は自分という
宗教に筋を通している。

>日蓮正宗僧俗は、筋を通したからこそ、前の違う宗旨から日蓮正宗に改宗したのです。
その改宗前までいった僧俗は何十年筋を曲げていたのかね?

>教義的に前の宗旨が間違っているということを知ってしまったら、改宗するのが筋でしょう。
今の五時八教の主張が間違っていたりハンセン氏病のことが間違いなら正宗解体するというのか?
ここはあいまいにしているな筋を通せ。もっと教義の矛盾はたくさん指摘されているが
筋を通した言動がない。どういうことなのだ?


92 :916:2006/09/29(金) 21:46:38 ID:Rm5WAczG
>「人生の無駄」「時間の無駄」「労力の無駄」だとは、実にとんでもない暴言です。
わたしには時間の限りがある。きみは私に膨大な手間隙を使って
宗教探せといった。君のほうがはるかに暴言だ。ふざけるな。

>そういう、筋の通せない人間が、いくら破折されても今の宗教から離れようとしないのです。
筋は通しているし破折されたこともない。だいたい無知な人間相手に言い負かして
改宗を要求して、改宗しないから筋が通せていないなどぬかすとは。
気が振れていないよね?

>理屈はわかったが色々人間関係があるから・・・」などと優柔不断
>なことを言い続ける、それが、筋の通せない人間たちです。
なにをいっているんだ?優柔不断でもなんでもない。かれらは自分の
意思により入らないということを君を傷つけないように意思表示してくれてるだけだ。
君たちとむだな口論をして時間を失いたくないからそういっているのだ。
そんなことも察することができないのか・・・あわれだ。

>筋を通さないから、言業不一致の矛盾したことを平気で続けます。
人間が他人にしかも不審な人間に本心をいうとおもいますか?
きみは相手から本当の心を引き出せていないだけですよ。
なんでもかんでも人の話を鵜呑みにする性質がよく出ています。

>そういうことを続けていったらどうなるか。
もともと君の誤解です。

>言葉と行動がちぐはぐなまま長年過ごしていたら、
君に話すときだけ本心を言わないだけです。

>確実に幸せから遠ざかります。
もっとまともな社会性を身につけなさい。


93 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:53:30 ID:dgyhPqRH
>>86
貴殿の発言を拝見する限り。
法華経とは大変にレベルの低い教えと感じます。
他の経典が云々と語る前に貴殿が法華経を信じているのか感じられません。

>法華経は、ハンセン氏病患者に対しても、救済を説いています。
これは全く違います。
若し復是の経典を受持せん者を見て、其の過悪を出さん。
若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ、此の人は現世に白癩の病を得ん。
と説いております。
法華経を誹謗する者は「現世」においてハンセン氏病におちると説いてます。

94 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:55:09 ID:g0K7V6RL
>>82
>Aさんが(中略)代わりのものを示す義務がありますね。
初耳だな。その「義務」は明文化されているのかな?
されてないなら「義務」ではなくて君の「思い込み」に過ぎないが。
>私は、人間の幸不幸にかかわる(中略)代替案を示す義務は、ありますね。
そこで思い違いをしているのだな。幸不幸を論じてるのは君であって相手ではない。
君の相手が「その方法では幸せになれない、幸せになる方法はこれだ」と主張してるのなら
相手に「幸せになれる方法」を示す証明責任(これは明文化されてるよ、念の為)が発生する。
が、そんなことを主張してる方はいないようだが。
それに先程も書いたが相手が示さなくても相手の指摘の正否にも指摘されている主張の正否にも無関係。
無意味な論点ずらしにしかならないよ。
他のツッコミ所は飲み会から帰ってきてからで。
それと>>50に関してコメントはないのかな。

95 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:55:51 ID:AZOtPZmK
つーか、破折って自分らの決めた理屈を相手に押し付けることだろ?
そうじゃないなら顕正会スレのあの質問に回答できるはずだし、する義務がある。
なんの証明もせずに正しいだの絶対だのと、言うだけなら誰にでもできる。

96 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:56:54 ID:g0K7V6RL
×幸不幸を論じてるのは君であって
〇幸せになれる方法を論じてるのは君であって
訂正
時間がないときに書き込むもんじゃないな。

97 :916:2006/09/29(金) 21:58:37 ID:Rm5WAczG
あなただけではありませんが、礼拝という行為を、甘く見ていますね。
>礼拝という行為ほど、人間の精神に影響を及ぼすものはありません。
ほかにもいっぱいありますよ。

>心の中で「人命軽視だ」と反発し、形ばかり礼拝する。こんな矛盾した
>こと続けていて、まともな将来があるはずありません。
人命軽視とか君が勝手に言ってるだけ。

>筋を通すべきです。
きみはすり替えをやめなさい。


98 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:02:07 ID:AZOtPZmK
そういや>>50は顕正会スレで風氏がスネ夫(破邪顕正)に向けて書き込んだレスだな。
問題提起されてもスルーしたり読解できないのは同類共通か。

99 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:34:14 ID:FpC6ckBu
素人なもので素朴な質問をさせてください。
 ・日蓮正宗では観音様を拝んでよいですか?
  法華経の第二十五品が観世音菩薩普門品なので良いのかなと思ったのですが。

 ・日蓮正宗の人は法華経をよく読みますか?
  日蓮系の宗派の中にはもう法華経を読まなくなったところもあるみたいなので。
  もっとも日蓮の昔からあまり法華経を読む宗派ではなかったんですかね?
  もっぱら題目をあげるだけで。お経のタイトルに全部集約されているとかで。

100 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:37:25 ID:FpC6ckBu
↑に追加。
このスレの「カノン」さんは観音さんかと思った。
華麗に100ゲット。

101 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:55:03 ID:sop8G5mV
>>93横レス。
> 若し復是の経典を受持せん者を見て、其の過悪を出さん。
> 若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ、此の人は現世に白癩の病を得ん。
これは、原因とそれによる結果を示しているだけに過ぎない。(本当かどうかは知らん)
白癩の病をえた者は救われないとは、どこにもない。

仏教上で成仏できないと糾弾されるのは、(悪人タイプの)一闡提くらい。
それでも、大乗では仏性があり成仏できるとされる。

>>99横レス(正宗の人間ではないので)
>  ・日蓮正宗では観音様を拝んでよいですか?
だめ。
>  ・日蓮正宗の人は法華経をよく読みますか?
毎日の勤行にて法華経方便品寿量品は読む(助行)が、正行は題目(南無妙法蓮華経)。



102 :3.19:2006/09/29(金) 23:16:39 ID:31NAnq9V
>>91
>>92

言っていることが支離滅裂ですよ。
それで、宗教に関して筋を通す気にはなりましたか?


103 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:19:01 ID:B0OhuD9k
>>101横スレの横スレ
>白癩の病をえた者は救われないとは、どこにもない。
白癩の病をえた者は救われると、どこにもない。

104 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 23:26:48 ID:VbCsrdm7
ヽ(´∇`)ノぅわぁお♪
この調子で行くと2週間足らずで次レスたつね♪

105 :3.19:2006/09/29(金) 23:27:59 ID:31NAnq9V
>>93
>>貴殿の発言を拝見する限り、法華経とは大変にレベルの低い教えと感じます。

そうですか。それは残念です。
私も至らぬ人間ですから、なかなか素晴らしさを伝えるのは難しいようです。
しかし、仮に法華経が低レベルだとしたら、法華経以外の経典は、もっと低レベルなんですよ。
そのことをご理解ください。

>>他の経典が云々と語る前に貴殿が法華経を信じているのか感じられません。

よく言われます。
理屈ばかりで感情が乏しい人間のようです。
まあ、感じてもらわなくても、発言内容を理解していただければ私は満足なんですけどね。
(こんなこと言ってるからダメなのかもしれませんが)

>>法華経を誹謗する者は「現世」においてハンセン氏病におちると説いてます。

今現在ハンセン氏病でも、法華経誹謗していたのは過去世だったという場合もあります。
「法華経も誹謗する者」でなく、「法華経を誹謗した者」と解釈するのが妥当です。

ところが、そういう人間でも、法華経によって救われるのです。

>>これは全く違います。

法華経以外では女性は成仏できないと断定されていますが、
法華経で、ハンセン氏病患者は成仏できないと説かれていますか?


106 :3.19:2006/09/29(金) 23:31:25 ID:31NAnq9V
>>103
>>白癩の病をえた者は救われると、どこにもない。

一切衆生が救われるとされています。
「一切衆生」には当然、「白癩の病をえた者」も含まれます。


107 :916:2006/09/29(金) 23:32:41 ID:Rm5WAczG
>>102
きちんと受け答えしなさい。

108 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 23:36:02 ID:VbCsrdm7
コラ♪俺はスルーか♪( ̄□ ̄メ)!!

109 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:36:26 ID:AZOtPZmK
やれやれ。屁理屈モードに入りましたなw
法華経に「法華経最高」と書いてあるから最高って思考停止ループは健在だなw
「救わない」と書いてなければ救うのか?
言っている事がメチャクチャだと認識できないのかよwww

110 :916:2006/09/29(金) 23:39:14 ID:Rm5WAczG
3.19くん、いいかげんなことばかりするんじゃないよ。
自分でもっと理解ともなった勉強しなさい。

111 :3.19:2006/09/29(金) 23:40:13 ID:31NAnq9V
>>94
>>幸不幸を論じてるのは君であって相手ではない。

それじゃああんた、何の為に論じているの?
私は、皆さん、
「日蓮正宗などという宗教は人間の幸せのためにならない」
「世の中のためにならない」
「人間の幸せのために排除すべきだ」
という主張をしているのかと思っていました。
(これらは当然、人間の幸不幸に関する問題です)。
ちがうのですか?
ちがうとしたら、たしかにあなたの言うとおり、私の「思い違い」ですね。

だとしたら一体なんのために日蓮正宗の批判をしているのですか?
日蓮正宗に対するいやがらせだけが目的ですか?


112 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:41:52 ID:egYdvL1o
3.19氏は話のすり替えに必死のようです。

113 :3.19:2006/09/29(金) 23:42:25 ID:31NAnq9V
>>109

だからよー、そこまで言うんならいい加減に法華経以上の経典を出せよ。
出せもしねーのにケチばっかつけんじゃねーぞ。


114 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:45:06 ID:FpC6ckBu
>>101
どうも。と言うことは、日蓮正宗の人は法華経は読まないんですね。
このスレに来る人は珍しいタイプなのかな。

115 :3.19:2006/09/29(金) 23:45:29 ID:31NAnq9V
>>109
>>「救わない」と書いてなければ救うのか?

「救う」って書いてあるだろ!一切衆生をよ。
一切衆生には当然、ハンセン氏病患者も含まれるんだよ。


116 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:48:29 ID:ONZvyao4
横から失礼します
義母が正宗信者で日々悩まされている
私の主観で言わせて下さい
916さんのおっしゃっていることの方が
一般的であると思います
法華講の堅物の方々は、自分達の思考の中でしか
考えたり発言したりできないのですね
あげあし取りを嫌うわりにあげあし取りに必死で
失望します
あげくは開きなおりですからタチが悪いですね
もう少し何が問題とされているのか、
何が不快にさせているのか、相手の立場を、感情を考えることはできないのですか
自慢話しかしなくて人に煙たがられているようにしか見えません

117 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/29(金) 23:48:39 ID:VbCsrdm7
>>113
般若心経(o^-’)b

118 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:56:29 ID:egYdvL1o
>>115
>「救う」って書いてあるだろ!一切衆生をよ。

へーだったら、創価学会員や顕正会員もかな。

119 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:57:46 ID:FpC6ckBu
>>115
はい、基本的には、「みんな救う」って書いてあると思いますよ。
ただ、他にも色んなことが書いてあるので、過激な部分を取り出して
「あいつは法華経の行者を謗ったので非業の死を遂げた」とか「彼が
不幸なのは前世で正法を謗ったんだ」とか考えたり、言ったりする輩が
いるのは聞いてて辛いです。

> 「救う」って書いてあるだろ!一切衆生をよ。
> 一切衆生には当然、ハンセン氏病患者も含まれるんだよ。

仏教徒がそんなに怒ってはいけないと思います。人にも自分にも
仏を見出そうとしたほうが良いと思います。

120 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:00:43 ID:2M1Zi2yv
二元論でしか思考出来ず、自分が他人からみてどんな風なのか客観的に見る事が出来ない。
某嫁は「人間に客観的思考はできない」と言っていたが、自分ができない事を他者全てにあてはめてしまう。
こんなおかしい人間を産み出す日蓮正宗系は本当におかしい。

121 :3.19:2006/09/30(土) 00:03:48 ID:31NAnq9V
>>118
>>へーだったら、創価学会員や顕正会員もかな。

もちろんですよ。
悔い改めればね。


122 :916:2006/09/30(土) 00:06:17 ID:Rm5WAczG

きみは正宗を語れるほど学んでいないのだから謝罪して消えたほうがいい。
駄目すぎる。

123 :3.19:2006/09/30(土) 00:10:30 ID:qugh6n6m
>>116
>>もう少し何が問題とされているのか、 何が不快にさせているのか、

どうも、法華経がハンセン氏病患者をどう解釈しているかが問題とされているようですね。
法華経の記述が、不快感を与えているようですね。
「それは誤解だ、決してハンセン氏病患者を見捨てていない」
と私は説明し続けていますが、なかなかご理解いただけないようです。

>>相手の立場を、感情を考えることはできないのですか

皆さん卑怯にも自分の立場(宗旨)を隠している人たちばかりなので、「立場を考える」ことは不可能です。
もっとも、そうしなければ日蓮正宗への批判はできないでしょうけど。


124 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:10:48 ID:2M1Zi2yv
日蓮正宗を語れば語るほど おかしいと認識する人間が増えるだけ。

普通の人間ならね。

125 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:11:58 ID:BP2aVI5P
>>105
9.16さん
話が変な方向へ行ってます。
聞きたいのは「法華経を誹謗した者はハンセン氏病に堕ちる」が真実か否かですよ。

また
>今現在ハンセン氏病でも、法華経誹謗していたのは過去世だったという場合もあります。
は法華経又は御書の何処に説かれてますか。

126 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/09/30(土) 00:12:56 ID:7lXFfqTT
南無日蓮大聖人…南無妙法蓮華経。(-人-)

127 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/30(土) 00:16:03 ID:DwsM1p7T
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

128 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:16:18 ID:2M1Zi2yv
スネ夫はうせろw

129 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:21:24 ID:yquZJ4Gq
》123
全く違うと思います お答えの文章全てが。
私はハンセン氏病に限らず、相手の問題としている所が
見えていないと感じています
だからすり替えと批判を受けるのではないですか
宗旨をあかさないと相手の立場に立つことはできないとのことですが
いろんな宗派に対する細かな揚げ足取りネタがあるが故、
どれを使えばいいのか判断しかねる為
という印象しか伝わりません
あなた方のように、信仰しているものと考え方が直結している人は少ないとは思いませんか
そこを批判するのではなく
その上で相手の気持ちを考える能力は法華講の方にはないのですか

130 :916:2006/09/30(土) 00:24:19 ID:uIU26T/d
日蓮正宗では法華経を誹謗したるものは奇病に犯されるとよく言われます。
御書にもよく出てきます。全身の皮膚が腐るかなんだかの「らい病」も
誹謗の罰の現象としてあげつらわれています。ハンセン氏病もその類だと
おもいます。ちなみに生まれつき心臓病は過去世で法華経を誹謗したもの
といわれています。

131 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:31:16 ID:BP2aVI5P
>>125
修正9.16→3.19

132 :916:2006/09/30(土) 00:38:08 ID:uIU26T/d
どこどこにハンセン氏病や奇病の記述があるかまでは私にはわかりません。
法華経をそしれば業病になる というような記述は高確率であります。
てかありますよ。うちではよくみんないいます。真顔でね。わたしはいつも内心
こいつ頭おかしいなと思いながら相槌うってます。

133 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:39:07 ID:YqToW7at
ちょっと確認ですが、ここでハンセン氏病への偏見を非難されている方々は
日蓮正宗に対して謝れと言っています? それとも日蓮、あるいは、その引用元の
法華経を重視しているすべての宗派に謝れと言っていて、ここがたまたま
日蓮正宗のスレなので、日蓮正宗を槍玉にあげています? 前者だったら、
日蓮正宗の誰かが具体的に偏見を助長したという事実があるわけですね。
あくまで確認です。

134 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/09/30(土) 00:41:08 ID:7lXFfqTT
まぁまぁ、法華経はお釈迦様の説いた最高の教えだと言われております。
その教えの中ではどのような人であろうと成仏出来ると説かれております。
たとえ病気を持って生まれた方でもです。
そのような有り難い教えを誹謗してはいけないと言う一種のたとえではないのでしょうか?
「なんて自分は不幸なんだ」と自分を責めずに、今生に生まれてきた意味を知り、一生懸命信心して功徳を積んで成仏していく。
素晴らしい事だと思います。
しかし、日蓮正宗の中にも他人を指差して「あれは罰だ!」とかおっしゃる方がおられるのも事実のようです。
非常に残念です。
僕が思うに罰とかそうでないとかは誰が決める事で、誰がそうだとわかるのか疑問です。
そういった事は慎むべきだと思う今日この頃。

135 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:42:55 ID:YqToW7at
あ! 一般的に「奇病になるのは法華経を謗ったからだ」というのを
やめろと言ってるんですね。それなら確かにやめたほうが良いですね。

136 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:44:14 ID:2M1Zi2yv
じゃあそのオツムで日蓮のどこが正しいのか証明してみろよスネ夫

137 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:48:55 ID:BP2aVI5P
>>135
自分も止めた方が良いと思います。
お釈迦様の教えですから全ての人々が救われるでしょう。
しかし、ハンセン氏病の喩えは法華経の真実味が失せます。

138 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/09/30(土) 00:49:38 ID:7lXFfqTT
>>136
何を基準にして、正邪を証明しろとおおせでしょうか?

139 :916:2006/09/30(土) 00:54:25 ID:uIU26T/d
今日は同門の者が失礼なことばかり言って申し訳ないとおもいます。
かわりに謝ります。とまあ、ああいう馬鹿がうちにはいっぱいいます。
皆さん気をつけてください。

ではでは・・さよおなら

140 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:56:44 ID:2M1Zi2yv
お前の今のハンネはただの飾りか。やはり相変わらず無能だな。

141 :3.19:2006/09/30(土) 00:58:30 ID:qugh6n6m
>>139
>>ではでは・・さよおなら

さようなら。もう来ないでください。

>>こいつ頭おかしいなと思いながら相槌うってます。
こういう言行不一致なことしていると、あなたのほうこそ頭がおかしくなりますよ。


142 :3.19:2006/09/30(土) 01:06:33 ID:qugh6n6m
>>129

>>いろんな宗派に対する細かな揚げ足取りネタがあるが故、どれを使えばいいのか判断しかねる為

そんなに皆さん迷っていらっしゃいますかね?
とてもそうは思えませんが。
日蓮正宗を誹謗することにかけては、非常な確信を抱いていらっしゃるようです。
しかし、もしもあなたの言うとおり、皆さん迷っていらっしゃるというのなら、もう少し人の話を謙虚に聞いたほうがいいと思います。
日蓮正宗の言うことも頭から否定せず、ひとつの参考意見として、受け止めていただきたいと思います。
その上で、他の宗教と比較相対したらいいと思います。

>>あなた方のように、信仰しているものと考え方が直結している人は少ないとは思いませんか

そうですか。
私に言わせれば、直結していなければ、言行不一致で異常なことだと思いますけどね。
とても理解できません。
さらにまた、そういう言動は不幸につながるものだと考えています。
特に、精神に悪影響を及ぼします。
人がそういうことをやっていたら、できればやめさせたいと思うのが人情です。


143 :94:2006/09/30(土) 01:52:43 ID:jb+8Vdc/
>>111
>それじゃあんた、何の為に論じているの?
俺は先程から君の論点ずらしについて指摘し続けているのだが。
もしかして今迄読まずに返答してたの?できるだけ平易に書いたつもりだが
(時間なかったから手直ししたい箇所も結構あるけど)読解できなかったのならちとショックだ。
>私は、みなさん(中略)という主張をしているものと思っていました。
そうかい。君の挙げたその中にも「幸せになる方法はこれだ」なんて主張は見当たらないんだが
何でまたそこから「幸せになる方法を示すべき(代替案を出す義務がある)」なんて主張になっちゃったんだい?
さっきも書いたがこの場合は証明責任は発生しないよ。
>だとしたら一体なんのために(以下略)
まあ批判してる人にもいろんな人がいるわけで。
俺みたいに間違いを間違いだと指摘するだけの人もいれば君が言うようにいやがらせの人もいるだろうな。
さっきも書いたが十把一絡にしちゃうのはやめたほうがいい。
俺の目的(というほど強固な思いでもないが)は単なる観念論で他人や他宗教の人に対し誹謗中傷するのはやめていただきたいな、と。
(知ってるかもしれないが日蓮正宗系《もちろん顕正会や創価も》の掲示板は
幼稚園児レベルの中傷合戦をしていることが多々あるので)
それと返答がないが君の言う「義務」は結局明文化されてない君個人の願望、思い込みなの?
それならそれで謝罪のひとつくらいしてもいいだろうに。
偽りを用いて論点をずらす、話をはぐらかす人は対話する意思のない不誠実な人、あるいは能力のない人、
そう批判されても仕方ないよ。

あと>>50についてはノーコメント?

144 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 01:57:43 ID:pCHQ7BYv
>>58
女性の成仏を説いた教典は他にもある
女性の身のままでは成仏できないとする経典が多いだけ

法華経もその一つ
竜女は男に変身してから成仏している

>>130
ライ病とンセン氏病は同じ病気だよ
ライ病という名前で差別され続けた歴史があり、その印象を和らげるため発見者の名前に変えられた。
古くは天刑病とも呼ばれていたらしい
まあ医学の発展していない時代だと、そんなもんだったんだろう

天刑病という一般認識があったのを、法華経で流用して法華経を誹るとライ病になるといったのか、
法華経を誹るとライ病になると言ったから天刑病と呼ばれるようになったのかはわからんが。

145 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 02:03:52 ID:pCHQ7BYv
法華経を誹るとハンセン氏病になる、と法華経に書いてある。

A では、ハンセン氏病の人間は法華経を誹った人間か?
B 正宗は創価学会の人間を謗法と言うようだが、学会員はハンセン氏病だらけか?

146 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 02:41:28 ID:jb+8Vdc/
そんなわけで他を訂正していこうか(といっても似たような主張ばかりだし面倒だからこのレスだけにするが)
>>86
>それで、法華経を上回る経典ってのは見つかりましたか
「法華経を上回る経典がある」なんて主張してる人がいないので見つけて挙証する責任もなければ義務もない。
>法華経以外の経典が(中略)どうするのですか?
どうするもなにもその問題と指摘されてる問題(法華経の差別表現)に何の関係があるんだい?これも論点ずらしの典型例。
飲酒運転で捕まった人が「俺の他にも飲酒運転してるやついるだろ!そいつら捕まえろよ!」
と言ったところでこの人が飲酒運転をしたという事実が変わるわけもないだろう?
>そのことを何度教えてあげても、まともに反論もしないで
上記の通り「論点と無関係なこと」を教えられてもそれは無意味な論点ずらし。
それに対していちいち反論する(論点ずらしにのっかる)必要も意味もなし。
論点をずらし続ける方とそれに付き合わない方、「逃げているのはどっちでしょうね?」

147 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 03:07:32 ID:jb+8Vdc/
下が抜けてた。それと「(中略)」なんてのがあるのは俺が携帯で書き込んでるからだ。
読み辛いだろうが勘弁な。

>さらに(中略)と質しているのです。
これも上のレスで書いた通り。問題にされてる論点と関係のない論点ずらし。
>法華経を排除して、どうやって仏教の教えを成り立たせるのか
>>50の通り釈迦と法華経は無関係、法華経ができるまでの仏教
(別な言い方をすれば釈迦が説いたもの)は仏教に非ず、という主張なのかな?
残念だが、日蓮信者以外にはどうでもいい話だ。
(論の是非には関係なく、必要を感じないが「卑怯」だそうなので明かすが俺は無宗教ね)
仏教の教えとやらを成り立たせる必要も義務もない。

結論して、すり替え以外の何物でもないな。

148 :916:2006/09/30(土) 08:55:05 ID:uIU26T/d
>>141
>さようなら。もう来ないでください。
きみは自己中心的だ。その上卑しく卑怯である。

>>こいつ頭おかしいなと思いながら相槌うってます。
>こういう言行不一致なことしていると、あなたのほうこそ頭がおかしくなりますよ。
頭がおかしいのは「法華経をそしるから奇病になったのだ」と平然と言える
法華講信徒である(私も信徒だか・・)

ヤクザや基地外が意味不明な発言をしていて真正面から反論などしたら
自分が危険だろうが。言行不一致で気が狂う?詭弁もたいがいにしろ!!
私は自衛したまでだ!言行不一致=精神病になるなどは成立しない。
思い込みもはなはだしい。非常に硬直的で応用性のない誤解誤認に満ちた考え方にとらわれている。
君はもっと多様なものの考え方を身に着けなさい。
そして率直に正直に物事を受け止めなさい。そしてもっと本質を見抜く正直な
心を養いなさい。


149 :916:2006/09/30(土) 08:59:11 ID:uIU26T/d
>>141
3.19くん!君にはうんざりする!もとの話をはぐらかすのはやめてくれ!

150 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/30(土) 09:10:16 ID:DwsM1p7T
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

151 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:15:39 ID:2M1Zi2yv
916さん、ああいうのが多いから日蓮正宗はこうやって嫌われるわけですよ。
「正しい信心をすれば迫害を受ける」なんて他人の言葉を真に受けて反省もしない、
他者の非難にも耳を傾けない、他者へ責任転嫁する。
こんな連中が発言すればするほど反感を買い、ますます嫌われるだけのこと。
そしてますます脳内麻薬にハアハア、もっと嫌われる事を発言するんです。
屁理屈や話そらし、責任転嫁は日蓮正宗系信者のよくやる手なのでうんざりです。

152 :3.19:2006/09/30(土) 10:42:50 ID:qugh6n6m
>>143
何が言いたいのかよくわからないし、私に対して何を望んでいるのかもよくわからないので、
とりあえず、50にだけお答えしましょう。

大乗非仏説は昔からときどき唱える人がいました。
たしかに仏典結集は仏滅後100年たってから行われていますから、そういう疑義が生じた
ものと思われます。
しかし、「定説」ということはないでしょう。
もしも定説だったら、日本の仏教界は壊滅的な打撃を受けます。
生き残るのは新興宗教の阿含宗くらいかもしれません。

私としては、釈尊の説法は100年間、記憶され続けただろうと考えます。
今日とちがって情報のはんらんが少ない時代ですから、それだけ記憶や言い伝えも混乱が少ないと思います。

さらにまた、それを主張している御本人が、大乗仏教寺院の檀徒だったりするのは実にこっけいなことだと思います。
そんな人に、大乗仏教非仏説を主張する資格は、ありませんね。


153 :3.19:2006/09/30(土) 10:45:46 ID:qugh6n6m
>>147

へー、無宗教!
そんなヤツがどうしてこの板に居るのかよくわからないが、それじゃああんた、
親が死んでも葬式やらないわけだな。
「無宗教」とはそういう人間のことだ。

>>仏教の教えとやらを成り立たせる必要も義務もない。

それじゃあ法華経を誹謗する必要もないはずだ。
必要もないのに何やってるんだ?
いやがらせか?


154 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/09/30(土) 10:50:09 ID:84pWQvy9
>>1 スレ立てありがとうございます。

ハンセン氏病について話がかみ合っていないようですが。
>>7にて法華経普賢菩薩勧発品 第二十八巻に説かれる とありますので一読されては。
内容は>>93の通りで、法華経をそしる者はこのような重病になる、そして法華経を
受持する者を敬えとはあるが、重病になった者がその後どうなるのか救済されるのか
されないのかは普賢菩薩勧発品には書いていないように見えます。

私からも再度聞きますがハンセン氏病患者が救済されるとはどこに書いてあるのでしょうか。
また、日蓮正宗が題目、折伏以外に具体的活動としてハンセン氏病患者の治療、生活支援活動
を行ったのでしょうか。

155 :3.19:2006/09/30(土) 11:03:24 ID:qugh6n6m
>>154
>>私からも再度聞きますがハンセン氏病患者が救済されるとはどこに書いてあるのでしょうか。

一切衆生が救済されると書いてあります。
一切衆生の中には当然、ハンセン氏病患者も含まれます。

>>また、日蓮正宗が題目、折伏以外に具体的活動としてハンセン氏病患者の治療、生活支援活動
を行ったのでしょうか。

特に行ってはいないと思います。


156 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/09/30(土) 11:05:29 ID:84pWQvy9
いやだから法華経何品のどこと指定してよ。
読むから。

157 :3.19:2006/09/30(土) 11:08:31 ID:qugh6n6m
>>156
わかりました。正確な箇所を確認してみます。


158 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 11:16:35 ID:2M1Zi2yv
カルト脳信者は哀れだな。
もがけばもがくほど、わめけばわめくほどボロボロに破綻していく。
自分が言ってるのが屁理屈だと認識できないまま恥を巨大掲示板に晒して

「 日 蓮 正 宗 の 異 常 さ 」

を世間一般に広めてくれるらしいw

159 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 11:22:51 ID:2M1Zi2yv
>>80について証明しない限り、異常者の集まり「日蓮正宗」の正しさなど何処にも存在しないし、それを主張する権利もない。
それをスルーするカルト信者はオウム信者と何の変わりもない。
話そらしと論点ずらし、屁理屈と責任転嫁はもうあきあきだw

160 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 11:26:50 ID:jb+8Vdc/
>>152
おいおい、これ以上呆れさせないでくれよ。
君の主張(法華経より優れてる経典を挙げろ)が論点ずらしにしかならないという説明、
そしてなぜ論点ずらしなんかしたんだ?と動機を非常に易しく尋ねてる訳だが読解できない?
ひらがなで書こうか?
>しかし、「定説」ということはないでしょう。
ちゃんと文章読んでくれ、仏教学、仏教史、文献学においてはほぼ定説だよ。勉強というか少し調べればわかる。
(これを覆すのなら法華経を釈迦が説いたという証明が必要、その他こまごま必要なのはあるけど)
>日本の仏教は壊滅的な打撃を受けます。
そうとも限らないと思うよ。観念論ってのは「〜ということにする」という考え方だ。
君らの場合は「法華経は釈迦が説いた最高の仏法、ということにして」信仰してるんだろ。
別にそれを変える必要はないんでないか。
単なる石を「これはパワーストーンで」といっても宗教(観念論)は成り立つし。
>私としては、釈尊の説法は(以下略)
この部分は挙証のない君の願望だからどうでもいいや。

あー・・・それと、「義務」についての謝罪はなし?
己の間違いすら認められない相手とは文字通り「お話にならん」のだが。
これじゃ顕正会員と変わらんよ。
(だったら幸せになる方法を挙げろ、なんて主張をしたのも君と顕鉄くらいだ、これは独り言)

161 :3.19:2006/09/30(土) 11:42:21 ID:qugh6n6m
>>151
>>158
>>159

うるさいヤツだなあ。かまってほしいの?
お前の相手をしているヒマはないよ。
「もうあきあき」なら引っ込んでろ。


162 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 11:53:41 ID:jb+8Vdc/
>>153
>そんなやつがどうしてこんな板にいるのか
そうさな、俺の場合は友人が顕正会員の勧誘行為にあってたのを助けたのがきっかけ。
その後この板で顕正会を調べてたらそこらのネタスレより面白い!
で、関連スレを度々覗くようになり顕正会員の他者を見下す姿勢の根はなんだろ、と考え今に至る。
>親が死んでも葬式やらないわけだ。
あげると思うぞ。俺一人の親じゃないし俺が好きにいじるわけにもいかんだろうよ。
俺が死ぬ時は一応葬式いらんと表明するがするかどうかは最終的に遺族が決めることだしな。
>「無宗教」とはそういう人間のことだ。
ふぅ、なんつうかあれだな。君らのリアクションはほんと似通ってるな。
どこの辞典に無宗教とは葬式をしないことを指す、なんて書かれてるんだ?
無宗教を拡大解釈しすぎだよ、そのうち「日曜に仕事が休みの奴はキリスト教徒」とか言い出さんだろうな。
>それじゃあ法華経を誹謗する必要もないはずだ。
しっかりしてくれよ、俺が今迄「法華経を誹謗」したことがあったか?
十把一絡に捉えちゃう弊害というか、どうも君は「見えない相手」と論争しちゃう癖がありそうだな。
(誰もそんなこと言ってないのに「法華経より優れてる経典があると言い張るなら〜」なんて書いちゃってるし)
直した方がいいぞ、その癖。

163 :おまけ:2006/09/30(土) 12:01:34 ID:jb+8Vdc/
>>142
>言行不一致で異常なことだと思いますがね。
えーと、陽明学?いやぁ、現代にもいるもんだな。
>特に、精神に悪影響を及ぼします。
これは何を根拠にしてるんだろう。

164 :3.19:2006/09/30(土) 12:08:02 ID:qugh6n6m
>>162
じゃなんのために書き込んでいるのかね?
やっぱりいやがらせか。

>>あげると思うぞ。俺一人の親じゃないし俺が好きにいじるわけにもいかんだろうよ。

それは日蓮正宗よりもご立派な宗旨なんだろうな?
是非聞きたいもんだね。
それとも、恥ずかしい宗旨だから言えないか?

>>無宗教を拡大解釈しすぎだよ

それはお前の主観だ。拡大解釈とは思わないね。

>>そのうち「日曜に仕事が休みの奴はキリスト教徒」とか言い出さんだろうな。

言わないよ、そんなこと。
宗教とは信仰心と、信仰行為(礼拝行為、寄付行為、他人に語る行為など)が不可欠だ。
日曜日に休んだって両方とも無いだろ。

しかし、この心と行動の分離しちゃってる異常者が少なくないようだな。
「無宗教」を自称しながら親の葬式をやるという、お前もそのうちの一人だ。


165 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/09/30(土) 12:25:27 ID:84pWQvy9
あのー経典をスタンバって待っているのですけど。

166 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:30:03 ID:jb+8Vdc/
>>164
>じゃあなんのために書き込んでいるのかね?
あのー・・・「目的」も「俺の論旨が何か」も今迄に何度となく明記してきたんだが。
やっぱりひらがなで書く?
>それは日蓮正宗よりもご立派な宗旨なんだろうな
知らんし興味もないな。前に書いたが観念論に優劣はないと思ってるので。
>それはお前の主観だ。拡大解釈とは思わないね。
それならそれで「拡大解釈ではないこと」を示してくれ。
どこの辞典に「無宗教とは葬式をしないことを指す」と書かれてるんだ?
君の主観で決め付けられても「お話にならん」。
>宗教には信仰心(中不可欠
なんだ、君のその理屈でも信仰心のない俺が葬式に出ても無宗教ということになるじゃないか。
不可欠である信仰心が欠けてちゃ宗教じゃない、だろう?
>この心と行動の分離しちゃってる異常者
ははは、陽明学者の方が珍しいぞ。天然記念物級だ。
「A大学に行く!しかし落ちた」「題目を唱えりゃ病即消滅!病を得て死亡」
「あの人と付き合う!フラれた」「暴力には関わらないぞ!一方的に暴力に晒された」
これらの人は君に言わせりゃ全員異常者なんだな?
世の中が自分の思い通りなら言行一致、陽明学は成り立つだろう。しかし現実は違うな。

167 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:37:14 ID:jb+8Vdc/
それと俺に対してまで論点ずらしをするのはいただけないな。
俺が無宗教でも宗教者でも「君の論点ずらしに対する指摘」には何の関わりもない。
あと、「義務」についての謝罪は結局いただけないんだな?
それなら以後顕正会員と同程度の頭、心根の持ち主と判断した上で相手するけど。

あ、これから昼寝するんでオヤジさんの要望に応えることを優先しておくれ。

168 :3.19:2006/09/30(土) 12:38:01 ID:qugh6n6m
>>166
>>知らんし興味もないな。

やっぱり。そんなこったろうと思った。
自称「無宗教」はどいつもこいつも卑怯者ばかりだ。
明かせば日蓮正宗よりも教義的に劣っていることが明らかになってしまうもんな。

>>なんだ、君のその理屈でも信仰心のない俺が葬式に出ても無宗教ということになるじゃないか。
>>不可欠である信仰心が欠けてちゃ宗教じゃない、だろう?

礼拝行為があるだろう。
本当の無宗教なら、心も行動も無しだ。
片方だけあるから自己矛盾だと言っているんだ。

>>「A大学に行く!しかし落ちた」「題目を唱えりゃ病即消滅!病を得て死亡」
「あの人と付き合う!フラれた」「暴力には関わらないぞ!一方的に暴力に晒された」

自分の行動目的と結果が異なることは、異常ではない。
しかし、自分の心と行動が異なるのは、異常だね。

169 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:40:35 ID:2M1Zi2yv
ある意味こいつは顕鉄より面白いかもしれんw
つつけば問題発言連発してくれるからなwww

170 :3.19:2006/09/30(土) 12:43:30 ID:qugh6n6m
>>167
>>俺が無宗教でも宗教者でも「君の論点ずらしに対する指摘」には何の関わりもない。

どこが論点ずらしだ?
法華経のことを病人差別だと言いがかりをつけるから、「病人差別ではない」
と説明しているのに、聞く耳を持とうとせず、「いや、病人差別だ差別だ」とばかの一つ覚えみたいに言い張る。
だったら「それなら代わりの経典を出してくれ」と要求するしかないじゃないか。
これが「論点ずらし」か?

まあ、自分の親を弔う宗旨も明かせないような卑怯者らしい言いがかりではあるな。
そんなヤツに謝罪する義理は無いね。


171 :3.19:2006/09/30(土) 12:45:21 ID:qugh6n6m
>>169

お前もおかしなヤツだな。
「もうあきあきした」発言は撤回かい?
だったら「もうあきあきした」発言は間違っていました、と「謝罪」するかい?


172 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:08:35 ID:2M1Zi2yv
あきあきなのとバカルト信者で遊ぶのは別だよw
顔真っ赤にしながら書き込みしてんなよwww

173 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/09/30(土) 13:19:08 ID:84pWQvy9
>法華経のことを病人差別だと言いがかりをつけるから、「病人差別ではない」 と説明している
それなら経典のどこにあるかと聞いているわけで、特別難しい問いでは無いと思うが。

>>157
>わかりました。正確な箇所を確認してみます。
って言っているんだからさぁ、時間がかかるならそれなりのレスして自分の言葉に責任持とうよ。
他人を攻撃している暇があるなら他にやることあるんじゃない?

経典を示した後は別の議論となるが一つ言わせてもらうと、方便品や如来寿量品の「一切衆生」とは
法華経を信じている人々の意味で、信じない者や誹謗する者は「一切衆生」に含まれないように見えるのだが。
もし無宗教者も「一切衆生」に含まれるなら、法華経を誹謗しようが救われるということになってしまう。
だったら信じようが信じまいが、救われるなら変わりがないことになりますが。

174 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:49:51 ID:2M1Zi2yv
あの夫婦もだがこいつらは日蓮正宗坊主に言われたままの思考しかできない。
しょせんはカルト脳信者だからな。

175 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/30(土) 14:04:18 ID:DwsM1p7T
般若心経(o^-’)b

176 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 14:18:13 ID:Me7coXdp
>>152
日本仏教の教義にとって受け入れがたいから、大乗非仏説は定説ではないって?
それは顛倒した論理だ
歴史的な事実がそうなら、それを認めるのが正しい態度だろう。

そして学問的態度で教理史をやっている宗派は大乗非仏説を定説であると認めている
それを受け入れつつも、それでもなお自宗は真理を語っているとしている
つまり、日本仏教は大乗非仏説だとしても、致命的な打撃を受けるほど脆弱じゃないってわけだ

それに阿含経すら釈迦の直説かどうかは怪しい

177 :創価会友:2006/09/30(土) 14:27:16 ID:ATADZ4ET
私は一度脱会しましたが、最近会友として復帰しました。現在はまだ正宗信徒ですが、もうお寺には行くつもりはありません。まだ学会の方が自由があります。神社に行っても良いしチャペルで挙式してもいいし☆

178 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 14:50:47 ID:2M1Zi2yv
一応貼っておくか。

日蓮正宗系カルト眷属の皆さん、証明の大前提として 

「 三 証 は 証 明 と し て 通 用 し な い 」

これを「お脳」に叩き込んでから回答宜しく。
「釈迦の遺した経」だろうが、「日蓮が言った言葉だから」だろうが、
その正当性を全て証明出来て言っていますか?その全てを把握・認識して言っていますか?
そしてその「三証」が「お仲間・眷属」でしか通用しない事を理解出来ますか?
中学の数学でも「証明」ってありましたよね。
「定理」とはキチンと論理的に証明された上で用いるのであって、
それをおざなりにしたらその「定理」を論拠とした証明は証明足り得ないのです。
三角形は三角形たる根拠があって初めて三角形だと言える訳です。
あなた方眷属がおざなりにしているのはこれら(釈迦、日蓮等が絶対である証明) ですよ。
「仏法は絶対」と言うからには上記の事を 完 全 に 挙 証 出来るから言うんでしょうね?と問います。

179 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 14:59:04 ID:2M1Zi2yv
また、その 判 断 す る 能 力 をあなた方が持っているのか?とも問います。



まあ読解力ないから質問の意図するところも理解できないだろうがなw

180 :916:2006/09/30(土) 15:02:06 ID:uIU26T/d
>>173
オヤジサン、どうも。3.19クンは無量義経からの法華経28品の資料は
持ち合わせていないでしょう。勤行用の勤行要典で方便品と如来寿量品を
調べるくらいと思います。そこら辺に書いてるようなきはしますが。
かれは法華経すべてに目を通したことなどないと思います。

ちなみにオヤジサン指摘の「一切衆生」とは法華経を誹謗するものも
ふくまれるというのが正宗の解釈です。こういうのを毒っこの縁とか言って
たとおもいます。誹謗するものもいつか法華経により救われるそうです。
信心しないで救われるのではなくいつかするときもくるからそのとき救う
らしいです。いっせんだいとかいう法華経にまったく縁のないものも救うらしいです。
問題になっている折伏をすれば反対してもドッコの縁で法華経に縁することになり
いつか法華経との縁により改心するときがくるから救われるそうです。

181 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 15:03:36 ID:bL/knpu5
10年後に中国が攻めてくるとか、大地震が起こるとか本当ですか?
どうすれば回避できるのですか。とても不安です。

182 :916:2006/09/30(土) 15:11:28 ID:uIU26T/d
>>178
正宗信徒です。わたしは「仏法は絶対」ではないと思います。
また甘んじてカルト宗教というレッテルもうける覚悟です。
わたしは人には絶対自分の宗教は言いません。
「三証も証明の手段にはならない」とはまったく同感です。
判断する能力なんかぜったいにありません。信じてるだけですから。
ご迷惑をおかけしているみたいです。申し訳ありません。

183 :916:2006/09/30(土) 15:23:31 ID:uIU26T/d

3.19くん、他人様にチンピラがするような気持ち悪いインネンをつけるのは
やめなさい。真っ正直に率直に受け答えしなさい。
 価値は多様なのです。
教義が万人に通用することなどないのですよ。相手の状に応じてむしろ害
であることもあるのですよ。それくらいわかりますね?卑怯とかあほなこと
いわないでください。

184 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:12:51 ID:fwWxTS7c
\\    南  無  妙  法  蓮  華  経     南  無  妙  法  蓮  華  経  //
  \\   南  無  妙  法  蓮  華  経    南  無  妙  法  蓮  華  経  //
   \\     南 無 妙 法 蓮 華 経   南 無 妙 法 蓮 華 経   //
     \\       南   無   妙   法   蓮   華   経     //
       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J

http://vipperup.orz.hm/uploader/src/viup16959.mp3.html
pass: nam

mixiミュージックで日蓮を一意にしようぜw
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1152036142/

185 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:16:28 ID:2M1Zi2yv
916さんみたいな信者ばかりなら日蓮正宗が創価や顕正会を生み出す事も、
破門したら関係ないなんてまるで工場廃液垂れ流しておきながら
棄てたら責任がないと言い逃れしているのと同次元のドンデモ思考信者を生み出す事もなかったでしょうね。

186 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:25:04 ID:jb+8Vdc/
>>168
>明かせば日蓮正宗よりも教義的に劣っていることが明らかになってしまうもんな。
はぁ・・・(ため息)。明かすも何も「知らん」と明記してるんだが。
まさかこの幼稚園児でも読める三文字が読解できないのかい?
「俺が知っていて隠している」という根拠のない妄想を抱くのは君の勝手だが
その妄想をもとに「卑怯者」と中傷するのはいただけないな。実に滑稽だ。
顕正会員が顕正会を批判する人々を無根拠で「創価の工作員」呼ばわりするのと何の変わりもない。
>礼拝行為があるだろう。
君が「信仰心と、信仰行為(略)不可欠」とセットにしてるからそう書いたんだがな。
片方だけでもダメなら最初からそう書いてくれ。
で、その意思がなくても礼拝行為、宗教的行為だけでダメならやっぱり
「日曜に仕事休む奴はキリスト教徒」ということになると思うが。
まあこれらは君の主観、君の理屈に付き合っただけだ、本題に戻ろうか。
「無宗教とは一切の宗教的行為に関わらないこと」なんて書かれてる辞典なりなんなり挙げてよ。
繰り返すが「君の主観で決め付けられてもお話にならん」
あと自己矛盾はないよ、「無宗教の俺は宗教として葬式に参加する」のではなく
「無宗教の俺は遺族との付き合いとして葬式に参加する」のだから。
参加しないことで「あいつは故人を何とも思ってない」なんて言われたら馬鹿馬鹿しいもの。
この場合「参加するかしないか」が遺族との付き合いに影響がないなら自己矛盾ということになるが。

187 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:38:25 ID:jb+8Vdc/
また下が抜けてた。
>>168
>自分の行動目的と(以下略)
すまん言葉が足りなかった。君が顕正会員程度の頭であることを考慮すべきだった。
例をもう少し噛み砕こう。
「Aさんと付き合いたい、だがAさんは既婚者だ。諦めよう。」
この場合「Aさんと付き合いたい」という思いが消えるわけではない。
だがAさんの都合を考えてその思いと相反する行為(諦める)に至る。
彼は異常だろうか?
というか、これも君の主観(無根拠で異常と断じる)だな、付き合って言うのもなんだがどうでもいいや。

188 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:41:04 ID:pHZcqmKe
お邪魔します

俺は宗教やってるよ

だけど人がやる、やらないにはまるで興味はない

186の人はこのスレ内で一番頭がよい

彼が言ってる事は正論だろうな

だが本当の無宗教がこういったスレに興味を持つのかということに疑問が残るが

189 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:50:56 ID:2M1Zi2yv
無宗教であるからこそ「思想の押し付け」に敏感なだけなんだが。
彼も俺も顕正会の被害者だし、オヤジさんもまた同じ。
だから顕正会脱会して日蓮正宗にカルトサーフィンしてまた異常発言繰り返す連中も含めカルト宗教の大元に興味がある。
それだけだ。

190 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:01:08 ID:jb+8Vdc/
>>170
反論になっていないな。
俺は「俺が無宗教か宗教者であるかは『君の論点ずらしへの指摘』に関わりがない」と書いてるんだ。
反論なら「俺が無宗教か宗教者かが俺の指摘と関わりがある」ことを示してくれ。
>法華経のことを(中略)言い張る。
決着してないように見えるが。
>だったら「それなら代わりの経典を出してくれ」と要求するしかないじゃないか。
だからそれが間違いと再三書いてる。「他の経典を出すか否か」が
問題とされてる論点と関わりがない以上論点ずらし以外の何物でもない。
>まあ、自分の親を(中略)言いがかりではあるな。
先程も書いたが「根拠のない妄想をもとに中傷する」のはいただけない。
「言い掛かり」ってのはまさしくそれだ。
>そんなヤツに謝罪する義理はないね。
ははは、こいつは素敵だ。自己の都合に添わない相手には謝罪する必要なし、と。
義務などという「嘘」を用いて論点をずらし、その嘘に応じない相手を「卑怯者」と中傷する。
これだけのことをしておいて謝罪しない、と。
義理ねぇ。俺は君が嘘を吐いた相手だ。嘘を吐いた相手に謝罪する義理がないとはどういう道理だろう。
まあ義務はないし謝罪するか否かは君の勝手だが
「己の間違いすら認められない」という「お話にならん」人物であることを身をもって示しちゃったわけだ。
他の正宗信徒方もご覧あれ、って感じだな。

ああ、俺への返答はオヤジさんに応えてからでいいぞ。
ほんとはオヤジさんへの返答があるまで書き込まないつもりだったが
夜は出かけるので今のうちに書いてるだけだから。

191 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:13:33 ID:ysMXYYt8
189

なるほど

別に俺は君達にまるで敵意はない
勘に触ったのなら許してほしい

すみません

192 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:21:44 ID:2M1Zi2yv
>>191
気にしなくていいよ。

193 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:46:43 ID:jb+8Vdc/
それから、「教義の優劣」というのに拘っているようだから少し触れておく。
再三書いたように俺の考えは「観念論に優劣を求めるのは馬鹿馬鹿しい」だ。
観念、概念の優劣を語るというのは「水と氷、どちらが優れているか」を論じるのと同じ。
「飲む」という観点においては水が優れ、「熱い飲み物に足して冷やす」という観点においては氷が優れてる。
このように観点によって優劣が決まるが特定の観点に偏らない公平で絶対の優劣なんてものは決めようがない。
日蓮仏法の場合は、史実に則る観点においては釈迦の直説であるという証拠がないという時点で破綻したものだが
君達信者の観点においては釈迦が説いた最も優れた法だろう。
前者の観点から後者に対して「史実な根拠はない」という事実を示すことはできても
後者の「信じる」という行為を否定できるわけではない。
観念論の優劣、概念同士の優劣など、論じるだけ不毛だ。
何を信じるか(どんな観念論を唱えるか)はその人の自由。他人がどうこうできるものではない。
(別に「日蓮正宗を信じるな」と言ってるわけではないだろう?
観念論をもとに他人を中傷するのは如何なものかと言ってるわけで)

194 :916:2006/09/30(土) 19:08:04 ID:uIU26T/d
>>193
すいません。正宗では客観的な理法というものの上に絶対の本仏というもの
が存在するのです。これらは人智いや知覚が一切及ばない究極の法「自受用報身如来」
といわれたり本門戒壇の大御本尊といわれたりしています。3.19くんはそれに価値観を
あわせようとしているので客観的な相対的な関係を無視した言動が多いのだろうと
おもいます。うちの過激派というか熱心な信者はみなこんな感じです。


195 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 19:36:56 ID:2M1Zi2yv
>知覚や〜

それって日蓮が釈迦の仏教から二次創作(同人誌やファンブック)と同次元のレベルでしょ。
本家が存在しなけりゃ後付け創作なんかいくらでもできる。
日蓮を本仏に仕立てあげるのも後世の連中がやった事であって日蓮本人が言った事ではない。
文底だの何だのとこねくり回した解釈で自組織に都合の良い教義を生み出したに過ぎない。
(それは分裂した創価や顕正会でも同じ事)
しかし「罰」だの「業病」だの「知覚できない存在(じゃあ誰が存在を確認して述べたのか?)」だのと
いくらでも逃げをうてる屁理屈をよく狂信できるものだと感心するよ。

196 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:02:06 ID:fwWxTS7c
\\    南  無  妙  法  蓮  華  経     南  無  妙  法  蓮  華  経  //
  \\   南  無  妙  法  蓮  華  経    南  無  妙  法  蓮  華  経  //
   \\     南 無 妙 法 蓮 華 経   南 無 妙 法 蓮 華 経   //
     \\       南   無   妙   法   蓮   華   経     //
       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J

http://vipperup.orz.hm/uploader/src/viup17003.mp3.html
pass: nam

mixiミュージックで日蓮を一意にしようぜw
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1152036142/

197 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:17:52 ID:a/7rue3b
3.19君は日常でも法論はこの程度かな。
この程度の知識では日蓮正宗の恥と思うが。

198 :916:2006/09/30(土) 22:19:18 ID:uIU26T/d
>>195
>「知覚できない存在(じゃあ誰が存在を確認して述べたのか?)」
知覚できない存在とは、宗祖の久遠元初という時空を超えた元の初めあった宗祖の
心法をいうそうです。宗祖の魂をこめた本尊がこれにあたります。
宗祖が存在を確認して述べたことになりますね。

199 :916:2006/09/30(土) 22:24:16 ID:uIU26T/d
ほかの心と比べて宗祖の心は特別な心なのだそうです。
宗祖以外の心はすべてまったく同じ性質をもっているそうです。
宗祖のみ特別なのだそうです。

200 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 22:59:26 ID:2M1Zi2yv
それってあれですよね。
ガンダムが完成する前に実はガンダム以上の性能のMSがあったって他人が作った同人誌と同レベル。
原作者がもう存在しないのでクレーム出ないから好きに言いたい放題、捏造し放題。
「見えない(知覚できない)ものを見た」と自作自演して言いふらせばそれが通じてしまう時代でもありましたが。
そんな「おかしな事」を教義として現在にまで他人他宗へのやり玉に挙げているカルト信者は本当におかしい。

201 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 23:05:23 ID:j7ndyMVo
もう、3.19君ノ自爆で終了ですか。

202 :916:2006/10/01(日) 00:11:26 ID:5WrIecVs
カノンさんはどうなったんだろう・・・・
カノンさん元気ですか?

203 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 00:15:16 ID:d4Jma4uR
>>200
「○○は原作を上回る同人誌だ」
という回答もあり得るけどな

日本仏教においては、
「釈迦の直説と言われる原始経典の思想と、日本仏教の思想は根底で矛盾しない」
という見方もなされる。

204 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 03:24:46 ID:X/kdfRPi
層化は、その教義において、自分達以外を全て邪教、敵とする危険な排他的カルト集団。
つまり、彼らは90%以上の日本国民、そして人類の99%以上を敵視しております。
さらに、フランスなどの一部の国ではカルト認定、米英でも準カルトの扱いです。
教義を多角的に分析してみましたが、彼らはもはや日蓮系仏教ではありません。
敢えて言うなら・・・池田経といった方が適切かもしれません。彼らは政教分離にも反してますね。

創価板などでは、そんな組織に嫌気がさした二世三世の脱会話をよく見かけますよ。

本題です。
良識ある日蓮正宗の皆さん、そして日本国民の皆さん、彼らを野放しにしたままで良いのですか?
彼らは数にもろい、国民の多くが彼らを邪教と認識すれば、宗教法人免取りなど政治的粛正もありえます。

205 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 05:28:56 ID:aJYNVG9p

日蓮
種種の大難の中には、
竜口の頚の座と東条の難にはすぎず。
其の故は諸難の中には
命をすつる程の大難はなきなり。
或はのり、せめ、
或は処をおわれ、
無実を云ひつけられ、
或は面をうたれしなどは
物のかずならず。
されば色心の二法よりをこりて、
そしられたる者は
日本国の中には日蓮一人なり。
ただし、ありとも法華経の故にはあらじ。
さてもさてもわすれざる事は、
せうばう(少輔房)が法華経の第五の巻を取て
日蓮がつら(面)をうちし事は、
三毒よりをこる処の
ちやうちやく(打擲)なり。

上野殿御返事
【弘安二年四月二十日、南条時光、聖寿五十八歳】

206 :916:2006/10/01(日) 07:44:02 ID:5WrIecVs
3.19クンへ
正宗には法華経開結という法華経の漢文と和訳が載っている書籍がありますから
買ってみたらどうですか?末寺の執事さんにでも予約してもらって郵送してもらえますよ。


207 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 07:53:24 ID:t+Hk2ZWJ
あなたがたが日蓮を信じるも南無妙法蓮華経と唱えるも自由
ただ押し付けは如何なものかという事には反論しないんだね

だから言ってるじゃない

彼のが正論だって

あと、彼以外でただの悪口や根拠のない誹謗中傷している人達、君らは頭が悪い




208 :916:2006/10/01(日) 08:05:26 ID:5WrIecVs
>>207
>ただ押し付けは如何なものかという事には反論しないんだね
反論しようがありません。申し訳ないです。

非常に優れたひとがたくさん助言くださいましたことはとてもありがたいことです。
正宗以外のほうが碩学賢者がたくさん多いのも存知あげています。


209 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 08:44:11 ID:t+Hk2ZWJ
916さんは他の人達とはひと味違うね

俺は正宗も創価も顕正もどれも悪いものとは思っていない

だから悪口を書くつもりもない

でも頭のいい人達の議論は観ていて心地よい

オヤジさん、916さん、3,19さん
この人達のレスは勉強になる

無意味な誹謗中傷、論点ずらしで自分の考えの押し付けをしてる正宗会員はもっとよく読んだ方がよい

210 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:03:53 ID:ZrL1C0Ne
優秀なのは多いよ、正宗には

211 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:21:11 ID:E+6XmO67
屁理屈と話そらしと責任転嫁に関してはねw

212 :193:2006/10/01(日) 12:22:47 ID:oNPoRWhB
>>194
解説ありがとうございます。無学なんで有り難いです。
客観的な理法の上に絶対的な本仏(真理、という解釈でいいんだろうか)が存在する、ということは
やはり熱心な信者とは「話にならない(議論にならない)」かもしれませんね。
「絶対の真理(と信じている)」があるなら人同士理詰めで論じても無意味というか、
そもそも論じる意味がないというか。
「法論」というのが結局観念論の押し付け合いに帰結するのは仕方ないかもしれない。
水と氷の例でいえば飲むという観点で水が優れてると主張するA、
冷やすという観点で氷が優れてると主張するB、
二人が優劣を論争し、仮にBが折れたとしてもそれは、
「冷やすという観点においては氷が優れてる」という事実が変わるわけではなく、
Bがその観点を放棄しただけにすぎない。(破折という言葉は言い得て妙、かな?)
つまり実際に観念論の優劣が定まるわけではないわけです。

なんか脱線したような気がしますね、すみません。
(携帯での書き込みは思ったことつらつら書いちゃうからいかんなぁ)
俺も他人様が何を信じようが構いません(というか構えません)。
しかし、優劣など定めようがない観念論をもとに他人を見下し、誹謗中傷するような人には
鼻につくというか突っ込まずにはいられません。
(今回俺が触れたのは「論点ずらしとそれによる中傷」のみです)
これからも彼等の考え方を知るためにこのスレを見続けると思いますが
「それはおかしい」と思ったら口を出します。そんときゃご容赦を。

213 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/01(日) 12:40:48 ID:NOQeNrkk
般若心経( ̄□ ̄;)

214 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 12:42:36 ID:lbHattD7
>>212
プライドだけは高いようですね。
明らかに貴方の負けです。

何方か顕正会とのトラブルでと有りましたが私も同じです。
日蓮正宗系の教義は法華経の敵を作るとしか見えません。

215 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 12:47:17 ID:oNPoRWhB
>>214
誰かと勘違いしてません?

216 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 13:00:54 ID:k/Jw4t0U
約一名、ずっと、法華経より優れた経典として般若心経をあげてらっしゃる
わけですが、3,19さんか誰か反応してあげたほうが良いのでは。

私としても般若心経は好きだな。短くて、表現が洗練されていて、心に
響くものがある。

217 :916:2006/10/01(日) 13:12:17 ID:5WrIecVs

お大師様かまってチョ♪さん かわいい。


218 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 13:23:28 ID:lbHattD7
>>215

ごめんなさい。
勘違いしてました。



219 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 13:28:40 ID:k/Jw4t0U
ところで、法華経の中で、お釈迦様が「実は、今まで言ったことは方便だもんね。
これから本当のことをいうからね」と言ったら、今まで修行していた人たちが
怒って帰っちゃったという、その本当のことって何? 僕には、皆が成仏できるんだって
いうことを強調して言っただけのように読めるんですけど、それにしては法華経は
長すぎる。他にも従来の教えとかなり違うところってあるんだっけ?

220 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:07:18 ID:oNPoRWhB
>>218
や、お気になさらず。
半角の数字を名前欄に入れてるのは今のところ彼と俺だけ、
しかも並びは違えど数字自体は一緒、見間違えるのも無理ないです。

221 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:33:26 ID:BHV/7FlO
>>219
法華経を読んでみると・・・確かに本当の事が書かれている。
諸経典の成立過程がはっきり説かれている・・・


222 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 15:14:07 ID:E+6XmO67
後からならなんとでも書けるでしょw

223 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 15:29:51 ID:ZrL1C0Ne
>>221
意味が解りません。なにが真実なんだ?

224 :916:2006/10/01(日) 16:08:15 ID:5WrIecVs
>>219
>他にも従来の教えとかなり違うところってあるんだっけ?
今ぱっと思いつく範囲でいいますと。釈尊は今世に出家し成仏したと
今までは言っていましたが実はあれは嘘です。実は過去世に釈尊は成仏
していたということが書かれています。あといろいろありましたが忘れました。



225 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 16:47:43 ID:k/Jw4t0U
>>224
なるほど、大雑把にいうと以下の理解でよいですか?

・従来(小乗、大乗の法華経以前(以外?))
  ■立場によって仏への接近度が違った
  ■釈迦は紀元前500年くらいに悟って仏教をはじめた
   (他の大乗仏典で釈迦が阿弥陀仏などを紹介しているので諸仏は昔からいた)
・法華経
  ■誰でも成仏できる(獣の女性も成仏できる。形態は男にならないといけないけど)
  ■釈迦は永遠の昔から成仏していた
   (何の意味があるんだろう? 諸仏は昔からいたわけで、それが釈迦個人であろうと
    そうでなかろうと、趣味の違いだけのような気がするけど。
    釈迦だということか、あるいは、永遠だというところが信仰の根幹を
    支えるものなんでしょうかね?

他にも色々違いはあるでしょうが、大きなところは、平等性と信仰重視への傾倒が
法華経の特徴でしょうか? 

226 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 16:49:35 ID:k/Jw4t0U

>   ■立場によって仏への接近度が違った

分かりにくいですね。修正します。

>   ■信仰者、修行者の立場によって成仏できるかどうかに違いがあった

227 :916:2006/10/01(日) 18:59:19 ID:5WrIecVs
>>225
むかしから仏はいたという定義なのはそうなんですが。ポイントとして正宗では
以下のことがポイントであるといってます。
1 永遠の昔ではなく気が遠くなる昔のある時点で成仏したということ
2 遠い昔釈尊も法華経を得て成仏したこと

これらをさらに分析していくと以下のことがわかります。
1 仏の寿命が現在過去未来にわたり存在すること(仏の寿命は死にさゆう
されないことをあかしている。
2 釈尊は法華経を学んで仏になったことから仏にも師匠がいることを明かしている。
(正宗ではここをもって本仏の存在の根拠として、本仏を立てている)

まだなにか分析できると思いますがこんなとこです。


228 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:32:17 ID:k/Jw4t0U
>>227
なるほど。「釈迦も法華経によって成仏した」ということで法華経を一番上に
おいているわけですね。

ところで、法華経の中に現れる「法華経」をその書き物の法華経(あるいは
口承された法華経、創作された法華経)と同じと考えたら、話がループする
でしょう(それを楽しんでいるのかもしれませんが)。日蓮正宗では、そこは
区別しているんでしょうか? 法華経という真実の法があって、それを記述したのが
書き物の法華経でこの二つは別だとか。あるいは同じだとか。

229 :916:2006/10/01(日) 20:52:20 ID:5WrIecVs
>>228
>日蓮正宗では、そこは区別しているんでしょうか?
しています。法華経とは日蓮正宗では妙法蓮華経といいます。
妙法蓮華経(法華経)とは仏の「心」といっています。「命」「生命」ではなく
「心」だそうです。その「心」を経文とし現したのが書き物の「法華経」です。
 ちなみに日蓮正宗での「心」の定義はあらゆる有情・非情の命すべてにあるそうです。
石ころにも人間にも空気にも太陽にも。無慮義経にある法華経を形容した文
に似た定義になっています。

230 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:18:27 ID:k/Jw4t0U
>>229
どうもありがとうございました。だいぶ、法華経が読みやすくなりました。
それと、きっと南無妙法蓮華経は経文に帰依するんじゃなくて、
仏の心に帰依するということでしょうね。

231 :221:2006/10/01(日) 22:27:55 ID:BHV/7FlO
>>223
−−−−−法華経方便品より引用(開始)−−−−−
余は唯一つの乗り物について、それが仏の乗り物であると、教えを示すのだ。
しかも、第二あるいは第三の乗り物は、全くないのである。
教えそのものは、この世の十方の何処にもある。それは過去世において、十方にある、
測ることも教えることもできないほどの世界に、完全に「さとり」に到達した如来たちが
世間を憐れんで、多くの人々の幸福と安楽のために、この世に出現したからである。
これらの如来たちは種々に敷衍し解説し、また、さまざまな因縁と理由とを示し、
さらに基本的な考え方を説明するという巧妙な手段によって、信心についてそれぞれに
異なった意向を持ち、さまざまな感覚を持つ人々の心の動きを知って、教えを説いたのであった。
また、すべての尊き仏たちは、唯一つの乗り物について人々に教えを説いたのであるが・・・(略)・・・
また、シャーリプトラよ、未来において・・・(略)・・・
また、シャーリプトラよ、現在も・・・(略)・・・
また、シャーリプトラよ、余もまた・・・(略)・・・
−−−−−法華経方便品より引用(終了)−−−−−

要するに経典がたくさんありそれぞれ異なった事が書かれている理由は、
それぞれの経典は皆、別の人が書いたからであり、
そして未来も同様にしてたくさんの経典が作られるということも、
そして同時期に自分以外の人がそれぞれ経典を作っていることも、
そして自分(法華経の作成者)は法華経しか作っておらず、それを唯一つの乗り物として説く。
と、言っている。
つまり大乗非仏説を自分でばらしているわけ・・・

232 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 09:36:37 ID:8Ki5GWtn
全ての宗教は方便である。なぜなら、霊界の模写であるからだ。どの宗教が真実なのかを探求するのは時間の無駄である。それより自分は何の為に生まれたかを探求することが大事。

233 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 10:18:26 ID:WVGCzDu9
何の為に生まれたか

成仏する為に

違う?

234 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 10:46:33 ID:nTzvyrCZ
>>47
>あなたたち檀家がうるさく言うから、

もしかして3,19氏って日蓮正宗の住職?


235 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 11:22:43 ID:8Ki5GWtn
成仏というより魂の修行に生まれているのじゃ。なにも信仰をすることだけが魂の修行ではない。経験と感動が魂を磨くのじゃ。

236 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 11:43:51 ID:WVGCzDu9
>>235それも一利有ると思うが、魂の修行と言う思想も仏教伝来の教えだろ?
仕事でもスポーツでも最後の踏ん張り時な時は、神様!仏様!どーか力を貸して下さい!みたいな感情が強くでて背中を押され乗り越える。
やっぱり信心が柱で他の物事は修行だと思う。

237 :916:2006/10/02(月) 12:50:27 ID:0FkNRUqG
>>234
正宗では檀家というのは昔から法華講にいる人のことをいいます。
創価ができる前。今の正宗に宗の名前が変わる前の信者を檀家といいます。
戦後の正宗になってから信者に対する指導が激変しました。
今の法華信者の意識と檀家と呼ばれる昔の指導の影響が強い人は
よく意見の相違が発生しています。両者はいがみあっています。

238 :916:2006/10/02(月) 13:00:51 ID:0FkNRUqG
檀家信心はだめだ、というふうにいいます。
冠婚葬祭やお盆正月にきっちり儀式はするのですが法華講執行部
の方針には何かと反発します。過激路線を打ち出してもひはんします。
総本山の法要でも法華講執行部の運営統制には従わず勝手気ままに
法要に参加したがります。教義がどうこうより昔からやってるから
正宗なんですといったかんじです。折伏をしなければだめだとかには
冷ややかな反応です。



239 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/02(月) 13:01:14 ID:X6fXp2oR
>>227
卵が先か鶏が先かみたいな印象を受け、多疑問点が浮かびますが
正宗ではこう捉えているという話なのでしょう。
それよりも正宗では釈尊をあまり重要視していないのではないでしょうか。
末法では釈尊の法華経はもはや効力がないと言っているし。
釈尊の法華経は日蓮法華経の預言書であるとも。
前スレで日蓮の法華経こそが永遠で究極の教えで、釈尊は日蓮のためにあった
といった説明を聞きました。
その日蓮については私もあなたも疑問を持っているみたいですね。

240 :916:2006/10/02(月) 13:02:20 ID:0FkNRUqG
正宗に名前が変わったのは戦後と書きましたが、不確かですから訂正します。


241 :916:2006/10/02(月) 13:04:36 ID:0FkNRUqG
大正時代に名前が変わったと思います。だから正宗に名前が変わったのは戦前ですね。

242 :916:2006/10/02(月) 13:22:15 ID:0FkNRUqG
>正宗ではこう捉えているという話なのでしょう。
そうです。

>正宗では釈尊をあまり重要視していないのではないでしょうか。
>末法では釈尊の法華経はもはや効力がないと言っているし。
釈尊は大事ですが教義の根幹には影響しません。だから大乗非仏説
でも平然と折伏ができるんです。

>釈尊の法華経は日蓮法華経の預言書であるとも。
白法隠没だったかでしょうか。末法には法華経の効力が失われ
末法には法華経より強力な法が出現するそうです。それが
南無妙法蓮華経だそうです。

> 前スレで日蓮の法華経こそが永遠で究極の教えで、釈尊は日蓮のためにあった
といった説明を聞きました

そうです。そうなっています。「釈尊の師は日蓮」というのが正宗の独自の
教義です。

>その日蓮については私もあなたも疑問を持っているみたいですね。
行き過ぎた過大解釈が多いです。それに現実に害を生み出していますし
熱心な正宗信者は人間関係に広がりも深みもないし経済力も弱い
生活の基盤が薄弱です。不幸を生み出しているから信じるわけには
いきません。


243 :916:2006/10/02(月) 13:27:39 ID:0FkNRUqG
親父さん、たくさん疑問があるみたいですから世直しのためにも
指摘してあげてください。

244 :916:2006/10/02(月) 13:31:32 ID:0FkNRUqG
白法隠没は末法衆生には法華経が通用しなくなり法華経は衆生に
信じられなくなるだったですね。

ちょっと混同しました。すいません。

245 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 19:45:27 ID:WVGCzDu9
先祖代々からの信徒です。
ここ3年前から折伏折伏とやかましいです!寺側の兵隊にされている感じで、信徒達の思考がおかしくなって来ています。
とくに破門した団体の元信徒の帰依は歓迎しません。
この人達が異常に盛り上がっちゃってます!また膀法団体が誕生しそうで嫌だ

246 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 00:54:09 ID:w2nTlZHd
日蓮の教えで正統なのは身延を本山とする日蓮宗だ。正宗は学会に大きくしてもらいながら池田に嫉妬し学会員を切り捨て正本堂を破壊した。これのどこが正統だというのか?今の正宗は学会の真似をしているにすぎない。

247 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 01:27:43 ID:7ATHJKhj
「亨師談聴聞記」(昭和二十六年 夏・大橋慈譲記録)

柱師がワシに相承する時は、こうだよ。有元広賀(総監)を使者として、ワシに相承するよう柱師に頼んだ。
柱師は、しかし、頑として云う事を聞かない。たまらず、根負けして終(つい)に、三千円あなたに渡すから、それでたのむ、と有元が切り出して、ようやく承諾したものだよ。
柱師が知っておられるほどの相承は、ワシはすでに知っておる。何もじゃ。三千円でわざわざ相承を買う必要など無い。

だから、三千円の相承は、ワシには必要ないとつっぱねたんだが、伝統の形というものがありますから、などと言って、どうしても承知しないものだから、しょうがなく形の上で受けたにすぎんのじゃ。

崎尾の相承もそうだよ。中(光達)とか、多くの信徒が涙声でたのみこむものだから、ついワシも傍観できず、二階に上げて聞いたが、案の定、学問する者にとってはビックリするほどの内容もなく、大ミエを切って、これが相承であるぞというものではなかったよ。

英師は「私は相伝者に非ず。相承の取継(とりつぎ)番人にすぎぬ」と言ったが、誠に偉いものである。
口伝なるものは、完器にして初めて可能なんじゃよ。破器・汚器の者であれば、猊下と雖も何にもならんということに気がつかないんだから困ったもんじゃ。おかしくって。猊下というもの、法の取継ぎに過ぎんのだよ。
嘘をつく者、如才のない者は論外だよ。だけどな、いずれそのうち、平僧や信徒を迫害しぬく猊下も出てくることだろうよ。

248 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 01:31:23 ID:7ATHJKhj
( 昭和二十六年 冬 )

ワシは柱師からあらたまって相承は受けておらん。それは形式的なものだよ。柱師も亦(また)、相承というものは受けておらんかったようだ。
してみて、考えてみれば、柱師がワシに相承しないのは、悪意ではなくて柱師の善意であったように思う。

ワシの方が法門は勝(すぐ)れていると柱師も解っていたので、あえて相承の中身を言わなかったのだと思うようになった。
だから、ワシは昇師(水谷日昇猊下)が、もし、相承しないままになくなられても、次の方に相承をいたさぬ覚悟じゃよ。
ワシはそれほどうぬぼれてはいないつもりだよ。

(中略)

口決相承というものは、信仰のたまものじゃよ。信仰もなく、学もなく、行もなく、親分・子分の関係を強いるヤクザの貫首が、いったい何を伝授するというのかね。
今、もしこの様なことを言って公けにすれば、宗門はまだ小さいし、また伝統を破壊することになると思って、じっと黙っているところだよ。
それをいいことにして、横暴・無頼の限りを尽すとは、いい加減にしなきゃいかん。

柱師はいやしいことに文部省に行ってまで、三千円の約束がある、三千円はどうしたと言っていたよ。
情無い話とは思わないかね。

身延系律僧・深草元政上人の言葉があるよ。「貫主のような俗物になるな」とね。
他門ながら、実に良いことを言うじゃないか。「貫主のような俗物」との言葉は、大いに学ぶべしじゃよ。
ワシが猊下をなぜ二年でやめたと思う。猊下というもの、あれは政治家だよ。
俗の奸物がなるものであって、学問をやる者がめざすところのものではありゃしない。

249 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 04:38:18 ID:qEeB+lbS
守護国界経と申す経あり、
法華経以後の経なり。

阿闍世王、仏にまいりて云く、
我国に大旱魃・大風・大水・飢饉・疫病、
年年に起る上他国より我が国をせむ。
而るに仏の出現し給へる国なり、
いかん、と問ひまいらせ候しかば

仏答て云く、善き哉善き哉、大王能く此の問をなせり。
汝には多くの逆罪あり。
其の中に父を殺し、提婆を師として我を害せしむ。
この二罪大なる故かかる大難来ること
かくのごとく無量なり。

其の中に我が滅後に末法に入て、
提婆がやうなる僧・国中に充満せば、
正法の僧一人あるべし。

彼の悪僧等正法の人を流罪・死罪に行て、
王の后・乃至万民の女を犯して
謗法者の種子の国に充満せば、
国中に種種の大難をこり、
後には他国にせめらるべしと・とかれて候。

瑞相御書

250 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 05:17:50 ID:ECgGGvFT
くだらん・・・・・なにが「南妙法蓮華経」だよ(笑)

251 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 07:40:18 ID:UBKsTmSu
>>249
守護国界主陀羅尼経の事かな?
読んだことはありませんが、この文だけで日蓮が非常に影響を受けた事がわかります。
立正安国論はこの経典を基にして書かれたのではないですかね・・・

252 :アル:2006/10/03(火) 12:43:52 ID:n+ucYlxT
>>246

『日蓮宗』と『日蓮正宗』は違うんですか?
もし違うならどこが違うんですか?
同じような気がしますが…前に『日蓮』の信者と名乗るおばさんが、勧誘をしに自宅に来ましたが、カルトなのかなぁ…?

253 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 12:52:28 ID:w2nTlZHd
大きな違いは日蓮宗はお釈迦様を仏と仰いでますが、日蓮正宗は日蓮を仏と仰いでいます。それに日蓮宗は日蓮正宗と違って他宗批判や勧誘はしません。なので同じ日蓮でも日蓮宗はカルトではありません。

254 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 13:06:36 ID:7ATHJKhj
>>252
日蓮系宗派は、日蓮宗・顕本法華宗・本門法華宗・法華宗本門流・法華宗陣門流・法華宗真門流・
日蓮宗不受不施派・不受不施日蓮講門宗・日蓮正宗・日蓮本宗など。
他、創価学会・立正佼成会・霊友会などの独立信徒団体があります。(wikipedia参照)

255 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 13:50:09 ID:DGTvvg8s
太陽が昇る方角、東の空に南無妙法蓮華経と三度唱えよ。
これだけでも十分とうちの住職は言います

256 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 14:41:49 ID:w2nTlZHd
じゃあ、御本尊も勤行も必要ないんですね?

257 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 17:16:41 ID:DGTvvg8s
>>256
人間とは拝む対象物が無いとなかなか手を合わさないだろ、勤行は御本尊の前でが理想だが本来はどこに居たって信心が出来るよう、病人であろうが山奥であろうが獄中であろうが自分の中に日蓮大聖人は居ます。
題目が肝心の信心

足を切られていたって、半殺し状態だってお題目を唱えよと大聖人が言ってます。
究極の極みさ

258 :アル:2006/10/03(火) 17:19:42 ID:n+ucYlxT
>>253-254

質問に答えて下さって、ありがとうございます。やはり、カルトのようですね。正統の日蓮宗なら、おそらく家にやって来て勧誘したりしませんよね。


その人は、私の家に度々やって来ては、勧誘をして『出掛けるから』と断ってドアを閉めると、『北朝鮮が攻めて来るんだよ?!!』とドアを叩いたそうです。(その時は私は留守にしていたので、家族から聞いた話です。)
次は何をされるのか…家族から話を聞いて怖くなりました。

259 :池田大作のアホ!:2006/10/03(火) 17:38:30 ID:kaVs+now
>>246
>>253さん        ID:w2nTIZHdくん!
この、すっとこどっこい!
日蓮宗の仏壇の真ん中には日蓮聖人像と本尊十界曼荼羅。日蓮正宗の仏壇の真ん中
には本尊曼荼羅があり、同じ日蓮聖人を開祖として祀っている!
君の書き込み文面からプロファィリングすると、創価学会の学会員で しかも日蓮正宗
を敵対視している。
日蓮正宗が創価学会のシンボル、正本堂を破壊したと言っているが 君たち学会員が
「池田こそ本仏(生き仏)であり、その著「人間革命」が現代の御書とする」なんて
ぬかすもんだから、正宗側は池田大作に対し法華講総講頭(信徒代表)辞任勧告を突きつけ
反省の態度がないから破門されるんだよ!
池田文化会館が近代の寺院だとカルト教団の創価学会は言っている・・・・・
狂ってしまったのかい!
正本堂の建立、池田文化会館の建設のお金は学会員の莫大な寄付したお金で建てられたんだ!
狂ってしまったのかい?

260 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 21:38:44 ID:w2nTlZHd
あの〜私は学会員ではないのですが…一応法華講ですよ。まあどっちにしてもカルトには変わらないですけどね。

261 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 21:41:27 ID:DGTvvg8s
池田教学会員の物は本山に一つもないよ、正本堂もそうだが、学会員の墓も取り除いたし。膀法の物は一つも無い

262 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 21:50:13 ID:zbKPq1gB
>>261
> 膀法の物は一つも無い

前スレで「謗法」だという指摘がありましたが。

263 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 22:20:00 ID:w2nTlZHd
謗法だから壊すって世間では通用しないですよ!じゃあ、はじめっから学会の供養を受けなければ良かったんじゃないんですか?だいたい池田さんを総講頭にしていながら宗門は勝手ですよ!なにが謗法はないだ。形だけじゃないですか!中身は謗法なのに…

264 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 22:27:57 ID:zbKPq1gB
日蓮カルトと日蓮カルトの戦いはいつ見ても清清しいなあ。

265 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 23:13:53 ID:zbKPq1gB
日蓮仏法は死後の世界だけでなく、現実に向かっているというのが
特徴だと聞いた事があります。では、現実で問題に直面したとき
日蓮正宗の人たちはどう行動するのでしょう? 例えば、失恋したり、
会社で降格させられてしまったりしたときはどうします?
お題目を唱えますか? もっとも、問題が起こるに関わらずお題目だけは
いつも唱えているでしょうけど。

266 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 00:33:11 ID:pk8B6vsf
失恋したら諦めるしか無いだろう、人の縁が無かったと前向きに考える

会社で降格したら、これも自分の業だと思い仕事を頑張る。

原因は自分に有ると悟り常に前向きな思考だ!

267 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 07:53:01 ID:hYUgBGyE
>>266
日蓮正宗の信者?

この宗教が日常の心の困難解決にどのように貢献するのか興味があって
聞いたのだけど、直接的には無いということですね。

268 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/04(水) 10:57:13 ID:LJd5Nsxb
引っ越しのドタバタでネットにつなげないでいるうちに、いろんなことがあったようですね。
916さん、はじめまして。
時折、あなたのような人が現れるから、正宗信者はダメだ、的な書き込みは控えるようにしています。
信者の中に、スットコドッコイが多い、とは書かせてもらいますがね。
僕が見て、アチャーと思う信者さんには共通点があります。
世の中の全てを白黒に強引に分けて、自身の信仰を白として、残りの全てを白でないと言う理由で真っ黒としてしまう。
選択肢を強引に2つにしてしまう。白黒の間の無限のグラデーションや、赤や青など、他の色の存在を無かったことにしてしまう。
こういう信者さんは、自分が自分の信仰を貶めていることに気づかないんだろうか・・

269 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 12:58:56 ID:ZqzW9zqK
>>258
> 『北朝鮮が攻めて来るんだよ?!!』とドアを叩いたそうです。

そりゃ顕正会ですな・・・w

270 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 13:06:14 ID:pk8B6vsf
>>267信徒です

とにかく行動と実践!机の上の空論じゃない仏法

271 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 13:08:26 ID:pk8B6vsf
北朝鮮と仲が良いのは池田大作もそうですね

272 :916:2006/10/04(水) 19:39:43 ID:xg1tAk8I
>>268
七八 ◆7gpceMnULI さん、これからよろしくお願いします。
いろいろご迷惑かけてるみたいですね。すいません。


273 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 21:15:50 ID:pk8B6vsf
バリバリの信徒、教義にどっぷり漬かった方は社会制を失う

何でもほどほどだが良いのだ!


先週不思議な体験をした。大阪まで出張に行って行った先で大学時代の友達に居酒屋でばったり出会った。一緒に飲んでて宗教の話になり同じレアな正宗信徒だった!そいつは会社を脱サラし会社を起こしていた、過去2回倒産した経験が今や年商85億だって。

274 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 22:32:56 ID:t1r0QbKD
>>273
>大学時代の友達に居酒屋でばったり出会った
のがなんと!
>今や年商85億だって
とは不思議。

居酒屋でも経営してるのか?それとも年商85億の会社に勤めているのか?w


オレが年商85億の会社を「経営」しているなら居酒屋には行かない。そこに落ちているのは居酒屋グレードの話しかないから。

275 :916:2006/10/05(木) 00:12:26 ID:yDi06Nn/
>>273
そういう書き方は違和感が生じますよ。
85億だろうがなんだろうが正宗の信心と関係ないですよ。
はっきりいって気持ち悪い書き方です。

276 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 00:20:12 ID:JvIhibb9
2chサーフィンしていたらこのスレを見つけたのでカキコさせて頂きます。
お酒を飲んでいるので乱文にて失礼します。
自分は創価学会三世ですが、まじめに活動はしていません。
最近戦時中南国で戦死した祖父の兄の事を思うことがなぜか多いです。どんなに苦しんで死んだかと思うと泣けてくるときもあります。
先ほどオーラの泉という番組を見たのですが、もしかしたら自分の守護霊なのかもしれないと思いました。
自分だけ酒を飲んでいては申し訳ないと思いご本尊のにお酒をおそないしました。


277 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 10:10:08 ID:6NPyscNB
オーラの泉も共感出来る点はいくつか有る。江原と三輪は凄いと思う、個人的に会えないものかな?

278 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 13:28:54 ID:iUXgmGR6
守護霊ねぇー、オーラの泉ねぇー。頭大丈夫?

279 :池田大作のアホ!:2006/10/05(木) 15:44:29 ID:+OF+8YPC
>>260さん
あなた正宗だったんですね?失礼すますた。
正宗をコケおろしした書き込みだったもんで、てっきり創価の信者かと思って
「すっとこどっこい!」と、かましてしまいました。
でも、あなたのような客観的な信徒も珍しい!・・・・・・
まぁ、客観的に観て私も時々創価学会も日蓮正宗も似たような事をやってるな〜
とは思いますけどね。
しかたがないんですよ!学会から分裂した信徒が正宗の門徒となってるんですから。
正宗側も信徒を減らさない為に、どうしても昔の学会の頃のような事をやらざるをえないんだと
思います。

280 :何か?この野郎:2006/10/05(木) 18:10:07 ID:6NPyscNB
正宗は折伏などしたらダメだって!住職がすれば良いんだよ

ラジオ放送で浄土宗の坊さんが説法を良くしている。視聴者の人生相談みたいな事と法話の話が合体し答えを出してるよ、これは解りやすいから好きだ
正宗の坊さんも信徒を使わず自ら動けと思うが

281 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/06(金) 21:57:23 ID:mN7NpxIC
言われてみるとおかしな話ですね。
宗教を生業とし教義に深い僧侶こそが折伏活動をすべきで俗である在家信徒が
それを支援するというのが本当ではないのでしょうか。
なぜ僧侶が寺にいて、在家の信徒が営業(勧誘)をするのだろうか。

語られている日蓮にしてもそうでしょう。
日蓮の折伏のため在家は物資の支援をしたわけで、法華経を信じよと説いてまわったが
在家信徒には信じよとは言っているが折伏活動を説教的にせよと言っているのだろうか。

282 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/06(金) 22:17:23 ID:mN7NpxIC
×説教的→○積極的 で
地湧の菩薩の話とか出てきそうだが、じゃあ僧侶は何のためにいるのだろうか。
営業の管理か?

283 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 22:41:08 ID:FyDgcm5q
釈尊の時代から中国の仏教〜日本の平安〜
鎌倉〜江戸時代〜現在、という流れでいうと
出家と在家の関係や役割が今後どうあるべきか問われてるのかもね。

284 :916:2006/10/06(金) 23:42:40 ID:3BUFZkH9
>>280
そういえば宗祖はみずから折伏していましたね。
今の僧は勤行と塔婆供養と儀式執り行うことと講義で信者に教義を教える
こととか宗務院のしごととかしませんね。
僧が折伏したことないから信者の基地外行動も管理できないのかもしれませんね。

正宗信徒の仲間で僧が折伏しないのはどうおもいますか?
辻説法とか僧がするべきなのに信者がしてるのとかよく考えればおかしなこと
ですよ?僧は信者より法華経を実践していませんね。よく考えれば偉そうに
折伏を指導できるようなことしてませんよ?



285 :916:2006/10/06(金) 23:45:17 ID:3BUFZkH9
>>284
訂正
>宗務院のしごととかしませんね。

宗務院のしごととか しか しませんね。

286 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/06(金) 23:57:18 ID:+kKHVsa5
でも、いろんな話を見たり聞いたりしてると、
僧侶の方も信徒さんに呼ばれればあちこちに折伏に飛び回ってる方もいるみたいですよ。
それは一部なのかも知れませんが…。
それに御僧侶になる以前には親、兄弟、友人、知人の折伏はされているのではないのでしょうかね?
と、僕は信じたいですね。

287 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2006/10/07(土) 00:07:06 ID:rmDYlDXJ
信徒のヒトに悪いのだけど僧侶や寺の立場なら「折伏」するのはカンタンだよ。
葬儀屋とタイアップして霊園の「供養寺」になれば墓の持ち主や家は自動的に
「檀家」。 傾いた寺を「買い取って」本山の「末寺」にすれば墓の永代供養料
が惜しい「檀家」は自動的に「信徒」。仏教なんてソフトじゃなくてハードで
押さえればどうにでもなる。所詮「信仰」よりも「慣習」や「社会的都合」。
お金のことで折り合ってウルサイ事言わなければ大抵カタがつく。

288 :名誉カラス:2006/10/07(土) 00:09:33 ID:yuaNXinT
食っていくために創価学会に色目使った坊主
反吐が出るわ!

289 :916:2006/10/07(土) 00:13:41 ID:v6bnqRhQ
支部の折伏目標に地区別の折伏達成数のほかに住職と講頭の達成数も表示
したほうがよくないですか?そうじゃないんですかね?

親兄弟の折伏はしてるとおもうけど友人知人は怪しくないですか?

それと信者の誰々さんの折伏はすごいと聞くことはあっても住職の
折伏はすごいとかまるでききませんよ。実際折伏や下種は信者以下なのが
実態ですよ。

290 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2006/10/07(土) 00:14:08 ID:rmDYlDXJ
>>288
そりゃイケダが策を弄して「金持ち檀家」を取り込んだからねえ。
檀家や講のふりした金持ち達の「無尽」がソウカの正体だし。
講は講でも「無尽講」。宗教法人ならつっこまれんから。
ホリエモンよりアタマいいよな。

291 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/07(土) 00:22:07 ID:/uVsfR3k
>>290
イイエテミョーですな…。
>>289
信徒の「凄い」の縁の下の力持ちが御住職だと凄いよな〜。

292 :916:2006/10/07(土) 00:29:39 ID:v6bnqRhQ
私は下種や折伏がすごいから偉いとは微塵にもおもいません。
そこは誤解しないでほしい。

293 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/07(土) 00:37:33 ID:/uVsfR3k
じゃあ何が偉いと思うのですか?

294 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/07(土) 00:56:26 ID:/uVsfR3k
>>281
日蓮大聖人はかな〜〜り折伏の大事を御書にも書かれておりますね。
『聖愚問答抄』や『開目抄』などなど。

295 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 02:37:18 ID:HULz6xRM
しょせんはスネ夫だからな。すごいとかぬかしても何とも思わん。
お前の知ったかはオヤジさんの知識に遠くおよはわない。消えろ。

296 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 07:20:37 ID:XHyoefkM
脱講しようと思うのですが、お寺に御本尊を郵送すれば脱講出来るのでしょうか?

297 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 08:40:30 ID:jgenZZu7
>>296
それに脱講届けを同封すればOKです。

298 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 15:37:39 ID:zQTBTQUQ
日顕猊下のAAって無いんですか?

299 :何だ?この野郎:2006/10/07(土) 19:40:28 ID:TgAj0+qZ
開祖が折伏をしろと言ってるからって日蓮個人の悟りだから絶対に真似は出来ません。
[神]と言う文字一つとってみても意味は沢山あり、うちの近所に[神津川]と言う川が流れていてこれにも[神]と言う漢字が使われていますから、お経一つとってみても(解らない)が正しいと思います。
解らないのが正しいので、信徒は声を出してお経を読む方法しか修行の道は無いと思います。折伏により人に教える事など失礼極まり無い

300 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 22:14:50 ID:v0C2Z7qs
>>299
法華経を読むと折伏とまったく逆の思想が書かれているので、これはもしかしたら折伏の
解釈が誤っているのかもしれない・・・

301 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 23:13:03 ID:N3GJkq4b
>>294
君は無所属じゃないのかい?
謗法の輩が何を言っておるか!


302 :916:2006/10/08(日) 00:20:17 ID:UdmSio1m
>>293
特に定義はないです。というか基準はあいまいです。
何がえらいとかは相対的な価値観ですから決められません。


303 :916:2006/10/08(日) 00:29:19 ID:UdmSio1m
ところでハンセン氏病の件はどうなったんですかね?
3・19くんはもう来ないのかな?

今のまま来ないのは失礼極まりないですよ。一言あってしかるべきですよ。
でないとまた私が謝らなければいけないことに・・・
人の誠意に対する筋が通らなくなるじゃないですか。


304 :916:2006/10/08(日) 00:30:34 ID:UdmSio1m
カノンさんはどうなりましたか?
うまくいってますか?心配です。

305 :916:2006/10/08(日) 00:40:09 ID:UdmSio1m
>>301
謗法とは法をそしるということですよね。
わかりやすくいうと道理に反しているということ。
正宗は 謗法 ではないですよね?

306 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 01:21:44 ID:sUJg5v8S
>>303
過去スレ読みました。
3・19くんは完全に復帰は不可能と思われます。
カルトとして絶対に踏んではいけない地雷(ハンセン氏病)を踏んでしまったのですから。

でも916氏見たいな普通の日蓮正宗の方も居られるのですね。安心しました。

307 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 10:03:14 ID:xZ4gLy59
>>305
日蓮正宗でないのは謗法でそ。

308 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/08(日) 10:57:48 ID:mmo3Tr+i
謗法二ついては何人かに聞いたが人によって解釈が違うようだ。
謗法の文字から解釈すると
>謗法とは法をそしるということですよね。
になり、具体的には十 四 誹 謗 になるらしい。
ttp://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_kyogi9.htm

しかし、「謗法払い」という言葉になると神棚、お札、クロス、他宗の経典も謗法に含まれるようだ。
法華経や日蓮を批判するわけでもないのに、聖書を持っているだけでいけないことだと言われる。
仏教を誹謗したわけでもないのにマザーテレサはキリスト教徒なので(謗法のため)地獄に落ちていると聞いた。
拡大解釈すると>>307さんの言うことは合っている。

309 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/08(日) 12:45:00 ID:xQeOVMx/
>>301>>307
何で正宗信徒じゃないからって謗法者なのか意味がわかりません。

310 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 13:03:08 ID:vlWYBclC
十四誹謗な信者しかいない・・・・・・・・

311 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/08(日) 13:23:15 ID:mmo3Tr+i
>>309
おそらく正宗の公式見解では、個人で法華経や日蓮、本尊を信じていても
それは我見でしかなく謗法にあたるのではないか。
ttp://www.geocities.jp/shoshu_newmon/tadashii_5.htm#7
では組織に入らなければダメと言っているぞ。

312 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 13:25:58 ID:5cE7P7H4
これやってる芸能人て誰がいる?

313 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/08(日) 13:34:09 ID:mmo3Tr+i
追加すると顕正会は法華経、日蓮、大石寺の本尊を信じているのに
謗法だと正宗から言われているぞ。

314 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/08(日) 13:57:23 ID:xQeOVMx/
>>313
顕正や創価などは猊下に逆らって、己の己義を打ち立ててるから謗法だと言われてるんですよね。
僕の場合は戒壇の大御本尊様に恋慕渇仰しつつ、
時の御法主猊下様のご指導も遠くからではありますが拝しつつ、
遙拝ではありますが勤行もしております。
ただ、組織に属さず折伏もしていませんが、それだけで謗法者なのか?正宗信徒様の意見が聞きたいですね。

315 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 14:37:03 ID:fGJhFQ2Z
「法華経を誹謗する者は現世においてハンセン病になる」
これをたとえ話だ方便だと言ってるんだからどこも己義組織だろ
「これはたとえ話or方便であり実際とは異なります」なんてこと、経典にゃ書かれてないんだし

316 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 15:22:58 ID:I3PcFukn
スネ夫は功徳ハアハアなだけのクズだな

317 :3.19:2006/10/08(日) 17:40:44 ID:rv6uQuhY
>>306
いるよ。
お前らまだそんなばかな話してんのか。自称「無宗教」はとことん狂ったヤツらだな。
法華経書いたのは俺じゃねーからな。「法華経の内容が差別的で気に入らない」ってんなら、お釈迦様に言ってくれ。俺に文句言うなんて、ばかじゃねーのか。

しかし、そんなに法華経にケチつけてる連中が、天台宗とか日蓮宗とか、法華経を依経としている宗旨で親の葬式やってたりしたら、とんだお笑いぐさだよな。
自分ちの宗旨も知らねーような低脳なやつなら、十分ありえる話だ。
「大乗仏教非仏説」を主張する学者センセーたちにしても同様だ。そういう説を唱えながら大乗仏教で冠婚葬祭やってたら、キチガイ沙汰だ。


318 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/08(日) 17:45:04 ID:xQeOVMx/
不幸より幸せになりたい。と、思うのが普通の人間的思考なのでは?
そう思う人間はクズですか?

319 :916:2006/10/08(日) 18:10:20 ID:UdmSio1m
>>314 >>318
破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM さん、どうもよろしくです。
わたしも同じように幸せになりたいです。家族みんな仲良く生きていきたいものです。
謗法とかという議論はなしにして破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM さん
の思いと私の思いは一緒ですよ。

320 :3.19:2006/10/08(日) 18:15:00 ID:rv6uQuhY
>>303
>>でないとまた私が謝らなければいけないことに・・・

お前は自分を何様だと思っているんだ?
お前は日蓮正宗の代表か?それとも俺の保護者か?
そうではない。お前はただの退転法華講員じゃないか。
そんなくだらないヤツの言うことに、この俺が従うとでも思っているのか?
従う義務があると思っているのか?
とんだうぬぼれ野郎だな。

従う義務のない人間の言動について、お前は責任を持つのか?
今後とも、俺が何か発言するたびに、お前は謝らなければならないわけだな。
たかが退転法華講員のくせに。ご苦労なことだ。
そして、面白いね。


321 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 18:40:00 ID:I3PcFukn
スネ夫はお前のそのタワケな勘違い実力不相応なハンドルからなんとかしろ。
幸せとか以前にその性根叩き直せ。一人前に幸せ語るのはそれからだ。

322 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 18:55:28 ID:I3PcFukn
顕正スレで回答不能でここに逃げてきて新しいジャイアン探しに来ているんだろうが、
挙証もなにひとつできない分際でなにが破邪だボケ。
それで他人に日蓮の何が伝わるってんだ、ああ?だからお前はスジガネ入りのクズに決まってるだろ!

323 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/08(日) 19:23:37 ID:FT9ftJ7y
>>317
お釈迦様はホケキョなんてしりませんよ?
何故知らないお釈迦様に文句言わなきゃいけないの?

ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

324 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/08(日) 19:32:55 ID:xQeOVMx/
>>319さん
どーもです。m(_ _)m
>>318の問いに対して>>321-322の個人的お返事有難うございます。┐(´ー`)┌

325 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 19:37:30 ID:n9YWPHE4
>>320
あ、日蓮正宗の恥君生きてたのですか。
これ以上日蓮に恥を掻かせないでね。

326 :916:2006/10/08(日) 19:54:55 ID:UdmSio1m
破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM さんへ
謗法かどうかは十四誹謗からいくとそうなるとおもいます。
しかし、破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM さんの思いはきっと通じていますよ。

3,19くんになりすまして名誉をおとしめるのは卑怯です。


327 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 20:14:12 ID:Al3hFlvq
法論に横してニュースを。

安部首相が池田大作と密談してたことが発覚
これはつまり日本ヤバイ超ヤバイってことだ

正宗じゃない連中も安部のことはしっかり監視しとけよ
小泉よりも性質が悪い政権になることは確実だからな

328 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 20:20:25 ID:JDuoP0gT
>>327
何をいまさら、小泉の時もズブズブだよ

329 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 21:00:45 ID:JtJu9kt7
仏でも無い人間がだな、無知な人間の考えた屁理屈や理論ばかり並べてるから釈迦の言ってる事が理解できずピントがずれるのだ!

大衆を救うとは、自分が嫌だと思う事を相手にしない

330 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 21:39:52 ID:maBQzRdo
経典が無数にあるのはそういうことか。

331 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/08(日) 22:09:40 ID:xQeOVMx/
>>320
>たかが退転法華講員のくせに。

僕が顕正会に疑問を抱き、そして活動から離れた時さんざん言われたのを思い出しますね。
その時の僕はそんな言葉より、慈悲を持って僕の疑問を論破してもらいたかったですね。
てか、もしかして法華講員になりすました顕正会員か!?

332 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 00:09:44 ID:EZE0omgF
仏教って執着という愚かしさから離れることだと思ってたんですが、
日蓮系統の人を見てると、見事に自分の宗派に執着してますね。
見ていて見苦しいというか哀れと言うか。良くも悪くも日蓮傾倒なんですね。

333 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 01:22:14 ID:PShqhfRG
日蓮が釈迦か説いたと言われるものをパクっただけだからな。
あとは弟子共が自分の利益のために捏造しているにすぎない。

334 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 01:57:29 ID:quHrcoVU
所詮、ネズミ講みたいなもんじゃね?

335 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 02:36:47 ID:BuJkeTxE
豆知識☆
ちゃんと題目をして死んでいっいった人は、化粧をしてるわけでもないのに顔白く綺麗で、遺体を焼いても、喉の骨が残るんだぞ。

336 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 05:24:27 ID:uj976ILW
創価初代会長の牧口は獄死した。
聞こえはいいが、結局は横難横死。信心の成果がよく現れてる。


337 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 08:10:53 ID:EZE0omgF
>>335
それ、日蓮系のほかのところも言うみたいなんですけど、誰が言い始めた
んでしょう? それと、死んだとき、身体が固くなったら地獄に行った証拠
というのも。日蓮さんですかね? 法華経には無かったように思うのですが。
見落としているだけかもしれませんが。

338 :916:2006/10/09(月) 09:10:21 ID:cdcUmlJx
>>317>>320
偽者ですよね?

339 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/09(月) 11:44:33 ID:ngGvMRYg
>>314
正宗の考える謗法のガイドラインは幅があるわけで、いろいろ聞いてもここから謗法
という統一された意見は聞けなかった。
クリスマスにしても、とにかくだめ〜般風習だからOKという人までいて。
謗法のミニマムだと日蓮の法華経を誹謗する人だと思われるが。
ただ関連HPから推測すると基本的に日蓮正宗以外はすべて謗法と思っていそうだ。

にしても破邪顕正@元顕正会員さんどうして考えが二極化するかなぁ。
真白でなければじゃあ真黒なんだだと。
幸せの感じ方は人それぞれ違うんだし。

340 :何だ?この野郎:2006/10/09(月) 12:38:17 ID:TcERH9KW
俺から言わすと、釈迦の説いたどの教典も素晴らしいと思う。昨日NHKで放送されてた、東北のえらい方が仏教を取り入れ浄土系の教えで人々を救ってきた方が居た

今も文化遺産としてその寺が有り観光がてらで見に行きたいもんだ!

341 :916:2006/10/09(月) 13:44:33 ID:cdcUmlJx
>>339
正宗ではクリスマスとかの話題を寺でしたら批判されます。
ホウボウやで! あかんやん!とかいいます。

みなさんやっぱり>>317>>318は本人の返事でしょうか?
あまりにむちゃくちゃすぎて信じられません。

342 :916:2006/10/09(月) 13:46:58 ID:cdcUmlJx
>>341を訂正

>>318は間違い>>320です。すいません

343 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 15:33:51 ID:cyzXHXMj
悩んでいるのなら末寺の御住職様に相談してみては?
此処で論議するより進展するかと思いますよ。

344 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 15:45:07 ID:QCoQz+ub
>>335
【第68回】徹底検証!『宗教法人顕正会』
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157837754/12
に、理由が記述されている。
それと恐らく「座禅を組んだ形の骨」のことを言っているのかな?あれはね、「焼き加減を調整して残るように焼く」んですよ。
残ってて「当たり前」の骨。題目だろうが勤行だろうが念仏だろうが一切関係ない。キリスト教徒であっても「残ってしまう」んですよ。

345 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/09(月) 15:52:44 ID:G2M0n/Gr
>>339
>にしても破邪顕正@元顕正会員さんどうして考えが二極化するかなぁ。
真白でなければじゃあ真黒なんだだと。

そうですね。もっと脳みそ柔らかくしないといけませんね。

346 :創価会友:2006/10/09(月) 15:53:19 ID:PtfzQ45f
そうですよね。遺体や灰になった骨で成仏かどうかきまらないですよね。ようは何を信仰しようと無宗教だろうと死後には一切関係ない。どれだけ魂を込めて生きたかで成仏かどうか決まると思います。

347 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 16:08:23 ID:BuJkeTxE
死んだら関係ないていうのは、違うと思いますね。
題目をたくさんした人は、必ず死後、未来世で、題目にめぐり会うことができるんですよ。


348 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 16:16:33 ID:PtfzQ45f
何を根拠に言ってるんですか?死後の世界見たんですか?

349 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 17:23:42 ID:CazU2KZq
教義で人間の人生を束縛する宗教は、良い宗教とは思えない。

宗教の教義なんて・・・所詮人文科学分野、小説と同じ。
大雑把で束縛少なく、ご利益あるのが一番いい。

350 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 17:26:23 ID:CazU2KZq
日蓮正宗は層化たたけないのか?
仏教連合会みたいなやつあるじゃん?
あの手の会合に出席して、他宗派との交流もうまくやって欲しいな。

教義は御山の中で守るもの、口きく位の交流ならあった方が良いんじゃね。

351 :何だ?この野郎:2006/10/09(月) 17:58:59 ID:TcERH9KW
正しい仏教が一つしかないって変だろ不自然だろ、朝鮮なら解るが文化の栄えた日本だぜ?

法華経しかダメ的なのはマニア人ね、考えを広く持った人こそ釈迦に一番近い人物さ

352 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 17:59:25 ID:PShqhfRG
他人見下すのが教義なのに「邪宗」の連中と仲良くするはずないだろ。
そういう連中が集まるのにそんな路線変更はありえない。
最近の創価はそうらしいが腹の底はそのまんまだし。

353 :創価会友:2006/10/09(月) 18:22:00 ID:PtfzQ45f
私は元学会で正宗に移籍したけど正宗は教義に縛られ自由がない(>_<)今は学会の会友として信仰をしていますが、学会の信仰はせず独自の信仰をしています。学会員でもないので謗法なんて関係ない。だいたい罰があること自体間違いなんだから。

354 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 23:03:20 ID:eY/2w+mx
ウイルスと同じなんじゃね?

355 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 23:13:16 ID:VbGg+aVm
滝川市の子供の自殺でそちらの関係者がマスコミや警察、被害者の動きをチェック
しているという話がありますが、滝川の方々はどう思っていらっしゃるんですか?

別に犯人がいるかどうかはどうでもいいけれど、これが宗教戦争なのならばからしい。

疑われているのなら不審がられるような挙動はやめるか謹んでもらいたいと思います。

356 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 03:25:33 ID:DktXaadj
カルトウイルス増殖中

357 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 03:29:04 ID:aYOyPBry
>>351
だと思う。
他宗批判ばかりする宗教は争いの根源になるんだよ。
他宗を認め合うことこそが真の平和に繋がると思う。



358 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/10(火) 10:13:37 ID:34pp4C3D
いや、こんな世の中だからこそ、日本人は心を一つにするべきだ。

359 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/10(火) 10:25:03 ID:34pp4C3D
そして御法主上人猊下様の御導師の元、朝と夕の衛星放送による全国一斉勤行。
すごいですね〜夢は見るものではなく、叶える為のものなのです。

360 :何だ?この野郎:2006/10/10(火) 11:59:47 ID:K8bsLmHG
良く考えて見ろ、考えが一つしか出せないってのも・・・
北朝鮮みたいな思想運営では、近隣諸国と仲良く出来ないだろ。

用は、[許す]と言う思考も釈迦は説いてる

361 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 12:08:48 ID:4Y4DRhpr
>>360
創価の親玉だからじゃね?

362 :何だ?この野郎:2006/10/10(火) 12:41:33 ID:K8bsLmHG
>>361そう言われても仕方がないだろう。
正宗は【現象として現れる】みたいな事をよく言ってるから、創価誕生の正宗のウミが出たのだろう。
寺を信心してる?
坊さんを信心してる?
大作を信心してる?
檀家の姿を信心してる?
本尊を信心してる?
これらを見てるとウミの原因だから

363 :マゴッツ大作:2006/10/10(火) 13:12:56 ID:YxaVIUYt
さぁ、パーティを始めようぜ!
シャンパンを全部開けろ
音楽も…そうだな、のれるやつがいい DMXを流せ
そうだ、女も連れてこい
とびきりの奴をだ

きたきた!ほら、おいでなすったぜ!
おっ!結構いいケツしてんじゃねぇか!こっちに向けてみろよ
緊張しなくてもいいぜ

さっさと振りやがれってんだ!


おいおい?なんだよその眼は
そんな眼でおいらをみるんじゃねぇ!
ほら、酒を注げよ
そしてケツをこっちに向けろ

さっさと振りやがれってんだ!



364 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 13:37:29 ID:/3j0PDkD
>>341
そっとしておいてあげたほうがいいと思いますよ
本人だとしたらあまりに成長がないというか恥の上塗りというか・・・・・・
今の状態では会話できる能力はない様子ですし
冷静に自分を見つめなおす時間、というのも必要だと思います
私も偽者であってほしいですが、理屈で反論できなくなれば妄想に逃げ込む、
そういう方は顕正会をはじめ、日蓮関連ではよく見かけますね

>>359
どこの北朝(ry

365 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 15:32:54 ID:5PCHMtES
>>359
池田大作のマネなんじゃね?

366 :何だ?この野郎:2006/10/10(火) 19:05:21 ID:K8bsLmHG
正宗の信者の墓参りって仏花(菊や色とりどりの花)か?やっぱりシキミか?
どっちを先祖に供えるんだ?

367 :名無しさん@3周年:2006/10/10(火) 22:33:27 ID:33UfSMUs
>>359
既に頭破七分だろ。

情けない。本当に情けない。呆れたよ。

368 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/10(火) 23:42:18 ID:34pp4C3D
>>359
うーん。考えてみたらこの書き込みは、よろしくないですね…。
日蓮正宗並びに信徒様に対して失礼な書き込みでしたね。
申し訳御座いませんでしたm(_ _)m

369 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 02:44:41 ID:2jSVlA7c
ずいぶん下らない上に他人まかせでクソ以下の事が望みなんだな。
さすがはカルトに引っ掛かり続けるマヌケではあるwww

370 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 04:43:58 ID:6hyTqpSZ
カルトウイルスに感染したらおしまい

371 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 09:29:54 ID:7wBE4hAa
仏壇にはしきみですが、お墓には何を供えても良いと思いますよ。一番良いのは故人が好きだった花が良いと思います。

372 :何だ?この野郎:2006/10/11(水) 14:26:17 ID:jQyqjnzL
俺は思うが、日蓮正宗が他宗教を謗る事こそ膀法に繋がってるのだし、平和など遠い未来の話だ!
例えば家電メーカー勤務で、ただ他社の製品や企業理念をボロクソに言う営業マンと、相手様の良い所は何々だが、当社はこれが優れてますからね、みたいな平和的な思考が正宗に少しでも有ったらと思うがな

373 :916:2006/10/11(水) 18:42:33 ID:Bn40E6wA
正宗は必ず疲弊しますよ。正宗の折伏の費用対効果でいくと費用100に対し効果1です。
もっと悪い可能性が高いですけどね。パフォーマンスが極端に悪いので
能動的に折伏する人は激減しています。基地外しか指導通り折伏できないです。
一世代過ぎれるごとに正宗は急速な衰退をするでしょう。そうでなければ
かなり社会的な問題をまた引き起こすでしょう。しかし衰退する可能性のが
大きいです。

374 :916:2006/10/11(水) 18:50:23 ID:Bn40E6wA
正宗も信者も共倒れでしょう。正宗はものすごい集金がへたくそです。
信者も集金力ありません。余剰がまったくありませんから成長できません。
労働資本も金融資本も体制の現状維持レベルにないです。折伏がそれらの状況を
さらに悪化させていきます。30年後には正宗は消滅しかかっいるでしょう。


375 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 18:53:41 ID:lc2s7vxp
創価との蜜月時代に莫大な資産を手に入れたが、それもいずれ尽きる。
いよいよ駄目になりそうになったら、正宗は創価と手をつなぎ直す。
ってのが波木井氏の意見だったな

376 :916:2006/10/11(水) 19:02:48 ID:Bn40E6wA
私は創価学会に巧妙に取り込まれていくと思います。
創価学会でなくともどこかにのっとられるでしょう。
資金力ある檀那であれば宗門が疲弊したとき内部から乗っ取ることも
十分可能です。

377 :916:2006/10/11(水) 19:11:32 ID:Bn40E6wA
僧侶の信心が強情と信じられていますがあれも嘘です。
私はいろんな僧と世俗的な話をよくしてきました。
彼らは非常に柔軟で打算的です。親が僧だからそのまま僧になった。
そういう僧がほとんどです。そして、親が僧でなければ僧にはならなかった
ともいいました。創価の蜜月時のご供養があたまから離れないでいます。
金にはすぐなびきますよ。正宗の信者になって毎月個人的に30万円でも
援助すればあっという間に信用を得ることができますよ。

378 :916:2006/10/11(水) 19:14:55 ID:Bn40E6wA
いま末寺にはまったくご供養は集まっていません。
マジです。
金で僧を懐柔して巧妙に総代を入れ替えてしまえば末寺などあっというまに
おとせるでしょう。これから離反寺院もポツポツ出るかもしれません。

379 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 21:38:19 ID:VNNfGz4o
>>366
正宗では色花は一切用いません。

したがって墓前にもしきみを供えます。
しきみにも白い花や青い実がなりますけれど、
常緑樹の香花であり常住の化儀にふさわしいです。

例外として御会式で飾る造花(桜)は特別なもので
御本仏大聖人の滅不滅三世常住を寿ぐ化儀であります。

380 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 21:51:52 ID:VNNfGz4o
916氏
私は寺院参詣、また御登山のたびに
真心のご供養をさせていただいています。
御供養は正宗信徒にのみ許された外護の
功徳行ですから、信徒同士の立場でその
大切さについて話すこともあります。

ところで折伏に費用がかかるなんていう話は
初めて聞きましたが、どこかの学会と勘違い
されておられるようですね。
根拠のない誹謗は自分に返ってきますよ。

381 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 22:05:58 ID:rr5lDu5K
>>380
そういう意味での「費用対効果」ではないと思うが

382 :916:2006/10/11(水) 22:57:17 ID:Bn40E6wA
>>380さん、どうもよろしくです。

そうですか、ご供養しているんですか。
よかったですね。

ご供養の大切さを話し合うんですか。
そうですか。がんばってください。

正宗へのご供養がものすごく少なくなっているのは事実ですよ。

折伏に費用がかかるというのを初めて聞かれたそうですね。
費用対効果という意味においては労苦なども金融資本換算して計上します。
人件費としての概念です。
それから、聞きたいのですが私たち正宗は一銭もかけないで活動・折伏していると
言うのでしょうか?そうではないですよね?

わたしはどこかの創価学会と混同などしていませんよ?
その言い方だと私たち正宗の折伏・活動に一円でも
使ったら学会と同じ謗法団体ということになります。そうではないですよね?

証明するまでもなく折伏・活動には費用がかかっているのは明白でしょう。
それのどこが誹謗なのか詳しく説明してください。できますよね?

むしろ、私を錯誤により非難しているのはあなたですよ。ちがうのですか?


383 :名無しさん@3周年:2006/10/11(水) 22:57:46 ID:To4SyHKw
坊主は金の事しか頭にないよ。

384 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/11(水) 23:57:04 ID:b22r36di
うーん…うーん…<(>_<)>

385 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 00:14:45 ID:dJ9ON/yw
どうした?

386 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 00:45:56 ID:K0eR43T7
折伏というか勧誘行為の費用というのはセールスマンに喩えると判りやすいと思う。
どちらも実際の「行為」としてはほぼ同じ。
セールスマンの場合は勧誘の為の交通費は会社が出す。時間に応じた賃金も出す。
折伏の場合は勧誘の為の交通費、食費、時間は勧誘者が出す。
「自発的に」といえば聞こえはいいが金銭面でいえば単純にタダ働きだ。
費用がまったくかからない折伏って、徒歩で近所の人を勧誘する場合だけじゃないかな。
それでも時間を使ってることになるけど。

387 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 02:20:37 ID:hjf01/99
俺、正宗信徒でも学会員でもないけど、その比喩はまったく無意味だと思う。

388 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 02:48:21 ID:K0eR43T7
費用がかからない、というのはないだろうという話。
それが悪いとかではなく。
なんか「金」と聞くと無条件で汚いというイメージを持っちゃう信徒が多いように思われる。

389 :916:2006/10/12(木) 08:20:20 ID:1EQNo/VV
おはようございます。

私が常々感じていることですが、正宗僧俗は是は是・非は非という正直な心が
ありません。とても不実不誠実なんです。たちの悪いことに僧はこれらを自覚しています。
そして宗教行為と僧個人のプライベートでの思考行動を分けて行動しています。
こういう僧の傾向は若い僧や中堅の僧とプライベートで遊びに行ったらわかります。
一度実態を知るのも大事ですから執事さんなどと遊びの約束をしてみてくださいすぐ遊べますよ。

今の正宗はほとんどの場合信者の勘違いで世間様に迷惑をかけているといって
過言ではありません。
毎月の御講などでの説法を真に受けて常識的な判断を失っていっていると
気づいている人がどれだけいるのか。仲間のみんなは気づいてませんよね?

ここでのレスを読み返してみてください。正直に率直に誠実で道理に基づいて
もう一度読み返してみてください。わたしたちが成長するために何が必要か
示しています。


390 :何だ?この野郎:2006/10/12(木) 10:58:43 ID:mz8We9eL
>>379なぜシキミなのか正宗信徒に聞いた事がある。
昔の庶民は高価な菊やら飾れる余裕が無かったので、どこの山にも生えてる安上がりで枯れにくいシキミを供えたそうだ。
確かにシキミの値段は安い。300円とかでフサフサしたのが手に入る

391 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 11:08:27 ID:mz8We9eL
>>382
信徒の折伏で費用をかけるとかって何?人間動けば金掛かるよな、車を使って訪問先へ折伏するにせよ。そんなもん個人の自由だって
寒い話になりそうだ

392 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/12(木) 13:35:46 ID:BQ+HQO2T
折伏は信徒個人の発想ではなく指導として折伏を推奨されているのではないか。
また、大白法の体験発表によると部署ごとに○○名の折伏を誓願との
ノルマとも捉えられる発言がある。
そしてその体験発表ではそれに沿って折伏活動をしたとのニュアンスであるから
自腹による営業活動とも取れます。
また、折伏したことを体験発表して賞賛される行為といい、少なくとも折伏は個人の
自由意思だけにによる行動とは思えないのですが。

お金については、良い悪いは抜きにして、
僧侶はボランティアで信徒のためにあるわけではないでしょう。
霞を食って生きているわけではないですし。
僧侶が信徒から金品の支援されるのはおかしいことではない。分相応なら。
日蓮も多くの支援者があっての活動だから。
むしろ一円も金がかからないと言うほうがおかしい。
これも適切な金額ならばの話ですが。・・・いくらが適切となると、う〜んだが。

393 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/12(木) 14:00:50 ID:BQ+HQO2T
ついでに面白いものを見つけた。

>シキミ(樒)
>当時の日本人にとって、シキミの臭いは、食欲を落とすことはあっても、増すなどということは
>考えられなかったに違いない。
>シキミは葉や樹木を燃やすと、死臭も消すほど強い臭いをはなつため、古代から墓や仏に供え
>る植物とされてきた。
>源氏物語や枕草子では、その臭いを「いとおかし」、つまり「とっても風情があるじゃない」、と婉曲
>にいっているけれど、ドライアイスのないこの時代にあっては、亡骸から死臭をとりのぞくにはシ
>キミを焚き込むしかなかった。
>その名残りであろう、関西では今も葬儀にシキミを供えるし、墓地などでは、シキミの束が線香と
>いっしょに一年中売られている。抹香くさいとは、このシキミの臭いからきたのである。
シキミが悪いというわけではないし、風習として使われるのだろう。枯れないし。
何が正解は分かりませんがシキミでなければならないって事はないのでは。
だいたいシキミは毒草だし。

灯明や線香も元は釈迦の時代洞窟などで説法を行うとき暗いので明かりを、蚊など虫除けのため
又は大勢の人が集まった時の体臭を消すためお香をたいたとも言われているようだ。

394 :916:2006/10/12(木) 14:39:05 ID:1EQNo/VV
オヤジさんのシキミの話おもしろいですね。
日本の正宗ではなぜかシキミが基本です。海外ではしきみがないのでほかの植物で
代用しています。たしかに理論上しきみでなければならないことはないと僧が
指導しています。しかし、日本の正宗ではシキミです。正宗儀式の作法とて
根強い慣習になっています。理論がそうだからといってひまわりやコスモス
をとなるとかなり文句言われると思います。てか無理やりシキミに換えるヤツ
もいるとおもいます。儀式の作法(化儀)はやはり尊重されなければいけないという
スタンスです。

395 :916:2006/10/12(木) 14:45:55 ID:1EQNo/VV
>>379
の話は本当です。シキミについて正宗がどうかんがえているかよく書かれています。

396 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/12(木) 15:03:56 ID:BQ+HQO2T
こんなことに突っ込んでもしょうがないんだが、御会式ってちょうど今ぐらいですよね。
造花であっても桜って、季節感が・・・
まさか秋桜(コスモス)?
>御本仏大聖人の滅不滅三世常住を寿ぐ化儀であります。
は理解しがたい。
そういう教義だといわれれば、このことで迷惑になるわけではないから、そうですかと言うしかないが。

397 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 16:47:24 ID:hjf01/99
変毒為薬っていうのは後々のコジツケってこと??

398 :何だ?この野郎:2006/10/12(木) 18:40:44 ID:mz8We9eL
シキミの話はわかったぜ!消毒系の葉っぱか。なぜにシキミかで理屈の利に叶ってるな、シキミ最高じゃんw

シキミみたく正宗も解りやすい団体なら良いが、寺の言いなりで営業マン化した信徒が可愛そうだな、日蓮は現在の正宗の姿で喜んでるのかな?

399 :916:2006/10/12(木) 20:00:12 ID:1EQNo/VV
>>396
桜についてはものすごい納得できる理由があったと思います。
すっかり忘れてしまいましたが・・・
桜でなければ駄目な理由があったとおもいます。
だれかHELP・・・

ここには若い正宗の僧はいませんか?御教授願いたい。

400 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 20:02:31 ID:VCqWyU2m
wikiから引用

>1282年(弘安5年)、武蔵国池上宗仲邸(現在の本行寺)にて
>10月13日辰の刻(午前8時ごろ)、61歳で死去。

>死去の際、大地が震動し晩秋から初冬にかけての時期にもかかわらず桜の花が咲いたと伝えられている。
> そのため、日蓮門下の諸派ではお会式の際に仏前に桜の造花を供える。

401 :916:2006/10/12(木) 20:10:12 ID:1EQNo/VV
>>392
オヤッサンご指摘のとおり
折伏については自然に発想するものではないです。
教育・啓蒙により洗脳・マインドコントロールが行われます。
信者の自発的な発想で今世間で問題化している折伏をしようと思いません。
社会性「0」の異常なエネルギーは洗脳でしか発生しません。
前述の勤行・唱題行という物理的な行動が暗示とマインドコントロール
を強化し洗脳状態に至らせるのです。


402 :916:2006/10/12(木) 20:35:07 ID:1EQNo/VV
>>400
なるほど・・・勉強になります。ありがとうございました。

403 :916:2006/10/12(木) 20:37:45 ID:1EQNo/VV
>>398
まったく同感ですね。

404 :何だ?この野郎:2006/10/12(木) 23:50:02 ID:mz8We9eL
けしからん宗派だ




しかし南妙法蓮華経だけは譲れない。

405 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 05:24:23 ID:yKlL0AP0
坊主は欲深く、ズル賢い。

406 :何だ?この野郎:2006/10/14(土) 17:23:52 ID:gbB2hmWY
まぁ、末寺など俗世間に出てる僧侶は欲だらけになるわな、管理職の支店長みたいなもんだろうから檀家のワガママに合わせないとな!

てかうちの住職は自ら勤行題目では太鼓叩くし、金も一律2000円しか取らない。

407 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 17:42:22 ID:H6OhY1GM
太鼓叩くのに両手ふさがってお数珠もてないじゃん!
お数珠なしで題目?とんでもない住職だ!

408 :なんだコラ!:2006/10/14(土) 17:44:32 ID:H6OhY1GM
それに一律2000円だと、1000円だと受け取らないってか!?

409 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/14(土) 19:25:42 ID:/kZ1dDEM
久々に覗いたんで、ちょいと古い話なんで恐縮ですが、
357氏の
>他宗批判ばかりする宗教は争いの根源になるんだよ。
>他宗を認め合うことこそが真の平和に繋がると思う。
に対して、
破邪顕正@元顕正会員くんの
>いや、こんな世の中だからこそ、日本人は心を一つにするべきだ。
は、本気で書いているのなら、背中がうすら寒く感じるほどやばくないですか?

破邪顕正元顕くん。
宗教の話に限らず、多様性を認め合うことこそが、この世から争いを無くし、世界を良くしてくれると、僕は思っている。
ある程度社会経験を積めば、人の世の越えがたい断絶や、摺り合わせようのない考え方の違いと対面しないではいられないと思う。
心を一つにするのは結構なことだけど、どうやってする?
自発的・自然発生的に心が一つになるのでなければ、どこかで相手を屈服させなければならないし、相手だって黙っちゃいない。

君の考え方は、幼いと同時に、危険だと思うよ。
君にとっても、周囲からの孤立を招くから危険だと思うし、
僕にとっても、(同じ日本に住んでいると言う意味で)隣人がそんな考えを持っているのは、潜在的な脅威だと思う。
君は、宗教の、人の世に果たす意義は大きいと思っているんだよね。
そう思っていればいるほど、気軽に上記のことは書くべきではないと思う。

410 :何だ?この野郎:2006/10/14(土) 21:03:45 ID:gbB2hmWY
とりあえず司法が有るんだな日本は、間違いを起こすと法律で型にはめる。

一つの思想は面白くない、芋ばかり食いたくない

411 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 01:52:14 ID:PPhvC+Fd
>>409
ご指名頂いたようなので。

>宗教の話に限らず、

宗教に限った話しをしてます。

>多様性を認め合うことこそが、この世から争いを無くし、世界を良くしてくれると、僕は思っている。

宗教以外でならいろいろな発展などもありえると思いますので、それは否定しませんよ。

>ある程度社会経験を積めば、人の世の越えがたい断絶や、摺り合わせようのない考え方の違いと対面しないではいられないと思う。

理不尽な事もあればそれに耐える忍耐力も必要ですしね。

>心を一つにするのは結構なことだけど、どうやってする?
自発的・自然発生的に心が一つになるのでなければ、どこかで相手を屈服させなければならないし、相手だって黙っちゃいない。

それが日蓮大聖人の仰る『折伏』なんでしょうね。
もちろん宗教に限りの話しですけど。
『心を一つに』は、いろいろな意味を込めて発言しております。
まだまだ勉強不足なのでうまくはいい表せない部分も沢山あると思いますが、
まぁ日々勉強ですね。

412 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/15(日) 02:08:47 ID:lQy5pzlT
国民の心を一つにして皆平等に暮らすというのが共産主義の基本理念なのだが
多くの共産主義の国は心を一つにするため武力や恐怖政治によって成し遂げようとして破綻している。
国民を幸せにする目的のため国民や隣国を虐げるという矛盾が生じる。

原因は単純では無く多種あると思うが。
一つはなぜか権力が一点に集中してしまうこと。
一つはTOPに立つ者が神に近いくらい絶対視されること。
一つはこの思想だけが唯一正しく他は間違っている、世界が平和にならないのは他の間違った思想
国家があるからだ。
それらの国家を自分たちの思想に従わせるには武力行使もやむを得ない。
この思想を全世界に広めることが平和と平等な世界を作る唯一の方法だ。
また、国民もこの思想を信じる者(白)以外はすべて悪(黒)だから白にするか、排除するしかない。
といった方法論になってしまうこと。

ちょっと極端だが思想を宗派に変えるとどっかで聞いた話になる。


413 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 02:10:58 ID:PPhvC+Fd
なんだか最近の日本を見るに、
いよいよ革命の時期が訪れようとしているのかも知れない、と感じる。
それがどういう革命なのかはわからないが、荒れ狂う国内(子が親を殺し、親が子を殺すなど)
人の命の大切さを教えるにはいったいどんな教育が必要なのか?
儒教の道徳か?
それとも宗教教育か?
昔は当たり前のように親が子に教えていた事も、今では当たり前じゃなくなっているのでしょうね。
信仰心、御先祖様、仏様、この辺が命の教育なのではないのでしょうかね。

414 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 02:24:37 ID:PPhvC+Fd
仏教には「少欲知足」と言う言葉があります。
これは欲を減らすのではなく、例えば欲望が10あったら9にするのではなく、9で満足する事だと聞いております。
欲望を減らさず、目的を減らさずに、「まぁいいか」と満足する心だと思います。
この気持ちさえ忘れずに行動を起こせば虐殺などの行為には及ばないのでは?と、考えます。
共産主義にもこの『心』が必要だと考えます。

415 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/15(日) 02:39:51 ID:lQy5pzlT
共産主義は宗教を排除します。
が、そのことが共産主義を宗教ぽっく見せているうえ宗教活動ぽっくなっている。

革命て・・・・革命を望んでいるのか?
国民は何を望んでいる?
一部の思想が支配するのは革命ではなくクーデター。
まさか池田先生の人間革命のことを言っているのではあるまいに。

じようだんはさておき、一つの思想(宗教も)を推し進めるとき共産主義的な過ちを犯す
潜在的な危険性があるということです。
宗教界ではどのようにバランスをとるのか。
つまり法主や組織が暴走したら誰が正すのでしょうか。
基本的に法主が白って言ったらグレーでも白でしょ。

416 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/15(日) 02:52:15 ID:lQy5pzlT
もうひとつ、共産主義は欲望が1でも10でも皆5で満足。
1働いても10働いても報酬は5、って考え。

問題はその5を配分する人が絶対的権力を持ってしまうこと。

417 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 03:05:51 ID:PPhvC+Fd
安倍さん憲法改革企んでるよ。
諸外国の動きも活発だし…。
このままだと……。
組織の過ちは法主、もし法主が間違えば…国主?今でいえば国民の代表者たる総理大臣かな?
まぁ心が一つになる時(広宣流布)した時は誰が国主なのかはわかりませんがね。

418 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/15(日) 03:39:35 ID:lQy5pzlT
細かいことで申し訳ないが革命と憲法改定は意味合いが違うと思う。

ぶっちゃけ言うと北朝鮮が問題なら日如さんが金正日を折伏すればいいじゃない。
それこそ平和に大貢献でしょう。
日本の政治が問題なら総理を折伏すればいいじゃない。
まあ破邪顕正@元顕正会員さんに聞くのもあれだが、正宗は「心を一つ」の方法としてどんな
ビジョンを持っているのだろうか。
少なくとも信徒の行う折伏数より人口増加数が桁違いに大きいのですが。

419 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 04:11:02 ID:Aambq3EQ
最近の日本に限らずいつの時代もどこの国にも親殺し子殺しはあるだろうに・・・。
愛国君といい悪い意味で憂国の士が顕正会にひっかかりやすいのかな。
破邪君は宗教以外のものをいろいろ勉強した方がいいと思うよ。
一つの思想を絶対とし他の思想を悪とする国家がどんな末路を辿るか、
なぜそんな末路を辿らざるを得ないか、そういうことを調べるといい。

420 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 04:23:25 ID:Aambq3EQ
あと国語の勉強もした方がいい。
>>411
「宗教の話に限らず」ってのは「宗教の話以外では」という意味じゃなく宗教の話も含めてるよ。

421 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/15(日) 10:22:54 ID:nuTXYN10
破邪顕正@元顕正会員くん。
まず、一冊本を薦めさせて貰うよ。
「反社会学講座」パオロ・マッツァリーノ著
題名はカタいけど、別に学術書ではなく、面白おかしく書いてあるから君が高校生でも大丈夫。作者は偽イタリア人。
君がよく語る、世の乱れというものに、あまり根拠が無いことが分かる。

で。・・・君にとって宗教は、危険なおもちゃなんだなぁ、と思うよ。
宗教が影響力を持つ分野はあまりにも広い。宗教が一つになるときは、この世の多くのものの多様性が失われる時だと思う。
僕が言うのも何だが、宗教の重要性を過小評価しちゃいませんか?

というか、話が大きくすると僕の感じた「やばさ」が君に伝わらなくなると思う。
みんながおなじかんがえならこのよはへいわになるよね、なんて言うのは小学生ばりに幼稚な正義感だと思いませんか?
他人に「こう思え!」と言うのは、傲慢で、無謀だと思いませんか?
こう申し上げちゃなんだけど、日蓮なら全体主義にならない、大丈夫、と言う考えには根拠も実績もないよね。
そのノーテンキさや、想像力の欠如、視野狭窄ぶりが、僕にはこわい。

422 :何だ?この野郎:2006/10/15(日) 10:56:36 ID:ynj7yh30
一品しか選べない定食屋かい!釈迦の店は。違うだろ

423 :◆Fwh0fZRJ6U :2006/10/15(日) 11:56:30 ID:9YonYIfG
ずっとROMってはいたので、そろそろ参加します。
…て言うか、厳しい言い方をさせて貰えば(他スレでも散々言っているけど)

「顕正会などのカルトに騙された自分を見つめ直す事から始めろ」

七十八さんが勧めている本を読む事もいい事だと思うけど、
この「テ」のカルト連鎖にハマっている人間は読解力・理解力・思考力を考えると、
いわゆる七十八さんもよく知る「飛躍思考」に走ってしまい、
「その本や知識”のみ”」に啓蒙されてしまう恐れがある。

>まだまだ勉強不足なのでうまくはいい表せない部分も沢山あると思いますが、
>まぁ日々勉強ですね。
中途半端な知識(それも挙証不可能)を振りかざして、社会をどうこう出来ると思う方がおかしい。
勉強不足を言い訳にするなら「絶対」など無責任な発言をしなければ良いだけだし、
「カルトにハマっていた自分」の言葉に対して
素直に耳を傾けてくれる人間がいると思える思考も何とかした方が良い。
世間じゃ「詐欺に騙された人間」が信用を取り戻すのには膨大な手間と時間が必要なんだよ。

浅井センセのマヌケな演説に感動し、自らを「仏弟子」と恍惚感に浸っていた自分。
友人を勧誘して交友関係を絶たれて孤立した自分。
(或いは勧誘するにも至れない顕正会内ではヘタレ扱いの自分)
勧誘が進まなくて上長に罵倒され、罰に怯えていた自分。
顕正スレで論の上手い正宗信者にすり寄っていた自分。

こんな自分がどれほどのモノなのか冷静に考え、色んな文化・知識・人物に触れ、色んな経験をしろ。
自分の考え方がいかに幼稚で危険で、ツッコミどころ満載なのか理解出来るまで。

平和や幸せってのは「本当にそうなればいい・そうしたい」と思うベクトルが大事なのであって、
それに向かって「楽をする(安易な道(あえて言うなら宗教に縋るとかね)」事じゃ無いんだよ。

424 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 13:12:25 ID:PPhvC+Fd
>>421
面白そうですね。早速探して読んでみます。
感想などまたここに記します。
で、思い出した事が一つ。
「心が一つ」になるときは突然訪れる、と仰せだったと思います。
その時の自分の立場を考えよう。みたいな事が御書に書かれていたような気がします。

425 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 14:15:45 ID:DuAuFGhG
ひとつになるって分裂して醜い争い繰り返してる日蓮正宗系に言えた事じゃねーだろw
スネ夫クンはも少し自分の発言しっかり推敲しろ。頭の程度が知れるぞ。
あと オヤジさんや風氏みたいな厳しい意見スルーは破邪顕正の名が泣くぞ。
普通に考えれば彼らがまったくの正論だし、反論不可能なのは分かっちゃいるが、その振る舞いはただの卑怯もんのやるこったろ。

426 :スネ夫@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 16:03:48 ID:PPhvC+Fd
>>425
じゃあハンネはこっちの方がいいかな?
皆様のご意見はとても貴重ですよ。
中には読んでて具合悪くなるようなものもありますがね…。
こういう掲示板でしか自分の思った事を率直に表現出来て、
それに対するいろいろな考えって、とても学ばされる部分もあると思います。
感謝感謝。

427 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 16:18:55 ID:DuAuFGhG
だからお前はバカで最低なんだよ。ハンネの問題だけじゃないだろ。
本当に日蓮正宗系の椰子は読解力が恐ろしく低いな。
日蓮もこんなのと同程度の脳みそで「ホケキョウ絶対」とわめいていただけじゃないかと時々マジで思うよ。

428 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 16:40:51 ID:PPhvC+Fd
>>427
冗談でやってるんだから、熱くなりなさんな(^-^)/

429 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 16:50:35 ID:PPhvC+Fd
なかなか宗教の話しって実世界じゃ出来ないですからね。
宗教の話しと政治の話しは仲違いの元になりますからね。
掲示板ならあぁ、そんな考えもあるんだ、こんな考えもあるのか、
みたいな話しもできるし。
掲示板にバカが1人くらい居てもいいのでは??
迷惑でしたら消えますよ。

430 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 17:13:49 ID:DuAuFGhG
ああ、迷惑だ。消えろ。
お前みたいに無責任なダニ同然の椰子は議論する価値もない。

431 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 17:58:11 ID:ynj7yh30
たかが2ちゃんだからね、気にするな

目に見えない世界と現実の世界とうまく使い分けなきゃイカンな!

日蓮大聖人は思ってるさ「おまえら、わしの御書で勝手に引用し空想するな!だから苦しむんだ!」

432 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/15(日) 18:31:30 ID:PPhvC+Fd
人様に向かってダニっちゃあっか!
このデレスケが〜〜

433 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 19:38:49 ID:DuAuFGhG
人“様”じゃねーよ。ただのカルト狂信者、世間のダニだw


いいからはやく消えろ。

434 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 21:32:48 ID:9VtzoIW3
坊主はスケベ

435 :916:2006/10/15(日) 21:46:49 ID:BDsLRKBt
オヤジサン >>409 >>421 >>422 >>423 <<425
>>427 >>430 >>431 >>433

ご指摘ごもっともだと感じます。正宗の仲間も同じくらい率直な感性を身につけて
くれたらいいのになぁと複雑な心境になりました。
 またわたしも激怒イライラされる気持ちには共感します。
申し訳しようもありません。仲間にはいつも失望させられます・・・

436 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 22:34:00 ID:EhsOCx3F
まぁ、憲法=宗教で、国民の思想が全て同じなら、国のトップにとっては、
国内統治しやすいように思う。


437 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 23:15:24 ID:Aambq3EQ
望む望まないに関わらずそんな世界は永久に来ないよ。
我々のいるこの世界では同じ座標に二つ以上のモノは存在し得ないわけで
(違う座標にいる)人それぞれで認識のズレが生じるのは当たり前。
仮に全人類同時洗脳で同じ思想を持たせることができたとしても
座標が変わったわけではないからどのみちズレが生じる。
他人の思想(観点、座標)を否定し屈伏させることが広宣流布なら
自分以外の人間を絶滅させることが到着点になる。

438 :916:2006/10/16(月) 09:05:56 ID:xoEUTCqB

折伏の指導を受け入れる正宗の信者にはある必然が存在するのではないか・・・
この仮説は成り立つでしょうか?

奇形の選民思想が存在する正宗信者の内心を僧侶は知っているのか・・・
むしろ巧妙に利用して煽っている節があるんですよ。
外部みなさんから見てどのように感じられますか?

439 :916:2006/10/16(月) 09:12:26 ID:xoEUTCqB
>>437
そうなりますよね。
正宗がいつか滅ぼされることに繋がりますね。

じつは正宗は外的に絶対に滅ぼされないという指導がありみんな信じてます。
天界の神々が守護するからだそうです。
真実の法は神がかりな奇跡をおこし正宗が絶対に滅びないように助けるそうです。

440 :916:2006/10/16(月) 09:25:52 ID:xoEUTCqB

いまのところ折伏されてるのは正宗信者ですね。
いまのところすべて正宗信者が破綻逃走していますね。
正宗のなかまは自爆してることに気づいてるのか?

441 :916:2006/10/16(月) 09:32:41 ID:xoEUTCqB
意地を張らないで自然に話すると謝るしかなくなるということがわからないのか?
正宗の教義は欠陥・間違いだらけで誤っているとなぜ判断できないのか?
どうやったら正宗教義を信じれるの?教えてほしいわ。

442 :916:2006/10/16(月) 09:43:20 ID:xoEUTCqB
いまのやり方だと相手をだまさないと折伏できないですよね?

443 :ハレンチ坊主:2006/10/16(月) 10:24:33 ID:Mb5KnWVi
ちみ達は!日蓮の言葉に!陶酔しているのだ!!
何故!カルト指定されたんだ!?ちみ達の主観で考えてくれないか?創価もされてるから〜とかは無しね!

444 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 13:56:26 ID:4YPqb/Wr
ここの葬式って他宗派のヤツとか無宗教のヤツって出席出来るの?
信徒じゃないと葬式行くのも墓参りすんのも出来ないって聞いたんだけど。

445 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 14:47:20 ID:aqtvZTqi
>>444宗派など関係なく参列出来る

葬式だもの

祭儀場でも正宗の坊さんに来てもらうことも有る

446 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/16(月) 17:49:28 ID:TRBqDVST
法華経の行者には『 諸 天 の 守 護 』があるんだ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

447 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 18:08:43 ID:0veC2LXA
法華経の行者は、なすべきことをなしおえないから浅学なんだよね。「さらに所作なきが如し!」

448 :◆Fwh0fZRJ6U :2006/10/16(月) 19:39:43 ID:ZNRYYfGa
>>446みたいな輩が発言すればする程、916さんの嘆きは更に深まるだけだな。

能力不相応、勘違い、現実逃避が彼らの十八番なのは十二分に承知しているが、
こう度々程度の知れる信者を見ると宗教以前に「親の躾」レベルから疑いたくなる。

まあそれはさておき、日蓮は「周りの人間にアホと思われる振る舞いをしなさい」と説いたのか?
同類以外を貶めるしか能の無い思考に走る前に自分にがいかに他人任せの「依存厨」なのかよく考えてみろ。

日蓮は「愚人に褒められたるははぢ也」と言ったそうだが、
まさにこんな普通に見てアレな連中に「大聖人」と呼ばれる事を恥じるだろうよ。

449 :916:2006/10/16(月) 20:51:23 ID:xoEUTCqB
>>443
人様にご迷惑をおかけするからだと思います。
それを宗の指導部と信者が一体となって確信的(正しいと信じて疑わず)に
行うからだと思います。

450 :916:2006/10/16(月) 20:53:40 ID:xoEUTCqB

このスレでは完全なる正宗の敗北であろうとおもいます。
反駁不可能に陥りましたので。


451 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 22:24:51 ID:eX45quPH
>>450
よかったね。
あとはあんた自身がどうやって正宗をやめるか、という問題だけだね。



452 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/16(月) 23:03:55 ID:TRBqDVST
仏様にお仕えする事により、功徳を積むことが出来ると学んでます。
たとえ人にコケにされようとも、バカにされようとも、
雨にも負けず『風』にも負けず、ただただ愚直に信心する事が大切なのだと考えます。
疑う事も大切ですが、信じる事はもっと大切だと思います。
行く手には不安や恐れ、疑問もあるでしょう。時間がかかってもいい、一つずつ解決して揺るぎない信心を確立していきたいものです。
以上。(大拍手)

453 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 23:14:09 ID:/FxtqSpD
そんなだから顕正会などに騙されたんだと気がつかない時点で駄目

454 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 23:18:53 ID:DheIRvlP
>>437
七八氏が>>409
>うすら寒く感じる
って書いてるのはそういうことでしょうね
「平和を望む」と言ったその口で
「だから俺色に染まるべきだ、反抗する奴はぶっ殺す」というセリフを続けてるようなものですから
言ってる本人には自覚ないんでしょうけど

>>452
いつも思うのですがそんなこと書く暇があるなら勉強しませんか
根拠もなく実績もなく理屈にもなっていない願望を述べるだけなら心のチラ裏にでもどうぞ

455 :◆Fwh0fZRJ6U :2006/10/16(月) 23:24:53 ID:zxVTOCyI
そうやって人にコケにされて馬鹿にされながら、
他者(論も含めて)に依存して自分をい誤魔化しながら生きていけばいい。
クズ人間がどう言った人生を歩もうが何の興味も無いし、
カスみたいなカルト教義にいつまでもしがみついて、
自分の能力についてさえも「疑う」事も出来ない社会的・生物学的無能なぞどうでもいい。

ホント、どう教育すればこんな子供が育つのか?
親の顔ならぬ教育・躾を見てみたいものだ。

自分の事を大層な人間とは思ってもいないが、
一連の正宗系カルト狂信者以下にはなりたくないと常々思うのでね。
後学の為に知りたいよ。





456 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/10/16(月) 23:34:56 ID:TRBqDVST
俺を産んで育ててくれた素晴らしい親だ。
オマエに親の事とやかく言われる筋合いははい。
コケにするのは俺だけにしとけ。

457 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 23:42:40 ID:/FxtqSpD
ならば君は親不孝者だ
その理由に気づけるかな?

458 :◆Fwh0fZRJ6U :2006/10/16(月) 23:42:41 ID:zxVTOCyI
ほれほれ、ホンネがやっと出た(笑)

オマエの様なカルト狂信者でも怒るんだな。
一人前に怒って親庇うのは一人前の人間になってからにしろ。
カス以下でしか無いスネ夫を育てた責任は重いよ。
それをオマエ自身がネットで晒している事に気付け。


親をコケにしているのはオマエ自身だ。



459 :◆Fwh0fZRJ6U :2006/10/16(月) 23:53:52 ID:zxVTOCyI
それとな、他人の信仰や信条に図々しく土足で踏み込んでくるオマエらに

「他人にとやかく言われる筋合いは無い」

なんて言葉が一言でも言えた義理か?
オマエに命令される筋合いでもないぞ、こっちは。
自分らはやっていいが、自分ら以外はやるな、とかガキ以下の理屈が通用するか。
馬鹿息子を産んで育てて社会に出した責任は間違いなく親にある。
その「責任の所在」を社会に大きく広めているのはその「庇っている筈のオマエ」だ。

カルトにハマった馬鹿息子が「素晴らしい親だ」と言って、何処に説得力がある?
これ以上親が馬鹿だと言われたくなけりゃちっとは自分を振り返って更正の一つでもするんだな。

自分自身が招いた事、ケツくらい拭ける様になれ。
親をコケにするのも大概にしろ。

460 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/17(火) 00:34:54 ID:5h4OaRbj
破邪顕正@元顕正会員さん、顕正スレに登場した時とだいぶキャラクターが変わっている
ように見えます。

顕正会でそこそこの地位まで行ったが教義の矛盾点に気づき脱会したとの話だったような
記憶がありますが、そのときの目で正宗を見た場合どうなんでしょう。
顕正会は間違っているが正宗は正しいと判断するものはなんでしょう。

大きな差異としては血脈、国立戒壇、僧侶の存在などあるが、正宗、顕正会、学会は元は一つの
団体だったからか、言動と行動がとても似ているように見えます。
顕正会に対する批判がそのまま正宗に通用することすらあります。
そういった他のホウボウとされる団体と似た行動をすることのついてはどう思いますか?
顕正会はすべて間違っているが正宗は絶対的に正しいとするのは、私には理解できませんね。

461 :アル:2006/10/17(火) 01:50:21 ID:3kXZmrAF
sage

462 :437:2006/10/17(火) 02:28:32 ID:CJ3+JLJs
も少し補足。
座標が違うのだから認識にズレが生じるってのを簡単な例を挙げて説明すると、
特定の座標に「木」があるとしてAさんからはその木が南に見え、Bさんからは北に見える。
これがそれぞれ違う座標からの主観によるズレ。
ここで「あの木は南にあるんだよ!」『いや北にあるよ』
「うるせえそんなの間違ってる、とにかく南にあるんだ!」『だから北にあるってば』
なんてふうに相手の座標、主観を認めず押しつけ合うのなら争いにしかならない。
俺が>>193で観念論の優劣を語るなど馬鹿馬鹿しい、と書いたのもそういうこと。
(まあこの例だと厳密に観念論になるかは怪しいが言わんとしてることは伝わるだろう、多分)
同じ場合で相手の座標、主観(思想)を認め、受け入れるなら
「こちらからは南に見えます、そちらからは北に見えるのですね」
『つまりあの木は』「私と貴方の間にあるのですね」と、争いにはならない。
七八さんの「多様性を認める」ってのはそういうことだろうと思う。
そして>>437でも書いたが仮に全人類同時洗脳で同じ思想を持ったとしても
座標が変わらないのだからズレも変わらず生じる。
これはあらゆる観念論、宗教を見てもわかるだろう。
同じ思想を掲げたはずの集団でも辞める人もいれば解釈の違いで分離もする。
そこで辞めた人や分離した団体、もともとそんな思想を抱いてなかった人々を
「魔」などと蔑視し否定し敵意を抱くより
「そういう思想もある」と、隣人として認めることが平和に繋がると思うよ。

463 :アル:2006/10/17(火) 02:37:40 ID:3kXZmrAF
>>462


同意

464 :916:2006/10/17(火) 03:00:42 ID:gCnh78S/
>>451
わたしは絶対にやめません。宗教にはなにも期待していないのですよ。
わたしにとって宗教とは体裁としてのみ有用なんです。
正宗は明らかに問題カルト宗教です。だから利用されてる信者・利用されそうな信者
を罠にはまらないように普通の感覚に引き戻してあげられればそうしようと
おもってます。しかし、時間・労力はあまりかけません(普段の生活重視なんで)

465 :916:2006/10/17(火) 03:14:04 ID:gCnh78S/
参考までに正宗の活動家が信心をやめるパターンの典型がありますから
カキコしときます。

上(役職)を目指す活動し折伏する人は古参信者から住職へ告げ口されたり
たり信者に個人的な噂を流されたり・会議で露骨に揚げ足取られたりと最終的につるし上げられるのです。
初期の竹中 平蔵のような感じです。竹中には小泉がいましたがこのような人には
住職も周りをみて穏便にすませようとするので保護しません。
こんな感じで住職批判するようになると露骨に干されますし信者の間にも
あらぬデマが噂として流れ始めます。
こうして正宗をやめるに至ります。

466 :916:2006/10/17(火) 03:24:36 ID:gCnh78S/
寺の内部は幹部も含めみんな折伏したくないのが本音なんです。
一部特異なひとが発生します。これらは上司もヘッタクレもありません。
自分が正しいと思えば上役だろうと僧侶であろうと批判します。
本人は内部に対する折伏と理解しています。だから難と理解し悲劇のヒーロー
気分です。
末寺の住職は本音は折伏はしたくないと思っているはずです。
しかし仕事ですからそうもいかないというのが本音です。

467 :916:2006/10/17(火) 03:33:03 ID:gCnh78S/
折伏の苦情は寺の住職に電話すればすぐ収まるかもしれませんね。
ぶち切れて迷惑している旨はっきり言えばOKかもですね。


468 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 12:35:34 ID:YZpN1N5r
>>464
>>わたしにとって宗教とは体裁としてのみ有用なんです。

体裁が目的にしては、あんたの場合、精神的に多大な犠牲を払っているように見えるね。
「体裁のみ」なら、他の宗旨のほうがいいんじゃないの?
どこでだって冠婚葬祭できるし。
あんたのような考え方では寺でも浮いているだろうし、いなくなればみんなせいせいするんじゃないの?

そうだ、いっそのこと、どこか他宗派の檀家になっちまえよ。
たしか日蓮正宗では他の宗教に入信した人は破門されることになっていたはずだから、
引き止められることもないだろう。


469 :916:2006/10/17(火) 13:12:30 ID:gCnh78S/
>>468
>体裁が目的にしては、あんたの場合、精神的に多大な犠牲を払っているように見えるね
おっしゃるとおりですw


>「体裁のみ」なら、他の宗旨のほうがいいんじゃないの?
どこでだって冠婚葬祭できるし。
そうなんです。ですがわけがあるんです。助言も頂きましたしいつかやめるかもしれません。
ぜったいにとかいいましたが意地張ってしまいました。

>あんたのような考え方では寺でも浮いているだろうし、いなくなればみんなせいせいするんじゃないの?
協調性あるみたいなんで浮くことはないんです。いなくなればセイセイするのかなぁ?
当人たちを傷つけたことはないんでそんなことないとおもいますが・・・・
わかりませんねw

>そうだ、いっそのこと、どこか他宗派の檀家になっちまえよ。
ぶっちゃけると怖いというのが本音であります。
あたらしいとこいくにはエネルギーいりますから・・・
でも将来はわかりません!お誘いのようになるかもです。

>たしか日蓮正宗では他の宗教に入信した人は破門されることになっていたはずだから、
引き止められることもないだろう。
これはまったくそのとおりです。正宗は恐ろしいくらいさっぱり縁がきれますよ。
基地外だから近寄るなということもいってました。

470 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 15:18:49 ID:dRjL3I5p
脱講したいのですが、辞めたら嫌がせありますか?

471 :916:2006/10/17(火) 23:49:30 ID:gCnh78S/
>>470
高確率で嫌がらせはは発生しません。

472 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/18(水) 00:25:39 ID:cvAKR+8d
嫌がらせが無いのはすばらしい。
顕正会や学会については脱会後の嫌がらせのたまに話を聞きますから。
脱会直後の「地獄に落ちるぞ」や不幸なことが起きたときの「罰があたった」(ざまーみろと言っている
ようにしか聞こえない)といった発言。
顕正会においては脱会した者への再勧誘とかあるし。

ただ、個人や寺単位では嫌がらせは無いだろうけれど、正宗組織として顕正会、学会に対する
激しい批判は破邪なのか嫌がらせなのか・・・
学会員の誰々はバケツ二杯の血を吐いて死んだとか言っているのを聞くと気が滅入ります。

473 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 02:40:44 ID:wlypxvXi
916氏がことあるごとに断定口調ですがその主張の
根拠はどこにあるのかさっぱり分かりません
その割に基本知識が抜けてるところも多々あるし・・・

どういう立場の方なのか知りませんが正宗に直接
関係がない一般個人と理解してよろしいですか


474 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 03:17:24 ID:wlypxvXi
正宗法華講員の皆様に。
私自身の正宗の宗規、教義、化儀に対する理解について、
以下に書く内容が正しいと思われるかどうかお聞きいたします。
ぜひ答えをお寄せください。

1:正宗はどこまでも折伏の教義であり、今この末法の時代にあっては
摂受の修行は用を成さない。つまり他宗の教義を受け入れることなど
微塵もあってはならない。

2:正宗を信仰する上において謗法こそ最も恐れるべきものである。

3:釈尊の説いた法華経には末法の衆生を救う力はまったくない。

4:信を取るべき師匠は血脈法水を受け継がれる御法主上人とそこに
連なる指導教師住職である。

5:いかに教義を理解し法論に勝るといえども信行が伴わなければ
その人は成仏できない。

6:御供養は大聖人様、そして御法主上人ないし指導教師から許可されて
はじめて受け取っていただけるものであって、信徒から押し付けて良いという
ものではない。これは財供養に限らない。

7:信徒個人としての信仰の究極目標は自身の成仏である。

以上です。法華講でない方はスルーしてください。

475 :916:2006/10/18(水) 03:50:16 ID:UgSgzg3r
>>473さん
どうもはじめまして。>>473のおっしゃることはそのとおりだとおもいます。
ご指摘のとおり根拠に乏しく証明し切れていませんね。申し訳ない。

どういう立場かといえば私は日蓮正宗の信者で法華講員です。
正宗に直接関係がない一個人なのかどうか微妙なところですね。
不思議に感じられているとおもいます。
ここでの議論には正宗の御書(聖書の様なもの)の原文の難解な文章や
正宗でしか通用しない難解な言い回しを使用しないで一般の人にもわかりやすい
日本語に変換してカキコしているので正宗の基礎知識に乏しいと思われるかも
知れません。基礎知識が抜け落ちてるのは実際忘れてしまったからです。
しかし、それで信憑性に疑問がつくかは個別案件で判断してほしいです。
それから断定しているように見えたのは謝罪します。100%言い切ってしまって
いる部分が事実と違うところがあるかもしれませんね。

組織内部のことなどは根拠を示すことはなかなか難しいというのが正直な
感想です。どうして正宗の内部のことを知っているのかというと私は法華講地方部の
内において幹部でした。といっても青年部内での話ですが。教義の内容も教学試験上級
に受かっています。しかし、何年も前の話で今はまったく御書などにも
ふれていません。


476 :916:2006/10/18(水) 04:08:30 ID:UgSgzg3r
>>472
そういば嫌がらせに該当することもありました。
本人に直接文句や悪口雑言はほとんどないですが陰口はめっちゃ言われる
ことになります。不幸なことがあれば罰があたったとはよく言います。

正宗の顕正会や学会への批判は破邪を装った意趣返しですね。慧妙など
の機関紙の他組織の批判内容をあからさまに嫌う信者はたまに見かけました。
おもに妙観講の大草講頭だったかがこういう過激路線を主導しています。
法華講ないにもこのような路線を批判する人はいます。

477 :916:2006/10/18(水) 04:14:30 ID:UgSgzg3r
>>474
そうだとおもいます。
若干補足したいですが精神力が尽きたのでまたあとでレスします。

ではではまた寝ます・・・

478 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 10:21:07 ID:DbrVwa1r
どっぷり漬かるもんじゃ無いね、えらい学者が法華経を研究するほど頭がイカレてくるって、良く言われてるから俺は御書や教義には深く浅く付き合ってるよ。

何せバリ信徒が集まると、他人の愚痴や傲慢な態度で言ってる時点でアウトなんだが

釈迦の仏法全て俺は認めてるがな、

479 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 14:03:30 ID:hSx2doQq
それって経典をすべて同等に受け入れるってこと?
もしそうなら、悩乱するよ。いってることが真逆の経典もあるし。

480 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 14:29:22 ID:c+LZp/ED
たくさんの経典の中から自分の好み(機根)に合った1冊を選べばよい・・・と法華経には説かれています。

481 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 14:34:14 ID:hSx2doQq
詳しく。法華経は法華経のみ最高と書かれた独善的な経典だと思うが??

482 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 17:55:37 ID:DbrVwa1r
>>481そりゃ宗派のエゴだろ。これしかダメってとりあえず言わないと宗教団体になれない。

柔軟性が弱いのは正宗なんだろうな

483 :916:2006/10/19(木) 07:34:01 ID:uuCvMi3h
>>479
悩乱するほどの真逆の経典とはすごいですね。
すこし興味をそそられました。
面倒でなければ簡単な内容を教えてください。
なにかキーになるヒントのような単語でもおねがいします。
できる範囲で検索したいのです。

484 :916:2006/10/19(木) 07:43:52 ID:uuCvMi3h
>>474

1は原則そうだと思います。しかし日顕上人は場合によっては摂受もあります。
と夏期講習会で説法してました。他宗の教義についても断固拒否とは違うと思います。
南無妙法蓮華経は諸法の王であるがゆえに他宗の教義は内包している部分がありますから
断固拒否は良い理解とはいえないと思います。

ちなみに私はこのような教義をすべて受け入れていません。
極一部分のみです。



485 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 14:19:17 ID:QY3BtFwb
日蓮正宗の信徒になる魅力って何になるの?

良い事ある?

486 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 16:41:48 ID:nyVTouR0
>>483
経典については知識ないの?悩乱というのは言いすぎかも知れんが
初期阿含経典と後期大乗経典では雲泥の違いがあるのは仏教をかじったことがあれば誰でも知ってるよ。

欲望を否定するか肯定するかとか、ね。

487 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:19:36 ID:b4OiMe5g
日蓮正宗の信徒になると信教の自由が無くなる(>_<)

488 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:30:43 ID:QY3BtFwb
日蓮正宗以外の宗派で、他宗教を誹謗したりしない宗派ってどこだろう

やっぱり浄土系になる?

489 :480:2006/10/19(木) 17:40:40 ID:SdoKLRTe
>>481

法華経のメインテーマとして方便でなければ濁世の衆生は救えないという思想があります。

−−−−−法華経より引用(開始)−−−−−
しかし、また、シャーリプトラよ、如来は時代の堕落の際に出現するのである。
あるいは人々が堕落した際に、あるいは妄念のために悪徳が栄える際に、あるいは邪見が横行する際に、
あるいは寿命が短くなった際に出現する。
このように、時代が混乱し、堕落した際に、貪欲で善根の少ない人々に、如来たちは巧妙な手段を用いて、
ただ一つの仏の乗り物を三種の乗り物と解説して説くのである。(方便品)
−−−−−法華経より引用(終了)−−−−−

この後、さまざまな比喩を用いて方便でなければ救えないという事を説いていくのですが、
以下の記述から諸経典があらゆる人々の嗜好と目的に合わせて作られたことが分かります。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159451345/l50/231

そして、以下の記述から大乗とは誰でも乗れる万能の一つの乗り物があるのではなく、
あらゆる人々の好みに合わせてたくさんの乗り物を説く事が大乗だということが分かります。

−−−−−法華経より引用(開始)−−−−−
『十方を探しても、仏たちの手段のほかに第二の乗り物はどこにもないのだ』(比喩品)

『おお、人間たちよ、これらの尊い三種の乗り物は尊い人々が賛美するような非常に素晴らしい性質を
具えている。そして、お前たちは三種の乗り物で適宜に遊び戯れ、娯しむがよい』(比喩品)
−−−−−法華経より引用(終了)−−−−−

・・・(続く)

490 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 21:46:03 ID:Yx9TZo4o
>>488
誹謗する宗派を探すほうが難しくね?


491 :916:2006/10/19(木) 22:05:09 ID:uuCvMi3h
>>486
わたしは経典についてあなたのような知識はないかもしれません。
法華経以外の原典を検証したのではなく通解を軽く読んだくらいです。
趣旨はなんとなく理解していますが各経典を比較してその差異を論じるような
力は皆無です。ただ要点の理解としてのまとめのようなものを軽く
独学しましたから小乗と大乗の違いは区別できます。
ちょっと悩乱という言葉に過剰反応してしてしまいました・・・
今回は私にとっていい機会ですからすこし掘り下げて調べてみようと思います。
レスありがとう。

492 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 00:21:22 ID:Sy86OdkH
ごめん、悪いけど法華経の解釈も一般的な解釈とは違ってると思うよ。

>たくさんの経典の中から自分の好み(機根)に合った1冊を選べばよい・・・と法華経には説かれています。
>>489での説明を読んだけど、↑この解釈は誤ってると思うよ。
俺は正宗信徒や関係者ではないし、法華経が最高だとは思ってないけど、
仏教の経典の中では法華経が最高である、というのが一般的な通念になっている。

大乗経典は、釈尊滅後に発展した教説が元になって創作されていったのは間違いないけど、
(これがいわゆる大乗非仏説論、経典成立史っていうことね)
法華経・方便品では、「法華経以前の教えは三乗(大乗)は分けて説いたので、これから説く
この法華経の説法会座では、それら方便の教えを捨てて真実を説かん」というのが、その要旨。

それに、「余経の一偈をも受けてはいけない」などいう排他的な記述が法華経の各所にある。
したがって、法華経のどこにも他経典や教えを好みで選んでもよい、というのは違う。

それと、機根というのは「好み」ではない。

493 :916:2006/10/20(金) 09:20:40 ID:hx3V2slg
なんとなくいいたくなったのでカキコしますね。
わたしもそうですがアンチ正宗の嫌悪感の源は「独りよがり」を省みず開き直る
卑しい人間性だともいます。この低次元の卑しい根性を絶対的な善行とマインド
コントロールされて信じているということへのジレンマが正宗への批判のエネルギー
ではないでしょうか?正宗の仲間はやく目を覚ましてほしいですね。

494 :916:2006/10/20(金) 09:22:27 ID:hx3V2slg
訂正

なんとなくいいたくなったのでカキコしますね。
わたしもそうですがアンチ正宗の嫌悪感の源は 正宗にある 「独りよがり」を省みず開き直る
卑しい人間性だともいます。この低次元の卑しい根性を絶対的な善行とマインド
コントロールされて信じているということへのジレンマが正宗への批判のエネルギー
ではないでしょうか?正宗の仲間はやく目を覚ましてほしいですね。


495 :916:2006/10/20(金) 09:28:29 ID:hx3V2slg
>>485
私も同じくそこに疑問があります。

496 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 09:31:09 ID:qztwNvGt
頼むから勧誘だけはしないでくれ
以前、小一時間に渡ってされたトラウマがある
断ると目が逝っちゃって泣きそうになったり
いずれ日蓮は世界の人々が信仰するとか言ったり
これ以上俺のような被害者を出さないで下さい
お願いです

497 :916:2006/10/20(金) 09:39:46 ID:hx3V2slg
>>496
正宗のなかまは>>496さんの言葉を本当に重く心に刻んでみませんか?
やはりできないですか?

498 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/20(金) 11:49:02 ID:pTZcL1gt
法華経の言わんとしていることは>>492さんの通りだと思います。
今まで言ってきたことは方便でこれから話すことが最終的な真実だと始まり
いかに法華経が優れているか、功徳があるか話して行くといった内容だと解釈しています。
そのことにより中国天台宗で法華経がNO1という思想が生まれ、それが日蓮に受け継がれ
他の教えは方便であるから功徳が無いどころか、真言は国を滅ぼし、浄土宗は地獄に堕ちる、
方便の教えを信じるのは害毒であるとまで言っている。
日蓮法華経を信じるなら選択肢は「唯一真実の法華経」一つしかない。

もっともこれは法華経側から見た考えであり、小乗と呼ばれている上座仏教は自分たちの教えが
小さな乗り物とは思っていないし、真言密教は法華経より後に成立し、いわゆる効能書きだけの
古い教え(法華経)とは違う7世紀位の最先端で実践的な仏教とも言える。
たしか上座部は法華経にノーコメント(悪いとも良いとも言わない)真言は法華経はいいこと書いているけどねぇ
ぐらいのニュアンスだったような。

あまたある仏教各宗派も見方によって違うわけで、人によりそれぞれの教えを選ぶというのは正しくもあり正しくない
かもしれない・・・禅問答だなこりゃ。
でも、再三言うが日蓮法華経の価値観は一つ。(という風に見える)

499 :916:2006/10/20(金) 13:01:23 ID:hx3V2slg
オヤジさんの言う日蓮法華経正宗の独善的な姿勢がホントいやになります。
最高であるにもかかわらず正宗・信者・法華講どれも散々な現実です。
現実の姿から正宗の教義は最高ではないということを証明しています。

500 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 14:12:32 ID:dW/RFKMc
釈迦の最高の教えと言われてる法華経が、現代の庶民日本人の風土には合わないんじゃないかな?
仏の佛力の他力本願では通用しない時代だと言う事はわかる。努力のみ認められる社会だから、法華経の教えもまんざらでは無いんじゃないかな?

501 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 14:31:07 ID:+N277hcp
日蓮正宗より優れた宗教ってありますか?

502 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/20(金) 14:48:56 ID:YhoYuouP
ソカ(o^-’)b

503 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 14:59:29 ID:le4jzaSg
>>501
>>33

504 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 17:18:58 ID:ge0gzW3k
日顕側も創価側も洗脳されすぎで恐い

日顕側の祖母
勝手に持たされた御本尊なのに
「返したら地獄におちる」
って…

いい迷惑

505 :一応正宗信徒:2006/10/20(金) 22:11:03 ID:+N277hcp
地獄に堕ちるなんて一切無いです。だいたい宗教で幸不幸が決まること自体間違ってます。他力本願では絶対に幸せにはなれません。

506 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 23:15:12 ID:wRsiFQiw
>>505
「他力」でも幸せになれると思います。:-)
            浄土真宗信者より。

話がややこしくなるか。

507 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:26:30 ID:wHv1W0zU
>>506今の時代は無理だろうね。法華経でなければ成仏しないと釈迦が言ってるから
死んだら極楽浄土へってのも自殺者の誘発が増えてるみたいだし、年間3万人だってさ。交通事故の死亡事故より確率が高い時代だ

怖いね

508 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 00:39:37 ID:vsk19j5n
>>507
日蓮流の法華経を信じている人は死んだらどこに行くの?
そのまま成仏してどこにもいかないの?

509 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 02:22:25 ID:ghevsVHg
>>505
他力本願の意味を調べてみてくださいね。

でも、正宗では地獄に落ちることや死相をことさら強調してますけどね。

>>507
法華経でないと成仏しない、なんて釈尊は言ってません。それは法華経のみの主張です。


510 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 02:28:53 ID:ghevsVHg
あ、上の方で日蓮系を除く他宗が排撃してるかどうか?ってあったようですが
浄土宗の法然は、念仏以外は捨閉閣抛(すてよ、とじよ、さしおけ、なげうて)と言ってるし
真言宗の覚鑁は、釈迦は大日如来に比べれば無明の辺域である、と言っている。
他の宗派でも同じようなことはあるんですよね。日蓮ほど烈しくはないけど。

511 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 12:17:57 ID:wHv1W0zU
じゃあさ、釈迦は晩年説いた法華経を何故大衆に布教したの?

512 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/21(土) 12:56:17 ID:wRlkQlim
>>511
お釈迦様は法華経とは無関係
何故なら法華経はお釈迦様が死んでのち他の人によって作られたものだから

513 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 13:11:44 ID:ghevsVHg
>>511
法華経の対告衆を調べれてみれば?

514 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 15:16:42 ID:/e3KiZhD
日蓮さんって悪いお坊さんですか?

515 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 15:45:32 ID:wHv1W0zU
>>512マジで?釈迦の教えと関係ないのなら、何故仏教になってるのかイマイチ良く解らなくなる・・・また日蓮が考えた経文が今日まで受け継いでこられたって有る意味すごいよな

516 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 16:33:52 ID:ghevsVHg
別に馬鹿にしてるわけじゃないけど仏教に無知な人が多いね、このスレ・・・。

宗教は一度生まれて人が増えれば、教えやその形は変容していってもある程度は残る。

517 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:12:15 ID:cinVzAFR
>>507
>死んだら極楽浄土へってのも自殺者の誘発が増えてるみたいだし、

また、証拠もない事を書いているな
浄土教信者の自殺者の割合が高いというなら、それを証明すればいい

518 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:13:41 ID:cinVzAFR
>>511
法華経は釈迦が死んでから数百年後に編纂された

519 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:16:14 ID:pUIgjTPk
経典は誰でも作れる。
色々な人が「釈尊はこう言った・・・」とか書いたものがお経になってるの。


520 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:27:49 ID:vsk19j5n
>>507
しつこいようだけど、日蓮教では死んだらどこにいくの?

521 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 22:39:50 ID:wHv1W0zU
死後、仏界というところに行くんじゃなかった?金色に輝く浄土界は末法の時代では行けない、念仏系での他力は無い

522 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:05:28 ID:vsk19j5n
>>521
日蓮正宗の方ですか?
仏界がどういうところかあまりイメージできませんが、
そこにいくと身体が柔らかくなって、きれいな色のままなんですか?
で、地獄へいくと身体がカチカチに固くなって汚い色に変色するんでしょうか?

523 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 23:17:15 ID:t2fCffIk
ドラゴンズ勝った!

524 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 01:15:19 ID:HXffTcnh
日蓮は死後の世界より、いま生きているこの汚辱にまみれたこの世界を
浄土に転換することを目標としていたんだろう。

娑婆即寂光土っていうよね、日蓮系宗派では。
浄土世界は西方にずーーっといったところにある阿弥陀如来の世界。
娑婆世界は釈尊がご出世されたこの世界。

522の言っているのは、信仰の正邪を示すという死相(死ぬ時の姿)のことだろう。

525 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 04:24:19 ID:otN5yNil
> 娑婆即寂光土っていうよね、日蓮系宗派では。

そういうふうに言うのは知ってるけど、日蓮正宗では死に対して
どう思ってるの? 先祖供養もあるし、地獄に行くことを恐れて
いるようでもあるし、どこかに行くということになってるの?

> 浄土世界は西方にずーーっといったところにある阿弥陀如来の世界。

「極楽浄土」はでしょうか。

526 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 10:27:19 ID:8BAOv+Vp
念仏宗を真面目にやってても浄土に行って無い。地獄には落ちてないがその理由は霊視番組で様子がうかがえるだろ

人間界(限られた時間の有る世界)
霊界(人間界より時空をコントロール出来る世界)

対外の人間には守護霊が付いてる。未来が見れる仏になって人間を操る

527 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 11:19:17 ID:HXffTcnh
>>525
あー、ごめん。極楽浄土ってとっさに出てこなかったよ…。

>>526
霊を肯定してるということは、正宗信徒じゃないね。

528 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 11:42:59 ID:6HcANOXK
>>526
オカルトか
日蓮正宗系がお似合いだな

529 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/22(日) 13:00:05 ID:WtFLk2wT
正宗では先祖の霊とかは言っているが守護霊はさすがに言ってないと思うが。
諸天善神の守護とは言うが、個人の背後にいて守護しているわけではない。

530 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 15:07:51 ID:8BAOv+Vp
宗派は関係なく守護霊は一人一人に付いてるもんだ、過去生との因果関係の方が付いてる。

531 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 23:50:59 ID:rP34JF6N
>>526
>念仏宗を真面目にやってても浄土に行って無い。地獄には落ちてないがその理由は霊視番組で様子がうかがえるだろ
つまらんネタだ。



532 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 10:36:42 ID:zK9aJvq6
皆様にとって、信じるとはどういうことですか
ひたすら我を通すことですか

と思った

533 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 11:22:07 ID:abRaTzZe
自然体と言う事だ

534 :一応正宗信徒:2006/10/23(月) 12:23:18 ID:0w+fWn72
なぜ?正宗では霊魂を否定するのだろうか?
ある本では日蓮さんは霊能力者だったと書いてあったが、もしそうなら霊魂を否定するわけがない。やはり今の正宗の教義は日蓮さんの教えとはかけ離れているのだろうか?

535 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 12:23:49 ID:xpuXouEf
婆ちゃんは、日蓮だった。

536 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/23(月) 15:39:04 ID:qyM+iTUG
霊肯定しちゃうと面倒くさい
霊の存在説明しろよってつっこまれたり
霊見えないと修行の足りない坊主とか言われそう…(-_-;

てか
日蓮さんは潰されるの恐れてちゃんと育たなくても皆後継者にしちゃったから…
ニチレンさんのノウハウ全部受け継がない後継者の一人位、居てもいんじゃね?ヽ(´∇`)ノ


537 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 17:45:13 ID:AFHMXsIG
釈尊は霊や死後の世界は無記だったわけだが・・・

538 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 18:48:34 ID:abRaTzZe
意味がわからん

539 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/23(月) 18:57:03 ID:qyM+iTUG
>>537
無記ということは否定してないってことだすヽ(´∇`)ノ♪
認めても否定しても良いってこと♪

540 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/23(月) 20:52:29 ID:qyM+iTUG
ヽ(´∇`)ノ目蓮でググッてみるちょ♪

541 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 13:58:11 ID:SBpgVkbK
日本での歴史上、有名な日蓮が一番新しい僧侶なのか?

542 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/24(火) 20:15:08 ID:RQSUt3CU
止めてしまった…( ̄□ ̄;)!!

543 :916:2006/10/24(火) 20:57:38 ID:es54f8Ei
rarara


544 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 11:09:14 ID:JBYtMMTf
創価が日蓮のイメージを悪くしてる。そんなに過激な教えでもないのに

545 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:22:12 ID:qNLs/Jjt
日蓮正宗と日蓮宗はどちらが正しいのですか?

546 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 12:34:04 ID:JBYtMMTf
同じ血脈なんで、似たようなもんだろ。

日蓮宗の日向からつながる久遠寺なんかも日蓮に近いな

正宗は日興、日目、大石寺とまぁまぁ近い

547 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/25(水) 13:05:55 ID:DfcltS5z
>>544>>545
日蓮系の宗派は教義を越えた他宗派との交流をもう少し考えた方が良いよね。

正宗も全仏連入るべきだと思うのだが。。。あそこは融通が利かなく困る。

548 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 13:42:23 ID:Yl8YVVj8
>>544
もっと日蓮さんについて調べてみなさい。
当時の権力者に他宗の坊さんの首を刎ねろとか進言してるよ。
日蓮の教え自体がもともと過激なセクトでカルト。

549 :名無しさん@3周年:2006/10/25(水) 17:36:27 ID:JBYtMMTf
念仏宗の方が日蓮の命を狙ってた。人殺しはダメと教えられてる念仏宗の方が・・・

首を跳ねたら地獄行き

550 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/25(水) 17:59:17 ID:xPFUOHyR
>>547入らないのではなく
れないのでは?
日蓮正宗は仏教ではなく
日蓮系新興宗教だってアンチョコにかいてまヽ(´∇`)ノ

551 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/25(水) 19:00:18 ID:GPnrhb0B
>日蓮正宗は仏教ではなく
>日蓮系新興宗教だってアンチョコにかいてまヽ(´∇`)ノ

すんません。↑のこと、もっと詳しくお願いできませんか?
正宗は全仏連に入れないの?

552 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/25(水) 19:14:11 ID:GPnrhb0B
>>550
あと、別スレではお世話になりました。
ぎゃーてぃぎゃーてぃはらぎゃーてぃはらそぎゃーてぃぼじそわか

実は、最近、妙法蓮華経を読みはじました。
普段アレを読んでも、彼らは霊魂を否定するんだろうか?だとしたら、頭がおかしいとしか思えない。

553 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/25(水) 19:42:30 ID:dM1yZVBZ
正宗は霊魂を否定していないと思う。
でなきゃ墓や卒塔婆を立て先祖供養はしないはず。
背後霊や水子霊、悪霊憑依とかは言っていないので、それらは否定とも見れるが。

霊魂否定→頭がおかしい はちょっと極端かと。

554 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/25(水) 20:14:37 ID:yCWX+j8H
失礼。
でも、仮に、彼らが妙法蓮華経の荒唐無稽なお話を最高の真理だと言いながら、
一方では霊魂を否定するならば、自己矛盾もいい所、統合失調症だと思います。そう思いませんか?

ちなみに、正宗から派生し破門された創価学会では、霊魂を否定してます。
宗教そのものも、また亡くなった方の法要も、全て生きてる人のためにあるのだそうです。
本当にそうならば、初七日、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌・・・・etc、たくさんやる意味ないですよね?

555 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/25(水) 20:37:56 ID:dM1yZVBZ
正宗が霊魂否定とは勘違いではないでしょうか。

霊魂とは何かという定義によるが、人の精神あるいは本質的な何かが死んでも存在し
肉体を変えながら続いてゆくと言う意味の霊魂なら正宗は「ある」と言っています。
だから、今の不幸は過去世での罪の現れ、今世で功徳をつんで来世で幸せになれると
言っているではないですか。
霊魂のようなものを否定したら三世は無意味になるような。
今の学会は知らないが、昔の学会は(破門後も)霊魂否定はして無かったです。

むしろ私も含めアンチのほうが霊魂否定に見えます。

556 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/25(水) 21:40:56 ID:xPFUOHyR
霊の存在の有無は別にたいした議論じゃないと思います
霊を肯定しようが否定しようが関係ないとおもいます
寧ろ霊肯定→霊がいるから供養する、いないから供養しない
つまり見てなきゃ手抜く
見てたら真面目にやる
なんて結論にもならないか…(-_-;
先祖供養の意味にもよりますが
先祖供養は感謝の気持でやるのなら霊の存在関係ないでしせう?

先祖供養は先祖の存在を受け入れる
先祖があるから自分自身がある
因縁果を大切にする生き方だと思います
因縁果を大切にすると今から未来予測がかなりの確率で出来るし
どうしたら変えれるかも分かるようになるとおもいます


ヽ(´∇`)ノてか
疑問質問うけつけません♪

おやぢさんお久しぶりです
壁]')



557 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/25(水) 21:43:38 ID:xPFUOHyR
ちなみにお経の殆どは
方便とか比喩で書かれてあます
だから直訳して理解さた…
ちなみにオヤジさんは直訳派?

558 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/25(水) 21:53:07 ID:xPFUOHyR
統合失調症は
昔では
多重人格障害とか言われてたよな?
自分自身にかたりかけるものがいたり
霊が見えてる錯覚とか神の声が聞こえたり?そんな感じ?
神秘体験求める修行?して失敗するとなると良く聞きますた
浅原商工さんも失調症でせう?
良いとこまでいったんですが途中で手抜きのテクニック覚えちゃったもんだから(笑)

559 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/26(木) 00:16:17 ID:mszLdgoc
>>557
晩酌のつまみを買いに行っていました。
>直訳派?
直訳派です 。
最初から比喩と言っている火の家とか万能の薬とかは比喩だろう。
地面から無数の菩薩が現れて、とかなるとフィクションなのか文学的表現なのか・・・
それ以外の主張的なものは直訳ですね。

法華経、法華経行者を批判する者は業病になったり不幸になるといったところ、
日蓮の説く、自然災害や世の中の乱れは邪宗によるものと言う主張も直訳で
解釈していますのでそれはおかしいと思うわけです。
当然文字に無い「文底にあるもの」は分かりません。

560 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 08:57:53 ID:mhhRwxZQ
まともな仏教なら、霊は否定する。

それと・・・
先祖が現在どのような形でどこに存在(たとえ空でも)していても、(正宗の場合は題目によって)供養することができる。
したがって、先祖供養≠霊を肯定 である。

561 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 11:08:47 ID:qFOwQQdk
題目が全て!

562 :某信者:2006/10/26(木) 11:28:03 ID:LqX6C39t
私は、あまり教えの深い所など
わからない者なのですが。
題目を唱え、心に念じ、仏様を思う、
そうさせて頂いている、
いのちが有難い。仏様から
頂いたこのいのちが有難い。

最近はその様に思わせ
て頂いております。
有難い事です。
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経

563 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 12:44:56 ID:nHwZGsS1
>>549 首を狙ってたのは浄土宗の坊主がやらせたの?
それとも、在家信者が暴走したの?

564 :名無しさん@3周年:2006/10/26(木) 14:19:43 ID:J9APoFrI
正宗や学会では他宗の破折で霊魂をきっぱり否定している。

まともな仏教というのは霊を否定も肯定もしない。それが無記。

565 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/26(木) 14:28:23 ID:HtnTGaO6
科学者でもない宗教家が、霊魂の存在不存在を証明できるはずがない。

よって、無記が無難である。

正宗は霊魂否定なのですか?霊魂ないなら、法要の意味ないのに、何を考えてるんだろう。

566 :916:2006/10/26(木) 14:33:06 ID:JcRK6loZ
霊魂の定義はなんですか??


567 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/26(木) 14:44:23 ID:LlfNPyQh
【霊魂】(広辞苑調べ)

@肉体のほかに別に精神的実体として存在すると考えられるもの。⇔肉体
A人間の身体内にあってその精神・生命を支配すると考えられている人格的・非肉体的な存在。
 病気や死は霊魂が身体から遊離した状態であると見なされる場合が多く、また霊媒によって他人にも憑依しうるものと考えられている。
 性格の異なる複数の霊魂の存在を認めたり、動物的にも霊魂が存在するとみなす民族もある。

568 :916:2006/10/26(木) 14:51:10 ID:JcRK6loZ
レイコンハコウテイジャナイスカネ。
オカルトチックナレイコンデハナイデスヨ

569 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/26(木) 15:03:45 ID:LlfNPyQh
広辞苑の@の方なら、肯定ではないでしょうかね。
そうでなければ、法要も日本のお盆の意味もなくなりますから。

ちなみに、このページの一番下にある画像本物だと思いますか?
http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/lo2005.htm

570 :916:2006/10/26(木) 19:20:59 ID:JcRK6loZ
>>569
画像みたとき背筋がゾッとしました。
ちょいとびびりました・・・・・・・・。










でも霊とはおもいたくないですね

571 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/26(木) 23:34:07 ID:ZgJzGl/e
ヽ(´∇`)ノ
携帯のみ
http://bbs-m2.best-g.com//bbs.php?mo=i_v&pn=2&pid=wwk56874
南無大師遍照金剛♪

572 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/27(金) 00:25:46 ID:LuujsZ6l
霊、霊魂、魂、心(色心の)、我(アートマン)、それぞれ意味合いが微妙に違う気もします。
○○霊とかオカルトを否定したから正宗は霊魂を否定していると見るのは少し乱暴かなと思います。
原始仏教では釈尊が霊魂を無記、ノーコメントとされているようだが後期にはヒンズー的な
思想が入り、中国、日本と伝わるうち霊魂の概念が取り入れられ、霊魂の解釈も変化していった
と考えられています。

日本仏教的な考えとして、死後極楽や地獄に行く、成仏する、転生輪廻するとかの言葉を聞きます。
では地獄に堕ちる「何か」生まれ変わる「何か」とはどのようなものでしょう。
肉体は滅びているのだから肉体ではないことは確かです。
霊魂がないなら死後の地獄も極楽も無いのだから説く意味がありません。
生まれ変わりながら仏法の縁に触れると言う言葉も同様です。
世間一般のオカルト的な霊の概念と正宗の霊の概念は違うと思われます。

前スレでは正宗信徒が魂として永遠の命が続くという主張に対しアンチはそんなものは無い
死んだら終わりと議論していたのですが。
私は霊魂は無い派です。

573 :916:2006/10/27(金) 12:11:40 ID:Z5EMWYK2
わたしはよくわかりませんが人間が死んだら人格は残らないと思います。
次生まれ変わるとして人格が別なら自分ではないということですから
輪廻はないということになります。そういうわけで霊魂は否定します。

わたしは人間の存在がなくなったら全体と同化して個別の識別がなくなると
考えています。まちがいかもしれませんが。

574 :916:2006/10/27(金) 12:16:22 ID:Z5EMWYK2
でも正宗の高僧は幽霊がよってきて見えるそうです。
大石寺は幽霊が大量にいると任務者どうしよく話しました。
げいかが見えるとおっしゃっていたと本行寺やホウドウインの
役職者がまことしやかに話していました。
実際ここんとこどうなんでしょうか?

575 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 13:18:37 ID:Yw3+U44k
>>574
そんなに成仏出来ないとは。
寺に幽霊が現れるとは最悪。藪医者ならぬ藪ゲイカ。

576 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/27(金) 15:22:02 ID:cV6FONyy
ナミョホレゲッキョだからね(笑)

577 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/27(金) 15:28:01 ID:bK4lJtr4
>>570
思いたくない所、恐縮ですが・・・、アレは本物かも知れませんよ。
あまりも不自然すぎますから。

念・・・特に怨念っていうのは恐ろしいですね。


俺は一度見たきり、見てません。

578 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/27(金) 15:41:35 ID:WxvqRErr
>>574
『見える』と言うのが本当ならば、ソッカーの生霊なのでは?
もしくは、成仏できないソッカーが大石寺に集結してるとか?


あと、ソッカーの友人葬(坊さん無し)では、不成仏が出やすいと聞きました。
ソッカーのインチキ十界論でいう地獄界〜修羅界の中で、散々彷徨い組織から搾取された方が、ド素人の読経で成仏するとは思えません。
また、遺族が初七日後の供養を怠っていれば益々ですね。。。

579 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/27(金) 15:57:13 ID:cV6FONyy
成仏を願ってる霊と未練の為に成仏したくない霊もいる
成仏したくても自力では成仏出来ない霊もいる

霊にもいろんな霊がいるから
一律ナミョホレゲッキョじゃ無理


580 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/27(金) 16:37:01 ID:JEyygzfS
最近、妙法蓮華経の現代語訳を読み出した。(さすがに文語体は解読に時間掛かるので)
アレはとんでもねぇーお話ですね。ソッカーはあのお経の中身を知って、ゲキョゲキョ言ってるのだろうか???
だとしたら・・・呆れる。あのお経の真偽はともかく、この世のものではない。

生きてる人間がアレに究極の悟りの真実を求めるのは、『指輪物語』などのSF小説の中に、普遍的な真実を探すようなものだ。
解釈次第でどうにもでもとれるお話の中に心理を探求するのは如何なものかと思われる。
きちんと得度をつんだ方がいなければ、全員冥府の底に落ちるだろう。

581 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/27(金) 16:38:24 ID:JEyygzfS
>>579 南無金さん

>>569の画像見た?PCじゃないと観れないけど。どう思う?観たら感想聞かせて欲しいです。

582 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/27(金) 16:42:47 ID:cV6FONyy
>>571にも貼ったんですが
実はその画像は援交物の動画でかなり出回ってるんだよね

583 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/27(金) 17:44:06 ID:hsnUPKJl
>>571は携帯用だったんすか。
南無金さん、アレ本物?合成?どっちだと思います?俺は本物だと思いました。

584 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/27(金) 22:49:48 ID:cV6FONyy
どっちかなぁ…(-_-;
どっちなんだろうなぁ(-_-;
何気なくに持ってた俺のビデオにも写ってた…(笑)タイトル忘れたけど
雑誌で騒がれてはじめまて気付いた…(-_-;
ごめんなさい
本物か偽物かは分かりません…


585 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/27(金) 23:52:47 ID:BWcPfJr9
そろそろスレ違いなんじゃないかしらん。

・・・霊魂があるとして、現実に影響を及ぼす(ビデオに映ること)ことが出来ると考えると、あまりにさまざまな矛盾がありすぎると思いますがね。
僕はシーツか枕か、タオルの類の影が偶然顔っぽく見えたと考えるけどね。
まぁ、画像解析のプロに依頼する程、みんな暇人じゃないでしょうし、納得できる結論がでないことがはっきりしていることをガタガタ言っても意味がないのでは?

586 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 00:05:12 ID:64ApxmQ4
画像に写ってるのは間違いなくエネルギー体でしょ
そしてエネルギー体として
次に人か霊かの問題
人か霊かは区別つかないくらいエネルギーが強いっ…てか
ビデオダビン為すぎで視覚でしか確認できません(-_-;
霊とは断定できないけど霊でなければ人でしょ



587 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/28(土) 00:09:30 ID:JtS4Y//v
ガタガタ言っても意味がないのでは?

588 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/28(土) 00:22:08 ID:kSXn6xaS
霊魂は実在するか?というスレがありますが否定派、肯定は議論されていますが結論は出ていません。

ここで論ずるなら正宗の考える霊魂とは何か、その教義は正宗の言う絶対的な正当性に
どのように関わっているかといったことではないでしょうか。

589 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 00:56:23 ID:64ApxmQ4
霊について正宗の価値観以外の議論も必要では?
正宗だけ論じても浮き彫りにならないし
他者との価値観の比較も必要だと思うし?

590 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/28(土) 02:07:08 ID:kSXn6xaS
>>589
参加者が望み一つの議題として議論するなら、それでもいいですけど。
そうなると大変だけど霊の定義をしたほうがよいと思います。
見ていると個々に霊の概念が違うように感じられます。

あと、話題的にはビデオに映った画像について意見を交換するのは良いと思いますが
七八さんが言うように結論は出ないと思います。
ちなみに私は霊魂否定派なのでそのような意見になります。

591 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 03:23:23 ID:2BZmZJ9b
>>580
経は、内容そのものを捉えるのではなく、その内容が示している思想を読み取るのが基本。

592 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/28(土) 09:20:21 ID:FGKhLFa0
>>588
一般論として、霊魂とは>>567の広辞苑@でいいと思いますよ。
そうでなければ、仏教諸宗派は死後の法要やお墓への魂入れなどの儀式を肯定できなくなりますから。
よって、@に関しては、伝統的な仏教宗派も認めるはずですし、我々も認めて良いのではないですか?

問題は広辞苑Aの方です・・・、916さんのレス>>574のお話が真実ならば、
大石寺のトップ法主さんも、生き死に別として幽霊として「霊魂」の(広辞苑A)を認めてることになります。
ちなみに、俺はAも否定できません。どっちかと言えば、肯定派です。南無金さんもそうですよね。

593 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/28(土) 09:26:31 ID:aH2wBS/A
ガタガタ言っても意味がないのでは?

594 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/28(土) 09:31:20 ID:aH2wBS/A
連投失礼。
スレが違う・・・と言うか、板自体が違うと思いますよ。
オカ板で話す内容でしょ。

595 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/28(土) 09:44:21 ID:v3/pnLm9
>>593
例の画像に関しては、科学的に検証しようないことですから、結論は出ません。ここで、これ以上、議論の対象にはしません。

ちなみに、七八さんは、広辞苑@の方も否定するのですか?
ということは、正宗がやる法要(追悼供養)や魂入れの儀式全般をも否定することになりますよ。
極端な言い方ですが、霊魂ないなら、死後の法要を簡略化しても良いと思いますよ。法事でお坊さんに読経してもらう必要もないし。。。

596 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 13:12:52 ID:kVI93WYp
この世に幽霊が居ても不思議ではないだろう。アパートなどで自殺した部屋など借りたら気持ちの悪い事が色々起きるって不動産屋も言うし
そう言う部屋は破格だし
否定してる方はチャンスが有れば自殺したとかの空間の部屋でも借りて、体験したらどうかな?

無宗教の方でも本能的に避けるよな

597 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 14:38:34 ID:kso+OkB4
自殺した部屋でもお経などを読んで成仏を祈ったら霊はいなくなるのでは?

598 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 15:16:46 ID:qE097NVU
そりゃ「以前住んでた人が自殺した」なんて噂が広まりゃ家賃安くするしかないさ。
色々気持ち悪いことが起きるってのも仕込み番組、怪談本ではよく目にするが
少なくとも俺は実物を見たことはないなあ。
俺の住んでるところは自殺者どころか先の戦争での陸上戦で
多くの軍人民間人が死んだところだがそういったことは何もないや。
あ、一度だけ「手が降ってきた」ことがあった。あれは怖かった。
夜中、胸に何かが「どすん」と落ちてきた衝撃で目が覚めて
「何よ何よ」と左手で触れてみるとなんと人間の腕じゃありませんか。
若干ビビりつつもその「腕」の付け根を探ってみると・・・。
もうおわかりですね、正体は俺の「右腕」だったんです。
どうも寝てる最中に右腕を体の下敷きにしてたらしく
(それで感覚が麻痺してふと意識が覚醒したときに「自分の腕」と認識できなかったんだろうね)
左に寝返りをうったときに右腕が胸に落ちた、かぶさったんでしょう。
タネがわかればなんてことないが、わかるまでの「最中」はそりゃドキムネでしたよ。

>>595
注意してほしいのは広辞苑での「霊魂」は「〜と考えられている」という「概念」であるということ。
七八さん、オヤジさんは「概念としての霊魂」は否定してないと思う。
「物質的実在のとしての霊魂」を否定してる(というか肯定しようがない)だけで。

・・・こういう話、以前やったなあ。

599 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 18:34:21 ID:64ApxmQ4
霊に付いて議論する
議論するなかで
さて日蓮正宗は
俗にいう霊能力を持ってる人
霊に関心を持ってる人達に耐えうる答えを出せる宗教か?


まず日蓮正宗の価値感あり
その価値感が唯一絶対
理由は日蓮正宗が正しいから
他は絶対に認めない


はぁ?
さすがカルト(o^-’)b
霊の存在の有無は佛教には大切じゃないのよね
佛教は公式集じゃないのだから
いろんな価値観を認める
それがお釈迦様の説いた仏教だから



そかそか
日蓮正宗は仏教じゃ無かったんだよね(-_-;
新興カルト宗教なんだよね
アンチョコに載ってる

600 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 19:16:10 ID:Z+P3cpZ+
霊魂が無いと言う考えも、ひとつの価値観
ではないでしょうか?

601 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 19:34:04 ID:64ApxmQ4
>>600
そう
良かったね…で終わっちゃった
理由根拠もないんだから

602 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 20:24:29 ID:Z+P3cpZ+
信じるしか、ありませんもん。霊魂とか神仏は。
見えない感じない人にとっては。

603 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:16:53 ID:kVI93WYp
釈迦が死んだ姿を見せただけで有り、永遠に君達の側に居るとか法華経には説いてありますが

604 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:29:33 ID:Z+P3cpZ+
でも、姿は見えないですから。
釈迦は側にいると信じるしか、無いんですよ。
信じるから宗教なんですよ。

信じる事に疲れる事もありますけどね…

605 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:32:05 ID:Z+P3cpZ+
私は、霊魂も神仏も同じ物だと思います。
存在を信じるしか無いと言う点で。

606 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:35:13 ID:Z+P3cpZ+
いい加減、側に姿を現して欲しいですよ(苦笑)

経典には姿を現したとありますが、
私は一度も見たことが無いんですよ。

607 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/28(土) 22:08:45 ID:64ApxmQ4
人って鬼や神仏の役割するんだよね
虐める時は鬼の化身
人助けしてる時は神仏の化身
観音経には観音様が現れますよってある
情けは人の為ならず
めぐりめぐって自分自身に帰ってくる

普段から人に施せば困った時に助けて貰えるかも
僕なんか田舎の純情少年だから
本当に困った時に人からの救いの手は観音様の様に思っちゃうけどね
あの時、困ってた綺麗なお姉ちゃんを下心はあったけど
無償で車で送って上げたから
他の人から助けて貰えたのかなって素直に考えちゃう(´∇`*)

608 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/10/28(土) 22:30:46 ID:rkCJOoxJ
>>595
・・・はっきり言っておくと、僕は霊魂否定派です。
物理的な基盤(脳みそを中心とした、肉体)を離れたところで、いかなる意思も存在し得ないと思っています。
で、広辞苑の定義に関しては、@とAの定義のどのような違いにあなたがこだわっているか、理解できません。
さらに、この考えを人に押しつけようとも思っていません。ですので、この議題を議論したいとも思いません。
また、議題自体がスレ違いだとも思います。

蛇足ですが、僕は引っ越ししたばかりなのですが、部屋探しの際、安くなるのならば、人死にの有った部屋で構わないから紹介してくれ、と、不動産屋に頼んでいました。
どの不動産屋さんも、そんな部屋は無い、と言って紹介してくれませんでしたがね。
また、僕が死んだら、お経を読んでくれなくても良いし、法要は簡素で結構です。
僕個人の思いですので、社会常識に反して、親の葬式に坊さんを呼ばない気はありませんがね。

609 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 04:05:09 ID:2YLslG0b
法華経が釈尊の常住を説いてるのなら、なぜ釈迦を否定して日蓮を本仏とするの?

610 :一応正宗信徒:2006/10/29(日) 10:00:48 ID:N1DJzTac
勤行はたまにやるのですが日蓮さんの教えは好きになれません。御本尊と日蓮さんの教えは別のものと考えても良いのでしょうか?
あと、南無妙法蓮華経は日蓮さんが最初に言われたのですか?

611 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 10:30:03 ID:gJ9Do69K
>>609
仏教ではなく
新興宗教だから(o^-’)b

612 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/29(日) 12:52:13 ID:YoTw/eEy
>>609
如来神力品で如来(釈尊)の滅後、一番弟子の上行菩薩に釈尊の法、神力、思想など一切を託した
と正宗では言っています。(直訳ではそうは読めないのだが)
日蓮は釈尊からすべてを受け継いだ、上行菩薩の生まれ変わりとの事です。
また、法華経は末法に日蓮が現れるという預言書でもあると言っています。

釈尊が常住であれ効力があるのは末法前の1500年ほど、それ以降は何の効力も無いどころか
末法では害毒である。
末法以降で人々を救えるのは上行菩薩=日蓮だけであるとの話です。

詳しくは 法華経の目的と付属
ttp://www.geocities.jp/shoshu_newmon/nichiren_kyogi1.htm

私的には納得できないですね。

613 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/29(日) 13:18:28 ID:YoTw/eEy
>>610
法華経を読誦するのは中国天台宗からすでにあります。
というか釈尊滅後から経典を読誦し伝えて行くのは僧侶の大切な仕事ですが
経典のタイトルを繰り返し唱えることはなかったような。
南無妙法蓮華経とは法華経に帰依するとの意味だが、その語句を唱題
することを発想し、意義を見いだしたのは日蓮だと思われます。

鎌倉時代の大きな勢力として、一心に南無阿弥陀仏を唱える念仏宗や
漫荼羅を掲げる真言宗の影響もあったのかもしれません。

614 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/29(日) 13:25:26 ID:LbOHRbeT
>>608 七八さん
分かりました。あなたの個人の考えとして、俺はそれを尊重します。信じれないものはどうしようもないですから。
ちなみに、興門流新興のソッカーはあなたの考えに近いですよ。>>612

>>612 オヤジさん
>日蓮は釈尊からすべてを受け継いだ、上行菩薩の生まれ変わりとの事です。
>また、法華経は末法に日蓮が現れるという預言書でもあると言っています。

開祖がそういう事をやってるから、後続も基本は皆同じですよね。
ちなみに、ソッカーでは池田氏が日蓮の生まれ変わりだと主張しているようです。呆れました。

615 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/29(日) 13:58:52 ID:LbOHRbeT
南無妙法蓮華経を中心に書かれた法華曼荼羅(文字曼荼羅)も日蓮の発案ですね。

あの曼荼羅には守護として、密教の明王である不動明王と愛染明王が梵字で書かれてますが・・・、
日蓮の遺文の中には、それを正当化するための「不動愛染感見記」があります。

短い文章ですが、その内容はとんでもないものです。


616 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 14:54:05 ID:2YLslG0b
>>613
それじゃ師弟が逆になるってこと?

釈尊から法華経を付属された(の弟子だった)上行菩薩が、
末法の世に出た日蓮なんでしょ??
それが釈迦より偉い仏になるっていう位置付けがわけわかめ…

617 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 15:03:00 ID:gJ9Do69K
日蓮の生まれ変わりが釈尊なんだよね(´∇`*)




そこが凄い所なんだょ♪
(o^-’)b
簡単に理解出来るでしょ

618 :サボッタボサツ:2006/10/29(日) 15:47:28 ID:V/Uo+mXH
日蓮を本尊とする考え方を持つ日蓮宗派は
どこですか?

619 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 16:02:44 ID:gJ9Do69K
ヽ(´∇`)ノ
日蓮正宗♪

620 :サボッタボサツ:2006/10/29(日) 16:07:09 ID:V/Uo+mXH
日蓮さんは、法華経が本尊だと言ってますが…

621 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 16:12:57 ID:gJ9Do69K
日蓮宗

日蓮正宗
はヽ(´∇`)ノ違うょね♪

622 :サボッタボサツ:2006/10/29(日) 16:20:23 ID:V/Uo+mXH
大石寺版の『日蓮大聖人御書全集』の
上巻にある、本尊問答抄に、そう書かれている
んですけど…

623 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 16:42:14 ID:N1DJzTac
法華経が本尊やら何ですか?

624 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 16:43:46 ID:gJ9Do69K
大石寺?
日蓮正宗?
だったら間違い

625 :サボッタボサツ:2006/10/29(日) 16:48:18 ID:V/Uo+mXH
本尊問答抄って、日蓮さんの手紙じゃないんですか?
それとも、日蓮正宗の人達が作ったんですか?

626 :人間:2006/10/29(日) 16:50:13 ID:vFetc9Xu
なむさん、荒らしているのねん、、ここも、すまいなのねん、、

627 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 16:53:00 ID:gJ9Do69K
聖霊大魔王様( ̄□ ̄;)!!



628 :人間:2006/10/29(日) 16:57:03 ID:vFetc9Xu
人間でいるのだ、、ここでは、、
なむさんと、騒いだ日々がなつかしい、、

629 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/29(日) 17:04:53 ID:LbOHRbeT
>日蓮の生まれ変わりが釈尊なんだよね(´∇`*)

逆じゃなかったっけ?釈尊の生まれ変わりが日蓮でしょ。

日蓮本仏論ってのはおもしろいよね。当の本人、日蓮はそんなこと一言も言ってないみたいだ。

日蓮諸宗派にも、釈迦本仏論と日蓮本仏論あり、妙法への認識も一致派と勝劣派とにわかれてる。
源流が日蓮一人とは思えない位、解釈は多岐に渡り、グチャグチャだ。

630 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 17:08:51 ID:N1DJzTac
日蓮の教えを忠実に受け継いだ宗派はどこなのでしょうか?

631 :人間:2006/10/29(日) 17:12:42 ID:vFetc9Xu
なむさんが荒らすのが、わかるような気がする、、、、

632 :お大師様かまってちょ♪:2006/10/29(日) 17:14:44 ID:gJ9Do69K
日蓮の生まれ変わりが釈尊

だから凄いんだょ

633 :人間:2006/10/29(日) 17:17:05 ID:vFetc9Xu
す、ご、い、戦いの、く、う、き、が、、、、

634 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/29(日) 18:16:58 ID:LbOHRbeT
俺、戦ってるわけじゃないからwww

なんやてぇー・・・日蓮の生まれ変わりが釈尊???時間軸無視してるじゃないですか?


そういえば、さっきエホバの人が訪ねてきた。ちと不気味だった。


635 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 18:45:41 ID:gJ9Do69K
(o^-’)b
だから凄いんだょ♪
そもそも釈尊が日蓮の生まれ変わりってこと自体あり得ない
それを日蓮の生まれ変わりと言い切る…



凄いよね♪

636 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/10/29(日) 19:08:04 ID:LbOHRbeT
その時間軸を全く無視した生まれ変わりの秘話、確認取れてないんだけど、何に書かれてるの?


しかし、凄い過激な話だ。ワームホールとかの理論なのかね

637 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 19:10:31 ID:iLe1v1vw
信徒が宗祖大聖人をさん付けで呼ぶってありえないだろ・・・
常識的に考えて・・・

不信不敬の姿は自分の生活で悪果として出てくるぜ
うだうだ言う前にまずはお寺参詣しる
御僧侶に聞いてみんさい

638 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/29(日) 19:48:35 ID:YoTw/eEy
日蓮は釈尊ではなく上行菩薩の生まれ変わり。
御書に書いてある。(真筆かは知らんが)
ちなみに顕正会は浅井会長は日目上人の生まれ変わりといっている。
正宗入門のリンク先示したんだからよく読んでよ。

仏とは釈尊個人の敬称ではなく、ある境智に達した者の呼び方です。
バラモン教でも「仏」とは12だか有る超越者の姿の一つと捉えられている。
正宗の考えとしては久遠元初の御本仏という今の宇宙ができる前からの絶対的な存在があり
法華経もはるか昔から存在した。
釈尊はその法華経で仏になり最終的に法華経を説く。
しかしそれは正法、像法の時代には通用するが末法では効力が無いので上行菩薩に次を託した。
上行菩薩は釈尊の弟子ではあるが、どっちがえらいと言うものではなく釈尊の時代から2000年は
釈尊がNO1、末法以降においては上行菩薩=日蓮がNO1と言うこと。

639 :一応正宗信徒:2006/10/29(日) 19:50:59 ID:N1DJzTac
信徒でも日蓮さんと言いますよ。まあ普通大聖人言うでしょうけど日蓮さんは仏ではなく僧侶だと思います。だから、日蓮さんなんです。それに御本尊はお巻きして箱に入れてますし事実上辞めたも同じですけどね(^-^)

640 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:11:59 ID:iLe1v1vw
>>639
後生ですから退転状態であることを自覚しているなら
御本尊をお持ちして所属寺院に参詣してください。
それによりあなたの考えは変わると思います。

なにしろ自分で辞めたと言っておられるのですから、
それでは御書の通り地獄への道が開いてしまいます。
あなたは堕地獄を恐れないのですか?
入信してから学んだことを全部捨ててしまうのでしょうか?
どうか今一度正しい信仰についてお考えください。

それから、大聖人というのは仏の別号です。
三徳を備えた仏ではなく、ただ師としての僧侶と見ている
ならば、まさしくそれが「さん」付けで呼んでしまうところの
理由であり実相だと思います。

おそらく講の皆さんも何も言わずともあなたの復帰を
ずっと待っているはず。
寺院参詣や御登山で御本尊様と向き合ってください。

641 :一応正宗信徒:2006/10/29(日) 21:28:13 ID:N1DJzTac
無理ですね。もう信じられませんから。信じなければ功徳もないですが、罰もありません。なので地獄に堕ちるなんて絶対にありません。御本尊も信じられない僕には単なる掛け軸でしかありません。

642 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 21:31:32 ID:2JAwOZu+
捏造された日蓮本仏論に洗脳された椰子がまたここにw

643 :916:2006/10/29(日) 21:57:10 ID:dOYh4B6k
信心はやめときなさい。
あっというまに地獄状態ですよ。

644 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/29(日) 22:29:03 ID:gJ9Do69K
ヽ(´∇`)ノまぁ〜♪
怖いわぁ♪
ナミョホレゲッキョ♪

645 :名無しさん@3周年:2006/10/29(日) 23:07:51 ID:nZ56v2TI
>>640
日蓮系の信者さんたちは地獄を異様に怖がるんですが、
どんな具合に怖いのでしょうか?
地獄で苦しむことが怖いんですか?
それとも正法を謗って誹謗人の仲間になることが怖いんですか?
それとも両方はつながってて切り離せないんだろうか?

で、他の宗派や宗教の人が地獄に落ちるのを確信してると思うけど
それはどう思ってるんだろうか?
「かわいそうだけど、仕方ないわね」? 「正法を謗るから天罰よ」?

で、しっかり信心した自分はどこにいくんでしょうか? 前にだれかが
言ってた仏界? 私は、信者さんたちは「寂光にいく」と信じてるん
だろうなと漠然と思っていたのですが。でも、「娑婆」は即「寂光」だから
仏界が正しいのかな? 仏界て何?


646 :サボッタボサツ:2006/10/30(月) 08:59:59 ID:X9n/Eq5J
どう崇めたてまつっても自由ですが、
そう崇めないと地獄に落ちるぞって…
日蓮さんが知ったらどう思うだろう?

647 :正宗じゃないけど横レス:2006/10/30(月) 11:06:44 ID:+ZDlNVja
>>646
種種御振舞御書より、
「・・・かかる日蓮を用いぬるともあ(悪)しくうやま(敬)わば国滅ぶべし、・・・」

>>645
> 地獄で苦しむことが怖いんですか?
正解だろ。
> で、他の宗派や宗教の人が地獄に落ちるのを確信してると思うけど
> それはどう思ってるんだろうか?
かわいそうだと思うから、慈悲の心で折伏だろ。

> で、しっかり信心した自分はどこにいくんでしょうか?
どこに行くかと考えるのがそもそもおかしい。
自分のいる場所は、未来永劫娑婆世界。
地獄云々といっても、結局は自分の中にある。(仏も同様、以下考え方は同じ)
地獄に落ちるとは、地獄の境涯になるということ。(そのような人間ばかり集まった状態の国土なら、国全体が地獄の様相になるだろう)
これは、自分が生命の形をなしている状態(有情)と死んで空になっている状態(無情)の違いに関係なく存在する。

地獄の境涯で死んだ場合は・・・その時点の苦しみを次の未来世までずっと受け続けることになる。
なぜなら、自分の事を自分でいかんともしがたい・人に何とかしてもらうこともできない(例外あり)のが無情だからだ。
これから考えると、例えば焼け死んだ人間とかは大変・・・・

648 :916:2006/10/30(月) 11:10:09 ID:RuBQNRyx
うちの宗教の本当の問題は信心すればするほど不幸になることなんです。
わたしは正宗が本当に幸せになるんなら折伏しますよ。言われなくともやりますよ。
残念ながらうちの信心すればそれは自他共に地獄の相が現れるのです。
だれも正宗の人間で反論できるやつはいないとおもう。
現実は惨憺たるものです。惨めなもんです。
正宗の折伏するやつは無責任な馬鹿です。まちがいありません。
不幸をふりまく極潰しです。


649 :916:2006/10/30(月) 11:17:06 ID:RuBQNRyx
正宗の熱心な信者の境涯は世間の標準以下です。
まちがいありません。それもHARUKA下です。
現れている結果がそれを物語っています。

650 :916:2006/10/30(月) 11:27:40 ID:RuBQNRyx
>>640
正常な人間は入信して学ぶと信心やめるはずです。
御所に書いてあるから地獄行きとは根拠をだしなさい。
君は妄言で他人を脅迫している。
正しい信仰が正宗にあるとは明らかにウソ。


651 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 21:50:27 ID:Q3FW5Kfd
>>647

色々ご説明ありがとうございます。

> 自分のいる場所は、未来永劫娑婆世界。
> 地獄云々といっても、結局は自分の中にある。(仏も同様、以下考え方は同じ)
> 地獄に落ちるとは、地獄の境涯になるということ。(そのような人間ばかり集まった状態の国土なら、国全体が地獄の様相になるだろう)
> これは、自分が生命の形をなしている状態(有情)と死んで空になっている状態(無情)の違いに関係なく存在する。

これは日蓮正宗の信者がこう考えると言われているのでしょうか?
もともとの質問は「日蓮正宗の信者はどう考えるか?」なので。

>>647 さんはん日蓮正宗の方でないとのことなので、
 「日蓮正宗ではこのように教えているはずだ」
というお答えでもよいのですが。

でも、できれば日蓮正宗の人に自分がどう感じているかを
教えてもらいたいです。

652 :916:2006/10/31(火) 10:20:01 ID:4lgmlm3d
>>651さんへ

>>647さんの考え方は正宗信者の観じかたのとおりだと思います。
わたしもそのように認識していました。

つけくわえて、地獄のような苦しみをうけて心や精神がボロボロになり
地獄の境涯になっても本尊を信じ続けているなら地獄の境涯になったとしても
それは地獄の境涯ではないとかんがえています。
 本尊を信じるこのことが絶対の境涯(仏界)で自分の心の境涯は相対的な境涯
ということです。
 ですからどんなに不幸に落ち込んだとしても本人に信心あるなら仏界だから
よかったね感謝しろよという教義です。

653 :916:2006/10/31(火) 10:29:28 ID:4lgmlm3d

熱心な信者はこれを真に受けています。
そこそこの信者はこのことを知っていますが「んなアホな」と
思っていますが表面上信じているふりをしています。

654 :916:2006/10/31(火) 10:33:57 ID:4lgmlm3d

これのどこが正しい信仰なのか?
信じてる人説明お願いします。こんなの説明できませんよね?


655 :商人一族:2006/10/31(火) 10:55:09 ID:MjLsNXC1
信徒ですが、この信心をしていて不幸にはなってませんが・・・
月に一二度の寺での勤行、登山へは年に二回、座談会に集まってる信徒連中とは深くは付き合ってません。他人様の批判ばかりの低脳な話ばかりで引く・・・
一部の信徒と住職だけの付き合い。流れ者やタチが悪い
他教も悪いと私は思わないし、作法が出来てる方なら他の仏法も間違ってないと私は思う

656 :商人一族:2006/10/31(火) 11:29:54 ID:MjLsNXC1
正しい事など何も無い。組織に入って馴染める人格が備わってなければ、どんな教えでも付いていけづ苦悩する。

御書や新聞を熟知した所で無理な解釈になるのも当然で、日蓮大聖人の複雑な教えが解らないよう末法では具体的に封印されてる事も有ると思われ

情報開示も100%教えない技を知っている大聖人は、やはり仏だと思うよ

657 :916:2006/10/31(火) 14:10:07 ID:4lgmlm3d
>>655
そうですか。それはよかった。正宗の正しい信心は絶対にしないでほしい。
不幸にならない程度に信心されるがよろしいとおもいます。
説法や啓蒙を真に受けることはないと思いますが気をつけてください。
えらそうなことをいって失礼しました。お気にさわることがあればご容赦ください。


658 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/10/31(火) 17:17:33 ID:mOYgftEA
>>651
正宗スレなのに正宗の人答えてくれないから期待されても。

ちなみに日蓮の説く地獄とは顕謗法抄に、死後この世界の地の下一千由旬(約6600km)
に8階層に広がる世界がえらく具体的に描写されています。
   地獄名      内容                地獄に行く原因
1.等活地獄    鉄の杖で殴られる      生き物を殺す。アリや蚊でもNG
2.黒縄地獄    熱い鉄の縄でたたかれる  窃盗
3.衆合地獄    山に挟まれ潰される     不倫
4.叫喚地獄    溶けた銅を飲まされる    飲酒。販売もNG
5.大叫喚地獄  上四つの責め苦を10倍   妄語、うそをいう
6.焦熱地獄    火で焼かれる         因果をしらない人
7.大焦熱地獄  上六つの責め苦を10倍    婦女暴行
8.大阿鼻地獄  地獄の極苦(内容不明)   不明
番外 無間地獄  大阿鼻地獄の千倍の苦痛 謗法、仏法批判

爾前経で説いた地獄の相を引用されているとの話ですが。


659 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/31(火) 17:47:27 ID:kuGPihpT
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

660 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 19:59:44 ID:vm/kMs3Z
>>652
> >>647さんの考え方は正宗信者の観じかたのとおりだと思います。

でも、
 人は常に娑婆にあり、地獄は自分の心にある
という考え方と、
 あの人は謗法したので、地獄に落ちて、身体は固く、どす黒くなって
 すごい形相で死なはった
との間にはかなりギャップがあるように思うんですが。本当のところは
>>658 さんの言うようなおどろおどろしい死後のイメージがかなり混じってません?

661 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:14:32 ID:vm/kMs3Z
>>652
> つけくわえて、地獄のような苦しみをうけて心や精神がボロボロになり
> 地獄の境涯になっても本尊を信じ続けているなら地獄の境涯になったとしても
> それは地獄の境涯ではないとかんがえています。
> 本尊を信じるこのことが絶対の境涯(仏界)で自分の心の境涯は相対的な境涯
ということです。
> ですからどんなに不幸に落ち込んだとしても本人に信心あるなら仏界だから
> よかったね感謝しろよという教義です。

実は、これ自身はすごく共感できるのですが。同じことを見ても、心の持ちようで
色々な受け取り方ができるということでしょう。般若心経の「色即是空、空即是色、
受想行識、亦復如是」を思い起こさせるのですが。でも、日蓮系の人たちが言うと
その言葉のままに受け取れない自分がいる。きっと目指す方向が「空」じゃなくて、
法華経と日蓮へのすさまじい執着だということでしょう。

662 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 20:53:42 ID:vm/kMs3Z
目指すところが「空」ていうのはおかしいかな。「空」と「色」が一体に
なったところかな。悟った身じゃないからよく分からないや。

663 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 21:42:35 ID:7Wh1rOfE
>>660
十字(むしもち)御書より、
「・・・仰(そもそも)地獄と仏とはいづれの所に候ぞとなづね候へば、
或は地の下と申す経文もあり・或は西方等と申す経も候、
しかれども委細にたづね候へば我等が五尺の身の内に候とみへて候、・・・・」

死んだ時が特に問題にされるのは、その人の人生の総決算の状態が現われるとされるため。
そして、その状態が最低でも空(無情)→未来世まで続く。
この間、自分でその状態を変えるのは不可能。
また、いつの未来世に人間に生まれるかという問題もでてくる。
さらに、仏法に出会えるのはまれであるとされる。(盲亀の浮木という例えがある)
しかし、仏法に拠らなければ自分の宿業を変えることはできない。

空(無情、体がない)状態でも苦しみ続ける(あるいは成仏して穏やか)というのは、理解しがたい。
しかし、色々な境遇の元に人が生まれるのを見ると、なるほどと思う。
因果の理法があるから、苦しんでいた一個の無情は縁に触れて有情となった場合でも同じような苦しみを味わうことになる。

664 :916:2006/10/31(火) 22:00:48 ID:4lgmlm3d
>>660
正宗では自己の心のもんだいとして地獄も仏界も心のうちにある。
生きてるうちは自分の心のありようでどうにでも変化するとときます。
 そして死んでからはまず妙法の裁きがありその後時を経て次の環境というか身の置き所
が決定し生まれ変わる、と言うカンジで説法してました。

ですからギャップがあるように見えますが本人たちはそう思いません。
常に娑婆に在るといっても人としているとは限らないわけですし。
本人たちは死後を恐れてるので他人の死相に敏感なんだと思います。

関連あるかわかりませんが、僧が大きな時空的視点やそれを超越した
まったく別次元の絶対的な視点からは
有情も非情もいっしょであるといってたので有情化して次の生の状態の
みに執着するのはまちがいと説法してました。非情の状態が圧倒的に
多いらしいので狭義の輪廻にとらわれるより自己の心を定めることのみ
に集中することが大事といってました。


665 :916:2006/10/31(火) 22:25:12 ID:4lgmlm3d
>>661
こころのありようで事象の受け取り方がことなる、というのは
そのとうりだとおもいます。
 しかし、わたしが言ってるのはその相対的な境涯を重視していなく本尊という
ものを信じるという行動=絶対的な境涯(成仏)としてるところです。
ここが重要なポイントと認識してほしいのです。
 つまり、ぶっころしてやる!と思っても信心あれば絶対的境涯の成仏はあるという
ことです。相対的な境涯の「ぶっころしてやる!」という反応は
宗祖もおもったことはいっぱいあるとおもいます。この反応は
成仏と直接関係ないといことです。


666 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:30:36 ID:QdDXeIud
神社の神札は一年しか効き目が無いようですが、日蓮正宗の御本尊はどれくらいで効き目が無くなるのでしょうか?
あと、辞めた人の御本尊を焼却するようですが、なぜ?御本尊を焼却するのですか?

667 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:35:15 ID:vm/kMs3Z
>>663 >>664

そうですか。自分の心の持ちようで変わらない状態になるから怖いんですね。
誤解していたみたいです。

668 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:49:43 ID:vm/kMs3Z
>>665
>  しかし、わたしが言ってるのはその相対的な境涯を重視していなく本尊という
> ものを信じるという行動=絶対的な境涯(成仏)としてるところです。
> ここが重要なポイントと認識してほしいのです。

言葉の並びを見ていると浄土宗、浄土真宗とよく似ているように
思うのですが。あちらも悪人でも阿弥陀仏の名を唱えれば極楽浄土に
往生できるんですよね(成仏じゃないですが)。絶対的な慈悲の象徴に
帰依するといった瞬間に仏の心と一体な訳で(たぶん)。そちらは、
絶対的な正法である法華経に帰依すると唱えれば、それは仏の心と
一体になるんでしょう。

>  つまり、ぶっころしてやる!と思っても信心あれば絶対的境涯の成仏はあるという
> ことです。相対的な境涯の「ぶっころしてやる!」という反応は

「ぶっころしてやる」といった愚かさと仏の境地の間で揺れても、法華経に対する信心が
あれば結局は仏の境地の方に行くということではないでしょうか。

669 :京洛:2006/10/31(火) 23:53:39 ID:a0IKX+hG
>>648
>わたしは正宗が本当に幸せになるんなら折伏しますよ

はじめまして。私は超過激派の父を持つ、2世なんちゃって信者です。
確かに本当に幸せになるのなら勧誘しますよね?

以前、私の友人が「京洛にもし宗教の勧誘されたら、入信しちゃうかもしれないよ」
と冗談で言われたことがあるんだけど、
俺は絶対やめなさいと言ったね。
(友人は俺がこの宗教の信者であることは知っている。)

将来結婚して、生まれてくる子供に俺みたいな思いをさせるなよとの思いを込めて・・・



670 :916:2006/11/01(水) 07:32:56 ID:yaB7+o1q
>>668
>「ぶっころしてやる」といった愚かさと仏の境地の間で揺れても、法華経に対する信心が
>あれば結局は仏の境地の方に行くということではないでしょうか。

はい、そうのとうりです。

おっしゃられる要素も多分にあります。そのうえで特筆すべきロジックとして
信じがたい教義として「本尊を信じることが仏界(成仏)」なのです。
ここが目を疑うような特異教義なのです。
 
 貴殿がおっしゃるのは相対的な心の有り様が仏界から地獄で揺れ動いても
信心で仏界に強制される働きだとおもいます。
 
正宗においては「信じること」ここのみを究極の解脱と定義するのです。
つまり正宗の成仏は個人の内面の心の有り様とは「別」ということです。

671 :916:2006/11/01(水) 07:42:00 ID:yaB7+o1q

「は?」ではないかとおもいます。
でもそうなんです。

狂信者はここを信じてます。おかしな団体を生み出す原因の最たるもの
>>670です。

なぜこのようなものを信じるに至るかは前述の正宗の巧妙な教義と
効率的なマインドコントロールと洗脳のシステムです。
勤行と唱題行をするものはこれを信じる心的な素地が形成されます。




672 :916:2006/11/01(水) 07:59:52 ID:yaB7+o1q
>>668
>言葉の並びを見ていると浄土宗、浄土真宗とよく似ているように
>思うのですが。あちらも悪人でも阿弥陀仏の名を唱えれば極楽浄土に
>往生できるんですよね(成仏じゃないですが)。絶対的な慈悲の象徴に
>帰依するといった瞬間に仏の心と一体な訳で(たぶん)。そちらは、
>絶対的な正法である法華経に帰依すると唱えれば、それは仏の心と
>一体になるんでしょう。

なるほど。わたしもそう感じます。

正宗では本尊の性能が違うから正宗でなければ 駄目!成仏しない!! といいます。
「いわしの頭も信心から」とかを喩えとして持ち出しよく何を信じるか
を論じ他宗の本尊の誤りを批判します。


673 :916:2006/11/01(水) 09:26:22 ID:yaB7+o1q
正宗でいう絶対てきな境涯を得た仏も人間としてあらわれる心は地獄から仏まで
因縁によりあらわれるそうです。「ぶっころす」「つらすぎて死にたい」
「どうしてもあれほしい」「SEXしたい」などの反応は成仏の境涯だろうと
起こると説いてます。正宗の成仏はそういう極普通の反応が消滅することではないのです。

674 :916:2006/11/01(水) 09:31:07 ID:yaB7+o1q
正宗の成仏は、人格とか人間の精神がどうとかということではなく
現の世界とは次元のちがう アルなにか の変化のようなのです。

675 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 17:02:25 ID:UQg88dth
複雑怪奇な団体に何故籍を置いてるのですか?

676 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 17:56:50 ID:hjO/kA1Q
>>613
続高僧伝の天台大師智の臨終の場面で
「便令唱法華経題。(大正大蔵経2060 567-b11)」
が見られ、天台大師も法華経の経題を唱えていることがうかがえる。

(その記事に前後して)
「於彼仏前命終。施床東壁面向西方。称阿弥陀仏波若観音。」(大正大蔵経2060 567-a26)
「又聴無量寿竟。仍賛曰。四十二願庄厳浄土。華池宝樹易往無人云云。」(大正大蔵経2060 567-b13)

また観無量寿経(大正大蔵経365 P345-c13)には
「此愚人多造惡法無有慚愧
 命欲終時遇善知識爲讚大乘十二部經首題名字以聞如是諸經名故除卻千劫
 極重惡業智者復教合掌叉手稱南無阿彌陀佛稱佛名故除五十億劫生死之罪」

かくのごときの愚人、多く衆悪を造りて慚愧あることなけん。
命終らんとするとき、善知識、ために大乗十二部経の首題名字を讃ずるに遇はん。
かくのごときの諸経の名を聞くをもつてのゆゑに、千劫の極重の悪業を除却す。
智者また教へて、合掌・叉手して南無阿弥陀仏と称せしむ。
仏名を称するがゆゑに、五十億劫の生死の罪を除く。

と、大乗十二部経の首題名字(つまり経題)を唱えることが善行として登場する。
十二部経とは経典の区分方法らしい
法華経が入っているかどうかわからなかったが、”大乗”十二部経なので入っている可能性は高い
ただ、経題に「南無」を冠して唱えたかは、わからない

677 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/01(水) 18:00:45 ID:+h+GEFBt
横レス失礼、ニュースです。


ソースの確認はまだですが、↓こんながソッカー板に出てました。


729 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2006/11/01(水) 16:05:59 ID:???
 巨大宗教団体創価学会名誉会長池田大作さんが
大腸ガンであることが明らかになった。池田さんは、23日壮年部大会前に
腹痛を訴え、その後も腹痛がなおらなかったため病院へいったところ
大腸ガンであることがわかった。池田さんは大腸ガン手術のため入院する
ことになった。これを、うけて創価学会は予定していた学会行事を
取り止め。年内休業とすることを発表した。




678 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 18:05:54 ID:pEgRoNlG
普通に考えてソースが書いてなけりゃ信用できんだろう。
しかもミニ北朝鮮の創価だ。年内休業ってなんだw

679 :916:2006/11/01(水) 18:13:52 ID:yaB7+o1q
>>675
はじめまして。冠婚葬祭に有用だからです。
それとなんとなくわかったんですが、わたしこういう分析好きなんじゃないかな
と最近おもうようになりました。

680 :名無しさん@3周年:2006/11/01(水) 21:43:53 ID:UQg88dth
>>679葬儀に利用する為に・・・ですか
と言うことは親が日蓮正宗で貴方もつき合いで?と言う事か

葬儀では日蓮正宗が一番良いのか?

681 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/01(水) 23:01:26 ID:2sV0P9/p
日蓮正宗の葬儀の目的はなんですかヽ(´∇`)ノ

682 :京洛:2006/11/01(水) 23:09:38 ID:rd5GHlj4
>>679
結婚式も?

683 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 06:14:23 ID:a6gCY+eG
>>676
> 十二部経とは経典の区分方法らしい
そこまでやるなら、具繰りませう。
経典においては、釈尊の説法の仕方が12種類あるとされる。
したがって、十二部経といえば一応は経典(経)全体のことを指す。

参考
十二部経 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%83%A8%E7%B5%8C


684 :916:2006/11/02(木) 07:41:21 ID:YMjWwwoT

 京洛さん、はじめまして。916です。

 わたしも似たような境遇です。
 >>682などは宗教色を完全排除しておこないました。
わたしの親も私のことを思って正宗の化儀を持ち出すことはなかったです。



685 :916:2006/11/02(木) 07:43:13 ID:YMjWwwoT
寺で結婚式はしませんでしたよ


686 :916:2006/11/02(木) 07:53:42 ID:YMjWwwoT
お大師様かまってチョ♪さん、返事するのひさしぶりですねw

葬儀の目的ですか。なんなんでしょうかね?
即答できませんね。なにげにむずかしいですよね、その質問。

ちょっと考えます・・

687 :916:2006/11/02(木) 07:57:27 ID:YMjWwwoT
>>680さん、遅くなりました。ごめんなさい。
正宗の葬儀が一番かどうかわかりません。
価値観でNO.1は違ってきませんか?
そういう意味では・・・う〜ん。
NO.1であってほしいとおもいますw願望ですがww

688 :916:2006/11/02(木) 08:00:13 ID:YMjWwwoT
連投ごめんなさい。

正宗は冠婚葬祭に支出するお金が少なくて済むと言う意味ではいいほうじゃないですかね?

費用 対 効果 では上位じゃないですかね?w

689 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 16:47:34 ID:HBuvHfhR
正しいか正しくないかなどと徹底的に線引きをしたってなぁ。
それこそ現代の白黒をはっきりつけるマニュアル時代にぴったりじゃん日蓮正宗。

690 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 16:50:31 ID:OUBXEziz
冠婚葬祭の費用って、正宗では安いのですか?
私の親戚で葬儀をした者から聞いたのですが、町内の公民館を利用し祭壇やらお坊さんやらで20万円で済んだとの話。近所の方から知人や親族やらが集まり、別に貧乏臭くもなく良かったとの事でした
公民館の利用価値なかなかだと思います。寺で葬儀は高いイメージがあるね

691 :京洛:2006/11/02(木) 17:31:27 ID:1aAq1pe6
>>689
日常生活で全然正しくない人達が、
自分達のみが、正しい、正しいって言い張るのがいただけないよな〜
この宗教って。



692 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 19:32:20 ID:OUBXEziz
正しいとかって人間の考えてる事が?だろ。位の高い方はくだらないって思う話になると思うよ

まともな方は正しいって言わない。

693 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 20:51:07 ID:KvpF+6pQ
他の宗教を腐すんだよな?日蓮正宗って。オウムと同じじゃん。

694 :Σ(ΩДΩ‖;):2006/11/02(木) 21:18:18 ID:6LGo1Eyc
意味もわからず唱えてる方々。
お偉いさんに意味聞いたら答えらんないぜ

695 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/02(木) 21:25:31 ID:ZxsUn4XW
>自分達のみが、正しい、正しいって言い張るのがいただけないよな〜
>この宗教って。

それ、ソッカー達にも言えることだけど・・・、法華経行者の哀しい性なんだろうね。

696 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 21:57:58 ID:OUBXEziz
正宗もそうだけど、他の宗教も自分の宗教が一番と言ってるがな。

697 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 22:32:50 ID:GnDmuem2
>>696
他の宗教って、具体的に言ってみてください作

698 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 22:44:14 ID:OUBXEziz
キリストや神社や真宗や天理やら

699 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 22:48:08 ID:isOR6/fR
自分のところが一番という宗教は多いけど、
他の宗教、宗派では地獄に行くというのは
日蓮系が際立ってる。要するに馬鹿なんだよ。
水でもかけとけばいいんだ。あんなやつら。

700 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 23:18:21 ID:89kW0cDl
それを俗に目糞鼻糞というのですよ

701 :名無しさん@3周年:2006/11/02(木) 23:43:27 ID:isOR6/fR
>>700
罵りが入る分だけ日蓮が鼻糞とでもいいたいのか?

702 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/03(金) 00:08:13 ID:7f3SFbib
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪
日蓮さん自体は凄いよね♪
後継者達が勘違いしちゃったんだよね

703 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/03(金) 00:26:46 ID:7f3SFbib
日蓮さんの生まれ変わりっていないの?
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

704 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 01:24:44 ID:VF1p17k7
↑生まれかわり

705 :京洛:2006/11/03(金) 07:10:43 ID:c118di6H
>>675
俺も葬式のためかな。


>>684
>宗教色を完全排除しておこないました。
>わたしの親も私のことを思って正宗の化儀を持ち出すことはなかったです。

私も結婚するときは宗教色0にしてやるつもりです。
父と対立することは必至ですが。

>>690
安いらしいよ〜
日蓮正宗ってあんまり金とらないんでしょ?
寺で葬式ってできるの?

706 :京洛:2006/11/03(金) 07:22:25 ID:c118di6H
>>693
宗教だけならいいよ。
普通の生活でも、自分の考え以外のもの、
自分の好み以外のものを思いっきり否定するからな〜
この宗教の体質がそうさせるのかもね〜
熱心に活動してる創価学会の人もそんな感じ人多いかもね。

そんな俺もそんな感じだったな。
よく”京洛って本当に自分勝手だよね”って言われたな。
あの頃は自分では俺ほど周りの人間を気遣ってるやつは居ないと本気で思っていたけどね。



707 :京洛:2006/11/03(金) 07:32:35 ID:c118di6H
世間の人間の大半は、本当に駄目な人間ばかりで、
そんな世間の駄目な人達を反面教師にしないといけない。

って父や家に来た青年部が力説してたけど、
寺で坊さんがそんな話をしてくれるのかな?

世間一般より、よっぽどあなたたちのほうが反面教師ですって思うね。


708 :916:2006/11/03(金) 07:58:01 ID:t0SFgenl
わたしも京洛くんと似たような経験しましたw

709 :916:2006/11/03(金) 08:17:12 ID:t0SFgenl
戒名で金はとらない。
御経代の金なかったら5万くらいからでお金あったら
好きなだけあげてください。
葬儀費用は別途葬儀社と話し合ってください。
葬儀の体裁がほしい場合は講頭に陳情に行って末寺の信者に動員かけて
もらえます。

710 :916:2006/11/03(金) 08:20:57 ID:t0SFgenl
動員力は末寺の力量によります。1〜2人のとこもあるし20〜50人
の動員かけれるとこもあります。
そして末寺で所属している管轄地区の活動の強弱にも動員力は影響されます。
同じ末寺内でも管轄地域の力量でさらに動員力に差がでます。

711 :916:2006/11/03(金) 08:22:47 ID:t0SFgenl
>>709>>710は正宗の葬儀についてです。

意味不明だった方すいません。

712 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 11:44:32 ID:/EscsIk9
他の宗教を肯定も否定もしなくていいと思うんだがな。
自分らだけが崇高だと他を排除するなら先に有るのは争いだけだ。
まぁ何だかんだ言ってもそれこそが正宗ならそれはそれで別にいいんだよな。

713 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/03(金) 12:13:15 ID:JwraLl0r
なるほど正宗にも良い面があるのですね。
考えてみると当たり前ですね、世界征服をもくろむ悪の組織じゃないんだから。
いままで自宗の正しさだけを主張する方ばかりだったもんで、そういった話が
聞けるのは新鮮です。
まあ、それは認めるとして批判すべきことは批判しますが。
比較が失礼かも知れませんが学会は好きじゃないけれど、学会にもいい面もありますし。

>>674
レスが前後しちゃうけど、一連の正宗の考えを読むと、どうも凡人には理解しがたいというか
私が漠然と思っていたイメージとちがうようです。
仏道修行とは煩悩滅却、六根清浄とかで純粋になり人として高みに登ろうとするものだと思って
いましたが、そういった感じでは無いようですね。
>現の世界とは次元のちがう アルなにか の変化のようなのです。
このへんは考察したいところです。
アルなにか の変化を一般人が見たときの一つとして「選民意識」を感じると言う人が多いですね。
悪い言い方をすれば、信仰が深い人は呼吸をするような自然さで人を見下すという印象を受けるときがあります。

714 :916:2006/11/03(金) 14:55:16 ID:t0SFgenl

オヤジさんがかんじられてるようにやっぱり
正宗以外のひとにとって正宗はやっぱり迷惑な団体であるのは変わりないと思います。

正宗の信心というものを外部から理解するのは難しいのかもしれません。
論外すぎて想像を絶するぶっ飛び具合なので何度確認しなければなりませんから。



715 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 15:24:46 ID:KzmJKpQI
正宗信徒ですが、今月から知人の学会員の贈呈で聖教新聞を読んでいます。もともと学会だったので違和感はありませんが、正宗信徒のまま学会の会合に行ってみようかなと思っています。こんな僕は変わっているでしょうか?

716 :名無しさん@3周年:2006/11/03(金) 17:47:27 ID:SlGYOv14
>>715行ったり来たりしてる方もうちの支部には居ます、喧嘩をしにいく訳では無いので俺個人的には良いとは思うが、学会へ行く必要が無いかと・・・折伏の意味なら良いんでは?

あまり両方の洗脳に乗らず行くのがベストだろうね

717 :916:2006/11/03(金) 18:32:57 ID:t0SFgenl
>>715
人によるとおもいますよ。

思考回路のすりかえ(マインドコントロール)の影響は免れないことを念頭に
おくべきです。高レベルのマインドコントロールのシステムに影響をうけない
人は実験上コミュニケーションの手段がない人にかぎられるので気をつけましょう。

ただ私はいろんなものに興味を持つことはいいことだとおもいますし、
敵対組織を自分で体感するのも大事だとおもいます。


718 :916:2006/11/03(金) 18:49:02 ID:t0SFgenl
>>716
折伏以外の理由で創価の会合に行くことが
あまり好ましくない理由はなんですか?

よく趣旨がわからない文章なので誤読してたらすいません。

719 :916:2006/11/03(金) 19:00:15 ID:t0SFgenl
アル何か とはアインシュタイン的にいうとダークマターとかダークエネルギー
みたいな地球上にない物質やエネルギーを言っているのかもしれませんし、
人間が存在する時空上にそもそもない別次元に存在する法則や物質・エネルギー
としか理解できないものですね。

720 :916:2006/11/03(金) 19:03:26 ID:t0SFgenl
うちのご本尊は すべてに超過せしモノ であるという定義です。

721 :京洛:2006/11/03(金) 20:09:37 ID:c118di6H
>>715
勤務先の近くにあるキリスト教の教会で、うた会?合唱?みたいなのをやってるので、
いちど見に行きたいな〜とは思ったことはありますけど。

よく駅前で、外国人の牧師さんが替え歌を歌って勧誘してたんだけど、
その歌声が癒させるんだ〜
仕事で疲れているときには非常にイイ(・∀・)!!


私は以上の理由で教会に行ってみたいと思うように、
715さんも行ってみたい理由があれば、行ってみてもいいんじゃないでしょうか?
創価学会のほうがいいと思ったら、鞍替えするのも手だと思うし。

結局は715さん自身。

722 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 00:14:16 ID:3qH+g19o
>>698
テキトーこいて誤魔化すなよ。


723 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 00:20:01 ID:o69WLiEB
何だかんだ言ったって日蓮正宗はおとなしいと思うよ、うちの住職は中学生の娘も居る所帯持ちで、俗世間との話も合う凡不だ。

社会情勢には敏感で、地元企業の倒産情報も早い。私に「まぁ、仏法なんてものは〜」みたいな感じて言ってくるので個人的に好きだ、面白い人間だ

724 :916:2006/11/04(土) 07:36:25 ID:xueer3Ci
たしかに僧侶の個性はとてもおもしろいです。
教養もあります。社会の情報も豊富です。仏法以外の専門の趣味の分野も
それなりに追求していて造詣は深いし。
人間的にも基本は温和な性格です。
筋を通した骨のある部分もありますし仏法以外はとても柔軟な思考をします。
 
 仏法以外 はですが・・・


725 :京洛:2006/11/04(土) 08:45:26 ID:fkqbyTN9
>>723
うちの住職も娘さんがいて、723さんが言うように社会情勢に敏感で、
なかなかおもしろい人だよ。
かなりクールな性格の人だけどね。
宗教以外の友人が多いみたいで、”あの人とこんなことしたよ〜”って話をよくしてたな。
俺も好きなタイプの人間だな。

しかし、熱心な過激派の信者は、世間知らずが多いのだろう?
実は勝手に信者レベルで暴走してる?



726 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 09:32:51 ID:DjE3cRe3
他を叩いて潰してウチだけが正しいと説く。それはマルチ商法の洗脳トークと同じ。
マルチ商法が真似をしたと言った方が正しいな。
こうなれば単細胞の信者なら憑かれたように言うとおりに動く。

727 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 12:08:03 ID:o69WLiEB
信徒レベルだけが熱くなってるのだと思うよ、以前単純な質問を住職に訪ねたところ「本尊とは何ですか?」
「日蓮大聖人の悟りだ!」と言った。その通り開祖なので表現方法の一つ、まともな事を言ってるが、信徒レベルになると付け足しが増える。
「大宇宙」やら「国宝」やらで・・・解らなくもないが

728 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 12:30:01 ID:JSHVCfNh
ここ見て思った。
層化と正宗って思考が同じですね^^^^

729 :名無しさん@3周年:2006/11/04(土) 20:38:23 ID:n5J7i5sd
 現在も続く秋田県等の大量殺人風習:現実化した悪魔社会
〜大量の赤ん坊や老人を殺して喰い自然死扱いする秋田県民達〜
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-391

なお、比喩ではない

730 :916:2006/11/05(日) 00:29:23 ID:QXnIRffq
たしかに信徒が暴走しているかもしれませんね。
暴走してる人は自分が暴走しているとおもってないでしょうけど。
教義がおかしすぎるからでしょうか?
教義をもちださなければいい人ばかりなのにもったいないですね。
宗教って怖いです。

731 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 01:18:34 ID:N4Qgsd5s
ここの宗教の人は皆が皆狂信的な信者なのでしょうか?

732 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 03:56:49 ID:IGvWksn4
つまり確信犯ってことだね。自分は間違っていないと思い込んでる。

733 :916:2006/11/05(日) 07:34:12 ID:QXnIRffq
>>731
みんながそうだとはいえないのではないでしょうか?
ただ客観的に外部の人に評価いただくほうがよいかもしれません。
 
 内部の人間として答えさせていただきますと、狂信者(特異な自尊心を持ち確信的に折伏する者)
は名簿数全体の1%以下だとおもいます。
 ただ狂信者の下にきわどい盲信者(盲目的に信じ折伏する者・論理思考なし)
が名簿数の4%以上存在します。これらは私の感覚的なアバウトな数字です。

ただ地方部の名簿上の信者数の情報に触れることができますので、これを行事参加信者
で割って算出した概算です。

734 :916:2006/11/05(日) 07:40:43 ID:QXnIRffq
>>732
わたしもそうおもいます。

735 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 07:44:09 ID:WMdFGGnf
正宗は学会員を折伏していますが、学会から正宗に改宗する人はいるのでしょうか?
聖教新聞を見ると法華講員が相次いで脱講していると書いてあったのですが…

736 :916:2006/11/05(日) 07:55:13 ID:QXnIRffq
どうでもいい話なんですが
わたしは昼前の「相棒」っていうドラマを週にい1〜2回みるのですが
キリスト経の刑事が事件を解決していくんです。
なんだかそれをみるとキリスト経っていいなというイメージがわくんです。
だから正宗を信じる仲間もイメージを大事にしなくては
いけないとおもいますよ

737 :916:2006/11/05(日) 08:01:25 ID:QXnIRffq
>>735
学会から正宗へ改宗する人はいます。それはまちがいありません。
しかし、どんどんその数は減少しています。いまは自慢げに宣伝できるほど
いませんね。

逆にいまは正宗から学会へ改宗する人が際だってきています。
聖教新聞の書いてることは言いすぎの面もあります。
しかし、聖教に嘘を書いてるとは言えないですね。


738 :916:2006/11/05(日) 08:05:45 ID:QXnIRffq
最近の学会は勤行・題目をしなくなったと聞きます。
そうであれば正宗からの毒性の強い教義は薄れるのではないかとおもいます。
それでも価値観が変化するわけではないので性質が激変するとはおもいませんが。

ある程度 親和的な側面が強調されてくるのではないかとおもいます。


739 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 08:20:47 ID:OFNJ2/l5
 現在も続く秋田県等の大量殺人風習:現実化した悪魔社会
〜大量の赤ん坊や老人を殺して喰い自然死扱いする秋田県民達〜
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1144854495/300-391


740 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 08:35:20 ID:WMdFGGnf
正宗の池田さんの批判は本当ですか?
私は何度も池田さんの話を聞きましたが、悪い人には見えないのですが…

741 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 09:18:25 ID:PPKfET1O
>>731
大半はなんちゃって信者じゃない?

>>732
熱狂的な信者はそう思ってるね〜

>>736
頼りになる人とか、容姿がイケてるだとか、格好がいいとか、
いろいろ憧れる人っていますよね?
人間、いろいろ価値観は違うけど、
そういうのって凄く大事だと私は思います。

日蓮正宗の人間が、
自分達のみが正しいくて、世間の殆んどの人間はダメなやつだ。
正しい宗教はこの宗教のみしかなく、折伏したいと思うのなら
“この人みたいになりたいな〜”と思わせる要素は必要だと私は思います。

正直、この宗教の信者を見ていて、
“この人みたいになりたいな〜”って思いますか?
実際はお世辞でも思いませんよね?
逆に“こんな人にだけはなりたくないわ〜”って私は思いますね。
イメージは凄く大切なファクターだと思いますよ。

742 :京洛:2006/11/05(日) 09:43:55 ID:PPKfET1O
>>735
このご時世で、創価に入るひとなんているんかいな?

しかし創価は一般受け悪いよ〜
まあいい話は聞かんね〜
会員数、新聞の部数、署名?の数増やす為ならなんでもありか?と。


743 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 10:07:03 ID:WMdFGGnf
霊友会は一般世間ではどう思われていますか?

744 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 11:33:27 ID:IGvWksn4
>>743
コカイン問題、法華経軽視発言による立正佼成会や妙智会などの
亜種分派を生んだ元凶。宗教的に見れば血脈のない新興宗教。

>>741
ほぼ同意。ただしイメージ本位で振舞うのではなく、
あくまでも本人の元々の心根、機根が備わってないとムリだろうね。
特に学会員はそれを意識してる人もいるが非常に不自然に振舞うんだよね。

745 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 12:17:45 ID:WMdFGGnf
正宗信徒の意見を聞いてるんじゃない。まあ正宗は世間には知られてないから悪いイメージはないだろうけど。だいたい他宗を邪宗という宗教は宗教ではない。本当の宗教は他宗に対して寛容であるべきだ。

746 :京洛:2006/11/05(日) 12:32:09 ID:PPKfET1O
>>745
数ある信仰宗教の1つって感じかな?

あんまり悪いイメージはないんじゃない?
っていうよりイメージ薄かな?

普通の話の中で霊友会の話なんて出てこないし。

仲のいい友人で霊友会の人居るけど、全然普通だよ。
そいつは熱心じゃないけどね。




747 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 12:34:58 ID:PPKfET1O
746は霊友会のイメージね〜

748 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 13:07:35 ID:IGvWksn4
俺は正宗信徒じゃないよ。

それに宗教界一般の通念では、他の宗教が一般社会と
齟齬をきたすような間違った理念や行動をしてるなら、
それは邪宗と呼ぶ。したがって創価学会は法華邪宗といわれる。
それは宗教に対する寛容・不寛容とは別問題だ。

ただ霊友会の信徒は悪いイメージはないね。
コカイン問題などで邪宗といえるかどうかは微妙なところだが。


749 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 13:51:48 ID:WMdFGGnf
そうですか。けど、創価学会ってそんなに悪い人が多いんですか?

750 :京洛:2006/11/05(日) 16:31:07 ID:PPKfET1O
>>749
根はいいんじゃない?
ここも選挙運動するぐらいのレベルの信者だと、
二癖、三癖ありますなあ。

相手に主旨・内容を伝えずに、嘘をついてまで、署名、勧誘するのはいかがなものかと思うね〜

これも一部の信者暴走?

751 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 18:05:38 ID:GSA13Zzi

例えばこの「百禍繚乱」を読んだらカルトと思うよなぁ。
この宗教に入りたいと思う人は、ひたすらに疑心暗鬼な人か、プライドの高い人だと思うな。
一般的にとっつきづらいタイプの人さ。

http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/main.html

752 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 19:13:07 ID:d26hhsbU
>>751
そのページはすごいよね。日蓮正宗以外は、新興宗教から
既成仏教までことごとく邪法だと言ってるもんね。
日蓮系の宗派には多少は親近感を感じてるかと思いきや、
やっぱり邪法と断じているところを見ると近親憎悪なんだろうか。
馬鹿の系譜はお互いに反発しあい、ののしりあうのが運命だね。

753 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 20:21:03 ID:IGvWksn4
百禍繚乱はどこからネタ拾ってきたかわからないけど事実誤認も多いよ。真如苑とかね。

ただし日蓮宗と日蓮正宗は近親憎悪といえないように思うなぁ。
五重相対とか文底秘沈の解釈のあるなしで、日蓮の捉え方が全然違うと思うし。

754 :916:2006/11/05(日) 21:10:11 ID:QXnIRffq
>>751
ほんまイタイわぁ〜・・・泣きそうになる。

755 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 21:33:46 ID:5fsP3QtQ
トップページの
宗教とは精神修養や哲学、道徳論ではない
と述べた直後に
どう見ても哲学、道徳論、思想の領域でしかない持論を展開してる時点で痛々しい
このスレの最初らへんにいた3.19みたいな人は好きだろうな、こういうサイト

756 :916:2006/11/05(日) 21:51:49 ID:QXnIRffq
そうそう正宗の仲間に一ついいたかったことがある。

つごうのわるいことを無視しないで。


757 :京洛:2006/11/05(日) 22:16:09 ID:PPKfET1O
>>751
こんなサイトあったんだ(・∀・)

5年以上、日蓮正宗の会合に出てないけど、
いまでも他宗を小馬鹿にしたような寸劇やってるのかな?

758 :名無しさん@3周年:2006/11/05(日) 22:21:37 ID:AsC1H1fm
学会よりはマシです!

759 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/06(月) 01:04:28 ID:NTyxTcpK
学会の公式HPを見ると地域との融和方針や活動、思想の良い面を押し出し
イメージアップを図っている様に見え、このHPに関しては悪い印象を受けません。
立正佼成会では世界の平和活動、関連サイトでは中越地震などの救済活動を大きく
アピールしています。
対して正宗公式HPはそっけないというか、会員以外見る所が無いですね。
つっこまれそうな内容のコンテンツは正宗入門にあるし。

立正佼成会は正宗系と違う団体だからおいといて、正宗、学会HPとも外部リンクしていません。
百禍繚乱、破邪顕正、など過激な各正宗信徒サイトから公式HPにリンクはあるが、相互リンク
しているわけではありません。
個人サイトでは、一個人の意見であるから正宗公式とは違うといいながら他宗批判、正宗理念を
説いている。
百禍繚乱や正宗入門は何年も前からあるのだし間違ったことを言っているなら注意すべきだし
かってにリンクするなと言うべきでしょう。(リンクフリーとはうたっていないし)
学会も正宗もリンクするとき許可を取れといわないの?

どうもこのへんも、うさんくさいというか・・・
過激な他宗攻撃は容認して、ももしものとき個人サイトだからうちは関係ないと言いそうで。

760 :916:2006/11/06(月) 09:26:51 ID:00iSCjoL
>過激な他宗攻撃は容認して、ももしものとき個人サイとだからうちは関係ないと言いそうで。

こういうことはこれに止まりません。
サイト運営にかかわらず不法行為や脱法行為など宗門に都合の
悪いことは宗門に責が及ばないように複線はるのが肝心と外護の信者の役目と自然に
発想します。
宗門の汚点など汚いことを被ることが出家をしなかった
俗のせめてもの誠意であると信心ある人はみんなおもってるとおもいます。

761 :916:2006/11/06(月) 09:38:34 ID:00iSCjoL
百花繚乱の信者などはこのサイトで問題を起こしても「おれが勝手に正宗の許可なくやっているから
正宗に責任はない」といいはるでしょう。

自分が盾になって正宗まもっているんだと自己陶酔しているとおもいます。
このような発想は正宗の教義がそうのように誘導しているのです。
宗門からみれば百花繚乱などは折伏とみえるでしょう。
この信者は指導のとおり折伏やってるだけです。

このような折伏のやり方はどうみても卑怯な手口ですね。
宗門はこのような信者に対して規制をするとそれは折伏の規制に
なるのでできないはずです。

762 :916:2006/11/06(月) 09:45:33 ID:00iSCjoL
この百花繚乱はサイト運営者が正宗信者ということと正宗の折伏の
啓蒙を考えれば正宗と関係ないなどとは通用しないのがわかるはずです。
しかし、この運営者は自分がどれだけみっともないこと言ってるか
そんなこともわかってないみたいですね。

もし宗門がこのサイトは正宗と関係ないなどというのならこれは大きな問題になりますね。




763 :916:2006/11/06(月) 10:01:50 ID:00iSCjoL
百花繚乱の運営者は「このサイトは正宗の信者である私が正宗の折伏推進の
実践として行っているものだ」と「わたしは事実を言っているまでだ。
批判や何か問題があるなら正宗の信者の私に言え!正宗が相手になる!」と
いうのがかっこいいとおもいます!


764 :916:2006/11/06(月) 10:17:47 ID:00iSCjoL
正宗は折伏を啓蒙するに当たって当然自己以外のすべての思想と対決
することは覚悟していなければなりません。
ですから啓蒙されて正宗宗門の教唆により折伏している信者が引き起こす
問題はすべて正宗に帰属する理解していなければなりません。
百花繚乱のような信者の放置は「故意」ということになります。
そのようなことは想定していなかったと主張しても「未必の故意」
は免れないでしょう。


765 :916:2006/11/06(月) 10:22:31 ID:00iSCjoL
もっと言えば 信者が確信的に折伏を行い他人に損害を与えれば
民事上責任が発生します。折伏のガイドラインがありませんし
現在の啓蒙の実態からその責務の発生は当然だとおもます。

766 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/06(月) 15:08:11 ID:s5T6mu2b
常不軽菩薩品っての知ってますか?

767 :916:2006/11/06(月) 22:39:00 ID:00iSCjoL
>>766
いちおう知ってます。

768 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/06(月) 22:41:11 ID:s5T6mu2b
日蓮正宗の教えに合わなくない?

769 :916:2006/11/06(月) 23:19:07 ID:00iSCjoL
うん。おれもそうおもう。
あわないよね・・・逆に「おめえらはだめだ!地獄行きだ!」
だもんね


770 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/07(火) 01:26:53 ID:+KiATcbk
>733
話がそれるが、ちょっと計算してみた。
正宗信徒を30万人として4%とはどのようなものか、平成10年の犯罪白書との対比。
(認知件数→殺人から万引き、交通事故による死傷を含む刑事罰になる犯罪発生件数。
ただし、検挙された人数ではなく犯罪発生件数である。日本人口1億2千万として計算)

     正宗盲信者      犯罪認知件数
総数   12000人          2690000件
比率     4%             2.2%
     信徒25人に1人       国民45人に1件
交通関係を除くと1.6%の犯罪発生率です。(59人に1件)
こうやって見ると犯罪って多いんだな。計算間違っていないよな。間違っていたら指摘よろ。

犯罪件数と盲信とはいえ犯罪を犯していない信徒との比較は強引だが、正しい道を説き
歩むべき信徒。
4%を少ないと見るか多いと見るか。

771 :916:2006/11/07(火) 08:21:17 ID:JqJLCweg
>>770
オヤジさんおはようございます。

4%とは最低と言う意味です。
毎月の御講参詣者ということでならこの2.7倍くらいです。
よくて3倍(12%)です(試算そのものがアバウトですが・・・)

この4%のひとはやはり勤行・唱題をしています。
世間からみてこれらの人は 濃い 信者数です。

772 :916:2006/11/07(火) 08:29:13 ID:JqJLCweg
この4%の人は必然のワケがあるようにおもいます。
全員ではないでしょうけど信心しなくては精神がおかしくなるような外的環境に置かれているとか。
それか被暗示性の高い人か(催眠術とかにかかりやすい人)ではないかと
観察していておもいます。


773 :916:2006/11/07(火) 08:33:58 ID:JqJLCweg
>>770
>犯罪件数と盲信とはいえ犯罪を犯していない信徒との比較は強引だが

たしかにそうですね。
しかし、こういう特異な行動をする人達は社会において少数派で
その割合は類似的な%を示す傾向にありますから。
的を得ているとおもいます。

774 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 08:40:52 ID:+YgM0zIg

自分は正しい。理解しない奴は哀れな奴だ。馬鹿だ。不幸だ。救ってあげよう。
こんな性格の方には正宗をお薦めします。あなたにぴったりです。

775 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 12:15:07 ID:2whLmxPB
>>766-769
常不軽菩薩品が法華経成立史においてどのあたりに創作され、
または編入されていったか?だと思うけど、
第一類と大二類に大別されるらしく、常不軽菩薩品は第二類の
比較的新しい方の分類らしい。

ただ、法華経には排他的あるいはセクト・カルト的な側面は随所に出てくるけどね。

776 :916:2006/11/07(火) 15:44:55 ID:JqJLCweg
>>775
そこまで詳しく理解してませんでした・・・・
もうすこし理解を進めてきます。

ありがとう、ためになりました。

777 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/07(火) 15:50:05 ID:pgUFoQB7
777ヽ(´∇`)ノ
これも功徳ですか?
ナミョホレゲッキョ♪

778 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 16:03:23 ID:KXXv39Oa
生老病死とお釈迦様

779 :名無しさん@3周年:2006/11/07(火) 17:54:50 ID:khN6CxQ9
自分さえ良ければそれで良い。
大災害が起きれば信者が第一。他は二の次。正宗はそれが正義。

780 :916:2006/11/07(火) 22:12:41 ID:JqJLCweg
なんとなく漠然と聞きたいことなんですが
正宗の仲間は信心によりどんないいことがありましたか?
もしあれば教えてください。
なるだけ具体的に教えてほしいです。
面倒ならスルーしてください。

781 :916:2006/11/07(火) 22:24:54 ID:JqJLCweg
いまの政府や政策がありますがもし広宣流布いまできたとしたら政策は
どう変化していくのですか?
また日本の実態経済・産業はどのように変化
していくのですか?
通貨管理やマクロの経済政策はどう変化しますか?
外交諸問題として日米同盟や核の問題はどうあつかうのですか?
教育問題・歴史認識はどう認識していると世界へ表明しますか?
今現在の日本の現状を考慮して自由主義経済や社会主義経済どちらを支持しますか?
脳死についてどうおもいますか?
クローン技術などの人間への応用についてどうおもいますか?
税制について正宗の見解として逆進性の強化か累進性の強化どちらが
教義にかないますか?
憲法九条はどういうスタンスですか?

そのほか今の現体制で改善すべき箇所はどこでしょうか?
正宗の教義の上から意見あればおねがいします。



782 :京洛:2006/11/08(水) 00:01:18 ID:fWo2UtcT
>>779
だから、大震災が起こったとに創価の責任にするんだな〜
なるほど〜



783 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/08(水) 02:43:46 ID:FJjfcEFe
>>781
私としても信徒の考えを聞きたいところですが、答えてくれる人がいない・・・
前スレでも似た質問があったときの答えは「時がくれば」との事でした。
時が来れば上人よりの指導が有る又は広宣流布の時に人々の心が一つになれば
自然と解決する(共産主義か?)と言った具体的ビジョンのないものでした。

11/3更新の正宗入門に御法主日如上人猊下御指南があり、多々疑問点はあるが上記に関する点で。
先に言っておくと信徒個人の発言ではなく日如上人の発言がupされているのです。
ttp://www.geocities.jp/hokkeko_jp/geika68_menu.htm

将来におけるビジョンも理念もすべて折伏に集約されているように感じます。
>真の解決策も見出だせずに不幸と苦悩に喘ぐ多くの人達を救済していくところに、
>地涌の菩薩としての尊い使命が存するのであります。
では真の解決策、人々の救済、慈悲とは、つまるところ折伏だ言うことらしいです。
多くの不幸な人々を救い、国を救い、世界を救うこととは平和活動や慈善救済活動ではなく折伏であると。
折伏さえすれば、ばら色の未来が開ける(具体的にどんな世界になるかは不明)広宣流布すればすべてが
解決するとの事です。
続く

784 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/08(水) 02:48:54 ID:FJjfcEFe
続き
どうもこのへん916さんの アル何か の一つではないかと。

たとえば何かの行事のとき晴天になったとき仏様の力によって晴天になったとか
聞くことがあります。(一般人も日ごろの行いが良いから晴れたとかは言いますが)
因果を説く人がなぜこのような事を言うのだろうかと疑問があった。
天候を自分たちの意思によって決められることの意味が分かっているのだろうか。
治水や防災のレベルではなく、自分たちの行事の都合で天候を意のままに操る。
日蓮は雨を降らせたようだが、エネルギーで核兵器をはるかにしのぐ気象兵器は
おそるべき戦略兵器となりえます。
祈りで雨を降らすことで一国を滅亡させることも可能です。
そのような強大な力を得られるとしてなにがしたいのだろうか、人が手をだせる領域なのか。

願ってかなわざるものは無し。って
超自然的な力で何かを解決したいと願うことはその力を操りたいってことと同意ではないのか。
おおげさではあるが、気象や人の心、諸天善神すらも操ることが人々を救済し平和な世界を作る
ことなのだろうか。
そして、そのための具体的方法が唱題と折伏・・・

785 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 07:36:59 ID:dimEz6yn
「信仰すれば個人的な苦悩が解消され、少欲知足になって紛争も収まる」
という思考じゃないかな?
社会問題に対して、問題の社会的構造を変革することより、
被害者が被害を試練として受け入れることを主張するのは
江戸時代を経た日本仏教の特徴でもある

お上に逆らうという思考は生まれない

786 :916:2006/11/08(水) 07:40:56 ID:17qGsHKW
>>782補足

阪神淡路大震災のとき正宗は兵庫県で創価による大量の正宗ご本尊廃棄が
大震災の原因だと言い切っていました。

大震災のとき正宗信者の死者がいなかったことあげて「やはり正宗信者は
護られている」とほとんどすべての信者(行事参加するような信者限定)
言っとりました。
当時大量の死傷者が出ていましたが「ご本尊誹謗の罪の現証がでた!!!」
と大真面目で言っとりました。あの時はほんとうに気違いとおもいました。

そのご救援活動も正宗はしましたがわたしは「なんなんだこいつら・・・」
とおもいました。このときの印象は大きく私のなかに残っています。


787 :916:2006/11/08(水) 07:46:42 ID:17qGsHKW
>>785
>「信仰すれば個人的な苦悩が解消され、少欲知足になって紛争も収まる」
>という思考じゃないかな?

なるほど。わかりました。

>社会問題に対して、問題の社会的構造を変革することより、
>被害者が被害を試練として受け入れることを主張するのは
>江戸時代を経た日本仏教の特徴でもある

そうなんですか。いままで知りませんでした。


788 :916:2006/11/08(水) 07:56:54 ID:17qGsHKW
>>783
なるほど。そうなんですか。

>時が来れば上人よりの指導が有る又は広宣流布の時に人々の心が一つになれば
>自然と解決する(共産主義か?)と言った具体的ビジョンのないものでした。
なんか正宗の柔軟性にかける体質をかんじますね。
こんな発想では事象に対し機動的に対処できないでしょう。

折伏に集約されてるのですか・・・・そうですか。なるほど・・・
自己満足されてもこまりますよね。
もっと洗練された回答を頂きたいものですね。



789 :916:2006/11/08(水) 08:09:38 ID:17qGsHKW
>>783
正宗のいう真の解決策とは「折伏」や「信心」でしょう。
世間の人はこれらに解決する力がないからそうしないだけだと
理解できないんでしょうか?

正宗が提示する解決策で正宗の組織内は現在の社会より幸せな
結果がでていますか?
出ていませんよね。

正しい団体であるはずの正宗という組織がぜんぜんだめだめな結果しか
残せていないのは「正宗の解決策があやまりであるから」ではありませんか。

トップが自らを分析することもできないのではだめですね。

オヤジさんは正宗のジコマン回答によく切れませんね。



790 :916:2006/11/08(水) 08:19:07 ID:17qGsHKW
>>784
そうなんですか。

あれですね、さっさと諸天の奇跡発動して世の中良くしてほしいもんですわ。

ほんと馬鹿ですね。

791 :916:2006/11/08(水) 08:21:40 ID:17qGsHKW

オヤジさんになんかあたってるような レス になりましたこと。
お詫びします。

初めての方、 誤解 してしまうようなレスでもうしわけないです。


792 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 10:05:34 ID:BWbdPg84
>>786
>阪神淡路大震災のとき正宗は兵庫県で創価による大量の正宗ご本尊廃棄が
>大震災の原因だと言い切っていました。

こういう狂宗教をカルトと言わずして何と言おうか。スカラー波と五十歩百歩。

793 :京洛:2006/11/08(水) 12:26:37 ID:qjsMng7H
>>786
阪神大震災で、創価の人が多数死に、
日蓮正宗の人は一人も死ななかったって、本当の話なんですか?

当時、創価の人は、仏壇が倒れてきて、それに挟まって死んだ、
逆に日蓮正宗の人は、仏壇は倒れてきてきたが、仏壇が覆い被されることによって助かった。
みたいな話を、父が毎日のように得意気にしてたな〜。

一度、“正しい宗教だと主張してる人間が、人の不幸をネタにするのはいがなものかと思う”と
俺が言ったら、
“宗教別での死者数の統計がでてる。
本当のことを言って何が悪い”
って必死こいて言ってたな〜


794 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 12:34:22 ID:dimEz6yn
>>787
江戸時代から二次大戦終了まで、お上に逆らう既成仏教教団なんてなかった

>>793
>“宗教別での死者数の統計がでてる。

あるならみてみたい
でも、創価を含むその他の宗教と正宗じゃ母数が違うしなあ

795 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 16:21:09 ID:v5PenkKT
宗教別での死者数の統計って本当にあるの?誰が調べるんだ?
各宗教それぞれの自己申告なら信用に値するものにはならんだろうし

796 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 21:36:00 ID:ZUi9uWK7
はたから見てると正宗も創価も同じように信者の温度が気味悪い。

797 :京洛:2006/11/09(木) 00:03:22 ID:fWo2UtcT
今日も竜巻のニュースを見ながら、
○○××のごとし・・・
って何かブツブツ言ってました。

そのうち、創価がなにかやらかして竜巻が起こった。
統計によると創価がたくさん死んだ。みたいなこと言うのかな〜


798 :916:2006/11/09(木) 07:48:26 ID:NGcwTL+I
京洛くんのオヤジさんは濃いみたいやね。

>>792
まだスカラー波のほうがマシとおもう。
響きがかわいい分ね。

>>794
そうなんか。ありがとう。なんかそういえば学生のときそんなことチラッと
勉強したん思いだしたよ。
 いろいろ勉強になります。

宗教別死者の統計か・・・・そういうのがあったとしても
そんなキワモノの統計出してきたら信用失うとおもうが・・・・

799 :916:2006/11/09(木) 07:55:13 ID:NGcwTL+I
>>795
やっぱりどっかにはありそうな気がしません?
統計の存在が捏造だったらえらいことだ。

ぶっちゃけた話ですけど正宗の信者の出す客観的な情報「らしきもの」
は信用してはいけません。
恥ずかしい話ですが正宗は自己正当化の
偏向的な精神的負荷が働いていますから、また聞きのマタ聞きでの
架空の話を「だれだれが言っていた」と言う風なカンジで人に話します。
まちがってたら「だれだれがそう言っていた」と無責任なコと言い出します。
だからまともに聞かないほうがいいです。


800 :916:2006/11/09(木) 07:58:38 ID:NGcwTL+I
>>796
私もまったく同感です。

カノンさん元気にしてるかなぁ・・・・
といってみるテスト。

801 :916:2006/11/09(木) 08:02:55 ID:NGcwTL+I
そうだ京洛君へ

創価はかなり親和的な方向に変質してきてるよ。
オヤジさんのHPの件とかもかなり印象よくなってる。
それからね、僕のおばさんは創価なんだけど人が変わったように
人あたりよくなってた。
創価は僕もきらいです。でもなんか雰囲気はよくなってたよ。

PS 創価の宣伝ではありません。

802 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:38:10 ID:ADZF9b/K
わざわざ宗派を変えてまで入門した奴がいるんだけどどこが良いのやらorz


803 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 12:54:50 ID:YoiEV4EO
信者でもなんでもないんですが
正宗で死者がでなかった云々の話、コワイですね。

仮に正宗で死者が出ても、不信心者だからという理由にされるんでしょうね。
はたから見ると、オウムや創価なんかのカルトと本質的に一緒に見えます。

804 :京洛:2006/11/09(木) 13:36:30 ID:fGktH7A1
>>803
ちゃんと信心してないからだ。
で、片づけられるでしょうね。

805 :名無しさん@3周年:2006/11/09(木) 14:08:45 ID:zd5XYocC
洗脳系の宗教は恐いですよぉ。
知ってる人は日蓮正宗に改宗したら以前の仏壇を家の前でわざわざ滅茶苦茶に破壊したそうですから。

806 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/09(木) 16:47:17 ID:ZYb6NbRJ
ソカなんて改宗したら仏壇ドラム缶の中で焼いてたからね…
正直ビビッタ(-_-;

まぁ、普通に仏教やってても色んな不幸重なってソカにする人もいるから…


807 :おりょ、、、:2006/11/09(木) 16:49:21 ID:B8AdUwYu
なむさん、、、、ここ、こわいなあ、、、、

808 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/09(木) 17:41:35 ID:i8TFe7lQ
>>806
久しぶりです。家にあがり込んで神棚外すって話は聞いたこと歩けど・・・何で仏壇焼くのよ?

809 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/09(木) 17:48:58 ID:ZYb6NbRJ
ソカの仏壇にするため?


810 :外道凡夫 ◆Nd9tI7EP4M :2006/11/09(木) 17:50:55 ID:+cQsz5td
>>806
南無金さんお久ですー。常不軽のハナシがあったんできますた。
>>801
916氏はじめまして顕正アンチの外道です。常不軽のハナシがあったんで。
前につっこんだら逆ギレされたんだけど「安楽行品」は一般に正宗では
どんな位置づけですか?コレをネタにハナシならいいよと顕正ヤシに言ったら
折伏を向こうから誘ってきたのに断られますたw
ソウカは選挙がらみが多いので外面はよくしてるです。だが、新聞は顕正とかわらんです。
毎日毎日カネでイケダの勲章と名誉なんたらを買いあさったことをトップにしとります。
付き合いとはいえ便所紙にするチラシを買わされるのは遺憾ですw

811 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/09(木) 18:14:47 ID:i8TFe7lQ
>>809
さすがソッカー。正宗の経済活動は否定するくせに・・・ろくでもないね。

812 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/09(木) 20:33:53 ID:ZYb6NbRJ
>>810壁].)_旦~~ドゾ

813 :916:2006/11/09(木) 21:04:42 ID:NGcwTL+I
>>81
外道凡夫さんはじめまして日蓮正宗法華講員の916です。
外道さんは法華経にくわしいようですね。よろしくご教授お願いします。

さて、正宗において「安楽行品」とはどういう位置づけか・・・・
わたしは正宗の教義上どのような役割か説明できません(学者ではありませんから)

しかし、わたしが正宗を信心してきた経験と「安楽行品」を重ね合わせて
どうだろうかと言う立場でお話させて頂きます。

814 :916:2006/11/09(木) 21:13:01 ID:NGcwTL+I
端的にもうしますと正宗の折伏についての所作振る舞いとして
「安楽行品」は非常に大事なことを書いているとおもいます。
総じて正宗の指導として安楽行を行いなさいといいます。
しかし正宗では経の高低を論じます。
うわべでは正宗以外の人間にも仏性があるから尊重せよといいます。
しかし、実態は自宗に合わない思想は折伏の名の元に実質見下します。


815 :916:2006/11/09(木) 21:16:22 ID:NGcwTL+I

また正宗には「邪法を憎んで人を憎まず」とよくいいます。
が実際は「邪法を憎んで人を見下します」
ただ正宗の信者は見下してるとおもってません。

注意 私は邪法などとおもってません。

816 :916:2006/11/09(木) 21:18:56 ID:NGcwTL+I
>>815
前に出てきた319くんなんかはこの典型です。

817 :916:2006/11/09(木) 21:22:39 ID:NGcwTL+I
正宗は自ら権力に近づくことはあまりしないように感じます。
この点はよいのではないでしょうか。

正宗は「正宗(三宝)が絶対上!これ絶対」という立場です。

818 :916:2006/11/09(木) 21:30:28 ID:NGcwTL+I
正宗僧侶はじかに法華経にふれているだけあって安楽行を振舞っている
とおもいます。
しかし信者は法華経にふれませんし御書も自分で読まないので
言われたわかりやすいことだけ真に受けているので機知外行動を起こします。

819 :916:2006/11/09(木) 21:31:19 ID:NGcwTL+I
とこんな感じです。ではでは・・・

820 :916:2006/11/09(木) 21:36:22 ID:NGcwTL+I
あ、そうそう。
正宗僧侶個人は金と権力にすり寄ることはあります。
てか、かねと権力は絶対すきです。

821 :京洛:2006/11/09(木) 23:57:40 ID:zMlMOual
>>799
統計は私の父が勝手に言ってるだけかもしれませんが・・・


スマトラ沖地震のときも、日蓮正宗の人が助かったらしいです。(創価の人のことは言ってたか忘れました)
そのときは、まだちゃんとした統計は出てないが・・・
と言ってました。やっぱり統計があるのでしょうね〜

それか、お寺でする住職が話し=統計?

>ぶっちゃけた話ですけど正宗の信者の出す客観的な情報「らしきもの」
は信用してはいけません。


激しく同意!!

822 :京洛:2006/11/10(金) 00:20:15 ID:MGIs7bA9
>>801
>創価はかなり親和的な方向に変質してきてるよ。

へ〜そうなんだ?
私が持ってる創価のイメージは、日蓮正宗をさらに強烈にしたものって感じですけどね〜

会社の人や友人と話をしてても、全然いい話を聞かないのでね〜

最近は方針を変えてきてるのでしょうか?

823 :京洛:2006/11/10(金) 00:22:09 ID:MGIs7bA9
>>805
>日蓮正宗に改宗したら以前の仏壇を家の前でわざわざ滅茶苦茶に破壊したそうですから。

それはないんじゃない?私の知ってる限りでは。


824 :名無しさん@3周年:2006/11/10(金) 08:23:59 ID:hcSuXOJu
>>801
>創価はかなり親和的な方向に変質してきてるよ。

政権与党だからだべ?
政党を作っちまうなんて凄い宗教だなぁと思うよ。強いなぁ、恐いなぁと。
自動的に信者は投票するんだからねぇ。どの政党も敵うまいて。
死んでも投票しないけどね。

825 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/10(金) 10:47:03 ID:nfeVP9Cj
学会はさらなる巨大化のため世間との融和を図ろうとしているのか、選挙のためか
はたまた正宗色が薄れてきたのか真相は分からないけれど、公式発表では今までの
学会以外は邪との主張を一歩後退し、地域とのふれあいをしましょうとなってきている。
イメージアップのポーズかもしれないが幹部が地域のお祭りに参加、神輿をかついだという話も有る。
これを聞いた正宗は神輿をかつぐとは、とんでもない大謗法といっている。
むろん先鋭的で狂信的な学会員はまだたくさんいるが、こうした親和策を公式に打ち出すのは悪い
方向ではないと思う。

学会スレではないので深く突っ込む気は無いし擁護もしないが
>>822
>私が持ってる創価のイメージは、日蓮正宗をさらに強烈にしたものって感じですけどね〜
いまそのポジションにいるのは顕正会のような気がする。

826 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/10(金) 11:21:05 ID:nfeVP9Cj
>>818
僧侶にはうらみは無いのだが、きつい言い方をすると
出家で日蓮法華経を信じる僧侶が安楽行を心得、振舞うことは
やってあたりまえの事ではないでしょうか。
単なる職業としての僧侶ではあるまいに。

そして僧侶の下、俗世間の信徒が一部とはいえ暴走していることは
僧侶、教団TOPにも何かしら責任があるのではないでしょうか。
>信者は法華経にふれませんし御書も自分で読まないので
この辺は信者の問題なのか指導する人の問題なのか・・・

今問題の学校でのいじめは教師や学校の資質も問われているように。
教師はいい人だし生徒の一部が起こしたことだから教師にはなんら責任はないと
ほとんどの人は言いません。
逆に教師だけが悪いと言うのも極端な意見ですが。

827 :916:2006/11/10(金) 11:23:56 ID:Papn1nwG
>>822
やっぱ変わってきたんじゃないかなぁ?>>824さんとかオヤジさんのいうとおり
政権与党としての立場が影響したんじゃないかとおもう。
 んでさ勤行が大きく変わったみたい。おれはねこれにかなり注目してる。
かなり創価の組織としての問題や発生する制約を解決できるとおもったんよ。
 なんでかっていうと創価も勤行・唱題が狂信者を生み出してると考えていたので
創価から狂信者の数が大きく減少すると予想できる。
 それから今まで5座3座と多すぎてやらない人もほんの少しの時間なら
やるようになるから信者の信心の底上げになると予想できる。
 それから創価の内部の政策・外交に大きく影響するとおもう。
現実を無視した強攻策が減りロスの少ない効率的な戦略に切り替わるとするなら
創価は強敵からの攻撃がへり世間の抵抗のボダーラインが大きく引き下がり
一部の正宗・顕正の批判にさらされるけどむしろそれが対外的な印象を高め
ることになる。
創価の敵が正宗や顕正などの雑魚のみになり、そのほかの抵抗が減少する。
かなり創価は肥大化するとおもう。

その逆を行く正宗は敵を増やし基地外を増やし離脱者をだし疲弊するとおもう。

828 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/10(金) 11:41:35 ID:E9SCa55Z
ヽ(´∇`)ノ観音経について顕ショの友人に尋ねたら
観音経は法華経じゃないょ(笑)なんて真顔で自信たっぷりで言われたので…納得しちゃった♪
てか
顕ショってナミョホレゲッキョは唱えるけど法華経自体読んじゃ駄目とか他のお経唱えるって…言われた…(-_-;
日蓮さんのなんだったかな?書いたやつ解析して予言許されそして可能なのは浅井様が唯一とか?


んでもって友人のおばちゃん死んだ時
顕ショ式で葬式あげたかったとか言ってた
因みに本人の実家はソウトウ宗らしい
反対されるの分かってるから諦めたらしい


ナミョホレゲッキョ♪

829 :916:2006/11/10(金) 19:26:03 ID:Papn1nwG
おしらせ

今日、産経新聞呼んでたら2面に創価の会長交代ってかいてたよ。


830 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/10(金) 21:05:31 ID:E9SCa55Z
(-_-;
会長変わっても変わらないから…
池田さんはそのままなんでしょ…?

831 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/11/10(金) 22:09:29 ID:fbaKEAe8
言っていることは分かるんだけど・・
逆に、政権に関わり続けるかぎり、僕は創価学会を警戒し続けるよ。

832 :名無しさん@3周年:2006/11/11(土) 18:41:19 ID:iJi7Upcn
創価は日本最大の宗教団体ですが、日蓮正宗は創価を越える宗教団体になるのでしょうか?

833 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/11(土) 22:07:49 ID:7tohZPik
>>831
混迷以外の政党にもソッカー議員がいる可能性があるし、
議員本人がソッカーでなくても、妻や後援会の中にソッカーがいる可能性がある。

仮に、混迷が連立解消したところで、ソッカーリスクは絶えることない。
ソッカーは我々の社会の至る所にいる。危険だよ。

834 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/12(日) 11:56:58 ID:DGJPvOp/
学会スレではないのだが。
ひとつ気になることで、正宗アンチも正宗信徒も学会を嫌うのは同じだが
嫌う理由はかなり違うのではないでしょうか。

正宗的には、学会は金や権力に目がくらみ独自の教義や本尊を作り仏法や正宗に反逆し裏切った。
破門前では上人の指導に従わず、解散後は上人、正宗を誹謗し間違った教えを広めている。
その大きな原因は池田大作であると。(戸田聖城については悪く言わないですね)
正宗との教義的な差異、組織の反逆、正宗への攻撃をする敵対集団として嫌っているいると思われます。

しかし、私や他のアンチの人たちが学会を嫌う大きな原因は高圧的で強引な折伏だと思います。
また学会の折伏を受け入れたひとの狂信的とも見える行動もまた一つです。
巨大な組織ゆえの社会的政治的な影響、池田の強大な金と権力の恐怖もあるが。
つまり一般の人は血脈や池田の教義、偽本尊がどうしたとかではなく、折伏による迷惑行為、信者との
トラブルがあったから多くのひとは嫌っているのです。

これは正宗の折伏にも言えることですが、どうもこの辺が正宗の方には理解されないようで。
続く

835 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/12(日) 11:59:14 ID:DGJPvOp/
続き
疑問の発端としては正宗は学会を悪く言うのに、なぜ学会と同じ手法を使うのだろうかと
感じたところからです。
元になる思想は違えど折伏するという行為そのものは正宗の方は否定していません。
まあこれが日蓮の教えなのだろうけれど。
端的に言うと正宗では、正宗の折伏は良い折伏、学会の折伏は悪い折伏だと。
むろん学会から言わせれば学会の折伏は善、正宗の折伏は悪となる。

しかし一般から見るとどっちも迷惑な勧誘であると。
一方的な思想の押し付けである折伏、お遊戯大会、体験発表による会員への鼓舞、建造物自慢。
名誉会長、会長、上人は広宣流布のため信心を強くもって、とにかう折伏しろと口すっぱく言う。
語り口も功徳と罰、アメとムチの二元論。
よくある質問の学会、正宗、顕正会どこが違うの?と言うことです。

どうも各信徒、自分たちの折伏がなぜ批判されるのか分かっていないんじゃないでしょうか。
狂信とか言う以前に。

836 :京洛:2006/11/12(日) 12:10:16 ID:KwukbTrm
>>834
俺も後者のほうだな。

俺にとっては教義がどうとか本尊がどうかなんてどうだっていい。
そんなことより、毎週見てるアニメの展開のほうが全然大事だな。


>これは正宗の折伏にも言えることですが、どうもこの辺が正宗の方には理解されないようで。

確かに創価の活動に対しては、迷惑だの犯罪行為だの言うくせにね〜
一時期、俺を引っ張り出す為に、毎週のように青年部が訪問してきたが、あれの方がよっぽど迷惑行為ですよ!ってね


837 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/12(日) 12:11:07 ID:DGJPvOp/
連投で蛇足的な補足をすると
アメリカの核は良い核、北朝鮮の核は悪い核、みたいなもんだ。
どちらも兵器としての核には変わりない。
アメリカの核が抑止力として働いているのは確かだが、広宣流布的に
すべての国が正しい核を持ったアメリカの傘下に入ったら平和な世界に
なるかと言うと、それは誰にも分からない。

838 :参加者希望:2006/11/12(日) 13:15:06 ID:Z29o6LKr
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162898570/l50

839 :名無しさん@3周年:2006/11/12(日) 15:04:26 ID:9hrXxWgF
>>837
> アメリカの核は良い核、北朝鮮の核は悪い核、みたいなもんだ。

その例はあまり適切じゃないように思う。

> すべての国が正しい核を持ったアメリカの傘下に入ったら平和な世界に
> なるかと言うと、それは誰にも分からない。

その例くらい結論が曖昧なものじゃなくて、正宗が天下を取ろうが創価が天下を
取ろうが世の中はいまより悪くなるのは見えている。あえて例えるなら
  中国支配の世の中か北朝鮮支配の世の中かどちらを選ぶか
と問われているみたい。日蓮系のほかの宗派でも同じよ。一党独裁的な思想を
持つものの支配は不幸しか生まない。

840 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:26:51 ID:EFFqgHrt
人間が作り出す製品と仏教思想とは違うような気がします。何も無いのが一番良い

841 :名無しさん@3周年:2006/11/13(月) 17:30:39 ID:F8Ql3UfX
でも人間は何かを作り出さずにはいられない。
仏教は素晴らしいかも知れんけど、所詮、釈迦個人の思想。
限界があるのさ。ワラ

842 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/14(火) 03:21:25 ID:PqM0CDkj
所詮、坊主は商売です!今の自殺が多い世の中に対して
寺から出て必死になって布教してる坊主はいますか?
みんな、多くの信徒からのご供養を当てにして贅沢生活を
考えてるだけだ!この世に宗教で飯を食う奴が居る限り、
信徒はおもちゃだね!

843 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 10:16:22 ID:mswPlqng
お布施をやれる人間になれ。金くらいの事で余裕を作れない者は何をさせても中途半端な人間だ

たったの2千円。それ以上受け取らないよ、うちの住職は

844 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/14(火) 10:46:06 ID:HmgWHdKU
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

845 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 15:48:10 ID:GapNj7tB
ところで「お大師様」って弘法大師のこと?

846 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/14(火) 23:29:00 ID:r4Z2VYiB
>>843
>たったの2千円。それ以上受け取らないよ、うちの住職は
お聞きしたいのですが、その住職はどのように生計を立てているのでしょうか。
他に仕事をしているのでしょうか?
2千円はどの程度の頻度で出しているのでしょうか。
一人2千円のお布施で生活するには、毎月百人からはもらわないと厳しいと思いますけど。
家族があって月20万円としても、ボーナスとかは無いだろうし、質素な生活なのでしょうか。

住職、僧侶がお布施をもらうのは否定しませんが。
文面から、その住職はお金にある程度余裕があると取れます。
葬式や故人の供養などで収入はあると思いますが、そんなにしょっちゅうでもないだろうし。
寺所属の信徒が数百人いるのでしょうか。

847 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/15(水) 00:29:43 ID:PfwNuYno
スレ違いかもしれないが、創価学会の公式ページ10月3日大幅リニューアル。
かっこいい。
ここだけ見たら学会っていい所、すばらしい事をしていると思う人もいるかも。
こういうのを見ると正宗のページは古臭く、関連サイトは文字だけの行事案内や報告、
一部のサイトは強烈な他宗批判に終始するばかりで良い印象は受けませんね。
それより正宗の公式HP更新しているの?

848 :創価会友:2006/11/15(水) 00:45:54 ID:vVOIBWkp
学会は明るく元気だけど法華講は暗く元気無いなあと思います。それに学会批判・池田先生の悪口ばかり嫌気がさして学会の会友になりました。

849 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/15(水) 01:04:07 ID:PfwNuYno
連投すまん。
学会HPリニューアルは11月9日だった。
ついでに敵ながら学会HPお役立ちボックスのパソコン用辞書は宗教用語変換に
便利なので使わせてもらっています。
また学会員によるネット御書もたまに利用させてもらっています。
この点は感謝します。

いやあ、よく見るとお役立ちBOXのほのぼのした壁紙とか活動アイテムとか、いい感じですね。
こういったイメージアップは大切なのだなと。

850 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/15(水) 05:44:23 ID:CwdU89+M
信徒が居なくて、お布施が少なくても坊主と家族が暮らせるのは、
本山から潤沢の援助金(50万〜100万位)有るからあせらない!
この真実を羊の法華講員は知らない!哀れだ!金が有るから当然折伏に
熱心でない堕落坊主が末寺にはゴマンといる!だから、寺は行事以外は、
人気も無く暗い!学会の方が明るいのは、集う人が熱心だ!法が正しいと
主張するなら、もっと坊主と家族が、折伏と信心活動に熱心にならなければ
偽善もいいとこ!日蓮はお怒りだ!

851 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/11/15(水) 09:11:34 ID:0df3GIJT
>もっと坊主と家族が、折伏と信心活動に熱心にならなければ偽善もいいとこ!
信心活動は好きにすればいいだろうけど、折伏に熱心になられるのは迷惑ですな。

852 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 09:54:23 ID:4vrjy6EV
正宗も政党を旗揚げすりゃいいんだ。
そうすりゃ公明党と正宗新党を、与党と野党が奪い合うという、カルトが日本を支配する日が来る。

いや、創価には全然敵わないか。

853 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 11:55:15 ID:To9gCtcn
> 主張するなら、もっと坊主と家族が、折伏と信心活動に熱心にならなければ
> 偽善もいいとこ!日蓮はお怒りだ!

折伏はやめとけ。馬鹿が。

854 :916:2006/11/15(水) 13:43:52 ID:o5B5b+VQ
僧の折伏だけどゲイカですら信者の下種・折伏数に遠く及ばない。
ゲイカや末寺の僧が何人のひとに下種・折伏したのか。
信者にえらそう折伏しろとは言えないはず。

仲間のみんなは自分がいいように操られてると気づいたほうがいいよ。
僧が自分でやり始めるまで信者は折伏やめたほうがいいよ。
あくまで僧の折伏の補助に徹するべきだよ。



855 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:03:07 ID:vVOIBWkp
正宗信徒の方に聞きたいのですが、脱講したいのですが、脱講する場合、脱講届けと御本尊を郵送すればいいのでしょうか?
あと、送った後に講員が家に来て引き止めたりするのでしょうか?

856 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:20:41 ID:vVOIBWkp
あと、脱講届けですが形式的に書かなければいけないのでしょうか?
私としては普通に辞める理由を手紙に書きたいのですが…

857 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 16:44:16 ID:WVgFfwYx
内容証明郵便だと証拠が残るから
内容には"以後関わりを持つのは迷惑です"というのを入れて置くと
連れ戻しに来た時に警察に証拠として提出すれば
逮捕監禁脅迫強要のどれかで動いてくれる確率高くなります

858 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 17:26:04 ID:vVOIBWkp
別にそこまでしようとは思いませんので普通郵便で送るつもりです。本当は直接会って辞めたいのですが引き止められたりした場合辞めるのを撤回しそうなので郵送にしようと思いました。

859 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 18:01:05 ID:WVgFfwYx
普通郵便だと証拠が残らないから脱退届けにならないかも
頑張ってください

860 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 18:22:58 ID:vVOIBWkp
なぜ?普通郵便だと証拠にならないのですか?

861 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/15(水) 18:59:27 ID:zO9nkM68
届いていないと言われたら・・・・それまです

内容証明つきの方が無難ですね。

862 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:13:43 ID:WVgFfwYx
>>860
本当は辞めたくないんだよね
君みたいな人の多くは辞めたくないけど辞めたい気分の人多いんだよね
無理して辞めなくて良いんじゃね?

863 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 19:47:21 ID:vVOIBWkp
信仰は辞めませんよ!学会に戻るためです。

864 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/15(水) 19:57:48 ID:WVgFfwYx
何故日蓮正宗系が良くて
日蓮宗は駄目なのですか?

865 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 21:22:54 ID:vVOIBWkp
学会には家族親戚友人がいるからです。宗教より人間関係が大事であることに気付いたから戻ろうと思いました。

866 :916:2006/11/15(水) 22:23:16 ID:o5B5b+VQ
>>865
よかったです。仲良くなれるならいいことですよ。

867 :916:2006/11/15(水) 22:28:02 ID:o5B5b+VQ
正宗は無理やり未処理にするとかないですよ。
普通にご本尊返せばいいとおもいますよ。
寺院にもっていくか郵送すればいいですよ。
内容証明とか1300円くらいしますよ。
もったいないです。
電話で一言と郵送でOKですよ。
ご本尊返せば間違いなく。やめれます。

868 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 22:28:52 ID:J47jGoHZ
>>865
そこまで行って何故宗教から離れない?
両方やめればいい

869 :京洛:2006/11/15(水) 23:09:56 ID:TguMpgPL
>>868
俺もそう思う。
友人なんて宗教以外でも作れるだろうに。
創価にいないと、家族・親戚・友人からハミゴにされるわけ?
それもなんだかな〜


870 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/15(水) 23:19:56 ID:zO9nkM68
長いこと創価やってると足洗えなくなるんだよ

ソッカーの密告や妨害工作は凄いからね
ソッカーで財をなした人なら、尚更辞められない

871 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/15(水) 23:24:20 ID:o5B5b+VQ
916からお母ちゃんLOVEに変えます。

872 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 23:49:01 ID:Q2HiwTY8
オレも内心ではほとんど学会の組織にはあいそをつかしているけど
しがない建築屋やっていて、売上の6割は学会関係の紹介だから
辞めることはできない。

873 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/15(水) 23:54:32 ID:zO9nkM68
>>872
良くあるパターンだよね
学会比率6割だと当分足洗えなさそうだね

割の良い仕事もらえるなら、面従腹背信仰も悪くないんじゃねwww



874 :京洛:2006/11/16(木) 00:31:37 ID:i/ouR8qN
>>848
>学会は明るく元気だけど法華講は暗く元気無いなあと思います。

創価の人って明るい?
父(元創価なので創価の知り合いは多い)の知り合いの創価の人って、
元気は元気だけど空元気というか、無理に明るくしてるっていうか、
胡散臭い人ばっかなんだよね。

俺の会社で1人熱心な創価が居たけど同じような感じ。
かなり嫌われてたけど〜


>>850
>学会の方が明るいのは、集う人が熱心だ!

宗教だけじゃなく、仕事のこととか他の事でも熱心だったら、
もっともっと会員を引き込めるんじゃない?
創価の人って、初対面での受けはいいんだけど、付き合っていくとボロがでるよね〜



スレチですね〜スマソ

875 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/16(木) 01:33:11 ID:7NB4UI6C
>>850
僧侶だから禁欲的な赤貧の生活をしろとは思いませんし正当な報酬を受けるのは
当然だと思います。
良い悪いとかではなく興味があるので聞きます。
>本山から潤沢の援助金(50万〜100万位)有るからあせらない!
その金額は月ごとでしょうか、それとも年間?or離月?
毎月なら結構な金額だが、年間となると民間の平均ボーナスにも劣るまさに「援助」程度だし。

ttp://www.nichiren.com/jp/d_tsushin/dt_104.html
この辺を見ると末寺の僧侶は金銭的に豊かだと思えない。
このページもどこまで信用できるのかとは思いますが、まったくでたらめとも思えません。
本寺へのある程度の上納はありそうな気はします。

信徒にも常識を持った信徒と、いわゆる狂信徒がいるように僧侶も同一ではないと言う感じでしょうか。

876 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/16(木) 02:19:08 ID:7NB4UI6C
平成7年度で正宗の寺院数は国内724寺と発表されています。
現在どのくらいあるのか把握していませんが7年度の数字を元に概算すると
援助金が年一回として、1寺に50万円援助すると3億6千万円。(100万円なら倍)
もし僧侶ごとにとなると1002名いるから5億〜10億円。

公証100万人実働せいぜい30万人と、正宗と同規模と思われる顕正会の
所得申告額(お布施等を除く販売、営利事業での収入)がピーク時55億円、
現在は2〜3億円くらいというのを考えると末寺の援助で営業利益が消えることになります。
しかもその利益とは新聞や機関紙、仏具販売が主だから結局信徒が負担しているとも言えます。

むろん税金がかからず公表の義務の無いお布施や供養金がどのくらい有るかは分かりませんが。
(学会においては、その公表されない金が数千億円とも言われているらしい)
いったい僧侶は裕福なのか貧乏なのか?
自分たちの正しさを強烈に主張するなら、こういったところをガラス張りに公表しないのでしょうか。
しないと思うが・・・・

常識的な金額で生活する分には文句は言いませんし。
医者にたとえると、まともな医者なら高いスキルの仕事をしているのだから高給をもらって当たり前と思います。

877 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/16(木) 05:16:10 ID:g/LsVeiA
坊主は家族4人が呑気に暮らせる様に、月50〜100だそうです!
人脈によって差別あり!坊主が折伏しないで信徒に激を飛ばしても
ナンセンスだ!多くの末寺の坊主は、袈裟衣に頼り、信徒の金を狙ってるのが
実態だ!坊主の家庭と交流する信徒は居ない!へたに坊主の部屋や家族の
贅沢な部屋を覗かれたら、一切、ご供養しなくなる事を恐れるお粗末さだ!
きっと、日蓮は嘆きと共にお怒りだ!

878 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 08:25:47 ID:yZE5ryGp
オヤジさんへ

どうも、旧916です。名前変えましたどうぞよろしくお願いします。

正宗の資本は創価時代の莫大なご供養が存在するとおもいます。
それと墓地事業などの収益金も馬鹿にできない額だと思います。
また信者のご供養も年間で数億は間違いなく超えていますし
正宗の書籍収入も結構多いですよ。
これらから10億くらいは軽く稼いでいますよ。
具体的な数字はわかりませんが。
総本山へ登山参詣のとき御開扉といって本門戒壇の大御本尊に会うために
強制的に2000〜5000円くらい払ってました。
春季登山・夏季登山・支部総登山・正月登山・そのほか法要いれたら
20万人かける3000円で6億円ですよね。

数十億は稼いでると思いますよ。

879 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 13:43:05 ID:yZE5ryGp
書籍・新聞などの広告料金も収入になりますね。
葬儀などでのお経代とかも高齢化で結構多いんじゃないでしょうか?
高齢信徒のひとは自分の葬儀代としてかなりためてると思いますし。


880 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 13:45:54 ID:yZE5ryGp
僧の地位はかなりの階層にわかれててその地位よって給料が
分かれてると思います。
一番上が「大僧正」だかでゲイカだったはず。

881 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/16(木) 13:49:21 ID:Co6eYTkf
独立採算制度じゃないの?

882 :脱講希望:2006/11/16(木) 13:58:55 ID:HQnIMYdd
お母ちゃんLOVEさん、ありがとうございます。お母ちゃんLOVEさんは脱講されたんですか?

883 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 21:22:09 ID:yZE5ryGp
>>881
独立採算制度の定義が「末寺は自寺のご供養でやっていけ!末寺のことなど
総本山はしらん!!」でしたら独立採算制度ではないと言えます。
独立採算では生きていけない僧が続出するんじゃないかとおもいます。

>>882
どうも脱講希望さん!はじめましておかあちゃんLOVEです。
よろしくおねがいします。

わたしは脱講してませんよ。
わたしは脱講希望さんを応援しますしわかることがあれば知ってること
書きこしますし、安心してくださいね。


884 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 21:42:32 ID:yZE5ryGp
おやじさんへ

末寺への援助金が年間50〜100万ということはないとおもいます。
(あくまで体感てきなものですが)
駆け出しの総本山12年くらい末寺出向修行数年の僧でも月給10〜17万は
もらってるはずです。
よくいっしょに遊びにいってた僧の支出をみるとそれくらいもらってるはずです。
スノーボード好きで毎年行く僧もいますし私服もいい服もってますし
CDとか200枚もってました。
貯金もしてるみたいだし。
正宗はアルバイト禁止で働きにでられません。
よく仲のよかった僧と酒飲んで部屋でしゃべってたとき
「アルバイトしてもいいなら絶対する」といってました。
夜のバイトやから時給もいいしとかいろんなこといってましたよ。

寺族を養う援助金はむかし夏期講習会でゲイカが基金の金利で
賄ってるようなこといってましたから数百億レベルで基金があるような
きがします。
創価との蜜月時代のご供養は一千億超えてたはずですし。


885 :脱講希望:2006/11/16(木) 21:45:44 ID:HQnIMYdd
ありがとうございます。さっそくお聞きしたいのですが、お寺に学会の御本尊を渡したのですが、保管してあるのでしょうか?それとも処分するのでしょうか?

886 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 21:50:23 ID:yZE5ryGp
うちの親なんかは今まで30年で家一件分ご供養したことを自慢げに
話しますから。そんな信者が数万人いてそれに準じる信者が数十万人いました
その下にいろんな名目で小銭をご供養するのが数百万人いました。

当時はそんな信者をお寺に行け!お寺にご供養しなさい!!と盛んに
あおっていたらしいですからハンパネー金が集まってるはずです。

887 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/16(木) 21:54:31 ID:yZE5ryGp
>>885
処分しますね。もししていなければ学会に返却してきなさいと指導するとおもいます。
脱講希望さんが当時処分の旨を委任されたのではないのですか?

888 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/16(木) 23:39:52 ID:Co6eYTkf
>>888
∇∇∇"a(´・ω・`)

889 :脱講希望:2006/11/17(金) 00:49:05 ID:CRmyzO9e
そうですね。書きましたね。じゃあ諦めたほうがいいですね。正宗からすれば学会のは偽物なのだから処分して当然ですね。けど、正宗の御本尊も返却したら処分するらしいですね。

890 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/17(金) 07:43:43 ID:IDdrmmmT
>>889
そうなんですか?正宗のご本尊も焼却処分するんですか。
これは実際に調べたことないです。
でも、処分は絶対するでしょうね。
新しい信者はその入信当時に在位しているゲイカのご本尊をもらうのですから。
もし処分してなければ使い回しが回ってきて今なら日如の印可ではなく日顕の印可
のご本尊が渡されることもありますもんね。



891 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/17(金) 07:55:00 ID:IDdrmmmT
京洛君へ

創価の人は熱心で情熱的だけど違和感あるのはわたしも感じてますね。
うちのおばさんはものすごい熱心だよ。
おばさんは名誉会長が好きなんだって。
スピーチを聞いてるだけで幸せなんだってなんか
赤ちゃんになってお父さんに抱かれてるような安心感と幸福感
があるんだって。
これは脳内でペプチドホルモンが生産されて外部環境との信頼を強化
している状態に酷似しています。
ある意味「恋愛」や「自分の子供・旦那に対して感じている愛情」
とほぼ同一的な反応。
だから内部の恥部は自分の恥部だから隠そうとするし
創価組織がおかしいと思っても創価組織を「愛してる」からそれで
離れることはないんだとおもう。
「嫌いなとこもあるけど創価学会で先生だから全部愛してる」
なんてカンジです。

892 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/17(金) 09:35:55 ID:LMhZHjTo
何故日蓮宗じゃ駄目で
日蓮正宗じゃないといけないの?

893 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 11:42:46 ID:H6G2a+qX
正宗以外は間違った教えだからでつ

894 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/17(金) 15:28:19 ID:LMhZHjTo
日蓮正宗と日蓮宗の違いは?

895 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/17(金) 17:11:35 ID:TAItMzbP
本仏と妙法の解釈で大別されている模様

ちなみに、日蓮本仏論を唱え、妙法勝劣派に属するのが日興門流の日蓮正宗


896 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:12:26 ID:s56YFLAc
五重相対があるかないか、文上か文底かじゃない?

897 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/17(金) 17:17:40 ID:TAItMzbP
失礼。不適切でした

本仏論と妙法への解釈だけではありやせんでした

日蓮の弟子六老僧の一人、日興を派祖とするが日蓮正宗でござる
それに対し、日蓮宗は日蓮系諸宗派の連合宗派でござる

898 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/17(金) 17:20:01 ID:TAItMzbP
史実では、日蓮が六老僧を選定したのは、亡くなる数日前。
それにも関わらず、解釈はさまざま。ど〜なってるの?

詳細分かる方おりますか

899 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:20:57 ID:zYVmRVZw
 

900 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:21:58 ID:zYVmRVZw
  

901 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:24:46 ID:zYVmRVZw
     

902 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 17:31:20 ID:s56YFLAc
解釈は後世に形成されていったんじゃないのかな?

それより、日蓮が釈尊よりも優れた仏なら、なぜ数日後以降の喧嘩別れ
破和合僧も見抜けずに六老僧をわざわざ定めたんだろうか。。。

903 :脱講希望:2006/11/17(金) 23:16:48 ID:CRmyzO9e
正宗の本に書いてありました。最初に読んだときは驚きましたが、神社でも神札やお守りもお焚きあげしますからね。それから、脱講するとき脱講届けは絶対に書かなければいけないのでしょうか?それか、お寺に脱講届けの用紙があるのでしょうか?

904 :♥ 殿舎男」エルメス萌え系 ◆ej9/UehK8Y :2006/11/18(土) 01:57:58 ID:LtqyoMh1
正宗の脱稿についての情報は検索してみても少ないなぁ

905 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/18(土) 06:34:55 ID:rqJPHOq9
寺の会合に出なければ、自然消滅できますよ!
間違っても信徒を心配して坊主は尋ねて来ません!
あっさりしたものです!

906 :脱講希望:2006/11/18(土) 07:52:07 ID:wOvwH+1B
じゃあ御本尊返しても何も言ってこないのですか?

907 :法華講員:2006/11/18(土) 08:43:38 ID:vUGOh0cN
今、信仰ということにひどくためらいを感じています。
創価学会をやめ、法華講員になってから、母が亡くなり、私自身にも沢山の不幸がふりかかってきています。なんとかしようと必死にもがけばもがく程、徐々に深みにはまっていっています。
どうしたら良いのか分かりません。

908 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 09:14:05 ID:hfV/5E8c
リセット必要
何故貴方は今深みにはまってると思いますか?
苦集滅道
ご存知ですか?
苦の集りを滅する道
今なぜドツボはまってるのか
そのドツボから抜け出すにはどうしたら良いか
考えたことありますか?
これは信仰云々では有りません
今あるのは原因があるから
変えたいなら原因を特定し取り除く努力しませう

909 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/18(土) 12:27:34 ID:RGng2rtJ
脱講については正宗の方がキッチリ答えるべきだと思いますけどね。

もっとも、破門はあれど唯一正しい教団を自らやめる人はいないとの前提になっているみたい
なので、はっきりとした脱会方法は無い様に感じます。
立正佼成会だと公式に「退会は自由です」って言っているのにね。(実際に自由かは知らないが)
想像であるが正宗系は脱会した人を退転したとか魔が入ったとかネガティブな事を言いそうな気がする。

910 :京洛:2006/11/18(土) 12:32:25 ID:aFbCuOOa
>>907
流れの悪い時はそんなもんだって
宗教に頼って解決しようとしてもドツボにはまるだけ。

911 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/18(土) 12:35:37 ID:RGng2rtJ
>>907
ほんらい宗教は困ったときの心の支え、指針となるべきなのだが
今の信仰は役に立っていないようですね。

前にも似た相談がありましたが仲間の正宗の方はアドバイスしないのでしょうか。
これも想像だが正宗的には寺の僧侶に相談しろとか、疑わずに題目を唱えろとか言うような
気はしますけど。

無宗教者のお気楽な発言となるかもしれませんが
>創価学会をやめ、法華講員になってから
そういった信仰による罰的なものは無いと思います。
教団活動での一般人との人間関係悪化とかはあるかもしれませんけど。
心に余裕があれば他宗の教えを読んだり見聞を広めるのも良いかもしれません。
どの教えも一つくらい心に響く良いことを言っています。
私は 信仰=教団に入り教団の活動をする事 とは思いません。
ましてや信仰を強要するのに、困ったとき力になってくれない教団って・・・

いままで困ったときに私を助けてくれたのは信仰の超常的な力ではありません。
家族や友人、時には通りかかった見知らぬ人でした。

912 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/18(土) 14:50:43 ID:fAjh5kNx
>>907
僕も母をなくしました・・・・・
あんまり悲しいので自殺しようとまで思いました・・・
肉親をなくしたんです。それも母ですもんね。
わたしはご飯もみずものどを通りませんでした。
お母さんとの思い出をいっぱい思いだして時が過ぎるの待ってはどうですか?
あなたが幸せじゃないのならお母さんはお母さんも幸せじゃないですよ。
あなたが幸せになることがあなたが楽しい人生であることをお母さんや
あなたを思う人は願ってると思いますよ。
疲れてるならつらいならがんばらないことです。
あなたはいまは休む時なんですよ。

913 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 14:54:09 ID:FnK6nLa+
宗教に頼る、と考える時点で本来違うかと。


914 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 14:54:11 ID:hfV/5E8c
>>912
…らぶってそっち( ̄□ ̄;)!!

て(-.-)y-~突っ込み入れておきまひょ

915 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:10:23 ID:aVA+n6ak
法華講に入りたいのですがどうすれば良いのでしょうか?

916 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:11:50 ID:hfV/5E8c
法華講2ch支部の愉快な仲間たち第7会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1117260681/

917 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 15:15:41 ID:aVA+n6ak
>>898
五老僧が日蓮大聖人が本仏であることに理解出来なかったのと、
あとは金ではないのでしょうか。
四箇格言などで敵を作り信徒を減らしたくなかったのでは?
他宗は所詮葬式仏教なのでしょうね。

918 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 15:18:42 ID:hfV/5E8c
(o^-’)b葬式仏教最高

919 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:04:53 ID:FnK6nLa+
日本が葬式仏教化したのは長い歴史のことだけど
日蓮や鎌倉の祖師の時代ではまだそこまではいってないはず。
完全に葬式仏教化したのは、江戸時代でキリスト教弾圧という
名目で檀家制度が義務付けられた時点では。

したがって日蓮宗で解釈が分かれたのは、日蓮の死後すぐではないと思われ。

920 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/18(土) 17:44:12 ID:RGng2rtJ
>>917
五老僧云々は正宗の元である日興上人側の言い分で、確たる証拠は無いと
前スレで聞きましたが。

第一その理論では弟子のほとんどが謗法を犯し邪宗となるなら広宣流布は
永久にかなわないとなるのだが。
類似としては信徒の9割が正宗が邪宗と呼ぶ学会に行ったように。
今後も無いとは言い切れないでしょう。

921 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 17:59:28 ID:FnK6nLa+
それが法華経が因縁経といわれる所以なのですね…。

922 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 18:36:53 ID:hfV/5E8c
日蓮正人さんは後継者育てなかったらから
乱立しまくりちょこ♪
後継者一人に決めると潰された時に困るってんで
皆後継者にしちゃった

結果…

923 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 19:06:11 ID:wOvwH+1B
日興上人が後継者ではないのですか?

924 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:17:16 ID:mRsUcr5A
昨日のスマ金見た?正宗信者がリフォームの際、神道の有名人におはらいをしてもらってたよ。

925 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 20:22:38 ID:wOvwH+1B
正宗信者って誰ですか?ちなみに僕も正宗信徒ですが神社にもお寺にもお参りしますよ。

926 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 23:36:50 ID:FnK6nLa+
>>924
見ました。鶴の紋が歪んで、あろうことか本尊までもが晒されてましたね。
でも、だからといって正宗の信徒とはいえないのでは。学会員の可能性もあるし。

927 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 08:32:08 ID:9Z+l8dDy
日蓮正宗と創価学会はどちらが正しいのですか?

928 :南無大師遍照金剛:2006/11/19(日) 10:14:05 ID:2Ne8uADa
>>927
ソカが正しいか正宗が正しいかは信仰してる本人次第
本人が自分自身の信仰が自分自身にとり本物であると思ってれば本物だし
自分自身の信仰こそ本物で他人のは偽物だと思えばその信仰は偽物
何故なら信仰は他の教義との優劣ではなく
その信仰は自分自身を行くべき道へと導いてくれるか否かが大切だから
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

929 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 10:35:49 ID:9Z+l8dDy
なるほど!自分自身が信じなくては功徳もないってことですね。じゃあ、人に強引に勧められて創価が嫌いなのに信仰した場合は不幸になるのでしょうか?

930 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/19(日) 11:22:14 ID:2Ne8uADa
功徳?…(-_-;


良く分かりません
僕、日蓮系じゃないから…ごめんなさい

931 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 11:27:58 ID:9Z+l8dDy
どこの宗教を信仰されているんですか?

932 :南無大師返照金剛大王:2006/11/19(日) 11:31:57 ID:tunFquSB
なむさん、いたぞ、、、、、
正しい信仰とは、、超越した精神を見出せるか否かではないかのような、、

933 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/19(日) 13:36:50 ID:2Ne8uADa
>>931
地味に仏教ですけど
…(-_-;

934 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 13:57:05 ID:9Z+l8dDy
仏教って何宗ですか?僕は正宗です。

935 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:00:41 ID:DTxN0Ae5
>>928
功徳がなければ偽物。信仰は気休めではない。
本物は一つ。『正しい』と言う字は『一つ』に『止まる』と書く。
漢字というのも伊達じゃないぜ!
南無日蓮大聖人…(-人-)

936 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:07:57 ID:9Z+l8dDy
大聖人を崇拝するのは間違っていませんか?日蓮正宗では御本尊だけが信仰の対象じゃなかったですか?

937 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 14:14:04 ID:zjMwa1zu
お前らは何をしたいわけ笑?

938 :南無大師返照金剛大王:2006/11/19(日) 14:17:04 ID:tunFquSB
なかなか、原理主義チックで、おもろいのだ、、なむさま、、、

939 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/19(日) 14:48:21 ID:5mbl/HSS
六老僧や後継者云々は正宗は二箇相承を証拠に日興上人が後継者と主張してたとおもいます。
それから脱講についてですが脱講書類よりも本尊の返却が重用だとおもいます。
書類をおくって退会したことを証明する必要はないとおもいます。
不当な請求がくるということもないですし。
ただ名簿からの削除は申請したほうがいいかもしれないですね。

940 :脱講希望:2006/11/19(日) 15:02:28 ID:9Z+l8dDy
そうですか。じゃあ、手紙と御本尊を送れば良いんですね。ありがとうございましたm(_ _)m

941 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 15:07:59 ID:DTxN0Ae5
>>936
日蓮正宗の教義は『人法対一』であるから
御本尊=大聖人
大聖人=御本尊
となるのである。

942 :名無しさん@3周年:2006/11/19(日) 20:59:34 ID:sMlrIFR1
宗教というのはそもそも功徳を期待してやるものではないだろう。
いわゆる現証だろうが、幸福になった、不幸になったでその信仰が正しいと判断するのは違う。

日蓮原理主義者も、なぜか都合の悪い時は似たようなことを言っているがw

943 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/19(日) 21:17:43 ID:5mbl/HSS
>>940
よい結果になるといいですね。



944 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/19(日) 21:23:16 ID:5mbl/HSS
>>927
違いがわからないということは
あなたにとって重要じゃないんですよ。
ふかくかかわらないほうがいいとおもいます。

えらそうにいいました。
気をわるくしないでほしいです。


945 :♥ 殿舎男」エルメス萌え系 ◆ej9/UehK8Y :2006/11/20(月) 04:08:32 ID:y1veip4/
今の法華講の総講頭って誰なのでしょう?

946 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/11/20(月) 04:44:13 ID:qITLqKr+
日蓮の信仰をする人には、誰にも頼らない精神が必要です!
大作幹部や坊主も飯の種は信徒が居るから食えるのであって、
信徒になる事はこいつらの飯の種になる可能性が大きいのです!
だから、私の場合は、寺に所属しますが、必要以上に活動はしないで、
登山と月1の会合のみです!誰にも影響されないので、一人で日蓮さんを偲び
生活の糧にしてます!

947 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/20(月) 08:30:15 ID:2tnmp7Ox
>>945
キソジ(柳沢 名前は漢字がわかりません)の爺さんとおもいます。

>>946
わたしも必要以上に活動しないのは共感ですね。
ご供養とか折伏とかは最小の最小にとどめておくとトラブル回避につながる
とおもいます。
我見で信心してはだめと指導されますが真に受けてはだめですよ!
自分が癒されるように、自分に利のあるとこだけ使うといいんですよ。
指導に従うと地獄へ直送されます。

948 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/21(火) 02:35:45 ID:JgB13J1F
                       「母のテープ」
俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにぐれた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。
そしたら・・・

病室のベットの上にお母さんがうつってた。

『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。 今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』
10分くらいのビデオテープだった。

俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。
みんなにバカにされるくらい勉強した。

俺が一浪だけどマーチに合格した時、
親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら親戚に電話してた。そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。

また、よく見てみたら。
ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。
お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。
俺また泣いちゃったよ。
父親も辛かったんだろうな、
親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、
就職決まった時、
親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた
俺このビデオテープがあったからまっとうに生きられてる。

お父さん、お母さん、ありがとうございます。


949 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/21(火) 02:38:10 ID:JgB13J1F
宗教なんかで親子喧嘩は絶対にだめですよ!!

950 :脱講希望:2006/11/21(火) 06:34:28 ID:o4l1OVDk
脱講しようと思ったのですが学会に戻る決心が付きません。正直戻りたくありません。それで思ったのですが、学会員の家に行ったときだけ題目三唱くらいしようと思うのですがダメでしょうか?

951 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 08:10:04 ID:22gPrOEE
>>950
少々中途半端な気もするけど・・・まあ、いいんじゃないですか。信仰の在り方を決めるのは、あなた自身です。

952 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/21(火) 09:11:12 ID:JgB13J1F
>>950
わたしはあなたのような人が好きですわ。
相手を思いやる。

いやなら脱講も長期保留にすればいいとおもいます。
わたしは学会に戻りたくないならそれだけの理由があるんでしょうから戻らないでいいと思いますよ。

学会のご本尊に三唱もいいとおもいます。
わたしはあなたが大きな人だと感じました。

953 :部外者だが・・・:2006/11/21(火) 22:41:33 ID:nR7e0qrw
>>947
> 自分が癒されるように、自分に利のあるとこだけ使うといいんですよ。
こういうカキコが平気で出て来るあたり・・・ry
ハイ、信心利用・・・・・仮に今まで功徳をつんできたとしてもそれをどんどん崩す羽目になるだろう。
考え方としては、自分の欲のために組織をのっとろうとした提婆達多と同類。
(某元○○の姿そのものとも言える・・・)

御書まともに読んでいるか?
地涌の菩薩とは何ぞやと考えただけでも、>>947はあほなカキコだということが判る。

954 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 23:01:00 ID:ekjnk6Va
>>953
やぁ、スネ夫くん。


955 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/21(火) 23:13:41 ID:x8CRy+Zm
>>953
人それぞれ考え方は違うけど他人に迷惑とならないなら
> 自分が癒されるように、自分に利のあるとこだけ使うといいんですよ。
くらいでも良いと思うけどね。
利にならない事は一切やらないと取るのも極端では無いでしょうか。

同様に釈迦仏法では救われないと言っているのに、釈迦が説いたとされる地涌の菩薩を
持ち出すのも都合の良い話では?
日蓮に利のあるところを使っているとも言えるのではないでしょうか。
それとも釈迦の説く地涌の菩薩と日蓮の説く地涌の菩薩は違うのでしょうか。

956 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 03:31:35 ID:HxbFMOO8
http://www.youtube.com/watch?v=PDim7CKFqUQ
Nichiren Shoshu

957 :脱講希望:2006/11/22(水) 06:47:41 ID:YxyhrqsT
僕はたいした人間ではありません。ただ長年お世話になった学会を敵視したくないだけなんです。正宗の言い分もわかるのですが、地獄に堕ちるとか言うのは学会員に対して失礼だと思うのです。僕は折伏より信頼関係が築くことの方が大事だと思っています。

958 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 06:48:25 ID:Y0lxJNKo
っていうか、そもそも釈尊を含めあらゆる諸仏は同一の仏法により成仏してるのだから
釈迦仏法と日蓮の仏法を切り分けて解釈する方がかなりのこじつけだと思うけどね。

釈尊(経典上の)は三法の常住不変易を説いているのに、
釈尊の仏法は末法には通用しない、って言ってる時点で仏教の教えからズレたカルトだよ。

959 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/22(水) 07:56:13 ID:t13fyQWb
>>953
>> 自分が癒されるように、自分に利のあるとこだけ使うといいんですよ。
>こういうカキコが平気で出て来るあたり・・・ry
>ハイ、信心利用・・・・・
信心を利用とは自己の私利私欲のために使うと解釈したならあなたは色眼鏡でみている。

今、苦しんでいる人が居て正宗の指導で不幸になった人に「せめて正宗のいいとこを
使って立ち直ってください」いうことが信心利用だと決め付けるあなたの精神は病んでいる。

正宗の指導では失うもの方が多いのだ。
人を不幸にしていおいてなにを言ってるんだ。

>仮に今まで功徳をつんできたとしてもそれをどんどん崩す羽目になるだろう。
それはそうだとおもいます。

正宗の指導・思想と反することもするでしょうから。
当然、価値観にあわない正宗系の信頼を損ねるでしょう。
しかし、正宗の誤った 部分 の思想・価値観を捨てることで成長を
制約していたものが取り払われじかんとともに好転しますよ。
正宗もいいとこはいっぱいあります。それは認めますよ。

>考え方としては、自分の欲のために組織をのっとろうとした提婆達多と同類。
>(某元○○の姿そのものとも言える・・・)
これは人間として許されない発言。謝罪しろ。
許されないことだ。

>御書まともに読んでいるか?
読んでいません。

今はですが。
わたしは御書を読んで駄目なところは吸収しません。

960 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/22(水) 07:59:41 ID:t13fyQWb
>>953

>地涌の菩薩とは何ぞやと考えただけでも、>>947はあほなカキコだということが判る。

私は自分が虚空会の地涌の菩薩だとはおもっていません。
あなたにしても地涌の菩薩ではありません。
ゲイカは「地涌の菩薩の眷属かその眷属にさらに連なるもの」という指導です。

そして地涌の菩薩でありたいとも思いません。
あくまで「あほ」に見えるのはあなたの価値観で私をはかるからです。
あなたのその発言はごく少数の人間の間でしか通用しないものです。

あなたのそういう発言をしてしまう気持ちはわかります。
しかし、それは社会ではやってはいけないことなんですよ

961 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/22(水) 08:34:40 ID:t13fyQWb
おやじさんへ

正宗の解釈では地涌の菩薩=仏です。
しかも上位の仏と解釈しています。

本佛と直接深い縁のある上位の仏であるとの解釈です。
日蓮正宗の信心深い人は本性は「上位の仏」であるということです。
しかし、わざと「センダラが子」といって卑しい姿でうまれてくるといってます。

962 :破邪顕正@元顕正会員 ◆Ylvk4LHQaM :2006/11/22(水) 13:58:13 ID:why1Ha1r
>>954
んなわきゃね〜だろ!

963 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 14:07:18 ID:5YM2rPgt
http://www.youtube.com/watch?v=PDim7CKFqUQ
Nichiren Shoshu

964 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/22(水) 15:43:49 ID:t13fyQWb
地涌の菩薩は釈尊も到底及ばぬ仏であるそうです。
その眷属にも釈尊はおよばないと行ってました。

>>962
正宗の人みたいですけどね。
いったいだれでしょうか?
人として許されないヤツですね、こいつは。

965 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 15:55:20 ID:h9BYWyHv
下らねー

966 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/22(水) 18:06:58 ID:JZosdjET
日蓮正宗は
霊の存在認めてましたっけ?

967 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:21:39 ID:+yUYOxOD
>>960
「・・・日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか、・・・皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱えがたき題目なり、・・・」諸法実相抄

>>959
>正宗の指導では失うもの方が多いのだ。
何か大事な部分が誤っているから、失うものが多くなる。
「・・・かかる日蓮を用いぬるともあ(悪)しくうやま(敬)わば国滅ぶべし、・・・」 種種御振舞御書
「過去の因を知らんと欲せば其の現在の果を見よ未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」開目抄
それでも正宗にとどまるというなら、(初信の者は別にして)なぜ、その誤ったところを正そうとしない?
「仏法を壊乱するは仏法の中の怨なり慈無くして詐わり親むは即ち是れ彼が怨なり・・・彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり」呵責謗法滅罪抄・他

>>947
>自分に利のあるとこだけ使う
つ「如説修行抄」他・・・・
>我見で信心してはだめと指導されますが真に受けてはだめですよ!
ヲイヲイ・・・我見(間違った解釈・見方)がよくないのは当たり前だろう。
何が我見で何が真実かという大問題はあるが。

968 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:53:54 ID:hR/sLBj9
うーん、スレの最初から読んでみた方がいいと思うよ。(難儀だろうけど)
お母ちゃんLOVEさんは功徳が増えたり減ったりなんて信じてない。
そういう人相手に「功徳が存在することを前提にして」話しても噛み合わないんじゃないかな。
あと「正宗による功徳があることを前提とする」部外者というのがよくわからん。


>>ALL
そういや次スレどうすんの?正宗の人は来なくなっちゃってるし。

969 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:56:32 ID:hR/sLBj9
あ、別に「正宗による〜」ってわけでもないか。
よく読んでなかった。悪い。

970 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/22(水) 23:16:37 ID:JZosdjET
お母ちゃんさんに質問
日蓮正宗だよね?
お釈迦様と法華教は無関係てご存知?
ご存じならそのことについてどう思ってますか?

意地悪な質問っすか?(-_-;

971 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 23:27:39 ID:SuQcO10F
功徳ってなんですか?

972 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/22(水) 23:41:37 ID:JZosdjET
>>971
ここで聞くと良いよ(^-^)b
日蓮正宗信徒/私の仏道修行
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164176027/

973 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/22(水) 23:54:52 ID:t13fyQWb
>>967
そういう回答の仕方が通用しないとなぜわかりませんか?
宗祖の言葉は無謬ではない。
御書を引用してますが それがどうした? ということがわかりませんか?
例えば以下の

>何か大事な部分が誤っているから、失うものが多くなる。
>「・・・かかる日蓮を用いぬるともあ(悪)しくうやま(敬)わば国滅ぶべし、・・・」 種種御振舞御書

ですが、

宗祖を悪しく敬わば国滅ぶというが
だれを敬っても客観的に合理性があればその成果はあらわれる。
キリストだろうとムハンマドだろうと釈迦だろうと悪しく敬えば
悪結果がでる。

「過去の因を知らんと欲せば其の現在の果を見よ未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ」開目抄

これなどは正宗がしっかりと受け止めることだろう。
結果は不幸のオンパレードで衰退の一途なんだから。

974 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 00:07:10 ID:t13fyQWb
>>973
>「仏法を壊乱するは仏法の中の怨なり慈無くして詐わり親むは
>即ち是れ彼が怨なり・・・彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり」呵責謗法滅罪抄・他

アルなにかを破壊するものは仏法に限らず「怨」だろう。

そして、私は 相手をおもっている それに偽り親しんではいない。
正宗はだめだと言っているではないか。またいいところも認めている。

言葉尻をとらえ人の揚げ足を取ろうとする。
自分の都合に合わなければ悪と決め付けるために真意を曲解する。
慈悲だ仏だとほざく割りに実態はこんな有様だ。

>>我見で信心してはだめと指導されますが真に受けてはだめですよ!
>ヲイヲイ・・・我見(間違った解釈・見方)がよくないのは当たり前だろう。

正宗の我見はよくない=正宗の正しい指導。

この正宗の指導が間違っているといっているのだ。

もうすこし国語勉強しろ。

975 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 00:13:49 ID:S+ahe7yG
もっと誰にでもわかるように 表現できるのに わざわざ御書引用するとは。
御書など引用しても何の権威もないんだよ?
それにあなたのはどれも的外れな引用だ。

悪しく敬うは あなたに当てはまっている。
この件に反論があればしなさい。

976 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 00:24:50 ID:S+ahe7yG

はっきりさせときますが 

信者が悪しく敬うから 不幸になっているんじゃない!

純粋に指導に従った結果不幸が自他に拡散しているのだ!!




977 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 00:32:44 ID:S+ahe7yG
>>970
知ってますよ。
釈迦滅後に成立したんですよね?
ぜんぜん意地悪じゃないですよ!!

私は宗祖が無謬とはぜんぜんおもいません。
ですからこういうことがあるのはしかたないとおもってます。

架空の物語を真に受けて上行菩薩や釈迦の仏法の付属がウンたらとか
やっちゃって教義の根幹が 破綻 しているのもしかたないとおもいます。

重要箇所の大部分が破綻していようとも いい部分 もあるんですよ。
そこをうまくつかって社会に 利 を還元できるならいいと思ってます。

正宗はこれを認めると 解体 する羽目になりますから絶対しないでしょうけど。

978 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 08:41:45 ID:S+ahe7yG
宗祖はもしかすると法華経と釈迦が無関係ということをうすうす感じていたとおもいます。
なぜなら「如是我聞」で竜樹 天神 だったかが釈尊滅後何百年後の人間であったこと
など総合して「法華経」が釈尊の経ではないという可能性も当然思ったはず。

当時の世相の乱れをただそうという使命感から上記のような可能性も理解しつつも
仏法の有用性を重視し行学に勤しんだのではないのかとなんとなく考えてます。

979 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 08:47:49 ID:S+ahe7yG
お大師様かまってチョ♪さん

正宗では霊を肯定してますよ。お大師さんはどうなんでしょうか?

>>971
そうですよね。なかなかわからないですよね?

アル行動を起こした時に得る 有形無形の利益 じゃないですかね?


980 :お母ちゃんLOVE ◆zUtlDfEf/A :2006/11/23(木) 08:52:17 ID:S+ahe7yG
スレ立てできませんでした・・・だれかヨロ。

981 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/23(木) 08:55:56 ID:DpOG/w5S
>>978
法華経は良いお経だと思う
あの時代の情報量からして誤謬も無理ないのかなと
別に日蓮さん攻撃するつもりないし
あの思い込みと実行力と信念の日蓮さんは好きなんで
ただ
友達のケンショ会の信者見てると盲信ぶり凄いので…
それでチョッカイかけたくなるんで…
普段はあり得ないくらい良い人
こと宗教に関したら譲らなくなるから

982 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/23(木) 09:00:05 ID:DpOG/w5S

スレッドを立てられない奴はここへ書け!298
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/qa/1164086077/
俺も失敗しちゃった(笑)

983 :日子 ◆RAnYU0NjaM :2006/11/23(木) 09:52:33 ID:NTAaz2w8
>>981
観音経とか最高だよね。俺は感動したね

984 :オヤジ ◆avupamp2lY :2006/11/23(木) 12:02:54 ID:m3YoyJUN
スレ立ててくれた方がいます。
日蓮正宗スレッドW
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164247436/l50

985 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 12:37:55 ID:7U1lkWGz
次スレ

日蓮正宗のスレッドW
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1164247436/


986 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:22:56 ID:VdhLcteB
うめ

987 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:24:29 ID:VdhLcteB
うめさん

988 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:25:48 ID:VdhLcteB
埋め

989 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:33:46 ID:VdhLcteB
埋め合わせ

990 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:35:18 ID:VdhLcteB


991 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:37:20 ID:VdhLcteB
梅川

992 :南無大師遍照金剛:2006/11/23(木) 16:37:53 ID:DpOG/w5S
ヽ(´∇`)ノ南無妙法蓮華経♪

993 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:43:46 ID:VdhLcteB
梅林

994 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:45:18 ID:VdhLcteB
卯女

995 :南無大師遍照金剛:2006/11/23(木) 16:47:20 ID:DpOG/w5S
ヽ(´∇`)ノ1000ゲト♪

996 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:54:14 ID:VdhLcteB
梅田

997 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:57:23 ID:VdhLcteB
うんこ

998 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 16:59:02 ID:VdhLcteB
下痢便

999 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/11/23(木) 17:09:18 ID:K42wGrNP
ume

1000 :七八 ◆7gpceMnULI :2006/11/23(木) 17:09:56 ID:K42wGrNP
初めての1000ゲット!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)