5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最悪】賽の河原地蔵和讚 

1 :1:2006/09/28(木) 00:49:06 ID:U9dUvrg3
賽の河原地蔵和讚 さいのかわらじぞうわさん

ttp://kupo.hp.infoseek.co.jp/wasan.html

これって最悪だな

2 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:50:22 ID:U9dUvrg3
 帰命頂礼世の中の    /この世の中で
 定め難きは無常なり   /安定させるのが難しいのは生命である
 親に先立つ有様に    /親より先に死んでしまう事は
 諸事の哀を止めたり   /多くの悲しみを一身に受けるのだ
 一つや二つや三つや四つ /1〜4歳等の
 十よりうちの幼子が   /10歳にも満たない幼い子供が
 母の乳房を放れては   /母親と死に別れたのち
 賽の河原に集まりて   /賽の河原に集まって
 昼の三時の間には    /日の出から日の入りまでの間に
 大石運びて塚をつく   /大きな石を運んできて塚を築く
 夜の三時の間には    /日の入りから日の出までの間に
 小石を拾ひて塔を積む  /小さな石を拾って塔を築く
 一重積んでは父の為   /1つ積み上げては父親の為と
 二重積んでは母の為   /2つ積み上げては母親の為と
 三重積んでは西を向き  /3つ積み上げては西を向いて
 樒程なる掌を合せ    /樒のような小さな手を合わせて
 郷里の兄弟我ためと   /生まれ故郷の兄弟の為と
 あら痛はしや幼子は   /可哀想に幼い子供は
 泣々石を運ぶなり    /泣きながら石を運ぶのである

3 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:50:56 ID:U9dUvrg3
 手足は石に擦れだだれ  /手足は石で擦られただれてしまい
 指より出づる血の滴   /指から血を流し
 体を朱に染めなして   /体を血まみれにしながら
 父上こひし母恋しと   /父さんに会いたい母さんに会いたいと
 ただ父母の事ばかり   /一途に父母の事だけを
 云うては其儘打伏して  /言ってそのまま倒れこんで
 さも苦しげに歎くなり  /とても苦しそうに悲しみ嘆くのである
 あら怖しや獄卒が    /なんとも恐ろしい地獄の鬼が
 鏡照日のまなこにて   /鏡か太陽のようなギラギラした眼で
 汝らがつむ塔は     /お前達が積む塔は
 歪みがちにて見苦しし  /歪んでいてみっともない
 斯ては功徳になり難し  /これではご利益も無いだろう
 疾々是を積直し     /さっさとこれを積み直して
 成仏願へと呵りつつ   /成仏を願えと叱りつつ
 鉄の榜苔を振揚げて   /鉄で出来た粗末な棒を振り上げて
 塔を残らず打散らす   /塔を全て壊しまわる
 あら痛しや幼な子は   /可哀想に幼い子供は
 又打伏して泣叫び    /また倒れこんで泣き叫ぶ
 呵責に隙ぞ無かりける  /咎めに間違いは無いのである
 罪は我人あるなれど   /罪は誰にでもあるのだが
 ことに子供の罪科は   /特に子供の犯す罪は
 母の胎内十月のうち   /母のお腹にいる10ヶ月の間
 苦痛さまざま生まれ出で /様々な苦痛を母に与え
 三年五年七年を     /3年5年7年の
 纔か一期に先立つて   /わずかな期間で先に死に
 父母に歎きをかくる事  /父や母を悲しませた事は
 第一重き罪ぞかし    /一番重い罪なのだ

4 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:51:45 ID:U9dUvrg3
 母の乳房に取りついて  /母の胸にしがみついて
 乳の出でざる其の時は  /お乳が出ない時は
 せまりて胸を打叩く   /出るように胸をきつく叩く
 母はこれを忍べども   /母はこれにじっと耐えるけれども
 などて報の無かるべき  /それでどうしてお乳がでてこようか
 胸を叩くその音は    /胸を叩くその音は
 奈落の底に鳴響く    /地獄の底で鳴り響く
 修羅の鼓と聞ゆるなり  /阿修羅の打ち鳴らす鼓の音に聞こえるのだ
 父の涙は火の雨と    /父の涙は火の雨に
 なりて其身に降懸り   /なってその体に降り懸かり
 母の涙は氷となりて   /母の涙は氷になって
 其身を閉づる歎きこそ  /その体を閉ざす嘆きこそ
 子故の闇の呵責なり   /子供こその煩悩の責め苦である
 斯る罪科のある故に   /このような罪がある為に
 賽の河原に迷来て    /賽の河原に成仏できずに来て
 長き苦患を受くるとよ  /長い苦しみを受けるのだ
 

5 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:53:08 ID:pQ62Adl/
 河原の中に流れあり   /河原には流れがあって
 娑婆にて嘆く父母の   /現世で嘆いている父母の
 一念とどきて影写れば  /思いが届いてその影が映れば
 なう懐しの父母や    /懐かしい父さん母さん
 飢を救ひてたび給へと  /飢えを救ってくださいと
 乳房を慕ふて這寄れば  /お乳が恋しくて這い寄ると
 影は忽ち消え失せて   /影は瞬く間に消えてなくなり
 水は炎と燃えあがり   /水は炎となって燃えあがり
 其身を焦して倒れつつ  /体を焦して倒れながら
 絶入る事は数知らず   /死んでしまうことは数え切れない
 中にも賢き子供は    /その中でも賢い子供は
 色能き花を手折きて   /色鮮やかな花を折り取って
 地蔵菩薩に奉り     /地蔵菩薩にささげ
 暫時呵責を免れんと   /すこしの間責め苦を逃れようと
 咲き乱れたる大木に   /花がたくさん咲いている大きな木に
 登るとすれど情なや   /登ろうとするが可哀想に
 幼き者のことなれば   /幼い子供であるから
 踏み流しては彼此の   /足を踏み外しては辺りの
 荊棘の棘に身を刺され  /いばらの棘に体を刺され
 凡て鮮血に染まりつつ  /全身血まみれになりながら
 漸く花を手折り来て   /ようやく花を折り取って
 仏の前に奉る      /仏の前にささげるのである
 

6 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:54:19 ID:pQ62Adl/
 中に這出る子供等は   /その中でも這って歩く子供達は
 胞衣を頭に被りつつ   /胞衣を頭に被ったままで
 花折ることも叶はねば  /花を折る事も出来ないので
 河原に捨てたる枯花を  /河原に捨てられている枯れた花を
 口にくはへて痛はしや  /口に咥える姿は不憫である
 仏の前に這行きて    /仏の前に這って行き
 地蔵菩薩に奉り     /地蔵菩薩にささげ
 錫杖法衣に取付いて   /錫杖や法衣にすがり付いて
 助け給へと願ふなり   /助けて下さいと請い求めるのである
 生死流転を離れなば   /生死硫転を逃れたとしても
 六趣輪回の苦みは    /六道輪廻の苦しみは
 唯是のみに限らねど   /これだけとは限らない
 長夜の眠り深ければ   /煩悩の闇が深ければ
 夢の驚くこともなし   /迷いから覚める事も無いのである
 唯ねがはくば地蔵尊   /ただ願うのは地蔵菩薩様
 迷ひを導き給へかし   /心の迷いからお救い下さい


7 :どこが最悪なの:2006/09/28(木) 22:49:49 ID:F6isUD/d
折しも西の谷間より 能化の地蔵大菩薩
右に如意宝の玉を持ち 左に錫杖つきたまい
ゆるぎ出てさせたまいつつ 幼き者のそばにより

何を嘆くかみどりごよ
汝ら命短かくて 冥土の旅に来るなり
娑婆と冥土はほど遠し
いつまで親を慕うとぞ

娑婆の親には会えぬとぞ
今日より後は我をこそ冥土の親と思うべし
幼き者を御衣の袖やたもとに抱き入れて
哀れみたまうぞ 有難や

いまだ歩まぬみどりごも錫杖の柄に取り付かせ
忍辱慈悲の御肌に 泣く幼子も抱き上げ
なでさすりては地蔵尊

熱き恵みの御涙 袈裟や衣にしたりつつ
助けたまうぞ 有難や


8 :最後まで書けよ:2006/09/28(木) 22:51:20 ID:F6isUD/d
大慈大悲の深きとて地蔵菩薩にしくはなく
これを思えば皆人よ 子を先立てし人々は
悲しく思えば西へ行き

残る我が身も今しばし 命の終るその時は
同じはちすのうてなにて 導き給え地蔵尊
両手を合して願うなり

南無大悲の地蔵尊
南無阿弥陀仏阿弥陀仏

真言

口奄 訶 訶 訶 尾 娑摩 曳 娑婆訶
オン カ カ カ ビ サンマエイソワカ


9 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 09:01:30 ID:gKqUS8Ew
前半で耐えられず席を立った人を何人も知ってるよ
死ぬ間際まで難病で苦しんだ子の親とか

後半が良ければ良いってもんじゃない。
死んで天国へ行けると言われた方が救われる

およそ供養を必要とするものは供養されねば救われない
醜悪だと言うのも分かるね

10 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:52:31 ID:tNoHywB5
誰から見ても美しく正しいものなどこの世には存在しない。
聖典を醜悪と思う者がいれば、カルトに救われる者もいるだろう。だが

我々日本人には幸運なことに宗教を選ぶ権利がある。偽りを語り露骨に他者を騙し、
陥れるようなものでなければ蔑む言われもないと思われる。

長年語りつがれてきたものには、それなりの「意味」がある。相容れないものを
切り捨てることは簡単だが、心に余裕がある時ならばあえてその「意味」を探るのも
人にとって決して無益なことではない。

11 :金ロ会長:2006/10/08(日) 18:36:32 ID:zJvixU7A
人の恐怖心を利用するのは、
下等な宗教の常套手段。

カルトも恐怖心をうまく使っています。

子供は天国に行きます。
それは、イエス様の教えです。
仏教では救われません。




12 :まだ名前はない:2006/10/08(日) 19:45:03 ID:SeXFN7mJ
>>1〜11
「子供」を、この世の煩悩や欲望で苦しむ人類と置き換えて

「積み上げる石」を、この世で人類が築き上げた文明や社会と置き換えて

「賽の河原」を、この世と置き換えて

もう一度、「賽の河原地蔵和讚」の、内容の意味を考えてみて、、、


13 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 12:26:02 ID:i6lSP5L0
気にするな。
これはお釈迦様の教えではない。
この讃文は、平安時代の空也というキチガイ坊主が勝手に妄想したものだ。
仏教の教えに反する邪義だ。
なんの罪もない幼児が、こんなひどい目に遭うなんて、ありえない。

こんなキチガイじみた文章、朗読なんかするなよ。


14 :金ロ会長:2006/10/12(木) 21:55:56 ID:/ETYX5MX
聖母マリアにすがりましょう。
仏教では救われません。

15 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 00:53:56 ID:k80pcIS3
なにこのプチ宗教論争www 仏教にもキリスト教にも疑問点は山ほどあるが
またここの>>1は地味なことにケチつけてんね〜

16 :三代目U*A*U ◆UAUV6oHYTg :2006/10/27(金) 00:30:11 ID:saBGfpwP
http://kupo.hp.infoseek.co.jp/wasan.html

17 :三代目U*A*U ◆UAUV6oHYTg :2006/10/27(金) 00:31:52 ID:saBGfpwP
御読歌

18 :まだ名前はない:2006/11/14(火) 21:00:20 ID:8YfT9lW0
つまり、賽の河原とはこの世のことであり

石を積み上げている子供とは、この世で煩悩や欲望により

苦しみ悩んでいる人々のことであり

それらのことは、すこし仏教についての知識などがあればすぐに理解できると思われます、、、


19 :名無しさん@3周年:2006/11/15(水) 12:42:23 ID:EnITcnXY
>>18
そんなふうには読めないね。

これはお釈迦様の教えではない。
この讃文は、平安時代の空也というキチガイ坊主が勝手に妄想したものだ。
仏教の教えに反する邪義だ。
なんの罪もない幼児が、こんなひどい目に遭うなんて、ありえない。

こんなキチガイじみた文章、朗読なんかするなよ。


20 :よだれかけ:2006/11/15(水) 23:52:52 ID:zM/v9b0g
こりゃあ、子を亡くした親御さんの
ためっしょ。

21 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 17:43:29 ID:BnluLqfH
>>20
こんなもの読ませたら、親をよけい辛い思いに追い込むことになるじゃないか。

ああ、そうか。
親をそういう気分に追い込んでおいて、それから地蔵をたてにして、寄付金を搾り取ろうというたくらみか。
とうでもねえ野郎だな、空也っていうクソ坊主は。
いったいどこからこんな恐ろしい讃文を思いついたんだ?



22 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 23:34:28 ID:X3Hf4mmW
賽の河原のこどもたちのベビーシッター役なのだよ、お地蔵さんは。

23 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 23:56:43 ID:Q+0HT4mJ
地蔵BON

24 :仏語:2006/11/28(火) 23:57:14 ID:vpd7mdLg
tres bon!!                        tres bien !!

25 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 00:17:01 ID:gwJbmn8t
「子連れ狼」にもお地蔵さん出てくるね。
大吾朗にモロコシの食い掛けを半分やる
安部公房って坊主の顔は大柄だね。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)