5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

A・スマナサーラ☆ヴィパッサナー瞑想法

1 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 18:55:31 ID:K8NXzpGe
アルボムッレ・スマナサーラについて

2 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 18:58:42 ID:K8NXzpGe
久々にいい人(の本)に出会えました。

これから毎日少しずつ瞑想やってみる。
右、左、右、左・・・
とりあえず、きちんと瞑想の時間とるヤツじゃなく、
掃除しながらとか、何かしながらできる瞑想をする予定。

3 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:00:59 ID:QNBGqWPD
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


4 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 11:01:20 ID:KD23p6z3
何度か講演を聞いたし聞く価値はあるけど、
この人の主張は全てはとても受け入れられない。
妄想は批判するけど講演の内容は妄想だらけだから。
人は1万年だって生きれるんですとか平気で言っちゃうし、
人は自殺したら地獄に落ちるとか言うし。

5 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 11:58:17 ID:PBt0DE7g
そうなのか。。

6 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 16:05:41 ID:XDGWplKj
結構批判する人多いよね。

7 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 07:06:47 ID:/GJARlA1
仏教は宗教じゃない、と口癖のように言うんだけど、
瞑想以外の仏教の話になると、もろに宗教の世界。
「瞑想」は価値あるものなんで、あんまりこの人の説教で悩んだりしない方がいい。
すべての責任は本人にあると言われて虐待されて育って心がボロボロになってしまった人が救われるか。
社会を知らない坊さんの世迷言である部分は聞き捨てて瞑想だけやれば言いと思う。

8 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 11:00:09 ID:u2aY3qYS
なるほど。

9 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 11:11:04 ID:LF/EMwNm
>>4>>7
参考になったありがとう。確かに読んでると時々
突っ込みどころがあるし、社会を知らないお坊さんって感じはする。
しかも年代が団塊だから、今の若い人特有の苦しみは知らなくて
しょうがないよね。

実社会で揉まれて、理不尽な目にもあったり、
労働者として苦労した経験のある人で、悟りの境地にいる人の、
人生指南書があれば読みたいと思ってるんだけど、ないかなー。

10 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 11:35:53 ID:LF/EMwNm
人生指南書っていうか、
つまり芯から悩み苦しみから離脱できるような。
宗教書でも言いし、自己啓発書でもいいけど、
自分の問題を根本的に解決するヒントになるような本。

11 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:46:36 ID:PzAgwfUg
>宗教書でも言いし、自己啓発書でもいいけど、
自分の問題を根本的に解決するヒントになるような本。

原始仏典はどうですか?

12 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:35:08 ID:52oB8Mx1
すまっちに直接会ってみてはどうですか?
入会の義務はないんだし
名前も書かなければいいし
一対一の面接とかでは 話をよく聞いてくれるし
やさしいよ

13 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 16:15:58 ID:qmvK7UGN
初期仏教と銘打ち講演会している
でも上座仏教は初期仏教ではない。

HPみたら満員御礼と書かれてた。なんか興行みたいだ。

14 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 16:18:18 ID:qmvK7UGN
スリランカの内戦をみたらわかる

15 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 16:44:48 ID:s2gKUItn
上座と初期ってどう違うの?

16 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 16:52:47 ID:glyvUiP8
>>12
それって有料?

17 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:27:32 ID:glyvUiP8
「ブッダの実践心理学」いいなと思ったけど、高っ!


18 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:02:03 ID:QmT2Yax4
>>12 勧誘萌

19 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:27:52 ID:QmT2Yax4
>>15 初期仏教とは原始仏教と思わせるための造語じゃないの。

20 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:49:10 ID:LnSMvliF
満員御礼 ウホウホウホ 

21 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:34:12 ID:VNHkjf27
長老様貧しい国にもっと外貨を運んでください。

22 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:54:38 ID:zHamfJNr
ブッダの実践心理学結局買っちゃった。一巻と二巻。
心所の説明が一番読みたいんだけど、第三巻になるらしく未刊行。
既刊の分で、心所について詳しく読める本知りませんか?

23 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 22:26:49 ID:zHamfJNr
ヴィパッサナー瞑想、掃除とか何かしながらするのは、意外と難しいと思った。
普段ゴミ妄想の時間も多いんだけど、意外と、必要な思考も多い。
例えば、食器洗いながら、最近食べてないものを思い出して、献立を考えたり。
野菜切りながら、何分火にかけるのがベストだったか、過去の記憶をだどって思い出したり。
掃除しながら、午前中にやっといたほうがいい用事はあったっけとか。
色んな家事、用事の効率的な作業順序を考えたり。
ようやく思考することがなくなったと思ったら、何か忘れてることはなかったっけとか。

そして、それらの思考から派生していつのまにかどうでもいい妄想になってて
何分も経過してから、あっ、しまったと気づく。

でも少しはウィパの時間取れるから当面毎日少しづつはやることにする。
といってもせいぜい5分とかそれくらいかもしれない。

24 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 17:38:11 ID:N0+vr3uG
昔は長老の物言いに不満はあったが今は尊敬してる
真理ってのはなかなか一般受けしない

25 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 16:38:45 ID:H5iUGX34
悟ったら輪廻から抜け出せるっていいね。
確かにまた生まれてしまうなんてヤだと思った。
でも一般的に、死後また生まれる事はポジティブに考えられてる
みたいだけど、なんでだろう。

26 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:49:49 ID:H5iUGX34
なんかもう洒落にならないから悟りたい。
悟りに至るまでできるだけ効率よく。

27 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 19:26:04 ID:rfCJDd6C
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%EF%BC%92%EF%BD%83%EF%BD%88%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E3%80%80%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%B0%86%E8%8B%B1&lr=

28 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 19:42:38 ID:2C0EFtQF
長老はさとっているのか、あの物言いではどうかな。

29 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 20:39:49 ID:9qdEHkXt
説法は、ここで聞けるよ。
http://gotami.txt-nifty.com/journal/dhammacast/

>>24
俺も尊敬はしてるけど真理だとは思えない。
なんでも無批判に聞いちゃいけないよ。疑問を持って質問をぶつけていくことが仏教は大事だから。

30 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 22:58:41 ID:/Lm4iv0c
>>29
有難うー。
こういうのあるとあり難いわ。
この方最近知ったけど(>>1です)。
なんかいいもん見っけた感じ。
瞑想は相変わらず少しずつだし、本読む時間ももっと増やしたいけど
あまり増やせない不満はあるけど、すこしずつ頑張る。

31 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 23:27:23 ID:/Lm4iv0c
なんか聞とりにくい・・・。しゃべり方が。
聞いてれば慣れてくるかな。
日本語しゃべれるだけで凄いと思うし、
発音はしゃあないと思うけど。


32 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 17:17:01 ID:DDBCPnL1
妙な節をつけての大合唱は新興宗教臭


33 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 22:42:26 ID:ki0wXTxJ
うんにゃ 新興宗教そのものだす

34 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 11:43:46 ID:cozmzrPe
人間関係について、
著作の目次や、HPの法話をざっと見てだけど、
悪友を避けることや、善友を見つけることは書かれているけど、
悪い人と付き合わざるをえない境遇になったときの、
悪い人との付き合い方が知りたい。
これについての、スマさんのアドバイスってある?

友人は選んだり避けたりできるかもしれないけど、
身内は一生付き合いが続くし、職場の付き合いでも、
じゃあ転職しようって簡単にいかないから、
長期に付き合わざるを得ないことも多いだろうし。

35 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 12:50:11 ID:cozmzrPe
「悪い人」って漠然と書いたけど、
スマさんの言い回しによると、「愚か者」だな。

なんかぜんっぜん、共感できない話っていうか、
もうそれは分かってるからいいんだよって部分が多くて
ちょっとイライラ。どんどん飛ばして読めばいいかな。

36 :名無しさん@3周年:2006/10/08(日) 17:03:23 ID:l+zgArD7
 輪廻なんて形而上学じゃん。実証性のない思考で形造っただけの世界。
今の状態で
肉体発生前のことを知っている人はいないし、
肉体の滅以降のことを知っている人もいない。誰も体験したわけじゃない。
だったら、今の状態がどういう本質的意味があるのか、知っている人は
誰もいない。
 経典上の妄想を語っているだけではないか。




37 :36:2006/10/08(日) 17:08:12 ID:l+zgArD7
挿入5行目 <確かなことを>知っている人は

38 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 09:17:47 ID:avDFC6hz
うそついて スマソ by 長老

39 :名無しさん@3周年:2006/10/09(月) 11:33:01 ID:uTVikTh8
http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/sns/1158794718/
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/company/1160091994/13
http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/sns/1158192427/


40 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 20:57:01 ID:EZ7/b5tz
明日のNHK教育14:00からのこころの時代に長老出演です。(再放送だけど)
とりあえず本人見て聞いてから話し合おうじゃないか。

41 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 21:23:22 ID:/nqQQVMJ
テレビがありません

42 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 21:31:13 ID:/nqQQVMJ
心所を詳しく勉強したいんだけど、情報源はテーラワーダだけ?
他の宗派の仏教の本で、心所解説してる本ってないのかな。
もっと分かりやすく詳しく体系的に纏めてある本がほしい。
テーラワーダだと、未完のも含めた「ブッダの実践心理学」か、
HPの用語集くらい?

43 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 22:31:32 ID:azcMl0BE
>>40
また本が売れスマ by長老

44 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 08:21:44 ID:NKtvBZ16
>>39 動画にうつってるのはA・スマナサーラ?

45 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 11:56:28 ID:jEVZWNW0
>>42
角川文庫の『存在と分析』とか、水野弘元先生の本とか。。。
読んでないけど。
何にせよ、「詳しい」と「分かりやすい」を両立してる本て稀有。
原典読んで、ご自分で執筆されて下さい。
がんばってね。

46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 12:42:35 ID:ao1z8CGk
>>45
ありがとう。

「分かりやすい」には、詳しいがゆえに理解を深めやすいので分かりやすい、
というのと、簡素なので(サラッと勉強したい初学者には)とっつきやすくて分かりやすい、
というのがあると思う。前者のタイプきぼん。
あまりシンプルすぎると、逆に疑問点がぽつぽつでて解消されないままに
なってしまったりするじゃない。
でも途方にくれるほど滅茶苦茶詳しくても困るので、ほどよく詳しいやつ。

48 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 14:33:13 ID:jEVZWNW0
唯識関係の本とか。太田久紀著のとか。
inbudsで「心所」で検索してひとつひとつ論文あたって参考文献調べるとか。
大学の教授に突然メールするとか。
今テレビで長老みてますが背後にずいぶんお釈迦様の像がありますねー。

49 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

50 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 14:20:01 ID:pDJhyJs8
>>48トラの威を借りるなんとやら

51 :2ちゃんねる誹謗中傷係の秘密 :2006/10/17(火) 14:21:34 ID:2Wo9lGah
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160956178/7n-
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160956178/7n-
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1160956178/7n-

52 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 21:53:44 ID:Cr1gboPZ
盛り上らないねえ。
せっかく精舎のスタッフも見てくれてるというのに。

53 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 00:06:20 ID:59sV+rnX
だっていそがしいんだもん

54 :覚醒剤大好き■齋藤翔の裏の顔:2006/10/18(水) 17:34:48 ID:B8HQutbq
2ch従業員☆齋藤翔☆魅力向上コンサルティング
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1161136401/l50


55 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 17:44:45 ID:5Fvk3iEj
>>52
みんな、見てるよう。

56 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:45:55 ID:Q3n6NmdR
身体が衰えていずれ死ぬこと事態については、どーでもいい。
その無常はどうでもいいんだが、
最悪な境遇に堕ちることもあり得る無常がやだ。
最悪な職場で精神すり減らしながら、ぼろぼろに成りながら働かなくては
いけなくて、ぞれがいつ終わるか分からないとき、どうやって生きたらいいのか。

生活保護もらう理由にはならない程度の病気を持ち、
でも数種類の病気を同時に抱えていたりして、こなせる仕事が少ないわ、
なんとか就職できても身体がいつまで持つか分からないわ、
医療費も捻出できないわとなった時、そんなときどうやって生きたらいいか知りたいのに。
健康があれば大抵の事は切り抜けられるかもしれない。
でもカルマで生まれつき病弱な人はずっと病弱ってスマさん言ってるし。
病気抱えて生きるしかないし、かといって、生活保護もらえない程度だし、
ってケースの人間は、恵まれた境遇にいる間はいいけど、
無常だから、恵まれている時も、悲惨な境遇になりうる不安が付きまとう。仕方ないのかこれは。

57 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:51:24 ID:SYacDGLk
【右足】ヴィパッサナー瞑想法2【左足】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139523455/

こっちでいいんじゃない?

58 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:53:54 ID:Q3n6NmdR
あまりに、もー無理って具合になったら、、
まあしょうがないから、ってことで自殺もありだろうか。

59 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 22:56:23 ID:Q3n6NmdR
>>57
あ、それあるの知らなかった。
ありがとう。

60 :名無しさん@3周年:2006/10/23(月) 23:00:32 ID:Q3n6NmdR
自殺する勇気があるかどうかが問題だけど、
それはおいといて、
自殺はダメという宗教も多かったと思うけど
(仏教もそうなんだっけ)、
しゃあないときは、しゃあないよね。

61 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 00:32:39 ID:RbgRCtAj
>でもカルマで生まれつき病弱な人はずっと病弱ってスマさん言ってるし。
ちょっと違うかもしれん。
でも自分の努力ではどうしようもない部分はあるんだと、スマさんの話で、
思ったことがある。

62 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 00:41:42 ID:7Ls9q/GM
スレ移動でしょ。

63 :どりーむろっじ阿部.将英伝説(笑):2006/10/24(火) 00:43:37 ID:vTUxvH+7
356 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:11:04 ID:TXaHD2i2
>ボブに関連する日本市場の利権をうまく 独占できなくなった途端に、言うことを変えてしまう○部氏も見苦し いの一語に尽きます。

阿部は他の講師陣から総スカンをくらったからな
「他人の悪口はいうな」「過去にはこだわるな」と説教たれながら、教え子の前でボブや
他講師の悪口いってる幼稚な奴。
古神道やらチャネリングやらTMやらディクシャやら新しいものにすぐ手をだすが、飽きたらポイ捨て。最近また新しいことを始めたらしいけど、またころころ言うことが代わるだろう


64 :どりーむろっじ阿部.将英伝説(笑):2006/10/24(火) 00:44:45 ID:vTUxvH+7
357 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:15:46 ID:TXaHD2i2
>338 阿部本人だな お前もいうことやることころころ変わるのは反省しろよ

まあ、いくら一生懸命瞑想しても講師がエゴを捨てられず喧嘩してるんだからな
TMにしろ、フルフィルにせよマハリシ系列は偽物ということ・・・というか
内部分裂や喧嘩がない組織は過去存在したためしはないな
むしろ我々が醒めた目でみるべきなんだろうな


65 :どりーむろっじ阿部.将英伝説(笑):2006/10/24(火) 00:47:08 ID:vTUxvH+7
358 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:21:13 ID:TXaHD2i2
>ボブ氏の教えはマハリシから教わった物で、途中でかなり本来のヴェーダの教えから
逸脱していると阿○氏は言っています

じゃあ阿部が最近始めたのはどうなの? なんかジャイナ教のマントラも教えてるじゃん
ヴェーダでもなんでもない
それからディクシャのことを黒魔術とかいってるらしいな ちょっと前までディクシャの教師になるって生徒に宣言してた奴がw


66 :どりーむろっじ阿部.将英伝説(笑):2006/10/24(火) 00:53:36 ID:vTUxvH+7
テレクラ叔父さん阿部★将英(どりーむろっじ)日記★
2ch従業員どりーむろっじサイト http://ime.nu/d-lodge.com/
セミナーやワークショップによっては、ワークショップ内での
恋愛を禁じている所もあります。その位、良く有るケースです。僕も何度かはまって
しまい痛い目を見た事があります(笑)。 今の彼女(吹田菊子)とは全くそうした精神世界
とは違う世界で、出会いました。彼女とはテレクラ(ダイヤルQ2)で知り合いました。
彼女と出会う前に僕はやはりあるワークショップで知り合った女性と肉体関係に陥って
いました。相手は結婚していましたから、俗に言う不倫です。結局、その関係は破綻を
来たしましたが、僕自身とても傷つきました。

そのつき合っていた人は僕のシャドーそのものでしたから、最後には互いを本当に
傷つけ合ってしまいました。


387 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 14:49:51 ID:OM9Ep8jt
その深い傷を癒すには数年かかりました。自分は愛に
価しない人だと自分を卑下したりしました。もう、スピリッチャルな事には関わりたく
ないと本気で思いました。大体、自分の恋愛に関してまで、どうして霊的な問題が
関わってくるのか、カルマが何だと!と神を呪いもしました。 そんなこんなで、淋しさ
を癒す為にテレクラに電話したり、遊び廻っていました。そんな時に彼女と出会い
ました。彼女はアルバイトをしていました。(当時はバブルですから、時給が良かっ
たそうです(笑)騙される男は馬鹿です(笑)。) でも、その出会いはやはり、
不思議なものでした。今、考えたら計画されていたとしか思えません。彼女とは
何度も電話が繋がり、結局会う事になります。



67 :どりーむろっじ阿部.将英伝説(笑):2006/10/24(火) 00:59:04 ID:vTUxvH+7
116 :名無しさん@3周年:2006/08/15(火) 03:26:59 ID:d1zQ7JRO
>でも個人的にはヴェーダシャクティ瞑想は面白そうなんで浮気して習いに行ってこようかと(笑

要するにインドでマントラを仕入れてくれば誰でも瞑想ビジネスが出来るってことだよな
いろんな伝統からぱくって複数の伝統を教えて安倍はいったい何をやりたいのか?
ただの瞑想ビジネスで一貫性がまったくない
また飽きたら違うこといいだすだろうな
しかしあれだけボブの悪口やら日本の講師の悪口をいいながらフルフィルは教え続けるという安倍の厚顔にはあきれるばかりだ。


68 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :胎盤エキス:2006/11/15(水) 21:52:51 ID:qWlg+bxI
スレタイよく読んでカキコ汁

71 :名無しさん@3周年:2006/11/16(木) 19:45:45 ID:GmIW/xVC
どりーむろっじというのはそういうところなのですか?
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1159588804/1-100

72 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 10:16:20 ID:10noisGB
このかたがたも
スマ長老のお話を聞いて
改心されますように

73 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 18:52:49 ID:RS0W6LRw
>>56
上座部のバカ出家者にそんな難題は解けないよ。
外野席の分際でああだこうだと無責任なきれいごとを偉そうに言うだけ。

74 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 22:30:44 ID:X6gc4aaB
仮に上座部のバカ出家者で外野席の分際だとしても日本の坊主もどきなどは球場の門
の中にすら入れない門外漢ではないか。せめて外野席にでも入ってみろよ。根性なし。

75 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:41:25 ID:ZBop7r/M
長老は聖者です。
私たちを救ってくださいます。

76 :華厳命:2006/11/29(水) 12:49:21 ID:M7Jqhbaw
小乗の分際で生意気なんだよ
救えるわけねーだろドアホ

77 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:25:42 ID:DI3hSD31
>>76
上座部が小乗か? 小乗仏教とやらが、どこに
現存してるか言ってみろ。


そういうオマエになにができる。

78 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:44:53 ID:ZBop7r/M
長老は特別なかたです。
アラハンを超えています。

79 ::2006/11/29(水) 18:49:29 ID:79KbfZHx
阿羅漢をお分りになるのですか?

80 ::2006/11/29(水) 18:53:50 ID:79KbfZHx
長老に帰衣したとして、救いがえられると?
覚醒は、自己が成すもの。どのような賢者とて、道を示すことはできても、救うことはできないと思います。
いかがですか?

81 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 20:04:54 ID:PWEn5tMG
上座部って高壇にエラそうに座っている坊主を三拝して崇拝するんだろ? 
 キ メ ェ !

坊主も坊主だ。
乞食の分際で王様にでもなったつもりかよ!w
テメエらが下段に座れダニ虫!w

82 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 20:09:10 ID:PWEn5tMG
>>74 
日本の坊さんは家庭もち葬式・墓守業だから、
外野席どころかプレイヤーだよ。

83 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 21:54:27 ID:ZBop7r/M
>>80できます。
長老は供養に応じてくださいます。
お布施をします。

84 ::2006/11/29(水) 21:59:46 ID:79KbfZHx
ならばそうすればいいでしょう。
ご自分の選択として、実行してください。



85 :質問者:2006/11/30(木) 03:04:44 ID:H5OBzdj7
質問させてください。
ポッドキャストや書店販売の本でスマナサーラ師を知りました。
HPを見ると熱海で合宿をやっていらっしゃるようなのですが、
食事はどんなもので、熱海の合宿所はどんなところなんでしょうか?
まだまだ未熟者で、粗食は耐えられますが、布団がない、とか雑魚寝とか
できそうになくって。熱海の写真がHPに載っていないので気になっています。
経験された方の場所とか食事(俗ぽくってすみません)
などのアドバイスが伺えれば幸いです。
直接電話で精舎に訊くのがはばかられて書きました。
どうぞ宜しくお願いします。

86 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 06:44:45 ID:qD9KXJs8
>>81
坊や。坊やは王者不敬論ってのを知らないのかね。まあ、無理もないがせいぜい坊やは権力に
尻尾ばかり振っていなさい。根性なし。

87 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 06:55:44 ID:qD9KXJs8
>>82
そうか。長老が外野席と言うなら家庭もちはスタンドにすら入れないから
確かに
>外野席どころか
球場の外で
>プレイヤー
prayerだな。
読経芸人と言う人もいる。

88 :大痴者:2006/11/30(木) 12:57:55 ID:goVjlbX6
だいたいカルマ=業報や輪廻転生を説いている時点でアウト。
ブッダ成道のおりの逡巡と戦略思考の何たるかを、当時の
ブッダが置かれた地位から理解できていない証拠だ。
夾雑物を捨て去ったいわば純粋仏教の立場からは
業報や輪廻転生、神や悪魔というファクターは入る余地はない。

89 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 15:08:17 ID:n3GsslOo
純粋仏教って何?

90 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:20:02 ID:q/+j8I5g
>>87
野球知らないんで、例えがよく分からないんだけど、
家庭持ちの日本の坊さんは
葬式業界で働いてて、働く苦労と家庭の苦労はあるから、
長老より、内側の位置でいいんでないの?

スタンドってなんだっけ。監督が座ってるとこ?

91 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:30:32 ID:q/+j8I5g
上座部の馬鹿出家者って長老含んでるの?
だれか>>56の難題(?)を解ける人はいませんか?

知り合いは、悲惨な境遇に堕ちうる無常に関しては、
だれにでも起こるわけじゃなくて、「良い子」は、
上手い具合に災難を避け、世渡り上手に生きてゆける
運命にあるから、「良い子」である貴方(私)は大丈夫であり、
不安は無駄であると、言ってくれましたが。
一度堕ちそうになったから、不安になってしまうんだけど。

92 ::2006/11/30(木) 16:51:14 ID:uus7pY8I
>>91 あなたは体が私であるとお思いでしょうか。

死を恐れていない人に、最悪があるとお思いでしょうか。


93 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:58:37 ID:n3GsslOo
たんたんと生きるしかないでしょ

・未確定な将来の不安を妄想しない
・現実性のない生活保護、健康を望まない
・目の前の出来ることに集中する
・ヴィバと慈悲で自分と環境の改善を目指す

94 ::2006/11/30(木) 17:07:24 ID:uus7pY8I
何も望まないこと。
その上で瞑想したらいかがでしょうか。

95 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 17:42:40 ID:2P/oydR+
>>86
アホかおのれは。
出家者は世俗の身分から離脱したんだから、
王様以下でも乞食以上でもないだろうが。
なぜ高段にえらそうに座って人に崇拝させるわけ?
「私を拝んだりしないで」とか言うぞ普通はw

96 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 20:17:06 ID:3WXVvUK4
>94
 何も望まないなんてありえるのか?
直ぐに腹が減って飯が食いたくなる。しかし金がない。ならパクルか
物乞いするしかない。サラリーマンもぼうずも物乞いだ。
時間と金玉を差し出して物乞いをしているに過ぎないとはいえまいか?



97 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 20:45:45 ID:5CXUf4Bp
おそらく断食による他界は、ほとんど苦痛は無いと
思う。

98 ::2006/11/30(木) 20:48:19 ID:uus7pY8I
精神の話をしたのですが、伝わらなかったようですね。

99 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:57:55 ID:n3GsslOo
ここでは具体的な実践方法の話しを聞きたいですね

100 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 22:14:49 ID:qD9KXJs8
>>90
私は仏を中心に考えているからグランドの中心に仏がいてその周りに出家の弟子たち、
スタンドには在家者、球場の外は外道や異教徒と考えた訳だが、君は世間を中心に考えて
出家者を外野席と私の真逆に言った訳だ。
出家者=坊さんは女と交わってはいけない。もちろん妻帯もノーだ。これはブッダ・釈尊の
定めたルール。
>家庭持ちの日本の坊さんは
現実には日本に存在するがそれは本来有り得ない姿なのだ。南アジアの坊さんは坊さん本来の
有様で存在している。彼らは坊さんで日本のは坊さんもどきと私は言っている。
話のどこが食い違っているか分かったか。
>スタンドってなんだっけ。監督が座ってるとこ?
っておまい、最近冬眠から覚めたのか、こらぁ。

101 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:17:29 ID:3WXVvUK4
>おそらく断食による他界は、ほとんど苦痛は無いと思う。
 断食してみたが、一番簡単で綺麗に楽に死ねると思った。
死ぬなら断食に限る。腹きりや首吊りはむごたらしい。第一途中で
止めたくなった時止められない。断食なら気が変ったら止めたらいい。
そしたら健康にもいいとくる。

>精神の話をしたのですが、伝わらなかったようですね。
 いや伝わっている。もっと話せ。その方が面白い。

>ここでは具体的な実践方法の話しを聞きたいですね
 俺もそう思う。


102 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:22:16 ID:n3GsslOo
無益な長いレスよりも、心の静まる1行レスの方がすぐれている。

103 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 08:11:10 ID:QzP4oFPt
ごめんね。もどき。
>出家者=坊さんは女と交わってはいけない。もちろん妻帯もノーだ。これはブッダ・釈尊の
>定めたルール。
ここが心を動揺させたわけね。それでも心の静まったものがセックスしたりマスターベーションを
したりはしないのだよ。
「他人に教えるとおりに、自分でも行なえ」Dhp.159
それではおまいが
>心の静まる1行レス
だけを心がけたらよかろう。もどき。

104 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 08:24:50 ID:QzP4oFPt
>>95
「尊敬すべきものを尊敬する、これは最上の吉祥である」Maņgala-sutta
>なぜ高段にえらそうに座って人に崇拝させるわけ?
>「私を拝んだりしないで」とか言うぞ普通はw
なんか、かわいいね。きみは、電車などでお年寄りに席を譲ったこともないの?
今日は忙しいので、少し考えておきなさい。またな。

105 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 08:31:07 ID:lOmqkUYa
>>96 最終的に何も望まなくなるために、修行するんじゃないの?
長生きしたいと思わなければ、金がなくても不幸じゃなくなる。

106 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 11:47:43 ID:y6W4r3hI
すべては長老に帰依することで解決です。
よけいな論議は煩悩を増やします。


107 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 16:12:33 ID:8YWgHgjT
日本の坊さんが幸せでありますように

108 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 17:36:27 ID:EIoKvNsq
>>104
ギャハハ!!www
自分で「尊敬すべきものを・・・」だとさww!!
それに尊敬したら土下座崇拝するのかい??
未開人の宗教レベルだな、上座部は!ww

不思議なことに、卑屈な乞食よりも
堂々たるえらそうな乞食の方が貰いが多いのだろうなww
演出と権威付けで誰でもコントロールされるんだろうなwww

109 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:00:48 ID:8YWgHgjT
礼拝は説法者を通して、仏法僧の三宝に行います
個人崇拝ではありません

110 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:14:59 ID:L0kWLWxS
どんな屁理屈つけたって、
要は高台に座っている坊主に土下座崇拝するんだろう?www
ギャハハ!!

111 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:33:26 ID:lOmqkUYa
>>110 仏教徒が僧侶を尊敬するのはあたりまえじゃないですか。
仏教を教えてくれる師匠なわけですから。
スターウォーズでルークがヨーダを尊敬するのと同じ。
どんな趣味の世界でも、自分が学びたい分野のプロに対しては尊敬したくなるものだから。


112 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 19:44:28 ID:L0kWLWxS
だから尊敬したらなぜ土下座崇拝するの?ww
会釈とかの挨拶して笑顔で握手でもすればいいのでは?

113 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 20:38:20 ID:lOmqkUYa
>>112 それはインド文化圏の習わしでしょう。


114 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 20:47:46 ID:woSB7Uw3
>>112
あんたタンマガーイの
元信者だろ

115 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 20:58:35 ID:8YWgHgjT
このスレの住人が幸せでありますように

116 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 21:06:57 ID:Vd64WRa/
 書籍を読むとスマナサーラは、物事や理屈の整理がすごく巧い人なんだろうと感じる。
今更って気もするが、宮台真司とスマナサーラの対談を聞いてみたいね。ビデオニュース・マル激
に登場しないかな〜〜。


117 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 00:30:19 ID:aUJ3C9Xq
妄想がないと、自然と頭の中が整理されてくるね

118 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 01:18:02 ID:YA0DsVzR
>>105
>長生きしたいと思わなければ、金がなくても不幸じゃなくなる。
金がなければ死ねばいいから、ってこと?
なら、長生きしたいと思わないだけじゃだめで、
金が尽きたら死ねる自信もなければならないと思う。
実際想像したら、自殺するのって、まあ大丈夫、できるでしょう、というふうには思えない。
餓死も家でやるなら、賃貸なら大家さんに死ぬ寸前で発見されてしまいそう。
首吊りとかもっと積極な自殺は勇気があるかどうか、だし。

119 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 01:31:01 ID:YA0DsVzR
死が恐いとかあまり考えたことないからか、恐いとかよく分からない。
死が恐い、って別に思ってない人はたぶん多いよね。
死とか考える暇がないというか。
ただ、ただ生き地獄はいやだ。これは分かる。

死が恐いって、出産が恐いと、皆経験する事っていう点で似てるね。
皆おなじだから、って思うとあんまり恐くない。
死そのものじゃなくて、死に至るときの苦しみ痛みは、ヤダって思う。

120 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 05:22:59 ID:Qdxlj6V8
>>118 何も望まないということは、死にたいとも思わないということ。
「ああしたいこうしたい」は妄想です。
「したい」じゃなくて「する」。
「○○したいなぁ」という妄想は抽象的で、思考が堂々めぐりになりがち。
具体的に「○○する」「次は○○する」「その次は○○する」と現実に行動すればよい。
「○○したかったのにお金がない…でも○○したいなぁ
…あぁあお金さえあれば…
○○したかったのになぁもう…
なんで俺ばかりこんな貧乏なんだちくしょう…」
などというのは妄想です。
妄想はやめて、
「○○しようとしたがお金が足りない…じゃあ代わりに○○しよう」
と、具体的に行動するのです。
できることしかできないんだから、できることを具体的にすればよい。

121 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 09:45:41 ID:aUJ3C9Xq
わかりやすくて良い話しですね

122 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 18:47:01 ID:Ows/PHTr
>120
 「やりたい」って考えたら、やる必要がなくなるからやらない。
妄想には必要のない行動を抑制する効果があるわけで、動物のように
妄想すること無しに直ぐに行動に移されたら大変だ。
 そこが宗教の怖いところで、オームでも人を殺したいっていう妄想が
あっても別に問題ないのだが、彼らは宗教的訓練を通じて、妄想を排除し
実際に行動を起こすから問題になる。


123 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 19:00:42 ID:Ows/PHTr
「思いは実現する。」 通常妄想のベクトルは多方面にわたり方向と力が
分散する。そのため、実際の行動には移らない。それが抑制効果になっている。
もしよりリアルに具体的にある一つのことを妄想するようになるとそれは
実際に行動に移され実現してしまう。 

124 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 19:59:07 ID:CdgFdE+x
>>122-123
ア○ターとか心理学の方ですか? ニヤニヤ

125 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 20:13:13 ID:1lZEgwAT
妄想がなくなれば、智慧が現われると教わりました。
行動が抑制されても、心は葛藤します。
心が分散したら瞑想できません。

126 ::2006/12/02(土) 20:44:45 ID:kCIXs/4F
心が私であると思うのをやめてみたらいかがですか?

127 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 21:16:22 ID://y8dNYv
この長老の本が、最近やたらと、本屋に平積みされているのだが、本を出しすぎだ。
あんまりこう言う事続けていると、商売だってバレちゃうぞ。消費者バカにすんな。

128 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 21:49:30 ID:LMqcFLnO
ア○ターってなんだ。

129 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 22:15:07 ID:CdgFdE+x
>>127
長老の著作、公演収入、瞑想会等の収入は
日本寺和田協会に入ってるね。
寺和だの組織は、長老に住居、食料、PCwなどを
サポートしている。機関紙パティパダー8月号に

宗教法人法に基づく会計報告の掲載がある
1 収支計算書
2 貸借対照表
3 正味財産増減計算書(フロー式)
4 監査報告書(会員に対して)

大乗の地で上座部を早く定着させたいだろうし
長老も大変だよ。


130 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 22:18:15 ID:1lZEgwAT
風さん、コツを教えてください
一生のお願いです

131 ::2006/12/03(日) 07:13:33 ID:XJXMChYx
>>130 コツもなにも、やめるだけですよ♪

おそらく、あなたのなかの自我が抵抗するでしょうが。なぜならば、自我は「体なくしては存在できない」からです。
しかし、浮かんでくる思考や妄想には、「囚われない」と決めて、望みましたね。
どうしてもダメなときは、慈悲の瞑想で切り抜けました。
おかげさまで、今は思考も動きにくくなりましたし、楽ですね。

132 ::2006/12/03(日) 07:18:36 ID:XJXMChYx
慈悲の瞑想は、自分勝手に考える自我の相対に位置していると思うのですね。

ですから、それぞれをぶつけ合って、ゼロにしてしまうと思うのてす。
有効な手段だと思いますから、やってみてください。


133 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 08:04:07 ID:w3xW5cCQ
ありがとうございます、参考になりました
確かに慈悲の瞑想は即効性がありますね
こころが乱れた時はいつもつぶやいています

134 ::2006/12/03(日) 08:17:57 ID:XJXMChYx
頑張りましょうね。
それぞれの道で。

135 :名無しさん@3周年:2006/12/03(日) 16:14:53 ID:07ILvTgB
寸止め空手4級で黒帯を締める不思議なおっさんの動画(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=HP9jfuGaKFM
吉野愛氣塾動画(合気道三段が嘘とばれ反射道と改名)
http://www.youtube.com/watch?v=M6VvdJEt6uw

<元龍貴(反射道)の経歴詐称がばれ、名無し逃亡する前の宣伝スレ特集>
※偽合気道三段を意識して読むと三倍笑えます(^▽^)
http://sports.2ch.net/budou/kako/1036/10361/1036143169.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1038/10385/1038591477.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1042/10424/1042470356.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1035/10350/1035090302.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1034/10346/1034613197.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1034/10345/1034514230.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1039/10399/1039933798.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1041/10413/1041315981.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1046/10467/1046788540.html

136 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 07:49:10 ID:Oo0H9iJZ
>妄想がなくなれば、智慧が現われると教わりました。
>行動が抑制されても、心は葛藤します。
>心が分散したら瞑想できません。

妄想と知恵は別次元のものだから、妄想があっても無くても知恵には
関係ない。
 もし貴方が言うように妄想と知恵が関係するものならばその知恵もまた
妄想の類いということになる。

 行動は心そのものであり、スードラにあっては葛藤が不適当な行動の抑制効果を持つ。
瞑想はバラモンにのみ許されたもので、スードラの瞑想は悲惨である。
国家でいえばバラモンが収めるべきところにスードラが就いたのが共産主義国家、
で、悲惨な現状がそれをよく示している。

 バラモンとはどんな困難状況にあっても人々の見本となることを生きる目的
とする者をいう。


137 :スードラ:2006/12/04(月) 09:04:21 ID:2DPpgVT9
こころが乱れます

生きとし生けるものが幸せでありますように

138 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 09:43:31 ID:6mUf3W37
>>136
ヴェー×ンタの方ですか?

心と身体は無常、無我で厄介である。それに執着しないのが仏教です。

ヒンズーのいちばん情けないところを書いたら、宣伝に
ならないぞw


139 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 22:49:20 ID:Oo0H9iJZ
>こころが乱れます

それこそが生の証だ。乱れ、乱れて歌になり詩になる。ステップを踏め
踊れ。人生は乱舞だ。瞑想なんてチャンチャラおかしい。
さあ陽気に飲め歌え。

>心と身体は無常、無我で厄介である。それに執着しないのが仏教です。

 一般に接している仏教とは修養ではなく、巧みな情報攪乱だ。
悟りがあるというが、ペテン師か嘘つき以外で悟りを開いたものなど誰一人いない。
 もし仏教が修養の機能を果たすなら、貴方の身近に一人や二人は修養の進んだ人が
いるはずだ。坊主のだれ一人として、誰一人として、尊敬し得るものがいないのが
何よりの証拠だ。

 仏教に帰依するものがいて、この意見に反論するなら、自信が尊敬し得る者になって
証明しなくてはならない。


140 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:06:05 ID:5/8UZW5Y
生まれによって・・・

141 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 23:27:07 ID:g02BVZMz
一般の「仏教」についてなら同意するが、ここは長老のスレですよ

142 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 07:29:18 ID:2TJy0UyL
 スマナサーラ長老は覚者か、それとも単なる代弁者なのか。
優秀な選手が優秀な指導者になるとは限らない。だから指導者が
覚者である必要はない。むしろ優秀な代弁者であることが重要だ。
 大方のぼうずが実態としてスカであっても、仏陀を上手に代弁できるなら
それはそれで意味がある。
 
山口県誓教寺の録音を聞いたが、教寺ってなんだ。教示のことか? 長老!!!
2chの影響をうけてませんか? それはともかくとして、
「慈悲がおこす奇跡」というのを聞いたが、なかなか面白い。やさしい人が
種を植えると不毛の土地でもすくすくと育つ。(これってフィンドフォーンの
奇跡を意識してるのかな。)話としては面白いが、実際にやってみるとそうは
簡単にいかんのだよなきっと。切っても切ってもしぶとく生えてくる雑草と
どんなに丁寧に世話をしても枯れていく花もあって、やってみたら直ぐに
めげます。「こんなはずではなかった。なんでうまくいかんのだ?」と。

 しかしそういう細かいことは抜きにして、やさしさは奇跡を引き起こす。


143 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 07:31:44 ID:2TJy0UyL
>生まれによって・・・

人生の楽しみかたも違ってくる。

144 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 09:41:00 ID:C9Xacisn
>>142

>しかしそういう細かいことは抜きにして、やさしさは奇跡を引き起こす。

奇跡が起こるかどうかはしらんが、まあ同意だな。


>>139

>仏教に帰依するものがいて、この意見に反論するなら、自信が尊敬し得る者になって
証明しなくてはならない。

まあがんばるよ。ペテン師じゃなくまじめにやってる人も
多くいるからね。いろいろと反論はあろうが生温かくみておいて。



145 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:00:05 ID:8NFxPpJh
>>139
>坊主のだれ一人として、誰一人として、尊敬し得るものがいないのが何よりの証拠だ。
井の中の蛙ここにあり。

146 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:03:51 ID:MFUwLUeW
長老とかブッダとか、言葉のイメージに酔ってる人が多くない?

147 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 19:07:28 ID:MFUwLUeW
単なる世間知らずの無責任な扇動家。

148 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:53:15 ID:2TJy0UyL
>奇跡が起こるかどうかはしらんが、まあ同意だな。

奇跡は既に起こっている。それを感取する力があるかどうか、ただそれだけだ。
それに実際に奇跡を感じ取ったとしても、それを理解してもらうのは至難の業だ。
つい最近も奇跡にであったのだが、それをごく親しい人に何とか伝えようとしても
 「フーン、それで? よかったね。」
くらいの反応しかない。
 だから長老も嘘つきになる。大げさに説明しないと誰もまともに耳を傾けて
くれない。
 本当の奇跡は綿埃が舞い降りたくらい静かなのだ。


149 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:53:46 ID:hhLxB1Ix
だってイメージ通りなんだもん

150 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 21:59:17 ID:2TJy0UyL
>井の中の蛙ここにあり。

偉大な坊主どこにあり?

151 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 22:01:10 ID:5vDp3+4K
>>150 スマナサーラ長老。

152 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 22:02:12 ID:2TJy0UyL
>151
 フーン


153 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 23:39:01 ID:hhLxB1Ix
このスレの住人が幸せでありますように
このスレを嫌っている人々も幸せでありますように

154 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 00:35:06 ID:tDLL++B0
立松和平との対談本読んでいいこというなあと思ったが、
批判も多いようだな。まだ他には読んでないのだが。

漏れとしては、中島義道と対談して欲しいな。

155 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 07:49:33 ID:gj29zTDU
>漏れとしては、中島義道と対談して欲しいな。
 瞑想と哲学は樵と魚屋くらいに違う種類の技術じゃないの?
共通するところもあるのかもしれないが、世間話以上になるのだろうか?

 瞑想も哲学もその一つ上の段階、つまり「技術」以上の段階があるわけだが
自分が興味あるのはその「技術」の部分。ところが、「技術」の部分は
曖昧にして、楽屋裏に追いやる傾向が強い。というより、技術に主眼が
あるのではなくそれはあくまで手段であって、表現したいのはあるいは
目的は別のところにある。しかし本当は本公演よりも、そこにいたる過程や
楽屋裏の方が面白いのだ。
 瞑想や哲学の「語り」と言うものは、演劇の鑑賞と同じように
ある程度の想像力で補う必要がある。だから想像力の無い人間には
粗ばかりが目立つ。空を飛んでいるのに、「手をバタバタさせて
なにしてんだ」としか見えない。また逆に感情移入しすぎて想像力と
事実の区別のつかなくなる者もいる。それがあまりにも堂々となされると
神が出現する。


156 :みつお:2006/12/06(水) 16:56:22 ID:Cqlj80CJ
世間話でいいじゃないか 対談だもの

157 :154:2006/12/06(水) 17:26:43 ID:tDLL++B0
中島義道の哲学的主張ってのが
「人間はいつか死んでしまう。こればかりはどうしようもなくて、
何をやっても究極的には無意味だ」
というもので、これは無常の概念そのものではないか?
(もちろん、無意味かどうか異論はあるだろうが)
ヤスパースなどは「一度はそういうニヒリズムに至るのは当然」とも
言っている。

これをなんとかすっきり納得して生きたいと思うわけだ。
目指すところは宗教も哲学も同じで、そのための手段として
瞑想や考察があるのであって、その目的は本質的に違わないと
漏れは考えている。

漏れが感じた限りでは、中島とスマナサーラはかなり近いものがある。
だからこそ、宗教的な方法と哲学的な方法と、対比してみたら案外
新たな視点が出てきそうで興味深いではないか。

158 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 18:21:36 ID:1GZKjgVf
中島氏の哲学の出発点が「死への恐怖」だと言うが(彼は坊さんではなく哲学教授だから
非難する為に言う訳ではない)明日とは言わず今日にも死ぬかも知れないと真摯に考察して
結婚し子供を作れるか。結婚し子供まで作ったんだから彼の哲学というのもある意味知れたこと。
死随念(maraņānussati)に励んだほうがいいのではないか。

159 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:35:42 ID:NgQFRCOB
>>113
全世界共通の習わしだよ。
無条件に屈服・服従しますとの。

160 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 19:59:41 ID:ni2MXq0e
中島氏の哲学の出発点が「生への恐怖」だと言うが(彼は坊さんではなく哲学教授だから
と非難する訳にいかない)後とは言わず今にも死ぬかもしれないと無謀に考察して
結婚せず子供を作らずにおれるか。結婚し子供まで作ったんだから彼の哲学と言うのもある意味しれないこと。
呪い概念(eporisuk)に沈んだほうがいいのではないか。

161 ::2006/12/06(水) 21:52:51 ID:Cqlj80CJ
風呂入って瞑想しよう

162 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 23:45:04 ID:uQlf0iSa
スマナサーラ長老は池橋秀雄氏と関係はあるんでしょうか。教えに関して違いはあるんでしょうか。

163 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 00:19:48 ID:jBtZDRHf
しりたい?
関係っていってもいろいろでしょうが、
HPに推薦文みたいなのもあるし。今もかな?
まあ、直接聞いてみるといいとおもうよ。
教えの違いは<も>、実際行って確かめることをお勧めする。
現在形での絶え間ないラベリング or 場合により過去形と...,.

164 :162:2006/12/07(木) 00:51:58 ID:jTEzhPpW
>>163
ありがとうございます。推薦文を書くような間柄ならば御二人の本を読んでも混乱するようなことは少なそうですね。

165 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 01:29:03 ID:jBtZDRHf
いや、読む分には他のvip瞑想関係も含め混乱することは知れていると思いますが、それを実践するときには多少、「んんん、どうしたらいいかわからん」というひっかかりが出てくるかもよ。
どういうことをやっているのかという理解が出てくれば、一旦やり方の混乱はおさまるでしょうけど。そこからはまた別の行き詰まりがでてきたりしてねぇ。。。

166 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 09:38:25 ID:+J/H4wdV
ネットで知る限り、地橋さんの指導は評判いいよね
本もヴィパ関連の本の中では一番詳しいと思う

でも、長老が瞑想の妨げになるので、あまり詳しい本読んじゃダメ
みたいな話ししてたけど、どのレベルの話しなのかな

167 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 21:48:24 ID:bxXOU2PW
自分の所以外にいかないように

168 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 12:47:15 ID:odDsuNDr
ス長老のこと地所長に話したらあまりいい顔しなかったよ。なんか地信徒によると実況中継はマントラ効果になるとか言ってた。他から流れて来た現地信徒は他派でうまくいかなかったせいか愚痴を

169 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:23:17 ID:WfzDl1Fe
大衆部誕生

170 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 17:55:10 ID:rnXnwHDO
>>768 地さんとこは、実況中継しないの?
でもサティは入れるの?

171 :元龍貴のテーマソング※空手バカ一代OPで歌おう! :2006/12/08(金) 23:25:40 ID:KzrhvOw+
元龍貴のテーマソング※空手バカ一代OPで歌おう!
http://www.youtube.com/watch?v=p8OBYROO0jo
ニーセーアイキドー(偽合気道) サンダ〜ン〜(三段)
ば〜れた〜日〜か〜ら〜〜♪
コ〜テハ〜ン〜捨〜て〜た〜〜、名〜〜もい〜ら〜ぬ〜〜

合気道〜オフ会、詐欺師に〜なり〜〜
講習料〜〜ネコババ〜 ト〜〜ンズラ〜〜♪
イ〜〜ンチ〜〜キ〜〜、ば〜〜レ〜リャ〜〜
名無し〜〜で、トウ〜ボゥ〜〜(逃亡)
<リピート>天下無敵と、コテハン名乗り〜〜
げ〜〜んじつ〜〜世界〜〜じゃ〜〜寸止め4級〜〜〜
http://sports.2ch.net/budou/kako/1036/10361/1036143169.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1038/10385/1038591477.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1042/10424/1042470356.html
※リピート(天下無敵と同じメロディーで)
フルコン〜〜大会〜〜、嘘つき〜騙り〜〜
か〜〜らて〜〜(空手)の、う〜〜で(腕)〜わ〜 寸止め4級〜〜
■■■元龍貴(反射道)の経歴詐称の宣伝スレ特集■■■
http://sports.2ch.net/budou/kako/1035/10350/1035090302.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1034/10346/1034613197.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1034/10345/1034514230.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1039/10399/1039933798.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1041/10413/1041315981.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1046/10467/1046788540.html


172 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 07:16:18 ID:7Tooia7m
http://www.mumyouan.com/k/?T2689

173 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 15:02:40 ID:6qbJi/MT
>>129
だからそれは、どこの新興宗教でもカルトでも一緒です

174 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 13:57:08 ID:cfQnpKCH
すべては長老に帰依するだけで解決です

175 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 14:41:55 ID:1fek5HaA
長老と宮崎哲弥氏との対談本を出して頂きたい。輪廻説についての見解の違いや上座部と大乗との違いなどについて語り合って頂きたい。

176 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 14:42:19 ID:trT35K1F
誰に帰依するにしても、自ら実践しないとダメと思うのです。
タイガーウッズの著書読んだり、講演聴いたりしても
自らクラブ持って練習実践しなければ、いつまでたっても
ゴルフは出来るようになりません。
ちゅうことじゃないでしょうか。

177 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 15:43:38 ID:odaRYQxu
自分の心を直接修正できるのは自分だけ

178 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 07:44:30 ID:I5c0Qm34
>>170
ラベリングよりも意識を置くことに重点を置いているらしいよ
実況中継するというよりも、意識がどこに向いているかを感じる
ことが大切らしい

179 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 15:58:20 ID:9Bk7Fw96
>>172のページはスマナサーラ氏と縁があるんですか

180 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 20:53:13 ID:fdt1M14G
正体を表そう
ジュニヤーナヨーガである
最強の指導原理
論争で決着つけましょう
神は存在する

181 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:03:58 ID:fdt1M14G
議論する方はいないのか?
真我を否定してみたまえ反論なきときは
我らの勝利だ

182 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:04:30 ID:QozDv7ZO
>179
かつてはちょっと縁あったようですが、今はわかりません。

183 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 22:53:55 ID:LGz/sWqx
832 (特殊な)偏見を固執して論争し、「これのみが真理である」と言う人々がいるならば、汝はかれらに言え、――「論争が起っても、汝と対論する者はここにいない」と。──Suttanipāta──

184 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:05:09 ID:5zEjVveY
>>182
そんな話は初耳だww。

185 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 00:27:37 ID:eq/gJc7Z
>>178
聞かれた本人になりすますなよ。

186 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 07:42:08 ID:/lLZmvEc
>184
EO氏の本がまだ自費出版みたいな形で、神田の書泉グランデとかで委託販売
されていた頃です。もう10年くらい前の話です。

187 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 14:04:32 ID:Wz1BOJgs
スマナサーラ氏、地橋氏は解脱していらっしゃるんでしょうか?

解脱とはどんな状態?

188 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 15:29:24 ID:TkIJ4VKU
日本人はほんと洗脳されやすいねwww
真面目な人間ほど真面目に洗脳される。

189 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 18:40:21 ID:qnWerwtv
>>186
5,6年前のことはからはある程度変遷見てるからわかるけど
さすがに10年前のことは知らないなあ。
でもすこしでもなんらかの関係があったような話はきいたことがなかった。
ほうざん君に関係があるのとは違うんだよねw。
まあE=houz ということもありうるんだけど。。。

190 :179:2006/12/12(火) 22:41:30 ID:XIr3M+xV
>>182
レスありがとうございます。そうなんですか。

191 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:16:43 ID:loks3nV6
ID:fdt1M14Gが幸せでありますように

192 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 23:00:28 ID:Nm/QvyH3
上座部仏教の教えに近い日本の宗派は強いて言えばどちらになるんでしょうか。

193 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 23:22:17 ID:sERgc+Dn
>>192
どれもかなり違うから難しいけど、強いて言うなら禅宗かなあ・・・

194 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 23:24:50 ID:SBZ1gasc
質問にちょっと無理がありはしませんか。鏡に映った上座部仏教の姿を見つけられずに、あなたの目の前にある日本の宗派にすがりつきたいの?

195 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 23:32:42 ID:loks3nV6
以後、日本の坊さん批判禁止

196 :192:2006/12/14(木) 01:08:04 ID:xuo0zNaC
>>193
ありがとうございます。
確かに禅宗は日本仏教の中では異色な気もしますね。

>>194
色々な関心の持ち方があってもいいのではないでしょうか。

197 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 02:45:35 ID:VLE50D5f
禅宗の中でも曹洞宗あたりが近いと思う。
経行という歩く行があるのだが、これはヴィパッサナー瞑想法でいうところの
歩く瞑想のなごりであると思う。



198 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 07:04:00 ID:ZOXBZSzM
ダルマさんはテーラワーダの坊さんかもしれない
と、長老が言ってたような気がする(記憶曖昧)

199 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 07:06:42 ID:VLE50D5f
>鏡に映った上座部仏教の姿を見つけられずに、あなたの目の前にある日本の宗派にすがりつきたいの?」

昔の歌の歌詞みたいだな。

私は鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに、私の目の前にあった幸せに
すがりついてしまった・・・

22歳の別れ 作詞作曲 伊勢正三


200 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 08:51:09 ID:5DC2YaS9
鏡に映るということは

さかさま、ただしくない

ということやね?

201 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 10:30:47 ID:ZOXBZSzM
伊勢正三が幸せでありますように

202 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:59:34 ID:qtgMGBoO
>>198
達磨の語録から見れば達磨などは仏教徒でさえ無いように思っているのだが・・・

203 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:27:34 ID:qtgMGBoO
>>197
昔、現役の僧侶も多数出入りする仏教系の専門サイトで「歩きながら瞑想します」と、
書いたら禅をやっている者(複数)がそんなこと出来る訳無いだろうと言われた。
あれれ〜。経行もあるのに。私も禅をやったことはあるがこの時ほど彼らの井の中の
蛙ぶりにあきれた事はない。2500年近くにわたって代々僧や在家によって実践
された来た方法であり、その数たるやいかほどになろうか。あきれて反論する気にも
ならずそのまま去ったが最近の様相とは隔世の感がある。今度は禅のほうから擦り寄って
きている気がするのは私だけか。

204 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:41:27 ID:VLE50D5f
>203
A・スマナサーラ氏もいっていたけど
ヴィパッサナー瞑想法ではなくて正確には、
ヴィパッサナー観法なんだよ、本当は。

A・スマナサーラ氏はいまさら変えるわけにいかず瞑想法でとおしているとにこと。

まず瞑想の定義をしないと。




205 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:48:37 ID:9UJrre0a
>>204
それなら、ヴィパッサナー自体に「観」の意味があるんだから、
ヴィパッサナー法でもいいんじゃ…?
あと、サマタ瞑想もサマタ観法になるんでしょうか?
慈悲の瞑想は?

206 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:52:39 ID:9UJrre0a
>>203 日本人は二千年以上の間南伝仏教の存在を知らなかったんだから、
仕方ないよ。

207 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:56:16 ID:qtgMGBoO
>>204
まあ、定義も大切かも知れないが「月」という言葉で指し示されるものと「Moon」と
いう言葉によって指し示されるものがあり、指し示されているものが同じであるならば
「月」でも「Moon」でも、さしたる問題はない。違いがあれば問題ではある。
要はVipassanāについて正しく学び理解することが肝要でございますね。

208 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:19:21 ID:VLE50D5f
>定義も大切かも知れないが「月」という言葉で指し示されるものと「Moon」と
いう言葉によって指し示されるものがあり、指し示されているものが同じであるならば
「月」でも「Moon」でも、さしたる問題はない。違いがあれば問題ではある。

違いがあるかもしれんから定義が必要だろいってるんだろが。


>指し示されているものが同じであるならば「月」でも「Moon」でも、さしたる問題はない。

あたりまえじゃん。なにいっんの君?

コミニュ−ケ−ションするには、まず定義するって本当は大事なの。
でもめんどくさいから、あまり誰もやらないだけ。
定義しないと、同じものをさしてるかどうかわからんだろうが。


>要はVipassanāについて正しく学び理解することが肝要でございますね。

曹洞宗の人との瞑想の定義が違うかもしれないっていってんの。
だから定義がだいじだといってんの。


209 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:32:26 ID:qtgMGBoO
>>208
>曹洞宗の人との瞑想の定義が違うかもしれないっていってんの
放っておけばいいんじゃないの。


210 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:34:03 ID:ZOXBZSzM
慈悲とヴィバで「スマスマ瞑想」ってどう?

211 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:36:09 ID:qtgMGBoO
>>210
却下

212 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:38:19 ID:qtgMGBoO
>>192
上座部仏教が日本で隆盛になってくれば日本人の出家者も増え、分散して各地で活動するようになる。
お金が集まればいわゆる寺が出来る。やがて日本人だけの上座部僧のサンガが出来る。ここに到って
日本の宗派って言ってもいいんじゃない。>>192さんは何気に日本の宗派に拘るの?と、言いたい。
だから目の前にある幸せにしがみつきたいの?と。 昔には日本全国に上座部寺院を展開する計画は
あったんだよ。頓挫したが。

213 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:49:24 ID:VLE50D5f
>上座部仏教が日本で隆盛になってくれば

地方でヴィパッサナー指導している人なんていない。
ではと思って座禅会みたいのも探したけどなかったよ。

あなたの言ってるのは「盛んになってくれば」・・・・でしょ。
あと何十年かかるのか?

俺は192じゃないよ。


214 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:52:45 ID:ZOXBZSzM
田舎に住むとなかなか長老に会えない
たとえ僅かでも仏教との接点が欲しくなる

俺も192じゃないよ。

215 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 13:57:35 ID:qtgMGBoO
>>213
私は何百年もかかると思っていたけど...
意外と広まりつつあるというのが実感。

216 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:07:04 ID:qtgMGBoO
>>214
ネットがない頃から上座部志向していたからよく分かる。

217 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:27:54 ID:VLE50D5f
>>212

>上座部仏教が日本で隆盛になってくれば日本人の出家者も増え、分散して各地で活動するようになる。

んじゃあ、まず君が出家しないと・・・・・・。
いつ出家の予定ですか?

218 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:35:05 ID:qtgMGBoO
>>217
何だその言い方は。受け入れ側は? また、私の側も取り敢えずは十三の障害事をクリア
していなければならないのだがその辺も知って言っているのか?

219 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:42:44 ID:VLE50D5f
>218

つまり、そうかんたんには、出家者は増えないということ。
つまり、日本の宗教や宗派にこだわる人がいてもぜんぜんおかしくないよね。



220 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:46:21 ID:VLE50D5f
>受け入れ側は?

タイとかミャンマ−でもいけばなんとかなるんじゃないの?

221 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:47:12 ID:qtgMGBoO
似非出家者になりたいのか。上座部で出家すれば正規の釈尊の弟子だが日本の宗派では
手続き上無効だろう。それでもいいのか。

222 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:00:39 ID:VLE50D5f
>221

出家などする人はそうそういないよ・・・という話の流れ。
日本の宗派で出家したいという話ではなく。
上座部の出家者は日本では増えそうにはなく、つまりビッパの指導を
受けるのは難しいし、日本の禅などに興味や関心を持つ人がいて、禅の指導を
受けたいという人がいてもおかしくない。
という話の流れ。

223 :仏☆具屋:2006/12/14(木) 15:04:50 ID:zFK3yb3M
>>221

金襴の袈裟、数珠、密教法具の売り上げはどうなるんだ!?


224 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:08:18 ID:qtgMGBoO
分かりませんがその際には、どうせ上座部風の袈裟、数珠、法具、金ぴかの仏像等でお儲けになるくせに。

225 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:11:01 ID:VLE50D5f
はっきりいうと、慈悲の瞑想を除けば、ヴィパッサナーは、武術、ア−ト、スポ-ツなどで求道や邁進していくのとかわりわないよ。自分を見つめる、自分を知る、自覚する・・・ということにおいては。 
俺は、若いころから気功、瞑想、武道、ア−トでの求道をしてきて20年ぐらい。最近、ヴィパッサナーを知り思ったことは、なんだ、俺のやってきたことと同じじゃないかと(慈悲の瞑想を除けば)。
だからおれから言わせれば、禅でもヴィパッサナーでも武道でも辿りつくのは同じはずで、禅ならダメとかいうのはおかしい。


226 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:16:18 ID:VLE50D5f
俺の地元での事件だけど、密教のお坊さんが生活が苦しくて
生活費のために、お寺の財産の仏像などを売却していたことで
逮捕されたよ。

物価の高い先進国日本において檀家をたくさんもたないと
お坊さん(出家者)としてやっていくのは難しいよ。
ましてやヴィパッサナーはなおさらだろうね。




227 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:21:53 ID:xuo0zNaC
>>221
自己の信仰以外は似非と決め付ける人と穏やかな似非出家者とどちらが悟りに近いでしょうか。

スマナサーラ師の教えはそんな狭量なものではない印象でしたが。

228 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:32:05 ID:qtgMGBoO
>>227
信仰の問題ではありません。手続き上の問題です。医者になるにも教師になるにも警察官になるにも
それぞれ正規の手続きというものがあります。それを調べた上で言っているのです。また、制服警官で
悪い事をする者がいるように正規の手続きを踏めばそれで終りかというとそうではありません。
ですから、似非出家者でも悟りに近いということは有り得るとは思います。私が言いたいのは名実ともに
手続き上も円満すべきではないかということです。悟りに近づけば近づくほど..

229 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:34:47 ID:WVJAalnn
君らは原始仏教スレで語りあう方がいいと思う

230 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:42:41 ID:qtgMGBoO
みんながいじめるので外で作務してきます。

231 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:53:53 ID:ZOXBZSzM

Re: 遠隔地の者の修行方法について 三宝帰依者 2006/10/18 (水) 15:34

お釈迦様の多くの弟子たちはお釈迦様から一度だけ指導を受けて、その言葉をその通り記憶して、
悟るまで一人で修行して、悟ったらお釈迦様に報告にくるというのが普通だったそうです。

都落ちした俺の座右の銘

232 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 16:03:41 ID:qtgMGBoO
作務終わりました。
>>231
それは初期の弟子たちの話だと思ひます。
それにお釈迦様のような先生もいないし..

233 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:23:26 ID:ZOXBZSzM
私の願いごとが叶えられますように

234 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:02:59 ID:9UJrre0a
>>231 本来の教え自体はシンプルであり、
各自がちゃんと実践すればいつかは悟れるのかもしれませんね。
宗門系大学とかて何年もかけて文献を研究するのとかは、
頭でっかちになって逆効果なのかも…。


235 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:15:10 ID:XpT9VVxv
>>221 
上座部の広まっている国の経済や社会状態を見てみろ。
民衆のモラルや智恵も。

識字率は比較的に低く、
医療や社会保障制度は整っておらず、
スラムがずっと存在しているだろうに。

ご立派なダニ宗教のおかげだな。

236 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 19:04:28 ID:qtgMGBoO
上座部仏教に問題がないとは思わんが日本の民衆のモラルも負けてないぞ。
社会保障制度云々なんてのもさほど単純な問題じゃない。
日本人は見栄っ張りだから外見だけじゃなあ。
日本にはストリートチルドレンはいないがその分堕胎率が高いんじゃないのか。
人殺しと貧困と仏教的にはどっちが問題か。

389 ともに清らかな行ないを修行している人々に対して尊敬していることが認められない人は、
 法王(ブッダ)の教えのうちにありながら、安らぎから遠く離れている。〔テーラガーター〕

※清らかな行ないを修行している:暇じゃないので原語確認しないで書くがこれは独身を守る
                清浄行を指していると思ふ 日本の坊さんどうして独身守
    らないの守れないの

>>235 ダニ宗教だなんて心が安らいでいないのだね。あはれ。かわいそう。←これは悲の修習
(karuņā-bhāvanā)ね。よろしく。

237 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 19:13:02 ID:VLE50D5f
>似非出家者になりたいのか。上座部で出家すれば正規の釈尊の弟子だが日本の宗派では
手続き上無効だろう。それでもいいのか。

日本の宗派、たとえば出家して曹洞宗の永平寺などで修行すれば、それは、曹洞宗において手続き上有効であり、上座部とはまったく関係ないのは当たり前で、曹洞宗の僧として道元の時代を超えた弟子となりうる。
曹洞宗の僧にたいして似非出家者だというのは失礼だよ。曹洞宗の出家者なんだから。
永平寺とか見学してこればわかるけど、尊厳なたたずまいに稟とした雰囲気は、修行僧らがいてこそかもし出されるもの。
若い修行僧が断然多いが、このご時世で、アダルトDVDなんて言語道断、もってのほかという生活を送ってるんだから。お酒も禁止だろうし、大変だよ。


238 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 19:45:31 ID:qtgMGBoO
いいですか。警察でも医者・教師でも資格取得は各国によって異なるでしょう。そしてそれは各国ごとに
有効でしょう。仏教の修行僧はどうですか。これはブッダ・釈尊の定めた方法一種類が残っているのみです。
この方法によらない場合、私は似非と書いたりします。オウムでは〔しっしゃ〕とか言うそうですが麻原の
認めた出家もまた出家ですか。少なくとも仏教の出家ではないと思います。
近場に独身の宗教家がいないのでわざわざ遠くの都市のカソリックの神父、日本山妙法寺の坊さんに
布施などを持って面会に行ったこともあります。妙法寺にはスリランカから坊さんが来ていて
色々教えて頂いた。日本語が全く出来ず私のつたない英語・パーリ語、妙法寺坊さんのシンハラ語の通訳で
お話したあの時の事はいつまでたっても忘れることが出来ない。禁欲の修行をしてこそ宗教家だ。

239 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 20:47:35 ID:0ANwUlBf
>>236
言葉でいくら反論しようと、日本と上座部仏教国の差は歴然としているだろうに。
日本がどれほど公正で物心ともに恵まれた国なのかわからないんだな。

240 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 20:58:10 ID:0ANwUlBf
日本の葬式墓守仏教の坊さんは、
あれこれ人の生き方に口出しをしないところが好きだなあ。
かといって、仏教のことを質問すれば
それなりの知識を持っていて答えてくれる。
彼らは社会的役割をわきまえていて慎みがあるよ。
人間性を抑圧してもいないし。

釈尊の正規の・・・とかいって
出家修行しているヤシらは幼稚に見える。
民衆の周りをうろつかずに無人島か山奥に行けや。

241 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 21:16:47 ID:qtgMGBoO
ありゃ、いつの間にか国や社会の話になっている。独身を守る清浄行や禁欲の修行、
それを支える戒律やsamatha,vipassanāの話をしているんだが集中力がないなあ。


242 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 21:20:52 ID:ZOXBZSzM
妄想、妄想、戻りまーす

243 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 21:56:34 ID:SbNxAMP/
多分、ブームであって、いずれ日本古来ナ要素が若干多い
禅宗、真言他などへ回帰、見直しがあるだろうね。
ひとつの乗り物とかいってはるし。

で、井上さんの最近の著書によると、アジカン瞑想は、40のサマタに入ってるものの一つにしっかりと含まれるんだとか。
すなわち、日本の仏教のなかにもエッセンスはしっかりあったりもする。
チベットBのなかにもしかっりとしたとこなら
Smt-Vipはしっかりとはいっているし。

それにほれ込んだならそれでいいけど、それで他を排除しようという姿勢でいると、自分にふさわしい有効な 方法 を見落とすことになるよ。

244 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:04:12 ID:WVJAalnn
長老は禅を否定してはいないけど

245 :227:2006/12/14(木) 22:13:15 ID:xuo0zNaC
>>228

お釈迦様は最初の説法の際に「他者が誤りである故に自己は正しい」ではなく「自己の表情の美しさを見よ」と説得したと聞きます。

「上座仏教は真に素晴らしいものだ」という真摯な気持ちは伝わりますがそれ以外の人の努力を思いやりつつ発言した方がその熱意はよりよく伝わるのではないでしょうか。

私は最近長老の本を手に取り関心を持ち始めたばかりなので他の批判よりもそれ自身の良さを聞きたいのです。

ちなみにいぢめようという意図はなかった、もしくはほとんどなかったことだけは信じて頂きたいです。

>>229

申し訳ありません。これで論争的な書き込みはやめます。

246 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:13:42 ID:qtgMGBoO
40業処をするために自分で現代語訳したがアジカン瞑想はない。瞑想の為の道具も
作ったが無理にこじつければだな。相当な無理があるよ。


247 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:21:03 ID:WVJAalnn
歴史的に見たら大乗側がお釈迦様の教えを守るテーラワーダを小乗とみなして、批判して排除したわけで。話はエッセンスどうこうじゃなくてナンセンスなんですね。

248 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 22:33:54 ID:tqiQdrBx
タンマガーイ
タンマガーイ
タンマガーイ

タマチャヨ

249 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 23:06:39 ID:ZOXBZSzM
長老の良さは瞑想指導です
私は本を読んでも単純すぎて理解できませんでした
直接教わればポイントが分りますし、自信が付きます(コレ重要)
真面目に実践すれば少しづつ心の変化を実感できると思います
心の見通しが良くなって悩みは確実に減ります

250 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 07:34:30 ID:bwQzIuE0
http://www.sousei.gr.jp/kouhou/kouhou_iinkai/180602zazen_kousyu.htm

251 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 14:42:21 ID:Qs76d4Jq
やりたくないこと、やるべきことについてのポッドキャストがあったので、
今の悩みに照らし合わせて考えてみました。
やりたい事かどうかじゃなくて、必要かどうかで判断しなさいと。
やりたくない事でも必要ならする。
やりたくない事は、
1 自分が上手に出来ないから(頼まれ事で、他にするひとがいない等で、必要ならするべき)、と、
2 意味が無いことだから (環境・世間の習慣のために意味無くてもやる事になってる。まあやったほうがいい)。
正月休み、夫実家に行って数泊泊まる事を、正直やりたくありません(夫実家の人々が嫌いということはない)。
必要かどうかというと、微妙。
今まで、一種の仕事だと割り切って、年2回、各数泊してきたけど、これって、
今までと変わりなく、これからもやるべきなのかね・・・。 必要性は夫両親の気持ちにからむけど、
(夫は年2回も帰りたくない)、帰ってきて欲しいですかと聞くのも何だし、もし聞いたとしても、
本心が聞けるかどうか分からない。

252 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 14:47:43 ID:Qs76d4Jq
でも察するに、正月来ないより来るほうがいいんだろうな、とは思う。

必要性っていうと、例えば、詐欺リフォーム会社にひっかかってないかチェックするとか、
そういうのを必要性というのであって、会いたい気持ちとかは、あんまし必要性とは
ちょっとズレる気もするんだけど。夫両親はまだ詐欺にひっかかるような年じゃないし。

253 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 15:06:43 ID:Qs76d4Jq
それで毎回嫌な気持ちになるのが、うんざりなので、
なんとかしたいんだけど、これからも毎回、嫌になってる気持ちを観察して、
時間が経過するのを待つのがいいんでしょうか。
必要性の事を考えると、もしかして、行かない選択肢もありか?って気がする。
でも、行く行かない、どうするかで悩むのも、うんざりしてます。
一方、ふと、嫌だけど何も考えず淡々と応じるという事に対して、これでいいのか?って思うこともあり。
また一方、嫌だ嫌だと思っていても、もっと誰かの巨大な悩み苦しみに比べたら、
ごく軽いものじゃないの、とも思います。
それで上記のようなことひっくるめて、もう何こんなウンザリすることに頭使ってんの自分、って思う。
*既女板でよくあるみたいに、行かなくていいように、気持ちの後押しをして欲しいんではないです。

254 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 16:41:00 ID:nNbrOqC/
25 資産家の子よ、聖なる弟子は六方をどのように保護するのか。資産家の子よ、次のものが六方で
  あると知るべきである。東方は父母であると知るべきである、南方は師であると知るべきであ
  る、西方は妻子であると知るべきである、北方は友人同僚であると知るべきである、下方は奴
  僕、労働者であると知るべきである、上方は沙門・婆羅門であると知るべきである。
26 資産家の子よ、五つの理由によって子は東方である父母を大切にすべきである。私は育ててく
  れた両親を養おう、私は両親の用事をしよう、私は家系を存続させよう、私は遺産の相続に相
応しく行なおう、また私は亡くなった先祖に供養をしよう、と。
   資産家の子よ、これら五つの理由によって、子から大切にされた東方にあたる父母は、五つの
  理由によって子を慈愛する。悪を止めさせる、善に入らせる、学芸を学ばせる、相応しい嫁と
  結婚させる、適当な時に家督相続させる。資産家の子よ、これらの五つの理由によって子から大
  切にされた東方にあたる父母はこれら五つの理由によって子を慈愛する。このように彼にはこ
  の東方は保護され、安穏であり、怖畏はない。
──(略)──

255 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 16:41:47 ID:nNbrOqC/
32 このように仏(バガヴァー)は(散文でもって)説かれました。仏(スガタ)はこれを説き終
えられた後、仏(サッター)は次のように(詩でもって)お説きになりました。
  (1) 父母は東方であり、師は南方である。
    妻子は西方であり、友人同僚は北方である。
  (2) 奴僕労動者は下方であり、沙門・婆羅門は上方である。
    良家の有能なる家主はこれらの方角を拝むべきである。

(3) (六方を拝むことに於て)賢明であり、戒を具足し、柔和であり、(六方を拝むことにおい
 て)弁才あり、謙遜であり、片意地でない、そのような人は名声を得る。
(4) 奮起あり、怠りなく、災禍にあっても動揺せず、常に働いて生活し、英智がある、そのよ
  うな人は名声を得る。
(5) 愛護あり、(善人の)友をさがし、(恩人の)言うことを知り、貪りを離れ、指導者、調御
 者、誘導者である、そのような人は名声を得る。
(6) (義務の)法において、布施と愛語と利行なるものと、物事に於て同事なること(自分と
    同じにすること)とは、それぞれの者において適宜に(行わるぺきである)。世間におけ
    るこれら(四種の)愛護(四摂法)は、走る車の轄のようなものである。
  (7) もしこれらの(四)摂がなければ母は子より、あるいは父は子より尊敬や供養を得られな
    いであろう。
  (8) これら(四種の)愛護を賢者たちはよく観察するが故に、彼らは偉大となり、称讃される
    べきである、
    と。                                〔六方礼経〕

256 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 17:36:14 ID:5IbFdc45
夫の両親が幸せでありますように

257 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 13:48:41 ID:T4jBjb7R
>>247
歴史的に見たら大乗側がお釈迦様の教えを守るテーラワーダを小乗とみなして、

ほんとにお釈迦様の教えそのものをまもっているのかな?

258 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:00:53 ID:1cuhluEu
そのものは二千五百年前にしかありませんでした

259 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:22:22 ID:DQdqVrHi
ちょっとした疑問なんだけど
お釈迦さまはなんで教えを文字にしなかったのかな?
何か深い理由がありそう。

260 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:37:22 ID:GSbZ6dyf
>>259 大パリニッバーナ経の釈尊の遺言には、
もし誰かが「わたしはこのように聞きました」と教えを説いても、
頭から信じずに、ひとつひとつを経と照らしあわせて、
正しいかどうか判断しなさいと、
言われてますよね。

この場合のお経とは、口伝えされてたお経のことなんでしょうか?
なんか、ニュアンス的には決まった経典が
ちゃんとあるかのように聞こえるんですが。

261 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 15:44:58 ID:GSbZ6dyf
>>259 文字のお経があったらあったで、教えが一人歩きしますけどね。
今の世の中にはお経の解説本がいくらでもあるし、
坊さんでも仏教徒でもないのに仏典を研究してる学者もたくさんいる。
お坊さんから習ったわけでもないのに知ったかぶりする人が出てくる可能性もあります。

262 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 17:24:08 ID:zfMsBBtH
>>259
言質をとられないために。

ルソーでもカントでも、著作を残したので
対象化されて議論の的になり、無条件なお偉いさんではいられないだろう?
学問や思想の世界はそういうものだ。

ゴータマなどの糞宗教家はいつまでも自分が一番深遠で何でもわかっている
立場でいたいのだなw。

263 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 17:55:47 ID:xMXcwpLP
妄想、妄想、誇大妄想

264 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 17:55:55 ID:+pBfswvl
>>262
といふより、「一番深遠で何でもわかっている立場」をブッダといふのですよ。
ゴータマ様はそのブッダなのですね。

265 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 18:01:04 ID:zfMsBBtH
現実的に考えてみたらどうだ?
何千年も経って科学も知識も社会なども
比較にならないくらい進歩しているのに、
その教祖がいつまでも「一番深遠で何でもわかっている立場」
でいられるはずはなかろう。
宗教はマジキモイな。
歴史の一登場人物として扱え。

266 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 18:17:48 ID:+pBfswvl
何億年経とうがいかなる人がどんなに頑張ろうがブッダ以上にはなれないのですよ。ブッダにはなれてもね。


267 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 18:47:05 ID:zeAcFbO2
短大を卒業してから、ずっと1人暮らしで仕事中心の生活です。
彼氏も友達も居なくて凄く寂しいです・・・。
http://uteutemannzoku.tonosama.jp/


268 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 20:34:40 ID:xMXcwpLP
実社会を卒業してから、ずっと1人暮らしで修行中心の生活です。
怒りも貪りもなくて凄く静寂です・・・。

269 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 22:18:32 ID:HwiUZAxx
>>266
結論先にありきか。ますますキモイな。カルトと変わらん。
まず尊称で呼ぶことをやめることが洗脳から解かれる第一歩だ。

270 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 23:14:54 ID:xMXcwpLP
皆さん>269が説教です、合掌願います。

271 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 05:03:41 ID:j+yobizP
269に合掌

272 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 05:06:03 ID:j+yobizP
>269

批判は結構だが、
A・スマナサーラ氏やヴィパッサナー瞑想法
について少しは勉強してから来いよ。
そしたら相手してやるぞ。

273 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 05:21:34 ID:StcUZQrf
ちょっと質問なんだけど、
悟りを目指していると、セックスレスになったりしない?
悟りを目指そうと堅く思ってるけど、悟る前めちゃくちゃ暗くなって死にたくなるとか
スマさんの本に書いてあったし。

274 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 05:37:07 ID:StcUZQrf
途中で送信してしまった。もしそうだとしたら、
皆悟りを目指すべき、ってスマさん言うけど、
皆目指して、セックスしなくなったらやばくない?
これは、教えを広めても、皆が皆お坊さんになるなんてことは、まあないから、
というような事と同じように考えたらいいのだろうか。

それから、悟りを目指していると、セックスレスでなくても、
子供を作りたくなくなったりしない・・・かな。。
自分が子供が欲しいかどうかは置いておいて、
子供にとって子供が生まれてくる意味ってあるのかなって思うんだけど、
あるとしたら、人間に生まれて、悟りを目指すチャンスを得る事かな。
そのチャンスを生まれてくる子供にあげたくて、子供を作ろうと思うようになるかな。

275 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 07:11:52 ID:aQFVsG1G
皆さんこんばんわ スマ長老の本でヴィパッサナーを実践して1ヶ月
瞑想してる時は特別上達しているようには思わないのですが
普段の生活で感情が暴れなくなりました
たとえば怒りの感情でも淡ーくでてきて弱々しく消える感じです(抑えてる
のではないです 自動的にこうなります)
ストレスの多い職場なので感謝しております ありがとうございました
でも長老は自分で確認したこと意外は信じるなと仰ってるので
まあ・・効果はあるなと そこまでです





276 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 09:57:21 ID:gzunHUXv
>>274
悟り悟りというが、その内容がよくわからん抽象的なものなのに
ありがたがらされて目指さされるな。

277 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 10:19:45 ID:Ynuj/wsP
>>276
長老もそんなこと言ってたよ
>275の言うとおりだよ

278 :259:2006/12/17(日) 12:52:57 ID:i/+JxEit
>>260-261
ありがとうございます。亀レスすまソ。

文字だと訂正出来ない分誤解はたしかに増えそうですね。
だからあえて文字にしなかったのかもしれません。
あるいはことばを丸暗記すること自体が修業だったのかもしれませんね。
260さんの言う経が何を差すのかなどと当時のことを想像するのは楽しいです。

279 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 19:10:18 ID:j+yobizP
>260さんの言う経が何を

戒律にかんしては、当時文字で残ってるんじゃなかったけな。


280 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 10:44:09 ID:6WHcwxMi
悟りって何なのでしょうか?
ここにいる皆さんは何がしたくて瞑想を実践されてるんですか?
私は、精神を安定させたいのですが…
また霊媒体質で苦しいので、それを何とかしたいのです


281 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 12:59:52 ID:s6o0hdFT
>>280
仏教の目的は人間誰しもが味わう普通の苦しみからの解放です。
悟りとはその解放以外のものではないと私は素人考えながら思っています。
その手段として瞑想はとても有用だと思います。
スマナサーラ師の本は手軽に出来る瞑想がたくさん載っているのでお薦めです。手軽というのがポイントです。

282 :281:2006/12/18(月) 13:03:41 ID:s6o0hdFT
補足ですが
普通の苦しみの中に280さんの言う不安定な状態も含まれるものと思います。

283 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 15:02:46 ID:6WHcwxMi
280ですが、私には少し霊感があり、その霊感や敏感さが苦しいのですよ。
霊感は可能ならなくしたいんです。
で、各種瞑想法を試してみると、体調や健康面は良くなるんですが、やればやる程霊感が更に強くなってきちゃって。
体調とかは良くしたいんですが(見えないモノで具合悪くなるので)
瞑想で霊感が更に強くなったら嫌だな。

284 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 15:51:36 ID:Um50Yae3
霊感て具体的に何?

285 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 16:09:42 ID:s6o0hdFT
>>283
霊感については私は何もわかりませんが
その状況が苦しいのならば
苦しみを和らげる普遍的な方法としてスマナサーラ師の瞑想法は役立つと思います。

286 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:34:57 ID:HbBdu1v7
>スマナサーラ師の瞑想法
こういう言い方は引っ掛かるなあ。ブッダの瞑想じゃまずいのか。
スマナサーラ師・サラナン・ガッチャーミでは仏教とは言えない。

287 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:50:51 ID:Cu7PixpV
スマナサーラが日本に来た理由・動機は何?

288 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 18:57:48 ID:7l3idVHF
霊感がうれしいか気持悪いかは縁によるので
身の回りのとりまきを浄化するか悪因縁を受け持ってもらうといいよ
ちゃんとした神社仏閣にいって
そこの神様仏様に

289 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 20:26:04 ID:Um50Yae3
我が強い

290 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:22:52 ID:hix4pc6V
我が無いのに、なんで霊なんか有るんですか?

291 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 22:53:23 ID:KPp8xj9F
無我と言うのは「我が無い」ではなく、「我では無い」と言うこと。
仏教では「我が無い」なんて言っていない。漢字の字面に引きずられて間違った解釈がまかり通っているのです。

292 :名無しさん@3周年:2006/12/18(月) 23:26:16 ID:nRuxFHhg
>283さん
地橋先生の「月刊サティ会冊本」に解決法が書いてます。
全てラベリング。(幽霊を)見た。(気持ち悪いと)思った。
一度、一日瞑想会に行くといいです。質問にも答えてくれます。
私が行った時、それこそ「悟りって何ですか?」ってゆう質問
も出てましたよ。

293 :285:2006/12/19(火) 15:05:55 ID:L5l/Zeff
>>286
日本になじみの薄いスリランカ・チベット・タイなどの仏教は宗派によって随分差があるんですかね?
自分はスマナサーラ師の本以外読んだことがないのでそう書いたのですが。
上座仏教の全体像を書いた本などありましたら教えて頂けないでしょうか。
日本の本だと南伝仏教はひどい扱いが多いですからね。

294 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 18:19:04 ID:e9DGpN42
ラベリングみたいな、
ロボットみたいな事してることにどういう価値がある?

295 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 19:41:12 ID:PMNMqrjP
>>294
妄想に操られるままのロボット
みたいなおまいさんに言われてもなあ。

296 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 21:28:49 ID:Y8hYSYdz
ホント、ロボットをやめるのが瞑想

297 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 22:20:46 ID:A9m+tLHe
>>287そりゃセイロンよりいい暮らしができるじゃないかw


298 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 22:32:21 ID:uZQnALjY
>>291
すみませんが、「我では無い」なら霊があるんですか?さっぱり違いが分かりませんし、詭弁にしか聞こえない。
己の体もなにもかも、我が物にあらずなら、霊は我が物なんですか?教えてください。

299 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 00:32:56 ID:QxYa76tG
283です。レス下さった方ありがとうございます。
ちょくちょく霊的に悪いものを受けてしまい、霊障まで行かなくても、心身共に悪い状態になることがよくあるのですが、神社にいくと治ります。
しかしかなり辛いです。
霊媒体質というものだと思います。
こちらの瞑想で、そういう体質は良くなるのかと思って勉強しようかと思いました。
心が明るければ、変なものと波長が合いにくくなるかもしれませんし。


300 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 01:20:36 ID:P8u0zbUI
>>298 霊は我ではないし、我がものでもない。
霊が見えた過去も我ではないし、我がものではない。
常に毎秒が新しい自分であり、今の自分以外には過去にも未来にも自分はいない。
過去にも未来にも自分のものはない。
霊が見えた過去は、今の自分じゃないんだから、
過去のことを心配する必要はない。


301 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 06:56:19 ID:tbn0VZgb
>>298
そのとおり。ゴータマ以来受け継いできた詭弁だろうね。
納得のいかない変な宗教に毒されないことを祈る。

302 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 07:15:50 ID:KY38A7Wt
>>300

そのようなことは、真に体得できて実感できえてこそ意味があるのであり、
現在、悩んでいる人に言葉でいっても詭弁や屁理屈にしか受け取れないだろうね。

その人が過去にとらわれないような自分になっていくのが、ビッパ瞑想なんだから、
その瞑想法やサティの仕方ヲ教えてあげるのが親切というもの。



303 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 18:13:20 ID:heZbgAnf
脳内ToDoリストに、やる予定の家事雑用が沢山あり、
リストは尽きることがないし、何かの単純作業しているときも、
次の雑用の段取りとか、予定とか、あああれの事忘れてたなとか、
そういうので頭占領してる時が結構長いのですが、
こういうの減らしたほうがいいよね(掃除しながら、とかのながら瞑想ができないから)。
どうしたらいいですかね。
PCにもToDoリストあるんだけど、脳内リスト便利だからこっちのほうがよく使う。
今の予定だけじゃなく、人生のスパンで予定の計画に頭使ってたりもするし、キリがない。
掃除も1時間以上連続して同じ事をするならば、まだ瞑想の余地ありそうだけど、
ひとつひとつの家事雑用が結構細切れで沢山あるので、段取りに頭使ってしまいがち。

304 :名無しさん@3周年:2006/12/20(水) 21:28:55 ID:/fVJ1YZi
「霊」の大部分は妄想
その辺にホントにいるのは餓鬼
六道の中の生命体の1つ
見えたからといって、どったことない
気にせず瞑想シル

305 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 14:37:03 ID:w/VdpDW6
ラベリングの仕方ですが、スマナサーラ長老と地橋さんとで少し違いますね。

地橋さんは動きの感覚を感じてからラベリングするように指導します。
しかし、スマナサーラ長老はそういうことは言わず、むしろラベリングしてから
動くような感じですね。

スマナサーラ長老の場合、なぜラベリングが先かというと・・・
動く前に、動こうとする意識の働きがあるわけで、その意識の動きを感じるこ
とを強調するからだと思う。

そういう違いについて、みなさんはどう思いますか?

306 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 15:09:17 ID:nQgsdPZK
>305

武術で言えば相手が動いてから動くより
相手の意識が動いたときに動くほうが数段上級。
相手の意識の動きに対して動くと触れずに投げれたり
制したりできる・・・・俺はできんけどね。


307 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 15:10:50 ID:nQgsdPZK

>305

武術で言えば相手が動いてから動くより
相手の意識が動いたときに動くほうが数段上級。
相手の意識の動きに対して動くと触れずに投げれたり
制したりできる・・・・俺はできんけどね。

308 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 16:48:40 ID:kwfk0nlS
心は物凄いスピードで生滅を繰り返していると言われますね。それを捉えるのが難しい事もあるでしょうね。
足を組んでいて「足が痛い痛い。足を動かしたい動かしたい。動かす動かす」
慣れない場合には「足を動かしたい」という心の動きを捉え切れずに足の動きは捉えられる状況なんじゃないかな。
慣れてくると足の動きの前に生じている心も捉えられるようになると思ふ。

309 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 18:12:49 ID:nQgsdPZK
地橋氏も心や思考の動きにサティいれるのはやっってるよ。

310 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 21:47:11 ID:WmEj0yTQ

生きとし生けるものが幸せでありますように♪
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように♪
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように♪
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように♪

嘘くさいけど、マジで効く!

311 :名無しさん@3周年:2006/12/21(木) 22:54:01 ID:UbWyg1c9
>>305
その解釈はまとをえていないとおもわれます。
動く前のもの、意思、意志かな=インテンション、
それは、気づく余裕、能力がつけばどちらの先生も それをnoteするようにいわれますから、動く前のことをふくめて ラベリングが先とかそういう話ではない。

312 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 03:48:53 ID:IxIAEiiC
>>310

具体的になにか効果がありましたか?

313 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 18:49:36 ID:UlDr4fX0
釈尊とブッダは同じ人なんですかね。
言葉の使い分けとして、どう違うのですか?

314 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 20:13:13 ID:Pmyg9LNx
釈尊<ブッダ
釈尊=釈迦族の尊者=ゴータマ・ブッダ
ブッダはゴータマ・ブッダ以外にもいたと言われています。
過去二十八仏と言われるものでこの内の最後にゴータマ・ブッダがいます。
我々のゴータマ・ブッダはディーパンカラ・ブッダ(燃灯仏)のもとで
ブッダになる誓願をしました。

315 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 20:14:24 ID:Pmyg9LNx
すまん。
釈尊<ブッダ


316 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 20:15:19 ID:Pmyg9LNx
すまん。すまん。
釈尊=<ブッダ



317 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 20:33:09 ID:UlDr4fX0
どうもありがとう。
ブッダになった人:28人
ゴータマ=シッタルタが28番目の人
一般的にブッダというと、28番目のブッダ。
何人もいる釈尊のうちの一人=ゴータマ=シッタルタ
であってる?

28人もいたことは、仏教徒的or専門家的知識ですかね?
あんまり一般的に知られてないですよね。

それから、ブッダになった28人は皆、元は、釈尊=釈迦族の尊者ですか?

318 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 21:02:31 ID:Pmyg9LNx
>何人もいる釈尊のうちの一人=ゴータマ=シッタルタ
釈迦族の立派な人は何人もいたかも知れませんが釈尊と言えば俗名ゴータマ=シッタルタ一人です。
余り知られていないようですが過去七仏とはよく言いますし、七仏通誡偈と言えば
  諸悪莫作  すべて悪いことをせず    
  衆善奉行  善いことを行い
  自浄其意  自分の心を浄いにする
  是諸仏教  これがブッダたちの教え
は、余りにも有名です。
ブッダになるには気が遠くなる位の期間が必要です。何億年以上ではなかったかな。
よって
>ブッダになった28人は皆、元は、釈尊=釈迦族の尊者ですか
どうかは私は正確な情報を持っていません。
また、経典には「何百億もの自覚仏」と言う表現もあり、ブッダが多数いたとも考えられますが
お釈迦様のようなブッダを正自覚者と言いまして、また、特別ではないかと思います。

319 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 21:17:19 ID:UlDr4fX0
どうも有り難うございました。

320 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 21:52:18 ID:yFGb23m6
>>312

人相が良くなった

321 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 21:57:46 ID:2uutbjio
>>314>>318 壮大なる妄想世界だな。

322 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 21:58:32 ID:2uutbjio
いや失礼!
ファンタジー・ワールドだ!

323 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 22:14:12 ID:yFGb23m6
楽しそうだな、一緒に瞑想しよう!
他人の妄想など気にならないゾ!

324 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 23:59:44 ID:kkfgPaD/
3分とか5分とかの瞑想を一日に何回もやるのがいいと思う。
瞑想をすると決めたら、人目を憚らずにどこでもやる。しばらくすると
強く興味が湧いて来て、それが習慣化してくる。そうすると自然と
一週間に一回とかある程度まとまった時間を瞑想の当てたくなる。
 最初から意気込んで瞑想を始めても長続きしない。と思うのだが、
どうだろう。


325 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 01:20:29 ID:Jh4/tJUY
自己主張は本スレでやれ

326 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 08:24:27 ID:CQKN/tSJ
>324
静かに成長していく人(会社)と静かに身を持ち崩していく人(会社)の違いは
傍目に見ていて良く分ります。原因を調べたり、理由を説明する必要はありません。
しかし頑張って努力しているのに、上昇と下降が激しい人はトレンドがよく見えません。
頑張っているのにトレンドとしては下げ基調の人(会社)もあります。
 瞑想は心のトレーニングですが、瞑想に於いても同じことが言えます。静かに
成長していく人は、正しい瞑想を習慣化した人です。急いでやろうとして、長老を
捜し歩いたり、本を読みあさってもあまり効果はあがりません。


327 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 11:52:38 ID:T3d1Hw4W
スマ氏の本で「意のままに生きられる」などの4冊シリーズはどうでしょうか?
読んでみたいのですが少し高いので迷っています。
自分を変える気づきの瞑想法は読みました。

328 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 12:38:45 ID:4AOc72km
基本的には最新の『自分を変える,,,』の本で十分でそ。
瞑想の指導の内容も、初期の頃からかなり、かなりでもないか、変化している。
協会発行の最初のものは、歩く10分+座る15分とかセットでやり、伸ばしていくというような内容だったりする。マハシ式のまにゅあるてきというか。
でも、徐々に、歩く瞑想は30分以上やってくださいと変化し、
今は、****

今のものは、直接聞いてきてね。


良い悪いは別にして、補足や修正が経年によってされている。

329 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 13:43:42 ID:c/5nngz1
変化じゃなくて、人にあわせて指導するものだっていうことみたいだけど。
もともと人が人に教えていくものだったから。
内容は人に合わせて指導の仕方が違うみたい。慈悲の瞑想も、必ずそのとおりに唱えないといけないわけじゃなくて、
人に合わせて本当はプログラムを組むみたい。

330 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 23:15:10 ID:tS1jHZSO

瞑想のことは瞑想に聞け by 長老

331 :名無しさん@3周年:2006/12/23(土) 23:32:34 ID:4AOc72km
人に合わせてかえてるのは当然。
それではなくて、共通して全体として話す内容の要素な部分が
初期と今では徐々に変化している。
また、327は「本」についての問いでしょ?

例えば、目を時間かけて閉じる、腰を一旦落として、そこから徐々にあげ、
のばしていく、stopmotion 歩行でまわるとき 右足回る、などインストラクションが増えてきてるよ。オレンジ色の施本の頃は、本も指導のほうも
「まわるまわる」だけだった。

まあ、直接ききにどうぞ。ではさようなら。

332 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 00:01:57 ID:tS1jHZSO
本100冊より、1回の瞑想指導 by 俺

333 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 01:12:06 ID:UdUskduC
もう一発お願いします。
慈悲喜捨の瞑想〜
はアマゾンで見る限り人間関係に効きそう
とあったのですが、
「自分を〜」にあった他者の幸せを祈る瞑想みたいな感じですか?

334 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 10:33:31 ID:gt89Hldm
>>333
効果を期待したら、慈悲でも喜捨でもないのじゃないですか。
そんな慈悲なら私も受けたくない。


335 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 10:39:47 ID:Zt82lWHa
キリスト教徒が幸せでありますように

336 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 13:20:51 ID:yMqZ+GZX
>>335
利己的ですね

337 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 14:07:00 ID:2p65r/4N
慈悲喜捨の瞑想の上級篇は 慈、悲、喜、捨 の順に一個一個別々にやるんだよ
どうなったら完成かはここでは言えない
もちっとお勉強すれ


338 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 14:36:35 ID:Zt82lWHa
真の利己主義です

339 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 16:03:08 ID:icgKBLCT
携帯からなので、なかなかググれないのですが、
スマナサーラ長老等に、直接ご指導頂ける場があるのですか?
都内在住ですが、ごく最近「自分を変える気付きの瞑想法」を読んで勉強しているのですが…

340 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 20:13:50 ID:Ch+ZyrfO
 今日は静かに瞑想している場合じゃない。クリスマスイブだから。
慈悲というなら、鶏の10羽も殺て、公園の浮浪者に恵んでやれ。
そのくらいのパワーと頭が働かないようなら、座布団に座って
瞑想しても無駄だな。


341 :サンタクロース:2006/12/24(日) 20:52:06 ID:Zt82lWHa
よい子のみんな、「慈悲」と「お慈悲」はぜんぜん違うゾ!

342 :名無しさん@3周年:2006/12/24(日) 23:46:32 ID:sWCXSJWq
>>336
だってここは小乗だもん、自分だけ悟って、揚げ足とって他を見下す。典型的だよね、見てみろこのスレの連中

343 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 02:50:44 ID:UOCslwOL
>>342
「わたしにとってダンマはマハーヤーナでもヒーナヤーナでもないし
特定の宗教でもありません」by S.N ゴエンカ

344 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 08:09:14 ID:zoNbkw7L
日本では「慈悲」というが「慈」と「悲」とは異なる概念で「慈」とは生きとし生ける
ものの幸せを祈る心。「悲」とはその生きものの中でも精神的・身体的理由により
苦しんでいる生きものがその苦しみから一日も早く解放されるようにと祈る心を言う。
また、協会や長老がいう「慈悲の瞑想」は正確には「慈悲喜捨の瞑想」とも言うべき
ものでしかも簡便法であろう。>>337 が言っているが私は個別にやるものと習ったが・・・。
「慈の修習」「悲の修習」「喜の修習」「捨の修習」。長老や協会も日本に合わせて
「慈悲の瞑想」と言っているようだ。いずれでも善き心を育てるように励みましょう。
                      May all living beings be happy!

345 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 10:58:13 ID:Hy7Rm8Y3
>>342
私を嫌っている人々がしあわせであります様に。
私を嫌っている人々の悩み、苦しみが無くなりますように。
私を嫌っている人々のねがいごとがかなえられますように。
私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように。

私もあなたも同じく幸せでありますように。

346 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:32:26 ID:jC0XUc8l
>>339
渋谷区に日本テーラワーダ仏教協会があるそうです。
携帯ならhttp://R25.jpで検索してみて下さい。

347 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 22:38:55 ID:XRJOtKoS
>>342
悪ぶると疲れるだろ、善人の方が楽だよ
慈悲の瞑想は善人になる練習
最初は偽善でも心を込めて念じれば、
やさしい気持ちになれるよ

348 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 07:12:37 ID:2eMvyv/c
小乗とは根本説一切有部という部派仏教のことをいうと
誰だったかがおっしゃってましたが・・・

349 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 10:39:00 ID:KfAPe1sL
>346親切にありがとうございます。
初めての場所はちょっと怖いですけど、長老に会えるならぜひ勇気を出して行ってみたいです。


350 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 23:09:49 ID:fK3LYUi6
最近になってからスマサナーラ師の本を読み始め、
ヴィパッサナーをちょっとやってみただけだけど
いかに自分が普段余計なことを考えているか、
また、それによっていかに消耗しているかが、ちょっとわかったよ
それがわかっただけでも本を買った価値があった

351 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 01:40:53 ID:A6xSQX4Y
長老のことばは気取ってなくていいですよね。

どこかの大学のトラブルの多い新興宗教の学生を一晩説得して結局うまくいかず
「まあ少なくともその時間は学生が勧誘するのを阻止出来た」と笑って済ましたり
「『全てを捨てる覚悟です!』とか言う人ほど長続きしないので気楽に行きましょう」など
力が抜けていて好きです。


352 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 10:55:51 ID:1sZg/a0T
いいですね、力が抜けてる感じの人。
会って質問してみたいな。

353 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 13:19:08 ID:+8Hp8Ew3
怠けのコントロールがうまくできない。
体も疲れてないし、しなきゃいけない用事は色々あるんだけど、
急ぎでしなきゃいけないのはないから、時間を浪費してもさして問題ないようなとき、
ただほげーっとしてしまうときがある。瞑想するんならいいけど、
瞑想するわけでもなく。
そういうときは、怠けています、怠けています、の実況中継でいい?
歩く瞑想などのヴィパ瞑想を日々続けていると、怠けないようになるかな。

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)