5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【科学が終わっていた】

1 :哲学者最高座:2006/09/18(月) 02:30:05 ID:+JTKNHG5
あなた方の体は自然法則に従う物質なのにどうして自由意志をを持ち自由に選択できる
気がするのかということ。この主客問題こそが哲学の根本テーマなのである。この問題
は客観側からのみのアプローチ=唯物論では絶対に解決不能である。なぜならば客観と
は、自分の外側を空想する超越だからである。客観というのは主観に認識される以外は
ありえないのである。これでは機械的唯物論による世界観を完璧に構築したとしても、
自由意志を持っているという自由っぽさの謎は余計際立って出てくるわけである。つま
り、世界の内側からの客観的説明では自由意志の問題を解決することはできないことに
なる。例えば、デカルトのデーモン仮説、今でいうとバーチャルリアリティというもの
がある。FFやドラクエの世界では普通に魔法が使えるが、あれはあのゲームの世界から
の客観的説明なのである。しかし、その説明はこの現実の世界から見ると仮象にすぎな
い。いくらゲームの世界の魔法理論で魔法の仕組みを説明しても、それは半分間違った
説明でしかない。これと同じことが自由意志の問題でも言えるわけである。これまでに
独我論が誰にも論破されていない事から、主観客観を理論によって一致させて解決させ
ることは不可能なのである。主客を一致させることはできなくても、主客問題を消滅さ
せる方法ならばある。主客問題とはつまり、「私」が「私」を客体化することから起こ
るのである。これは心理学的にはメタ認知と呼ばれる。自分と世界を区別できない存在
者にとって、世界は自分であり、自分は世界である、と主客は一致している。この区別
は存在者によって程度の差がある。例えばチンパンジーは、鏡に映る姿が自分だと認知
できるようだが、サルはできないものが多いらしい。人間においてもこの認知レベルに
はばらつきがあり、深刻に受け止める人がいる一方で、どうしても独我論や決定論を、
実感をもって理解できない人が多いのである。


2 :哲学者最高座:2006/09/18(月) 02:30:58 ID:+JTKNHG5
整理すると
1.この世界は機械的唯物論に完全に従うはずなのに、意識を持つ自由感の謎
2.バーチャルリアリティ説をいかなる方法でも反駁できない謎
これらは主客問題のカテゴリーとして密接にリンクしているのである。いわゆる科学的
説明で客観の側から見かけ上、 1.をうまく説明できたとしても、 2.は手詰まりであ
る。そうなると1.も復活してしまう可能性がある。なぜなら我々は機械的唯物論に支配
されない自由な世界、または存在者を想定できるからである。それがこの世界と私を生
み出したのだとすれば、機械的唯物論を超越して私の意識が自由に意志できるのも、私
の意識がA君でもB君でもなく私に存在したのも納得がいく訳である。主客問題における
公理は「コギト・エルゴ・スム」であり、デカルトはそこから理性的にデカルトの頭の中
にある完全性の観念と、デカルトの頭の中にある神の誠実さを定理として公理系を作っ
た訳であるが、有限から無限、不完全から完全はどんな場合でも必ず生まれないかどう
かや、神が誠実であるというのは都合がよすぎるのではないか、などの普遍性のない推
論になってしまうのである。そこで出てきたのが「我の意志に制御できずに意識に干渉
する」というもので、知覚や欲望を通して、主客を理解しようとする見方である。この
立場で考えると主客一致とは、「主観が真理として存在する客観を完全に掴むこと」で
はなく「主観の機能と欲望がなす解釈により、客観世界が構築される」となる訳である。


3 :哲学者最高座:2006/09/18(月) 02:31:38 ID:+JTKNHG5
カント的な「理性の限界を規定する」ことによって主客一致の度合いを判定するやり方
は、幸福を求める人間にはストイックであり、物自体の認識は不可能だと宣言するので
人間にはどうしても不全感が残ることになる。よって学問としての形式論理で解決する
ことは不可能である。なぜなら「私」の存在のあり方そのものが、この問題を引き起こ
すからである。形式論理は存在者から生み出され、存在者に認識されるという循環的な
ものでは解決不能である。そして科学的な「精子と卵子が〜」や「神経細胞とスパイク
が〜だからこうある」などといった発生的な定義は超越的であるから意味がないのであ
る。それで、存在者(あり方)と存在(条件)の関係が、超越と超越論、 つまり客観(あり方)
と主観(条件)の関係に平行するのである。これらはたんなるアナロジーではなく、むしろ
存在者は客観と同値であり、存在とは主観からしか理解されないものなので、少なくと
も存在は主観に条件づけされる。多くは存在と主観は、共にこの世界の「一」によって
条件づけられると考えられるのである。


4 :哲学者最高座:2006/09/18(月) 02:38:05 ID:+JTKNHG5
つまり、宗教が科学に押しつぶされることなく、
残存して当たり前なのである。主観性の謎、「私」の存在性。
この問題は、国内においては極めて希なために理解できないかもしれないが、
理解できないように左翼的な洗脳がされているのである。
今一度、信教の自由を見直そう。

5 :哲学者最高座:2006/09/18(月) 03:43:41 ID:+JTKNHG5
ただし、既成の宗教はもはや終わったと言わねばならない。
この論理を通過していることが宗教の資格である。
なぜならば、超越的なものでなければ宗教とは呼べないからである。

6 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 03:48:04 ID:M7ksmjx1
どういう意味で規制の宗教は終わったんですか?
どの宗教も未だ健在で社会に影響力を持っていますけれども。
役割が終わってるようにも見えません。

7 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 03:50:17 ID:xcZpX1Q9
どうせどこかのカルト信者だろ。
「洗脳」の使い方間違ってるしダメダメ。

8 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/18(月) 08:37:13 ID:/2zW9g3l
ヽ(´∇`)ノ
南無大師遍照金剛♪

9 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 22:32:08 ID:XKfurFS7
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


10 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 00:11:45 ID:k1iaTVhU
そして立て逃げ、と・・・

11 :名無しさん@3周年:2006/10/07(土) 08:19:13 ID:aYB1idpy
のうりょくし吸よみとり
てんしゃふくしゃはんしゃし分配
てくのろじしきおくじうほうもらいうけ
せいたいじうほうのうりょくし分配先に
kがたろぼっとじょうおん牛乳ことし3
せいめいたんじうそさ種子
いっしょにわたしふぁいりんふ
あの曲
おまえはだれともあわないさけふ
せきゅりてぃおとし
れんあい名のこころ深海底場
じこほうかいぷろぐらむげんご
ごういんにのうにはいる主張展開づくり
うえつけられた
くちうつしで毒をむしばとして常に存在
じはくのしんりがく
みんなわたしおもいできえかけ

きいろのたおるけっと
わたしのほほのおもい
どくまあしきるおもい

どんなことがおこなわれなにをしたの
すべての不変的なこと
ふういんされる

この輪郭きえゆく前に



12 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 01:16:31 ID:DPclpm5v
そもそも自由意志って“本当に”自由なのか?

13 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 02:35:30 ID:kHFuxHfi
人間に自由意志など無い。
後からケツを拭けるかも知れない失錯行為ばかりだ。

14 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/10/27(金) 07:40:01 ID:jP4zvBQg
まあ、心なんてものは「水」のようなもんだから。

15 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/27(金) 08:47:47 ID:cV6FONyy
ヽ(´∇`)ノ
水はどんな形にもなるよね♪
隙間からもれたりもするし♪

南無大師遍照金剛♪

16 :名無しさん@3周年:2006/10/30(月) 17:02:31 ID:zpNJkEE3
物質万能・科学万能時代を走り抜けてきた団塊世代
おっさんらは月旅行が誇りだった

いまでもおっさんらはアポロを信じ切ってる
心の支えを取り去ったら死んでしまうか、ポッカリ穴が空く

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)