5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あしたもやっぱり親鸞会

1 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:50:42 ID:xJNlydmB
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

       _∧ ∧__  ヤッホー
      /∩(*゚ー゚)∩/\
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/         けんかしないでね、厨房のみなさま。
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

親鸞会公式サイト
http://www.shinrankai.or.jp/

2 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:52:55 ID:iWiJ8ytk
>>1
重複スレ立てるな、氏ね!

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157097148/

3 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:53:30 ID:QgZjvYHI
親鸞会批判の真実 「家族の絆」の正体
http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/
 本願寺僧侶による親鸞会批判が如何に事実に反する、信憑性に欠けた内容が検証、とのこと
親鸞会の真実 なにが息子を変えたのか
http://www.geocities.jp/ongwanji/
 会員の息子をもつ父親の見た、親鸞会の姿
真宗原理主義の台頭
http://cult.zero-yen.com/
 新宗教の風土(岩波新書 1997年)の引用
親鸞会ちゃんねる
http://tamahi.parfe.jp/
親鸞会マル秘情報局 極秘情報?
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/2372/

4 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:54:25 ID:QgZjvYHI
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。



5 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:55:27 ID:QgZjvYHI
公認サイト

親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
写真倶楽部 花と緑の親鸞会
http://park1.wakwak.com/%7Eshinran/
名句名言の裏側
http://meigen.ivory.ne.jp/meiku/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://live.usj.to/revoir/
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか
http://inochi.jpn.org/jisatsu/



6 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:03:17 ID:dzqxO7zX
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで
http://shinrankai.9jp.net/
続なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで
http://shinrankai.hopto.org/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで プラス
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/
なぜ私は親鸞会をやめたのかを読んで レッスン
http://mindcontrol.tudura.com/
マインドコントロールとは何か
http://shinrankai.sytes.net/
親鸞会の本尊論を再考するを読んで

7 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:04:01 ID:hQhjozTl
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。


8 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:04:50 ID:hQhjozTl
○『宗教を現代に問う』
 横山真佳氏ら毎日新聞社特別報道部宗教取材班が編集した『宗教を現代に問う
 1』(毎日新聞社、1976年)では、「反乱……異端か、改革か」という項を設
け、新宗教団体として親鸞会を紹介しています。

 本願寺がどんなに呼びかけても振り向いてくれない若ものを親鸞会はつかまえ
ているのだ。(168頁)

と述べ、本願寺の三木照国氏のレポートの引用で文章を締めくくっています。



9 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:13:54 ID:6LYX4u2e
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会 [管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、●生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高澤守牧師を招きます。
> >ご期待ください。
> >NO.8:2006/01/07 (sat) 21:12
>
> ttp://omc.christian.jp/cgi/diary/lightbbs.cgi

>63 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 13:57:00 ID:/mp8ObDc
> >56
>  この人って、こうばい氏と一緒になって、退会工作をしている
>  ひとじゃなかったっけ。
>  このまえ、やめた友人が会ったっていってたな。
>  実名牧師の日記にでるって事は、すっかりその方面では
>  有名人なわけだ。

10 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:14:33 ID:6LYX4u2e
> 106 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:17:08 ID:3j8ROg7i
>63
> ある学生会員が、親に連れて行かれた先にK楳英顕と一緒にいたそうです。
> キリスト教会だけでなく、西本願寺とも繋がりがあるようです。
> どんな活動しているのか、かなり気になります。

>102 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:08:16 ID:ola8eRwM
>56
>
> U氏が昨年夏に除名されてから、宗教問題研究会に「勧誘マニュアル」や「部室住所」が公開されたのが10月。
> そして11月以降の「なぜ私は親鸞会をやめたのか」などのサイト群の林立。
> そしてこの講演か。
> 一連のことは、彼が引き起こしたのだと思って、間違いなさそうだな。



11 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:16:01 ID:6LYX4u2e
発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より発信されています。
その後の調べにより、これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明致しました。
発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明しているようです。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

12 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:18:37 ID:stdTBv8U
地方サイト

三河新報
http://f42.aaa.livedoor.jp/%7Emikawa/
名古屋
http://www.nagoya-hoyu.net/
 やわらか仏教入門

三重 みえの法灯
http://shinran-mie.com/
古都奈良のひびき
http://narahibiki.big-site.net/
鹿児島宮崎 法友の集い
http://www.utinti.com/%7Emiyago/
富山青年の集い
http://sun.aea.to/shinran/
長野、山梨
http://koushin-gakuto.net/

13 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:19:39 ID:stdTBv8U
○『若者はなぜ新・新宗教に走るのか』
 フリージャーナリストの室生忠氏は『若者はなぜ新・新宗教に走るのか』(時の
経済社、1984年)で親鸞会を紹介しています。
 新・新宗教の本に親鸞会をとりあげているのですが、これは

 「会そのものの歴史が浅いうえ、特殊なエネルギーで、青年層に急速に教勢を
のばしている」からであって、親鸞会は教祖を持つ新宗教や新・新宗教ではない。
 あくまで親鸞の教えを伝えようとする浄土真宗の一派であり、分類的には既成
の伝統仏教教団に入る。(105頁)



14 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:20:20 ID:stdTBv8U
親鸞会黎明期の証言
http://tdl.to/deai/

親鸞会会員の声 法悦の泉
http://religion.saloon.jp/

教えとの出遇い
http://homepage3.nifty.com/shinran/

浄土真宗を憂う
http://shinshu.fubuki.info/




15 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:29:41 ID:5nuHIzyP
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞聖人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)

16 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:30:55 ID:5nuHIzyP
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。



17 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:32:09 ID:5nuHIzyP
親鸞会 特集記事一覧
http://www.shinrankai.net/
浄土真宗講座
http://www.shinrankai.info/

18 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 12:55:52 ID:WQ6jscFy
>>1 (スレタイ)
明日ありと 思う心の仇桜

19 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 12:56:42 ID:WQ6jscFy
決まったー。




絶妙やなー。

20 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:28:01 ID:xJ8FIgrH
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡
(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナ
ねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡(^-^)/~ホナねん☆彡


21 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:42:52 ID:1ymon0WW
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs2/petit.cgi
ジャンヌ雑談用掲示板

危惧 投稿者:どこへいくのか 投稿日:2006/02/24(Fri) 18:36 No.1708
404 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 10:23:00 ID:x8d8tBtX
>その一連の出来事、詳細おながいしまーす
>すみません、会長の「M晴いじめないでくれ」事件の詳細を、です

まず、M晴さん不倫疑惑については、当時、その現場の写真や動画が、講師部や親友部、果ては一般会員の間でも広まっていました。
現場の写真と動画が撮られ、その写真や動画がメールで講師部員や親友部員、幹部会員の間をゆきかっていました。
写真を打ち出して、持ち歩いている人もいました。

平成14年8月末の3日間の合宿では、写真を撮った人たちも、写真をメールでやり取りした人たちも、そのような事実があることを
知っていながら、上司に報告しなかった人も、すべて、処罰の対象となりました。

個人のスキャンダラスなことを、講師部や親友部、幹部の間に蔓延させたこれらの行為は、「親鸞会の和を乱す行為であり、
和合僧を乱す恐ろしい行為だ!!」ということで、写真をとった人たちや、写真をメールで誰かに送った人はもちろん、受信
した人で上司に報告しなかった人もすべて処罰の対象となり、「調べれば分かるんだぞ、かかわった者たちは前にでろ!!」と
厳しい追求がはじまりました。

普通は、突然あんな写真が送られてくると、誰だって不思議に思い、「なんだろう?」と興味をもってみるような気もしますし、
また、上司に言わない人や言えない人も少なくないのではと思いますが、上司に報告しなかった人もすべて、写真のメールを
受信した人は手をあげさせられて、前に出て立たされました。
そもそもこの写真を撮ったI場支部長は、関東の青年部員数人と協力して、入念に準備していたようです。車をどこにとめて、
どのように写真を撮ったのか、などもすべて吐かされていました。

22 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:43:55 ID:1ymon0WW
しかし、今でも不思議なのが、あの写真や動画を撮った方法を詳細にわたって、I場支部長は吐かされていたのに、
「この写真や動画は偽造されたものだ」ということに終わったことです。
また、一番不思議だったのが、この3日間の合宿には、渦中のM晴さんはまったく姿を見せず不参加でした。
講師部内では「腰痛」という発表がなされていました。そして、会長先生ご臨席のもと、裁きが続いてゆきました。

この頃の背景を説明しますと、M晴さんへの反発は、I場支部長だけでなく、M野講師やY根講師をはじめ、多くの
講師部員の間で ありました。M野講師はネットに書き込んで、M晴さんを批判していましたし、Y根講師は同じ十講
の間でも、M晴さんとは 対立していたようです。講師部員の日頃の不満が、いっきに爆発した合宿だと感じました。

つまり、当時は講師部の中で「表立ったM晴さん反対派」や「内心M晴さん反対派」がけっこういた訳です。それ以外にも、
講師部の間でいろいろな批判意見があり、講師部の結束が弱くなっていました。崩壊寸前だったかもしれません。

この3日間の合宿の筋書きはすでに、K玉さんやW部さん、また、N村講師長やY村総務局長などの上層部の間では話し
合われていた ように思います。K玉さんなどは合宿の数日前に、「講師部はこのままだと、もう終わりかもしれない…」
といったことを ポツリと言っていたようです。K玉さんや、W部さんをはじめとする親M晴さん派や、この講師部の結束
の弱さをなんとかしたいと 思っている人たちは、これを機会に、講師部のウミを出し切ろうと思ったのでしょう。

ですから、この3日間の合宿では、M晴さんの不倫疑惑を問題にした人たちへの指摘だけでなく、講師部の団結を乱すような
批判意見を言っていた講師への指摘が、次々とおこなわれてゆきました。批判分子への徹底的な糾弾が行われたのです。

23 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:44:29 ID:1ymon0WW
会長先生も激怒して、M晴不倫疑惑を講師部内で広めていた講師や、講師部内で批判的な意見をもっていた講師に対して、
面と向かって、「○○!!(呼び捨て)、講師部の和を乱して、そんなに楽しかったか!そんなに楽しかったのか!!」と
顔を真っ赤にして言われていました。逆鱗に触れたという感じでしたね。御法話などの多くの人の前では優しそうな先生から、
直々にこのようなことを言われる訳ですから、言われた講師にとっては、生きた心地がしなかったと思います。

ちなみに、この合宿の最初に会長先生から直接その場で、「では、N村講師長とW部に議長を任せる」との言葉がありました。
おそらく、事前に打ち合わせをしていたのでしょう。会長先生の言葉を受けたこの二人、とくにW部弘宣部長は、
それはもう勢いよく、反体勢力を指摘し続けていました。

当時、以下のような2ちゃんの中に、講師部の罪状がいろいろ暴露されていたように思います。

親鸞会に向かって1000の心のタネ
http://makimo.to/2ch/life_psy/1028/1028481417.html

ここの>>457あたりから、何やら詳細にわたって書かれていますが、今読めば、本当にこれらの書き込みをした人たちの
気持ちが分かります。

24 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:18:55 ID:1ymon0WW
この講師部の合宿が、たしか8月25日から31日の間くらいに3日間あったから(ハッキリ覚えていません)、
この当時の2ちゃんの書き込みの速さからして、いかに問題が大きかったかが、分かるような気がします。
現役講師部員の書き込みも多数あります。
>>459-461>>527>>528>>708-711などは、ほとんど事実です。
このあたりの書き込みで暴露された、講師部員の罪状もいろいろ話題になりました。
「K田講師が拾った携帯電話で電話していた」とか「W部弘宣部長が破廉恥行為を行った」とか、
「M野さんがかつて万引きをしていた」などなど。

たしか、K田講師などは、「たしかにあそこにに書かれているようなことを私はしてしまったし、そのことは大変反省している」
などと言っていたと思います。M野講師は他にもいろいろあり、指摘の嵐を受け、謝罪する一方でした。

しかし、W部弘宣部長は、大声で「私のこともいろいろ書かれているが、あんなのは全部デタラメだ!」と叫んでいたように思います。
そして、議長に選ばれたのをいいことに、指示棒を振りかざしながら、徹底的に批判分子の講師たちを糾弾していました。

講師部員の中でも、上層部の人たちは、W部弘宣部長の破廉恥行為について知っているのか、W部さんが絶叫しているときに、 しらけた
感じで静まりかえったのが、少し気になりました。

この合宿の中で、会長先生がポツリと「M晴をあまりいじめないでくれよ」と言われたのです。
先生が何か、講師部員にお願いされているような感じで、小さな声でポツリと言われました。
その会長先生の一言により、感情が高ぶっていた講師部員の多くが号泣していました。


25 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:19:47 ID:1ymon0WW
自分たちの言動がいかに会長先生の御心をいためていたのか、自覚したのでしょうね。
そこで、「先生ー!申し訳ありません、 我々が間違っていましたっっ!!!」と多くの講師が叫び、
異様な雰囲気になりました。前に立たされていた講師の中で、
大地にひれ伏して、号泣していた講師もいました。

M晴さん不倫疑惑批判に関わった人(写真を受け取り、上司に報告しなかった人も含めて)や、
その他、講師部内で批判的な人の容疑が 次々とあげられてゆきました。その結果、何十人という
講師部員が、前に出て立たされ、そして、M晴さん
不倫批判の火種となった I場支部長をはじめ、M野講師、Y根講師などは、たしか「除名」と
判決が下されました。
最後、これらの人は泣きながら、「それだけは、それだけは〜!!」と絶叫して命乞いをしていました。

大変、緊迫した雰囲気でしたが、すすり泣く声が響く中、最後、会長先生が静かに、「みんな、
この者たちのやったことは 非常に恐ろしいことだが、しばらくの間、見守ってくれないか」と口をひらかれました。
そして最終的には、会長先生の名の下に、それらの除名講師をはじめ、指摘を受けた多くの講師に対して、『執行猶予期間』
が つけられました。その期間中、同じ問題をおこさなければ、よしとする、ということになったのです。

指摘を受け、前で立たされている講師たち一人ひとりの執行猶予期間を、指摘を受けていない講師たちが、決めてゆきました。
「I場支部長 執行猶予30年、M野講師 執行猶予20年・・・」などなど。すべて黒板に書かれ、記録に残されました。

除名や何らかの処罰を予想していた、前で立っていた人たちは、「会長先生のお慈悲」で救われた訳で、みな涙を流して
忠誠を誓いました。一度、地獄の底までおとしめておいて、最後に救うという、会長先生のお慈悲により、感動的な裁きを受け
除名を免れた講師の人たちは、おそらくもう二度と、会長先生や親鸞会に牙を向けるようなことはないでしょう。

26 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:26:08 ID:1ymon0WW
そして、この合宿で以下のような規約が出来ました。

【講師部総会での規約】 平成14年8月29日 
1、講師間の悪口、非難は一切厳禁する。
2、講師部の和を乱す情報を得た者は、その提供者と、情報と、その日時を直ちに報告すること。
3、講師部員の言葉遣いや行動で、おかしいと思うことは、どんな些細なことでも直ちに報告すること。
                           
こうして批判分子は一掃され、講師部の結束は、会長先生のお慈悲のもと、大変強固になった、という訳です。

しかし、この合宿での、一つ一つの問題の是非はともかく、あの異様な雰囲気に、私は驚いてしまいました。
また、この合宿での裁きの結果は、多くの人たちに不信をもたせたようで、今でも疑問に思っている人は少なくないようです。

 当時の講師部内には、多くの批判意見がとびかい、目に見えない派閥のようなものもあり、トップであったM晴さんへの疑惑や不信が
講師部内で高まっており、それはもう崩壊寸前だったのかもしれません。実の息子への多くの批判を知り、講師部の結束の乱れを感じ、
講師部員の将来を憂いていたであろう会長先生の、精神的疲労も極度に達していたように思います。
この合宿の直後、実際に会長先生は入院され、御法話か何かが中止になったと思います。

 M晴さんも、誰にも知られないところで、父親である会長先生から、相当しぼられたのかもしれませんし、
また、講師部の中の おかしな言動が指摘されたことを言えば、いくらかは自浄能力のある団体なのかもしれませんが、
しかし、やはり騒動の渦中の 人物であるM晴さんについての疑惑は、いまだに晴れないでいます。

 私は会長先生亡き後、このような疑惑をかかえているM晴さんが次期会長に就任した暁には、親鸞会は果たしてどちらの方向へ
行ってしまうのか、と危惧しています。

27 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:27:20 ID:1ymon0WW
ネット対策に口をはさみたくはないが、アンチが提示している情報はとても捏造したものとは思えないのだが。
特に学友部で親鸞会の指導を仰いだものならこれらを捏造とまで言われるとドン引きしてしまうでしょ。
工夫の仕方が間違っているように思います。


総務局長がご使用になった茶封筒
http://homepage2.nifty.com/nonsect/chabuto-8.html

親鸞会必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会顕正虎の巻
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf

勧誘ビラ
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kyodai_bira.jpg

親鸞会録音資料
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

28 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:29:52 ID:1ymon0WW
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi
私が会をやめるきっかけになったのは、
大学2年の頃、父親が突然病で倒れてしまい急遽実家に戻らないといけない事態が起きました。
事情を部長や担当講師に話した時の態度があまりにも恐ろしかったのを覚えております。
私の説明に、部長や担当講師は
「君が実家に戻ったところで何になるの?帰るだけ無駄だよね」や
「結局戻っても、顔を見るくらいしか出来ないのに戻るの意味あるの?」と言われ
私がどうしても戻りたいと伝えると
「どうしても戻るなら、最大で3日間そして、毎日○○君に連絡のメールをすること!」とだけ言われました。

その後、父親もなんとか一命を取り留めてくれて、
講師からは3日間と言われていましたが、まだ父も体調が安定していなかったので
看病のために1ヶ月ほど実家に戻っていました。

そんなある日、なんと実家に突然部長を含め数人が押しかけてきました、
入部の時に書いた実家の住所を元に。。
そして、開口一番
「明日、○○(私の実家の近く)で高森先生の御法話があるから参詣しよう」

なんの連絡もなしに突然、しかも実家に押しかけてきてこんな話をしだすので
病床の父も母も大変困惑し、なんとか説得して帰ってもらいましたが、
自分で親鸞会に入会するという種を蒔いてしまった報いとはいえ、この事で両親を不安にさせ
特に病床の父には大変申し訳ないことしてしまったと思っております。
その後大学に戻った時に
「お父さん大丈夫なら、初めから戻る必要なかったね」と言われた言葉が今でも忘れられません。

29 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:36:55 ID:hdNExNpK
>>11
結局、Uさんなんでしょ?

本願寺との関係が気になるが、やはりコーバイとの件?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/20060427.html

30 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 09:40:16 ID:+NZhfgED
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

       _∧ ∧__  ヤッホー
      /∩(*゚ー゚)∩/\
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/         けんかしないでね、厨房のみなさま。
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

親鸞会公式サイト
http://www.shinrankai.or.jp/


31 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 09:42:08 ID:+NZhfgED
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

       _∧ ∧__  ヤッホー
      /∩(*゚ー゚)∩/\
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/         けんかしないでね、厨房のみなさま。
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・2ch議論はスレ違いなのでよそでしてください。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

親鸞会公式サイト
http://www.shinrankai.or.jp/



32 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 09:43:31 ID:+NZhfgED
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。


33 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 10:49:40 ID:lIBpROm/
>>29
そうだよ。Uだよ。

34 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 15:18:42 ID:EZ+DAJqI
日本語でおk


35 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 17:38:26 ID:7LRUCi+z
asita mo

36 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:01:06 ID:d0O+si8Z
開店休業かよ

37 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:48:01 ID:fpNmL3n2
いや、次期スレの有力候補でしょう。

38 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 12:41:59 ID:xv7EDRq1
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」について

>>21-23
>>24-26

高森会長はやはり我が子が可愛いのでしょうね。

不倫という前代未聞の醜態をさらし、しかも、M晴は同じ講師部員にまで証拠写真をやビデオまでとられながら、
それでも会長は、そのM晴を糾弾する講師たちに、「M晴をあまりいじめないでくれ」とお願いするとは。

そんな醜態をさらされながら、いまだに布教局長などといいう重責を任され、皆の前に出てゆかねばならない
M晴が逆に可哀想な気もする。みんながどんな心で自分の話を聞いているか、と思うと、いたたまれなくなるでしょう。

しかも、そんな不倫男が次期会長になった暁には・・・親鸞会はどうなるのでしょう・・・。




39 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 12:04:42 ID:q1IS7u6/
弁護士「あのテープを見た限りではハッキリしない部分が多いと思うので、日付・時間・場所の特定をしたい。あなたの
     分かる範囲で場面ごとに詳しく教えてもらえないだろうか?」

会員 「分かりました。しかし、撮影した人に聞くのが一番早いのではないですか?撮影者はまだ分からないのですか?」

弁護士「分からないですね。あなたに画像やテープを送った人に聞きたいですが、名前は出してくれるなというのでは…
     あのテープ、興信所か探偵の撮ったものではないですよ。私には分かる。あれは素人の撮ったものです。本当に撮影
     した人に心あたりはないですか?撮影状況が分からなければ、私も先生にどうご報告してよいやら・・・・・」

会員 「そうですか。ではメールを確認して日付・時間・場所につ いては後ほど私の知る範囲でお知らせします。」

弁護士「あなたはテープや画像を何十人という会員 さんに送ったそうですが、事実ですか?この件について先生にお詫びの
     手紙などは出されましたか?」

会員 「はい。送りました。お手紙は先月の本部ご法話のお礼状しか出していませんが。」

弁護士「なぜそうしたのですか?送ってくれと頼まれたのですか?重大なことだと自覚していましたか?軽い気持ちで深い考え
     なしにやったのですか?先生だけにお知らせするならよいのです。先生にご報告もせず、陰で多数の会員に噂を広める
     のは面白半分にやってるとされても仕方がないですよ。」

会員 「本会でこのような浄財の浪費が行われていることを警鐘するつもりで送りました。頼まれた場合もあり、こちらから送った
     場合もあります。真剣な気持ちで行いました。」

弁護士「なぜ先生に直接申し上げないのですか?あなたにはお子さんがおられないので、親の気持ちというものが分かられないのかも
      しれません。」

会員 「はあ?」



40 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 12:07:33 ID:q1IS7u6/
弁護士「自分の子供が変なことやってると噂されたら親はどう思うでしょうか?常識的に考えれば分かるでしょう?先生は深い考え
     なしにやっとることだろうと仰っていますが、これは先生に対する反逆ですよ。犯罪なんですよ。本会にいまだかつて
     なかった犯罪です。このテープの内容が事実であったとしても犯罪になるんです。そういう自覚はありましたか?」

会員 「いえ、ありませんね。名誉毀損になるわけですか?多数の人に広めたら犯罪になるというのは。不況局長に対する行為が
     なぜ先生への攻撃と同じになるのですか?失礼ですが意味がよく分かりませんね・・・。で、このテープの内容については
     どうですか?先生は何か仰っておられるのですか?」

弁護士「……。私は先生から調べなさいとご指示を受けています。テープもメールも結果はすべてご報告しています。
     常識で分かりますよね?先生がどのようなお気持ちか!」

会員 「それで犯罪とまで仰るなら、私は何らかの処分を受けるのでしょうか?」

弁護士「それは先生のご判断です。私には分かりません。しかし、自覚はないにしろ、あなたのやった行為は犯罪ですから、
     今後もあなたが先生のご教導に従いこの道進ませていただきたいと思っているなら、行動を考えられた方がいいですね。
     こんなことは今まで本会でなかったことなので私にもどうなるか分かりません。」

会員 「何か直接の先生のお言葉があったのですか?」

弁護士「………。」

会員 「テープ内容の真偽については問題にされてないのですか?」

弁護士「もちろんそれも問題ですよ。だから私は先生からご依頼を受けて調べているのではないですか!それで日付・時間・場所を
     知りたいと言っているんです。でもこんな犯罪でそこまで話が行きませんよ。全く次元の違う話なんですから。テープ内容が
     事実であっても、そのこと自体は犯罪でも何でもありません。しかし、あなたのやってることは明らかな犯罪なのですから。」

会員 「………。」

41 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 15:34:07 ID:q1IS7u6/
>>21-23
>>24-26
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」

>>39-40
「M晴不倫映像のビデオテープ」についての
本会顧問弁護士と会員との会話

当時の様子が以下のスレに克明に描かれています。
「親鸞会に向かって1000の花束」
http://life.2ch.net/psy/kako/1025/10252/1025274119.html

526 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/07/24 22:08

しかし、ここまでM晴の増長を黙認してきたバカ幹部にも責任はあるよね。

M晴の立場にビビってまともなこと言えなくなっていたからなぁ。組織的 に腐っていく典型を見事に示しているよね。

一番驚いたのが、M晴事件の 第一報を知った講師長が、告発講師の返信メールに
「勇気ある行動に敬意を表します」
なんて一緒になって喜んでいたくせに、数日後には手のひらを返したように、
「最近上司に対して直接批判メールを送っている者がいるが、 和合僧を破る大罪である
 (出た、てめえに都合のいいだけの解釈!)よく よく慎むこと」

なんて通達をしゃあしゃあと流していて笑い転げたことがありました。講師のオサからして、
自己撞着バカであることが明らかになって、この組織の暗い未来を憂えたものです。

それにしてもM晴はどのツラ下げて8月から公に姿を現すのか、今後もヤツの恥ずかしい振る舞いを見守りたいですね。

42 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 15:35:17 ID:q1IS7u6/
530 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/07/24 23:17
真相を明らかにするための行動を考えましょう。
8月、M氏が公式に現れるその時間。 有志で質問を投げます。
または、公開質問状を作成し、他の会員さんの目に触れるようにし、
同じ物をM氏に公開の上渡します。
ただし、この問題が、真宗の教義とは別次元であることは、はっきりしておきたい。
M氏が崩れても、会の教義は全く変わらないから。


531 名前: 名無しさん@一周年 投稿日: 02/07/24 23:22
>>530
今が、教団改革の唯一のチャンスかもしれません。


532 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/07/24 23:52
つるしあげられたM貼は醜態をさらして逃亡するだろうけど、 追求した会員さんは
仏語を都合のいいように利用する会によって除名されるだろう。 会の腐敗は根深い。


結局、これらの親鸞会改革の芽も、不倫男M晴を溺愛するダメ親T森会長によって、
以下のように摘まれてしまった訳ですね。

>>21-23
>>24-26
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」

43 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 15:40:14 ID:q1IS7u6/
550 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/07/25 19:19

M晴は自分のした行為について
・なぜ、どうしてそういう事をしてしまったのか
・会員の浄財をどう考えていたのか
・不倫相手の夫(部下)をどう認識していたのか
きちんと説明しなければ、会員の方々は納得しないでしょう。

もはや「女を口説くのと法を説くのは違う」などという単純な問題ではないのではないでしょうか
指導者として会員の方々をどのように認識していたか
どの様に真実に導こうとしていたのか、という会の根幹に関わる問題が問われていると思います。
ごまかさないで真実を顕かにするべきだと思います。


44 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 15:48:56 ID:q1IS7u6/
554 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/07/25 20:37

>>550
あはは。お前なぁM晴がそんな殊勝なタマだったら、こんな大騒ぎになってないよ。
ヤツにとっては浄財は自分の小遣い、部下は自分の玩具、会員はメシの種以外の何物
でもないよ。滋賀の堕胎女、今でも藁人形五寸釘打ってるらしいね。あ〜こわ^^;


45 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 18:45:46 ID:1E5XF7yg
あ〜あ、2chと共に連休が終わっちゃったよ。






なんだか、むなしいなあ〜








46 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 19:43:39 ID:NC/1vPgM
私「宗教と聞くと、マインドコントロールとか、多額のお金を布施するとか、そんな事ばかりが思い浮かびますが、そういうことはありませんか?」

講「親鸞聖人の教えはマインドコントロールで伝えられるものではありません。また、お金についても、普通の大学生が使う常識的な範囲です。」


47 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 20:38:26 ID:NC/1vPgM
私「学業がおろそかになると言うことはありませんか?」

講「仏教の教えは、勉強を勧めることはあっても、勉強しなくていいと教えるものでは決してありません。学生には両親を安心させるためにも、学校の勉強はきちんとするように教えています。」


48 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 21:23:53 ID:62bgeH1Q
>11 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:16:01 ID:6LYX4u2e
>発信元のIPアドレスは伏せてありますが、京都のあるIT関連会社より発信されています。
>その後の調べにより、これは「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人自身が送ってきたことが判明致しました。
>発信元の会社も、この件は認めており、このメール以外にも、多数の偽装メールを送っている事実が判明しているようです。
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html
>

>29 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:36:55 ID:hdNExNpK
>>>11
>結局、Uさんなんでしょ?
>
>本願寺との関係が気になるが、やはりコーバイとの件?
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/20060427.html
>

>33 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 10:49:40 ID:lIBpROm/
>>>29
>そうだよ。Uだよ。

49 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 21:34:50 ID:HhkUY4Cj
親鸞会録画資料
http://www.ideagasms.net/content/squirtingpreview.wmv

50 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 21:35:41 ID:HhkUY4Cj
激しく誤爆orz

51 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 22:21:33 ID:1E5XF7yg
あしたも?






























やっぱり?

52 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 22:39:44 ID:9WaBXx/8
>>48

Uって一体誰なんですか?
Uの次のアルファベットもう一字だけ教えて下さい。

(以前聞いた時には、UNKOという答えが返ってきましたが)

53 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:08:11 ID:eC0hu7DP
>>52
http://www.udon.vc/movie/


54 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:08:19 ID:ImCIuwSy
人は何のために生まれたのか。生きるのか。つらく、苦しい人生を、生きてゆかねばならぬのか。

55 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:10:25 ID:ImCIuwSy
人はなぜ生きるのか。

56 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:11:46 ID:ImCIuwSy
「今死んだら困る」

57 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:15:05 ID:wcqgSfYq
>>48

真剣に、Uって一体誰なんですか?
Uの次のアルファベットをどうか、もう一字だけ教えて下さい。

(以前聞いた時には、UNKOまたはUDONという答えが返ってきましたが)


58 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:15:35 ID:gLNfNtI1
しまった、牛丼食べ損ねた!

59 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:18:09 ID:gLNfNtI1
>>57
[urju:]

60 :名無しさん@3周年:2006/09/18(月) 23:19:33 ID:wcqgSfYq
>>57 に追伸
キャイーンのメンバーの名字や、全国的に展開している低価格の衣料品の
チェーン店の名前を答えるのは止めてください。


61 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:01:49 ID:7gt0CDxN
講師はいただいた浄財で風俗いってもいいんだってさ
W部さんなんか雄琴のソープにはまってるらしいし
学友部はど童貞クンばっかり、オナニーの毎日だけど
     ∧_∧ ミ ギャーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ バンバン


62 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:21:51 ID:SihFtbc6















.





63 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:23:02 ID:SihFtbc6
大学の講師はいただきからの風景を眺めているんだってさ
WBCで活躍した選手は日本球界のホープって言われるらしいし
学生野球部は王貞治ファンばっかり、オールディーズな毎日だけど

     ∧_∧ ミ ギョーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ パンパン









64 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:23:46 ID:X3Qs1xP9
>>57
http://wajima-gym.com/jym/boxer/uryuu.html


65 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:24:59 ID:SihFtbc6
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。


66 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 00:27:12 ID:SihFtbc6
大学の講師はいただきからの風景を眺めているんだってさ
WBCで活躍した選手は日本球界のホープって言われるらしいし
学生野球部は王貞治ファンばっかり、オールディーズな毎日だけど

     ∧_∧ ミ ギョーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ パンパン















67 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:39:11 ID:5UwtxUze
講師として、あらゆる問題をおこしたM晴(数々の女性問題、
法話の金銭横領、法話で親鸞聖人の教えの話をせず自慢ばかり、
自分の好き嫌いで決めた人事、無謀な財施目標を無理やり達成
させたことによる弊害、アニメの膨大な抱え込みの発生、
某旅行業者との癒着、某自動車会社との癒着、自分への礼状・財施
のなかったものへの陰湿な指摘。。。。。)
これほどわかりやすい、俗物が、血縁者というだけで許され、
それを勇気をだして指摘した人たちが一方的に粛清された



68 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:39:57 ID:5UwtxUze
M晴不倫撮影現場にいた講師は、稲B講師とK口講師です。
二人とも、例の合宿でやられました。
会員有志による撮影に協力した面々は、稲B講師によって
かたく口止めされました。
ある元会員がいまだにその映像、写真を所持している
ようです。希望者いますか?

50代のW部さん、30代のO田、土Dさん、ネット対策
ごくろうさまでやんす。
この話題がでるたびに散々あらしてくださり、問題の
大きさを浮き彫りにしてくださってますね。


69 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:43:21 ID:5UwtxUze
半在者として稲B講師を裁いたらどうなんだ
旅行会社DBや航空会社DBへの不正アクセスもやってるしな
その半在行為実行の指示をしたんだからさ
次元の違う行為への裁き、まずやってみせてよねS会さん

70 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:43:53 ID:cQYxisSt
大学の講師はいただきからの風景を眺めているんだってさ
WBCで活躍した選手は日本球界のホープって言われるらしいし
学生野球部は王貞治ファンばっかり、オールディーズな毎日だけど

     ∧_∧ ミ ギョーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ パンパン















71 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:48:31 ID:5UwtxUze
「M晴をあまりいじめないでくれ」って・・・完全に親の立場からの
言葉だろう?知識としての仰せではないだろう?なのにそれに対して、善知識
の集まりたる講師たちがグダグダにくだけてしまうってのは彼らのアマチュア
ぶりを現している。日ごろの彼らの言動に合わせても、感情まかせに大義を
捨て去る姿が想像つきます。





72 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:50:26 ID:5UwtxUze
M晴の異常な言動に、周囲の講師の不審や不満が一気に爆発し、もう会長がお願いしなければ、
収集がつかなかったのだろう。結局、M晴への不審や不満を、会長の鶴の一声でもみ消して
しまったのだから、これは問題解決ではなく、ごまかしに過ぎないだろう。

癌は取り除かれず、我が子を切れない会長とやりたい放題の次期会長(M晴)の下で、親鸞会はどこへ行くのやら・・・。
ほんと、会員さんたちがかわいそう・・・。


73 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:52:07 ID:5UwtxUze
会を潰したくないという想いが、親子の情愛に対して引いてしまったのだと
したら、あの人らが「命がけ」とか言っている活動ってのは、やはりその
程度のものだったのだね、あの人らにとって。



74 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 02:20:01 ID:UK78cQ6D
大学の講師はいただきからの風景を眺めているんだってさ
WBCで活躍した選手は日本球界のホープって言われるらしいし
学生野球部は王貞治ファンばっかり、オールディーズな毎日だけど

     ∧_∧ ミ ギョーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ パンパン
















75 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 02:22:28 ID:UK78cQ6D
息子が親鸞会に入った。そのとき私は
 息子から、仏法を聞くようになったいきさつを、母親の立場でお話させて
いただきます。
私たち夫婦は、昨年の夏、富山県に移住しました。
繁盛していた自営業を畳む決断には、強い葛藤がありました。
最後は、『本当の仏法を聞きたい』という思いだけでした

人口6000人の静かな町で、自営業を営んでいた私たち夫婦の人生を大きく
変えたのは、長男から、毎週届く手紙でした。
「仏教に、人生の目的が説かれています。どうか聞いてください」
 釈尊や親鸞聖人の教えが、便箋数枚にぎっしり書かれていました。
 息子は、大学に入り、仏法を学びはじめていました。
 宗教には警戒心いっぱいでしたが、「人生の目的は?」と息子から問われ、
「これは大切な問題だ。軽はずみな答えはできない」と、少しずつ教えに耳を
傾けるようになったのです。
 長男が夫と私の誕生日に送る高森先生の著書を通して、親鸞聖人の教えを知
りました。 いろいろな仏教書も買って読んでみましたが、どうもさっぱり分
かりませんでした。


76 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 02:25:21 ID:UK78cQ6D
そもそも、仏教は何を教えているのか、仏教を聞く目的はなんなのか、肝心
なことが、一般の仏教書ではまるで分かりませんでした。
 ところが、高森先生の本は、その点が実に明確に書かれてありました。
「人生の目的は、信心決定、という本当の幸福になること」
 しかも、釈尊や、親鸞聖人、蓮如上人の言葉を根拠として、納得できるように
説明されています。
 本願寺との論争の記録も読みました。難しい言葉は分かりませんでしたが、や
はり親鸞会の主張に説得力を感じました。
「これは、確かに、何かある。」
 息子が、こんなに一生懸命伝えようとしている。しかも、その言動は決してお
かしなものではありませんでした。手紙の文面も、自分たちに対する感謝の気持
ちにあふれていました。一本筋の通ったその態度は、母として頼もしくも映りま
した。 そして、親鸞聖人の教えにだんだん、引き込まれていきました。
 やがて、夫婦で法話会場に足を運ぶようになりました。
 法話会場に行きますと、中学生くらいの子から、90過ぎの年配の方まで、多
くの人が、聞法していました。多くの学生さんたちが、正座して真剣に話に耳を
傾けている姿にも、驚きました。 明るく、挨拶もしっかりしています。何かに
とりつかれているのではないか、というようなイメージとはまるっきり違うもの
でした。息子の友だちとも会いました。礼儀正しい感じのいい若者たちでした。
 百聞は一見にしかず、といいますけど、ネットで言われている非難も、現実と
はかなり違っていることが分かり安心しました。 私の中での誤解は、次第に解消していきました。
 何より、教えの中身が、聞けば聞くほど、これは本物だ、との確信が深まって
いきました。
 やがて私たち夫婦は、親鸞会の会員になりました。
 夫が施主となり、役場の会議室で講演会やアニメ上映を開催すると、仏縁を喜
ぶ人が次々と現れました。私は、親鸞聖人の教えに関心を示す顧客と、店先で時
間を忘れて仏法を話すことも多くなってきました。

77 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 02:28:22 ID:UK78cQ6D
しかし、聞法すればするほど、「1座でも多く、高森先生のご法話に参詣したい。
それには、富山に住むのがいちばんではないか」の気持ちが募っていきました。
 夫も、「息子から、『もう実家には戻らない』と言われていたので、老後を富
山で過ごすのもいいかなとは思っていた。でも、こんなに早くの移住は想定外だ
った」と笑いながら言っていました。仕事と仏法、揺れ動く過疎の町にあっても
順調な自営業を畳むことには抵抗がありました。 夫が23歳で開業した店
は、町の中心部に位置し、客足が途絶えることはありませんでした。役場や
学校関係から受注する仕事も安定していました。 その一方、高森先生は、
「時間がない」とおっしゃり、正本堂の壇上で布教に全力を尽くされています。
「明日をもしれない無常の身なのに、後生の解決を急ごうとしない自分こそ、時
間がないのではないか」と、心は揺れ動きました。
 夫婦で夜遅くまで、話し合う日々が続きました。 そして、ある年の9月
でした。 「家や土地、仕事とかは、結局、生き方の問題です。最も大切な
のは、仏法を聞く環境に身を置くこと。そう知らされた時、踏ん切りがつき
ました」夫の決意に、私も賛成しました。
 その翌年4月、親鸞会館から車で10分のところに自宅兼工房が完成。
引っ越し中の5月には、新居での家庭法話を始めました。法の香りが、家中い
っぱいに広がった気がしました。

78 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 05:34:58 ID:uDxMlKQ4
■ぼらへの公開質問状!!!■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

現段階では、先の批判がぼらに妥当している。
「どうせなにも言い返せないでしょうが・・・」 ←実際言い返せない模様。


79 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 06:45:25 ID:/yHmBzRo
>>21-26
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」

親鸞聖人:
     仏法遵守精神と御同朋精神 >>> 親子の情愛

親バカ森会長:
     仏法遵守精神と御同朋精神 <<< 親子の情愛

80 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 08:10:00 ID:0JYGpWux
wさんだけは問題のテープや画像を入手して処分せずに隠し持っている気がする。
M政権になるまで温存。

81 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 10:27:56 ID:z3shejU2
なんだかここんとこ、





書き込みの内容が瓜二つだなぁ。





あしたもやっぱり、





そうかな〜。







82 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 10:31:19 ID:z3shejU2
親鸞聖人って、尊い方ですね。

83 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 11:13:41 ID:HSamNdj/
いえいえ、とんでもないっす。ハッハッハッ!!

いや〜、まいったなぁ〜。

恐縮です。

照れるな〜。

おにいちゃん、見る目あるね〜。きゃははは。



84 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 11:58:34 ID:+EDNm3B6
>>59

通報しました。
http://www.internethotline.jp/
https://www.iajapan.org/hotlinecenter/cgi-bin/other-report.html

ID:gLNfNtI1さん、もちろん覚悟はできてるよね?

85 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 12:07:59 ID:0QRx6GxI
あれだけの騒ぎを起しておいてM晴の義別とかしないの?

T森怪鳥の人間としての器の小ささが分かるね本当に。

86 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 12:37:26 ID:pCnUiFLr
>>84
もちろんできてますが何か?

87 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 12:37:52 ID:+EDNm3B6
>>85
まったくだね、
まじめな会員はいい面の皮。
知識選びはホントに大事なんやね。

>>23
>会長先生も激怒して、M晴不倫疑惑を講師部内で広めていた講師や、講師部内で批判的な意見をもっていた講師に対して、
面と向かって、「○○!!(呼び捨て)、講師部の和を乱して、そんなに楽しかったか!そんなに楽しかったのか!!」と
顔を真っ赤にして言われていました。逆鱗に触れたという感じでしたね。御法話などの多くの人の前では優しそうな先生から、
直々にこのようなことを言われる訳ですから、言われた講師にとっては、生きた心地がしなかったと思います。

和を乱す元凶をつくったのはM晴だろうに・・・。
まったく、親バカにもほどがある。

盲目の慈悲とかいってる親子の情愛が親バカ森の愚痴煩悩を活発にしているんだろうよ。

88 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 13:56:54 ID:rM0kVdB/
>>84
講師の名前を伏せ字にしたり「漫画家」などの遠回しな表現でも、
十分に個人の特定が可能なので、同様に該当しますね。



89 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 13:57:37 ID:rM0kVdB/
私は「漫画家」じゃないですよ、念のため。

90 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 13:58:20 ID:ByQaPquO
質問を変えます。

その[urju:]って人は、次の内のどれに属しますか?
A〜Dのいずれかでお答え下さい。


A、聞法のはいざんしゃ

B、聞法するはんざいしゃ

C、説法するはんざいしゃ

D、説法するせいはんざいしゃ


ファイナルアンサー?



91 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 14:50:05 ID:G4CerY4h
M晴はいただいた浄財で不倫しても良いんだってさ〜
W部さんなんか雄琴のソープにはまってるらしいし
学友部はど童貞クンばっかり、オナニーの毎日だけど
     ∧_∧ ミ ギャーッハッハッハッ!
 o/⌒(. ;´∀`)つ
  と_)__つノ  ☆ バンバン


92 :聞法の敗残者:2006/09/19(火) 14:52:35 ID:tfmeGIMz
馬河馬鹿C

93 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 15:33:03 ID:x0mbTXNj
三恒河沙の諸仏の 出世のみもとにありしとき
     大菩提心おこせども 自力かなはで流転せり


94 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 15:33:47 ID:x0mbTXNj
像末五濁の世となりて 釈迦の遺教かくれしむ
     弥陀の悲願ひろまりて 念仏往生さかりなり


95 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 15:34:20 ID:x0mbTXNj
超世無上に摂取し 選択五劫思惟して
     光明・寿命の誓願を 大悲の本としたまへり


96 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 16:21:20 ID:+EDNm3B6
>>93-95

オヤバカ森のつくりたる s会員でありしとき
偽装勧誘励めども 病気貧乏で脱会多し

悲願の製本堂も建立し オヤバカ森がかくれしむ
M春の威勢ひろまりて 金儲け女体盛りさかりなり

財施、無情にとりたてて  坪・畳・福をささげども
製本堂の維持費額  まだまだ足りぬと仰せらる


97 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 16:47:24 ID:7Zu2kJck
>>88
講師は金儲けの為に、職業として所属しているので、実名でもおkよ!

98 :秋鯔〜☆彡:2006/09/19(火) 17:15:54 ID:lq4bR1b2
移動中なり〜♪スレ立て乙。今度は埋め立てなく見やすいスレキボン。
>>78
質問意図が不明。詳しく。あと、サンづけくらいしなさい。
赤の他人なんやから、マナー大切にせんと。って、前にもゆうたかと。
で、前スレにおもろいコピペあったんで、それを題材に。
夫婦の会話で、夫「死んだあとのことなど、いくら考えても
わかるわけないやん。ほっとけ。」
妻(s会員)「それはホンマの解決やない。絶対の幸福に
なって、後生明るくならな解決とはゆえへんねん」んな感じやったかと。
思うに、後生明るくなりたいっつ〜のは、ブランド好きのオネーチャンが
バッグほすぅうぃ〜ゆうとんのと、自分の欲望とゆう観点からすりゃ同じ。
欲望が渇愛ともなれば、片や、経済力ないオネーチャンは、バッグ欲しさに
サラ金に手だして、その手の業者の格好の餌となることもあろ。
片や、後生明るくなりたいっつ〜欲望が膨らめば、その手の
宗教団体の格好の餌となることもあろ。自分を動かしとるもんが
一体何なんか、客観視でけへん故、他人の、集団の、さらに
でっかい欲望に、心身ともに喰われてまうんちゃう?
誰かて欲望の暴走機関車と化す可能性を持っとる。漏れかって♪
そぉなんやぁぁ〜♪(ミスチルなんすけどね)
業縁もよおさば〜、自性は何すっかわからんお互いの身の上、
己の心は、つくづくよりどころにはならん罠〜。
ホナねん(^-^)/~


99 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 17:18:48 ID:X3Qs1xP9
>>97
そうなると、Uは金儲けの為に、職業として所属していたので、実名でもおkね?!


100 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 17:52:35 ID:+EDNm3B6
親鸞会の専任講師はみんな金儲けが目当てだったんですか?

101 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 18:33:01 ID:h/HdAEl2
>>100
失礼な事を言わないで下さい。
金儲けが目当てではなく、後生の一大事の解決が目当てです。
当然、生活もありますから給料ももらわねば、あいませんからあくまでも
阿弥陀さまから頂く、という形でもらっているんです。
だから金儲けではないんです。

102 :秋鯔〜☆彡:2006/09/19(火) 18:40:08 ID:lq4bR1b2
>>98つづき
前スレで、どこまで書いたっけか?『絶対の幸福』って本と
『かくて私は〜』って本の比較やったっけ?ともかく、
『絶対の幸福』の著者である谷口さんは、@13歳のとき
信心獲得体験したとゆうとる。
Aそれをするのに、三願転入したとか、宿善積むために財施したとか、
ダミサ活動励むなどの行為は一切していない。
BT森さんの話を聞く以前に、その体験を得た。
次、『かくて〜』の著者浅倉さん。
@信心獲得体験したとはゆうてない(この本の中では)。
AT森さんの体失不体失往生の話を聞いて「人生の目的」が
信心獲得だとゆ〜ことはわかった。
BT森さんに従うことを決心した。
Cこの時点では、財施やダミサ活動の話は一切出てこない
(財施・ダミサ活動が当時行われていなかったのか?ただし、
本文中ではなく、会員募集広告欄に「財施会員」とゆ〜言葉はある)。
もし、現在、会員さんが信心獲得体験を求めているのであって、
その過程として、財施やダミサ活動を行っているのであれば、
その行為は、本来的には、信心獲得体験をするためには何の役にも
立たない、ただの回り道でしかないと言えるのでは?
谷口さんは直接に信心獲得体験を語っているのに対し、
浅倉さんは、その体験に至るのが「人生の目的」であるとゆ〜
前段階を語ってるにすぎない。これが、さらに時代を経ていくと
どないになっていくんやろね。〜つづきはまた今度〜

103 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 18:44:49 ID:eTkpp3iT
金儲けじゃない

104 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 18:57:34 ID:5UwtxUze
>101
講師は名誉欲と指導者意識のかたまりだからね、金儲けだけのためだけじゃないか

後生の一大事解決した講師いたっけ?

105 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:12:21 ID:5UwtxUze
>101
君は講師部の人なの?もしそうなら聞きたいことがあるので
もし違うのならなんでそんなことわかるの?そうやって支部長から聞いたってことだよね

106 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:14:04 ID:yRtBgrXW
>>104
私の知ってる講師のかたでは、四人いらっしゃいます。

107 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:39:32 ID:5UwtxUze
>106
105にもこたえてね。

ちなみに4人って誰?もしY外さんも入ってるなら信憑性ないな
まさか、W部さんが入ってるとするとちょっとどうかとおもうよ

108 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:43:06 ID:Ov5bJk1V
「鎌倉(時代)というのは、一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった」(司馬遼太郎)


109 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:44:16 ID:Ov5bJk1V
面影の変わらで年のつもれかし たとえ命に限りあるとも

110 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:45:44 ID:Ov5bJk1V
人命は地球よりも重い

111 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:52:30 ID:5UwtxUze
また逃げるのか、都合が悪くなると必ず3行書き込みやアラシの連バリ
すごい職業だよね>>ネット対策員   世界中探してもこんな仕事ないな
まあ、給料もらえるんだからいいか

112 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 20:21:19 ID:Gj+IF92S
>>111
是非草下シンヤさんの「裏のハローワーク」に
載せて頂きたい

113 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 20:49:46 ID:lhg/T0i3
>>106

>>104
>私の知ってる講師のかたでは、四人いらっしゃいます。

うそつけ!!本当にいるなら、誰なのか言ってみろ!!
獲信した講師なんてみたことないぞ!!

所詮、トップが親バカ会長と不倫男M晴だから、その集まりもたかがしれてるよね。
>>21-23
>>24-26
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」

>>39-40
「M晴不倫映像のビデオテープ」についての
本会顧問弁護士と会員との会話

当時の様子が以下のスレに克明に描かれています。
「親鸞会に向かって1000の花束」
http://life.2ch.net/psy/kako/1025/10252/1025274119.html


114 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:20:45 ID:OunejUMj
>>113
>獲信した講師なんてみたことないぞ

獲信したかどうか見て分かるわけない
心の世界だもの

115 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:23:33 ID:5UwtxUze
>114
君は講師部の人なの?もしそうなら聞きたいことがあるので
もし違うのならなんでそんなことわかるの?そうやって支部長から聞いたってことだよね
ちなみに4人って誰?もしY外さんも入ってるなら信憑性ないな
まさか、W部さんが入ってるとするとちょっとどうかとおもうよ





116 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:47:43 ID:OunejUMj
>>115
おまえのID「うぜぇ」

117 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:53:40 ID:5UwtxUze
>116
君は講師部の人なの?もしそうなら聞きたいことがあるので
もし違うのならなんでそんなことわかるの?そうやって支部長から聞いたってことだよね
ちなみに4人って誰?もしY外さんも入ってるなら信憑性ないな
まさか、W部さんが入ってるとするとちょっとどうかとおもうよ

118 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:55:50 ID:OunejUMj
ほんとにうぜぇ

119 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:57:47 ID:5UwtxUze
>118
にせ仏法者、エセ真宗、カルト教団の下っ端

120 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 22:19:17 ID:goLUpHz4
>116 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 21:47:43 ID:OunejUMj
>>>115
>おまえのID「うぜぇ」

ワロタ


121 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 22:24:14 ID:ZXzU/Fnf
ツマンネ

122 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 22:28:21 ID:5UwtxUze
>120
まあ、そのくらいにしとけや
おまえみたいなチンカス野郎にマジギレしたんで
またs会への指摘はじめるとするかな


123 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 22:43:57 ID:Gj+IF92S
>>102 秋鯔〜☆彡さん
毎回長文レスお疲れ様です。
私も、親鸞会での信心決定への過程、という概念がどのように変わって行ったか
興味が出てきました。何時頃からかはわかりませんが、人とお金が爆発的に増えて行くという
旨味を味わったのは会にとってこの上ない収穫で、どんな手段を使っても魅力的に映ったでしょうね

ところで、昔s会の会館がでっかくなって、周りは近未来都市として栄え、駅から直結のリニアが走り
海外会場で、法話が大画面で中継されるかもという話を機関誌で見たことがあるけど、
その予想図は現実のものになるか極めて疑わしいと思いまする

124 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 23:23:10 ID:D1vrFP7R
>>123
「会館がでっかくなって」←これは当たってる
「周りは近未来都市として栄え」←小杉周辺はものすごく新しい店が増えた
「駅から直結のリニアが走り」←リニアをバスに読み替えれば当たってる
「法話が大画面」←これも当たってる

125 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 23:25:06 ID:i/nh/19r
捏造か事実か脚色か?(7件)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

126 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 23:30:51 ID:5UwtxUze
「会館がでっかくなって」←参詣者はがらがら
「周りは近未来都市として栄え」←小杉周辺はどうみても、ど田舎
                ちょっとHCできてよろこんでる悲しさ
「駅から直結のリニアが走り」←バスさえ通らない
「海外会場で、法話が大画面」←海外からの参詣者ぜんぜんふえない。
               いつも同じ人が新聞にでてる


127 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 23:31:34 ID:X3Qs1xP9
>50 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:08:27 ID:hi0GFTTD
>>現役会員からのメール? これは偽装メールだろ? いや、捏造メール?
>>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html
>
>「京都のあるIT関連会社」とは、どこ?



128 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 23:31:38 ID:5UwtxUze
>125
全部事実だ

129 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 00:55:31 ID:lYva0lRY
>>125
全部捏造だ

130 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 00:56:29 ID:lYva0lRY
>>128
おまえのID「うぜぇ」

131 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 00:58:14 ID:vtyLwsg6
誰か一つでいいから答えて。
@絶対の幸福とやらになった人はいるの?
A善知識は世襲制なの?
B摂理と同様のダミーサークル勧誘は問題ないの?
C貧乏人(極端にいえばホームレス)が会の活動は出来るの?
 出来ないとしたらその人には信心決定する資格はないの?

132 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 02:59:28 ID:7nYUkxEP
死刑だとか早く殺せだとか裁判に時間がかかりすぎだという意見はあるが、この事件の真相を解明したいという声はないのか?
麻原を見てどう思う?
あの基地外にこの数々の事件の指示ができたと思うか?
単なる看板で大きな闇が後ろにあると思えないか?
警察も検察も坂本弁護士が自宅で殺されたと処理してしまっている。
そうか?
あの安アパートに押し入って3人殺した。百歩譲って就寝中にそっと殺したというなら解らないでもないが
抵抗したり、暴れたり、叫んだりしたというではないか
なんで住民がその物音を聞いてないんだ?当然尋常ならざる物音だ。子供がちょっと暴れた程度の音ではない。
拉致されてどこかで殺されたのか?
しかし、拉致される時にも暴れるだろう。どうやっておとなしく拉致したのか?
あの部屋にプルシャが落ちていた。警察庁長官狙撃の現場にも落ちていた。
アパートに押し入る時に相手が抵抗することを予測しているはずだ。
その時に落ちたとするならなぜそんなに落ちやすいものを身に付けていくんだ?
オレなら免許証や財布のようなものはおいていく
また百歩譲ってうっかり身に付けていったものが落ちたならなんで警察庁長官の現場にまた落ちてるんだ?
狙撃だからそんなに暴れたわけでないし、うっかり落としたという経験があるなら当然そういうことに気を使うだろう
あれはわざと置いておいたのではないか?
誰かへのメッセージのために

他にも数々の疑問が解明されていない。
覚醒剤はどうなった?あの時、宗教絡みの覚醒剤が出回っていたというではないか?
まさにオウム絡みですね。しかしマスコミはおろか、警察さえも手を出さない。
サティアン捜索時に金塊や複数の人骨が発見されたというではないか?
金塊はどこへいった?オウムの活動資金を解明することに重要な証拠である。
そもそも、オウムの活動資金はどこから来てるんだ?

133 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 03:03:54 ID:7nYUkxEP
在家信者からのお布施でできるようなものではない。在家信者も若者が多く資産があるとは到底思えない。
覚醒剤か?
では、オウム閉鎖後覚醒剤市場はどうなった?
相変わらず北ルートが主流でしょ。
また、あそこで作っていたなら当然作っていた人がいる。一人や二人で作り製品化できるものではないだろう。
販売ルートも必要である。それは大きなものであろう
なぜ、そういった証言が出てこない?そして追及しない?

人骨の件もそうだ。なぜ不明な人骨があるんだ?
普通に考えるなら数々の殺人があったということではないか?
またその骨はだれのものだ?それすらも明らかにされていない。
麻原の裁判の長期化に繋がるとかで多くの犯罪を整理するという話ではあったが被害者くらいは明確にしなければいけないはずだ
日本は戸籍制度のある国である。
いつ生きて、どこに住み、いつ死んだかを明確にしなければいけない国である。
そんなことすらも冒涜していることになる。

長くなったので今日はこれくらいにする。

まだまだおかしいところがけっこうある。


134 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 03:26:45 ID:fqZqDMV1
夕月京四郎めっちゃ好きだったのに・・・

135 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:29:44 ID:X7u4LHgf
講師として、あらゆる問題をおこしたM晴(数々の女性問題、
法話の金銭横領、法話で親鸞聖人の教えの話をせず自慢ばかり、
自分の好き嫌いで決めた人事、無謀な財施目標を無理やり達成
させたことによる弊害、アニメの膨大な抱え込みの発生、
某旅行業者との癒着、某自動車会社との癒着、自分への礼状・財施
のなかったものへの陰湿な指摘。。。。。)
これほどわかりやすい、俗物が、血縁者というだけで許され、
それを勇気をだして指摘した人たちが一方的に粛清された

136 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:31:02 ID:X7u4LHgf
M晴不倫撮影現場にいた講師は、稲B講師とK口講師です。
二人とも、例の合宿でやられました。
会員有志による撮影に協力した面々は、稲B講師によって
かたく口止めされました。
ある元会員がいまだにその映像、写真を所持している
ようです。希望者いますか?

50代のW部さん、30代のO田、土Dさん、ネット対策
ごくろうさまでやんす。
この話題がでるたびに散々あらしてくださり、問題の
大きさを浮き彫りにしてくださってますね

137 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:31:58 ID:X7u4LHgf
はやく稲B講師をM晴不倫撮影問題で木曾してくださいな、S会さん
旅行会社のDBにアクセスしてM晴とHの乗った飛行機とホテル情報を入手したので
不正アクセス禁止法イハンも問題ですよ。会員への半在指示ということになりますなあ

138 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:35:16 ID:CbVDL4cl
例えばこれ....

●親鸞会の本尊論に対する疑問
http://ime.st/ime.st/ameblo.jp/honzonron/


山科本願寺の木像に関してはこの後すぐに論議が続いて
黙っちゃったのはアンチである「ボラ夫」ですが
なんでシンパが黙ったことになってるんでしょう?

復習するのもいいかもしれませんねえ。



139 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:35:55 ID:CbVDL4cl
春まで待てない親鸞会



505 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:30:52 ID:a30IOMwF
前半省略

親鸞会でしか浄土真宗の教義を聞いたことのない大学生の多くは、疑いもなく「親鸞聖人の教え=親鸞会の教義」
だと思っていますが、それなら、親鸞会の教義以外の浄土真宗の教えを説く人と、しっかり対話なり、法論なりして、
親鸞会の教義のみが唯一正しい真実であり、正統な浄土真宗の教え、仏教の教えなのだ、と示してほしいと思います。

「一切衆生必堕無間」の根拠、「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
山科本願寺に木像本尊を安置された理由、「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
という親鸞聖人のお言葉」さえ、分かるように示せないのなら、
「親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのか」と疑われても仕方のないように思いますよ。
よかったら、分かるように教えて頂けないでしょうか?



140 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 08:36:43 ID:CbVDL4cl
528 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:57:16 ID:r/oHrt1U
>「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
山科本願寺に木像本尊を安置された理由、

「本尊木像」という記述があるのは「山科御坊事並其時代事」。
これは実悟の書いたもの。
山科御坊ができたときは実悟は生まれてない。
山科御坊ができて十年ほどして実悟が生まれ八歳のときに
蓮師は亡くなられて直接教えを受けてはいない。
「山科御坊事並其時代事」には
「山科に文明九年より享禄四年までわずかに五十五年の間本願寺の
御坊があった。蓮如上人が建てられたものである。
今は草むらとなっている。云々」と始めに書かれている。
山科本願寺が法華衆に焼かれたのは蓮如上人が亡くなられてから30年後。
そのころ山科本願寺の本尊が木像であった根拠にはなっても
「蓮如上人が山科に木像本尊をおかれた」という根拠にはならない。
こんないい加減な根拠しか出せない木像本尊論って何なの?



141 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 09:27:11 ID:uoma7lpb
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。唐突に本尊論を蒸し返して話題そらしに励む
某講師が書き込んでおられるようだから、信憑性は高そうだ。

142 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 10:40:28 ID:bS9eHND2
浄土の大菩提心は 願作仏心をすすめしむ
     すなはち願作仏心を 度衆生心となづけたり


143 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 10:41:40 ID:bS9eHND2
度衆生心といふことは 弥陀智願の回向なり
     回向の信楽うるひとは 大般涅槃をさとるなり


144 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 10:43:36 ID:bS9eHND2
如来の回向に帰入して 願作仏心をうるひとは
     自力の回向をすてはてて 利益有情はきはもなし


145 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 11:04:39 ID:D6Oeh4wP
これが、うぜぇ、と言われる由縁です。

122 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2006/09/19(火) 22:28:21 ID:5UwtxUze
>120
まあ、そのくらいにしとけや
おまえみたいなチンカス野郎にマジギレしたんで
またs会への指摘はじめるとするかな


146 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 11:04:55 ID:8jZJFb4U
■ぼらちゃんへの公開質問状!!!■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

現段階では、先の批判がぼらちゃんに妥当している。
「どうせなにも言い返せないでしょうが・・・」 ←実際言い返せない模様。

>>98
>質問の意図不明
それは貴方の発言に疑問を感じるからです。

>できもしない体験を求めさせられ、

↑前スレ貴方の発言。なぜそういえるのか、ぼらちゃん。これはその体験が無い
という意味なのか、それとも、その体験は有るかもしれないが、分からないとい
う意味なのか。はっきりさせてね、ぼらちゃん。

さあ、どっち?


147 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 11:12:11 ID:D6Oeh4wP
あの、キリスト教の集まりで講演した、とかいう情報は?



講師として招かれたってやつ。





148 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 11:32:01 ID:uoma7lpb
s会の大菩提心は 身分の詐称をすすめしむ
すなはち偽装サークル勧誘を 必要な方便となづけたり

ダミサ勧誘といふことは 善知識T森の教えなり
勧誘の目標達成したひとは 会での出世をめざすなり

ダミサの勧誘で入会して 新勧合宿参加するひとは
かつての友をみな無くし 貧乏、過労はきはもなし

149 :秋鯔〜☆彡:2006/09/20(水) 12:47:23 ID:tOoY4t79
>>146
できもしない体験ってのが、ひっかかってたんね。
最初からそう書けばええのに。ま、前スレにも書いたけど、
他者の宗教体験と自身の宗教体験が同一のものであると
証明不可能であって、自身の思い込みかもしれんとゆ〜
疑惑が必ずついてまわる。信心をまことの心とゆ〜のは、
信心がまったく仏心やから。故に決定心とゆえる。疑蓋無雑とゆえる。
ま、できもしない体験とゆ〜のは、@その体験自体ホンマかウソか
証明不可能の故に、唯一真実の宗教体験とゆ〜こと自体がありえないってのと、
A個人的体験は、それを体験した人しか正確には知りえない。
誤謬が生じる可能性はきわめて高い。故に、それを指して、まことのこころと
言うわけにはいかない。いずれにせよ、信心決定を人間の体験に
おとしめるから、矛盾が生ずるんよ。ってか、弥陀をたのむやで。
着いた♪ホナ(^-^)/~

150 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 12:49:41 ID:nYqnyUEN
>>146
まだ親鸞会は体験という言葉に囚われてるのか。
体験という丸太にしがみついてても、裏切られるのがオチなんだがな

その哀れな姿を見て助けんと思われた阿弥陀仏の心でも窺ってみれば
いかがかな?

151 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 13:12:29 ID:XKXbHyzC






あたしもやっぱり親鸞会      笑

152 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 13:13:28 ID:XKXbHyzC











あたしはつっぱり親鸞会     笑

153 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 13:14:18 ID:XKXbHyzC












あたしのすりっぱ親鸞会      笑

154 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 13:52:36 ID:ebeYvuCD
>>139
>親鸞会でしか浄土真宗の教義を聞いたことのない大学生の多くは、疑いもなく「親鸞聖人の教え=親鸞会の教義」
>だと思っていますが、それなら、親鸞会の教義以外の浄土真宗の教えを説く人と、しっかり対話なり、法論なりして、
>親鸞会の教義のみが唯一正しい真実であり、正統な浄土真宗の教え、仏教の教えなのだ、と示してほしいと思います。
>
>「一切衆生必堕無間」の根拠、「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
>山科本願寺に木像本尊を安置された理由、「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
>という親鸞聖人のお言葉」さえ、分かるように示せないのなら、
>「親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのか」と疑われても仕方のないように思いますよ。
>よかったら、分かるように教えて頂けないでしょうか?

親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのかどうか。
結局のところ、会長自らが答えなければ埒があかないと思う。
会長以外の者が何を言っても、あとで会長が否定すれば
それは親鸞会の公式見解とはならないから。

教学講義に出たことのある人なら分かると思うけど、
会長が何か教学上の問題を出して、何人かの講師が自分なりの解答を言う、ということがよくある。
十数通りの解答が出ても、そのいずれにも会長は首を縦に振らない。
小一時間そういうやりとりが続いたあと、会長が模範解答を言うのだが
するとその場にいる誰もが、納得できたかどうかは別にして
みんなうなだれて、自分の理解の浅さを反省する・・・。
結局、親鸞会の教義を正確に理解しているのは会長以外にいないということだろう。


155 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 14:28:01 ID:NhBeHE8J
次の本スレはここか。

156 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 14:35:52 ID:NhBeHE8J
「なぜ答えぬ」ってのも、必ずしも間違っているから答えられないというわけじゃないんだよな。

「頭の体操」と言うパズル本に、こんな問題が載っていた。


お姫様一人とその女従者6人、合わせて7人が出演する劇があります。

お姫様と女従者たちは外見では区別がつきません。

そしてお姫様は必ず本当のことを言い、女従者たちは必ず嘘をつきます。


劇の最初に、出演者の女性が一人出てきて何か発言しました。

観客はこの言葉を聞いて、女性が絶対にお姫様ではないことが分かりましたが、同時にそれを証明することができませんでした。

さて、女性はなんと言ったのでしょう。


既出だったらすまん。

157 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 14:55:24 ID:nYqnyUEN
>>154
確かに、ここで新しく題をきめて法論するには、会を代表するものが相手でないと
埒があかないね。会は身代わりを立てて後出しじゃんけんすればいくらでも
逃げられるのに、こっちが誰であろうと一度でも沈黙すればアンチは負けたと
一方的に喧伝される。そのあとはまったく議論にならない。
かといって、会内で同じ質問をしても、よく分からない間に講師にうやむやにされてしまう
聞き方が足りないだの、真剣に聞いてないだの、後生がかかってないだの。
さらにつっこんで聞こうものなら、後々目をつけられて周りとひき離される。

一番良い方法は、親鸞会の書籍を批判していくことでないかな。
得に高森氏の著書を重点的に。書物は消えないし、会代表の言質になるから
いろんな議論ができる組織ならまだしも、排他的な親鸞会では、逃げられないと思う。


158 :聞法の勝利者:2006/09/20(水) 16:01:49 ID:tu3anNAN
親鸞会ボロボロやん!

159 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:05:56 ID:Qbs0KTtV
>どうなんでしょうね。唐突に本尊論を蒸し返して話題そらしに励む ..

別にそういうことではなくって
いつまでつづくか.....に、こんなのありましたので
書いてるだけなんですよ。
いつかまとめてアップすると言ってましたし
そろそろいいかなと思いまして。
ボラも逃げずに出て来てるみたいだし。




160 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:07:05 ID:NcMm6TJM
20 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 13:42:47 ID:cHAZAUU3
●ジャンヌ
http://ime.st/ime.st/homepage1.nifty.com/you/
 掲示板(過去ログも忘れずp0001〜p0005)
 http://ime.st/ime.st/hpcgi1.nifty.com/you/bbs/wforum.cgi
 雑談用掲示板
 http://ime.st/ime.st/hpcgi1.nifty.com/you/bbs2/petit.cgi

●親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://ime.st/ime.st/shinrankai.jugem.jp/

●親鸞会の本尊論に対する疑問
http://ime.st/ime.st/ameblo.jp/honzonron/

●親鸞会の本尊論を再考する
(諸事情あり、本文削除されました。詳しくはこちら→http://ime.st/ime.st/
light.kakiko.com/skaimatome/backup.htm)
http://ime.st/ime.st/blog.duogate.jp/shinrankai/




●親鸞会同窓会喫茶クローバー(閉鎖してしまいましたが・・・)
 親鸞会同窓会喫茶クローバー 議論用掲示板
 http://ime.st/ime.st/yo777.parfe.jp/bbs/wforum.cgi
 親鸞会 同窓会喫茶 クローバー掲示板(仮)
 http://ime.st/ime.st/8004.teacup.com/yo777/bbs

161 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:12:12 ID:NcMm6TJM
>こっちが誰であろうと一度でも沈黙すればアンチは負けたと
一方的に喧伝される。

これはアンチがやったことじゃないの?


●親鸞会の本尊論に対する疑問
http://ime.st/ime.st/ameblo.jp/honzonron/


392 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 11:44:46 ID:nHrwEzZP
結局シンパは沈黙しちゃいましたね。
ボラ夫さん、お疲れ様でした。

405 :元々ぼら夫:2006/03/09(木) 17:05:54 ID:kOoCfwxI
乙〜♪
>>392
ん〜、別に論破するつもりも、したつもりもないんやけど。ま、フツーにもの読んだら
こ〜ゆ〜風に読まんとつじつまがあわんやろってことだけ。


162 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:34:17 ID:NcMm6TJM
>ま、フツーにもの読んだら
こ〜ゆ〜風に読まんとつじつまがあわんやろってことだけ。

こういう発言するから「あんたのところの元総長はフツーに読めなかったということで
よろしいか」と聞かれてボラは逃亡してたと思ったら
また現れて「入院してた」とのたまう。
返答するならするで別にいいんだけど無視してるわけだろ。

新しい資料でもあるなら喜んで研鑽させていただきますが
何にもないのではねえ。
「専修寺文書」の紹介はどうなった?
「白ひつ」の話はどうなった?
「一家衆」の根拠はどうなった?
大体出そうな話は読めてるけど
読んでるみなさんのために、いつでもどうぞ。


全部ボラが言い出してほったらかしにしたもんばっかり。
もう覚えてないんだろうが。
忘れるよりないやなあ.....


163 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:34:20 ID:nYqnyUEN
>>161
だからアンチって慣習的に使ってるけどそんな団体ないよ。
NcMm6TJMさんは被害妄想気質なのかな?現実と虚構を区別できなくなってキテるね


164 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:38:06 ID:NcMm6TJM
>アンチって慣習的に使ってるけどそんな団体ないよ。

団体なんて誰も言ってないよ。
シンパっていう団体もないし。

165 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:48:14 ID:uoma7lpb
>>164

>ID:NcMm6TJM

団体とは使ってないかもしれないけど、
「アンチ」とひとくくりにしているだろ?

「親鸞会に批判的なもの=アンチ」といってひとくくりにする
発想自体が一種の被害妄想の所産だ。


166 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:52:01 ID:nYqnyUEN
>>164
>団体なんて誰も言ってないよ。
団体でないんなら、個人を責めればいいでしょ
架空の団体アンチを責めるのは筋違い。

>シンパっていう団体もないし。
シンパって団体はないけど、親鸞会って団体はある。
シンパと呼ぶのは、アンチに対する言葉として使っているだけで、
シンパすなわち親鸞会代表者、その息のかかった者ということ。

たまに、会員でないとわざわざ宣言して会を弁護する奇妙な人物が出てくるが、
元会員から言わせれば、嘘勧誘をして良心の呵責がない親鸞会員がまた懲りもせず
身分詐称かとしか思えない。会員でないと言っている以上、議論しても名目上親鸞会を
批判できないが、実質いいつるし上げになるので、そう言う場合は皮肉をこめて
シンパと言っている。シンパという団体はないが、それを裏で操る親鸞会を揶揄したもの。


167 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 16:56:38 ID:J2kGseTO
   <<詩のコーナー>>   (今日から始まりました)

(題)おまんこ


おまんこがなめたい

なぜだろう?

なぜかなあ?

とにかくなめたい

おまんこがなめたい


168 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:00:43 ID:J2kGseTO
  おとななお  (題)
  まにぜぜま   お
  んかかだん   ま
  こくなろこ   ん
  がなあうが   こ
  なめ??な
  めた  め
  たい  た
  い   い

169 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:01:05 ID:XGUP14CJ
(題)おまんこ
おまんこみたい
なぜだろう?

なぜかなあ?
とにかくみたい
わかきほどいい
信心があればなおいい
おまんこがみたい

170 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:07:48 ID:J2kGseTO
Vagina


I want to lick a vagina.

I do not understand.

I do not know why it is.


I want to lick a vagina.


thank you



171 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:09:38 ID:J2kGseTO
보지


보지가 없는 싶다

왜지?

왠지?

어쨌든 없는 싶다

보지가 없는 싶다

172 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:11:31 ID:J2kGseTO
女性的生殖器


想舔女性的生殖器

为什么?

为什么是假名?

想办法想舔

想舔女性的生殖器

173 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 17:24:37 ID:xeQsJgi5
Vagin


que je veux lécher un vagin.

Je ne comprends pas.

Je ne sais pas pourquoi c'est.

Je veux lécher un vagin.

thank?you

174 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:01:23 ID:uoma7lpb
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが増えるから、
よほど会員にリンク先をみせたくないのだろう。相当信憑性は高そうだ。

175 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:12:08 ID:rn22hUlx
>>174
>この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが増えるから、

確かに言えてると思う。
このところ対策員らしき荒らしがかなり多いからな。
コピペばっかり、すっげーうっとおしい。

176 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:13:20 ID:rn22hUlx
「10年以上もの間、親鸞会で聴聞を続け、幹部として活動に専念してきた」
という方が、親鸞会会員をやめる決意をし、その理由を述べたという内容です。

浄土真宗親鸞会は、入会されるも退会されるも、まったく自由ですから、
ご縁がなくなれば離れてしまうのも、残念ですが止むを得ないことでしょう。

それにしても、「長い間聴聞されたのに、なぜだろう」という素朴な思い
から、読ませていただきました。

ところが、読み進むうちに、どうも、ひっかかるものを感じてきたのです。
違和感とでもいいましょうか、なにか変だなあ、ちょっと違うんじゃないか、
という感覚です。

そして、「この人は本当に親鸞会幹部として長い間、聴聞された人なのだろ
うか」という疑問までが生じてきたのです。



177 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:14:06 ID:rn22hUlx
案の定とでもいいましょうか。実は、このサイトの制作者は本願寺の関係者だったのです。

本願寺にごく近い人物が、このサイトに深く関わっていることが、ある情報
で明らかになりました。分かってしまえば、なあんだ、いつものことか、と
いう程度です。事実、これまでもいかにも中立的な第三者を装って、親鸞会
を非難中傷してきた非常識な僧侶も、西本願寺さんにはいましたからね。今
でもいます。自分の本分を放棄して、他の誹謗をくり返す。本当に困ったも
のです。

「文は人なり」と言われますが、このサイトの制作者も、読んでお分かりの
通り、仏教の理解がそもそも浅薄であり、その人生観もきわめて幼稚です。

むろん、信仰の喜び、感謝など微塵もありません。

 何よりも、仏縁がない悲しさ。燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや、と言うべ
きでしょう。



178 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:16:26 ID:rn22hUlx
かくのごとき、我聞きたまえき。一時、仏、舎衛国の祇樹給孤独園にましま
して、大比丘衆千二百五十人と倶なりき。みなこれ大阿羅漢なり。衆に知識
せられたり。長老舎利弗・摩訶目 連・摩訶迦葉・摩訶迦旃延・摩訶倶
羅・離婆多・周利槃陀伽・難陀・阿難陀・羅 羅・ 梵波提・賓頭盧頗羅
堕・迦留陀夷・摩訶劫賓那・薄拘羅・阿 楼駄、かくのごときらのもろも
ろの大弟子、ならびにもろもろの菩薩摩訶薩、文珠師利法王子・阿逸多菩
薩・乾陀訶提菩薩・常精進菩薩、かくのごときらのもろもろの大菩薩、お
よび釈提桓因等の無量の諸天・大衆と倶なりき。
その時に、仏、長老舎利弗に告げたまわく、「これより西方に、十万億の
仏土を過ぎて、世界あり、名づけて極楽と曰う。その土に仏まします、阿弥
陀と号す。いま現にましまして法を説きたまう。舎利弗、かの土を何のゆえ
ぞ名づけて極楽とする。その国の衆生、もろもろの苦あることなし、但もろ
もろの楽を受く、かるがゆえに極楽と名づく。
また舎利弗、極楽国土には七重の欄楯・七重の羅網・七重の行樹あり。

179 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:17:24 ID:rn22hUlx
みなこれ四宝をもって、周 し囲繞せり。このゆえにかの国を、名づけて極楽と
曰う。 また舎利弗、極楽国土には、七宝の池あり。八功徳水その中に充満せり。
池の底にもっぱら金沙をもって地に布けり。四辺に階道あり、金・銀・瑠璃・玻
、合成せり。上に楼閣あり、また金・銀・瑠璃・玻 ・ ・赤珠・碼碯をもっ
てして、これを厳飾せり。池の中の蓮華、大きさ車輪のごとし。青き色には青き
光、黄なる色には黄なる光、赤き色には赤き光、白き色には白き光あり。微妙香
潔なり。舎利弗、極楽国土には、かくのごときの功徳*127荘厳を成就せり。
また舎利弗、かの仏国土には、常に天の楽を作す。黄金を地とす。昼夜六時に
、天の曼陀羅華を雨る。その国の衆生、常に清旦をもって、おのおの衣 をもっ
て、もろもろの妙華を盛れて、他方の十万億の仏を供養したてまつる。すなわち
食時をもって、本国に還り到りて、飯食し経行す。舎利弗、極楽国土には、かく
のごときの功徳荘厳を成就せり。
また次に、舎利弗、かの国には常に種種の奇妙雑色の鳥あり。白鵲・孔雀・鸚
鵡・舎利・迦陵頻伽・共命の鳥なり。このもろもろの衆鳥、昼夜六時に和雅の声
を出だす。その音、五根・五力・七菩提分・八聖道分、かくのごときらの法を演
暢す。その土の衆生、この声を聞き已りて、みなことごとく仏を念じ、法を念じ
、僧を念ず。舎利弗、汝、この鳥は実にこれ罪報の所生なりと謂うことなかれ。
所以は何ん。かの仏国土には三悪趣なければなり。舎利弗、その仏国土には、な
お三悪趣の名なし。何にいわんや実にこのもろもろの衆鳥あらんや。みなこれ阿
弥陀仏、法音をして*128宣流せしめんと欲して、変化して作したまうところなり
。舎利弗、かの仏国土には、微風、もろもろの宝の行樹および宝の羅網を吹き動
かすに、微妙の音を出だす。たとえば百千種の楽の同時に倶に作すがごとし。こ
の音を聞く者、みな自然に念仏・念法・念僧の心を生ず。舎利弗、その仏国土に
は、かくのごときの功徳荘厳を成就せり。
舎利弗、汝が意において云何。かの仏を何のゆえぞ阿弥陀と号する。

180 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:19:18 ID:rn22hUlx
舎利弗、かの仏の光明、無量にして、十方の国を照らすに、障碍するところ
なし。このゆえに号して阿弥陀とす。また舎利弗、かの仏の寿命およびその
人民も、無量無辺阿僧祇劫なり、かるがゆえに阿弥陀と名づく。舎利弗、阿
弥陀仏、成仏より已来、いまに十劫なり。また舎利弗、かの仏に無量無辺の
声聞の弟子あり、みな阿羅漢なり。これ算数の能く知るところにあらず。も
ろもろの菩薩衆もまたまたかくのごとし。舎利弗、かの仏国土には、かくの
ごときの功徳荘厳を成就せり。
*129また舎利弗、極楽国土の衆生と生まるる者は、みなこれ阿 跋致なり。
その中に、多く一生補処あり、その数はなはだ多し。これ算数の能くこれを知
るところにあらず。但、無量無辺阿僧祇劫をもって説くべし。舎利弗、衆生聞
かん者、応当に願を発しかの国に生まれんと願ずべし。所以は何。かくのごと
きの諸上善人と倶に一処に会することを得ればなり。舎利弗、少善根福徳の因
縁をもって、かの国に生まるることを得べからず。
舎利弗、もし善男子・善女人ありて、阿弥陀仏を説くを聞きて、名号を執持
すること、もしは一日、もしは二日、もしは三日、もしは四日、もしは五日、
もしは六日、もしは七日、一心にして乱れざれば、その人、命終の時に臨みて
、阿弥陀仏、もろもろの聖衆と、現じてその前にましまさん。この人、終わら
ん時、心顛倒せずして、すなわち阿弥陀仏の極楽国土に往生することを得ん。
舎利弗、我この利を見るがゆえに、この言を説く。もし衆*130生ありてこの説
を聞かん者は、応当に願を発しかの国土に生ずべし。


181 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 18:47:08 ID:rn22hUlx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://www.geocities.jp/ongwanji/

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905b.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060906.htm

現役会員からのメール?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm

親鸞会必殺育成法?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin14.htm

親鸞会録音資料?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin15.htm

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
http://www.geocities.jp/ongwanji/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://tdl.to/deai/
http://religion.saloon.jp/
http://homepage3.nifty.com/shinran/
http://shinshu.fubuki.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが減るから、
よほど会員にリンク先をみせたいのだろう。相当信憑性は高そうだ。

182 :秋鯔〜☆彡:2006/09/20(水) 19:19:16 ID:tOoY4t79
>>162
いや、全く忘れてへんよ。スレには流れがあるから、
ご要望なんで、なるべく流れ損なわんよう、あさってくらいから、
小出しに書きましょか。あ、あと、専修寺の手紙については、
だいぶ前のスレに載せた。多分埋まっとると思うよん。
ま、内容は覚如〜善如上人の代、H願寺が木像本尊を安置しようと
画策してたんを専修寺に止められた。多分、H願寺は親鸞聖人廟堂の
留守職(平たくゆえば、墓守)の位置付けであって、
寺としての機能を持つべきやない、と思われてたんちゃうかな?
ところが、善如〜綽如上人の頃、御真影の隣に、専修寺の
承認も得ずに、勝手に阿弥陀仏の像を立てたと。もとはと言えば、
大谷廟堂も関東の門弟の力で建った。焼失後の再建もそう。
相談もせずに、なに勝手なことしてんの?っつ〜ことで、
専修寺側は、大変おむずかりになり、(H願寺に対して圧力なり
なんなりかける)相談をせなならん罠っつ〜とる手紙。
わ、つい書いてもた。つづきはまた今度〜☆彡。
ホナねん♪

183 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 19:55:33 ID:nYqnyUEN
>>182
本願寺の法主が世襲制なのは、墓守だったのと関係あるのですかね
それとも、真宗系の寺院はみな世襲制?
普通、僧侶は女犯戒があるので世襲制は不可能でしょうが
真宗は非僧非俗だから世襲okなのでしょうか?それとも今の世襲制は明治以後?
高森親鸞会も世襲制になりそうですが、そのへんどう思われますか?



184 :秋鯔〜☆彡:2006/09/20(水) 20:14:12 ID:tOoY4t79
>>123
せんきゅ〜、割りとわかりやすくまとめられたんちゃうかなと。
その後、s会教義の変遷はど〜なってくか?でも実は、
昭和40年代の資料しか手元になかったりするんで、よろしければ、
一緒に考察してきましょ〜。
>>162
豊原さんは、ご門主が存命中に絵像を奉懸することはありえへんとゆう
慣例からくる推測のもとに『山科御坊事』を読んではるんちゃうかな。
しかし、『山科御坊事』を現代語訳するつもりで読んでいくと、
そ〜ゆ〜結論にはなんないんよって、前にゆうたと思うんやけど。
あなた自身で直訳作ってみりゃわかるやろ?まず、直訳してみ。
あと、ただ他者をおとしめるためのカキコはやめれば。はたから見たら、
性格悪い奴にしか写らんがな。で、君は誰なん?中の人が山科クンやったら、
質問あるんやけど。(^-^)/~着いた〜☆彡


185 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 20:41:47 ID:dA1EjXbZ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://www.geocities.jp/ongwanji/

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905b.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060906.htm

現役会員からのメール?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm

親鸞会必殺育成法?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin14.htm

親鸞会録音資料?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin15.htm

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
http://www.geocities.jp/ongwanji/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://tdl.to/deai/
http://religion.saloon.jp/
http://homepage3.nifty.com/shinran/
http://shinshu.fubuki.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが減るから、
よほど会員にリンク先をみせたいのだろう。相当信憑性は高そうだ。

186 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:19:54 ID:ebeYvuCD
>>156
>ID:NhBeHE8Jさん
純粋に、この問題の答えが分かりません。
教えてもらえませんか?

187 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:20:15 ID:aW8s0Zie
アンチの思考パターンがあまりにも画一的だから、
集団と見ても何の問題もない。

188 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:29:01 ID:nYqnyUEN
>>187
批判者が画一的なわけじゃなくて、
親鸞会があまりに独断と偏見で真宗教義を改変してるから
批判者総ツッコミってのが事実。


189 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:57:42 ID:L4lCCuaG
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが増えるから、
よほど会員にリンク先をみせたくないのだろう。相当信憑性は高そうだ。

190 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 21:58:21 ID:Y3dqBV2M
雑縁乱動して正念を失するがゆえに。

191 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:04:16 ID:wRLbVmEW
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ下駄」?
http://www.geocities.jp/ongwanji/

病院みるくの宗教勧誘、秘密漏示?
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905b.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060906.htm

現役会員からのメーテル?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm

親鸞会必殺育苗法?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin14.htm

親鸞会録音肥料?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin15.htm

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実大根、心配性なし?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
http://www.geocities.jp/ongwanji/

組長の「いじめないでくれ」事件?
http://tdl.to/deai/
http://religion.saloon.jp/
http://homepage3.nifty.com/shinran/
http://shinshu.fubuki.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐辛しに荒らしが増えるから、
よほど会員にリンク先をみせたいのだろう。相当信憑性は高そうだ。

192 :秋鯔〜☆彡:2006/09/20(水) 22:10:56 ID:tOoY4t79
>>183
着眼点がええねぇ〜。留守職は、覚信尼〜覚恵〜覚如と、
門徒の承認を条件として、必ず親鸞聖人の子孫の中より選ぶと
規定されとる。さらに覚如上人が主張した三代伝持の血脈(s会で習わんのかな)、
いわゆる親鸞〜如信〜覚如と教えを相承してきますたよ、とゆう法脈。
血縁と法脈とゆ〜ダブル効果は、現代でも血のつながりが
何より尊重される日本にあって、当時であれば、相当な説得力が
あったんやろうね。血縁だけが重視されがちになる傾向は、
法脈によって引き締められなあかんのですわ。そういった緊張関係が
失われると、堕落がはじまっていくとです。
会長ワンマンで、教義体系持たないs会、次代はど〜なるんやろね。
クーデターもしくは分裂に一票。
>>186
「わたしは嘘つきでつ。」ちゃう?
ホナ寝〜(-_-)zz☆彡。


193 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:12:57 ID:nfB+hGDE
「何故生きてゆくのは苦しいか、何故、苦しくとも、生きて行かなければならないか」


194 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:14:29 ID:nfB+hGDE
「親鸞聖人に初めから非常な信念があり、非常な力があり、非常な強い根底のある思想をもたなければ、あれ程の大改革はできない」(夏目漱石)


195 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:15:15 ID:nfB+hGDE
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)


196 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:17:56 ID:eECLT538
「何故会員を続けていくのは苦しいか、何故、苦しくとも、
自分を騙し騙ししてネット対策して生きて行かなければならないか」

197 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:19:34 ID:eECLT538
「バカ親森会長に初めから非常な妄信があり、非常な権力欲があり、
非常な強い根底のあるケコウ会と同じ信心をもたなければ、
あれ程の製本動はできない」(よみひとしらず)


198 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:20:13 ID:eECLT538
バカ親森会の崩壊より確実なものはなく、
死期より不確実なものはない」(よみひとしらず)

199 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:31:19 ID:ba5U1tmp

おい! 君が犯罪者だと思ってる、コピペ荒らししているアンチは逮捕されたのか?逮捕されてないのか?

200 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:32:00 ID:ba5U1tmp

おい! 「アホか」って言ったのは許されるのか許されないのかどっちだよ



201 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:33:14 ID:ba5U1tmp

おい! まだ発表もされてない企業秘密並の PC画面や携帯画面がカメラになってる
超超ハイテク機器を君の監視に使ってる。って思ってんの? 思ってないの?



202 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 22:35:16 ID:aT2NlOOk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://www.geocities.jp/ongwanji/

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905b.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060906.htm

現役会員からのメール?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm

親鸞会必殺育成法?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin14.htm

親鸞会録音資料?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin15.htm

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
http://www.geocities.jp/ongwanji/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://tdl.to/deai/
http://religion.saloon.jp/
http://homepage3.nifty.com/shinran/
http://shinshu.fubuki.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが減るから、
よほど会員にリンク先をみせたいのだろう。相当信憑性は高そうだ。

203 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:13:47 ID:ba5U1tmp
君の監視を誰もしてない可能性を考えられるようになったか?なってないのかどっちだよ。

聞こえないフリすんなよ。

204 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:18:03 ID:F8Ap+Wr6
>>184
>豊原さんは、ご門主が存命中に絵像を奉懸することはありえへんとゆう
慣例からくる推測のもとに『山科御坊事』を読んではるんちゃうかな。

そういう主旨ではないね。
豊原さんの論文は読んだ事無いわけだ。
自分のところの元総長の見解さえ調べられんわけ?
おとしめるも何も自分の直訳に固執してそれ以外を
「フツー」じゃないように言っているから
「おたくの元総長は」っていう話になるんだよ。
御遷化前でも後でもどっちでも見解の違いでよいなら
山科の木像は本尊の根拠にはならんわけだから
論議の意味はないだろう。
終了。


205 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:26:26 ID:nYqnyUEN
>>192
ふむふむ。ぼらさん、お答えありがとうございます。
親鸞会では、血脈とか法脈とかぜんぜん出てきませんので大変参考になりました。
高森さんの法脈は華光会からうけ継いだものらしいですが、
華光会所属時代を黒歴史として消そうとしている高森さんにとって
法脈の話は、会員には語りたくない話題だったのかもしれません。
思えば親鸞会では、体験重視一辺倒でした。
これは、華光会で後継者争いに敗れ、華光を否定して出ていってしまったために
法脈を絶たれた高森さんの、自分を正当化する唯一の手段だったのかもしれません。

血脈は言うにおよばずですね。
次期会長を決めるのに、宗祖でもないのに、わざわざ血を重んじる必要性を感じません。
まあ、非常にローカルなエリアではカリスマ善知識高森さんの血は有効なのかも
しれませんが。

206 :聞法の敗残者:2006/09/20(水) 23:31:34 ID:Pw7+os0V
すごい流れだな。最近。
シンパは防戦一方。
これで一気にs会も崩壊に向かうだろう!

207 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 23:56:38 ID:vtyLwsg6
誰か一つでいいから答えて。
@絶対の幸福とやらになった人はいるの?
A善知識は世襲制なの?
B摂理と同様のダミーサークル勧誘は問題ないの?
C貧乏人(極端にいえばホームレス)が会の活動は出来るの?
 出来ないとしたらその人には信心決定する資格はないの?




208 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:03:05 ID:vtzJJMda
おい、お前らあんまりバカ森を虐めるなよ。

会長の「息子をいじめないでくれ」事件に続いて
「あんまり私をいじめないでくれ」事件が起きちゃうだろ?

209 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:36:18 ID:tBi3lkZl
>>186
「私は嘘つきです」だろ。
お姫様は本当のことしか言わないから
「嘘つきです」と言った人は絶対にお姫様ではない。
でも必ず嘘をつく人が自分を嘘つきと言ったら
嘘つきではないことになるからお姫様でないという
証明もできない。
解るかな?

210 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:59:02 ID:LutqrHcY
元幹部会員の話がオモシロ
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs/wforum.cgi?list=&no=4436&mode=allread&page=0

211 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:59:13 ID:kTYmLuvc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父、危篤! でも「帰るだけ下駄」?
http://www.geocities.jp/ongwanji/

病院みるくの宗教勧誘、秘密漏示?
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060905b.htm
http://www.shinrankai.net/tokusyuu/20060906.htm

現役会員からぬメール?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/index.htm

親鸞会心殺育成法?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin14.htm

親鸞会録音資料?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin15.htm

「親鸞会被害」家族の会の家事は事実無根、信憑性なし?
http://www.shinrankai.or.jp/jinsei/jin2.htm
http://www.geocities.jp/ongwanji/

組長の「いじめないでくれ」事件?
http://tdl.to/deai/
http://religion.saloon.jp/
http://homepage3.nifty.com/shinran/
http://shinshu.fubuki.info/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうなんでしょうね。この参照リンクが出るたびに唐突に荒らしが減るから、
よほど会員にリンク先をみせたいのだろう。相当信憑性は高そうだ。


212 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 00:59:51 ID:ZfEqiGYo
縊死堕氏ね

213 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 01:03:43 ID:kTYmLuvc
>>209
「私は女従者です」だろ。


214 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 01:03:58 ID:LutqrHcY
>>211
URLだけ換えてDQNサイトに誘導すんな!

215 :186:2006/09/21(木) 01:40:20 ID:k2XFS28v
書き込んでおいて放置してすみません。

答えは「私はお姫様ではありません」です。

>>213でも理屈が通るから合っているはずです。

お姫様は本当のことを言うから、こんなことは言えない。

従者は嘘つきだから、こんなことは言えない。

こういうのを自己言及のパラドックスと言うらしいです。

「ここに落書きをしてはならない」という落書きとか。


結局、確かめることができないことについて真偽を議論するのは不毛。

相手が答えられないから自分が正しいと言う論法は、正しいか誤っているかあやふやなものに対してはまったく無意味です。

216 :186:2006/09/21(木) 02:21:26 ID:f4x+lnT1
>>215
質問した者です。解答ありがとうございました。

>結局、確かめることができないことについて真偽を議論するのは不毛。
>相手が答えられないから自分が正しいと言う論法は、正しいか誤っているかあやふやなものに対してはまったく無意味です。

なるほど。親鸞会がよく使う論法ですが、言われてみればその通りですね。

なおこのクイズについては、問題文が分かりにくい等、文句があるのですが
ここはクイズの掲示板ではないので、これ以上追及するのはやめます。

217 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 05:27:33 ID:YrJfCvNs
>>214
しかたないよ。
偽装勧誘で教団に誘導するのが善だと勧めているような環境に身を置いているのだから。

親鸞会 治り難しは 偽装癖


218 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 06:48:03 ID:0srmS4Nt
参照サイトまで偽装するとはさすが親鸞会だ。根っから腐った団体だな。

****************************************
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示?
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール?
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料?
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719

219 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 06:48:56 ID:4092omf/
>>214
換えているのは、URLだけではない。211を再読あれ。

《親鸞会ネット対策班としての業務内容?》
一、多くの本会サイトを作成・公開すること
一、「浄土真宗」「親鸞会」などのキーワードで検索されたときに本会のサイトが上位を占めるようにすること
一、ブログ、掲示板などを通して本会のサイトに多くの人を誘導して記事を多く読ませること
一、ネットを通して本会を讃嘆すること(ただし会長先生を讃嘆するために先生のお名前を出す場合は上司の指示を仰ぐ)
一、本会に都合の悪い情報を読ませないようにすること
一、本会に批判的なサイトには対抗サイトを作成・公開し、そこへ誘導すること
一、本会に不都合な情報はすべて他団体、特に本願寺の陰謀であるとし、その見方を人々に植えつけること
一、本会に不都合な情報はすべて捏造されたものとして宣伝すること
一、2chの親鸞会スレッドを荒らして読む気をなくさせ、2chに関わることは時間の無駄であることを知らせること
一、本会に不都合な情報が出された場合は本願寺を叩くなどして話題をそらすこと

以上がネット対策班としての君たちの業務、すなわち破邪顕正活動である。

220 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 07:54:42 ID:8TKsLRSK
2ちゃんねるを見て 親鸞会の本当の姿をみることができた とてもよかったと
おもっています。マイコンがとけたきっかけとなりました
 会の人間は 新鸞会より2ちゃんねるを信じるのかと怒るやつらもいるだろうね。



221 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:03:56 ID:NY8Lh0+F
>>149
>個人的体験は、それを体験した人しか正確には知りえない。
>誤謬が生じる可能性はきわめて高い。故に、それを指して、まことのこころと
>言うわけにはいかない。いずれにせよ、信心決定を人間の体験に
>おとしめるから、矛盾が生ずるんよ。

ねえねえヴォラちゃん、あなたちゃんと答える気あるの?もっかい質問するね。

■ぼらちゃんへの公開質問状!!!■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

現段階では、先の批判がぼらちゃんに妥当している。
「どうせなにも言い返せないでしょうが・・・」 ←実際言い返せない模様。

しつこく追及するから、覚悟しててね。

222 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:06:38 ID:dRBAQQpM
また逃げるのか、都合が悪くなると必ず3行書き込みやアラシの連バリ
すごい職業だよね>>ネット対策員   世界中探してもこんな仕事ないな
まあ、給料もらえるんだからいいか
ぜひ草下シンヤさんの「裏のハローワーク」に
載せて頂きたい


223 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:10:34 ID:NY8Lh0+F
>>149
>個人的体験は、それを体験した人しか正確には知りえない。

そのとおりでしょうねえ。

>誤謬が生じる可能性はきわめて高い。

そのとおりでしょうねえ。

>故に、それを指して、まことのこころと言うわけにはいかない。

なんでやねーん。おそるべき論理飛躍ですよ。わかりますか?
わかってるはずですね。
なぜなら、「可能性が高い」といういい加減な表現をしているからです。

だからこう書くと、ヴォラちゃんはビビルでしょうね。

 「誤謬が生じる可能性はきわめて高い」
=「誤謬が生じない可能性もわずかながらある」

さて、答えてください。
「誤謬が生じない可能性もわずかながらある」のですか?

224 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:14:10 ID:NY8Lh0+F
■ヴォラちゃんに質問でちゅ■

ヴォラちゃん、分かりにくいだろから、もっかいまとめてあげるね。

@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?
A「誤謬が生じない可能性もわずかながらある」のか?

225 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:38:40 ID:Kdv40UpW
>>220
2ちゃんも本当の姿とは言い切れないけどね。
会の大本営発表よりはずっと実体に近いけど。
>>223
詭弁のガイドラインに、
「ごく稀な例を取り上げる」
ってのがあったっけ。

226 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 09:15:55 ID:K1blUfH4
>>218
>根っから腐った団体
ああ、だから親鸞会に更生を期待しても無駄な訳か。もしかすると会は自身の繁栄と
引き換えに、我が身に毒が回り腐って行くという運命を手に入れてしまったのかもしれないね

親鸞会も結成されてかなり経つでしょう、だから腐ったあまりにかえって
芳醇でまろやかな味わいとコクが生まれてるかもしれないw
どこかのワイン工房にある年代物の樽からワインを出してビンに入れて、
親鸞会の鷲のマークをあしらったラベルを貼ってやれば、しっくり来るだろうね
ちょうど貴腐ワインみたいに

227 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 09:54:07 ID:0huRy1xR
弥陀の智願海水に 他力の信水いりぬれば
     真実報土のならひにて 煩悩菩提一味なり


228 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 09:55:12 ID:0huRy1xR
如来二種の回向を ふかく信ずるひとはみな
     等正覚にいたるゆゑ 憶念の心はたえぬなり


229 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 09:55:46 ID:0huRy1xR
弥陀智願の回向の 信楽まことにうるひとは
     摂取不捨の利益ゆゑ 等正覚にいたるなり


230 :秋鯔〜☆彡:2006/09/21(木) 09:56:26 ID:2/Iy3Mw9
電車ん中。
>>204
へー >>205
ちと、書き方悪かったかも。血脈ってのは、血族の意味はなくて、
=法脈(教えの相承)のこと。面授口決(めんじゅくけつ)とゆうて、
師に直接会い、教えを口伝えで教授されたと。法然〜親鸞〜如信とゆ〜、
三代血脈の流れがあって、この度、覚如さんは、如信上人に面授口決を
承った故、親鸞教団のリーダーとして、ふさわしいんや
ってゆ〜主張なんね。さらに留守職の血族・血縁とゆ〜要素も加わって、
関東教団に対しても、非常に説得力あったと。ま、そんなとこでつ。
仏教教団の相承とゆ〜のは、本当にこれは仏教なのか?
独覚・縁覚ちゃうんかと問われるから、非常に大切であって、
そのためにも、師を明らかにすることは当然だった。
師を明らかにできない、影響を与えて下すった方々のことを
語れないのは、その発揮(手柄)を横取りする我執がある、
もしくは教えが正しく相承されているのか不透明と判断されるのが
常やった。ま、現代は信教の自由故、何ゆうてもかまへんのやろうけど、
昔はそうした制約が、ちゃんと機能していた。温古知新、最近、
とみに大切やなぁと思うわな〜。
〜つづく鴨〜


231 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 11:20:54 ID:JobxA+Wi
ざわわ〜


ざわわ〜


ざわわ〜


ざわわ〜




232 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 12:13:20 ID:s8uEwTaI
>>227-229

S会の悲願製本道建立に 会員の血と汗のザイセいりぬれば
M春札束流用皮算用 さすが元暴走族の一味なり

T森の偽装勧誘の勧めの教えを ふかく信ずるひとはみな
生きて自業苦にいたるゆゑ 怨嗟の心はたえぬなり

コウセン部門の活動で ネットにはりついて偽装する対策員は
嘘つき癖の業報ゆゑ 死んで阿鼻地獄にいたるなり


233 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 12:28:05 ID:gAM8sLtX
参照サイトまで塗装するとはさすが親鸞会だ。根っから腐った団子だな。

****************************************
父、危馬! でも「帰るだけ無駄」?
http://hpcci2.nilty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教観誘、秘密漏示?
http://hpegi2.nifty.cim/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpegi2.nifty.cim/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpegi2.nifty.cim/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会買からのメール?
http://shinranshonin.hp.infesook.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育城法?
http://shinrankai.hp.infeseel.ce.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会縁音資料?
http://shinrankai.hp.iiposeek.zo.jp/recdata.html

「親鸞合被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし?
http://mmm.nurs.or.jp/~racoon/
http://howepoge2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件?
http://makime.to/2eh/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://maklmo.to/2eh/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://maklmo.to/2eh/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://maklmo.to/2ech/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://maklmo.to/2eh/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://maklmo.to/2eh/life7_psy/1155/1155360134.html#719

234 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 12:41:52 ID:v2VyYUQH
危篤のお父さんに駆けつけても、お父さんが信心決定出来る訳じゃない。
まずは本人が信心決定しなければならないのは当然だと思うが。

235 :問法の敗残者:2006/09/21(木) 12:43:37 ID:Yf9S7oYF
s会では99.9%以上の確率で新人欠場できません。
これは定説。

236 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 12:48:00 ID:r/EK6Pi1
ちょいとつつけば蜂の子散らすように不祥事の話が出るわ出るわの親鸞会

237 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 13:56:36 ID:v2VyYUQH
不祥事なら本願寺も負けていないと思うが・・・

238 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:24:54 ID:ofexuqMX
なぜに本願寺?不祥事の数でも争ってんのかよw

239 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:36:26 ID:kDsoG88Y
>>223
T森さんと同じ体験ができる可能性はわずかながらしかないのに
それをしないと信心決定できないs会ってかなりイタイ
それを必死に主張してるやつもイタイ

240 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:37:18 ID:a61qHiBz
>>234
>危篤のお父さんに駆けつけても、お父さんが信心決定出来る訳じゃない。
根拠は?

ちなみに仏法を説かれた釈尊が臨終の父親に念仏三昧を勧められたというのは定説。




241 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:39:11 ID:a61qHiBz
>>239
>T森さんと同じ体験ができる可能性はわずかながらしかないのに

わずかでもあるという事だな。

それを求めて、なにが悪いのだ?


242 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:41:05 ID:kDsoG88Y
>>241
別に悪いなんて言ってないぞ
これからもがんがれYO!


243 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:41:41 ID:a61qHiBz
>>237
>ちょいとつつけば蜂の子散らすように不祥事の話が出るわ出るわの親鸞会

ありもしない話をデッチ上げて、不祥事だとわめき散らす輩のいかに多いことか。

244 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:58:07 ID:Kdv40UpW
>>241
わずかでもあると主張したいならその根拠を出して説明するのが筋
それもしないでどうでもいいことつついても上げ足とりにしかならない

245 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 14:59:56 ID:Obx9kL2d
>>240
そう言えば、親鸞会でも源信僧都の母親への臨終説法の話や
高森先生の臨終説法の話など臨終前に助かる話はけっこう語られてる。
まあ、ゆうても信後の方の臨終説法の話に限られてるわけだが。
つーことは、獲信体験した者にしか臨終説法で信前のもんは助けられんということなのかな。

それにしては、親鸞会って 信前の者でも他人を救えないということはない、
他人を信心決定まで導いてこそ、自分も信心決定できるとか言ってるよな。
学生が無理矢理勧誘活動させられるのは、これが理由だし。
ここからすると、親が臨終近いなら、早く行けって具合になってもよさそうなもんだが。
臨終間際のもんは勧誘しても、そのさき短いから用なしなのか。
だから、金次第の特別出張という位置づけなのか。


246 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 15:02:33 ID:s8uEwTaI
>>243
会員なら大抵知っている事実を、あたかもデッチ上げとか陰謀だとか
わめき散らすだけのネット対策員の仕事で、いかに楽にカネを
もらっていることか。

247 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 15:07:15 ID:Obx9kL2d
>>243
でっち上げはひどい。
で・・具体的にどれがでっち上げだったか教えてくれますか?
いちよ参考までに


248 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 15:19:52 ID:Obx9kL2d
>>239
壺買ったり、風水アクセサリー買ったりするのと
変わらないように見えるね
本人が満足なら、こちらが手を挟む問題ではないんだろうけど
家族なら止めるな


249 :秋鯔〜☆彡:2006/09/21(木) 16:29:50 ID:2/Iy3Mw9
ふ〜、帰りの電車なわけですが、
>>224
@は、意味わかりませんでちゅ、ばぶ〜。
Aは、他心智通を得れば、他者の体験がちくいちわかるはずばぶから、
まず、他心智通を得ることからはじめれば、可能性はゼロではないばぶよ。
ちなみに、覚悟は弥陀の方やね。
ホナねん(^-^)/~


250 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 17:15:45 ID:2f38L49L
ト●ミ運輸の報復問題に似てるな・・・


251 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 18:59:29 ID:s8uEwTaI
都合悪くなると荒らしの 対策員
三行カキコに コピペ連張り

252 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 21:12:39 ID:8SMxgBuF
ヴォラちゃんとか言ってる人ずっと粘着してキモイね

253 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 21:26:25 ID:pHY5YsuG
>>243
>>ちょいとつつけば蜂の子散らすように不祥事の話が出るわ出るわの親鸞会
>
>ありもしない話をデッチ上げて、不祥事だとわめき散らす輩のいかに多いことか。

どれが「ありもしない話のでっち上げ」なんだ、言ってみろ。
M晴いじめないでくれ事件のことを言っているのか。

>>21-23
>>24-26
「M晴をあまりいじめないでくれ事件」

>>39-40
「M晴不倫映像のビデオテープ」についての
本会顧問弁護士と会員との会話

残念ながら、これらは全部、本当だ!!お前がもし会員なら、「そんなこと、あるはずない・・・」と思い込んでいるだけ。
オウムの信者も、地下鉄サリン事件の直後、「教団がサリンをまくはずがない」と信じきっていたらしい。

アホか、と思う。

254 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 21:27:02 ID:vXmo8CtL
真理が「死」だった場合あなた死ねますか?
54 名前: 考える名無しさん 投稿日: 02/04/18 18:07
ある文脈から死ぬことが真理と思われるのにあなたが死ねないのは、真理を生きることが出来ていないということである、と。
死ぬためには、文脈を生きていなければならない。
文脈から己を切り離してしまえば、死ぬ必要はなくなる。新たに生き直すことが出来る。
http://academy.2ch.net/philo/kako/1015/10151/1015155683.html

255 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 21:50:23 ID:0srmS4Nt
>>252

おまえの書き込みのほうが桁違いにキモイ。失せたら?

256 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 21:52:47 ID:0srmS4Nt
都合悪くなると荒らしの  対策員
批判者の悪口  ロリコンエロ工作員誤爆

257 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:05:33 ID:8SMxgBuF
???

258 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:16:59 ID:vXmo8CtL
山田「黒人ラッパーキモい」
いや、そういう問題じゃないでしょ。
松田「うるさいなぁ、もうおまえの件は終わってるの、日本の邪魔をするなー」
戦後補償は無いの?晒し者にされて侮辱を受けて精神的苦痛を受けましたが。
吉田「ないの、国際法上相手の活動は違法じゃないの、判った?…警察が眼を光らせて違法行為があれば残らず暴き出そうと
してるよ。」
そうですか、それから誰も相手を分析してくれる人はいないの?
高島「いません、あなたへの手助けは全面的に禁止されてます、何より助力なんかしたくありません。貴方の活動を分析して
公表している人はいるけどね」
誰?
安井「言えません、自惚れが強いバカ、アルロビューと言っていた、とか言ってました、他色々。」
個人情報が晒されているサイトは?どうやって部屋の様子や打ち込んでる画面を覗いているの?
福山「言えません、野人はさっさと死んじゃってください、皆関心を失い侮辱ゲームに入り浸ってます」


259 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:22:46 ID:Z5O84YcY
>>256
日本語でおk

260 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:34:26 ID:t7qvHZYv
ケンテツ オブ ジョイトイ

261 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:37:10 ID:dRBAQQpM
>253
>残念ながら、これらは全部、本当だ!!お前がもし会員なら、「そんなこと、あるはずない・・・」と思い込んでいるだけ。
>オウムの信者も、地下鉄サリン事件の直後、「教団がサリンをまくはずがない」と信じきっていたらしい。

そのとおり。おれは現場にいたからしっている。事実だ。

262 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:46:09 ID:Z5O84YcY
>>261
お前がサリンをまいたのか!

263 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:47:12 ID:+cpdTKYs
おれだよ!

264 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:56:10 ID:kDsoG88Y
>>255
おまえの書き込みのほうがさらに桁違いにキモイ。失せたら?

265 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 22:56:52 ID:+cpdTKYs
彡サッ

266 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:01:16 ID:kDsoG88Y
き、消えた!?

267 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:14:10 ID:+cpdTKYs
まだいるよ

268 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:25:20 ID:DsUB6bZt
「すべての人間は幸福になることを求めている。これには例外がない。そのための手段はいかに異なっていようとも、彼らはみなこの目的に向かっている。これはあらゆる人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、あらゆる行為の動機である」


269 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:26:25 ID:DsUB6bZt
キケロは、「哲学をきわめるとは、死の準備をすることにほかならない」と言った。

270 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:26:35 ID:kDsoG88Y
このわしを弄ぶとはおぬしなかなかやるな。
もしかして決定者か?

271 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:27:48 ID:DsUB6bZt
死を忘れて生きる人間に、真の生の充実はありえません。



272 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:50:04 ID:hLseXJ3r
吉野家の牛丼。

「限定」とか、「今日限り」とか
「これで最後」とかいう言葉になぜか弱い。
たしかに旨かったのは旨かったんだが、
お腹に入ると、その感動もすぐに忘れてしまう。

それより吉野家手ぬぐいをもらったことの方が
個人的には嬉しかった

うん?!・・・ちょっと待てよ・・・
家に持って帰ってきたものの
置き場所にこまるなぁ・・・アレッ?!
本当にほしかったのかな俺???

ほしいものが手に入ると、人はその感動を忘れて
いつしかそれが普通になって
最後はどうでもいいことに変わる。
あんなに欲しかったのに。

車も仕事も恋愛も夢も。

宗教体験も。

「当たり前にあるものほど、本当は一番大事。」

いつも会う嫌いなあの人とか。

273 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 00:41:12 ID:HkvIQ/Zd
>>272

吉野家ではなく、

土野家だ!!
口 

274 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 00:41:58 ID:HkvIQ/Zd


口野家

275 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 02:11:52 ID:5puERQe9
>>272
学生の先輩が部会で新入生向けに話す話題っぽいね。

>ほしいものが手に入ると、人はその感動を忘れて
>いつしかそれが普通になって
>最後はどうでもいいことに変わる。
>あんなに欲しかったのに。

要は笑えるような話を通して「欲望にはキリがない、続かない」ことを説明したいわけね。
このような話を段階的に積み上げていって、「仏法聞いて絶対の幸福になるしかない」
という話にもっていくわけだけど。
それにしても、親鸞会の学生は話をするのがうまいね。相当訓練してるんだろうね。
こういうところは見習いたいものだ。

276 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 02:15:56 ID:5puERQe9
どうでもいいけど、手ぬぐいって、畳んでおけば
置き場所に困るようなものじゃないよな。。

277 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 03:20:57 ID:j+iHU3S0
■今日も逃走、秋ヴォラチャン■

@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

に対するヴォラチャンの回答が寄せられた!!!

>>249
>意味わかりませんでちゅ、ばぶ〜。

逃げないでね。ヴォラチャン。日本語で書いてんだからね。

不都合が生じると、理解不能に陥る機能を装着したのか!?ヴォラチャンは!?

まあ、逃げたくなるのも分かるが、どこが分からないか、質問してみたらどう?

278 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 03:31:30 ID:j+iHU3S0
A「誤謬が生じない可能性もわずかながらある」のか?

に対する回答が寄せられた!!!

>他心智通を得れば、他者の体験がちくいちわかるはずばぶから、
>まず、他心智通を得ることからはじめれば、可能性はゼロではないばぶよ。
>ちなみに、覚悟は弥陀の方やね。

へえ、変な回答しちゃったね、ヴォラチャン。ますます自分を窮地に追いやったね。

すると、ヴォラチャン、あなたが自分で言ったこの主張を撤回するということで
いいんだね。

>>149
>個人的体験は、それを体験した人しか正確には知りえない。

では質問
ア)「個人的体験は、それを体験した人以外でも知りうる」に訂正するのですね?
イ)他心智通ってどうやったらゲッチュできるの?おしえてポン!あと、「覚悟」って
 なんのこと?


279 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 06:26:56 ID:bUtg9gXA
T森知らん会の人間はT森と同じ絶対の幸福の体験をすることを求めている。
これには例外がない。そのための手段はいかに偽装嘘つき勧誘、捏造塗装なんでもあり
のネット対策と、異なっていようとも、彼らはみなこの目的に向かっている。
これはあらゆるT森知らん会の人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、
あらゆる行為の動機である。


280 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 07:17:27 ID:moWYqEsM
>>276
>どうでもいいけど、手ぬぐいって、畳んでおけば

どうでもいいって言ってるけど、俺はそうは思わない。
置き場所に困るか困らないかを考えて、あなたは「困るようなものじゃない」
という一つの立派な意見を持っておられるのだから、たとえささいな事の
ように思えてもそこはしっかり主張して欲しい。

俺はそれが正しい2ちゃんの使い方だと思うし、どうでもいいけどそれが
本当の2ちゃんねらーのあるべき姿ではないのかと思う。


281 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 07:54:18 ID:lTD1Fq21
生きる目的を知る。これが真に充実した輝かしい人生の条件。


282 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 07:54:57 ID:lTD1Fq21
「人間は考える葦である」(パスカル)


283 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 07:56:11 ID:lTD1Fq21
「目的地に向かって走れないということが、これほど恐ろしいと思ったことはなかった」(諸井清二さん)


284 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 09:02:59 ID:z99iED/Q
今月とかでも顕s新聞(手記)に、ハイデガーの
親鸞聖人絶賛説が使われているのですが・・・・


(やはり、実際にはあった話ということで間違いないのだろう・・・)

285 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 10:47:54 ID:ljWNiVfW
>>242

そういうの、どうよ?

負けてんじゃん。

286 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 11:06:25 ID:Tq0IgyIv
>284
過去ログよめ、ハイデガーの日記は根拠示せず捏造ということを
会の関係者もみとめたんだぞ

287 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 11:28:26 ID:acuY6nre
五十六億七千万 弥勒菩薩はとしをへん
     まことの信心うるひとは このたびさとりをひらくべし


288 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 11:29:15 ID:acuY6nre
念仏往生の願により 等正覚にいたるひと
     すなはち弥勒におなじくて 大般涅槃をさとるべし


289 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 11:29:54 ID:acuY6nre
真実信心うるゆゑに すなはち定聚にいりぬれば
     補処の弥勒におなじくて 無上覚をさとるなり


290 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 11:34:38 ID:ljWNiVfW
>>253


てことは、少なくともそれ以外はでっち上げってことか?



な〜んだ、早く言えよ。


291 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:27:04 ID:0ky3i4fS
ハイデカーが絶賛してるってまだ言ってるのか。懲りないね。捏造の証拠に今から対策員の連投が続くぞ。

292 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:37:00 ID:EECmj2jh
ネット対策員の皆様、今日もご苦労様です!

ところで、あなたは信心決定されたんでしょうか?

293 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:41:51 ID:YtCpmRbK
>>291
都合悪いと聞こえないふりなのは、バカ森の常套手段ですよ。
そんなこと聞いてない、そんなこと言ってない、そんなこと見てないで押し通す
バ会員どもは、疑問に思っても、「ははー、かしこまりたるー」というしかない
やがて会では嘘が真実になって、本当のことを言っても、あれは捏造・デマだよと陰口
嫌気がさしてやめれば、あなたも今日から敗残者・本願寺の関係者。

294 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:48:26 ID:mZvrP4W8
聞法の敗残者の皆様、今日もご苦労様です!

ところで、あなたは親鸞会以外で真実を見つけられたんでしょうか?

295 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:56:29 ID:0ky3i4fS
親鸞会以外でということは親鸞会は真実なのでしょうか?根拠をお願いします。

296 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 12:59:01 ID:ykrXvZ/u
>>294

親鸞会しか真実を占有していないと思い込む妄想バカが
またゴキブリのように現れたな、笑止。
バカ親森も罪な会をつくったもんだ、まったく。

297 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 13:12:43 ID:srduMFe1
>294

>292の書き込みに呼応したようだが、ちょっと弱いぞ。

298 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 13:12:46 ID:lagjTTB6
>>277-278を見てると
「本願寺なぜ答えぬ」を思い出すな
親鸞会文学の最高峰と言われる、あの本。
当時、俺は若くて、文章があまりに独特すぎるのを
つまらないと思って捨ててしまったんだが、
今にして思えば、最高の本だった。
惜しいことをしたなあ。是非書店でも売って欲しい。
同じスタイルの本としては、他に
・体質を問う
・善のすすめはあるか
があって、なぜ答えぬとあわせて、
本願寺三部作と言われている、親鸞会の代表作だけど、
学徒なら必携の書じゃないだろうか。

299 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 13:15:36 ID:CxtSPFUI
「バカ森のバカ息子が不倫をした」

これは真実!

300 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 13:47:11 ID:BTLuv2t6
>>275
これ、コピペだったよ

301 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 14:20:58 ID:QwL/sb5w
>>298 あのパリのカフェテリアで飲む珈琲のように香り高い文章でもし世に出ていれば、
どんな文学賞を取っていたか想像してみたくなるね

二束三文のアニメよりは持て囃されると思うぞ

302 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 14:33:16 ID:mVuCYhyz
>>285

別に勝ち負けじゃないだろ?
君は君の道をいけばいいじゃない。
君はそういうご縁に遇ったんだろ

303 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 16:10:02 ID:iY3ajApC
>>286
>会の関係者もみとめたんだぞ

 ↑ウソ臭いんですけど、関係者ってどういう立場の人ですか???

304 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 16:39:51 ID:ykrXvZ/u
>>287-289

五十六億七千万 弥勒菩薩はとしをへん
嘘つきs会誨淫は このたび自業苦に沈むべし

女体に触れたい願より 某ビルで行為に及ぶひと
すなはちW子牛におなじくて 左遷の罪に処さるべし

長男の立場うるゆゑに 珍走団にいりぬれど
親バカ森の指名にて 善知識のくらゐをゲットなり

305 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 16:47:20 ID:WdK86sYC
六根は、関係性においてあるなり。
生死は一如なれど、また無常にして関係性もこの理にそうらえ。
関係はいつか消えるも世界の理。
これを世俗では死といふ。

つまりは、生死はあらざるにして、あるは関係性ひとつにそうらえ。
これを名づくは不一不二。

306 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 18:17:02 ID:WdK86sYC
お釈迦様の時代なら、王の生活を捨て、森の中で生きる事も同じ価値
だったんだろう。
そう思うが、今は森の中で生きることは無理なんだよね。

仏教の流れとして森には所有者が居る事が間違いだろうとて、
森には所有者が居てる。

なんでこんな世の中になったのかと言えば、当然そうなると、
お釈迦様も言ってる。


307 :秋鯔〜☆彡:2006/09/22(金) 18:25:08 ID:TydFYf3I
帰りみち〜♪
>>277
辞書で調べれば。漏れが答えるまでもないがな。
>>278
五神通・六通で調べてみ。48願の初めに、六神通が誓われとるやろ。
ちなみに、五神通を得ても、第六の漏尽通を得なければ、外道と呼ばれる。
煩悩によって、不思議な力を利用するから、さらに深刻な悪果を招くと、
当然といやぁ当然。故に、他心通を得るには、阿羅漢果を
目標にするのが、最も確実かと。従って、タイもしくはスリランカで、
出家する方法もひとつとして挙げられるやろね。ただし、
修行しても今生で成果が得られる保障はない。とある方が、
タイの仏跡参拝に行って、失礼にも修行僧に
「預流果に至った方はおられますか」と聞かれたそうだが、
答えは「今生では無理でしょう、次生、惑いの少ない生を受けるよう
今は努めております」。
戒・律さえない、煩悩を燃やし、日々焦がされておる我々が、
ど〜して阿羅漢果に達することができる?
(^-^)/~ホナねん☆彡

308 :秋鯔〜☆彡:2006/09/22(金) 19:01:36 ID:TydFYf3I
>>298横レス〜♪
『なぜ答えぬ』て、手元にないわぁ。『ウソ・ホント』っつ〜のは
あるんやけど。ブックオフで買うかw
『ウソ・ホント』についてゆえば、暴走機関車って印象。
s会の質問とH願寺の回答がはじめにあって、H願寺の回答に意見する形で、
話が進んでゆくんやけど、いつしか、H願寺が回答してへんことまで、
あたかもH願寺が回答したかのように語られてゆくとゆ〜
奇妙な本やね。そこに流れとるカラクリを把握せんと、
読んでて、こっちが頭おかしいんかな?とゆ〜目眩に似た錯覚に陥る。
ある意味、活字のなせる力を発揮した本、気をつけんと
思い込みの罠にかかる本とゆ〜意味において、おもろい♪
お彼岸終わったら、ゆっくり分析してみよ。
なんか小泉さんの発言と同じよ〜な匂いがするんよね。
おおげさにゆ〜のならば、日本人はバカがスタンダードになるか否かw?
この本通して、自分に再考してみるとゆ〜使い方もできる鴨。
(^-^)/~もちょいで着くなり〜☆彡


309 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 19:08:43 ID:r2e+Uy/Y
>>307
@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

に対するヴォラチャンの回答が寄せられた!!!

>>249
>意味わかりませんでちゅ、ばぶ〜。

>>277
辞書で調べれば。漏れが答えるまでもないがな。


ほんまにいい加減なやつやなあ。


310 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 19:31:02 ID:Cg36yx69
質問がくだらないだけだったりする

311 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 20:04:34 ID:NMWPtmM0

その通り

312 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 21:19:27 ID:j+iHU3S0
■今日も逃亡、秋ヴォラチャン■

ヴォラチャン、逃げないでってお願いしたのに。悲しいでチュ、ばぶー。

■質問■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

■回答■
>意味わかりませんでちゅ、ばぶ〜。
>辞書で調べれば。漏れが答えるまでもないがな。

↑だから逃げてばっかりって言われるんだよ。逃げヴォラ〜☆彡

あのね、ヴォラチャン、辞書に載ってるのは、言葉の意味だけだよ。

同じなのかどうかは、判断に関わることだから、辞書をひいても載ってません。
ばぶー。

ちゃんと答えてね。それと、お茶を濁して逃げるのはやめてね。そのうち卑怯といわれ
るよ。
■質問■
@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外でも知りうる」に訂正するのですね?


313 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 21:24:18 ID:3GI4w4mT
粘着ぼうやは家に帰ってママのおっぱいでも吸ってな

314 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 21:25:40 ID:j+iHU3S0
ヴォラチャン理解できてなくて可哀相だから、ちょいと頭の体操させてあげる。
上の質問の答えるヒントになるよ。

僕は部屋でフェレットを飼ってます。しかし、他人は絶対部屋に上げませんので
ヴォラチャンはじめ、みなさんにはこのフェレットの存在を知覚できません。

さて、質問。フェレットは存在するか。

知覚不能性は存在を否定しうるか、という問題ですばぶー。

315 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 21:42:43 ID:8fMnqIy3
>>314
答:実際に存在しようがしまいが、誰もそれを判断できない以上議論する意味がない。


いい加減鼻であしらわれてることくらい気付きそうなもんだがw

316 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 21:44:39 ID:j+iHU3S0

ぷ。ヴォラちゃんの口から聞きたいね。

317 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 21:49:39 ID:8fMnqIy3
粘着乙wwwwwwww

318 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/22(金) 21:52:01 ID:j+iHU3S0

頭悪そう。さっきの答えは誤りです。ぷ。

319 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 21:54:50 ID:JQhecxmU
会員の体験が、T森18才一夏の体験と同じものであるかは
確認ができないわけだから、
いつまでたっても「安心」はないんじゃない?

320 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 22:03:19 ID:oTfHCT8p
 軍隊では、兵士同士が会話の中で「もしかしたら今夜は最後で、明日は死ぬかもしれないな」などと語り合って「おまえは仏教徒か」「いや、おれは神道だ」となると、「じゃ、死んだらもう会えないね」となる。

321 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 22:40:16 ID:3GI4w4mT
>>320
なんかクール

322 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 22:44:12 ID:JQhecxmU
>>320
神道信者のほうは「いや、靖国で会えるよ」とか言うんかな。

323 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 22:52:00 ID:dJJ3nnxi
「いや、会えるさ」「そうだな・・」そして、こぶしを握り会う二人。
まだ夜は長い・・・

324 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 23:27:02 ID:zNEu4Ah3
アッー!

325 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 23:30:50 ID:4hmkc6Uo
なんか頭のおかしそうなネット対策員が来てるな

326 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 23:49:20 ID:t2l87sK4
>>325
いえいえ、あなたほどではw

327 :名無しさん@3周年:2006/09/22(金) 23:56:15 ID:0ky3i4fS
人事異動で粘着ネット対策員が来たみたいだな 君は優秀な対策員になるんじゃない

328 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 00:07:07 ID:WYmryU8Z
>>327
恐縮ですっ!
いっしょおけんめいネット対策に励みます!

329 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 00:35:39 ID:dU07eyMN
ふと思ったんですが、会員の方の多くが数珠を右手に持ってるのは
やっぱりアニメや刊行誌の漫画の影響なんでしょうか?
まあ、大したことでもないんですけど。


330 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 01:14:16 ID:bV4/Rq1h
そんな安易なw
もうちょっと賢いよ、会員は
現状を変えようとしない腑抜け集団だけど。

331 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 02:38:03 ID:Fr2wVYHY
単に右利きが多いだけでは?
>>330
変えようとした人も少数ながら居たようだよ。
ほとんどやめたみたいだけど。

332 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 02:48:23 ID:dU07eyMN
まあ、一般人にはインドの食文化並みにどーでもいいことなんでしょうね(悲

333 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 09:44:26 ID:uSPANKPZ
サンガは、仏(buddha)法(dhamma)僧(sangha)の僧であり、
仏教徒が帰依する(たよる)対象です。
帰依をするということは、いわゆる信仰とは違います。

仏教では仏・法・僧を目指して自分自身が努力するのであって、
お釈迦さまは、「私と同じくなりなさい、がんばってここまで上がって
きなさい」ということを言っておられます。
そしてご自分のことを、「善き友」だとおっしゃっているのです。

「比丘たちよ、あなた方は朝日が昇る様子を知っているでしょう。
 朝日が昇る時には、まず東の空が明るくなります。
 東の空が明るくなるのは太陽がのぼる前兆だと言うことができるでしょう。
 それと同じように、比丘たちが聖なる八支の道に入るときにはその前兆があります。
 それは善き友がいることです。
 善き友を持つ修行者は、聖なる八支の道を修めて成就することを
 期して待つことができます。」(出典;相応部経典49.善友)

ちなみに、「善き友」とは善知識ともいいます。

334 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 09:46:42 ID:uSPANKPZ
相応部経典などを読むと、
T森先生がよくおっしゃっていた
「釈迦の前に仏なし、釈迦のあとに仏なし」という説は
後世のおける「釈迦の神格化・超人化」にもとづく思想であり、
釈迦の直説とはいえないことがよくわかります。

335 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 12:26:01 ID:KV3p/Olf
>>308
>なんか小泉さんの発言と同じよ〜な匂いがするんよね。

ボラさん、禿同です。小泉さんのレトリックを聞いてると、かつての上祐氏
等や、s会の一部シンパの「それ」とよく似てるな〜、とよく思ってました。

336 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 13:15:29 ID:UpUCOvqr
父、危篤! でも「帰るだけ無駄」
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpcgi2.nifty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会員からのメール
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会録音資料
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会被害」家族の会の記事は事実無根、信憑性なし
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
http://homepage2.nifty.com/nonsect/

会長の「いじめないでくれ」事件
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719

337 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 13:31:02 ID:yjNc7cLl
親の金で大学に行っている経済力の無い学生に対して
学業よりも会の活動を優先させたり、多額の御報謝させるって
終わってるな。

338 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 14:01:42 ID:iA+wpKVb
阿弥陀如来からの・・・・

やたらとこの手の発言が多い 阿弥陀如来をなんだとおもってるのだろうか

会●

339 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 14:02:12 ID:iA+wpKVb
正本堂がゴミ箱になった自分にとってはどうでもいいことですが


340 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 14:07:49 ID:bV4/Rq1h
>>335
政治は結果がすべてだろ。
信長も人道的ではなかったが、結果を残したから
他の凡百の守旧主義者より評価に値する。小泉も同じだ。

だが、宗教は、結果オーライでいいわけがない。最低限、
倫理道徳を守って、地域社会に貢献すること。
教義が指し示す真理に、他にはない独自性があること。
教義に詭弁を労さず、論理的整合性があること。
の三つを満たすことがあって初めて宗教を評価できる。

T森が正本堂を建てたことは、一人の政治家としては評価できるが、
宗教家としては、評価の範疇にまったく入らない。


341 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 16:43:46 ID:uSPANKPZ
嘘つきのnet対策員へ

人を欺くことはできても、己を欺くことはできない。

偽りの心は、その人の心も、肉体も、やがて蝕んでいく。

自分に正直に生きることは難しいが、

嘘をつき、自己を偽り続けていると、

いつかストレスで病気になって早死にするに違いない。。

342 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 20:46:05 ID:Gz7crKgn
 江戸時代が終わり、明治政府が出来て、国家として軍隊を持つようになり、日本は外国とも戦うようになった。

 軍隊では、兵士同士が会話の中で「もしかしたら今夜は最後で、明日は死ぬかもしれないな」などと語り合って「おまえは仏教徒か」「いや、おれは神道だ」となると、「じゃ、死んだらもう会えないね」となる。

 仏教徒は、阿弥陀仏のところへ行ったり、極楽へ行ったりする。行いの悪かった人は、犬畜生に生まれ変わる。ところが神道の人は、極楽には行かない。どこに行くか分からない。

 とにかく兵士たちが「もう会えないね、寂しいね」と話しているのを聞いて、こんなことでは強い軍隊にならないと思い、明治政府は「東京招魂社」をつくった。これが靖国神社の始まりである。

343 :秋鯔〜☆彡:2006/09/23(土) 20:54:18 ID:2Pk9feWb
乙〜♪とりあえずお返事〜
>>314
全く、意味不明。喩えをフェレットやのうて、「T森さんの
宗教体験」にして、もっかい教えてねん♪
>>335
ま、ここは政治を語る場所やないから、これ以上はゆわへんけど、
勝手に相手の主張を造りあげて、それに対して非難するとゆ〜
やり方が、最近顕著な気がする。いつからこうなったんやろか?
短絡的思考と切り捨てられてきたことが、平気な顔して
メインストリームに踊り出とる。コマーシャリズムのせいなんかね。
(^-^)/~ホナねん☆彡


344 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 22:22:48 ID:uSPANKPZ
>>343
>勝手に相手の主張を造りあげて、それに対して非難するとゆ〜
やり方が、最近顕著な気がする。いつからこうなったんやろか?

「善知識のマネでもせよ」をバカ正直に実践しているのでは?

勝手に相手の主張を捏造して、それに対して非難して自分が勝ったことにするという
やり方は、バカ親森が本願寺三部作でやったこと。



345 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 22:53:05 ID:NemtvAKc
>50 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 11:08:27 ID:hi0GFTTD
>>現役会員からのメール? これは偽装メールだろ? いや、捏造メール?
>>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html
>
>「京都のあるIT関連会社」とは、どこ?



346 :名無しさん@ろ周年:2006/09/23(土) 22:57:03 ID:bs6ZhLKr
父、危馬! でも「帰るだけ無駄」
http://hpegi2.nlfty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=848_848

病院ぐるみの宗教勧誘、秘密漏示
http://hpegi2.nlfty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=860_860
http://hpegi2.nlfty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=859_859
http://hpegi2.nlfty.com/nonsect/spict/smallpict.cgi?mode=view&key=858_858

現役会貝からのメール
http://shihranshanin.np.lnfoseek.co.jp/mail/usagi.html

親鸞会必殺育城法
http://zhinrankai.hp.lnfoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

親鸞会縁音資糧
http://shimrankai.hp.lnfoseek.co.jp/recdata.html

「親鸞会彼害」家族の会の記事は事実無恨、信憑性なし
http://www.nurz.or.jp/~racoon/
http://homopagc2.nlfty.com/nonsect/

会長の「いじらないでくれ」事件
http://maklmo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://maklmo.to/2ch/lifc7_psy/1155/1155360134.html#713
http://maklmo.to/2ch/lifc7_psy/1155/1155360134.html#714
http://maklmo.to/2ch/lifc7_psy/1155/1155360134.html#717
http://maklmo.to/2ch/lifc7_psy/1155/1155360134.html#718
http://maklmo.to/2ch/lifc7_psy/1155/1155360134.html#719

347 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 22:58:07 ID:t86tar4Y
2chの親鸞会スレに書き込んでいる、ということでも、



ある意味では、関係者だな。






348 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 22:59:46 ID:t86tar4Y
うん、どーでもいいや。

349 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 23:05:43 ID:Gz7crKgn
 招魂社、つまり「魂を招く社(やしろ)」をつくって、死んで故郷へ帰って祭られた人でも、「例大祭」という春と秋の大祭のときには、また靖国神社へ戻って、みんなで集まって同窓会をやれと、明治政府は言ったのだ。

 神道でも仏教でもキリスト教でも何でもいいから、死んだら一度ここへ集まれば、天皇陛下もお参りして、ねぎらってくれる。それが招魂社で、やがて靖国神社になっていく。

 だから「靖国神社は仏教か、神道か」などと問題にする向きもあるが、実はどちらでもない。「死んだらあそこへ集まってから解散しよう」とか、「解散してから、でもときどきは集まろう」という、同窓会の場なのである。

350 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 23:06:29 ID:h9bxMllJ
そうそう、こんなスレどうでもいい

351 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 23:40:44 ID:uSPANKPZ
T森会長「会員の諸君。
        後継者候補者のM春君は私の子で、清潔な男だ」
財前「M春、せっかく皆さんが集まってくださってるんだ。お前も頭ぐらい下げろよ」
M春「頭を下げる..................つもりはございません」
財前「M春、それは俺のセリフだ」
M春「そうか、アハハ」
T森・財前「ハッハハハ」

352 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 23:48:33 ID:/kkvhiAO
>>350
どうでもいいなら書き込むな

353 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:05:13 ID:yjNc7cLl
貧乏なんで1円も御報謝払わなくて、絶対の幸福になれますか?


354 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:07:54 ID:bvq3KUU8
>>348
>>350
>>352
どうでもいいから荒らしてスレ潰すんだろ、シンパのネット対策員は。

355 :電話男:2006/09/24(日) 00:15:15 ID:gMk9BcOb
>>349
同窓会と言うわけでもないのですが、ここのアンチで近々、ミーティング
をかねて一度、集まる事に決定いたしました。
私がリーダーをさせて頂く事になりました、電話男と申します。
よろしくお願い致します。

シンパが混じる事がないように、来月の本部御法話の日に合わせます。
場所は、午前の部が東京、午後が大阪。この2ヵ所にさせて頂きます。
内容はs会報恩講に向けてが主なテーマです。
時間はそれぞれ3時間程度で、参加費は五千円ほど集めようと思います。
定員は100人程度で会場等を考えております。

詳しくは、随時このスレにて発表していきます。
多くの方の御参加をお待ちしております。

※なお、今回はなにぶん初めてですので、一度もs会に所属したことの
ない人の参加はご遠慮願いたいと思います。
脱会者のみの参加と限らせて頂きます。
ただし、大阪の部ではボラ氏に特別出演を依頼したところ、なんとか引き受けて
頂けましたので、スピーチと簡単なゼミの方をお願い致しました。
東京の部につきましては現在、渡海難氏に出演を交渉中ですので、
今しばらくお待ち下さい。


356 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:44:03 ID:Us0OWQAt
>>353
長者の万灯より貧者の一灯という話知ってる?

というか高価なパソコンを使ってインターネットしてるあなたが
1円も出せないとは考えられないのだが

357 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 01:16:09 ID:skQlpgJG
■今日も・また・逃亡・秋ヴォラチャン■

ヴォラチャン、逃げないでってお願いしたのに。

いつになったら答えてくれんの?悲しいでチュ、ばぶー。

■質問■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

■回答■
>意味わかりませんでちゅ、ばぶ〜。
>辞書で調べれば。漏れが答えるまでもないがな。

↑だから逃げてばっかりって言われるんだよ。逃げヴォラ〜☆彡

あのね、ヴォラチャン、辞書に載ってるのは、言葉の意味だけだよ。

同じなのかどうかは、判断に関わることだから、辞書をひいても載ってません。
ばぶー。

ちゃんと答えてね。それと、お茶を濁して逃げるのはやめてね。そのうち卑怯といわれ
るよ。
■質問■
@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外でも知りうる」に訂正するのですね?



358 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 01:21:04 ID:skQlpgJG
>>343
>全く、意味不明。喩えをフェレットやのうて、「T森さんの
>宗教体験」にして、もっかい教えてねん♪

喩え話に警戒してるのね。いいよ、こっちはヴォラチャン。

いい加減>>357の質問に答えてはどうですか?

答えて、しまうと、実は、ヴォラチャン、危機に、陥るのでは?、と推測、してます。

だから、答えないのだ、と、推測、してます、よ。

(^-^)/~ヴォナねん☆彡

359 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 01:43:44 ID:skQlpgJG
あ、やっぱりまた逃げられるのやだから、もちっと追い詰めとくね。

ヴォラちゃんとの論争の現状を、ありのままに示します。

うそだと思われる方は、このスレだけですべて辿れるから、辿ってみてね。

@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

「意味がわからない」を繰り返した後、「辞書で調べろ」として逃げてます。
これに対し、同一性は「判断」に関わるから、辞書には載っていないと反論
しました。

その後、再反論なく放置

A「個人的体験は、それを体験した人以外でも知りうる」に訂正するのですね?

に至っては、完全無視です。一応、私見を述べれば、明らかに訂正せざるを得なく
なる主張をしてしまっています。しかしこれは、ヴォラチャンを窮地に追いやって
ます。なぜなら、体験の私秘性は、ヴォラチャンの主張の眼目にあるからです。

以上。みんな、この論争の行く末を楽しみに。(^-^)/~ヴォナねん☆彡


360 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 01:52:37 ID:p15hv14T
いちいち答えなくてもぼらのレス読めばわかるだろ
わかんないのは君の勉強不足だ
粘着ウザス


361 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 01:59:10 ID:skQlpgJG
↑どこをどう読めばわかるのかな?教えてワン!

@はYes・AはNoかな?ぷ。

362 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 02:04:45 ID:p15hv14T
だから
@はわからない
Aは>>249 で答えてんジャン
Aは条件ととのえばYESだろ
わからないのは逃げてるとは違うだろ

363 :コミ乳スト:2006/09/24(日) 02:12:43 ID:Fwk/yKO4
宗教は在日の温床になっている金正日は創価を崇拝している共栄イズデット幸福の科学マンセイ

364 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 02:32:35 ID:skQlpgJG
>>362
>@はわからない
>わからないのは逃げてるとは違うだろ

あなたの国語力に疑念。ヴォラチャンはね、答えがわからないとは一回も
言ってないんだよ。質問の意味がわからない、といってるんだからね。
しかるに、@の質問の意味がわからんなんてありえますか?
これくらい中学生でもわかるよん。

>Aは>>249 で答えてんジャン

こたえてません。>>224をたどってごらん。224の答えを受けた再質問だからね。
ヴォラチャンが、論点をするする変えて、馬脚を現した様がわかるから。

しかし、あなたのように、ちゃんと答えてくれる度胸がヴォラチャンにあれば
いいんだけどね。いや、もしやあなたは。。。



365 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 02:38:15 ID:EvkA2r17
阿弥陀仏にも粘着して救われてね

366 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 02:50:15 ID:skQlpgJG
↑はい、そうします。

粘着って褒め言葉だよね。
無責任ないいっぱなしがおおい2chの方々、もっと粘着してくださいね。
最低、ヴォラチャン程度のコテハンでもつけて、発言者の同一性でも示すべきで
しょう。その点、ヴォラチャンは立派だよね。

■ヴォラチャンへ■

以前、ここのカキコで、貴方は逃げないことを誰かに評価されてましたね。

ほう、立派な方だ!と思いました。なので、ちょっと質問してみました。

きっと、最後まで議論を続けてくれる方だと今でも信じてます。

よろしくね。ヴォラちん!



367 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 03:02:52 ID:uEt9uMto
>>343秋鯔〜☆彡さん
荒れてる中、貴重な書き込み乙&トンクスです
私個人の思いですが、もし親鸞聖人のみ教えを正しくお伝えしたいというのが本当なら、
相手の主張を歪曲して受け止め、一方的に勝利宣言するなどという方法を取るのだろうかと
疑問に思います
「親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか」というブログが立ち上げられたのは
大きな出来事でしたね GJというしかないです

あと、信仰の在り方を追求するはずの団体が、
気が付けば身分詐称・偽装サークルでの学生勧誘とマインドコントロールまがいの組織の中身、
無駄な箱物作りの為の強引な金集め、批判意見握り潰しの為のネット対策
(ネット対策ってどれだけ効果上がってるんだろう)、
一皮めくれば丸分かりの会内の身分制度、といったマイナス面を抱え込むようになったのは奇妙だと思いました
これが親鸞さんを先生と仰ぎ、信心を本とする組織のなれの果て?って…
なんかむしろ薬物の運び屋・売人とか、スパムメール送信業者とか、裏ビデオ売り
みたいなアングラの臭いがキツイ気がするんですが。

もしかしたら色々と横車を押してきた結果、今さら後戻りも出来なくなって
蚕が自分の吐き出した糸に閉じ込められるように、身から出た錆でがんじがらめになって
落ちるところまで落ちるしかなくなってしまったのかもしれませんね

368 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 03:05:16 ID:EvkA2r17
この粘着君を見てると親鸞会って改めて異常だと感じるな こんな人間になってしまうのか

369 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 03:58:01 ID:lKPLZBcw
まあ、「体験の有無が分からないということ」と「体験が有ること」は同じか別物か?
といえば自分が何を問うているか分かるでしょう。

370 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 04:23:40 ID:p15hv14T
>>364
俺はぼらじゃないよwww

@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

別物だろ
s会では体験がなければ信心決定できないんでしょ?
体験の有無はわからないけど奇跡的に体験できてるかもしれないから
信心決定してるかもね。まあそしたらすっきりはっきりするからわかるのかww

そんな天文学的な可能性だけを求めて。できなきゃ全員地獄行きでしょ
厳しい教えだねぇ、s会は。

あとはぼらに判断任せます。おれが言っても納得しないでしょ?




371 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 05:21:04 ID:p15hv14T
ちなみに
Aは末法である今に
自ら修行して悟りを開き、他心智通を得ればYESといえるが
末法なだけにまず無理なんで限りなくNOにちかいYESかな

そんなことより阿弥陀さんの心を聞きなさいよ



372 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 05:30:17 ID:SqzTOy7J
>>371
「限りなくNOに近いYES」なんて難しい言い回し、
この粘着には理解できないんじゃないか?w
それにしてもよくこんな人の言うこと聞けない奴の相手してやれるな。

373 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 05:41:12 ID:p15hv14T
そうだねww
YESかNOか「すっきりはっきり」しないと納得しないかも
まあもう俺は書くこと書いてすっきりしたんであとは知りません
ぼらが目当てだからね


374 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/24(日) 05:58:53 ID:skQlpgJG
>>370
>俺はぼらじゃないよwww

>@「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

>別物だろ

ええ、私もそう思います。では、なぜヴォラちゃんがそう明言しないのか、分かりますか?

明言したくない理由があるのですよ。

だから、こうやってヴォラチャンは逃げてるんですよ。これは重大な帰結を生みますからね。

あなたの仰るとおり、ヴォラチャン本人の返答を待ってるのです。そこからが
おもしろいよ。

>>368
>この粘着君を見てると親鸞会って改めて異常だと感じるな こんな人間になってしまうのか

勝手に会員にするな。だからアンチはバカだって言われてんだよ。
そんな単純リニアな思考がよくできるね。

アンチも一枚岩じゃないことがわからんのかな?バカなアンチとバカじゃない
アンチがいるってことだ。ヴォラチャンは上等なアンチだが、だからこそ議論
が面白いんよ。

375 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 06:17:38 ID:p15hv14T
もう書かないって言ったのに書いちゃったよ
おれも暇だなぁ

>>374
「できもしない体験を求めさせられ」
と否定してるにもかかわらず
T森氏と同じ宗教体験が
偶然できてしまうかもしれない可能性のある矛盾が指摘したいのかね

まあ可能性がゼロなわけではないから矛盾しとるかもしれんが
ボラはH願寺の坊主だから、はなから自分の宗教体験なんてあてにしてないだろ

粘着してただ論破したいならわかるが
あんまり意味を成さないんじゃない?

376 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 07:26:05 ID:9iBDKpqY
>>356
>というか高価なパソコンを使ってインターネットしてるあなたが
>1円も出せないとは考えられないのだが
いまどきネットなんて500円のネットカフェからでもできるが。
会の活動って500円で出来る類のものなの?


377 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 07:35:21 ID:MGZFiTHg
書き込みくらいなら安ーいボロパソコンでもできる。

378 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 07:40:28 ID:9iBDKpqY
>>356
ところで御報謝出来ない人間は信心決定できるんですか?
あなたの答えを聞かせてください。

景気はよくなったとは言えフリーター等の低所得者には
会の活動は経済的にきついと思うが。


379 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 08:18:36 ID:ZG3mUTI8
>>353
>>356
>>378
あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
その理由をお答えください。

380 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 08:54:21 ID:9iBDKpqY
>あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
>その理由をお答えください。
じゃあ我々のような知識の浅いものがS会以外の教えで
信心決定できるの?できないの?
出来ないという前提で聞いているのだから
穿った聞き方をすれば
御報謝しなくても会の活動はできるの?できないの?
出来るんであれば格安で活動できる仕方を教えてください。
379さん逃げずに答えてください。

381 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/24(日) 09:08:37 ID:cq1pFGbd
>>渡海難氏に出演を交渉中

? (・_・?)
  何も連絡ないよ。 ネタかな?
  もし、連絡事項があるなら → tkatasi@mail.goo.ne.jp

382 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/24(日) 09:12:45 ID:cq1pFGbd
>>381
>>355 を引用しました。

383 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 10:38:12 ID:F3hyDoBK
ぼらさん張り付き粘着ネット対策のキティちゃん、
まだがんばってるのか。あふぉやな。
やればやるほど・・・・

とおもうが、ま、がんがれや。

384 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 11:49:35 ID:fRCPzkG0
>>380
>出来ないという前提で聞いているのだから
なぜ、出来ないという前提にたつのかその理由をお答えください。
380さん逃げずに答えてください。

>>353
>>356
>>378
>>380
あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
その理由をお答えください。

385 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 12:02:51 ID:9iBDKpqY
>>384
くだらない泥仕合だな。
君はS会以外の教えで信心決定出来ると言うことを認めるのか?
できるんなら会の存在価値が無いな。
いまだどこかの宗教とかわりないダミーサークル勧誘をやったり
金がかかって仕方ない。


386 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 12:19:13 ID:9iBDKpqY
>>384
お金のことを言うことは愚問だとわかってあえて聞くが
少なくとも就業前の学生に経済的負担を与えること自体
君はどうかしていると思わないのか?
だから貧乏人でも出来るのか?と聞いているのだ
詭弁を使わず答えなさい。

387 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 15:10:51 ID:xJiIZCsT
あぁ
こうして連休が
2chと共に終わっていく...


388 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 16:14:09 ID:kOUIonW5
http://www.shinrankai.net/

389 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 17:22:45 ID:pDI8q1Ln
親鸞会のお金の問題については、以下のような資料があるね。

親鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze1.html

正本堂建立御報謝
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze2.html

必殺育成法 第6節「聞き出す」
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

録音資料
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html
・親鸞会学友部夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献金)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友部幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への入会を勧める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参加を呼びかけています。 (5分00秒・平成11年録音)





390 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 17:25:48 ID:pDI8q1Ln
>>384
>あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
>その理由をお答えください。

第3者ですが、あなたは信心獲得と財施は関係ないと思っているのですか?それともあると思っているのですか?
関係ないと思っているなら、なぜ信心獲得に関係のない財施を、親鸞会では勧められるのですか?

391 :名無しさん@ろ周年:2006/09/24(日) 17:57:44 ID:jJWiYQsv
親鸞会のお金の門題については、以下のような資糧があるね。

親鸞会ではどのくらいお全がかかるのか
http://zhinrahkai.mandai.nukenin.jp/naze1.html

正本堂健立御報射
http://zhlnrankai.mondai.nukenin.jp/naze2.html

必殺育城法 弟6節「聞き出す」
http://zhinrahkai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

縁音資料
http://zhinronkai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html
・親鸞会学友倍夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献立)額などを通して、受講車の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生がろ人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友倍幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への人会を進める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参迦を呼びかけています。 (5分00秒・平成19年録音)



392 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 18:06:07 ID:pDI8q1Ln
>>391
再度、引用ありがとうございます。でも、少し文字が間違っていましたよ。
かなりあわてておられたんでしょうね。おちついて作業して下さいね。正しいものをもう一度載せますね。


親鸞会のお金の問題については、以下のような資料があります。

親鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze1.html

正本堂建立御報謝
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze2.html

必殺育成法 第6節「聞き出す」
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

録音資料
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html
・親鸞会学友部夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献金)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友部幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への入会を勧める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参加を呼びかけています。 (5分00秒・平成11年録音)





393 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 19:19:34 ID:HUW1VE94
こんなくだらんことに労力使ってるヒマがあるなら
少しでも働いて御報謝しる

394 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 19:50:10 ID:qPI95iQ4
>>390
>関係ないと思っているなら、なぜ信心獲得に関係のない
>財施を、親鸞会では勧められるのですか?

あなたは、親鸞会という団体が財施を勧めたら、それは
信心獲得と財施が関係ある事になると思っているのですか?


>>353
>>356
>>378
>>380
>>390
あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
その理由をお答えください。


395 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 19:51:56 ID:21llKQ2a
↓これは絶対ウソ。

396 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 19:54:06 ID:c5Qkiogx
M晴は不倫なんかしてません

397 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 20:46:17 ID:l+AQMetZ
>>396

会長降臨乙!

398 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 21:22:01 ID:pDI8q1Ln
>>394
>>関係ないと思っているなら、なぜ信心獲得に関係のない
>>財施を、親鸞会では勧められるのですか?
>
>あなたは、親鸞会という団体が財施を勧めたら、それは
>信心獲得と財施が関係ある事になると思っているのですか?

>>353
>>356
>>378
>>380
>>390
>あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
>その理由をお答えください。


ID:qPI95iQ4さん、私は「信心獲得と財施が関係ある」とは言っていませんよ。
ちなみに、「関係ない」とも言っていません。
あなたに、「信心獲得と財施は関係あるのか、ないのか、教えてほしい」と言ったのです。

確認ですが、「信心獲得と財施は関係ない」のですね。それでよろしいでしょうか?
ちなみに、あなたは親鸞会の会員さんですか?


399 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 21:40:13 ID:govVgVGE
今日、子牛に呼び出されて、「なぜやめた」にメール送ったことを問いただされた。
なぜ分かったんだ?

400 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 21:43:19 ID:q4EGLAEg
>399
誰かに他言した覚えは?


401 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 21:59:05 ID:govVgVGE
>>400
なかったと思う。

402 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 22:25:08 ID:mHfaGx7o
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)


403 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 22:26:56 ID:mHfaGx7o
「世の中には生きながら心の死んでいる者がいる」(吉田松陰)


404 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 22:27:47 ID:mHfaGx7o
人間、命かけてでもやらねばならないことがある

405 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 23:05:47 ID:EvkA2r17
それは果たして親鸞会に多額の財施をすることだろうか? それともダミーサークルに勧誘することだろうか?

406 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 23:41:42 ID:anwVC+NK
今なにの話してんの??

407 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 23:45:01 ID:O+4ScXLf
>>403
宗教なんてものにかまけて組織に操られるだけの人間なんて、
生きながらにして心が死んでるようなものだよ。

408 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 23:47:40 ID:govVgVGE
俺だけなのか?
他に、メール送ったことがバレた人いる?

409 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 23:51:38 ID:z6BZhiKr
>>408
管理人自身の偽装がバレていると思うが。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


410 :秋鯔〜☆彡:2006/09/25(月) 00:17:49 ID:QNXVHh/g
>>366
つ〜かさ、質問自体、主語がなんかもわからんわけよ。
なんやっけ、「体験の有無が知覚できるかできないか」と
「体験そのものがない」は同じか否かやっけ。上のものは、自分の体験の有無を
自分で知覚できるかできないか?とゆ〜意味なん?だとすると、
果たして知覚のない体験などあるんかいな、ってことになって、
設問自体意味不明。だいたい曖昧でいろいろな事にとれる
君の問題設定が問題なんよ。あと、もひとつの奴、「体験できるわけない」と「可能性がある」
矛盾してへんか?ってことやね。仏教では、理と事とゆ〜考え方がある。
理は、道理。事は、実際。簡単にゆ〜のならば、
理で、いくら悟りが開けるゆ〜ても、
事として、可能でなければ意味がないってことね。
理としては「他者と同一の経験可能」とゆ〜ても、
事としては「不可能」。なんつったって、六神通が満足してなあかん
わけ、仏教徒としては。ちなみに、親鸞聖人の聖・浄の分け方も
この理・事の判で分けられとると思われまっせ。
(-_-)zzお彼岸参り疲れや〜☆彡

411 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 00:24:26 ID:YwDKREF0
ま、会員の方は自分で
「体験が有るかどうかわからない」
と言ってるんだから
自分で自分をその程度の教えと貶めているようなもんですよ。

412 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 00:56:36 ID:KD6H57aI
ヴォラチャンから回答が寄せられたーーーーーーー!!!

■質問@■
「体験の有無が分からないということ」と「体験が無いこと」は同じか別物か?

■回答■
>質問自体、主語がなんかもわからんわけよ。
>なんやっけ、「体験の有無が知覚できるかできないか」と
>「体験そのものがない」は同じか否かやっけ。上のものは、自分の体験の有無を
>自分で知覚できるかできないか?とゆ〜意味なん?

ようやく進展しそうですね。わからないなら最初からこうやって聞いてちょうだいね。

そういう意味ではありません。「他人からして信心決定の体験の有無が分からない」
ということと、「信心決定したと自覚する人(本人)の体験は偽りであるということ」
が同じかどうかを質しています。

■質問A■
「個人的体験は、それを体験した人以外でも知りうる」に訂正するのですね?

■回答■
>理で、いくら悟りが開けるゆ〜ても、事として、可能でなければ意味がないってことね。
>理としては「他者と同一の経験可能」とゆ〜ても、事としては「不可能」。

「事として不可能」ということは、やはり「我々」には他者の体験は決して
知りえない、ということでいいのですね?

それでは、これを前提に答えてください。まとめます。
■質問■
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?

413 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 01:19:01 ID:jybwN6oj
>>394
いかに崇高な理想を抱えて、唯一そこでしか救われない教え
だとしても結局、お金があるものしか活動が出来ない
システムである以上その神や仏は人を選んでいると言わざるえない。
いやらしく言えばその教祖は金のあるものにしか用が
ないのだろう。別に成人ならお金はどう使おうが勝手だからいいけど
経済能力の無い学生となると話は別だな
「2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた」←万一
これが本当なら君の
「あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?」
の答えが自ずと導かれるだろう。
何か反論があるなら言ってくれ。

414 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 02:12:45 ID:nv9ODK1Q
>413
講師に、金をたくさん出した人が前で話を聞けるというのは、

信仰の深さが金で計られているのと同じではないか、と質問したことがある。

最初は「遠方から来ている人が、わざわざ大変な思いをしてしかも

後ろの方で話を聞く羽目になったら、

それは富山までの距離によって差別していることになる」と言う回答だった。

でもやはり納得できないとごねてみると、最終的には

「本人が納得しているからいいのではないか」と言う回答になった。

私は絶句した。

415 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 05:18:59 ID:cQ6idkkG
募金とは、その使用目的より、「募金活動に関わる奴らの生活する手段」
として「利用される」ことがほとんどである!  by トルストイ 。

財施とは、その使用目的より、「財施活動を仕切る奴らの生活する手段」
として「利用される」ことがほとんどである!  by s会敗残兵 。



416 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 07:33:59 ID:3lwUS8Dg
↓こいつ、かなりアホ。

417 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 08:12:51 ID:kclpck4l
AAスレ消えたか。
隔離スレより下品なスレ先に消せよ…

418 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 09:30:28 ID:m6tCwyGM
本当に助けたことになるのかと言う人もいましたね。 募金活動のことをはなしたら



419 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 10:31:30 ID:Mu0MAyg5
本当に助かるというのは、なかなか難しい事だろうな

420 :秋鯔〜☆彡:2006/09/25(月) 11:25:29 ID:QNXVHh/g
乙〜♪電車ん中〜
>>367
ほんにそうやね。お彼岸期間が終わったら、「どちらがウソか」
って本を分析してみるつもり。ま、期待しないで待っててねん♪
>>412
う〜ん、質問者の態度としてど〜なんやろ?「最初っから
そうゆえばいいのに」ってのは?曖昧な問いを出してるのは
あなたなのだから、責任はあなたにあるはずなのに。
H願寺派には、夏安居ゆうて安心論題・教義論題について
研鑚する期間があって、その中で、解読ちゅうて、問者と答者に分かれての
問答がある。ほんに難しいんは、答者でなく問者とゆわれる。
曖昧な質問・典拠なき質問・また自問自答した結論を是と決め付け、
その結論をもとに質問することは許されない。そ〜ゆ〜意味で、
いわゆる自説が有利になるように材料を集めて、何でも利用する
競技としてのいわゆるディベートとは目的も本質も異とゆわねばならぬ。
ま、まずはあなたの領解をゆうてみ。その上で質問すれば、
こっちも、なるほどと思うかもしれへんし、そらちゃうでとなるかもしれん。
んなの人と人が会話する上で当たり前のことちゃうん?
つまらん技法使わず、正面からどんとおいで〜な。
(^-^)/~ホナねん♪


421 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 11:29:25 ID:ta5gySHn

新スレ早く立てろヴォケ!!!

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1158239233/



ERROR:このスレッドは512kを超えているので書けません!

ホストXXXXX XX XXXXX XXXX XXXXX XXX.XXXX.ne.jp

名前:
E-mail:
内容:




こちらでリロードしてください。 GO!
分からないことがあったら2ちゃんねるガイドへ。。。

アクセス規制・プロキシー制限等規制は、2ちゃんねるビューア を使うと回避できることがあります。
自分で解決してみよう! 書き込めない時の早見表


422 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 12:37:55 ID:FQ6XuSuy
         -、            ,.-、
        ./  .\          /  ヽ
       /    ;ゝ--──-- 、._/    .|
       /,.-‐''"´          \   |
     /                ヽ、 |
    /  ●                ヽ|
     l       (_人__ノ         ●   l いや、そんな事
    .|  ´´    |   /            | 言われても
     l        ヽ_/         ´´  l ウチ猫やし
    ` 、                    /
      `ー 、__              /
          `'''ー‐‐──‐┬‐‐'''""
           /      |
           /        |


423 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 14:53:25 ID:0e3c2VWl
像法のときの智人も 自力の諸教をさしおきて
     時機相応の法なれば 念仏門にぞいりたまふ


424 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 14:54:04 ID:0e3c2VWl
弥陀の尊号となへつつ 信楽まことにうるひとは
     憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもひあり


425 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 14:54:39 ID:0e3c2VWl
五濁悪世の有情の 選択本願信ずれば
     不可称不可説不可思議の 功徳は行者の身にみてり


426 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 15:52:42 ID:n58iXxvW
アンチのコピペにはいい加減うんざりです

427 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 16:22:56 ID:kclpck4l
>>426
悪いことはみんなアンチの仕業にしたがる貴方にはうんざりです

428 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 16:26:42 ID:MEyfinBd
再度、引用ありがとうございます。でも、小し文字が間偉っていましたよ。
かないあわてておられたんでしょうね。もちついて作業して下さいね。正しいものをもう1度乗せますね。


新鸞会のお全の問題については、烏賊のような飼料があります。

新鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankal.mondal.nukenin.ip/naze1.html

正木堂健立御報射
http://shinrankal.mondai.nukenin.ip/naze2.html

心殺育成去 第6節「聞き出川っす」
http://shinrankal.hp.infoseek.co.ip/data/ikuseihou.pdf
(上宿生の送りの聞き出し片など)

縁音資源
http://shinrankal.hp.infoseek.co.ip/recdata.html
・新鸞会学友部梅雨合宿(3)
  正木堂の御報謝(献血)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う肉容です。
  2年生で100円以上の御報謝を希望した学生がろ人いた、などの話が出てきます。
                                   (4月48秒・平成44年録音)
・新鸞会学友部幹部怪談(Z)
  学友部幹倍に、より一層の顕正戦(新鸞会への人会を勧める戦い)と御報謝(献血)への
  積極的酸化を呼びかけています。 (5日00秒・平成23年録音)


429 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 16:57:24 ID:n58iXxvW
>>428
リンク切れしとる・・・www
とうとう潰されちゃったみたいだね
やはり自因自果間違いなしということか

430 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 17:04:37 ID:KD6H57aI
>>420
>まずはあなたの領解をゆうてみ。

1. 信の一念が無いことの主張について
1-1. 信の一念が無いことを証明することはできない。なぜなら、無の証明は、
数学的な演繹的領野を除けば不可能であり、かつ体験は演繹的領野ではな
いからである。
1-2. したがって、無いことを断言すること、また無いと断言する他者を信ず
ることは誤りである。


431 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 17:05:15 ID:KD6H57aI
つづき
2. 信の一念が有ることの主張について
信の一念が有ることを主張することは、二つの仕方で可能である。
第一は、自らそれを体験することによって。
第二は、他者が体験したことを信ずること(信憑)によって。

2-1. 第一につき、
2-1-1. この体験が実在するかは、本人以外には不明である。
2-1-2. 実在したとして、本人は信の一念が有ることを体験をもって知り、有
について断言可能となる。
2-1-3. 実在したとして、この体験を他者に証明することは絶対的に不可能で
ある。体験は個人においてあるものだからである。

2-2. 第二につき、
2-2-1. 他者の体験の信憑に基づく主張は、可能である。理由は、有はいかな
る場合でも信ずることができるからである(1-2との非対称性に注意)。
2-2-2. 他者の体験の信憑に基づく主張は正しいわけではない。理由は、他者
の体験の真偽が、2-1-3により、明らかでないからである。
2-2-3. しかし、他者の体験の信憑に基づく「親鸞会の」主張は一般の信憑と
は区別されねばならない。なぜなら、親鸞会の信憑は、将来自らも体験
し、検証するであろうという推測の上での信憑であるから、検証可能性
に基づく信憑であると言え、一般的な宗教的信仰とは決定的に異なる。


432 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 17:06:03 ID:KD6H57aI
つづき
3. 結論
信の一念が有るか無いか。体験ある人には有ると言える(2-1-2)。無い人には有
ることも(2-2-2)、無いことも(1-2)断定はできない。だが、有ることについて、
断定はできずとも主張することは可能である(2-2-1)。そして親鸞会会員がその
可能性に賭ける理由がある(2-2-3)。

さらにまとめましょう。無いと断定することは誤りである。他方、有る可能性は
あるのだから、その可能性は尊重せねばならない。とすれば、親鸞会や高森氏を
頭ごなしに否定することはできなくなるはずだと考えます。

433 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:19:13 ID:kclpck4l
>>429
そりゃアドレスわざと書き換えてあるから。
本当のアドレスにはちゃんと残ってる。潰れる理由もないし。
こうやって都合の悪いページが潰れたように見せかけたいんだろうね、君達は。

434 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:26:18 ID:n58iXxvW
>>433
なんだ、URLが違ってたのか・・・(´・ω・`)
正直残念だけど、わざとだっていうのは証拠はあるの?
単なるアドレス間違いだと思うけど?

435 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 17:30:19 ID:KD6H57aI
>>430-432というわけで、ヴォラチャン、もう答えねばなりませんよ。

■質問■
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?


436 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:40:05 ID:kclpck4l
>>434
わざとで無いと思うわけ?普通に変換したら絶対出ないような
漢字の書き換えしまくってるあれが?w
つか何で残念なの?読んで側の反論が反論になってないから?

437 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:43:33 ID:cJGsQJAO
「この世をばわが世とぞ思う望月のかけたることもなしと思へば」(藤原道長)


438 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 17:44:49 ID:KD6H57aI
>>420
>H願寺派には、夏安居ゆうて安心論題・教義論題について研鑚する期間があっ
>て、(引用者中略)いわゆるディベートとは目的も本質も異とゆわねばならぬ。

貴方は、私が本願寺派だと思っているのですか?そんな内輪のルールは知りません。

私はそもそもあなたに「教えを乞う」という態度をとってません。積極的に貴方の
主張の矛盾点を発見し、これを攻撃しようとしているのですよ。それは、看過しえない
問題が貴方の主張に含まれていたからです。つまり、私はディベートをしようとしてい
るのです。貴方が勝手に「目的も本質も異」として不問に付したディベートの目的と本質
を言いましょう。debateとは、相手を打ち(bate)下す(de)ことです。貴方の「有りがたい
ご返答を仰いで」るのではありません。

では返答よろしく

439 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:45:13 ID:cJGsQJAO
「何ごとも夢まぼろしと思ひ知る 身にはうれひもよろこびもなし」


440 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 17:45:57 ID:cJGsQJAO
人間はただ電光朝露の夢幻の間の楽ぞかし。

441 :秋鯔〜☆彡:2006/09/25(月) 18:02:52 ID:QNXVHh/g
はいはい、乙彼、乙彼。
>>438
ならば、答える必要はない罠。この掲示板及びスレの主旨とちゃうやん。
詳しくは詭弁のガイドライン及び、板ガイドライン参照のこと。
ぐぐればでてくるよん。討論板ゆ〜んもある鴨しれんから、
そこで同じ趣味の方と飽きるまでされたらよろしおすなぁ。
>>432
まず、信の一念とは何なん?そ〜ゆ〜とこから考えんとね。
あなたのおっしゃる信一念の概念規定が果たして、教行信証でゆ〜とこの
概念規定と同じとゆえるのかしらん?
あと、あなたの証明したのは「鰯の頭も信心から」ってことやないの?
その推量に基づく求道でおっけーであるならば、オ●ムであろうが、
S価であろうが、摂●であろうが皆おっけってことになりゃしまへん?
批判もでけんっつ〜ことにもなるんかね。あと、あなたがもし
「仏教徒」であるならば、自然科学のルールではなく、
仏教独自のルールをもって検討すべきやないのかな?
(^-^)/~ホナねん♪


442 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 18:32:07 ID:KD6H57aI
■今日も・また・また・逃亡・秋ヴォラチャン■

■質問■
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?

に対する答えはどこに行ったのですかね?のらりくらり逃げてると、そのうち
卑怯といわれますよ。私はちゃんと貴方の質問に答えています。貴方は逃げの
一手ですね。

>>441
>ならば、答える必要はない罠。この掲示板及びスレの主旨とちゃうやん。

貴方にとって、ディベート=詭弁なのですか?思考が飛躍してますよ。



443 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 18:33:56 ID:KD6H57aI
つづき
■ヴォラチャンからの質問■
>信の一念とは何なん?(引用者中略)あなたの証明したのは「鰯の頭も信心か
ら」ってことやないの? (同)オ●ムであろうが、S価であろうが、摂●であ
ろうが皆おっけってことになりゃしまへん? 批判もでけんっつ〜ことにもなるんかね。

■返答■
上でいう信の一念とは「親鸞会の主張するところの」信の一念です。
つまり、驚天動地の「絶対的」救済、不退転の「異常な」体験を指します。
ということは、こうした「絶対的」「異常な」体験を主張するならば、その体験自体は
「批判もでけんっつ〜ことに」なります。これが論理的帰結です。批判ができる
対象は、「教義内容」「反社会的行為」となります。

最後に
>「仏教徒」であるならば、自然科学のルールではなく、
>仏教独自のルールをもって検討すべきやないのかな?

とのことですが、残念ながら、私は元仏教徒です。いや、正確には元親鸞会会員
です。なので、親鸞会の弁護には無関心です。上の諸テーゼの帰結が親鸞会に有利
な方向に終結しているのは、有無の非対称性から導かれたにすぎず、価値判断に
基づくものではありません。

基本的に論理の正確な運用だけが私の関心事です。あなたの主張には、論理的
な問題が含まれていると考えています。

444 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:54:24 ID:649wIP/1
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親
親鸞会では葬式は一切しておりませんせまりおてし切一は式葬はで会鸞親

445 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:54:54 ID:+wxxWhR6
バカ親の息子の痴人も 嫁の凶狐をさしおきて
間男ばれて叱られて 家の謹慎命ぜらる

目標人数となへつつ 参詣人数まことにうるひとは
会内出世の心つねにして 他人を見下すおもひあり

ダミー勧誘の会員の バカ親の教え信ずれば
一生組織の奴隷は 報いで自業苦に沈みけり


446 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:55:18 ID:649wIP/1
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません

447 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:57:07 ID:+wxxWhR6
「この世をばわが世とぞ思う

マスのかきたることもなしと思へば」(M春)


448 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 18:59:31 ID:649wIP/1
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません
んせまりおてし切一は式葬はで会鸞親鸞会では葬式は一切しておりません

449 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 19:11:43 ID:649wIP/1
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本
本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本本

450 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 19:12:36 ID:649wIP/1
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願
願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願願

451 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 19:22:22 ID:649wIP/1
♪ 尊師のために
《アパーヤジャハ正悟師作曲》
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/mp3/tameni.mp3

尊師のために生まれてきたんだ 尊師のために死ぬのは喜び
  尊師のために奮闘精進 尊師の教えで全てを生きる


※「わたしたちの最終の目的、それは絶対に壊れない心を作り上げることである。
 いかなる情報、いかなる条件であろうとも壊れない心を作り上げることである。」

 「煩悩は必ず消滅する。なぜならば、煩悩は有限だからである。」

 「愛情というのは妥協があるんだね。愛というのは妥協がないんだ。
 そして、その心の働きには、相手の魂の成長を願う、本当に早く偉大な、
 そして深みのある魂に成長してほしいなと思う、その心の働きがあると思います。」

 「わたしたちが具足したすべてのものが、わたしたち以外の苦しめる魂の救済の道具に変わったとき、
 わたしたちは真に幸福になったということがいえる。」


452 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 19:31:30 ID:649wIP/1
尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精
進尊師の教えで全てを生きる 尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死
ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる 尊師のために生
まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで
全てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師の
ために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師
のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師の
ために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師
の教えで全てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜
び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師のために生まれてきた
んだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生き
る尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘
精進尊師の教えで全てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死
ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師のために生ま
れてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全
てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のた
めに奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師のために生まれてきたんだ尊師の
ために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の教えで全てを生きる尊師のた
めに生まれてきたんだ尊師のために死ぬのは喜び尊師のために奮闘精進尊師の


453 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 20:03:03 ID:n58iXxvW
丹波哲郎も大霊界なんてものを信じ、裏切られ、
人生の目的を達成することなく死んだ。
余りにもあっけなかった。

454 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 20:54:52 ID:GV7IT2M5
>>429
>リンク切れしとる・・・wwwとうとう潰されちゃったみたいだね
>やはり自因自果間違いなしということか
>
>>434
>なんだ、URLが違ってたのか・・・(´・ω・`)正直残念だけど、わざとだっていうのは証拠はあるの?
>単なるアドレス間違いだと思うけど?

間違いを訂正しておきましたよ。どうぞ、ご覧下さい。

親鸞会のお金の問題については、以下のような資料があります。

親鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze1.html

正本堂建立御報謝
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze2.html

必殺育成法 第6節「聞き出す」
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

録音資料 http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html
・親鸞会学友部夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献金)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友部幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への入会を勧める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参加を呼びかけています。 (5分00秒・平成11年録音)



455 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 20:55:53 ID:GV7IT2M5
これって誰か、答えられる会員いないのかな〜。

398 :名無しさん@3周年 :2006/09/24(日) 21:22:01 ID:pDI8q1Ln
>>394
>>関係ないと思っているなら、なぜ信心獲得に関係のない
>>財施を、親鸞会では勧められるのですか?
>
>あなたは、親鸞会という団体が財施を勧めたら、それは
>信心獲得と財施が関係ある事になると思っているのですか?

>>353
>>356
>>378
>>380
>>390
>あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
>その理由をお答えください。

ID:qPI95iQ4さん、私は「信心獲得と財施が関係ある」とは言っていませんよ。
ちなみに、「関係ない」とも言っていません。あなたに、「信心獲得と財施は関係あるのか、ないのか、教えてほしい」と言ったのです。

確認ですが、「信心獲得と財施は関係ない」のですね。それでよろしいでしょうか?
ちなみに、あなたは親鸞会の会員さんですか?


456 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 21:29:46 ID:JG2veBPO
ていうか
有ると無いの証明可能性や難易度の問題と
有る可能性、無い可能性そのものの問題が
ごっちゃにされてるよな

457 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 21:51:01 ID:2Z3aJafL
>>441

そうですね。ボラさんの言う通り。

ヴォラ追及って親鸞会の会員でしょ?
まあ、可哀想だなって思いますわ。
破邪だか何だか知らんが、あの態度自体が己の心が揺れてる証拠w


458 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:21:45 ID:kwn36A6i
>>429
>リンク切れしとる・・・wwwとうとう潰されちゃったみたいだね
>やはり自因自果間違いなしということか
>
>>434
>なんだ、URLが違ってたのか・・・(´・ω・`)正直残念だけど、わざとだっていうのは証拠はあるの?
>単なるアドレス間違いだと思うけど?

間違いを訂正しておきましたよ。どうぞ、ご覧下さい。

親鸞会のお金の問題については、以下のような資料があります。

親鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankaj.mondal.nukenin.ip/naze1.html

正本堂建立御報謝
http://shlnrankai.mondai.nukenin.ip/naze2.html

必殺育成法 第6節「聞き出す」
http://shlnrankai.np.infoseek.eo.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

録音資料 http://shinrankai.hb.infoseek.co.ja/recdata.html
・親鸞会学友部夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献金)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友部幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への入会を勧める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参加を呼びかけています。 (5分00秒・平成11年録音)


459 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/25(月) 22:29:33 ID:cNT6c260
>>458

またしょうもないことをやっとるな。

460 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/25(月) 22:38:02 ID:KD6H57aI
>>457
>そうですね。ボラさんの言う通り。

自分で何か主張でもしてみたら?みっともないよ。ヴォラチャンの尻馬にのって
騒いでるのね。

>ヴォラ追及って親鸞会の会員でしょ?

相変わらず単純な人だね。まあ、可哀想だなって思いますわ。

461 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:46:11 ID:sZmLnV3I
随分とスレが整理されたみたいだね。

462 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:54:13 ID:sZmLnV3I
おっ、浅川進じゃん!

463 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:55:16 ID:zqYuzRPf
>>459
ほんま、またしょうもない偽装をやっとるよ。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


464 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/25(月) 23:06:28 ID:cNT6c260
>>463
ほんま、またしょうもない偽装をやっとるよ。
>>458 >>428等 ww

465 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:23:25 ID:cy4XaSMw
>>456
ほんと、ほんと

466 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:24:25 ID:EXztDF33

♪ 尊師のために

《アパーヤジャハ正悟師作曲》
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/mp3/tameni.mp3


尊師のために生まれてきたんだ 尊師のために死ぬのは喜び

  尊師のために奮闘精進 尊師の教えで全てを生きる



※「わたしたちの最終の目的、それは絶対に壊れない心を作り上げることである。
 いかなる情報、いかなる条件であろうとも壊れない心を作り上げることである。」


 「煩悩は必ず消滅する。なぜならば、煩悩は有限だからである。」


 「愛情というのは妥協があるんだね。愛というのは妥協がないんだ。
 そして、その心の働きには、相手の魂の成長を願う、本当に早く偉大な、
 そして深みのある魂に成長してほしいなと思う、その心の働きがあると思います。」


 「わたしたちが具足したすべてのものが、わたしたち以外の苦しめる魂の救済の道具に変わったとき、
 わたしたちは真に幸福になったということがいえる。」






467 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 00:10:03 ID:cuER/BJ2
偽装はお手の物
親鸞会
本仕込み

468 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 00:15:12 ID:UTBFs+sn
http://203.131.199.131:8020/HARUHI.m3u
何かMADが放映されてるな・・・

469 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 00:20:30 ID:5q0X1LLc
>>394
ID:qPI95iQ4
都合が悪い質問で逃走しましたね。

470 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 00:58:12 ID:rIIG2gvO
>>431
>2-2-3. しかし、他者の体験の信憑に基づく「親鸞会の」主張は一般の信憑と
>は区別されねばならない。なぜなら、親鸞会の信憑は、将来自らも体験
>し、検証するであろうという推測の上での信憑であるから、検証可能性
>に基づく信憑であると言え、一般的な宗教的信仰とは決定的に異なる。

これって、有ることしか前提にしてないけど、
無かったときの検証可能性ってあるんでしょうか?
死ぬまで無かったら無かったことの検証?にはならないよね会の論理だと。

ていうか推測の上での信憑てなに?無いだろうと推測する人もいるわけで。
無が証明不可能でも推測は出来るよ。

471 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:11:12 ID:wkbbjQfM
そんな事書くと君も粘着されるよ

472 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:24:32 ID:/xL8WDNO
2ちゃんで粘着してても世間には何の影響も与えられないよ

473 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:29:26 ID:q0TsXC8W
>>443
本人に論理性のカケラもないのに人のこと論理的じゃないとかお笑いとしか言いようがない
>>430-432とか論理的にみせかけただけのハリボテだし

474 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:33:01 ID:jldZXpSt
なんか凄い玉持ってんのかと思ったけど
結局理詰めかよ
頭で理解しようとしてるうちは阿弥陀さんの心はわからんよ

475 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:40:54 ID:n9XVWmzb
>474
多分そんなのを信仰って呼ぶんだよ。
で、それを好きな人と嫌いな人がきっといるんだよ。

476 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:44:39 ID:wkbbjQfM
473は多分ネンチャ君にどこがどうハリボテなのでしょうか?的なことを言われる

477 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/26(火) 01:48:09 ID:tZiymM0q
>>470
>無かったときの検証可能性ってあるんでしょうか?
>死ぬまで無かったら無かったことの検証?にはならないよね会の論理だと。

無かったときの検証可能性というのは、勿論ないですね。無いことは検証できません。
よって、死ぬまで無かったら、せっかく頑張ったけど「無駄死に」でしょう。
無論、「次の生で」云々…はありうる話です。

>無いだろうと推測する人もいるわけで。無が証明不可能でも推測は出来るよ。

そのとおりだと思います。私自身も無への推測をしている者です。しかし、無の
断定はできません。不可知論をとらざるをえません。

478 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/26(火) 01:49:03 ID:tZiymM0q
>>473は、どこがどうハリボテなのでしょうか?

479 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:49:52 ID:jldZXpSt
>>475
そうだね
信仰のあるひとと無い人の話がかみ合うわけが無い

480 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/26(火) 01:55:02 ID:tZiymM0q
>>474
>頭で理解しようとしてるうちは阿弥陀さんの心はわからんよ

残念ながら、私は今、浄土真宗に興味を失いました。頭で理解しようとしている
わけではないんです。ただ、矛盾した言論だけは、一応指摘しておきたいだけ
なんです。

ヴォラちゃんはこのスレでは一つの権威です。彼の教学はおそらく大変なものでしょう。
しかし、彼は自らの分限を超えた発言をしています。不可知にとどまるべき領野について
「打倒親鸞会」の価値観で横滑りして発言してしまった内容があるのです。

詳しくは、この論争の行く末を見守ってください。結構ヴォラチャンはうざがってますが、
おそらく、この「横滑り発言」を自覚しているものと思います。

481 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:58:56 ID:n9XVWmzb
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E

皆一度このウィキの記事を読んでくれ。
そして信心決定の経験の有無を論じることが
いかに難しいかを考えてくれ。

記事は既出かもしれんが、私には最近のやり取りが不毛に見えてならない。

482 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:59:01 ID:TujtdRWj
>>480
じゃあわざわざぼらに言わせなくても
問題の発言をコピペして論理的に指摘すればいいんじゃない?
具体的に横滑り発言を指摘してみてよ

483 :ヴォラ追及〜☆彡:2006/09/26(火) 02:03:01 ID:tZiymM0q
>>482
>具体的に横滑り発言を指摘してみてよ

あのね、ただでさえ逃げまくるヴォラチャンに、いきなりやったらのらくら逃げる
に決まってんのね。もうこっちはしっかりプランが立ってるんだからね。

急がずに見守っててちょうだいな。

484 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:03:05 ID:TujtdRWj
>>480
も一つ
それだけ普通に書けるんだから
もうすこし紳士的に挑発しないで書いたほうがいいんじゃない?
感情が混ざると正確な答えは出にくいよ

485 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:04:39 ID:th1ncf+J
ロボットのように疑問を持たなくなり、教えを忠実に守って行動するようになります。
そして勧誘や募金などに全生活を費やすのです。
嘘をつくことも平気です。なぜなら正しいことをしているのだから、そのために嘘をつくのも許されるからです。
ttp://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/maindo.html

486 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 02:05:01 ID:tZiymM0q
>>484
>もうすこし紳士的に挑発しないで書いたほうがいいんじゃない?

はい、今後気をつけます。コテハンも上に変更しました。

487 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 02:05:34 ID:tZiymM0q
>>484
>もうすこし紳士的に挑発しないで書いたほうがいいんじゃない?

はい、今後気をつけます。コテハンも上に変更します。

488 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:06:59 ID:TujtdRWj
>>486

まあなにを指摘するのか興味あるんで
見守らせていただきますね

489 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 02:12:04 ID:tZiymM0q
>>481
悪魔の証明ですね。

私の議論のバックボーンもこれです。

>信心決定の経験の有無を論じることがいかに難しいかを考えてくれ

はい。

>私には最近のやり取りが不毛に見えてならない

私もそう思います。しかし、「有無の議論」が不毛なのではないことに注意して
下さい。「無を前提して進められる議論」が不毛なのです。

490 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:21:51 ID:TujtdRWj
H願寺では
信心決定は法の側ではわかるが
機の側でははからいが混ざってまことのこころではないからわからない
ってことなのかな?
その立場で言えば自分がいくら決定したといっても嘘になるよね
どこまでいっても阿弥陀さんの側から考えることになるね


491 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 07:35:02 ID:3oPMCzv6
♪ 尊師のために 《アパーヤジャハ正悟師作曲》
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/mp3/tameni.mp3

尊師のために生まれてきたんだ

尊師のために死ぬのは喜び

尊師のために奮闘精進

尊師の教えで全てを生きる

わたしたちの最終の目的、それは絶対に壊れない心を作り上げることである。

いかなる情報、いかなる条件であろうとも壊れない心を作り上げることである。

煩悩は必ず消滅する。なぜならば、煩悩は有限だからである。

愛情というのは妥協があるんだね。愛というのは妥協がないんだ。

そして、その心の働きには、相手の魂の成長を願う、

本当に早く偉大な、そして深みのある魂に成長してほしいなと思う、

その心の働きがあると思います。

わたしたちが具足したすべてのものが、

わたしたち以外の苦しめる魂の救済の道具に変わったとき、

わたしたちは真に幸福になったということがいえる。

492 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 08:15:03 ID:po6L+u1L
「ぼらさんに疑問」って親鸞会の会員でしょ?

所詮、親鸞会も会長からして教学のバックボーンもないことが露呈しているわけで、
お気の毒だなって思います。

破邪というよりも、M春スキャンダルや会長盗作疑惑云々の話題そらし目的だ罠。


493 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 09:42:04 ID:UTBFs+sn
>>492
> 所詮、親鸞会も会長からして教学のバックボーンもないことが露呈しているわけで、
> お気の毒だなって思います。

高森先生は、一切経を読破しておられる方です。
そんじょそこらのボラと一緒にしないでほしいね。

494 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 10:14:41 ID:vyK30fDV


TV出演時に、教義の説明をいたしました。


http://www.youtube.com/watch?v=MXaqs4q8HXc




495 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 10:19:33 ID:OJkWy+zy
高森氏は一切経なんて読破してないだろ。

百歩譲って、獲信して、体験から正しい解釈が出来るとしてもね。

496 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 12:16:25 ID:vrU4lOio
>>495
>高森氏は一切経なんて読破してないだろ。

あたりまえのこと。
読破してたら、わざわざぱくる必要なんてない罠。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

497 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 12:24:14 ID:HefsyHX1
極限修行者は神様です みなさん神様になりましょう
極限修行は楽しいな 極限修行は楽しいな
日々の修習怠らず かならず解脱するんだぁ

498 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 12:39:45 ID:76nxRXbl
>>489
なんだ
無は証明できないだろう
だから有る
というような
会員が昔から使ってる屁理屈のバリエーションのひとつ。

499 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 12:50:54 ID:udalkQMC
親鸞会の正本堂の上には見えないかもしれませんが、巨大なウンコが有ります。
今の人間の科学力では認識できませんが、確かにあるのです。
とてもくさいにおいをはなっています。



500 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 13:12:05 ID:jzreKfVe
>>493

>高森先生は、一切経を読破しておられる方です。
>そんじょそこらのボラと一緒にしないでほしいね。

一切教読破した所で往生の因にはならんよw
真宗所為の経典を持って本とせねば。


501 :秋鯔〜☆彡:2006/09/26(火) 13:22:23 ID:bKmMfJhM
乙〜♪お彼岸参りも大詰め。夜の間にしゅごいことになっとったんねw。
>>443
ふ〜ん。漏れは別にあなたの論理的帰結には、さしたる用事は
ないんやけど。専門分野でもないし。あなたのルールを押し売りされても、
こっちは仏教のルールでモノゆうわけやから、噛み合うことはない罠。
ここはs会のスレ。で、会は、自分たちは仏教だとゆう。
さらに浄土真宗だとゆうてる。そらホンマかいな?ってとこが、
漏れの疑問の出発点であるわけ。聞けば、ダミサ活動や財施とゆう行為が、
教義として位置付けられとるそやないか。で、親鸞聖人は、
んなことゆ〜てへんやん!と、ゆわざるを得んやん。で、今に至ると。
あなたが論理的帰結として、推測による判断として、宗教体験を
求めていくんは別にあなたの勝手であって(漏れはお薦めできんが)、
それに基づいて、修行なりなんなりすりゃええ。それをとめる
権利などないんやから。ま、要するにあなたはスレ違いです。

502 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 14:03:49 ID:tZiymM0q
>>501
>こっちは仏教のルールでモノゆうわけやから

仏教のルールでは矛盾的な言説も許されるということでいいのですね?

貴方は私の追及に怖れをなして、ついに仏教の内部に撤退しましたね。

ならば、下手に仏教の外に出てくることはやめた方がいいですよ。

今しばらく追及いたします。前回の質問にも完全無視ですので、合わせて返答
下さい。

■質問■
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?
B 仏教のルールでは矛盾的な言説も許されるということでいいのですね?


503 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 14:04:47 ID:tZiymM0q
>>498
>無は証明できないだろう
>だから有る

うわ、頭ワルっ


504 :ぼらさんに疑問:2006/09/26(火) 14:11:48 ID:tZiymM0q
>>492
>「ぼらさんに疑問」って親鸞会の会員でしょ?

でたよ。単純思考。ぼらさんに文句つけたらだれでも会員なのか?

ここのスレっておもしろいよね。ぼらさんが法(もしくはスター)のようになってる。
ぼらさんに文句つけると、わんさか非難が轟々やってくるね。

あなたもちょっと自分で思考してみたらどう?

505 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:20:55 ID:qII1QS8g
明日も・・・・?






506 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:21:39 ID:qII1QS8g
やっぱり・・・・・・・・?








507 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:22:57 ID:YyKdPvLl
親鸞会は丹波哲郎のことを丹波教と言ってたな・・・


508 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:24:48 ID:qII1QS8g
不毛かなぁ・・・・・・・・・・・・?










509 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:45:55 ID:06p/80n1
>>504
ぼらさんのどこらへんに文句があったの?
今まで出てた質問は大したことなかったけど、
あなたはその質問の中で同意できるものがあった?



510 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:53:06 ID:cuER/BJ2
>>507

とどのつまりは教義がどうのこうのということは
表面的なことであって
育成が進むと
高森顕徹会長に服従するかどうか
が問われ重きが置かれるようになってくる。
そういう点では高森教といっても過言ではない!?

親鸞会の機関紙より
「我々は善知識高森会長先生に絶対服従し、その純度を競いつつ、破邪顕正に身を挺すべきである」


511 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 14:58:07 ID:YyKdPvLl
会長に対して命がけとかお疲れとかそいゆう言葉を使うだけでむかつきますね。


512 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 15:58:41 ID:O2iE+xS0

高森先生のお話の前に、ひとことお願い申し上げます

高森先生のお話中は、

513 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:33:48 ID:lFyo5M6q
>>502
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
「他者によって」という言葉が付け足されたね。
ということは、この人自身は、体験の有無が分かるということなのだね?

ところで、体験が一体何の体験か、体験した本人さんは分かっているのかな?
自分のしたこの体験、自分のしたあの体験と本人の中で、分別されているのは分かるのだが、
「この体験は、この本に出ている、あの体験である」と、この人が分かったのはなんでかな?

普通、自分の体験が、他人の言う体験かどうか判断できる力があるのなら、
他人にも、同じような能力があることを疑う理由はないよね。

A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?
一味でないまでにしても、他人と認識を共にする程度に、他人の個人的体験を知ることは可能でしょうが、
それは、あくまで経験的な感覚が許される範囲に限られます。
宗教的体験は、どれも経験的ではないため、知ることができるのかできないのかさえ
判断できない曖昧なものです。

B 仏教のルールでは矛盾的な言説も許されるということでいいのですね?
義に依りて語に依らざるべし。
二種深心も矛盾した言説を同時に成り立たせていますが、
あなたは、宗祖の教えを否定するのですか?

514 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:41:54 ID:8SImLF4C
>>513
Bの
>二種深心も矛盾した言説を同時に成り立たせていますが

↑は、「二種深信」のことでしょうか?
もしかして間違えたのですか?

それとも、そういう言葉も有るという事ですか?初めて見ましたが・・・・
もしくはアンチお得意の造語でしょうか?困りますね・・・・


515 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:44:33 ID:8SImLF4C
ID:lFyo5M6q さーん。

返事はまだですか??




516 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:45:57 ID:8SImLF4C
あらあら、

ID:lFyo5M6q さんは逃げてしまったようですね。

まったく、アンチはこれだから困ります。

さすがに聞法の敗残者と呼ばれるだけの事はありますね。


517 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:51:57 ID:lFyo5M6q
>>514
ああ、「二種深信」だったわ。訂正ね。

それより514よ、本題について何も意見なかったのかよ?
それじゃあ言ってるそばから
語に依りて義に依らざるべしだ罠。



518 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:00:06 ID:lFyo5M6q
ID:8SImLF4C さーん。

返事はまだですか??

519 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:01:35 ID:lFyo5M6q
あらあら、

ID:8SImLF4C さんは逃げてしまったようですね。

まったく、ネット対策員はこれだから困ります。

さすがに破壊的カルト信者と呼ばれるだけの事はありますね。


520 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:02:30 ID:lFyo5M6q
と煽ってみる


















521 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:16:41 ID:EooKZ97Y
無碍光仏のみことには 未来の有情利せんとて
     大勢至菩薩に 智慧の念仏さづけしむ


522 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:17:22 ID:EooKZ97Y
濁世の有情あはれみて 勢至念仏すすめしむ
     信心のひとを摂取して 浄土に帰入せしめけり


523 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 18:18:01 ID:EooKZ97Y
釈迦・弥陀の慈悲よりぞ 願作仏心はえしめたる
     信心の智慧にいりてこそ 仏恩報ずる身とはなれ


524 :秋鯔〜☆彡:2006/09/26(火) 19:39:13 ID:bKmMfJhM
乙〜☆彡。まだ帰り途中なり〜。鯔なので釣られてみるw。
>>502
あなたの考えからすれば、不断煩悩得涅槃なんてのも矛盾になるんやろね。
例えば、末法とゆ〜考え方やって仏教特有のものであって、
自然科学的思考からすれば、んなもん受け入れられん罠。
でも親鸞聖人を読み解く上では、必要不可欠やろ。宗教には、
宗教の論理があり、哲学には哲学の論理があり、自然科学には
自然科学の論理があんねん。あなたは人のことをバカにするが、
多分、ひとつの原理でしかものをはかれないとゆ〜意味において、
おバカさんはあなたの方やないかと思う。あなたの他の人に対しての
レスも読んだけれど、読んだ人はど〜ゆ〜感想持つと思う?
そこらへんの想像力も欠けとると思うで。読み返してみ、自分のレス。
あと、非常に矛盾を感じるんは、T森さんの宗教体験を追体験することの
可能性は極微ながらもあるんやとの主張をしたいんやろ〜けど、
当のT森さんは、親鸞聖人の教えをそのままついどることになっとんのやろ?
それなのに仏教特有の論理に従わないで語り得ることが可能なんか?
もし反すれば、T森さんは外道ってことになるが、どうか?
次、あなたの主張は、出発点が「推測」なんだが、科学的実験に基づく
推測ならばまだしも、個人の経験則に基づく推測が、果たして
どこまで普遍性・客観性を持ち得るのか?
〜つづく鴨〜

525 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 19:51:17 ID:0FKTBaE1
最近はアンチの自演の質が落ちてるね
昔はまだマシだったのに・・・
荒らせば会員の所為に出来ると思ってるのかな?

526 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 20:19:34 ID:vrU4lOio
>>525

くだらね。
意図はバレバレ。気づいてないのはチミだけ。


527 :秋鯔〜☆彡:2006/09/26(火) 20:21:44 ID:bKmMfJhM
>>525つづき
なんかゆいたいこと、ぎょ〜さんあるんやけど、数限りなくてまとまらんw。
今後、気がついた点から、ゆうてくわ。で、中の人は捨てハン使いっつ〜
ことからして、山科はんなんやろか?聞きたいことあんねんけどなぁ。
ちなみに、だいぶ前に追体験型宗教の危険性を述べたんやけど、
覚えてる人いるかな〜?漏れは、これを克服したのも親鸞聖人の
業績の一つやと思うんよ。いつか論文書いてみたいとは思うとる。
現代人の関心事を真っ向否定することになってまうんやけどね。
現代人の関心事ってのはズバリ「自分」ま、「我」とゆうても
ええと思うんやけど、それを他力がズバズバ斬っていくとゆうか。
どこまでも私に功なく、弥陀にすべて巻きあげられてゆく。
過去に起こった強烈な体験でさえも、今現に働いとる名号法の活動には、
全く歯がたたへんと。
K和上の惑乱以前の能化についての論文読んで、思うたことです。
ニュアンス伝わるやろか?ま、チラシの裏にでも書いてなとゆわれるかw
着いた〜(^-^)/~ホナねん♪


528 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 20:43:35 ID:5q0X1LLc
レスをすべて拝見させていただいたけど
滑稽だね。
大学生相手に嘘をついて勧誘している団体の
言う真実って何よ?


529 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:06:02 ID:ryTiGr8S
>>525
だって「なぜやめた」管理人の自作自演がバレバレだったからね。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


530 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:08:33 ID:tyiNPHdw
結局、この質問に答えられる会員はいないのか・・・。
信心獲得に関係の無い財施を、会長の財欲と組織安定のために募ってばかりいるから、
こんなおかしなことになるんだろうに・・・。


398 :名無しさん@3周年 :2006/09/24(日) 21:22:01 ID:pDI8q1Ln
>>394
>>関係ないと思っているなら、なぜ信心獲得に関係のない
>>財施を、親鸞会では勧められるのですか?
>
>あなたは、親鸞会という団体が財施を勧めたら、それは
>信心獲得と財施が関係ある事になると思っているのですか?

>>353
>>356
>>378
>>380
>>390
>あなたがたは、なぜ信心獲得と財施が関係あると思っているのですか?
>その理由をお答えください。

ID:qPI95iQ4さん、私は「信心獲得と財施が関係ある」とは言っていませんよ。
ちなみに、「関係ない」とも言っていません。あなたに、「信心獲得と財施は関係あるのか、ないのか、教えてほしい」と言ったのです。

確認ですが、「信心獲得と財施は関係ない」のですね。それでよろしいでしょうか?
ちなみに、あなたは親鸞会の会員さんですか?


531 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:15:04 ID:0FKTBaE1
財施そのものが重要なんじゃなくて
財施しようという心が大事なんだってことくらい、
先生のご法話を聞いていたら、誰でも分かる。
真実の法を知らされたら、
財施したいと思うのは至極当たり前のことなんだけどな。

532 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:22:57 ID:5q0X1LLc
>>531
じゃああなたに聞くが
親の仕送りで生活している就業前の大学生から
多くの財施を募ることは
個人の自由でなんら問題がないと思いますか?

財施したいという心が大事なら
100円の財施でも活動が許されますか?

533 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:35:57 ID:S7xPwYkG
今の学生は10万から50万くらい仕送りもらってるだろ?
100円じゃ缶ジュースも買えんだろ。

534 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:37:12 ID:0FKTBaE1
>>530
仕送りをもらいながら遊びに使う学生が多いのも事実だよ。
それにバイトと並行すれば、100円なんてのはあり得ないと思うのは俺だけか?

535 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:38:39 ID:0FKTBaE1
すまんけど急用が入ったんで、今日はもう落ちるわ・・・

536 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:42:25 ID:po6L+u1L
>>529

身分詐称、信心詐称、宗教でないとか平然と嘘を吐い勧誘活動している団体で、
「真実をひろめるためならどんな悪どいことでも許される」、
という思想があるのなら、
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」管理人からの偽装メール
をネット対策員が偽造・捏造することぐらいは簡単にしちゃうだろな、
と考えても自然だよな?

537 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:07:18 ID:5q0X1LLc
>>533、534
香ばしい会員さんが釣れましたね。
仕送りをもらっている学生なんていくらでもいると思います。
飲み会や旅行など遊びに使う学生だっていると思います。
わが子大学に行かせる以上、親もそれをある程度承知で、
不景気の中、苦労して仕送りをしているのだと思います。
しかし、特定の宗教団体に人に百万円も財施すること
を想像することやそれを本意で仕送りする親は果たしてどれくらい
いるでしょうか?
このスレッドに「百万円もご報謝している学生がいる」と暗に
高額な財施を進めていると取れるようなソースがありましたが、
私はあれを聞いて驚愕しました。
あなた方は、あれを聞いて異常だとは思いませんか?
それでも個人の自由というなら私はこれ以上議論するつもりは
ありません。
100円なんてありえないから言っているんですよ。
ダミーサークル等の勧誘方法で手段を選ばず
「一人でも多くの人を救いたい(広めたい)からこう言った
勧誘をしているのだよ。」という詭弁を聞くと反吐が出ます。
一人でも多くの人に広めたいなら慈善事業で100円でもやればいいのでは
無いですか?大学生から百万円もの財施を集める必要がありますか?
いまだ正体を隠して勧誘をしているのかどうかは知りませんが
曲りなりとも宗教法人として税的優遇を受けている団体ですよ。


538 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/26(火) 22:10:27 ID:3QAFb0JM
なんか、「ぼらさんに疑問」氏の主張、前にどこかのスレで見た気がする。同一人物なんだろうか。
会員かそうでないかは、私はさほど興味ありませんが。


>>533
10万から50万って、そんな金持ちばかりじゃないんでないですか、と言ってみる。(一月単位としたら)

財施は個人の自由意思によるべきだと私は思いますがね。
ただ、実際少額を出すような雰囲気でないといった問題は少なからずあるかもしれませんが。

539 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:27:25 ID:tyiNPHdw
>>531
>財施そのものが重要なんじゃなくて
>財施しようという心が大事なんだってことくらい、
>先生のご法話を聞いていたら、誰でも分かる。
>真実の法を知らされたら、
>財施したいと思うのは至極当たり前のことなんだけどな。

で、信心獲得と財施は関係あるのですか?ないのですか?
やっぱりこれには答えられない?

540 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:35:03 ID:ryTiGr8S
>>536
出た出た。
アンチが「偽造だ、捏造だ」って言ってらwwwwwwwwwwwww

541 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 22:42:06 ID:5q0X1LLc
>>531=ID:0FKTBaE1
おーい。ご指名かかっていますよ。
証明不能な形而上の世界については真実と嘯いても
目の前の質問には答えられずに逃亡ですか?

542 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:14:34 ID:n9XVWmzb
財施は全うな心で自主的にやるなら善であることは納得する。

だがお見舞金は納得できない。
会員は会長ががんばって体を壊すことよりも
自分の体調にあったペースで法話をすることを望むのではないか。
で、会長が体調管理に失敗したから金を送ろうと言うのは
…やっぱり納得せん。

543 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:26:20 ID:yzvP9wSE
「現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれる宗教があるとすれば、それは『仏教』です。」(アインシュタイン)


544 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:27:53 ID:yzvP9wSE
「宇宙が本当にまったく自己完結的であり、境界や縁をもたないとすれば、はじまりも終わりもないことになる。だとすると、創造主の出番はどこにあるのだろう?」(ホーキング)


545 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:28:30 ID:yzvP9wSE
”宇宙に創造主の出番はない”


546 :無学放浪僧:2006/09/26(火) 23:32:30 ID:SAknllX2
ボラさん、毎度乙です 自分学が無いので、しっかりした援護や深い考察が出来なくてすみません
応援してますよー

>>539
信心獲得と献金が関係無いなんてハッキリ教えちゃったら、
お金を沢山巻き上げられなくなるし立派な伽藍も建てられないから
その関係をうまくぼかして、お金が必要となったら、精神的ドーピングでもって会員を感情的に
盛り上げ、雰囲気を作って献金しようという気にさせるんでしょう

547 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:36:55 ID:r4Kkv2Np
>>542
知り合いが病気になってもお見舞い出すでしょ?
そんな変なことだとは思わないけど

548 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 23:43:15 ID:8PiKxS4q
お見舞いにはシクラメンの花。

549 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 00:03:37 ID:qTMqrYUn
体調を崩すたびに数千人の会員から、一人数千円あたりの見舞金が入ってくるって
大変な臨時収入だよ。
平均的社会人の年収以上の金額になるだろうな。
知り合いが病気になって見舞金を出したとしても、その場合本人が受ける金額なんて
多寡の知れたものだよ。

550 :542:2006/09/27(水) 00:14:14 ID:vKGGRMb3
>547
知り合いなら出す。
でもお見舞金って早くよくなってほしいという気持ちの表れだから。
大手術が必要とか、そうでない限りは会の中でも特に近い人だけで十分じゃないのかな。
一般会員からはカードとかだけにしたほうが健全じゃないかと思う。
とりあえず講師がせきたてるように集金するのだけはまずい。

551 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 00:25:26 ID:q3tG8vby
心配されなくても先生はお見舞金は受け取られずに
全て御報謝に回しておられます

552 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 00:32:17 ID:MIGc8P+w
>>503
可能性なんどといういい加減な主張の安易かつ虚栄心的な擁護で
どれだけの人間が不要な束縛と苦しみを蒙っているかが判らないんだね。

553 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 02:23:25 ID:7GjuWX3R
今日大学で親鸞会の方々が話しているのを、偶然聞いたのですが、彼らは2ちゃんを見ているみたいでした。 「あそこに書いてあることはほとんど嘘だ」、とか「あそこは嘘を付く人間の集まりだ」とか言っていました。でも「初めに見たときはびっくりした。」とも言ってました。

554 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 02:26:09 ID:7GjuWX3R
強引な勧誘は問題かもしれないけど、そんなことはどこでもやってるしな。なんてことを言ってました。

555 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 02:55:51 ID:vmdWTCSl
553 554
下手な作り話すんな。

556 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 04:23:02 ID:ch77oaZa
>>540

内心の動揺がwの数にあらわれてらー ぷっ

557 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 07:00:26 ID:SsPSb0+Z
>>546
>信心獲得と献金が関係無いなんてハッキリ教えちゃったら、
>お金を沢山巻き上げられなくなるし立派な伽藍も建てられないから
>その関係をうまくぼかして、お金が必要となったら、精神的ドーピングでもって会員を感情的に
>盛り上げ、雰囲気を作って献金しようという気にさせるんでしょう
同意。いくら戯言や御託並べても
結局は、お金を出さない人間よりも
お金を多く出してくれる会員が必要じゃないのか?
結局へタレの>>531は「信心獲得と財施は関係ない」と言えないんだろ?
何が真実の法だよ。聞いて呆れるわ。

558 :ぼらさんに疑問:2006/09/27(水) 07:55:47 ID:op3XrJci
>>513
>ということは、この人自身は、体験の有無が分かるということなのだね?

いいえ

>二種深心も矛盾した言説を同時に成り立たせていますが、
>あなたは、宗祖の教えを否定するのですか?

二種深信は、論理的にはまったく矛盾とは言えません。
pかつ¬pが同時に起こることが論理的矛盾です。
矛盾というとすぐに西田哲学に直結したようですが、西田の言う矛盾はヘーゲル
の用いる矛盾と同様、論理的な厳しい意味での矛盾ではないということ、ご承知
おきください。

ついでに言いますと、たとえ宗祖の教えを否定したとしても、私には関係ありません。
私は別に浄土真宗ではありません。

この三つの問に答えてもらうのはあくまでぼらさんですので、よろしく。

559 :ぼらさんに疑問:2006/09/27(水) 08:13:19 ID:op3XrJci
>>524
>不断煩悩得涅槃なんてのも矛盾になるんやろね。

いいえ。>>558参照。

>宗教には、宗教の論理があり、哲学には哲学の論理があり、自然科学には
>自然科学の論理があんねん。

完全に同意しますが、各分野において、共通の論理はないのでしょうかね?
ぼらさん嫌がると思いますが、ちょっとぼらさんの論理推論を挙げてみましょうか?

>>501
>漏れは別にあなたの論理的帰結には、さしたる用事はないんやけど。専門分
野でもないし。あなたのルールを押し売りされても、こっちは仏教のルールで
モノゆうわけやから、噛み合うことはない罠。ここはs会のスレ。

私の主張は、非仏教(対偶:仏教→not私の主張)【大前提】
ここは仏教のスレ(ここで論じられる→仏教)【小前提】
よってここで論じられる→not私の主張【結論】
対偶をとると、私の主張はここで論じられるのではない、というあなたの主張に
なりますね。

あなたも論理を利用してますが、あなたの考えからすると、上の論理も使えなくなり
ますよ。つまり、私の主張はここで論じてもいいということになりますね。

だから、上の推論を利用して、質問に答えないという方法も、前提が崩されてますよ。
ではいい加減に答えてください。
■質問■
@「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこと」は同じか別物か?
A「個人的体験は、それを体験した人以外、事として知ることは不可能」ということですね?
B 仏教のルールでは矛盾的な言説も許されるということでいいのですね?


560 :ぼらさんに疑問:2006/09/27(水) 08:29:28 ID:op3XrJci
>>524
>当のT森さんは、親鸞聖人の教えをそのままついどることになっとんのやろ?
>それなのに仏教特有の論理に従わないで語り得ることが可能なんか?
>もし反すれば、T森さんは外道ってことになるが、どうか?

ええ、すべて仰るとおりだと思うのですが。
「仏教特有の論理」を用いて「T森さんは外道」と結論付けることは十分可能です。
私はこの点において、親鸞会や高森さんを弁護する動機はまったくありませんが。

>あなたの主張は、出発点が「推測」なんだが、科学的実験に基づく
>推測ならばまだしも、個人の経験則に基づく推測が、果たして
>どこまで普遍性・客観性を持ち得るのか?

この点についてはあなたが何を仰りたいのかまったく不明です。
私は「個人の経験則」を持ち出したことはありませんが、どの箇所でそのように解釈さ
れましたか?

561 :ぼらさんに疑問:2006/09/27(水) 08:41:25 ID:op3XrJci
>>524
>おバカさんはあなたの方やないかと思う。あなたの他の人に対しての
>レスも読んだけれど、読んだ人はど〜ゆ〜感想持つと思う?

あなたの丁寧な返答には、いつも敬服しております。だからこそ、このスレで
あなたの賛同者、追随者が多いのでしょう。

私は、2chという場に相応しいという言い方をしてまいりました。多少、人
を怒らせることも効果的なのではないかと考えてまいりました。というのは、
言った側も言われた側も匿名なのだから、匿名でしかできないことの意義も
あろうと思ったからです。

しかし、一部の例外を除けば、この2chという場も通例の議論のトポスと
類似していることに少々気づいたという感じですね。ですんで、以前のあなたに
対する挑発的態度は後景化させようと思います。

ですが、ここで議論の歴史を知らずに適当な言説をする輩に対しては、私は
2chスタイルを続けます(例:ぼらさんに疑問って会員だよね〜など)

では、今後もよろしく

562 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 09:08:42 ID:7Mw7Bqxa
智慧の念仏うることは 法蔵願力のなせるなり
     信心の智慧なかりせば いかでか涅槃をさとらまし


563 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 09:09:43 ID:7Mw7Bqxa
無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな
     生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ


564 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 09:10:19 ID:7Mw7Bqxa
願力無窮にましませば 罪業深重もおもからず
     仏智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず


565 :秋鯔〜☆彡:2006/09/27(水) 10:06:43 ID:tzGEpKN4
>>561
いえいえ、ど〜いたまして。挑発したところで、相手はかたくなに
なるだけやし、あんまいいことあらへんねん。
で、今日もまた電車に揺られとるんやけど、なるほど、ゆいたいことは
ある程度わかりました。明日ちと休めるので、「できもせん体験」に
ついて、ど〜ゆ〜立場でゆうたんか、解説するねん♪
論理学の立場?では、他者と全く同一の体験をするとゆ〜ことは、
可能性がある、すなわち宗教体験にしても同じことで、
できもしないっちゅ〜ことはゆえへんってことでええんかな?
ま、スレ違いやとは思うんやけど、こ〜ゆ〜のキライやないんで♪
ま、コッソリやりまひょ。一日一レスぐらいで。
漏れ自身は「どちらがウソか」とゆ〜本をメインに考察してきたいんでね。
それでええかな?
(^-^)/~まだ着かぬ〜♪ホナ!

566 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 10:58:24 ID:79LWVpLB
すべての基本――カルマの法則
1)自分のやったことは自分に返る
◎「因果応報」や「報い」はカルマの法則のこと
わたしたちがよく耳にする言葉に、「因果応報」がある。あるいは何か悪い
現象が起きたとき、「それは○○の報いだよ」という言い方をすることもある。
これは仏教の説く「カルマの法則」から生まれた考え方だ。カルマの法則とは、
「自分がなしたこと(原因)は、未来において必ず自分に返ってくる(結果)」
という教えのこと。未来において自分に返ってくるものが、「報い」だ。ここには、
偶然というものは存在しない。すべてが必然である。
ところで、「因果応報」や「○○の報い」という言葉は悪い現象を指すのによく
使われる。だが、実際、カルマという言葉には肯定的なニュアンスも否定的な
ニュアンスもない。
例えば、善因は結果として喜びの果報を生じ、悪因は苦しみを生じる。そして、
善因でも悪因でもないものは、善でも悪でもない結果を生む。

◎苦しみを与えれば苦しみが、喜びを与えれば喜びが返る
カルマの法則によれば、自分が対象を喜ばせたら、未来において自分も喜びを味
わうことができるし、対象に苦しみを与えたら、自分も苦しまなければならない。
それはなぜだろうか。
これは、対象に喜びや苦しみを与えた場合、その対象の心の状態がそのまま自分
自身の中にデータとしてプリントされるからだ。
例えばあなたがだれかを殴ったとする。すると相手の苦しみというボールを、あ
なたの心がキャッチする。そうすると、未来において、かつてあなたが他に与え
た苦しみを、あなた自身が味わわなければならない。
逆に言えば、あなたがだれかに殴られたとすれば、それはあなたが過去において
だれかを殴って苦しめたからだ、ということができる。決して周囲や他人のせい
ではない。しかも、わたしたちが今生きている人生だけではなく、前生積んだカ
ルマも蓄積されている。それらは善いカルマにせよ、悪いカルマにせよ、必ずい
つかは現象化するのである。

567 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:03:30 ID:14tZI0lp
>>520

どこか寂しげ




568 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:04:50 ID:14tZI0lp
>>528
> レスをすべて拝見させていただいたけど

すげぇひまじん。





569 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:04:53 ID:79LWVpLB
◎カルマの返り方は対象の持つ要素によって違ってくる
カルマの法則をもう少し正確に説明するならば「原因(因)が、ある条件(縁)
を満たした段階で結果(果)を招く」ことだと言える。
とすれば、自分がなした行為(原因)は、必ずしもダイレクトに結果を招くとは
限らない。その途中の条件によって結果も変わってしまう。
例えば、一般に布施は善業といわれる。だが、同じ布施をするのでも、対象に
よって結果は違う。何の目的で、どんな相手に布施するかによって、結果はま
るで違ったものとなってしまうのである。

カルマの法則を考える上でもう一つ忘れてはならないのは、「ある行為をなすと
きの心の働きによって、結果が違ってくる」ということだ。
 例えばある悪業をなすとき、そこに邪悪な心が乗っていればいるほど、多くの
悪業を積んだことになり、そのカルマの返り方は激しいものとなる。
 「あわてて運転していてうっかり犬をひいて殺してしまった」というのと、
「以前から気に入らなかった犬を殺してスッキリした」という場合、前者の方
が邪悪な心が乗っていない分心のけがれは少なく、悪業も少ない。
 だから、日々培う心の働きが重要になってくる。

◎カルマの返りが早い人もいれば遅い人もいる
 カルマの返り方には、時間差もある。今日なしたことの結果が今日返る人もい
れば、何年経っても返らない人もいる。この違いは、カルマを現わすスピードを
速める善性(サットヴァ)の特質をその人が持っているかどうかで決まる。現象
を遅らせる「タマス」傾向が強い人は、なかなかカルマが現象化しない。
 ちなみに、カルマは早く現象化すればするほどいい。カルマの返りが遅いと、
自己のカルマを認識できず、悪業を積み続けてしまいがちだからだ。

570 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:06:55 ID:79LWVpLB
◎善業を積むだけでなく、積んだ悪業の清算も必要
わたしたちは日々、身の行為、言葉、心の働きにおいて、善業、悪業、あるいは
善業でも悪業でもないという三種類のカルマを積んでいる。そして、善因をなせ
ば善果が返るし、悪因をなせば悪果が返る。
徳を積み、善行をなすことによって、善業を積むことができる。
その一方で、これまでの人生で、わたしたちはたくさんの悪業をなしてきた。
この悪業は未来において必ず現象化し、その苦しみを味わわなければならない。
そこで仏教では、わたしたちが真の幸福に至るためには、善業を積むだけでな
く、積んでしまった悪業を清算することが必要だと説く。

◎積極的に苦しみを経験して悪業を清算する
では、積んでしまった悪業については、どう対処したらいいのだろうか。
そこで出てくるのが、カルマ(悪業)落としに耐えることだ。
 つまり、苦しみを受け入れ、耐えることによって、過去になした悪業を清算し
てしまうのだ。
 例えば在家の五戒に照らし合わせて、どのようにして悪業が返ってくるか考え
てみよう。殺生のカルマは痛みやケガといった形で返ってくる。
偸盗のカルマは盗まれたり貧しくなったりという形で返る。
邪淫のカルマは対人関係の悪化という形で、妄語(嘘)については信頼を失う
という形で返る。飲酒はとっぴな失敗という形で返る。

◎「自己の苦しみは自己の因」と思えるかどうかがポイント
 カルマ落としの際のポイントは、すべて自己のなしたカルマであると認められ
るかどうかだ。「どうしてこんなに悪いことばかり起きるんだろう」と思い悩ん
だり、逃げたりしてはカルマ落としは進まない。
 苦しみにじっと耐え、淡々と善業を積み続けていれば、悪因は減り、あとには
良い結果を生む要素しか残らなくなる。これが仏教的実践だ。

571 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:07:43 ID:14tZI0lp
>>536


それをやったら、be★verやねこ★ゃが嬉しそうに抗議文送るだろ。




572 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:11:17 ID:14tZI0lp
15 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2006/09/26(火) 00:51:47 ID:ryTiGr8S
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会 [管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、●生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高澤守牧師を招きます。
> >ご期待ください。


573 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:13:12 ID:79LWVpLB
◎功徳は願望をかなえるためのエネルギー源のようなもの
修行をすると、願望をかなえることができる。もちろん単なる現世的な願望成就
が修行の目的というわけではないが、解脱・悟りに至る修行を進めていく段階で、
現世の願望くらい、簡単にかなえることができるのだ。
願望をかなえるには二つの条件が必要となる。そして、修行によってその二つ
の条件を満たすことができる。
 その第一の条件は恁徳揩セ。功徳とは、車を走らせる燃料にたとえることが
できる。多くの功徳を積めば、自分が望んだ方向に現象を動かすことができる。
逆に、功徳がなければ現象は動かない。ガソリンがなければどんなにいい車も走
らないのと同じだ。
◎願望成就の秘訣は、欲求の方向性を一つに定めること
第二の条件として大切になってくるのは、欲求の方向性を定めること。いくら大
いなる功徳を積んだとしても、あれもこれもと欲しがっていては、功徳をいたず
らに浪費してしまい、どれも中途半端になりかねない。積んだ功徳を確実に願望
成就に還元したかったら、願望の対象を一つに定める必要がある。さもないと虻
蜂取らずに終わってしまう可能性が大きい。
◎功徳は積んでも積んでもすぐに消耗してしまう
もう一つ忘れてはならないのは、どんなにたくさんの功徳を積んだと思っていて
も、実際には功徳はすぐに消耗してしまうということ。
何しろ、心に喜びを感じることが、功徳の消耗につながるのだから、わたしたち
が普段から喜びを捨断しようとしなかったら、いつまで経っても修行を進めるこ
とはできない。 そこでクローズアップされるのが、積極的に功徳を積む方法と、
積んだ功徳を漏らさない方法なのだ。 わたしたちが積極的に功徳を積むには、
善知識、教義、出家修行者という三宝に対して帰依し、かつエネルギーをロス
しないという持戒の実践――この二本の柱が必要不可欠なのである。

574 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:16:13 ID:79LWVpLB
◆普通の「幸せ」は外的要因に立脚している

わたしたちはどんなものに「幸せ」を感じるのだろうか。幸福とは一体何なの
だろうか。恋愛、グルメ、ファッション、スポーツ、旅行……。そういうものが
手に入れば「幸せ」だと感じるかもしれない。 幸せになろうとしてわたしたち
が手に入れたいと考える対象は、モノだけではない。たとえば地位や名誉、安定
した生活といった「状態」を手に入れれば、わたしたちは幸せだと感じることだ
ろう。 いろいろな「幸せ」があるが、共通しているのはどれも皆、わたしたち
の希望するものが手に入ったとき、あるいはわたしたちの希望する条件が満たさ
れたとき、幸せと感じるということだ。
 つまり、求めたもの・状態が手に入ると、わたしたちは幸福感を感じることに
なる。

◆外界に幸福を求めても有限だから満たされない
これを言い換えると、わたしたちは「自分が持っていないものを手に入れたとき
幸福と感じる」ということだ。つまり、わたしたちが求めているものは、自分自
身の「外側」にある、と言えよう。この「外界に求める幸福」は、実はかなりの
曲者なのである。
 わたしたちは、日々さまざまなものを外から手に入れようとする。確かに、最
初はある程度の喜びを得ることができるかもしれない。
 しかし、ここで一つの厳しい現実にぶち当たる。それは、「この世のあらゆる
ものは有限である」ということだ。大きくは地球上の資源。食料にしろ、化石燃料
にしろ、限りがある。会社のポストや地位なども、だれもが望んだとおりに手に入
れられるとは限らない。
 外界にあるものはすべて有限だから、欲しいという希望があるのに手に入れられ
ない人が出てきたり、奪い合いが生じたりすることになる。その最大のものが、領
土や資源を奪い合い、国家の威信を懸けて戦う戦争なのである。
 外界に対して幸福を求める限り、どうしても限界が出てきてしまうのだ。


575 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:20:04 ID:79LWVpLB
◆飽くなき欲望の追求は、結果的に不幸をもたらす
欲求はどんどん増幅する。これを分母とし、実際にその欲求がどれだけ満たせた
かを分子で表わそう。そうすると「幸福度」が計算できる。欲求がすべて満たせ
れば、幸福度は一〇〇%ということになる。
 しかし、厄介なことに、欲求の対象には、物理的な限界がある。だから、常に
一〇〇%欲求が満たせるとは限らない。
一方で、分母の恬~求揩ヘ際限なく増大していってしまう。これを手に入れた
らあれも欲しい、と感じてしまう。
その結果、幸福度を一〇〇%に保つことは、ほとんど不可能なのだ。

◆欲望を離れる方が喜びは大きい
そこで仏教が提唱するのは、欲望をセーブすることだ。わたしたちが欲望の追求に
よって苦しみを味わうのなら、欲望そのものが苦しみの原因ということになる。と
すれば、それを上手にコントロールして、大きくならないように、できるならば小
さくしていけばいいはずだ。
 放っておけば大きくなり続ける欲求(分母)を、せめてそれ以上大きくならな
いように、あるいはどんどん小さくしていったとすれば、分子が同じでも幸福度
はどんどん高まっていく。
 さらに分母を小さくしてみよう。つまり、欲望を極限までゼロに近づけていく
のだ。そうすると、求めるものの何倍も大きな結果が手に入るのだから、幸福度
は極限に大きくなっていく。
 つまり、心が欲望から解放されたとき、わたしたちは極限大の幸福を感じるこ
とができるようになり、心の安定がもたらされるのだ。
 心の安定だけではつまらない、という人もいるかもしれない。だが、修行はそ
れ以上の素晴らしい状態をわたしたちに与えてくれる。それが「もともと内在し
ている幸福」だ。
 一般社会で求められる「外界に求める幸福」と、仏教やヨーガなどの宗教で定
義する「もともと内在している幸福」は、まるで方向性が逆であるということに
注意していただきたい。


576 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:22:27 ID:79LWVpLB
この世の一切のものは、時間の経過とともに、あるいは条件が変わることによっ
て 変化してしまう。これを「無常」といっている。
◆祇園精舎の鐘の声、ゆく河の流れは絶えずして
 『平家物語』は、有名な「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」という言葉で
始まる。祇園精舎とは、インドの熱心な在家信者アナータピンディカ長者がお釈
迦様に布施した場所のこと。ここでは、人が死ぬと鐘が鳴ったという。その鐘の
音は、諸行無常――「すべてのものは常に変化する」という絶対の真理――を告
げている。
 「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」――これは鴨長明
が書いた随筆『方丈記』の冒頭だ。その文章は以下のように続く。よどみに浮か
ぶ泡は、消えたり生じたりして、ずっととどまることがない。世の中の人も住ま
いも同様だ。同じ家であっても、昔からずっと住んでいる人は数十人に一人。一
方で死に逝く人がおり、一方でまた人が生まれるというのは、水の泡とそっくり
だ。

◆この世界に変化しないものはない
 わたしたちは何となく、今の状況がずっと続くのではないだろうか、と思い込み
がちである。ところが、よくよく思いを巡らせてみると、この世界にある一切の
ものが多かれ少なかれ必ず変化するものであることに気付く。
 永遠に同じ肉体を持って生き続けている人は存在しない。それどころか、この
宇宙ですら数十億年後には消滅してしまう。すべてのものには終わりがやってく
る。
 この世の中に、変化しないでずっとそのままの姿でとどまっているものはない
。その変化も、時間の経過とともにゆっくりと訪れる場合もあれば、一気に変貌
を遂げてしまうこともある。
 わたしたちの体も、老い、病にかかり、死を迎える。このように物理的な変化
もあれば、人の心やその時代の価値観・イデオロギーなど、目に見えないものの
変化もある。
 いずれにしても、この世界には、一つの所にとどまって永遠に変化することが
ないものなど、何一つ存在しないのだ。この「無常」という、だれも否定できな
い絶対的な真実を出発点として、真理の教えは展開していくのである。


577 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:28:25 ID:79LWVpLB
◆得ても苦しみ、その逆もまた苦しみ
真理の教えでは、「この世界は一切が苦しみである」と説く。
ところが、一般的には、「この世には苦しみもあるが、喜びもある」
「苦しみを避け、喜びだけを多く味わうことだってできる」という考え方が主流
になっているのではないだろうか。
しかし、よく考えてみると、やはり喜びの裏には苦しみがつきまとう。
例えば、愛する人と巡り合い、結婚し、幸せな人生を歩むことができたとしよう。
ところが、愛する相手との幸せの多い生活そのものが、実は、別れ(生別・死別)
のときの苦しみを増大させてしまう元凶なのだ。つまり、愛すれば愛するほど、
そこから離れるときの苦しみは大きくなる。そして、無常の世界で「別離」は避
けられない。とすれば、喜びを得たことそのものが未来の苦しみを生み出してい
ることになる。
逆に、嫌な人と一緒にいなければならないとすれば、その一瞬一瞬が苦しみで
あることは言うまでもない。

◆喜びにまとわり付く三つの苦しみ
また、別の角度から「苦しみ」について考えてみよう。真理の教えでは、この無
常の世界で味わう苦しみを、三つに分けている。
 第一が「苦しみの苦しみの本質(苦苦)」。これは、心や感覚で直接的に感じ
る苦しみだ。喜びを求める心があるがために、そうでない場合、つらく、厳しい
ことだと感じられる。
 第二は「悪い経験の構成の苦しみの本質(行苦)」。これには、求めても得ら
れないという苦しみも入る。また、悪い経験の構成といえば、過去の経験から推
測して、悪い結果を生み出すのではないか、という否定的想念によって苦しみを
感じる場合もある。
 第三は「悪化の苦しみの本質(壊苦)」である。これは、一度手に入れること
のできた喜びを手放さなければならない苦しみである。
 わたしたちがこの世界で喜びを求める限り、必ずこの三つの苦しみを経験しな
くてはならないのだ。苦しみはどうしてもついて回るものなのである。


578 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:30:21 ID:79LWVpLB
◆真理の鉄則「煩悩=苦しみ」

この世界は、喜びを求めた瞬間、多くの苦しみが忍び寄ってくる仕組みになって
いる。つまり、喜びを求める心が苦しみを引き寄せているのである。その道理が
理解できず、むやみやたらに喜びを求めようとする心の働き――それこそが
「煩悩」なのだ。
煩悩は、アルコール中毒患者の心の状態にたとえることができる。
アルコール中毒患者は、それを飲まない人に比べて、アルコールが与えてくれ
る喜びを経験できるというメリットがある。しかし、その人にとってアルコー
ルの有無は、即、死活問題につながることになる。つまり、アルコールが手に
入らないと、想像を絶する猛烈な苦しみに見舞われなくてはならないのだ。そ
して――ここがポイントだが――その人には、アルコールをいつも手に入れる
ことができるという保証は、どこにもないのである。
 このように煩悩は、一見喜びをもたらしてくれるように見えるが、満たし続
けない限り、即苦しみに変わってしまう。「煩悩イコール苦しみ」――これは
真理の教えの鉄則なのだ。

◆わたしたちの根本煩悩――愛著・邪悪心・迷妄
 では、わたしたちの煩悩にはどのようなものがあるだろうか。煩悩の恪ェっ
こ揩ヘ大きく三つに分類できる。それは、愛著(貪)・邪悪心(瞋)・迷妄(癡)
といわれている。
 愛著とは、対象に対してとらわれ、それを喜ぶ心の働きである。
 邪悪心とは、対象に対して排斥し、破滅させてやろうとする心の働きで、暴力
や、ひどい場合には殺生といった行為にまで及ぶことにもなる。
 そして、迷妄とは、心が闇に包まれ真理を見極めることができず、目の前の喜
びに心が縛られた状態だ。
 これら三つは、「根本煩悩」と呼ばれ、そこからさらに無数の煩悩が生じてい
る。この根本煩悩こそ、まさに悪魔の本体なのだ。
 ちなみに、この愛著・邪悪心・迷妄は、三グナのサットヴァ・ラジャス・タマス
と対応しているのである。

579 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:36:47 ID:79LWVpLB
◆有限の世界の中で無限を求めるという限界
わたしたちは、一つの喜びを手にすると、その喜びが末永く続くことを願うもの
である。恋愛にしろ、事業にしろ、健康にしろ、一度喜びを味わったならば、そ
の喜びにいつまでも浸っていたいと感じる。
 また、わたしたちは一度手にした喜びをもとに、さらに大きな喜びを得たいと
考えるようにもなる。もっと強い喜びを、もっと強い刺激を、もっと強い快感を、
もっと高い地位を、もっと大きな権力を……。その欲望は、放っておけば際限な
く膨らみ上がっていく。
 このように、わたしたちは無限の喜び、永遠の喜びを求めている。しかし、現
実は厳しい。既に検討してきたように、この世のすべての物質は有限であるし、
すべての現象は常に変化し続けている。
 ということは、わたしたちは、もともと手に入らないものを求め続けていると
いうことにはならないだろうか。わたしたちが手に入れられるのは、欲望の求め
るごく一部であり、しかもそれは一時期のことにすぎない。それが「外界に求め
る幸福」の限界なのだ。
 わたしたちが生きているこの世界は、有限で、しかも無常である。欲望を際限
なく満たすことはできないし、また、いつまでもそれを味わい続けることはでき
ない。この無常の世界に生き続ける限り、必ずや苦しみがやってくる。

◆煩悩をコントロールし始めると本当の幸福が訪れる

 そこで、わたしたちが煩悩をコントロールする修行を始めると、内的エネル
ギーから生み出される喜悦を経験するようになる。それは自分自身のクンダリ
ニーのエネルギーがもたらす内的な喜びだ。それは、外界の変化に左右されな
い。もともと内在しているから、得られないとか失われるとかいう苦しみもな
く、他人と奪い合いが生じることもない。
 さらに修行が進むと、最終的に絶対的な自由・幸福・歓喜の状態に到達する。
それは、無常で有限な世界の制約を逃れた、永遠かつ無限の喜び・幸福の状態な
のである。


580 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 11:38:48 ID:79LWVpLB
◆真理体系の土台「四つの聖なる絶対の真理」
サキャ神賢真理勝者(お釈迦様)の初転法輪(悟りを開かれて最初にお説きに
なった教え)は、「四つの聖なる絶対の真理(四諦)」であった。
 「四つの聖なる絶対の真理」は、真理体系の最も土台に当たる大変重要な教
えである。この教えを体得することが修行の最終目的とさえ言える。
 なお、一般に、サキャ神賢は仏教をお説きになったと言われているが、これ
は後世にそう命名されたものであって、法則の名称からもわかるとおり、正確
には「仏教」ではなくて「真理」を説かれたのである。

◆真の幸福を得る四つの教えの流れ
 では、「四つの聖なる絶対の真理」の一つ一つを見ていこう。

【1】苦しみの聖なる絶対の真理(苦諦)
 この世界のすべては苦しみである。

【2】苦しみの生起の聖なる絶対の真理(集諦)
 わたしたちがこの世界で煩悩を有して生活する以上、必ず三つの苦しみを経験し
なくてはならない。

【3】苦しみの滅尽の聖なる絶対の真理(滅諦)
 苦しみは必ず滅することができる。わたしたちが心を成熟させ、物事をありの
ままに見つめる力が生じたならば、わたしたちはすべての苦しみから解放される
ようになる。

【4】苦しみの滅尽に至る方法の聖なる絶対の真理(道諦)
 苦しみを滅するための方法が存在している。出家修行者のための
「聖なる八段階の道(八正道)」などがそれに当たる。それは、煩悩を乗り越え
るための方法である。

 この教えに従うならば、苦しみ(とその原因である煩悩)を速やかに滅尽し、
真の幸福に到達できる。すべてはこの四つの真理から始まるのだ。

581 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 16:58:23 ID:ptS7yCaz
>>558
>>ということは、この人自身は、体験の有無が分かるということなのだね?
>いいえ

そうですか。
なら、「体験の有無が分からないこと」と「体験が無いこと」
を本人が区別することは不可能だよ。
有ることが分からないなら、無いことも分かるはずがない。
結局、みんな「体験の有無が分からない」だけですね。

ただ、仮に体験したかどうか見ることができる真実の目が存在したとして、
真実の目から見れば、「分からないこと」と「無いこと」は確実に違うと言えるでしょうね。

まあ、だから「俺はが真実の目をもっている」って言ったもん勝ちですわ。
だから、世界にはたくさんの真実が同時に存在できるんでしょうな。
だって、誰も確かめられないもん。

ところで、話が変わるが、ボラサンが質問に答えないのは、
信心いただくことを、体験と表現していいのかってことを吟味してるからですよ。
これは、前々からボラサン自身が口を酸っぱくして言われてることですので、
いちいち語るのも面倒ですけど、ボラサンがそういっている矢先にあなたの体験に関する質問。
ぼらさんにしてみたら、これから話そうとしている言い分を虫されて、
相手にとって、都合のよい二者択一を迫られるような気分でしたでしょう。
そして、迫られた答えを言いように切り取られて、一方的に流布されるのではないかと
思われたと思います。新人太郎よろしく、親鸞会でよく見られる詭弁方法ですからね。

あなたが質問するには、まず「信心いただくことを、体験と表現していいのか」について
十分意見を聞くこと。自分はそれに同意するのか、反対なのか、
なぜそのように思ったかを議論するべきだと思います。

582 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 17:05:19 ID:T8au6E+m
真実ってのは、思うとか思わないという問題ではないんだけどな。

583 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 17:16:22 ID:ptS7yCaz
>>558
>>二種深心も矛盾した言説を同時に成り立たせていますが、
>>あなたは、宗祖の教えを否定するのですか?

>二種深信は、論理的にはまったく矛盾とは言えません。
>pかつ¬pが同時に起こることが論理的矛盾です。
>矛盾というとすぐに西田哲学に直結したようですが、西田の言う矛盾はヘーゲル
>の用いる矛盾と同様、論理的な厳しい意味での矛盾ではないということ、ご承知
>おきください。

二種深信は、同時に
地獄行き間違いなしと深信。
極楽いき間違いなしと深信。
することでしたよね。
地獄と極楽には、同時に行けませんから、
地獄に行くということは、極楽に行かないということですし、
極楽に行くということは、地獄に行かないということです。
ということは、
二種深信とは、
地獄行きに間違いなしと深信し、かつ
地獄行かないことに間違いなしと深信するということですね。
pかつ¬pが同時に起こってますよ。
論理に的矛盾してますよ、この心は。
あるときは、地獄行きと思い、あるときは、地獄行きでないと思うわけではないですよ。
同時なんですよ。結局どのように思っているわけですか?
論理的に教えてください。

584 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 17:32:53 ID:uAvwDPTq
最近のこのスレのクソみたいな流れを何とかしてくれ。

585 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 17:40:28 ID:ptS7yCaz
>>566-580
にある長レスはオウム真理教、現アレフの教義ですのでご注意を。
どうも、スレを埋めようとしているようですね。
やめてほしい限りです。


586 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 18:27:46 ID:MRAcog3L
>>546
 どうも変だと思っていた。
 ボラの応援団は、やはり本願寺の坊主だった (´▽`*)

587 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 18:36:21 ID:CM9T4tcT
>>586

くだらない決めつけと情報操作ですね。
本気で会員みんながそうおもっているとしたら、滑稽なこと。
大本営発表しか信じない思考停止脳の集団なのかしら?


588 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 19:34:10 ID:XvmstVVw
>>583

>地獄行き間違いなしと深信。
>極楽いき間違いなしと深信。
>することでしたよね。

s会ではそんなこというの??
法体募りの異安心ですな。



589 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:11:40 ID:vKGGRMb3
>583
宗教だから。残念ながら心の問題。

論理的に破綻してても宗教やってる人が納得すれば、
それは「聞けば必ず納得する教え」なんだよ。

多分こんなのを信仰とか盲信とか言うんだろうね。

590 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:16:35 ID:mJjvxmVY
煩悩を満たし、快楽を追求することがよしとされる現代にあって、
その価値観に疑問を持ち、自己の欲望との闘いに果敢に挑戦した人たちがいる。
目の前にあるものだけ、表面的な現実のみがすべてとされる世の中にあって、
真実とは何なのか、神秘の世界を探究し続ける人たちがいる。

彼らは、まさにこの現代に降り立った聖者たちだ。
そして、21世紀をリードする霊的科学文明のさきがけとして、真理を体現している。

これは現代の聖者たちのドキュメンタリーである。


591 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:18:25 ID:mJjvxmVY
カルマの法則――そうだったのか!

「なるほど、そうか。そうだったんだ」――

本を手にしたまま目を閉じると、今まで自分が他になしてきたことが、走馬燈
のように展開される。それと並行して、他からなされたことが次々と思い起こ
される。そして、その二つの流れが、まるで表裏{うらおもて}であるかのよ
うに綺麗に整理されてつながった。
あのとき、人から傷つけられたのは、その前に人を傷つけたからだ。
あのときいじめに遭ったのは、自分より弱い生き物をいじめたからだ。
これまで自分自身が認められなかったのは、自分が他を認めてこなかったか
らだ……。
このようにすべての現象がスパスパと解けていった。

「確かにそのとおりだ。自分がなしたことが全部自分に返ってきている――。
そうだったのか!」

「なしたことは必ず自分に返ってくる」というカルマの法則に初めて触れた
とき、まさに目からうろこが落ちる思いがした。真理の書籍との出合い――
ソーパーカ師、十九歳、専門学校に通っていたときのことだった。


592 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:19:45 ID:mJjvxmVY
嫌悪が激減――だれでも許せる、だれでも愛せる

このときから、合わせて行ない始めたヨーガの行法の効果もあいまって、ソー
パーカ師は、絡まった糸が綺麗にほぐれていくように、急速に心のわだかまり
や苦しみから解放されていった。もはや、その“からくり”がひも解けた以
上、何も憂う必要がなくなったのである。

とりわけ大きな変化は、他人に対する嫌悪や嫉妬心といった、マイナスの感
情が激減したことだった。

周りから与えられるどのような環境についても、結局は「自分が過去になした
こと」。そして、傷つけられるような行為をされるのも、「自分がなしたこと
以上でも以下でもない」――。「だったら、周りの言動に対して不満を持った
り、不必要な虚栄を張る必要もないじゃないか」。そう思うと心がリラックス
し、自然と周りの人や環境を受け入れられるようになった。

 この心の変化以来、ソーパーカ師を取り巻く人間関係は、すべてがスムーズ
に流れるようになったのである。

「自分が変わると周りも変わって見えてくるんですよね。自然と相手のいいと
ころを認められるようになってきて。だれに対しても『ああ、この人も、こう
いういいところがあるよな』。逆に良くない要素を見たときも、『こういう要
素、自分にもあるよな』って自然に思うことができるようになってきたんで
す。そのときの心の変化というのは、とにかく顕著で、もう、ほとんど『わ
たしには苦しみがないです』という状態になっていました。本当に幸福な状
態。だれでも許せる、だれでも愛せるというね」


593 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:21:22 ID:kVHEnUxy
>>588
くわしく教えてくれませんか?

594 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:27:24 ID:mJjvxmVY
漠然とした苦しみ、そしてコンプレックス
 真理に出合ったことで一気に心の解放を経験したソーパーカ師だが、それまで
は、一般の人たちと同様、いろいろな苦しみや不安を抱えていたという。それは
漠然としたもので、原因が何なのかわらなかった。小さいころからそうだった。
「本当に、心から何かに満足するっていうことがないというか。物を買ってもす
ぐに飽きるし、一体自分って何だろうという感じですよね」
 また、それに加えて、友人関係の悩みや、自分の通っている学校が「三流であ
る」というコンプレックス――。高校時代までは、相当にストレスを感じていた。
高校を卒業すると、親元を離れ、コンピューター関係の専門学校に通うことに
なった。それまでの精神的に窮屈な環境から解放され、「人生は楽しむために
あるんだ」と半ば開き直って、楽しみを追求しようとした時期もあった。しか
し、それも長くは続かず、やはり心が満たされることはなかった。
そのような状態が、しばらく続き、いつしか現状の自己を打破したいという思い
から精神世界の本を読むようになった。 その中で特に影響を受けたのが、クンダ
リニーを紹介した本だった。その本には、クンダリニーという神秘のエネルギーが
人体には眠っており、それを覚醒させ活用することによって、人は偉大な能力を身
に付けられる、といった内容が書かれていた。そして、その最後の章で「クンダリ
ニーは、最終的にはエゴを滅するために使うものだ」という記述に触れたとき、師
は深い感銘を受けたという。「もしエゴを滅することができたら、パーフェクトで
はないか!」
わたしたちは、欲求がコントロールできないがゆえに苦しんでいる。名誉欲しか
り、食欲しかり、性欲しかり、それらは必要なときもあるだろうが、必要でない
とき、それが抑えられずに、人というのは苦しむ。人と人とのぶつかり合いだっ
て、結局はお互いのエゴによるものではないか。
それまで人間関係で悩むことの多かった師にとって、その意味するところがいかに
魅力的に感じたかは、想像に難くない。 しかし残念なことに、その本は、著者自
体のクンダリニー体験が曖昧であったり、あくまでも知識としてクンダリニーを紹
介しているだけで、具体的な修行法や体験には乏しかったのである。

595 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:31:46 ID:mJjvxmVY
求めていたものは解脱・悟りだった!  師の精神世界の模索は、しばらく続いた。
そのころ、毎日のように本屋の精神世界コーナーに通っていた師は、一冊の本に巡
り合うことになった。それが『生死を超える』である。 師は、その中に書かれ
ている具体的な体験から来るであろう確信のある言葉に、深い感銘を覚えた。 
また、そこに登場する弟子たちの体験談に圧倒されたのである。今まで読んだ多く
の本の中で、教祖が神秘的な力を持っているという内容はいくらでもある。
しかし、その教えを実践し、その結果として教えどおりの体験している様子が、こ
こまでリアルに紹介されている本に、巡り合ったことがなかったからだ。
それまでは、それを追い求めていたとはいえ、どこかで夢物語のように感じていた
神秘世界が、自己変革にとっての具体性を持ち始めた記念すべき出合いだった。
また、同時に、それまで漠然と持っていた「社会で成功する」とか「素敵な異性
と結婚する」とかいった普通の願望が、急速に色あせていくのを感じていた。
 そのとき、師は理解したのだ。「自分の求めていたのは解脱・悟りであったの
だ!」と。解脱・悟り――それは心が完全に透明になって初めて得られる境地である。
 わたしたちの心は、広大な領域を持っている。したがって、表面的なけがれ
が浄化されたとしても、より深い部分にはまだまだ多くのけがれが潜んでいる
のだ。 修行者は、心のより深い部分へと積極的にアプローチし、そこに潜んで
いるけがれを浄化するという作業を繰り返す。 ソーパーカ師の場合、真理の
書籍と出合ったことで、心の表面の部分が一気に浄化された。この表面部分
は、わたしたちが通常の生活で使っている心の領域である。したがって、ここが
綺麗になったために、日常生活を送る上での苦しみがほとんど消え去ってしまっ
たのだ。 しかし、心のすべての領域が綺麗になったわけではない。次の段階で
は、通常使っている心の領域よりも、さらに深い部分の浄化を行なわなくてはな
らない。なぜなら、そのより深い心の領域こそが、わたしたちの人生を支配し、
また、わたしたちの輪廻転生とも密接に関わってくるからである。

596 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:33:50 ID:mJjvxmVY
わたしたちが輪廻転生をするとき、表面的な意識は消え去り、より深い意識が働
き出すことになる。その深い部分の意識が透明であるなら、喜び多き神々の世界
へと生れ変わり、そこに濁りがあるなら、その濁りに応じた苦しみ多き低い世界
へと、生まれ変わらなくてはならない。そして、この深い意識さえも超えたとこ
ろに、解脱・悟りの世界があるのだ。
ソーパーカ師は、出家後、解脱・悟りを目指し、本格的に心の深い部分へとアプ
ローチしていった。その途上では、現世にいたときには経験したことのないよう
な、激しい心の揺れや挫折・屈折といった多くの苦しみを経験しなくてはならな
かった。しかし、それらも、教えにのっとっり心を調御していくことによって、
一つ一つ乗り越えていった。そして、ついにクンダリニー・ヨーガの成就を果た
し、心の奥深くまでの浄化に成功したのである。クンダリニー・ヨーガとは、強
力な上昇のエネルギーであるクンダリニー・エネルギーを使って、煩悩を止滅さ
せる技法のことだ。以下に、その成就の瞬間の体験を語ってもらった。
「まず、自分の意識体が、ヨーガではアストラル世界と呼ばれる、この現実世界
の裏側に存在する異次元空間に浮かんでいました。このアストラル空間は、わた
したちの内奥と直結している世界です。 そこでわたしは、『何か』を抱えてい
ました。この『何か』というのは物質というわけではなく、今までの『自分』と
いうものの象徴なのかもしれません。これが自分の抱えている腕から、どんどん
すり抜けていってしまうのです。しかし、自分はそれを嫌がって一生懸命食い止
めようと努力しますが、それでも容赦なく自分の腕の隙間から漏れていってしま
い、食い止めることが不可能だということがわかりました。

597 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:35:54 ID:mJjvxmVY
そのときふと、『すべての物事は自分も含めて、すべては移ろいゆく無常なも
のだ。それらを永遠に止めておくことなどできない。要するに、止めておけない
ものを止めておきたいと思うから苦しいんじゃないのか』という思いがわき起こ
り、思い切って『えい!』とばかりに手を広げて、手元から離れていくのをなす
がままにしてみました。すると、今までにも増して、自分から何かがすごい勢い
で流れ出していくのですが、それに対する執着を放棄したので、逆にものすごい
解放感が生じたのです。
そして、それに伴って自分の身体がどんどん軽くなって上昇を始めました。同時に
上方からシャワーのように光が降り注いで、自分自身のすべてのけがれを洗い流し
ているようでした。そして、最終的に光の中に飛び込むと、そこには光の空間しか
なく、心に完全なる寂静が生じました」
 ソーパーカ師のこの体験は、教義に一致している。
 つまり、教えでは次のように説かれているのだ。わたしたちは無常のものを自己
と錯覚するがゆえに苦しむ。または、無常のものを常にしたいと思うから苦しみが
生じるのである。そして、その無常のものに対する錯覚を取り除いたときに至福の
境地に至る、と。
光の空間への没入――ソーパーカ師は、ついに無常を超える境地へと到達したのだ。


598 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:37:17 ID:mJjvxmVY
ソーパーカ師のクンダリニー・ヨーガの成就を支えたものは、真理の教えに対す
る深い理解と洞察だった。それは一方で、ソーパーカ師を、アーレフの中でも屈
指の説法に秀でた聖者となさしめたのである。
 真理の教えとの出合いによる劇的な体験以来、ソーパーカ師の法則に対する探
求心は急速に芽生えていった。そして、在家時代、そして出家してからと、その
時々で与えられる法則を何度も何度も反すうしながら、正確に、そして確実に心
に根付かせていった。その結果、たいていの現象は、法則によって斬り、その意
味合いを説き明かし、正しい道を指し示すことができるようになったのだ。

ある出家修行者は言う。
「ソーパーカ師が説かれる説法は、実に味があります。シリーズで聴きたいなと
思わせるほど、興味を引くものがあるんです。“法則の地図”の埋まっていない
ところをうまく埋めてくださる、という感じといったらいいでしょうか。
つまり、表面的には知っているけどよくわかっていない部分を、『あ、そうなの
か。こういうことだったんだ』と気づかせてくれることが度々あります。
 師の説法を聴いていると、どんな苦しみも法則によって乗り越えられるんだ、と
いうことがよくわかります」

 真理との出合い以来一途に法則を追い求めてきた、まさに師の真摯な姿勢が、成
就という高い達成をもたらしたのである。


599 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:38:28 ID:Ty6t8Bvu
>>531
>財施そのものが重要なんじゃなくて
>財施しようという心が大事なんだってことくらい、
>先生のご法話を聞いていたら、誰でも分かる。
>真実の法を知らされたら、
>財施したいと思うのは至極当たり前のことなんだけどな。

信心獲得と財施は関係あるのか?ないのか?この質問に答えられる会員は、一人もいないようですね。
だから、以下のようなお金の問題ばかりおこしているんだね。

親鸞会ではどのくらいお金がかかるのか
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze1.html

正本堂建立御報謝
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze2.html

必殺育成法 第6節「聞き出す」
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
(下宿生の仕送りの聞き出し方など)

録音資料 http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/recdata.html
・親鸞会学友部夏合宿(3)
  正本堂の御報謝(献金)額などを通して、受講者の求道姿勢を問う内容です。
  2年生で100万円以上の御報謝を希望した学生が3人いた、などの話が出てきます。
                                   (4分48秒・平成14年録音)
・親鸞会学友部幹部会合(2)
  学友部幹部に、より一層の顕正戦(親鸞会への入会を勧める戦い)と御報謝(献金)への
  積極的参加を呼びかけています。 (5分00秒・平成11年録音)



600 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:40:09 ID:mJjvxmVY
クンダリニー・ヨーガを成就して以来、周りからの影響によってたとえ苦しみが
出てきたとしても、それに対応する教えを一定時間ぶつけていくだけでサーッと
消えていくようになった。
例えば、ある長期の修行に入っているときだった。
マントラを唱えていると、ある“エネルギーの詰まり”を感じた。これは自己の
内側に存在している煩悩を“エネルギーの詰まり”として感じているわけだが、
さらにマントラに集中していると、その“エネルギーの詰まり”の原因となって
いる煩悩が、ヴィジュアル的に見えてきた。そして、その詰まりが過去のどうい
う経験や心の働きによって生じているのかが理解できたので、それを法則に基づ
いて放棄するように思念してみる。すると、それほど強い精神集中をしたつもり
もないのに、エネルギーの詰まりが一瞬にして抜け、その部分の苦しみが消滅し
てしまったのである。その変化は、まさに“激変”と言うにふさわしいほど素晴
らしいものだった。
それ以来、ソーパーカ師は、この“激変”を何度となく経験するようになった。
それは単に心に平安をもたらすだけではない。苦しみが止滅した瞬間、すごい勢
いで心が解放されていき、エネルギーの上昇とともに大変な歓喜が生じてくるの
だった。
始まる大乗の実践――皆に“突き抜けた喜び”を経験してほしい
 常に心が平安・寂静の状態。たとえ苦しみが生じたとしても、それを自在に喜
びへと変換できるステージ――。
 この状態は、もはや個人としては幸福な人生を約束されたようなものである。
しかし、ソーパーカ師の心は、それだけでは満足しなかった。それは利他、つま
り、自分が体得した境地を他の人にも経験してほしい、そして苦しみから自在に
解放される状態になってほしいという思いが自然とわいてきたからである。
 師は言う。



601 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:41:32 ID:mJjvxmVY
「クンダリニー・ヨーガの成就の経験をしたときに思ったんですけれど、これは人
間では絶対に経験できない喜びだなと。“突き抜けた喜び”と言ったらいいでしょ
うか、意識が一回次元が違うところにポーンと行ってしまっているわけですね。
 でも、現世の喜びには、この突き抜ける経験は存在しません。いくら異性と遊
ぼうとも、おいしい物をどんなに食べようとも、どんなにレジャーで楽しもうと
も、その突き抜けた経験はできないんですよ、絶対に。それに、現世で味わえる
喜びは、必ず苦しみを隣り合わせに持ってるわけですよね。条件が変わればすぐ
に苦しみになってしまうという。
 けれども、クンダリニー・ヨーガの成就の喜びというのは、そういった現世
という閉じた世界から完全に解放されている喜びなんです。神々の喜びなんで
すね、言い換えれば。
 で、そのときに、『ああ、すべての魂がこの喜びを経験してくれたらいいな』
っていう思いが自然にわき起こってきたんです。それはもう無理をして起こして
いるわけではなくて、本当に自然と心の底からわき起こってくるものだったんで
す」
個としての安穏の境地を手にしたソーパーカ師は、その状態に安住することなく、
より崇高な、「自己の苦しみを喜びとし、他の苦しみを自己の苦しみとする」と
いう大乗の道を歩く決意をした。
大乗の道は、真理の教えでは「真の意味での仏陀に至るための心の完成のプロセス」
といわれている。教えに忠実に生きようとするソーパーカ師にとって、この決意
は、そういう意味でも自然な流れだったのだろう。
そして、自分が経験した解放の境地をすべての魂に与えるべく、今日もソーパーカ
師は、目の覚めるような法則を説き続けているのである。


602 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:46:52 ID:mJjvxmVY
Q.アーレフの教えを実践する最終目標とは何でしょうか?


A. それは、私たちが正しい生活と修行によって豊かな心身を形成
し、最終的には解脱・悟りという“本当の自由と幸福”を得ることです。
 そのためには、「在家」と「出家」の2つの道があります。
 「在家」とは、家庭生活をベースにしながら、その合間に修行を取り入
れ、心の成熟・霊性の開発を目指す方法です。在家修行の目的は高い世界
への転生と現世的な幸福だと言えます。

 「出家」とは、宗教的な実践を主として、解脱・悟りという最終段階を目
指す方法です。

 それぞれに目標とする段階は異なっていますが、土台となる「真理」に違い
はありません。



603 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:48:48 ID:mJjvxmVY
 修行の究極の目的――最終地点への道
1)修行の究極の目的は解脱と悟りを得ること
◆「解脱」は人智の進歩、いくつかの段階がある
 修行の目的、それは解脱・悟りといわれる。では、解脱・悟りとは一体どうい
う状態なのだろう。 「解脱」とは、英語では“enlightenment(エンライトメ
ント)”といわれるが、人智の進歩ということを指している。つまり、解脱する
とは、わたしたちの内側の智慧が増大することを意味しているのだ。
 「解脱」には、実はいくつかの段階がある。
 「解脱」という言葉の原語(パーリ語)の“mutti”には「束縛からの解放」
という意味があるが、何の束縛から解放されるかによって、段階があるのだ。
 例えば、わたしたちが人間界から離脱することも解脱だし、愛欲界から離脱す
ることも解脱に当たる。つまり、解脱とはあらゆる世界や煩悩から離れることを
意味している。 その解脱を繰り返した末に、「最終解脱」の状態、すなわちも
はや輪廻転生を繰り返さなくてよい大完全煩悩破壊界へと至るのだ。
◆「悟り」は、内側の苦しみからの解放
「悟り」は、英語では“realization(リアライゼーション)”といわれる。こ
れは、わたしたちが自己の内側の要素を認識し、内側の苦しみから解放されるこ
とを意味している。 なぜ、悟りを得ると苦しみから解放されるのだろう。
 悟りを得るためには、わたしたちは自己の内側を淡々と見つめ、そこにどのよう
な要素があるのかを探っていく。そして、何が自己にとって本質的なものである
か、何がわたしたちを苦しめ、あるいは喜ばせるものであるかを認識し、納得し
ていく作業を繰り返す。 すると、わたしたちの苦しみの源である三つの根本的
な煩悩、つまり迷妄・愛著・邪悪心はわたしたちの本質ではない、つまり真我に
もともと備わったものではないということに気付く。
 すなわち、もはやこの三つの煩悩が真我に干渉せず、真我が解放された状態を
得ること、これが悟りの究極の状態なのだ。

604 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:50:37 ID:mJjvxmVY
◆隔絶された環境で個の解脱・悟りに邁進する小乗の実践
日本人にはなじみの深い小乗仏教、大乗仏教という言葉だが、小乗は「ヒナヤー
ナ」、大乗は「マハーヤーナ」と呼ばれる。「ヤーナ」とは乗り物という意味だ。
簡単に言ってしまえば、小乗の教えは修行者個人が解脱・悟りへと至る道、他から
隔絶された空間で自己の内側を浄化し、解脱していく道だ。その最終地点は、ニル
ヴァーナ。
小乗の実践では、基本的に他の魂と関わりを持つことは避け、ひたすら自己の浄化
を進めていく。そのため、外的刺激の多い環境に置かれると、小乗の修行者はもろ
いともいえる。

◆徳を積み、善をなし、教えを広める大乗の実践
 一方、大乗の教えではこの現実の世界において大いに徳を積み、善を行ない、真
理の教えを多くの人に広める。その実践の根底には、他の魂に対する慈愛の心があ
る。そのため大乗の修行者は他の魂と積極的に関わりを持ち、そこでエネルギーを
ロスしつつも、真理の法則を広めることで大いなる功徳を積み、修行を進めていく。
その最終地点は、マハー・ニルヴァーナだ。
◆小乗の教えが大乗の土台、大乗には、小乗の完成が必要
 ところで、「ヒナ」という語には「劣った」という意味があるため、小乗の教え
は大乗の教えと比較して劣った教えだ、と考える人もいる。
 だが、必ずしもそうとはいえない。なぜなら、大乗の教えが主張する「衆生済
度」、つまりすべての魂に絶対的な幸福・自由・歓喜を与える実践を行なうには、
まず自分自身の苦悩が滅されていなければ不可能だからだ。
 小乗の修行によって、自己の煩悩を滅却できた者のみが、他の魂を救済する大乗
の道に入っていくことができるのだ。 小乗の修行を完成していない、つまり自己
の煩悩を滅却していない者が行なう「救済」は、正確には「大乗的」実践であっ
て、まだ本当の意味での大乗の実践とはいえない。


605 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 20:57:15 ID:kVHEnUxy
>>599
信心決定するには、親鸞会に身の代すべてを預けなければいけないようですね。
このお金は誰にもやらない、自分のものだと固執しては、
お金をたのむ心から離れきれないので、自力の心がいつまでたっても、すたれない。
だから、早く他力の世界に出れるように、親鸞会が手助けしてくれるわけか。
お金を出さない人は、信心決定してないってすぐ分かるし一石二鳥だね。
でもって、未信者は、お金を出す功徳では信心決定できないって頭で分かってても
腹底から分かってないから、分かるまでお金をだしつづけると。
分かってるのに、分かってないというのも腹立たしい話だなw


606 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:19:35 ID:rTnngJ8K
>>594
なーんか聞いたことある話だねえ。俺はオウムに居たことないのに。

607 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:20:57 ID:MBV043YB
目的の大きさに比例して努力精進しなければならないのは大宇宙の鉄則。



608 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:34:17 ID:71L+kCAv
自我が崩壊しそう

609 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:44:15 ID:u6Do8yAv
私の信心を謗られることは、自分自身が分っていることですから、全然なんとも
思いません。しかし、なぜ、救われても、この掲示版にいつまでもいるのか自分
自身不思議なのです。過去何度も書込みしておりましたが、送信しても、受け付
けてもらえないことも多々あり、今回の書込みに関してはスムーズに反映された
うえ、安堵感さえ覚えました。
私は、親鸞会で言われている聞法の敗残者とは一度も思っておりません。
ただ、導かれてこのHPで泥凡夫様にお逢いして、実行したまでです。
丁度昨年9月末頃でしょうか。友達の家に遊びに行った折、友達が余りにお母さん
の事を謗って「死んでしまってくれた方が良い」と言った途端、私の口からやめ
て!(と、同時に大音響が部屋中に鳴り、座っている足元にさへ、その響きの感
覚は伝わってきました)お願いだから私が信心決定するまで待ってと叫んでいた
のです。自分ながら自分で何を、私は言ったのだろうと思いました。私はその大
音響を私の後ろで聞いた感覚でしたが、彼女は○○さんの車が衝突されたと外へ
飛び出しました。何でだろう。何もなかったわと戻ってきました。
私もこの出来事が何を意味していたかも分らずにおりましたが、
このようにあの時予言したような形になっておりました。

私はいつも2チャンネルを見ておりました。
そして、リンク先を開けてこちらのジャンヌに顔を出しました。
その時の「親鸞会って何を教えているの?」の自信教人信様の問いかけが頭から
離れませんでした。そうこうしている時、なぜ私は親鸞会をやめたのかのHPを
見つけ、私の心の実情を話したのです。本当に短い文章でしたが、心に染み入る
ものでした。この先色々な面で、不思議な人の出会いがあり、今このように書込
みさせて頂いております。ただ、今救われて見ますと、思われますことは、親鸞
聖人のことばかりでございます。
親鸞聖人は、自分のお名前を使われながら、
このように皆様が苦しまれておられのが忍びないと思われていると思います。
何故、浄土の道、阿弥陀様の御教えをお伝えするべきものがこのように修羅界
のようになってしまっおられるのか。

610 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:46:01 ID:u6Do8yAv
このHPは講師の方々も見ておられると聞いております。
私は被害家族の会のお父様のお苦しみに、なぜ対処されないのか合点がいきま
せん。過去ログ拝見しましたが、5年前にも全く同じようなやり取りがあり、
このジャンヌにおいても悩んでいるお母様の書込みがありました。

学院長であられるYア講師様、
昔のこと覚えておられますか?A木パーマ様ではよく皆で手料理作ったりしてお
りましたね。JRでもお逢いしました時は声を掛けて下さって、しばらくの時間
でしたが懐かしい話で盛り上がりましたね。会場では私の肩を揉んで下さいまし
たね。
小便が体に聞くってお聞きして、気持ち悪いねって話しておりましたが、私1回
こっそり飲んでみたこともありました。
バイクに乗ってくる私に温かいお手紙下さいましたね。

N村講師様
私が初めての担当講師でした。母とも仲が良かったですよね。今でも母は覚えて
います。2人で弁論大会の練習の為に足羽川の堤防で練習しましたね。手取足取
り教えて頂きましたが残念ですが、完敗でした。
私が結婚に悩んでいた時は、近くの会員さんに調べて貰って結局結婚しませんで
したが、私はあの時の事いつまでも忘れていません。
滋賀会館の前でじゃれあっている写真がとても懐かしいです。
M川講師にも話しましたが、どうしてあの時のような和やかなムードで聞法でき
ないのでしょうか?
今、私は蓮如上人の歩まれてきた時の人柄が書いたあるご著書を拝読しておりま
すが、行く先々で、今でも語り継がれて慕われておられます。
私は、きっと私が聞法した当時のようだと推察します。
お二人は、ずっと私の尊敬出来る講師でした。
どうか、このような、争いのない本当の親鸞聖人の御教えを説いて下される団体
にしてください。

611 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:46:43 ID:u6Do8yAv










小便が体に聞くってお聞きして、気持ち悪いねって話しておりましたが、私1回
こっそり飲んでみたこともありました。















612 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:50:09 ID:o2pBk1Ar
またアンチの誤爆かwww

613 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/27(水) 21:51:06 ID:oNzCw15c
誰か知らんけど長文連投乙

容量オーバーで早くスレを終わらせたいのかな?

614 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 21:54:51 ID:u6Do8yAv
>>613
だれやお前?

615 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:01:11 ID:/hwGFuWf
なるほどナットク親鸞会ロンパ
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs/wforum.cgi?no=4559&mode=allread

616 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/27(水) 22:04:51 ID:oNzCw15c
>>614

あなた誰?

617 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:29:19 ID:bAmTvBRk
福井の粘着さん、いつまで続ける気?

618 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:37:47 ID:BvI4e6cY
>>614
浅川進といえば、親鸞会の本尊論を再考するのひと
上のハンドル名は、
龍大生と名乗った通行人と同様、実際いた元会員or会員の名義・経歴を
騙り、権威や立場を利用するネット対策員の身分詐称法のひとつだと思われます。
名誉を侵害された方は、怒って相手を増長させるより
親鸞会の反社会性をまわりのひとに伝えていきましょう。


619 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:38:14 ID:FdsXYBIP
キンタマの皮とは、タマ袋のことか?

620 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:39:31 ID:FdsXYBIP
誤爆ったorz
因みにトリビアの話なんで、あしからず・・・

621 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:41:35 ID:tqxVfz3s
宗教で自我が崩壊しても自己責任でおながいします

622 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/27(水) 22:44:23 ID:oNzCw15c
>>614

ま、>>618の通りです。(2行目のところ)
現在もしぶとく会員を続けています。

>>613はmJjvxmVY宛のコメントだったのですが。

623 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:09:52 ID:NqOwFNKi
>>618
そうですね。「なぜやめた」管理人もやっているしね。
アンチの反社会性をまわりのひとに伝えていきましょう。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/mail/usagi.html


624 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:11:27 ID:bAmTvBRk
荒らし報告したかいがあったよ。

625 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/27(水) 23:15:36 ID:oNzCw15c
>>623

ところで、「京都のIT会社」と「なぜやめの管理人」を結びつけた根拠はどこにあるんで?

626 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:17:53 ID:As+xFxoD
苦しいのが嫌なら、いつでも会をやめていいんだよ
地獄の苦しみはそんなもんじゃないけどね

宗教で自我が崩壊しても自己責任でおながいします

627 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:47:02 ID:iLVgsx90
>>626
君は「地獄の苦しみ」とかいう御伽噺に束縛されているのか。
可哀想に。

628 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:52:41 ID:iLVgsx90
そもそも、「地獄に落ちるのが怖いから会員でいよう」なんてのが
親鸞さんのいう「他力の信心」と一致するのかね。

629 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:29:48 ID:zaoIaWxG
>>627
お釈迦様や親鸞聖人のお言葉が御伽噺ですかそうですか
>>628
他力の信心を得れば地獄行きの者が極楽行き間違い無しの身になるから一致する

630 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/28(木) 00:52:31 ID:iJaeqMiP
>>629
 お釈迦様のお言葉も、高森さんの口を通れば、1から10まで全てお伽噺になる。
 親鸞会で語られれば、お釈迦様のお言葉が、みんなデタラメに変わる。

 外道とはそういうものだ。

631 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 01:28:25 ID:qL4bK3IL
説法の敗残者どもはとっとと消えろってことで。惨めだよおまえら。大方眠りながら聞いてたんだろうが。

632 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 02:03:21 ID:YwhP55lx
何、この糞みたいな流れは。

633 :ぼらさんに疑問:2006/09/28(木) 02:34:10 ID:Q4mpwu5o
>>581
>なら、「体験の有無が分からないこと」と「体験が無いこと」
>を本人が区別することは不可能だよ。
>有ることが分からないなら、無いことも分かるはずがない。

このくだり、正直わからないのですが。
というのは、「有ることが分からないなら」という前提が入っていますが、私
はこの前提を述べたことは一度もないからです。

「他人の体験の有無が分からない」
としても、「本人自らの体験が有ることは分かる」はずですからね。

>まず「信心いただくことを、体験と表現していいのか」について
>十分意見を聞くこと。自分はそれに同意するのか、反対なのか、
>なぜそのように思ったかを議論するべきだと思います。

大変建設的なご意見だと思います。
しかし、これには順序があるはずです。表現しうるかどうかは、その内容次第
です。つまり、「信心いただくこと」の内容の確定が先決に違いありません
(実際には内容の確定は不可能ですが、この確定作業は、不可知論へと意識を
向けるはずです)。

そしてもし仮に、それが親鸞会のいうような「信心のいただき方」だったらど
うしますか?体験以外の何者でもないですね?(繰り返します。私は親鸞会の
シンパでは一切ありません)。

「信心いただくことを、体験と表現していいのか」の前に、そもそも「体験と
表現していいのかと問題になるような体験であるのか」が優先されるべきです。
私はこの作業に関し、私はぼらさんが非常に杜撰だったと考えています。


634 :ぼらさんに疑問:2006/09/28(木) 02:35:32 ID:Q4mpwu5o
>>583
>>地獄行きに間違いなしと深信し、かつ
>地獄行かないことに間違いなしと深信するということですね。
>pかつ¬pが同時に起こってますよ。(引用者中略)論理的に教えてください。

起こっていません。あなたが矛盾だと指摘するのは、深信の対象についてですね。
まずは、論理規則からいって矛盾は、
「地獄行きに間違いなしと深信すること」と、「地獄行きに間違いなしと深信しな
いこと」ですよ。

ではあなたに質問。
「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?


635 :ぼらさんに疑問:2006/09/28(木) 02:38:16 ID:Q4mpwu5o
>>565
>明日ちと休めるので、「できもせん体験」に
>ついて、ど〜ゆ〜立場でゆうたんか、解説するねん♪

よろしくお願いします。

最近、ぼらさんファンからの私への風当たりが強く、困っています(笑)。


636 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 05:28:12 ID:93LvP5zJ
ぼらの言う信心とは
体験ではないのだと思います
弥陀の本願に計らわれるそれが信心です
自分の体験になった以上かならず自分の思いが混ざります
それを頼りにした時点で自力であり、まことのこころではないのでしょう
ですから阿弥陀さんの側からの話ししか言えないんです
なので信心いただくことは体験ではないでしょう


637 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:10:23 ID:OzZXuddt
>高森氏は一切経なんて読破してないだろ。

あたりまえのこと。
読破してたら、わざわざぱくる必要なんてない罠。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

638 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:15:38 ID:PHcvG2WQ
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞまことにて在します(歎異鈔)


639 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:16:48 ID:PHcvG2WQ
「わたくしは、何ということなく、親鸞がすきだ。蓮如がすきだ。すき、嫌いでいうのはへんだけれど、正直な表現でいえば、そうなる」(吉川英治)


640 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:18:55 ID:PHcvG2WQ
私はもう、歯に衣着せずに言っておく。今にして心から醒めなければ、ああ勿体ない、本願寺は、地上からなくなるだろう

641 :ぼらさんに疑問:2006/09/28(木) 07:20:16 ID:Q4mpwu5o
>>636
>ぼらの言う信心とは
>体験ではないのだと思います

そのとおりだと思います。同じように言いましょう。

親鸞会のいう信心とは
体験なのだと思います。

では体験なのか、そうでないのか。それは、親鸞会のいうような絶対的・不退転の
の異常な信心決定の有無に関わるはずですね。私は有るとは一切言ってないことに
ご注意下さい。有る可能性の重大性をひたすら述べているだけです。

これからぼらさんが、「できもせん体験」という事柄について解説してくれるらしい
ので、耳を傾けてみましょう。実に私は、この、「できもせん体験」に食ってかかって
いるのです。私の予想通り、ぼらさんはこの点こそが問題の根源だと気づいて
らっしゃいました。

642 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:33:40 ID:nQ5LdvaB
>>641

⇒ >>597

643 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 07:51:38 ID:i7z5kj/v
オウムのコピペはほぼ間違いなく荒らしなんだろうけど、
意外と役に立っててバロスw

644 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 08:06:04 ID:w7eMA4RA
「信心獲得と財施は関係あるのか?ないのか?」
この質問に答えられる会員が誰一人もいない真実の法を説く
宗教団体のスレはここですか?


645 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 08:20:31 ID:WdUQGgP9
鬱病なる前は自他共に認めるイケメン。鬱病なってからは・・基地外面orz
無表情・死んだ魚のような目・顔が作れない・顔が火照ったような感じがする。
あまりに不細工すぎてたまに死にたくなる(笑)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1158547794/l50

646 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 08:27:52 ID:Lq9Sum7c
あらゆる宗教が やめる人間に「地獄におちる」と脅す 親鸞会もそうなんだね

647 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 08:41:44 ID:w7eMA4RA
>>646
そうそうどの宗教も無間地獄をたてに集金している
そしてどの宗教の教祖も自分の神や仏の正当性を語り自分の
教えが唯一救われると嘯く。麻原でさえ自分は解脱したと
語り、それを盲目に信じる信者が多くいた事実がある。

“信心獲得と財施は関係ある”と認めてしまえば、経済的理由で
辞めてしまった者を切り捨てることになる
“信心獲得と財施は関係ない”と認めれば、現在の集金システムの
根本を否定することになる。

648 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 08:48:24 ID:WdUQGgP9
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。

649 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 11:57:37 ID:FvMQkqGc
>>641

マントラを唱えていると、ある“エネルギーの詰まり”を感じた。これは自己の内側に存在している煩悩を
“エネルギーの詰まり”として感じているわけだが、さらにマントラに集中していると、その“エネルギーの
詰まり”の原因となっている煩悩が、ヴィジュアル的に見えてきた。

そして、その詰まりが過去のどういう経験や心の働きによって生じている
のかが理解できたので、それを法則に基づいて放棄するように思念してみる。
すると、それほど強い精神集中をしたつもりもないのに、エネルギーの詰まり
が一瞬にして抜け、その部分の苦しみが消滅してしまったのである。
その変化は、まさに“激変”と言うにふさわしいほど素晴らしいものだった。

 それ以来、ソーパーカ師は、この“激変”を何度となく経験するようになった。
それは単に心に平安をもたらすだけではない。
苦しみが止滅した瞬間、すごい勢いで心が解放されていき、エネルギーの上昇と
ともに大変な歓喜が生じてくるのだった。

そのときに、『ああ、すべての魂がこの喜びを経験してくれたらいいな』っていう
思いが自然にわき起こってきたんです。それはもう無理をして起こしているわけではなくて、
本当に自然と心の底からわき起こってくるものだったんです」

 個としての安穏の境地を手にしたソーパーカ師は、その状態に
安住することなく、より崇高な、「自己の苦しみを喜びとし、
他の苦しみを自己の苦しみとする」という大乗の道を歩く決意をした。

650 :秋鯔〜☆彡:2006/09/28(木) 12:16:11 ID:UPonMBbX
乙〜♪今日はフリーや〜♪と喜んでたら、午後からご法話を受けてたw。
なので、またしても移動中〜♪
>>635
アーレフの教義がコピペされてましたが、T森さんの信仰体験と
「この世ではえられへんような喜び」「異常な宗教体験」とゆ〜点においては、
同種のものがあると思うんやけど、どうなんやろね。
異常な宗教体験とゆ〜のも、そのカラクリを考察すれば、
実は異常でもなんでもない生理的反応とゆ〜こともできる。
「異常な宗教体験」に先立つものは何か?とゆえば、それを求める
人間の欲望と考えることもできよう。
水なき砂漠で、水を発見した如き生理反応(喜び)と同じように
精神的危機において、それを克服できるものに出会えば、
矢張り、同種の生理的反応をするのではなかろうか。
果たして、こうした体験をもって他力の信心を決定したと
ゆえるのであろうか?仏願に対するはからいが無くなったと
ゆえるやろうか。また、真実信心=仏心とゆえるやろうか?
〜また帰り道で、つづく鴨〜


651 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:08:27 ID:lfdRiq9N
>>633
>このくだり、正直わからないのですが。
>というのは、「有ることが分からないなら」という前提が入っていますが、私
>はこの前提を述べたことは一度もないからです。
>「他人の体験の有無が分からない」
>としても、「本人自らの体験が有ることは分かる」はずですからね。

すみません。意味が分かりかねます。
あなたは、>>558
>>ということは、この人自身は、体験の有無が分かるということなのだね?
>いいえ
と答えていますので、今、それと矛盾している言説を述べていますよ。

もしかして、と思うのですが、この質問は、
「本人は、なにかしらの体験をしたが、この体験は、ある本に載っている、あの「体験」であるかどうか分からない。」と
「本人は、なにかしらの体験をしたが、この体験は、ある本に載っている、あの「体験」ではない。」と
の違いはあるかどうかという質問でしょうか?
本人は、体験の有無は分かるが、「体験」の有無は分からないという特殊な条件設定がされているわけですか?。
他人には、「体験」に加えて体験もよく分からないわけですよね、どうせ。
判断する方法があって誰でも確認できるが、まだ確認してないので分からないという状況なら、
はっきり違うと言えますけど、誰にも分からない状況ですからね。
まあ、何度も言いますが、仮に真実の目があったとしたら、両命題は異なると言えましょうが、
分からないことなのに、あるかもしれないと期待を込めて論じることは
信仰上のことですので、自分は信じるとまず宣言してほしいですね。
悪魔の証明で分かるように、有ると言うことは簡単ですから。

652 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:09:46 ID:lfdRiq9N
>>633
それはともかく、話を現実的にすると、
「高森氏の体験は信心決定という宗教体験である」
「信心決定という体験は、一味の体験である」。
しかし、高森氏の喜びよう、真面目さといった個人的体験は、
個人々々各別である、知識や体験を通してえられたものであるはず
なのに、それと一味の体験をすることができるのか?
可能性はゼロとは言えない。
相手の体験と一味になるには、自分の体験を一味となるよう
一切の間違いなく相手の体験を知らなければならない。
つまり、一味に体験を知らなければいけない。
しかし、相手の体験を寸分狂わず知ることができるのか?
可能性はゼロとは言えない。という流れだと思います。

疑問1
個人体験は、仏教では、特に親鸞会では、阿頼耶識の世界であると教えられる。
一味の体験をするには、阿頼耶識におさめられている業をすべて同じにする
必要があるのではないか?可能性はゼロではないが、
一味になったとき、彼らは異なる人物と見ることができるのだろうか?

疑問2
相手の体験を知らなくても、相手の体験と一味になる可能性はゼロではない。
しかし、みんな毎日何かの体験をしている、信心決定の体験を求めなくても何かの体験はしている。
これでは、一味になろうとしている人、していない人とで、一味になる可能性は同じではないか?
つまり、信心決定の体験を求めようとすること自体、意味がないのではないか?
例、当たりくじをひく確率は、くじを引くときの気持ちに関係ない。(すべての人はくじを引くこととする。)

653 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:11:02 ID:lfdRiq9N
疑問3
一味に体験を知ることができるとして、
一味の体験をした人は、一味の体験をする前に一味に体験を知るという前作業をしていないのだから、
一味に体験を知るという体験をしてしまった時点で業が異なっているので、阿頼耶識の論理から
その人は、一味に体験を知っていないのではないか?
つまり、異なる二人の一方が、一味にもう一方の体験を知ることは不可能なのではないか?

疑問4
可能性はゼロとは言えない、はすべてのものに対して言えるのではないか?
「人間は必ず死ぬ」と言っても、神様が現れて永遠の命をくれるという可能性もゼロではない。
とすれば、この世で断言できることは何もない。前提を用意しない限り。
たいてい、前提は確認不能な真実というものには置かない。

654 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:12:33 ID:5Anec3a9
>>633
>大変建設的なご意見だと思います。
>しかし、これには順序があるはずです。表現しうるかどうかは、その内容次第
>です。つまり、「信心いただくこと」の内容の確定が先決に違いありません
>(実際には内容の確定は不可能ですが、この確定作業は、不可知論へと意識を
>向けるはずです)

確定作業は不可能と思われますね。
しかし、親鸞会が仏教という体裁をとっている以上、仏教教理に従わなければいけないのは分かりますよね。
親鸞会が仏教でないというなら、構いませんよ。
ある日突然、宗教体験してそれは親鸞の体験と同じじゃった、根拠はないが信じる人は来て下さいという
新興宗教を自称するなら構わないけど、
きっと、それなら、ぼらさんはあなたの質問に答える必要はないよ。
専門外のことをこれは正しいですかって聞かれても困るもの。
仏教では、教義に乗っ取って、証を判断するのが当たり前でしょ。
教義を捨てて、私は証を得たといっても仏教の証じゃないよ。


>「信心いただくことを、体験と表現していいのか」の前に、そもそも「体験と
>表現していいのかと問題になるような体験であるのか」が優先されるべきです。

それは、反論として言えばよかったと思いますよ。


655 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:20:49 ID:5Anec3a9
>>634
>起こっていません。あなたが矛盾だと指摘するのは、深信の対象についてですね。
>まずは、論理規則からいって矛盾は、
>「地獄行きに間違いなしと深信すること」と、「地獄行きに間違いなしと深信しな
>いこと」ですよ。

どうでもいいことだと思いますよ。

「地獄行きに間違いなし」と、
「地獄行かないことに間違いなし」が同時に成り立つのかでもいいです。
深信とはハッキリすることらしいですから、無視してもいいです。

>ではあなたに質問。
>「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?

起こっているのではないですか?
私には
「地獄行かないことに間違いなしと深信すること」は、
「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」と同じのように思えますね。
「あなたを嫌いと思うこと」は、「あなたを好きと思わないこと」と同じですから。

656 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 15:48:34 ID:Y/yLK+f0
親鸞会には性的な儀式とかは無いの?
新興宗教には結構多いって聞くけど・・・

657 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 16:33:10 ID:ftzigySP
M貼が性的な儀式をしてたような気がします

658 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 16:51:52 ID:LAVM5BGN
如来の作願をたづぬれば 苦悩の有情をすてずして
     回向を首としたまひて 大悲心をば成就せり


659 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 16:52:26 ID:LAVM5BGN
真実信心の称名は 弥陀回向の法なれば
     不回向となづけてぞ 自力の称念きらはるる


660 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:03:59 ID:hE1QTZue
>>584

そいつぁ、難題だね

661 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:11:05 ID:hE1QTZue
>>587

2chみて、会員みんながそう思う、とかいう
発想をしている時点で、痛い。

662 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:11:36 ID:hE1QTZue
>>625

U本人が認めたんじゃない?



663 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:12:50 ID:hE1QTZue
>>632


まだまだ続くよ




664 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:18:31 ID:KAwBSyMQ
>>661
一人でもいる時点で、痛い。

665 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:20:22 ID:STBrD39N
>>663
 どうも変だと思っていた。
 荒らしは、やはり親鸞会の工作員だった (´▽`*)


666 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:25:55 ID:Yx3hq8TZ
行きつけの温泉宿でお風呂に入ったときのこと、脱衣場で服を脱いで、
お風呂に入ったところ、湯船には先客が、なんと若い男の人です、
男の人はあわてて前を隠して立ち上がり、動転した声で「ここは、女湯でしたか?」。
T子さんは自信たっぷりに「そうですよ」と答えると、
若者はあわてて立ち去りました。T子さんはあわてものがいるものだと、
ゆっくりと湯船につかったとき、こんどは堂々とさっきの若者が入ってきて一言
「男湯でしたよ」。今度はT子さんが、そそくさと退散する番でした。

667 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:29:41 ID:Yx3hq8TZ
「覆水、盆にカエらず」
「覆水」というお坊さんがお盆の忙しい時期になってもお寺に帰ってこなかったので、
檀家のみんながお経を上げてもらえずに困った。
自分の責任はきちんと果たそう。

と思っていました。

668 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:42:34 ID:dtJ2ptcr
Aさんは初めてアメリカに行ったとき サンフランシスコに着きました。 翌日ニューヨークに向かう飛行場で 切符を買おうとしました。
「TO NEWYORK」と言うと2枚のニューヨーク行の切符がきました
             いやいや文法を間違えた
「FOR NEWYORK」というと4枚のニューヨーク行の切符がきました
              こりゃいかんと間をおいて
「えーっと」と呟くと8枚のニュヨーク行の切符がきました
              こりゃますます大変だと思い
「もうえぃ」と言うとまた更に8枚のニューヨーク行の切符がきました
             もうどうにもならないと思い
「もうえぃもうえぃ」とういうと・・果たして何枚の切符がきたでしょうか?

669 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:44:09 ID:dtJ2ptcr
千葉の海から帰ってきた友人が、
「獲れたてのアジの干物を買ってきたよ!」私「?????」

670 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 17:47:53 ID:PyivtkVq
John Paul U ヨハネ・パウロ2世のこと。
「ジョン・ポールさん?どこの有名人?」とか思ってました。
しかもかなり最近まで。 そんな偉大なお方だったとは思いつきもせず失礼致しました。 無知って怖い・・・。

671 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 18:00:40 ID:PyivtkVq
中学3年の国語のテストの文学の問題で“「雪国」の作者は?”
という問いに、“吉幾三”と自信満々で答えたそうで、
答案用紙返却の時に先生に「吉幾三と書いた奴がおる」と公表され、
その君は回答に自信があっただけに「あ、俺や」

672 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 19:05:11 ID:FvMQkqGc
富山の濃すぎをたづぬれば バカな息子をすてずして
忠義者を首・左遷としたまひて バカ親森と呼ばれたり

バカ親森の息子は 会長世襲の回向の意向なれば
次期会長となづけてぞ 有能な講師をきらはるる

673 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 19:42:59 ID:i7z5kj/v
また荒らしてるな…これでも一時期よりマシではあるが。

674 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:14:03 ID:mO5d9bos
ねこにゃがなぜやめたの管理人である可能性は非常に高いけどさ、
管理人は長い間動きを見せてないのに対して、
ねこにゃは今も普通に家族の会で発言したりしてるようだ。
偽装メールの件、誰か追及しないか?
もしくはねこにゃ本人がここで釈明すべきだろう。

675 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:17:16 ID:OMCKIbnQ
釈明した方がいいが、強制のものではないよ。
しかし、釈明しないことによって、
いらぬ嫌疑をかけられるのも、しょうがない。
この世には、不埒な人間が絶えないからね。


676 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:30:54 ID:mO5d9bos
もとより強制力など及ぼしようもないが、要求はできる。

ねこにゃさん、あなたの釈明を強く要求する。
家族の会で釈明する場合はこっちにリンクでも貼って知らせてくれればよい。

677 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:39:11 ID:i7z5kj/v
>>676
こんなとこで言ってもな…
もし本気でねこにゃ氏=なぜやめた管理人だと思うなら向こうの掲示板で聞けば?
まあ何の証拠もなく言っても只の荒らしにすぎないから
ここで言う理由もわからないでもないが。

678 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:41:24 ID:FvMQkqGc
偽装ってs会の自作自演じゃなかったっけ?

679 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:46:23 ID:mO5d9bos
こっちの方がたくさんの人が見てるからな。
当然こちらもチェックしてるだろうし、何の問題もなし。

680 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:53:56 ID:mO5d9bos
でもねこにゃ自身が常にチェックしてるとも限らないから、
家族の会事務局に対して、ねこにゃの釈明を求める要求としておこう。

681 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:54:38 ID:c/404f33
>>676
いつの間にか管理人=ねこにゃになって
ねこにゃに要求しているのは、誘導か?
管理人が釈明するなら、なぜやめに公開するはずだから
2chとか家族の会は関係ないよ。
そこで煽るのは可能だがね。
兎に角、偽装メールがあったという情報が信用できないから、
それほど要求するほどのものじゃないよ。
親鸞会の人たちは、煽って貶めるネタを作りたいのだろうがね。


682 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:54:44 ID:C/nYrP8m
Uさんが、勤めていた会社を解雇されたらしいのだが

683 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 20:59:04 ID:mO5d9bos
信じたくないのは君の勝手。
目と耳をふさいでたらいいよ。

俺は釈明を強く要求する。
管理人と違うのならそれを釈明すればよいこと。

684 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:02:18 ID:c/404f33
一人でやればいいよ

685 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:17:01 ID:mO5d9bos
言われなくても既にやってるっつうのw

686 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:21:18 ID:c/404f33
がんばれよ

687 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/28(木) 21:25:51 ID:NfAMSg+b
なんかやっぱりなと云う感じがする。

私は「京都のIT会社」と「なぜやめの管理人」とを結びつける関係を尋ねたのだが、
なぜかU氏=「京都のIT会社」=「なぜやめの管理人」の式が成立してるようなのね。

まあなんつーかスケープゴートとでもいうのか何というのか。
なぜかU氏になってるようなので。別に私はかまわんのですが。

688 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:33:50 ID:b8ga1nuD
>>682
>Uさんが、勤めていた会社を解雇されたらしいのだが
それ、俺も聞いた。

浅川さんは、U氏と繋がりがあったんでしょ?
詳細を聞いてみてよ。

689 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:41:28 ID:EAtztwVg
そんなこと言ったら不可知論になってしまう

690 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:43:05 ID:FvMQkqGc
考えてみれば、蓮如がホントに言ったかどうか知らん会が、
「切り刻みても飽くかよ」を実際に行動したとしたら、怖い思想だな。

アルカイダのように、テロリストの報復行動を「是」とする思想。

s会にとってみればs会にたてつくU氏は「切り刻みても飽くかよ」の
スケープゴードとして会員を鼓舞するのに都合のいい存在かも知らん会。

691 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:45:42 ID:EAtztwVg
親鸞会の問題はもっとマルチテンタクル(多触手状)のものです

692 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 21:51:14 ID:b8ga1nuD
>>690
実際にたてついているのなら、スケープゴードとは言わないのでは?

693 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:09:27 ID:gwpbHHfy
ん?

694 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:11:46 ID:EAtztwVg
実際に滑っているのならスケートボードとは言わないのでは?

695 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:35:13 ID:gwpbHHfy
え?

696 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:38:24 ID:EAtztwVg
picture

697 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:44:37 ID:gwpbHHfy
は?

698 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:48:23 ID:PHcvG2WQ
姿なき無常の風は、いつ襲ってくるかわかりません。

699 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:49:20 ID:PHcvG2WQ
百年もすれば、今この世に生存している人は、すべて、いなくなるのです

700 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 22:50:27 ID:PHcvG2WQ
「鎌倉(時代)というのは、一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった」(司馬遼太郎)


701 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:11:17 ID:FESvAnBj
>>680
こんなところで偽装だ捏造だと騒いでも妄想で片付けられてしまうだけ。
どうしてもそのねこにゃとやらに釈明を要求したいなら家族の会の掲示板に書き込めば?
けど、女性を偽装しているとか、京都の会社であるとか、根拠なしに言ってる気がする。
ところで病院の件にしろ親鸞会ってどうして家族の会の掲示板で釈明しようとしないんだろ?
事はそこの掲示板で起きてるんだというのに。黙認?

702 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:16:19 ID:Sq5Qzrdr
>>647
>“信心獲得と財施は関係ある”と認めてしまえば、経済的理由で
>辞めてしまった者を切り捨てることになる
>“信心獲得と財施は関係ない”と認めれば、現在の集金システムの
>根本を否定することになる。

親鸞会の会員さん、やっぱり「信心獲得と財施は関係あるのか、無いのか」誰も答えれないみたいですね。
つまり、この質問は親鸞会会員を絶句させる質問だということですね。

いつも威勢よく答える会員の人たちは、どこにいったのかな?
やはり、都合が悪いから、関係あるとも無いとも答えられないのね。

信心獲得と無関係な財施を必死ですすめている訳か、親鸞会は。



703 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:16:25 ID:b8ga1nuD
「無視」も、一つの対応方法、なのだろう。

704 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:19:03 ID:qL4bK3IL
無視も問題が大きくならない内は効果的なんじゃね

705 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 23:28:01 ID:4Jpc27BI
会は「ありもしない体験」と言われるのが一番こたえるみたいだから
0.00000001%であろうと可能性は可能性というところにしがみ付いてるように見える。

2010年に人類が滅ぶのも、可能性といえば可能性。
でもこれは2010年になれば確定する。
でも会の体験は、死ぬまで無くても次生、次生・・・
こんな期限の決められないようなものは何とでも言える
信じる信じないの問題ならせめて嘘勧誘はやめたほうが・・・、大義名分もなにもない。

706 :浅川進 ◆UTJ5.m0Hws :2006/09/28(木) 23:35:17 ID:NfAMSg+b
>>688

別に会社をクビになったとかなってないとかは、ここではあまり関係ないでしょ。
機会があれば聞いてみるけど、ここに晒すような内容でもないんでないかと。

ま、U氏は大学も同じだったし色々な面でつながりはありましたよ。
去年の8月には本願寺観光に付き合ってもらいましたしw

707 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:17:47 ID:QQ5kTr9V
どうでもいいことだけど、651 652 653 654 655は「なぜやめた」の管理人さんですよ

708 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 00:42:40 ID:zsd2qyYg
>>702
あなたは、
信心獲得と財施は関係あるのか、無いのか
を答えられますか?
あなたなりの意見を是非とも答えてみて下さいよ。
もしかして答えられないのですか?

709 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 05:32:25 ID:dvW5Xjq3
>>708

日本語できない人?
「信心獲得と財施は無関係」ってかいてあるじゃん。
信心獲得と財施が関係があるというなら反論してみたら?>ID:zsd2qyYg

710 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 05:35:04 ID:dvW5Xjq3
>>709
ID:zsd2qyYg さんが反論するときは、当然ながら
親鸞の著書から
「信心獲得と財施が関係がある」
という文言を出す必要があるよね。

あるわけない罠。

711 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 07:13:52 ID:dvW5Xjq3
本願寺には自浄精神がまだあるようだが、親鸞会はどうなんだろね?

【「仏壇には、本尊阿弥陀仏の左右に親鸞と蓮如の絵像が掛かっていることが
あります。よくごらんになってください。親鸞も蓮如も正面を向いていません。
阿弥陀仏の方を向いています。
これは、親鸞も蓮如も「自分を拝め」と言っているのではないわけです。】
本願寺の僧侶のHPから
http://www.nagoya30.net/temple/kyosin/sin-iti/eseo/eseo_09.html

釈尊は「善知識はさとりを得る道の大因縁、全因縁なり」と仰言っておられる。
又、「善知識があったら十里、二十里はおろか海山越えても馳せ参じ、その善知識
を仏の如く敬うて、身肉手足をも供養すべきである」とも般舟三昧経に教えておられる
とおり、私達が助かる否かは全く善知識の御化導によるしかない。
その御化導に私見をはさんでいては万劫聞いても助からない。
ただひたすら、善知識を弥陀の化身と仰ぎ、善知識のお言葉を弥陀の直説と頂いていく事
にのみ、私達が無碍の大道に雄飛できる道のある事を再自覚し、会長先生の御下にぬかず
かねばならない。【顕正新聞 昭和49年12月】


712 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 07:40:22 ID:rIJvpbWG
>>702 ID:Sq5Qzrdr

あなたは、
信心獲得と財施は関係あるのか、無いのか
を答えられますか?
あなたなりの意見を是非とも答えてみて下さいよ。
もしかして答えられないのですか?


713 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 07:43:47 ID:uROZa6Py
>>707
それは何故わかるの?

714 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 07:45:16 ID:FRtCvGi2
なぜ親鸞会の人は出自を隠し、サークル活動を称して布教するのですか?
ウソをつくことを方便として正当化しているのかもしれませんが、方便としても
そのようなやり方は効果的だとは思えません。

確かに短期的にはその方法で入信者を増やすかもしれませんが、長期的にみると
そのような方法で社会から信用を失うほうがダメージが大きいと思います。
社会の中で長期的に考えを広めようと思ったら、一番大切にしなければならないのは信用です。

オウムや摂理などの社会的に認められないカルトも採用したのと同様の方法を使い、社会からそれらと同列に
扱われるようになってしまうのは布教する上で損失だと思いませんか?

今現在堂々と親鸞会だと名乗れない状況があるとすれば、その状況を作っているのは、サークル活動を装うような
自らの反社会的な行動です。出自を名乗らない→信用をなくす→ますます名乗れなくなるという
悪循環ではありませんか。

その悪循環を断ち切るために、社会から信用されるために、そのような方法はやめてほしいと思います。

715 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 09:22:24 ID:kkVpeZxg
>>707
ほんとだ、管理人あるいはねこにゃっぽい。

>>655さん、どうなんですか?

716 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 09:23:48 ID:kkVpeZxg
>>707
ほんとだ、管理人あるいはねこにゃっぽい。

>>655さん、どうなんですか?

717 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 09:25:00 ID:kkVpeZxg
連投スマソ

718 :ふしょう:2006/09/29(金) 09:43:54 ID:yLiSaEXn
>>711
そこら辺は、本願寺僧侶も高森氏も、両方正しい
ことを言ってるんだろうね。

高森氏だって、いつも「善知識の能というは一心
一向に弥陀をタノメ云々」言ってるんだし、まし
てや、あなたが引用した文にも、経典上の根拠も
あることだし。


これは、s会に限らず、グル・導師・神父等、法・
神の声を伝える者の扱いに、共通する問題点なん
でしょうね。

719 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/09/29(金) 11:43:37 ID:ZL8w6JOd
>>712
関係あるよ。
全財産仏法にかけてごらん。
できないでしょ?
そんなだからいつまでも徹底しない。

720 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 11:53:24 ID:sZQf04tC
15 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2006/09/26(火) 00:51:47 ID:ryTiGr8S
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会 [管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、●生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高★守牧師を招きます。
> >ご期待ください。


721 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 13:23:49 ID:2hoICOZk
来週火曜の笑っていいともに、A橋大二医師が出演されます。
子育ての悩みを募集中です。

722 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 13:35:40 ID:mN4PKSrf
高森の「信心決定」など、証拠もないのに信じられるかw

723 :秋鯔〜☆彡:2006/09/29(金) 14:15:07 ID:nk8KlhLU
なんだかんだで今日もイソガシス。事務屋さん来るまで、>>650つづき
漏れのゆう「できもせん経験」とは、浄土真宗を標榜するT森さんの
真実信心決定体験そのものを指す。
@自己の体験とゆうはからいがまじわる時点で、浄土真宗においては
真実信心とは言えへん。故に、いつまで求めても無理。
また、T森さんが自己の体験をもって信心とゆうのならば、
はからいを捨て、弥陀に帰すとゆう浄土真宗の宗義に反する。
故に、T森さんが自己の回心体験をもって信心決定したと
ゆうのであれば、それは浄土真宗でゆうところの信心ではない。
この場合、s会たる宗名の意義は消滅するから、T森さんの
信仰体験を追体験することを求める会(仮)等に変えたほうが適切。
A神秘体験を旨とする宗教は、キリスト教神秘主義や他の新興宗教にも
多く見られ、s会だけが何も特別ではない。果たして、それらの体験と、
s会でゆうところの体験が、異なるのか同じなのか。
事を個人的経験に寄せるため、同異を論ずるのは極めてむつかしい。
また、体験者自身が嘘をついているとしても、外部から判断することは、
他人の心を知る力が完璧に備わっていない限り、不可能といわざるをえない。
よって、追体験希望者は、体験したと断言する者の言動・その書・行動によって、
推測し、自らの信念によって「この人は体験者や」と判断することしかできない。
不確定要素を多分に含む信心とゆうてよく、浄土真宗の解釈でゆえば、
信心=金剛心とは言えない。
B可能性        どなたかが述べられていたが、可能性とゆえば、なんでも、
可能性がある。漏れが死ぬ間際に、ユーフォーがやってきて、
冥王星につれていってくれる。とゆ〜のも可能性は無いわけではない。
〜つづく〜

724 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 14:18:16 ID:FRkbsBnu
お金が本当に仏法のために使われているかかといってら 全然使われていないのが
S会でしょう 

725 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 14:57:49 ID:dvW5Xjq3
>>719
>全財産仏法にかけてごらん。

そりゃあ、s会に全財産をかける気はしないわな。
会長はアパートぐらししろといってるけど子牛で一軒家に住んでいる
者もいるし。
あのM貼の不倫や車道楽、子牛の女道楽に使われるとすればなおさらのこと。

726 :ふしょう:2006/09/29(金) 15:43:03 ID:suT6hJ9d
>>723
今までのレスを殆んど読んでなく、流れを全く考
慮しないで質問しますが、

≫@自己の体験とゆうはからいがまじわる時点で、
≫浄土真宗においては真実信心とは言えへん。

ここらへんが、よく分かりません。

自己の体験⊆はからい、ということなのでしょう
か?

「自己の」が否定されているのか「体験」が否定
されているのか、どちらなんでしょう?


また、それが真実信心ではないというのなら、真
実信心とはどういうものなのでしょうか?

言葉では定義できず、否定の形でしか表現できな
いのかもしれませんが。


727 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 16:42:07 ID:aOc/8Gi5
>>726

自己の体験=はからいで
己の心が混ざった時点ですべて否定されるんじゃないですか

信心とは阿弥陀さんの願いが自分に向かってかけられていることに気づかされ
その願いにただ信順することではないでしょうか

すべて阿弥陀さんの側からしか語れません


728 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 17:36:52 ID:dvW5Xjq3
水野弘元氏が説くところによると「善をなせば幸福の報果があり、悪を行えば
不幸の結果を招くという善因善果・悪因悪果の業報思想は、印度では仏教以前
すでに、初期ウパニシャッド時代から確立していた。」という。

最も古いと言われている初期経典である「スッタニパータ」や「ダンマパダ」
の中に既に地獄が説かれている。
しかし、釈尊の固有の教えの中に地獄の思想があった訳ではない。
地獄の思想の起源はチグリス・ユーフラテス河流域地方と言われ、インドへの流入は
紀元前十世紀頃という。
釈尊の時代には既に地獄の思想は民衆の中に深く浸透していたのである。
梅原猛氏は「一面において、釈迦の思想がきわめて地獄の思想と結びつきやすい
性格をもっていることを示す。」と指摘している。
釈尊の教えの核心は煩悩の束縛から離脱して、そこから生ずる苦を超克することに
あったから、因果応報・輪廻の思想の存在を考慮すれば、教えを効果的にする為に
方便として取り入れられ融合したのではなかろうか。

729 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:25:32 ID:hA1f27Vc
大嘘つき「通行人」のお出ましだ〜い!

730 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/29(金) 18:32:42 ID:ihoNkwMw
 他人の論争に割ってはいるつもりはないが、見ちゃいられない感じがする。財物の提供には、仏教では布施と
いう概念と供養という概念がある。布施は六波羅蜜の一つ、悟りへの道だ。菩薩が行う。供養は五正行の一つ。
往生極楽の行だ。散善の行だ。親鸞会は、基本的にはこの供養を求めている。供養は賛嘆をもって行う。供養と
布施とは全く違う。高森さんの仏教理解の貧弱さか狡猾さが露呈し、供養を布施行と混乱して会員に説いている
ところに第一原因がある。
 供養というと、どうせ、死体に花輪を送ることだとでも思っているんだろう。

731 :秋鯔〜☆彡:2006/09/29(金) 18:53:54 ID:nk8KlhLU
乙〜♪ちと、お遊びw
秋の名作劇場『裸の王様』
王様「この服は信心得たものにしか見えないとゆ〜言葉では
表現できない美しい服じゃ。なんとゆう美しさじゃろう」
大臣「これこそ信心の証。さすが一切経を読破された王様。
王様の信心は、真の信心でございます〜」
王様「そち達には、何色に見える?」
大臣@「赤色に見えます」
大臣A「えんじ色かと」
王様「どちらも違うぞ。赤がかってはいるが、赤でもなく、
かといって、えんじでもないぞ」
大臣@「仰る通りでございます」
大臣A(えんじにしか見えなかったが、まだ聴聞が足らないのか・・・)
王様パレードの日
通行人「なんて美しいお召しものなのでしょう」
町の人(裸にしか見えへんけど)「何色に見える?」
通行人「お前バカだな、王様の聴聞聞けば自ずとわかるだろ」
町の人「じゃ、何色?」
通行人「赤でもなく青でもないすばらしい色じゃないか。
聴聞足りないからわかんないんだよ。」
町の人「答えられるだろ、信心得たものなら」
隣町の人「何、この町?つ〜か、なんでここの王様は裸なん?」
〜おしまひ〜

732 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 18:57:15 ID:aOc/8Gi5

激しくワロタ

733 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:09:05 ID:1SUliHIz
隣町以外の全世界の住人「なんで隣町の人はいまだに服なんて物を着ているのだろう?」

734 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:35:15 ID:kkVpeZxg
仏法のことで遊ぶな馬鹿ボラ。
親鸞聖人を馬鹿にしているのか?
自力を服に例えたにしても、不適当と言わざるを得ん。

735 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:42:57 ID:hVrmrS3x
>>723

本願寺の坊さんて御聖教の言葉を門徒に教えないで
こういう理屈か世間話ばっかりしてるんだよね。
全部自分の推論だろ。
つまらんよ。

「あわれあわれ存命のうちにみなみな信心決定あれかしと朝夕思いはんべり。
まことに宿善まかせとはいいながら述懐のこころしばらくもやむことなし」
って門徒に教えてごらん。
「仏法には、世間のひまを闕きてきくべし。世間のひまをあけて、
法を聞くべきように思う事、あさましきことなり。仏法には、明日と云う事はあ
るまじき」由の仰せに候う。「たとい大千世界に みてらん火をもすぎゆきて 
仏の御名をきくひとは ながく不退にかなうなり」と、『和讃』にあそばされ候う。」
こういうお言葉を教えているか?

一大事もない、信楽開発の自覚もない、
本願寺の坊主の説法をなに命がけで聞くんだよ(笑)。



736 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 19:51:57 ID:kkVpeZxg
なんでこんなふざけた奴が未だにのさばってんの? このスレ。
カルトアンチのマイコン進行中ってことか、
本願寺はそこまで狂っているのか…

737 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:01:15 ID:QDpPxakJ
>>734

信心や聴聞をバカにしてるんじゃないか。
謗法だろ。

738 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:09:03 ID:1OyQ2bhX
おまいらみんな必死だなw
図星だからってカリカリすんなよ

739 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:16:29 ID:kkVpeZxg
親鸞聖人を馬鹿にする奴は許せんな。
仏法を馬鹿にする奴も許せん。
本願寺やカルトアンチには分からん感覚だろうけど。

740 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:24:44 ID:wT3eniqf
君らがいくら怒ろうが
怒りは信心決定にはなにも関係ないだろ?
それよりぼらが言ったことの本質はなにかよくかんがえてみたら?
これもご縁だぜ

741 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:31:17 ID:zSFc/w3n
本質は謗法と慢心だろうね

742 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:32:18 ID:QisJQEgA
「友情の多くは見せかけであり、恋の多くは愚かさであるにすぎぬ」(シェイクスビア)

743 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:33:07 ID:ocHkXjZo
>>740

ボラの表現にはムカついたが、言わんとすることは何となく分かった。
信心とは何なのかということを考えさせられるなぁ。


744 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:33:21 ID:QisJQEgA
「恋愛に年齢はない。それはいつでも生まれる」(パスカル)

745 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:34:26 ID:QisJQEgA
正しい人間観に立脚しなければ、幸福な社会の実現はありえないのです

746 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:39:36 ID:+J+/Ba43
高森を信心決定したと思い込んでいるのは、親鸞会会員だけ。

747 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:39:52 ID:pFmEZflU
「聞」と言うは、衆生、仏願の生起・本末を聞きて疑心あることなし。
これを「聞」と曰うなり。「信心」と言うは、すなわち本願力回向の信
心なり。「歓喜」と言うは、身心の悦予の貌を形すなり。

「身心の悦予の貌を形す」三業をもって真心を顕された明証。
三業が信心だとは誰も言ってない。
こういう御文にふれるのは御縁になる。

くそ坊主の理屈や謗法を見るのは悪縁でしかない。
ほんまに2chは時間の無駄。


748 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 20:50:56 ID:3kOv8/gN
で、三業で信心を計れるの?計れないの?

749 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:06:00 ID:lE2cIAOR
誰が三業で信心を計ったの?

750 :749:2006/09/29(金) 21:11:18 ID:lE2cIAOR
>>748

おもしろそうだからコテハンでやろうか。

この信心をうるを慶喜というなり。
慶喜するひとは、諸仏とひとしきひととなづく。
慶は、よろこぶという。信心をえてのちによろこぶなり。喜は、こころのうちに、
よろこぶこころたえずして、つねなるをいう。うべきことをえてのちに、みに
も、こころにも、よろこぶこころなり。信心をえたるひとをば、「分陀利華」
とのたまえり。


これは当然否定しないよね。

751 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:12:31 ID:Cv76iLSU
>>747
>「身心の悦予の貌を形す」三業をもって真心を顕された明証。
親鸞聖人は言葉にとても繊細な面があった点に注意。
「悦予」というのは仏や因位の菩薩がよろこぶ相を表わすのに使われる言葉ではないですか?


752 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/29(金) 21:14:34 ID:ihoNkwMw
 ボラの話は、これまでは呪文の羅列でほどんどちんぷんかんぷんだったが、>>731だけは、言いたいこと
が伝わってくる感じだな。 (´▽`*)
 
>信心や聴聞をバカにしてるんじゃないか。謗法だろ。
   核心をついてる正法だろう。

753 :749:2006/09/29(金) 21:15:25 ID:lE2cIAOR
>>751

コテハンにしてね。
正定聚は菩薩でしょう。

754 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/29(金) 21:18:44 ID:ihoNkwMw
>>752
誤 ほどんど
正 ほとんど

>信心や聴聞・・・
 (>>737の引用)


755 :749:2006/09/29(金) 21:20:23 ID:lE2cIAOR
>渡海 難 

きみも少しは人の勉強になる発言したらどうかな。
いきあたりばったりでは相手にされなくて当然だろ。

756 :749:2006/09/29(金) 21:24:23 ID:lE2cIAOR
「間違ってる」と思っても自分が知らないことがあると
一応調べるんだけど、あんまりアホくさいとね....



757 :749:2006/09/29(金) 21:25:42 ID:lE2cIAOR
今日はもう帰る時間なので
明日以降でもコテハンの返事を待ってます。


758 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 21:30:29 ID:Cv76iLSU
>>753
説明不足で申し訳ありません。
この「因位の菩薩」とは法蔵菩薩であり阿弥陀仏のことを指しています。
大経では「悦予」に関してはそういう用法を採っていることを親鸞聖人は
よく知っておられたから、歓喜を説明するときに「悦予」という言葉を
用いられたのでは?

759 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:10:05 ID:3kOv8/gN
>>750
では、よろこんでいない人は
信心をえていないと言っていいんですね?


760 :ふしょう:2006/09/29(金) 22:55:34 ID:haiwybPP
>>727
≫信心とは阿弥陀さんの願いが自分に向かってか
≫けられていることに気づかされ

その「気づかされ」というのは「自己の体験」で
はないの?

信心のイメージが私とは異なるようです。その是
非を争うことは、とりあえず現時点での私の目的
ではありませんので、深くは突っ込みませんが、
「気づく」「気づかされる」という時点で「体験」
だし、「誰が?」となると「自己」以外にないよ
うに思うんだけど。

私のイメージでは、ヒンドゥー教のバクティ・ヨー
ガもそうだと思うのですが、最終的にアミダブツ
や神々と合一する(これを「仏凡一体」というの
かな?)のが真実信心で、その体験は、非常に強
烈な、文字通り圧倒される経験なのではないか
なー?と思うのです。

まぁ、もしかしたら、その瞬間「自他不二」の境
地に達し、自も他も無くなるのかもしれませんが。
でも「体験」は残るでしょう。


立川武蔵氏の著書に、よく「聖なるものが俗なる
ものに顕現する」(エリアーデ?)とありますが、
俗なるものが何らかの努力をして聖なるものに到
達するのではなく、仰る通り、アミダブツの側か
ら顕現するんでしょうね。


761 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:58:06 ID:OVsQ6rDK
報恩講でお酒飲みません 小松・本光寺、数百年の慣習見直し決議 「運転すれば罪」

小松市本折町の真宗大谷派本光寺の門徒が二十八日、毎年恒例の一大仏事「報恩講」で 、飲酒をしないことを決議した。
約七百年前に報恩講が始まって以後、習わしで長く酒は 付きものとされてきたが、車を運転して訪れる門徒もいるため、「今の時代、わずかであ っても飲酒運転は禁物」と慣例を見直した。

762 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:58:56 ID:OVsQ6rDK
本光寺は親鸞上人の命日を前に報恩講を行っている。市内外から訪れる門徒の数は毎年 二千人に上り、勤行や法話の合間の食事「おとき」で酒が振る舞われてきた。
酒量こそは 「たしなむ程度」(世話役の一人)と少ないが、車で帰る人もあり、事故を心配する声も あったという。

763 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:59:39 ID:OVsQ6rDK
飲酒禁止を決議したのは、報恩講の世話役を務める一人、築田浩さん(77)が二十六 日、報恩講打ち合わせ会で「飲酒運転は罪。まず本光寺の門徒から先駆けて、態度を鮮明 にしてはどうか」と提案したのがきっかけ。
多田眞住職が賛同し、二十八日の世話役会で 提案、約百二十人の世話人が満場一致で決めた。
報恩講は十月十六日から十九日の四日間 行われる予定で、門徒に飲酒禁止を説明する。

764 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:03:26 ID:ocHkXjZo
>>747

ほう。極めて重要な点だね。
ここが分からんようになったんが現在の真宗だ。

765 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:19:05 ID:PVtO3AI7
>>760
私も気づくことはありましたが、
いつから気づいていたか、よく分からない
気づきであります。
あるとき、はっと気づいている自分に気づいたという感じでしょうか。
と言いましても、気づいたとき、そんな気づきは
どうでもよいとも思いました。
ただ、阿弥陀仏を信じたいと思いました。
自分を救う阿弥陀仏をではなく、ただ阿弥陀仏をです。
だから、私は気づくとか気づかないとか
あまり興味がありません。



766 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:33:57 ID:nsOqzI6E
「親鸞聖人のみ教えに善のすすめは・・・」

本願寺・・・ない
親鸞会・・・ある


「親鸞聖人のみおしえに不倫のすすめは・・・」

本願寺・・・・ない
W部さん・・・・あってほしい
M晴さん・・・・ある
高森会長・・・ないが、やった息子はゆるしてくれ

高森会長の「M晴れるをあまりいじめないでくれ」事件
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719

767 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:35:19 ID:nsOqzI6E
>>766
訂正

「親鸞聖人のみ教えに善のすすめは・・・」

本願寺・・・ない
親鸞会・・・ある


「親鸞聖人のみおしえに不倫のすすめは・・・」

本願寺・・・・ない
W部さん・・・・あってほしい
M晴さん・・・・ある
高森会長・・・ないが、やった息子はゆるしてくれ

高森会長の「M晴をあまりいじめないでくれ事件」
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#712
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#713
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#714
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#717
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#718
http://makimo.to/2ch/life7_psy/1155/1155360134.html#719

768 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:39:33 ID:f5PqwmpT
M晴れるwww

769 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:40:26 ID:kPd0N7IS
全然おもしろくない

770 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:42:04 ID:f5PqwmpT

ツンデレ

771 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:50:18 ID:kPd0N7IS
ツンデレて何?
シンデレラ?

772 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 23:57:58 ID:f5PqwmpT
まあ、シンデレラの親戚ではあるけどな…

773 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 00:19:23 ID:t50QwP77
>>721
いつアマノッチの友達になった?

774 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 01:25:14 ID:ISbXQZLR
s会ってネット対策と称してまだ熱湯欲活動してるのかな?
誰がしてるのかは知りませんが、そういうところは好きになれません。
しかしs会のいい面もたくさんあると思います。

775 :ぼらさんに疑問:2006/09/30(土) 01:26:10 ID:He2EtOuZ
>>651
>すみません。意味が分かりかねます。 (引用者中略)
>と答えていますので、今、それと矛盾している言説を述べていますよ。

いいえ。勝手に誤解しないで下さい。あなたは、私とぼらさんとの会話に割っ
て入ってきたのですから、私の主張を、あなたの側から遡って理解する必要が
あります。

私の主張は、>>430-432にありますので、一度これを読んで理解してください。

>本人は、体験の有無は分かるが、「体験」の有無は分からないという特殊な
>条件設定がされているわけですか?

いいえ。同上。

>分からないことなのに、あるかもしれないと期待を込めて論じることは
>信仰上のことですので、自分は信じるとまず宣言してほしいですね。

これは一体なぜなのですか?「あるかもしれないと期待を込めて論じる」など
と仰いますが、私はまったく「込めて」ませんが。「自分は信じる」宣言など、
口が腐ってもしませんよ。

776 :ぼらさんに疑問:2006/09/30(土) 01:28:01 ID:He2EtOuZ
つづき
>相手の体験を寸分狂わず知ることができるのか?
>可能性はゼロとは言えない。という流れだと思います。

いいえ。前提そのものが違います。そういう流れではありません。ですので、
あなたの提出した3つの疑問の前提が崩れております(4つ目は、私たちの議
論と大きく関係します。後述)。

あなたは「一味」をどうやって知るのか、という方向に勝手に解釈の方向を変
えてしまっています。おそらく、それはあなたの関心の方向なのだと思います
が、私とぼらさんの議論の方向ではありません。

ではどういう方向かといいますと、「知覚不能性は存在を否定しうるか」とい
う問題なのです。一番分かり易い例でいうならば、>>314の喩えですね。

>僕は部屋でフェレットを飼ってます。しかし、他人は絶対部屋に上げませんので
>ヴォラチャンはじめ、みなさんにはこのフェレットの存在を知覚できません。
>さて、質問。フェレットは存在するか。

あなたはこの問いに、どのように答えられますか?その上で、もう一度、疑問
を投げかけてください。また、疑問を提示する際には、十分に前提を確認して
からにしてください。そうでなければ、あなたの勝手な解釈が疑問を生んでい
る可能性がありますから。

777 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 01:31:42 ID:h3XWvzlg

前略
この度 NEWサイトを建ち上げました。

破壊的カルト実態を暴き続ける諸兄へ。

「極醜破壊的カルト真如苑」に対する爆撃は
これまで 2ちゃんねる及び ザ掲示板 宗教論・人生論 において展開
されてきましたが
「真如苑被害の検証 反苑の会」 ttp://www.geocities.jp/hanennokai/
に続き
「真如苑的時間」 ttp://space.geocities.jp/mindmanipulate/sinnyo-en.html
が 2006.10 新たな拠点として創設されました。

顕正創価サイエントロジー真光霊友モルモン阿含エホバ

みなもちろん手口は似通っていますので よろしくお願い 致します。
逆に言えば
どの 破壊的カルト対抗者様に対しても
有益な効果を謳える場となれることを 目的とします。
掲示板完備ですので どうぞお気軽にご意見を賜わりたいと存じます。

伝統宗教の衣を纏う 悪しき組織を さあどんどん潰して 参りましょう。
被害者としてではなく 対抗者として ご参加

いただけると幸いです。

***



778 :ぼらさんに疑問:2006/09/30(土) 01:34:58 ID:He2EtOuZ
さて、4つ目のあなたの疑問に答えます。
>可能性はゼロとは言えない、はすべてのものに対して言えるのではないか?

これこそ、ぼらさんも主張する内容で、まさに、渦中にある問題そのものと言
ってよいでしょう。そしてあなたでしたか?「言ったもん勝ち」になってしま
う、ということですね?

「すべてのものに言えます」。

ただし、数学と論理学といった演繹的領野は除きます。私はこのことを>>314
1-1で述べています。そうすると、あなたは仰るでしょうね、そんなふざけた結
論があるか!と。しかし、実際にそうなのですから、仕方ないですね。

しかし、これをどうも解せないというのは、「本人が体験したというのが嘘っ
ぱちだったらどうするのだ?」という疑問でしょう。これについては、

@実際嘘っぱちかもしれない
A嘘ではなく本当に体験したのかもしれない

のいずれかです。あなたはAの重大性をどれくらい考えてらっしゃいますか?
もしも、「どうせ嘘の体験だ」と仰るなら、釈迦にAを妥当させる根拠が知り
たいです。もちろん、あなたが仏教徒であればの話ですが。。。(私は仏教徒
ではないので、釈迦にも@を妥当させています)。

おそらくこの点につき、Aの「本当に体験」とはどういう意味か、となりますね。
この部分の議論は、私はやはり、>>430-432(2-2-3)で述べています。もちろん
こうした体験が「仮にあれば」ですが。


779 :ぼらさんに疑問:2006/09/30(土) 01:35:49 ID:He2EtOuZ
>>655
>「地獄行かないことに間違いなしと深信すること」は、
>「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」と同じのように思えますね。
>「あなたを嫌いと思うこと」は、「あなたを好きと思わないこと」と同じですから。

これは大変な「誤り」です。あなたは高校生のとき、
I don’t think I love you.
I think I don’t love you.
は同じでも、
I’m not sure I love you.
I m sure I don’t love you.
は異なると習ったことはありませんか。多くの文法書に書かれていますよ。

実際和訳してみてください。まったく意味が異なりますねw

もう一度聞いてみます。
「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?

780 :ぼらさんに疑問:2006/09/30(土) 01:54:31 ID:He2EtOuZ
>>723
>なんだかんだで今日もイソガシス。

お疲れ様です。私もこの二日は激多忙でした。
3点述べてらっしゃいます。

>A神秘体験を旨とする宗教は、キリスト教神秘主義や他の新興宗教にも
>多く見られ、s会だけが何も特別ではない。

>B可能性 どなたかが述べられていたが、可能性とゆえば、なんでも、
>可能性がある。

この二点については、500000%同意します。何らぼらさんと私の考えは
異なってません。2ch用語では禿同というらしいですw

問題は
>@自己の体験とゆうはからいがまじわる時点で、浄土真宗においては
>真実信心とは言えへん。故に、いつまで求めても無理。

いえ、あなたの解釈が間違いだといっているのではないことにご注意ください。
その解釈は十分可能でしょう。いや、正しいのかもしれません。(当方浄土真宗
の知識なし)。

私は、「出来もしない体験」の根拠が知りたいと言っているわけです。
上には「自己の体験とゆうはからい」という謎のくだりがあるのですが、
「はからいを捨て去る体験」というのは考えられないのですか?これ
こそ問題中の問題なのだと思います。というのは、親鸞会では現にそのよう
に主張されているからです。



781 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 03:30:47 ID:OdRdlkqU
>>731

ワロタ いい得て妙。
s会の連中は図星だから謗法罪とかいって怒っているようだけど、まあモチツケ。
s会においては
「会長とかs会のありかたを批判すること=謗法」。
だから、偽装勧誘とか身分詐称とか信心詐称することが恐ろしい謗法だとは
夢にも思えない。

これはs会が、「s会(T森会長)のみが真実を独占している」と主張し、
自浄も反省の精神のカケラもない、紛れもないカルト団体である証だといえる。

s会がネット対策のようなくだらないことをやっているうちは、マイナ教団に留まり
絶対に社会には認知されないだろう。

まともな社会生活も経験せずに勧誘活動に没頭して幹部になっていくから、
そんな簡単なことすら、わからんようになってしまっているんだ。
W部さん、あなたもその一人ですよ。


782 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 04:52:05 ID:ptlsF76r
ボラえもんの話が謗法なら、
会長の下ネタ満載の法話はどうなんだ、と思ってみたり・・・
まあ、無駄に印象深かったからある意味プラスかも知れんが

そういえば以前、会長が学生の頃に下宿?先のおばさんに悶々して、
夜は仕方なく雨の日に窓からぶちまけてた、みたいな話を
聞いた覚えがあるんだけど、何の話だったか覚えてる人いない?

783 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 08:01:59 ID:bmn/qJFo
「世の中には生きながら心の死んでいる者がいる」(吉田松陰)


784 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 08:03:17 ID:bmn/qJFo
「この世をばわが世とぞ思う望月のかけたることもなしと思へば」(藤原道長)


785 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 08:03:52 ID:bmn/qJFo
「何ごとも夢まぼろしと思ひ知る 身にはうれひもよろこびもなし」

786 :749:2006/09/30(土) 08:35:16 ID:zMQBoWmv
>>758

コテハンにもできないなら返答する必要もないかと思いますが
一応読んでいるひとのために。

「信心歓喜 乃至一念」というは、信心は如来の御ちかいをききて、うたが
うこころのなきなり。「歓喜」というは、「歓」は、みをよろこばしむるなり。
「喜」は、こころによろこばしむるなり。うべきことをえてんずと、かねてさき
よりよろこぶこころなり。

また、如来とひとしというは、煩悩成就の
凡夫、仏の心光にてらされまいらせて、信心歓喜す、信心歓喜するゆえに、正定
聚のかずに住す、信心というは、智なり、この智は他力の光明に摂取せられまい
らせぬるゆえに、うるところの智なり、仏の光明も智なり、かるがゆえに、おな
じというなり。おなじというは、信心をひとしというなり。歓喜地というは、信
心を歓喜するなり。わが信心を歓喜するゆえに、おなじというなり。

その他いろいろ根拠はありますが、歓喜は信心を獲た人(あえて機とはいいませんが)
のことです。

787 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:27:06 ID:fQZ7GsEx
>>782
「芥子粒の中に大千世界を入れて広からず狭からず」
の説明の話だったような・・・違ってたらゴメン

あと、誤解を招きそうだからフォローしとくけど
ぶちまけたのは精子じゃなくて小便の方だからね

788 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:47:41 ID:ePf5WqHO
>>782
昼間に水を飲み過ぎると夜小便したくなるが、下宿の大家夫妻の寝室を
通らないとトイレに行けないのでなるべく飲まないようにしてた。
雨の日は窓から小便をぶちまければいいので、安心して飲みまくった。

…結局、何の話だっけ?因果の道理か?

789 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:53:57 ID:WUUKz8fc
そうではないでしょ・・・・。
「禅宗の一休の、世の中の娘が嫁と花咲いてかかあとしぼんで〜」
の説明の話だったと思うな。違ってたらすみません。

あと、雨の日は仕方なく、じゃなくて「雨の日の方が都合が良かった」じゃなかった?

790 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:54:38 ID:fQZ7GsEx
てか下ネタって、そんなに言うほどあったっけ?
面白くなかったからかな、あんまり覚えてないんだけど・・・

791 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:56:28 ID:WUUKz8fc
「生死一如」を台所と便所でたとえた話じゃなかった?

792 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 09:58:31 ID:WUUKz8fc
知り合いのリフォーム業者に頼んで、2階にもトイレを作らせたって話でしょ?

793 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 11:43:16 ID:/BWBjGJK
勉強机の引出しのタイムマシーンに乗れば、過去や未来に行けるって話です。

794 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 12:28:04 ID:VDibWKAk
\          ,. < ヽ>,、 `' ヽヘ
lニ`ー- ..__   _,ィェェュ_、`ヽヽ〃--、rタヘ       ,ィ
ヽ三三三_二ニ==‐- .._`ヾュ_ `` ̄、_r' 冫、   ノ l
 ヽ. -‐'´   r¬へ‐-_、  ` 丶 、ー==-‐''   ヽ.ィ´ .,'  ちょっと通りますよ・・・
'´        ー''´ ̄  __,,. -――ヽ'⌒ヽ__ /r'⌒ヽ/
ー‐----  ..____,. -‐'' ´. --――‐l′l'´ f'⌒',`丶  r.,ヘ、
三三三三三ニ>''´_,,. -― '' ´ ̄ ! l、 ゝ,rく.ヽ、 \ヽ.j.ヽ
三三三三,.ィ´-‐'' ´          l,t___ノj   ヽ\. ヽ、´_ヽ
三三ニ>''´         ,.ィ´三ヽ     , 、   \三三フ
三 /           ,.イ.三三三 l    ./三.ヽ    ヽ‐''′
三f           /. ヘ三三三 !   /三三 ヘ   }
` ヽ         /-- 、 j三三ニ/   /ヘ三三7  /
   ヽ.     _,.イf´    ヘ三三ン′  ./ ノ三ニ/ /
      ̄`ヾ、`ーt  . -‐‐ヘ_/‐-、 /_/ニ> '´
         `ー-ハ´ . ´ ̄.ヘ,ィ、三ヘ _/‐''´
          /三v   / .l.ヽ¬jノ
          `ー‐ヘ. /   |. l´/
             ,.-ヽ、   | |'j
             f.⌒j. ト、 |,lく
              /ヽ.ィ_ノ ヾミハ'
            {  {   ヽ   l. l
            j/.t  ヘ.  |. l
          _/、 {.ヘ  ハ   | !
         ,ヘヽ._`Y 丶/ \.lハ
        _∧ >‐´ 7  ヽ   l. l
    ___ _jヽ ヽ`ーイ、.-、_ ! _, -'´l.ヽ
  ,.-‐´コ ]}}})} j 冫rnl`T‐f´    l !
 ´ ̄ ̄ ´  `¨´ `ー^`'┴ヘ._-‐===,〉
               _/     ヘ
             くフヽ´ ヘ r' ̄/ ̄ヽヲ!_

795 :ぼらさんに疑問に疑問:2006/09/30(土) 12:49:59 ID:a+BpbZgf
>>775-776 >>780ほか

ぼらさんの言う「出来もしない体験」というのは、真宗教義という縛り
(ルール)の中でみた「真実信心」という体験のことじゃ?

真宗の教義上では、真実は、「仏の側」のみにあって、衆生の側には、
一分の真実も無いとしますから、「衆生の体験」である以上、「はから
いを捨て去る体験」とやらも含めて「真実ということはありえない」わ
けですから。
真宗教義という限定(ルール)を取っ払ってしまえば、どのような体験
であろうと、その存在の可能性はゼロではないということは、みなさん
同意のようですから、問題は、「体験の有無」という場合の、体験を、
真宗教義というルール内で問題となる「それ」(この場合を、>>651
んは、「体験」と表現されているのでは?)と、それ以外の場(ノール
ールなのか、論理学とか他のルール内なのかは、私にはわかりませんが)
のそれ(体験)とを区別すべきということだと思いますが、いかがですか


796 :749:2006/09/30(土) 12:50:05 ID:NUOWjx8H
759 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 22:10:05 ID:3kOv8/gN
>>750
では、よろこんでいない人は
信心をえていないと言っていいんですね?

こんなところにコテハンにもしない逃げ腰のひとがいた。
見逃しちゃうから会話したいならコテハンにしなさい。


この信心をうるを慶喜というなり。
慶喜するひとは、諸仏とひとしきひととなづく。
慶は、よろこぶという。信心をえてのちによろこぶなり。喜は、こころのうちに、
よろこぶこころたえずして、つねなるをいう。うべきことをえてのちに、みに
も、こころにも、よろこぶこころなり。信心をえたるひとをば、「分陀利華」
とのたまえり。



祖師聖人が「信心いただいたら歓喜する」と言われているのですから
そのようにいただきましょう。
祖師聖人のお言葉を復唱してよく諭しなさい。
「よろこんでいないひとは云々」というお言葉があるなら
教えてください。また勉強させていただきます。

797 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:40:06 ID:QtkW7K2z
>>775
すみません、本当に意味がわからないんです。
>>431
>2-1-1. この体験が実在するかは、本人以外には不明である。
のようにあるんですよ。
それで、今回、
>>本人は、体験の有無は分かるが、「体験」の有無は分からないという特殊な
>>条件設定がされているわけですか?
>いいえ。同上。
とあるんです。
ということは、本人は、体験の有無が(「体験」の有無も)分かるということになるはずです。
しかし、あなたは>>558
>>ということは、この人自身は、体験の有無が分かるということなのだね?
>いいえ
と答えているんですよね。なんでですか?
まったく意味が分からないんで教えてください。


>>430-432を見て、また疑問が湧いています。
信の一念て、浄土真宗の用語ですけど、
「本人が体験したことは、この信の一念の体験である」ことが
なんの断りもなく、当たり前のように述べられています。
本人がなんらかの体験をしたことを、本人が分かっていて何の疑問も抱きませんが、
本人は、自分の体験したことが信の一念の体験であると、なぜ分かったのでしょうか?
大事なところですので教えてください。

798 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:41:05 ID:QtkW7K2z
>>776
>これは一体なぜなのですか?「あるかもしれないと期待を込めて論じる」など
>と仰いますが、私はまったく「込めて」ませんが。「自分は信じる」宣言など、
>口が腐ってもしませんよ。

疑問4で私が言っているように、
前提というものは、普通確認不能な真実というものに起きません。
ですが、そういう確認不能な真実に前提をおこうとしているあなたの姿を見て、
期待を込めていると言っただけです。仕方ないではないですか?
あなたがどう意固地になろうと、信じているんですよ。そろそろ自分と向き合いましょう。

799 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:41:44 ID:QtkW7K2z
>>776
>いいえ。前提そのものが違います。そういう流れではありません。ですので、
>あなたの提出した3つの疑問の前提が崩れております(4つ目は、私たちの議
>論と大きく関係します。後述)。
>(中略)私とぼらさんの議論の方向ではありません。

「できもしない体験」から問題が始まっていると思ってたものでね。
今は関係なかったのかな?

「高森氏の体験=信心決定」と決定してしまったところから始まる弊害として
親鸞会の会員が、浄土真宗の教えを聞くのではなく、
高森氏の体験を神聖視し、求めていることがあげられる。
しかし、高森氏の体験は、個人的体験であり、
会員が、会長と一味の体験をすることは不可能である。
なぜなら、信心とは決定心、疑惑がまじることがないのに
個人的体験は、どこまでも真実の体験かどうか分からない疑惑がつきまとう。
また、個人的体験は完全に知りえないために、本当に高森氏のそれを追体験できているか
いつまでたっても分からない。確証がない。
よって、会員は「できもしない体験」を永遠に求め続ける。

>>149から始まって他心通の話などがあったでしょ?忘れた?

浄土真宗では、信心は一味です。
親鸞会では、体験したことを以て、「往生できる」という信心とするわけですから
当然、体験も一味でなければいけませんよね。
会長の体験を一味に知れるかどうか、親鸞会の教えが生きるか死ぬかの大問題だと思ったもので
論考してみました。

800 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:45:10 ID:Lv0+PlJJ
>>776
>>僕は部屋でフェレットを飼ってます。しかし、他人は絶対部屋に上げませんので
>>ヴォラチャンはじめ、みなさんにはこのフェレットの存在を知覚できません。
>>さて、質問。フェレットは存在するか。

これは、誰でも確認可能な事実を前提とした議論ですので、
あなたの質問と同列に論じるのは不適当かと思います。
まあ、既に話したとおりです。

ただ、ここで断っておきますが、
仏教では、
限定的に確認不能な真実の前提が付加されます。
それは、
仏教全体では、釈尊の確認不能な真実。
真宗全体では、宗祖の確認不能な真実。
です。
これは、仏教というものの性質上もたざるをえない前提ですので
仕方のないものです。

しかし、高森氏の体験した確認不能な真実を
前提として仏教を論じていいのか?
もちろん、良いわけがありません。当然のことですので承伏してください。
それが嫌なら高森教を創始してくださいね。構いませんから。

801 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:46:48 ID:Lv0+PlJJ
>>778
>さて、4つ目のあなたの疑問に答えます。
>(中略)
>ただし、数学と論理学といった演繹的領野は除きます。私はこのことを>>314
>1-1で述べています。そうすると、あなたは仰るでしょうね、そんなふざけた結
>論があるか!と。しかし、実際にそうなのですから、仕方ないですね。

そりゃそうだよな。
数学で、1と2の間に実は自然数φという数字が隠されてますとか言っちゃいけないからな。
まあ、可能性はゼロじゃないかもしれないが…w。
とにかく犯してはならない前提を犯して確認不能な真実を前提に勝手に話を(ry

>しかし、これをどうも解せないというのは、「本人が体験したというのが嘘っ
>ぱちだったらどうするのだ?」という疑問でしょう。これについては、
>(中略)
>ではないので、釈迦にも@を妥当させています)。

はいはいワロスワロス。既に答えたことの繰り返しっす。
俺は、仏教徒でありたいと思うけど、釈迦がおかしなこと言うんなら、
いつでも仏教徒でなくなることを恐れないよ。
嘘ついても良いから勧誘しろなんて言ってたら、釈迦もその程度かって思う。

802 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 13:47:26 ID:Lv0+PlJJ
>>779
>>655 (中略)
>は異なると習ったことはありませんか。多くの文法書に書かれていますよ。
>実際和訳してみてください。まったく意味が異なりますねw
>もう一度聞いてみます。
>「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?

なるほど。おもしろい。
確かに、
愛してないと確信している。
愛していると確信していない。
は微妙に異なるな。
前者は、愛しているという余地がないが、
後者は、愛してないという余地がある。
だから、「確信しない」グループには、矛盾するものを入れても構わない。
反対に、「確信する」グループには、矛盾するものを入れてはいけない。
という暗黙のルールがあると言外に言っているように思うのだが、
まあ、今は関係ない話なのだろう…。
仏教の教えは言葉の用法を間違っていると言っても今は詮なきこと。

それはともかく、何度も同じ事を繰り返すが、単に言葉一つどうとでも言える問題ではないだろうか?
I'm sure I love you.
I surely love you.
は同じ意味なのに、
それぞれの否定は、同じ意味にならない。同様のこと。

「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きである。」
「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きでない。」
こっちでも十分二種深信と言える。
では、これらが同時に成り立つときは、矛盾してますか?
もう一度聞いてみます。

803 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 14:07:53 ID:gGoC2v1F
横レスですが

>「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きでない。」

というのは極楽浄土に往生するとはかぎらないので
二種深信と言えないのでは?

素朴な疑問でした

804 :さすらいの遊女:2006/09/30(土) 14:17:01 ID:k+/Hs4+v
>>731 秋鯔さん、すごくウケたわ 有り難う。教学抗議を思い出してしまったw
何の変哲も無い品物を勿体付けて、いかにも深遠な意味の込められた
聖なる品として、人に高額で売りつける霊感商法と似てないことも無いな。

ちょっと思ったんだけど、その王様は自分の自慢する物の実態が暴かれると
自分の地位が粉々になっちゃうから、先に大臣に答えを言わせて置いた後で
勿体を付けて、自分の服をさもこの上なく尊いもののように述べ、大臣達が浅はかな了見しか
持たないと思わせるように仕向けてるとも考えられる

余談だけど、今のs会の有り様だと
「会長と脳波が同じになれるヘッドギア」とか「会長の金ぴか像」とか
「サイケでアッパーな音楽で有用フレーズがどんどん頭に入る!s会風真実開顕会話練習CD」とか
「どんなに嫌な気分でも、被れば喜びで目がらんらんと輝く勧誘用お面〜笑顔のみ、CG風に
スマートなスマイルに変身!派手な効果音+輝きエフェクト発生機能付き」
なんてのも会員向けに売り出されそうな気が致します

805 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 14:58:23 ID:Lv0+PlJJ
>>803
まあ、そうですね。
「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きでない。」の部分集合が
「私は、ハッキリ間違いなく極楽行きである。」ですから問題ないでしょう。

806 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 15:24:04 ID:cuSJgyn0
>>802 805

>「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きである。」
>「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きでない。」

法体募りの異安心ですな。
落ちるなりを浄土に持っていってるw

あなた方のそれは二種のお話。二種深信ではありませんよ。


807 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 15:31:18 ID:jjz4l5op
>>806
法体募りは、落ちるなりと思わなきゃ助からないという心を見透かされてるってだけだろ。
要は、結局疑ってるじゃんってことだ。
もし、落ちるなり、自分が極悪斎下だと思うことさえ許されないなら、
熊谷連勝棒は、まだ怒る自分に驚いた時点で、それまでの信心がくずれとるわ
連勝棒が信心獲ていたかどうかどうでもいいけど。


808 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:00:48 ID:cuSJgyn0
>>807

おろろ?おいおい・・・。
s会じゃそんなんなってるの?
あのね、あなたがどう思っているかを信心とは言わんのだよ真宗では。

ここが分からんようになってる団体なら既に聖人の御心に合わんようになってるなw


809 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:06:54 ID:jjz4l5op
>>808
ほう、では真宗では、自分には信心はないんじゃないかと思うことも信心とは関係ないということですかい?
信心があると思って喜ぶのも信心と関係ないと?
落ちるなりと思ってこれが信心だと思うのも信心と関係ないと?

ちなみに、s会の人?でないとするとどこの人?


810 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/09/30(土) 16:17:55 ID:EYHI70kT
信心を獲たら喜びが溢れるのは当たり前。
喜ぶ人もいれば喜ばない人もいるみたいに聞こえて、
まるで阿弥陀仏の浄土に種類があるみたいに聞こえる。
同じ阿弥陀仏の浄土に生まれる本願なのに
同じ信心でないとおかしいでしょうに。
同じ喜びも湧くし、ということは同じ体験と言わざるをえないだろうに。
歎異抄の誤読で喜ばないことが当たり前だと勘違いしたのかな。
大体、喜びの湧かない本願なら自分の信心を疑ってしまうよ。
一念ではっきりする信心そして慶喜、これをはっきり言わないと。
阿弥陀仏の浄土に種類があればまた違ったんだろうけどね。

811 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:40:35 ID:LnrJ2XBW
喜びって信後の体験でしょ?
喜ぶって言う意味では同じかもしれないけど
感じ方は人それぞれじゃない?

812 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:44:32 ID:WlTPN74t
>>810

おまえ、まだいたのかよ。
身分詐称と信心詐称の会員が、恥を知れ。

813 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:04:43 ID:jjz4l5op
>>809
自己レス。
ご消息にでてくる練尼坊って、
おもっきり、自分には信心はないんじゃないかと心配してるな。
なんだ、練尼坊はアウトだったかw


814 :749:2006/09/30(土) 17:23:10 ID:RMNcoshV
この信心をうるを慶喜というなり。
慶喜するひとは、諸仏とひとしきひととなづく。
慶は、よろこぶという。信心をえてのちによろこぶなり。喜は、こころのうちに、
よろこぶこころたえずして、つねなるをいう。うべきことをえてのちに、みに
も、こころにも、よろこぶこころなり。信心をえたるひとをば、「分陀利華」
とのたまえり。

聖人様も同じでよかったですねー。
うれしいなー。
と読めるまで聞いてください。

815 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:23:34 ID:zzxiv5nE
>>810-811
愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、
真証の証に近づくことを快しまざる

 これでやっと分かったよ。親鸞には信心が無かったんだ。
 本当の信心は、高森先生と、通行人さんだけにあったんだ。

816 :749:2006/09/30(土) 17:34:35 ID:RMNcoshV
慶ばしきかな、悲しきかな、慶ばしきかなと続く三カナ文。
一部しか読めないわけね。

また浄土へいそぎまいりたきこころのなくて、
いささか所労のこともあれば、死なんずるやらんとこころぼそくおぼゆること
も、煩悩の所為なり。久遠劫よりいままで流転せる苦悩の旧里はすてがたく、い
まだうまれざる安養の浄土はこいしからずそうろうこと、まことに、よくよく煩
悩の興盛にそうろうにこそ。なごりおしくおもえども、娑婆の縁つきて、ちから
なくしておわるときに、かの土へはまいるべきなり。いそぎまいりたきこころな
きものを、ことにあわれみたまうなり。これにつけてこそ、いよいよ大悲大願は
たのもしく、往生は決定と存じそうらえ。

歎異抄にも「いよいよ大悲大願はたのもしく、往生は決定と存じそうらえ。」
ってよろこんでおられるじゃないですか。

ほんとに慶ばんばかものやなー。
こんなものを救ってくだされるとは阿弥陀様はとんでもない仏さまやなー。
ってよろこぶんですよ。
よく聞きなさい。


817 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:03:36 ID:I+h7pN0J
そういう喜び方がありなら、なんでもありだろ


818 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:03:47 ID:zzxiv5nE
('ε') フーン。喜べない気持ちがあっちゃいけないんだ。難しいんだなーぁ。

819 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:22:41 ID:X8uCD/UE
おや、宗旨替えか?

820 :物知り:2006/09/30(土) 18:43:42 ID:zzxiv5nE
('ε') あのさ。喜べない人は、お布施しちゃいけないんだよね。

821 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 19:09:53 ID:XppnlTG2
阿弥陀さまはたいへんお慈悲な仏さまですから、
不倫しててもセクハラしてても、必ず絶対の幸福に救いとってくれますよ。

アンチのみなさん、なにか文句ありますか?

822 :シンパ:2006/09/30(土) 19:20:52 ID:zzxiv5nE
!(・。・)b 「そうか!」セクハラされれば、このときこそ、喜ばないといけないんだな。 

823 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 19:38:45 ID:cuSJgyn0
>>809

>ほう、では真宗では、自分には信心はないんじゃないかと思うことも信心とは関係ないということですかい?
>信心があると思って喜ぶのも信心と関係ないと?
>落ちるなりと思ってこれが信心だと思うのも信心と関係ないと?

あのね。君の言う事は後念なのよ。一念じゃないのよ。
喜ぶ心なんて人ぞれぞれなんだよ。同じ喜びであるなんてありえんのよ。
喜ぶ心は人間の心。人間の心は千差万別でしょ。自分の喜びが他人の喜びと同じと
確認できる術はないのよ。その内、あの人みたいに喜ぶ人になってなけりゃ助からん・・・ってなるの。

真宗では自分の心の状態を信心とは言わんのよ。

でも君の気持ちは分かるよ。

824 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:22:34 ID:1BczIsGt
>>823
で、法体募りの異安心はなんだったの?
これは、一念でいいの?
後念で、一念をあれこれ考えるのがいけないんだったら
異安心を考える必要はあまりなさそうだね。

825 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:58:57 ID:yVy9H10W
749のハンドルで
>こんなものを救ってくだされるとは阿弥陀様はとんでもない仏さまやなー。
>ってよろこぶんですよ。
>よく聞きなさい。
って書き込んでいるのがM晴だったら、笑いが止まらないんだけれどな。

826 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:36:42 ID:91mWy0lv
自分で修理しなくてはならないので修理代を貸してほしい

827 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 22:31:47 ID:t2SpC/KI
>>719 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/09/29(金) 11:43:37 ID:ZL8w6JOd

>>712
>関係あるよ。
>全財産仏法にかけてごらん。
>できないでしょ?
>そんなだからいつまでも徹底しない。

通行人さん、信心獲得と財施は関係あるのですね。分かりました有難うございます。
よく分からないのですが、どのような関係があるのですか?

あなたのこの文章から、「全財産を仏法にかけていないから、(信心が)徹底しないのだ」と
理解してよろしいのでしょうか?

828 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 22:32:09 ID:lfz88HXL
いくら?

829 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 22:43:26 ID:ISbXQZLR
あるのかわからない数年後のために貯蓄などするなということでしょう。

830 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 23:28:55 ID:Kxl6pwZz


麻原尊師は、すでに解脱をなされているのだから、死刑になったらそのまま、
阿弥陀仏の浄土へいくことが出来るのでしょうか?


また、その後はふたたび娑婆世界にかえって来られるのでしょうか?




831 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 23:49:46 ID:+V/63Q8g
>>786
「喜は、こころのうちに、よろこぶこころ絶えずして、常なるをいう」
心身の無常であることは一生を通じて変わらない。
私が起こした喜び、掴んだ喜びもまた無常で変化する。
無常なれば私の身に起きる「よろこぶこころ」が絶えることもある。
仏のよろこびだからこそ私の状態如何に関わらず、
絶えずにあり続ける仏のよろこびの中に包摂されているのでは?


832 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 23:52:41 ID:R+Jh8kjo
>>827
信心はカネで買えるものでは無い
大宇宙の宝をまるもらいするのだから全財産かけても買えるわけがない
全財産かける覚悟で求めないと徹底しないということ

833 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 00:27:04 ID:SVvVi8rk
('ε') フーン それであのさ。モマエんとこの阿弥陀さんは、年間何人位救え
てるの?。一人も救えてないんじゃないのか?空振りバッカろう。
全財産かける覚悟なんかできる奴、何人位いると思ってンの?
モマエの阿弥陀さんは、ニセモンだろう。



834 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 00:28:00 ID:SVvVi8rk
あげ。

835 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 01:26:43 ID:d1oA5eFd
>>831

その通り!!

仏の喜びだからこそ完全でかわらないんでしょ
その慈悲の光に照らされる身を喜ぶんです

わたしの心は死ぬまで信じたり疑ったりですよ。

836 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 07:37:18 ID:38lm37ht
情報は武器
一見公平そうに見えて
武器をわけあいましょうって甘えが見える
真に同じ土俵に立って勝負なんて現実世界ではありえない
誰もが不公平に泣いてそれでも戦っている
覚悟を決めた方が早いんじゃない?

837 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 07:38:26 ID:Eqqemp33
親鸞会の教えは
「全財産を親鸞会にお布施したら信心いただける」
って考えていいのかね?

>通行人へ

838 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 09:50:10 ID:1wiWZQs6
>>795
>ぼらさんの言う「出来もしない体験」というのは、真宗教義という縛り
>(ルール)の中でみた「真実信心」という体験のことじゃ?

これは分かりかねます。
あなたの解釈では、「できもしない体験」=「真宗教義の真実信心という体験」
となりますね。ということは、ぼらさんが「出来もしない体験を求めさせられ」
というのは、「真宗教義の真実信心の体験を求めさせられ」と読み替えられる
はずです。

すると、どういう意味なのでしょうか。親鸞会が求めさせるところの体験とは、
「真宗教義の真実信心の体験」ということになりますね。つまり、あなたの解
釈では親鸞会は、真宗教義の体験を求めさせていることになります。

もういちど、咀嚼して疑問を投げかけてください。実は、あなたの提案は、ぼ
らさんが「真実信心」をも「体験」ではないと主張しているため、採用できな
いというところに問題があります。「『真実信心』という体験のことじゃ?」
の部分をよく再考してください。


839 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 09:51:41 ID:1wiWZQs6
>>797
>すみません、本当に意味がわからないんです。

失礼致しました。貴方が分からないという点が分かりました。
私が「体験の有無が分かるか」→「いいえ」と答えたのは、「他者の体験の有
無が分かるか」という問題だと思ったからです。理由があります。私はこの問
題提起をしたとき、次のように提示していたからです。>>559
「他者によって体験の有無が分からないということ」と「本人の体験が無いこ
と」は同じか別物か?

したがって貴方が「本人には有無が分かるわけだね」と仰るときも、「本人が
、他者の体験の有無が分かるわけだね」ということだと思っていましたよ。

はっきりさせます。
「本人は体験の有無は分かる」
「他人にはその体験の有無は分からない」

しつこいようですが、上は、「仮にそういった体験があるとして」という留保
つきです。


840 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 09:51:46 ID:aokFQXZV
通行人よ、あんたの言っていること、さっぱりわからん。
以下の問いに答えろよ。


827 :名無しさん@3周年 :2006/09/30(土) 22:31:47 ID:t2SpC/KI
>>719 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/09/29(金) 11:43:37 ID:ZL8w6JOd

>>712
>関係あるよ。
>全財産仏法にかけてごらん。
>できないでしょ?
>そんなだからいつまでも徹底しない。

通行人さん、信心獲得と財施は関係あるのですね。分かりました有難うございます。
よく分からないのですが、どのような関係があるのですか?

あなたのこの文章から、「全財産を仏法にかけていないから、(信心が)徹底しないのだ」と
理解してよろしいのでしょうか?

841 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 09:53:20 ID:1wiWZQs6
>>797
>本人は、自分の体験したことが信の一念の体験であると、なぜ分かったので
しょうか?

あなたがここに「信の一念」という語に不満があれば、「絶対的不退転の異常
な体験」と置き換えて構いません。したがって浄土真宗である必要はまったく
ありません。他の宗教がこのような「絶対的不退転の異常な体験」を主張する
ならば、>>430-432は妥当するはずです。(私はここに「信の一念」という語
を用いているのは、数スレ前の私の記述のコピペだからです。そのときは、き
ちんと「信の一念」を上のように定義して用いていました)。


842 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 10:00:54 ID:SVvVi8rk
>>831
>絶えずにあり続ける仏のよろこびの中に包摂されているのでは?

 それで、年間何人が仏のよろこびの中に包摂されているんでしょうか。
 空手形でも貰えれば、何かの記念になって嬉しいというなら、仏のよろこびの中に包摂されている
んじゃなく、自分の喜びの中に狐や狸を包摂しているだけだ。

>>835
>わたしの心は死ぬまで信じたり疑ったりですよ。

 信じたり疑ったりの私の心の中で、狐や狸の空手形をありがたがって包摂しているんでなければ、
目出度い話だ。

>>837
>全財産を親鸞会にお布施したら信心いただけるって考えていいのかね?

 そうじゃないだろう。よく聞きなさい。
 全財産を親鸞会にお布施したら信心いただけるって言っているんじゃないんだ。
 お布施しなければ、信心はいただけませんよと言うことと、お布施したら信心いただけますよとは、
イコールじゃないんだよ。声を大にして言っていることを聞きなさい。お布施しなければ、必ず地獄
に堕ちますよ。これが声を大にして言っているんことなんだよ。

843 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 10:01:39 ID:SVvVi8rk
 それじゃ、お布施したら地獄に堕ちないで済むのか。ま、それも保証の限りじゃないが、ここは声
を小にしているんだ。会員は、余り聞かないでいい話なんだよ。

 声を大にして言っていることはしっかり聞く。声を中にして言っていることは、まあ、聞いたり、
きかなかったりしてもいい。
 声を小にして言っていることは、雑魚の聞く話じゃない。声を小にして言っていることは、幹部だ
けが聞けばいいんだ。

 声を大にして言っていることは、お布施しなければ絶対に地獄に堕ちる。
 声を中くらいにして言っていることは、お布施しなければ、信心はいただけませんよということな
んだ。
 大事なことは話を聞くことであり、考えることじゃない。論理を拡大し、お布施をすれば信心をい
ただけるんだろうなどど想像するのは勝手だが、物事を自分で考えろなどとは親鸞会は教えていない。
<想像するなとも言ってはいない(笑)>
 自分で考えたことは、会員が腹の中で想像すればいいことで、口外することじゃない。お布施をす
れば信心をいただけるなどとは、思うのは勝手だが、口にはするな(笑)。

 声を小にして言っていることは、お布施をしても信心は得られないということだ。口が裂けてもい
わないこともある。お布施をしても地獄に堕ちる<笑>。まあそんな話は、雑魚は聞かなくていい。

 お布施しなければ絶対に地獄に堕ちる。だから、先に全財産を親鸞会にまずお布施しなさい。大事
なことは、会長が声を大にして言っていることを聞くことであり、自分が勝手に腹で考えたことは口
外するな。

844 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 10:01:43 ID:1wiWZQs6
>>798
>前提というものは、普通確認不能な真実というものに起きません。
このくだりは意味がわかりませんでした。「普通」という曖昧な語もよくわかりません。

>あなたがどう意固地になろうと、信じているんですよ。そろそろ自分と向き合いましょう。

これはさすがにめちゃくちゃですね。信じていません。意固地にもなってませ
ん。勝手な決め付けはやめてください。「自分と向き合え」という倫理的な非
難をあなたに言われる筋合いもありません。議論の最中に説法ですか?

貴方に質問します。
A 私がどのような前提を「期待を込めて」「信じて」いるとお考えですか?
B 「確認不能な真実」と仰る根拠を述べてください。

>>799
>個人的体験は、どこまでも真実の体験かどうか分からない疑惑がつきまとう。
(引用者中略)よって、会員は「できもしない体験」を永遠に求め続ける。

このくだりは、ぼらさんと同じ問題を貴方が持っていることを示しています。
この主張の前提は、先ほどの言葉で述べると、「絶対的不退転の異常な体験」
が無いことを勝手に前提しています。

Cその前提の根拠を述べてください。


845 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 10:02:48 ID:1wiWZQs6
>>800
>>僕は部屋でフェレットを飼ってます。しかし、他人は絶対部屋に上げませんので
>>ヴォラチャンはじめ、みなさんにはこのフェレットの存在を知覚できません。
>>さて、質問。フェレットは存在するか。

>これは、誰でも確認可能な事実を前提とした議論ですので、
>あなたの質問と同列に論じるのは不適当かと思います。
>まあ、既に話したとおりです。

ひょっとすると、
>>315
>答:実際に存在しようがしまいが、誰もそれを判断できない以上議論する意味がない。

Dこのように返答したのは貴方ですか?「既に話したとおり」とは何のことですか?


846 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 10:02:51 ID:SVvVi8rk
 お布施をしたら → 信心が得られる <間違い>   これは、考えることが間違い
 お布施をしたら → 地獄に堕ちない <間違い>   これは、考えることが間違

 お布施をしたらどうなるかなんて、考えちゃいけない。

 お布施をしなかったら → 信心が得られない <正しい>
 お布施をしなかったら → 地獄に堕ちる   <完璧に正しい>

 一切衆生必堕無間なんだから、お布施をしないことは、地獄に堕ちる十分条件。何が一番先か。で
きることからしなさいな。それは親鸞会に全財産をお布施をすること。

 <一切衆生必堕無間なんだから、お布施をしても地獄に堕ちるんじゃないかって?。馬鹿な質問す
るんじゃないよ。お布施をしても地獄に堕ちるかどうかは、三願転入なんだから、お布施をした後で
考えなさい。お布施した後で考えることは、お布施する前に考えることじゃないんだ。大事なことは、
考えることじゃなく、聞くことだ。聴聞、聴聞。
 だいたいね、一切衆生必堕無間というのは、会員からいかにお布施をとるか、その手段として考え
ついた理屈なんだよ。お布施を取ってその目的が達成できれば、それは使用済みなんだ。お布施を取
った後で一切衆生必堕無間なんて考えること自体、自己矛盾だろ>

 
 他人に信心が生まれるかどうか、他人が地獄に堕ちるかどうか。そんなことを本気で心配している奴がいると思うのか。振り込め詐欺を思い出せ、他人からいかに多くの財産を奪うか、これだけを考えているのさ。
 詐欺師の二枚舌。口車に乗る奴がお馬鹿なのよ。 そうだろう。通行人。

847 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 10:04:46 ID:1wiWZQs6
>>800
>仏教全体では、釈尊の確認不能な真実。
>真宗全体では、宗祖の確認不能な真実。
>これは、仏教というものの性質上もたざるをえない前提ですので仕方のないものです。

ええ、そのとおりでしょうね。何の異論もありません。

>それが嫌なら高森教を創始してくださいね

貴方、いい加減にしてください。私は会員ではありません。親鸞会を支持する
という動機もありません。非常に独断的な考えに呆れますよ。繰り返しますね
。私は「絶対的不退転の異常な体験」ならば、浄土真宗である必要はまったく
なく、オウムでも摂理でも、何教でも構わない、と繰り返し述べています。勝
手なことをいうのはやめてくださいね。


848 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 10:06:24 ID:1wiWZQs6
>>802
>愛してないと確信している。愛していると確信していない。は微妙に異なるな。

いいえ、まったく異なります。

>何度も同じ事を繰り返すが、単に言葉一つどうとでも言える問題ではないだろうか?
>I'm sure I love you.
>I surely love you.
>は同じ意味なのに、 それぞれの否定は、同じ意味にならない。

これは何が言いたいのでしょうか?自問自答ですか?

>「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きである。」
>「私は、ハッキリ間違いなく地獄行きでない。」
>こっちでも十分二種深信と言える。
>では、これらが同時に成り立つときは、矛盾してますか?

これに答える準備はありますが、その前に、貴方は私のした質問を回避して、
逆に質問をしていますね。まず、貴方が

E「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?

に対する堂々とした答えをしてからでしょう。

私の返答はそれからにします。この矛盾の問題は、西洋では長い歴史を持って
論じられてきた主題であり、一筋縄ではいかないことを予告しておきます。

A〜Eまでの質問に答えてください。それと、HNの使用をお願いします。


849 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 10:41:34 ID:SVvVi8rk
三願転入とは何か
 お布施をしっかりする。お布施したあとのことは考えない。
 会長が声を大にして言っていること以外は考えない。見ざる、言わざる、聞かざる。

 会員の不文律
 会長が、声を小にして言っていることを聞いてはいけない。声の大きさで、聞くべきこ
とと、聞かないことを判断する。
 声を小にして言ったことは、後で声を大にして「言ってない」ということがある。声
を大にして「言ってない」と言えば、声の大きかった方を真剣に聞く。


親鸞会と振込詐欺
 共通点
 金を送らないと大変なことになるよ
   親鸞会    地獄に堕ちる
   振り込め詐欺 息子が警察に捕まる

 相違点
 振込詐欺   結果がすぐに分かる。息子が自宅に帰ってくればすぐ分かる。
 親鸞会    死んだら分かる。<死ぬまで分からない>
            《死んだら何も分からない》  [爆笑]

850 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 10:50:33 ID:S8Be52eJ
>>849
結局、金が無ければ救われないって事ね。
貧乏人切捨てW

851 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 10:53:49 ID:SVvVi8rk
>>837の議論に割ったんだが、入りすぎたようだ。
 横で見ていて、黙っていられなくなった。
 ウザイと思ったら無視してくれ。
  m(_ _;)m ゴメン!!

852 :ぼらさんに疑問に疑問:2006/10/01(日) 11:52:52 ID:W21xRP0o
>>838
>あなたの解釈では、「できもしない体験」=「真宗教義の真実信心という体験」

いいえ違います。私の解釈では、「できもしない体験」=「真宗教義という縛り
(ルール)の中でみた「真実信心」という体験」と書いたとおりです。
「真宗教義というルール内で問題となる「それ」(体験)」とも言い換えてます。

真宗教義という限定のなかでは、オーソドックス(H願寺など)では、ぼらさんの
言うように、「真実信心は体験ではない」と主張しています。その理由は、「衆生
の体験」である以上、どのような体験であろうと真実ではありえないからです。
皆さん、どのような体験であろうと、その存在可能性がゼロであると主張している
人は、私の見る限りいないと思われます。しかし、ぼらさんとしては、真宗教義の
うえからは、「自己の体験」に、「真実」はありえない(存在しえない)というこ
とですから、どのような想像を絶する体験も存在は可能であるが、「真実信心とい
う体験」としては、存在しえないという意味で、「できもしない体験」と言ってい
るのでは?という疑問でした。
だから、ぼらさんが「出来もしない体験を求めさせられ」というのは、「真宗教義
のうえからは有り得ない真実信心の体験を求めさせられ」と読み替えられるわけです。

「真宗の教義上では、真実は、「仏の側」のみにあって、衆生の側には、一分の真
実も無いとします」と当然のように書きましたが、これに問題があるということで
すか?
そして親鸞会は、「真実信心は体験である」と主張しているのでしょうか?
その場合、上の前提(真実は、仏の側にのみ有って、衆生の側には一切無い)を否
定して、別の解釈を採っているのですか? それとも、その前提を踏まえたうえで
、尚且つ、「真実信心は体験である」と主張しているのですか?

853 :ぼらさんに疑問に疑問:2006/10/01(日) 12:07:28 ID:W21xRP0o
>>838

>>852に補足しますと、真宗教義という縛り(ルール)の中でみた「真実信心」という体験」
(「真宗教義というルール内で問題となる「それ」(体験)」というのは、真宗教義という
ルール内で議論になる場合、ぼらさんら、オーソドックの側からは、「存在しえない」とさ
れますが、しばしば、異端的な少数派(親鸞会が、それに該当するか否かはわかりません)
からは、それが存在することが主張される「真実信心という体験」のことです。
上記の「体験の有無」は、真宗教義というルールから離れた場では、問題にならないわけで
すから。

854 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/10/01(日) 12:10:08 ID:d9mCsWIU
827 :名無しさん@3周年 :2006/09/30(土) 22:31:47 ID:t2SpC/KI
>>719 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/09/29(金) 11:43:37 ID:ZL8w6JOd

>>712
>関係あるよ。
>全財産仏法にかけてごらん。
>できないでしょ?
>そんなだからいつまでも徹底しない。

通行人さん、信心獲得と財施は関係あるのですね。分かりました有難うございます。
よく分からないのですが、どのような関係があるのですか?

あなたのこの文章から、「全財産を仏法にかけていないから、(信心が)徹底しないのだ」と
理解してよろしいのでしょうか?


こんな理解力しかないんだから高森先生も大変だね。
説明すると、0円でも救われる。
けれど、財施をすることにためらうのに、心の徹底さに甘さがあるんだよ。
だから財施を薦めるのはそのため。

855 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 12:15:56 ID:d9mCsWIU
837 名前:名無しさん@3周年 本日のレス 投稿日:2006/10/01(日) 07:38:26 Eqqemp33
親鸞会の教えは
「全財産を親鸞会にお布施したら信心いただける」
って考えていいのかね?

>通行人へ


考えていいから、やってみろよ。
考えただけで、人は救われるのかよ。
実際やった奴知ってるよ。
日ごろから命がけで仏法もとめろといわれてきただろうに。

856 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 12:30:51 ID:Ym4gAG5x
今日はウザイ固定が多いな

857 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 13:10:22 ID:1wiWZQs6
>>852-853
なるほど。仰ることはわかりました。
「体験」という語を教義内の意義に留めて、「有無の議論からの切断」を図ろ
うというご趣旨だろうと思います。しかし、これは上手くいきません。という
のは、貴方の仰るとおり、オーソドックスの側からは、「存在しえない」らし
いのですが、異端的少数派においては「存在する」と主張されるのですね?すると

>「体験の有無」は、真宗教義というルールから離れた場では、問題にならない

と仰いますが、真宗教義内でも「体験の有無」が問題になっているということ
ではないのですか?つまり、真宗のルールの確定が、対立する派を勘案せねば
ならない以上、数学のように閉じた体系内のルールを形成できないできないは
ずです(数学でもゲーデル問題がありますが)。

真宗といっても解釈は多様であるはずです。それを、自らが下した「体験」の
定義に則って、これに合わない解釈を放擲するのは、文字通りドグマティック
だということになるでしょう。

「有無の議論からの切断」はうまくいきませんよ。
いや、「切断」するなら、「独断」も込みということになろうかと思います。

しかし、貴方にそういわれてみると、ぼらさんは、「独断」込みの「切断」を
しているようにも思えますねw
前スレ『よもやそこまで親鸞会』654)を載せておきます。

>s会でゆうところの信心獲得体験っつ〜のは、漏れにとっては
>別段用事なし。漏れにとっては、自心の作り出した
>イリュージョンに過ぎない。


858 :ぼらさんに疑問:2006/10/01(日) 13:12:31 ID:1wiWZQs6
つづき
>親鸞会は、「真実信心は体験である」と主張しているのでしょうか?
>その場合、上の前提(真実は、仏の側にのみ有って、衆生の側には一切無い)
を否定して、別の解釈を採っているのですか? それとも、その前提を踏まえ
たうえで、尚且つ、「真実信心は体験である」と主張しているのですか?

まず、私が会員でないことをご承知ください(元会員です)。

親鸞会は「真実信心は体験である」とは言わないと思いますが、「真実信心を
獲得する体験をする」という表現は用いるはずです。

そして、「真実は、仏の側にのみ有って、衆生の側には一切無い」も完全に前
提(肯定)されているはずです。「イリュージョンを完全に否定した絶対的不
退転の体験」を主張しているはずです。

「はずです」という表現は、私が責任ある代弁者ではないからです。もしも違
っていたら、会員の方、指摘をお願いします。


859 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/01(日) 13:15:29 ID:SVvVi8rk
>>854
>こんな理解力しかないんだから高森先生も大変だね。説明すると、0円でも救われる。

 手形の発行は、虚言癖を治してからにしたらどうよ?

>財施をすることにためらうのに、心の徹底さに甘さがあるんだよ。

 「高森先生、親鸞会発行の手形は空でした。私は地獄に堕ちました」
 「馬鹿だね。お前は、心の徹底さに甘さがあったんだよ。お前が悪いんだよ。お前のよ
うな奴を救わないとならん俺も大変だなぁ。少しは俺の身にもなってみろ」
 「心を徹底していれば、空手形にならなかったんですか」
 「そりゃそうだよ。当たり前だろう。」
 「私が納めた100万円はどうなったんでしょうか。」
 「あれは、こうやって俺が今敷いているこの金と絹の西陣織座布団に変わたよ」
 「(/≧◇≦\)アチャー!!」

860 :ぼらさんに疑問に疑問:2006/10/01(日) 14:30:15 ID:W21xRP0o
>>857-858
>「有無の議論からの切断」を図ろ
うというご趣旨だろうと思います。しかし、これは上手くいきません。

いや、私は、別に「有無の議論からの切断」を意図してませんよ。
ぼらさんの言う「出来もしない体験」の内容を、ぼらさんが依って立つ
であろう立場から推測して(間違ってたら御免なさい)、あなたの場違
いな「論難」への疑問を書いたまでです。
私は、今ここで、真宗教義内のオーソドックスと異端的少数派の正誤を
決判しているのでもありません。ただ、『「真実信心という体験」 の
有無』を議論するのであれば、その中の一説(例えば、ぼらさん説)への
疑義も含めて、あなたが、>>430-432 >>438 >>442-443ほかで累々と述べら
れているようなスタイルではなくて、ぼらさんが>>441で言われてるような
、「仏教独自のルール」で検討する他無いんじゃ? ということです。

861 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:49:52 ID:AEKJ/pVZ
>>839
わかりました。あなたは勘違いしていたようですね。
では、もう一度>>588に答えてください。

>しつこいようですが、上は、「仮にそういった体験があるとして」という留保
>つきです。

なるほど。仮にそう言った体験があると留保する前提をおくなら、
「有無が分からない」と「ない」はちがいますよ。
まあ、何度も言っている通りです。



862 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:50:41 ID:AEKJ/pVZ
>>841
>あなたがここに「信の一念」という語に不満があれば、「絶対的不退転の異常
>(中略)
>ちんと「信の一念」を上のように定義して用いていました)。
分かりました。
ここで疑問なんですが、この体験は、
高森氏個人が唯一絶対と本人が思った体験ですか?それとも、
高森氏が思うとか、思わないとか関係なく唯一絶対の体験ですか?
きっと、後者と思われます。というのは、>>430-432
>2-2-3. しかし、他者の体験の信憑に基づく「親鸞会の」主張は一般の信憑と
>は区別されねばならない。なぜなら、親鸞会の信憑は、将来自らも体験
>し、検証するであろうという推測の上での信憑であるから、検証可能性
>に基づく信憑であると言え、一般的な宗教的信仰とは決定的に異なる。
とありますからね。(こんな文もあったのですねw)
う〜ん、親鸞会とそれ以外の宗教とが決定的に異なるのがよく分からないですね。
とにかく、ちがうと了解せよということですね。
了解することが、高森氏の教える宗教だから。
何度も言いますが、高森氏が教える前提にたって、
あなたの質問に答えるなら、
「有無が分からない」と「ない」はちがいますよ。
しかし、あくまで高森氏が教える前提を信じる限りにおいてはですけどね。

863 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:52:01 ID:AEKJ/pVZ
>>844
>これはさすがにめちゃくちゃですね。信じていません。意固地にもなってませ
>ん。勝手な決め付けはやめてください。「自分と向き合え」という倫理的な非
>難をあなたに言われる筋合いもありません。議論の最中に説法ですか?

う〜ん。確認不能な真実に前提をおいているのに信じていないとは不思議なことを言うのですね。
まあ、あなたのような人は何度も見たことがありますから、いいですけど。

>貴方に質問します。
>A 私がどのような前提を「期待を込めて」「信じて」いるとお考えですか?
>B「確認不能な真実」と仰る根拠を述べてください。

A、高森氏のなんらかの体験が高森氏の言う「信仰体験」であるという前提
B、いつでもどこでも何度でも確認しようと思えば、誰にでも確認できる事実ではないこと。
また、そう言った経験的に憶測できる領域を越えてしまっていて、お互いに認知できる事実ではないこと。
現実的に存在を確かめようがないことを、そういう事実が有ると言ってしまうこと。
ということが「確認不能な真実」と仰る根拠ですかね。

まあ、平たく言うと、形而上の世界のことを、現実に体験したということを前提にして
話を進めてしまうことを信じていると言っているわけです。

864 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:54:09 ID:AEKJ/pVZ
>>844
>このくだりは、ぼらさんと同じ問題を貴方が持っていることを示しています。
>この主張の前提は、先ほどの言葉で述べると、「絶対的不退転の異常な体験」
>が無いことを勝手に前提しています。
>Cその前提の根拠を述べてください。

今は、真宗のことについて話しているので、浄土真宗の教義です。
高森氏の体験は、浄土真宗の教義の上に立脚してますね。
しかし、高森氏の個人的体験が信心決定であるとしてしまうと、他の教義と矛盾してしまう。
だから、高森氏の体験は、真宗教義上の体験ではないと言っているわけです。
背理法ですよ。

865 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:54:57 ID:AEKJ/pVZ
>>845
>>800
>(中略)
>>315 >答:実際に存在しようがしまいが、誰もそれを判断できない以上議論する意味がない。
>Dこのように返答したのは貴方ですか?「既に話したとおり」とは何のことですか?

>>315は私ではありませんが、>>651で言っています。
私は、基本的に>>315さんの意見には賛成です。
しかし、仏教という枠内では、賛成ではありませんし、
高森教の枠内では、会員の方々の信仰も保証するつもりです。
もちろん、正しくは、彼らは信じているのであり、そう宣言してほしいのはやまやまですけど。

866 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:56:22 ID:AEKJ/pVZ
>>847
>ええ、そのとおりでしょうね。何の異論もありません。

そうでしょう?
で、肝心の
>しかし、高森氏の体験した確認不能な真実を
>前提として仏教を論じていいのか?
については、どういうご意見をオモチですか?

>貴方、いい加減にしてください。私は会員ではありません。親鸞会を支持する
>という動機もありません。非常に独断的な考えに呆れますよ。繰り返しますね
>(中略)
>手なことをいうのはやめてくださいね。

いえ、別にあなただけに向けたメッセージではありませんよ。
それに、それほど、むきになる必要は感じませんね。
たしか、あなたの論を借りれば、可能性もゼロではないのですよね?
あなたが会員であると思うことは、あなたは信じるとは言わないのではありませんでしたか?
あなたは会員であるということに、あなた自身、市民権を与えていると思うのですが。
あと、独断的な考えだと呆れるんですか?なら、親鸞会の教えはあなた自身かなり呆れて
おられるんですね。なるほど。
まあ、冗談はこれくらいにして、親鸞会は身分詐称をしている団体です。
彼らを弁護するあなたが会員なのではないかと疑われても無理はないと思います。
あなたもそう思われる覚悟をもって弁護されていると思ってましたがちがったのですね。
会員と思われるのは、名誉毀損でしたか?ごめんね。
でも、わたしは会員だと決めつけた覚えはなかったんですよ。

867 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 14:58:56 ID:1Ah//m9L
>>848
>いいえ、まったく異なります。
そうでしたか。

>これは何が言いたいのでしょうか?自問自答ですか?
言葉の使い方の問題で、矛盾かそうでないか
あなたが、必死になっているのが滑稽に見えたものですから。

>これに答える準備はありますが、その前に、貴方は私のした質問を回避して、
>逆に質問をしていますね。まず、貴方が
>E「地獄行きに間違いなしと深信しないこと」は起こるのですか?
>に対する堂々とした答えをしてからでしょう。
きちんと読まれましたか?
読めば必ず分かる内容でしたのに…。
あなたの言う矛盾は起こっていないですね。
しかし、
「地獄行きに間違いなしと深信」
「地獄行かないに間違いなしと深信」
は、同時に成立させるには、言葉としておかしいと逆に判明しましたよということでした。
まあ、それで新たにあなたのいう矛盾しているかどうかが
実際、社会に納得させるだけの説得力がないのではないかと露呈したことに
なったのですが、まあいいのでしょうな。
局地戦に勝って戦争に負けるようなことになっているのですが…

>A〜Eまでの質問に答えてください。それと、HNの使用をお願いします。
HNは嫌です。個人的都合によるものです。邪推しないでくださいね。
べつにあなたを貶めるつもりも毛頭ないし、あなたのHNがなくても気にしませんよ。


868 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 15:26:10 ID:SYF91LkP
あるとかないとかの議論の内容よりも
なぜ元会員がそんなにも、あることの可能性を擁護しなければならないのか
という意図の方が気になる。
信教の自由の元となる考え方(親鸞会の独自解釈ではなく一般的な)かもしれないが
その考え方からすると親鸞会の活動はそれを逸脱していると思うし
脱会しようと思ってもなかなか出来ない会員がいるのはのはそんな、
ある可能性というような束縛を理屈的に超えるのが難しいからだし。
つまり辞めようとする会員をそんな、ある可能性の牢獄に閉じ込めて抜けさせないようにするためなのか
それだったら、会員元会員を問わず非難されても仕方がないと思う。

869 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 16:12:22 ID:1Ah//m9L
>>852-853
のぼらさんに疑問に疑問という方の意見参考になりました。
おそらくこういうことだと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
仏教では、釈迦の確認不能な真実については言及しない、有るものと前提して
その宗教がなりたっている。
同様に、真宗では、親鸞聖人の確認不能な真実を前提にしている。
これに何の問題もない。
「我々はこれを信じる」と前提する集団内で、その前提は否定されない。

ここで、ある人物がなにかしらの体験をして、それが真宗教義にかなう体験だと言った。
それに対して、またある者が、真宗教義にのっとれば、その体験は真宗教義にかなわない。
よって、真宗教義にのっとればそんな体験は存在しないと言った。
それを、別の者が、「体験の有無は他者には分からない。存在しないとは言えない」と言う。
つまり、この別の者は、
「この体験者の体験が、真宗教義の体験である」ことを前提に話をし始めている。
真宗という集団内で、新たに確認不能な真実の前提を用意して、
この体験が存在しないとはいえないから、体験者が唱える真宗は真宗たりうる、
体験者の教えは真宗教義であると言っているのだ。

これがおかしいと言っている。
体験者の教義が真宗教義にかなう体験であるというのなら、
同じ真宗教義で反論すればいいだけ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


870 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 16:39:03 ID:qrovAkTi
>>859
激しくワロいました

871 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:00:46 ID:UJN39Qyz
>>844はメチャクチャだね。
Aという主張の前提としてf(1)を求める。
f(1)の前提としてf(2)を求める。
f(2)の前提としてf(3)を求める。
f(3)の前提としてf(4)を求める。

f(x)の前提としてf(x+1)を求める。
そして無限に続く。
「無限後退」じゃないの?
とりあえず>>863はGJ
そして同じく>>870にワロタ

872 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:07:58 ID:UJN39Qyz
見てたけど、>>844は一人で議論に熱くなって越に浸ってるカンジ〜。。
そのT森とやらの信心決定は反証不可能なわけだけど、
「なぜ反証不可能か根拠を示して下さい」
みたいに書かれそうでイヤだな。
どうせ二律背反か無限後退になるわけだし、そんなに熱くなりなさんな。

873 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:27:59 ID:540Cyg8v
>>868
>あるとかないとかの議論の内容よりも
>なぜ元会員がそんなにも、あることの可能性を擁護しなければならないのか
>という意図の方が気になる。
激しく同意。

決めつけとか文句言う前に、決めつけられるような態度を取ってることを自覚したら?

874 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:35:58 ID:d1oA5eFd
まあまあみんなもちつけ。

ネット対策員の無意味なコピペ連発より
よっぽどみてて面白いじゃないか

みんなで攻撃すると泥沼になるから
ぼらがなんていうか見てみようよ


875 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:51:12 ID:FdCueC6v
ボラのはぐらかし発言なんかより、対策員のコピペの方がよほどましだ。
ろくに分かってもいないのに知ったかぶりすんのは見ていて一番むかつくわ。

876 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 18:56:41 ID:fV/xRrhQ
ぼらさんは良識的だよ。
親鸞会のために生活してるわけじゃないのに
親切すぎるよ。

877 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:00:53 ID:aokFQXZV
>>854
>>>関係あるよ。全財産仏法にかけてごらん。
>>>できないでしょ?そんなだからいつまでも徹底しない。

>>通行人さん、信心獲得と財施は関係あるのですね。分かりました有難うございます。
>>よく分からないのですが、どのような関係があるのですか?
>>
>>あなたのこの文章から、「全財産を仏法にかけていないから、(信心が)徹底しないのだ」と
>>理解してよろしいのでしょうか?
>
>こんな理解力しかないんだから高森先生も大変だね。

理解不足ですみません。「全財産を仏法にかける覚悟がないから、(信心が)徹底しないのだ」なら、
間違いないですか?

>説明すると、0円でも救われる。
>けれど、財施をすることにためらうのに、心の徹底さに甘さがあるんだよ。
>だから財施を薦めるのはそのため。

通行人さん、最後の「だから」がよく分かりません。

「財施をすすめるのは『その』ため」の「その」とは「どの」ためですか?
「財施をためらう、心の徹底さの甘さをなくすため」ですか?「甘さを気付かせるため」ですか?
「甘さに気付かない自分に気づかせるため」ですか?(全部、違うような気が・・・)

財施をすすめるのは、何のためですか?「だから」とはどういう意味でしょうか?

878 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:21:37 ID:SA5w+sAH
流れぶった切って悪いけど、地獄と極楽ってそもそも何で二択なん?

879 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:25:52 ID:fV/xRrhQ
ヒント:一切衆生必堕無間

880 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:27:45 ID:SA5w+sAH
>>879
ちょwwwおまwwwそれ造語wwwww

881 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 19:40:48 ID:UJN39Qyz
>>880
気にするな。幽●白書で玄海が秘密にしてた必殺技だ。
>>868、873にオイラも同意。

882 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 20:16:28 ID:6fF9kIbi
軽く読んだ感想だけど。

アンチは信心決定しても本当に救われたか否かについて疑いが残ると思ってるのか?
基本を勉強してから書き込んだほうがいいんじゃね?

883 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 20:36:18 ID:d1oA5eFd
>>882

君は機と法の立場をごっちゃにしてるんじゃない
そんなに勉強しなくてもわかるだろ?


884 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 20:46:28 ID:6fF9kIbi
何が分かるの?

救いに対して疑いが晴れるのが法の深信。
救いに疑いがあるのは未信。

すなわち、君らが想像してるのは自力の信心だよ。終わり。


885 :749:2006/10/01(日) 20:55:29 ID:GGntEonv
独り言ならまだしも意見をいいたいんでしょ?
コテハンにさえすることもできない発言って何なんでしょう。
それからお聖教の御文をあげて話しましょうね。

>>831
>無常なれば私の身に起きる「よろこぶこころ」が絶えることもある。

摂取の心光、常に照護したまう。 すでによく無明の闇を破すといえども、
貪愛・瞋憎の雲霧、 常に真実信心の天に覆えり。
たとえば、日光の雲霧に覆わるれども、 雲霧の下、明らかにして闇きことなき
がごとし。

歓喜光なので「雲霧の下、明らかにして闇きことなきがごとし」で煩悩で苦しんでいても
自身の歓喜は変わりません。光は仏様でも「闇がない」のは私の心です。
よろこびが絶えるなら闇があるということ。
未信です。


>>835
>わたしの心は死ぬまで信じたり疑ったりですよ。

憶念は、信心をえたるひとは、うたが
いなきゆえに、本願をつねにおもいいずるこころのたえぬをいうなり。

疑いがあるのも未信。

なんで「うれしいなー」って言えないんだろうね。


886 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 20:55:35 ID:540Cyg8v
抽象的な話に反らそうと頑張ってるねー
ボラ氏は会の体質考察してたのに、いつの間にか
信心がどうの体験がどうのと教義問題に刷りかわってる。

887 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:04:00 ID:eaF7U5dw

シンパは仲間をよんだ。
シンパは仲間をよんだ。
シンパは仲間をよんだ。  

シンパ達が・・・・・・・・・・?

なんとかわいそうなシンパになった!
 

888 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:06:07 ID:6fF9kIbi
俺は最近の流れしか見てないから知らないけどさ、
早くも泣き言か…
そんなに都合悪かった?
やっぱ教義はやめとく?

889 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:09:18 ID:ihYw/yZS
いきなり会話可能な人がでてきたぞ?
なんかあったのか?

890 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:13:14 ID:UJN39Qyz
>>885
あらら、マインドコントロールされて頭も膿んじゃったか。もうわかったよ。
名無しで書き込む、それが2chクオリティー。

891 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:36:08 ID:aokFQXZV
>>882
>アンチは信心決定しても本当に救われたか否かについて疑いが残ると思ってるのか?
>基本を勉強してから書き込んだほうがいいんじゃね?

>>884
>救いに対して疑いが晴れるのが法の深信。
>救いに疑いがあるのは未信。
>
>すなわち、君らが想像してるのは自力の信心だよ。終わり。

質問なのですが、救われた人には、「本当に救われたのだろうか・・・」という疑問は
出てこないのですか?もし、そんな疑問が出てくるようなら、その人は救われていない
ということでしょうか?

それとも、救われた人の中にも「これで本当に救われたのだろうか・・・?」という疑問が
出てくる人もいるのですか?

892 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:43:59 ID:d1oA5eFd
別にうれしいなーって言ってもいいと思うけど

これはどう解釈するの?

「凡夫というは無明煩脳われらがみにみちて、欲もおほく、いかりはらだち、
そねみねたむこころおほく、ひまなくして臨終の一念にいたるまで、とどまらず、
きえずたえずと、水火二河のたとえにあらわれたり」

893 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 21:44:16 ID:QDEPZroZ
>>891
高森さんは、救われたか救われてないか分からない体験ではないとの名言を残しておられます。


894 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:03:44 ID:6fF9kIbi
>>891
救われた人にもしかしてまだかも〜なんて心が出てきようがない。

それは法を疑う心だから。
以上。

895 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:05:19 ID:540Cyg8v
>>888
元々、会の体質問題だったとこを無理矢理教義問題に変えておいて白々しいなw
別に構やしないよ、俺はそんなくだらんことに興味ないけど。
ただし、それまでのボラ氏の体質問題の考察を
無かったことにしようとするのは無しだぞ、と釘刺してるだけ。

896 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:12:04 ID:fwVl1/T1
>>892
>「凡夫というは無明煩脳われらがみにみちて、欲もおほく、いかりはらだち、
そねみねたむこころおほく、ひまなくして臨終の一念にいたるまで、とどまらず、
きえずたえずと、水火二河のたとえにあらわれたり」

「無明煩悩」は枝末無明である煩悩のこと。
正信偈では「雲霧」。
煩悩はあっても闇(本願に対する疑い、根本無明)はない。


897 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:13:09 ID:dOxTxt7H
親鸞会は自分達の解釈に都合の悪い所は
読もうともしないんだねww



898 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:14:56 ID:S8Be52eJ
麻原でさえ最終解脱した嘯いている。
どこかの会長の体験談も証明不能。
あるのかないのかわからない証明不能な形而上の世界に
人生や財産をかけることなど出来ませんわ。



899 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:18:01 ID:S8Be52eJ
教義とかになるとやたら威勢がいいのに
金がらみやダミサを糾弾されると急に大人しなって
へタレっぷりが滑稽ですな。


900 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:18:59 ID:oYSqZvYH
>>896
本願をうたがう煩悩もなくなるんでつか?

901 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:19:24 ID:fwVl1/T1
>無理矢理教義問題に変えておいて

だったらアンチは教義問題には口を挟まないことだな。
「体験じゃない」とか、わかりもしないことを話題にしないことだ。

私にとっては、正直いって、それ以外のことはどうでもいいのでね。



902 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:23:10 ID:3AWy/5Hj
ある種の超越的体験があって、悟り感覚のようなものもあるのだろうけども、
それって別にこの宗教だけのもんじゃないしな。
カルトと呼ばれるものには結構共通してるものじゃないか。

同じことを何回も聞いて、何回も意識してってことを繰り返せば、そのパタンが脳の回路に定着してしまい、
自己と一体化し、信じるとか疑うとかいうレベルではない身体感覚を伴った客観的事実であるかのように
錯覚するわけ。その内容は実はなんだっていいわけ。オウムの教義だろうと親鸞会の教義だろうとなんでも
いいわけ、繰り返し聞き、繰り返し意識することが大事。

会員のひとは絶対認めたくないだろうけどね。すごく一生懸命やってるのがそんな程度のことだなんて。

903 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:23:56 ID:9x6dUt8T
シンパさんは、なんで急に教義問題に必死になってるの?

904 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:27:11 ID:S8Be52eJ
>>903
勧誘方法等、反社会的な部分に関しては反論できないから。

905 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:27:36 ID:540Cyg8v
>>901
俺は挟んでないしボラ氏も体質問題の考察してただろうが。
それをどうでもいいようなとこにくってかかって教義問題に刷り変えたんだろ。
で、ダミサ勧誘や財施の強要もどうでもいいことなの?


906 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:29:02 ID:s+jJx8Ae
本部御法話の日はシンパの書き込みが無いから
ここぞとばかりにアンチが沸いて出てるなw

907 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:38:09 ID:5y/XFlS0
意外と多いよな、今日のシンパ。平日より多いんじゃねーか?


908 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:43:14 ID:u5zrZ8Az
>>885

心身が無常であることは一生を通じて変わらない。
私に起きているよろこび心が絶えることもある。
認知症になって法を忘れてしまうことだってありえること。
それが無常の世、虚仮不実のわが身では?
高森さんのようにわが身が歓喜し、
法を有り難がって喜んでいるうちは
まだ弥陀の本願の真価外のことでは?

909 :確認:2006/10/01(日) 22:50:50 ID:Jm/BfL4l
次スレは、こちらだよね。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1159195326/l50

910 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:55:39 ID:0qEVCUcK
しかしこうして見ると体質問題は当然シンパの負けは見えてるが、最後の砦の教義問題もかなり劣性だな

911 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:59:32 ID:I8RZoolX
>>885

>歓喜光なので「雲霧の下、明らかにして闇きことなきがごとし」で煩悩で苦しんでいても
>自身の歓喜は変わりません。光は仏様でも「闇がない」のは私の心です。
>よろこびが絶えるなら闇があるということ。
>未信です。

ばかもん。s会はそんな風に教えてるん?
己の心に問いかけるうちは自力なんだよ。・・・分からんか。

貪愛・瞋憎の雲霧、常に真実信心の天に覆えり。

当たり前なんだよ。俺らは凡夫だぜ?
これが無いならもう凡夫じゃなくなるなぁ。
喜ぶ日もあり、曇る日もある。分かる?

たとえば、日光の雲霧に覆わるれども、雲霧の下、明らかにして闇きことなき
がごとし。

>よろこびが絶えるなら闇があるということ。
>未信です。

君は真実信心とは何かかが分かってない証拠だねぇ。未信だねぇ。

受け売りはやめて早く自身のこと考えなさいな。

912 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:09:03 ID:s+jJx8Ae
罵詈雑言を浴びせて勝った気になってるアンチの集まるスレはここですか?

913 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:14:46 ID:fgHJhyBr
おいおい、それよりそろそろ無意味な三段レスする時間だろ?しろよ、ネット対策員さんよ〜?

914 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:20:29 ID:0qEVCUcK
俺もそろそろ三段レスの時間だと思ってた

915 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:22:07 ID:36Jr2ZI1
三段レスって何?

916 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:24:02 ID:JTxyFhz/
それよりディープインパクト見ようぜ

917 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:24:14 ID:540Cyg8v
>>912
罵詈雑言ということにして体質批判を無視する会の総合スレはここですよ

918 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:24:25 ID:Jm/BfL4l
三段腹

919 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:29:53 ID:S8Be52eJ
>>912
これだけ非難されてもダミサ勧誘を続ける神経が
信じられません。
罵詈雑言と言う前に真摯に自分たちの
を省みることすら出来ないのか?



920 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:31:56 ID:s+jJx8Ae
>>917
2ちゃんでいくら騒いでも無視されてる惨めなアンチの集まるスレはここですか?

921 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:35:26 ID:3AWy/5Hj
>920
しかしさすがにダミーサークルはいかんでしょ。その批判は理があると思うけど?
無視するなら無視するほうが悪いでしょ。どう考えるわけ?

922 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:35:41 ID:s+jJx8Ae
>>919
非難したいなら親鸞会に直接真摯な態度で訴えれば?
ネットにしか書けないなんてくらーいw

923 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:37:28 ID:s+jJx8Ae
おおっ、ちょっと煽っただけでアンチが沸いて出てきた
おもすれ〜 ^^

924 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:37:32 ID:S8Be52eJ
>>920
無視されてるだって笑わせるな。
ウィキペディアに
『オウム真理教や統一協会に酷似した手法を用いた
若年層への布教活動のあり方については批判もあり、
マスコミ関係者やカルト宗教に批判的な人物等から
カルト的と捉えられている。』と晒されていますが。
ダミーサークル勧誘団体が必死だな。

925 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:39:31 ID:S8Be52eJ
>>922
直接真摯な態度??じゃあ直接団体名を掲げて
真摯な態度で学生に勧誘してみろよ。
出来ないのだろ?
2ちゃんを名無しと批判する前に名前を偽装することをやめれば?

926 :??????:2006/10/01(日) 23:41:49 ID:36Jr2ZI1
>>924
wikiって誰でも投稿・改変できるし
書いてることが全部正しい訳じゃないしね
韓国絡みの記事は大概工作員によって
都合良く書き換えられてるみたいだし、
その辺注意しないと馬鹿を見るよ?

927 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:45:13 ID:S8Be52eJ
>>922
おーい。ダミサ勧誘団体のへタレ君。
煽っておいて逃走しましたか?
>>926
wikiがすべて正しいなんて誰が言った?
2ちゃんねるでしか批判されていないと
思っているお馬鹿さんに教えてあげただけだよ。
ダミサ=反社会的これは定説ですな。

928 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:45:51 ID:E7Mz+YE7
明日大学で全員必修のカルト対策講義があります。

もし親鸞会の話題が出たら、
大学が会をどのように見ているかというのを
レポートしてみようと思います。
しかしダミサ自体は学校の公認なので
話が出るかどうかは怪しいものがあります。

929 :ツンξ゚听)ξ ◆JINSEI.XS2 :2006/10/01(日) 23:48:15 ID:1FaEO2eQ
 |
 |^ヾヘ/>
 |ノノ))ヾ
 |听ノ)))。o0(キメェ)
 |と[) リ
 |」j〉
 |ノ


930 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:51:00 ID:3AWy/5Hj
というか、そもそもなぜそこまでダミーサークルに固執するのか全く分からんのだが。
社会規範に反するというだけじゃなくて、自分たちの目的にもあってなんじゃないか?

俺が会員で、ほんとに自分たちが信じる正しい道に多くの人を導きたいのならば、
時間はかかるかもしれんが正々堂々と名乗ってそれこそ>真摯な態度でみんなに
教えを説くよ。

長い目で見たら、ダミーサークルなんて使って信用を失うほうがかえって人々を遠ざける
と思うけど。つまり「方便」「配慮」としても、名乗らずに活動する方法は機能していない。

931 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:54:02 ID:540Cyg8v
>>930
行動指針であるはずの善の勧めからも逸脱してるしな。
まあだから批判に直接ぶつかることもできず、
人格批判したり他の人に見られないように小細工したりするんだろうけど。

932 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 23:54:03 ID:J3D6tVbd
朝から林檎を剥いて食べる。
最近寝不足気味で体もガタガタ、胃もかなり疲れてたので
お酒を控えて健康な生活に変えている。

それにしてもなんで林檎や梨や柿や葡萄などの実は
あんなに美味しく、甘い香りをだすんだろうか?
植物が種を守る為なら不味くした方が確実に、だれも食べないのでいいのでは?
と考えがちだか、植物は一枚も二枚も上手だ。
動物や鳥が食べたくなるニオイや味にすることで、一度それらに食され
腹の中に収まる事で、自らでは到底移動できないような場所で
糞に混じって種を広範囲にばらまくことができる。
そうすることで自らの種を守っている。

自分が美味くなって、より多くの生物に食べられるような 、おんぶにだっこ的進化より
自分で種をばらまけるように、なぜ進化しようとしないんだ貴様!
と喝の一つも入れてやろうと思っていたが、最近そう思わなくなってきた。
果実のように他人を喜ばせることが、回り回って
時間はかかるが、また自分に大きな徳として帰ってくるのかもしれないと。
それが本当の共存共栄なのかもしれないと。

自らの立場や体裁、目先のメリットのためだけで
様々な権利を主張し続けたりすることは無意味なのかもしれない。
植物のそれが本来の正しい方法なのかもしれない。
人を楽しませることが、最終的に良き結果を生むのだと。
正しいシステムはシンブルで誰もが喜べるようになっているものだと。
だから自然はスゲェ?のだと・・・。

933 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:00:22 ID:S8Be52eJ
>>928
うちの大学は、学校公認サークルだったけど
数年前にトラブルを起こして
宗教団体の下部組織と正体がバレて公認取り消されたよ。
ダミサの話を振るとネット会員も
大人しくなることがよくわかったよ(`ー´)
ホント情けない輩だわ。寝ますわ。

934 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:13:07 ID:YnukHOR3
まだ公認で通ってるところなんてあるのか?

935 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:17:13 ID:bNr/Io4G
>>930
どんなものにも功罪があります
批判する人もいれば仏法に遇えたことを喜ぶ人もいる
喜んでる人のほうが明らかに多いから続けているのでは?
2ch見てると批判してる人ばかりのように錯覚しますが
惑わされないように

936 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:20:11 ID:aphU1Nf1
あんぐり

937 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 00:35:21 ID:Xj+LjtRd
喜んでいる人が明らかに多いのに辞める人数が膨大というのはどうなのかな?それでも喜んでいる人が明らかに多いのかな?

938 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 01:01:13 ID:VbA2iZvy
阿久津真矢先生いわく
「いい加減目覚めなさい。人生に不安があるのは当たり前です。
大事なのは、そのせいで自信を失ったり、根も葉もない噂に乗ったり、人を傷つけたりしないことです。
たとえば、人間は死んだらどうなるかなんて誰にもわからない。
言うとおりにすれば天国に行けるとか、逆らえば地獄に落ちるとか言う人がいますが、
あんなものはでたらめです。誰も行ったことがないのにどうしてわかるんですか?
わからない物を、わかったような顔をして、無理に納得する必要なんかないんです。
それよりも、今をもっと見つめなさい。
イメージ出来る?私達の周りには、美しいものがいっぱいあふれているの。
夜空には無数の星が輝いているし、すぐ側には、小さなチョウが、懸命に飛んでいるかもしれない。
街に出れば、初めて耳にするような音楽が流れていたり、素敵な人に出会えるかもしれない。
普段何気なく見ている景色の中にも、時の移り変わりで、はっと驚くようなことがいっぱいあるんです。
そういう大切なものを、しっかり目を開いて見なさい。
耳を澄まして聞きなさい。全身で、感じなさい。それが生きているということです。」と。

939 :秋鯔〜☆彡:2006/10/02(月) 01:02:00 ID:1czWz1tx
乙〜♪漏れのカキコで、こないなことに・・・w。
畑の収穫と、お寺の新聞作りで、暇なかったナリ〜。
ひとつひとつ、レスつけられなくてスマソ。まず、質問さんへ。
漏れあての最後のレスやったかな?なんかシンパシー感じるんよ。
なんで感じたかは、明日あさってくらいに書くねん。
次スレになってまうかもやけど、よろしければ読んで、感想よろしく〜。
次に、いわゆるs会の体制と教義について。漏れは全く切り離して、
考えてない。一個人(教祖なり善知識なり)の宗教体験を
絶対視する集団にみられる弊害が、ダミサ活動や通行人クンの
ゆ〜とるよ〜な財施、また絶対服従とゆ〜言葉に顕れとると思うから。
ま、この問題はs会のみならず、現代の宗教界を覆っておる現象やと
感ずるんよ。昔、日本において欲望は「恥」やった。
これは仏教の力、殊に真宗の果たした役割は大きかったと思う。
特別な経験を得たい欲望、勝ち組でいたい欲望、自分は特別やと
思いたい欲望。こうした欲望を自らの根本として生きようとする
私を、そのような「欲望のかたまり」と規定し、常に反省を促さす力こそが
真実信心=仏心とゆえるんやないんかな?その働きを無視して、
自己の体験・経験に固定化するから、特殊経験を特化させてまうと。
自分の懐(特殊経験)に仏教を入れてしまってええもんなんやろか。
自分の欲望のために利用してええもんなんやろか?
どこまでも、死ぬまで自分を律する力にならな、
悲嘆述懐を書かれた親鸞聖人に顔むけでけへんちゃうんかと。
追伸 でぃーぷ残念やったね。(-_-)zzホナ寝〜☆彡


940 :ぼらさんに疑問:2006/10/02(月) 01:20:22 ID:wT+lojhQ
>>939
>漏れのカキコで、こないなことに・・・w

ええ、大変なことになってます。やっぱりぼらさんふぁんは多いんですね。

さて、返答、返答。

>>860
@>いや、私は、別に「有無の議論からの切断」を意図してませんよ。
A>あなたが、>>430-432 >>438 >>442-443ほかで累々と述べられているようなス
>タイルではなくて、ぼらさんが>>441で言われてるような 、「仏教独自のルー
>ル」で検討する
この二つは矛盾してませんか。
「あなたが、>>430-432 >>438 >>442-443ほかで累々と述べられているようなス
タイル」とは、有無の議論ですね。これではなく、「仏教独自のルール」とい
うのは、「有無の議論からの切断」だとしか考えられないのですが。そしてそ
れがうまくいなかいことを示しました。


941 :ぼらさんに疑問:2006/10/02(月) 01:29:33 ID:wT+lojhQ
>>861以下(ID:AEKJ/pVZさんへ)
どうか、HNを使用してください。

理由を3つ
@最近非常に多くの方が私の意見に対して意見を述べてくださいます。そのた
め、どなたの発言であったか、混ざってしまう危険性があります(貴方は私一
人が相手ですからよいですが、私には複数いらっしゃるのです)。
Aこの議論は多くの方が注目してくださっているからです。第三者が見て分か
る形にしましょう。第三者の目が入るのは嫌ですか?
B仮にどちらかが逃げ出したら、逃げたことが明瞭に分かるからです。

ではよろしく


942 :ぼらさんに疑問:2006/10/02(月) 01:34:40 ID:wT+lojhQ
>>871
>>>844はメチャクチャだね。
>Aという主張の前提としてf(1)を求める。
>f(1)の前提としてf(2)を求める。
>f(2)の前提としてf(3)を求める。
>f(3)の前提としてf(4)を求める。
>f(x)の前提としてf(x+1)を求める。
>そして無限に続く。
>「無限後退」じゃないの?

あなたは割って入ったのですから、私の質問の意図をきちんと捉えていただき
たいと思います。

私はB、Cの質問において、ID:AEKJ/pVZさんが無と断定する根拠を求めている
のです。これを提出することは、論理上、できません。やれるもんならやって
ごらんなさい、という趣旨で記しました。無限遡及させようと企んでいるのではありません。

(ID:AEKJ/pVZは頓珍漢な答えをしてしまっています。今後ご期待)



943 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 01:57:15 ID:Xj+LjtRd
こんなとこで必死になっても教祖様を一緒になって信じてくれる人は増えないよ

944 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 02:34:24 ID:YnukHOR3
教祖って単語、久しぶりに聞いたな。
その辺の新興宗教なんかじゃ、よく聞くんだろうけど・・・

945 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 03:18:11 ID:qGliuscw
タイトル : Re:
記事No : 4602 [関連記事]
投稿日 : 2006/09/30(Sat) 21:04
投稿者 : 阿井上男

あだちさん

一つご忠告申し上げておきますが、

> こちら側もなるべくなら暴力などで片付けるというような手荒なマネはしたくありませんので。

この発言は脅迫にあたります。

掲示板管理者程度のIP収集能力では一般的にどこの誰が書き込みをしたかを特定するのは困難です。(ほぼ特定できる場合も存在しますが、まれなケースです)
まして掲示板管理者でない場合、特にこの掲示板についていえば、IPを特定することすら難しいです。

しかし、あなたのような法律に触れると思われる行動をとったものについては、然るべき手段を講じて(まずは警察に通報することから始めます)個人を特定することができるようになっています。

私の言うことがハッタリだと思ったら、なぜ2ちゃんねるで爆破予告だの無差別殺人だのを予告した連中がきっちり逮捕されるのか、考えてみると分かるかも知れませんね。

> 今後、ご自分の身のために、言動を慎んでください。
まずあなたがこの言葉の意味を考えるべきでしょうな。


946 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 03:19:04 ID:qGliuscw
--------------------------------------------------------------------------------
- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)
★ - 謗法の者さんへ - 愚尼 08/28-16:06 No.4552
・ Re: 謗法の者さんへ - 謗法の者 08/29-10:30 No.4553
・ Re: 謗法の者さんへ - 泥凡夫 08/29-20:47 No.4555
・ Re: 謗法の者さんへ - 謗法の者 08/29-21:23 No.4556
・ Re: 謗法の者さんへ - 泥凡夫 08/29-21:47 No.4557
・ Re: 謗法の者さんへ - 黒闇の魂 09/30-02:26 No.4595
・ 投稿者削除 - (削除) 09/30-04:03 No.4596
・ Re: 謗法の者さんへ - 泥凡夫 09/30-07:14 No.4598
・ Re: 謗法の者さんへ - ロングロング 09/30-09:10 No.4599
・ Re: 謗法の者さんへ - 泥凡夫 09/30-15:10 No.4600
・ Re: - あだち 09/30-19:20 No.4601
・ Re: - 阿井上男 09/30-21:04 No.4602

947 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 07:33:34 ID:qyKumEtY
>>935
>どんなものにも功罪があります
>批判する人もいれば仏法に遇えたことを喜ぶ人もいる
>喜んでる人のほうが明らかに多いから続けているのでは?
>2ch見てると批判してる人ばかりのように錯覚しますが
>惑わされないように
ダミサの反論できなくなるとこの逃げ方か?
君は何を根拠に喜んでいる人が多いと思うのだ?
喜んでいる人が多くて続いているならいまだ続く
オウムや原理も喜んでいる人が多いから続いていると言えるのか?
匿名掲示板を馬鹿にする団体が名前を偽って勧誘ですか?
聞いてあきれますな。

948 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 07:53:21 ID:m2qZcICh
真面目な人ってのは、物ごとストレートに受け止めて反応もストレートにするんだよ。
だから、辛いことも真にうけて考え込んでしまう。

社会経験積めば誰でもそうなるけど、面従腹背っていうか自分の意にそぐわないことでも、
表情に出さずに笑顔でハイ分かりましたって言えるようになるんだよ。

そういう社会人としてのズルさっていうか不真面目さは、年齢とともに必要になってくるんじゃない?
アンチはそういうところ直した方がいいよ。

949 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 08:02:05 ID:v86+dotQ
>>948
要約すると「親鸞会が法に触れることしてても見逃してください><」
ってことか?宗教法人が不道徳なことしてるのを?アホらし。

950 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 08:29:15 ID:nOOC8cpa
ひっさびさー

951 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 08:29:51 ID:nOOC8cpa
まだまだ、やるぞー、はははははははは!

952 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 08:30:06 ID:l0Mqzfwd
>>908
>認知症になって法を忘れてしまうことだってありえること。

認知症になっても一念の味は忘れません。
覚えるところが違うんですよ。
どこで覚えているか、あなたは知らないんでしょう?
コテハンにもできない、あなた。

953 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 08:30:29 ID:nOOC8cpa
くるくるパーマンでーす!

954 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/10/02(月) 08:51:41 ID:xYh5oGec
 次スレ、「よってたかって親鸞会」に、久しぶりに転覆信心について書きました。
1998年頃、親鸞会の某氏とメール論争を仕掛けられ、受け答えをしたその結果をホー
ムページに公開したら、プライバシーの侵害であると、ジャストネットを介し、某氏から
厳重に抗議を受け、やむなく閉鎖に追い込まれた議論です。覚えている方もいるでしょう。
 このレスで高森転覆さんの信心の実体が問題になっているので、一石を投じる意味で、
古い記録から呼び出しました。
 某氏とのメールの全文は、今、そのままPCの中に残っています。

955 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 09:41:28 ID:kBigR3p6
 +    . .. :....    ..  .. .
   +  .. .   ..   .  +..
   .. :..     __  ..
          .|: |      
          .|: |     
       .(二二X二二O 
            |: |    ..:+ ..
      ∧∧ |: |     
      /⌒ヽ),_|; |,_,,    さようなら、渡海難
_,_,_,_,,〜(,,  );;;;:;:;;;;:::ヽ,、  死んでくれて、世界は平和になったよ。
   "" """""""",, ""/;     地獄で苦しめ、お前が死んでもかなしむ者はいない・・
  "" ,,,  """  ""/:;;
  ""   ,,""""" /;;;::;;

956 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 12:16:03 ID:9dp5Jnct
>>955
なんだその十字架は?
匿名掲示板だからといって他人の苦や死を願って何が善の勧めか?
それでもおまえら親鸞学徒か?

957 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 12:17:30 ID:9dp5Jnct
>>952
>どこで覚えているか、あなたは知らないんでしょう?

どこで覚えてるんですか?
横レスですが興味深いから教えて頂戴ね。

958 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 12:51:15 ID:ai81usmI
>>939
>一個人(教祖なり善知識なり)の宗教体験を絶対視する

彼は信心決定という「体験はない」ことにしたいわけ。
そういう万人共通の体験はない
+(いい訳として)「信心は共通だが認識できないもの」
=聞かなくてもよい、求めなくてもよい
これがアンチの根本。

ボラに限らずアンチの根本は
「仏教といってもキリスト教やイスラム教やいろんな宗教のひとつであって
真実なんていっても本人が信じるかどうかの問題だから
一生懸命すすめるもんじゃないよ、人生いろいろだから」
って言うのが見え見えだろ。

ここらへんを明らかにしようとすれば批判はずーっと続きますよ。
覚悟してね。



959 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 13:09:03 ID:v86+dotQ
>>958
> ボラに限らずアンチの根本は
> 「仏教といってもキリスト教やイスラム教やいろんな宗教のひとつであって
> 真実なんていっても本人が信じるかどうかの問題だから
> 一生懸命すすめるもんじゃないよ、人生いろいろだから」
> って言うのが見え見えだろ。
×一生懸命すすめるようなもんじゃない
○嘘ついてまで信じこませるもんじゃない


960 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 13:22:22 ID:Xj+LjtRd
今回は一部の人間のおかけでなかなか議論が白熱したな

961 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 14:09:03 ID:9dp5Jnct
>>958-959
仏教といってもキリスト教やイスラム教やいろんな宗教のひとつであって
真実なんていっても本人が信じるかどうかの問題だから
平然と嘘をついたり、配慮とか詭弁いって新入生に親に嘘をつくように勧めたり、
勧誘者の身分を偽りつつダミーサークルを大学につくり、
全財産はたいてアパート暮らしすることまで勧めて信じこませるもんじゃないよ、
人生いろいろだから

962 :秋鯔〜☆彡:2006/10/02(月) 14:17:16 ID:1czWz1tx
乙〜♪矢張りカキコできるんは、電車ん中くらいやな〜。
特殊な経験ってのは、その概念自体、実に便利なもんで、
芥子粒の中に大千世界が摂まるんや、と経験したなんてことだって
ゆえるわけ。これが経験でけへんのは、仏教わかってへん証拠や、
もっと修行積め、教団に寄進せいとゆわれりゃ、信者は
その通りする他ない罠。で、その本義を会得できたかどうかを
信者は何を根拠に判断するんか?結局、体験者たる師匠なり
善知識なりに仰ぐしかない罠。ちなみに師匠・善知識が信者の体験を
誤って、自分と同一の体験をしたと判断してまう可能性もある。
前にも述べたが、禅なり台密なりは、戒・律、また行法が細部にわたって
定められとる罠。行者であれば、何人たりともそのルールを犯してはならんと
厳しくゆわれるんは、上のような過ちをせんよ〜にとの配慮であり、
仏教教団が、様々な困難を乗り越え積み重ねてきた英知の結晶でもあるわけや。
ところが、親鸞聖人にいたっては、戒についてはもはや名ばかりになった
とゆ〜スタンスをとっとる。極めて個人的な(真偽も不確かな)
宗教体験とゆ〜ものが、戒・律の制御を失ったら、
どないなことになる?果たして、親鸞聖人は仏教上のルール違反を
犯した外道やったんやろか?そうでないとゆうならば、この問題を
決着させねばならん罠。
〜つづく鴨〜

963 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 15:16:55 ID:m2qZcICh
親鸞聖人を馬鹿にする奴は許せんな。
仏法を馬鹿にする奴も許せん。
本願寺やカルトアンチには分からん感覚だろうけど。

964 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 16:03:15 ID:uBVxi/MN
過去 → 現在 → 未来



965 :秋鯔〜☆彡:2006/10/02(月) 17:12:11 ID:1czWz1tx
>>962つづき
で、結論から言わしてもらえば、親鸞聖人は個人的超絶的宗教体験を
一切放擲したと。自己のはからい捨てて、「必ずたすける」と誓うとる
阿弥陀仏の願行にはからわれる。何事をしでかすにも、必ず真実心に
作さしめたるを用いよと。ここに我が心、我が欲にまかせず、
阿弥陀仏の願心にまかせる義が成立する。さすれば、無戒であろうとも
それに代わる阿弥陀仏の願心とゆ〜規範が自ずと現れる。
煩悩性・有限性の私を場として名号法が働く故に、自らを顧みれば、
煩悩性への恥と現れ(悲嘆述懐)、
仏願を眺めれば、さればこそ必ず救う=無疑と現れる(正定聚不退転)。
皆これ自力雑ざらぬ、仏力より生ずるものと受け取るから、
空華学派などでは、これを唯信独達・名号独用とゆうたりする。
過去の強烈な体験を信心と錯覚し、それに落ち着いてしまうのならば、
邪定聚と言わなならんし、また、そ〜ゆ〜体験を希求して落ち着かないのならば、
不定聚と言わなならん。だから、蓮如さんは「弥陀たのめ」と
何度も何度もゆ〜ておられると。ま、そんなトコ。
(^-^)/~ホナねん♪

966 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 17:27:09 ID:uBVxi/MN
去年 → 今年 → 来年


967 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 17:32:13 ID:um5giqvF
クンニ→ 挿入 → 顔射

968 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 18:14:55 ID:Bgjp7trC
最後は生で中出しだろ

969 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 18:17:18 ID:uBVxi/MN
明日(あした)は?


970 :ぼらさんに疑問に疑問:2006/10/02(月) 18:23:07 ID:ezUXP4k1
>>940
>この二つは矛盾してませんか。

いいえ、矛盾してませんよ。

>「あなたが、>>430-432 >>438 >>442-443ほかで累々と述べられているようなス
タイル」とは、有無の議論ですね。

「仏教外のルールによる有無の議論」ですね。

>これではなく、「仏教独自のルール」とい
うのは、「有無の議論からの切断」だとしか考えられないのですが。

いいえ、>>853 >>860などで述べた、『「真実信心という体験」 の 有
無の議論』です。これには、「仏教(この場合は、真宗)独自のルール
」内でしか、議論できません。

>>869氏とかぶるかもしれませんが、ぼらさんが、はじめから問題にして
いるのは、、『「真実信心という体験」 の 有無』であり、宗教体験一般
とか、超常体験一般の有無を問題にしているのではないと思いますが。
そして、上記の宗教体験などの存在可能性自体が、ゼロではないことは、
ぼらさんはじめ、皆さん同意のようで、あなたも5000%禿同とか言って
ませんでしたか。だから、そんな神秘体験、宗教体験などの有無の議論は、
これ以上無意味(皆、同意しているから)であり、はじめから、前提されて
いたとおり「真実信心という体験」が、真宗教義において、「存在するか否
か」(有無の議論)だけが、「議論の対象」として適当であると思うと書い
たわけです。そして、その場合のルールは、「仏教(ここでは、特に真宗)
独自のルール」によるしかないわけです。

971 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 18:35:10 ID:rF30GQW3
>>969

10月3日

972 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 19:02:03 ID:4bJ34eG8
>>962
>>965

結局、理屈ばっかりやったなー。
教えもお言葉も何にもなし。
これが坊主の説教か。
読んでもつまらんかった....

973 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 19:11:11 ID:4bJ34eG8
竊かに以みれば、難思の弘誓は難度海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破
する恵日なり。しかればすなわち、浄邦縁熟して、調達、闍世をして逆害を興ぜ
しむ。浄業機彰れて、釈迦、韋提をして安養を選ばしめたまえり。これすなわち
権化の仁、斉しく苦悩の群萠を救済し、世雄の悲、正しく逆謗闡提を恵まんと欲
す。かるがゆえに知りぬ。円融至徳の嘉号は、悪を転じて徳を成す正智、難信金
剛の信楽は、疑いを除き証を獲しむる真理なりと。しかれば、凡小修し易き真
教、愚鈍往き易き捷径なり。大聖一代の教、この徳海にしくなし。穢を捨て浄を
欣い、行に迷い信に惑い、心昏く識寡なく、悪重く障多きもの、特に如来の発遣
を仰ぎ、必ず最勝の直道に帰して、専らこの行に奉え、ただこの信を崇めよ。あ
あ、弘誓の強縁、多生にも値いがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまた
ま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。もしまたこのたび疑網に覆蔽せられなば、かえ
ってまた曠劫を径歴せん。誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞
思して遅慮することなかれ。ここに愚禿釈の親鸞、慶ばしいかな、西蕃・月支の
聖典、東夏・日域の師釈、遇いがたくして今遇うことを得たり。聞きがたくして
すでに聞くことを得たり。真宗の教行証を敬信して、特に如来の恩徳の深きこと
を知りぬ。ここをもって、聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと。


祖師聖人のお言葉のなんと生き生きしていることか。
小坊主の言葉は死んどるよ。
こんな説法あったとしても家に帰って御聖教拝読しとるほうがよい。
聖人のお言葉はあったかい血が流れとる。


974 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 20:16:07 ID:yTdV6e57
>>935
>どんなものにも功罪があります
>批判する人もいれば仏法に遇えたことを喜ぶ人もいる
>喜んでる人のほうが明らかに多いから続けているのでは?
>2ch見てると批判してる人ばかりのように錯覚しますが
>惑わされないように

素朴な疑問だが、なぜあなたは「喜んでいる人のほうが明らかに多い」と思ったのか?
親鸞会をやめている(喜んでいない)人のほうが、明らかに多いぞ。


>>963
>親鸞聖人を馬鹿にする奴は許せんな。
>仏法を馬鹿にする奴も許せん。
>本願寺やカルトアンチには分からん感覚だろうけど。

親鸞聖人の名前を冠する団体名をつけながら、それを明かすことが出来ずに
立場を隠して勧誘したり、果ては、親鸞聖人をお慕いして集まった会員の方々の財施で生かされながら、
不倫騒動で組織を乱したM晴や、その男を裁かない会長は、親鸞聖人をバカにし、聖人のお顔に泥を塗っていると思う。

975 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 20:20:08 ID:xYh5oGec
Sinran syoonin to Hongan-ji no ko-boozu to o onaji teeburu ni narabete
hikaku suru yatu no ki ga siren. Erai syusseda naa. Hikaku no dasi ni
sareta Sinran-san mo kusaba no kage de waratte iru koto daro yo.

976 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 20:20:19 ID:yTdV6e57
>>948
>真面目な人ってのは、物ごとストレートに受け止めて反応もストレートにするんだよ。
>だから、辛いことも真にうけて考え込んでしまう。
>
>社会経験積めば誰でもそうなるけど、面従腹背っていうか自分の意にそぐわないことでも、
>表情に出さずに笑顔でハイ分かりましたって言えるようになるんだよ。
>
>そういう社会人としてのズルさっていうか不真面目さは、年齢とともに必要になってくるんじゃない?
>アンチはそういうところ直した方がいいよ。

これって、何が言いたいんだ?
親鸞会会員は、上司に対してみんな面従腹背しているから、その能力が鍛えられているってこと?

ID:m2qZcIChさん、アンチのどの発言(言動)に対しての言葉か、あなたの深意を教えて下さい。

977 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 20:22:58 ID:xYh5oGec
>>975 wa >>973

978 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 20:54:51 ID:yAIQkQHv
もうじき埋まるな

979 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:00:03 ID:yAIQkQHv
>>976

私もよくわかりません。

980 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:48:29 ID:aybDnPng
980

981 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:50:47 ID:aybDnPng
981

982 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:51:12 ID:qnpsT2JI
  ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ   
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ    
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ    
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|    
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|   
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|  
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|   一九九七年、この年は真理元年である
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii   このヴィジョンは、我が偉大なるグル・シヴァ大神と
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|  すべての真理勝者方がわたしに授けられた
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii| 未来ヴィジョンである。 したがって、決して狂うことはない。
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|   
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii


983 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:51:41 ID:aybDnPng
982

984 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:53:49 ID:aybDnPng
984

985 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:54:43 ID:aybDnPng
985

986 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:55:29 ID:aybDnPng
986

987 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:56:13 ID:aybDnPng
987

988 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:06:26 ID:Itsc85EE
>>965

なるほど。よく分かります。
しかし、五重の義があるからには善知識は必ず必要になりますよね?
往相還相の二種回向によりて、信楽を獲られるとも言われてます。
これはどんな人なんでしょう?


989 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:11:30 ID:hRI39pTh
ボラの断末魔の悲鳴が痛々しいな。
自力の信心しか想像できないんだね。
無理もないことだ、難思と言われるくらいだから。

990 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:20:07 ID:hRI39pTh
50レスくらい読んだ感想。

アンチはカルトどころか基地外と言うべきレベルに達してるのだろうか?

991 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:35:29 ID:tGDbTOee
>>988

なるほど。ザ・ワールドの司会者といえば愛川欽也でしたが、彼の本名は?

正解は、井川敏明です。

992 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 22:38:33 ID:dzr8M7iW
ホント自力のシンパばかりで哀れにすら思えてくる
ぼらのレスになんくせつけるぐらいしかやることないんだね

あ〜 テラカワイソス


993 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:14:31 ID:hRI39pTh
ん?君は他力を自覚してるということかな?

994 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:15:59 ID:9HOZbSQy
994

995 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:16:26 ID:hRI39pTh
ま、自分は基地外カルトアンチじゃない!
と思うのなら答えてくれたまえ。

996 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:17:06 ID:Bgjp7trC
995
もうカウントダウンの季節だね。

997 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:17:32 ID:9HOZbSQy
997

998 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:18:07 ID:Bgjp7trC
あっ番号ずれた

999 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:18:19 ID:9HOZbSQy
999

1000 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 23:19:06 ID:9HOZbSQy
せん

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

483 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)