5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

|†| キリスト教@質問箱154 |†|

1 :AVE MARIA:2006/08/22(火) 19:52:11 ID:4RLzW1Wp
メール欄にsageと書き込む、sage進行でお願いします。
■質問者のために立てたスレです。おいてけぼりで議論に熱くならないでね!
  
■キリスト教のことなら、誰でも、なんでも、質問してね!(どんな小さな質問でも大歓迎)
■レス番号が【950】を越えたら、住人と相談してから新しいスレを立てて移動してね。
 乱立しちゃうと困るから、いきなり立てないでね!リンク先更新もお願いします。
■荒らしはスルーしましょう。荒らしにレスすると、あなたも荒らしになっちゃいます。

ローカルルール等リンク先更新総合スレッド。
現行スレッドではhttp://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1151690537/
忘れているのを見かけた方は代わりに申請してあげてください。

★★★質問者さんへ★★★
■質問箱で回答を得られない時は、
回答してくれそうな場所へ誘導をお願いしてみてください。

★★★回答者さんへ★★★
■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。
http://www.geocities.jp/credoindominumiesumchristum/
■■回答の意図を明確にするためにも宗派、教派を明示してください。

★★★関連スレのご案内★★★Ctrl+Fで検索してね 。
おしゃべりは キリスト教@談話室
議論は    聖句の解釈をマターリ語るスレ
過去スレ
153:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154708357/

2 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 19:52:51 ID:4RLzW1Wp
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 http://www.yahoo.co.jp/ http://www.goo.ne.jp/ http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja
愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 1997年9月5日 帰天 享年八十七歳 1997年9月5日 最後の手紙より 未完 福者マザー・テレサ 列聖の可能性大
最後の手紙より マリア P62 聖母のそばに P64 イエズスの叫び P66 小さき花 P68   マリアP62 本と別訳
 Mariaに通しJesusのみにすべてを、貴方たちひとりひとりが差し上げるを願う、私の愛、祈り、祝福をこの手紙に託します。
 「Mariaに通しJesusのみにすべてを差し上げなさい」と,私はよく言います。それは,貴方たちの為,また貴方たちから,私が願うすべて故で御座います。
 Mariaに通しJesusのみに,Mariaに通しJesusのみの為,すべてを,貴方のこころがもし行えば,貴方は正しく「Missionaries of Charity 神の愛の宣教者」で御座います。


3 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 19:53:22 ID:4RLzW1Wp
聖テレーズと聖ピオ神父の紹介 http://search.goo.ne.jp/web.jsp?TAB=&MT=%C0%BB%A5%C6%A5%EC%A1%BC%A5%BA%A4%C8%C0%BB%A5%D4%A5%AA%BF%C0%C9%E3%A4%CE%BE%D2%B2%F0
AVE MARIA 聖マリアと共に http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/1052/mi04.html

カトリック教会の祈りとしらべ http://www.minc.ne.jp/~hosanna/menu5.htm
心のともしび http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&IME=1&CK=0&QGR=1&JP=1&QGA=1&DE=2&OCR=0&MT=%BF%B4%A4%CE%A4%C8%A4%E2%A4%B7%A4%D3&DC=10&ET=&web.x=0&web.y=0


4 :AVE MARIA:2006/08/22(火) 20:04:36 ID:4RLzW1Wp
新約聖書 Lukeに因る福音書を マタイは,難しい   新約聖書のヤコブとペテロとヨハネとユダの手紙を  ペテロの手紙第二 第三章十四節から十八節
「ペテロの手紙第二 第三章十四節から十八節」  聖ペテロ曰く,「パウロは,難しい」  分かり難いところと分かり難く無いところは,分けられぬ。     
マルチン・ルター ルーテル 福音派とも(「キリスト者の自由,聖書への序言」岩波文庫66頁)  
要するに,聖ヨハネの福音書と彼の第一の手紙,聖パウロの手紙, なかんずくローマ人,ガラテヤ人,エペソ人への手紙及び聖ペテロの第一の手紙,これらの書は,
たといあなた方が嘗てその外の書物や教えを見もせず聞きもしなかったとしても,あなたにキリストを示し, あなたにとって知る必要のあるしかも祝福をもたらすに足る全てを教えるのである。
これらと比較すると聖ヤコブの手紙は全く藁の書である。 此れは何ら福音的な性質を供えていない

5 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 20:05:08 ID:4RLzW1Wp
ローマ人への手紙 6  パウロの手紙の歴史順 ローマ人への手紙 6  プロテスタントの聖書 66書
レビュー
内容(「BOOK」データベースより)
新共同訳(旧新約66巻)の全朗読108枚のCDを、6枚のCD‐ROMに収録しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820282387/qid=1154710407/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/
マルチン・ルター ルーテル 福音派とも 「キリスト者の自由、聖書への序言」岩波文庫 
ローマ「暗記するどころではなく」 文庫を見てください 

ルター派の信条は、「アウグスブルグ信仰告白」「アウグスブルグ信仰告白弁証」 「シュルマルカルデン条項」「小教理問答」「大教理問答」「和協信条」の
六つのみ

新約聖書 著者
十二使徒 五人 ヨハネ ペテロ ヤコブ ユダ・タダイ マタイ
六人目の使徒 パウロ
ルカ マルコ

聖書 6+6+6 六番目 十二番目 十八番目 パウロに因る

ルターが1525年の『盗み殺す農民に対して』で農民の殺害を認めたことは、民衆にとって初めは農民を支持していたルターの裏切りと感じられた。

ルターは精力的な活動の一方で聖書の翻訳事業も続けており、1534年に念願だったドイツ語旧約聖書も完成し、出版された。
ルターは旧約聖書の諸書の選択において、七十人訳聖書(セプトゥアギンタ:ギリシア語旧約聖書)にあってマソラ本(ユダヤ教徒によって編纂されたヘブライ語聖書)にないものを旧約聖書から排除した。
また新約聖書でも『ヤコブの手紙』、『ユダの手紙』、『ヨハネの黙示録』は自分の義化のアイデアとそぐわないと考えたため、排除した。
ルターが排除した諸書は新約聖書ではやがて元に戻されたが、旧約聖書の方はルターによって外された諸書はそのままで現代に至っている。
ルターが聖書の翻訳において、自分の義化説に合うように本文解釈を行って訳したことも知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC

6 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 20:05:56 ID:4RLzW1Wp
聖書学http://216.239.63.104/search?q=cache:u4jtc1xUw8cJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/INTR_BBL.html+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:tNzVPx6Mj-cJ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E6%2596%25B0%25E7%25B4%2584%25E8%2581%2596%25E6%259B%25B8+%C0%BB%BD%F1%B3%D8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
Lukeに因る福音書  聖書 バルバロ  講談社  教会認可http://216.239.63.104/search?q=cache:78nRdNevKX8J:http://homepage3.nifty.com/mir/bible.htm+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://216.239.63.104/search?q=cache:B8axRI_3OcQJ:http://mikio.wada.catholic.ne.jp/JAP_BIBL.html+%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?UI=web&TAB=web&from=&JP=1&DE=2&OCR=0&CK=0&NKW=1&QGR=1&IME=1&QGA=1&MT=%C0%BB%BD%F1%A1%A1%A5%D0%A5%EB%A5%D0%A5%ED&DC=10&ET=&web.x=25&web.y=7

7 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 20:18:57 ID:4RLzW1Wp
キリスト教 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99
ニカイア・コンスタンティノポリス信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9%E4%BF%A1%E6%9D%A1
カルケドン信条 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%89%E3%83%B3%E4%BF%A1%E6%9D%A1

カトリック教会の左傾化
「君が代」反対から「沖縄米軍基地」反対そして環境問題
澤田 昭夫
(月曜評論平成十二年五月号掲載) 
二〇世紀の基本的性格
右旋回から左旋回したプロテスタント教会
政治分布地図を見ると、ナチス支持の多かったのはプロテスタント多数の北と東で、カトリック多数の西と南でナチスは少なかった。
ニーメラー牧師は戦後反ナチ抵抗者として英雄視されたが、彼は実は三三年当時積極的にナチスを支持。
ヒトラーとの個人的確執のゆえに三八年に投獄はされたが、獄中では特別優遇され、三九年には国防軍に従軍を志願していた。
デハウの強制収用所に収監された二八〇六名の聖職者の九五パーセントはカトリック、プロテスタントは四パーセントだった。
http://hvri.catholic.ac/sawada.htm

■性的虐待隠ぺい 引責の枢機卿が復活
東京新聞 2005/04/13
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050413/mng_____kok_____002.shtml
聖職者による子どもへの性的虐待の責任を取って辞めたはずのバーナード・ロー枢機卿(米国)が十一日、バチカンで行われた故ヨハネ・パウロ二世の特別ミサを執り行ったことに対し、米国内の被害者家族から怒りの声が上がっている。
http://www.circam.jp/weekly/?pid=33

8 :名無しさん@3周年:2006/08/22(火) 20:20:10 ID:4RLzW1Wp
公安調査庁
内外情勢の回顧と展望
「内外情勢の回顧と展望 −核・テロの脅威及び複雑化する国際情勢と日本−」(平成18年1月)
http://www.moj.go.jp/KOUAN/NAIGAI/NAIGAI18/naigai18-00.html

もう一つ、最近見たテレビで考えさせられたものがありました。それはNHKのテレビで放映した「アインシュタイン・ロマン」という番組であります。
そして平和主義者である自分が、戦争が許される条件として、このことを考えるといって、それはわたしに敵があって、その無条件の目的がわたしと私の家族を殺すことである場合だ、その場合には戦争をする事もやむを得ないというのであります
http://www.t3.rim.or.jp/~kyamada1/mark11.htm
 あらゆる価値が相対化されるとすれば、ある一定の地域や時代にしか通用しない「善」など、とうてい独裁主義に対抗することはできない。
そこから、人間性の開花にとって、歴史的にも、最もましな政治体制と思われる米国の民主主義を、「至高の善」の価値観として戦闘的に世界に拡大させる戦略が引き出されるのだ。
http://www.seikyo.org/article209.html

ドイツ連邦共和国外務省 - ドイツの実情: 哲学
60年代初頭から、ドイツでは「フランクフルト学派」の影響が強くなってゆく。
ドイツでこの学派を代表する哲学者テオドール・W・アドルノとマックス・ホルクハイマーは、ユダヤ系でマルクス主義の流れを汲んでいたためナチス時代にドイツを離れている。
彼らの思想は60年代末の学生運動に大きな影響を及ぼした。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/33

9 : ◆IbYG6dQTTc :2006/08/23(水) 00:18:38 ID:ETYNn6Da
コテハンリスト
http://evangelical.zouri.jp/kotehan.html


10 :殺人をほのめかす或る福◇IbYG6dQTTc:2006/08/23(水) 18:41:05 ID:sPN9o3bv
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1129813668/807-810


807 :narumi:2005/10/23(日) 19:13:24 ID:7XIrGxvC
毎日が空しいよ。早く死にたい。。。

810 名前: ◆IbYG6dQTTc Mail: sage 投稿日: 05/10/23 19:18 ID: 7Jex1F2K

>>807
私が、死なせてあげようか。


上記のような危険な書込み文を確認したら今すぐココへ↓
web110番
http://mpd110.jp/

11 :879:2006/08/23(水) 19:23:00 ID:DYa3V86t
前スレでキリスト教について質問した初心者です。
皆様、お答え本当に有り難うございました。
お返事遅くなってごめんなさい。PCが故障したり規制に引っ掛かったりして・・・
前スレに投稿しましたがもうスレが終わりだったのでもう一回最初から投稿させて下さい。

>>880
宮崎さん、無料の本すぐに申し込みまして今日届きました。有り難うございます。

私のことなのですが、私はキリスト教に雰囲気だけで憧れているつもりはありません。
合唱団の指導者が牧師を父に持つ外国の方なのですが、
彼から練習の度に沢山キリスト教のお話を聞く機会がありますし、
聖書の物語をお話としては読みましたし(928さんの仰った本かも)、
何より音楽を通じてキリスト教に非常に深く関わっていると思っています。
私は西洋音楽を趣味でなく本格的に勉強している身ですので、
もっとちゃんと知りたいという意欲も強いつもりです。
仰る通り、「カテキズム」、「聖書」、「神学生」さえ難しい初心者ですが、
ただ883さんが紹介して下さった本にはすごく興味があります。
書籍から基礎などの知識を正確に得たいと思っているので。
気掛かりは私が最初に読むにはやや難しすぎるかも知れないという点です。



12 :879:2006/08/23(水) 19:24:04 ID:DYa3V86t
続きです。連投すみません。

>>889
林檎の目さん、初めまして。色々御紹介有り難うございます。
あまり近くに教会はなくて、教会検索を使ってみたのですけど、
教団の違いが分からないので、どれを選んでいいものか・・・
本も読んでみます。子供向けで丁度いいです、私がまだ子供なので。

>>891
宇宙や哲学の本は興味があって少し読んできました。
ただ紹介して頂いた本は知りませんので、読んでみます。

ところで、私はイタリア語とドイツ語ほんの少しぐらいしか分からないのですが、
それらはきっとキリスト教を学ぶのにあまり役立ちませんよね?
883さんが仰っているようにギリシャ語やヘブライ語を勉強すべきでしょうか?
(物凄い長文すみません)

13 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/23(水) 19:24:25 ID:aSFwRGPb
本届いたのね、わからないことあれば、ともしびに聞いてもいいしね。
音楽を通じてキリスト教かぁ〜、そう言えるって素敵ね。
ただ教義や儀式だけに終わらずに、生活の中にイエズスも共にいる感じで。


|†| キリスト教@質問箱153 |†|
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154708357/
1000:879 :2006/08/23(水) 19:16:13 ID:DYa3V86t [sage]
>>880
宮崎さん、無料の本すぐに申し込みまして今日届きました。有り難うございます。

私のことなのですが、私はキリスト教に雰囲気だけで憧れているつもりはありません。
合唱団の指導者が牧師を父に持つ外国の方なのですが、
彼から練習の度に沢山キリスト教のお話を聞く機会がありますし、
聖書の物語をお話としては読みましたし(928さんの仰った本かも)、
何より音楽を通じてキリスト教に深く関わっていると思っています。

14 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/23(水) 19:28:41 ID:aSFwRGPb
>>11
ごめん、重なっちゃったね。

15 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/23(水) 20:31:22 ID:ra42cp3m
>>12

ギリシャ語、ヘブライ語は一通り聖書を学んだ方がより詳しく勉強する
ためのもの。まだ覚える必要なないでしょう。

16 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:28:30 ID:9iCswPx0
                     /
                 ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /
        ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',  反吐男・絶対化警報発令中!!
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
        ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
         .| |
          | |
        | |
           | |


17 :名無しさん@3周年:2006/08/23(水) 23:41:50 ID:2C1SrkiM
>>11-12
 自分はレスアンカーには指定されていませんが、文中に出てきている前スレの
883です。聖書は人類の救済史で、啓示を通して人を救いに導くことについて神の
ことばを書き記した書物です。同時にこの聖書は、聖霊の霊感という聖書著作者
における聖霊の特別な働きによって、著作者固有の能力と素質を使用しながら、
神が望むことをすべて、そしてそれだけを書くようにした書物であるといわれます。
 聖書は、旧約と新約に分かれていてヘブライ語を原文とするものが基底にあり
紀元前200年ごろにギリシャ語訳(通称:七十人訳=ラテン語でセプトアギンタ)が
作成され、このギリシャ語訳はキリスト使徒も初代教会も一般に受け入れて
宣教などに使用されていたようです。キリスト教徒はヴァチカン写本やシナイ写本
に見られるようにこの七十人訳の延長でキリストのことば、新約聖書と言われる
部分の写本も発見・保存し、大切にしてきているのです。
 つまり、聖書の勉強にギリシャ語は欠かせません。また、ヘブライ語はアラム語と
類似の言葉であり、イエスが「アッパ(父ちゃん)」と呼びかける言葉、十字架上で
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ(わが神、わが神、なぜ、わたしをお見捨てになるのか
:詩篇22編参照のこと)」や耳と目の不自由な人を「エッファタ(開け)」とマルコ
7章34節に出てきますし、復活の主にであったマリアの咄嗟の言葉が「ラボニ(先生)」
というヘブライ語の言葉であったことなどを勘案するならぱヘブライ語によって
イエスの理解していた聖書と神の言葉を求める姿勢というものも欠かせないと
思います。
 あなたの合唱がプロテスタント系の合唱団であるということならば、こちらが
勧めた『カトリック教会のカテキズム』ISBN:4-87750-101-0はカトリックの教え
が書かれたものですから提案を取り下げます。合唱の主催する牧師の勧める書籍で
その教派のキリスト教観を学ばれるのが順当かもしれません。
 あまり長い回答は嫌われると思いますから中途半端かもしれませんがレスは
この辺で。

18 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 00:30:34 ID:kcxbHvL+
ケン・スミス『誰も教えてくれない聖書の読み方』 訳者あとがき

ttp://cruel.org/books/bibleguide/biblenote.html

19 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/24(木) 00:36:22 ID:t69TJrBW
あげるよ
こっち使おうよ
先に立ったスレだから

20 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 00:44:59 ID:r/e0pYhK
>>19

仕切るな。AVE MARIAが立てたマザー・テレサのテンプレがどうして
一般的なキリスト教質問箱なんだかその小さな脳みそで考えろ

21 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/24(木) 00:47:23 ID:t69TJrBW
>>20
質問したい初心者を混乱させないように。

22 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 00:50:24 ID:r/e0pYhK
>>21
だったらふさわしいテンプレで立てたスレを上げて誘導しろ。
立った順番が先か後かよりもそっちの方が重要だ

23 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 16:34:06 ID:D3C6lbrI
イエスはユダヤ教の人ですか?

24 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 16:37:03 ID:BElZRoNw
>>23
そうです。生まれてからずっと敬虔なユダヤ教徒として
すごしました。福音書のなかに会堂で巻物を読むシーンがありますね。
あの巻物はユダヤ教の律法(トーラー)です。


25 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 16:47:57 ID:2nmwisUc
>>22
自分でテンプレつくれ

26 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 17:33:16 ID:D3C6lbrI
>>24タソ
ありがとうございます。

父=ヤハェイ=主=イエスでよろしいでしょうか?
「これは、私の愛する子、、、、、、、」
は、だれがいったのでしょうか?

27 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 18:26:14 ID:CuSiYn8P
>>26
キリスト教の神は桑原和夫(吉本興業)ではないことは確か

28 :26:2006/08/24(木) 18:41:19 ID:v6l/+wli
ヤハウェなのか、、、。もしくはエホバでヤーウェか。

29 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 18:49:49 ID:TnXaHy7v
エホバ神でよいでしょう。

30 :26:2006/08/24(木) 18:59:46 ID:v6l/+wli
父=エホバ神=主=イエスですね。
ありがとうございます。

31 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:12:39 ID:m2VpIGh7
質問させてください。
キリスト教に「生き神」の観念はありますか?
というのも、とある掲示板で
「ヨハネパウロ2世は生神様」「(ヨハネパウロ2世は)キリストの再来」
という投稿があり、クリスチャンと思われる方からは
それは違うという指摘をされてるのを見ました。

上記の発言は実際のクリスチャンにとってはどのようにうつりますか。

32 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:19:41 ID:TnXaHy7v
神に、「死に神」などないように、
「生ける神」しかありません。

33 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:24:43 ID:TnXaHy7v
ネハネ、パウロ2世が、「生ける神」とか、
キリストの再来なんて思うのは、気違いの
妄想です。(書き忘れ。)

34 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 19:39:53 ID:+wiZdoFc
「エヴァンゲリオン」がギリシャ語で「福音書」のことだということは、
日本のクリスチャンにとっても、アニメに関わらずよく知られていること
なのでしょうか?

35 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 20:02:20 ID:wvj7Wwv8
>>34
普通はしりません。
少し詳しい人には何語で読むとそんな珍妙なカタカナになるのか、といわれます。
ギリシャ語の福音はユーアンゲリオンです。


36 :34:2006/08/24(木) 21:02:24 ID:+wiZdoFc
>>35
そうなんですか・・・
ありがとうございました!

37 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 21:17:41 ID:C8JLY/Lc
キリストは実在したのですか?

38 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 21:54:16 ID:MCw4vjkx
聖公会のスレッドでもあまり回答を貰えなかったので、こちらで質問します。
よろしくお願いします。

こんばんは。初めまして。

僕が住む家の近くに、日本聖公会の支部があります。
「XX(地域名)聖ペテロ教会」という名前です。
なぜ名前が違うのですか? 聖ペテロ教会ではなくて、「日本聖公会XX(地域名)教会」などという名前ではないのはなぜですか?

それと、日本聖公会は、カトリックとプロテスタントとどう違いますか? カトリックは保守的で、同性愛とか、いろいろ認めてないけど、
日本聖公会はどうですか? プロテスタントの中には、認めているところもあるんですよね?

日本聖公会の特徴を教えてください。 聖書中心か、儀礼中心か、信仰心中心か、いろいろあると思うんです。
どんな感じでしょうか? あと、説教は長いかとか、信者の年齢層とか、洗礼を授けたりするかとか、いろいろ教えてください。

僕は非常に急進的な教会に所属したいんです。ユニバーサルユニテリアンという教派は非常に急進的だそうですけど、異端に認定されているようですし、日本ではほとんど活動していないそうです。
同性愛も、堕胎も、進化論も、いろいろ認める教会が有れば教えてください。


39 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:18:00 ID:TnXaHy7v
>>37
イエスが十字架にかけられて死んだと
いうことは、まず間違いなく歴史的事
実でしょう。

40 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:35:16 ID:XgqvAT5+
イエスはエッセネ派で学んだんだよ。
仏教をも学んだ可能性がある。

41 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/24(木) 22:38:54 ID:t69TJrBW
>>40
イエズスがヨガを学んだことは確実。
四福音書がその証拠。

42 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:47:14 ID:XgqvAT5+
へー、初めて聞いたよ。でもあり得るよね。
カトリックもプロテスタントもウソだよ。

43 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 22:52:06 ID:XgqvAT5+
宮崎君 膵臓炎が疑われる場合、血液検査でなにを調べる?
4項目挙げよ。

44 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:12:15 ID:3ryrzph8
キリスト教に限った事じゃないけど
冥王星が惑星から外れることで影響ある宗教ってある?

45 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:47:23 ID:BYV0I7T8
>>40>>41
全能の主がねえ

46 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 00:54:05 ID:eVLlrIiB
君は本当のイエスを知らないね。

47 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 01:02:08 ID:GBkZ+X5U
>>43
いやだぁ〜、先生この板まで来ないでよぉ〜。
びっくりしたよ。。。
(^o^;)

病院・医者板にも、キリスト教スレ立てようかしら?
仏教板あるし。
神を信じない医者スレあるし。

48 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:06:45 ID:eVLlrIiB
本当にわかんないんだろ??ww

49 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:15:45 ID:TAynmDeP
>>23-30
 YHWHとヘブライ語が示す天の父なる神の名は「十のことば」(申命記5章6-22節、
出エジプト記20章2-17節)の申命記5章11節と出エジプト記20章7節のことばによって
『あなたは虚しくあなたの神YHWH(主:アドナイ)名をあげない、なぜなら虚しく
その名をあげるところの者をYHWH(主:アドナイ)は無罪としないからである。』
とあるために天の父の名を呼ぶ時には『主(よ)』とか『天の父(よ)』とかヘブライ語
を真似るなら『アドナイ』と発声しておきましょう。
 エホバの証人と言われる人たちは「十のことば」のこの個所の「みだりに
主の名を唱えない」という意味を逸脱した信仰姿勢を持っていると思われます。
彼らが救いの可能性を持つとするならば彼らの発音が神の名ではないという
意味において救いの可能性が残されているということです。名を虚しく頻繁に
呼ばわることによって「十のことば」の警告に踏み入り、仮に名を間違えて
呼ばわっているとすれば神とは何の関係もない信仰団体の集会や活動ということ
になり、どちらに転んでも現状は聖書を基礎として信仰を全うする団体としては
その行動様式には疑問の余地があるものだと思います。「イエスス・キリストは
私の主です」とハッキリ答えることの出来ない似非キリスト教の組織や指導者、
またキリスト教を標榜する偽りの団体活動に皆さんは十分にお気をつけになり
ますように。

50 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:16:50 ID:BYV0I7T8
>>45
「わたしは、父から出てこの世にきたが、
またこの世を去って、父のみもとに行く」
(ヨハネ16.28)父とイエスは同一の神、神
以外のものは、すべて神の被造物なり。
あなた方の信仰心はたいしたものだよ
屋根屋のフンドシ。

51 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:18:45 ID:BYV0I7T8
>>45は× >>46

52 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:20:15 ID:eVLlrIiB
ハイごくろうさん。もう来なくていいからね。二人とも。

53 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:20:50 ID:BYV0I7T8
いや、見上げたもんだよ夜屋根屋のフンドシだった。

54 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:26:08 ID:TAynmDeP
>>40-41
 ヨガや仏教をキリスト教は肯定しているかどうかという点についてはイエスス
とは関係のないこと。イエススは少なくともヨガを教えなかったし仏教を教えて
いませんから。律法と預言者とは天の父である神を愛せよ、また同じように隣人を
愛せよ、ということに集約されると共観福音書各所でイエススは教えておられます。
@申命記6章4-5節
《聞け、イスラエルよ。我らの神、主は唯一の主である。
あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を
愛しなさい。》

Aマタイ福音22章37-40節
《イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、
あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。
第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』
律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」》

Bマルコ福音12章29-31節
《イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、
聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を
尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』
第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つに
まさる掟はほかにない。」》

Cルカ福音10章27-28節
《彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを
尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように
愛しなさい』とあります。」
 イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば
命が得られる。」》

55 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:31:55 ID:BYV0I7T8
主を愛せよ、隣人を愛せよとは
どういう意味なのか。

56 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:33:00 ID:eVLlrIiB
>>54 悪いけど俺キリスト教徒じゃないから。。。
本当のイエスを尊敬してるの。
教えないから学んでない、と言う理屈はなりたたんだろう。
釈尊はヨーガを学んだがおしえてないぞ。


57 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 01:36:03 ID:GBkZ+X5U
>>54
イエズスは、40日の断食から始まり、たくさんのヨガについて、語られています。
福音書が証拠です。

58 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:40:15 ID:eVLlrIiB
はやくマーカー言えよww

59 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:40:22 ID:TAynmDeP
>>50
>父とイエスは同一の神

 父とイエススが同一の神であるとはそのとおりですが父とイエススそれぞれを
忘れることもおかしいことです。イエススは、マタイ22章44-45節やルカ20章42-44
などでダビデのことばを引用してメシアを説明されています。メシアとしての
イエスス・キリストをダビデが認識しイエススご自身がそのことに触れているの
であればキリスト教の教えとしてのイエススのことばは尊重され受け止められる
べきです。三位一体と言い換えることが適当であるかどうかはともかく、キリスト
教はイエススのことばの内に神の啓示の神秘を見出しその意味をそのままに
受け止めてゆかなければキリスト教の本筋を外れてしまうような気がします。

60 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:46:06 ID:TAynmDeP
>>56
>本当のイエスを尊敬してるの。

 イエスを尊敬しているならキリスト教を学びなよ。と言いたいね。

>>57
>イエズスは、40日の断食から始まり、たくさんのヨガについて、語られています。

 ヨガについてなんてイエススは語ってない。あなたがヨガによって
イエススを解釈しようとしているだけ、今あなたはキリスト教から外れて
ヨガの中に足を踏み入れてそこからイエススを眺めているね。キリストの
内に足を入れて周囲を眺めないと足元おぼつかないよ、きっと。

61 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 01:50:28 ID:eVLlrIiB
>>60 本当のイエスはキリスト狂なんてやったってわかんないよ。。
改ざんされた聖書読んでどうすんの?ww
釈尊は智の道で、イエスは愛の道で悟ったんだよ。
共通点は瞑想だよ。

62 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 01:52:34 ID:GBkZ+X5U
>>60
イエズスは、人間である弟子に湖上を歩くように言われています。
つまり奇跡と言われてるのは、神のみ子だけでなく、人にも可能とイエズスは言っています。
これは、明らかにヨガ以外で説明は無理です。

63 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 01:59:43 ID:GBkZ+X5U
湖上の箇所については、◆IbYG6dQTTcも説明出来ずに逃げ出しています。
どなたか、キリスト教解釈による、弟子が湖上を歩けなくてイエズスが叱りつけた箇所、説明してください。

64 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:00:15 ID:eVLlrIiB
>>62 反論になってないからやめろよ。
おまえ看護婦ってマジ嘘だろ?
60よ。おれと62を一緒にするなよ。
では寝る。

65 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:02:26 ID:TAynmDeP
>>61
 99%遺伝子構造が同じだからといって人間とサルは同じだと言えないように
愛の出発点として自己理解を促す瞑想と瞑想を出発点として最後まで人間を
絶対化して閉鎖的自己完成を目指すのとではまったくその本質が違うと思う。
 無神論者にとっては進化の仕上げは、個人にとっても、全体にとっても、
自己のうちに自己を築くこと。キリスト教の信徒は人間の完成が神に吸い
寄せられ神を愛し隣人を愛することであると思う。神のうちに没する決意と
自らを進化の仕上げにすることとは違うでしょ?

66 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:07:22 ID:TAynmDeP
>>62-63
 キリスト教は、イエス・キリストのことばのうちに神の啓示の意味を
見出しています。それは、神への愛と人への愛ですね。
 あなたが言っていることは、ヨガを立脚点としてキリストの言行が
どのように説明可能かという仮説でしょう。キリスト教を異教や体操の
観点から説明することはキリストのことばを信徒以外の立場から攻撃
することと同じことです。即刻そのようなことはやめて下さい。

67 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:09:35 ID:eVLlrIiB
君はバーナデット・ロバーツって知ってるか?

68 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:10:28 ID:TAynmDeP
>>64
 まあまあ、こちらはあなたと彼女とを一緒にしてはいませんよ、レス
アンカーをきちんと分けてそれぞれに返答しているじゃありませんか?
                   おやすみなさい。

69 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 02:12:29 ID:eVLlrIiB
まあ、猫に小判だろうな。
おやすみ。

70 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 03:57:52 ID:GBkZ+X5U
>>66
体操と書く時点で、イエズスについて、無理解を曝しているよ。

71 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 04:23:19 ID:Kzj92T/U
キリスト教初心者(というか無宗教者)です。

英語の勉強に何か面白いネタがないかと探していたのですが、
聖書を読むのが面白そうだな、と思い立ち、教養にもなるかと思って、
早速英訳(NLT)の聖書を買ってきて創世記から読み始めました。

そこで疑問なんですが、「節」って1個1個がかなり短いですよね。
確かに、第○章第○節っていうとすぐに場所が分かるので便利だと
思うのですが、いったい誰がどんな基準であの節を決定したのでしょうか?


72 :Wata:2006/08/25(金) 06:59:56 ID:bg8mB8a/
キリスト教が弾圧された江戸時代ですが、あの時代にあの踏み絵を、踏んだらキリスト教的には、どうなるのですか?

死の恐怖に負けて踏んだ人もいるでしょうが、キリスト教を後生に伝えることで、宗教を絶やさない為に、やむを得ずに、踏んだ人もいるような気がします。
また、イエスさんは自分のために命を落とす人を快く思っているのですか?

自分はキリスト教ではないので教えてください。


73 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/25(金) 07:21:47 ID:At1I6pDW
>>72

もし全員踏んだらのちの人に誰が福音を述べ伝える事ができよう、
踏めない人も神様の御計画のうちの一つなのである。
踏んで命までも捧げることについてイエス様はとても喜んでおられる
と思います。

74 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 07:36:52 ID:HjvhYRyE
>>72
踏み絵はイエスの絵であってモノです。
崇拝の対象ではありません。
ものを拝んでは偶像礼拝になってしまいます。
聖書やキリスト教の画集を間違って踏んでしまうことは
よくあります。それで罰が下るというものでもありません。
江戸時代のキリスト者は間違った信仰を持ってしまったのでは
ないかと思うことがあります。

75 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 08:04:50 ID:6YKZg7aS
>>踏み絵はイエスの絵であってモノです。
これは同意。

だけど、
あの時代、あの状況で
>>江戸時代のキリスト者は間違った信仰を持ってしまったのでは
>>ないかと思うことがあります。
こんなことを言える想像力の欠如っぷりと無神経さはキリスト者と
してというよりも人として許されるものとは思えん。

レス不要 ツカ つけんなよ。
朝っぱらから気分悪いわ。

76 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 08:08:48 ID:eVLlrIiB
一神教は恐ろしいな。

77 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 09:19:46 ID:eOg2OylB
>聖書やキリスト教の画集を間違って踏んでしまうことは
>よくあります。

不注意がすぎるよね。

78 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 09:35:43 ID:HjvhYRyE
>>75
レスをつけるなと言っても一方的ですね。
あの時代、あの状況とはどういうことでしょうか?
間違った教えを抱かなければ、踏み絵などという方法で
命を落とすことはなかったはずです。
それが残念だといっているのです。

79 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 09:44:17 ID:eOg2OylB
>>78

とりあえず聖書を踏んでしまわないように部屋を片付けたがいいんじゃない?

そうしたらもう少し考えがまとまるかもよ。

80 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 09:53:25 ID:HjvhYRyE
私は寝る前に聖書の読むのを日課にしているので、
夜中に目が覚めたとき、うっかり踏んでしまうのです。

状況はわかりますが、踏み絵を踏んではいけないというのは
間違った考え方です。本当の信仰を守るためであれば、踏み絵
なんてバンバン踏んで貰ってもかまいません。
多分、当時のお札に対する感覚で聖画について崇拝していたのでしょう。

81 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 09:57:53 ID:eOg2OylB
>>80

誰も「踏み絵を踏んではいけない、という決まりがって、もし踏んだら罰せられる」

という考えで踏み絵を踏まなかったわけではないと思いますよ。

「この絵を踏んで、キリスト教徒ではないということを証明せよ」

また、

「この絵を踏んで、キリストを侮蔑してキリスト教という邪教から離脱せよ」

という圧力に対抗してキリスト教徒であることを示し、全能の神の輩が政治圧力に屈しない、

ということを示したわけでしょう?

踏み絵を踏んだから罰せられるとか、いや、ただの絵なんだから、とかいう次元ではないと思いますよ。

82 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 10:11:50 ID:eOg2OylB

それから、寝床で本読んだら目が悪くなりますよ。

83 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:09:40 ID:HjvhYRyE
いいえ、そこまで崇高な話じゃなかったと思いますよ。
イエス様の絵を踏むのは恐れ多いという気持ちで踏み絵を
踏めなかったので、キリスト教徒を分別するのに幕府が利用
したのであって、
その当時、一般庶民が政治圧力に屈しないなどという考えで
行ったものではないでしょう。お上は絶対という時代に
そこまで政治的な意識があったとは思えません。
現に第二次世界大戦の時、当時のキリスト者は天皇を参拝し
神社を上の存在として祭っていたではありませんか。

84 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 11:20:06 ID:eOg2OylB
>>71

聖書の章と節は、聖書を翻訳するときに、大勢の人が寄り集まって翻訳するので、

原文の箇所の同一の箇所を客観的に示すことができるようにつけられたものです。

聖書の翻訳は、ギリシア人のユダヤ教への改宗者が増えてきたときに必要になりました。

まず、原語(ヘブライ語)からギリシア語への翻訳が行われたわけです。

文章の意味としては区切るべきである箇所が区切られていない、区切るべきではないような

箇所が区切られているのはそのためです。

また、旧約聖書の別の翻訳では章と節が異なっている場合があります(七十人訳とマソラ本訳など)

どの訳を底にしているかで、教派により章と節の区切りが違っている場合があります。

85 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 11:23:29 ID:eOg2OylB
>>83

ご質問の域を超えてきていますね。

このスレは「質問箱」ですので、議論はご遠慮ください。

86 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 11:38:36 ID:eOg2OylB
>>84

すいません、訂正します。「マソラ」というのはヘブライ語本文のことです。

翻訳にあたっては、まず、この本文に対して章と節が振られたと思います。

マソラと七十人訳で章と節が異なります。

ほとんどの教会はマソラの章節による翻訳を使いますが、一部の教会は

七十人訳の章節による聖書を使っています。

87 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 11:49:50 ID:G55jxCHR
>>71
旧約聖書の場合、現在の章による区分は西洋において十四世紀以降からだ。さらに章内の節による区分は
十六世紀以降だ。この章節による区分が西洋からヘブル語聖書に逆輸入されたのだ。もっともそれ以前に、
ユダヤ教には独自の区分方法が古くから存在したのだが。

88 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 11:53:52 ID:eOg2OylB
>>86

たびたびすいません。マソラは七十人訳の後に成立でした・・・・

よく調べないで回答しましたのでごちゃごちゃになってしまいました。

すいません。

ウアテクストのヘブライ語原文は「子音のみで」記述されていたものですが、

これに母音を加えたものがマソラです。

どなたかきちんとまとめてお答えしていただけますでしょうか。

お願いいたします。

89 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:28:30 ID:QTI+qKy0
ID:HjvhYRyE
>踏み絵はイエスの絵であってモノです。
>崇拝の対象ではありません。
>ものを拝んでは偶像礼拝になってしまいます。
>踏み絵を踏んではいけないというのは
>間違った考え方です。本当の信仰を守るためであれば、踏み絵
>なんてバンバン踏んで貰ってもかまいません。
>多分、当時のお札に対する感覚で聖画について崇拝していたのでしょう。

この人一体どこの教会?信じられない。
本当にキリスト教徒?
ノンクリの方が人間としてよっぽどマシ。
聖画を大切にしていても聖画を崇拝している訳ではないでしょう
家族の写真を飾っていたら家族を崇拝してる訳?
踏み絵を踏まなかった人たちや踏んだ人たちがどんな思いだったのか
今の信教の自由が保障された日本に暮らしていて分かるわけ。
あまりにも傲慢すぎ。
自分の狭い世界の中からしか判断できないなら宗教やめた方がいいんじゃない。

キリシタン関係の本を読んだ人の話では、
「あれは唯の物だから踏むことにしよう」と決めて踏んだ人たちも、
踏み絵を踏むのを一瞬躊躇する瞬間を転びキリシタンの役人にキリシタンだと
見破られて全員殺されたらしい。

第二次大戦中に3位一体を天皇を含めて4位一体にしたプロテスタントだもんね。
レスしなくていいから。


90 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 14:59:11 ID:UFqYhU/M
聖公会のスレッドでもあまり回答を貰えなかったので、こちらで質問します。
よろしくお願いします。

こんばんは。初めまして。

僕が住む家の近くに、日本聖公会の支部があります。
「XX(地域名)聖ペテロ教会」という名前です。
なぜ名前が違うのですか? 聖ペテロ教会ではなくて、「日本聖公会XX(地域名)教会」などという名前ではないのはなぜですか?

それと、日本聖公会は、カトリックとプロテスタントとどう違いますか? カトリックは保守的で、同性愛とか、いろいろ認めてないけど、
日本聖公会はどうですか? プロテスタントの中には、認めているところもあるんですよね?

日本聖公会の特徴を教えてください。 聖書中心か、儀礼中心か、信仰心中心か、いろいろあると思うんです。
どんな感じでしょうか? あと、説教は長いかとか、信者の年齢層とか、洗礼を授けたりするかとか、いろいろ教えてください。

僕は非常に急進的な教会に所属したいんです。ユニバーサルユニテリアンという教派は非常に急進的だそうですけど、異端に認定されているようですし、日本ではほとんど活動していないそうです。
同性愛も、堕胎も、進化論も、いろいろ認める教会が有れば教えてください。

91 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 15:35:37 ID:HjvhYRyE
>>87
>第二次大戦中に3位一体を天皇を含めて4位一体にしたプロテスタントだもんね。
プロテスタントを批判したいならどこか他でやりなさい。

現実がどのようなものだったのか、そして現在の踏み絵が
どうあるべきかを考える上で、冷徹に考えることができない
のならコメントなんかするのは止めなさい。

隠れキリシタンが結局のところ、元のキリスト教の教義から
かけ離れてしまい。異端と断じられた歴史なども、あなたから
いえば人間らしくないとなるのでしょうかね。



92 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 16:18:59 ID:eOg2OylB
>>90
聖人の名前を冠している教会はカトリックか聖公会。カトリックは「カトリック〜」
となっている場合が多いようです。ですから、例えば、「河原町聖ヨハネ教会」
となっていれば、多分聖公会だな、という感じですね。

ユニテリアンは三位一体を認めていませんので正統なキリスト教ではありません。
ご本人たちはキリスト教と言っているのでしょうか、よくわかりませんが、
神は父である主、のみ、であるといっているので、ユダヤ教に近いのではないでしょうか。

進化論については、もはや、これを否定するような非科学的な教会は存在しないと思います。
進化論は聖書の記述を否定したり裏返したりするようなものではありません。科学です。
科学とは、神の業一つ一つを実証し、紐解いていくものであると思います。

同性愛ですが、同性愛者を排斥する教会も、実際には存在しないと思います。
「同性愛者」と「同性愛行為」を一つにして考えている場合が多いのではないかと思いますが、
同性愛者であるから、というだけでその人を排斥することはありえないと思います。

堕胎ですが、何がなんでもダメ、ということはないと思います。
しかし、特に生命にかかわる重大な理由がないのに、勝手な都合で堕胎する、
ということはやはりキリスト教としては「殺人罪」ということになるでしょう。
堕胎は殺人罪にならないからぜんぜんOKという教会は、これはありえないと思います。

93 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:20:36 ID:QTI+qKy0
>>91
あなたはID:HjvhYRyE ですか?
プロテスタントを批判してるんでなくてID:HjvhYRyE を批判してるんですが。
余計な口をはさまないで下さい。
人のことで勝手な想像しないで下さい。

94 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:25:26 ID:QTI+qKy0
>>91
同一人物でしたね。
死んで何も言えない人たちに対して勝手にコメントするのはやめなさい。
どこの教派かも言えないくせに偉そうなことを言うのはやめなさい。


95 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 16:33:50 ID:QTI+qKy0
>>91
これもカト系スレでID:HjvhYRyEのレス
カトスレに粘着して嫌がらせしてるのあんたでしょう。
あんた何者?

656 :マリア:2006/08/25(金) 09:47:38 ID:HjvhYRyE
私イエスってよく分からなかったのよね。
折角心配して会いにいったのに、他人扱いするし。
一時は気が違ったのかと思って心配したのよ。


656 :マリア:2006/08/25(金) 09:47:38 ID:HjvhYRyE
私イエスってよく分からなかったのよね。
折角心配して会いにいったのに、他人扱いするし。
一時は気が違ったのかと思って心配したのよ。


96 :71:2006/08/25(金) 18:00:02 ID:Kzj92T/U
>>84
>>86-88
興味本位の質問に、十分すぎる回答をいただきありがとうございました。


97 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 20:29:07 ID:BLYSpra4
>>92
>>進化論については、もはや、これを否定するような非科学的な教会は
存在しないと思います。進化論は聖書の記述を否定したり裏返したりする
ようなものではありません。科学です。科学とは、神の業一つ一つを実証
し、紐解いていくものであると思います。

<<進化論によれば、「生物進化は、場当たり的なプロセスであって、自然淘
汰は、ある特定の世代ごとに、無目的に作用しただけであり、それがたまたま
都合よく繰り返されたために、生物は進化してきたのだということになる。
この生物の精妙を極めた生体構造や生態機能、そしてその驚くべき適応能力や
知恵もすべて、遺伝子の突然変異という完全に偶発的な現象と、無目的な環境
要因に依存する自然淘汰との繰り返しによりつくり上げられてきたのだと、極
めて独断的に主張されるのである、このとおり、死すべき運命を知らない原始
生命から、死すべき運命を知る我々を無目的につくった、進化論には神の創造
の目的など必要ないといっています。どこに「科学とは、神の業一つ一つを実
証し、紐解いていくものであると思います。」の説明があるのでしょう?





98 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 20:48:17 ID:eOg2OylB
>>97
ご質問だということでお答えいたします。
無宗教のものであればいざ知らず、キリスト教徒であれば、この世のありとあらゆる
事象、現象は「神の業」であると理解しています。
無宗教的立場からみれば「偶発的な現象」であれ、その結果は神の目されたものであり、
すべては神の業の実りであると考えています。

そして、特に説明である既存の文章があるべきで、お見せするする必要がある
文章をお見せしたとは認識していません。

「科学とは、神の業一つ一つを実証し、紐解いていくものであると思います。」
の文章は、科学に対する一つの私の考えであるわけです。
私はいつも、質問箱で自分自身の考えを織り込めて回答しています。

99 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:02:08 ID:HjvhYRyE
>>95
何か勘違いしているな。
私は通りすがりのものだよ。
一応キリスト教関連スレは回ってみるようにしている。
あなたが引用しているのは2つ前のレス(マリア様)
におふざけに対して、軽くマタイ12:46のマリアを
書いておいただけだが、気に障ったかな?
それなら、謝るよ。
ただマリアとイエスの関係がそうだったのは確かなようだよ。

100 :細麺長浜派:2006/08/25(金) 21:28:19 ID:J4kHOxyN
>>90
ユニテリアンらは 急進派ではなく、主の前に普通なだけです。

保守的な末端信徒さんの中には
異端とかキリスト教ではないとかユダヤ教だとか
愚昧なことを言う方もおられますが、
モノをしらんだけですね。

日本には数箇所 教会がありますですね。

101 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/25(金) 21:36:00 ID:eOg2OylB
>>100

そのように愚弄するような発言で印象を悪くするばかりではなくて、

ユニテリアンについて詳しく知っているのであれば、この際、いい機会なのだから、
しっかりと正確に説明してみたらどうなのでしょうかね。
せっかくの質問箱なんだし。

正しく理解してほしいと願っているんでしょ?

102 :sage:2006/08/25(金) 21:36:07 ID:ZErjIt3Z
イエスの言葉で今も印象に残るのは
持つものはますます持つようになり、持たないものは持ってる
物まで奪われる、現代社会でも真理だよなー

103 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:39:29 ID:kWRmI9B4
科学を突き詰めるほど、神の存在を認めざるを得ないのです。
レベルの低い科学論では、理解出来ません。偉大な科学者たちは、
神の存在を意識しております。

104 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 21:59:48 ID:6XtRJqFF


  自   分   を   絶   対   化   す   る


 
  癖   を   治   せ   ヨ   ハ   ン


  そ   れ   か   は   よ   し   ね




105 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 22:20:25 ID:2r2Ai1Af
キリスト教徒の人はあまり東洋の宗教とか文化に詳しくないよう
なので、少し口出しさせてくれ。
ヨガというのは柔軟体操でなく、インドで発達した哲学の総称で
その内容は、とてつもなく膨大。宗教的な部分もあれば、健康に
関する部分もある。中には超能力獲得のための修行みたいなのも
あり、その修行を成し遂げた者は、未来が見えたり、人の心を読み取ったり、
水の上を歩くとか、空飛ぶとかもできるといわれている。
んで、そういう人達の頭の後ろには、光るワッカがつくらしい。
ヨガだけでなく、中国にもそういう伝説は多く残ってて、仙人とかが
水の上を歩く呪術が存在する(これは水を禁ずるというらしい)。
今度から仏像見るとき後ろに注目してみ。天使の輪があるから。
西洋ではそういうの聞くとすぐ奇跡だ、とか、神だ、とかいうけど、
インドや中国ではそんなに珍しいことではないよ。
宮崎希美さんが言うように、イエスがヨガを学んだかどうかは
わからないけど、ありえない話ではないと思う。イエスが説く教え
の内容も、ヨガや仏教が説くものと、大体同じだし。
それと、神をただ信じさえすれば、湖の上も歩ける、奇跡も起こせる
というのは絶対無いよ。聖書にはそういうこと書いてるけど。

106 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 23:11:51 ID:TAynmDeP
>>70
>>66
>体操と書く時点で、イエズスについて、無理解を曝しているよ。

 イエススについてヨガの視点で解釈しているのはあなたの方ですよ。「体操と
書く時点で、ヨガについて、無理解を曝しているよ。」とこちらにレスをするなら
わかりますが、イエススとヨガの関係はキリスト教の範疇にはありませんね。

>>105
 ヨガとキリスト教の教えの類似性というものがあるのでしょうが、キリストが
ヨガによって教えの本質を信徒に伝えたとされる話は全くありません。旧約聖書の
申命記13章7-9節に次のようにあります。
《 同じ母の子である兄弟、息子、娘、愛する妻、あるいは親友に、「あなたも
先祖も知らなかった他の神々に従い、これに仕えようではないか」とひそかに
誘われても、その神々が近隣諸国の民の神々であっても、地の果てから果てに
至る遠い国々の神々であっても、誘惑する者に同調して耳を貸したり、憐れみ
の目を注いで同情したりかばったりしてはならない。》
 つまり、イエスに似た者が異教の内に存在するなどということを見聞きした
ところでイエス・キリストご自身と天の父と約束の聖霊の導きの内にない信仰は
キリスト教徒は持つことが出来ません。奇跡を仮に神のしるしと捉えたとしても
キリスト教の神はただ一つですし挙げたような申命記のことばなどもあって
不用意に奇跡に賛同することは出来ないわけなのです。

107 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/25(金) 23:24:47 ID:GBkZ+X5U
わからないことは神のせいにして、信仰放棄するクリスチャンは哀れ

108 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 23:28:51 ID:TAynmDeP
 >>70さんや>>105さんのようなアプローチは新約聖句に次のような警句があること
からも一概に肯定することの出来ないものです。
二ペトロの手紙2章から特に一節だけここで抜書きします(フランシスコ会訳注より)
《 イスラエルの民の中に似預言者もいましたが、同じように、あなたがたの中にも
偽教師が起こるでしょう。彼らは、滅びに導く異端をひそかに持ちこみ、自分たちを
買い求めたあるじさえ否定し、速やかな滅びを自分の身に招くでしょう。》
2ch利用者は特にこの二ペトロの手紙2章やユダの手紙の記述に注意をしましょう。

109 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 23:37:23 ID:TAynmDeP
>>107
 あなたは、天理教とカトリックを同時信仰することについて司祭にどんな
アドバイスを受けているんですか?天理教がイエススを説明するとでも考えて
いるんですか?天理教がイエスを利用したりイエスを語ることはキリスト教の
存在意義を冒涜することだという風には思いませんか?本当の司祭とドラマで
司祭役を真に迫って演じる人とを混同してはいけないんですよ。真に司祭である
ことと真に役者を演じることは一方は真実司祭になるのですが一方は一流の役者に
なるだけでその到達点は天と地ほどに違うわけです。あなたが天理教とカトリックが
両立すると考えているならばそういう考えに自分は賛成できません。
カトリックも演じ、天理教信者も演じ、それで行き着くところは信仰とは
無関係のフィクションの世界であるとしたらあなたの生き方はすぐに
変えないといけないのではないですか?

110 :105:2006/08/25(金) 23:55:37 ID:2r2Ai1Af
そこまで異教を目のかたきにしなくてもいいと思うんだけど。
いろんな人がいて、いろんな考え方があるんだから、
なかよくやってけばいいじゃん。
イエスも「汝の隣人を愛せよ」っていってんじゃんか。
自分たち以外はみな滅べって言うのは、よくないと思うよ。
みくだしたり、蔑んだりも、よくないと思うよ。
愛しなさい。赦しなさい。ってのがキリスト教でしょ。
怒りに負けて、相手の破滅を願うようなことがあってはならない。
たとえ聖書にそういうことが記されてあってもだよ。
たとえ神からそう命じられたとしてもだよ。
どんな理由があってもいがみあうのはやめましょう。


111 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 00:08:05 ID:jC91rnn5
>>107
 自分には、あなたが信仰放棄したり信仰を演じているだけなのではないか
と心配です。ヨハネ福音書1章33節に指摘されるようにイエススによって聖霊の
洗礼を授けられた人、ローマ10章9節の聖句、一コリント12章3節などの指摘の
ままにイエスを主と言い表す良きキリスト者との愛と祈りの結びつきがあなたに
今一番必要である気がします。普通にしかも命がけで天の父を愛していればその
愛はきっとあなたをいつか救うことになると思います。くじけず、あきめないで
下さいね。

112 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 00:17:15 ID:jC91rnn5
>>110
 「神を愛せよ、同様に隣人を愛せよ」という意味でイエスは繰り返し
隣人愛を説かれます。神を愛することにおいて隣人にもその愛を押し広げ
るわけです。
 滅ぶことについては、滅べといわなくても滅んでいくのだと思います。
あなたの場合にはあなたの語ったことば、それが最後にあなたを裁く
のでしょう。我々の場合には、神のことばを語るについては聖書の語る
ままに、また律法については律法に書かれているままに人に語らなくては
ならないんです。個別の出会いや機会において具体的に他者に愛を示す
ことについては神の御前においての祈りでもあったりするのでそれは
教えを伝えることとは別の扱いになると思います。

113 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 00:42:43 ID:jC91rnn5
 キリスト教の愛は原則があります。それは、まず第一に天の父を愛しなさい
ということです。また、同じように隣人を愛しなさいということです。それは
>>54に聖書を引用した通りです。

>>55
>主を愛せよ、隣人を愛せよとは
>どういう意味なのか。

 申命記5章や出エジプト記20章に書かれている通称十戒と言われる
『十のことば』が通称シェマー(聞け)と言われる申命記6章冒頭の句の
意味であると思います。そして>>54の引用文の後ルカ福音書10章29節以下
をお読み下さい。そこにはあなたと同じようにイエスに対して質問する
人の姿が描かれています。
神を愛するということは、当然のごとく十のことばの内に生きるという
ことなのではないかと思います。その十のことばが神の愛であると受け止め
るのなら次のように訳すのが良いのかもしれません。     続く。

114 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 00:57:26 ID:jC91rnn5
 イエスの言葉に重複する第一の言葉はわかりやすいように要点として書き出し、
新約におけるイエスの言葉を最後に要点として挙げておく。

○イエスが語る要点1(十の言葉第一と重複している)(>>54参照のこと。)
  わたしはYHWH[読み・主、アドナイ、天の父]、(エジプトの)地から、
  導き出したところの神である。
  あなたは、心を尽くし、魂を尽くし、全力で態度を窮めあなたの神、
  主を愛しなさい。

 ☆第一の言葉
     あなたに、他に神・神々があってはならない。あなたは、
     天にあるもの、下は地にあるもの、地の下、水の中にある
     いかなる神・神々の(顔)形も刻まず、平伏さない。
 ☆第二の言葉
     あなたは、虚しく神の名をあげない。
 ☆第三の言葉
     あなたは、安息日を想い、大切に聖とする。
 ☆第四の言葉
     あなたは、父と母を敬わないはずがない。
 ☆第五の言葉(※第六の言葉)
     あなたは、殺すはずがない。

115 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 00:59:07 ID:jC91rnn5
 ☆第六の言葉(※第五の言葉)
     あなたは、姦通するはずがない。
 ☆第七の言葉
     あなたは、(人や物を)盗むわけがない。
 ☆第八の言葉
     あなたは、隣人に関して虚しい証言をするはずがない。
 ☆第九の言葉
     あなたは、隣人の妻を望むわけがない。
 ☆第十の言葉
     あなたは、隣人に属する全てのものについて欲しがるわけがない。

○イエススが語る要点2(>>54参照のこと)
  あなたは、自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。

※はナッシュパピルス、ルカ18章20節、ローマ13章9節、ヤコブ2章11節などの
項目順序を反映した場合。

116 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 01:03:41 ID:s3cpLVTY
>>97
進化論の世界が、「神」について論究するわけないでしょう。そもそもそんな
問題は扱いません。テーマ(分野)が違います。

117 :114訂正:2006/08/26(土) 01:23:33 ID:jC91rnn5
 以下の文面で、『第一の言葉』については『(続き)』と挿入します。要点1と
第一の言葉は一続きの聖書記載個所です。イエススの言葉を理解する上での便宜
上分けて記しているだけなので『(続き)』として「第一の言葉」を記します。
>○イエスが語る要点1(十の言葉第一と重複している)(>>54参照のこと。)
>  わたしはYHWH[読み・主、アドナイ、天の父]、(エジプトの)地から、
>  導き出したところの神である。
>  あなたは、心を尽くし、魂を尽くし、全力で態度を窮めあなたの神、
>  主を愛しなさい。

> ☆第一の言葉
>     あなたに、他に神・神々があってはならない。あなたは、
>     天にあるもの、下は地にあるもの、地の下、水の中にある
>     いかなる神・神々の(顔)形も刻まず、平伏さない。

○イエスが語る要点1(十の言葉第一と重複している)(>>54参照のこと。)
  わたしはYHWH[読み・主、アドナイ、天の父]、(エジプトの)地から、
  導き出したところの神である。
  あなたは、心を尽くし、魂を尽くし、全力で態度を窮めあなたの神、
  主を愛しなさい。

 ☆第一の言葉(続き)
     あなたに、他に神・神々があってはならない。あなたは、
     天にあるもの、下は地にあるもの、地の下、水の中にある
     いかなる神・神々の(顔)形も刻まず、平伏さない。

118 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 07:46:45 ID:veFvPmn+
神様が聖書のどの箇所で何人殺したか。

ttp://dwindlinginunbelief.blogspot.com/2006/08/how-many-has-god-killed.html

119 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 09:54:16 ID:9GDd4T7B
だからあ、バーナデット・ロバーツ読めよ。
カトリックで悟るなんて前代未聞だぞ。

120 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 11:51:19 ID:eMXZ+/Eu
聖書に出てくる「悪魔にとりつかれた・唆された」っていうのは、
今で言う精神病(の原因)を悪魔として描いたっていう話はどういうことなんですか?
病気の人が罪人としてなんたらかんたら〜って話とはまた違うんですか?

121 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:12:14 ID:Bnf47vJE
カールバルトの思想を勉強したいのですが、
あまり難解でなく、しかも本質をついた入門書は
ないでしょうか。
よろしくお願いします。

122 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 17:27:51 ID:Ymphl2+M
>>120
あるサイトから淫用。従っ手あたしゃ責任も譚。
以下、コピペ。――

盲人の罪の所在を質した弟子たちは、特に的外れな質問をした
わけではない。『旧約新約大事典』(教文館 1989年)は、身体
が受ける災いについて以下のように説明している。「聖書の中で
は、罪の結果および創造秩序の崩壊の象徴として現れる。した
がって罪、病気、苦難、人間的不幸、災厄、死はすべて1つに包
括される。<旧約聖書>で、病気は、罪に対する罰として現れ
る。」(996頁)

先天性の視力障害をも含めて、要するに罪の報酬を病気と捉え
るのである。

「<新約聖書>においても、病気の本性と原因は旧約聖書と同じ
ように解釈されている。憑きもの、癲癇などは悪魔、サタンのし
わざと見なされる 」(同)

――以上、コピペ。

123 :一言居士:2006/08/26(土) 22:01:14 ID:QQd12Dg8
キリスト教は性的快感についてどう捉えているのですか?
アウグスティヌスが「快楽は悪、生殖は善」と言っていたような・・・

124 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 22:34:35 ID:yNRl0zDY


  自   分   を   絶   対   化   す   る


 
  癖   を   治   せ   ヨ   ハ   ン



125 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:32:55 ID:T/mktLwL
「談話室」スレに書いたけど・・・こちらのほうが望みあるかな・・・

中学生の頃(1980年代)まで日曜学校に通っていて
よく、「ゴスペルフォーク」のカセットを借りて聞いていました
「メッセンジャーズ」とか「グロリアシンガーズ」とか「ニューライフ」とか
上原令子とかです。教会で聞いた話はまったく覚えてませんが
これらのカセットは、もしいまでも手に入れば、聞きたいと思ってます
入手可能でしょうか

126 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 06:50:40 ID:3fKHa43E
>>125
談話室は異常なので行かない方がいいです。

キリスト教関係のモノは、銀座教文館、御茶ノ水CLC に問い合わせしてみて下さい。

2ちゃんねるには期待しない方が賢明だと思います。


127 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 07:28:15 ID:jJt7BFCB
某板で、
「新約聖書のコリントの信徒への手紙に
 女は救われないゴミクズと書いてあります」
「女はクズすぎる」
「キリストも認めてました」

という書き込みをしている人がいて
事実とは違うのではないか?と個人的に考えているのですが
実際どうなのでしょうか?
聖書は解釈によって女性蔑視を推奨しているようにも読めると聞いたので
本当に(表現は違っても)「女はクズ」と書いてあるのではないかと
思ってしまうのです‥

もし事実ならキリスト教徒の方への自分の視線が変わってしまいそうです

128 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 08:05:47 ID:LkDnCb93
>>127
女性蔑視を推奨しているのではなくて、
イエスの時代では女性は人の数に入らなかったのです。
日本もつい最近まで男尊女卑だったのはご存知の通りです。
その中でもイエスは女性を差別されませんでした。
お弟子さんたちの中に女性が多かったのもイエス様の
特徴です。

129 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/27(日) 09:07:31 ID:J7lS7CVl
>>127

聖書に「女は救われないゴミクズ」と書かれているところは無いと思いますよ。

それどころか、「ルツ記」のルツとナオミ、「エステル記」のエステル、
(続編ですが)「ユディト記」のユディトなんかは女性が救い主扱いです。
「ユディト記」に至っては、もはや男ではダメだ、といわんばかりの
持ち上げようですよ。

パウロがコリント前書で言っているのは、「女性は白い被り物をして、いつもより
威厳を正した上預言をするならしなさい」ということを言っているわけで、
貶しているわけではありません。最後には「男も女から出てくるのだから」といって
決して女性が男性よりも劣っているわけではない、ということを強調しています。

130 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 09:26:54 ID:AMoa17d7
>>127
全く蔑視しておりません。
聖書では、命を捨てるほど女性を愛せよ、と命じてます。
女性の有能さを褒めているところもあります。

131 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:05:56 ID:7loVDAuv
>>121
とりあえず、清水書院の伝記と富岡幸一郎による評論がいいでしょう。

132 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:32:26 ID:cde0H3Kr
>>127
聖書読めば分かることをどうして自分で確かめないのですか?

>>128-131
教える方も聖書のどの箇所にどう書いてあるのかを言わないと永久に同じ話がループすると思いますよ。

133 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 10:33:44 ID:cde0H3Kr
すいません、「>>128-131」ではなく、「>>128-130」でした。

134 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 12:09:52 ID:CpW+wx1k


  自   分   を   絶   対   化   す   る


 
  癖   を   治   せ   ヨ   ハ   ン



  ヨ   ハ   ン   お   断   り




135 :細麺長浜派:2006/08/27(日) 13:49:22 ID:MAa64+v5
>>127
ゴミくずとはないが、
イエスとパウロとを比較すると

もてない君のパウロは 現代基準では女性蔑視ですね
モテモテイエスの眼差しは とても女性に優しい。

保守栗は、なにかとパウロを女性差別ではないと弁護しますが
キリスト教の中でもフェミ神学により パウロの差別性は
きちんと指摘されています。

136 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:01:02 ID:9GotP/Rh
 聖書記載事項について単語で検索かけることのできるサイト

ttp://ebible.echurch-jp.com/

 近くに教会があるかどうかを検索できるサイト

gifukyokai.or.tv/kyokai_link/kyokailink_index.htm

 各自質問の前に自身で調べることのできる範囲で簡単な下調べをなさって
みたら、もっと質の高い質疑応答ができるのではないかと感じました。質問は
具体的にすれば、具体的な回答が期待できると思います。

137 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:22:15 ID:9GotP/Rh
>>119
>だからあ、バーナデット・ロバーツ読めよ。
>カトリックで悟るなんて前代未聞だぞ。

 聖書を読むと、人は渇く存在としてその喉を神に向けるということの大切さに
気付かされるようなことがあります。パーナデット・ロバーツは「器」として
溶液を入れるための物のように人間を捉えていませんか?死んだ物体とかコップ
のようなものが人の本質ではないのですよ、キリスト教の感覚だと人は。
 水にもパンにも神のことばにも渇く一人一人の人間が一人一人神に似たものと
して人格を持つ人間なんだという出発点がキリスト教です。満たされては感謝し、
渇いては喉を神に向ける、そういうことに信仰生活という言葉のイメージがある
のです。

138 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:34:49 ID:LkDnCb93
>>131
清水書院のセンチュリーブックスを読んだところが
ちんぷんかんぷんなのです。
わからない用語が多すぎてしまうのです。
例えば、原歴史とか何を言っているのかわかりません。
こういったキーワードについて説明している本は
ないでしょうか?

139 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:38:52 ID:9GotP/Rh
>>120
>聖書に出てくる「悪魔にとりつかれた・唆された」っていうのは、
>今で言う精神病(の原因)を悪魔として描いたっていう話はどういうことなんですか?
>病気の人が罪人としてなんたらかんたら〜って話とはまた違うんですか?

 書き込みされている質問の意味がこちらにはよくわかりませんが、質問の意図を
勝手に推理して回答をさせていただくことにします。
 カトリックのエクソシズムでは精神病と悪魔つきとは明確に区別をして対処します。
ですから、悪魔払いは精神の病との関連でそれが否定された場合にのみ行われるわけです。
新約聖書の中にも現代で言えば癲癇(てんかん)の人の症状に似た人の悪魔払いの話が
出て来ます。この癲癇の人の症状は「月の障り」というような単語が原語に使われて
いる言葉です。罪が病を招くという考えは聖書に描かれる世界では実際にあった
ようですが、悪魔つきと罪が招いた病を持つ人とはイコールではありません。
また、病はみな罪が招くものであるということは言えません。罪が病を招くこと
はない、とは言えない程度に信仰者は聖書の記述を理解しているのではないかと
思います。

140 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 14:50:58 ID:AMoa17d7
毎度思うが、なんかわからないけど、パウロが女性差別者だ、と
訳わからんレッテル貼りがあるのは理解に苦しむ。
差別の根拠がコリントの手紙らしいが、そんなのは男と女の「召し」の違いにすぎない。
それに、男と女と比べると、同じ罪でも、男の方が神の裁きはとても重い。
聖書は一言で強引に言ってしまえば、男性の女性に対する愛なんだがなあ……。


>>132
たしかに・・。

命を捨てるほど女性を愛せよは、パウロの言葉なんだけど、
エフェソの5の25にあります。
これを読めば、パウロは女性差別者ではないとわかります。
女性の有能さをほめたたえてるところは箴言の31の10-31です。



141 :カトリックに興味のある人へ:2006/08/27(日) 15:10:21 ID:9GotP/Rh
カトリック書店一覧
ttp://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
カトリック中央協議会
ttp://www.cbcj.catholic.jp/jpn/index.htm
女子パウロ会
ttp://www.pauline.or.jp/
カトリック新聞
ttp://www.cwjpn.com/
ミサで使う『聖書と典礼』などの関係する
オリエンス宗教研究所
ttp://www.oriens.or.jp/

142 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:30:56 ID:c0MdoRyX
>>138
たしかにちんぷんかんぷんだわな。あの清水書院の現代神学シリーズって、
どれもこれも、そんな感じ。

哲学の場合、素人にもわかるように噛んで含めるような入門書があるのに、
現代神学の解説書って、どれもこれも意味不明な神学用語のオンパレードだよね。
どなたか、神学基礎用語から丁寧に解説している現代神学入門書とか知りません?

143 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 15:32:26 ID:+a6noafz
@男性と女性の違い その1
妻は夫の仕事に従事することはできないし、その反対に、
夫も妻固有の仕事に従事することはできません。なぜなら
それは、英知がその愛と違うように、あるいは理性がその
意志とちがうように、相違したものだからです。男性にと
って固有の仕事では、理性・思考・英知が主流になり、妻
にとっての固有な仕事では意志・情愛・愛が主流となりま
す。夫は理性・思考・英知にもとづいて自分の仕事を果し
ます。妻は意志・情愛・愛にもとづいて自分の仕事を果し
ます。したがって二人の仕事は、その本質からしても多種
多様です。とは言え、両者は時間の経過にしたがって結び
ついていきます。と

144 :細麺長浜派:2006/08/27(日) 15:50:58 ID:MAa64+v5
>>140

保守信徒に教会は事実を教えないのだろうが
学問的にはエフェソ書は、パウロの名による書簡であって
パウロの書簡ではない。
新共同スタディバイブルは、この辺を誤魔化し、
学者の中で意見が分かれている
保守派を読者とする新教出版の新共同訳聖書辞典に至っては
パウロの弟子が書いたとする説があるが、
ロマ獄中でパウロが書いたとする人が多いと 嘘で糊塗する。
非信仰系の岩波のキリスト教辞典や岩波委員会訳の注では、
はっきりとパウロ作でないと断定されている。
信仰系でも新共同訳註解Up215になると さすがにパウロ作であるとは
断定できず、「ユダヤ教出身」と推定している

145 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:04:49 ID:7loVDAuv
>>138
おや、困りましたね。あのシリーズは高校生に読めるレベルに
書いてもらわないといけないのに、変に勘違いした著者が担当しちゃったんですね。
そういう怪しい専門用語は思想哲学事典かなにかで引いていかないとだめですね。

富岡も簡単に書こうという縛りを全く受けてないので、多分似たような水準に
なってしまっているでしょう。

ですので、そういう外部的なアプローチはいったんあきらめて、
新教出版社のペーパーバック復刻神学書(新教セミナーブック)シリーズから
バルトの著作を読んでみるというのはいかがでしょう。神学校一年生向け
講義をまとめたものなどもあったと思います。



146 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 16:54:35 ID:+a6noafz
@男性と女性の違い その2
男性は理性的、女性は意志的に生まれてついていること
は、143のような原初の形成から流れてくるものです。
また同様に、男性は、知り理解し英知を味わう情愛をい
だくよう、生まれついているのに対し、女性は、男性に
あるその情愛に自分を結びつけたいと思う愛をいだくよ
う、生まれついています。内部のものは、自分に似るよ
うに外部を形成いていきますから、男性の(かたち)は
(理性のかたち)であるのに対し、女性の(かたち)は
(男性への愛のかたち)です。男性が顔つき、声、体つ
きなどで女性とちがうのはそのためです。顔は角ばり、
声はどぎつく、体は強靭、しかも顎に鬚をたくわえ、大
ざっぱに言って、女性よりみにくい(かたち)をしてい
ます。それに身振りや生活態度もちがいます。一口に言
って、何一つ同じところはなく、それでいて、いづれの
箇所でも結びつく性格をもっています。むしろいえるこ
とは、男性はあらゆる部分にわたり、その肉体の最小の
部分までも男性的です。あらゆる点で男性なのです。そ
れにたいし女性は、それとまったく同じような意味で女
性です。というわけで、一方は他方に転換することはあ
り得えない点、死後も男性は男性、女性は女性です。



147 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 17:30:22 ID:+a6noafz
@男性と女性の違い その3
宇宙は最高に完全なものとして、主によって創造されました。
その中でも、顔が美しく振る舞いの優雅な女性以上に完全に
造られているものはありません。それはとりもなおさず、男
性が主に向かって、その豊かなめぐみを感謝し、主から英知
をいただくことによって、お返しをするためなのです。と

148 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 18:23:00 ID:LkDnCb93
>>144
ありがとうございます。
早速調べて読んでみます。

149 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 19:26:36 ID:AMoa17d7
>>144
パウロの書簡ではないという話は一応知ってる。
だが、神の御心を思うと、ありえんが、
なんか平行線になりそうなのでレスは控えることにします。


150 :127:2006/08/27(日) 20:08:43 ID:jJt7BFCB
>>128>>129>>130>>132>>135>>136>>143
早い上にたくさんに、多方向からのお返事をありがとうございました
レスまとめてしまってすみません

以前から「現代にしては不思議な夫婦関係」と感じていた夫妻が
キリスト教の人だと知って「キリスト教のイメージと違うな」と
勝手に考えていたのですが、
そこへもって(俗っぽい話だけど‥)例のダヴィンチ・コード。
「じゃあイエスだけは違った?」かと思えば
キリスト教の人からすれば「聖書は嘘ついたり改ざんなんてしない」そうですし
「分らん」と思っていた際に見つけてしまったレスが、
>>127に書いたものでした。
そのレスを書いた人は相当執拗に同じことを書いていて、
そこまで言うならそういう解釈が可能なようなことが聖書あるのでは?と‥

もちろん「そういう解釈を出来る聖書を彼はたまたま持っている」とも
考えましたが
「では、 そういう解釈 の出来ない聖書は、一般に正しいと思われているか?」
などの謎が沸きました。
わたしの住んでいる町には小さな教会がたくさんあります。
が、どれも色いろな「○○会」という看板を掲げていますし、
以前古本屋さんで買った聖書も次第に怪しく見えてきました。
どれがマトモと言えるのか、逆に1つでもカルトが混じっていたら‥?
(だいたいマトモってなんだ。という悩みもありつつ)

151 :127:2006/08/27(日) 20:09:32 ID:jJt7BFCB
ずっと以前には街中で「友達になりましょう」と同世代の女性に言われて
「変な人だ」と思いながら何度か会ってお話しているうちに
「聖書の勉強会へ・・」というようなことになり不信を抱いて
思い切って「何故わたしに声をかけたの?」と聞いたら
「ミッションだから」の一言でした。笑顔でした。
そんな体験も疑心暗鬼を生じました。

ここにいる方はどの方も同じ聖書の読み方をしているわけでは
ないものと思われます。
だからこのスレで幾つもの形で返答をいただけたのは
自分にとって最良の結果だったと思います。
ありがとうございました。

152 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/27(日) 21:47:47 ID:C0M+H/5z
>>127

聖書に女性をゴミクズとは書いてません。しかし当時は男尊女卑で
男性も戦える年齢(約30歳)で一人前とされていました。
聖書でよく出てくる、男だけで○○○人とはそういう意味で書かれております。
男尊女卑ではありますが決してクズではありません。

153 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 02:55:36 ID:vU27ik95
不妊治療@キリスト教に関して話し合えるスレッドはありますか?
不妊治療を進めていく上で倫理的な問題にぶつかり悩んでいます。

154 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 13:25:43 ID:TkVVfhvr
スレ違いなのでレスと一緒に移動します。
196 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 13:04:01 ID:jp81TM5L
ローマ法王を頂点とするカトリック教会の階級を詳しく教えて下さい

こちらの記述で分からなかったら、またこのスレかカトリックの本スレに質問されると
いいと思います。

ウィキペディア カトリックの教会組織
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A#.E8.81.96.E8.81.B7.E8.80.85.E3.81.A8.E7.B5.84.E7.B9.94

十十十 カトリック159 十十十(こちらがカトリックの本スレです)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156727026/l50

155 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/28(月) 14:05:33 ID:Po/+sY+X
>>153
これぐらいしか、わからないなぁ。

霊とか神とか信じている医者へ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1154382081/

156 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/28(月) 14:09:53 ID:Po/+sY+X
>>153
カトリックスレ

【東京】 聖母病院 【下落合】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1100732960/

聖マリアンナ医科大学は○○
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1145506515/

157 :前スレ598:2006/08/28(月) 17:04:37 ID:/YjkSa7h
お礼がおそくなってしまいすみません。601さん回答ありがとうございます。
実は海外の教会なのですが日本人主体の教会とはまた異なるものなのでしょうか。
日本に戻る機会がありましたら立ち寄ってみます。

158 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:46:27 ID:gZFThp3u
新約聖書のギリシャ語原文が見られるサイトを教えてください。

159 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 22:17:12 ID:3ZXQp3i/
>120です

>122
>139
参考にしました、どうもありがとうございました

160 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 00:28:28 ID:dvSj7/TU
洗礼は教会に通い始めてどれくらいで受けるものなのですか?

161 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 01:18:11 ID:GTeXe79/
>>160
短かくて半年の人もいるし、知っている限りでは1年から2年位の人が多いかな?
中には5年以上の人もいるけど。

162 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 01:39:40 ID:GTeXe79/
>>160
洗礼を希望するなら教会に通うだけでなく講座を受講する必要があります。
カトリックの場合、講座が1年間位なので1年から2年位で受洗する人が多いです。
講座を受講さえすれば誰でも受洗できるというのではないです。
洗礼を受ける決意をして司祭に打ち明けて司祭の承認を得る必要があります。

教派により講座の期間も違うようなので、短期間で受洗させる教会もあるようです。


163 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 04:13:07 ID:Tzr8Shdm
>>155
>>156
ありがとう。じっくり読んでみます。

164 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/29(火) 08:11:23 ID:DwE6pEJt
>>160

あなたの質問は時間、期間のことを聞いているのですね?
期間的なことを言えば、普通教会で1年に一回は洗礼式を行うのでそれに
間に合えば1ヶ月〜12ヶ月の間と言う事になりますが、1番肝心なのは
本人に決心がついているかどうかです。

165 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 17:46:40 ID:NGkVJL3i
何回か教会に通っています、
信者の方たちは親切ですしまたきてくださいなどともいわれます。
でも、司祭の方はなんとなく距離を置かれていてあまり歓迎してるように思えません。
こんなものでしょうか? なんとなく気後れしてしまってます。

166 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 18:40:28 ID:aEmCgs7L
ミサ外では、口もききたくないような神父もいるからなあ。
神父て、ある意味人気商売なのに、人と接するのが下手だったり、
平気で人を傷つけたり、そういう神父っているよ。
神父なんかにならず、修道士でもやってりゃよかったのにね。
神父って聖職者の中ではエリートコースだから、
学力が優れていたからって、神父の道を選ぶ人も多いんじゃないの?
偏差値で大学を選んだり学部を選んだりするのと、どっか似ている。
もちろん、すばらしい方もいるのは当たり前だけど、中々遭遇しないねw


167 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 19:50:03 ID:jTDNtEGY
>>166
いい意味での批判ですね。現代キリスト教会のエリートと
いわれる、牧師理解では。ところで、パウロという人は、
イエスの直弟子ではなかった。彼はユダヤ教の側で将来を
嘱目されていたエリートで、最初は逆にイエスに従うもの
を迫害していた者であった。この彼が何らかの理由によっ
て、突如として回心しキリスト教徒になったのである。彼
がキリストに会ったかどうかも定かではない。彼は、イエ
スの十字架上での死にだけ興味を持ったという説がある。
近代以降の歴史的・批判的研究をきちんと踏まえたならば、
伝統的・正統的なキリスト教という宗教を、イエスが作ろ
うとしたとは考えられない。むしろパウロ的な考えで、正
統が作られてきたのだ。なぜなら、神の愛は口先だけで、
まったく、その意味を理解していない正統派は、現代にお
いてもパウロ的で、生活と信仰を、つまり仁愛(カリタス)と
信仰を切り離したキリスト教である。なぜなら、かような
牧師が多いことは、まったく神の愛とはなにかわかってい
ないからであります。したがってその信者も何もわかって
おりません。もし、反論があれば、主の愛とはなにか、き
ちっと説明してみてください。聖書の(みことば)でもっ
て愛を(みことば)で説明するような方法ではなく。
なぜなら、キリスト教は愛がすべてだから。
こりゃ、絶対化警報が出そうだだなあ。

168 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:23:10 ID:3/5+Ugen
>>167
牧師がエリート意識なんていっているのは
現状がかわってきたのか、
現状と歴史をしらないのか。
ごく一部の状況を一般化しているのか。
いずれにしても、笑っちゃうな。悪いけど。

神父のことは知らないけどね。


169 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:32:54 ID:RpeZF0Vs
牧師の収入は多いんですか?

170 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:35:14 ID:jTDNtEGY
>>168
これは手厳しい。牧師改め神父とします。
お手柔らかに。で、本題の件は?

171 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:36:21 ID:3/5+Ugen
しかし、いいことだよな。
牧師の人権に対する認識がかわってきたのは。
昔の日本がひどすぎた。
まあ、その反面サラリーマン的な牧師先生も
増えてるようにも聞くけどね。

172 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:40:34 ID:uHgNu+zY
>>171 サラリーマン的な牧師が多くなれば
日本のキリスト教徒は、もっと増えてるよ。

173 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 20:43:33 ID:3/5+Ugen
>>169
主のみ言葉をもってのみしかキリスト教の愛は説明できません。
なぜなら、神はイエスキリストの出来事を通してのみご自身を
開示されるからであります。
そしてイエスキリストの出来事は聖書を通じ、神の啓示を
もってのみ我々の理性に働きかけるものだからです。

174 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 21:16:18 ID:jTDNtEGY
>>173
それでは、信者には何のことだかわからないのでは
ないのですか。唯ただ、主のおっしゃったことは、
ゆめゆめ疑うことなかれですか。信仰のみですか。
一心に願えば、主がその願いを聞き入れてくださる
ということですか。正教はそれだけの説明しかでき
ないのですか?理性に働きかけるとは、具体的には
どういうことですか?

175 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 21:45:11 ID:3/5+Ugen
>>173
正教ではありません。
プロテスタントです。
私のいっていることは、「イエスの教えは信者にしかわからない」
ということの方が近いと思います。
神の愛とはどういうことかということですから、そうお答えしました。
神の啓示をもってイエスの言葉の裏にあることを受け取って初めて
神の愛は理解されるものです。
そしてそれを人間が理解するのは理性をもってであります。
聖書を単に外的に理性を用いて分析しても神の愛はわかりません。

176 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 22:09:42 ID:jTDNtEGY
>>175
>>神の啓示をもってイエスの言葉の裏にあることを受け取って初めて
神の愛は理解されるものです。

<<全能の神は、「愛」と「英知」で万物を被造され、「み摂理」
で治められていること、主のみ言葉の裏で「愛」と「英知」をど
のように受けっておられるのでしょう?また、旧約創世記は神の7
日間での天地創造は、神による宇宙創造と解釈されているのですか?
正教では。科学理論や進化論より、この世を納得すさせる解釈があ
るですか。


177 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 22:58:36 ID:YbDMzuYQ
>>165
打ち解けるまでに時間がかかる司祭もいらっしゃいます。
神父は皆のお父さん的な役割なので、新しい人ばかりを気にかけて
いられないという側面もあるかもしれません。
あなたの方からできるだけ積極的に司祭と話す機会を持たれたらいかがですか。




178 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 23:02:46 ID:M+eNxNn9
>>165
ま、気にせず、慣れるまで通ってみては?

179 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 03:23:40 ID:CCMGgTZ6
信者にしかわからないような教えでは普遍性はないな。

そりゃ、どこにでも押しかけて無理矢理布教するわけだよw

180 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 05:56:22 ID:i5FfCbk/
>>179
>信者にしかわからないような教えでは普遍性はないな。

宗教=カルトとしかみない多くの日本人にはそうとられて当然だろうね。
もちろん身を委ねたところがカルトだと悲惨なのは承知してる。
けど、人生の目的が見出せない人や努力で変えられない素質を持ってしまった人には
普遍性がなくても宗教は必要だとおもうよ。
もちろんここでいうのは福音による救いだけどね。

181 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 06:54:47 ID:FEZkDIFu
>>179
社会や世俗の原理の中に普遍性を見いだすことが出来なかったから
こそ、宗教にそれを求める訳ですからね。
世界の根本を突き詰めていくと、人間の作り出した理念(理性)
には最早信頼は置けず、科学は法則の集合による仮説にすぎず、
また哲学によってもニヒリズムを人間は透徹することはできない。
神はどこかで出てくると思うのです。少なくとも私にとっては
そうな訳です。
そこで、キリスト教を「信仰」して「救われた」訳ですから、
私にとってキリスト教は普遍性を持つ訳ですよ。
ですから、キリスト者にとって伝道は福音を伝えることなのですね。
私の視点では、世の中の多くの人々がかえって普遍性のない目的のために
生きているように見えます。

182 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 07:21:39 ID:FEZkDIFu
>>176
科学の理論は反証可能性(ポパー)のあるテーマに関する一連の手続きにすぎません。そこから出てくるのはあくまで仮説です。そして、宗教というテーマは反証不可能な非科学的な分野ですから、両者は矛盾しません。
一般的には科学は自然主義をとりますから、唯物的な自然法則だけで体系が閉じることを好みますが、だからといって神がいないと主張できる訳ではないのです。
キリスト者は科学者が「偶然」だと主張していることに対して「神の摂理」が働いているが人間にはわからないだけだと信じています。


183 :入門者:2006/08/30(水) 12:49:25 ID:AXCSqtRs
聖書とは、神が霊感によって人間に与えた書物なのでしょうか?
今、我々が目にすることのできる聖書に書いてある文章は、
神が与えた言葉そのままなのですか?
(↑のことを信じる人を、福音主義者と呼ぶのでしょうか)

184 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 12:57:44 ID:AO73ZETv
>>183
一行目を肯定するのは聖書信仰者で、キリスト教徒の大半、
二行目も肯定するのは逐語霊感主義者で、古典的正統主義の立ち行かなくなった今では、
おっしゃるとおり根本主義者ぐらいのものですね。


185 ::2006/08/30(水) 13:32:38 ID:Iw9fCcBn
キリスト教はどんな宗教か興味があって来ました。
早速ですが質問です!

質問1:キリスト教の神様ってどんな神様??

質問2:キリスト教の救済の仕方って??

親切な方がいれば教えて下さい、宜しくお願いします。



186 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/30(水) 14:26:29 ID:t/0y9i8H
>>185
天理教質問スレでも天理教について質問されていますね。
下記スレもどうぞご利用ください。

◎天理教とキリスト教の対話♪七下り目◎
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154981545/

187 ::2006/08/30(水) 15:34:43 ID:Iw9fCcBn
はい、両方に興味があって来ました。
キリスト教の皆さん宜しくお願いします。

188 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 15:54:26 ID:ni61Qs1T
福音主義とか福音派って、どういうこと?

189 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 15:57:38 ID:1fzmw+yv
FBI、一夫多妻制教団の“教祖”を逮捕

≪教団トップは「10大指名手配犯」≫

 【ワシントン=山本秀也】米連邦法に反して一夫多妻制を掲げる教団
「末日聖徒イエス・キリスト教会原理派」(FLDS)の実質的な教祖が、
ネバダ州ラスベガスの郊外で逮捕された。連邦捜査局(FBI)が29日発表した。
推定1万人の信徒を抱える教団のトップは、国際テロ組織アルカーイダの指導者、
ウサマ・ビンラーディン容疑者らと並ぶ「10大指名手配犯」に指定されていた。

 逮捕されたのは、FLDS指導者のウォーレン・ジェフズ容疑者(50)。
男性信徒と少女の婚姻を仲介した容疑のほか、性犯罪に関与した疑いなどで
10万ドルの賞金がかかっていたが、28日夜、交通警察に免許証の提示を求められた
ことで捕まった。逮捕当時は、逃亡に使ったとみられる携帯電話15個と3種類の
かつらなどを持っていた。

 教団はユタ州を基盤とするモルモン教会が1890年に一夫多妻制を禁止した後、
同教会主流の決定に反発した原理主義者の分派。信徒はユタ、アリゾナ両州の辺境で、
1世紀あまりも一夫多妻制の生活を続けており、この教団が全米最大の組織とみられていた。

(08/30 10:22)

190 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/30(水) 16:05:21 ID:CT3JAh9E
>>185

1 この天地を創造した全能者であり、人間が犯した罪を救う為たった一人の
 御子イエスキリストをこの世に送って下さった愛の神様です。
2 イエス・キリストが私達の罪の為に、身代わりとなって十字架にかかって
 くれたことを信じ、今までの罪を悔い改めこれからはイエス様を主とすること。
 

191 ::2006/08/30(水) 16:35:26 ID:Iw9fCcBn
>>190
質問に答えて下さり有難う御座います。

1 この天地を創造した全能者 愛の神様

つまり 人間も動物も植物も 太陽も空も空気も自然の働きも
宇宙全てを創造した神様ということでいいんでしょうか。

その全ての働きを創造した愛の神様が たった一人を送り出した御子が
イエス・キリスト様。ということでしょうか。

2 今ままでの罪を悔い改めこれからはイエス様を主とすること。

病気や人間関係のもつれ、その他の様々な問題に対してはどのような
救済の仕方をなされているのでしょうか。

教会に礼拝に行く目的はなんでしょうか??

その辺を詳しく教えて頂きたいのですが、宜しくお願いします。



192 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/08/30(水) 17:04:11 ID:pvEvmfsf
わたしは、改革派スレに生息してる者ですが、信仰を言い表す語彙が少なくて困っています。

どこで間違ったか、信仰を言い表す=所属教会が連長加盟に近づくことを喜ぶ、になってしまっています。
教会も毎週出席しているのですが、なかなか語彙が身に付きません。

どうしたら、赦されスレに生息しているみなさんのような、信仰を言い表す豊かな語彙を得ることができるのでしょうか?
ご教示頂けますと幸いに思います。

193 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/30(水) 17:10:23 ID:CT3JAh9E
>>191
>つまり 人間も動物も植物も 太陽も空も空気も自然の働きも
>宇宙全てを創造した神様ということでいいんでしょうか。

はい、そうです

>その全ての働きを創造した愛の神様が たった一人を送り出した御子が
>イエス・キリスト様。ということでしょうか。

はい、そうです

>病気や人間関係のもつれ、その他の様々な問題に対してはどのような
>救済の仕方をなされているのでしょうか。

一度イエス様を信じると今までの罪、これから犯す罪も赦されます。
だからイエス様を信じると救われる可能性が高いのではなく、
「救われてしまった」という過去完了になるのです。

>教会に礼拝に行く目的はなんでしょうか??

救い主イエスに感謝の賛美を捧げ、牧師を通し神様の御旨を悟り自分の霊を
成長させる。また同じ主を信じるクリスチャンが集まり主に会って交わりを持つ。
そして問題悩みの解決の為、神様に祈る場でもある。意味不明なところは再度聞いてください。



194 ::2006/08/30(水) 18:00:28 ID:Iw9fCcBn
再度質問に答えて下さり有難う御座います。

>一度イエス様を信じると今までの罪、これからの罪も赦されます。
「救われてしまった」という過去完了になるのです。

人間が苦しめられる罪という意識から救うのがキリスト教の救済であり、
それはイエス様を主とすることで、罪は赦され「救われてしまった」
ことになり、
>救い主イエスに感謝の賛美を捧げ、悟り自分の霊を成長させる。
同じ主を信じるクリスチャンが集まり主に会って交わりを持ち
神様に祈る場でもある。

そこから信仰が始り、今までの罪を悔い改め、教会に礼拝に行くこと
により牧師を通して自分の霊を高め成長させ、神様に祈り、クリスチャン
同士の交わりの元、問題解決や信仰を深めていくことによる救済の在り方
ということでいいんでしょうか。

クリスチャンとは教会に礼拝しに行く人の総称でしょうか??
牧師はとは、クリスチャンの中でも教導する人のこと??
つまらない質問すみません。。




195 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/30(水) 18:22:11 ID:CT3JAh9E
人間は罪の為死んだら滅びの世界にいかなければなりません。
なぜなら肉体が死んでも霊があるからです。でも神様は救世主を
世に送ってくれたのでそれを信じれば救われます。そればかりか
聖霊様が導いてくれるのでこの世に於いても100%活かされます。
キリスト教は頭で考えるのではなく体験するものなのです。
信じてみれば「あっ神様だ」といくらでも神様を体験します。
牧師はプロテスタントの教会で1番偉い人で、神父はカトリックの
教会で1番偉い人です。クリスチャンとはキリスト教の神様を
信じる人の事です。

クリスチャンとは教会に礼拝しに行く人の総称でしょうか??
牧師はとは、クリスチャンの中でも教導する人のこと??
つまらない質問すみません。。


196 :入門者:2006/08/30(水) 18:26:30 ID:AXCSqtRs
>>184
どうもありがとうございます。あと二つ質問させて下さい。

神が霊感により与えたということですが、聖書自体は
4つの福音書、ヨハネの黙示録、書簡、使徒言行録、により3世紀〜4世紀ごろ聖典となったと聞きます。
ということは、聖書の元になった文章は、人が書いたものなのですよね?
人が書いた文章が、神により与えられた霊感の言葉なのでしょうか?

キリスト教の一番大事な部分は、イエスの生と死、そして復活にあると聞きました。
ここでまだ起こっていない出来事は、イエスの復活です。
キリスト教徒は、将来ハルマゲドンが起こり、イエスが再度世に現れると信じているのですか?

197 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/30(水) 18:26:35 ID:t/0y9i8H
>>192
>>信仰を言い表す豊かな語彙を得ることができるのでしょうか?


無信仰な人は、信仰心を持てば、心から信仰ある言葉が出てくるでしょう。
どうしたら?というようなことではなく、ただ、信仰をすることです。

198 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/30(水) 18:42:02 ID:CT3JAh9E
>人が書いた文章が、神により与えられた霊感の言葉なのでしょうか?

神様はいろいろなものを通し御業を行われます。聖書も人が「考えて」
書いたのではなく、神様が人を通し「霊感によって」書かれたのです。

>キリスト教徒は、将来ハルマゲドンが起こり、イエスが再度世に現れると信じているのですか?
 
ハルマゲドンについては多少見解が分かれるかもしれませんが、私は起こると思っています。
イエス様の再臨については見解が一致しております。もちろん主は来られます。


199 :入門者:2006/08/30(水) 19:35:57 ID:AXCSqtRs
>>198
まず聖書の成り立ちとして、数ある書簡の中からいくつかが選ばれ、
選ばれた書簡が聖典になったということですよね。
つまり、聖典が成立するまで、世にある書簡は聖典ではなかった。
聖典となった時点で、神の霊感が与えられたということでしょうか?

イエスの再臨についてですが、これが非常に興味があります。
(近いうちにヨハネの黙示録を読もうと思っています。)
その際、反キリストが現れるとありますが、それは一体どのような存在でしょうか?
本来キリストの教えでない教えを広めている存在が、反キリストなのでしょうか?
あるいは、単にキリストを否定し弾圧する存在?
非常に分かりにくいです。

反キリストについて、知っていることがあれば教えて下さい。

200 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/30(水) 20:10:48 ID:CT3JAh9E
今ある聖書は偶然選ばれ聖典となったのではない。
あらかじめ選ばれることが決められていたのである。
神の霊感が与えられていた書簡のみが選ばれたのである。
価値あるモノには偽物ができる。例えばお金には偽札ができるでしょう?
反キリストとは私はキリストだよ〜と言って騙す奴を言う。
例えば麻原彰晃、文鮮明(ぶん せんめい)等がそれにあたる。


201 ::2006/08/30(水) 20:37:45 ID:Iw9fCcBn
>>195
有難う御座います、よく分かりました。
何事も体験ですね、貴重なご意見有難う御座います。


202 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 20:39:15 ID:QgDSnWfH
聖書・キリスト教

http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html


203 :165:2006/08/30(水) 21:55:27 ID:fyQSUDPM
>>177
>>178
レスありがとうございます。
教会員の方々があまりにも家族的すぎるのに対して神父さんがクールな方でしたので。
東京の小さな教会なのであっさりしてるのかと思いきや意外に親密なのでびっくりしてます!
もちろんとってもいい人たちなのはわかります。
ただ教会にも行ったことがなかったし、
私はコミュニケーションが下手なので正直どちらも疲れました。
まぁ、今はあまり人間関係で深く考えるのはやめようと思います。
教会に行って悩みが増えたんでは本末転倒ですから・・ ^^;
マイペースで流れに身を任せる方向でいこうと思います。



204 :細麺長浜派:2006/08/30(水) 21:56:16 ID:YcY4DO1p
>ここでまだ起こっていない出来事は、イエスの復活です

キリスト教では イエスは復活して、高挙され、神の右に座す
ということになっていますよ

205 :入門者:2006/08/30(水) 22:18:41 ID:AXCSqtRs
>>200
なるほど。そういうことでしたか。
ということはつまり、聖書のテキストのみが神の霊感の言葉であり、
それ以外の書簡は霊感を与えられていないと。
ここで最後の理解としたいと思います。
聖書は霊感を与えられているということですが、それはつまりどういうことなのか。
まず前提として、文章は人がインクで紙に書きます。
そのテキストが霊感によって与えられているということですが、
それはつまり、神がテキストを書く人を通して、霊感がテキストに与えられたということでしょうか?
モーセの十戒だと、まさしく神により与えられたという感じがします。
しかし人を通して霊感が与えられるというのは、少しイメージがしにくいです。

反キリストについてですが、キリスト教では
>>私はキリストだよ〜と言って騙す奴を言う。
と理解されているのですか?

少しお付き合い下さい。
神により霊感を与えられたテキストが聖書であるなら、それは絶対不可侵なもののはずです。
人がそれを改竄するなどということがあっていいはずがない。
しかし、聖書の最古の写本と、現在の聖書では、記載に隔たりが見られるということのようです。
これは一体どう理解したらよいのでしょう?

206 :snowbird:2006/08/31(木) 00:33:01 ID:SAz5bnxd
>>192
ろりぽっぷさんは、別スレ↓でも書いておられますが、

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156792857/403

「信仰を言い表す(豊かな)言葉」ではなく、「信仰を言い表す(豊かな)語彙」と、
あえて「語彙」という表現を用いられるのはなぜでしょうか? 
意図的に「言葉」と区別して用いられていると思ったのは、
深読みしすぎでしょうか? 

その点で、>>197 宮崎希美さんのレスと噛み合っていない気がしたもので...。

207 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 00:42:31 ID:lqSGtXUi
>>205
ヨハネの福音書にあるますように、「初めに(みことば)があった。
(みことば)は神とともにあった。(みことば)は神であった。、、
、、そして(みことば)は肉体となり、わたしたちの内に宿った。」
(ヨハネ1.1、14)ここでは、(みことば)とは、神の真理のことです。
というのは、教会にあって(みことば)は神の真理そのものだからで
す。しかもそれは、神ご自身の口から出たものです。神が口にされた
ことは、まぎれもなく神の真理であって、それ以外のなにものでもあ
りません。とこらがこの(みことば)は、天界をつらぬき、この地上
にまで届くものとして、天界の天使にも、この世の人間にも、受け入
れられるよう調整されてます。したがって(みことば)には、霊的意
味が宿っていて、それには神の真理が、光のうちにありますが、自然
的つまり、文字上の意味もあって、その中には神の真理が、蔭にあり
ます。だから、ヨハネが言っているように、(みことば)には、神の
真理が宿っているのです。聖書とは(みことば)の集まりのことです。

208 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 01:21:02 ID:8aoIE3Q5
キリスト教はねイエスがキリストである
とするところがポイントなの。
父の御心が子の口から語られ、
御業がなされたというわけ。
旧約はキリストとは何かを証しする書物。
新約は世に使わされたイエスがキリストである
ことを証しする書物。
そして子が父にあることを証しするもう一つの
ものが御霊。
だからキリスト教は父と子と聖霊は不可分になるの。
人間が御霊と共にあるならば神の子なの。
そして神の子ならばイエスと同じ言葉を語り、
同じ生き方をするはずなの。
神に愛される者は世から憎まれ、捨てられるのもなの。
それでもなお、神を愛し、世を愛するわけ。

209 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 01:29:47 ID:9SHj8dPz
のもひでおも

210 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/08/31(木) 01:30:39 ID:s+wCdmzc
>>206
わたしは、彼女の視点、信仰より、人間が作った組織重視が問題、と思います。
ですから無信仰でなく、信仰に立ち返ることが大切です。
宗教組織を重視することと、信仰は無関係です。

211 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/31(木) 08:18:11 ID:zI1KJ0cL
>>205
>聖書は霊感を与えられているということですが、それはつまりどういうことなのか。
幻(DVDを見てるようなもの )が与えられてるかと思われます。

>反キリストについてですが、キリスト教では
>>私はキリストだよ〜と言って騙す奴を言う。
>と理解されているのですか?

キリストとは救世主の意味です。イエス様以外に救いはないのですから
イエス様以外の人が私を信じなさい救われます。というのが反キリストです。
この認識は一致してると思います。

>聖書の最古の写本と、現在の聖書では、記載に隔たりが見られるということのようです。
>これは一体どう理解したらよいのでしょう?

神様の想定の範囲内と考えて良いでしょう。時代が変わり多少の修正が必要に
なったのかもしれません。例えるなら文語訳が口語訳に変わったようなものです。


212 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/08/31(木) 08:31:10 ID:9diWj66n
>>206 信仰があれば、信仰を語る「言葉」というのはおのずから出てくる、と思うのですね。

ちょっと論点がずれるのですが、
わたしもチャレンジしたことがあるのですが、
ネット上で自分の所属する教派を偽る、というのは、
ネカマやなりすましより非常に難しいことなのです。

そう考えたとき、自分が持っている信仰を表明する
「言葉の集まり」=語彙 というのは、
おそらくその人の教派、教会の性質にかなり拘束されるものだと思うのですが、
どうも自分の場合、その語彙が赦されスレの住人とかなり違うような気がするのです。
かねてから、一度、ああいう語彙を使って信仰を語ってみたいのですが、
そのためには何が必要なのかな、と思って質問した次第なのです。

213 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/08/31(木) 08:39:15 ID:9diWj66n
だって、自分が信仰を語ると、やれ連長がどうした、になってしまうし、
所属教会が少しでも連長加盟に近づく=神の恵み として、語ってしまうもんなぁ。

もちろん個人的に神の恵みを感じることもあって、
お〜。今日は食べたかったお好み焼きが半額になってるぅ〜(@スーパー)
神に感謝しよう、というのとかもあるんですけどねぇ・・・。

なんか、ノリが根本的に違うような気がするんだなぁ・・・。ぼそ。

214 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 09:04:40 ID:JoJ6PfIW
>>192
主イエスは文才のない奴のためにも
陶酔癖のない奴のためにも
十字架に掛かられたということを肝に命じて
批判を退け、ないものねだりをしない。

215 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/31(木) 09:19:59 ID:zI1KJ0cL
祈りは人に聞かせるもの(セリフ)ではありません。
まず素直になって普通にお話すれば良いのです。

216 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 10:16:24 ID:dA85N31s
みなさんこんにちは。突然ではありますが発展を続ける科学技術、
その中でも人の在り方を変える可能性のある人体の機械化について、
義肢技術から果ては脳の機械化まで、カトリック、プロテスタント
の方はどのように思われるでしょうか?

私はイギリスで義肢技術の研究開発に従事しています技術者ですが、
この頃知り合いを通じてキリスト教に興味を抱いている者です。


217 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 10:35:52 ID:EuxhYJjS
>>216
キリスト教は人の肉体についてさしたる興味を持ってないと思います。
ですので、義肢や人工臓器にほとんど抵抗はないはずです。それで
多少寿命が伸びてしまっても。

ただし、霊には大いに興味があるので、補助電脳にとどまらない脳の完全機械化置換や
アンドロイドの意識に関しては、一悶着あると予想されます。


218 :216:2006/08/31(木) 10:42:23 ID:dA85N31s
>>217
貴重なご意見ありがとうございます。
霊とは肉体もしく有機物に留まり、機械化脳の素材の候補に挙がる
珪素もしく無機物には留まらないということでしょうか?
現在の研究の1つとして脳を構成する有機物を段階的に珪素等の無機物
に置換することによる劣化の回避が見込まれています。
これについてどう思われますでしょうか?

219 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 10:46:55 ID:sEZVpsPq
>>215
人間の魂がどこに存在するかの問題でしょう。
脳についていえば、意識がなぜ、どこで発生するのか
またクオリアなどの問題もまだわかっておりません。
そして多分科学はそれを解明することはできないだろうと
私は思っております。
意識活動の結果として生じる脳の活動を利用して
人間の福祉をはかること、それは非常に有用なことでは
ないでしょうか。
しかし、サイボーグ化の問題は常に軍事利用の危険をはらんで
います。研究者の方は技術のみに責任があるのではなく
この点についても自覚的な責任を持っていただきたいと
思います。

220 :216:2006/08/31(木) 10:56:04 ID:dA85N31s
>>219
つまるところ、技術はその創生のみでなくその技術を用いた結果にまで
視野を傾け、また責任を持つべきであるということでしょうか?


221 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 12:39:33 ID:ychmn4J0
>>220
ここは議論スレではないのであまり突っ込んだ話を続けるわけには行かないのですが
基本的に技術成果の行使結果に責任を持つのは行使者であって開発者では
ありません。

キリスト教思想では、人が罪深いのは人のせいとして、神に製造物責任を
問わないのです。同じ不遜もしくは甘えを人になら向けてもいいとするのは
誠実さを保ったままでは困難です。

戦闘用サイボーグとキリスト教の問題は、職業軍人キリスト者問題として
その発祥期から存在するものと同じで、別に新しく発生するものではないでしょう。


222 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 13:02:01 ID:X5e5ULRW
>>218
問題は意識のコピーは霊のコピーなのか、それができてしまったらそれは継続性のある
同一人物なのか、
モデルをもったロボットを新造しただけでモデル人物は死亡したのか、
ところでそのロボットは十字架の救済の対象なのか、
最初からAIの場合はどうなのか、ということです。

脳の情報を電脳に写してそこに元通りの意識と人格らしいものを
発現させられるようになった場合でも、そのあと元の脳を処分してしまったら
その時点で殺人にならないか、ということでもあります。
写すではなく移すという技術を使った場合でも。
その時点で重い障害を背負わせた傷害、にならないかを検討しなければならず、
問題は解決しません。

その意味で、提起の技術は単なる脳の治療で、治療継続の結果、
脳の大部分が珪素になっても、宗教的にはなんの問題もないと思われます。

223 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 13:21:02 ID:sEZVpsPq
>>219
少なくとも研究費の出所、目的等については
意識しておく必要があるのではないでしょうか。

224 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:00:02 ID:7K51IdJh
質問です。
地方に転居して、新しいホーリネス・監督系の教会員になりました。
教会員は10人程度、牧師は60を越えた病気持ちです。
通い出して半年になり、教会員になって初めて会計状態を見せていただいたのですが
地方の教会によくある、経営がかなりまずい状態です。
そっちはまあ仕方ないですが、牧師が教団本部から退職金を前借りして教会会計を支
えているようなんです。
前述通り、牧師は高齢病気持ちなので、もうすぐ退職になるんでしょうが、退職金を
使い込んでいるため、次の牧師招聘のために牧師館を明け渡すと、無一文の老人が一
人誕生してしまいます。
かといって、小さな教会なので、新牧師と退職牧師の両方を養うことが出来ません。
教団で牧師用の養老院はありません。
将来設計を無視し、過剰献金をする牧師は多いと思うのですが、どうされているので
しょうか?
教会の成長のために、見殺しするべきでしょうか?

225 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:14:58 ID:sEZVpsPq
>>224
これは質問じゃなくて相談でしょう。
ご自分の教会内で話し合って決めてください。

226 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:27:56 ID:+OQpuMWu
>>224
召されるか教会が大きくなるまで現役でいていただくしかないのでは。

また、10人しかいなければ、自動的かつ必然的に什一捧げないと
教会は立たないわけですが、逆に什一捧げれば牧師にだけ
過剰な負担を強いることにもならないはずなのでは。
そこいらへん教会員の意識と実績はどうなっておりますか。

教会の成長のために見殺し、という文字列がありましたが、
そんなことをする教会は決して成長などしないでしょうし、
現にそんなことだから、とも感じられます。


227 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:34:28 ID:UKjUx85m
>>224
うちも10人ほどだけど、借金しないでやってるよ。貧しければ貧しいなりに
予算の範囲でやってれば問題はない。その牧師に、「おまいはアホか。大馬鹿
か」と言ってやって下さい。

228 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:43:18 ID:QAvhQcLW
10人が月に5000円寄付したとして、教会の家賃にも足りないわな。

229 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:51:19 ID:7K51IdJh
今年の3月からこの教会に通っております。
10人ですが、牧師、年金受給者を除いた、企業から収入を得ているのは4人です。
田舎=日本の東南アジアなので、什一では足りません。
他人の収入は分かりませんが、自分の収入から考えても什一.五は越えています。
(牧師は什三、ただし、水光熱車電話は教会会計持ち。)
まだ教会献堂の借金が2千万以上あります。
ついでに、いままでの板バネ車が牧師の体に負担をかけるので、3ナンバーの
大型車に換えました(もちろん教会持ち。)
また、牧師が病気がちのため、教会で伝道イベントを開催することが出来ません。
(牧師不在の教会イベントは不可)
会計担当の方に訊いてみました。
「牧師の出す請求書・領収書はすべて受け入れないと不信仰です。」
実際に、「サタンよ退け!」をやられたようです。
正直、詰んでいる状態です。
明日のことを思い煩わなかった、聖書に忠実な牧師をどうすればよいのか。
やはり、破綻時に巻き込まれないように逃げるべきなんでしょうねぇ。
すいません。グチになってしまいました。

230 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:52:37 ID:UKjUx85m
>>228
そんな少額でお茶を濁す信徒ばかりですか。一桁少ないでしょうが。うちは
病院長とか高裁の判事とか、公認会計士なんかもいて、ちゃんとやれてるよ。

231 :入門者:2006/08/31(木) 16:10:54 ID:Q1QNPDwH
>>207
なるほど。霊感の言葉とは何なのか、そしてそれがどのように聖書内に現れているのか、理解できました。

>>208
父とは、ユダヤ教の神のことなのでしょうか?
だからこそ、キリストはメシアだったのだと。

今、聖書に関する研究本を読んでいます。本文批評に関しての本です。
そこでは、最古の写本がどのようなことが書かれているか結論を出すと、
イエスの神聖は否定され、受難に対してイエスは冷静ではなく戸惑った言動をしており、
最後にキリストは神に対して嘆く、となるそうです。
このことに関して、何か助言を頂けないでしょうか?

>>長老派様
長々とお付き合い頂いて本当にありがとうございます。
貴方のお陰でより理解が深まっています。

>キリストとは救世主の意味です。イエス様以外に救いはないのですから
>イエス様以外の人が私を信じなさい救われます。というのが反キリストです。
>この認識は一致してると思います。
なるほど。自分の認識では、反キリストとはイエス・キリストを否定する存在だと思っていました。
少し前に、ダヴィンチ・コードというものがブームになりました。
ああいったものが、キリスト教徒の間では、反キリストだと見なされるのではないかと思っていたのです。

>神様の想定の範囲内と考えて良いでしょう。時代が変わり多少の修正が必要に
>なったのかもしれません。例えるなら文語訳が口語訳に変わったようなものです。
なるほど。聖書は霊感の言葉そのものであることが、重要なのですね。

232 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/31(木) 16:17:28 ID:zI1KJ0cL
>>224

質問の意図がよくわかりません。最初は牧師のことを心配し、後の方では
自分の身を心配している。見殺しにするかしないかと聞かれれば見殺しに
するなと言いたい。できる限りのことを頑張ってして下さい。
あなたの信仰はどこにありますか?このことを教会全体または自分で祈って
ますか?最後まで見届けてどうなったか教えて欲しいです。

233 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 16:29:53 ID:2u4Y2PId
叔母は教会に通い聖書の勉強会にも参加しています。
先日のお盆に実父の法事(仏教)と
墓参りに行くように促すと
偶像崇拝になるから行かない!と
言いだしました

質問1
・キリスト教の方は他宗教のお葬式や墓参りに行かないものなのですか?

質問2
・この行為言動は正しくキリスト教を学んでるのでしょうか?

質問3
・もしも叔母のこの行為言動が間違っているなら何と言って説得すべきですか?


234 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 16:37:39 ID:7K51IdJh
>>232
失礼いたしました。
文書にしてみて、よくよく今の教会に愛着が全くないのだなぁ、と分かりました。
私の信仰ではまだ、祈りで金のなる木が生える確信がありません。
他の教会への転会は今の教会から許されないでしょうし、田舎のことなので、バレ
たらその教会に迷惑がかかりかねません。
今の牧師から代わり、教会が外から見てちゃんと経営されているか確認できるまで、
教会生活から離れてみようと思います。

235 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/08/31(木) 17:05:09 ID:YqgduHt4
>>234
そのような状態なのに本部が新会堂建築を許可して、実際に2000万円の負債が残っている、
というのは常識的にありえないことですね。本当の話なのであれば相当に非常識です。
牧師や信徒だけでなくて、その教団がおかしいですね。
文面だけ見ればあなたは新参者なのだから、あなたは新会堂の献堂には無関係のはずですよね。
それであれば、そういう非常識な会計で運用している教会からは離れたほうがいいと思いますよ。
今後どのような非常識な事態に巻き込まれるかわかったものではありません。

もしもあなたに何か愛着のようなものが生まれたというのであれば別ですが、
離れることが無責任にはならないだろうか、という視点でご質問されたのであれば、
何も問題ないと思います。
あなたがいてもいなくても、物事は何でもそれなりに動くものです。

236 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 17:12:59 ID:C6kpIpst
>>233

叔母さんの行動は、奇矯であると同時に典型的でもあります。
つまり、アタマワルイ変な教会の信徒のふるまいとしては普通だということです。

1.普通のキリスト教徒は葬式にも墓参りにも行きます。行くこと自体を拒絶するのは
かなり変です。ただし、行った先で何もかも仏徒と同じように行動するかというと、
そうはいかないこともあります。

2.偶像崇拝に相当する、まではある意味正しく、一理はあります。でも、いって
偶像崇拝に相当することはしなきゃいいんです。墓の掃除なんぞ偶像崇拝でも
なんでもありません。葬儀での焼香はまた厄介なのでできれば今回は触れたくない
のですが、私は傍目には普通に参列焼香してきます。

3.「親族にキリスト教について悪印象を与えることがあなたの目的ですか。
できないことはしなくていいから、出来ることをきちんとすることで、
主にあるものの誠実さをみせ、親族への証しとなさい」

237 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 17:27:26 ID:2u4Y2PId
>>236


238 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 17:31:38 ID:2u4Y2PId
>>236さん
ありがとうございます。
親戚にもキリスト教の人がいて祖父のお葬式の時には焼香の時には焚かずにロザリオをかけて祈って下さったので叔母の行動が不思議でした…
本当にありがとうございます。

239 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/08/31(木) 17:44:47 ID:zI1KJ0cL
>>233

1 教団、教派によるカトリックなんかは妥協してるから普通に行くでしょうね。
2 微妙、情報不足なので私的見解になります。墓参りに行く自体は偶像崇拝
になりません。が、そういう場所には悪霊がたくさんいるので流される事を
心配して叔母さんが言われたのなら正しい立派な信仰です。前の方が言われましたが
墓を掃除する事はとても良い事です。
3 「もし律法的に行かないのなら間違ってます。律法的はよくないよ。」かな


240 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/08/31(木) 18:42:22 ID:c5zS1sih
>>233

> 質問1
> ・キリスト教の方は他宗教のお葬式や墓参りに行かないものなのですか?
葬儀にしろ 墓参にしろ 拝礼は絶対にしない これが鉄則です
故人の霊や異教の偶像を拝んだ崇敬するのは赦されません

> 質問2
> ・この行為言動は正しくキリスト教を学んでるのでしょうか?
原則的には正しいです ただ 言葉使いや物腰が問われるでしょうね
本人が摩擦を起こさないように 工夫すべき
裏方に徹するとか

> 質問3
> ・もしも叔母のこの行為言動が間違っているなら何と言って説得すべきですか?
間違っていません あなたは他人の信教の自由 否定しますか?

241 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 19:15:32 ID:qDRt+k0B
>>229
返せる可能性のない相手に、2000万円もの大金を貸してやろうという
太っ腹の教団があるんすねえ。

242 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 20:58:57 ID:3MKtpTe/
>>233
 カトリックの場合には『祖先と死者についてのカトリック信者の手引』という
冊子がカトリック中央協議会から出ています。それらを参考にして下さい。

質問1について
 カトリック信者は故人の冥福を祈ることは、キリスト教的な愛のわざになる
と考えています。焼香・献花などは、特定の宗教の儀式というよりは、どの
宗教にも共通の儀式ですから差し支えありません。その時、カトリック信者は、
たとえば、「主よ、かれ〔かれら〕に永遠の安息(やすらぎ)を与えたまえ」と
心の中で祈ります。

質問2について
 キリスト教は色々な教派があり、一概に教えに沿っているとか反しているとは
断定できないものなのです。その点ご理解ください。

質問3について
 1コリント10章27-29節(32-33節)に次のような記述があります。
『あなたがたが、だれか信者でない人に招待され、出席したいと思う場合、
食べ物について良心にかかわることとしていちいち調べるようなことをせず、
自分の前に出されるものはなんでも食べなさい。もし、「それは、偶像に
ささげられたものです」と教えてくれる人があるなら、そう告げてくれた
人と良心のために食べてはいけません――ここで「良心」と言っているのは、
あなた自身の良心のことではなく、そう告げてくれたほかの人の良心のことです。
・・・・略・・・・
(32-33節)ユダヤ人にも、ギリシャ人にも、神の教会に対しても、あなたがたは
人を惑わす原因となってはいけません。実は、わたしも多くの人々が救われる
ために、自分の利益ではなくその人々の利益を求めながら、すべてのことについて
すべての人を喜ばせようと努めているのです。』
 あなたのこの聖句についての知識が当該の相手の方の良心を傷つけること
となっては1コリント8章7-13節の記述に沿った形で本末転倒です。お互いが
確信に基づいて良心を反映させた行動を取るのであれば、お互いがそれを
まずは尊重しあうことで解決に向けた出発点を見出せることになるかもしれません。

243 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 21:36:20 ID:u8lGPI83
自分を絶対化する癖を治せ!!!!ヨハン!!

いい加減嫌悪を通り越して 暴力衝動する湧いてくるぞ 糞が

244 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 21:43:15 ID:Ls4k77Wn
>>242
>もし、「それは、偶像に
>ささげられたものです」と教えてくれる人があるなら、そう告げてくれた
>人と良心のために食べてはいけません――ここで「良心」と言っているのは、
>あなた自身の良心のことではなく、そう告げてくれたほかの人の良心のことです。
>・・・・略・・・・

ここでいう「偶像」とはキリスト者にとっての偶像なのか、相手の信仰対象以外のことを
指すのか、どちらですか?


245 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 22:15:42 ID:3MKtpTe/
>>244
 顔のある刻まれた像についてそれを「偶像」と言っていますね、普通のキリスト教は。
キリスト者にとっての「偶像」ではなく、肉などを供え物として捧げられる対象としての
祭壇に祭られている偶像のことを当該聖書個所では『偶像』としているようですよ。
1コリント10章14-22節をお読みになってみてください。そのあと質問があればまた
どうぞ。

246 :キリスト者:2006/08/31(木) 22:23:58 ID:Ls4k77Wn
>>245
読んでますよ!
ただ、そこはよく勘違いされる箇所ですから。

どうもありがとうございます。
具体的に例を挙げていただけますと読者に優しいかもです。
さらば。

247 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 22:47:55 ID:2u4Y2PId
233です
(244さんとは別人ですわかりづらくてすいません)
皆様ありがとうございます。
私の周りのキリスト教教徒の方々は
>>236さんや
>>242さんの様な方々がほとんどだったので驚きました
祖父の墓は仏教の形をしていますが、墓地自体は無宗教ですし、
たまたま叔母に拝めとは言わないから顔見せがてらに花でも変えておいで〜と
言ったらこんな事になってしまって…難しいですね

248 : ◆IbYG6dQTTc :2006/08/31(木) 23:02:15 ID:n64jBgEo
>>233
偶像崇拝についての良書を紹介します。

『千代に至る祝福』by 滝元明 CLC出版
『クリスチャンと仏教のお葬式』ICM出版

249 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 23:10:44 ID:u8lGPI83

Ib
YG6dQTTc

250 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 23:30:28 ID:3MKtpTe/
>>246
>読んでますよ!
>ただ、そこはよく勘違いされる箇所ですから。

 勘違いも何もあなたの書き込み「キリスト者にとっての偶像なのか、相手の
信仰対象以外のこと」の選択肢に関してはどちらもブーですよ。

>具体的に例を挙げていただけますと読者に優しいかもです。

 どのレスの何をどう問題視しているのかさっぱりわかりません。あなたが
>>233さんでないならおせっかいレスは控えてくれるとありがたいです。 

251 :snowbird:2006/09/01(金) 05:29:29 ID:nxvDoXRI
>>212>>213
質問スレは、書き込み数が多くて、最初の質問を探すのに一苦労ですね。
『新約聖書』だと「初めに言(ことば)があった。言(ことば)は神と共にあった」(『ヨハネによる福音書』、1章)
http://www.kmatsum.info/lec/meziro/bible/japanese.html
なんでしょうけれども、私は、ちょっとろりぽっぷさんの言葉遣いが気になっただけ
です。もちろん、後で触れますが、その背景に別の問題が潜んでるのではないかという
「深読み」もあってのことですけれども。
以下、「信仰」に限らない、一般向け言葉のお勉強になることを勘弁してください。

> 信仰があれば、信仰を語る「言葉」というのはおのずから出てくる、と思うのですね。

「自分の思いや信仰とは別に言葉の集まり(集合)があって、そこから言葉を選んで来て
使う」といったような考え方に立たない限り、そうですね。ですから、

> 「言葉の集まり」=語彙
(ここは〈自分が持っている信仰を表明する「言葉の集まり」〉=〈自分が持っている信
仰を表明する語彙〉と受け取ってよろしいんですよね?)

という言い換えも、やや乱暴に読めてしまいました。

この板やろりぽっぷさんの事ではなく「言葉」についての一般論ですが、私は、思いや信
仰と言葉とは切り離せないと考えます。語ろう(スレに書きこもう)とする前に、すで
に、心の中(頭の中)では言葉になっている。言葉を使って思っている(考えている)と
いうことです。
よく、「思ったことが言葉にならない」という表現を使いますが、あれはあくまで比喩で
すね。本当は、心で思っている(頭で考えている)時も言葉を使っているけれども、もっ
と上手い(格好いい)別の言葉がないか探せなかった、というのが正確なところだと思う
わけです。自分の心の中(頭の中)にあった言葉を幼稚だと判断してしまうわけです。
この点に納得してもらえなければ、次に進めませんけれども...。

252 :snowbird:2006/09/01(金) 05:35:38 ID:nxvDoXRI
その点で、ろりぽっぷさんの「語彙」の用い方にブレがあるようにも思えます。例えば、

> ああいう語彙を使って信仰を語ってみたい

上に書きました「選んで来て使う」かのように用いられてるでしょ?
その事とも関わりますが、その前にある、「ちょっと論点がずれるのですが」以下のとこ
ろは、おかしいですよ。「自分が持っている信仰を表明する『言葉の集まり』=語彙とい
うのは、おそらくその人の教派、教会の性質にかなり拘束される」とするなら、ろりぽっ
ぷさんの「語彙」(いちおうこれを使っておきます)は、ご自分の「教派」「教会」の性
質(コンテクスト)から出てくるものである以上、コンテクストを異にする「赦されスレ
の住人」と「かなり違う」のは当たり前の話になりませんか? その一方で「教会も毎週
出席しているのですが、なかなか語彙が身に付きません」とも言われる。「赦されスレの
住人」の方々とは違うご自分の教会に出席することは結局ご自分の「教会の性質にかなり
拘束される」訳ですから、そこで、語彙を豊富にしよう目論んでも、「赦されスレに生息
しているみなさんのような、信仰を言い表す豊かな語彙を得る」ことにはならないのでは
ないかと思ったわけです。

253 :snowbird:2006/09/01(金) 05:36:56 ID:nxvDoXRI
ところで、一方、保留しておいた「語彙」というのは、一定の範囲に用いられている語の
総体、といった意味だと理解しています(個人単位の話は置いておきます)。
「用いられている」という所がポイントで、固定された不動の集まり(集合体)ではなく
て、過去も現在も将来も用いられてゆくものなので当然変化します。それは、実際に言葉
が使われる場、つまり、コミュニケーション(自問自答もふくめて)の場で。
もし、ご自分の所属教会の方々の語彙と異なる言葉で信仰を語りたい、「そのためには何
が必要」と言われるのなら、今のところ、私に思いつくのは2つです。
1つは、たぶん選ばれないとは思いますが、字義通りの「学習」です。とりあえず、最初
は「他人」の言葉でも真似てみることですね。「真似」というと聞こえが悪いですが、
「学ぶ」が「真似る」から来ている事や子供の言語習得の過程を想起すれば、けっして間
違った事ではないとお解りいただけるかと思います。
もう1つは、「かなり違う」他の「教派」「教会」、もっと言えば、別宗教や宗教者では
ない人ともコミュニケーションすることで、自分が語るときの言葉を見直す作業ですね。
具体的には、書籍(苦手らしい『聖書』もふくめて)類を読まれる事もその1つです。他
に、教派を偽ることに挑戦したことがあるそうですが、いまは、もう明確にしておられま
すよね。その教派内で通じる「語彙」が上に挙げたような人たち‐もちろん相手が理解し
ようとしてくれる事が前提になりますけれども‐に伝わるか(理解されるか)ということ
などです。

254 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 05:38:47 ID:GkOzYUxA
>>251

陳腐な持論を展開する前に、すこしは↓みたいな本を読んで言葉について勉強なさったらどうでしょうか。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140017406

255 :snowbird:2006/09/01(金) 05:56:05 ID:4Jh8RbbA
ただ、私は、最初の書き込みの

>赦されスレに生息しているみなさんのような

というところに目をとめていませんでした。改めて

> 自分の場合、その語彙が赦されスレの住人とかなり違うような

と書かれているので、「赦されスレ」(これ↓ですよね)をつぶさに見て来てもいいので
しょうが、
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156751782/
6スレ目にもなっていると、残念ながら遡って見ている暇がありません。その点、ろり
ぽっぷさんが得たいと思っておられる具体的な「語彙(言葉)」をふまえない空論になっ
ているかも知れません。だとしたら、バカの戯言くらいに思って、忘れてください。

私は日頃この板どころか、2ちゃんにすら生息しない、ちょっと近くを通りがゝった旅の
者です。したがって、レスは不要です。
ただ、私の根本的な勘違いなどありましたら、もっと流れの遅いゆっくりできるスレに誘
導していただいた方がいいかも知れません。
ただ、くどいようですが、私はチャネラーではありませんし、一時帰宅したもののまたし
ばらくパソコンにさわれない所に戻らなければならないので、返答は遅れると思いますけ
れども...。

256 :snowbird:2006/09/01(金) 05:57:55 ID:4Jh8RbbA
昨日、ざっと書き込みを拝読しただけですが、「自分の所属する教派」とそこに所属する
ご自分のアイデンティティ、

>どこで間違ったか、信仰を言い表す=所属教会が連長加盟に近づくことを喜ぶ、になって
>しまっています。
> 教会も毎週出席しているのですが、なかなか語彙が身に付きません。

といったようなどこか自嘲的な(自虐的な?)文章にもかいま見られますが、所属教会
(とご自分との関係)に持たれているジレンマというかアンビヴァレンツ(もっと言って
しまえば「近親憎悪」に近いもの)等々で、悩んでおられるようですね。今回のご質問
も、>>213に顕著なようにそうした背景があってのことだと思います。そうした面につい
て私の思うところもありますが、また通りかゝることがあったらどこかのスレに書くかも
知れません。

> なんか、ノリが根本的に違うような気がするんだなぁ・・・。

そこまでいくと、ろりぽっぷさんの「キャラ」の問題かも知れませんけどねw
これは失礼_(_^_)_

追記 スーパーのお好み焼きでも、関西だと美味しいのありますよね ^=^

257 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 06:35:25 ID:63UFZ9+B
>>snowbirdさんへ
質問箱でわたしの質問にこれだけ回答頂けたのは、
あまりないことなので、本当にありがとうございます。_(._.)_

仕事にでかけないといけないので、詳しくは、また、書き込みますね。

258 :細麺長浜派:2006/09/01(金) 07:27:56 ID:s0Ag9MxF
確かに 中味はともかく 量はものすごい。

中味は冗談を真面目を装って書いているのかという内容だが
本人は至って真面目そうだな

今後の展開予測としては 
ロボろりは話を噛み合わせず、持論展開に使えそうな部分に反応し
ロボろりワールドを見せてくれることであろう。。。

259 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/01(金) 07:33:58 ID:xrJG7uDX
>>258
で そのうちてめぇが陰謀たくらんで追い出すとw

260 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 07:37:00 ID:63UFZ9+B
わたしは、改革派なんでもスレに生息していますので、
もし、話が長くなるようでしたら、こちらへどうぞ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152312056/
だいたい毎日のぞいています。

261 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/01(金) 07:40:17 ID:xrJG7uDX
>>258
>この爺 サマリアはこういってるよw
 手メェの陰謀にサマリア巻き込んで ほとぼり冷まして
 再登場かよw
 本当に芯から腐った男だな長浜はw

214 名前:サマリアの女 ◆mrHj2BO4FE [sage] 投稿日:2006/08/28(月) 23:57:19 ID:eY9KJOTt
旅先からですみません。これだけは伝えたいと思い、話題を戻すことを許して下さい。

スレが荒れた原因はサマリアにあります。
正直、恋人であるイーグルには甘かったです。
現実にお付き合いしてイーグルに支えられた部分がありましたし、良さを実感していたので、ネットで羽目を外しても多めに見ていました。
赦されスレ5人目の最後で、イーグルとまちこさんとサロメさんの書きこみの時、
携帯のメールで「それ以上駄目よ!つまずく人が出てくる!それ以上は駄目!電源を
切って!」と言いました。
イーグルは「俺のためにも俺を出入り禁止にしてくれ」と言いました。
私達は和解していますが、スレが荒れここを去られた方もいらっしゃいます。すみません。

サロメさんが誤解している長浜さんへの依頼のことですが、
長浜さんとは赦されスレのみの会話で、個人的に何か依頼したりしたことはありません。
長浜さんが誤解を受けたこと、許して下さい。長浜さん、許して下さい。

私はいつのまにか傲慢になっていました。
赦されスレでの様々な出来事を「神に栄光を帰す」ことを忘れ、自分の栄光にしていました。
今でも傲慢な気持ちが残っています。
少しスレを離れ、祈りと静まりの中で自分自身を見つめ直します。

262 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 07:44:34 ID:63UFZ9+B
ふと、思った。
福音派の教会観が、使徒信条によっていて、
聖書解釈が字義通りだとすれば、
案外、その辺りを踏まえると、赦されスレのような語彙を駆使することは、
難しくないのかも知れん。と思えてきた。

会社行ってきます。w

263 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 07:46:08 ID:63UFZ9+B
使徒信条じゃない、使徒言行録だ。じゃあ!

264 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/01(金) 07:47:40 ID:xrJG7uDX
>長浜が許されスレ乗っ取りをたくらんだ経過

334 名前:細麺長浜派[] 投稿日:2006/08/28(月) 16:49:38 ID:df9Lme11
>>331

荒らしサロメを止めたじゃん(笑)
別にサロメが荒らしても 誰も困らんけどな

335 名前:細麺長浜派[] 投稿日:2006/08/28(月) 16:51:05 ID:df9Lme11
>>333
気に入らんならば、ロボろりと第二赦されを
立ち上げたらええじゃん

荒らしに行ってやるぞ(笑)

529 名前:細麺長浜派[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 20:22:05 ID:y5RK00Gk
>>519

サロメ暴れさせて スルーする でいいじゃん

私は少なくともサロメを煽り続けることに決めた
パタパタ

539 名前:細麺長浜派[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 20:27:12 ID:y5RK00Gk
>アタシの腕をごらんwww

いいぞ別に 赦され6をもう一度立てるから(笑)



265 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/01(金) 07:51:00 ID:xrJG7uDX
78 名前:細麺長浜派[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 21:03:57 ID:y5RK00Gk
サロメがしきりたいだけですね
サマリアさんにケチをつけてね

月見君はそれに乗っかっている

まあサロメ/月見をおだてて 大人しくというのも手ですね

79 名前:細麺長浜派[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 21:05:09 ID:y5RK00Gk
勿論 煽り続けますよ、私は>>76

サロメ君が踊り飽きるまでね

80 名前:月見 ◆Zbk.TrDrMY [sage] 投稿日:2006/08/28(月) 21:05:58 ID:4gdsag6u
>>78

いいの?素に戻ってますよ。
ここの仮面は外さないでくださいよ

81 名前:サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 [] 投稿日:2006/08/28(月) 21:06:53 ID:PW7AfPXm
>>78
やっかむなってw
最初はジェットの嵐を注意しただけだろうがw
それに便乗したのは貴様w

82 名前:細麺長浜派[sage] 投稿日:2006/08/28(月) 21:07:08 ID:y5RK00Gk
>>80
いい雰囲気を あなたたちにぶち壊されるよりましですね

>で月見を巻き込んで追放しようとしたところ 住人は冷静で長浜につかなかった
 長浜は逃亡w サマリアの告白で止めを刺される
 良心ぶっている 長浜は結局 サマリアに横恋慕しただけの薄汚い男なのですw

266 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/01(金) 07:53:28 ID:xrJG7uDX
>>261

> 214 名前:サマリアの女 ◆mrHj2BO4FE [sage] 投稿日:2006/08/28(月) 23:57:19 ID:eY9KJOTt
> 旅先からですみません。これだけは伝えたいと思い、話題を戻すことを許して下さい。
> スレが荒れた原因はサマリアにあります。
> 正直、恋人であるイーグルには甘かったです。
> 現実にお付き合いしてイーグルに支えられた部分がありましたし、良さを実感していたので、ネットで羽目を外しても多めに見ていました。
> 赦されスレ5人目の最後で、イーグルとまちこさんとサロメさんの書きこみの時、
> 携帯のメールで「それ以上駄目よ!つまずく人が出てくる!それ以上は駄目!電源を
> 切って!」と言いました。
> イーグルは「俺のためにも俺を出入り禁止にしてくれ」と言いました。
> 私達は和解していますが、スレが荒れここを去られた方もいらっしゃいます。すみません。

どうだい長浜wサマリアもジェットの嵐認めてるし アタシのどこに非があるんだい?
月見のどこに?

貴様ここでもまた仕切る気だろw
そうはさせんぞw

267 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 12:33:36 ID:CKwLb5UK
224のかたへ
牧師が病気になる。篤志家の病院へ行く。そのまま志望
   高齢で養老院に行く。篤志家の支援
   牧師室で寝たきりにして、テープないしはビデオ礼拝で死ぬまでしのぐ。
   篤志家が家庭に引き取る。
   教団に力がない場合老人保護世帯になって国の保護を受ける。
   信徒がこぞって近隣協会へ移籍する。
   2,3人の開拓協会に行かせるか、作って放り出す。
こんなのをみたことがあります。強権を発動してきた牧師は悲惨な目にあうようです

にっきでは身銭を切る牧師は馬鹿ということになってます。
若いうちから積み立てて信徒に捨てられても困らないようにしてるひともいます。
清めはでは身銭を切ってまで伝道している牧師は尊敬されます。




268 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 13:35:21 ID:8x7rBbOi
>>224
その人数なら開拓教会でしょうか。
開拓教会にパワーのない高齢の牧師を派遣する自体、教団がなにかおかしな采配を
してるのかもしれませんね。
それは、>>267で挙げられている、作って放り出すでしょう。
身銭切って伝道しても、牧師の引退後、国や信徒にすがらないと生きていけないの
では、とても神に仕える者の姿ではないですね。

269 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 17:53:26 ID:hXJlQwK4
参考まで。
日本キリスト教団では、牧師の老後の問題は
かなり以前に問題となり、引退牧師のための
年金積み立て制度制度が確立されています。
これと国民年金を合わせれば、現在引退される
牧師夫婦が路頭に迷うということはないでしょう。

ただし、教団の中でも年金積み立てを是としな
かった牧師(教会)があり、その老後の生活支援
が問題となっています。


270 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 18:02:14 ID:1x8SEFVe
>>269
各教会が教団に属する牧師全員に対して年金積み立てをするのですか?
それとも、その教会に任命されている牧師に対して行うのですか?

271 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 18:23:01 ID:mb1jVbmY
イエスは、自分に絶対の忠誠を誓っていたユダに命じてそっくりさんを告発させた。

偽イエスはゴルゴダの丘で「父よ(先立つ不孝を)お許し下さい。彼らは自分達が
何をしているのか(=偽イエスを殺そうとしている)分かっていないのです」
と迷言を残し、ついには人違いを証明できずに殺された。

ビクビクしながら岩穴に隠れていたイエスは、(偽者の)イエス死亡のニュースを
聞いて大喜び。アホな信者を「復活」のペテンで煙に巻き、たちまち国外へ
逃亡しましたとさ。めでたしめでたし。

こんなふうに推理してみましたが、どうでしょうか?

272 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/01(金) 18:23:36 ID:h6fv4dhJ
牧師の年金は本人が積み立てるんですよ。給料天引き。
それから、国民年金は本人が自分で払うわけ。当然ですけどね。

273 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 19:14:49 ID:k1jQah9H
>>271
判決
正教の場合 永遠の地獄でもだえなさい。
主の場合  信仰のないものが神を冒涜しても罪にならない。
      信仰を持っものなら最もひどい地獄に行く。


274 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 19:21:03 ID:9puSlQqI
突然の書き込みすみません。>< 集計とってます。
ベストなバストはなにサイズ? 協力してちょ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livecx/1157100518/l50


275 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 19:34:40 ID:63UFZ9+B
ちなみにウチは、今の代務者は年金生活者なので問題ないのですが、
一応宗教法人なので、若い先生が来ていたときは、
社会保険で半額教会持ちになってましたね。

・・・教団の年金積み立ては、ウチやってないなぁ。

276 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/01(金) 20:46:55 ID:63UFZ9+B
snowbirdさんへのお返事、このスレに書いていいのかな?
それとも改革派スレか、連長スレでやった方がいい?

277 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 22:07:52 ID:K3jRQNl3
>231
ユダヤの神のことだろうね。
キリストはメシアだよ。
キリストが人の子としてこの世に生まれた
というところに救済の価値が生じるの。
このことをよく理解しているのがヨブ。
問題はイエスが神の子、かつメシアであるかないか?
これを証しするのが聖霊だって言ったじゃん。
三位一体なくしてキリスト教は成り立たないの。
イエスは迷い、嘆き、叫んだ。
その通り。
彼はまだ死んでなかったからね。
それで終わればただの義人、預言者の一人。
彼がキリスト(救い主)とされるのは、
甦り、昇天したことによる。
これこそがキリスト教の根幹であり、
一番の議論の種。
さて、クリスチャンはこのことについて、
どう答えるだろうか?


278 :細麺長浜派:2006/09/01(金) 22:10:31 ID:bbxPI+cB
追い出したんで もう戻って来ねえよ

279 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 22:56:36 ID:k1jQah9H
三位一体をとく正教は誤り。唯一神はその存在において、
分割できないお方。神はみずからの中にあっての存在、
実在、独一のいのち。それを三の位格にして三の神に分
割し、一の神にしているアタナシウス信条は矛盾。
アタナシウス信条
13父は全能、子も全能、聖霊も全能。
14しかも全能のものは三ではなく一。
15このように、父は神、子も神、聖霊も神。
16しかも、神は三ではなく一。
19キリスト教の真理によって、それぞれの位格を、
個別に神であり、主であると告白することが求め
られていおり、三神三主について語ることを、公
同の信仰によって禁じられているからである。




280 :snowbird:2006/09/02(土) 04:31:46 ID:w03ZtJl3
>>257>>260
ろりぽっぷさん、私には朝の出勤前にネット接続(はおろかパソコンを起動させる)とい
う習慣がないもので、お出かけ前の貴重な時間を駄文のために奪ってしまって申し訳あり
ません<(_ _)> 
「レスは不要です」と書きましたが、少なくとも、「バカの戯言」と無視されなかった
事をありがたく思います。

> もし、話が長くなるようでしたら、こちらへどうぞ。

どうも文章が長くなるのは昔からの癖のようで、話が長くてすみません。>他の方々も
前にも書きましたが暇もありませんし、この板と言いますか2ちゃんに長居するつもりも
ないのですが。

>>276
> お返事、このスレに書いていいのかな?

私に対しては、1度レスしていただいておりますし、お気遣いなさらないで結構です。
ただ、その後私が長々と書いたこと(とりわけ後半)に「誤解」が含まれていたとした
ら、ろりぽっぷさんとしては不愉快でしょう。
ちょうど、ろりぽっぷさんご自身が>>260に挙げられているスレの後継スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157107065/
を立てられましたので、そちらに移った方がいいでしょうね。
ところで、そこの「改革派」というスレタイを気にされていましたね。
もっと他の方々にも来て(書いて)欲しいというニュアンスだったと記憶しています。
だとしたら、私のようなまったく知識が無いものでもお邪魔して構わないと、
都合よく受け取っておきます(^_^) 

281 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 14:17:44 ID:Tl9BsNkk
マリアの福音がよめるところはありますか?

282 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 14:39:34 ID:FiYvf1qH
>>281
マリアの福音って何?文書の名前?

283 :3:2006/09/02(土) 23:05:22 ID:Jf46Pb4y


自分を絶対化する癖を治せヨハン

284 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/02(土) 23:51:29 ID:8WRFdlqq
snowbirdさんへ
レスありがとうございます。
うーん。確かに、信仰を語る語彙、というのは、
所属教派・教会の性質にかなり依拠しているのは確かだと思うのですが、
その一方で、週一度の教会通いで、どれだけ言葉が身に付くのか?という、
疑問もあるのです。

むしろ、ネットや本の方が、触れようと思えば、
毎日それらの言葉に触れられる訳で、そっちの影響の方で、
それなりの語彙を駆使できるようには、ならないのかな、という、
かねてからの疑問があるのです。それで質問した次第です。

285 :snowbird:2006/09/03(日) 02:15:39 ID:FiC6eKDA
ろりぽっぷさん、とりあえず>>280に挙げたスレに移ります。
あっちも、誤爆(?)かなんかで、キリスト教とすら関係なさそうな方向に
行ってますし。

286 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 20:42:40 ID:iRBObtoQ
どこかに、キリスト教で同性愛は許されるか、みたいな
スレがありました。
人間の肉体に性別があるのはわかります。でも、はたして、霊魂、
魂とか、「肉体以外の部分」に性別はあるのでしょうか? 現に、
天使などは、性別がない、といいますよね。また、死後、人間の
魂が復活したときには、やはり性別がないという話もあります。
人間の霊魂に性別がないのだから、同性愛は許されるとか、
男女の差別をしてはならない、なぜなら魂に性差などはないのだから、
という帰結に導かれてもよろしいのでしょうか?

287 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:02:21 ID:OzYVqOVt
>>286

ローマ 1:26
それで、神は彼らを恥ずべき情欲にまかせられました。女は自然の関係を自然にもとるものに変え、
同じく男も、女との自然の関係を捨てて、互いに情欲を燃やし、男どうしで恥ずべきことを行い、
その迷った行いの当然の報いを身に受けています。
彼らは神を認めようとしなかったので、神は彼らを無価値な思いに渡され、そのため、彼らは
してはならないことをするようになりました。

288 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/03(日) 21:04:32 ID:UiD5NhgL
>>285 分かりました。うーん。あのスレどうも、最近、荒らされているんだよねぇ。

289 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:06:37 ID:OzYVqOVt
>>286
>人間の霊魂に性別がないのだから、同性愛は許されるとか、
>男女の差別をしてはならない、なぜなら魂に性差などはないのだから、
>という帰結に導かれてもよろしいのでしょうか?

復活にあずかる者は男も女もない、ということをイエスは言っておられます。
彼らのように情欲というものから離れるべきことをイエスは言っていると思います。

男も女もないから、男同士や女同士で情欲を抱いてもよい、という考えは
倒錯した考え方であると思います。



290 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 21:27:55 ID:7gU2WTdg
>>289
「恥ずべき情欲」がポイントであって、「同性愛」がポイントではないね。
「同性愛」であれ「異性愛」であれ、
自然な愛ではなく、欲望の奴隷となることが問題ではないかと思います。

29以下で問題にされている不義をご確認ください。

δια故にτουτοこのことの
παρεδωκεν一過直三単:引き渡した αυτους彼らを ο θεος神は
ειςに παθη情欲ら(受動するという動詞から派生。受動的な感情。
押さえようとしても湧き起こってくる情) ατιμιας恥ずべき
αι τε γαρ即ち θηλειαι女性らは αυτων彼らのうちの μετηλλαξαν一過直三複;変えた
την φυσικην対格:本性的な χρησιν交わりを
ειςに την παρα(+対格)と反対に φυσιν対格:本性

このこと故に、神は彼らを恥ずべき感情に引き渡した。
すなわち、彼らのうちの女性らは、
生まれながらの自然な交わりを、自然に反するものに変えた

291 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/03(日) 21:30:45 ID:48zzFefZ
>>290
あと女性に関しては 同性愛ではなく当時ローマで全盛だった
避妊と中絶と捨て子をさしたものだという指摘もあります

292 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:36:26 ID:OzYVqOVt
>>290
>「恥ずべき情欲」がポイントであって、「同性愛」がポイントではないね。
>「同性愛」であれ「異性愛」であれ、
>自然な愛ではなく、欲望の奴隷となることが問題ではないかと思います。

>>286 の質問者のポイントは「同性愛は許されるのか」というところだと思います。
恥ずべき情欲には男女間の情欲においてもあるというのは、そのとおりでしょう。

しかし、男同士女同士の間の情欲は、基本的に恥ずべきことであって、
男女間の情欲と同じではないと思います。


293 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:45:34 ID:OzYVqOVt

男女の体の性差を考えるとき、それは二つのものが一つになる
形をしているのです。

また、男の胸から取り去られた骨から女が創られたのであって、
男から男が創られたのでもありません。

男と男、あるいは、女と女が性的な情欲や性的な関係を持つことは
不自然だと言わざるをえないと思います。

294 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 21:52:33 ID:7gU2WTdg
>>292

厳密に言いますと
聖書にはオトコ同士については非難してますが、
オンナ同士についての言及はゼロ箇所です。

それとロマ書は いづれにせよ「真面目な愛」について批判しているの
ではなく、「恥ずべき情欲」です。

同性愛が許されるかどうかを聖書的に探る場合、
趣味的な同性愛 性同一性障害など本性に基づく同性愛 
成長過程で一時的に生じる同性愛などを 一緒にしてよいのかどうか
そして 大事なのは
「何かを聖書的に罪」と言う場合、自分の痛みを伴ってのものなのか、
単なる他人事なのか その辺が自分の中で吟味できているのかどうか

295 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:53:30 ID:OzYVqOVt
>>290
>「同性愛」であれ「異性愛」であれ、
>自然な愛ではなく、欲望の奴隷となることが問題ではないかと思います。 。

そうではありませんよ。
聖書によれば、自然な関係というのは男女間の関係のことです。
自然な関係とは、男と女との関係のことを指しています。

ローマ 1:26
それで、神は彼らを恥ずべき情欲にまかせられました。女は自然の関係を自然にもとるものに変え、
同じく男も、女との自然の関係を捨てて、互いに情欲を燃やし、男どうしで恥ずべきことを行い、
その迷った行いの当然の報いを身に受けています。

296 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 21:56:01 ID:OzYVqOVt
>>294
>厳密に言いますと
>聖書にはオトコ同士については非難してますが、
>オンナ同士についての言及はゼロ箇所です。

そうでしょうか?

ローマ 1:26
それで、神は彼らを恥ずべき情欲にまかせられました。女は自然の関係を自然にもとるものに変え、
同じく男も、女との自然の関係を捨てて、

297 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 21:56:18 ID:7gU2WTdg
>>293
パウロは 女性からオトコは生まれたとも書いてますね。

情欲ではなく
同性に愛情を持つのは自然の本性に反していますか?

イエスはペトロに「私を愛しているか」と尋ねていますよ

298 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 21:57:55 ID:7gU2WTdg
>>296
ギリシア語テキストできちんと反論しています。
日本語訳を再度 出されましても。。

δια故にτουτοこのことの
παρεδωκεν一過直三単:引き渡した αυτους彼らを ο θεος神は
ειςに παθη情欲ら(受動するという動詞から派生。受動的な感情。
押さえようとしても湧き起こってくる情) ατιμιας恥ずべき
αι τε γαρ即ち θηλειαι女性らは αυτων彼らのうちの μετηλλαξαν一過直三複;変えた
την φυσικην対格:本性的な χρησιν交わりを
ειςに την παρα(+対格)と反対に φυσιν対格:本性

このこと故に、神は彼らを恥ずべき感情に引き渡した。
すなわち、彼らのうちの女性らは、
生まれながらの自然な交わりを、自然に反するものに変えた


299 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 22:01:17 ID:7gU2WTdg
>自然な関係というのは男女間の関係のことです

την φυσικην対格:本性的な χρησιν交わりを ←これが「自然な関係」と
訳されているギリシア語テキストですね。

男女の関係という意味はありませんね。
これに続く「男どうしで恥ずべきことを行い」から
ここを「おんなどうし」と解釈しているだけですね

300 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 22:02:54 ID:uCPIz+ju


  自  分  を  絶  対  化  す  る  癖  


  を  治  せ        ヨ  ハ  ン





301 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 22:23:26 ID:GJTxiPyz
>>292
>しかし、男同士女同士の間の情欲は、基本的に恥ずべきことであって、

恥ずべきなのは、他人の愛を恥ずべきこと、などと言い切るあなたの方ではないかな?


302 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:24:53 ID:OzYVqOVt
>>297
>情欲ではなく
>同性に愛情を持つのは自然の本性に反していますか?

なぜ、あなたはそのように話題を別方向にそらすのですか?
情欲について話をしているのではないのですか。

303 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:27:46 ID:OzYVqOVt
>>301
>>しかし、男同士女同士の間の情欲は、基本的に恥ずべきことであって、

>恥ずべきなのは、他人の愛を恥ずべきこと、などと言い切るあなたの方ではないかな?

どこに他人の愛を恥ずべきこと、と僕が書いていますか?
どうして、そのようなデタラメの誹謗をするのですか。

304 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:30:29 ID:OzYVqOVt

わかりました。
おそらく、「愛」と「情欲」との区別がつかないのですね。

だから、細麺長浜派 さんも >>301 さんも同様の反論をしてきて
いるのですね。
「愛」と「情欲」とは、天と地くらい違うものですよ。

このことについては、近いうちに「聖書の聖句をマターリ語るスレ」で
詳しくご説明することにします。

305 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:31:42 ID:MsppvRDb

何のためにギリシャ語引っ張り出してきてるのか、ぜんぜん意味がわからない。

この際ギリシャ語の引用と中途半端な説明要らないから止めなさい。

必要なことだけ質問しなさい。

306 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:34:38 ID:OzYVqOVt
>>294
>同性愛が許されるかどうかを聖書的に探る場合、
>趣味的な同性愛 性同一性障害など本性に基づく同性愛 
>成長過程で一時的に生じる同性愛などを 一緒にしてよいのかどうか
>そして 大事なのは
>「何かを聖書的に罪」と言う場合、自分の痛みを伴ってのものなのか、

この投稿から、細麺長浜派 さんは人間的なヒューマニズムあふれるよい人なの
だろうな、という印象を受けました。性同一性障害の方への配慮ややさしさから
このような投稿をされたのでしょう。


307 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:35:23 ID:MsppvRDb
>304

実際には、区別が付かないのではなくて、どうにかしてあんたを籠絡しようとたくらんでいるだけのこと。

その箇所についてのダニエル氏の説明は、少なくとも不正ではありません。

308 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 22:36:55 ID:7gU2WTdg
>>302
落ち着かれてくださいな

>>292
>質問者のポイントは「同性愛は許されるのか」というところだと思います。

あなたと長引きましたので ここでのこの話題について あなたへのレスは
これで打ち切ります。
私と 続きが必要であれば、他のスレッドをご指定ください

309 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/03(日) 22:37:32 ID:48zzFefZ
>>306
大多数のセクシャルマイノリティは一時的なものでも 趣味でも
性同一性障害でもありません
長浜氏の主張は明白なセクシャルマイノリティへの差別発言であることを
お忘れなく

310 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:38:09 ID:MsppvRDb

私であれば、この記述は「行為」に対して行われているものだ、説明したいです。

「同性愛者」であっても、みだらな性行為に及ばないものに対してまで追求されているわけではない、

ということです。

311 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:39:05 ID:OzYVqOVt
しかし、聖書を読むという行為は、人間的な思いや一切の自分の考えを排除してから
先入観のない気持ちで真摯に接するべきなのです。

神の言葉を何よりも優先すべきです。自分の気持ちよりもです。人間としての思いよりもです。

僕の聖書を読むときのスタンスはこのようですので、人権やヒューマニズムの考えを踏まえつつ
聖書を受け止める細面長浜派さんと僕とは、聖句に対するスタンスが違うのです。

僕は聖書に書かれてある内容が人権に反しているような事柄であっても
神のご意志を尊重するつもりです。私は人権よりも神を愛する者です。

312 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/03(日) 22:39:28 ID:48zzFefZ
>>310
だいたい穏健な教会の見解ですよね それが

313 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:41:05 ID:MsppvRDb
>>312

穏健、というより、事実でしょう。事実、聖書にはそのように書かれています。

314 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 22:46:11 ID:7gU2WTdg
>>313

ダニエルさんは、キミと違って「同性愛行為」ではなく
「同性愛」自体が「恥ずべき情欲」「恥ずべき関係」と
考えられていると思いますね

315 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:48:35 ID:MsppvRDb
>>314

もしそうなら誤って読み取っていることになります。

もし、その点が重要であると感じているのであれば、なぜそのように

はっきりとわかりやすく指摘して質問しないのか不思議。

何のためにこの際不必要なギリシャ語を引っ張り出してきて話をややこしくするのか、

君のような人種はまことに理解しがたい。

316 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 22:49:55 ID:OzYVqOVt
>>314

確かに、同性に対して情欲を抱くこと自体アウトです。
しかし、実際に同性で性行為におよぶよりは大分マシです。

強姦の思いを抱いたとしても、実際に強姦するより余程良いのです。
人というのは、誘惑が来ることは避けられないのですが、これを
退けることは可能なのです。


317 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:51:15 ID:MsppvRDb
>>316
正しい理解だと思います。

>>314
ダニエル氏には正しい理解があります。

318 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 22:53:50 ID:MsppvRDb

補足いたしましょう。

異性を性的に愛するもの(ストレートのもの)であっても、異性に対して情欲を抱くことはアウトです。

すなわち、同性であれ、異性であれ、扱いは同じだということです。

319 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 22:57:19 ID:uCPIz+ju


  自  分  を  絶  対  化  す  る  癖  


  を  治  せ        ヨ  ハ  ン





320 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 22:57:44 ID:h7wmHVoL
>>286
<男と女の違いは、143.146.147で書き込みました。
人間の(霊 spiritus)とは、人間の「心 mens」のことです。肉体としっかり
結ばれているときは、「霊魂」と云い、肉体から離れると「霊」と呼ばれます。
(みことば)で出てくる「霊の状態にある Esse in spiritus」とは、肉体か
ら切り離された状態の心のことです。エゼキエル、ゼガリヤもダニエルも黙示
録を書いたヨハネも、その状態におかれました。人の肉体のことを、外的人間
、霊魂を内的人間と云い、人が死ぬと霊魂は肉体から離れ、霊となり霊界にい
きます。それでも、人間は、人間として生き続けます。霊界は「天界」と「地
獄」からなり、人は、この世でつくった「主調愛」でさばかれます。善人は、
天国に、悪人は地獄に住みます。天使やサタンはもともとは、この世に生きて
いた人類です。死後、人間の魂が、どこかに隠されていて、復活の時、肉体と
出会うと言うことがありえるでしょうか。肉体は物質であり、霊界には住めま
せん。死後も霊界では、男は男、女は、やはり女です。
男とは、理性的なものの原質であり、女とは意志的なもの原質です。理性的な
ものは、意志的なものと結び合わされて、完全なものとなるのです。


321 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 22:58:23 ID:7gU2WTdg
>>315
ダニエルさんは ギリシア語テキストに関心を持たれ始めているからだよ

ご自分の目で ギリシア語テキストを確認する誘いをしている。

>>317
読解力を磨け。
「同性愛」自体アウトという理解と表明されているのだよ。
310の理解とは温度差があるのだよ。

温度差はあってもいいのだが キミは私に対して意固地になりすぎだね


322 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/03(日) 23:00:47 ID:48zzFefZ
長浜は要するにダニエルを篭絡したいだけなんだなw

最初の話はどこへやらwww

323 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:00:58 ID:MsppvRDb
>>321

それだけ人の文章を悪意の縦にしたがってしか読めないのであれば、それは話がすれ違うわけだね。

324 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:01:38 ID:uCPIz+ju
    ,rn                       \从从从从从从从从从从/
   r「l l h.                      ≫
   | 、. !j         /           /  ≫  自分を絶対化する
   ゝ .f  /      _             ≫  ヨハン
   |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.         ≫ 自分を絶対化弾頭の  
   ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.  / ./   ≫ ヨハン・ミサイル
  ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  ./      /WWWWWWWWWW\
   |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ
   \    \.     l、 r==i ,; |'
    \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__.  /   /|  /
      \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/   /\   /  |_  ゴゴゴゴ…
       \  /    /       /  \./  /  ヽ___
         \'    |o    O  ,|    \ ../   /   /
          y'   |        |\/  |   ./   /
          |     |o        |/| _ |  ./__/
          |    |       |  「  \:"::/
          ヾニコ[□]ニニニ  |   ⌒ リ川::/
          / \      /  \  ...::::/
         /    ゞ___     \/  /
           /     /    \.     \  /
        /  ゝ /       .::\ /    |
          |   /      ....:::::::::/\<    |    /
          | /      ...::::::::::/  |   |     /
       /      ....:::::::/    |     .|
      /      ...::::::::/     |   |
    /      .....::::::/       |___|   /
   /''' ....   ...:::::::::/         (   \__
   /     ...:::::::::/           ゙-'`ー---'



325 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:01:50 ID:MsppvRDb

どこをどう読めば「同性愛」自体アウトと読めるのか?

目に何か入っているのと違うか?

326 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:04:50 ID:uCPIz+ju
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
2ちゃん唯一の勲章 自分を絶対化 自分を絶対化 空前絶後 自分を絶対化自分を絶対化 絶対化
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン

327 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:06:48 ID:MsppvRDb
それでは、直接質問して確かめてみましょう。

ダニエル氏、お答えください。

同性愛者がいます。彼は同性に対してのみ性的な興味があります。
異性を性的に好きになることは不可能です。
しかし、彼は神を愛していたので、貞操を汚す行いには一切かかわりませんでした。
しかし、彼は、同性愛者であるので罪に断ぜられるのでしょうか。

328 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:07:18 ID:uCPIz+ju
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン
自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン自分を絶対化する癖を治せヨハン

329 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:08:45 ID:uCPIz+ju

            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      自分を絶対化
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    夜      \`i / /  犯   |




330 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 23:09:14 ID:p4VqBV1V
>>325
ダニエルさんに直接聞いてご覧なさい。
「同性愛」自体がダメと思われてます?と。

人が何を語っているか もっとキミは読解力を養おうね

331 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:10:10 ID:MsppvRDb
>>330

既に質問をしました。回答を待っているところです。

332 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:11:05 ID:uCPIz+ju

            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二二二二二二二つ
         |  彡   ~~~~ミ     もっと 自分を絶対化
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    夜      \`i / /  犯   |




333 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:12:11 ID:uCPIz+ju

            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二二二二二二二二二二二二二つ
         |  彡   ~~~~ミ     もっと 自分を絶対化
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    夜      \`i / /  犯   |



334 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:12:15 ID:MsppvRDb
ダニエル氏、

私の期待している回答でなくても結構です。

あなたが正しいと思っている回答をしてください。

335 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 23:14:12 ID:OzYVqOVt
>>327
>しかし、彼は神を愛していたので、貞操を汚す行いには一切かかわりませんでした。
>しかし、彼は、同性愛者であるので罪に断ぜられるのでしょうか。

この前提であるなら、彼は情欲より神を愛した、ということになるのではないでしょうか。
僕はそう思うのですが、神が彼を罪に定めるかどうかはわからないです。

可能であれば、情欲の思い自体を捨てるべきですが、これは男女の関係においても
同様なことであると思います。


336 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 23:17:51 ID:OzYVqOVt

なぜ情欲の思いがいけないかといえば、それは永遠なるものではなく
肉体という朽ちるものを愛することだからです。

男が女を愛することは至極自然な感情なのですが、情欲というのは
相手の肉体を欲することを指しています。

337 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:18:03 ID:MsppvRDb
>>335
ありがとうございます。

誰がどういう理由で神の罰を受けるのか、受けないのか、
それは他の人にわかるようなことではない、ということ、
同じ理解だと思います。


338 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:20:40 ID:MsppvRDb
>>336
まさにその通りだと思います。

これはお互いなのですが、誤解を受ける発言もあるようです。
試行錯誤の上、誤解を受けそうだ、というような発言の場合は
あらかじめ一言説明を加える、などの配慮が有効かもしれません。

339 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:22:15 ID:MsppvRDb

しかし、故意に誤解するような場合もあるでしょう。

長浜君も、ダニエル氏の説明を見て納得したと思います。

340 :名無しさん@3周年:2006/09/03(日) 23:23:51 ID:uCPIz+ju
自分を絶対化する癖を治せヨハン
            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二二二二二二二二二二二二二つ
         |  彡   ~~~~ミ     もっと 自分を絶対化
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    夜      \`i / /  犯   |



341 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 23:24:06 ID:OzYVqOVt

滅びるものを愛することはいけないことなのです。
このことを実感をもって理解できるようになったのは
実は僕にとっても、ごく最近になってからです。

滅びないお方、永遠なるお方、命である神を愛すること。
そして、女性に対しては相手を自分の体を愛するのと同様に慈しむこと。

こういうことなのです。
これだけでは説明がまだまだ足りないので、「聖句をマターリ語るスレ」で
後日、この続きを書こうと思っています。
よろしくお願いいたします。

342 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 23:26:36 ID:OzYVqOVt
>>339

過去の某コテことヨハンさんが僕の意見に同意してくださったというのは
嬉しいことでした。どうも、ありがとうございます

343 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:28:00 ID:MsppvRDb
>>342

正しい意見には正しいと言わざるを得ません。

過去には失礼なことを言った覚えもあります。お許しください。

344 :細麺長浜派:2006/09/03(日) 23:28:43 ID:p4VqBV1V
>>339
しとらんよ スレを移した。
黙って見ててご覧

345 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:30:37 ID:MsppvRDb
>>344

全く悪意に満ちた人ですね。

少なくともダニエル氏とその説明への名誉は守られたと思います。

346 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/03(日) 23:43:05 ID:OzYVqOVt
>>344

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156067038/200

>「同性に対してのみ性的な興味があります」←これはあなた的にOKですか?
>心だけならば罪ではないと あなたは本当に思われています?


同性に性的な興味があるというのは、「情欲の思い」で同性を見ている、
ということだとすると、その時点でアウトでしょう。

なぜなら、「情欲の思いを持って女を見たものは・・・」の聖句があるので
この場合にも同様に適用されるはずだと思うからです。

しかも、同性に興味を持つことは、人を男と女とに分けられた神にとって
自然なこととは認められないはずです。

ここで考えなければいけないこととは、行為の前段階としての「情欲の思い」についてです。
「情欲の思い」というのは、実はすべての人が陥ってしまう『錯覚』です。
私たちは、ここの部分から抜け出すことを一緒に考えていきましょうよ。

僕の考えも、単に一個人の見解に過ぎないものです。
でも、出来るだけ聖書から逸脱しないように注意はしているつもりです。
細麺長浜派さんとも過去の某コテさんとも、仲良くやっていきたいです。


347 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/03(日) 23:45:00 ID:MsppvRDb
>>346

既に、回答する必要は無くなっていると思いますが、

あとは口出しいたしません。

348 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 00:25:37 ID:q9rxzyqo
聖書では、同性同士の情欲のほかに、
男が女の格好をしたり、女が男の格好をする「服装倒錯」を禁止していますね。
しかも、神は特に男に対しては侮蔑を込めて「犬」と呼んで切り捨ててますし。

私は、ダニエルさんが引用したローマ書の所は、
同性愛は神の裁きの領域に入った文明の末期症状であり、
神に対する敵対行為であると読んでます。


349 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 07:13:26 ID:dSZxIxX3
Q,思いと行為のどちらが重いか軽いか
A,同じ

350 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 07:46:44 ID:dSZxIxX3
「心は燃えても肉体は弱い」マタイ26:41
しかし肉体は朽ち果てる運命にある。

「みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである」
マタイ5:28
「ものの見えないファリサイ派の人々、まず、杯の内側をきれいにせよ。そうすれば、
外側もきれいになる。」マタイ23:25

どう読んでも、心<行為 ではないと思いまふ。

351 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 07:57:56 ID:utk7SATr
>> http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156067038/207

当然、その通りです。
同性愛が自然なことであるか、不自然なことであるか、それはあまりにも明白です。
不自然なことです。もし、地上の全ての人間が同性愛者になれば滅びてしまいます。

不自然であるということと、そのことだけでは罪に定められない、ということは
別のことです。

352 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:09:40 ID:dSZxIxX3
自分は行為として及ばず、想像だけで済んだからいくらかマシであるなどという
傲慢な考え違いをしないほうがいい。

353 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:15:08 ID:dSZxIxX3
罪は罪。しかし人間である限り皆、罪人である。
その一点において同性愛志向者を非難できないというのが私の意見です。

354 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 08:15:17 ID:utk7SATr
>>352
殺人罪を犯そうと企んで、実際に行ったたものと、思い直して行わなかったもの、
これら両者が同じ犯罪者であるとはいえません。

そこまでストイックになることは、かえって罪をおかすことになりかねません。

355 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:16:37 ID:dSZxIxX3
だれか読んでくれてる?

356 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:17:35 ID:0ZavPEpo
つーか聖書の原則からすれば 現代人の性生活は生殖目的じゃないから
それ自体罪だわな
避妊自体がカトリックなどのいうとおり罪だ

357 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:18:59 ID:dSZxIxX3
>>354
おお、四犯くんですか。

思い直したんじゃなくて、改められないにも関わらずでしょ。
臆病ゆえか、機会がなかったからか、もてなかったから。
理由はいくらでもあるけどね。

358 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:21:27 ID:dSZxIxX3
>そこまでストイックになることは、かえって罪をおかすことになりかねません。

私の意見は>>353に書いてある通りですよ。

359 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:21:27 ID:GpTL1dv0
>同性愛は神の裁きの領域に入った文明の末期症状であり
  実の処、これ、有史以来の現象と観て間違いないのだが(
無かったら敢えて禁止などするもなか)

>もし、地上の全ての人間が同性愛者になれば滅びてしまいます

 心情はどうあれ、行為がなければ(男女の愛でも双方とも生殖可能で
エロスにまで踏み込まなければ)、子孫はできないのだが

360 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 08:23:25 ID:utk7SATr
>>357

自分で思い直した場合もあるでしょうし、不可能であった場合もあるでしょうね。
いずれにせよ、神の導きを得て、ということ。

「犯罪」は行為によってなされます。

361 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:23:41 ID:GpTL1dv0
>>356
 そう、人は代を重ねるごとに罪に罪を重ねていくのでしょう。
どうこう言っても、捌きは最期に主が行う仕事

362 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:24:11 ID:0ZavPEpo
っていうかクリスチャンは 性行為の厳密な範囲を定義なさいよ
生殖に関わらないオルガスムスが罪なの?
射精が罪なの?

だいたい避妊なしで人間が創世記の神様の命令守ったらどうなるか明白じゃん

要するに 情欲が 新約のこの場合のテーマで
みだらな行い 恥ずべき行為 などは旧約の生殖第一とはかけ離れた意味じゃないの?

363 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:25:07 ID:dSZxIxX3
レス番ひとつ前のも加えますね。

>そこまでストイックになることは、かえって罪をおかすことになりかねません。

私の意見は>>352>>353に書いてある通りですよ。

364 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 08:25:39 ID:utk7SATr
>>362

やっぱりあんた、クリスチャンじゃなかったの。


365 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:27:30 ID:0ZavPEpo
>>363
セクマイもヘテロと同じように一夫一婦?を守り
貞節を守れば 罪ではないと思います
生殖第一の旧約の呪縛からはイエス様の贖いによって
解放されているのですから

366 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 08:27:33 ID:utk7SATr
>>363
それは >>352 に対しての発言なんだから、それに >>352 に書いてある通りだ、
とレスされたんじゃ無限ループですね。

まあ、もう結構ですけど。

367 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:27:46 ID:dSZxIxX3
>>360
そう。「犯罪」は人間様が裁いてくださっています。

368 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/04(月) 08:28:53 ID:utk7SATr

また質問箱で議論になりぎみのようですか。

この辺で止めておきましょう。

369 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:29:12 ID:0ZavPEpo
>>364
私は三位一体の神様を信じる 人となった神 イエスキリストに贖われた
ただのアバズレです
クリスチャンを自称する 白い墓ではありません

370 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:30:26 ID:dSZxIxX3
>>366
ではこちらも結構ざます。

371 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:35:47 ID:0ZavPEpo
とにかく
セクマイをAVとかのイメージで捉えるなってw
ゲイだって 全員が掘りあうわけじゃないんだからねw
突っ込まなきゃ我慢できない ヘテロのほうがよほど淫乱よwww

372 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:35:59 ID:dSZxIxX3
ただ、やはり私は殺人を実際に犯さなかったからといって
弱い者が人を殺して断罪されても「自分はまだマシ」なんて発想は抱かないでしょうね。

373 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:38:58 ID:dSZxIxX3
>>371
人間なんてね、中身は皆、似たりよったりだよ。

374 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 08:40:57 ID:9j/Wht0/
>>369
口先だけの信仰が受け入れられることはない。悔い改めて姦淫の罪から離れよ。

375 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/09/04(月) 08:44:35 ID:0ZavPEpo
>>374
あ 姦淫してませんからw
潔いもんですよw
アナタも右手との姦淫おやめなさいw

376 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 15:35:46 ID:8KndXVLm
牧師というのは、守秘義務についてきちんと学んでいるんでしょうか。
友人の勧めで、牧師に相談事をしたのですけど、それを名前とともに内容を祈りの課題として
教会の中の掲示板に張り出されたんです。
大勢に祈ってもらえばあなたの悩みは神様の力で良くなるからって。
訴訟すると、そこの信徒が家に襲ってきそうだし、、、。
あ〜、記憶を消してしまいたい。

377 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 16:08:46 ID:EK8hGtql
>>375
牧師に守秘義務はありますよ。
ちょっとその教会に問題があるのではないでしょうか?
もしくは元々悩みを皆で分け合うという方針なのか。

ただどういった内容なのかにもよるんじゃないですか?
秘密にしなくてはいけないような内容なのかどうか。。


378 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 16:08:53 ID:XomLxfYv
>>376
守秘義務について、と限定しなくてもそれは何も学んでいない牧師ですね。
信頼を得ている伝統的主流派の神学校では守秘義務を始め、ご遺体の清めかた
(儀式じゃなくて、葬儀社の仕事に属する物理的なもの)やご遺族への対応など、
特に配慮が必要な場面での宗教者のふるまい方と常識についての訓練を
受けずに卒業してくることは考えにくいです。

本来、守秘義務は牧師ばかりか役員や事務職員などの信徒も負っているのが
当然で、その宣誓なく役職には就きません。ですので、その教会は明らかに普通ではありません。

379 :名無しさん@3周年:2006/09/04(月) 22:07:08 ID:RUHRXBBk
マタイによる福音書8章6〜10節でイエスは、何故、百人隊長を褒めたのですか?



380 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/04(月) 23:05:12 ID:ZvvRmvvo
イエス様の言葉に力があることを信じていたから。

381 :名無しさん@3周年:2006/09/05(火) 22:49:45 ID:O5yPOzHl
>>380
わかりました。
ありがとうございました。

382 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 11:31:19 ID:9NkNJyyp
>>364
クリスチャンじゃないとダメなの?


383 :名無しさん@3周年:2006/09/06(水) 11:35:04 ID:524aSKI8
・・・・・・・・・・・
 清き明きヤマトの国日本にさわやかな良きたより、
 将来天皇陛下となられます男児御誕生おめでとうございます。
 心よりお祝いを申し上げます。主イエス様の祝福ありますように。

・・・・・・・・・・・

384 :過去の某コテ ◆DV4hb.MG/U :2006/09/06(水) 11:35:38 ID:KfYXA1da
>>382
ダメとかOKとか言ってないでしょ。

385 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:41:33 ID:VW7MWiYH
地の塩って、"salt of the earth"ですか?"salt on the earth"ですか?

386 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 01:59:58 ID:fGV2DZ6m
あなたがたは地の塩である マタイ5:13
You are like salt for the whole human race.

387 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 02:06:13 ID:+gYP2WiS

  パキッ   ∬∫∬         ∬∫∬         ∬∫∬        ∬∫∬
∧_∧  _______   _______   _______   _______
( ´・ω・)  \ゑゑゑゑゑ/   \ゑゑゑゑゑ/   \ゑゑゑゑゑ/   \ゑゑゑゑゑ/
( つ|| ||O   \___/      \___/      \___/      \___/
と_)_)    |___|        |___|         |___|         |___|
          味噌          醤油            塩         


388 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 06:46:47 ID:PJ3P2xxB
あなたがたは地の塩である マタイ5:13
Ye are the salt of the earth.

389 :スットコドッコイ:2006/09/07(木) 07:50:28 ID:WR30QTlb
代表的な訳はすべて「the salt of the earth」
RVS:You are the salt of the earth
NIV:You are the salt of the earth
KJV:Ye are the salt of the earth

「on earth」もないことはない。
CEV:You are like salt for everyone on earth

ついでに「earth以外の訳」
YLT:Ye are the salt of the land
WE:You are like salt in the world.

蛇足
υμεις εστε το αλας της γης
「αλας」が塩。「της γης」は、「γη」(地)の属格。「地の」

390 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 09:06:06 ID:njPgq8CD
>>389
すまん、YLTとWEがわからん。何の略?

391 :シヴァ大神の化身:2006/09/07(木) 10:47:58 ID:/IK/WW3J
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

私は今生の救済活動を終えて、もうじき入滅する。

2ちゃんねるの住人達よ、
いまだ教団に残っている哀れな弟子達の
脱会・社会復帰を支援してほしい。

よろしく頼んだぞ!



392 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 19:33:47 ID:R6upGYn2
ダメスレになったなあ。

393 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 20:38:15 ID:fGV2DZ6m
>>386 日本聖書協会 和英対照
和文/新共同訳
英文/Today`s English Version

カトリック系書店で購入

394 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 21:00:05 ID:1AU2MxVG
教えていただきたいのですが、、、、、、、
 「エホバの証人」って クリスチャンですか?
そうだとしたら カトリック プロテスタント どちらでしょうか?
  よろしくお願い致します。

395 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 21:08:23 ID:k3yHW44K
>>394
>カトリック プロテスタント どちらでしょうか?

どちらでもありませんが自分たちはクリスチャンだと自称じてます。
カルト。

ttp://park8.wakwak.com/~kasa/Religion/monominoto.html


396 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:00:29 ID:1AU2MxVG
>395   早速のお返事有難うございます。
自称クリスチャンで カルト!

  どうしたら止めさせられるのかしら  困った事に。

397 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:31:00 ID:CarNz+c2
>>389
俺が持ってる「新約聖書和文英文 新共同訳 TEV 対照 JBS (見出:発行所 財団法人 日本聖書協会、見出の裏:三省堂印刷)」
では、

「You are like salt for all mankind.」
(12ページ、MATTHEW 5.13)

お、お、俺の違ってる。希少価値つきそう。(ムフー



398 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:33:59 ID:hDWmghz3
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{  また自分を絶対化する癖ですか
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|! 
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/  
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\


399 :スットコドッコイ:2006/09/07(木) 22:43:48 ID:aamYApYz
>>390
失礼した。

YLT→ロバート・ヤングのYoung's Literal Translation of the Bible
いわゆるヤング訳。

WE→Worldwide English (New Testament)

400 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 22:45:16 ID:CarNz+c2
You will know them by what they do.
Thorn bushes do not bear grapes,and briers do not bear figs.
(MATTHEW 7.16)


401 :スットコドッコイ:2006/09/07(木) 22:51:06 ID:aamYApYz
>>397

ナイダ理論 つまり動的等価訳の代表だね>とぅでいず・いんぐりしゅ訳

もう流行らないと思われます



402 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:02:09 ID:CarNz+c2
>>401
その場合の「動的等価訳」とは英文のほうの意味ですね。


403 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:04:41 ID:RmDeLXIX
>>399
さんくす。判らんわけだ、存在自体知らないや。精進する。


404 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:08:04 ID:CarNz+c2
俺には、「ALL MANKIND」より「EARTH」とか「LAND」のほうが
動的対価法(共同訳的)に見えるけど。


405 :名無しさん@3周年:2006/09/07(木) 23:09:04 ID:CarNz+c2
動的対価法
↓訂正
動的等価法

406 :ナナシー:2006/09/07(木) 23:51:09 ID:WqsJVdf0
本を配布してまわる信者をみるとあわれになる。
エホバの証人のものみの塔とかいらないし。
エホバの商人かって!
キリストは本を売れとか配れとか、いってない。

407 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 02:44:56 ID:rE1ncV8T
>>406
ギデオン協会を悪くいわないでください。

408 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 02:49:35 ID:rE1ncV8T
>>393
これらは一方から他方を訳出した対訳ではありません。
念のため。きわめて一般的に並べて売られています。

409 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 03:03:43 ID:DsXQ2kLO
友人からデイリーブレッドという小さな冊子をもらったのですが、配付元は信用できますか?
取り寄せてみようとおもうのですが…。

410 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 03:11:20 ID:foqazj4B
>>409
http://www1.odn.ne.jp/rbcjapan/index.htm
超教派の宣教団体です。
問題はないと思います。

411 :どうでもいいが:2006/09/08(金) 03:27:43 ID:m2rYRx3e
エホバの笹島℃q!目当ての男をものにするために手段選ばずか?どんだけ男好きだよ!一般人でもそんな汚いことしないよ(-.-;)

412 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 03:33:36 ID:foqazj4B
>>411
スレ違いです。
以下のスレッドから適当と思われるスレッドに投稿してください。

エホバの証人 恋愛観 第十の話
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155426085/
エホバの証人ふざけるな! 51
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157540147/
JW・エホバの証人・ものみの塔関連サイト批評スレ 3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1145291963/
エホバの証人の王国会館 ★第二六会場★
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155030378/
>統一協会・創価学会・エホバの証人問題 2<
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152446063/
”エホバの証人”の集会の事でお聞きしたいです
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146115493/
自分が行くエホバの証人の王国会館を晒すスレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156058710/


413 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 08:34:55 ID:960WXDt2
聖書の会話文なんですけど、会話の文末、”」”が付いてから”。”になってますよね。
これって、日本語の文法的に間違いなのではないですか?
学校では、”。”が付いてから”」”とするように指導されたと思うんですけど。

414 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 10:15:57 ID:0uzhVnaL
>>413
日本語の規則として、間違っていません。
逆にあなたのおっしゃっているのは、文学作品に特有の(枚数稼ぎ目的の?)書き方です。
その場合、会話部のみの独立した文が改行されて始まり、
会話が続くなら「」ごとに改行し、
さらに通常文に戻る際にもまた改行されることが、合わせて要求されているはずです。
学校の作文は驚いたことに、そんな例外的なものの作法を教えています。

聖書のように改行もなく台詞と地の文が入り混じっている場合、
「」内は文中の従属節という扱いになります。
したがって「」内終端には句点を打たず、主節の終点に句点を打ちます。
「」だけの文でその後ろに句点がある場合は、『誰誰は言った、』とでも復元される
省略されている主節の終端を示す句点が
文全体の終端を示すものとして「」の外に打たれたものです。

415 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 11:42:28 ID:960WXDt2
>>414
なろほど。ありがとうございます。
学校で習った例の方が特殊なんですね。

416 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 18:07:36 ID:yRrJIqM9
どうしたらエホバの証人、統一教会、モルモン教、創価、仏教、神道を
日本から消し去ることが出来るのか?

417 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 19:38:50 ID:wr7W0rgP
日本が赤くなれば消し去ることができるんじゃない?w

418 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 20:21:04 ID:w0XzOJFi
>417  日本の垢化ですね

419 :名無しさん@3周年:2006/09/08(金) 21:32:45 ID:DsXQ2kLO
>410さん
ありがとうございます

420 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 00:11:43 ID:JvLVGAm9
こちらには教会へ通う方が多いかと思い書き込んでいます。
すいませんが、質問させてください。

私はクリスチャンではありませんが、中高がキリスト教系の学校でした。
プロテスタントの学校でした。宗派?は思い出せませんが…。
長らく礼拝から遠ざかっていましたが、最近個人的に悲しい出来事が多くあり、
色んなことで悩んだり、苦しかったりつらかったりして、
そんなときに中学高校時代の礼拝の時間にほっとしたり落ち着いたり出来たことをよく思い出します。
中高ではあまり真面目に聖書の勉強もしなかったし、
クリスチャンでもないですが、また礼拝に出たいなぁと思うんです。
こんな動機では教会へ行ってはいけないでしょうか。
なんだか、「別にいいんだよ」って言ってくれるような誰かというか何か?が
欲しいような、そんな気分なんです。うまく言えないんですが…。

つまり、「行ってみたいだけ」という不純な動機で
教会にふらっと行ってみても良いものなのか、ということをお聞きしたいんです。
あと、家の側にはプロテスタントの教会もカトリックの教会もあるのですが、
どちらへ行っても構わないのでしょうか?
プロテスタントの礼拝(というか私の中高の礼拝)しか知らないので…。
どなたか答えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

421 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 00:16:47 ID:D+h1WCVE
>>420
当方カトリックだけど、、「行ってみたいだけ」というのは動機として別に不純じゃないと思いますよ。
動機なんてある意味なんだっていいんです。

カトリックの場合、ミサにでても放置されてしまう傾向にあるので、神父に尋ねて聖書の勉強会か何かに出てみるのが
教会に早く馴染む一番の方法かも?

422 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 00:34:06 ID:9lkRi3eZ
>>420
また礼拝に出てみたんですよね。
カトリックの場合はミサですが、祈りたい方ならどなたでも歓迎です。
一つ気をつけて頂きたいことは、聖体拝領はカトリックの洗礼を受けた方しかできません。
祝福は受けられますので列に並んで手を出さず頭を下げれば司祭が祈ってくれます。

森の教会 カトリックってなあに?
ttp://www12.ocn.ne.jp/~orchid/KyoukaiTOP.html


423 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/09(土) 08:02:31 ID:TwnPlrOV
>>420

今あなたは確実に神様に招かれております。どうぞ礼拝に行ってきて下さい。
いろいろ聞かれるのがウザかったら最初受付の人にひとこと言っておくと安心です。

424 :◆82SSORBSMo :2006/09/09(土) 20:55:49 ID:65aOy6xh
      /      ,r'´ _.. - ― ‐- .._\   l
     /      / ,r'´         ヽl   !
.    /      / /    ,  lヽ 、 ヽ 、ヽ,ノ      
   /       / /  ,  / / , l l l l ! l l i ,ヽ      天使祝詞なんか
.   !      !/   l /_/_/i l| l_l‐ト、.l l l i }      唱えたら
   l       / !   !,/'/レ'l/「!.} レリス| ルl/! ,} }      金縛りに
   l       /く.l i lノ,r'⌒ゝ 'j  ト-i 〉| レlノ|ノ      なりますわよ
    \   /j|l l |〈 ト-ツl     ヽツ !.l      r、
     ヽ__ノ! ! ! l l ト、ヽ_ン    丶""/|      | }
       || l l. l l l.i丶"""   ( 7 ,イ |ノ      | |
       || l | ! ト、ll l `   .,._ /リ!/        { '^'ヽ、
       |l | l ゝ.l_」」,l___l」」___         l     i〉
       || | l |/          // 〉        厂\_/
       |l l l l        / / / 〉       /--、 \
       l l l l l         / // ノ \       / ̄\\ 〉
        l l l l l         / /U    〉、   f−   \ソ
        l l l l lニニニ二二ノ i、     〉、 /__  ヽ. /
        /// l  ト、        L\__   /  ゞ、  `ヽ _〉
.       /// /  jゝ−     イ  /ヽ       ト、  i/
      /// / / }ヽ、     /  /  〉、/   / } _j′
.     l// / / /,ゝ、\     /   ネ、 \    j./
.    // / / ///〉 `       ー一/〉、\ `ー−'′
    l/ / / /ムム.三ニ ニ二三孑/〈  \〉
    / / / / | |┬―‐ヽV/――‐〉〉  }
   l / / //ゝ\__匚|__// `〈
  ノ、/l/   / `‐ー‐ァハ┬―'‐′ 冫}



425 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 21:31:23 ID:zBh5jU6B
田川建三を読もう

426 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/09(土) 22:38:42 ID:t34sTJZi
すっごい素朴な疑問なのですが、
聖霊が来たら、なんかええことがあるのでしょうか?

427 :名無しさん@3周年:2006/09/09(土) 23:09:08 ID:v09sQy4R
>>426
ええことって?
ろりぽっぷさんは礼拝の時に何かいつもと違うと感じたことありませんか。
それって聖霊が来たのかもと思うんですが。



428 :420:2006/09/09(土) 23:43:08 ID:JE+dneZ3
みなさんありがとうございます。m(_ _)m

>>421
ありがとうございます。動機はなんでもいいんですね。
カトリックのミサには出たことがないのでちょっと不安ですが…。
考えて、家から近い教会へ行こうと思います。

>>422
素晴らしいサイトを紹介してくださってありがとうございました。
読んで見ましたが、分かりやすかったです。
カトリックのことは何も分からなかったので、興味が出てきました。

>>423
今度、勇気が出たら行ってみようと思います。
「いろいろ聞かれるのがウザかったら最初受付の人にひとこと言っておくと安心」
とありますが、何か特別聞かれたりするのでしょうか…?
やっぱり見たことない人間がいきなりチャペルにいたら
アンタ誰?と聞かれるということでしょうか。


429 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 00:16:01 ID:kHzbP7oZ
>>423
カトリックですが初めての方と分かればミサの後で、
「教会に来た理由」くらいは聞かれるかもしれませんが、
個人的なことは別に聞かれないと思います。
寧ろ自分から言い出さない限り放置される恐れがあります。

プロテスタントの場合はカトリックよりアットホームかもしれません。




430 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/10(日) 00:18:23 ID:g7kb0r8Z
>>427 今ね。アントニー・デ・メロ「何をどう祈ればいいか」という本を読んでいたのだけどね。
その中になんか、「聖霊を求めましょう」と書いていたもんで、
わざわざ求めるぐらいだったら、聖霊が来たら、なんかええことがあるんかな?と思ったのですわ。

なるほど。明日、礼拝の時、気、付けてようみておきますわ。ありがとうございます。

431 :スットコドッコイ:2006/09/10(日) 00:53:55 ID:Oo37QZqd
ろりぽっぷはスルーで 皆さま

と言いたくなるレスだな。

イエスを主と告白できるのは 聖霊のはたらきなのですわ
あなたが意識できようが できまいが。

あなたが教会に導かれたのも あなたが聖書を三度通読できたのも
朝からカツ丼をおいしく頂けるのも 色んな教会と交流あるのも
ここでこーやって拗ねた発言をできているのも
すべて聖霊のおかげなのですね

432 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 01:58:57 ID:wN/Luiqh
>>420

>何か特別聞かれたりするのでしょうか…?
>やっぱり見たことない人間がいきなりチャペルにいたら
>アンタ誰?と聞かれるということでしょうか。

カトリックでもプロテスタント教会でも初めてとわかれば来た理由は聞かれるとおもうよ。
もちろんわからなければ放置されるかもしれません。
何かあるのなら行った教会の神父や牧師には積極的に告白したほうが具体的な展開を望めるかもしれませんし、
それが>>420さんにとっても救いになるのでは?
「行ってみたいだけ」という理由のうらには色々な苦悩がある。そのことが重要なんです。
もちろん、言えないことまで無理をして伝える必要はないですよ。
頭で考えるようにはうまく進まないかも知れませんが、勇気をだして自分から求めることが大切だとおもいます。








433 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/10(日) 08:51:10 ID:oMU4CZh3
>>420

礼拝終了後牧師が「今日初めて教会に来た方を紹介します」とか言って
新来会者カードを事前にかいてもらうことがあります。記入欄には電話番号
もあるので書きたくない場合は無記入で構いません。いろいろ聞いてくるのは
親切で聞く場合が多いのですが中にはそうでない場合もあるでしょう。
あなたはなぜ教会に来たのか聞かれるかもしれませんが正直に雰囲気が好きだから
といっても良いでしょう。献金は小銭程度で構いません。信仰ある良い兄弟姉妹を
見つけて欲しいと思います。

434 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/10(日) 09:29:56 ID:g7kb0r8Z
>>431 そんな風に、感じていなくても感じていても、
聖霊の働きは存在している、というのなら分かるねんけど、
わざわざ「求める」と書いてあったから、
「求める」ぐらいだったら、なにか、求めたらええことあるんかな、と、
思ったのですわ。
聖霊の働きを実感させてください、とかだったら、分かるねんけどなぁ。

435 :縄文どんぐりクッキー:2006/09/10(日) 10:03:37 ID:4wTqmqwJ
>>434
アタマで「わかる」のではなく、身体で実感されてくださいな。
「聖霊が私のために 働いてくださっていた」と。
すると そんな風に他人事ではなくなりますので。

ルカ11:9-13を再読されてください。
「まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」
父はあなたにとって「良いもの」をご存知です。
あなたが本当に必要とし 心から願い
求めれば「良いもの」を与えて下さるのですね。

もっと主を信頼されてくださいな

436 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/10(日) 14:23:04 ID:6pEzC0s1
>>434
>わざわざ求めるぐらいだったら、聖霊が来たら、なんかええことがあるんかな?

何の冗談かはわかりませんが、長老様がそんなこと知らないとは考えられません。

437 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 14:59:08 ID:hMYcnf0B
キリスト教に興味があり、神様に仕えたいと思っているのですが、
神様のことを考えていたり、聖書の勉強をしていたりすると、
なぜか、今までみたことのなかった害虫が2匹もこちらに寄ってきたり
髪の毛の黒い異国の女性を殴りつける夢をみたりするのです。
私は、神様に仕えることが許されない何かとんでもない大罪を犯しているのでしょうか。
確かに今までは毎朝といっていいほど、仏壇に向かい、ご先祖様と仏に
手を合わせていました。また堕落した生活を送っていました。
こちらが原因なのでしょうか。不愉快な質問で申し訳ありません。


438 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/10(日) 15:02:26 ID:g7kb0r8Z
>>435>>436 すみません。
質問箱にしょうもないことを書き込んで、
ちゃちゃを入れたくなるのは、わたしの悪いくせです。

悔い改めることができるよう、聖霊を求めることにします。
お騒がせして申し訳ありませんでした。_(_^_)_

439 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 15:08:38 ID:ZNUbHgqF
質問です
元彼女がプロテスタントで、しきりに教会に一緒に行って欲しい、
キリスト教に入って欲しいと勧誘してきました。
彼女の信仰は別に良いのですが、自分が信仰する気にはなれないので断りました。
結局それらの不安から彼女から別れを告げられたのですが、
他サイトでも、キリスト教に入ってくれないと別れる、とか
そんなものを見てきたのですが、キリスト、もしくはプロテスタントって
基本的にこういう思想なのですか?

440 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 15:14:29 ID:EtJRMq86
カトリックの方が強いな

441 :縄文どんぐりクッキー:2006/09/10(日) 15:20:51 ID:e1UjRf9I
>他サイトでも、キリスト教に入ってくれないと別れる

見たことないな。。。
エホバとか創価とかでは?

442 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 15:24:48 ID:ZNUbHgqF
http://cgi.biwa.ne.jp/nayami/96/
koredesu

443 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 16:06:28 ID:QNwa56xY
>>438
まぁ聖霊はんがいてはらへんかったら、
マリアはんかて妊娠できまへんしな。w

444 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 16:11:52 ID:VHQpwsoX
どんぐりでクッキーを焼いたことはありますか?

445 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 16:30:01 ID:sBKwWDqD
>>439
>>440
カトリックの結婚は秘蹟だからね。
プロテスタントは放棄したけど。

>>439
原理主義的なプロほどカトリックと同じこだわりを見せるよ。
よしんば付き合いを続けても最後には信仰を盾にとるのが原理主義者のいやらしさだね。
奴らは滅びから愛する人を救うんだとか何とか抜かすけどね。

信仰は個人的なものなので、家族も子供も不自然な形で引きずり込むように教育されているような人とは距離をおくことをお勧めします。


446 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/10(日) 16:33:09 ID:6pEzC0s1
>>437
>キリスト教に興味があり、神様に仕えたいと思っているのですが、
>今までみたことのなかった害虫が2匹もこちらに寄ってきたり
>髪の毛の黒い異国の女性を殴りつける夢をみたりするのです。
>私は、神様に仕えることが許されない何かとんでもない大罪を犯しているのでしょうか。

神様は夢や幻を通し予言を与えられます。恐らく2匹の害虫は悪魔で、
黒髪の女性はあなた自身でしょう。悪魔は家族やあなたの生活に紛れ込み
あなたの信仰生活を邪魔するでしょう。あなたの信仰生活は2つの大きな
障害があり簡単ではなさそうです。悪魔は信仰あるもの(この場合あなたです)
に対し攻撃を加える者なのです。でもあなたには悪魔よりはるかに強い
全能の神様がついておられます。何かことあるごとに祈り、必ずや勝利できます。

447 :439:2006/09/10(日) 16:40:05 ID:ZNUbHgqF
>>445さん

回答ありがとうございます。
彼女とは二年半ぐらい付き合いました。
彼女のおかあさんはそうでも無いのですが、彼女はそんな感じです。
キリスト教じゃないと不安、と。
正直、色々な事が曖昧で半端なまま別れたので、そのうち話し合う機会が欲しいなと思っています。
けど、しばらく距離を空けてみます。

448 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/10(日) 16:46:26 ID:6pEzC0s1
>>439
あなたは彼女に対しこう言えばいいのです。「キリスト教を受け入れるか
どうかはあなたの態度をしばらくみてから決めます。」

449 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 16:50:41 ID:sBKwWDqD
>>448
sage進行でお願いします。

450 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:01:48 ID:hMYcnf0B
>>446 長老派さま
>>437です。レスをありがとうございます。
私が神様に受け入れてもらえないのでは、という不安が拭えました。
仏教徒だった私が、突然、神様を信じるキリスト者に囲まれ、祈られながら
死にたい、と感じたのも、神様が私に信仰生活を送るように導いてくださったのだと
信じることができます。本当にありがとうございました。



451 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:22:11 ID:kHzbP7oZ
>>447
プロテスタントではどうか分かりませんが、カトリックでは
他宗教の人と結婚が大半ですが、結婚後に教会に通うようになり
何年後かに洗礼を受けるケースが多いように思います。
気に染まない相手に入信させてどうするのでしょうか。

カトリックであろうとプロテスタントであろうと入信の強要は慎むべきだと思いますが、
あなたも彼女を理解するために一度教会を訪問されてはいかがですか。
一生付き合うのですからお互いの考え方の違いを知った方が理解が進み、
家庭生活も上手くいくのではないでしょうか。


452 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:30:16 ID:nQZW3+lo
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵。∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴: --─- ∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵゜∴∵∴∵∴∵  (___ )(___ ) ∴∵。∴∵∴∵ ゜
∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi ∵。∴∵∴
∴∵☆彡∴∵∵ //[||    」  ||] ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵ / ヘ | |  ____,ヽ | | ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴゚∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴∵∴∵:∴∵∴∵
∴∵∴∵  く  /     三三三∠⌒> ∴:∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧
  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ ムチャシヤガッテ・・・
   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /
   三  |  三  |  三  |  三  |
   ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪
  三三   三三  三三  三三




453 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:31:15 ID:rvfPoNWY
>>439
>しきりに教会に一緒に行って欲しい、キリスト教に入って欲しいと勧誘してきました。
しきりに が問題。キリスト教徒は結婚相手が自分と同じ宗教、宗派を望む人が多いが、
ヒツコクするのはいかがかと。
結婚相手を入信させることができなかったけど結局結婚したって人多い。

>彼女の信仰は別に良いのですが、自分が信仰する気にはなれないので断りました。
勝手にやるのは構わんが、おれを巻き込むなとハッキリ言ってやれ!

>結局それらの不安から彼女から別れを告げられたのですが、
こっちから願い下げだ。テメーの宗教に付き合ってられるか!!

>他サイトでも、キリスト教に入ってくれないと別れる、
そんな人間は選択肢がかなり狭まる。良い人と結婚できる可能性が低くなる。
当然だ。テメーの宗教に入ってくれる人 という絶対条件があるんだから。

>キリスト、もしくはプロテスタントって基本的にこういう思想なのですか?
極々一部の人間だ。全体として捉えないでもらいたい。

元カノを悪くいうつもりはないが、そんな人とケコーンすると後々苦労する。
宗教に凝り固まってる人はヤメトキナサイ


454 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 17:42:15 ID:ttrP9Sww
以下、お間違え無いよう確認して投票下さい。

★宗教板の「好きなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1155901553/

☆宗教板の「キライなコテ」のランキング
http://www.37vote.net/2kote/1157872528/

455 :439:2006/09/10(日) 18:07:24 ID:ZNUbHgqF
>>448
話し合いの折に混ぜて言ってみます、そう言って理解してもらえれば良いのですが・・。
>>451
勿論そのつもりです。友達関係にはなってしまいましたが、
分かり合えなかった事を放置するつもりは無いので・・・。

>>453
それさえ無ければ最高の彼女だったんですけどね・・。
僕は彼女のキリストに対する信仰心や考え方が、「カルト的だ」とさえ
言った事があります。言葉は悪かったかもしれませんが、
それだけ、このままで大丈夫かと思わせるものがありました。
別れる時、彼女のお母さんは無宗教の父と結婚してるので、その事を問いただすと、
「お母さんと私は違うもん!」と言って泣いてました。
神様の事となれば、批判すれば激しく怒る事もありました。
他にも、大事な話の最中に思考停止したりと、あまりよろしくない傾向があります。
これら全てを別にキリスト教のせいにするつもりは無いのですが、
彼女の信仰心、考え方に問題があるのではないかと思う事は、付き合っている間に多々ありました。
信仰は個人の自由、と言われれば、僕には彼女に色々言う権利は無いのかもしれませんが、
彼女と付き合った2年半は、「あいつは最悪だった」で割り切れない、
おおむね良い時間を過ごしてきました。
なので、今後どうするにせよ、この事を放置して前に進めないんです・・。

456 :☆⌒゚( ´∀`)゚⌒☆ ◆72BsBsfcPc :2006/09/10(日) 18:12:10 ID:wTcV1/sX
ねえ、祝福バナナってなに?
ご利益あんの?

457 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 18:27:22 ID:BGCTRP/O
すいません、「予定説」についてお聞きしたいのですが。

キリスト教では神に救われるかどうかは神が既に予定されてるじゃないですか。
そして自らが救われているかどうかは人間は絶対に知ることは出来ないと。
ただ、救われている人間は無意識にそのような行動をとるであろうと。

ここで何ですが、ならばなぜキリスト教を布教せねばならないのでしょうか?
上記の理屈でいくと、「神を信ずる」という信仰について、救われている人間は
他人から布教されなくても自ら気づきそうなもんですが。。。
どなたか教えて下さい。


458 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/10(日) 18:31:45 ID:g7kb0r8Z
>>457 たまには質問箱に貢献しよう。いつもちゃちゃを入れてばかりだから。

え?だって、いくら救いに予定されている人でも、
キリスト教自体知らなかったら、キリスト教、信じようがないでしょう?
だから、布教、というか、伝道するんですわ。

あ。今から出掛けますので、またのぞきますね。

459 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 18:32:15 ID:VHQpwsoX
誰かの伝道によって
知ることになるということが
予定されている

460 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 18:35:36 ID:EtJRMq86
ただより高いものはない

461 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 18:43:09 ID:VHQpwsoX
誰かの伝道によって
イエスを信じることになるということが予定されている。

誰が救われるかは初めから定められており、
生まれた環境によって救われる確率が違っているが、
不平等は全く無い。

人は予定されたときに救われるだけでなく、
予定されたときに罪を犯す。

それによって、人は自分がどの程度の者であるかを知る。
どんな愚か者でも、罪を犯さない限り、
自分の愚かさを知ることがない。

生まれてすぐに死ぬ者や、福音に接することなく死ぬ者の場合は
その程度の人生でも、自分の愚かさを知るには十分だったのである。

462 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/10(日) 18:43:42 ID:6pEzC0s1
>>457
>なぜキリスト教を布教せねばならないのでしょうか?

聖書にかいてある通り福音を述べ伝えることが主の命令だからです。

463 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 18:46:28 ID:VHQpwsoX
誰かの伝道によって
イエスを信じることになるということが予定されている。

人は予定されたときに救われるだけでなく、
予定されたときに罪を犯す。

それによって、人は自分がどの程度の者であるかを知る。
どんな愚か者でも、罪を犯さない限り、
自分の愚かさを知ることがない。
自分の愚かさを知るために人は生かされているのである。

誰がどんな罪を犯すか、救われるかは初めから定められており、
生まれた環境によって救われる確率が違っていても、
不平等は全く無い。

生まれてすぐに死ぬ者や、福音に接することなく死ぬ者の場合は
その程度の人生でも、自分の愚かさを知るには十分だったのである。

464 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 18:48:01 ID:VHQpwsoX
>>462
それはそうだが、
そんな回答では
質問者は納得するものではない。

465 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 18:56:56 ID:VHQpwsoX
誰かの伝道によって
イエスを信じることになるということが予定されている。

人は予定されたときに救われるだけでなく、
予定されたときに罪を犯す。
それによって、人は自分がどの程度の者であるかを知る。
どんな愚か者でも、罪を犯さない限り、
自分の愚かさを知ることがない。
自分の愚かさを知るために人は生かされているのである。
人が自分の愚かさを知るためには、罪を犯すことが不可欠なのである。

誰がどんな罪を犯すか、救われるかは初めから定められており、
生まれた環境によって救われる確率が違っていても、
不平等は全く無い。

生まれてすぐに死ぬ者や、福音に接することなく死ぬ者の場合は
その程度の人生でも、自分の愚かさを知るには十分だったのである。

466 :457:2006/09/10(日) 18:57:47 ID:BGCTRP/O
なるほどありがとうございます。

あともう一つ日常的な疑問なんですが。
人数だけ数えると日本人のうちキリスト教信者は少ないじゃないですか。
ですが、結婚式は教会(宗派問わず。ホテルに備え付けのものも含めて)で
あげるカップルって多いですよね。
で、神を信じていない(=信者ではない)のに神の前で結婚や永遠の愛を
誓うじゃないですか。これはカップルにとっても教会(牧師・神父)にとっても
かなりの矛盾だと思うのですが、キリスト教側からのこれらに関する
見解はどういうものなんですか?
友人の結婚式に行くたびに不思議なんです。。。

467 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 19:01:00 ID:VHQpwsoX
>>457
誰かの伝道によって
イエスを信じることになるということが予定されている。

人は予定されたときに救われるだけでなく、
予定されたときに罪を犯す。
それによって、人は自分がどの程度の者であるかを知る。
どんな愚か者でも、罪を犯さない限り、
自分の愚かさを知ることがない。
自分の愚かさを知るために人は生かされているのである。
人が自分の愚かさを知るためには、罪を犯すことが不可欠なのである。

誰がどんな罪を犯すか、救われるかは初めから定められており、
生まれた環境によって救われる確率が違っていても、
不平等は全く無い。

生まれてすぐに死ぬ者や、福音に接することなく死ぬ者の場合は
その程度の人生でも、自分の愚かさを知るには十分だったのである。

救われることが定められている者であっても、
誰かから伝道されなければ福音に接することはない。

468 :◆82SSORBSMo :2006/09/10(日) 19:18:23 ID:VHQpwsoX
>>466
カトリックは教会の敷地内に、
結婚式場を作って、随分稼いでいる教会が多いようだ。

プロテスタントでは、それに関して
意見が大きく別れる。
普通は、未信者の結婚式場として教会を貸すなんて
ことはしない。
しかし、教会型の結婚式場に行ってアルバイトしている
牧師や宣教師がいるのは事実だ。
未信者の結婚を認めないタイプの牧師や宣教師は、
結婚式場にアルバイトに行く牧師や宣教師を
軽蔑している場合が多い。
外国からやってきた宣教師や、小さな教会の牧師が
生活費を稼ぐには止むを得ないかもしれないが、
良いことではない。

それ以上に問題なのは、教会が女ばかりで男が少なく、
女が教会で結婚相手を探すことが困難だということである。
しかも、未信者との結婚を認めない教会が多いから、
教会は結婚できない女だらけである。

469 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 19:38:02 ID:BGCTRP/O
>>468
そうだったんですか!!!いや、ありがとうございます。
正直自分はキリスト教信者ではないのですが、涜神行為に思えて仕方が
ないんですよね。。

後段の話なんですが。
ですと女性本人は「結婚相手が未信者でも構わない」と思っている人が多い、
ってことですか?




470 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 19:55:16 ID:Od9xWgTQ
まともなクリスチャン女性は仏教の男性と結婚したがらないです。

471 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 20:10:18 ID:CjLmKJkw
クリスチャンの女性は結婚願望がある人が多く、クリスチャン同士がいいという人がほとんどなのでクリスチャンの男性はモテモテでしょうね。

472 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:32:25 ID:BGCTRP/O
>>470
逆を言うと、一般的な日本人が配偶者の宗教・宗派を気にしないというのは
世界でも稀な事情なんでしょうね。

473 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:34:49 ID:ttrP9Sww
http://c-au.2ch.net/test/-/psy/1157800733/544


キライなコテ・ランキングへのリンク先ブロックがかかりました。

急いで「お気に入り」に入れて下さい


474 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:44:36 ID:khqHxfXr
>カトリックは教会の敷地内に、
>結婚式場を作って、随分稼いでいる教会が多いようだ。

結婚式場などありません。
宣教のために、未信者でも講座を受講してある程度キリスト教に対する理解を
得た上で教会のお聖堂で結婚式を挙げてるだけです。
未信者同士の結婚式は秘跡でないのでカトリックの本当の結婚式は挙げられません。
カトリックの神父はプロテスタントの牧師のように結婚式場でアルバイトしません。

創価でさえもキリスト教の悪口ばかりいってるのに教会で挙式したがるのが不思議です。
日本人は神の遍在を信じてるんじゃないでしょうか。
カルトでなければ他宗教の人でも自分の信仰を尊重してくれる人なら結婚相手はキリスト教徒
でなくても構わないと思いますが、将来その人がキリスト教徒になる可能性もあるわけですし。


475 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:56:45 ID:Od9xWgTQ
〉472
そうだと思います

476 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:59:06 ID:477nHNT2
感動したら死ぬスレ
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1157870588/223

(最後までガンバリスト携帯用まとめ)
http://www.geocities.jp/zxlomdmlgm/2ch/gambalist/i/index.html


これ今日知って初めて2ちゃんで泣いたんだぜ
オマイらもがんばって生きて欲しい

477 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 22:00:41 ID:khqHxfXr
>>470-471

まともなクリスチャン女性って何?



478 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 22:01:48 ID:khqHxfXr
>>470-471はプロテスタントだな。


479 :縄文どんぐりクッキー:2006/09/10(日) 22:12:28 ID:ZKLjZygR
プロテスタントというか 福音派だろ

480 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 02:50:47 ID:20LEZllG
>>469
思ってないから、「だらけ」になる。
なにを知りたいんだ?お前?交際板あたりに池や

481 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:17:52 ID:ax13xF8b
 >>430さんの『アントニー・デ・メロ「何をどう祈ればいいか」という本を読んでいた』
が気になったので、彼がヴァチカンから内容に注意を受けていることについてお伝え
しておきます。
 女子パウロ会が出版している『小鳥の歌』『沈黙の泉』などは有名ですが、
デ・メロ司祭の著作には注意を促すヴァチカンの文書が存在しています。初期著作
に見られるタオや仏教思想の影響に触れ重大な害を引き起こす可能性があるもの
として、信仰を堅く保つように注意が要請されているようです。
『CONGREGATION FOR THE DOCTRINE OF THE FAITH
[NOTIFICATION]
CONCERNING THE WRITINGS OF FATHER ANTHONY DE MELLO, SJ』
ttp://www.vatican.va/roman_curia/congregations/cfaith/documents/rc_con_cfaith_doc_19980624_demello_en.html

482 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:29:36 ID:ax13xF8b
 聖霊の問題ですが、自他に正直であるべきだと思います。
祈りの初めに『聖霊(ギリシャ語:ハギオウ プネウマトス)ともにいてください』
『天の父、御子イエスス・キリスト、ハギオウ・プネウマトスにおいて唯一の岩
父である神に。アーメン』で祈りの最後を締めて下さい。と心から偽りなく祈って
みて下さい。祈りがあなたを目覚めさせ、コンピュータ、インターネット、2ch
の虚実に気付かされて離れるのもまた良し、だと思います。

483 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:33:09 ID:20LEZllG
>>481
英語読めないのに書くなよ・・・・読み方間違ってるよ

484 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:36:44 ID:ax13xF8b
 『我』さんが、さかんに予定説を繰り返し書き込みしていますが、予定説の
なんたるかについてよく知らないままに、運命論の詭弁についてG・ネラン
司祭の著作から引用します。

『人類が進歩しなければ、われわれは、プラトンのように、牢屋であるこの
世を避けてイデアの世界に移るか、それとも、絶望的な不条理に陥るか、という
二者択一を迫られる。両者をともに否定するのは、人類の進歩を認めることで
ある。人類が進歩するなら、そこには、その目標がある。一方、その目標に
達しない進歩は真の進歩ではない。よって、人類は必ずその完成に達する。
この推論に欠陥はない。そこから宿命論を引き出すのは、あえて言うが、
詭弁である。その詭弁のありかを追求してみよう。』   つづく。

485 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:37:57 ID:ax13xF8b
>>483
 どの辺?引用して間違っている理解の部分は訂正してくれるとありがたい。

486 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:44:23 ID:ax13xF8b
 該当文では次の文面あたりに自分は目をつけて>>481を書き込みしたんだ
けど。間違いだったらごめん。

7-8行目
Especially in his early writings, Father de Mello, while revealing
the influence of Buddhist and Taoist spiritual currents,
remained within the lines of Christian spirituality.

下から3段落目
With the present Notification, in order to protect the good of the
Christian faithful, this Congregation declares that the above-mentioned
positions are incompatible with the Catholic faith and
can cause grave harm.

487 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 03:47:54 ID:20LEZllG
>>485
全部。

Especially in his early writings, Father de Mello, while revealing the influence of Buddhist and Taoist
spiritual currents, remained within the lines of Christian spirituality. (1para.途中)
But already in certain passages in these early works and to a greater degree in his later publications,
one notices a progressive distancing from the essential contents of the Christian faith.(2para冒頭)

・初期は仏教・タオの影響を公言しながらも、キリスト教的霊性的態度にとどまる。
・キリスト教信仰の基本的内容からの離脱は、初期のある部分の叙述でもみられるけど、
それ以後の出版物で度合いが強くなっていった。

初期よりそれ以降=現在が(より)問題と書いてあるだろ?

488 :484つづき:2006/09/11(月) 03:58:07 ID:ax13xF8b
『人間の進歩に目標があることと、未来が定まっていることとは違う。
前者の次元と後者の次元とは全く異なるからである。前者はオメガ点の
存在を原理として成り立つ。が、この存在は超越的な存在であって、歴史に
おける実在ではない。後者は進歩が必然性によることからくる。あるいは、
人類の進歩は必然的な発展だとすることだ、とも言える。これは前者の
結論ではない。事実、人類の歴史は必然的に発展すると思う人もいる
だろうが、このテーゼの証明はできそうにない。仮にそれを肯定する
とすれば、歴史家は、過去から法則を引き出して、それを将来にあてはめる
ことになる。歴史家は予言者になるわけである。予言者たる歴史家など
というものは、あまり見かけない姿ではなかろうか。さらに、歴史が
ある程度まで必然的であることを認めたとしても、この見方は歴史観と
言われ、歴史という次元の原理なのである。だから、オメガ点という
超歴史的な存在の結論ではない。換言すれば、オメガ点の存在は超時間
的であるのに対して、歴史観が見る人類の進歩は時間的な過程なのである。
オメガ点の存在から宿命論を引き出すのは、次元を取り違えることである。』
                          つづく。

489 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:00:20 ID:HQMoax1T
おまいらせめてsageろや。。

490 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:05:17 ID:ax13xF8b
>>487
 途中の記述として『初期よりそれ以降=現在が(より)問題と書いてあるだろ?』
ということは読めばわかることでしょ。デ・メロ氏が初期から仏教思想などに
触れていることと色々な顛末の末、信仰上ともすると重大な害を引き起こす可能性
があるということを示唆している文章、という意味でソースも提示している
わけだし>>481の書き込みで粗方いいでしょ。英語ができるのなら、全訳をきちんと
ここに挙げてくれると助かる。是非、お願い。こっちは英語ちょっとしか出来ない。
説明を端折り過ぎた点があったらごめんね。じゃ。

491 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:07:47 ID:ax13xF8b
>>489
 野次、荒らしは、別スレにどうぞ。

492 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:11:07 ID:20LEZllG
>>490
?「初期著作に見られるタオや仏教思想の影響に触れ」。こういう風に書くと
初期著作じゃなきゃ大丈夫って読む人が出るかもしれないのがわからない?
自分が英語できないなら英語のサイトとかを半可通に引用せずに、信頼おける日本語サイトを紹介すべき。

493 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:13:38 ID:20LEZllG
>>490
あと、それがカトリック教義上、どう問題になっているのかを解説しないで
ヴァチカンがなにやら問題だって言ってる、みたいなのは神学否定・単なる思考停止の煽りにしかならないのにも
気付くべき。わかった?じゃ。

494 :488つづき:2006/09/11(月) 04:17:45 ID:ax13xF8b
『たとえを使うのは危険かもしれないが、わかりやすくするために、それを
承知で、一つのたとえを使ってみよう。ある人が、死ぬ時には有名になって
いることが、あらかじめ知られているとする。この予知は彼の死に方について
何も教えてはくれない。この人は、若いうちに無実の罪で処刑されることも
ありうるし、大集団のリーダーになって暗殺されることも、また、高齢に
達して畳の上で死ぬこともありうる。つまり、死ぬときに有名であるという
ことの予知は、その人の人生行路、その死に方を少しも明らかにしないし、
まして、それを決めはしない。同様に、人類がオメガ点に到達することは、
人類の進歩の過程を教えたり、それを定めたりするわけではない。
 だが、この反論はなぜ合理的に見えるのだろうか。詭弁があるとすれば、
この詭弁を覆う謬見それ自体をあばかなければなるまい。実は、この詭弁は、
時間という次元が存在しない場合に、あたかもそれが存在するかのように
考える錯覚にある。実際、事物が存在しない限り、時間性は存在しない。
将来、すなわち、ものがまだ存在しないところには、時間も存在しない。
その存在しない時間の次元に目標を置くことが、詭弁なのである。』
                G・ネラン氏著作より抜粋。

495 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:26:04 ID:ax13xF8b
>>492-493
 きちんと訳を挙げることも出来ないのは、そっちじゃないの?

>英語できないなら英語のサイトとかを半可通に引用せずに、信頼おける
>日本語サイトを紹介すべき。

 日本語サイトがどこにあるのか自分は知らない。あなた挙げること出来る?
自分に出来ないことを訳を含めて人に要求するばかりでは無責任だよ。わかる?

>カトリック教義上、どう問題になっているのかを解説しないでヴァチカンが
>なにやら問題だって言ってる、みたいなのは神学否定・単なる思考停止の
>煽りにしかならないのにも気付くべき。

 こっちはヴァチカン文面を紹介しているだけだよ。解説の必要なんか
書かれていることを読むのが先、ソースページも明示している。単に
ヴァチカン文書への紹介をしているだけなのに「カトリック教義上、
どう問題になっているのかを解説」する必要なんか無いよ。質問箱なの
だから質問があったらそれには応対すればいいこと。自分の中途半端な
こちらへの「煽り」を棚に上げて「神学否定・単なる思考停止の煽りに
しかならないのにも気付くべき。」とは随分な書き込みだね。じゃあね。

496 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:28:53 ID:20LEZllG
だめだこりゃ。じゃあなにも書かずに単にポインタだけで紹介しろよ。
そういうことだ。

497 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 04:35:32 ID:ax13xF8b
>>496
『信頼おける日本語サイトを紹介すべき。』などと講釈垂れるのは無責任だし、
迷惑、止めろ。
 「ポインタだけで紹介しろ」ということの意味がわからない。ポインタの定義は?
君の意識は普通よりズレてるよ、多分。

498 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 05:45:51 ID:foYTiqQU
しょうもない質問で申し訳ないのですが、自分の外見が嫌いで、毎日悲しいです。
キリスト教徒の皆さんなら、このような場合どのように受け止めますか?
もし良ければお答え下さい。m( __ __ )m

499 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/11(月) 07:01:06 ID:xhxnmVc/
>>498

あなたの外見をデザインしたのは神様です。神様は何か理由があって
そのようにしたのだと思います。

500 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 07:07:46 ID:gTGmHvsp
X-MEN に出てきた。

死の陰の谷を行くときも
わたしは災いを恐れない。
あなたがわたしと共にいてくださる。
あなたの鞭、あなたの杖
それがわたしを力づける。
(詩篇23-4)



501 :498:2006/09/11(月) 07:26:34 ID:foYTiqQU
>>499
お答え下さり有難うございました。m( __ __ )m
ブサイクな外見でも、それも神様がこしらえてくれたのだと思うと、
何か許されたような気持ちになりますね。
どうしてなのか神様が教えてくれたならもっと救われるような気がするのですが。

502 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 07:27:50 ID:/7UBaXq7
質問です。カトリックの典礼聖歌のあわれみの賛歌207番、栄光の賛歌208番、
感謝の賛歌209番、平和の賛歌210番のCDがほしいのですが、見当たりません。
情報をご存知の方よろしくお願いいたします

503 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 09:26:33 ID:WtquHvYd
>>501
あなたの存在自体が神の意味のある創造なのです。
あなたは神の祝福を受けています。
アーメン

504 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 10:09:11 ID:1Fg3Fsvx
キリストって女じゃね?
河原でヨハネから受けた洗礼はセックスで
処刑は陣痛
腹から出た水は破水
洞窟の中で復活したシーンは産道から出てきた子供
目撃したのは産婆さん

オレの疑問に真面目に答えてくれ

505 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 10:25:21 ID:YH8cKF2R
>>504さん
論外
マタ1、23

506 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 11:06:48 ID:9HIsfc1j
中世ヨーロッパの錬金術師は錬金過程をイエスの生涯(ミサの祭式)になぞらえ、
復活したキリストは両性具有だと説明するが、そのことをいいたいのか?

507 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 12:05:10 ID:1Fg3Fsvx
>>506
身近な復活行為と言えば妊娠〜出産じゃないか?
両性具有?
何を言っているんだ?
神とは摂理だろ?
自然の摂理に両性具有の人間は想定されていない
自然の摂理はセックス→妊娠→出産だ
違うか?

508 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 12:37:06 ID:vC9MjOOq
すいません、聖書の記述なんですが教えて下さい。
新約聖書・マルコによる福音書・第11章・24
「だから、言っておく。祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。
 そうすれば、そのとおりになる。」

良い言葉ですね。この解釈なんですが、
祈り求めるものが結局得られなかった場合は、結局(祈った本人は)信じてなかった。
だから得られなかった、こういう解釈で良いですか?


509 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/11(月) 12:44:37 ID:lMGu3P8L
>>508

祈り求めるものが神様の御旨にかなうものではなかったということ。

510 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 12:45:58 ID:FgKcOdB6
>>501
アメリカでの話なのですが、真面目に日曜に礼拝に行く人の方が、そうでない人より
肥満傾向が高いそうです。
自己肯定傾向が強く、あるがままを受け入れるので、太ったことを醜いと思わず、
人目を気にせず、神の与えたもう食欲に忠実であるから・・・だそうです。

511 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 12:50:06 ID:vC9MjOOq
>>509
なるほど、ありがとうございます!
私は全く誤読してました。

512 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 13:12:50 ID:WtquHvYd
>>510
それは怠惰だ。
律法を守った上でのゴスペルであーる。

513 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 13:21:22 ID:1Fg3Fsvx
再度質問

キリストって女じゃね?
河原でヨハネから受けた洗礼はセックスで
処刑は陣痛
腹から出た水は破水
洞窟の中で復活したシーンは産道から出てきた子供
目撃したのは産婆さん

オレの疑問に真面目に答えてくれ

514 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 14:14:35 ID:Jg1bBj0a
>>513さん
>>505で既に回答済みですよ。


515 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 14:20:09 ID:FgKcOdB6
以前、ヨイド純福音教会が、各日本語訳聖書の全文をネット上に掲載
してましたけど、あれはもう無くなってしまったのでしょうか。
ネット上で読める聖書(注解等は不要)の良いサイトはありますでしょうか。
インターネットで聖書が読めるのは伝道的であると思うのですが、やはり、
いのちのことば社等の権益に関わるからなのでしょうか。

516 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 14:35:55 ID:1Fg3Fsvx
>>514

わからないならわからないと答えろよ

517 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 15:15:02 ID:2fdhIvP1
>>516マタイの福音書一章18節から25節までの引用
0118> イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。
0119> 夫ヨセフは正しい人であったので、彼女のことが公になることを好まず、ひそかに離縁しようと決心した。
0120> 彼がこのことを思いめぐらしていたとき、主の使が夢に現れて言った、「ダビデの子ヨセフよ、心配しないでマリヤを妻として迎えるがよい。その胎内に宿っているものは聖霊によるものである。
0121> 彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
0122> すべてこれらのことが起こったのは、主が預言者によって言われたことの成就するためである。すなわち、
0123> 「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
0124> ヨセフは眠りからさめた後に、主の使が命じたとおりに、マリヤを妻に迎えた。
0125> しかし、子が生まれるまでは、彼女を知ることはなかった。そして、その子をイエスと名づけた。
http://www.wcsnet.or.jp/~m-kato/bible/matthew.htm
イエスは男性です。

518 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/11(月) 15:15:39 ID:lMGu3P8L
>>513
>キリストって女じゃね?

 キリストは男性です。

519 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 15:25:31 ID:1Fg3Fsvx
>>517
その文章は何回も読んだよ
オレが疑問なのは
神とは摂理だ
摂理であるはずの神が、何故自然の摂理通りに生きなかったのか?
ということだ
答えられるか?

520 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 15:50:42 ID:Jg1bBj0a
>>516
分からないわけではなく、福音書を見るに
「イエスは男性である」
と結論される、ということです。
>>517の箇所は何回も読まれた」とのことですが、どうぞいま一度ご再読を。

また、>>519についてですが、神は(イエスは)自然の摂理「そのもの」ではなく、摂理をも定められた方です。
であるので、摂理や自然法則からも自由な方であられます。
イエスは数々の奇跡をなさいましたし、復活は「イエスは自然法則や摂理を超えた方である」ことの究極の証示でもある、ともいえますね。

521 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 18:25:37 ID:W515pP9k
宗教法人じゃない教会の献金とかの税金ってどうなってるんですか?
教会は献金の分は税金払わなくてよい?


522 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 19:04:51 ID:72yjg8eF
質問

イエスは追いはぎにあって倒れていた人を助けたサマリア人を
大層評価していた。いわゆる善きサマリア人の例えだ。しかし
ここでふと疑問に思うことがある。このサマリア人はイエスに
よって真の隣人であると評価されたわけだが、しかし洗礼を受
けていない異教徒であるこのサマリア人は、果たして救われる
のだろうか?

523 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 19:26:01 ID:L7CoMePP
>>522さん
気づき 行う事=信仰です。

524 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 19:31:00 ID:zzE29G2M
>>519
オレが疑問なのは
神とは摂理だ
摂理であるはずの神が、何故自然の摂理通りに生きなかったのか?
ということだ
答えられるか?

<神の摂理とは、愛と英知で万物(その被造物)を治められる
 ことである。宇宙万物は、神の「愛」と「英知」の器です。

525 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/11(月) 19:47:48 ID:O8IZ8DKY
>>522

難問につき神のみぞ知るとさせて頂く。個人的な能書きとしては
まずこの話はたとえ話であり、もし実際こういう人がいたらどうなるか
という前提で言うとイザヤ56章6、7節あたりに異邦人でも救われる
事が書いてあります。それでやや強引ですがローマ13章10節に愛は
律法をまっとうしますと書いています。つまり救われると思います。

526 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:00:06 ID:MvN7jrPh
>>524さん
>摂理通りに生きなかったのか?
どこが?


527 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:02:20 ID:XKJ5IWNH
>>521
宗教法人でなければ、牧師は個人事業者として確定申告することになります。
単にキリスト教をビジネスにしている、というだけのことです。

528 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:16:33 ID:Rwwpe+3T
>>526
宇宙のすべてが神の愛の器なら
結婚して子供を設けることは摂理じゃないのか?

529 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:17:24 ID:MvN7jrPh
>>534さん
主ではない人のことばを信じているのかな?

530 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:27:04 ID:MvN7jrPh
>>528さん
「子供を設けなさい」
イエスがいってますか?

531 :529:2006/09/11(月) 20:43:23 ID:MvN7jrPh
>>534さん ×
>>524さん ◯

532 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 20:47:12 ID:KPgL4GMr
>>515

ebible 日本語聖書検索サイト



533 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 21:16:09 ID:zzE29G2M
宇宙とその個々全体は、(神の愛)と(神の英知)をとおして
つくられました。これはこの世で見えるありとあらゆるものから
も確認がとれます。樹木にしても種にしても実にしても葉にして
も驚くべき秩序でできています。しかも見えない内部こそ一層
すばらしい。もし、霊的に考えてみたいと思われるなら、その中
にひとつの英知があるのが見つけられます。以上はタネの力では
なく、この世の太陽の力でもなく、無限の英知を持つ創造神の力
がタネの中にあるのがわかります。神は万物の中に遍在されてい
るのがわかります。


534 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 21:40:07 ID:IKINJChb
>>521に加えてお訊きするのですが、献金に対して受領書を出さないものなのでしょうか。
月一の什一献金のように大きな献金の場合、不正防止もかねて受領書を書くべきと考えるのですが。
この場合、収入印紙の貼付が必要になりますか?

535 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 22:15:45 ID:vC9MjOOq
キリスト教信者(特にプロテスタント)の方にお聞きしたいのですが。
ヴェーバーの学説によって、
「プロテスタンティズムの倫理」が「資本主義の精神」を生み出した
事が経済学では定説になってます。

そこでなんですが教会等で信者の方と話をされる中で、「実感」として
資本主義の精神を身につけていらっしゃる方が多いと感じますか?



536 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 22:18:04 ID:zzE29G2M
>>522
隣人愛そのものは、その人物を愛するのではなく、その人の内に
ある善を愛することです。慈善をしめしたサマリア人は救われる。

537 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 22:34:09 ID:Rwwpe+3T
>>530
からしなの種の中に天界の力が宿るなら
子供を作ることは摂理でないのですか?
神の業が愛と英知であるならば、十字架にかけられるのはどのようなことなのでしょうか?
説明して下さい
神を語る人よ

538 :宮崎希美 ◆55nynIr58w :2006/09/11(月) 22:46:11 ID:4X/QzUBB
>>534
のぞみが行ってたプロテスタントの教会、月定献金は月謝袋を使用。
お捧げしたあと、受領印押された袋で返ってきた。

539 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:07:59 ID:yJknY2zE
>>535
>ヴェーバーの学説によって、
>「プロテスタンティズムの倫理」が「資本主義の精神」を生み出した
>事が経済学では定説になってます。

>。。。「実感」として(略)

ここが結構飛躍してるので答えられないとおもいますよ。
まずは、ヴェーバーの学説の理解をもう少し深化させたほうがいいのでは。

540 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:27:47 ID:szJlZ7MX
>>535
そんなもん読む前に内村鑑三よめば?

541 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:47:33 ID:vC9MjOOq
>>539
誤解を与えるような質問ですいませんでした。
ヴェーバーの学説をもう少し深化させろ、というところは飛躍しすぎですよ。
私がヴェーバーに関して無知なことをどこに書いているんでしょうか。
>>540
内村鑑三も読みました。
ですが、今ここではヴェーバーの説とは関係がありません。
従って、ご返答は単なるあなたの好みであって意見ではありません。

542 :名無しさん@3周年:2006/09/11(月) 23:57:28 ID:WI2HBoIV
>>541
横からですが、1.そもそも「定説」かどうかには異論があるし、2.また理念型を現実適応させるのは変だし、
3.資本主義勃興期のエートス論を現代社会のプロテスタンティズムと関係付けようとするのは無理があるし、云々。
一体だれの本を読んでそのような理解に到達したのか逆に知りたいです。

543 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:01:53 ID:tlig8/Mg
>537
>神の業が愛と英知であるならば、十字架にかけられるのはどのようなこと
なのでしょうか?

<主が、十字架上の苦難により、ご自身を義となさった(あがないのみわざ)
とは、霊界で行われた最後の審判のことで、そのとき、善人と悪人、ヒツジ
とヤギに分けられました。龍に味方するケモノと行動をする連中は、天界から
放逐されました。ふさわしい者からなる新しい天界が造られ、ふさわしくない
者達からは、地獄が造られ、天界と地獄の両方にわたって、万事秩序を取り戻
しました。

あがないとは、以上のような、みわざのことで、主はこうして、ご自分を義と
なさいました。「義」とは神の秩序によって万事をととのえること、秩序には
ずれたものに、秩序を回復されることです。
「見よ、わたしがダビデのために一つの正しい技を起こす日が来る。かれは王
となって、世を治め、、、正義を世に行う。、、、その名は(主はわれわれの
正義)ととなえられる。」(エレミヤ23.5、6 33.15、16)


544 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:13:54 ID:52t2aYm1
今、愛について知りたいので教えてください。初心者にもわかる感じでお願いします。

隣人愛というのは、自己中心的な生き方の正反対であり、自己のエゴを無くす事と考えるのですが、無償の愛という要因もあるとらえても良いですか?

545 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:22:51 ID:/SgkrOCy
>>543
霊界で起きたことが
地上に顕れるとするなら
十字架にかけられるイエスのどこが善いものと悪いものをわけたことを表しているのですか?
人間の出産の霊的な意味は何でしょうか?

546 :521:2006/09/12(火) 00:27:09 ID:fW91dI4l
受領書なんてものもらったこと無いです。
たぶん建築献金で多く献金してる人ももらってないと思います。
私の推測なんですが今行ってる教会は建築献金(今3000万ぐらいたまってるみたいです)
がそういう献金は申告してないと思います。
これって脱税になりますか?


547 :縄文どんぐりクッキー:2006/09/12(火) 00:29:32 ID:asn0uujO
>>544
ひょっとすると理屈ではないのかもです。

誰かがバイクでこけて怪我をしていた。
思わず大丈夫ですか、と駆け寄り
安全な場所に寝かせたり 救急車を呼んだり・・・と。

身体が自然に動いている それが隣人愛かもですね

548 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:41:25 ID:52t2aYm1
>>547

なるほど‥。
例えば、ナイチンゲールなどは、隣人愛の精神を心にもっていたということになります?

実は私は医療関係の学生で、全人的医療には愛が必要であると考えていて、その裏付けというか‥‥詳しい人の意見が聞きたいのです。

549 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:47:23 ID:tlig8/Mg
>>544
自己愛(エゴ)とは、自分だけが眼中にあり、他の人はとるに足りないか、なきに等しいものの性格です。
もしある人を多少なりとも評価するとすれば、自分を尊敬してくれるか、あがめてくれる人に限られます。
つまり、自分自身をあがめ、自分をあがめてくれなければ、人には何の好意も寄せない性格です。

そのような自己愛の奥底には、偉大なるもの、出来れば元首、あわよくば神になりたいという欲望が隠され
ています。また、地位とか名誉のための地位や名誉への愛とは自己愛のことです。富や財産への愛のために
する愛は世間愛のことで、まさにどんなやり方であろうと、他人の持っている善益を所有したいと思う愛の
ことです。
これに対し、天的愛と隣人愛は真っ向から対立しています。前者は、地獄を形成し、後者は天界を形成して
います。真の信仰を持つ人は、これを信じますが、神を否定し、人知と自然しか認めない人は、これをあざ
笑います。いずれを信じるかは、人は自由です。神は、人を神の雛形として創られたのですが、神のロボッ
トとしてつられたのではありません。人の自由意志をそこなわないため、悪は許されていますが、人の意思
と理性に常に働きかけをされ、それにより、悔い改めが出来ることを願い、人は誰も皆、天界に行けるよう
に願っているとの事です。




550 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 01:14:03 ID:tlig8/Mg
>>544
霊界で起きたことが地上に顕れるとするなら十字架にかけられる
イエスのどこが善いものと悪いものをわけたことを表しているのですか?
人間の出産の霊的な意味は何でしょうか?

<主のみことばを聞き、善良な生活をする者は、天界に行き、それを行わな
 い者は地獄にいくと言うことを教えられたことにあるのではないでしょうか。

<神はご自分の像として人を創造された。神の像として創造された。(創世記1.27)
像という言葉が二回でてきます。理性に属する信仰の面での像を、「ご自分の
像」といい、意志に属する愛の面での像を「神の像」といい、霊的人間では、
神の像が後からきますが、天的人間では、神の像が先にきます。 
神が、人を創られた目的は、人をみな天界に住まわせることです。



551 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 05:04:59 ID:/SgkrOCy
>>550
神のみことばを聞くだけなら十字架にかけられる必要はない

後半はわかる気がするが
神々の像として〜、神の像として人間を創った
が正解
もう一度約して下さい

552 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/12(火) 06:14:21 ID:5MlzPtBP
>>544
>隣人愛というのは、自己中心的な生き方の正反対であり、自己のエゴを無くす事
>と考えるのですが、無償の愛という要因もあるとらえても良いですか?

いいですよ。愛には種類があり隣人愛は紛れも無くアガペーです。



553 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 10:29:19 ID:hRxxe0ZC
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵。∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴: --─- ∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵゜∴∵∴∵∴∵  (___ )(___ ) ∴∵。∴∵∴∵ ゜
∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi ∵。∴∵∴
∴∵☆彡∴∵∵ //[||    」  ||] ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵ / ヘ | |  ____,ヽ | | ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴゚∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴∵∴∵:∴∵∴∵
∴∵∴∵  く  /     三三三∠⌒> ∴:∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧
  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ ムチャシヤガッテ・・・
   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /
   三  |  三  |  三  |  三  |
   ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪
  三三   三三  三三  三三


554 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 11:34:07 ID:3sfeLDUO
キリストを信じる者は塩である。しかしなぜ塩であり、砂糖ではないのか?
どうぞ、ご説明ください。

555 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 11:35:52 ID:3sfeLDUO
神の愛というのは塩ですか?
砂糖ではいけないのですか?

シンキング ターイム!

556 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 12:23:58 ID:LRV3eQ2M
>>554-555
へー興味深いねw
まず君の考えを聞かせてよw

ニヤニヤ(・∀・)

557 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 12:58:13 ID:3sfeLDUO
>>556 ニヤニヤ(・∀・)

はい、他はいませんか?

558 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 14:50:55 ID:M43C7+r4
ちんちんいじってないで仕事しろよ

559 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 15:50:30 ID:v+S6BqR4
>>554さん
唯単に味のある小さい粒のたとえじゃないの?
時代的に砂糖が今のさらさらでなかったからじゃないのかな。
それと  神の愛=塩ではないよね
塩気=信仰かと

560 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/12(火) 16:02:21 ID:ciZqB/ut
>>554

>しかしなぜ塩であり、砂糖ではないのか?

当時の塩の使われ方として冷蔵庫のないイスラエルは、塩を食物にかけ
腐るのを防いでいた。塩は食べ物を生かす大切なものであった。塩が
無ければ人は食べるに困ったであろう。塩は命を守る意味があるのである。
これは砂糖では代用がきかないのである。

561 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 16:04:08 ID:LRV3eQ2M
>>559さん
>>554にまともに回答する必要はありませんよ。
明らかに「ちょっと思っただけ」のことを書きなぐってるに過ぎませんから。

自分の考えも示せないぐらいのね。

562 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 16:05:05 ID:LRV3eQ2M
あ、>>560さんもね。

563 :522:2006/09/12(火) 16:56:59 ID:+LRF91fH
>>523
>気づき 行う事=信仰です。

いまひとつ意味がわからないが、キリスト教の教えによれば、人は信仰によっ
て救われるのであって、行為によって救われるのではないのでは?たとえ正
しい事を行ったとしても、信仰がなければ救いにはつながらない、と。

では、正しい、美しい行為が、信仰によってもたらされたものでないとすれ
ば、それは何によってもたらされたのか?という考察が聖書にはない気がする。
それとも異教徒の行いで正しいことなど一つもない、とでも言うのだろうか。
いや、これでは善きサマリア人の例えが話として成り立たなくなってしまう。

564 :522:2006/09/12(火) 16:58:46 ID:+LRF91fH
>>525
>異邦人でも救われる
>事が書いてあります。

イザヤ書には異邦人であっても、「主のもとに集ってきた」者であれば
ある程度平等に扱うと書いてありますな。つまりは改宗前提の話。
ローマの使途への手紙にしても、「信じるものすべてに義をもたらすた
めに」と書かれているが、これは神を信じていても、神の義を知らなけ
れば十分ではない、といっているに過ぎず、神を信じていないものは
論外とはっきり言っているようだ。

565 :522:2006/09/12(火) 17:05:23 ID:+LRF91fH
>>536
>隣人愛そのものは、その人物を愛するのではなく、その人の内に
>ある善を愛することです。慈善をしめしたサマリア人は救われる。

言葉としては美しいが、しかし実際どうなのだろう。その善はどこから
やってきたのか、という問に対しては、−神から−、という答えが恐らく
帰ってくるのだと思うが、しかし異教徒であるサマリア人の中に、神から
もたらされた善が存在するのだろうか?あるとすれば、いかなる根拠によ
ってそういえるのだろうか?

566 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 17:11:04 ID:3sfeLDUO
>>559-560
真剣にお答えいただいた皆さん 大変感謝です。
もしもキリスト者の「地の塩 世の光」について論文なり説教なりしようと
思ったら、どんな味付けにしますか。なぜ光なのかはわかりやすい喩えだといえます。
でも塩はなぜ塩なのか? 考え始めると、なぜ羊なのかという謎解き同様に夢中に
なってしまいます。

それで ID:LRV3eQ2Mさん ニヤニヤ(・∀・) の失礼な態度を横目にしながら自分の最終結論
は何だったかと言いますと、たぶん塩の産地だったから。牧羊地帯だったから。自然の
移り変わりをイエス様が深い観察を通してご覧になっていたからだとあいなりました。
砂糖と塩のちがいを考えますと、角砂糖というのはあっても塩まるごと食すってチョット無理。
せいぜい舐めるくらいです。やっぱり隠し味ていどでいいのじゃないか、私らはと、思いました。

こうして身近なものから多くのことが語られるくらいですから、天の御国は想像以上に肥沃なのです。
サヨウナラ。



567 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 17:45:26 ID:+LRF91fH
>>535
キリスト教徒ではないが、マックス・ウェバーについて少し。

プロテスタントは資本主義を目指していたわけでも、資本主義的であった
わけでもない。よって、プロテスタントの教えから、思いもかけず資本主
義の精神を「実感」することができた、なんてことはまずない。

ウェバーの学説の最もユニークな点は、「プロテスタンティズムの精神」
と「資本主義の精神」はまったく別個の概念であり、原理的に言えば信仰
心と資本主義(=合理主義)は対立する概念であるにも関わらず、両者は
その根本では関連しあっている、というところにある。

568 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 18:16:02 ID:J5Yb1KZ7
>>563さん
信仰と隣人愛の大事さは
マタ22.34-40


569 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 18:25:02 ID:FqC+Y4l1
>>560
塩漬け、砂糖漬けのどちらでも長期に食品を保存できます。油漬けもOKです。

570 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/12(火) 18:28:54 ID:ciZqB/ut
>>569

当時塩はたくさん採れますが、砂糖はそんなに採れません。
塩が保存に用いられらのです。だから砂糖でなく塩なのです。

571 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 18:32:28 ID:7rVwzIo7
>>566さん
> こうして身近なものから多くのことが語られるくらいですから、天の>御国は想像以上に肥沃なのです。
たとえ話しですよ
マタ12.10


572 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 19:58:55 ID:GQWCQ5Ck
>>565
その善はどこからやってきたのか、神からもたらされた善が存在するのだろうか?
あるとすれば、いかなる根拠によってそういえるのだろうか?

<主のうちにこそ(神の愛)と(神の英知)があります。この二つは、主から発し
て一のものとしてはたらいています。宇宙万物は(神の愛)と(神の英知)を受け
る形相です。すなわち「愛」と「英知」は人の意志と理性に流れ込み、人の精神(心)
をつくります。
善というと(愛の善)、真理というと(英知の真理)のことです。ですから愛は自ら
のものをすべて善とよび、英知は自らのもをすべて真理とよんでいます。自然界の
太陽が、善人にも悪人もその熱と光で照らされるように、霊界の太陽神であります
主から、神の愛と英知は発せられ、善人にも悪人にも照らされます。善人は神の愛
を善とし、神の英知を真理として受け取り、悪人は神の愛を悪に、神の英知を偽り
に変えます。何故そうなるかと言うと、それは受け取る側の姿勢です。善を悪に、
真理を偽りにするのは、自己愛(エゴ)の働きによるものです。自己愛とは悪その
ものだからです。





573 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 21:07:44 ID:DCF3cWyb
海外の教会には数回行きましたが日本の教会は未経験のノンクリです。

ミサに出ると最初にみなさん聖歌を歌われますが
私は曲も英語もわからないので黙ったままだったのですが
日本の教会初心者さんはどうやって覚えるのですか?
譜面みたいなものは貰えたりするのでしょうか?
くだらない質問ですみません。

574 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/12(火) 21:13:56 ID:ciZqB/ut
>>573

一年も通えば自然に覚えます。聖歌や賛美歌はだいたい使うのが決まってる
ので、急ぐのであればキリスト教のお店でCDやテープを買うのが良いでしょう。

575 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 21:34:40 ID:mULoaM8b
>>573
カトリック教会で歌う「典礼聖歌」集が教会に備え付けてあるので
それを借りればいいです。
ミサで歌われる聖歌のbヘ祭壇の近くにある掲示板で示しています。



576 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:05:28 ID:SVHuIRvE
>>554
>キリストを信じる者は塩である。

そんなこと聖書には書いてありませんよ。
勝手に聖書を書き換えてはいけませんね。

イエスはユダヤ人の使徒のことを地の塩と言ったのです。
彼らによって、全人類はユダヤ人としての味をつけられるからです。

救いがユダヤ人を通して全人類に及ぶということです。
塩気のないもの、というのは信仰を無くしたユダヤ人のことです。

教会では、こうしたことは決して教えてくれないでしょう。

577 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:10:25 ID:JcxMh6sR
>教会では、こうしたことは決して教えてくれないでしょう。

早い話がキミの自説ってわけか・・・

578 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:13:52 ID:SVHuIRvE
>>577

教会では、誰一人、このイエスの言葉を理解できていない
ということだろうと思います。

579 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:16:28 ID:SVHuIRvE

この程度のことは、
聖書を素直に読むならば
誰でも理解できることなのだと思います。

けれども、聖書を無垢な気持ちで読むことは
案外、誰にでも出来ることではないのです。

580 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:18:57 ID:q26dXSiA
とんでもない
イエスはユダヤ人を神殿から追い出す役目を担っている人です

581 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:20:04 ID:SVHuIRvE
>>580

そんなことがどこに書いてあるのですか?

582 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:22:24 ID:q26dXSiA
ユダヤ人もそう認識しています

583 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:23:21 ID:SVHuIRvE
>>582

答えになっていませんよ。

584 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:26:16 ID:SVHuIRvE

僕が何かを書くと、いつもデタラメを書き始める人が現れるのは
本当に面白いことです。
そんなに気軽にデタラメを書ける人が沢山いるということが、
教会がデタラメに溢れているということを裏付けているのです。

だから、本当の聖書を学びたい人は注意してください。
イエスは、蛇のように聡く、鳩のように素直であれ、と言われたことを
わたしたちは肝に銘じておかなくてはなりません。

585 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:28:51 ID:SVHuIRvE
>>582

どこに書いてあるのか、早く示してください。
それが出来ないのなら、デタラメを書いたことを謝罪してください。

そうでないと、あなたの投稿で道に迷った人が出た場合、あなたは
神の前で申し開きをしなければならなくなるからです。

気軽にデタラメを書くのは、危険なことだと認識すべきです。

586 :新共同訳新約聖書略解:2006/09/12(火) 22:29:06 ID:sNCbsQGF
>>578
>教会では、誰一人、このイエスの言葉を理解できていない

ダニエルさんの独自解釈は解釈として、標準解釈は
新共同訳新約聖書略解p35
マタイ5:13-16の解説の箇所に、
…マタイは、イエスの言葉を聞く信仰者こそが塩であり光であると
再解釈している・・・とあります。



587 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:30:05 ID:q26dXSiA
585
そしてイエスはユダヤを崩壊させたのでした。

588 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:34:32 ID:SVHuIRvE
>>586
>…マタイは、イエスの言葉を聞く信仰者こそが塩であり光であると
>再解釈している・・・とあります。

僕は、聖書の注訳を書く人は気の毒だと思います。
しかも、信仰者が「光」とは、いったい何のことなのでしょうか?
どこからその解釈が出てきたのか、まったく不思議です。

その解釈では、なぜ信仰者が塩なのかを、その注訳者は解説できないでしょう。

589 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:38:56 ID:SVHuIRvE

今までも書いてきたことですが、ここでもう一度書いておきます。
聖書の注解書などを読んでから聖書を読んではいけません。

そんなことをしたら、余計な先入観を持ってから聖書を読むことになるからです。
聖書は、神への祈りとともに読むべき書物なのです。
だから、どこかの誰かが書いた本の解説をもとに読むべきではないのです。
そんなことをしたら、神の言葉を人間の脳みそで変形させた教えを読むことになって
しまうのです。こうしたことが、聖書のもっている味をそこなわせるのです。

聖書を味わうのに、他人の解説は不要なのです。

590 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:39:14 ID:JcxMh6sR
その箇所はよく説教のテーマになるから
註解書を書くほどの人なら説明できるに決まってる

591 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:40:23 ID:SVHuIRvE

神に祈ってください。
そして、心から素直な気持ちで聖句に接してください。
あなたの祈りの強さによって、神が語りかけてくださるかもしれません。

ぜひ、そうしてください。

592 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:41:48 ID:NSXibuIs
>>589
最初は牧師や司祭の注解にしたがって読むに決まってる。
プロテスタントならなおさらだ。

593 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:42:56 ID:SVHuIRvE

聖書の言葉は、あなた自身の舌で味わって確かめるものです。
何のために、あなたに脳みそがあり、感覚があり、感情があり
優しさがあり、愛を持って生きているのでしょうか。

人の意見に従うためですか?
そうではないのです。 神に従うためなのです。
あなたと神との、個人的な交わりを持ってください。

594 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:44:16 ID:JcxMh6sR
というより、自分だけが聖書を正しく解釈できて
自分以外の十数億のクリスチャンが聖書を理解していないと考える
あんたの頭が信じられん

595 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:44:53 ID:SVHuIRvE

なぜ他人の意見を絶対視するのですか?
あなた方は、どうしてそうも人の与えた権威というものに
盲従してしまうのでしょうか?
そんなものが、神の前に価値があるとでも思っているのですか?

そういうことのすべてが、偶像崇拝なのです。
偶像崇拝を避けてください。


596 :新共同訳新約聖書略解:2006/09/12(火) 22:45:28 ID:sNCbsQGF
ちなみに マタイの担当者は 橋本滋男同志社大学教授。

批判するのは自由だが、ページ数まで紹介していますので
読んでから批判されたほうがいいかもだね

597 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:46:42 ID:eja8ZnGK
そこまで言うなら、とりあえず新約はギリシャ語原文でよみませう

598 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:47:19 ID:SVHuIRvE
>>594

自分だけが正しく理解できるとは思っていませんが、
多くの人が間違っている、ということは確かに言えるのです。

だから、僕にはこうしたことを警告する責任があるのです。
知らないことを知っている、という人は偽り者であるように、
知っているのに知らないふりをするのも偽り者です。

なぜ偽る人になっていてよいでしょうか。

599 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:47:42 ID:JcxMh6sR
キリスト教信仰と聖書の解釈は使徒の時代から教会を通して伝えられました
教会があって聖書が生まれたのであって、その逆ではありません

600 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:48:53 ID:ypS+lu+R
旧約のヘブライ語文があるサイトは見つけられましたが
ギリシャ語原文のあるサイトが見つけられません。
よければ教えていただけませんか?

601 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/12(火) 22:49:21 ID:ciZqB/ut
>>588
>信仰者が「光」とは、いったい何のことなのでしょうか?

ようやく質問になったので答えます。光とは真理を知っているものです。
真理を知ってるのならどうしてそれを自分の胸の中にしまっておく事が
できますか?光(照明)は高い所にありますよね。ですから私達も福音を
しまってないで照らさ(述べ伝える)なければならないのです。
ダニエルさんイエス様はあなたに向かって地の塩、世の光です。と、語って
おられるのですよ。



602 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:50:27 ID:SVHuIRvE
>>596

あなた方が信用するものは、学者であり、教会であり、神父であり、
どこかの出版社で出された本であったりするのです。

しかし、そうしたものが信用に値するという保証はどこにもない、と
認識すべきだと思います。

信用できるお方というのは、イエス・キリストだけなのです。
人間というものは、ことごとく不完全です。
このことを、今まで何度も何度も、書いています。

603 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:51:52 ID:eja8ZnGK
bible greek でググればいくらでもありますよ

604 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:52:05 ID:SVHuIRvE
>>601
>光とは真理を知っているものです。

あなたの意見を聞いているのではありませんよ。
どこにそんなことが書いてあるのかをたずねています。
どうして、あなたは自分の意見を、聖書の言葉のように語るのですか?


605 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:53:06 ID:sNCbsQGF
>>600

http://webnet77.com/cgi-bin/bible/bible.cgi

Nestle-Aland 26thが読めます。

606 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:54:49 ID:JcxMh6sR
イエスキリストを救い主として告白するものにか神の聖霊が与えられているので
その言葉が霊から来たものであるか、肉から来たものであるか判断できるのです。

607 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 22:54:54 ID:SVHuIRvE
>>601
>ダニエルさんイエス様はあなたに向かって地の塩、世の光です。と、語って
>おられるのですよ。


あきれたお方です。このように堂々と悪びれもせずに平気で
適当なことを書ける心持ちというのが、もう理解の範疇を超えているのです。

どうしてあなたは本気で聖書を読もうとしないのでしょうか。
どうして適当なことを書いて平気でいるのでしょうか。

608 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 22:57:51 ID:eja8ZnGK
もう飽きた。どっかへ行きなさい

609 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:03:53 ID:sNCbsQGF
>>602

学者を信用などしとらんよ 参考にしています。

610 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 23:04:31 ID:SVHuIRvE
>>608

僕は、あなた方の聞きたくないようなことを語るために、
あなた方が認めたくないようなことを認めさせるために
語っているのです。

611 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:08:18 ID:JcxMh6sR
君が聖書を理解していないことくらいわかるよ
まともに勉強していないことを自慢すんな

612 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:21:36 ID:ypS+lu+R
>>603>>605
ありがとうございます。

613 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/12(火) 23:22:34 ID:SVHuIRvE

なぜ多くのクリスチャンが間違えてイエスの言葉を解釈しているのかというと、
イエスがユダヤ人の弟子について語ったことを、異邦人クリスチャンに対して
(つまり自分たちに対して)語ったことだと勝手に摩り替えて解釈してしまっている
ことが原因なのです。

このことに、まず気がつかなければ本当の聖書はわからないのです。
異邦人というのは、聖書の神にとっては常に脇役なのです。
このことに気づかないと、本当の聖書はわからないということになるのです。
どうか、本当に素直な気持ちで聖書の聖句を受け入れてください。
そうした人たちが、この日本から沢山出てきてくれることを祈ります。

614 :ぱしり:2006/09/12(火) 23:25:08 ID:sNCbsQGF
>>612

丁寧な方だ 
ではUBSとRSVの対訳もサービスしよう
http://www.katapi.org.uk/katapiNSBunix/NT/NTByBC.php


615 : ◆//uiqyrBQk :2006/09/12(火) 23:29:10 ID:TbBE61RJ
非宗教系の大学の学生です
最近、学校の敷地内で外国のM教会の牧師さんが徒弟と一緒に
盛んに宣教活動をされています。
自分はキリスト教をはじめ、いろんな宗教の
精神性など(上手くいえないけど)に興味があり、
また外国人との交流のチャンスということもあり
あまり差別意識は持っていないつもりではあったのですが、、、
最近「校内」で宣教活動をされていることが
少なからず気になりはじめてきました。

4月ごろから宣教活動を始めてらっしゃるようなんですが
他の宗教や政治団体(ものみの塔、手かざし、自民党〜共産党)
は少なくとも校外で宣伝活動をやってるのになぜ
その団体だけは入ってこれるのでしょうか?

自分は、「校内で行われる」勉強以外の活動は学校に管理される
べきものだと考えています。最近話題になっている「摂理」
などのカルト教団とはたとえ関係なくとも、
宗教団体が自由に校内に侵入できれば、カルト教団の進入も
またたやすくなってしまうから、というのが主な理由です。

その場で宣教師さんには尋ねてみたのですが納得いく解答
はいただけませんでした。
もちろんこの件について、学校の事務、宣教師の代表さん
にもたずねてみるつもりですが、ことを大きくする前に
こういった場所で意見を聞いておきたいし
問い合わせができる宣教師協会みたいなものや
宣教師協約みたいなものがあれば、先に質問して
自分で納得できる形になってから、学校には報告するつもりです

よろしくお願いします

616 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:35:21 ID:q26dXSiA
>>578
教会とはイエス信者が2、3人集まっている場所
ここが教会です

信者の金をくすねている牧師、神父たちは
教えに反して強盗をやっています

悪魔が強盗の家で強盗に説教させるのです

617 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:36:15 ID:jgyMlKsd
昔々、ヨゼフとマリアという、それはそれは仲のよい男女がいました。
2人は結婚していませんでしたが、それなりに幸せな毎日を送っていました。

ある日、マリアは自分が妊娠していることに気づきました。父親はヨゼフ。
さぁ、大変! ここは戒律の厳しい宗教が支配する地。
結婚していないのに子供ができた、つまり性交渉を持ったことが知れたら、
どんな目にあわされるか、わかりません。
今結婚しても、子供が生まれた日から逆算されると、ヤッたのが婚前であることは
すぐにバレてしまいます。

大ピンチのヨゼフとマリア。苦し紛れにひねくり出したのが
「処女懐妊、神様から授かった子である」
といういい加減な代物。これで周囲が納得するとはとても思えなかったのですが、
意外や意外、つらい毎日に耐える民衆には大うけ。
神様と同格に祭り上げられてしまったばかりか、高名な3人の僧侶も遠くから
わざわざ祝福にやってくるという始末。

予想以上に騒ぎが大きくなってしまい、引っ込みがつかなくなったヨゼフとマリア。
こうなったら、産まれてくる子をホントの神様のような聖人として育てるしかない。

というわけで、その子は産まれたときから聖人としての英才教育を受け、
やがて世界中に信者を持つ宗教が創始されることになったのです。


618 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:37:51 ID:eja8ZnGK
>>615
>自分は、「校内で行われる」勉強以外の活動は学校に管理される
>べきものだと考えています。
と思ってるなら学校の事務サイドに報告すればオワリですよ。
宗教サイドの問題ではない。

619 : ◆//uiqyrBQk :2006/09/12(火) 23:42:45 ID:TbBE61RJ
>>618そうでしょうか?さきに宣教師さん側の言い分も聞きたいし
教会運営のあり方、はじゅうぶん宗教サイドの問題だと思います

620 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:43:11 ID:JcxMh6sR
学生による課外活動の一環でしょう
で外部講師として牧師を呼んでいる、というスタンスでは。
危ない教団なら別ですが、一般のキリスト教なら特に問題ないでしょう

621 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:46:18 ID:eja8ZnGK
>>619
学生としてなにやら動くわけでしょ?
だったら非宗教的組織=学校の論理に即して考えればいいだけ。
宗教サイドの考え方を知りたいっていうのを、それとからめるのがおかしい。

622 : ◆//uiqyrBQk :2006/09/12(火) 23:49:08 ID:TbBE61RJ
ほとんど外国人で、県内のほかの大学でも宣教活動をしている
と、牧師さんが言ってました

623 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:53:46 ID:4X3hfeHJ
キリスト教とは、何を目指しているんですか?
漠然な質問で申し訳ありません。

624 :ぱしり修行中:2006/09/12(火) 23:54:46 ID:sNCbsQGF
>>623

愛です

625 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 23:59:21 ID:4X3hfeHJ
愛ですか。
目指すという言い方、まずかったかもしれませんが。
その愛の為に、どういった事をするのですか?
実際の行動、内面的な事かもしれませんが。

626 :ぱしり修行中:2006/09/13(水) 00:11:51 ID:X/Ha97W5
愛の為に というより
 
むしろ すべての基底に「愛」がなければ 
  だいなしとパウロの教えるところですね

627 : ◆//uiqyrBQk :2006/09/13(水) 00:15:47 ID:fK1LXXFu
だめか。ありがとうございました

628 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 00:20:32 ID:vhtmkswr
>>626
すべての基底に「愛」がある。
と、実感することが目的なのですか?

629 :ぱしり修行中:2006/09/13(水) 00:27:39 ID:X/Ha97W5
>>628
人それぞれでしょうね。

あなたの様な方がおられるかもですし、
逆に 自分の未熟を いつも反省したり
悔い改めりする人もいるかもですし

630 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/13(水) 00:34:46 ID:BOgpLsb5
>>628

キリスト教は何を目指しているのでしょうか。
確かに、よくわかりません。

聖書について言えば、神のご計画の完成を教えてくれています。
人が、やがて悲しみも苦しみもない世界で永遠に生きることを教えてくれています。
本当の神とは、どんなお方なのかを教えてくれています。

キリスト教のことを学ぶよりも、ご自分で聖書を手に取って、自分の目で
そこに何が書かれているのかを確認してみることをお勧めします。

631 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/13(水) 00:40:30 ID:BOgpLsb5

どこかの教会に行ったとしても、どこかの誰かが書いた解説本を読んだとしても
その教会での解釈や、その本の著者の解釈を受け入れることになるだけなのです。

それは本当に多くの人が陥ってしまうあり地獄のようなものです。
そこから抜け出して、自分から聖書に学ぼうとする人は、ほとんど
存在しないのが実情です。

多くの人は、宗教団体に所属することになるでしょう。
そして、そこの教義を信じるようになるでしょう。

なぜそうなるかと言えば、多くの場合、人は他人の影響を受けやすいからです。

632 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/13(水) 00:49:47 ID:BOgpLsb5

預言者ダニエルでさせ、ネブカドネツァル王の夢を解釈するのに
天の神に解釈を求めて祈ったことが聖書に書いてあります。

ダニエル書2.18

もしそうであるなら、預言者でもないわたしたちが聖書を解釈するのに
神に祈らずに、その意味を理解できる道理があるでしょうか?

クリスチャンのみなさん、よく考えてください。

633 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 01:12:25 ID:vhtmkswr
聖書を読んでいると、どうしても精神的な世界、心の光と闇の比喩に思えるのです。
イエスって何かを達観した方のような。。。
キリスト教の信者の方々は何か修行でもしているのかなって思って質問してみました。
ちなみに、私は無宗教です。

634 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 01:21:20 ID:hFPfzrp5
このスレッドの回答者には教会の聖書解釈が求められている(>>1)わけだから、
>>630-632の回答は聖書の読み方としての是非はおくとして、あらしとしか
いいようがない。教会の聖書解釈がおかしいというのなら、別にスレッドを
作って、そこで喧伝しなさい。ここでそういうことをされるのは迷惑です。


635 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/13(水) 06:50:14 ID:dLPfpdkk
>>623

>キリスト教とは、何を目指しているんですか? 漠然な質問で申し訳ありません。

キリスト教の目指すものそれはイエス・キリストです。


636 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 07:34:54 ID:Ga+p/b0r
 まあ、「文字」に味がついて「ことば」になる。ことばを語る信徒であれ、
文字を伝えるだけの死んだ者としてあるな、という教訓にあってエッセンスと
して「塩」があるんじゃないですかね。

637 :ぱしり修行中:2006/09/13(水) 07:42:46 ID:8EvZQwXh
>>634
テンプレ自体が無効です。

もし厳密な意味で「教会の解釈」しかダメならば、
リアルの教会名をきちんと名告り、
その教会の公式解釈以外は無効ということになります。
(あるいは客観的に確認できる書籍・HPの引用とか)

色んな人が色んな立場から回答すればよいのです。
読者はそれを参考にします。

一々、他の回答者に食って掛かる未熟なクリスチャンが いつも
ここを荒らしているのです。 
議論したいならば別スレッドにいかれれば良いし、
自分たちの解釈しかダメというならば、
「心と宗教」板からリンクのあるこのスレッドではなく、
信仰者だけが答える質問箱を別に立ち上げたらよいのです

638 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 08:31:20 ID:L5TkduKX
ここは、この地球、宇宙は、神の創ったものだよね
いろんな苦しさや、欲もあるけど、それは当然です
それは我慢したり、欲を抑えたりする術は案外簡単なことです
けど、なぜ決して許されることのない永遠の地獄などが存在するのでしょう?
一体何のいわれがあって、永遠に許されることのない地獄を神は用意されているのでしょう?
47歩譲ってそれも私たち人間にの矮小なこころでは理解できない深遠なる配慮だったとして
なぜそのような地獄をよういされているのでしょう?
このような地獄にいる人たちは、天使にも、悪魔にも、イエスによっても決して救われることがなく光を見ることがないのです
生きている間も、死んでからも、どぶ泥のそこに炎さえ燃えているような場所に住みつづけなければならないのです
そのような人たちは本当にいるのです
「悲惨」という言葉以上のものを感じます
59歩ゆずって、その人の落ち度だとしても、決して許されることがないのなら、神による被造物であり
神のもとに帰る目的で用意された状態だとする道理は、通じないのではないでしょうか
固体が液体になり気化しても元素が消滅することはないように、そのような人たちは形を変えても存在し続けなければ
ならないはずです

決して許されるのない永遠の地獄にいる人たちについてのクリスチャンの見解は
「そこで苦しみ続けていればよい」
ということになるのでしょうか?
なぜってそのような人はイエスにさえ救われることもなく、許されることがないからです


639 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 08:56:49 ID:iEVdNYZz
おはようございます。

>>637
「一々…食って掛かる」ようで恐縮なのですが、

>「心と宗教」板からリンクのあるこのスレッドではなく、
>信仰者だけが答える質問箱を別に立ち上げたらよいのです

…このスレは、

>★★★回答者さんへ★★★
>■このスレッドは、ニカイア(325年)からカルケドン(451年)に至る
>一連の公会議において決定された 信条(信経)を告白する「キリスト教」質問箱です。

…とあるのですから、やはり回答する者が明らかに信条に反する立場の者なのはルール違反であると思うのですが。

>信仰者だけが答える質問箱を別に立ち上げたらよいのです

逆ですよ。

自由な立場で回答したければ、
現行スレとは別に、クリスチャンでもエホ証でもムスリムでも仏教徒でも無神論者でも誰でも回答できる新しい「質問箱」を立てればよいのです。

>議論したいならば別スレッドにいかれれば良いし、

これは同意です。

640 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 09:47:37 ID:dEJ7IlMT
638 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 08:31:20 ID:L5TkduKX

キリスト教批判ですか?
天国が存在するように、地獄も存在します。

あなたもイエスを主と告白し、背きの罪を悔い改め、
神にたちかえれば救われます。
主イエス・キリストは、全ての人の代わりに自ら呪いを受け、
十字架に架かり、死んで甦りました。
主イエスキリストを御自分の救い主として受け入れて下さい。

地獄は、神よりも自分を高くしようとした悪魔の為に用意されていますが、
人間は死ぬ間際まで悔い改めのチャンスは残されています。

クリスチャンも、きちんと罪を悔い改めなければ地獄にいきます。
互いに祈りあっているのは、神を愛し天国にいく為です。


641 :573:2006/09/13(水) 10:15:55 ID:zIC2BJ03
>>574>>575
CD、テープまであるんですね!!知らなかった…
今度近所の教会に行ってみようと思っています。
くだらない質問ですみませんでした。ありがとうございます。

642 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 15:07:52 ID:RZrQzlj5
クリスチャン人口ってどのくらいなのでしょう。
3大傍系信者(エホバ、統一教会、モルモン)より多いのでしょうか。

643 :ぱしり修行中:2006/09/13(水) 15:14:11 ID:Pc5rX2TR
>>639
>…とあるのですから

自治スレッドがある時に議論済みですが、
ノンクリが回答するのを排除する意味で
そのテンプレは制定されたわけではありません。

当時、キリスト者同志がお互いを叩き合ってたのを
回避するために盛り込まれたのですね。
(カトリックは偶像崇拝であるとか)

644 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/13(水) 16:04:20 ID:KDQeD9mY
>>642

概ね1%

645 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 16:24:45 ID:RZrQzlj5
>>644
それはさすがに誇大すぎるのではないですか?
100万人以上も受洗者がいるとはとても思えないのですが。
キリスト教系の学校の生徒や福祉施設の利用者、受洗者の家族、一見の
訪問者なども加えないととても届かないと思うのですが。

646 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 16:40:09 ID:sNz0aw2o
>>645
有効数字をもう一ケタ上げると、0.8%といわれます。
逆に何を根拠に誇大と思われたのか、伺いたいくらいですが。

647 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 17:01:24 ID:RZrQzlj5
>>646
単純に、日本にてキリスト教界の影響力がないことです。
創価学会500万の1/5も影響力があるとはとても思えないのですが。
キリスト教信者向けの本がベストセラーにならないし、賛美歌がヒットチャートに
出てこないし、信者向けテレビ番組がほとんど無い。
エホバ、統一教会、モルモン教のように熱心に伝道をしていないから
そう感じるだけでしょうか。

648 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 17:24:57 ID:TNtOWB1W
「日本の」という限定辞のある質問ではないのに、日本の、と思って話が進んでいるところが変ですね。

649 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 17:41:02 ID:iEVdNYZz
>>648
3大異端がエホバ、統一教会、モルモンであるのは日本の状況なので、日本のこととして扱っても問題ないでしょう。
質問者自身が>>647で「日本で…」と言っていますし、やはり日本の状況についての話題ということで良いのでは。

650 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 17:52:38 ID:7KVA6OTe
>>647
キリスト教徒が全員賛美歌を歌うと思ってる?


651 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 18:59:10 ID:ZDZ+Rgpo
>>647
キリスト教の信徒数は、現住陪餐会員という洗礼を受けていて幽霊会員ではない
現役信徒の数で、文化庁あたりから全宗教で最も信頼のおける数字と
評価されているものです。創価学会の500万は主催者側発表として
そこからさらにサバ読みを割り引く必要があるでしょうが、キリスト教では
それが必要な教派は多くありませんし、
そういう怪しい団体はあっても小さいので、
たとえ数倍に申告していても全体に及ぼす影響はたかがしれています。

創価学会の社会影響力と数比的に整合しないように見えるのは、
自主独立の小集団のよせあつめであるためです。
カルト宗団のように、指導者の一声で一斉に何かを始めたり全員が同じ新刊書籍を
わざわざ一般書店で購入したりしないので、影響が分散してしまうんですね。

652 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:07:22 ID:C87F30VC
>>638
神は主であるがゆえに不服従を見過ごすことはできません。
神に従わない者、神を崇めない者は、神の目から見て罪であり、神に滅ぼされる。
神に従わないことは罪であり、その罪の結果が永遠の死、苦しみという罰(永遠の地獄)なのです。
それが、神の「義」であり神によって創られた世界の理。

>59歩ゆずって、その人の落ち度だとしても、決して許されることがないのなら、神による被造物であり
>神のもとに帰る目的で用意された状態だとする道理は、通じないのではないでしょうか

神に従わない、神を信じない者は「神のもとに帰る」ことを自ら拒否したのですから、神はその「落ち度」を咎めます。

陶器職人は、自らの造った陶器が気に入らなければ壊すもの。
土に還して再び練り直すことなどしません。


653 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:07:53 ID:C87F30VC
>>638
>決して許されるのない永遠の地獄にいる人たちについてのクリスチャンの見解は
>「そこで苦しみ続けていればよい」
>ということになるのでしょうか?

よい、というよりそれがこの世の義なのです。
すべての人はアダムらの不服従によって「罪」とされるようになりましたが、神はキリストを遣わし再び神に従って神と和解する道を示しました。
その道を自ら拒む者に用意されているのは、罪の結果としての罰以外にはありえません。
それが主なる神の義なのですから。

ですから、人間に言えることは

「そこで苦しみ続けていればよい」

ではなく

「神と和解し永遠の命を得るか、神と和解せず神の罰で滅ぼされるか、どちらをとりますか」

ということ。


654 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 20:11:22 ID:o3R49z6u
エホバの証人も最近 大学のサークル活動しています。例 スタンドファーム!
クリスチャン クルセードはまともな教会の牧師先生がなさっておられます。
お間違えのないように。

655 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/13(水) 20:37:56 ID:sBtGUDEF
>>638
神様は人間に自由意志をお与えになりました。人間は神様に向かうか離れるか
の選択をします。それで天国にいくか地獄(滅びの世界)が決まります。
自分で選ぶところに価値があります。全員が自動的に救われるのなら
あんまり有難みがないですよね?

656 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 21:52:58 ID:iEVdNYZz
あれっ、>>655さん、長老派って自由意志を認めてましたっけ?

657 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/13(水) 22:23:49 ID:ya4kC1Jl
噂だと私は聖霊派とか福音派みたいなんですよー

658 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 22:34:45 ID:TNtOWB1W
じゃあメソジストってコテつけたほうがまだ混乱しないんじゃないの?

659 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 22:51:23 ID:p00edWmd
>>656-658
談話室で長老派◆uiEg7tVQ1Uさんのコテの話してる。


660 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 23:04:14 ID:TNtOWB1W
>>659
d。談話室読んだです(むみゃむにゃ・・・
すくなくとも質問箱ではそのコテつけないほうがいいとおもいますぞ。

661 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 00:39:36 ID:jWNjIjBf
何にも知らないで悪いんだが、
キリスト教徒が今ある聖書を正しいものだとする理由はどういうものですか?

662 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 00:53:49 ID:fnQL9vT6
>>661
それの理由付けは殆ど循環論法になります。
つまり所属する「教会」が正典としたゆえに聖書である。
これ以外ありません。無教会主義の「教徒」にとっての「正典」範囲は、ぶっちゃけ現在の聖書学達成度によるでしょうw

663 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 01:18:47 ID:jWNjIjBf
>>662
なるほど。結局そうなるのか。


664 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 06:14:18 ID:0gdzjI7t
>>652
>>653
>>655
ご教示ありがとうございます

665 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/14(木) 07:51:38 ID:xm+PeeDo
>>661

神様の導きです。

666 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 08:38:55 ID:3Uxk4l46
キリスト教にむりやり入れといわれます。
教会に行くのは好きだし、
別に神様を否定も肯定もしない私ですが、
教会の皆と仲がよく、とても楽しい日曜日を毎週過ごしていますが、
やはり、洗礼を受けることや、早く神を信じろ。
等といわれます。

これらの関係をよく保ち、なおかつ私がキリスト教に入らなくていい方法はありますか?
キリスト教を否定するわけではないのですが、何故か少し抵抗があるのです。

667 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/14(木) 09:17:14 ID:xm+PeeDo
>>666

>教会に行くのは好きだし、

なかなか良い素質を持ってます。

>なおかつ私がキリスト教に入らなくていい方法はありますか?

ぶっちゃけ私としても早く入って欲しいものです。さて回答ですがその教会の人
には「私って無理矢理信じても長続きしないタイプなの〜」とか、「早く洗礼を
受けられるようにお祈りして下さい」とか、御言葉を用いるのであれば「伝道の書
にかいてある通り全ての事に神様の定めた時があるので今は遠慮します。」
が良いでしょう。逆に言えば神様の許しが無ければ信じることさえもできないのです。

668 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/14(木) 09:23:12 ID:KbDSJ6EY
たまには真面目な質問を書こう

よく聖霊派や福音派の方が「聖霊様の現在の働きにオープンな教会」という、
表現をされますが、「聖霊様の現在の働きにオープン」である、ということと、
教会組織や教会制度、教理、信仰告白を整備していこう、という動きとは、
両立するものなのでしょうか?ご教示頂けますと幸いに存じます。

669 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 11:50:41 ID:iRS06GPw
数年前から福音系のプロテスタント教会では、従来の聖歌&讃美歌から新聖歌への
移行が進んでますよね。
讃美歌の改訂版として讃美歌21が出てましたけど、これは不評だったのでしょうか。
頌栄とか、新来会者にも分かりやすくて良いと思ったのですけど。
口語でなく難しい言葉を使わないと雰囲気とか格式が出ないから嫌われたのでしょうか。

 新聖歌:あめつちこぞりて かしこみたたえよ、みめぐみあふるる 父、み子、みたまを
 讃美歌21:すべてのめぐみの もとなる御神を 創られし者よ いざたたえまつれ

 新聖歌:ちちみこみたまの おおみかみに ときわにたえせず みさかえあれ みさかえあれ
 讃美歌21:父・子・聖霊のひとりの主 よ、栄えと力はただ主にあれ、とこしえまで

670 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 12:38:23 ID:8CesdGIS
>何故か少し抵抗があるのです。

その気持ちを大切にされてください。

一般論として 洗礼を強引にさせたがる教会は問題があります。
別の教会に移られることを 私は薦めます。
移らないまでも 別の教会に一度足を運ばれてみるといいですよ。

あなたのペースを受け入れくれる教会があります

671 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 17:41:49 ID:Ceus5gDN
>>666
結果的に友達付き合いが楽しくて教会にいくのならいずれ去ったほうがいいと思う。
教会は神を崇め感じる場所だということをまず理解してほしい。
で、なければ何かのサークルに入るのがいい。

672 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 17:57:38 ID:nSxQmVOG
>>666さん
洗礼とはなにかを考えてください
キリスト教(イエス)は聖霊と火による洗礼のみです
人が洗礼するものではないかと、、、
聖霊がくだる場面は聖書にも書かれています
イエス死後の使徒、ステファノ、サウロなど、、、です
だから、各教会はでたらめです。
各教会では義式的に洗礼しているだけですよ。

673 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/14(木) 18:15:51 ID:xm+PeeDo
>>672
>キリスト教(イエス)は聖霊と火による洗礼のみです

普通は水と御霊によるものですがどちらの教団ですか?



674 :672:2006/09/14(木) 18:29:33 ID:nSxQmVOG
>>673さん
無宗教です
マタ3,11をどうぞ
水はヨハネですよね

675 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 18:36:24 ID:KoSXm6QH
>>666
何を求めて教会に来たのかもう一度考えてみられたらどうですか。
私なら早く神を信じろと言うような教会ならすぐに移ります。
もしあなたが他の教会に移ったとしても目的がはっきりしないと
次の教会も遅かれ早かれ去ることになると思います。


676 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 19:29:25 ID:PoZnQqLe
>>666
主は、決して強制はされない。人の自由意志を最大限尊重されるからだ。
666は獣のナンバー スレすと時は、気をつけなさいといっている。

677 :672:2006/09/14(木) 19:45:37 ID:hWGWmAGw
ここで、私的ですが 水と火についての孝察です
水=井戸=旧約=勝手にわく=神からあたえられた物
火=ともし火=新約=自らおこす物=求める(信仰)
ルカ11,33では
(自ら)ともし火(信仰)をともし 入ってくる人(父、子、聖霊)に光が見えるように、、、
ルカ11,36につづきます
聖霊をうけた人は 全身はかがやいているのです
これこそが洗礼かもです


678 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 19:49:44 ID:2F2eAJPw
>>668
>教会組織や教会制度、教理、信仰告白を整備していこう

これは、人間が自力ですることではなく
聖霊が働くから出きるのだと思うよ。

つまりこれも、聖霊の働きだと思うよ。

679 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/14(木) 21:04:51 ID:3591Q63c
質問

キリスト教の三位一体神は創造以来遍在しているといいます。
ということは、子のキリストも、創造以来全世界に遍在してきたことになります。
創造以来、イエスとして生まれるまでのあいだに、子の神は、
全世界で、どのような普遍的仕事をしてきたのでしょうか。


680 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/14(木) 21:10:10 ID:xm+PeeDo
>>679
>質問
>キリスト教の三位一体神は創造以来遍在しているといいます。
>ということは、子のキリストも、創造以来全世界に遍在してきたことになります

御子イエス・キリストは創造以来偏在していたのではない。
あなたの三位一体の解釈が間違っています。だから回答としては仕事はしてません。


681 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 21:11:50 ID:aL3xfxa+
こんな時期になんですがクリスマスとキリスト教が無関係だったと初めて知りました。
参考→ttp://www.geocities.jp/azricham/tstm/clearday007.html

ノンクリであるわたし的にはドンチャン騒ぎは論外としてもお互いを許しあう日として
おいしい物も一緒に食べるというのも悪くないのではないかと思うのですが
みなさんはどう思われます?



682 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 21:16:59 ID:efxAAF10
遍在しないのか。なら、イエスは神ではないなw

683 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 21:18:32 ID:2F2eAJPw
>>681
クリスマスは、イエスの誕生日ではなく
イエス・キリストの誕生を祝う日です。

キリストのミサでクリスマスです。


684 :はと:2006/09/14(木) 21:22:50 ID:lSsgHi7d
おいしい物は誰かと一緒に食べるともっとおいしくなりますね。

685 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 23:08:00 ID:fnQL9vT6
長老派 ◆uiEg7tVQ1Uさんへ。
長老派を名乗りながら、自由意志説に立っているのは、どのようなセクトのカルバン的予定説の変容解釈だからからですか?
その教義的理解を教えてください。

686 :名無しさん@3周年:2006/09/14(木) 23:51:48 ID:zhUAMBmg
福音派に多い穏健カルヴァン主義では、それほど厳しい予定説は採らないんじゃないか?

687 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 00:29:09 ID:y+/vTb3G
福音派≠長老派

688 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 10:49:31 ID:nTbf9BFG
>>683
それは欺瞞です。ほとんど詐欺的です。なぜならば、神の子もキリストも
本当はこの世に生まれていないからです。

689 :雪椿 ◆Sis.Q9h9cQ :2006/09/15(金) 11:18:26 ID:J9u6BbL5
>>683
そういう意味だったのですね。

690 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 12:18:43 ID:JHLHEuv0
>>676
ヨハネ黙示録が書かれた当時キリスト教徒は激しく迫害されていて
666の数字で表される獣は、ネロ皇帝を意味するとされている。


691 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 15:47:07 ID:i2XuEmyQ
>>689
以前は確かに「キリストの誕生日」と言っていたのですが、マスコミの発達によって
その嘘がバレてしまい、近頃は慌てて「誕生を祝う日」と言い換えているだけですね。

692 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 16:07:25 ID:cHV1Dlkn
>>680神が遍在しないというのは異端です。
イエスだけ神ではないというのでしょうか。

http://www.kasai-bbc.com/study.htm
【2】 神の属性
(1) 全知
 神の全知という時、神が全ての事を知り、完全無欠の知識を所有しておられる事をいう。

(2) 全能
 神の全能とは神が意思された事を実現される事をいう。神の意思は、その御言葉によって現され、神の言葉は必ず実現する。

(3) 遍在
 神がどこにでも同時に存在される事をいう。

(4) 永遠不変
 神自身が永遠の命である。
 永遠・・・最初も最後もなく何の制限もない無限の期間である。
 不変・・・神の本性・属性が絶対的に不変であることをいう。



693 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/15(金) 16:37:19 ID:V4lRDkAA
>>692

>>680神が遍在しないというのは異端です。 イエスだけ神ではないというのでしょうか。

私はひと言も神は遍在しないとは言ってませんよ。存在する場所、時期によって
働きが違うので、違う呼び名で言ってるのがわかりませんか?
初心者のためにわかりやす〜く説明しましょう。天地を創られたのは父なる神です。
十字架に架けられたのはイエス・キリストです。イエス様が私達に送って下さった
助け主は聖霊です。それをある人は天地創造に出てくる霊は聖霊だとかいうので
違うと言ってるのです。天地の創造主は父なる神様ですよね。同じように
十字架に架けられたのは皆知ってるようにイエス様です。ある人の言い方に
なれば三位一体だから神様が十字架にかかったんだという変な言い方に
なってしまいますよね。まあ簡単に言うと働きに応じた呼び名がふさわしい
と言う事です。


694 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 16:53:58 ID:y+/vTb3G
ちがいます。
三位一体論においては、天地創造と十字架の間のギャップ=時間軸は存在しません。
三位一体は通時期であると同時に共時的であるといわれるのはそのためです。
歴史的イエスをそこに読み込むと三位一体論はなりたたないんですよ。

695 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/15(金) 17:19:30 ID:LvP5/o7Q
長老派氏も、せっかくだから、>>685の質問に答えてあげてくださいな。

>>678 ありがとうございます。わたしもそうかなぁ、と思うんですけどね、
「聖霊様の今日的な働きにオープン」といって語られる場合、
こういった、教会組織の整備や、教理的な整備、というのは、
聖霊様の働きとして、想定されているのかなぁ?と、思ったもので、
お聞きしてみたのですわ。

696 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:27:29 ID:cHV1Dlkn
>>693
天地を創造したのは父だけではありません。
箴言8:21以降を読みなさい。
ソフィアが神とともに創造したのです。
ソフィアはイエス・キリストです。
1コリント1:24を読みなさい。デタラメばかり書くのやめなさい。
私に謝りなさい。

697 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/15(金) 17:28:04 ID:V4lRDkAA
>>685

長老派にもいろいろなのがあるってことでイイッスか?

698 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:29:51 ID:cHV1Dlkn
>>697
>>696
私に嘘を付いたことを謝罪しなさい。

699 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 17:30:53 ID:k0MWzIvo
>>695
うーん…つまりろりぽっぷさんは、福音派や聖霊派が「聖霊の働き」や「聖霊の導き」という言葉を使うとき、
そこに超自然的・一種の恍惚的なイメージを伴い、理性的なものや現実的なことがあまり介在する余地がない、と考えておられるのですか?

質問返しみたいですみません。

700 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/15(金) 17:34:21 ID:V4lRDkAA
>>696

>ソフィアはイエス・キリストです。

うそだろおいっ!ソフィアって知恵でしょう。

701 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:34:38 ID:cHV1Dlkn
>>697
あなたは三位一体が天地創造したことを否定する異端ではありませんか。
プレスビテリアンを名乗らないでください。

702 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:35:47 ID:cHV1Dlkn
>>700
1コリント1:24を読みなさい。
ソフィアはキリストだとパウロが書いています。
あなたの嘘はたくさんです。
私には聖書があります。あなたには嘘があります。

703 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/15(金) 17:40:02 ID:LvP5/o7Q
>>699 いや。必ずしもそういうことではないんですけどね。
病が癒される、というのも現実的なことだと思いますし。
宗教にてんで関心のなかった人がイエス様を信じるようになるのも、
聖霊の働き、に入っていると思います。

ただ、「聖霊の今日的な働きにオープン」という時、
個人が信仰を持つこととは結びついても、あまり教会制度の整備、というところとは、
語感として結びついていないのかな、という印象を持ったもので、質問した次第です。

704 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:44:43 ID:cHV1Dlkn
質問です。

キリスト教は普遍といわれます。なら、創造主なる父も聖霊なる神も普遍ですよね。
父なる神が普遍であり、聖霊なる神が普遍なら、子なる神も普遍ですよね。
なのに、なぜ子なる神だけキリスト教に限定されて他には存在しないとあなた方は嘘を付くのでしょうか。
子なる神が普遍なら、キリスト教以外のどこにだって存在するじゃない。
空気や水や日の光は、どんな宗教者にも等しく利用できて、命をつなげますよね。
なのに、神だけはキリスト教徒にしか利用できず、命も与えないのですか?空気や水以下ですか神は?
神が空気や光や水よりも優れた存在であり、それ以上に普遍なら、
すべての人も生物も、無生物さえも神を吸って、食べて、神の真っ只中で生きているんじゃないですか。
肉体の命を与える栄養素以上に霊の命を与えているんではないですか。
だから生きているのではないですか。存在しているのではないですか。
なのに、なぜ、あなた方はキリスト教にしか神は存在しないと嘘を付くのですか。

お答えください。

705 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/15(金) 17:46:43 ID:V4lRDkAA
神様はお一人だからです。

706 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:49:52 ID:cHV1Dlkn
>>705
10文字ですかw
ふざけないでください。



707 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:51:25 ID:cHV1Dlkn
>>705
私が昔世話になったカンバーランドの長老はもっとまともな答をしましたが。

708 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 17:53:20 ID:cHV1Dlkn
>>703
聖霊は神なんでしょ。なら、聖霊は普遍なんでしょ。どこにだっているんでしょ。
何でいまさら組織を整備する必要がある?
あんたらの心を整備しなさいって言ってあげなさい。

709 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 17:55:07 ID:9k85MrOd
聖霊と子と父だっけか

710 :はと:2006/09/15(金) 18:04:36 ID:2oAZsIw5
>>677洗礼を授かるに際して資格はなんでしょう?
水浴びは嫌いだけど聖霊は受けたい。

教会の教えてくれる教義ってけっこう?なこと多いんですよ。
使徒信条の信仰告白なんてナゾの呪文ですよ。一体どうしたら・・・

711 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:11:12 ID:fe3EoP/y
>>710
福音自由などでは水浴び抜きでの陪餐(つまり信者の一員として)を
認めてくれるようですが、大方の教派では水浴びがないとダメでしょう。

712 :はと:2006/09/15(金) 18:16:58 ID:2oAZsIw5
>>704
イエス様はわたしが道だ。門だ。わたしに聞け、わたしを通らないではだれも
天国へ入れない、といわれましたよ。神さまが普遍であっても接点となる
イエス様がくるまではひとは神智ソフィアに触れることが出来ず待つよりほか
なかったではないですか。イエス様が亡くなってからも路頭に迷うがごとく
教会は分裂を繰り返しています。

キリスト教徒であれ仏教徒であれブードゥー教徒であれ神さまに触れることはむつかしい。
イエス様に耳を傾けねばなりません。

713 :はと:2006/09/15(金) 18:19:03 ID:2oAZsIw5
ソケットがないと電子ジャーはただの箱です。ガソリンがないと車はただの納屋です。

714 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:24:27 ID:k0MWzIvo
>>703
なるほど。回答ありがとうございます。

715 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:28:49 ID:LKHuSMkm
教会制度とは、具体的に何をさすの?

716 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:29:17 ID:jKaFDjjz
>>712
箴言をよく読みなさい。
ソフィア=キリストは
神殿を建てさせて、供物を捧げさせて、
預言者を立てて託宣までさせてますが。
それでも、イエスに受肉するまで、ひとりも救われなかったというのですか。
もう嘘は聞きたくありません。

質問です。

キリスト教は普遍といわれます。なら、創造主なる父も聖霊なる神も普遍ですよね。
父なる神が普遍であり、聖霊なる神が普遍なら、子なる神も普遍ですよね。
なのに、なぜ子なる神だけキリスト教に限定されて他には存在しないとあなた方は嘘を付くのでしょうか。
子なる神が普遍なら、キリスト教以外のどこにだって存在するじゃない。
空気や水や日の光は、どんな宗教者にも等しく利用できて、命をつなげますよね。
なのに、神だけはキリスト教徒にしか利用できず、命も与えないのですか?空気や水以下ですか神は?
神が空気や光や水よりも優れた存在であり、それ以上に普遍なら、
すべての人も生物も、無生物さえも神を吸って、食べて、神の真っ只中で生きているんじゃないですか。
肉体の命を与える栄養素以上に霊の命を与えているんではないですか。
だから生きているのではないですか。存在しているのではないですか。
なのに、なぜ、あなた方はキリスト教にしか神は存在しないと嘘を付くのですか。

お答えください。


717 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:30:40 ID:jKaFDjjz
キリスト教徒はイエスが現れるまで人類は一人も救われなかったといってます。
こんな嘘吐きどもを生かしておいてよいでしょうか。

718 :はと:2006/09/15(金) 18:31:55 ID:2oAZsIw5
イエス様はひとはパンのみで生きるものにあらず。
といわれました。

白い飯も食べたいし自動車は捨てられない、ということもありますが
イエス様はだれよりも神さまの言葉、神智ソフィアを懇願し
そして与えられたのだと思います。


だから
悪魔を退けられたあとに神さまの言葉を受けメシアとなったのだと考える
と牧師さんに話したら
「それは違うよ。生まれたときからだよ」
といわれてしまったのです。

719 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:36:01 ID:jKaFDjjz
>>712>イエス様がくるまではひとは神智ソフィアに触れることが出来ず待つよりほか
なかったではないですか。

箴言8:35はうそなのですね。
「私(ソフィア)を見出すものは命を見出し主から恵まれる」
この恩恵に浴した人は一人もいなかったんですか。
大嘘吐きは回答する権利はありません。談話室に篭っていなさい。

720 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:36:03 ID:fe3EoP/y
ははは、それでは養子説だ。
そりゃ叱られるわ。

721 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:38:23 ID:9k85MrOd
悪魔は殺してよいのでしょうか?

722 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:39:14 ID:jKaFDjjz
>>718
嘘を書かないでください。パウロはキリストがソフィアだといってます。
イエス様はキリストになることを求めてそれを与えられたというのですか。
では最初から神ではなかったことになりますね。
あなたはキリスト教を今すぐ廃業して、信仰を捨てなさい。
神道の方がまだましです。


723 :はと:2006/09/15(金) 18:43:17 ID:2oAZsIw5
神殿を建て、供物を捧げ、預言者の託宣をきいてもずっと
神智ソフィアは得られませんでした。

イエス様以前からパンもソフィアもありました。
しかし
パンはだれでも求めれば口に出来たのに対してイエス様が来るまで
ソフィアを口に出来るものは一人としていなかったのです。

イエス様が初めて「生きた」ので続けて待っていた旧約の先人が
あとから肉体の死後「生きた」のです。
アブラハム以前からイエス様は生きていたとはそういうことです。

724 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:48:26 ID:jKaFDjjz
>>723
嘘を書かないでください。
イエスは生前からアブラハムが信仰深い死者の霊を助け、
悪人の霊を裁いていると話しています。
また、モーゼはイエスが生きてるときから天からエリヤと一緒に降りてきましたが。
なぜ、嘘を付くの?

725 :はと:2006/09/15(金) 18:51:26 ID:2oAZsIw5
>>720
でも獅子は子を千尋の谷に落とすというじゃありませんか。
赤ん坊で生まれたときには誰でも目は開いていません。
ソフィアを得ていないからといって養子とは限りませんよ。
嫡男だから継がせるなんて生易しいことをいっていたら天国建設なんて
夢のまた夢ではないですか

這い上がってこられなかったならばイエス様は顧みられなかったと思うのです。

726 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 18:51:38 ID:9k85MrOd
悪魔を許してよいのでしょうか?

727 :はと:2006/09/15(金) 18:55:05 ID:2oAZsIw5
>>724
きっと鼻が利くから待っていたのですよ。ソフィアが啓かれ、分け与えられるのを。

728 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 18:57:20 ID:jKaFDjjz
また、エノクは神と共に生きたので、神が彼を地上から取り去ったとも書かれています。
神と共に生きて神にとられたエノクが救われなかったとでもいうのでしょうか。
イエス以前から、子なる神は創造以来普遍的に存在し続けて、
全世界で人類を救うために活動していたのです。
アブラハムを救ったのはメルキゼデクじゃないですか。イエスではありません。
メルキゼデクも子なる神が実体化したものだったんです。
子なる神は昔から全世界で実体化して人類を救ってきたんです。
イエスが最初でも最後でもないのです。

729 :はと:2006/09/15(金) 18:59:49 ID:2oAZsIw5
いいや。イエス様が最初だもんね

730 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:00:52 ID:9k85MrOd
三位一体の
聖霊とは何でしょうか?

731 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:01:51 ID:jKaFDjjz
>>729
イエスはメルキゼデクと等しいくらいにまで挙げられたのです。
ヘブライ人への手紙読みなさいって。
メルキゼデクのほうが先です。イエスは彼の後に続いたんです。


732 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:02:40 ID:jKaFDjjz
>>730
神の霊です。神の息です。神の風です。

733 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:04:47 ID:9k85MrOd
>>732
神の霊、神の息、神の風とはなんでしょうか
言葉遊びではなく単純にわかりません



734 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:05:57 ID:jKaFDjjz
>>733
神の生命力です。

735 :はと:2006/09/15(金) 19:06:40 ID:2oAZsIw5
イエス様は立場上メルキゼデクに喩えられますが
イエス様のほうが段違いに上の人ですよ。全ての民族が耳を傾けねばなりません。

736 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:08:08 ID:9k85MrOd
>>734
神の生命力とはなんでしょうか
一言で帰ってきても、それが何を表すかわからないので
どのような概念なのか説明してほしいです。


737 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:08:20 ID:jKaFDjjz
メルキゼデクのほうがイエスより2000年も先です。w

738 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:10:43 ID:jKaFDjjz
>>736
聖霊は神の力です。
その力に創造の指令を与えたのが子なる神です。

739 :はと:2006/09/15(金) 19:11:48 ID:2oAZsIw5
カインエサウイシマエルだって生まれたのは先だ

740 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:12:53 ID:jKaFDjjz
>>739
メルキは系図も父も母もありません。神の化身です。
神の化身が子神の実体化です。

741 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:13:04 ID:9k85MrOd
>>738
それでは同じ質問を繰り返すしかありません
具体的にどのような物で、どのような時に発揮され、
どのような時、どのような状態であれば、
それを感じることができるのでしょうか?

742 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:15:10 ID:jKaFDjjz
>>741
聖霊は神の霊なのです。
そして、神は人を創造したときに、その霊を吹き込んで生き物にしたのです。
人はさらに、知恵の木を食べることによって、知恵をつけました。
こうしてホモサピエンスができたのです。

743 :はと:2006/09/15(金) 19:16:12 ID:2oAZsIw5
イエス様はユダ族から出るダビデ王家の血筋ですからメルキゼデクと同じく
レビ族という血統により資格を与えられるものではありませんが大祭司に優るものです。

名だたる預言者もイエス様を訪ねるくらい預言者より優れる方です。えっへん。

744 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:17:24 ID:9k85MrOd
>>742
魂のようなものですか?
例えばそれは
物や動物、植物などにも吹き込まれていますか?

745 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:17:50 ID:jKaFDjjz
>>741>どのような時に発揮され、

神の霊は生きている人間誰の中にも宿っています。
神の霊が取り去られると人は死にます。

>どのような時、どのような状態であれば、
それを感じることができるのでしょうか?

ですから、人が神を信じ、祈り、神の戒めに生きるときに、聖霊は自然に発揮されます。

746 :はと:2006/09/15(金) 19:19:23 ID:2oAZsIw5
そうか。>>742
やっぱりアダムの鼻の穴に吹き込んだものと使徒行伝の聖霊は同じものなんだ。

747 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:22:49 ID:jKaFDjjz
>>744
肉体と魂と霊で人間は作られています。1テサロニケ5:23 
魂はすべての生き物にありますが、霊は人にしか吹き込まれていません。 
植物は、魂も霊もない体です。動物は、体と魂がありますが、霊はありません。
魂があるかどうかによって、生きているものと死んだものとの区別がつきます。
霊があるかどうかによって、人間と動物の区別がつきます。
人間は霊を持っているので、神様と交わりができるのです。

748 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:25:22 ID:9k85MrOd
>>747
はじめに吹き込まれる前の体は植物のようなものでうすか?
霊と魂は違うのですね?
魂はどこからくるのですか?

749 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:26:22 ID:jKaFDjjz
>>746
ときどき原語を確認しなさい。あんた不勉強すぎ。
ルアッハは神の霊、聖霊です。
ギリシャ語旧約聖書と新約を対比させれば一目瞭然でしょ。

750 :ろりぽっぷ ◆epMrs1963. :2006/09/15(金) 19:27:04 ID:LvP5/o7Q
>>715 改革派だったら、
小会(各個教会)中会(各個教会のあつまり)大会(中会の上位組織)
というように、会議が階層性をなしているというのが、
教会制度の特徴なんだけど、
この場合は、改革派についての話でないので、
どのような組織が、一番人間的な支配ではなく、イエスキリストのご支配になるか?
について(もちろん改革派の考えだけが正しい、という訳ではありません)
何か、考えたり動いたりする方向に、「聖霊様の今日的な働きにオープン」ということが、
向かうことがあるのかな、ということなんですわ。

751 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:27:33 ID:5ocdERvC
聖霊は、キリストの霊である。ロマ8:9

わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる(マタ28:20)と
言われたとおりである。

752 :はと:2006/09/15(金) 19:28:44 ID:2oAZsIw5
nihongomohujiyuunanoni? >>749

753 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:29:38 ID:9k85MrOd
聖霊はキリストの霊だけを指す言葉で
人に入っているものは唯の霊なんですか?


754 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:31:08 ID:jKaFDjjz
>>748
魂(プシュケ)は本能です。

755 :はと:2006/09/15(金) 19:31:14 ID:2oAZsIw5
ルアッハーッ
くじらの潮噴きっぽい。

756 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:32:14 ID:jKaFDjjz
>>751
ですから、キリストは創造の初めからいますってw
しつこいわね

757 :はと:2006/09/15(金) 19:33:56 ID:2oAZsIw5
イエス様は生まれるまではいなかったでしょ。

758 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:35:38 ID:9k85MrOd
>>754

人間 体 本能 聖霊
動物 体 本能
植物 体

ですね
神が聖霊を吹き込んだ体にはすでに魂(本能)が
あったのでしょうか?

759 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:36:18 ID:jKaFDjjz
使徒への聖霊降臨は「後の雨」です。
後の雨とは作物の収穫前に降る雨です。
先の雨は作物を生やすために降る雨です。
先の雨はモーセのときに降りました。
ですから、聖霊の降臨は使徒のときが最初ではないのです。
常に雨は降り、収穫され、また作物を植える時に降り,収穫前にまた降るのです。
その繰り返しの中で、人類は生成発展するのです。


760 :はと:2006/09/15(金) 19:36:29 ID:2oAZsIw5
>>751
しつこいが実体化した響子さんからしつこいなんていわれたらおしまいだよ。

761 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:38:18 ID:jKaFDjjz
>>760
あんたみたく馬鹿な回答者がこれ以上人を惑わすのを見てられないのよ。
これからは質問箱に常駐しますから。
あたしに謝罪しないなら、荒らしますよ。

762 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:39:40 ID:jKaFDjjz
>>758
そうですね。
本能と聖霊とが混ざって、精神や思惟機能ができたのだと思います。
大脳が発達したのです。ですから神は進化の神でもあるのです。


763 :はと:2006/09/15(金) 19:40:02 ID:2oAZsIw5
>>759製造工程のAとZですかね。同じラインだが別途の働きがあるということでしょうか。

764 :はと:2006/09/15(金) 19:42:04 ID:2oAZsIw5
>>761
1行目と3行目が不釣合いだなとみんなが思った件について。

765 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:42:16 ID:jKaFDjjz
>>763
私は神道家です。すべて神道の方が聖書よりも進んだ見解を持っているのです。
神道は循環思想なのです。自然を教材にして思想も儀礼もまとめてきましたから。
あなた異教徒に教えられて恥ずかしくないの?

766 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:43:38 ID:9k85MrOd
>>762
動物にも本能以外に思惟機能がありませんか?

767 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:45:52 ID:jKaFDjjz
>>766
一部の霊長類を除いてはありません。
大部分は反射機能です。

768 :はと:2006/09/15(金) 19:46:50 ID:2oAZsIw5
>>765教えてもらうことは常に楽しい

>>766犬と散歩していると意見の相違にぶつかることがある。
犬は犬で同意を得るとき後ろを振り返る。

769 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:49:25 ID:9k85MrOd
>>767
一部の霊長類にも聖霊があるのでしょうか?
ホモサピエンスでは無く、ネアンデルタール人ならどうでしょうか?


770 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/15(金) 19:50:14 ID:jKaFDjjz
これで失礼します。

771 :はと:2006/09/15(金) 19:50:47 ID:2oAZsIw5
>>770
オヤスミなさい。

772 :月見 ◆Zbk.TrDrMY :2006/09/15(金) 19:51:01 ID:CB5bknBj
>>762
馬鹿話は談話室で

773 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 19:53:54 ID:YT2i8M32
>>770
馬とうんこが出会った。

774 :はと:2006/09/15(金) 19:54:02 ID:2oAZsIw5
>>772
そのうち採用されそうですね。
【馬鹿話は】キリスト教@談話室【談話室で】

775 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:21:36 ID:9k85MrOd
父が創造主
聖霊が精神のようなものだとしたら
子(キリスト?)とは
三位一体において
どのような各位なのでしょうか?
知っている人がいたら解説お願いします

776 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:28:23 ID:uSxaB5dm
>>775
化身仏と同じだよ。強固も言ってるが。

777 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:39:04 ID:uSxaB5dm
聖霊の賜物に9種類ある。そのひとつが預言だ。
預言の賜物は、旧約の時代の方が、新約時代よりも優れている。
聖霊は旧約時代にも降臨してたのさ。決してイエス以後ではない。


778 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:48:44 ID:9k85MrOd
父 創造主
子 化身仏
聖霊 精神のようなもの

これが上下関係無しの同質の神であるでいいの?
子と聖霊が重複したりしないの?
なんか父、子、聖霊の順に偉そうですよ?

779 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:55:55 ID:+oyqYstL
>>762
そうですね。
本能と聖霊とが混ざって、精神や思惟機能ができたのだと思います。
大脳が発達したのです。ですから神は進化の神でもあるのです。

でたらめ言うな!精神は神からくる「いのち」である「愛」と「英知」
が人「意志」と「理性」に流れ込んでつくられるものである。
一般的に、精神とは「心」と言うがの。人の霊魂は神の愛と英知を受ける、
器であり、心は大脳を使って人の自由意志を表現し、英知から理知が生ま
れ人は、思惟する。


780 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 20:58:49 ID:uSxaB5dm
>>778 仏教の概念を借りたんだろうよ。

法身[dharmakaya] 絶対不変の経験として目に見えぬ法
報身[sambhogakaya] ありとあらゆる形相をとり得る歓喜の心象
応身[nirmanakaya] 物質的実在として 誰の目にも見える生身の肉体


781 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:00:28 ID:uSxaB5dm
>>779
心と精神は違うだろ。
心は感情。精神は知能だ。

782 :うさぎ888σ(・ω・*) ◆l8/Ncjcsrg :2006/09/15(金) 21:03:07 ID:xud3k/Ij
>>781
なるほど。一理ある。
勉強になりました。

783 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:03:11 ID:uSxaB5dm
>>778
>これが上下関係無しの同質の神であるでいいの?

浄土真宗では三身即一といふ

784 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:09:10 ID:uSxaB5dm
>>782
英語でも区別されている。

mind 精神、知能 mental 知的、精神的 mentality 知性 精神性

heart 心 hearty 心ある heartless 心ない

785 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:29:21 ID:+oyqYstL
>>781
心と精神は違うだろ。
心は感情。精神は知能だ。

感情は動物にもある。
しかし、自由意志である「こころ」=「精神」はない。
かわりに本能という知性に似たものはある。これを類比と
いっている。
動物には、意志も理性もない。

786 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:32:28 ID:9k85MrOd
なんらかの因果で
そう思うにいたるのであるから
それはもはや大きな視点では計画性、さだめられた運命的であって
自由意志など存在しまいて

787 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:46:42 ID:y+/vTb3G
なぜこんなにスレ伸びてるのかと思ったら、偽グノーシス野郎が来てるのかw
ここは質問スレなんだから、いいかげんにやめさないね、響子さんとかいうコテ。
あと、長老派さんってコテは、わからないのにしったかぶりの回答者になんかならないで
少しはよそで勉強してきなさい。質問するほうが幻惑されて迷惑だろう。

788 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 21:47:55 ID:+oyqYstL
それは決定論者の考えだ。
神は、ひとの自由意志を尊重されている。
そのことは、ヘビが人祖を騙した(創世記)
で書いてある。


789 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 22:17:57 ID:9k85MrOd
気になっていてのですが
神は人に自由意志を尊重させたりする
人より上位の存在ですか?三位一体の聖霊が精神的なもの
で同等の存在なら上位下位という概念はないのではないでしょうか?
それと知恵の実だかを食べさせたヘビは悪者的扱いでありますか?


790 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/15(金) 23:20:44 ID:OOokcxZA
>>704
>なのに、なぜ子なる神だけキリスト教に限定されて
>他には存在しないとあなた方は嘘を付くのでしょうか。

彼らは、別に嘘をついているわけではないと思います。
彼らに神がわかっていない、というだけのことです。

神は「生ける神」ですから、命の源と言っていいと思います。
まず、ここからして理解できていないのです。

しかも、こうしたことを書いても反発心があるだけで、
人の話を聞こうともしない人たちばかりなのです。

791 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/15(金) 23:24:58 ID:OOokcxZA
>>704
>なのに、なぜ、あなた方はキリスト教にしか神は存在しないと
>嘘を付くのですか。
>お答えください。

まさに神の英知は全知に満ちています。
ですからキリスト教という「思想」や「概念」に神が住んでいるのではありませんし
そうした扱いを神が望んでいるわけでもないと思います。
宗教というものは、このように欺瞞と人の驕りに満ちていますが
生ける神は、私たちを愛し、今日も命の息によって生かしてくださっております。


792 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/15(金) 23:29:29 ID:OOokcxZA

神については、聖書に詳しく現れています。
また、さまざまな事柄が神を証しています。
まさに、全地は神の愛と息吹に満ちているからです。

ですから宗教団体、組織、建物などに神がいる、というのはおかしな考えです。
人々が神について分かち合いを持つために、人びとの集いの場は必要ですが、
人びとの集いの場が権威を持ったり、偉かったりするのではありません。

793 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 23:48:35 ID:xD12oFlJ
カトリックだけが正しい信仰を継承してるの。
ダニエルは正しくないよ。

794 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 00:10:48 ID:pYOq3qBb
>>789
父・子・聖霊の三つの本質的なものは、人間にある霊魂・肉体・活動のように
主にあっては一つです。これは主が(みことば)のなかで、父はご自分と一つ
であるとこと、父はご自分のうちにあり、ご自分は父のうちにあると、はっき
り言われていることからわかります。主ご自身と聖霊の関係についてもそれが
言えます。聖霊とは、おん父によって、主から発出した神性だからです。

創世記第11・12・13節:神は言われた、「あなたが裸であるのを、、、
女は答えた、「ヘビがえあたしをだましたのです。それではたしは食べました。
人の合理性は、自分に親密であるエゴ、つまり自己愛によって、見て感じなけ
れば何も信じなくなるほど、騙されたということです。神が、ヘビに向かって
話されたのではありません。ヘビが実際いたわけではなく、ヘビであらわされ
た感覚が口を利いたわけでもありません。そこには別の意味があります。
彼らは自分達が感覚で騙されたと気づきました。自己愛がもとで、主と主にへ
の信仰について聞いたことが、本当かどうか知りたかったのです。それを知った
あと、信じてもいいと思いました。

795 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 00:23:14 ID:Kte1eCE3
自己愛は悪いものでしょうか
信じるでは無く、理解する
に至ることは不可能なのですか?


796 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 00:32:43 ID:pYOq3qBb
>>795
もう一度書きます。
自己愛(エゴ)とは、自分だけが眼中にあり、他の人はとるに足りないか、なきに等しいものの性格です。
もしある人を多少なりとも評価するとすれば、自分を尊敬してくれるか、あがめてくれる人に限られます。
つまり、自分自身をあがめ、自分をあがめてくれなければ、人には何の好意も寄せない性格です。

そのような自己愛の奥底には、偉大なるもの、出来れば元首、あわよくば神になりたいという欲望が隠され
ています。また、地位とか名誉のための地位や名誉への愛とは自己愛のことです。富や財産への愛のために
する愛は世間愛のことで、まさにどんなやり方であろうと、他人の持っている善益を所有したいと思う愛の
ことです。
自己愛に対し、天的愛と隣人愛は真っ向から対立しています。前者は、地獄を形成し、後者は天界を形成して
います。真の信仰を持つ人は、これを信じますが、神を否定し、人知と自然しか認めない人は、これをあざ
笑います。いずれを信じるかは、人は自由です。神は、人を神の雛形として創られたのですが、神のロボッ
トとしてつられたのではありません。人の自由意志をそこなわないため、悪は許されていますが、人の意思
と理性に常に働きかけをされ、それにより、悔い改めが出来ることを願い、人は誰も皆、天界に行けるよう
に願っているとの事です。


797 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 00:46:18 ID:Kte1eCE3
>>796
それはあきらかに違いますね
エゴとはそのような単一の定められた性格を表す言葉ではありません
誰でも持っている
大きい人、小さい人がいるというだけに過ぎません。

798 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 01:19:48 ID:pYOq3qBb
>>797
人間が「私」(という言葉)によってみずからを語りはじめる日から、彼は
その愛する自己を許されるかぎり押し出し、エゴイズムは留まるところな
く前進する。後略、カントの目は確かであると思う。エゴイズムはその威
力であり、その醜悪さである。
自己愛についてカントは次のように語っている。
我執は、自己愛、すなわちほかのあらゆるものより自己自身が好きである
自己偏愛か、自分自身に満足している自己偏愛、つまり「うぬぼれ」かの
いずれかである。(実践理性批判)より。
766は、これをさらに発展統合して、わかりやすく述べたものです。

違うといわれるなら、あなたの説が聞きたい。



799 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 01:30:36 ID:pYOq3qBb
766は、これをさらに発展統合して、わかりやすく述べたものです。
訂正。
これをさらに発展統合して、わかりやすく述べたものではありません。




800 :かんた:2006/09/16(土) 01:45:33 ID:srY9M4p+
キリスト今日は、ぷろてしたんとと、かとりっけ?全部ひっくるめて、きりすーとなン?よくわからん。えほーばとはなんゾヤ?

801 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 02:09:10 ID:pYOq3qBb
>>795 もう一つ。
>信じるでは無く、理解する
に至ることは不可能なのですか?

<理解することと、信じることは同じではありません。
理解とは、人の理性で、それがわかることで、信じるとは
理性が理解したものを、人の意志が受け入れ実践することです。
つまり、信仰とは自己愛が悪であり、それから離れる生活を
するところからはじまりす。

802 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 06:38:25 ID:5SPrs/9U
万物は神が創造された
と信じることで隣人に対する理解が生まれるし
神を、心と魂を尽くして愛す
と言うイエスの言った命題を全うできる

ではイエスは蛇足だったのか?
ユダヤ教徒の怠慢を咎めた変人なだけか?

イエスが神のみ子だとしたら ・・・
罪の赦しと悔い改めを伝えにやってきたのか?
終わりの日に正しき者を天へ連れて行くためにやってきたのか?

- 神を信じそのみ心を行っていることで、その人はすでに救われており
  天の国にいるし、罪の赦しや悔い改めとは縁がないし、終わりの日に天へ導かれる
   と言っても信じてみ心を行っているのならもともと天にいる人を天に導くとはどういう意味でしょう

803 :カルトハンター:2006/09/16(土) 07:02:30 ID:EWdSPVxf
>>802
コピペ荒らし消えろ!

1、出だしの「理解」も「命題の全う」も、論理必然ではない!

2、神の子イエスに、電波なコピペ荒らしのお前らなどから下品な条件付けでしかない「タラレバ」などは生じ得ない。

3、聖書ぐらい読んで、まず行ってから言え。

804 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/16(土) 08:50:42 ID:ENkwDK9p
>>790
いいえ。結果的に嘘を宣伝しているのですから、むしろ、反キリストというべきですね。
>>791
父が遍在なら父と同質の子も遍在です。子神は創造以来何をしていたのですか。
イエスとして生まれるまで、何十万年、何百万年も、ただ指をくわえて
人類の滅亡を傍観するしかなかったのですか。それとも救いの仕事をしてきたのですか。
>>792
あなたは聖書にとらわれすぎているので彼らとあまり変わらないと思います。

805 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/16(土) 08:52:55 ID:ENkwDK9p
>>802
神を信じても救われないならイエスを信じても救われません。
神を信じて救われるなら、神の使いイエスを信じても救われます。
簡単なことなのです。それをキリスト教徒は認めようとしないのです。

806 :響子 ◆tGGx9EmFXM :2006/09/16(土) 08:57:35 ID:ENkwDK9p
>>789
蛇は神の使いです。賢明な生物として神が創造したのです。創世記に書かれています。
人をホモサピエンスに進化させるには、蛇の仕事と智恵の木を食べて、智恵をつけることがどうしても必要だったのです。

807 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/16(土) 10:29:34 ID:ald02NT9
>>806

その考え方は、聖書的ではありません。
もし蛇がそのようであるなら、どうして神から叱られているのですか?
蛇は、そのために、這って地のちりを食べることとなりました。

聖書には、そのように書いてあると思いますよ。
聖書と反する教えは、神に敵対していることになると思います。

つまり、そのような自分勝手な考えは捨てなければいけません。
あるいは、グノーシス思想にでも染まってしまっているのでしょうか。
いずれにしても、そのような偶像崇拝(人間の思想を崇めている)のような
行為は、神が嫌うものです。

808 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:38:48 ID:EWlz18d+
聖書の神ってまぬけだな〜
悪賢い蛇は作るわ
エデンに蛇が入って人を騙すのも阻止できないわ
しまいに怒りくるってエデンから追い出すわ


809 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/16(土) 10:39:37 ID:ald02NT9

グノーシスの思想であれ、共産主義思想であれ、資本主義思想であれ、
人間中心主義であれ、カトリック教会至上主義であれ、何であれ、
神ではない人間の考え出した思想などを信じて、これに従っているなら
これは偶像崇拝なのであって神が、そのようなことを憎んでおられることは
間違いないと思います。

なぜ人間が勝手に付加した考えを、そのように愛してしまうのか。

810 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:43:00 ID:EWlz18d+
聖書の神が全能ではないことは明らかだな〜
全能だったらハンパな蛇を創造しなかったろうしな〜
蛇がエデンに入るのを事前に知って
阻止できただろうしな〜
そうすりゃ、子供に罪を犯させずに住んだもんな〜
おかげで、人類の大部分が地獄に落とされたんだもんな〜

811 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:44:22 ID:Kte1eCE3
いいえ
聖書の神は本来全能であり
慈悲深くまた
厳しくもあるだけです。

812 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:45:46 ID:Kte1eCE3
>>798
あなたはエゴの大きい人、小さい人というのは存在しないと考えますか?
あなたの言い様ではエゴはもつべきでない絶対悪のごとき存在ですね。
再度言いますが、それはあきらかに違います。
エゴは人間ならだれし成長の過程で発生し、また
精神的な防衛作用として備わっており、必要なもです。
しかし人はエゴだけでなく、理性、他人を思いやる心
他の多くの感情を持ち、社会や他人との関係の中から
エゴのコントロールを学ぶでしょう。
エゴはあり過ぎれば迷惑をかけますが、
全く持たつなと言ったり、捨てろというのも不自然で人間的でありません。
人はエゴを捨てる必要はありません
理性、他の感情が発達すれば何も問題ありません。




813 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:48:45 ID:EWlz18d+
>>811
全能だったら、子供が蛇に騙されて、堕落して、
エデンから追い出されることも知っていたはず
それがわからなかったんだから、人間並み。

814 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:53:41 ID:Kte1eCE3
>>801

実践することですが正しいと理解にいたれば
あなたのいう信じるとは違うものでしょう。
それは洗脳のごときものです。
キリスト自身の信仰と、一信者の信仰は全く違うものでしょう
理解の度合いが違うのですから
キリストもまたそれを仕方なしと思い
一部のものにしか天の神秘を語られなかったのでは無いでしょうか。


815 :はと:2006/09/16(土) 10:56:44 ID:sHKbPPDQ
>>813法定速度で走るクルマがひとをはねると大概ひとは死ぬ。
そのことをしって放置しているトヨタの技術者や国土大臣は
殺人者か?
日本ではふつう運転者だけが裁かれる。

816 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 10:57:48 ID:Kte1eCE3
>>813
それは全て神の計画です
あなたはただやさしくする事が正しく、愛であると思いますか?
父の拳骨は暴力であり、否定すべきものでしょうか
神は人の成長を促すためにあえて試練をかしたのです。
それもま愛ゆえにです。
ただただ優しく愛を与えつづける、肯定しつづければ
人は成長しません。いつまでも身勝手なエゴに振り回された
ままでしょう。蛇がそそのかす前からエゴを持っていたのですから。

817 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:02:50 ID:EWlz18d+
神が全能なら、子供の選択も全て見通していたはず。
子供が堕落して、子孫全てが悪魔の餌食になることも見通していたはずだな。
それを知ってて、善悪の木を植えて、騙し役の蛇を這わせたんだな。

818 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:09:37 ID:EWlz18d+
神が全能なら蛇は主人である神の部下であるに違いない。
蛇が神に対立して神の子供を奪うほどの智恵者であれば
神は全能とは言われない。ハンパだってことだ。

819 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:13:12 ID:EWlz18d+
聖書の神ってまぬけだな〜
悪賢い蛇は作るわ
エデンに蛇が入って人を騙すのも阻止できないわ
しまいに怒りくるってエデンから追い出すわ
聖書の神が全能ではないことは明らかだな〜
全能だったらハンパな蛇を創造しなかったろうしな〜
蛇がエデンに入るのを事前に知って
阻止できただろうしな〜
そうすりゃ、子供に罪を犯させずに住んだもんな〜
おかげで、人類の大部分が地獄に落とされたんだもんな〜
全能だったら、子供が蛇に騙されて、堕落して、
エデンから追い出されることも知っていたはず
それがわからなかったんだから、人間並み。
神が全能なら、子供の選択も全て見通していたはず。
子供が堕落して、子孫全てが悪魔の餌食になることも見通していたはずだな。
それを知ってて、善悪の木を植えて、騙し役の蛇を這わせたんだな。
神が全能なら蛇は主人である神の部下であるに違いない。
蛇が神に対立して神の子供を奪うほどの智恵者であれば
神は全能とは言われない。ハンパだってことだ。

820 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:15:25 ID:0Z/wZ3sN
>>815
そうそ、「許された危険」という奴ね。

821 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:17:13 ID:EWlz18d+
>>816
あんたの神は悪魔だなw
人間の親のほうが愛がある。

822 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:21:30 ID:Kte1eCE3
>>821
神は全能であるがゆえに
また、必要であるから悪魔をお創くりになったのです
人間には母の愛も、父の拳骨も必要なのです
またこれらはどちらも行き過ぎれば良い結果はえられません。

823 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:25:07 ID:EWlz18d+
だからあんたの神は悪魔の親分だろW

824 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:27:54 ID:ZuakFmHY
とはいえ、自動車を製造する人たちも法を管理する人たちも
出来るだけ運転で起こる事故が減るように努力すべきだし、
現にそのような努力が行われている。

とはいえ事故は起こってくる。
自動車事故の責任を彼らが免れるのは
彼らが不完全、全知全能ではないから。

ところが神は全知全能だという。
それなら神は事故を未然に防止することが出来るはず。
出来るのにしない。これは不作為の罪に当たるのではないだろうか?

「人間だから完全なシステムをつくったり、カンペキに運転するのは
不可能」という言い訳は全知全能の神には通用しない。

825 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:29:32 ID:ZuakFmHY
ということで理論的整合性を優先するならば
どうしても「悪魔」の存在
(神の手下としての悪魔。ヨブ記のような)
を認めざるを得ないわけである。

今のキリスト教会では悪魔をどのように捕らえているのだろうか。


826 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:35:47 ID:ZuakFmHY
話をもう一度まとめておこう。

1神は わ ざ と 人間を不完全につくった。
2悪魔は神の手下。神は悪魔の親分である。

これによって神の全知全能というテーゼは守られる。


827 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:38:38 ID:EWlz18d+
>>815
車に欠陥がありゃ、トヨタが損害賠償するだろw
人間に欠陥がありゃ、神が損害賠償するべさ。バカかい?


828 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:39:43 ID:EWlz18d+
>>826
そうだな。その前提で話を進めることだな。w

829 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:43:53 ID:EWlz18d+
製造した人間に欠陥があったことが証明されたから、
息子のイエスで損害賠償をした。
それがキリスト教の言うあがないだろ。
だが、この論だと、神は全能ではなくなるのだな


830 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:52:14 ID:yIAUVIUM
1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、人間は不完全なるがゆえに神の存在を忘れることがある。
3、ゆえに神は、神の存在を忘れた人間に神を思い起こさせるためにイエスを遣わした。


831 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:57:10 ID:Kte1eCE3
キリスト教はその前提を知っているのではないでしょうか
天使の長ルシファーとサタンを結びつけたのですから

神はやはり全治全能です
人は不完全であるがゆえ過ちを犯すが
不完全であるがゆえに完璧を目指し上昇し、愛を必要とし手にすることが
できるのですから。



832 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:57:40 ID:ZuakFmHY
>>830
「十字架にかけられたイエスの受難」の位置づけはどうなるの?

833 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 11:58:44 ID:EWlz18d+
これではどうだ。

1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、イエスを遣わした。

834 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:02:10 ID:EWlz18d+
>>831
だから、悪魔を創造して、凡庸な子供を悪魔の手に渡して、苦しみの中で成長するようにしたんだろ。

835 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:02:55 ID:yIAUVIUM
訂正
2、人間は不完全なるがゆえに神の存在を忘れることがある。

2、人間は不完全なるがゆえに神の存在を度々、忘れることがある。





836 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:07:05 ID:EWlz18d+
>>832
いい質問だ。損害賠償するために息子を人類に与え、好きなようにさせたのさ。


837 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:09:13 ID:yIAUVIUM
再訂正
2、人間は不完全なるがゆえに神の存在を度々、忘れることがある。

2、人間は不完全なるがゆえに神の存在を日常的、頻繁に忘れる性癖を内在している。


838 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:13:15 ID:EWlz18d+
1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンのようである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、自ら受肉して、殺され、損害賠償責任を負った。

839 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:16:12 ID:yIAUVIUM
>>832
神は、頻繁に神の存在を忘れがちな人間が自己嫌悪になって神から離れ去ってしまうことが
ないように、神の遣いであるイエスが「恐怖の遣い」ではなく「大なる愛」の遣いであること、
「神の愛」が偉大なものであることを悟らせるためにイエスを遣わした。


840 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:17:39 ID:ZuakFmHY
>>836
そうなると人類はその息子をなぶりものにする
権利があった、ということになるな。。

イエスを死に至らしめた人々は、人類になり代わって
権利を行使した、ということなのか。

なんかオゾマシイ展開になってきたぞw


841 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:19:27 ID:EWlz18d+
>>839
強きものには鞭を、弱きものには飴をもって、成長させる親さ。


842 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:22:06 ID:yIAUVIUM
神は、人間に好き勝手させるためにイエスを遣わしたのではない。
人間が、神の存在を思い越し、隣人愛に目覚めて好き勝手しなくなる
人間を増やすためにイエスを遣わされた。

843 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:39:07 ID:Kh0PBJnk
横レス失礼します

神さまは祈りを聞いてくれるのでしょうか?
いくら祈ってもだめだったら、どうしたらいいんでしょうか。


844 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:40:07 ID:/Kh2h9UJ
>>842
増えてないのはどうしてですか。
イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう。

845 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:47:05 ID:dKa722Jr
1、神は故意に神以外のものを求められるように人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵の象徴である蛇を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、自らの存在を見つめさせ自覚させた。
3、すべての内と外を満たす神は、自らの「自己」に目覚めた人間とともに生き、人間が自らの智慧によってすべてを満たす神に目覚める時を待っている。
4、神は人間を助けるため、人の子の言葉によって人の内と外を満たす神を語るイエスとなって顕れた。


846 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:47:54 ID:yIAUVIUM
>>843
祈り続けるしかないと思う。
ただし、我による俗物的な「現世御利益教」のような祈りは聞いてくれない
とも思う。
「霊の糧(聖書が教える善良な心や善良な精神や善良な思いや善行継続力)」
が恵まれるようにとの願いや祈りは、イエス・キリストの名によって願えば
聞いて貰えると思う。


847 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:51:17 ID:yIAUVIUM
>>844
>キリスト教世界が一番人殺しをした
そうは思えない。
つーか、より厳密に言えば「キリスト教世界」という表現には、
何かしら曖昧で巧妙な罠、誘導質問のようなものが隠されてる
ように感じる。





848 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:11:08 ID:Kte1eCE3
父 主 
子 救世主、善なる神、大なる愛の遣い キリスト 
智 蛇、悪魔、恐怖の遣い ルシファー

180年 アンティオケのテオピロ、「父と神言と神智の神の三位」
父=父 子=言=ロゴス=キリスト 聖霊=智(ソフィア)

三者は一体である。父はあらゆるものを創造し、またそれ自体である
キリストは本来子のみに属するのではなく三位一体の体現者である。
今日語られるキリストは母の如き慈愛であり、蛇もまた試練であり父の如き厳しい愛である
人が両極のバランスを崩したため、主は偏りを正すためにイエスを遣わされた。
キリストの死後
人は再び神を忘れ悪魔、サタンを敵対者とし排除する形をとり再び三位は崩壊した

849 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:21:43 ID:yIAUVIUM
ヒトラーは600万人以上のユダヤ人を虐殺する行政を(少なくとも誘導)し、
数千万人の同朋や戦争敵対国などの国民を戦没させる戦争を始めたが、
ヒトラーがキリスト教徒だったとは思えないし、「ナチズム」にトチ狂った
当時の「ナチス・ドイツ」がキリスト教社会だったとは思えない。
ナチス・ドイツは「宗教は人民のアヘン」とする思想の社会主義革命、
(ロシア革命に続くドイツ革命)後のワイマール共和国での社会主義体制で
育ったものであって、そのときのドイツは「キリスト教社会」ではない。

ロシア革命(このときの共産主義革命での犠牲者は少なくとも1400万人といわれる。*1)後の
スターリン体制(ソ連)でも、更に「茶番劇裁判」と収容所での「死刑、病死」などは2000千万人以上と
言われたり、第二次世界大戦後勃発後の「餓死者」が2500万人と言われているが、スターリン体制の
ソ連がキリスト教社会だったとは到底、思えない。
毛沢東文化大革命でも3000万人以上が餓死などで死んだといわれるが、中国は当時も今も共産党による
一党独裁体制だ。

*1
http://ww1.m78.com/honbun/russia%20revolution.html
そして革命は戦争より遥かに甚大な被害をもたらした。1925年までボルシェビキ政府は
有効な国内支配を完成できなかったとしている。その期間の自然死によらない死者は少なくとも
1400万人といわれ、大半は餓死である。街には人肉販売店ができ、交通は途絶しそのなかを
難民が徒歩で国境を出ようとし多くは途中で倒れた。今では想像できないが、これら難民に救援の
手をさしのべる旧同盟国はなかったといわれる。



850 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:39:21 ID:yIAUVIUM
朝鮮戦争勃発後の北朝鮮の戦没者と餓死者の数は、第二次世界大戦での
日本の戦没者の数300万有余をはるかに超えてる。北朝鮮は「キリスト教世界」ではない。
第二次世界大戦で日本軍が殺した数は数千万といわれるが、それは「キリスト教世界」の
話ではない。フィリッピンはまごうことなく「キリスト教社会」だが、日本軍がフィリピンで
行った虐殺を、「キリスト教世界が殺した。」とはとうてい思えない。


851 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:45:52 ID:tuKvfJlU
>>844
 紀元前から今日までの人口統計を見る限り、増えすぎ。でも、
これが信仰の賜物かどうかは‥
>>849 >>850
 キリスト教が世俗権力から切り離された現代史をお浚いする
事のどこが免罪になるの?

852 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:47:55 ID:Kte1eCE3
元のレスの増えろってのは
神の存在を思い越し、隣人愛に目覚めて好き勝手しなくなる人間
でしょ

853 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:50:57 ID:Kte1eCE3
維新後の国家神道はキリスト教社会的だがね
悪魔を排除せよでは
隣人愛に目覚めるわけがないんですけどね


854 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:52:47 ID:yIAUVIUM
>>851
>キリスト教が世俗権力から切り離された現代史をお浚いする
「世俗権力から切り離された現代史」って、日本語として意味不明だよ。


855 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:52:50 ID:nV5QyFef
>>847
異教徒は大量破壊兵器の開発も出来ない馬鹿ばっか、ということかも?

856 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:54:05 ID:yIAUVIUM
>>851
>のどこが免罪になるの?
誰が、いつ、どこで、免罪府の話をしたの?


857 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 13:57:13 ID:yIAUVIUM
>>855
>異教徒は大量破壊兵器の開発も出来ない馬鹿ばっか、ということかも?
こういう刺のある質問も「誘導尋問」に感じる。
アザミから無花果が採れますか?
茨から葡萄が採れますか?


858 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:01:02 ID:tuKvfJlU
>>854
(キリスト教が世俗権力から切り離された)は「現代史」に懸かる
事位は判るよね? 
>>856
 いかにキリスト教が、20世紀の虐殺に関与していないって話
しているわけだろ? でも、それ以前、いかにキリストの名の下で
虐殺が行われたか、という歴史があるわけですよね?

859 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:04:59 ID:tuKvfJlU
>アザミから無花果が採れますか?
>茨から葡萄が採れますか?
           意味不明

860 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:10:37 ID:yIAUVIUM
>>tuKvfJlU
>(キリスト教が世俗権力から切り離された)は「現代史」に懸かる
そうなら、尚のこと日本語になってないでしょ。

>事位は判るよね?
アザミから無花果が採れますか?
茨から葡萄が採れますか?

>キリスト教が世俗権力から切り離された現代史をお浚いする
>事のどこが免罪になるの?
>キリスト教世界が一番人殺しをした
という主張が、事実にもとずくものかどうかという論説が、
どうして「免罪符」の話になるんですか?
誰が、いつ、どこで免罪符の話をしましたか。?




861 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:15:27 ID:tuKvfJlU
>アザミから無花果が採れますか?
>茨から葡萄が採れますか?
     意味不明。意味が繋がらない。自分だけ
繋がっていれば満足なのだろうが?

>誰が、いつ、どこで免罪符の話をしましたか。?
 それはあんたが先だ。「免罪」とは俺は書いたが


862 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:17:58 ID:yIAUVIUM
>>859
あなたに言ったことでないですが。
何故、横槍で言ってくるんですか?


863 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:18:52 ID:tuKvfJlU
>>860
 一体、何を云いたいのだ? 現代史のお浚い
をしたかと枝葉末節の突っ込みしかしなくなって

864 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:21:04 ID:tuKvfJlU
>>862
 >>860に記したの、あんただろ?
少なくとも
>あなたに言ったことでないですが。
>何故、横槍で言ってくるんですか?
という返事を云う資格には今のあんたにないぞ

865 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:21:54 ID:yIAUVIUM
>>861
あ、そうか。勘違いしてました。では訂正。「符」は削除。

で、誰が「免罪になる」とかって主張しましたか?

>枝葉末節の突っ込みしかしなくなって
誰の話ですか?




866 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:22:57 ID:yIAUVIUM
>>864
>返事を云う資格には今のあんたにないぞ
という資格は、あなんたに何故、あるのですか?


867 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:25:04 ID:yIAUVIUM
>>864
859という数字が、860より小さい数字だということも認識できないですか。


868 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:27:30 ID:nV5QyFef
>>862
あー、因みに、俺には多分通じてる。
でも薊や茨ではないと言い張るほどの
面の皮は、俺にはない。
茨に林檎を実らせるぐらい平気ですると思うぜ、
うちの親方は。


869 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:28:44 ID:tuKvfJlU
>>865
 じゃ、なんのための議論?>>844
に対して、>>848 >>849を答えたわけだろ?
 
 

870 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:30:18 ID:zXF/Z8rN
思ったんだけど、キリスト教って一体なんのための集団なんだ?
自分は無宗教だけど聖書とか良く読むんですが、
キリスト教で聖書の内容を正しく実践してるところ見たことがない。
慈善活動の集団にしかみえねー。

もし本当に神様がいるのなら。
天国でキリストのおっさんとかYHVHとか絶対激怒してると思うがw


871 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:32:33 ID:tuKvfJlU
>>866 >>867
>という資格は、あなんたに何故、あるのですか?
 同じ文句を投げかけておきながら、無関係だと言い張るのですか?

872 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:33:28 ID:yIAUVIUM
>>861
>意味不明。意味が繋がらない。
まあ、聖書を読んだり教会に通って、意味が判るようになること祈ってます。


873 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:34:42 ID:tuKvfJlU
>>870
>もし本当に神様がいるのなら。
>天国でキリストのおっさんとかYHVHとか絶対激怒してると思うがw

 そう云って、おのおのの信徒は、他の教会の信徒相手に論争し、
門外漢を困惑させるのだよ

874 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:34:59 ID:nV5QyFef
>>870
慈善活動の集団に見えてるなら
かなり覚え目出度いだろうが
それって誉めすぎじゃないか?

それとも慈善とは自己満足という意味かしら?

875 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:35:28 ID:tuKvfJlU
>>872
 因果律なら仏教教会でやってくれ

876 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:41:39 ID:yIAUVIUM
>>875(tuKvfJlU)
>事のどこが免罪になるの?
>無関係だと言い張るのですか?
>因果律なら

あなたは、何故、こういふうに人の言ったことを勝手気ままに変えて、
質問するのですか。?
何故、あなたは、あなたの秤で他人を秤ろうとするのですか?


877 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:43:40 ID:zXF/Z8rN
いや教会とか慈善活動の集団じゃね?あれ。
俺、ATMから食費引き落とすの忘れて、はらへって死にそうだったとき
近くのカトリック教会行ってタダ飯くわしてもらったがw
あと、ガキの頃に親にムカついて家出したときも、かくまってもらって
飯くわせてもらって、説得された経験あるからな。

でもあとあと聖書読んでみるとアレッ?って思う事がいっぱいあるんで
自分の中ではキリスト教=慈善活動集団。


878 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:46:16 ID:zXF/Z8rN
あーあと、スレ違いだが、仏教はいわゆる宗教とは違うよ。
神道もだけど。

仏教はインドのガウタマ・シッダールタって王様が悟った人としての
道徳みたいなもので、霊的なものは関係ない。
神道は明らかな伝説とか伝承の類。


879 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:47:52 ID:yIAUVIUM
> じゃ、なんのための議論?>>844
>に対して、>>848 >>849を答えたわけだろ?
これだって意味不明な質問なんだよな。


880 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:49:10 ID:tuKvfJlU
>>876
 どうして質問に質問で返す? 

>あなたは、何故、こういふうに人の言ったことを勝手気ままに変えて、
>質問するのですか。?
 自分の述べた事が他人に完全に理解されるとでも思って
いるの?

>何故、あなたは、あなたの秤で他人を秤ろうとするのですか?
 自分がそうだとは思えないの?

>>877
 いい体験だと思いますね。カソも伝統的なプロも
信仰の強制なんて事はしませんし。

881 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:51:13 ID:zXF/Z8rN
いや、慈善集団としては人として大変立派だと思うけど

神の使徒としては・・・ これホントに神様いたらキリスト教信者が
まっさきに天罰くだると思う・・www

882 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:52:55 ID:tuKvfJlU
>>878
 仏教は宗教と云うより、本当は哲学だと云うね。
でもこの板も含めて、やっている事は‥
>>879
 ご自分の質問とレスの関係は判ってますよね?

883 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:55:50 ID:tuKvfJlU
>>881
 というか、分派論争の場合、お互いに地獄逝きを叫び、
罵りあうのが歴史でしたから(今でもカルトと呼ばれる
教団では日常茶飯事)

884 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:03:01 ID:yIAUVIUM
>>882
>ご自分の質問とレスの関係は判ってますよね?
こちらの言いたいことなですがね?

869 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:28:44 ID:tuKvfJlU
>>865
 じゃ、なんのための議論?>>844
に対して、>>848 >>849を答えたわけだろ?

>イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう。(>>844

誰が、いつどこで、「キリスト教世界が一番人殺しをした」ことを証明できましか?
断定できないことを断定することに反論してるのに、何故、あなたにいろいろないいがかり
いわれないといけないのですか?

あなた、>>844に対する反論について、いろいろ難癖つけるくらいなら、
「キリスト教世界が一番人殺しをした」ことを、具体的な数値をもって
具体的根拠を示し、史実として証明してください。






885 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:05:08 ID:yIAUVIUM
>>882
その証明してからじゃないですか?
あなたのいう「資格」っていう次元は。



886 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:08:32 ID:Tzn5x8U1
>>878 神道は明らかな伝説とか伝承の類。

処女マリアの出産や墓場での3日目の復活なども、まったく同じで、「明らかな
伝説とか伝承の類」。

887 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:15:08 ID:yIAUVIUM
あなたがたは、「この世の過去に起きた殺人事件のこと、全てわかってる。」と言いたい
のでしょうねー。
ちなみに、あなたがたは、そのような「この世の殺人の歴史はすべて判ってる」つもり
になられて生活をしてるの、何時の頃からなんですかねー。



888 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:21:31 ID:tuKvfJlU
>>884
 普通、>>848 >>849中りの議論したら、共産主義こそ‥の結論付けるのが
通例なのだけどね。
 でも、共産主義とナチスイデオロギーがキリスト思想の大地から出来てきた
のだがね(だから西洋思想自体の否定にまた話は進む)。20世紀の虐殺史の
数字は貰っておくよ。>>844の議論の根拠はそこらあたりだろうね。
 でも、何を目的に議論しているの? 
>>886
 おとめマリア、の語句、処女に誤訳したというね。復活は
マルコにはない。


889 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:23:46 ID:tuKvfJlU
>>887
 誰がそんな事云った? 世の始まりからの事は悉く、
聖書に総て書いてある、と言うほど傲慢にはなれないね

890 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:30:00 ID:tuKvfJlU
>>887
 だからと言って、キリスト教との比較に於いて、の意味だろ?
なら、それで充分。全知全能でなくとも、知っている限りで充分だろ。
世界史は抹殺できないよ

891 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:34:36 ID:yIAUVIUM
>>888
846は私のレスじゃないですけど。
>共産主義こそ‥の結論付けるのが通例なのだけどね。
それは、あなたにとっての「通例」でしかないでしょ。

>でも、共産主義とナチスイデオロギーがキリスト思想の大地から出来てきた
>のだがね(だから西洋思想自体の否定にまた話は進む)。20世紀の虐殺史の

「キリスト思想の大地から」っていうのも観念論のレトリックで論理の飛躍でしょうが。
だからって、「イエスが来て以来」のキリスト教以外の世界の殺人事件のことまで
全部知ってる、といえる根拠は何ですか?

892 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:41:58 ID:j8cp/zP2
>>888
>復活は マルコにはない。

マルコには、復活顕現物語が無いだけで
復活物語はある。
マルコ福音書
>16:6 若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架に
>つけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、
>ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。

893 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:42:24 ID:yIAUVIUM
>>891
>イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう
>世界史は抹殺できないよ
「キリスト教世界は一番人殺した」と断定できて、「世界史は抹殺できない」なら、
一番の次の「二番の数」とか、その「数の差」とか教えてください。


894 :893:2006/09/16(土) 15:45:13 ID:yIAUVIUM
訂正>>891→890

895 :893:2006/09/16(土) 15:46:03 ID:yIAUVIUM
>>890
>イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう
>世界史は抹殺できないよ
「キリスト教世界は一番人殺した」と断定できて、「世界史は抹殺できない」なら、
一番の次の「二番の数」とか、その「数の差」とか教えてください。


896 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:46:09 ID:tuKvfJlU
>>891
 >観念論のレトリックで論理の飛躍
って、キリストmの教えが現実を動かす思想やイデオロギーに与える力
を否定するのですか? 無関係って言い張るなら言い張って下さいよ 
 
>全部知ってる、といえる根拠は何ですか
 全部知っている必要などあるのですか? しかも誰にとっても
未知の事象まで含めて全知全能を人に要求するのがキリスト者ですか?

897 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:48:43 ID:c6qJXQM1
議論スレに誘導しようにも落ちちゃってますね・・・
ためしに自分が立ててみます。ホスト規制が出ないといいんですが。

898 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:50:30 ID:tuKvfJlU
>>892
 あ、そこ、マルコ伝でも捏造って言われている場所ね
>>893 >>895
 「数の差」って意味不明‥。

899 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:52:37 ID:tuKvfJlU
>>897
 俺にも良く判らんです。より良いように、お願いします

900 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:57:57 ID:j8cp/zP2
>>898
>あ、そこ、マルコ伝でも捏造って言われている場所ね

後世の加筆と言われている箇所は、16章9節以下です。

901 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 15:59:18 ID:tuKvfJlU
質問箱って言うスレだけど、どうして俺が一々答えなくては
いかんなかなあ。この論法って、ソクラテスが用いた方法で、
相手に質問に質問を重ねて相手の議論を破綻させるのだけど、
背理法で、キリストの教えが虐殺とは無縁だとしても、
愛の宗教だと言う論証にはならないような‥
 

902 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:00:52 ID:dgZ5ogs3
1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンのようである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、自ら受肉して、殺され、損害賠償責任を負った。
5、だから、神は責任を果たした。あとは、人間がイエスの教えを受け入れて向上に努めるだけである。
6、こうして、全人類が知的に進化しつつ、もれなく救われるように、神は最初から配慮した。

903 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:03:57 ID:c6qJXQM1
>>899
議論スレを新しく立てることに成功しました!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158390134/

904 :895:2006/09/16(土) 16:07:27 ID:Kr3zn5/Z
>>898(tuKvfJlU)

>「数の差」って意味不明‥。

あなたのいう「一番」ってどういう意味ですか。

844 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 12:40:07 ID:/Kh2h9UJ
>>842
増えてないのはどうしてですか。
イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう。


それから
ご自分の質問とレスの関係は判ってますよね?

869 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:28:44 ID:tuKvfJlU
>>865
 じゃ、なんのための議論?>>844
に対して、>>848 >>849を答えたわけだろ?






905 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:08:07 ID:tuKvfJlU
>>900 >>903
 サンクス。

906 :895:2006/09/16(土) 16:11:45 ID:Kr3zn5/Z
>イエスが来て以来キリスト教世界が一番人殺しをしたのはなぜでしょう。
これが「答え」ですか。
この問題で他人に多くの時間と労を煩わせておきながら・・・


907 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:12:25 ID:tuKvfJlU
>>904
 話が見えない‥。だから、何がどうおかしいと

908 :895:2006/09/16(土) 16:13:44 ID:Kr3zn5/Z

「一番」っていうのは、どのような根拠ですか?
何故、「一番」といえるのですか?


909 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:16:21 ID:Kr3zn5/Z
「一番人殺しをした」とかって、神様しかいえないはずのことを断定する
(「裁き」に含まれる)のは何故ですか?


910 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:17:00 ID:tuKvfJlU
>>906
 それ、質問でしょう? でも、そんな質問、
俺、発していないよ。また、それがキリストの教えが人類に
与えた影響力の大きさも示している、事は繰り返しになるかな?

>この問題で他人に多くの時間と労を煩わせておきながら・
 この想いは同じ。問題の根幹がどこになるのか
終に把握できなかったよ

911 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:20:21 ID:tuKvfJlU
>>908
 他に比較できるものを知らないからでしょ。
二番、三番と成ると決め難くてもね
>>909
 人は総ての事象を知らなくては、その知の範囲内で
比較してものを語ってはいけないのですね?

912 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:21:51 ID:Kr3zn5/Z
>>910
>それ、質問でしょう? でも、そんな質問、
「ご自分の質問とレスの関係は判ってますよね?」

869 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 14:28:44 ID:tuKvfJlU
>>865
 じゃ、なんのための議論?>>844
に対して、>>848 >>849を答えたわけだろ?




913 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:23:15 ID:tuKvfJlU
>>912
 何がいいたいの? 

914 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:24:32 ID:Kr3zn5/Z
>>911
>他に比較できるものを知らないからでしょ。
「俺(たち)の知らないことは、この世に存在しないことだ。」と言いたいわけですね。


915 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:26:55 ID:tuKvfJlU
>>909
 尤も、他の特定宗教や自分とは関係ない特定宗派を差して、
これが最も残酷な宗教や宗派だ、と言っても、
ここまで向きになって反論してくれる事はないでしょうが

916 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:28:26 ID:tuKvfJlU
>>914
 意識しないものは存在しない、唯識論はお気に召さないどしょうな。


917 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:28:34 ID:dgZ5ogs3
キリスト教がヨーロッパを支配してから、
異端征伐、侵略戦争、十字軍、カト対プロの国家戦争、20世紀だけでも
2度の世界戦争を起こして無数の人命を奪ったことは歴史的事実。
すべてキリスト教国家のなせる業。それに比べれば東洋は天国のようだった。
それを必死に否定しようとするからおかしなことになる。
大量殺戮をしました。ご面なさいと素直に謝りゃすむものを。。。

918 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:29:49 ID:tuKvfJlU
でも、意識することによって初めて存在するんですよ。

919 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:30:47 ID:Kr3zn5/Z
「俺(たち)の知らないことは、この世に存在しないことだ。」という観点、
「俺が一番多いと思った数が、一番なんだから、おまえらは俺の認識に従え。」
という主張は、「神の座に座ったつもりのもの」の観点、主張だと思うんだ。


920 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:37:45 ID:tuKvfJlU
>>919
 従え、と要求したか? 少なくともオリジナルの考えを並べた
積りは毛頭無い。

921 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:41:44 ID:tuKvfJlU
>>917
 東洋が天国だったわけでもないけど、謝るときは
既得権益を喪った後か、手放す時だろ
>>919
 不可知論はいいが、存在する可能性の高いものは認めて欲しいな


922 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:46:42 ID:dgZ5ogs3
同時多発テロで死んだものは2000人。
その報復で殺されたイラクの庶民は20万人。
これがキリスト教の実態さ。

923 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:56:16 ID:dgZ5ogs3
1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンのようである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、自ら受肉して、殺され、損害賠償責任を負った。
5、だから、神は責任を果たした。あとは、人間がイエスの教えを受け入れて向上に努めるだけである。
6、こうして、全人類が知的に進化しつつ、もれなく救われるように、神は最初から配慮した。
7、だがし、人はイエスを殺しただけでは飽き足りず、イエスを神に祭ってキリスト教を創始して、地上最強の権力を作り上げた。
8、それに従わない者を殺し、国を奪い、戦争を仕掛け、ヨーロッパに帝国を築き上げた。
9、こうして、イエスの教えを守る者はほとんど出ず、権力で他を征服することのみが慣例になった。

924 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 16:58:45 ID:tuKvfJlU
>>819
 また取り合えず、現在の太陽系で一番大きい惑星は木星で、
惑星の数は冥王星を外して8個と事で納得してくれ。
 こう叫んでも「神の冒涜」なのだな?
 尚、この事は今後、幾らでも変わる可能性ありは含み置きの程
(総ては諸行無常)

925 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:35:47 ID:dgZ5ogs3
>イエスの教えを守る者はほとんど出ず

イエスの教えが間違っていたのかな。
敵を愛せ、右の頬を打たれたら左の頬も出せなんて、事実上守れないわけだし。

926 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:38:27 ID:dgZ5ogs3
書き換えよう

1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンのようである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、自ら受肉して、殺され、損害賠償責任を負った。
5、だから、神は責任を果たした。あとは、人間がイエスの教えを受け入れて向上に努めるだけである。
6、こうして、全人類が知的に進化しつつ、もれなく救われるように、神は最初から配慮した。
7、だがし、人はイエスを殺しただけでは飽き足りず、イエスを神に祭ってキリスト教を創始して、地上最強の権力を作り上げた。
8、それに従わない者を殺し、国を奪い、戦争を仕掛け、ヨーロッパに帝国を築き上げた。
9、こうして、イエスの教えを守る者はほとんど出ず、権力で他を征服することのみが慣例になった。
10、それは人間イエスを神格化したことがそもそもの間違いだったからである。敵を愛せたものは一人もいなかったからである。

927 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:41:25 ID:UdvnGdSU
神の声に回帰せよ。翻訳物である聖書を、本能丸出しの教師が教えることに問題があるのである。

928 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:42:39 ID:dgZ5ogs3
11、では、人間にできないと知っていて、なぜ神はイエスを通して教えを垂れたのか。
理想を植えつけるためではなかったのか。
かくあるべきという理想を植えつけることにより、
何万年かの末には人類がその目標に到達できるようにしたのかもしれない。
イエスの教えはすぐには実行できないが、遠い遠い未来に実現する神的人類の
理想像なのかもしれない。

929 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:44:28 ID:dgZ5ogs3
>>927
神道質問箱に篭ってロ!

930 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:46:06 ID:UdvnGdSU
神は人を試したのだ。人が自らを神の子と呼ぶ人を神としてあがめるかを。

931 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:47:07 ID:dgZ5ogs3
>>930
アダムも神の子だろ。

932 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:48:13 ID:UdvnGdSU
イブは神の孫であるが、悪魔と交わってしまったので
ただの人となってしまった。

933 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:49:08 ID:dgZ5ogs3
イエスを神と拝んでも進歩はないんだろうな。
この2000年間のキリスト教徒の大量殺戮史が証明している。


934 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:49:44 ID:dgZ5ogs3
>>932
アダムを拝めよw

935 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:51:27 ID:UdvnGdSU
イエスではなく、くだらない知識を溜め込んだうえに、
神の意志よりも人間関係を重んじる牧師や神父が諸悪の根源なのだ。

936 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:52:49 ID:dgZ5ogs3
>>935
イエスを神格化したのが間違いではないかと思うぞ。

937 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:54:22 ID:UdvnGdSU
>>936
神格化されたイエスを信じることが、
何らかの優越性を持つかのように教えるものが元凶なのだ。

938 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:55:03 ID:n2PP8iry
サタンがいるから難しいんだよ

939 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:55:59 ID:dgZ5ogs3
>>938
サタンは神の子だろ。ヨブ1章読め

940 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:55:59 ID:Kte1eCE3
サタンを排斥したから難しくなったんだよ

941 :ネットサーファー@神の国:2006/09/16(土) 17:57:19 ID:UdvnGdSU
人と人のつながりを重んじ、そのときの話の流れによって行動することがいけないのだ。
そのときの流れをサタンが支配したなどといって逃げるのは、神の声を信じきっていないからなのだ。

942 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 17:58:02 ID:dgZ5ogs3
>>940
病、戦争、災難は全てサタンのせいにされる。
サタンはキリスト教が創作したスケープゴートだろ。


943 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:03:34 ID:dgZ5ogs3
悪いことは自分に原因を求めず悪魔かユダヤ人のせいにしてきた。
今もたいして変わってないな。

944 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:04:00 ID:n2PP8iry
背信者のもんだい

945 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:06:15 ID:dgZ5ogs3
>>944
サタンの親分さんは神なんだろ。
なら、サタンにやられっぱなしのクリスチャンは何なんだ?
説明しろよ。


946 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:10:12 ID:dgZ5ogs3
イエスはサタンがユダに入るのを止めなかった。
それどころか、「早く仕事をしろ」とユダをせかした。
哀れ、ユダはサタンに取り付かれ、背信者となって、
2000年間地獄の奥底に幽閉されて今に至っている。
イエスもむごいことをするものだ。



947 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:17:33 ID:AqmYQ5TK
いつの時代でも迫害はありますよ
キリスト者はイエスをしんじるだけです
サタンは背信者をつくりだす

948 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:23:52 ID:AqmYQ5TK
地獄はありませんよ

949 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:24:46 ID:dgZ5ogs3
1、神は故意に(最終的には歯向かうことが不可能であるように)人間を不完全に造った。
2、次に、最高の智恵ある生物「蛇」を媒介にして、善悪の知識の木の実を食わせ、堕落させた。
3、すなわち、神は子を谷底に蹴落とし、雄々しく登ってくる子供だけを選ぶライオンのようである。
4、しかし、神は負け組みを見捨てられず、自ら受肉して、殺され、損害賠償責任を負った。
5、だから、神は責任を果たした。あとは、人間がイエスの教えを受け入れて向上に努めるだけである。
6、こうして、全人類が知的に進化しつつ、もれなく救われるように、神は最初から配慮した。
7、だがし、人はイエスを殺しただけでは飽き足りず、イエスを神に祭ってキリスト教を創始して、地上最強の権力を作り上げた。
8、それに従わない者を殺し、国を奪い、戦争を仕掛け、ヨーロッパに帝国を築き上げた。
9、こうして、イエスの教えを守る者はほとんど出ず、権力で他を征服することのみが慣例になった。
10、それは人間イエスを神格化したことがそもそもの間違いだったからである。敵を愛せたものは一人もいなかったからである。
11、では、人間にできないと知っていて、なぜ神はイエスを通して教えを垂れたのか。
理想を植えつけるためではなかったのか。かくあるべきという理想を植えつけることにより、何万年かの末には人類がその目標に到達できるようにしたのかもしれない。
イエスの教えはすぐには実行できないが、遠い遠い未来に実現する神的人類の理想像なのかもしれない。

950 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:33:14 ID:mdtNe+C/
イエスを拝むのは誰でもできるけど、イエスの教えを実行できる人っているの?

951 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:39:51 ID:2PWShCoG
>>950
実行は無理。実行できたら今頃地上天国。

952 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 18:48:44 ID:AqmYQ5TK
たかが人がえらそうな教会に問題があります

953 :チキチキマシン:2006/09/16(土) 19:37:14 ID:cviQyYB8
>>950
オレにはできんな>イエスを拝むのは誰でもできるけど

954 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 19:42:10 ID:1Mf1sfMQ
実行できないから信仰義認が生まれたんだしょうね。

955 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 20:05:30 ID:pYOq3qBb
だから、カソリックもプロテスタントも誤った、キリスト教になった。

956 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 20:14:22 ID:dhYcIkt0
すごくヘンな質問ですみません。
プロテスタントの友人は、教会での人間関係が煩わしい、と
教会に行かなくなりました。(もちろん神は信じています)それから
熱心じゃなくなったのか、奥さんもいるのにしゃあしゃあと浮気をしています。奥さんは精神を病みそうで見てられなく、天罰が下ればいいのに!と周りは内心思っています。
神様は「姦淫するな」みたいな事を言ってましたよね?
神様にはお見通しですか?こういう罪に対して神様は見てるだけなの?
・・私は無宗教なので変な質問で申し訳ないです。

957 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 20:20:21 ID:9MKKmtAN
>>956
奥さん乙。


958 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 20:59:06 ID:dhYcIkt0
あれっ、奥さんだと思われてますか・・。
奥さんの方も友達で(彼女が同じキリスト教徒かは分かりません)、
私も含め周りに色々相談してきます。
その友人(旦那の方)は周りの人に色々神様の話をしてくるぐらい
信仰しているのに(昔は無宗教だった)、こういうことやってると、
矛盾しているというか神様なんていないんじゃないか(失礼ですが)
と思うわけです。
ど素人の質問ですみませんが。

959 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 21:00:20 ID:AqmYQ5TK
>>956さん
救済されません それだけです

960 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 21:18:37 ID:pYOq3qBb
>>956
<神様にはお見通しですか?こういう罪に対して神様は見てるだけなの?

<主は、人の自由意志をそこなわないため、悪を許しておられます。
悪が、人の表に現れない限り、人は悪を認識できません。
悪を悪として認識するのは、人の理性の働きです。
悪を悪として認識できない場合、人の理性は麻痺しています。
自己愛(エゴイズム)が強く働いているためです。
悪を悪として認識した時、これを嫌う人は、悪を遠ざけ、自己愛から離れます。
悪をよろこびとする人は、悪に耽溺します。自己愛から離れません。
自己愛とは、親から受け継ぐ遺伝悪ですので、万人にあります。これが人類の罪です。
悪は罪をなし罰を受けます。人は生きているときは法律で裁かれます。
人は死ぬと、人はこの世でつくった、それなりの「いのち」を持って
他生(霊界)に入ります。そこで人は自分にぴったり合うところに、
落ちつきます。
善人は、この世でつっくた、隣人愛、天的愛が受け入れられる天界に、
悪人は、この世でつくった愛が自己愛なので地獄へみずから行きます。
主は、そのことを教えられに来られたのです。



961 :一言居士:2006/09/16(土) 22:17:02 ID:rDhcL3Ib
創世記のカインはねたみから弟・アベルを殺したけれど、にもかかわらず、なぜ神は「カインを殺す者は7倍の復讐を受ける」と言っているんですか?

962 :はと:2006/09/16(土) 22:24:15 ID:sHKbPPDQ
さあ?なんででしょう。
ただ
カインの末裔は立派に再起を図り、大いなる民族となり高い文化を誇りました。
創世記に書いてありますよ。神さまはその道程を楽しみに見守られたことでしょう。

963 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:28:19 ID:+5vcSlUQ
もともと聖書とかは好きだったんで、イエス・キリストが信仰してたという
ユダヤ教に興味を持ち、色々好きに調べてみました。そして結果的には
ユダヤ教の教えではなく、イエスの愛に深く感動して、彼のことを尊敬
するようになりました。

でも、イエスのことを神様とは思えません。素晴らしい「人間」だとしか、
思えません。こういう、私みたいな不届きな異端?カルト人間は、どこで
聖書のことやイエスのことを学んだらいいのでしょうか?


新興宗教やカルトっぽいところにはいきたくありません。でもイエスを神と
認めないのは、正式な教会ではダメなことだってあるHPで読みました。
戦前からごりごりのクリスチャンをやってる大叔母には、おこられそうで
怖くて聞けません。

なにか、もやもやしてます。

964 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:38:23 ID:1HYhgFsO
東京ならユニテリアン教会があるらしいけどね。

965 :一言居士:2006/09/16(土) 22:40:08 ID:rDhcL3Ib
心配すんな。カトリックのクリスチャンである遠藤周作氏もイエスの神性に疑問を抱いていた。
あなたは不届きでも異端カルトでもない。
むしろノンクリの私には、イエスを神として崇拝しろ言うほうがカルトに思える。

966 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:42:45 ID:1HYhgFsO
>>963
僕は嫌いだか、百瀬神父の『イエス・キリストを学ぶ』という本もある。
http://www.sanpaolo-shop.com/product/483

967 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:42:49 ID:+5vcSlUQ
キリスト教のこと相談できそうなのは、故郷の親戚か、友人の配偶者
くらいですが、なにか、いつもふざけた話ししかしてないのに、急に真面目に
相談するのもあれだなーと思い、2ちゃんねるに来てみました。


>>964
都内在住です。

Googleで検索してみたら、その宗派だとカルト認定はされないみたいですね。
有益な情報をこんなすばやく、どうもありがとうございました<(_ _)>

968 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:46:35 ID:+5vcSlUQ
>>965
>>966
お二方も、ご親切にどうもありがとうございました。

遠藤周作さんも疑問を抱いていたのですか?それは心強いです。
イエスは信頼できる人だと思うのですが、どうしても、昔の教会の
人の政治性が信頼できません。イエスを神と定めたのは、昔の
人でしょう? なんだか・・ うーん・・ 痛い子扱いされそうで怖くて
実生活でクリスチャンやってる人に、それがいえなくて、もやもや
していました。

百瀬神父のご本、Amazonで探してみますね。本当にありがとう。

969 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/16(土) 22:47:02 ID:H8X94Qe8
>>963

答える前に一つ聞こう。イエス・キリストは救い主(メシア)
であり、神の御子ですか?はいならおk、ノーならエホバがお似合い。

970 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:48:29 ID:q9IIY6+e
>>962
で、洪水で全あぼんですか?
ご立派な神様でつね。

971 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/16(土) 22:50:50 ID:ald02NT9
>>968

イエスキリストが神であることがわからない、というのは正直な
ご感想であると思います。あなたのような正直な方には好感が持てます。

しかし、ヨハネ福音書をお読みになってください。
そして、そこに書かれてあることを読めばイエスが神であることがわかると思います。

972 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:52:18 ID:1HYhgFsO
>>967
なお、日本のユニテリアンの歴史や現在の状況等については
下記が大いに参考になると思われます。
http://review.keio-up.co.jp/PaperFolder/pdf/01/2005/0104704.pdf

あるいは目白の同仁教会にお問い合わせを。

973 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:53:32 ID:WTWzscBM
>>963
イエスのことを神様とは思えないって、
そらイエスは神様じゃないもん。

974 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/16(土) 22:56:48 ID:H8X94Qe8
>>961

>なぜ神は「カインを殺す者は7倍の復讐を受ける」と言っているんですか?

神様はカインに印をお与えになりましたね。そこがポイントただ守るのでは
なく「カインを殺す者は7倍の復讐を受ける」と言う事により特別に
守ってくださるという意味。

975 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 22:57:44 ID:+5vcSlUQ
>>969
ちゃんとしたクリスチャンが使う単語の違いはよく分からないですが、
私はいまのところ、イエスは立派で尊敬に値する人間だと思います。

976 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 23:02:52 ID:+5vcSlUQ
>>973
多分ずぶのシロートにも分かり易く説明するため「イエス様は神様」と
説明されてたんですが、ただしくは神様の子供でしたっけ? そのへんが
よく分からないのでちゃんと勉強したいのですが、イエス様を神様に連なる
神聖な人とか、そういう風にはまだ思えなくって、何が自分に合うのか
模索中です。

977 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/16(土) 23:10:51 ID:ald02NT9
948
>>地獄はありませんよ

聖書によれば地獄はあります。
以下のように書いてあります。

ルカ 12:5
恐るべき者がだれであるか、教えてあげよう。
殺したあとで、更に地獄に投げ込む権威のあるかたを恐れなさい。
そうだ、あなたがたに言っておくが、そのかたを恐れなさい。

978 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 23:30:06 ID:BESNdIRv
>>977さん
地獄の概念はないよ
墓穴ほるなよ

979 :名無しさん@3周年:2006/09/16(土) 23:42:50 ID:mPhS7mgp
質問スレなのに余計なこと書きすぎ

980 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/16(土) 23:52:14 ID:ald02NT9
>>978
>地獄の概念はないよ
>墓穴ほるなよ

意味がわからないのですが?
地獄は概念ではありませんよ。
聖書に、その存在が書かれているのです。

あなたの書いている内容が理解不能なので
説明していただけると幸いです。

981 :植草一禿 ◆YrB7HwDm8U :2006/09/16(土) 23:56:07 ID:wIg9ILbC
>>980
質問です
善の神は何故、地獄という悪いものを創造されたのですか?

982 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/17(日) 00:01:24 ID:ald02NT9
>>981

あなたはなぜ地獄を悪いものと思うのですか?
聖書には地獄が悪いものとは書かれていないはずです。
ですから、地獄が悪いものというのはあなたのお考えです。

永遠の火は、悪魔とその使たちとのために用意されているのです。


マタイ25:41
それから、左にいる人々にも言うであろう、
『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、
悪魔とその使たちとのために用意されている
永遠の火にはいってしまえ。

983 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 00:02:43 ID:MJABTILg
ないものを聞かれても、、、
では逆にキリスト教の地獄とは?

984 :植草一禿 ◆YrB7HwDm8U :2006/09/17(日) 00:33:46 ID:dwduy83W
よかった
じゃ、俺は神の創造した良い地獄に行けるんだな
ぎょうさん悪いことしたろ

985 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 00:48:38 ID:33p6/5tY
主(神)は霊界の太陽です。主から愛と英知(いのち)が発散されます。
主からの「愛」と「英知」を受け入れれば受け入れるほど、人は主と結びつき
聡明になります。これを、受け入れなければ受け入れないほど、主から離れ
人は愚鈍になります。
天界に住むものも、地獄に住むものも、もとはこの世に住んていた人間からな
っています。地獄に住むものは、主を否定し、人知と自然しか信じませんでした。
彼らは、この世でつくったそれなりの「いのち」により審判を受けます。そして、
外面がはがされ、内面が現れこの世で悪に生きた人は、益々愚鈍になり、凶暴に
なり、あらゆる悪の化け物の姿をしています。
自己愛に生きてる人は生きているときからもう、地獄と繋がっています。善と悪
が、また、真理と偽りが対立しているように、神の「愛」と人知(エゴイズム)
は対立しています。

986 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/17(日) 02:08:58 ID:3+7uXWy1
>>984

神にとって創る必要があった場所が、
あなたにとって良い場所とは限らないと思います。
しかし、地獄へ行きたいというあなたの望みは
かなえられるかもしれません。
人は、おのおの行くべき場所へ行くと思います。

987 :クリスチャンの婚前交渉を許さない会:2006/09/17(日) 02:46:24 ID:GFRAQUPc
この人は地獄行きですかね?

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158353139/l50

988 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 02:59:08 ID:2eimDGTm
てか聖書にある地獄「地」ってのは地上をさしてるんじゃねーの?

989 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/17(日) 03:23:48 ID:3+7uXWy1
>>988
地獄とは、からだも魂も滅ぼされる場所です。
また、常に火が燃えている場所でもあります。

以下の聖書の言葉をご確認なさってください。

マタイ10:28
また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。
むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。

マルコ9:48
地獄では、うじがつきず、火も消えることがない。


990 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 03:30:47 ID:2eimDGTm
てか地獄とは記載してないじゃん。
ヘブライ語訳したのには普通に「地」って書いてあるが、
普通に考えると地というのは地上を指すのではないの?

うじとか、蝿の子供は地上の産物だし、火も消える事はないというのは
戦争という比喩じゃないの?

991 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/17(日) 03:36:59 ID:3+7uXWy1
>>990
>てか地獄とは記載してないじゃん。
>ヘブライ語 訳したのには普通に「地」って書いてあるが、
>普通に考えると地というのは地上を指すのではないの?

僕が引用した部分は、ヘブライ語が原典ではありませんよ。
新約聖書から引用しているからです。
新約聖書はギリシア語が原典なのです。

992 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 03:42:37 ID:2eimDGTm
いや、どこの国の言葉で記載してるからどうと言ってるのではなく
聖書が書かれてるのはヘブライ語じゃないの?
なら、一番最初に書かれた国の当時の文化や思想を当てはめて
しかもそれを誤記することなく、約した聖書に従うべきじゃないの?

そもそも、キリスト教って元々あったユダヤ教を改革したものじゃなかったっけ?
人の手を加えて解釈を変えてしまってるのに、それが神の言葉だとどうして
信じられようか。

そもそも、カトリックもプロテスタントも他の宗派も、ぜんぜん聖書に忠実
じゃなく約束事破りまくってるじゃん。十字軍とか典型的なもので
「争いごとはやめましょう」って書いてあるのに軍って・・

もし本当にキリストやヤハウェが存在するとしたら
天国で怒りまくってると思うよ。

993 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/09/17(日) 03:46:02 ID:3+7uXWy1
>>992
>聖書が書かれてるのはヘブライ語じゃないの?
>なら、一番最初に書かれた国の当時の文化や思想を当てはめて
>しかもそれを誤記することなく、約した聖書に従うべきじゃないの?

どうしてそういうデタラメを平気で書くのですか?
新約聖書はギリシア語で書かれたものです。
クリスチャンなら、大抵の人は知っている事柄です。
自分勝手な思い込みではなく、正しい知識をもったうえで
そのような発言をすべきだと思います。

994 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 04:54:49 ID:2eimDGTm
だから、新約ってのはキリスト以降に書かれたものでしょ。
重要なのはそれ以前に書かれた旧約でしょうが。

あと俺は聖書は読むけどクリスチャンじゃないです。


995 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 08:42:30 ID:uCK0fyXj
キリスト教で重要なのは新約でしょう。


996 :長老派 ◆uiEg7tVQ1U :2006/09/17(日) 09:19:29 ID:NH5tmShL
旧約、新約両方とも重要です。

997 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 09:37:05 ID:2qI2Ru1J
このスレで聖書の歴史的相対化などを語っても意味ないよ。
バカ信者ばっかりだから

998 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 09:55:13 ID:Zr5wGQ3+
ゲヘナはもともとどっかの谷であってる?

999 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 09:56:12 ID:x4ITziz8
 

1000 :名無しさん@3周年:2006/09/17(日) 09:56:45 ID:Zr5wGQ3+
専念王国

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

416 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)