5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●宗教●(´・ω・`)ノ●無宗教●3●

1 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:29:11 ID:mMtvNQXN
宗派・主義を超えた雑談所。
ただのアンチの出入りはご遠慮ください。

前スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153746089/l50

2 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:46:10 ID:Anh0lVqf
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。 
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」 
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。

君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。

天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む 

        2 ゲ ッ ト        

3 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:47:49 ID:mMtvNQXN
>>2オメ(・∀・)つI

4 ::2006/07/30(日) 01:49:44 ID:fBWISxPR
教祖様の姿はおまえらの姿だ
思考停止の境界点が違うだけで本質はおんなじ


5 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:51:49 ID:mMtvNQXN
別にそれも否定はしていないのだ。
境界を競ってるだけだ。
して、犬さんは違うのですか?

6 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:57:00 ID:3ZxRVmOV
いきなり、3にトンでるので、とりあえず、おいらが逃げッと。


7 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:57:39 ID:3ZxRVmOV
あれ?
こんになに、レスついてたの?

うひや〜ヽ(^。^)ノ


8 ::2006/07/30(日) 02:00:15 ID:fBWISxPR
イエスの言葉ってそのことに関することばかりなんだがな

9 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:14:03 ID:2fdKFt+e
まずは教祖君の主張を三段論法で書いてくれ。
フラフラしてちゃ掴み所がないからね♪

10 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:23:22 ID:o521HLtI
聖なる不思議な聖人が出すエネルギー周りの者を清める
和 平和
命は永遠に続く
万物は自然で手をあわせて祈ることはエネルギーを出している
苦しみから解放される
祈られた人が助かる
金胎教は子供のころ一点集中(心優しく赤子のようにもっと優しくなって一点に点を集中して見て
そのうちに寝ます。
そして聖人と自覚します。
礼儀正しくなります。
自分が聖人だとわかります。
正法は人の象をくずさないこと
生命を守る
良いエネルギーを創る
真(なる光のつぶ)



心やさしく心に愛を心に少しのもやもやした光を
心にそよ風を
心のことはそれらを入れ胸の左の心臓に入れる
そしたら人格が変わる
人を殺してはならない
傷つけてもならない
変なものを造ってもならない


11 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:28:05 ID:mMtvNQXN
前スレ998(教祖様)

わけの分からないものを持ち出して人心を欺く僧侶達に比べて、
フロイスたちのひたむきさに信長が感心したとか。
で、何かの流れで信長が問うた際に最終的に神とは人間のことだというような解釈に
信長が到ったのだと書かれてたような。
どの本に書いてあったのか覚えてないんで、少し時間を下され。


12 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:30:03 ID:3ZxRVmOV
前スレ>>998
信長にとってのキリスト教は、政治的駆け引きとしてのキリスト教でしょう。
いわゆる、鉄砲輸入とキリスト教布教との抱き合わせみたいな。
彼にとっては、教義なんて、どうでもよかったんじゃない?


13 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:31:19 ID:mMtvNQXN
>>12
それもありますね。
知らない文化や世界観に触れることも望んだだろうし。


14 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:32:18 ID:mMtvNQXN
つか、寝ないとか。

15 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:33:18 ID:3ZxRVmOV
>>14
んだ。
シャブ打ちながら、2チャンやる必要性はないだろう(笑


16 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:47:30 ID:mMtvNQXN
んんん、フロイスだったと思うけど、明日探してみるか。
ただ、フロイスがデウスが人間だと言ったのでは無いのだけは確か。
フロイスは信長に取り入るために日乗なんかも破ったり、小細工もしてるので、
曖昧な解釈で信長にそういう風に受け取らせたとかかもしれぬ。

17 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:48:07 ID:mMtvNQXN
>>15
おやすみなさいノシ

18 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:50:44 ID:3ZxRVmOV
おやすみも、キリスト教の洗脳かもよ(笑

ノシ



ノシは2チャン教の洗脳で、2ちゃん教はグローバリズムの一派だから、
やっぱり、クリスチャンヽ(^。^)ノ
そうかんがえてるオレは、すっかり、教祖様に洗脳されてる(^O^)/


19 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:01:39 ID:mMtvNQXN
あった。

(信長は)汝らは神や仏を尊崇するかと訊ねた。
フロイスとロレンソは答え、いな、神や仏はすべて我らと同じ人間で、
妻子があり、生まれて死んだもので、自らは救われず死から解放され得ぬ人たちである。
したがって人類を救済することはなおさらできることではない、と言った。

完訳フロイス日本史2  著者 ルイスフロイス   訳 松田毅一・川崎桃太

20 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:03:29 ID:mMtvNQXN
>>18
繰り返し繰り返し聞いてるとおかしなことでも受け入れやすくなるって心理学的にありますよねw
気をつけませうw

21 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:05:24 ID:mMtvNQXN
でも、そう考えるとこのフロイスの言葉って異質だな。
当時はこういう考え方が本当にあったのだろうか。
つか、そもそもデウスってなに?

22 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:15:58 ID:mMtvNQXN
でも、別の信長の前では無いところではこうも書いてある。

天にも地にも唯一の神(デウス)しかましまさぬ。
そのお方は世界万物の創造主、人類の贖い主にして救い主、善人には祝福者、
悪人には厳しい審判者であられ、我々はこの全能、全知、全善なるデウス様について
次のことを信じ奉らねばならぬ。
デウス様は人類を救うために人となり、一人の処女からお生まれなされた。
そしてこの人間となり給うたデウス様は・・・・(云々後貼り付けのこと云々。)

23 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:16:47 ID:mMtvNQXN
すでに矛盾してる。。。

24 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:17:08 ID:mMtvNQXN
おやすみなさいノシ

25 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:20:01 ID:mMtvNQXN
貼り付け×
磔 ○


ノシ

26 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 03:21:35 ID:mMtvNQXN
つーか、おい。
今夜こそ教祖様のために寝不足になってやったんだから、
このことくらいは少しくらいは感謝しろよな。


27 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 06:11:26 ID:3ZxRVmOV
>>19
なぜ、信長はそれで、キリスト教を認めたんだ?
私には、そちらのほうが感心が湧くなぁ〜
やっばり、信長ってなんかおもろいおっさんだったんだなぁ〜


しかし、まあ、よく見つけたもんだね。


28 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 09:28:22 ID:mMtvNQXN
仏教槽が武器を取ってたからじゃないですかね、
フロイス達は武器は持たすにデウスに忠誠を誓うのみに見えたんで、
政治的にも利用価値ありと見なしたのでは。。。実際にクリスチャンと比較して
仏教僧達を罵倒したりしてるし。
信長が父の葬儀で焼香を投げつけたりしてるのも仏教の僧侶に対する毛嫌いもあったという人もいますね。
でも、桶狭間の前の熱田神宮もそうだけど、神社には寄ったりしてるし、破壊もほとんどしてない。
そのことでも諸説がありますね。


29 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 09:33:24 ID:mMtvNQXN
それに>>19の内容だと、そんなものが広まっても痛くも痒くもない印象を受けますねw
権力のもちようがないような、少しでも無難に見えるものを広めることで毒をもって毒をと思ったかもw
世を救えないなら信長の邪魔はしないですから。。。フロイスもインチキですね。欺いたのかも。
キリスト教で日本を征服するなんて言ったらその場で斬られますし。。。

30 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 10:15:53 ID:BkdyR0an
研究者とCDUとを対決させたい。

31 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 10:31:48 ID:8wJomFuq
>>30
もういろんなキリスト教スレでさんざんやってたと思うぞ
コテないから見つかりにくいが

32 :聖霊大王:2006/07/30(日) 12:08:32 ID:g6OHHciu
禅と中観派の竜樹は、いずれ、科学的に、心理学、大脳生理学、脳科学、哲学で
論証される日がくるだろうね、、

33 :聖霊大王:2006/07/30(日) 12:10:39 ID:g6OHHciu
さて、問題は、禅と中観派の竜樹のように、ずっと論証不可能性をもつ。
仏教の天台、真言宗等の神秘的要素をもつ仏教、キリスト教だ、、


34 :聖霊大王:2006/07/30(日) 12:21:11 ID:g6OHHciu
さて、ここで、本格的に論証不可能な、キリスト教の世界を語るぞ、、
お題、
キリスト教は、何か??
おいらの主観で、合理的、心理学的に徹底して語る。
キリスト教は、人間の罪を問題視する。
その罪とは??
まず仏教より、仏教は人生は苦という。
それは、人間の適応障害を問題視してるのではと思う。
それは、自殺、精神疾患、犯罪を犯す。
これらは、仏教では人間の適応障害を問題視していると考える。
心が流動化すれば、とらわれなければ、すべて、うまくいき、環境に適応できると、、
ま、教祖さまは、明らかに、適応障害を起こしていると、、

キリスト教の罪に戻ろう。
キリスト教において、一般に罪とは、神に背いたからだという。思想が中心。
こればかり哲学的やるから、キリスト教は、馬鹿げた奴がよく現れたと、思っている。


35 :聖霊大王:2006/07/30(日) 12:55:09 ID:g6OHHciu
キリスト教の罪とは、おいらは、人間の適応障害を問題視と考える。
さて、神に背くとは何か??
創世記のカインとアベルの兄弟殺しという、人間の適応障害の可能性。
神が何故いるか?
人間の適応障害の可能性を超えるためだ。
イエスは、ヨハネ17章にて、「天地の造られる前の神の栄光へとお導き下さい」
と祈っている。
それは、人間の適応障害をこえるため、人間の思考を超えた、神の力で自由になることである。
カトリックの聖霊派では、束縛はサタンの仕業、自由は主によって得られると言っている。
さて、聖書とは何か??
ここが、アンチキリストを生み出す分岐点じゃないかと、おいらは思う。
ここで、聖霊の存在が重要となる。「聖霊は全てを教えて下さる」
キリストはいった、「これは、私が言ったのではなく、主が言ったのである」
聖霊は、聖書解釈の重要なキーである。
聖霊は、キリストの自己放棄の十字架によって、信者に聖霊を送られるわけだ、、
聖霊が、聖書の言葉の意味を教える。神と信者の個人関係で教えられるのだ。
問題は、聖職者の思想と肥大した欲望の解釈で聖書を語り、
信者を支配するときにおきる。
この被害者は、当然アンチキリストとなるわけだ、、



36 :聖霊大王:2006/07/30(日) 13:13:48 ID:g6OHHciu
教祖様の歌。
スターリン殿。
すばらしい、、
気いらない奴は、粛清だ。。
強制労働をさせてやる。ってか。
こわーーー、まちがっても、君が権力者や、中国人、イラン人の権力者じゃなくって、
よかったよ。




37 :聖霊大王:2006/07/30(日) 13:21:39 ID:g6OHHciu
33の内容修正。さて、問題は、禅と中観派の竜樹のようにではなく。、ずっと論証不可能性をもつ。
仏教の天台、真言宗等の神秘的要素をもつ仏教、キリスト教だ、、



38 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 13:32:24 ID:3ZxRVmOV
キリスト教が罪を問題にするのポイントがあるのは賛成。
ただ、適応障害は極端だと思うが・・・・

キリスト教の罪の概念は、原罪と贖罪そして告解。
原罪とは、生まれたことによる宿命的な罪。
つまり、心理的には自己否定。
贖罪とは、イエスによる神の許しであり、自己否定からの解放。
そして、告解とは個人の罪意識の洗脳。
結局、我々は神あるいは教会なしには、
自己を開放することはできないと洗脳されることになる。

原罪そのものを受入れれば、洗脳は容易に進むだろうと思う。



39 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 13:40:43 ID:BkdyR0an
原罪を語るとき、「sinとcrimeeの違い」がよくあげられる希ガス。

40 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 13:46:28 ID:uusY7tAy
昆布らしい反応やん
読めて仕方ない

41 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 13:54:31 ID:3ZxRVmOV
>>40
反論歓迎ヽ(^。^)ノ

問題は、古代でユダヤ教を圧倒するほどに、
原罪思想で洗脳できたこと。

そんなに、単純な生き物に思えないなぁ〜

パウロの人徳か?


42 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:21:49 ID:Q9opMdJ2
ふむふむ。

43 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 14:24:08 ID:uusY7tAy
原罪思想は旧約だから

44 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 14:26:21 ID:uusY7tAy
中絶

45 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:31:17 ID:Q9opMdJ2
一番思うのは、信者って言うのは現代人でも聖書とかの内容をまともに丸まる信じてるもの?
そんなことがありえると思えないのだけどな。
隔離されて育ったならともかく、社会性のある人間が何で?と思う。

46 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:36:36 ID:Q9opMdJ2
神様が世界も人間も作りました。
神様はヤキモチ焼きで性格も悪いので人間には神をいつでも崇めなければいけないと言う風に命令しました。
人間は生まれながらに罪を背負っているという宿命も与えました。
この罪から逃れる為には神をただひたすら信じることです。
そうすれば救われます。信じなければ罰を与え滅ぼします。
俺の聖書とかからのイメージだけだと、こんな感じ?

これを丸まる信じる人なんてのはいないでしょ?と思うのだけど。

47 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 14:37:45 ID:uusY7tAy
ヒトラーの宇宙観に述べてある

48 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:38:54 ID:Q9opMdJ2
どんなことが?

49 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 14:40:38 ID:3ZxRVmOV
パウロの解釈は、ユダヤ教を信じる民をかなり改宗させた。
そのレトリック知ってる人いる?


50 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 14:46:20 ID:3ZxRVmOV
今日は、小さなヨハネ君はこないね。
カルト性がないと判断してるのか?

それとも、珍しくプライベート忙しいのか?


51 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 14:47:03 ID:2fdKFt+e
介入する!w

52 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 14:50:04 ID:3ZxRVmOV
>>46
末法思想はわかりやすい洗脳だと思う。
なにか悪いことが起きる考えるのは、
関東大震災が起きると考えるのと同じ発想でしょう。
そして、神を信じれば、自分達だけは助かると。
それと、原罪思想や贖罪感をブレンドすれば、
ヨハネ君が好きなカルト宗教が簡単に完成するでしょう。

ただ、そのようなトンデモな発想が物足りないだけのこと。


53 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:51:23 ID:Q9opMdJ2
パウロ。。。その辺の位置的なものは全然知らない。
パウロってのはキリスト教の何派?
キリスト教の宣教師たちもある意味一流の営業マン。
ありもしないものを思想という形で言葉だけで売るのだからたいしたものだ。
仏教もキリスト教も元々の概念に変化を加えたものだから急激に広まったのでは無いだろうか。
それまでの既成のものの都合の悪い所、矛盾点を確実に突き、潰し、より人間的に受け入れやすくした。
パウロってのはさらにキリストを人間に近づけることで自然に受け入れやすくすることで説得力をつけた。
って、アホみたいな解釈なのかも。。。^^;

54 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 14:53:20 ID:Q9opMdJ2
夜来ますノシ

55 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 14:58:16 ID:3ZxRVmOV
まあ、私もよう知らんので、
とりあえず、パウロについてはこんなとこ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD
http://www.pauline.or.jp/tokusyu/bknb_Paulo/paulo01.html

でも、あれだけ、改宗させたんだからなんかあると思うんだよね。
昔、どこかで読んだことある気がするんだけど、探せないなあ。


56 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:04:00 ID:3ZxRVmOV
あっ、そうか、未だに、中絶にこだわってるマヌケがいるのかw

ふーん。。。。

中絶は殺人だ(^O^)/

とか、ホントその通りだな。

笑える。



57 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:04:36 ID:uusY7tAy
群集には無理だよ

58 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:07:08 ID:uusY7tAy
洗脳にこだわってるのと同じ

59 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:09:06 ID:3ZxRVmOV
ユダヤ教から、キリスト教。
ギリシア正教からカトリック。
カトリックから、プロテスタント。

まあ、わかりやすいといえば、いえなくもない。


60 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:10:04 ID:uusY7tAy
たしかにわかりやすい思考だね

61 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:11:39 ID:3ZxRVmOV
>>58
まあ、ちょっとだけ相手してあげるけど、

キリスト教にこだわってる理由がわかってないようだね。
洗脳にこだわってるんではないよ。もちろん。

ヨハネ君が全然分析能力ないから、
かわりに、批判対象を明確にしてあげてるんだよ。

という君がヨハネ君でないのは知ってるけど(^O^)/


62 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:18:40 ID:3ZxRVmOV
まあ、原罪思想の自己否定が始まりだろうな。
自己否定から、屈折して、
中途半端な他者否定しかできずに、
2チャンで自己満足する行動もあるようだし。

なかなか、キリスト教も面白い。


63 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:21:54 ID:uusY7tAy
かわいそうだね(ノ_・。)

64 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:32:48 ID:SKOytSUV
>>45
重要なポイントだと思います。
以前の、夫婦の例を思い起こしてください。
誰かが個人的メモとして書き込んだレスを思い起こしてください。

>>52
末法思想が洗脳、というのは片面でしょう。
それを受け入れる素地(→末法の世という言辞が大げさでない現実)
が人々にもあったのではないでしょうか?



65 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:32:56 ID:3ZxRVmOV

やっぱり、それがいいたいんだろうなぁ〜
結局、言葉は自分の鏡だ。

お互い様なのよ。

はじめにことばありきだなぁ〜
やっぱ。

オチ(^O^)/





66 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:37:58 ID:3ZxRVmOV
>>65は当然>>63のレス。

>>64
末法思想を受入れる素地は、社会情勢にもよるところは大きいでしょう。
だからこそ、
パウロやアウグスチヌスや日本でのザビエルなどの営業力は大きいと思います。
ただ、私が知りたいのは、その面を貫いている、一本の線ですかね。
時代に変遷してないキリスト教って、存在しているのか?


67 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:42:59 ID:uusY7tAy
みな教科書的だね
聖霊のレスは非教科書的だね

68 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:45:42 ID:Q9opMdJ2
うげ。死にそう(++)
なんか体調悪し。。。

69 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:50:05 ID:Q9opMdJ2
>>64
夫婦の信用するのと違うじゃないですか。
聖書とかの神様が天地を創ってとか、ノアの箱舟みたいなのとか、
そんなのですよ、聖書の隅々を本気にする人はいないですよね?ってことで。
仏教だってとくに大乗系あたりになると仏陀が光っちゃうんですよ?
そういうのが比喩とかフィクションと思わない人がいるのかなーって、そういうレベルです。

70 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:51:57 ID:uusY7tAy
光は放つよ

71 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:53:30 ID:Q9opMdJ2
そそ、神々しいイメージを神格化して光らせただけで比喩なんだろうけど。
まさかそのまま光ってたと思う人はいないよなとか。
そんなところ。
特に聖書はSFの物語に意味をこめてるとしか思えないし。

72 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:55:19 ID:Q9opMdJ2
パウロが首を切られたとき、首が3度飛んだと言われています。そこから泉がわき出てきました。

こんなのもそのまま信じる人はいないでしょ?
これを信じてるって言うなら洗脳といわれても仕方がないって言うか、そんな感じ。

73 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:55:54 ID:uusY7tAy
気がエネルギー増すと光る

74 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:56:45 ID:SKOytSUV
>>69
仏教的に本質を見る(骨格を見る)というのは、
それを「同じだ」と見ることなのですよ。

あ、喩え話の有効性も、近い意味合いがありますねw

75 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 15:56:52 ID:3ZxRVmOV
>>69
>聖書の隅々を本気にする人はいないですよね?

そんなことはないと思う。
最初の頃にここでレスしたとき、クリスチャンの人は明確に、
聖書は物語ではないと断言してた。

理解できないのは、信仰と思慮が足りないだけのこと。


76 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:57:29 ID:uusY7tAy
それは脚色か比喩だね

77 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:57:31 ID:Q9opMdJ2
ではレスにエネルギーを込めて光らせてみてくださいw
つか、光ってる人みたことないし、聞いたこともないし。
そんなのあったらテレビでやってるんじゃないかと。。。

78 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:58:27 ID:Q9opMdJ2
>>74
フィクションかどうかは考えないってことですか?

79 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 15:59:24 ID:uusY7tAy
如来はたまに光るよ

80 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 15:59:36 ID:Q9opMdJ2
>>75
それだと正常な意識の持ち主には異常にしか思えない。
心の状態のマナ識だけに生きてるってことになりますよね、むしろクリスチャンのほうが。

81 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:02:32 ID:Q9opMdJ2
つか、音響は好き?w>>79

フーテンさんは、そんなのは信じてるはずないって言ってましたし。
前にこの板で真宗のお坊さんが極楽は方便だからないって言ったし。
宗教の直接接してる人はそういうのをちゃんと分ってるのに、信者だけ洗脳されてるような。。。

82 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:02:45 ID:3ZxRVmOV
>>77
超自然的な感覚は、実証も否定も困難。
もともと、仏教的な「知」の体系は、自己の能力の解放にある。
ベーコンのイドラと同じ。
その偏見を取り除くことで、聖霊大王殿の自由の境地に至る。

まあ、奇跡が洗脳の手段なのはわかりやすい話。


83 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:06:07 ID:3ZxRVmOV
もともと、進化論を否定するのも、
聖書に対する絶対的な信頼があるせい。

進化論そのものも、
かなりのトンデモの要素はあるけど、
それでも、聖書よりはまし。

それでも、進化論を否定するのは、
クリスチャンでなければわからない思い入れがあるから。


84 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:06:17 ID:Q9opMdJ2
>>82
まあ、超常現象自体をありえないと言い切るつもりもないのですけどね。
ただ、神通力であっという間に移動したとか全てのそんな話をそのまま信じないですよね?
しかも仏陀だけではなく「悟り」だけでそれを出来る弟子が何人もいたり。
竜が現われたりとか。
例えとして学んでるんですよね?

85 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:07:02 ID:uusY7tAy
天才にしかわからないこともある

86 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:07:21 ID:Q9opMdJ2
>>83
それそれ。
そんなスレもあるけど、それって、本気で言ってるんですか?
2ちゃんだから敵対位置立場で遊んでるのではなくて、信者同士で本気でそう思いあってる?

87 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:09:39 ID:Q9opMdJ2
>>85
天才とは何ぞや。。。
思い入れの世界観に生きることではないはず。

88 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:10:29 ID:3ZxRVmOV
>>84
宗教のトンデモのところは、なんでもかんでも、
神とか仏とか悪魔とか狐とか狸のせいにするところ。
星占いや細木教とかが良い例。
根拠ないものは、みんな、一括りにして片付ける。

彼らは、決して、そのような超自然現象を、
トンデモとしては片付けてないよ。
大地震が来ないのも、彼らの祈りのせいだと思ってると思う。


89 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:10:55 ID:uusY7tAy
ぜんぜん

90 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:12:57 ID:Q9opMdJ2
思い入れを美化したりは別にいいと思うんですけどね。
神格化して信じてみるのも。
でも、現実との境目がわからなくなるようになるのはちと。。。
マトリックスの世界だw

さすがに信仰してる人に「本気で○○を信じてる?」なんて聞けないからな。
でもそんな人がいるなんて思えないな。。。
教会の中では当たり前にそう思ってる人が話し合ったりしてる?

91 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:14:15 ID:Q9opMdJ2
細木なんてのはとんでもないの典型ですもんね。
地獄に落とすよ!なんて言ってれば金になるんだからな、ありゃ楽だw

92 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:15:10 ID:3ZxRVmOV
政教分離の原則が良い現われだけど、
宗教と科学の根本的な違いは、
宗教は、一度思い入れると、修正不可能なところ。
聖書は絶対であると思ったら、絶対なのである。

科学は、いくらでも、変更可能。
どんなに有用な法則でも、間違いが認められると、修正される。

宗教は、否定するものを抹殺する。
政治でこれをやられたら、社会的秩序は保てない。
当然の話。



93 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:15:25 ID:Q9opMdJ2
ああ、予言して外れれば自分の祈りのお陰になるってことですか?


94 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:16:27 ID:3ZxRVmOV
>>93
そうそう。

非常に政治的。
信長にキリスト教を取り入ったのも、政治的な手腕でしょ。


95 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:16:48 ID:Q9opMdJ2
>>92
って、それは現代の信者が本当に俺が信じないって言ってることを思い切ってるってこと?
さすがにそんなことはありえないと思うのだけど。。。


96 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:17:50 ID:uusY7tAy
単純な帰結だよね

97 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:18:22 ID:SKOytSUV
>>81
だから、「夫と死別した妻」という設定が活きてくるのですよ・・w

98 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:19:12 ID:Q9opMdJ2
>>94
どう見ても欺いていますからね、欺いて取り入って布教の内容は違う。
内容を最初に知ってても信長は利用しようと思ったかどうか。
でも、特に日本では勢力としては仏教が強かったからその弱体化を図るには、
それが何でも良かったのかもしれないですけどね、その時点では他のメリットもあったし。

99 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:19:42 ID:3ZxRVmOV
>本当に俺が信じないって言ってることを思い切ってる


君が誤解してるぞってことね。

私は、そう思うよ。
この板をあちこち読んでると、そう思う。
また、わたしに意味不明に絡んでくる人間の論理性も考えると。
意外と、我々のほうが勘違いしてると思うことが多い。


100 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:20:18 ID:TkMP+PXO
これも、一神教による狂気の結果。まあ、マイコン患者には「見れども見えず」
だろうけどね。

米シアトルのユダヤ系施設で男が銃乱射、1人死亡
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060729id21.htm

101 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:20:53 ID:Q9opMdJ2
>>97
だめ。。。全然理解できないしw
宗教的センスが生まれながらになかったとしか思えない。。。

102 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:22:21 ID:uusY7tAy
非点不明だろうね

103 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:22:39 ID:Q9opMdJ2
>>99
ノアの箱舟も何も本当かもしれないってことすか?
仏陀が光るとか瞬間移動するとか。

>>100
教祖様ですか?
上の方にソース貼ったから。

104 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:23:26 ID:3ZxRVmOV
>>101
ヨハネ君はキリスト教に執着するので、私は賛成できないけれど、
宗教そのものの潜在意識は、かなり、深いと思うよ。

105 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:25:12 ID:Q9opMdJ2
んー、残念、落ちないとなので、夜にまたノシ

106 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:25:18 ID:uusY7tAy
病人だからこそ だよね

107 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:26:14 ID:3ZxRVmOV
>>103
ノアの箱舟は本当だろう。
どっかで、見つかったというトンデモネタがあるでしょう。

というか、科学的な否定など、なんにも関係ないよ。
それこそ、かえるの面に小便。
否定されることが、逆に彼らの信仰を篤くすることにしかならない。


108 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 16:26:59 ID:3ZxRVmOV
>>105
わたしもノシ

109 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:28:17 ID:uusY7tAy
卑屈なかえるもウけろけろけろけろ

110 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:30:10 ID:SKOytSUV
>>101
めぞん一刻という漫画を知っていますか?

111 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 16:34:00 ID:TkMP+PXO
マイコン患者たちが、現実上の根拠皆無なドーでもよいことに、必死で話題
反らし。

妄想患者は、目に前に事実を突きつけられても、絶対に認めることが出来ない。

112 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 16:52:49 ID:Q9opMdJ2
>>106
大真面目にやってるんだから、ちゃんとレスしてくれよw
>>107
否定されることあってのはわかりますよ。
でも、今までこのスレで話してた人たちは俺のこの考え自体も理解できる人たちでしょ?
なんていうのか、見ようとしてる世界が違うって言うのか。。。でも現実は現実で知ってる人っていうか。
>>110
聞いたことはあるけど、見たことは無いです。
で、夫婦の話しって言うのは、信じようとすることが大切だってこと?
宗教を信じるということはそこに書かれてることは真実だと思わなくてはいけないってこと?


ノシ

113 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 17:02:25 ID:TkMP+PXO
>>27
>なぜ、信長はそれで、キリスト教を認めたんだ?
>私には、そちらのほうが感心が湧くなぁ〜

信長は、君のように愚かではないよw。

キリシタン宣教師共も、日本人の「賢明」さに、宣教を諦め、尻尾を巻いて
逃げ帰った。

114 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 17:21:42 ID:8wJomFuq
ヒント
・有神論者が、神を信じているのではない
・正確に神を信じるほど、神は影を潜める
・信じることは知ることでも感じることでもない

115 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 17:29:51 ID:TkMP+PXO
>>114
>正確に神を信じるほど、神は影を潜める

結局は、「信じている」ということではw。

116 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 17:30:43 ID:SKOytSUV
>>112
読んだことなければよいです。(→喩え話が通用しない典型ですw)

>信じようとすることが大切だってこと?
簡単に言い切ってしまえばそうです。

>宗教を信じるということはそこに書かれてることは真実だと思わなくてはいけないってこと?
簡単に言い切ってしまえばそうです。

そして、
「神はいつも私のそばに居ます」という牧師と
「神なんかいるわけないじゃんw」という牧師と
どちらがより信頼できそうか?どちらがより「牧師らしい」か?
ということです。
「旦那?たぶん浮気してるでしょうねw でも、別に気にしないわw
 【最低限の世話はしてるし】【あたしも好きにさせてもらってるし】(´ー`)y━~~ 」というのと、
「う〜ん、夜いつも遅いし、あまり詳しいこと聞かないからわからないけど、
 でも、好きだから・・・信じるしかないのよね・・(^^;」と、
どちらが・・・・・ これは・・どっちとも言えんかwww
判定に恣意性が入りすぎる・・・w
けど、まあ、似たようなことw


117 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:12:27 ID:Pn5Kx3JJ
フーテン殿、おいらの30あたりの聖書解釈は、どうだい??
昆布殿の洗脳か、、
確かに、日本キリスト教団長老派にて、教会で聖霊が気持ちいいので遊んでましたが、、
キリスト教もええな、っと思いつつ。
ただ、おいらは、聖霊の至福だけでいいのだが、、
牧師、信者は洗礼を受けたらといいたがる。
洗礼熱心は、洗脳だと思うな。。

118 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:14:39 ID:Pn5Kx3JJ
至福か?洗脳か?
がはははは、
さてさて、、

119 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:21:39 ID:Pn5Kx3JJ
適応障害理論を立てたのは、
逐語霊感説(聖書を完全で、すべてが理解できる)と進化論否定、中絶絶対反対、
コンドーム使用反対の
キリスト教の思想を超えるには??
に対する。おいらの構想である。

120 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:29:21 ID:Pn5Kx3JJ
それと、余りにも、信じる信じないを極端に重視するキリスト教
バブテスト、日本キリスト教団長老派の信仰極端至上主義に対する提示だな。
適応障害理論は、、

121 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:32:27 ID:Pn5Kx3JJ
昆布殿の原罪論が正統だろう、、
それ故に、洗脳的と思われる、傾向が強まる、、
洗脳的傾向の排除の為の適応障害理論ね、、
ま、ベースが仏教だから、そうなるとも言えるけど、、

122 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:33:49 ID:Q9opMdJ2
>>116
そーですか。
信じるしかないもの。信じるために信じるってことにならないですか?
信じられるから信じているのではなくて。
夫婦の問題は信じないといけないから信じるのではなくて、信じられる存在にまでの縁があったから信じてる。
宗教でもそういう形で信じてる人もいるでしょうし、そうなれば仮に浮気の匂いがしても目をつぶるのも分ります。
けど、何かしらの利で結婚でもして信用も仕切れてないのに信じて裏切られるなら愚かな結末になりかねない。
やっぱり宗教であっても同じじゃないのかなあ。相性とか縁もきっとあるのでしょう。
それと、必ずしも人に相性があるものは宗教だけとも限らないと思える。
現代で言えば同性愛もほぼ常識になったし、観念はどんどんと広がりを見せてるし。
そんな流れの中で全体の良さを発見していく思想が必要になってくるんじゃないですかね。

123 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:34:32 ID:Q9opMdJ2
>>114
ヒントに思えないのですが。。。^^;


124 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:42:08 ID:Q9opMdJ2
宗教が宗教観の中での生活を余儀なくさせるものであるならやっぱり害だと感じる。
もっと大きな自由な思想や概念の中に存在させられる宗教であるならそれはそれでありに思える。

125 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:42:54 ID:Pn5Kx3JJ
逐語霊感説(聖書を完全で、すべてが理解できる)と進化論否定は、福音派のうち、イスラエルキリスト再臨派

中絶絶対反対、 コンドーム使用反対は、カトリック、(建前化しているとは思うが、、)

純潔運動、アメリカで、ブッシュも支援、結婚前セックスを否定、コンドームの使い方が知らず、ぼこぼこと、中高生が妊娠。

この現象を見れば、洗脳と思えるね、、

これに該当しない教派は、ルター、聖公会、長老派、のうち逐語霊感説をとらない教会。
後、福音派でも日本人は柔軟、日本ホーリネス教団は柔軟だ。



126 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:43:42 ID:Pn5Kx3JJ
りょんちゃん、やっつほーー
感想はどう??

127 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:44:45 ID:Q9opMdJ2
ぃゃぅ!
感想って。。。こんぶ殿のレストあわせて締めくくってたじゃん。
大ちゃん世界観を味わったよw

128 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:46:03 ID:Q9opMdJ2
中絶絶対反対とかコンドーム使用禁止とかってのはわけ分からないけどね。
矛盾もいいところだし。

129 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:48:22 ID:Q9opMdJ2
キリスト教だと基本的に離婚もだめでしょう。
それでいて婚前に原則セックスもだめでしょう。
で、コンドームも使うな、それで子供はおろすな。
だめだめづくしで想定してる理想が見えないってのもあるね。

130 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:51:46 ID:Pn5Kx3JJ
相当、キリスト本人は別としてキリスト教は、矛盾が多い。
ま、奇跡を中心とした、宗教だから、人間が真面目に狂信化するとね、、
ま、聖霊降臨は、麻薬中毒、ギャンブル中毒、アルコール中毒を治す特効薬かもね、
聖霊のエクスタシーは、深いからね、、
禅の世界ないと、おいらは、クリスチャンになっとるだろう、、

131 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:54:33 ID:Pn5Kx3JJ
教派によって解釈が違う。
宗教改革のルター、カルバン(フーテンさんのところ)は、柔軟だ、
日本人になるとさらにいいかげんで柔軟。
その後の、信仰覚醒運動でできたキリスト教で、やっかいなのがある。。

132 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:55:37 ID:Q9opMdJ2
うん、キリスト本人は知らないけど。
仏教ってのは教えっぽいし分りやすいけど、
聖書なんかはうっせえことばかり列挙してるなって感想も持てるしね。
部分的に取り上げてストーリーにしてる作品とかは読めたりするし、
何気に罪と罰みたいな、書での引用のされ方が好きだったりとかそういうのはあるけど。
空気みたいな感じかな。深みはあまり感じないのだ。

133 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 18:57:25 ID:Q9opMdJ2
フーテンさんからは宗教っぽさを感じないんだよね。。。
本当に宗教やってんのかなあ?って感じw
現にアンチキリスト教祖様も別に介入対象にしないしねw

134 :聖霊大王:2006/07/30(日) 18:58:31 ID:Pn5Kx3JJ
結局、聖書は神秘主義だからね、聖霊の力が入らんと何もでてこない、、
仏教は合理主義だ、坐禅するとさらに、合理主義の道へ、、

135 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 19:01:04 ID:Q9opMdJ2
聖霊ってのは雰囲気のことなの?
教会なんかもやたらステンドグラスとかでムードだしてるし。
そういう雰囲気に神聖さを感じるとかそういうこと?
なんかぼんやりしたイメージなんだけど、結構過激だったりするでしょう。
そういうのがやっぱり教会運営側の強硬な姿勢って感じるんだよな。。。
分っちゃいないからあくまでもイメージだけなんだけど。

136 :聖霊大王:2006/07/30(日) 19:01:08 ID:Pn5Kx3JJ
フーテンさんは、長老派の流れだから、柔軟性があるんだよ、
ルターはものんびりした感じだし。
硬く臭くなるのは、信仰覚醒運動後のキリスト教。

137 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 19:02:15 ID:Q9opMdJ2
過激派集団が宗教を利用してるとかそんな感じなんでしょ?
ブッシュとかビンラディンみたいなのとか。

では、またノシ

138 :聖霊大王:2006/07/30(日) 19:03:15 ID:Pn5Kx3JJ
聖霊はキリストの人格を感じるんだな、、
深い愛に包まれる感覚。
これがきたら、弱っている人、おいらのように禅じゃない人はキリストの虜になるね、、

139 :聖霊大王:2006/07/30(日) 19:06:08 ID:Pn5Kx3JJ
法華経と聖書の共通点が多いな、神秘主義チックなところ、、
ゆえに、日蓮とキリスト、親鸞(真宗)の共通点を語る人が多い。

140 :聖霊大王:2006/07/30(日) 19:06:46 ID:Pn5Kx3JJ
おいらも落ち。

141 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 20:30:23 ID:AP/is3BN
流石に、聖霊の大王(^O^)/だけのことがありますね。
逐語霊感説なんて、初めて聞きました。
ファンダメンタリズムなんて、ブッシュのイラク攻撃で結構聞きましたけど・・・・
しかし、私には狂気の沙汰。
きっと、人生を聖書に嵌めようと努力すんでしょうねぇ〜

太宰なんかもそうだと思いますけど、
生まれてきてごめんなさい的な感覚って、結構受け入れられやすいんだろうね。
ああ、私には、理解できないなぁ〜



142 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 20:54:30 ID:TkMP+PXO
>>114

>・正確に神を信じるほど、神は影を潜める

では、「正確に神を信じる」努力は、全く無駄なことになりますね。
そのことがよく判っているから、初めから神など信じない無神論者が、
「最も正確に神を信じている」ことになります。



143 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 20:59:38 ID:AP/is3BN
>>113
ヨハネ君乙
まあ、しかし、相変わらずだなぁ〜
信長は布教を認めたんだから、それは認めようね。
本気でないのはわかってるけど。

>>114
神の概念で言えば、有神論も無神論も、神の存在は否定してない。
いないというのも、いることを暗黙の了解で認めているから。
けれども、いるとする側もそれを証明することはできない。
逃げ水のようなもの。老子の道可道、常非道。

神というのは、信じることによって、見出し、共有するもの。

そういうことかな?


144 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:03:21 ID:AP/is3BN
>>142
まあ、ヨハネ君が敬虔なクリスチャンであることがよくわかるレスですね。

無神論者は、神なんかどうでもいいのですよ。
いようがいまいが。
そういう意味では、葬式仏教のお坊さん達や、
新興宗教の教祖様たちと同じかもね。
頭の中には、カネやセックスしか脳味噌には詰まってませんから。


145 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:07:19 ID:TkMP+PXO
>>19
>(信長は)汝らは神や仏を尊崇するかと訊ねた。
>フロイスとロレンソは答え、いな、神や仏はすべて我らと同じ人間で、
>妻子があり、生まれて死んだもので、自らは救われず死から解放され得ぬ
>人たちである。
>したがって人類を救済することはなおさらできることではない、と言った。

ソース多謝。

全くの想像だが、フロイスたちは、頭の切れる信長に、例えば、「人間は神の
似姿だから、神と同じではないか」「神も君たち人間が考えたものに過ぎない
ではないか」などと突っ込まれ、返答に窮して、そんな言い逃れの発言をした
のだろう。

それとも、日本の神仏のことを言ったのかも知れない。

カルト宗教による洗脳の手口は、「ありとあらゆる嘘を付く」「物事をたくみに
すり替える」「宗教であることを隠して、さりげなく接近し、勧誘する」「否定
しながら、ちらっと肯定する」。

昔も今も、手口は同じである。


146 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:20:31 ID:TkMP+PXO
>>144
>頭の中には、カネやセックスしか脳味噌には詰まってませんから。

そうやって、「カネやセックス」に反感を感じるところが、君が既に
イエスに侵されていることの証拠。イエスも、富や性欲に対して、異常
な反感と潔癖感を持っていたね。そのことは、逆に、彼の、富や性に対
する欲望と羨望の現れなのである。

カネ(生存)とセックス(種族維持)以外に、すべての人間に共通する
普遍の「事実」は何がある?若しあれば、挙げてください。





147 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:27:00 ID:AP/is3BN
>>146
>カネ(生存)とセックス(種族維持)以外に、すべての人間に共通する
>普遍の「事実」は何がある?若しあれば、挙げてください。

その開き直りが、君の言動を複雑にしてわかりにくくしているんだろうなぁ〜
たくさんあるでしょう。
仕事で人に感謝されることとか、
自己実現のために努力して達成することとか、
たくさんの人間でなんかして、やり遂げることとか・・・・

カネは物欲の象徴で、セックスは性欲の象徴のつもりですよ。
別に悪いとかいいとかの問題ではなくて、
神と称して、信者を洗脳して、金と女を手に入れることを揶揄しただけのこと。

流れから感じていけば、
んなことは、瑣末でどうでもいいことだとすぐに認識できるでしょうに。


148 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:28:11 ID:2fdKFt+e
>>146
また人に聞いてるの?
自分で探しなさいよ。
簡単なことだから。

149 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:30:39 ID:2fdKFt+e
テレビ見てたら摂理の教祖様が出てるw
おれ会ったこと有るぜw
胡散臭かったなー

150 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:33:20 ID:TkMP+PXO
>>147
>仕事で人に感謝されることとか、
>自己実現のために努力して達成することとか、
>たくさんの人間でなんかして、やり遂げることとか・・・・

それらもすべて、人間に生来的にビルトインされている、生存本能とそれから
派生する共同体形成・維持本能の表れです。

きわめて単純なことです。君にわかりにくいのは、君が既にキリスト教観念
によって、深く汚染されているため。

151 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 21:35:39 ID:8wJomFuq
>>117
あなたは、ただ者じゃないな…w
>>129
離婚を認めないのは、カトリック。しょうがないからヘンリー8世は離婚するために
英国国教会作っちゃった。
>>133
それじゃ困るw
もう一つヒント 宗教は不信仰である


152 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:38:07 ID:AP/is3BN
>>150
>君にわかりにくいのは、

君がわかりにくいのよ。
理由は、君がへそ曲がりだから。

>キリスト教観念によって、深く汚染されているため。

はいはい。
で、どうやって、浄化するの?
教祖様、教えてヽ(^。^)ノ


153 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:38:48 ID:SKOytSUV
>>150は、還元主義者か・・・・


154 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:39:12 ID:TkMP+PXO
>>148
>また人に聞いてるの?
>自分で探しなさいよ。
>簡単なことだから。

お前は、前レスで、同じ事を言った馬鹿か。

俺の答えは、とっくに繰り返し書き込んでいるのだから、昆布の答え
を聞いてるんダローが。




155 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:41:33 ID:AP/is3BN
>>154
また、そんな、俗っぽい表現をヽ(^。^)ノ

みんな、あそんでるんだから、共同体的本能とやらで、仲良くしなさい。
それとも、君にだけ、本能忘れたのかな?
神様も罪作りな・・・・・・(^O^)/


156 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:43:57 ID:2fdKFt+e
>>154
馬鹿に馬鹿って言われちゃったw

157 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:44:06 ID:TkMP+PXO
>>152
>はいはい。
>で、どうやって、浄化するの?
>教祖様、教えてヽ(^。^)ノ

まず、聖霊大王に聞け。彼は「禅者」で、観念外しが専門らしいからw。





158 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:46:59 ID:AP/is3BN
>>157
そういうところは、共同体的発想で、仲間なんだなぁ〜

私には、君の方がかなり重症な洗脳患者に見えるんだが。

自分では気づいてないと思うがね。

早く、聖霊大王どのに外してもらった方がいいぞ。

159 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:47:37 ID:2fdKFt+e
>>154
ところで、君の怒りは生存のためのものなのかな?
営業妨害だったらそうなるねー教祖様w
じゃなかったら宗教戦争と変わりがないんじゃね?w

160 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 21:50:04 ID:8wJomFuq
うわ!教祖様降臨!
>>143
強いて言えば、あるものとの関係における存在。

161 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:51:57 ID:2fdKFt+e
カルトの教祖ってハーレム作れるのかー
良いな〜

162 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 21:52:46 ID:TkMP+PXO
>>158

君はイエスに洗脳されているが、私が何に洗脳されている?

ここは人間界なのだから、現実のすべての人間に最大の価値を置く
ことに洗脳されても、何の不都合と弊害がある?答えてくれ。

163 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:55:45 ID:AP/is3BN
>>160
その相対主義は、哲学の領域じゃなかろうか?

私には、それを飛び越えた絶対性がキリスト教には特に現われてるような希ガス。
ヨハネ君なんて、その典型的な症状がでている。
自分は絶対的に正しく、自分が正しくないものは正しくない。

ムリポ(´・ω・`)

164 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:57:23 ID:AP/is3BN
>>162
だから、キリスト教。

君ほど、イエスを多用する人間は少なくともこのスレにはいない。

まあ、認めないのは、洗脳されてる証拠だけどね。


165 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 21:59:18 ID:AP/is3BN
>>161
いっそのこと、ヨハネ君も、洗脳認めて、ハーレム作ればいいのに。

あっ、洗脳されてると、教祖にはなれんのか・・・・・

難しいもんだなぁ〜


166 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 22:00:05 ID:8wJomFuq
>>163
飛び越えてはいません。たまたまイエス・キリストであるだけ。
何故イエスが売れっ子だったかというと、それはイエスが層化だったから。

167 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:00:42 ID:2fdKFt+e
>>165
そうだよ、その方が本能に叶っている!w

168 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:03:57 ID:uusY7tAy
最もキリスト教を嫌悪しているのは

169 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 22:04:37 ID:AP/is3BN
>>166
それは、政治的という意味かな?


ただ、先に戻ると、仏教的な仏の意識と、キリスト教的な神の意識って、
似て非なるものだと思いますねぇ〜
というか、まったく違う。

その意味では、キリスト教の神は相対的にではなく、ただあるんだと思います。


170 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:06:44 ID:TkMP+PXO
>>159

怒る必要があるときのは怒るのが、真に相手のことを大切にすること。

イエスのように、弱者に対して「猫なで声で」擦り寄るのは、本当に
相手のことを大切にしているのではない。むしろ相手に対する優越感と
侮辱の表れである。


ガンジーが、インドの最下層賎民を「神の子」と呼んだとき、彼らは、
ちゃんと「最下層賎民」と呼べ、と怒ったそうだ。このガンジーの態度、
即ち相手に対する陰湿な侮辱は、イエスと共通する。「憐れみ」とは、
実は相手を見下している心情であることを忘れてはならない。

171 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:10:34 ID:uusY7tAy
相手を実際より外れて大きくではなく
実際の一部としてしか表現してないのは
僕ぐらいかな

172 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:12:42 ID:2fdKFt+e
>>170
何でもイエスに絡みつけたがるのね、
おれは本能の話をしていたのだが。。。

173 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 22:14:29 ID:8wJomFuq
>>169
その通り、全く違います。
どこまでも、我は我、汝は汝。

174 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:20:20 ID:2a+KnnFO
>>172
カレの心はそれほどまでにイエスと結びついているんだよ。

175 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:21:31 ID:TkMP+PXO
>>172
>何でもイエスに絡みつけたがるのね、
>おれは本能の話をしていたのだが。。。

当たり前だろ。イエスの「反自然性」即ち「神」からの隔絶が、人類の
諸悪の根源なのだから。イエス故に虐殺された人間の数を数えれば、
あまりにも自明。

イエスが、創造主から与えられた本能を否定した点で、本能の話題とは
深く関連している。




176 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:24:50 ID:TkMP+PXO
>>173
>どこまでも、我は我、汝は汝。

あなたも、共同体において、汝によって生かされているのだから、それ
では済まないのでは。


177 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:30:33 ID:2fdKFt+e
>>175
キリスト教による恩恵など一切無いと思うのかね?
人間が本能の赴くままに動いていたら、もっと酷いことになっていたかもな〜
おれは別にキリスト教なんてどうでも良い、どっちかって言うと、嫌いだけどな。
でも、負の反面だけしか見ない・見ようとしないのは、判断を見誤ると思うけどねー

178 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:40:03 ID:TkMP+PXO
>>177
キリスト教の恩恵とは、むしろ人間がキリスト教から人間を取り戻す努力から
生まれたものである。それを「キリスト教の恩恵」として、自分の手柄にする
のは勝手だけどねw。

上記を除けば、キリスト教は、負の側面が圧倒的に大きいのは確かである。
何しろ、人間の精神そのものを破壊したのだから。人間は、その破壊に対し、
キリスト教が否定した身体によって、辛うじて抵抗して来たのである。


179 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:45:26 ID:2fdKFt+e
>>178
生き物なんて綺麗事だけで出来ているものではないのだよ。
自然も美しい面もあれば、過酷な面もある。
あんたは自然を過剰に美化しすぎだ。

暗黒面を一方的に他者に押しつける独善的な心
それが不毛な争い事を有無原因になることに早く気付よ。

180 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 22:58:05 ID:TkMP+PXO
>>179
>あんたは自然を過剰に美化しすぎだ。

自然は、あるがままだから、美化や醜化の対象にはなり得ません。自然は、
美でも醜でもないのです。

>暗黒面を一方的に他者に押しつける独善的な心
>それが不毛な争い事を有無原因になることに早く気付よ。

それがまさにキリスト教がやってきたこと、という事実に基づいて批判して
いるのですよ。あなたのような感情の問題ではありませんので、誤解なきよう。
人間の生そのものの問題です。





181 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:03:24 ID:mMtvNQXN
たろいもノシ

教祖様に感謝されちった(^^)

>>180
教祖様は感情論になると敵わないの分かってるから極端にさけてるのか、
そのレスの最初の2行なんてひどいもんだな、
教祖様のマナ識が自然を美化してるって話なのに強引なすり替え。
答えになっておらん。
そもそも自然を美化する必要も教祖様には無いだろうな、
教祖様に必要なのは自分が議論で勝ったつもりになりつづけることくらいか?

182 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:11:37 ID:B5vFxV3d
キリスト教に傷つけられた人はたくさんいるということだ。

183 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:14:17 ID:mMtvNQXN
>>145
フロイスが何度か信長と謁見する中でデウスについてももう少し詳しく語ったりしてる。
そこではデウスが全能でありすべての他の事物の創造主であり、始めも終わりもなき方だとか言ってる。
宗教の内容そのものを隠し偽ったわけでもなく、信長に配慮しつつ伝えたと捉えた方がよさげ。
よーは、遠路はるばる命がけで忠誠心を広めようという姿勢に信長が共感できたのかと。
事実、そういう言葉をフロイスに伝えた上で、それに比べて仏教僧達の腐敗を指摘したりもしてる。

184 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:16:37 ID:mMtvNQXN
俺はキリスト教から何もされたことはない。
文学で触れるくらいでそれには嫌な感じもない。
外人の友達はみんなクリスチャンだと思うけど、別になんもない。
やっぱり、こういうのってのは何かあるからアンチなんだろうな。

185 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:16:55 ID:2fdKFt+e
>>180
> それがまさにキリスト教がやってきたこと、という事実に基づいて批判して
> いるのですよ。

そんなことあんたに言われなくても解っているよ。
それと同じ事をあんたがやっていると言っているのだ、愚か者め!

186 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:19:07 ID:mMtvNQXN
小ヨハネ氏も教祖様と同じこといわれてたよ。

共通事項。。。

その1:自分でスレ立ててやってくれ。
その2:小ヨハネのせいでスレ趣旨が変わってる。
その3:都合が悪くなると消える。
などなど、たくさんの共通点が指摘されてたw

187 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:21:15 ID:mMtvNQXN
>>151
。。。余計に分かりませぬってw

188 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:23:59 ID:2fdKFt+e
>>181
やつはレベル低すぎ、話にならないw
風呂落ちノシ

189 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:27:22 ID:mMtvNQXN
>>188
まともに話ししたい人はこんな態度取らないってw
小ヨハネ氏もまったく同じスタンスだし、ネタでしょ。


190 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:31:50 ID:mMtvNQXN
哲学板にも結構宗教スレあるんだね。
俺なんかはむしろそっちのほうがいいような気がしてきた。

191 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:35:24 ID:mMtvNQXN
イエスが殺したって表現もおかしいよな。
イエスって人殺したことあるの?
イエスの弟子たちが半端な伝え方したから上手い具合に利用されちゃったってことじゃないの?
仏教もそんなようなものな気がするし、そういう意味では宗教ってのはやっかいだな。

192 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:36:22 ID:SKOytSUV
720 名無しさん@3周年 2006/07/29(土) 16:21:04 ID:cmTjgWtZ
>>715
>殺す必要はないw
>禅の中では、イエスは隣の田中さんでしかないのだから・・・(爆

では何故「仏にあったら仏を殺す」のかねw。
「隣の田中さん」も殺せないのかw。


722 名無しさん@3周年 sage 2006/07/29(土) 16:23:35 ID:pAE7vzkK
>>720
仏が道をふさいでて邪魔だからだよw



せっかく答えてあげたのに、礼の一つもないのかw

193 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:43:50 ID:SKOytSUV
しまったw
レス内アンカーが有効になっちまったな・・・

194 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 23:46:26 ID:8wJomFuq
>>187
俺も、りょんちゃんに説明するのは難しいと思ってる。
何でも、額面通りに受取っちゃうからね。。。
ところで、聖書持ってるなら、伝道の書(コヘレトの言葉)は読んだ?

195 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:48:34 ID:mMtvNQXN
今年の3月に小ヨハネ氏登場したんだ。。。
それまで2スレはわき合い合いだったのに、3スレ目にして小ヨハネ氏登場でスレッド一変w
その後は小ヨハネ氏のマナ識世界へといざなわれてるw

196 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:49:42 ID:mMtvNQXN
>>194
聖書も2冊ずつ以上読んでるんですけどね。
難しいのと優しく書き直されてるようなのと。
でも全般ぼやけて印象に残らないんです。。。

197 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:50:47 ID:mMtvNQXN
つか、仕事とかでも基本的に曖昧なの許してないかも。。。
単刀直入じゃないとイライラする質かも。

198 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:53:41 ID:mMtvNQXN
本気で小ヨハネ氏に関心持ってしまった。。。
例えばこれ。

319 :小さなヨハネ :2006/03/14(火) 00:10:20
>>1
>1イエスとキリスト教は関係ない
>2西洋の哲学者はほとんどがインチキ
>3キリスト教が戦争を生み出す
>だそうな。ホンマかいな?

1.関係ないようなキリスト教もあるでしょうが、それは最早キリスト
教とは言えません。主イエス・キリストを神として認識するのが本来の
キリスト教であって、関係は大有りです。
2.哲学者を殆ど知りませんが、もしそうなら、ニーチェなどその筆頭
でしょう。
3.戦争するのは人間がその欲望や誤謬からすることで、キリスト教で
戦争が起るのではありません。よくそういう意見を見聞きしますが、
全く初歩的な間違いです。


これがもしも教祖様と同一だとすると教祖様、俺にはすげーと思えるな。

199 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:55:34 ID:mMtvNQXN
どうすごいのかというと。。。

どうでもいい論を意地でも論破するために続け続けて、延々と。
ディベートしてますYO!と言わんばかりに逆の立場でも延々。。。
この真偽はいかに。

200 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 23:58:06 ID:mMtvNQXN
っコピペって好きでは無いのだけど、過去ログ分なので敢えて。

325 :小さなヨハネ :2006/03/14(火) 20:23:58
>>322
彼は人間の作った何かを神と言っており、それは本来の神ではありません。
神という言葉を使えばすべてそれは神というのはあまりに幼稚な欺瞞です。
騙されてはいけません。


326 :小さなヨハネ :2006/03/14(火) 20:44:05
この本を読んでいると、全体主義の中国や北朝鮮の日本に対する言い
がかりを聞いているような気がします。そこにあるのは虚偽と欺瞞と
悪意だけです。


327 :小さなヨハネ :2006/03/14(火) 20:45:22
こんな醜悪なものをよく皆さんは崇拝するものです。



同じ手法っていうか、文調だよなあ。。。

201 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/30(日) 23:58:13 ID:8wJomFuq
>>196
2冊ずつ以上って…読み過ぎ。
とにかく、口語訳では伝道の書、新共同訳ではコヘレトの言葉と呼ばれてるけど、詩篇、箴言の
次にあるヤツ。これはマジお勧めなんだけどなあ。短いし。


202 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 23:58:36 ID:2a+KnnFO
>>195
キリスト教質問箱に粘着するアンチクリにもそっくりなのが興味深い。

203 :まい:2006/07/30(日) 23:58:43 ID:O0isrEcx
やっぱり教祖様のスタンスは謎だね。

いや、こちらの頭も固いのかもしれない。
だって、一般的にキリストを批判すれば、「じゃあ、ブッダなら理解できるのか?」と思ってしまうし、その逆もあり。
西洋文化を批判すれば、「東洋文化が好きなのか?」と位置づけたり。
神様は信じないと言えば、「唯物論か?」と位置づける。

相対的につい考えるから、結局教祖様のスタンスは理解できない。
結局、「それらはいずれも危険だ」と言うことだけはわかるけど、その次が無いから同意者も同意しようが無い。
あらしとしか思われなくても仕方が無いよ。
名無し、顔無し、結局主張無しだよ。

204 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:00:20 ID:mMtvNQXN
切り替えされる言葉も同じ。。。
常に同じ展開にスレ自体がなってしまってて、カルト的で不気味w
なんか、こういうのを探って研究してるのか?教祖様。


329 :考える名無しさん :2006/03/15(水) 05:00:12
>>325
論破されたら八つ当たりですか?
あなたはキリスト教徒以前に、人間としてクズですね。

205 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:02:15 ID:29+W4vyt
>>201
お勧め、キリスト系のは初めてなんでそれをチェックします。
ニーチェのキリストは邪教とか言うのも読んでみるか?w
つか、あまりあれこれ見すぎて頭変ななたりしてw

206 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:04:26 ID:mMtvNQXN
哲学板のスレでもっとも興味深いのが、
適度に小ヨハネ氏の改行の仕方で反対の立場のレスが入るのだ。
自作自演か?ID無いし、しかもそれが教祖様のレスそっくり。
1レスだけ例で。。。


335 :考える名無しさん :2006/03/16(木) 16:44:32
戦争の歴史を調べているが、相手に無条件降伏、さもなければ皆殺し
を迫り、特に大規模かつ残虐な殺戮を伴ったすべての戦争には、キリ
スト教の思想が関与している。

二度にわたる大戦、および内戦を含む無数の戦争において、合計すると
「最も多くの人間」を殺したのは、疑いなくキリスト教徒である。

イスラームは、相手が金を払えば強制改宗や皆殺しはしなかった。しかし、
キリスト教には、それが出来ない。

往古のモンゴルも、景教の影響を受けていた。1996年のウガンダに
おける100万人の大虐殺にも、キリスト教が絡んでいる。

「あなたのして欲しいことも、他にも施せ」「神の国待望」という、キリ
スト教の教義の表れである。その背後にあるのが、イエスの狂気から発した
「愛」の観念である。


207 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:06:08 ID:29+W4vyt
教祖様、これにはちゃんと答えてもらいたいものだ。
延々とスレを誘導して流れつくってるんだから。

ネタか?
何の意図?

208 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:08:16 ID:29+W4vyt
自作自演なのだろうか。。。
335の名無しに宛てたレス。



338 :小さなヨハネ :2006/03/16(木) 22:59:30
>>335
何べん言っても分からないようですが、キリスト教を名乗ればそれが
本当のキリスト教だと思うのはニーチェ程度の全く幼稚な間違いです。
宗教で戦争しているのではないのです。戦争は人間の自己愛や誤謬か
ら来るものです。回教同士なのにスンニー派とシーア派が抗争するの
をみたら理解できるでしょう。


209 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:10:05 ID:29+W4vyt
一応終了。

これどう思うかは自由だけど。。。
教祖様は愉快犯の可能性大だな。

210 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:10:10 ID:FH4AbUcO
とかげの尻尾切りだな。
都合の悪いものは俺達とは無関係だ〜って感じ。

211 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:10:55 ID:29+W4vyt
ん?

212 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:15:51 ID:FH4AbUcO
教祖様は無神論国家がやった非道を指摘されると
「キリスト教の影響だ、無神論は悪くないんじゃない。」とか言うの。

213 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:16:01 ID:29+W4vyt
教祖様いないのかな。

214 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:17:44 ID:FH4AbUcO
訂正
「キリスト教の影響だ、無神論は悪くない。」とか言うの。

215 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:18:42 ID:29+W4vyt
>>212
小ヨハネ氏はキリスト擁護、で、名無しになるとここの教祖様と同じこと言ってる。
教祖様もこの前に前スレで自演やった時には中間を取ってた。
結局どの立場が本当にやりたいのか良く分からん。
とりあえずはここではアンチキリスト。
小ヨハネ氏と教祖様が同一と100%言えるか分からんけど。つか、言えるよなあ。。。w

216 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:20:54 ID:29+W4vyt
>>214
どっちにしろ言えるのは極端な位置に立ってレスして、周りをイライラさせて
同じ流れにもってくことだよ。
時間の無駄になるからあまり本気でレスしないほうがいいな。
少なくともちゃんといい訳なり説明なりしない限りは、って、すると思えないけどw

217 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:22:13 ID:0sq36akj
>>215
りょんは、「邪教スレ」で何してるの?キリスト教のアンチそれとも
シンパ?答えてくれ。

218 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:22:54 ID:29+W4vyt
>>217
俺何もしてないよ。
昨日からの流れでそこ知ってロムっただけ。


219 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:23:16 ID:29+W4vyt
つか、教祖様?

220 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:27:57 ID:29+W4vyt
教祖様だな。>>217
答えたんだから意図くらい言っても良いだろうに。
今までの流れでこのまま続けてもまともには相手にしないよ、誰も。

221 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:31:39 ID:qoULYylj
隠れ信者は、キリストに逆らうと手と唇がぶるぶる震えて
足がガクガクなるから、逆らえないんだろ。

222 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:33:04 ID:29+W4vyt
隠れ信者って誰?教祖様?


223 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:43:10 ID:29+W4vyt
主イエス・キリストを父なる神ご本人として
信じています。

昨日のフロイスの言葉はこの通りのこと言ってる。
そのフロイスは耳障りよかったでしょう。

224 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:43:31 ID:0sq36akj
>>218
>昨日からの流れでそこ知ってロムっただけ。

それにしては、過去レスについて詳しすぎる。私は、最近は「邪教スレ」は
カキコもROMもしていない。「小さなヨハネ」は、札付きの宗教・キリスト教
オタク。私は、読むのも不快だからスルーする。

ヨハネと私の意見の内容は、全く正反対。「教祖と同じ人物」などと、君の読
解力と推理力は、一体どうなってるの。

君が引用したヨハネのレスには、改変はないか。

「小さなヨハネ」は、実は「りょん」だろ。文体がソックリ。

225 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:45:39 ID:29+W4vyt
謎が解けた。
ニケヤ公会議の三位一体論はその結果です。
それ以降はキリスト教といっても真のキリスト教ではないのです。
皆さんの知っているキリスト教とはそれなのです。
これでしょ?教祖様。
今のキリスト教じゃなくて教祖様にとっての純然たるキリスト教の信者なんだ、教祖様は。
それでなかったらただの愉快犯か荒らしだ。

226 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:47:57 ID:29+W4vyt
>>224
へー、そんな切り替えしするとは思わなかったなw
昨日の時点でも邪教スレを当然に知ってる感じだったし妙だなとは思ったけど。
今も3スレ目くらいを読んでるけど、もっとぴったり符号が合うのあるけどね。
とりあえず全部読んでみるよ、真面目に関心もっちまったw

227 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:48:40 ID:29+W4vyt
こんぶ殿の読みも当たってたじゃん。
純粋なクリスチャンなんだよ。

228 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:54:29 ID:29+W4vyt
>>224
再レス。
苦しすぎでしょ。。。居たこと認めてるし。
教祖様らしい冴えたレスは七誌で自演してるの意外には今のところ見当たらない。
読むのも不快だって言うけど、カルトは許さない、カルトを発見したら介入するんでしょ?w
それに俺の文体と一致する。してねーだろ、いくらなんでもw

229 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:54:38 ID:Ricpo9MZ
>>225
すべての宗教は一つの根本から流れ出るものだからね。

230 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:55:59 ID:29+W4vyt
>>229
仏教で言うところの大乗仏教アンチみたいなもの?

231 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:57:15 ID:0sq36akj
>>227
>純粋なクリスチャンなんだよ。

ヨハネと君とは、文体もそっくりだし、粘着性もそっくりだよ。

イエスを少しでも批判できるクリスチャンがいたら、連れてきてご覧。
キリスト教は批判できても、イエスは絶対に批判できなくなるのが、イエスに
嵌るということ。例外は無い。昆布、りょん、聖霊大王、フーテン氏を見よ。これが踏絵だ。

232 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:58:38 ID:29+W4vyt
マタイの引用もまったく同じようなのある。
これはあらかじめ用意してあるんじゃないの?
あまり見苦しいことやるなら完全に一致させてあげるよ。
って、なんか俺こんなことばかりしてる、この板来て。。。

233 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 00:59:30 ID:Ricpo9MZ
>>230
キリストを旧約に縛りつけようとするキリスト教が小乗的だね。
イエスはもっぱら大乗。

234 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 00:59:45 ID:29+W4vyt
>>231
はいはい。
俺は今ロムに夢中だから好きなこといってていいよ。
たまに覗くから。

235 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:00:16 ID:29+W4vyt
>>233
やっぱり、そういう流れ的なものが色々あるんですね。

236 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:03:17 ID:29+W4vyt
この人を見よの中の一説をここと同じに引用してる。
つか、教祖様。。。同じレス使っちゃばれるって。
ばれていい気でやってたんじゃないの?

237 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 01:08:14 ID:Ricpo9MZ
本気でキリスト教を信仰している人ほど
キリスト教の教義の捏造やシオニストクリスチャンの有害性を指摘しているよ。
あまり知らずにキリスト教をヨイショするのは彼らに失礼だな。

238 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:09:31 ID:29+W4vyt
七誌のほうの教祖様。


512 :考える名無しさん :2006/03/29(水) 13:19:53
クリスチャンが、人間の脳も創造主が造ったというのなら、その造られた
ちっぽけな脳で、造った者のことを何万年考えても判るわけがないではな
いか。

クリスチャンは、全くの倒錯。「在りて在るもの」即ち「全存在」が神で
あるという旧約聖書の方が、はるかに真理を穿っている。




515 :考える名無しさん :2006/03/29(水) 16:38:12
>>514
キリスト教には、「在りて在るもの」即ち「全存在」が神などという
概念は全くない。それどころか、すべての人間は「罪人」だし、自然は
人間が支配すべき対象に過ぎない。

キリスト教においては、唯一の神は、自然と人間から隔絶した父なる神
と、神格化されたイエス・キリスト、及び得体の知れない「聖霊」だけ
であり、全存在、即ち厳然として実在する人間と自然とが神であるなど
いう思想は絶対に受け入れない。イエスの面子が丸つぶれになるからで
ある。

旧約聖書では、神は「自分に似せて人を造った」はずだが、キリスト教
は、なんと、この人を「イエス・キリスト」と解釈している。新約聖書
の英文では、「すべての人間(human beings)」となっているというのに。

イエスの神格化のための、なりふり構わぬコジツケである。


239 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:11:17 ID:29+W4vyt
ここで七誌の教祖様が批判してるのも三位一体のことでしょ?
結局姿勢は一緒にも見えてくる。

240 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:12:13 ID:29+W4vyt
これきっとクリスチャンの人にはすごく興味深い内容じゃないのかな?

241 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:20:48 ID:29+W4vyt
もう一つ分かったよ、教祖様。
スレッドが気に入らないと反論しに入るんだって。

242 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:23:52 ID:29+W4vyt
で、無神論とは戦うんだって。
だから俺とこんぶ殿は特に標的なんだね。
全ての違和感がなくなった感じだ。

243 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:24:18 ID:29+W4vyt
つか、思い切りしらけさせてごめんなさい。

244 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 01:26:36 ID:29+W4vyt
ノシ

245 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 02:11:45 ID:0sq36akj
>りょん氏へ

君がそこに上げたのは、すべて私の書き込み。自分の意見だから、どこのスレ
に書き込んでも同じであるのは当たり前。若し変わっていれば、それこそ無節
操ということになる。

そこに「小さなヨハネ」の書き込みがどこにある?あまりいい加減なことは
言わないで欲しい。

それよりも、君はMHを10個近く持ってると自分で言ったが、その一部で
も開示すべきだ。「小さなヨハネ」は含まれていないか。

名無しよりも、MLでROM者を誤導し、混乱させるほうが、遥かに悪質である。

キリスト教やその教会ではなく、イエス個人を批判できるクリスチャンがい
れば、挙げてくれ。君や昆布氏が私をクリスチャンと言うのなら、私は、
「クリスチャン」として、イエス個人を徹底的に批判する。これは前代未聞
のことではないかw。

イエスは、すべての人間を「罪人」視する。私は、イエスの思想の結果として、
断末魔の苦痛の中に命を失った、数億人、十数億人の「人間」たち(殉教者や
その家族も含む)のために、また今後の被害を防ぐために、「イエス個人」の
思想の批判をしている。教会関係者や殺した信者たちは一切批判しない。彼ら
もイエスの思想の痛ましい犠牲者であることには、変わりないからである。

このスレが、君や昆布氏を中心としたキリスト教系カルトスレであることに
気付き、介入した。君の異常なキリスト教擁護からも、そのことは明らかで
ある。

教祖様の預言は、ことごとく的中するw。


246 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 02:37:52 ID:29+W4vyt
もっと決定的なのとかあるよ。
ちびヨハネと教祖様の合致。
それやるとたぶんやりすぎの感じになるだろうけど。
で、やっても教祖様はちびヨハネを真似たとか言って逃れるかそのまま続けるかなんだろうなw

ここに貼ったのだけでも一応の可能性としてみんな理解するんじゃね?
別に一貫してようがちびヨハネだろうがなんだろうが、ワケワカんない人なのは変わらんしな。

247 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 02:41:04 ID:29+W4vyt
ハンドルなんてのは10どころじゃないかもな。
それは別板のハンドルだからここではこれと「名無しさん@4周年」くらいだけどw
そのうちここで別ハンにするとしても俺の場合はそのまま公言するから多重にならないと思うよ。
公式ガイドに載りたく無いだけだからw

248 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 02:47:40 ID:29+W4vyt
つか、教祖様のはいずれにしても愉快犯的荒らしと同類だ。
所詮はねらーでしかないってことだよな。
昔いた板でね、通称ニート君ってのがいてさ、それが教祖様みたいに延々と続けるんだよね。
おんなじことおんなじこと延々と。。。
あちこちの板を渡り歩いてやってたらしいけど、その板でも削除人にスレごと消されるまで延々とやりつづけてたよ。
それとかぶる。

249 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 02:48:52 ID:29+W4vyt
自分の言葉で喋れとか言うんだから、教祖様も
自分の言葉でちゃんと色んなことを表現しなね。
でないと段々誰も相手にしなくなっちゃうよw

おやすみノシ

250 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 02:56:48 ID:29+W4vyt
つか、笑ったw
俺は異常にキリスト教を擁護してるんだ、
レスはそんなことないから心の中で異常に擁護してるんだろうな。
それが教祖様にはお見通しなのか。
面白い教祖だw
クリスチャンじゃないとしたら、ディベートごっこでもやりたいんでしょ?
詳しいキリスト教を使って。
本当に今後の被害を防ぎたいならアメリカにでも行って活動してきた方がいいよ。
それかそっちの掲示板にレスしまくって討論してきなよ。
所詮ねらーだからここから出て行動することはないだろうけどね。

ほんじゃノシ

251 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 03:58:43 ID:FEdM7ivs
疲れて、自然、オッチしてた(^_^;)

>>173
>どこまでも、我は我、汝は汝。

私には、何もしないのが、キリスト教というか西洋の神。
ただし、神の意思においては、しょっちゅう、なんかしてる。
人間は、それを解釈するのみ。
それは、人間にとっては、絶対的な超越神として存在してるんです。

仏教の場合は、まったく違います。
そんな超越神は存在しない。
あるのは仏法であり、それを「知」り、それとともにあること。
したがって、神というのは存在しない。

どうでしょう、フーテンさん。
私のそれぞれの神のイメージって、こんな感じなんです。


252 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 04:16:32 ID:FEdM7ivs
りょん殿(^O^)/

まあ、教祖タン=小ヨハネ君は間違いない事実。
問題は、同一人物というよりも、りょん殿が分析したように、
なぜにクリスチャンの癖に、そんなに、アンチキリストアンチイエスで、スレを荒らすのか?
ということだよね。
しかも、息詰ると、やれ本能だとか、自然だとか、科学かぶれの錬金術師に走る。
思考がなんせ古臭い。

要は、自分以外の人間がキリストを語るのが気に食わないんでしょう。
まして、アンチなんて批判は面白くないんでしょう。
小学生が、自分の好きな子に意地悪するのと同じ。
かまってもらいたいから、いろいろ、工作して自演もする。
彼にとって、一番つらいのは無視なんでしょう。

ということで、それなりに、遊んであげましょう(^O^)/
アンチへの執着は分析の余地ありですけど、
内容がつまらないのは、衆目の一致した意見です。
だから、分析も大した意味ないってことになりますし。

見るべきものがあれば、レスるということで。



253 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 04:39:59 ID:FEdM7ivs
ところで、結局、その神に対する認識の違いが、
東洋的な知の体系と、西洋的な知の体系の違いになってると思うんですよね。

西洋の知の体系は、あくまでも、客観性を重視し、
誰でも同じく、認識し、再現しなければ、真理ではない。
いわゆる平等思想がその底辺にはびこっている。

ところが、東洋の知の体系は、
知る対象が問題なのではなくて、
知ることができない自分の側を問題にする。
したがって、極めて主観的な解釈になるし、継承も極めて困難。
おまけに、社会適応可能ではないので、西洋的な客観主義に駆逐されやすい。

私個人としては、もうそろそろ、その個人主義に回帰する必要はあるだろうとは思います。
ただ、宗教は嫌だ。


254 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 04:53:05 ID:0sq36akj
>>251

偉そうにわざわざつまらん書き込みをするなよ。仏法がわれわれと共にある
などと言いながら、それをわざわざ「知らなければ」ならないのは、仏法が
なにやら「未知で、有難いもの」として、超越神化しているではないか。

君にとっては、「仏法=仏陀=イエス」という超越神。まさにキリスト教的
「神概念」。

フーテン氏は、知ることも信じることも必要ないと言っている。彼のほうが
よほど「仏教的」。

「教祖タン」=「小ヨハネ」などと、根拠もないのにいい加減な嘘を付くなよ。
尤も、君のMHのように、あらゆる嘘を付くのは、特にキリスト教系カルト
の特徴だが。

「内容がつまらないのは、衆目の一致した意見」だってw。君がイエスに
嵌っていることこそ、衆目の一致した意見。君が深く洗脳されているから、
判らないだけ。判る人はちゃんと判ってくれているではないか。気に入らない
レスは眼を瞑って読まないところも、洗脳患者の特徴。

255 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 05:22:52 ID:0sq36akj
>>252

君は、イエス個人の批判は、恐らくは殺されても、絶対にできず、批判
する気もないのに、私は終始一貫イエスの個人批判をしているではない
か。すぐ上のレスでも、「イエスは、猫なで声で弱者に擦り寄る」とま
で言っている。君にこんなことが言えるか。

どちらがイエス個人に嵌っているが明らかなのは、それこそ「衆目
の一致するところ」。

君が前レスでいった「衆目の一致」の「衆目」とは、りょんと聖霊大王の
二人及びその他のキリスト教系カルト信者だけではないのか。私の見解は、
基本的には本覚思想や如来蔵に近いから、本来の大乗仏教者であれば、
誰も君らのようなことは言わないはずだよ。

それに、君の思想自体は、明らかに極度のサヨク的。プロテスタント
信者の殆どがサヨクであることは、現在の社会の常識。

256 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 05:37:37 ID:FEdM7ivs
ヨハネ君ノシ
>仏法がわれわれと共にあるなどと言いながら、それをわざわざ「知らなければ」ならないのは、仏法が
>なにやら「未知で、有難いもの」として、超越神化しているではないか。

フーテンさんとか聖霊大王トノならわかると思うけど、「知る」ということが、違うんですよ。
まあ、説明不足の私が悪いんですけど、ヨハネ君がもっとも、キリスト教に洗脳されてるのはその点です。
仏を知るとは、イエスを知るとは違うのです。
仏に会って、仏を殺すとは、いわば、そのことなんですよ。
イエスに会って、イエスを殺すとはいわないでしょう。
そもそも、ヨハネ君がイエスを殺してるのを見たことはありません。

>君は、イエス個人の批判は、恐らくは殺されても、絶対にできず、批判
>する気もないのに、私は終始一貫イエスの個人批判をしているではないか。

私は、イエスを批判する気もないし、する必要もない。
なぜなら、信者でもないし、怨みもないから。
わたしがやろうとしてるのは、キリスト教って、なんだろうかってことだけ。
あと、ヨハネ君が批判対象としてるキリスト教ってなんだろうか?
確かに、歴史的に通底してるものはありそうだから、それが認識できたらいいだろうなってこと。

したがって、なんども言うように、私をクリスチャンにしたければ、していいよ。
私も、君をヨハネ君にして、かなりヘビーなクリスチャンにしてるんだから。
でも、私は、クリスチャンではないよ。それは、明言しておく。
他のクリスチャンの方に悪いからね。


257 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 05:52:05 ID:FEdM7ivs
あと、ひとつ。ヨハネ君の特徴としてあげるのは、
根拠不明の決めツケを誰に対しても行うこと。
しかも、私を攻撃するときは、りょん殿や他の人間を正当性があるように持ち上げ、
その人間を攻撃するときは、私を正当性あるように持ち上げる。
そのことによって、自分はいかにも中立の立場にあるかのように、見せかける。

これは、君のイエスやキリスト教や他の宗教について攻撃するときも同じ。

結局、君の批判対象が明確ではないことと、君のポジションが明確ではないから、
おまけに、君の論理性とその根拠が皆無だから、
君自身の発言内容は一貫性を持たないし、誰も相手にしない。

君が名無しであることも、そこが理由なのだろう。
もっと、他人の批判に耳を傾けて、それにきちんと解答したらいいだろう。
そうすれば、少しは、君の論に自演ではなく、耳を傾ける人間がいるだろうよ。

2チャンで攻撃的なひとりごとを呟いても、成長はないだろうに。
こころが荒むぞヽ(^。^)ノ


258 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 06:03:12 ID:FEdM7ivs
まあ、今のところ私のキリスト教の解釈は、
原罪思想と贖罪観。
ある意味、パラノイアな思考になりますね。

その点仏教は、神が不在のスキゾフレニーですか?
面白くねぇ〜


259 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 06:15:07 ID:FEdM7ivs
あっ、それと、やっぱりヨハネ君って面白いヽ(^。^)ノ

>プロテスタント信者の殆どがサヨクであることは、現在の社会の常識。

内容はともかくとして、なぜ、こうなるんだろう?
どうみても、突然であり、感情的。
そんなに感情的になる必要があるんだろうか?

んで、内容なんだけど、プロテスタントって、左翼なの?
ウェバー的には、まったく、逆なんだが?
まあ、ヨハネ君には関係ないけどね。

やっぱり、かまってチャンの発言なのか・・・・・・
かまってあげたくなるなぁ〜やっぱ(^_^;)


260 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 06:26:12 ID:gvFsw9Sg
やはりキリスト教徒被害にあった者にしかわからない感情なのだろうか。
わかってくれなくてもいいけど、キリスト教徒には危険な奴がいる。
目がヤバイ。日本刀を持った右翼の目。人をコテンパンに叩かないと気が済まない奴。
もちろん左翼主義。本人は警官になったような気持ちで人を懲らしめたくて仕方ないんだろうな。
思い込みが激しすぎ。決め付け激しすぎ。勝手な正義。いつも不平不満を口にしている。
死ねばいいのに。

261 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 07:54:07 ID:L9T1NDfD
  

♪ 〜 ☆   ヽ(´∇`)ノ  ♪ 〜  ☆  



「 摂理 」 とかいうカルトも、聖書、日曜礼拝、キリスト教系、。
カルトはキリスト教の洗脳システムを熟知し、悪用している。 性も悪用している。
(サタンと) しか言いようが無いのは明白な事実w。


(洗脳) はサタンの大好きな手段みた〜い。カルトは全てそう。  (^O^)/


本家キリスト教の弊害は、あちこちに日常的に、極めて大きいのが現実w。                         
     
      
 
♪ 〜 ☆   ヽ(´∇`)ノ  ♪ 〜  ☆           


262 :聖霊大王:2006/07/31(月) 08:36:46 ID:CnwYMk1/
りょ、んチャンへ
キリスト教理解のっ便利な本。
ルター著、キリスト者の自由、岩波文庫、
カルバン著、信仰の手引き、新教出版社。
どちらも、分厚い本ではない、
キリスト教とは?
を理解するにはいい本だ。

263 :聖霊大王:2006/07/31(月) 08:47:38 ID:CnwYMk1/
バカ教祖は、「キリストは殺せないだろうと」言うのは
バカ教祖の自己矛盾に気づいていない。
「仏を殺す」とは、
自己の概念を否定する。
バカ教祖は、自分の概念を否定できない。
それを知らずがんばっている。
がはははは、おもしろすぎ、

結局、ばか教祖は、スターリンになりたいのさ。
自分に歯向かう奴は、粛清、強制労働、、

264 :聖霊大王:2006/07/31(月) 08:52:34 ID:CnwYMk1/
ばか教祖の過去には同情してやるぜ、、
ヒトラー、スターリンの深層心理分析すれば、同じものが出てくるだろう。
摂理の教祖の心理分析しても同じだな、ばか教祖さまと、、

265 :聖霊大王:2006/07/31(月) 09:04:06 ID:CnwYMk1/
ユダヤ人にヒドイ目にあった、ユダヤ人は、すべて悪だ、劣等人種だ、
ユダヤ人を絶滅せよ、、
この心、んんん、教祖さま、だ、、

266 :聖霊大王:2006/07/31(月) 09:10:33 ID:CnwYMk1/
教祖様の日常は、
さぞ他人に抑圧され、他人に見下げられることが多いのだな。
虐待された子どもは子どもに虐待する。。
すずか、、という女がいたっけ、、
人間は切ないね、、
やられた被害を他人に背負わせる、、

267 :聖霊大王:2006/07/31(月) 09:24:39 ID:CnwYMk1/
あと、キリストの発言がある。
マタイ、ルカ、マルコ、ヨハネの福音書には、他宗教否定がない。。
信じるという概念化が、クリスチャンには、強すぎるのね、、
あと、キリストの弟子でない奴が、キリストの名で癒している奴をキリストは認めていた。
旧約の創世記では、他宗教の奴と共存のような場面がある。
ま、いかに聖書は神秘的書物というより、人間の思考で解釈するクリスチャンが多いことか、、
逐語霊感説か、信仰告白至上主義か、人間の適応障害を問題とできないクリスチャンが
なんと、多いことか、、
キリストを見捨てた弟子からなる、キリスト教の定めか??

268 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 11:39:21 ID:0sq36akj
>聖霊大王へ

ルターにカルヴィンかw。君は筋金入りのプロテスタントだな。「信仰のみ」
の彼らの病的な「精神主義」が、イエスの狂気をさらに増幅させた。彼らの
「改革」によって、どれほど多くの人命が新たに失われる結果になったか。
農民を扇動しておいて今度は迫害に回ったルターや、自分の娘さえ殺したカル
ヴィンの非情さと人格破壊を見よ。

キリスト教による陰湿かつ執拗なユダヤ人迫害の歴史も知らないのか。十字
軍も、イスラームよりもユダヤ人迫害が主だった。その終着駅がホロコース
ト。マルクスもヒットラーも、キリスト教が生み出した。最近の研究では、
マルクス主義の被害者は1億人、ナチスの被害者は5000万人と言われて
いるが、本家キリスト教は、一体何億人殺したか。

「観念の塊」であるイエスさえ脱却できない君の「禅」とは、一体何だね。
禅者を騙ってはならない。

「イエスの愛」などと、ミーハーの女子中学生程度の甘ったれた言葉を口に
だすなよ。

また、「イエスは正しいが、弟子や信者が悪い」という、お決まりのイエス盲
信者の台詞w。しっかり座禅やって、まず君のイエスによる狂気から治したら
どうか。

269 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 12:04:35 ID:07xxn/3F
本来は、ユダヤの改革者であるべきキリスト教が、
殺戮をやってむしろユダヤへの温情を集めている現状
いまやユダヤの腰巾着

270 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 12:06:10 ID:aiSM5iDc
>>251
模範解答ですねw
昆布さんは、仏教とキリスト教の違いについては理解出来ても、
共通する基礎の部分は分からないらしい…

原罪と贖罪に関するキーワード 関係破壊と関係修復
これは、聖霊大王さんの解釈に近いかも?



271 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 12:15:53 ID:JtwNhQcg
狂ってる

272 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 13:46:37 ID:mfzFuPWu
教祖様活発だなw
私はイエス批判に一貫してるとか威張っちゃってるけどさ、
そんなに誰も期待してないわけよ、分る?
洗脳されちゃってるからそんなことも分らなくなってるんだろうなあ。

>>こんぶ殿。
とりあえずチビヨハネ=は止しましょう。
教祖様はちびヨハネの真似っ子してるんでしょうw
場合によってはちびヨハネさんを誘って教祖様VSなんてのも面白いかも?w
教祖様が本来敵対するべきってのあるならちびヨハネだしな。
俺なんかで練習されても困るのだw

273 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 13:47:15 ID:mfzFuPWu
>>フーテンさん。
なんとなく俺なりの解釈できそうなので夜にでもレスしてみますノシ

274 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 14:36:36 ID:fx4iToAo
りょん!

275 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 15:02:56 ID:FEdM7ivs
>>270
模範解答?
つまり、つまらないってことね(^_^;)

>共通する基礎の部分は分からないらしい…
難しいですねぇ・・・・・
信仰について考えれば、フーテンさんは
宗教は不信仰って言ってますよね。
これは、神を信じることが信仰であれば、
その対象の神はどこまでも明確ではないから、
違うものを信じてることになり、不信仰にいたるという意味ですかね。

ただし、わたしは、それが宗教だと思ってますけど。
信仰とは、疑わないことだと思ってます。
学問は真理を追究しますが、宗教は神を追求してはいけません。
神は見出すものです。信仰によって、神を見出す。
そして、それを共有する。
それが、宗教だと思っております。

276 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 15:07:11 ID:FEdM7ivs
>>272
>とりあえずチビヨハネ=は止しましょう。

私には、どうでもいいですけど、了解です。
私には、同一人物であろうとなかろうと、
名無しで自分の正当性を主張し、しかも一貫性が見られないのはあらしです。
でも、さみしそうなので、みんなでお付き合いしてあげてるんでしょう(^^♪
どんな名前であろうが、本人にとってはうれしいんじゃないですか?
まあ、決め付けるのはよくないと判断したのでしょうから、
了解です(^O^)/


277 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 15:30:41 ID:FEdM7ivs
>>267
大王さんも相変わらず、難しいよなあ〜

>マタイ、ルカ、マルコ、ヨハネの福音書には、他宗教否定がない。。
私は詳しくわかりませんけど、パリサイ人というときに、
暗にユダヤ教を批判してるのではないの?
私には聖書がそれほど論理的に精緻にあまれているとも思えないのですが・・・

>信じるという概念化が、クリスチャンには、強すぎるのね、、
わぁどんな意味?
自分を客観視するということ?
でも、それって宗教特有のものじゃないのでしょうか?

先にレスしましたが、西洋思想の特徴として、
対象を認識する行為には「我」は等しく普遍なのです。
つまり、どこまでいっても、信仰する人間にとっても等しく神は神でしかないのです。
その相対主義に西洋思想が行き詰っても、結局は「我」を同じく細分化して、
「我」を相対主義の中に置きます。

私には、宗教一般が、
信じるという概念化が不可能に思えるのですが・・・・・


278 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 15:34:41 ID:mfzFuPWu
決め付けが良くないって言うかですね。。。
なんとなくw
勝ち負けのないスタンスでいたいだけというかw

279 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 15:35:50 ID:mfzFuPWu
>>274
おおノシ

280 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 16:07:13 ID:1yjpjT2Z

私は一信者ですが、研究者さんの言われることも、よく判り大変複雑な思いです

281 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 16:12:00 ID:RQ0sMWzm
神は意識の外側に存在している。
意識の外側を意識することは出来ない。
つまり、あなたは永遠に神を認知できない。
だが、神は確実にそこにいる。

282 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:21:39 ID:mfzFuPWu
疑いながら持ってる宗教が一番危険な気がしないでもない。
罰があたるとか言ってる系の宗教なんかは特に。

283 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:23:28 ID:mfzFuPWu
神様を持たなくなると目が開ける気がするけどね。
自分の目ってのを実感できるようになるよ。
どっちを好むかも自由かもしれないけど、俺は宗教捨ててよかったと思ってる。

284 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 16:24:22 ID:VNpDVJeG
>>280
その状況を喩えるならば、

「やっぱり、耳に入れといた方がいいんじゃないかと思うから、言うわね・・・。
ご主人、浮気してるかもしれないわよ・・。
こないだ鈴木さんが、ご主人に良く似た人が女の人と歩いてるの見たって・・・・。」

「そういえばさw、奥さん毎月、前の旦那の墓参りしてるらしいなw
あの嫉妬深いお前が、よく許してるなぁって思ってさ。感心しちゃったよw」

という台詞を聞かされたようなもの。


どうするかは、畢竟、本人次第だと思いますよ (´ー`)y━~~

285 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:28:17 ID:mfzFuPWu
>>フーテンさん

信仰のヒントのやつ。

俺で考えると、信じてるのは道理とか因果応報とか。
でも、道理はともかくとして、因果応報ってのは実は事実ではない。
悪行で手に入れたものは大事にしないって傾向はあったとしても、それは因果応報が事実とならないし、
悪行で手に入れたものでも十分に活用も出来るし幸せになれる人もいる。
にもかかわらず、俺は因果応報を信じようと思ってるし、信じてるから少なくとも
俺には因果応報が起こりやすいのだ。
世の中に対しても、そうあって欲しい的な意見は持つし、ある意味小さな宗教といえる?
信仰とはそういったものがもっと大きく広がって自分の世界全体に及ぶもの。
で、どうですか?

286 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 16:37:36 ID:0sq36akj
>>276
>名無しで自分の正当性を主張し、しかも一貫性が見られないのはあらしです

君もりょんも、自分の正当性を主張するからこそ、書き込んでいるのではない
かw。自分で正当と信じない主張は、一切書き込むなw。あんまり幼稚で、お
粗末な論理は持ち出すなよ。

私は、自分の思考の前提基盤をはきり打ち出した上で意見を述べている。この
前提基盤に立てば、隅々まで一貫性がある。

君の思考の基盤は一体何かを、何度聞いても君は答えられない。「本に書いて
ある」ことが、君の思考基盤か。そんなものは、「借り物の思考基盤」に過ぎ
ず、「自分自身の思考基盤」ではない。君の思考基盤が定まっていないのなら、
君の主張は、一貫性など全くないことになる。場当たりの、その場限りの口か
ら出任せに過ぎないからだ。

君やりょんは、小ヨハネの書き込みに、私に対するほどの強い反発は感じないは
ずだよ。むしろ共感を感じることのほうが多いのでは。ヨハネの書き込みを
熟読して、回答されたし。

287 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 16:43:16 ID:0sq36akj
>>281
>つまり、あなたは永遠に神を認知できない。
>だが、神は確実にそこにいる。

「神を認知できない」と言いながら、その一方で「神は確実にそこにいる」と
自分で断定している。これが噴飯ものの論理矛盾であることさえ、気付けなく
なってしまったのか。


288 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:49:08 ID:mfzFuPWu
>>286
教祖様いるしw
荒らしの理由はそんなことじゃないから、ちゃんと理解してよ、いい加減さw
「スレの趣旨読んでレスしてね」これだけのこと。

レス求めてるみたいだけど、あんたに催促される覚えは無いね。
「やなこった」w

289 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:51:18 ID:mfzFuPWu
あ、そうそう。
ちびヨハネ氏をここに呼びたいっていうなら俺は別に構わないよ。
向こうでは教祖様も歯が立たないみたいだし、こっちに誘ったらいいじゃんw

290 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:55:02 ID:mfzFuPWu
教祖様。。。最近俺とのリアルタイムは避けてる?

291 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 16:58:55 ID:mfzFuPWu
落ちる前にはっきり言っとくが。
あんたがどんな主義であろうがなんだろうが関係ないの。
反発云々なんてのも教祖様がしつこいからってだけでね。
「こっちの流れの邪魔者・異端」←これが教祖様。
ちびなんてのは俺に害をもたらしてもないから反発も何も関係ないじゃん。
俺は教祖様と違って一々反感の中に好んで入ろうとか思わないからさ、
なんでもかんでも人種まで同じに考えないでくれる?

292 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 17:02:35 ID:FEdM7ivs
>>286
>君の思考の基盤は一体何かを、何度聞いても君は答えられない。「本に書いて
>ある」ことが、君の思考基盤か。そんなものは、「借り物の思考基盤」に過ぎ
>ず、「自分自身の思考基盤」ではない。君の思考基盤が定まっていないのなら、
>君の主張は、一貫性など全くないことになる。場当たりの、その場限りの口か
>ら出任せに過ぎないからだ。

君のアンチキリスト教のどこに、オリジナルがあるのだ?
君は、大量殺人を犯したから、キリスト教が悪だと述べているだけの話。
私が以前に、その大量とは何人なのだ?あるいは史実的な検証は?
という質問に無回答のままだろう。
おまけに、君のキリスト教は、大量殺人するのがキリスト教と循環論法になる始末。
そんな幼稚な主張は、誰も恥ずかしくて口にださないだけのこと。

まずはキリスト教の定義をしてみてね(^O^)/
それができずに、うだうだぬかすな(笑



293 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 17:07:55 ID:FEdM7ivs
>>287
それと、そのレスに君は反論してるようだけど、
私は、教祖君に対して弁護的なレスだと私には思うけどね。
その「神」を君のいう「自然」に置き換えてみればいい。
君のアンチも少しは、正当性と広がりを持つと思うけどね。


294 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 17:12:32 ID:uX4reSZ5
教祖くんも秋になる頃には一皮むけるだろう。

295 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 17:24:33 ID:aiSM5iDc
>>275
見出したことも、共有したこともないですけど…確実に、受け継いではいますが。
俺は別に神様取って食おうと思ってないし。
>>285
それ自体全然間違いではないと思うけど、俺が言いたいのはもっとずっと単純なこと。
しかしりょんちゃんて真面目だな。。。


296 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 17:29:00 ID:FEdM7ivs
どういうわけか教祖君は、
自分がバリバリのクリスチャンなのに、
それを否定してるからなぁ〜

例の解釈に従えば、
きっと、罪に対する認識でなにか納得できないことがあるのだろう。
原罪思想=自己否定から離れて、
自己肯定できるなにかが足りないということか?
だから、自分に自信がもてないために、
アンチとしてしか自己主張できない自分がいる。

まずは、キリスト教を定義して、まっすぐに見つめることだな。

教祖君にとっても、キリスト教を客観視することは、
人生をポジティブに進む上でも必要な作業ではないか?

などと、かってに決め付けてみたりしてヽ(^。^)ノ


297 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 17:32:09 ID:FEdM7ivs
>>295
>確実に、受け継いではいますが。
その確信はどこから来るものでしょう?

例えば、小さな割烹料理屋の継承は、味にあると思えるでしょうが、
実際のところは、全然違ったりしますね。
結局は、お客様が判断して、決められてることです。

神様の継承は誰が決めるのでしょう?


298 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 17:46:40 ID:aiSM5iDc
>>297
アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神…俺の神、ということですね。
俺は父親から教わったし、父親が誰から影響を受けたかも、全員名前を挙げることが出来ます。

299 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 17:58:39 ID:VNpDVJeG
料理屋の味ね・・・。

*Aという店から、若手が独立してBという店を出した。
 味は同じだが、客層・商売の仕方・店の内装・サービス等
 ことごとく違う。 A店は、板さんの逝去に伴い店をたたんだ。
 さて、AとBは同じ店と言えるかどうか?
 BはAの何を継承し何を捨て去ったのか?
 人々は、A店が継承されたと見做すかどうか?
*Aという店が、オーナーの代替わりで大英断に出た。
 板前は意を決し、味付けの基本をまるっきり変えた。
 が、店名は変えず、内装も変えず、サービスも変えず、外装も変えなかった。
 Aは何を継承し何を捨て去ったのか?
 人々は、A店が継承されたと見做すかどうか?


さて・・・ 神様はどんな味がするんだろう・・・・・

300 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 18:09:35 ID:FEdM7ivs
>>298
>アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神…俺の神、ということですね。
>俺は父親から教わったし、父親が誰から影響を受けたかも、全員名前を挙げることが出来ます。

それは、知識としての継承ですね。
つまり、料理人で言えば、レシピであり、ちょっと、飛躍すれば、味です。
あるいは、暖簾であり、あるいは常連のお客様かもしれない。

でも、それは結局、自分の世界ですよね。
あるいは、自分が信じている世界です。

私が訪ねているのは、それを決めているのが自分であるとしたら、
その世界は、開かれているのか?
開かれているとしたら、その根拠は?

結局は自分ワールドに過ぎないとしたら、
教祖君と同じ事になりますね。

301 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 18:13:29 ID:FEdM7ivs
>>299
これは、宗教板とはまったく、関係ないですが、
味というのは、面白いですよ。

おいしい、まずいは、全くの主観です。
でも、明らかに、おいしい/まずいが存在するのです。

でも、それは、材料を判断できる鋭敏な舌にあるわけでもありません。
芸術における美もおなじかもしれませんね。

神様の味は深いですねぇ〜


302 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 18:18:13 ID:VkCPNsWL
クオリア観

303 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 18:19:29 ID:FEdM7ivs
>>302
クオリア観ってなに?

言葉で説明できた人はいないらしいですけど(*^。^*)


304 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 18:27:48 ID:VkCPNsWL
さぁ

305 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 18:28:45 ID:VkCPNsWL
安っぽい行動に出るね

306 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 18:32:45 ID:FEdM7ivs
>>304-305

(´・ω・`) ?


307 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 18:48:55 ID:0sq36akj
>>292

君の思考基盤とは何か、という単純な質問をしているのに、それにどうしても
答えられずに、何故質問とは関係のない話にすり替えようとするのか。

>君のアンチキリスト教のどこに、オリジナルがあるのだ?

私の思考基盤は、「アンチキリスト教」などではない。一体何度書けば理解で
きるのかね。

>君は、大量殺人を犯したから、キリスト教が悪だと述べているだけの話。
>私が以前に、その大量とは何人なのだ?あるいは史実的な検証は?
>という質問に無回答のままだろう。

大量殺人は、悪に決まっているだろう。それも判らないのw。事実の確定は、
科学の対象として、歴史家にまかせ、一般に認められた歴史書を読み、それに
依存する以外には方法がない。これだけ沢山殺しておいて、「何人」とまで算
定できる訳がないだろう。少しは常識を使え。

>おまけに、君のキリスト教は、大量殺人するのがキリスト教と循環論法になる始末。
>そんな幼稚な主張は、誰も恥ずかしくて口にださないだけのこと。

「大量殺人するのがキリスト教」などとどこで定義したか。「キリスト教が大
量殺人した」と言ってるのだよ。論理が逆立ち。

>まずはキリスト教の定義をしてみてね(^O^)/

「キリスト教とは、イエスの言動と信じられている言動、若しくはそれに
起源した思想を信じること」。簡単じゃんw。


308 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 19:09:51 ID:0sq36akj
>>293
>その「神」を君のいう「自然」に置き換えてみればいい。

「自然」は、人間の五感で知覚できるから「実在」であるが、「神」は知覚
できないから「非実在」「空想の産物」である。両者は根本的に異なる。

309 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:10:22 ID:FEdM7ivs
>>307
>「キリスト教とは、イエスの言動と信じられている言動、若しくはそれに
>起源した思想を信じること」。簡単じゃんw。

だから、君は、クリスチャン。
イエスの言動を信じているから、悪だというんだろう。
否定の余地はないだろう。
ほんとに、簡単だと思うよ。

素直に、自分の定義に従って、クリスチャンと認めて、自己否定をしなさい。
その自己矛盾を君が解決することが先決だね。









310 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:11:20 ID:mfzFuPWu
>>295
じゃあ、わかんないw

つか、全然真面目じゃないし、いい加減ですよ。
それを分ってるからあまり約束はしませんけどね。
そういう真面目さならありますw
リアルでの行いはかなり強引でわがままかもしれません。
B型らしいBだと自他ともに言ってますw

311 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:14:17 ID:FEdM7ivs
>>308
君の自然は、五感で感知できる範囲のこと?
では、感知できないのは、自然ではないの?
紫外線や、赤外線も五感で感知できないが?
道具を使わなければ認識できないものは、自然ではないのか?

ふーん・・・・・・


312 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:14:19 ID:mfzFuPWu
おお?こんぶ殿も教祖様もいるじゃんw。
ばわノシ

313 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:17:43 ID:mfzFuPWu
>>308
>「自然」は、人間の五感で知覚できるから「実在」であるが、「神」は知覚
>できないから「非実在」「空想の産物」である。両者は根本的に異なる。

宗教をひいきするつもりは無いのだが。。。
昔、平安時代頃とかは特に物の怪がたくさん生きてたんですね。
そのころの時代には確かに存在してて、それが空気の作用によるカマイタチだったり。
りんが燃えるのを見て人魂と呼んだり。
空想といえば空想だけど、でも実在した。目に見えなくても感じたから空想した。
神とかもひょっとしてそんな形でいずれは解明されたりね。

中間的意見でした。


314 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:20:37 ID:FEdM7ivs
>>307
思考基盤ってなに?

私は、宗教とはなにかについて、思考してるつもりだが?
ずっと、変わってるつもりはないし・・・・・
そして、
その思考の手段は、論理性。
材料は、出来るだけ共有しうる知識。

出来ればオナニズムで終わりたくないしね。



315 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:22:52 ID:mfzFuPWu
教祖様の命題について考えても無価値でしょ?
宗教とは何か。信仰とは何か。
俺は無宗教者の宗教を考え出したのだw

316 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:23:37 ID:mfzFuPWu
>>304-305
音響は好き?

317 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:24:59 ID:mfzFuPWu
考え出したは表現違う。
考え始めたに訂正する。

318 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 19:26:07 ID:0sq36akj
>>311
>紫外線や、赤外線も五感で感知できないが?
>道具を使わなければ認識できないものは、自然ではないのか?

宗教信者の最も初歩的な誤り。紫外線や赤外線も「観測装置」を使えば、
五感で知覚できるから、実在である。神は「観測装置使っても」w知覚でき
ないから、実在ではない。



319 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:26:42 ID:FEdM7ivs
>>315
ある意味、宗教とは思い込み。

その特徴が教祖様にありすぎるから、素材として意義深い。
洗脳された人間は、されてない人間から見ると、
マヌケなぐらいに、同じことを繰り返し、それに気づかない。

たとえば、我々は、貨幣信仰をしてるから、
100円のものには、100円しか払わない。
美味しかろうとまずかろうと、同じ金額しか払わない。
これは、間違いなく洗脳されてる証。
でも、否定すること自体は無意味だと思うでしょう。

それと同じことが、教祖様の頭の中にある。


320 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:28:07 ID:FEdM7ivs
>>318
だから、観測装置がなければ、感知できないのでしょう。

いまでも、感知されずにある「自然」はどのように感知するのかな?

君のその五感ってなに?
自分ワールド?


321 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:30:28 ID:mfzFuPWu
>>319
教祖様の場合はそれに加えて>>318を見てもわかるように、
自分が認めないものは認めないって信仰。
つまり自分が馬鹿で理解できないことでもそれを理解している人がおかしいという考え。
人間を大事にするヒューマニストとは程遠いい存在。
ヒューマニストであるなら世界中の思想、主義、そこにも人間らしさや良さも発見できないかと考える。
そういう姿勢は宗教者であれ同じ。。。で、これをあまり強くやり始めれば俺も同じ事になる。
このやり取り自体が延々と同じ事の繰り返ししか生まない、無価値。

322 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:32:29 ID:mfzFuPWu
ピカソの絵がなぜ価値があるのか。
俺には理解できないけど、価値はあるんだよなあ。
たっけーもんな。

323 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:36:22 ID:mfzFuPWu
絶対的な正義があると思い切るのは愚かなことだ。
そう思い切った人間が悪になり得る。


教祖様、この考えはどう?

324 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:39:36 ID:mfzFuPWu
つか、こんぶ殿。
次の命題の案が浮かんだ。

主題 「教祖様を教祖様を使って徹底解析する」
サブタイトル「明日はあなたが教祖かも!?教祖様にならない為に」

これはどうすか?
これだったらレスが増えれば増えるほど、みんなの役に立つw

325 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:40:32 ID:FEdM7ivs
>>322
ピカソの絵が欲しいと思う人が金を出す。
それは、まったくの主観だと思うよ。

ただし、ブローカーは、
欲しいと思う人がいるだろうと思って、判断して、仲介する。
この辺は、市場経済の原則だろうね。
そこには、あまり、宗教性は感じないなぁ〜


326 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:43:43 ID:mfzFuPWu
>>325
宗教性じゃないんですよ。
宗教とは無関係なところにも教祖様にかかれば宗教になります。
そしてもっともカルト的である教祖様が自分のことは宗教とは関係ないと言い切る。
物の価値は主観であろうとなんであろうと自分が見出すもの。
それが全く理解できないヒューマニストなんてありえない。
ましてや、その見出してる価値を進んで批難する真似はしない。

ワケワカでしょ?よーするに
はなっから教祖様のレスは宗教談義でもなんでもないってことですw

327 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 19:44:50 ID:0sq36akj
>>319

マヌケナくらいに同じ事を繰り返しているのは、君のほうだろう。

>たとえば、我々は、貨幣信仰をしてるから、
>100円のものには、100円しか払わない。
>美味しかろうとまずかろうと、同じ金額しか払わない。
>これは、間違いなく洗脳されてる証。

「貨幣信仰」などない。貨幣によって得られる物質を求めているのであ
る。人間が、生存のための物質を求めることは、「信仰」ではない。生
存のための物質やサービスが得られなければ、貨幣は単なる紙切れ。誰
も「信仰」などしないよ。マルクスが「貨幣信仰」などと言ったとすれ
ば、それは彼の多くの誤りのうちの一つ。

味がまずいのは 、お店の責任。

君は、「味は主観」だと言ったが、うまいものは、大多数の人にとって
共通してうまい。ラーメン店に行列が出来るのは、何故かねw。

そして、まずいものにも皆が100円払うのは、何故かね。空腹を満た
し、生存を維持するという点では、万人共通だからだ。

328 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:45:21 ID:FEdM7ivs
>>324
それほど、深いかなぁ〜

そもそも、自分は絶対に正しいと他人の話に耳を貸さない人は、ほっとくしかないでしょう。
宗教の社会的に害悪なところは、それを布教伝染して、害悪を撒き散らすところ。

カネの強要やセックスの強要や自殺や殺人・・・・・

一般にそれが顕著な宗教はカルトと認定されるだけで、
そのタネはどんな宗教にもあるでしょう。
極端に言えば、自浄作用のない無根拠の思想はすべて危険であるとも言えるけど。


329 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 19:46:23 ID:ZujZET6C


   ■■■カルト宗教の勧誘■■■ @    ☆☆☆☆☆♪ 〜 


カルトの勧誘に興味本位で乗っては絶対にいけません。  ヽ(´∇`)ノ

彼らは、ありとあらゆる場所で (獲物) になりそうな人を物色しています。
○駅の周辺、大学のキャンパス、サークル活動、カルチャーセンター、娯楽施設、イベント、
ネットサイト、(このスレも同様)、募金、人生相談・・・・・等々で、さりげなく接触してきます。
○笑顔で大変感じ良く柔和で優しく親切で、正体を明かさず、(獲物)を物色しています。
○チラシ、小冊子を渡し、内容は誰もが空想する幸せ、素晴らしい苦の無い世界、来世、
地獄、天国、人間の罪と罰、良い行いから良い人間→選ばれた人間・・・・・・・
創造主(イエス)、教祖を信じ従えば、迷うことなく理想の正しい世界を歩めると。
救いと脅し、恐怖、愛、安らぎ、平安を、あなたの心に流しこみま〜す。  ヽ(´∇`)ノ

  
しかし、宗教とは、そんなに甘いものではありません。人生を狂わすきっかけとなります。
宗教のために、犯罪者になったり、人生を棒に振ったり、財産を失ったり、大切な家族を
泣かしたりした人が沢山いるのです。そこに【宗教の恐ろしさと病理】がありますw。
     

http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
      

         ♪ 〜 ☆   ヽ(´∇`)ノ  ♪ 〜  ☆    



330 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:47:23 ID:mfzFuPWu
一つの壷があります。とてもちっこい壷。
教祖様は自分以外の全てあらゆるものをその壷に閉じこめようとします。
その壷こそが教祖様の世界観が詰まった壷なのです。
その壷には「カルト教」と文字が書かれているのですが、
教祖様はその文字を読むことが出来ません。
読もうとしたこともありません。

331 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 19:49:43 ID:FEdM7ivs
>>327
その問題の前に、まず、観測装置で感知できない「自然」は、
どのように感知するのか、答えてほしい。

自分の都合のいいように、論点をずらすのは飽きた(^O^)/


332 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:57:04 ID:mfzFuPWu
>>328
>そもそも、自分は絶対に正しいと他人の話に耳を貸さない人は、ほっとくしかないでしょう。

これなんですよw
耳を貸さないのは勝手だからいいんですけどね、耳を貸せ、聞け、答えろ、それはおかしいetc
来るんですよ、押し付けにw

333 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 19:57:55 ID:mfzFuPWu
さてと。
今日はこれにて。
またですノシ

334 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:00:42 ID:0sq36akj
>>320
>いまでも、感知されずにある「自然」はどのように感知するのかな?

知覚されて初めて実在となる。それまでは実在の「仮説」に過ぎない。
「神」が知覚されるかも知れないと、まだ期待してるのw。無理でし
ょう。神の「観測装置」を研究開発している会社など、聞いたことがない。
開発費の無駄だということが、皆判っているからです。

>君のその五感ってなに?
>自分ワールド?

五感とは、「眼耳鼻舌身」。御釈迦さんは2500年前に、色(実在)を
成立させる器官として、ちゃんと捉えてるよ。但し「意」を加えたのは
彼の誤り。「意」は確かに五感を統括するものではあるが、実在の成立
要件そのものではない。

不特定多数人の、ほぼ共通する五感の知覚を以って、「実在」とする。

335 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:02:42 ID:FEdM7ivs
>>330
しかもその壷は割れて、バラバラで、水も汲めない状態。

見るに見かねてやさしい通行人が、アロンアルファで直してあげようとすると、
激怒して、こう言うのであった。

「なんてことしやがるんだ、このうすらバカ!
 おめえのアロンアルファ押し付けやがってヽ(`Д´)ノ
 おれの壷は立派に壷の役割果たしてるんだ、余計なことするな!」

やさしい通行人はわけわからずに謝ると、そそくさと去っていきましたとさ。

おわり(^O^)/


336 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:07:14 ID:FEdM7ivs
>>334
>知覚されて初めて実在となる。それまでは実在の「仮説」に過ぎない。
>「神」が知覚されるかも知れないと、まだ期待してるのw。無理でし
>ょう。神の「観測装置」を研究開発している会社など、聞いたことがない。
>開発費の無駄だということが、皆判っているからです。

だから、神なんて、全く関係ないんですよ。
君が知覚してないだけのことで、君以外が知覚していることもある。
また、その逆もある。

また、観測装置がどんなに精密でも、物理的に観測不可能なこともある。

つまり、君のいう、観測装置は、まったく意味がないんです。
ということは、五感は、神の存在とはまったく関係ありません。


337 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:11:20 ID:FEdM7ivs
おっと、君が神にこだわるから、私も釣られた(*^。^*)

自然を対象にしてる君の観測装置は、
自然を感知できないってことになる。
その感知できない自然ってなに?
神?

こういうこと。



338 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:13:37 ID:0sq36akj
>>336
>だから、神なんて、全く関係ないんですよ。

「もの」には、物質と空想の二種理しかない。神は、そのどちら?

>君が知覚してないだけのことで、君以外が知覚していることもある。
>また、その逆もある

だから、実在の成立要件として、「不特定多数人の五感によるほぼ共通した
知覚」という要件を、はんと加えてるでしょ。

そうでない「自分だけの知覚」は、知覚異常、幻覚、妄想として、治療の
対象となる。

339 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:18:11 ID:FEdM7ivs
>>338
>実在の成立要件として、「不特定多数人の五感によるほぼ共通した
>知覚」という要件を、はんと加えてるでしょ。

だから、キリスト教の数々奇跡の正当性は、それに当てはまるじゃない?
それだけじゃ、君のいうキリスト教の否定はまったく根拠失う。

私は、別にキリスト教の容認も、揚足も取りたいわけではないよ。
単に、君の命題の正当性と論理性を検討してるだけのこと。
誤解しないように。


340 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:21:34 ID:0sq36akj
>>337
>自然を対象にしてる君の観測装置は、
>自然を感知できないってことになる。
>その感知できない自然ってなに?
>神?

まだ、神に拘ってるのw。

知覚できないものは、初めから自然(実在)ではない。従って、人間の
生存には関係ない、考える方法も必要もないもの。人間にとっては、
無関係(irrerevant)。

しかし、ゴキブリの五感では、神が知覚でき、従って、彼らにとって
神は実在するかも知れないw。

341 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:26:31 ID:0sq36akj
>>339
>だから、キリスト教の数々奇跡の正当性は、それに当てはまるじゃない?
>それだけじゃ、君のいうキリスト教の否定はまったく根拠失う。

キリスト教の奇跡は、ノンクリを含む人類レベルでの不特定多数人が共通
して知覚したものではない。従って、クリスチャンだけの妄想である。

342 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:28:32 ID:FEdM7ivs
>>340
>知覚できないものは、初めから自然(実在)ではない。従って、人間の
>生存には関係ない、考える方法も必要もないもの。人間にとっては、
>無関係(irrerevant)。

それは、人間にとってはではなくて、君にとっては関係ないと思い込んでるだけのこと。
しかも、知覚出来ないもので、人間の生存に深くかかわりのあるものは、たくさんある。
それは、君が知らないだけの話。

>しかし、ゴキブリの五感では、神が知覚でき、従って、彼らにとって
>神は実在するかも知れないw。

はじめて、君のまともな文章を見たよ。
その通り。
少しは、ゴキブリの立場に立って、思考してみたら?



343 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:30:23 ID:0sq36akj
>>339
>私は、別にキリスト教の容認も、揚足も取りたいわけではないよ。
>単に、君の命題の正当性と論理性を検討してるだけのこと。
>誤解しないように。

その「正当性と論理性の検討」も、あなたが生物として生存している
からこそ出来る。死者には決して出来ません。これが私の思考基盤。



344 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:31:11 ID:FEdM7ivs
>>341
>キリスト教の奇跡は、ノンクリを含む人類レベルでの不特定多数人が共通
>して知覚したものではない。従って、クリスチャンだけの妄想である。

奇跡を体験して、クリスチャンになってる人間はたくさんいるでしょう。

というか、私には、君が妄想と判断する基準を知りたい。


345 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:35:37 ID:0sq36akj
>>342
>少しは、ゴキブリの立場に立って、思考してみたら?

人間がゴキブリに成り変れない以上、ゴキブリの立場にたった思考
など絶対にできない。あくまで想像しているだけ。

ゴキブリの五感では、この世界は、人間が見る世界とは全く違った
世界で、人間は、ゴキブリみたいに醜悪な動物かも知れないよw。



346 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:35:51 ID:FEdM7ivs
>>343
はてさて、死者と生者をわける基準は?

それは、精神を問題にしてるという意味か?
君は、精神を否定し、身体を問題にしてるのではなかったのか?

「生物として生存しているからこそ出来る」ことが思考基盤とは?
全然、理解できませんね。


347 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:38:48 ID:0sq36akj
>>344
>というか、私には、君が妄想と判断する基準を知りたい。

だから「全人類レベルの、不特定多数人のほぼ共通した知覚」と、
ちゃんと言っているではないですか。

少し頭が弱いのと違いますか。



348 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:40:17 ID:FEdM7ivs
>>345
そうだよ。
君はゴキブリではない。
しかし、君はゴキブリになったつもりで思考することは出来る。
同じように、人は、神を感知することは出来ない。
でも、人は「神」を空想することができる。
君はどんなに否定しても、君は「神」を肯定してるよ。


349 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:41:15 ID:FEdM7ivs
>>347
だから、君のその命題は奇跡を肯定してるでしょうということ。


350 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:44:48 ID:0sq36akj
>>348
空想とは、実在の反対概念。空想なら、なんでもありですよ。それが、
「実在を肯定している」ことになる訳がないでしょう。空想は、実在
の否定に基づきます。だから「空想」なのです。

351 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:45:12 ID:FEdM7ivs
>>348
訂正しお(´・ω・`) ノ

君はゴキブリになったつもりで思考することは出来る。

君はゴキブリになったつもりで想像することは出来る。

352 :聖霊大王:2006/07/31(月) 20:45:54 ID:/Q8zmJME
昆布殿。福音書は、パリサイ派とか、いうやつ、
これって、おもしろんだぜ、、
ユダヤ教のパリサイ派、、キリスト教にもある、酒だめ、コンドームだめ、
サドカイ派、、、、自由神学、信仰告白至上主義、信じれば何してもオーケイ思想。

イエスの論争は、現在キリスト教の問題点と論争点を示していると言うわけ、、
おもしろいでしょ、、

353 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:49:10 ID:FEdM7ivs
>>350
それは、循環論法でしょ。
実在は、知覚できることと定義してるのだから、
知覚出来ないことは実在しないことになる。

地球の反対側は知覚出来ないのだから、反対側は実在しない。
そういえないとしたら、それは、想像力の技。


354 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:50:59 ID:FEdM7ivs
>>352
大王殿ノシ

イエスの論争ってなに?
このやりとり?
また、難しいことを・・・・・・・・・・・(-_-;)


355 :聖霊大王:2006/07/31(月) 20:53:54 ID:/Q8zmJME
さて、仏教に急に戻るぞ、、、
どうしても、日本人にとって、宗教=仏教=信じる、帰依する=層化
のイメージがある。
実は、仏教は元来、坐禅がベースにあり、無念無想=自由な精神が中心なわけで、
信じるといったものとは、無縁なわけで、、
科学的にいえば、無念無想=無駄な脳の情報処理を減らす、思考の硬直性を回避する。
である。ま、教祖さまと反対の世界ね、、

坐禅をベースにする仏教
禅の曹洞宗、臨済宗、南方仏教、法相宗(唯識派)、天台宗(止観)
である。
変形した密教の瞑想では、、
真言宗(阿字観)、チベット密教
がある。

356 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 20:56:33 ID:FEdM7ivs
>>355
大王殿のレスは飛躍が多すぎて、いつもついていけんのだが、

>帰依する=層化

って、なに?
創価って、わたしには集票団体としか思えんのだが・・・・・


357 :聖霊大王:2006/07/31(月) 20:57:13 ID:/Q8zmJME
イエスの論争とは、宗教儀式、形式的か、実際困っている人を助けるか。
どちらが、神の道であるか、と言う論争。

358 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 20:58:14 ID:0sq36akj
実在と空想との区別もつかない方たちとの議論は、このへんでやめとき
ます。

人間は、五感に基づく実在に依存しない限り、生存はできないのですよ。
霞を食っては生きられないし、幻の女を抱いても、種族維持はできない。

それどころろか、あなたは、道路も歩けないばかりか、部屋の中で
身動きさえ出来ませんよ。見えないものが実在し、見えるものが実在
しないとしたら、あなたの生存もできず、社会は一瞬にして崩壊する。

あなたが、ものの実在の判断を専ら五感の知覚によって行っていること
は、あなたの日常生活での、実在判断の経験から「帰納」して、少し考
えれば判ること。例外は「皆無」です。

359 :聖霊大王:2006/07/31(月) 20:58:39 ID:/Q8zmJME
帰依する=層化、
日本人の宗教イメージ、現実、実情ではなく、、

360 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:00:50 ID:/Q8zmJME
358は、あほーだな、人間はすべて、種族維持と思っている。。
ヒトラーの優秀人種が生き残り説と変わらん。

361 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:03:16 ID:/Q8zmJME
共同幻想論を知っている昆布殿や、構造主義、記号理論の知っているおいらから見れば、
ギリシャ以前の思想家だな、、

362 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:06:16 ID:0sq36akj
>>360

君の座禅では、まだ「イエス」が抜けていないようだな。早速「イエス
の論争」w。君のその思考の硬直は、座禅では直らんのか。

「種族維持」の本能がなかったら、そもそも、君は人間界にはいない。
そうやってカキコも出来ないのだよ。

363 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:06:29 ID:/Q8zmJME
心理学無き、生物学オンリーで、すべてが解ると思う。馬鹿。

364 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:07:05 ID:FEdM7ivs
>>358
>見えないものが実在し、見えるものが実在
>しないとしたら、あなたの生存もできず、社会は一瞬にして崩壊する。

君は、単純な妄想をあると信じてるだけのこと。
胡蝶の夢を知らないんだね。
私は車も運転するし、スポーツもできるよ(*^。^*)
当然、同時に社会が一瞬にして崩壊することも信じられる。

>あなたが、ものの実在の判断を専ら五感の知覚によって行っていること
>は、あなたの日常生活での、実在判断の経験から「帰納」して、少し考
>えれば判ること。例外は「皆無」です。

君の五感と私の五感とが同じだということが、君の妄想なんだよ。
まして、その「実在判断の経験から「帰納」」した実在が、私と君で同じなど、どこに根拠がある?

君は、それに「少し」気づいたから、中止したいんだろう。
まあ、君にとっては、コペルニクス的転回なのかもね。
極めて、常識的なことだと思うけど。



365 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:08:54 ID:0sq36akj
>>360
また、本からの「借り物」の思考かw。自分の頭では考えられないの。
それを「思考停止」と呼ぶ。

366 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:09:54 ID:/Q8zmJME
ばかか、種族維持」の本能がなかったら、
本能を人間の思考の問題と混合しているのが、わからんとは、、
種族保存の生命維持は人間の思考で動いているんじゃねえ、
生命維持と人間の思考が別物とわからんのか、馬鹿が!!!!

367 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:11:05 ID:FEdM7ivs
>>359
帰依って、出家とかって意味でしょう。
そんなイメージないでしょう。
ホント?

>>361
せめて、構造主義ぐらい教祖君もかじってくれれば、
少しは、話も前に進むかもね。


368 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:11:36 ID:/Q8zmJME
生命維持で飛行機、原爆を発明するのか??
ボケ野郎!!!!!

369 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:13:44 ID:/Q8zmJME
帰依のりょんちゃん(以前の)や、アンチ仏教のイメージが、そんな感じがあるね。

370 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:15:59 ID:0sq36akj
>>364
>君は、単純な妄想をあると信じてるだけのこと

色即是空、されど空即是色(眼に見える世界は、実は空かもしれない。
そんなことは、人間の認識能力の範囲外で、考えるだけ無駄・無意味。
しかし、眼に見える世界こそ、人間が現に生きている、そして生きるべき
世界なのだ)。

お釈迦さんは、2500年前にとっくに判っているw。

371 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:16:15 ID:VNpDVJeG
>>367
「帰依」に対して持たれる「一般的イメージ」については、
りょんが問いを発した時に持っていたものがそれであろう。

帰依=出家 は、一般的理解からも勝義からも、明らかに間違い。

372 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:16:34 ID:/Q8zmJME
結局、教祖は自己愛なのさ、、
摂理の教祖と同じ、、

373 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:17:34 ID:FEdM7ivs
>>357
イエスの論争って、極端にいうと、
エホバの輸血拒否問題?
教条にしたがって、輸血を拒むか
神からの命を重視して、教条を捨てて、輸血するか?

そういうこと?

374 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:19:21 ID:/Q8zmJME
370の意見と本能理論とどうつながるか、わけわからん。
解るのは、自己愛で、我執の塊であること、、

375 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:20:17 ID:/Q8zmJME
昆布殿の373の内容の感じですね。

376 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:22:16 ID:FEdM7ivs
>>370
君は、先程、お釈迦は間違いといってなかったか?

そんな君が、君の妄想の説明に、お釈迦を持ち出しても、説明にはならんな。
別に、お釈迦様は目に見える世界がすべてなんて、言ってないから。
ご都合解釈はやめて、
借り物じゃない、自分の言葉で語ってみろよ(笑


377 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:23:29 ID:0sq36akj
>>374
君には「自己愛」はないの?自己愛があるからこそ、キリスト教と
禅と二つも「欲張って」やってるんだろw。あんまり矛盾した発言
はしないほうがよいよ。


378 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:23:50 ID:/Q8zmJME
ランボーというカルト野朗も、重要問題に解答能力なく、論点すり替え、自分の主張ばかり、
繰り返す。カルト野朗と教祖は思考システムが同じ、
きっと、教祖の硬直化した本能思考システムなのだろうね、、

379 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:23:52 ID:FEdM7ivs
>>371
ということは、帰依とはどういうこと。
いわば、仏法の道に入るということ?


380 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:26:03 ID:FEdM7ivs
>>378
ランボーはすぐ、詩人とホモ生活やめて、
奴隷貿易の通訳やって、過酷な生活に入ったからね。
まだ、ましじゃない?



381 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:26:21 ID:/Q8zmJME
仏教の帰依の場合、南方仏教の解釈じゃ、仏教の思考を客観的、知的に理解して、
無念無想、自由な精神を獲得する=悟りをめざす決意ですね、
信じるではないだろう、、

382 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:26:40 ID:IUlHgiw6
(眼に見える世界は、実は空かもしれない。
そんなことは、人間の認識能力の範囲外で、考えるだけ無駄・無意味。
しかし、眼に見える世界こそ、人間が現に生きている、そして生きるべき
世界なのだ)。

その程度の哲学を持ち上げていたら仏教ってただの頭の弱い集団になるけどね

383 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:27:40 ID:FEdM7ivs
>>381
げえっ、創価って、そんな決意するの?
マジ?

目から鱗(@_@)


384 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:28:11 ID:/Q8zmJME
神社仏閣版の御真言集の真言宗対ランボーカルト派の戦いはおもろい。。

385 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 21:28:44 ID:aiSM5iDc
>>300
教師と生徒の1対1の信頼関係の中でのみ、開かれていると思います。これを辿ってイエス・キリスト
までで止まれば、教祖様が飛んで来ます。

386 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:28:45 ID:/Q8zmJME
383、層化じゃないぜよ、、がはは、

387 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:29:18 ID:VNpDVJeG
>>379
前スレ参照。

388 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:29:49 ID:FEdM7ivs
>>384
なんじゃそれ?

どんな論点があるのかも想像つかんし、想像したくもない(-_-;)


389 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:31:35 ID:/Q8zmJME
教祖のカキコ、カルトランボーと同じで笑える、、
論点ずらしで、自分の理論の批判に回答せずで、、

390 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:33:13 ID:/Q8zmJME
教祖=カルトの教祖のパーソナリテイ、、おもしろい、
それ故教祖。

391 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:34:36 ID:/Q8zmJME
すぐ、消えるも同じ、、

392 :聖霊大王:2006/07/31(月) 21:35:24 ID:/Q8zmJME
落ちるべ、さらば、、

393 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:36:49 ID:FEdM7ivs
>>385
ああ、それは開かれてますね。

しかし、それはイエスキリストまで辿れるだろうか?


394 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:37:24 ID:FEdM7ivs
>>392
あれっ?
ノシ

395 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 21:44:01 ID:aiSM5iDc
>>310
要するに、素人さんも言ってる信頼のことなんだけどね…
信頼にしろ、愛にしろ、逆説的にしか語れない性質がある。
俺も、B型らしいB。

396 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:46:19 ID:FEdM7ivs
>>387
前スレで、帰依を読んでみたけど、正直曖昧。
仏法をよりどころとするという意味?

うーん・・・・・
疑問が多いなぁ〜


397 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:47:07 ID:uZrHG0xd

教祖は、ユングを持ち出すとファビョるタイプダなw

398 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 21:51:09 ID:VNpDVJeG
>>396
>仏法をよりどころとするという意味?
そうですw

これが、もっとも簡単で一般的・普通の文章です。
ここから、さらに掘り下げた内容・詳細を求められると、
様々な言説を駆使して語らねばならなくなります。
なんとなれば、そうした問いは、
『「拠り所とする」という言明はどういうことか?』
という(言語・用語に対する)問いを同時に含むからです。

399 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:52:46 ID:FEdM7ivs
単純に、クリスチャン呼ばわりしても同じヽ(^。^)ノ

少しは、学習して欲しい。


400 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 21:55:19 ID:aiSM5iDc
>>393
そう簡単に辿れたら、キリスト教も簡単…というより必要なくなるでしょうね。
事実、もっと近い所でさえ難しい。俺の場合、父親の神学書見ればそのことが分かる。
気に入った所に傍線が引いてあって、説教で使う。でも、それが親父の言葉になる時、
基本は同じなのに、既に親父好みの解釈にすり替わっている。
そんな訳だから、繰り返ししつこいくらいの確認作業が必要になる訳です。

401 :まい:2006/07/31(月) 21:56:56 ID:icZSuCJ/
すごく単純な質問ダケドよいですか?
まず、信じるかどうか判断できなければ、よりどころにしようとも思わないと思うんですけど。
こんなことを言う私は、よりどころの意味を間違っているのでしょうか?

402 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 21:57:16 ID:FEdM7ivs
>>398
ああ、それはわかりますね。

私の疑問は、世捨て人=出家=帰依だったから、仏法をよりどころとするには、
俗世間から隔絶する必要があるのではないかと思ったから。

俗世間からの隔絶は、仏教はそういうものだから。
深い意味はないです(^^♪


403 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:01:25 ID:FEdM7ivs
>>400
説教は、布教であり、共有ではないの?
私が疑問に思うのは、その点。

それでは、開かないのではないでしょうか?
というか、それ以前。
・・・・・やっぱり、閉じてる。



404 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 22:04:41 ID:m47UgLP7
   

■■■カルト宗教の勧誘■■■ A    ☆☆☆☆☆♪ 〜 

遊び半分、興味半分で、宗教に近づいてはいけません。
宗教は、そんなに甘いものではなく、危険な裏面があるからです。
特に(洗脳)は精神面を破壊します。【サタン】の力があるからです。  ヽ(´∇`)ノ

○もし、あなたが勉強、家庭、学校、大学、仕事、対人関係、失恋、恋愛・・・・・・・・・等の悩み
を抱えていると、よく話を聞いてくれてカウンセリングのように受容してくれるので、とても
ほっとして心地良い筈です。しかし、不用意に知らない人に自分のプライベートを話すのは
後で悪用され危険です。注意してください。
○大きい立派な建物、荘厳な礼拝堂、会堂、大勢の信者・・・・・・などに安心してはいけません。
○安心し信頼し人間関係ができると、教義を勉強して理解するように進めます。
○良い素晴らしいことが書かれている概要を理解し(読めば良いこと、人の心に訴えることばかりです)
 信頼関係が出来てくると、次はマニュアルを渡され暗記するように言われテストなどがあります。
                                                   ヽ(´∇`)ノ

最終的にここか、もう少し前で 【良いか悪いかは別として、これは洗脳だから私はしません。】 と
きっぱりと拒否すれば  (洗脳) されることはありませ〜ん。
    

http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
      

        

♪ 〜 ☆   ヽ(´∇`)ノ  ♪ 〜  ☆   



405 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 22:10:48 ID:0sq36akj
昆布氏は、男の「サロメおたぁ」って感じだな。愚にも付かないことを
しゃべりすぎ。

自覚して、書き込みを自主規制すべきではないのか。

406 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:11:27 ID:FEdM7ivs
>>401
私も、宗教ってあんまりよくわかってないけど、
入信するのって、一目ぼれと同じようなものなんじゃない?
布教する人間は、それを作為的に作り出すことは出来るし、
することによって、信じるように仕向けることが出来る。
判断というよりも、判断を委ねさせるに近いんじゃない?


407 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:12:59 ID:FEdM7ivs
>>405
だから、うだうだはいいから、質問に答えれば?

山積み満載(^O^)/


408 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 22:13:53 ID:VNpDVJeG
>>406
それを言われると、お釈迦さんは
最大最悪の詐欺師だなw

(名誉な称号だと受け留めるがな・・・(爆  )

409 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 22:15:44 ID:aiSM5iDc
>>403
普通に人間関係と考えれば、誰とでも同じように、機械のように接するのではなくて、
ひとりひとり別々に結ぶものじゃないでしょうか?

410 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:18:43 ID:29+W4vyt
たろノシ


教祖様、教祖様とちびが別人だという検証でもしてみる?

411 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 22:19:50 ID:0sq36akj
>>407
サロメや君のような基地外は、相手にしないほうが身のため。

しかし、サロメのほうが、頭は良かった。

それよりも、君の思考基盤は何?回答はまだだが。

君の質問のほとんどは、まともな理解力を持った人間が、私の書き込みを
読めばわかること。

常に既存の「借り物の知識や見解」に縋り、依存しようとするのは、見てても
醜悪だよ。自分で既存の権威を超える気持ちは全く起こらないの。

412 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:19:51 ID:29+W4vyt
617 :小さなヨハネ :2006/05/21(日) 09:49:29
>>606
「霊的な意味」とは聖書の言葉の内意のことです。
例えば「水」とは「真理」の意味を持つなどです。


877 :名無しさん@3周年 :2006/07/14(金) 02:10:56 ID:Zp0NbKFg
>>874
人間が「強い」「弱い」とは、具体的に何かということを、ご自分で考えて、
書き込んででみてください。

強者にも、悩みや苦しみがあるし、やたらと弱者を害しません。弱者同士の
嫉妬や足の引っ張り合いは著しい。

弱者は、「善」だの「愛」だのという概念を作り上げ、自分が「道徳的強者」
の立場に立とうとします。



どー見ても別人ですよね。。。

413 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:20:59 ID:FEdM7ivs
>>409
それは、同意。
でも、説教は、違う気がします。
また、父親の解釈を理解しようとすることは、父親の解釈を共有しようとすること。
これもまた、開かれてるかといわれれば、微妙。

結局、開かれているということは、知ることの外側に向かうことじゃないでしょうか?
自分以外に身をゆだねることでもないような気がするんですが?


414 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:21:45 ID:29+W4vyt
俺がこんぶ殿を止めた理由。

決め付けがよくないからじゃなくて、120%証明させるのか教祖様に聞くため。
俺はそんなに性格はよくないw

415 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 22:23:21 ID:IUlHgiw6
半年議論してわからないのなら
もう才能がないと思って素直に別のことをすべきじゃないかな
それ以上は傲慢(これも布教)でしかない

416 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:24:39 ID:29+W4vyt
教祖様が止めもせず変わりもせずなら、徐々に核心に近いのを出す。
最後にはヨハネ呼んできて上げるノシ
こういうのがどーか知らんけど、やる。

417 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:27:08 ID:29+W4vyt
761 :名無しさん@3周年 :2006/07/13(木) 15:13:54 ID:gSsUOGTE
>>758
>これって信条じゃないのか?

信条ではなく、生の「事実」です。それに意味や目的を付け加えると、
信条になります。

619 :小さなヨハネ :2006/05/21(日) 10:02:23
>>614
>キリストが神かどうかなんて論議は全く意味がない
>三位一体の一辺に過ぎないのだから

ほう。ではその三位一体なるものを説明してください。



418 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 22:28:20 ID:29+W4vyt
あまりやるとしらけるから、ここまで。


419 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:30:06 ID:FEdM7ivs
>>411
今度は、サロメを持ち出して、自分の正当性を主張するのか?
まったく・・・・・
先程、君のやり方をあげつらったばかりだろうに・・・・(笑

>君の質問のほとんどは、まともな理解力を持った人間が、私の書き込みを
>読めばわかること。

その通りだよ。
君か私か、どちらかが、まともではないということ。
あるいは、ここのスレの君以外の人間がまともではないということ。

>思考基盤

の回答がまだだが?

おまけに、君の思考基盤の質問の解答もまだだが?

もう、君の解答は山積みだよ。
早く、全部に答えてくれ。
先送りしすぎだ(^O^)/



420 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:32:01 ID:FEdM7ivs
>>414
私には、どうでもいいよ。
彼は紛れもないクリスチャン。
それだけのこと。


421 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 22:33:13 ID:aiSM5iDc
>>413
まあ俺の場合、職業病みたいな所もありますけどね。「門前の小僧習わぬ経を読む」
理解しようとしたというより、ボーッと聞いていてある時、言われていることの意味に不意に気付く
みたいな。

422 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:34:26 ID:FEdM7ivs
ついでにいえば、
自分以外のキリスト教は邪教とする最も悪質なカルト。

これは、衆目の一致した見解(^O^)/


423 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 22:36:39 ID:FEdM7ivs
>>421
実際に、経験しているのであれば、質問ですけど、
キリスト教を仏教的に理解することは可能なのですか?

質問として、妥当なのかどうかよくわかりませんけど(^O^)/


424 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/31(月) 22:49:12 ID:aiSM5iDc
>>423
そりゃ、迷妄でしょうねw

425 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 23:08:26 ID:29+W4vyt
>>395
それならなんとなくはわかって。。。いるのだろうか@謎w
でも俺なりに感じられることがきっと俺の役にたつことでしょう。
と言うことで良しとしますw

426 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 23:09:09 ID:29+W4vyt
つか、B同士は微妙ですね、合わないと合わない@当たり前だけどw

427 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/31(月) 23:14:17 ID:29+W4vyt
さて、出かけてきまふノシ

とか、書くとあのお方が出てくるかも?w



ノシ

428 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/31(月) 23:22:36 ID:FEdM7ivs
>>424
だろうねぇ〜
やっぱヽ(^。^)ノ


429 :齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/31(月) 23:36:40 ID:9ivewrIM
>>428
こんばんは!
サロメも月見も腰抜けでしたわw

ちゃねらーだから減らず口なだけ!

430 :名無しさん@3周年:2006/07/31(月) 23:57:09 ID:VNpDVJeG
>>425
最後に、仏典の中に実際にある言葉を引用しておきましょう。

「それゆえに阿難よ。ここに(私亡きあと)、あなた達は、
自らを島(洲(中州))とし、自らを依り所とし、他(た)を依り所とせず、
法を島(洲(中州))とし、法を依り所とし、他(た)を依り所とせずに住しなさい。」

前後の記述も含蓄の深いものだが長いので略。


431 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/01(火) 00:28:43 ID:y8fqFuc4
>>429
ノシ


432 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 01:06:46 ID:9uIe0SKs

決め付けってのは自らの無知を晒しているようなもんだなぁ。。。(ボソ

433 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/01(火) 02:08:22 ID:y8fqFuc4
どうせネットだから
なにを言っても自由だと思って、
こんなことになっても知らないからヽ(^。^)ノ


ちんちんに衣つけて油に入れてみようと思うんだけど
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1054459429/


どうなるんだろう(^O^)/



434 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 02:13:56 ID:MEgpcBGU
空元気

435 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/01(火) 02:18:21 ID:y8fqFuc4
耐えられるのか。

スゲェ〜

やっぱ、神の力?


436 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 02:21:41 ID:MEgpcBGU
かわいそうなやつだね

437 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/01(火) 02:25:11 ID:y8fqFuc4

(´・ω・`) ?


438 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/01(火) 04:42:44 ID:y8fqFuc4
考えてみたら、このスレの消費は凄いな。

ほとんどが私と教祖様だな。


439 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 04:50:49 ID:VZsu2FOq

神様を信じなさ〜い、信じなさ〜い、信じれば救われまース・・・・・
一度、神様、天国を見せて下さいw  自己催眠、自己暗示かけるw

止める人が多いのは当たり前、いつまでも引っぱれないもーん、洗脳しないと
なんでも信じて任せれば、自分で考えなくて楽だもんなーw
しかし、教会も災害から守ってくれないョ、全智全能の神様は

幸せ?なゲージの中のヒヨコさんたち ♡♡♡ 
オウムみたいに外に出て攻撃しないでね 〜〜〜〜   


440 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 07:18:13 ID:QDugw87p


☆☆☆☆☆♪ 〜


エデンの園で (知識の木の実) を食べるまでは、神が造った美しい全裸のままで何の
恐れ、不安もなく考えることもなく幸せに、アダムとイヴは暮らしてたんでしょう?  
毒蛇(サタン)にそそのかされて誘惑に負け、禁断の (知識の木の実) を食べてしまって

そこから裸でいることが恥ずかしいとかいろんな知識、差別、エゴの ( 心 ) が 出てきて
それから人は、今日まで、ず〜っと争い、憎しみ続けているんでしょう?


だったら、禁断の (知識の木の実) を食べる前のアダムとイヴに戻ればよいのでは?
( 心 )から不要のものを除去する作業・・・・・・


裸の赤ちゃんのようになれるように努力した方が、早道かも〜n。

            

  ☆☆☆☆☆♪ ♪ 〜  ヽ(*^。^*)ノ  ☆          



441 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 12:53:39 ID:rRVy+I2w
旧約聖書の創世記は、事実などではなく、勿論寓意だが、寓意として解釈
しても、「知恵の木の実」ことの最大の結果は、人間が生物としての本能
に基づく自然の状態から離れて、傲慢不遜にも「神」など思考するように
なったことである。そのため、旧約を共通の聖典とする一神教徒たちは、
「神の怒りにふれ」、お互い同士で果てしない殺し合い、争いを続けてい
るのである。そして、イエスを初めとする一神教徒たちは、その「知恵」
故に、誰もこのことに気付いていない。

「神の似姿(人間が神)」、「男と女に作った(原初からの共同体性)」、
「知恵の木の実(神を思考すること)」と、旧約聖書の寓意は実は物凄い
真理を語っていることになる。旧約のこの寓意が理解できずに、「神」即ち
生物としての自然状態から離れてしまったのが、一神教徒、その元凶が、
最も神から離れたイエスを信じるキリスト教である。


442 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 12:59:46 ID:rRVy+I2w
>>441の訂正
×「知恵の木の実」ことの
○「知恵の木の実」を食べたことの

443 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 13:23:47 ID:jpsbH2cr
その言葉の自らは自分自身でよいわけですよね。
仏陀の言葉の多くは受け入れやすいし、その言葉もよい言葉です。
阿南ってたしか釈迦の寿命を確定させた弟子ですよね、
俺、仏陀の話でちょっと解釈の仕方が分からないのが、阿南が仏陀の入滅に反対しなくて
入滅が確定した。その時に仏陀が悲しんだというようなものを見た記憶があるのだけど、
その悲しみはどんな種類の悲しみなんだろうかと。
それとその後に舎利沸と目連が自殺する場面。
このあたりの出来事だけがどうしても理解できない。。。この話自体は仏教共通ですか?

444 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 13:24:28 ID:jpsbH2cr
アンカー入れ忘れ。
>>430にです。

445 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 13:42:33 ID:jpsbH2cr
教祖様はようやく自分の本心を書く気になったのか?
小ヨハネの語るのはイエスこそが神の生まれ変わり。
キリスト教はそれを理解していないと延々と続けてるが、
そこで言うキリスト教的考え方であれば、
イエスは神ではなく人間を神格化、偶像化したもの。
それが許せない結果、そんな形のレスになるのか?

446 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 13:44:38 ID:jpsbH2cr
向こうでの教祖様のレスの全ては今までの教祖様のスタンスを取りつつも、
小ヨハネのレスを都合よく促す役目になってる。
意図は知らんが、教祖様は一種の布教活動をしてるのと何ら変わらん。

447 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 13:56:20 ID:jpsbH2cr
自分がキリスト教であることを隠し偽り、どーたらこーたらを俺やこんぶ殿に
言ってたけど、結局それをしていたのが教祖様で。
向こうの最初からの流れとここ(今までの4スレ)の流れを比べるとすげーー面白い物が見える気がする。
教祖様の心理状態とか、病気で無ければ相当怖いものがあるな。
つってもまともにレスして取り合わない限りはぜんぜん関係ないけどね、
向こうでも自分が気にしてる相手に対しては執拗に追いかけてるね、小ヨハネの方だけど。
これから自分の本心でレスするんじゃなくてまだ今までどおりに続けるなら、
とりあえず俺は向こうのスレに住んであげるよ。


448 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 14:01:17 ID:jpsbH2cr
ものすごい大げさなこと書くと。

こういう掲示板のレスって結構意識に残りがちでしょう。
私生活の考えるべきことを邪魔するおそれもあるし、潜在意識重視派の俺的には
例えば、こんな掲示板でも毎日3レスずつでもマイナス志向のレスを見つづけたら
自分の中にもマイナス意識が入ってきかねないと思うのだ。
それと時間。人間にとって一番大事なものは絶対に時間。
貴重な時間を自分の趣旨にだけ徹底して人を害しながらも続けるのも気に入らん。

449 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 14:02:54 ID:rRVy+I2w
旧約聖書では、神は「在りて在る者」(I am that I am.)である。この「that」
は、古い形の関係代名詞で「that which」の意味。後の「am」は、「である」
ではなく、「存在する」「実在する」の意味。言い換えれば、「I am that which
exists.」である。すなわち、神とは、あるがままの「全実在」「すべての人間を
含む自然」の意味。「在りて在るものの中に(又はそのどこか外部に)存在す
る」のではない。このことを全く理解できなかったのが、「外在の神」など信じ
るイエスや一神教徒。

また「神の似姿」も、キリスト教神学者たちは、そのちっぽけな頭脳を絞って、
何とかして「神=人間」という解釈を避けようとしている。彼らが行き付いた
解釈は、「神と対峙できる資質」などという噴飯もののコジツケ解釈。素朴な
古代の人々が、そんな持って回ったことをいうわけがない。ずばりそのまま、
「神の似姿」「人間=神」である。


450 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 14:05:22 ID:jpsbH2cr
続けるんだw
なら俺は向こうの住人がこれ以上無駄な時間を過さないために、
向こうのスレの教祖様を指摘してあげる。
こっちよりも向こうの住人が気の毒だからな、真面目にレスしてる人多いし。
で、このスレと見比べてもらおうか。小ちゃんも誘ってw

451 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 14:26:20 ID:jpsbH2cr
止まってた。
けど、またやるんだろうな。
なんで自分の言葉で喋れないの?
変なやつ。

452 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 14:27:41 ID:jpsbH2cr
教祖様にスレ立ててやってもいいよ。
やりたかったらそこでネタでもなんでもやればいいじゃん。
こっちでも向こうでも関係ないスレに寄生してるから問題なんだろう。
自演までして延々と。

453 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 14:40:21 ID:+LPADKX0
>>449
せめてヘブライ語で言い換えろよw

454 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 15:00:34 ID:+LPADKX0
いや、それ以前の問題だった。
キリスト教と同性愛スレでレビ記の同性愛禁止
を神殿売春のみと主張した奴と同じような発想だな。

455 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 15:11:18 ID:rRVy+I2w
>>453
>せめてヘブライ語で言い換えろよw

ヘブライ語など勉強する暇も意味もないよw。英語を使ったのは、同じ
インドヨーロッパ語族として、日本語よりもヘブライ語・ギリシャ語
とのほうが意味や構成が近いから、あくまでも解釈の便宜のため。

言語は生き物。その意味は、あくまで当該時点でそれを使用している人
々の間で合意された意味によって定まる。大昔の人々が使用していたア
ラム語、ヘブライ語、ギリシャ語などを、はるか後世の人々が作った辞
書を引き引き翻訳・解釈しようとしても、それらを実際に使っていた当
時の人々の間で了解されていた生きた意味を本当に伝えているかどうか
は、極めて疑わしい。

大昔の教典や仏典を解釈しようとする場合には、この制限と疑問は常に
付きまとう。つまり、原語に当たったからといって、判った気になっては
ならない、本当のことは誰にも判らない、ということ。

456 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 15:39:59 ID:jpsbH2cr
>>455
>大昔の教典や仏典を解釈しようとする場合には、この制限と疑問は常に
>付きまとう。つまり、原語に当たったからといって、判った気になっては
>ならない、本当のことは誰にも判らない、ということ。

これは本当にその通りだと思うよ。
分からないのをいいことに都合よく解釈して都合の良いように使ってるようにも見えるし。
でも、教祖様の場合も分からないことを自分で解釈して、それを絶対だとレスし続けてきてるだけ。
自分の考えが絶対に正しいとしているのであれば、それは宗教の盲信以外の何ものでもないと思う。


457 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 15:43:21 ID:rRVy+I2w
>>430
>「それゆえに阿難よ。ここに(私亡きあと)、あなた達は、
>自らを島(洲(中州))とし、自らを依り所とし、他(た)を依り所とせず、
>法を島(洲(中州))とし、法を依り所とし、他(た)を依り所とせずに住
>しなさい。」

その有名な「自灯明」「法灯明」の言葉も、あまり有難がるほどのものでは
ない。「他を拠り所とせず」などと言ってみても、人間は他者に依存しない
限り、生存できないのだし、「法」と言ってみても、「法」とは何かが判ら
ない。法が、人間や自然の法則だとすれば、それは、人間と自然との中に既
に存在し、無意識の中にも、すべての人間がそれに依存して生存しているも
の。特定少数の人間が、修行してそれを「見出し」「考え出さなければ」な
らないものは、法とは言えない。

しかし、仏陀が、「外在の神や霊」を、考えても無意味なものとして考慮に
入れず(無記)、「個は他との関連においてのみ存在し得る」(空、縁起)
という「関係性」を発見したことは、釈迦の比類のない偉大さであろう。



458 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 15:44:46 ID:jpsbH2cr
>また「神の似姿」も、キリスト教神学者たちは、そのちっぽけな頭脳を絞って、
>何とかして「神=人間」という解釈を避けようとしている。彼らが行き付いた
>解釈は、「神と対峙できる資質」などという噴飯もののコジツケ解釈。素朴な
>古代の人々が、そんな持って回ったことをいうわけがない。ずばりそのまま、
>「神の似姿」「人間=神」である。

例えば、こういうの。
ひょっとしたら教祖様の考えが正しいのかもしれない、ただ、
>素朴な
>古代の人々が、そんな持って回ったことをいうわけがない。
こんなのは教祖様の主観そのもの。賛同者がどれくらいの比率で居るのかも分からなければ、
大勢が正しいとも言い切れないだろうけど、
>ずばりそのまま、
>「神の似姿」「人間=神」である。
こう言い切って、人にそれに対する反論を一切受け付けずに叩くようなのはいただけない。
あくまでも教祖様の説であり、思想なんだから。
押し付けるならカルトと同じだ。

459 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 15:48:11 ID:jpsbH2cr
宗教学者、法学者、バッシングなんだよ、つまり。
過去ログ見まくると明確に見えてくる。
ひょっとしたらキリストがどうとかも関係ないのかもしれないし、
敬虔なクリスチャンなのかもしれない。
けど、性格があまりにも良くないのだけは分かる。
バランスの悪さも。


ノシ

460 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 15:49:36 ID:jpsbH2cr
ああ、それと自分以上に宗教に対する核心を得ている人間はいないという思い込みね。
何か論文でも出して、相手にされなかったのか?


ほんじゃ、ノシ

461 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 15:55:37 ID:rRVy+I2w
「人間とは、生存と種族維持の本能を持った、生物の一種に過ぎない」
という「事実」は、「宗教」ではない。「宗教」とは対極にある、すべ
ての人間に共通する、「唯一普遍の事実」。

462 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 15:59:05 ID:jpsbH2cr
その事実が宗教でなくとも、その事実の用い方が宗教と同じだということ。
昨日もレスしたように、教祖様にかかれば全ての事実、あらゆることが宗教性を帯びてくるのだ。
一種の素質かもしれないけどねw
それを押し付けようとするならカルトと同じだと言ってる。
もっと素に帰ってマナ識自覚して、普通にレスすりゃいいじゃんよ。
それだけ言いたいこと持ってるなら、その方が教祖様にもやりやすいだろうにと思ってしまう。


ホント落ち。

463 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 16:52:50 ID:FEbIPpgn
教祖のレスを見ると、他人のオナ二ーを見てしまったような暗澹たる気分に成る。

464 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 17:32:52 ID:ll+Gc8H1
>>462
>一種の素質かもしれないけどねw

反宗教の私が、宗教者の素質があると言われたのは初めてで、嬉しいね。
一度宗教の「教祖」になってみたかったw。「神様」や「霊」を勝手に
でっち上げて、信者を現実や社会常識から遊離させてマイコンすれば、
元手いらず、しかも無税で、美味しい金儲けが出来るからね。

しかし、何でもかんでも「宗教」にしてしてしまのは、おかしいのでは。
宗教とは、あくまで、人間にあらざる単なる超越的観念、即ち現実界
(五感で知覚できる世界)に還元できない単なる観念に最高の価値を
認めること。例えば、鰯の頭に食用・飼料用・肥料用の物質としての、
人間の生存に役立つ価値を認めるのは、宗教ではないが、それに物質
以上の価値を認め、その価値の象徴として鰯の頭を崇拝すれば、宗教
となる。

人間が、現実のすべての人間と、その生存を支える自然とに、最高の
価値を認めることは、いかなる意味でも宗教ではない。共同体における
すべての成員の義務(道徳)に過ぎない。

布教がいけないのだから、このスレで、キリスト教や仏教、それにイデ
オロギーについて肯定的に語ることは絶対禁止だねw。宗教批判は、布
教にはならない。

465 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 19:44:42 ID:8CTvFpnT
>>464
うーん、素質はあっても稼げる種じゃないな、
人の心無視してとか付けこまずして宗教で稼ぐの無理、
そういう意味では真面目すぎるw
それで稼ぐなら教祖じきじきに布教活動するべきじゃないね、宣伝塔にやらせねばw

なんでもかんでも宗教にしようというのでなくて、教祖様に宗教を感じてしまうってこと。
だから、ある意味素質ありかもなんですよw



466 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 19:46:11 ID:8CTvFpnT
>人間にあらざる単なる超越的観念、即ち現実界
>(五感で知覚できる世界)に還元できない単なる観念に最高の価値を
>認めること。例えば、鰯の頭に食用・飼料用・肥料用の物質としての、
>人間の生存に役立つ価値を認めるのは、宗教ではないが、それに物質
>以上の価値を認め、その価値の象徴として鰯の頭を崇拝すれば、宗教
>となる。

この定義も正しいかもしれない。けど、やっぱり教祖様の定義。
1レスなら宗教では無いけど、この定義をひたすらに唱えてるところで宗教的と感じさせる。

>人間が、現実のすべての人間と、その生存を支える自然とに、最高の
>価値を認めることは、いかなる意味でも宗教ではない。

自然をもって宗教となっている団体もあったはず。
その部分については宗教をどのように定義するのかにかかってるんじゃないかと思う。

布教がいけないのだからイデオロギーなどを肯定してはいけないという理屈はおかしい。
意見を求める場であれば否定も肯定もあって当然。
断定的に一つの論を推し進めて他を受け付けないことが布教活動と同等だという話。


467 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 19:50:53 ID:8CTvFpnT
もう一つ反論するなら。
教祖様の自論の全容はわからないし、当然真意もわからないけど。
ただ、俺として感じるのは、教祖様の思想の行き着く先は
人間が人間らしくあることの否定。
そんなことを一々否定しなければいけないのも自然の中に普遍性を持って存在することを
超えて、人間としての特質をもって思考するからに他ならない。
その時点で教祖様の意見には無理も生じてくるのでは無いかってこと。

468 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 19:56:20 ID:8CTvFpnT
人間は人間として自然の中の生物の輪の中に存在している。
その人間は自然の摂理に従った上で思考したり、思考そのものも発展させながら生きてきて。
今更、その発展を後退させろと理屈で言ってみたって無理なのだ。
教祖様みたいに、それはおかしいから改めろ。そういう発想自体が原点回帰ではなく、
新たな発展でもあり。
当然に多様性のある人それぞれの考えそのものを否定する行為。

469 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 20:07:57 ID:8CTvFpnT
連続ウザイかもしれないけど。

教祖様のお陰で一層、心の重要性が理解できた。
教祖様の唱える普遍性。それだけではやっぱり不備なのだ。
人間が生物界の中で発展する過程において心以上に役割を果たしたものもなくて、
でも、その副産物として本来の生物としてのものではない争いも生むことになる。
ここからの発展にも新たな、人間としての特性、特質を生かした思想を持って
乗り越えるしか方法は無いのだ。
それに対して人の心抜きで解決する術があるはずもない。

470 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 20:26:42 ID:KMWkkLZD
>>443
>釈迦の寿命を確定させた弟子ですよね

悪魔が釈尊に
「あなたは以前、弟子達がおしえを成就しないうちは如来の入滅はないと言いました。
今、お弟子さんたちは立派におしえを成就しています。そろそろ入滅してください」
と声を掛け、
「わかったわかった・・・。三ヵ月後に如来は入滅する」と答え、
アーナンダに
「如来は、望もうとすれば幾らでもこの世にとどまることができる」と
何度もほのめかしたが、アーナンダはそれに気付かなかった。
だから(嘆願されなかったから)入滅した。

と、かなり要約してますが骨子はこんな感じですかね。
どのように読むかは自由ですw

>阿南が仏陀の入滅に反対しなくて入滅が確定した。
ま、そうとも言えますかねw

>その時に仏陀が悲しんだというようなものを
ここでは、悲しんだという記述は(他の箇所にも)ないでしょうね。

>その悲しみはどんな種類の悲しみなんだろうかと。
>それとその後に舎利沸と目連が自殺する場面。
自殺する「場面」はありません。すべて伝聞描写です。
また、二人の入滅は伝道の中後期と見られています。

ただ、この時は、(勿論覚者であるので、心を統一して取り乱すことのない描写だったと思ったが)、
実際は、ものすごく悲しみ、落胆したであろうと個人的には思う。二人とも優秀であったから。
とくに舎利弗は、シッダッタ以上とも言われるくらいに・・・。


471 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 20:33:16 ID:8CTvFpnT
>>470
そーなんですか。
俺がなにを見てそう読み取ったのかは分らなくなってしまったのですが、
物語風に書かれたものだったのかもしれません。
仏陀の物語として俺が疑問に感じてたのは、特にはその部分なので、
俺の解釈がおかしかったのかもしれないですね。
作者や訳者によって内容も微妙に違ってきますしね。
仏陀の例えを持った教えは好きです、凝り固まった解釈になると反感もあったりするのですけど、
解釈は自由ですとか、そんな風に言われるとすんなり受け取れるから不思議ですw

472 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/01(火) 20:34:19 ID:8CTvFpnT
では落ちノシ

473 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 20:45:25 ID:KMWkkLZD
あ、それから、
自殺という説は少ないです。
舎利弗が病死、目連は暴行を受けて亡くなったと言われています。

474 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 20:49:13 ID:452GQuzS

>>441
素晴らしい解釈ですね。歴史が証明してる。  ヽ(^。^)ノ

>人間が生物としての本能
>に基づく自然の状態から離れて、傲慢不遜にも「神」など思考するように
>なったことである。そのため、旧約を共通の聖典とする一神教徒たちは、
>「神の怒りにふれ」、お互い同士で果てしない殺し合い、争いを続けてい
>るのである。そして、イエスを初めとする一神教徒たちは、その「知恵」
>故に、誰もこのことに気付いていない。


「知恵の木の実」・・・・・・・重い言葉ですね。キリスト教徒は、ペラペラ軽薄に
しゃべるのを止めて沈黙し、内省必要w。重く受け止めるべし〜。
研究者さんにお会いしたい位・・・・・深い洞察力、ステキで〜す。

                    

ありがd☆ ヽ(^。^)ノ





475 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 21:31:31 ID:fSz1auWU
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪



476 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 22:45:55 ID:5Fs02W/G
>>464

>反宗教の私が、宗教者の素質があると言われたのは初めてで、嬉しいね。
>一度宗教の「教祖」になってみたかったw。「神様」や「霊」を勝手に
>でっち上げて、信者を現実や社会常識から遊離させてマイコンすれば、
.元手いらず、しかも無税で、美味しい金儲けが出来るからね。


本当に宗教の罪は深い〜w。天罰あたる〜w。 中東紛争、子供可哀想w〜。
研究者さんに一番食ってかかるのは、生活がかかっている宗教関係者でしょうかねw。


宗教なんていらな〜い!! 宗教なんていらな〜い!!いらな〜い!!  (^O^)/ 

戦争も紛争も無くせない宗教なんていりませ〜〜〜〜ん!!      (^O^)/


477 :まい:2006/08/01(火) 22:52:04 ID:goZyC1L2
夏休みになって子供がパソコン使うので、なかなかこれません〜〜w

478 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 22:54:30 ID:9uIe0SKs
>>477
宗教無くなったって争い事は無くならんよ。

479 ::2006/08/01(火) 23:05:14 ID:sMrqwKbD
宗教を否定するということは宗教的には極めて正しい。


480 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:08:44 ID:l35+bWVC
>>478
でも頭までは取られません。

481 ::2006/08/01(火) 23:22:02 ID:sMrqwKbD
宗教なんて所詮人間の意識の投影だから
「欲望を超越者に置き換えた」ものも宗教の側面の一つ。
意識の成長の過程で宗教のその側面を否定する時期が個人としても社会としても存在するのは自然な流れ。


482 :まい:2006/08/01(火) 23:26:31 ID:goZyC1L2
話題変えますけど、宗教を信じる人って、願いを神に託したりするではないですか。
信じない人は、現実的な努力を全面的に大切のするのでしょうけど、どちらにしても
人間の未来に対する希望ありきでしょう?

そういう意味では、希望や祈りって、意味があることなんでしょうか?
それとも人間の微々たる力では、無駄なこと。今の生を維持するだけで精一杯なのでしょうか?

483 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:30:24 ID:KUeasz5I
人それぞれですね

484 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:32:31 ID:9uIe0SKs
>>482
>希望や祈りって、意味があることなんでしょうか?
祈る姿勢ってのは人間を謙虚にさせるね。

不可知論者も謙虚だわな。
無神論者は傲慢なのが多い、○○様とかw

485 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/01(火) 23:35:45 ID:YrDvrE2s
>>482
ある神父から祈りについて教わったことがある。「病気を治して下さい」と祈るのではなく、
「聖旨のままに」と祈りなさい、と。その人が癌で亡くなる少し前に聞いた話。

486 ::2006/08/01(火) 23:36:03 ID:sMrqwKbD
宗教をあえて定義すると
「世界に対する認識のあり方」だな。
不可知論も無神論も宗教なんだな。

487 :まい:2006/08/01(火) 23:37:01 ID:goZyC1L2
>>483
あなたの場合は?

>>484
謙虚かぁ。

488 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:39:42 ID:gCBQSnWW
>>467
>ただ、俺として感じるのは、教祖様の思想の行き着く先は
>人間が人間らしくあることの否定。

「人間が人間らしくある」とは、具体的にはどういうことか?そんな誰でも
言える陳腐・軽薄なスローガンを、その根源の基盤を追求することなく、軽々
しく唱えてはならない。それが、すべての宗教に共通する「病理」である。

>>469
>教祖様のお陰で一層、心の重要性が理解できた。

その「心」「精神性」の過度の重視ゆえに、宗教やイデオロギー(私の定義で
は、これも宗教)による殺し合いと争いが起きている、という「事実」を認識
しなければならない。史上の宗教紛争や、現在の中東紛争、国内のカルト問題
を直視すれば、あまりにも自明。宗教や心は、百人百様。すべての人間の共通
の基盤などには絶対になり得ない。
えない。



489 :まい:2006/08/01(火) 23:40:40 ID:goZyC1L2
>>485
どうこうして欲しい・・と望むのは、欲なのでしょうね。
でも、あれこれもがくことを努力とも言う。欲を否定ばかりも出来ない。

>>486
そう。だから神が居ても居なくてもどうでもいい。
現実的な努力や科学の発展などに、意味があるのかを知りたいんだよね。

490 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/01(火) 23:45:07 ID:YrDvrE2s
>>488
おや?いつになく最後までピントが合ってますね。

491 ::2006/08/01(火) 23:46:03 ID:sMrqwKbD
>>489
意味づけするのは自分だから。

492 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:50:50 ID:9uIe0SKs
>>486
そう言ってしまうと科学も宗教じゃないかー

493 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:52:29 ID:gCBQSnWW
>>490
>おや?いつになく最後までピントが合ってますね。

ピントは、終始一貫して1点に絞られていますよ。

文末の「えない」のことなら、単なるタイプミス。ご面倒でも削除願います。



494 ::2006/08/01(火) 23:52:29 ID:sMrqwKbD
>>488
宗教や心が百人百葉というのはその通りだね。
だから全ての宗教に共通する病理というのは、個人の心に応じて存在する。
人間の心そのものが宗教だから。

495 ::2006/08/01(火) 23:53:11 ID:sMrqwKbD
>>492
>>481でそういっているよ。

496 :まい:2006/08/01(火) 23:53:20 ID:goZyC1L2
>>491
とりあえず、自分の目標を設定して自分の人生を歩む分には誰にも迷惑をかけないけれど、
布教活動など(ココでの持論の熱心な書き込みもそうだけど)、「みんなでがんばりましょう。
そうすれば戦争も餓えもなくなる・・」と言うような、全体的な流れって何かあるのかな。
それともみんな、かなわない夢を見て踊っているだけなんだろうか。

497 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:54:52 ID:KUeasz5I
嫌味な女よりはマシかもしれない

498 :まい:2006/08/01(火) 23:58:25 ID:goZyC1L2
>>497
嫌味な女より、希望や祈りを信じられるほうがまし?

499 :まい:2006/08/01(火) 23:59:38 ID:goZyC1L2
希望や祈りを信じられなくなっている私は、最悪なのかもね。

500 :名無しさん@3周年:2006/08/01(火) 23:59:52 ID:KUeasz5I
そりゃましでしょう

501 ::2006/08/02(水) 00:01:33 ID:sMrqwKbD
>>496
自分があるだけ。

「全体的な流れ、叶わない夢」ってただの言葉。自己の欲望の投影の裏返し。

502 :まい:2006/08/02(水) 00:02:44 ID:goZyC1L2
信じられる人ばかりではないのよ。
誰もが皆神を身近に感じられたら、自殺する人なんかは居ないでしょう。
人それぞれだから、希望が持てるものならば、その方法を知りたいと思うのでしょう。

「人それぞれ」の一言で片付けるのは冷たくない?

503 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:03:33 ID:gCBQSnWW
>>492
>そう言ってしまうと科学も宗教じゃないかー

自然科学は、専ら、人間の生物としての生存の基盤である現実界(五感で
知覚できる世界)を対象とする。宗教やイデオロギーは、現実界にあらざる、
即ち生存に関係ない、空想や妄想の世界を対象とする。従って、宗教やイデオ
ロギーには、自然という確固として実在する判断基準が存在しないから、その
「真理性」の検証は全く不可能。従って「真理」など存在しない。




504 ::2006/08/02(水) 00:03:46 ID:sMrqwKbD
>>499
希望や(ある種の)祈りって、欲望があるから存在するのでは。

505 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:04:42 ID:iOgAtbXT
もうここで書いても意味ないことがわかってるので。
実際意味ないでしょ?
何を言われても、どんな真理を突きつけられても
反対に泥沼に進むしかない。

506 :まい:2006/08/02(水) 00:05:14 ID:1LvWMG/x
>>501
自分の欲望かぁ。自分が何を望んでいるのかよくわからない。
夢を見ないで、現実に押しつぶされたほうが楽のような・・。

507 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:05:51 ID:KUeasz5I
http://www.tatsu.ne.jp/misogi/q_a.html


508 ::2006/08/02(水) 00:07:37 ID:sMrqwKbD
>>506
現実は押しつぶしたりしない。
「かくあるべき現実」が問題なのでは。

509 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:07:48 ID:iOgAtbXT
蹴落とすための質問はやめたほうがいいよ
マイナスを被るだけだから

510 :まい:2006/08/02(水) 00:07:53 ID:goZyC1L2
>>505
意味が無いと思いながらココに来てるの?
持論を聞いて欲しいだけ?
意味が無いという主張をしたいだけ?

511 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:08:58 ID:iOgAtbXT
ほらね

512 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:09:33 ID:4DdAquYo
おいらの仏教は(禅)は、宗教ではない感じだね。
脳内ホルモン、コントロールで、ストレスを低ストレス化して、合理的生きる。
戦国武将に禅が多いのは、ストレス低下させなきゃ、戦などやっちゃーおれんというところだろう、、
仏教は元来、低ストレスライフであって、信じるとか、地獄は関係ない、
地獄は中国人から始まったから、、、信じるは、日本人から、、
仏教生まれたインドじゃ低ストレスライフなのだ、教派は、唯識、中観派の竜樹が主流なのだから、、

513 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:09:34 ID:l6hYDnMv
>>503
君は量子力学を知っているのか?w

514 ::2006/08/02(水) 00:10:57 ID:3CNJBgQ8
>>512
禅ほど宗教的な宗教は無いと想うが。

515 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:11:21 ID:4DdAquYo
仏教を信じると思って攻撃したり、否定するやつが多い。
ま、カルトの影響だな、、

516 :まい:2006/08/02(水) 00:11:35 ID:1LvWMG/x
>>508
ありがd☆
どのような現実でも受け入れて生きる・・と言うことに何らかの意味があるのかな。

>>509
蹴落とすための質問なんてしたこと無いよ。
あなたのスタンスは、それぞれの中の一つだろうから、いいとも悪いとも思ってない。
冷たいと言った事はゴメンね。

517 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:12:09 ID:l6hYDnMv
>>512
東南アジアの仏教国は低ストレスだが
インドは低ストレスと言いがたいなー

518 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:13:12 ID:4DdAquYo
犬どの、すなわち、君のいうには、人間の考えることはすべて、どの宗教よりも宗教的といっているようだが、、

519 ::2006/08/02(水) 00:13:44 ID:3CNJBgQ8
>>516
意味付けするというのはどういう意味をもつんだろうね
猫は意味を知らぬが幸せそうに眠ってるよ。

520 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:15:22 ID:4DdAquYo
インドは現在、仏教は滅びている、イスラム教徒にやられた、1200ぐらいに、
余りにも高度な哲学化して滅びた。論理の塊で滅ぶ。

521 ::2006/08/02(水) 00:15:42 ID:3CNJBgQ8
>>518
大体年寄りが一番宗教的だってのは昔から決まっているもんだ。

522 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:16:42 ID:4DdAquYo
犬殿、どの程度禅をしっているか??さ、語りなさい。試してさしあげよう。。

523 :まい:2006/08/02(水) 00:17:03 ID:1LvWMG/x
>>519
猫は猫であればそれでいい・・かぁ。

524 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:18:37 ID:4DdAquYo
521の犬殿、何も知らずにカタットルね、、
インド人の仏教哲学の高度さを知らずに、かたっているね、、

525 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:20:03 ID:l6hYDnMv
>>520
インド人はアーリア人で白人の文化に近い。
ネパールはモンゴロイドが多くて釈迦も
モンゴロイドだったんじゃないかと言われているね。
仏教徒はモンゴロイドに多いし。遺伝子的に合ってるんじゃね。

高ストレスは白人文化の特徴なのかもなー

526 :まい:2006/08/02(水) 00:20:22 ID:1LvWMG/x
犬様ありがd☆ 犬様が少し方向を示してくれたお陰で眠れそうですzzz

527 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:20:38 ID:lyzUeN7i
>>513
>君は量子力学を知っているのか?w

宗教者が決まって持ち出す量子力学w。しかしそれは宗教者の基本的な
「誤解」に基づく。

量子力学では、粒子の運動や位置が確定できないという。しかし、粒子
そのものは、観測装置を使って五感で知覚できる。即ち、粒子は「実在」
である。

粒子が実在であるからこそ、その運動や位置を論じることが出来るので
ある。

最近、ごく少数の、宗教者に嵌った科学者が、「『もの』から『こと』
へ」などと称して、量子力学を宗教の世界へ引きずり込もうと努力して
いるが、これは、上記の基本的誤りに基づくものである。

528 ::2006/08/02(水) 00:21:12 ID:3CNJBgQ8
>>524
何で禅は哲学を越えているのだろうね。

529 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:23:07 ID:4DdAquYo
宇宙の始まりは無の状態から生まれたという仮説があるな、、
無、どこかが得意としている教理、、
禅は宗教的とは??犬ちゃん。

530 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:24:08 ID:4DdAquYo
無の状態は高いエネルギー状態だというのが、、

531 ::2006/08/02(水) 00:24:08 ID:3CNJBgQ8
>>526
おやすみ、いいゆめを。

532 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:24:27 ID:l6hYDnMv
>>527
あはは、間違っているのは君じゃないかw

>粒子の運動や位置が確定できないという。    ×
粒子の運動や位置が同時に確定できない。     ○
この違いが分るか?w

基本的に何も解っちゃいないねw

533 ::2006/08/02(水) 00:25:07 ID:3CNJBgQ8
>>529
宗教は人間そのものだから。

534 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:27:35 ID:lyzUeN7i
>>522
>犬殿、どの程度禅をしっているか??さ、語りなさい。試してさし
>あげよう。。

「観念」の最たるものであるイエスさえ抜け切れないお前が言うなよw。
引っ込んで、イエスや近代の観念から離脱するための座禅でもやってろ。
「偽前者」お断り。




535 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:28:47 ID:4DdAquYo
533は正解だな、、
ま、しかし、人間は豊かな暮らしになると、ストレスの問題が出てくるからな、
何らかの方向性はいるわな、、

536 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:30:32 ID:4DdAquYo
ばか教祖登場、
自己愛、我執の塊がでかい口をたたく、、
まず、人を批判する前に自分の姿をミナ、、


537 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:31:52 ID:4DdAquYo
馬鹿教祖が、観念の塊の自覚がねえ、
病気だな、、
精神安定剤もらえよ、、

538 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:32:29 ID:lyzUeN7i
>>532
>粒子の運動や位置が同時に確定できない。     ○
>この違いが分るか?w

運動とは、文字通り「動く」こと。「位置が常に変化すること」。
位置が同時に確定できないのは当たり前。あまりお粗末な論理を
持ち出すなよ。



539 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:32:59 ID:4DdAquYo
三毒の塊、馬鹿教祖、改心しろよ、、

540 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:34:28 ID:l6hYDnMv
>>538
>位置が同時に確定できないのは当たり前。
馬鹿キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

541 ::2006/08/02(水) 00:35:11 ID:3CNJBgQ8
アインシュタインが物質はエネルギーだって証明したときから
科学は世界の影を観測する地図にすぎないと言うことは科学者も認めてるよ。
「測定されうるもの」というのはあくまでも地図にすぎず、地図があるから現実があるわけではないよ。

542 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:35:28 ID:4DdAquYo
ばか教祖、改心せず、主張すれば、自分が正しいと絶対化し、
自分が絶対天才と酔っている。
実際は人格障害だな、、


543 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:35:35 ID:lyzUeN7i
>>539
まずお前のイエスを抜いてから言え。どうしても出来ないんだろw。

544 ::2006/08/02(水) 00:36:00 ID:3CNJBgQ8
>>542
まぁ、坐れ。

545 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:36:47 ID:4DdAquYo
540どの教祖は人格障害です、、自己愛の塊です、論理はりかいできません。

546 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:37:59 ID:l6hYDnMv

馬鹿教祖の知ったかはよく判ったw

547 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:38:56 ID:4DdAquYo
543の内容、分裂してます思考が、、
壊れてます、
きっと自分が何をカキコしているか、自覚できません、、
人格障害の嵐ですから、、

548 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:40:11 ID:4DdAquYo
教祖は自己愛性人格障害だな、、
論理はありません、怒りだけです。。
プライドだけで、カキコ、、

549 :聖霊大王。:2006/08/02(水) 00:41:30 ID:4DdAquYo
犬ドン、またね、バイビーー

550 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:44:29 ID:l6hYDnMv

教祖様の理論では迎撃ミサイルは理論上不可能となるがwww

551 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:47:19 ID:lyzUeN7i
>>490
>おや?いつになく最後までピントが合ってますね。

あなた自身のピントはどこに合っているのですか。ちょっと判りかねます。

しかし、「教祖様が飛んでくる」「そりゃ迷妄ですな」の名レスにはマジで
感服。敬意を表します。

それから、あなたは父親を批判されているが、父親と同じ人生経験を積み、
同じ年齢になれば、考え方もそっくり同じになるはずですよ。これって本当
に不思議w。


552 ::2006/08/02(水) 00:52:56 ID:3CNJBgQ8
>>549
おやすみ。
次は、なぜ仏教は極めて哲学的な宗教なのか、教えておくれ。

553 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 00:58:38 ID:l6hYDnMv
前から思っていたが、馬鹿教祖君は時間の概念が著しく貧しいな。
これでハッキリした。

554 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 01:08:21 ID:lyzUeN7i
>>553
時間とは、時計で表示されるものとだけ考えていればよい。時間の中で生存
している人間が、その時間を使って「時間とは何ぞや」などと大真面目に考
えても無意味で滑稽。

古代人は、時間を専ら自然現象により測定した。何事も、古代人の心情に
帰らない限り、その本質は判らない。

555 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 01:10:54 ID:l6hYDnMv
>>554
上と下の文章が分裂していますよーw

556 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 01:14:40 ID:lyzUeN7i
>>555
古代人は、時間を自然現象で測定した。現代人は、「その自然現象を
基礎として」時計で測定する。それだけの話です。

557 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 01:18:53 ID:l6hYDnMv
>>556
やっぱり貧弱だなー
まあいいや、君のレベルは所詮その程度、別に驚きはしない。

558 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 01:25:02 ID:lyzUeN7i
>>557
時間を、自然現象から切り離し、「観念」として捉えてはならない。
それも、宗教や西洋哲学の「反自然性」の一つ。すべて誤り。

試しに、時間を自然現象から切り離してご覧。どういう結果になりま
すかw。

559 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 03:44:02 ID:Yeak7mHD
>>488
ご隠居様。
ご隠居様が陳腐に感じるのは実感したことがないからでしょう。
お気の毒だと俺には思えるけど。それも俺の感覚か。。。
つか、よっぱでせっかくご機嫌なところなんで今日はこのまま寝ますw
明日時間あるときに来る。おやふみなさいノシ


560 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 08:39:33 ID:F0+tgFT/

☆☆☆☆☆♪ 〜 


「皆で馴れ合い一緒に歩けば、赤信号でもこわくない〜」

【 知恵の木の実 = サタン = 洗脳 =カルト 】
 
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm  


☆☆☆☆☆♪ 〜 


561 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 08:50:45 ID:l6hYDnMv
>>558
> 試しに、時間を自然現象から切り離してご覧。どういう結果になりま
> すかw。

あんたみたいに支離滅裂になりますw

562 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 09:46:31 ID:v1PcZPc9
>>561
>あんたみたいに支離滅裂になりますw

時間とは、自然現象である天体の運行を基準として定めたものですよw。
それ以外には、時間というものは存在しません。




563 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 10:41:34 ID:WWgLKzj9
>>562
時間そのものと時間のスケールの区別がついていないな。


564 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 10:43:02 ID:Yeak7mHD
>>562
人間の概念が全てだと思ってる?
概念以外は存在しないと。。。

それと、今改めてみると、またレス返さずに一点に文句付けてるね。
返さないところには同意したと思っていいね。

565 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 10:43:51 ID:Yeak7mHD
>>563
うん、ご隠居ももうもうろくし始めたのかも。。。

566 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 11:15:57 ID:gcEjwyGg
>>564
>人間の概念が全てだと思ってる?
>概念以外は存在しないと。。。

「人間以外の概念」って、一体誰の概念?君は人間じゃないの?人間は、
いくら足掻いても、人間以外のものにはなれませんよ。

通常の理解力があれば前レスから容易に回答が導き出せる質問、感情まみれの
質問、思考や論理がまとまっておらず、論旨不明な質問、には回答しませんの
で、悪しからず。

君と小ヨハネとの対決が見たいね。思考基盤が同じだから、きっと話が弾むよw。



567 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 12:12:19 ID:UujSwBon
話が噛み合わない隠居様だな。
小ヨハネとも対決?対決なんてするとは言ってないけどね。
向こうスレのその他の人たちと馴れ合ってくるかどうかってところだよ。

568 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 12:14:49 ID:UujSwBon
>>473
その方が自然な感じもしますよね。
木蓮は神通力を使わずに暴行に身を任せたとか。
でも、そもそも神通力を強調したりしない方が万人にとっては受け止めやすいと思います。

569 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/02(水) 12:15:01 ID:eDxIklnj
>>551
またしても、ピントが合ってますね。俺が父親と一卵性親子なのは自分でも分かっていますw
キリスト教を仏教的に解釈してしまうのは一番簡単です。ただこれではキリスト教自体を消してしまうから
これ以上に語ることが出来ない。ユダヤ教の視点から反体制の預言者の一人として語ることは簡単ですが、
これもキリスト教に於けるイエスに迫ることが出来なくなります。そして、キリスト教徒としてイエスに
ついて語ることは、不可能です。それは、どこまでもキリスト教がイエスという個人を信頼する信仰による
からなので、1対1の信頼関係をそのまま第3者に開示出来るはずもなく、下手に説明すれば神秘主義になる
だけです。俺は5歳までにはユダヤ教徒になっていたが、未だにキリスト教徒にはなり切れていない。ただ
そこには信頼関係あるのみだということは分かっている。





570 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 12:19:08 ID:UujSwBon
感情まみれには答えないというわりに、
もっとも感情的とも取れる部分に突っ込むご隠居。
人間に本来当たり前に「存在するもの」心、時間。
もっとも大切なのはむしろそっち。
生きてる価値を人間が感じるのもそっち。
さて、心を語ることが感情的なのだろうか。。。
俺にはご隠居のレスこそが感情の作用で支離滅裂になってるとしか思えないのだが。
感情を無視しようとするあたり気付くことも出来ないのか?

571 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 12:22:47 ID:UujSwBon
>>569
ちわノシ

572 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 12:31:56 ID:UujSwBon
>その「心」「精神性」の過度の重視ゆえに、宗教やイデオロギー(私の定義で
>は、これも宗教)による殺し合いと争いが起きている、という「事実」を認識
>しなければならない。史上の宗教紛争や、現在の中東紛争、国内のカルト問題
>を直視すれば、あまりにも自明。宗教や心は、百人百様。すべての人間の共通
>の基盤などには絶対になり得ない。

このレスについては理解は出来る。
けど、過度の重視の方向性、必ずしも過度である必要もない。
当たり前のこととして前提としてあるもの、人は心を無視して存在し得ない。
人の本質の全てはご隠居の言う身体にあるのではなくて心にある。
ご隠居の言う過度の重視というのは、俺にいわせれば、過度の主義思想。
そんなもの以前に心がある。一人一人の主義が共通の基盤になるわけもない。
そこを理解したうえでの心の有りようの融和。それが出来ないから争いが起こる。

573 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:04:47 ID:HWq/nmkh
隠居w

574 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:12:19 ID:GmiATQgV
>>563
>時間そのものと時間のスケールの区別がついていないな。

スケールのない時間は、五感の知覚から離れたカントの「物自体」と同様
存在しません。それは「心理的時間」であり、百人百様の心理現象か、又は
西洋観念論哲学者の妄想に過ぎません。

特定の1分間が、あなたにとって長く感じられようと短く感じられようと、
その間、天体は1秒の狂いもなく運行しているのですよw。



575 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:12:30 ID:P1ZotW/J
教祖様は、地動説を理解できずに、天動説を信じているお人。
たぶん、本人も自分が地動説を理解していないとは、わかっていないと思う。

存在は予想できたのだが、
ほんとにいるとは思わなかったなぁ〜

中世的世界観を勉強するには、生きた化石みたいなお人。

こんな話がある。
とても有名な話なのだが、
ガス欠で運ばれてきた車の若い女性ドライバーに、
スタンドマンが、車がガソリンで動くことをこんこんと説明したという。
ところが、ここからが、とても不可解なのだが、
車がガソリンで動くことを知識として理解できるし、
そのためにスタンドに行かなければならないことも理解できるという。
しかし、どうしても、自分がスタンドに行かなければならないというのがわからない。
つまり、彼女にしてみたら、いままでの生活習慣で、
車は乗るもので、自分でそれを給油するなんてことはなかったのである。
いつも車は他人事であり、自分がスタンドにいくなんて行為はあり得ないことなのだ。

そんな馬鹿なと思うだろうし、誰もが、つくり話だと思うだろう。
でも、人間の生活習慣とは、意外とそれぐらい頑固なもので、
自分で深く信じているものである。
自分の身にとんでもないことが降りかからない限り、決して、変えようとも思わない。

たぶん教祖様は、キリスト教を拒んでれば、別にそれで生活は足りるのである。
きっと、家はキリスト教一家で、本人はそれを拒んで教会に行くのが面倒なオタク人間。
そんな教祖様を、家族が呆れて相手にしてない。めしさえ食ってくれればと思うだけ。
それがまた、面白くないから、ここで、うっぷん晴らしてる。
わかりやすい、話だと思う。

576 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:17:43 ID:+27llgO8

以前のレスに壺の話があったけど、
キリスト教は、この世界の宇宙の一段上に神の世界があるというが、何を
根拠に証明するの?研究者さんみたいに平易に説明して下さい。

ただ「神様を信じなさ〜い!信じなさ〜い!」・・・だけ???
言うだけなら誰にもたやすいこと。

やっぱ、サタンに洗脳されて(知恵の木の実)を食べちゃつたって感じ〜w。


食べてから心で、考えたり感じたり区別したりするようになったから。
それまでは全裸でいても恥ずかしいとかいう意識、心は無かった。無心と
いうかそれで幸せだったんじゃな〜い?

神に似せて作られた人間の体も、汚い物のように粗末に蔑視する感じがあるw。

歯一本でも小指一本でも身体は、かけがえのない尊く立派で大切な物だと思うけど〜。




577 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:25:16 ID:UujSwBon
>>575
そのままご隠居になってしまったのかもしれないですねw

578 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:31:01 ID:UujSwBon
>>576
キリスト教の話をいっつまでも持ち出してるのはご隠居様だけだよ。

>食べてから心で、考えたり感じたり区別したりするようになったから。
>それまでは全裸でいても恥ずかしいとかいう意識、心は無かった。無心と
>いうかそれで幸せだったんじゃな〜い?

それはそれで幸せだったかもね。


>神に似せて作られた人間の体も、汚い物のように粗末に蔑視する感じがあるw。
>歯一本でも小指一本でも身体は、かけがえのない尊く立派で大切な物だと思うけど〜。

神に似せて作られたなんてことそもそも思わないね。
人間が神様に作られたはずがないし、歯1本でも小指1本でもかけがえのないものであるのも理解する。

で、君はそう思ったからには裸で暮らさないでしょ?それはなぜ?
歯が抜けて入れ歯になった人や小指や他の指をなくした人は揃ってる人よりも劣ると思いますか?
人間のランクや価値があるなら(俺は絶対にあると思ってる)その判断は何でする?
指ですか?歯ですか?

579 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:33:32 ID:UujSwBon
>神に似せて作られた人間の体も、汚い物のように粗末に蔑視する感じがあるw。

この1文には違和感があるな。
こんなことをこの流れで思う人はたぶんいないんじゃないかな。
これは君自身がそう感じているってことじゃないのかな?

580 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:39:52 ID:pDdn9UHA
神が存在する証拠は無神論の国家が存在しないことにあるだろう。
かつての共産主義国と同様に短期間で滅ぼされてしまうのだ。





581 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:41:35 ID:UujSwBon
>>580
俺は人間が神というものを作り出しやすい精神構造を思ってるのだと理解してる。

582 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:41:38 ID:P1ZotW/J
>>576
>キリスト教は、この世界の宇宙の一段上に神の世界があるというが、何を
>根拠に証明するの?研究者さんみたいに平易に説明して下さい。
>ただ「神様を信じなさ〜い!信じなさ〜い!」・・・だけ???
>言うだけなら誰にもたやすいこと。

私は、キリスト教信者でもないけど、
教祖君は、典型的に、神様はまちがいという神様を信じてるでしょう。
平易に語りようがないと思うのですけど・・・・・

しかも、神様は証明する必要がないから、神様なんです。
無根拠だから、宗教なので、その疑問を受入れることができれは、りっばな学問ですよ。

教祖君も、りっぱな宗教です。
論理体系は小学生でも欠陥指摘できますけど。





583 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:42:46 ID:UujSwBon
変換ミスまくりだな。。。¶:3)| ̄|_

精神構造を持っているの間違い。

584 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:43:38 ID:UujSwBon
で、こんぶ殿。
俺は宗教を持ってるように見えますか?

585 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:47:40 ID:P1ZotW/J
>>584
私は、以前にも結論らしきものをちらっと、だしたけど、
人間の属性に、宗教心があると思ってる。
経済も宗教だと思ってるから。

ただ、その場合の宗教が広い概念になるから、狭くするためにどうしたらいいかなっと・・・


586 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:48:38 ID:Z5vwqlvT
>>584
むしろ、求めているように見えるなw

気になるあの子のことが、欠点も長所も気になってしょうがない・・・
みたいな・・(´ー`)y━~~

587 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:48:50 ID:UujSwBon
1523歩譲って、ご隠居の意見が全て絶対的に正しいとしよう。
でも、きっとご隠居の意見を取り入れる人はいないのではないか。
人って面白いもので、絶対に正しいとされるものを取り入れるとは限らなかったりする。
誠実な人間よりもちょっと不安な人間に価値を見つけたりする。
面白いのだ、人間。
まず第一に、ご隠居様は 幸せかい?充実した生活してますか?
そういう部分に対しての価値観はどーなのよ。
その自論をもって充実し発展し満足は得られるのだろうか。


588 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:50:30 ID:pDdn9UHA
>851
もし人間が神と言うものを造りやすい精神構造を持っているのが事実ならば
そのような進化はまさに神本人の手によって齎されたと考えてよろしかろう。


589 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:51:15 ID:P1ZotW/J
>>587
別に、教祖君がなにを信じようが自由。
また、個人的な見解では、押し付けてもいいよ。
でも、そこに、他人を納得させるだけの論理性と人間性がなければと思う。
どちらも、ないからねえ。
同情心は煽りそうだけど・・・・・



590 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:53:53 ID:UujSwBon
>>585
うん、主義を突き詰めていけば宗教的なものが現われてきますね。
自分の自論を力いっぱい書きなぐれば、宗教者の言葉と変わらなくなるかも。
それは押し付け云々ということではなく、
それに、特に仏教的な思想と共通性も生まれてくるものも多い。
>>586
求めてるんでしょうかね。。。
今こんぶ殿宛にレスしたようなことであれば、俺の私生活での今後の行き着く先は、
宗教的要素を持ったものを多人数で求めていくことになるかもしれないのだと自覚しました。
その良し悪しは謎です。。。こんぶ殿流の学問的なものが良いとも思えるし、
強い信念にするには宗教的にならざるを得ないような。
とにかく見えなくなってしまうことだけは避けなければっていうか。

591 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 13:54:33 ID:GmiATQgV
>>569
>またしても、ピントが合ってますね。俺が父親と一卵性親子なのは自
>分でも分かっていますw
父親との、現実の人生経験の差に過ぎないことを、申し上げたかった
のです。
>キリスト教を仏教的に解釈してしまうのは一番簡単です。ただこれで
>はキリスト教自体を消してしまうから
その点についてのあなたの「迷妄だな」という核心を突いた名レスに、
マジで感服した次第です。
>これ以上に語ることが出来ない。ユダヤ教の視点から反体制の預言者
>の一人として語ることは簡単ですが、これもキリスト教に於けるイエ
>スについて語ることは、不可能です。
「イエスに迫る」とは、具体的にどういうことですか。「迫るべき価値
がる」ことを、既に教えられたか、若しくは自分で前提としているので
はありませんか。
>それは、どこまでもキリスト教がイエスという個人を信頼する信仰
>によるからなので、1対1の信頼関係をそのまま第3者に開示出来るは
>ずもなく、下手に説明すれば神秘主義になるだけです。
人間が何かを信頼する場合、信頼すべき合理的な根拠がなければなりま
せん。未開人とは異なり、現代人は、基本的には、何らかの科学的合理
性を基盤としています。さもなければ、単なる盲信か、精神医学的現象
であり、現代人としての資格は失われます。
1対1の信頼関係と言われるが、20億人近くの人間が「共同して」
イエスを信頼している以上、1対1の個人的信頼関係以上の何かがあ
るはずではありませんか。
>俺は5歳までにはユダヤ教徒になっていたが、未だにキリスト教徒
>にはなり切れていない。ただ そこには信頼関係あるのみだという
>ことは分かっている。
あなたの思想には、「良い意味での」ユダヤ教の影響が見られますね。
それがあたなが「キリスト教徒には成り切れない」原因だと思います。

592 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:54:49 ID:UujSwBon
>>588
。。。それは俺には理解不能な概念です。

593 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:55:51 ID:UujSwBon
>>589
こんぶ殿もご隠居に同情的なの分るし。
なんでこんなご隠居が気の毒に思えてしまうのでしょうか。。。

594 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:55:57 ID:P1ZotW/J
ピントが合ってるって、皮肉だと思ってたのだが・・・・・

ホント?


595 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 13:58:16 ID:P1ZotW/J
>>593
いやあ、身近にこれだけ他人の助言を聞かない人間いたら、
だれでも、同情的になるでしょう。
人ごみを後ろ見ながら突き進んでいる人いたら、
いつか、ほんとに、とことん殴られるでしょう。

もう、殴られてるのかも知れないですけど。


596 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 13:58:31 ID:UujSwBon
あれ。小ヨハネ登場したの?

597 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:01:10 ID:pDdn9UHA
しかし、理解不能なのは俺には理解出来るな。
要するに、物事は全て「偶然」成立していると言う信念が在るのだろう
この信念に反する意見、発言、言論は全て理解不能になる。
それは思考の前提に自然主義的観念があるからだろう。



598 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 14:02:40 ID:P1ZotW/J
>>597
地動説から、天動説は理解できる。
でも、天動説から地動説は理解できない。
そういうことでしょ。

宗教は天動説です。


599 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:05:10 ID:UujSwBon
>>595
やっぱりこんぶ殿は優しいんだw
俺は現実でこんな人がいたら目にもとめませんw
>>597
偶然、必然をあまり意識しないかも。
どっちであろうが縁があった。とか、その種類によっては必然を感じたり。
この板を見ても、唯識や不可知とか出てくるけど、自分がそのどちらかということを意識しない。
ご隠居は俺に言うけど、確かにそうだと思いますよ。
感情や思考で全てを判断しようとする。感覚的に判断して、そこに根拠を見つける的?
自分で決めたこと以外を決まった形を絶対的に信じることはしない。
神はいないと確信した瞬間があった以上は、存在が見えない限りは神は存在しない。

600 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:08:23 ID:Z5vwqlvT
>>590
最終的に
惚れるか?
幻滅するか?

気になるあの子の、
かなりの部分を把握するか、(もしくは付き合ってみるか?(爆
しないとわからないのかもねw

噂と違って、素敵な子かもしれないよw
「そっか、やっぱりあなたも、
あたしのことそういう風に見てたんだ・・・ ちょっとショックw」
なんてな。 ノシ

601 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:08:45 ID:pDdn9UHA
この宇宙が発生する以前に「思考」「理性」「大いなる精神」の存在があったと仮定するのはそんな突拍子もない意見ではないと思うのだ。
十分ありえることだと思う。
そして現在のこの瞬間にもありとあらゆるところに、いわゆる「神」の精神はいきわたっている。
それは、例えるなら、カブトムシが入った虫かごの中に、その育て主の精神が、土の一欠けらにまで行き渡っているのと同様の意味でである。

602 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 14:10:42 ID:P1ZotW/J
>>599
やさしいかどうかは、わからないけど、
実際にこういう人いたら、心配するなぁ〜

親だったら、なおさらだろうなぁって思う。

知識云々ではなくて、意識の領域だからさぁ〜
しかも、2チャンするってことは、外界との接触は断ってるわけではないし。

ある意味、かなりの重症だろうって、判断しちゃう。
どうしたらいいか、本気で考えると思うなぁ〜
きっと、いると思うよ。教祖君にも。

働いていけるうちは、とりあえず安心するけど。


603 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:12:34 ID:UujSwBon
>>600
既成の宗教に惚れることは無いでしょうね。
なんていうのか、自分の信念とか思想としての、
宗教的なものを育て上げる可能性はあるかもしれません。
と言うのは、こんぶ殿が言う、貨幣価値的なものや事業的展開に関すること。
人生の思想そのもであったり、社会的価値であったり。
いずれにしてもあまりに色んな物事を強く思うことはしないと思いますけど。

604 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:14:04 ID:pDdn9UHA
しかし感覚とは最も低次元の認識ではないか?
「虫かごの中が全て」のカブトムシ君は土、水、きゅうり、木切れ、などという感覚的事物を認識するかもしれん。
しかし、もう少し知性があれば、さらに「存在の謎」に思い至るだろう。
何故、きゅうりが存在し、いつも水は清潔に保たれているのだろう。まるで俺が生きるのに都合の良いように環境が用意されている。
そして神(飼い主)の存在に気付き、感謝を捧げることだろう。



605 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:14:41 ID:UujSwBon
>>601
>「神」の精神はいきわたっている。

この言葉を俺なりに理解するなら。
多くの人間の思考に神が存在し、この世の中は人間の思考が生み出して継続してきている。
だからこそ、神の概念が世界のいたるところから感じられても不思議なことではない。

になりますかね。

606 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 14:16:02 ID:P1ZotW/J
>>601
前レスかその前でもやったけど、
その考えは、デカルトだと思う。
ただ、教祖君がさんざん茶茶入れして、わかりにくくしちゃったけど、
デカルトの神は、あなたと同じ考えですよ。

そして、今の科学の真理も同じ位置にあります。

だから、今の思考体系では、たぶん反論の余地はないと思うのですよ。
認めるかどうかは別ですけど。


607 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:16:55 ID:UujSwBon
>>602
この件に限らずこんぶ殿は優しいと思えますけどね。
他の人も優しい人が多いけど。
前にこんぶ殿に男か女か聞いたのも、なんつか、
悪い意味ではなく女性的な優しさっぽいの見たからなんすけどね。

608 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:18:01 ID:pDdn9UHA
太陽が輝き、大気があり、水がある。食料も用意され、気温もすこぶる安定している。
カブトムシよりちょっと進化した動物である人間は当然宗教を持つ。


609 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:19:39 ID:UujSwBon
>>604
低次元かどうかはその人の姿勢と根底にかかってくるんじゃないでしょうか。
それに低次元の可能性があればこそ、絶対的だとは中々確信しにくい。
確信しないってことこそが常に色んなものを受け止められることでもあると思うんです。
存在の謎。そういうのは考えて分ることではないしあまり考えませんw

610 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 14:20:14 ID:P1ZotW/J
>>607
ある意味人間好きなんです。
アホバカな自分好きですし。
いやあ、女も好き。
女に好かれるかはまったく違うレベルなのもいいヽ(^。^)ノ



611 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:22:25 ID:UujSwBon
>>608
それにはかなり同意です。
当然なのかどうかが完全といえない理由です。
当然かどうかは分らないけど、今のところ完全に同意は出来ますw

612 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:26:39 ID:UujSwBon
>>610
人間は好きですね。
人間と接していないと元気なくなりますからねw
自分も好きですね、アホバカと言われようがそれもあまり関係ないですね。
女はものすごい好きですねw
同じですw

613 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:27:25 ID:GmiATQgV
>昆布殿

私の述べている思考基盤は、極々平凡でありふれたもの。すべての生活
者は、この基盤の上で毎日の生活を営み、無意識的にでも思考の基盤と
している。たとえ宗教者であっても、それが生存の基盤であることは、
ちょっと考えれば判ること。

宗教でなないのだから、押し付けたり、説得したりする意図は毛頭あり
ません。宗教やイデオロギーに嵌ると、この「自明の事実」が見えなく
なるから、注意を喚起するため再陳述(Restate)してるだけ。

前にも書いたように、1個人による「眼から鱗」の思想ほど、胡散臭く、
それによって「説得される」ことほど、危険なものはない。長い長い年
月をかけて、他者との係わり合いの中での日常生活から、自然に発生し、
熟成された思想のみが、人間性からの隔絶のない「本物」で、危険があ
りません。

614 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:31:41 ID:pDdn9UHA
>長い長い年
>月をかけて、他者との係わり合いの中での日常生活から、自然に発生し、
>熟成された思想のみが、人間性からの隔絶のない「本物」で、危険があ
>りません。

それは宗教そのものではないのか?



615 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:39:06 ID:pDdn9UHA
「偶然」で何万年もの間人類が存続しえるだろうか。
そこには大いなる導き手の存在があるように思う。
昆虫を飼ったことがある人間なら分かるが、「自然」にまかせ、放置しておけば、人間の手が介在しない限り、
虫かごの中は、エントロピーが増大し、2週間もすれば、悪臭にまみれ、カブトムシはカラカラに干からびて死んでしまうのだ。
何年もの間、次世代が生き残り続け、カブトムシの一族が生き残り続けるなんてことがあれば、それはかなり用心深く周到に飼い主が
環境を整備し、体調に気を使った結果なのである。



616 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:42:18 ID:UujSwBon
>>615
生物の自然に対する適応能力。
それと人間の場合には建設的な思考。
文化をもって受け継いでいくこと。
人間の為に世界が出来たのでもなく、自然があったからそこに適応できるものが生き残っていく。
そう考えてます。
自然そのものの偉大さはつくずく感じますけど、そこに適応して進化発展する人間もものすごくすごいものだと思ってますね。
そのすごさを一人一人が自覚することも大事だと。

617 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:44:21 ID:pDdn9UHA
建設的思考を持つ生物が発生するにはかなり用心深く周到に虫かごの中を見張る大いなる知性の存在が不可欠だと思うのだ。


618 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:47:43 ID:GmiATQgV
>>614
>それは宗教そのものではないのか?

自然宗教はそうだが、創唱宗教(啓示宗教、世界宗教)は全く異なる。
後者は、1個人である開祖の精神障害に起因した「眼から鱗」の思想に、
信者が「説得された」「感染された」だけのもの。

同じ宗教と言っても、自然宗教と創唱宗教とは、このような本質的相違
があるので、両者は常に厳格に区別する必要がある。

なお、シャーマニズムは、未開時代における科学の代用品。人々は、そ
れを、病気治しなど「生存」のために「利用」した。創唱宗教のように、
人々の精神の内部に土足で上がりこみ、精神を破壊することはなかった。


619 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:47:46 ID:UujSwBon
>>617
思考の始まり方が違うんでしょうねw
前提が違うからその部分は理解しにくい。
けど、人こそがすごいのだと思わないですか?
前にもレスしたけれど、人間から感動やすごさを感じさせてもらったことは何度もあるけど、
偉大さも感じられるけど、神というものからは一度たりとも与えられたことはありません。
自然そのものが神だというのであれば、感動も偉大さも感じられる。

620 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:50:12 ID:oKozE/6J
>>578.>>582.>>595

妄想狂、脅し、狂気、傲慢不遜、むちゃくちゃ、洗脳、サタン・・・・
大の大人が・・・・相手にできないw。あほラシ〜〜〜ヽ(^。^)ノ
これでは誰とも争いを繰り返すわけ〜w。永遠に・・・大罪!カワ磯〜
君達のように、マニュアルで洗脳されたロボットは気持ち悪〜www。

無知で善良な人を騙すの位、朝飯前と見た。全員、牧師、その家族など
宗教を生計にしているプロと見ます田〜。即、解答の早いこと。暗記してるw。

普段はみんな紳士的で良い人達なのにね・・・・・www。
サタンにのっとられてしまったの〜?病気だよ〜w。

>>591
は礼儀正しく誠実で優しくまともな回答。 ヽ(^。^)ノ




621 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:51:50 ID:pDdn9UHA
地球と言う虫かごの中には40億年ほど前は「バクテリア」とかそんな原始的な生物しか存在していなかったわけである。
このバクテリアを育てて、建設的思考を持つ、人類にまで進化させようと言う「大いなる計画」があったと考える。
また、かなり注意深く見張っていなくては、そのバクテリア自体、ちょっとした環境の変異で簡単に絶滅してしまう。
バクテリアすら育てるのは難しいのだ。
さらにその上、進化などと言ったら、もう、かなりの飼育のプロじゃなきゃ不可能だろう。






622 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:51:52 ID:UujSwBon
>>620
。。。何か悪い人に騙されてるんじゃないのか?
大丈夫か?(ぼそ

623 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:54:31 ID:UujSwBon
>>621
それこそが自然の偉大さで、生物の偉大さだと言う根拠じゃないかと思うけど。
その考え的に神がとすることは、俺には自然を冒涜することに思えてしまう。

624 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 14:55:43 ID:UujSwBon
つか、虫かごには自浄作用もなにもなくて虫かごでしかない。
地球と虫かごは一緒に語れるようなものではないし。

625 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:57:15 ID:pDdn9UHA
人も凄いだろうが、それでは余りに自画自賛と言うか、謙虚に「神こそ凄い」と造り主を讃える方が凄いのではないか。
今まで受けてきた恩を忘れ中学生が「俺こそ凄い!!俺が今あるのは俺のお陰だ!!」とか言っているようなもので
謙虚に「今の私があるのは育ててくれた両親や地域の皆様のお陰です」とか言える中学生の方が明らかに偉いだろう。




626 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 14:57:57 ID:GmiATQgV
>>615
>そこには大いなる導き手の存在があるように思う。
>昆虫を飼ったことがある人間なら分かるが、「自然」にまかせ、放置し
>ておけば、人間の手が介在しない限り、虫かごの中は、エントロピーが
>増大し、2週間もすれば、悪臭にまみれ、カブトムシはカラカラに干か
>らびて死んでしまうのだ。

自然自体が「導き手」なのだから、人間がそのちっぽけな頭脳で、それ
以外の導き手などを考える必要はない。考えた途端に、すでに自然、
即ち神に反している。

人間がカブトムシを虫かごに入れること自体が、既に、自然、即ち「導
き手」に反しているではないかw。

627 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:00:10 ID:pDdn9UHA
しかし、自然、虫かごの例えで言えば、「きゅうり」や「木切れ」や「常に清浄な水」を讃えるのは
逆に、神への冒涜ではないか?思いっきり「きゅうり」を美化して、それを取り替えている神(飼い主)を無視したら
神は気を悪くすると思うぞ。




628 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:00:49 ID:UujSwBon
>>625
個がすごいのでもなく、人類。生命。自然。あるもの全てが素晴らしい。
神一つがすごいというのは自然に対して申し訳ない。
魚にも神様がいるのだろうか、信仰できなくても見守ってるのだろうか。
人はこれだけ自然にさえも影響することをしているのなら、自分たち人類のすごさ(怖さ)
をきちんと認識して、話し合って、今後も継続していける道を見つけるべきでは。
神様に頼っていても何も解決しない。
頼るのは別に良いけど、人間がやらなくては無理。
宗教同士が喧嘩してる場合じゃないと思うけど。

629 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:03:06 ID:UujSwBon
虫かごには生態系も存在しないしな。

630 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:03:47 ID:pDdn9UHA
>626
昆布も言っていたが、君は「お前は俺の考えに反しているではないか!!ww」と言って回っているようなもので
ちょっと自己中心的と言うか精神病的傾向があると思うぞ。


631 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:10:57 ID:pDdn9UHA
>628
その点では「教祖氏」に同感であって、既存の大宗教が呪術性を廃止、素朴で科学的な「自然宗教」に立ち返れば
宗教紛争は止むと思う。


632 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:12:06 ID:UujSwBon
>>627
ならわかった。
神様がいました、虫かごにいろいろなものを入れ、与え、生物を進化させ、
人類に知恵を与えて自立できるようになりました。
自立した人間は社会を形成し、自分たちで新たな神を作り、信仰し争いながら発展を続けました。
神は人間たちが自活しているので胸をなでおろし、他の虫かごの飼育に取り掛かりました。
だから人間はしっかりと自分たちの力で虫かごの中を整備していかなければ住めない環境になってしまいます。

こういう話でいい?

633 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:14:20 ID:UujSwBon
>>631
うん、俺もその部分に全然異論ないのだ。
けど、ご隠居様(旧教祖様)の意見では宗教に争いを無くすことは無理ってことじゃなかったかな。

634 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:14:43 ID:P1ZotW/J
>>613
>私の述べている思考基盤は、極々平凡でありふれたもの。

まあ、サンザンいろんなレスついてるけど、
みんなも言ってるように、君の思考基盤とやらは、
全然、平凡じゃないと思うよ。

まあ、そう思ってることは自由ですけど。


635 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:15:15 ID:UujSwBon
そーいえば、シヴァ神はキリスト教では何かしらに該当するの?

636 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:18:10 ID:P1ZotW/J
>>631
それも、私は幻想だと思うよ。
自然という総合的な言葉にごまかされてるだけで、
いざ信仰となると、いろんなニュアンスに分かれていく。

結局は、なんでもいいから、一つの神に統合されないかぎりは、
何を信じようが同じ繰り返しですよ。
でも、人間はみんな自分が特別だと思ってるから、
同じ神なんか信じないと思う。

やっかいな生き物でしょうねぇ〜


637 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:19:05 ID:pDdn9UHA
>632
そういう話でほぼOKだ。


638 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:19:30 ID:P1ZotW/J
>>635
だから、教祖君のいうところのイエスでしょう。

あっ、教祖君に答えて欲しかった?


639 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:22:04 ID:UujSwBon
>>637
そなんだ、意外とあっさりオッケーもらえたw
けど、宗教の問題で大きいと感じるのは、
どうでも良いような細部にまでこだわりを持つことと思えるかな。
大まかな趣旨が合えば足並みも揃えられそうなものが、細かい主義まで統一されないと
中々足並みなんか揃えられそうにない。
キリスト教なんか、ほとんど同じような教義もってても争ってるんでしょ?
そーかもそうだな、正宗とどっちがなんて外からは全くわからん。
が、お互いに相手が邪教だとか邪宗だとかやってるのだ。。。宗教自体の本末転倒な例だな。

640 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:22:49 ID:UujSwBon
>>638
いえいえ、つか、シヴァ神がイエスなんですか?
破壊と創造の神。。。

641 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:26:05 ID:pDdn9UHA
>636
まぁ恐らく、虫かごの中の現実を理想的なものにしようと日々計画を実行している神が居るとすれば
虫かごのエントロピーを増大させる一方で、何ら「建設的」な努力をしない、古い神を信じる旧人類を21世紀中には「淘汰」することだろうと思う。
東南アジアや中東辺りには宇宙から飛来した隕石とかが衝突してもおかしくないだろう。



642 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:26:54 ID:P1ZotW/J
>>640
破壊しなければ、創造はないけど、創造は価値観によって、様々。
弁証法が気休めだってのもそうだし、
進化論も同じ理由でしょう。

イエスが新しい価値観を築いたのなら、
やはり、相当なデストロイヤーであることに違いはないでしょう。


643 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:27:55 ID:UujSwBon
>>641
なんかそれって危険思想じゃないですか?w

644 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:29:44 ID:UujSwBon
>>642
そういうことですか。。。
でも、そうなると大乗仏教の大自在天=キリスト。
シヴァ神の前身のルドラ。
ルドラの元の雷。
もともとは一つの古代人類が創造した神ということになりますね。

645 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:30:50 ID:UujSwBon
天地創造は雷がもたらした。
確かに真実なのかもしれないけど。。。

646 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:31:57 ID:pDdn9UHA
危険「思想」でもなんでもないよ。
以前から神を巡って紛争ばかり繰り返している中東や東南アジアには隕石でも衝突してもおかしくないなーと思っていたが
案の定、津波や大地震に見舞われ、住民そのものが淘汰されかかっている。
現実の神の存在に思い至り、宗教紛争を止め、地球の大進化の為に活動を始めない限りこういった厄災は止まらないだろう。


647 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:32:56 ID:8IdqJELS
>>635
シヴァは三神一体論(トリムールティ)の三最高神の一人
三つの重要な神は、ブラフマーとシヴァとヴィシュヌ
ブラフマーは宇宙の創造、ヴィシュヌは宇宙の保持
シヴァは宇宙の破壊を担当するが
これらは同じ存在の三つの現われ

キリスト教の
父、子、聖霊
でいうところの
雷親父を連想すればシヴァは父っぽいが、
父=創造神はブラフマーなのだから、
シヴァはキリストか聖霊になるかもしれない。

648 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:32:57 ID:P1ZotW/J
>>641
地球を生き物としてみるなら、人間は、急速にエントロピーを増大させるウイルス。
したがって、人間を駆逐するエイズやインフルエンザは地球のワクチン。
大地震などの天災は、白血球などの自然治癒力なんじゃない?
隕石も、抗生物質みたいなものだろうし・・・・・・・・・

それは、それで、ひとつの考え方としてありだとは思うけどね。
どちらにしても、今のままでは、自分で自分の首を絞めてることには変わりはない。
神だ仏だと争ってる場合ではないけど、
ウイルスは、宿主を殺しちゃうからね。
そう考えれば、人間の知能もウイルスとそう大差はない。


649 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:33:23 ID:GmiATQgV
>>634
>みんなも言ってるように、君の思考基盤とやらは、
>全然、平凡じゃないと思うよ。

ならば、平凡ではないと思う点を、具体的に挙げなさい。それでは、
レスにさえなってないよ。

「みんな」や「本に書いてあること」などドーでもよいから、現実に
立脚して、誰も言わない、自分自身の頭で考えた意見を言ってくれ。
その際、必ず現実界との関連に言及してくれ。

教祖様が最初から預言したように、昆布氏の嵌り込みが最も深く、それ
を表面には出さないように隠している点で、最も悪質なようだな。教祖
様の預言は、すべて的中するw。

君は、本を捨てて肉体労働をやることだな。そうすれば、君のイエスも
イデオロギーもいつかは抜け、「ありふれた平凡な真理」がようやく
判るようになるだろう。



650 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:33:37 ID:UujSwBon
>>646
俺の言う危険思想ってのは、
そうなるだろうと想像してその実現を喜ばしく思うようなことね。
646さんがそう感じてるだろうと言うことではなくて、そう感じるような人が出てくるんじゃないかって。
そういう思想は危険だと感じる。

651 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:34:39 ID:P1ZotW/J
>>649
みんなの質問や疑問に答えない。


652 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:35:25 ID:UujSwBon
>>647
ブラフマーは梵天でしょ?
梵天よりも釈迦が偉い?
全宇宙は大日如来だったような気がしたけど。。。
いずれにしてもそのあたりに原点を持つ限りは、
ここで語っている神様は人間の創造神と行き着くのではないかと。

653 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:36:55 ID:pDdn9UHA
>650
しかし、自爆テロとかをして多くの文化財や人を破壊するような民族、団体、人が滅ぶことは
地球人類にとっても喜ばしいことだと思うぞ。


654 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:37:03 ID:UujSwBon
>>649
自分の言葉を感情のどーたらで終わらせてはだめだよw


655 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:37:46 ID:P1ZotW/J
>>652
えっ?

妖怪大集合じゃないんだからさぁ〜
史実的に検証するならまだしも、別に遊びなわけだから・・・・・・

史実的に検証するなら、
問い自体がかなりすごい問いだと思うんだけど・・・・

656 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:42:08 ID:GmiATQgV
>>651
>みんなの質問や疑問に答えない。

君が「みんなの」などという必要はない。

私の回答しない質問の種類は、前スレで述べている。前スレ読んでる
のか。驚くべき読解力、理解力、想像力、知性(批判力)の不足だな。

657 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/02(水) 15:43:13 ID:UujSwBon
>>653
ん、綺麗ごとではすまないし、一利はあるとは思うけど。
でも、思想が偏ることは危険と思うことに変わりは無いかな。
昔に信長が徹底的に一向宗を叩いた時、その時のことなどからでも日本人は学んだこともあるはずだと思うけど。
でも、簡単な問題ではないし、難しいね。
>>655
史実的な検証がそもそも出来ると思えないんすよね。
キリスト教がなんなのかは知らなかったけど、仏教の神様仏様たちはかなりたどれるはず。
いずれにしても古くは日本のイザナギやイザナミと同じような感じでしたよね。
キリスト教のデウスってのは、ひょっとして元々はゼウスであったりとか?
さすがにそれは無いかw

タイムオーバーになってしまったので落ちます。
またですノシ

658 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:43:20 ID:P1ZotW/J
>>656
>君が「みんなの」などという必要はない。

ハイハイヽ(^。^)ノ

わたしの


659 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:44:12 ID:P1ZotW/J
あっ、まちがって、ボタン押しちゃった(^_^;)

続きヽ(^。^)ノ


質問に答えなさい(^^♪


660 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 15:45:38 ID:pDdn9UHA
「ヒトラーの予言」ではないが、このまま行けば、古い神を信仰する旧人類と
先進諸国の住民とでは差がつく一方で、もう100年もすれば、同じ人類であるとはとても思えないくらいの
まさにサルと人くらいの「実力の差」が生まれ、「宗教紛争」どころか、前者に関しては、自然保護みたいな観点から
「特別区」が造られ、保護育成の対象になるんじゃなかろうか。



661 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:47:00 ID:P1ZotW/J
>>657
教祖君もやってたと思うけど、宗教は、辿れるでしょう。

ミトラ教。

ミトラ教よりもさらに辿れるとも思うし。
エジプトのファラオあたりの宗教にあるんじゃない?

現存する資料が少ないからね。


662 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 15:51:57 ID:P1ZotW/J
>私の回答しない質問の種類は、前スレで述べている。前スレ読んでる
>のか。驚くべき読解力、理解力、想像力、知性(批判力)の不足だな。

そうそう。
アホで馬鹿な人間ドモに、なんども同じことを繰り返して、認められるんです。

教祖君も、なんども同じことを繰り返して、人生を実感しましょうヽ(^。^)ノ


さあて、わたしもオチ。

教祖君またね(^O^)/



663 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 16:11:40 ID:HdWME/ho
破壊の反意語は建設で
創造の反意語は模倣ですよ

664 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/02(水) 17:30:52 ID:eDxIklnj
>>591
途中までは正気なだけに、残念ですね。人を信頼するということは、その人を信頼する根拠を十分に
示せないにもかかわらず、ある事態を真実として認めると言うことです。
俺は、教祖様の大好きな共同体ってヤツが、嫌い。。。集団心理も、イヤだ。信仰であれ音楽であれ、
大事なことは1対1の個人教授でしか伝わらないと思ってる。



665 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 17:56:28 ID:GmiATQgV
>>664
>俺は、教祖様の大好きな共同体ってヤツが、嫌い。。。集団心理も、イヤだ

共同体が嫌だといってみたところで、人間も他の動物でも、共同体としてしか
生存できないのですよ。あなたは、独りで生存できるとでも思っているのですか。
「男と女に造った」。原初から共同体です。

集団心理(付和雷同)は勿論嫌ですが、宗教こそ、集団心理の典型ではありま
せんか。

クリスチャンであるための、人間的限界なのですかね。

666 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/02(水) 18:03:23 ID:eDxIklnj
共同体を否定したってしょうがないことは承知の上ですよ。
でも教祖様の共同体って何だろ?

667 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 19:42:31 ID:Z5vwqlvT
>>666おめw

( ̄ー ̄)ニヤリ


668 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 20:05:28 ID:VSs2npx3
>>582
どうでもよいことを、愚だ愚だカキコするな!

>>582
>しかも、神様は証明する必要がないから、神様なんです。
>無根拠だから、宗教なので、その疑問を受入れることができれは、りっばな学問ですよ。

( 盲信 )「だって自分で証明してるでしょうにw。
ただ言われたことを信じなさ〜いって。鰯の頭も信心からって・・・・。
余りにもいい加減、無責任・・・・低脳、自分達の固定観念の押し付け、傲慢不遜w。


その狂気の強引な先導と押し付けとエゴが、多くの尊い生命を長いこと軽視し、奪ってきた。
洗脳しなければついていくわけがないw。ウラに巧妙な悪意がチラチラ見えるw。


立派な学問?誇大妄想狂の世界です田w〜。




669 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/02(水) 20:15:42 ID:P1ZotW/J
>>668
内容理解できないのか、してないふりをしてるのか?

ところで、いつはじまるの?
ボクシング・・・・・


670 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 20:38:03 ID:rXBeJ7+u
>>666
>共同体を否定したってしょうがないことは承知の上ですよ。
>でも教祖様の共同体って何だろ?

「生存のための」共同体、とちゃんと言ってるでしょ。現代で言えば、夫婦、
家庭、近隣、市町村、都道府県、国、世界と、重層的に形成されます。

「否定したってしょうがない」という言い方はおかしいのでは。あなたも、朝
起きて夜寝るまで、一年中、そして一生、先人を含む無数の他者の労苦の結晶
によって生かされている。イエスや架空の神によって生かされているのでは
ありませんよ。そのような他者の恩恵を感じられない人間を、「忘恩の徒」と
呼びます。

671 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/02(水) 21:28:41 ID:eDxIklnj
19世紀的な神秘主義だな…
宗教史やらずに聖書だけ読んだのかな?


672 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 21:54:36 ID:H5SLxUuz
>>671
キリスト教は「自分の」救いを求めることや、架空の神や死んだイエスに感謝
することは教えますが、人間であるすべての他者に感謝し、その生命を尊重
すべきことを、具体的にはどのようにして教えているのですか。

673 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 22:05:36 ID:H5SLxUuz
>>671
さらに、共同体の最も重要な最小単位としての、家庭の尊重については、どう
教えていますか?聖書では、イエスは、むしろ家庭を破壊してイエスに従う
ことを教えているようですが。

674 :聖霊大王:2006/08/02(水) 22:32:17 ID:AvhtaLtV
教祖も、ありのまま、本来的とかいえば、まともに聞こえるのにね、本能とか、こだわるからな、、

675 :聖霊大王:2006/08/02(水) 22:47:09 ID:AvhtaLtV
いつも、思うのだが、果たして、仏教の哲学を理解して、吟味された人を見掛けない、、、りょんちゃん、どう思う?

676 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 22:49:56 ID:pDdn9UHA
まぁ、一般的にキリスト教徒は家庭を大事にする傾向が強いね。



677 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 22:53:55 ID:pDdn9UHA
「教祖氏」の理論に従うと、キリスト教の影響が最も薄い日本で親殺し子殺しが頻発するはずは無いのだがな。
しかし実際は全く宗教と無縁な層で「家庭崩壊」が進行している。
一方で、家庭を顧みず、マネーを追いかけてきた「資本主義原理主義者」が多いアメリカではキリスト教の伝統に立ち返り
家族を大事にしようと言う運動が起こり、これに共鳴する人が多いそうだ。




678 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/02(水) 23:34:02 ID:eDxIklnj
>>673
あなたの「共同体」も、キリスト教からいい加減に拾って来たようにしか見えないけど?
何でも拾ってくっつけちゃうミノムシだな…

679 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 00:02:35 ID:+9sxgpVb
>>678

質問には答えられないから、そうやって必死に話題を反らすのだな。

マイコン信者は、「見れども見えず、聞けども聞こえず」。その上、キリスト
教徒の多数を頼った選民意識があるから、なおさら始末に悪い。

やはり、キリスト教が、その殺した人間の数から言っても、最大・最悪のカル
トと断定せざるを得ない。

そんなキリスト教を信じる意味は一体何か?やはり、「イエスが価値在るもの」
と教えこまれるから、それが本当だと思って「イエスに迫りたい」のか。

イエスの批判も、聖書の批判も、どんなことがあっても出来なくなってしまっ
ている。

批判がないところには、理解も、進歩も、そして本当の信仰さえもありえない
事を、早く覚るべき。

680 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 00:16:26 ID:rtCznVGe
教祖様の深い人格的歪みを感じるねー 人格的歪みそのものが、喜び、生き甲斐かもね、

681 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 00:22:58 ID:tbBUprB5
>679
教祖さんも、非キリスト教圏の日本で何故「本能」に反した親子殺し合いのような現象が起こるのか説明していないぞ。
宗教さえ滅べば、人間は本能に従って幸福な生活を送れると言う教祖氏の理論を体現したような社会がこの日本国なのだ。
しかし現実には、家庭崩壊や社会崩壊みたいな現象が巻き起こっている。


682 ::2006/08/03(木) 00:30:58 ID:a4GzsmWI
>>679
どんなことがあっても心の中でちらともイエスの批判も聖書の批判もしたことがないキリスト教徒が存在するなら、あなたの批判間まことに正しいね。


683 :聖霊大王:2006/08/03(木) 00:38:36 ID:rtCznVGe
仏教のいいところは、人間の不幸や教祖様の人格の分析できるところ、

684 ::2006/08/03(木) 00:42:42 ID:a4GzsmWI
ある種の人間にとって、宗教、神の否定というのは青春の門みたいなもの。
通常は長くて1,2年で否定という形の執着ということにきづく。
そしていくら否定しても否定そのものはなんら回答にならないと言うことにも気づく。

685 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 00:48:49 ID:pgL4o9XY
>>684
茶々入れてるだけかと思ったら
結構鋭いこと言うじゃないw

686 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 00:48:58 ID:p/52yhFZ
>>683
別に、そこで、わざわざ仏教持ち出さなくても・・・・・・・(^_^;)


687 ::2006/08/03(木) 00:49:54 ID:a4GzsmWI
キリスト教という概念。

仏教だろうがキリスト教だろうが哲学だろうが己の成長に応じたそのときそのときの答えがある。
ただそれだけ。

688 :聖霊大王:2006/08/03(木) 00:50:41 ID:rtCznVGe
犬殿、りょんちゃんへ、 仏教の哲学を知るには、空の思想史、立川武蔵、講談社学術文庫。 恐怖の哲学

689 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 00:55:46 ID:pgL4o9XY
>>688
犬は、興味があるかどうかだろうし、
りょんは、まずベースキャンプを張らなければ・・・w

いきなりの仏教哲学は、色んな意味でマイナスにしかならないと思う。
2chを見てればわかるでしょw
お釈迦さんから遠ざかってる人がいかに多いか・・・  ;´ー`)y━~~

690 ::2006/08/03(木) 00:59:49 ID:a4GzsmWI
仏教の哲学ねぇ。
過ぎると体験でしか学べぬことを観念的に理解したと思いこむことになりかねない。


691 :聖霊大王:2006/08/03(木) 01:16:17 ID:rtCznVGe
余りにも知的傾向が強い流れだから、哲学が必要なのさ、体験重視なら哲学不要、認識論は、哲学必要。

692 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 01:21:16 ID:pgL4o9XY
>>690
おぬし、仏性のある犬だなw
趙州の代わりに上堂汁w


おやすに  ノシ

693 :聖霊大王:2006/08/03(木) 01:36:40 ID:rtCznVGe
692殿に評価されない、おいらなのだ。禅スレでは、超玄人で、ここは、普通の人、んんん、二重人格かな、

694 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 01:44:23 ID:pgL4o9XY
>>693
評価してないわけではないが・・・・(^^;

チリチリチリ〜ン と鈴を鳴らしたくなるような惜しい部分があるのだよw
最終コーナー立ち上がってのストレートの伸びは抜群なんだが、
これからコーナーへ突っ込もうかという時にアクセル踏み過ぎ!
みたいな・・・w

695 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 01:45:50 ID:p/52yhFZ
>>693
だって、ここは、目的ナシの雑談スレだから。
普通であることの方がムズイ。
馬鹿とキティしかいないでしょヽ(^。^)ノ
わたしもすっかり定位置よ〜ん(^O^)/



696 :聖霊大王:2006/08/03(木) 01:59:44 ID:rtCznVGe
密教感覚がなす技か、 知的は、密教という感覚が、無意識にでるのだろうか、

697 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 02:02:47 ID:+9sxgpVb
>>681
>教祖さんも、非キリスト教圏の日本で何故
>「本能」に反した親子殺し合いのような現象が起こるのか説明していないぞ。

非キリスト教圏でも、本能の破壊された人間はどうしても生じる。しかし、
それは多分に「例外的」で「偶発的」。しかし、キリスト教による本能の
破壊は、初めから「意図的」「集団的」「組織的」。程度が桁違い。そん
なことも判らないのか。

ノンクリであれば、殺人には、良心の呵責と罪悪感が伴う。「神のための殺人」
は、それ自体が喜び、自分の救いであり、良心の呵責や罪悪感は皆無。

生存のためや激情に駆られての殺人と、意図的な、罪悪感のない殺人とでは、責任の
責任の性質と程度が全く異なる。

キリスト教は、まさに、最大の「殺人宗教」である。オウムの比ではない。

698 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 02:08:50 ID:p/52yhFZ
>>696
誰に、けんか売ってるの?
こんどは、自己陶酔・・・・・・(-_-;)

プライベートでなんかあったとかね。
別にいいけど。

699 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 02:12:34 ID:rtCznVGe
恨みのひずみ、教祖さま、

700 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 02:22:49 ID:p/52yhFZ
大王殿、>>698は軽いジョークよん。気にしないでねヽ(^。^)ノ



701 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 02:51:38 ID:+9sxgpVb
>>684
>ある種の人間にとって、宗教、神の否定というのは青春の門みたいなもの。
>通常は長くて1,2年で否定という形の執着ということにきづく。
>そしていくら否定しても否定そのものはなんら回答にならないと言うことに
>も気づく。

また宗教患者が一人出てきたようだな。君って、有名な宗教屋コテハンじゃない?

宗教や神概念は、あくまで宗教団体によって後天的に教え込まれるもの、即ち
洗脳の結果に過ぎない。その証拠に、ゴマンとある宗教ごとに、神の姿も、内
容も教えも大幅に異なるし、無神論の環境に育てば、神など信じない。

即ち、宗教は、人間の生来的な本能などではない。むしろ、本能を破壊する
意図的、人為的な観念操作である。

宗教に洗脳されても、意志力や知性(批判力)の強い人間は、努力してそれ
から離脱すことも不可能ではない。しかし、実際には極めて困難で、離脱後は、
回復のために、長期間ののた打ち回る苦しみを経験しなければならないが。

他の多くの人間は、一旦宗教(特にキリスト教系)に嵌ると、一生離脱する
ことは不可能で、酔生夢死の生涯を送ることになる。

宗教が、いかにも本来的、生来的であるような言い方はおかしい。





702 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 03:00:47 ID:0ztawXh2
厨房レベルの理科も理解できない奴がいくらほざいても
犬にはかなわないよ。

何てったってニュートン以前だもんなぁw

703 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 03:18:25 ID:+9sxgpVb
>>682
>どんなことがあっても心の中でちらともイエスの批判も聖書の批判もした
>ことがないキリスト教徒が存在するなら、あなたの批判間まことに正しいね。

「心の中でのちらっとした批判」など無意味。他人の心の中など誰にも判らない
し、関係ないこと。その批判を表明できなければ、他者に対する関係で、批判
とはならない。

その意味で、クリスチャンは、対外的には、イエスや聖書を一切批判できない
ことになる。心の中で「ちらっとした批判」も出来ていないと推測される。

そのために、江戸幕府は「踏み絵」を考案した。


704 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 03:26:33 ID:+9sxgpVb
>>683
>仏教のいいところは、人間の不幸や教祖様の人格の分析できるところ、

二つも宗教に嵌ったお前が言うなよw。まず、自分のイエス観念から離脱し、
宗教に嵌りやすい自分の人格を分析してみたらどうかねw。




705 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 03:33:03 ID:p/52yhFZ
>>703
なるほど。
その意見は、正しいね。

でも、その返レスのつけ方は、ピンボケしてるよ。


706 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 03:38:05 ID:p/52yhFZ
なぜなら、
自問自答を絶えず繰り返すこと、いわば自省することと、
対外的に批判を表明しないことは全く別なこと。

そんな浅い人間を想定して、宗教論じても、つまらないヽ(^。^)ノ


707 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 03:59:32 ID:+9sxgpVb
>>706
君が心の中でいくら自問自答を繰り返し、自省しても、君の心の中を知る
すべがない他者にとっては、全く関係のないこと。君の精神的マスターベーション
に過ぎない。精神性は、精神を狂わせるだけ。

また、「浅い」などという、具体的意味の不明な感情語。「浅い」「深い」
を判断する基準は何?それに、君が自分の思考基盤も確定できない以上、何
を言ってもまともに信用することは出来ない。基盤のない思考は、いつも
ふらふらして、変化しまくりだからだ。

708 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 04:07:59 ID:p/52yhFZ
>>707
単純なことでしょ。

君の言う、信者の精神性を問題にするなら、
踏み絵なんてもんで、信者かどうかなんて、まったく発見することはできないでしょう。
深く信仰すればするほど、ちゃちな踏み絵をめちゃくちゃ踏みつけることでしょう。
実際に、信者ならば、踏み絵を二度踏むって言いますし。

でも、君のそのレスでいうことは、珍しく正しいと思いましたよ。
その理由は、なんでしょうね。
まあ、暇なときにでも、考えてみてください。



709 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 04:15:01 ID:+9sxgpVb
聖霊大王が、私の思考基盤に対して狂ったように反発するのは、彼が
仏教者ではなく、イエスに狂ってるだけだから。

私の基盤は、基本的には本覚思想に近く(突き詰めればそのものかも
知れない)、まともな大乗仏教者なら、それほど違和感は感じない
はず。

彼が仏教などではなく、禅を騙るキリスト教徒であることは、私が
とっくに見通していたこと。教祖様の預言は、ことごとく的中するw。

昆布氏の、「仏教でキリスト教を理解できるか」というフーテン氏に
対する質問は、愚問中の愚問。だから「迷妄ですな」と軽くあしらわれた。
そもそも、何故キリスト教を仏教で解釈する必要があるのか。その本質的
な相違も理解できていないのか。昆布氏が私の思考基盤に執拗に反対する
理由もそこにある。

710 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 04:20:23 ID:+9sxgpVb
>>708
ならば、踏み絵をどうしても踏めないで殺された殉教者たちは、信仰が
浅かったとでも。

しかし、君がそこまで考えられるとすれば、遠藤周作なみに、珍しく
深く考えていることになる。

711 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 04:24:37 ID:+ncuQxcj
神様が毎秒1円くれるな

712 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 04:36:10 ID:p/52yhFZ
まず、
私の質問は、フーテン殿の>>270のレスの再確認と質問。
自己矛盾しますからね。しかも、フーテン殿は宗教は不信仰といってる。
これは、君が考えるような、理屈の話ではないと思ったから、私は、質問しただけのこと。
そして、予想通りの答えが返って来たので、それで終わったのです。
君の考えてる世界の話ではないと思いますよ。

>>710
信仰とは、自分が信じていればいいというものではないんですよ。
ただそれだけのことでしょう。
ストーカーが宗教信者とでも?

自分に対して正直であるかなんて、他人にはわからないことです。

踏めなかったのか?
踏まなかったのか?
結果は同じですね。



713 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 05:14:32 ID:p/52yhFZ
さあて、ところで、

私は、無神論、無宗教だヽ(^。^)ノ

生きてる実感するなぁ〜


714 ::2006/08/03(木) 07:16:15 ID:a4GzsmWI
無神論も無宗教もただの概念だからな。
「論じられる」宗教もただの概念。

生きている実感はいいね。朝の散歩は気持ちがいい。


715 ::2006/08/03(木) 07:27:13 ID:a4GzsmWI
教祖様にとっては宗教が問題ではなくて
2chの宗教版が問題なんじゃないかな。
宗教がくだらないと言うのも「一面の真実」ではある。
あとは視点の問題。

716 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 07:51:14 ID:BYeFROav
無宗教が救われないのも一面の真実だろうしな
視点の問題かしらね

717 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 07:59:23 ID:vLFr8a/G

>>713
このスレを見ると牧師は明らかなのに、嘘ばっかりw。洗脳が精神の中まで土足で
侵入するという病理、怖さをまざ、まざと見ることができる。きも〜いw。(-_-;)

イエスは「嘘をついてはならない」と教えなかったのか?ならば碌な宗教ではないぞ。
キリスト教にはまると、人格も悪くなるようで〜すw。ヽ(^。^)ノ 


☆☆☆☆☆♪〜 

>>679.>>697.>>701.>>703.>>707>>709>>710

素晴らしい〜!!最高〜!!   ヽ(´∇`)ノ  ♪ 〜 

いつも卓越した冷静で仔細な分析力・・・日本人が誇らしくなる〜 ♡ ♡ ♡ 

研究者さんとkonbuさんのレスのレベルの差が、一目瞭然で〜す。ヽ(´∇`)ノ 


http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm  


☆☆☆☆☆♪〜 ありがd☆ 


718 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 09:47:04 ID:fjVU2m4f
伸びた。
ご隠居も相変わらずだけど、いくらか自分の言葉で返せるようになりつつあるじゃんw
次は空気と流れを読んで、キリスト教批判に終始しないようになればなw

719 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 09:50:39 ID:fjVU2m4f
>宗教に洗脳されても、意志力や知性(批判力)の強い人間は、努力してそれ
>から離脱すことも不可能ではない。しかし、実際には極めて困難で、離脱後は、
>回復のために、長期間ののた打ち回る苦しみを経験しなければならないが。

層化とかカルト系の罰が当たるって宗教なんかだと恐怖心が付きまとったりするけど、
のた打ち回るようなことは無い。
そんなこと言って宗教をやめさせないようにする意図でもあるのか?
やめたい人には止める方法がしっかりあるから、洗脳を感じるのなら止めるほうが良い。


720 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 09:56:47 ID:fjVU2m4f
>>716
無宗教に救われない人がいても、それが宗教の無さではないよ。
不安や悩みは誰でも持ってるけど、それを解決したり乗り越える術を持ってるかどうか。
宗教に頼る人も居れば別のものを頼る人も居る。
宗教に頼ってもだめな人も居れば、別のものでもだめな人も居る。
でも、俺がその部分で考えるには、宗教での解決は一種他力でしかない可能性もある気がする。
宗教の教えの中には十分に解決のための糸口はあると思うから、そういう意味での宗教には価値を感じるけど。
でも、宗教意外にも多くの人の残した解決の糸口もあるし、何よりも経験で学んでいくのが一番のこと。

721 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 09:59:06 ID:fjVU2m4f
多くを学び経験する。
これ以上に人の真価を高めるものはないと思うけどね。
宗教の教義を知って分かった気になってもしょうがない。
教えは生かすためにあるのだし。

722 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 09:59:56 ID:fjVU2m4f
学んで経験、経験から学びか。

723 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 10:24:14 ID:BYeFROav
多くの人が残した解決の糸口の一つが宗教なんだがな
一種の「経験科学」なのだろうよ
また宗教(善を指向する価値体系)抜きの経験はろくでもない人生観を身に着ける切っ掛けになる事もあるだろうな


724 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 10:32:11 ID:fjVU2m4f
>>723
上2行はまあ同意。
そういう意味合いで捉えて実践できるならってことで。
でも、宗教だけで足りるというのもどうかと。
それに最後の一行、宗教抜きの経験がろくでもない可能性をどの程度と見るか。
宗教の害、宗教のないことによる影響。俺には多くの宗教のあり方のほうが害になりえる気がする。
宗教抜きが認められない思想を持つのであれば尚更ね。
宗教には宗教の良さも害もある。現代社会では宗教的思考の弊害も実際にある。
これは宗教から離れた人にしか理解できないかもしれない。
双方の見方があるわけだしな。

725 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 10:36:09 ID:fjVU2m4f
例えば、宗教にも色んなものがあって、その一つ一つの教義に良いものがあったとする。
無宗教者であればそれぞれの良い面を知り理解することも出来るけど、
宗教者は自分の属してる宗教からのみ学ぼうとする。
だとしたらこの時点ですでに狭い。
たくさんの良いものをこれしかだめだなんて決めずに接してみることは必要で有意義なことだと思う。

726 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 10:39:37 ID:BYeFROav
無臭凶の弊害も幾らでも論じ上げる事は出来るよ。
ただ君が宗教の害を述べるかぎり私は宗教を弁護するだけのはなし
物事には善と悪の両面があるからね


727 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 10:45:46 ID:BYeFROav
だったら君は無臭教者を名乗るのをやめたらどうだい?
己を知る為には外から眺める事が必要
結局他を知るつもりで自己を見て居るだけと言う事になりがちです
自分を知るには反対の立場に立つのが一番良い方法だよ


728 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 10:50:30 ID:BeVlGxiZ
ん?無宗教の害がるなら害を述べればいいし。
俺は宗教(と言ってもそーかだから宗教かは微妙だけど)を内部的にも見てきて
述べてるんだし。
別にどっちが正しいとかじゃないから述べても構わん。
当てはまって自覚するなら直せばいいし。

729 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 10:52:06 ID:BeVlGxiZ
無宗教を弁護するつもりもないしね。
どちらかと言うと宗教者が自分の宗教の悪い部分を頑なに守るように感じられる。
これも絶対ではないけど、でもそうであれば宗教の限界もそこにあるんだと思う。

730 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 10:54:43 ID:BeVlGxiZ
つか、>>725のレスはそのままおけでしょ?
色んな宗教が教義持ち合って良い所を高めて悪い所を直すのが主教全体の発展になるはずだし。
本当だったらね、それをしないのは宗教者が教義のよさとは別に神秘性やなんか独特のものを持たせるからで。
要は、企業の他社との区別化となんら変わんないのかも?

731 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 10:58:10 ID:BYeFROav
そうかもね
これから仕事なので
ノシ


732 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 10:58:38 ID:pgL4o9XY
>>730
区別なく、只一種の宗教があるべき?



733 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:00:04 ID:BeVlGxiZ
主教間違い。宗教。

>>732
本音を言うなら宗教は消えちまうのがいいかなw
でも、すぐにそれも無理でしょう、俺としては神様はいずれは消え行くものだって思ってるけどね。
宗教って言うのは本来、発展に迎合を繰り返して時代に合わせて来たんだし。
他の部族を吸収すれば、またそこで迎合したり変化をして用いてきた。
それが教団が強くなったりして、宗派が確立する毎に変化も迎合もしなくなって。
気がつけば時代に合わないもの、ビジネスでしかないもの。になった気がする。
宗教をする人の心を否定するつもりは無いけど、宗教を用いてる人には否定的見方しかしようがないんだよな。


734 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:00:46 ID:BeVlGxiZ
>>731
いってらっさいノシ

735 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 11:03:44 ID:BYeFROav
733
それは創価にはまった君の「経験」が言わせて居るんだろう
経験とは人を盲目にさせることもあるよ

736 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 11:04:16 ID:pgL4o9XY
>>733
ほんとに無くなると思う?
もしかしたらそれは、
何か別のものが、取って代わっただけになるかもしれないよ(´・ω・`)

ヒトという種の(思考の(脳の))性(さが)だとしたら・・・?

737 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:06:41 ID:BeVlGxiZ
>>735
そうなのかな?
その部分は俺には分からないのかもしれないけど。
でも、もしも1種の宗教になったなら、そして無宗教がいなくなれば宗教世界が全てとなる。
その宗教の内容にもよるけど、それが良いことなのかどうか。
道徳や共通の価値観と考えればそれでも良いのかもしれないけどね。
もしも宗教者と無宗強者となるのであれば、そこにはまた主義対主義の争いが生じる。
宗教がなくても主義は人は持つものだから。。。つーことは1種がいいのか?w
人は結局争うんだろうな。

738 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:12:56 ID:BeVlGxiZ
>>736
物の怪がいなくなりサンタがいなくなり、神様がいなくなる。
当たり前の流れだと思ってるんだけどな。
物の怪がいた時代には物の怪がいないと言っても誰も信じなかったんだろうけど。
でも、確実に物の怪はいなくなった。
しいて言うなら、物の怪と違って、神様をいないと証明出来るかどうかだけど。。。
でも、頭で作り出した無根拠なものの不存在を証明しろというのがそもそも。
 だから、今のところはまだ、神様がいないとする時期では無いってことなのかもしれない。
必要とする人もいるからなんだろうし、いる必要がなくなれば自然と消えていくんだと思う。

739 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 11:28:30 ID:pgL4o9XY
およそ宗教的なものが持つ、(共通の)、
宗教(的なもの)を宗教(的なもの)たらしめている性質・要素、
宗教(的なもの)の周縁を形成する性質・要素、
各個別の宗教をソレたらしめている性質・要素、
各個別の宗教の周縁を形成する性質・要素、

(それぞれが一つずつではないだろうし)、
これら要素の内で、(統廃合により)
捨象できない部分、摺り合わせる事ができない部分、
社会に対する効能として代替のきく部分きかない部分、等々
色々あると思う。
そして、それらの幾つかは、積み木を組み替えるように
(単独で)入れ替えることができず、
不即不離の関係もあるかもしれない。

>>738
>必要がなくなれば自然と消えていくんだと思う。

必要とされている現実があるのだろうね。

740 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 11:32:29 ID:hZ9siBAC
りょん殿ノシ

結局のところ、無宗教も宗教の一派にしか過ぎないと思いますね。
政治家の無所属みたいなもので、どこにも所属してないという所属。
宗教がなくなればというのも、無宗教という宗教に所属するという意味にしかならないでしょう。
このスレの流れからみれば、そういう回答になりますよ。
無神論は、まだ、未検討ですね。
でも、神と悪魔のような二項対立の神をイメージしてる人はほとんどいませんよね。
ということは、宗教というグループの求心力の核ですかね。
それこそ、概念化の問題になりますか。

そんなことよりも>>738
>でも、確実に物の怪はいなくなった。
私は、逆だと思ってるんですよね。
物の怪は、もしかすると中世よりも増えているんじゃない?
科学に洗脳されてません?
違うと思うんですよね。
宗教とは関係ないと思いますけど。


741 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:32:42 ID:BeVlGxiZ
>>739
うん。
強制的に支配統合できない以上、そのレスが正しいと思う。
宗教が宗教としての役割や影響力を弱めて、それに変わる新しい価値観の浸透。
宗教を排除するのでもなく、世界が一つの統治国家並に協力する体制。
曖昧だけどそんなところなのかな。。。神様がいるいないには関係ないな。


742 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 11:34:45 ID:1x7+1h/M
りょんちゃんて、俺よりよっぽど宗教信じてるんだけどなあ。。。
宗教が大義名分通りに機能してるなら、宗教なんかいらないよ?

743 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:36:29 ID:BeVlGxiZ
>>740
ちわ。
物の怪を何に例えるかですか。
昔の物の怪は化け物の姿を人に見せてましたけど、現代の物の怪はたくみに隠してるってことですか。
でも、それは物の怪(自然の現象)ではなくて確実に人の為す害ですよね。
そういう部分を含めて宗教にも存在意義は残ってるのかもしれないですけど。
現在の宗教にはそんな要素は薄いからな、人が風習や世論を持って何とかするしかないでしょうね。

744 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:38:05 ID:BeVlGxiZ
>>742
つか、大義名分どおりに機能しないなら、
宗教法人を優遇すべきではないとも思います。
宗教団体が宗教法人格を利用している、それでいて使命も持とうとしない。
そういうところには厳しく見ないといけないと思いますよ。

745 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 11:41:16 ID:1x7+1h/M
言い方が悪かったかな?
宗教が大義名分通りに機能するようなものならなくなってるどころか最初からないだろう。

746 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:42:43 ID:BeVlGxiZ
信者の多くの人の心は宗教を持って美しい場合もあると思います。
そうじゃない人もいるけど。
でも宗教者や宗教団体が人を欺くとかは本末転倒。
そんな宗教であるならそれは害でしかない。
団体の多くは使命を忘れて、団体の維持に力を注いでる、
そんな宗教団体を守る為に利用される信者では報われないでしょう。

>>745
それも俺にはよーわかりませんw
宗教の大義名分って言うのはフーテンさんだとどう思いますか?


747 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 11:44:04 ID:hZ9siBAC
>>743
>現代の物の怪はたくみに隠してるってことですか。
いえ、単純に見えるだけの世界が世界ではないし、
見えるだけの世界がこの世界を埋めているわけでもないということ。

んで、問題は、信じる信じないのレベルなんだけど、
まあ、その辺は、振り込め詐欺に近いものもあるから、
なんともいえませんわね。

>そういう部分を含めて宗教にも存在意義は残ってるのかもしれないですけど。
私は、これまた、逆の考えで、
宗教は、物の怪を退治・駆逐してるんで、
いわば、見なくちゃならないものを見えなくしてるんじゃないかって。
宗教なんかやめて、物の怪を感じませうヽ(^。^)ノ

どうなるかわかりませんし、責任もてませんけど(^_^;)


748 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 11:45:37 ID:hZ9siBAC
>>746
フーテン殿は、コテどおりにかなりの不良のようです(^^♪


749 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:47:42 ID:BeVlGxiZ
>>747
わからない。。。
見えない世界って何ですか?物理的に目には見えないってこと?
それとも異次元世界並の見えないものですか?
物の怪を宗教が退治って言うのも。。。分らないです。

750 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 11:51:12 ID:1x7+1h/M
>>746
100%詐欺。
>>748
ハイw



751 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 11:51:58 ID:hZ9siBAC
>>749
そう、異次元。
科学で解明できないことや、スプーン曲げがすべて事実だとはいいませんけど、
私には、すべてを否定することにもムリがあると思います。

でも、宗教もその異次元を異次元ではなくしてる。
このレベルでは、科学も宗教も同じ土俵だと思いますね。

まあ、トンデモな話なんですけど。



752 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:54:18 ID:BeVlGxiZ
>>750
100%ですか?w
だとしたらフーテンさんにはそれを暴露して宗教を斬る使命があるのかもしれませんw
なんていうか、詐欺師が詐欺をする。
まあ、詐欺って言うのは脅迫と違って騙される方にも非はある時もある。
けど、宗教って言うのは概念を利用してくるだけに詐欺ではすまない。
それを故意に行うのであれば、凶悪犯罪に該当すること。。。
悪いことは別にやってもいいと思うけど、善良な人を騙してはいけませぬw

753 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 11:56:17 ID:BeVlGxiZ
>>751
全てを否定する必要は無いけど、でも分らないことは考える必要もそれほどないと思ってます。
自分がいなくなった後に存在が証明されるかもしれないこと。
それを探している人はいて、その人がいつか証明するかも知れない。
でも、俺にはその役割はありませんし、だからそれを口にすることもない。
そんな感じなのかな。

754 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 11:56:42 ID:1x7+1h/M
>>752
やっぱり宗教信じ込んでるなあ。。。
主義ってのは必要だけど役に立つものではない、でおk?

755 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 11:59:57 ID:pgL4o9XY
>>749
未知なるもの、不可知なもの、理知的に納得できないもの、異質なもの、
等々に対して、それを詳細に解明するのでなく、
受け入れながら畏れを排するという役割かな?
(勿論、(特にキリスト系はw)異質なものを排除する方向へ流れがちかもしれませんが・・・)

妖怪とか鬼とか悪霊とか死霊とかそういうものを想定することで、
真の無、真の闇への畏れが緩和されていた、という見方もありかな・・と。
 (死後の世界も、「何もない!」というよりは、
  見知った世界と似通っていた方が安心するんじゃない?)

そして、それらが共同体の外側(異質なもの→異界)として
共同体のまとまりに寄与していた・・と。

756 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:00:19 ID:BeVlGxiZ
>>754
宗教を信じてるんじゃなくて、宗教を教える人の責任って言うんですかね。
教えるからにはその責任があると思うのです。
神社がそこにある程度なら別になんとも思わないですけどね。
教義に救われる人がいて、でもそれが方便として語られるものであるならそれも良しかもしれない。
けど、宗教の存続の為に欺くのであればそれはだめでしょう。

757 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 12:01:45 ID:hZ9siBAC
>>753
存在を証明するとかのレベルではないと思います。
結局、人間は人間でしかないと思いますから・・・・・・

でも、日常を振り返れば、宗教によって、覆い隠されてることも多いんですよ。
そして、その点についても、科学は不思議に宗教に手を貸しているんです。
面白いです。

758 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:03:14 ID:pgL4o9XY
>>756
そうですね。
具体的行為のない宗教はありえないのですから・・・w

759 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:03:30 ID:BeVlGxiZ
>>755
わかるようなわからないような。
でも、何かしらの拠り所として宗教がある。
その宗教が真実を隠しているけれど、拠り所であるのだからそれも方便。
これであれば理解できます。

760 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:05:59 ID:BeVlGxiZ
>>757
。。。その視点が気になってたんですけど。
やっぱり難しいすねw
ちょっと日常で考えてみますね。
>>758
法人と名の付くものである以上は社会的な使命があると思うんですよね。
ただの信者と法人は違う。そういう意味でのレスだから、
ちょっとフーテンさんの意味合いと違っちゃったのかも。

761 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:09:38 ID:BeVlGxiZ
俺が思う宗教の大義名分は、
人の心の救済かな。
宗教法人なんかは時代毎にどうしたら人々や信者の心の救済を為しえるのかを追及しなくてはいけない。
過去に決まったことを何が何でも大事に守って、矛盾を隠したり真実を曲げていくことは欺きにしかならない。
人の生き方にまで影響させてるのだから、常に最良の方法を考える義務がある。
こんな感じかな。

762 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:12:25 ID:pgL4o9XY
>>759
>>755は、ラベリングによる分別、境界の設定という意味です。
物の怪が死に、死霊が消滅した世界は、闇との境界が曖昧になることを意味します。
結界という概念が役立たない世界、
死がすぐ後ろに迫っていることを安心して受け留められない世界、
それらは、若者達を容易に占い・新興宗教へと振り向かせるのかもしれません。
(ま、だから伝統宗教は、近代化の流れの中で、
戦後の復興・高度成長の中で、怠慢に過ぎたと言えるわけだが・・・w)

763 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 12:14:24 ID:hZ9siBAC
>>760
一番わかりやすい例では、夢ですかね。

誰でも夢は見ます。まあ、見ない人もいるかもしれません。

でも、その中でたまたま正夢に出会うこともあります。
それは、確率的にはほとんどありえないとしても、見るときは見ますね。
そして、デジャブを経験したりする場合もあります。

どちらも、偶然で片付けてしまう。
あるいは、なにかに憑かれてるとか、霊と交信してるとか・・・・

でも、時間がまったく主観的な脳の幻想であるとしたら、
夢もまんざら夢でもなくなるし、決して、嘘っぱちでもないですよね。

不思議に疑問に思うと、このような例は多くありますよ。
まあ、もちろん、夢は夢なんですけどね。

764 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:16:12 ID:NQkiMny9
>>719
>やめたい人には止める方法がしっかりあるから、洗脳を感じるのなら止める
>ほうが良い。

君は、宗教被害やカルト問題についてまったく無知なようだな。一体どれだけ
真剣に調査・研究したのか。君自身が明らかにカルト思考だから、わからない
だけ。
洗脳とは、宗教信者が、外部から見てどれほど悲惨な状態になっていようとも、
「やめる気が起こらない」ということだよ。
君は、創価は仏教だから離脱することが出来たのだが、その後に嵌ったキリス
ト教の影響は絶対に消し去ることは出来ない。キリスト教が、精神自体を深く
侵し、破壊する宗教だからだ。クリスチャンは、すでに洗脳されているから、
そのことに気付ける訳がない。重度の精神病者には、病識がないのと全く同じ。
そして、ある宗教に対する単なる感情的反発や人間関係の故にその宗教を
辞めた者は、必ず再び他の宗教に嵌る。内部抗争は宗教にはつき物であり、
宗教洗脳自体は、まだ全く抜けてはいないからだ。君がその好例。カルトの
脱洗脳活動に「元信者」が介入した場合に、そのことを痛感させられる。
を一体どう思ってるか。
一神教社会では、宗教故に、ほとんど毎日のように、幼い子供たちを含む何の
罪もない人々が、理由なく殺されているのだよ。「神と天国の実在」を宗教に
よって信じ込まされて、「神の名において」自他の生命を奪い続けるテロリス
トの姿は、狂気以外の何物でもないではないか。テロリストの多くは、キリス
ト教からの改宗者だと言われている。キリスト教が関係しない限り、極端な集
団的残虐性は生じない。それは何故かについては、私がこれまで追究・解明して
きたことである。
一神教徒たちが、その宗教を止める気が起こるか?起きたとしても、やめる事が
可能か?馬鹿も休み休みに言って欲しい。
宗教が「善をも求めるもの」であるという全くの誤った観念に嵌り、少しでも
自分の宗教を批判されると、狂気の如く感情的になり、論理性を失い、必死に
形振り構わぬ自己正当化に走り、批判者に対して罵詈雑言しか吐けない、君を
初めとするこのスレのキリスト教系カルト信者の姿が、そのことを最も明白に
証明している。

765 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:16:23 ID:BeVlGxiZ
>>762
どうもです。
それはなんか理解できそうな気がします。
宗教を持たない人間の怖さと言うのもそこに見出せるのかもしれないですね。
俺自身が無宗教だと言ったとしても宗教に価値を見ないものでもないし。
それにこんぶ殿の指摘でもあるけど俺自身が非宗教者かどうかも分らない。
宗教的見地を交えた思想が大事であると言うことは言えるのかもしれないですね。
つか、それでなければこの板でレスしあってる価値もなくなってしまうのですけどw

766 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:18:50 ID:BeVlGxiZ
>>763
夢とかそういう話なら分る気がします。
別のスレでも俺自身が書いてるのだけど、俺は不思議なものを否定するものでもない。
けど、深くも考えないのです。
人間のもつエネルギーや神秘さは信じないとも違います。
自分自身のそんなエネルギーも信じてたりもする。
でも突き詰めていくとこんがらがるから深くは考えないですw

767 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:21:31 ID:BeVlGxiZ
>>764
>一体どれだけ 真剣に調査・研究したのか

なんでそんなものを真剣に調査研究しなくてはいけないのか。
そもそもご隠居様はどれだけの調査研究をしたの?

その下の長々したレスはご隠居特有の決め付けに過ぎないとなぜ気付かない?

768 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:22:52 ID:pgL4o9XY
>>760
>法人と名の付くものである以上は社会的な使命があると思うんですよね。

ま、法人であるかどうかは、ひとまず措くとしてw
やはり、原始仏典を読んで欲しいな・・・w
今の「具体的行為なしに宗教はない」事に関しては、梵網経・沙門果経あたり・・。
で、もし、基本を理解できたら、戒と律と法(おしえ)との関係、
ひいては、律と地域・文化的差異との関係、
そして、律が保持されることの意味へと・・・・。

769 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:23:13 ID:BeVlGxiZ
長々したところにもレスしてみるかw

決してやめることが出来ないのなら批判も何も無駄。
やめられない、悪くも思えないのに批判されても惑わせるだけ。
人をただ惑わせることもしてはならない。

770 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 12:23:17 ID:hZ9siBAC
>>766
神秘主義は難しいですね。

人間は今のところ生命を解明したわけでもないですからね。
まあ、永久にわからないと私は思ってますけど。

宗教がそれを畏怖するものである時には、
別に問題はないと私は思ってるのですが・・・・・・

771 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:28:16 ID:BeVlGxiZ
>>768
分りましたw
話の焦点が合いにくいですしね、読んでみることにします。
ただ、読み始めは来週になるかもしれないけど。
>>770
分った時点で神秘でもなくなるしw
でも、決して目に見えるものだけと思ってるのではないのです。
人の勘なんてものも科学で解明できないものはたくさんあるでしょうし。
何よりも目に見えないエネルギーの力を信じられなかったら限界も近づいてしまう。
自分を本当に信じるにも経験や目に見えること意外を信じると言うことは必要になってくる場合もある。
そう思ってます。
あくまでも生きているものの発するエネルギーの不思議って範囲ですけどね、俺のは。



では、ノシ

772 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:35:00 ID:pgL4o9XY
>>771
そうですかw (なんか、強制的な布教だな・・(爆  )

今のあなたがどのような感想を持つか楽しみです。

では・・  ノシ

773 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 12:39:58 ID:NQkiMny9
>>767

私は、15年間、カルト問題に関与している。

君のカルト臭紛々の、内容皆無なおしゃべりカキコは、いい加減止めなさい。
君のカキコは、カルトの言い分そのままであることを気付け。自分の使って
いる言葉の具体的意味がまったくわからずしゃべっている。自分でも論理的
のつもりでも、ただただ感情でしゃべっているだけ。オウムやキリスト教談
話室と全く同じ。

774 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 12:43:20 ID:BeVlGxiZ
>>772
今居場所が違うので前に勧められた人が分らないです。
つか、見れば思い出せると思うけど、アマゾンでは見つからない。
>>773
後で落ち着いて冷静になったら自分のレスを読み直しなよ。
15年間カルトを研究したせいで影響受けすぎたのかな?
感情的になって醜い姿をレスにまで反映させてる。。。お気の毒に思えてきた。

775 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 12:47:34 ID:hZ9siBAC
>>773
ほんとは、私にレスしたいんじゃないの?

まあ、どうでもいいことだろうけど。

>>774
仕事ノシ


776 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 13:01:39 ID:pgL4o9XY
>>774
片山一良 大蔵出版、或いは中山書房仏書林

ノシ



777 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 14:00:02 ID:kcK9kAsL


☆☆☆☆☆♪〜   

【 こう言えば上祐〜、ああ言えば上祐〜 】

カルトはぜ〜んぶ同〜じ〜w。     ☆☆☆☆☆♪〜  

のら〜りくら〜り、くら〜りのら〜り・・・・・ ☆☆☆☆☆♪〜   

知恵の木の実 = サタン =洗脳 =カルト

 
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm  



♪ 〜 ☆ヽ(´∇`)ノ ♪ 〜  ☆ 


778 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 15:53:01 ID:NQkiMny9
宗教者(特にキリスト教系)は、「救い」「救済」「癒し」などという言葉を
口癖のように使うが、一体その具体的意味がわかった上で使ってるのかね。

一体「何」を「何から」「どうやって」救おうというのか。

病気になれば、医者や薬によって救われる。カネがなくなれば、銀行や街金に
よって救われる。侵略や犯罪からは、自衛隊や警察によって救われる。心に不
安や葛藤があれば、精神科医や抗不安薬や身近な家族や友人に心を移すことに
よって救われる。宗教など出る幕はない。

苦悩はあくまで現実界において生じるものだから、現実によってのみ救われる。
宗教による超自然的な架空の存在や自己欺瞞による心の救いは、本当の救いに
成り得ないばかりか、そのreboundとして、苦悩は結局さらに悪化し、慢性化
する。

また、宗教への依存や自己欺瞞による救いでは、他人の苦悩を理解できるよう
に人間が成長するのを妨げる。苦悩には、自ら直面し、それを乗り越えようと
する努力の中に、初めて人間の成長がある。

キリスト教は、まず原罪や罪をでっち上げ、人間を罪人にしておいてから、
信じれば救って上げるという。典型的なマッチポンプw。

宗教は、「救い」「救済」「癒し」などという意味不明な言葉の使用は一切
止めるべきである。心について言えば、「心の安定」でよい。「心の安定」
とは、生存の現実において、精神的に動揺することなく現実に対応して、生物
学的生を保存できることである。「精神安定剤」(現在では「抵不安薬」)と
いう言葉もあるw。

779 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 15:56:14 ID:NQkiMny9
>>778の訂正
×「抵不安薬」
○「抗不安薬」

780 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 16:08:34 ID:pgL4o9XY
>>ALL
ところで、
ヨハネ・パウロ二世「希望の扉を開く」(1996 同朋舎出版)
は、読まれましたか?どのような感想をお持ちですか?
(機会があれば有名コテハン方にも聞いて見たいところですがw)


781 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 16:36:37 ID:RiXiSiCn
>ヨハネ・パウロ二世「希望の扉を開く」

文庫版もでてた気がした。

782 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 17:10:08 ID:cL3JJu5N
>>626
>自然自体が「導き手」なのだから、人間がそのちっぽけな頭脳で、それ
>以外の導き手などを考える必要はない。考えた途端に、すでに自然、
>即ち神に反している。

>人間がカブトムシを虫かごに入れること自体が、既に、自然、即ち「導
>き手」に反しているではないかw。

ど〜い。

(知恵の木の実)を食べると、こんな偉そうな不遜な考え・心が湧く〜w。 (^O^)/ 


783 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 17:12:45 ID:cL3JJu5N
>>649
>教祖様が最初から預言したように、昆布氏の嵌り込みが最も深く、それ
>を表面には出さないように隠している点で、最も悪質なようだな。教祖
>様の預言は、すべて的中するw。

ど〜い。
長いこと、洗脳一筋だから・・・・当ったり前〜っス。悪質〜w。 (^^♪

>君は、本を捨てて肉体労働をやることだな。そうすれば、君のイエスも
>イデオロギーもいつかは抜け、「ありふれた平凡な真理」がようやく
>判るようになるだろう。


(知恵の木の実)を食べても、身体をフル回転すると、悪心から出る狂った
妄想はどっかにきれいに吹っ飛びますよ〜n。 (^O^)/    

汗水垂らして、不平も言わず一生懸命働く肉体労働者の方が、余程立派で〜ス。 (^O^)/   

やはり、心じゃなくてまず、身体からだよ〜n.。 一度、お試しあれ〜。   \(~o~)/


784 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 17:17:37 ID:Wj/x4J63
ヘボ教祖にゃヘボ信者w

785 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 18:13:59 ID:fjVU2m4f
>>775
いってらっさいノシw
>>776
ありがとうです。
ただ、アマゾンだとでてこないみたいでした。
再度調べてみます。

786 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:20:48 ID:NQkiMny9
>>763
>でも、その中でたまたま正夢に出会うこともあります。
>それは、確率的にはほとんどありえないとしても、見るときは見ますね。
>そして、デジャブを経験したりする場合もあります。
>どちらも、偶然で片付けてしまう。
>あるいは、なにかに憑かれてるとか、霊と交信してるとか・・・・

最新の研究によると、夢は、睡眠中における脳細胞の乱れの結果に過ぎない。
だから、過去の記憶が、何の脈絡もなく出てくる。もはや、覚醒時における
心理現象でさえもない。従って、覚醒時の現実とは一切関係なく、正夢、憑依、
霊などとも、一切関係ない。

すべての宗教は「心理現象」。専ら、精神医学と心理学の対象。宗教信者は、
覚醒時において夢を見ている、即ち脳細胞が乱れている状態。




787 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:29:59 ID:hZ9siBAC
>>786
それは、とても正しい、科学的な見解だと思いますよ。
つまり、そんな事実はないと否定してる。

けれども、実際に予知夢を見る人間がいるし、
それを科学では説明できないからと、その現実を無視するのも、
科学も宗教とおなじ洗脳を感じます。

まあ、科学では次第に説明できてる部分もありますが。


788 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:33:55 ID:wDIJqmA0
レベルが低すぎる

789 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:35:32 ID:hZ9siBAC
高いレベルとは?

790 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:36:50 ID:wDIJqmA0
全体図

791 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:45:53 ID:hZ9siBAC
その主体とやらは

脳味噌?
物理法則に則った世界?

事実である確信とやらはどこにあるのでしょうねぇ〜


792 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:47:23 ID:lKGAMXdQ
>>764>>773
>宗教が「善をもとめるもの」であるという全くの誤った観念に嵌り、少しでも
>自分の宗教を批判されると、狂気の如く感情的になり、論理性を失い、必死に
>形振り構わぬ自己正当化に走り、批判者に対して罵詈雑言しか吐けない、君を
>初めとするこのスレのキリスト教系カルト信者の姿が、そのことを最も明白に
>証明している。

いつも素晴らしい明晰な分析!!宗教学者も脱帽もの。 ありがd☆ 

このスレの人達、お願いだから  【764】  を何回も何回も、繰り返し落ち着いて

読んでみて〜   <(_ _)>・・・・(^O^)/   お願〜い!!♡ ♡


793 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 18:49:56 ID:fjVU2m4f
>>787
おかえりなさいノシw
>>792
そこまでやったらご隠居が可哀想過ぎるだろ。。。

794 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:51:09 ID:hZ9siBAC
>>792
そのカルトって、具体的にどの宗教団体なの?

どうやって、勧誘すんの?


795 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:52:07 ID:hZ9siBAC
>>793
あっ、そういうことか・・・・・・・

796 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:54:24 ID:wDIJqmA0
永久の疑問に自らさ迷う行為に身を投げる決断があってこそ真理を掴むことができずにいられるんだよまぁ皮肉でしかありませんがね

797 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 18:54:35 ID:fjVU2m4f
ちなみに俺の見る夢はものすごく現実的か、
心の状態を表したようなのが多い。
思うようにいかない時は空を泳いでるのに中々進まないとか。
現実と同じ場面で物事に当たってそこで解決した方法で現実も解決させたことはある。
思考がそのまま夢に出る感じ。予知夢とは違うしその経験は無いな。
タイミングよく心霊現象と思えるような経験をしたことは過去に何度もあるけど。
あれがなんなのかは分からない。
いずれにしても10代の頃までかな。

798 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 18:55:50 ID:fjVU2m4f
>>795
さすがに気の毒ですよねえ。。。

799 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:55:54 ID:pgL4o9XY
>>785
ttp://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%D1%A1%BC%A5%EA%CA%A9%C5%B5%A1%A1%CA%D2%BB%B3%B0%EC%CE%C9&fr=top_v2&tid=top_v2&search.x=1&x=19&y=12

ttp://www.kotobuki-p.co.jp/nakayama/index6.htm#gen

800 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:56:11 ID:hZ9siBAC
>>796
んで、それが科学とどんな関わりが・・・・

あっ、そうか皮肉か(^^♪


801 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:56:16 ID:wDIJqmA0
気に食わなくて仕方がないからこそ我は不確定の海にさ迷う選択をする権利があるのだろうがさて選択はもうろくの道かな

802 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 18:57:35 ID:fjVU2m4f
>>799
あ、どうもです。
パーリ仏典だと、水野氏の原始仏教とは違うのですか?

803 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 18:58:32 ID:hZ9siBAC
>>801
急に感情論になるのか?
なんか、オモロしそうな気がしたのに・・・・・・(-_-;)

804 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:58:42 ID:wDIJqmA0
たとえば知能上位2%がいくら科学的であろうが君には非科学的なのだよ

805 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:59:03 ID:NQkiMny9
>>787
>けれども、実際に予知夢を見る人間がいるし、
>それを科学では説明できないからと、その現実を無視するのも、
>科学も宗教とおなじ洗脳を感じます。

まだ「予知夢」などがどうしても捨てきれないのw。さすがカルト。

無数の脳細胞が乱れまくるのだから、その乱れと未来の現実とが一致する
ことも確率的にはありうるのでは。

自然科学は、専ら、生物学的生存の基盤となる、五感で知覚できる世界、
即ち現実界を対象とする。宗教は、専ら、生存とは関係のない世界、即ち
空想界、仮想現実を対象とする。洗脳とは、空想界を現実だと信じ込ませる、
即ち妄想を生じさせること。現実を現実と認識する自然科学は、いくら認識
しても、洗脳とは言わない。



806 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 18:59:50 ID:pgL4o9XY
>>802

???(´・ω・`)???

807 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:00:20 ID:fjVU2m4f
あれ?どさくさに紛れてご隠居が居るよ。

808 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 19:00:43 ID:wDIJqmA0
君が自分の子をみて子供嫌いになったような気分だよ

809 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:02:35 ID:fjVU2m4f
>>806
水野弘元著、原始仏教とか宮元啓一の仏教の本とか持ってますけど、
内容はそれとは違うんですか?

810 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 19:04:13 ID:pgL4o9XY
>>809
>>799は全て現代語訳。

811 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 19:04:45 ID:hZ9siBAC
>>804
なんと、非科学的な見解だろうね。
まあ、どちらにせよ、君も私も98%の非科学人間だから、
別に、科学も宗教も信仰する必要もないのだよ。

個人的には、逆だと思ってたけどね。


812 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 19:06:05 ID:wDIJqmA0
残念だね
君の知能

813 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 19:07:37 ID:hZ9siBAC
>>805
そういえば、教祖君とは、この問題で保留になってることがあったね。
五感の延長である道具の問題だったかなぁ〜
道具で測定できないものは、存在しないんだったっけ?


814 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:08:02 ID:fjVU2m4f
>>810
そーなんですか。
つか、原始仏教とかも現代語なんですけど、解説書とは違うのかな。
ちょっと確認してみます。
つか、片山氏のも色々でてるみたいだし紀伊国屋あたりで見て買ったほうがいいかも?

815 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 19:08:23 ID:hZ9siBAC
>>812
どうやら、そのようだね。
君が2%であることを祈るよ(^O^)/


816 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:09:43 ID:fjVU2m4f
つか、片山氏のすごい色々有る。
どれがどれとかわからない^^;

817 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:16:03 ID:fjVU2m4f
梵網経・沙門果経とかあった。
とりあえずその辺のを買ってみればいい?

818 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 19:17:17 ID:fjVU2m4f
ノシ

819 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 19:34:12 ID:pgL4o9XY
>>816
・・・・・・(^^;

東南アジアを中心とする上座部が
現在も護持しているパーリ語の仏典を現代語訳したもの。
片山さんは、解説書は出していない。
長部 1梵網経・2沙門果経・16大般涅槃経・30シンガーラ経(六方礼経)
辺りでしょう。
中山書房の方が先発。(現在はほぼ同時)。安くて、ミニコラムやジャータカもあったりと雑誌形式。
大蔵出版は、ハードカバー。高い。正式名称は「パーリ仏典第2期」。註が二種類に増えている。
註も、上座部所伝の註を利用しているので、中上級者にはこちらの方がいい。
ちなみに、上記1・2は長部第1巻に、16は第3巻に、30は第5巻に所収。
中山書房の季刊原始仏教では、1は第1号、2は第2号、16は第8号、30は第12号。


ってか、ここまで説明せないかんのかい!ヽ(`Д´#)ノ



820 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 19:38:17 ID:pgL4o9XY
逝ってしまったか・・・w

821 :聖霊大王:2006/08/03(木) 19:46:43 ID:rtCznVGe
りょんちゃんへ、 結局、人間の思考と認識について、何も聞いていないなあ、 仏教は完全に解答があるぜ。

822 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 20:06:43 ID:fjVU2m4f
>>819
読ませたいって言うんだから教えてくれたっていいでしょ?w
その教えてもらった通りのをとりあえず買ってみますよ。
どうもありがとうです。
>>820
人が来てるんで思うようにレスできない。
>>821
人間の思考と認識?

823 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 20:40:13 ID:pgL4o9XY
>>822
wwwww

どういたしまして。

824 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:00:18 ID:hZ9siBAC
科学の問題については、やはりこの板ではムリみたい。

認識論については、教祖君も仏教に少し被れてるんだけど、
どこがかぶれてるのかについては、自覚がないみたい。

だから、沈黙するんだよね。



825 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:02:48 ID:AeH/RXPC
無化力

826 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:03:58 ID:AeH/RXPC
デカルトですら階層的にムリがあるよ

827 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 21:11:09 ID:fjVU2m4f
現象主義?

828 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:14:57 ID:hZ9siBAC
>>826
それは、どうだろう・・・・・

哲学板よりもわかってる人は多い気もするが。


829 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:17:22 ID:0toaFWy/
>>679
>マイコン信者は、「見れども見えず、聞けども聞こえず」。その上、キリスト
>教徒の多数を頼った選民意識があるから、なおさら始末に悪い。
>やはり、キリスト教が、その殺した人間の数から言っても、最大・最悪のカル
>トと断定せざるを得ない。
>そんなキリスト教を信じる意味は一体何か?やはり、「イエスが価値在るもの」
>と教えこまれるから、それが本当だと思って「イエスに迫りたい」のか。

(キリスト教を信じる意味の一側面)@
当事者が答えないから、自分が代わりに聞きかじりで推察すると、
 
人間は、永遠の同伴者を必要としていることを、イエスは知っておられた。
自分の悲しみや苦しみを分かち合い、共に、涙をながしてくれる母のような
同伴者を、必要としていることを・・・・・       (遠藤 周作)  

にあるかも。  
Aに続く




830 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:19:45 ID:AeH/RXPC
旅に出て世界を見てから語ってほしい

831 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:21:15 ID:hZ9siBAC
>>829
ところで、今頃の質問で申し訳ないんですけど、
「マイコン信者」って、何?

最初は、単なるネットオタクぐらいの意味なのかなぁ〜
って、思ってたんですけど、なんか違うような気もするし・・・

なんか、特別な思い入れがあるの?


832 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 21:22:14 ID:1x7+1h/M
マインドコントロールじゃ、ないの?

833 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:22:54 ID:hZ9siBAC
>>830
その必要はまったくないな。


834 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:23:25 ID:AeH/RXPC
ものすごいあるよ

835 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:23:38 ID:AeH/RXPC
まったく現実を見ていないからね

836 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:24:15 ID:hZ9siBAC
>>832
あっ、なるほど。

その場合は誰にマインドコントロールされてるの?
文部科学省?


837 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:25:17 ID:wDIJqmA0
箱庭

838 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:26:53 ID:hZ9siBAC
>>835
デカルトの現実?
ウィトゲンシュタインの現実?
キリスト教的世界観?
仏教的曼荼羅?
荒俣宏魑魅魍魎跋扈跋扈世界?
・・・・・・・

まあ、そんなとこ。


839 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:28:19 ID:hZ9siBAC
まあ、ようは開いてると信じてる閉じた世界か・・・・・


840 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:29:07 ID:wDIJqmA0
きってはかえすだけでまったく意味がないよ

841 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:29:53 ID:wDIJqmA0
箱庭の世界だね

842 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:32:57 ID:hZ9siBAC
ということで、利休の創造した茶室は開いていたわけだが、
君の箱庭は、開いてるのかな?


843 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:33:48 ID:wDIJqmA0
さぁ

844 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:34:40 ID:hZ9siBAC
つまんね

845 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:35:01 ID:wDIJqmA0
あまりよくも知らずに利休というのはわかるよ

846 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:36:20 ID:wDIJqmA0
中絶

847 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:37:57 ID:hZ9siBAC
なんだ君は中絶厨だったのか(^O^)/

利休はシャレだ。
シャレは開いてる。


848 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:41:32 ID:wDIJqmA0
悟ってる風情も読めるよ

849 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 21:42:17 ID:1x7+1h/M
教祖様はユダヤ教は割とお好きらしい。
一神教にこだわっていながら何故?
まあ最初から一神教だった訳でもないが…


850 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:42:20 ID:wDIJqmA0
井の中の蛙

851 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:43:25 ID:hZ9siBAC
>>848
君が中絶厨なのが、よくわかるレスれすね。

悟りってなに?


852 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:48:54 ID:E2kFnIhW
829-A

つまり自分が思うには、イエスが友達よりも親、恋人、妻、夫、子よりも自分
の傍にいて、いかなる時も(病気、死ぬ前後・・・心細く、辛く分からないとき)
白い衣のハンサムなイエスが寄り添い励まし、共にいてくれる。

死んで天国か地獄かの最後の審判の時も、イエスが傍にいて「この人の
罪は、私が十字架で償った。この人に罪はない。」と口添えしてくれる。
そして(永遠の命)をもらい、天国で生まれ変わることもなく幸せに暮らし続
けることが出来る。クリスチャンでない人は、助けてもらえず永遠に地獄で苦しむw。

単純過ぎるけど、そういう観念を教学でインプットされる。人間は誰でも弱いし、
死も怖い。だからとても魅力的。喜び。救いとなり得る。

このスレの人達は、宗紛戦争、中東紛争のことなど遠い世界のこと、「神の為の
殺人」なんて・・・意識にも考えたこともないのでは?自分のことだけみたいw。

ちょうど、オウムの一般信者が幹部の犯罪を全く知らなかったように。

でも、牧師や宗教で食べている人達のようだから(プロ)、一般信者と違って知ってて
巧妙にシラをきっているのかもしれないけどw・・・・・      Bに続く



853 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:49:16 ID:wDIJqmA0
悟りは旅に出れば多少は自然なものが身についんじゃないかな

854 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:49:58 ID:wDIJqmA0
歪な性質も改善される

855 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 21:51:11 ID:hZ9siBAC
>>854
とりあえず、中絶君が旅にでて帰ってきてから、考えるよ(^O^)/



856 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:51:20 ID:wDIJqmA0
虚構論理の実体のなさがわかれば上等

857 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 21:55:46 ID:E2kFnIhW
>>833

コンブさん
正直〜。良いひとね〜。少しスキになったw。

858 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:00:05 ID:hZ9siBAC
>>857
本気にしたぞ(#^.^#)ノシ


859 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 22:10:35 ID:wDIJqmA0
何に同調するかですね

860 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:18:16 ID:hZ9siBAC
>>859
なんだ、君から、軽い突っ込み期待してたのに・・・・・(-_-;)

異調しよう、異調ヽ(^。^)ノ


861 :聖霊大王:2006/08/03(木) 22:19:20 ID:rtCznVGe
教祖さまは異常な自分の概念に気付かず、自分の概念にとりつかれて、語る。 異常だな。

862 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:20:45 ID:hZ9siBAC
>>861
そんなことより、思考と認識で雑談シオ(´・ω・`) ノ


863 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 22:24:53 ID:wDIJqmA0
洗脳論理しか生み出せないのに?

864 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/03(木) 22:26:09 ID:fjVU2m4f
>>863
音響は?

865 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 22:27:44 ID:wDIJqmA0
エネルゲイア

866 :聖霊大王:2006/08/03(木) 22:32:51 ID:rtCznVGe
思考と認識の根底には、記号と意味、脳内ホルモン、記憶の組み合わせにてある、座禅は脳内ホルモンのコントロール、仏教の思想は、記号、意味、記憶について解答がある。

867 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:35:06 ID:hZ9siBAC
>>866
そうそう、仏教のそれが聞きたかったんですよ。

般若心経って、仏教的にはどの程度の正当性があるんですか?


868 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 22:42:29 ID:wDIJqmA0
うすら笑いで聞く

869 :聖霊大王:2006/08/03(木) 22:44:22 ID:rtCznVGe
般若経は、全仏教の共通する、哲学があるね。

870 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:51:18 ID:hZ9siBAC
>>869
般若心経って、深いと思ってるんですけど、あの認識論って、なかなか理解できませんよね。
相対主義を超えている。

でも、坐禅はただ坐ってるだけのこと。
違うのかなぁ〜


871 :聖霊大王:2006/08/03(木) 22:54:33 ID:rtCznVGe
仏教と哲学は、南方熊楠や、現在は、中沢新一がおもしろい。

872 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 22:56:22 ID:hZ9siBAC
>>871
南方熊楠も、中沢新一も好きですよ。
愛読書多いですね。

南方曼荼羅については、ここでレスするときは思い巡らすことは多いですねヽ(^。^)ノ


873 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 22:58:21 ID:wDIJqmA0
空が認識できなきゃ無理だよ

昆布の心経解釈はどうなん?

874 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 23:01:50 ID:hZ9siBAC
>>873
空は空。

というか、君は中絶厨なんだろう?
君は仏教徒か?


875 :聖霊大王:2006/08/03(木) 23:02:06 ID:rtCznVGe
座禅は、例えるなら、昨日の亀田がボクシングで集中出来るについて、解答ができる、集中、すなわち、色即是空なのさ、

876 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 23:03:45 ID:hZ9siBAC
>>875
うひゃ(^^♪

相変わらず、理解できんわぁ〜
大王殿のいいところなんだけど・・・・・・(^_^;)


877 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:06:31 ID:wDIJqmA0
阿諛追従

878 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:07:18 ID:wDIJqmA0
結局あのレスポンスだもんね
よくわかるよ

879 :聖霊大王:2006/08/03(木) 23:08:10 ID:rtCznVGe
無駄な緊張は脳内ホルモンがコントロールができないということさ、

880 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 23:13:08 ID:hZ9siBAC
>>878
自分のレスポンスを考えてみたことある?
君も言葉に頼る中絶厨ヽ(^。^)ノ

>>879
アレだけ息巻いて「緊張」は笑えるし情けないのだが、
そこがまた、幼くて女性ファンをくすぐるのか?

881 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/08/03(木) 23:13:20 ID:1x7+1h/M
>>852
続きマダー?

882 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:15:03 ID:AeH/RXPC
意味をわかって言うのか
意味をわからずに扱うのかの違いはあるね

883 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/03(木) 23:21:11 ID:hZ9siBAC
さあて、ではまたノシ


884 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:27:30 ID:NQkiMny9
>>849
>教祖様はユダヤ教は割とお好きらしい。一神教にこだわっていながら何故?
>まあ最初から一神教だった訳でもないが…

いいご質問ですね。理解力も洞察力も一かけらもないゴミみたいな質問ばかり
の中で、こういう質問に出会うと、正直ホットします。
現象的には、ユダヤ教徒は、キリスト教徒とは異なり、異教徒を強制改宗したり
迫害したりすることは、あまりなかったということです。専ら、キリスト教の
陰湿かつ執拗な迫害に耐えてきたのであり、そのとどのつまりがホロコースト
です。イエスも、「木は実によって知られる」と言っていますね。
最近、イスラエルがレバノンをかなり攻撃していますが、これはアメリカの
差し金もあったものと推測します。その証拠に、ブッシュだけは攻撃に反対
していません。
キリスト教徒に比べて、ユダヤ教徒のほうが現実の生を重視する。「神」という
言葉は殆ど使わないそうです。ユダヤ教の精神を一言で、と問われて、ユダヤ教
の最高ラビは、「人の嫌がることをしないいこと」と否定形で答えています。
これは、「人にもしなさい」というイエスの肯定形の言葉とは対極的です。
ユダヤ教徒は、生存意欲が極めて高い。その生殖能力は最高だそうですw。
ニーチェは、ユダヤ人は、その生存のために、世界自体を徹底的に偽造して
しまったと言っています。

885 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:28:37 ID:NQkiMny9
>>884の続き

しかし、ユダヤ教は、キリスト教とイスラームという鬼子を生み出し、人類の
不幸の原因となりました。これほど自然と人間から隔絶したユダヤ教の異常な
「神概念」が、一体何故どのようにして発生したのかを、現在、考察の対象と
しています。荒涼たる砂漠という風土と、動物の生命を奪うことに対する罪悪
感が麻痺してしまった、遊牧民の宿命でしょうか。フロイトは、「ユダヤ人の
心的外傷の遅発的後遺症であり、精神障害の症状以外の何物でもない」という
趣旨のことを言っていますが。
旧約聖書には残虐な場面が多いが、一方、新約聖書に比べて、偽善がなく、
骨太で、人間性の洞察に富んでいる。残虐な描写も、反面教師として役立つ
可能性があります。
キリスト教が、少なくともユダヤ教にまで戻れれば、もう少しマシになると思う
のですが。
しかし、「メシアニック・ジュー」などに見られる、ユダヤ教に対するキリス
ト教の影響が案じられます。シオニストも、キリスト教の影響を受けたユダヤ
教徒であると了解しています。

886 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 23:57:40 ID:WetAl1Yz
>>884-885
佐々木良昭著・青春出版社刊「日本人が知らなかったイスラム教」は読んだ?
イスラム教徒の思考様式を知る上でけっこう参考になるよ。
けっこう古い本だけどブックオフの100円コーナーでよく見かけるから、
機会があったら読んでみては。

887 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 00:07:59 ID:Gh3QTxrC
宗教が違うと、同じ人間でもこれほどまでに違うんだなーというのを痛感させられる本。

888 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 00:34:41 ID:bcSWDaz2
>>838
>デカルトの現実?
>ウィトゲンシュタインの現実?
>キリスト教的世界観?
>仏教的曼荼羅?
>荒俣宏魑魅魍魎跋扈跋扈世界?
>・・・・・・・

人間にとって、現実界は唯一つ。現実界が複数あったら、人間社会は瞬時に
して崩壊するよ。

現実界とは、不特定多数人の五感によって知覚される世界。

889 ::2006/08/04(金) 00:45:42 ID:lg/TfCkZ
座禅をデフラグにたとえているのをどこかで読んだな。
>>888
世界認識の多様性って理解できない?

890 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 00:57:07 ID:bcSWDaz2
>>889
>世界認識の多様性って理解できない?

世界認識とは、百人百様の「観念」「空想」。誰でも脳内で勝手に作れる。
しかし、実在としての世界は、唯一つ。

891 ::2006/08/04(金) 01:02:07 ID:lg/TfCkZ
蝶になった夢を見たのか、蝶の夢が自分なのか。
赤子の世界と成人の世界と犬の世界と。
絶対的なものはなく、全ては相対性のなかにあるという世界

892 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:03:15 ID:Gh3QTxrC
対して、外篇と雑篇の俗っぽさ。

893 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:08:44 ID:S1TT8Nuq
>>890のいってることって、
宗教者の言うこととあんまり変わんなくね?

その「唯一」のことを
「神の領域」とか言ったり、「大日如来」とか名づけちゃえば
それで「宗教」っぽくなる。

名づけ方が違うだけで考え方の構造は同じじゃない?

894 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:13:53 ID:bcSWDaz2
>>891
>蝶になった夢を見たのか、蝶の夢が自分なのか。

夢は、睡眠時における脳細胞の乱れの結果。だから、夢であり、現実界
ではない。

>赤子の世界と成人の世界と犬の世界と。

赤子や犬に成り変れない限り、その知覚する世界は誰にも判らない。

>絶対的なものはなく、全ては相対性のなかにあるという世界

観念は相対であるが、実在は絶対である。どんなに偉い宗教家でも哲学者
でも、飯を食うとき、その飯の実在の絶対を疑う者はいない。

知覚異常者、精神病者、宗教信者は、不特定多数人のほぼ共通した知覚に
より構成される現実とは異なる仮想現実を作り上げ、それを現実だと信じ
込む。これを、知覚異常、幻覚、妄想などと呼び、治療の対象になる。

895 ::2006/08/04(金) 01:14:47 ID:lg/TfCkZ
「唯一」そう言う視点も宗教にはある。
ありてあるもの、アルファでありオメガ、全存在。
五感によって云々とは全く別のレベルだけど。

896 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:17:00 ID:S1TT8Nuq
>>894
絶対的な存在ってナニ?
それも脳内で作り上げたモノなんじゃないん?

897 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:19:38 ID:bcSWDaz2
>>895
>五感によって云々とは全く別のレベルだけど。

人間の知覚器官は五感のみ。第6感という知覚器官はない。


898 ::2006/08/04(金) 01:21:14 ID:lg/TfCkZ
>>894
認識の多様性については、一応理解してるみたいだね。
「現実に対する認識の多様性」の指摘に対して
「目の前にある現実」を主張することが対立しないとう視点はもてる?


899 ::2006/08/04(金) 01:22:21 ID:lg/TfCkZ
>>897
認識論と、第6感(霊感のこと?)とやらとは別の次元の話だと言うことは理解できる?

900 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:25:10 ID:bcSWDaz2
>>894
人間は、五感に依存しない限り、生存は不可能。五感によってのみ、
食い、住み、着て寒気を防ぎ、外敵や災害から逃れ、女を抱くことが
出来る。人間は霞を食っては生きられないし、幻の女を抱いても、種
族の維持はできない。

901 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:28:24 ID:S1TT8Nuq
>>900
生き延びる。
そりゃ結構なことだ。

だが、それは我々生存者の恣意的な判断からくる考え方に過ぎないのであって
「絶対的な実在」とかとは何にも関係ないハナシなんじゃないの?

902 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:32:11 ID:iuKIQ9I7
横槍失礼。

宗教にのめり込む人って女性に多いんですか?

903 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:32:42 ID:bcSWDaz2
>>899
>認識論と、第6感(霊感のこと?)とやらとは別の次元の話だと
>言うことは理解できる?

その「別の次元」は、生存とどう関連する?人間とは、生存と種族
維持の基本本能を持った動物に過ぎない。人間のすべての機能は、
究極的にはこの本能に奉仕する。




904 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:35:25 ID:X5IuJ6ZU
??

905 ::2006/08/04(金) 01:37:42 ID:lg/TfCkZ
>>903
ああ、ごめん。問いを理解できなかったみたいだね。
じゃあ、「会話は文脈の中で成立する」ということは理解できる?

906 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:39:08 ID:bcSWDaz2
>>901
>「絶対的な実在」とかとは何にも関係ないハナシなんじゃないの?

「絶対的な実在」とは一体何?それも人間の空想に過ぎないのでは。
人間が、人間の認識能力の範囲外のものを認識するなどということは、
完全な論理矛盾、背理。それを人間の「空想」「妄想」と呼ぶ。



907 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:42:23 ID:bcSWDaz2
>>905
>じゃあ、「会話は文脈の中で成立する」ということは理解できる?

世界や物の「実在」の話をしてるんだよ。誤解しないでね。

会話は、観念の伝達。物の実在とは全く関係ない。

908 ::2006/08/04(金) 01:42:56 ID:lg/TfCkZ
>>906

あらら。

>>894であなたが>実在は絶対である。
とレスしているでしょ。

会話として成立していないのは、あなたが文脈を読むことができないからだよ。

909 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:46:18 ID:bcSWDaz2
>>908
>>894であなたが>実在は絶対である。
>とレスしているでしょ。

「実在」とは、「物(物質)」の実在を言う。辞書を調べられたし。



910 ::2006/08/04(金) 01:46:47 ID:lg/TfCkZ
>>907
じゃあ、
「会話が文脈の中で成立する」ということの反論として
「会話が観念の伝達である」が不適切であるということは理解できる?


911 ::2006/08/04(金) 01:49:05 ID:lg/TfCkZ
>>909
ふむふむ。
では、文脈からすると
「実在とはものの実在を言う」
と言う回答が整合性がとれていないことは理解できる?

912 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:50:12 ID:bcSWDaz2
>>910
世界や物の実在は、五感の知覚によってのみ成立する。それ以外は、
観念、空想、妄想という。

空想、妄想に浸るのは君の自由だが、それを「実在」と混同しないで
くれ。

913 ::2006/08/04(金) 01:53:48 ID:lg/TfCkZ
>>912
「会話が文脈の中で成立する」に対する反論が
「実在」と「空想・妄想」の混同、では成立しない、
ということは理解できるかい?
理解できないなら理解できないで構わないんだよ。
無理して何か言う必要はないんだよ。

914 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 01:54:52 ID:bcSWDaz2
>>911
言い換えれば、「実在という言葉は、物の実在(存在)」という意味で
使われる」ということ。

物と観念(空想、妄想)とを混同しないでくれ。

915 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:04:14 ID:bcSWDaz2
人間界では、五感で知覚できる物(物質)を実在物とする。何故か?
さもなければ、人間が生存できないからである。要するに、人間界の
ルール。日常生活での経験から帰納すれば、例外は「皆無」。

色即是空、されど空即是色(眼に見える世界は、実は空かも知れない。
あくまで、人間の知覚に過ぎないのだから。しかしその眼に見える世界
こそ、人間が現に生存している、そして生存すべき世界なのだ)。

私の言ってることは、どこの本にも書いてないことだから、いくら本を
読んでも無駄だよw。

916 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:07:59 ID:bcSWDaz2
>>913
君は、どの本を読んで、理解できる、できないを言ってるの?本から
借りてくるのではなく、現実から帰納して自分の頭で考えてみてくれ。

917 ::2006/08/04(金) 02:11:26 ID:lg/TfCkZ
>>916
「2ch」での「現実」は人とのコミュニケーションだよ。
この言葉がわずかでも通じることを祈るよ。
じゃあ、おやすみ。

918 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:19:31 ID:bcSWDaz2
>>917
>「2ch」での「現実」は人とのコミュニケーションだよ。
>この言葉がわずかでも通じることを祈るよ。

そんな誰でも言える当たり前のことを、得意げに言うなよ。

未だに、実在としての世界と観念との区別が付かないのだな。

「人」は、五感で知覚できる物質。communicationという観念の
伝達そのものは知覚できないから、物質ではない。しかし、文字が
表示されたdisplayは、知覚できるから、物質。




919 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:33:23 ID:bcSWDaz2
Communicationの場合、音声の知覚によって、その発生源の物質の実在
が成立する。匂いの知覚(臭覚)によって、その発生源の物質の実在が
成立する。味覚によって、食物の実在が成立する。

「実在(存在)とは、知覚されることである。」(バークリ)

920 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 02:39:35 ID:vqq5M1t5
教祖君のおもしろいところは、
教祖君そのものが借り物だってことだなヽ(^。^)ノ

出でよ、本当の教祖君(^O^)/


しかし、今までのところ、名無し君は例外なく、会話成立しないなぁ〜


921 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:56:36 ID:4rWvcMsq
想像ができないからね

922 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 02:57:23 ID:4rWvcMsq
ついでに粘着もできないけれど

923 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 03:00:16 ID:4rWvcMsq
般若心経の解説本は読んできた?

924 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 03:01:25 ID:vqq5M1t5
中絶君も名前入れたら?

名無し君3周年とか(^O^)/

お休みノシ

925 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 03:02:17 ID:4rWvcMsq
はやっ

926 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 07:52:59 ID:0wx4ACs9
>>924

コンブさん
故意に人を脅し、中傷し、恐喝しろ、とイエスは教えたの?
牧師の品位を問われますよ〜。資格喪失〜・・・もので〜す。 \(~o~)/ 

劣勢になって反論できないから、なりふりかまわずのドタバタ・・・醜悪w〜(笑
宗教で食べていくのも、これからは大変かも〜。転職なさったら如何?・・・とテストw。


研究者さんの冷静なレスを拝見させて頂くと、借り物でない独創性、明確な論理等々から
私見ながら、既に (解脱) のステージに至っておられると自分は確信に至りました。
              
素晴らしいことです!!日本の (宝) です!! ありがd☆ ヽ(´∇`)ノ

正しい見解をこれからも世界に、広く流布なさって下さいね〜〜〜
世界平和のために。





927 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 10:11:09 ID:/2ysFFov
今日もあつぅw

928 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 10:17:37 ID:gucW3NtV





意←第六感

929 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 10:46:45 ID:dssAPato
ちわぽノシ

930 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 10:53:50 ID:TgrtH3Og
>>928
>眼
>耳
>鼻
>舌
>身
>意←第六感

「意」は、「第6感」ではないよ。「意」は、感覚器官からの「入力」が、
最終的には「脳」によって統合されることを言っている。これは、現代の
感覚生理学そのままの、高度に科学的な観察と理論。

「意=第6感」などと誤解する愚か者が出てくるから、釈迦(若しくは般若
心経の作者)は、「意」を加えるべきではなかった。「意」は、五感とは違
って、「物の実在」そのものを成立させる「必須の要素」ではないとも言え
るから。「意」は、「観念作用」の機能も持つから、「実在」を成立させる
感覚器官(五感)そのものからは区別したほうがよい。

「色即是空、空即是色」は、私の前レスのように解釈すれば、極めて優れた
「存在論」。大昔の人が、現代でも完全に通用するこれほど科学的・哲学的
な思考ができたことは驚き。

なお、般若心経の「解説本」の著者も、原作者の意見を聞いてきた訳では
なく、あくまで著者の解釈。他人の解釈に盲目的に依存することなく、
「現実に立脚して」現代人が自分の頭で解釈するのが、唯一の正しい「解釈」
である。

931 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 10:59:52 ID:dssAPato
中山のを発注してみた。

932 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 11:06:20 ID:dssAPato
ざーっとログったが。
すでに堂々巡りになってる気が。
このスレもここまででいいかな。

933 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 11:06:20 ID:gucW3NtV
>>930
色・眼根・眼識
声・耳根・耳識
香・鼻根・鼻識
味・舌根・舌識
触・身根・身識
法・意根・意識

六番目を特別視する必要はなかろうw
あと、現代科学と結びつけるのは慎重になw

934 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 11:10:53 ID:dssAPato
洒落っ気も感性もないらしいからな。

935 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 11:15:57 ID:dssAPato
次スレのスレタイ考えた。

「●ご隠居の堂々巡りに付き合うスレ●」
1の文 *別に無視して雑談してもいいけどね。

マジでこれにすることにしました。

936 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 11:32:05 ID:IDK0eCE7
もう次スレの季節か・・・

937 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 11:34:47 ID:dssAPato
お盆ってやっぱりこの板の人たちは墓参りとか行くんだろうなあ。
閑古鳥鳴きそう。

938 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 11:35:58 ID:hc0mrIJl
829−B

よく聞く話だけど、病院の看護師さん達が「ほんと、クリスチャンは病気や死に際しても
皆、明るい・・・」と言う。Aの記述から、それは証明できる。
又、戦争などの真っ只中におかれると、信仰のある人(信じる物がある人が)一番強い
とかも聞く。一見、良いことに思えてしまう。これはどう捉えたらよいのか?・・・

アスリート達も、最高のプレーをするために、最高の結果をいつもイメージ・トレーニング
するという。プラス思考も又、人生を積極的に生きるために存在している。

(人は弱いもの)いくら今、現在恵まれていても死ぬときは、全て持ってはいけない。
(死)が、本能的に誰でも怖い。死んだ先のことが分からなく不安。
死が避けられないものなら、ポックリ楽に死にたい。お年寄りは、だからお参りにも行く。
出来ることなら幸せに喜んで希望に満ちて死に、良い来世に行きたいと欲も深い。


生まれてきた時もどこから来たのか覚えてないのだから、考えなくて良いのに(知恵の木の実)
を食べたせいか、つい先のことを心で思い考え煩ってしまう。・・・。不安な生き物w。

このウィークポイントを、宗教は巧みに狙い布教してくるのでは。


939 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 12:20:23 ID:gucW3NtV
>>938
もともと、(我々とは別に・我々以前に)宗教があったのではなく、
人の、そうしたウィークポイントを防護するために発展してきた、
心の自己防御作用じゃないのかね?
 (特に2chでの宗教批判は、人類以前のアプリオリな宗教を想定している傾向がある。
 その点、教祖様は開祖に因を求めている点でまだよいかもしれないw)
今現在、成熟した(と言えるかどうかわからないがw)現代人が、
来し方を振り返り、反省とともに新たな方向性
(より現代社会・現代思想に適した防御方法)
を模索し始めている、と言えるかもしれない。

940 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 12:56:35 ID:dssAPato
>>939
近代や現代の思想発展の妨げに、
宗教が一役かってる可能性はあると思いますか?

941 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:07:01 ID:/2ysFFov
>>937
うむ。
無神教、無宗教の私もちゃんと墓参りぐらいは行くぞ。
そのために、お盆休みラッシュの中を、気の遠くなるような時間移動する。
まさに、洗脳されてんだなヽ(^。^)ノ

時間あれば、携帯使ってレスしますよ。
まあ、今週末からの話だけど、それまでには、完全にこのスレ埋まってるでしょう。


942 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:08:48 ID:/2ysFFov
「知恵の木の実」
って、多用するけど、それは、比喩かなにかの象徴でしょう。

なに?


943 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:11:08 ID:dssAPato
あ、こんぶ殿ノシ
墓参りの習慣が身についてないのはそーかの影響なのかなあw
でも、俺はお盆にちょうちんもって歩いてる人を大人になって始めてみましたよ。
はじめてみたときはなんか不気味で怖かった^^;

944 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:15:56 ID:dssAPato
貨幣とか経済の概念を宗教が取り入れないのは、
お布施に影響するからでしょうか。
現代社会でもっとも大事なのはお金と心の結びつきじゃないのかなあ。

945 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:16:59 ID:dssAPato
心と心。お金と心か。
宗教が枠を超えないのもそこにある希ガス。
死ぬ時の安寧の為の宗教を超えないような。

946 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:18:43 ID:/2ysFFov
>>943
へェ〜、創価って、墓参りしないんだぁ〜
ほんと、2チャンって勉強になりますよぉ(^O^)/

私は、小さい頃、法華経が行脚するときに打ち鳴らす太鼓の音が怖かったです。
兄は泣いてました。
なぜなのか、全然覚えてません(^_^;)
思うに、親がいたずらして、なんかとんでもないこと吹き込んだんだと思います。
なぜ、いつ、その洗脳が解けたのかも忘れましたけど・・・・・


947 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:20:02 ID:dssAPato
俺のマナ識が教祖様をご隠居に写し変えたのだ。
そのわけが分った。
過去の現象にとらわれ、批判はすれど発展性もなく未来に向かうものでもない。
隠居した、じ様がぶちぶち嘆く姿に変わらないからだ。
じゃあ、どうするのかとかそういう視点を感じない。自分の時代を振り返るのみって言うか。

948 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:21:16 ID:dssAPato
>>946
いや、それは分らないですよ。
ただ、俺の場合には行ったことがないです。
で、子供の頃に親に墓参りってしないのか聞いたら
仏壇に拝めば同じだと言われたことはありw

949 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:21:28 ID:/2ysFFov
>>944
イスラム教は、金融資本を否定して、銀行は利子をとってはいけないそうです。
投資して、利益配分という形で、回収してるそうです。

経済と宗教と暴力はすべて、密接に関連してますよね。


950 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:22:38 ID:dssAPato
法華経が行脚するときに打ち鳴らす太鼓の音ってのは聞いたことないですね。

951 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:24:49 ID:/2ysFFov
>>948
墓参りに関しては、
南無たんとのやりとりのきっかけにもなった面白いエピソードがあるんですよね。

考えても見れば、わたしは、墓参りをするために、宗教板に来たのかもしれない。

不思議なものです。

952 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:25:13 ID:dssAPato
>>949
金融を否定しても成り立つ社会構造ってことでもないのですね?
金と心はもっとも密接してるんではないでしょうかね。
人と人の問題にはモラルもあるけれど、金の面ではまだまだ未熟だし、
金にまつわる概念は間違いだらけ。そこの部分には宗教が悪影響してるとも思えなくないです。

953 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:25:58 ID:/2ysFFov
>>950
白装束で、団扇のような太鼓を持って、歩いているでしょう。

てんつくてんてん、というリズムです。


954 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:31:42 ID:dssAPato
>>953
白装束って例のですか?w
つか、お参りしないから見る機会ないのかも。

955 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:32:37 ID:/2ysFFov
>>952
経済の人類学的なアプローチは面白いですよ。
クラ交換や、贈与の一撃はなかなか深いです。

焦点は、贈られたら、返さなければならないということですね。
また、流通するものの流れは、必ず、互いに逆に流れるということです。
つまり、貨幣と商品が交換されるわけですから、
貨幣の流れと、商品の流れは逆になります。

これは、コミュニケーションでも一緒です。
ということは、言語体系でも一緒です。
ということは、・・・・・・・

956 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:35:20 ID:dssAPato
>>955
そうですよね。
宗教的な教えよりも経済的な流れの方が理路整然として、
そこから得られる教訓もあると思います。
その経済活動には人と人が絡むわけだし、円滑に進めるには心の問題がある。
経済抜きで人の気持ちは理解できないと思うのだけど。
一番もっとも影響している主義が資本と民主の主義ですし。

957 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:36:23 ID:dssAPato
しかも世界基準を統一するにももっとも早そうじゃないですかw

958 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:39:05 ID:dssAPato
仏陀もイエスも貨幣の効果の知識はほとんど持ってないだろうし、
概念も持ってなかったかも。
しかも仏陀は食物は乞食で得てたわけだし。
だから時代に合わない部分が増えてしまったのかもしれない。

959 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:40:16 ID:/2ysFFov
>>956
経済の対象も、けっこう曖昧なんですよね。
一般的には、貨幣と商品の体系を問題にしているんでしょうけど、
なぜ、そうするかという次元まで伸びると、
ほとんど、現代思想の分野ですから。

マルクスやソシュールやラカンやウィトゲンシュタイン・・・・・

まあ、完璧に趣味の世界ですね(^^♪


960 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:42:30 ID:/2ysFFov
>>957
それは、ムリなんじゃないんですかね。

グローバリーぜーションも宗教ですから。

統一するには、アメリカやユダヤ資本など、あまりに裏で取引しすぎですし。


961 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:43:30 ID:dssAPato
>>959
でも、趣味の世界って言うのは主義としての追求の面であって。
もっとも現実的で必要なことであるのは間違いないですし。
こんぶ殿はひょっとして見たかもしれないけど、とあるレスをしてふと思った。
宗教と同じくらいに経済の概念は正しい方向性を持つべきもの。
それがないとゆがんだ価値観が蔓延するかも。
宗教で秩序を守ろうなんて時代は終わったのかもしれないです。
だからこそ、宗教は経済と結びたくないのかもと勘ぐるくらい確信的だ。

962 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:44:42 ID:dssAPato
>>960
だから宗教にしてはだめなんですね。
宗教にも代われる位の新思想か、宗教までも定義つける新概念。

963 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:48:49 ID:/2ysFFov
>>961
経済は宗教の一つだと私は思ってますよ。
マルクスが宗教がアヘンだといったのは、
経済も宗教だから、経済で国家を統一するためには、宗教は邪魔だったのです。

ただ、経済の神はハッキリしていて、利益です。
利益信仰をしなければ、ニートになるしかありませんねヽ(^。^)ノ
というか、ニートになれるというべきだね(^O^)/羨ましい〜♪



964 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:50:08 ID:dssAPato
>>949
>イスラム教は、金融資本を否定して、銀行は利子をとってはいけないそうです。
>投資して、利益配分という形で、回収してるそうです。

これなんかが典型的な例で、宗教が経済に口出しをすべきでは無いってことかもしれないです。
宗教は宗教で政治経済には関係ないもの。政治経済は別のしっかりとした概念を持って運用する。
そうすれば自然と宗教の政治的要素は弱まって行くんじゃないのかな。
経済概念も裏には宗教的思想が付きまとう以上は神格化されたりすることの抑制にもなるかも。

965 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:54:08 ID:dssAPato
>>963
経済の神は利益となると概念としてはあまり良くないようにも感じる。
利益だけを追求するのではどんな形になるかわからないから。
だからその内容について教義的なものをつけると宗教に近づく。
モラルと意識の確立しかないでしょうね、やっぱり。
それと正しい新思想的概念に基けば、人の心を無視した利益の追及は本来ありえなくなる。

966 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 13:59:27 ID:/2ysFFov
>>964
私は、金融資本を否定するのは、まったくオーケーですね。
銀行は利子を取って、もうけてるのに、
どうして頭下げてお金かりなければならないんだろうって、思いますよね(^^♪
金融資本は、経済のシステムで見ると原始的なシステムに感じます。
投資でもないし、労働でもない。
知的労働でもない。

まあ、いまのところは絶対必要ですけどね(^_^;)


967 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 13:59:34 ID:dssAPato
こんぶ殿が政治家で宗教法人の扱いを自由に決めてよいとしたら
今のまま存続させますか?
俺だったら納税をさせて、名簿や利益の帳簿も備えさせて閲覧させて、
自由競争をさせる。
それではじめて宗教界が社会に本当に役立つ活動をはじめられる気がする。
経済の中の宗教であれば危険性もかなり減るような。
だから、まずは納税なんだと思うのだけどな。。。カルトが大暴れするようにでもなれば
名簿とかの閲覧の可能性も出てくるかな。

968 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:01:42 ID:dssAPato
>>966
その部分は企業のサービス内容の問題ですからねw
それに自由化が進んでもはやその常識も崩れつつあります。
預金者が今までの常識で考えてるからまだ今のところは続いてますけどね。
ローンの商品なんかも大分変わってきましたよね、大手じゃないところのサービス内容はすごい。
どっちを利用者が選ぶかですね。

969 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:10:13 ID:/2ysFFov
>>965
利益というのは、実は、相対としてはあきらかなのですが、
現実としてみるとまったく意味不明です。
結局のところ、手元のお金のことを利益といってるのです。
これは、キャッシュフローの概念に似ています。
社長は、社員にその意味不明の利潤追求を洗脳してますからね。
疑問に思っては、組織にはいられません。

>>967
宗教法人というのは、税務体系では、公益法人に所属します。
実は、公益法人は非課税なのかというと、そんなことはなくて、
収益事業には、消費税も法人税も課税されます。
収益事業以外の本来の運営事業が非課税になります。
そして、一番の問題は、宗教法人の税務調査が甘いことが多いし、
公益法人に対する寄付が非課税になることも、
節税対策に利用されるなどで、その不公平から問題になると思います。
宗教法人というよりも、その税務体系のアンバランスと、税務調査の不公平ですかね。



970 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:14:49 ID:dssAPato
>>969
>社長は、社員にその意味不明の利潤追求を洗脳してますからね。
>疑問に思っては、組織にはいられません。
まさにここです。
それに加えて社長は社員に思想的なことも要望します。
うちの会社は行為主義でやるからと朝晩に唱えさせたり。
その内容が間違ったものであっても必ずしも利益に反するとも限らない。
ここが怖いところですよね、だからこそ宗教では世の中の力になるのに限界があるかも。
と思う所以。

収益の部分はそうらしいですね。
でもお布施だとかそんなものも収益とみなすべきだと思うのです。
それと名簿。その名簿で誰がいくらってのがすぐに分ればあまりおかしなお布施は得られない。
観察の必要はあるでしょう、宗教法人には。
宗教法人には近づかない方が無難って感覚は官民問わずにありますからね。

971 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:15:33 ID:dssAPato
行為主義は間違い
こういう主義が正解。。。¶:3)| ̄|_

972 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 14:18:22 ID:7DNH+89+
>>938
>よく聞く話だけど、病院の看護師さん達が「ほんと、クリスチャンは病気や
>死に際しても皆、明るい・・・」と言う

それは少しおかしいのではないか。「死に対する恐怖」や「病気の苦痛」は、
とりもなおさず生存本能の現れ。さらに、後に残る者たちの悲しみや行く末を少
しでも考えれば、死が恐ろしく、辛く、苦痛であるのは当然。にも拘わらず
「明るく振舞う」クリスチャンは、宗教による自己欺瞞で、人生の最後まで
「芝居」を演じていることになり、又、自分のことで精一杯で、後に残る者た
ちのことを本当には案じていないことになる。

死に掛かったクリスチャンが「奇妙に明るい」のは、なんだか異常で、不気味w。

無宗教者は、死が万人に極めて公平に訪れる大自然の摂理であり、ひたむきに
生きた後の死は、大いなる休息と平安であることを覚っており、後に残る者たち
への精一杯の想いと配慮に心の安らぎを得て、従容として死に赴く。

宗教が、死の恐怖をやたらと強調するのは、主としてその布教目的のために
過ぎない。

973 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:20:31 ID:dssAPato
>無宗教者は、死が万人に極めて公平に訪れる大自然の摂理であり、ひたむきに
>生きた後の死は、大いなる休息と平安であることを覚っており、後に残る者たち
>への精一杯の想いと配慮に心の安らぎを得て、従容として死に赴く。

ここには同意。
そういう生き方をするために無宗教者はがんがらねばいけないのだw

974 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:26:30 ID:/2ysFFov
>>970
>それに加えて社長は社員に思想的なことも要望します。
実は、一番洗脳されてるのは、社長の方だったりするのが現実の悲劇です。
リストラで、社員の首を切りまくって、コスト削減を計るのは典型です。
経営とは、結局、人ですから、その資源を捨てるということは、
燃料を捨てながら飛んでる飛行機みたいなものです。
利益追求を叫んでる社長に限って、自分の会社の財務諸表を読めなかったりしますし、
利益とキャッシュの違いがわかってませんから。

>宗教法人には近づかない方が無難って感覚は官民問わずにありますからね。
今の自民党ではムリですね。
でも、公益法人の税務体系はかなりおかしいと私は思いますよ。
ただ、ほんとに公共サービスしてる非営利団体もありますから、あまり言いませんけど。


975 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:27:18 ID:/2ysFFov
あっ、ついに、降臨したのね(^O^)/


976 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:29:58 ID:/2ysFFov
うん、ちがうの(´・ω・`) ?


977 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:32:27 ID:dssAPato
>>974
社長はとかく自らを洗脳します。
自分が信じたものをとことん考えて一種の洗脳状態にします。
だからそこの世界に踏み込んだものも洗脳できるのかもしれないですね。
洗脳がとけかかった社長は洗脳をしなおさなければ社員は迷う結果になるかもしれないw
そこでよい方向を見直せることもあるかもしれませんけどね、強い意思は必要だと思います。

税務体形とかってのは基本的におかしいの多いじゃないですか。
俺はとかく公務員の仕事の多くに疑問を感じてるから、そこはもう大前提ですw
本当に公共サービスを頑張ってるところと区別化が図れる制度が確立できればいいのかもしれませんけど、
評価を外からするシステムとかが出来ればいいのかな。

978 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:33:19 ID:dssAPato
>>976
ん?ご隠居(元教祖)ですよ。

979 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:38:14 ID:/2ysFFov
>>977
企業は、市場という環境に適応していかなければならない、生き物ですから、
リーダーである社長の洗脳が間違ってると、その社員の人生も悲惨ですね。

まあ、詳細な内容については、経営学板の領域ですかね。
あそこも結構、面白いです(^^♪

>税務体形とかってのは基本的におかしいの多いじゃないですか。
まあ、それはいえますけどね。
私は、とりあえず、歳出を予算対比で明確にしてくれることを望みます。
今は、予実管理のチェックができませんから。


980 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:38:40 ID:dssAPato
リストラについてはなんとも言い切れないですね。
昔からの流れだと能力よりも勤務年数、年功序列。
この結果にリストラの必要性が出ることは十分にあります。
会社の存在する土地や建物の経費もある以上は規模の縮小や効率化の為の人減らしが
必要な場合もある。
大切な人材までもを切るとか、反感しか起こらないようなリストラの強行はどうかと思いますけど。

981 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:40:49 ID:dssAPato
>>979
そーですよね、洗脳が違ってたら社員が一番の被害者になる。
だから洗脳状態を自覚しつつ変化も出来る洗脳を心がけないと@ワケワカw

予算なんてあっても意味ないですからね。
あんな経営の仕方が存在するってことがおかしすぎる。
経営意識も持ってないでしょうけどね。

982 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:43:37 ID:dssAPato
怖いのはやっぱり風潮とか流れですね。。。
そんなものに負けないための小さな洗脳は必要かもしれない。

983 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 14:43:38 ID:7DNH+89+
>>963
>経済は宗教の一つだと私は思ってますよ。

経済は、生存に必要な物資の獲得、または獲得の手段としての貨幣の獲得
を目的とするものであり、宗教とは、生存とは直接関係のない超越的存在
や観念に関るものだから、両者は本質的に異なるよ。マルクス主義は、観念
信仰の宗教。

企業の利益が、その資本家、経営者、労働者をも含む、共同体維持への貢献の
対価であるという事実は、どこへ行ったの。

宗教法人の宗教行為に課税されないのは、公益法人への課税対象が「制限
列挙主義」であり、宗教行為がその列挙に含まれないからであり、宗教法人
であるからではない。

984 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:44:26 ID:/2ysFFov
>>980
リストラ自体が問題なのではなくて、
コスト削減=人件費の削減=解雇が問題なんです。

もともと、三種の神器のひとつといわれた年功序列は、公務員ぐらいのもんです。
実際には、それほど多くの企業は実施できませんでしたから。
高度経済成長ならではの話です。

経営とは人です。
松下幸之助ですかね(^_^;)
あまり、そういう洗脳本読まないんでわかりませんけど(^^♪


985 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:47:45 ID:dssAPato
>>983
そんな細かいことにこだわりあってレスしてないもの。
雑談だからw
でも、こんな雑談でも色々考えるんだからいいじゃん。
>>984
そーですね、猫も杓子も一つの風潮に左右される。
風潮の波が怖いんだと思いませんか?リストラとは逆の道を取って、
立派に回復した企業なんてのもやってましたね。

松下幸之助は好きですが、それを読むとつくずく人として当たり前のことが大切なのだと感じることばかり。
身を持って示した人の代表でしょうね。

986 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:49:32 ID:/2ysFFov
>>983
>宗教法人の宗教行為に課税されないのは、公益法人への課税対象が「制限
>列挙主義」であり、宗教行為がその列挙に含まれないからであり、宗教法人
>であるからではない。

教祖君は役人か?
こういう現実的な話になると、ほんとおもろいね。
まったく、なんの説明にもなってないけど、文章の体はなしてる。
窓口でこんな対応されたら、怒りまくるだろうねぇ〜


987 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:51:50 ID:dssAPato
さて、1000までの道はご隠居にお任せしますよ。

落ちます、こんぶ殿ありがとうでしたノシ

988 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:52:41 ID:/2ysFFov
>>985
>人として当たり前のことが大切なのだと感じることばかり。
そうなんですよねぇ〜
臨済録にもありますけど、毎日がすべてなんですよね。
それ以外にはないんですよね。
なんにも、特別なことはないんですよ。
なのに、こんなに違いがある。
うーん、ほんと人生は、不思議ヽ(^。^)ノ



989 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/08/04(金) 14:55:03 ID:dssAPato
>>988
臨済録だ、それも入手しようw
つか、そのレスいいすね。
とかいうと、ご隠居が「どこがいいの?」って聞いてきそうだけどw

では、またどこかでwノシ

990 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 14:55:56 ID:7DNH+89+
>>986
感情論ばかりでなく、他の二つの質問にも、少しは「論理的」に答えてみろよ。
答えられないのかw。

991 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 14:56:37 ID:/2ysFFov
>>989
そだねヽ(^。^)ノ

では、また会う日まで(^O^)/

教祖君もねヽ(^。^)ノ


992 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 15:00:07 ID:7DNH+89+
>>991
君は私に「質問に答えない」と喚きまわるが、自分に対する本質的質問
に対しては何も答えられない。未回答質問が山済み。

最も、言行不一致は、宗教者やサヨクの特徴だけどね。

993 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 15:01:27 ID:/2ysFFov
>>990
教祖君流にいうと、他のレスから答えが推測できる質問や、
取るに足らない低レベルの質問には答える必要がないということになるでしょ。
おまけに、論理性というのも、教祖君からは程遠い概念だし。

まあ、たのしくいきましょ(^O^)/


994 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 15:02:10 ID:/2ysFFov
>>992
そんな、本質的な質問があった?


995 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 15:03:01 ID:7DNH+89+
>>993
また、感情論だけw。

996 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 15:05:47 ID:IDK0eCE7
教祖様は懇切丁寧さを要求しておられるのだ。

997 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 15:06:08 ID:/2ysFFov
ということで、読んでみたよ。

別に、以前に解答したことでしょ。

共同体維持とか、自然とか、同じ繰り返しにしかなってないでしょ

まあ、教祖君の欠点は、そこにあるんじゃない?

教祖君の論からすると、会社は潰れちゃいけないし、

クリスチャンはいつも殺しあわなければならない。

まあ、気楽に気楽にねヽ(^。^)ノ



998 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 15:06:58 ID:7DNH+89+
>>994
本質論でない、瑣末な質問なら、上の瑣末な質問に答えてみ。それもできないん
だろw。

999 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 15:08:53 ID:7DNH+89+
宗教者とサヨクは、言行不一致で、処置なし。

1000 : ◆konbu//XQ6 :2006/08/04(金) 15:09:12 ID:/2ysFFov
実は、教祖君、1000ゲット狙ってるとか(^^♪

やるな(#^.^#)


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

354 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)