5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●宗教●(´・ω・`)ノ●無宗教●

1 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:01:29 ID:+TDA6DsL
宗派・主義を超えた雑談所。
教祖様や、ただのアンチの出入りはご遠慮ください。

2 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:08:03 ID:6w0zTqPT

m9(^Д^)プギャー

3 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:23:36 ID:+TDA6DsL
それは煉殿のところから貰ったのだ。
m9(^Д^)プギャー

4 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/24(月) 22:24:30 ID:9xdq0DvP
>教祖様や、ただのアンチの出入りはご遠慮ください。

あははっ(^O^)/
いままでの経験から言うと、
来い!
って、言ってるヽ(^。^)ノ

まあ、何はともあれ、新設オメ(^^♪



5 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:30:03 ID:+TDA6DsL
いや、本気で来るなと言ってますよw

6 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:31:28 ID:+TDA6DsL
今度は考察だとかややこしいことも抜きましたからw

7 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:33:10 ID:/jma2V2J
前スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152885007/l50

8 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:33:59 ID:+TDA6DsL
>>7
それは別スレw


9 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/24(月) 22:39:00 ID:dbKNSSh2
>>1
スレ立て乙ですノシ
りょんちゃんはまだ、宗教板に絶望してないんだなあ…
俺も懲りないけどw


10 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:42:50 ID:+TDA6DsL
この板独特の嫌さは感じてますけどね。
どの板にいったって色んな人いますからね、子供が少ないだけまだマシかも。
この板って祭りも少ないでしょ?


11 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:44:36 ID:+TDA6DsL
そろそろコテチェンしようかなあ。。。

12 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 22:56:15 ID:+TDA6DsL
844 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:49:51 ID:MJSO+5AU
>>797
>だとすると、その道が正しいかどうかの検討は必要になります。
その通りです。 (特に禅では)「冷暖自知」という言葉がありますね。
だからこそ、(涅槃は)「来て、見よ」と言われるのです。
あなたは、映画を見たいとき誰かに見てきてくれと頼みますか?
その誰かが映画を見て、あなたはその映画に感動しますか?

>帰依というと、その確認はしないことのように思えるけど、そうでもないんですか?
そうでもないです。
てか、自らの頷きの後に顕われるのが帰依です。

>悟りっていうのはいくつもあるもの?それとも人生で一度だけのもの?
非常に重要なポイントです。これに対して即答することはできません。
「悟り」というものの定義にもよります。
本質的な内容に焦点を合わせるなら一種でしょう。
が、もし、その顕われ(実践、一人一人の人生・生き方)が焦点となるならば、
(→現実世界・日常生活に顕われない涅槃など意味がないわけだが・・・w)、
100人いれば100の悟りでしょう。
そして、人生においては、常に更新し続けねばならないものでしょう。


13 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:01:06 ID:+TDA6DsL
こっちに持ってきましたw

禅なんですね、大ちゃんも禅は俺の考えとも合うって言ってたけど。
このレスの内容は確かに普通の宗教に無関係な人の人生そのままなようにも思える。
100人いれば100人の悟りなんてのも。常に更新しつづけるとかも。
でも、普通の宗教観とも違ってる感じもしますね、禅がそうなのだろうか。
頷きの後に顕れるっていうのは、感服みたいな感じですか?
その帰依もその一度のために生涯というものではなく、その都度ですか?



14 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/24(月) 23:01:14 ID:9xdq0DvP
わたしゃ、結構、この板気に入ってんだけど、
なぜかっていうと、
明確に認識できる「なにか」をいつも感じるから。

その「なにか」って、「なにか」というと、
どんなに、嫌でマヌケでアホだなァ〜って思う奴でも、
行間の節々に、自分が好きで好きでたまらんって、
自己愛がにじみ出て、
その延長で、なんか知らん人類愛がある存在するから。
もう、体臭みたいなものだ。
で、たぶん、それが宗教につながってんのかもって思う。

でも、そう表現すると、すっごい、嫌になるなぁ〜

まあ、そういう、くさいにおいなんだな。
マトリックスのドブ臭いもんかもぉ〜

ああ、ひでぇ(-_-;)



15 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 23:04:06 ID:7rn9YcRm
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

16 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:04:54 ID:+TDA6DsL
俺はややこしいのはあまり好きじゃないんすよねw
育ちと必要性の問題じゃないのかなあ。
つか、俺、この板に来てあまりまともにレス続けられてない希ガスw
楽しければいいんですけどね。

17 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:05:48 ID:+TDA6DsL
マトリックスといえば。
パート1のマトリックスで最後に一度生き返るのはやっぱりキリストにかけてるのでしょうかね。

18 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/24(月) 23:10:13 ID:9xdq0DvP
マトリックスは、仏教らしいよ。

というか、ハリウッドが仏教かもね。

アメリカンドリームは禅的なんだなヽ(^。^)ノ

ああ、

また、変な呪文唱えちゃったヽ(^。^)ノ


19 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:12:14 ID:+TDA6DsL
マトリックスは結構好きでDVD何度か見ましたけどね。
預言者のシーンでは仏教的な文字が出てくる。
なんだっけかな、己を知れ的な文言。
でも宗教的味方するならキリスト教的に見えるけど、見方を変えればどっちにも見えるのかな。

20 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/24(月) 23:18:20 ID:dbKNSSh2
哲学板なら、変なのは少ないけど、なんだか楽しくないんだな…
ここの方がいろんなタイプがいるから、レスとレスの間に何かが見えることもある。

21 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:20:05 ID:+TDA6DsL
哲学板は連日3日か4日で出て来ましたよw
あの板は語るための哲学しかない気がしたw

22 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/24(月) 23:23:12 ID:9xdq0DvP
マトリックスに関しては、
宗教的な解釈を施してる解説本があるよ。
立ち読みで読んだことがあって、
結構、笑えた記憶がある。

りょんさんの解釈もあったと思う。

まあ、かなり昔なら、
すべてのメタファー拾って、つなげて遊ぶような情熱もあったけど、
今は、あんまり面白いとも思えんくなってしまった。。。。

ただ、私は、パートTを映画館で見たときに、弾を止めるというのは見えてるから、
ラストでそれを見せられて、非常にフラストレーション溜まった記憶がある。
でも、馴れると、まあいいかァ〜って。。。。
あんまり、考えるのはよくないね。
ほんとヽ(^。^)ノ


23 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:26:44 ID:+TDA6DsL
>>22
もっとも、俺の場合に最初は、
コンピューター世界観で見たから宗教も何も思わなかったんですけどねw
DVDもってるから、その後にふと感じてキリスト教なのか?救世主だしって。
これから見たらまた違って見えるかな。
俺としては一度心で生き返らせるのが好きじゃないんですよね、しらけるw


24 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:27:27 ID:+TDA6DsL
一度死んで。

25 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/24(月) 23:32:27 ID:+TDA6DsL
考えすぎは良くないけど、考えることは大事だなあ。
純粋に日本人として日本のしきたり、
価値観で育つということも一種の洗脳だと思いませんか?w
それが日本人であるってことなのかもしれないけど、狭く見れば
生まれ育った環境やしつけの影響がマナ識に植え込まれる。
そこからでる偏見もあるから、純粋に育つほど悪影響もありえるとか。

26 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/24(月) 23:41:35 ID:9xdq0DvP
日本のしきたりは、洗脳。
学校教育は、社会に出れば、痛切に洗脳教育を感じる。
でも、会社組織も洗脳。

洗脳洗脳で、きれいに洗脳されて、
ボケて幸せに死ねれば、いいかもね。

でも、きっと、熟年離婚で、
ボケる暇なく、
自殺も出来なかったりして。。。。

ああ、なんて悲しいんだろう(T_T)




27 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 00:18:54 ID:6Y9NVItq
ワラタw
こんぶ殿は結婚してたんでしたっけw
洗脳と取るか影響と取るかの差ですね。

28 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 00:24:05 ID:6Y9NVItq
さてと。
風呂も入って、これからまた仕事なのだノシ

29 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/25(火) 00:37:22 ID:w3XP74pG
ノシ

あっちで、お遊び中(^。^)y-.。o○


30 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 03:36:00 ID:6Y9NVItq
酔っ払って戻ってまいりましたが。。。
足跡だけつけて、寝るノシ

31 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 08:47:24 ID:x8m+grku
洗脳なんでしょうかねぇ
まぁそうしないとやっていけないというのはありますがね

32 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 08:50:33 ID:x8m+grku
そのうち中絶に書くかな

33 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 09:34:17 ID:sgqKCZUs
アスペルガー症候群
アスペルガー症候群(あすぺるがーしょうこうぐん:AS)は発達障害の一種であり、
一般的には「知的障害がない自閉症」とされている。
精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ。

対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が特徴とされる。
特定の分野への強いこだわりや、運動機能の軽度な障害も見られる。
しかし、カナータイプ(低機能)自閉症に見られるような言語障害、知的障害は比較的少ない。

1944年、オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーによって初めて報告されたが、
第二次世界大戦のため、その論文は戦勝国側では注目されていなかった。
1981年、イギリスの医師ローナ・ウィングがアスペルガーの発見を紹介することにより、
1990年代になり世界中で徐々に知られるようになった。


34 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 09:36:16 ID:sgqKCZUs
運動機能の軽度な障害も見られる

35 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 12:00:41 ID:6Y9NVItq
心に強く刻み込めば一種の洗脳でしょうね。

36 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 12:01:25 ID:6Y9NVItq
>>33
それは?

37 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 12:04:19 ID:6Y9NVItq
そろそろ俺も自己洗脳を強めないとなあ。。。

ノシ

38 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 13:16:01 ID:wdz7ZALr
>>26
学校教育や社会における洗脳と、宗教における洗脳とは、本質的に異なっている。
前者は、基本的には、現実界における生存・共生のためのもの。後者は、それ
とは関係なく、むしろ「仮想装現実」を構成するもの。両者を混同してはならない。

39 :まい:2006/07/25(火) 13:17:01 ID:vim+ra8r
こんにちわ。
相変わらず、あっちで遊んであげてるのねw

40 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 13:21:01 ID:wdz7ZALr
>>39
まいさんは、前スレでの質問にまだ答えていないよ。

41 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 13:32:14 ID:zrisRMkS
すげー粘着だな。

42 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 13:34:55 ID:zrisRMkS
宗教についてなど書かれてもいないのに宗教に当てはめて
混同してはならない。だってw
教祖様はお断りですよ。
ここでレスするなら協調性を持て、布教活動は厳禁。

43 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 13:55:26 ID:wdz7ZALr
>>42
>ここでレスするなら協調性を持て、布教活動は厳禁。

昆布氏が「洗脳」という言葉で、宗教における洗脳も含めているのは明らか。

「協調性」とは、自分の気に入った相手だけに擦り寄ってぺちゃくちゃおしゃ
べりする「仲良しクラブ」「オナニースレ」のことか。批判のないところには、
理解も進歩もない。

無神論(Humanism)は、すべての現実の人間に最大の価値を置くものだから、
いかなる意味でも宗教ではなく、従って布教ではない。共同体としての人間界
の人間一人一人の、第一の義務ではないのか。

君たちのとめどもないおしゃべりは、一体何を基盤としているのか。そのこと
についてまずおしゃべりすべきではないか。さもなければ、2chの貴重な
スペースの浪費である。

キリスト教談話室の「クリスチャン精神病者スレ化」は、暇人氏に、責任が
あると思う。批判しながら、どこかで肯定している。カルト宗教の常套手段
である。


44 :まい:2006/07/25(火) 13:56:36 ID:vim+ra8r
>>38
仮想現実も面白いんだけど・・。
見えないもの、証明されていない物に関しては想像してはならないなんてつまんないよ。

もちろん、見たこともないものを見たように言う人も眉唾だけどさ。

45 :まい:2006/07/25(火) 13:58:49 ID:vim+ra8r
>>43
2ちゃんでおしゃべりしてはいけないって決まったの?


46 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:00:03 ID:zrisRMkS
ふーん。
ご立派な教祖だこと。

矛盾だらけの押し付け。
議論でもなんでもない自分勝手な定義の押し付け。
論破目的だったらあんたのレスは簡単に論破できる。
ただ、この板では無い客観的な人間が判断することとコテ名乗って必ず逃げないことが前提じゃないと
同じ事の繰り返しだけどな。


47 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:01:18 ID:zrisRMkS
>>44
そうそう、何よりもこいつつまんないのよw
自分の定義に当てはまらない限りは批判だからな。
しかも定義に当てはまるものはそいつが教祖様の真似をしているそうだw

48 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 14:13:38 ID:wdz7ZALr
>>47
>そうそう、何よりもこいつつまんないのよw

論理的には反論できないと、また「感情語」かw。へつらってもらえないから
つまんないだけだろ。

君は、自分が「感情の塊」に過ぎないことを自覚すべし。自分が、いかなる
基盤に基づいて思考しているのかを、まず冷静に考えて欲しい。


49 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:22:32 ID:zrisRMkS
>>48
あほ?
因縁果でも考えて出直してこw

50 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:23:50 ID:zrisRMkS
教祖様とのレスはここではスレ違いだからな。
何でもあり板あたりかその他の板でコテ同士で議論だったらやってあげてもいい〜w

51 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:28:55 ID:zrisRMkS
つかさ、いっつもそうだけど
>そうそう、何よりもこいつつまんないのよw
>自分の定義に当てはまらない限りは批判だからな。
>しかも定義に当てはまるものはそいつが教祖様の真似をしているそうだw

こういう3行があると取り上げるのは
「そうそう、何よりもこいつつまんないのよw 」
こういう1文なんよね、どーせ答えるなら後ろ2行に答えてみろよな。
ここには返レスいらんけどな。


52 :まい:2006/07/25(火) 14:33:48 ID:vim+ra8r
このスレは感情論中心で進めさせていただきます!!
って、わたしが決めました(笑

53 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:35:59 ID:zrisRMkS
感情は心から出てくるから一番大切だ@俺論

54 :まい:2006/07/25(火) 14:50:14 ID:vim+ra8r
感情の塊である人間が好きだ〜〜〜!!

時には傷つけあうことにもなるけれど、決してそれは無駄ではない。
行動することを恐れて、想像するだけで外に出ないで、一度も傷つかない一生よりも。

55 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 14:52:33 ID:SLXj0SOI
いいこと言った!!感動した!!

56 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:52:38 ID:zrisRMkS
感情ってのは心の形かもね。
どうすると世の中の全ての人造物は感情で出来上がったようなものかもねw


では落ちノシ

57 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 14:54:15 ID:zrisRMkS
どうすると×
そうすると○w

>>55
心のこもらないものに人はあまり感動しないもんな。
ノシ

58 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 14:54:47 ID:OYMYueSS
研究者たんにはコテをつけてあげたい。
第一案として

「眠らない研究者」ってどうよ?

59 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 16:31:54 ID:wdz7ZALr
>>53
>感情は心から出てくるから一番大切だ@俺論

宗教は、その観念の遊戯によって、人間の身体から生じる自然の感情と
本能とを変容・破壊することが、最大の問題だと主張しているのだよ。




60 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 16:45:48 ID:wdz7ZALr
>>44
>仮想現実も面白いんだけど・・。

確かに、厳しい現実生活の合間に仮想現実を楽しむことは、生存へのさらなる
意欲を発生させる。そのために「芸術」がある。しかし、芸術のおいては、
例えばコンサート会場を一歩出れば、直ちに現実への復帰が可能である。

「宗教」は、ありもしない神や霊の実在を信じ込ませることにより、本来、現
実に対応して生存するための人間の人格そのものを(半)不可逆的に変容・破
壊し、信者を仮想現実の中に永久に閉じ込めてしまう。

「芸術」では、人を殺さない。「宗教」は、人を殺す。

61 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 16:47:01 ID:pOAnmTeN
>>58
シャブ研


62 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:27:00 ID:x8m+grku
渡辺ヒス子

63 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:34:55 ID:4ETeP70e
屁理屈爺

64 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:38:00 ID:vDT1jRGk
もうトリップつけるだけでいいよ。
それだけでもハンドルネームとして通用するし。

65 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:44:34 ID:vDT1jRGk
トリップのつけかた

名前欄に半角で#と入れて、そのあとに英数字で何文字か入れる。

66 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 17:57:04 ID:wdz7ZALr
>>64
>>65
有難う。しかしHNつけると、必ず「偽者」が現れるし、トリップ付けても、
例えばりょんさんは、初めから目を瞑って読まないでしょう。

打ち明け話をすると、私も5−6年前には、少しは名の売れたコテハンだった
が、誰も覚えてくれていないとは悲しいねw。

67 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 18:07:13 ID:vDT1jRGk
>>66
>上段
HNをつけなくても「偽者」は現れる。名前をつけても酉が違えば
偽者とわかるし成りすました側のダメっぷりが余計に露呈する。

>後段
5−6年もたてばキャラや主張が似ている人がコテや名無しも
現れるだろうから、その中に埋もれてしまうのも仕方がない。

68 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 18:23:42 ID:vDT1jRGk
やはり、何スレにもわたって議論を続けるならハンドルネーム&トリップは必要だと思うな。

69 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 18:39:05 ID:2wwI0dlz
自分専用のPCしか使わない人ならコテハンにするでしょうけど
そうじゃなかったら無理です

70 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 18:46:16 ID:KRFRbKUO
落ちるときに最後に「名無しさん@3周年」と名前欄に入れて
レスすればいいんジャマイカ。

71 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 18:46:24 ID:x8m+grku
粘着のおじさんもいるしね

72 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 19:00:36 ID:KRFRbKUO
前に図書館のパソコンでコテで書き込んでたとき
自分は>>70で言ったようにしてた。

73 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 19:06:54 ID:6Y9NVItq
結局は自分が幽霊だったってオチですか。
だったら普通に前のコテででてくるか最初からやり直せばいいじゃんね、
七誌のまま、んなことぼやくくらいなら。
つか、よーやくどうでもいい議論から離れてレスする気になったのか?

74 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/25(火) 19:23:45 ID:6Y9NVItq
>>66
>例えばりょんさんは、初めから目を瞑って読まないでしょう。
例えばとはいえ、なんで俺にこだわるわけ?
無理に読ませなくていいじゃん。
それと、俺はコテで書かれても読むね、レスがくれば。
どう返すかは別として、だから先に進むかもっと具体的なレスをしてくれって頼んでるだけ。
同じ内容の連投と同じ切り返しの繰り返し、そんなのじゃ読み手がうんざりするのはあたりまでしょう。
名のあるコテだとか自負してるならたのんますよ。

75 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/26(水) 01:03:22 ID:m9VHHfm+
>私も5−6年前には、少しは名の売れたコテハンだった

いやぁ〜
個人的には、こういう泣かせるセリフは大好きヽ(^。^)ノ
なんか場末のやすいヘルスで出会った・・・・・って感じ(^^♪

でも、ニーチェ君なんだろう。
どんなコテか全然知らんけど(^_^;)



76 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/26(水) 01:09:38 ID:m9VHHfm+
でも、アンチ君は、
私には、アンチ以外の一貫性が見えないから、
今のところ、名無しの方が面白い(^O^)/
ワンパ金太郎飴だから。。。

アンチにこだわらなければ、
コテつけると面白いと思う。

思うに、アンチを主張すんのをもっと我慢すれば?

まあ、もうわかっちゃったけどね。


77 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/26(水) 01:18:42 ID:m9VHHfm+
ああ、すっかり、すれ違っちゃったなぁ〜

さあて、寝よ。


78 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/26(水) 01:56:10 ID:m9VHHfm+
また、東北が話題になってんだなぁ〜

あっちの方向になんかあるのか?


79 :まい:2006/07/26(水) 11:48:11 ID:5rwWgP/8
新しい展開(ワクワク・・

80 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/26(水) 19:20:32 ID:m9VHHfm+
>昆布氏が「洗脳」という言葉で、宗教における洗脳も含めているのは明らか。

こういう、反論のしようのない断定って、される側に立つと面白いね(^^♪

ほんと、勉強になるなぁ〜


81 :聖霊大王:2006/07/26(水) 23:05:18 ID:/3SETgnr
層化とか、一般に、現在の仏教が忘れていること、
それは、諸法実相、如実如見、
ありのままに、見る、知ること、
これが、元来の仏教のテーマ。
日蓮系や、新興宗教のせいで、
仏教は信じるものだという、わけのわからん定義、解釈のあるのが、実情。
本来の仏教は洗脳に縁ありません。
インド仏教の中観派、唯識派、共に、信じるのではなく、人間の思考の分析ですから、
しかし、唯識派の流れは、前世とか、霊的要素があるな、日本の天台、真言もその要素がある。

82 :聖霊大王:2006/07/26(水) 23:25:24 ID:/3SETgnr
59 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 16:31:54 ID:wdz7ZALr
>>53
>感情は心から出てくるから一番大切だ@俺論

宗教は、その観念の遊戯によって、人間の身体から生じる自然の感情と
本能とを変容・破壊することが、最大の問題だと主張しているのだよ

という、こいつ、馬鹿だな。
本能というが、生物学、脳科学の定義を知らず、自信満々、
あほーーーーーだ、
救いようが、ねえーーー。

83 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/26(水) 23:37:36 ID:+hdGWmwF
聖霊大王さん、こんばんわノシ

宗教を鰯の頭と切り離すのが、宗教の最大の目的だな。。。

84 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 23:41:00 ID:yYlp6yKj
そうだねえ研究者鬼頭ヒス江は切って切ってなぎ倒しての論法で
ある種の爽快感まであるんだけど、宗教も哲学も、本質的にはまるっきり理解してないね

85 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 23:41:48 ID:yYlp6yKj
鰯の頭ねぇ

86 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 23:42:45 ID:yYlp6yKj
(´・∀・`)君も何もわかってないね

87 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 23:42:57 ID:ocmXzNMB
こんなスレも建ててるのかw
向こうとの違いがわからん・・・ (^^;

>>13
例えに禅語(「冷暖自知」も禅の世界でよく使われるだけで、
禅に限った言葉ではないw)を出しただけで、
禅ではないよw

むしろというかやはりというか、
原始仏教でんがなw

>感服みたいな感じですか?
う〜ん・・・ 理解・納得・共感・同意・・・
やっぱり「ああ、そうか・・・」という『頷き』がしっくりくるなぁ・・w

>その帰依もその一度のために生涯というものではなく、その都度ですか?
ありうるかもしれませんよね。
恋心・愛・好きという気持ちだってそうでしょ?w
好きという気持ちを何度も自覚したり、
一旦不信に陥って、また信じるとか・・・w
揺らぎなく続くことは稀でしょう?


88 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 00:10:21 ID:t/bADQjK
>>83
>宗教を鰯の頭と切り離すのが、宗教の最大の目的だな。。。

鰯の頭の信仰も、神仏の信仰も、人間にあらざる超越的な存在の信仰と言う
意味では、「原理的に」全く同じ。どこが違いますか。切り離すことなど不可
能です。

むしろ、鰯の頭のほうが、食用、飼料用、肥料用として人間の生存に役立つか
ら、役立たずで、むしろ争いの原因となる神仏よりも遥かにマシ。

鰯の頭崇拝のような素朴な自然宗教は、それなりに人々の精神の安定に役立ち
ます。これと違って、創唱宗教は、特定教祖の観念が、本来の人間の精神の内
面にまで土足で上がりこみ、精神を侵し、不可逆的に変容・抑圧・破壊します。
しかも、侵された当人は、そのことに全く気付くことが出来ません。

89 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 00:14:35 ID:i0E27/r1
>>88
>本来の人間の精神の内面にまで土足で上がりこみ・・・・

本来のまま、無垢なまま、が最高だということですか・・・w
幼いですなwww
人が、社会を形成し、共同体の一員として生きる時、
ありのままでいられるわけがないw

90 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/27(木) 01:51:30 ID:L4vHZqzQ
結局のところ、
宗教を、観念の遊びではない生きた哲学として捉えている人が多い気がするのですが、
その宗教の認識って、現実の宗教団体と比較すると、
まったく、正反対の気がするんですけど・・・・・

私には、その違いは、運営上の問題ではなくて、
宗教そのものの性質が、
現実の宗教団体を形作ってると思いますし、
それだからこそ、宗教は、結局、現在の宗教でしかないないと。
将来も、互いに排斥しあい、殺しあうというのを繰り返すだろうと・・・・

結論として、結局、宗教は、
現実として、生きた哲学は担えないのではないか?
というのが、私個人の今のところの考えであります。


91 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 03:25:48 ID:j+aQSh0j
生命に直結しているから殺しあうんだろうけどね
なにを恐れてそういう解釈を避けるんだろうか

92 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 04:41:39 ID:tvPJIW+a
この世に一人で生まれてきた自分が
同じように一人で産まれてきた人たちと、
こうして邂逅し、交流することができている。
この驚き、この運命を感じることができたら、
人をけなしたり、虐めたりすることはできないだろう。
神様にとりつかれた宗教者達は宗教に凝り固まって
何も見えていないのではないか。

93 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/27(木) 06:03:36 ID:L4vHZqzQ
人間が生きていくためには、
他の生き物を殺さなければならないし、
最小限の労力で生きていくために
自分よりも弱いものを利用したり、
犠牲にしたりして、
自分勝手な道を選択する方が、合理的な選択であることは明白。

でも、同時に社会的な知性も有するから、
中には、頭のいいやつもいて、
無闇に殺しても、自分で自分の首を絞めることにもなるし、
互いに、幸せになれる道を探したほうが、
コストはかからずにすむとわかってるやつもいる。
そして、実際に、高度な知性のパラダイムは一様にそれを説いている。

でも、大概の人間は、それとこれとは別の話。

宗教も、その延長線上の派閥闘争の一種で、
なるべく強い種が生き残る手段としての生物的本能のひとつにしか過ぎない。
強い集団についたほうが、自分が生き残れる確率は高くなる。
したがって、理屈言うだけ無駄な話。
自分が強くなれるという妄想を植えつければ、それだけ、生き残れる気がする。
そんなわかりやすい幻想を振りまけば、誘蛾灯にあつまる蛾のように集まる。
でも、実際的な根拠は希薄なので、明確な敵を作って、求心力を保つ。
その中での殺し合いは、もっともわかりやすく単純な解決策。

一方、話し合いの解決法は、この板で検証済みのこと。

とりあえず、みんなが幸せになろうと殺し合いをするのは、わかりやすい選択の結果。


94 :聖霊大王:2006/07/27(木) 08:46:16 ID:eNHcjLw4
88 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 00:10:21 ID:t/bADQjK
>>83
>宗教を鰯の頭と切り離すのが、宗教の最大の目的だな。。。

鰯の頭の信仰も、神仏の信仰も、人間にあらざる超越的な存在の信仰と言う
意味では、「原理的に」全く同じ。どこが違いますか。切り離すことなど不可
能です。

むしろ、鰯の頭のほうが、食用、飼料用、肥料用として人間の生存に役立つか
ら、役立たずで、むしろ争いの原因となる神仏よりも遥かにマシ。

という、こいつ、
おいらの解説がわからん、
日本語が理解できないらしい。
自分の固定化した脳の情報が、いっぱいで、何も入らんらしい。
あわれ、、、
神社仏閣版の御真言集18で、ランボーというカルト野朗を
真言宗の教理でおちょくってやるが、
こいつも、ランボーと言うカルト野朗と
同じで、他人の情報が、入らんらしい。
ヒトラーも、そういえば、進化論を人種の優劣をいって。
ゲルマン民族の優秀性とか、いっている、
こいつとダブる。
中途半端な、本能論をいった、思想がね、、

95 :聖霊大王:2006/07/27(木) 08:50:50 ID:eNHcjLw4
この馬鹿には、88には、
ソクラテスで、食らわせてやる。
無知の知、
知らないとを知っているのは、知っていることである。
汝自身を知れ。
自分のことがわからん88は、救いようがねえ、
哲学は、やつの異常さを説明できる。
見事だ、ソクラテス。

96 :聖霊大王:2006/07/27(木) 09:49:40 ID:eNHcjLw4
りょんちゃん、昆布氏へのおみやげ、
久しぶりに、廃業した、禅を

禅語録より、

師匠「仏教のお経には、どれだけ悪魔の説があると思うか?

弟子「すべてが、悪魔の説です、自分以外、誰を信じられましょうか」

師匠「おまえは、誰にも騙されることがないだろう」


禅語録2

弟子「あなたは、死後、極楽へ行きますね。」

師匠「まっさきに地獄へ落ちるよ、お前のような馬鹿を救わねばならないから」

禅語録3

死者を指して、弟子、師匠にいう。
弟子「この方は死んでいるのですか?、生きているのですか?」
師匠「いわず」






97 :聖霊大王:2006/07/27(木) 10:00:34 ID:eNHcjLw4
96の世界を、普遍性と言うのさ。

98 :聖霊大王:2006/07/27(木) 10:01:37 ID:eNHcjLw4
また、禅を勝手に廃業と、、、

99 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 10:39:11 ID:5ibB/kiL
2の語録にワラた
暗算でも思索でもなく書きながらの組み立て論法の隙間に
難解哲学を一生懸命構えようとしてる努力とか今作った思想の深さとかよくうかがえるよ

人間って大変だね〜(^_^)v

100 :まい:2006/07/27(木) 10:45:28 ID:+d+uOVLH
>>81大王さん。
>>90昆布さん。
ありのままにみると・・そのようですね。


101 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:06:34 ID:sgSPwV/z
>>87
ある人教祖様が押しかけてくると、どこも同じスレに変貌してしまうのです。
恐ろしいことです。主よ、あーめん。

原始仏教。原始仏教っていうのは大昔の人がこういう思想をもって革命をもたらした。
そういう意味ではすごく面白いです。
その中から現代にも通じるものや、大昔から現代まで、この先にもきっと通じるだろうと思える概念探しとか。
原始仏教にだけこだわるものでもないとは思いますけど。
だから、頷き=帰依なら色んなジャンルにたいしての帰依があるってなるかな。
宗教の人はその頷きを宗教のみに求めるって事にもなるのかなと、ちょっと思ってみる。

つか、やっぱり、「帰依」って強い意識。宗教的なものでしかないようにも思えるか、
俺なんかの感覚の頷きとは違いそうだし。

102 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 11:09:48 ID:6pvCe3lQ
>>94
>という、こいつ、
>おいらの解説がわからん、
>日本語が理解できないらしい。

キリスト教に「嵌る」、禅も「齧る」という、知性と批判力を喪失した宗教
オタクの君に、何が判るのか?

103 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:11:46 ID:sgSPwV/z
>>87にさらに。

最後の方の揺らぎなくっていうの。
大抵のことには揺らぐことはあったりするけど、でも誰でも自分の信念として
揺らぎないと位置付けしたものって持ってるでしょう。
そういう部分においては揺らぎそうになってもすぐに見直してまた持ち続ける。
宗教者の宗教にはそういう信念と同じような姿勢があるように思うんです。
それはそれで良いことかもしれないけど、中身をしっかり吟味して、検討して
様々なものと比較しないであれだけの教義やなにかを信じてしまうのは怖いとも思う。
原始仏教とか古くの仏典などに書かれてることが怖いのでなくて、
それを教義として用いてきた人たちの思想が怖いって意味で。

104 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:12:40 ID:sgSPwV/z
お?教祖だノシ

触らぬうちに去るか?ノシ

105 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 11:27:13 ID:+d+uOVLH
>>103
りょんさん、こんにちわ☆
揺らがない人・・信念の人って言うか、その信じる根拠はなんだろうと思う。
長年の体験?変化を受け入れられず、矛盾を抱えたまま放置してるとそれは
「頑固」と言う物になってしまうよね。


106 :まい:2006/07/27(木) 11:28:25 ID:+d+uOVLH
↑まいでした。

107 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:30:50 ID:sgSPwV/z
>>105
信念の元はあくまでも「自分が正しいと信じること」とか「自分が突き進むと決めた道」
とかだと思う。
主観ありだから当然に何度も何度も見直したり方向性を確かめたりしていかないと怖い場合もある。
それと全く同じ事が宗教にもあるはずだと思うんだけど、でも宗教バリの人なんかの盲目性はやっぱり危険。

108 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/27(木) 11:31:26 ID:iP6XgQl9
やっぱり研究者は鰯の頭大好きだなw
宗教から解放されるのが、人間の最大の目的と言っても意味は同じ。

109 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:32:06 ID:sgSPwV/z
頑固と評価されるのかどうかは、
その人の姿勢と人に理解されやすい内容かどうかにあるんじゃないかな。

110 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:37:03 ID:sgSPwV/z
>>108
ちわです。
教祖様はひたすらただ、一点だけをみつめて真理の探求をしてますから。
偉大なお方なのです。
俺なんかのような凡夫にはその偉大さなど理解のしようもありませぬ。

あー、主よ、主よ、あーめん。@キリスト関係の人、気に障ったらごめんなさいw

111 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 11:42:36 ID:5ibB/kiL
まだまだだね

112 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:43:43 ID:sgSPwV/z
>>111
げとおめ。つI

113 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 11:48:12 ID:sgSPwV/z
>>97
俺にはその問答のどこが普遍なのか分からない^^;


114 :まい:2006/07/27(木) 11:52:34 ID:+d+uOVLH
>>107
「進むと決めた」からには、その道でいいのか確認するよりも、岩をどけ道を均し、
ブルトーザーさながらに突き進む人もいるけどね(笑
それがわたしにとっての「頑固」のイメージかな。はた迷惑?


115 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/27(木) 12:01:43 ID:iP6XgQl9
>>110
あーめん、そーめん、ひやそーめん。。。
宗教は俺にとっちゃただ乗りかかった船。宗教用語が意味不明に聞こえたら地味に本来の意味を調べる。
呪文みたいに繰り返されてる言葉でも、案外シンプルな意味であることが多い。そうやって自分の言葉に
置き換えて納得できることについてだけ信じる。分からなきゃ保留。
信仰は、知ろうとする、何かが見えてくる、でもまだまだ分かってない…の、繰り返しなので、何かが
分かったと思い込んだら終り。

116 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 12:04:21 ID:sgSPwV/z
>>114
イメージしているもの次第にも思えるかな。
「方向性を決めた」「それが正しい」って思ってるものが人に受け入れられてるものであれば
ブルドーザーのようでも反感は少ないでしょ。
出る杭は打たれやすかったり、急成長の裏は勘ぐられやすいとか万人同調はありえないとか考えれば
あまりブルドーザーに見えてしまうのは問題多そうだけどw
でも、やっぱり見せ方とかもあるんじゃないかな、進め方とか。
宗教が戦争を起こす的意見あったけど、俺もそれには同意もするけど。
でも、やっぱり戦争とか紛争の原因ってのは人と人の反感とかでしょ、
反感が反感を呼んで敵対して、宗教なくても戦争起こるよね。

117 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 12:05:43 ID:sgSPwV/z
>>115
いる状況や立場が違うだけで同じですよね。
色んなことを見て触れて考えて、止まったり完成だなんて思ったら終わり。

118 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 12:10:48 ID:sgSPwV/z
俺の仕事には紛争はつきものなのだあ。。。
くだらないのから裁判でもするしかないようなのまで。
人と人ってのはこんがらがるとどうしようもなくなる。
1対1でももうどーしようもない状態なんてのもあるし、
それが団体対団体なんてなったらもう、まとまらないだろうな。
利権が絡んだりしたら当たり前のことまで見えなくなってたり、醜いものだ。

119 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 12:46:51 ID:i0E27/r1
>>101
ふ〜む・・・(^^;  生真面目なかたなんですね・・・(半分は皮肉としてw)

>原始仏教にだけこだわるものでもないとは思いますけど。
そうですね。聖書だったり、論語だったり、偉人の言行録だったり、父親の背中だったり・・・。
あなたが、『帰依』という言葉の意味するところを探しておられたので、
参考として(仏教における帰依というものを)提示したまで。
また、キリスト者でない私にはキリスト教的帰依を語ることはできない。
私は、私の知る範囲でしか語ることはできない。

>頷き=帰依
数学みたいに単純にイコールで結んでしまうのはあまり宜しくないw
頷きのあと、拠り所として受け入れるのだから・・・。
(私の>>87中の文がいけなかったですね・・m(_ _)m )

>その頷きを宗教のみに求める
これも一面的に過ぎるでしょう。私が「 」書きで「ああ、そうか・・・」とした事を重視してください。
「頷き」は、あなたが思うように宗教に限る必要はありませぬ。
また、これはあなた方の論調の中でいつも感じることですが、
『宗教の人』とはどういう人?どれくらい幅のある括り?
たとえば、『野球をする人』と言ったら、イチローから極楽山本まで含むよ。
イチローから山本まで一緒に括って語るべき場面?それとも分けるべき?
 >「帰依」って強い意識。宗教的なものでしかないようにも
この視点は間違っていないでしょう。けれども、私が「頷き」という言葉を出したからといって、
即イコールで結んでしまうのは短絡的過ぎ。
(これは、様々な場面であなたにみられる傾向のようだ・・・)
「頷き」は無数にありうるが、「帰依」はそれよりもずっと限られた条件の下に成立する。
 >俺なんかの感覚の頷きとは違いそうだし。
そうです。日常の「そうか・・」よりもずっと強いものと見るべきでしょう。

120 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 12:47:39 ID:i0E27/r1
>>103
>宗教者の宗教にはそういう信念と同じような姿勢があるように思うんです。
当然です。そのような強い受け留め方・信頼・依拠を「帰依」というのだから・・・。

それと、
>>でも(即イコールで結んでしまう)と書きましたが、
「喩えとして提示されたものは喩えでしかない」ことも忘れないようにしてください。
「されど喩え、たかが喩え」ですw

 >中身をしっかり吟味して、検討して様々なものと比較し
もちろん、そうした姿勢はあった方が良い。
 >様々なものと比較しないであれだけの教義やなにかを信じてしまうのは怖いとも思う。
が、怖さはあっても、完全否定すべきものかしらん?

あなたの考える人間というものは、
みな環境も同じで・無個性で・皆が皆聡明で・強い、
そんなスーパーマンを想像させる・・・。
また、情操教育という言葉があるが、
子供に、絵本でブッダの伝記やジャータカ等を読ませたり、
毎朝仏壇で手を合わさせたり、墓参りには必ず連れて行ったり、
(こうした場面では、あなたの望む「吟味・検討・比較」は必要ない。)
これらの価値を低く見すぎではないか?

 >それを教義として用いてきた人たちの思想が怖いって意味で。
先人達に対して、あまりにも失礼な言葉じゃないかい?w

>>107
あなたは、
「石橋を叩いて叩いて叩いて、結局渡らずじまい」
な人ですか? ( ̄ー ̄)ニヤリ

121 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 12:50:56 ID:i0E27/r1
>>120
6行目
>>『119』でも(即イコールで・・・

ってこと (^^;

122 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 12:58:14 ID:sgSPwV/z
>>119
やっぱり素人さんだったw
>あなたが、『帰依』という言葉の意味するところを探しておられたので、

ありがとうございます、感謝してますよ。
まず、俺のレスをマナ識を意識して読んでみて下さい。@生意気?w
俺のレスの打ち方が断定的だからそれも誤解や反感の種かもしれないけど、基本的には
好意をもった上でのレス、そう思って読んでみてもらえないですか?
それでも同じレスになるかもしれないけど、でも何かが違う可能性もある気がする。
宗教板での内容がどうしてもVS的になりがちでそこだけちょっと気になる。


123 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 13:03:37 ID:sgSPwV/z
=で結んだのは現時点での俺の考えの中で=して考える。
でも違うなあ、ではなんだろう。
みたいな思考過程をあらわした感じ?
宗教者の人でも素人さんみたいな人、フーテンさんみたいな人、その他の人。
いろんな人がいて、それぞれの宗教のもち方が違ってて。
その人だけにあてるのであれば、きっとレスの内容も違ってくるかもしれないけど、
テーマが帰依となると、どうしても大衆的観念を想像する。
なので、素人さんの意見そのものに入り込めない感覚はありましたね。
素人さん的帰依。であればなんとなくは理解できる気はします。

124 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 13:07:38 ID:sgSPwV/z
>たとえば、『野球をする人』と言ったら、イチローから極楽山本まで含むよ。
>イチローから山本まで一緒に括って語るべき場面?それとも分けるべき?

そうなんですよ、世の中には色んな人色んな考えがあって、中には現状を維持していければ十分って考えの人もいたり。
それはそれで自由です。
ただ、仕事とか野球の選手でもいいけれど、上を目指さない人は本来必要ないでしょ?
これでいいやーって野球の選手が観客を裏切っていないか、感動を与えられるかって。
だから正論的には頑張る義務もある。
現実的にはそうは簡単に行かないものだし、給料面でも差がつくからバランスは取れてるともいえるけど。
あくまでも俺の考え的なこと、目標であったりなので、突っ込みどころには突っ込んでやってください。

125 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 13:13:44 ID:sgSPwV/z
>>中身をしっかり吟味して、検討して様々なものと比較し
>もちろん、そうした姿勢はあった方が良い。
> >様々なものと比較しないであれだけの教義やなにかを信じてしまうのは怖いとも思う。
>が、怖さはあっても、完全否定すべきものかしらん?

これに対しては俺自身が物心ついたときに宗教に疑問を感じてたから余計にこうなるんだと思う。
宗教を信じるあまりの不合理、押し付け、矛盾、脅迫、暴力、子供には恐ろしかった。
それでも本人は正しいことをしているのだと思い切っている。
もちろん、不合理さも何も宗教だけが原因とも限らないけれど、そう感じさせるには十分なことは数多くあって、
そういう面を宗教からもつ可能性があることだけは確かだと思う。
もちろんこれを宗教者全てに当てはめるってことではなく。
宗教ではなくても一緒、ある考えを絶対的に信じることの怖さだけは否定できない。
そして、俺の中には宗教の多くが、
信じること、疑うべき性質ではないことが大前提って意識があってのレスです。


126 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 13:14:49 ID:sgSPwV/z
では、またノシ

127 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 13:24:11 ID:sgSPwV/z
あ、も一個w
吟味してってのも。
知り尽くすまで宗教をすべきではない。ではないです。
宗教を持ちながら信じつつも吟味するって言うか。。。
俺に「宗教は盲目的」って意識があるからで、そうでない人には当てはまらないですね。


落ちますノシ

128 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:16:35 ID:i0E27/r1
>>122
>マナ識を意識して
唯識には明るくないのでわかりませぬw

>好意をもった上でのレス、そう思って読んでみてもらえないですか?
悪意や反感のレスと受け留めていたら、スルーしてますよw
あなたには、少しばかりは言葉が届きそうだから書き込んでるだけ。

>>123
了解。
ただ、
>テーマが帰依となると、どうしても大衆的観念を想像する。
「個」のない「大衆」はありえませんよ。
(勿論、一般論としても通じるような書き方をしたつもりではありますが・・・w)


>>124
了解。でも、あまり厳格にならないでね。
教師は(24時間365日)完全無欠な人格者でなければならない、とか
言わないでねw
(勿論、宗教者(聖職者)はこの限りではないが・・・(^^; )






129 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:16:56 ID:6pvCe3lQ
>>89
>本来のまま、無垢なまま、が最高だということですか・・・w
>幼いですなwww
>人が、社会を形成し、共同体の一員として生きる時、
>ありのままでいられるわけがないw

それは、他者との係わり合いの中での生存のうちに、長い長い年月をかけて
形成された、生活の叡智としての「社会常識」と、人間間の共生の技術として
の「道徳・倫理」が教えます。

専ら人間にあらざる空想上の神と人間との関係である、「宗教」の出る幕では
ありません。少なくとも現代においては、宗教は、共同体としての人間の生物
学的生存とは関係なく、もっぱら個人の精神上の自己満足のためのものに過ぎ
ません。

130 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:17:36 ID:i0E27/r1
>>125
はい。理解しました。 誠実な人だ・・w 頑張ってください。

>そして、俺の中には宗教の多くが、
>信じること、疑うべき性質ではないことが大前提って意識があって
宗教(的なもの)に於いて、これは重要な部分だと思います。
狭義での宗教者には、やはりしっかりと信仰があるべきだと思う。
              (→自分のことは棚上げ棚上げ〜♪ ヽ(´∇`;)ノ)
(→だから日本仏教・日本の僧侶は非難されるのではないかい?)
たとえば、二人の宗教者がいて、
片方は疑いをまじえず真摯に信仰している。
片方はどこか冷めた姿勢で、教義の本質さえも疑い(或いは否定)を持っている。
深く打ち解けてみれば別だろうが、どちらがより信頼できる人か?
(或いはどちらがその宗教を『体現』する者としてふさわしいか)と言ったら、
おいらは、前者のような気がする・・・。
聖書を(イエスを)否定するキリスト者がありうるのか?
仏典を(涅槃・縁起を)否定する仏教者がありうるのか?
ということです。 (→禅や法華経絡みではありうるか・・・(爆 )

あなたは、両極に囚われすぎなように見える・・・。


>>127
私もそんな極端な意味では使ってませんよw

131 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:21:13 ID:i0E27/r1
>>129
社会常識や道徳・倫理が、
>>88 >人間精神の内面にまで土足で上がりこみ
にならない、なってない、と言い切れますか?

132 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 15:26:43 ID:sgSPwV/z
さらに続けてみる。
>>120
>あなたの考える人間というものは、
>みな環境も同じで・無個性で・皆が皆聡明で・強い、
>そんなスーパーマンを想像させる・・・。

これ。
ここでのレスではなくて私生活、仕事でも俺の話しとかをこういう風に受け止める人は多い。
たぶん一見そう受け取られやすい何かとダブるのかもしれないけど、
でも俺の言う意味合いは違うんだよな。
リアルの世界では最終的には理解されてる、それで一つの目標に向かえる人もいれば、
別の道でも同じような志で進んでる人もいる。
道の問題ではなく心がまえとして、このあたりの部分を自分としては突き止めたいっていうか。
環境は同じなわけがない、同じ場所にいても育ちも経験も違う。
総明であることは悪いことではない、もちろん聡明さにも性格や個性もある。
でも、誰もが卑屈になるべきではなく、妥協も本来あまりすべきではなく、諦めは人生をつまらなくするし
卑屈、僻みの種になる。
そう考えればある程度理想的な心の状態としての意味合いは深まるんじゃないかと思ってる。


133 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 15:31:21 ID:sgSPwV/z
>>128
レスに時間かかってるうちにずいぶんとレスが^^;

そんなに厳格に生きられるはずもないしw
例えば今だって、掲示板で遊んでる暇があったら仕事したらってなるw
俺はバランス重視派でもあるから仕事でも遊びでも厳格さでもなんでもほどほどでもいいって思いもある。
けど、あくまでも理想として語る分には厳格な言葉も意識しないと、心に刻めないし、
とかく言い訳のほうが増えてしまうから。
微妙ですよね、みんな同じじゃないですか?そういうのは。
あーあ、また遊んじまった、明日はしっかりやらないととか。休日寝すぎて時間がもったいないって反省したりとかw

134 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:31:25 ID:6pvCe3lQ
>>127
>宗教を持ちながら信じつつも吟味するって言うか。。。
>俺に「宗教は盲目的」って意識があるからで、そうでない人には当てはまらな
>いですね。

「宗教は盲目的」と言いながら、「中身をしっかり吟味して、検討して様々な
ものと比較し 」などと言うのは、矛盾しているではないか。「盲目的」とい
うのは、「自分では、もはやそのような吟味や比較検討が不可能になった状態」
をいうのだよ。それが、「宗教を信じること」の実態。君の終始一貫した主張は、
初めから矛盾している。



135 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:37:34 ID:i0E27/r1
>>134
彼は、
盲目的にならないように宗教に接することができるか?
盲目にならずに宗教者でいられるだろうか?
ということを(自身に)問うているのだ。

文意のとれん輩は逝ってよし!w  ヽ(`・ω・´)

136 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 15:40:08 ID:sgSPwV/z
>>130
>深く打ち解けてみれば別だろうが、どちらがより信頼できる人か?

これもすごく言いたいことは分かる気がします。
さっきの厳格って言うのも、例えば最近の警察官の不祥事なんかでも
警察官だって人間だから。これではすまないと思うんですよ、
一般人と警察官は違う、聖職者然り。
もちろん人間だから寝坊したとかそんなことは同じ。でも心がけや意識が一緒であってはならない。
そういう意味での厳格さは絶対に必要だと思います。役割ってもの、人に与える影響。それが違いますからね。
信頼できるかどうかは、客観的なものです。
その判断は見た人がすること、だから信仰をしている人を見て、素晴らしい人、人格者、など
見た人接した人に感じさせることが出来る人であれば良いことだと思います。
こんなレス一つでも信用できそうな人なのかどうかは無意識にも判断していきますからね、誰だって。

137 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 15:42:16 ID:sgSPwV/z
>>135
そのフォローは嬉しいですw

最後に。
>あなたは、両極に囚われすぎなように見える・・・。
これも分ります。
俺の物事の考え方が両極考えるほうなんですよ。
ある意味意識的です。
用いる考えをどこまでバランスとってる風にできるかがテーマですけどねw


では、またきますノシ

138 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:44:34 ID:6pvCe3lQ
>>135

そんなことが出来るのなら、宗教はもはや宗教ではなくなる。単なる世俗的
道徳・倫理に過ぎない(宗教は、人間にあらざる超越的存在と人間との関係
だから、世俗的道徳・倫理にも「原理的」には成り得ないものだが)。

矛盾したことを言うなよ。

139 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 15:53:08 ID:sgSPwV/z
>>138
宗教って概念に捉われすぎなのでは?
ある意味俺も宗教って言うものをあなたの言うことと近いイメージで持ち続けてたけど。
でも実際には色んな宗教の持ち方がある。
全てを一緒くたにし考える思考からは捉われ以外の概念は生まれない。
在るのかもしれない、無理なのかもしれない、無理だとしたらどういう方法があるのだろう。
考えるだけだって色んなことにその考え方が役に立ったりするじゃないですか。
俺は別にここで宗教だけを宗教を持って考えてるのでもない。
その趣旨にも同じような思想の押し付けで教祖を続けるなら何言っても無駄。

140 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 15:54:35 ID:i0E27/r1
>>138
お前は、何年も前から
「全ての創唱宗教は開祖の精神病理から発生している」
と書き込んでるヤシだろ?w
よく飽きないなw 感心するよ・・・ ┐(´-`;)┌

せめて大学のパンキョーレベルくらいの宗教観は身につけてから2chに来いw
話にならん。

141 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:02:16 ID:6pvCe3lQ
>>137
>そのフォローは嬉しいですw

いちいち、嬉しがったり、落胆したりするなよw。そのような「感情過多」が
宗教の問題点。厳然とした実在ではない、あやふやな「観念」にしか依存
していないから、恒常心がなく、常に不安に駆られ、他者による自己正当化を
求める。自分に確固たる自信がないからだ。


142 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:07:28 ID:eNHcjLw4
つか、やっぱり、「帰依」って強い意識。宗教的なものでしかないようにも思えるか、
俺なんかの感覚の頷きとは違いそうだし。

という、りょんちゃんの意見に、

仏教は認識論が先であり、人間の思考が先なのです。
帰依は重要ではありません。特に禅、唯識法相宗、インド大乗仏教は。
結局、りょんちゃんは、日蓮、浄土宗系の帰依の概念が、気になされているようで。。
おいらが、日常が禅なのは(禅モードにはいっちまった、、)
中学の時、母親が、京都観光で、大徳寺で、本を買ってきた。
おいらは、現実主義で、信じるなど嫌いな人間だから(今もそう、帰依なんてない傾向)。
合理主義的、宗教臭なき、禅がおもしろいと思った。
その後、当然哲学、学問好きで、なんら、禅の世界と論理的矛盾がない。
それと、静寂美、わび、さび、反面、藤川球児の火の玉ボール的世界が、最高だ。
帰依なんぞ、ないぞ、知らんぞ、、、

143 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 16:08:12 ID:sgSPwV/z
>>141
このスレは感情重視のスレですので、
それに異議あるなら別スレで遊んだらどうですか?
自分に自信はある。自分としてだけの問題であれば。
自分に自信はもてないこともある。人が絡めば。
ましてや思想の問題なんかに自信を持ちきれるほうが怖い。
主義の違いなんだよ、押し付けないで。


ノシ

144 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:08:21 ID:i0E27/r1
>>141
>常に不安に駆られ、他者による自己正当化を求める。
>自分に確固たる自信がないからだ。
一連の「帰依」に関するレスの流れが見えてないのか?

処置無しだな・・・。

145 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:08:50 ID:BPLTDVfG
神は死んだと言うが「本当にそうだろうか」と再疑念を提出するのが21世紀の思想の趨勢ではなかろうか。
「研究者」氏の言うことは一応「もっともだ」と思いながらも、本当に神は居ないのだろうかと疑う自分も居ります。



146 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 16:11:22 ID:sgSPwV/z
>>142
大ちゃんも大ちゃんの思想でもって宗教を用いてると思える。
この用いてるってのがやっぱり俺には一番しっくり来る@フーテンさん、しつこくてごめんなさいw
俺は俺の主義だったり思想だったり。教祖様は教祖様。
誰もがそういうのを持ってる。それだけのことじゃないかと思える。
本来はね、でもそれだけですまない理由も確かにあって、それがなんなのかとか。。。まとまらんけど。

マジ落ち、夜か深夜にノシ

147 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:11:40 ID:i0E27/r1
>>145
彼は、原理主義の過激派なんだよw
自分では気付いてないようだが・・・。

148 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:13:06 ID:eNHcjLw4
おいらがおいらではなく、禅はたいして、帰依は重要視しないんだよ。


149 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:16:01 ID:6pvCe3lQ
>>143
感情垂れ流しの、愚にも付かないおしゃべり、オカルトスレは、貴重な2ch
のスペースの浪費。キリスト教談話室を見てみろ。「神様、イエス様」と、ま
さに狂乱状態ではないか。君は、そんなスレにしたいのか。

150 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:17:09 ID:eNHcjLw4
空イコール静寂美プラス火の玉ボール。
おいらは、伝統に合ってしまっている。
禅の伝統を求めたわけではない。
ただ、気持ちよく平凡にあったのだ、それが、同じだっただけ、
帰依なんぞ、関係ない、他人は救わない。自分を救うのは自分。
禅の伝統的思考。
帰依でなく。
合理的だったから、同じであった。


151 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 16:17:47 ID:sgSPwV/z
>>149
まあ、勝手に自信もって独りよがりしてなよ。
俺にはあんたにどう思われようと痛くもかゆくもない。




152 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:18:49 ID:eNHcjLw4
どうだい、おいらの世界は、りょんちゃん。

153 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:24:59 ID:eNHcjLw4
禅スレじゃ、みんな、帰依なんてない、バトルだな、自分の中にある、真実の戦い。
誰も、帰依を求めず。
ま、おいらは、たまには、感謝するけど。

154 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:29:58 ID:6pvCe3lQ
>>145
>「研究者」氏の言うことは一応「もっともだ」と思いながらも、本当に
>神は居ないのだろうかと疑う自分も居ります。

「全ての人間を含む大自然」という「神」が、厳然として実在しているでは
ありませんか。「外在の人格神」などを信じるのは、キリスト教系宗教だけ
ですよ。その「人格神」も、人間が思考する限り、どこまで行っても、「人間」
の観念、空想の産物。

仏教は、神など認めないし(ニーチェは、仏教は唯一の優れた実証的宗教で、
むしろ精神衛生法だと言っている)、神道も、共同体としての人間と自然とに、
最大の価値を認めます。

人間の営みであるのに、人間を超越した空想上の存在に最大の価値を認める
などという「矛盾した」「異常な」宗教は、キリスト教系だけ。

155 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:30:11 ID:eNHcjLw4
禅は自分の真実のみを求める。
誰かさんのように、自分の意見に酔って、自分が見えない、
という子どもの方には、縁なきものです。
万物は流転し、人間の言葉の意味と記号の関係は恣意的なのです。
その前提にて、禅の世界があるわけ、、
人間に本能とか原理性などない。
言葉は、本能ではない、作られたもの。文化も同じく。
人間は本能が、壊れた動物なのです。
ま、馬鹿には解るまい。。

156 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:33:57 ID:eNHcjLw4
禅は一切を否定するから、始まる。
つまり、作り物を否定する、もちろん、文化、言葉もね、不立文字と言っています。
と、いうことは、
宗教をも否定するわけで、、
つまり、本来の自己のみぞ、真実というわけです。

157 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:35:03 ID:eNHcjLw4
ある禅坊主は、何宗ですか?
と聞かれ、
臨機応変宗と
答える。



158 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:37:04 ID:6pvCe3lQ
>>155
>言葉は、本能ではない、作られたもの。文化も同じく。
>人間は本能が、壊れた動物なのです。
>ま、馬鹿には解るまい。

そんなことは、誰でも言ってるから、馬鹿でも解るよw。

その「(観念によって)壊された本能」を修復して、本来の人間に立ち帰る
ことが、最も重要なのだよ。禅の目的も、まさにそこにあるのではないか。


159 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:37:23 ID:BPLTDVfG
>154
ちなみに、「全ての人間を含む大自然と言う神」と言うからには、自然に何らかの意図や計画と言うものを見出す立場なの?



160 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:40:50 ID:eNHcjLw4
ま、本能は、修復できない。
人間の特質とは、何ぞや?
これを定義できないと、
本能修復するなどと、言っても意味無し。
人間の特質を定義せよ、
できなければ、論ずるな。

161 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:44:48 ID:6pvCe3lQ
>>159

それが、一神教的神概念に既に毒された観念。

自然には、原因も、意図も、計画も、目的もありません。そのような「観念」を
「人間」が勝手に付け加えると、もはや「神」ではなくなる。あるがままこそ、
「神」なのです。

ニーチェは、年少のころ、満天に輝く星に感動し、「創造主」など考えるほう
がおかしい、と思いました。これが正解です。


162 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:49:44 ID:eNHcjLw4
頭悪いな。
答えてやろう。
人間と動物の違いを認識しろ。
動物は多くを創造できない。
これが、本能じゃないか?
人間は、自由に相対的、多様に、創造する。
これが、本能か?、
違うね。すなわち、修復する本能なんてない。
サルには飛行機が発明できない。
飛行機、原爆の発明は、本能なのか?
違うね。
キリスト教とッ原爆の理論が一致するか??

163 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:49:44 ID:BPLTDVfG
しかし、「自然には原因も、意図も、計画も、目的も無い」と言う観念自体が批判されている。
「在るがままの世界」と言うのは「自然主義的な世界観」とは矛盾するのではないか?






164 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:52:29 ID:6pvCe3lQ
>>166
>人間の特質を定義せよ、

「人間とは、突き詰めれば、生存と種族保存の本能を有する、動物に過ぎない」。

人間が動物の一種であることは、動物分類を見てね。人間が作った分類だから、
一番上に書いてあるが、ゴキブリが作ればば、ゴキブリが一番上になるw。

人間が他の動物とは異なるところは、生存に関係ない架空の神を空想して、そ
のために殺しあうこと。

165 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:52:41 ID:eNHcjLw4
本能妄想を捨てろよ、
お前は何もわかチャーいない。

166 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:53:35 ID:eNHcjLw4
162の解答、日本語がわからないか?164、

167 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:55:17 ID:i0E27/r1
>>137
出家前、楽器が得意だった比丘がいた。
彼は、日々苦行者並の激しい修行をしていたが、一向に悟れない。
お釈迦さんに相談すると、こう言われた。
「弦楽器がもっとも良い音を出すのは、どのように弦を張った時ですか?」と。
彼は言う
「はい。緩過ぎず、きつ過ぎず、程よい張り具合の時にもっとも良い音が出ます」と。
お釈迦さんは言う
「修行も、そのように為されるべきです」と。

168 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:56:05 ID:eNHcjLw4
164の思考じゃ、キリスト教が、悪霊で、人間に乗り移って、原爆を作ったとでも
言うかね??
馬鹿な頭で、、
こっくりさんレベルで反論するかい??

169 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:57:37 ID:kxVI1CRi
>キリスト教が、悪霊で、人間に乗り移って、原爆を作ったとでも言うかね??
霊という概念で説明すればそのとおりだろ。

170 :聖霊大王:2006/07/27(木) 16:59:01 ID:eNHcjLw4
164は、そう言いたいのだな。
カルトだな、はははは、

171 :聖霊大王:2006/07/27(木) 17:00:03 ID:eNHcjLw4
164の本能理論消滅、敗退。
ジ、エンドだ。

172 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:01:07 ID:BPLTDVfG
キリスト教圏だけではなく、日本神道が説く世界観も成る、成り行く世界である。
人間を見ても、その成長の段階において、究極の理想に近づいていくと言った、成り行くもの、己自身の本来性をあらわにしていくものである。
同様に、宇宙や社会と言うものも、究極の理想、成熟の段階へ成り行くものではないか。
我々はその過程に位置しているのではないか。


173 :聖霊大王:2006/07/27(木) 17:02:14 ID:eNHcjLw4
ま、最新哲学、人類学の結論だ、反論できない。
いのなかのカワズだ。
がはははは。

174 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:03:23 ID:6pvCe3lQ
>>163
>しかし、「自然には原因も、意図も、計画も、目的も無い」と言う観念自体
>が批判されている。

自然の一部に過ぎない人間には、そのような原因、意図、計画、目的のいずれも、
認識・検証することは不可能だからです。

人間にとって、その認識能力の範囲以外のことを認識しようとするのは、論理
矛盾であり、不可能で、人間にとっては「関係のない(irrerevant)」ことな
のです。

175 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:05:49 ID:BPLTDVfG
>174
それは君の信仰であって、科学者はこの宇宙の進歩、成り立ちをかなり解明しているぞ。
また、人間存在を詳細に研究し、あるべき理想の社会を想定したヘーゲル哲学なんてのもある。



176 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:09:20 ID:Bf2I0UBX
>>175
科学者が解明してるのは、物質的な宇宙の法則や歴史の一部だけだね。

宇宙ができた原因や目的なんてのは未来永劫解明されない。

177 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:12:34 ID:BPLTDVfG
人間は自由を求める。これがヘーゲルの人間定義。
これに反抗する勢力は常に反駁される。
アジア的専制国家が覆り自由で平等な民主主義原理に基づく近代社会が成立するのは歴史の必然だったと言う。
その意味で奴隷解放の思想を内に秘めたキリスト教の普及をこれもまた歴史の必然であったと評価する。
それが真理であるかどうかは別に、奴隷達の無意識下での自由への渇望、意思をくみ上げる宗教だったのである。



178 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:14:10 ID:6pvCe3lQ
>>173

禅者なのに、観念の塊である哲学や、世俗の文化である人類学などを、何故
持ち出すのか。

君の禅は、禅などではなく、西洋禅、キリスト教禅に過ぎない。

本能を否定するなら、君は、殺されかけても抵抗しないか、腹は減らないか、
眠くならないか、女は欲しくないか?「観念の虜」になって、あんまりアホな
ことを言うなよ。それが禅者かw。

179 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:18:13 ID:x1h9eb1D
悪霊大王って痛いやつだな。
バカ丸出しだしw

180 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:18:20 ID:i0E27/r1
宇宙どころか
深海底の様子や生物は言うに及ばず
鰻の生態でさえ、まだ判り切っていないw

謙虚な姿勢は人間の美徳だよ。>>175
キリスト教に謙虚さを求めるのもいいが、
君自身が傲慢であっては何の説得力もないw
>>130>>136を100回くらい読み直せw)

君へのレスはこれが最後だ。ま、ガンガってくれたまえ ノシ

181 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:20:12 ID:BPLTDVfG
>深海底の様子や生物は言うに及ばず
>鰻の生態でさえ、まだ判り切っていないw

そりゃ哲学の主要問題ではないわな。



182 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:22:48 ID:BPLTDVfG
「在るがままの神」(人間を含む全ての「自然」)は明らかに成長してきた。そして己の本来の姿、究極の理想を現すであろう。




183 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:29:05 ID:6pvCe3lQ
>>182
「在るがまの神」は、文字通り「在るがまま」。成長も退化もない。永遠に
不変だから「神」なのである。

184 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:30:14 ID:BPLTDVfG
ニーチェの言っている「力への意思」と言うのも、結局はそれではないか。
己自身の内奥に潜む己自身の究極の理想の実現。この止むに止まれぬ衝動に人間は日々突き動かされているのではないか。


185 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:33:26 ID:BPLTDVfG
>183
在るがままの状態は常に反駁されてきただろう。
在るがままの自然をどう観察しても永遠普遍にそのままの状態に留まるものなど無い。常に現状を反駁して成長している。


186 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 17:36:43 ID:BPLTDVfG
在るがままの世界とは静止した世界ではなく、成長変化する動的な世界なのだ

187 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 19:11:58 ID:sgSPwV/z
>>167
その加減を知る為に緩めたりきつくしてみたりしてみる。
それはそれで正解でいいのですか?
お釈迦様的には。

188 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 19:22:16 ID:sgSPwV/z
あるがままの自然ね。
今までの教祖様からすると少し新しいテーマに移れたじゃんw
あるがままの自然。。。自然を見てそのままの美しさに感動する。
この自然を神様が創ったなどと想像することは人間のおごりだと思う。
俺としては神様は人間が作ったものだと思えるから。
自然が神であるならそれはそれで良いとも思う。
でも人間は自然の中であるがままの自然に決して任せてはいない。
そのことが正しいのか正しくないのかは分からないけど、人間は自然も操作するために努力してる。

189 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 19:25:31 ID:sgSPwV/z
結局は人間は神がなんだろうと自分たちの好き勝手に用いているのだ。
時は感謝し、時には利用し。
人間は人間の感覚でしか物事を見れない。
自分は自分の感覚でしか本当には物事を見れない。
同じ思想であると思っても全く違ってるかもしれない。
結局は人と人との接点、心が一番優先されるべき。
この意見はどう?教祖様。

190 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 19:27:26 ID:6pvCe3lQ
>>186
人間と自然は、変化したように見えても、そうれは現象面だけであり、本質
は永遠に変わらない。だからこそ、神なのである。2000年前の人間も、
現代の人間も、基本本能を持つ動物としては、いさかさも変わっていない。

人間が猿から進化したものだとしても、生命の起源がバクテリアであると
しても、この基本本能は変わらない。

191 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 19:42:54 ID:6pvCe3lQ
>>189
>結局は人と人との接点、心が一番優先されるべき。
>この意見はどう?教祖様。

心は身体から発生する。身体は、みな同じだが、意識して人為的に作り出した
観念は百人百様。心など優先するから、争いが起こる。宗教がその典型。

大体、「心、心」と言い過ぎ。心は、身体の結果であることを忘れている。
死者には、心はない。

人為を弄しない、身体から発生する自然の感情や本能は、むしろ身体そのもの
で、万人に共通。心など忘れて、身体に立ち帰ることの重要さは、そこにある。

自分の心など意識することは、心がすでに病んでいる証拠である。




192 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 19:47:14 ID:sgSPwV/z
>>191
心を否定する部分にレスしてるだけ。
身体は心の入れ物。
「自分の身体」「自分の心」人間の概念は心さえも自分の所有物にする。
身体の心なんて考え方はしない。
で、あるのはなぜか?何の証明は出来なくても人間が心を重要視している証拠でもあるのでは?
その辺レスを見て心が病んでいると感じられるのはどちらか。
自分は自分で評価することが全てであるなら誰でもの意見が正しい。
客観性をもって評価するのであれば大勢の意見が正しい。
現に教祖様自信が平均云々と自分でレスしていたくらいだし、さすがにこれには同意するはず。
正常な意識の持ち主なら。

193 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 19:54:15 ID:sgSPwV/z
うすうす感じてるんだけど、
キリスト教批判の次に馴れ合いや心に食いつくのね。
よほど辛い思いでもしたとかか?
そうだとしてその姿勢を続けることはますます孤立が深まって、
心が穏かにならないだけだと思うけどね。

194 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 20:14:18 ID:sgSPwV/z
またスルーされるのかな。

また後でノシ

195 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 20:25:05 ID:Q+5t7Ocp
>>190
> 人間が猿から進化したものだとしても、生命の起源がバクテリアであると
> しても、この基本本能は変わらない。

おまいの言う神は、バクテリアかよwww

196 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/27(木) 20:51:39 ID:iP6XgQl9
伸びてるねw
>>146
用いるって言うのに抵抗あるのは、多分言葉の上だけなんだけどね。
ちょうどりょんちゃんが宗教用語にどうしても抵抗持ってるのと同じような感覚かな…
でもそのことに関するりょんちゃんの説明には大体納得してるから、全然構わないノシ


197 ::2006/07/27(木) 21:16:43 ID:HRaWDiLG
アニミズム→神話の神→神の死(合理主義)→神の復活

赤ん坊→子供→思春期→成熟期

に大体対応している。

198 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 21:25:12 ID:vwUpLY9S
復活する神は別物だけどねぇ

199 ::2006/07/27(木) 21:27:59 ID:HRaWDiLG
仏教は合理主義以降に対応している。
キリスト教は神話の神から対応しているけど、その分見かけ上の矛盾も多いね。

200 ::2006/07/27(木) 21:29:27 ID:HRaWDiLG
>>198
だね。アニミズムの神に近いのかな?

201 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 21:30:28 ID:EF+mtoiD

>>169 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 16:57:37 ID:kxVI1CRi
>キリスト教が、悪霊で、人間に乗り移って、原爆を作ったとでも言うかね??
霊という概念で説明すればそのとおりだろ。

だから、みんなを洗脳してひっぱっていかなければならないわけょーーーーーー
オウム真理教もそう。カルトはやり方がみんな同じ。


202 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 22:43:57 ID:i0E27/r1
>>187
まあそうです。
もっとも、(貴方方の嫌いな言い方になりますが・・w)
>その加減
は、すでに釈尊によって、仏典編纂者達によって
示されているわけですが・・・w
だから、「おしえを信じて行じる」という行為が出てくるんですよ。

(勿論、時代・地域・文化によって変容はありだ。
 これはお釈迦さんも認めている。)

203 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:02:44 ID:/crLReAE
>>196
なにぶん表現力とかボキャが少ないものでw
宗教のもち方って言葉も使ってみたのだけど、そのほうがいいのかな。
信仰の仕方有り方とか。
まあ、そういう感じの言葉として使ってると言うことでおながいしますねw
>>202
おけですね。
で、確かに決められているって部分は好みませんw
でも、吟味するっていうか疑う余地はあるというかそこを認めてもらってるんで、
それであれば信じて実感できるかどうかを試すようなことは理解できます。
教えを信じて行じるっていうのはそういうことですよね?
つか、釈迦の言葉として残されているものの多くには納得できてますよ。
松下幸之助にも通じるような当たり前の言葉が多いと感じてますけどね。

204 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:14:40 ID:/crLReAE
もう見えるものも見えない。
マナ識の奥底へと。。。
主よ、導きたまえ、なーむー

つか、音響さんはいないかな。
音響さんにはどう見えてるのだろうかと。
知りたい。

205 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:14:55 ID:i0E27/r1
>>203
>決められているって部分は好みませんw
・・・・・(^^;

なんて言うか・・、単純な図式にしてみれば、
柔道を学ぶ際、どんな学び方でも構わないと思う?(おいら柔道全然わからないけどw)
まず受身の取り方から始まって、全国的な標準としての
それなりの手順とかあるんじゃないのかな?
或いは、医療にしても教員養成にしても
(長い年月で培われた)ノウハウやハウツーはあるんじゃない?
八正道や各種修道法(或いは律・学処)はそうしたもの、
と見てはくれないのかな・・・(^^;


206 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:17:48 ID:/crLReAE
>>205
いやいや、かなり理解できてますよ。
ものを覚えるにはまずは尊敬できる人や信頼できる人から学びます。
そのときにいちいち疑うような真似はしない。
前に素人さんからもフーテンさんからも信頼。みたいなレスも貰ってるので
そういう形なら十分に理解できます。
俺が反発したくなるのは、疑ってはいけない。って部分があるのであればそのことです。

207 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:26:16 ID:/crLReAE
と言うよりも、
俺は宗教の教えとかの中にすばらしいものもたくさんあるだろうと思うからいるんですけどね。
何教であろうと良いものがあれば取り入れたい。
キリスト教にはそれが有るのか無いのかでも。
それを悪だから無い。
なんて教えには従いませんけどねw
無いのかどうかも評価する前には吟味しますよw

208 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:26:20 ID:i0E27/r1
>>206
>疑ってはいけない。って部分があるのであればそのことです。
残念ながらありますねw
いや、正確に言うと
「大局的・総体的には疑わず、細部に関しては吟味が必要」という感じかな。

抽象的過ぎるかw
仏典引っ張り出して典拠を示したほうがいいかい?
面倒だし、全てを拾えるわけでもないが・・・(爆
(暗に「やらないぞw」と言ってるようなもんだなw)

209 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:31:52 ID:/crLReAE
>>208
あることも知ってますw
全ての宗教がなのかは分からないけど、
現に仏陀の言葉にもそう思わせる言葉も書いてある。
それでも実際に宗教を持っている人がそこを理解して解釈の仕方も自分のものにしてるなら
ある意味、誰でも共通なことに成ってくるのかなと。
盲信、バリ、そういうイメージの宗教は怖いけど、宗教が絶対に怖いものだとも思わない。
あとは。
団体でのイメージに良いものは感じたことがないってことですかね。

>大局的・総体的には疑わず、細部に関しては吟味が必要

これを俺が身近で例えるなら、その尊敬する人の全体的なこと、本質的なことは信じるし尊敬する。
ただ、その人の言葉が全ての局面で的確に正しいとは限らない。
これに近いかも?ただ、人で例えしまうとおそらく宗教ではないでしょうね。
教えが正しくてもその教えを用いる、解釈するのは自分ないし人間でしかない。
そんな感じでどうですか?

210 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:34:05 ID:i0E27/r1
>>209
桶ですw

211 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:34:55 ID:/crLReAE
ことわざなんかでもそれぞれの言葉が正しいようで、まったく正反対の言葉もあったりします。
その言葉をどの局面でどちらを使うのかは自分でしかない。
それに近いのかな。。。だからこそ、
恐ろしい思想や手段に宗教を利用するような人間や団体は批難すべきってのもあるかも。

212 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:35:45 ID:i0E27/r1
>>209
>それでも実際に宗教を持っている人がそこを理解して解釈の仕方も自分のものにしてるなら

この部分は、禅において顕著でしょうねw

213 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:36:59 ID:6pvCe3lQ
>>195
>おまいの言う神は、バクテリアかよwww

「進化という問題について、ドーキンスとグールド(ドーキンスの反対者)の
意見の多くは一致しているからだ。人類の含むあらゆる生物が、この40億年
のあいだに単一もしくは少数の祖先から進化してきたこと、その最初の生物は
もっとも決定的な部分で現生のバクテリアに似ていたことについて、二人の
意見は一致している。この過程はすべて自然のものであり、神の手や得体の
知れない干渉者はいかなるかたちでも関与していないという点でも合意して
いる。生物というドラマを決める上で、偶然が決定的な役割を果たしたこと
も認めている。とりわけ、人類もしくは人類に似た生物の出現には必然性
などなかった。進化という大いなる機械は目標も目的も持ってはいないのだ。」
(「ドーキンスvs.グールド」(キム・ステルレルニー著、ちくま学芸文庫 )
より)

この「バクテリアに似た最初の生物」も群生であった。生存、種族維持、共同
体形成という生物の本質は、40億年前の生命の誕生の瞬間から変わることは
ないのである。


214 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:38:23 ID:/crLReAE
>>212
禅ですか。
大ちゃんが一生懸命俺に禅の思想と合致するって言うけど。
少しくらいは感心しめしてもいいかもw

215 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:38:54 ID:/crLReAE
教祖様降臨ノシ

216 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:39:09 ID:i0E27/r1
>>211
批判は大いにすべきでしょう。
伝統宗教は安穏としすぎかもしれませんw
バブル崩壊で痛い目を見た人達と同じポジションにあるかも?w

217 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:40:01 ID:/crLReAE
スレが伸びるの待ってたんですか?
で、スルーですか?教祖様。

218 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:43:48 ID:/crLReAE
>>216
バブル崩壊で痛い目を見た人。
宗教法人も相当の被害を受けてるはずですけどね、
それでも信者さんたちのお陰ですぐに回復してたり損害はあっても影響は無かったり。
感謝すべきですよ?宗教法人さんは、大切なお客様に感謝どころか説法を説いてる。
せめて聖職者としての意識だけはしっかり持ってもらいたいものだw
人を導けない聖職者、人に反面教師になるような聖職者じゃな。

219 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:45:25 ID:i0E27/r1
>>218
ほらまた言葉通り字句通りに文を読んでるw

220 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:47:10 ID:/crLReAE
>>219
その文字が俺の思うことに重なったからですよ、
それだけのことですw

221 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:49:11 ID:i0E27/r1
>>220
そかw
おk

222 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:50:07 ID:6pvCe3lQ
>>217
私は、君のように愚にも付かないくだらないおしゃべりはしない。

「宗教は盲目」と言いながら「宗教にはすばらしいものが沢山ある」という
君の基本的矛盾は、まだそのままだが。

223 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:51:40 ID:/crLReAE
>>220
そだすw
宗教法人の利権絡みの出来事とか仕事で経験有ります。
宗教法人に出来るかどうか思案してるのに立ち会ったことも。
仕事上のことだから批判もしてないのもこれだけ書けば矛盾だけど、
どうしようもない実体も世の中にあるから、
そんなのにも信者の人は感謝するんじゃ報われない。

落ちます、ありがとうでしたノシ

224 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:53:38 ID:/crLReAE
>>222(σ・∀・)σゲッツオメ(・∀・)つI

そんな手法で延々何年もやってきてるの?
俺の矛盾をつく以前に自分の膨大な矛盾を何とかしれ、教祖なんだしw

ではノシ

225 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:54:15 ID:i0E27/r1
>>223
ノシ

226 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:55:37 ID:/crLReAE
あー、そうだ、一つ教えてあげる。
自称研究者さん。
研究者ってのは常に研究して追及してるからこそ価値があるんですよ。
途中なんだか完成したつもりなんだか分からないけど、
それを振り回して押し付けることは研究とは言わない。
研究者だなんて名乗っちゃだめですよ、あなたは教祖なのだから。

じゃノシ

227 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 00:10:46 ID:cGzkZ8/t
>>213
だとすれば

『神=人間』ではなくて
『神=生命』と最初から書いとけよw

後付カコワルイ

228 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 00:15:51 ID:cGzkZ8/t
あとな、生物の本質は
生存、種族維持、共同体形成ではない
もっと単純化できるものがある。
勿論一つだ。

229 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 00:47:46 ID:AiuY4UGO
>>227
>『神=人間』ではなくて
>神=生命』と最初から書いとけよw
>後付カコワルイ

「神=すべての人間を含む自然」と、前レスか前スレで定義してるだろ。
よく読んで考えてから、書き込んでくれ。

>>228
> あとな、生物の本質は
>生存、種族維持、共同体形成ではない
>もっと単純化できるものがある。
>勿論一つだ。

その「一つ」とは具体的には何かと、その現実上の根拠を言ってくれ。「神」
などと言うなよw。同義反復になるから。







230 :ignis ◆chartreCqk :2006/07/28(金) 00:49:13 ID:G9qlRX31
お なんだこのすれは おもしろそーだ

231 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 00:59:48 ID:cGzkZ8/t
>>229

>「神=すべての人間を含む自然」と、前レスか前スレで定義してるだろ。
あんたは物事を随分と断定的に書いているが、言っていることがコロコロ変わる。
自分でも確信が持てずに書いているのだろう。エセ教祖と同じだw

前スレ>>828以下を読んでみろ。
>>828
>旧約の言うとおり、「神=すべての人間」とすれば、宗教紛争はたちどころに
>終息すると思われますが。


>その「一つ」とは具体的には何かと、その現実上の根拠を言ってくれ。
やなこった、お前みたいに大安売りしたくないね、まあ、君のは値段相応だがw

232 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:05:47 ID:eDhrij/J
一貫してるのはとにかく批判することと偉そうに書くことだけなんだよな。
だから出たとこ勝負で矛盾だらけになる。
思想を勝ち負けみたいに論じてる時点で無理がありすぎ。
エセ教祖様か。。。段々と質が下がっていくな。

233 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:07:38 ID:eDhrij/J
それにしても。
その、「やなこった」ての気持ちがいいw
また、感情がとか何とか言われそうだけど、心地いいものは心地いいw

234 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:13:28 ID:AiuY4UGO
>>231
>>旧約の言うとおり、「神=すべての人間」とすれば、宗教紛争はたちどこ
>ろに終息すると思われますが。

それは、特に、一神教間の戦争について言ってる。他人の意見は、重箱の
隅をつつくような枝葉末節の囚われずに、全体的・総合的に解釈すること。

> >その「一つ」とは具体的には何かと、その現実上の根拠を言ってくれ。
>やなこった、お前みたいに大安売りしたくないね、まあ、君のは値段相応だがw

やっぱり、自信を持って言えないのだろw。自分が言えないのなら、他人に悪態
だけつくのは止めた方がいいと思うよ。





235 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:24:11 ID:eDhrij/J
>他人の意見は、重箱の
>隅をつつくような枝葉末節の囚われずに、全体的・総合的に解釈すること。

このレス、教祖様に伝えてやりたいよw
今度言ってやろ。


236 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:25:15 ID:eDhrij/J
つーか、ここまで来るとやっぱりネタなのだよな。
ネタでこんなにしつこく続けないでくれよな。

237 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:27:25 ID:AiuY4UGO
>>233
>その、「やなこった」ての気持ちがいいw

また他人に擦り寄って、鬼の首でも取ったように喜ぶw。

はっきり言って、君の書き込みは、少し頭が悪いのでは。それも「宗教団体は
悪いが、宗教そのものは素晴らしい」という、お決まりの宗教盲信者の台詞。
人間としての信者に責任を押し付けた、形振り構わぬ宗教そのものの擁護と正
当化。それは実は自分自身の宗教を擁護・正当化しているのだよ。客観的な
宗教論などではない。

238 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:29:20 ID:eDhrij/J
>>237
ほれきた!w


239 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:32:42 ID:eDhrij/J
俺も遠慮なくマナ識について学ばせていただきます。
これからも宜しくね、教祖様w


240 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:33:29 ID:RQ9OdjTY
>はっきり言って、君の書き込みは、少し頭が悪いのでは。

なんか、たのしそヽ(^。^)ノ



241 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:34:06 ID:eDhrij/J
客観的な宗教論などではないっての、
誰が客観的な宗教論をしてるって言った?

242 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:34:36 ID:eDhrij/J
>>240
キャーキャーこんぶ殿ノシ(w

243 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:36:33 ID:eDhrij/J
少し頭が悪いってのも。
俺は頭が悪いのは知ってるし。
知識ももってないしな。でもなんか教祖様よりは賢いと自負しちゃってるんだよね。
滅多に人よりも賢いなんて思えないのだけど。。。不思議だ。

244 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:37:26 ID:RQ9OdjTY
しかしさぁ〜
私は、現実的な宗教に関わったことはないし、知らないけど、
いわゆる、イエスの教えとか、ブッタの教えと言われるものは存在するの?

ムキになって否定する人たちは別にして、
そんなものが現実に存在するかどうかも疑問なんだけどなぁ〜


245 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:39:28 ID:eDhrij/J
>>244
仕立てただけかもしれないですしね。
本当の教えなんて物自体が謎だし、
人が作ったってことには間違いないことですしね。

246 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:42:44 ID:Cj+tnWUL
>>244-245
214 名無しさん@3周年 sage New! 2006/07/08(土) 21:18:43 ID:rYOj6JCI
>> 212
明治以降、伝統仏教がどこに胡坐をかいてきたか?かき続けているか?
『「行間と、その裏」には、仏教の(お釈迦さんの)エッセンスがあるからいいんだよ v(´∀`)』
という自己弁護の理屈の上にだ。
この視点なしに、現代仏教は語れないだろう。

『国会図書館に仏典が保存されていれば、仏法が存続している』
と考えますか? ( ̄ー ̄)ニヤリ


247 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:44:40 ID:RQ9OdjTY
そうなると、批判する宗教を名称だけで、否定したり、批判することになる。

いわゆる、「バカと言ったなこのバカ」と同じ理屈。
そんなことを繰り返して、なにか意義が有るのだろうか?
深く、疑問。


248 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:45:59 ID:eDhrij/J
>>246
うん、そこを考えたところで今更どうしようもないような気もするし。
だから、フーテンさんが言ってたような受け継いできたものって位置付けが自然な気もする。
仏法が誰が書いたものであっても内容として価値があるかどうかでいいと思うけど、
宗教者の上の人たちにはそれがとんでもなく重要なんでしょうね、きっと。
解説してる書を一つ見てもそんなこだわり強く出てたりして違和感有ったりもする。

249 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:47:11 ID:RQ9OdjTY
だから、仏法の継承とはなにか?

そういうこと。


250 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:48:06 ID:eDhrij/J
>>247
マナ識VSマナ識で良いですか?w
マナ識にはまってる今日この頃。。。

251 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:49:39 ID:eDhrij/J
>>249
そういう難しいことは分かりませんよw
俺は宗教の悪い部分しか考えてこなかったんだから尚更。
ただ、何千年もの昔から正しいものとして受け継がれてきたもの。
それを検証したりする価値は十分にあるのかなってそんな程度です。

252 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:52:58 ID:AiuY4UGO
>>247
>そうなると、批判する宗教を名称だけで、否定したり、批判することになる。

宗教批判は、その教義が又聞きであれ何であれ、それを「素晴らしいもの」
として信じ込まされたために起こった、宗教紛争カルト被害とという「事実」
に基づいて行っているのですよ。「名称だけで」批判しているのではありませ
ん。勘違いしないで下さい。



253 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:53:18 ID:RQ9OdjTY
>マナ識VSマナ識で良いですか?w

うーん、私には、唯識って、仏教的な考えなのか疑問なんですよ。
単なる、二元論の気もするし、観念の遊びのような気もする。

はたして、それは、仏教なんだろうか?


254 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:54:20 ID:eDhrij/J
こんぶ殿勘違いしてるんだって。。。
教祖様がいうのだから間違いない?w
主よ、教祖様をお導きください。

寝るかなあ。

255 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:55:13 ID:RQ9OdjTY
>宗教批判は、その教義が又聞きであれ何であれ、それを「素晴らしいもの」
として信じ込まされたために起こった、宗教紛争カルト被害とという「事実」
に基づいて行っているのですよ。「名称だけで」批判しているのではありませ
ん。勘違いしないで下さい。

だから、社会的な運動として、批判しなければならない。
もっと、明確なメッセージとして、批判すべきじゃないの?
というのが、私の意見。


256 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:56:55 ID:eDhrij/J
>>253
仏教とはそもそもなんなんですかね。。。
原始仏教ってのは受け入れやすい気はする。
唯識ってのはここに来て教えてもらったけど、観念としてのマナ識は面白いなと思える。
潜在意識と同じかなって思ったけど、潜在意識とするよりは観念の世界が広がるイメージで。
遊び的に用いてるから観念遊びに過ぎないでしょうけどね。

257 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 01:57:45 ID:RQ9OdjTY
>こんぶ殿勘違いしてるんだって。。。

まあ、そうかも。。。。。
あまり、急いではいないので、ボチボチいきます。

個人的な感想としては、
もっと、おもしろい精神のダイナミズムみたいなものを期待してるんですよね。

おやすみノシ


258 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 01:58:25 ID:Cj+tnWUL
>>254(或いは>>256
寝るのかい?
じゃあ一言。
>>246(或いは>>249)の意図もわからない? ( ̄ー ̄)ニヤリ

おいらもそろそろ寝るか・・・
いい休日だったよw  ノシ

259 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 01:59:52 ID:eDhrij/J
>>257
精神のダイナミズム。
どんなものなのか分からないけど、そのうちに見れるんですかね。
流れ的には色んな話も出来そうです、よろしくお願いしますね。

おやすみなさいノシ

260 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 02:02:27 ID:eDhrij/J
>>258
正直言って、宗教のまともな解釈とかそういうのの知識もないですよ。
この板でレスしながら感じられれば理解できる部分もあるかなと。

今日はどうもでした、おやすみなさいノシ

261 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 02:02:55 ID:eDhrij/J
あ、そか。
教祖様もおやすみノシ

262 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 02:05:09 ID:RQ9OdjTY
まあ、私も、宗教の知識はないなぁ〜

あまり、得ようとも思ってないところも問題かもしれないけどね。


263 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 02:06:50 ID:AiuY4UGO
>>255
>だから、社会的な運動として、批判しなければならない。

「社会的な運動」って、「革命」「デモ行進」?本当はそれが必要
なんだけどね。国連決議という方法もある。

昔の為政者は賢くて、宗教は原理的に話し合いの対象には成り得ない
ことを知っていたから、比叡山のカルト坊主を皆殺しし、キリスト教
の進出を防ぐために鎖国までした。

ところで、2chも、「社会的な運動」ではないのですかねw。

>もっと、明確なメッセージとして、批判すべきじゃないの?

そのためにこそ、宗教の「病理」を、心理学的・社会学的に解明する
必要があるのです。

264 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 02:11:53 ID:RQ9OdjTY
>ところで、2chも、「社会的な運動」ではないのですかねw。

同じ考えの人間を集めて、働きかけて、
具体的な行動を起こすのが社会的な運動。

そうでなければ、単なる、愚痴や落書。
2チャンは、どちからといえば、
無責任やろうの言いたい放題掲示板でしょ。

でも、正しいことを考えて、行動しようとすれば、自然に、
何か、具体的に行動しようという気になるんじゃない?

ここで、どんなに批判しても、社会的な運動にはならないでしょ。
責任ないですからね。
まして、名無しですし。。。。


265 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 02:12:23 ID:Cj+tnWUL
>>260
>>246の参考としては、これがいいだろうな。(多少のズレはあるが・・・)
興味があればドゾ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123103830/68-105

266 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 02:18:11 ID:RQ9OdjTY
まあ、でも、名無しだろうとなんだろうと、無責任には変わりないね。

訂正ヽ(^。^)ノ


267 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 02:35:47 ID:AiuY4UGO
>>257
>もっと、おもしろい精神のダイナミズムみたいなものを期待してるんで
>すよね。

また「精神」w。精神や心などと言ってるうちは、宗教問題は永久に解決し
ませんよ。精神や心は百人百様で、すべての人間に共通する「普遍の基盤」
などにはなり得ません。精神性の重視こそが、宗教紛争の元凶なのです。

これに反して、「身体」は万人共通の基盤です。ユダヤ教も、キリスト教も、
イスラーム も、若い女性信者の裸は、みな同様に美しいw。


268 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 02:42:10 ID:eDhrij/J
>>267
またそれを言い出すんなら先の俺のレスに答えてからにしてくれよ。
心を否定できなくて逃げたんだろ?そうじゃないなら尚更返事してみれ。

>>265
ちょっと見てみたけど、集中力がなくなってるんで明日また見てみますね。

ではノシ

269 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 02:44:46 ID:RQ9OdjTY
>また「精神」w。精神や心などと言ってるうちは、宗教問題は永久に解決し
ませんよ。

あなたが、捉える「精神」と私が捉える「精神」が同じと言う根拠が、
まだ、明確ではないでしょ。
「宗教」も一緒。

>「身体」は万人共通の基盤です。

これも、新しいテーマですね。
どこがどう同じなのでしょう。
オリンピックは、なにを競う競技?
ミスユニバースは?



270 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 03:05:36 ID:RQ9OdjTY
おっと、失礼。

同じとは言ってない、「基盤だ」と、反論あるね(^^♪

基盤を共通とするためには、共通項がなにかですね。


271 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 03:15:39 ID:RQ9OdjTY
まあ、とりあえず、レスつかないので、
私が落ちる前に、レスっておけば、
そのレベルでの「精神」も「肉体」も同じ。
言葉が違うだけ。

唯識が観念の遊びかもしれないのは、
結局、相対主義に陥る可能性があるから。
万人向けの哲学もないし、宗教もない。

肉体を問題にするなら、タントラが一番わかりやすいかもね。
オルガスムは幻想か?


272 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 03:28:39 ID:RQ9OdjTY
おっと、また、間違い。

肉体ではなく、身体だった。

ということで、セックス。

でも、セックスがなんだっていうんだろうねぇ〜ヽ(^。^)ノ

いや、まあ、でもタントラだ。

いや、違うかぁw


273 :♥ 殿舎男セキモオタ系?謎 ◆ej9/UehK8Y :2006/07/28(金) 06:13:35 ID:Xk9KGkG1
このスレは初めまして
良いスレタイですね。

274 :1信者:2006/07/28(金) 07:09:27 ID:pVwJO6Lt
>>267
>>また「精神」w。精神や心などと言ってるうちは、宗教問題は永久に解決し
ませんよ。精神や心は百人百様で、すべての人間に共通する「普遍の基盤」
などにはなり得ません。精神性の重視こそが、宗教紛争の元凶なのです。

本当だw〜鋭い着眼
だから宗教戦争がなくならないのか・・・・・フムフム、・・・・分かる分かる・・・ (^^; 


275 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 07:25:12 ID:2DLLzTUD
世を見渡せば、ハゲも居ればデブも居る。
イケメンも居ればゾンビみたいなルックスの持ち主もいるだろう。
病弱な人間も居ればヘラクレスみたいな体の持ち主も居る。
身体も明らかに百人百様だと思うが。


276 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 07:35:09 ID:2DLLzTUD
身体は百人百様だが一方「良識」は万人共通のものである。
黒人だろうが東洋人だろうがチビに聞こうがハゲに聞こうが2+3は5なのである。



277 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 08:08:48 ID:RQ9OdjTY
「良識」は、精神じゃないのか?

ふーん・・・・・・

278 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 08:50:10 ID:RQ9OdjTY
おっ、わりぃ
>>276は、名無しアンチ君じゃなかったのね。
ほんと、論理不明瞭の名無しを相手にすると疲れるなぁ〜

はやく、社会的運動してくれ(笑


279 :聖霊大王:2006/07/28(金) 08:54:58 ID:X+W11zfQ
バカ、研究者の本能理論を放棄させた、おいらの力量すごいでしょ。
りょんちゃん、昆布殿。
あるがまま論に変わった。
バカ研究者は、バカで、自分のバカがわからないレベルは変わらんが、、
さぞ、深層心理学的に、自分のプライドを家族の誰かに、ズタズタにされたのでしょうね。
ご苦労様、
賢くなることを期待してます。

280 :聖霊大王:2006/07/28(金) 09:13:54 ID:X+W11zfQ
206 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/27(木) 23:17:48 ID:/crLReAE
>>205
いやいや、かなり理解できてますよ。
ものを覚えるにはまずは尊敬できる人や信頼できる人から学びます。
そのときにいちいち疑うような真似はしない。
前に素人さんからもフーテンさんからも信頼。みたいなレスも貰ってるので
そういう形なら十分に理解できます。
俺が反発したくなるのは、疑ってはいけない。って部分があるのであればそのことです。

というりょんちゃん。
ゆえに、りょんちゃんに知らず間についつい、禅を語っちゃうのね、
臨済宗禅の修行は、一切を疑う。大疑といいます。
それが、修行の流れなのね、、





281 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 09:17:10 ID:RQ9OdjTY
聖霊大王たん、おっはーヽ(^。^)ノ

アンチ君に一貫性がないのが私には困ったもんなんだけどね。
(アンチクリスト以外)
でも、彼は、必死になにか訴えているので、
私は、聞いてあげたいんだけど・・・・・
でも、流石に、放棄したいことも多いし・・・・

本能理論ってなに?
言いたいことを言うってこと?



とりあえず、オチ(^O^)/



282 :聖霊大王:2006/07/28(金) 09:24:17 ID:X+W11zfQ
りょんちゃん、昆布どのへのおみやげ。
人間は、相対的で、多様性がある。
その根底は何か?
それは、過去の経験が、人格を作り出し、過去の経験の解釈も人によって異なる。
また、常識、善悪すら、文化、宗教、民族によって異なる。
経営の成功も市場環境の変化に適応できなければ、失敗に終わる。
まさに、流動する世界。

この多様性の本質は何か?
人間は良くも悪くも自由に、創造する。
つまり、固定化できない動物である。
仏教はそれを、空と言っているように、
おいらは感じる。
さて、その多様性の人間世界で、どう生きるか?
人間の持つ流動性そのものとして生きる。
これが、禅の思想。
「住する処なくして、さらにその心を生ずる。」
固定化しなく、流動的な心をもって生きるわけ。

283 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 10:33:08 ID:tiAT//DU
>>273
どーもです。
宜しかったらまた来てください。
>>274


284 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 10:38:56 ID:tiAT//DU
>>279
放棄したのか?混乱気味でワケワカなのでは?
本人は認めないだろうがw
キリスト批判もこっそりとカルトと置き換えたり手変え品変えしてるからなあ。
色々と調整不足もあるのだろうw

>宗教の「病理」を、心理学的・社会学的に解明する
>必要があるのです。

こんなこと言うわりに心は重要ではない、身体だ。とかいうしさ、
さっぱり分らんw
こんぶ殿も聞きたがってたし、じっくり心理学的社会学的見地からと
歴史的な面からと語ってもらいませう。

285 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 10:42:49 ID:tiAT//DU
>>282
仏教の空って言うのはそういうことなの?
俺の感じる空は「形あるものは皆壊れる」とか「無常である」ってことかと思ってた。
心のうつろいまで含めて空なんだね。
建設的思考にも空はある?

286 :聖霊大王:2006/07/28(金) 11:06:40 ID:X+W11zfQ
りょんちゃん、おはよう。
建設的思考にも空はある?
について、
「立ち処、すべて真」
という言葉がある。
あらゆる状況において、環境に振り回されず、
自分の主体性を保つ。
ことを言っている。
以前、剣術家、王貞治と禅について、語ったが、
それは、相手の剣の動き、ピッチャーの投げる球に
状況に現実的にリアルに対応する力、を得ること、
おいらは、海を走っている舟を瞬間だけど、
スローな動きにすることが出来る。
つまり、ピッチャーの投げる球、剣の動きが、スローに見える、
そして、直感的判断ができる。
んんんん。ガンダムのニュータイプみたいだ、、
これを建設的といえるのでは?

また、否定の否定は、肯定である。
否定を否定するわけだ。
すると、キリスト教、悪人、性欲も肯定できるわけ、
流動性の心そのものだからね、




287 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:13:48 ID:tiAT//DU
>>素人さん
読んでみましたよ。
合わせてるんじゃなくて、真面目に、よかったですよ。
一番理解できたのは素人さんのスタンスと言うか、姿勢ですけどね。
素人さんは僧侶なんすか?無理に答えなくてもいいけど。
それともう一つ分った。俺に本を紹介してくれてたのも素人さんだ、おそらくw

288 :聖霊大王:2006/07/28(金) 11:15:05 ID:X+W11zfQ
つまり、補足すると、
例えば、最高に集中しているとき、自分、自我、自分の思想がいつもあるだろうか、
自己は無、であり、空では?
自己の感覚では集中の対象のみがある。

289 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:20:27 ID:tiAT//DU
>>286
やっぱり一番思うのは思ってること見てるものが違うんだよね。
だからお互いに中々分り難いのだ。
大ちゃんの見ているものは特に俺には難解なところが多いなあ、
その内に分るようになるかもしれないけどね。
建設的思考って言ったのは、心の移ろいも空であるなら例えば、発展的な思考、
向上、成長、全て空の中にあるように思えてくる。
そして、大ちゃの言葉の真を用いたら、全てのものは空であり真である。
凡夫の俺にはそれは全てのものが真であるが、また変わり行くのも当たり前の性質を有するもの。
今見ているものや触れているものに捉われることなく、惑わされること無く進む。
これ自体が真であり空である。みたいな。
直感的に書いてるからワケワカかもしれないけど、まあ、考えてみるよ。

290 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:21:45 ID:tiAT//DU
>>288
集中している自分こそが我である可能性はないのか?
考えたことも無かったから、そのうちに機会があったら感じてみるよw

291 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:23:13 ID:tiAT//DU
ほんじゃ、またノシ

292 :聖霊大王:2006/07/28(金) 11:26:28 ID:X+W11zfQ
坐禅の静寂な、感覚、
これを日常に転化すると、、集中力抜群。
坐禅をマスターすると
疲れた時が、ありがたい。
疲労回復、爆睡できる。
お薬みたいだ。
脳内ホルモンか、脳波が、アルファ波に変わるとかいう世界ね。

宗教の紛争、それは、固定化して絶対化するからだ。
答えが出ているような、、、

293 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:34:17 ID:tiAT//DU
ああ、そうだ。
肝心なことに答えてなかった。
何を正否とするかもあるとは思うけど、大乗がどうとかあるみたいだから。
でも、例えば素人さんが一人でもいれば仏教は在ると言えるんでしょうね。
解脱がとか悟りがとかそういう問題では無い。そんな感じはした。

294 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 11:35:43 ID:tiAT//DU
>>292
宗教とは関係ないものの呼吸法とか座禅に似たような瞑想的なものとかあって
それと仏陀の瞑想の本のものと似てたよ。
科学的にも根拠のあることなのかもしれないなと思った。

またノシ

295 :聖霊大王:2006/07/28(金) 11:38:26 ID:X+W11zfQ
禅は坐禅のみが、重要という、
信じるのが嫌いな、おいらにぴったりだった。

296 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/28(金) 11:55:34 ID:DouZTV0t
>>205-209辺りを読んで思ったんだけど、疑ってはいけないという自己暗示で自分を縛ったら、
それは信頼とは違うんじゃないのかな?信頼した結果として、疑いが解ける訳なんだから。
信頼関係は、無理に信頼しようとして出来るものじゃない。


297 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 12:19:09 ID:tiAT//DU
>>295
禅は座禅のみが重要だと言うことを信じたんだねw

>>296
おっしゃるとおりですよね。
信頼は築くものだし、決めて信頼するものじゃないから。
だから信頼の前には信用がある、信用の度合いも様々ですけど。

298 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 12:44:32 ID:RQ9OdjTY
その辺の人間至上主義がメンドイと感じるところかな?

犬に仏性があるかという公案もそうなんだろうけど、
もっと、広い視野で捉えないと、
相対主義の言葉遊びにしかならないんじゃないだろうか?


299 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 12:45:45 ID:RQ9OdjTY
>>298>>282

こんなに、レス進んでたのね(^_^;)失礼!



300 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:06:19 ID:tiAT//DU
ちわ。
議論性を求めすぎなのかもしれないですよね。
と言っても、この流れで都合よくそれを持ち出す人は、
ごくごく、限られてるわけですがw

301 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:09:36 ID:tiAT//DU
でもちょっと興味あるな。
>その辺の人間至上主義
これをもう少し噛み砕くとどんな感じすか?

302 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 13:19:40 ID:RQ9OdjTY
私の感じる「空」って、空気の流れとか、水の流れとかの、流れだと思うんです。

それに逆らうときは逆らわなければならないし、
それに従うときは従わなければならない。

でも、それは正しいとか正しくないとかでもない。
ただ、生きていることだと思います。

臨済録で、
「仏法の究極はただ平常のままがそれである。大小便をしたり、衣服を着たり飯を食べたり、疲れたならば眠るばかりである。
愚人は笑うであろうがほんとうに出来た人ならそこがわかる。
古人も、「自己の外に向かって求めまわるのは、みんな大馬鹿者である」と言っている。
お前たちよ、どんな場合でも自己がはっきりしていれば、外境にいかなる変化が起こっても振り回されることはない。
たとえ、過去の煩悩の余習や、五逆の大罪を犯して地獄へ堕ちるべき悪業があっても、
それが自然に解脱の大海となってしまう」
というのが、私には、それを表わしてると感じるのです。


303 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 13:22:50 ID:dqOFaakf
>>269
>あなたが、捉える「精神」と私が捉える「精神」が同じと言う根拠が、
>まだ、明確ではないでしょ。「宗教」も一緒。
そんなことでも揉めるのだから、精神性や宗教から紛争が生じるのは当然
でしょう。

>「身体」は万人共通の基盤です。これも、新しいテーマですね。
「人間は生存と種族維持という基本本能を有する、動物の一種に過ぎない」と
いう私の命題から導かれる、終始一貫したテーマです。「今ここ」も、この
命題から導かれます。他の動物は、もっぱら「今ここ」で生きている(と推測
する)。他の動物が、「老後のことを心配して」生きているのでしょうかw。

>どこがどう同じなのでしょう。
温泉に言って、他の入浴者の裸と自分の裸とを、しげしげと見比べてください。
外見は違ってても、基本的な構造とその機能は同じですよ。詳しくは、「解剖
生理学」の教科書を参照のこと。

>オリンピックは、なにを競う競技?
身体の能力を競う競技。これは、生存本能の表れ。ナショナリズムは、共同体
形成維持本能の表れ。

>ミスユニバースは?
身体の健康さ(頭の中はドーでもよいw)を美しいと感じるのも、人間の
生存本能の表れ。

あなたは、本(特に宗教、観念論哲学関係)を読むのを一切止めて、肉体労働
にでも従事すれば、考えが変わると思うよ。本からよりも、生身の生活者から、
人間や社会を学ぶこと。哲学は、生活者の生活感情や経験を、わざわざ難しい
言葉で表現しただけ。さもなければ、哲学は人間にとって無意味・無用です。

304 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 13:28:09 ID:RQ9OdjTY
>外見は違ってても、基本的な構造とその機能は同じですよ。

では、なぜ、それで、宗教紛争を君は解決できないの?
君の一番の問題は、キリスト教が問題なのではなくて、
それで、解決できないのが、君の一番の問題じゃない?

それで、解決できない理由を、君はどう考える?


305 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:28:25 ID:tiAT//DU
>それに逆らうときは逆らわなければならないし、
>それに従うときは従わなければならない。

>でも、それは正しいとか正しくないとかでもない。
>ただ、生きていることだと思います。

柔らかいですね、俺がさっき言ったのとは全然違う。
でもこの感じのほうが元々想像していたものには近そうな感じかも。

>仏法の究極はただ平常のままがそれである。大小便をしたり、衣服を着たり飯を食べたり、疲れたならば眠るばかりである。
これは一休さんのイメージかもw

306 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:31:00 ID:tiAT//DU
おっと。。。
今はこれには関わる時では無いな。
さよーならー、またですノシ

307 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 13:32:38 ID:m5xANday
宗教無くしたところで、
また、人種・民族の争いが激しくなるだけ。
アンチは生命の本質が解ってないから、
適当な事を言っているだけだ。
オメデタイ奴だなぁ

308 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 13:35:40 ID:RQ9OdjTY
>柔らかいですね

柔らかいのかどうかはわかりませんが、
海で沖に流されたときは、潮目を読まないと、死にます。
単純に、そのイメージなんです。
小局と大局の判断ですけど、すべては個人の能力と、全体の流れを読む力。


309 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 13:37:02 ID:RQ9OdjTY
りょんさんノシ。

でも、私も、時間的には関わってもいられない(^_^;)


310 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:37:04 ID:tiAT//DU
>>308
無心に近い感じ?
本能的とかになると違うのだろうか。

311 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 13:38:11 ID:tiAT//DU
>>309
ノシ

312 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 13:38:35 ID:Ux1JVk4d
クオリア観

313 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 13:39:15 ID:RQ9OdjTY
>>310
本能には、「知」がありませんから。
経験知と先天的本性的な知。
知に関しては、仏教の思想に全面的に従いますね。




314 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 14:02:03 ID:Ux1JVk4d
なんか機械的でたるいなぁ
機械の殻の中にいるのかなぁ

315 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 14:43:18 ID:tiAT//DU
あちい。ちょっと出ただけで汗だく¶:3)| ̄|_

クオリア観?また新しい言葉が。

316 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 14:45:07 ID:tiAT//DU
>>313
仏教の思想の大体の範囲をどことしてみてますか?

>>314
音響は好きですか?

って、質問ばっかりw

317 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 14:45:16 ID:vsb9lvaw
>>314
特にここの皆さんは「精神論」がお好きだね。しかし、精神の基盤である身体
を離れた精神論は、人間に特有の「病理」であることを自覚する必要がある。
だから、精神論に過ぎない宗教やイデオロギーによる紛争が絶えない。

これらの紛争とは異なり、生存のための紛争は、いかに熾烈であっても、必ず
生存本能や共同体維持本能による「自動制御」が働く。相手を皆殺しにする
ことが、自己の生存にとって必ずしも得にはならないという利害得失の計算が
出来るし、共同体維持本能から発生する自他の死への恐怖と他者への思いやり
という自然の感情から、大量殺戮やあまりにも残虐な殺戮は不可能となる。

それから、禅を含めすべての宗教は、「自分の救い」「自分の満足」「自分の
解脱」のためであり、他者には何の役にも立たず、意味もなく、単にキモイ
だけの営みである。宗教が、福祉活動や社会貢献を唱えても、宗教のこの本質
は変わらない。

お祈りや座禅している時間があったら、もっと他者のためになることをやれ、
と言いたい。

318 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 14:54:06 ID:RQ9OdjTY
体育会系健康バカは板違い。

ここは、精神的オナニー板ですよ。

これで、満足かな(^O^)/


319 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 14:54:14 ID:E6d9MyRu
>>317
ここは、心と宗教板
そんなに体が好きなら、
身体・健康板
もしくは、
ピンク板にでも行けば良いだろうw

320 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 14:54:34 ID:tiAT//DU
趣旨が心や感情で進めるスレですからねえ。
板の趣旨も心と宗教じゃん、そいえば。
板違いでもあるのではないのか?その変な思想。

321 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 14:56:35 ID:RQ9OdjTY
>仏教の思想の大体の範囲をどことしてみてますか?

私は、般若心経と臨済録とブッタのことば。
これしか、知りましぇん(^O^)/


322 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 14:57:13 ID:RQ9OdjTY
>>319
ありゃ、ダブっちゃった(^_^;)


323 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 14:57:55 ID:tiAT//DU
しかも、キリスト教からカルトに変わって今度は
全ての宗教は「キモイ」と来たw
一貫性のない人だ、まったくw

324 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 14:58:29 ID:E6d9MyRu
>>322
いや、トリプルw

325 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 15:00:25 ID:tiAT//DU
>>321
そのあたりすね。
仏陀がやっぱり仏教そのものと思っていいんですよね。
般若心経は正直理解できませんですたw
臨済録かあ、折をみてチェック汁か。

326 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 15:04:44 ID:RQ9OdjTY
臨済録は、ほんとにもう、ずっと読んでるけど、面白すぎ。
なんど読んでも、同じ言葉がないという感じ。
頭悪いんで、暗記できないのが悲しい。。。。。


327 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 15:09:15 ID:vsb9lvaw
>>326
何故、道元は読まないの?道元は、世界最高の思想家だと批評する人もいるが。

328 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 15:11:35 ID:RQ9OdjTY
>道元は読まないの?

正法眼蔵ですね。
怒らないで聞いてくださいね。
長いから。。。。(^_^;)


329 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 15:12:21 ID:RQ9OdjTY
逃げ、オチ(^O^)/


330 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 15:19:49 ID:vsb9lvaw
カルト宗教は、白隠には言及するが、道元には言及しない。出来ない理由は
何でしょうねw。

331 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 15:52:01 ID:vsb9lvaw
道元を持ち出されると、カルトが一人逃げ出したようだなw。

332 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 16:51:36 ID:RQ9OdjTY
白隠って、だれ?

正法眼蔵は長いから読んでないって理由は、カルトなの?

むずかしいね(´・ω・`) ノ


333 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 18:04:54 ID:Ykz5a4zb
あぶくのような身代を後生大事に抱えている人生もまたあぶく
自分にとって大切なものは何もない
この世界のすべてが、自分にとってのすべて
なら、大切なものはこの世界に預けてしまおう
こわれたものは、うめてしまおう
あの人も、うめてしまおう
すると、目の前に残ったはなにもない
要るものも要らないものもたくさん買おう
でも欲しいものは買わないでおこう


334 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 18:42:43 ID:tiAT//DU
急に落ちてしまった。
臨済録ってそんなに面白いんだ。
道元が出てきてるし、原始仏教も残ってるし、
読み物読むだけでも相当時間かかるなw

335 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 18:51:33 ID:tiAT//DU
つーか、ようやく教祖様も普通の会話ができるようになってきたよーな?
でもまだ教祖様だな、カルトとかこだわってるしw

336 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 18:53:35 ID:tiAT//DU
>>324
申し合わせたかのように同時トリプル、笑えましたw

337 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 20:27:18 ID:hUZ0lZf0
>>332
白隠は、江戸時代の臨済宗の僧侶。「禅病(精神病の一種)」にかかった人。
日本の臨済宗寺院は、殆ど彼の系列。

正法眼蔵は読んでいないが、「随聞記」は読んだ。
解説書レベルでは、道元の思想の結論(の一つ)は、「平凡な日常生活を営む
ことが、そのまま禅の修行である」ということ。これは、「宗教などイラネ」
ということである。生活者は、みな覚って実行していること。こんな単純な
結論を出すのに、何で一生座禅を続けなければならなかったのかw。しかし
そのことは、生活者にとっての自明の真理が、宗教者にとってはどれほど難しい
ものであるかを示す。

カルト宗教が好んで口にする言葉は、デカルト(彼自身がカルト宗教)、マルク
ス(フェミニズムや平和・人権思想として)、原始仏教、白隠禅師、等である。
道元に言及するのは聞いたことがない。この意味で、昆布氏の思想体系は完全に
カルト宗教と一致する。

338 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 20:42:44 ID:RQ9OdjTY
>正法眼蔵は読んでいないが、「随聞記」は読んだ。

おっ、それなら、俺も読んだ。

>カルト宗教が好んで口にする言葉は、デカルト(彼自身がカルト宗教)、マルク
ス(フェミニズムや平和・人権思想として)、原始仏教、白隠禅師、等である。

なるほど。
私は、そういう、ワケワカンナイ決めつけは結構、好きである。
すると、私は、どういうカルトになるんだろうヽ(^。^)ノ

海に出て、沖に流されよう(^O^)/カルト!

でも、離岸流は結構、マジ怖い。


339 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 20:46:30 ID:tiAT//DU
1000があ(´;ω;`)ブワッ

340 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 20:50:39 ID:RQ9OdjTY
えっ?
もしかして、狙ってたヽ(^。^)ノ

でも、1000トッタ人は、笑える(^^♪
すぐ、書き込んでる。


341 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 20:54:13 ID:Cj+tnWUL
>>293
>でも、例えば素人さんが一人でもいれば仏教は在ると言えるんでしょうね。
なるほど。そういう視点の取り方もアリでしょうかねw  が、
>解脱がとか悟りがとかそういう問題では無い。そんな感じはした。

たとえば、この世に創価学会や阿含宗などしか無くなった時、
仏教が残ったと言いえるかどうか?
バチカンが滅び、統一教会しか残っていない時代に、
キリスト教が残っていると言いえるかどうか?
或いは、ショービジネスの要素が一切排除された、時間内のドラマ的展開のなくなった
(プロレス発祥の)格闘技が残った時代に、それを指して
プロレスが残っていると言えるのかどうか?
或いは、あるAという伝統工芸があったとして、その製造方法が
昔と全く違う方法で作られるようになった時(昔の技術を持つ者がいない!時)
それは、真の意味でAの職人と言えるだろうか?

ということです。

解りにくいですかね・・・w

342 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 20:56:05 ID:Cj+tnWUL
>>296-297
ふむふむ。
ある一場面。
銃を突きつけあった二人が何か言い合っている。
「お前が銃を下ろせば、俺も下ろそう」
「いや、お前から下ろせ」
「いや、お前からだろ。お前は信用できないからなw」
「お前の方こそ信用できねーなw お前が下ろすべきだよw」
「いや、お前からだ!」
「いや、お前からだ!」
「いやいや、お前かr」
「いやいや、おm」
   ・
   ・
   ・


343 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 20:56:47 ID:RQ9OdjTY
>道元に言及するのは聞いたことがない。

しかしさぁ〜
その決め付けは、今までの中で、一番面白いなぁ〜

なかなか、感心する。

なぜ、言及しないんだろう。。。。

他にもあるんじゃない?

西洋思想では、だれ?いない?


344 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 20:56:52 ID:Cj+tnWUL
>>339

( ̄ー ̄)ニヤリ

345 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 20:58:25 ID:tiAT//DU
>>340
電話が入ったりしてて無理でしたけど、密かにw


346 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/28(金) 20:59:23 ID:DouZTV0t
>>297
その、信頼問答だけど、りょんちゃんは時々、気付かずに俺にとっての信仰と
同じこと言ってるんだけどなあ…。説明すると、違わなくて良いのに、
食い違ってくるところが、面白いw



347 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:01:39 ID:tiAT//DU
>>341
例えばこれが仏教だっていう宗教があってそれが残ってても仏教を語る資格があるかどうかとか。
前のレスみたいな感じですかね、俺が思ったのは。
姿勢とか、帰依もなんとなく理解出来た気がしたし、そのひたむきな帰依の感じは嫌な感じなかったし。
俺の感じた感覚だけですよ。
何が仏教でどれが正しいのかなんてのを俺が理解できるはずもありませぬ。
ましてや宗教、みんな自分が正しいんだもんw

348 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:03:37 ID:tiAT//DU
>>342
そして片方がいいますた。
「よし、信用してみよう」
そして銃を下ろしました。

さて、もしも相手が自分だったら撃つでしょうか撃たないでしょうか。。。

349 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:06:22 ID:tiAT//DU
>>346
ばわ。
言葉の問題でしょうね。
共通な感じも受け取ってるし、微妙に違ってるのも感じてる。
でも俺とフーテンさんに限らずに共通に感じる点も多いですよ。
こんぶ殿とも似て似てないような、なんつか、わからんけどw
で、実は教祖様とも通じる点はある。事実。
教祖様は認めないだろうけどw

350 :1/3:2006/07/28(金) 21:18:57 ID:Cj+tnWUL
>>348
なかなか良いレスの返しですね。
けど、少し古いがもう一例・・・。

例えば、一組の夫婦を想定しましょう。
妻には死別した前夫がいる。
夫は前夫がいると聞いているが会ったことは勿論ない。人となり等詳しい話をまだ聞いていない。
生活していく上で時折は話題に上るかもしれないが、妻も夫も敢えて話題にしてきていない。
しかし、妻が、必ずと言っていいほど月命日に墓参することがだんだんと許せなくなってきた。
また或は、妻が前夫の写真を所持していること(or写真を見て泣いているところ)を知ってしまった。
夫は妻を問い詰める「今でも前夫のことが好きなのか?」「俺とどちらを愛しているのか?」と。
妻は答える「勿論、あなたのことを愛しています。でも、前夫のことも思い出として大切にしたい。
        それでもどちらかと問うならば、やはり、今一緒に居て大切にしてくれるあなたを
        愛しています。」と。
       「だから、お墓参りには行かせてください。写真やお位牌だって実家のお仏壇にしか
        ありません。」と。
夫は言う「駄目だ。それらは前夫を愛しているという表現に他ならないのだから。」
妻は涙を飲んで言う。「判りました。もう墓参しません。写真も位牌(個人用)も焼き捨てます(涙)。」
夫「宜しい。」

351 :2/3:2006/07/28(金) 21:19:47 ID:Cj+tnWUL
そして幾年月が過ぎ、夫の胸に、ある思いが湧き上がる。
「果たして妻は本当に前夫のことを忘れているのだろうか?」「本当に墓参していないのだろうか?」
「本当に写真を捨てただろうか?実はまだとってあるのではないだろうか?」と。
再び妻に問う「Bお前は本当に墓参していないんだろうな?A写真は捨てたんだろうな?
         @本当に俺を愛しているんだな?」と。
         (数字が振ってあることには意味があります、解りますか?)
妻は答える「本当よ。前夫の思い出もだいぶ霞んできたし。写真も捨てたし、お墓参りにも行ってません。
本当に本当にあなたのことを心から愛しています。」
夫は言う「本当か、本当に俺のことを一番に愛しているのか?」
妻は言う「本当よ、あなただけを愛しています。」
夫は言う「本当か?」
妻は言う「本当よ。」
夫は「本当か?」
妻は「本当よ。」
夫は「本当か?」
妻は「本当よ。」
夫は「本当か?」
妻は「本当よ(怒)。」

352 :3/3:2006/07/28(金) 21:23:05 ID:Cj+tnWUL
夫は言う「本当か?いや、やはり信じられない。心の奥では今でも前夫のことを愛しているんだ、
      そうに違いない。」
妻は言う「何でそんなことを言うの?結婚した最初の頃はまだ引きずってたけど、
      今はもう本当にあなたのことを愛しているの。」
夫は言う「いや、口ではなんとでも言えるさ。」
妻は言う「何でそんなことを言うの?お墓参りだってやめたし、写真だって捨てた。
      全てあなたの言うとおりにしたわ。
      これ以上何をしろって言うのよ。こんなにも愛しているのに・・・。」
夫「証拠を見せろ。」
妻「『愛している』と口にしてます。『あなたのために様々な行為をしています』。
  『セックスもしています』。『あなたの子供も生みました』。他に何をすればいいの?」
夫「口ではなんとでも言える。嫌々やってるんだろ。セックスだって【内心】は心ここにあらずだろ。
  子供だって自分が生んだのだからたとえ俺の子でなくてもかわいいだろうよ。
  それら全て【本心とは別に表現できてしまうものだ】。」
妻「どうすればいいのよ。【どうして信じてくれないの?】【どうすれば信じてくれるの?】」
夫「だから【証拠を見せろ】と言っている。」
妻「だからこれ以上【何を示せばいいの?】。私はこんなにも心を開いているのに・・・。」
夫「だから【証拠を見せろ】と言っている。」
妻「心も、愛も、取り出して見せることはできないわ。」
夫「だから、何か、【君の愛が僕に向けられているという確固たる証拠さ】」
妻「そんなこと言っても・・・。(溜息)私はもう、あなたにこの愛を伝える術を知りません。
  これまでの私の言動、これからの私の言動を以ってこの愛を受けとめて貰えないのならば・・・
  別れましょう。」
夫「そうだな。お前は俺を愛していないんだものな。別れよう。」


353 :3/3+α:2006/07/28(金) 21:23:43 ID:Cj+tnWUL

ニモさんは割と真面目で頭も良い方のようですし、また、2chとはいえ誠実な方も多く居るだろうことを
期待してカキコしてみましたが、このスレタイでは・・・。
どのスレへ持っていくのがベターだったんでしょうかね?
さて、いかがでしょう。とりあえず、いきなりの解説はいたしません。
それぞれがそれぞれに、意味するところを汲み取ってください。
この話の結末に於いて、証拠云々を言わずに「信じて。」「信じるよ。」というのが、
信じるということ・信仰ということの、あるひとつの側面と言えるのでは?

354 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:24:44 ID:tiAT//DU
これは簡単ですよ。
旦那は奥さんを本当には愛していません。
旦那は自分を愛してるのと傷つきたくないだけです。
したがってすぐに離婚するのが奥さんの為。
でおけ?w

355 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:27:34 ID:tiAT//DU
んん。
簡単に答えてはいけなそうなので少し考えてみる。

356 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:28:31 ID:tiAT//DU
つか、ニモさんって誰です?
俺じゃないすよね?w

357 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 21:38:51 ID:tiAT//DU
だめだ。現実的なことしか考え付かない。
Bお前は本当に墓参していないんだろうな?A写真は捨てたんだろうな?
         @本当に俺を愛しているんだな?
これは、本当に愛しているかどうかが一番の問題点、写真を捨てたとか墓参りしないってのは
本当に愛しているのであればなんら問題の無いことなので順番が下がってる?

現実的だけど感じる問題点。
奥さんを信じきれない旦那。自分の自信がなさすぎる。
信用してもらえない奥さん。引きずってる状態で結婚するのも悪い。
最初に写真を捨てたりしなくてはいけなかったのも、奥さんが毅然と旦那さんを安心させられずに疑わせたのもある。
始まりに不信感があるからそもそもまちがいとも言えなくは無い。
回答としてはこんな感じじゃきっとだめなんだろうけど、こうなるのだ。

358 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 21:45:52 ID:RQ9OdjTY
嫉妬は愛の典型的な形。
男の嫉妬は醜いが、女の嫉妬は怖い(*^。^*)

現実的には、すぐ、こんな状態になるでしょう。
執着すればするほどに、深みにはまりますからねぇ〜
うーん、近頃はうまらやしい〜


359 :とりあえず・・・w:2006/07/28(金) 21:48:07 ID:Cj+tnWUL
結論というわけではないが、参考までに私の個人的メモから・・・。

「黙然たるにより諸大徳の清浄なるを知る」とは、どういう価値観が基盤にあるか。
『他者を信用(信頼)する』という事。→『何を信用するのか?』→(その人の)『言葉』。
疑ってはいけない。まず信用してかかる。
→だから、嘘をついてはいけない。だから嘘をつかない。 → だから、相手を信用する。


相手は疑わず信用しているのだから嘘をついてはいけない → 自分は嘘をつかない
            ↑                               ↓
       自分は疑わず信じる       ←     相手は嘘をつかない。(だから) 


堂々巡りになるけれども、「誰かが、どこかで、どれかを始めなければ」
信じあえる世の中・関係にはなれない。もともと他人である恋人・夫婦の間では、
特にそうではないだろうか。


*大概において、沈黙はYESと見做される。或いは意見のないこと。

360 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 21:50:05 ID:RQ9OdjTY
>>359
面白いね。
同じ、考えなのに、まったく逆だ(^O^)/


361 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 21:55:50 ID:Cj+tnWUL
>>356
2・3年前にどこかへ投下した文。
気に入ってるのでテキスト保存してあったw

>>357
【 】の部分は重要なぽいんとです。
Bは、後をつけたり興信所雇ったりしてすぐに判明すること。
Aは、プライベートを無視して、家捜しし身ぐるみ剥がせば確認できること。
@は・・・、さて・・・どうやって確認しましょうか・・・w


総じて答えれば、
やはり、あなたは字面に囚われすぎている・・・。
今のあなたでは、仏典を読むのは(おそらく聖書も)困難かもしれませんね。
(コーランなどは、りょんさんにどのような感想を抱かせるでしょうか・・・(^^;) )

362 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:02:30 ID:Cj+tnWUL
>>360
逆とは?(´・ω・`)?

363 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 22:06:53 ID:tiAT//DU
>>361
仕事中で仕事モードなせいもあるかも?w
思考が現実的すぎてます。
でも359のレスはその通りですよね。
信じないことから信頼も生まれないし、信じないものが信じられるはずないし。

364 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:11:44 ID:Cj+tnWUL
りょんさんは法律関係?司法書士とかなんすか?
無理に答えなくてもいいけど。 (爆

365 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 22:12:56 ID:tiAT//DU
>>364
司法書士を使うこともある仕事です。
って、バレバレじゃんw
他もやってますけどね。

366 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:14:20 ID:RQ9OdjTY
>>365
多重債務者の債務免除代行(^O^)/

うっそ〜ヽ(^。^)ノ


367 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 22:15:15 ID:tiAT//DU
>>365
ああ、民事も扱うようになってますからねw
でも、こんぶ殿とも接点ありそうな?
違うかもだけどw

368 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:15:27 ID:Cj+tnWUL
もう一言述べておこうか。
前述の夫婦の喩えに於ける「証拠(を求めること)」は、
>>246と関係してるんだな、これが・・・w

369 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:19:30 ID:RQ9OdjTY
>>367
法律に関するなら、関連あるんではないですかね。
私も、弁護士はじめ、仕事上でお付き合いありますから。
まあ、でも、そんなことは、どうでもいいんじゃない?
字面から現実を想像するのは、経験によりますから(^O^)/

だけど、わかりにくい文章だ。
まあ、役人の基本通達よりはわかりやすいけど。


370 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:21:01 ID:Cj+tnWUL
>>369
夫婦の喩えについてですか?

371 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:24:34 ID:RQ9OdjTY
>>370
いえ、「信じる」ということに関して。

そもそも、信じるというのは、一方通行なの?
それが、わかりにくいよ。

わたしは、相補的であるとは思いますけど、
基本は独善的なものだと思います。




372 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:26:03 ID:RQ9OdjTY
結局、信じるということは、それほどに、大きな問題ではないのでは?


373 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:26:43 ID:Cj+tnWUL
>>363
2chなんかしながら仕事していいんすか?w
「 いい加減に汁! ヽ(`Д´#)ノ 」
なんて打ち込んだ書類を作ったりしないようにね(爆

374 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:28:08 ID:RQ9OdjTY
確かに、2チャンしながら仕事はしないほうが良い。
でも、なかなか、おもろいのも事実。


375 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/28(金) 22:29:01 ID:DouZTV0t
りょんちゃんは、自分で正解を言うことがあるけど、
質問には引っかかるからね…

376 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:34:11 ID:Cj+tnWUL
>>371
なる。
独我論ではないけれども、
時間的要素を考慮した時(全ては一瞬一瞬であると見たとき)
双方向はありえない。

ま、そんな小難しい言い方は無しにしても、
一方通行だと思いますよ。
てか、一方通行であるべきと言うか・・・一方通行しか存在しえないというか・・・。

畢竟、自身の考え・自身の行為を中心に据える以外ないと思うが?
あなたは、相手が銃を下ろさない限り自分も銃は下ろさない、
そういうスタンスということ?
一方通行でない・相補的であるということはそういうことにならない?

377 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:46:56 ID:RQ9OdjTY
銃の話は、現実に自分が直面した時に、どう判断するか?
しかないでしょうねぇ〜

その状態で、信じる信じないはちょっと、違うような気がしますねぇ〜。
直感的に、自分は殺されると判断したら、相手より先に引き金を引くでしょうし、
そのことで、自分は殺されてるでしょう。銃なんて、慣れてないでしょうし。
もし、仮に、お互いに判断して、銃を撃ち合わずに、にらみ合うことがあるとしたら、
それは、かなり高度な選択のような気がします。
仮にそうなれば、次ぎのコミュニケーションの手段を考える。
俺は、お前を殺したくないから、逃げるとかなんとか知ってる言語で喋る。
んで、急いで逃げる。
でも、すぐ、殺されるかもしれないと、恐怖するでしょうねぇ〜


378 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 22:47:06 ID:Ux1JVk4d
サイエンスウェブ

379 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:47:10 ID:Cj+tnWUL
そうか、矢印を逆にしてみよう。


相手は疑わず信用しているのだから嘘をついてはいけない ← 自分は嘘をつかない
            ↓                               ↑
       自分は疑わず信じる       →     相手は嘘をつかない。(だから)

こういうことかw
了解したwww

けど、これは、
相手への期待の方が、自身の行為・姿勢よりも大きくなっているような気がする・・・。
「相手はきっと自分を信用しているだろう」と。

相手が自分を信用していようがいまいが(嘘をついていようがいまいが)、
自分は相手を信用するのだ!(→ 自分が、〈不信の輪廻〉wを断ち切るのだ!www)
というのが、理想的な仏教的姿勢なのだ!

とかほざいてみるテスツw

380 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:49:29 ID:RQ9OdjTY
ところで、
ニュー速に面白い貼り付けスレあったので、紹介しときます。

51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060728_execution_teenage_girl/



381 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:50:27 ID:Cj+tnWUL
>>377
あなたが、そんな直接的読みをするとは思いませんでしたよw




喩え話って難しいな・・・ orz

382 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 22:50:44 ID:Ux1JVk4d
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154086189/
ここにもあるよ

383 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 22:52:42 ID:RQ9OdjTY
>相手が自分を信用していようがいまいが(嘘をついていようがいまいが)、
>自分は相手を信用するのだ!(→ 自分が、〈不信の輪廻〉wを断ち切るのだ!www)

うまく行ってる状態って、大概、そうなってるとおもう。
浮気チェックにウンザリすると、不審から不信になる。
そして、ますます、浮気が酷くなる。。。。。


384 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 22:55:22 ID:Cj+tnWUL
>>380

┐(´ー`;)┌

こんな感じですねw もう・・アボガドバナナと・・・w


385 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:00:50 ID:RQ9OdjTY
>>381
そう?
私は、いつもその辺から考えて、現実に直面しない限り、
考えても無駄だろうなぁ〜って、空想する。

でも、シューティング系のシュミレーションは結構好きだったりする。

>>382
ホントだ。
まあ、北朝鮮のサッカーもそうだけど、
ほかの国に生まれなくて良かったと、親に感謝するよ、ホント。

386 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/28(金) 23:05:23 ID:DouZTV0t
つくづく、仏教とキリスト教は違うなあ…


387 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:12:57 ID:tiAT//DU
>>373-374
ファックス待ってたからですよw
さすがに同時平行はしないです。
休憩とかにぽちぽちとか。

388 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:14:07 ID:tiAT//DU
>>375
考えすぎってことですか?
つか、正解って。
特定の答えを期待されてる気がするから悩むんですよw

389 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:14:30 ID:RQ9OdjTY
>つくづく、仏教とキリスト教は違うなあ…

それが、ずっと、このスレの焦点のような気がします。
でも、なにがどう違うのか、まるで、明らかにならないヽ(^。^)ノ
アンチ君の貢献するところは、かなり大きい(^O^)/


390 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:18:15 ID:tiAT//DU
そーいえば教祖様がいない。
毎日いつでもいるのにいないとちと寂しいものがw

391 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:18:41 ID:Cj+tnWUL
>>385
だからw喩え話は難しいと・・・w

比べたい共通項(本質)が、相手に見えるかどうかが
大きなポイントなのだよなぁ・・・(^^;

392 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:18:55 ID:tiAT//DU
さて、けーります。
また来ますノシ

393 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 23:20:14 ID:Ux1JVk4d
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152199562/
違いなんて無限にあるよ

394 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:20:20 ID:tiAT//DU
>>391
例えで浮かんでしまう状況も違いますからね。
具体的であればあるほど、それぞれの生活の中の主観で見るんじゃないですか?w

395 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/28(金) 23:21:25 ID:Ux1JVk4d
半分にしか割れないチョコレートを3等分する

396 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:23:29 ID:Cj+tnWUL
>>394
でも、
具体的でなければ、具体性が無ければ、
喩え話としての意味をなさないわけで・・・・・w

397 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:24:55 ID:RQ9OdjTY
>>391
あっ、そういう意味ね。
ごめんごめん(^^♪

まあ、比喩に関しては、禅の公案が一番おもろいだろうなぁ〜

南泉斬猫はなかなか。
http://www.asahi-net.or.jp/~zu5k-okd/house.14/mumonkan/gate.7.htm

398 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/28(金) 23:27:29 ID:DouZTV0t
>>389
個性と没個性、衆と個と考えれば、明らかですけどねえ。。。
つか昆布さんも案外神様じゃなかったかw

399 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:28:01 ID:eDhrij/J
>>396
だからはずしてもまあ良しと言うことでw

たらいま。

400 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:28:37 ID:RQ9OdjTY
猫ひろしなら、即答で

にゃん!


401 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:34:24 ID:RQ9OdjTY
>昆布さんも案外神様じゃなかったかw

私もそう思うところは多い。
でも、宗教の雰囲気が嫌い。
おまけに、無神論無宗教と私は、嘯いてる。

というか、私の信じる神様はどんな形なんだろう?


402 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:35:42 ID:eDhrij/J
ん。
>>395
音響は好き?

403 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:43:34 ID:Cj+tnWUL
>>397
おいらは
馬祖道一と南獄懐譲の瓦の話が好きだなw
あと
風が動くのではない。幡が動くのではない。あなた方の心が動いているのだ。とか
「雁はどこへ行った?」「飛んで行ってしまいました」「ここにいるではないか!w」とか
も好きだなw

404 :名無しさん@3周年:2006/07/28(金) 23:50:17 ID:Cj+tnWUL
・・・・・・


今日は、余計なレスし過ぎたな・・・w

反省・・・ ○| ̄|_

405 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:56:02 ID:eDhrij/J
余計ってどれ?
このスレはじまって以来の中々いい流れに思いますけどねえ。

406 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/28(金) 23:56:02 ID:RQ9OdjTY
>>403
これですね。
http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa051.html
やはり、こういうのにも性格がでるものなんですね。

私は、猫を殺したり、指を切ったりするのが、お気にです(^_^;)

それから比較すると、静かでやさしい性格のような気がします(^^♪




407 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/28(金) 23:58:11 ID:eDhrij/J
>>406
すごいいっぱいある。
俺、この板に来てからブックマークに宗教用のフォルダ作りましたよw
入れとこ。

408 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 00:03:16 ID:nVZcWs/4
>>405
自分を出しすぎたってことじゃない?

言葉にすると、反動あるから。
いつも嘘ばっかついてる人間と違うってことだとオも。

409 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 00:04:14 ID:6BHRpL71
>>408
見っけ!w

410 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:04:53 ID:vZ0ljKr7
>>408
掲示板で言葉を書かずに聞くことも伝えることも不可能ですけどねw

411 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 00:05:37 ID:nVZcWs/4
>>409
別に、かくれんぼしてるつもりないけど、

めっかっちゃったヽ(^。^)ノ

ということで、これから、「さんぱち」いきまっせ(^O^)/


412 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:05:53 ID:vZ0ljKr7
今日は色んな人が来て賑やかでいい。
これもこの流れのお陰だと思う。

413 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:06:28 ID:upkIc1kx
最近、何故、りょんちゃんに禅を語るのかが解ってきた。
たぶん、おいらは最初、りょんちゃんの言うとおり、
禅を「用いる」だったんだと思う。
最初、禅の宗教臭い部分、表現に関心なかったなあと思う。実用主義で。
途中、2,3年前密教に関わって、宗教臭くはなったが、
おいらの禅の師匠は宗教臭いのは嫌いなんだな、
この師匠にこの弟子アリで、、
平凡な表現、生き方至上主義者なのだ、どちらとも、
宗教臭いのが、嫌いだから、りょんちゃんに
禅の話をするのだと、
今、気づいた。

414 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:06:55 ID:pAE7vzkK
>>407
できれば原典に触れて欲しいですがねw
無門関、禅林句集、碧巌録、宗門葛藤集、この辺りから・・・
(ま、雲水のテキストだがなw)

けど、コーランより難解か・・・(爆

415 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:07:41 ID:vZ0ljKr7
>>413
こんばんわ。
よく分からんけど、何か良い発見なんだな?w

416 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:08:38 ID:pAE7vzkK
>>408
うむw
正解www

417 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:08:39 ID:vZ0ljKr7
>>414
前に2度ほど原始仏典を勧めてくれたのも素人さんでしょ?
そっちからまずは読んでみますよ。

418 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:09:23 ID:JGnjVLiI
414さん、禅の人だ、、
りょんちゃん、臨済録、山田無文著、禅文化研究所、これだけでいいと思う。
おいらは、、

419 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:11:13 ID:vZ0ljKr7
>>418
臨済録も要チェックだね、こんぶ殿も面白いって言うし。
順番に。

420 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:12:03 ID:f0yOUjr1
これもキリスト教系カルトです。宗教であることを隠して近づいてくるカルト
が、最も危険です。このスレも、その匂いがする。

日本で、韓国カルト「摂理」が拡大中・・・教祖、日本の女子学生ら信者100
人超に性的暴行
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1154071805/493

421 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 00:12:27 ID:6BHRpL71
>>411
はなまるの醤油は旨いっすよ!

422 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:13:05 ID:JGnjVLiI
414さんの本の内容は、すべて、禅です。
碧巌録は、おいらの師匠の師匠、大森曹玄の提唱しか、読んだことがない、


423 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:14:16 ID:vZ0ljKr7
おお?
教祖様ご出社ですか?
今日は遅かったすね。。。

424 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:14:45 ID:pAE7vzkK
>>418
>禅の人だ、、

どうでもいいじゃないか、そんなことはwww


おいらは、(絶版になってるかもしれんが)
柴山全慶の、外人用の提唱を日本語訳した無門関が
最高峰の解説書だと思うがなw

425 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:16:36 ID:JGnjVLiI
413の内容は、おいらの師匠が偉い奴だと、気づいたのが発見。
仏教、宗教臭いことを一切言わない人手、ハイレベルな事を、平凡に語る人で、、
おいらも、この感覚だな。

426 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:18:40 ID:f0yOUjr1
禅を語る聖霊大王も、道元は読まないのか。やっぱりw。

427 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:18:56 ID:JGnjVLiI
師匠がクリスチャンの知り合いが不治の病の人の所へいってくれと頼まれる理由が解ってきたぞ。

428 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:19:17 ID:vZ0ljKr7
>>424
まあまあw
大ちゃん素直に喜んでるんだしw

無門関すね。
つか、昼間のもチェックしとかないとな、とても一度に読めない量だと思うけどw

429 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:20:25 ID:vZ0ljKr7
ああ、それそれ。
道元ね。

430 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:21:34 ID:JGnjVLiI
426さん、二ヶ月前は、正法眼蔵の弁道話、現成公案を楽しんでいたな、
もちろん、曹洞宗のお寺で、神秘的なような、、、

431 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:22:23 ID:pAE7vzkK
>>428
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-06,GGLD:ja&q=%E6%9F%B4%E5%B1%B1%E5%85%A8%E6%85%B6%E3%80%80%E7%84%A1%E9%96%80%E9%96%A2

432 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:23:38 ID:pAE7vzkK
あ・・・h抜いてない・・・ ○| ̄|_


433 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:25:41 ID:vZ0ljKr7
>>431
さっそくどうもですw
一覧にリストコピペしてるから書店で見ながら買ってみますよ。
前にパーリ仏典とかアマゾンで7冊も買ったけど、
何となくやっぱり自分で確認して書いたい気がするw

434 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:28:24 ID:f0yOUjr1
りょん氏は、カルト問題には全く興味がなさそうだね。直視できないんだろ。

435 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:29:05 ID:vZ0ljKr7
>>434
んなこたねーけど、教祖様とじゃ嫌だよ。
教祖様が教祖様じゃなくなったら考えてもいいけどねw

436 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:29:15 ID:pAE7vzkK
>>433
これですねw
無門関講話 / 柴山全慶/著 工藤智光/編 (創元社)


「室内の解答集じゃねーかよw」
という高い評価を受けています・・(爆

437 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:29:39 ID:JGnjVLiI
道元ワールド、法華経で遊ぼうで、語った、やけくそちゃんぽんワールド。
無量義経の体験というやつだ、
邪道まっしぐら、、

438 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:30:36 ID:vZ0ljKr7
>>436
ええ、見ました。
著者も出版社もリストにペースト済みですw


439 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:31:35 ID:vZ0ljKr7
無量義経?
義経って天魔系でしょ?

440 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:32:34 ID:JGnjVLiI
天台、日蓮宗関連、法華経の前経

441 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:33:03 ID:vZ0ljKr7
牛和歌丸とは関係ないのね?w

442 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:33:28 ID:vZ0ljKr7
牛若丸。

443 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:34:01 ID:pAE7vzkK
>>438
字句通りに読まないようにねw v(^^)

444 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:34:16 ID:JGnjVLiI
弁慶は元天台宗

445 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:34:40 ID:vZ0ljKr7
>>443
さあ、どうでしょうねw
素人さんの目で読むことはまず無理ですけどねw

446 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:35:31 ID:JGnjVLiI
義経は鞍馬、現在天台宗から、分かれたか、、

447 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:35:46 ID:f0yOUjr1
>>435
教祖様とカルト被害は全く関係ないはずだが。「考えてもいい」というのは、
いままで考えていないということだね。それでは宗教を語る資格などない。

これは、昆布氏についても同じだろう。はっきり言って、このすれは、りょん
と昆布を中心とした「カルトスレ」だ。

448 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:35:48 ID:vZ0ljKr7
>>444
へー。
弁慶も牛若も一緒じゃないんだ。
天狗ってのも天台宗なの?
もう忘れちまった、昔そんなのとかも読んだんだけど。

449 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:36:42 ID:JGnjVLiI
りょんちゃん、おいらのおすすめは、わかりやすいと思うぜ。

450 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:37:19 ID:vZ0ljKr7
>>446
そうそう。
鞍馬天狗から学んだとかだもんね。
牛は牛頭なんとか。。。なんだっけ、もう忘れた。
弁慶もなんだっけ、天狗みたいなものだったよーな。
怨念になって呪うんだよね。

451 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:37:43 ID:JGnjVLiI
天狗は、修験道、天台でも密教系、神仏習合系かな、、

452 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:39:05 ID:vZ0ljKr7
>>447
はいはい。どーも。
つか、俺自身がカルト被害者みたいなものだしな。
とか言うとまた何言い出すことかw
もう宗教の悪口飽きたんだよ、ちょっとはどんな良いところがあるのか知りたいだけだ。
教祖様のほうが板違いなんだから自重したらどーよ。

453 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:40:22 ID:JGnjVLiI
大河で、三輪明宏も修験道の姿で義経を鍛えとったなあ、

454 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:40:45 ID:f0yOUjr1
>>449
「ちゃん」付けは止めろ。キモくて吐き気がする。ここは、キリスト教談話室
のような、メンヘルスレ、宗教精神病スレではないはずだ。

455 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:41:50 ID:vZ0ljKr7
>>451
そそ、神仏習合。
そういう歴史的事象から辿っていくと神仏はいなくなるんだよね。
義経だ弁慶だなんてのはお伽話みたいなものだし。

456 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:42:34 ID:vZ0ljKr7
>>454
うっせーよ、教祖ちゃんよ。
その姿はまるで荒らしだぜ?w

457 :聖霊大王:2006/07/29(土) 00:48:21 ID:JGnjVLiI
急に落ちるべ、、
おいらのおすすめの本は、解り易いととおもうので、
おやすみ、りょんちゃん。
では、では、、

458 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 00:50:14 ID:f0yOUjr1
>>452
>つか、俺自身がカルト被害者みたいなものだしな。

カルト被害者の自覚があるのなら、カルト批判も出来、これ以上被害者を出す
こと防止する努力をすべきだと思うが。君が擁護する宗教自体が、カルトだか
らだ。

荒しは、君の軽薄かつ内容皆無な、とめどもないおしゃべりではないのか。
貴重な2chのスペースを勝手に浪費するのは、いい加減で止めるべきでは。

459 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:51:03 ID:vZ0ljKr7
つかね、読解力なさ杉だよ。
>>447の。

んなこたねーけど、教祖様とじゃ嫌だよ。
教祖様が教祖様じゃなくなったら考えてもいいけどねw

これは教祖様が教祖様じゃなくなったらカルトについての話してあげてもいいってことだから、
勘違いするでない@教祖様風

460 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:51:36 ID:vZ0ljKr7
>>457
おやすみ。
またノシ

461 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 00:52:24 ID:nVZcWs/4
ただいま(^O^)/

>>421
はなまる?
回転寿司ではないっすよね(^^♪

http://ramenlove.livedoor.biz/archives/50423056.html
これかぁ〜
もしかして、場所は美しが丘?


>>458
はいはい、ここはカルトカルト(^O^)/
みんなで、りょん殿に洗脳されましょうヽ(^。^)ノ

ということで、りょん殿なにを洗脳する?



462 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:53:37 ID:vZ0ljKr7
>>458
貴重な2ちゃんw
鯖鱶がとか、最近めっきり聞かなくなったなあ。
昔は良くそんな煽りも有ったなw
レス削除依頼でも出してきたら?削除人さんの判断仰げばいいじゃん。
教祖様のレスが削除されちゃったりしてw

463 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:54:44 ID:vZ0ljKr7
>>461
もちろん人間教でしょうね、心教とかw


464 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:56:39 ID:vZ0ljKr7
教祖様、2ちゃん思いな教祖様。
貴重な2ちゃんのために●くらいもってるでしょ?w

465 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 00:57:28 ID:nVZcWs/4
人間は好きだけど、教はいやだなぁ〜
心も、アンチ君がうざそうだし・・・・・

そう考えると、カルトやるのもなかなか難しいなぁ〜

しあわせですかぁ〜
とかって、簡単そうだけど、騙されてるんだと思うと、ニヤケちゃうなぁ〜


466 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:59:00 ID:vZ0ljKr7
>>465
教祖様はどっちにしろうざそうだけど(ぼそ
つか、刺激し過ぎなのかなあ、結構人間らしい人なんだな、教祖様。

467 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 00:59:36 ID:vZ0ljKr7
まあ、ウザいのは俺も一緒なわけですが。。。onz

468 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:00:41 ID:nVZcWs/4
私は、なんどもレスしたけど、人間的にはものすごく興味ある。
真面目で、良い人だと思う。
でも、発言がいつも凄い人(^O^)/

なんとなく、想像がつくなぁ〜


469 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:01:21 ID:f0yOUjr1
>>462
カルト信者の言い分そのままだな。カルト問題について十分研究してから
出直せ。ひろゆきも、「カルト問題に関心を持ちましょう」と言ってるだろ。

私のレスのどこが削除対象?具体的な削除原因の指摘希望。専らカルトを含む
宗教被害撲滅の目的で書き込んでいる。具体的な指摘希望。

君のカルト問題や宗教被害防止のための、具体的な提案は出来ないのか。

470 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:02:17 ID:vZ0ljKr7
>>468
んと、素でレスると、最初の頃は結構良いことも言ってたんですよねw
心の問題も語ったり有ったと思うし。
感情的になると急変してたんだけど、ついに急変しっぱなしになっちまったonz

471 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:03:17 ID:vZ0ljKr7
>>469
どーいう見解よw
おっかしーなー。

472 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:03:40 ID:nVZcWs/4
>>467
いや、スレ主がおもろいのはいいとオも。
別に、仕切ってないし。

ところで、研究者から教祖様にいつ移ったの?
私も、教祖様にしよヽ(^。^)ノ


473 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:04:43 ID:vZ0ljKr7
雑談スレだからな。
カルトを語ろうってスレでこれじゃなんだけどね。
教祖ちゃん、そういうスレたてなよ、気が向いたら行ってあげる。
まともなレスに感じられたら俺も経験的なこと語るよ。

474 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:05:56 ID:vZ0ljKr7
>>472
研究してないんだもんw
思考が止まってるっていうか。。。執着の権化というか。
俺のマナ識が教祖様を映し出すのだ。。。w

475 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:06:08 ID:nVZcWs/4
ということで、
今日からここは、教祖様のカルトスレになりました(^O^)/

ということで、教祖様。
っよろしく。

カルト問題について、カルトしましょヽ(^。^)ノ


476 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:06:42 ID:f0yOUjr1
りょんと昆布は、明らかにカルト。正体を隠した極めて悪質なカルトだ。

477 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:07:36 ID:vZ0ljKr7
>>475
。。。最初から教祖様のスレであるような気もするのですがね。
みんな教祖様の居ぬ間を縫ってスレ趣旨で遊んでるというかonz(w

478 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:08:11 ID:vZ0ljKr7
>>476
はいはい。
教祖様のおっしゃる通りです。
お導きくだされ、あーめん。

479 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:08:37 ID:nVZcWs/4
>>474
>俺のマナ識が教祖様を映し出すのだ。。。w

あっ、それ重要。
カルトは信者が作るんだよな。
教祖様がつくるんじゃない。

ナチスはヒットラーが作ったのではなくて、ドイツ国民が作ったという論法。
でも、それ正しい。


480 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:09:00 ID:pAE7vzkK
>>469
アドバイスした筈だ。
せめて、せめてパンキョーレベルの宗教観くらいは身につけて来いと・・・w



返ってくるレスは、
「では、そのパンキョーレベルの宗教観を述べてみろw」
ってとこだろうな・・・。

481 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:09:40 ID:vZ0ljKr7
>>479
うん、教祖様も一人きりでは教祖様じゃないし。
ましてやこの教祖様は自分で教祖と名乗らないし、偉大な教祖様なのだ。

482 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 01:10:22 ID:6BHRpL71
>>461
さすが教帝!
正解です!
味噌 塩 醤油喰いましたが、俺的には醤油が旨かったったっす!

483 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:12:42 ID:vZ0ljKr7
>>480
先読みしちゃうとレスが遅くなりますよ。

484 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:12:51 ID:nVZcWs/4
>>482
うーん、とある会合で名前でてたなぁ〜

今度行って見ます。
ありがと(^O^)/


485 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:15:24 ID:f0yOUjr1
>>479
>ナチスはヒットラーが作ったのではなくて、ドイツ国民が作ったという論法。
>でも、それ正しい。

どこが正しい?自分の宗教や教祖は絶対に批判できなくて、すぐに信者に責任
を押し付けるのが、宗教の最大の病理。人間の軽視・否定の典型。昆布も、イ
エスは絶対に批判出来ない。

ドイツ国民をそのように狂わせた元凶は、教祖のヒットラーではないか。本末
転倒してはならない。

486 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:16:14 ID:vZ0ljKr7
素人さん、次ですよ、次。

487 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:16:37 ID:pAE7vzkK
しこしこ・・(;´Д`)ハァハァ

488 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:17:02 ID:nVZcWs/4
>>481
そうそう、偉大な教祖様だ。

とりあえず、俺を信じるなという教祖と、
そういう教祖様ほど、偉大なのだと狂信する信者というカルト(^O^)/

教祖様万歳ヽ(^。^)ノ


489 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 01:17:36 ID:6BHRpL71
>>484
是非行ってみてください。
ラーメンの好みそれぞれ違いますが・・・。

話変りますが、サロメ叩きます!
ヤツは恩知らずの裏切り者!

490 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:17:44 ID:pAE7vzkK
しまったw
誤爆したwww

酔っとるなw

491 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:18:36 ID:nVZcWs/4
>>485
そうはいっても、やっぱり、自分を信ジロと言ってる教祖様。

やっぱり、教祖様は偉大(^O^)/


492 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:19:56 ID:vZ0ljKr7
>>489
すごいすね。
邪気にも当てられずに、さすがゴクウですね。

493 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:20:45 ID:vZ0ljKr7
>>490
ワロス!w
誤爆だったんすかw

494 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:21:07 ID:nVZcWs/4
>>489
なんか、怒ってたね。

このごろなんかおかしいよ、彼女。
よく知らんけど。

留守の間に相当なんかあったんじゃない?
ほっといたほうがヨカとオモー。

まあ、ゴクウらしいと思いますけど(^^♪


495 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:22:39 ID:vZ0ljKr7
教祖様のレスって全てそのまま、ぴったり自分(教祖様)に当てはまるんですよね。
ここまでそんなレスを出来るお方なんて、ひょっとして本物?と思わせます。

496 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:23:21 ID:f0yOUjr1
>>491
「自分を信じろ」と言ってるのは、イエスではないか。

ここは人間界。人間がすべての人間を信じるというのは、いかなる意味でも
宗教ではない。人間界の成員一人一人の、最大の義務ではないのか。

497 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:23:58 ID:vZ0ljKr7
ん?いつも自分を信じろって口にするのは俺だなあ。。。


498 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:24:40 ID:nVZcWs/4
>>496
教祖様のいうことは正しいです。

だから、教祖様のいうことに従います。

イエス様=教祖様ヽ(^。^)ノ


499 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:24:48 ID:vZ0ljKr7
よくわかんねーぞ。
なんかへんだぞ。


500 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:25:32 ID:vZ0ljKr7
>>498
あ、やっぱりそういうことか。
教祖様、導きください。あーめん。

501 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:26:25 ID:vZ0ljKr7
でも教祖様と遊んでてもすぐに飽きるんだよな。
同じことしかいわないから、女の子にもてないでしょ?教祖様。

502 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:27:38 ID:vZ0ljKr7
あああああ、もしかして、女の子にまで
「お前はカルトだ!」とか言ってるんじゃ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

503 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 01:27:47 ID:6BHRpL71
>>494
ヤツとは直メもしたことあるので、個人的な事も知ってるので、
弱みに付け込んでやりますよw

謝罪があるまで許しません!w

504 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:28:12 ID:f0yOUjr1
昆布もりょんも、一旦宗教に嵌ると、そうやって一生抜けられないのだね。

宗教の弊害と病理を、如実に証明してくれている。

505 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:28:20 ID:nVZcWs/4
>>501
女子高生からパンツ買って、
「こういうことをしちゃいかんヽ(`Д´)ノ」
って、怒るから?


506 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:29:01 ID:vZ0ljKr7
>>504
おっしゃる通りです。
教祖様にはまってしまってこのスレも全然抜けられないのです。
お助けください、教祖ちゃん。

507 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:29:50 ID:vZ0ljKr7
>>505
ああ、乗っかるだけのっかといてカルトだ!って怒鳴りつけて追い出すのかも。
ひどすぎる。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

508 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:30:51 ID:nVZcWs/4
>>503
まあ、それがゴクウのいいところ。
みんな、見て見ない振りしてるだろうし。
まあ、私もそうだけど。

とりあえず、バランスだけは保ってね(^^♪


509 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:31:22 ID:f0yOUjr1
>>506
俺に嵌って、一体どこに問題がある?具体的に指摘してくれ。

510 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:31:41 ID:vZ0ljKr7
でもね、教祖ちゃんと遊んでて寝不足だけはいただけないな。
そろそろ寝るかなあ、悪いけどw

511 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 01:32:11 ID:nVZcWs/4
>>509
説教臭くなりそうだなぁ〜


512 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:32:22 ID:vZ0ljKr7
>>509
えええええ?
このスレの状況も見えなくなってしまってるのですか?
そろそろ解脱するのでは!?

513 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:35:06 ID:vZ0ljKr7
。。。それはおよそ2ヶ月前。
1ヵ月半前かもしれない。
その頃はまだ教祖様は人間だったのだ。。。ついに解脱の時が。

514 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:37:33 ID:pAE7vzkK
>>504
老婆心で、もう一言添えてあげよう。
君は一面からしか見ていない。
信仰ある者としてならばそれでもいい。
が、君は違うんだろ? ならば、『宗教(という現象・在り様)』に対して、
もっと多角的に見なければならないのではないかな?
ウェーバーの著作すら読んだことないんじゃないか?

あまりにも幼すぎる。
釣りの成功率としては70%。及第点ぎりぎりだw

515 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/29(土) 01:38:02 ID:6BHRpL71
>>508
素直に詫びない限り、精神破壊してやりますわwww

ちゃねらーなんか極道相手に比べたらちょろいもんですからw

516 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:38:46 ID:f0yOUjr1
昆布は、名無しは無責任だと言ったが、君のように「暇人」「顔文字」「昆布」
とマルチハンドルを使うのは、無責任を超えて悪質。読む者を誤導し、混乱に
陥れる。

宗教であることを隠して近づき、それとなく勧誘し、正体を隠すためにやたら
と偽名を使うのが、カルトの常套手段。

517 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:40:16 ID:vZ0ljKr7
教祖様ともあろうお方が被害妄想はいけませんよ。

つか、素人さん、さっきのレスはスルーされてしまったようです。

518 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:42:44 ID:pAE7vzkK
>>516

ちょっと待てw
昆布は暇人なのか?w

おいらも酉付けてないから人のこと言えないが・・・w


519 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:42:50 ID:vZ0ljKr7
でもね、教祖様のお陰で結束が強まってるんじゃないのか?
なんて思ってみる。
教祖様いなかったら俺が宗教に対して批判的な立場なんだもんな。。。比較的。

520 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:43:45 ID:vZ0ljKr7
コテなんて10数個持ってるけど。。。
いいじゃん、七誌で多重してる人に言われたくないよねえ。

521 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:46:02 ID:pAE7vzkK
>>519
中東でなぜ結束が強くなるか、
いや、およそ共同体なるものが結束を固くするのはどういう時か?
外敵がいる時だよw 異分子が混入した時だよw

522 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:46:08 ID:vZ0ljKr7
つーか、顔文字とこんぶ殿はまるっきり同一だしw
誇大するとジャロにちくるよw

523 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:47:06 ID:vZ0ljKr7
>>521
うちの魚さんたちも異種が混じると喧嘩止めて結束するんですw

524 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:49:49 ID:pAE7vzkK
>>523
地域の消防団みたいだなw

525 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:51:39 ID:vZ0ljKr7
>>524
消防団w
面白いすよ、前にもどこかでレスしたのだけど、
同種で噛み付きあってたのに異種を入れたら群れで泳ぐようになったりw

526 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:53:44 ID:pAE7vzkK
>>525
村八分で除かれている二分は何かと言えば、
火事と葬式らしいからなw

527 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:56:03 ID:vZ0ljKr7
>>526
そーなんですか、じゃあ火事に該当するものでもあれば教祖様も仲間になれますね。
よーするに地球外生物でも現われて危険な状況にでもなれば宗教同士も仲良くなるのか。
そうでもないと無理なのか?

528 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:57:10 ID:vZ0ljKr7
教祖様の役割は決まった。。。
地球を危険な状況に追い込むのだ。
それが使命だな。

529 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:57:43 ID:f0yOUjr1
>>514
>ウェーバーの著作すら読んだことないんじゃないか?

ウェーバーはクリスチャンだよ。すでに宗教に汚染された人間の著作など
読んで、何の役に立つ?宗教者の特質は、自分の教祖や宗教を絶対に批判
できないのだから、宗教の客観的な観察や批判ができる訳ないではないか。

日本の宗教学者は、専ら、既にキリスト教に汚染された西洋の学者の本を
有難がって読み、依存するだけだから、客観性を生命とする「学問」では
あり得ない。宗教被害やカルトの跋扈は、専ら宗教学者の責任。

生来は善良で純粋な人間であるオウムの信者があのようになったのは、専ら
宗教に嵌ったからではないか。処刑されるべきは、オウム信者ではなく、
宗教の病理の解明と指摘を全く怠り、宗教を放置した、宗教学者たちである。
宗教学者自身が特定宗教の信者であり、国立大学の教壇上から布教している
のが現状である。日本宗教学会の初代会長である姉崎正治東大教授も、なんと
日蓮宗の信者であった。司法も行政も、宗教の病理につぃては全く無知だから、
専ら宗教学者の意見に依存しているのである。

530 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 01:59:00 ID:vZ0ljKr7
さて、寝よう。
シャワー浴びて、お魚さんに餌やってw


どうもでしたノシ

531 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:07:20 ID:pAE7vzkK
>>527
それは、笑って語れるほど軽いテーマじゃないよ。
戦国時代に限らず、戦(いくさ)と言われるもの、或いは戦争、
これらが、国内(共同体内)のガス抜きとして為政者に利用されていないか?
は重要じゃないかな?

「外」に当たるものが、
隣人だろうが他校だろうが隣町だろうが隣国だろうが異星人だろうが、
障害者だろうが・・・前科者だろうが・・・
『「自分達と違うもの・異質なもの」を、畏れ・嫌悪し・排除しようとする構造』には
なんの変わりもない・・・。

532 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 02:12:36 ID:nVZcWs/4
>>515
というか、ゴクウの方が反動高い気が・・・・・・

サロメはもう、精神破壊されてんじゃない?



>>516
えっ、おれ暇人だけど、暇人じゃないぞヽ(`Д´)ノ
と、ワザと、疑われるような書き方したりして(^_^;)

しかし、いろんないわれ方してるけど、
今日ほど、凄いのはなかったなぁ〜

暇人様、よく知りませんけど、すいません。

って、もしかして、君が暇人?


533 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 02:16:01 ID:nVZcWs/4
>>529
甘いな。
近代資本主義の精神がプロテスタントの精神基盤の上に形成されたということは、
現代人はすべて、クリスチャンであるということじゃないか。
君は否定するかもしれないが、君も資本主義を肯定している以上は、クリスチャン。
これは、否定できない事実。


534 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:21:02 ID:pAE7vzkK
このレスは、他のROM者の為のものだ。
>>529
ウェーバーも、ある一つの角度からの視点であるのは当然だ。
だからこそ、名前を出したのだ。(それでも、かれのアジア宗教に対する分析は侮れない)

違う言い方をしよう。
宗教を、社会学的に見るか、心理学的に見るか、
生物学的に見るか、政治的に見るか、・・・etc.etc.

全く違う言説になるだろう。
これらを、総体的に(それぞれの研究成果を資料として保持しつつ)
バランス良く記述してゆくのが、宗教学じゃないのかね?
君の天秤は、あまりにも偏りすぎている。

以上だ。

535 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/29(土) 02:21:08 ID:NT51EQzl
それもカルトですね

536 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 02:21:36 ID:vZ0ljKr7
>>531
あのう。お言葉ですが流れで笑ってるのは俺ではないよーなw
つか、そんな意味合いで受け止めてなかったですけどね。
宗教やまあ、天皇とか将軍とか利用できるものは、
ことごとく利用してきたのが時の権力者達ですからね。

537 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 02:25:42 ID:nVZcWs/4
>>530
私もアクアリストだよ〜ん(^^♪

疑問(^O^)/
夜中にえさやっていいの?

と、自動給餌の機械使ってる私のセリフではないけどね(^_^;)


538 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 02:27:11 ID:pAE7vzkK
>>536
まあ気にするなw
ああいう書き方の方が文の流れが良かったから・・・(^^;

って、もう二時半かよ・・・ ○| ̄|_

539 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 02:27:17 ID:vZ0ljKr7
>>537
本当はだめだけど、深夜じゃないと決まった時間が無理なんでそういう習慣にw
つか、自動給餌無理です、生餌だから。
って、宗教板じゃあまりレスしないほうがいい内容なのかも(汗

540 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 02:28:24 ID:vZ0ljKr7
>>538
気にしないすけどねw
二時半。
俺も寝ないとか。

541 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 02:30:30 ID:nVZcWs/4
生餌っすか(^_^;)

かなりでかそ(^^♪

いま、朝生見ながら、やってまぁ〜

まだ、ねれないなぁ〜


542 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 02:33:47 ID:vZ0ljKr7
>>541
小型魚もやってたんすけどね。
段々と面倒になってでかいのだけにw
つか、とりあえず共通点はありましたねw

俺はそろそろ寝ます。
みなさま今日もありがとうでしたノシ


543 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 03:13:18 ID:nVZcWs/4
>>542
おやすみ


544 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 06:42:12 ID:rUlJwEUC
「キリスト」を「彰晃麻原」に置き換えるとわかりやすいよ。
「キリスト」は何億もの人間を殺しているんだからね。
マインド・コントロールは恐ろしい・・・。
殺人崇拝者さんは救われますね。

545 :南無日煉大商人 ◆LEN/FB88UY :2006/07/29(土) 09:17:54 ID:2KD/5Gw4

おはよう、りょんさん^^
早速、来ましたョ 
で〜全然、空気読めていませんがいいですかw

546 :聖霊大王:2006/07/29(土) 10:03:24 ID:uNIpnexq
日煉大商人 さんおはよう、ウエルカム。

547 :聖霊大王:2006/07/29(土) 10:08:04 ID:uNIpnexq
りょんちゃんへ、
昨日薦めた、臨済録、山田無文著をひさしぶりに読んで、気づいた。
結構、なんでも教傾向が、この人、あるんだな、、、と。
キリスト教、聖書の読み方も、おいらと共通しているのが、驚いた、
馬鹿教祖さんとキリスト教と禅で語ったことが、書いてある。
おいらは天才か???
いや、天災、てん菜????

548 :♥ 殿舎男セキモオタ系?謎 ◆ej9/UehK8Y :2006/07/29(土) 10:11:35 ID:k6OucUjO
なるほど、複数宗教を信じるのは是か非か

549 :聖霊大王:2006/07/29(土) 11:15:21 ID:uNIpnexq
548殿、元来、明治維新まで、日蓮宗、真宗除いて、多宗教兼ねていたのだよ。
今も、天台、禅、真言、修験道は、オープンだよ。

550 :聖霊大王:2006/07/29(土) 11:19:16 ID:uNIpnexq
教祖さまの正体が解ったぞ、
本能好き、
韓国カルトの教祖と同じく、エロ大好き、、強姦大好きなのだ。。
完璧なリ理論だね、教祖殿。。

551 :聖霊大王:2006/07/29(土) 11:21:35 ID:uNIpnexq
人類は裸で生きて、本能のまま、いい女がいたら、無理やり強姦、
すごいね、教祖様の本能理論は。。

552 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 11:28:45 ID:RlRnOfFo
禅と仏教は違うと誰かが言っていたようですが、
禅をやっていたような有名人というと、釈迦と言うことでよろしいでしょうか?

553 :聖霊大王:2006/07/29(土) 11:34:26 ID:uNIpnexq
552さんへ、禅は、釈迦がやっていた瞑想と、最後の釈迦の言葉「諸行は壊法なり、放逸ならずして、目的を完遂せよ」
を重視した教派ですね、あと、大乗仏教の祖、竜樹の思想が、今残っている仏教の教派の中で一番近いです。

554 :聖霊大王:2006/07/29(土) 11:42:22 ID:uNIpnexq
多数の常識が、本能という教祖様、
世界史の古代の文明は、本能で多数の常識社会だったのか?
それと、飛行機の発明は生存本能なの?

教祖様の反応、
「都合の悪いのは見えません、解りません」
「私の思想のみしか、解りません。自分の思想は、自己であり、汚されてはならない、
神聖で不可侵だ1!!」
という、教祖さまの心の叫びが、聞こえる、、、

555 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:25:51 ID:uNIpnexq
フーテンさん寄りのお話。

お題、、キリストが、、いた、、

3年前、冷やかしで、たぶん居るだろうとと思って、キリスト教会へ、行く、
日本キリスト教団長老派系の教会。
教会に入る。霊気が、、、牧師と話す、おいら、「おられますね、、」
教会を出る。近くの浜を散歩、、
愛に満ち溢れた気分に、キリストの存在を感じる。
クールなおいらは、
冷ややかに、「キリストさんはこんなに愛が深いのに、
信者は、よくも、殺し合いをしているね、、、」
と、おいらが思うと。
おいらは何も悲しくなく、冷ややかなのに、
猛烈に涙があふれてくる、、
んんんん、優しい奴なのだな、、、
キリストは、
信じないけどモ、大好きになってしまった、、
ま、おいらは、禅の静寂美の世界が好きなので、クリスチャンにはならないが、、、

556 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:29:56 ID:cmTjgWtZ
>聖霊大王氏へ

君は、読解力と人間性の洞察が全くないね。歳は一体何歳?

人間は、生存と種族維持の基本本能を持った、動物の一種に過ぎないが、独り
では決して生存できないことを、これも本能的に知っているから、この基本本能
から、共同体形成・維持の本能や自他の死への恐怖、他者への思いやりという
自然の感情が派生する。生命の起源である40億年前のシアノバクテリアも
群生だったし、聖書でも、神は人を「男と女」に造った。初めから共同体で
ある。

自分の生存本能だけで生きると、「自分を含む」共同体が破壊されるから、
共同体維持本能による「自動制御」が働き、生存本能が制限される。そこに
「道徳」が生まれる。

人類の数々の発明も、生存のためのより多くの利便と物資を求める、本能の
働きである。人類が、その発生以来絶えず求め続けてきたものは、生存の
ための物質的充足であり、甘ったれた精神的充足などではない。

本能と聞けば強姦しか思い浮かばない君は、創唱宗教の観念性によって、本能
の健全な発達が阻害されているからに過ぎない。これは、金保も、摂理も同じ
である。

自然宗教とは異なり、すべての創唱宗教、特に一神教は、教祖の精神障害が原因
であり、精神障害の結果としての観念性、抽象性、精神性により、人間の生物的
本能を、制限・歪曲・破壊したのである。だから無数の害毒を生じ、現在も生じ
続けているではないか。


557 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:32:32 ID:uNIpnexq
お題、キリストが、いた、、カトリックバージョン。

初めて、ミサに行く。
家に帰ると、脱魂しそうになる、(気を失いそうになる)
おいらは、禅だから正気至上主義者だから、嫌がる。
脱魂はしなかったが、、
自分の部屋の蛍光灯の光が下のほうへ散らばり広がっていく。。
おおおおおおお、ビビル。。イエズス会の世界か???

なお、おいらは、どこまで、いっても静寂美禅、現実主義なので、悪しからず。
信じないが、居るのだ、キリストは。。

558 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:35:51 ID:cmTjgWtZ
>>557
お前の禅では、観念の最たるものであるキリストさえ抜けないのか。そんなもの
は禅ではない。野狐禅以下の、キリスト教禅に過ぎない。

559 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:37:19 ID:uNIpnexq
やば、りよんちゃんより、教祖が、先きた、、オソロシや、、、退散、おさらば、
教祖殿、がんばって、自己の神聖不可侵の思想を守って頂戴。
ご苦労さん。。
科学的根拠なき本能論、世界史を前提としない、証拠無き、共同体、道徳論。
あるのは、自己の思想の神聖不可侵の信仰、教祖さま、
おさらば、、

560 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:38:48 ID:uNIpnexq
558よ、禅系スレで、山田無文和尚の批判のキャンペーンしてね、
馬鹿は、がんばりな、、
さらば、、

561 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:39:45 ID:kR/kmBOt
研究者って「進化論と創造論」スレの創造論者みたいだな。
自分が噛み付ける柔らかい部分にしか食いつかない。

562 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:40:11 ID:uNIpnexq
自己の思想の神聖不可侵の信仰、教祖さまに禅があるとは驚きだ、
きっと、妄想、寝ぼけてるんだ、がはははは、
おさらば、、


563 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:42:54 ID:cmTjgWtZ
昆布、りょん、聖霊大王が、キリスト教系カルトの信者であるという正体が、
ことごとく暴露されたね。教祖の預言は、すべて的中するw。

564 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:46:17 ID:uNIpnexq
561さん、おもいしろい、馬鹿系キリスト教の創造論と馬鹿教祖さまの、思想は、
自己の思想の神聖不可侵の信仰で、共通項だな、おっしゃるとおり。

565 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:49:05 ID:uNIpnexq
その馬鹿どもの共通項、
それは、自己の肥大化、自己の考えの絶対化だ、、
カルトも自己の思想の絶対化、
ヒトラーの人間の心理を無視した、「進化論の優秀人種論」
んんんん、おなじだ。。


566 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:50:31 ID:uNIpnexq
スターリンの論理、
気に入らない奴は、反体制分子、、
563の思考世界。。

567 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:51:06 ID:cmTjgWtZ
前レスで引用した今回の「摂理」の事件は、宗教に関する大ニュースで
あるのに、昆布もりょんも、一切コメントせず、話題そらしの、関係ない
拙劣な書き込みを必死でやっている。君たちが、キリスト教系カルトの
信者であることと、若しかしてその出身国も、証明していることになる
のだよ。

568 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 12:51:14 ID:nVZcWs/4
教祖様カルトだよ〜んヽ(^。^)ノ
信仰はとにかく、クリスチャンと決め付けること。
たのしいよ〜ん。

さあ、みんな入信しましょ(^O^)/


569 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:54:00 ID:uNIpnexq
567スターリン殿。
すばらしい、、
気いらない奴は、粛清だ。。
強制労働をさせてやる。ってか。
こわーーー、まちがっても、君が権力者や、中国人、イラン人の権力者じゃなくって、
よかったよ。

570 :まい:2006/07/29(土) 12:54:56 ID:u4s/2R2Q
>>556
人類の数々の発明も、生存のためのより多くの利便と物資を求める、本能の
働きである。人類が、その発生以来絶えず求め続けてきたものは、生存の
ための物質的充足であり、甘ったれた精神的充足などではない。

研究者さんこんにちわ☆
時代背景も考えてみたら面白いかもしれません。物質的要求と、精神的要求には
ぶり返しのような関係があるのかもしれません。
それが必要とされていた時代もあるし、悪用された時代もあるのでしょう。

ま、一神教が教祖の妄想なのかどうかは断定できませんが、その時の感動と、
運営するうえでの教団の歪曲とを混同することには気をつけたほうがいいかもしれません。

現代に生きる私たちが、これ以上の利便性を求めることが、人類の幸福と比例するのかと言う疑問を
感じているように、それは、物質的には満たされていた釈迦や竜樹が、次に求めたものは何だったのか
ということと共通しているという考えもあります。

571 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:55:45 ID:uNIpnexq
ポルポトって、君のような人だったんだろうな、、
スターリンも、ヒトラーもサダム、フセインも、
人格分析の対象だね。。
おもしろい、、がはははは。

572 :聖霊大王:2006/07/29(土) 12:58:24 ID:uNIpnexq
頼むから、中国、韓国の権力者にならないでね。。
真っ先に粛清、強制労働させられるから、、

573 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 12:58:39 ID:cmTjgWtZ
>>568
>信仰はとにかく、クリスチャンと決め付けること。

そんなことはどこにも言っていない。キリスト教とその要素を真似た
宗教が、最も弊害が大きいと言っている。

金保事件も、今回の「摂理」事件も、私のキリスト教批判の正しさを
見事に証明しているではないか。

574 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:00:53 ID:nVZcWs/4
>キリスト教とその要素を真似た宗教が、最も弊害が大きいと言っている。

再度、質問。
キリスト教のどこに、社会的に問題が有るのだ。
キリスト教のみに限定される要素とはなにか?


575 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:00:59 ID:uNIpnexq
おおお、アルツハイマー病か?
カキコしたことを忘れている。
いや、「都合の悪いのは見えません、解りません」
「私の思想のみしか、解りません。自分の思想は、自己であり、汚されてはならない、
神聖で不可侵だ1!!」
という、教祖さまの心の叫びが、聞こえる、、、




576 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:03:19 ID:uNIpnexq
ヒトラーがベルリンの前にあるソ連軍を見ていった。
スターリンの目標はベルリンじゃない、プラハだ、こちらへ来ない。
追い詰められたヒトラーの人格、
うううう、教祖様と同じだ。。
がははははははは、
おもろい。

577 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:08:19 ID:nVZcWs/4
確か、一神教であることが、排他的感情を煽り、
大量殺戮の基盤になるとかでなかったか?


578 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:08:48 ID:uNIpnexq
確か、ヒトラーは自己中心で、軍人の言うことを、良い軍事作戦の提案を聞かない。
ま、第三帝国なんぞ、早く滅んで正解だが、、
人の言うことを聞くことのできない独裁者性格だ、
教祖様は。。
ヒトラーと同じ、ふかーーい、人格コンプレックスの持ち主。
人間を精神でなく、生物学的に考える、
んんんん、思想もヒトラーーぽっいねーー

579 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:09:38 ID:G20YhuJd
善人の見本であるキリスト氏の傘下の者であると主張し、
キリスト先生の威光を最大限利用して悪いことをしようとするのがキリスト教徒になる人の心理だ。


580 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:11:41 ID:nVZcWs/4
キリストのどこが善人なのだ?
中世においても、キリストは奇跡を起した人であり、
善人ではないだろう。
道徳は説かないと思うが。
道徳としての宗教なら、イスラム教だろう。


581 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:12:16 ID:uNIpnexq
おいらを痛めつけたユダヤ人め、
ユダヤ人はおいらがすべて滅ぼしてやる、劣等民族め!!
おいらを痛めつけた宗教者め、
宗教者は、おいらが、すべて、滅ぼしてやる!!
ヒトラーと教祖様の思想と行動の共通点。

582 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:13:09 ID:G20YhuJd
>>580
愛を聞かなかったわけ?

583 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:13:50 ID:nVZcWs/4
>>582
愛を聞くとは?


584 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:16:29 ID:G20YhuJd
耳のある者は聞けって、言ってるのに。

585 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:19:01 ID:cmTjgWtZ
>>570
「感動」などではなく、開祖の精神病の結果に過ぎません。どの教祖を
見ても、額に汗してひたむきに生きる圧倒的大多数の生活者とはかけ離
れた変わり者、基地外ではありませんか。従って、これらの開祖の思想
に、「人生の指針」など求めると、却って人間が狂ってしまいます。
人間の叡智とは、あくまで、他者との係わり合いのなかの、日常の生活
から、長い年月をかけて生み出され、熟成されるべきものなのです。
一個人による「眼から鱗」の思想ほど、胡散臭く、人間にとって危険な
ものはありません。

教団の問題も、その教祖によって狂わされたことの結果です。「人間」
としての教団関係者や信者が、生来的に悪いのでは、決してありません。

物質的欲求が過大になり過ぎ、生存の基盤である自然を破壊し、それに
より生存が脅かされる状態になれば、生存本能が再び働き、その状態
を是正しようとします。すでに現在行われていることです。それも、生
存本能の現れです。

586 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:19:26 ID:uNIpnexq
いつのまにか、教祖様が、消え。
昆布殿タイ、クリスチャンの論争??

587 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:19:53 ID:nVZcWs/4
聖書の解釈のことか?

もともと、聖書読めるようになったのは、中世末期以降ルネッサンスからのことだろう。
逆に言えば、聖書読めるようになったから、キリスト教は分裂し崩壊した。
愛の思想は、聖書とは関係ないだろう。

違う?



588 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:21:20 ID:nVZcWs/4
>>586
いやあ、折角だから、教祖様や他の詳しい方々から、
キリスト教思想を教えていただこうと思って(^O^)/


589 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:23:01 ID:uNIpnexq
585、新たな、ナチズムを作ったりして、、
教祖様は、、585は
新しい教祖様を中心とした生物学共同体思想か??
共同体の指導者、独裁者になりたいのか???
歯向かう奴は、粛清、強制労働だ。
頼むから、権力者にならないで、、
オソロシや。。

590 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:24:48 ID:uNIpnexq
教祖様「我が闘争」書きます??

591 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:25:32 ID:G20YhuJd
>>587
あなたが考えてるキリスト教は、すでにキリスト教でなくなった
権力者が用いた邪教をキリスト教と思い込んでいるところがおもしろいね。

592 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:25:53 ID:uNIpnexq
いやいや、「生物学共同体主体思想」か??

593 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:26:42 ID:nVZcWs/4
>権力者が用いた邪教

権力者が用いなかったキリスト教って?


594 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:28:39 ID:uNIpnexq
キリスト教は、キリスト本人は、ともかくとして、
教理は、完成してないと思うね、、
いまだにね、、

595 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:31:14 ID:uNIpnexq
禅の人のほうが、むしろ、聖書を深く読めているような気がする。。
それは、ヨハネの福音書17章
ここが、いまだ、明確に教理として完成してないような、、

596 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:32:26 ID:G20YhuJd
>>593
権力による聖書の捏造部分をふるい落としながら
考えていこう。

597 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:33:55 ID:uNIpnexq
596さん、どう判断する??
おいらにはわかんない。。
難しすぎる。。

598 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:33:56 ID:nVZcWs/4
>権力による聖書の捏造部分
その捏造は、解釈の捏造?
それとも、聖書そのものが、捏造だということ?


599 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:36:06 ID:cmTjgWtZ
>>589
何を見当はずれなことばかり、まだ言っているのw。無神論者(Humanist)は、
宗教とは異なり、架空の神や観念ではなく、現実のすべての人間とその生存を
支える自然とに最大の価値を置くものだから、間違っても人間そのものには危
害を加えるわけがないだろう。無神論者は、その「神」である現実の人間を傷
つけることは、絶対にできない。健全な生存本能が維持されているからである。

ヒットラーがニーチェの思想に影響された部分はあったと思うが、最大の影響
は、キリスト教の反ユダヤ主義である。既にキリスト教を信じ込まされた
ヒットラーには、キリスト教を根底から覆すニーチェの思想の十分な理解が
出来なかったのだと思う。彼がニーチェをそれほど研究したという事実は
ない。あくまで、「表面的な」理解だけだった。キリスト教徒であるヒットラー
には無理からぬことではあったが。

600 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:36:37 ID:uNIpnexq
ま、日蓮宗には、日蓮本人の書いたものと、そうでないものがあるらしいが、
奇跡重視、神秘的な能力を出す傾向の人物の書いたものの判断は難しいね、、


601 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:39:02 ID:uNIpnexq
599総統万歳!!
パーソナリテイが、ヒトラーと同じ、
思考システムが、ヒトラーと同じ。
がはははは、
「敵はプラハを攻める」

602 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:39:54 ID:nVZcWs/4
>>599
だから、キリスト教徒としてヒットラーってなに?
キリスト教とナチズムの関係をどう考えてるの?
君が考えてるキリスト教を教えてくれ。


603 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:40:10 ID:uNIpnexq
もう一度言ってやる。

おいらを痛めつけたユダヤ人め、
ユダヤ人はおいらがすべて滅ぼしてやる、劣等民族め!!
おいらを痛めつけた宗教者め、
宗教者は、おいらが、すべて、滅ぼしてやる!!
ヒトラーと教祖様の思想と行動の共通点。


604 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:41:01 ID:kR/kmBOt
無神論者全員が「研究者」と同類だとでも思っているのか。

605 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:42:11 ID:uNIpnexq
604殿。研究者様に歯向かうものは粛清、強制労働だそうです。

606 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:42:50 ID:G20YhuJd
>>598
捏造の可能性を考えないでどうしろというの?
だから信者は用意に権力に騙されて、悪を行わせられてしまうんだよ。
馬鹿らしくて物も言えないやね。

607 :まい:2006/07/29(土) 13:42:58 ID:u4s/2R2Q
>>587>>595
同意。

>>585
人間には、バランスの取れた生存本能があるから、やっきになってあなたが心配しなくても良いよ。
生存本能も含め、神の創造だと位置づけるのが宗教。
人間と言えばキリスト信者だけを指すのではないから、キリスト信者以外は救われないという脅しには
屈する必要はないと思う。

608 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:43:33 ID:nVZcWs/4
>>604
というか、それ以前なんだよね。
とりあえず、批判するキリスト教を整理しないことには、荒らしにしかならん。


609 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:45:48 ID:uNIpnexq
608の昆布殿に同意。

610 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:48:06 ID:YhbnCUCl
教祖は何故『闘争本能』に触れないのだ?
都合の悪いことは頬被りか?

奴がここで論戦すること自体『闘争本能』の現れであるが
戦争根絶と訴えるなら、まず己の『闘争本能』をなんとかしろよw

611 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:48:08 ID:G20YhuJd
>>607
キリスト信者の脅しには多くの人が屈して虐げられてきました。
いうほど簡単ではないよ。

612 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:51:08 ID:uNIpnexq
おいらを痛めつけたユダヤ人め、
ユダヤ人はおいらがすべて滅ぼしてやる、劣等民族め!!
おいらを痛めつけた宗教者め、
宗教者は、おいらが、すべて、滅ぼしてやる!!

という深層心理感情で語っても、、

いや、「都合の悪いのは見えません、解りません」
「私の思想のみしか、解りません。自分の思想は、自己であり、汚されてはならない、
神聖で不可侵だ1!!」

というこだわりで語られても、どうしようもないね。。


613 :まい:2006/07/29(土) 13:51:14 ID:u4s/2R2Q
>>596さんの出現を待つ。
ちなみに、キリストは権力者によって殺されたんだよね。
それが火に油を注いだと言う皮肉w

いまだに逆境は真実の神のからのものと言う考え方が、イタイ信者を生んでいる。

614 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:52:42 ID:YhbnCUCl
聖霊大王が言うとおりに
教祖は反宗教という結論があって
それに合うように自説を組み立てているに過ぎない。
だから矛盾だらけ。

カルトと大差ないよ。

615 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:53:38 ID:nVZcWs/4
>>606
>捏造の可能性を考えないでどうしろというの?

私は、捏造を否定してないぞ。
その捏造は、聖書そのものなのか?
それとも、解釈がねつぞうなのかということだよ。

たとえば、今のパウロによっと、原罪から贖罪としての解釈がおこなわれ、
アウグスチニス?によって、三位一体説が正当化されたように。

なんで、私がこんなことレスしないといけないんだ?


616 :まい:2006/07/29(土) 13:54:54 ID:u4s/2R2Q
>>611
現実的に確認が出来ない分野での脅しの構図は避けられないよ。

人は、自分を正当化するためには嘘も嘘だとは気が付かないで、嘘をつく側にまわれる。

617 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:55:42 ID:uNIpnexq
一番、キリスト教のダークな部分は、現在の右派キリスト教の教理、たぶん、旧約聖書と黙示録の
解釈から、あるような気がする。
現在なら、現在イスラエルのキリストの再臨信仰。(ただし、すべてのキリスト教ではない)

618 :聖霊大王:2006/07/29(土) 13:58:54 ID:uNIpnexq
ハリストス、ギリシャ正教のほうが、正統な教理に、見えたりするね、、
ヨハネ福音書17章を見ると、、神人合一の信仰。

619 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 13:59:27 ID:G20YhuJd
>>615
聖書は、キリストという人物を、ミトラ教のミトラに見立てて書き下ろしたもの。
処女の妊娠とか、救世主の復活とか、ミトラ教そのものでしかないよ。

620 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 13:59:48 ID:nVZcWs/4
>>617
キリスト教は旧約は重要視しないんだろう。
黙示録は、仏教の末法思想と通じるだろうなぁ〜
今のエホバも結局は、布教活動として、末法思想を利用してるし。


621 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:00:54 ID:JcHsKn03
嘘を嘘だときづかずに嘘をつく
洗脳だと自覚することは不可能

この種類の言葉から見えてくるもんがあるそのうちはここに迎合しても永久に悟れないんだろうなぁ
一般性原理に迎合してるようではね

622 :まい:2006/07/29(土) 14:01:51 ID:u4s/2R2Q
>>617
だね。現実の国土が与えられると言う信仰が、現在のイスラエルの悲劇を生んでいるんだもんね。

どうなるんだろう。
こんな堅固な信仰の方向修正なんて、誰かに出来るのかな・・。
おい、キリスト。ナントカしてよ。

623 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:01:58 ID:uNIpnexq
617は、ビルグラハムにもある、ダニエル書が、ソ連台頭を予言しているとか、、
ビルグラハムは、アメリカの相当有名なリバイバル信仰者。
ローマ書の13章の国家とキリスト教の関係とか、、

624 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:02:52 ID:YhbnCUCl
教祖は寝ちまったのか?

>>610は宿題にしておく。

625 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:03:14 ID:nVZcWs/4
>>619
ミトラ教を持ち出せば、いわば、すべての宗教の源。
別に、キリスト教が特別である必要性はないわな〜

逆に、キリスト教批判としては、なんの理由にもならない。


626 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:03:41 ID:JcHsKn03
メビウスの輪から抜け出すには神の力が必要
観念上のメビウスの輪から抜け出すには観念上の神の力が必要というのではないよ

627 :まい:2006/07/29(土) 14:05:52 ID:u4s/2R2Q
>>626
具体的な話大歓迎!!

628 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:06:36 ID:G20YhuJd
>>625
ミトラ教に、キリストという人のエッセンスを加えて作られたのが聖書だね。
キリストの部分を抜き出せば、キリスト教(仏教)に近いものになると思う。

629 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:07:10 ID:kR/kmBOt
ミトラ教の文書って残ってるの?

630 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:08:12 ID:JcHsKn03
相手にならん

631 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:09:14 ID:uNIpnexq
ダニエル書は旧約だ、
進化論を否定する逐語霊感説(聖書は完全に理解でき、明確に定義できると考えるグループ)
イスラエルにキリストが再臨するから、イスラエルを守らねばという思想。。
日本のキリスト教番組では、ハーベストタイム、幕やの無教会の番組などある。
進化論を否定する創造論は、旧約の創世記、
逐語霊感説は、旧約の戦争をも肯定できる。ブッシュの支持者。
この流れは、リバイバル系、ペンテコステ系、イスラエルにキリスト再臨派だ。

632 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:10:10 ID:nVZcWs/4
>>627
なんら、具体性な話が見えてこないんだよね。
折角、ガップリヨツに組んであげようというのに・・・・


633 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:10:43 ID:G20YhuJd
>>629
カトリックの文書を読めば、そのほとんどはミトラ教からの教義。

634 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:11:04 ID:uNIpnexq
どうだい、昆布殿、おもろいでしょう。

635 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:12:37 ID:uNIpnexq
なんとなく、キリスト教の整理ができそうでは?
昆布殿。

636 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:13:14 ID:kR/kmBOt
>>633
ミトラ教の教義を伝える原典みたいなのはあるの?
それがないと比べて「キリスト教はミトラ教かたの教義」とか
いうことを言えないはずだから、存在するはず。

637 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:13:36 ID:nVZcWs/4
>>635
えっ?
どうやって・・・・・・

まるでマヌケサラリーマン集めて、会社の不満聞いてるような感じだぞ。


638 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:16:13 ID:uNIpnexq
おいらの、現在のキリスト教の聖書解釈についてのおいらの説明だよーーん。
昆布殿

639 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:18:51 ID:nVZcWs/4
>>638
いや、私が知りたいのは、批判する対象としてのキリスト教。
教義批判なのか、宗教活動批判なのか、洗脳批判なのか、まるで見えん。


640 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:20:24 ID:nVZcWs/4
そして、こうレスると、全部とのたまう。

ほんと、うざい。


641 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:24:39 ID:uNIpnexq
きっと、批判の対象の要素が、旧約に含まれていると思っている。
イスラエルの王が、特定の民族を皆殺しにするとか、、神の命令で、、
これを完全にとらえると、、
そういう奴らがいたと、
また、旧約にて、神の怒りが下ったから、怒りの相手を殺す。
これらは、十字軍、魔女裁判、異端の火刑など、要素があると、、
現在のアメリカのキリスト教右派も同じ傾向ではないか・と、
イラク戦争は聖書に聖戦だと解釈した奴がいたらしい。

642 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:25:35 ID:G20YhuJd
>>636
おそらくはミトラという人物の話が、
いつのまにかユダヤで崇拝されてきた「キリスト」に
置き換えられて「新約聖書」として上梓されたのでしょう。
ミトラ教のミトラさんは「キリスト」に違いない、との確信から
「キリスト教」に名前が変えられたのです。
ミトラがキリストであることを証しする文献を後から作ったのが「新約聖書」なわけで、
ミトラ教がミトラ教だったときには聖書として本を作る必要はなかったと思います。

643 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:30:50 ID:nVZcWs/4
>>641
神話もそうですが、神は極めて残酷。
それを真似るとまあ、戦争肯定は当然の話。
しかし、それがキリスト教否定?

なんてお気楽ヽ(^。^)ノ


644 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:31:28 ID:kR/kmBOt
教典が残っているわけではないんだね。

>おそらくはミトラという人物の話が、
>いつのまにかユダヤで崇拝されてきた「キリスト」に
>置き換えられて「新約聖書」として上梓されたのでしょう。

どういう根拠からこのように考えたのか、教えて。
あと、「ミトラ教に処女懐胎とかの神話がある」と書いてある本が知りたい。

645 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:32:33 ID:uNIpnexq
イスラエルにキリストが、再臨すると信じるやつらが、イスラエルにユダヤ人の帰国運動をしている。
クリスチャンが、、
ハーベストタイムで、やってた。。
イスラエルにユダヤ人が増えると、、
ま、パレスチナ人の土地を奪うわな。
そうする、そう信じるアメリカ人、イスラエルを支持するのは当然、また、ブッシュ支持者は、
この連中は軍需産業も教会に寄付し、大川隆法なみのパフォーマンス礼拝しているらしい。
レジャーランドもあるらしい。

646 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:33:29 ID:G20YhuJd
日本や中国などで、仏教とミトラ(弥勒)教が融合したのと同じです。
ミトラ教の文献は私は詳しくないですが、仏教の文献ならたくさんあります。

647 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:35:05 ID:uNIpnexq
どうだい、昆布殿、聖書解釈による、キリスト教批判というのは、
整理と参考にならない??

648 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:38:08 ID:kR/kmBOt
「ミトラ教に処女懐胎の神話がある」と書いてある本が知りたい。
クリスマスはミトラス教の祭りだった、くらいのことしか知らないもので。

649 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 14:38:26 ID:V4rKlYwB
>>545
さっそくどーもですノシ
雑談スレですから流れなんて適当ですよw
空気もころころ変わりますw

>>547-548
ちわ。



650 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:38:31 ID:uNIpnexq
ま、逐語霊感説(聖書は完全に理解でき、明確に定義できると考えるグループ)

イスラエルのキリスト再臨を信じる奴らが、世界を動かしていると言えるな。
すべてのクリスチャンではないので、、
キリスト教にて、こういう歴史、傾向が、たびたび、起きたと、、

651 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 14:40:02 ID:V4rKlYwB
ざーーーーっつログったけど。
教祖様が絡んだところは3スレずっと同じで、読むだけの価値が無いんだよな。
同じ事繰り返して洗脳しようって意思もってやってるのかなあ。

652 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:40:42 ID:uNIpnexq
リョンチャン、前のコピペするね。
りょんちゃんへ、
昨日薦めた、臨済録、山田無文著をひさしぶりに読んで、気づいた。
結構、なんでも教傾向が、この人、あるんだな、、、と。
キリスト教、聖書の読み方も、おいらと共通しているのが、驚いた、
馬鹿教祖さんとキリスト教と禅で語ったことが、書いてある。
おいらは天才か???
いや、天災、てん菜????

653 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:42:44 ID:kR/kmBOt
「ソースきぼんぬ」これに尽きる。

654 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:43:24 ID:G20YhuJd
>>648
そう。
12月25日はミトラさん(別名キリストさん)の誕生祭。

655 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 14:43:48 ID:V4rKlYwB
>>652
あははw
大ちゃん転載(コピペ)だねw

臨済録は早めに手に入れてみようと思ってるよ。
昨日の中の3冊程度はすぐにのつもり。


656 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 14:45:02 ID:V4rKlYwB
さて、今日はゆとりが無いのだ。
それではまたノシ

657 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:46:55 ID:uNIpnexq
おもろいぞ、キリスト教、多宗教入り乱れの臨済録、この人、臨済宗妙心寺派のトップだから、
さらにおもろい、なんでも教だから、

あと、キリストが居た、もよんで、感想を、、

658 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:48:24 ID:uNIpnexq
昆布殿、どうよ、感想はいかが、何でもイイから。。

659 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 14:49:00 ID:V4rKlYwB
>>657
まずは一般的によく書かれてるものってか、基礎っぽいものから読んでみるよ。
それから関心があったらにするね。

じゃノシ

660 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:50:29 ID:nVZcWs/4
>>647
キリスト教=聖書なのか、聖書解釈なのか、イエスなのかがよくわからんし、
そもそも、批判対象がキリスト教という名称にしか過ぎないだけ。
今の状態は、反動キリスト教。


661 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:52:15 ID:uNIpnexq
唯識もくわしい、おもろい人だぞ、昭和の臨済宗の代表だけれどもな、
臨済宗のお坊さん、この人の支持者多いぞ。

662 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 14:52:33 ID:nVZcWs/4
中近東の情勢みれば、現実的な緊張感はわかるけど、
それは、歴史的な積み重ね。
いわば、民族的な対立に等しいでしょう。
宗教的要素は表面的なことでしかない。


663 :聖霊大王:2006/07/29(土) 14:55:54 ID:uNIpnexq
たぶん、キリスト教批判は、キリスト教会に(カルトも含めて)狂気を見た人じゃないかな、、
学問的な批判の人もいただろうけども、
権力的な、、異常なキリスト教会を見た人が多いのでは、
多数は日本の葬式仏教みたいに、なんとなくあるというやつでは?

664 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 14:58:58 ID:G20YhuJd
>>660
普通キリスト教といえば、教会で教えているキリスト教だろう。
聖書に書いてあることをそのまま信じて
信者になれば天国に行かせてくれる宗教。聖書に書いてあることが真実で、
聖書の言葉を引用すれば勝ち(正義)ということになる。

665 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:00:08 ID:nVZcWs/4
>>663
>キリスト教会に(カルトも含めて)狂気を見た
それって、なんだろう・・・・
一神教特有の洗脳?
自己否定から全体主義に至るような。

>日本の葬式仏教
私の葬式仏教って、八百万の神の一つとしての神様仏様という感じなんだけど。
ウルトラマンの怪獣シリーズみたいに。


666 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:00:38 ID:uNIpnexq
昔の宗教改革以前のローマ、カトリックそのものの傾向、異端を認めず、処刑、
スペインの失地回復時のイスラム教徒の風当たりは、相当厳しかったらしい。
領主を凌ぐ権力を、その当時のカトリック教会は権力をもっていたらしいし、
皇帝も屈服させた権力があったらしいし、、

667 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:02:15 ID:uNIpnexq
やっぱり、権力だろうな、イスラムは、カトリックほど権力はなかったし、
仏教は僧兵程度の可愛いものだし。

668 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:02:48 ID:nVZcWs/4
>>664
それは、聖書至上主義の福音信仰ってやつ?
イスラム教が天国を信じて、自爆テロするの同じ構図?


669 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:04:30 ID:uNIpnexq
権力、即、厳しい聖書解釈、旧約の勝手な解釈で、上層部の権力をにぎった司教があったりして、、

670 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:06:03 ID:uNIpnexq
668の昆布殿、
やっぱり、権力と旧約の異常な解釈だな、、

671 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:06:16 ID:nVZcWs/4
中世の教会は、いわば、戦前の財閥と一緒でしょ。
明確に、権力闘争であり、派閥争い。
でも、それは宗教というよりは、政治。

そのデマゴーグって、現在の禅宗には著しいと思うけど。

672 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:06:53 ID:uNIpnexq
旧約って、結構、ジハードだからな、、

673 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:09:10 ID:uNIpnexq
禅は、地位を捨てるという逃げ道があるからね、、
乞食がいいとか、檀家要らずという可能性がある、

674 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:12:05 ID:uNIpnexq
一神教と権力の結びつきがさらに悪くし、狂気が生まれた、反面、民主主義が生まれたともいえるな。
ローマカトリックとギリシャ哲学の融合で、民主主義が生まれた。
キリスト教の恩恵と、、

675 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:13:23 ID:nVZcWs/4
帰依というのは、社会構造から逸れるということでしょう。
つまり、ケガレとハレの関係にある。

ニートの子供を持つ親にとっては、帰依のハレの意識と同じではないのか?
と思うことがある。


676 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:15:38 ID:nVZcWs/4
>>674
おお、そういえば、民主主義の分析を忘れてた。
歴史的には、ギリシャが始まり?
ほんとか?


677 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:16:25 ID:uNIpnexq
帰依が禅のおいらには実感が無い、
「仏にあっては、仏を殺し、師に会っては、師を殺し、殺し尽くして安心」
仏像燃やし、お経を燃やし、お経を便所紙にする。
帰依がむづかしい。。
わかりにくい、、

678 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:17:11 ID:uNIpnexq
日蓮、浄土宗系、と天台、真言は帰依というイメージがあるな、、

679 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:18:05 ID:nVZcWs/4
そもそも、
出家と帰依はイコールではないの?


680 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:18:09 ID:uNIpnexq
ギリシャ、アテネ、ソクラテスの時代。

681 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 15:19:22 ID:G20YhuJd
>>668
聖書はそれ自身矛盾しているし、常識的に見てまずい点がたくさんあります。
どこに重点を置くかによって、いろいろなの信仰はあるけれど
聖書は神の言葉であり、聖書に間違いはないと
信じているのは信者の共通認識です。
狂信的であるかどうかの差が、危険な行動につながっていくのです。

682 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:21:52 ID:uNIpnexq
禅は来るものを拒まず、去るものを追わず。
突き放すから、、帰依というのかな、、
勝手に来るなら来い、来なくても良い、というからな、
弟子にして、教えてといった奴を叩き出した、ぶん殴るが当たり前だから、
帰依といえるかな、、
マゾといえるかもしれないが、、

683 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:22:08 ID:nVZcWs/4
>>680
確か、それって、いわゆるアメリカの陪審員制度みたいなものだったと思う。
民意の反映というものではないと思うが、まあ、今とかわらんと言えばいえなくもない。


684 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:23:40 ID:uNIpnexq
師匠はおいらの家の浄土宗の仏壇を禅にしろなんて言わないからな、
そこが、キリスト教徒との違いかも、、

685 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:25:07 ID:nVZcWs/4
>>682
臨済は、仏教からみれば特殊なんじゃないの?
いわゆる、現在の葬式仏教から見れば、かなり、異端。

それと、禅というのは、労働しながら可能なもの?


686 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:31:53 ID:uNIpnexq
確か、唐の時代、空海死後ぐらいか、唐の皇帝が、寄生虫化した、仏教の寺を焼き払ったらしい。
禅が生き残った。皇帝の寄生虫でなく、自給自足の生活をしてたせいらしい。
真言、天台は寄生してたから、勢力は無くなったらしい。
道元も幕府の領地をもらうのを拒んだらしい。
臨済宗は、幕府に取り入ったから、甘い汁はすすったらしい。
それを嫌った、一休さんがいるけどね、
妙心寺の開山の人は天皇に仕えるのがいやで、乞食していた。
無理やり仕えさせられたらしい。

687 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:34:56 ID:nVZcWs/4
私の疑問は、その自給自足。
それは、仏教の思想なのか?


688 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:38:08 ID:uNIpnexq
元来、禅は自給自足の文化がある。あとは、托鉢、これは、仏教の伝統。
飯を作る奴は修行が進んだ奴の仕事らしい。
南方仏教からしたら、異端だな。

689 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 15:39:29 ID:cmTjgWtZ
>>680
>ギリシャ、アテネ、ソクラテスの時代。

奴隷制を認めた国の、どこが民主主義?キリスト教も、奴隷制を認めている。




690 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 15:40:44 ID:PlbQTYA1
仏さまの臨在を信じる、という点で
臨在はキリシタンの影響が強いな。

691 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:41:05 ID:uNIpnexq
むろん、現在は葬式仏教化した奴が多いが、
現在、禅でも曹洞宗系では、乞食生活、托鉢生活オンリーと言う人達もいるな、
沢木興道の弟子が、、、

692 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:41:22 ID:nVZcWs/4
坊主になるというのは、俗世間から、隔絶することを意味するのではない?

ということは、自給自足というのは、
俗世間を捨ててないことを意味しない?


693 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:43:22 ID:uNIpnexq
690、意味不明。
臨済宗の臨済は、個人名、仏の臨在など信じない、外部に仏を認めない、
外部の救いを認めない。
690わけわからん。

694 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:46:15 ID:uNIpnexq
臨済宗禅は結局、俗世間を捨てても、それを否定する。
すなわち、俗世間を肯定することができる。
なんせ、固定化しない思想だからな、、
固定化したら滅ぶと教えられる教派だから、底がしれない。

695 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:47:42 ID:nVZcWs/4
>>694
ということは、臨済宗は、仏教を否定する?

臨済宗が否定する対象は何?


696 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:48:20 ID:uNIpnexq
意味不明な人が多いな、禅の人は、、
エロも肯定する奴もいるし、、
一休さんもそのうち、
なんせ、得体が知れない、、

697 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:50:22 ID:uNIpnexq
仏教を否定するな、同時に肯定する。
結局、空、ありのままの性質さえあればいいと言い切るからな。
イスラム神秘主義も宗教を否定すると言う、、

698 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:51:15 ID:uNIpnexq
臨済宗の否定するもの、自由自在の自己を阻害するものだろうな、、

699 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:53:05 ID:nVZcWs/4
>仏教を否定するな、同時に肯定する。

それは、言葉から離れるという意味でしょう。
仏教において、仏教から離れる。
それが、自由の境地に至るという。

現実的にありえないでしょう。
現実がそれを証明している。



700 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:53:52 ID:uNIpnexq
自己、固定化破壊のアナーキズムだな、坐禅の静寂の気持ち良さから、アナーキへ、
だから、楽しい。

701 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 15:58:25 ID:nVZcWs/4
>アナーキズム
それは、アンチとしての組織・秩序という意味?
ますます、理想主義・空想主義だ。

まあ、別に無矛盾性を問題にしたいわけでもないけどね。

しかし、アンチキリスト教思想はどうしたんだ?
とりあえず、小休止だね。

ありがとう聖霊大王さんヽ(^。^)ノ


702 :聖霊大王:2006/07/29(土) 15:59:44 ID:uNIpnexq
699の内容、禅の瞑想では可能なの、
お釈迦様、大乗の竜樹もそれを示している。
ちなみに、おいらは、坐禅で首から下の感覚を消失したことがある。
坐禅時、脳の活動が低下し、視覚が、変容する、目の前が、緑と赤の二色の視覚になるな。
大脳生理学的に、脳派を探ると、アルファ―派状態で、普通の人と違う脳波が出るとッ証明されている。
人間、寝ているときは知覚無きときもあるからね、、

703 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:00:32 ID:JcHsKn03
ある人は自分の言葉とはうらはらに
言葉を追ってくるだけだね

704 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:01:32 ID:uNIpnexq
昆布殿、おいらはアンチキリストじゃないぜ、

705 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:02:41 ID:uNIpnexq
アンチキリストじゃない証。

555 :聖霊大王 :2006/07/29(土) 12:25:51 ID:uNIpnexq
フーテンさん寄りのお話。

お題、、キリストが、、いた、、

3年前、冷やかしで、たぶん居るだろうとと思って、キリスト教会へ、行く、
日本キリスト教団長老派系の教会。
教会に入る。霊気が、、、牧師と話す、おいら、「おられますね、、」
教会を出る。近くの浜を散歩、、
愛に満ち溢れた気分に、キリストの存在を感じる。
クールなおいらは、
冷ややかに、「キリストさんはこんなに愛が深いのに、
信者は、よくも、殺し合いをしているね、、、」
と、おいらが思うと。
おいらは何も悲しくなく、冷ややかなのに、
猛烈に涙があふれてくる、、
んんんん、優しい奴なのだな、、、
キリストは、
信じないけどモ、大好きになってしまった、、
ま、おいらは、禅の静寂美の世界が好きなので、クリスチャンにはならないが

706 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 16:02:58 ID:nVZcWs/4
>アンチキリストじゃないぜ、

もちろんわかってるよ。


707 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 16:03:44 ID:nVZcWs/4
聖霊大王は、アンチ仏教かな?


708 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:04:14 ID:pAE7vzkK
>>698
まず自己を否定しないと、自由な自己は顕われてこんよw
最初から「自由だ!」なんて浮かれてたら、行き着く先は傲慢なワガママでしかない。
現在、多くの室内が無字から始められ、
道場が、いまだに前時代的な体育会系(或いは軍隊形式)である意味は
そこにある。

(ま、逆に、軍も刑務所も僧堂をモデルにした、なんて説もあるらしいがw)

709 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:04:35 ID:JcHsKn03
日本の神でもそれと似たような経験あるよ

710 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:04:58 ID:uNIpnexq
557 :聖霊大王 :2006/07/29(土) 12:32:32 ID:uNIpnexq
お題、キリストが、いた、、カトリックバージョン。

初めて、ミサに行く。
家に帰ると、脱魂しそうになる、(気を失いそうになる)
おいらは、禅だから正気至上主義者だから、嫌がる。
脱魂はしなかったが、、
自分の部屋の蛍光灯の光が下のほうへ散らばり広がっていく。。
おおおおおおお、ビビル。。イエズス会の世界か???

なお、おいらは、どこまで、いっても静寂美禅、現実主義なので、悪しからず。
信じないが、居るのだ、キリストは。。


711 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:05:29 ID:JcHsKn03
もう現代人にはわかりえない古代の感覚

712 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:08:16 ID:uNIpnexq
昆布殿、このウルトラな、世界は、クリスチャン、喜ぶ内容でしょ、
原理主義傾向の奴には責めまくられる。

713 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:11:45 ID:uNIpnexq
709さん、日本の神も結構楽しんでいる。。

禅の価値観と融合するのが自分でも解らん。
山田無文老師は、融合してたりしてるが、説明が、、

714 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:14:31 ID:cmTjgWtZ
>>704
>おいらはアンチキリストじゃないぜ、

聖霊大王は、禅で何でも否定できるというのに、イエスだけは否定できない
ようだな。仏は殺せても、イエスはどうしても殺せない訳か。

それでは、単なるイエスの盲信者、イエス禅者で、仏教の禅者ではないこと
が明らか。

君の禅で、まずイエスを殺すべきだろう。イエスこそ、自然を離れた「観念
の塊」ではないのか。




715 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:16:22 ID:pAE7vzkK
>>714
殺す必要はないw
禅の中では、イエスは隣の田中さんでしかないのだから・・・(爆

716 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:16:35 ID:uNIpnexq
708さん、優秀なので、714の馬鹿やっつけて、

717 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:17:25 ID:uNIpnexq
ありがとーー715さん、見込んだお人。素敵ーー

718 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:18:15 ID:uNIpnexq
714は、山田無文老師は知らずして、おいらに空威張り、

719 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 16:18:39 ID:nVZcWs/4
>>714
>イエスを殺す

とは、どういうことだよ。
君がイエスを殺してるのを見たことはないが?
馬鹿にされてるのならなんども見てるが。

誹謗中傷が殺すというわけではないだろう。


720 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:21:04 ID:cmTjgWtZ
>>715
>殺す必要はないw
>禅の中では、イエスは隣の田中さんでしかないのだから・・・(爆

では何故「仏にあったら仏を殺す」のかねw。
「隣の田中さん」も殺せないのかw。




721 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:21:17 ID:uNIpnexq
714は、山田無文老師より、禅ができると大思いだ。
715さんご感想を。

722 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:23:35 ID:pAE7vzkK
>>720
仏が道をふさいでて邪魔だからだよw

723 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:28:07 ID:uNIpnexq
720は、自分が絶対らしい、こいつは、自分が大事で、他人に言いやい奴なのさ。

724 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:31:15 ID:cmTjgWtZ
>>719
>>イエスを殺す
>とは、どういうことだよ。

「殺す」とは、批判・否定すること。誹謗中傷と批判との区別もわから
ないのか。誹謗中傷は、相手に対する愛着と未練の裏返しに過ぎない。

725 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:32:06 ID:uNIpnexq
相手をかえる、自己愛野朗。がははは。

726 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:33:09 ID:uNIpnexq
722さんも馬鹿につける薬なしと、あんぐりです。

727 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:34:59 ID:uNIpnexq
自己愛馬鹿をなんとかするには?722さん。

728 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:36:50 ID:cmTjgWtZ
>>723
まあ、お前が、イエスだけはどうしても否定できないことがよく判ったよ。
禅者を詐称する、盲信クリスチャンに過ぎない。自分を偽って、人を騙す
ことだけは止めなさい。

729 :聖霊大王:2006/07/29(土) 16:37:26 ID:uNIpnexq
さ、落ちるべ、、724、教祖様、今後もがんばって、自己愛に突き進んでね。
さらば、、

730 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:38:38 ID:rgF9tP4S
イエスを殺してイエスの上にのし上がったのが「キリスト教」

731 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:54:04 ID:rgF9tP4S

キリスト教の三位一体の教義は、ミトラ教。
ズルワーン・ミトラ・ソフィアの三位一体から

732 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 16:57:07 ID:cmTjgWtZ
>>729

まあ、昆布氏とは違って、お前の嘘はバレバレだから、可愛げはあるけどねw。
すべて、教祖様が初めから見通したとおりではないか。

しっかり座禅やって、まず「観念の塊」の最たるものであるイエスから抜いて
くれ。

733 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:20:15 ID:nVZcWs/4
>>724
>「殺す」とは、批判・否定すること。

そんなことを問題にしてないでしょ。
キリスト教の何を問題にして、批判し、否定してるんだ?

一神教か?
教義批判か?
・・・・・・・・
瑣末批判は飽きたぞ。



734 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 17:20:21 ID:WVs3LZG4
>>729
「自己愛」と言えば、ひたすら「自分の救い」「自分の幸福」「自分の満足」
「自分の解脱」を求める、君ら宗教者がその典型。他者のために祈っている
と思って、実は「自分の満足」のため。「他者へのまなざし」が欠けているの
が、キリスト教の最大の問題点。

735 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:23:09 ID:nVZcWs/4
対象が明確でないのに、
批判などという、大人の言葉は使わないほうがいいぞ。

お前のカーちゃんでべその方がまだ論理的だ。



736 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 17:26:53 ID:WVs3LZG4
>>733
>キリスト教の何を問題にして、批判し、否定してるんだ?

イエスの教えを信じ込まされた信者たちが、史上そして現在も、最も
多くの人間を、最も残虐な方法で殺してきたという「事実」が、批判の
直接の対象。

この「事実」の究極の原因は、イエスが「愛」を「唱えた」ことである。
あとは自分で考えてみてくれ。



737 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:28:02 ID:nVZcWs/4
>>734
神への愛と隣人愛が嘘っぱちで批判したのは、
ルターがその教会批判を展開して、ルネッサンスしたんだろう。
でもって、プロテスタントが現在の姿になってるわけだ。

そして、この釣り針に引っかかるから、まあ、楽しみは尽きない。


738 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 17:31:50 ID:V4rKlYwB
あっちぃ(++)

739 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:32:05 ID:nVZcWs/4
>>736
>イエスの教えを信じ込まされた信者たちが、史上そして現在も、最も
>多くの人間を、最も残虐な方法で殺してきたという「事実」が、批判の
>直接の対象。

ムハンマドを信じた人間の残虐な殺戮方法は問題ならないのか?
インディアンや天皇教はどうなるんだ?
儒教も凄いぞ。

君は、残虐な殺戮方法を根拠にキリスト教批判を展開するのか?
そして、その残虐さの根底に「愛」の概念があると?

それは、自分の頭で考えるような説ではないな、説明不足だ。





740 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/29(土) 17:38:05 ID:rCG+Qtcs
スゲー不協和音w
>>620
旧約を読まないキリスト教は糞ですけどね…

741 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:38:32 ID:nVZcWs/4
そもそも、キリスト教はマゾだろう。
よろこんで、残虐な拷問にかけられて歓喜な法悦で死ぬのが、キリスト教だ。
君は、やっぱり、クリスチャンだろう。
残酷に殺されたいから、そうされない現在のキリスト教に満足できないんじゃないのか?

ニーチェ的な解釈では、充分満足がいく解答だろう。


742 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:42:48 ID:nVZcWs/4
>>740
音響好き?

って、りょん様の真似してみるヽ(^。^)ノ


743 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 17:43:54 ID:V4rKlYwB
ログった。。。
教祖ちゃんが小細工使い始めてるじゃんw

744 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 17:45:14 ID:V4rKlYwB
あ、フーテンさんノシ

745 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 17:45:56 ID:V4rKlYwB
音響さん、ブラックホールさん説。

746 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:48:47 ID:nVZcWs/4
聖霊大王さんはどこまで、マジなのかわからんけど、
かなり、すごい仏教キリスト教解釈してるから、
ほんとに、よう、わからんヽ(^。^)ノ

実際に教祖様と対立してるような気がしない。

そもそも、教祖様はへそまがりといういう以外に、
宗教に関しては一途だろう。

747 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 17:50:13 ID:V4rKlYwB
>>732
可愛げなんて、自分で言う分にはきもくないのねw
自分で教祖様と言ってる理由は?w
ひょっとしてごまかし?w

さて、教祖様が俺やこんぶ殿をカルトと感じてる理由はなんでしょう。
だってさ、俺もこんぶ殿も熱烈な教祖様信者だYO?w
答えられるか教祖様。

748 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 17:52:25 ID:WVs3LZG4
>>737
イエスの弟子たちやパウロ、ルター、カルバンも、多くの一般信者も、イエス
の狂気(自然を離れた観念性、「愛」を「思考」し「語った」こと)の感染に
よる「犠牲者」であると看做す。

ユダヤ教はキリスト教の母体であり、イスラームはいわばその改良型だが、
キリスト教の「罪」と「悪」が最大。その元凶がイエスの思想なのである。

749 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:54:36 ID:nVZcWs/4
>>748
先程から、ずっと疑問なのがも、その「イエスの狂気」。

それは、マゾの歴史か?
ぶってぶってという脅迫。

ブッタの駄洒落ではないぞ、念のためヽ(^。^)ノ


750 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 17:55:45 ID:nVZcWs/4
訂正
なのがも⇒なのが


なんで、「も」がはいったんだ?
駄洒落のせいか?


751 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 17:58:57 ID:WVs3LZG4
>>449
イエスの狂気に感染した者は、その狂気がわからなくなるのが、キリス
ト教の問題なのである。高度の精神病者には、病識がない。

752 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:00:27 ID:V4rKlYwB
ちっ、またスルーか。

753 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:01:24 ID:nVZcWs/4
>>751
だから、歴史的な事実として、イエスの狂気といえるものは何?

「愛」の概念のどこにイエスの特殊性があるのか?

無償の愛とマゾとはちがうのか?


754 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:04:55 ID:nVZcWs/4
>>752
教祖様はクリスチャン。
自分の宗教にないものは、回答する必要がない。
まさにキリスト教的世界観。


755 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:14:17 ID:nVZcWs/4

具体性を問うと、レスとまる。

ずっと、この繰り返し。


756 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:17:42 ID:V4rKlYwB
>>755
スレが進むとのうのうと出てくるけどw

757 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:18:24 ID:nVZcWs/4
自分が敬虔なクリスチャンであることを知られたくないために、

他人をクリスチャン呼ばわりして、自分の信仰心を確認する。

バレバレなので、都合悪い話は無視。


758 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:20:08 ID:V4rKlYwB
まあ、教祖様の観念を支配してるのはキリストで間違いないでしょうけどね。


759 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:20:24 ID:nVZcWs/4
ウエーバーの自己矛盾の解答にも無関心。

もし、キリスト教を批判するなら、少しはまともなコメントぐらいできるだろう。


760 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:21:15 ID:pAE7vzkK
およそa「創唱宗教」なるものはb「開祖」のc「精神病理」から発している。

今現在は、「 」の中が
aキリスト教 bイエス c自己中心的ベクトル(→キ教的愛?)
ということ。

重要なのは、彼に視野の広さ・多様性が足りないこと。
aに関しては、「(創唱)宗教」として俎上に上げる際の基準が曖昧。
cに関しては、「精神病理→負の要素」が、
bの、全てであるのか一部であるのか、或いは本質であるのか周縁であるのか、
そして、少しでも負の要素が含まれていたら、それは全体として否定されるべきなのか。
そのように一刀両断されてこぼれ落ちた部分に、重要な部分があったりしないか。
また、たとえ病理であったとしても、それが、
(正のベクトル負のベクトル問わず)社会に対して、
どのように機能してきたか・どのような影響を与えてきたか。

今語られているような事柄も、一面に過ぎないのではないか?
全てのデータを総合して功罪のバランスを見、負の部分の修正・変更が可能かどうかを試考し、
その上で、やはり否定されるべき、と結論されるならまだわかる。

しかし、もう一つ問題がある。
その否定の方法とは如何なるものか?
批判的声明を出すこと?裁判等でレッテルを貼ること?
宗教的なるもののこの世からの消滅?
(→具体的にどのような状態が消滅したと言えるのか?という問題が浮上するがw)

761 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:21:32 ID:V4rKlYwB
>>759
そのくせして、お前はなんで○○似関心をしめさないのだあ!
それがカルトの証じゃ、ゴルァ!
ってくるけどね。

762 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:23:13 ID:V4rKlYwB
そもそもねえ、いくらお偉い教祖とはいえ、人に物頼む態度じゃないのよw


763 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:24:06 ID:nVZcWs/4
ところで、キリスト教って、
批判して、否定するほどに、そんなに、重要テーマになるだろうか?

まあ、西洋文化の研究では必須になるだろうけど。
思想哲学では、すくなくとも、ギリシア神話ほどではないでしょう。
違うかなぁ〜


764 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:25:00 ID:WVs3LZG4
>>753
>だから、歴史的な事実として、イエスの狂気といえるものは何?

イエスのことを「直接によく知る」その家族や郷里の人々は、イエスを基地外
扱いにしたことが、聖書にもちゃんと書いてあるでしょ。

>愛」の概念のどこにイエスの特殊性があるのか?

例えば、旧約にも愛の概念はあるが、それはあくまで共同体維持のための行為
規制。イエスは、対象を弱者に限り、その弱みに付け込んで精神の内部にまで
入り込み、精神そのものを侵した。

イエスの中心教義は、「(自分が)人に して欲しいことを、人にもしなさい」。
「人にもしなさい」という肯定形は、自分の願望(イエス信仰)とエゴの、
他人への押しつけ。これは「愛」ではない。他の殆どの宗教では、「人にしては
ならない」という否定形である。キリスト教でも、このイエスの教えの誤りに
気付いたらしく、福音書の後では、否定形にしている。

>無償の愛とマゾとはちがうのか?

マゾはやったことがないのでよく判らない。「無償の愛」などと言いながら、
キリスト教は、常に「自分の救い」「自分の満足」という代償を期待している
ではないか。これは「無償」ではない。

765 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:25:03 ID:V4rKlYwB
>>760
予言します。

教祖様はそのレスはスルーするか、
どうでもいい1文程度にレス返すかしかしないでせう。。。あーめん。

766 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:25:42 ID:V4rKlYwB
お。教祖様。
活動再開。

767 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:29:21 ID:kShIxzl0
スレがグングンのびてるお

768 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:29:54 ID:V4rKlYwB
なんか教祖様が教祖様に見えなくなって来ちゃったな。
今度は何に見えてくるのだろうか。。。

769 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 18:31:27 ID:V4rKlYwB
>>767
それもすべて偉大なる教祖様のお陰なのです。


つか、落ちノシ

770 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:31:41 ID:nVZcWs/4
>>764
>イエスの中心教義は、「(自分が)人に して欲しいことを、人にもしなさい」。

私は、別にアゲ足とるつもりはないが、
私が君をクリスチャンだと認識することはそこにあるよ。
君はまさに、アンチのキリスト教を押し付けてるし、その押し付けは、キリスト教の中心教義になる。

>キリスト教でも、このイエスの教えの誤りに
>気付いたらしく、福音書の後では、否定形にしている。

ということは、キリスト教は、すでにその中心教義を放棄してるということになる。
これは、君の論の展開として、自己矛盾になって、批判根拠を失う。

771 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:32:00 ID:kShIxzl0
神学者

772 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:35:18 ID:WVs3LZG4
>>760
>重要なのは、彼に視野の広さ・多様性が足りないこと。

その「視野の広さ」と「多様性」の基準点(reference point)は何?キリスト教
を全面否定しているのだから、キリスト教的なものを基準点にする訳がない
だろう。私の「基準点」は、すでに十分に論証したはず。あなたの従来の、
ステレオタイプなキリスト教的基準点を離れない限り、理解はできない。

773 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:36:53 ID:8sTvOeXq

【カルト宗教でどれ程の人が苦しみ悩み、尊い命を亡くし、人生を狂わされたか・・】@

オウムの優秀な信者を見ても分かるでしょう。
サリンを作った土谷さんだっけ?、本当にしっかりした純粋で真面目で優秀な人材だったw。
林さん?Dr.も又、同じ・・・・最年少で弁護士資格をとった青山さんもしかり。

皆、日本の優秀な人材。本当に惜しい。可哀想で涙がでる〜wwwww・・・。(―_―)!!

彼らは、(おそらく何かおかしいな?)とうすうす気がついていたと思う。 ☆☆☆

しかし、卑劣なカルトの洗脳と脅し、教学、集団催眠、解脱すれば素晴らしい世界、超人に
なれるを信じ・・・・巧妙卑劣な(悪魔の妄想)のテクの呪縛から抜け出せなかった。
(現実)から逃避し架空の世界に住んだ。耳に教祖の説法、音楽、洗脳テープを流し続け・・・
教団の人達以外とは関わらなかった。ここのキリスト教(カルトスレ)と一緒で〜スw。  (^^;  

それぞれの家族の心には、既に目がいかなかった。家族は家に軟禁までして戦っていた。
大切に育てた可愛い息子、娘をとんでもないことだ!!人権蹂躙も甚だしい。

カルト宗教は絶対に(野放し)にしてはいけませ〜んw。
奴らの方が悪賢くずる賢く、人間の心理を把握し(悪魔の洗脳)で導き人を狂わすのデスw。
  
                                 \(´・ω・`)/


774 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:39:06 ID:kShIxzl0
がんばれ神学者。

775 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:39:53 ID:pAE7vzkK
>>773
その野放しにしない方法とは如何なるものか?
批判的声明を出すこと?裁判等でレッテルを貼ること?
法整備で厳しく監視すること?解散?この世からの消滅?
(→具体的にどのような状態が解散した・消滅したと言えるのか?
という問題が浮上するがw)


776 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:42:16 ID:8sTvOeXq

【カルト宗教でどれ程の人が苦しみ悩み、尊い命を亡くし、人生を狂わされたか・・】A

オウム信者は自ら(狂気の集団)と呼んでいた。
狂気にありもしない(神)とか(奇跡)を信じ行動すると → テロや宗教戦争に発展する

オウムもキリスト教を挙げ、麻原は自ら(キリスト)と名乗っていた。
宗教が精神の向上を考える人の足を引っ張っているのは、明白な事実!
罪のない信者が死刑なんて・・・・バカ麻原の罪は(大罪)!(大罪)!

なんの釈明もせずに無責任に逃げている。これが実態だ。
現在も目の前に同時進行で、オウムも中東紛争もテロも残酷にも繰り返されている。
宗教が昔から現在まで(大罪)を犯し続けているのは確かなこと。
決して野放しにしてはならない。

悪質な振込み詐欺に善良な人々が騙されて金をまきあげらるのとも似てるかもw。(―_―)!!

みなさ〜ん!!  しっかりと目を覚ましましょう!!


これ以上、可哀想な被害者をださないために。
優秀な人材を亡くさないために。         \(´・ω・`)/


777 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:45:59 ID:nVZcWs/4
>>776
君と同じことをいって、宗教は殺しあってるんだ。

という事実をわかってるから、

君に誰も賛同しないんだよ(^O^)/


778 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 18:52:47 ID:WVs3LZG4
>>770
>ということは、キリスト教は、すでにその中心教義を放棄してると
>いうことになる。
>これは、君の論の展開として、自己矛盾になって、批判根拠を失う。

後になって申し訳程度に記載を変えただけで、中心教義の変更などなく、
現にクリスチャンはその教義を実行しているではないか。

辻褄併せと自己正当化のために、聖書の記載やその訳文を変えることは、
キリスト教の常套手段。現に、その中心教義の訳文でも、「自分がして
欲しいこと」という言葉はたくみに省略している。ちなみに、英訳では、
「Do for others what you want them to do for you.」なっている。
和訳では、何故このような小細工をしたのか。






779 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 18:54:31 ID:nVZcWs/4
>>764
>イエスは、対象を弱者に限り、その弱みに付け込んで精神の内部にまで
入り込み、精神そのものを侵した。

イエスの愛の特殊性が、弱者の弱みに付け込んだということ?

君の解釈が特殊じゃないの?

780 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 19:00:09 ID:nVZcWs/4
>>778
押し付けは集団のルールであれば当然のことだろう。
スポーツがそうであるように、秩序を維持していくためには、当然のこと。
そのルールの押し付けが、なぜ悪い?
君が問題とするおしつけは、批判の根拠としては薄いだろう。
それは、君が、福音で修正していると、自ら言ってる点でも明らかだろう。

それに、その中心教義が残酷な殺人の基盤を担って、
キリスト教批判するには無理があるでしょう。

また、今のところの愛の説明も、同じ。


781 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 19:01:38 ID:yjq4nggt
キリスト教的には、恐竜ってどういう解釈なの?
何億年も前の事って聖書に載ってるの?

782 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 19:05:52 ID:nVZcWs/4
>>781
恐竜は恐竜だろう・・・・・って、誰に質問してるんだ?

少なくとも、ここでのクリスチャンは教祖様だけだぞ。
おまけに、本人は否定してるし。

おれも、聞きたいのはあるぞ。
アバラから生まれた女性の遺伝子が、アバラの所有者より多いのはなぜ?とか。


783 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 19:06:14 ID:WVs3LZG4
>>776

麻原自身も、実は「宗教」の痛ましい犠牲者なのだよ。結局は、宗教そのものの
「誤り」と「病理」に行き着く。

桜井という宗教学者は、その近著で、カルトと他の宗教とを截然と区別し、
オウム信者と地域住民との争いを、「感情的なもの」に矮小化し、宗教を
「カルト」から分離・擁護しようとしている。しかし、カルトも他の宗教も、
「原理的」には何の相違もない。

処刑されるべきは、「宗教そのものは善である」という全く誤った前提に縛ら
れ、宗教の「病理」の追究、分析、解明、指摘、批判を全く怠ってきた宗教学
者たちである。

784 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 19:11:08 ID:nVZcWs/4
>>783
宗教そのものから、宗教学者への批判?

それは、自分の自己矛盾の矛先を変えるということか?

キリスト教から宗教批判に君が変化してる理由は?


785 ::2006/07/29(土) 20:03:13 ID:B+4IY5Ow
宗教ってただの人間の欲望の投影だろう。
だから批判なんて無意味

786 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 20:09:34 ID:fJGp9EjL


【カルト宗教でどれ程の人が苦しみ悩み、尊い命を亡くし、人生を狂わされたか・・】B

カルト宗教は、            ↓
*(永遠の命)、素晴らしい苦の無い天国、慈愛慈悲、キリストやグルに依存すること
から得られる心の平安、喜び、幸せ、錯覚、暗示
*良い行いや向上心を利用し、苦からの解放(解脱)、超人になる
* 入信していないと地獄に落ちるという幼稚な脅しテク。
* 自分達だけはイエスがず〜っと一緒に歩み守ってくれるという妄想と選民意識
  に安心と自己陶酔する究極の勝手な(自己愛)
* 死後の世界への誘惑と安心感

等を(餌)に役に立ちそうな将来、優秀な人材を特に狙う。

しかし、実態は追い詰められれば絶対に皆が一緒に幸せにとはならない排他の宗教で〜すw。

信徒に罪はありません。オウムの信徒もゴキブリ一匹殺さない人達。
殺すな、嘘をつくな、邪淫をするな・・・・・等の戒があったから忠実に守ったのです〜。
しかし、一部の幹部が (真理の教団) を守るために殺人犯だったのでスw。

キリスト教は強大な力がある故に、今のところ牙をむくことは少ないけど歴史を見てくださ〜い。(^O^)/
                                                      
   (教会は最大の犯罪組織)・・・・・・・・  http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm  
                                                      (^O^)/  


787 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:12:40 ID:V4rKlYwB
>アバラから生まれた女性の遺伝子が、アバラの所有者より多いのはなぜ?とか。

ワラタw

788 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:14:46 ID:V4rKlYwB
人としてのバランスを保ってればいいんだよ。
宗教者も非宗教者も。
教祖様が丁度、いい反面教師じゃん。

789 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:16:15 ID:V4rKlYwB
つーか、素人さん。
俺の予言当たってでしょ?w

790 ::2006/07/29(土) 20:17:00 ID:B+4IY5Ow
バランスが大切って宗教観か。

791 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:18:26 ID:V4rKlYwB
教祖様お導きください。
>キリスト教
>を全面否定しているのだから、キリスト教的なものを基準点にする訳がない
>だろう。

全面否定するだけの理由がどうしても見出せないで悩んでおります。
どうか道をお示しください、教祖様。

792 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:19:09 ID:V4rKlYwB
>>790
主義。
行き過ぎれば宗教?

793 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 20:21:16 ID:fJGp9EjL


【 地球のみんなに(笑顔)を 】   ☆☆☆☆☆♪ 〜 

悲惨な中東紛争や弱者(女、子供)を痛めつけ、地球を破壊する戦争を撲滅しましょう!!
勇気を持って手をつなぎ、宗教戦争をストップ・終焉させましょう!!                                      


*宗教とは、そんなに甘いものではありません。
*「宗教は善である」などという過去の前提は、全くの誤り。 ヽ(´∇`)ノ


(宗教の恐ろしさと病理)について、社会がもっと正確に認識することが、急務です!! 
    http://www.hpo.net/users/hhhptdai/kyoukaihanzai.htm
      
                              ☆☆☆☆☆♪ 〜 



794 ::2006/07/29(土) 20:21:53 ID:B+4IY5Ow
自分の欲望に宗教だ主義だ思想だ科学だとはりつけてるだけじゃん。

795 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:22:36 ID:V4rKlYwB
>>793
そのリンクは踏まないけど、まさか教祖様のサイトの宣伝ではないよね?w

796 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:23:22 ID:V4rKlYwB
>>794
まあね。
その貼り付けを語る場ともいえるからね。

797 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/29(土) 20:28:11 ID:rCG+Qtcs
いつからクリスチャンは教祖様一人になったの?

798 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 20:29:24 ID:V4rKlYwB
教祖様の言うクリスチャンは教祖様だけだからw
フーテンさんはクリスチャンではないのだw

799 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 20:49:38 ID:pSfLKpyi
オウムには、統一や層化がからんでいる。
と言う事は、CIAや北チョン等の政府機関が背後に居ると言う事だ。
カルトはこう言った工作機関の格好の隠れみのに成っていると言うことだな。
この辺の事情が解らずにあの事件を論ずると
本質を見誤るぞ。

800 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 20:51:54 ID:rXjNJ624
>>782
アバラの所有者の細胞2個から作った。


801 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 20:54:59 ID:WVs3LZG4
弱者の弱みに付け込むイエスの卑劣さ、浅薄さ、偽善性、妄想性、人間性の
洞察と「愛」の欠如は、「山上の説教」(マタイ5:1ー5:10)に如実
に現れている。

例えば、イエスの言葉:
「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。」

では「心の豊かな人」は幸いではないのか。こうしてまず「人間差別」を植え
つける。

貧しい人は、生存のための金や物資がないために苦しんでいるのに、「心」の
問題にすり替え、心の中に入り込む。これにより、生物としての生存本能が
破壊され、現実からの遊離という狂気が発生する。「天の国」などという非
現実を持ち出し、それへの誘いという甘言により、信者を有頂天にさせ、その
現実からの遊離をさらに強める。

これはまさに現代のカルト宗教によるマインドコントロールの手口と全く同じ。

旧約の十戒は、同じ説教でも、山上の説教とは全く異なる骨太の教え。人間と
して必要なことが、すべて網羅されている。「私は妬む神。私以外の神を信じ
れば孫子の代まで祟ってやる」といういのは、一言多かったが、誠に人間的で
よろしい。

最近の聖書の和訳では、「妬む神」を「熱情の神」と改訳している。例によって
「妬む」という言葉が都合が悪いので、故意に改竄したものだが、「熱情の神」
では、意味が全く不明だし、「妬む神」のもつ豊かな人間味が失われてしまって
いる。

802 ::2006/07/29(土) 20:58:41 ID:B+4IY5Ow
あーくだらん。いろいろなレベルで。

803 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 21:00:30 ID:WaQHflVM
糞宗教どもを詐欺で捕まえまくる方法はないものだろうか?

804 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 21:33:45 ID:HpZC6y0v
>>794

前スレで宗教者さんが全て説明済みなのに、頭が悪いので理解できない君達。
カワイソウネ〜〜〜〜。それが洗脳の実態。
不毛のレス、時間の無駄だから貼り付けで充分よ〜n。ウフフ・・・ (*^_^*)


805 ::2006/07/29(土) 21:36:40 ID:B+4IY5Ow
>>804
なんだ、お前が内容の無い勝利宣言しかできないレベルだということまで理解した。次は?

806 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 21:37:13 ID:YhbnCUCl
>>804
洗脳に頭の良い悪いは関係ないよ

807 ::2006/07/29(土) 21:46:52 ID:B+4IY5Ow
あら、ナイスな突っ込み。
洗脳の実態=頭が悪くて理解できない
という低レベルな思い込み。それが「洗脳」なんだね

808 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:07:23 ID:eQwyYv6X
>>806
ごめんなさ〜い。そのとうり。洗脳されて分からないんだった〜  m(__)m 

>>801
>>貧しい人は、生存のための金や物資がないために苦しんでいるのに、「心」の
問題にすり替え、心の中に入り込む。これにより、生物としての生存本能が
破壊され、現実からの遊離という狂気が発生する。「天の国」などという非
現実を持ち出し、それへの誘いという甘言により、信者を有頂天にさせ、その
現実からの遊離をさらに強める。
>>これはまさに現代のカルト宗教によるマインドコントロールの手口と全く同じ。

イスラム教の自爆テロも同じ?。聖戦で死ねば天国で楽しく極楽に生きれると信じて?。
日本の特攻隊も (天皇=神) でお国のためにって自爆したんでしょう?
人間の頭の中はどうなってんだろう?洗脳に弱いなぁ〜。


809 :フーテン ◆VgMzjNNeFk :2006/07/29(土) 22:14:16 ID:rCG+Qtcs
>>801
最後の3行については全く同意。
「心の貧しい人」は原文通りだと「鼻息の弱い人」になりますが、
そんなに聖書がお好きなら聖書の翻訳スレにでも行かれたらどうですか?

810 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:25:51 ID:eQwyYv6X

洗脳に弱い人間の頭のメカニズムは、悪魔に利用されるよ〜w。

811 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:26:03 ID:pAE7vzkK
>>809
昔、「息の破れた人」という訳を聞いたことがある。

傷ついた人、という読みは意訳にすぎるかもしれんが、
「心を痛めた者は(実は)幸いである。なんとなれば、
そのような者にこそ、神の御許はあるのだから・・・」と読みたくもなるw

812 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:34:11 ID:O7iYq/JX
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4901602020/249-7400539-0110714?v=glance&n=465392
鼻息の弱い人・・・

813 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:37:06 ID:eQwyYv6X
>>783
麻原自身も、実は「宗教」の痛ましい犠牲者なのだよ。結局は、宗教そのものの
「誤り」と「病理」に行き着く。

よく分かりません。詳しく教えて下さい。痛ましい犠牲者というのは?

814 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 22:38:35 ID:pAE7vzkK
>>812
>「頼りなぐ、望みなぐ、心細い人ァ幸せだ」

あたたかい言葉ですね。いい訳だ・・・。

815 :♥ 殿舎男セ萌え萌え系?謎 ◆ej9/UehK8Y :2006/07/29(土) 22:49:53 ID:k6OucUjO
このスレは宗教板ダントツトップの人気スレ

816 ::2006/07/29(土) 22:55:51 ID:B+4IY5Ow
皆さん犠牲者の側に立ちたがる。
犠牲者を作り上げ、その犠牲者に寄り添うことで、加害者を責めようとするのよね。


817 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:02:21 ID:8csalkzD
>>813
若し麻原が宗教などやらなかったら、特にキリスト教の影響を受けな
かったら、他人にこれほどの悲惨を齎し、自らもこれほどの悲惨な
状態になくこともなく、例えば、素朴で有能な鍼灸師として、社会に
貢献していたであろう、と言うことです。

彼の両親の気持ちは想像を絶します。宗教の犠牲者は、被害者だけでな
く、一生を棒に振った信者自身、最も痛ましいのは、慈しみ育てたわが
子が、宗教に嵌ったばかりに、他者の生命を奪い、自らも死刑台に登る
のを目の当たりにしなければならない、信者の両親でしょう。

信者は、自分の宗教のために、100%の善意で、他者の生命を奪った
のです。

信者の両親は、その悲しみと苦しみを、外部に表すことも許されないの
です。

宗教者や宗教学者は、宗教故のこの人生最大の悲惨と不幸を、一体どう
考えているのでしょうか。

818 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 23:16:45 ID:nVZcWs/4
>宗教者や宗教学者は、宗教故のこの人生最大の悲惨と不幸を、一体どう
>考えているのでしょうか。


まったく・・・・・・・(-_-;)

君はキリスト教が全部悪かったんではなかったのか?

まあ、教祖様らしいんだけどねぇ〜


819 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:19:11 ID:YhbnCUCl
>>817
ちみさ、何にも解っていないね。
麻原が何故獄中で薬漬けにされているか知ってる?

820 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:21:11 ID:vZ0ljKr7
合掌(‐人‐)

821 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:22:34 ID:YhbnCUCl
>>808
>イスラム教の自爆テロも同じ?。聖戦で死ねば天国で楽しく極楽に生きれると信じて?。
>日本の特攻隊も (天皇=神) でお国のためにって自爆したんでしょう?
>人間の頭の中はどうなってんだろう?洗脳に弱いなぁ〜。

生存本能は別に自分だけ生き残れば良いというのもではないのだよ。
利己的個人主義者には解らんだろうが。

822 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 23:30:42 ID:nVZcWs/4
>素朴で有能な鍼灸師

この誤字は故意によるシャレ?
オレのパソコンでは、どちらも一発変換しないんだよね。

個人的にはこういう遊びは好きだヽ(^。^)ノ
しかし、なんでこんな誤変換が可能なんだろう〜
深く、考える今日この頃。。。。



823 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:34:42 ID:vZ0ljKr7
http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa002.html

偉大なる教祖様。
どうか解釈をお願します。

824 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:36:52 ID:8csalkzD
>>818
>君はキリスト教が全部悪かったんではなかったのか?

君も読解力が随分と足りないね。

すべての宗教は、現実や社会常識からの逸脱という特質を有する。だから、
教義や教祖次第で、いつでも「オウム」になり得る危険性が内在している。

しかし、「最も悪質で、危険、はまり込みの深い」のがキリスト教だと言
っている。自然の人間から最も逸脱した、その「精神性」の故である。
これは、史上及び現在の、キリスト教の「実績」が、明らかに証明している。

キリスト教の要素を真似た、若しくは有する他の宗教も同じ。一向一揆
や法華の乱を見よ。

麻原も、仏教とヒンドウー教だけで、キリスト教の影響がなければ、ここま
ではやらなかったはず。宅間守も同様。

825 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:40:08 ID:vZ0ljKr7
>麻原も、仏教とヒンドウー教だけで、キリスト教の影響がなければ、ここま
>ではやらなかったはず。宅間守も同様。

教祖様、何故このようなことが言い切れるのですか?


826 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:42:18 ID:vZ0ljKr7
教祖様に教えを請うスレ立ててもいい?

827 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:43:33 ID:vZ0ljKr7
【お前は】教祖様に教えを請うスッドレ!【カルトだ!】

こんなの。

828 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 23:45:01 ID:nVZcWs/4
>君も読解力が随分と足りないね。

ああ、ほんと、不足を感じするよ。ただし、読解力とは思わんけど・・・・・


>すべての宗教は、現実や社会常識からの逸脱という特質を有する。
>「最も悪質で、危険、はまり込みの深い」のがキリスト教だと言
>っている。自然の人間から最も逸脱した、その「精神性」の故である。
>これは、史上及び現在の、キリスト教の「実績」が、明らかに証明している。

君はこれから、外に行かないね。
「自然の人間」ってなに?
それは、君の妄想だろう。
それを他人に押し付けてるという批判に君は黙視するのみだが。

829 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:45:07 ID:pAE7vzkK
>>827
ワロスw

830 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:46:14 ID:YhbnCUCl
>>825
出来レースの裁判で
しかも確定もまだしていないのに何で言い切れるのだろうねー
共同謀議は事実だったのか?w

本やマスゴミの情報が全ての判断材料なのかねこの人は。

831 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:46:57 ID:vZ0ljKr7
>>828
そそ。
教祖様はけちだから中々それ以外のこと語ってくれないんよね。
>>829
素人さんも是非ありがたい教えを聞きたいすよね?w

832 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:48:19 ID:vZ0ljKr7
>>830
あ、そうそう。それ。
俺には教祖様が一番本とかの影響ガチガチに見えるのだ。
きっとマイナーな本かなんかに教祖様が言ってることそのまんま載ってるんだろうなあ。

833 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:49:20 ID:pAE7vzkK
>>831
スレ乱立には反対します。

834 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:49:46 ID:YhbnCUCl
>>832
矛盾指摘しても自説の修正できないしさ
ホント頭堅いよねw

835 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:50:19 ID:vZ0ljKr7
>>833
そうすか、それは残念。
専用スレでやった方がいい内容だと思ったんだけどなw

836 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:51:20 ID:vZ0ljKr7
>>834
頭が固いっていうか。。。洗脳されてるようにm(ry

837 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:52:47 ID:YhbnCUCl
前提が間違った上で自説を構築しちまったもんで
取り返しが付かなくなってるんじゃないの?w
屋上屋みたいなもんだ。

一回ぶっ壊した方が良いと思うよマジデ

838 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 23:53:21 ID:nVZcWs/4
>>833
同意。
まあ、りょん殿のシャレだとは思いますけど。

ところで、ワケワカンナイ教祖様のご乱心に付き合うのはこれぐらいにして、
教祖様のかわりに、
キリスト教がすべての宗教を代表して、批判できる要素ってあるのか、
検討してみるのはどう?

つまり、正当性のあるキリスト教批判。
その可能性も含めて。



839 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:54:26 ID:8csalkzD
>>825
>教祖様、何故このようなことが言い切れるのですか?

キリスト教の病理と「実績」を十分に検討した上での、私の「推測」で
ある。ハルマゲドンとは、聖書の言葉だよ。

>>826
私は、宗教ではないから、スレ立ててまで「布教」する熱意も意図も
ない。教えは、もう十分に語ったはず。理解できなければ、それでも
結構。

しかし、このスレのようなカルトスレが出てくれば、直ちに介入する。



840 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:54:57 ID:vZ0ljKr7
>>838
そーすね。
教祖様に任せててもそういう流れにならないだろうしなw
肯定派の反論もしっかりありの方向で。

841 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:57:04 ID:vZ0ljKr7
>>839
推測ってのもさ、確かにまあその場の全員の同意でもあれば、
とりあえずは事実のように扱われる場合もあるよ、
でも教祖様のはなあ、だーーーれも同意もないのに説明もなしに推測の押し付けってのもなあ。

842 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:57:30 ID:pAE7vzkK
>>835
哲板の決定論スレのような要素を持つことができれば、あるいは、
面白いかもしれませんが、あそこのスレ主ほどのカリスマは期待できそうにないw
あそこは、とっかえひっかえ色んな人が顔を出す哲板の人気スレ。
(ある意味、「いいとも」みたいだなw)

843 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:58:25 ID:YhbnCUCl
>>839
教えですか?w
逆じゃないですか?
こっちがレビューしてやってるようなもんだ。

844 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/29(土) 23:58:32 ID:vZ0ljKr7
直ちに介入する!
なんて、キリスト原理主義やってるアメリカそのままだな。。。(ぼそ

845 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/29(土) 23:58:45 ID:nVZcWs/4
>>839
なかなか、おもしろいけど、いちいちレスしても相変わらずだからなぁ〜

>>840
とりあえず、キリスト教ってなに?
そもそも、キリスト教って、一貫したものがなにかあるの?
聖書中心主義とか、愛の思想とか。
それは、事実なの?


でも、こう考えるのがカルトだっていうのは、わかるなぁ〜
教祖様の介入お待ちヽ(^。^)ノ


846 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 23:59:36 ID:8csalkzD
>>837
>前提が間違った上で自説を構築しちまったもんで
>取り返しが付かなくなってるんじゃないの?

では、前提の間違いを具体的に指摘してくれ。そして、君が考える普遍
の前提を語ってみろよ。それも出来ないんだろ。

847 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:00:48 ID:YhbnCUCl

それは人に教えて貰うもんじゃないよw

自分で勝ち取れ

848 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:01:22 ID:mMtvNQXN
>>846
それに完璧に答えたとすると、そのまま沈黙して逃げるんじゃん。
その繰り返しに飽き飽きしたって言ってるんだけどね。
で、またしゃーしゃーと「介入する!」なんだもんw

849 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:03:01 ID:vZ0ljKr7
       ■■■命題■■■

キリスト教ってなに?
そもそも、キリスト教って、一貫したものがなにかあるの?
聖書中心主義とか、愛の思想とか。
それは、事実なの?


850 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:03:02 ID:2fdKFt+e
間違いは今まで沢山指摘されただろ

闘争本能の件はどうなった?

851 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:03:12 ID:7htahzjp
>麻原が何故獄中で薬漬けにされているか知ってる?

何故なの?

852 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:03:14 ID:c9ixJsi9
キリスト教は邪教です! PART 6
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/801-n

このスレに常駐してる「小さなヨハネ」ってコテが研究者にそっくり。

853 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:03:53 ID:YhbnCUCl
>>851
口止めさ

854 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:05:50 ID:3ZxRVmOV
>>846
私は、出来そうだな。
そして、>>848でりょん殿がいわれてるようなのが事実。


ところで、そんなご乱心はほっといて、
キリスト教って、存在するのか?
ちょっと、考えてよ。
なんか、面白いかもしんないし。


855 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:06:04 ID:aaC9GWGe
>>838
>つまり、正当性のあるキリスト教批判。

既にキリスト教に嵌っている君たちに、どうやって「正当性のある
キリスト教批判」ができると思ってるのかねw。「正当性」とは、どこ
かの本に書いあるのも借りてくるという意味だろうが、キリスト教徒が
書いた本を何百冊持ってきても無意味だよ。客観的な批判にはならない。

856 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:07:03 ID:2fdKFt+e
蟻も蜂も集団で戦う、つまり戦争だ
宗教が戦争の原因なら
蟻や蜂は何教なのかね?

(これもスルーするんだろうなぁ)

857 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:07:36 ID:3ZxRVmOV
>>855
ということは、正当性あるキリスト教批判ができない君もやっぱりクリスチャン。

という理解でいいかな?


858 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:08:53 ID:7htahzjp
>>851
どうせ誰かの受け売りだろ

859 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:09:12 ID:3ZxRVmOV
>>856
あっ、その問いは、いいね。
教祖様の本能論に根ざしてるし。

ということは、スルーは必至ヽ(^。^)ノ


860 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:09:19 ID:mMtvNQXN
>>852
改行も教祖様そのものですねw

861 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:11:04 ID:aaC9GWGe
>>852
>このスレに常駐してる「小さなヨハネ」ってコテが研究者にそっく
>り。

君は何を寝ぼけてるのか。私が「小さなヨハネ」だったら、昆布も、
りょんも、聖霊大王も、大喜びして、擦り寄ってくるはずだろw。




862 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:11:29 ID:mMtvNQXN
教祖様って矛盾してるよな。
カルトだキリストだって言って、それを何故批難しないのだ!とか言っておきながら。
いざ議論しようとすると、「出来るわけがない」って言い出して邪魔する。
その真意は何よw

863 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:12:31 ID:mMtvNQXN
>>861
擦り寄ってるじゃんよw
それで、教祖様の思い通りの流れをしようって言ってあげてんだからさ、
邪魔しないでやってみりゃいいじゃん?

864 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:12:47 ID:3ZxRVmOV
>君は何を寝ぼけてるのか。私が「小さなヨハネ」だったら、昆布も、
>りょんも、聖霊大王も、大喜びして、擦り寄ってくるはずだろw。

だから、教祖様と擦り寄ってるだろうw
ねえ、教祖さまぁ〜(*^。^*)


865 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:13:06 ID:7htahzjp
>>856
蟻や蜂は生きるための戦争
自分達の種の保存のため

866 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:13:16 ID:c9ixJsi9
>>861
だから「そっくり」だって言ってるだけだろw

867 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:13:21 ID:3ZxRVmOV
>>863
ありゃ、また、ダブったヽ(^。^)ノ



868 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:13:27 ID:mMtvNQXN
>>864
ねえw

869 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:14:09 ID:2fdKFt+e
>>865
君に聞いてるのじゃないんですよ〜

870 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:16:10 ID:2fdKFt+e
>>856
ひょっとしてイエス様がお作りになったから?w

871 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:16:36 ID:3ZxRVmOV
しかし、どうみても、教祖様はクリスチャンだよ。
現況のキリスト教に満足してないために、
自己批判してるんだろう。

私には、それが一番自然な流れに思えるが。

しかし、その自己批判の対象が一貫しないから、よくわからない。
でも、現状のキリスト教に不満という流れは一貫してる。


872 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:17:29 ID:3ZxRVmOV
>>870
ああ、それいいねぇ〜
いかにも、宗教的で全能の神って感じ。



873 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:17:48 ID:mMtvNQXN
小さなヨハネっての、教祖様でしょ?
まったく同じ手法と改行法じゃんw

874 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:18:09 ID:2fdKFt+e
>>871
素質は有ると思うんだけどね〜
やり直しが利く歳なのだろうか?

875 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:18:11 ID:aaC9GWGe
>>859
>あっ、その問いは、いいね。
>教祖様の本能論に根ざしてるし。

君は低脳だったのか。それとも低脳の振りしてるのか。他の動物たち
の戦争は、生物としての生存のための戦争。宗教戦争は、生存に関係な
い、空想上の神のための戦争。両者は、本質的に異なる。

この意味では、宗教者は、「犬畜生にも劣る」存在。

876 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:18:51 ID:7htahzjp
りょんも昆布もいい時代に生まれたね。
PCで1日中遊べるのは神様のお陰じゃないぞ

877 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:19:18 ID:2fdKFt+e
>>875
お、宗教戦争と戦争の区別が付くようになったぞ。

878 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:19:32 ID:3ZxRVmOV
>>876
教祖様のお陰ヽ(^。^)ノ


879 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:20:04 ID:mMtvNQXN
>>876
神様のわけ無いじゃん、自分の力だよ。

880 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:23:30 ID:3ZxRVmOV
>>875
>生物としての生存のための戦争

自分達の神を守るという自己保存の戦争だろう。
というか、この理屈は教祖様の持論だろう(^O^)/


881 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:23:35 ID:7htahzjp
>>879
自分の力のわけないじゃん。
PCを発明した努力家のお陰だよ


882 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:24:49 ID:aaC9GWGe
>>847
>それは人に教えて貰うもんじゃないよw
>自分で勝ち取れ

君が他人の前提を「間違っている」と言い出したから、その間違いを指摘
しろと言ってるのではないか。正直言って、宗教患者は「頭が悪い」。
頭が悪いから、宗教に嵌り、その批判が出来ない。知性とは、批判力である。




883 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:25:29 ID:mMtvNQXN
>>881
PCがあるのはね。
環境にいるのは自分のお陰w
でもPC発明しても誰も使ってくれなかったら努力も報われないし。
みんなのお陰だ。

884 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:25:56 ID:2fdKFt+e
>>882
だから間違いは指摘しているだろー

885 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:26:00 ID:3ZxRVmOV
>>881
しかし、ある意味、このようなやり取りもまんざら実務に役立たないわけではないぞ。
結構、有用なことが多い。
思考があって、行動があるから、傾向がわかる。
事前にわかって、無駄なやりとりをしないで済むこともある。


886 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:27:20 ID:mMtvNQXN
俺は知識面ではマナ識が一番役に立ってるきがする。
あれは使える。

887 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:27:53 ID:3ZxRVmOV
>>882
頭が悪いとは、ずいぶん、下品だなぁ〜
らしくないぞ(^O^)/

批判というのは、その論の進め方も含めて、対象を明確にするものだ。

バカと言ったなこのバカは、批判ではない。


888 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:28:28 ID:2fdKFt+e
頭悪くても良いけどさ、
頭堅いのよりましだと思うぞー

889 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:29:07 ID:aaC9GWGe
>>880
>自分達の神を守るという自己保存の戦争だろう。
>というか、この理屈は教祖様の持論だろう(^O^)/

いい加減にしろ。それとも低脳の振りした故意の荒しのつもりか。
自己保存とは、「身体」の保存。「空想上の神」の保存ではない。



890 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:29:43 ID:mMtvNQXN
       ■■■命題■■■

キリスト教ってなに?
そもそも、キリスト教って、一貫したものがなにかあるの?
聖書中心主義とか、愛の思想とか。
それは、事実なの?




891 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:30:40 ID:mMtvNQXN
いい加減にしろだって。
教祖様が言える言葉じゃないよなあ。

思い上がるでない@教祖様風

892 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:30:44 ID:2fdKFt+e
>>889
> 自己保存とは、「身体」の保存。
これも間違いだな。

893 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:32:05 ID:3ZxRVmOV
>>889
君の言う身体とは、なんだ?
自分を守るというのは、どこから派生するものだ。
身体を意識するから、守るのだろう。
意識しないで、身体はあり得ない。
ということは、守るということにおいては、身体と精神の区別はつけられないだろう。


894 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:34:11 ID:2fdKFt+e
>>893
そうそう身体じゃ漠然としているよね、もっとばらさないと

895 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:34:34 ID:mMtvNQXN
結局キリスト教批判の教祖様がいる限り、
キリスト教を批判するような命題では始められないと言う現実。。。onz

896 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:35:44 ID:mMtvNQXN
>>893
教祖様風に言えば。
死体が身体を守るかね?となる。

ん?なんか変だな。。。教祖様、何か変ですよ。

897 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:35:57 ID:K1O2cK5P
>>817

素晴らしいレスをありがとう。本当に良くそこまで他人の苦が分かるw。それが本当の
(慈愛)でしょう。苦しんでいる方々がおられますね。家族やご両親に罪はありませんょ。
完璧な人間なんて、この世にはいないでしょう。重荷を下ろしてくださいね〜。\(~o~)/
たいした(苦)は無いとどなたか何処かで言われた記憶が・・・www。

でも、またまた恥ずかしげも無く質問(頭、悪いから)
1)何故、麻原は宗教を起こそうと思ったの?
2)何故、キリスト教の影響を受け入れたの?

教えて頂けるととても有難いのですが・・・ <(_ _)> 


898 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:36:28 ID:2fdKFt+e
>>896
ワロタ

899 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:37:07 ID:3ZxRVmOV
>>895
いや、そんなことはないと思うぞ。
なかなか、教祖様は、面白い材料を提供してると思う。
ただし、教祖様はクリスチャンであるという前提なんだけど。


900 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:38:10 ID:mMtvNQXN
>>899
それを言いたかったんですw

901 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:39:09 ID:2fdKFt+e
>>897
どんなレスが来るのかな〜
楽しみだ

902 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:40:35 ID:aaC9GWGe
>>892
>これも間違いだな。

他人のことを間違いだという場合には、必ずその間違いを、具体的な
具体的な根拠を上げて指摘しなさい。例えば、キリスト教が間違いだ
という場合には、どの教科書にも書かれている「大虐殺」の事実を指
摘する。

では、「自己保存」について、君の「間違っていない」解釈とは
何か、具体的に答えなさい。私の「自己保存」の意味は、前スレと
このスレで、飽きるほど繰り返しているではないか。前レスを完全に
読んでから書き込むこと。

903 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:42:03 ID:mMtvNQXN
>>902
>他人のことを間違いだという場合には、必ずその間違いを、具体的な
>具体的な根拠を上げて指摘しなさい。

分かりましたか?

904 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:42:17 ID:2fdKFt+e
>>902
> 具体的な根拠を上げて指摘しなさい。
> 具体的に答えなさい。
> 書き込むこと。

何様ですか〜

905 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:43:00 ID:mMtvNQXN
つーか、飽きるほど繰り返さなくていいから、教祖様。。。

906 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:43:45 ID:3ZxRVmOV
>>904
きょうそさまぁ〜(^O^)/

まあまあ(^_^;)

しかし、意味ないレスがつづくなぁ〜
小さなヨハネ様。



907 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:44:52 ID:mMtvNQXN
>>906
見ました?
間違いないすよねえwこんぶ殿なら見分けつけられるでしょ?w

908 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:44:56 ID:2fdKFt+e
でもねー
勿体なくて教えたくないんだよ君には
間違えを指摘されるだけありがたいでしょ♪

909 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:46:32 ID:3ZxRVmOV
愚かな小ヨハネよ! 罪深き嘘つきよ!
これ以上愚かな嘘をつき罪をかさねることなかれ!!!
懺悔せよ、嘘つきよはねよ、懺悔せよ!!!

なあんて、同じこといわれてるからさぁ〜
ちょびっと、同情したりして(^_^;)


910 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:48:27 ID:mMtvNQXN
>>909
同情してたら洗脳されちゃいますよw
分かっててやってるんだから、きっとw

911 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:49:30 ID:mMtvNQXN
多重の時には「研究者もどうしようもない思考してるが」
みたいなこと言ってたしw

912 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:51:05 ID:3ZxRVmOV
名前:小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY [] 投稿日:2006/07/03(月) 22:53:39
しかし、誤解しないでいただきたいのですが、従来の基督教が
正しいと言っている訳ではありません。

89 名前:小さなヨハネ ◆qKk9IwRSXY [] 投稿日:2006/07/03(月) 23:10:03
>>70
>正しい情報や知識があってはじめて、個々が正確な判断を行える。

それは正しいです。

>宗教者の多くは、その「絶対性(=真理)」の証明をすることなく、
>「服従」のみを強要する。しかし、世界に多くの宗教が存在する以上、
>どの宗教が真理であるのかを「知」るには、真理の証明が必要なのだ。

真理の証明など出来ません。据え膳を待っていてはだめです。
必要なのは皆さんの努力と認識力なのです。もっと学んで下さい。



この辺の考え方は、一緒だな。
思うに、あちこちのスレでこんなことやってるから、一貫性がなくなるんだな。
自分に明確な考えがないが、クリスチャンであるということの自己認識は変わらない。
そこから生ずる矛盾に自意識が耐えられない。
単純なんだな。
いいやつジャン。


913 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:52:31 ID:mMtvNQXN
その板に出張してヨハネ様と絡んでみようかな。

914 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:52:42 ID:2fdKFt+e
教祖君見てるとさー
アカデミックなアプローチの限界を見ているようだ。

基礎物理学者がヨガやってんの知ってるかなー
彼らも限界感じているのよ。

915 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:56:00 ID:mMtvNQXN
つーかね、教祖様のネット環境が独特だと思うんだよね。。。
その特徴が同じように出てて、そう滅多に似た人同士がそうなるとは(ぶつくさw

916 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:56:04 ID:3ZxRVmOV
>>913
何スレにも渡って、攻撃されてるから、やめたほうがいいんじゃない?


>>914
なぜ、攻撃的になるんだろうなぁ〜

教会を追い出されたのか?


917 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 00:57:29 ID:mMtvNQXN
>>916
まあ、半分冗談ですけどねw
ちょっと釘刺しとこうかと思って。
ほどほどに遊ぶんじゃないとね、お互いにw

918 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 00:58:03 ID:2fdKFt+e
>>916
なんかね、突然武力行使に出てきそうな勢いだねw
こんなのも宗教戦争になるのかな〜

919 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 00:58:56 ID:3ZxRVmOV
名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2006/07/04(火) 23:08:38
要するに小さなヨハネの掲げる自己愛否定の果ての理想は
全ての人間がくっついて一つの生物のように振舞うことなんだろ?



キモ


なあんて、ここでも指摘されてるからなぁ〜


920 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 00:59:22 ID:zKPPr0mi
気合いれとかなあかんて

921 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:00:00 ID:mMtvNQXN
>>920
こばわノシ

922 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:02:06 ID:3ZxRVmOV
>>918
教祖様は、武装解除するタイプじゃないんだよ。
だから、自虐的方向にすすむんだろうねぇ〜

その性格は極めてキリスト教的だと思うのだが。


923 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:02:31 ID:aaC9GWGe
>>897
>1)何故、麻原は宗教を起こそうと思ったの?

最初に、原始仏教を標榜するアゴン宗で洗脳され、その後いろいろと
宗教をあさって影響されたのでしょう。「宗教を起こした」と言っても、
種々の宗教からの借り物の寄せ集めです。他のカルト宗教も、すべて
伝統宗教からの借り物の寄せ集めです。これを混交宗教(syncretism)
といいます。

>2)何故、キリスト教の影響を受け入れたの?

既に縷々述べた理由で、キリスト教は洗脳力が最も強く、洗脳が最も
根深い。これだけ多数の人間が2000年間も洗脳が抜けないのです
から。うっかり聖書を読むと、その表面的な、一見尤もらしい「きれ
いごと」や現実離れの「精神性」「オカルト性」の故に、知性(批判
力)の弱い人は、容易に影響されてしまいます。このスレのコテハン
の方々を観察すれば、よくわかります。

現在の殆どの宗教は、キリスト教の影響を受けています。


924 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:04:10 ID:2fdKFt+e
>>923
こりゃまた、突っ込みどころ満載じゃわいヽ(´ー`)ノ

925 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:04:37 ID:mMtvNQXN
>このスレのコテハン
>の方々を観察すれば、よくわかります。

ワラタw
我をよく見よ!


926 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:06:05 ID:mMtvNQXN
まず、この教祖様は俺とかこんぶ殿に対する配慮を忘れないもんね。
嬉しくなっちゃうよねw

927 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:07:32 ID:2fdKFt+e
教祖君の脳内現実では、自分に反論するものは全てクリスチャン何じゃない?
孤独な宗教戦争だー

928 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:09:17 ID:2fdKFt+e
でもさ、その辺からして洞察力の無さが垣間見られてカワイイ

929 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:10:08 ID:3ZxRVmOV
いやぁ〜
やっぱり、プチヨハネ=教祖様はマゾだよ。

どう考えても、打たれたがっている。

確信がもてないのかなぁ〜
信仰があるけど、確信がない。
だから、他人から批判を受けて、自分を明確にしようとする。
まさに、キリスト教信者が迫害を受けることで、
その信者を増やしていくのに等しい行為。


930 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:11:03 ID:mMtvNQXN
>>927
違いないですw
自分の意見を受け入れなければ「あなたはすでにクリスチャン」
反論なんてしようものならもう大変。
「お前はカルトだ!介入する!」ってなっちゃいますよ。

931 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:12:05 ID:2fdKFt+e
なんかトラウマ有るのかね〜

932 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:12:37 ID:mMtvNQXN
>>929
そこで、教祖様なんて呼ばれたもんだから、
気分はすっかりキリストになってるかもしれないですね。。。

933 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:14:02 ID:mMtvNQXN
>>931
それこそいつでもほとんどいますからね。
なんなんでしょう。。。不思議な存在w

934 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:14:42 ID:3ZxRVmOV
>>931
かなり、大きなものだと思う。
中途半端に、クリスチャンの洗脳を解かれたとか・・・・・
だから、どっちにもいけないとか。

根が素直だから、自分ではどうしようもない。
でも、誰もそんなことは気づかないので、どうしようもない。

ある意味、この支離滅裂は本人の悲鳴。


935 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:15:06 ID:mMtvNQXN
。。。教祖様の視線を感じる。
俺もいっぱしの信者になってきたのか?

936 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:15:20 ID:2fdKFt+e
憲法で信教の自由が保障されているのに『介入する!』だもんなぁ
基本的人権に反する行為だよ。

『おれの教え以外は排除する!』
カルトそのもの。

937 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:18:20 ID:aaC9GWGe
>>929

暇人氏は、正体隠してカルトを煽るのは止めろ。最も悪質だよ。

私は、君かりょんが、小さなヨハネかと思っていたが、少し違う気も
する。ヨハネのイエスへのはまり込みは深く、話にならない。みなも
持て余しているようだ。

ところで、君のイエス批判はまだ?江戸時代なら、君は踏絵がどうしても
踏めず、殉教するタイプだな。

938 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:18:45 ID:mMtvNQXN
>>934
そうかなあ。
こんぶ殿は優しいなあ。
まあ、そうだとしても進んで解決しようと言う気もないようにも見えますけどね。

939 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:19:54 ID:3ZxRVmOV
だけど、戻って、マジレスすると、
キリスト教って、括れるほどのキリスト教って、ほんとにあるのだろうか?

カトリックとプロテスタント。
この板のやりとり見ても、かなりの確執がここにはある。
まして、エホバにモルモン。あと、統一教会。
なにがなんだか、わからん話じゃない?


940 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:20:25 ID:mMtvNQXN
>>937
。。。昆布殿のやったことをそのまま真似て逃れようとは。
暇人氏なる人も自分だと言いたいのか?

941 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:20:44 ID:aaC9GWGe
>>938
>こんぶ殿は優しいなあ。

カルトはみな優しいよ。注意したほうがよい。

942 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:22:35 ID:mMtvNQXN
>>939
モルモン教とか統一教会もキリスト教なんすか?

>>941
すぐそういうところには反応するんだからw
なんだかよーわからんが、羨ましいんか?

943 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:23:54 ID:mMtvNQXN
あ、そうか。
こんぶ殿の優しさに負けそうになってしまったのか?
信じそうになった自分を戒めてるとか?
素直になりなさいよ。

944 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:23:56 ID:aaC9GWGe
>>939
>キリスト教って、括れるほどのキリスト教って、ほんとにあるのだ
>ろうか?

「イエスの盲信」で、簡単に括れるではないか。イエスを信じない
キリスト教はない。



945 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:24:00 ID:2fdKFt+e
Himagine there is no heaven♪

946 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 01:24:27 ID:Hn/6lC4y
>>532
まだまだw

2ちゃんできないくらい追い込んでやりますwww

947 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:26:08 ID:3ZxRVmOV
>>937
>君のイエス批判はまだ?
私が、イエス批判するって、いつ言ったの?
でも、したいなぁ〜
ポイントがよくわからないけどね。
キリスト教がよくわからんからなぁ〜

>江戸時代なら、君は踏絵がどうしても
>踏めず、殉教するタイプだな。
そのアイデアがつまんなくて、食べるかズリネタにするかもねヽ(^。^)ノ
いきなりちんちん出すってのは、なかなかおもろいだろう(^O^)/


948 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:26:15 ID:aaC9GWGe
>>943
>こんぶ殿の優しさに負けそうになってしまったのか?
>信じそうになった自分を戒めてるとか?
>素直になりなさいよ。

それはまさにお前のことじゃないかw。

949 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:26:55 ID:mMtvNQXN
>>948
ふーん。
そんな悪たれつけるなら大丈夫だな、安心したw

950 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:27:03 ID:YOlEzyfh
>>946
サロメはイスラームスレで知ったかぶりかまして返り討ちになっているので
必見。

951 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:28:20 ID:3ZxRVmOV
>>946
サロメ、難民スレにきてたよ。
なんか、凄まじいことになってたなぁ〜

まあ、自分に還ってこないようにね(^O^)/



952 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:29:41 ID:mMtvNQXN
次スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154190551/l50

953 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:30:09 ID:3ZxRVmOV
統一教会とエホバはキリスト教ではないの?

教祖様なら、答えられるでしょ。



954 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:32:28 ID:mMtvNQXN
教祖様は質問されると中々出てこないんだよな。


955 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:34:19 ID:jMn6xf5F
>>923
ありがとう。よく分かりました。

>>786

本当に信仰を守るためには死にもの狂いw。→ (狂気)
勝手に過去のレスを書き換えないでくださ〜い。
以前にもありますたw。黙っていたけどイエスが泣きますよ〜。
恥ずかしくないのですか?

(訂正箇所)
素晴らしい苦の無い天国 → 上の矢印を自分はカキコしてませ〜ん。

研究者さんの過去レスも加筆、訂正大いにあるw〜。

だから、まともに相手したくない。レス見れば一目瞭然。
集団でもみ消しにかかる。 → エスカレートすれば、当然争いになる。
狂ってるよ〜n. (―_―)!!

誰か助けてくだしゃ〜いw。・・・・


956 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:34:37 ID:aaC9GWGe
カルトを相手にするのは、本当に疲れる。どこのカルトも同じ。

現実に還元できない架空の観念を離れて、なんとか、生物としての人間
という唯一の普遍の基盤に戻って貰えないかな(嘆息)。正直言って
無理ですか?それ以外には、確固たる思考の基盤は皆無なのだが。

957 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:36:53 ID:mMtvNQXN
>>955
>>786のレスはあなたのレスを改竄したものってことすか?



およよ、教祖様の様子が変だ。。。

958 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:39:05 ID:3ZxRVmOV
キリスト教の中心教義といわれたら、
神への愛(アガペ)と隣人愛
教祖様は、集約して、自らしたいことを他人に施せと解釈してる。
そして、これを、禁止条項としてではなく、
行為の源泉としてるところに、キリスト教の諸悪の権化があると。

まあ、これは、これで、検討の余地がありそうだが、どうなんだろう?
教祖様、どう?


959 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:41:39 ID:mMtvNQXN
俺も正直言ってキリスト教の聖書とかは読み物として以外に、
価値ありそうに思えないですけどね。
あとはそれらをどう解釈してるのかが問題になるんだろうけど、どーもよくわからん。
最初にこの板に来て七誌でレスしてた時にクリスチャンの人のなんと心の狭いことと。
と思ったけど、でも色んな主義がキリスト教には有るらしいしな。

960 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 01:43:02 ID:Hn/6lC4y
>>950
偽クリ偽善者だから当然だろな

カラスにも叩かれまくりだったからwww

>>951
サロメは鼻糞以下の外道ですから屁の河童ですよw

961 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:43:29 ID:mMtvNQXN
とりあえず、ブッシュはころしたいくらい嫌いだw
あれがキリスト教の主義そのものだとするなら、まあ教祖様の言ってることは分からなくもない。
が、あれも極端な気はする。
つか、ブッシュが馬鹿なのだろう。

962 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:44:39 ID:3ZxRVmOV
そもそも、無償の愛というのは、偽善的要素満載なのだが、
とりあえず、エコロジーな考えとしては、納得できる部分はある。
太陽光線は、まさに無償の愛に違いない。
だからといって、太陽に感謝しようがしまいが、個人の自由だ。当然。


963 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 01:45:46 ID:zKPPr0mi
世界じゅうのみんなが電気1時間減らせば
温暖化はなくなる

964 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:46:12 ID:mMtvNQXN
偽善的な奉仕であるなら別に構わないとも思うのだけど。
偽善的な愛。愛さなくてはいけないから愛す。だとしたら
そんな愛を向けられても嬉しくない、つーか、そもそもそんな愛の形を信じない。
その辺は俺としては理解不能かも。

965 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 01:47:38 ID:zKPPr0mi
無償というのは究極の話
親の愛も無償に近い
でも神の愛は太陽的というぐらい

966 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:48:58 ID:3ZxRVmOV
>>960
雑談スレで、暴れてたのは、午前中にチラッと見たけどね。
ミクシを一方的に外しまくったのか?
エライ荒れようだったなぁ〜
逆に、その荒れ方が痛々しかった。

同類にならんほうが良いぐらいにまで感じたぞ。


967 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:49:35 ID:mMtvNQXN
まあ、無償の愛が本当にあるなら争わないってのも真実だよな。

968 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:50:18 ID:YOlEzyfh
いろいろあるみたいだね。シャロンといいなんといい。

969 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:51:18 ID:3ZxRVmOV
>>965
親になって感じるのは、
子の愛のほうが、絶対的なことだと思う。
子は、親がいなくなることのほうが転地がひっくり返るくらい、絶対的なもの。


970 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 01:51:55 ID:zKPPr0mi
争うのは下層ぐらいかな
上層部の実態とはかけ離れてるだろうね

971 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:51:57 ID:aaC9GWGe
>>953
>統一教会とエホバはキリスト教ではないの?

どちらも開祖はプロテスタントの信者だから、勿論キリスト教の一派。
文鮮明は、16歳でイエスから啓示をうけていますw。

特にプロテスタントからは、無数の「カルト」が発生しています。
ルターの「信仰のみ」が原因でしょう。誰にでも、自由に自分のイエス
信仰をでっち上げることが可能だからです。

主流派が、異端だ、カルトだと言って排斥しているだけ。統一やエホバ
の側から見れば、主流派が異端でカルトです。イエスと文鮮明のどちらが
メシアであるかを判定する現実上の根拠は皆無ですからね。どちらも
口から出任せを言い放題。これが宗教の正体です。



972 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 01:52:55 ID:zKPPr0mi
無償とはまた別の次元になるけど

973 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 01:54:35 ID:mMtvNQXN
あれ?ブラックホールさんはクリスチャン?
争うってのは戦争の意味で。
下層の意思だけで戦争は起こせない。
つっても、今現在では宗教の上層部が戦争を起こしてるとも思ってないけど。

974 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 01:55:03 ID:3ZxRVmOV
>>971
そもそも、現在の信仰は別にして、
プロテスタントとカトリックというのは、聖書の解釈の違いなんだろう。
ルターが教会批判したやりとりって、どっかに書かれてないの?
大分昔に、そのサイト探したけど、見つけることが出来なかった。


975 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 01:57:10 ID:aaC9GWGe
>>973
又必死で宗教擁護。みっともないよ。では一体誰が戦争起こしてるの。
やっぱり宗教そのものが最大の原因だろ。

976 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:00:25 ID:mMtvNQXN
>>975
なんでそう突っかかって来るんだろうねえ、この子はw

別に擁護でもなくてさあ、今現在に宗教組織団体が単独で戦争を起こせるの?
その前に世間に風潮だなんだを高めて、世論を味方につける段階で宗教を利用してる人がいるってことじゃないの?
意識が浸透しやすいって意味では宗教に害がある。
けど、宗教が無ければないで別のものを使うでしょう。
日本でさえ、マスコミの影響があっという間に世論を動かしてるのは事実だし。

977 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:00:40 ID:Anh0lVqf
日本も、宗教が理由で戦争始めたのかな・・・

978 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:01:26 ID:3ZxRVmOV
>>975
いや、そんな瑣末はいいからさぁ〜
私は、
>主流派が、異端だ、カルトだと言って排斥しているだけ。統一やエホバ
>の側から見れば、主流派が異端でカルトです。イエスと文鮮明のどちらが
>メシアであるかを判定する現実上の根拠は皆無ですからね。

という意見には、大賛成なんだからさぁ〜
もっと、枠組み広げようよ。
カルトキリスト教のヽ(^。^)ノ


979 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/30(日) 02:02:28 ID:zKPPr0mi
脈が読めないと判断は難しいだろうね

980 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:03:34 ID:Anh0lVqf
元の国は宗教に突き動かされて攻めてきたのかな・・・

秀吉は、宗教的理由で朝鮮出兵したのかな・・・

信玄と謙信は、宗教上の対立から川中島で戦ったのかな・・・

981 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:05:07 ID:mMtvNQXN
まあ、宗教が浸透していればしているほど、
その国の指導者が世論を自由に使いやすくなる可能性は高いですけどね。
元々俺はそういう考えだし、異論もあるわけは無いのだ。
権力者側にとっては古来から宗教の役割自体が政治手段だし。

982 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:05:45 ID:3ZxRVmOV
秀吉の朝鮮出兵は、
なんか面白い宗教的な理由があるんじゃなかったっけ。
NHKかなんかでやってなかったか?
民族的な理由だったかなぁ〜


983 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:06:23 ID:aaC9GWGe
>>974

ルターが雷に打たれて精神錯乱したのが原因。イエスによる狂気が、
一層悪化しただけです。

狂気の結果としての異常な潔癖感から、教会の「腐敗」が気になった
だけだが、「腐敗」実は最も人間的なもの。生存のためのより多くの
充足という、人間にとって自然な現象です。日本には、「水清ければ
魚住まず」という立派な格言があります。

物事に対する異常な潔癖感は、「強迫観念」といい、精神病の症状。
要するに「人間が小さい」ということ。

984 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:06:43 ID:Anh0lVqf
>>982
占い師に誘導されたとか?

985 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:07:48 ID:mMtvNQXN
>>980
秀吉の朝鮮出兵は信長時代からの流れでの権力、実力の誇示かと。
信玄と謙信は基本的には領地争い、両者とも出家してるけど。
ただ、キリスト教が政治的に邪魔になって踏絵を実施したりしていること自体も
宗教の危険性とか政治的影響力あってのことだから、宗教の影響は常に世論や政治に関与してるのも事実。

986 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 02:08:10 ID:Hn/6lC4y
>>966
ここですか
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137830636/

荒れてるって俺のこと?

987 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:08:51 ID:mMtvNQXN
>>982
へー、そうなんですか。
それは初耳でした。
とかく色んな面で宗教が影響してきてるのは確かですよね。

988 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:12:02 ID:3ZxRVmOV
>>986
いや、ゴクウは荒れてないよ。
談話室。
相変わらず、スゲェ〜なぁって。
おたぁがいると、いつも血が出てるって感じでいいよ。
まさに、ここの教祖様のキリスト教的な雰囲気味わえる(*^。^*)


989 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:16:04 ID:3ZxRVmOV
>>987
もともと、信長がキリスト教を布教させたのは、
一向宗の打ちこわしで、部下の武将が死ぬのを見て、激昂したからだろうし、
まあ、その辺は、今の創価学会と自民党の関係に近いものがあるわな。
民主党と北朝鮮の関係とか。
統一教会と朝日新聞とか。


990 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 02:16:25 ID:Hn/6lC4y
>>966
わけも言わずマイミク外しやがった。

メグが突然去ったのも裏でサロメが追い込んだからなんですよ。

991 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:16:52 ID:aaC9GWGe
>>980

元の世界征服は、景教(キリスト教の一派)の影響。

秀吉は、当時のキリシタンの日本進出に対する危機感から、その本拠
を叩こうという意図があったのでは。

信玄と謙信はまだよく調べていないが、当時の情勢から、一向宗が
関係していたものと推測する。

いずれも宗教が原因、又は関与している。

992 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:19:09 ID:3ZxRVmOV
>>990
メグの問題は、また、複雑だぞ。
いやあ、もう、私も、説明できんよ、ホント。
まだ、教祖様とわけわからんやり取りしてるほうが、生産的かも。

とりあえず、もちつけゴクウ(^O^)/



993 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 02:19:32 ID:Hn/6lC4y
>>988
あの手度(笑)

鼻糞ですw

994 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:20:50 ID:aaC9GWGe
ミグやってると、気が狂うらしいよ。注意して。

サロメは、イエスによる狂気の犠牲者。殆ど生理的な感じがする。
暇人さんがそれとなく煽ったのが、原因の一つではないか。

995 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:21:06 ID:mMtvNQXN
>>989
俺が知ってるかぎりだと、信長はフロイスが神とは人間だと言ったからって読みましたけど。
一向宗の他にも寺関係はことごとく嫌ってたようです、神社には甘かったらしい。

996 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:21:24 ID:3ZxRVmOV
>>991
>景教(キリスト教の一派)

逆だろう。
キリスト教が景教の一派。


997 :破壊神=齊天大聖 ◆SonGokueQQ :2006/07/30(日) 02:23:57 ID:Hn/6lC4y
>>992
極道は義理人情の裏切りは絶対許しません。


あっ!僕はカタギですけどねw

998 :名無しさん@3周年:2006/07/30(日) 02:24:16 ID:aaC9GWGe
>>995
キリスト教の神は、外在の超越神だから、キリシタンが「神とは人間
(イエス以外の)」とは、原理的に絶対に言えないはずだが。ソース
あれば希望。

999 : ◆konbu//XQ6 :2006/07/30(日) 02:24:51 ID:3ZxRVmOV
>>994
そんな、俗世間のことに顔をだす教祖様は見たくない(笑

もっと、高貴な話しお(*^。^*)



1000 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/30(日) 02:24:56 ID:mMtvNQXN
1000(σ・∀・)σゲッツ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

313 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)