5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教はいらない。自分の内に神は存在する 3

1 :Z:2006/06/17(土) 15:08:20 ID:faF/3K93
「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」

そう思いませんか?
宗教団体ごとに争ったり、信者を食い物にしたり、
宗教で家庭が崩壊したり、政治を支配しようとしたり。
でも、それでも神はいます。
自分の内に、ハートの中に。
内にある自分の声に耳をすまし、毎日沈思黙考して
この世に生まれてきた目的、自分の使命をさがしながら
一日一日を一生懸命、生きましょう。
どこまでスレが発展するかはわかりませんが、このスレに
使命があるならばそれは続くでしょう。
のPart3です。

part2を消費してから、こちらへどうぞ。

従前のスレ

宗教はいらない。自分の内に神は存在する
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1143324327/l50

宗教はいらない。自分の内に神は存在する 2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1144537125/l50


2 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 15:23:37 ID:KJcQMoSs
2ならセロマジック

3 :名無し三鳥@3周年:2006/06/18(日) 00:43:09 ID:CsRP0yI2
3取りー!!!

4 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 12:07:54 ID:peysFaRK
age

5 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 12:53:32 ID:oQ8XJOmZ
気功の神は自分の内に存在しますね
まぁ何を神にするかによりますがね

6 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 11:46:07 ID:x+nppTcd
まだやりますのん?もう飽きた

7 ::2006/06/25(日) 21:03:07 ID:DKDEmF4r
>6
>まだやりますのん?もう飽きた

最初の1に書いてあるでしょ。
「どこまでスレが発展するかはわかりませんが、このスレに
使命があるならばそれは続くでしょう。」と。

使命が終わればこのスレもなくなるわけだ。

オレもこのスレに執着はまったくないが、オレ的には、
内にある自分の声に耳を傾けようとする人が一人でも増えれば
地球はその分、光輝くと思っている。
地球人全員がそれを実行したら地球からあらゆる政治・社会問題が解決し、
天災すら減少するであろうと信じている。


8 :名無しさん@3周年:2006/06/27(火) 02:20:08 ID:9gLPNsQ6
>内にある自分の声に耳を傾けようとする人が一人でも増えれば
これは自分の考えということですか?
それともなんらか神的な存在からの通信みたいな意味ですか?

>地球はその分、光輝くと思っている。
>地球人全員がそれを実行したら地球からあらゆる政治・社会問題が解決し、
そうなればよいな、といつも思ってます。
それは自分の接する周囲の人から始まるでしょうし、、同じ感覚の人間が集まるでしょうし、
まるで、あるとしたら霊界みたいな感じかな。

>天災すら減少するであろうと信じている。
影響はあるような気がします。
Zさんは心の清い方なんですね。



9 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 23:43:20 ID:hs5L8hRC
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所

十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


10 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 12:34:49 ID:W+v2Vkrs
>>7
> >6
> >まだやりますのん?もう飽きた
> 最初の1に書いてあるでしょ。
> 「どこまでスレが発展するかはわかりませんが、このスレに
> 使命があるならばそれは続くでしょう。」と。
まさに宗教的。スレに使命なんてありません。それを決めるのは
人間です。最初に決めるのはスレを立てた人間ですね。

> 使命が終わればこのスレもなくなるわけだ。
使命が終わらなくてもスレはなくなるし、使命があってもスレは続きます。

> オレもこのスレに執着はまったくないが、オレ的には、
> 内にある自分の声に耳を傾けようとする人が一人でも増えれば
> 地球はその分、光輝くと思っている。
理想主義。それが宗教の本質。

> 地球人全員がそれを実行したら地球からあらゆる政治・社会問題が解決し、
> 天災すら減少するであろうと信じている。
残念ながらそれはない。

11 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 08:41:39 ID:Uhq/R8EL
のびないね。
やっぱりここの使命は、もう終わりみたいですよ。
所詮そんなもんだよ。

12 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 21:50:32 ID:qWr3WqLe
宗教と霊性は別物

13 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 01:27:39 ID:rSttw/CG
>宗教と霊性は別物

それぞれどう考えたらええの?

14 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 21:11:22 ID:9YOR196Q
世界中いろんな宗教があるが、説き(時)を逆登ればどの宗教も教えの根本は一つだと思う。
多数の宗教は、その時代の権力者によって都合良く歪められてきたもの。
霊性とは人が生まれ持った道徳心だと思う。

15 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 21:49:39 ID:tXfAWJWh
そうでもないよ
宗教を政治的にしか語れなくなったらもう疑心暗鬼まっし暗
まるでその疑心暗鬼とはマッカーサーと天皇の並んだ写真をみて
モーニングで直立不動姿のやや猫背である天皇ヒロヒトとの好対照なツーショットは,
現人神の天皇の「メンツ」「威厳」を失わせるに十分であり,戦勝国と敗戦国との現実を
ものの見事に表現している という恨みの持ち主の見解を生み出した心の暗闇
本質をうかがおうとしていないと人生だめになるね

霊性は道徳心にも象徴されるね。でもそれだけでもないよ。

16 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 21:54:28 ID:tXfAWJWh
ここには心の暗闇にやられてる人が多いから影響受けないようにね
われわれ一般人は外人をみても、背ぇ高けーというぐらいだからね

17 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 08:39:47 ID:mvcaVHgK
心の闇というより、精神的に病んでる人が多い。
っていうか、なぜ>>15の例えを出すの?
ここの流れとは一切関係無いし、変なナショナリズムを煽るだけ。
解釈は人それぞれで、貴方の説明も本質とは限らない。
。。。。。。。と言い始めるとここがまた繰り返される。。。。

18 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 21:11:44 ID:rHsLzG5F
経験に勝る教えなんてないんだろうな。。

19 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 21:33:24 ID:sA3NbjXN
宗教の教えは個人の人生経験に合致しない。

20 :名無しさん@3周年:2006/07/11(火) 03:09:40 ID:Fgbn8Xna
>>18
>経験に勝る教えなんてないんだろうな

そうだけど何でもは経験できないよ。
耳経験も結構ためになることもあるよね。

21 :名無しさん@3周年:2006/07/11(火) 21:06:36 ID:+FVAr5DD
いや、自分にとって必要なものはすべて経験するはず。
自分の為になる教えと自分には必要無い教えを判断しないとな。
宗教は万人向けだが個人向けではない。

22 ::2006/07/11(火) 23:13:08 ID:OVXpKsE3
>19
経験を通じての教えが一番理解しやすいという意味。
裏を返せば、痛みを伴ってようやくわかるのでは代償は大きすぎる。
だから耳学問、読書、歴史等、先人から学ぶことが必要だ。

>宗教は万人向けだが個人向けではない。

そう。だから否定している。
万人に受ける教えは既に真理が薄まっている。
少なくとも自分は自分で濃く学ぶことを目指したい。


23 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 08:42:36 ID:qIzUmsP4
もぉ〜終わりだね〜♪
Zがぁ〜小さく見える〜♪


・・・・・・・・・・終了

24 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 09:51:14 ID:9cdtV3bq
>>22
>自分は自分で濃く学ぶことを目指したい。
 ↑この為に

>耳学問、読書、歴史等、先人から学ぶことが必要だ。
 ということ?でも 宗教=学問 じゃないからそんなものを越えた
 何かインスピレーションみたいなのがいると思う?どー?


25 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 10:27:42 ID:Y2PjZq52
ついに一人芝居始めたか。

>>18>>19>>22>>24

26 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 18:02:09 ID:sYyqO/6I
Ζさん

僕はあなたの考え方が大好きですよ。かくありたいと思うし。

27 ::2006/07/15(土) 00:11:31 ID:v+G9iKp0
>24
質問への回答としてはNOだね。前半と後半ではオレは別の話をしている。

オレが濃く学ぶと言った意味は後半の宗教への言及に関するもの。濃く生きる、濃く学ぶという意味は「意識の覚醒」に関係する。

説明は難しいし、説明してもしょうがないんだが・・・自分の意識が眠っている状態でいくら勉強したり体験しても、
学習効果は薄いと言いたいんだ。

オレたち人間の「意識が眠っている」という意味は、「今を生きていない」と
言い換えれば少しイメージがわくと思う。オレたちは過去の失敗を後悔したり、明日の未来を心配したりして
心が常に過去・未来をさ迷っていて「今」「この瞬間」を生きていない。

いわば過去・未来に操られるロボットで、オレたちの心・意識は今、自分の中にいない。
意識が目覚めて「今」「この瞬間」を感じる時は稀に訪れるときがある。

それは家族の不慮の死に直面したとき、
好きだった女性から「あなたのことが好き」と告白されたとき、
自分がガンだと宣告されたとき、
宝くじの発表で一等の当選欄に自分の名前があったとき・・等

このようなときには、過去も未来も忘れて今、この瞬間を生きている。
おそらく、めまいがしたり、周囲の映像が目に入らなくなったり、自分の心臓の音が大きく聞こえたりするだろう。
(続く)

28 ::2006/07/15(土) 00:12:20 ID:v+G9iKp0
現実の今というのは本来それほど、濃厚な瞬間なんだ。
オレたち人間は意識が過去・未来をさまよっているから
その事実に気がつかず、意識を眠らせて何年も何十年もムダに消費し続けて
生涯を終える。一生のうち、累計して数十秒程度のきらめきはあるにせよだ。

死刑囚が死の直前に見る青い空や道に生える雑草は恐ろしいほど美しく感じるはずだ。
これまた眩暈がするほどに。死の直前にそのきらめきをようやく体験する。
この雑草が恐ろしいほどに美しいという事実、生きている事実、意識があるということは
なんという素晴らしいことなんだろう、なんでもっと早く気がつかなかったのかと
最後の最後で思う。
その素晴らしい体験を得るために死を受けとめるのはあまりにも大きな代償。

そのような代償、非日常の経験を経なくても今の瞬間を生きることは可能。
逆にいえば、自分の意識が「今この瞬間」自分の中にあったときに
インスピレーションは訪れる。

濃厚に学ぶ、濃厚に生きるという意味の片鱗だけでも感じていただければと思う。

29 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:48:08 ID:WrDPtu3a
自分=神 はヤバイよ 違う表現がいい

30 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:50:06 ID:qHlcm8mH
自分は神ですよ。違うというのは偽善。

31 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 08:55:53 ID:wbWFl2Fb
Zへ。
もうやめな。誰もあんたなんか相手にしてないんだから。
自分だけで勝手に「濃厚な時間」だと思いこんでいる、うすっぺらい
今の時間を生きてください。

32 ::2006/07/15(土) 11:35:48 ID:v+G9iKp0
>31
「相手にしていない」と言われても書き続ける程
オレはお人よしではないし、ヒマでもない。
それではあなたのご要望にお応えしてもうやめることにしよう。

皆さんの中で、まだオレと同じ道を歩む人、
まだ何かを知りたい、求めている人は、次の出会い・導きが訪れるはずだ。

我々一人一人の意識が目覚めることを祈って終わりにしたい。

2006年7月15日 Z

33 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 14:37:48 ID:J0tQdQY2
信仰心がなくても、神は見出だせるのでしょうか。

34 :名無しさん@3周年:2006/07/16(日) 05:46:20 ID:HBTb99uw
>>31

俺にはあなたのほうが「うすっぺらい時間」を過ごしてると感じる。

ま、言ってもわからん奴にはわからないと思うが。

35 :名無しさん@3周年:2006/07/16(日) 13:23:17 ID:YJU2bm8m
>>34
同意。
このスレはろむしてた。
熱く語られる内容は難しい時もあったが、

いずれ初めから読み返してみたいと思っている。

コドモにはわからないのだろう。


36 :名無しさん@3周年:2006/07/16(日) 18:01:23 ID:x5GAVPZg
多弁であればうすっぺらくないと考えるうすっぺらい人間が集うスレ。

37 :名無しさん@3周年:2006/07/18(火) 09:23:42 ID:OSjQ19XE
やべぇ〜よZさん!
その終わり方、カッコよすぎるよ!!!


・・・・・・・って言って欲しかったんだねろうね。
それではこの辺で、この薄っぺらなスレッドを終わりにしたい。

2006年7月18日 名無しさん@3周年

38 :名無しさん@3周年:2006/07/19(水) 03:07:00 ID:xZyRZrBr
>>27-28
>自分の意識が眠っている状態でいくら勉強したり体験しても、 学習効果は薄い
厳しい意見だと思う。

>オレたち人間の「意識が眠っている」という意味は、「今を生きていない」
>オレたちは過去の失敗を後悔したり、明日の未来を心配したりして
>心が常に過去・未来をさ迷っていて「今」「この瞬間」を生きていない。
過去や目先の未来に振り回されすぎないで生きることができたらどんなにいいか。
「この一瞬」。確かに刹那々々を大切にしないと人生はつまらないかもしれない。

>濃厚に学ぶ、濃厚に生きるという意味の片鱗だけでも感じていただければと思う。
Zさんの真意からは遠いかもしれないけど、何だかしっかりしなければという気がしてきたよ。
回答ありがとう。勉強がんばるゾ。

39 :名無しさん@3周年:2006/07/19(水) 19:01:30 ID:ioHhzKzk
ヒトリシバイハヤメテクレ

40 :38:2006/07/19(水) 19:49:37 ID:xZyRZrBr
俺は Zさんじゃないよ。

41 :心が好き:2006/07/23(日) 15:28:13 ID:wiDs2sVr
今日初めてここに書き込みします。宗教はいらないは言いすぎだと思いますが、管理人の方は真面目な方
だと思ます。みんな生きることはきびしく、何かを追いかけないと居られない、人につけ入れないようという癖が、
実生活でも宗教でもあり、心はとろい頭や出来の悪いあてにならないやつと無理に押し殺し、表面だけかつこ
つけているとおもいます。私は年寄りでノロイほうですが、最近やっと感じることは心を好きになり大切にすれ
ば特別な事をしなくても、心が心を開いて話してくれます。どんな変な思いでもうんうんと温かく聴くことが大切
たと思います。わたしは私らしく生きたいと思います。

あり、ぼうつとしたり、自分の心は

42 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:35:35 ID:iF7ABqUS
他の宗教(価値観の違い)を認められる宗教があるなら認めるヨ。
だが、それを認めれば自分達の教えが全てではなくなる事を証明するからな。
それこそ今の宗教の崩壊さ。利用者に洗脳された者達が踊らされてるだけさ。
世界を観ろよ。宗教とゆう名のもと戦争で犠牲になってるのは信者だろ。
宗教VS宗教?おかしいじゃないか。
宗教がない方が世の中、平和だと思わないか? 個人が霊性に還る時代だと思う。

43 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 20:49:38 ID:oZ2MJG7q
どうして生命が存在するのか
答えは簡単だ
彼らは遺伝子命令を細胞に植えつけ地球上にまいたのだ
これらの細胞はまかれた後自己増殖し外界の環境に応じて姿を変えていった
そういう風にプログラミングされているのだ
人間を始めあらゆる動植物は変化した細胞の集合体にすぎない
細胞は本体の意思ではなく内在する遺伝子の命令に従って生命活動を行っている
つまり細胞の勝手な行動によって本体が生かされている
ただそれだけなのだ
生命は望むと望まないに関わらずこうした細胞の働きによって無意味に生死を繰り返すのだ
遺伝子は完璧な設計図だ
しかしこの設計図は非常にデリケートなため
外的環境に影響されやすく
常に正しくファンクションするとは限らない
そのため彼らは幾度も地球生態系の進化メカニズムに介入し
軌道修正を行ってきた
サルの遺伝子に手を加え二足歩行の人間へと進化させたのも彼らだ
これと同じことが人間にも起こる
選ばれた種族だけが進化の恩恵に預かりより高次な存在に引き上げられるが
それ以外は容赦なく抹殺されるのだ
人間は理想形に近いが完全ではない
人間の限界を超えた種族が将来必ず現れる

44 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 08:33:36 ID:9CPr2ZjT
またハジマッタカ

45 :名無しさん@3周年:2006/07/25(火) 22:04:29 ID:xScrAx1T
オワッテナイノニハジマリモナイダロ

46 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 08:37:13 ID:aLlqIPf8
>>45
>>32ヲミロ。

47 :名無しさん@3周年:2006/07/26(水) 21:26:51 ID:bYElsbnZ
>>46 スレ主が去ったからってスレがある限り終わりじゃないだろ。
現にオマエもオレも書きこんでるじゃないか。全ての流れをミロ。

48 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 08:40:47 ID:HbEC0T/m
>>47
じゃあ頑張ってのばせ。
じゃなきゃシネ

49 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:27:01 ID:TwLC6uvG
>>47さんアホはスルーしましょ。w

50 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 09:08:40 ID:mjxKLlF6
>>48
すぐ シネ て言うな

51 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 17:34:20 ID:Zl2kV4qu
>>50
えぇ〜〜〜!!
「まだ終わりじゃない」とかほざいておきながら、全く書きこみする
気配なくって、久しぶりに書きこまれたのが。。。。

50 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 09:08:40 ID:mjxKLlF6
>>48
すぐ シネ て言うな

。。。。これ?
47と49は責任持って伸ばせや!!エラそうな口きいて所詮この程度か?



、、、、、、、、、サル

52 :名無しさん@3周年:2006/08/03(木) 02:10:47 ID:UehluF/p
>> 51 :名無しさん@3周年:2006/08/02(水) 17:34:20 ID:Zl2kV4q

。。。。。。。
じゃ、
言葉足らずに、「シネ」など言うのおよしなさい。 
命は羽のように軽くすぐに消え去るもの。
はかないからこそ大切に思いなさい。


53 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 03:40:47 ID:njM3GlDl
終了

54 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 21:47:42 ID:oah6m5cM
>>51のようなアホを相手にする義理はない。スルー。

55 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 21:56:46 ID:oah6m5cM
そもそも伸ばすとか伸ばさないとか。。そういう問題でないのは他の人達はみんな解ってるんだが。。
痛いヤシ。。。。。。。。。。。。。。

56 :名無しさん@3周年:2006/08/04(金) 22:10:58 ID:oah6m5cM
スルーできてないかも。www

57 :名無しさん@3周年:2006/08/05(土) 10:12:19 ID:7c9QKaXe
>>55
他の人達って・・・・・君しかいないねぇ。
おかしいねぇ。

  終了!!!

58 :名無しさん@3周年:2006/08/05(土) 10:53:54 ID:dGV5fjwN
宗教や崇拝行動は神が人間が増えすぎないようにあたえた要素である。

信じる人間が増えると観念が固定化されて必ず争いになる、人は他人と共感でき
受け入れる事ができる唯一の生命体なのに宗教の名の下にそれを破棄してしまう。

神の啓示なのだろうか?悪魔の囁きなのか?
受け取った人は過去の聖典にしかあらわれない。


59 :名無しさん@3周年:2006/08/13(日) 19:43:21 ID:LFWsA/+L
はア?人間が増えすぎて、なんで神が困るの?
バカバカしい!!
私は無宗教者だがそんなヒネクレた思想は持ちあわせていない。(大爆)
小子化の一途をたどる今の日本とゆう現実を見てよく考えろ。。

60 :名無しさん@3周年:2006/08/13(日) 23:16:26 ID:tX562ezz
くだらん。神も宗教も必要ないし存在しない、で終了。

61 :名無しさん@3周年:2006/08/14(月) 10:01:08 ID:2UBgB+mP
宗教(神)の名の下に戦争をしてほしくな〜い。

62 :名無しさん@3周年:2006/08/14(月) 10:17:10 ID:NaNLut0w
>>59
神とは地球の心です。
人間は今地球上で大繁殖してます。あなたのチン毛の中にケジラミが
繁殖しているように。
熱もあがってきちゃったし、地球の体調は今あまり良くありません。
そろそろ駆除しないと!と地球は考えております。
というわけで、ここのスレ終了!!!

63 :名無しさん@3周年:2006/08/15(火) 21:18:59 ID:T0sl/dZF
>>62 終了するのはケジラミ持ちのオマエだけ。w

64 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 00:06:24 ID:btuzqBeI
Zいいかげんにしろよw

65 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 11:31:09 ID:qvePV4+N
>>62
>神とは地球の心です。
心とは?
心の存在を認めてるんですね?

66 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 13:48:47 ID:AA9epVJm
地球は人間と同じひとつの生命体です。
生命体ですから当然感情はあります。
その感情が「心」です。その地球の心を人は「神」と呼びます。
終了!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

追伸:本当にいいかげんにしろよ!Z!!

67 :63:2006/08/16(水) 20:08:07 ID:A20lS66W
>>66 オレはZじゃないよ。何を勘違いしてるんだか。w
アンタの小さなケジラミ程度の「心」や「神」なんていらないよ。迷惑千万w
終了したけりゃここから離れて自己完結すればいいだろうに。強制される義理はない。


68 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 23:32:34 ID:btuzqBeI
ああ、頭のおかしな「空」の方だったかw

69 :名無しさん@3周年:2006/08/17(木) 08:25:35 ID:Vw4KTKCQ
最後にwつけないほうがいいよ。
アホっぽく見えるから

70 :名無しさん@3周年:2006/08/17(木) 09:09:37 ID:kJVkS0c+
わかりやすいなw

71 :名無しさん@3周年:2006/08/17(木) 11:34:00 ID:H47pxcyS
ナントカ言いながら続いてる。w

72 :名無しさん@3周年:2006/08/17(木) 21:23:16 ID:u8UtBgui
>>68 69 オマエ達の思考がその程度だからしょうがない。(笑)

73 :名無しさん@3周年:2006/08/18(金) 00:21:49 ID:wsCllTaM
スレに「使命」があるからだよw

74 :名無しさん@3周年:2006/08/18(金) 03:37:18 ID:3gLL8IdE
生まれた時から、僕らは天使なの
悪魔になってしまった天使もいるね。
だから、祈りがあって自分の心の中に
神様は、存在するんだよ。
そしてその自分の中の手の届かない
神様に自分は、祈りを捧げるんだよ。

75 :名無しさん@3周年:2006/08/18(金) 05:37:24 ID:e+NBgS02
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所

十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

76 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 21:06:17 ID:XvOI8ZGr
髪はいらない。あーそうさ!負け惜しみだよ11

77 :77 ◆GxqZhYcGx. :2006/08/25(金) 22:34:50 ID:Sa8ulRmF
1さんに同感だ。
しかし、自分の中の本当の自分(こんな表現でよろしい?)は簡単に見失って
しまいませんか?
一人で良書を読んだ後瞑想しているときはよい状態だとしても。
そのあと社会の荒波のなかに入っていったときにすっかりただのヒトになってしまいませんか?
不安や怒りの奴隷になり自分のハートはどこへやら・・
私はそれで悩んでいます・・
みなさんはどうやって冷静さ(?)を保っていますか?

78 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 01:49:29 ID:nk+i69yg
私は神である
あなたも神である
笑う声までおんなじね
アッハッハッハおんなじね

79 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 02:26:54 ID:cfuOkBK8
>>1
自分の中に神は存在する。そう実感する時、それは宗教にしつこく勧誘される時

80 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 08:51:40 ID:3I5ZbYml
トリップまでつけて1じゃないフリしなくてもいいのに・・・

81 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 23:03:00 ID:/QUK5WUm
生老病死
生まれた以上は逃れられない。
それならばどう生きる。


82 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 20:14:01 ID:dDlKLhM4
死ねといわれて死ぬ奴はいない。結局自分の意志で好きなようにみんな生きてる。

83 :名無しさん@3周年:2006/09/15(金) 09:59:51 ID:DhC94XuY
好きなように生きてる、というけど
何が好きなのか、が問題なんだ。

84 ::2006/09/19(火) 00:46:11 ID:L0bu5uAs
何が好きなのか、それを正面から見つめることが大切だと思う。
「自分の意志」に従っているつもりでも実は
「目先の欲望」に従っている場合があまりにも多い。
だから自分の人生にも社会にも問題は絶えないし、幸せも充実も感じられない。

目先の欲望を捨てて大欲に生きること。

「自分の意志」というのは、自分の心の中の「北極星」を求め続けることを
ベースにしなければならない。
自分がこの世に生まれてきた目的、使命、ミッション・・それらを
見つけて遂行するためには強い意志・持続力がいるが、
与えられる報酬も大きいはずだ。

好きなように生きている・・・この言葉をはきちがえると
努力を忘れ逃避に走ってしまう可能性も出てくる。
また、努力しても、自分の中の北極星に背を向けて逆方向に歩むと
自分の使命とは異なる道に入り込んで、人生がスムーズに動かなくなり
報われない一生になってしまう。

自分の内にある神の声を聴くこと。

久しぶりにレスしてしまったが、
どうせ、また書き込みやがってとか、言われるんだろうな。
というわけで、ここで終了。

85 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:00:07 ID:brQu1ukO
いくら自分の中に神があると自覚したつもり
でも、嫌いな人は嫌いだし

ある祈りを祈ればいいと
言われて祈っても、全然安心できない

多分、一生平静な気持ちなんて
手に入らないんだと思っています…

死んだら平静な心で生きれる
のでしょうか…

86 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 01:08:41 ID:J+xDun4T
>>85
ttp://www.nnc.or.jp/~takafumi/psych/term/list/adach.html
このへんがよさそう。

87 :名無しさん@3周年:2006/09/19(火) 19:32:25 ID:conbqBMA
>>84
お前消えたんとちゃうんか?ノコノコ出てくるな!
こんなクソスレでも残したいのか?

88 :アールグレイなTAO:2006/09/20(水) 10:25:08 ID:Iw71ALsT

 自分の中に神はある、という捉え方は、正しいかも。
 真言密教の哲学も
 ヒンズーも
 神道も
 キリスト教さえ
 天風哲学の宇宙霊もそうだしね。

 俺の傍観者的体験だと、死んでも、安心できず、安らぎを得られない「人」
もいるみたいだよ。

 神があるということは、自覚しようとして出来るんじゃなくて、あれっ、
と断片を無意識に拾い集めて、そこから、全体像を思うとき、なんとなく
感じられるものかもしれない。

 まぁ、我々は、神様の端末みたいなもんで、回線状況が、はなはだ良くない、
というそんな感じかもしれないなー。


89 :アールグレイなTAO:2006/09/20(水) 10:27:21 ID:Iw71ALsT
>>87

回線が切れてるの?

90 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 08:49:29 ID:cqbJT29G
調子に乗るなよ。

91 :名無しさん@3周年:2006/09/21(木) 23:27:38 ID:57zIVUEg
神にすがらなきゃ生きていけない奴なんてほっとけよ。

既存宗教の否定と神に対する新しい定義ってのは宗教が
陥ってる馬鹿なループじゃないか。それに気づけない奴が
延々こうやって神を語り続けるんだよ。さも素晴らしいこと
を考えているかのように。

92 :アールグレイなTAO:2006/09/22(金) 06:54:50 ID:GVJmRBGG
>>91

 神を語るのをやめればいいのは、ある意味では確かだ。
 神はすがるものではないし、語るものでもないし。
 神の定義を、積極的にやろうとしたって、それは分かるはずもない。

 ある種のエネルギー的基礎を、体感できるようになるまで、その端緒は
なかなか見えない。
 神を語るというより、宗教的情操をイディオロギーやドグマから解放しなけければね。

 結局なんでもいいんだが、ループを繰り返しながら、現実的に生きて行けば、
人間的な蓄積が、それなりにできるだろう。

 神はすがるものじゃないだろうな。「神」はなくてもかまわない。
 

93 :アールグレイなTAO:2006/09/22(金) 06:56:57 ID:GVJmRBGG

 むしろ「イディオロギーとしての宗教概念」の愚かさに、人間というものの
群れる動物が、ボスを作らないと落ち着かないような、そんな原始的な
ものが投影されてるかもしれない。


94 :アールグレイなTAO:2006/09/22(金) 06:58:42 ID:GVJmRBGG
>さも素晴らしいこと
>を考えているかのように。

 そうでない捉え方もあるだろうに。

95 ::2006/09/22(金) 22:01:12 ID:zIH5z4MI
TAOさん、お久しぶりです。

仕事が忙しくなったこともあって
もう書かないつもりでいたんですけどね。

アールグレイなスレもまた寄らせてもらいます。

いずれにせよ、「神」という単語がここまで
いろいろと波紋を呼ぶ単語とはね・・・

96 :アールグレイなTAO:2006/09/22(金) 22:18:40 ID:GVJmRBGG

 やぁ、Zさんお久しぶり。
 アールグレイで甘美な午睡は9をもってひとまず休止となりました。
 残念ですが・・・。

 「神」という言葉は実に面白い。
 結局何かを表現してるようで、何も固定的には表現していない。
 俺は、固定的な意味での、キリスト教のような支配の神様は信じてませんが。
 根本的な何かがあって、それが各自の心のプリズムで、現れ方が違うのかも
しれません。

 俺も、あれこれやりましたが、それらの宗門はオーエスみたいなもので、ウィンドウズ
であろうと、マックであろうと、さほど大きな問題ではない。
 そこにのせて動くソフトの性質や仕事が問題なのであって、オーエス論争で胸倉つかんだり
するからおかしなことになる。

 まぁ、どの人間も同じ原理でいきてるんだから、争いほどつまらないものもない。

97 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/09/22(金) 23:03:08 ID:D7szgRqO

TAOさん、こんばんは
「アールグレイで甘美な午睡」スレではお世話になりました。
お元気そうでなによりです。

>>88
>  まぁ、我々は、神様の端末みたいなもんで、回線状況が、はなはだ良くない、
> というそんな感じかもしれないなー。

先日読んだのですが、面白い表現ですね。



Zさん、はじめまして(たぶん)

こちらのスレは1〜2にかけてROM させていただいていました。
よろしくお願い致します。

98 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 04:30:05 ID:V3fpaJyf
> ある種のエネルギー的基礎を、体感できるようになるまで、その端緒は
>なかなか見えない

人間は誤解もご認識もする愚かな存在であることを忘れた結果がこれ。
宗教に関わり見失えば皆こうなる。最も面白いのは、本人に見失っている
自覚がない点。単なる主観至上主義を言葉巧みにとりつくろってるに過ぎない。

宗教とはそういうもの。神もしかり。ありもしないものをでっちあげる行為、
それが宗教である。宗教も神もなくてかまわないなら語る必要すらない。
すべてを肯定的にしか解釈できない宗教にまみれた人間は、こういった
話も「神についておまえは語ってる」などと言うものだ。

無論、客観的になれる人間はすぐわかる。論点は「神を語る愚かな
人間」であるということを。

99 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 07:38:29 ID:ufFItYop
>>98
 その通りでもあるよ。

 しかし、俺のいう「ある種のエネルギー的基礎」というのは、むしろ、
「客観的共同幻想」とでもいうべきものを作り出すような、集合意識のこと
でもある。
 これを仮定して、そういったものの「惑わし」から離れよう、ということだ。

 レイキなどの批判で、回路上の測定器や、電離層というものにたとえて、これ
への盲信を、存在様式の不確かさを見抜く心的態度を主張してきたのだが、なかなか
分かって貰えない。

 そもそも、俺が、もっとも対立する、日蓮宗と真言宗について言及してること
の意味の裏返しもそのあたりにあるのだけれど。

 結局、絶対化をいかに避けて、相対化のプロセス、その作業のなかで、心の位相が
変わるときの似姿をいかに、おのれを通して、客観的に見るか、それがあの
レイキ批判の骨子だった。書いてある内容だけではない、これを書く心的態度は
いかが、って部分が実はある。

 霊的現象と「称するもの」は、一種トランスパーソナル、に起こる。
 このワナをその中にあって、いかに見抜くか。蜃気楼に惑わされないかは、
流れの中にあって、流されながら、これを空じていくという心的態度がいるのだ。

 今、大問題になっているヒーリング団体の例を見ればわかるだろう。
 それは、[一定範囲の人々には]確かに感じられ、狭い意味での客観的なオカルト
現象が生じる。



100 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 07:40:55 ID:ufFItYop

 しかし、行き着く先は、大脳ではなく、小脳や間脳が司る世界。
 いわばオットセイ現象だ。たくさんのメスがオスに群がる単純な図式。
 これが何を意味するのか。
 実に興味深いことである。
 それは、昔から、業とかカルマの悪い面として見られてきた、働きであり、
その似姿顕現なのだ。


 で、それは、全部虚妄としても片付けられる。しかし、それだけではない面が
ある。
「それだけではない面」を作り出す人の心の働き、カラクリの客観的な何か。
 これを電離層のような存在感で、仮定しようと言ってるのだよ。
 つまり、似たオカルト的視座にあえて身をおいて、これに飲み込まれないようにする。
 それを、いわゆる現実とは違うところに身を置いてやる。

 すると、カルトやイディオロギーに固まった世界が、また違った広がりで見える。
 一種の気の感覚というものでも、整理ができるようになる。
 ここは、つまり、気の感覚は、確率的な意味では、客観性があるのだ。
 その程度に過ぎない。
 しかし、ドグマに魅了されて、宗教団体に引きずり込まれる危険は随分減る。

 しかし、これ自体、教条、ドグマに陥る危険がある。
 そうならないための、回路の設計図をあえて出したのが、407本人だった。
 これも、立場、存在というものである以上、限界はある。



101 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 07:43:12 ID:ufFItYop
 回路にあるパーツは内部抵抗を免れない。
 交流電流であれば、周波数によって抵抗値が変わることもある。インピーダンスというんだが。

 多くは置き換えて語るでしか、体感は現せない。
 つまり、俺は神でもなんでもない。また、リザーブタンクを経て、神の送油管とつながってる
そういう意味でもある。

 すべては、置き換えて語るのが限度。ここは文字の世界なのだ。
 単語では難しく、体験の似姿を言葉、言葉をつなぐ、行間、論の展開の
仕方、こういうもので必死こいて表現してる阿呆な俺、こういうことだ。

 俺は、一貫して、こういうものを信じましょうというのではなく、なぜ危ないか
なぜ危なかったを針金を延ばしくねりして屁理屈をいってるとも言える。

 でも、類似体験した人には何か、同感する部分があり、そこはカルトを避ける
かなり有意義なスタンスでもある、と分かって貰えるだろう。

 単語を額面どおりにとるのでなはく、その論の展開の似姿、モードのほうに
意味があるのだ。


102 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 07:53:44 ID:ufFItYop

>>98の様な、心的態度は、決して悪くないが、それをニュートン力学の
ように頑なに考えると、客観的共同幻想に取り込まれ、驚くべき現象
驚くべき、具体的な成果、を見せられたとき、これに魅了され、一気に
唯物論的視点や、現実に基礎をおいた考え方を、単純に否定する人間に
早変わりしてしまう。

したがって、旧来の神様否定論は、意外に力をもたず、カルトの噴出を
思わず助けてしまうことになる。

それほど、精神病でもなく、しかし、異常な世界というのは、客観的に
展開するのだ。

で、これを見るにも、絶対的に神を否定するのでなく、相対化プロセスの中で
そもそも、これほどにも惑う、人間存在とか何ぞや、という問題提議が行われ
続けなければならない、と思う。

さもないと、ニヒリズムに陥り、それ自体が、宗教のように、人の共通信念と
なるおそれがある。

柔らかな心が必要だ。

103 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 08:15:34 ID:ufFItYop

 もちろん、それは、「新しい宗教をつくる」ような立場でもある。
 客観的には。
 正確に言うと、宗教ではなく、「ある主観」を述べていることに変わりはないのだ。

 全面的に神を論じ、神を語ることを忌避するのも、一種の主観であり、相対的には
客観だ。

 法の解釈論争のごときもの。
 数学でも、結局それは、人間の考え出した、科学の言語。

 ただ、その「すり合せの過程」で真実性が担保されていく。

 でも、それをしょせん、人間なんてという、人間存在を侮蔑した思い、
虚無、皮肉でやるのと、人間存在を、たとえ敵対者であろうと、認めて行う
とでは、大きな違いがでる。

 その大きな違いに「神様のようなものの断片」を感じてしまっても、それは
それでいいだろう、と。
 そのとき、天を仰いで、う〜んと、感じ入ってもいいじゃないか、と。

 

104 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 08:18:46 ID:ufFItYop

 俺自身のこの考えも、新たな「宗教」を作りかねない、姿勢なのだ。

 常に、気をつけるべきは、ドグマ、教条、思考抜き、具体的事例提示なし、
の心的態度にならぬこと、こういった、極めてシンプルなことではないか。


105 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 11:23:51 ID:ufFItYop

 少し時間があいたので、さらに付加して書くが、

 >>98の意見は、これが感情論に近いものである、という印象を与えるのだ。
 それゆえ説得力が薄い。
 
 感情論であるという印象を与えるということは、心的態度に主観的な要素が
濃い、ということを推定させる。

 なぜ、このような価値観に至ったかを、客観的に、こちらに納得させるものが
ない。

 そういう意味では、ドグマの表白に近いのだ。
 間違えた認識をもつ相手に、どういう姿勢で望むかも、実は、期せずして
その人物の心的態度を、相手にみせてしまう。

 そういった部分をいかに、超えるか、むしろ、そのことの方が、逆にカルトな
どを見抜き、その存在に待ったをかけていくことになるように思う。


106 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 11:27:07 ID:ufFItYop

 粘着になったが、実は、こういうことを超えられないことが、カルトの存在を
許すスキを与えてしまう。

 いろんな事例を見て、しみじみ感じる。


107 :アールグレイなTAO:2006/09/23(土) 11:40:22 ID:ufFItYop
訂正>>102

> >>98の様な、心的態度は、決して悪くないが

 →>>98の様な、心的態度は、一見決して悪くないように見えるが

108 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 13:18:24 ID:V3fpaJyf
無意味なことにこれほど言葉を費やせるカルト性。

説得力のない主観至上主義に説得力のある反論は必要ない。

>>99
>これを仮定して、
この幻想設定が神や宗教のでっちあげの図々しさを雄弁に
物語っている。

感情を押し殺して論理的であることを装う、宗教に溺れた人間に
対しては、完全否定で十分である。

そもそもがこのスレタイ「自分の内に神は存在する」などとうい
トンデモ論をかかげたスレなのだから。ここで肯定的に神を
語ること自体がカルトである。

109 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 16:50:33 ID:3wI5GeJM
神の実在論などと言うものは、現在、観念論の域を出ていない。

観念「…と思う」の世界であり、実在を論じるものではないから、観念論として見れば、矛盾は無いのである。

110 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 00:31:10 ID:CcfMQj/l
>神の実在論などと言うものは、現在、観念論の域を出ていない。

この三次元空間に存在するものが全てと立証できるのだろうか。

「神」を否定しない → (短絡)→カルト性 

明らかに否定の為の否定でしかない。持論の証明も説明も本気ではできない。
「観念」と「実在」の真の理解をし得ない感覚を正しいと認識している限りは
永遠に否定し続けることしかできないと思う。
それでも別に困ることもなく一生を終え死を迎える。まぁ、それもよし。
しかしいずれか何らかの疑問を覚えた時には己の既成観念に縛られない
柔軟な心を持つことも必要かもしれない。

111 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 10:05:08 ID:7W3o/3W+
>>79
ワロタw
前、うちにきた奴に親鸞が守護霊に憑いてるって言ってやったw
それ関係だったからw

112 :名無しさん@3周年:2006/09/24(日) 20:18:35 ID:CcfMQj/l
>>111
そりゃ面白かったね。w
からかわれちゃってちと気の毒だが。

113 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 01:29:41 ID:/rt/UXN1
>>110
>しかしいずれか何らかの疑問を覚えた時には己の既成観念に縛られない
>柔軟な心を持つことも必要かもしれない。

これに神は何の関係もないわけで。神が造語でありこじつけであることが
わからなければ永遠に神に結び付けて物事を考えるという過ちに陥る。

114 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:20:10 ID:OW+Xv8nX
神はサンタクロースである。
神を名乗る人間は多い。
しかし実体は無いのである。
子供や大人は、神やサンタクロース
の存在を信じる事で、精神的充実感を
手にする。
サンタクロースと神の違いは、
サンタクロースの概念で争う人間はいないが。
神についての概念の違いで人は争う事が出来る
のである。
サンタクロースの存在の有無は、人間の自我
をそんなに傷つけないが、神についての論争
は、人間の自我をいたく傷つけるらしく、
自分の信仰対象を批判されると、攻撃する人がいる
この人は、自分の信仰する対象と自我を同一化している。
これは同一化とも言えるし、
自我・エゴを神という絶対的存在の権威にまで
拡大したとも言える。

反対に、真にその宗教を極めた者は、神または仏の前に、自我・エゴ・わがままを
限り無く無くそうと努め、愛と平和を実行
しようとする。

115 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:45:04 ID:OW+Xv8nX
真のユダヤ教のラビは、イスラム教と和解
しようと努めている。

116 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 22:56:23 ID:OW+Xv8nX
これは、お互いに神という概念を構築しながらも、
その前に自我を慎もうと努めるのか、神の名の下に
自我を拡大して相手を攻撃するかの違いである。
似ているようで、その結果は大きく異なる。

一般市民の信者は、民族・部族感情、家族、仲間、
などのしがらみの影響を受けやすく、
神の前にエゴを無に近付けようと
するよりも、神の名の下で相手を攻撃
した方がわかりやすく、やり易く、周囲は誉
め讃えるので、そうなりがちである。

117 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:02:52 ID:OW+Xv8nX
自己の内や外に神の概念を
構築するのは、あまり重要ではなく、神の概念の前に
エゴを無に近付け、愛と平和を実現しようと
努めるのか、神の概念とエゴを結び付けて、
エゴを正当化してゆくかで、結果は異なるのである。
前者は宗教であり、
後者はカルトである。

118 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:28:44 ID:s/W7hRwv
>>113

>>110この三次元空間に存在するものが全てと立証できるのだろうか
 ↑ 
 このことが立証できない限りは

>神が造語でありこじつけであることが わからなければ
>永遠に神に結び付けて物事を考えるという過ちに陥る。

などという論法を繰り返すことだろう。
それもわるくはないのだが、壁の中の意識から出ることはできない。

119 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 23:31:07 ID:cwr6/jAe
神が自分の内に存在するかどうかはわからないけど、
神の存在と宗教の存在とどっちが先だったか、と考えて
宗教の存在に疑問を持ったことはある。

120 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 00:02:54 ID:OJ9Qb10Z
>>118
その立証と神は何の関係もありませんよ。

それが見えていないとあなたのような指摘をしてしまう。
「壁の中の意識から出る」ことと、その立証はこれまた何の関係もない。

121 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 01:01:49 ID:p9MOwuGw
>>120
>「壁の中の意識から出る」ことと、その立証はこれまた何の関係もない

見えていないのはそちらの方ですよ。
立証できないものもあると承知の上の問いかけです。
何の関係もないなどと断言できる根拠は何処にもない。

122 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 02:49:16 ID:OJ9Qb10Z
「壁の中の意識から出る」ことを客観的に示せないあなたに

>何の関係もないなどと断言できる根拠は何処にもない。
この反論は成立しない。というより何も言ってないに等しい。

結局は、極主観的こじつけということになりますか。
それを大仰に素晴らしいものかのように表現するところが
あなたたちの悪いところですね。

123 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 08:42:37 ID:m+EHQZmK
なに?復活したの?お前ら以外誰も反応せずに沈みかけてたスレを
自分で掘り起こしておいて、
>「神」という単語がここまで
>いろいろと波紋を呼ぶ単語とはね・・・
とか、サル的発言に大爆笑なんですけど。
アールなんとかって、ヒマなんだね。かわいそうに

124 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 16:59:38 ID:pI8tDK4I
神の実在論などは、実証しない限り観念論。
観念論と言われるのが嫌なら、神の実在を実証するしかない。
科学的に実証するか、人格的完成によって、
人々に神の実在を「感じさせるか」しかない。

125 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 17:39:17 ID:pI8tDK4I
しかし、人格が完成したように見せかけて、
人々を騙す、ニセ宗教者が後を絶たない。
神の存在を科学的に実証するよりも、騙す
方が楽だからだ。

126 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:23:27 ID:4H2bGwqr
>>125 自分の外に神を置いているから騙される。。いい例ではないか。

127 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:46:10 ID:4H2bGwqr
そもそも神を科学で実証できるなんてアンタにとってどんなにちっぽけな神なんだ?(爆)

128 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 21:47:48 ID:lmBwGvK1
1+1=2 これが神だ。

129 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 05:01:21 ID:8wv0LoVe
>>122
>この反論は成立しない。というより何も言ってないに等しい。
同じ言葉をあなたに返しましょう。

>大仰に素晴らしいものかのように表現するところが
>あなたたちの悪いところですね。
みながみな大仰には言っていないのではないですか?
そう取りたがるのはあなた達の通有性ですね。
そして「悪いところ」などと否定的な言い方で終わる。
もっと広い気持ちの見方もできるとよいのにと思いますよ。

130 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 19:08:47 ID:aKavEDdq
また同じ議論の繰り返しを延々するの?
君らには、生産性も発展性も無いのか?
グジグジグジグジグジグジいつまでもアホな連中だこと

131 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 22:56:41 ID:gsVQGHcs
>>129
>同じ言葉をあなたに返しましょう。
議論においてオウム返しは敗北宣言。
あなたのことですから、勝ち負けの問題じゃないやら
議論をしているのではないやら言うでしょう。

それとも「壁の中の意識から出る」ことを
科学的客観的に示せますか?

>何の関係もないなどと断言できる根拠は何処にもない。
この反論は成立しない。というより何も言ってないに等しい。

大仰に素晴らしいものかのように表現するとは
あなたのように言葉のあやを利用して
暗に含ませた中身のない戯言を言い連ねることを
言ってるのです。>>1も見ての通りあなたと同類です。


132 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:43:49 ID:UBs7Co1j
現代の科学って発展段階だろが。解明できてない事がゴマンとあるゼw

133 :名無しさん@3周年:2006/09/27(水) 23:48:19 ID:UBs7Co1j
世の中、物理だけで問題解決できればみんな苦労しないぞ。

134 :名無しさん@3周年:2006/09/28(木) 00:12:45 ID:1ANvPC/a
それはそうです。

しかし、だからといってそれを逆手に取り

>何の関係もないなどと断言できる根拠は何処にもない。

などと言うのは困ったものです。「根拠」を持ち出しておきながら
関係を肯定できる根拠は示さないのですから。

まあ、いつものあれですよね。悪魔のなんとかです。

135 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 05:24:58 ID:CJ6UTo9W
>同じ言葉をあなたに返しましょう。
>議論においてオウム返しは敗北宣言。
相変わらずの論法。

>それとも「壁の中の意識から出る」ことを
>科学的客観的に示せますか?
そもそも客観的に示せるはずのないものを対象とした議論です。
ある意味初めから三次元的にはあなた方のほうが優位に立っているのです。
別に
>大仰に素晴らしいものかのように表現する
など考えてもいません。
そう取るのはあなた方の見えないものに対する自分でも自覚しない
「畏れ」とでもいうものでしょう。
「壁の中の意識」とはどの場合においても、勿論現代科学の学習においても
想定不可能であった新しい知識を認識する前の事実です。
想像上のもっともたるもの「悪魔」という言葉をあなたから聞くとは思いませんでしたよ。

もう止めましょう。^^



136 :名無しさん@3周年:2006/09/29(金) 05:55:56 ID:DwVHKjqe
話が通じなくて困ったことはありませんか?

人間が奇跡やら超常やらと呼ぶものは単なる
非日常や未知にすぎないのです。神とは何の関係もありません。
そして、このことに根拠は必要ありません。関係がないことを
言うのに根拠が必要ですか?それは「存在しない根拠」のような
ばかげた話と同等です。

>「壁の中の意識」とはどの場合においても、勿論現代科学の学習においても
>想定不可能であった新しい知識を認識する前の事実です。
こういう意味を指しているのなら単に未知のものを知る
という意味に過ぎないですね。何故そのような比喩を使われた
のか理解に苦しみます。そのような言い回しを「大仰」と言ってるのですよ。

とにかく神を連想させたり宗教じみたりする発言は慎みましょう。
無用の誤解が増えるだけです。宗教を賛美する方は言葉に無頓着です。
自由を履き違えておられます。

ちなみに「悪魔のなんとか」の意味がわからなかったようで残念です。
宗教に浸った人間のよくとる詭弁を悪魔のなんとかと呼ぶのです。
ご存知でしょう?無論悪魔など存在しません。神が存在しないのと同様に。
当たり前のことですよ。神やら悪魔は未知の領域ではありません。
中身のない単なる言葉なのです。

137 :名無しさん@3周年:2006/10/12(木) 16:55:55 ID:1eAmE1S6
>「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」
アフォだな。神なんて概念認めたら宗教団体もすぐに出てくるんだよw
神も捨てろ!



138 :名無しさん@3周年:2006/10/13(金) 19:16:52 ID:R2SiMMnh
>>137
書きこむな!また馬鹿連中が過剰反応する。

139 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 00:29:39 ID:UGAm94ei
それが面白いしw

140 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:49:01 ID:cnvZcu2k
>>1「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」

その通りだと思う
宗教はいずれは必要がなくらると思う
その時とは多くの人(10万人〜14万人かな)が自分の内に神は存在する
ということを思い出した時だと思う

141 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 00:51:49 ID:n7u+tzRT
10月17日から18日までイベント開始! 
貴方の想いが何万倍にも増幅されます。
この機会を利用してぜひ貴方も幸せになってください。
※お金は一切かかりませんので御心配なく!


http://plaza.rakuten.co.jp/angelique111/diary/200610090000/

142 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 01:17:38 ID:Ck1UNVsu
>>1 それなんてラヴェイの悪魔主義?

143 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 08:38:32 ID:X6IEmovl
神の理解を個々に任せた神はえらい。

144 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 08:56:06 ID:1C/3ejFC
そろそろ次スレたてろや!あん?コラ!

145 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 18:31:22 ID:JhxIdp1K
宗教がいらないのは当然だがなんで神が必要なのかわからん

146 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 23:22:28 ID:bcij5CSP
それは宗教が必要だからでしょうね。この無限ループに
気づけない愚かさが宗教といえるでしょう。


宗教は不要、神は存在しない。

147 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 00:31:16 ID:ZP+bD8po
いつ自分がいることに気がついたか解らないように
神のことも知らないうちに気がつくんだよ。
いや、気がつかされてしまうという方が近いかも。




148 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 01:03:26 ID:vB40Qr8o
気づいたものを神と呼びたい願望

149 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/17(火) 01:19:21 ID:0pUbBIrD
http://www.hikinik.net/camera/img/P9180569.jpg
鵜戸神宮の奇岩

150 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 23:11:01 ID:tm9sxQkc
神と自分は同一のものか?

151 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/17(火) 23:39:12 ID:0pUbBIrD
霊としての存在とするもののことなら別ですが、
形而上という意味なら同一

152 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 09:00:12 ID:CHscjEu2
もうかなりうっとうしいぞ。
同じ議論をいつまで繰り返すつもりだ?
前スレ読め

153 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 10:25:09 ID:7+wvckfK
自分を神と思うやつがいるから厄介なんだ 人間はあくまで人間で神にはなれない!神と人間を切り離し、あくまで神を愛する、これしか人類が生き残るすべはもうない!人間は自分を愛しすぎると危険なんだ

154 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 10:46:49 ID:gAXpbrG1
自分が憎しみとか怒りとか、感情や欲望を
持ったままで、自分は神だと思っても、
神になるわけがない。欲望や感情が増大するだけだ。
神の前に自分を限り無く虚しくする方が良いでしょう。

155 :◆KNnR/ob96E :2006/10/18(水) 11:35:50 ID:nivXPgFr
>>157 いいや。そうではないと思います。


156 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 12:39:47 ID:oKAvVWD+
神も宗教も必要ない。

157 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 12:40:25 ID:oKAvVWD+
神について肯定的に語ることは正しい。

158 :◆KNnR/ob96E :2006/10/18(水) 15:36:22 ID:nivXPgFr
神は概念。

159 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 15:56:50 ID:oKAvVWD+
その概念は必要ない。

160 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 21:08:53 ID:uvbdzMN5
宗教は科学?

161 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:54:31 ID:zoqLdVtt
どうにもならないときには神に祈れ。

162 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 12:25:54 ID:2pDtyAiY
 ↑  かなりの確率で人間はそうなるだろうね。

163 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 16:46:11 ID:C0WX0H4M
>>162神様なんてそんなもんでいいんだよ
毎日祈るとか金納めるとか要らないんだよ
困った時に助けるのが神
関係ない時は静かにパンでも食ってろと

164 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 17:21:12 ID:mcmZp9FW
バカですな。非常にバカなレスだ。


165 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/19(木) 21:37:42 ID:KrZqRtPO
http://www.mars.dti.ne.jp/~techno/column/text9.htm

166 :名無しさん@3周年:2006/10/22(日) 15:26:29 ID:ZUOCUsdb
最もバカなレスは神について糞マジメに語るというもの。

神に対する無関心、これが健全な精神。

167 :名無しさん@←ブラックホール:2006/10/22(日) 16:59:27 ID:rLNxDh12
せめてかんながらと言ってほしい

168 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 12:12:40 ID:3sw1unh4
宗教はいらない。そしてこのスレも・・・・

169 :名無しさん@3周年:2006/10/24(火) 23:04:00 ID:OH5qRygk
      /) /)
      (´・д・) キコキコ
      (  O┬O
   ε=◎ヽJ┴◎)

170 :名無しさん@3周年:2006/10/27(金) 15:27:41 ID:lfjZvM0o
>>166
ふ〜ん、そーなの?

171 ::2006/11/18(土) 07:22:30 ID:MTulHig1
まだここやってたんですね。
久々にのぞいてみましたが、とまってますね。
しばらくまた持論でも語らせてもらおうかな。
盛り上がるとおもうし。

172 ::2006/11/18(土) 09:12:54 ID:MTulHig1
宗教がいらないわけではないと思います。
宗教が悪いわけでもない。善悪の判断は個人。その人の選択。
どのような概念を自分の真実とするかは、自由だと思います。
ただ、その概念を通して、世の中を見るのはかまわない。しかし、それが全てと考えるのはどうかと思います。

173 :月子:2006/11/19(日) 02:25:32 ID:+t2+vwu9
あ、スレ3が立っていたのですね。
1で風さんに質問していたころが懐かしいなー

弥生あらため月子です。
よろしくお願いします。>Zさん&all
ロム中心ですが。

1が立った頃から、結構考えていたテーマでした。
私は宗教は入っていません。どこからでも、道は通じると思っています。


174 :月子:2006/11/19(日) 02:59:17 ID:+t2+vwu9
まだ、ここの皆さんのレスを読んでいないのですが、
宗教はいらないと結論付ける以上は→では、宗教とはなんだろうか? という
疑問に答えが必要になってきます。
それによって、人は、是是非非を自己に問いかけていくと思いますね。
「信仰とはなにか?」と限定した場合、「道」これは老子のいう意味で
とらえるのが私は好きなのですが、この道に繋がる「方法」のような気がします。
そういった意味では、信仰の他に、お茶、お花、お香、舞踊他の
「道」モノはすべて信仰に通じるものがあると思うんですね。

175 :月子:2006/11/19(日) 03:02:21 ID:+t2+vwu9
お抹茶を立てる時、「人間は立って半畳、寝るのには畳一畳ですむ」とか、
「戦に臨む直前の武将たちの静謐な時間」気分を思い起こします。
狭いけれども、なぜか日本人なら誰もが感動する、小堀遠州や如庵などの茶室。
(利休は有名すぎて略・・・書いたけど)
徹底的に無駄を省いて、非日常的な日常から抽出された真、善、美の感覚的結集が
かたちになって表現された世界が古来の茶室だと思いますが、
こうした茶室でお茶を頂くことそのものが、当時の武将の気分になれば、
一種の、瞬間に凝縮した信仰の時間ではなかったかと思うのです。
信仰はあらためて考えなくても、すでに、日本人の歴史の中から、
習慣の中に根付いているものだというのは、あまりにも定説ですが、
そういったものが最近失われていっています。
だから、あえて、語る意味があるのかもしれないと思います。
このような視点から、宗教はいらないのではないかと考えてきたように
思います。
ただ、信仰は必要だなと思っていることになるかもしれません。

176 ::2006/11/19(日) 09:44:56 ID:NikQaDD7
月子さん、こんにちは。

人の選択は様々。それ自体に意味などないと思います。意味があるとしているのは誰か?それは「私」であると思います。
その選択が宗教ならば、それはそれでいい。選ばないならそれでいい。
どれが合っているとか、間違っているといった論争は好きではありません。争いですから。
何を選択しても、おっしゃるように同じことだと思います。

177 ::2006/11/19(日) 09:52:58 ID:NikQaDD7
物事を突き詰めていけば、同じ結論に達する。それは事実だと思います。
自分が信じた道をいけばいい。
かつての私は、自分の選んだ道が全てでしたから、批判、反論、否定意見に対しての耐性がなかったのですね。だから、感情が動く。愚かでしたね。
それぞれ別の選択があり、体験があり、学びがある。上も下も、善悪も、優劣もない。
あるがままでいいのだとおもいます。


178 :月子:2006/11/20(月) 01:06:00 ID:Ji1XHIdE
お返事ありがとうございます。
そうですよね。あるがままでいいと思います。

179 ::2006/11/20(月) 01:18:40 ID:QMce3v+P
過去にこだわり、いつまでもいい続ける人は、確かにいます。
しかし、その人がそれで満足ならば、言わせてあげればいい。
月子さんは月子さん。
何もかわらない。

180 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/20(月) 09:42:25 ID:Ti4AiVM4
>>178は私ではないですよ。
内容は特に異論はありませんが・・・あるがままでいいとは
今は考えていませんね。
それにしても、変わった騙りだなあ。。。(笑)

私は時間をかけないと、相手の言うことが味わえないたちです。
>>176-177にどうお返事をしていいかも、今のところよくわかりません。
では。


181 ::2006/11/20(月) 12:30:26 ID:QMce3v+P
いずれ、わかるひもくるかもしれません。
それはわからない。

必要な体験は、黙っていてもできる。
もう、何かいうのはやめにしますね。



182 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/20(月) 13:12:35 ID:Og1teV/w
>>181 風さん、こんにちは。レスありがとうございます。
>>177についてですが、
言っておられることはわかります。
ただ、「あるがままでいい」という言葉の捉え方が
人それぞれのような気がして・・・。
私の捉え方だと、あるがままでいいとなると、今以上になにも必要なし
という感じに見えるのです。
私は今回クリシュナムルティが入ってきましたが、消費すると、やはり
信仰の書ではない気がするのは、これまでと同じでした。
飽きてしまうのです。
「あるがまま」ということばにも、飽きてしまう、深みがないような気が
するのです。
風さんの解釈は私とはちがうと思いますが・・・もっと、風さんの言葉で
「あるがまま」を説明していただけたら、おっしゃりたいことが、よく理解
できるかもしれません。

183 ::2006/11/20(月) 13:20:08 ID:QMce3v+P
あるがままとは、現状をそのまま受け入れること。解釈でなく、判断でもない。
そして、過去でなく、未来でなく「今」を生きること。
現状に満足できないのは、我欲ではないでしょうか。
欲ならば、誰でももっている。そこに善悪は存在しない。
しかし、自我と欲が我欲となると、その欲望は際限なく、自分勝手に発展していくのだと思うのです。

それをさせないためには、自我を見極める必要がある。

184 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/20(月) 13:22:05 ID:Og1teV/w
私はZさんの

>内にある自分の声に耳をすまし、毎日沈思黙考して
>この世に生まれてきた目的、自分の使命をさがしながら
>一日一日を一生懸命、生きましょう。

これにとても共感します。

同時に外界のあらゆる可能性にも繋がりたくて、ネットに繋いでいるのです。
(掲示板だけでなく)
それは、あるがままの自分では、かなり不満だからだと思います。
どんなことも、成長にできればつなげたいと思っています。
本、人々、社会の動き、歴史、コモンセンス、すべてが私には未知です。
だから楽しみでもあります。


185 ::2006/11/20(月) 13:23:36 ID:QMce3v+P
自我とは「自分勝手に考える」傾向があります。

自分にとって有利か不利か。それが中心にあると思うのです。
その虜となれば、かならず感情が動きます。特に怒りは容易く動きやすく、渦中にいることすらわからなくなることさえあります。

186 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/20(月) 13:24:38 ID:Og1teV/w
風さん、こんにちは。^^
パソ落として、でかけますので。

>>183
のちほど、読ませていただきますね。どうもレスありがとう。

187 ::2006/11/20(月) 13:29:30 ID:QMce3v+P
それを回避するだけでなく、消滅させる力、それが「慈悲」だと思うのです。
自己に対する慈悲、他者に対する慈悲。それが自我を消滅させてくれると、私は信じています。

あるがままとは、現状を認めた上で、何を選択するかを選ぶこと。
自由である人が何を選択するのか。争いか。平和か。静寂か。怒りか。
それをみられている気がします。

188 :名無しさん@3周年:2006/11/21(火) 12:40:10 ID:h8GkHWFl
またスレが進んでいるのですね。

宗教を否定する人がいてその気持ちも分らないわけではありませんが
まずは、神を求めて感じたい人達への案内くらいに思ってはいかがでしょう。
本質はそれ以降にあり、です。
多くの宗教が伝えるものは同じところにつながるでしょうし、
本気で求めればいずれか得られるはずです。その方に進んでいくのですから。
人は何の為に生まれたか。
生きるためです。ですから殺してはいけないし、自殺もその本来の意図から外れます。
その各々の人生で何を経験するかが大きな問題ですよね。
全てが貴重な経験です。

189 ::2006/11/21(火) 13:04:10 ID:rdpETyX/
なるほどね。

190 :188:2006/11/21(火) 13:33:27 ID:h8GkHWFl
追加ですが、私も現在のような宗教形態は好きではありません。
誤解なきよう。


191 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 00:09:58 ID:RWm9yRyT

慈愛では駄目でつか?

192 ::2006/11/22(水) 01:24:41 ID:fnMtFWnO
慈愛、いいと思いますよ。ぜひ実践なさってください。


193 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 18:31:15 ID:RWm9yRyT
>>192

頑張ります。
力まずにね。ありがとう、風さん。。

194 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 21:46:28 ID:CyjJXfa3
あるがままであれば慈愛に実践という言葉は必要ではないかも。

195 ::2006/11/23(木) 01:21:25 ID:SY+6hUsG
慈愛を実践するのは、自我を消滅させることと認識しております。
「あるがまま」とは「今の現状のまま」というわけではありません。
自我のある状態では、「自我=エゴ」が私であると考えてしまうのです。
あるがままは、わがままではありません。
自己の幸せだけでなく、他者の幸せを願う「慈愛」は、自我を消滅させる手段の一つと認識しています。

196 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 01:56:16 ID:jKcUpaTN
自殺が増えるのは心偏重の風潮があるためです。

心に重きを置くという愚考はやめましょう。

197 ::2006/11/23(木) 02:15:17 ID:SY+6hUsG
違いますよ。

198 :名無しさん@3周年:2006/11/23(木) 03:53:04 ID:jKcUpaTN
違いますよ。

自我は消滅しません。

199 :194:2006/11/23(木) 10:19:46 ID:aqWaJ0mi
>>195
風さんはあるがままを目指しているのですね。

200 ::2006/11/23(木) 12:51:04 ID:SY+6hUsG
あるがままに在りたいと思っています。

今、それを実現するために、取り組んでいます。


201 :194:2006/11/23(木) 15:00:16 ID:aqWaJ0mi
心は真理の入口であっても、想念も含んで揺れ動くもの。
何が正しい正しくないのと心が判断していくと
行き詰ることも。

202 ::2006/11/24(金) 01:16:49 ID:XVwI+t+e
心が入り口ならば、それを捨てようとしている私はなんでしょうね?

203 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/24(金) 09:10:43 ID:B/wj4G07
>>183 風さん、おはようございます。やっと読めるようになりました。^^
>あるがままとは、現状をそのまま受け入れること。解釈でなく、判断でもない。
>現状に満足できないのは、我欲ではないでしょうか。

ウンウン。。。現状のこと、現実のことですね。生まれつきの、あるいは人間の内的な
ことではなく。外的なことを指しているわけですね。条件というか。縛り、業も含めて。
で、それに対して、内面(我欲)が、意識を動かすわけですね。

>しかし、自我と欲が我欲となると、その欲望は際限なく、自分勝手に発展していくのだと思うのです。
>(>>185)自我とは「自分勝手に考える」傾向があります。

ウンウン。

>自分にとって有利か不利か。それが中心にあると思うのです。
>その虜となれば、かならず感情が動きます。特に怒りは容易く動きやすく、
>渦中にいることすらわからなくなることさえあります。

よ〜くわかります。


204 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/24(金) 09:12:39 ID:B/wj4G07
(続きです)

>>187 風さんへ
>それを回避するだけでなく、消滅させる力、それが「慈悲」だと思うのです。
>自己に対する慈悲、他者に対する慈悲。それが自我を消滅させてくれると、私は信じています。

怒りは「苦」ですよね。憎しみ、苦しみを引き出しますね・・・。
慈悲の心を持てば、これらが消滅すると。

>あるがままとは、現状を認めた上で、何を選択するかを選ぶこと。
>自由である人が何を選択するのか。争いか。平和か。静寂か。怒りか。

おっしゃりたいことはわかったような気がします。
でも実践、それが最も難しい気がします。(汗)(ー。ー;)
怒りの感情をどう抑えるか、慈悲の心をどう引き出すか・・・。


>>195
>慈愛を実践するのは、自我を消滅させることと認識しております。
>あるがままは、わがままではありません。

風さん言うところの「自我」はGLAという新興宗教で言うと「偽我」と似ています。
>>177にあるように、たぶん、
自分の信じた道を行けばいいという意味での「あるがまま」ですね。
実践の難しさは別として、それならば同意です。


205 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/24(金) 09:14:45 ID:B/wj4G07
つまり、自信を持って、慈悲、自愛の心を実践すればいいということですね。

206 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 09:15:59 ID:DhorQBAi
ひさしぶりに見たら、また死んだスレ掘り起こしてきたなぁ。
宗教ウンヌン以前に、お前の存在がいらない。
もう死ねばいいさ

207 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 10:22:26 ID:1Sq/NFci
同意。

慈悲?自愛? すべて偽善から生まれる幻。

208 ::2006/11/24(金) 11:27:01 ID:XVwI+t+e
>>205 そういうことです。
何をされても、ですよ。何を言われてもです。

自分の行為が慈愛に満ちているかいないか。それは、他人の評価ではありません。
ご自分の内面をみたとき、投げ掛けられた言葉によって、どう動くか。
反発があるか?否定があるか?ストレートに怒りがこみあげるか。それらを観察するのです。
その上で、選択する。

他人がどうあるかではなく、自己がどうあるかだけだと思います。

209 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 11:32:45 ID:1Sq/NFci
面白いですね。

慈愛や自愛、これらは相互理解をするためのツール「言葉」です。
つまり他人の評価があってこそ成立する概念ということです。

ただ自分の満足のためだけの思考を宗教用語で飾ることは
容易です。結局はそういった言葉ありきの宗教なのですね。

210 ::2006/11/24(金) 12:06:01 ID:XVwI+t+e
宗教としているのは誰でしょう?
判断しているのは誰でしょう?
言葉としているのは誰でしょう?

そもそも、宗教そのものが概念ではないですか?
その概念を受け入れるかどうかは、個人の選択。強制などありません。

言葉も同じ。誰かから発信された言葉をどう受けとめるかは自由です。
果たして、そこに間違いがありますか?
そして、受け入れた概念を、知識とするか、体験としるかも自由。

211 ::2006/11/24(金) 12:10:28 ID:XVwI+t+e
体験するためには、行動しなければなりません。実践が必要なわけです。
議論が必要なのではありません。
概念など、無数にあります。
自分が別の概念側にたっているにもかかわらす、どうして他の概念を論じられるのか、私は理解できません。
空理空論とするかどうかは、選択です。
私は実践あるのみと思いますが。

212 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:13:40 ID:1Sq/NFci
>宗教としているのは誰でしょう?
>判断しているのは誰でしょう?
>言葉としているのは誰でしょう?
人の集まった社会です。

自由であるならば「妄想」を全面的に肯定することになりますね。
人を殺すことが正しいと内なる心が言えば、
果たして、そこに間違いがありますか?

213 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:15:02 ID:1Sq/NFci
なら黙って実践なさい。

議論が不要なら書き込む意味もありません。

214 ::2006/11/24(金) 12:17:52 ID:XVwI+t+e
他の評価がそんなに気になりますか?
それは言い換えるならば、「主体性がない」ということではありませんか?

他人のためでなく、自己のために選択していることすら、認めない方がおられるでしょうか?
自己の幸せを願い、他者の幸せをもあわせて願う。これが慈愛です。
言葉遊びではありません。現実的な実践方法の一つです。


215 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:19:50 ID:1Sq/NFci
気になってるのはあなたなのでは?
こちらはあなたの世迷言を評価してるだけです。

自分のために選択してるのならどうぞ黙って実践なさってください。
それとも実践を他人にも勧めて共有して馴れ合うことがご希望ですか?

216 ::2006/11/24(金) 12:24:53 ID:XVwI+t+e
慈愛や自愛、これらは相互理解をするためのツール「言葉」です。
つまり他人の評価があってこそ成立する概念ということです。

ただ自分の満足のためだけの思考を宗教用語で飾ることは
容易です。結局はそういった言葉ありきの宗教なのですね。 >相互理解を言葉にするひとが、黙って実践しろと命令しますか?(笑)

言葉遊びはどちらでしょうね。

217 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:26:02 ID:1Sq/NFci
あなたですよ。

218 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:27:03 ID:1Sq/NFci
>自己の幸せを願い、他者の幸せをもあわせて願う。これが慈愛です。

慈愛に説明が必要ですか?辞書に載ってます。

219 ::2006/11/24(金) 12:27:48 ID:XVwI+t+e
コミュニケーションのツールである言葉をどう使うか、それは私の選択ではありませんか?
他人がとやかくいうことでしょうか?
まして、黙って実践しろと?実践していないとしているのは誰でしょうか?


220 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:28:48 ID:1Sq/NFci
実践していないとは言ってませんよ。

さすが
>言葉も同じ。誰かから発信された言葉をどう受けとめるかは自由です。
と言う妄者だけありますね(笑)

221 ::2006/11/24(金) 12:30:33 ID:XVwI+t+e
他を評価するということは、ご自身も同時に評価されていることになるのです。
あなたの持論は、あなたが実践すべきこと。私ではない。


222 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:33:19 ID:1Sq/NFci
言葉遊びはどちらでしょう?と問われたのであなたであることと
その根拠を答えました。するとどうでしょう?どう言葉を使おうが
自分の勝手だと。あいかわらずのらりくらりがお得意ですね(笑)

>他を評価するということは、ご自身も同時に評価されていることになるのです。
ルール策定が日課ですか?

>あなたの持論は、あなたが実践すべきこと。私ではない。
ですからあなたの持論を黙ってあなたが実践すべきだと言ってるんですよ。
それともいちいち他人に説明しないと実践できないのですか?

223 ::2006/11/24(金) 12:33:53 ID:XVwI+t+e
おもしろい方ですね。

「黙って実践しなさい」
この言葉が同じ意味を示していることになるのですよ。


224 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:34:46 ID:1Sq/NFci
なるほど。他人に説明しないと実践できないということですね。

225 ::2006/11/24(金) 12:38:05 ID:XVwI+t+e
判断するのは「個」である人です。
あなたは私の問いにたいして、全く答えてはいません。
自己を知らないのです。

実践していないとするのも、偽善とするのも、言葉遊びとするのも、個人です。「私」という存在です。
それに気付けないようでは、スレ違いもはなはだしい。

226 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:40:06 ID:1Sq/NFci
しかし面白い人ですね。

>他人のためでなく、自己のために選択していることすら、認めない方がおられるでしょうか?
何故他人の評価を気にするのでしょう。表現されたことを拒否するのは
こちらの自由です。

あなたの持論は、あなたが実践すべきこと。私ではない。





227 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:41:14 ID:1Sq/NFci
>>225
問いをはっきり提示してください。問いのないものに答えは出てきません。

228 ::2006/11/24(金) 12:42:02 ID:XVwI+t+e
自由をいうならば、○○しなさいとは言えませんね。
お笑いです。

229 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:43:16 ID:1Sq/NFci
あなたの「自由」をとったんですよ(笑)
皮肉を理解できない方ですか?

>>212で私は「自由」について書いてますよ。

230 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:47:20 ID:1Sq/NFci
>言葉も同じ。誰かから発信された言葉をどう受けとめるかは自由です。
>果たして、そこに間違いがありますか?

婉曲表現が理解できないようですのではっきり書いておきます。
間違いがあります。当たり前のことです。

231 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 12:53:15 ID:1Sq/NFci
器の小さい人間が仁徳者のふりをするのは実に見苦しいです。

232 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 12:57:38 ID:aE3pNZgl
ふぅ、風さんはここでもやってるのか…(^-^;

ID:1Sq/NFciさんと同意見なのだけど、
何故こうなるかわかるかい?
(問いです。続けるならお答えください。)

233 ::2006/11/24(金) 13:03:20 ID:XVwI+t+e
ストーカーですね。
あなたも同じ。

234 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:07:20 ID:1Sq/NFci
他スレでもやってるんですか。
主体性ばかり強調するわりに多弁なのは
自分が世間一般の人とは違う場所に立ってる
と妄想しているからなのでしょう。

そうでなければ>>192のような何様な言葉は出ないでしょう。
>慈愛、いいと思いますよ。ぜひ実践なさってください。

235 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:08:37 ID:1Sq/NFci
匿名掲示板でストーカーはなりたちません(笑)

どこに行こうが「自由」です。

236 ::2006/11/24(金) 13:08:39 ID:XVwI+t+e
あなたも同じ。

237 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:09:14 ID:1Sq/NFci
そして、あなたも同じ。

238 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 13:10:31 ID:aE3pNZgl
>>233
ストーカーってあんた。リンク貼ってあるしねぇ(昨日話してたスレ自体に。)
専ブラつかってたら、コメントあれば上に上がってくるしw

何故こうなるかを答えることができたなら、
いまあなたがやっていることの周囲への影響(周囲からの評価法)が
わかっているかわかるからこういう問いにしているのにねぇ。

まぁいいやw じゃね〜ノシ

239 ::2006/11/24(金) 13:11:21 ID:XVwI+t+e
自由をいう人が、いう言葉ではありませんね。

240 ::2006/11/24(金) 13:12:39 ID:XVwI+t+e
あなたにとって、悪影響なのでしょう?
笑わせてくれますね。

241 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 13:14:36 ID:aE3pNZgl
もう一言。
悪影響じゃなくって面白いと思ってますよw
楽しくなきゃ続けないし〜♪

ではでは。

242 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:15:29 ID:1Sq/NFci
まるでロボットですね。

「自由をいう人」=>>239
自由を否定する人=私

243 ::2006/11/24(金) 13:19:43 ID:XVwI+t+e
話にならないので、やめにしますね。

旅人さん、目に見えるものを、いつまでも評価しているといいでしょう。



244 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:23:23 ID:1Sq/NFci
言葉の解釈が受け手の自由だと言う人と
話にならないのは自明です。

245 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 13:28:08 ID:aE3pNZgl
>>243 風さん 評価ありがと〜w

246 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:37:53 ID:nVsAahB9
なんでこの風という人は自分で立てたスレやブログを続けずに、
他所逝ってブツブツと絡み続けるんだろうね?
かまってちゃんだと思われても仕方なかろう。

http://philosophy.bbs.thebbs.jp/1162598686/e

247 ::2006/11/24(金) 13:41:40 ID:XVwI+t+e
続けていますよ。

248 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:42:15 ID:1Sq/NFci
「認める」という評価が欲しいんですよ、きっと(笑)
肯定しているうちはおとなしいけれど、否定すると
すぐ沸点に達します。肯定という評価には不満は
ないようです。ログ見る限り(笑)

249 ::2006/11/24(金) 13:44:09 ID:XVwI+t+e
否定しなさいな。好きなように。

250 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:45:49 ID:1Sq/NFci
はいはい

251 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:46:06 ID:nVsAahB9
>249
少しは日本語読みなさいな。
評価を否定するなら、肯定もまた否定すべきだと、
論理的に>>248で指摘されてるじゃん。

252 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 13:47:04 ID:aE3pNZgl
あら、それ否定に聞こえてるんだw おもしろいなぁ。

なんか続いてるから返信っと。
見えないものの前に見えるものも評価できないと見えないものもその延長だよw
見えるって事はその限定版なんだ。

ってこっちは興味なかったんだったね。

253 ::2006/11/24(金) 13:51:25 ID:XVwI+t+e
旅人さん、いくら話しても、無駄ですよ。
私は私しかみていません。


254 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 13:55:55 ID:1Sq/NFci
いくら話しても、無駄ですよ。

そのとおりですね。ならやめればいいのに。
自分が自分しか見てないことを主張することに
何の意味があるのでしょう。

255 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 14:01:46 ID:nVsAahB9
>253
鏡でも見ながら独り言を呟いてなさい。
そうすればあなたの嫌いな批判を受けずに済む。

256 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/24(金) 14:08:44 ID:aE3pNZgl
>>253
そりゃそれでいいんですけどね。

もっと遊び心が沸いてから出てくるようにしなよw

257 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 14:16:06 ID:1Sq/NFci
実は自分は結構変わった体験をする性質なんだけど
それを覚醒したみたいに「在る」だの何だのあほな
ことは言わないです。

なぜなら人間の認識をそこまで信じてしないから。
いくらもがいたとて人間が人間の認識を超えることはない
と知ってるから。その根拠は、それを証明できないことです。
体験を鵜呑みにする浅薄さ、実に愚かですね。
体験を思考のフィルターに通さない・判断しない(と実は
妄想すること)も同様に愚なりです。

258 :194:2006/11/24(金) 18:19:07 ID:6JtI7QUt
仕事から帰ったらどうだい。余り進んでいていまさら
流れは読まないが。
少し風さんの雰囲気が変わったからまじめに話そうかと
思ったけど、どうしていつもこうなるの。
笑ってしまったよ。吉本も真っ青だよね。
風さんがむきになるから言いやすくなるんだよ。


259 ::2006/11/24(金) 18:33:30 ID:XVwI+t+e
むきになる?なぜ?
そんなことはありませんよ。
私の感情はピクリとも動いていません。
どなたがどんなふうに話そうが、私には関係ありませんよ。

260 :194:2006/11/24(金) 19:02:50 ID:6JtI7QUt
風さんは自我のいましめを言うが、結局のところ風さんは風らしからぬ
自我むき出しの様相になりますよ。
それから言いやすいというのは風さんは真剣なのは良いが、
言葉そのものは矛盾を突きやすいところがたくさん
あります。


261 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 19:08:28 ID:r5PgI1di
達観した人間だからって、わざわざ丁寧な言葉を使わなきゃいけないって
ことも無いし、感情的になっちゃいけないってことも無いんだよ。
何を語ろうが、貴方も所詮一人間なんだから。
自分の言葉で話せ!教え諭すのに丁寧語はいらない。
宗教家のような話し方をしても、誰の心にも響かない。
丁寧な言葉を使うことで自分が相手より優位な立場だ!とか、
自分の方が高尚な人間で、わからない貴方達に教えてあげてるんだ!
とか、勘違いしてるんであれば「気付きなさい!」

262 ::2006/11/24(金) 19:12:28 ID:XVwI+t+e
そうですか。
それならそれでいいでしょう。

263 :194:2006/11/24(金) 19:38:05 ID:6JtI7QUt
昔、他スレで「神はうんこにもいる」と言ったらえらく
盛り上がって以外だったんけれど、
「神はうんこにもいます」について風
さんはどう思いますか?
自爆ですかね?


264 ::2006/11/24(金) 20:57:30 ID:XVwI+t+e
さぁ?どうでしょうね。

万物の創造主が神ならば、いるでしょうが、私はそんなことを考えたこともありません。


265 :194:2006/11/24(金) 22:03:57 ID:6JtI7QUt
近頃、WEBでのこれくらいのやりとりで頭が痛くなります。
疲れますので、しばらくロムしますが。
「うんこの云々」は中国の東郭子が荘子に言ったたとえの言葉。
道はどこにあるという質問に対してその問いは核心をついてない
。真の教えがひとつの形式に区別、限定されないということを
表す。それから、ラムサにもありますがよくエンティティ
になると風になるという表現があります。
なってくださいね。


266 ::2006/11/24(金) 22:29:26 ID:XVwI+t+e
ありがとうございます。

頑張りますね。

確かに、道は一つではありません。どの道を選んでもいい。所詮、行き先は同じ。
なにものにもこだわらず、とらわれず、地道にやっていこうと思います。

267 :名無しさん@3周年:2006/11/24(金) 23:21:16 ID:1Sq/NFci
そうですね。所詮同じように死んで無に帰すのです。

あなたも私も違いはありません。どのような道を行こうと。

268 ::2006/11/25(土) 02:38:32 ID:BQSswI2F
無に帰すですか。。。


269 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 05:48:58 ID:d8p2FkBr
いいんですよ。あなたはあなたの信じることを信じていれば。
それが宗教ですから。他人の評価を気にすることはありません。
死んだ先になにかがあるというのは宗教の典型的な命題です。


270 ::2006/11/25(土) 06:39:19 ID:BQSswI2F
申し訳ないのですが、私は宗教など信じてはいません。
何か勘違いされてるなとは思ったのですが。
宗教に救いなどないと思っています。

ただ、所詮一つの価値観ですから、受け入れるかどうかは個人の選択。
それをとやかく言えないと思うだけです。

271 ::2006/11/25(土) 06:53:56 ID:BQSswI2F
それに、無に帰すことはないと確信しています。
確かに、肉体を失うことはそうみえるかもしれません。
しかし、そもそも無とはなんでしょうか?
「無」とは、「有」の相対です。何もない状態から、どうして何かが生まれるのでしょうか?
偶然人は誕生したのでしょうか?
私はそうはみません。何らかの意志があり、それが人を創ったのだと思っています。

272 ::2006/11/25(土) 07:02:09 ID:BQSswI2F
それに、そもそも「無」など存在しえません。なぜなら、「無」は「在るものをの存在の否定」だからです。つまり、「何かの存在がなければ、否定はできない」ということなのです。

概念とは所詮そんなもの。それを認めたくない人がいっている理由付けでしかない。因果にしろ、宗教にしろ、過去生やカルマにしろ、同じことです。
解釈が自由である以上、個人がどのように選択するか。それだけだと思います。

273 ::2006/11/25(土) 07:11:53 ID:BQSswI2F
あ、認めたいひとも理由付けしますね。

274 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/25(土) 13:48:49 ID:W/nC5bcy
風さん…

(無になるならないとした)対象のずれがみえちゃいない言うとるやん。
皮肉でそういわれたのに多弁でかえすからw

例題置いていくよ。
目の前のパソコンが壊れたとします。失われたものは何でしょう?

答え期待しないけど〜(・_・|

275 ::2006/11/25(土) 13:55:56 ID:BQSswI2F
旅人さん、あなたの受け入れている価値観と違うことがそんなに問題ですか?
一切のやりとりは拒否します。
あなたはあなたのやり方で、ご自分の道を歩めばいい。私は私です。
この後、同じ結論に達するのでしょうが、それはそれ。
あなたの現在のやり方に同意などできないし、あなたがどう判断しようが、私には全く興味もない。
当面はスルーさせていただきます。


276 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/25(土) 14:15:42 ID:W/nC5bcy
反応はやっw

あのね、前にも言ったけどある限定をしたら風さんの言っている個々の概念はそこにあるんだよ。
言っていることをぶつ切りにして適切な対象に関連づけたらね。

ここであなたの対象としているものが存在の核なのか、機能性のことなのか、機能性を発揮するための事象を含めた有機体なのか、それらの組み合わせなのかによって全く話が違ってくるんだよ。
より近い対象をみせて「あるものの存在」と「機能」の関係をきちんとみせられるようにしなって。

例題に物理事象の事柄を出してきたけれど、答えないのも結構。
あなたの抱える表現の問題だから。

277 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 16:42:34 ID:BsrDDPp6
今、紙の箱の中に、鉛筆が5本入ってます。その内の1本を箱から取り出せば
箱の中の鉛筆は、4本です。箱の中の鉛筆1本は、「無し」です。
でも鉛筆5本は「在る」、ただ箱という限定された場所に無いだけ。

箱の中身に話を変えてみると、鉛筆全部を箱から取り出せば、箱の中身は、
「無い」又は「空っぽ」です。
しかし、箱の中は「無」ではないです。
ただ鉛筆等の物(ブツ)が「無い」だけです。
空気や眼に見えない塵が、箱の中に入っています。
だったら、宇宙に箱を持って行けば如何だろう。
しかし、答えは矢張り箱の中身は「無」ではありません。
宇宙は「無」ではないからです。星間ガス(物質)があるからです。
さもなければ、銀河や恒星は創造されません。

結局は、「無い」はあっても「無」は、この宇宙では、考えられない
事になります。
PCのデータも壊れればデータは、PCという限定された物(ブツ)から
消失するだけです。
物理事象の話です。

278 ::2006/11/25(土) 17:16:54 ID:BQSswI2F
>>277
今、紙の箱の中に、鉛筆が5本入ってます。その内の1本を箱から取り出せば 箱の中の鉛筆は、4本です。箱の中の鉛筆1本は、「無し」です。
でも鉛筆5本は「在る」、ただ箱という限定された場所に無いだけ。 箱の中身に話を変えてみると、鉛筆全部を箱から取り出せば、箱の中身は、
「無い」又は「空っぽ」です。
しかし、箱の中は「無」ではないです。
ただ鉛筆等の物(ブツ)が「無い」だけです。
(中略)
結局は、「無い」はあっても「無」は、この宇宙では、考えられない
(中略)
物理事象の話です。   
>いいえ。       鉛筆を取り出した行為者がいます。その話をしています。

279 ::2006/11/25(土) 17:21:55 ID:BQSswI2F
物質は自ら変化する意志などありません。
創造することもできません。
創造とは、「明確な意志をもつ何か」が存在しないとありえないのです。
それが「在る」という存在です。


280 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/11/25(土) 18:09:13 ID:W/nC5bcy
はいはい。急く気持ちも判るけどね〜。

思念体(風さんの表現では思も念も無い)の連続と機能(思や念を含む)の維持の関連について次が有るはずなんだけど。

どうせ直接は返ってこないなw

281 :194:2006/11/25(土) 23:16:19 ID:QFHj7PrY
何か難しい話になってきましたね。
頭痛もようやく癒えてきました。
今に生きようとするとすばらしさだけでなく素の現実
も入ってくるようですね。私もその程度のレベルということです。
さて、聖なる2分法とかいう言葉が「神体」にもありましたが
実際にもよくあります。矛盾が同時に成立する。
昔思ったことがあります。ここに物があって可視的にはそれを
見てる訳です。そして、その前についたてを立てると見えなく
なります。さて、この物体はあるのだろうか、ないのだろうか?
その当時は、見えないだけで本当はあるのだから宇宙もこれと
同じで「見えないから存在しない」とするのは間違いと考えていた。
証明できないことが存在しないことの証明にならないことも。
そして、今はついたての前にあるかないかで現実をみて、
その世界に生きていればそして自分で責任をとれば、
同時に矛盾する世界が存在してもいいと思うようになった。
だとすれば「神はいない」という人も正しいし、「神はいる」
という人も正しいことになる。
その視点のステップで責任もって生きているのだから。


282 ::2006/11/26(日) 06:03:01 ID:C/JZItqI
うまいことをいいますね。
私にはできない表現です。言葉をしらないものですから。
既成概念をこえた存在がある。それを既成概念で一生懸命表現しようとすることは個人の選択。
私などは、無理ならばむりでいいと考えてしまいます。伝えること、わかってもらうための努力には疑問なものですから。
では、なぜ掲示板に?と思われると思いますが、物事を客観でみるためには、掲示板は絶好なのですよ。

283 ::2006/11/26(日) 06:08:56 ID:C/JZItqI
先の旅人さんの意見も確かにある。あの方の表現も正しい。
しかしね、それが全てではない。
まして、判断されるとね、それは押しつけとなる。意見ではなくなる。あの方の信者ではありませんから。
現時点で、どのようなことを知り、どのような真理を受け入れていようが自由ですがね、それを通して判断しかできなくなることは危険だと思うのです。
相手が悪いとか、間違いとか、わかっていないとかね。

284 ::2006/11/26(日) 06:23:24 ID:C/JZItqI
「時期」「タイミング」「順序」
それがそんなに大切なことですかね?
相手を理解させることを目的としていないのに?

それを重要視する人は確かにいるでしょう。
言っても今伝わらないこともあります。
しかしそれは、今わからないだけであって、この先もわからないわけではない。
本など読んでいると、著者の言葉がすぐにはわからないこともある。
しかしね、いずれわかることもある。
私はそれでいいと思うのです。

285 :無所属な旅人 ◆Trip.cNm8U :2006/11/26(日) 13:15:19 ID:o6WtEZ3y
上に挙げた内容は私が普段求めているとかではなく有る無しの焦点を解消するための知りうる条件ですという提示です。
その表現で切り出した場合にとりえるという意味でです。
表現を度外視して自分の理解のみに勤めれば無言で終わりにしても良いのだけれど。

追加。
局所でもその切欠をつかまなければそれからつながる系を見ることが出来ないし、その小さな切欠そのものが世界を包括していることもありうる。
そして、それがシンプルになったとき注視する必要が無くなる。
これは概念に乗せて知るということと表現に乗せるということにおいて前提なんですよ。
(知らなくても世界を享受できるからそれでいいじゃないかという場合は言い方を変えないとだめですよw)

表現できなければ、「わからないけど」とか「表現できない(しない)」で終わりでもいいのにw
これを条件にしてこう見るとこれがあるんですよという話であれば194さんが言うような所にもおちつく。
これについても許容する意味の言を上で述べています。(別の事柄を主題にしているから判らないかもしれないけれど。)

判断や断定について、断定するときの形式を良く確認してみれば殆どの場合、その差異を埋めることができる。
形式とはそこに必要な条件を挙げること。いまあげられないけれどあるという場合、「いまはあげられない」という条件を挙げなければならないのです。
これをやっていないという話が風さんの話の捩れの根本。
(つっこむとその後に挙げられるが、さらに捩れ。(↓に例をあげます。)

>>284をもう一度自分でよみなおしてみなさいな。
前節でその三つをあげておきながら後節で時期・タイミング・順序そのものを言っているのでは。
(大体の風さんの「必要ないじゃないかという場合」の表現に当てはまることですが。)

>>相手を理解させることを目的としていないのに?
これを復唱してみてください。本当にそうなの?
そうでない場合、断定系の結論を意味する表現は辞めた方が良いですよ?

概念を知っているかで、識に乗せて話すということに於いて天地の差となりますよ。

最後に他所から風さん自身の言葉をもってきておきます。
>>不完全ですからね、私も言葉も。
言葉の不完全さは使い方の誤りからくるものですw では。

286 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:49:50 ID:8m+qJqvM
>>270
宗教と認めたくない気持ちはわかります。
新しい宗教というものは既存の宗教を
否定しがちですから。所詮一つの価値観
であるならこのスレに書き込む意味は
ありませんね。書き込む意味を誰が決めるか
って?私です。

287 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 13:57:17 ID:8m+qJqvM
>>279
「意思」とは人間が定義づけたものです。
>物質は自ら変化する意志などありません。
ですから一概にはこうは言えませんね。
被造物が予想に反した動きをした場合
"普通"、それに意思があるとは言いません。
ですが人間も予想に反した動きを常にする
という共通の性質を考えれば物質にも
自ら変化する意思があると言えます。

あなたの言う「在る」という存在も、あなたの
頭がつくり出したものにすぎないのです。

288 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 14:08:53 ID:8m+qJqvM
>>270
>ただ、所詮一つの価値観ですから、受け入れるかどうかは個人の選択。
>それをとやかく言えないと思うだけです。

とやかく言われたくなければ書かない他ありませんね。
世の中は判断と評価で動いていますから。
ましてや、ただの一価値観である妄想をあたかも事実の
ように言うことについて評価するのは当然のことです。


289 ::2006/11/26(日) 16:55:47 ID:C/JZItqI
ならば、ここでの発言はしないことにします。

290 ::2006/11/27(月) 00:30:11 ID:XHRbNg6a
久しぶりで盛り上がっているね。驚いた。
少しコメント。弥生あらため月子さんへ。

>174
>お茶、お花、お香、舞踊他の
「道」モノはすべて信仰に通じるものがあると思うんですね。

同意。
茶道、生け花、お香、舞踊、いずれにせよ一生をかけて行うに値するわけで
完璧・最終到達点というものがない。その修行のプロセスそのものに価値がある。
その意味では、家庭生活、勤め先での仕事、全て、道であるかと思う。
どれに道を見出すかは、人それぞれの縁によるとしかいいようがない。
その視点でいえば、私が否定している宗教も道としてとらえれば
本来の価値がでてくる。
実際に、強い縁、腐れ縁などでどうしてもある宗教に属さなければいけない人もいる。
「縁」そして「道」という言葉は重要なキーワードだ。

>184
>同時に外界のあらゆる可能性にも繋がりたくて、ネットに繋いでいるのです。
(掲示板だけでなく)

同感だけど、特に人との繋がりを大切にしたいね。
人間は一人では生きていけませんからね。
人は人を必要とする。特に、愛する対象としての人をね。

291 ::2006/11/27(月) 00:39:37 ID:XHRbNg6a
(続き)

内にある自分の声に耳をすまし、毎日沈思黙考して
この世に生まれてきた目的、自分の使命をさがしながら
一日一日を一生懸命、生きることがオレの道であり、
皆にもそれを伝えたいからこそ、このスレができたんだけど、
自分の中の内なる声に従って道を歩んでいく過程においては多くの人と出会う。

彼ら、彼女らはそれぞれの道を歩んでいて、その道はオレの道と同じではない。
だから、それぞれの道はクロスはすれども一緒の道ではない。
クロスする瞬間に互いに出会う。
本当に一瞬かもしれない。でもその「一期一会」をとにかく大切にしたい。
自分だけで自分の道を歩むことはできても、共に歩んでくれる仲間がいるからこそ
生きている価値があると感じる瞬間は多い。

実際にオレが、そして皆が道を正しい方向に歩んでいることを
応援してくれている存在が、目に見えない次元に存在する。
でも、目に見える次元で応援し合う仲間がいるにこしたことはない。

292 ::2006/11/27(月) 00:44:28 ID:XHRbNg6a
(最後)
出会った仲間とはいずれは別れがくる。
でも出会っているときに共に助け合ったり愛し合うことができれば
それが強いポジティブな縁となり、いつの日か再会して互いの道がより同じになるはずだ。
自分の心の中の北極星が彼女の中の北極星と同じになれば、それは最高だろう。

そういう意味では恋愛や結婚はとてつもなく大きな「道」だ。
彼女が彼女自身の道を歩むことに疲れて道をはずれそうになったときに、
自分が一時的に自分の道を放棄して彼女を助けるために彼女の道を共に歩んであげる、
そして彼女が元気になったら、別れて自分の道に戻る。
それが強い縁となって、いつの日か自分が助けられることもあるだろうし、
愛し愛されることを繰り返していけば、二人の道は必然的に同じになっていく・・・

「あるがまま」・・・
自分の「あるがまま」の気持ちに正直に生きたいとは強く思う。
だからこそ、このスレをたてたわけで。
ただ、自分の置かれた環境、社会的地位とか経済力とか家庭環境、
友情、愛情も含めた人間関係等は別だな。
「あるがまま」といっても今、お金もなくて恋人もいなけりゃ
「あるがまま」を受け入れることはできないからさ。

293 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 03:15:55 ID:G3UBQuYo
大げさなw

私が否定している宗教、って否定してねーじゃん。
このスレ自体が宗教色にじみ出てるって。

私つったりオレつったり人格分裂してるのか?

294 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 07:02:42 ID:0Qc8PB1/
>>290-292  Zさん
Zさん、レスありがとうございました。
ざっと読んでみましたが、今は徹夜した朝ゆえ、ぱらぱらとしか理解が
できない・・・ただ、

>同感だけど、特に人との繋がりを大切にしたいね。

これがちょっぴり痛かったですね。今日は・・・禅の警策二本打ってください
と言って、頂いたことにします。

さて、恥ずかしいことを告白させていただきます。スレ違いとは承知で。
今、悩んでることがあって、昔の仲間に揶揄されています。
TAOさんにも誤解されています・・・泣きたくなるのが本音です。

私の昔の「仲間」は、かつての「仲間」である私を中傷することをなんとも
思っていません。(私がきっかけを作ったようです。自業自得)
けれども、他人の行為を事実と違えて伝えている・・・これがタオさんの
私にしてきたことです。それに私の昔の仲間も倣っています。
今はタオさん側にいるということでしょう。
もう一人の人は、他人様の掲示板に、本来的でないスレッドを立て、
立てこもり、GLAの人間を批判というより誹謗中傷、罵倒しています。

背景に、タオさんの穢れた行為を威圧的に強引に行ってきたことが
まかり通るものだという、身勝手な甘えがあるようです。
しかもエスカレートしてゆくばかりです。
誘導しても、拒否して、屁理屈しか返ってこないのです。

続く

295 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 07:04:38 ID:0Qc8PB1/
続き
タオさんのしたことは許されざることでした。彼はなんという前例を
作ってしまったのかと困惑しています。
しかし、ここで問いたいのは、私に捏造嫌がらせした人は、タオさんの
行為を犯
罪的行為だとは、理解していないことです。
恐ろしいことです。

スレ潰しまで、私にすべての責任をなすりつけ、それを言うならまだしも
間違いを犯したわけではない点に対して、一方的に食虫花だとかストーカー
されたのはこちらであるにもかかわらず、私をストーカーと、自分に都合の
よい方向に、アールグレイなTAOさんが持っていこうとしているのです。

続く

296 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 07:06:23 ID:0Qc8PB1/
続き

GLAは、犯罪的カルトではない、にもかかわらず、見えない世界にとらわれ
それを信じ込んだタオさんが、GLAを批判、そして、私にありえない言葉で
どれだけ傷つけたか知れません。精神病だの、何だのと・・・

カルトのカリスマ気取りになってしまった人間の周囲において、人は
どれだけ長年溜め込んだ恨みや憎しみを、臆面なく出してゆくのかを、
狂気の世界を、今日も見たような気がしています。

宗教に直接入ってなくとも、タオさんのような、穢れた信仰は、歪んだ解釈は
する人は多いでしょう。
なぜそうなってしまうんでしょうか?

そいういったものに、なぜ人はやすやすとついていってしまうのか。。。
実際、複数の女性と同居し、結婚を繰り返す人がいましたが、
Zさんは冷静な方でしょうから、私の言っていることの妥当性は理解して
いただけると思います

自分に客観的になれない2ちゃんの世界で、正しさはただひとつ、
共にそれぞれの違いを、
開かれた中で、いかに認め合えるか、ではないでしょうか。


さて、あとはゆっくり、じっくり後日読ませていただきたいと思います。
ではでは・・・。


297 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 07:23:19 ID:H9ZFr9gj
>Zさん

唐突に思われるかも知れませんが、私はGLAスレッドがホーム・スレです。
(GLA談話室)お伝えするのを忘れていました。

感情があふれてしまい、ました。すみません。
けれども、今現在のテーマ、混乱としてあるのですから、むしろそれに
向き合ってゆくのは、正当なことですね。

本当に疑問なのです。

なぜ、あのように、狂気が正しさという価値観で、間違えてしまうのに、
未だ気づけぬのかということです。
中途半端な霊的根拠に頼って明言しつづけた以上、霊的軌道は外されるのでは
ないでしょうか。
タオさんの成した行為は正しいのか間違っているのか、解答はどこにあるのでしょうか。

298 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 08:55:53 ID:opphShZt
そのうち、風邪と是奴が答えるだろうけど、その前に。
こんな2ちゃんねるの内容で悩む方が馬鹿げている。
2ちゃんで正義を求めるな。
ここは正義や建前の入りこむ余地の無いカオスだ。
神様気取りで人に一方的に考えを押しつける奴や、罵倒する奴。
悪意を剥き出しにして「死ね」などと平気で書きこめる場所。
人の心は弱いから、こんな無記名の掲示板では平気で人を陥れる。
そのターゲットは誰になるかわからない。明日はTAOが標的になる
かもしれない。ここで勝つのは正しい意見を持つ人間ではない。
長時間居座って、レスを続けることが出来る人間が勝つ。
そんな最低の場所にいる最低の人間どもとの付き合いで悩むな。
新しい場所はどこにでもある。

299 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 09:47:33 ID:H9ZFr9gj
>>298
レスありがとうございます。
なるほどと笑いました。是是非非ととらえさせていただきます。
禅的に、妄念、妄執なくせころせ・・・かな。
次回は、Zさんの言葉を、また多くの意見を、妄念なしで
受け止められそうです。

9月末以来、最近まで、毎日毎日、罵詈雑言を私に与え続けてきた
アールグレイなTAOさんとレイキスレのボランジャーとで、私の
スレッドを4〜5も埋め立て荒らしをしたのです。
さかなというコテさんも途中まで一緒にやっていました。

この異常としか思えない人について、くれぐれも注意してください。
彼らのいう言葉は、ほとんどが虚言です。証拠も根拠もあります。
私の言うことは事実に基づいています。
アールグレイなTAOさんはGLAスレッドのみならず、癒しスレッドに立てた
私のスレにやってきて、ストーカー行為を約二ヶ月間近く続けました。
スレッドは埋め立て荒らしいよって、潰れました。

それでも飽き足らず、今度は癒し堂において、癒し堂そのものの閉鎖を
命令口調で行い、私や住人のすべてを侮辱しつづけました。
今は閉鎖してゼロ・スレというスレッドでこそこそ、自分のめがねにかなった
者を集め、洗脳して集団で、念じたり、怪しげな呪文を唱えているようです。

どうか皆さん、ここでのテーマは「宗教はいらない」ですが、
カルトな集まりによって、アールグレイなTAOさんが間違った道に迷い込んだ
証拠に、彼に洗脳された人間が、いったいどのような醜態をさらしていつかを
是非みてきていただきたい。

300 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 10:00:26 ID:H9ZFr9gj
アールグレイなTAOさんによって洗脳された(元から変かも)
元GLA談話室スレッドのリーノことりの介。
彼は平井和正のファンのヒライストと呼ばれるファンの一人であり、
本来SF板住人です。
いわばGLAスレッドにとって、部外者でした。
かつてGLAの批判活動していた梅仙人こと佐々木君紀(SF作家)
のファンでもあり、彼を批判もしていた。

だがいまや、ミイラ取りがミイラとなり、GLAに対してのみならず、
かつての仲間に対して、誹謗中傷、罵詈雑言の嵐です。

【事実で本気で真実】VS【三文芝居】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/4746/1164357165/l50

301 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/27(月) 10:43:52 ID:H9ZFr9gj
あ、私も追い詰められて、エロ用語で反撃してしまった。(--;)
一生懸命考えて書いたけど、下品ですた。削除依頼だしたでつ。
それは恥ずかしいですが、事実ですから・・・では、スレ違い失礼。


302 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 13:53:37 ID:G3UBQuYo
サイコパスの巣窟

303 :163:2006/11/27(月) 20:46:56 ID:pTOzum5M
SMの世界が好きな人の場合は別の話だけど。
月子さんのケースは単なる心理消耗戦だね。
学ぶべきは心理学かもしれないよ。
まあ、心理学も霊の一部ではあろうが。
古代、中世哲学は自我という自己の部分から抜け切らぬが、、
それでも何か大きくおおらかな神的存在を
見据えていた。中世、近代となるにつれ
フロイトなどが潜在意識など持ち出して心理学
などを創出していたのは画期的かもしれない。
しかし、心理学をかじった程度の者がこれを心理戦
に勝つために利用し、論争に明け暮れ本質から逸脱して
いったという。潜在意識の悪用による弊害。
こういう消耗戦は精神世界の掲示板でもよくあること。
まあ、心理学や、それがいやなら恋愛相談
コーナー等で切れ味よい回答者の意見をロムする等、
人につけこまれない人間とは何かを勉強したほうが魅力が
出るかもしれないよ。


304 :194:2006/11/27(月) 20:49:03 ID:pTOzum5M
163→194の間違い

305 ::2006/11/27(月) 21:27:11 ID:FC1337bg
前言撤回。発言します。

月子さん、まだいいますか?
あなたは、あなた自身が見えていない。
誰かが悪いと責めるかぎり、それを容し、さらに一歩すすめて自らを容さないかぎり、争いからあなたが解放されることはないでしょう。
他人のことをとやかくいうべきではないと思います。次に進む意志がないのならば、それでもかまわない。しかしね、以前の私と同じなのですよ、TAO氏もあなたも。

306 ::2006/11/27(月) 21:32:20 ID:FC1337bg
ご自身が幸せになることが第一。その外は次でいい。
もうそのくらいでやめたらいかがですか?
怒りに身を任せてはいけない。
言葉の端々から見える怒りの炎は、あなたにしか消せはしないのですよ。
このままではいけない。


307 ::2006/11/27(月) 21:37:59 ID:FC1337bg
怒りに導かれ、様々な人が拍車をかけるかもしれない。
しかし、あなたの意志がそれを拒み、自らの思考と対峙するならば、かならず道はひらける。

月子さん、あなたは「道」であり、「在る」という不偏の存在なのですよ。

苦しむのはもういいでしょう?
「今」が目覚めのときですよ。


308 :無所属な旅人 ◆Trip.cNm8U :2006/11/27(月) 22:26:16 ID:PutphEpk
ぉ、表現かわったじゃんw
頑張ってね〜♪

309 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 00:12:35 ID:17XBi8Ga
ここを見てると宗教板がいかに池沼の溜まり場かよくわかります。
「私のスレ」が荒らされたとかありえないです。

カルトな人は似た性質を持ってますね。2ちゃんをレンタル掲示板
かなんかと混同してんでしょうか。付きまとわれるのが嫌ならコテハン
なんかしなければいいのに自意識過剰なんでしょうね。コテハンに
したからといって発言に責任と説得力が増すわけでもないのに。


>>233

>ストーカーですね。
>あなたも同じ。

>>291

>一日一日を一生懸命、生きることがオレの道であり、
>皆にもそれを伝えたいからこそ、このスレができたんだけど、

>>299
月子
>アールグレイなTAOさんはGLAスレッドのみならず、癒しスレッドに立てた
>私のスレにやってきて、ストーカー行為を約二ヶ月間近く続けました。

310 :意味な無し:2006/11/28(火) 00:23:30 ID:WJ2rlC4S
>300 なんという事を書き込んだんですか!
早急に レス削除依頼を自分の手でなさって下さい!

http://info.2ch.net/before.html
(お約束 より引用)
他人に迷惑をかけるのはやめよう
芸能人や公人ではない一般人の誹謗中傷、
プライバシー暴露は禁止してます。
一般人の電話番号や住所などを見かけたら削除依頼にどうぞです。

もし、プライバシーが公開されてしまった場合は、
ぜひ最寄の警察にも相談してください。
警察、裁判所から要請があれば、
捜査協力してそのような書き込みをした人をつれてってもらってます。
警察か裁判所以外の問い合わせでは一切動きませんので、
警察に行くことをお勧めします。




311 ::2006/11/28(火) 00:26:25 ID:wA3c45Wg
なぜそうかんじるかを観てみるとおもしろいかもしれませんよ。

312 ::2006/11/28(火) 00:32:12 ID:wA3c45Wg
>>311>>309あてです。

313 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 00:38:05 ID:17XBi8Ga
どのへんが面白いのでしょう。なぜそう感じるかよりも
なぜそんな人間が集まるのかを観て評価するほうが面白いですね。

314 :意味な無し:2006/11/28(火) 00:43:12 ID:WJ2rlC4S
>308 こんばんは。同意見です。

315 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 01:01:40 ID:EFB7NJEx
>310
件のSF作家氏は、著作もファンもそれなりにある公人ですよ。
その人が梅仙人名義で批判活動を行ったことを、確認できるサイトもあります。

316 :意味な無し:2006/11/28(火) 01:14:38 ID:WJ2rlC4S
>315 公人の件、了解しました。
  他スレにおいても有難うございます。
  
その上でも尚且つ種々の問題満載の文章ですね。
公人だからといって類似趣旨を2ちゃんで複数のスレに、
また個人の掲示板にも多々蓄積された現況は危ういかと。



317 :今昔(月子) ◆CBzMz0oInE :2006/11/28(火) 03:51:28 ID:4jAMXIbt
>>316意味な無しさん、こんばんは。
夜分すみません。ちょっと忙しくなってしまって・・・こんな時間に。(汗)

>>315さんのおっしゃるとおりです。
佐々木君紀の「アトランティス」は壮大なスケールの秀作ですが、
リーノさんは彼のファンでした。
創作活動と特定宗教批判活動は別です。
梅仙人はここのテーマを独自のサイトで、追求していた人だと思います。

>「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」

>そう思いませんか?
>宗教団体ごとに争ったり、信者を食い物にしたり、
>宗教で家庭が崩壊したり、政治を支配しようとしたり。
>でも、それでも神はいます。

GLAに期待して裏切られた悔しさ、空しさを、それにかわる宗教を、自分の
欠損部分に置き換えることで、主観で良し悪しを判断して、それはいいのですが、
そこからG批判が行われていたような気がします。
それを公然たる常識的見解のように発言していたところに問題がありました。

続く

318 :今昔(月子) ◆CBzMz0oInE :2006/11/28(火) 03:53:40 ID:4jAMXIbt
(続きです)

2chにおいては、はじめはともかく、発言するたび共感者が増えたのもあって
次第に反論者に威圧的態度で接するようになり、権威主義的発言に終始することに
なりました。
彼の誹謗中傷のあまりのひどさに、かつて2年ほど会員だった、GLAから
遠ざかっていた私でさえ黙っていられなくなったほどです。

現在のG談話室スレッドは、私と同じように梅仙人の異様で残忍な特定宗教への
批判活動に問題を見出した人々が、ほぼ同時期に集まってきたように記憶しています。

彼は、今はその宗教団体に訴えられそうになったか、訴えられたか知りませんが、
批判サイトを閉められました。(ご自分から)

以上、参考までに。

319 :今昔(月子) ◆CBzMz0oInE :2006/11/28(火) 04:00:13 ID:4jAMXIbt
アールグレイなTAO氏は、梅仙人のサイトに書き込みをしていた時期もあり、
GLAについて詳しいと、掲示板上で言っていたように思います。

「梅仙人に共感している」とは明言されています。



320 :月子 ◆CBzMz0oInE :2006/11/28(火) 05:45:56 ID:4jAMXIbt
>>303 193さん、レスどうもです。(_ _)peko

>こういう消耗戦は精神世界の掲示板でもよくあること。

でしょうね。経験あります。巻き込まれたことはありませんが。
個人的なら、私を支配しようとする同性の知人には何人か遭遇しましたよ。
霊的にべったり張り付かれたようなときもありました。
(気のせいだとして、やりすごしましたが。家まで来られた時は....orz)

>まあ、心理学や、それがいやなら恋愛相談
>コーナー等で切れ味よい回答者の意見をロムする等、
>人につけこまれない人間とは何かを勉強したほうが魅力が
>出るかもしれないよ。

うーん、結構、恋愛相談はされるほうなんですよ。
魅力・・・?
宗教スレでは、怖い、ウザイと思われていたほうが、アンチよけになるので、
他人によく思われたいとは思っていません。
かわいくない言い方ですみません。昔から、実はこういうキャラでして…(^^ゞ


321 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 11:00:17 ID:sKvyKHAJ


気にする必要もなく、忘れてもよい小事で
 
心を乱してはならない。小事にこだわる
 
には人生はあまりにも短い。
 


[D・カーネギー]


旦~~ 旦~~ どうぞ〜〜




322 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 11:02:48 ID:sKvyKHAJ

ありゃぁー、ひょっとして、大事だったの?

堪忍ね。。

323 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 18:17:51 ID:z7z/ntqc
>>320

>うーん、結構、恋愛相談はされるほうなんですよ。

自分が今回のような事(Tさんの事)を相談された場合貴女は何とアドバイスする?
そこにこそ答えがあるかも知れないよ。

324 ::2006/11/28(火) 19:38:11 ID:wA3c45Wg
大いなる存在を知り、存在と共にあることを望んだ。
その過程で、必要なことを体験し、様々なことを学び、成長していく。

人がもつ全ての過程は、見掛け上の違いはあるが、中身はさほどかわらない。
通る道を通るだけ。

それに気付くか気付かないか、それはそのひと次第。
どんなにこどばを尽くしても、伝えられないこともある。
伝えようと思うことの虚しさよ。

325 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 23:34:45 ID:17XBi8Ga
当たり前のことを大げさに言う宗教の虚しさよ。

326 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 23:59:48 ID:sKvyKHAJ
風さんは、無宗教ですよ。

327 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 00:07:59 ID:JoSQpaCF
宗教を拒否するというのは立派な宗教ですよ。

328 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 00:57:53 ID:5FCswYWP
なるほどね、了解しました。。

329 ::2006/11/29(水) 02:15:44 ID:79KbfZHx
無宗教を宗教とするならば、私も宗教家ですねW。

しかし、私は宗教自体に救いなどないと思っています。
自らを救えるのは、「私」でしかない。
必要ない人にいくら話しても無駄なだけです。


330 ::2006/11/29(水) 02:21:02 ID:79KbfZHx
それに、私は宗教は、一つの方法だと思うだけ。
方法など、無数にある。

どれを選んでも、選ばなくても、同じこと。
学びが早くなることもないし、遅くなることもないと考えます。
要は本人次第。
必要な体験は、必然。
かならずできるものと思います。

331 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 02:36:25 ID:JoSQpaCF
そういう回り持った価値観の表明が宗教なんですよ。
無宗教というのは、宗教・神・自分の信じる何かなど
に対し余計な意識を持たず「救い」を求めないことです。

言葉に対していいかげんな方には永遠に理解できないでしょう。
自分の信じるものを大げさにとりあげてそれに救いや幸福を
求めるものを人間は宗教と呼んでいます。

あなたの取られる無宗教のスタンスというのは、既存宗教
への疑問や違和感からきた宗教価値観にすぎません。
本当に無宗教ならこんな場へ来て救済論や幸福論は
展開しません。

内的プロセスを見つめて思考する哲学とそこが違うところですね。

332 ::2006/11/29(水) 06:15:13 ID:79KbfZHx
ですからね、宗教でいいですよ。
所詮、表現だし、解釈などはどうでもいい。
救いをもとめないという考え方は、個人の選択。
私にとやかくいうことはできません。
私は私の話しかできません。

333 ::2006/11/29(水) 06:19:51 ID:79KbfZHx
それにね、無宗教も宗教とどなたかが言われたとおり、全く何も信じず、生きることはできません。無意識などないのですよ。
「私は何も信じない」  そう思っている誰かがあなたのなかにいるでしょう?救いや幸福を求めないという誰かが。
それは意識です。
無意味な否定などしないことです。

334 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 07:11:22 ID:5FCswYWP
>>331

>自分の信じるものを大げさにとりあげてそれに救いや幸福を
>求めるものを人間は宗教と呼んでいます。

ニューエイジの人達が「波動」と言って、その感覚を磨き、
自己の生活に深く密接させ、幸福を探求しています。
これも、宗教なのですか。

335 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 07:14:26 ID:5FCswYWP
334つづき

>内的プロセスを見つめて思考する哲学とそこが違うところですね。

これも、宗教になる可能性は、ないのですか。


336 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 08:56:56 ID:gLrfb5+M
そろそろ風邪うっとうしいなぁ。
消えろ。消えうせろ。

337 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 09:22:50 ID:JoSQpaCF
>>333
> それにね、無宗教も宗教とどなたかが言われたとおり、
私ですが、無宗教も宗教というのはあなたの話ですよ。
一般的に言って無宗教というのは無関心ですので、
あなたの誤認識を訂正しただけです。

>全く何も信じず、生きることはできません。無意識などないのですよ。
>「私は何も信じない」  そう思っている誰かがあなたのなかにいるでしょう?救いや幸福を求めないという誰かが。
>それは意識です。
>無意味な否定などしないことです。
そうですね。宗教に救いはないと宗教を否定する無意味なことをしないことです。
所詮、宗教ですから。問題は表現と解釈です。

>>334
そうですね。宗教です。方法に名前など付け出すと
カルト性が強くなります。

338 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 09:45:20 ID:5FCswYWP
>>337
>そうですね。宗教です。方法に名前など付け出すと
>カルト性が強くなります。

でも、仲間が集まって、楽しんでる場合は、カルトにはならないと思います。
他者への強制や、自分達の反対者に対する排他的な姿勢がなければ
それでいいと思います。


339 ::2006/11/29(水) 11:23:45 ID:79KbfZHx
排他ねぇ。カルトに関係ないですね。
みんなやってるし。
間違いと判断して、自らの正義(?)を主張する。
だから、なんなんでしょうねぇ。。。
言葉は不完全ですから、指摘しようと思えばいくらでもできますし。

340 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 11:28:59 ID:JoSQpaCF
慇懃無礼という言葉を知っていますか?

>間違いと判断して、自らの正義(?)を主張する。
それをしているのはまさにあなたです。
ただの無礼者の方がましですよ。

341 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 12:11:34 ID:JoSQpaCF
言葉が不完全であることを理由に偽善をふりまくという愚行
は見苦しいですね。「自分」を過大評価することをよしとして
いるに過ぎない自己中心的な価値観を薦める行為もまた
しかり。器の大きいふりをするところもまたしかり。

342 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 13:42:24 ID:5FCswYWP
>>339

>みんなやってるし。

何をやっているのか、具体的に教えて頂けませんでしょうかσ(*´∀`*)



343 ::2006/11/29(水) 17:18:29 ID:79KbfZHx
>>342>>341 鏡を見ることをお薦めします。


344 ::2006/11/29(水) 17:26:59 ID:79KbfZHx
訂正です。>>342>>341>>340の間違いでした。

345 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:30:41 ID:5FCswYWP

>>343

風様へ

風様は、鏡を持っていらっしゃるのでしょうか。
凹面鏡ですか、それとも凸面鏡でしょうか。

まさか、オーメン鏡じゃないでしょうねW






ジョークだから怒らないでね。


346 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:33:24 ID:5FCswYWP
>>344

な〜んだ、間違いだったのかー。

345は、無かった事に、して頂戴ね。

347 ::2006/11/29(水) 17:34:01 ID:79KbfZHx
>>342 みんなやってるのは、判断ですよ。

それ行為自体は問題ないのですがね、誰が判断しているのかが問題なのですよ。
自我の判断か、そうでないのか。
相手を非難、批判したりする場合、自我ですね。
自分の尺度で、相手をはかる。それが当たり前になっている。
その異常さに気付かない。
まぁ、私の人生ではありませんし、選択は自由ですが。

348 :風邪:2006/11/29(水) 17:45:00 ID:gLrfb5+M
>>347
人のふり見て我がふり直せ

349 :風邪:2006/11/29(水) 17:45:59 ID:gLrfb5+M
自分の異常さを棚に上げてる馬鹿一名発見!!

350 :風邪:2006/11/29(水) 17:49:07 ID:gLrfb5+M
まず、理屈よりも自分の人生を振り返ろう。
宗教うんぬんをここで述べる資格が自分にあるのか。

351 :風邪:2006/11/29(水) 17:49:41 ID:gLrfb5+M
風さん。まず働けよ。

352 ::2006/11/29(水) 17:51:48 ID:79KbfZHx
はいはい

353 :風邪:2006/11/29(水) 17:52:17 ID:gLrfb5+M
こんなどうでも良いことをいつまでも語ってるってことは、
よっぽどヒマだっちゅうことだぞ。
真っ当な生活をしている人間は、こんなこと考えて書きこみしてる
ヒマなんか無い。

354 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:52:26 ID:0OtejPvK
>>1乙!         宗教などいらない!戦争が起きるのも宗教関連。宗教が政治に関与してるのもどうかと。神や仏なんぞどうしようもない時に都合の良いときに使えば良い。宗教信じるならもっと自分自身の可能性を信じろ

355 :風邪:2006/11/29(水) 17:52:59 ID:gLrfb5+M
もしかして、ひきこもりか?


356 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:53:14 ID:5FCswYWP
>>347  風さん
 
>相手を非難、批判したりする場合、自我ですね。
>自分の尺度で、相手をはかる。それが当たり前になっている。

そうですね、往々にしてありますね。
難しい問題ですね。
自己の尺度以外、いい尺度はないのですかね。



357 :風邪:2006/11/29(水) 17:54:10 ID:gLrfb5+M
人間ヒマすぎると、ロクなこと考えないもんだなぁ。

358 :風邪:2006/11/29(水) 17:55:51 ID:gLrfb5+M
風は、外に出るのは大丈夫か?

359 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:56:39 ID:5FCswYWP

しかし、風さんは、人気あるな〜、

集客力は大したものだなあー。





360 :風邪:2006/11/29(水) 17:58:15 ID:gLrfb5+M
人の視線が恐いとか大丈夫か?


361 ::2006/11/29(水) 17:59:01 ID:79KbfZHx
>>356 ところがね、その尺度を放棄することができるんですよ。

私などまだまだですがね。失敗して、気付いての連続です。



362 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:01:06 ID:5FCswYWP
>>361 風さん

なるほど、自我の放棄、自己尺度の放棄ですか。


363 ::2006/11/29(水) 18:02:08 ID:79KbfZHx
無意識であろうがなかろうが、誰かを批判すれば、かならず争うことになります。
ただ、どちらかかがそれに応じなければ、争いにはなりません。
相手にしないことが一番かもしれませんね。
その点からみても、まだまだ。
馬鹿馬鹿しいかぎりです。

364 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:19:12 ID:5FCswYWP

>>363 風さん

そうですね、相手にしないか、若しくは暖簾に腕押し、糠に釘、
上手く流すしかないでしょうね。

面白い荒しさんなら、時々相手したりしますが、度が過ぎないように
細心の注意が必要ですね。


365 ::2006/11/29(水) 18:24:46 ID:79KbfZHx
そう。相手があるもんですからWW



366 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 18:28:39 ID:5FCswYWP
では、飯の時間です、失礼します。

367 :某282:2006/11/30(木) 01:50:28 ID:TLeiK+W9
風邪さん!・・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・自粛しますね。

368 :風邪:2006/11/30(木) 12:28:38 ID:iXS6Vj6w
二度と書きこむな。この大馬鹿野郎どもがっ!ぺッ!!

369 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:41:15 ID:09OWJklv
           ↑
        言論の自由を!!!

370 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 12:43:31 ID:09OWJklv

そして、平和と繁栄をWWW


371 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 15:51:35 ID:Lq7HCLFJ
神とか見たね。マジで。
見るというか感じるというか、存在を確信しるんだよ。ある瞬間。
バチッて分かるものなの。直感っていうのかな。
「お、神だ」ってね。すごい純粋でね。何か曇りがないってのかな。
2CT-7とケタミンを一緒に摂ったときとかによく感じるよ。

372 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 16:02:03 ID:qR35VLdH
風はあいかわらずですね(笑)
自我への執着に自分で気づかないのは(ry

373 ::2006/11/30(木) 17:17:25 ID:uus7pY8I
>>372 自我とはなんですか?

374 :風邪:2006/11/30(木) 18:33:00 ID:NCPQ8QcU
>>372
馬鹿に話しを振るな!
こうやって即座に反応しちゃうだろう!!!
お前うっとうしいよ。いちいちしゃしゃり出てくるなよ。
あいかわらず自我への執着が強いやっちゃ。

375 ::2006/11/30(木) 19:49:25 ID:uus7pY8I
何を興奮してるんでしょう?(爆)

376 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 21:26:40 ID:09OWJklv
>>375

風さん

>何を興奮してるんでしょう?(爆)

きっと風さんがセクシーだからでしょう(大爆)




377 :名無しさん@3周年:2006/11/30(木) 23:40:14 ID:qR35VLdH
>>373
何でしょう?禅問答が好きな貴方からどうぞ(笑)

378 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 04:25:58 ID:EsN9QRzH
>>373

風さん


「自我とエス」 S.フロイト

    ↓
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~ktanioka/lacan/Lacan-report7.htm


難しいなあ〜、風さん、解説してよ。

379 ::2006/12/01(金) 06:21:49 ID:E/wVpaDo
他の人の認識などわかりません。


380 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 07:54:29 ID:EsN9QRzH
風さん

風さんの、夢、希望、願望、目的について、持論で結構ですが
教えて下さい。

「私は、あるがまま、今、在る、其れだけで良いのです。」
なんて、言わないでくださいね。




381 :風邪:2006/12/01(金) 08:37:37 ID:u6y1/Usd
結局自分を持ってないから、こういう表現しか出来ないんだよ。この子は。
就職斡旋してあげようか?風くん

382 ::2006/12/01(金) 11:24:16 ID:E/wVpaDo
>>380 その通りなのですが、ダメですか?
仕事も順調、家庭も大過なく平和ですし。
このままでいい。
しいてあげるなら、新しいパソがほしいくらい。
でも、なくてもいいし。

383 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 11:48:59 ID:GrAiXFfR
というわけで、やはり自我への執着が尋常じゃないようです。

384 :風邪:2006/12/01(金) 11:58:01 ID:u6y1/Usd
風さんって、かなりエロい人ですよね。

385 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 12:06:57 ID:GrAiXFfR
>>379
> 他の人の認識などわかりません。
いつものように持論を展開すればいいのに
それをやってしまうと自我への執着が丸出し
になってしまうのでそう言うしかありませんよね。
その欺瞞逃避の気持ち、よくわかります。

386 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 22:28:25 ID:EsN9QRzH

>>382

>その通りなのですが、ダメですか?

いいですよ。

幸せそうで、なりよりです。


387 :風邪:2006/12/02(土) 13:18:30 ID:fDZxhJ0R
風さんって、エッチだから嫌い。

388 :名無しさん@3周年:2006/12/02(土) 16:54:14 ID:jsSvP7aw
>>387

君が正真正銘本物のカゼだったのか

389 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 02:22:19 ID:8j6PLdlq
宗教も神も要りません。
自分自身を信じるという考え方にも疑問を抱きます。

他人に映った自分、他人の評価した自分も自分です。
むしろ自分を知るには他人に照らすことだと思います。
自分をいくら見つめても自分を知ることはできません。
自分を見つめるというのは客観的たろうとする努力を
意味しますが、所詮それは「的」スタンスに過ぎず
結局は主観に支配された自己完結なのです。

自分を救えるのは自分だけと強く信じる人間は、それと
気づかずに周りに迷惑をかけています。そういう人間を
私はたくさん見てきました。「ただ在る」などというのは
馬鹿げてますね。ただ在れば細胞は死に朽ち果てます。
スレを観察すればわかるように、「ただ在る」論というのは
単なる建前で、本音は「ただ在る」ように在りたいという
宗教に憧れた者の俗物的な強い執着です。ですから
否定されると頭に血が上るのです。

390 :慈風:2006/12/04(月) 10:49:04 ID:RH+dLHyr
ご自分の信じた道を歩まれるがよろしいと思います。

言葉にできぬ感覚は、何を言っても同じこと。理論や概念など、たった一度の体験で吹き飛んでしまう脆いものです。



391 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 11:08:07 ID:8j6PLdlq
理論や概念に縛られていることに気づけない
というのはどうしようもありませんね。
ただ、宗教とはあえて理論や概念によって
「吹き飛ん」だように脳内を操作していくもの
だと思います。宗教でないなら、たった一度の
体験で吹き飛ぶ理論や概念などは、最初から
理論や概念に過ぎません。吹き飛ぶようなもの
ではありません。

392 :慈風:2006/12/04(月) 12:34:54 ID:RH+dLHyr
ご自由に。

393 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 13:34:02 ID:8j6PLdlq
つまり、いくら何かを得た、未知なる世界がひらけた、
理論や概念が吹き飛んだ、どう表現しても構いませんが
すべて自我への異常なまでの執着があってこそ成り立つこと
を知ることですね。すでに盲目になってしまった信者には
難しいことだとは思いますが。


394 :慈風:2006/12/04(月) 13:50:55 ID:RH+dLHyr
なぜそう思うのかを観てみるとよろしいかと。

395 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:07:41 ID:8j6PLdlq
結局はすべて思い込みなのです。宗教とは現実を見る目
を曇らせ自分の中に自己欺瞞の世界をつくりあげ、そこに
癒しを求めることです。「ただ在る」のではなく、そうありたい
というよくある理想論にすぎないのです。ですから批判される
とすぐに頼みもしないアドバイスや質問で返すというおかしな
言動をしてしまうのですね。重要なのは、私がなぜそう思うかではなく、
あなたがどういう人間であるかを私が見るという客観性です。

396 :慈風:2006/12/04(月) 14:11:41 ID:RH+dLHyr
私の昔を観ているようですね。

397 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:12:24 ID:8j6PLdlq
スレの流れを見ても、いかに欺瞞的であるかがわかります。
>>377に何故答えないのでしょう。あなたは>>379
>他の人の認識などわかりません。
とおっしゃってますが、誰も他人の認識を答えることは求めて
ないですね。
>言葉にできぬ感覚は、何を言っても同じこと。
と言いながらレスを返しています。三度目の「もう書き込まない」
宣言はあるのでしょうか?

398 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:14:01 ID:8j6PLdlq
>>396
今のあなたですよ。上であなたは自分を救うのは自分である
ということをはっきり主張しています。

399 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:15:31 ID:8j6PLdlq
詭弁の手法は決まっています。質問に質問で返したり
あなたの話をこちらの話にすりかえたり、といった具合です。

400 :慈風:2006/12/04(月) 14:19:08 ID:RH+dLHyr
言葉の奥にあるものが真実。

今にも動きだしそうな活火山。
理解できる日を待つのがよろしいかと。

401 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:22:31 ID:8j6PLdlq
質問には答えず聞かれてもないことについて
解説するというのも詭弁家のよく使う手法ですね。

自分で自分を救うという救済論は宗教の範疇です。

詭弁の得意な宗教家は喩えを好みます。

402 :慈風:2006/12/04(月) 14:25:29 ID:RH+dLHyr
無駄なことは嫌いですので。


403 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:26:07 ID:NBV/DedL
>>400

何か悟りを開かれた様な文言ですね。

>理解できる日を待つのがよろしいかと。

全てを解した様な発言ですが?


404 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:31:07 ID:8j6PLdlq
この方は宗教や信仰に対する強い憧れや理想
を思い描いているので、そういった表現を好むのは
仕方ないと思います。体験で変わったというような
ことを度々口にしますが、もしかすると頭でも打った
のかもしれませんね。

405 :慈風:2006/12/04(月) 14:31:18 ID:RH+dLHyr
万人向けの言葉の持ち合わせがありませんので。大変申し訳ないのですが、発言は控えまする

406 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:36:53 ID:8j6PLdlq
言葉は万人の理解のためにあるのですよ。
あなたは欺瞞のためにあるのかもしれませんが。
無論完全理解が可能であるという意味ではありません。

407 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:39:39 ID:8j6PLdlq
あいかわらず強い欲を持って自分自身への執着を
高めておられるようですね。「ただ在る」という言葉
とはほど遠いスタンスのように見えますが、所詮
自己完結の世界ですのでそれも仕方ないでしょう。

408 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:44:33 ID:8j6PLdlq
宗教とは、そもそもこの方がやってるように自分自身への執着を
高めることから始まります。それを他人と共有して相乗効果を狙
ったものが○○教といったような思想です。自分は新たな境地に
立ったつもりになっているようですが、残念ながらその場所は
宗教という名の同じトラックをぐるっと一周したスタート地点に
すぎません。結局宗教なのです。これが事実ですね。

409 :慈風:2006/12/04(月) 14:47:20 ID:RH+dLHyr
決め付け。判断。押しつけ。
それは自我の為せる業。

私が捨てたゴミです。

410 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:52:00 ID:8j6PLdlq
思ったとおりレスを返してきました。
耐性がないですね。

捨てるには判断が必要なのではないでしょうか。
矛盾してますね。相変わらず面白いことをおっしゃる方です。

また言葉の不完全さを嘆いて欺瞞するのでしょうか。

411 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 14:57:47 ID:8j6PLdlq
捨てた対象が、決め付け、判断、押し付けであると
認識するには自我が必要です。

つまり、あなたは自覚がないだけで強力な自我に
縛られているわけです。あまりしゃべると浅い思想
が綻びますよ。

412 :慈風:2006/12/04(月) 15:00:05 ID:RH+dLHyr
そう思うならそれでいいですよ。


413 :慈風:2006/12/04(月) 15:04:10 ID:RH+dLHyr
忙しくなりますので、これで失礼します。
頑張ってくださいね。

414 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 15:05:47 ID:8j6PLdlq
>そう思うならそれでいいですよ。

そういった言葉はこのスレで何度も目にしました。許可は不要です。
あるいは自分のレスで終わりたいという執着でしょうか?

415 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 15:07:44 ID:8j6PLdlq
忙しさを理由に逃避してしまいました。矛盾をつかれると
こうなのでしょうね。ここは実況スレやチャットではなく
掲示板ですので急く必要はありません。ログはずっと
残りますから。

416 :慈風:2006/12/04(月) 15:59:28 ID:RH+dLHyr
なぜ答えないのかを考えなさいな。
今のあなたに言葉は必要ではありません。
必要なのは「自らをみつめること」
そう思いますよ。
逃げというなら、それでいい。
反論はしません。

417 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 16:09:46 ID:8j6PLdlq
態度が急変しましたね。

>なぜ答えないのかを考えなさいな。
疑問ですが、これは押し付けとは違う性質のものでしょうか?
形式的には命令口調ですが。言われるまでもなく考えて
判断しています。その連続です。それが人間というものです。
ところがあなたはそれをしていないと言う。しているにも関わらず。

要するにこういうことでしょうか。自分の使う言葉はいいかげん
だが感情に任せて言いたいことは言わせてもらうと。

>今のあなたに言葉は必要ではありません。
よく理解できません。あなたの言葉はありがたいお言葉か何か
という意味でしょうか。だとすれば教祖じみてきましたね。
言葉はあなたに与えてもらうものではありません。

418 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 16:11:10 ID:8j6PLdlq
>今のあなたに言葉は必要ではありません。

言い忘れました。これも立派な判断ですね。
それともこちらの解釈がおかしいのでしょうか。

419 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 16:18:57 ID:8j6PLdlq
「それでいい」というのが大人な態度で器が大きく
見えるからそう言ってるんだとすれば情けないことですね。
逃げるが勝ちという言葉がありますが、勝ち負けの問題でも
ありません。

自ら感情的反発の臭うレスをつけておいて反論しないという
のは、「判断しない」という至上ルール(無論それは判断による
ものですが)を自らに課しているためでしょう。

それが相手の言葉を受けずに言いたいことだけ言うのは
いちばん楽だと思います。

420 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 16:23:49 ID:8j6PLdlq
>>419
訂正です。

>それが相手の言葉を受けずに言いたいことだけ言うのは
相手の言葉を受けずに言いたいことだけ言うのはいちばん楽だと思います。
「それが」は不要です。

とにかく実に可笑しな人ですね。

421 :風邪:2006/12/04(月) 18:10:15 ID:H1rrMHDy
お前もかなりうっとうしい。
自分が信じないんだったらそれでいいじゃん。
風はエロスの塊だから、ほうっておきなさい。
とりあえず、今まで何度と無く繰り返されてきた内容を
リピートするのはやめて。進展しないから。

422 :慈風:2006/12/04(月) 19:24:02 ID:RH+dLHyr
おーっ!風邪さん、すばらしい

423 :慈風:2006/12/04(月) 19:32:08 ID:RH+dLHyr
まぁ、最も「どれだけ非難しようが、罵倒しようが、何もかわらない」と思いますがね。

人の確信、信念をね、曲げることが他人にできますか?できませんよ。
理解しようともしていない人に対して、はじめから否定ありきの方に対して、かける言葉などありません。
他人の行為に腹をたて、違うと判断しつづけるかぎり、何もわかりはしません。これは、断言です。
同じ視点からみていないのですから、理解などできるはずもない。
人の選択は自由ですがね、幼すぎます。

424 :名無しさん@3周年:2006/12/04(月) 21:25:58 ID:NBV/DedL
>>423
>理解しようともしていない人に対して、はじめから否定ありきの方に対して、かける言葉などありません。
>他人の行為に腹をたて、違うと判断しつづけるかぎり、何もわかりはしません。これは、断言です。

あなたは、如何ですか?
無ければ、ご立派!

425 :慈風:2006/12/04(月) 23:00:04 ID:RH+dLHyr
他人がどうかがそんなに重要ですか?
ならば、その思いが必要なくなるまでもっていればよろしいかと思います。

怒りは思考が具現化したもの。
その動きを観察している存在が私です。

わかる人にはわかります。

426 :無所属な旅人 ◆Trip.cNm8U :2006/12/04(月) 23:06:28 ID:wJH5J2p8
怒りじゃないやうな…

その話しながら微笑んでいられる?w

427 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 08:58:31 ID:RSxLK/SJ
>>423
>理解しようともしていない人に対して、はじめから否定ありきの方に対して、かける言葉などありません。

どうもあなたは理解されておられないようで。こちらはあなたに言葉を
かけてもらおうとは思っていませんよ。あなたを批評しているだけなのです。
掲示板に書き込むというのはそういうことです。無論、こちらを批判していた
だいてもかまいませんし、あなたは判断をしてそれをしておられますね。

かける言葉などないと言いながら言葉をかけているのですから。
矛盾を上塗りして何の意味があるのでしょうか。

>>421
ということで、
>自分が信じないんだったらそれでいいじゃん。
はここでは成り立ちません。そもそもリピートしているのは慈風
という方の言う内容です。妄想の垂れ流しであればリピートでも
良いのでしょうか。

428 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 09:05:28 ID:RSxLK/SJ
ちなみに

>他人の行為に腹をたて、違うと判断しつづけるかぎり、何もわかりはしません。これは、断言です。
腹は立てていませんよ。違うもなにも私とあなたは同じです。
違うと思っておられるのはあなたなのではないでしょうか。
あなたも私と同様判断から逃れられない一人間です。
自分が書いておられる内容がそれを証明しています。

反論しない・かける言葉などないというのは建前ですね。
実際されておられるのですから。

捨てたゴミを知らず知らずに拾っていることに気づいていないのでしょう。

429 :風邪:2006/12/05(火) 09:21:45 ID:/BaDeEUj
>>428
お前、実社会でも嫌われてそうだな。
屁理屈だらけで気持ちが悪い。
知ってるか?慈風はエロスの神なんだぞ。
お前が男だろうが、女だろうが、その毒牙にかかればトロトロになるぞ!

430 ::2006/12/05(火) 09:36:52 ID:zoos5NVZ
既にトロトロになって、コテまで、類似しているな、
エロスの神に、フラレタ信者か?

431 :名無しさん@3周年:2006/12/05(火) 15:08:00 ID:RSxLK/SJ
>>425
>まぁ、最も「どれだけ非難しようが、罵倒しようが、何もかわらない」と思いますがね。

>人の確信、信念をね、曲げることが他人にできますか?できませんよ。

曲げることが目的ではないので問題ありません。
むしろ固定観念に縛られていることに気づいていない方が話が
盛り上がって良いです。しかし、曲がらない確信や信念を持っている
ことを示唆しているわりに他人の言葉が気になってしょうがないようですね。

>他人がどうかがそんなに重要ですか?
>ならば、その思いが必要なくなるまでもっていればよろしいかと思います。

その思いが必要なくなることがそんなに重要ですか?
「決め付け。判断。押しつけ。」に満ち満ちた言葉ですね。
どうやらあなたは「必要なくなる」ことが何かの素晴らしい
到達地点だと思っておられるようです。単なるあなたの判断
した一価値観にすぎません。私もあなたも同じなのです。

違うのは建前ですね。

新進気鋭の宗教家気取りなのかもしれませんが、結局は従来の
それと何も変わりません。宗教というのはあなたのように建前で
できています。

432 :風邪:2006/12/05(火) 17:49:05 ID:/BaDeEUj
確かに、慈風の発言は矛盾に満ち溢れている!
発言内容に自分の考え・思いが込められた時点でそれはお前の言う
「決め付け。判断。押しつけ。」になるのだから。
で?それが何か?
お前、奴のテクを味わってみぃ!ケツ穴ガバガバになるぞ。
それもまた人生。

433 :名無しさん@3周年:2006/12/06(水) 11:50:36 ID:AEunKCDe
トロトロですか。
すぐに怒り心頭沸点の低い誰かさんと違って
私の融点は非常に高いですよ。

正論で突かれてすっかり黙ってしまいましたね。
ガバガバになって失神したのは誰かさんかもしれません。

434 :風邪:2006/12/06(水) 16:20:03 ID:lLd01i6f
>>433
多分、君の相手するのが面倒なんじゃない?


435 :慈風:2006/12/07(木) 18:02:19 ID:Z/bide7q
>>427でいわれましたよね?言葉はいらないと。

ですからやめました。反論もしないし、批判もしません。
ご自由に。

436 :名無しさん@3周年:2006/12/07(木) 21:34:36 ID:YrKYLBZ/

>>435
慈風 さん

1.あるがまま

2.自由

3.為るようになる

若し良ければですが、
この、3つの共通点と相違点をお聞かせ願いたい。

此れは反論でもなければ批判でもない、慈風さんの見解を
伺っているだけですから。

437 :慈風:2006/12/07(木) 23:48:41 ID:Z/bide7q
あるがままとは、「一切の解釈や判断といった思考から離れ、在るという視点から、ありのままを観察する」ということです。

これには、違いも善悪も、ありえないのです。


438 :慈風:2006/12/07(木) 23:57:27 ID:Z/bide7q
自由とは、本来「人の精神の自由」を指し、一切の束縛から離れた精神状態をいいます。
この自由は、奪うことも、侵すこともできない普遍的なものだと考えます。

しかし、知覚される世界のなかでは、我々は常に束縛の中にあります。
体、思想、概念、思考(感情」、家庭、社会、夫婦、恋人、常識、道徳、国、民族(人種)、宗教、富、栄光(名声)、法律など。
これらは、束縛の象徴です。
しかし、束縛なくしては、自由は知りえません。
私が言う、自由とは「束縛のない自由」のことをさします。

439 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 01:08:11 ID:X5JbhiyE
>>438 慈風さん

>私が言う、自由とは「束縛のない自由」のことをさします。

「束縛のない自由」は、下記の事を考えると、現実に、
あり得るのですか。

>体、思想、概念、思考(感情」、家庭、社会、夫婦、恋人、常識、道徳、国、民族(人種)、宗教、富、栄光(名声)、法律など。
>これらは、[束縛の象徴]です。


440 :風邪:2006/12/08(金) 08:45:42 ID:r9ikEmql
>>439
束縛の無い自由とは、慈風さんの大好きなSMを逆説的に表現したものです。
縛られる喜び、ロウを垂らされる喜びこそ、
慈風さんの「束縛の象徴」なのです。
本当にエロいですよね。


441 :慈風:2006/12/08(金) 09:34:49 ID:jvkzLLFp
>>339 あります。束縛があるのは、自由を知るために必要です。
自由を知れば、束縛がなんなのかがわかります。


442 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 09:58:50 ID:Z5SL44mS
>>435
>>>427でいわれましたよね?言葉はいらないと。

おや、またおかしなことをおっしゃってますね。
私が言葉はいらないと言ったからやめたのですか?
それは違いますね。

その前に>>416であなた自身が「判断なさって」
言葉は必要ないと言っておられます。反論はしませんとも
言っておられます。さんざんしておきながら。

実に面白いですね。また矛盾を上塗りしてしまいました。

あなたの言う自由とは自己完結の自己欺瞞の世界に
すぎません。

443 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 10:04:00 ID:Z5SL44mS
いまだに判断から逃れられないことに気づいておられないようです。

それとも
>一切の解釈や判断といった思考から離れ、在るという視点から、ありのままを観察する
自分にはできないこれを目指しているということでしょうか。
教義と現実の乖離があまりに大きくて失笑ですよ。

444 :慈風:2006/12/08(金) 10:05:30 ID:jvkzLLFp
人は「自分のことしか語れない」ようになっています。
それを知れば、必要でないことは語らぬようになります。

445 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 10:11:50 ID:Z5SL44mS
あいかわらず逃げスタンスですね。

正論で対話をすると破綻するからでしょう。
よくわかります。

446 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 10:20:10 ID:Z5SL44mS
しかし面白いですね。

なぜ教祖のように語りたがるのでしょう、この方は。
やはり宗教板ってことなんでしょうね。
宗教には“それらしさ”が必要だと思います。

「在る」理論にしてもキリスト教から使いまわしたのでしょう。
>在るという視点
まさにキリストカルトの言う"I am who I am"な考え方ですね。


447 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 10:39:30 ID:Z5SL44mS
>>439,441
この対話には笑いました。会話になってませんね。
象徴と現実の意味がわかっていないと答えることも
できないでしょう。自由の現実を聞かれて束縛の象徴
をごり押しする矛盾。

>しかし、束縛なくしては、自由は知りえません。

>自由を知れば、束縛がなんなのかがわかります。

循環論法ですし、束縛がなんなのか知る方法など
>>439は聞いてないですよ。

448 :風邪:2006/12/08(金) 11:03:47 ID:r9ikEmql
どうでもいいから、働け

449 :慈風:2006/12/08(金) 11:06:24 ID:jvkzLLFp
>>445 意図的に私が答えないようにしているのがおわかりになりませんか?

私は私の事実、真理を語っているだけであって、それは、誰かの理解を促したいからではない。
私は教祖ではないし、私が教えることなど何もない。
こう言っても、判断したがる御仁はおられるし、それはその人の選択。
私にはかかわり合いのないこと。

450 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 11:11:17 ID:Z5SL44mS
あなたがあなたの事実、真理を語る意図は何でしょう。
その判断基準は何でしょうか。

451 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 11:14:10 ID:Z5SL44mS
>>449
>>>445 意図的に私が答えないようにしているのがおわかりになりませんか?
ちなみに、もちろんわかっていますよ。わかっているからこそ>>445
書いたのですが、おわかりになりませんか?正論では破綻してしまうので
逃げるしかありません。そう判断なさるお気持ちよくわかりますよ。

452 :慈風:2006/12/08(金) 11:21:19 ID:jvkzLLFp
あなたのいう正論が正しいと思うならば、それを実践していけばいいと思います。

しかし、本来、正論などないのですよ。
自身が受け入れている、価値観を正論となしているだけです。
そして、それを通して判断している。
その行為の意味を知ろうとしなければ、私が言っている言葉は永遠にわからないままでしょう。
最も、それは私の選択ではありませんし、興味もありませんが。

453 :慈風:2006/12/08(金) 11:22:22 ID:jvkzLLFp
視点が違うのに、これ以上の論議は不必要と考えます。

454 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 11:33:24 ID:Z5SL44mS
またですね。私の論理を正論としてるのではありません。
あなたの話なのですよ。言葉というのは万人のためにあります。
自分だけ理解していればいい、意味を知ろうとしている人が
知ればいいというものではありません。また誤解を意図的にか
無意識にかは知りませんが遠まわしに正当化するのはいかが
なものでしょう。

で、
あなたがあなたの事実、真理を語る意図は何でしょう。
その判断基準は何でしょうか。

455 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 11:38:16 ID:Z5SL44mS
あなたのことはよくわかってますよ。
自分が評価・判断されたくないだけです。ですから自分は
評価をしない・判断をしないと“したい”のですね。
それを美的価値観として中心に据え、厳かな言葉を選んで
宗教色をつけているのです。そういう意思表示をしておけば、
自分が批評の対象になった場合に逃げることができますから。

あなたは単に自己完結世界の妄想を垂れ流してるだけですよ。

456 :慈風:2006/12/08(金) 14:38:04 ID:jvkzLLFp
観てますよ。しっかりあなたの発言を。
私も世間もね。



457 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 14:57:23 ID:Z5SL44mS
知ってますよ。
あなたはとりわけ人からどう見られるかが気になる方ですから。
ですから私の意見に対して叩きや否定といった被害妄想を
起こしてしまうのです。

458 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:01:19 ID:Z5SL44mS
今のように判断や評価に縛られることなく、“本当に”それらから
解放されるといいですね。そうなれば、わざわざ「自由」である
“ふり”をする必要もなくなると思いますし、それについて説法
垂れるようなこともなくなると思います。

459 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:04:14 ID:oKVMNC2E
慈風さんへ

スレタイの「自分の内に神は存在する」が正しいなら
その神が下した判断というものがあります。

あなたは「内なる神の判断」を聴けるのですか?
それとも、「神は判断などしない」と?

神の判断に基づいて話しているのなら構いませんが、
もしそうでないなら、それは本末転倒。
あなたは何に基づいて話をしているのでしょうか。

神ですか?
それともあなたのいうエゴですか?

460 :慈風:2006/12/08(金) 15:06:44 ID:jvkzLLFp
言葉とは、自己しか語ることはできません。
私にとっては、あなたも同じ。
かつての私を観ているようです。

私でよければ、存分に叩きなさいな。何もいいませんから。

461 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:08:32 ID:Z5SL44mS
>>459
私が答えましょう。ずばりエゴです。慈風は自分のエゴを
言葉でとりつくろって良く見せようとしているにすぎません。

>>460
で、
あなたがあなたの事実、真理を語る意図は何でしょう。
その判断基準は何でしょうか。

462 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:12:33 ID:Z5SL44mS
何も言わないと言いながら言い
反論しないと言いながら反論し
あなたに言葉は必要ないと押し付けながら
「決め付け。判断。押しつけ。」をゴミに捨てたとは
ずいぶん本音と建前が乖離してる方なのですね。

463 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:13:36 ID:oKVMNC2E
>>460
>かつての私を観ているようです

あなたは風さんではありませんか?
もしそうなら、私は以前もあなたからそう言われました。
覚えてませんか?

464 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 15:19:17 ID:Z5SL44mS
かつての私を観ているようだと自分が変わったと
妄想するのも宗教の醍醐味だと思います。

何も変わらないのです。

465 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 16:16:24 ID:oKVMNC2E
用事があるので書いておきます。

 人は「自分のことしか語れない」ようになっています(>>444

自分が「内なる神から大いに離れている状態」であろうと
「似通っている状態」であろうと、人は同じ言葉を話すのでしょうか。

自分が神に近づけば近づくほど、内なる神の意志を言葉に反映しやすくなるとは
思いませんか?

466 :慈風:2006/12/08(金) 16:56:35 ID:jvkzLLFp
似通っている?
成れないとお思いですね。
そして、あなたは、ここの状態を判断していますね。
言葉でなく、状態でなく、そのひとの中に何があるのかを知らなければ、あなたのいう似通った状態を理解もできないでしょう。

捉われるのは簡単なこと。大切なのは、どう在るか。他人ではありませんよ。

467 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 17:25:27 ID:Z5SL44mS
成れないのですよ。

あなたは自分の主観の呪縛に気づいていない
ために内なる神という幻を追っているのです。
囚われるのは簡単なこととおっしゃることを
ご自分が実践なさっているのです。

というより、また質問に答えていないですね。
まったくあなたに言葉を求めている方にさえ
そんな調子ですので失笑です。

>>466でいかに自分が神に成れているかを
主張したいというのがにじみでていますね。
あなたが教祖じみているというのはそういう意味です。

468 :慈風:2006/12/08(金) 17:58:07 ID:jvkzLLFp
>>465 よく観てください。私の心は一切乱れてはいません。

あなたの中に存在があります。それは私のそれと同じものです。

非難されるもの、非難するもの、それは同じこと。
非難せずとも、非難される。
しかし、それは幻。
私にはそう見えません。
現象に惑わされることなく、私は在る。

469 :慈風:2006/12/08(金) 18:05:52 ID:jvkzLLFp
>>459 内なる声をきくことはできます。
しかし、必要なときだけ。望めばかならず、隙が生まれます。
神は、望まずとも在ります。どんなに否定しようが、関係ありません。

人の感覚を体験できないからといって、それをデタラメだと判断するならば、体験などできないでしょう。


470 :慈風:2006/12/08(金) 18:34:04 ID:jvkzLLFp
たた、神の導きは常にあり、それに気付けるかどうかは本人次第だと思います。
声が聞こえるとか聞こえないとかは関係ない。優劣もありません。


471 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 18:39:12 ID:r9ikEmql
2ちゃん内での議論のセオリーかもしれませんが、
お互いに相手を見下した書きこみはやめましょうね。
中身で戦ってください。
挑発的な言動は極力避けましょう。


472 :慈風:2006/12/08(金) 18:49:59 ID:jvkzLLFp
もっともなご指摘、ありがとうございます。

473 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 19:13:12 ID:tycyEB5h
神の声が聞こえる者は、心優しく、思慮深く、慈悲の心があり、
周りを和ます人です。

あなたの聞こえる神は成済ましの神、動物霊の可能性もあります。
単に強い自己暗示かもしれない。

周囲を騒がせて楽しむのは、ポンポコ狸でしょう。
然るべき神社や著名な霊能者に真相を解明して頂きなさい。


474 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 19:24:19 ID:oKVMNC2E
慈風さんへ

では、私がかつてのあなたに似ているとどのようにして判断したのですか?
466にはこう書かれています。

 言葉でなく、状態でなく、そのひとの中に何があるのかを知らなければ、
 あなたのいう似通った状態を理解もできないでしょう。

ならばあなたは、私の言葉ではなく状態でもなく私の中に何があるかを
知ったうえで、「かつての自分」を私の中に見たということですか?

今のあなたにはその能力が有るということでよろしいでしょうか。

475 :慈風:2006/12/08(金) 19:32:15 ID:jvkzLLFp
能力ではありません。
私の中にあるものは、あなたの中にもあるという事実を言っただけです。

そして、私が通ってきた道もあなたが通ってきた道もまた同じだと言ったのです。
特別なことなど何もありません。
あなたは、私との会話の中で、何を思いますか?
違いを見いだしますか?
たとえば、そうであったとしても、この先は確実に道は同じになります。

所詮、同じ道を右から語るのか、左から語るのか、上から語るのか。
違いとは、視点の違いを言っているだけなのです。

しかし、その違いを認識しようがしまいが、道はある。
かわらないのです。

476 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 19:39:05 ID:oKVMNC2E
慈風さん、残念です。
その能力のある人は大勢います。そんな人達を、私は知ってますから。

その能力の持ち主なら、他の人の内面を客観的に神の視点から判断できます。
そうでないなら、まさにあなたの言う通りになります。

即ち、【自分のことしか話せない】です。
あなた自身が話してきたように。

477 :慈風:2006/12/08(金) 20:09:39 ID:jvkzLLFp
所詮、判断の材料としたかったのでしょう?
知っていました。波動を感じましたから。

それならそれでいいですよ。
私の言葉をどう受けとめるかはあなたの選択ですから。
私は判断はしません。


478 :慈風:2006/12/08(金) 20:17:51 ID:jvkzLLFp
判断して、とうするのでしょう?依存するつもりですか?私を教祖にでもしたいのでしょうか?

私はお断わりします。
個人崇拝ほど危険な思想はありません。

かつて、私が所属していた団体がそうでした。当初は「私だけが神である」とは主催者は言わなかった。
しかし、力を握り、信者が増え、教祖に祭り上げられた彼はそれを口にした。

それ以降、私は師をもちませんでした。
頼るところは自己しかなかった。
しかし、その自己すら大きな過ちを犯すことにより、絶望したのです。

479 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 20:32:27 ID:oKVMNC2E
重ねて残念です。

469であなたは「望めばかならず、隙が生まれます」と書いてますが、
隙など全く生まれないまで成長した人は本当に大勢います。
あなたがそれを知らないだけです。

私は幾度となくあなたに言ってきた。人は理解しあえるのだと。
内なる神は、人のエゴの隅々まで観察しています。
故に内なる神と直結できる人は、相手の内なる神を通してその人のエゴを
隅から隅まで見通せるのです。
人はそれ程の能力を持つのに、なぜ「理解しあえない」などと主張するのか。

「自分にはできないから他の人にもできてほしくない」と願う人が
いかに多いことか・・・

480 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 20:43:44 ID:oKVMNC2E
478を読みました。感想を書きます。

>依存するつもりですか?私を教祖にでもしたいのでしょうか?
自惚れ過ぎです。私の中にあなたを教祖にしたいという思いがあるなどと
本当に思っているのですか?

>それ以降、私は師をもちませんでした。頼るところは自己しかなかった。
これは479の「あなたが知らないだけ」の証明になるでしょう。

481 :慈風:2006/12/08(金) 20:45:08 ID:jvkzLLFp
私は期待などしませんし、残念でもありません。

判断の材料や比較の材料にしたいなら、すればいいでしょう。
いずれわかります。

482 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 20:57:53 ID:oKVMNC2E
あなたを判断や比較の材料にしたいということが私の動機であると思う
あなたの心の未熟さに気付きなさい。私の憂いはこれです。

 人は理解しあえないと主張すればするほど、あなたは本当に
 「人と理解しあえる自分から遠ざかっている」からです。

それが、内なる神への接近を強力に拒んでいる。
と同時に、内なる神へと導き助けようとする存在をも拒んでいる。

それが見える私に、あなたは今まで何を言ってきましたか?

483 :194:2006/12/08(金) 22:16:14 ID:zWflCQfW
どうやら、原点に返る必要があるようです。
と私がこう言うとこうなりますか。
「何も必要なことはありません。在るがままになり無に
なるとすべてを兼ね備える本来のあなた自身になる」とか。
言葉での悟りはいりません。
それはどんな本にももっと高い格調で述べられています。
謙虚にしかも含みがあります。
言葉は顕在意識の面も含むと思います。
顕在意識がエゴ、思考の要素があるとしても「在るがまま」の
達成の域からするとその人間的要素である健在意識の言葉は
ある程度クリアーできると思います。
つまり「在るがまま」の高い意識になると
その超意識は顕在意識も自在に操れるということです。
だとすれば、自分に向けられる言葉に対して超越する状態だけでなく
それに対応する言葉も即座に生まれるものと思われます。
それともあまりに早く成長して昇華したので言葉という制限された
波動にはまだ対応できない、いや、大切なことは言葉という末梢
のことでなく「在る」ことが先決だということですか。
ちなみに原点というのはそもそも始まった月子さんとの
対話です。その前に原点があるといっても同じことです。
焦点がボケできて何のテーマで自分がしゃべって
いるのかわからない状態ではありますが。
流れに関係のない話でした、かもしれません。


484 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 22:53:06 ID:Z5SL44mS
ほら、見てごらんなさい。
慈風は建前と本音を使い分けているのです。
一度でも宗教団体に所属して救いを求める
ような人間とは、はなから隙のある人間です。

人を信じられないからこそ判断をしないことを
建前としてしか生きられないのです。いじめや
ハラスメント等、社会的に阻害された経験がある
のかもしれません。メンタルヘルス板の方が
歓迎されると思いますよ。

485 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 23:08:45 ID:oKVMNC2E
>>483
>自分に向けられる言葉に対して超越する状態だけでなく
それに対応する言葉も即座に生まれるものと思われます

対応の即効性と的確さは、超意識との同化率に比例します。
誤魔化して超越したフリをすることに長けた人がよく使う言葉として
「それはあなたの自由」が挙げられますね。

486 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 23:31:15 ID:oKVMNC2E
そうでした、私なりの原点も書かねばなりませんね。

このスレの原点はタイトル通り「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」
でしょう。
私はこのタイトルに同意します。
さてでは慈風さん、考えてください。

 内なる神は「人と理解しあえない」神なのでしょうか。
 理解しあえないのは神ではなく、あなたのエゴなのでは
 ありませんか。

落ちます。

487 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 23:40:14 ID:Z5SL44mS
いずれわかる、わかる人にはわかる等誰にでも言うことができます。

そこらにある本、たとえば「ダライ・ラマ、イエスを語る」のような本から
言葉をひっぱってきて建前を築くことは容易です。「在る」こと、対話、言葉
について書かれています。誰かさんの強調する、概念否定と体験から
生まれ得たことの肯定についても(笑)

488 :慈風:2006/12/08(金) 23:42:41 ID:jvkzLLFp
理解しえないわけではありませんよ。
ただ、その前提として、視点が同じでなければならないだけです。

他人を判断するとき、視点がどこにあるか、そのことが重要になると思っています。
すなわち、「他に視点をもつか。それとも、自己か」ということです。
他に視点をもつから、批評するのでしょう。
私はそう在りたくはない。
私は私しか語ってはいません。
だから、それぞれでいいといっています。
道を論ずる以前の、いかに道を選ぶかという方法論をしていないだけです。

489 :名無しさん@3周年:2006/12/08(金) 23:50:27 ID:Z5SL44mS
おやおや、理解も判断もない、ただ「在る」だけだ、
などと僧のようにおっしゃってたのに。

490 :慈風:2006/12/08(金) 23:52:06 ID:jvkzLLFp
私の考え方は、一つの方法でしかない。
無数にある方法の中の一つ。
それを論ずることが必要なかたならば、すればいい。
私はそこに意味をみいださないというだけです。

宗教に拘りたいならば、拘ればいい。そうでないなら、独自でもかまわない。
唯一絶対の道などない。

私はそう思います。

仏陀が、イエスが、自分の道に拘らなかったのか?
拘ったからこそ、わかった事実もあると思うのです。それは、「自己の選択」以外のなにものでもない。

私が執着しているのは、神であり、真に存在している「在る」という存在だけです。

491 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 00:00:57 ID:Z5SL44mS
なら、なぜ自分が他人が持っていないであろう貴重なものを
体得したかのように、他人に説法するのでしょう。
不思議でなりません。

あなたの場合、執着の対象は神や「在る」という存在ではなく、
神に執着してる自分(カコイイ)だと思いますが(笑)

492 :風邪:2006/12/09(土) 08:54:55 ID:itSdCuyW
なんだろ。このクドさ。


493 :慈風:2006/12/09(土) 09:15:18 ID:AD0IFAIU
それを理解しろとも、判断しろとも言ってはいません。
私が語っているのは、私自身のこと。
それを評価したり、判断したり、非難したりする人がいるだけ。
逆の人もいます。

しかし、すべて同じ。

なぜ体験を話すか?
それを知るためでもあるのですよ。
私も未熟なものですから。

494 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 10:23:03 ID:9qrFGPIX
慈風さん、では昨日の体験をおさらいしましょう。
あなたはこう言いました。

 視点が同じでなければならないだけです(>>488)
 私は私しか語ってはいません(>>488)

これはつまり、視点が同じでなければ分かり合えないため
人は自分のことしか話せないということですよね。だから

 判断の材料や比較の材料にしたいなら、すればいいでしょう(>>481)

などという勘違いをあなたはしたということで間違いありませんか?

それとも、私の視点に立って私を理解したうえでそう書いたのだと、
まだ主張するのでしょうか。

495 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 10:57:13 ID:z2t14gfV
>>493
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、 ここはお前の日記帳じゃねえんだ
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  チラシの裏にでも書いてろ
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

496 :風邪:2006/12/09(土) 11:05:58 ID:itSdCuyW
朝からご苦労ですな。
こんなクソみたいな議論する他に楽しみが無いんだろうね。
オマエラまとめて風俗行け!一回抜いてもらえばスッキリするぞ

497 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 11:10:45 ID:9qrFGPIX
>>496
あのねえ、慈風さんよりアンタの方がやばいよ。

498 :↑↑↑↑↑↑:2006/12/09(土) 11:15:28 ID:Jv7VwtqB
           同意

499 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 11:23:39 ID:z2t14gfV
http://8809.teacup.com/kazewind/bbs

500 :名無しさん@3周年:2006/12/09(土) 11:24:31 ID:Jv7VwtqB


      ∧_∧       
     (* ´Д`)        
     │ ̄ ̄│      ∧∧  
     │ ̄ ̄│     (゜Д゜,,)
_    │ ̄ ̄│从    /  J
496_| ≡=-  ̄ ̄   そ ⊂    |
     │ ̄ ̄│W    ` 心
      ̄ ̄ ̄     




501 :慈風:2006/12/10(日) 06:46:14 ID:9Y07NKU6
>>494 勘違い?していませんよ。
いいですか。自分のことしか語れないのです。他人を語っているようでいて(個別に存在している別人に見える為)、実は「自己を評価し、判断し、語っているだけのこと。
だから、他人のことを語るなかれと言ったのです。

他人が鏡にたとえられるのはそのためです。

これを勘違いといいますか。

言葉は不完全。受けとめ方は自由。しかしね、恐ろしいのは「勝手な解釈と決め付け」だと思いますよ。

502 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 11:08:19 ID:dCxQTsgV
>>501
厳しい現実を書かねばなりません。

あなたは幾度となく「判断するな、決めつけるな」と書いてきました。
では、実際にあなたとネットでやりとりした人のなかで、

 判断も決めつけもするなと言う慈風さんは、
 他の人に対しても本当に判断も決めつけもしないよなあ、

と思っている人がはたしているでしょうか。
もしいたとしても、その人達は少数でしょう。
大部分の人は、

 この人は判断するな決めつけるなと人に言うくせに、
 自分は逆をしてるよなあ、

と思っているでしょう。
これが、現実です。

503 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 11:58:16 ID:dCxQTsgV
先に延ばさず今のうちに書かねばならぬようです。
あなたのやりとりを見て、大勢の人はこう思っているでしょう。

 自分の立場が悪くなると逃げ回るよなあ、と。

逃げず、覆い隠さず、取り繕わず、誤魔化さないと思っている人は
殆どいないでしょう。
ですがそれは、大いに結構なことなのです。なぜなら、

 「まずい、やっちゃった」という思いがあるからこそ、
 それを一生懸命覆い隠そうとするからです。

「間違えた」という思いがなければ、あれほど的確に逃げ回れはしません。
そして、その「間違えた」という思いこそ、内なる神の声なのです。

内なる神は何でもお見通しなので心に語りかけてきます。間違いだよと。
それを活かすもねじ曲げるも、その人の心次第です。

すなわち、内なる神とエゴの対立ですね。

504 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 12:06:57 ID:dCxQTsgV
軽やかで伸びやかで澄み渡る心の持ち主ほど、
「間違いだよ」という神の囁きを聴き取ることができます。
そしてその意志を、世界に向けて素直に表現することができます。
簡単に書くとこうなるでしょう。

  内なる神の意志→心→体→世界

そんな人達は自分を媒体として、神と世界を結びつけることができます。
そしてそれを日常化し、当たり前の事にすればするほど

 媒体となる自分が神に似通ってくるのです。

505 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 12:17:51 ID:dCxQTsgV
一方、プライドにがんじがらめにされ、頑固に凝り固まり、
自分をエリート中のエリートと思っている人はどうでしょうか。
至高体験をした自分は他人から学ぶものなど無いと思っている人はどうでしょうか。
そんな人が「間違いだよ」という囁きを聴き取れるでしょうか。
できっこありません。
図にするとこうなります。

  内なる神の意志→心→心によって無理矢理ねじ曲げられ、消滅
  
  心によって神の意志とは正反対の思いが発生→体→世界

このような人達は、神の意志を自ら断絶させている人達です。
するとその人達は、ますます囁きを聴き取れなくなっていきます。
なぜなら、自分でそれを選択し続けているからです。

暫く落ちます。

506 :慈風:2006/12/10(日) 17:20:22 ID:9Y07NKU6
一切、答えることはしません。

507 :無所属な旅人 ◆Trip.cNm8U :2006/12/10(日) 19:17:20 ID:AiVgNcIf
>>風さん
勘違いしてますよ。
ポイントはあなたが言っている場所に無い。

勝手にならない為の(ある対象に対する特定条件上の方向を持つ)画一的視点の
明示化とそれに則った表現という所です。
(視点の多様性とそれに伴う存在意義の変遷や、
 その主体の普遍性はこれらの表現の中では別問題)

意味がわかりますか?
話が通じないから…じゃ、あなたの中で空転するだけ。

何かをそう見せたいのなら
其処での蟠りを解くのも法の一つ。法の形を説くのがもう一つ。

前者なら自分で責を持つ。その夢の形を。
後者なら自分で責を持つ。それが見えるまで。

互いが一致しないのが一見上の言動不一致。
通ずる掛け橋を作って其れを解く。刻と形を誤ってどうする?

何処まで出来るか何処でやめるかもその責。
自分の今もっているものと天秤にかけるんだけどね。

508 :慈風:2006/12/10(日) 20:33:00 ID:9Y07NKU6
あなたの頭脳は必要ない

509 ::2006/12/10(日) 22:33:50 ID:6HarXvf1
慈風さん、ありがとうございました。
とっても勉強になりました。

510 :名無しさん@3周年:2006/12/10(日) 23:54:32 ID:gmjX3eoX
>>506

>なぜ体験を話すか?
>それを知るためでもあるのですよ。
>私も未熟なものですから。

自己満足だけの世界であれば公の場に
言葉を投げるのを慎むことですね。

信仰以前の「常識」問題です。
もっとも解き放たれた自由人
には判断の権化である「常識」など
通用しないのでしょうけど(笑)

>>508
>あなたの頭脳は必要ない
>>501
>恐ろしいのは「勝手な解釈と決め付け」だと思いますよ。

やはり人格が分裂しておられるのでしょうか。


511 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 02:13:21 ID:fC3R4x14
宗教も神も不要です。さらに言えば神について語る言葉も不要です。

また、自分のことしか語れない言葉は外に出すべきではありません。
愚かな方はここがわからないのですね。神について語り、それが自分の
内面のみに向いている場合であってもそこに救いを求め・あるいは
救いを感じているならそれは立派な宗教です。

他人を観察し評価し判断することで自分が見えてきます。
主観というのは実は相対的なものなのです。

慈風さんはその言葉とは裏腹に観察・評価・判断をしっかりと
実践されておられると思います。ただ一般的に不可解な言葉を
垂れ流す性癖が問題なだけだと思います。お互い批判し合う精神は
非常に重要です。自分を知るために。神は関係ありません。



512 :慈風:2006/12/11(月) 18:53:47 ID:M3PA8gke
それが「あなた自身が下した判断」ならば、それでいいが、それが本当に事実でしょうか?

私は私のことしか語れない。
他人を評価などできない。非難も批判もできない。それをすれば、他人が存在することを認めることになる。
誰と対話するのか?
自己である。
その自己とは誰か?
体を越え、意識を越え、知覚できない存在である。
それは、本来自己という感覚すらない。

私はそれになるために、あらゆる感覚を否定し、他を否定し、自己をも否定する。
私は私であって、私ではない。

513 :慈風:2006/12/11(月) 19:04:22 ID:M3PA8gke
立場などあるのだろうか?何に対しての立場か?

立場などない。
ないものに執着することはできない。

神とは概念である。
存在とは、概念でとらえることなどできない。
概念は人の数だけ存在する。ゆえに、神が複数存在するのだ。




514 :慈風:2006/12/11(月) 19:10:48 ID:M3PA8gke
存在そのものになるために、自己でないものを見いだし、否定する。
それは当たり前のこと。

矛先を自己に向けるか、他に向けるか、どちらが正しいか。
どちらでもかまわない。
自己を見いだすために、自己でないものを否定するしか方法がないのだ。
正しいことはない。間違いもない。

信じた道をゆくしかない。
同伴も、共感も必要ではない。
私は一人である。

515 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 21:55:00 ID:KSgH6SZC
>>512-514
>私は私のことしか語れない。.....................*ない
>他人を評価などできない。....................*できない
>非難も批判もできない。.........................*できない
>それをすれば、他人が存在することを認めることになる.......*なる
>自己である................................................*である
>体を越え、意識を越え、知覚できない存在である。.............*である
>それは、本来自己という感覚すらない。.......................*すらない
>他を否定し、自己をも否定する。.............................*する
>私は私であって、私ではない。...............................*ではない
>立場などない。............................................*ない
>ないものに執着することはできない。.........................*できない
>神とは概念である。.........................................*である
>存在とは、概念でとらえることなどできない。.................*できない
>概念は人の数だけ存在する。.................................*する
>ゆえに、神が複数存在するのだ。.............................*するのだ
> 自己でないものを見いだし、否定する。......................*する
>自己でないものを否定するしか方法がないのだ。...............*ないのだ
>正しいことはない。.........................................*ない
>間違いもない。.............................................*ない
>信じた道をゆくしかない。..................................*しかない
>同伴も、共感も必要ではない。..............................*ではない
>私は一人である。..........................................*である
_____________________________________________________________________________

慈風さんの言葉の特徴は、語尾を見て頂いたら判る様に「ある」「ない」が
非常に多い、決め付けの紋切り型です。

慈風さん、いい事言ってても、相手に与える印象が悪いですね。
気を付けてね。勿体無い。

516 :無所属な旅人 ◆Trip.cNm8U :2006/12/11(月) 22:49:06 ID:KvIDjrqK
>>512-514
半年前以上前だったかな…其方にすすんだらと勧めたのは私ですがぁ…
その表現がそれ以前とちがうのは判るかなぁ…w
(少し前に変わったといったところと近いか。)

だから、それで?って話がすぐに出てくるわけですが。
いま回りからの概念を受け取りたくなかったらまたしばらく離れることを勧めます。

517 :名無しさん@3周年:2006/12/11(月) 23:29:17 ID:fC3R4x14
結局は自分自身への刷り込みということですね。

>私はそれになるために、あらゆる感覚を否定し、他を否定し、自己をも否定する。

>>513
存在も「概念」です。概念以外で捉えることができると妄想している
その対象も概念なのです。それに気づかない以上堂々巡りですよ。

重要なのは、慈風さんのような方の無意味な発言を分析し
宗教の本質をつかむことですね。

518 :慈風:2006/12/12(火) 03:04:01 ID:894cEaMv
存在とあえて表現するのは、それしか言葉がないから。
それを言葉の解釈として、捉えるのはどうか?

概念をこえるということが、とういうことか、もう一度考えてみるといいかもしれません。

旅人さん、私にとって、あなたは必要ではない。
いや、必要としていないのですよ。
あなたがどこでどう発言しうが自由。しかしね、私に話し掛けるのはやめていただきたい。
先にもし気付いたかたならば、わかるはずですがね。

519 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 04:39:49 ID:9RAgF7WM
>>518
>旅人さん、私にとって、あなたは必要ではない。
>いや、必要としていないのですよ。

慈風さん、あなたは鈍感だね。
あなたを、みんなは必要としていないんだよ。
あなたとは形式的にしか出会えない。
形でしか出会えないなら、語る意味がないだろう。
単にあなたの視野がせまいだけなのに。
必要でない、話しかけるなは意味がない。
他人に迷惑。

>先にもし気付いたかたならば、わかるはずですがね。

あとも先もないよ。






520 :慈風:2006/12/12(火) 06:47:22 ID:894cEaMv
>>519 当たり前でしょう?
あなたに必要とされたいとか、誰かに必要とされたいから、生きているわけではありませんし。

自分しか語れない。この意味を見つめてみるのがよろしいかと思います。


521 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 09:18:48 ID:f43thhdK
>>518
言葉を発している以上それは言葉として解釈されて
しかるべきです。言葉の解釈として捉えるのに疑問
を持つなら発さないことです。従ってあなたの言葉は
必要ではない。自分しか語れないのであれば尚更。

>概念をこえるということが、とういうことか、もう一度考えてみるといいかもしれません。
なぜ考えるといいのでしょう。それこそ必要ではありません。
あなたが必要だと思うのなら独りで黙って考えていればよいのです。

ちなみに神を語っている以上それは宗教以外の何もの
でもないですよ。認めたくない気持ちはわかりますが。

522 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/12(火) 09:23:34 ID:Ig3Gav73
>>518
んっと、そういうのも含めて既に表現済みだけどw
先日だったか、ここでの発言は楽しいから、または遊んでいると表現しているとおり。
遊びというはなしも、その当初話していると思います。

わかるるはずですがねのその上に掛かるものによって、
そのわかるはずですがねが逆転するんですよ。

また、それしか言葉がないというそれ自体を
ほかの人の言葉を読むときにも察するんですね。
ちなみに存在といわないでアートマンとかでも良いのでは?
("単語"として近いのはこちらだとおもいますが。
 wikiを参照すると無ともほぼ等価と書かれています。)

523 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 09:50:22 ID:f43thhdK
慈風さんの言動はまったく不可解ですね。
自分しか語れないと言いながら、こうすれば良いああすれば
良いと他人に勧める。要は共感を得たいだけなのでしょう。

524 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 10:52:22 ID:Hxds44ED
再度厳しい現実を書かねばなりません。

ネットで初めて出会ったころの慈風さんは、ここまで頑固ではありませんでした。
明らかな間違いを指摘されれば、「私は自分の間違いに気づいた」とちゃんと
答えてくれました。
その気持ちがあればこそ、人との関わりを成長に結びつけることができていました。
実際私は慈風さんの口から神の言葉を聞いたことがありましたから。

しかし今はもう、それは無くなってしまいました。


 慈風さん
 あなたはあの頃より
 神の声を聴きやすい自分に
 なれたのですか

525 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 11:02:40 ID:Hxds44ED
>>507
旅人さんへ

慈風さんへ別の口調で話しかけてみてはいかがですか?

526 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/12(火) 11:23:31 ID:Ig3Gav73
>>524-525
結構前から見てらっしゃるって事は、
どのように私が話してるかも見てますね。
口調ですか…ん…笑いしか出てこないw

確かにそうなんですよねぇ。
同じ方方向性で厳格化してお返しして遊んでいたので…w


こういう表現で一つ位いいかな…

数歩先を見据えやっと一歩踏み出す。
見えない処であれば其処には勇気がいる。
何も考えずに歩みだせる安心をあげてください。

527 :名無しさん@3周年:2006/12/12(火) 17:36:20 ID:Hxds44ED
>数歩先を見据えやっと一歩踏み出す。
>見えない処であれば其処には勇気がいる。
>何も考えずに歩みだせる安心をあげてください。

うん、分かりやすいと思います。
私好みなだけかもしれませんが・・・ww

“一歩を踏み出す”
私には慈風さんは後戻りしているようにしか見えないんです。

“勇気がいる”
勇気の無い人に成長はないと思っています。

“安心をあげてください”
自律、自発、自立を望めない小さな子供へは、安らぎを与える義務が大人に生じます。
しかし自分の足で歩く大人へは、全く同じというわけにはいきません。
「自分を何とかしよう」と努める人の後押しなら躊躇はしませんが。

528 :194:2006/12/12(火) 20:53:02 ID:d57PEiVx
慈風はすこし老け込んだかな。
しかしエネルギーは増してる。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1143892593/l50
194⇔163


529 :慈風:2006/12/13(水) 01:55:42 ID:VFgaUmM6
わが師は内にあり。外になし。
口調を変えようが、同じですよ。

つもり、が恐ろしい。○○さんのために、よかれとやったつもり、そのつもりがいらないと言っているのです。
まぁ、なかには黙っていられない方もいらっしゃいますが。
求めていないことを受け取ることなどできません。
まして、他人様の判断など必要ではありません。

なぜなら、神は判断などしないのですから。

530 :慈風:2006/12/13(水) 08:06:24 ID:VFgaUmM6
>>521 あなたにとっては、それでいいのでしょう。

しかし、私は言葉の奥を読み取ろうとします。

私が未熟なのは、特定の人物から意図的にそれをしないと決めていること。

精神世界のスレの住人のほとんどがその対象です。
私にとって、必要でないものは、必要になるまで拒否します。ならないかもしれませんが。

531 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 08:48:22 ID:S78sWUAZ
神は判断しますよ
まぁそれは頭脳の判断ではないですが
そもそも刑務所で聞いた神の言葉は、神の判断ではなかったのか

532 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 09:29:13 ID:ajw/OwTY
慈風さんへ

私の存在があなたを更なる後退に導いているようですね。
なので、あなたへの語りかけはこれを最後とします。

533 :風邪:2006/12/13(水) 09:35:50 ID:kfBBSat9
>>532
っていうか飽きたんでしょ?
ネタ切れ?

534 :風邪:2006/12/13(水) 09:37:33 ID:kfBBSat9
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!

535 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 09:44:20 ID:ajw/OwTY
あなたは言います、「決めつけるな」と。
この主張は正しい。決めつけはよくありません。
なぜなら決めつけは殆どの場合、偏見や先入観によって生じるからです。

ですから偏見や先入観に凝り固まった人は、その思考パターンから抜け出す
ための手段として、一時的に判断を控えることが有効な処置となります。
その方が新たな思考パターンの構築がしやすくなるからです。

このように、偏見や先入観に支配されている人へ「決めつけるな」ということは
理に適っています。

あくまで、新たな思考パターンを構築するまでの一時的、
緊急避難的措置ではありますが。

536 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 09:55:14 ID:ajw/OwTY
しかし全ての人が偏見などに染まっているわけではありません。
人々の中には「より正しい判断ができるようになりたい」と願っている人が
大勢いますからね。
そしてそんな人達には、かえって「判断すること」が重要になってくるんです。

人は間違う生き物です。だれだって、ミスをおかします。
判断もそうです。絶対に正しいと思っていても、時を経て成長した結果、
「ああ、もっと良い判断があったなあ」と思うなんてことはザラにありますからね。

ですからそういう人達には、場数を踏み経験を積み重ねるために
「判断をくだす」という行為が極めて重要になるのです。つまり、

  偏見に染まった人へは判断するなと言い、
  判断を上達させたいと思っている人には判断せよという
  【見極め】をしなければならないのです。

537 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:04:58 ID:ajw/OwTY
慈風さん、あなたはその見極めをしていますか。
見極めたうえで、「判断するな、決めつけるな」といってますか。

もしそうでないなら、あなたは判断が必要な人へも「判断するな」と
主張していることになります。

それは、その人の成長を妨げる行為になってしまいます。
経験値を順調に上げている人への惑わしになってしまいます。
それ故にそれが跳ね返ってきて、自分の成長をはばまれてしまう。

これが、あなたの矛盾した言動の原因です。

538 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:07:04 ID:ajw/OwTY
風邪さんへ

535〜537、いかがでしたか。
もう少しパソの前に座っていられるので、何かあったら書いてくれると
嬉しいですね。

539 :慈風:2006/12/13(水) 10:13:09 ID:VFgaUmM6
>>537
あなたに人の成長が計れるのでしょうか?

矛盾とは、「誰かからみた評価」のこと。
そんなものは私にはない。
矛盾を感じるのは私ではない。私以外の誰かでしょう?



540 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:16:15 ID:ajw/OwTY
>>539
はかれます。

あなたがそれを知らないだけです。

541 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/13(水) 10:17:17 ID:27jhoJPA
>>529-530
口調に関して予定通りの反応ありがとw

判断というか…連続した事象に対する相対干渉から逃れることはその系に縁る存在は逃れることが出来ません。
系によってその存在たるものはその系をないとしている場合、知らないと言うことです。
ないものとしてみる事場合は、対面してのちに忘れるということです。
忘れるためには、納得して忘れるか興味を失うか。
途中までしか知らずも限定的に知ったこととなります。

それとは別に、思い込みとなるのは途中に於いて安定化させる事象が起きたときです。
それが自身の覚を越えているときにそのように思い込むこともあるでしょう。
前段、途中までしか知らずとは別に、
条件がここまで有るという初期設定が曖昧なままの場合も思い込みによる硬化は避けられません。
(これも条件を途中までしか知らずですが。)
書いている途中に>>535-537の方が書いていらっしゃいましたが、このような系につながる事柄がこれです。

私が先に条件をと言うのは系を限定しその中での限定的な働きを捉えよと言っている事に等しいのです。
そしてまた、別の処で限定事象で捉えたことが包括するものの範囲が全体であることもあるといったのはその働きに拠るものです。

TOPDOWNであなたの言うことを伝えるつもりならば、
その働きの効果の包括するところをあなた自身が体現し
安心させてくださいというのが前レスの括りでしたでしょうかぁ…


>>533-534
えーっと、何がしたい人なのかな…w

542 :慈風:2006/12/13(水) 10:18:33 ID:VFgaUmM6
そもそも矛盾とは比較ですよ。
自分が受け入れている何かと比較するから、矛盾が生まれる。
比較してどうするのでしょうか?
自分が正しい、はみんな同じこと。しかし、問題や矛盾を抱える心の方が問題だと思いますがね。

543 :慈風:2006/12/13(水) 10:20:22 ID:VFgaUmM6
>>540 そんなに偉くはないのですよ、人はね。

544 :527:2006/12/13(水) 10:20:32 ID:ajw/OwTY
旅さんへ

535〜537を書いたのは私ですよ。

545 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/13(水) 10:21:32 ID:27jhoJPA
>>539
矛盾というそれは知らない事、または辻褄があわない事を象徴している事象ですよね。

それを「誰かから観た評価」で止めるのは
知らない事象の拠所を何処に置こうとしているかその事柄を表します。

以上。

546 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:22:20 ID:ajw/OwTY
>>543
何度も言ってきましたが、もう一度いいます。

あなたが知らないだけです。


547 :慈風:2006/12/13(水) 10:24:41 ID:VFgaUmM6
レスを止めます。

意味などないですね。

548 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:27:25 ID:ajw/OwTY
慈風さんへ

 慢心するなかれ
 そのとたん
 成長は止まる

549 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/13(水) 10:33:08 ID:27jhoJPA
>>544
そうなのかw 了解です。

>>547
その状態にするために’敢えて’…の発言ですよ。
じゃね。

550 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 10:52:51 ID:ajw/OwTY
>>549
>その状態にするために’敢えて’…の発言ですよ
なるほど、そういうわけでしたか。

慈風さんは彼の主張する至高体験で、「判断するな、決めつけるな」と
示唆されました。
なぜならその時点での彼には、それが必要だったからです。
新たなる自分を構築するための一時的手段として。

しかしネットでの活動が、かえってそれをはばんでしまっています。
全人類にとって「判断するな」が当てはまりはしないのに・・・
私の憂いはそれなんです。

私もそろそろ“じゃね”ですね。

551 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 11:03:43 ID:jYuxdrIE
あいかわらず慈風さんの詭弁はとまりませんね。

矛盾とは「感じる」ものではありません。感情は必要ないのです。

552 :風邪:2006/12/13(水) 12:28:18 ID:kfBBSat9
どうした?止まった?
根性ねぇなぁ〜

553 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 13:29:34 ID:i6utfjcA
「神・霊 シルバーバーチ 神対 ラムサ等 3」で、頑張っていますね。

554 :慈風:2006/12/13(水) 13:58:07 ID:VFgaUmM6
感覚と感情を混同しておられる方がおられますね。
どうでもいいか。

再三、申し上げてきたことですが、求めていないものを受け取ることはできないのです。
彼の発言はまさしくそれ。お節介以外の何ものでもない。彼自身が理解できないのでしょうが。

それぞれでいいはずのものを平気で押しつけてくる。どれほどの体験をしようが、それ自体、その人にしか通用しないのですよ。価値観も、概念も同じ。
だから拒否するのです。

なにが「あえて」ですか。それは驕りといいます。


555 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 14:19:32 ID:ajw/OwTY
>>554
やれやれ、時間ができたので覗いてみたら・・・

あのねえ慈風さん。
あの頃を思い出そうよ。
あなたはあの時、スレの最後で、
確かに神の言葉を話してたよ。
私も迷えるドングリとして
その言葉に救われたから
強烈に覚えているんだ。

あの頃の風さんに戻ろうよ。

556 :慈風:2006/12/13(水) 14:47:19 ID:VFgaUmM6
過去をかたりますか?

あなたが戻ればよい。戻れるならば。

557 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 14:49:08 ID:ajw/OwTY
>>556
戻れるよ、
当たり前じゃん。

558 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 14:50:21 ID:ajw/OwTY
と、時間切れだ。
2〜3時間落ちます。

559 :慈風:2006/12/13(水) 15:04:45 ID:VFgaUmM6
他人の評価などどうでもよいが。
私は戻ることはできないと思っています。
過去は記憶のなかにあり、必要なとぎだけ呼び起こせればいい。
それに立ち返ることはできない。記憶は幻想です。

560 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/12/13(水) 15:36:45 ID:27jhoJPA
>>554
またもや予定通りの反応有難う。
さて、あなたが取っている立場はどれ?

当面あなたが同時に行っていることのどれかを止めないと状況は変わりません。
それは思い込みの一つを捨てなさいということです。

まぁ、お節介でもなきゃ一言か幾つかの言葉で見限られてるよ。
(実際、声をかけてきた人のいかほどが見限ったでしょう…)

561 :風邪:2006/12/13(水) 17:26:35 ID:kfBBSat9
止まった?ほれどうした?もっと頑張れよ!!
所詮君らの信念なんてその程度か?お遊び議論やめる?

562 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 17:51:01 ID:ajw/OwTY
>>561
>お遊び議論やめる?

ってさあ、風邪さんって議論したことある??
いつも文句言ってるだけな気がするぞ。

今日はちょっと忙しいから俺は議論の相手をできないけど。

563 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 18:02:06 ID:ajw/OwTY
>>559
それができるんだよ。

慈風さんも似たことを言ってた(と思う)けど、神に人間的な時間の概念は
当てはまらない。
だから神と直結している内なる神にも、実は全く同じ事が言える。
人の本体である内なる神は、過去へも未来へもいけるんだよ。
ただその神自身は、過去だ未来だなんて思ってはいないんだけど。

つまりそれが出来ないのは、内なる神と大きく外れちゃってる心と体だけ
というわけ。

もちろん私も、まだそんなことはできないけどね。

564 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 18:14:29 ID:ajw/OwTY
しかし、神の力はほんの少しだけど心と体につねに流れ込んでいる。
だから時を行き来する神の力は、非常に薄められてはいるけど、
ごく当たり前の人の能力として普通に働いているんだよ。
過去の自分と今の自分を客観的に見比べる能力こそ、まさにそれなんだ。

例えば道に迷った時、回れ右をして、人は正しい道に戻ろうとする。
例えば無謀な試みの果てに進退きわまった時、「初心に戻ろう、原点に返ろう」と
心構えを新たにして、人は再びそれに挑戦しようとする。
それらは、時間を行き来できる内なる神から漏れ出た能力なんだ。

神は全てを客観的に見ているからこそ、時間をも超えられるというワケ。

565 :風邪:2006/12/13(水) 18:15:06 ID:kfBBSat9
>>562
忙しいって、、一般人の感覚から言えば、お前かなり暇人だぞ!

566 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 18:27:27 ID:ajw/OwTY
564は裏を返せばこうなる。

 時間を超え自分を客観的に見れる能力を伸ばすことは、
 内なる神との連結を深める訓練になる。

過去は変えられないからといってウジウジしている人や、
変えようがないからといって反省しようとしない人より、
両者を客観的に観察し改善点を見つけそのための計画を立てられる人の方が
幸せをつかみやすい理由は、そこにある。

その方が神に近い状態だから神からの力の流入も増加し、
それを現実化しやすくなるというワケ。

今日はもう落ちだな。

567 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 18:30:57 ID:ajw/OwTY
>565
ふふふ、俺は自由業だ。
だから好きに自分の仕事ができるのさ。

ただ、量によってあたふたすることはあるけどwww

568 :名無しさん@3周年:2006/12/13(水) 22:07:33 ID:jYuxdrIE
>>554
慈風さんはあいかわらず判断に囚われていますね。

それぞれでいいのであればあなたの言葉は必要ないのです。
同じことばかりおっしゃっておられるのですから。

意味の通じない、意思疎通の意思すらない中身のない
言葉を垂れ流すことに何の意味があるのでしょう。
あなたは、自分が未熟である・知るために書き込むとおっしゃい
ましたが、そのためにここを利用するのは慎むことですね。


569 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 10:17:10 ID:FCjDUZdA
なんだ、全然書き込みがないなあ。
内なる神は時間を超えるについて突っ込みがあるのを期待してたんだけど。
張り合いがないけど、もう少し書こう。

内なる神はもちろん未来へも行ける。でも人は、過去をふり返るように容易く
未来を見ることはできない。なぜか?
それには幾つも理由があるけど、最大の理由は、

 人が地上で学ぶべき最大の課題は
 【選択】にあるから、ということ。

人は人生の様々な場面で重大な選択を迫られる生き物。
進学、就職、結婚、家庭、仕事、子供の未来・・・数え上げたらきりがない。

それどころか人は生活の一瞬一瞬でさえ自分の選択をしていかねばならない。
え〜っと・・・面倒クサイから書くのは止めよう。つまり、

 人の日常には「選択が溢れている」ということ。

570 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 10:34:10 ID:FCjDUZdA
さてここからだ。
人は自らの選択によって相応の結果を受ける。その実体験を重ねることで、
つまり「この行いはこういう結果を導く」という実体験を重ねることで、

  宇宙の摂理を直に学んでいくんだ。

「でも世の中には悪人が大勢いるじゃないか」と反論する人がいるだろう。
それはそう。悪人はいる。しかも、未解決の酷い事件が世の中には沢山ある。
しかしこれにも、「内なる神は時間を超える」が当てはまるんだ。つまり

  内なる神から離れている人ほど、
  「それはまずいよ」という神の囁きが聴き取れないため、
  悪いことをしてしまうんだ。

だからこそ、選択が重要になってくる。軽々しく選択選択というけど、
本当はそれによって、「内なる神との同化率」が判明しているというワケ。

人は生き様次第で未来を見やすくなっていく。
虫の知らせ程度なら、だれでも経験しているしね。

夕方まで落ち。

571 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:13:10 ID:oLRsjv11
ここの書き込みもある意味宗教だと思った。人は何ものかに依って生きている。
俺は神や仏なる存在があるとするならばやはり一人一人の人間の心の中に
存在していると思う。他人を慈しむ心、他人の悲しみを知る事が出来る心。
それが慈悲心だと思う。しかし言うは易く行うは難し・・・。
その意味で人間ほど美しい者は無いと思う反面人間ほど残忍で残酷で醜い者は無いとも思う。
そう言った意味では宗教的倫理観も必要な気もする。宗教は教育また教育も宗教であると思う。


572 :風邪:2006/12/14(木) 11:35:22 ID:G7QO/zid
もう、書きたくって堪らないみたいねぇ。
ちょっと我慢してごらん!ボウヤ。
早いと嫌われちゃうわよぉ。シコシコ

573 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:42:13 ID:oLRsjv11
>>572
お前みたいのが醜いだよ。

574 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:45:14 ID:oLRsjv11
>>572
お前もこのスレでオナニータラタラだね。

575 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:50:27 ID:oLRsjv11
>宗教がいらないわけではないと思います。
宗教が悪いわけでもない。善悪の判断は個人。その人の選択。
どのような概念を自分の真実とするかは、自由だと思います。
ただ、その概念を通して、世の中を見るのはかまわない。しかし、それが全てと考えるのはどうかと思います。




風邪お前馬鹿だろ!

576 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:52:36 ID:oLRsjv11
風邪のおばさん何か言えよ。

577 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:55:14 ID:oLRsjv11
ID:G7QO/zid性格破綻者何か言ってみろ。


578 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 11:58:42 ID:oLRsjv11
ID:G7QO/zidは暇人の中年おばさん。

579 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:08:25 ID:oLRsjv11
お前の書き込み人の中傷ばかりだろ、よほどのひねくれ者と見える。

580 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:11:03 ID:oLRsjv11
ID:G7QO/zidの馬鹿早く出て来い。口上対決しようぜ。

581 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:13:44 ID:oLRsjv11
ID:G7QO/zid風邪逃げるな負け犬。

582 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:18:58 ID:oLRsjv11
っていうか飽きたんでしょ?
ネタ切れ? 忙しいって、、一般人の感覚から言えば、お前かなり暇人だぞ!
止まった?ほれどうした?もっと頑張れよ!!
所詮君らの信念なんてその程度か?お遊び議論やめる? どうした?止まった?
根性ねぇなぁ〜 先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
先に去った方が根負けしたという判断で宜しいでしょうか?
負け犬は去れ!!
馬鹿ID:G7QO/zid負け犬は去れ!





583 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:24:10 ID:oLRsjv11
もう、書きたくって堪らないみたいねぇ。
ちょっと我慢してごらん!お馬鹿ちゃん。
醜いと嫌われちゃうわよぉ。ボコボコ


584 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:32:42 ID:oLRsjv11
ID:G7QO/zidの馬鹿早く出て来い。口上対決しようぜ。


無理か負け犬に何いっても負け犬は負け犬風邪は馬鹿間抜け糞垂れのしょんべん垂れだからな。

585 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 12:42:41 ID:oLRsjv11
最期に風邪に言っとく、心と心て言うのはね。ありがとうにはありがとうが
やさしさにはやさしさが帰ってくるけど、馬鹿野郎には馬鹿野郎、
しか帰ってこないんだよ。よく考えなさい。可哀相で孤独な風邪へ。



586 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:46:54 ID:oLRsjv11
自分の異常さを棚に上げてる馬鹿一名発見!!

その名は風邪・・・。お前殺されるぞ。


587 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:54:40 ID:oLRsjv11
まず、理屈よりも自分の人生を振り返ろう。
宗教うんぬんをここで述べる資格が自分にあるのか。


お前だろ風邪いいかげんにしろ!

588 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 14:58:01 ID:oLRsjv11
風さん。まず働けよ。

馬鹿か風邪お前が働け!!!!!!!!!!!!

589 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:01:31 ID:oLRsjv11
こんなどうでも良いことをいつまでも語ってるってことは、
よっぽどヒマだっちゅうことだぞ。
真っ当な生活をしている人間は、こんなこと考えて書きこみしてる
ヒマなんか無い。


お前だ風邪。

590 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:05:30 ID:oLRsjv11
もしかして、ひきこもりか?

お前だろ風邪。ざけるな! 

591 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:09:52 ID:oLRsjv11
風邪 :2006/11/29(水) 17:54:10 ID:gLrfb5+M
人間ヒマすぎると、ロクなこと考えないもんだなぁ。


358 :風邪 :2006/11/29(水) 17:55:51 ID:gLrfb5+M
風は、外に出るのは大丈夫か?


359 :名無しさん@3周年:2006/11/29(水) 17:56:39 ID:5FCswYWP

しかし、風さんは、人気あるな〜、

集客力は大したものだなあー。






360 :風邪 :2006/11/29(水) 17:58:15 ID:gLrfb5+M
人の視線が恐いとか大丈夫か?


ヤバイのお前だろ糞風邪。

592 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:15:03 ID:oLRsjv11
朝からご苦労ですな。
こんなクソみたいな議論する他に楽しみが無いんだろうね。
オマエラまとめて風俗行け!一回抜いてもらえばスッキリするぞ




593 :◆DmBzJffhoY :2006/12/14(木) 15:16:34 ID:w9XkD5+p
1へ 荒れてるね ここもか? お互い苦労するよ! 
   神は、存在する あなた自身の 行動の中に 
   しかし人は、間違い 又 愚かしい せめて そう勤めよう
   シルバーバーチ霊の霊媒そして愛人代打Fなり in 広島
   お仲間は多少は いないとね! 私なら貴方と同じよバーチ読んでご覧
   貴方向き宗教だと思いますよ! 

11も 1さんでないなら 奇特ね!
   


594 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:20:19 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/11/30(木) 12:28:38 ID:iXS6Vj6w
二度と書きこむな。この大馬鹿野郎どもがっ!ぺッ!!

595 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:22:52 ID:oLRsjv11
374 :風邪 :2006/11/30(木) 18:33:00 ID:NCPQ8QcU
>>372
馬鹿に話しを振るな!
こうやって即座に反応しちゃうだろう!!!
お前うっとうしいよ。いちいちしゃしゃり出てくるなよ。
あいかわらず自我への執着が強いやっちゃ。


596 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:26:02 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/12/01(金) 08:37:37 ID:u6y1/Usd
結局自分を持ってないから、こういう表現しか出来ないんだよ。この子は。
就職斡旋してあげようか?風くん


お前が就職しろ!くそ風邪

597 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:37:06 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/12/04(月) 18:10:15 ID:H1rrMHDy
お前もかなりうっとうしい。
自分が信じないんだったらそれでいいじゃん。
風はエロスの塊だから、ほうっておきなさい。
とりあえず、今まで何度と無く繰り返されてきた内容を
リピートするのはやめて。進展しないから。


馬鹿糞エロはお前だろう糞おばさん

598 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:39:52 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/12/05(火) 09:21:45 ID:/BaDeEUj
>>428
お前、実社会でも嫌われてそうだな。
屁理屈だらけで気持ちが悪い。
知ってるか?慈風はエロスの神なんだぞ。
お前が男だろうが、女だろうが、その毒牙にかかればトロトロになるぞ!

嫌われてるのお前だろば風邪!

599 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:47:52 ID:oLRsjv11
二度と書きこむな。この大馬鹿野郎どもがっ!ぺッ!!
解ったか風邪。お前の書き込みがあったらまた荒らしにくるぞ。

600 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 15:53:45 ID:oLRsjv11
風邪お前殺されるぞ、世の中の為にはその方が良い。

601 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 16:08:58 ID:oLRsjv11
謝れよ風邪。謝れ風邪。お前殺されるぞ。

602 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:17:38 ID:oLRsjv11
おいコラ!ボウヤだと、おい、こら、なめてんのか、糞餓鬼が!
早く謝れよ!謝れ!糞風邪。お前本当に殺されるぞ!なめてんじゃねーぞ!!!!!

603 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:30:34 ID:oLRsjv11
誰がボウヤだ!この糞垂れが!誰に話してると思ってるんだ!この臭マンコ!

604 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:46:14 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/12/14(木) 11:35:22 ID:G7QO/zid
もう、書きたくって堪らないみたいねぇ。
ちょっと我慢してごらん!ボウヤ。
早いと嫌われちゃうわよぉ。シコシコ

誰に向かって書いたんだよ。

605 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:51:36 ID:FCjDUZdA
おいおいおい、
それぐらいにしとけよ。

俺、書く気が無くなったぞ・・・

606 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:52:32 ID:oLRsjv11
お前のレス見ると反吐がでるわこの倒錯おばさん。

607 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:55:38 ID:oLRsjv11
謝らせろよ。

608 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:57:28 ID:oLRsjv11
他人に悪い事したら謝るのが当然だろ。

609 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 17:59:16 ID:oLRsjv11
糞餓鬼風邪出て来い。

610 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:02:46 ID:oLRsjv11
:風邪 :2006/12/14(木) 11:35:22 ID:G7QO/zid
もう、書きたくって堪らないみたいねぇ。
ちょっと我慢してごらん!ボウヤ。
早いと嫌われちゃうわよぉ。シコシコ

誰に向かって書いたんだよ。


611 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:04:21 ID:oLRsjv11
風邪の餓鬼出てきて謝罪しろ。糞マンコ。

612 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:07:42 ID:oLRsjv11
>>605
取り合えず止める。荒らして御免なさい。

613 :風邪:2006/12/14(木) 18:18:12 ID:G7QO/zid
終わった?昼前から書きこみしてたみたいだね。ご苦労さん!
お前カルシウム足りねぇんじゃねぇか?
それじゃ、次は明日の朝まで荒らしてください!どうぞっ!!

614 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:19:29 ID:oLRsjv11
しかし漸く仲裁が入った。普通もっと早いのに、やっぱ風邪嫌われてるんじゃね。

615 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:19:42 ID:FCjDUZdA
>>612
まあいいさ。

実は俺も本当はメチャクチャ激しいんだ。
だから昔はケンカっぱやくて。
いま思い出すと、苦笑してしまうよ。

616 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 18:22:01 ID:FCjDUZdA
>>613
あのなあ、そんなことしてると、
アンタ本気でやばいぞ。

傲慢かますが、俺がいうんだから間違い無い!!!

617 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 19:54:26 ID:qkSCcyJj
ケンカっぱやい、、。
 こんなとこで、、。
はぃはぃ、恐い恐い。
 ゆるしてください。
みるからに強そうだ。
 強そうな文章です。


618 :名無しさん@3周年:2006/12/14(木) 19:56:29 ID:oLRsjv11
日蓮大聖人が末法の御本仏で釈迦は迹仏なんだよ。正法時代、像法時代、末法と言う
考え方があって正法では釈迦、像法には天台大師、末法は唯一無二。
日蓮仏法によってのみ救われる。と言うのが学会のスタンスなんだよ。
釈迦が法華経二十八品を説き、天台が摩訶止観を説いたけれども、
南無妙法蓮華経を説いたのは日蓮大聖人なんだよ。
末法の衆生は三毒強情で釈迦の仏教にはそれを救う力は無いんだよ。
三毒とは貪り、いかり、おろか、の事。
それらの強い末法の衆生は日蓮大聖人の説いた。
南無妙法蓮華経によってのみ救われるんだよ。
それを広宣流布している団体が創価学会なのさ


619 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 00:48:53 ID:6NdO42Bk
俺も、今日 飯屋で、体格の良い 同じ年位の知らない奴に・・・・。
すぐ頭に来る器の小ささを、恥じております・・・。

620 :風邪:2006/12/15(金) 08:36:35 ID:RobQsqob
なんだ、結局その後の書き込みは無しですか。
ツマンネ。
議論で言い負かされそうになったからって、荒しの真似して
スレ消費しようとしてもダメですよ!「慈風」さん。

621 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 18:45:27 ID:CY5Rve0u
はぁ?
 何言ってんの俺 荒らしだよ。
 必殺 名古屋カキコ

622 :風邪:2006/12/15(金) 19:30:11 ID:Wj974RcL
621 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 18:45:27 ID:CY5Rve0u
はぁ?
 何言ってんの俺 荒らしだよ。
 必殺 名古屋カキコ

冷静になったみたいだね。
で自分の行いを恥じて、反省してるみたい。
土下座してごらん。靴の裏を舐めて謝れば許してやってもいいよ。

623 :慈風:2006/12/15(金) 21:38:58 ID:6eaS3g4G
私はここですが。何か?

624 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 21:46:38 ID:gJdP7wz+
風邪は本当に馬鹿だな。登校拒否の厨房か・・・。

625 :名無しさん@3周年:2006/12/16(土) 02:05:21 ID:8y4QgGP3
このスレ 今日、初めて?>>1から読んだ。
100位で疲れちゃったから、後見てないですけど、

Zさん!感謝します。!!

626 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 09:03:28 ID:hUz2IdVO
まともな事が書いてあるかと思えば変なのがあったりで、地球と同じ。
久し振りに覗いて見ました。^^

627 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 09:09:47 ID:BudUi8jK
>>626
ここでの議論そのものが既にまともじゃない。

628 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 11:16:16 ID:OCI198Pb
風邪馬鹿に1票

629 :風邪:2006/12/19(火) 18:06:50 ID:BudUi8jK
風邪天才に一票!!

630 :名無しさん@3周年:2006/12/19(火) 20:22:05 ID:fNvi6nBv
天才は、暇があると功績になるが 凡人はろくな事しない。

   あ゛っ。
  
  俺だ。

631 :名無しさん@3周年:2006/12/22(金) 14:14:27 ID:NuMyqiMS
>>629

風邪にかかると寒い、に一票

632 :風邪:2006/12/23(土) 15:34:34 ID:xl9lvJJY
風邪にかかるとツライ、に一票

633 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 15:48:47 ID:VeKDHJ2P
風邪は大敵におK。

634 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:35:54 ID:bEL4BEO1
>>1
それっておもいっきり宗教じゃん。なんかのなぞなぞ?wwww

635 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 23:49:42 ID:Y89V6CXw
宗教とは辞書によれば↓

「神・仏などの超越的存在や、聖なるものにかかわる人間の営み。
古代から現代に至るまで、世界各地にさまざまな形態のものがみられる。」

前段ですね。



636 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 04:29:13 ID:tO2g1zdD
>「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」
>>1は自らの心の内に神(超越的存在)を求めた。よって、宗教と断ずる。


637 :風邪:2006/12/26(火) 09:36:45 ID:bHuDTUfY
また無為な議論はじまるの?
そっかぁ。またこの前の「ブチギレ土下座君」に
登場してもらうかな?

638 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 10:29:55 ID:pEXYzzjU
>>637
あんたの言う「ブチキレ土下座君」は、
自分の間違いを謝罪しているぶん、
あんたより大幅に成長してるよ。

639 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 10:43:09 ID:pEXYzzjU
宗教という言葉の定義は様々だろうけど、1さんの言う宗教は、
「信者を食い物にする宗教」のことなんじゃないかな。

1さんの「宗教はいらない。自分の内に神は存在する」に同意する人は、
宗教に入る必要がない。だから、信者にもならない。信者にならなければ、
悪質な宗教から食い物にされることは無いからね。
1さんに同意する私自身、宗教には入ってないし。

ただ「内に存在する神」を取り間違えたため、「我こそは神なり、我を拝め」
なんてことになったら目もあてられないんだけどwww

640 :風邪:2006/12/26(火) 10:57:54 ID:bHuDTUfY
>>638
人の成長を評価出来るとはおエライ方ですな!
あと一歩!最後の幼稚なwwwさえなければ。。。残念。


641 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:02:39 ID:pEXYzzjU
>>640
>人の成長を評価出来るとはおエライ方ですな

慈風さんもとっっても似たことを言ってたぞ!
覚えてるか(大爆笑)

642 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:05:55 ID:KWtQAMyy

風邪の慈風化wwww

643 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:07:43 ID:bHuDTUfY
そんな大爆笑されても、慈風の文章なんてまともに読んだ事
ねぇし、その辺の(大爆笑)という書き込み自体が「幼稚」
なのですよ。
いいから早く靴の裏舐めろよ。猿の分際でエラそうに。

644 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:11:48 ID:KWtQAMyy
>>639


>1さんに同意する私自身、宗教には入ってないし。

同意も数集まれば立派な信者だね。

>ただ「内に存在する神」を取り間違えたため、「我こそは神なり、我を拝め」
>なんてことになったら目もあてられないんだけどwww

その通りだ。www...




645 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:15:19 ID:KWtQAMyy

サルの方が偉いwwww

646 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:18:31 ID:pEXYzzjU
>>643
「wwwや(大爆笑)を使ってるコイツは幼稚だ!」

という自分の幼稚さに気づけない人なら、ブチキレ土下座君と自分の違いも
理解できなくて仕方ないか。

>>644
>同意も数集まれば立派な信者だね

うん、そこは注意してる。
宗教っぽい狂信者っぽい意見を書かないよう注意する程度しか
できないけどね。

647 :風邪:2006/12/26(火) 11:28:08 ID:bHuDTUfY
見ていてツライ・・・・・

自演はよそでやって。

648 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 11:39:18 ID:pEXYzzjU
>>647
は〜、ID:KWtQAMyyと俺は本当に別人だぞ・・・
けどもういいや。

じゃね〜

649 :風邪:2006/12/26(火) 12:24:47 ID:bHuDTUfY
>>648
一人だけが自演を否定して、同時に書きこみが止まる。。
典型的だな。
次回のチャレンジをお待ちしております。

650 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 12:41:25 ID:KWtQAMyy
ばれたか、アホか、自演はない ジ エンドwwww



651 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 13:42:16 ID:tO2g1zdD
風邪にかかるとキモイに一票。
どれだけ馬鹿なんだ。

652 :暇つぶし。:2006/12/26(火) 14:11:17 ID:xS1+ZNTh
 児演でも、自演でも、良いことしてるのか、悪いことしてるのかは、本人がよく解ってるから自分の中の神が騒ぎだすって事ですよね?>>1さん?


653 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 17:17:36 ID:/4n26N6a

神社にあられる神と、自分の中の神と、慈風の中の神と、

風邪の中の神の、夫々の違いは如何に。

654 :風邪:2006/12/26(火) 17:25:15 ID:bHuDTUfY
風邪さん素敵!に一票

655 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 17:33:12 ID:/4n26N6a
風邪さんカコイ!に一票

656 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 17:34:39 ID:/4n26N6a
風邪さんモテモテ!に一票


657 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 20:28:46 ID:/4n26N6a
自演乙

658 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:30:56 ID:tO2g1zdD
馬鹿風邪に土下座?全部(馬鹿だね)読んだけどそんな奴居なかった。
でも、風邪のキチガイには困る。馬鹿杉

659 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:37:41 ID:pEXYzzjU
う〜ん、私は風邪さんにとって北風にしかなれないっぽいけど、
太陽になってくれる人はいないのかなあ。

660 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 23:20:30 ID:/4n26N6a
風邪は面白い センスよい 

バカではなさそう

661 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 03:07:34 ID:iJkhd4By
あんなのが面白い、か・・・・観察力が知れるな

662 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 03:30:51 ID:FELT02IG

あんたは、面白いのか、証拠を見せてみーな。

差し詰め、あんたは閑殺力はあるなwww

663 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 03:32:45 ID:30Fru0rE

書き込むだけで 在日追放を祈願するスレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1166839792/l50

日本国に正義と秩序を回復する祈願をします。
日本国民の生活を蝕む在日及び悪人を日本から追放する祈りを書き込むスレです。
         ∧ ∧
        <`∀´> <密入国して住み着いたニダ
         ノ(  )ヽ
         <  >

         ∧ ∧
       ヽ<`∀´>ノ <帰国する気なんかぜんぜん無いニダー
       (( ノ(  )ヽ ))  生活保護で暮らしてるニダ
         <  >

         ∧ ∧
       ヽ<`∀´>ノ <帰国して働くより
       (( ノ(  )ヽ ))   何倍もイイ生活ができるニダーッ!
         <  >   神社も破壊してやったニダーッ


【呪】書き込むだけで反日国家を呪うスレッド【怨】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1166842806/

664 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 04:10:16 ID:kNMfOcJ7
sage

665 :風邪:2006/12/27(水) 08:47:55 ID:Xv8y5nRw
いやぁ〜ん。私の為に争わないで、もうこれ以上。

666 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 08:56:24 ID:Kw0xJb8z
風邪ひかないで〜


667 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 09:24:21 ID:30Fru0rE
良い心があるならば現実に活かしてね!

http://image.blog.livedoor.jp/dandyroads/imgs/2/1/218423fc.jpg
剤煮血の事件のビラだよ。

現実の日本が侵食されている現実に目覚めて〜!


219 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)