5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★なんで宗教が受け入れられ難くなったか★

1 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 12:17:10 ID:/Rbz0vbB
無宗教や無神論がおかしいと考える前に、
まずはそうなった理由を考えてみましょう。

2 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 12:32:30 ID:E9Cgkq5u
>>1
で、どう思ってるの?

3 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 12:43:49 ID:/Rbz0vbB
お、レスが。
サンクス。

ちょっと思い浮かべるだけでもかなりあると思うけど。

・宗教の幹としてあるべき思想よりも広めよう広めようと各宗派が教徒獲得を競っているイメージが強くなってる。
・宗教団体の行為が人を裏切っているものばかり目に付く。
・既成の宗教における神様はいない。これは紛れもないものであるのに神様自体があると聞こえてくる。
(比喩であるなら比喩だと認めるべき?)
とりあえず3つ書いてみる。


4 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 12:45:13 ID:/Rbz0vbB
要するに魅力も説得力もなくなった。ってことだな。

5 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 13:00:04 ID:/Rbz0vbB
お、やっぱり止まったか。


ぼちぼちと使わせていただきますノシ

6 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 16:00:38 ID:/Rbz0vbB
このスレが受け入れられませんですた(:D)| ̄|_w

掘り下げてみます。

何故説得力がないか。その1
・説得力もなければろくに理解もしてないだろうと思える人間に平気で布教活動させている。
 そういう人間が宗教そのものの悪いイメージとなって広まっている。


つづく。。。

7 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 21:43:11 ID:vN2qOcwI
・精神の拠り所とする必要がない
・宗教団体=銭の亡者の図式ができあがっている
・その割には宗教の自由などとのたまう御仁が後を絶たない

アニミズムのような古代日本の信仰は宗教かね・・・?(スレ違いか?)

8 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/12(月) 23:06:31 ID:K0sW6kr1
レスありがとうです。

精神のよりどころとして必ずしも宗教である必要も減ったし。
銭の亡者って言うのなんかは、実際に仕事関係なんかでも見ますけど、寺が今金余ってしょうがないんですよ。
もちろんない寺も有るんでしょうけど、余ってるもんだからって組織を変えて高利貸しやってたりする。
土地に変えたり墓作る名目で途中ごまかして着服する。
そんな坊さんでも頼ってくる信者がいる。布教をする信者もいる。

物に神様が宿るような考えをアニミズムって言うんすね。
日本の神話世界とかギリシャ神話のような多神教とか物語としては面白い。
でも日本人の意識の中には自然と山や川や湖に神聖さを感じたりとか身に付いてる人も多そう。
そういう素朴で純粋な気持ちのほうが宗教としてもいいかも?w
自然を神とする。。。なんでしたっけ、あれなんかもしっかりと活動団体できて商売みたいになってるんだよな、確か。


9 :信長:2006/06/13(火) 11:55:07 ID:OzDBsUjX
>>8
>>余ってるもんだからって組織を変えて高利貸しやってたりする。

叡山に火を放て!!!!
皆殺しぢゃ!!!!

10 :7:2006/06/13(火) 12:09:17 ID:L7cx4ieN
受け入れ難くなったというよりも、無関心なのが大多数かと。
家が元々○○宗だからそのしきたりに従う、その程度でしょう。
特に賛成もなければ反対もない。
これは主張がないという点で、無神論や無宗教とは違いますよね。

アニミズムは神様というよりも、むしろ感覚としては「〜の精」じゃないかと思っています。
そこには自然への畏怖と敬虔、感謝がこもっていると思うので、いわゆる教え導く
宗教ではないと思うんですよね(でも分類上は原始宗教らしい)。

11 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 12:15:27 ID:Ae+3S77E
>>8
宗教は腐った。腐るのが当然。

宗教は、物質的に豊かじゃなかったときの代償行為だったんだね。
豊かなときには豊かなときのための精神の基準が必要。清貧の思想は絵に描いた偽善になった。

今、宗教は不要だし、宗教が精神の向上を考える人々の足を引っ張ってると思う。
物質社会の上に立てる、モダンで科学的で論理的な、新しい「宗教科学」ができるまで
宗教の統廃合や宇宙構造の解明など、普遍性への模索が続くと思う。

12 :南無大師遍照金剛:2006/06/13(火) 12:42:47 ID:lfw/8UVN
ヽ(´∇`)ノ宗教全てがそうかな?

13 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 12:51:49 ID:SgAoB+j6

「宗教依存は最高」 ttp://www.geocities.jp/sonomama_da/gaikann.html

宗教経営者も醜いが 宗教依存者もまた醜い。
依存者は本来善人が多いと言われるが 組織に属すると、献金、勧誘、献身こそが尊い、と言われるので
「本来の善行」はさっぱり行わず 上からの御高説だけは上手な者となってしまう。

「ご利益」で釣って「脅し」で辞めさせない。 「尊い」と自画自賛するのは朝飯前。

上の者に従属し、その反動で下の者を矯正しようとする。それもカルトの病だ。
高慢で周りの意見を聞かないから 成長もしない。

さらに自己正当化のためには 議論を攪拌したり言い掛かりをつけたり という行為も辞さない。
正当化するためなら何でもありだ。
教祖が勝手に造ったドグマを述べるが 言い訳が効かなくなると 「きみたちは真理を知らない」 との捨て台詞を残し
ご都合主義の 造られた妄想の中へと去ってゆく。

その割に彼らの言う「真理」とは、その教団内でしか通用しない「妄想信仰」に過ぎない。
カルトとは、「自分と教団とその妄想」が全てである人の集合であり、依存欲を満たしてくれる場所なので、

家族や恋人が泣いて頼んでも 「自分が可愛い」ので霊感商法に荷担し続けてしまう。


とにかく信じなさい/やらなきゃ分からない/論理的思考を取りなさい/素直に疑問を持たず受け入れなさい

という カルトの悪質なマインドコントロールによって、信者の脳は 実質「破壊」されてしまっています。

「教義はとにかく絶対」 「組織や教義に疑問を持つことは悪」「悪は地獄逝き」
というのがカルトの核心ですから、「批判は見ざる聴かざる−盲信に沈むことは正しい精進である」というわけです。



14 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 13:19:48 ID:MGB/Y1LX
進化論とか宇宙論とかの方を信じているから。

単純に、教訓として見るなら面白いけど、
神だとか、死後の世界云々は、嘘に聞こえてしまうから。

15 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 13:51:28 ID:HGwVO2HO
>>1
宗教がなかった訳でなく、皆が経済教とでもいうべき
物的な生活向上に目を奪われていた。
それを支えた工業化=科学技術に対する信仰が深まったこと
がある。日本人がプラグマティズムになったんだね。
経済成長が止まれば、ローマのように精神的支柱に
興味が向かうことになるだろう。
大体今は新興宗教の方に向かってるみたいだけどね。
創価学会とか幸福の科学とか。

16 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 13:54:18 ID:HGwVO2HO
>>14
進化論も宇宙論も厳密にいえば科学ではないんだけどね。
科学というのは実証されて初めて科学的事実になる。
理論だけの説は哲学や宗教の方が近い。

17 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 13:55:35 ID:6MnRazyw
>>9
山口組の件なんかもあったしなw
>>10
無関心や主張がないってのは多いと思うけれど多くの人が全くの無関心とも言い切れないとも思えるかな。
10代とかの若い頃であれば本当の無関心もあるだろうけどその後は宗教に限らず仏教的、キリスト教的イベントなんかに触れる機会はあるし。
若い人だって賽銭箱に金入れるのに5円をわざわざ使ったり10倍になんて50円入れるのもいたりするでしょうw
仮にせっかく関心持った人がいたとしてもそれ以上深く誘うだけの魅力がないんだと思いますよ。

18 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 14:07:01 ID:6MnRazyw
>>11
大昔の人は豊かな時には豊かであることに感謝して踊ったり祈ったりしたってのもありますよね。
そのころだと毎年自然に大きく左右されてたから当たり前といえば当たり前だけど。
今では困った時の神頼みだけで感謝はしないw

考え方の問題だけど、科学はあくまでも科学であるべきと思う方。俺の価値観だと分野が違うから。
なんか最近の傾向は「だって人間だもの」みたいなのが増えてプロ意識が減った気がする。
教職者でも人間なんだから間違いがあるとか坊さんなんかでもそんな感じなのかな。
職業以上であるべき職務者が職業としてもあるべきじゃない態度とってる。
俗しかないのなら宗教何故いまだにある?って感じ。
>>12
全てじゃないのだろうけれど、外から見て差が見えないが本当でしょうねw
特に団体。宗教信者を使って教団の運営の為に活動してるようにしか見えてないと思います。

19 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 14:17:44 ID:6MnRazyw
>>13
どの宗教のこと言ってるのかは分りませぬが脅しを用いて引き止めているならその宗教はあることが「害」だと1685%言い切れる存在ですよね。
>>14
下2行どーいっす。
つか、現存する宗教の言う神はいない。間違いない。
>>15
科学技術って信仰になりうるんですか?俺にはそれはピンと来ないです。
宗教思想や哲学教え、古い時代のもだから当然に科学の進化とともに矛盾したり暴かれたりしてくる。
でも科学は宗教とは違うのであれば宗教はそのことを怖がる必要もないわけだし。。。
うまくまとまらないonz



20 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 14:23:55 ID:6MnRazyw
質問です。
何故宗教には神が必要なんでしょう。

21 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 15:59:05 ID:8aWw88ZP
>>20
信者に寄付金を出させるためさ

22 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 16:25:47 ID:ELtl92f3
おなじなるがいました
おりじなるはふしぎなちからをもっていて
かつどうしました
まわりのひとはおりじなるをあがめました
おりじなるがしにました
のこされたひとたちはおりじなると
おなじようなひとをつくろうとかんがえました
のこったひとたちは
こどもたちにおりじなるの
かんがえをおしえました

だけどもおりじなると
おなじようなこどもはできませんでした
のこったひとたちはかんがえました
さんぷるすうがすくないからではと
おりじなるのかんがえとは
いつしかまったくちがうかんがえに
のこったひとたちはなりました

しゅうきょうでも
しんじんるいでも
せんみんしそうでも
すべてのかたちはおなじなのです

23 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 17:02:58 ID:6MnRazyw
>>20
いや、そーいう意味でなく。
宗教法人法なんか見ると定義は対象となるシンボルとかそんなの?
何も神じゃなくてもいいんじゃないかと。ってすでにあるのかな?
神なんていないのだから素直に認めてシンボル作り直すというか修正すれば嘘つかなくてすむのにw
>>22
たて読みですかあ?
読み難いだろ。。。一生懸命読んだのだ。
ふと思った。仏教の仏典とかキリスト教のその手のものとか、おおもとの文献・資料ってどこにあるんだろう。
貴重な歴史文献を改ざんするのはまあ宗教者側の勝手だとして隠されたり消されたりしてたらもったいないよな。


24 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 17:10:28 ID:L7cx4ieN
>>20
神が必要なのではなくて、神がいるから宗教になるんじゃないですかね。
神なり本尊なり神の子なり、まあなんでもいいんですけど。対象がなければ
大衆はついてこないってことで。

>>23
キリスト教の原典はもうないですね。狂信者はその「ないもの」が正しいのだと言っています。
どうやって確かめるんだろう・・・。
仏教にしろ最初は口伝ですから、原典ってドレ的な話になりそう。あとの宗教はよく分かりませんが。

まあ、教義ってのが前面に出た時点でどうかと思いますね。
布教って、顧客獲得のことか?

25 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 17:19:54 ID:6MnRazyw
あれ、アンカー間違ってら(:D)| ̄|_
>>23のアンカー20は>>21

>>24
神がいると思われていた時代に作られた流れで来たから神がある。
当時はそれで正しかったと思うけど今ではさすがに無理がある。
それでも当時の流れをさも正当に続けているかのように微妙に微妙につじつま合わせする。
そんなイメージに感じるかな。
ついてこないものを無理やりついてこさせようなんてことは創始者?(仏陀とか)してなかったと思うんだけど
すでにそこからして違ってる気が。
原典。釈迦入滅後数百年後に突如として出てくるとか、キリストにしても弟子たちが色々書いてるわけだし。
離れて見れば矛盾だらけなのに狂信できるってことがある意味すごいなと。
怖さ十分感じられる。
きちんと知って偏らずに純粋に信じられる人は素晴らしいと思いますけどね。
狂信者も自分ではそう思ってるのだろうしな。
あまり書くと深くしらないで物言うなと言われるの分ってるけど、知らないがわからのイメージはそんなもんかも。
説得力がないから宗教離れが進むってのの理由だと思うものの一つ。

26 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 17:44:09 ID:DDRUwTv9
神や奇跡を信じ込むのが宗教です。

27 :yun ◆80A335Xyc6 :2006/06/13(火) 17:59:08 ID:JLDAxUjC
>説得力がないから宗教離れが進むってのの理由だと思うものの一つ。
難しいことを簡単に解くのは大変難しいですよ。
簡単にすればするほど間違いやすくなるからね。
まぁ現代人はみんな忙しいし。
>>20
神ですか。
天上の衆生を立てた宗教はいくつもあるけど、天上が完璧と勘違いするところに誤りがあると思うな。
所詮、天上もうつつ抜かして地獄に落とされることもあるのだし。
少なくとも人間なんだから最低でも人間らしく生きることが大事じゃないかと。
何もかもイヤになって子供殺しちゃったとかそんなこと絶対あってはいけない!だし。

その上で心の内側を見つめる必要もあるかと・・・。

まぁ参考にしたってくり。

28 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 19:18:57 ID:XQWQkpow
>>26
たしかにそれも一般的なイメージですね。
>>27
難しいことを仏陀は簡単に下げるところからはじめませんでしたっけ。
難しいからしっかり団体に入って学びなさいってよりは少しでも触れる機会を持たせるとか。
追わない、強要しない、それでも学びたい人は受け入れる。そんな感じでもいいと思うのだけどとかくそうではないすね。

天上の衆生。このこの言葉一つとっても仏教に無関係な人には理解できないでしょうね。
実際にそのままPCで変換もできない言葉だし。
仏教に限らず有名な宗教の中身は良いことたくさんかいてるとは思うんですよ。
宗教の対象としてだけおいとくにはもったいないくらいと思う。
内側を見つめる必要。この言葉なんかも誰でもそう否定する人はいない、大事なことだし。
ただ、そこに「だから宗教をしなさい」みたいな流れになる宗教人が多いのはありますよね。
そこに疑問を感じる普通の人は多い。知らないもの、特に最近では胡散臭く思えるものに誘われるのだからそれも仕方がないです。

29 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 19:25:29 ID:XQWQkpow
それと宗教離れの理由には都合よく教義離れしてるというか
実際には掟みたいなのを守ってないってのがあるかも。

肉も酒も食す坊さん。
離婚する神父さん。普通にいるんじゃないかな。
説得力あるとは言えない。

30 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 19:36:58 ID:XQWQkpow
誤解を招くといけないので補足しるw

信者が肉も魚も食うなってことでもないし離婚するのがおかしいというのでなく。
あまりにも指導的立場の人間がふつーーーーの人間に成り下がってるといいたいわけで。
中には普通の人間以下な人たくさんいるし俗まみれ垢まみれでなにが宗教だと。
まあこれも先入観ありのイメージかもしれないけど完全否定できる人のほうが少ないんじゃないかな。
もはや宗教は心の問題を越える領域にはありえないって言うか。

31 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:08:20 ID:ELtl92f3
>>23
おおもととかは、ほとんど口伝でしょうね。
この板住人さん達なら、ほとんどの宗教の文献とか教儀とかは
読みかじったと思いますけど。
んで
やっぱ宗教っていうのは、ロマンがなきゃダメなんだなと思いますよ
生きる道標的な仏教とかもありますけど。
宗教がダメなら哲学
哲学がダメなら科学
科学がダメなら金
以下ループ
ただ、人間は疲れたんだと思いますよ

32 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:16:57 ID:RrKPF0cl
聖典は書いてある事と現実に大きな隔たりありすぎ。
なら信仰はと言うと、未成年者が酒を飲むように、徐々に慣らさないとならない。
しかし、慣らしたらアルコール中毒。
どの道意味はない。

33 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:21:21 ID:ELtl92f3
もちろん。
人として生きるのなら、エロも必要だとおもいますが。
宗教と交尾ってのは、切っても切れないものらしいですから
子供を作っただけで神様になれる宗教もあるらしいですよ

34 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 22:35:15 ID:XQWQkpow
>>31
大元は口伝といわれてますよね。
書かれたあとも対立があったりしてすぐには世に出なかったとか。
だからどこに本物があるのか果たして本物があるのかわからないわけで、本物に一番近いものはすでに失われた可能性もある。
でも、ほんと、この板他色々ロムってみたけど濃いですよねw色々と為になってます。
宗教とロマンなんて考えたこともなかったけど、それは31さんがロマン感じてるから言えるんだろうかと。
人間は疲れたって所をできれば詳しく聞いてみたい。

35 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/13(火) 22:36:29 ID:XQWQkpow
あ、今日この後と明日はちょっとバタバタするのでレス頂いても返レス難しいかも。。。

36 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 14:27:16 ID:2yHgo4Pf
レスなかったか。
なので持論を。。。
疲れた疲れた、癒しだとか甘えでしかないと思う。
何でそんなに癒されたいのかわからん。つか、やることやってがんばって一息つくとか大事だけど。
ただ癒されたいとか流行のようにこの間うちにやってたけど、甘えを無意識に染み込ませるような流行はどうなのかと思った。
でも、もし人間が今疲れやすいものがあるとしたらそれはなんなのか知りたかった。

37 :名無しさん@3周年:2006/06/15(木) 15:46:00 ID:eTiFlOhS
今もまだ絶滅してはいないだろう、重要な風景を幾つか。

 毎日仏壇に手を合わせるおばあちゃん。
 坊さんの後ろで一緒にお経読んでるおじいちゃん。
 命日に墓参を欠かさない若夫婦。
 受験前、ふと通りがかった神社の前で手を合わせる学生。
 娘の出産を控え、毎日の散歩コースに神社を組み込む老夫婦。
 etc.etc.

勿論、彼らに「宗教をしている」という自覚は微塵もないだろうが・・・w
彼らは、弱くて、前向きに生きることを放棄した負け犬なのだろうか・・・?

38 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 15:52:01 ID:2yHgo4Pf
そういうの、すごく大事だと思うよ。
自分だけのためじゃなく純粋に感じたり祈ったりできるのは綺麗だと思う。
あの人の幸せを願うなんていう事だって同じようなことかもしれないし。
それが宗教色が濃くなるほどなんとなく変わっていく気がするのだ。

39 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 15:54:50 ID:2yHgo4Pf
物事本来の美しさをその在り様に任せて目に入れさせなくなる原因が宗教とも言えなくないだろうか。

40 :名無しさん@3周年:2006/06/15(木) 16:28:00 ID:eTiFlOhS
難しいね(^^;)

スポーツなんかでも、熱血指導が必ずしも最上とは限らんだろうし、
しごき過ぎて体壊したら本末転倒だしw
過度な信仰は危うい、とは言えるだろうね。
けど、そうしたら、
どこまでがOKで、どこからが過度? 信仰って何?
八方美人のイイとこ取りで、おしゃれを楽しむみたいな接し方がいいの?
ってことにもなるけどな(´ー`)y━~~

41 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 18:45:14 ID:2yHgo4Pf
>>40
そういうのがよく分らないし疑問もあるからここ見てるんすけどねw
宗教だって本来のあるべき意義は良いものだと思いますよ。
でも本来あるべき姿と現実のギャップが相当あると思うから
>>37の内容みたいなのこそ美しいと素直に感じられるかも。
奥深く知識を得たり修行みたいなことをしても正しく生かせてなければ何もならないですよね。
間違って偏るよりは普通に無宗で学問程度止まりにしておいた方がよほど正しいとも思う。

42 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 18:52:44 ID:2yHgo4Pf
>毎日仏壇に手を合わせるおばあちゃん。
>坊さんの後ろで一緒にお経読んでるおじいちゃん。
>命日に墓参を欠かさない若夫婦。
>受験前、ふと通りがかった神社の前で手を合わせる学生。
>娘の出産を控え、毎日の散歩コースに神社を組み込む老夫婦。
>etc.etc.

これをむしろ宗教している人のほうがこう思ったりしてないだろうか。。。と疑ってみる。

仏壇拝んでるけどどこの宗教なの?無宗教の癖に。
宗教もしてないくせに墓参りだけはするのは本物ではない。
困った時の神頼みですか。
そーいう時だけ御参りするんだね。とか。。。
自然を眺めてありのままに感動できることが出来るのもどっちだろう。
宗教のフィルターを通した世界観や自然観でもの見てるのではないだろうかとか思うのある。
宗教が正しいかどうかではなくてあくまでも用い方だろうなって。

43 :聖霊大王:2006/06/20(火) 20:21:33 ID:HDxxvdda
そうねーーー神道的仏教が日本の王道なのよ。仏教が神道化しているの。先祖供養がその王道。

44 :聖霊大王:2006/06/20(火) 20:25:08 ID:HDxxvdda
本当にりょんちゃんの発言を見ると、おいらの今、変化している世界観とつながる。
臨済宗、山田無文和尚の臨済録、この世界の激しさ、ストレートさについてこれるかな??


45 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 20:25:58 ID:07UDbL6h
http://www.syu-ta.jp/haruhi/saimoe/vote12/votec.cgi
キョンに投票して〜〜

46 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/21(水) 10:45:27 ID:N+iHXTzg
神道的な感覚は悪くないと思うしね。
物や自然や全てのものを含めて慈しむような心生まれそうだし
そこら辺の宗教よりも優しくて偏り難いでしょ。
神道的な感覚で、結局は自分がものを見るってことが明確に実感出来る。
>>44
ストレートに付いていくも何も。。。俺はついていかんよw
自分で見極めたもの以外にはついていかない、それが人にとって一番大事なものだと思わない?
例え悪い事とされているものでも自分なりにもう一度見直してみること、疑ってみること。
こんな意識でいても何かと偏ったり固執してしまいがちなのが人間だったらやっぱり宗教って怖い面が多いと思うけどね。
宗教ってのは支配する手段であることが多い。
支配されるくらいならそれも悪だし、基本的に自分と同列以上に宗教がありえないでしょ?
宗教のとっかかり時点から帰依しますって何かがおかしい。
仏陀がそんなこと言ったとも思えないのだが、そうであればすでに矛盾だな。
知る事よりも先に帰依することを求められるなら最初から無理だしね。
帰依してからじゃ見るもの見れないしな。

47 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/21(水) 10:55:03 ID:N+iHXTzg
実経験上から。
南無妙法蓮華経と唱えなさい。
これは正しいのだから意味は大人になればわかるから唱えなさい。
正しいのだから唱えなさい、あの人はこの宗教の偉い人だから正しい人です。
しっかり信仰しなさい、不幸になりますよ。
自分の考えが正しいことを証明する為に時には敵対する立場の人の不幸を喜び、自分は正しかった、
宗教が間違っていなかったと喜ぶ。
それでも間違いないのだから。

48 :聖霊大王:2006/06/21(水) 12:04:15 ID:7bW6HI0v
自分で見極めたもの以外にはついていかない、それが人にとって一番大事なものだと思わない?
これを力説している本なのですけれども。

49 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/21(水) 13:15:56 ID:DG86qZgq
そうか。
でもそのことだったら確信してるしな、つか確信するまでもないか。
とりあえず一昨日の本とか買ったからそれに目を通してみるのだ。
明後日くらいまでには到着する予定。

50 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 14:11:04 ID:4ex8xeQW
何で宗教が受け入れられ難くなったか?
 ● 金があるようなことを臭わすと、態度が途端に低くなりご機嫌伺いの
   ようになり丁寧になった。全宗教に共通する。商売人〜^^。
 ● 悪いことは全て当方の非、と言う。
 ● 宗教側の不都合は隠し、聞いても教えてくれない。
 ● 誠実さに?????^^^
 ● いつもお金の問題がくっついてくる。
 ● アメとムチを使い分ける心理作戦。
 ● 脅し、恐怖も与えることを恥じない。
 ● 教義は素晴らしく戒律もあるが、裏では守っていない。^^^。
 ● おんなじ普通の人間だと思う。^^^。エラぶっているけど。^^^
 ● 権力組織のように、絶対的な上下関係がある。
 ● 他の団体と交流しない。自分達の組織内だけ。
 ● 一番に求められるのが、お布施、献金
 ● 音楽から本、生活全般に勝手に規制される。

とまぁ、こんな具合にすらすら〜と出てくる。
神とか何とかは、団体などに入信して教わったり学ぶものではないのかも。
それぞれの感性で感じるものかもね〜^^^^^?????

51 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 14:45:45 ID:PvZb+Hfp
思想を学ぶのに主観に偏った団体に所属するなんてね。
団体のもともとの思想が正しくてもそれを教える立場の人の主観に左右される。
受け手の価値観に左右される、それでいながらその一人一人が自信を持って人に宗教の良さを語る。
ある日宗教をはじめた人が1年後にこの宗教こそはすばらしいと語る。
説得力がありますか?

52 :未来:2006/06/22(木) 15:07:46 ID:t38JpPbf
物質面で豊かになって、残る人類の課題は、精神性が古代と
比較して少ししか変わってない。迷信宗教に依存する現状だ。
しかし科学が発達し、人間の精神メカニズムを全て把握して、
人類の精神性を一気に向上させる事も可能だ。ナハー

53 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:13:40 ID:j3dNfT85
キリスト教が原因。
信仰が土着化・制度化・習俗化した文化に
「宗教」を無理に受け入れさせようとしても。

54 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:15:24 ID:lFplweUL
こんなにも宗教えんがちょ的な風潮が日本にはびこっている理由はやっぱり、新興宗教の増加が一つ挙げられるのでは。
この掲示板のスレッド一覧を見ても、聞いた事もない様な宗教団体がどれほどあることか。名前見ただけでも胡散臭い!って思いますよ、私は。
そして宗教団体による犯罪の増加。オウム真理教を筆頭にパナウェーブ(白い布の団体)やら韓国牧師金保やらひどいじゃないですか。
きっとまだまだ沢山あるでしょう。私が覚えていないだけで。
さらに3つ目は、日常に潜む原因。例えば宗教の勧誘。街で声をかけられるにしろ訪問されるにしろ、頼んでもいないのに迷惑だ!ってのが本音でしょうね。
それから知識のみ非常に富んでる人が沢山います。彼らは信仰を持たずに単なる知識として「宗教」というカテゴライズされた〇〇教に触れます。
そしていかにその信者の論理を覆そうと、議論をふっかけてくるのです。この板にはそういう人が随分沢山いますね。
そもそも高校の倫理の時間に「宗教」を勉強するじゃないですか。私もしました。それも、どうなんでしょうね?
悪い事とは思いませんが、どうもそこで身につけた多少の知識が神を受け入れる妨げになった様に思います。私の場合。

55 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:18:30 ID:j3dNfT85
新興宗教が法に守られて大手をふっていられるのも
キリスト教の影響。敗戦国の歴史。

56 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:21:36 ID:t38JpPbf
宗教予防として、ある程度若い内に教えてやった方がいい。

57 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:29:35 ID:lO7xrVYI
感情的な恣意に依る論理は十分主観まみれ

58 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:45:34 ID:t38JpPbf
同じ主観でも、振興宗教は押し付けてくる。

59 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 15:56:38 ID:yApdpvoW
ていうか、明治以降、
人々が宗教を必要としなくなったんじゃね?
別に、悪い噂を聞いたり被害にあったりしたことがなくても、
宗教的価値観や宗教的行為に無関心である、みたいに。
例えば、霊柩車を見て親指隠す人なんて今はもういないだろうし、
通りすがりのお地蔵さんに手を合わせたりとかもないだろうし、
神社にお参りに行って、手や口をすすぐ人もいないだろうし。

ま、伝統宗教や各家庭の親・祖父母の怠慢だと言えばそれまでだが・・・w

60 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 16:01:33 ID:PvZb+Hfp
とある宗教団体の実話。
まだ新人の宗教活動者に偉い人(と言っても小さな支部の中の偉い人)
あなたも宗教勧誘をしてみなさい(専門用語あるけどあえてふせる)。
私に出来るかしら。
私がついていて上げるから。作戦会議。
その後は何度もアタックして会合に出席させて勧誘できれば褒められて功徳があるという。
有り方違うだろ。。。おそらく50殿の持つイメージもこれに近いと思う。
こういうあり方がますます宗教に対するイメージを悪化させる。
活発なだけに世間で見聞されやすいしな。。。性質からしても正しいものの方が目立たないかも。
いずれにしても正しいものは簡単にはみつかり難いか。
悟りでも何でも自分で探した方が早いかもな。


61 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 16:03:17 ID:PvZb+Hfp
ここでのレスなんてのは基本的に全て主観。
主観だからこれが正しいなんて言わないし意見とか考えの交換でしかないけど。
宗教を用いる人には主観を思想や学びと摩り替えて押し付けてくるものを感じることが多い。
それも受け入れら難くなる理由になりえるとおも。

62 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 16:26:46 ID:Nfc0OfdM
日本で宗教という場合、オウムから何から、味噌も糞も一緒で、区別する習慣がない。
言ってみれば大腸菌も乳酸菌もバイキンなんだからよろしくないという雰囲気。

63 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 16:36:33 ID:t38JpPbf
あの人らさ、めっちゃ頭ガチガチやしね。
人の意見聞いてねぇから。
聞いてるようで、自分らの宗教が一番正しいって思いこんでるんだ。
みんなお見通しなのに、本人達だけ、客観的に意見聞いてると思ってる。
自分の意見なんて持ちたくないんだよ。よっぽど宗教にもたれたいんだろうね。

64 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 16:43:13 ID:PvZb+Hfp
>>63
そう思えるような人も多いんだろうな。
つかさ、ちょっと思ったのだけどやっぱり無宗教でいる人間に積極的にアプローチしてくる人がそうなんだろうな。
この板なんかをみていても人にとやかく言わないで一生懸命やってるような人もいるように見える。
>>62さんの言うようにそれが宗教している人全ての姿だと見てしまいがち。


65 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 17:12:52 ID:d7w0Jbl4
自己完結的なスレだな・・・

66 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 17:41:43 ID:PvZb+Hfp
そっか。
意識しすぎたかもな。

67 :NURSEのぞみ@白衣の天使 ◆55nynIr58w :2006/06/22(木) 17:42:15 ID:B9aWgS0/
>>62
宗教法人だけでなく、関係法人が他にあればその評価で、本体法人も評価がしやすい。

68 :NURSEのぞみ@白衣の天使 ◆55nynIr58w :2006/06/22(木) 17:55:59 ID:B9aWgS0/
>>1
簡単なこと。
法人経営努力が足りないだけ。

69 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 18:05:36 ID:TpWfMGJ8
思い込みを破壊したいという衝動
非常に共感できるスレだ
でもこういうのは因果してくるよ

70 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 18:07:00 ID:yApdpvoW
痛烈だが、至言だw
細々と伝統の味を守るという姿勢でもなく、
全国展開してチェーン店を広げるような才覚も発揮できず、
中途半端に近代を過ごしてきたツケが、じりじりとまわって来ているみたいだな。

71 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 18:07:46 ID:yApdpvoW
>>69
 >>70

72 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 18:08:48 ID:yApdpvoW
違う・・・
>>68
 >>70
だな・・


パテポテされてくる・・・

73 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 18:34:38 ID:PvZb+Hfp
>>68
板の趣旨的に避けたけど本当そう思うw
質の悪い会社、質の悪い商品や古い商品をそのまま。
質の悪い営業マンがろくな説明もしないどころか半脅迫しながら売っている。
カルトの典型。
それでも支店だけはボコボコできたりする。
>>69
その想定される因果とはなに?


74 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 18:52:29 ID:TpWfMGJ8
http://poo.arinecoinco.com/causation.htm

75 :聖霊大王:2006/06/22(木) 18:58:19 ID:hcWj3CC/
わての主観の宗教ランキング。
1、実用的しか認めない。、、臨済宗
2、分析至上主義傾向、世界と一体化が可能、、原始仏教系、上座仏教、法相宗(奈良薬師寺)、曹洞宗。
3、ほとけの力を借り2を実現。。。真言宗(南無大師さんのとこね)、天台宗、修験道。
4、神仏の力を借り。。日常の出来事を肯定できる力がつく。キリスト教カトリックのイエズス会(ザビエルね)、日蓮宗
5、自我の思考と苦しみから解放。。。伝統的キリスト教、真宗、浄土宗、イスラム神秘主義、ヒンズー教。
6、とりあえず、安心、心の整理。神道、葬式仏教。
7霊媒、現世利益、ルールで縛る。。。層化学会、等、新興宗教。

76 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 18:59:12 ID:PvZb+Hfp
いや、因果は知ってる。
このスレの趣旨を因とした場合の果ってのはなんなのかなって。

77 :南無大師遍照金剛:2006/06/22(木) 19:00:57 ID:hOtchIrm
大ちゃんは霊は分析出来ないんだっけ?因みにソカって霊能者いる?

78 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:02:26 ID:PvZb+Hfp
>>75
俺なら神道かな。
無神論だから神道になりえないけど、生命エネルギーと自然の法則ならなんとなく。

79 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:09:07 ID:TpWfMGJ8
俺も神道だな。神道の信仰ではなく神道の神。
理由はこの俺様を認める気配すらないから。

80 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:09:13 ID:hcWj3CC/
そうなの、なむたいしさん。霊界は詳しくないの、だから、7の世界は一番わからん。
神仏ワールドはオートマチィックで、反応するのだけれれども。

81 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:11:52 ID:hcWj3CC/
神道の方法、手と口を清め、清明な、心で、参拝する。
清明な、エネルギーが体にみなぎります。

82 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:12:28 ID:PvZb+Hfp
つーか。俺は人道だなw

83 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:14:05 ID:TpWfMGJ8
エネルゲイアぢゃないんだ僕がゆってるのわ
向こうがこちらに応答してくれないといやなの
応答してくれないってことは、こちらのことまだ認めてないってことなの。
神気はちゃんと綺麗にしたぶんだけよこしてくれるの。

84 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:14:45 ID:hcWj3CC/
神道はなむたいしさんが、詳しい部分があると思いますけど。
大本的な鎮魂帰神法的、世界に入ると、霊媒体質になり、新興宗教家的、江原氏的になる。

85 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:16:04 ID:PvZb+Hfp
何故急にそんな口調になるw
文調か。。。
それよりも生命道とか人道も作っておくれ。
人のエネルギーが自然と相まって創造のエネルギーとなすとか
意志の力が相まって不可能を可能となすとかその相乗効果とかそんなのw

86 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:21:39 ID:hcWj3CC/
マ、無理だね。人間の本質と歴史を真面目にみりゃー、無理だとわかるぜ、
現実の狂気がどれだけ、この世界において、強いか、生きれば、生きるほど、思い知らされる。

87 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:29:34 ID:PvZb+Hfp
>>86
必ずしもそう思わないんだよね。
歴史上しっかりとした神ではない道徳が出来て広く普及でもしていたらもっと違った平和になったかもなと思えるし。
現実の狂気もすでに浸透した宗教意識ではどうしようもないってことにもなるしな。

88 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:30:09 ID:TpWfMGJ8
自然なのは木だなぁ
文句もいわずに無償に生えてる

89 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:30:14 ID:PvZb+Hfp
さて、これから夜の部でかけるのですよ。
また来てみますノシ

90 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:30:59 ID:hcWj3CC/
人間の思考の実態は哲学的にも明確になっている。
フランスの哲学者ソシュルの結論。言葉の対照とその意味の関係性は必然的ではなく、きまぐれである。
つまり、言葉は相対的、すなわち、思想は相対的、人間も相対的、正義も相対的、文化も相対的。
すなわち、何をしても、相対的で、崩れ去る。
すなわち、りょんちゃんの意見も相対的で、いとも簡単に崩れ去る。

お釈迦様は最後に言った。諸法は壊法であると。

91 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 19:35:34 ID:PvZb+Hfp
結局は道徳と法と罰を持って人がまとめるしかないのかもね。
宗教が多様化するよりも宗教を11本にして法にして支配するか。
それでもその支配下でまた悪は出てくるってことになるのだ。
人の本質が信じられない人がいる限りは宗教でも何でも同じだけど、
難しいね、風潮なんてものにも左右されるしな。

ではノシ


92 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:44:54 ID:ymks5lRy
11本?

93 :聖霊大王:2006/06/22(木) 19:46:31 ID:hcWj3CC/
残念だね、道徳も法も相対的、金正日、ヒトラー、スターリンにも、彼らなりの道徳と法がある。
かれらの理想と真理があるのだ。
これは、純粋に学問的に言っているので。

94 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:49:27 ID:TpWfMGJ8
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe801.html
これ面白い

95 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 19:57:30 ID:Ia47+lW6
自然界全体を考えた時、地面、海、草、虫、動物等は宗教なんか信じてないだろ?草が草食動物に食われても、草自体は運が悪いとか思ってかよ?動物が死んだとしてもそれは自然の循環の一部にすぎない。それを人間だけが、運が悪いとか言ってるのは、おかしい。

96 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 20:19:19 ID:TpWfMGJ8
言わなければいいやん
思い込みを破壊したいという衝動が因果するのは
自分が別の局面で同じ事を言われるときの苦しさと恥

97 :なむな:2006/06/22(木) 20:36:12 ID:t38JpPbf
人間は、考えるから、そこが草木と違うから。
だから面白いタハー

98 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 21:00:14 ID:EMumTXPF
マナーと宗教観って同じ用に思う。人として何が大切かってことを、その時代は宗教って事で思っていただけ。それとは別にモラルとか道徳とかって言葉ができただけだと思う。宗教ってそんなことを教える手段だったんだと思う。当時はね。今はとても違うけど。

99 :なむな:2006/06/22(木) 21:53:04 ID:t38JpPbf
宗教も道徳も、元々は人間の為にあるべきじゃないかと思う。
それが、一部の為政者や教祖や教団上層部の為のものに、いつの時代もなりがち。
そこから民衆を自由にしようとした人は、宗教以外にも沢山いた訳で。
そういう人達ってのは、宗教に所属しててもしてなくても、精神とか行動は宗教的だったと思う。

100 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 21:58:14 ID:TMlrzefD
>>92
1本の打ちミスですw
>>93
別に残念でもなんでもないけど。。。
思想が正しいか時流に有ってるかの問題もあるしそもそも思想の統一なんて物の実現が可能かどうか考えても分かる。
それに何よりも宗教の一統もまず無理であるし宗教が世界の理想となりうることともならない。
自分の考えとして宗教よりも人の道を出来るだけ統一した概念にして普及させる方が喧嘩が少ないのではと思った程度。

101 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 22:02:43 ID:Nfc0OfdM
>人の道を出来るだけ統一した概念
それ、不可能だし宗教だし

102 :なむな:2006/06/22(木) 22:09:43 ID:t38JpPbf
宗教団体と、宗教的に生きる事って、違うよね。

103 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 22:10:46 ID:TMlrzefD
>>96
思い込みを破壊って感覚もないんだよ。
あまりにも偏った見方をされてるようだから見方を変えてみたらってのが本旨。
自分の意見的には色々と他のことも絡んだりするだろうけど。
>自分が別の局面で同じ事を言われるときの苦しさと恥
これはピンと来ないけど例えばなんだ?
>>101
神様なくてもやっぱり宗教なのか。
まあ、無理だろうが、それでもありもしない神を持ち出すよりはマシにも思える。
つか、概念とか言うからいけないんだろうな。
社会通念をもう少し幅広げる程度なら一概に言えないだろう、いずれ国際化が進めばそうなるだろうし、
ただ、そのときにも宗教が邪魔になるんだろうなとも思う。

104 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/22(木) 22:12:42 ID:TMlrzefD
>>102
うん。
団体が悪いって分けでもないだろうけど。
思想を押し付けたり望まれてもいないのに広めようなんて考えればみんな同じだよね。

105 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 22:28:44 ID:Qe+OUJnj
>わての主観の宗教ランキング。
>1、実用的しか認めない。、、臨済宗
>2、分析至上主義傾向、世界と一体化が可能、、原始仏教系、上座仏教、法相宗(奈良薬師寺)、曹洞宗。
>3、ほとけの力を借り2を実現。。。真言宗(南無大師さんのとこね)、天台宗、修験道。
>4、神仏の力を借り。。日常の出来事を肯定できる力がつく。キリスト教カトリックのイエズス会(ザビエルね)、日蓮宗
>5、自我の思考と苦しみから解放。。。伝統的キリスト教、真宗、浄土宗、イスラム神秘主義、ヒンズー教。
>6、とりあえず、安心、心の整理。神道、葬式仏教。
>7霊媒、現世利益、ルールで縛る。。。層化学会、等、新興宗教。

スターリングラード進撃時のドイツ軍が順調なときに、ヒトラーが周りの具申意見を聞かず
逆包囲されて全滅するターニングポイントを解析してみると、自己破滅願望としか思えない節が
あるらしい。成功を目前にして総てを自らが破壊してしまったり、あるいは途中で止めてしまったり
するのは原因解析が困難なのと、そのこと自体を取り上げさえしない宗教と、また、そうでない宗教とがあるのだね。


106 :聖霊大王:2006/06/23(金) 10:33:22 ID:S3AikueI
臨済宗の大人物。在家。
勝海舟、江戸時代末期、幕府の家臣なのに、倒幕の坂本龍馬を育てる。江戸無血開城をなしとげる。
鈴木貫太郎、終戦時の総理大臣、終戦工作に活躍、天皇の言葉、「タエガタキヲ耐え、忍び難きを忍び」は
臨済宗の僧、山本玄峰和尚が作った。
ちなみに、禅は布教、押し付けはしません。「来るもの拒まず、去るものを追わず」

107 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 10:35:11 ID:oQ8XJOmZ
来るものを去らず、拒むものを追わず

108 :聖霊大王:2006/06/23(金) 10:37:38 ID:S3AikueI
はっきり言って、人間の力を引き出せる教派なのね、交渉力とかもね、禅は
剣術家、宮本武蔵、柳生家、
野球選手、王貞治、川上哲治、村田ちょうじ、
反面、何の役にも立ちませんともいえる。

109 :聖霊大王:2006/06/23(金) 10:39:45 ID:S3AikueI
べつに神秘的とか、神仏にすがる事前提で、これをなすのではない。
集中力、状況へ対応力の力を求めるということ。

110 :某僧侶:2006/06/23(金) 10:47:03 ID:C2KfrnDM
漏れは浄土真宗の僧侶だけど、これから僧侶としてやっていけるかどうか、悩んでいた時、曹洞宗のお坊さんに声をかけられた。
いろいろと話す内に、こう言ってくれた。
「僧侶やめないほうがいいですよ。僕もあなたと同じ在家出身ですよ。仕事はしても良いけど、僧侶はやめないほうがいいですよ。」
少しだけど、気が晴れて、やる気がでたのを覚えている。もちろん、今も僧侶をやらせて頂いている。

111 :聖霊大王:2006/06/23(金) 10:56:00 ID:S3AikueI
某僧侶さんへ、禅と真宗は共通点があるな、
やり方は違うけども、自己を捨てる。
ちなみに、一休さんと蓮如上人とは、友達だった。一休さん、年いったら真宗に改宗するとか、
死んだら、蓮如さん葬儀してくれとか、蓮如さんの信仰を汝の法、日本一といったそうな。

112 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 11:27:14 ID:Ow9mv3/U
>>110
前にレスくれたお坊さんですか?
質問なんですけど、僧侶での一番の使命っていうか使命感を持つのはなにですか?
それと普通の仕事もしてる?その仕事での使命感との矛盾とか違和感は起きないですか?
>>111
ちわぽ。
仏陀の瞑想の本来たよ。

ちょっと今日は昼間から忙しいんでまた来ますノシ

113 :某僧侶:2006/06/23(金) 11:53:11 ID:C2KfrnDM
112
使命感って言うものは感じませんね。月参りで、
ご門徒さんと会話する事で、「そういう話を聞きたかった」とか、
「お坊さんに話を聞いてもらって心が軽くなった」とか、
「お経を聞いているとありがたい」と言われると、
僧侶になってよかった、と思います。

ちなみに今は僧侶以外に仕事はしていません。


114 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 15:31:56 ID:Ow9mv3/U
なんか受身なイメージですね。。。
使命が無ければなんで僧侶になろうと思ったのかが気になりますが。
理由や目的は僧侶には無いってことですか?


115 :聖霊大王:2006/06/23(金) 17:35:42 ID:2+RSDfJQ
真宗は受身のほうがいいのよ、阿弥陀様の導きで、自分の努力をすて、
良いことも悪いことも、阿弥陀様の導きで乗り越えていく。
東、西両本願寺に行くと。
おいらは、勝手に三昧に入り、
阿弥陀さんと念仏あれば何もいらないという、気持ちよさに落ちていく。。。

116 :聖霊大王:2006/06/23(金) 17:37:40 ID:2+RSDfJQ
http://travel2.2ch.net/kyoto/subback.html

117 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 18:29:51 ID:Ow9mv3/U
>>115
努力するなって教えだとか?
社会にとっては敵になりそうだ。。。w
つーか、そのリンクは何の意味?

118 :聖霊大王:2006/06/23(金) 18:38:04 ID:2+RSDfJQ
努力しない、教義的には絶対他力と言う。
わいは、超能力的に感じるけど。
一般的には信じて、任せる信仰心がないと解らないね。
わては、信仰心ないけど、解る、勝手に引き込まれる。

119 :聖霊大王:2006/06/23(金) 18:39:27 ID:2+RSDfJQ
りんくの先に、霊媒宗教家とのへヴィーな、戦いのリングへの通路なのだ。

120 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 18:42:19 ID:oQ8XJOmZ
漏尽通がなければ霊媒なんてしたらだめだってことぐらいわかってるよ

121 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 18:42:52 ID:oQ8XJOmZ
http://www.hyperion-records.co.uk/MP3Audio/67153-03.m3u

122 :聖霊大王:2006/06/23(金) 18:45:05 ID:2+RSDfJQ
ランボーという、霊媒野郎がいるにゃ。〜の知識人、〜へとランボーに呼ばれとるにゃ、ここのスレの住人は強暴だから、
コテ名はやばい、

123 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 18:47:27 ID:Ow9mv3/U
そうなってくるとますますわからない世界だけど。
あまり入ったら社会で生きてけ無くなりそうじゃん?
信じて任せて生きてけるなら苦労しないよ。

124 :聖霊大王:2006/06/23(金) 18:47:27 ID:2+RSDfJQ
ランボーは真言宗に戦いを挑み、密教の力を霊媒化し、力説しているのだ。

125 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 18:48:12 ID:Ow9mv3/U
んな乱暴だかなんだか知らんw
ここには関係ない。

126 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 18:48:56 ID:Ow9mv3/U
さて、出かけなくては。
またねノシ

127 :聖霊大王:2006/06/23(金) 18:50:11 ID:2+RSDfJQ
123のりょンちゃんと同じ思想でもあるから、信仰してない。
道を歩むもののみぞ、知る道だから、修行系の仏教と違って、論じても意味なしね。

128 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 18:51:06 ID:QoSF7wgE
>1
高等宗教は個人に自己否定を迫るかなり敷居の高いものであるが、そういった限界ぎりぎりの緊迫した生を望むような高貴な人間が少なくなったから。
大衆社会では宗教は嫌われる。(低俗宗教は栄えている。)



129 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 18:53:16 ID:QoSF7wgE
>1
昔から高等宗教は受け居られ難いものであったのだ。
と言うのも、理解するのにかなり知性が必要だからである。
その日暮らしの大衆に神も仏も必要ない。




130 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 19:00:00 ID:Ow9mv3/U
>>127
ほう。色々あるんだな宗教にも。
いずれにしても人間教がいいぞw
任せたら誰かがしてくれるなんての望まないしな。
んじゃノシ

>>128-129
高等宗教なんてのもあるんだ?
ちなみになに教だろ、いずれにしても
ギリギリの緊迫した生を望んでる人には2ちゃんねるではお目にかかれますまい。。。

ノシ

131 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 19:04:48 ID:QoSF7wgE
>130
ノシ


132 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 21:56:16 ID:S8D0rnSY
>>1
「経済教」という宗教が一人勝ちしているから

133 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 22:33:09 ID:OXdptnkD
>>131
ノシ
>>132
経済は宗教になりえるのかな。。。
でも経済界の人間の哲学の方が宗教哲学に勝るものも沢山あるだろうな。
ただ、経済界にも宗教家もいれば上の某僧侶さんのように両立させてる時期のある人もいるし、
経済教に負けてってことは理由にならないんじゃないかな。。。

134 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 22:35:31 ID:OXdptnkD
>>128-129のいう高等宗教ってどんなの?
少し考えてみたけど、もしも崇高であり哲学的にもすぐれて万人には理解できないもの。
そんなジャンルだとしたら世間には広まり難いのもあたりまえだし世間で求めているものとも違うよね。


135 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/23(金) 22:36:14 ID:OXdptnkD
極端な苦行のようなものだとしても同じことか。

136 :聖霊大王:2006/06/23(金) 23:41:12 ID:2+RSDfJQ
ちなみに、ワテハ、宗教に詳しくなる前に(宗教3ねんぐらいだ)人文、社会科学を、
相当極めており益田、根本的な理論的欠陥は良く知っているぞ。
と自慢。。。


137 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 00:54:05 ID:k27AIa7R
ふーん。
俺は外道、下道、我道世界を経て世俗世界を闊歩しておるぞ。
なんてな。

138 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 11:57:02 ID:JXjeue6m
宗教そのものについて、以前にさんざんっぱら、ここでやったことがあるけど、
どちらにしても、宗教もその否定のアンチも、どちらも、方法論で言えば同じ次元。
なんでも、根拠なく他人に押し付ける時点で、宗教という広義な領域になる。
経済は学問だが、金という無根拠の価値観を押し付けた時点で、立派な宗教。

科学や学問が辛うじて宗教ではないのは、
まったく結論の異なる考えも、その方法論の正しさが証明できれば、
決して数を恃むこともなく、真理や法則として尊重できる土台があること。
従って、かなり知的なゲームでもあるから、万人に受入れられないという、
致命的な欠点もある。


139 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 12:28:06 ID:j4ukvSr5
同じ次元すよね、ほんとにそう思う。
正当化するとすれば無宗は宗教者からの矛盾を受けたことが因となってアンチになる。
宗教者は正しいと信じるものを人の為にも役立てたいと思う気持ちから布教をする。
でもそこには人の為にすることが自分の為になるって思想が隠れてるから結局は自分の為の押し付けでしかない。
それか自分の我や考えの単純な押し付け。これなんかはもう話しにならんw
人と人のやり取りにはこの辺は常に微妙ですけどね。。。
科学や学問は基本的に知らしめる以上の行動は起こさないから、得たい人が知識として学ぶくらいで。


140 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 12:31:53 ID:j4ukvSr5
宗教者の誤解は無宗教者には思想や主義が無いとか薄いと思ってること。
信じるものが無宗教にはないとか思ってるかもしれない。
そんなことは無いから無理に宗教を進めることは無宗教者が宗教者にその宗教は辞めた方がいいと言い寄ることと同じ。
毎晩宗教者の人のところに無宗教者が訪ねて「その宗教はやめなさい、神はいませんよ」って言ったらどういう反応するだろ。
おそらく無宗教者が宗教勧誘される以上の反応をするんじゃないかな。

141 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 12:43:37 ID:j4ukvSr5
こんぶ殿レスありがと。
こんぶ殿は敵が多そうだけどw俺、こんぶ殿のレスは結構好きなのありますよ。
目線が俺には斬新に見える。
またよかったらレスください、過去ログへの批判でも反論でもいいし。

ではたぶん次は夜ノシ

142 :現実主義者:2006/06/24(土) 13:16:28 ID:iN7zxajj
まず第一に、人間は「経済の動物」さぁ。
衣食住なくしては生きては行けない。
生きて行く最低条件をも無視したら宗教も信仰も無いだろ。

経済はある意味、宗教に成り得る。何故なら過去に人類は幾度も飢餓に瀕して来た
記憶とトラウマがあるし、危機の時代には食さえ確保できれば思想や宗教は必ず二の次になる。

経済的手段も持たずに宗教だけに嵌まり込む理想主義者の末路はあさましい心のルンペンだ。
逆に思想や宗教を屁程度に捉えている実業家や功利主義者は最後の最後には慈善事業家になるものだ。


143 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:17:31 ID:wyJwR2rA
人文、社会科学を、
相当極めており益田、根本的な理論的欠陥は良く知っているぞ。
の、内容は、
純粋に学問上、詳しく、学問上で意見があるということで、
学問と宗教が対立して論じているわけでなく。
ということで。。
宗教、科学両道主義、で
現実的なものの宗教びいきですので、
りょんちゃんに話すときは、どこまでも、現実至上主義ですは。
本を薦めるのも、現実至上主義の本しか薦めませんので、

144 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:21:15 ID:wyJwR2rA
わいに言わせれば、理想主義を持つ宗教は、究極ではない!
106、108、109を参考にしてね。

145 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 13:28:14 ID:jtBOKYAs
>142
奴隷階級に宗教は必要ない。(動物的に生活するのが精一杯で宗教どころではない)
本来宗教や哲学と言うのは生活の心配をする必要の無い貴族階級のもの。
思想や宗教を屁程度に捉えている動物的な事業家や功利主義者は、衣食住を満たせるようになってようやく宗教や思想に関心を向ける暇が生まれ
慈善事業にも関心が向くようになったまである。


146 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:29:45 ID:wyJwR2rA
現実主義者さん、まさか。あなたは、神の見えざる手のアダム、スミス派ですか??
神の定められた法則で世界が動いていると。いっているよに、
むしろ、感じますな。
これ、経済学の話ですから、、、

147 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:32:51 ID:wyJwR2rA
145さん、構造主義人類学ってご存知???

148 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:33:54 ID:wyJwR2rA
おいら、学問、科学大王の本領発揮とか、、

149 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 13:46:59 ID:jtBOKYAs
>140
だったら無宗教者などと名乗るのは欺瞞だろうよ。
私は拝金教の信者ですとか、オマンコする事だけが生き甲斐のオマンコ教の信者ですとか名乗ればいいんじゃないか?


150 :聖霊大王:2006/06/24(土) 13:53:45 ID:wyJwR2rA
学問的にいえば、「文化のフェチシズム」丸山圭三郎。問題だな。
人間の思考は、すべて、文化に支配されている。個人の経験も、文化といえる。
親父の思想も、文化。全て、文化
宗教も文化。
と学問的にはいえるだろうね。
だけど、霊的に異次元を体験している、おいら、
異次元世界は説明ができない。。
不思議だ。

151 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 13:57:52 ID:2CuE2eHS
>>1
無神論者ってのは虚無主義の次の段階として実用主義哲学を選択するんだろうな。
しかし、それも何か自分なりの根拠や信念を設定しないと、
その有用性や真理性を確認できないわけで。。。

まずこの設定を自分の中でしない事には無神論者には何の価値も無い。

152 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:07:47 ID:wyJwR2rA
実用主義は基本的に純粋に科学、客観的ではありえないからな。
実用主義、思想、政治、経済、
これらは、人間の発明品に過ぎない。
ま、自動車と同じで、工学と言うべきだな。
ところが科学的幻想を持った奴は。
146で、述べたように、神の見えざる法則性の幻想を真実と思い込むのだな。
ちなみに、ここでは、純学問的にいっておりますので、

153 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:10:53 ID:wyJwR2rA
宗教も発明品と、理論的にはなるのだが、、、、
体験上、異次元世界、ンンン、説明つかん。
謎だ。

154 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:12:03 ID:jtBOKYAs
>だけど、霊的に異次元を体験している、おいら、
>異次元世界は説明ができない。。

寝ぼけて夢でも見たんじゃないか?


155 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:12:44 ID:2CuE2eHS
>>152
純粋な科学や学問といっても最初は形而上学的に始まるし、
人間の思考や仮定の正しい事を証明する為には
先ず人間が何かを思いつかなければならない。
分析だけでは発展できないよ。

156 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:13:47 ID:wyJwR2rA
ま、明快に答えを持っているのは。
仏陀の最後の言葉、諸行は壊法である。
諸行無常、常なるものなし、すべて、壊れると。

157 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:14:27 ID:2CuE2eHS
>>152
あと言ってる事がよくわからないんだけど、国富論を幻想だと言いたいの?

158 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:15:29 ID:wyJwR2rA
残念だね、形而上学的に話を進めているのだが、気づかない??

159 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:16:20 ID:2CuE2eHS
>>158
形而上学的にどう幻想なのかな???

160 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:17:51 ID:wyJwR2rA
157さんへ、最新の哲学の流れから行けば、そうなるね、フランス哲学。
栗本慎一朗も未完成ながら、気づきつつあった。

161 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:20:01 ID:jtBOKYAs
>160
異次元教信者君よ。寝ぼけて夢を見ていた可能性は無いのか?


162 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:21:24 ID:2CuE2eHS
>>160
フランス哲学というと誰を指してるのかな?
国富論を誰がどの様に否定したのかはっきり教えてほしいんだけど?


163 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:22:20 ID:wyJwR2rA
異次元信者じゃないんだけど、、、
わては、現実主義者でっせ、
異次元は、関心がないし、
自分の人生の中心じゃないぜ。

164 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:27:59 ID:wyJwR2rA
甘えず、自分で調べて、研究してね、学問は。

165 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:29:36 ID:2CuE2eHS
>>164
いや、そんな反論はこの世に出てないって意味なんだけど・・・。

166 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:30:12 ID:wyJwR2rA
で、いいんじゃない、そう、思えば。

167 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 14:30:25 ID:jtBOKYAs
まぁ聖霊大王は新書で知識を拾い集めていっぱしの知識人気取りしている無学無教養な高卒だろう。


168 :聖霊大王:2006/06/24(土) 14:31:44 ID:wyJwR2rA
どうぞ、ご勝手に。

169 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 16:00:38 ID:JXjeue6m
南無菌スレに粘着菌が遊びに来ないんで、ここに遊びに来ましたよ〜ん(^O^)/

>>139-141
正直、あんまり深く考えてないのよね。
正しいと信じるものを保つのは大変なことだし、
それを邪魔する権利は誰にもないからね。
また、それを侮辱されたら、感情的になるのも当然。

でもって、重要なのは、それはお互い様のところ。
それを侵害されたときに、どういう態度をとるか?

むんずかしいはなしだわぁ〜ヽ(^。^)ノ


170 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 16:28:39 ID:s9YQ8vb1
>>128>>129
>高等宗教とは?
>その日暮らしの大衆に神も仏も必要ない?
    
    その理由は?

どんな境遇の人でも心は同じ。
身に危険が迫れば、神仏に祈りますよ。

171 :現実主義者:2006/06/24(土) 16:31:35 ID:IXU6UHyD
宗教信仰は酒と同じなのでは。
酒はほんの少しならば百薬の長だが、
溺れると最強の猛毒だ。

挙句、全人生のエネルギーを宗教になどとは
とんでもない話だ。

172 :子持ちぴかちゅ:2006/06/24(土) 16:38:54 ID:IZuEgN1w

はじめまして〜♪こんにちわぁ☆
現実主義者サンが、すっごいいい事おっしゃったんで、嬉しくて書き込みました♪
じゃ、また('◇')ゞ



173 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 17:24:04 ID:drEMOvKw
>>171
3代目の俺からすると、宗教は酒ではなく水なんだがね。
確かに1代目の人たちは酔っぱらってるように見えるが。ガキの頃から教会で育った俺には入信の経験
はないから1代目の人たちが何に目を輝かせているのかは多分金輪際分からないだろう。その熱意は
見当違いだが見習わなくちゃならないと思うこともある。だがとにかく俺に取っちゃ宗教は酒じゃなくて
水として大事なんだよ。

174 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:12:42 ID:j4ukvSr5
>>143
俺は別に現実至上主義じゃないけどね。
自分では理想主義だと思ってるくらいだw
レスも別に意識する必要ないよ。


つーか、大分延びてますね。

175 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:15:39 ID:j4ukvSr5
>>149
自分の主義主張が○○教って認識するなら名乗るのはかまわないんじゃない?
そういう意識ないとおもうしましてやエロも金もほんの一部の事柄であってそれだけを主義にして生きてる人など見たことないけどw
バランス的な偏りの一種としてはあるだろうね。

176 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:21:53 ID:j4ukvSr5
>>151
虚無主義の次に現実が来るって言うのが一般的な流れなんすね?
俺的には生まれて物心着いたときに宗教ってものが付きまとってたんで一般的な感覚が理解出来ないのかも知れない。
この板に来て感じるのは宗教を否定するあまりに宗教とは違うと思える正しいことを探して来たのかもしれない。
今のところはよくわからん。
ただ、無神論者に価値があるな知って言う視点自体が主義思想が絶対っぽくて
社会での必要性というのには必ずしも主義や主張などが必要とは言い切れないかと。
社会に対する方向性を示すって部分では必要なことだとも理解するけど。


177 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:30:12 ID:j4ukvSr5
>>169
歓迎ですw

深く考えたところで永遠のテーマみたいなものですしねw
言ってること良く分りますよ。
俺流だと道理で考えます。こういえばこういう答えが返ってくるのは理にかなってる。
想像付くはずなのに相手はやたら起こって返事をしてくる。不思議だなと思う。
性格の問題だったりちょっとした言葉が相手の何かに触れてるのだったり
そもそも同じ言葉一つで同じ物を見てるなんてありえないから当たり前なんすけどね。
でもその部分を理解できるのと出来ないのとでは大違いですよね。
理解しててもその場で使えなかったら意味ないし、そういうのを上手く行えるようになりたいなと思います。
そのレスの意味合いは多少なりとも理解出来てるつもりですよ、どっちの側にあってもわからないこともありますよね。

178 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 18:30:35 ID:Zult2fj3
無宗教者の思惟が薄いというわけではないんですよねえ

179 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:38:05 ID:j4ukvSr5
実業家がっていうレスの件。
実業家っていうか会社とかって感じで。
会社を作って社会に奉仕してる時点で社会の利益となるわけでしょう。
社会に利益をもたらさずに会社だけが上手く行くことは道理においても適ってない。
適ってなければどこかおかしくていずれ変なんなるw
会社ってのは社員とかの生活を支えたり安定することが優先でそれで正しい。
その内に本当にゆとりが生まれればそれまでの感謝の意味も込めて社会にもっと貢献でも奉仕でもすればいい。
当たり前の流れですよね。
それと個人レベルでの成功者の慈善。これなんかは優越感に飽きてしまえば満足する手段がなくなってくるし。
社会奉仕や活動ってのは自己満足するにも良い方向性じゃないかと思える。
実際に社会の為になるわけだから、「存在における」宗教よりも実際的に役立ってることは大きいと思う。

180 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 18:45:36 ID:Zult2fj3
薄いのは頭

181 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 18:46:48 ID:j4ukvSr5
打ちミスだらけだ(:D)| ̄|_
読んでくれる人、上手く読んで。

>>178
宗教してる人だってレベルも依存の有る無しもあるだろうし。

182 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 19:55:18 ID:JXjeue6m
まあ、ここ荒らすつもりないけど(笑
私は、むしんむしゅうだヽ(^。^)ノ

けっこう、自称信者も、
実質むしんだったりすることが多いのは笑える。

多くは、金拝教なんだろうねぇ〜
勝ち組、負け組みとかね(笑


183 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 20:12:04 ID:k27AIa7R
荒らしてくれとは言わないけどw
そのキャラでレスして荒れちゃったら荒れちゃったで構わないすよw
つか、他スレ見ても荒らしてるのはむしろ。。。ry


184 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 20:16:13 ID:k27AIa7R
正直自分が無宗なんだかどうだかわからなくなったw
でもそんなの別にどうでもいいし。
主義主張もあるけど不変ぶるようなものは持ってない。

185 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 20:19:57 ID:JXjeue6m
そうそう、そんなことどうでもいい〜♪

私は、仏教の空の考えやキリスト教の愛の概念は面白いと思うけど、
それについて、議論する気にはなれないなぁ〜

それなら、粘着と遊んでる方が、よっぽど、教えられることは多い、ホント。


186 :聖霊大王:2006/06/24(土) 20:32:10 ID:5v+iZ7/C
184の道で大正解。
人間は、絶対固定化した幻想が好きだ。
先ほどの自分の学問が、絶対と思うと、こちらが、議論する材料を出しているのに、気づかない。
学問なんて、どうでもいいと思っているので。相手の認識不足指摘するだけで。教える気なし、
面毒くせいし、こちらの知的レベルでないやつと論争してもしゃーないし。
話せる相手なら、材料をちょっと出すだけで深く食いついてくるしね。

187 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 20:39:29 ID:2CuE2eHS
そんなに無理矢理勝利宣言されると・・・・・おもしろい

188 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 20:39:45 ID:JXjeue6m
あははははっ(^_^;)

粘着呼んでる?

ヽ(^。^)ノ

189 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 20:40:41 ID:JXjeue6m
>>188>>186

(^^♪

190 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 20:42:45 ID:2CuE2eHS
初日で粘着扱いされちゃった♪

191 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 20:43:40 ID:JXjeue6m
うん?

まだまだ(笑



192 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 20:44:31 ID:2CuE2eHS
>>191
そうか・・・まだまだか。

193 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/24(土) 20:46:44 ID:JXjeue6m
粘着はひとつの文化で、完結してるからね(笑

なかなか、深い宗教よ〜ん♪



194 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 20:50:45 ID:keSAPzA6
相手を批判する時
私たちの言葉は「うんこ」
となっているのですね…
もし、批判されるがままの時は、うんこでなく、花が開くのですね…

正しく勝ち、吾に勝ち、この上ない速さで勝つ

たけむすあいき
まさかつあかつかつはやび

195 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 21:03:19 ID:k27AIa7R
>>182
その概念を自分なりに理解したからすよね。
俺はそういう知識ないし一応の範囲みたいなのも分からないから少し学んでみるのだ。

勝ち負けってのも勝ったら負け、負けたら負けw
正論で相手やっつけたら自分の問題が解決するわけじゃないし。
ディベートみたいなのを楽しめる相手とだったら色んな考えで試して楽しめるんだろうけど。
仏教徒なんかだと相手をやっつけて傷つけちゃだめっていうか、そこで負けでしょ?



196 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 21:04:08 ID:k27AIa7R
>>186
霊的に保証してもらってありがとうw

197 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 21:06:00 ID:k27AIa7R
間違った。
>>195のは>>185あて。

198 :聖霊大王:2006/06/24(土) 21:24:38 ID:5v+iZ7/C
りょんちゃん、君に話すときは、現実主義で固定化しない世界観を話し、現実主義で、固定化しない、本を薦めるに
徹してますので。
他の人には自分の本性でない、神秘ばなし、いっぱい。。
でも、一部本性あるな。。

199 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 21:27:10 ID:k27AIa7R
別に現実主義にこだわらないってばw
現実も理想も夢でもなんでもいいよ。
神様語ってもいいし、押し付けられるのが嫌なだけで。
つか、宗教=押し付けって意識強くてだめだったんだけどそれもよくないことだよなと。
でもさ、仏教では神秘話は一般の人にはするなってなってるって聖霊大王さんの勧めた本に書いてあったよw

200 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/24(土) 21:28:39 ID:k27AIa7R
さてと。。。今夜は落ちますノシ

201 :現実主義者:2006/06/24(土) 21:51:46 ID:IXU6UHyD
宗教信仰は酒と同じなのでは。
酒はほんの少しならば百薬の長だが、
溺れると最強の猛毒だ。

不信心者だと言って人に雲粉を投げ付けるのは
とんでもない話だ。


202 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 23:19:05 ID:gRVZpg9X
自分よし、相手よし、世間よし

経済教近江商人派ならおぼれても猛毒にならんぞ。


信仰というのは価値観の順列を明確にすることで、
宗教というのは(他人の共感を得るために)信仰の必然性にいろいろ理由をつけたもの。
経済活動は信仰対象となりうる上に、必然性には今更理由をつけるまでもない。

最大の敵であった環境教も包括しつつある経済教に対し、他の宗教は勝る術がない。
経済教に飽きた人か経済教から落ちこぼれた人を取り合う以外ないのだ。

203 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 23:28:07 ID:0MuJRgY/
>128>129>142>145
今時、奴隷階級とか貴族階級とか聞くの、悲しいね。。。。
彼らの立場に立って考えたことあるのかなあ〜。
輪廻すれば来世で奴隷に転生するかもよ。

全ての人の心の中には(仏性)があり、仏がいる・・というのが仏教だと思ってた。
地球にとっても他の生き物にとっても、人間は強欲で破壊的でまるでサタンのようだ。

204 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 23:30:01 ID:LW9J7wdj
そうか。分かった。
宗教で金を儲ける!

これに勝るものはないってことだな。
経済教での落ちこぼれは宗教で救うし、自分は経済教でぼろ儲け。
要するにカルト教祖が一番尊いってことか。

205 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 23:33:16 ID:LW9J7wdj
なんだ、りょんちゃんのスレだったのか。

206 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 07:36:36 ID:w8CJyueZ
表情というものがなければ、人はなにを言うこともできる
でも肉体でない世界はすべて筒抜けで隠しようがない
だから生前によい魂を育むことが重要なのだ

207 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 12:43:09 ID:DrxbASze
あ、なんだ、ここにも書いてるじゃん。>>206
仏教では神秘話は一般の人にはするなってなってるってこれは嘘か?
一般の人にそんなことを言って回ってたらやっぱり嫌われますよ。

208 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 12:49:00 ID:DrxbASze
>>201
宗教を必要としてる人もいるから存在自体を否定しないですけどね。
泥酔して人にまで害を与えるような人も中にはいます。
しかも冷めない限り本人は分かってない。
>>202
経済教か。。。経済教の方が分かりやすくて指標も示しやすいかもね。
でも専業主婦とか経済教とは遠いところにいる人はやっぱり宗教?
>>205
どもノシ

209 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 12:51:35 ID:DrxbASze
仏教の教えとかっていいこと多いね。
実際に現実の中での事柄にも利用しやすいのもあるしその辺の思想が弱くて迷うなら
仏教のものを用いるのもためになると思う。
せっかくそういう話が多いのになんで宗教者は極端な部分を優先して持ち出すのだろ。

210 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 16:30:43 ID:w8CJyueZ
図を突かれてよければ穴に落ちるということだよ

211 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 16:49:32 ID:ucTuC35q
ここにもレスあったw
俺その言葉の意味が分りません。。。(:D)| ̄|_

212 :名無しさん@3周年:2006/06/27(火) 17:00:22 ID:QX/r7Z40
宗教はそれぞれに崇高な教義があります。

以前、原爆・終戦番組で生き残った戦争体験者が(お年寄り)が語っていた言
葉が記憶に残っています。
「食べる物が無くなり、みんな困っていた時、普段偉そうなことを言っていた
インテリが一番にエゴ丸出しで奪い合ったので信じられなかった。目を疑った。
ところが普段、平凡な大工さんがみんなを励まし助け分け合った」と。

究極な時にエゴ丸出しで逃げることのないように、いつもお偉いことを説く宗
教関係者は、一大事には団結し態度で示すことを切に願います。

213 :聖霊大王:2006/06/28(水) 10:29:34 ID:v4u7Cn7N
んんん、全く、わては、臨済宗等と言いつつも、
今まで曹洞宗と、チベット密教ミックス派が、主流なのね、今さら、気づく。。
やっと昨日、臨済禅の世界が本格的に、展開する。
全く、その力を実感しつつも、自分のモノにできず、扱いがわからんという、やっつかいさ。
曹洞禅寄りの臨済禅というやつだ。

ただの、独り言、、、

214 :名無しさん@3周年:2006/06/28(水) 16:39:00 ID:P7z9ZQT/


メーソンの30〜32の長老会議が、宗教とオカルトを担当しており、この中の一部がニューエイジ
に位置づけられています。ローマ法王庁に潜入したメーソン・メンバーは、この長老会議に属して
いると言われています。もしそれが真実であれば、ニューエイジ運動の指導部は、裏ではバチカン
内部のメーソンと通じているということになります。しかし、バチカンそれ自体はメーソン(ニューエ
イジ )の打倒すべき「 敵 」と見なされています。

現在の位階は第33階級の上に、それを含めた第36階級までがつくる最高司令部ブナイリブスが
あるということになっているのに対して、ミューリンズの表では、ブナイリブスの上に300人委員会
33人評議会、13人評議会、 そして全能の神ルシファーと 4段階あるとされています。しかし従来
の33階級にとどまらず、その奥を見るという姿勢では一緒です。ミューリンズの表では、表面上の
フリーメーソンの下にエプロンを持たないメーソンや、世俗的ヒューマニズムなるものが位置付けら
れていますが、これはメーソン結社にとどまることなく、いかに一般の生活にまで陰謀が入り込み
定着しているかを示すものです。メーソンの巧妙な陰謀は、知らない内に人々を巻き込んでいます。

イルミナティ * 神聖会
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/iluminaty.htm


215 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/28(水) 23:05:33 ID:TaF2QXhY
なんでもそうだが、ある物事に対して、熟練したレベルに到達しようとするなら、
最初は、無批判に盲目的に受入れなければならない時期がある。
けれども、ある一定以上のレベルを超えるには、
必ずそれを壊さなければならない。

問題は、これも、言葉だな。


216 :名無しさん@3周年:2006/06/28(水) 23:08:07 ID:KQyeiaAG
耳タコ

217 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/29(木) 00:54:46 ID:ceONf8UN
>>216
俺宛でしょ?俺は初めて見た。

最初から疑っているだけだったら何も出来ないですからね。
自分で信じる事に決めて盲目とも思えるような心意気でやらなくてはわからない事も多い。
けれどもそれを超えるにはただそのものだけを盲信していては超える事はできない。
言葉だけど真実すね。
まずは方向性が正しいかどうかを判断したら細かい事は考えずにひたすらそれを極めてみる。
その後にはそれ以上の方法も手段も道も見えてくるもの。
途中でだめだと判断したとしてもはじめる前よりは確実に進んでる。

218 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/29(木) 00:56:42 ID:ceONf8UN
ただ、方向性が間違っているなら必ずしも進んでるとは限らなくなるから。
方向性が大事ですね。

219 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/29(木) 01:03:56 ID:1GdFrD8n
ありきたりに、良き師に出会うことが重要になり、

良いか悪いかは出会って見なければわからないということになる(笑

人生は面白いし楽しいなぁ〜ヽ(^。^)ノ

ホントだよ(^O^)/




220 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/29(木) 01:14:46 ID:1GdFrD8n

いつにないマジレスでは、

他人に感謝されることを一生懸命にやりつづけることは難しいということかな・・・

それ以上でも以下でもないでしょう。

いつものマジレスでは、一生懸命、2チャンしましょう(^O^)/

これホントヽ(^。^)ノ


221 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/29(木) 01:40:35 ID:ceONf8UN
良き師に出会い。
良き師にならないと。
まあ、反面教師でも良き師になりえるかな?w
人生は面白いし楽しいに同意。
他人に感謝されるかされないかは他人次第でもある。
だから自分のこと以外はなーんも決められりんw
それがそれ以上でもそれ以下でもない由縁?
2ちゃんも楽しい。色んな人がいるから。


222 :聖霊大王:2006/06/29(木) 11:18:29 ID:ve5ziWji
ま、臨済宗スレで、遊び始めたぞ。。

223 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/29(木) 12:13:22 ID:ceONf8UN
222げっとおめ。

224 :聖霊大王 :2006/06/29(木) 14:01:02 ID:ve5ziWji
暑い太陽に対して、
最近、いや、昨日開発した、能力を味わう。。
暑さに弱い、おいらが、強靭化している。。。
んんんん。修行の成果だ。

225 :聖霊大王 :2006/06/29(木) 14:05:42 ID:ve5ziWji
以前は、チベット真言強化システムだったんだけれども。。
いまは、スーパー馬鹿システムで、強靭な精神といったところ。。
ぐhhhっははは。。

226 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 14:07:01 ID:MzbNWm22
真光みたいなインチキ宗教が野放しになってるんだから宗教なんて
危なくて近づけねーや。


227 :聖霊大王 :2006/06/29(木) 14:15:34 ID:ve5ziWji
新興宗教はルールがないからね、、

228 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/30(金) 11:05:28 ID:efz+YFt4
>>225
なんだかわんないけど楽しそうだなw

229 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/30(金) 23:48:42 ID:EQM/hKo5
まあ、とりあえず、挨拶しとこ。


230 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 00:42:24 ID:S/RZUw5z
あ、こんぶ殿こんばんわ。
今日はちらちらこの板覗いてたけどいまいち遊び場の少ない板っすねw
色んな宗派や立場の人が集まってワイワイとはならない板なんすかねw
反論するとすぐに敵対視されるんじゃ遊びようがないような。。。

231 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/01(土) 07:52:31 ID:H+x5/Ioe
ぼちぼちでいいんでない?

宗教にこだわらないと、ここは宗教板だっていわれるしね(笑

かたく考えない姿勢は、粘着に巻き込まれない。


232 :聖霊大王:2006/07/01(土) 10:43:13 ID:JaP/cw8D
今日は気分は黒々大王だ、
世界はクログロ。クログロ、クログロ、クログロ、、、

233 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 12:54:07 ID:rgV3Lzf6
宗教国境を越えて雑談しようスレとかw

粘着もずいぶんされたなあ(トオイメ
この板はネンチャッキーはいないほうですよね?w

234 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 14:58:49 ID:rgV3Lzf6
で、大王さんは乱暴と遊んでるのかい?

235 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/01(土) 16:00:27 ID:H+x5/Ioe
粘着とのお遊びは、結構楽しいけどね。


236 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 17:30:01 ID:rgV3Lzf6
うん、粘着でもレス交わせるような粘着なら。
単なるコピペ厨みたいなのとかは勘弁すねw

237 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/01(土) 21:49:08 ID:H+x5/Ioe
そういえば、俺の粘着って、コピぺが多いなぁ〜

南無菌の分裂厨なんだけど、

どうも、知能が低いようだ。

する側もされる側も、似たような知能になるらしい(笑


238 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 21:55:08 ID:S/RZUw5z
する側もされる側も。
あまり関らないようにしようw
まあ、やりあえばどっちもどっちですからね。
俺もDQNは自負してるし。。。2の面白さみたいなものでもあるし
ってもう飽きてるけど。
でもネンチャッキーでコピペ厨で決め付け厨。
この3拍子だけはいただけないな。

239 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/01(土) 22:35:08 ID:H+x5/Ioe
ボーズにくけりゃ、袈裟までにくいってね(笑

しかし、ここにいると、宗教的って言葉の意味がよくわかる。
ほんと、面白い。

日常的には、事前に察知できるので、
結構役立ってる。

240 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 11:16:44 ID:fjVBHERx
ぼーずってのは回りに袈裟みたいなの引っさげて活動するでしょう。
普通の人はそれとは違いますからね。
宗教してる人ってのはとかく同じ宗教人が犯罪犯しても庇いたいような感覚あると思いますよ。
その宗教をしてるってだけで親しげに正しい人かのような発言してるの聞いたことある。
おまえはそいつをどれだけ知ってるんだ?って感じ。
ま、好きなように見させといて問題ないけど。
そういう姿の一つ一つが宗教的なものの醜さを現わして取っ付きにくくはなるだろうな。

241 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 11:23:53 ID:fjVBHERx
笑えたw
あそこまで必死だと嬉しいような可愛いようなw
この板って意外と若い人が多い?
あそこにこんぶ殿が書かなかったらむしろはっきりいろいろ見えてくるんじゃないすかねw

242 :聖霊大王。:2006/07/02(日) 12:58:00 ID:zLr7GhLi
宗教してる人ってのはとかく同じ宗教人が犯罪犯しても庇いたいような感覚あると思いますよ。
その宗教をしてるってだけで親しげに正しい人かのような発言してるの聞いたことある。

ゆえに、おいらは臨済宗なのね、
師匠と弟子は敵同士、
仏に会っては仏を殺し、師に会っては師を殺し、、
素敵だ、自立心至上主義、ワンダフル。。。

243 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 13:31:28 ID:hzr+FLAC
大王さん久しぶりに感じるな。
俺、出席率高いからだなw
その言葉だけ聞けばたしかに関心はもてるよ、けど俺の場合は師匠は敵にはしないw
ライバル視はするから同じ事かもしれないけどね。
臨済宗ではいずれ臨済宗そのものを超える人物もありえると考える?
意味分かり難いかな。

244 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 13:35:30 ID:hzr+FLAC
この板でレスしてると自分の気付かなかった部分とか意識が分かるような気がして楽しい。
宗教意識や知識にも興味あるし。
けど、やっぱりここに来て分ったのは宗教は多くの人には害になりかねないってこと。
宗教を正しく位置付けして実行できる人ってのは稀じゃないかな。
人生哲学のほうがいい、一般人には。

245 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 13:37:52 ID:hzr+FLAC
神に縋り神に逃げ神を武器にし神を同意させ神を言い訳にし支配しながら帰依する。

246 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 13:41:30 ID:hzr+FLAC
信じなさい。されば救われます。
最後に自分を救えるのは自分だけです。
本当に信じる必要があるのは神ではなく人と自分です。

247 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 13:50:16 ID:hzr+FLAC
仏教的な感覚のイメージ。
人生は苦である。執着は苦である。
正しく聞こえるこの言葉。。。正しさもあるとは思うけど。
楽しいことを存分に味わえないやつは人生を成功に持っていけるのかは疑問だ。
価値観はもちろんあるけど、社会構造的に成功する為には願望も欲も必要だ。
あまりにもな執着は良くないけど、それは執着の用い方をケースバイケースに使えるように訓練できるかが問題。

248 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 17:24:34 ID:Xu8oBh2o
> 執着の用い方をケースバイケースに使えるように
その時点でそれは「執着」とは呼べん
「情熱」なり「向上心」なりという言葉になるわな

ただ、「情熱」「向上心」「執着」のいずれにせよ
成し遂げられなかったときの「喪失」「挫折」「無意味感」があるのなら
それらは結局は苦でありうるわけだ


大慾最勝成就故得大樂最勝成就
の境地はそれほど簡単でわかりやすいものではない
これを分かりやすく説くことができれば実に現代社会への有効なアプローチとなるのだが
私ではまだまだ未熟で無理・・・
根源に四諦・八正道が必要なことは間違いないと思うんだがそこから上手くひっくり返せないのだ

249 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 17:30:36 ID:y7K5DGor
おまえら、深いな

250 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 18:11:53 ID:hzr+FLAC
>その時点でそれは「執着」とは呼べん

俺もそう思いながらあえて書いてみたw
そもそも執着ってのはなんだろう、一過性のものだったらあっても向上に繋がるんじゃないだろうかとか。
集中力を発揮してる瞬間も何かに熱中してる瞬間も一種の執着のような気がする。
おそらく仏教では細かく分類されてるのだろうけど、そこまで細かく分類しようとすればややこしくなる。
人生に目的や目標はある意味必ず必要でそれがあるからこそ生き甲斐も幸せもあるし、それに対する執着は必要だと思う。
全ての物事を中道・八正道や四諦に当てはめようとするから矛盾もするし苦が増えることもある気がする。
人生は苦だと定義するから苦に囚われる。
人生は楽しいものだし我も大切なもの。それが前提でなければ今の世で仏教は苦痛の種にもなりかねない気がする。

251 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 18:16:35 ID:hzr+FLAC
>成し遂げられなかったときの「喪失」「挫折」「無意味感」があるのなら
>それらは結局は苦でありうるわけだ

これは至極もっともなんだけど。
でもそういう意味での挫折なくして一人前になる人がいるわけもないし。
苦は生涯続くわけではなくてやっぱり一過性のもの。
その苦に執着して離さないこと自体がそれこそ執着で苦であるわけで苦を乗り越えられると自覚できる人間にはくも苦ではなくなる。
苦と考えるのか宗教にもおそらくある試練的なこととして捉えるのか。
実際に考えて苦なんてそんなにあるのかな。。。あんまり見当たらない。

252 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 18:26:25 ID:hzr+FLAC
大慾最勝成就故得大樂最勝成就っての言葉の意味も分らなかった。

>>249
いらっさいノシ

253 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 18:53:59 ID:hzr+FLAC
さて、けーるか。
それにしてもあれだね。
とかく宗教家との討論には正と反、反と正しかないんだな。
いつまで経っても合に到らず、新たな知は生まれない。
合に到らないなら何かしらの教えのようなものがあっても良さそうなものだがそれもない。
宗教家と決め付けてはいけないか、エセ宗教家としたほうが良いかも。
エセが多すぎる、それも宗教が受け入れられ難くなる原因では無いだろうか。

254 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/02(日) 18:55:37 ID:hzr+FLAC
あ、248さんのことじゃないすよ。
248さんのレスは為になりました、出来たらもっと話してみたい。

255 :248:2006/07/02(日) 21:33:22 ID:Xu8oBh2o
どちらかというと私はエセ宗教家かな。

> 苦は生涯続くわけではなくてやっぱり一過性のもの。
単体の「苦」はそうだろう。
しかし「苦」が過ぎ去った後に同じような、あるいはまた別の「苦」が
また来るのではないかという恐怖がノイローゼ状態を生む。
その「また来る」という恐怖を取り除かなければ根本的な解決にならないだろ?
というのが仏教の根本、特に四諦なわけだ。

> 人生に目的や目標はある意味必ず必要でそれがあるからこそ生き甲斐も幸せもあるし、それに対する執着は必要だと思う。
人生を虚しくするために苦諦・集諦と言ってるわけではない。
うまくいかなかったとき(つまり楽にならなかった時)結果を自分に納得させ
ノイローゼにならずに次に進んでいけるようにするための方法論なわけだ。
うまくいったときには特に救いが必要ないのは自明なわけで。
まあ実際は死ぬまでうまくいき続ける人はいないから
うまくいった人に対しても戒めの意味に使えるわけだが。

> 全ての物事を中道・八正道や四諦に当てはめようとするから矛盾もするし苦が増えることもある気がする。
んー、これは具体例がないとちょっと納得できないなあ。
かなり普遍的(言い換えれば非具体的)なので無理に当てはめる必要がないし、
それで矛盾や苦が増えることはないと思うのだが。

> 大慾最勝成就故得大樂最勝成就っての言葉の意味も分らなかった。
理趣経の一節です。
理趣経でググれば現代語訳や解釈は山ほど見つかるはず。
書籍含めどうも私がしっくり来るなと思える解説がないので、
もし興味があるならあなた自身でいろいろ見て欲しい。

256 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 00:42:49 ID:zW6vMHoo
>>255
俺の思う似非とは極めたわけでも知り尽くしたわけでもないのに宗教の極端な面なんかを語って
人を惑わしたり脅したりする人とか適当に布教活動するような人。
宗教に関らず人格も勉学も伴わないのに偉そうな人、そんな感じで勉強中、修行中の人が似非とかそういう意識はないです。
何の宗教してるとかそういうのも関係ない。

順番に。

>しかし「苦」が過ぎ去った後に同じような、あるいはまた別の「苦」が
>また来るのではないかという恐怖がノイローゼ状態を生む。
そもそも苦って言うのは何のことだと位置付けますか?
本当に苦しい状態っていうのは実際にあるし自分の力ではどうしようもない事もある。
そういうことであればまあ分からなくもないし俺にはまだまだ知りえないような苦も有るかもしれない。
けど、一般的に口にしがちな苦って言うのは意識の持ち方一つで決まるような苦である気がする。
やりたくない事をする苦痛とか大変な事をしなければいけないとかそんなのは苦じゃないと思うしそれを除いたら一般人にそんなに苦はない。
それで人生は苦であるとするにはちょっとどうかと思うのが一つ。
上手く行くこと自体が上手く行かなかったことの集合体でもあるんですよ、ってワケワカですかね、表現上手くないですw
苦と言うか、大変な事が多いのは当たり前で大変なことは苦ではないです。


257 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 00:51:52 ID:zW6vMHoo
四諦・八正道の部分と言うよりは中道ですかね。
中道も全体的にその通りなのかもしれないとは思えるけれど理解仕切れてないのと
書籍や解釈によっても多少ニュアンスが違ってる気もする。って、仏陀全般に対してそうですよね。
俺の言いたかったのは中道もそうだし仏教にしても極端を避け中道を進む的考え方が必ずしもそうだろうか、
時には極端なこと、強引とも思えるようなこと、綺麗ごとではすまないようなこと、
色んな局面があって、それが不必要だと言い切れるかどうか。
理想はもちろん無いにこしたことはなくても力不足やその他の理由からでも必要なときはある。
そういうときに宗教に限らず弱い意思の人や真面目すぎる人は乗り越えられないこともある。
そういう意味合いで書きました、むしろ無知な方が苦が少ないこともあるのではないかとかそんな意味合いで。



258 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 00:56:35 ID:zW6vMHoo
俺自身は中道と言うよりはバランス重視派です。
いつもバランスとかって考えることもあるけど、やっぱり時には強引なことでも必要とすることもあるし
冒険的なものが必要なこともある、主に仕事ですけどね。
バランスを考える時には極端なことを考えてみることも必要になることは多い。
俺自身は両極を考えた上でバランスを意識しながらも実際には偏った道を取ることも多いかな。。。
中をいくと言うよりは知らずに選ぶのが嫌って感じかもしれない。
仕事の面で考えて宗教的な感覚は邪魔になることも多いのではないかと感じることありますよ。
宗教を極めてればまた違うのかもしれないですけどね。
って、極められるような種類の物じゃないかもしれないけどw

259 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:07:33 ID:zW6vMHoo
苦についてもう少し。
老いること。
これは仕方のないことでそこに執着するな。これはそのまま理解します。
病気。
これもしょうがないこと。でも仏陀の時代と違って今は医療が発達しているし
必ずしも病=絶対苦であるとも言い切れない世の中であることは確か。
もちろん苦である人や環境は理解します。
死。
これも仕方のないこと。考えれば普通は誰でも怖いと思う。
であれば尚更できるだけ楽しく向上的に生きるほうがいい。
死の恐怖に対して全ての執着を捨て去ろうとする必要性を感じない。
死の恐怖は幼い頃にさんざん味わったけど、たぶんそう言う経験をすると恐怖が減る気がする。
俺自身は上手くいえないけれど、死の位置付けができたきがする。
もしもいざと言う時に恐怖心がおきてももうそれは仕方のないこと、一度しか死なないのだから人生の多くの時間を
その一度のために執着するのは良くない。
最後に後悔しないことが一番だと考えても楽しいことを楽しいと感じて充実するようにするしかないと思う。


260 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:09:11 ID:zW6vMHoo
要するに。
明日死んでも
まあ仕方がないなって思える生き方すればいいってことかもしれない。

261 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:10:07 ID:zW6vMHoo
すげー長文だらけw
ごめんなさいノシ

262 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/03(月) 01:27:26 ID:CmJC8hXf
職人はみんなそうだが、
がむしゃらにやれんで、力抜いたら、殴られて終わりだな。
技術も伴わないで、力抜いたら、手抜きだわな。

大道廃れて仁義あり。慧智出でて、大偽あり。



263 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:29:24 ID:zW6vMHoo
いい加減じゃなくていい加減なんて言葉もありますけどねw

264 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:30:01 ID:zW6vMHoo
良い加減って書かないと伝わらないかw

265 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:31:21 ID:zW6vMHoo
まったくもって傾き加減が難しい。
しかも無常とはこのことか?ってくらい毎回加減を変えなくては上手く行かなかったりするのだ。

266 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/03(月) 01:38:21 ID:CmJC8hXf
要は、ベテランからみて、ひよっこの癖にうだうだ抜かしてたら、
殴られて終わりって事。

殴られたりてれば、殴られたりない奴をみたら、
殴ってやりたくなる。

まあ、中には、自分よりも強い奴もいるから、
そういうのには、逃げるに越したことはない。

という、狡さも必要ヽ(^。^)ノ


267 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:44:41 ID:zW6vMHoo
むしろなーーーんも知らないうちの方がうだうだ言えたりするんすよね。
それから経験積んでる最中は自覚して物言えなくなって。
ベテランになったと感じた時には人それぞれすごい差が出る。。。
いずれにしても自分を見れなかったらだめってことですね。
逃げなきゃまずい時にも向かってしまうかも?w

268 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 01:48:45 ID:zW6vMHoo
ノシ

269 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/03(月) 01:53:03 ID:CmJC8hXf
さあて、
あと、ちょっと遊んで、寝よ。ノシ

270 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 02:19:53 ID:zW6vMHoo
風呂上り。
こんぶ殿は落ちたよーですね。
おやすみなさいノシ

271 :聖霊大王 :2006/07/03(月) 11:29:04 ID:W61LqIbG
おいらは、議論、正、反なんて、今さらめんどくさいし、どうでもいい、
ただ、いかなる状況も、平然と精神的豊かささえ、あれば、何でもよい、
思考はめんどくさい、
ゆえに、臨済宗の世界にいるのだ、

272 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 12:23:15 ID:tm1MJUSC
精神的に豊かになる思考だけすればいいじゃんw
ちわ。

273 :聖霊大王 :2006/07/03(月) 12:47:21 ID:W61LqIbG
思考ほど、余り役立たない、やっぱり、直観だねーーーー。
行動と直結するものは役立つが、行動に直結しない、思考、人生哲学など無用の長物だ、
マ、宗教も同じね、、

274 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 13:55:23 ID:1du8KwgS
>1
人権思想や物質文明の発展で凡夫のままでもとりあえずは生きていけるようになったから






275 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 13:57:26 ID:1du8KwgS
>1
社会制度の問題は大きいだろう。
人権思想は無条件に、どんな人間にでも最低限度の生活を保障する。
このことによってどんな悪人でも、神や仏の慈悲にすがってその悪の根を断ずる必要も無く、とりあえずは生きていけるようになった。



276 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 14:14:14 ID:1du8KwgS
人々は神にすがる代わりに国にすがるようになったのだ。
国家が一種の宗教団体と化してしまった訳で、しかも近代国家は個人主義を基礎原理とする。
己自身が神で、国家は神である個人を救う義務があると説くのである。
これでは神や仏は出る幕は無いだろう。



277 :素人:2006/07/03(月) 14:21:59 ID:zP13vETN
>>241
803 ( ´,_ゝ`) sage 2006/07/01(土) 23:05:20 ID:H+x5/Ioe
マヌケ晒してる。

プッキョー笑


これのことか?
そう思うなら、なぜ自分が書き込まない?

彼に対しては教義的な事は必要ないと思ったから、当たり障りのない発言をしたのだが
悪かったか?彼の足を引っ張るような発言だったか?
だとしたら指摘してくれ。
私のレス(ID:Xdd0bqZy)の、どこが必死で、どこが彼のためにならなかったのか。
どこが、彼にとって害となったのか。
私の言葉が、子供っぽくて人のためにならないのならば訂正してくれ。

(それとも、彼の書き込みは釣りだったのか・・・?だとしたらオイラはピエロだなw)

278 :素人:2006/07/03(月) 14:40:54 ID:zP13vETN
まあいいや、
忘れてくれ・・

たまったレスをつらつら眺めていて
つい勢いで書き込んじまったw

りょんさん、あなたの立場ならそれでいいと思いますよ。
今の時代、仏語は本棚に置いておくのがちょうどいいかもな・・・(^^;)


ノシ

279 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 15:17:09 ID:tm1MJUSC
>>273
直感とかひらめきって大事だよね。
ここぞという時に一々考えてられないこと多いし。
最終的に必要なのは機微とかひらめきなのかもしれない。
けどそういうのを正しく作用させる為にも日頃の考え方とかは大事だと思うかな。
大王さんはひょっとして霊感でひらめくとかか?

280 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 15:23:32 ID:tm1MJUSC
>>274-276
ほんとに国家にすがるような現象は増えてる気がする。
その国も近頃、というよりは元々か。
まあぼろが出たり混乱してたりでますます神でありえなくなってるしなあ。
そうなれば尚更自分というものが大事で自分あっての他人。
自分自身がしっかり出来なかったら人のことなんて気にしてられないのは当たり前。
やっぱり個人主義から発展する形のあり方のほうが理にかなうってことかもしれないね。
個に対する考え方が進むほどに団体であろうとなんだろうと不正的なものも見逃せなくなると思うのだな。

281 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/03(月) 15:29:07 ID:tm1MJUSC
>>277-278
そのレスに記憶がないし前スレ今見れないからなんともいえないけど。
たぶん俺の書いたのはそのことじゃないんじゃないのかな。
俺が書いたのはもっとくだらないことに必死になってるのみたからですよ。
言葉交わせる人にそんなこといわないです。
子供っぽいなんて言ってたら俺のレスほど。。。いい歳してonz(w

282 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2006/07/04(火) 08:30:30 ID:s80fPCdj
>>1
それは、あくまでも宗教側の失策によるものです。
阿片に墜落させた宗教家のほうが全部わるい。
これでは共産党を怨むことは逆恨みとなることでしょう。

283 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 09:56:14 ID:zcq8yOGH
>>277
おお、素人さん。こんなところで、お疲れ様(^O^)/
私の某所のレスはほとんど釣りよ〜ん(^^♪

理由は簡単過ぎて、説明躊躇っちゃう。。。。

教義的云々は当然、必要ないし、不用。
というか、使っている人間がほんとにわかっているのか、
このごろ、笑えて来て仕方がない。

私は、宗教を楽しんでるだけ。

今更な話でしょう。。。。

ということで、たまにあそんでちょ〜ヽ(^。^)ノ



284 :聖霊大王 :2006/07/04(火) 09:59:43 ID:Ks5Cyhoi
りょんちゃんへ、273の直観は、
歴史的いえば、坂本竜馬が、幕臣の勝海舟を殺しに行く、ところが、勝海舟、坂本竜馬を弟子し、黒船の航海術を教える。
この、理解しがたい、勝海舟の行動、能力が、価値がある。
彼いわく、何度も殺されかけたが、禅の修業してたから、逃れることができた。という。。

285 :聖霊大王 :2006/07/04(火) 10:02:22 ID:Ks5Cyhoi
284の内容は、霊的でもなく、奇跡でもない、本人の人間力ね。

286 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 10:27:29 ID:NSg0uGeu
>>283顔文字馬鹿電波
貴様のその人の思い遣りの欠けた発言が不快なんだよ
人の思い遣りの欠けた不快なものしか産み出さない思慮の欠けたレス
りょんとかいうのもお前の発言まにうけ根拠もねーのに、俺が霊障発言したの責めたろ
いくら2Ch.だろうが顔文字馬鹿電波、お前の言葉の正当性を根拠つける理由にはならないんだ
宗教云々まえに貴様の人間性がアフォなんだよ


287 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:48:33 ID:CD3Omo9Y
あーあーあー。だめだなこの人はonz

俺とこんぶ殿のやり取りとかも一回良く見てきたら?
俺は言いなりじゃなくて自分の目で見た範囲で物言ってるだけだしそのスタンス崩してないと思うけどね。
思い当たる部分でもあったら教えてくれ、部分的にコピったりせずにその流れの場所。
何言っても通じなそうだからこれくらいにしておくけど、ご希望なら逐一こたえてあげるw

>>素人さん
こんぶ殿の283のレスで不快なものなんて感じます?
押し付けの教義は必要ないからまずは遊ぼうよって親愛の情じゃないすかねw
言葉しか読めないとそうなっちゃうのかな。。
あ、他の人間が段々と仲良くなるのを妨害でもさせたいのか?
深読みすぎか?w

288 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:49:44 ID:CD3Omo9Y
後のレス夜にノシ

289 :聖霊大王:2006/07/04(火) 10:50:18 ID:Ks5Cyhoi
人間の思考では解決できず、人生哲学でも解決できない闇があらわれ、、
人の心は不合理なものよ、、、、

290 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 10:52:20 ID:zcq8yOGH
>>286
まったく。。。。。。

お前は、こんなところで、なに喧嘩売ってんの?

いいたいことがあるなら、

きちんと、土俵で、やろうよ。

あちこち、いみのないコピペ貼り付けて、電波呼んだり(笑

お前の、その生き方が、そもそも臭キョーを物語ってるだろう(笑

まあ、その意味では、このスレにはふさわしいレスではある(^O^)/

宗教患者の振る舞いが、宗教を馬鹿にするネタになるわけだ。

だれも教義なんてあほらしくて聞けないわな。

病人は病院へ。


291 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 10:52:37 ID:NSg0uGeu
顔文字馬鹿電波
今まではお前の虚妄発言誰も相手してなかったから俺は黙って放置してた
でも、やっぱり、俺にもプライドあるし間違って広がっても困るからな
それに貴様の暴言に沈黙してたら、りょんみたいに
お前に洗脳され霊障発言信じるやついるからさ
やっぱり、違うものは違うといわなきゃね
顔文字馬鹿電波
誰かがレスしてたけどお前みたいのが宗教に過大に依存し
勝手に期待し裏切られたと思いこんで逆恨みして粘着するんだよな
お前こそが宗教患者だよ
被害者意識強すぎなんだよ
こういう反応欲しくてレス繰り返してたんだよな
女に無理矢理堕胎させ、指摘したら俺に怒りをぶちまける
てめーの糞した汚い尻もってくるな
自分でふけ

292 :聖霊大王:2006/07/04(火) 10:53:03 ID:Ks5Cyhoi
唯識仏教では、煩悩の種子と言うらしい。奈良の法隆寺、興福寺の流派の思想。

293 :聖霊大王:2006/07/04(火) 10:53:44 ID:Ks5Cyhoi
煩悩の種子の嵐なりと、、、、

294 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:55:59 ID:CD3Omo9Y
ありゃ、ずいぶんみんなリアルタイムでいらっしゃるw
時間ないから落ちるけど。
南無さん、ここでそのやり取り続けることが自分が前に言ったこととの矛盾がないか良く考えてね。
俺もそれ見て行動決めるよ、南無さんに対してはね。


>>その他の方 ここ荒れても別に構わないので。


ノシ

295 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 10:57:04 ID:NSg0uGeu
>>287自分の目で見た範囲で物言ってるだけだしそのスタンス崩してないと思うけどね。


じゃ、俺が霊障発言したのは確認したんだよな

確認したから霊障のこと攻めてきたんだよな

296 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:57:28 ID:CD3Omo9Y
あ、あとね。
南無さんの味方っぽい人たち。
南無さんのこと見えてるでしょ。
南無さん全然見えてないから教えてあげたらいいのにな。
逆恨みされるからいえないのか。。。
ではノシ

297 :聖霊大王:2006/07/04(火) 10:57:53 ID:Ks5Cyhoi
阿頼耶識に煩悩の種子が蓄積され、、、と

298 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:59:45 ID:CD3Omo9Y
>>295
マジ時間ねーし、残りは夜ね。

俺のレスで断言してないっしょ?
もしもそうだとしたらとか仮定的なんじゃないかな?
それとこんぶ殿と以外のやり取りではそれっぽいのいくつも見かけてるよ。

ま、どう受け取られたのかはどうでもいいけど俺の本意に攻撃の意思なんて元々はない。
通じないだろうけどな。

じゃ、またノシ

299 :聖霊大王:2006/07/04(火) 11:01:05 ID:Ks5Cyhoi
いろいろ、言ってるよーーん。
クールに。。

300 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:01:32 ID:NSg0uGeu
大よ
お前は俺になんか忠告あるか?
お前、中立だろ

301 :聖霊大王:2006/07/04(火) 11:03:01 ID:Ks5Cyhoi
一切は空なりよ、、諸行無常、諸法実相よーーん。

302 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:04:01 ID:zcq8yOGH
>今まではお前の虚妄発言誰も相手してなかったから俺は黙って放置してた

おまえが、
あちこち、貼り付けた、コピペはなんなの?
あれが、お前にとっての無視になるのか?
その、ご都合主義の解釈はなんとかならんのか?
いまだに、時々見かける、
レスの流れに無関係なお前の顔文字馬鹿電波のコピペ見て、
お前は、自分のアホさがわからんの?

そもそも、お前がここにレスしてるのも、
お前の粘着菌を呼んで、ここのスレを荒らそうという目的だろう(笑
お前は、いつもそうやって数を恃んで、
人の意見を封じ込んでるんだろう(笑
でも、それは一時的なものなんだよ。

流れは、非常に宗教的なので、付き合ってあげてるがな。
内容は、あちらでやってあげる(笑



303 :聖霊大王:2006/07/04(火) 11:04:41 ID:Ks5Cyhoi
無一物無尽蔵。。

304 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:06:27 ID:NSg0uGeu
はぁ?どれよ?張ってみろ


305 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:09:52 ID:zcq8yOGH
張られて、その通りだったら、
お前は、おれに謝罪して、2チャン止めろ(笑

それぐらいの覚悟があって、
自分に嘘ついてんだろうな。

それとも、
顔文字馬鹿電波のコピペはないと?


306 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:17:51 ID:NSg0uGeu
お前は
顔文字馬鹿電波じゃん
本当のこと指摘してなにが悪いの?
お前が先にそれだけのことしたかわだろ
それが何か困ったことあるの?
頭アフォじゃね?

307 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:18:59 ID:NSg0uGeu
顔文字馬鹿電波を顔文字馬鹿電波って言って何が悪いの?
人を霊障で陥れて
顔文字馬鹿電波は頭がアフォ

308 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:19:20 ID:zcq8yOGH
454 名前:南無大師遍照金剛 [] 投稿日:2006/04/21(金) 09:38:21 HOST:07031041737261_mc wbcc7s08.ezweb.ne.jp
( ‘,_ゝ‘)◆konbu//XQ6←凄い私のこと中傷します。私のことダシにして仏教質問箱を荒らしまくってますm(__)m何卒良いお知恵貸してください



983 :南無大師遍照金剛 :2006/04/21(金) 17:27:57 ID:6YsfOFc4
ヽ(´∇`)ノだれかぁ〜たすけてぇ(笑)コイツ除霊して♪→最凶最悪顔文字電波( ‘,_ゝ‘)昆布


これがお前の放置か?
マヌケなあおりだろう(笑
あちこちのスレに似たようなの貼り付けてるだろう(笑
今から3ヶ月も前から、ずっと、おまえは同じことやってるよ。

おれは、楽しくお付き合いしてあげてるがな(笑

いい加減、自分に嘘つくのやめたら?

馬鹿にされてるよ、南無菌。

309 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:20:40 ID:NSg0uGeu
貴様がそもそも女に無理矢理堕胎させなきゃいいんだろ?
供養すすめたら、霊障って逆恨みして粘着しなきゃ
顔文字馬鹿電波って呼ばないんだよ

310 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:23:37 ID:zcq8yOGH
>>306-307

まあ、そうやって、生きてきたんだろう。

でも、おれは、最後まで君の友達だ(^O^)/

病院でも、刑務所でも入ったら教えてね。

見舞いと差し入れしてあげる(^O^)/


>人を霊障で陥れて

でも、これには、笑ったぞ、ホント。
今まで、一番、気の利いたセリフかも。
うまいなぁ〜


311 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:28:00 ID:zcq8yOGH
>>309
おれは、女に、無理やり中絶もさせた覚えもないし、
堕胎奨めた覚えもないし、そんなレスしたこともない。

まして、君に水子の相談したこともないぞ。


・・・・しかし、また、このスレでも同じ事やンの?

なんども、レスるし、貼り付けもしたが、
それは、お前の押し付けと決めつけ。
お前は、おれに写経押し付けるために、水子押し付けたんだろう。
だから、理由もいえないし、逃げ回るんだろう。

どうせ、また、おれをうんざりさせるんだ。



312 :素人  お昼前に一言。:2006/07/04(火) 11:29:09 ID:OzK4ODDB
>>283
馬鹿かおまえは?
お前のそのレスに対してじゃない。りょんさんの>>241の内容に対してのレスだ。
また、釣りかどうかは、その当該スレでの「軽い障害が残りそうで・・・」という書き込みが
釣りだったら、ということだ。ちゃんと読んでくれ。

>>287
君は、>>281で「違う」と言った。それだけで回答は十分だ。>>283のスレが不快だと言ったのじゃない。
また、>>277で引用した803が不快だと言うのじゃない。
君が、>>241に於いて、当該スレの803を指して「あそこにこんぶ殿が書かなかったら〜〜」
と発言したと思ったからだよ。そして、それより前の、彼に対する返信に対して
「あそこまで必死だと嬉しいような可愛いようなw」と発言したのかと思ったからだ。
実際それは勘違いだったわけだがw だから、このままこの話は流そうと思っていた。
しかし、(283は読み違えているし)287も読み違えているようだったし、
侮辱と感じられたのでこうしてレスしている。

遊ぶなとは言わない。自分も、茶々入れ・煽り・ネタ・ノリツッコミ等々いろいろやるさ。
喧嘩を買ったり売ったりもあったかもしれん。
けどな、TPOはわきまえよう、と気にしている。たかが2chされど2chだ。
ほのぼのした雑談系スレでのやりとりには、じーんとくるものがけっこうある。
上から見下ろす同情でなく、隣を並んで歩くようなレスも多い。

>言葉しか読めないとそうなっちゃうのかな。。
>あ、他の人間が段々と仲良くなるのを妨害でもさせたいのか?
>深読みすぎか?w
検索できるなら、仏教関係のスレ内で名前欄検索してみろ。
俺が名前欄に記入している時、どのような発言をしているか。
煽り・おふざけの時もあったかもしれないが、場所やレスの流れにもよるし、
基本的には、誠実な回答を心がけているつもりだ。

287は、「喧嘩を売られた」と受けとめて宜しいか? ( ̄ー ̄)ニヤリ

313 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:31:19 ID:NSg0uGeu
都合の良いのだとすぐに貼り付けるな
何故そういうレス貼られたか考えないんだものな
そういうレス貼られてもりょんくらいしかお前の味方しないよな
俺が何故そんなもの貼っても貴様の味方する奴が少ないか考えおよばないんだろ?


314 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 11:34:38 ID:zcq8yOGH
>>312
お前も、南無菌と同じかもな。

>>313
お前のレスじゃないとでも(笑

仕事オチ(^O^)/


315 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 11:46:02 ID:NSg0uGeu
名前入ってるのは俺だよ
俺は入れてやるからな
それでもお前に同情するのが少ないのはなぜか?
それはそれ以上にお前が俺に酷いことしたからだろ?
そこに考え及ばないの?
一言謝れば済むのに下らね粘着かまして、不快にさせて
こっちは何回もお前に謝り入れたけど貴様はそれ無視して難クセ付けて受け入れないで
俺のせいにしてスレッドあらしてたから誰も味方しないんだよ
だからアフォなんだよ
結局お前は俺を切れさせてこんな会話したかったんだよな


316 :聖霊大王:2006/07/04(火) 12:13:37 ID:Ks5Cyhoi
りょんちゃん、唯識論は、ややこしいけど、心理学的で、おもろいぞ、、、
人間の感情、心の流れの分析がおもろい。

317 :聖霊大王:2006/07/04(火) 12:16:04 ID:Ks5Cyhoi
マナ識の説明なんか、心理学的にサイコーだね。。

318 :聖霊大王 :2006/07/04(火) 12:22:56 ID:Ks5Cyhoi
コピペね、
りょんちゃんへ、273の直観は、
歴史的いえば、坂本竜馬が、幕臣の勝海舟を殺しに行く、ところが、勝海舟、坂本竜馬を弟子し、黒船の航海術を教える。
この、理解しがたい、勝海舟の行動、能力が、価値がある。
彼いわく、何度も殺されかけたが、禅の修業してたから、逃れることができた。という。。
この内容は、霊的でもなく、奇跡でもない、本人の人間力ね。







319 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 13:26:54 ID:ETNIqCxI
俺とこんぶ殿のやり取りとかも一回良く見てきたら?
俺は言いなりじゃなくて自分の目で見た範囲で物言ってるだけだしそのスタンス崩してないと思うけどね。
思い当たる部分でもあったら教えてくれ、部分的にコピったりせずにその流れの場所。



やりとり?めんどくさいですね
そもそも行間をよめと?
そこまで読むの面倒です
そこまで行間よめば南無が霊障で昆布を脅したとなるんですか
そこまで読みきる想像力ありません


320 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 13:34:10 ID:ETNIqCxI
298 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:59:45 ID:CD3Omo9Y
>>295
マジ時間ねーし、残りは夜ね。

俺のレスで断言してないっしょ?
もしもそうだとしたらとか仮定的なんじゃないかな?
それとこんぶ殿と以外のやり取りではそれっぽいのいくつも見かけてるよ。



他で霊障らしいことを言ってることが昆布に霊障を押し付け脅してることになるのか
凄い行間の読み方ですね
もしかして高名な小説家のかたですか?でも読者にそこまで想像力期待しては三流ですよ
ww

321 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 13:39:50 ID:ETNIqCxI
りょんさん
あんた才能ありますよ
他のスレッドでも拝見してます
典型的な創価ですね

昆布の書き込み以上に
君の書き込みには突っ込みどころが満載ww
期待してますよ

322 :聖霊大王:2006/07/04(火) 14:00:44 ID:Ks5Cyhoi
まさーに、唯識論世界、、319,320,321、んんんん。。。

323 :聖霊大王:2006/07/04(火) 14:08:17 ID:Ks5Cyhoi
阿頼耶識に煩悩の種子が蓄積され、、、と




324 :聖霊大王:2006/07/04(火) 14:16:13 ID:Ks5Cyhoi
ま、果てしないマナ識ワールドの論争が続くのであった。。。。と。

325 :聖霊大王:2006/07/04(火) 14:17:49 ID:Ks5Cyhoi
ま、わては、誰の、どちらのマナ識にも、関係なく、無所得智だね、、

326 :聖霊大王 :2006/07/04(火) 14:36:00 ID:Ks5Cyhoi
もう一度、ご執着コピペ。
りょんちゃんへ、273の直観は、
歴史的いえば、坂本竜馬が、幕臣の勝海舟を殺しに行く、ところが、勝海舟、坂本竜馬を弟子し、黒船の航海術を教える。
この、理解しがたい、勝海舟の行動、能力が、価値がある。
彼いわく、何度も殺されかけたが、禅の修業してたから、逃れることができた。という。。
この内容は、霊的でもなく、奇跡でもない、本人の人間力ね。



327 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 15:53:04 ID:nCF9hlpd
>>282
共産党とかはよくわからないけど歴史の上で宗教が貢献した事項ってあまり見かけないですしね。

328 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:00:56 ID:nCF9hlpd
>>312
読み違えに対して読み違え。
結局すれ違いっぱなしで接点無しってことじゃんw
ま、俺の文章力の問題あると思うから自分で解説すると。

>>>素人さん
>こんぶ殿の283のレスで不快なものなんて感じます?

ここは純粋に質問してます。感じるなら感じるでしょうけど、俺には感じないだろうとも思えるんで。

>押し付けの教義は必要ないからまずは遊ぼうよって親愛の情じゃないすかねw
>言葉しか読めないとそうなっちゃうのかな。。

ここは俺の勝手な見解。今までの流れだとどうもその場の言葉が全てで表面的な事が絶対みたいに見えるし。

>あ、他の人間が段々と仲良くなるのを妨害でもさせたいのか?
>深読みすぎか?w

これは、書き方悪かったかな?
素人さん当てでは無い。実は。

それでも喧嘩売ってると思うのであれば好きでいいけど。
俺からしたらそっちから俺に突っかかってんじゃないの?と思えるけど不思議な展開。


329 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:13:44 ID:nCF9hlpd
>>319-321
微妙だな、一生懸命書いたんだろうけどずれてる。
突っ込みは大歓迎なんだけどもちっと焦点絞って的を射てくれと。
まず俺が南無さんがこんぶ殿を霊障でってのを肯定してるレスあれば貼ってみ?
面倒だろうけど根拠示してもいいっしょ、他でも見てるらしいし簡単でしょ。
それと行間ね、行間も何もおそらく霊障のことで言ってるレスの根拠も言葉ではっきり書いてるはず。
行間嫁なんて一言も言ってないのだがなぜかそうなる。。。俺には不思議なことだらけw
まあ、好きにいじくってくれていいけどそれこそ根拠は示してな。

330 :素人  お出かけ前に一言。:2006/07/04(火) 16:13:53 ID:OzK4ODDB
>>328
> >>>素人さん
> >こんぶ殿の283のレスで不快なものなんて感じます?
>
> ここは純粋に質問してます。感じるなら感じるでしょうけど、俺には感じないだろうとも思えるんで。

感じないよ。

> >押し付けの教義は必要ないからまずは遊ぼうよって親愛の情じゃないすかねw
> >言葉しか読めないとそうなっちゃうのかな。。
>
> ここは俺の勝手な見解。今までの流れだとどうもその場の言葉が全てで表面的な事が絶対みたいに見えるし。
私は、昆布とは2・3レスくらいしか交わしていない。
昆布に対して教義の押し付けをしたこともない。
私が、「彼」という書き方をしたのがいけなかったのだな・・・。ごめん。

> >あ、他の人間が段々と仲良くなるのを妨害でもさせたいのか?
> >深読みすぎか?w
>
> これは、書き方悪かったかな?
> 素人さん当てでは無い。実は。
>
> それでも喧嘩売ってると思うのであれば好きでいいけど。
> 俺からしたらそっちから俺に突っかかってんじゃないの?と思えるけど不思議な展開。
なら、問題はない。


あまり気は進まないが、当該箇所をリンクしておこう。
すれ違いの元がどこにあるか、はっきりするだろう。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1145626490/790-806

また、夜にでも覗きに来るよ。 ノシ

331 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:16:49 ID:nCF9hlpd
創価とかってのはそれかいても俺にはなんも打撃にならんよ。
どういう意図で書くのかは知らないけど君の人間性が下がるだけじゃないかと思うかな。
それと突っ込みどころは満載だろうな、突っ込みどころ無くそうとか考えてないし。
つか、自分でここを突っ込まれたら苦しいなって感じてる部分もあるかもしれないけどな。
でもそれがあるから議論になるんだし、そーいうところ突っ込んで欲しいものだ。

332 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:20:30 ID:nCF9hlpd
>>330
そのリンクのスレッドなんて俺書いてもいないじゃないですかw
つーか、どうして俺とこんぶ殿とを一体に見る発想があるのだろう。
俺はあくまでもその場その場でレス交わしてるだけで。まあ多少の流れの含みはあるでしょうけどね。
素人さんには俺は何の意識も持って無かったはず。

333 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:25:42 ID:nCF9hlpd
>>326
人から出るエネルギーみたいなものとか波長のようなものとかね。
そういうものは実際にあると思うよ。
それと歴史の上でもその人の命運ある限りは死なない的な物もね、大王さんの言う人間力的なものとして感じることは多い。
人間には集中したり強く思うことで実現させる力とかはあると思うほうかな。
そこに付けこむのが悪い宗教であるような気もする。

334 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:31:45 ID:nCF9hlpd
>>330
2重にレスするけど。
俺はそのスレはおそらく見てもいないと思いますよ。
その流れは全然知らなかったから前のレスもてっきり南無さんスレの前スレかと思ったくらい。
妨害云々のところが気に障ったなら俺の書き方もあるから一応謝っておきます。
夜はかなり深夜までこれないかもしれないんで先に。

335 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:41:26 ID:nCF9hlpd
あと南無さん。
いい加減にしないなら今までの流れの全てをここにまとめてやるよ。
たった1ヶ月だから分りやすいんじゃないかな?
どうしてもこんぶ殿に絡めて煽りたいらしいけど俺の意識はこんぶ殿とは全く関係なく
南無さん自身とのやり取りにあるわけで。
その辺も見えないならその不明を知った方がいい。
まあ、無理だろうけどな、それでも流れくらいは回りには分るだろう。
くだらなさ加減に嫌気さしそうだけどな。

336 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:55:26 ID:nCF9hlpd
。。。でもさ、素人さんが>>283のレスに別にはかいなものも感じてないでしょ?
なんで南無さんが>>286みたいに突然脈略もなしに怒鳴り込んできたわけ?
そういうのあるから指摘すると敵扱いだもんな、それでしつこくくる。
勘弁しておくれ。

素朴な疑問なのだよ。全くわからん、その感覚。

337 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 16:59:55 ID:nCF9hlpd
はかいだって。
不快なものね。

338 :南無大師遍照金剛:2006/07/04(火) 17:26:31 ID:NSg0uGeu
>>335どうぞお願いしますm(__)m
私の為にも
自分でも知らずにやってるかもしれないしね
是非是非お願いします

339 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 18:35:31 ID:FUnsgQF7
>1
マッカーサーの意向では?


340 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 20:31:29 ID:ETNIqCxI
296 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/04(火) 10:57:28 ID:CD3Omo9Y
あ、あとね。
南無さんの味方っぽい人たち。
南無さんのこと見えてるでしょ。
南無さん全然見えてないから教えてあげたらいいのにな。
逆恨みされるからいえないのか。。。
ではノシ

南無のやられてる所見てみたいから
りょんさんの指摘が欲しいね
南無も切に希望してるしさ
338 :南無大師遍照金剛 :2006/07/04(火) 17:26:31 ID:NSg0uGeu
>>335どうぞお願いしますm(__)m
私の為にも
自分でも知らずにやってるかもしれないしね
是非是非お願いします



南無本人のためにも指摘してあげなよ

それとも君が南無の逆恨みが怖いのかな?


341 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 20:36:22 ID:p1tZ5Y0D
インターネットの発達

342 :聖霊大王:2006/07/04(火) 20:36:57 ID:FHAarqqe
ちぇ、、結局りょんちゃんは、マナ識の世界へ、引き込まれちゃった。
リアルワールドな、話をしようと思ったのに、、
なむさん軍団の恨みへの対応なのね、、
さびし!!

343 :聖霊大王:2006/07/04(火) 20:54:25 ID:FHAarqqe
結局、マナ識は、強烈な世界なのだ、人間の思考がはまり込む、恐るべき世界。。
実感、、、、

344 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:00:38 ID:FHAarqqe
平和な会話を期待して、執着2.コピペ。
りょんちゃんへ、273の直観は、
歴史的いえば、坂本竜馬が、幕臣の勝海舟を殺しに行く、ところが、勝海舟、坂本竜馬を弟子し、黒船の航海術を教える。
この、理解しがたい、勝海舟の行動、能力が、価値がある。
彼いわく、何度も殺されかけたが、禅の修業してたから、逃れることができた。という。。
この内容は、霊的でもなく、奇跡でもない、本人の人間力ね。



345 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:02:38 ID:zcq8yOGH
しかしさぁ〜、ほんとに、根本的な誤解というか、問題のすり替えだと思うのだが、

南無菌は、私の質問に言い逃れて、騒ぎを大きくして、
粘着を煽っているだけのことでしょう。

私と南無菌の間は、
単純に、水子の霊障と写経を押し付けたことに、
彼の理由もないし、きちんとした謝罪もないだけのことでしょう。
それに対する、言い逃れと、
ここに貼り付けた、アホなコピぺをあちこち貼り付けてるだけのこと。

この問題に、これだけ多くの人間が関わりを持つのが私には、
非常に不思議だし、
南無菌を庇う人間が現われるのが、
ほんとに疑問。

南無菌が、この問題に決着をつけるのが、
そんなに、大きなことなのか?

私は、無宗教で無神だから、嫌われるのは別に構わないが、
問題のすり替えには、
不合理をかんじざるを得ないなぁ〜

まして、他人を巻き込んで、
どんどん、違う方向に行くのは、
ますます、宗教的な嫌悪感をかんじる。


346 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:12:26 ID:FHAarqqe
:( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 、顔文字様、
平和な話が、、、
なむさん軍団VS顔文字アンドりょんちゃんの戦いのリングがなる。
ああああ、マナ識地獄。。。

347 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:13:33 ID:FHAarqqe
すべてはマナ識、マナ識なのよ。。。

348 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:15:50 ID:ETNIqCxI
大王様質問です
昆布さまは日本人でしょうか?

349 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:17:56 ID:ETNIqCxI
251 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:07:22 ID:zcq8yOGH
南無、
お前は、あちこち、数に恃んで、
自分を主張するな。

お前が、水子の霊障を押し付けたのは事実だし、
それで写経を押し付けたのも事実だ。

そして、お前に、その理由を尋ねたら、
お前は逃げ回って、
粘着が沸いたのだろう。

そして、それを利用して、
未だに、逃げ回っているのだ。

これ以上、
他人を巻き込むな。

お前が正しくないのはわかるが、
これ以上ゆがめると、
おまえ自身のためによくないぞ。

事実を否定するのは、無理だ。
早く、目覚めろ。

ねぇねぇ大王様?
大王様は昆布さまの発言どうおもいますか?

350 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:21:56 ID:ETNIqCxI
ナニゲに大王様も昆布さんのこと顔文字ってよばれるんですねww
お茶目さんですね


351 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:23:21 ID:FHAarqqe
大王様は昆布さまの発言どうおもいますか?

今、昆布殿は優位に立ちつつあるので、正論を今のみ言ってはいるが、
今、なむさんが、混乱しているように、かつて、昆布殿が、不利なときは不合理であったと思います。
簡単に言えば、冷静さがどちらに、今あるかと言うことだけ。
私は、両方、マナ識の戦いなのよ。
どちらでもなく。。どちらともマナ識なのよ、、

352 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:26:32 ID:FHAarqqe
と同時に諸法実相で、どちらでもいいのよ、
キリストが、降臨してアンチキリストのスレで昆布殿が暴言を言った場合。
ポップな感じで、悪霊払い、神の愛を持って騒ぎます。。

353 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:28:10 ID:ETNIqCxI
ほうほう大王さまの判定では
昆布さま有利とのことですね?
で、南無はこのまま負けるでしょうか?


354 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:29:01 ID:zcq8yOGH
別に、呼び方の問題なんか、どうでもいいだろう。

マナ識といえば、その通りなのさ。

ただ、南無菌は他人を巻き込んでも、
自分でその因縁を起こした以上は、
自分で片付けるしかない。
それだけのことだろう。

仏教の用語なんて、どうでもいいよ。

粘着も好きで関わってるんだろうから、
よほどに物好きなんだろう。。

南無菌は、騒ぎを大きくして、
数に恃んで、問題をもみ消したいのだろう。

それが宗教だと言ってるから、
よけいに、数を恃んで、それに集まるんだろう。

おれには、それが宗教の差別要因でおもしろいけどね。

と、煽ってるがな(笑


355 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:30:18 ID:ETNIqCxI
ちなみに大王さまの立場から
南無の霊障発言はどうでしょうか?

356 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:31:24 ID:zcq8yOGH
おいおい、
傍目で、勝ち負けは面白いのだろうが、
おれが何度も言うように、
そんなことは、まったく、
関係ないだろう。

なんか、誤解してるよ。



357 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:33:10 ID:ETNIqCxI
( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 顔文字、貴様うざい
どっかいけ
今大王様とお話してるんだ
何様のつもりだ
付け上がるな

358 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:34:15 ID:ETNIqCxI
ねぇ?大王様?
大王様の意見がききたいなww

359 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:34:38 ID:FHAarqqe
1、なむさんは、冷静さを持つことが、第一、もともとユーモアのある方なのに、
今はない。
2、りょんちゃんのこのスレは不利だと思います。りょんちゃんは、冷静で合理主義なので、
3、昆布殿は結構宗教的知識がある。

1,2の条件がありますので、なむさん、めちゃめちゃ不利。。

360 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:37:48 ID:ETNIqCxI
ほうほう
といううことは南無はこのままこのレスで戦えば
負け必至といううことですねww
なるほどなるほど
で?何か南無にアドバイスできますか?

361 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:39:46 ID:ETNIqCxI
でも、南無もわかってるのではないでしょうか?
アウェイが不利なのに
なぜ不利なアウェイに来て戦うのか?ますます白熱しそうですね

362 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:40:00 ID:FHAarqqe
南無の霊障発言はどうでしょうか?

ま、昆布殿、マナ識が、強烈だったんでしょうね。
それと、りょんちゃんの冷静な合理主義になむさん、戦いすぎた。。
それと、ここのスレで戦うのは苦しくなるね。。
りょンチャン、合理主義者だから、、
なむさんのユーモアーセンスは発揮できない。。不利。。

363 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:41:23 ID:ETNIqCxI
もしかしたら
南無の釣りだっただけではないのでしょうか?


364 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:44:07 ID:FHAarqqe
だったらいいんですけど、、
結構、さびしげな、なむさんを感じる。。
真言減ったような、、
ま、ここは、あまり、なむさんのユーモアーがでないんで、、避けたほうが、、

365 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:44:42 ID:zcq8yOGH
まったく、野次馬。

南無菌の題材で、遊ぶな。

お前は、人ネタで、人を試して遊んでるな(笑

南無菌を買い被るのはやめたほうがいいし、

単なるニートオヤジだ。

この問題にこれ以上、構わない方がいいと思うがな。

事実を知らないなら、触れないことだな。粘着は別だが。






366 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:46:16 ID:ETNIqCxI
もしかして大王様の発言からすると
りょん様は強敵でりょん様一人にてこずってるけど

昆布様は恐れるに足りぬ相手と読めますが?
どうですか?

367 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 21:46:35 ID:ebzH77j1
1、なむさんに、ユーモアはもともとないよ 美点は正直者のところかな
2、りょんちゃんは、特に冷静でも合理主義でもないよ 美点は平凡で素朴なところかな
3、昆布殿は宗教的知識などまったくないよ 美点は

368 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:48:39 ID:ETNIqCxI
:( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 顔文字くん
君うざいよ
人の会話に首突っ込むなよ
邪魔だしうざいよ
話の流れ止めるしさ

369 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:49:03 ID:zcq8yOGH
このスレで、
お前達に、この問題を処理できる能力はないし、
どちらを封じることも出来ないことはわかった(笑

南無菌もない。

おれだけだな。

のろい殺せば(笑


370 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:49:07 ID:FHAarqqe
でてこい、コーナで、人集めて、戦うほうがいいんじゃない。

371 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:50:13 ID:ETNIqCxI
367 名前:名無しさん@3周年 :2006/07/04(火) 21:46:35 ID:ebzH77j1
1、なむさんに、ユーモアはもともとないよ 美点は正直者のところかな
2、りょんちゃんは、特に冷静でも合理主義でもないよ 美点は平凡で素朴なところかな
3、昆布殿は宗教的知識などまったくないよ 美点は

美点でとめるなっちゅねんww

372 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:51:22 ID:zcq8yOGH
お前は、自分で名乗るとおりの、

単なる、野次馬だ(笑

お前の会話に、首を突っ込まれる、

お前が悪い(笑


まあ、人ネタで自己主張しか出来ない奴にはちょうどいいレベルかもね(笑



373 :野次馬さんA:2006/07/04(火) 21:51:58 ID:ETNIqCxI
てか
おいらはお風呂

ノシ



昆布さまこの次見かけたら
マジのろうからねww

374 :聖霊大王:2006/07/04(火) 21:56:11 ID:FHAarqqe
わても、おさらば、では。昆布殿、バイビー。。またね、、

375 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 21:56:41 ID:zcq8yOGH
野次馬ののろいは、
消防士が火を消したのろいだろう(笑

まあ、無責任はみんな同じだがなw

どちらにせよ、
単純な流れを見れば、どってことないことに、
南無菌は逃げてるだけのことだ。

いわば、マッチポンプ南無菌ってこと。

本人が元気なくなるのは無理もない。



376 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 22:01:55 ID:zcq8yOGH
やっと、人ネタ遊びは終わったか(笑

まあ、
南無菌が、現われないから、
どこのスレでも同じだろうなぁ〜

今度は、仏教質問スレに現われたりして。

以前も、やって、大顰蹙浴びてたなぁ〜
出入り禁止とか(笑

南無菌、人のせいにするなよ(^O^)/




377 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 22:14:57 ID:ebzH77j1
大顰蹙ねぇ・・・

378 :ID違うが素人:2006/07/04(火) 22:21:44 ID:Tf+C1Q+w
>>332>>336

当該スレの803と>>241(のみ)を目にした私には、
>>277のような反応は避けられなかった。

そして、あなたのレスを読み、勘違いであった、とも言っている。
また、この流れの中、私は南無には少しも触れていないはずだ。
なぜ、私と南無とを関連させる?
277他は勘違いだったと言っているではないか。

当該スレの当該箇所を基にして、もう一度、私のレスを読み直してくれ。
 《 私は、【『「病気になった」と書き込んだ彼』へのレスに対して803のレスがつき、
あなたがその書き込みを、>>241で擁護し称賛した】と勘違いした。 》
というのが発端なのだ。だから、勘違いだった、と言ったのだ。
改めて謝罪する。申し訳なかった。>>277は言いがかりに近いレスだったと思う。
本当にごめんなさい・・・。m(_ _)m



これで終わりにしないか?不毛だ。

379 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/04(火) 22:56:26 ID:zcq8yOGH
>>377
悪いが、南無菌が自分でレスしてることだ(笑
おれのせいで、仏教スレにいけなくなったとね(笑

マッチポンプ。

しかし、お前ら、ホント、マヌケ。
南無菌と俺の事実の経過がわかってて、
一緒になって、やれ馬鹿だ、なんだと言ってるのか?

悪いが、根拠のしっかりしたレス見たことないぞ。

今まで、唯一あるとすれば、
姫路っ子ぐらいだな。それもつい最近の話だが。
しかも、それも南無菌が止めている。

これだけでも、おかしいと思わないか?

まあ、根拠なく南無菌が正しいと思う人間には必要のない話だがな(笑

それも、宗教的だと俺は、馬鹿にしてるわけだがwwwww


380 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 22:58:56 ID:ebzH77j1
なんか必死ですねぇ

381 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 00:23:43 ID:HX/19k6Q

だって霊障で書かされているんだものw

382 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 00:50:25 ID:ZCgyjvha
南無さん、なんかかわいそう。ごく最近2chを拝見させて頂いているひよこ
ですが。
純真で謙虚で正直で明るくて前向きでユーモアもあって・・・良い人ですよ。^^。
コンブ殿、余りいじめないでね〜。いい大人が?。^^^。恥ずかしい〜^^。

383 :素人:2006/07/05(水) 00:57:36 ID:1E8adGBU
午前1時になるが、
りょんよ、これで終了でいいな?

384 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 01:02:07 ID:K89jB++z
まあ、どちらにしても、
八正道は、
他人の言動や知識に惑わされることなく、
正しい事実を知り、
間違った行動を犯すことがないように教えたものだろうな。

だったら、なんかあるだろうにね。

仏教徒は、言葉と知識と理屈好きなんだろうなぁ〜


385 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 01:08:32 ID:K89jB++z
>>382
幼稚園児にも教えるのは、
馬鹿と言ったやつも馬鹿なのだ。

つい最近南無菌を知った人間は、
南無菌が犯してる数々の行いを知らないだけのこと。

まあ、知ればわかるでしょw

すぐに彼の矛盾はわかる。
粘着はみんな知ってて、遊んでるw

巻き込まれると馬鹿を見るし、
それを知ると、宗教の程度の低さがよくわかる。


386 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 01:10:49 ID:HX/19k6Q
今度は太刀山のパクリかw
捏造パクリ体質の朝鮮昆布乙!

387 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 01:24:02 ID:K89jB++z
お前は、このスレを俺が立てたと思ってるのか。。。。

妄想につける薬はないな。

まあ、その妄想につけこんで遊んでるんだがな。


388 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 01:25:51 ID:HX/19k6Q

勝手な推量 m9(^Д^)プギャー

389 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 01:27:19 ID:N/rdUqJr
オウムのテロ
創価の耐震偽装や数々の犯罪もみ消し
これは由々しき事態。

390 :素人:2006/07/05(水) 01:34:11 ID:1E8adGBU
りょんよ。
終わりでいいんだな?
寝るぞ。

     ノシ
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/          
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          


391 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 01:35:18 ID:HX/19k6Q

おやすみ ノシ

392 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 02:04:47 ID:AS1lk8kf
たらいま。
>>378>>390
素人さん、わかりました。
つーか、全ての原因がわかった。
やっぱりレスの意味合いにずれがある希がす。
俺のレスも分かり難いし文章力ないしそのせいかも。
たぶんちゃんと話したらなんも問題ない気がする。
今後とも機会合ったらよろしく。


393 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 02:09:22 ID:AS1lk8kf
。。。接待上がりでよっぱでだめぽ。
南無さんには丁重にレス貰ってるし明日にでも流れ含めてレスするから理解してもらえたらいいなと思う。

大王さん、サンクスノシ
心遣いに多謝。

394 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 02:12:47 ID:AS1lk8kf
あと、こんぶ殿にもなんとなく余計に煽る結果になった感じで申し訳ない。

すんません、今日のところはこれで。

395 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 02:31:14 ID:oOOo4H2p
りょん、おかえり!

396 :聖霊大王:2006/07/05(水) 11:22:49 ID:O96wfACk
りょんちゃんへ、人の心はややこしいね、
しかし、普通の正統な仏教徒は、昆布殿が、何を言おうと、
「どうぞ、お好きに、」という、ドライさがある。
そして、執着しないのだけれども、
まともな、仏教徒は、ドライで、クールな、思想家なのだけれども、、
層化のような、熱狂性、拘束性は異端だけれども、師弟不二なんて、異端。
釈迦いわく、「人に頼らず、仏教の法をたよるべし、自分を拠り所とするべし」
と、いったもんだ。。
だから、仮に、アンチ仏教の人が、何を言おうと、関係ないのだ。
ココでの、どたばたするのは、少なくとも、正統な仏教感覚は、存在してない、
といってもいいね。

397 :聖霊大王:2006/07/05(水) 11:26:25 ID:O96wfACk
余りにも、久しぶりに、まじめに坐禅した。執着コピペ3.

りょんちゃんへ、273の直観は、
歴史的いえば、坂本竜馬が、幕臣の勝海舟を殺しに行く、ところが、勝海舟、坂本竜馬を弟子し、黒船の航海術を教える。
この、理解しがたい、勝海舟の行動、能力が、価値がある。
彼いわく、何度も殺されかけたが、禅の修業してたから、逃れることができた。という。。
この内容は、霊的でもなく、奇跡でもない、本人の人間力ね。



398 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 12:30:21 ID:K89jB++z
この馬鹿騒ぎは、私が興してると思うか?

そして、この馬鹿騒ぎは仏教的ではないと?


乗るも直感。

乗らないも直感。


生きるということは、実に楽しいぞぉヽ(^。^)ノ




399 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:34:43 ID:AS1lk8kf
大王さんおはよ。
今日が仕事やすみなんでごそごそ今までのレス辿ってみた。いちお。
別にみんなにとって本来はどーでもいいことでしょ。
それを敵だ味方だってアホみたいにやるからいけないだけでさw
今までの経緯確認してもやっぱりその構図わかるし意味あるなら貼る?
前に大ちゃんに指摘されたように安易に首突っ込んだのは俺にもそうなった原因0じゃないけどね。

400 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:37:08 ID:AS1lk8kf
あ、こんぶ殿。
ちわ。

401 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:51:52 ID:AS1lk8kf
素人さんへ。

一応俺が笑ってた対象レスを。

25 :名無しさん@3周年 :2006/07/01(土) 19:58:11 ID:LLpHRld8
この りょん ◆J/87JYCguQ って好きくね
昆布の奥さんでねーの?
南無大師のことコピペ厨とか罵って自分の前に現れるなとか
って捨て台詞はいて言ったのに
またこのスレッドに顔見せてるし


26 :名無しさん@3周年 :2006/07/01(土) 20:01:18 ID:LLpHRld8
236 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/01(土) 17:30:01 ID:rgV3Lzf6
うん、粘着でもレス交わせるような粘着なら。
単なるコピペ厨みたいなのとかは勘弁すねw


これ南無大師のこと指していってるんでしょう?


402 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:54:25 ID:AS1lk8kf
27 :名無しさん@3周年 :2006/07/01(土) 20:04:13 ID:LLpHRld8
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150082230/236

これね

このスレッドは無くしたほう良いよ
昆布の弟子も増えてきたし
りょんでしょ
聖霊なんとかでしょう

昆布人の取り込み旨いからね

ご忠告まで


28 :名無しさん@3周年 :2006/07/01(土) 20:05:45 ID:LLpHRld8
前のスレッドでも姫っ子も河童も旨く
丸め込んでたしね

403 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:57:31 ID:AS1lk8kf
その元のレスがこれ。

634 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/29(木) 10:56:24 ID:nqTR3BG5
>>630
ふーん。やっぱり南無さんとは無理だね。
分ったからさ、頼むから俺の周りをコピペ持ったりしてちょろちょろしないでね。
ちゃんとしたレスなら構わないけどね。
いやなら俺宛のレスもこおこでは出来たら避けてくれ、見たらレスしたくなるだろうし。

じゃ、短い間だったけどノシ



404 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 12:59:04 ID:AS1lk8kf
こおこは「ここ」の打ちミスw
別にこのスレに来ないとか書かないとも書いてないしすでにずれてるの感じられる。
しかも内容がくだらなすぎ。
南無さん少なくともこんなようなのには惑わされるなよなあ。

405 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 13:01:31 ID:AS1lk8kf
それに素人さんと危うく誤解招きそうだったレス自体がほぼ南無さんあて。
それを明確にしないで最初の行で素人さんに質問してるから分かりにくくなっちゃったけど
あのレスは南無さんあて。

406 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 13:51:29 ID:AS1lk8kf
■■■南無さんへ■■■

ここから。

6月に初めてこの板に来て最初に馴れ合ってもらったりしてそれなりに親しみ感じてて。
聖霊を冒涜するスレね。
その後に法華経スレでも一緒になって、そこでのやり取り。

265 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 15:44:39 ID:2yHgo4Pf
。。。南無さんのレスの仏教って言葉をお金って換えたほうがしっくり理解できる気がするのは俺だけ?w
いや、悪気じゃなく、そう思ったんでw
俺の金の価値観と南無さんの仏教の価値観と似てる希ガスw


266 :南無大師遍照金剛 :2006/06/15(木) 15:51:03 ID:Bk14auyx
そそ♪お金(ΦωΦ)お金嫌いなの?リョンたんは

281 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 18:39:34 ID:2yHgo4Pf
>>266
好きですよ。
でも金の為に金稼いでるってわけでもないかも。
宗教の為に宗教するのが良くないのと同じですよ、きっと。
つーか、宗教とかねって波長が同じなのか?
とか言うと怒られるな、きっと。。。逃げノシ


282 :南無大師遍照金剛 :2006/06/15(木) 18:58:19 ID:Bk14auyx
リョンたんはソカ?重箱のすみつついてくるねぇ。私にあんま良い気持持ってないよね(笑)私は手段としての仏教を言ってるわけ。目的を仏教にしてないよ。お金持ちになるのが目的であってお金が目的じゃないよ。お金は自分自身の目的を達成するものに必要でしょう。

407 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 13:53:07 ID:AS1lk8kf
283 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 19:00:16 ID:2yHgo4Pf
>>282
俺そかは好きじゃないですよ。
それに南無さんには来てすぐにレスかわして貰ったりしてるし好意感じてますよ。

284 :南無大師遍照金剛 :2006/06/15(木) 19:00:53 ID:Bk14auyx
お金持ちに成るためにお金を手段にして色々投資する。その結果お金になる。可笑しい?お金に波長があるか?あるよ。汚く稼いだ金は汚い波長が、一生懸命頑張って稼いだ金は頑張った波長が。

285 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 19:01:27 ID:2yHgo4Pf
つか。。。重箱のすみつついてるのか。。。(:D)| ̄|_
去るノシ

286 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 19:03:40 ID:2yHgo4Pf
>>284
全然おかしくないですよ。
綺麗ごといって貧しいままの方がおかしい。
努力した結果貧しいのと何もしないで貧しいのとじゃ違うし。
悪銭身につかずじゃないけど、努力しないで稼いだ金はありがたみが少ないのはある。
でも金は金なんですよね、自分で使う以上はその金額分何か得てるんです。

287 :南無大師遍照金剛 :2006/06/15(木) 19:10:29 ID:Bk14auyx
リョンたんごめんごめん(-_-;シャレだょシャレ…リョンたんのように突っ込んでくれたお陰で間違いが認識できたり誤解がとけたり。怒らないでょ

288 :南無大師遍照金剛 :2006/06/15(木) 19:23:54 ID:Bk14auyx
(´。`)リョンたん…

290 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/15(木) 19:53:29 ID:2yHgo4Pf
怒らないすよw
俺は根本的には無宗の方がいいって考えだし、粗探しみたいになってるかもしれないし。
であ、また来てみますノシ

408 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 13:54:46 ID:AS1lk8kf
俺は正直いきなり重箱とか言われて「はい?」って思った。
けどその後も別に気にしてなかったしそのままレスしてたでしょ?

409 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 13:56:45 ID:AS1lk8kf
297 :南無大師遍照金剛 :2006/06/16(金) 11:19:14 ID:lZMo0z3N
ヽ(´∇`)ノ嵐に来ましたリョン♪

299 :南無大師遍照金剛 :2006/06/16(金) 13:52:09 ID:lZMo0z3N
(*´∇`*) リョンたんも絶賛
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149763816/680

301 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/16(金) 18:51:38 ID:rNTzKAMO
>>299
ご丁寧にども。
あの流れそのものが面白い。

302 :名無しさん@3周年 :2006/06/16(金) 21:07:39 ID:ZMju9T8v
最近、削除人が動いてくれない。

303 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/16(金) 21:37:50 ID:JBYmfrIJ
なんか299のレスあちこちはっつけてるのはなに?

304 :名無しさん@3周年 :2006/06/16(金) 22:29:01 ID:5uspxpEx
age

305 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/16(金) 23:03:50 ID:JBYmfrIJ
今度はむこうにここを貼ったりとかワケワカメ。

410 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:00:56 ID:AS1lk8kf
その頃には俺がこんぶ殿に感心持ってたし話したくて話してた頃。
南無さんは俺のレスのコピペとかをあちこちに貼りまわって仲間を募るような行動開始。
俺はもちろん多少の不信感持ち始めね。

411 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:01:51 ID:AS1lk8kf
334 :南無大師遍照金剛 :2006/06/17(土) 12:05:36 ID:jCaYAbAj
( ´,_ゝ`)ぷっ◆konbu//XQ6


335 :南無大師遍照金剛 :2006/06/17(土) 12:06:50 ID:jCaYAbAj
↑これが顔文字馬鹿電波さん


336 :南無日煉大商人 ◆LEN/FB88UY :2006/06/17(土) 12:06:51 ID:b5eq/kd5
>>334

どこで会える?いつも居るか?
一回〜絡んでみるかwww


337 :南無大師遍照金剛 :2006/06/17(土) 12:11:42 ID:jCaYAbAj
あんまりいじめちゃ駄目だょ。仲良くしてねhttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149763816/


338 :南無日煉大商人 ◆LEN/FB88UY :2006/06/17(土) 12:12:48 ID:b5eq/kd5
>>337

いや、遊びたいだけだから^^


412 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:04:05 ID:AS1lk8kf
煉どの、コピペすみません。

法華経スレで南無さんがこんぶ殿の話を持ち出したり煉殿にも何かしら行動することを期待してるように見えた。
煉殿は大人だからな、相手にしてないけど。

413 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:07:52 ID:AS1lk8kf
680 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/16(金) 13:31:53 ID:rNTzKAMO
■■ここまで読んだ■■

中々面白かった。
ある意味こんな面白いスレは無いかも。




これが俺が南無さんスレの1でしたレス。
これを南無さんがあちこちのスレにコピペして回り。

414 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:09:13 ID:AS1lk8kf
717 :南無大師遍照金剛 :2006/06/16(金) 21:51:19 ID:lZMo0z3N
カパさんヽ(´∇`)ノ評判よいょ♪※☆ 法華経を遊ぼう ☆※
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149929395/



その後俺がいるスレをコピペして回るように思える行動。
真意は不明だけど。
でもこの頃はまだ普通にレスもしてたはず。

415 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:13:21 ID:AS1lk8kf
147 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/20(火) 13:09:52 ID:MWeY9MmK
必死なのか?こんぶ殿。
楽しんでるように見える。


148 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/20(火) 13:11:02 ID:MWeY9MmK
みんな楽しめ。


149 :名無しさん@3周年 :2006/06/20(火) 13:19:42 ID:uaQYndxh
コンブマン


150 :名無しさん@3周年 :2006/06/20(火) 13:35:54 ID:SxzSg8b/
昆布マン?


151 :南無大師遍照金剛 :2006/06/20(火) 13:39:03 ID:jSnMit9X
りょん、煽るようなこというな。
このスレッドは俺を馬鹿にして立てられるんだ。
それが分からない程貴様は不明なのか?

416 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:13:55 ID:AS1lk8kf
152 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/20(火) 13:44:43 ID:MWeY9MmK
南無さんから見れば俺は不明。
俺から見てら。。。俺は不明。
。。。結局不明なんじゃねーかよw
南無さんが楽しんだ時点でスレタイなんて意味ないのにな。
早いところ終らせて次スレは完全雑談スレ立てて欲しい。



153 :河童ギョージャ :2006/06/20(火) 13:49:07 ID:olR27W7m
一気に終わらせてもいいんだけどバカみたいに書き込む気分じゃない。
取り合えず。ウンコしてくる。


154 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/20(火) 13:49:30 ID:MWeY9MmK
なんでこのスレに第2章まで立ったのか。
その因縁果はどうなるのだろう。
人によって解釈は違ってくるんだろうな、全然。


155 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/20(火) 13:50:25 ID:MWeY9MmK
普通に雑談スレだと思えばそれでよいのではないかと。

ノシ


156 :南無大師遍照金剛A :2006/06/20(火) 13:57:59 ID:nuaE0Ejb
みんな師匠のこと、お気に入りなのよネ、

「お気に入り」に追加!



417 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:14:21 ID:AS1lk8kf
157 :南無大師遍照金剛A :2006/06/20(火) 14:38:00 ID:nuaE0Ejb
144さん

何と言うことを!

俺は、南無大師遍照金剛さんの弟子なるぞ・・・!

(´・ω・`) プンプン・・・・・!


158 :南無大師遍照金剛A :2006/06/20(火) 14:47:29 ID:nuaE0Ejb
りょん さん
「ノシ」って何


159 :南無大師遍照金剛 :2006/06/20(火) 15:07:15 ID:jSnMit9X
リョンちゃんごめんね
俺ケツの穴小さかったね
あんまり小さいから痔になるかな
て、ことで、どうぞ皆さん心ゆくまでこのスレッド使って下さい
俺が建てたわじゃないけど
顔文字馬鹿電波の粘着キモクテ頭にきてたからリョンちゃんにあたっちゃった
ごめんね。リョンたん
ちなみにノシは腕を↑↓にした表現

418 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:16:08 ID:AS1lk8kf
たぶんこの辺りから相当俺に敵意っぽい感じ?
俺は南無さんがわけ分からないし、でも馴れ合ったりしてたし
多少は釘刺したい気持ちと皮肉も入るだろうけど、でも別に敵意はなし。

419 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:18:31 ID:AS1lk8kf
302 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 15:08:21 ID:ucTuC35q
>>300
南無さんはかちこちなんだよな。。。きっと。
>>301
まあ宗教アンチだって普段そんなに強くアンチぶり発揮してるわけじゃないし。
中には過激な人もいるんだろうけどw


これはこんぶ殿とのレスのやり取り。
こちこちって書いたのもこの頃は南無さんがレスもして来なくなってたから
まあ見てるだろうなと踏んで、少し柔らかい目で見たほうがと思ったから。
でも今思えばこれが余計だった。
俺は南無さんなんか気にしないで徹底的に関らなければ良かったんだな。

420 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:21:36 ID:AS1lk8kf
327 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 15:53:35 ID:ucTuC35q
うん、あんまり毛嫌いしてるような闘争だとつまらないでしょうけどね。
敵対しててもどこかしらで通じるところあるかもしれないし。
押し付けあわなければいいのだけど。板的に主義が明確に分かれがちだからな。


328 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/25(日) 15:54:19 ID:NB21uRS+
私の楽しみは、なんどもレスるけど、
宗教的な現実の体感。

知識は二の次になれる。




329 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 15:55:42 ID:ucTuC35q
>>326
南無さんは仏教をろくに知らない俺から見ても仏教的に不思議ですw
まあ、聖霊大王さんも霊的と宗教的は違うみたいなことかいてたからそんな感じ?
俺にはよく分かりません。。。


こんぶ殿との会話だけど、これも南無さんを意識してるのはなくはないと思う。
けど内容的に非難でもなんでもないでしょ?
この間にもあちこちでこんぶ殿の悪口触れたり俺に対してもレスあったりしてるはず。
南無さんのほうが敵意剥き出しみたいなのね。

421 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:25:02 ID:AS1lk8kf
410 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/25(日) 19:17:20 ID:DrxbASze
けっきょく二人の問題をほじくって遊んでるだけじゃんw
それでも南無さんは味方してくれてありがとうとか言うんだよね。
お人よしなのか。。。これじゃいつまでたっても仲良くなれないなw


これもおそらく南無さんには通じてないだろうけど。
つか、そもそも俺もあつかましいなとは思えるけど、
南無さんにあまり回りの捻じ曲げた解釈真に受けないで、逆に回り巻き込んだりしないで出来ないのかなって意識あった。

422 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:26:54 ID:AS1lk8kf
551 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/06/28(水) 21:12:23 ID:u3+sqsw4
霊障がどうとかって話が本当だとしたら掲示板とはいえ言ったらやっぱりまずいっしょ。
それに対するきちんとした返事もないとすれば尚更納得いきにくいし。
むやみに言って、いわれた人悩んで自殺でもしちゃったらどうすんのよw霊障だ悪霊だってのは脅しだからね。
それでいて悪言だけいってみたりとか罵ったりはやっぱりどうかと思うよ。
俺としては何でこんぶ殿「だけ」が悪いみたいなのかがまったくわからないのだな。


576 :南無大師遍照金剛 :2006/06/29(木) 04:53:21 ID:TqDNrSba
りょんとかいうのも、顔文字の自演だな
分かったふりして近づいて来て結局
人の感情逆撫でする


423 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 14:30:24 ID:K89jB++z
りょんさん、ひとついいかな。

ちょっと、レスやめて、

頭の中で、

すべての質問に、ひとつに繋がる答えがないか、探ればいい。

それが、いやゆる、聖霊大王さんのマナ識に該当しないかどうか。

そうすれば、

りょんさんが、このあほばかに関わることの意味が浮かんでこないだろうか?

ばかといったなこのばかだヽ(^。^)ノ


424 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:31:10 ID:AS1lk8kf
問題のレス。
これが南無さんの気に触れる可能性は分かってた。
けどこの頃には南無さんの行動にも呆れる感覚合ったし皮肉も入ってる。
だから余計に霊障に関しては断言しないで本当だとすれに留めたつもりだし、
南無さんもそれに言い分あるならはっきり言えば?って思ったからね。
はっきりいって迷惑だからさ、二人の問題であちこちコピペされたり荒らしみたいなことされたり。
俺から見たらこんぶ殿の主張は一貫してるように見えるしね、だから南無さんにちゃんとしたレス促す意味もこめたかもしれない。
俺が「だけ」とか書いてるのも別に「こんぶ殿が正しい」って思ってるんでもないって主張。
でも南無さんはそういう細かいことは関係ないらしい。

425 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:32:13 ID:AS1lk8kf
■■■ここまで■■■

426 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:36:36 ID:AS1lk8kf
>>423
うん、たぶん俺はこんぶ殿が言ってる事も大ちゃんがいってることも理解出来てると思うから。
別にこの板にいなくちゃいけない理由もないし成り行きだしとりあえずレスだけしてみました。
このコピペのほかにも実際には南無さんとこんぶ殿のやり取りはたくさんあるし、
俺としてはそういうのも何かしら感じるものあったし。
南無さんは俺に反感持たせるようなことやってるの間違いないのだし。
関るなって言うなら関りたくもないけど、最初に変に仲間意識持ったから。
それが失敗だった。

427 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:40:00 ID:AS1lk8kf
こんぶ殿が質問スレ?潰したとか言ってるのも結局ここのやり取りみたいなのが続いた結果じゃないんですか?
ここでは南無さんが特攻かけて来てこの流れだし、俺が南無さんのせいで荒れたとか騒げば逆の展開で同じことじゃないのかな。

428 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 14:47:01 ID:K89jB++z
結局、我とは、他人が作り出した幻想。

南無とこんぶの茶番劇も・・・・・・・・

では、事実はどこにあるのかwwwwww

はじめから、終わりまで、ずっと、このやりとりが続いているのだとしたら。。。。

あとは、どちらが、終わらせる覚悟があるのか(笑

2チャンというところは、楽しいところヽ(^。^)ノ


429 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:52:04 ID:AS1lk8kf
俺からすると>>411のような行動をして煽ってるのは南無さんに見えるのだ。
そうやって無関係な人に感心もたせてもしもこんぶ殿寄りになれば敵視する。
大元作ってるのは南無さん自信にもあると思わない?
普通は回りに迷惑かけると思えば議論スレか適当なスレで解決するでしょう、
それもしないであちこちにレスして回って荒らしは向こうだなんだっておかしいでしょ?
それを遊びでやってて通る板なら勝手だけど、南無さんのはどうもそういうのとも違う。
それでも通じないならそれも仕方がないけど、ちょっと考えてみてください。

ノシ


430 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:52:54 ID:AS1lk8kf
>>428
うん、どっちかが譲れなかったら終らないですよねw


431 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 14:59:00 ID:K89jB++z
まあ、わかりやすい言葉で言えば、

けんか両成敗さヽ(^。^)ノ

味噌が悪いのか糞が悪いのか。。。



ノシ


432 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 14:59:52 ID:AS1lk8kf
でもあれでしょ?
南無さんがこんぶ殿の問いに答えきればこんぶ殿にはもう理由がないでしょ?
だから南無さんができる限りのレス返せば終わりになるかもしれないし。
さんざん騒いだんだし南無さんもそれをする必要あるんじゃないのかなあ。


433 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:02:02 ID:AS1lk8kf
>>431
別に無理に関る必要はないしどっちに付く必要もないってことすよね。
喧嘩と這いえ場が掲示板なんだから、良いと思えばよいと言ってもいいし、
悪いと思えば悪いと言っていい。
どっちに対してだって。

434 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:02:29 ID:AS1lk8kf
喧嘩とはいえ。

435 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:03:29 ID:AS1lk8kf
ではノシ

436 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 15:04:22 ID:K89jB++z
>>432
だから、すべての質問に南無が答えられない理由がある。

それを考えてみたらいい。

実は、私が問い続ける理由もそこにあるとしたら、どうだろう。

聖霊大王は正しい。ただ、わかりにくいだけヽ(^。^)ノ

まあ、きっと、きざで照れ屋なんだろう(^O^)/


437 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:06:39 ID:AS1lk8kf
>>436
答えられない理由なんてあるんですかね。
答えられない理由を言えばすむことだし。
大王さんは何気によい人ですwさりげなさがまたいいw

438 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/05(水) 15:10:48 ID:K89jB++z
>>437
本能で感知できる、簡単なこと。
頭でも感じることは出来る。

だから、レス止めればいいよ。

私は、坐禅の趣味も瞑想の趣味もないが、
わかりやすいほどに感じるものがある(笑

すべて、ひとつに収斂していく。

ほんとにノシ

439 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:35:02 ID:AS1lk8kf
>>438
こんぶ殿は南無さんを分かってる。
わかっててやってるんだからある意味南無さんは踊らされてるような面もある。
南無さんはこちこちだからすぐに過激に反応するし。
あんまり追いつめないで、若者みたいだし。
ソフトに聞いてあげたら。そうする気持ちも分かる気がするから何なのだけど。
でも南無さんの性格なんだろうな。。。宗教語ってなかったらなんてことないことなんだろうけどな。



440 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 15:37:18 ID:AS1lk8kf
誰が正しいとかね。
南無さんには南無さんの理由があるから俺やこんぶ殿が悪い。
だから俺もこんぶ殿も悪いでいいとして。
南無さんは完全で非がないと自分で思う?
非がない必要もないかもしれないけどね。

さて、出かけるノシ



441 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 17:19:25 ID:nmF//LOv
傷害容疑で顕正会施設など家宅捜索
date:7/4 09:58




宗教法人の勧誘をめぐり、捜査のメスが入りました。宗教法人「顕正会」の会員が、入会を断った元短大教授の男性を殴ってケガをさせた疑いが強まり、群馬県警はこの会員を逮捕するとともに、「顕正会」の施設などの一斉捜索に乗り出しました。
捜索の容疑は傷害。今年5月、館林市に住む「顕正会」会員の中沢誠容疑者(58)が、市内の料理店で入会を断った元短大教授の男性(71)の顔を数回殴り、ケガをさせたというものです。
「てめえ、顕正会に入るって言ったじゃねぇか」。中沢容疑者は店内でこう怒鳴り、いきなり殴り付けたということです。
「顕正会」はさいたま市に本部がある仏教系の宗教法人で、ホームページでは「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ」などと終末思想を唱えています。
調べに対し、中沢容疑者は「入会を断られて腹が立った」と容疑を認めているということです。

442 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 22:28:17 ID:AS1lk8kf
>>428
こんぶ殿有言実行。さすがですね。
ただ消えちゃだめすよ、俺も突っ込みとか入れて欲しいしレスしたい。
と言うより俺消えればいいんか?w

443 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 22:32:39 ID:AS1lk8kf
俺、こんぶ殿のレスの否っての見てなかったんすよ。
そのまま続けちゃっててすみませんでした。

444 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 22:46:56 ID:oOOo4H2p
りょん!

445 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/05(水) 22:53:22 ID:AS1lk8kf
。。。w
俺、そろそろ仕事ノシ(w

446 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 22:59:02 ID:oOOo4H2p
逃げるな、りょん!

447 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 23:26:53 ID:wCETM0AZ
>その後俺がいるスレをコピペして回るように思える行動。

それはないよ

448 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 02:51:29 ID:nc0DWACS
たらいま。
>>447
自意識過剰かな。


ノシ

449 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 03:15:17 ID:nc0DWACS
思うのだけど。
特に外人なんかだとクリスチャンだったりとか仏教でも宗教持ってる人多いけど。
なんか日本人の宗教観と違うの多い気がする。
いちいち教義的なものを全面に出すよりも純粋に神様信じてて心、綺麗な感じとか
あくまでも自分自身の中で信仰してるように感じられる。
なんか日本人の宗教って言うと人にまで及ぼそうとか目的がずれてる気がする。
自分の中の信仰を持って人にも接するのと、人に信仰を持っていくのとは違うよな。

450 :聖霊大王:2006/07/06(木) 13:34:53 ID:D5yJ1/VZ
なんか日本人の宗教って言うと人にまで及ぼそうとか目的がずれてる気がする。

これは、きっと、戦前の国家神道の悪影響で、特に、層化及び、新興宗教が、彼ら自身が自覚しないままに、
国家神道の異様な集団性の文化を受け継いだ為だと思う。
戦前の軍部が、力を持つのも、テロ集団も、国家神道プラス日蓮過激主義のせいだからね、、

451 :聖霊大王:2006/07/06(木) 13:38:48 ID:D5yJ1/VZ
マ、要するに、自立性、自己を拠り所にするのが、苦手な国民、特に、明治以降は、、、

452 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:04:37 ID:Ru2p4IMI
天皇が神だとか神風だとかやってたんだもんね。
ある日天皇は人間だったって当たり前のことを言われていろんな宗教がさらに普及して。
それでも人は何かしらの神を求めたりするのはなんでなんだろう。
騙されたくて仕方がないようにも思えてくるね。

自立性、拠り所を自己にするのが苦手か。
自分の意見もろくに出せないヤシも多い気がするし、そんなヤシでも宗教にそって語るなら語れるとかね。
拠り所って言うのかな、そんなのも。

453 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:06:35 ID:Ru2p4IMI
結局は自分自身の指標を設定できずに宗教に指標を求める人もいるってことかな。
広く色んなものとかから拾ったほうがいいよね。
大王さんだって色んなものから自己の指標探してるっぽいしね。

454 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:07:18 ID:Ru2p4IMI
つか。こんぶ殿は?

455 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:16:55 ID:Ru2p4IMI
こんぶ殿に質問しておこう。

お聞きします。俺は宗教を否定してますか、肯定してますか。

456 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:17:30 ID:Ru2p4IMI
ノシ

457 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 16:18:40 ID:ZPA9FXMc
退廃した時代にはカルトが蔓延する
日本人への恨みがあれば日本人の悪い部分ばかりを正当化させる宗教が蔓延する
ルサンチの煮えたぎったものは、同じ負の想念の持ち主同士で引き合う
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1141047333/1
かならずしもむこうの宗教スタンスがよいというわけでもないことは
現地に住んでみなければわからないこと。

458 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 16:19:39 ID:yiAkY0Bv
>>452
>それでも人は何かしらの神を求めたりするのはなんでなんだろう。
重要なポイントでしょうね。それを、

>騙されたくて仕方がないようにも思えてくるね。
のように切って捨てるのは如何なものかと・・・。
生物としてのヒト(の脳)の癖かもしれない。
社会的存在である人間の避けられぬ、思考のベクトルかもしれない。
日々出会う様々な出来事の処理に際し、弱くて重すぎる場合
支えがいることもあろう。

459 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:21:43 ID:Ru2p4IMI
>>458
レスありがとう。
俺のその辺の志向が何なのかをね、こんぶ殿に聞いてみたいなと思ったのでした。

ちなみにこの思考はなんなんだろうな。

460 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:24:53 ID:Ru2p4IMI
志向×思考○

461 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:36:09 ID:Ru2p4IMI
>生物としてのヒト(の脳)の癖かもしれない。
>社会的存在である人間の避けられぬ、思考のベクトルかもしれない。

無宗であるのに宗教に関心持つわけもここにあるのか?
自分に宗教自体が必要だとはどうしても思えないのだが。

462 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:38:43 ID:Ru2p4IMI
面白い。
宗教に関心を持つというよりは宗教に関心を持つ人の心理に関心があるようにも思えてきた。
拒絶するだけであまり深く考えたことのない方向性だから面白い。

463 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 16:39:18 ID:ZPA9FXMc
その観念における宗教は不要だね

464 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:40:03 ID:Ru2p4IMI
俺も不要だと思ってるけど。。。
その観念ってどういう観念に思えるの?

465 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 16:43:08 ID:ZPA9FXMc
思い込みで全体主義に向かわせる集団

466 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 16:46:53 ID:Ru2p4IMI
ん?それは宗教団体のこと?

落ち、また夜にでも来るノシ

467 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 18:15:32 ID:43DrFQXI
個人の思想や人生観が、その人の宗教なのだから、無宗教は実際には存在しない。宗教団体に属して
いないこと自体に何の問題もないが、自称無宗教者の一部には、自分は何も信じ込んだりしていないと
勘違いしている人がいる。信じているから大丈夫と思いこむのが間違いなように、無宗教なら大丈夫と
いう考え方も盲信以外の何物でもない。何かを信じ込んでしまうと言う点で人は誰でも一緒。だから
人を宗教信者と無宗教者とに区別しようとする考え方そのものが正しくないし無意味。
俺は3代目のクリスチャンで、入信した訳じゃない。だから、宗教を信じれば何かいいことがあると思っ
て信者になる人とはそもそも立場が全く違う。だから無宗教の皆さんが考えるようなのとは全然違った、
そして1代目の信者ともまた全然違う感覚で、宗教について、信仰について、考えなきゃならないから、
別にそれがいいとか正しいとかじゃなくて、必然的に視点が違ってくるわけ。

468 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 20:11:11 ID:nc0DWACS
>>467
宗教の定義が個人の思想や人生観ならそのまま同意。
神格化された存在が必要だとしたら同意しない。

>信じているから大丈夫と思いこむのが間違いなように、無宗教なら大丈夫と
>いう考え方も盲信以外の何物でもない
ここは。信じているから大丈夫の対に無宗教なら大丈夫ってならないでしょ?
無宗教だと思うことによって何が大丈夫になるのだろう。
別に信じないってことから何も生まれないよ、自分の目で見て自分の頭で考えて
そのことに自信が持てるようになっていけるかどうかだけで、へたすれば宗教者よりも
不安定にもなりえるかもしれないし。
凝り固まりにくい反面安定し難いってことだってありえるんじゃないかな。
クリスチャン3世で入信していないの部分には感心もつけど、
ちょっと質問してみたい。神様いると思いますか?

469 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 20:25:03 ID:yiAkY0Bv
>>468
自然界の各種様々な造形、生物の多様性を目にすると
神様が創ったのかもなぁ・・・って感動することはあるw


470 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 20:36:41 ID:nc0DWACS
>>469
そういうのは何となく分かるよ。
自然の中に感じるエネルギーとか神秘さ。
山や大地までも生きてるような力強さを感じるとか。
観る人次第だろうけど。
その感じる物の神秘さを神に例えて発展させれば多神教的感覚になっていくんだろうなとか。
そうやって想像するくらいだったら純粋に楽しめるのかもな。
でも、そんな神秘ですごい自然やなんかを人間が作り上げた神のお陰だなんて傲慢だともいえる。

471 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 20:41:08 ID:yiAkY0Bv
>>470
もうひとつ、
あなたが当時の当地の風土の中にいたら、
迷いもなく神様を信じていたかも知れないぞw

今、あなたは、ぬくぬくとした環境にいないか?

472 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 20:44:22 ID:nc0DWACS
>>471
今はぬくぬくしてるけど神様がいないと明確に知った時には全然ぬくぬくじゃなかったよ。
生まれてからすぐに神様がいないと思ってたわけでもなくて得たいの知れないものの存在は感じてたんだよね。
それが生まれてから言い聞かされて思い込まされたものだと知るまでは神っていうか得体の知れないものは有り得る気がしちゃってた。
だから当然に大昔に生まれてればそう思えたかもしれない。

473 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 20:50:50 ID:nc0DWACS
でもね、神様なんていてもいなくてもいいんだと思うよ。
それが悪い方向に出なければ。
大人になってサンタさんを信じてたって、ただそれだけだったら心が綺麗にも感じる。
そんなようなことだと思うかな。
サンタさんが例えだとちょっと子供っぽ過ぎるかもしれないけど、
俺には一番適当なのがその例えだな。

474 :名無しさん@←暗在系:2006/07/06(木) 21:02:35 ID:ZPA9FXMc
神格化ではなく実際にいますがね

475 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/06(木) 21:03:17 ID:ZPA9FXMc
こういうのはよほど特殊な才覚がなければ理解できない

476 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 21:30:56 ID:43DrFQXI
>>468
だから、ごく自然に無宗教な人は問題はないけど、中には無宗教に凝り固まってる人がいる。攻撃する
対象として宗教があってこその無宗教、みたいな。だから、いずれにせよ凝り固まってるのは間違った
不自然な姿勢であって、宗教信者にしてもそういう信じ方は間違いなんだよ。
で、神様ね。。。
存在証明ゲームで詭弁を弄するのも面白いけど、ここはそういうスレじゃないだろうし、馬鹿げてるから
そこんところは省略させてもらうよ。白い髭の神様について聞いているのなら、そんなのは居ない。
ただ、神を信じる、信頼するという生き方がある。神は誰それで語る存在じゃなくて、語りかける存在。
いると思うのは信じているのと違う。もしそれが事実なら、信じる必要はないんだからな…



477 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:03:52 ID:nc0DWACS
>>474-475
実際にいる人に入るだろうね。
>>476
返レスサンクス。
基本的に考え方的にも同意できる気がする。
宗教的立場からであろうが無宗教的立場からであろうが凝り固まった姿勢であればそれはどっちも同じことだし。
宗教であろうがその他の思想やなにかであろうが追求して自分の心の支えや指標にするのであれば同じこと。
神様は、俺的には本当にいてもいい。その神が権力をもつものや世間に対して絶対的な価値のあるものでなかったら。
それはあってもなくても同じことだから。
もちろん信じると言う気持ちには強さにもなるからそういう意味での存在意義もあるし。
必要ない人には必要ないけどね。
意味合い同じかな?

478 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:04:48 ID:nc0DWACS
実際にいる人にはいるだろうね。
また打ちミス。
多すぎだonz

479 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:08:19 ID:nc0DWACS
もう1個俺的考えで。
神様はいると思える人、いないと思わない、思ってはいけないと思う人がいると思う。
いるとして疑うことの出来ない人とか。
そういう人には神は存在する。
神を疑うことが出来る人には神はいないと確信することが出来る。
本当に存在を信じる余地も無いまでに確信したら、もう二度と神がいるとは思えないかもしれない。

480 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/06(木) 22:09:53 ID:ZPA9FXMc
という過程は踏んでるんだよね悪いけど

481 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:11:03 ID:nc0DWACS
ん?何が悪いのだ?

482 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/06(木) 22:14:27 ID:ZPA9FXMc



ふぅ。

483 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:14:56 ID:nc0DWACS
ふぅ。

484 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 22:18:44 ID:yiAkY0Bv
>>477及び>>479

そのスタンスを保持してください。
たとえ冗談でも、太刀のようにはならないで・・・w

485 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/06(木) 22:22:44 ID:ZPA9FXMc
りょんはかわいいから許す

486 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:25:25 ID:nc0DWACS
>>484
太刀っていうかな。
冗談じゃないのだけど、「宗教」って言葉だけで意識すると憎悪に近い感覚のこってるからね。
「宗教団体」なんてなったらもう汚い物としてしか感じられないような部分あるな。
でもここに来てレスしてるうちに徐々に中和されつつある気はする。
宗教を純粋に信じてる人に対して直接的な嫌悪感とかそういうのはないよ。
>>485
許してくれてありがとうw

487 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 22:35:14 ID:yiAkY0Bv
>>486
「太刀」って、コテのことだよw
害毒といえば仏教 (現行スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151062924/

過去スレ
人を害し毒するのが仏教 (1001)
   06/04/22 17:42 - http://life7.2ch.net/psy/kako/1145/11456/1145695361.html

害毒そのものでしかない仏教 (1001)
   06/03/23 09:52 - http://life7.2ch.net/psy/kako/1143/11430/1143075158.html

薬になりえない害毒、それは仏教 (1001)
   06/02/19 19:26 - http://life7.2ch.net/psy/kako/1140/11403/1140344797.html

害毒にしかなりえない仏教 (1001)
   05/10/24 21:46 - http://life7.2ch.net/psy/kako/1130/11301/1130157999.html

害毒であるところの仏教 (1001)
   04/03/17 06:01 - http://life6.2ch.net/psy/kako/1079/10794/1079470910.html

害毒としての仏教 (0985)
   03/10/28 08:13 - http://etc.2ch.net/psy/kako/1067/10672/1067296402.html

488 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:39:04 ID:nc0DWACS
ああ、そんなコテさんがいたのかw
新参者なので全然知らないので。
でも宗教の悪いところを語れって言われて語らせたらそうとう皮肉や憎悪の固まり見たいなレスできるな。
そのバランスが自分でも微妙なのだな。。。

489 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:41:04 ID:nc0DWACS
と言うより。
俺のレスあるじゃん。
いつのまにかレスしてたらしいw

490 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/06(木) 22:41:52 ID:nc0DWACS
それでは今夜もありがとうございました。

ノシ

491 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 22:57:35 ID:yiAkY0Bv
>>489
可愛いなw (´ω`*)

おやすに ノシ

492 :聖霊大王:2006/07/07(金) 11:02:13 ID:wriKeKk7
クリスチャンの人、現れたね、ここのスレ、さりげなく、入れていたので、
この、おいらのコテ、絡まれそう、許してね、聖ィグナチウス的世界を感じたので、調子乗っとる。
さて、話は、仏教へ、、
んんん、驚いた、また、深い世界を知ってしまった。
よくも、ま、仏教徒というやつは、いろいろ、驚くことを、驚く発想をしているな、と思う。
実際の日本人は葬式仏教か、新興宗教、浄土宗系、日蓮宗系の信じるを重んじる宗教が、主流で、
分析的、実践的、合理的なものとしての、仏教を認知しているものは、日本のキリスト教徒の数より少ないかも、
ッテ、感じがする。
やっぱり、りょんちゃん自身が、宗教は信じるか、否かという、視点が中心で、
それだけ、一般の日本人にとって、信じるか、否かの宗教が主流なのだろう。
正統な流れの、仏教は、合理的か否かの問題なのだが、、瞑想すら、合理的生活の基本にすぎない、決して信仰ではない。

真言宗の胎蔵曼荼羅、金剛曼荼羅の二つを修行の方法論として、確立した空海の深遠な、狙いがわかった。
しかし、仏教と言うのはとんでもない、超合理的というべきか、人生観を確立するものだと、
驚かされる。
キリスト教、イスラム神秘主義、ヒンズーが考える以上の人生観を確立しているから、驚く、
まだまだ、驚かされるかも、しれない。。

493 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 11:27:12 ID:vPVRgVC5
>>491
かわいいって。おっさんw
>>492
その人はそんなことで絡んだりしないと思うけど。



494 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 11:32:31 ID:vPVRgVC5
俺が信じるか否かでレスしてるのはスレタイ的流れもあると思うけどね。
おおもとの仏陀の話は俺も好きで色々過去にも最近にも見たりしたけど。
この間勧められたのも読んだ。
あらためて読んでみて感じるのは比喩が多すぎる。
あまり比喩が多いと解釈が捩れやすい、それだから大乗仏教なんてものが仏陀の教えだと言い張りながら存在しえたんだろうけど。
もともとの合理的なものは奥に隠されて信じなさい的思想が強まった感じは受ける。

495 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 11:35:42 ID:vPVRgVC5
曼荼羅って発想は面白いよね。
パラダイムとかそういうのと同じ感覚なのかもしれないけどなんとなく曼荼羅とイメージすると
思想の位置付けとかし易い気がする。
でも宗教世界の曼荼羅を心の中においたとするとそれだけでは全然世界が狭くて。
大ちゃんなんかは色んな宗教のものや個人のものとかもてそうだけどね。

496 :聖霊大王 :2006/07/07(金) 11:48:26 ID:wriKeKk7
結局、曼荼羅、ていうのは、極めて、仏教の教えを、臨済宗と違って、解りやすく、語っている。
それは、どんな、人でも、本来は、いいものを持っている。仏と同じ心を持っていると言う思想が、
曼荼羅、
その心を失うと、ガラの悪い感情的な論争の世界に落ち込むと言うわけ。。
どんな人でもよいものを持っている部分を仏の力で、(当然信仰のない人でも)引き出そうというのが、
曼荼羅、
真言宗のお坊さんいわく、
キリストも曼荼羅の中にあるんだという。。


497 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 11:51:42 ID:vPVRgVC5
お、大王さんちわ。
>それは、どんな、人でも、本来は、いいものを持っている。仏と同じ心を持っていると言う思想
これいいね、人間は本来害悪だなんて言ってるよりも全然いい。
前提を善とするか悪とするかで世の中の発想自体が変わるよね。

俺の曼荼羅の中にも宗教をおこうかと。片隅の方に小さいスペースでもw
つっても大ちゃんの言う合理思想的なものだけだけどね。


ではノシ

498 :聖霊大王:2006/07/07(金) 13:12:42 ID:YZEHBWXY
おいらは、臨済宗といながら、仏壇は浄土宗、長男だが、改宗するきなし、ま、仏壇は浄土宗でええか、
めんどくさいし、というカンジ。
臨済宗の師匠がある、といいながら、向こうに、弟子だといわれたこともなく。
こちらも、師匠といったこともなく、勝手に、こちらが偉大な和尚と、思っているだけ、
話するのも、大晦日ぐらい、
こちらも、禅とは何か、お教え下さいといったことなし。
坐禅のやり方を教えてもらったぐらい。
大晦日は、和尚の行動、発言を楽しむだけ、ここに、結構後で、驚くセカイが待っている。
最近、ひさびさに、話が出来たが、15秒ぐらいしかせず。
坐禅1時間やれ、といわれ、わたしゃ、坐禅をする。
「100年ぐらい坐禅しとるようだ」
とほめられるが、
んん、師匠を殺し、無!!!!!!!と
無で殺す。
坐禅終えたら、師匠の姿なし。
わても、そのまま、家に帰る。
全く、縛りも無く、追わずの、ドライ、クール世界。
無!!!!があるだけ、、、
無!!!!!の付き合い、跡形残らず、不思議な関係、、、、

499 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 17:49:01 ID:vPVRgVC5
大ちゃんはおもしろいなあw
でもそんな世界観っていうか経験はそれはそれで面白そうだな。

俺が変なことに頭突っ込んだからこんぶ殿とレス出来なくなってしまった。
大ちゃんの力で呼んでおくれ。


500 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 18:00:21 ID:vPVRgVC5
それとも1個。
大ちゃん流のマナ意識の解釈知りたい。

501 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 20:36:05 ID:QGbe1UG7
パラダイムの相容れなさとか
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148859808/86

502 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 22:39:58 ID:o6JANSAi
いつの頃か定かではないが・・・・多分小、中学生頃か。
ふだん静かな母が「宗教はダメ!宗教すると狂っちゃって家庭は放っぽって
出て行くし・・・・宗教はダメ。」といつにない強い口調で自分に言われた
ことを覚えている。何か事件があったのかもしれない。
あの頃は「宗教」の言葉も知らなかった。

現在日本中が不信感一杯になった宗教団体の責任は大きい。
と同時に、ひとくくりに単純に決め付けることも又、危険。この世は複雑で
人間の頭は単純過ぎる。大きく息を吸い脳に余裕を作り、犯人探しならぬ
本物探しゲームを始めてみるのも一興。どこかに「宝」があるかも〜n。

わたしは今そう願いたい。












の頭は単純に出来ている。


503 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:19:18 ID:mcQwFIcX
>>501
パラダイムの相容れなさというよりは衝突?
マナとパラダイムが同義とも思えないのだが。
マナ識そのものが良くないものと位置付けられるのではなくて歪んだマナ識が危険って認識でおっけ?
俺はちょっと見た限りマナ識のあり方が人間として本来大事なことな気がする。

504 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:20:49 ID:mcQwFIcX
>>502
よくわからないのですが。。。w
でも中高生まで宗教を知りもしなかったなんてのはそれだけでも幸せだよ。

505 :聖霊大王:2006/07/07(金) 23:35:35 ID:UBtLux9u
マナ識は、ガラの悪い感情論争状態で、理論的に言いたかった。
実際。臨済宗と真言宗と天台宗はマナ識を語る法相宗と解釈が違う。
臨済宗は、一切否定のち、なんでもよくなる。
真言宗は、欲望を肯定しながら、仏の力で、悟りに至る。
つまり、マナ識は、りょんちゃんにすすめた、原始仏教に近い解釈の流派、
ガラの悪い状態を論理的に収めようとして語る。
臨済宗は無!!!!!で、論理的でなく、
真言宗では、マジでなむさんを追い込んじゃう(弘法大師のコテ名つかっている)
真言宗の論理で押すと、なむさん、逃げ場がない。

506 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:37:43 ID:mcQwFIcX
もうその人の名前は持ち出さないでおくれw
マナ識自体は善も悪も関係ないってことで宗教的解釈は正しいんだね?

507 :聖霊大王:2006/07/07(金) 23:43:04 ID:UBtLux9u
マナ識はそのままでは、やばい、(法相宗の考え)
修行して、こだわりなくさねばならない、自己を超えた智に変わらねばならない。
修行して(瞑想)、変わらないと、いう考え。

508 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:44:49 ID:mcQwFIcX
ふーん。
ちょっとググった限りでは潜在意識的なものとか信念的な部分とも重なるように見えたけどね。
宗教的価値観で照らされると社会的な信念自体も否定されかねないってことかな?

509 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:46:11 ID:mcQwFIcX
ちなみにその法相宗って言うのも大乗仏教?
なんか大乗仏教って言うのがあまり良くない思想のような気がする。

510 :聖霊大王:2006/07/07(金) 23:49:23 ID:UBtLux9u
ま、結局、社会というのも、相対的だから、、例のスパルタ親父の子供が母と兄弟を焼き殺したという事件は、
親父の世間的のものを絶対化した、最悪の結末だね、それを分析する能力がある宗教、いや、人間学が、
仏教、法相宗、唯識論であるわけだ。心理学者のユングすら、仏教に注目しているよ。

511 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:50:17 ID:mcQwFIcX
もう1個大ちゃんに質問します。
仏教害悪スレで大ちゃんがもともとの仏教はクールでドライで信じろとか言わないって書いてたでしょ?
でも俺の知ってるかぎりだと仏陀をはじめ弟子たちが帰依しなさいとか布施について説得したりしてるでしょ?
そういうのはどういう解釈になるのだ?

512 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/07(金) 23:52:49 ID:mcQwFIcX
>>510
仏教には注目するだけの価値あると思うけど。
でも現代では仏教やその他の宗教の哲学思想を取り入れた新思想や哲学も十分にありえるでしょ?
時代遅れになってる部分や無理が出ているのは事実だと思うけど、そういうのはどう思う?


513 :聖霊大王:2006/07/07(金) 23:55:25 ID:UBtLux9u
大乗仏教イコール層化、日蓮宗ではない。
大乗仏教の開祖、竜樹は、一切は空、実体がない、といった。おいらの臨済宗が、
この竜樹の直系といわれている。
大乗仏教は信じるものではなく、瞑想で、万物は流転し、その中で自由に生きるもの。
層化、日蓮宗的悪影響の解釈だ。
厳密にいえば、日蓮、層化は一切空とは、考えていない。
結局、末法思想も、信じる重視の仏教も日本人が主流の考え。

514 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 23:56:21 ID:MbqjQ6Vd
貴方は、思考にグラデーションがない方なんですね・・・。
パンキョーレベルの仏教でいいなら、こうした聞きかじりでも構いません。
が、もう少し詳しく知りたいと思ったら、(2chでの情報収集は続けても構いませんがw)
御自身で、漢訳・南伝ともに、直に仏典に触れてください。
百のカキコより一の読み、です。

515 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 23:57:23 ID:MbqjQ6Vd
>>514は、主に>>511

516 :聖霊大王:2006/07/07(金) 23:59:42 ID:UBtLux9u
でも俺の知ってるかぎりだと仏陀をはじめ弟子たちが帰依しなさいとか布施について説得したりしてるでしょ?

これが、日本人的解釈が、相当入っているわけ、
なぜなら、元来仏教は信じるのではなく、瞑想の修行を前提としている。
それを日本人、浄土系、日蓮系が、信じる重視にしてしまった。そこから、解釈が、変わる要因。

517 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:01:01 ID:mcQwFIcX
>>513
うん、竜樹は知ってる。
空の考え方とかも面白いとは思ったけど実体が無ければ思考的にまとめ難いのもあるね、
一般人には。虚であろうがなんであろうが目の前にある事実と信じるものを。
そんな考え方が必要な局面も多いと思うのだ、普通に生活している人にはね。
>>514
仏典関係の物も見たことありますよ、ただあまりとっつきたい内容ではなかったかな。

518 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:03:04 ID:UBtLux9u
でも現代では仏教やその他の宗教の哲学思想を取り入れた新思想や哲学も十分にありえるでしょ?
時代遅れになってる部分や無理が出ているのは事実だと思うけど、そういうのはどう思う?

これについて、坂本竜馬の師の話、終戦直前の総理大臣の話など、これは古い話だろうか???

519 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:03:27 ID:MbqjQ6Vd
>>517
そか・・・・。
少なくとも、大王の発言はかなり偏っていることは念頭に置いてくれ。
いちいち補足・訂正するには分量が多すぎる。
(多少鋭い観点も散見されるが・・・)

520 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:04:37 ID:mcQwFIcX
>>518
古いねw
でも古いことの中にこそ普遍の真理なるものがありえるだろうしね。
新旧の照らし合わせは必要だし古い=役に立たないとは思ってないよ。

521 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:07:06 ID:mcQwFIcX
>>519
大ちゃんの発言は一つの宗教をじっくりやってる人には違和感あるかもしれないけど、
俺にはその視点が斬新なのだ。
こんぶ殿の視点なんかはものすごく興味あったのに。。。

522 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:07:44 ID:UBtLux9u
上の話は、人間の交渉能力についての話なのだけれども、
それが、古いというなれば、人間の現在は交渉能力は、不要となるのだろうか??

523 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:08:49 ID:V15jNq1C
敵を味方にする、その智慧は、古いのだろうか??

524 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:09:40 ID:E38iW8fT
もう一つレスするなら。
俺の偏見だけど、仏教関係の解説書とかその本自体がすでに偏ってるのだな。
作者の主観でどう解釈するかが決まってきたり矛盾と感じるものがあったり。
だから本当に正しい教義なんてものがあるのかも謎で、それがいけないってんじゃ無くて
結局はそこから自分が何を学ぶかな気がするのだ。

525 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:11:06 ID:E38iW8fT
>>522-523
ごめんw
そうじゃなくて、俺はその手の話好きだしもっと古いものからもたくさん学んだよw
時代的に現代じゃないから古いって単純に時間的なこと言っただけ、すんまそ。

526 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:11:11 ID:iuoMNvEO
僕は今のアキュもいいと思うけど
70年代のラックスをニアフィールドで聴いたら手放せなくなったよ
今のアンプは温故知新でもっと生命感を高めてほしい
特にローテルなんかはそのへんずっと守ってるよね
中身みるとスカスカでこれで**万か!とか素人ながら思うけど
基盤がソノリティに悪影響を与えていることは確かで
いかにノイズ対策素子とか使わずに設計されているか…
玄人の人はその努力をスカスカの中に垣間見るわけだよ
人との接点は多いほうがいいけど機械的な接点はなるべく少なくしたい、
というのがローテルの有名な理念だよ

527 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:12:29 ID:V15jNq1C
仏教は、元来一番、極道な宗教だ、信仰で、終えれない。
求め、修行しなければ、、何も得れない、理解できない、モノにできない。
だから、信心しろとはいえない。ドライでクールな宗教なのだ。

528 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:12:46 ID:rYOj6JCI
>>521
>一つの宗教をじっくりやってる人には違和感あるかもしれないけど
それは違う。仏教を離れてみても残る違和感だ。

ま、それはいいとしてコピペ ↓

529 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:13:22 ID:rYOj6JCI
944 素人 sage 探すの苦労したよw 2006/07/05(水) 15:31:00
>>925
◆決定論:脳は物質だから意識は必然にすぎない55◆
811 名前:素人 2/2 投稿日:2006/02/25(土) 20:00:41
>>807
このスレで「縁起」(及び仏教用語)を使う困難。
その1:デカルト的懐疑(無限遡及)に対する印籠が用意できるかどうか?
 →結局、「受け止め方だよ。」としか言えなかったら、【このスレでは】意味がない。
  →個人的には、時間を楯に「一回でいいじゃんw」と言いたいのだが・・・。
その2:一言さんと少しやりとりをしたこともあるが、現代科学の研究成果との整合性に難あり。
 →特に、《五蘊十二処十八界=五蘊は上記。十二処は、根と境。十八界は、根・境・識。
             仏教に於いての一切の存在を一言で述べたもの。(→厳密に吟味すると少々不整合な部分も?)》
その3:このスレでの「因果(因果律)」という言葉、「因」という言葉の用いられ方は、
    絶対的な第一原因あるいは直接の原因のみで、付帯条件はほとんど無視される傾向にある。
その4:仏教的価値観を多方面に敷衍させる際のコワさがある。こじつけは避けたいから。
 →その意味では、ここは結構いい実験場ではあるが・・w 好感の持てる論客も居るしw
   自分にもっと文才があれば、理系・物理板へ突撃してみてもいいんだが・・・(爆。
その5:自分の理解を、そのままズバリ表現する文章がでてこない。
 →縁生偈そのままじゃ芸がないし、あれは、
   実存的に「私が縁起している」という背水の陣の宣言だと受け止めているから。
その6:話が深くなるほど、核心に触れていくほど、自身の生き方から目をそらせなくなる・・・。
その他:ま、はっきり言ってスレ違いになることは否めない。
    そうならないためには、他住人のあたたかい理解がないと・・・w

今すぐ言葉にできるのはこれくらい・・・ スマソ orz

530 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:14:17 ID:rYOj6JCI
945 素人 sage 探すの苦労したよw 2006/07/05(水) 15:31:43
>>925
◆決定論:脳は物質だから意識は必然にすぎない56◆
320 名前:素人 投稿日:2006/03/03(金) 22:35:21
>>319
お気遣い多謝。 m(_ _)m

とりあえず前置きを幾つか。
私が、どれたけ、もっともらしいことを書き込んだとしても、
それは「私個人の見解の域を出ない」ということを、忘れないでください。
また、「仏教は、この世の全てを《正確に》記述するものではない」ということ、
むしろ、「多くの部分を故意に捨象してこそ成り立つものである」と受け止めておいてください。
「仏教は、非常に合理的・科学的な面もあり、現代科学の成果との親和性もみられますが、
 融合・融和には、慎重の上に慎重を重ねるべきである。」ことをわかってください。
いや、むしろ《仏教そのもの》は、現代科学の成果とは、しっかり距離を置くべきだろうと思います。
(仏教ベースのトンデモ説は悲しいです。)

あと、とりあえずは、
私の、このスレへ参加し始めの頃の、一言さんとのやりとりは多少参考になるかもしれませんw

最後に、
「本格的な回答を望みますか?だとしたら、こちらも準備が必要なので、すぐにとはいきませぬ・・(^^;


531 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:15:30 ID:rYOj6JCI
551 1/2 sage 2006/06/08(木) 14:43:09 ID:Y4N/7cKg
>>550
 >細胞分裂(発生)や、食事によって成長することに関しても、
 >識が深く関わっているという印象を受けるのだがどうなんでしょう?

特に心経等は、学者・僧侶問わず様々な人が、解説書≒生き方指南書を記している。
そのように、現代へ・・・いや、自身の生き方へ敷衍させることを否定するつもりは毛頭ない。
原始仏典を座右の銘として生きることは素晴らしい。
また、仏教【的】視点を利用して、現代の様々な事象へ斬り込んで行くことも、
有効で有意義なことであろうと思う。寧ろ大いに各分野の人にやっていただきたい手法である。
けれども私は、
仏教の理論(理屈)を、そのまま現代へ持ってくることは良くないと思っている。
(特に古代の思考は)時代背景抜きに語ることは出来ないと考える。
同様に、現代の価値観・知識等を仏典に投射することもまた、
細心の注意を払って、慎重になされるべきだと考える。
輪廻や無色界、四禅、神通等等等w

  (最新の科学的知見との整合性を探るという作業も面白いだろうし、なされる価値はあると思う。
   現代においては、説法の際の武器の一つとして、かなり効果的なものになるだろうとも思う。
   しかし、それはあくまでも、仏教の周縁の周縁でしかない。プラスアルファ以上のものではない。
   たとえ、仏典を再編纂するとしても、本文ではなく新たな註として加えられるものであろう。)

532 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:15:58 ID:V15jNq1C
坐禅をする、脳波がかわり、アルファー波のリラックス状態となる。
これ、ちゃんと科学的立証されてます。
その向こう側を追うのが仏教。

533 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:16:18 ID:E38iW8fT
>>526
古いものには味やぬくもりがあるって?
俺的にいいたかったのは宗教の教えがあまりにも変化しなければ時代に合わなくなるってこと。
>>527
宗教学者や坊さんになるならともかくね。
普通の生活してて仕事に専念して趣味持ってたら修行の時間なんてほとんどないでしょ?
なまじっかかじるなら人生哲学を身につけたほうが絶対に有意義だと思えるのだけどなあ。

534 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:16:21 ID:rYOj6JCI
552 2/2 sage 2006/06/08(木) 14:45:33 ID:Y4N/7cKg
また、余談になるが、(道場ちょこっと覗いてみましたがw)、
誰でもが、(特に2chでは)、理屈っぽい教義に走り、
論理としての普遍性をもって語ろうとする。(本スレもそうでしたねw)。大切なことだと思う。
釈尊は聡明な人物であったろうから、(菩提樹下ではまだぼやけていたかもしれないが)、
批判・反論をきちんと受け流すだけの思索があったろうと思うし、45年間の教化は、
そうした、自己の思想の点検整備の日々ではなかったかと妄想したりもするw

しかし、絶対に忘れてはならないことが一つある。
それは、仏教は、シッダッタ自身の苦悩が出発点であったということだ。
出発点は、慈悲でも運命でも神々の要請でもなく、
「人は皆、病み、老い、そして死んでゆく。私もまた、年老い死んでゆくだろう。
輪廻し、新たに生を受けても同様に苦悩することであろう。
なぜ、人は・・・いや、オレは、老病死を厭うのか?避けられぬことなのに・・・。
避ける方法はないだろうか?この苦悩を消し去ることはできないだろうか?」
ではなかったか。
そして、「ああそうか・・・『オレがオレが』と執着するから苦として受けとめてしまうのか・・・」と・・・。

どこかで書いたような気もするが、
縁起も無常も無我も苦も、遠いどこかの縁起じゃない。知らない誰かの苦ではない。
私自身が無常であり、無我であるのだ。私自身が縁起しているのだ。

この視点を忘れるならば、どれだけ精緻な論が重ねられようと、
無味乾燥な呪文にしかならない・・・。


535 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:18:24 ID:V15jNq1C
臨済宗は、ある、ぼんさんに言わせると、臨機応変宗という。
自分もそう思う。

536 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:20:21 ID:iuoMNvEO
人間の本質も機械の本質も変わらない
教団の話になるなら別だけどね
関係ないけどぬくもりとか空気感なら今のデノンやマランツのが上
元来楽音の持つソノリティや鮮度や生命感 このへんは昔のアンプのが上
今のアンプでそれを出そうとしたらパワードライブして出す感じになる
だから少々うんちくくさいんだな

537 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:20:29 ID:V15jNq1C
王貞治、川上哲治も坐禅していた、彼らも、人生哲学で、偉大な選手になったんかな??
集中力を上げずに、、、

538 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:21:06 ID:E38iW8fT
コピペの七誌さんは素人さんなの?
俺、五蘊とかそういうのは一応は目だけは通してますよ。
今までにもへたな宗教者よりも宗教関係の本とか見たことあるのかもしれない。

539 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:22:09 ID:E38iW8fT
つーーか、読むだけで追いつきませんよonz(w

540 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:26:10 ID:E38iW8fT
お願いがあります。
自分の言葉でレスしてもらえると。。。
>>536
好みの問題もあるけどね。
古い良く感じられるものと新しく斬新なものとの融合っていうか、そんなものでも良いかもね。


541 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:26:49 ID:iuoMNvEO
今の巨人が弱いのは中日のように巧みでないから
福留とかはフライを余裕で取れるふりして、実はそれはフェンスに当たる打球で
二塁ランナーを三塁までしか進ませないとか、
おとついの試合でも荒木が盗塁するに見せかけてストレートを誘い、
井端にホームラン打たれたよね 打撃でも二人の連係プレーにやられてる
パワーゲームがケースバイケースな小賢しさにやられてる
いかに巧みにメソッドを操るかもたいせつなことかもよん

542 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:27:34 ID:E38iW8fT
今度は野球かYO!

543 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:30:05 ID:E38iW8fT
一番大切なのは惑わされないことだ。
そして何よりも大事なのは「我」だ。
我を正常に育てる目的以外の思想や哲学はあまり価値がない。

544 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:31:23 ID:E38iW8fT
我っていうか己か

545 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:32:23 ID:V15jNq1C
だから、臨済宗は前から、実用的、臨機応変、人生哲学を超えるを力説してるんだけども、
野球、武術、政治、交渉、なんでも実用的と。。。

546 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:32:23 ID:iuoMNvEO
十年前にONKYOがA-927/A-929という無帰還の回路で設計されたアンプを出したけど
それはそれはモダンアンティークなアンプでデザインにはある種の完璧さがあった
でもこの世界はあれを取ればこっちが損なわれるという感じで
A-917の音に比べたらA-927は生々しくもなんか素っ気無い感じ

547 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:35:37 ID:E38iW8fT
>>545
人生哲学を超えるって。
宗教的思想を取り入れようとその他の思想を取り入れようと自分自身が考え出そうと
人生哲学っていうのは自分自身が作るものでしょ?
宗教ってのは自分が作るというよりは帰依とか言っていの範囲を学ぶ的思想で、ある範囲以上の発展がないようにも感じられるのだ。
だからちょっと宗教に入っただけで自分が正しい主義者になったつもりで布教活動する新興宗教とかあるんじゃないかな。
>>546
板違いになってきてるぞw

548 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:36:58 ID:E38iW8fT
言ってい。。。一定が○

549 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:37:21 ID:rYOj6JCI
>>538
誰の書き込みかは関係ない。
内容のみを見るように。

また、(特に)2chでは、
思想のみで、律やサンガ(→仏法の存続とはどのようなものか?)
について語られることが皆無であることも注意されていい。

550 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:39:34 ID:E38iW8fT
>>549
その手の書き込みにはあまり関心薄いかも。
相手の価値観とリアルタイム的に意見するならいいけど、それならそれこそ興味あれば
ウェブでも本でも見るし。
そういうコピペは押し付けに感じてしまって受け付けにくくなるんで、すんません。

551 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:40:49 ID:V15jNq1C
臨済宗には正しいも否もありません。
万物は流転し、日々現実は、変化し、それに
臨機応変に自由自在に対応する。
それのみ!
布教ではない、現実対応する力を語っている。
信じてくれと言う考えなし、
力を語っているのみ。

552 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 00:40:53 ID:iuoMNvEO
僕はあんま宗教とか詳しくないんだけど
帰依するとか、散歩するとか、原罪意識で懺悔とか、見ざる言わず聞かざるとか、
無酸素運動(カルシウムの吸収力アップ)とか、坐禅とか、霊験を集めるとか、無に帰するとか、
読経とか(調心)、ヨーガとか(調身)、呼吸法とか(調息)、
瞑想は指導が必要なのでやめたほうがいいけど
メソッドの選択は豊富にあったほうがいいと思う

553 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:42:24 ID:E38iW8fT
んん。。。それぞれが好きに語り始めて自己主張のみになってしまった@俺含めてw

554 :聖霊大王:2006/07/08(土) 00:45:29 ID:V15jNq1C
なんせ、おいらは、布教するきなし、力を語りたかったことで、、、
では、今日はおさらば、、りょンチャン、みなさま、、おやすみ、、

555 :素人:2006/07/08(土) 00:46:53 ID:rYOj6JCI
>>553
私は、仏教の現代への無制限な援用を危惧するからコピペしたまで。
ウザかったか?
だったら、ログ削除してもう来ないから安心してくれ。

ノシ

556 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:50:52 ID:E38iW8fT
>>554
布教しようとしようとしてるとは思ってないよw
おやすみなさいノシ
>>555
削除まですることないしw
やっぱり素人さんだったしw
素人さんが自分のレスだから読んで見れとか言うなら読んだかも。
つか、一応読んだけど。
それかコピペでもそこに自分の意見とか解説してくれてれば読める。
俺だめなんすよね、宗教者が押し付けてくるような感覚。
コピペ連続はられるとそういう感覚を思い出させる。
別にそんなに強い感覚で言ってるんじゃないから。

557 :素人:2006/07/08(土) 00:51:44 ID:rYOj6JCI
>>556
だって、新たに打ち込むのめんどくさいじゃんw

558 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:53:37 ID:E38iW8fT
>>557
面倒とかいってる時点で失礼だしw
まあ、失礼は冗談としても出来るだけ自分の言葉でやり取りできないとなんか嫌だなw
コピペでもいいけど一言添えてもらえれば。
つか、人とのやり取り見て何を語れとw

559 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:56:07 ID:E38iW8fT
つーか、もう一度読み返してみたけどやっぱり前後の脈略が分からないと意味わからないかな。
そのスレのリンクでも貼ってもらった方が余程理解できるかも?

560 :聖霊大王、:2006/07/08(土) 00:56:29 ID:V15jNq1C
あ、ひとつ、禅すれ、別コテ使ってます。第一句と句。
聖霊大王では禅の人間凶暴なので、、、おやすみ、ほんとに、、

561 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 00:57:49 ID:E38iW8fT
禅すれってどこよ。

おやすみノシ

562 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 01:01:49 ID:E38iW8fT
>>552
>メソッドの選択は豊富にあったほうがいいと思う
この1行には同意。

563 :素人:2006/07/08(土) 01:04:40 ID:rYOj6JCI
あなたが仏教の深層に興味が無いのと同じように
私も、このところのスレの流れは面白味が無い。
スレタイと出だしは良さげだったが・・・。
自然、片手間にもなるw

失礼は一応お詫びするが、この程度のことで失礼と言われるのは2chらしくないw
誠実をモットーとするのは質問箱だけ v(^^)

>>559
また、そこまでこだわるほどの内容でもないw  スルーもまた2chの基本


おやすに ノシ

564 :素人:2006/07/08(土) 01:07:49 ID:rYOj6JCI
ま、一応。
スレタイ無い方のコピペはここね
■原始仏教談話室 その4■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146643240/


ついでにw
ttp://www.geocities.jp/jfcps873/index1.html


ノシ

565 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 01:08:04 ID:E38iW8fT
>>563
仏教の深層っていうのは原始仏教?
歴史的に考えても初期と思われる部分以外にはあまり興味なし。
何故興味がないかといえばその後の歴史で必要に応じて捻じ曲げられたり都合よく変えたものを
それぞれの派がこれが真実だとか正しいとうたってるから。
2chらしくある必要もないでしょ?w

おやすみなさいノシ

566 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 01:26:15 ID:E38iW8fT
上のレスは見つけられなかった。
けどそのスレ自体は前にも見たことある。
宗教が好きで教義的なことを談話するのを望む人意外には受け付けないだろうな。
このスレ的に言うなら仮に宗教に感心を持たせたいなら日常的に役立つことやわかりやすいことから
話題にして感心もたせた方が良いかと思う。仏陀が人に合わせて話をしたように。
それと仏教や宗教そのものを否定する人がいることは当たり前。
それは正しいということを本当に理解できないなら難しいかもな。


567 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 01:31:39 ID:exDAGmG0
同じ宗教でも、人間から隔絶した外在の神を認めるキリスト教及びその要素を
取り入れた宗教と、人間から離れない仏教や神道とは、本質的に異なる。常に
分けて論じるべき。

568 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 01:36:11 ID:E38iW8fT
常と言うのはどうかな。
違いがあるのは教義的なものであって宗教と言う分別では同じことも多い。

569 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 01:50:38 ID:Q1JvD0iQ
明治以降の近代化のせい(よくわかんないけど)。

科学なんかが、どんどん宗教の領域を奪ってる。
まず天候なんか。衛星が打ち上げられて、世界中の情報が入ってきて、次どうなるかおおまかに予測がついてしまう。
子供できない夫婦でも病院へ通えば、作れるようになった。以前なら不時の病でも、治る場合が多くなった。
人を無差別に殺していた得体のしれない悪が、ある種のウイルスだと分かるようになったし、そういうのを治せるのは宗教家じゃなく医者になった。
狐つきのような人が、例えば統合失調症の治療薬で回復したりする。

テレパシーといっても、携帯電話とかインターネットの方が実際のところすごかったりする。



570 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 02:12:39 ID:3Q9CwCmO
創価の影響を受けたままでは宗教は拒絶にしかならない
様々なお寺に巡って宗教にたいする感情をぶつけてくればすきーり






するんじゃないかな

571 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 02:28:59 ID:E38iW8fT
>>569
時代が進むごとにごまかしが聞かなくなったり矛盾が出てくるから信憑性もなくなったし。
。。。最後の一行、なんか素敵だw

572 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 02:34:28 ID:E38iW8fT
>>570
そうかの影響ってのも。つか、それは俺宛だよな。
そか影響は10代の頃に基本的には消した。
すごいよ、本尊破き、罰が当たるといわれたこと片っ端からやったり。
他の宗教のお参りしたかと思えばあの鐘鳴らす紐とか取ったりした。
寺の建物に立ちしょんとかw
最初の頃は罰があたるはずないと思いながらもそんなことするくらいだし
結構不安だった。
それから色んな宗教の書を読んだり歴史とか学んだり、宗教発祥の流れとかどう変化していったかとか
事実的な根拠を突き詰めて繋ぐと神がいないことは分かる。
宗教に対する嫌悪感は残ってるかもしれないけど、でもそーかだけの問題でもないことも気付いた。
宗教者にはある種の傾向があってそれはそーかでも、つか、へたするとそーか以上なものもあるかもしれない。
そーか叩きしてる宗教者であれば少なくともそーかとある意味同じだし。
そうなると無関係な人にはどっちもいらないでしょ?

573 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 02:36:10 ID:E38iW8fT
さて。。。今日はもう寝ようノシ

574 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 02:57:51 ID:3Q9CwCmO
憎悪を増長させてきたのは自分の行いだとわかったよ
一時はすっきりするよね
でも物事は単純にはいかない
自分はこれだけのことをしてきたのになぜお前等は、となる
すっきりしたならもう宗教板にはこないよ
被害者的にもならないし同調した瞬間の醜い笑いも起こらないだろうね
普通は無関心のままなんだよ
音楽や文学から少し入るぐらいでね
布教などする気はなくともそれはお互い様
判断は過去に堆積した深層の意識からくるよ

575 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 09:49:17 ID:E38iW8fT
おはよです。
>>574
宗教観に照らして見るとそのレスのようになるみたいですよね。
宗教の教義に宗教に俺のようなことをするとこうなるって書いてあって、それが罰だとか書いてあるとか
言われたことあるけど、10代の頃のそれは宗教に対する確認。
その後は宗教つか、そーかの人の執拗なおっかけ。
それに対する嫌悪感。その嫌悪感を消せるかなと思って見にきたのと、
純粋に思想として役に立つものがあるだろうかと思ったこと。
>自分はこれだけのことをしてきたのになぜお前等は、となる
これは決め付けだよ。
神様はいないよ、本心でやりたいんじゃなくて怖くてやめられない人はやめたほうがいいよと思うのはあるけど。


576 :聖霊大王:2006/07/08(土) 10:05:15 ID:OwTLeQte
おいらの臨済宗禅は、純粋に、思想でなく、集中力、臨機対応能力、冷静さ、
自由自在、行動に役立つ。
人生哲学、このような力はございません。
ちなみに、布教の意志なし、力と実用性を言っているのみ。

577 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 10:17:29 ID:E38iW8fT
>判断は過去に堆積した深層の意識からくるよ
これは当たり前のことで異論あるはず無いけど。
それだから俺がこれを語ることは不思議でもないし深層に嫌悪感が残ってるとしても
それも当然ともいえること。
ただ、この板にはちょっとしたことからたまたま来たんだけど、ここ来る前には宗教なんかはまったく眼中から消えてたし。
リアルでよってくる宗教人には嫌悪感持つことあるけどね。
最初の一行に戻るけどすっきりするためにしたのでもないことは絶対なので。
植え付けられた意識壊すにはせざるを得なかっただけで初期の頃の行動をした直後は恐怖心が起こる。
ちょっと何かあっただけでもその行いのせいじゃないだろうかとか不安になったり。
それが深層意識に植え付けられた宗教概念なんだと完全に理解できるまでは一種のリハビリみたいなものだよ。
ちなみに今は誘われれば初詣にもいくしお参りもするけど別に何の感情もおきてないと思うな、そういうことには。
嫌悪感を持つとすれば宗教用いる人の対応に対してだけだと思う。用い方か。。。


578 :聖霊大王:2006/07/08(土) 10:23:44 ID:OwTLeQte
ちなみに、おいらも。うつ病とその深層意識の闘いにて、禅の自由自在の力は、
圧倒的なものだ、人生哲学では得られない、生きる、集中する、力を表す。
すべて、実用的なもののみ。

579 :聖霊大王:2006/07/08(土) 10:29:53 ID:OwTLeQte
ちなみに、その、臨済宗の方向性とは、目の前の現実にどう対応できるか、その一点のみ。

580 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 10:34:06 ID:E38iW8fT
お、大ちゃんおはよう。
ちょっとバタバタしながら書き込んでたw
後でノシ

581 :聖霊大王:2006/07/08(土) 10:46:04 ID:OwTLeQte
臨済宗の修行は、どこまでも、目の前にある現実に自由自在に対応できるか、否かを
問い詰める。頭の理屈でなく、今、ここ、にて、現実に役立つか、すなわち、状況に引きずリまわされて、
自己の主体性を失うのを最大の悪と考え、他人の言いなりではなく、または他人にやらされるのではなく、
自己が主人公として、他人にうまく使われる。
その方向性のみが、真実という生き方なのだ。
おいらにとって、その力は、人生哲学なんぞ、超えた世界、力なのだ。信仰、霊的なものではなく、
自由自在の力なのだ。


582 :聖霊大王:2006/07/08(土) 10:50:51 ID:OwTLeQte
かの、心理学、深層心理のユングすら、心の奥にある悩みを禅の人によって、解決したという。
信仰ではありません。心の世界です。禅は。。

583 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 10:52:49 ID:8GJIYpAA
ちゃうのよ。
人生哲学ってのがどこかで定義されてるならそれじゃなくてさ、
俺がいうのは宗教だけとかこれだけとか捉われないで自分で色んなものを見た上で
選んだり発見したりしながら自分が作り出す哲学。
考え方や信念ね。自分で作るのだから自分で方向付けも出来るし。
もちろん機知の分野や思想は必要だからそこに禅なり仏教なりが影響することは良いと思うのだ。


584 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 10:53:56 ID:8GJIYpAA
ゆんぐすらとかなると禅のコマーシャルでも見てるような気分w
ユングも色々と試したことの一つの表われじゃない?

585 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 10:58:18 ID:3Q9CwCmO
思い込みを破壊したいという衝動があると生きにくいよ
友達付き合いではどうなのかな
人の好みや主観を拒絶するようになったらいずれノイローゼになる
自分のみが普遍性を備えているわけでもないのに
僕は前よりも怒らなくなった
強要している者のみが他者の在り方・思想にたいしてガミガミしていることがわかったので

他毀の裏には自尊がある
具合の悪いものほど相手を蹴落とす方向へと逃げる
向こうもそうしているのに自分だけは守れまいしかし守るものはなぜに守れる その原点は(?)
なぜに猛った長文を書きなぐらずとも平然としていられるか考えたことはないかな

普通は他人が正しかろうがなかろうがどうでもいい
たいせつなものはもっと別のところにある

586 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:01:16 ID:8GJIYpAA
>>585
ん?そのレスの内容は同意だけどそれを俺宛にレスする意図は?

587 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:03:19 ID:8GJIYpAA
ちなみに破壊はもう終わってその件には安定した。
破壊している最中は確かに少し変だったけど、でも色んなことやったり
今では糧になることばかり。
結局、今の自分の生かせて今がよくなってると実感できるなら良いのでは無いだろうか。
生き方は一つだけじゃないし主義も一つだけじゃないし。

588 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:05:50 ID:3Q9CwCmO
まぁ恐怖になるほどの宗教観念だったのなら話は別かね
自分は霊的な経験は多いけど祟りにたいして恐怖も何もないけどね
よくある脅しは脅しにはならないよ
脅しになる人だけが被害者的になるもので

589 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:09:48 ID:8GJIYpAA
なんか食い違いを感じるが。。。
ひょっとして俺が攻撃的なレスしてると受け取られるのだろうか。
文面がそうだとしたら俺のレスの仕方の問題だな。
自分語りしてるだけさあ。。。あ、こんぶ殿が何でああいうレスの仕方してたか見えてきたかもw

脅しも何も子供の頃の話しだからね、強迫観念植え付けられたのも。
今は別に脅す気も脅される必要もない。


590 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:10:46 ID:3Q9CwCmO
宗教毀損しているうちはまだ囚われが根深い
有無に囚われれば神や祟りなどあってはならないとかね
扱う用語を変えれば心理学にも哲学にもなるんじゃないかな

591 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:12:49 ID:3Q9CwCmO
馬鹿にしたいのはこちらだとしたら発狂するだろうからね

592 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:13:13 ID:8GJIYpAA
宗教観念が恐怖だったのではなくて宗教の呪縛の中では自分でいられないと本能的に思った。
そこにあるものへの違和感や嫌悪感、子供ながらに感じて反論すればものすごい剣幕で封じ込められそうになったり。
その世界の誰に質問しても答えは同じ物でその人の言葉では無い。
疑いそのものが拒否される。破壊しなかったら自分らしく生きられないし自分で人生を作れないじゃん?
ただそれだけのこと、別に大したことでは無いかもしれないけど、
壊そうとすればきっと分ると思うけど、結構得体の知れないものには強迫観念を引き起こさせる。
宗教は凶器にもなるといいたいのだな。

593 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:14:24 ID:8GJIYpAA
>>590-591
やってみなよ。
つーか、俺が馬鹿にしてると思うのか。
自分語りというか経験書いてるだけだけどな。
ただ、この議論自体が俺が望んでる方向性じゃないけどね。

594 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:16:05 ID:8GJIYpAA
>>590にはもうちっと。
有無にこだわる必要が無いって言うのは俺の意見だよ。
有無にこだわってるのはとかく宗教者側なんじゃない?

595 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:19:10 ID:8GJIYpAA
俺さ、昔からあるんだけどさ。
電話で。
「怒ってる?」
「怒ってないよ」
「怒ってるじゃん」
「怒ってねーって」
「ほら怒ってる」
「怒ってねーって言ってんだろ、しつけーな」
「ほら!絶対怒ってる!」

怒ってねーからなw
どうも口調やレス調がそうなのか?
他板ではそんなに無いんだけどな。。。

596 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:20:55 ID:3Q9CwCmO
創価と一緒にしないでね
ものすごい剣幕で怒る人は周りにはいないよ
破壊もわかるね

597 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:22:57 ID:8GJIYpAA
そそ、そーかはそんなのマジであるのだよ。
そーかと他をそういう意味で同じとは思わないけどね。
でも宗教って物自体の傾向ってのはあるでしょ。
どんな主義でも傾向はあるけど、ただ、宗教の場合にはそこに俺流で言えば
「得体の知れないもの」が出て来がちだからその用い方は慎重にするべきと思う。

ほんじゃ、またノシ

598 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:24:01 ID:3Q9CwCmO
他板に行ってるならもう少し楽しいことは書けないかな
被害者特有のある発作的な憎悪がものすごいのが原因だと思うよ
ごまかしようがない

599 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 11:26:29 ID:8GJIYpAA
完全雑談スレ立てて遊びたいんだよ。
楽しくやるならそれたててみていいか?w

じゃ、マジ落ち。
また来るノシ

600 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 11:56:56 ID:E/Vs/ACQ
ま、信者の側からすれば、逆に無宗教を押し付けられてるように感じる訳で…
どっちにしてもそれは、おまいの宗教を俺に押し付けるなという、ごく自然な感覚なんだ。
前にも俺はそのことについて書き込んでるけど、無宗教なんて言うものは、神と同じくらい存在しない
と思ってるからね。

>「得体の知れないもの」が出て来がちだからその用い方は慎重にするべきと思う。

宗教の本来の目的は得体の知れないものを排除して本質を見極めようとすることなんだけどねw
ただ真理を抽出しようとして他を排除するうちにどんどん矛盾が生じてくることは確か。だから、式を
立てずに一発で答が分かるような人が一番真理に近い、物事に囚われない人なんだろう。イエスや
仏陀はそういう人なんだと思う。
言いたいことは山ほどあるけどいっぺんに書いたら意味不明の長文荒らしになりそうだから
また後で来るわ。




601 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 12:20:22 ID:3Q9CwCmO
俺は、完全、無神無宗ヽ(゜゜)ノ

602 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 12:42:06 ID:8GJIYpAA
>>600
>本質を見極めようとすることなんだけどね

この部分を宗教としてではなく考え方として関心あるのだ。
自分の中に取り入れられる思想が無いかとかそんな感じで。
でもそういうのはここでレスして知ろうとするよりも本やなにかで知るべきだと分ってきた。

>>601
無神無宗なのか?
無神無宗者のレスだと思って読み返すとなんとなく心象が変わる部分はある。
これがマナ識とか言うやつか?



603 :聖霊大王:2006/07/08(土) 12:53:31 ID:OwTLeQte
有無にこだわる必要が無いって言うのは俺の意見だよ。
有無にこだわってるのはとかく宗教者側なんじゃない?

という考えのみならず、実践が、禅なの。

604 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 12:56:10 ID:8GJIYpAA
やっぱり面白いもんだな。
以前どこかで読んだのが
電車の中でお父さんと子供二人。
その子供がふざけたりなんだりしてるのにお父さんは注意もしなかったそうだ。
それを見ていた他の人がお父さんに子供くらいしっかり見ろと文句を言ったらしい。
するとお父さんは「すみません、妻が危険な状態で意識が子供まで及びませんで」
とかそんな風なこと応えたらしい。
それを見ていた人は最初は注意していた人が正しいと感じていたのにお父さんの答えを聞いたとたんに
それくらいのことで責める感情を持ったことを恥じたとかなんとか。
新聞か何かのコラムだったかな。。。それもマナ識?


605 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 12:57:21 ID:8GJIYpAA
>>603
仏陀の瞑想だっけ?あれと禅は違うんでしょ?
つか、そろそろまた落ちなければなのだ。

606 :聖霊大王:2006/07/08(土) 12:58:06 ID:OwTLeQte
注意する、その表現しかた、注意する仕方も多様、注意する心も多様。

607 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 13:00:00 ID:8GJIYpAA
>>606
その読んだものから感じた印象ではかなりきつく暴言的に注意した感じだったような。

608 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:00:15 ID:OwTLeQte
仏陀の瞑想は禅ではありません。、わかりやすく、瞑想が仏教が書いてあるから、
おすすめしただけ、
禅はもっと、行動至上主義、にある。

609 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:01:53 ID:OwTLeQte
禅は
有無にこだわる必要が無いって言うのは俺の意見だよ。
有無にこだわってるのはとかく宗教者側なんじゃない?

を実践化したもの。行動化したもの。



610 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 13:03:59 ID:8GJIYpAA
禅スレっての覗いたよ、大ちゃんいたw
ではまたノシ

611 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:08:44 ID:OwTLeQte
禅スレではおいらは、より合理化。
有無にこだわる必要が無いって
を突出化している。
実践オンリー集中して、雑談でなく、雑談する。
かなり、ぎりぎりの感覚を楽しんでいる。
闘い、臨機応変感覚で。。。

612 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:11:43 ID:OwTLeQte
注意をする意識なしに注意する。強くも弱くも自由自在、跡形残さず。
これがっ禅。

613 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 13:23:55 ID:9IPHaMpZ
「聖霊大王」さんは、禅なのに、何故「聖霊」という明らかなキリスト教用語
を使うのですか。元クリスチャン?

614 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:29:21 ID:OwTLeQte
おいらの禅の師匠の禅道場に聖フランチェスコ、ザビエル、マリア像が祭ってある。
それが、きっかけで、キリスト教会、あちらこちら、聖霊の臨在を味わいまくり。。
ということで、、

615 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:32:35 ID:OwTLeQte
今日は聖書を横において、
万物と和解せよ。イエスキリストの御名において、、、
と直観で、教わる、んんん、確かに万物と和解すると、暑さとも和解できて、
幸せなのだ、、、

616 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 13:39:29 ID:9IPHaMpZ
>>614

禅は、「聖霊」の存在は認めるのか?それでは、「無」ではない。

ちょっとおかしいんじゃないの。キリスト教に影響されているか、または抜け
切っていないのでは。

キリスト教と禅とは、本質的に異なるはず。

617 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:43:31 ID:OwTLeQte
ははははは、
あるから、あるので、
あっても、禅であるとき、神も殺し。
聖霊と共にあれば、聖霊と共にアル。
それだけ、思考で捉えるとき、
それは、分別だ、
無分別ではないね。。

618 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:46:19 ID:OwTLeQte
いまや、ローマカトリックは、禅堂に行くし。
禅坊主は修道院に行く。
そういう時代。
チベット密教の僧すら、キリスト、イスラム神秘主義、ヒンズーの世界をいい部分では認めている。

619 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:52:40 ID:OwTLeQte
これを、有無の分別なし、と。。

620 :聖霊大王:2006/07/08(土) 13:53:20 ID:OwTLeQte
禅は
有無にこだわる必要が無いって言うのは俺の意見だよ。
有無にこだわってるのはとかく宗教者側なんじゃない?

を実践化したもの。行動化したもの。




621 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 13:54:40 ID:by21h32o
大魔王さんは禅と瞑想をマゼマゼしてるんでしょ
瞑想は回りとの同調=外、宇宙の意識との同調
禅は回りとの拒絶=自己の内面へと奥深く入っていく
私が禅と瞑想を両方やってみたけど違うと思うけどね
大魔王さんのやってるのは瞑想だとおもいます
大魔王さんは同じだと感じるのでしょ


622 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:00:07 ID:OwTLeQte
残念賞、、別々で味わっております。
日常生活の主流は、禅でおます。
禅スレにて、句のコテで語ってます。
禅の方々のおいらへの評価を見てください。
答えは出てますのじゃ。

623 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:03:06 ID:9IPHaMpZ
>>617
>>618
ちょっと胡散臭いな。あなたの「禅」は、イエスや聖霊も殺せるのか。

キリスト教は、「分別」の典型。「神と人」「神と悪魔」「善と悪」「聖と俗」
「正と邪」「エロスとアガペ」「肉と霊」「強者と弱者」「金持ちと貧者」
「救いと裁き」「天国と地獄」etc.etc.

禅とは正反対のはずだが。
etc.

624 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:03:50 ID:OwTLeQte
チベット密教、真言宗、曹洞宗、臨済宗、各、違う方法で、感触、集中方法でやってます。
あと、キリスト、神道、イスラム神秘主義、はおっしゃるとおり
瞑想は回りとの同調=外、宇宙の意識との同調
で、やっています。

625 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:08:21 ID:OwTLeQte
ちょっと胡散臭いな。あなたの「禅」は、イエスや聖霊も殺せるのか。

思考がなく、無!!!!!!であれば
キリストはいません。

キリスト教には、注目されなかった、
聖書の箇所があります、
ヨハネの福音書17章。
キリストが天地の造られる前の主の栄光という句であります。
この17章ほどクリスチャンに関心もたれなかったところはないでしょう。
仏教徒は、何をいいたいのか、わかるはずです。

626 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:11:10 ID:OwTLeQte
天地の造られる前の世界にお導きくださいという祈りは、、
天地の造られる前では、果たして、
キリスト教は、「分別」の典型。「神と人」「神と悪魔」「善と悪」「聖と俗」
「正と邪」「エロスとアガペ」「肉と霊」「強者と弱者」「金持ちと貧者」
「救いと裁き」「天国と地獄」etc.etc

があると思いますか????

627 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:14:58 ID:9IPHaMpZ
>>626
天地の造られる前も後もない。仏教にとっては、この世界も無であるはず。

あなたの禅は、「創造主」など認めているのw。

628 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:18:01 ID:OwTLeQte
また、、、、、
だから、あるから、あるとして、感じているだけで、、、
禅と創造主をまぜないで、、

あなたの禅は、「創造主」など認めているのw。

その答えは、
そんなもん、しるか!!!!!!!!
だ。




629 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:20:39 ID:9IPHaMpZ
>>628
さすがに、「イエスを殺す」とは言えないなw。

630 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:21:18 ID:OwTLeQte
629へ、
しるか!!!!!!!


631 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:23:47 ID:OwTLeQte
629、おまえの無はないじゃないか、
どこにおいてきた!!

632 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 14:25:15 ID:by21h32o
(>人<)仏教は無じゃないょ
全ては存在し
全ては繋がっている


633 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:25:44 ID:OwTLeQte
さ、書け、書け、書け、、、629!!

634 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:26:46 ID:OwTLeQte
口頭禅か、おまえは629、さ、書け、書け、書け!!!

635 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:28:29 ID:9IPHaMpZ
「分別と観念の塊」であるキリスト教の呪縛が残っている「偽禅者」が時々
いるから、要注意。

636 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:32:59 ID:OwTLeQte
は、お前の無はどこにある!!!635、
無を示せ!!
わからんのか!!!
示して、おまえの主張は認めよう。
それとも、やっぱり、おまえは、ただの
理屈野郎か??

637 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 14:36:50 ID:by21h32o
(>人<)
殺すってのは方便だょ
偶像崇拝するな
盲信するなってこと
先達に捕われるな
師は目標では有るけれど
師に囚われず師を乗り越え新しいものを作れってこと


638 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:37:04 ID:OwTLeQte
即答できないか、やっぱり、お前はただの理屈野郎。
635、ご苦労さん、おまえにもう何も書かん!!!

639 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:38:38 ID:OwTLeQte
無のあるもの、即答できるぞ、残念だな、、
賢い奴と期待したが、、
何も無を語れないとは、、
情けない。。。

640 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 14:38:55 ID:by21h32o
(>人<)
禅と瞑想…
それは大塚がよいか巣鴨がよいかの違い

641 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:39:39 ID:9IPHaMpZ
>>636
>無を示せ!!

無はないから示せない。

いよいよ正体を現したな。「聖霊大王」などという「キリスト教的」コテハン
からしてバレバレ。

642 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 14:40:24 ID:by21h32o
(>人<)
でもやっぱり


五反田もすてがたいかな♪

643 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:41:04 ID:OwTLeQte
なむさん、おっしゃるとおりで、
理屈で禅を問うとは罰当たりめ!
禅で答えるのが本筋だ。

644 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:42:36 ID:OwTLeQte
いよいよ正体を現したな。「聖霊大王」などという「キリスト教的」コテハン
からしてバレバレ。

すごく、とらわれているな、、
馬鹿は死ななきゃ直らんか、、

645 :南無大師遍照金剛:2006/07/08(土) 14:42:37 ID:by21h32o
(>人<)
錦糸町はレベル高いけどゴムが多いよね
だから行かない


646 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:44:09 ID:OwTLeQte
さ、おいらも死のう。。
ああああ、めんどくせ、、、、

647 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:45:32 ID:OwTLeQte
言葉の馬鹿にには、もう、あきあきだ、、、

648 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:46:55 ID:OwTLeQte
小理屈いやいや、穴倉を覗く様だ、くぼい、くぼい、、
そんな、気分、、

649 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 14:47:57 ID:8GJIYpAA
大ちゃん、なにやってんのよ。
それもマナ識でいいの?

650 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:49:24 ID:OwTLeQte
死んだ言葉しか、語れない。
ああああああ、あほらし、くぼい、くぼい、穴倉禅法め!という気分。
死に言葉で、禅だ、やだねーーー
小理屈で禅だ、やだねーーーー


651 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 14:49:26 ID:8GJIYpAA
あと2時間で終わらないな。こりゃ。参ったのだ。
こーいう時のこの意識は何識?八識だっけ結構面白そうかもな。

652 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 14:50:28 ID:8GJIYpAA
穴倉なんて無いよ。
見えてる穴倉はマナ識が見せてるの?w
なんてよく分らないのに使ってみる。

653 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:51:02 ID:OwTLeQte
はははははは、
理屈が嫌になった識、
無!!!!!!!
て感じ、、

654 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:52:25 ID:OwTLeQte
641が、死んでいるので、元気出せよ、
言ったのよ。

655 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:56:43 ID:OwTLeQte
641が活き言葉をいったら、おいらはめちゃくちゃ幸せなんだけども、、

656 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 14:58:07 ID:8GJIYpAA
なんとなくもっと単純でいいなあって気分。
深みを知っても帰る場所は単純なのではないのか?
今の見てじゃなくてさっきまでの俺自身のレスとか見て。
でも議論は楽しいのだw

657 :聖霊大王:2006/07/08(土) 14:59:12 ID:OwTLeQte
りょんちゃん、人を活かす言葉っていいと思わない?

658 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 15:00:28 ID:8GJIYpAA
活かす言葉いいよ。
そういうやり取りきぼんなんだけど、どーもだめだな。
俺自身も反省する。

んじゃまたノシ

659 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 15:02:46 ID:8GJIYpAA
ああ、2時間で終わらないのは俺の仕事だw

じゃねノシ

660 :聖霊大王:2006/07/08(土) 15:04:04 ID:OwTLeQte
活かす言葉の力は禅から出てくるんだ。
人を活かす言葉が出ないと禅じゃない。。
では、みなさんさよなら、
ミスター641殿、活かす言葉の語れる方になってね、、
期待して益田。。

661 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 16:03:22 ID:Un8JkvHR
>>660
活きるのは「他人の言葉」によってではないよ。活きるのは、あくまで「自分」
に備わる生命力による。

「言葉は殺す。」

662 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 16:51:39 ID:3Q9CwCmO
言葉では生きられないってねぇ…
虚勢は空しい
僕はサラバンドを弾いても生きられるよ

663 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 16:59:51 ID:3Q9CwCmO
聖霊も禅も両立できるけどね
なんら矛盾してないでしょ
聖霊は、僕が行ってもヒュ〜ヒュ〜いって拒絶(威嚇?)されるだろうけど
それがいようがいまいが聖霊だろうがたまたまステレオフォニカルな突風が吹いたのだろうがそんなことに絶対的になっていなければ
すぐにでも禅に入れるでしょうね
原理主義は原理主義だと案外思っていないよ
相手の宗教立場で豹変だからね
簡単じゃないよ

664 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 17:09:02 ID:8GJIYpAA
あの人とかぶるな。。。
その視点の境地はどこから得た?
聞くだけヤボっぽいかw

665 :聖霊大王:2006/07/08(土) 17:17:18 ID:OwTLeQte
りょんちゃんへ、628から、660まで、禅問答の世界と思ってね、、
まだまだ、修行不足ですが、、
実力のアル人は、このおいらを、一突きで殺せるでしょね、、、
まだまだですから、、

666 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 17:23:14 ID:3Q9CwCmO
音響工学

667 :聖霊大王:2006/07/08(土) 17:27:35 ID:OwTLeQte
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1149929395/

668 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 17:49:17 ID:8GJIYpAA
>>665
一突きで死ぬの?w
了解。
>>666
昨日の野球レスも貴殿ですかw
でも心理的に面白いものを見れた、ありがとう。

669 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 17:49:52 ID:8GJIYpAA
やっと終わったのだー
これからが本番だけど。。。onz

670 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 17:51:24 ID:8GJIYpAA
リアルの話。
念のため。

671 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 20:39:29 ID:kYMTVB3V
宗教や神に責任は無い。
それを利用して他人を詐欺ろうとする人間のクズ共が原因。

元々日本人は敬虔深く信仰心の強い民族だったが、
大戦後アメリカに根本的に間違ってるとされて、結果何も信じないような浮薄な人種になった。
そこにクズ共の影響が及んで・・・とまあ、簡単な話。

672 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 21:52:36 ID:8GJIYpAA
元々宗教は政治や権力に利用され続けてきたしな。

673 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/08(土) 21:53:23 ID:8GJIYpAA
本番終了。
すっかり遅くなった。
出かける落ちノシ

674 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 22:49:32 ID:E/Vs/ACQ
宗教団体は勿論悪い。塚、団体は全て悪い。そんなものに良い感情を持つ必要は全くない。
教義にだけ関心があるって言うのもなんか不自然。
幸か不幸か俺は3代目の腐れ栗。どうしてそのままでいるかって言えば、一番現実的な理由は、
たまたま教会育ちの俺がそこで出来た人間関係を大事にしてるからだよ。入信するにしても、
宗教そのものじゃなくて、牧師でも信者でもいい、何か個人的な付き合いから自然に入ってくる、
つまり人間を信頼して、結果として入信した人の方が、信仰があるんだと思うね。
とりわけキリスト教の原点は、一人の人間を人間的に信頼するというところから始まっているのだし。
…ところでクリスチャンはやっぱりお呼びじゃないのかしらん?宗教板に珍しいマターリした良スレ
だと思うから、ここに居たいんだけど、2chの皆さんはキリスト教徒見たとたんに宗派を越えて団結して
攻撃してくるからなあw


675 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 22:55:57 ID:iuoMNvEO
子どもにあるのは好き嫌いで、大人にあるのは偏見だ。

676 :♥ 殿舎男セ秋葉系? ◆ej9/UehK8Y :2006/07/08(土) 23:49:50 ID:DWCAChdw
>>1
オウム事件以後
世間一般にたいする宗教への目が冷たくなったような。

677 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 23:55:00 ID:UupyX6IY
>>660
>活かす言葉の力は禅から出てくるんだ。
>人を活かす言葉が出ないと禅じゃない。

人を活かす言葉を他人に求めるな。それでは「借り物」の人生になる。
自分の活き方は、他者との係わり合いの中にひたむきに生きることに
より、自分で見出すもの。その甘ったれた依存性こそが、宗教の害毒
なのである。

678 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 00:07:16 ID:wDl0g9ZL
殺す言葉なら使える

679 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 00:13:31 ID:3eDtp+ZB
>>676
>オウム事件以後世間一般にたいする宗教への目が冷たくなったような。

宗教の問題点は、オウムのはるか以前、モーセによるバール教徒の皆殺しの
あたりから既に存在する。オウムも立派な宗教。他の宗教と「原理的」には
何の相違もない。

オウムの信者たちも、生来は善良で純粋な人ばかり。宗教に嵌ったが故に
こうなった。彼らも、その家族も、被害者たちと同様、宗教の痛ましい
犠牲者なのである。

「宗教は善」という誤った前提にたち、宗教の病理の追求と解明を怠って
きた宗教学者たちに、責任の大半はある。オウム事件の後も、責任を信者
たちに押し付け、宗教の病理そのものの解明の努力は全くなされていない。
立法・司法・行政も、宗教の病理については全く無知か無関心であり、専ら
宗教学者の理論に依存している。処刑されるべきは、オウムの信者ではなく、
むしろこれらの宗教学者である。

680 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 00:22:54 ID:wDl0g9ZL
神ながら、言挙げせず

681 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 00:46:12 ID:3eDtp+ZB
>>674
>、2chの皆さんはキリスト教徒見たとたんに宗派を越えて団結して攻撃して
>くるからなあw

仔細に見れば、キリスト教が、宗教の病理を最も多く備えているからです。
カルト宗教などというが、キリスト教が最大・最悪の超カルト。2000
年間もマインドコントロールが抜けないのですからw。

他の宗教でも、キリスト教の要素を取り入れた、又は真似た宗教は、特に
嵌り込みと現実からの離脱、狂気の度合いが大きい。

キリスト教ほど、人間と自然から隔絶した、即ち「神に遠い」宗教はありません。


682 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 01:01:24 ID:wDl0g9ZL
いかなる天才であろうと 群衆には勝てなかった

683 :♥ 殿舎男セ秋葉系? ◆ej9/UehK8Y :2006/07/09(日) 01:06:43 ID:qBd+aqRX
>>679
長期的にはそうかもしれないが
短期的にはオウム事件が原因だと思う。

684 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 01:12:00 ID:3eDtp+ZB
>>683
それが、宗教学者の怠慢、というか故意の無視の結果です。

宗教学者には、自らが特定の宗教の信者又はシンパである者が多数いる。
彼らに、宗教の病理の客観的な解明ができるはずがない。宗教学も、「学問」
として、客観性が生命。

685 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 01:29:25 ID:wDl0g9ZL
アンチにシンパするよりも良い標本をあげるべし
亀は攻撃するほど不動の甲羅の中に潜り 出てこなくなる

686 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 02:28:52 ID:zEjqL+aA
なんか色んな人が来てくれて嬉しいw
栗3世さん、少なくとも状況で攻撃するつもりは無いので。
つーか、そうならないように気をつけます。
>宗教団体は勿論悪い。塚、団体は全て悪い。そんなものに良い感情を持つ必要は全くない。
>教義にだけ関心があるって言うのもなんか不自然。
宗教団体はもちろん悪い、団体は全て悪い。そうなると世の中のほとんどの宗教は全て団体だから現存の宗教は悪いともいえると思うけど。
その辺のもう少し詳しい理由とかは何かありますか?
本来であれば個々が正しければ集合体になれば相乗効果もあるはずだと思うけど。
ちなみに俺は団体は悪いイメージしかない。

687 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 02:35:35 ID:zEjqL+aA
>>676
オウムの事件は本当に衝撃だったし宗教に対する意識の持ち方にもすごく影響があったと思います。
その前の統一教会でも世間的には不気味さを感じたし。
そっちについては内容は知らないですけどね、報道的な印象もあるとは思いますが。
でも、オウム以前から何かしらの悪い心象もあって、オウムの時にはやっぱり宗教がらみか、
っていうのもあったとは思います。
そこにも団体的な宗教のあり方の世間的な浸透があると思うんですけど。
つか、とかく自分の宗教以外を否定する人は多いでしょ?どの宗派においても。
はたから見れば、他の宗教の矛盾にはみんな良く気付くんだなって思います。
自分の宗教に同じこと言われたらムキになるようなことでも平気で他であれば突っ込む。


688 :顕正正義団:2006/07/09(日) 04:48:01 ID:vp+AGZte
3・21「シアトル事件」裁判 判決文

(ク)阿部は、カルーセルルームを出た後、セブンスアベニューとパイク通りの交差点の南東角にある
マッケイ・アパートメント又はその付近にあるホテル等において、売春婦に対し、ヌード写真を撮らせ
てくれるように頼み、売春婦と性行為を行った。なお、マッケイ・アパートメントは、当時、売春婦が
売春をするために利用するホテルとして知られていた。

(8)以上によれば、阿部は、昭和三八年三月、原告日蓮正宗の教学部長として、アメリカ合衆国へ第
一回海外出張御授戒に行った際、同月一九日から二〇日にかけての深夜、シアトルにおいて、売春婦に
対し、ヌード写真を撮らせてくれるように頼んだこと、売春婦と性行為を行ったこと、その後、その料
金をめぐって売春婦らとトラブルを起こし、警察沙汰になったことが認められる。

あと一宗一派の法主の日顕がこういう事件を起こしたのもでかいよね(´・ω・`)

689 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 05:46:11 ID:Lm0pIHhW
「宗教なんてくだらねぇぜ! 俺の歌を(ry」って言う奴は多いが、
そういう人間に限って独り善がりで自己責任も取れない奴が多い件について。
宗教を批判するんだったら、批判出来る程に宗教について学べと。
何も無知なままで頭ごなしから否定している人間の滑稽な事。

心を野放しにしてるよりは、何処かの真っ当な宗教の教えに属して
社会規範・道徳を守ってる方がよっぽど社会にとってはマシだ。

690 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 07:48:26 ID:Olae2ES9
なんかひとつ「壁」があるのを感じる
それは普遍性とのコントラストで浮き出てくる類のものだが
それがなにかは今のところわからない

691 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 08:00:44 ID:Olae2ES9
今ヨーガ中で、
ヨーガではプラーナの流れを感じとるのだけど
流れを感じるには流れに委ねなくてはならない

それがなぜか委ねるという行為に抵抗感があって意地を張るやうな委ねられなさからこのスレを連想した(なにが障壁を形成しているのかはわからないが)
だから、書いた

692 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 11:27:42 ID:FOHjmmS9
>>689
真っ当ならね。
それと盲信しないなら。
あとは、宗教団体や宗教家が世の中に宗教の素晴らしさをアピールする力や能力が備わってないんじゃないかとおも。

>>690
分ったら教えて下さい。

693 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 11:36:43 ID:FOHjmmS9
宗教は店をあけておけば客が入ってくると思ってる。
店員が外でめちゃくちゃな販売活動してても売れれば報償得られて。
営業活動では他店の悪口を言いながら行う、ともすると一般客の悪口もいいながらする。
でも結構他店の悪口は的を射ていたりする、それぞれの悪いところは双方ともに見えているらしい。
一般客はその双方の悪口からそれぞれの店の実情を知るのでどちらの店にも行くことは無い。
いわれた側はどちらも「それは違う、でまかせだ」というけれど言い訳の前に一般客に正しさを示せばいいということを知らない。
こんな感じかなあ。

694 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 11:44:48 ID:ADq2f0lF
>>692
>真っ当ならね。
>それと盲信しないなら。
>あとは、宗教団体や宗教家が世の中に宗教の素晴らしさをアピールする力や
>能力が備わってないんじゃないかとおも。

カルトを含めて、すべての宗教は、自分の宗教だけが真っ当で、本物であると
信じて疑わない。

宗教を熱心に信じれば信じるほど盲信となる。

すべての宗教は、自分の宗教の「素晴らしさ」を世の中にアピールし、それを
「正当化」することに余念がない。



695 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 12:16:48 ID:x9WD0TQB
りょん!

696 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 12:21:08 ID:6XI3oY8L
>>686
>本来であれば個々が正しければ集合体になれば相乗効果もあるはずだと思うけど。
集合すること、それ自体が悪、というか団結しようとすることが不自然だから悪だと思うんだな。
ナショナリズムなんかもそれ。
ただ、人間は集まると悪くなるけど、ひとりでいるのも不自然だしよくない。宗教団体を、教会を利用
すること自体深い意味なんかない、ただのお付き合い…といって、実は宗教(団体)に意味があると
したらこのことだけなんだけど。
宗教団体としてのキリスト教は、歴史から見れば分かるように悪いよ。教義だって、>>681のように
思われても仕方ない。復活やらなにやら、元々頭の良いユダヤ人が認めるはずもなし、俺だって無理だ。
塚、イエス・キリストを人間的に好きになったのでなければ、復活なんか信じたってしょうがない。
イエスは馬鹿で、ドジで、おっちょこちょいで、痛い大風呂敷広げる奴で、その上復活までしやがった。
でもあの人天然だからしょうがないか…という感覚、それが俺の考えてる、人間を信頼する信仰なんだな。
だんだん意味不明レスになってきたから取りあえず落ちw

697 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 12:54:48 ID:FOHjmmS9
>>696
そんなもんかな。
宗教に限らず団体は規模がでかくなると、その維持や統率に力注いで流れが変わりがちだしね。
内部の派閥も必ずってほどできてくるものだし。
それでも掲げるスローガンと主義が一貫して守られれば全体としての流れは正常にいけるとも思うんだけど。
宗教には本来団体組織である必要性がないってことなのかな。
ラストの数行は栗3世さんのキリスト観がw

宗教団体を民間に委託して知りたい人、信仰したい人に資料を配布。
希望者にはその信仰の入信グッズを販売する。
そしてちゃんと税金も納めて、信者には勉強会も定期的に行う。
こういう形の方がよさげだなw

698 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 13:09:51 ID:FOHjmmS9
>>694
信じることが宗教だとしたらそれもやむを得ない面もあるかもしれないけど。
説得力がない話で強引に勧誘したりわけのわからないもの持ち出して人を欺くようなことしてる団体だけは
絶対にのさばらせちゃいけないね。
でもオレオレ詐欺みたいなものにいまだに引っかかる人もいるし、どう見ても怪しいものにも騙される人はいるんだろうな。

699 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 13:34:06 ID:x9WD0TQB
シカトか、りょん!

700 :聖霊大王:2006/07/09(日) 13:46:51 ID:8HDBZsCB
ここのスレにて、628から、660までのミスター641との問答にて、
自分がカキコする以上に。
自分の心の変化、革命的に変わりまくっているののに気づく。
結局、誰も、今、ここで生きている事力強く、語れるやつがいない。
結局、知識、理屈、虚無な論議、今、ここで、生きる事に直結するものについては、語らない。
臨済宗の本物はただ、今、ここで力強く生きる!!を求めるのみの教えだ、
良い、悪い、正しい、誤っているなんぞ、どうでもいいのだ。
人にとって、今、ここに、生きることを明確にあることが出来るか、否かが問題なのだ。
そんなもん、しるか!!!!!!!!
しるか!!!!!!!
さ、書け、書け、書け、、、629!!
とおいらが、カキコしたとき、生きるという力を全身全霊にてカキコした。

それは、そう、書こうとおもって、考えて書いたのではない。
おいらの命そのままに、カキコしたのだ。
とかいいながら、
その後、おいらの日常が
そこまでの命の炎をもって、生活をしているか??
自分に問いつめたとき、
やはり、甘いのだ。。
と気づくわけで、、
その気づきが、自分の心の大変化を生み出していく。
非常にありがたい。。
628から、660までのミスター641との会話は。。




701 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 14:09:49 ID:ADq2f0lF
「宗教が悪いのではなく、宗教団体が悪い」といのは、宗教者特有の責任転嫁、
自己正当化だと思う。

宗教団体は、宗教の信者たちが、自分の宗教を実践するために結成したもので
あるから、宗教自体がその団体の性格に反映しない訳がなかろう。教義は団体
によって信者に伝達され、宗教行為も団体を媒体として行われる。

宗教団体の人間関係に特に問題が多いのは、宗教が、確固たる実在にあらざる
神仏や、現実界に還元できない単なる抽象観念に最大の価値を認めるため、
信者たちが、常に不安、猜疑心、嫉妬心などに苛まれ、内部における議論も、
その正邪・当否を判断する現実上の根拠が皆無だからである。

宗教団体の問題は、宗教自体のこの本質から生じる。人間としての団体構成員
に非があるのでは決してない。

702 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 14:23:49 ID:gfspjeYb
>>701
ある程度同意である程度違うと思う。
>宗教団体は、宗教の信者たちが、自分の宗教を実践するために結成したもので
 あるから、宗教自体がその団体の性格に反映しない訳がなかろう。教義は団体
 によって信者に伝達され、宗教行為も団体を媒体として行われる。

最初はまさにこれだろうけど代を重ねる毎に初期の教えからドンドン変質していくケースは
創価学会などを見てもかなりある訳で。宗教「団体」の問題は設立当初の
理想より組織の維持・拡大の方が優先されるようになる状況の事じゃないかと。


703 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 14:33:33 ID:ADq2f0lF
>>696
>宗教団体としてのキリスト教は、歴史から見れば分かるように悪いよ。
>教義だって、>>681のように思われても仕方ない。復活やらなにやら、
>元々頭の良いユダヤ人が認めるはずもなし、俺だって無理だ。
>塚、イエス・キリストを人間的に好きになったのでなければ、復活なんか
>信じたってしょうがない。
>イエスは馬鹿で、ドジで、おっちょこちょいで、痛い大風呂敷広げる奴で、
>その上復活までしやがった。
>でもあの人天然だからしょうがないか…という感覚、それが俺の考えてる、
>人間を信頼する信仰なんだな。

例の如く、「宗教団体としてのキリスト教は問題があるが、イエスはマンセー」
ということですか。

しかし、イエスの言動を仔細に見ると、統合失調症患者特有の、矛盾、誤り、
偽善、冷酷、浅薄、人間性の洞察と人間に対する「愛」の欠如を感じませんか。

団体としのキリスト教に問題があるとすれば、それはすべてイエスが原因
なのです。生来は善で、純粋であるすべての団体構成員が、イエスを熱心に
信じたが故に、そうなったのです。

704 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 16:38:55 ID:gfspjeYb
>>703
つうかイエス自身はあくまでユダヤ教の改革派の指導者でしかない訳で。
キリスト教を作ったのは彼の弟子たちですよ。



705 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 18:06:51 ID:FOHjmmS9
大ちゃん。。。よくわからないけど、危ないものに見えてるぞ(ぼそ

706 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 18:10:32 ID:FOHjmmS9
>>695>>699
ノシ

707 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 18:51:00 ID:Olae2ES9
ビジネスとなった宗教は低いよ
まぁ、群集に天才の理解を期待するのも馬鹿げてますがね

708 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 18:53:47 ID:FOHjmmS9
お、最後のS9が一緒だねw

709 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 18:58:06 ID:FOHjmmS9
低い高いの判断基準は何?
神格化すればするほど高いとか?
教義解釈や伝達性は書でも十分可能だしビデオやDVDの利用も出来る。
生で「その場の偉い人」が主観交じりで説法するより数段良くなると思うけどね。
どうしても生きた説法みたいなものが必要であれば宗教法人を監督するセクションを民間に設けて
そこがイベント企画して各宗教の代表者がそのイベントに出席すればいい。
そうすればあまり無茶なことは出来ないし一石数鳥あるな、きっとw

710 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 19:03:41 ID:FOHjmmS9
あと。
実際に宗教を作る段階に接したことある。
その後に宗教法人とったところに接してないのが残念だけど。
宗教法人をとりたい理由は「何かとその方が都合がいいんだよ」だったよ。
守秘義務範囲あるから詳しく書けないけど色んな宗教法人とかの変な話あるのだ。
所詮そんなものかと思われてもしょうがないようなのもある。全てとはもちろん言わないが。

711 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:10:11 ID:Olae2ES9
SQ
魂の知能指数
霊性
倫理的判断能力
気の品位
振動数
審美眼
創造性
キャパ
上達の速さ

712 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:11:42 ID:Olae2ES9
何をつけているかは重要だよ
無理な人には強要しませんがね
書物やビデオではなかなか難しいでしょうね
それこそ思い込みで終わることでしょう

713 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:12:46 ID:Olae2ES9
カメラでは無理
途方もないことだよ
HTML

714 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:15:02 ID:Olae2ES9
群集側
C'est toi

715 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 19:18:05 ID:FOHjmmS9
宗教世界観の中での判断力、価値観。
結局捉われれば捉われるほど宗教観に基いた上記の品位や審美眼を備えていくのだ。
自由意志による自分自身での選択で選び抜いた審美眼でなければ意味を感じられない人も多い。
まあ、どちらでもいいけどそこに高さ低さなど言ってる時点でむしろ低くなりえるかもしれないよ。

716 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:25:46 ID:wDl0g9ZL
そうしているんですけどねぇうーむ。
まぁ、音感なければ理解できない世界があるように
持ち合わせていない世界は欺瞞にしかなりえないということでしょうね。

717 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:26:18 ID:wDl0g9ZL
AX-S9

718 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 19:28:52 ID:FOHjmmS9
きたw
ばわノシ
自分が価値を感じられるかどうかの問題なだけに思えてきてる。
正直このスレでレスを続ける意味がなくなってきたのでした。

719 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 19:33:20 ID:wDl0g9ZL
まったくそのとーり

720 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 19:34:36 ID:FOHjmmS9
>>719
うん、お陰さまでなんかすきーりできたよ。
感謝してます。

721 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 19:45:12 ID:FOHjmmS9
落ちノシ

722 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 22:12:13 ID:mCz4cKY1
>>697.709.710.715
100%どーいではないけれど、りょんちゃんも良いこと聞かせてくれてアリガト。^^。

723 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/09(日) 22:52:09 ID:zEjqL+aA
どーいじゃないところの意見書いてくれたらいいのにw
でもありがとです。

724 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 01:51:10 ID:6Trw5Dy9
>>704
>つうかイエス自身はあくまでユダヤ教の改革派の指導者でしかない訳で。
>キリスト教を作ったのは彼の弟子たちですよ。

今度は、弟子たちにまで責任を押し付けて、イエスはマンセーですかw。

弟子たちも、イエスの言葉を信じてキリスト教をつくり、宣教したのですよ。
どんなことがあってもイエスだけは否定できなくなるのが、まさにイエスに
よるマインドコントロールなのです。



725 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 02:33:16 ID:gQPwdVkK
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪



726 :聖霊大王:2006/07/10(月) 11:00:48 ID:aQPS1LP4
ま、一通り、自己探求はいまのところ、ココのスレのおかげで、とりあえず、
打ち止め。
禅の世界で、ここで、カキコするのも、打ち止め。
禅をするやつに逢うまで、打ち止め。
というわけで、、

727 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 11:48:52 ID:Ux4DwqZi
>>726
禅でイエスを殺してみて下さい。出来ますか?若し出来れば、あなたの禅は
本物です。

728 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 12:46:29 ID:tfJz3uxq
恐ろしいこと考えるな〜・・・・・信じられn???^^。

729 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 12:51:39 ID:I72MF7XK
「本物」「偽物」と言う次元に拘っている時点で其処に真理は存在しない…と言ってみるテスト

730 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 12:52:25 ID:tfJz3uxq
>>723りょんちゃん
名無しさん707.712.713.716.719の心情も分かるということですょ。
複雑な人間ですので・・・・^^。


731 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 13:00:01 ID:vujERXif
他スレでお世話のなってるものですが、りょんさんこんなスレ持ってたんですね。
ゆっくりロムってみますわ。

732 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/10(月) 13:07:57 ID:ep/20phz
>>726
ありのままの大ちゃんでレスしたらええねんw
>>730
俺、別に自分のレスが正しいと思ってレスしきってるわけでもないし。
色んな意見が合って参考になったり自分の考えに確信持ったり、楽しいですよw
意見お願いしますw
>>731
叫べスレの人ですか?
ここの流れは正直恥ずかしい。。。色々と反省すること多かった。

733 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/10(月) 13:21:12 ID:ep/20phz
731さんがもしも叫べスレの人だったら
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152267594/l50
で遊びましょう。
上手くいければ前向きで良いスレになるんじゃないのかなあ。


734 :731:2006/07/10(月) 13:27:18 ID:vujERXif
はい。叫べスレから来ました。
結局のところ答えは出ないっと。自分も確固としたものを持っているわけでもないから、
ひとりひとりの個性的な顔がみえる会話って良いですね。
流動的に、少しずつ影響しあって変わっていくのも悪いことではないかなって。

私もHNなんか考えてみよう。

735 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/10(月) 13:30:34 ID:ep/20phz
>>734
おお、やった。
HNつけて前向きに遊ぼうw
答えなんて誰にだって中々でないし、でたつもりでもまた変わるし、
確乎とした信念みたいなのが見つからないから自己嫌悪になったりするんだし。
宜しくです。

736 :731:2006/07/10(月) 13:32:06 ID:vujERXif
>>733
ありがとう。覗いてみます。

737 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 14:16:11 ID:WB2nZx7n
>>728
「禅」では、「仏に会ったら仏を殺せ」とさえ言うのに、何故イエスは殺せない
のか。それが、イエスに呪縛されている証拠。

イエスは、禅とは正反対の存在であるはず。彼は「観念」と「きれいごと」の
塊ではないか。

738 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/10(月) 21:24:21 ID:ep/20phz
さて、今日は暑かったな。
けーるか。
つーか、このパソ、変換候補が
経、教、凶、今日の順って(:D)| ̄|_

739 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/11(火) 00:42:59 ID:0X5CfMpD
ハゲといわれたぐらいで、優勝も良識もかなぐり捨てて、
頭突きを喰らわすような男に女はほれるだろうなぁ〜

おひさ(^。^)ノシ


740 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/11(火) 10:50:17 ID:1WJdD1Aj
こんぶ殿、気になってましたよ。
あれはハゲって言われたからなんすか?
母親の悪口でも言われたのじゃないかと言われてるらしいけど。
女は最初はそういうところに惹かれても段々と良識の方を強く求めていきがちなんすよね。

741 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/11(火) 11:01:17 ID:1WJdD1Aj
ところでこんぶ殿は音響工学は好き?

742 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/11(火) 12:45:04 ID:0X5CfMpD
>>740
まあ、そのうちわかるでしょうけどね。。。。
どちらにしても、
暴力振るったジダンは言い訳無用(^^♪
でも、名誉なんかより家族愛をとったとしたら、私はジダンが好きだ。
そして、
マセラッティが自分でなにを言ったか、明らかにすればおもろい。
まあ、嘘しか言わんだろうが・・・・・

>>741
科学も非科学も反科学も好きだ。
理解してるかどうかとはまったく、べつ〜ヽ(^。^)ノ


743 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/11(火) 12:51:11 ID:1WJdD1Aj
俺も好きですけどね、名誉や世間体よりも信念選んだなら。
まあ、理由にもよるかな。ハゲで怒ったならちょっとw

ん?上のほうのレスはこんぶ殿じゃないんすね?

744 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/11(火) 12:56:03 ID:1WJdD1Aj
んん、でもちょっと訂正かな。
チームの一員って立場考えれば我慢するところは我慢も必要か。
世間体って面ではなくて仲間とかへの思いやりの部分的には。
でも、感情や衝動は理屈じゃない部分もあるしな。

745 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/11(火) 15:03:20 ID:0X5CfMpD
ん?
上って、レスのこと?

私のレスは名無しでも、強烈個性あるから、わかるッしょ(笑
なんせ、アンチ剥き出しで歯出して笑ってますから(^^♪
もう、飽きたけど・・・・・

まあ、イタリアはうまくやったってことでしょうね。


746 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/11(火) 17:41:34 ID:1WJdD1Aj
こんぶ殿のはどこまでがキャラなのかわからないからw
でも別にアンチでないのはわかりますよ。
上の音響の人、その人のお陰とこんぶ殿が影響して俺は謎が解けてすきーりしたのですた。
ちょっと今日、明日は予定が多くてゆっくり遊べない。。。

747 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 00:39:09 ID:NxmIF65I
疲れ気味だぽ。

748 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 00:45:10 ID:NxmIF65I
あんまり向こうに書くとうざがられそうだしなw
ここの残りを雑談で終えて新しく何かスレ立てるか。


749 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 11:47:51 ID:+mBsLs6q
まあ、このスレに沿った、雑談レスをするなら、

宗教の社会的な側面は、3種類あるでしょうね。
ひとつは、哲学的で非常にテクニカルな側面。
もうひとつは、実践的行動的な、竹やり部隊エイヤー的な側面。
もうひとつは、超越科学的な側面。

通常は、それぞれがまだらの紐的にもんどりうって、絡み合って楽しめるけど、
アホ馬鹿竹やり部隊がいつも思考停止のジダン的頭突きで終了。

そのレベルでは、いくらやれ思想だの哲学だの、科学だの神秘だのって、
やっても、星占いと同じレベルで終わり。
というか、まだ、星座別タロット占いとか、へんてこ動物占いとかの方が、
自己満足に徹している分だけ、社会的効用が大きい。

経済も宗教なんだから、少しは、自覚的であったほうが、
宗教はまだ、メンヘル馬鹿扱いされずに生き延びられるとは思うけどね。

キーは神話作用か。




750 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 13:10:45 ID:e6kDbUdZ
エイヤー的側面w
超越科学てきなってのは一種の趣味の域に感じるなあ。
エスパーとかUFOとかみたいな。
こんぶ殿流のエイヤーは、俺には宗教に帰依したって気持ちだけで、いっぱしの宗教者が出来上がったって
錯覚してるようなのも、あるんじゃないかと思いますね。
あまりにも未熟でありながらも宗教者気取りの人間は世の中に多い。
未熟は未熟で、完成された人間なんていないしいいのだけど。
宗教は難しいw

751 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 13:13:20 ID:e6kDbUdZ
信じているから正しいのではなくて、信じている人間の行いが正しければ
ある程度、その人が信じているものの、正しさの証明になるんだろうなあ。

752 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 13:22:12 ID:oL3qj/qN
一つ疑問。
どの宗教でも他の宗教の道に行くと、地獄に落ちるって言うのが
宗教を信じれない一つです。

753 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 13:32:29 ID:e6kDbUdZ
商売であの会社の商品よりもこっちの方がいいです。
ってのと同じでしょ?

質問です。
宗教ではなくて、何を信条にしてます?

754 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 14:13:23 ID:gSsUOGTE
>>753
>宗教ではなくて、何を信条にしてます?

横レスだが、最近の調査によれば、日本における宗教信者は確か15%程度。

圧倒的大多数の日本人は、日本人が長い長い年月をかけて築き上げ生活の叡智
である社会常識に従って活きている。

殆どの宗教は、人間にあらざる超越的存在と人間との関係。従って、専ら人間
と人間との関係である現実生活においては、何らかの価値ある信条とは成り得
ない。




755 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 14:29:45 ID:e6kDbUdZ
>>754
縦も横もないので歓迎ですよw
15%程度なんだ、思ったよりも少ない。
けど、考えてみても適当に友人10人集めても宗教やってる人思い当たらないしそんなものか。

社会常識は信条になるのかな、ちょっと信条とするには弱いようにも感じるけど。
日本の常識は民法にも反映されてると思うけど、10人に8人程度が納得する内容かな。
平均的で多数と一致することが常識に沿うと考えると、ちょっと信条とするには弱いかな。
道徳観念には古くからの仏教、神教の影響は溶けてるのだろうな。
宗教は神様仏様なくして考えれば信条的な指標も示せるとは思うのだけどね、
でも用いる人には当然そんな形が受け入れられないか。


756 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 14:50:41 ID:gSsUOGTE
>>755
宗教と道徳とは、本質的に異なる。前者は、一般に、人間にあらざる超越的
存在と人間との関係。後者は、人間の本質である共同体における人間同士の
共生のための技術。両者が重なり合う部分があっても、それは偶然に過ぎない。

一神教とは異なり、伝統的な日本の仏教・神道は、人間から隔絶したものでは
なく、また、長い年月の間に人間の生活に溶け込み、風習化しているから、日
本人の道徳に影響を及ぼした可能性は、より大きいと言えよう。

一神教国でも、古い宗教は生活と合体している部分もあるが、本来的に自然の
人間性から隔絶しているので、むしろ、宗教から人間を取り戻そうとする努力
のほうが、より大きいのではないか。外国の文学や映画から、それを感じる。


757 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 15:03:51 ID:gSsUOGTE
>>755
人間が「生きている」という事実には、何らの原因も、目的も、結果も
ないのだから、特段の「信条」など必要ない。他者との係わり合いの
中でひたむきに生きることにより、形成されることもあるもの。しかし、
信条などなくても、一向に構わない。生きていること自体がすべてだから
である。

人為的な信条、ましてや宗教による信条などは、このかけがえのない人
間の生そのものを破壊する危険がある。

758 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 15:07:56 ID:+ETakmJi
>生きていること自体がすべてだからである。

これって信条じゃないのか?

こんなこと他人に言われたら
コイツ自分の信条を人に説教しやがる

って思うぜ

759 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 15:09:06 ID:e6kDbUdZ
>>756
>宗教と道徳とは、本質的に異なる
そうなのだよね、だから宗教者には神仏仏様をはずした形なんてものは受け入れるわけもない。
真ん中の3行はその通りだと思う、その部分を思って影響が溶け込んでると表現してみた。
ラスト3行は深いすね、宗教から人間を取り戻すか。矛盾が生じてしまって、
そこを何とかしようともがいてるようにも、俺には感じられるかな。


760 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 15:11:08 ID:e6kDbUdZ
>>757
先に>>758さんがレスしちゃったけど、俺もそのレスが757さんの信条だと思った。
やっぱり人には信条なり指標なりは必要で、俺的には757さんが危惧するような
宗教の危険性は思うけど。

次に立てたいスレの構想が浮かんできたwサンクス。

761 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 15:13:54 ID:gSsUOGTE
>>758
>これって信条じゃないのか?

信条ではなく、生の「事実」です。それに意味や目的を付け加えると、
信条になります。


762 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 15:13:58 ID:e6kDbUdZ
757さんの信条の部分を宗教と入換えると、
757さんの信条が現われてるんじゃないかな。

763 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 15:20:56 ID:e6kDbUdZ
>>761
そうですか。
意味や目的があるかないかの違いすね。
それじゃ信条が全くない人間がいると思いますか?
なかったらどうなると思いますか?

信条なんて言葉を使ったのが良くなかったかな、なんだろう。。。
信念?心がけ?強いものでなくても指針となるような主義や考え。

764 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 15:21:45 ID:+ETakmJi
>>761
じゃあなんで
おまえさんは必死に「布教」したがってるんだい?

765 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 16:20:56 ID:gSsUOGTE
>>763
>信念?心がけ?強いものでなくても指針となるような主義や考え。

生まれてこのかた、家庭や社会で身につけた「社会常識」でよいのでは。

(特に、現実に基づかない)信条や信念は、時として、社会に大きな害悪を
及ぼすことがあります。絶え間なく続く内外の宗教紛争やイデオロギー紛争
を見てください。



766 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 16:49:39 ID:e6kDbUdZ
>>765
765さんはその主義で生きてるんですか?
俺はそれじゃ無理だな、きっと。
宗教は別にいらないけど、上手く言えないけど、今持ってる信条とかなくしたら何もする気起きないかも。

紛争やイデオロギー云々って言うのは凝り固まった主義を敵対的に用いるから。
もっと根深いものもあるとは思うけど、バランス感覚が悪いんですよ。
そんなものであるなら信条にしたら危険以外の何物でもない。
そこに気付けばそれを信条とはしないはずだけど、でも宗教はそんな部分も残しながら続いてる。
かるーーく、それでも強い信念。矛盾しないように自ら見張る姿勢。。。難しいねえ。

767 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 16:58:43 ID:e6kDbUdZ
追い出されてるからな、こっちにレスw
そのレスもいいね、両極の思想の中間が取れる感覚。
それでいて自分の考えをしっかり出せるし。
そういうのって大事なことだよな。
@謎

768 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 16:59:43 ID:e6kDbUdZ
でも、別に両極のつもりもないのだけどな、あれに限ってはw
微妙な部分の調整が難しくなるのだな、主義と主義がぶつかったりすると。

769 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:02:02 ID:e6kDbUdZ
関係について。
関係ね。。。無理やり作るものでは無いな。
でもみんな関係を求めてるし、よい関係を作りたいと思ってる。
関係を壊す可能性のあるものを考えた方が見えてきそうだ。

770 :まい:2006/07/13(木) 17:06:39 ID:KfKzQHo0
こんにちわ。仲間に入れてね。

>>756
>一神教国でも、古い宗教は生活と合体している部分もあるが、本来的に自然の
>人間性から隔絶しているので、むしろ、宗教から人間を取り戻そうとする努力
>のほうが、より大きいのではないか。外国の文学や映画から、それを感じる。

ふむふむ・・


771 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:12:02 ID:e6kDbUdZ
ごめんねw
誘っておきながら。
今度、重複しないように前向きなスレ立ててみる。
宗教者とか非宗教者とかの垣根ないスレ。

772 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:13:46 ID:+mBsLs6q
あっ、自分で、爆弾投下しとして、ごめんなさい(^^ゞ

うん、まあ、いろんなレスできますけど、
とりあえず、一般論として、
自分で信じる主義なり信条が、
他人と共有した時点で、宗教となりうる要素があるという点が、
宗教を否定する議論で、一番自己矛盾する点だと私は思います。

私が、経済的な部分に宗教性を感じるのは、
とりあえず、会社なり、社長なり、金なり信じれば幸せになれるって、
会社なり、組織なりが、アホ馬鹿やるわけです。
これは、北朝鮮の国民と国家のシステムとしてはなんら、変わりがないんですよね。

自己批判できて、改革できるシステムが内蔵されてない。
正しいものは、正しい。
なぜなら、お前が間違ってるから(あるいは私が正しいから)。
という、循環論法にしかならない。

私のこの考えも、結局、ただ受入れられるか、
あるいは、批判されると、それは宗教になりうる。

これは、かなりラジカルな自己矛盾です。


773 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:13:49 ID:e6kDbUdZ
768とか771にレス不要。
と残して去るノシ

774 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:18:54 ID:e6kDbUdZ
>>772
そうですよね、会社組織が一つの信念を打ち出して、毎日それを唱えて活動して。
その形は全く宗教のものと差異は無いですね、ただそこに神はでてこないで、主義や信条。
それはそれで、一つやいくつかの目標を目指すには必要なものだし、なかったらバラバラになってしまう。
内容の問題なんでしょうね、俺はそういう部分的に主義とかに関心持ってるんだし。

自己批判の部分では、その主義・思想的な部分の見直しを常に行う。
矛盾かもしれないけれど、それを必ずしも矛盾としなければいいと思うかな。
必要悪では無いけど、必要矛盾とでも定義するとかw
宗教と違って個人や企業の思想や方向性はいくらでも見直しが可能だから。

775 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 17:19:54 ID:H0fp9x/5
その線でいけば感情に囚われている時点で宗教なんですよ
なにが宗教ではなくなるのか
ろ・・づ・

776 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:20:55 ID:+mBsLs6q
単純に、よく言われることで、無理数と無限とがある。

無理数は、表現としては無限になるけど、性質としては無限ではない。

サッカーボールに無限に空気が入るわけではない。

じゃあ、神は無限なのか無理数なのか?

さっそく神を掴まえて、空気入れてみようじゃんヽ(^。^)ノ



777 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:22:33 ID:e6kDbUdZ
宗教だというなら宗教でも良いではないかってことですね、俺的には。
個人であるなら神様でも仏様でも俺様でも構わない。
ただ、他の主義を受け付けない姿勢や自己反省の無い姿勢。
これに従っていれば間違いないっていう思想が怖いと思うだけで。
単純なことですよね。

778 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 17:23:21 ID:H0fp9x/5
人のことはいえるのかい

779 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:24:42 ID:e6kDbUdZ
神様はいると信じている人の中にだったら見ることが出来るのかもしれないが、
見せられるだけの人は滅多にお目にかかれ無そうだな。

780 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 17:27:34 ID:H0fp9x/5
それもそうですね

781 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:27:48 ID:+mBsLs6q
経済が宗教ではないと思える部分は、
辛うじて、環境に適応しなければ生き残れないという絶対性があること。
ただし、それも、環境に適応しなければならないという絶対性で、限りなく、宗教に変わる(^^♪

まあ、りょんさんもわかっている通りに、ロジックの自己矛盾を大切に、ってことかな?


782 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:28:39 ID:e6kDbUdZ
>>778
それは誰宛ですか?

783 :まい:2006/07/13(木) 17:29:52 ID:V5lDhDlN
そんなこと言わないでくださいよ〜。
りょんさんは両極ではないですよ。叫べスレで、そう感じたんだけど。
それより、まだのぞみさんのスレであおっている人がいるでしょ。
もうのぞみさんもあのスレには行かないのかな。それともあおられるのには慣れているのかな?
その打たれ強さの秘密も知りたいんですよね。
それこそ、潜在意識が空論なのかどうか。

潜在意識といえば、現在の世界で生かすとなると、「気」の強さで有限な資源を奪い合うことにしか
ならないという考えもあります。
これが、潜在意識の奥に「神」がいるとなると、無限だからナントカなると言う話になるんですよね。
ホントかどうかは誰にもわからないんですけど・・どう生きるかの指針にはなっているわけですよね。

784 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:32:56 ID:e6kDbUdZ
>>781
なんだか宗教ってのがなんなのかさっぱりわからないんですよw
だったらなんだっていいじゃんとw
それよりももっと本当に誰にでも共通する部分を気にしたほうがいいのかなと思い始めてる。
突き詰めていったらたいていのことに矛盾はつきものですよね、その矛盾のどこに思考を置くかって感じなのかな?
矛盾が避けられないとわかっただけでも多少は違うな。
矛盾って作り出せるものだから。

785 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:36:40 ID:e6kDbUdZ
>>783
己の強さとか我の強さ。
否定するかもしれないけど、俺にはそう見えるし、それでもいいと思うのだけど。
自分の強さを求めることは絶対に悪いことじゃないでしょ?
良い悪いを外から判断するには行動自体についてだし、
言葉にしてることが行動に直結してるとは誰でも限らないから。

786 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:38:35 ID:+mBsLs6q
>>784
宗教の一番の特徴は、無根拠性で連携する組織でしょう。

無根拠とは、論理性がないこと。
ではなくてヽ(^。^)ノ、自己矛盾に対して自覚的ではないこと。

でも、宗教の醍醐味って、その自己矛盾の自覚にあるんだよねェ〜(^O^)/


まあ、このように書けば、宗教とは何か、ハッキリするでしょう(^^♪

えっ、全然、ワカラナイ?

ふーん・・・・・・ヽ(^。^)ノ



787 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:39:53 ID:+mBsLs6q
訂正

ふーん⇒やっほーw


788 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:40:54 ID:e6kDbUdZ
>>783
俺には神様がいないから当たり前だけど、神様抜きで考えられないかな。
潜在意識って言うのは存在すると思う。
無意識っていうのがあるし。
思想とかっていうのも思えば思うほどにそれが正しいと認識されるもので、
正しいかどうかを判断しているのは無意識ではなくて顕在意識。
結果的に正しかろうが誤りだろうが、自分が正しいと思って日々思い続ければ、
潜在意識の中に植え付けられていって信念にもなる。
それが間違っていた時に間違いだと認めることは顕在意識でしか出来ない。
宗教でも思想でも主義でも信条でも言葉なんて何でもいいけど、強く思えば思うほど
すでに潜在意識の中で定着している。

789 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:42:44 ID:e6kDbUdZ
>>786
わかると言えばわかるし。
わからないといえばわからないw
でもたぶんこんぶ殿の言うことは理解できてるきがする。
早い話、その宗教者以外にはそれがなんであろうとあまり関係のないこと。
でいいですか?w

790 :まい:2006/07/13(木) 17:44:35 ID:V5lDhDlN
>>785
うん。優しさってよく言われることだけど、自分の強さを求めることは大切なことだと思う。
一人一人が強さを身に着けることは、他者を落とし入れることではなく、生かす力にもなるんだと思う。

791 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:46:51 ID:e6kDbUdZ
>>790
うん、当たり前のことだよね。
でも、なんとなく自己の強さを求めることが概念的に受け付けてないような気がするレスも多い。
悪いイメージと重ねて見られるせいもあるのかもしれないけど。

792 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:49:31 ID:+mBsLs6q
>>789
たぶん、私がここで、学んだのは、どんな議論もそれぞれが正しいということ。
しかし、正しいということが言えるまでに議論するのは、非常に難しい。

本当は、もの凄く簡単。
論理でなければ、
生き方で証明すればいい。

結局は、論理も生き方も同じものだったりするし・・・・・

言うも行うも難しってことかなぁ・・・・・ヽ(^。^)ノ


793 :まい:2006/07/13(木) 17:51:18 ID:V5lDhDlN
>>788
顕在意識が先か潜在意識が先かという話ですね?

死後生は続くのか?と言う論議にも繋がってくると思うんだけど、
自分の知らなかったようなことがふっと生かされることもアル・・という意味では、
無意識の奥深さを信じているようなところはありますね。

話が飛びすぎてすみません。

794 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:54:03 ID:e6kDbUdZ
>>792
こんぶ殿のレスはその状況の中で的確に俺には見えましたよ。
茶化してるようでも見えてるなって。
だから面白くて俺も突っ込まれてみたいなと思った(マゾかよw
正しい主義で動くこと以外に自分の納得いく結果は無いのだけど、あくまでも自分の正しさだから
万人になんて受け入れられないし、でも世の中は需要と供給だからバランスがよければ
ある程度広く受け入れられるとおも。
バランス重視派な俺、でも実際の俺はかなり偏ってるかも。。。修正できつつあるのかな。びみょ。


795 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 17:54:19 ID:+mBsLs6q
マジレスすると、

すべての議論は矛盾します。
したがって、その矛盾をどれだけ感覚的に理解してるかということが難しい。

ここで、結論付けても、それは決して、正しくはありませんよね。
でも、存在には矛盾はありません。
なにかひとつは選択するのですから。

でも、選択した己には、矛盾があるんだとしたら・・・・・

うひゃ〜って、奴ですよねヽ(^。^)ノ

開き直ったら、終わりです(^_^;)




796 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 17:57:22 ID:e6kDbUdZ
>>793
潜在意識が先だとしたら先にあるのは正に直結することかもね。
でもどっちが先だろうとあまり大事には俺は思わないかな。
言えるのは、日々の思考そのものの蓄積が潜在意識にされるし、塗り替えていくってことかな。
だからこそ、自分が正しいと思えることを大事にしつつ、常に見直すように努力していかないと、
正しいはずだったものも、気付けばそうじゃなくなっていかねないってことかな。
潜在意識に徐々に不要なものが蓄積されれば、その影響が顕在意識にも行動にも影響すると思うから。
ソース無しの直感で悪いけどw

797 :まい:2006/07/13(木) 18:01:28 ID:V5lDhDlN
793の続き・・
だから顕在意識は出来るだけ排除してみるという作業をやってみることになります。
そしたら、矛盾は解消されるのか。人間として共通する部分は見えてくるのか。ってことに
なるんですけど、既存の結論は基礎知識として影響されたくないなって思いますね。

798 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:01:40 ID:e6kDbUdZ
死後生とかは俺には考えられない。
でも、現実の中で正しいと思うことをやる以上に良いことなんてあるか?
神様いるなら怒りはしないだろう。。。w
それでも認めないなら認めてくれなくて結構だな。

>>795
一件矛盾無いようでもとかくありますしね。
でもそんな矛盾は受け入れることによって、矛盾でなくなったりしますね。
というこの文章も矛盾まみれなわけで。。。世俗にまみれて矛盾にまみれて正しいものを見つけるのは大変なのだなw
開き直ってもいいけど、そのことに対しては進んでは行かないですよね。
でも何でもかんでも進めばいいって物でもないだろうなと。そんな気がしてきた。

799 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:02:31 ID:e6kDbUdZ
796の正は生に訂正汁。

800 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 18:03:32 ID:+mBsLs6q
ごめん、また、オチm(__)m


801 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:04:27 ID:e6kDbUdZ
>>797
僧侶にでもなりたいのかい?w
いずれにしてもあまり極端なものに捉われるのもどうかと俺は思うけどね。
普通に生活していくには、そういうのは悪影響もありそうに感じる。
ワケワカになるでしょ?出来るだけすっきりする為にいろいろ考えたいのだな。

802 :まい:2006/07/13(木) 18:06:38 ID:V5lDhDlN
>>796
わたしも、自分で感じた分しか認めていませんね。
人は違うことを感じるのかもしれないし。
だから感覚的なことを押し付けても仕方ないと思います。

他人を知る手段にはとりあえず会話しかないし、知ってもらうにも表現するしかない。
ひとりひとり別の肉体を持っているんだから。
・・というのが、ひとつ甘えを脱した私の姿かな。

803 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:06:40 ID:e6kDbUdZ
>>800
どーもでした、俺ももうじき落ちまふ。
またノシ

804 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:10:41 ID:e6kDbUdZ
>>802
人は経験とかで物事見るから全く同じものは見えないだろうね。
色一つとっても赤って色が同じ色に見えてるんじゃないだろうし。
押し付けなのか交換なのかだろうな、別に押し付ける必要も感じない。
普通の生活範囲だったら。ただ、知って欲しいとか理解して欲しいって意識は多少なりあるだろうね。
自分を確認したいとか、受け入れられたいとか。
でも、本質的には人と人はそんなに変わらないとも思う。。。それでもなんで差がつくのか、
そっちの方が考えるには面白いな。

805 :まい:2006/07/13(木) 18:11:26 ID:V5lDhDlN
>>802のレスは>>798
>それでも認めないなら認めてくれなくて結構だな。
に対するものでした。

ではまたネ。


806 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:16:10 ID:e6kDbUdZ
>>805
仏教の考えかたのマナ識ってのはすごく面白かった。
それを実感したら色んなものの見方が変わっていくような気がする。
それも潜在意識的なものと重なるかな。
あとは、世の中の自然以外のものは人間が考えて作ったもの。
そんな目で眺めるのも面白い、人の思考意外に人為的に生み出す手段が無いとか。

またノシ

807 :まい:2006/07/13(木) 18:18:20 ID:V5lDhDlN
>>804
そうそ。全人類を見渡そうとは思っていません。
自分の立場で、自分に出来ることを考えていけば良いかな・・って。
差・・というのは個性だと思う。
それに上下をつけてうらやんだりすることもあるけれど、長い目でみたらひとりひとりの生に
貴賎なんてないんだよね。

808 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 18:18:31 ID:wDBqukTp
物事は、「考えすぎる」と、肝心なものを見失うよ。

809 :まい:2006/07/13(木) 18:21:44 ID:V5lDhDlN
>>808
だね。わたしは基本的に暗いみたい。これも個性?迷惑?
いろいろ教えてください。

ではまた(bye

810 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:24:05 ID:e6kDbUdZ
>>807
全人類でも世界でもぼんやり見渡すのはいいと思うかな。
808さんの言うようにあまり考えすぎず。
いくら難しいことを考えて、それを実践しようとしてもそこに矛盾が出て許せなくなるようでは
元も子もないし、でもその矛盾をまたぼんやりと考えてみる。
なんとなく進んでいく。
差は個性であり、個性の結果であり、環境の賜物であり。
自分の考えと行動でそれも形は変えられる、それ以上でもそれ以下でもない程度でも十分な気がする。

811 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 18:25:56 ID:e6kDbUdZ
>>809
暗い取るか、大人しいと取るかw
でも別にレスから暗さは感じてないしな。
ばかみてーに明るくて能天気でもしょうがないじゃん?w
それならそれでまた違ったフォローも出来るのだが。。。それこそ個性ってやつだなw

またノシ

812 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 19:26:20 ID:F43WiH5B
>>766
>765さんはその主義で生きてるんですか?
>俺はそれじゃ無理だな、きっと。
>宗教は別にいらないけど、上手く言えないけど、今持ってる信条とかなく
>したら何もする気起きないかも。

歴史に支えられた社会常識とは、人間がその生存する風土と環境の中で、
気も遠くなるような長い年月をかけて気付き上げた生きるための知恵。
個人のちっぽけな信条、信念、知恵などは及びもつきません。

人間は、生物学的生命とこの社会常識(「力としての歴史」)とによって
形成されます。

圧倒的大多数の生活者は、信条や信念で生きているのではありません。生きる
こと自体に精一杯なのです。人間は独りでは決して生きられませんから、他者
との係わり合い(他者へのまなざし)が、最大の要素となるでしょう。

これが人間の生の本質です。「考えすぎると肝心なことを見失う」と言ったのは、
このことです。

ここに来られる方々は、勘違いがあるのではないでしょうか。

813 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 19:36:48 ID:NxmIF65I
。。。立派な信条ですね。
意味も方向性も目的も備えてる。
勘違いではなく主義の違いでしょうねw
そこを議論していくのはおそらく不毛だと思うので、意見の一つとしていきませう。

814 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 19:41:00 ID:NxmIF65I
それでも
>圧倒的大多数の生活者は、信条や信念で生きているのではありません。生きる
>こと自体に精一杯なのです。人間は独りでは決して生きられませんから、他者
>との係わり合い(他者へのまなざし)が、最大の要素となるでしょう。
この文は理解できるかな、圧倒的多数かは分からないけど、そんな感じの人もいるし
それが正しいとか正しくないってことではないと思う。俺はそれだけでは無理だけどな。
人間の本質だけで生きていきたいと望まないからだろうな。



815 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 19:48:44 ID:wa+HSQ0T
概念の物理化により
衝突もするようになる
しかし概念は物理的固体ではない


ってことに気づいている人はいるかな

816 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 20:00:21 ID:NxmIF65I
うん。
主義が違っても敵対する必要性ないのに。
でも具体的な行動となってくると、ますます難しくなるな。

817 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 21:44:36 ID:CEGr9Mo7
>>696の俺のレス、攻撃されまくってるなw
あれは俺の自分の経験からの信仰告白なんだから、それに突っ込んだってしょうがないんだけどね。。。
普通に考えて、宗教団体自体に好意を持つなんて馬鹿なことがある筈はない。団体から直接何か教えられた
憶えもない。全て個人教授で、その人を信頼しているからそこに留まってる訳だ。それよりマシな理由なん
かない。俺に信仰について教えてくれた人、そのまた師匠…と、結構遡ってたどれるんだよ。師匠から
弟子、親から子、そうした個人から個人への伝承の積み重ねを信頼しているということ。その原点は人間と
してのイエスを信頼するところから始まっているとしか、思えない。責任転嫁も何も、宗教団体なんぞ好き
になれるか?じゃあ一体俺は何でキリスト教徒なのかと考えたら、行きつく所はそこしかないからなんだ。



818 :素人:2006/07/13(木) 21:48:48 ID:h7sAA921
>>817
好感の持てる信仰告白だと思います。

819 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 21:50:23 ID:NxmIF65I
         ,、    ,、      
         .| |   | |     
        |   |___|   |    
        |         |   
       | ___   ___    |  
   ∩   i´●`> <´●`>  | 
   | |   |  ̄、_,、_,  ̄    |  | 
.   | |  |    !.ノ        |  
    \ \|              |
     \|               |
      |              | |
       |               | |
      .|               | |
      |               l ∪
       |              /
      \           ./




820 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 21:52:13 ID:NxmIF65I
あ、遊んでたらレスあったw
>>817
このスレもなんだか不毛でしたね。。。
敵対するような内容でレスすること自体が意味なさないですね。
それぞれが自分でみた宗教観に基づいて位置付けてればいいって感じかな。
団体を意識して個人を攻撃してもしょうがないですからね。

821 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 22:05:42 ID:NxmIF65I

               -― ̄ ̄ ` ―--  _         
          , ´  ......... . .   ,   ~  ̄" ー _     ブッブー 
        _/...........::::::::::::::::: : : :/ ,r:::::::::::.:::::::::.:: :::.........` 、    ブーン
       , ´ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::: : ,ヘ ::::::::::::::::::::::: : ヽ      キキー
    ,/:::;;;;;;;| : ::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::: ● ::::::::::::::::: : : :,/
   と,-‐ ´ ̄: ::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::r(:::::::::`'::::::::::::::::::::::く
  (´__  : : :;;:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::`(::::::::: ,ヘ:::::::::::::::::::::: ヽ
       ̄ ̄`ヾ_::::::::::::::::::::::し ::::::::::::::::::::::: :●::::::::::::::::::::::: : : :_>
          ,_  \:::::_| ̄ ̄ |_::::::::::::::: `' __:::::::::-‐ ´
        (__  ̄~" |       | )) ̄
                  ̄◎ ̄◎ ̄

何の脈略もなくただ貼って去る。。。ノシ




822 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 22:21:06 ID:CEGr9Mo7
>>818
いや、長文スマソですw
>>819
不毛じゃないと思うよ。こんなタイトルのスレは他にいくらでもあるけど、もっと荒れてるからね。
ここが割と平和なのは、りょんちゃんが頭の柔軟な、勘のいい人だからだよ。
スレタイはどうでも、りょんちゃんと時々雑談したいので次スレも貴ボンヌノシ

823 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 22:40:37 ID:+mBsLs6q
一般的に、ここでもそうだけど、日常的に宗教という言葉を使うとき、
それは、中世的世界観を意味してると思います。
ユビキタスに神か空か真理か、あるいはそれらの愛や憎しみに溢れた世界観をイメージし、
言葉や儀式は意味内容を超えた力に支配されて、人生を左右します。
また、それを信じる組織は、極めて政治的に行われて、個性は全体主義に黙殺されて、
個人は神と一体であるという調和に多幸感を得ます。

これらの宗教のイメージには、デカルトやライプニッツやヒュームやその他の有神論・無神論の科学者が批判した教条的宗教議論は、
今でも充分に通用します。個人と組織の矛盾については、ホップスやロックやルソーの考え方が、
そのまま、批判的言辞として通用します。

時代的な流れとしてみたら、中世の崩壊が科学によって、打壊されて、
打開した割には、科学が宗教ほどの満足を人に与えないのも、
単に、中世的ではない宗教的な側面があるからだと思います。

これは、現代思想・哲学の分野ですが、既存の考え方では確かに把握は難しいでしょう。

まあ、簡単に言えば、トンデモも、面白いってことかなヽ(^。^)ノ


824 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:01:20 ID:NxmIF65I
>>756さんの
>宗教と道徳とは、本質的に異なる。前者は、一般に、人間にあらざる超越的
>存在と人間との関係。後者は、人間の本質である共同体における人間同士の
>共生のための技術。両者が重なり合う部分があっても、それは偶然に過ぎない。
偶然っていうの。
俺、かなり前から色んな思想の共通性とか感じてて、偶然とは思えないんですよね。
まあ偶然でもいいのだけど、そういう共通の部分が一番肝心な部分なんじゃないかと思える。
やっぱり正しいと受け止められやすいことほど、広く色んな分野に浸透していくものだと思うから。
なんで、次スレはそんなようなことを命題にするスレがいいなあ。
あとは、「前向き」とか「宗教界の輪」とかそんなキーワードw


825 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:04:31 ID:NxmIF65I
>>822
そーいってもらえると嬉しい。
俺には決して不毛じゃなかったけど、得たものあるし。
ただ、意思に関係なく流れが敵対的に行きやすい傾向はどうしても有りますよね。
特に最初の頃には俺自身、宗教に対する不信感とか全面に出してたから余計だったかも。


826 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:07:11 ID:NxmIF65I
>>823
難しいっす。。。w
科学がどんなに進化して神の存在が真っ向から否定されても、
きっと心の中の神が生き続けて宗教として続いていくのじゃないかと思う。
遠い将来は分からないけど。。。

827 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:08:15 ID:NxmIF65I
マナ識ですよ。。。
って、大ちゃんみないな。

828 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:18:12 ID:+mBsLs6q
唯識はわかりやすいとは思いますけど、
その自己矛盾に対して、どこまで自覚的なのか?
という点では、なにか、物足りなさを感じます。

結局、瞑想して終わりというのでは、
宗教はアヘンと変わりないわけですから。

私には、宗教の諸問題は、明確だと思いますよ。
また、そうならないのも、そんなに難しいとは思わない。

空やアガペーの概念は、
把握の仕方では、同一にもなりますし。

829 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 23:22:52 ID:h7sAA921
昆布の
上座部に対する見解、
根本分裂及び部派分裂に対する見解、
を聞いてみたいな。

ノシ

830 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:26:14 ID:NxmIF65I
>>828
物足りないから色々知識を増やしたり見たり聞いたり視野を広げるんでしょうね。
ただ、その視野も盲信しているものがあれば広がるどころか狭くなる。
盲信の対象は宗教に限らず、あらゆる思想や偏見かもしれないし。
偏見ってのは偏りそのものですからね、軽蔑や差別とか。
許容範囲か範囲を超えるか、どこまでが仕方がなくてどこからがいけないことなのか。
絶対に偏見のない人間ってのもありえないですし。
宗教の諸問題っていうのも世間の風潮が変われば時代とともに変化するかもしれないけど、
変えろといって「はい」とはしないでしょうからw
そう考えていくと、やっぱり大切なのは一人一人が自分をちゃんと持つことしかない気がする。

831 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:27:55 ID:NxmIF65I
>>829
素人さんにもなんとなく前の時は申し訳なかったかも。
と言ってもあの時点では自分ではああいう形でしか答えようないし、
レス自体は今も同じかもしれないけど。
でもなんか意識が違うのだ。。。

832 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 23:31:18 ID:h7sAA921
しまったw
二時間前に書き込んでたか・・・・(^^;

名前欄は忘れてくれwww

833 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:32:24 ID:NxmIF65I
>>832
いいじゃないすかw
素人さんと認識しながらの方がいいけどな。

834 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:36:50 ID:+mBsLs6q
私は、多分、現実的な仏教には、
関心がないし、興味もないし、知識もない。
だから、コメントできません(^^♪

エッチが好きだからって、
テクニックがあるとは限らないし、
・・・・・・・・・ん?
あっ、関係ないね(^_^;)



835 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 23:39:19 ID:m/Vk6jVh
>>824

宗教と道徳とは、沿革的には内容が重なる点も多いが、本質的には異なります。
手近な国語辞書の定義からも明白です。

例えば、キリスト教は、全ての人間を神に優先したり、又は少なくとも同じレ
ベルに置くことは絶対に出来ません。イエスの神格性が失われ、キリスト教が
崩壊するからです。人間に最大の価値が置けなければ、人間間の共生の技術と
しての道徳とはなり得るはずはありません。

史上そして現在も、「最も不道徳な」宗教は、キリスト教でしょう。

りょんさんの宗教的背景が、いま一つ不明。書き込みの内容から、キリスト教
系の宗教の信者かシンパだと推測されますが、違いますか。少なくとも、仏教
系ではないようですね。

836 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:39:37 ID:+mBsLs6q
>>830
まったく、その通りですね。
でも、知識って、センスですよね。

まあ、この辺は、仏教の分野のような気もしますけど。


837 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:42:11 ID:NxmIF65I
>>835
俺は無宗教者名乗ってるけど、何かしらの宗教者だとしてもいいやw
仏教はちょっとだけ知識持ってるけど、読書の域は越えてないし。
キリスト教の思想も聖書とか読んだことがあるってくらいと、文学とかで少し感じる程度。
背景っていうならそーか3世だったけど幼少の頃に抜けた、意識が離れるには苦労した。

838 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:43:57 ID:NxmIF65I
>>836
こんぶ殿とは宗教に対する多くの部分で掘り下げたら共通の意識有ると思いますよ。
最初にこの板に来て一番近い感覚感じられたし。
センスっていうのか、直感的というのか。。。そんなところですよね。

839 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:47:24 ID:+mBsLs6q
私は、この板で宗教を考えるときには、
いつも、プラグマティズムの格言を思い浮かべていた。

宗教そのものについて考えるのではなくて、
それがおかれている関係性を見ることで、
宗教そのものの、螺旋階段から抜け出せると思ったから。

その姿勢って、いまでもそれほど間違ってないと思うよ。
まあ、表現には苦労するけど。。。。。



840 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:48:18 ID:NxmIF65I
こんぶ殿が一番嫌うのは、宗教の教えを自ら説いてるのに
その言葉自体が守られていないとか、その手の矛盾でしょ?
自分が出来ないことを口にするな、押し付けるなって。
もっとも単純で当たり前なところ。
特に相手を思ってってのでもなく、知識をひけらかすように用いるのが嫌い。

841 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:51:15 ID:+mBsLs6q
>>838
まあ、私は、ここにいるほとんどの人は掘り下げると、みんな共通かなぁ〜
って思います(^_^;)

しかし、まあ、あのあたりは遊び過ぎかもね(^^ゞ
非常に真面目にやってはいましたが・・・・

個人的には非常に貴重な体験ではあります。。。。。


842 :名無しさん@3周年:2006/07/13(木) 23:51:53 ID:h7sAA921
>>834
潔いなw

おやすに ノシ

843 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:52:04 ID:NxmIF65I
>>839
こんぶ殿のレスは哲学的で俺には難しいw
用い方の問題ってことで正しいですかね。
宗教を自分のために正しく用いることにはなんの問題もないとかそんな感じ?

844 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/13(木) 23:54:14 ID:+mBsLs6q
>>840
うーん、ほんとに何が嫌いかって言えば、
平気で矛盾して、自分に嘘をつくことかなぁ〜

他人に嘘をつくことは、まあ、別に笑える話なんですけどね。
自分に嘘をつくことは、なんか許せない。
でも、自分に嘘をついているかどうかは、他人にはわからないヽ(^。^)ノ

まあ、これも、自己矛盾(^O^)/


845 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:56:25 ID:NxmIF65I
>>841
確かに実際には同じような感覚なのかも。
キリストプロVSキリストカトやってたかと思えば、
仏教VSキリストになればプロとカトが一体になって
宗教者対無宗教者みたいな構図になると、どんな宗教者も無宗教者と敵対的になって
。。。
やっぱり共通のところを問題にしたほうが毛があるかもw

846 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/13(木) 23:58:29 ID:NxmIF65I
>>845
それは自分自身に対してですか?
だとしたらそれが一番嫌ですよね。
あまり物事知ったら嘘吐きかねないことが増えるのか、それとも何とかなっていくのか。。。

847 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:01:00 ID:A+jMNJBB
面白いんすよ。
俺んちにカメも魚もいるのだけどw
魚、同種同士で入れておくと喧嘩する。
でもそこにもっとでかい他の魚種を入れてやると、とたんに今まで喧嘩してたのが
群れをなして協力しだす。
人間も同じようなものかもなw生物の本能なのかも。

848 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 00:02:08 ID:+mBsLs6q
>>846
私は、今回のジダンの姿勢って、好きなんですよね。

暴力は絶対にいけません。
でも、彼は、それをわかっていて、感覚的に判断したわけです。

まあ、理屈をつけるとつまらなくなるので終わり(^^♪



849 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 00:02:28 ID:m/Vk6jVh
宗教者の方々は、人間が皆熱心な宗教の信者で、宗教によって生きてきたよう
な感じを持ってるようだが、圧倒的大多数の生活者にとっては、毎日の生存こ
そ最重要事であり、宗教は、いわば趣味程度。熱心なのは、職業的宗教家に限
られていたのではないだろうか。生活者にとっては、宗教とは別個の、生活か
ら生まれた「社会常識」が存在し、機能していたのではないか。あくまで個人的
な推測だが。若しそうなら、人類はこれら「不信心」な生活者のお陰で、現在
まで存続してきたと言える。

いずれにせよ、現代では、宗教は科学が存在しなかった時代の遺物の惰性的残存
だし、人間の他の営みがすべて人間の生に向けられているのに、毎日のように
果てしなく続く中東での「神の名」による殺戮行為を見ると、宗教、特に一神教
は、弊害のほうがはるかに大きいのは自明だと思う。

850 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:03:12 ID:A+jMNJBB
>>848
俺も理屈をつけなければ好きですねw

851 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 00:10:15 ID:EFohVQZw
>>849
たぶん、その辺の議論って、「宗教」「道徳」「科学」の定義からはじめないと、進まない。

結局は、それぞれの概念やイメージの相違で終わるから。

まあ、このスレはその点では、かなりいい加減(^^♪
それが、イイとこでもあるし。。。。。



おやすみ
つノシ

852 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:11:30 ID:A+jMNJBB
>>849
俺が最初にレスしてたのもそういうことなんだと思うけど。
でもそれいくら言っても何にも意味なさないんすよね。
理解以外にそれぞれが進歩する可能性はなくなると思えるし。
今現在の事実的なことは同意できるけど、問題解決の手段にならないよな。
不信心な生活者のお陰って言うのは大分違ってるとは思うか。
前のレスで習慣や道徳に多神教的なものや仏教の物は溶け込んでる可能性もあることを
肯定してたし、849さん自身、発想がさっきよりも極端になってません?

853 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:12:42 ID:A+jMNJBB
>>851
いい加減でいいでしょ?
こんぶ殿も飽きたって言ってたしw
その手のことを論じるならいくらでもスレ有りそうだし。

おやすみなさいノシ

854 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 00:13:27 ID:Zp0NbKFg
>>837
>背景っていうならそーか3世だったけど幼少の頃に抜けた、意識が離れる
>には苦労した。

一旦宗教から植えつけられた意識から離脱するためには、長期間の「のた打
ち回る」苦しみを経験すると言われています。宗教による、このような精神的
被害(spiritual abuse)についてはどう思われますか。宗教により、本人の
人格が変容されるばかりでなく、家族は耐え難い苦しみを経験しなければなり
ません。

宗教が、「現実界には還元できない単なる観念」に最大の価値を認めるもので
あるため、現実からの遊離、社会常識からの逸脱、家庭の破壊が、殆ど必然的
に生じるからです。

855 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:16:41 ID:A+jMNJBB
>>854
ここのログでもそのことには触れてるけど、
俺自身は宗教被害者だって認識で宗教嫌いでしたからね。
団体的な宗教には今でもいい印象はないし。
家族は幼少の頃にバラバラになってるし、意識的に完全に抜けたと思えるのはつい先日?
それまでは触れなければなんともないって感じで、受け入れられるものでは無かったから。
だから用い方を間違えるべきではないってのはものすごく思いますよ、やっぱり。

856 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 00:17:29 ID:A+jMNJBB
音響さんありがとう。。。w

857 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:00:09 ID:Zp0NbKFg
>>855

宗教とは、人間の自由意志を奪うことが特徴なのだから、「用い方」などを
考えることは、原理的に不可能。使っているのではなく、使われているのだ
から。常に、自分の宗教だけが正しく、本物であると信じ込まされるのが、
宗教なのです。

それにしても、家庭における宗教の影響は恐ろしいものですね。君は最初は
無宗教者らしいことを言ってたが、宗教者であると睨んでいた。

一つわからないのは、創価はキリスト教とは正反対のはずだが、君の考えには
どこかキリスト教の匂いがする。やはり、創価の親に対する感情的反発だろうか。

858 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:10:29 ID:4ZUi56e8
宗教ってタダ自分を正当化する為のものなのでは??だから皆自分に合ったものがあれば、それが正しいって信じ込んじゃう…怖いねぇ
特に創価やエホバ系はそれが強すぎるからなおのこと怖い
でも人間皆弱いから1つぐらい宗教って逃げ場があってもいいんじゃない??
それが脅威になったら大変だけどね

859 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:18:24 ID:A+jMNJBB
>>857
睨まれてたのねw
つか、無宗教者ですよ。宗教団体とか宗派に所属することが宗教なら間違いなく。
そーかに対する反発からなにかの宗教にってことはまずないはず。
もしも感心持ってもらえるなら>>570-602あたりのレス見てもらえれば。
そのやり取りが終ってすっきり全ての意識が認識できて抜けてった感じかも。
レスからじゃわからないのは当たり前だけど、俺の中ではそのレスしながら色んなものが
フラバしたりしてて、最後の音響さんの無神無宗のレスが事実かどうかは別として、
俺の意識の偏りを俺自身にすっかり見させてくれた。
大げさかもしれないけど、それくらい宗教の呪縛はある意味強いのかもしれないすね。
用い方って所は、まあ確かにその通りとも言えるかもしれないけど。
でも、自分の意思で用いているって意識は必要でしょう。。。でなかったら宗教は害でしかない。
反発とかでキリスト教にとかそんなのはまずないですよ。そこまで詳しく知らないし。
つか、どんな匂いなんよw

860 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:22:00 ID:A+jMNJBB
それと。
俺の中にも外にも神様は存在しません。
思想が宗教になるなら宗教者なのかもしれないけど、無神論主義なのは間違いないかも。

861 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:30:56 ID:Zp0NbKFg
>>858
>特に創価やエホバ系はそれが強すぎるからなおのこと怖い
>でも人間皆弱いから1つぐらい宗教って逃げ場があってもいいんじゃない??
>それが脅威になったら大変だけどね

エホバは勿論のこと、創価や浄土真宗も一神教的要素を持っている。
しかし、はまり込みは、本家キリスト教が最も深い。その「選民意識」
と、イエスの「受難物語」による心的外傷や聖霊概念の故だろう。

もともと精神的に弱い人が、そんな恐ろしい宗教に逃げ込んだら、事態は
さらに悪化することは明らかだろう。無責任な発言ではないか。

「人間皆弱い」などとは言えない。弱者にも強者の要素があるし、その
逆も真である。人間とは、もっと複雑な存在であることを理解する必要
がある。

社会においては、弱者は弱者を決して救えない。弱者を好けるのは強者
のみ。

「弱さ」を売り物にするのは、人間として醜悪である。





862 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:33:56 ID:A+jMNJBB
>>858
逃げ場にするなら宗教はますます適さないでしょうね。
逃げるなら現実の中で逃げる術を見つけないと。
宗教の中に正しさを見出せるならともかく、逃げ場に用いるのが一番怖い気がする。

863 :謎学会員 殿舎男 ◆ej9/UehK8Y :2006/07/14(金) 01:35:00 ID:tXwa/X50
>>858
創価含め強引な勧誘を一度でもうけると
人によっては宗教全体が嫌っていう
考え方になるかも


864 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:35:17 ID:A+jMNJBB
>>861
基本的に同意。
特に最後の方の行にはかなり同意。

865 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:36:50 ID:A+jMNJBB
>>863
こんばんわ。
そーかの勧誘はすごすぎますよ、
俺が毛嫌いしたのも無理はないですw

866 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:40:16 ID:pNbReyy3
>>861
>弱者にも強者の要素があるし、その
>逆も真である。人間とは、もっと複雑な存在であることを理解する必要
>がある。
その逆も真というところがいまいち具体的に分からないんですが詳しく教えてくだされば幸いです。

867 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:46:15 ID:A+jMNJBB
強く見える人が強いとも限らない。
つーか、本来人なんて弱いものだから、弱さを前面に出してる自体がある意味卑怯ともいえる。
みんななんだかんだで一生懸命乗り越えて強くあろうとしているだけ。
後は考え方とかが習慣としてみにつくものはあると思うけど。
それに自分の弱さを知らずに強くなることも難しいかと。。。
俺なり見解してみる。


868 :♥ 殿舎男セ秋葉系? ◆ej9/UehK8Y :2006/07/14(金) 01:46:49 ID:tXwa/X50
>>865
こんばんわ。
創価の勧誘はたしかに酷い面あります。 改善せねば
とはいえウザくない勧誘方法も難しい。
各宗教とも気軽に宗教施設に足を運んでもらえるように
なれば宗教を信じる人が増えるかも

869 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:47:17 ID:A+jMNJBB
ねーよ。
ありがとうでしたノシ

870 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:50:50 ID:pNbReyy3
>>867

わたしの見解では人の強さは生まれつき決まっているので、確かに強い人はいるとおもっています。
ただ、彼らは愛や大志を抱く能力が足りないように思います。

871 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:51:12 ID:A+jMNJBB
>>868
本気で思います。
勧誘する人にはある一定の資格を与えるべきです。
そこら辺のおばちゃんが勧誘してる時点で強引だったりしがちだと思いますよ。
宗教だからなんだけど、営業会社の営業がなんのマナーもルールも持たずに商品売りに出てるのに等しい人もいる。
ラスト2行は確かにそうでしょうけど、でもその前に施設を訪れても絶対にそれだけでは勧誘されないって安心感が必要でしょうね。
モデルハウスとか展示場と同じですよw

872 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:52:42 ID:Zp0NbKFg
>>865
>そーかの勧誘はすごすぎますよ

しかし、創価には、キリスト教のような偽善はないのではw。

この世は人間界だから、創価の「人間中心主義」には、キリスト教や
他の殆どの宗教は太刀打ちできない。人間にあらざる神仏ではなく、
現実の人間に最大の価値を認める宗教は、他にはないと思うが。

ちなみに俺は、創価信者ではなく、世界の各宗教を理論的に比較研究し
ている人間。

>>866

強者にも弱者の要素がある、ということ。

873 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:54:57 ID:A+jMNJBB
>>870
それって偏見に思える。
多少の差っていうか持って生まれた我の強さとかそんなのはあっても、
本当に強い人間なんていないし。
多くのものは思い込みとかで身に付けていくのじゃないかと。
強い人は自分が強いと言い聞かせてる、負けないとか。
強い人間が愛がないとかも違う、
それなら偏見だけど、弱く見える人ほどころころ意思が変わって人を裏切るイメージがある。
どっちとも言い切れるものではないと思うし、そんな考え方だと本質的に誤まりかねないと思う。


874 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 01:55:11 ID:pNbReyy3
>>872

それは当り前の論理的帰結ですので、具体的にどういう意味かということです。


875 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:57:12 ID:A+jMNJBB
>>872
どこの宗教がマシかどうかってことにも意味を感じないんですよ。
偽善が間違いかとも言い切れない。
どちらにも良さも悪さもあるんじゃないかと思うし、現実的に起こったことや活動内容で評価するくらいしかないかも。

876 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 01:59:27 ID:A+jMNJBB
さて、今度こそ寝るw
おやすみなさいノシ

877 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 02:10:56 ID:Zp0NbKFg
>>874
人間が「強い」「弱い」とは、具体的に何かということを、ご自分で考えて、
書き込んででみてください。

強者にも、悩みや苦しみがあるし、やたらと弱者を害しません。弱者同士の
嫉妬や足の引っ張り合いは著しい。

弱者は、「善」だの「愛」だのという概念を作り上げ、自分が「道徳的強者」
の立場に立とうとします。

878 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 02:14:28 ID:pNbReyy3
強者にも優しい心があるということでしょうか。

879 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 02:17:44 ID:Zp0NbKFg
>>878
一般に、本当に強い人ほど優しいものだよ。

880 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 02:18:45 ID:pNbReyy3
仏陀とは強者と弱者のそれぞれの長所を統合した存在なのかもしれませんね。

881 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 02:32:32 ID:Lft0504x
< マインドコントロールシステム > ttp://www.geocities.jp/sonomama_da/kokoro-manual.html

882 :858:2006/07/14(金) 02:40:39 ID:4ZUi56e8
人間は複雑でその心理や強者、弱者がどうこう言ってるわけではありません。
つか人間に強者・弱者もないんじゃない??様々な側面から見れば捉らえ方によって変わる訳だし…
ただ、私が言いたいのは宗教は人が本来生まれ持っている性質・観念に一番即した物を選ぶべきだと私は思ってる。
当て嵌まらなければ無宗教でもいいしね。
ただそれを、自分の利益・欲のために行使しちゃいけないと思う。そんなことしたら周りも自分も不幸になるだけだしね。
だから創価みたいに政治と絡むのは怖いっていってるの。
エホバも。貪欲に勧誘する時点でもう欲が出ちゃってるからね。

私にとっての宗教は、欲とか利益を得るとかを抜きにして、ただ自分の弱い部分が出過ぎて、自我が壊れそう(ここまでいかなくても、ただ辛いことがあったりとか)になった場合の気休め程度に心に留めておくもの
例えば私は仏教だから釈迦や仏サン(先祖ね)がついてるから大丈夫、くらいに思う物じゃないかなぁと考えてマス。
長くなってスミマセン

883 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 05:58:44 ID:9WQScnV/
宗教では病気一つ治すことがないから。

884 :2CH初心者:2006/07/14(金) 09:07:03 ID:N3ZxtTqB
>>11
物質社会の上に立てる、モダンで科学的で論理的な、新しい「宗教科学」ができるまで
宗教の統廃合や宇宙構造の解明など、普遍性への模索が続くと思う。

この「宗教科学」という言葉が目に付きました。
もっと詳しくおしえてもらえますか?


885 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 11:17:57 ID:0rjPEtVy
別に、無神無宗にこだわる必要もないんじゃない?
それに、執着すると逆に、神を信じない教にハマるヽ(^。^)ノ

もともと、ヨーロッパの文化芸術思想はキリストギリシア神話臭だろうし、
アジアは仏教儒教臭だろうし、そんなかでも日本は神仏習合臭だろうし、
アメリカはメイフラワー拝金臭だろうし・・・・・・

主義思想宗教は他人を枠に嵌めるためにあるんであって、
自分で名乗るというのは、自己演出みたいなもんでしょう。
「だから、おまえはA型人間なんだよ」
なぁんて、使うのが一般的。

難しいのは、いつも矍鑠たる尺度を有すること。
その自由度を保つのが難しい。

キリスト臭がファブリーズで消せるという根拠もなし。




886 :まい:2006/07/14(金) 11:34:30 ID:SOf25Hmp
>>817
>俺に信仰について教えてくれた人、そのまた師匠…と、結構遡ってたどれるんだよ。師匠から
>弟子、親から子、そうした個人から個人への伝承の積み重ねを信頼しているということ。その原点は人間と
>してのイエスを信頼するところから始まっているとしか、思えない。

なんとなくわかる。

>>824
>俺、かなり前から色んな思想の共通性とか感じてて、偶然とは思えないんですよね。
>まあ偶然でもいいのだけど、そういう共通の部分が一番肝心な部分なんじゃないかと思える。

そんなりょんちゃんのスレは盛り上がるね。わたしも興味大。

>>828
>唯識はわかりやすいとは思いますけど、
>その自己矛盾に対して、どこまで自覚的なのか?
>という点では、なにか、物足りなさを感じます。

>結局、瞑想して終わりというのでは、
>宗教はアヘンと変わりないわけですから。

フ・・深い。


887 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 11:54:18 ID:0rjPEtVy
私は、経済も宗教だって言ってることの根拠は、
単純に、経済が貨幣を排除することで成立する社会システムだってことによります。
宗教が、神を排除し続けることによって成立する組織と同じ。
排除とは、社会学の用語で言えば、スケープゴード効果。
すでに、ジーザスクライストトリックスターという演劇もありますしね。

宗教組織の中で、
神は、組織の中にはありませんが、しかし、決して、外部に存在するわけではありません。
頭の悪い組織でいじめが絶えないのも、
だれかをいじめることによって、より組織が強固になるからです。
いじめとされる対象に理由なんてありません。
それによって、組織が強固になればそれでいいわけですから。

この構図は、例えば、天皇が女系か男系かを論じることでも同じです。
男系が女系かを論じること自体が不敬なことであって、
いわば、そうすることによって、
天皇はその地位から引き摺り下ろされることになるわけです。
しかし、天皇は一般人とは違うということをその議論によって認識します。
アイドルはうんこしないっていたことと同じですね。


さあて、なに食おう・・・・



888 :まい:2006/07/14(金) 12:00:03 ID:SOf25Hmp
宗教と言う集団に滑稽さを感じつつも、集団の中で安心感を感じる自分を否定できないと言う矛盾。
自分はどっちかと言うと一匹狼だけど・・寂しいなんて思う矛盾。
依存性を持っている弱い人々を、対岸の火事のようには思えないわけで・・。

889 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 12:08:41 ID:0rjPEtVy
>>888
例えば、買い物依存症というのは、ものを購入することで、
社会参加をしているという感覚を味わうわけです。
この時の、買い物は、井戸端会議と同じです。
中身が問題なわけではなく、行為が問題になるわけです。
だから、そこから抜け出すことは非常に難しい。

宗教も同じではないでしょうか?
神を信じる行為が連帯感を産むのであって、
神そのものはなんら関係ないわけです。

私は、宗教は否定しないですけど、
一度入信すると、抜けるの大変らしいですからね。
私が、宗教に関心がないのは、
極めて、現実的な理由ですね。
面白くなさそうってことですかね。
組織内部の政治的力学は楽しそうですがヽ(^。^)ノ


890 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 12:25:37 ID:zRBrA3Bu
>>882
>ただそれを、自分の利益・欲のために行使しちゃいけないと思う。そんなこ
>としたら周りも自分も不幸になるだけだしね。

宗教自体、「自分の幸せ」「自分の救い」という自分の利益・欲を追求する
ものです。宗教の起源は、生存のための「現世利益」でした。宗教が何か
「高尚なもの」「優れたもの」などと信じ込んだ信者を容易に利用して、宗教
が自分の利益、欲を追求することは、ちっとも不思議ではありません。

>私にとっての宗教は、欲とか利益を得るとかを抜きにして、ただ自分の弱い
>部分が出過ぎて、自我が壊れそう(ここまでいかなくても、ただ辛いことが
>あったりとか)になった場合の気休め程度に心に留めておくもの

人生に辛いことが沢山あるのは当たり前。辛いことがあるから喜びがあり得る
のです。「悪」があるから「善」があり得る、「闇」があるから「光」がある
のと同様です。宗教者のいう「喜びだけに満ちた天国」とは、実は「地獄」の
別名なのです。
辛いことに自ら直面し、それを克服しようとする努力により、人間は始めて
成長し、他者の辛さも理解できるようになります。宗教などに依存すると、
この成長は停止します。
肉体的・物質的苦悩とは異なり、精神的苦悩は、殆どの場合、自己中心主義か
ら発生します。この意味で、精神的苦悩は、肉体的・物質的苦悩にくらべれば、
「お遊び」、豊かになった故の「贅沢病」です。戦争や事故で、想像を絶する
肉体的苦痛の中に死んでいった人々のことを考えてみてください。
精神的苦悩は、自分を離れ、心を身近な他者(家族など)に移すことにより
軽減・消滅します。人間は、独りでは決して生存できないため、共同体性が
人間の本質だからです。これは、釈迦もキリストも思い至らなかったことです。
是非試してみてください。
最近やたらと「心の問題」が言われるが、心は身体から発生するもの。自分の
心を意識すること自体が、心が既に病んでいる証拠です。
無人島に置き去りにされれば、毎日生存の努力で精一杯で、精神的苦悩など
吹っ飛んでしまうはずです。

891 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 12:41:39 ID:P4iErr7s
ちわぽノシ

>>890
テーゼになるね。
ものすごく言ってることわかるし、俺もそういう極端な思考もするけど。
でもそこで止まっちゃったらほとんど役にたたないと思う。
無人島に置き去りにされたらそうだとしても、現実の人たちは甘えも許されがちで
格差、偏りもあるとは言え贅沢病も蔓延した世の中に生きてるんだから。
そんな中での宗教のあり方とか無宗教者のあり方とか、
そういう部分にまで意見してもらったら得られるものがあるかも。


今日は昼時間ないんで夜にゆっくり見ますノシ

892 :まい:2006/07/14(金) 13:08:42 ID:SOf25Hmp
>>889
そういう意味での社会参加って、たしかにそうですね。
寂しさを感じる暇もないくらい自分を追い込めば、社会依存も必要ないのでしょうが、
現実的ではないですよね。

現代は豊かになって心の空虚感を多くの人がかかえている・・。
それが、終末を待ち望む心理になって行くのだとしたら恐いですね。

893 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 13:22:43 ID:zRBrA3Bu
>>892
「心の空虚感」って、具体的には一体何でしょうか。徹底的に考えてみる必要
があります。言葉の表面だけに酔ってはなりません。

894 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 15:36:05 ID:+rFTaUqX
>>891
>でもそこで止まっちゃったらほとんど役にたたないと思う。

すぐの役に立たせるつもりもないのでw。

現実の問題を考える場合でも、人間が生存本能を持った生物に過ぎないと
いう唯一の普遍の事実と、人類史的な視点から考えないと、方向が狂って
ということを言いたいのです。

方向は、すでに狂って来ている。その狂いの根源は、イエスの思想にあると
判断します。

895 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 15:57:07 ID:dQq3IhVZ
>>724
あのさぁ、言葉って出す側の責任もあるけど受け取ってそれを伝えていく側の責任は
もっとデカイと思うよ。大体キリスト教のイエス像ってローマ教会にとって
都合の良い物に編集されてる訳だし。その辺は近年死海文書の発見などで
飛躍的に研究が進んでるからここでウダウダ文句言ってるよりその辺の
本読んだほうがいいよ。

ちなみに俺はどこの宗教にも入ってないけど歴史としての宗教には興味がある口です。


896 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 18:00:31 ID:P4iErr7s
>>880
シッダールタのころは弱かった。
弱かったけれど、信念はおそらくあったし強さは十分に備えていた。
出家で逃げ出した部分は弱さでもあり、意思の強さでもある。
修行中には弱さも持ち合わせながらもそれでも意志の力も半端じゃなく強さを発揮した。
仏陀になって、本当の真の強さを手に入れた。
強さだけに拘って考えたときの俺的見解、全然解釈違うかもしれないけど。

897 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 18:05:39 ID:P4iErr7s
>>882
分かる気がする。
病気がちな人の本当の気持ちは健康な人には理解できない。
だからと言って、病気の人の気持ちを考えようという健康な人を拒絶すれば健康な人は傷つく。
理解してあげたくても出来ないだけに、余計に辛さがあることもある。
どっちがつよいとか弱いとかそんなことで比較するべきものでもないのかもしれない。

後半のは俺的には「宗教の用い方」として一番問題も何もない範囲な気がする。
宗教家の人には無意味な用い方だろうけどねw

898 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 18:07:31 ID:P4iErr7s
>>886
なにかよいスレタイは無いかな。



また来ますノシ

899 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 19:10:40 ID:0rjPEtVy
>>898
別にこのままでいいと思うけど、


★神の居ぬ間に雑談スレ(´・ω・`)ノ ★


を候補に上げます。



900 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 19:21:15 ID:WHwFVU/1
仏は参加してもいいのかwww

901 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 19:31:14 ID:0rjPEtVy
まあ、とりあえず、ほっとけ(^^♪

という駄洒落で対応しとこう・・・・



902 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 20:16:10 ID:webGXjud
>>899
わざわざ「神」という言葉を使う必要はない。意図的か?仏教は神など信じ
ない。

だいたい、この板は「神、神」と言い過ぎ。その言葉はむしろ禁止すべき。

キリスト教とは違って、ユダヤ教では、神という言葉は殆ど使わないそうだ。

903 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 20:22:07 ID:WHwFVU/1
洒落たスレタイだと思います。

904 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 20:28:45 ID:webGXjud
そのスレタイは、暇人氏が、無宗教を装いながら、実は「神系」の
宗教(キリスト教)の信者であることを暴露している。

905 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 20:31:57 ID:RGTopSCi
>>1
現代の主な不幸の原因である金銭問題や人間関係の問題は宗教では解決しないし、
宗教やればさらに悪化するのが目に見えてるから。
死に関しては葬式仏教が救ってくれるし、病気は原因不明の病気が減った。

だから、今から宗教広めるには漠然とした不安感につけこむしかなくなった。
その結果いかがわしいイメージがつく。

まあ現代は仕事忙しいし、他に楽しい事いっぱいあるしで
宗教なんぞにうつつをぬかしてる時間がないのが一番大きいだろうな。

906 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 20:38:08 ID:0rjPEtVy
>>904
うん?
私は、暇人氏ではないぞよ。
その発想は、なかなか政治的で面白そうだが・・・・・


しかし、反論は別にして、なんか対案ないの?


★★まあ、それはさて置き雑談スレ★★

とか

★★やれやれ、と思ったら何かカキコすれ★★

とか

★★おいおい、そこの君、君の後ろに(((( ;゚Д゚))) ★★

とか・・・・・


907 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/14(金) 20:48:39 ID:c4iA4uOq
発想力の問題かな

908 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:05:33 ID:webGXjud
このスレで、直接・間接に、漫然と宗教を擁護している連中は、殆ど毎日続く
中東その他の世界各地における「神の名」での大量殺人はもとより、国内でも、
宗教に嵌ったばかりに精神の変調を来たし、治療も容易ではなく、財産を失い、
家庭を破壊し、一生を棒に振った多数の人々のことを、一体どう考えているの
か。

オウムの被害者はもとより、信者自身やその家族は、「宗教」の痛ましい犠牲
者なのである。大切な家族の一員を宗教に奪われて苦悩のどん底にある無数の
家族の実状を知っているのか。人生において、これ以上の悲惨があると思うか。

宗教が、人為的に狂気を発生させる営みである以上、無宗教者にとっては自明
のことだが、一旦宗教に嵌るとそのことが一切判らなくなる。

信者は、自由意志を奪われるのだから、宗教を「使う」ことなど到底できない。
専ら「使われる」のである。

りよんさんは、これらの点についてどう思っているのですか。


909 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:10:10 ID:B2xI0lho
放火魔で第二のくまぇりをめざそう!

910 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:12:30 ID:WHwFVU/1
先日、トヨタ車の不具合がニュースになり
リコールのタイミングが遅いとか
報告量が少ないとか言われている。
三菱自動車の問題もあった。
トヨタ車・三菱車には乗るべきでないだろうか・・・。
既に持っている車は買い換えるべきだろうか・・・。
だって、そんな危険な車、走ってたらいけないよね。
警察は取り締まってくれないのかな?
トヨタや三菱は、車の製造を何でやめないのかな?
危ない車を作り続けられても困るじゃん。
「危険なものを製造してました。申し訳ありません」
って謝罪すべきだよね。車部門から撤退すべきだよね。

911 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/14(金) 21:13:05 ID:c4iA4uOq
1から全部読めばいいんじゃないんでしょうか?

912 :名無しさん@←ブラックホール:2006/07/14(金) 21:15:18 ID:c4iA4uOq
トヨタの場合はそれと同列に語れるものなんでしょうかね
普遍性を欠いた脳みそに乗るのもやめたほうがいいよ

913 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:22:21 ID:webGXjud
宗教者は、人格が低劣。ありもない神などを信じると、皆そうなる。

スレタイは、「宗教撲滅聖戦」がいい。

914 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:22:50 ID:WHwFVU/1
では、別の話。
幸せの黄色いハンカチではないが、
服役する男を、女は待つべきではない?
所詮犯罪者、前科者に社会復帰させるのはおかしいよね?
そんな危険人物は隔離しておくべきだよね。
世の中犯罪者に甘すぎない?
あいつらに更生なんてアリエナスwww
もっと死刑判決増やそうぜw

915 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:29:39 ID:webGXjud
>>914
一般の犯罪者には、少なくとも、心のどこかに良心の呵責や罪悪感が
ある。宗教による反社会行為は、それが一切なく、むしろ行為そのもの
が義務、そして喜びになる。常に両者を峻別する必要がある。

916 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 21:36:13 ID:A+jMNJBB
>>908
問題だと思いますよ。
今現在の宗教そのもののあり方を擁護するつもりはこれっぽっちもないし。
ただ、戦争にしてもオウムにしても、もっと古くからの出来事にしても本当に悪いのは
宗教の思想をそういう方向に使う支配者とか風潮であって、だから余計にたちが悪い。
信者の一人一人は加害者ですか?被害者ですか?
北朝鮮のことにしても悪いのはあの国の国民全員ですか?指導者ですか?
それを無くすためにはどうすればいいですか?
聞かれても簡単に答えられる内容じゃないすね。どっちの目でみるかももちろんあるし。
言えるのは、理解しあって徐々に時間をかけて変えていくか、撲滅するかのどっちかくらいしか方法がないってこと。
あとは完全な住み分け、でも住み分けても朝鮮と同じようなことになるのだろうな。


ちょっと順番にレスしてくるノシ

917 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:37:31 ID:WHwFVU/1
また別の話。
水商売ってヤクザと関係しやすいの?
ヤクザと関係なくても、水商売してる人ってDQNが多いよね。
風紀を乱す元にもなるし、調子に乗って
金の巻上げに命かけるような奴も居る。
お水の女なんて貞操観念のない不誠実なヤリマンだろw
普通に生きてけないから、媚を売って生きるwww
こんな百害あって一利なしみたいな奴ら、一掃しちゃえばいいのに。

水商売が、人為的に頽廃を発生させる営みである以上、堅気の者達にとっては自明
のことだが、一旦水商売に嵌るとそのことが一切判らなくなる。



918 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 21:44:36 ID:A+jMNJBB
もしかして890も908さん?
宗教学者さんでしたっけ?
色んな宗教を調べてるって人じゃないのかな?

919 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:46:50 ID:webGXjud
>>916
信者の一人一人は、生来は善良で、純粋な人間。あくまで宗教の「被害者」
です。宗教を「利用した」支配者も、その宗教の最も熱心な信者。彼も「被害
者」です。利用されてすぐに激高するのも、宗教そのもの病理。結局は、宗教
という営みそのものに行き着きます。

自然宗教とは異なり、すべての創唱宗教は、開祖の精神異常から発生したもの
で、精神の健全さとは程遠いのが、最大の原因。従って、創唱宗教は、病理現
象であり、治療と完全廃止以外には、方法がないことになります。

920 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 21:52:22 ID:A+jMNJBB
でもちょっと思ったけど。
もしもこのまま国際情勢がひどくなって日本が侵略されたりで戦争になって徴兵となれば
無宗教者も色んな宗教者も戦争するでしょ?
しなかったら無条件降伏や虐殺、侵略。
侵されたら守るしかない、かならずしも宗教だけの問題じゃないな、やっぱり。
国と国が争えばよその国では宗教戦争的になるけど、日本でも結局同じだ。

921 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 21:56:06 ID:A+jMNJBB
>>919
言ってる事は分かるのだけど。。。
俺も同じような論議をこの板に来てずっとしてたし、
でも一緒くたにくくって宗教全体が害だと言ってもはじまらないと思うな。
一方的に理で攻めてたら自分も一種の主義信奉者で盲信状態と同じになっちまう。

922 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:56:29 ID:webGXjud
>>918
宗教学者には、宗教の病理の解明は不可能なようです。彼ら自身の
「職域保護」の必要があり、すべてすでに宗教(キリスト教)の
影響を受けた西洋の学者の本を有難がってそれに依存し、彼ら自体
が特定宗教の信者又はシンパで、国立大学の教壇の上から、布教して
いるフシがある。

立法・司法・行政は、宗教の病理について全く無知であり、専ら宗教
学者の見解に依存している。

オウム事件でも、処刑されるべきは、信者たちではなく、これらの
宗教学者たちです。

923 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 21:58:33 ID:WHwFVU/1
>>919
>自然宗教とは異なり、すべての創唱宗教は、開祖の精神異常から発生したもの
>で、精神の健全さとは程遠いのが、最大の原因。従って、創唱宗教は、病理現
>象であり、治療と完全廃止以外には、方法がないことになります。

なんだ、常連さんじゃないかw
もうその文章見飽きたよwww (´ー`)y━~~

924 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 21:58:38 ID:A+jMNJBB
>>922
あれ?やっぱり昨日俺がキリスト教の匂いするって言ってた人ですよね?w

925 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:01:35 ID:A+jMNJBB
こんぶ殿、スレタイ候補ありがとうございます。
。。。でもむしろ神様仏様無宗様が集まる的な方が良いようなw
自分で決めろっていわれそうですが。。。(汗

926 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:02:35 ID:A+jMNJBB
そっか、こんぶ殿のいうスケープゴートに宗教が使われるってこともありえるわけだ。


927 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 22:03:46 ID:WHwFVU/1
>>925
たしかに。
>>899では、キリスト系のマターリ雑談スレみたいだ罠w

928 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 22:07:36 ID:webGXjud
>>921
>一方的に理で攻めてたら自分も一種の主義信奉者で盲信状態と同じに
>なっちまう。

人間界において、人間にあらざる架空の神仏ではなく、現実のすべての
人間とその生存を支える自然とに最大の価値を置くことは、主義でも、
思想でも、ましてや宗教でもなく、人間界の成員一人ひとりの至高の
義務です。宗教などと混同しないで下さい。

「理で攻める」といっても、原理ははっきりさせておくことが必要。
宗教信者は、ありもしない神仏などという不安定なものを信じている
ために、常に不安と被害妄想に苛まれ、必死で自己正当化を求めて
います。すこしでも正当化するような言葉があれば、彼らの宗教的妄想
をさらに悪化させるだけです。




929 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:07:43 ID:A+jMNJBB
雑談とかってスレタイにつけるのは問題なし?

930 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:09:51 ID:A+jMNJBB
>>928
昨日の人じゃないんですか?
つか、昨日もそうだったけど、段々と思考が過激になってってます。。。
それは立派な宗教や信条に無宗の俺的には見えるんですけど。
つか、信条でレスしてたのも928さんですよね?

931 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:10:20 ID:0rjPEtVy
>>925
雑談スレにしたいんだから、頭か尻尾につければいいのではないかと・・・・

>>926
>スケープゴートに宗教が使われる

宗教が神やホトケをスケープゴードした組織体系なんですよ。
いわゆる、逃げ水のようなもので、
神なり悟りなりを永遠に掴まえることはできないんです。
そして、永遠に掴まえることが出来ないからこそ、
組織は、強固になるんです。
神や仏を明らかにすることは出来ませんよね。
でも、王様は裸だといった人間は、組織では村八分になり、それによっても、より強固になります。
つまり、宗教自体のシステムは、平和を望むシステムではないんです。
争いと破壊ですね。

でも、これは、否定できないんですよね。
だから、深い。


932 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:14:19 ID:A+jMNJBB
>>931
あ、なるほど。
宗教者が神様をスケープゴートにして、無宗教者が宗教そのものをスケープゴートに。

宗教思想の中に他の教えを受け入れない要素がある限り平和を望むシステムじゃないですもんね。
本来平和を掲げてうたってるけど矛盾する。
その矛盾は許されるべき矛盾とは違いますよね、むしろ矛盾してもいいから解決するべきところ。

933 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:16:55 ID:A+jMNJBB
★神様・仏様★○○○○雑談★無宗様★

こんな感じ?なんかかっこわるi


934 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:17:40 ID:0rjPEtVy
それと、このシステムは、経済のシステムと同じなのです。
我々は貨幣を信じていますが、
その根拠はなにもありません。

そして、そのシステムをどんどん押し付けてるわけです。

人が社会や組織を形成するとき、かならず、同じことが起きます。
深いです。


935 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:19:18 ID:0rjPEtVy
>>933
別に、好きにしたらいいんじゃない?
スレタイで集まるわけではないと思われ・・・・

つめてぇ〜(^_^;)


936 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:20:20 ID:A+jMNJBB
経済のシステムは国の信用に直結するから、
その例えでは国が信仰の対象になってるのと同じってことですね。
でも貨幣を信用しないで別の形で蓄える人も実際には大勢いますしね。

937 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:21:31 ID:A+jMNJBB
>>935
じゃあ、無宗様の隣にこんぶ様を並べて左右のバランスとるとかw

嘘です。。。何か考えて見ますw

938 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:23:22 ID:0rjPEtVy
>>936
たぶん、自由度の問題でしょう。
貨幣の信用とは、交換価値の信用です。
この問題は、ほんとに深いですよ。
芸術に価値を認めるのも、
同じところに派生すると思われますから。


939 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:23:51 ID:A+jMNJBB
【神・仏】なんでもありあり【無宗】

940 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:27:39 ID:A+jMNJBB
>>938
自由度。。。つか、すでに俺にはワケワカすけどねw
経済も主義思想的に分析できたりするってことなのだろうか。
芸術となるとちょっとは理解出来る気もしないでもないけど、考えたことなかった。

941 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:32:44 ID:A+jMNJBB
●神・仏●考察・雑談所●無宗●

942 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:33:33 ID:A+jMNJBB
地味だな。。。

943 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:35:22 ID:A+jMNJBB
こんなに考えて立てて閑古鳥鳴いてたら寂しいな。。。

944 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:37:21 ID:A+jMNJBB
★神・仏★(´・ω・`)ノ★無宗★

945 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:38:07 ID:A+jMNJBB
気に入ったw
これにする。
で、1の文で趣旨書く。


946 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:38:33 ID:0rjPEtVy
とりあえず、

★次ぎスレを考えるスレ?★

って、どう?


947 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:41:30 ID:A+jMNJBB
1000レス使って考えるんですか、それいいかも?w

948 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:42:42 ID:0rjPEtVy
あははははっ(^_^;)

>>944
いいと思いますよ(^O^)/

うまく立てられますかね・・・・・・・・


949 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:43:29 ID:A+jMNJBB
そしてその次のスレは1の文章を考えるスレにするかなあ。。。

950 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:48:48 ID:A+jMNJBB
人種のるつぼの考察・雑談スレ。
宗教者も無宗教者もどぞ。

普遍の真理があるなら万人共通のはず。
いがみ合うことなく前向きに遊べる方きぼんだすノシ


1の文。いいすか?

951 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:49:56 ID:A+jMNJBB
もういいや、立てるw
ノシ

952 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:50:44 ID:A+jMNJBB
次スレ:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152885007/l50

953 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:52:27 ID:A+jMNJBB
>>948
ちなみに鼻糞持ちなので立てたいのあったらいつでも立てますよ。
あまり無茶なのでなければw

954 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/14(金) 22:53:49 ID:0rjPEtVy
えがった(^_^;)

オチ(^^♪


955 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/14(金) 22:54:34 ID:A+jMNJBB
>>954
どうもでした。
またですノシ

俺も一旦落ち。

956 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 22:59:59 ID:webGXjud
>>934
>それと、このシステムは、経済のシステムと同じなのです。
>我々は貨幣を信じていますが、
>その根拠はなにもありません。
>そして、そのシステムをどんどん押し付けてるわけです。
>人が社会や組織を形成するとき、かならず、同じことが起きます。
>深いです

誰の本から「借り物」か知らんが、全然違うよ。宗教者独特の、物事のすり替
えと自己正当化。既にキリスト教に影響された西洋の学者の意見だろう。

経済は貨幣は、人間の生存に不可欠な物資の流通と獲得のための手段。貨幣の
背後にある物資は、ちゃんと実在し、それを信じるからこそ、貨幣に価値を
認める。

創唱宗教は、開祖の精神障害のゆえに、生存本能から切断された「観念の遊戯」。
生物としての人間という唯一の「普遍の事実」から遊離してしまっている。


957 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 00:04:50 ID:RdEc6Jgj
>>645>>847
人間は同じ条件、経験をしないとなかなか本当には分からないということで
しょうね。分かる能力は宗教を実践しても与えられないと・・・・。
立場が違うと経験が無いから理解出来ない。そこから対立、争いが生まれる。
権力者はこの心理を悪用することナカレ!!

この愚を避けるには、相手の言うことに真摯に耳を傾け、仮にもひとりよが
りな傲慢、高慢は避けるべきでしょうね。人間は不完全なもの。思い込みが
激しい。同じ人間としてお互いに尊重し認め合う。そして謙虚さは大きな愛の実現へ
の第一歩。

958 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:09:22 ID:zxoyxu+3
別にこんぶ殿を庇うわけではないがシステム論的なものは視点としては面白いけどね。
社会システムとか意識システムとか生命システムとか。
色んな視点から物事を照らし合わせることはやっぱり大事だと思うのだな。
最初からこんぶ殿の視点には興味があるのだ。


959 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:15:00 ID:zxoyxu+3
愛って言うものも良くはわからないのだが。
愛というものは誰の心にもエネルギーとして備えられていると考えるとつじつまが合うのだ。

つーか、>>957さんの下4行はおっしゃるとおりなのですが。
それに加えて、やっぱり楽しむことを知らない人と人、楽しめない状態の人と人が対立すると、
目も当てられなくなりそ。
いがみ合うとはまさにそんな状態だしな。

960 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 00:18:59 ID:t/MyCR3c
>>956
>誰の本から「借り物」か知らんが、

まあ、とりあえず、有名どころではマルクスの「資本論」で、物神性の項目。
でも、いまのほとんどの社会学・経済学の本は、このことは解決不能の命題です。
面白本では、バタイユの「呪われた部分」は、いいんじゃないんだろうか?
ポトラッチという不等価交換から、経済と宗教の関係性が非常にエキサイティングに語られてると思われ。。
あと、よく言われるのは浅田彰の「構造と力」。クラインの壷は、仏教の空じゃないかとか・・・・

>貨幣の背後にある物資は、ちゃんと実在し、それを信じるからこそ、貨幣に価値を
認める。

という自明性が宗教の洗脳とイコールではないだろうか?
と述べているだけなんですけどね。

ちなみに、私は、宗教は擁護してませんです。
ただ、批判しても、それも宗教じゃない?
というだけです。



961 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 00:19:45 ID:t/MyCR3c
ちょっと、寝る前でレスしました。

ではでは、ほんとに(^^♪


962 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:20:32 ID:zxoyxu+3
それと。
どんなに理論が正しそうであっても、
根底に思いやりも感じられない言葉には人は動かないだろうな。
結局は人は感情や心の生き物なのだな。
最近は裁判なんかでも心の問題が争点になったりしつつあることからも、
心を無視して考えたりすることは時流に反するともいえるのかも。

963 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:22:09 ID:zxoyxu+3
マルクス。
俺も昔読んだことあるのに全然そんなの知らなかったw

おやすみなさいノシ>>961

964 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:25:08 ID:zxoyxu+3
つーか、こんぶ殿の考察のしかたってすごいのね。。。
俺には無理だなあ、漠然と読んでぼんやり考えて。
あとは直感的だな、あまり記憶にもしっかり残らないしw


965 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 00:40:38 ID:evN/gz5F
>>960
>という自明性が宗教の洗脳とイコールではないだろうか?

それも全く違う。即ち、物資は、五感により知覚できる(人間にとって実在
であり、生存に役立つ)。他所における物質実在の可能性は、情報により
確認が可能。神は、五感によって知覚できない(人間にとって実在ではなく、
生存に役立たない)。

マルクスはキリスト教徒であり、唯物論者と自称するが、実はヘーゲル直系の
観念論者。彼の「下部構造」には、「上部構造」であるはずの精神論がたっぷ
りと含まれている。マルクス主義は、実在し得ない「共産主義ユートピア(神
の国)」という単なる観念に最大の価値を認める宗教。信じる「神」が違う
だけ。だから、良心の呵責なく、あれほどの大虐殺がやれた。

君は本ばかり読んで、他人の借り物の知識と意見ばかりを詰め込まないで、
現実に立脚して、自分の頭で考え、誰のものでもない自分独自の意見を
出してくれ。

966 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:43:59 ID:zxoyxu+3
なんでそんなにキリスト形を嫌うんすか?
そこのところにはあまり触れてない気がするけど、何か背景的にあるとか?

967 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:45:07 ID:zxoyxu+3
キリスト系。

968 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:48:41 ID:zxoyxu+3
またスルーの予感が。。。
聞かれたことには答えてるのに聞いても答えてくれないんだよなあ(;_;)

969 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:50:02 ID:zxoyxu+3
        まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。
    
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    ( ・∀・)    (    )





970 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:54:22 ID:zxoyxu+3
>>957
そのリンク645の方は間違いっすよねぇ?
それともあってる?
ちょっと気になったものでw

971 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 00:55:23 ID:evN/gz5F
>>964
>つーか、こんぶ殿の考察のしかたってすごいのね

具体的にどこがすごいの?彼の言ってることは、すべて誰かがどこかで
言ったようなことばかりではないか。

それから、これは宗教者の特徴である被害妄想の結果だが、すぐに感情
とか心の問題にしないでね。宗教批判者は、人間にあらざる架空の神よ
りも、現実のすべての人間をこよなく大切に思うからこそ、宗教という
営みを批判している。人間としての宗教信者の人格を聊かでも批判して
いるのではない。オウムの信者も、宗教の痛ましい犠牲者なのであり、
生来の人間としては、まったく善良で、無罪なのである。

972 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 00:57:51 ID:CAmA9FLh
>>968
きっと確信できるものを悟った人かも。
そうなると凡夫には分かりがたいよ。
個人的にはとっても新鮮で教えられることが多くて有益。ありがとう!!^^。

973 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 00:59:10 ID:zxoyxu+3
>>971
俺と視点が違うから感想で言ってるだけで。
971さんがどこかで見たとしても俺は見たことないから。
別に俺とこんぶ殿のやり取りだからさ。

なんだかよく分からないけど、いずれにしても俺にはあまり興味がない。
質問も一方的だし、会話としても今一つかなあ。。。
材料だけ上げてるようだもんな。

974 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:01:19 ID:Te+rbZhj
http://chidori.kanpaku.jp/  インチキ崇教組み手の掲示板?



975 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:02:45 ID:CAmA9FLh
>>968
972のレスは965.971の名無しさんのことです。

976 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:03:15 ID:zxoyxu+3
>>972
教わったこと教えてよ。


977 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:04:14 ID:zxoyxu+3
>>975
うん、通じてるw

978 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:08:11 ID:zxoyxu+3
寝るべきか、1000いくべきか。

979 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:12:11 ID:zxoyxu+3
あんまり細部にこだわると何かと難しくて進めないんよね。
例えば、俺はバランス重視派。
こんなこと言ってみたって基本的にみんな中心は自分だしさ。
弱者強者の話で例えるなら、弱者は弱者を中心でバランスを考えるから
強者のバランスの中央よりもちょっと強い側なんって言ったらとんでもなく偏ったところに行っちまうw
突き詰めりゃいいってものでもないのだ、あまり難しいことは学者さんにお願いしよう。
自分が考えるべきことはそんなところにないからなあ。

980 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:13:18 ID:zxoyxu+3
でも、このスレでは色んな人にいろいろ学ばせて頂きました。
多謝。

981 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:14:09 ID:zxoyxu+3
厨房っぷり発揮してないで寝るか。。。

982 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:17:51 ID:CAmA9FLh
>>978
>>974は971違う・・・・と思w。

983 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:18:35 ID:evN/gz5F
>>966
>なんでそんなにキリスト形を嫌うんすか?
>そこのところにはあまり触れてない気がするけど、何か背景的にある
>とか?

キリスト教に対する批判は多すぎて、ここだけでは書けません。この
板の多数のキリスト教関係判スレや、最近の聖書学者の書物をご参照
ください。

創価も、キリスト教批判をやってるのではw。仏教学者の中村元博士も、
その著書で、極めて激しい口調で一神教を批判しています。

私の批判の背景は、史上そして現在も、キリスト教が、誰よりも多くの
人間を、誰よりも残虐な方法で殺戮したという「事実」です。

イエスの思想の問題点は、聖書を、初めから有難がらずに、批判的に眼
光紙背に徹して読めば、わかる人にはわかります。

りよんさんは、毎度質問に誠実に答えてくれて有難う。すべて模範解答
以上の優れたものです。しかし、出だしのころに比べて、途中から、
やはり「キリスト教系宗教の擁護者」の顔になってしまったのは残念。




984 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:19:56 ID:zxoyxu+3
ん?リンク貼ったのはマルチ広告の人かなんかでしょ?
俺、リンクは踏まないし。

985 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 01:21:22 ID:t/MyCR3c
あつう〜と、眠れずに、気になってみると・・・・・

>>965がかみ合っているとは思えないんだけど・・・・

反論というよりも、ひとつの疑問として思い浮かぶのは、
なぜ人は、
ダイソーいって、1個105円で買い物することに疑問思わないのだろうか?
今日の吉野家はうまい!と1万円払う奴はいないのはなぜなのか?
なぜ、働かないで公園で寝泊りしてる人間を嫌うのだろうか?
なぜ、偽札は重罪なのだろう。
なぜ、万引きは悪いんだろう。
なぜ、結婚で結納金を払うのだろう。
なぜ、売春は・・・・・

と、ますます、違う方向に行ってみるヽ(^。^)ノ


ところで、ニーチェ君か?
うーん。。。。。





986 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 01:25:11 ID:t/MyCR3c
ニーチェ君なら、アンチキリストであって、宗教批判ではない。
ということで、議論は終わってしまう。

サドが処女とアナルセックスするのと同じ構図。


987 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:25:48 ID:zxoyxu+3
>>983
出だしの頃に比べて変わったのは宗教に対する意見は変わらないけど、
宗教してる人に対する憎悪みたいなのとか嫌悪感が消えたからですよ。
昨日か一昨日にレス番示して興味あったらって言った一節です。
基本的には平和主義なんですよ、で、理想論者。
大ちゃんには現実主義だとか言われたし実際にそう見られるけど、ものすごい理想主義かも。
だからキリスト教的偽善とかぶるのでは?
でも極端な思考するほうでもあると思うから言われてることの意味は分かるのも多いですよ。

別に宗教自体にはそんなに興味ないし、仮にあるのは仏教の教義的なものだったりするし。
それでもキリスト教の教義に良いものありそうなら関心示しますけどね。

988 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:31:03 ID:zxoyxu+3
ニーチェ。
いまや人間がその目標を定める時がきた。ですね。


989 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:32:04 ID:zxoyxu+3
今からツァラトゥストラ読んだら見え方違うかもな。。。

990 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:33:32 ID:zxoyxu+3
あ、ちなみに俺は絶対に100円ショップでは物は買わない。
理由書くと面倒になりそうだからさけとくけど、信条もある主義w

991 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 01:33:47 ID:t/MyCR3c
ニーチェって、かなり誤解されてるからね。
神は死んだって。

殺したのは、ニーチェじゃなくて、信者。


992 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:34:13 ID:zxoyxu+3
。。。俺って経済教の信者かも。

993 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:35:09 ID:zxoyxu+3
>>991
意外と面白いですよね、よく出来てるかどうかで論じるものじゃないな、あれは。
あの時代にあの内容、当然賛否は両論。

994 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 01:35:25 ID:t/MyCR3c
長島は、決った店しか行かないので、お金を知らない。
お金を払うなんて、下品なことはしない。

丹波哲郎も幼い時はそうだったらしい。


995 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:36:40 ID:zxoyxu+3
ニーチェ、発狂しちゃったものだから好きなように言われつづけるのもある。

996 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:37:42 ID:zxoyxu+3
お金を払うのって下品なんですかw
昔は女性が子供を産むこと自体が不浄とされてたらしいですね。。。超矛盾です。

997 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:39:41 ID:zxoyxu+3
でも、出だしのころと比べて変わったといってもらえたのは嬉しい。
俺自身もそのけんでかなりすっきり。
トラウマは全て消えたって感じだしな。

998 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/07/15(土) 01:39:45 ID:t/MyCR3c
たった一度の娼婦とのエッチで、脳梅になってしまった。。。。

でも、その代わりにツァラツストラが書けたのでいいじゃないかと。

幼少のときは、学校の規則だからと、傘を忘れても雨の中を歩いて帰ったとか。

なかなか、乙です。


999 :りょん ◆J/87JYCguQ :2006/07/15(土) 01:40:25 ID:zxoyxu+3
たった一度なんすか、運が悪過ぎますね。。。
それでますます餌食になったのもある?w

1000 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 01:40:51 ID:CAmA9FLh
>>984
974のHPは(真光教団)
こういうサイトにも信者獲得のカモを狙っているのだ。
真光は金儲けで有名。コワイコワイw・・・

名無しさんの論理に傾倒しそう???。。。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

359 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)