5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【討論】聖句の解釈をマターリ語るスレ8【議論】

1 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/15(月) 01:32:46 ID:H5CJESar
聖書の聖句解釈について、クリスチャン同士で分かち合うスレです。
まだ未信者だけど興味のある方、求道者さんも歓迎致します。

一般的解釈だとこう言われてるけど納得できない…
ココとココの箇所って矛盾してない?
ココがどうしても良くわからない…とか
こんな解釈してみた!自分はこう思った!など皆で分かち合ってください。

お互いの解釈を照らし合わせつつ、議論してみてください。
新しい発見をお互い学び合えたら幸い!皆で語り尽くしましょう。

★議論のお約束★

◆他の人が読みやすいように気配りしましょう。
◆結論をはっきりさせるようにしましょう。
◆反論する場合は相手の立場で考えてみましょう。
◆議論に感情を持ち込むのはルール違反です。
◆自分の価値観や考え方をむやみに押しつけるのはやめましょう。

荒らし・煽りは放置しましょう。相手をしているとあなたも荒らしになっちゃいます!




2 :http://ex11.2ch.net05.tripod.com/log/1147446442.html:2006/05/15(月) 01:33:16 ID:pZG6Xr2X
なんで聖書とか訳すとき変な古文で訳すの?


3 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/15(月) 01:34:50 ID:H5CJESar
一応8を作りました...

4 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/15(月) 01:40:03 ID:H5CJESar
>>2
>なんで聖書とか訳すとき変な古文で訳すの?
訳す人がその文章を十分理解できない時に、聖典らしく有り難味と
威厳を出そうとするときに古文で訳す方法が用いられます。



5 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:14:15 ID:0mlWo9c0
【イスラエルの家の失われた羊】

マタイ 15:24
するとイエスは答えて言われた、
「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない」。

イエスは、このように「ユダヤ人」のみを救うために来たことを
はっきりと語っておられたことが聖書にも記載されています。

ですから、イエスはユダヤ人のために来たのです、
異邦人の救いは、「主人の食べ残したパンくず」のおこぼれに
犬があずかることが出来るのと、同じようなものです。

聖書には、はっきりとそのように書かれております。

このことを自覚しているクリスチャンは、まだまだごくわずかです。


6 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:18:42 ID:0mlWo9c0

イエスが「あなたがた」と言っている場面を読むとき、
わたしたちクリスチャンは、これは自分たちに向けてイエスが
語っているように思ってきました。

でも、それは大きな勘違いであり、思いあがりなのです。

イエスが「あなたがた」と言うときは、いつでも「イエスの弟子」に
対して言っているからです。

クリスチャンであっても、「イエスの弟子」でない人に対して
言っておられるのではないのです。

「イエスの弟子」の条件については、イエスご自身が以下のように
語っておられます。

ルカ 14:26 「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。

ルカ 14:27
自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの弟子となることはできない。
それと同じように、あなたがたのうちで、自分の財産をことごとく捨て切るものでなくては、わたしの弟子となることはできない。



7 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:20:13 ID:0mlWo9c0
ほとんどのクリスチャンは、
「イエスの弟子」ではないだろう、と僕は思っています。

8 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:24:52 ID:0mlWo9c0
クリスチャンを聖書に出てくるものに喩えるとするならば、
おそらくイエスについて歩いてきた群衆にあたるでしょう。

マタイ 13:2
すると、大勢の群衆がそばに集まって来たので、イエスは舟に乗って腰を下ろされた。群衆は皆岸辺に立っていた。
イエスはたとえを用いて彼らに多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。

   〜〜 中 略 〜〜

マタイ 13:10
弟子たちはイエスに近寄って、「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と言った。
イエスはお答えになった。「あなたがたには天の国の秘密を悟ることが許されているが、あの人たちには許されていないからである。
持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。
だから、彼らにはたとえを用いて話すのだ。見ても見ず、聞いても聞かず、理解できないからである。

9 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:27:36 ID:0mlWo9c0
【あなたがたは、地の塩】

マタイ 5:13
あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、
人々にふみつけられるだけである。

この聖句について、きちんとした説明の出来る牧師を見たことがありません。
だから、わたしが説明いたします。

10 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:31:43 ID:0mlWo9c0
【地の塩】とは、イエスの弟子となったユダヤ人のことです。

彼らがもし、ユダヤ人としての自覚を失って、ただ異邦人のように過ごそうとしたならば、
そのとき彼らは神にとって何の役にも立たなくなり、捨てられてしまう、という意味です。

アブラハムの子孫には特別な使命があります。
ユダヤ人は、ユダヤ人としての独自性を保ち、アブラハムを手本として
全人類を代表して神に仕えるべき民族だからです。

11 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 02:43:42 ID:0mlWo9c0
イエスが、『あなたがた』という呼びかけをしている相手は、
大抵の場合、「イエスの弟子」に対してです。

群集に対しての呼びかけの言葉ではありません。
ここのところを、よくよく理解してほしいと思います。

ほとんどのクリスチャンは、勝手にイエスの言われた「あなたがた」を
自分たちのことだ、と思い込んでしまっている節があると思います。

12 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 02:58:39 ID:p1EHKilm
>>10は弟子じゃなくて群集に対してでしょうね。

「イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに非常に驚いた
彼らの律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったから」
とあるから。


13 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 03:26:46 ID:0mlWo9c0
>>12

レス、本当にありがとうございます。感謝します。
確かに、普通はそのように読んでしまうと思います。

しかし、ここでもう一度、イエスが山上の垂訓を始めたときの描写を
よくよく注意して、聖書をもう一度、ご確認してみてください。
そしてイエスがいったい誰に対して語ったのかについて発見してみてください。


マタイ 5:1
イエスはこの群衆を見て、山に登り、座につかれると、弟子たちがみもとに近寄ってきた。
そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて言われた。

14 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 03:55:40 ID:0mlWo9c0
イエスの本当の教えについて知りたいと思う人。
聖書に書かれてあることを信じて、イエスに従いたいと思う人は
ここのスレッドに来て、そして意見を書き、質問をしてください。

15 :初心者♂:2006/05/15(月) 16:07:35 ID:JR8kgB1T
初めまして(ー_ー)
私は、宗教には属してませんが、このスレに興味が湧き覗かせてもらってます。
それは、キリストに興味が有るからです。
全く無知な質問でもよろしいでしょうか?



16 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/15(月) 18:30:07 ID:ClfqRF6W
>>3 ココモ先生
あらら また立てちゃったのね。もう一個のスレどうすんの!?
このスレはチョンボよ。チョンボ!
親の罰符は12000点だからね、わかった?

でも ダニエルさんもたくさん書いてくれているので、今後このスレに
移ります。もう一個のスレは、談話室みたいに「非難所」にしますね。
よろしいですか?
>>14
ダニエルさん こんにちは
お元気でしたか?
>>15
どうぞ お書きくださいな。

キュロスさん
このスレに書き込みませんか? 書き込んでくださいな。

駆け出しのくせしてでしゃばってますね。すみません。


17 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 21:33:45 ID:0mlWo9c0
>15

どうぞ(^^)

18 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 21:36:06 ID:0mlWo9c0
>>16

>ダニエルさん こんにちは
>お元気でしたか?


はい。元気ですよ♪
ありがとうございます。

19 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/15(月) 21:52:38 ID:H5CJESar
>>16
さっき親倍積もったので、24000点入ってるよ...まだ収支
は+です。
>>13
>しかし、ここでもう一度、イエスが山上の垂訓を始めたときの描写を
>よくよく注意して、聖書をもう一度、ご確認してみてください。
>そしてイエスがいったい誰に対して語ったのかについて発見してみてください。
イエスが民衆に語った言葉は、Qの方がオリジナルに近いと思います。
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_qtxt.html
>群集を見ると、彼は弟子たちに言った
>何と幸運な者だ、貧しい者は。彼らには神の王国がある。
>何と幸運な者だ、植えている者は。彼らは腹いっぱいに満たされるだろう。
>何と幸運な者だ、泣いている者は。彼らは笑うだろう。
>おまえたちに言っておこう。敵を愛し、呪う者を祝福し、侮辱する者のために祈ってやれ。
>おまえの頬をヒシャリと打つ者には、反対の頬も向けてやれ。上着を奪い取ろうとする者には、シャツもくれてやれ。

これは学者が推測した物なので、まるまるこの通りではないと思いますが
ルカとマタイの違いを詰めていくと、このQに近い物にそれぞれの教会の
スタンスが書き足された事が判ります。だからマタイの山上の垂訓は、マタイ教会の
聖職者達が信者達にあるいは宣教の中で話した物だと思います。

20 :キュロス:2006/05/15(月) 22:00:46 ID:WPApcSwv
マタイ福音書
>6:16 「断食するときには、あなたがたは偽善者のように沈んだ
>顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見て
>もらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らは既
>に報いを受けている。
>6:17 あなたは、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。
>6:18 それは、あなたの断食が人に気づかれず、隠れたところに
>おられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、
>隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。」

ダニエルさん お久しぶりです。
monoさん いえ そんな事はありません

「隠れる神」と言う話しが 出ていたけど この箇所にも
神は 隠れたところに居る という言葉が出てくるね。

隠れたところにおられる
隠れたところを見ておられる

という言葉遊びも入っているのね。

当時の一般的な理解で断食とは 神に惨めな姿を見てもらい
神の同情を買い、神に助けを求める 行為なんだね。

21 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:01:50 ID:WPApcSwv
マタイ福音書
>9:14 そのころ、ヨハネの弟子たちがイエスのところに来て、
>「わたしたちとファリサイ派の人々はよく断食しているのに、
>なぜ、あなたの弟子たちは断食しないのですか」と言った。
>9:15 イエスは言われた。「花婿が一緒にいる間、婚礼の客は悲しむ
>ことができるだろうか。しかし、花婿が奪い取られる時が来る。
>そのとき、彼らは断食することになる。

このイエスの答えからも解るように 断食と 悲しむ事 つまり
惨めな姿をさらす事を 同じ事として 扱っているね。

そしてこの箇所は 神の子イエスが 今は隠れた所には居ない
から 悲しむ事は無いから 断食をして神に助けを求める必要なない
する必要が無い という事かな。


そこで問題は 「花婿が奪い取られる時」とは 何時か?
これは イエスが十字架刑で 死んでいる時 だろうね。
この時 断食をして神に助けを求める と言っているのだろう。

そして 神はその断食に答えて イエスを復活させた。

22 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:02:57 ID:WPApcSwv
マタイ福音書
>28:20 あなたがたに命じておいたことをすべて守るように
>教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがた
>と共にいる。」

いまは 「いつもあなたがたと共にいる」から 断食は
必要なない。と言う事だね

23 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 22:13:08 ID:0mlWo9c0
>>19

ココモさん、おひさしぶりです。
また、よろしくお願いします。

>群集を見ると、彼は弟子たちに言った

Q資料のほうが、普通の聖書よりも、さらにはっきりと
「弟子たちに言った」とダイレクトに書いてあるのですね。

ココモさん、勉強になりました。



24 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/15(月) 22:18:22 ID:H5CJESar
イエスの言葉
>彼は言った。「神の王国は何に似ているか。それを何にたとえよう。
>それは一粒のからし種に似ている。これを取って庭に蒔くと、成長して
>木になり、空の烏がその枝に巣をつくる。」
>彼はこうも言った。「神の王国は、パン種に似ている。女がこれを
>取って三升の粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。」
果たしてこれがイエス様の言葉かどうか判りません、なぜならからし種
の例えは教会の様な物ができて、其処に人が沢山集まってくる事を
示してますし、パン種の例えは、宣教や伝道によって人の輪が広がっ
ていく事を示してます。
多分原始教会ができて各地に宣教した頃の話だろうと思います。
このイエスの言葉とされるものは、原始教会で朗読されてたものじゃ
ないでしょうか...これはプロテスタントが否定するでしょうが...


25 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:26:38 ID:WPApcSwv
マタイ福音書 岩波訳
>幸いだ、乞食の心を持つもの達
>天の王国は、そのその彼らのものであるから。

このいわゆる 八ッつの幸いは 幸いだ という言葉から
始まっているのね。

そして なぜ幸いなのかとは 天の王国 と
慰められる と 大地を継ぐ と 満ち足りる
憐れみを受ける と 神を見る 神の子と呼ばれる
報いが与えられるからだ、と言っているのね。

これから 天の王国とは 
慰めを受ける 事で
大地を受け継ぐ ことで
満ち足りる 事で
憐れみを受ける 事で
神を見る 事でもある
神の子と呼ばれる ことであり
これら全てが実現するのが 神の王国である
と主張している様にも解釈できる。

ここで 注目したいのは
大地を受け継ぐ だね。
だれから 受け継ぐのか と言えば 神から受け継ぐ
のだろうね。

神から大地を受け継ぐ とは 大地を管理することかな
創世記のアダムに対する 神の命令 に似ているな。

26 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:29:11 ID:xJI5IIN7
>>23

Q資料って、仮説上のもんじゃないの?


27 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:35:15 ID:WPApcSwv
マタイ福音書
>28:19 だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子に
>しなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、
>28:20 あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。
>わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

たしかに イエスは ユダヤ人に教えたのだけど
イエスは ユダヤ人の弟子達に全ての民に その命じた事を
教えなさい、と言っているから いわゆる異邦人は 
ユダヤ人の弟子達から そのイエスの教えを聞くのだろうね。

このことから イエスは「全ての民」(異邦人)のことも
気にかけている と言うことが解る。




28 :キュロス:2006/05/15(月) 22:43:01 ID:WPApcSwv
>>26
確かに Q資料は 仮説ですよ。
しかし 仮説だから 間違いで信用できない と言うのであれば

いわゆる世界信条も 事実かもしれない 仮説ですよね。
救いに関する ○○説 事実かみしれない 仮説ですよね。

というわけで Q資料を仮説だから と言う理由で否定するなら 
キリスト教の教理も 仮説だから と言う理由で否定するのですか?
を否定することと

29 :キュロス:2006/05/15(月) 22:46:14 ID:WPApcSwv
>>28
>救いに関する ○○説 事実かみしれない 仮説ですよね。
を以下に修正
>救いに関する ○○説も 事実かもしれない 仮説ですよね。

最終行の「を否定することと」は 削除してね。

30 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 22:54:29 ID:0mlWo9c0
>>27

>たしかに イエスは ユダヤ人に教えたのだけど
>イエスは ユダヤ人の弟子達に全ての民に その命じた事を
>教えなさい、と言っているから いわゆる異邦人は 
>ユダヤ人の弟子達から そのイエスの教えを聞くのだろうね。

はい。まったく、そのとおりです。
イエスは「救いはユダヤ人からくる」と言っています。


31 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 22:57:53 ID:0mlWo9c0
すべての民を「わたしの弟子」にしなさい、とイエスは
イエスの弟子たちに言われました。

もし本当に私たちがイエスの弟子になる、ということが出来たなら
その時には、もはやユダヤ人とか異邦人とかの区別はないのです。

イエスを信じる信仰において、もはや私たちはイエスを頭とした
ひとつのイエスの肢体だからです。

32 :26:2006/05/15(月) 23:01:55 ID:xJI5IIN7
>「弟子たちに言った」とダイレクトに書いてあるのですね。

ダイレクトに書いてあるものが現存するのでしょうか?
イエスの言葉の具体例は?


33 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/15(月) 23:11:30 ID:0mlWo9c0
>>32

ご質問の内容がまったくわからないのですが。。。(^^;
もう一度わかりやすく質問してみてもらえないでしょうか。

34 :26:2006/05/15(月) 23:20:08 ID:xJI5IIN7
Q資料を基礎にして共感福音書が書かれているというのが、
定説ですが、例えばイエス語録なんかもそうかもしんない。
こちらが知りたいのは、イエスが言ったオリジナルの断片
(もしくはかなり信憑性のあるもの)
でもあったら、Q資料でも何でもいいから教えてよってこと。

35 :26:2006/05/15(月) 23:52:16 ID:xJI5IIN7
age とくから、レスくださいよ。
日本語変ですんませんね、一応、日本人ですけど。


36 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/16(火) 00:13:45 ID:+tQf+G97
>>32 >>34 >>35
残念ながら、ありません。多分イエス様は書き物を残す必要が
無かったんだと思います。口伝伝承で事足りたんだと思います。
イエスの共同体は大規模な教団形成ではなく、小集団のサークル
だったと思います。その場合は口伝伝承で十分でしょ。
イエスが広く世界中に広げようとしたなどと言うのは、大きく広がった
後のコジツケです。
福音書にしろ書簡にしろ書き物は大きな組織か、公的機関に必要な物で
あって、原始教会ができてある程度大きな物になってからだと思います。




37 :26:2006/05/16(火) 00:25:25 ID:nsDgVVUz
>残念ながら、ありません。多分イエス様は書き物を残す必要が
>無かったんだと思います。口伝伝承で事足りたんだと思います

そうなると、本当のキリスト教って何なの?
ってことになるんじゃないですか。
イエスが語ったものがキリスト教なのですから。
でも、福音書全体から、大体のことは想像できますが。

>イエスが広く世界中に広げようとしたなどと言うのは、大きく広がった
>後のコジツケです。

イエス自身は異邦人の土地に出かけて教えていませんね。
使途にもユダヤ人以外に伝道するようにも福音書でイエスが言ったと
は書かれていません。
しかし、自分がユダヤ人から受け入れられず、殺され、ユダヤ人は
選民でなくなることを喩えで言っていますし、旧約で預言されてます。
非常に重要な点なんですが、後のこじつけとは思えないのですが。



38 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/16(火) 01:00:23 ID:+tQf+G97
>>37
>イエスが語ったものがキリスト教なのですから。
>でも、福音書全体から、大体のことは想像できますが。
イエスが語ったものではなくて、イエスが語っていたが如くしている
各教会の主張を言ってるのがキリスト教です。正典だけでも4つある
福音書はみんな同じ事を言ってるのでしょうか...それを是非検証
してください。特にヨハネ福音書などは他の福音書とは全く違う
事を言ってる様な気がします。
>しかし、自分がユダヤ人から受け入れられず、殺され、
イエスはどういうユダヤ人から受け入れられなかったのですか?
受け入れられなかったから殺されたのではありません。大罪を
犯したから殺されたんです。
>ユダヤ人は 選民でなくなることを喩えで言っていますし、旧約で預言されてます。
>非常に重要な点なんですが、後のこじつけとは思えないのですが。
ユダヤ戦争でユダヤ人が選民ではなかった事実を突きつけられた後に、
福音書は書かれてます。旧約で預言されたとするのは、人気のないイエス様
にキリスト教会が勝手に箔を付けてるだけの事です。旧約を継承してる人達
はキリスト教会のイエスを全く認めてません。



39 :初心者♂:2006/05/16(火) 12:41:28 ID:+tJdRKpZ
ありがとうございます。
横レスすみません。
知りたいのは、キリストが人間の全ての罪を背負い救済した?の様になってると思うんですが、
罪をどのように背負い、どのように救済したのか、あるいは救済しにきたのかということと、罪とは何なのかです。


40 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 17:29:54 ID:ScjYVkq9
>>39
>知りたいのは、キリストが人間の全ての罪を背負い救済した?の様になって
>ると思うんですが、

キリスト教でいう「罪」とは、威嚇による宣教のために、でっち上げられた
概念。パウロが言い出しただけ。

イエス自身にも、「贖罪」の意図など毛頭なかった。岩波のキリスト教事典
も、イエスの贖罪の意図を確認できる言葉は、聖書にはない、と述べている。

旧約聖書ともあろうものが、木の実1個食べたために、人類全体が永遠に罪を
負うというアホなことを言うわけがない。そんな偏狭な神なら、むしろ神自身
が罪人である。

旧約に出てくる「罪」とは、ユダヤ民族の相次ぐ不幸に対する預言者(精神障
害者)の自己弁護、自己欺瞞でななかろうか。

いずれにせよ、「贖罪」概念は、「復活」「再臨」「終末論」と並んで、キリ
スト教宣教のための、偽りの、しかし強力な武器となった。

41 :キュロス:2006/05/16(火) 18:40:31 ID:OUdJ6W+0
>>39 まず 基本的な前提として
実際のイエスその人の生き様と 福音書が描くイエスは
別物です。
実際のイエスその人の生き様を 史的イエス 呼びます。
その史的イエス研究も重要な研究です。

聖書の言う 罪 も色々種類が有りますが、
ここでは パウロの言う いわゆる原罪 について説明します。

これは アダムが園で善悪を知る木の実を 食べた事によって
神から 全ての人が罪に定められた と言うものです。
そして その罪に対する罰は 「死」です。

その原罪は 人の行いや思想ではなく 神から一方的に与えら
れた 罪 です。
なぜなら 人の行為や思想で 死 から逃れられないかです。

神から全ての人が平等に 罪 に定められている と言うことは
全ての人は 平等に神の管理下にいる、ということです。

42 :キュロス:2006/05/16(火) 18:50:23 ID:OUdJ6W+0
そして ヘブライ語では 罪 を表す単語と
罰 を表す単語は 同一なのです。

つまり 罪と罰は 同じなのです。
全ての人は 死から逃れられない 死に支配されている
と言う事は
全ての人は 罪に支配されている から 善を成せない
と言う事になるんだろうね。
なぜなら善行をしている状態は 罪の状態ではないからね。

43 :キュロス:2006/05/16(火) 18:58:33 ID:OUdJ6W+0
ユダヤ教徒のパウロが言う 善行 とは 律法のことね。

電車で 年寄り等に席をゆする とか
困っている人に対して親切にする等の
道徳的行為では 無いと思いますよ。

なぜなら異邦人にも道徳は あるけど
異邦人に 神から律法は与えられていないからね。


44 :キュロス:2006/05/16(火) 19:04:20 ID:OUdJ6W+0
律法と道徳を 一緒にする人達が ヤコブ書を嫌うのだろうね。

高齢の 神学者を自称する某引退牧師さんを
電車でみたら 席を譲るのは 当り前だよね。
天国行きを狙って 老人に親切にする人はいないよね。

ところで その引退牧師さんは ヤコブ書は好きなのかな。 

45 :初心者♂:2006/05/16(火) 19:42:59 ID:+tJdRKpZ
40さん
レスありがとうございます。
そうなんですか、後で付けた理由の様なもの…
なら神は何の為にキリストをこの世に遣わしたんでしょうか?
メシヤではなく人間として十字架に掛けられた、になるのかな?…という発想はズレてますか(笑)
救聖主ではなく伝導士みたいなものになるのかな。
となると、神の子でもないのかな?

なら、神の存在まで怪しくなるような…

46 :キュロス:2006/05/16(火) 19:47:55 ID:OUdJ6W+0
>>45 で 聖句の解釈 なんだよ。
聖書のどの箇所が 疑問なの?


47 :キュロス:2006/05/16(火) 19:50:43 ID:OUdJ6W+0
>>45
だから 聖書の各文書では 罪 の意味も違うし
ヨハネ福音書とマタイ福音書のイエスの十字架の意味も違うのよ。

48 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 19:56:42 ID:gLLR9pbu
>>43
ノアの律法があります

49 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 19:58:19 ID:/TA4wQxb
>初心者さん

聖書について、イエスについては様々な意見がありますよね。
「これが正解だ!」というものは、実際にはないのです。

しかし、自分たちが正解だ!という人たちは沢山いるのです。面白いデスネ!

そういう訳ですから、信用できて頼れるのは自分と神だけだと言えるのです。
心から神に祈りつつ聖書を読んでいけば、必ず神は答えてくださいます。

イエスも「求めなさい、そうすれば与えられる」と言っておられます。
これは逆から言えば、「求めなければ与えられない」ということです。

もっとも信用できるお方である神、そして自分の中にある良心に照らして
聖書をお読みになることが一番です。

宗教団体からは宗教としての聖書とイエス像、共産主義に傾倒している人からは
開放のリーダーとしてのイエス像、聖書を批判する立場の人からは、歴史的な作り話として聖書を教えられるでしょう。

それらは、皆、人が自分勝手に思い描いた像(イメージ)にすぎないのです。

50 :キュロス:2006/05/16(火) 19:59:58 ID:OUdJ6W+0
>>48
律法とは トーラの事だよ。つまりモーセ五書のことをだよ。


51 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 20:01:22 ID:gLLR9pbu
>>50
ノアの律法ご存じない?
キリスト教中心史観ですね

52 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:05:03 ID:/TA4wQxb
>初心者さん

誰かから教えられて聖書を読むことは大変危険なことだと僕は思います。
なぜなら、どうしても教えてくれた人のイメージが頭にこびりついてしまうからです。

幸いなことに、初心者さんは、まだこれから聖書を読まれるようですので、
聖書で疑問に感じた点、わからない点などについて、一緒に読み解いていきましょうよ。

お代はいりません(笑。

イエスは、聖霊という助け主を送る、と約束されました。
そして、聖霊がイエスの言葉を解き明かしてくれる、と教えてくださったのです。

ですから僕は、このイエスの言葉を真に受けて、イエスに祈りを捧げ、
聖霊により聖書の謎を解き明かして教えてくださるように祈ります。

53 :初心者♂:2006/05/16(火) 20:10:18 ID:+tJdRKpZ
キュロスさんのレスに今気付きました。(この板に初めて来たので使い方が分からずですソ)レスありがとうございます。
本当のイエスと聖書のイエスは違うと言うのは、やはり後付けの真理の様なものなんですか。

罪や罰をアダム(人類)が受けたなら、神はやはりその原罪の修復の為にイエス(救聖主)を送ったということは、神はまだ諦めていないとなると思うんですが、本当のイエスが聖書のイエスでないなら、人が造り出した救済劇?

もし、アダムが果実を口にしなかったなら、死が存在しない人、それは人が神となるということ?

54 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:12:31 ID:/TA4wQxb
>>39

>知りたいのは、キリストが人間の全ての罪を背負い救済した?の様になってると思うんですが、
>罪をどのように背負い、どのように救済したのか、あるいは救済しにきたのかということと、罪とは何なのかです。


罪とは、現在の肉体を持って生きている人間であれば必ず持っているものです。
現在の私たちの肉体は、罪のからだなのです。

これをパウロなどは「みじめなからだ」と言っています。
このからだを持っている限り、人は自己中心にならざるをえないし、
欲望を避けることも困難になっています。これは誰でもが、そうなのです。

肉体に支配されて生きていることを、「肉の思い」に従っていると聖書ではいうのです。
世界中のすべての人が、肉の思いと戦って生きていかなければなりません。




55 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:16:44 ID:/TA4wQxb
イエスは、復活により罪を滅ぼしてしまいました。

このことにより、イエスは「本来あるべき人としての姿」として復活されたのです。
いったん、イエスが普通の人として生きていたという事実は重要です。
これは、私たちも復活の栄光に与れることを示しているからです。

この意味で、聖書ではイエスのことを「私たちの初穂」と書いているのです。
パウロは、このイエスの復活のボディのことを「栄光の姿」と書いています。

56 :キュロス:2006/05/16(火) 20:21:55 ID:OUdJ6W+0
>>53 だから それはキリスト教の教理なんだね。
ここは 聖句の解釈 なんだよ。

教理を聞きたいなら 質問箱 で聞くと良いよ。


57 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:22:00 ID:/TA4wQxb
以下のように聖書に書かれています。
これこそが、救いです。


ピリピ 3:21
彼は、万物をご自身に従わせうる力の働きによって、わたしたちの卑しいからだを、
ご自身の栄光のからだと同じかたちに変えて下さるであろう。


58 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 20:23:00 ID:6X6bG/5y
>ダニエルさんへ

聖書には、「神」「聖霊」「原罪」「贖罪」「復活」「再臨」「終末論」
など、「現実ならざるもの」が多数仕掛けられているので、気軽に読み
進むうちに、現実からの離脱や観念による呪縛を生じ、気が狂います。
いわゆるマインドコントロールの状態になります。

このことは、歴史や現状におけるクリスチャンの状態によって証明され
ています。

「聖書を読みなさい」などと薦めることは、無責任極まりない。聖書は、
人間の自然の感情や本能を破壊する、恐ろしい性質を持っているのです。

59 :キュロス:2006/05/16(火) 20:25:45 ID:OUdJ6W+0
>>58 だから それはキリスト教の教理なんだよ。
聖書とキリスト教の教理は 必ずしも一致しないんだよ。

aoiさん わかるかね?

60 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:31:58 ID:/TA4wQxb
復活のボディというものは、物質に支配されないボディのようですよ。
聖書には、イエスの弟子たちが鍵を占めて隠れていた場所の真ん中に、
突然、復活した後のイエスが現れたことが書かれています。
また、復活後のイエスは水の上まで歩いています。
復活した後の人の体は、現在の体とは分子構造から違ってしまうようです。

61 :初心者♂:2006/05/16(火) 20:37:16 ID:+tJdRKpZ
まったく後追いレスしてますm(__ソm
ダニエルさんありがとうございます。
この板の使い方をもっと把握してから出直します。
素人の疑問に応えてくれた皆さんに感謝します。
そして、出来るだけ皆さんの教えてくれた事柄を理解出来る様に読み返してみます。
聖書は持ってますが読んだことがなく(理解不能)日常の人と人との心の在り方なんかを頭で考え、「許し」のようなものが罪や苦から逃れる手段なんだということを自分なりに知り、そこからイエス(真理)のことに興味が湧き始めたばかりなので、実際は何も知りません。

62 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 20:45:39 ID:6X6bG/5y
>>59
>>58 だから それはキリスト教の教理なんだよ。
>聖書とキリスト教の教理は 必ずしも一致しないんだよ。

キリスト教の教理は、聖書が基盤ですから、それはあなたの詭弁に過ぎない。

聖書を読ませるための、カルト特有のすり替えです。



63 :暇人:2006/05/16(火) 20:49:23 ID:GUVf3uwn
復活前のイエスも湖の上 歩かなかった?

64 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 20:56:46 ID:/TA4wQxb
>>61

>初心者♂さん

人間関係や病気や、その他さまざまな事柄で人は苦しみます。
でも、一番の悪は「死」です。

苦しみも、悲しみも、怒りも、誰かの裏切りも、暴力も、その他
さまざまな悪よりも、もっとも忌むべき事柄が「死」ではないでしょうか。

イエスは、生老病死という人類共通の悩みを、復活という事柄により解決してしまったのです。
どれほど素晴らしい事柄であるか、想像できないほどです。


65 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 21:15:04 ID:6X6bG/5y
>>64
「死」は、すべての人間に公平に訪れる大自然の摂理。ひたむきに生きた
後の死は、永遠の平安と休息である。死があるからこそ、新しい生命の
誕生が可能になる。

宗教は、死の恐怖の強調による脅迫を、布教の手段としてはならない。

すべての人は、イエスの「贖罪」に全く関係なく死ぬのは何故か?

生老病死という人間の苦悩は、イエスは勿論のこと(彼はそんなことは
説いてない)、仏陀によっても、まだ何も解決していないよ。

キリスト教が、「脅迫と甘言」で人の心を操作のは「罪」ですよ。

完全に死んだ人間が生き返ることなど、史上唯の一度もない。「復活」
は、全くの嘘、でっち上げか、目撃者の幻覚か、イエスの仮死状態の
結果である。最近の文献では、イエスはギリシャ医学・薬学に精通して
おり、「仮死」を生じる薬物を使用したという見解もある。ユダの福音書
の発見により、十字架や復活がイエスの自作自演である疑いが極めて深く
なった。

ダニエルさんは、いい加減なことを言って、マインドコントロールを
図ることは止めて欲しい。


66 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 21:20:37 ID:6X6bG/5y
ここは、「聖句の解釈」のスレだろ。聖書の言葉を、「自分の」知性と
批判力によって「解釈」する場所であり、鸚鵡返しに繰り返したり、
説教する場所ではありません。

人間の知性も批判力も、創造主が人間に与えてくれた大切な資質である
ことを忘れてはならない。聖句の解釈に当たっても、知性と批判力を
十二分に活用しないことは、神にたいする冒涜の行為になります。

67 :キュロス:2006/05/16(火) 21:26:15 ID:OUdJ6W+0
死は アダムの罪よる罰だが
孤独は 神の人に対する罰 なんだろうか?

>>66 アンタを見てると孤独の恐ろしさ

68 :キュロス:2006/05/16(火) 21:32:11 ID:OUdJ6W+0
>>67

まあ アンタも気付いてているだろうけど
宗教板の住人は アンタに対する対応が
初期の頃とは 変わっている。

しかし アンタの主張どころか 書きこみその物まで
変化が ない。
それはアンタが孤独だからだ。相手の主張に全く耳をかさない
アンタの態度は 孤独 そのものだ。


69 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/16(火) 22:01:57 ID:+tQf+G97
>>39
>知りたいのは、キリストが人間の全ての罪を背負い救済した?の様に
>なってると思うんですが、
>罪をどのように背負い、どのように救済したのか、あるいは救済しに
>きたのかということと、罪とは何なのかです。
イエスが救ったのは、100人程の人達の命です。イエスの共同体の
人達です。その行為からイエスに「救い主」の敬称がついただけの
事です。「人類の救い主」などと言う大風呂敷を広げてるのは、比較的
近代以降の頭の悪いキリスト教徒だけだと思います。
中東のある地域の一人の人間の行為が「人類の救い主」となるなどと
いう事はありえません。風が吹けば桶屋が儲かる位の影響力でイエスと言う
人間がその後の人類に何等かの影響を与えてると言えるのかも知れませんが
それならば、イエスの隣を歩いていた人も同じ様に、人類に影響を
与えたと言えると思います。「人類の救い主」などと言うくだらない
言葉で、変な妄想を持たないほうが良いと思います。


70 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 22:03:27 ID:6X6bG/5y
>>68
キュロス(暇人)氏は、宗教板の代表者のつもりか。

反宗教スレ、反キリスト教スレは、宗教板に溢れているよ。俺が立てたスレは、
唯の一つもないけどね。

孤独どころか、明らかに人類のがん細胞である宗教を撲滅する仕事ほど、
遣り甲斐のあることはない。そのまま、人類の平和に連なることだからね。

世界ばかりでなく、国内を見ても、宗教によって精神を侵され苦しんでいる
無数の人々とその家族がいることを、決して忘れないでください。

71 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/16(火) 22:45:21 ID:/TA4wQxb
>>70

確かに「宗教」には怪しげでおかしな点が多いと思います。

しかし、ここではっきりと認識してほしいのですが、聖書の言葉は
宗教ではありません。

聖書の言葉を宗教の道具にしてしまったのは、後の時代の人々です。

72 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/17(水) 00:17:30 ID:rrjnbGxV
>>69
もう少し具体的に書かせていただきますと、およそ100人程のイエス
の共同体は、過ぎ越しの祭りの時期にエルサレムに上ります。
イエスの共同体はおおよそそれまでのユダヤ教の共同体の生活様式を
逸脱した(保守的なユダヤ教から見て)生活様式で、イエス達一行は
ユダヤ教の本山である神殿を襲撃し神殿内を無政府状態にします(
イエスの共同体から見ると解放区か?)。
その行動に対しユダヤの官憲とローマ軍が対峙します。
その程度の事件はしょっちゅうあったのかもしれないし、統治者から
みたら詰らないイザコザかもしれませんが、ユダヤ教の聖職者からみたら
トンでもない神殿の冒涜だと思います。その後は福音書を読んで下さい
...これが福音書によって違います...この位をネタに振って
ピラトウスの対応、ユダヤ教の聖職者の対応...あとこの頃のユダヤは
一応ローマの直轄統治領でローマの代官ピラトウスが統治してますが
実質はユダヤ教の聖職者達の高度な自治統治です。そういう社会です。
ユダヤ以外はヘロデ・アンティパスと言う統治者がローマのご機嫌を伺い
ながら統治してます。丁度この時期はアンティパスもエルサレムにいた
らしく、ルカ福音書などではアンティパスとピラトウスがイエス事件について
相談しながら決めた(案件の処理を相手に投げる)様なやりとりが
書かれてます。....まあいいや...自分もサンザン調べたけど
まだ判らない事は一杯あるW...ともかく言える事は、キリスト教徒が
あまりにも幼稚に過ぎる事くらいだよ....

73 :ダイナミックハングドマン ◆kvdtCC39Bs :2006/05/17(水) 00:26:18 ID:G6NgydXe
>>70
キュロスさんと暇人さんは別人だと思いますよ。

74 :◆GX3Eshj01M :2006/05/17(水) 10:35:34 ID:EKta9r16
相手を見下すのは結構なことだが、質問箱を荒らしてるうちは宗教撲滅なんて無理だね。
人間、ルールを守らないような奴のために自分の信念を曲げるようなことはない。
これは相手が有神論者でも無神論者でも不可知論者でも同じことだ。

75 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 14:25:40 ID:f5DjQBbY
>>71
>しかし、ここではっきりと認識してほしいのですが、聖書の言葉は
>宗教ではありません。

聖書とキリスト教とを切り離すことは、いくら何でも無理でしょう。

そのように、聖書の言葉を有難がるのが、まさに宗教なのです。


76 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 15:40:46 ID:KhoQ6cn8
>>69
質問箱を見るといいよ まず祈って

77 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/17(水) 19:27:31 ID:ZrC012Eo
>>20
ありがとうございます。

ヤコブ1;16
   わたしの愛する兄弟たち、思い違いをしてはいけません。
   良い贈り物、完全な賜物はみな、上から、光の源である
   御父から来るのです。

神からの最大の贈り物はイエス キリストと思っていたけれど
これが思い違いになるのかな?

思い違いというのは、きっとイエスに対する間違った理解を
指しているのだと思う。

良い贈り物を、ただで素直に受け取ることは難しいね 特に
ヤコブ書を読んでいるとそう思う。
素直に神の贈り物を得、その贈り物の大きさが身に染みて
わかると、嬉しくて自ずから良い事をしたくなると思うんだわ。


78 :キュロス:2006/05/17(水) 21:57:06 ID:GGD8vtOh
ヨハネ福音書
>12:28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が
>聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」

まあその贈り物が 本当に良い贈り物なのか どうかが解らないからね。
ユダヤ人の その辺の見分け方は 過去の実績を参考にするのね。

ヘブライ語の 「将来」を意味する「アリハート」は
「背中」・「背後」をも意味している らしい
また「過去」を意味する「テゲム」は「前」も意味している。

ユダヤ人の時間感覚は 過去を背にして未来に顔を向ける 時間感覚
ではなく 顔の正面に 過去が展開しているのね。

つまり 出エジプトの出来事を信じることにより
過去の エジプトの奴隷状態からの解放の出来事 が
未来にもあるのね。

それを イエスの復活の出来事 に当てはめると

イエスの復活の出来事を信じる 事により
過去のイエスの復活の出来事が その出来事を信じる人の
将来の出来事になる のね。

また 神はイエスを見捨てずに復活させた出来事が
その出来事を信じる事により その信じる人の出来事になる のね。
つまり その人の事も神は 見捨てない のね。

聖書は 過去の出来事が記述してあるけど 
それは 未来の出来事でもある のかな?

ヘブライ的な ものの考え方は 大変興味ぶかいね。

79 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/17(水) 22:44:27 ID:rrjnbGxV
福音書がキリスト教会のテキストならば、Qもテキストになりうる
ハズなんだけどね...なんで無視されるか(いい加減な評価で詰らない
物とする)考えたら良いですよ...
福音書にあってQに無いもの...
 1..処女降誕
 2..イエスの家系図
 3..世紀末思想
 4..イエスの再臨
 5..ファリサイとの確執
 6..イエスの受難の光景
 7..洗礼者ヨハネについての記述
まだあるかな?
ともかくこれだけ並べてみても明らかに、それなりの大きな
教団信者向けを意図した書き物だという事が判るだろ
キリスト教徒はこれらの神話がないと商売にならないからさ
イエス本人の言葉らしき物ではキリスト教会はなりたたないんさ

何処かの馬鹿が聖書について偉そうに解説してるだろ...
あれは全部その教団のスタッフがまとめた資料の引用だよ...
何処の教団が言ってるのか非常に良くわかる...はいプロテスタント
系の馬鹿教団です...聖書の聖句の説明を読んだらまるでトンチンカン
だろ...聖書そのものを自分で読む事は殆ど不可能の様だW...
それが代表的なキリスト教徒だよ...わははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは


80 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/17(水) 22:50:41 ID:rrjnbGxV
馬鹿教会の神学屋さんのメインの仕事はね
聖書とキリスト教のドグマの決定的な乖離を適当に曖昧な言葉を
並べまくって誤魔化して穴埋めをして、馬鹿信者を納得させる事だよ...
それをしなきゃ、聖書の「天の国」とキリスト教のゾロアスターから
持ってきた「天国」の乖離は信者に説明できないんさ...
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは



81 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 23:19:43 ID:Enwfq/B1
>78
>ヘブライ語の 「将来」を意味する「アリハート」は
>「背中」・「背後」をも意味している らしい
>また「過去」を意味する「テゲム」は「前」も意味している。


雅歌の乙女を連想しました。
それと、パウロのピリピ人への手紙3章13節。

82 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 23:23:08 ID:83RND5EA
「ユダヤ教の神概念は、心的外傷の遅発的後遺症であり、精神障害の
症状以外の何物でもない。」(フロイト)

83 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/18(木) 21:23:46 ID:auUbJLqO
>>78 ありがとうございます
そのとおりですね。神は信じる者は見捨てない。
でもそれが、なかなか難しいyですね。
礼拝は神を賛美しに行くことだけど、それだけじゃなく
軌道修正してもらうんだな、と、最近特に思う。


84 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/18(木) 22:23:33 ID:GShLV7ZG
>>82
>「ユダヤ教の神概念は、心的外傷の遅発的後遺症であり、精神障害の
>症状以外の何物でもない。」(フロイト)
フロイトさんの知ってるユダヤ教は、多分キリスト教会が憎悪と嫌悪感
と妬みと嫉妬で作り上げた物だろ...フロイトが旧約聖書を真摯に
読んで、研究したとはとても思えない。ユダヤ教の神概念と言っても、
一言で言える様な代物じゃないよ...

85 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/18(木) 22:35:55 ID:GShLV7ZG
>>82
84の追記だけど、その様に「**はユダヤ教を**と言ってる」と言う
方法が馬鹿教会の十八番とする所で、そうやって信者にキリスト教会は
良いんだと思い込ます(マインドコントロール)んだな...
まともな教会ならば、ユダヤ教がどうであっても何の関係もなく、「私どもの
教会のドグマはカクカクしかじかです。きっと皆さんの支持を承るものだと
思います。」でなきゃアカンのよ...ところが馬鹿教会はそういうまともな
手法では、誰からも支持が得られないから、「**はユダヤ教を**と言ってる」
と言う教育をするんだな、僕はこの手の事を言う奴はアホばっかだと思ってるよ..
..わははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは



86 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 00:07:21 ID:vDt7fqVf
>>6
あなたは間違っている。このことについてルカ14の引用も間違いです。

87 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/19(金) 10:41:54 ID:DIjHiAzb
>>86

大変興味深いですので、どのように間違っているのかを
きちんと書いていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

88 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/19(金) 10:43:36 ID:DIjHiAzb
>>86 の方は、>>6 で僕が書いた内容は間違いであると
主張しておられますので、どのように間違っているのかを
これから検証し、考えていければと思っております。

89 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 18:32:21 ID:tZ63Rmgu
一般常識として フロイト は ユダヤ人 だ。

まあ彼が育った家庭は 伝統的なユダヤ教の生活を護る
家庭ではなく 自由な家庭だったらしいけどね。

90 :キュロス:2006/05/19(金) 18:55:26 ID:tZ63Rmgu
マタイ福音書
>5:13 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、
>その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、
>外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。

上記のルカ福音書並行箇所
>14:34 「確かに塩は良いものだ。だが、塩も塩気がなくなれば、
>その塩は何によって味が付けられようか。
>14:35 畑にも肥料にも、役立たず、外に投げ捨てられるだけだ。
>聞く耳のある者は聞きなさい。」

さて このマタイ福音書の「地の塩」とは になか?
ここで ルカ福音書の並行箇所が参考になる。
この 塩が塩気が無くなれば 「畑にも肥料にも、役立たず」

と 言っている。塩が 畑の肥料になると言っている
これは 今の日本の塩(食塩)のことではないようだ。

91 :キュロス:2006/05/19(金) 19:13:35 ID:tZ63Rmgu
>>90  これはですね
まず「地」とは 家の外にある「炉」ことなんだね。
当時の裕福層の家族は 中庭がある家に住んでいたらしい。
その中庭に 二つの土の炉 石臼 鶏等の家畜 そして 糞の山
等が有ったらしい。

そして 土の炉の燃料は 糞が使われていたらしい。
その 燃料の糞の山は 塩漬けされていた らしい。

そして 塩の板 が糞を燃やす導火気として 用いられていた。
その塩の板が燃え尽き 火を起こす役に立たなくなった時
塩は 塩気を失った らしい。

92 :キュロス:2006/05/19(金) 19:17:27 ID:tZ63Rmgu
その 塩の板 は糞が原料なのでしょうね。
畑の肥料 になる と言ってるからね。

ただね 日本の一般的な作物に 塩を与えると
枯れると思うんだよね。良く解らんね

93 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 01:21:05 ID:9zmVoetR
新約聖書マルコによる福音書14:51一人の若者、逃げる
>>93ゲット!ズサー

94 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/20(土) 01:23:44 ID:kjp7gKPV
>>88
>ルカ 14:26 「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の
>命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子と
>なることはできない。
>ルカ 14:27
>自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ、わたしの
>弟子となることはできない。
>それと同じように、あなたがたのうちで、自分の財産をことごとく捨
>て切るものでなくては、わたしの弟子となることはできない。

これの併行文書はマタイにもあると思いますが、いずれもイエス自身の
言葉だとは思えません...「さらに自分の命までも捨てて、わたしの
もとに来るのでなければ...」を弟子達に求めた形跡はありません
それは、弟子達の為に自らの命を贖罪にしたイエスの行動に反します
家族を捨て、果ては自らの命までも犠牲にしろと言うのは、明らかに
「何処かの教会が神の名を使って信者に求めるもの」です。

95 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/20(土) 01:27:06 ID:kjp7gKPV
>>93
その若者はマルコ自身だと言う説があるのはご存知?


96 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 01:36:37 ID:9zmVoetR
>>95
ただの番号ゲッターですから。
何となく聞いた事あるかも>マルコ自身

97 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/20(土) 01:44:20 ID:kjp7gKPV
>>88  補足ね
>自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ
この十字架は誰が担いだんですか...明らかにイエスの受難(十字架)
事件を意識している人達が言った言葉でしょ...実際に十字架
を担いだイエスが、十字架を担ぐ前にこういう言葉を言う事はありえない
んですよ...イエスの受難事件が頭に刷り込まれた人じゃないとね
「自分の十字架」と言う言葉は作れないんですよ...自分の十字架と
言うのは、自分に課せられた重荷とでも言えるんでしょ...
つまりイエスの受難事件から何十年も経て、キリスト教会らしきものが
できつつあって、聖職者に相当な重荷が(覚悟・犠牲)が強いられる
様になった頃に、「お前さんたちは相当な覚悟が無ければこの仕事は
できないよ」と言うルカ教会の意識付けだと思います。

98 :キュロス:2006/05/20(土) 09:07:31 ID:62V2DuzB
ガラテヤ 新共同
>2:19 わたしは神に対して生きるために、律法に対しては律法に
>よって死んだのです。わたしは、キリストと共に十字架につけら
>れています。

マタイ福音書
>16:24 それから、弟子たちに言われた。「わたしについて来たい
>者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。

自分の十字架を背負う と言う考え方は ガラテヤ書が記述された
53〜55年頃から有ったのだろうね。

そして パウロはローマ書(6:3)でも同様の表現をしているから
当時はかなり一般的な 考え方だったのだろうね。

99 :キュロス:2006/05/20(土) 09:16:47 ID:62V2DuzB
マタイ福音書の「自分を捨て」と言う表現は
パウロの「律法によって死に」に対応するのかな。

そしてマタイは「十字架を担え」
パウロは 「十字架に付けられてい」

一見、同じような表現だね。ひょっとすると
当時の定型された 信仰告白的 な文書かもしれない。

100 :キュロス:2006/05/20(土) 09:25:40 ID:62V2DuzB
ヨハネ福音書
>10:17 わたしは命を、再び受けるために、捨てる。それゆえ、父は
>わたしを愛してくださる。

ヨハネ福音書の 「命を捨てる」と言う表現は
パウロの 「律法によって死ぬ」 と言う表現の 変化した
ものかな。

ここで興味深いいのは ヨハネ福音書では この表現から
十字架を削除 していることだね。

ヨハネが故意に「十字架」という言葉を 削除したとしたら
なぜだろうね。十字架刑が残酷な刑 だから削除した 等という
甘い理由ではないよね。神学的な理由なはずだ。


101 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/20(土) 09:32:11 ID:2qXdX67z
塩とウンコが一緒に語られているなんて、聖書っておもしろい。

聖書はイエスの教えを守るよう、とことん説いているから、ここは
やっぱり、キリスト者は普通の塩の役目を求めているのでしょう?
塩のもつ白さや防腐剤、味付けとか。

102 :キュロス:2006/05/20(土) 09:41:42 ID:62V2DuzB
マルコ福音書
>14:51 一人の若者が、素肌に亜麻布をまとってイエスについて来
>ていた。人々が捕らえようとすると、
>14:52 亜麻布を捨てて裸で逃げてしまった。

マルコ福音書
>16:5 墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているの
>が見えたので、婦人たちはひどく驚いた。

マルコ14:51の若者は 天の使いだよ 天の使いが イエスから離れた
から イエスは裁判に掛けられ 侮辱され 十字架に掛けられた
のだと思いますよ。

で何時から イエスの後を付いてきたのか? と言うと それは

マルコ福音書
>1:13 イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。
>その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。

イエスの受洗 以後からだろうね。

103 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 12:36:48 ID:7P2nvbj3
>>100

>ヨハネが故意に「十字架」という言葉を 削除したとしたら
>なぜだろうね。十字架刑が残酷な刑 だから削除した 等という
>甘い理由ではないよね。神学的な理由なはずだ。


ヨハネが十字架について言及していないことをよくご存知ですね。
ヨハネが十字架について語っていないのは、すでに十字架によって
自分の自我を捨てた人に対して語っているからです。

それに対してパウロは、熱心に十字架について語っています。
彼自身が、ダマスコで、自分を十字架につけて殺したからです。
まず、これ(悔い改め)がなければ、神のもとへ行けない、という
信仰をパウロは持っていると思います。

しかし、ヨハネは、それを既に終えた人に対して語っています。
ですから、悔い改めを避ける普通の人にとっては、パウロ書よりも
ヨハネ書のほうが、更に難解になっていると思います。
ちんぷんかんぷんのはずだと思います。

104 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 12:42:41 ID:7P2nvbj3
>>97

>>自分の十字架を負うてわたしについて来るものでなければ

>この十字架は誰が担いだんですか...明らかにイエスの受難(十字架)
>事件を意識している人達が言った言葉でしょ...


このイエスが言われた十字架というのは、「自分の自我を殺すもの」のことです。

ですから、『自分の』十字架、とイエスは、はっきり言っておられます。
他人の十字架ではなく、自分の自我を殺すための十字架です。

イエスが「神の子」である、という信仰を持つ人たちにとっては、
イエスが十字架刑になる以前から十字架について語っていたということは
何の矛盾もないことです。

十字架というものは、「人を殺す道具」のことです。
それぞれの人が、自分を殺すための道具を負い、そしてイエスに従うべきです。
つまり、自分の主人の座をイエスに明渡すべきなのです。
これが出来て、はじめて「イエスの弟子」なのです。

105 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 14:16:12 ID:7P2nvbj3
ココモスキーさんと僕とで共通している点は、教会信者に対しての印象です。

教会信者の人たちというのは以下のような特徴があいます。

1.聖書を読むのにも教会の解釈を頭から信じたうえで読んでしまう。
2.宗教観念に囚われていて、自分で聖書やイエスの時代について考えてみようとしない。
3.聖書の教えにはなくても、教会でだけ通用する言い伝えのようなものを有り難がって盲信してしまう。

こうした点は、批判すべき事柄であり、ココモさんも僕と同様に、これらのふるまいに対して批判的です。

106 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 14:22:33 ID:7P2nvbj3
ココモスキーさんと僕とで異なっている点

ココモスキーさんの特徴

1.佐倉哲のような、聖書の記述自体に批判的な人たちの影響を受けている。
2.聖書は正しい、という視点を、議論の最初から認めていない。

これらの点が、僕と異なる点です。

僕は、あらゆる概念や先入観を取り除いたうえで、聖書に接するべきである
というスタンスを取っています。

ですから、教会信者に批判的なのでもなく、聖書の信憑性を疑う人たちに批判的なのでもなく、
ただ、素直に聖霊の助けを得て、聖書を読み解いていこうと考えています。

107 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 14:26:30 ID:7P2nvbj3
つまり、自分の好みや、自分が教えてもらってきたことや、今までの自分の特徴というもの。

それらを、いったん白紙に戻して、一から始める小さな子どものような気持ちで新鮮な驚きを持って聖書に接することがよい、と思います。
余計な間違った知識などを頭に詰め込んで、それをもとにして聖書を読んでいくようなことには反対いたします。

たとえ、それがクリスチャンであろうと、なかろうと、駄目なものは駄目なのです。

108 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 14:27:53 ID:7P2nvbj3
まず、「自分の十字架」に自分をつけてしまってください。

そして、イエスに従ってください。

自分の趣味嗜好に従ったままで、同時にイエスに従うことなどできないのです。

109 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/20(土) 14:52:18 ID:7P2nvbj3
上の文章は、教会信者のクリスチャンに向けて発したメッセージです。

聖書も読まずに、教会での決まりごとに熱中して、教会のための奉仕はイコール
神への奉仕と思い込んでいるような人に対してのメッセージです。

110 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 16:04:57 ID:9zmVoetR
新約聖書ルカによる福音書5:12重い皮膚病を患っている人をいやす
>>110ゲット!ズサー

111 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/20(土) 18:59:08 ID:kjp7gKPV
>>104
>十字架というものは、「人を殺す道具」のことです。
>それぞれの人が、自分を殺すための道具を負い、そしてイエスに
>従うべきです。
自分を殺す道具の「自分を殺す」とは何の事ですか?自分を殺害する
事じゃないでしょ、自分の欲を抑える事じゃないんですか?
それに対して何で人間を殺害する道具を用いるんですか?
そういう解釈だと、その前の部分の(ルカ14/26)
>だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、
>わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。
と関連しないんですよ...
十字架と言うのは、「重い荷物とか」・「重責」・「重い任務」・「重い
負担」の事ですよ...
これは教会の指導者が、これから教会を支えるべき人達に課した言葉ですよ


112 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/20(土) 19:17:51 ID:kjp7gKPV
イエスの言葉...
財産を残した人が死ぬと、必ず起こるのが相続問題...
アホな奴で相続権を持ってる人間が必ず言う言葉
「生前の親父は自分に全部相続させると言ってたよ」

いつ何処で言ったのか問いただすと、しどろもどろで
不自然になってしまうんだw
誰か他にそれを聞いてた人がいたのかどうか問いただすと
大概誰もいないんだw
*財産が欲しいと思い込むあまり、それを意識して言った分けでは
 ない言葉を、自分に貰える言葉と思い込んでるんだな

キリスト教会の聖句の引用や人の文章の引用もこれと殆ど同じだw

聖書のイエスの言葉は、マタイとかルカなどのそれぞれの教会が
自分達の教会の権威付けの為に、イエスの言葉としてるんですね...
福音書(トマス言行録も同じ)が書かれた頃は、すでにイエスが教団
にとってのシンボリック的存在になってたんですね...「昔イエス様は
***と言った」...と書けば、信者達はハハア判りましたになるん
だよ...

113 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 00:41:01 ID:v+M/aVLV
>>104
信者を殺す道具...
キリスト教会は信者を殺す道具として、聖書を使ってるんでしょ...
聖書の(特に新約は)聖句は、信者ではなくて聖職者に向けた言葉が
多いと思いますよ...このルカの言葉も、聖職者に生半可な気持ちで
仕事をするな!と言う言葉ですよ...家族とは離別し、時に命を張れ
、重き荷を背負う覚悟で...これは一般信者ではなく、聖職者に向けた
言葉ですよ..ところが教会のオッサン達は、それを全く自覚せず、
信者を束縛する道具に使ってるヤロ...それがキリスト教会のだらしなさ
なんだw


114 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 13:44:44 ID:v+M/aVLV
ダビンチコード...昨日テレビで放映しとったw...
ダビンチ...この前のガリレオもそやった...魔女狩り...
都合の悪い聖書をびりびり破いて、ヤバイ奴は火あぶり
今日の馬鹿教会のやってる事をみてたら、自分等の立場を維持するのに
必死...

「ユダヤ教の神概念は、心的外傷の遅発的後遺症であり、精神障害の
症状以外の何物でもない。」(フロイト)

フロイトさん、それは間違えだよ、ユダヤ教の神概念じゃなくて

「キリスト教会の神概念は、心的外傷の遅発的後遺症であり、精神障害の
症状以外の何物でもない。」(ココモスキー)
に変えてチョ...わははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



115 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 13:49:10 ID:UNojb83Z
なぜキリスト教はトチ狂ったことをしたの?
よくヨシュア記にあるカナアン侵略をまねたものだ〜
って言ってる人がいるけどさ、同じ旧約を聖典とする
ユダヤ教徒はトチ狂ってないじゃない。

意外に原因は新約のほうにあるんじゃないの?

116 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/21(日) 14:08:08 ID:aWWzluL0
>>111

>自分を殺す道具の「自分を殺す」とは何の事ですか?自分を殺害する
>事じゃないでしょ、自分の欲を抑える事じゃないんですか?

イエスは、自分の欲を殺すことを「十字架」に例えて話していると思います。
聖書の他の個所では、同じことを以下のように表現しています。

ルカ 9:24
自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。

ルカ 14:26
「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となることはできない。


117 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/21(日) 14:11:21 ID:aWWzluL0
>>113

>聖書の(特に新約は)聖句は、信者ではなくて聖職者に向けた言葉が
>多いと思いますよ...このルカの言葉も、聖職者に生半可な気持ちで
>仕事をするな!と言う言葉ですよ...


そのとおりだと思います。
ただし、イエスは聖職者とは言わずに「わたしの弟子」と言っています。
この2000年間、イエスの弟子はごくわずかしか今までいなかっただろうと思います。

118 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/21(日) 14:31:00 ID:aWWzluL0
>>113

>ところが教会のオッサン達は、それを全く自覚せず、
>信者を束縛する道具に使ってるヤロ...それがキリスト教会のだらしなさ
>なんだw


そんなことないと思います。
僕は、ほとんど毎週教会に通っていますが、ここの部分の聖句には
あまり誰も触れたがりません。

119 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 17:32:16 ID:v+M/aVLV
>>117
>ルカ 14:26
>「だれでも、父、母、妻、子、兄弟、姉妹、さらに自分の命までも
>捨てて、わたしのもとに来るのでなければ、わたしの弟子となる
>ことはできない。
この言葉が何時でも適用される言葉だと思いますか?
家族を捨てる事を求めるのはカルト教会じゃないんですか?
信仰の為に命を捨てろと言うのはヤバイ教会ですよ
現代の健全な人間とは、自分と家族を大事にする人の事ですよ...
信仰か?家族か?を問われた時、カルト教会は信仰だと言うでしょうし
健全な教会は家族の絆を大事にしろと言うでしょう...(キリスト教会
がそれを言えるかどうか疑問)...

だからね、この言葉を信者に求める事は甚だ危険なんですよ...
どうして、これが新たな教団を創生する時の聖職者に求めた物だ
と言えないんですか?...それなら、この聖句は意味があると
思うんですがね...
普通の人は新たな事業に取り組む時に、その事業が成功する為に
全てのエネルギーを注ぎます。時に家族も失うし、命を失う事も
あります。

120 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 18:57:55 ID:v+M/aVLV
>>117
続きね...
プロが自分の仕事の為に、家族を捨て時に命も投げ出すのは普通の事です。
プロ野球の選手は野球で死んでも良いと思ってるでしょう...またその
位野球に命を注ぎ込んでる人でなければ一流の選手じゃないんスよ...
芸人は芸の為に命を張ってますよ、そう言う人の芸でなければ見る価値が
ないんスよ...
ところが馬鹿教会の聖職者は、信者に命を張る事を求めて、てめえは
命おしさが露になるヤロ...
ホロコーストでユダヤ人を命がけで救ったのは、神に仕える者では
なくて、アンモラルでスケベで事業に失敗した奴だよ...
なんで、神に仕える人達(聖職者)が命を張らなかったんだよ...
なんで福音書に書かれてるイエスの言葉を守らなかったんだよ...
外から見るとそれがみえみえだから、僕はキリスト教会の聖職者を
馬鹿呼ばわりするんだw



121 :キュロス:2006/05/21(日) 19:25:49 ID:sfehPwBb
その 父 母 妻 兄弟 を捨てろ と言うのは
新しい家族の 一員になる から 古い家族は捨てろ
と言う意味だ。

では 新しい家族とは 具体的に何を さすかと言うと
それは 神の家族の一員になる つまり 神の子 になる
と言う意味だと思うよ。

122 :キュロス:2006/05/21(日) 19:36:40 ID:sfehPwBb
命を捨てる という考え方は 創世記の善悪を知る木の実を
食べた時の 神の言葉 つまり
「それをとって食べると きっと死ぬであろう」
と 同じような意味なんだね。

人は 他者との関係の中で生きている。
その関係が 壊れると その人は 生きてはゆけない。
つまり死んだことになる。
エデンの園 の話しは 木の実を食べる事により 神との関係が
壊れ 生きてはゆけなくなる と言う意味だよ だから園からの
追放が 死を意味するんだね。

それと 同じで 福音書の「命を捨てろ」は 旧来の人間関係を
捨てて 新しい他者との関係を築け と言う意味で 
これも 神の家族に入って神の子になる 事を意味する と思うよ。

123 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 19:41:51 ID:plihlwB7
>>122
>それと 同じで 福音書の「命を捨てろ」は 旧来の人間関係を
>捨てて 新しい他者との関係を築け と言う意味で 
>これも 神の家族に入って神の子になる 事を意味する と思うよ。

それがまさにカルトの思想。人間は、歴史、社会、家庭によって形成
される。それらを捨てることは、「人間が人間ではなくなる」、即ち
狂気を招くことである。

君は一体どこのカルト信者かね。


124 :キュロス:2006/05/21(日) 19:50:35 ID:sfehPwBb
創世記 新改訳
>3:15 わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と
>女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、
>おまえは、彼のかかとにかみつく

この箇所からも わかるとうり 女の子孫と 蛇の間に 敵意という
関係があるわけで 女の子孫の内面に蛇の対する敵意 があるわけで
はないのよ。

マタイ福音書
>18:20 二人または三人がわたしの名によって集まるところには、
>わたしもその中にいるのである。」

これも そうなんだね 人と人との中にいる と言っているのね
その 集まった人と人との関係の中にイエスが いる と言って
るのね。  まあ イエスが その人と人との関係を仲介する
と言う ことかな。




125 :キュロス:2006/05/21(日) 20:00:12 ID:sfehPwBb
>124
>集まった人と人との関係の中にイエスが いる と言ってるのね。

集まった人と人とが イエスと言う関係に なる。
と言う事かな イエスの関係 とは 神の子 の関係であり
憐れみ・気遣い の関係 と言うことかな。


126 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 20:31:29 ID:zKi6b/pj
>>125
>憐れみ・気遣い の関係 と言うことかな。

「憐れみ、気遣い」即ち「愛」は、すべての人間が、生来的に心のどこかに
持っているもの。「イエス」などという「余計な存在」は一切必要ない。

「余計な存在」を意識した時、生来の愛は壊れて偽善となる。

127 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 20:46:56 ID:v+M/aVLV
知能程度の低い奴のカキコを気にしてもしょうがないんで
ダビンチ・コードについて...
お粗末ながら、10年程前にマグダラ・マリアについて書いたweb
があるんで、紹介しますw
まだ聖書研究を始めて間もない頃で、未熟である事は、少々
恥ずかしさもあるけど...
「マグダレーネ・マリア...無限の愛」
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_maria.html


128 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 21:26:17 ID:v+M/aVLV
ダビンチ・コードについて...
僕はこの本(映画)そのものの興味よりも、この手の話が
話題になったときの馬鹿教会の反応が興味あるんだw
馬鹿教会が、どうやって馬鹿信者に説明するかと言う事がね
 @製作者の個人攻撃をする
 Aダビンチの批判をする
 B映画の嘘を声高に指摘する
大体そんなところかな、また新たな新手が出てくるかも知れないけど
まぁ..馬鹿教会にとっては屋台骨が揺らぐんだろうけど、こんな事
はしょっちゅうだろうから、また逃げ手はあるんだろうね...
わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



129 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 22:47:15 ID:JkUiuYUs
>>128
本当だな。アホ教会の攻撃ぶりが笑える。
イエスがマグダラのマリアとの間に子供がいようといまいと、そんなことはどうでもいい。
グノーシスは本当のキリスト教だ。今のキリスト教は、キリスト教をベースに、おとぎ話を
信者に教えているの過ぎない。

グノーシス、いや、真のキリスト教はは亡びたと思うかい?
ところがどっこい、今も生きている。カトリックに滅ぼされたに見える真のキリスト教、グノーシスだが、
今も実質バチカンを支配し、歴史の裏舞台には必ず、裏舞台で登場し、そして世は黙示録の通りに進む。
そして神との新しい契約、新約は成就されるだろう。イエスが十字架に掛けられ、旧約が成就したように。

ちなみにそこのメンバーは、決して宗教、政治の話をしてはならない。
だが、メンバーになるには、なにかしらの宗教を信じ、神の存在を信じる者しか入れない。
無神論者は入れないのである。そこの掟は、友愛である。
極端な話、戦時下に置かれた敵国同士のものが、世俗のしがらみで、戦場ではドンパチやろうとも、
そこの集まりでは、「兄弟よ」と、真の兄弟のごとく友愛を示す。そこでは、政治などの自分の思想、
イデオロギーを仲間に押し付けることもなく、エゴ丸出しで、自分の宗教を、仲間に押しるけることはない。
ただ思考の存在を信じ、仲間を、自分の真の兄弟のごとく愛す。これが本当のキリスト教なのだ。
カトリックを含め、今のキリスト教会は真のキリスト教ではない。次に時代にはもうないものだ。
全ては新約成就の為のまがいもの。信仰義認などはその際たるものだろう。

130 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:05:16 ID:JkUiuYUs
>>129 訂正
×ただ思考の存在を信じ、仲間を、自分の真の兄弟のごとく愛す。これが本当のキリスト教なのだ。
○ただ至高の存在を信じ、仲間を、自分の真の兄弟のごとく愛す。これが本当のキリスト教なのだ。

ダビンチコードが話題になっていたので、少しダビンチコード風に語ってみた。
繰り返すが、イエスの子供がいようと、いまいと、そんなことはどうでもいい。彼の子らがいるとしても、
真理を知らず、エゴのまま生きているのなら、人の子にあらず、我々と同じく、獣に過ぎない。

言わんでもわかると思うが、今も実質バチカンを支配し手いるそこの団体とは、フリーメーソンのことな。
ダビンチコードの作者も、イエスに子供がいるとかいないとかより、本当に伝えたかったことは、
グノーシス、マグダラのマリアから、シオン修道会、そしてフリーメーソンに繋がる、そこの点だったんじゃない?

あ、そうそう。本当のキリスト教に入りかったら、フリーメーソンに入ったほうがいいよ。
この友愛の精神こそ、真のキリスト教だから。ま、ここも本当のキリスト教、キリスト教の真髄に触れられるのは、
ごくごく一部の人達のようだけど。しょうもない教会に入るよりよっぽどまし。

彼ら、メーソンの崇拝している、いや、親玉と言えるのは、我々に知恵を与えた蛇でる。善悪に別ける知恵は、
「人」に死をもたらしたが、獣には命を与えるものである。しかし我々を創造した神々は、それを許さなかった。
神々は、我々を創造したが、神々は、「人」からであたものである。


131 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 23:06:25 ID:oraVot+r
>>129
フリーメーソンかよ。

132 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 23:12:18 ID:oraVot+r
>>130
メー尊の崇拝対象が蛇?
理神論的な「世界の建設者」じゃなかったか?

133 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:19:46 ID:JkUiuYUs
〜創世記
>主なる神は言われた。 「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、
>手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」
>主なる神は、彼をエデンの園から追い出し、彼に、自分がそこから取られた土を耕させることにされた。
>こうしてアダムを追放し、命の木に至る道を守るために、エデンの園の東にケルビムと、きらめく剣の炎を置かれた。

永遠の命を得ることが出来るのは、父なる神に似せて創造された、人だけである。
言は人を殺しもするが、生かしもする。善と悪とに別けた知恵は、人に死をもたらしたが、
その知恵こそが神に似せて創造された人であるゆえんであり、知恵あればこそ、「一」を善と悪とに別けたその罪ゆえ、
地に下り、自ら獣として生れてしまった人でも、この獣の身体を捨て去り、永遠の命を得ることが出来る。
しかし、我々を造った神々は、それを許さなかった。言を持たない獣は知恵はなく、言を持たない獣の心には感情しかない。
感情は、五感から得られる、快、不快の感覚から生起し、五感からの感覚の入力がなくなると存在し得ない。
言を持たない獣の心は、肉体が滅びると、何も残らない。獣は生きない。だが人として生れても、無知のまま、この感官の刺激の
快、不快に心が支配され、エゴのまま生きるのなら、言をもつ人間も、獣となんら変わらない。獣は生きないのだ。
エゴを制し、この五感からの感覚を制御し、この感官からの刺激による心の移り変わりを制し、
心を制し、己のエゴを制することができるのは、獣の中でも、言を持ち、言で思考できる我々人間だけなのだ。

誰が知るだろう、人の子は天に上げられ、獣は地に下るかを。


134 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:29:25 ID:JkUiuYUs
>>131
>理神論的な「世界の建設者」じゃなかったか?

それは、至高の存在。もちろんメーソンも行き着く先はそこだろう。
俺が言いたいのは、獣に過ぎなかった我々に、知恵を与えたのは蛇だってこと。
ところであんた、その至高の存在とはどこにいて、我々とは何者なのか知っているかい?

ちゅうかおまえサロメじゃないだろうな?あの女には真面目に殺意を感じる。
この感情も何とかしないといけないのだが、あの女は、間違いなく報いを受けるだろう。
いやもう受けているのかもしれない。あの邪悪な者は、正しいことを語る者の口を塞ごうとし、
聖霊を汚し続ける。あの女は、真の悔い改めをしない限り、決して許されないだろう。

135 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:39:22 ID:JkUiuYUs
我々を救うのは、決して今の教会なのではなく、
イエスの智慧。それは我々自身の智慧により導き出される。
自らの智慧により、自らが目覚めないと、救いはない。
司祭や、教会が救ってくれるのではなく、あくまで自分自身の智慧により、自分自身を救うのだ。
神に全てをゆだねるなどと甘いことを言っている人がいるが、父なる神とはそんな存在ではない。
我々は、神の名を知れば、自分自身を知るだろう。

行き着く先は一元。グノーシスは霊肉二元論などと知った風な口を利いた、知ったかの馬鹿がいたが、
それはこの世のこと。真理の行き着く先は一元の世界。

グノーシスは、仏教だよ。

136 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/21(日) 23:40:30 ID:v+M/aVLV
>カラス殿
実を言うと、7−8年前にフリーメーソンに入会しようと思って
、年会費とか資格要件を調べた事があるw...
僕の正直な感想を言うとフリーメーソンはその大きな歴史的役割を
終えて、今はインテリ年寄りの社交クラブの様な気がした。



137 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:49:07 ID:JkUiuYUs
獣に過ぎなかった我々人間に、知恵を与えた蛇が、真のキリスト教の創始者だったりしてな。
真のキリスト教は今も、表立っては目立たないでいるが、今も、昔も、綿々といきづいている。
我々獣に過ぎなかった、人間の、救いの為にね。

フリーメーソンネタをしゃべると、条件反射的に、変なのがよってくるが、
別にあんたらの同意を求めてないんであしからず。一神教は、みんなが思っているほど単純なものではない。
太古の昔より、マスタープランを引いた者がいると、俺は思っているんでね。
神との古い契約、旧約のメシアイエスの成就にしろ、その後の歴史にしろ、話が出来すぎている。
イスラムなどは、新約成就の為の完全な当て馬。

138 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/21(日) 23:50:53 ID:JkUiuYUs
>>136
>終えて、今はインテリ年寄りの社交クラブの様な気がした。

表向きはね。
実は俺もメーソンに入会したいと思ってるんだがな。ハハハ。

139 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 00:13:14 ID:Xburd18j
>>138
年会費が50万だったかな...それとこの世的な学歴とか
家族構成とか、前科歴とか問われるよ...今は変わったかも
知れないけど、ネットで調べた方が...僕は資格要件が
ギリギリクリアーしたみたいで、入会の案内が送られてきたけど
そこで踏みとどまってしまったんだw...
それよりも例えばアメックスのゴールドカード会員の方が
インセンティブが大きいんだよ...当時は残念ながら
そう思ってしまったw...


140 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 00:26:40 ID:Xburd18j
>>137
僕がフリメに入ろうとしたときの「あなたの宗教は?」
にイスラムと答えたらOKだったw...カラスさん
フリメに過剰な期待を寄せてませんか?...

141 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 00:50:43 ID:Xburd18j
>>137
アメックスのゴールドカードにね、テンプル騎士団の絵が書かれてるん
ですよ、ご存知ですか?...この絵がなぜかかれてるかを知ってビックリ
してしまった事を思い出してしまった...


142 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 01:19:50 ID:p5WK/c5C
>>135
>真理の行き着く先は一元の世界。

それを知るのは、「人間」である君ではなく、「神」のみ。

被造物としての人間は、あるがままの世界の多様性を楽しみ、大切にすれば
よいだけ。「一」を知るなどと、思い上がってはいけない。

君を含めて、造られたままの人間の本質は獣に過ぎないことを悟るべし。
それが、人間のすべての思考の基盤となる唯一の「普遍」である。人間が
神を知ろうなどとするのは、身の程を忘れた傲慢・不遜・冒涜の行為では
ないか。


143 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 02:54:59 ID:JeRsvbSi
12使途と、そのメーソンが重ならないのは君等の主張の通り。
メーソンにも種類があるようだが、十二使徒と重なる団体に気がついているのか。

144 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 09:42:01 ID:IvRdS7au
アメックスのゴールドなんて、今時珍しくないだろ。プラチナじゃないの?

テンプル騎士団には見えん。
たてがみの付いたヘルメットで、顔を晒している騎士っていつ頃かね?
ヘレニズムやローマ時代あたりなんじゃないの?

145 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/22(月) 10:46:35 ID:S0yreV1+
>>139
メーソンに過剰な期待などしてないよ。
てか、うちらが入ったところで、末端の会員など、君の言うようにただの社交クラブで終るだろう(苦笑)
あそこでキリスト教の真髄に触れられるのはごくごく一部の人たちだけである。
俺が言いたいのは、真のキリスト教は今も残っており、マグダラノマリアから、グノーシス、そして真のキリスト教と言える
その組織は、今もしっかり残っている。真のキリスト教は、今の時代、表立っては行動していないが、歴史の裏舞台には必ずその名前が
登場している。そしてかれらの手により、新約は成就されるだろう。旧約が成就されたようにね。ってこと。

今の教会は、真のキリスト教ではない。キリスト教をベースにした、まがいものだ。
本当のキリスト教は、神を外に求めるのではなく、自分自身に求める。仏教と変わらない。アプローチは違うが、
真理は一つだ。正しい教えの行き着く先は、同じなのである。

蛇が獣に過ぎない我々に与えた知恵とは、「言葉」のことだ。
「言」による思考が、「一」を善と悪とに別ける罪をもたらしたが、この「言」による思考がなければ、智恵もわかず、
獣に過ぎない我々人間を、再び人の子へと導くこともない。

146 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 10:52:08 ID:7kDNfGBk
>145
>蛇が獣に過ぎない我々に与えた知恵とは、「言葉」のことだ。


でたらめいってるよ。

147 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 11:19:51 ID:fSC+PGDN
スティーブン ナイト著「知られざるフリーメーソン」によれば
フリーメーソンが崇拝する世界の建造者の名は「YAH-BUL-ON」である。
YAHはヤハウェ、BULはバアル、ONはオシリスを指すのだという・・・

148 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/22(月) 11:25:47 ID:S0yreV1+
>>146
創世記には、蛇がイブをそそのかす前から、
アダムに神がここの食べ物は何でも食べてもいいが、この知恵の実だけは食べるなと、
言いつけている。蛇が言葉を教えたと言うなら、時系列がおかしくなるとでも言いたいのかい?
創世記など、そのまま読めば、矛盾だらけだ。智恵のないものは、あそこに書かれた
秘められたメッセージを読み取ることはない。神に似せて創造された人は、肉の姿をしていない。
なぜなら父なる神は、肉の姿をしていないからだ。
肉から出来た、獣に過ぎない我々は、神々に似せて創造された。我々は言葉を得て、神々のように
永遠に生きる者となれる存在となった。智恵の実を食べた我々が、命の実を食べた時、神々となるだろう。
人間は、神々から創造された。神々は「人」から出たものである。

149 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 11:32:38 ID:O5ZXhrFZ
>>148
カラス理論における神と人間の関係は
鶏と卵の関係に似ているな・・・

150 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/22(月) 11:34:53 ID:S0yreV1+
>>146
ちゅうかおまえサロメじゃないだろうな。
胎児の救いなぞないんだよ。アホ丸出し。何の根拠もない、霊能者の適当な能書きと同じ。
あの糞女、てめぇはその辺の霊能者と同じ、適当な思いつきで、自分の願望、口からのでまかせ
を言っているのに過ぎないのに、なにゆえ、人々に真の救いを願う者の口を塞ごうとするのか。
あの女の罪は重い。

別に人が何を信じようがかって。ほっとけばいいのに、何ゆえあの女は命の言葉を潰そうとするのか。
それも執拗に。きっとあの女の心に潜むなにかがそうさせるんだろう。エゴと言う名のサタンがね。
あの女は業が深い。報いはうけるだろう。真理の言葉を拒むあの女は、生きないだろう。


151 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 11:37:08 ID:O5ZXhrFZ
>>150
まぁまぁ、落ち着いたほうがいい。
そちらも何かに毒されているように見えてしまうよ。

152 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 11:48:45 ID:O5ZXhrFZ
聖書外典偽典・グノーシス文書総合スレッド
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1147765258/1-100

こちらのグノーシスレもヨロシク

153 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/22(月) 11:50:31 ID:S0yreV1+
創世記のあの部分は、真の父なる神に似せて創造された「人」が、
善悪を別けるという罪を犯し、死ぬ存在へと堕落したということと、神々に似せて
創造された獣に過ぎない我々が、知恵を持ち、神々と等しい存在となった物語を絡めて
書かれているから、一見矛盾だらけの表記になっている。

何度も言うが、人間は”神々”により創造された。神々は「人」から出たものである。
獣に過ぎなかった我々人間は、蛇により言葉を得た。言葉を得た我々人間は、永遠に生きることができる
存在となったが、神々はそれを許さなかった。言葉を得た我々が、命の実を食べた時、
人間から、神々となり、そして、「人の子」となるだろう。

154 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 12:08:53 ID:++o444KS
横入り〜。

カラスの唄さんて、そこまでいっちゃってたのか。
キリスト教談話室板とかで、賛同者がいる時は、適宜、
反発を買わないように、うまくやってたのね。
(そう見えた。)

ちょっとがっかりした。あなたはあなたの道を行くがいいだろう。
どこか、そう、最終的な場所で、会うかもしれないが。

見分ける、見極める、そういう霊肉共の力が必要だと
思っている。

155 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 12:20:57 ID:O5ZXhrFZ
>>154
idがなんだかすごい。

156 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/22(月) 12:24:23 ID:S0yreV1+
>>154
>最終的な場所で、会うかもしれないが。

最終的な場所って、天の御国のことか?
そこでは、俺とあなたが会うってことはない。また、好きだったあの人、この人と会うなんてこともない。
ましてや、愛するペットとの再会などと、ありえない。今のキリスト教会は、漫画みたいなことを教えている。

復活、永遠の命とは、本当の自分に立ち戻るということだ。そこには、この世の自我など持っていけないんだよ。



157 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 12:48:19 ID:++o444KS
>>156 フーム。

最終的な場所、というのは、天どころか地の底かもしれんよ。
私は、あなたのほうがよほどロマンチストだとさえ思える。

私は天の御国で、愛する人々だのペット(本気?)と再会するのだ、
などという考えは持っていないよ。そんなこと、教会でも、
本当には教えてないだろう。たとえで語られているのだろう。
ものだろう。この世は、実に悲惨だよ。

主イエスのいう、永遠の命、が、いったい何であるか、
求めていくのが、クリスチャン人の生き様なんだろうと思うよ、
結論の出ない世界で。





158 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 17:56:00 ID:htEkN4OF
信じない道のように見せかけて実は信じる道なのかもしれないが、カラスは表面の
聖書を信じない道を選んでしまった。聖書に対する謙虚さを捨て、自分の必要な
部分を抽出し正当とする暴挙。

159 :キュロス:2006/05/22(月) 19:11:11 ID:rAiBpIGp
トマス福音書 27
>あなたがたがこの世に対して、断食をしないならば、あなたがたは
>御国を見出さないであろう。あなたがたが安息日を、安息日としな
>いならば、あなたがたは父を見出さないであろう。

荒井氏の解釈は それとして置いといて。
断食とは 以前に書いたけれど 惨めな姿を神に見せる事により
神の助けを 受ける という考え方から出ている。

マタイ福音書の6章16節以下の記述では 人に見てもらう事により
報いを得ている と言っている。
つまり見苦しい姿を他者に見せる事により 他者の同情を引く
と言う考え方だ。

さて このトマス福音書では 世に対して断食をすれば御国を見出す
と言っている。 これは この世のものを断つ事にが御国を見出す
という 禁欲的な考えではなく 積極的に この世に助けを求めな

さい その様な人と人とが助け合う世が 御国だ と言っている
のじゃないかな。これはマタイ福音書5章39節の 右のほほを
打たれたら 左のほほをだせ と言う考え方に似ている。

これは 一方的に打たれる事により 第三者の介入を受ける
と言う考え方だ。落語に出てくる 大家サンに喧嘩の仲裁を
期待すると言う考え方に にている。

160 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 21:05:18 ID:Xburd18j
>>159
今日のトマス 27節
馬鹿が教会の資料無に解釈すると、全くトンチンカンになる事の見本だw
ココモ訳
>イエスは言われた。”あなたがたはこの世に対して断食をしないならば、
>神の国を見出さないであろう。真の安息日を守らないならば、父を見ない
>であろう”

断食の前に「この世に対して」が入ってるのが読めナインだw...後ろの
「神の国を見い出さない」も全く理解してないという事だ...
これは食い物を食べないのとは全く違う、「世俗を切り離す」と言う意味だw
世俗から距離を置かないと神の国は見い出さないよと言う事だよ
「真の安息日(休息・安静)を見い出さないならば、父を見い出さない」
とも繋がらないだろ....

オツムの弱い奴が、トマスなんか理解できるわけないだろ...わはははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは

言葉だけから色々妄想するキリスト教徒特有のオツムだよ...わはははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは





161 :キュロス:2006/05/22(月) 21:23:09 ID:amMWrwuV
>>160 そのような解釈は 荒井氏もしている。

ヨハネ福音書を グノーシス派が利用したことは 間違いは無いが
ヨハネ福音書を 記述した集団が グノーシス派かどうかと言う問題は
別問題だ。その事が トマス福音書にも 言える。
トマス福音書を グノーシス派が利用した ことと トマス福音書を
記述した集団が グノーシス派かどうか と言う問題は別だ。

荒井氏の解釈は トマス福音書を グノーシス系の文書だと
決め打ちして 解釈しているふしがある。


というわけで その箇所を解釈する鍵は 断食 という
習慣がどのような意味を 持っているかを知ることだと思う。

神に対して断食をする。神に助けを求める。
世に対して断食をする。世に助けを求める。

この違いを 理解する事だ。

162 :キュロス:2006/05/22(月) 21:29:52 ID:amMWrwuV
>>161
人に助けを求める 断食 と言う行為の具体的な例は 乞食 だ。
乞食は 出来る限りの惨めな姿をして 他者の同情を買い
施しを受ける。

神の対する 断食 も惨めな姿をする事により 神の同情を買い
神の助けを 求める 或いは 神のその人への怒りの中和を期待
する事にある。

163 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 22:10:42 ID:Xburd18j
皆様にお伝えいたします。当院は重篤な精神障害・知能障害の患者さんは
受付できません。他の専門医をお尋ね下さい。....わははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは


164 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 23:44:06 ID:Xburd18j
僕は精神病の医者じゃないんで、精神障害者の治療が判らないんだけど
どうなんでしょうか?専門家がいたら教えて欲しいんですよ...
そいつの病根を抉り出して、痛めつけるのが良いのか、病根には触れずに
周りから徐々に和らげながら病根を退治すべきなのか....
電子機器のエンジニアの感覚から言うと前者なんですね...例えば
癌の治療もそうでしょ、元々の癌部位を外科手術で摘出して、放射線や
抗がん剤で転移してる可能性のある物を退治していく...
ところが馬鹿クリスチャンの場合は殆どが精神障害者なんで、僕は
聖書については詳しいですが、馬鹿クリスチャンが陥ってる精神障害に
ついては、詳しくないんです。そもそも精神障害者だからクリスチャン
になるのか、普通の人間が教会に入ると精神障害者になるのか、クリスチャン
の殆どの人は普通の人なので、この手の教団と言うのがそういうリスク
を背負ってるのかだけなのか...その辺が良くわからないですね 

165 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/22(月) 23:53:56 ID:Xburd18j
つまりね、100人の病める人がいて90人が悪霊から救えて、10人
のキュロスはリスク(失敗)で捨てるのなら、僕は教団を支持します。
どんな教団にもキュロスはいます。9割救えてるのであれば大変な
物です。ところが現実は10人の救われる人がいて90人のキュロス
を作ってると言うのが僕の実感なんです...どうなんですか?、教団
の指導者さん...

166 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 23:56:47 ID:IvRdS7au
>>164
あんたも通院経験者だろ?
だったら、どっちがいいかわかるだろ。
あっ、まだ完治してないか。

167 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/23(火) 01:00:07 ID:KKnN42+y
>イエスは言われた。”この世を知った者は、身体を見出した。しかし、
>身体を見出した者に、この世はふさわしくない”〜トマス

仏弟子は語る。
>シーハ(人名)よ、昼夜に休みなく、〔気づきを〕怠らない者として、〔世に〕住め。善なる法(教え)を修めよ。
>急ぎ、積身[からだ]を捨てよ。〜テーラガータ

現代の教育を受けた者は、天の御国とはこの世にこそあるという教えは、理解しやすく、
また、唯物論的解釈は、インテリ達にも支持されるだろう。だがキリスト教も、仏教も、この世を否定している。
今のまがいもののキリスト教である教会は、このことを理解せず、あいもかわらず、
この世に執着する教えを信者に与えている。彼らは生きない。

ヨハネの福音などは、この世を否定している表現が随所にあり、グノーシスにいたっては、決定的だ。
無論仏教も、徹底的にこの世を否定している。現世利益を歌っている新興宗教が、仏教を名乗っているが、
あれは洒落にもならない。何かの冗談だろう?(苦笑)


168 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/23(火) 01:14:51 ID:KKnN42+y
覚者は語る。

見事なる旋律のままに、天は雨を降らせる。わたしの心はしっかりと覆われ、安楽で、風さえも入らない。
そして、身体において心は善く定められた。私の心はよく制されている。常に身体の状態に気づき、
怠らず、もはや感官による感覚で、私の心は揺れ動かないだろう。身体の造り主よ、お前の正体は見破られたのだ。
もはや私は、再び母胎に入ることはないだろう。

神よ、もし、望むなら、雨を降らせよ。



169 :名無しさん@3周年:2006/05/23(火) 16:06:54 ID:uoN8JzQ/
神に指図するなんておあーっ

170 :名無しさん@3周年:2006/05/23(火) 16:39:56 ID:8VbGjVgM
        【光】─┬─【闇】          弱い関係
            │ 
            │            -(信化の過程)
     ┌────┴────┐
【光】─┴─【影】     【光】─┴─【闇】   強い関係

光(信仰)が強くなるほどに闇も強くなる「罪の認識」。

光を受け闇を造る存在である自身、闇の実体化(自身との一体化)で光を遮り
闇の従者となる過程と、本道である闇を影とする光の従者となる過程もある。

信仰を求め光を得ようとする過程自体が闇が伴う。
神への畏れに対する、死(時間=富)への恐れ、明日の命を思いやるという
自然でない心。食物を保存するリスはこれに該当しない。

171 :名無しさん@3周年:2006/05/23(火) 16:44:27 ID:8VbGjVgM
罪が大きいほど恵みが増すという仕組みと熱い冷たいの関係。

172 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/23(火) 18:03:35 ID:QY9E0NiR
>>165
> ところが現実は10人の救われる人がいて90人のキュロス
> を作ってると言うのが僕の実感なんです...どうなんですか?、教団
> の指導者さん...

実感としてね、90人のキュロスのいる教会なんてそんなに無いと思いますよ。
あればすぐに行きたいね。
この事に関してはココモッキーは、教会を、買い被っていると思うよ。


173 :キュロス:2006/05/23(火) 20:14:02 ID:knxrFsk0
トマス福音書 41
>イエスは言った「およそ、手に持っている人は、与えられ
>持っていない人は、持っているわずかなものまで取り上げ
>られるであろう。

荒井氏の解釈は まあそっちに置いておいて

これは イエスが 土地を追われた農民等を見ての事だろうね。
まあ グノーシス的解釈は 有るのだろうが
イエスが ガリラヤの土地を借金等で 追われた農民や
手工業業者の 事を言ったのだろう。

そこで いわゆる巡回霊能者達が このような素朴な
イエスのつぶやきに等しい言葉を 大切に伝えたか と言うこと
と言う事を 考えてみる。 

この語録は イエスの 民衆に対する視線や ものの考え方
が解るような 気がする。 

174 :キュロス:2006/05/23(火) 20:15:31 ID:knxrFsk0
>>173
マタイ福音書
>28:19 だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子に
>しなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、
>28:20 あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。
>わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

全ての民をイエスの弟子にしなさい ということは
イエスが 師 である と言うことだね。

このことを踏まえて 次の20節以下の箇所が解釈すると
その弟子とイエスが いつも共に居ると言う事は 弟子のそばに
何時もイエスが居て 弟子を物理的に助ける と言う事だけ

ではなく 弟子の直面した日常の問題に その弟子がイエスなら
どのように 対応したかを 考え それを実行することだ。
そして その実行をイエスが助ける と言うことだと思う。

175 :キュロス:2006/05/23(火) 20:16:11 ID:knxrFsk0
>>174
そこで トマス福音書 41 等の イエスのつぶやき のような
語録を トマス福音書を伝えた集団 たぶん 2〜3人の巡回霊能者
たちが所持した理由が 明らかになる。

彼らは このようなイエスの ものの考え方や ものの見方が想像で
きる つぶやき的な言葉を所持する事により 具体的な日常の問題を
イエスならこのようにするはずだ と考えて それを実行していた
のじゃ無いかな。 

176 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/23(火) 23:42:36 ID:WiE+A/0k
>>165

>つまりね、100人の病める人がいて90人が悪霊から救えて、10人
>のキュロスはリスク(失敗)で捨てるのなら、僕は教団を支持します。
>どんな教団にもキュロスはいます。9割救えてるのであれば大変な
>物です。ところが現実は10人の救われる人がいて90人のキュロス
>を作ってると言うのが僕の実感なんです...どうなんですか?、教団
>の指導者さん...


それは、かなり認識が甘いです。
一万人に一人いるかいないかだと思います。
そんなに楽なもんじゃないです。

177 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/23(火) 23:45:10 ID:WiE+A/0k
一割も救われるのなら、イエスは次のようなことを言っていないはずです。

ルカ書13:23
すると、ある人がイエスに、「主よ、救われる人は少ないのですか」と尋ねた。
そこでイエスは人々にむかって言われた、「狭い戸口からはいるように努めなさい。事実、はいろうとしても、はいれない人が多いのだから。
家の主人が立って戸を閉じてしまってから、あなたがたが外に立ち戸をたたき始めて、『ご主人様、どうぞあけてください』と言っても、主人はそれに答えて、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない』と言うであろう。
そのとき、『わたしたちはあなたとご一緒に飲み食いしました。また、あなたはわたしたちの大通りで教えてくださいました』と言い出しても、
彼は、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない。悪事を働く者どもよ、みんな行ってしまえ』と言うであろう。


178 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/23(火) 23:47:04 ID:WiE+A/0k
キュロスさん、
僕も、イエスは人と人との間にいる、と思っています。

179 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/23(火) 23:50:54 ID:WiE+A/0k
ココモスキーさん、
教会信者で、「洗礼を受ければ誰でも救われる」と言っているような人たちは
聖書をよく読んでいないのです。

最近は、そんな能天気な信者ばかりでもないですよ。

180 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/23(火) 23:55:42 ID:WiE+A/0k
マタイ福音書 18:20
「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、
わたしもその中にいるのである。」

ルカ書17:20
ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。
『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」



181 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:00:42 ID:YTEsCpfw
聖書には、>>180 のように書かれてあるにも関わらず、
人と人との関わりにイエスがいる、とは少しも思っていないのが
一般のクリスチャンだと言っていいと思います。

形式的に「神よ神よ」「主よ主よ」と人前で祈る人が信仰深いわけではなく、
クリスチャンでなかったとしても、他者との関係に「価値」を見いだし、リスペクトの気持ちをもって
他者と関われる人は、『救いから遠くない』と思います。
聖書の中のイエスの語録を読むと、そうとしか思えません。

182 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:07:57 ID:YTEsCpfw
神と人との間の愛ある関係は、「縦」の愛です。

人と人との間の愛ある関係は、「横」の線です。

このふたつの愛のことを、イエスは最も重要な戒めとしています。

このふたつの愛が完成した形のことを、【十字架】というのです。

183 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:19:32 ID:4kxRKLjw
>>177

ルカ書13:23 狭い戸口(使用人用の勝手口・通用門)

つまり御用のない方お断り。
家の者か、家の召し使いでないと入れない。

キリストが、戸口の家(神の国)の主人。
家の者あるいは召し使いは、キリスト信者。


184 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:21:25 ID:YTEsCpfw
>>183

>家の者あるいは召し使いは、キリスト信者。

ほほお、その根拠は?(^^)
もちろん、聖書からその根拠を示してくださいね。

185 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:24:09 ID:YTEsCpfw
>>183

キリスト信者が、すべて家に入れないわけではないと思いますが、
すべて家に入れる、というものでもないでしょうね。

186 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:27:11 ID:4kxRKLjw
聖書論拠は、示せないです。というのは説教からの耳学問で。という事なんで。
多分あるのでしょう。
そこまで勉強してないし、いま聖書の検索をかける面倒をする気力がないです。

狭い戸口は、その当時の大きな家では勝手口にしている戸口で、
玄関ではないとのこと。
つまり、あなた方をお客さん扱いするのではない。
神に仕える僕という謙虚な立場。でいなさいと注意を促している。

神様を
召し使いにするような高飛車な態度は
異教の神頼みのような礼拝のあり方で、神を敬ってない。
アラジンの魔法のランプの
奴隷幽霊だという扱いを、神様にしている態度だと。


187 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:28:35 ID:4kxRKLjw
並行的なたとえは、花嫁とご主人、旦那に仕える態度だった気がしました。
「仕える態度」がテーマというか中心議題のような記憶です。


188 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:29:45 ID:4kxRKLjw
エステル記の廃妃された王妃のような、王を王妃の召し使いにする態度とも。


189 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:30:39 ID:YTEsCpfw
>>183 さん

ルカ 13:25
家の主人が立って戸を閉じてしまってから、あなたがたが外に立ち戸をたたき始めて、
『ご主人様、どうぞあけてください』と言っても、主人はそれに答えて、『あなたがたがどこからきた人なのか、わたしは知らない』と言うであろう。


上記の部分に、よくよく注意してください。
このように、家に入れてもらえない人も『ご主人様』と言っている人たちなのです。

190 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:34:21 ID:4kxRKLjw
そうですよ。
閉門時間を知らない人は、偽の家ビト。偽信者ですよ。カタリ者です。

また閉門時間でも入れてもらえる人は、
ご主人が使わした知っている家ビトですよ。

閉門時間外に主人から用足しを言いつけられているから、
主人が知っていて、名乗れば、入れてもらえるんです。



191 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:35:42 ID:YTEsCpfw
>>186 さん

>聖書論拠は、示せないです。というのは説教からの耳学問で。という事なんで。

やはりそうだと思いました。(^^)
おそらく神父か牧師から、そのような話を聞かれたのだろうなと思いました。

ですから、どうか注意してください。人の話は鵜呑みにしてはいけないのです。
そういうことをしていると、自分で聖書を読むことから遠ざかるからです。

そこの聖句には、もっともっと深い意味があると僕は思います。

神父や牧師の言葉だからといっても、それが真実である保証はどこにもないのです。

192 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:38:16 ID:4kxRKLjw
そうですね。でも悪いとは思いません。

当時のオリエントに限らず、
どこの国でも、他人と自分。家族とよその家。同じ民、別の民。
味方、敵の区別ぐらいつけるでしょう。

キリストが救う民と、救わない民がある。
キリストを主人(キュリオス)とする民か、そうでない民。と思うんですが。


193 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:39:11 ID:YTEsCpfw
>>190 さん

いったん、今まで教わってきたことを白紙に戻してから
小さな子どものようなムクな気持ちを持って聖書に接してみてください。

それが、まず第一歩なのです。
そして、この第一歩が非常に踏み出しにくい第一歩なのです。

194 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:40:57 ID:4kxRKLjw
ニカイア信条から離れた解釈さえしなければ
当たらずとも遠からず、憐れんでいただければ、思し召しなら。
私審判で、助けてくれるやもしれませんよね。

天国か地獄かは、決定権は神様(ご主人様)にあるのですから。

195 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:42:17 ID:YTEsCpfw
>>192

>キリストが救う民と、救わない民がある。
>キリストを主人(キュリオス)とする民か、そうでない民。と思うんですが。


はい。その発想は、完璧に宗教に染まった考え方なのです。
ですから、もう一度冷静になって、自分の考えを見直してみてください。

どこかの団体に所属している人が救われるのではないのです。
そんなことをイエスは聖書の中で一度も言っていませんよ。

聖書に書かれていないことを教会で教えられるような時は
注意をしてください。これは、純粋にあなたのために書いております。


196 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:44:56 ID:4kxRKLjw
私は、聖テクラのような目には遭いたくないですね。
パウロ書簡が中心的過ぎて危険だと思ってますよ。

根拠はイエスの言葉(福音書)ですが
解釈はパウロ書簡やルカ・ヨハネ文書が中心です。

旧約・タルムード・コーランの解釈を持ち込むわけにいきません。
キリスト教でやっていく場合は。

引用は解釈(使徒書簡)を補強する為です。
福音書に反する解釈の補強に、旧約は使えません。


197 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:46:27 ID:YTEsCpfw
>>194 さん

>ニカイア信条から離れた解釈さえしなければ

そうではありません。
聖書は【解釈】が重要なのではないからです。いいですか?
そういう風に考えると、当然、どこの解釈が正統かそうでないか、という
泥沼のような論争に入ることになるのが必然なのです。

そこで割と賢明な人たちは、ニカイア信条に従っている教会なら大丈夫、
ということで落ち着くようです。

しかし大切なことは、そのような解釈ではないのですから、多くの人は
ピントはずれのことをしていることになります。

大切なこととは、イエスが「しなさい」と言っておられることを本当に実行することです。

198 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:47:10 ID:4kxRKLjw
神の御心にかなう。は、キリストを主人とするものに掛かっています。
キリストを神の子とし、この神の子の父の御心にかなえばよいのです。

それ以外の救いの方法を求めるやり方は異教です。正教では有りません。


199 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 00:55:34 ID:4kxRKLjw
いいえ。

ニカイア信条の解釈に反した人たちが、
ニカイア信条の教会だと抜かしていますね。マリア教とかバカにされている連中です。

でも彼女等は
このたび来るペンテコステのミサでニカイア信条を「全員」唱えますよ。
でも「全員」理解してないです。ためしに質問できるんなら。

カトリックのカテキズムの抜書きで、ニカイアに当たりそうな質問を創っておいて
受け答えして、答えが教会のカテキズム通りになるかというと
ならないですね。マリアは母で女で、男より偉いから、シスターの答えは正しいです。
とかトンチンカンをかませますからね。

教会など信じていません。無原罪なわけないでしょう。
人間マリアの「神・産み(テオ・トコス→聖母と誤訳)」は。

ピエタを理解していないのです。
母が偉いのなら十字架に息子を死なせるに追い込んだバカ母です。
母が偉いのなら息子の冤罪を救って見せなさい。となる。

母マリアは、神様息子をお取上げなんてむごいです。マグダラと共に悲しみます。
復活させてください。息子を返してください。という意味です。

フランシスコ会の十字架の道行きを知らんのです。
ロザリオの祈りをしていても、おねだりや願掛けですからね。
願掛けの宗教でないです。


200 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 00:56:22 ID:YTEsCpfw
イエスが言われた「神にはおできにならないことは何ひとつない」という聖句は重要です。
僕は、この言葉によって「救い」を確信しました。

ですから、人は神との親しい関係を築くべきなのです。
それ以外に方法があったら教えてください。

〇〇教会に入ったら救われるのですか?
そんなことは聖書のどこにも書かれていないことです。

どうしてそんなことを教会で言われて、平気で鵜呑みにする人たちが
大勢いるのか不思議に思います。
きっと聖書を読んでいないのだ、としか思えないことです。

201 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:02:14 ID:4kxRKLjw
イエスがしなさい。ということは出来ないですね。
エッチな目で見たら、目玉をエグるんですか。ゲヘナ(地獄)に落ちない為に。

福音書に反する答えを導くな。というのでしょ。
私は言いました。根拠は福音書、イエスの言葉ですよ。
でも人間は実行できないのを知っています。
解釈を入れます。そのまま間に受けるんじゃなくて。。。という事です。
そこが使徒書簡の解釈です。
罪を赦す部分と赦しえない部分を切り分けています。

性欲が耐えられないなら、結婚しなさい。
つまり目玉をエグルのではなく、彼女とエッチしちゃえよ。です。
彼女は当然エッチ代金ではなく妻の座を保障するよう要求の権利があります。
そうでないと姦淫です。


202 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:04:26 ID:4kxRKLjw
当然レイプも行けません。石打ちですし。なら売春婦としろ。です。
これは聖書規定外ですが、慣例です。

203 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 01:04:37 ID:YTEsCpfw
わたしたちが神を愛するがゆえに、
イエスを信じるものたちの間に愛といつくしみの気持ちを持った
関係を築いていくことが、身近でありながら、とても重要なことです。

イエスが言われたのは、そういうことに他ならないからです。
イエスが求められた、神への愛と、人への愛をわたしたちが示すには
どのように生きるべきかを、考えて生活することがよいことです。

聖書の解釈をめぐって、争うことを神が望んでいるのではありません。
そんなことをするならば、イエスに反したおこないをしていることになるからです。

そういう意味では、カトリック教会の犯してきた罪は重いのです。

204 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:07:21 ID:4kxRKLjw
私はカトリック洗礼者ではありません。事実カトリックの適当なアドバイスで
嫌な思いをし、カトリック側も嫌な感じに受け取りましたね。

教会など話題にしていません。
わたしは、解釈の公式をいいましたし、聖書以外の聖伝も、
時代背景等も用いて説明しますから。

リベラルなんでしょうね範疇としては。


205 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:09:09 ID:4kxRKLjw
ちなみに
カトリックがマリア教
なら
プロテスタントは聖書教
ですよ。

206 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:11:23 ID:4kxRKLjw
いつ
キリストが
パウロとかケパとかアポロとかに分かれちゃったんですかね。
よっぽど分裂症なアホな宗教なんですね。
体質なんでしょう。

私は洗礼を受けてないから無責任な解釈や 受け答えなんでしょうけども。


207 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:13:29 ID:4kxRKLjw
あと
正教は 憐れんでくれ教
ですね。

別名、お慈悲下さい教
とか、キリエ・エレイソン教。


208 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:19:19 ID:4kxRKLjw
しぶとく 主あわれめよ(40回唱える)ですし。
あんなんじゃ、ナターシャもしぶといでしょうね。
ナターシャの ねちっこさに もよおすバカ野郎は
シベリヤやサハリンのデカブリストの妻と心中してしまえ。ですね。
もうパーじゃないかと アホじゃないかと。

トロイカにありますね。歌詞に。
貴族に嫁に行っちゃいけないよ。騙されちゃいけないよ。不幸が待っているよ。

スペインでもドン・ファンとかいますし
貴族夫人かも。。。とか応じて
捨てられたかも。。。遊ばれたかも。自決します。も
しゃれにならんですね。

うまくいってもデカブリスト的な運命ですと、彼氏と一緒に氷漬けですしね。

まあレベル同じくねずみの嫁入りが、妥当ですね、人生は。

それに新約には、結婚ばかりでなく、結婚できない人でもOKという解説もあるし。
神は寛大ですね。


209 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 01:19:35 ID:YTEsCpfw
>>201

>イエスがしなさい。ということは出来ないですね。
>エッチな目で見たら、目玉をエグるんですか。ゲヘナ(地獄)に落ちない為に。


姦淫の思いで女性を見なかったとしても、イエスの言葉によれば
金持ちが天の国に入るのはらくだが針の穴を通るよりも難しいのです。

つまり、「不可能」だと言っているのに等しいのです。

弟子達も皆、驚いて、「それでは一体、誰が救われるのですか?」とイエスにたずねています。

イエスの答えは次のとおりです。
「神にはおできにならないことは何ひとつない」

これは非常に重要な聖句です。この聖句について、誰もが、
めいっぱい考えてくださるように祈って、今日はもう寝ることにします。

210 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:22:39 ID:4kxRKLjw
主、あわれめよ。アミン。

211 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 01:23:38 ID:/Q5djVsb
>「神にはおできにならないことは何ひとつない」

私は、このイエスさまのことばを信じます。

212 :◆GX3Eshj01M :2006/05/24(水) 02:31:19 ID:5Fz9mT2x
>>209
つまるところ神からの働きかけによってのみ
人は救われることができるということかな。

213 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 09:54:16 ID:PzBUtdTO
唐突ですみません。

ダニエルさんのバックグラウンドを、よろしかったら少しだけでも
教えてくださいますか? 現教会を認めておられないようなので、
無駄な質問かもしれませんが、過去にどこかの教会で洗礼を受けた、とか、
元いた教派とか、関心をもっとも持っていることはなにかとか。

いろいろ参考になることを書かれていますが、
多少なり私自身のフィルターを通して、その書かれていることを
受け入れてみたいのです。

こんな質問するくらいですからw、私は「クリスチャン」で、
カトリックの洗礼を受けております。

214 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 20:47:59 ID:6vZKEopb
パウロの説教だって食べ物を貰うに等しい働きクツコ(おこぼれのパン)の話と
自分で得たパンを食べなさい(働いて食べていけ・生活していけ)ですね。

この世に金持ちなんてそうそういません。
ATMの後ろを付いて回ったり、息子の寝ている時に
息子とかATMに居合わせた他人の貯金通帳を盗み見て
自分の金と思うより甚だしい泥棒根性です。

信者の給料を明細や源泉徴収を見て、さばきを定めるのに似ています。
世間の人々はカルト教団と人は言います。
他人の働いた報酬にけちをつけると
自分が貰えると言う発想のカツアゲの思想の生き方なんです。

人の乞食へのお恵みを頂くやり方より、
1デナリオンのブドウ園の仕事を 夕方にも与えてくれるお恵みの方が
当然に常識でしょう。


215 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 21:51:20 ID:YTEsCpfw
>>213

>ダニエルさんのバックグラウンドを、よろしかったら少しだけでも
>教えてくださいますか? 現教会を認めておられないようなので


教会の存在意義については認めています。
ただし、多くの教会信者の方が考えているような「教会による救い」というものは
存在しない、ということを発言させていただいております。

始めにプロテスタントのホーリネス系の教会に通い、その次には
カトリック教会に通い、カトリック教会で洗礼を受けました。

216 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 21:57:01 ID:YTEsCpfw
>>212

>つまるところ神からの働きかけによってのみ
>人は救われることができるということかな。


わたしたちに出来る最良の選択は、神と親しくなることです。
わたしたちに出来る最良の選択は、神を愛することに尽きます。
神にお出来にならないことは何ひとつないのです。
ですから、神から特別に愛されるように、あなたも神を特別に
愛してください。

217 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/24(水) 21:59:28 ID:YTEsCpfw
>>213

>関心をもっとも持っていることはなにかとか。

関心をもっとも持っていることは、神から愛されることについてです。

218 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 22:15:48 ID:JKdfHwEG
「神」を語るのは、まずその実在を証明してからにしてください。

人間にとって、「ものが実在する」とは、(必要な場合には観測装置を使用
して)五感で知覚できること。例外は「皆無」です。日常生活から帰納すれば
あまりにも自明なこと。従って、人間にとって神など実在しません。

「神」とは、自然科学が存在しなかった古代人が、自然現象を引き起こす
「不可知な力」を「便宜上」そう呼んだもの。自然科学が飛躍的に発達した
現代では、単に古代人の空想の産物の惰性的残存に過ぎません。


219 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 22:45:20 ID:cf+UyPW/
「神」とは、自然科学で救いが得られない事を現代人が、救いを引き起こす
「不可知な力」を「便宜上」そう呼んだもの。

自然科学が飛躍的に発達した現代では、単に満たされない現代人の
空想の産物の惰性的残存に過ぎません。


220 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 23:00:12 ID:JKdfHwEG
>>219
いずれにせよ、神は実在しないのですから、「救い」も実在し得ませんね。

宗教による「自己欺瞞」では、却って「救い」から遠ざかります。人間界
における充実した救いは、架空の神などではなく、実在する身近な他者か
らのみ得られます。

ところで、自然科学によって得られない「救い」とは、具体的には一体
何なのですかね。

221 :丈野:2006/05/24(水) 23:03:25 ID:GA3jM08z
>>219
それは違うでしょう (「自然科学」で救いが得られない事を現代人が、)とありますが
現代人と限定しては極端に狭い識見で納め陥ってしまっているでしょう、それが浅学批判の
表象なるべき特色です。また(救いを引き起こす「不可知な力」を「便宜上」そう呼んだもの)
とありますが、これも不可知な力は救いを引き起こすものとは、その対象において、仮に
比較論としても、合理的でもいいか、要するに明らかな矛盾と言葉の陥落から生じる
あまりにも軽率且つ短絡的且つ、暁鐘甚だしく間違いを明らかとしていますね。
便宜上という言葉も、この不可知と救いとに全くかからない故に、また内容の意を異する故に
まったく異物として浮いてしまっているんですね。簡単に言うと事実無根の証明不知です。
だから(空想の産物の惰性的残存)だなんて便宜上呼んだとあるのに、また不可知と出している
のに、まったく矛盾文としてしか意味をなさないので、これは経綸と賞翫とを兼ね
冗文になってしまっていますね。

222 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 23:10:15 ID:JKdfHwEG
>>221
古代人は、生存を脅かす「自然の猛威」からの救いを求めたのですよ。
自然の「不可知の力」は、敬うべきものよりも、むしろ憎悪すべきもの、
闘うべきものでした。

自然との闘いの中の生存の努力に精一杯で、「精神的な救い」などの甘
ったれたものを求める余裕などなかったと想像されます。

223 :丈野:2006/05/24(水) 23:19:57 ID:sWz2q6/R
不可知論で言うならば、物の本質、実在の最後の根拠は認識し得ずとして、経験を
超越する問題を拒否する立場であります。スペンサーと同じです。よって、(敬うべき
ものよりも、むしろ憎悪すべきもの、闘うべきものでした。)と言うには意味合いが
異なってしまいます。従って、(自然との闘いの中の生存の努力に精一杯)というには
はなはだ極論すぎます。不可知を使うと意味がなさなくなってしまっているのです。

224 :丈野:2006/05/24(水) 23:24:57 ID:sWz2q6/R
>>222
ただもう一つ。(精神的な救いなどの甘ったれたものを求める余裕などなかったと想像されます)
とありますが、ベルゲ古事とハリノス証書録に見ると(これが古代を最も押さえていますよね)
最終的に精神的な救いだけを求めていたと言っても過言ではないことが一目瞭然です。
古代科学者もそれは認めているのです。自然脅威は所詮は入り口であったということ。


225 :丈野:2006/05/24(水) 23:35:38 ID:bBGg8Y26
>>220
賞の浮きとでも言おうか、あなたが意見するところの素意も人間社会の
宗教的情操と人材育成との緒流な兼ね合いで発展性状した、副産物みたいなもの
なのかも知れませんよ。だって間違ってはないですもの。それを、化合的且つ悄々論理的
に解釈し得ず、慨嘆的核略に規律して試みるから、戸惑いが生じるのかも知れませんよね。
適度に旋転学的思考で諸事を色塗り遊びみたいに抄造解釈してゆけば、おのずと
偉大な出口に究めつくのかも知れません

226 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/25(木) 00:39:26 ID:YEx38CVH
私は、「神はいない」と思っている人に説得するほどお人よしではないです。
そういうお方は、お好きなようにすればいいでしょう、としか言いようがないのです。

つまらない議論をするようなことには、まるで異議を見いだせません。
神を信じたくないなら、信じなければいいのです。
自分の魂についての責任は、自分自身にあるからです。

227 :名無しさん@3周年:2006/05/25(木) 00:54:08 ID:+gHRknA/
>>226
ならば、「架空の神」の実在を信じ込ませたり、生来は健全な人間の心に、
不健全な「罪悪感」を植えつけることは止めるべきです。

実在しないものが実在すると信じ込むのは、「妄想」であり、統合失調症の
症状です。理由のない「罪悪感、罪責感」は、うつ病の典型的な症状です。

人間の魂(精神)を人為的に狂わせることは、その創造主に対する大罪では
ありませんか。

228 :名無しさん@3周年:2006/05/25(木) 02:53:21 ID:z1pDwCWb
>>227
信じることを止めさせようとしているのに「神に対する大罪」を持ち出す矛盾。
奇蹟を奇蹟で打ち消す手法というか、不誠実だな。

229 :名無しさん@3周年:2006/05/25(木) 07:42:28 ID:EGY/3D63
>>228
クリスチャンが信じているのは創造主などではない。聖書やキリスト教の教え
は、ことごとく創造主に反しているから。

イエスが、「私は神の子」と言ったことから、そうではないか。

人間を「罪人」扱いにするのが、その典型である。性欲その他の本能やエゴを
否定するのも、また然り。

230 :名無しさん@3周年:2006/05/25(木) 09:39:50 ID:l/By7uQq
>>217 >>215
ダニエルさん、お答えありがとうございました。
(昨日、質問した者です。)
またロムさせていただきます。


231 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/25(木) 10:55:20 ID:Wjj++tuc
トマスの福音の冒頭には、次の一文から始まる。

>そして彼は言われた。”だれでもこれらの言葉の解釈を見出す者は
>けっして死を味わうことがないであろう”。

グノーシスは仏教だ。トマスはグノーシス文書ではないという人もいて、意見が分かれるとこだろうが、
イエスの真の教えは、仏教と変わらないものであると、俺は確信している。
トマスの福音は、間違ったことを書いていない。
このトマスの福音は、仏教を知らない今のキリスト教徒には、理解できないだろう

今の教会が教えているのは、キリスト教をベースにした、ただのおとぎ話。あんなもので誰も救われない。

>>173
キュロスさん。そんなとんちんかんな解釈してるようじゃ、あなたは生きないよ(苦笑)




232 :名無しさん@3周年:2006/05/25(木) 21:45:03 ID:fcMBpPeI
俺の母方の婆さんの兄弟は天津帰り。
ロシア女のデカイケツでヘロヘロの満州開拓団のシベリア帰りと一緒にするな。

婆さんはアメリカ軍に乱暴されたしな神社の境内で、
拳銃を持たない警察官を朝鮮人に殴り殺させて
朝鮮人を殺した日本人の戸籍にすり替え役所という役所の女性をレイプして
クチ止めして共産主義者にアメリカ兵は正しい民主主義と言わせて
刑務所での日本人共産主義者と朝鮮人に。

朝鮮人は進駐軍のアメリカ兵のレイプ手伝いさ。
今でも同じ。
朝鮮人は日本にいるだけで侵略者。アメリカの代理人。
駅前に住んでいるだけで。

http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118067985&st=433&to=443


233 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/25(木) 23:07:36 ID:duQEmRGo
マタイ 6;30
今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、
神はこのように装ってくださる。

5月はやはりバラがすばらしいです。
バラをはじめすべての花を、美しく咲かせる神であれば、神に愛されている
人はもっと美しく咲かせられるのですね。その上で「明日を思い煩うな」と
言ってくれている。神は人に近づいてきてくれていると思う。ありがたい。


234 :名無しさん@3周年:2006/05/26(金) 02:48:31 ID:Z93SOtQV
カラスが示した>>145結社は強い闇属性がある。
主はこのような闇属性の者に対しどのように行動すべきかを語られている。
カラスは闇属性の信仰を帯びていると言える。

235 :名無しさん@3周年:2006/05/26(金) 14:39:25 ID:75slhhPs
「カラスの唄」の「カラス」はあれだろう!ヤタガラスから来てるんだろう!

236 :名無しさん@3周年:2006/05/26(金) 19:08:16 ID:UEe4r/5q
トマス福音書 63 荒井訳
イエスは言った「ある金持ちが多くの財産を持っていた。彼は言った
『私は私の財産を利用して、まき、刈り、植えて、私の倉をいっぱい
にしよう。いかなる欠乏も悩まされることがないためである。』
これが彼の考えた事である。そして、その夜に彼は死んだ。
きく耳のあるものは聞くが良い。

この話しは なぜ金持ちが批判されてるのかが 良く解るね。
この金持ちは 自分の財産で将来の困難から逃れようとしたのだね。

つまり 神に頼ることで 将来の希望を得ようとした のではなく
自分の力で 将来の希望 を得ようとしたんだね。
だから 神との関係が壊れて死んだのだね。

神に委ねる のではなく もっと積極的に神の頼る だと思う。
神に対して「あなたは、私にとって必要な方です」だと思うよ。

237 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/26(金) 23:21:20 ID:Np9IVYyM
なんと言うか煎じ詰めちゃうといいこと書いてあるね。

神に委ねると言う事が、2ちゃんでしか知らなかったんで
どうすればできるんだろうと思っていたんですよね。

でもですねぇ<神に頼るってことだったら、よ〜くわかる。

神の約束にへばりつくようにしたいとは、いつも思って
いるから。

238 :名無しさん@3周年:2006/05/27(土) 07:46:59 ID:Sm+NtLBN
神様への関係を求め(避け)x維持すること、即ち、
関係力(である現実としての陰陽)=愛(憎)=光(影のある世界)=(私・我々の)時間  

α(β) α=聖 β=邪

239 :名無しさん@3周年:2006/05/27(土) 09:43:06 ID:SOgUn6SU
聖邪の時間をうめる存在(業)と関連性

維持する(という存在)

関係を進める存在→働きの存在・聖霊

空間・場(という存在)

(天〈エデンは中保存在の象徴〉の対称である)地→呪われた地上(という存在)
*天で起こることは地でも起きるという対照性
エバ(対照である聖母)=現在の地(呪われる以前の地)

原初の業である聖霊とアダムから出た業のエバ。聖母の背景にある聖霊が窺えるだろう。

240 :名無しさん@3周年:2006/05/27(土) 12:20:43 ID:4Xt0p1bh
むつかしいこといってるね。

241 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/27(土) 14:30:15 ID:lSklJrMy
>>236
名前を隠してもお前のアホさ加減は文章を読んだら誰でも判るよ
今日のトマス 63節
ココモ訳
>イエスは言われた。”たくさんの金を持っている富める人がいた。彼は言った
>、[わたしはわたしの金を使って蒔き、植えて、わたしの倉を実でいっぱいに
>しよう。何もわたしに欠けることがないためである]。彼は心の中でそう思っ
>た。しかしその夜のうちに彼は死んだ。聞く耳のある者は聞くがよい”。
ソースはルカ福音書12/16−21だと思うけど、キリスト教会のお得意の
金持ち批判です。僕はグノーシスがこんなクダラナイ事を考えてたかどうか
疑問で、「財産」は精神的なもの「倉」が肉体「死」は汚らわしい肉体からの
開放ではないかと思ったけど、その理解は少々無理っぽいですね...
これはグノーシスにしては珍しく金持ちに対してキリスト教会並みの
見解を持ってたのかもしれません...

わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


242 :きまぐれ:2006/05/27(土) 15:57:10 ID:860vj5F/
聖書は直観だーーーーー

243 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/27(土) 17:54:51 ID:niHfcRFn
財産分与で、弟と争っていた者がいた。今日決着がついて兄は親の財産を独り占めすることが出来た。
が、兄は帰り道に事故にあって死んでしまった。結局、親の財産は弟のものになった。
この世の富を独り占めしようと、死んでしまえば、ほれ、このとおりだ。

この世のものに我が物はなどはなにもない。
それはこの世の財産しかり、この身体しかり、今の意識、自我もしかりである。
死ねば消えてなくなる幻。この世の物に我が物など何も無いのだ。
人はこの真理を知らず、我が物で無いものを、我が物であると執着し、他者と争い、心を一つにしない。
たとえ物莫大な富を築こうとも、死ねばいったい誰の物になるというのか。
結局、右から左に渡っていくだけなのだ。
能力ある者は、その能力で財を築き、その財を困っている人達に分け与えてやるのだ。
そうすれば、神の栄光を、あなたは示すだろう。

この世の富は皆に分け与えなさい。そうすれば天に富を築くことになる。富は、いずれは朽ち果て、滅ぶこの世にではなく、
朽ちることの無い天に築くのだ。我々の真の心はそこにある。




244 :きまぐれ:2006/05/27(土) 18:16:54 ID:860vj5F/
243<<
かっこいい、ヒュうヒューー


245 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/27(土) 18:59:59 ID:lSklJrMy
>>243
僕の親が死んだときの財産分与は自分がおよそ1/2に分割して
兄貴に欲しい方を取ってくれと言ったよ...だから全くイザコザ
がなくて(喧嘩になりようがないだろ)...ところが自分の
家内の実家の相続の時は、某宗教団体に属してる長男が全部寄こせと
言って来た。馬鹿は自分の事しか考えてないんだw...兄弟みんなに
同じ権利があるだろうと客観的に考える思考(常識)がないんだな...
相続はもめるに決まってるんだから、知恵のある者は如何にくだらない
揉め事を起こさないで、みんなが納得する様に分けるか考えるんだけどね
(そんな事で揉めたら、今まで築いていた兄弟の信頼関係が水の泡になるだろ)
馬鹿はそんな事お構いなしで自分の欲を剥き出して全部寄こせなんだw...






246 :きまぐれ:2006/05/27(土) 19:09:59 ID:860vj5F/
人間の思考からの自由を243ではかたっているのだよ

247 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/27(土) 19:51:45 ID:lSklJrMy
>>246
言いたい事は判るんだけどね、教会はこれを盾に金持ちから金を
ふんだくってるんだよ...喜撰の事ならイスラムの制度の方が
進んでるよ...富の再配分の論議なら、現代の先進国の方が
サンザン論議してる事だよ...馬鹿教会はそれにも関わらず
「天に宝を積め」の聖句から、原始共産主義的な発想で教会に
吐き出させようとしてるんだよ...はい、去年は約1000万
近い税金を払ったココモでした...

248 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/27(土) 20:13:33 ID:niHfcRFn
物惜しみする者。独り占めすることを好み、なんでも独り占めしようとし、人に分け与えるのを拒む者。
彼等は生きない。死んでしまっている。

>>247
教会などに献金することが天に富を積むことではない。そんなのあたりまえ。
そんなのあたりまえのことなんだよね。真の宗教者なら、見返りを当てにせず、他人の幸せを願い、教えを説くものだ。
正しいことをしているのなら、彼は飢えることはないだろう。それが法というものだ。

ちなみに、イスラム教も、キリスト教も、いやいや、既存の宗教全て、50歩100歩だと思うよ。
皆同じ穴の狢。


249 :キュロス:2006/05/27(土) 21:25:32 ID:erFZkadH
マタイ福音書
>19:21 イエスは言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち
>物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積む
>ことになる。それから、わたしに従いなさい。」

当時の財産とは 土地 建物 家族 及び家畜や 奴隷等等なのね。
家族も売れる財産なのね。人身売買が有るから奴隷いるのね。
だから イエスは19章29節で それらのものを捨てた者は 永遠の命を
受け継ぐ と言っているのだね。

250 :キュロス:2006/05/27(土) 21:54:50 ID:erFZkadH
>>237
そうね 「神に委ねる」とか「神のみぞ知る」と言う表現は
へんだよ。

人間がする事が出来ないある判断を 「神に委ねる」と言うことは
人間が 神を使用人の ごとく使っていることになると 思う。

また 人間が分からない事を 「神のみぞ知る」と 言う事は
一見へりくだって敬虔に見えるけど、

実は 神が知らない可能性を否定できない事柄を 人間が 神は知って
いると断言してしまう事は 神が知らない事 を 人間が知っている事
になる。

つまり ある問題の答えを知るために 人間は 神に聞けばその答えが解る
ことを知っているけど

神は その問題もその答えも 知らない可能性が有る からね。

251 :キュロス:2006/05/27(土) 22:24:35 ID:AxAaeJWq
創世記
>18:17 主は言われた。「わたしが行おうとしていることをアブラハム
>に隠す必要があろうか。

また将来のことを 「神に委ねる」と言うのは
一見へりくだって敬虔そうに見えてが

これは 神が一方的に世界を動かしている という世界観から
来ている考えかただと思う。これは一見 神の主権 という考えを

尊重しているように見出るが これは聖書の描く神とは ほど遠い
ものだ。なぜなら もし仮に神が一方的に世界を動かしているなら

預言者が言う 神の怒り を説明できない。
神は 人間の勝手な行動に 怒る のだから 神は 人によるよる
外からの刺激に 反応する存在なんだね。

出エジプト20章4節以下を 普通に読めば解ると思うが
これは 私を一人ぼっちにするな と言っている。
つまり 神を孤独にする事は 罪 なのです。

神は その計画に 人間が積極的にかかわる事を望んでいる
ように 思える。

252 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/28(日) 01:31:09 ID:E2JTqtj6
馬鹿がカキコすると、普通の人はますます教会は馬鹿の巣窟だと
思うようになるだろね...教会の関係者さん、こいつを放任しない方が
いいよ...今日はガールフレンドを誘ってダビンチコードを見に行く
予定です。...わははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは


253 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 09:04:25 ID:NQsp9PbN
馬鹿はすばらしい、はははははははははははは。馬鹿になって、キリストのともになりましょう。アーメン。

254 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 09:55:45 ID:8aj0BEJd
[アテネのある]ペロポネソス半島の中央部にアルカディア高原があり
『昔、人々はアルカディアに住んでいた』という言い回しがあります。
アルカディアに住むとは、自由の地に住む、自由な暮らしをしていた。
理想の暮らしであった。古きよき時代があった。昔は良かった。の意味です。

ギリシャ人のこの言い回しに対抗して
ユダヤ人は『人類は昔エデンの園である楽園に住んでいた』楽園は天国であった。
神と共に暮らし不自由がなかった。と考えていた。
エデンは豊穣を意味するシュメール語系統の言葉で
周辺が砂漠の死の世界にあって水と果樹の豊かな不自由の無い生きた生活の場を意味した。

コスモ+ポリタンの共通語です。(世界+都市国家[町]の人。世界の町々に横断的な人。国際人。)
現在の国際人の言語はアメリカ英語ですが。

神を超えるとか超えないと言うのではなく。最終目標は造り主の神様の御身元に行き
一緒に代々(よよ=世代横断的に=永遠)に楽園な暮らしをする。です。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/182-226


255 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:02:02 ID:8aj0BEJd
『昔、人々はアルカディアに住んでいた』という言い回しがあります。
アルカディアに住むとは、自由の地に住む、自由な暮らしをしていた。
ギリシャ人のこの言い回しに対抗して
ユダヤ人は『人類は昔エデンの園である楽園に住んでいた』楽園は天国であった。
神と共に暮らし不自由がなかった。と考えていた。
コスモ+ポリタンの共通語です。(世界+都市国家[町]の人。世界の町々に横断的な人。国際人。)
神を超えるとか超えないと言うのではなく。最終目標は造り主の神様の御身元に行き
一緒に代々(よよ=世代横断的に=永遠)に楽園な暮らしをする。です。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/182-226

コロサイ書 満ちた[豊かさ] プレローマー
バビロンに、シリアのアラム語も楔形で、ヘブライ語もラシ体という文字は楔型が原型です
神は陶器師(創造主)であって人間は陶器(被造物)なので逆らえない前提で考えます。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/405-417

創造主: 父神から「子が生まれ」「霊が出でる」
神のロゴス[言葉]が聖霊により人間母マリアから人間肉体を取って生まれる)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/445-446

マトフェイ福音 第二十八章
[改革派はナチス政権1933年以前に牧師任命の時にしか[使徒]信条を唱えなかった] 
聖歌529 賛美歌453番 「聞けや、愛の言葉を」
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/482-485


256 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:21:55 ID:8aj0BEJd
[キリスト教の一番大事なことは]愛する[こと]。[で、]
愛は[神へと人へと]2つあるが神様が先。

神様を愛する。ドウ愛する? 礼拝する。神に祈る。賛美します。
 人間が神様に出来るのは、賛美しかないから。
 赤ん坊は父親から手を握られてくるだけ、母親からおっぱいを吸うだけ。
 父親や母親に、笑顔で手振り嬉しがってほめる事しかできない。
 生きていられる人間として生まれている神の恵みを賛美するだけ。
 雨風に川の流れ・海の幸・山の幸・日差しなど神から頂くだけ。
隣人を愛する。ドウ愛する? お互いが生きられるように助け合う。

どういう神? 父と子と聖霊が神。

隣人を愛するのに罰則はあるの? 基本的に赦し合い。
 戒に照らし合わせ死刑もありうる。
 モーセの十戒のうち五戒とか六戒が隣人愛に対する規制。
もっと細かくは、教会令だか宗教会議の決定とか難しいの。
あと各教会の聖職者や信徒会合の判断。

イエスをキリストで神と信じる聖職者・信徒の
集会(エクレーシアスマ)が「教会(エクレーシア)」

信徒になるのに何が必要? 聖職者や信徒の合意で、信者になる儀式に預かる事。
あと集会を支える活動に参加・協力する事。聖堂・礼拝堂・信徒会館の維持も。

ポルネイア(不品行・妻以外とのセックス?・ポルノ?)から イエス−キリストへの
ピスティス(信仰)に
スキャンダロン(つまづく・スキャンダル・棄教−背教する)な。

257 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:24:11 ID:8aj0BEJd
ラビ(ユダヤの教師)は祈って、神に呼ばまわった(シェム+エル=サムエル)。
神は生きておられる(エリ+ヤー)。彼らを救って下さい(エル+イシュアテーヌ)。
すると 聖書のある箇所に目が止まり 神は一つの聖句(ロゴス)を示された[神の啓示]
聖句から前後してヒントが与えられ アイディアを生かして努力し 彼らは救われた[神の救済]

始めにコトバ(ロゴス)があった。神はコトバと共にあった。
コトバは神であった。コトバの内に愛があった。
コトバ(ロゴス)に愛があって、神は愛であった。聖霊は神の霊である。

聖霊の内(なか)で生きるように、愛の内で生きるようになった。
平和の内(うち)に過ごせる様になった。

聖霊に”よって”という
外から他人に聞かされて(魔が差すように)他人が身体に入ってくるのではなく
聖霊の”なかで”という
愛・コトバ(アガペー・ロゴス)に包まれて身体の内側から呼ばれるのである。

人間には聖霊があるし聖霊を持っているし聖霊のうちにいる。
人間には愛があるし愛を持っているし愛のうちにいる。
しかし人間は不完全で愛が働かず良心の痛みや理性を失い
その時その時に必要な物が判らないし[前もって]知る事が出来ない[事が多い]。

トルストイの民話(モルモンのHP)・ヨハネ福音書・
聖ワシリー(聖バシレウス)の説教などから

258 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:27:07 ID:8aj0BEJd
礼拝(フェローシップ?)は  神の呼吸(テオス プニューマトス?)・
生きる息(神は鼻から息を入れ人は生きる者となった[創世記] プニューマ)・
聖霊の風(聖なる霊感・ハギア プニューマトス?)で
まことの心(プシュケ?)で霊(プニューマ?)で神(テオス・テウー)に挨拶するもの。
人の知恵(ソフィア)は、詭弁家(ソフィスト)を生むが
信仰(ピスティス)による判断は
信仰によるもの(ピスティオンタス・神の智恵=ピスティスソフィア)を得る。

http://religion.bbs.thebbs.jp/1104291346/0-17

まあ、教会の人間関係が煩わしくとも、神とは挨拶(礼拝)は出来るだろうし
生きるヒントは、聖書や説教集が与えてくれるであろう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ペトロの手紙一3章18節
キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。
正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。
あなたがたを神のもとへ導くためです。
キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。
19節
そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところ(陰府[よみ]・
死者の世界・シェオル)へ行って宣教されました。

アダム(人間・肉体)は、アダマ(土)に帰れ、土の塵から作ったのだから。
人間(肉体)は、神の息(霊・プネウマ)を吹き込まれ、生きるものとなった。
イエスは十字架の死の際に、魂を神の手に渡された。魂は神の手になるもの。神に帰す。
神のものは神に、カエサルのものはカエサルに返しなさい。


259 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:34:44 ID:8aj0BEJd
ヨハネによる福音書1章
1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
コロサイの信徒への手紙1章
15 御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に生まれた方です。
16 天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座も主権も、支配も権威も
、万物は御子において造られたからです。つまり、万物は御子によって、御子のために造られました。
Tコリント12章
3 ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも
、「イエスはのろわれよ。」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも
、「イエスは主です。」と言うことはできません。
4 さて、御霊の賜物にはいろいろの種類がありますが、御霊は同じ御霊です。
5 奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。
6 働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
エフェソの信徒への手紙4章
4 体は一つ、霊は一つです。それは、あなたがたが
、一つの希望にあずかるようにと招かれているのと同じです。
5 主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、
6 すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり
、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。
フィリピの信徒への手紙2章
11 すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。
コロサイの信徒への手紙3章
16 キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。
 知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により
、感謝して心から神をほめたたえなさい。
17 そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い
、イエスによって、父である神に感謝しなさい。
フィリピの信徒への手紙3章
20 しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが
救い主として来られるのを、わたしたちは待っています。

260 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:40:17 ID:8aj0BEJd

唯一の神の父から神の子(言)が生まれる
 ↑
イエス・キリストである主(神の子(言))が世界を作る(キリストの名を通して父なる神を賛美)
 ↑
神の霊(聖霊)によるので無いと神の子が同じ一人の主と言えない(信仰を告白)
 ↑
神の子は、天では王で、地上の教会では頭(礼拝で賛美し感謝する)
 ↑
キリストの弟子や使徒の集会が祈っていると、聖霊が降臨してキリスト教会が生まれた
-------------------------------------------------------------------------------------
【 飲める場合 】
旧約・箴言31章
6 強い酒は滅びようとしている者に与え、ぶどう酒は心の痛んでいる者に与えよ。
新約・Tテモテへの手紙5章
23 これからは水ばかり飲まないで、胃のために、また
、たびたび起こる病気のためにも、少量のぶどう酒を用いなさい。
-------------------------------------------------------------------------------------
【 飲めない場合 】
旧約・民数記6章
2 「イスラエル人に告げて言え。男または女が主のものとして身を聖別するため特別な誓いを
 して、ナジル人の誓願を立てる場合、
3 ぶどう酒や強い酒を断たなければならない。ぶどう酒の酢や強い酒の酢を飲んではならない。
 ぶどう汁をいっさい飲んではならない。ぶどうの実の生のものも干したものも食べてはならない。
新約・ローマ人への手紙14章
20 食べ物のことで神のみわざを破壊してはいけません。すべての物はきよいのです。しかし
、それを食べて人につまずきを与えるような人のばあいは、悪いのです。
21 肉を食べず、ぶどう酒を飲まず、そのほか兄弟の
 つまずきになることをしないのは良いことなのです。

261 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:42:19 ID:8aj0BEJd
ウエストミンスター信仰告白 第一章 聖書について
唯一の父が存在するだけであるとの確信となって定着した信仰です
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=48&to=63

【 カトリック要理(サンパウロ) 】
‡ 正教要理 p77−78 一、洗礼機密 1.啓蒙礼儀
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=64&to=80

[キリスト教の一番大事なことは]愛する[こと]。[で、]
愛は[神へと人へと]2つあるが神様が先。
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=81&to=108

権威は「ペテロから継承した儀式」カトリック教会
「普遍救済」と「万人救済」は人によって訳語が混乱していて
ヘブライ7章(「メルキゼデクに等しい」祭司が立てられた)
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=1&to=33

私審判: 個々人の死んだ後の裁き
 福音書  (生前の報いに応じて 陰府[ハデス]と天国[パラダイス])
人間には聖霊があるし聖霊を持っているし聖霊のうちにいる。
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1119050981&st=33&to=47

262 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:43:55 ID:8aj0BEJd
「罪」というのはギリシア語でハマルティアーといいます
神が出来の悪い陶器(罪深い)と思えば、陶器を砕いてしまう(地獄に落とす)のです
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=185&to=193

だれの記号(銘=罪状書:επιγραφη)か」彼らは「カイザルのです」と答えた
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=273&to=275

人間の「人生における賞罰期間が千年」の思想概念が由来と推定される
アナクシメネスBC586−525頃は不変を空気(アエール・プネウマ)と考えた
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=150&to=152

善:アガソーン 正:ディカイオーン 美:カローン
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=162&to=165

パントクラトール: よろず屋(何でも屋)または全能者
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=193&to=193

古代ギリシアの世界観・宇宙観によると、天界は7階層からなる
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=290&to=292

第8天の母神から産まれた7つの天を作った「一天使」にすぎない
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=205&to=209

福音書  (生前の報いに応じて 陰府[ハデス]と天国[パラダイス])
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=28&to=43


263 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:47:32 ID:8aj0BEJd
【 油注がれた者の信仰 】
★マタイ10:16 「わたしはあなたがたを遣わす。それは
、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから
、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。
★テサロニケα書5:21 すべてを吟味して、良いものを大事にしなさい。
★テサロニケα書5:22 あらゆる悪いものから遠ざかりなさい。
★コロサイ書3:16 キリストのことばを
、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め
、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。
★ヘブル書13:15 そして善を行う事と施しをする事とを忘れてはいけない
。神はこのようないけにえを喜ばれる。
★テサロニケβ書4:11 また、私たちが命じたように
、落ち着いた生活をすることを志し、自分の仕事に身を入れ
、自分の手で働きなさい。
★テサロニケβ書4:12 外の人々に対してもりっぱにふるまうことができ
、また乏しいことがないようにするためです。
★ヤコブ書3:26 霊魂の無い体が死んだものであると同様に
、行いの無い信仰も死んだものなのである。

  【 創造主であり唯一の神への頌栄 】
★コリントα書12:3 神の霊によって語る者は
、だれでも「イエズスはのろわれよ」とは言わないし、また、聖霊によらなければ
、だれも「イエズスは主である」と言うことはできません。
★コリントα書16:22 主を愛さない者がいるなら
、その者にのろいあれ。マラナ・タ〔主よ、来てください〕。
★コリントβ書13:13 主イエス・キリストの恵み
、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と共にあるように。
★ユダ書25 わたしたちの救い主である唯一の神に
、わたしたちの主イエス・キリストを通して、栄光、威厳、力
、権威が永遠の昔から、今も、永遠にいつまでもありますように、アーメン。


264 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 10:58:33 ID:8aj0BEJd
人の財産を取り上げるより
自分の手で働いて、自分の働きの賃金のパン食べろよ。

オウム真理教や モルモン教の 全財産取り上げの言い訳じゃないんだから。

教会に全財産をささげ
、全財産を「教会の許可にて」引き続き「借りて使って」ます。という契約書は
、黄色い犬の約束「黄犬契約」であって
、労働法律だけでなく「宗教団体にも適用して考える」べき事じゃないのか。
麻原ショウコウを何人も生み出すのですか?

それもアメリカのアイダホ州や「ユタ州の法律」に準拠し
「日米地位協定」による強弱関係により
アメリカの国内法に沿って「教会員として教会より処罰」を受けます
と言う誓約書を「英文」で書き上げるから、日本人に
わかるはずないから日本の弁護士や宗教団体にクチを
はさまれる覚えはない
でなくてさぁ。。。


265 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 11:01:03 ID:8aj0BEJd
ゾハルの書(密義的なもの)ではなく
タルムードなど、規約・生活の知恵・ことわざ関係の書が使われる。タナハの解説や補足など。
共産主義はマルクスがユダヤ人(ユダヤ教徒)だったからという話から出たこと。
贖罪の日(ヨム・キプール・神に謝る日)や
ハマンを追い出すエステルのプリム祭(ユダヤ人を虐殺したペルシャ人の大官が処刑された日)や
イエスを十字架にかけた季節(復活祭の時期)と同じ、モーセのエジプト脱出前の過ぎ越し祭りや
シナイ半島放浪で鍛えた仮庵の祭り(砂漠やオアシスの花や枝を飾る)など年間行事を行う。
毎日シェマの祈りを唱えるなど・・・。

(あくまで私的見解・・・)啓典の民は基本的に新約聖書(その一部の福音書)を
「第一」根拠に使わない。キリストの民の場合は、福音書に根拠があるし使徒書簡に解説があるから
旧約聖書の引用が正解あるいは正統とする。そこからキリスト教信条・信仰基準を導き出した。

新宗教日本 新約・旧約聖書(引用)−新興宗教の教義(解釈)−手かざしや奇跡など日本の話(根拠)
ユダヤ教  カディシュ・ミシュナ(引用)−ゲマラ・タルムード(解釈)−モーセ五書・諸書(根拠)
イスラム教 福音書(引用)−コーラン(解釈)−モーセ五書(根拠)
モルモン教 新約・旧約聖書(引用)−ジョセフ・スミスの書(解釈)−モルモン書(根拠)
統一協会  旧約聖書(引用)−原理講論(解釈)−セックスや反日など韓国・朝鮮の話(根拠)
教会英米系 新約聖書(引用)−各教派の教義(解釈)−旧約聖書(根拠)
キリスト教 モーセ五書・預言書・諸書(引用)−使徒書簡(解釈)−福音書(根拠)
↑東方正教会・カトリック教会・英国国教会・ルーテル教会・・・

旧約聖書(キリスト教側の呼び名)[を]タナハと呼ぶ。
[タ=ト]トーラー(モーセ五書)・[ナ]ナビーム(預言書)・[ハ=クハ=ケ]ケスビーム(諸書)の
[タ][ナ][ハ]の頭文字を繋げて、そう呼んだ。
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=philosophy&vi=1106324839&rs=40&re=76&fi=no

266 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 11:36:50 ID:a7zYeT2Z
・・・

267 :名無しさん@3周年:2006/05/28(日) 11:43:01 ID:TCegAZRN
他人の財産を取り上げるより(信者でなかろうと 信者であろうと)
自分の手で働いて、自分の働きの賃金や年金で食べていけよ。

オウム真理教や モルモン教の 全財産取り上げの言い訳じゃないんだからさ。

教会に全財産をささげ
、全財産を「教会の許可にて」引き続き「借りて使って」ます。という契約書は
、黄色い犬の約束「黄犬契約」であって
、労働法律だけでなく「宗教団体にも適用して考える」べき事じゃないのか。
麻原ショウコウを何人も生み出すのですか?

それもアメリカのアイダホ州や
「ユタ州の法律」などに準拠し「日米地位協定」による強弱関係により
アメリカの国内法に沿って「裁判所や警察が執行しないのと関係なく
   教会員として教会幹部の監視執行員よりアメリカ法で処罰」を受けます。と
いう誓約書を口外しない念書(日本文)を添えた上に「英文」で
書き上げるから、日本人に わかるはずないから日本の弁護士や
日本の宗教団体にクチをハサまれる覚えはない。で
なくてさぁ。。。

268 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/28(日) 11:50:27 ID:E2JTqtj6
阪神教団の信徒の独り言...
今年も交流戦の最中にドサクサで首位に立ちました...
わはははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははは


269 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/28(日) 12:33:52 ID:E2JTqtj6
今日のトマス 27節
ココモ訳
>イエスは言われた。”あなたがたはこの世に対して断食をしないならば、
>神の国を見出さないであろう。真の安息日を守らないならば、父を見ない
>であろう”
既出なんだけどね、僕の経験で注釈させてもらうと、「この世」はこの世の
馬鹿教会の事だよ。つまり馬鹿教会にいたら幾ら時間を掛けても何も判らない
だろ..馬鹿牧師の説教や、ここによくカキコするアホの話を読んで「神の国」
が理解できると思うか?...こんな連中とは縁を切って一人独学で聖書を
研究してみな...自分の様な能力の無い人間ですら、10年程でこの連中
がアホばかりだと判ったよ....わははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは




270 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/28(日) 20:03:09 ID:E2JTqtj6
ダビンチコード見てきたよ...すごい人気で、3ホールで並列で上映
してるんだけど、それでも3時間待たされた。
それに反して内容は正直言って詰らなかったw...
強いて認識を新たな物にした事は、イエス・キリストの神格化は
ローマ帝国の政策によるものだと言う事くらいだw
確かに統治者にしてみれば、民衆がイエスと言う偉大な人物を崇拝
するよりも神様として崇拝してもらう方が都合が良いんだw...
ローマ皇帝にしてみれば、皇帝とは別に崇拝される人間がいるのは
不都合だよ、神様だったらそんなの空想の存在だから、何ら実害は
ないだろ...それで教会を民衆支配の道具に使えればこんな好都合
な事はないw...かくて神様イエス・キリストは作られたんだよ...
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


271 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/28(日) 20:22:20 ID:kRBDDNVN
>>251
出エジプト20;4以下を普通に読んだら、生活の規範や倫理として
読んでいた。神を一人ぼっちにしてはいけない、と、言うとこまで
思い巡らすことに気がつかなかったんですね。
とても勉強になりました。ありがとうございますね。
>>252
それじゃあここで、放し飼いにしないで、質の高いカウンターパート
役として、バンバンやりあってくださいな。
そうして、もっともっとレベルアップして妄想を膨らませあってよね。

272 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/28(日) 22:24:59 ID:E2JTqtj6
>>271
そう言うのを一般社会では「思いつき」と言います。...その程度の
言葉でもキリスト教会では新たなドグマとして通用すると言う事でしょうか
...わはははははははははははははははははははははははははははははは


273 :キュロス:2006/05/28(日) 23:01:13 ID:dC3PJCZs
まあ 神は全知全能だ という 全知の部分を否定したい
だけなんだけどね。

まあ ヤハウィストの描く神は 将来を見通す事が出来ない
と言うことは 聖書学的には 常識だと思うよ。

そして 祭司文書の描く神は 人間が神の命令に対して服従すると
言う予測に反して 人間が不服従で神に対応した場合に 新たな道
を開拓して人間を導くらしい。

預言者が叫ぶ神の怒りを 神の全知から どの様に説明するのですなかね。
神が 人間が何時 何処で どの様に 神を裏切るかを 最初から予知で
きていて その予知できている裏切りに対して最初からの計画どうりに怒
る と言うことですかね。

怒り とは 突発的な感情なんじゃないですかね。
ある古代のギリシャの哲学者は 神は怒らない と考えたらしい
なぜなな 怒りは 理性的なものではなく 理性的な状態を壊す
突発的な激情だから 神は怒らない と考えたらしい。

274 :キュロス:2006/05/28(日) 23:07:51 ID:dC3PJCZs
まあ 聖書の預言者は 古代の人間だから 比喩的な
或いは 拙い表現をした と言うことなんだろうね。

全てを比喩的な表現 とすれば 電話帖からでも
ある理屈を導けるよね。

なぜなら 電話帖には間違った事は 書かれていないからね。

275 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/29(月) 00:43:31 ID:jurLC1iy
ダビンチコード読み終えた。
インディージョーンズ並みの、エンターテーメントとしては楽しめたが、
キリスト教の秘密、宗教的観点から見たらいまいちだったな。
これが世界的なベストセラーになるなんて信じられんと言うのが率直な感想。
イエスに子孫がいようといまいと、そんなことはどうでもいいんだって。
くだらない。それよか興味があったのは、シオン修道院と、マグダラのマリアの関係。
そしてテンプル騎士団、フリーメーソンの関係など、もっと掘り下げて
くれたら、好奇心を激しくそそるものだったんだが、期待外れ。ま、フィクションだし、
小説にキリスト教の最大の秘密に迫るものを期待するのは野暮って事か。
でも2、3興味深い内容。小説で紹介されてた、ダビンチの言葉。

>無知、迷妄は我らを誤り導く。
>哀れな人間達よ、おのが目を開け!

これは、非常にグノーシス的な言葉であり、仏教的な言葉でもある。また、小説には登場しないが、
ダビンチはこんなことも言っている。

>肉欲を抑制しない者は、けだものの仲間になれ。

276 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/29(月) 00:44:44 ID:jurLC1iy
これまた、非常にグノーシス的な言葉である。そして小説のテーマは男女の結合。
これもグノーシス的なものである。小説では性的なものと絡めているが、グノーシスの男女の結合とは
そういうものではない。文字通り、男と女は一つになる。そうすれば、完全な人間となり、命を得る。
元々は、男と女は一つだった。人は男と女が別れたとき(肉の身体を持ったとき)死が入り込んだ。
グノーシスではそう説く。この小説によると、ダビデの星の紋章などは
男女の結合を表してるそうだ。そういえばフリーメーソンにも、男女の完全なる結合を意味する
紋章があったはず。マグダラのマリアといえば、グノーシス。
そしてシオン修道会から、テンプル騎士団。そしてフリーメーソンへの繋がり。なんか面白い。
ダビンチはシオン修道会の総長を務めたことがあり、歴代の総長には有名どころでは、ニュートンなどもいた。
そして、シオン修道会メンバーに、ノストラダムスもいたそうだ。ノストラダムスといえば、
あの有名な予言詩がすぐに頭に浮かぶ。その予言詩のベースは、黙示録だと聞く。それより、彼はあの時代、
どこで黒死病の治療法を知ったんだろう?一神教は、真に面白い。激しく好奇心をそそる。

277 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/29(月) 01:27:46 ID:8ucTxQL4
だけど、あのシオン修道会のメンバーを殺害した精神障害者みたいな
奴って実在するんだろうか...そんなのがいたら聖書学者はみんな
ターゲットにされるよ...イエスは普通の人間と言うのは僕等にとっては
常識だぜ...今はその人也は殆ど全容が判ってるよ...

278 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/29(月) 01:49:30 ID:8ucTxQL4
折角だからあの小説にも出てきたピリフォ福音書の55を書き込んでおきます
55−a
不妊の女と呼ばれるソフィアは(天)使の母である。そして(イエス)の
伴侶はマ(グ)ダラの(マリ)アである。
55−b
(イエスは)マ(リア)を(他の)弟(子)たちよりも(慈しんで)いた
(イエスは)彼女の(口にしばしば)キスをした。
他の(弟子たちは)イエスが(マリ)アを愛してるのを見て言った、
「主はなぜ私たちすべてよりも(彼女を愛)されるのですか」
主は答えた。「なぜ、私は君達を彼女の様に愛さないのだろうか」
***君達には理解できないだろう***

***は僕が付け加えた物です***


279 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/29(月) 02:42:25 ID:jurLC1iy
>肉を恐れてはならない、またそれを愛してもならない。もし君がそれを恐れるなら、
>それは君を支配するだろう。もし君がそれを愛するならば、それは君を飲み込んで、
>君を絞め殺すだろう。〜フィリポの福音

グノーシスは仏教だ。グノーシスを理解する者は生きるだろう。

>>278
そうイエスは普通の人間だ。もちろん我々も人間である。そして、あの釈迦も普通の人間である。
ただこの二人が、我々と違うのは、この世への執着を完璧にまで滅していたであろうということ。
彼は自分のことを人の子と呼んでいる。我々は彼と何も変わらない「人間」である。
もう一つ、フィリポの福音。

>光と暗黒。生命と死。右のものと、左のものは互いに兄弟である。
>それらが相互に引き離されることは不可能である。だから善きものも善いわけではなく、
>悪しきものも悪いわけではなく、生命も生命ではなく、死も死ではない。
>このゆえに、各々は始源より根源へと解消してゆくであろう。
>けれども、世界を超えた者達は解消することがない者達であり、永遠まで存続する者である。

何度も言うが、グノーシスは仏教だ。イエスの真の教えは、今の教会にはない。
ココモスキーさん。イエスも釈迦も我々も、同じ人間なんだよ。でも彼らは生き、我々は死人のままだ。
わかるかな?わかんねぇだろうな。

280 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/29(月) 02:51:18 ID:jurLC1iy
>結婚の秘儀は大いなるものである。それなしでは世界は存続しないであろう。
>なぜなら世界の存立は人間であるが、人間の存立は結婚であるからである。
>戯れなき交接を考えて見なさい。すなわちそれにはおおいなる力がある。
>戯れの中に在るのは、その模造である。〜フィリポの福音

イエスは十字架の御業により、自らを男性にした。
聖書に例えとして度々登場する花婿とは、イエス・・・いや、もっと正確に言うと「人の子」のことだ。
この世は戯れの中にある、父なる神の模造である。偶像崇拝とは、この世への執着のことを言う。
偶像崇拝者は生きない。

男と女は、本来一つであり、父と子は、一つである。

281 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 03:03:06 ID:xOJuNkJR
>758
彼はキリストの福音を信じたのですよね。

282 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 03:11:00 ID:xOJuNkJR
>281 は書き込むスレを間違いました。

283 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/29(月) 03:29:30 ID:jurLC1iy
信仰義認説などに逃げる愚かな似非クリスチャン共よ、これはイエスの教えである。
自分の内に聞く耳のある者は聞くがいい。

ある者は言う。私達は善を成すために来たのであって、呪いのために来たのではない。
もし私達が肉体を持って生まれなかったら、悪業を知らなかったでしょう。
善を起こしたくとも、肉を持って生まれた我々には無理なのです。と。
真に言っておく。このような者共については、彼らを人間ではなく、獣と見放しなさい。
獣は互いに食らい合う。そのように、この種の者どもも、互いに食らい合うのだ。
彼らは肉の甘美を愛し、死の奴隷である。彼らは死にゆく者達である。

284 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 12:35:32 ID:DEBaM4Ui
(あくまで私的見解・・・)啓典の民は基本的に新約聖書(その一部の福音書)を
「第一」根拠に使わない。キリストの民の場合は、福音書に根拠があるし使徒書簡に解説があるから
旧約聖書の引用が正解あるいは正統とする。そこからキリスト教信条・信仰基準を導き出した。

新宗教日本 新約・旧約聖書(引用)−新興宗教の教義(解釈)−手かざしや奇跡など日本の話(根拠)
ユダヤ教  カディシュ・ミシュナ(引用)−ゲマラ・タルムード(解釈)−モーセ五書・諸書(根拠)
イスラム教 福音書(引用)−コーラン(解釈)−モーセ五書(根拠)
モルモン教 新約・旧約聖書(引用)−ジョセフ・スミスの書(解釈)−モルモン書(根拠)
統一協会  旧約聖書(引用)−原理講論(解釈)−セックスや反日など韓国・朝鮮の話(根拠)
教会英米系 新約聖書(引用)−各教派の教義(解釈)−旧約聖書(根拠)
キリスト教 モーセ五書・預言書・諸書(引用)−使徒書簡(解釈)−福音書(根拠)
↑東方正教会・カトリック教会・英国国教会・ルーテル教会・・・

http://religion.bbs.thebbs.jp/1145453953/20-43


285 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 14:15:35 ID:7S1go+I3
新刊紹介

「捏造された聖書(原題:Misquoting Jesus: The Story Behind Who Changed
the Bible and Why.」(バート・D・アーマン著、松田和也訳、2006年6月
10日 柏書房発行、定価¥2200)

著者は、第一級の聖書学者。現在、ノース・キャロライナ大学宗教学部長。

聖書は、そもそもオリジナルなど存在せず、「神の霊感によって書かれた
誤りのない書物」などではなく、複写に際しての書記たちの、無数の誤り
や意図的な改竄に満ち溢れた書物であることを、論証している。

このような「誤りだらけの書物」である聖書を、有難がって読み、引用する
キリスト教徒たちの心理は、全く了解不能である。

訳文は、書き下ろしの日本文にも勝る、達意かつ流麗な名訳。


286 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 14:59:45 ID:6BeeDKhp
>>284
>イスラム教 福音書(引用)−コーラン(解釈)−モーセ五書(根拠)
これは正しくは
スンナ(引用)−ハディース(解釈)−コーラン(根拠)
だと思うのだが。

287 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 21:22:23 ID:wYQKPilr
>286

乙。不勉強でした。ありがd。以後。

288 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/05/29(月) 21:30:08 ID:HkRYN/QJ
テレビでいろいろやってので、わたしも土曜に見に行ってきました。
「えっなんでこうなるの?」って展開は「冬ソナ」と同じと思ったんですよ。
「冬ソナ」の方が可笑しくて面白かった。

質問ですが、ダヴィンチは今のわたし達が読んでいる様に、聖書を
読むことができていたでしょうか?
ルターの頃、聖書の印刷が始まったのですよね?  お願いします。


289 :名無しさん@3周年:2006/05/29(月) 21:44:12 ID:Wx7hj7t5
ダヴィンチは、1452−1519。ルターは、1483−1546。印刷術
の発明は1445ころ。

印刷された聖書はなくても、写本は多数あったはず。

290 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/29(月) 23:07:28 ID:8ucTxQL4
僕は飽き性でね...グノーシスも詰らんよ...もちろん
馬鹿教会よりは遥かにレベルは高いけど...結局誰かが
考えた事に過ぎんw...
宗教なんて所詮余興でやるもんだよ....わははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは

>>288
>テレビでいろいろやってので、わたしも土曜に見に行ってきました。
もしかして隣に座っておられた美しいご婦人では?(冗談です)
僕が行ったのは日曜ですから...


291 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/29(月) 23:37:36 ID:8ucTxQL4
救い主...この言葉はイエスの受難後かなり早い段階でそう呼んで
いたらしい...僕は今その謎を追っかけてるんだけどね...もちろん
キリスト教会の言ってる事はあとから取ってつけたコジツケに決まってるん
で...原始教会の時期にこの言葉だけは使われていたみたいですね...

話はがらっと変わって
清水宗治という戦国武将がいましてね...備中高松の城主で、豊臣秀吉
と闘って、秀吉の水攻めで飢餓状態に陥ったんですね...そこで秀吉との
交渉で、自分は切腹、領民は安堵と言う事で城を明け渡したわけです。
秀吉も宗治の潔さを意に感じて、早々に堤防を解いて、領民を救護した
そうですね...僕はこの清水宗治とイエスがダブって見えてくるんですね
...イザヤ書52−3章の苦難の僕ともダブってくるんですね

それ以上は馬鹿が騒ぐから止めとくけど、イエスが救い主と言われた理由は
どうもこれなんですw...もう少しまっててね...真相はだいぶ判って来た
んで...

292 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/30(火) 00:00:08 ID:8ucTxQL4
それにしても、面白いなぁ...イエス・キリストは神であって
処女から生まれ生涯独身であったと馬鹿教会が唱えているところで、
イエスには奥さんがいて子供もいて、その血族がいるよなんて言う
のは、嘘でも最高に馬鹿教会をおちょくった話だよ...グノーシス
はそうやって馬鹿信者をからかってたんだよ...それに対しての
馬鹿教会の言い分が  ヨハネ第1書簡2/18−27ですよ



293 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:00:00 ID:VLvKaOVL
一切行無常。一切法無我。一切皆苦。涅槃静寂。
これは仏教の基本中の基本、四法印と呼ばれるものだ。
このほかに、仏教の要となる教えに、縁起の法。生じては滅する刹那滅の教え、
名称と、識別が、形あるものの由来である教え。五感からの感覚を制する教え。
この世への執着をなくせとの教え。これらの教えを理解し、あらためて、新約聖書、
とりわけグノーシスの文書を読むと、あんたのように

>グノーシスも詰らんよ...もちろん
>馬鹿教会よりは遥かにレベルは高いけど...結局誰かが
>考えた事に過ぎんw...
>宗教なんて所詮余興でやるもんだよ....わははははははは

なんて台詞は吐けなくなる。というより、釈迦の時代、お前のような唯物論者を、
凡夫と呼んだ気持ちがわかると思うよ。理解出来ればの話だけどな。
君らはみてると滑稽で、哀れだ。君も、ただのおとぎ話に成り下がっている今の教会の教え
を盲信し、自分達は救われている。他の奴らとは違うと、
キリスト教徒になることで、自分のエゴを満足させている哀れな似非クリスチャンも、同じ穴の狢だ。
君らのような人達を、凡夫と呼ぶんだよ。君らは生きない。
ちなみに、新約聖書も、グノーシス文書も、クルアーンなどと比べると、はるかに
価値ある書物だ。クルアーンには真理の欠片もない。ムスリムの人達には悪いけど、これ、本当のこと。

294 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:06:50 ID:64aECVog
>>293
新約聖書などと違って、クルアーンは開祖を神格化しないところは見上げた
もの。

ムハンマドは、「最後の預言者」であって、「創造主」ではない。

295 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:13:16 ID:B9Tp0TdG
グノーシスでもイエスは神ではないが、
父なる神の使徒でもない。ここがまた興味深い。

296 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:13:52 ID:VLvKaOVL
>彼の弟子たちは彼に言った。”どの日に死者の休息が生ずるのでしょうか。
>そして、どの日に新しい世界が来るのでしょうか”。
>彼は彼らに言われた。”あなたがたが待っているこの休息はすでに来ているのだ。
>そして、あなたがたはそれを認識していない!”。

神の国はすでに来ている。多くの者はそれを認識しない。
真の安息日を知った者は、自分自身を知るだろう。自分自身を知る者は、
父なる神を知るだろう。面前にあるものを認識せよ。て、ま、言ってもわからんだろうな。
ところでバカモスキーさんよ。ここは宗教板だ。あんたの主義主張を述べるのは
勝手だが、おまえは失礼なんだよ。いくらネットの世界であろうと、
大人なら、エチケットは守るはずだ。餓鬼じゃあるまいし。あんたのやってることは、
阪神ファンの集まりに参加しながら、阪神の悪口を言っているようなものなんだよ。
ま、これも言ってもわからんだろうな(悲)


297 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/30(火) 01:14:21 ID:f2MNL/Qw
今日のトマス 27節
ココモ訳
>イエスは言われた。”あなたがたはこの世に対して断食をしないならば、
>神の国を見出さないであろう。真の安息日を守らないならば、父を見ない
>であろう”
もう一回だすけどね...この世の馬鹿教会は「神の国」や「永遠の命」
を陳列商品に出すんだけどね、中身も取り扱い方も知らない店員みたいな
ものでな、結局一発も売れないんだな。そもそも客を呼び込む為に本家から
借りてきたものかも物かもしれませんね。それを陳列してバッタ物を売るのが
この世の教会だよ。どうしてもそれが欲しかったらその店と交渉しても
無駄でしょ、本家に行って直接交渉しなきゃアカンでしょ....わははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは

できないのかも知れませんね、

298 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:16:37 ID:B9Tp0TdG
クルアーンは詠まれる詩としてはかなり完成度が高い。
その韻の美しさを根拠にイスラム教徒はこれを真実だと確信したりする。
この思考法は論理的ではないが、もともと信仰に論理性は不可欠ではない。

299 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:24:53 ID:VLvKaOVL
>>294
ムハンマドはただの政治的指導者なら、預言者とは呼ばない。
彼を宗教的指導者として、預言者として祭り上げたいのであれば、悪いけど
はっきり言わせてもらう。
彼の残したクルアーンなどは、宗教的には全く価値の無いものだ。
あれには真理の欠片もない。ま、イスラムはイスラムで、一神教全体から見れば、
重要なポジションにあるんだけどね。はっきり言って新約成就の当て馬でしかない。
そういう意味では、ムハンマドは最後にして最高の預言者であると認めるよ。
ただ彼は、ただの預言者にしか過ぎない。真理を知らない彼は生きていない。
我々と同じく、死人のままだ。

トマスの福音52
>彼の弟子たちは彼に言った。”24人の預言者がイスラエルの中で語りました。
>そして、彼らのすべてのがあなたにあって語りました”。
>彼は彼らに言われた。”あなたがたはあなたがたの面前で生きている者を捨て、
>死んでいる者たちについて語った”。

生きている者は、自分自身にある。多くの者はそれを認識しない。



300 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:26:18 ID:4YlHiuKF
>>294
あれ?君は新約聖書がイエス=神としていることを認めるのかい?

301 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:28:53 ID:VLvKaOVL
イエスの十字架は、はっきり言って、あれは自殺だ。
唯物論的な思考回路しか持たず、唯物論的にしかイエスを理解しようとしない者は、
なぜ彼が自殺したのか、説明できないでいる。

302 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:30:13 ID:64aECVog
>>300
イエスは、自分からw「私は神の子」と言っているし、聖書は、なんと
人間であるイエスを「創造主」と同格に置いている。

303 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:35:20 ID:4YlHiuKF
神の子だからといってそれが直接=神となるわけではないよ。
だったら地上に降りて人間と交わった「神の子」たちも皆神だと言うことになってしまう。
聖書でははまたイエス以外を神の子と呼ぶ部分もある。

304 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:36:49 ID:4YlHiuKF
福音書には、イエスが自分と神を区別して語る場面も書かれている。

305 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:39:11 ID:64aECVog
>>304
三位一体はどうする?クリスチャンは、みな、イエスは神だと信じて
いるようですよ。

306 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:40:17 ID:VLvKaOVL
唯物論的にキリスト教を説明しようとする者達の能書きには無理がある。
彼がなぜ、十字架による自殺をしたのかも説明できないでいる。

それが彼らの限界でもある。
ちなみにグノーシス文書でも、イエスの事を、救い主と呼んでいる。
俺はこの意味をよく知っている。彼は十字架の御業により、自らを男性にした。
唯物論がこの世の真理であろうと、なかろうと、聖書や、グノーシス文書は唯物論を
語っているのではなく、あくまで、宗教を語っている。一部のアホ学者は
それすら理解しないで、唯物論的に無理やり解釈して悦に入っている。が、彼らのアプローチ
は所詮間違いであるので、結局全てを、説明できないでいる。所詮都合のいい箇所の
一本釣りの、勝手解釈。全体を見れば、整合性が取れないでいる。
さて、ココモスキー博士のトンデモ解釈を聞かせてもらおうか。

307 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:41:55 ID:4YlHiuKF
ノンクリの私に言われても困る。どうせイエスの神性だの人性だのという
用語を駆使して辻褄を合わせるだけだろう。

308 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/05/30(火) 01:43:52 ID:VLvKaOVL
>>302
イエスは、自分を「人の子」と呼んでいるんだよ。
君らは神の名を知らないでいる。父なる神の名を知れば、この世の創造主
は、誰であるかを知るだろう。

309 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 01:46:48 ID:4YlHiuKF
YHWH、ヨッド・ヘー・ヴァヴ・ヘー

ヤハウェかヤルダバオトか?

310 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/30(火) 02:02:50 ID:/hS7qrJV
>>308

神の名は
「I AM THAT I AM」(我は在るもの)ですね。(^^)

「存在している」ということが神の名なのだから、わたしたちは
毎日神を見ているのだと思う。この世界は、神の名であふれているよ。

この神を、森羅万象を愛して生きることが大事なんだな。

抽象概念でこしらえた手前勝手なイメージの神に向かって
「神よ神よ」とやっているのが、何もわかっていない教会のほとんどの信者。

311 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/05/30(火) 02:04:51 ID:/hS7qrJV
命そのものである神を愛し、自分と同じように創られた
他者を自分と同じように愛するとき、縦の愛と横の愛とが完成する。

これが律法の成就です。

312 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 11:12:38 ID:eipr+77g
真理が真理であると説明できなければただの直感に過ぎない。
真理は奇跡ではなく現実のことを示している。

313 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 11:58:13 ID:SKh55zMW
現象が真理であると確認するには、聖句現象の再現性ともいえる、聖句等の関連性
を積むことにより確認し、直感から確信へと近づくのだ。
複数の関連性を表現することが人の納得する説明になる。

314 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 12:41:06 ID:mRweLToy
「聖句現象」

カッコイイ造語だが意味がよくわからないよ。

315 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/05/31(水) 23:31:22 ID:MPSQYHJN
僕は真理なる物にも真理を明かす者にも全く縁のない人間でしょうから
こんなものを翻訳する事も説明する資格も無いんでしょうね...
人によっては真理の翻訳者・説明者とする人もいるのでしょうが...
自分はそんな事どちらでも良いと思ってますがね、トマスの編者が
何を言いたかったのかを自分なりに解釈してるだけですよ...

今日のトマス 30説
荒井献訳
>イエスが言った、「3人の神々がいるところ、彼らは神々である。
>2人または1人がいるところ、私は彼とともにいる」
ココモ訳
>イエスは言われた。”3つの神がいるところに神々がいる。2人がいる
>ところ、あるいはひとりがいるところでもわたしは彼とともにいる”。

3人の神々などと書いてある文章を読んだだけで、クリスチャンの頭は
混乱すると思います。この聖句を読んでグノーシスは多神教だと言う
馬鹿もいると思いますが、これは神から任ぜられた(油を注がれた)公務官
(今で言う裁判官)の意味です。神々がいると言うのは、それらの
神官が時に分裂しかねない事を示しています。その場に常にイエスがいると
言うのは、イエスがそれらの分裂を超越した存在である事を示して
いるのだと思います。

*ろくすっぽ文章を理解もしないで、真理だいや異端だなんて言ってる
 のは愚の骨頂だw




316 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/01(木) 01:06:17 ID:w5Eonh9L
>>315
トマスさんへの僕の意見ですがね...トマスの編者の言いたい事は
判りますよ...幾ら神の権威を傘にしても、3人いたら転々バラバラ
の事を言い出すんだったら、神の権威なんてあったものではないよ...
それは確かにあなたの言うとおりだけど、それじゃ本当にグノーシスが
それを超越してるかと言えば、それも疑問なんだよ...

現代は、その3人に下手な権威なんか持たさないで、その人達の本音を
言わせる方法なんだな...一応権威者達だから、それぞれそれなりの
事を言うと思うんだけど、結局みんな何処かに矛盾があったり下手に権威
なんかを傘にしてる連中は、トマスさんが言う様に中身のスカスカさが
露になってしまうんですよ...だけどそれで新たな権威を求めたら
結局又同じになってしまうんですよ...イエスさんはただの人ですよ
ナザレ村の大工の息子さんなんですよ...それは僕があなたに自信を
持って言える事なんですよ...

だな...

317 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/01(木) 15:40:25 ID:bTMhE8lH
>>316
だからさ、君のようなあくまで世俗的な解釈だと、トマスの冒頭の

>そして彼は言われた。”だれでもこれらの言葉の解釈を見出す者はけっして死
>を味わうことがないであろう”。

>イエスは言われた。”探す者は見出すまでやめてはならない。見出すときに、
>彼は困惑するであろう。困惑する時に、彼は驚くであろう。そして、彼は天地
>万物を支配するであろう”。

の一文はどう説明するんだよ。
君のアプローチには無理がある。どう考えても、聖書や、とりわけグノーシス文書は、世俗的なことを
テーマにしておらず、あきらかに神学的なことをテーマにしている。いまどきの学者はな、そのことを踏まえて、
解釈しようとするんだよ。たとえば、正統派と呼ばれる今のキリスト教会の教える
キリスト教は、神を第三者として扱うが、グノーシスでは、自分自身に見出すようだ。とね。
神学的な事が真理なのか、信じるのか、信じないのかは個人の自由だが、推理小説を、作者の意図を全く無視して、
恋愛ロマンスかのごとく、無理矢理解釈して、悦にはいるなど、愚か者のやることだ。
そんなおかしなアプローチで、編者の意図を汲み取ろうなんて、
解釈する者の、主観以外の何者でもなく、それ以上でもそれ以下でもない。
黙示録を、これはローマ戦争のことを扱っている。などと解釈するような学者は、いまどきはやらないんだよ。
まともな学者なら、神学的なことを書かれている物なら、神学的なアプローチで解釈を試みる。
それでこそ、その文書の意味するところが、みえてくるだろう。神学的な事を真理と受け入れるか、受け入れないかは
全く別の問題としてね。ま、言ってもわからんだろうが(悲)



318 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/01(木) 15:43:04 ID:bTMhE8lH
そういやユダの福音、もうすぐ発売だよね。

読むのが楽しみだ。

319 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/01(木) 15:49:02 ID:bTMhE8lH
神学的なことを自分が受け入れられないからと、
神学的なものをテーマにしている書物を、無理矢理、世俗的に解釈しようなんて、
お利口さんのすることじゃありませんな。

こういう人を、たとえお勉強が出来たとしても、馬鹿だと言うんだよ。

320 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/01(木) 23:36:33 ID:x0JMk6YP
マタイ 18;20
二人または三人がわたしの名によって集まるところには、
わたしもその中にいるのである。」

教会の交わりの中だけではなく、食卓の中にも見えないけれど
そこに存在しておられるのですね。

お新茶をもらいまして、ちょっとお湯をさましたりして、丁寧に入れ
ました。イエスも喜こぶと思うのね このお茶には。


321 :名無しさん@3周年:2006/06/02(金) 02:53:41 ID:L4ho1qCs
喜ぶというのは、お新茶をめぐり特別に何か儀式をし執り行なったってこと?
それとも、お新茶の真相のことを言っているの?

322 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/02(金) 20:52:33 ID:7ZonByHK
>>321
いえいえ 儀式や真相など面倒なことはわかりませ〜ん。
ただ単に何かをする時にですね、丁寧にすれば
イエスも喜んでくれると昔から聞いてましたので。
まぁ 躾の一環だったねかもですね。


323 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/03(土) 00:06:02 ID:hDysPjCF
聖句の解釈を知りたいのであれば、常識的には然るべき資料を読むか、その
巻物全部を見て、その編者の傾向を探る事ですね...多少費用がかかりますが
一度くらいは学者の文献を読んで見る事でしょか...
今日のトマス 56と80
ココモ訳
56  イエスは言われた。”この世を知るにいたった者は、屍を見出したのである。
    そして、屍を見出した者に、この世はふさわしくない”。
80  イエスは言われた。”この世を知った者は、身体を見出した。しかし、身体を
    見出した者に、この世はふさわしくない”

トマスはこの殆ど同じ文章を時間をおいて書いてるんですね...
この「屍」が何であるか理解しにくいと思いますが、この世の「醜態」とか「おどおど
しさ」とか「うす汚さ」を当てはめると(安直には)判るかもしれません。
それで、80は「屍」が「身体」に変わってるんですね...つまり「身体」(肉体)
を少なくとも尊ぶべき物とは考えてない事も判ると思います。
身体を「悪欲」の塊とでも様に考えてるんでしょうね...
マリア福音書などでは人間の持ってる「悪欲」を克服するとするマリアへの遺言(イエスの
言葉とされるもの)が書かれてます。マリアの編者とトマスの編者は少し考え方が違ってる
のかも知れません

324 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 07:07:38 ID:MQ35EKLy
後燕国は慕容部鮮卑(宇文は間違い)で 高句麗に滅ぼされたのではなく。
北燕国の高句麗人の王を担ぎ上げた 後燕の家臣が王を暗サツしたため滅んだ。

 遼西(宇文)→前燕(慕容)→前秦(テイ)→後燕(慕容)→北燕(慕容)

後魏(拓跋)の遠征軍に敗れ滅亡(436年)。
後魏(北魏・拓跋)孝文帝・均田制・洛陽に遷都。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1060415406&res=83&fi=no

『枢密院』禁軍(中央軍・直軍)廂軍(暫定の兵隊)科挙試験(公務員試験)
文民統制『シビリアン・コントロール』の民政と兵権)時代が北宋時代。

325 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 09:41:56 ID:zY2a0xm/
この場合の丁寧は怠惰の対照ではなく、無秩序の対照の丁寧を表していると読んだけど、
その昔から聞いていた「丁寧にする」という習慣は、聖書を基にした理解によるもの?

聖書が基だとすれば、その丁寧を聖書から直感した所を表現できれば面白いなと・・
マタイ 18;20は相当ではなく、丁寧は根源的な真理に相当する現象となるかもしれない。

326 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/03(土) 14:16:23 ID:hDysPjCF
>>323
トマスの56・80をアレンジすると面白いですねぇ...
56の現代版
イエスは言われた。”キリスト教会の実体を知るにいたった者は、
 その腐った様を見出したのである。そして、その屍を見出した者に、
 キリスト教会はふさわしくない”。

こういう風にアレンジすると、トマスの聖句は良く理解できると思います
わはははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは



327 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 14:41:02 ID:/MjF4Sdi
ココモスキーにはキリスト教(教会)に対する怨念のようなもが感じられる。
プロテスタント系にはまって、プロテスタント系の教会に、
激しく失望させられた御仁に、ココモスキーのようになる人が多いように見受けられる。
正直ココモスキーの能書きはどうでもいいが、ココモスキーと、
教会との間になにがあったんだろう?そっちのほが、興味をそそる。

よっぽど酷い目にあわされんだろうな・・・・・・(哀れ)

328 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 19:00:30 ID:TtWLG1LO
今から聖徳太子コードの時間だな

329 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 19:34:26 ID:TljN1YDj
328 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/03(土) 19:00:30 ID:hDysPjCF

330 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 19:35:09 ID:TljN1YDj
プチとまと

331 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 20:37:15 ID:JckYN7H/
>>325
すいません ご期待に添えるような答にはなりませんが、昔
キッチンには壁掛けがありまして、それには「キリストはこの家
の頭、すべての食事の見えないけれど静かに聞いているお客様」
とかなんとかのものだったんです。
イエスはいつもそばにいる。だからテーブルを拭くにも、お茶碗
洗うにも「イエスさまに喜ばれるように」って言われ耳ダコになった
ような、そんな感じですね。

332 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 22:54:28 ID:PWakrvOe
主教(儀式執行は同等、辺境教区[イルクーツク・東日本−函館]もモスクワ教区も主教は主教
   民族別とか国家別の単一教会・
   ロシア正教・セルビア正教・日本正教[日本ハリストス正教会教団]という
   単一民族の同一生活会話の言語で礼拝を行う単独教区の教会と
   アメリカ国内の在米ロシア正教・
   日本国内のロシア正教[駐日ポドウォリエ教会]という
   国別の教会内の複数教区を持つ同一出身民族の母国本拠と別の独立教会がある
   コンスタンチノープル教区(ビザンツ・第2ローマ)
   キエフ教区(ウクライナ正教・キエフ公国ウラジミール候の受洗)
   モスクワ教区(ロシア正教・第2ビザンツ・第3ローマ)
   イルクーツク教区(日本正教会−函館時代・ニコライ_カサートキン大主教)
   東京教区(日本の府主教・東京の主教)
   東日本教区(仙台の主教)・西日本教区(京都の主教)
   石巻教会・東日本の主教の監督下の神父[教会の長老])

333 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 22:56:25 ID:PWakrvOe
1962年以降にカトリック教会はルーテル派に礼拝方式を移行させ妥協した。
( 聖書を各国語に翻訳・信徒が賛美歌を歌い・信条を[毎週日曜]に礼拝で宣誓
[改革派はナチス政権1933年以前に牧師任命の時にしか[使徒]信条を唱えなかった] )

★権威の変遷と聖書の普及★
権威は「ペテロから継承した儀式」カトリック教会
 ↓
権威は「公会議決定」東方正教会(教区による東西の分離)聖職者任命で
ローマ教会と
第2ローマのビザンツ教会(第3ローマのロシア正教会)に分離
 ↓
権威は「新旧66巻聖書」プロテスタント教会(教区による教会の分離)
ローマ教会の教区内の聖職者任命で
イギリス国教会(アングリカン派)・
ドイツ各々の諸邦教会(ルーテル派とカトリック派)・
スウェーデン国教会(ルーテル派[北欧はデンマークとで2王国])・
プロイセン内の教会(ルーテル派と
          改革派[フランス改革派−亡命ユグノー教徒・ベルリン周辺])・
スイスの各々の州教会(改革派とカトリック派)・
チェコの教会(改革派)・
スコットランドの長老教会(改革派)・
オランダ国教会(改革派)などに分離
 ↓
市民革命と国民教育により [福音派教会・無教会]
国割り・州割り・教区割りに関係なく
自由に個人で教派や教会を選んで信仰できる時代になる。
民族主義教育で教会を選ばせない逆行する信仰も反動で現れる。

334 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 22:57:34 ID:PWakrvOe
‡ 正教要理 p77−78 一、洗礼機密 1.啓蒙礼儀

洗礼機密のはじめに行われる啓蒙礼儀は、
人が物質や社会的地位・身分に捕らわれる僕となっている日常生活をすて、
神を知り神の僕となる生活に入る決心を表すものです。
これはハリストスの福音を中心とする生活をはじめる意志の宣言です。
宣言は教会の入口で西に向かって行われます。
・・・・・・西は・・・・・・暗闇の始まり、人生の終り、死を待つ生活を意味します。
このことから東に向き直ることは、自己中心、物質中心の生活を
主の福音に従う生活へきりかえる意志の表明となります。
次いで「主に配合する」との決心の言葉によって
主を中心とする生活の始まりを宣言し、終りに主に向かう生活の信条として
受洗者の信仰告白(ニケヤ信経)が読まれます。

★正教要理(日本ハリストス正教会教団)p8 
聖書と聖伝・・・を
「真理の柱、真理の基礎」(テモフェイ前書3・15)と呼び・・・み言葉の遺産。

335 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 22:58:29 ID:PWakrvOe
7回の全地公会のみが聖書とならぶ「最終権威」というわけではございません。
正教狭義の源泉は「聖伝」でございます。そして狭義の源泉としての
「聖伝」は具象的なものとして、以下があげられます。
1、聖 書
2、7回の全地公会の教理的決議
3、地方公開の教理的決議
4、「ニケア・コンスタンティノポリス信経」
5、公祈祷、聖体礼儀、や諸祈祷
6、聖師父の著作・規則等
7、教会法
8、イコンや聖歌
以上が全体として教義の源泉になります。また、信仰規範としては
1、信経
2、公会の教理的決議
3、表信書、要理書
があげられ、
1は具体的には「ニケア・コンスタンティノポリス信経」をさし、他に尊重
せらるべきものとしてグリゴリイとアファナシイの「信経」があげられております。
2は、まず第4、6,7回全地公会の教理的決議が含まれます。
次に、聖使徒規則始め、『聖規則書』所収の規則等が含まれます。
3は、総主教ゲンナジイの表信書、総主教ドシフェイの「正教書」、
総主教イエレミアスの回答書、等々が含まれます。
ロシア正教会では、モギラの「正教宗門」なども尊重されてきました。

336 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 23:01:44 ID:PWakrvOe
主や囚人の目は難事に臨む、何時は時に従い手糧を給う
何時の豊かなる手を開き手、行ける物を何時の恵みに明かし牟。アミン。

337 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 23:07:03 ID:PWakrvOe
聖なる神代、栄光は何時に帰す、栄光は何時に紀す

朱、哀れめよ、酒、あワレメよ、種、泡れめ夜。

性なる神
精なる幽鬼
姓なる情勢の物よ
割れ裸を阿波れめ予。


338 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 00:00:31 ID:hDysPjCF
今日のトマス 86節
ココモ訳
>イエスは言われた。”(狐にはその穴があり)、鳥にはその巣がある。
>しかし、人の子には、その頭を傾け、安息する所がない”
()の部分は欠損してるんですがね、マタイ福音書8/20・ルカ福音書
9/58に殆ど同じ文章がありますので、多分この内容で良いと思います。
共観福音書とグノーシスの違いは、ここで安息の言葉を用いてる所で
イエスの孤独感を示してる所です。これはイエスに重ねて、編者の孤独感
を示してるんだと思います。トマスには「一人立つ(独立する)」が
多いですね...世俗を絶つ言葉も多いですね...



339 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 00:06:17 ID:HY+cVqY/
>>327
>よっぽど酷い目にあわされんだろうな・・・・・・(哀れ)
私より、イエス様の方が現在も酷い目にあわされ続けてる分けですからね
気の毒だと思いますよ...馬鹿教会のイエス・キリストはでたらめ
ばっかりですからね...わははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは


340 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 00:17:32 ID:HY+cVqY/
>>327
俺はプロテスタントとは一切交わった事はナイスけどね、ここへ
出てくる馬鹿どもや、ホムペを覗いて「こいつばかじゃねぇの」
と思うホムペは間違えなくプロテスタントだよ...まじな人は
僕でなくても失望するだろ...そのくらい酷い腐った教会が
多いという事だよ...わははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは


341 :極右クリスチャン:2006/06/04(日) 00:18:19 ID:tcC4umSX
聖書の「解釈」という事自体に違和感を感じる。解釈すると、キリスト教
の分裂を生み出すだけで、そんな事をイエス様は望んでいないと思う。
信仰のみで天国に行けるか?否か?という論争も、証明の使用がない。しかし、
信仰のみより、信仰+善行で天国に行ける可能性の方が高いんだから、そっちを
選べばよいと思う。信仰義人説を採っていると、死んでみると天国に行けるか否かは
バクチに感じる。自分は聖書の細かい事は置いておき、主への祈りをして、善行を
するだけで、天国に行けると思っているので、聖書の解釈は興味がない。

342 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 00:28:43 ID:HY+cVqY/
>>327
こいつの言い方が馬鹿教会の十八番文章なんだな...
つまりキリスト教会を批判する奴は、何処かのキリスト教会で
酷い目にあって、怨念で批判してるんだ...それはそいつが
オカシイだけで、自分達の教会には関係ないんだとする典型的
な馬鹿教会の手法だw...お前達の教会が晒し者にされてる
んだよ..この馬鹿たれが...こんな言い回しはとっくに見透か
されてるよ


343 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 00:44:58 ID:HY+cVqY/
>>341
>聖書の「解釈」という事自体に違和感を感じる。解釈すると、キリスト教
>の分裂を生み出すだけで、そんな事をイエス様は望んでいないと思う。
イエス様が望んでおられるかどうか判りませんが、聖書を真面目に
読んでると、キリスト教会とは全く違う事を言ってます。だから
この様な見解が出るのだろうと思います。
その後で言っておられる「天国」についても、聖書に書かれてる
「天の国」は貴殿が言ってる「天国」とは全く違うものです。
貴殿の言ってる「天国」は、民間伝承によるものだと思います。
キリストが分裂するのは致し方ないと思います。もともとキリスト教
に内在してる物が、いままで強引に抑えられていただけだと
思います。

344 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 01:57:34 ID:B+eATHI5
金融板の新光証券のスレに、神父は聖職者の営業スマイルを
やっとけばいいお気楽人間と言った男がいます。
株や金融の知識は全く要りません。
過去スレが二つともログ入りし、少し流れがわかりにくく
なってますが、お時間ある時、レス200辺りから読んで見て下さい。
過去ログを見れる方は、現スレに過去ログ名を
書いてあるので、お時間あるとき、お読みください。この男に主の裁きがあらんことを。

345 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 03:57:51 ID:gMQgV9zX
>>331
そうですか、その壁掛けは、思いめぐるヒントになった。
実は、聖書にはイエス・キリストが美しいということが書かれているのだという直感が
一歩進んだ。

346 :327:2006/06/04(日) 09:57:35 ID:stF+cvbe
>>342
俺はノンクリなんだが・・・(汗)
自分を批判するものは、即クリスチャン認定とは、相当に重症ですな。

こいつ呼ばわりするところや、君の一連の書き込みみれば、
誰がどうみたって、キリスト教会の怨念のようなものを感じるよ。
これが、何の偏見もなしに、ありのままを、ありのままみれば、そういうことになる。
こういうのを客観的にみると言うのだよ。
君も、聖書や、グノーシス文書の解釈を試みるのなら、このように、何の偏見もなしに、
ありのままを、ありのまま受け止め、解釈しないといけないな。
君の解釈は、悪意と、偏見に満ち満ちている。
客観的にみれば誰もがそう思うよ。君を、何の偏見もなしに、ありもままを、
ありのまま、”客観的” に観察すればね。

ところで君、過去に、聖書を理解したければ、牧師に、聖書は50回だか100回だか読み返せと言われて、
その通りにしたことがあると言っていたではないか。君と、教会の間になにがあったんだい?
君のトンデモ聖書解釈より、そっちのほうが興味をそそそるな〜。

347 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 11:53:28 ID:HY+cVqY/
>>346
>俺はノンクリなんだが・・・(汗)
>自分を批判するものは、即クリスチャン認定とは、相当に重症ですな。
わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
馬鹿教会からも相手にされない御仁か...僕の経歴はホムペ見れば
判るよ...こいつの頭は馬鹿クリスチャン以下という事だよ...
わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


348 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/04(日) 12:11:49 ID:HY+cVqY/
>>346
>俺はノンクリなんだが・・・(汗)
>自分を批判するものは、即クリスチャン認定とは、相当に重症ですな。
ほんまのノンクリだったら、僕のキリスト教批判はどうでも良いか
面白いか、いずれにしても僕とキリスト教会の関係に興味なんか
ナイト思いますね...こいつの言ってる事そのものが自分のスタンス
を晒してるんだよ...わははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


349 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 12:30:02 ID:stF+cvbe
>>347
なんか必死ですな。
君のHPなど知らないよ。見る気も起こらんし。
ただ客観的にみて、君は、教会に対して相当な
悪意と偏見に満ちている。これは君の聖書のトンデモ解釈とは違い、
誰もが思うところで、別に変な解釈ではない。

ところで君は、たしかに、前に牧師に聖書を50回読めばとか言われて、読んだと言っていた。
自分は教会とは全く係わり合いが無かったとは、嘘はいかんな。
はっきり言って騙される奴がアホ。さてココモスキー君。教会に対して、どんなトラウマがあるんだい?
聞いてやってもいいぜ〜。てか、君のトンデモ聖書解釈より、そこんところのほうが、
ここの読者には関心が高いんじゃないのかな〜ククク。

宗教なんかに騙される奴のほうが、アホウなんだよ。アホなんだよアホ。

350 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 12:38:27 ID:stF+cvbe
>>348
妄想乙。一度病院にいかれることをお勧めする。
君のトラウマは、専門家でないと、治癒不可能だろう。

何度も言うが俺はノンクリ。ただ、
俺はどこかの誰かさんと違い、宗教に騙されるほど馬鹿じゃないが、
イエスのファンではあるんでね。イエスと言う人物には興味があるんで、聖書や、
彼の関連する書物は読んでいる。

俺は、客観的にみて、君のトンデモ解釈は、悪意と、偏見に満ちていると言っているだけだよ。
そう思うのは俺だけじゃないはずだぜ〜。

351 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/04(日) 20:02:27 ID:IbZVHow7
>>345
> 実は、聖書にはイエス・キリストが美しいということが書かれているのだという直感が
> 一歩進んだ。

直感ですと理屈では説明しにくいかも知れませんが、
イエスのどのようなところに美しさを感じたのでしょうか?
教えてくださいな。
>>343
このスレ見るようになって、み言葉の解釈っておもしろいと思った
ココモ先生も、イエスに帰依せずずぅ〜っとご自分の道を行ってる
なんてスゴ過ぎ。
解釈いろいろあるけどね、落ち着いた生活を送ることができるように
捉えられたらいいですね。受け入れられないとこもたくさんあるけどね。


352 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 20:33:01 ID:r3ugQxQV
ココモ先生はおかしな教会に騙されて、それがもとでキリスト教に怨念を持つようになったんだね。
あなたを騙した牧師はどんな人だったんだい?宗派は?
まさか統一や、エホバとかじゃないだろうね?なら騙されるのもしかたない。自業自得。
ムスリムになるくらいの君のことだから、まんざらありえなくもないな〜。
クリスチャンの皆さん、この哀れなココモ先生の魂の為に祈ってあげましょう。

353 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 20:56:37 ID:teKQeZRe
>>351
原理的なものを聖書・信仰で理解する手法に拠るけど、まだ直感+1
根拠もいくつかある直感の部分については秘密。
+1の部分は、散逸構造論とか時間の不可逆性とかを、聖書に表される原理として
理解できそうなところ。

354 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 21:16:48 ID:teKQeZRe

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D3&kind=jn&mode=0&base=1&row=4

強いけど弱く、大きいけど小さく、聖だけど罪を負い、
美しいけど醜い←この部分は認識されにくいけど・・・

355 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 21:21:35 ID:cpu41GaW
>>352
ていうか、全学連だっけ、ココモはそういう世代なんじゃないの?
ドイツでもそういう世代の神学者は社会学にかぶれて、
あまりに極端な解釈をやって問題児扱いされてたっていうじゃない?


356 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/05(月) 00:55:06 ID:Tho1dIfG
オツムの弱い馬鹿を相手にしてても時間を無駄に消費するだけだからねぇ
今日のトマスを出すか...オツムの貧弱な人達にはちんぷんかんぷん
なんだろね...自分のスタンスを正当化する事に必死になってる
だけだよ...言ってる事を見たら幼稚な人達としか思えない...
気の毒な人生を費やして無駄に人生の大半を消費した人達だw...

トマス25
荒井献訳
>イエスが言った、「あなたの兄弟をあなたの魂のように愛しなさい。
>彼を瞳のように守りなさい」
ココモ訳
>イエスは言われた。”あなたの兄弟をあなた自身の魂と同じように愛せ。
>彼をあなたのひとみと同じように守れ”。

これは改めて説明するまでもないと思うけど、「汝の隣人を愛せよ」
と言うキリスト教会の看板的ドグマです...レビ記19/18
にもあります。新約の編者は押しなべてみんな引用してます。
トマスも書かざるを得なかったんでしょう...現実は殆ど
反故にされた聖句なんでしょうね...

人生の大半を疑問を持ちながら何もできずに過ぎてしまった人達が
うろついてる見たいですな...わはははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは

馬鹿は寝て待ってても何もないよ






357 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/05(月) 01:06:46 ID:Tho1dIfG
僻んでも何もないし、人の足を引っ張っても愚かさを晒すだけだし
今更町へ繰り出しても誰からも相手にされないんだろうし....
お前等の毎日の生活を想像したら気の毒で何等かの措置をすべきだと
も思うけど、悪いけどお前等には何もできないよ...悪いけど俺は
体は年寄りになりつつあるけど僕でなければ踏み込めない世界に入って
るんでね...お前等馬鹿どもの面倒を見てる暇が無いんだよ...

358 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 02:01:51 ID:5JeOrZxb
聖書のイエスの言葉に「感動」されるクリスチャンの心理は、一般人には了解
不可能です。根源的には、「聖霊概念」によるマインドコントロールの結果だ
としか思えません。ある聖書学者は、「聖霊概念」は、教会維持のための手段
だと喝破しています。

聊かでも注意深く、批判的に読めば、イエスのすべての言葉には、偽善、虚偽、
すり替え、論点外し、きれいごと、脅迫、甘言、冷酷、人間性の洞察と愛の
欠如が存在しているではありませんか。

例えば、罪ある女に対し「罪のないものは石を投げよ」と言ったお話。この
エピソードは、聖書学者でも「鮮やかな切り返し」と感心していますが、
果たしてそうでしょうか。そもそも、イエス自身は、この女に対して、石を
投げるどころか、特に優しくしたようです。このことは、「イエスが最も
罪の自覚を持っていた」ことに他なりません。それとも、「自分だけは例外だ」
と、人を見下ろした説教を垂れたのでしょうか。

異教徒によるキリスト教批判の中心は、「気の狂った大工の言葉を大層
有難がる」という滑稽さに加えて、「イエスの言動が、神に相応しくない」
ということだそうです。

クリスチャンは、これらの批判に対して、どう言い訳しますか。

359 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 10:42:26 ID:9zLSsmDd
>>358
とりあえず「マルチポスト」でググれ。

360 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/05(月) 15:05:30 ID:liIpLyCJ
>>356
トマスも書かざるをえなかったんじゃなく、これはキリスト教のテーマでもあることだから、
書いたんだよ。ちなみにキリスト教の隣人、兄弟は、人類全ての人のことを言ってるんではない
ので、勘違いしないように。ま、厳密にいうと、人類皆兄弟みたいなもんなんだが、
元の場所に帰れる人と、そうでない人がいる。この世をどう生きるかは、自分自身の自由意志による
選択に任され、全ての責任は自分自身にある。

とこれで上のほうでなにか言ってる人がいるようだが、
あんた、過去に、キリスト教会に騙されたのかい?(苦笑)俺に言わせれば、キリスト教徒も、
イスラム教徒も、同じ穴の狢。それを片方が、おまえは馬鹿だ、馬鹿だと罵る。おお、真に滑稽なり。

ま、どっちも似たようなもんだよ。


361 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 15:15:14 ID:+zJVo+js
ココモスキー先生。ムスリムは改宗すると殺されると聞いたんですが、本当なんですか!?

恐い宗教でつね・・・・

362 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 15:22:13 ID:HM+UhfyA
>>361
日本では殺されることはないけど
根っからのイスラム教国であるアフガニスタンで国民総出で「殺せ」コール
が出たのは記憶に新しい。イスラム教国で棄教することは殺されなくても
家族から村八分にされてしまうこともありうる。(http://asiamessia.ld.infoseek.co.jp/middleeast/iran01.htm参照)
非イスラム教国で棄教した場合でも、もうイスラム教国に旅行に行くにはやめたほうがいいのでは。

363 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/05(月) 15:39:57 ID:liIpLyCJ
>>361
クルアーンには、殺せと書いてるようだね。怖い怖い。
ちなみにイエスは意味もなく、このようなくだらない律法を廃止に来たんだが、
クルアーンでは旧約に負けず劣らず、くだらない律法だらけにしてしまった。

おっとここで勘違いしてはいけないよ。イエスはこのようなくだらない律法は廃止に来たんだが、
律法全てを廃止にしに来たのではない。むしろ彼は律法を完成させに来た。
かれの残した律法とは、要約すると、「互いに愛し合いなさい」ただこれだけである。
これが実現できる人は、すなわち、父なる神を全力で愛することに繋がる。なぜそうなるかは、
自分自信を知れば、知るだろう。

ま、これが出来ないから、本来我々は(単独者として)生きる存在なのに、この世という名の地獄に、
死人として生れ落ちる。我々とはそういう存在。

364 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 15:59:43 ID:9zLSsmDd
>>363
「棄教者の殺害」はスンナに書いてあるとムスリムコテが言ってたよ。

365 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 16:09:06 ID:9zLSsmDd
イスラム四大天使のアズラーイールとイスラーフィールを
和訳ハディース(文庫になる前のデカイやつ)の索引で探してみたけど
見つからなかった。この二人の天使もスンナに出てくるそうだ。


366 :名無しさん@3周年:2006/06/05(月) 16:12:59 ID:9zLSsmDd
キリスト教でも伝承とかにしか登場しない天使っているんかな?
また、それが正式な教義で存在が認められていることってあるんだろうか?

367 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/05(月) 20:00:57 ID:f+pVonbL
>>353
> +1の部分は、散逸構造論とか時間の不可逆性とかを、聖書に表される原理として
> 理解できそうなところ。

すごいですね もしかして神学校をドロップアウトしたとか?
秘密を抱えていると、「腹ふくるる」状態になっちゃいますので
ちょっとづつでも出した方身のためですよ。わたしはこのスレで
楽しんでいますが、解釈は背景や歴史、喩えなど調べるのは当然
ですが解釈する人のイエスへの思慕が出て、まとまる思いますね。
>>358
このスレで言われても・・・・・・・

368 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 01:10:18 ID:GHqJ3kJW
>>363
新約は社会の弱者のたわ言だから、自分達が人を殺す話がないだけだよ
その代わりに神様に滅ぼしてもらうのが新約の論理だよ
それが例え小さい社会でも、社会を仕切る立場であれば、自分達が
人を処罰せざるを得ない...現実にグノーシスを抹殺したのは
キリスト教徒だろ...異論を唱える人達を火あぶりにしたのもキリスト
教徒だよ...魔女狩りなんて言うのもあるし、十字軍でイスラムの社会を
血の海にしたのもキリスト教徒さ...所詮は勝ち組かどうかだけの話さ..
.わははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは

現代は知恵と経験と真実がかつ社会だよ...馬鹿と不毛と欺瞞と嘘が
殺される(相手にされなくなる)社会さ...わははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは


369 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 01:35:49 ID:GHqJ3kJW
それより今日の仕事から帰る電車の中でダビンチの最後の晩餐
の絵を見てたよ...イエスの左側の昔はヨハネ(ゼベタイ)
とされてた人はどう見ても女性だw、それも線の細い可憐な女性
ですな...右側で怒ってるのはペテロでしょうか...
ペテロを窘めてる感じの男は誰だろ...マリア福音書から
考えるとレビさんですね...左側で様子伺いしてるのはシモン
じゃないすか...2つ左側の血の気の多そうな奴は刃物を持って
るよこれがゼベタイのヨハネかな...ヨハネとペテロは逆かも
しれない...物騒な...男は11人しかいないんだw...
僕はユダを抜いてるのではないかと思ってるw...まあかの
秘密結社の総長だったダビンチさんが何を考えたかw謎だけど

本物みたいなぁ...もう一度連休を貰ってイタリアへ行きたいなぁ


370 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 01:46:29 ID:GHqJ3kJW
僕のイスラムに対してのスタンスは何回も書いてるので重複は避けます。
馬鹿は何回言っても判らないので、あえて重複して言いますが、
イスラムは残念ながら高度な近代宗教学の洗礼を受けてない地域が
多く、一部の先駆的な人達によって聖書学の様な分析が始まったばかり
です。僕はそれがある程度成熟した段階でイスラムに取り組むつもりです。
イスラムの習慣について知りたい人は日本イスラム協会へお尋ね下さい...
イスラムの教義について勉強したい人は、その手のwebが一杯ありますので
研究してください。
こういう説明は多分10回位したと思うけど...


371 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 11:40:03 ID:zEUHoE2y
他国や他民族の由緒や伝承や継承を
自分の伝承として地名や人名や爵位や世代など改ざんして付け加え勝ち誇る文化ですしね。

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1146930444/245n-247

福音書のイエスの言葉
使徒のイエスの言葉の解釈の解説の手紙
ユダヤの預言や律法の引用や参照箇所の裏づけ
という順序の
三拍子があって初めてキリスト教と言え、ほかの解釈は異端とか異教です。
ユダヤ教は使徒書簡と福音書を否定してますし
イスラムは使徒書簡を否定しています。
だから別宗教だし、異教なのです。と解釈しています。

おおまかに、ニカイア・コンスタンチノープル信条を唱えや
主の祈りを用い
キリエ・エレイソン(主よ、憐れんで下さい)を言え
カトリックのカテキズムや要理・ハリストス正教会の正教要理から
外れた解釈さえしなければ、クリスチャン的には問題ないと思います。
と信じています。洗礼を受けていないし、所属教会がないけど。


372 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 12:01:26 ID:YcOlr5c4
>>371
>他国や他民族の由緒や伝承や継承を
>自分の伝承として地名や人名や爵位や世代など改ざんして付け加え勝ち誇る文化ですしね。

>http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1146930444/245n-247

なぜここで朝鮮の話が出てくるんだ?

373 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/06(火) 14:38:49 ID:Bv1LN/X3
>>368
異論を唱える人達を火あぶりにしたのも
魔女狩りなんて言うのをしたのも、十字軍でイスラムの社会を
血の海にしたのも、いまでもキリスト教徒でありながら、自分と価値観の違う
者と争うのも、彼らはキリスト教徒でありながら、キリスト教(イエスの教え)を
理解していないからだよ。新約を社会の弱者のたわ言などとほざく
君のようにね。復讐は、父なる神のすること。
全て他人に対して行ったことは、自分に対して行ったこと。それらの報いは必ず受ける。
これを仏教では、因果応報と呼ぶ。

クルアーンこそ君の世俗的なアプローチにもっともよくあう書物なんじゃない。
あれはほとんど、世俗的なアプローチで説明がつくものだ。言っちゃ悪いが、真理のかけらもない。
ただ、一神教は、誰かが仕組んだものだと、俺は勝手に思っているので、
そういう面で見れば、イスラムも、その危険な教義も、別の側面が見えてきて面白く思う。
ただクルアーンには、アッラーが、自分のことを、「我々」という複数形で呼ぶときと、
「我」と単人称で呼ぶ時があり、記憶では、「我々」と複数形で呼ぶ時は、エゴ丸出しで、
「我」と呼ぶ時は、そうでもないと感じたんだが、思い違いかな?もしそうなら、なるほど面白い
と思えるんだけどな。ま、内容くだらないんで、もう一度読む気には
なれないから読まないが。あれをもう一度読むのは、拷問に近い。内容がつまらなさ過ぎる。

ところで、ダビンチの最後の晩餐、たしかにどうみたって、イエスの隣にいる、ヨハネとされる人物は、
女にしか見えんね。また彼の残した岩窟の聖母などの絵を見ると、
イエスより、洗礼者、ヨハネのほうを、上に見ていた節がある。確か彼は、モナリザと同じく、
この洗礼者ヨハネの肖像画を、旅行に出るときも、肌身離さずもっていったとも聞く。シオン修道会の
総長だった彼は、このイエスと洗礼者ヨハネの関係をどうみていたのだろう。
そういえば、フリーメーソンなども、実はイエスはあまり重要視していないようなことを書いていたのを、
何かの本で読んだ覚えがある(たぶんトンデモ系だと思うが・・・)
なにか、イエスと洗礼者ヨハネの間には、秘密が隠されているような気がするんだよね・・・・・。

374 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 15:06:05 ID:5Rdp7Zuf
なぜカトリックの話がキリスト教全体かのような流れになっているのだろう。
十字軍で殺されたのはユダヤ教徒やイスラム教徒ばかりではなく
他の派のキリスト教徒もだったのに。

375 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 19:46:38 ID:GHqJ3kJW
経典に殺人が書いてあるとその宗教はアカンのだって
チョーチョーチョー短絡思考ざんすね...何処かの
馬鹿協会の十八番ざんすね...何か理由を付けて
他者を批判しないと成立しない教団なんざんしょ
そんな馬鹿どもは日本の様な律法の国には住めないのでは
日本国刑法199条
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

わはははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははは



376 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 19:52:58 ID:GHqJ3kJW
イスラムへ入ると人殺しを教わるだって...何処の馬鹿が
そんな事を言ってるざんすかねぇ...
世界に約30億人のイスラムが、平和に生活してるのにねぇ
そりゃ貧しい人もいるし、リッチな人もいるでしょう
アホもおれば賢い人もいるだろうね...北朝鮮の人達は
韓国の人が貧しくて橋の下で生活してると言うのをマジで
信じてるらしいけど、それと同じくらいオツムの弱い人達
だw...そんなの子供からも馬鹿にされるだろうに...
わははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははは

377 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 19:58:19 ID:GHqJ3kJW
あほその...5
イスラエルで神の名を口にしたら、ぼこぼこにされるんだって
彼らはデマで神の名を口にしなかったんだって...
こんなアホな事を言うのも馬鹿げてるし、信じる信者は
もっとアホだよ...イスラエルも立派な法治国家ですよん...
そういう法律があったとしても、警察に通報されて、官憲が
取調べをして、然るべき量刑(多分罰金刑)に処されるん
だろうと思います。ぼこぼこにされると言う発想が幼稚極まりない
ざんすね...こんな馬鹿協会早々におやめなさい...わはは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは



378 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 19:58:22 ID:DNygTomU
ん?

さんじゅうおく?

20億人ほど水増ししてないか?

379 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 21:12:06 ID:GHqJ3kJW
馬鹿教会がどうしても言いたい事らしいので、おしえてやるw 
クルアーン
2/190−193
神への信仰の為にお前達に敵対する者と戦え。しかし、度を越しては
ならない。神は度を越す者を愛さない。
お前達の出合ったところで彼らを殺せ。お前達が追放されたところから
彼らを追放せよ。迫害は殺害より忌わしい。しかし、彼らがお前達に
戦いを仕掛けない限り、聖なる礼拝堂周辺では戦ってはならない。
もし彼らが戦いを仕掛けるならば、彼らを殺せ。不信者の報いは
こうなるのだ。
しかし、彼らがやめたならば、神は寛容にして慈悲深いお方である。
迫害がなくなるまで、宗教が神のものになるまで、彼らと戦え。
しかし、彼らが(迫害を)やめたならば、無法者を除いて敵意を
持ってはならぬ。

380 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/06(火) 21:15:08 ID:GHqJ3kJW
>>393
失礼しました。聖書もろくすっぽ読めない人達に
出すべきではありませんでした。こいつらには多分
「殺せ」の文字しか見えないと思います。...わはははは
ははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははは


381 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/06(火) 23:14:58 ID:hhS4suWZ
>>379
だからクルアーンは下らないんだよ。
クルアーンに出てくるアッラーとかいう神は、”ムハンマドと言う男のエゴに過ぎない”。
あんたの引用したこの文章一つとってもあきらかだ。
まさか聖書をひねくらかせて、無理やり世俗的なことに解釈できるだけの人が、
クルアーンは、単にムハンマドのエゴが作り出したものだと、
気付かないとでも言うのかい?いいことを教えてあげよう。グノーシスでは、クルアーンにでて
くるエゴ丸出しのアッラーみたいな神のことを、アルコーンと呼ぶんだよ。
アルコーンはこの世の権威のことだ。それは無知であり、妬みであり、嫉妬であり、
識別である。彼らは我々を地獄に引き摺り下ろし、彼らに囚われている限り、人は生きない。
死人のままだ。世俗諦的な思考しかできない君には、聖書の理解、キリスト教の理解は無理だ。
クルアーンの研究すればいいのに。君のような人のアプローチだと、そのほうが有意義な
成果を見せると思うよ。世俗的な意味しかない経典を元にしている宗教は、
クルアーンが成立した頃と比べ、社会のシステムが格段に進歩した現代では、
もう役目は終わってるんだけどね。おっと、イスラムはなにも意味のないものだとは思っていないよ。
イスラムは、新約成就の当て馬としての役目を果たすだろう。そういう意味では、ムハンマドは
最後にして最高の預言者として認めるよ。ただ、イエスとは比べるまでもないけどな。
はっきり言って、ムハンマドは、真理を知らない。

382 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/06(火) 23:40:50 ID:hhS4suWZ
>>376
それを言うなら、世界に何十億といるキリスト教徒の中にも
そりゃ貧しい人もいるし、リッチな人もいるでしょう
アホもおれば賢い人もいるだろうね...となるわけだ。
むしろ客観的に見て、イスラム圏の者達より、社会のシステムは成熟し、
キリスト教徒の方が、教育水準も高く、利口な人が多いだろうね。
いや、これは何もエコひいき無しに、客観的にみた事実だろう。
はっきり言って、今の時代、キリスト教徒より、イスラム教徒の方がはるかに
ドキュン度が高い。これは動かしようのない事実である。

なにごとも、正しく見る目を養うのなら、このように、何の偏見もなしに、あるがままを
あるがまま受け入れ、エコひいき無しに、客観的に、正しく判断しないといけないなー。
そうすれば君も、聖書に書かれている本当の真意を見出せるかもよ。
ちなみに新約には、秘められたメッセージがある。利口なものはそれを見出すだろう。
そして彼は、生ける者となるだろう。

クルアーンにあるのは、世俗的なものしか見出せない。
利口なものは、これは、一神教どうし、争わさせる為にできたものだと、知るだろう。

383 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/06(火) 23:44:33 ID:hhS4suWZ
キリスト教は、社会の成熟度と共に、社会と共存すると言う意味で、成熟していったが、
イスラムは彼らの宗教が成立した、千五百年前と、変わらないでいる。それはクルアーンを経典にしている、
彼らの宿命である。彼らはこの現代でも、彼らに否定的な事を言う者に、指導者自ら
死刑宣告し、違う国のものであろうと、末端の信者達が、実際に手にかける。
たしか、クルアーンを、悪魔の経典だかと言う題名で、否定的に書いた日本の教授が
これで殺られたはず。あの首切りも、クルアーンの教えによるものだ。

クルアーンにでてくる、アッラーという神の、本当の名を教えてあげよう。彼の名は、「エゴ」と言うんだよ。


384 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 03:01:49 ID:ZaUPx9Ok
混沌と無秩序 
混沌と秩序

385 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 03:26:42 ID:582qQfqX
イスラームがテロ宗教であるというイメージは、キリスト教が必死に
世界に植えつけようとしているイメージ。だからイスラムはキリスト教徒
の望みどおり徹底的にテロ宗教としてテロのイメージ作りに貢献して
あげたらいい。これほどキリスト教が喜ぶことは他にないと思う。

386 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 09:31:48 ID:76ZwUTNv
>>383
>たしか、クルアーンを、悪魔の経典だかと言う題名で、否定的に書いた日本の教授が

その人はラシュディという作家が書いた「悪魔の詩」という小説を訳したために殺されたのであって、
訳した教授はイスラームに対して全く敵対的ではございません。

387 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 10:42:14 ID:f9BcXdsE
悪魔の詩
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A9%A9

怖いね・・・・・

388 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 15:28:11 ID:6Cx/774Y
>>383
「首切りはコーランの教え」のソースを教えてくらはい。

389 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/07(水) 20:35:41 ID:GjA9r/4s
イスラムに関しては、もっともっとキリスト教会が泣いて喜び
そうな話は一杯あるよ。
チャント勉強しましょうね....わはははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは

390 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 21:01:31 ID:+gWrPNMZ
>>367
計算も全くしてないし、知ること自体は簡単な内容だけど。

聖書は現代を持ってなお光が鮮明になってくるはず。このことは人の知恵が本来のものに
重なる、時熟なることなのか、などとと感じている。
時熟なれば、熟することは神様の御計画。

これ自体まだ直感レベルなんだけどね・・・これからそういった現象が発見できるかどうか。

391 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/07(水) 21:05:48 ID:GjA9r/4s
僕は以前キリスト教会はセンサーの役目を果たしてるって言っただろ
コイツラが必死になってる事を調べると、こいつらの馬鹿さ加減が
判るんだよ...コーランに首切りの聖句はないよ...
わはははははははははははははははははははははははははははははは
キリスト教会は、ガセ・でっちあげ・噂・偽の情報、どこの社会にでも
ありそうな話をあたかもその社会特有の事の如く、サンザン起こってる
が如くプロパカンダして、(昔はそれで魔女狩りしたんだろ)、その体質は
全く変わってねえや
スケープゴートの対象が魔女狩りからイスラムになっただけさ...
僕はイスラムがこいつらの言葉通りの宗教かどうか知りたくてムスリム
になったんさ....わはははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
こいつらがあーだこーだ言ってたら、言われてる立場の人の事を調べて
みましょう...こいつらがまともな情報や情報分析力を持ってるか、判り
ますよ...わはははははははははははははははははははははははははは
阪神大震災の時に関西に住むイスラムがレイプをしたという噂が流れて、調
べてみたら馬鹿なキリスト教会のガセネタですたね...馬鹿な連中の
言ってる事に本当の事もあるんでしょうが...キリスト教会はそんな事
でもしないと組織が持たんのでしょう...時々やってるね...
わははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは



392 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/07(水) 21:37:10 ID:GjA9r/4s
普通の人は、マスコミ報道の方を信憑性のある話として聞いておきましょう
イスラムに関しての情報を馬鹿教会の信者が口にしていたら、その中に信憑
性の高い情報は3%位しかありません。奴等の聖書の理解度合いを考えた
ら、他の宗教をまともに理解するとはとても考えられないでしょ...わは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは

狼少年じゃないけど、日頃まともな事が言えない奴らの言葉を、誰がマジに
聞いてると思ってるの、「また馬鹿が吼えてる」位にしか聞いてないよ
わはははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは



393 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 21:56:55 ID:xNrA74nx
>>383
>首切りはコーランの教え
これかな? ↓

なんじらはかれら(=不信心者たち)の首をはね、またかれらのそれぞれの指先をうち切れ



394 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/07(水) 22:35:11 ID:GjA9r/4s
>>393
>なんじらはかれら(=不信心者たち)の首をはね、またかれらのそれぞれの指先をうち切れ
何章何節と出すんだよ...お前さんの教団の資料には何処に書かれてるか
書いてないのか?
例えばサムエル記17/51
今日、主はお前をわたしの手に引き渡される。わたしは、
お前を討ち、お前の首をはね、今日、ペリシテ軍のしかばねを
空の鳥と地の獣に与えよう。全地はイスラエルに神がいますことを
認めるだろう。
と言う様にね


395 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/07(水) 22:44:33 ID:XgY6h+IY
あの世も、彼の世も、主人公は我一人。

>>391
>コーランに首切りの聖句はないよ...

なんで嘘をつくんだよ、ココモスキー。その心は何処から来る。
エゴは、アルコーンである。アルコーンはこの世の権威、支配者達である。
お前達は死神を拝んでいる。真に滑稽なことだ。無知とは真に恐ろしい。
無知とは、アルコーンの親玉。デミウルゴスのことだ。
グノーシスでは、無知、つまりこのデミウルゴスがこの世を創造したとする。
さて、このデミウルゴスは何処にいるのかな?

>>388
ネットでは、イスラム教徒が異教徒に対する残酷な殺害、あの首切りがごろごろ
転がっている。おかしいと思わないかい?中世じゃあるまいし、
処刑するにしても、なにゆえ彼らが、あのような残酷な殺害方法選ぶのか?
鉄砲でズドンとやれば済む話。あの殺害方法は、非常に残酷なものである。

クルアーン47_4.
>あなたがたが不信心な者と(戦場で)見える時は、(かれらの)首を打ち切れ。
>かれらの多くを殺すまで(戦い)、(捕虜には)縄をしっかりかけなさい。
>その後は戦いが終るまで情けを施して放すか、または身代金を取るなりせよ。もしアッラーが
>御望みなら、きっと(御自分で)かれらに報復されよう。
>だがかれは、あなたがたを互いに試みるために(戦いを命じられる)。
>凡そアッラーの道のために戦死した者には、決してその行いを虚しいものになされない 。

キーワードは、人質。首切り。身代金。彼らの行動は、クルアーンから来ている。
彼らには罪悪感はないだろう。イスラムは律法の宗教である。

396 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/07(水) 22:48:13 ID:XgY6h+IY
クルアーン9_5.
>聖月が過ぎたならば、多神教徒を見付け次第殺し、またはこれを捕虜にし、
>拘禁し、また凡ての計略(を準備して)これを待ち伏せよ。
>だがかれらが悔悟して、礼拝の務めを守り、定めの喜捨をするならば、
>かれらのために道を開け。本当にアッラーは寛容にして慈悲深い方であられる

何度も言うが、クルアーンに出てくる唯一絶対の神の正体とは、ムハンマドという男の、エゴなんだよ。


397 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 22:48:45 ID:xNrA74nx
テレビのアラビア語講座で、イスラム教徒はコーランの一節を聞くだけで何章何節かわかるんだって。
でも頭の悪いボンクラ似非イスラム教徒には千年かかっても無理かな(⌒▽⌒)アハハ!
てかコーランも持っていないかもヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

398 :名無しさん@3周年:2006/06/07(水) 23:05:24 ID:N/HrH8wv
正直ココモスキーは聖書の研究より、
コーランの研究でもしたほうがいいと思う。
聖書の解釈と同じく、コーランも、
世俗的に解釈して、世間に発表しようものなら、間違いなく殺されるだろうけど・・・

399 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/07(水) 23:23:08 ID:GjA9r/4s
馬鹿どもの話をそのまま信じる人は少ない(同じレベルのオツム
の人達は信じるだろうが)と思うけど...残念ながら、イスラム
の国は近代化に遅れをとった国が多いのは事実だと思います。
それでそれぞれの近代化の遅れた国の統治者も反体制組織も
イスラムを利用して民心を引き付けようとしてるのが現実だと
思います。
現在は残念ながら馬鹿キリシタンのスケープゴートにされてますが
イスラムの学者もキリスト教神学(聖書学)に無関心ではなく、
近代イスラム神学が目覚しく発達してきてますし。イスラムの諸国
も近代化の波にもまれ、何れは馬鹿どものスケープゴートから卒業
できると思います。
その時は、申し訳ありませんが馬鹿教会様は又別のスケープゴート
を探してください。
鰯の頭を崇拝してる人達がいますので、ご紹介します。
こういう人達よりは馬鹿キリスト教会の方がインテリジェンス
が高いのでは...
男女の生殖器を拝んでる人達もいます。お得意分野ではないで
しょうか...大いに攻撃したって
わははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは





400 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/08(木) 00:49:39 ID:fJaFeYl6
イスラムと言うか、宗教とその宗主とその信者とその国家とその経典はそれぞれ
それようのスリップを使わないと認識する事はできないと思いますよ。
キリスト教で言うと
キリスト教とイエスと言う人とキリスト教徒とキリスト教国家(例えばヨーロッパ
の何処かの国)とその経典である聖書は、全部全く違う次元で考えないと
理解できないヤロ...
イスラムもそうだべ
イスラム教とムハンマドとムスリムとイスラム国家(例えばサウジアラビア)
とその主要な経典であるクルアーンはもちろん密接な関連はしてるんだけど
ね...
それを自分みたいな素人がわかってるレベルだけでも相当な時間が必要だと
思うし、全部を説明するのは自分みたいな素人であまり能力の無い人間には
不可能です。



401 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/08(木) 01:04:36 ID:fJaFeYl6
馬鹿なキリスト教徒連中は、転々ばらばらな物を自分達にとって
都合の良い物をかき集めて、自分達のスタンスが成立させる事しか
考えてないんだw....そういう思考回路なんだって...
カンボジアのポルポト政権下で殺害された数百万人の知識人の頭蓋骨
をあるキリスト教の宣教師がイスラムがやった事にしようとしたらし
いんだけどね...キリスト教会ならやりかねない事だけど、残念
ながら、非キリスト教会の国(日本を含め)が多かったので、キリスト
教の十八番は使えなかったらしい...これだけ情報伝達が発達した
時代に、馬鹿クリスチャンは数百年前と同じ手法を使ってるんだw
今は魔女狩りの時代じゃあるまいに...

402 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/08(木) 01:20:15 ID:fJaFeYl6
イスラム怖いって言うのは、馬鹿キリスト教徒が作ったものだ
と言うのは皆さんよーーーーーーーーー判ったと思いますよ
だから何回も言ってる様に、馬鹿キリスト教徒はセンサーだって
言ってるんですよ...こいつらはイスラムを仮想敵にして
自分達の引き締めをしてるんだよ...僕も折角イスラムの友達が
大勢いるので、少しイスラムの勉強をさせてもらいますw
こいつらをボロボロにするのは、もしかしたら普通のイスラム
を周知させる事が良いかもしれませんね...ただイスラム神学が
もう少ししたら成熟するのが判ってるんで、それからにしようと
思ってたんですがね...実はイスラムの友達に聖書学を
吹き込んでるのは自分ナンスよ...キリスト教徒は馬鹿ばっかり
だけど、聖書学はハイレベルでイスラムの近代化に貢献するよ
って言ってるんですw...わははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


403 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/08(木) 01:33:43 ID:fJaFeYl6
イスラム怖いって言うのは、馬鹿キリスト教徒が作ったものだ
と言うのは皆さんよーーーーーーーーー判ったと思いますよ
だから何回も言ってる様に、馬鹿キリスト教徒はセンサーだって
言ってるんですよ...こいつらはイスラムを仮想敵にして
自分達の引き締めをしてるんだよ...これをしばらく連呼しよ

それでね、近代イスラム国家のモデルが早くできないか待ってる
んですよ...僕が期待してるのはマレーシアなんですがね...
その前にイラクが沈静化したらそちらの方が早いかも知れませんが
馬鹿キリスト教徒ご一行の為には、過激で野蛮で無法なイスラムの
テロリスト様達がいないとイカンのでしょうね...この人達の
飯の種のためにテロリスト達もしばらく生かせておきましょうね...
犠牲になった方々は気の毒なんですが、このテロリスト達に頑張って
もらわないと、馬鹿教会のモチベーションもなくなってしまう
らしいのでいたしかたありませんね
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


404 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/08(木) 01:58:03 ID:fJaFeYl6
それにしても馬鹿ばっか、自分がイスラム信者で最近はご無沙汰
だけどね,神戸のモスクは安息日に行けば何時でも馴染みの友達が
いるんですよ...みんな自分が聖書をいつも持ってることは
知ってるし、いく度に「聖書には何て書かれてるんですか」って
聞かれるンですね...その都度コーランの主張も聞かされるw
...でコーランのその部分の解釈はちょっと違うんじゃないのか
って言う論議になりますよ...コーランと言うのは文章が
判りやすいので、一章を比較的早く読む事ができますのでね
...だから、何処にどんな文章が書かれてるか覚えきれないん
ですね...馬鹿キリスト教徒は血眼になってキリスト教風に
探すんだけどね...これもキリスト教の十八番ですが...


405 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/08(木) 02:22:31 ID:IuN6PcLm
>>404
>馬鹿キリスト教徒は血眼になってキリスト教風に
>探すんだけどね

いや、多くのキリスト教徒は、イスラムなど眼中に無いと思うよ。
創価と同じくね。どちらも相手にしていない。
2chみてもわかるだろう?キリスト教徒はわざわざ、創価のスレや、イスラムのスレまで
行って、彼らの信じるものを、必死で、一生懸命貶したりはしない。
が、君らは必死で、キリスト教スレまで来て、キリスト教を貶してくる。あんたが
必死でキリスト教を貶し、イエスを普通の人としておとしめ、聖書を世俗的なものと無理やり解釈
する動機は、結局、イスラム教徒としての、キリスト教に対する妬み、
敵対心だったんだな。つまらない男だ。

実際イスラム教には興味が無い。悪いけど、イスラムは新約成就の当て馬でしかない。
クルアーンに真理は無いよ。俺の言ってる事に間違いは無い。
クルアーンに出てくるアッラーとか言う神の正体は、ムハンマドのエゴだ。グノーシスでは
これをこの世の権威、アルコーンと呼ぶ。無知な君らは、死神を拝んでいる。
君のネット上での行動、発言は、全てこのエゴから来ている。君らは生きない。死人のままだ。
真理を知らないムハンマドと同じくね。現代の教育を受けた者が、なぜ、
イスラムなどに傾倒していくのか、不思議でしょうがない。全て他人のした事、しなかった事は、
自分自身に対してしたこと、しなかった事。それは天の父に対してした事、しなかった事。
貶す者は、貶される。ところでココモスキーさんよ、あんた、吉野家の豚丼は、食ったことがあるかい?(苦笑)


406 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 09:47:08 ID:RqQ0lAxQ
うーん、自分の間違いに目を向けられない人が多いね・・・
ココモも>>395へのレスをしないし・・・なんだかなあ。

407 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 11:26:06 ID:uF+1LJD2
>>404
嘘つけ!
異教徒の首切りなんてグロテスクな表現はコーランでも数箇所しか出てこないから、
ちゃんとコーランを読んでいれば、絶対に頭の片隅に残っているはずさ。

>みんな自分が聖書をいつも持ってることは
>知ってるし、いく度に「聖書には何て書かれてるんですか」って
>聞かれるンですね...その都度コーランの主張も聞かされるw
神戸のムスリムからも呆れられてるんだねw

408 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 18:47:12 ID:ABXdWxb3
ココモスキーがコーランの首切りを知らないわけないんだよ。
で、ここをみてる人は、コーランなど知らないだろうとたかをくくって、
>>394の書き込みを見てもわかるように、旧約のサムエル記など引用して、
あたかもキリスト教のほうが、人殺しの教義を持つように皆に思わせ、コーランにはそのような
教義はないと嘘をつく。

イエスは、新しい葡萄酒、古い葡萄酒、新しい布、古い布の例えをみてもわかるように、
このような古い教え、古い律法を、廃止し、新しい教えを授けに来たんだけどね。
それをイスラム教では、旧態前とした、旧約に負けず劣らずの古い教え、古い律法に戻してしまった。
たく、どっちがプロパガンダ貼ってんだか。ここのココモスキーって人、
捏造までしてプロパガンダ貼り、皆をミスリードに導こうとするところや、質問箱からの粘着ぶりといい、
ここでの発言、振る舞いといい、相当に性質が悪いぞ。


409 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 19:00:53 ID:6QSwXuON
>>408
それじゃ、キリスト教は旧約(神がモーゼに授けた律法)を破棄しているの?
キリスト教は旧約の「古い律法」を否定し、それとは異質の「新しい教え」になっている、と。


410 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 19:18:47 ID:aMGOwaKu
結局ココモスキーがここにいる動機は、聖書の聖句を正しく解釈しようというものではなく
世俗的な解釈をして、聖書を世俗的なものにし、イエスもただの人にして
コーランを聖書の上に、ムハンマドをイエスの上に、イスラムマンセーとしたかっただけなんだ。
よくわかりました。しょうもない人だね。なんか自分を攻撃してくるのは皆キリスト教徒だと、
かなり被害妄想入ってるようだけど、俺はノンクリ。
勘違いしないように。俺はただ客観的にみて感じた事を言ってるだけだから。ほとんどの人は、俺と同じように感じたはず。しょうもない人だ。

411 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 19:30:46 ID:cmbyPPcB
烏の弟子か本人か

412 :名無しさん@3周年:2006/06/08(木) 19:32:26 ID:ABXdWxb3
>>409
マタイ5:35〜38
>「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。
>しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、
>左の頬をも向けなさい。

ここにあるのはほんの一例。目には目を。歯には歯を。の教えは旧約の教え。
新しい葡萄酒、古い葡萄酒、あたらしい布、古い布の例え。

マタイ9:16〜17
>だれも、織りたての布から布切れを取って、古い服に継ぎを当てたりはしない。新しい布切れが服を引き裂き、
>破れはいっそうひどくなるからだ。 新しいぶどう酒を古い革袋に入れる者はいない。そんなことをすれば、革袋は破れ、
>ぶどう酒は流れ出て、革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。そうすれば、両方とも長もちする。」



413 :名無しさん@3周年:2006/06/09(金) 01:01:43 ID:kddUiKlx
イスラム神学が もう少ししたら成熟するのが判ってるんで

こいつら*1 をボロボロにするのは、もしかしたら普通のイスラム
を周知させる事が良いかも

実はイスラムの友達に聖書学を 吹き込んでるのは自分ナンスよ...
キリスト教徒は馬鹿ばっかり だけど、聖書学はハイレベルでイスラムの近代化に
貢献するよ って言ってるんですw...わははははははははははははははははは

僕はイスラムがこいつらの言葉通りの宗教かどうか知りたくてムスリム
になったんさ....わはははははははははははははははははははははは

*1 馬鹿クリスチャン

414 :名無しさん@3周年:2006/06/09(金) 12:59:03 ID:w01s+kQ0
斜め読みしただけで読んだ気になってるとロクなことがないな。

415 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/09(金) 23:11:43 ID:/98gjClq
今日のトマス 69節
>イエスは言われた。”心の中で迫害された人たちは、幸いである。
>彼らは、父を真実に知った人たちである。飢えている人たちは、
>幸いである。欲する者の腹は満たされるであろう”
この文章は山上の垂訓で有名なところなので、敢えて何処とは出し
ません(普通に考えたら、クリスチャンは誰でも知ってるハズだから
...実はクリスチャンと言われる人のごく一部の人は知ってるで
しょうから)...
某正典福音書から
>義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
>義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。
ここで違う所が、正統(今後はキリスト教会派とします)とグノーシス
の違いです。
キ教会は         グノーシス
「義の為に」<−−−−>「心の中で」
「天の国は..」<−−>「父の真実..」
「義に飢え乾く」<−−>「飢え乾く」
「天の国」については、グノーシスはキ派的な思想が無かった様です。
グノーシスには一般的な学者が「御国(僕はそれなりの思惑があって
敢えてこの言葉を「神の国」と訳してますが)」と訳す言葉が多いの
ですが、敢えて「天の国(神の国)」と言う言葉を抑えてます。
「義の為に...義に飢え乾く」は、グノーシスでは抑えてます。
それで不思議な事に「義の人ヤコブ」は使われてます。
これも、キ派で使う「義」とグノーシスの「義」が違うからです。
両者の思想の違いがこの様な細かい所に随所に現れてるわけです。


416 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/09(金) 23:59:24 ID:wQv41swf
>>414
斜め読みも糞も
クルアーンなどムハンマドのエゴが書き上げたようなものだ。
それ以上の、なにがあると言うんだよ。
あれは一神教同士争わせる為だけのもの。それ以上の存在価値はない。
新約成就の為と考えたら、重要な位置を占めていると言え、
ムハンマドはそういう意味で、最後にして最高の ”預言者” と言えるだろう。
ただ、それだけの存在だけどね。
今日アルカイダの幹部が、米軍の爆撃で殺害されたと報道された。
早速イスラム系のテロ組織が、聖戦、ジハードを声高らかに歌っている。
なにが聖戦だ。争いに「聖」も糞もないんだよ。
イエスは言った。「右の頬を打つ者には、左の頬も差し出してやれ。」
憎しみは憎しみを呼び、復讐は復讐を呼ぶ。真に、この負の連鎖を断ち切るには、
どちらかが、相手を許し、敵を愛する他はない。これは過去も、現在も、未来も、
永劫に続く真理である。これが実現できれば、世に平和が訪れるだろう。
と、これはあくまで世俗的に説明したものだ。仏教ではこういう説明を方便と呼ぶ。
これはこれで間違いではないが、イエスの「敵を愛せ」の教えの真意はこんなことではない。
真理を知らない、興味の持たない世間の者に、いきなり真理を語ったところで理解されない。
だから、世俗的な例えで説明をする。彼らに聞く耳を持たせる為に。
彼はこの世を捨てろといっている。勝儀的に説明をすると、「敵を愛せ。」
これは真の命を得る道である。己のエゴを滅ぼす者は、単独者として、真の命を得るだろう。

目には目を、歯には歯を。と、旧約の律法に立ち戻った、クルアーンのどこに、
真理などあるんだよ。あれは、実に、世俗的な内容の書物だ。エゴに支配された、
この世の我々には、イエスの教えより、こちらのほうが理解されやすいだろう。
たが己のエゴを、崇拝するものは、死人のままだ。無知な者は生きない。死人のままだ。


417 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/10(土) 00:33:52 ID:+vUjQ/L+
グノーシス=知恵。
一口にグノーシスといっても、色々ある。
今のキリスト教が、プロテスタントなどに別れ、同じキリスト教でも
教義が随分と違うように、グノーシスも、宗派によって、
随分教えも違っていたそうだ。中には水晶をみて、霊感がどうたらこうたらと、
本当か嘘か知らんが、そういうものもあったそうだ。
勿論こんなのは論外だが、多くのグノーシス文書は、今のキリスト教会が教える
ものより、非常にレベルが高い。はっきり言って仏教を理解しない者が
読んでも、内容はちんぷんかんぷんだろう。早く言えば、真理から遠く離れてしまっている、
今の教会の指導者も含め、信者等、読んでも理解する人は非常に少ないのではないだろうか。
今の教会の教えと根本的に違うものがある。
例えば、今のキリスト教会が、父なる神を、外にいる、つまり第三者的に捕らえるものに対し、
グノーシスでは、自分自身に見出す。今の教会の教えでは、この世の創造神、
ヤハウェと呼ばれる、自らを妬む神と呼ぶ、死神を、イエスの言う、天の父と同じものとするが、
グノーシスでは、この世の創造神を、デミウルゴス、つまり、「無知」と呼んでさげずむ。

418 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/10(土) 00:34:43 ID:+vUjQ/L+
〜トマス
>イエスは言われた。”あなたがたがあなたがたの中にそれを生み出すならば、
>あなたがたが持っているものが、あなたがたを救うであろう。
>あなたがたがあなたがたの中にそれを持っていないならば、
>あなたがたがあなたがたの中に持っていないものが、あなたがたを殺すであろう”

デミウルゴスや、天の父は、どこにいるのか?それはその実、我々の内にいるのだ。
自分自身を知るものは知られる。知らないものは、無知の中にいる。彼は生きない。

グノーシスでは、この肉の身体とは、死の牢獄だと説く。
グノーシスの言う天の国を、この世のこととして説明しようとする者は、全て、トンデモである。
それは新約に出てくる天の国も、同じことである。キリスト教は、現世利益を求める宗教ではない。
現世利益を求める教えの宗教家が、進んで殉教などしない。アホはそこを理解しない。
俺は、新約聖書も、グノーシスも、言ってることは同じだと思うけどね。
今の教会の指導者達が、イエスの弟子達が残した文書にある、秘められたメッセージを読み取れないだけ。
そして、キリスト教を知らない牧師、神父達が、信者に間違った教えを説いている。
どちらも、天の御国はこの世にあるものではなく、真の教会、エクレーシア(集会)はこの世にはない。
エクレーシア、真の集会とは「一」のことである。相対的なこの世に、「一」はない。
今の教会の教えと、グノーシスの教えは随分違うものだが、それはあくまで、今の”教会の教え” と
違うものであって、新約聖書のメッセージもグノーシスの教えも、本質的には同じものだよ。



419 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/10(土) 00:49:20 ID:+vUjQ/L+
仏教では、無明から、この世の生存を産むと説く。
キリスト教徒は、もっと仏教を知るべきだ。ここで勘違いしてはいけないのは、
仏教とは大乗系ではなく、釈迦の教えのことだ。
禅宗や、般若心経が、仏教ではないので勘違いしないように。
般若心経を否定はしないが、あれで全てを説明しようとするから、彼らは大いに迷う。
「空」それはこの世の事を説明しているに過ぎない。一切行無常。一切法無我。一切皆苦。
そして涅槃静寂。仏教の言う、一切とは、五感から知覚できる世界。つまりこの世のことだ。
釈迦は、「一切皆苦」だと言い切っている。涅槃はこの世には無い。
イエスの、真の教えを知りたければ、キリスト教徒は、今の教会の牧師、
神父などの能書きより、仏教を理解した方が、よほど為になる。

これだけ言っても、仏教といえば禅宗と勘違いして、さらに真理から遠のく者がいるのには、
困ったものだ。釈迦の教えを理解するのは、とてもよいことだ。イエスの教えも釈迦の教えも、
同じものだと知る者は幸いだ。


420 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/10(土) 01:07:15 ID:ExKAcjVY
集団思い込みの怖さ...わはははは、キリスト教会の事じゃないんだ
某大手制御機器メーカーの製品の改良設計を請け負いましてね...
そのメーカーが現在生産してる製品の回路図をチェックしてましたら
1個所トランジスタが逆に付いてる事が判りました。専門技術の判る人
でしたら、pnpトランジスタのCとEが逆だったと言えば判ると思います。
人に危害を加える話ではないのでバラシますが、性能が設計目論見に対して
半分以下に落ちてしまいます。沢山の人がチェックしたはずなんですがね
誰も気づかなかったんですかねぇ...みんなもっと性能が出るハズ
なのにこんなものなのかなぁ...まさかこんな間違えはしないだろう
と言う思い込みなんですかねぇ...僕も迂闊な事は言えないので、
サンザンドキュメントを調べて通りかの可能性を検討して逆で
ある事を確信して、この大手メーカーに連絡したんですね...
それでこのメーカーでも大騒ぎになったらしくて、次の日は電話・メールが
殺到してしまった。
「早々に切り替えたいから、次の物を早く設計してくれ...」「どうして
誰も気づかなかったのか判らない」....続きを知りたい人は直接メール
をしてくだはい...


421 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/10(土) 01:26:53 ID:ExKAcjVY
馬鹿キリスト教団のイスラム批判はキリスト教とは関係ない誰かが
操ってるのかも知れませんな...確信は持てませんがね...
日本にイスラム信者を増やしたくないと思うのは、人口比たったの
1%のキリスト教団ではなく、マジョリティを持ってる人達だろね
...ただそのマジョリティを持ってる人達が直接どうのこうの
言い出すのは気が引けるだうしね...それを考えると馬鹿の集団
は使いやすいよね...イスラムは怖いってコイツラをそそのか
したら話は早いよ...もともと妄想の集団だし、然るべき分析能力
は殆どないし、巧みに洗脳すればコイツラ使えるでしょ...

イスラムのテロリスト対策はコイツラにお任せしましょう...
丁度うまい事にテロリスト対策と日本の廃棄物人間を同時に
処理もできるかも知れませんね

そうそう...ザウカウィ様がお亡くなりなられたそうで...
ザウカウィ様のご冥福もお祈りしましょう....

わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


422 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/10(土) 01:37:38 ID:ExKAcjVY
イスラムは怖いよ...もっとオツムの弱い人を洗脳してチョ...
できたらオツムの弱い人達をかき集めてイラクへ送ってチョ...
もちろんかの「サロメ・おたあ」も送ってちょ...

毒を持って毒を制するって言うんだよ...馬鹿クリスチャン
は打ってつけの道具だから...それで日本の国内から馬鹿
クリスチャンが大掃除できて、イスラムの国の治安がよくなったら
日本の秩序回復と国際貢献が同時にできるんだから一石二丁やで
...わはははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは

この案は、日本の健全なクリスチャンからもイスラム諸国からも
邦人イスラムからも支持を受ける案だと思うよ....わはははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


423 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/10(土) 01:52:14 ID:ExKAcjVY
コイツラのためにな、イスラム討伐軍と言うのを作りたいザンスね
シナリオライターは頭の良い人を探さないと、コイツラ疑い深いからね
だけど、落としどころを間違えなかったら、コイツラ簡単に洗脳される
んだよ...ただ健全なイラクの国民を巻き添えにするのは悲しい
事ですしねぇ...かと言ってこれだけ高度に発達した日本社会に
コイツラはどう考えてもおかしな連中だし、何処か落としどころが
ありそうな気がするんだ....わははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



424 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 09:56:58 ID:un/Yzd5+
ココモスキーは大夫病んでいるな・・・
被害妄想ていうか、一度病院に行ったほうがいいと思われ。
多くのキリスト教徒は平和的なんだけどね。
てか、ムハンマドの風刺画一つで暴動が起き、自爆テロに民間人に対して、人質、首切り。
ジハードや、自分達の土地に入る異教徒や自分達に歯向かう者は殺してしまえというイスラムは
キリスト教徒でなくとも、現代の教育を受け、近代国家に生まれ、成熟した社会に生活を営む者なら、無いほうが好ましいと感じるだろう。
たとえ今、アルカイダなどのイスラムの危険分子を一掃できたところで、
自分達の意に背く者は殺してしまえという危険な教義を持つ以上、第二、第三のアルカイダは登場するだろう。
それは危険な教義が載っているコーランを、自分達の教典にする彼らの宿命である。
そんなの普通に考えてすぐにわかりそうなこと。なんか脳内でレジェンドオブ、キリスト教徒。やってる人いるようなんで(爆笑)言っとくけど、俺はノンクリね。勘違いしないように。

425 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 11:09:19 ID:kk4azRsU
ココモスキはもっと深い所でも生きている。ココモスキを殺してしまうことは、その深い所
(存在意義)も殺してしまう。つまり殺す者は深い所を知ることができない。

426 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 12:26:16 ID:NQgwULeL
深い所で生きているて、ココモスキはアンコウか?w
確かにブヨブヨしてて、ブサイクなところはそっくりだw
ただココモスキの場合不味くて喰えたもんじゃない

427 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/10(土) 13:55:09 ID:ExKAcjVY
だろ...こいつらのシナリオは数通りしかないよ...
批判する奴がいたら...そいつは病んでいる...異常な人間だ
気が狂ってる...もっとレベルの低い教団は悪魔が取り付いている
と言うし...そうやってグノーシスも殺したし、魔女狩りをしたし、
ガリレオも投獄したし、異論を唱える人達を火炙りにしてきたんだよ、
それで今はイスラム教徒を異常集団にしようとしてるんだよ...
これ等は全部こいつらの自分等の異常さから目を晦ますだけの事だし
そこそこ判る人達には通じないんだけどね...普通の人達は、コイツラ
の方が馬鹿集団にしか見えないんだけどね。普通の大工の息子のユダヤ人を
全知全能(意味不明)の神様にしてるんだw...
わははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは



428 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 14:56:45 ID:86Jdgoko
このパン裂き(パリサタ)はこうです。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148113934/260-268 258-268


約束(キリストの恵み[罰則なし]に類似)は
契約(モーセの律法[罰則あり]に類似)ですか?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1093039943/752-756


429 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 17:05:11 ID:uEMfYYuU
ココモスキーは、自分を批判する者、自分を攻撃してくる者は全て
キリスト教徒にみえるようだ。重症だな。

可愛そうに・・・・・・・

430 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:41:54 ID:5Ozy52fW
キリスト教の間違いは、ユダヤ的なものを排除しすぎたことに根本があります。

ユダヤ教では、エデンの園からの追放を、現在の肉体を持たされたこととして、きちんと理解しているようです。
しかし、キリスト教会で、このようにきちんと「原罪」について説明できているところを僕は知りません。

431 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:43:31 ID:5Ozy52fW
キリスト教では、「アダムの罪」の結果、人が死んだ、ということの
説明が一切できないのです。

ですから、イエスの復活がどういうことであるのかも、説明できないのです。

イエスの復活は、アダムの罪からの回復だからです。

432 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:45:55 ID:5Ozy52fW
キリストについて教えているはずのキリスト教会が
「イエスの復活」について、一言も説明できないのだから
これは悲しいような、情ないような、なんとも言い難い状況なのです。

だから、すべてのキリストを信じる人に告げます。
『イエスの復活』について、聖霊の助けを求めて、深く黙想してください。

433 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:49:13 ID:5Ozy52fW
私たちの根本的な無知とは難でしょうか?
私たちの根本的な思い違いは、この世を基準に物事を捉えて
考えてしまうことにあります。

現在の人間というのは、「エデンの園から追い出されている」状態です。
このことを、まず理解しなければなりません。
これがどういうことを指すのかを具体的に言うならば、「現在の肉体」を
持たされている、ということです。

434 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 22:50:34 ID:WkoD15cq
>>430
同じ旧約聖書を信じるユダヤ人は、死者の復活や来世など信じません。
聖書では、ユダヤ教はキリスト教より遥かに先輩。キリスト教徒は、
「神の書としての旧約聖書」を、自分勝手に解釈し、簡単に改竄すること
が許されるのでしょうか。

435 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:51:24 ID:5Ozy52fW
本来の人の肉体は、現在のような「自己中心、残酷、多情」なものではないはずです。
そのような状態を神が望んでいたのではないです。

本来の状態から離れてしまった私たちの「肉体」について、聖書では
罪のからだ、とはっきりと書いているのです。

436 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:53:21 ID:5Ozy52fW
>>434

>同じ旧約聖書を信じるユダヤ人は、死者の復活や来世など信じません。

あなたは、公共の掲示板に、どうしてこのような嘘を書くのですか?
しかも、このことは大変、重大な問題であります。
ユダヤ人が復活を信じていたことは、新約聖書にきちんと書かれております。
サドカイ派だけがユダヤ教なのではありませんよ。

437 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:55:25 ID:5Ozy52fW
ユダヤ教の多くはは、現世中心主義です。
それは、「死んだら終わり」という考え方です。

ただし、もちろんそうした考えだけがユダヤ教ではありません。

438 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 22:57:33 ID:5Ozy52fW
いい加減なことを書いたり語ったりする人が多いのです。

だから、聖書以外のものを信用するのは大変危険なのです。

人は、「嘘つき」が多いからです。

真摯に祈ることをおすすめいたします。

439 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 23:01:35 ID:5Ozy52fW
現在の、この人間の肉体が不完全なものでないなら、
イエスは「復活」する必要などなかったはずなのです。

現在の、この私たちのボディは不完全なのです。
ですから、病気になったり、死んだりするのです。

人間の肉体に限らず、この世の現象すべてが物質的制約を受けてうめいているのが現実です。
復活の時代には、人の肉体のみならず、すべてが新しくなるのです。

このことを信じられる人は、さいわいです。

440 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 23:04:35 ID:wZ5rMCbi
2012年に宇宙が光の中に突入するから、
すべて変えられるよ。寿命もうんと長くなる。

441 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 23:09:51 ID:5Ozy52fW
>>440

こういう人がいるから気をつけてね。
いい加減な予言みたいなことを言う人がよくカトリック教会にいますが
ほぼ全員がいんちきですから、そうしたことを信用しないでください。

442 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 23:14:26 ID:5Ozy52fW
カトリック教会のカリスマ系の人たちは、「主の祈り」を歌うときに
手を上にあげるそうです。

何の意味があるのかは知りませんが、イエスがそのようなことをしろ、と言ったわけではないのは
聖書を読めば明らかです。

こうした他人とは違うとっぴなことをすすめる集団はいんちきである可能性が高いでしょうね。
リトルペブルも、ホスチアは口で受けなければならない、と、どうでもいいようなことを強要するのです。

こうしたことは、すべて「自分たちは他のやつらとは違う」という自意識と連帯感を高めるだけです。
つまり、イエスがもっとも嫌ったことを彼らは行っているのです。

443 :名無しさん@3周年:2006/06/10(土) 23:20:11 ID:WkoD15cq
>>436
>あなたは、公共の掲示板に、どうしてこのような嘘を書くのですか?

そんなこと言うのなら、聖書の無数の「嘘」はどうなるのですか。その
嘘の影響の範囲と程度は、2chどころではありませんよ。

ユダヤ教徒が、イエスの「復活」を信じているなど、旧約を含めユダヤ
教の教典の一体どこに書いてありますか。

前レスに「ユダヤ人」と書いたのは、「ユダヤ教徒」と訂正してください。
イエスも多くのクリスチャンも、ユダヤ人ですから。

444 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/10(土) 23:36:29 ID:5Ozy52fW
>>443

>そんなこと言うのなら、聖書の無数の「嘘」はどうなるのですか。


あなたと僕とでは、立っている土俵が違うのです。
あなたが、聖書のことを神の言葉が書かれている書物として受け入れていないからです。

ですから、あなたの納得するようなことを僕は決して書けないでしょう。
僕は、聖書からはずれたことは決して書くまい、と思っているからです。

誰かが、聖書は間違いだらけだ、と書いたなら、あなたはその人のことを喜んで受け入れるのでしょう。

445 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 00:06:56 ID:OCY9HUL4
>>444
聖書って、「神の」言葉ではなく、「人間の」言葉で書かれていますが。神の
言葉なら、「神語」で書かれている筈ではありませんか。

446 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 00:11:09 ID:P9j8tSIz
>>445

>言葉なら、「神語」で書かれている筈ではありませんか。

この世の現象が、まさにそれです。
この世の万物をつらつら眺めて、神のメッセージを感じてください。

447 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 00:25:19 ID:OCY9HUL4
>>446
凄いこと言われますね。この世の万物が「聖書」ということですね。

それでは、バイブルはもはや不要になります。この世に神を求めましょう。

448 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 00:38:02 ID:P9j8tSIz
>>447

この世の万物は、神の言によって創られたのです。
このことは聖書にきちんと書かれております。

また、聖書は何語で書かれていても神の言葉が書かれているのです。
何語で書かれたかが問題になることはありません。
この程度のことは信仰とは関係ないことで、誰でも理解できることではないでしょうか?

449 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 00:40:27 ID:P9j8tSIz
>>447

最低限、聖書が神の霊感を受けて書かれた書物であることを
受け入れている人でないと、話をしても意味がないのです。

申し訳ありませんが、神や聖書を信じたくないのなら、
あなたにふさわしい場所へ行ってください。

ここは、あなたにふさわしい場所ではないのです。

450 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 00:50:11 ID:CfsMp+sn
ダニエルお前馬鹿か?

451 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:01:47 ID:CjGtKLaE
Hi!ダニー、神ってなんだ?

452 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 01:07:31 ID:P9j8tSIz
>>451

>Hi!ダニー、神ってなんだ?

神ご自身が、ご自身のことを「I AM THAT I AM」である、とモーセに言っています。

これは、「在る」ということがわたしだ、という意味ですから、神とは存在のことである、
ということになると思います。

存在している、ということが神ですから、わたしたちが「生きている」という状態は
神とともにいる状態である、ということになります。

ですから、神はもっとも崇高であり、そして、もっとも身近なお方であるのです。

453 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 01:09:12 ID:P9j8tSIz
神のあたえてくださる命は永遠の命です。

なぜなら、神は永遠なるお方だからです。

このことがわからないと、なぜイエスが復活したのか、なぜ「永遠の命」をあたえてくださることを語ったのかが分からないはずなのです。

454 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:11:36 ID:CfsMp+sn
>>435
命は永遠? お前正気か?!

455 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 01:11:54 ID:P9j8tSIz
現在の、わたしたちが命だと思っている、いつか死んでしまう命は
本来的な命ではないのです。

この世とは、命と死が同時に干渉している場所であるのです。
これが時間として現れているのですが、復活により新しい天地が現れることが
聖書には書かれております。

このときに死が完全に滅ぼされ、永遠の命に入るのです。

要点だけを書きました。理解できないと思いますので、ご質問を
受け付けます。

456 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:14:51 ID:CjGtKLaE
>>452
頭がおかしくなったと思われてもいいですが、
俺は身近に何者かいるのをほぼ確信していますよ。
それを神と呼んでいいものかどうか迷うだけです。
ハッキリ言って「全能」とか「善」とかすら結論できない。

457 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 01:15:33 ID:P9j8tSIz
>>451

>Hi!ダニー、神ってなんだ?

別の言い方をいたしましょう。
神は、わたしたちを愛して育んでおられるお方のです。
そして、他人の誤解を怖れずに言うならば、わたしと神とはひとつの関係なのです。

458 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:17:01 ID:CfsMp+sn
ダニエル! お前変な宗教団体入ってないか? まともじゃないぞ。

459 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:19:35 ID:CjGtKLaE
>>457
それは天使という奴じゃないですか?
あるいは指導霊とか使い魔とか。

460 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:25:39 ID:CjGtKLaE
>>458
なに、いちいち煽ってるのよw
ダニーは意外にマトモかもよ。
さっき知り合ったばかりだけど。

461 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 01:26:36 ID:P9j8tSIz
>>459

そうしたこととはまったく違う話になります。
「生きている」という、もっと現実的な事柄について語っております。
つまり、自分が意識しなくても心臓が動いており、呼吸をおこなっており、
「命」が自分に関与している状態のことです。
これが、神とともにある、という状態です。
そして、これが、何よりももっとも尊い出来事です。
そして同時に、まるで当たり前のように人々が感じている出来事です。

462 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 01:30:58 ID:CjGtKLaE
>>461
それじゃあ面白くないですよ。
いや、意味はわかりますよ。
でも違う。自分の肉体ではなく、外側に何者かいるでしょう。
俺はそっちが知りたいですよ。

463 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 09:40:51 ID:tvzqRdBi
聖書が「神語」で書いてないのは、聖書が人間に向けて記され示されたものであるからだ。
相手に理解できない言語で記したところで、何が伝えられようか。

464 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/11(日) 18:45:40 ID:BINJJXXp
>>448
>この世の万物は、神の言によって創られたのです。
>このことは聖書にきちんと書かれております。
全く違います。「ロゴス」と言うギリシャ神話で
「言葉を司る神」によって造られたと書かれているの
であります。
この神様は、言葉だけではなく「理性」とか「真理」
と言うものを司ってまい。この考え方は僕も十分判ってる
わけではありませんが、ギリシャ哲学では一般的なものの
様です。ヨハネのこの部分の編者はその考え方をイエスに
インポートしたものだと思います。
「神の言によって創られた」と言われても、どういう事なのか
理解できないと思います。まさに「言葉」の壁で十分に人に
伝え切れてないと思います。まず「ロゴス」と言ってください。
それで「ロゴス」とはどういうものであるかの説明をしていただ
いて初めて、この聖句は理解できます。

465 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/11(日) 19:02:12 ID:BINJJXXp
>>448
だからね、ヨハネ福音書の冒頭は
>初めに宇宙を司るロゴスがあった、そのロゴスは神と共にあった。
>そのロゴスは神そのものであった。(宇宙の)万物はロゴスにもとづい
>て造られた。ロゴスに基づかないで造られた物は何一つない。

ロゴスと言うのは、少なくともヨハネ1章の前半では、客体ではないん
ですよ、そのずーーーーと後のほうでそれがイエスの事だとなってる
(1/14以降)でしょ...多分ヨハネの編者の無理ハメだと思います。




466 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 20:29:05 ID:V28HRIcW
>>463
>聖書が「神語」で書いてないのは、聖書が人間に向けて記され示されたものであるからだ。
>相手に理解できない言語で記したところで、何が伝えられようか。

言語とは、人間の共同体が形成された後に、その成員間の意思疎通のために
作り出されるもの。独り言は、言語ではない。神は、その「人間の言葉」を、
一体どこで誰から習得したのか。

この意味で、聖書の、「はじめに言葉があった」は誤り。初めには、言葉は
ない。

当然のことながら、聖書が人間の言葉で書かれている以上、それは、人間の
共同体形成後に、人間が書いたものである。








467 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 20:45:19 ID:P9j8tSIz
>>464

>「神の言によって創られた」と言われても、どういう事なのか
>理解できないと思います。まさに「言葉」の壁で十分に人に
>伝え切れてないと思います。


ココモスキーさん、あなたは正直なお方ですね。
カトリック教会などで、「神の言」について理解できている人など
いないに等しいのですが、わかったような神をして、神の言とは「子」のことだ
などとやっているのです。
あなたのほうが、そうしたいんちきな人たちよりも何百倍も僕は好感が持てるのです。

468 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 20:46:14 ID:P9j8tSIz
わかったような神をして
     ↓
わかったような顔をして

469 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 20:48:02 ID:P9j8tSIz
神は「言葉」によって天地を創造されたのです。
これは創世記に、その様子が書かれています。

つまり、「光あれ」と神が言葉を発すると、光が現れたのです。

神はこのように「言葉」によって万物を創られました。

470 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 21:28:20 ID:o4GxhXm8
>>469
同じじゃんか。

471 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/06/11(日) 21:35:36 ID:P9j8tSIz
「言葉」というのは、それを発した方の思想、意思などを
表すためのものです。

つまり「言葉」というのは、神の意志そのもののことです。

472 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 21:55:17 ID:o4GxhXm8
それがインチキな人とどう違うんだ?

473 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 22:01:52 ID:CoJpUicj
私の独り言として、であります。
ダニエルさんは、誰かメンターのような人がいるのだろうか。
あるいは、ひとりで思索しているのだろうか、隠者のように?

474 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 22:20:41 ID:V6X4GCJ5
人間、叩かれまくると偏屈になるもんだ。
ダニエルもカトスレで叩かれまくって、
今ではココモスキーそっくりになってしまったようだ。
もう少しで、ダニエルも立派なイスラム教徒だな(アハハハハ
イスラム教徒になろうが、キチガイ病院に逝こうが勝ってだが、
テロだけはやめてくれよ、テロだけはな。

475 :名無しさん@3周年:2006/06/11(日) 22:46:39 ID:CoJpUicj
カトスレには、私見だが、ちょっと偏った人多いように思うよ。
ロムっていて、こいつ、ホントにカトか、と思うときある。
わかってるだろうが、ニセ者もいるだろうよ。
私は、ごくたまにカキコするだけだが、まあ、オマエモナの世界かw

カトリックの信徒は、組織の堅固さが、自分の信仰を保障してくれて
いるような錯覚にとらわれているところがあるかもしれない。自省。

476 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 00:29:50 ID:halON6za
テロを起こしてイスラム教徒のせいにしてるのって、
クリスチャンじゃん

477 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/12(月) 01:39:53 ID:XhFWph41
ヨハネ福音書は日本語では同じ言葉でも、ギリシャ語では
違ってる言葉が幾つかあって、それを使い分けてるんですね。
この1章の中の「言」もロゴスともう一つ違う言葉があるんですよ

それで1/1−1/5文章全体の意味から言うと、僕は「ロゴス」は
とりあえず「法則」と考えてる(もう少しドンピシャの言葉があれば
いいんだけど)...1/1−5はギリシャ哲学者の言葉にあるん
じゃないかと思ってるんですよ...
それで、「ロゴス」と「イエス」を結び付けてるとされる1/14
ですがね、「ロゴスは肉になって、私たちのあいだに宿られた」は
幾つかの主張の人達が喧々諤々の論議の後の落とし所だと思います。

つまり1/1−5が、ギリシャ哲学に傾注していた人の文章。
1/6−13が洗礼者ヨハネの弟子からヨハネ福音書の教会に
入った人。1/14−18が、原始教会にいた人で一応
この福音書の取りまとめ役の人の文章。
....が、

478 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/12(月) 02:19:40 ID:XhFWph41
それで言葉の壁のもんだいですがね...ヨハネ福音書に
日本語では同じ「言」だの「命」だの使って使ってても
ギリシャ語では全然別の意味を持ってる言葉だと言うのは
何回も聞かされてましてね、自分も仕方なくギリシャ語の
ヨハネ福音書を持ってますが...これって翻訳者の怠慢
以外の何者でもないと思いますよ...馬鹿クリスチャン
はどうでも良いでしょうが、普通の人の中にはインテリジェンス
の高い人は一杯いるんですよ...なんでマジにヨハネ福音書
を現代の一般教養者に理解できる様に訳してくれないんすか

479 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 02:48:25 ID:lj2DSaY1
イエス「私はパンである」

(イエスはアンパンマンであるの証)

480 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 02:59:20 ID:ctAJgeyI
形としては光・言葉から逃れようともがいているんだよな。主観によるんだけどね。

ココモスキーの話には甘味が無い。甘味はないのか甘味は。ココモにはそれが足りない。
苦味はタップリだ。

481 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/12(月) 05:52:13 ID:fcwNzkhO
>>464
アホめが、相も変わらず、聖書を読めないで、イエスに対して悪意ありきの聖書解釈
してやがる。心配しないでも、イエスは、ムハンマドなど足元にも及ばない教師だよ。
それ以上に彼は「人の子」だ。たかが大工の子とはよくいったものだ。おまえは聖書が
全く読めていない。「人の子」を、我々と同じ獣に、貶めるのに必死だ。

「理性」とか「真理」 を司るのは「言」である。
人は「言」による思考があるゆえ。”理”性を持ち、真理を認識できる。
名称を付け、「一」を、識別したものもこの「言」である。
名前は、「言」によって成る。「言」は、聖霊ともなり、悪霊ともなり、
「人」を生かしもするが、殺しもする。「言」は父と共にあり、「言」は父そのものである。
「言」は子に名をあたえ、子の名は父の名となる。
なぜなら、父と子は一つだからである。「一」は真理であり、命だ。
聖霊とは、二を、再び一つにする「言」である。それは命の「言」である。
人は「言」による知恵で、獣に落ちたが、人は「言」の知恵により、
再び人の子となるだろう。イエスキリストとは、命の言。
肉の姿をしたイエスという名の男がキリストではなく、命の言が、キリスト
なのである。それを聖書ではロゴスと呼び、聖霊と呼ぶ。
名前で、「一」を識別できるこの「言」が、この世を創造した。ヨハネの福音の冒頭は、
何もひねって複雑に考えることは無い。書かれてる通りの内容でいいんだよ。

482 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 10:45:49 ID:zYzW536k
「ギリシャ神話のロゴスという神」はヘシオドスの神統紀にも登場してたけど
あまりいい役どころではなかった希ガス

483 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/12(月) 22:10:08 ID:XhFWph41
ヨハネ福音書の冒頭...
ロゴスを宇宙の創造主としてるのは、ストア派の人達みたいですね
Tertullian, Apolog. 21.10 = SVF. 1.160
「あなた方の哲学者の間でもロゴス、つまり言葉と理は宇宙の創造者に
 なっている。このロゴスをゼノンは万物を秩序づけ、形成した創造者
 と規定している。また、ゼノンによれば、ロゴスは運命、神、ユピテル
 の意志、万有の必然性となっている。(鈴木一郎訳)」


484 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/12(月) 22:15:00 ID:XNAWyld6
新共同訳と新改訳の聖句を比べることはこのスレでは
あたりまえだけど、小見出しの比較もおもしろいですね。
ヨハネ 6;60
新共同訳   永遠の命の言葉
新改訳     多くの弟子のつまずき
ヨハネ 7;53
新共同訳   わたしもあなたを罪に定めない
新改訳     姦淫の場で捕らえられた女
ヨハネ 18;1
新共同約   裏切られ逮捕される
新改訳     ゲッセマネ      などなど。


485 :名無しさん@3周年:2006/06/12(月) 22:22:21 ID:StoNzOuZ
>さて憎さげなエリス(争い)は 痛ましいボノス(労苦)と
>レテ(忘却) リモス(飢餓)と涙にみちたアルゴス(悲嘆)たち
>ヒユスミネ(戦闘)どもとマケ(戦争)ども ボノス(殺害)たちとアンドロクタシア(殺人)たち
>ネイコス(紛争)ども プセウドス(虚言)たち ロゴス(空言)どもと アンピロギア(口争い)たち
>デュスノミア(不法) アテ(破滅)を生みたもうた これらはたがいにひとつ心根の者どもである

岩波文庫 へシオドス「神統記」p34

486 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/12(月) 23:44:37 ID:XhFWph41
>>485
キリスト教徒でなければ、言っておきますが、かのヨハネ福音書の
冒頭に出てくるこの全宇宙の創造主とされるロゴスがこの様な神話
の出演者かどうか考えてく下さい。
キリスト教徒なら、まあ仕方あるまいが...


487 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 00:42:52 ID:zVKe/lU2
初めにロゴスあり...これがストア派の哲学者の思想であるならば
信者や教会に聞くのは時間の無駄...聞いたって、言葉のお遊びで
誤魔化されるだけなんだから(本人が納得して理解してないんだよ)
...ヨハネ福音書の編者が何を意図して書いたか調べたかったら、
ストア派の思想を研究すべし...その方がスイスイスイと理解できて
ヨハネ福音書の言葉の意味も理解できると言うもんだよ...わははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは


488 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 01:02:56 ID:zVKe/lU2
それで、ヨハネ福音書の冒頭はギリシャ哲学のパクリだという事は
判ったんだけど、1/14からの
「言葉は肉になって、私たちの間に宿られた」の部分がよく判らない...
この「言]もロゴスなんだけど、何回読み直しても イエス<>ロゴス
なんだな...

489 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/13(火) 02:46:44 ID:GrbGUULm
例えば、ここにヴェーダの文献にこんな言葉がある。ヴェーダは、仏教の元にもなった教えだ。

〜タイッテリーヨパニシャッド
>そして次のようなサーマを歌い続ける。
>「ああ素晴らしい! ああ素晴らしい! ああ素晴らしい! 私は食物である! 
>私は食物である! 私は食物である! 私は食物を同化する者である! 
>私は食物を同化する者である! 私は食物を同化する者である! 
>私はこの世界の秩序の中に最初に誕生したものである! 
>私は神にとり大切なものであり、不滅性の中心かつ源である! 
>私に与えてきたお方が私をお守りになってきた! 私は食物であり、
>すべて自分のために食物を食べる人を食べる! 私は全世界を征服する! 
>私は太陽のように輝く素晴らしいものである! 
>このことを知っている人は、述べられてきた結果を持っている」。

〜ヨハネ6:53〜6:58
>イエスは言われた。「はっきり言っておく。人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、
>あなたたちの内に命はない。 わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、
>永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。
>わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。
>わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、
>わたしもまたいつもその人の内にいる。 生きておられる父がわたしをお遣わしになり、
>またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる。
>これは天から降って来たパンである。先祖が食べたのに死んでしまったようなものとは違う。
>このパンを食べる者は永遠に生きる。」

490 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/13(火) 02:47:28 ID:GrbGUULm
同じテーマを研究する者達がいた。皆、時代が違えば、文化も違う。だが捜し求める解を見付けた者は
は、文化の違い、時代が違えば、多少表現が違っても、行き着く先は、同じ事を語る。
それは、哲学的アプローチであろうと、宗教的アプローチであろうと、また、科学的アプローチであろうと、
真理に行き着いた者は、表現の違いあれど、同じ者に行き着き、似たような表現になる。
なぜなら真理は一つだからである。

>>488
>それで、ヨハネ福音書の冒頭はギリシャ哲学のパクリだという事は
>判ったんだけど、1/14からの
>「言葉は肉になって、私たちの間に宿られた」の部分がよく判らない...

世の中、お勉強は出来ても、馬鹿はたくさんいる。おまえは本当に馬鹿だ。
お前のような思考回路人を、馬鹿の壁と言うんだよ。

491 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/13(火) 02:58:48 ID:GrbGUULm
>>466←こういう人を馬鹿の壁と言う。
馬鹿の壁を越えられない人は、”今の” 常識でしか物事を判断できない。
今の常識が真理だと思い込み、疑う事を知らず、
自分で考えることも出来ず、今の常識を、”盲信” している。
こういう人は、中性に生まれれば、その時代の常識に執着するので、
地球は丸いと言う真理を決して受け入れないだろう。こういう思考回路の人を、
馬鹿の壁という。馬鹿の壁を越えられない人は、
聖書をいくら読んだところで、秘められたメッセージに気付くことなく、
今の常識で無理やり解釈して、ちんぷんかんぷんな解釈をしている。馬鹿の壁を
越えられない愚か者には、聖書は理解できないだろう。


492 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 03:09:29 ID:Pnkobq7r
>このロゴスをゼノンは万物を秩序づけ、形成した創造者 と規定している。

ココモはどうおもってるんだ?

493 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 03:13:22 ID:Pnkobq7r
現代においても現象に基ずく必至的な真理だろう

494 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 10:47:37 ID:0p7wz2fU
>>483
>ユピテル の意志

新約でのロゴスの用法は、これを踏まえている可能性はあるね。
この場合「ヤハウェの意志」という意味で使ったのだね。

495 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 21:14:06 ID:zVKe/lU2
昨日の続きをしますね...
僕がこの手の説明をしていくと必ず、「お前は***について
どう思うか」と尋ねる御仁がいるが、僕はこれがキリスト教会の
「目暗しこね回し手法」だと言うのを最近まで気が付かなかった...
相手してると、本論からずれて時間の無駄になるので、無視して本論
を進めると...
問題のヨハネ福音書1/14(ロゴスは肉になって、わたしたちの
間に宿られた)は、おそらく原始教会系の信者が他のセクトの人達
に無断で書き加えた物だと思います。
1/1−5を書いた人が、こんな非論理的でおおよそ関係ない物を
結び付けるとも思えないし、「私たちはその栄光を見た。」と言う
その「栄光」についての中身の説明が全くないわけで、全く論理性が
欠如した文章です...
「それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」
も、今日の馬鹿教会の馬鹿信者が言いそうな言葉でしょ...
ヨハネ福音書の偏者の中で一番知的水準の低い人でしょうね...
聖書の中でイエスと神が結びつくのはここの部分だけだけど
よくよく読んでると殆ど論理性のない物を根拠にしてるという事さ...

わははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは



496 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 21:27:02 ID:zVKe/lU2
「目暗しこね回し手法」の説明をしたるね...これもキリスト教会の
馬鹿信者の十八番の一つだから...誰かが異論を唱えた時に、その部分
から何かを引っ掛けてそれについて質問をするんだな...どんな奴も
何でもかんでも知ってる分けじゃないので、知らない事も多々出てくるヤロ
そうすると、コイツラは「そんな事も知らねえで、生意気な口を叩くんじゃ
ねぇ」と言う決まり台詞を言って、それで本論からみんなの注目を逸らす
手法ね...キリスト教徒はこれが得意中の得意技でね...俺も良く引っか
かった...無視する事だよ...わはははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははは





497 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 21:49:48 ID:zVKe/lU2
キリスト教会が三位一体の根拠(多分ここだけ)にしてる、ヨハネ
福音書の1/1−18は、1/1−5でおそらく当時のストア派
ギリシャ哲学達が当たり前に考えていた事を書いて、それをおそらく
洗礼者ヨハネの流れを汲むセクトからヨハネ福音書を書いた教会に
合流した人が1/6−13で洗礼者ヨハネのスタンスをまじえて
(共観福音書の教会は対立していた)補完し、1/14−18で
論理性が全く欠如した人が無理やり思い込みでロゴスに結びつけた
聖句なんざんすね....わははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


498 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:03:49 ID:I7ZKjRXX
ココモの信仰を訊いてるんだよね、IDか否なのか。
これについて応えられないのがココモワールドでの立場ということであります。

499 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:11:07 ID:tG7vy2/W
でもまあ、このスレ自体「ココモさんの部屋」っぽくなってますからね(^-^)
まあ、いいんではないでしょうか。
「正統なキリスト教会とは考えや聖書の読み方が違う」
というだけで、別に悪いことはしてませんし。ココモさん。
「キリスト教信仰はない」というだけで充分では?
あとはおっしゃることの読む人なりの吟味ですよ。


500 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:11:52 ID:I7ZKjRXX
ココモに信仰を問うてはいけないというお約束。
でもたまに訊きたくなるよな。

501 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 22:20:06 ID:tG7vy2/W
そうですね…信仰のない人が聖書を本腰入れて読む意味かぁ…
教養とかかな。


502 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/13(火) 22:44:55 ID:zVKe/lU2
僕も経験を積んだので、いかに馬鹿信者の反発を潜り抜けて
持論を主張するか判って来たけど...
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
 事のパクリです」...これをお題目の様に毎日唱えましょう
もう3回
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」

わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



503 :名無しさん@3周年:2006/06/13(火) 23:04:01 ID:I7ZKjRXX
露骨な立場批判がなければ追及しない。ココモの発言からも住み分けということで。
探究の立場(ココモの場合は追及の立場)を話題にしなければ無駄が避けられる。

ココモ発言は性質上、追及なので批判要素が比較的多くなるんだろうけど、「ココモ」
耐性のついてない人は逐次現れ追及するだろう。

504 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/13(火) 23:54:21 ID:O7yRB2fY
>>502
> 「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
> 事のパクリです」

わたしもこのスレ知って1年経ち、かなりスレてまいりまして「パクリ」と
言われましてもね、ムキになることも無くなりつつあります。

ヨハネ 20;31
これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアで
あると信じるためであり、                

このみ言葉が好きでありますよ。

505 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:14:38 ID:aENN0wHk
聖句のスレって、別にコーランでもいいんだよね。
コーランは個人的には聖句でもなんでもないと思うんだけど、ムスリムにとっては、
聖句だよね。上の方でも言ってる人がいるようだけど、
あれは俗物のエゴを元にできたものだと、シリーズでここに書いていこうと思います。

今日のコーラン。上にあったものをそのまま抜粋。
クルアーン47_4.
>あなたがたが不信心な者と(戦場で)見える時は、(かれらの)首を打ち切れ。
>かれらの多くを殺すまで(戦い)、(捕虜には)縄をしっかりかけなさい。
>その後は戦いが終るまで情けを施して放すか、または身代金を取るなりせよ。もしアッラーが
>御望みなら、きっと(御自分で)かれらに報復されよう。
>だがかれは、あなたがたを互いに試みるために(戦いを命じられる)。
>凡そアッラーの道のために戦死した者には、決してその行いを虚しいものになされない 。

そしてこれ。
http://www.amsterdamaged.net/iraq_media/hostage_videos/japanese_hostage_beheaded.wmv
この哀れな被害者の殺害方法をよく見てください。縄にかけられ首を欠き切られています。
現代でも、上のコーランの教えを元に、ムスリムは人殺しをするわけです。たしか身代金も請求された
人質もいたはずですね。要求が呑まれなかったので、その人も首を欠き切られたようですけど。
そしてあの自爆テロです。これも、コーランにある

>凡そアッラーの道のために戦死した者には、決してその行いを虚しいものになされない

という記述を元に、コーランに登場する、おとぎ話のような天国にいけるのを信じて、
彼らを自爆テロに赴かせるのです。もちろん、現代の教育を受けた者は、コーランに出てくる
幼稚なパラダイスなど無いのは、承知の事実でしょう。ここのムスリムの人も言うように、
天の国とは、この世にあるのでしょう。憎しみの連鎖は、どちらかが止めないかぎり、永遠に続く
ものです。コーランの教えでは、天国は実現できません。単純にこの点だけみても、
コーランに真理は無いですね。ムハンマドは、預言者というより、テロリストに近い存在でしょう。

506 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:16:05 ID:aENN0wHk
誤解の無いように言っておきますが、私は無神論者です。
ここのムスリムが聖書を解釈する、同じ観点で(世俗的に)、コーランを解釈するのもありだと思い書きます。
毎日書けるとは限りませんが、当面シリーズでやっていこうと思います。

507 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:22:08 ID:zZ4Q8Rq4
>>505
そのもうちょっと後の章句を引いてみよう。

508 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:38:17 ID:zZ4Q8Rq4
>>505
参考までに→>>379>>395

509 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:47:44 ID:aENN0wHk
>>507
君の言わんとする章句とは何処の事ですか?
私に何か言いたいのであれば、はっきり言えばいいのです。
はっきり言えないのは、自信が無いからですか?
まさか、この章句ではないでしょうね。

>本当にアッラーは信じて善行に動しむ者を,川が下を流れる楽園に入らせられる。
>そして信仰しない者には,(現世の生活を)楽しませ,家畜が食うように大食させて,
>業火をかれらの住まいとする。47:12

中世の、ただのおっさんの戯言ですね。ありえない話です。
首を掻き切るのが善行なのでしょうか?彼の言う善行とは、アッラーに従うこと。
ここのアッラーとは、キリスト教の天の父とはまるで違います。
ではこのアッラーとは何者なのか、それはカラスさんも言っているように、ムハンマドの
エゴでしょう。とどのつまり、彼の意に従うのが善行だと。麻原と一緒ですね。
彼は一神教の神を利用して、自分のエゴを満足させたのです。それを立証していきましょう。
次のシリーズは、あれは食ってもよい、これは食ってはならない。という
コーランの律法を考察していきましょう。今日はもう眠いので寝ます。
旧約の妬む神と同質のものでしょう。コーラン

510 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:50:46 ID:EDhTiyy+
キリスト教の天の父のほうがひどいものだよ。
君は何も知らない。無知。

511 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 00:54:15 ID:aENN0wHk
>>508
あぁ、そこですか。
町のおっさんの説教と、同じレベルですね。
それより、自分を迫害する者は殺してもよいですか?
怖いですね。ムハンマドさんの単なる価値観でしょう。これの何処に
真理があるのですか?>>379の章句の何処に真理があるのですか?
町のおっさんの説教と、同レベルのものです。

512 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 01:09:49 ID:aENN0wHk
>>510
旧約聖書に出てくる自分の気に食わない人間は殺しまくる妬む神、ヤハウェと
新約聖書に出てくる、悪人の上にも善人の上にも、正しい人の上にも、正しくない人の上にも、
等しく恵みを与えてくれる天の父とは、普通に違うでしょう。新約の裁きは、厳密に言うと、
神の裁きというより、自業自得の類のものです。
イエスさんの教えは、旧約の妬む神とは相容れないものです。
もちろんコーランに出てくるアッラーとも違う。何の偏見もなしに読み、
普通に考えればそうでしょう。アッラーと、旧約の妬む神は共通の者とみなせますけどね。
無知はあなたですよ。無知な人ほど宗教などにはまります。賢い人は、
いまさら、イスラム教など、信じないでしょう。イエスさんは、ムハンマドさんと違い、
いいことを言っていると思います。彼の言葉は、この世に天の国を実現するキーワードでしょう。
キリスト教徒とイスラム教徒の大きな違いは、キリスト教徒はイエスさんの教えに背き、
他者と争っていますが、イスラム教徒は、コーランの教えのままに他者と争っています。
ムハンマドの教えとはそういうものです。

513 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 01:16:09 ID:ibmiQXtu
>>512
イエスースの教えは、旧約の神の信仰だから、
全人類等しく愛すではなくて、選民思想。
我々が勝手にイエスースを平等主義者であるかのように思い込んでいるが
イエスースの教えはそうではないということ。
愛というのは、イエスにとって一つの処世術でしかない。

514 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 01:27:04 ID:aENN0wHk
>>513
そんなことはどうでもいいんですよ。
私はコーランの話をしています。なぜアンチキリスト教の話になっていくのでしょうか?
不思議ですね。なにげに、キリスト教には、アンチがいて、主に、
イスラム教徒、創価学会の人が多いようですね。みたところ相当性質が悪いですね。
粘着ぶりは、異常です。主に、キリスト教に対する、妬みからくるのでしょう。
妬みといえば、旧約の神ですね。ハハハ。なんか話が脱線してしまいました。
くれぐれも言っときますが、私は無神論者です。をエコヒイキすることなく、客観的にみて
感じた事を書いてるだけです。それに私はコーランの話しをしています。
あなたがどういう意図で論点をずらすのですか?ま、だいたいは見当はつきますが。
今度こそもう寝ます。またコーランについて書かせてもらいますね。でわ。

515 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 01:30:57 ID:UdZv2Hn0
どうでもよかないことなんだよ。選民思想だから。
僕はアンチキリストなのは、キリスト者の蛮行、愚行に
心を痛めているから。心がある人は聞いてほしい。

516 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 10:09:27 ID:RWlTaJuK
>>515
それを言うなら、
僕はイスラム者の蛮行、愚行に
心を痛めているから。心がある人は聞いてほしいのです。でしょう。

517 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 10:34:27 ID:Z+JlluHQ
キリスト教の神もイスラム教の神も異教徒は地獄に落とすよ。

518 :名無しさん@3周年:2006/06/14(水) 11:48:52 ID:59PHDdhE
異教徒にもいろんな立場があるから

519 :名無しさん@3周年:2006/06/15(木) 16:31:26 ID:Hqw1WqRy
age

520 :名無しさん@3周年:2006/06/15(木) 21:21:29 ID:dBjwRG2S
ココモスキーに問う 第一回

編集) このスレで挑戦的な発言をくり返しているが、どのような意図があるのか
ココモ) キリスト教信者が馬鹿であることの開示行動をしているのであり、信者により
      不利益を被る人々を解放することを第一とし、信者を解放することを第二とする

編集) 不利益を被る人々とは
ココモ) 主にイスラム教徒を想定し、これからキリスト教信者になろうとする者も対象だ

521 :名無しさん@3周年:2006/06/15(木) 22:01:02 ID:VfJ0xyTI
逆効果なんだよな。

ココモが狂っているようには見えても
キリスト教徒が馬鹿なようには見えない。

522 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/15(木) 22:27:16 ID:gMgSeVWu
昨日は深夜残業でここを見る気もしなかったけど、一昨日の続き
お題目
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
それでどちらが先に考えたかと言うとゼノンがストア派を開祖したのは
BC4−3世紀だべ、ヨハネ福音書が編集されたのはAD1世紀末から
2世紀初頭...ねぇ...パウロもストア派の連中に会ってあーだ
こーだ言ったみたいだけど、全く相手にされなかったべ...
ヨハネの編者の中にストア派に被れた奴がいただけだよ...それが
証拠に1/14で「ロゴスが肉になり、我々の間にいますた」なんて
言う、奇奇怪怪の言葉を書いてるだべ...これを書いた奴は、ロゴス
の意味が全くわかってナインだべ...ロゴスを知ってる人は
ロゴスがある特定の人間になるなんて思いもよらんヤロね...「万物は
ロゴスにより作り出され、やがて生命が誕生し人類が出現しました」なら
判るけどねぇ、それじゃナザレ生まれの小倅になかなかたどり着かんよね
...ロゴスが肉になりの発想が素晴らしい...わははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは


523 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/15(木) 22:41:55 ID:gMgSeVWu
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
ロゴスが万物をつくりなら、創世記のP文書の「初めに、神は天と
地を創造された」と整合するんですねぇ...それじゃYHWH
の事じゃん...神は言われた。「光あれ」...まさに、ヨハネ
福音書の冒頭と同じよん...それじゃますますYHWHだよん
それがどこでどう間違えたのか、ナザレ村出身の大工の倅に
すり替わっちゃって...この1/14から先を書いた奴は
よっぽど...それから後は言わんとこ...わはははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは


524 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/15(木) 22:46:03 ID:+DL30MFE
ペルシアの王様は元気なのかな?

創世記 6;3
「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。
人は肉にすぎないのだから」 こうして人の一生は120年
となった。

ノア物語の前の人がご長寿だったのは神の霊が共に
いてくれたからでしょう。その頃の子供って何歳くらい
だったのでしょうね? 200歳くらいかな?

そして 今はイエスを信じる者は決して死ぬことはない、と、
書いてあるのよね。 新約の解釈のほうが難しい。

525 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/15(木) 23:02:51 ID:gMgSeVWu
>>524
>ノア物語の前の人がご長寿だったのは神の霊が共に
>いてくれたからでしょう。その頃の子供って何歳くらい
>だったのでしょうね? 200歳くらいかな?
「創世記の長寿の人達」というwebがあるよ...
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_adam.html
僕は素晴らしい事が判ってしまった...ノアの箱舟に乗ってた
セムさんより10代後のアブラハムの方が先に死んじゃったよ...
わはははははははははははははははははははははははははははははは



526 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/15(木) 23:28:08 ID:gMgSeVWu
>>524
>そして 今はイエスを信じる者は決して死ぬことはない、と、
>書いてあるのよね。 新約の解釈のほうが難しい。
それは「死ぬ事はない」ではなくて、「死を味わう事はない」
の間違えではないですか?もともとの文章はそんな意味だと
思いますよ...死ぬほどの酷い目にあう事がないとか、酷い目
にあってもそれに耐えかねて死んでしまう様な事がなくなる(耐え
られるようになる)の意味だったと思うんだけど...もっとも
キリスト教会は「死なない」に変えちゃった可能性はありますね
キリスト教会ならやりかねないですから...


527 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/15(木) 23:50:08 ID:gMgSeVWu
お題目
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
ギリシャの高官
「もしもし、エフェソスのヨハネの巻物の編集の方ですか、こちら
 ギリシャ王国文化省の著作権審議委員会の者ですが」
ヨハネ教会の広報担当
「はいそうですが、何か」
ギリシャの高官
「あなた方が配布してる福音書が、ゼノン様の門下生の哲学者
 グループから著作権に抵触してて、出版差し止めの告発があ
 りました、その真偽を審査しますので、こちらから審議官が
 お尋ねします。
 *月*日にヨハネの巻物の編集に携わった方々はおいでに
 なりますか?」
ヨハネ教会の広報担当
 編集の主だった人は死んだ人もいますし、内部分裂があり
 まして、残念ながら主だった人はいないんですが」
ギリシャの高官
 責任の取れる人がいないと言う事ですか?、教会は存在してる
 んですか?
ヨハネ教会の広報担当
 教会はかろうじて存続してます。ヨハネの巻物については、原書も
 ありませんし、当方としてはその責任のとれる立場にありません
ギリシャの高官
 そうですか、それでは原書はどこにあるかご存知ですか?
ヨハネ教会の広報担当
 グノーシス派の人達が持っていってしまいました

 続く
....わはははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははは

528 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 02:52:25 ID:i4x+Xh+r
          / ,r    、 i
        t,i,.-、_,=、l l  ははは あのお題目をみろ
         i`~'!.`~´`リ' 
          ! fニフ.,イ'    ココモがまるでコドモのようだ!
        _r'=、,.='-‐i__
  _, -─''7゙l,.>‐`ーニフ ヾ` ー- 、
 /    ー/  i i' 、 ─'     ヽ
./  i    (-、    l_,,>  /     l



529 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 10:04:51 ID:ynyjrjrJ
YHWH様=イエス様で問題になるのはココモとカラスだけ?

530 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 11:08:44 ID:DB+v3mST
【 主は唯一・主は神、神は三位一体 】

神なる父(エル・モシェ(モーセ)が聞いた
↓  ↓ 主の名「あってある者(存在というBE動詞:ヤハウェ)」)
↓  ↓
↓ 生まれる(父と子は同一+本質:ホモ+ウシオス[同質]、
↓  ↓   万物は「デーミウールゴス:創造主」によって創られた)
↓  ↓
↓ 神の子キリスト(神の言葉(ロゴス)が人間の肉(サルクス)となる受肉、
↓  ↓      両性論[神であり人]、BE動詞の現在形・:イエスース(ヨシュア))

出でる[発出(はっしゅつ)]

神の霊(聖霊・みたま[冒涜してはならない存在]、癒しの奇跡を起こす、異言(グロッサ)を語らせる)


531 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 11:14:08 ID:DB+v3mST
神と人間・万物の間を取り持つ「役割の人」や関係を、教学や神学的に
キリストの「中保者(ちゅうほしゃ)」としての役割と呼ぶ。

神であり且つ人
人であり且つ神でなくてはならないのが、中保者であるキリストの存在。

霊(プネウマ)魂(プシュケ)肉体(ソーマ) → ギリシア語
霊(スピリッツ)魂(ソウル)肉体(ボディ) → 英語
神(精神・理性・良心)魂(鬼・魂魄・感情)身体(血肉・骨肉) → 日本語

霊(神性) → 神の霊(聖霊・聖神)
霊(神性)・魂(神性)・肉体(神性) → 父なる神
霊(神性と人性)・魂(神ロゴスと人サルクス)・肉体(神ロゴス・人サルクス) → 神の子キリスト
霊(人性)・魂(人性)・肉体(人性) → 人間
霊(なし)・魂(人性)・肉体(人性) → 動物(および植物人間など)

--------------------------------------
【 異端説1 】
神の子キリストは霊(神性・神の霊)・魂(人性・動物)・肉体(人性・動物)

【 異端説2 】
神の子キリストは「神」である
霊(神性)・魂(神性)・肉体(神性)から「人間」として
霊(人性)・魂(人性)・肉体(人性)とヘンゲして十字架で死に昇天後に「聖霊」として
霊(神性)となって地上に君臨した。

532 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 11:15:45 ID:DB+v3mST
父なる神(創造主・アルケー[根源]・ペルソナは位格と訳し 顔(側面)と解釈しない)
 ↓→神の霊(聖霊)は「出でる」
神として神の子が「生まれる」(創造主・子に関してはアルケーを議題にしては いけない)
 ↓
天地創造(被造物)
 ↓
聖霊により人間マリアから人の子(人間・神の受肉)として
キリスト(油注がれた人・ユダヤ王)としての神の子(神のロゴス)が生まれる

字義的・旧約聖書
 なんじ殺すなかれ(ひと殺し自体を禁止)
死海文書の文脈で・旧約聖書
 なんじ殺人罪を犯すなかれ(死刑でない−殺してはならない−人を殺すのを禁止
 捕虜を意味もなく殺害や武装解除者を感情的に殺害を禁止)
 ローマに裏切った・ギリシアに味方したといって感情的に仲間のユダヤ人を殺した
 ユダヤの裁判やルールを無視した敬虔でないユダヤ熱心党への敵愾心への憂慮から

原罪は、人類にありがちなオリジナル・エラー
 (若気のいたり・誰もが一度はする失敗・人として恥ずかしい事・良心の痛み[悪かったと思う事])
犯罪は 原罪から起こって更に失敗や間違いを続ける踏み越えた悪い行い
 (遣り過ぎた失敗・ある一線(法律)を越えた間違い・わざと(故意で)やった悪い事)だそうです。

原罪の罪を十字架にかけて
 厳格な神の基準によって 全人類は全員が死後に 無条件に地獄に落とされる所を
 滑り止めしたのが
 キリストを信じて洗礼を受ける選択で 原罪が赦される処置で(公審判・人類最期)
犯罪の罪は 生きている時であれ 死んだ後であれ 個人ごとに
 社会や神に裁かれて 償わなくては イケナイものなんだそうです(私審判・個人の死後)

533 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/16(金) 13:32:58 ID:XyrCZwoF
私は争いであり、平和である。
私は、不妊にして、多産。
私は善であり、悪。
疲れたのなら、私の元に来なさい。
私があなたを休ませてあげよう。
休みたいのなら、安息の日を探しなさい。
そこに私を見出すだろう。
私はあなたの主なのだから。

>>529
イエスキリストが、この世の創造主でいいんだよ。
何も肉の姿をしたイエスと言う名の男が、キリストではない。
君らは神の名も知らなければ、「人の子」の意味も理解しない。
この世を創造した無知の象徴、悪神デミウルゴスも、
完全なる天の父も、何処にいるんだと聞いてるんだよ。
自分自身を知る者は知られる。彼は単独者となるとき、生きるだろう。
自分自身を知らない者は、無知の中にいる。彼は生きない。
生きながらにして、死んでしまっている。

ところでココモスが相も変わらず、キリスト教に対して憎しみをばら撒いているようだが、
聖書を否定するものが、クルアーンの神、アッラーや、クルアーンの天国、
現代ではもう意味の無い、くだらない律法を信奉してるなら、ギャグなんだよね。本人気付いて
いるのかね(苦笑)



534 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 13:35:50 ID:LmgIVAdV
くだらないかもしれないが、よくできているのは確かだ。

535 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 13:43:47 ID:dfIg2bHJ
>>533
君は、仏陀とイエスの両者を信じているようだが、両者は本質的に相異なる。
イエスの教えは、「縁起(空)」(個は他との関連においてのみ存在する)
とは程遠い。

どうやってそんな「二股かけ」が出来るのかねw。

536 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 13:52:30 ID:NTRWKSNE
ちなみにバハイ教も「二股がけ」をしている。

537 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/16(金) 14:18:03 ID:XyrCZwoF
消滅しないものは、生じないものである。
なぜなら生じるものは消滅するゆえである。
消滅するものから生じるものは、ことこどく消滅するだろう。
消滅するものに由来するゆえである。〜ナグハマディ文書より。

>>535
ところがグノーシスではしっかり縁起の法を語っているんだよ。
おまえ達が知らないだけ。「空教」の者は見ていて滑稽だ。「空」などこの世の説明を
しているに過ぎない。釈迦は言った。「一切皆苦」愚か者は大いに迷っていろ。

消滅しないものは、消滅しないものに由来し、ひとりでに生れるだろう。
消滅しないものに由来するゆえである。〜ナグハマディ文書

消滅しないものは、ひとりでに生れる。つまりなにものとも、縁起しないで存在する。
これを自性という。仏典にも、釈迦が弟子から、在家、出家者のうち、誰が涅槃に入る
かという問いに、あの者は煩悩を滅したので、”ひとりでに生まれ”、涅槃に入る。というような
記述があったはず。この意味は、縁起、空に囚われた、
お前に言ってもわからんだろうが。「空」と言う思想は、無自性なこの世のことを説明しているに過ぎない。
無自性なこの世に、涅槃などないんだよ。そんなこともわからず、何でもかんでも
「空」で説明しようとするから、彼らは、詭弁、言葉遊びだけは、極限まで研ぎ澄まされている(笑)
くだらないんだよ、君らは。

「空教」の者はうざい。「空」に執着するあまり、大いに迷っている。「空」からの執着をなくさない限り、
彼らに真理はないだろう。釈迦は言った。「一切皆苦」。仏教のいう、一切とはこの世のことだ。
では涅槃とは何処にあるのかな?と、馬鹿にいくら言ってもわからんだろうな(哀)





538 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 14:22:50 ID:Eb/Szgvg
>>535
イエスの教えを知ってるか?
人間は神との関連においてのみ存在する。

539 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/16(金) 15:10:34 ID:XyrCZwoF
仏教系の人、特に大乗系ていうか、空教の人に限って、
イエスの教えも理解していないくせに、釈迦の教えと、イエスの教えは
全然違うとのたまう。せめてイエスの教えを理解してからものを言ってほしいものだ。
聖書すらろくに読んだことないんだろ、この程度の低い人達は。
仏教を、空教にしてしまい、仏教すら理解できない人達は、聖書を読んでも、
秘められたメッセージを読み解くとはとても思えんが、釈迦とイエスは違うと言うなら、
せめてイエスの教えを理解してから言えって。
知りもしないくせに、違う違うなどと、単なる、知ったかの低脳だろ、彼らは。
ま、イエスの教えを理解しないのは、今のキリスト教徒もおなじだけどな。
一応仏教徒の端くれなら、キリスト教を知りもしないくせに、釈迦と、イエスの教えは違うものしたい
とするその心は、何処からくるのかよく考えるんだね。
それを知れば、サタンの正体を知るだろう。

しかし、イスラムなど(苦笑)
あんなもの、どうして信仰できるのか、不思議でしょうがない。
ここのイスラム教徒の人。キリスト教の荒を探す前に、まずわが身を振り返ったらどうだい?

540 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 15:20:22 ID:M5EocOh1
キリスト教はあきらかに聖霊(ホトケの霊)が語らせているが、
イスラムは旧約の神の霊が、キリストに完敗しそうなのが悔しくなって
ひそかにちょっとだけキリスト教の愛の教え勉強して、
自説を更新した上でリベンジに臨んだのだと思う

541 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 15:40:16 ID:1+AyHO+a
>>538
>イエスの教えを知ってるか?
>人間は神との関連においてのみ存在する。

人間にとって、人間を含む自然は厳然として存在するが、神などどこ
にも存在しない。人間の空想に過ぎない。

これが、キリスト教の妄想の始まり。




542 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 15:56:10 ID:1+AyHO+a
>>539
>聖書すらろくに読んだことないんだろ、この程度の低い人達は。

誤りと捏造だらけの政策的文書に過ぎない聖書などを、初めから有難
がって読むことほど、程度の低い人間はいない。

聖書を読む限り、イエスはエゴと偽善の塊。

原始仏教も、キリスト教と同じく、仏陀個人崇拝のカルト。

いずれも、「俺が俺が」「俺だけが正しい」という独善感は否めない。
「一切皆苦」だとか「弱者」だとか、人間や社会の一面しか見ていない。

543 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 16:00:56 ID:n77O0BJ3
なら有難がらずに読め。

544 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 16:02:34 ID:qDINAv4n
ナザレ者、いったい何処に歴史的存在理証明があるんだよ(-Д-)アンタガナー

545 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 16:05:14 ID:n77O0BJ3
>>539
>あんなもの、どうして信仰できるのか、不思議でしょうがない。

おそらく
・コーランの詩文がよく出来ている。
・ムスリム同士の結束・同胞意識が非常に強く、ウンマとの一体感が心地良い。
など。

546 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 16:08:15 ID:1+AyHO+a
>>545
>コーランの詩文がよく出来ている。

言葉だけに酔わされ思考停止になるので、気持ちイイのだろう。

547 :名無しさん@3周年:2006/06/16(金) 16:21:01 ID:n77O0BJ3
>>546
言葉というか、リズムだよ。コーランの音韻の美しさはよく知られてるところだよ。
アラビア語表現の最高レベルとも言われている。

548 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/16(金) 21:12:21 ID:9WCH8sOy
>>525
やつぱ ココモ先生のって普通の人と視点が違うから面白いのよね。
ありがとうね。
あとですね、 ネフィリムってどのようなものだと思いますか?

ヨハネ福 11;26から持ってきました。

549 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/16(金) 23:57:23 ID:ZFzwStC5
>>524 >>548
>ノア物語の前の人がご長寿だったのは神の霊が共に
>いてくれたからでしょう。その頃の子供って何歳くらい
>だったのでしょうね? 200歳くらいかな?
あのグラフを見ていただくと、お分かりになると思いますが
長寿だったのは「神の霊が共にいた」からではなくて、創世記
を書いた人が、「算数が苦手だった」からです。
>あとですね、 ネフィリムってどのようなものだと思いますか?
このweb見てください。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3902/b_nephylym.html
>ヨハネ福音書11/26について
ヨハネ福音書8/52では『わたしの言葉を守るなら、その人は決して
死を味わうことがない』と訳されてるんですがね、原文は今この場には
持ち合わせてないので失礼...

550 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/17(土) 04:14:57 ID:OZ2nGazZ
たかだか、60〜80年。ながくて120年で消えて無くなる自分って、なんだろう。
「私」という自我は、はかなく空しい。

人はいずれは消えて無くなる自我に執着し、思い悩み、他者と争う。
本当は自他などないのに。

ヨハネ福音書11/26について 。
彼を信じるとは、彼の言葉を守る事だ。これは命の食物である。
獣は、死んだものを食し、死んでいるもの、つまりこの身体を生かす。
しかし生きる者は、生けるものを食し、生きるだろう。
アーメン。この言葉を理解する者は幸いだ。彼は生きるだろう。
私に強い心を与えられんことを。皆に真理の光を与えられん事を。

彼の言葉を守らず、ただ信じています。というのは、信じているとは言わない。
ただのファンクラブだと知れ。彼らは生きないだろう。





551 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 06:02:18 ID:GvDQBUfa
真理(現象・行動)には、三つの状態があると考えられる

@真理を知覚する状態       
A真理を知覚し表現する状態  

B真理を知覚せずに表現する状態

@は信 Aは信仰 Bは直感による信仰

信仰
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BF%AE%B6%C4&search_history=sinnkou&kind=jn&kwassist=0&mode=0

552 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 06:21:44 ID:GvDQBUfa
@の信という状態は、真理を真理と認める自己内での表現状態

Aの信仰という状態は、認めた真理を、他に対し表現する状態

Bは直感で真理を、他に対し表現する状態

それぞれに幅があり、陰陽がある

553 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 07:26:17 ID:GvDQBUfa
@ABの陰

@信を認めることができない
A仰を増すことができない
B直感を強さにできない

この陰に更に陰陽がある

554 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 07:41:53 ID:GvDQBUfa
陰に陽が存在し、陰陽があるうちは生きている。陰陽を無くすとき人は真に死ぬ。

555 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 08:35:18 ID:IybsREW1
大いなるバビロンとは何ですか?

556 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/17(土) 09:05:39 ID:xIhjGEzH
>>555
>大いなるバビロンとは何ですか?
は、ヨハネ黙示録に出てくる
言葉だと思うけど、黙示録の編者は、編者やキリスト
教徒たちを弾圧しているドミティアヌス帝のローマ帝国
の事を言ってるのだと思います。
ただ何にでも使えそうな言葉ですので、馬鹿教会の信者は
教団に不都合な事をする者達には好んで「大いなるバビロン」
と言ってるふしがあります。



557 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 12:23:55 ID:IybsREW1
>>556
なるほど、ひとつの見解として参考になります。謝謝

558 :名無しさん@3周年:2006/06/17(土) 16:47:12 ID:yaG0Tj2t
マータイ
金大中
ゴルバチョフ

ノーベル平和賞の受賞者が、光州でサミット

創価学会の宣伝かと一瞬思った。デーサク先生が光州で、3人を激励。とか
毎日新聞で「輝かしい未来の文明を創設する平和主義者の集い。
      SGI会長が光州で」
とか有りそう。。。


559 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 03:13:19 ID:61whL5ya
苦よもぎ、どっかの言葉でチェルノブイリ
ロシア語だろうが。

560 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 03:14:19 ID:61whL5ya
↑ま、昔の漫画のネタだけど
事実か?

561 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 04:53:26 ID:iLFgdhmF
>>560
有名な話で事実だよ。黙示録にある。
それで、チェルノブイリの事故を聖書が預言(予言かな、この場合)していたってことで、浮き足立った人たちがたくさんいます。
今でも説教のネタに使う牧師がいます。
ご参考までに。。

8:10 第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と、その水源の上に落ちた。
8:11 この星の名は「苦よもぎ」といい、水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。


562 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 09:03:43 ID:61whL5ya
事実ですか。ありがとうございます。
では、666、バーコードの両脇と真ん中にたしかに6がこざいますが。

563 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 13:35:20 ID:V9uxrrCb
釈迦像と二体の脇仕を思い出したんですが・・・・。

564 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 13:42:23 ID:JKu2PzLM
666が人間であるということはバーコードは人間そのもの、
あるいは人間の霊魂、あるいは生気が込められたものである。
ここで日本でも一年に10万人以上の人々は行方不明になっている事実
に思いをはせるべきである。彼らはなぜ姿を消さねばならなかったのか?
行方不明になった後に見つかることもあるだろう。しかしそれでも万単位
の人々の行方が闇の中なのは違いない。では見つからなかった行方不明者
はどこに行ってしまったのか?

565 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 14:05:20 ID:V9uxrrCb
うん。真面目に考えていらっしゃるとは思います。
でも、どうかオカルト板へ行って。

566 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/18(日) 19:06:40 ID:+3aCzdLm
>>564
>ここで日本でも一年に10万人以上の人々は行方不明になっている事実
>に思いをはせるべきである。
そういうwebあったよ...
平成15年度の警察の捜索願いの件数が約10万件であるところから
出てきた数字やろね...
そのうち約88%は身元確認ができて、正味の行方不明者は1万人ちょい
どうだろ、ここの中の多くは自分から身を隠してる人じゃなかろうか...
それより馬鹿教会は、一年に3万人もいる自殺者を救えないのだろうか...
経済的問題、病苦がその9割以上だそうだけど...たまに失恋で自殺
するのもいるけど、それは数も少ないし、そんな奴はほっといても良いと
思うけど...

567 :名無しさん@3周年:2006/06/18(日) 19:30:23 ID:mqi2b/IA
日本のキリスト者が自殺執行者に遭遇する確率は欧米に比べ小さい

568 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/18(日) 20:03:48 ID:EZFRFjVg
>>549
そうですね、数字の間違いってあるよね。
民数記 3;39は22000人であったと書いてあるし
ご長寿は0が一つ多いかもと思いますよ。
そう考えるとすっきりする。
>>566
おっしゃる通りです。珍しく同意見です。
救いを強調したり、信仰の正しさを証明することを前面に
出すことなく、現実を直視して、取り合えず地域社会に貢献
する。そのきちんとした生活を通して福音を伝えられる人。

ソウユウヒトニ、ワタシハナリタイ。と、願う。

569 :名無しさん@3周年:2006/06/19(月) 16:04:27 ID:8szRmbII
結局、黙示録のオチってどんなもの?
人類は?世界は?

570 :名無しさん@3周年:2006/06/19(月) 17:41:42 ID:foyuhAsD
569

571 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/19(月) 18:51:26 ID:nR1kvoYM
>>569
>結局、黙示録のオチってどんなもの?
>人類は?世界は?
黙示録が1世紀末に書かれたと言う事を考えたら判るべ
その後の人類の歴史がその「オチ」だよ...わはははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは

572 :名無しさん@3周年:2006/06/19(月) 21:31:14 ID:emSlAMgV
正直、宇宙人といわれる存在が怖い。
太陽系外から来ているとは思えないが、だったらなんなんだ?
聖書に関わる存在なのか?神か天使か堕天使か兄弟なのか?
信仰を揺さぶる要素だ。

573 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/06/19(月) 21:46:00 ID:xoL5SVCX
もし、このようなちっぽけな星に、高度な文明を持った宇宙人が
来るとしたら、それは地球という星に同情して助けにきているのよ。
宇宙人からすると、地球から得るものはないんじゃないの。

574 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/19(月) 23:16:36 ID:nR1kvoYM
僕は黙示録が、エルサレムの神殿の炎上を見て、ローマ帝国の弾圧に
あった人が、ローマ帝国が神の手によって滅ぼされ、関係者が処罰され
エルサレム神殿が再興される事を夢見て書いた物だとずっと思ってる
けど、これを書くと必ず批判される...不思議だなぁ...黙示録を
何回読み直しても、その考えは変わらないよ...その様に考えて何で
唯物論者になるんだろ...これも分けが判らん...1世紀末の書き物が
何で21世紀の預言だと言う方がよほど荒唐無稽な妄想にしか思えナイン
だけどね...何処の馬鹿が2000年も先の事を予言するんだよ...
考えたら判るだろうに...それなのに馬鹿どもは未だに飯のたねにしてる
w...

575 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/19(月) 23:31:26 ID:nR1kvoYM
僕が黙示録の解体新書を書いたろか...と言うとびびる奴は
多いと思うので...もっとも何年か前に
「風化したハルマゲドン」と言うのをつくった事があるので
紹介するね
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_mokushi.html

馬鹿教会もいい加減「黙示録」を飯のネタにはしにくいと思うけど
ねぇ...馬鹿どもはまだ食えると思ってるのかねぇ...



576 :名無しさん@3周年:2006/06/19(月) 23:48:48 ID:emSlAMgV
>>573
それは希望的予想でしかない。
他の高度文明に我々の知るうる倫理が伴っているとは限らない。
エイリアンという謎との遭遇に備えて、信仰的リスクマネジメントをとる必要がある。

先進の文明を前にして信仰の混乱が起こることは容易に考えられる。遭遇した場合、
「進んでいる」ということでエイリアンを信じるのか、信仰を取るかという選択が起こる
はずだ。

577 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 00:12:50 ID:eQQWftwt
一見、突拍子も無い宇宙人発言だが、聖書を探究するための仮定として機能する
ことは予想可能。聖書から真理が導き出せる可能性がある。

578 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 00:26:07 ID:bNB4RLMH
>>576
>他の高度文明に我々の知るうる倫理が伴っているとは限らない。
>エイリアンという謎との遭遇に備えて、信仰的リスクマネジメントをとる必要がある。
いらねぇよ...そんなクダラナイ理屈で馬鹿教会の尻馬なんかに乗るな!
その世界に論理が無かったら敗北したらいいじゃん...
ホセア書を読んでみな...アッシリアと言うエイリアンは、文化的には
全くの野蛮な国なんだけどね、やたら軍事力が強くて、北イスラエル
を軍事的に占領するんだな、それでホセアも連行されて、八つ裂きに
されたか、串刺しにされたか、生首を打ち落とされたか知らんが
ともかくアッシリアの占領前に北イスラエルで書いたのがホセア書の
1−3章で、その巻物が辛うじて南のユダ国にいた親戚(?)に伝わって
後が書かれたんだよ...



579 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 00:46:00 ID:bNB4RLMH
>>573
>エイリアンという謎との遭遇に備えて、信仰的リスクマネジメントを
>とる必要がある。
この言葉をもう少し判りやすく説明ねがいましぇんか...
「信仰的リスクマネジメント」...????????????
リスクマネジメントは判りますよ...リスク(危険性)をできるだけ
最小限に抑える為に、リスクの可能性を一つ一つ計算して、資金的にも
デリバリーとしてもそれが最小限に納まる様に、プロジェクト計画を
組む事ですよ...開発物を日常的に扱ってる者としては当たり前に
ヤッテル事だけど...「宗教的に」とどう関わるんだよ...
「宗教ビジネス的に」なら判るけど、「信仰」とは全く関係ないと
思うよ...

.....また新手の馬鹿が出てきた...とはとりあえずは言わないで
おくけど...こんな奴等ばっかりだよ....わはははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは


580 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 01:00:17 ID:bNB4RLMH
>>577
おまえは集りだろ,576みたいな馬鹿に必ずお前みたいな
「よたか」が付き添ってるんだな...お前さんが、真面目に
前歴をご披露いただいたら、当方としも真面目に御貴殿と論議
するが、こんな出方だったらただの集りか、何かの2まいせんじに
過ぎないよ...お前と576の関係も正直に白状しな!...
しないんだったら、また苦労してお前の素性を調べるだけだけど
クダラナイ作業だとは思わないか!...どうして同じ様な事を
何回も繰り返すんだ!....この馬鹿たれめが!!!!!!


581 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 01:05:25 ID:lydqh+Pz
クダラナイと思うならしなければいいだけのこと。

582 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 01:26:42 ID:bNB4RLMH
何でこんな奴等のためのワクチンが作れないんだよ...こんなの
新手の馬鹿教会に決まってるだろが....
僕から見たらみーーーーんなウィルスだから、こんな馬鹿信者も
攻撃できないんだぞ.....


583 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:02:18 ID:7CHn7AYt
バイブルコード。
これを、単なる偶然と片付ける者もいるが、はたしてそうだろうか?
よくいわれる白鯨などでも見られるというのは、
これは集中度からいっても、バイブルコードとは比較にならない。
批判論者はバイブルコードの間違いを探す為に、自分達で実験したが、肯定的な結果が出てしまった
ので、実験の方法を変えて、新たな変数を加えるといういんちきをし、始めの実験結果を公表せず、
後の実験結果を公表した。始めに否定ありき名この人たちはフェアではない。エゴに支配された人の行動とは
こんなものだろう。さて、本題。バイブルコードには、無論最近のことも書かれている。

584 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:04:12 ID:7CHn7AYt
>双子・塔・飛行機・それは打ち倒した・二度。

これはいわずと知れた9.11。これらの暗号が集中して現れる。双子・塔・飛行機の三つのキーワードが表れる
確立は、一万分の一。

>次の戦争・双子・テロリスト

これもセットで現れる。

>世界戦争・自爆テロリズム・激しい戦い・激しい戦い

これもセットで現れる。

>世界戦争・原爆によるホロコースト・終りの日・5766年(ユダヤ歴、西暦に直すと、2006年)

これもセットで現れる。確立は、十万分の一以下。

確立で言えば、偶然として片付けられないものである。
暗号は続く。

>DNAの暗号。アダムの中にモデル、型番。

これもセットで現れる。

>人間の創造。リサン。その解き明かしはこうです。

これもセットで現れる。他にも歴史的事実が、隣接して、旧約聖書に、スキップコード
として多数現れる。どうだろう、これは全て偶然なのだろうか。
リサン。これは地名でもあるが、ヘブライ語では言語という意味もある。
「言」。言葉は神の遺伝子。

585 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:10:46 ID:7CHn7AYt
地球上にはオーパーツと呼ばれる、今の常識では、その時代にはあってはならない
物が、多数見つかっている。はっきり言う。一神教の成立には、
我々人間を、遺伝子操作で創造した、別の知性が関与している。
我々よりはるかに文明の進んだ、我々と同じく言語で思考する彼らは、真理、
つまり命の場所を知っており、いずれは朽ち果てる、肉の身体を滅んでも、永遠に生きる存在である。
肉の寿命も、彼らは、我々よりはるかに永く、永遠に生きる彼らは、神々と呼ばれた。
旧約に出てくるネフリムとは、彼らと、我々人間の女との間に出来た子供である。
霊でもある「言」による知恵は、善と悪とに別け、受肉し、死ぬ定めの獣の身体に閉じ込められたが、
「言」による知恵は、同時に我々を、再び永遠に生きる存在へと戻すだろう。
だが、我々の創造主である、彼ら神々は、命を得る知恵。つまり我々が永遠に生きる事を許さなかった。
しかし、彼らの中で、我々に命の実を与えようとする者がいた。彼らは、旧約聖書で、
蛇として登場する。あの矛盾だらけの、創世記の冒頭は、霊である「言」が、善悪に分ける知恵により、
受肉し、死ぬ存在になったのと、至高の存在である、万物の父に似せて「人」が創造されたのと、
命の実を食べた、知恵により、永遠に生きる存在である、神々が、自分達に似せて、我々人間を創造した
出来事を絡めて書いてあるからである。我々人間は、蛇である彼らの所有物であり、
彼らの計らいで、いづれ我々も、永遠に生きる存在となるだろう。

586 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:14:54 ID:7CHn7AYt
彼らは我々が永遠に生きる存在となるべく、
太古の昔より、マスタープランを引いた。人類の歴史は、彼らのマスタープランに沿って動く。
レールに乗った電車のように。ピラミッドは誰が作ったか?あの技術を伝授された者達がいる。
彼らは、現在、我々の支配者層である。彼らは世の中を動かす。そして彼らの主は、あの蛇である。
彼らの目指すものは、ワンワールド。それは巷でささやかれている、
世界統一政府なんてものなのではない。そんなものではないのだ。男と女の結合。完全なる一致。
文字通りの、ワンワールド。預言者により、
一神教が三つに別れ、互いに争う。今の中東の情勢は、決して偶然ではない。全ては計り事。

587 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:18:29 ID:7CHn7AYt
イザヤ46:9
「いにしえよりこのかたの事をおぼえよ。わたしは神である、わたしのほかに神はない。わたしは神である、
わたしと等しい者はない。わたしは終りの事を初めから告げ、まだなされない事を昔から告げて言う、
『わたしの計りごとは必ず成り、わが目的をことごとくなし遂げる』と。」

ムハンマドなどの預言者は、全て我々の所有者である、彼らのメッセンジャーである。
また彼らの計り事の、駒である。

アモス3:7
「まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、
何事もなさらない。」

新約は必ずや成就するだろう。イエスが世に現れ、旧約が成就されたように。

プレゼン。

http://www.youtube.com/watch?v=LJhpBRgZScI&search=illuminaty

588 :561:2006/06/20(火) 03:20:51 ID:tQOWwRmr
>>562
いずれにしても、黙示録はもともと暗号というか符丁で書かれていて、それを読み解くための鍵が無くなっちゃってるってことは確かなようですね。
重要な文書(聖書)という意味だけが残った、オカルト的には大変都合のよい読み方bの出来る文書になってしまったようです。

宗教的に、この文書をどのように利用活用するかということは現代の教会の責務であると思います。
この文書から道徳律を紡ぎだすメタ文書として活用するのが本来の主の意図です。
それが、イエスキリストの黙示という意味です。

666は公式に、現代の教会においてもネロ皇帝を指す符丁として共通の認識に立つ数字です。
バーコードという解釈はありません。
以下太陽系外知的生命体に対する拡大解釈でですが、当時は地球(というか大地)の上を空が巡っていて相対的認識に立つことはありませんでしたので、この地上以外に生命はありえません。
この点を押さえていただくことが肝要であると思います。

589 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 03:23:13 ID:7CHn7AYt
エル。エルとは神々。天使。天使の名前には、必ずエルが付く。
旧約、新約、クルアーンに登場する、ガブリエル。ガブリエルとは何者?

なんてな、冗談だよ。アホども、真に受けるなよ。ククク。

590 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 06:16:22 ID:eQQWftwt
ココモも宇宙人も同じようなものなんだけどね。ココモの存在が色々な気付きを
与えてくれていることは確か。反面教師?みたいな。

信仰に対する圧力や恵みの歪みがあって成長する。
逆に例えると育つということは自然という異物の中で養分や光や水を抽出して生きる。
進化も淘汰圧(自然という毒)という原理が働いているように見えるだろう。

因みに一連の書き込みは同一人物だよ。宇宙人という話題があったから、ここで
現象の理解として展開を試みた。IDが違うのは時間的な偶然。

リスクマネジメント
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%EA%A5%B9%A5%AF%A5%DE%A5%CD%A5%B8%A5%E1%A5%F3%A5%C8&search_history=%B2%BE%C4%EA&kind=jn&kwassist=0&mode=0

591 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 07:14:20 ID:bNB4RLMH
なーーーーんだ、やはり宗教ビジネスのリスクマネイジメントだよ
宗教ビジネスと言っても所詮、いかにアホを誑かせて金を巻き上げるかで
みんなが賢くなったら全くペイしなくなるンサ
クダラナイ宗教やを面白がる人がいるうちは事業として成り立つだろうから
セイゼイ頑張りなさい...わははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


592 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 07:29:38 ID:eQQWftwt
育つという現象に原理的な陰陽があることが聖書から読める。
聖書では育つという言には罪となる意義がとれる。しかし聖書は人を育む。

自称経営者だからマネジメント=金に繋がるのか。ココモの奉じる宗教は
このリスクマネジメントに迎合するイメージがある。

593 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 07:37:55 ID:eQQWftwt
ココモの奉じる宗教とは、今のイスラム教ではなく、氏の提唱する
「改革されるべきイスラム教」ということになるがどうだろうか。

594 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 11:06:36 ID:mgzBNLZ2
西部−北部(ロッキー北部)_中西部−北部(ミズーリ)−東部−北部(自由州)
西部−南部(ロッキー南部)_中西部−南部(テキサス)−東部−南部(奴隷州)


ロッキー北部(モルモン教)_ミズーリ(ルーテル派教会)−自由州(長老教会)
ロッキー南部(カトリック)_テキサス(メソジスト教会)−奴隷州(バプテスト教会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

東部−北部(英国国教会・オランダ長老教会・ドイツ改革派)
東部−南部(バプテスト教会・KKK)

中西部−北部(ルーテル教会)
中西部−南部(メソジスト教会・禁酒教会)

西部−北部・モルモン諸州(無神論・モルモン教会・禁酒教会)
西部−南部カルフォルニアを除く・アパーカルフォルニア(モルモン教会・禁酒教会)
西部−南部カルフォルニア州(無神論・メキシコ−カトリック教会)

入植者の基盤や集団結束が強い−地方教会: バプテスト教会(南部)・ルーテル教会(ミズーリ)・モルモン教会
最初期の入植者の教会: 長老教会・改革派教会
入植者監視の教会:   英国国教会
少数団体の中西部や西部入植者、メキシコ隣接の教会: メソジスト教会


595 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 11:25:51 ID:vVnGZpYx
ガブリエルは「神の人」の意
ミカエルは「神に似たる者は誰か」の意

596 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 17:08:50 ID:TzK0lR3D
預言者に「ミカ」っていたしねぇ。
神様は「エル」だけど。
変化形があって「エリ」「エロイ」「エロヘ」「エロヘハ」「エロヘヘム」多数。
エリエリレマサバクタニのエリ。

「ガブリ」???うーん。
「アダム」という単語以外の人間の語彙があったとは。


597 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 21:22:05 ID:bNB4RLMH
エイリアンが現れたらどうするかって...馬鹿どもは黙示録読んで
ない事がハッキリするね...
黙示録20/1
>わたしはまた、一人の天使が、底なしの淵の鍵と大きな鎖とを手にして、
>天から降って来るのを見た。
>この天使は、悪魔でもサタンでもある、年を経たあの蛇、つまり竜を取り押
>さえ、千年の間縛っておき、底なしの淵に投げ入れ、鍵をかけ、その上に
>封印を施して、千年が終わるまで、もうそれ以上、諸国の民を惑わさない
>ようにした。その後で、竜はしばらくの間、解放されるはずである。
...この後20/7で、最終的に滅ぼされるダロ....


エイリアンが何であろうと、イエス様か神様がちゃんと拘束してくれる
んだよ...弱いオツムでリスクマネイジメントなんかしなくても良いん
だよ...わはははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは




598 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 21:33:02 ID:eQQWftwt
ココモ現象

得意技その1 ダブルスタンダード

599 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 21:36:52 ID:bNB4RLMH
エイリアンが現れる....??????
そんな事はもちろん書かれてないけど、どうせ書かれて無い事を
妄想するなら、もっとマシな事を妄想したら良いのにね...
例えば「うんこ」が降るとか...共産主義の事を言ってる???
わははははははははははははははははははははははははは
アホは何を考えるか判らん...僕が妄想を描くのであれば
エイリアンが薬をばら蒔く事を考えるw
薬の内容は
1...そんな事は全く書かれてないのに、エイリアンが
  やってくると妄想させる精神誘導剤
2...そんな事は全く書かれてないのに、共産主義が
  蔓延すると妄想させる精神誘導剤
3...聖書なんかほんのさわりしか読んでないのに
  あたかも良く理解してる様に思い込む精神誘導剤
4...編者がまともに計算できないで書いた年数を持って
  「神様の霊が共にいた」と言い聞かす精神誘導剤
5...本当は遥かに精通してるのに、自分(達)以外は
  全く聖書を理解していないと思い込む精神誘導剤

と考えてみたが、そんな事はわざわざ薬を撒かんでも、馬鹿教会
がやってるw...わははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは


600 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 21:52:41 ID:eQQWftwt
エイリアンを竜に比定したら竜の真相にしかならないだろう。

ココモの立場がよく現れる所だ。聖書から授かることをせず、聖書を従えようとする。
探究は聖書の真理を探し、受ける行為である。
ココモは聖書の追及者であるが、それは「自分の真理」の追究であり、聖書を自分の
中に格納し、自分のルールに組み込む行為だ

601 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/20(火) 22:25:32 ID:7CHn7AYt
アホだな。蛇の意味が全く理解できていない。
知恵は、善と悪とに別け、死をもたらすが、知恵こそあれば、真理を知ることができ、
獣に過ぎない我々を、救うのだ。善悪を別ける知恵も、命をもたらす知恵も、
「言」によって成る。蛇は知恵の象徴。陰と陽。それはサタンともなり、
命をもたらすロゴスともなる。なぜ、聖書には、善悪の知識の木と、命の木が、
エデンの園の中央に、つまり隣接してあるのか、智慧のある者なら、すぐに理解するだろう。
エデンの園の中央に植えられた、善悪を知る木も、命の木も、表裏一体なのだ。
黙示録で終わりの火の前に滅ぼされる、蛇の成れの果て、竜とは、この一方の陰、
善悪を別ける知恵。つまりエゴのことだよ。エゴは「一」を別けるもの。
人はこのエゴを滅ぼさない限り、心を一つにしない。人はこのエゴを滅ぼさない限り
元の場所に帰る事は出来ないのだ。
蛇とは、知恵の象徴。バカモスキーは相も変わらず、聖書が読めていないな。
君は、お勉強は出来たのかも知れんが、君には、智慧がないのだよ。
君に聖書を読み解くことは無理だ。

ところでバカモスキーよ、あんたエイリアンなんか信じてるのかい?
わっははは〜〜。ひ〜腹いてぇ。ばっかじゃねぇの(爆笑)


602 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/20(火) 23:44:51 ID:bNB4RLMH
エイリアンが現れる???
もっとマシな事考えようね...例えばゴキブリがバラ蒔かれる
とか...シラミをばら蒔くとか...

もっとエエノあるで、イスラムのテロリストが国中に潜伏して、
   かのザウカウィ様に蘇っていただいて、馬鹿信者をテロに
   掛ける...
もっとエエノあるで、イスラムの信者がみんな僕程度に聖書を
   勉強しだして、一斉に馬鹿教会を嘲笑う...
もっとエエノあるで、イエス様が蘇って、自分はキリストなんかでは
   無いと言ってしまう。
もっとエエノあるで、神様の特別のお計らいで、キリスト教会の
   御査定をしていただく。
もっとエエノあるで、イエス様に信者の精神鑑定をしていただいて
   患者は全部無人島に収容していただく。

わ!こんな事してしまったら、世の中良くなってしまうか....

わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


603 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 00:01:05 ID:a/EALSpE
今朝、ワタクシ目を覚ましますと、枕元にテポドンが四つ置いてありました。
おやおや、もうそんな季節かと思い、テポドンを四つ建て終えると
思い切ってお布団の外に、飛び出してみました。
四十二歳厄年、モッズ系猛禽類、自称北の大酋長、
フルーツ好きの朝鮮労働党員で御座います。
朝の八時から朝の八時まで、喜び組と戯れておる傍ら、
休憩時間に日本人の拉致を欠かさず行っております。
月に一度の休日は、反乱軍と激しく殴り合っております。
百戦百勝の鋼鉄の霊将、金正日四十二歳厄年、平壌在住、
世界の流れについていけない、男はつらいよのファンで御座います。
白頭山を歩くのが似合うんです。労働党のマークしか認めません。
偉大なる将軍様、金正日四十二歳厄年
糖尿病歴五年、カプセルで育った未熟児で御座います。
援助を受け入れたいんです。
現在、経済制裁を受けております。
近頃、ノムヒョンの前で堂々と話す力が身に付きました。
朝鮮、はなし方教室在席、金正日四十二歳厄年、訴えたい事がないんです。
メッセージのない独裁家で御座います。
恫喝は得意で御座います。見返りが欲しいんです。
朝鮮総連推奨、金正日四十二歳厄年。
親愛なる指導者で御座います。
尊敬しておるアーテストは、金日成で御座います。
好きな女優は、金敬姫とプリンセス・テンコーでございます。
好きな諺は、「瀬戸際外交」で御座います。 南朝鮮の事を考えると、眩暈がするんです。
朝鮮民主主義人民共和国、朝鮮労働党最高指導者、総書記担当
あぁ 、第七艦隊のお出ましだ、巨大な空母が攻めて来る。
核を持っているって言ってるだろ、イラン製じゃ無いんだよ。
俺はなぁ、本気なんだよ。
口だけじゃないんだよ、日本のくせにアゴで使いやがって。
ただ今よりテポドンを発射します。

604 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 00:06:53 ID:o4B6qJjO
その程度なら考えることもある。
ゴキブリやシラミ?ばらまくのは誰?AFO?

605 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 00:29:48 ID:o4B6qJjO
ココモ現象、なぜこの人はこうなのか?この問いと困難が思考と労働を生み
出す原因となる。ココモ現象は飢えと渇きをもたらすのだ。

ココモに対する選択肢は三つある

1 思考
2 労働
3 自身の支配

この場合1と2は重なり合う。3は闇属性となる

606 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/21(水) 00:56:15 ID:N0rS7V9y
馬鹿は矛盾に気づいてないw...
エイリアンが竜でなければ、それはヨハネ黙示録の編者の想定外だよ
イエス様も神様も退治できないものであれば、それを想定してる奴は
クリスチャンじゃないだろ...妄想家はいたる所で矛盾してるのが
気が付いてない....わははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


607 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/21(水) 01:16:44 ID:N0rS7V9y
この手の馬鹿どもが蠢く中で、ヨハネ黙示録を解析するのは
実は大変な困難が付きまとったのであります....
実はヨハネ黙示録を解析してる(1997年頃)最中に
いろんな物が走馬灯の様に頭を過ぎりまして...
しばらく重ね読みをサボってた時に、自分はヨハネ黙示録を
解析して自分流に一言一言解析して赤裸々にしないと自分の
使命が終わらないと言う思いが過ぎりましてね...その過程で
中途半端にホムペに載せたのが、少し前に掲げたwebですわ
ヨハネ黙示録に馬鹿教会や信者の90%が担保を掛けてるんだw
この巻物をココモ流に解析したら馬鹿教会の90%は始末ができるん
だよ...わはははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


また、今日の黙示録を再開します...わははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは

馬鹿を何処かの戦場に誘き寄せて、一斉に集中砲火を浴びせる
それがヨハネ黙示録だw....


608 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/21(水) 01:29:22 ID:N0rS7V9y
ヨハネ黙示録は聖書学者も正直言って真面目に解析してくれないんだw
それで僕も頼るところが無くて...ところが馬鹿教会は黙示録を
好き勝手に荒らし放題してるワケですよ...あのオウムまでが
ハルマゲドンを言い出したときは正直言って挫折したよ....

やりますよ...今日の黙示録....ここに馬鹿信者の9割が
担保を掛けてる事が判ってるんだから...これを解体したら
馬鹿教会が幾つか終わってしまうよ....わはははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは


609 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 02:18:13 ID:o4B6qJjO
矛盾も何も。あのね、勝手に黙示録を想定したのはココモだ。
これまでのやり取りでステレオタイプ発動ですか。

うちが想定し引用したいところはもっと別で根源的な問いであり、様々な現象から
聖書に対する問いを持ちたいとする所為による

610 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 02:59:42 ID:o4B6qJjO
さらに
居るか否かの真偽は別に、宇宙人なる存在を恐れるのは本当だけどね。
なぜだか解る?

611 :名無しさん@3周年:2006/06/21(水) 13:43:08 ID:ZuZaBgWl
聖書学者もお手上げのヨハネ黙示録を解体するって、
お前、世界征服を妄想した麻原焼香みたいなこと言うな。
頭のネジ緩んでないか?
おれにはお前が宇宙人にみえてしまう。

612 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/21(水) 22:52:03 ID:N0rS7V9y
黙示録には何故キリストの千年王国があるのか

福音書では、マルコは、現在が神の国であり、終末の裁きは来るが、
メシア王国は出現しない。終末の徴が現れてから、人の子は来る。
ルカには、マルコとおなじように、ない。マタイは、終末の前に、
メシヤ王国は出現するが、その期間に触れない(24・14)。
この期間とか、年については、イエスは知らないと言っている。
このように、当時の様々な終末論(Tコリ15・23〜26、マルコ13・3〜27、
マタイ24章、ルカ21章、テサロ4・15〜17)が判明する。
では、なぜ、このようなメシヤ王国説が現れたのだろうか(1388頁、ハイパー聖書大辞典)。
ユダヤ教では、メシアは超自然的な存在ではなく、メシアは遂に死な
なければならない存在である(Wエズラ7・29)。
しかし、キリスト教徒にとってメシアの国は、そのようであってはならない。
キリストの支配するメシアの国は、ある期間の後に、キリストの主権を
神に委ねたときに、世の終わりが来ると考えた(Tコリ15・24〜28)。
ヨハネ黙示録は、このような状況に合わせるために、不器用にも終末の
出来事を二重にし、暫定的な千年王国を中間に挿入したのである。
その結果、ヨハネは二つの最終戦争(ハルマゲドン、黙19・11〜21、20・12〜13)、
サタンに対する二つの勝利(20・1〜3、20・10)、二つの復活と
裁きの場面(20・4〜6、20・12〜13)を設定せざるを得ないのである。

*要するにシナリオ編集上の問題の様で、わははははははははははははははは

613 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/22(木) 01:15:51 ID:gccaFh2g
判りにくい場合はタイムチャートを書くと判りやすいんだよ...
創世記の長寿の人達の話もタイムチャートを書いたら一発で
神話である事が判ったw....文章だけでアダムは950歳
誰々は910歳って言われても、ただ長いだけで長いという事しか
判らないけど、ノアの箱舟に乗ってたセムさんが、アブラハム
と同時代に生きてた事になるって言われたら、なーーーーんだ
ただ闇雲に長い年月を書いただけだという事が判るんだよ...
黙示録の場合は、イエスの受難時期をスタートさせて、ついでに
パウロの宣教時期、ユダヤ戦争そして編者がドミティアヌス帝の
ローマ帝国から迫害されてた時期、それでそこからハルマゲドン
、イエスの千年統治、大審判、新しいエルサレムの生成と書いていくと
かなりすっきりするよ...それで、この世で起こってる事と天空
で起こってる事を2相にして書くともっと良くわかる...
CADのできる人はCADで書きましょう...そうでなくても
エクセルを使えば書けます....
エイリアンだって....わはははははははははははははははははは
共産主義だって.....わはははははははははははははははははは
もっともその手の人間もいてくれないと、成り立たない教団もあるみたい
だから、致し方ない事なのでしょうね...大都会の真ん中に馬鹿ドモノ
収容所を作るわけにも行かないだろうから....わははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは


614 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 03:10:16 ID:6MPfDNTt
>>ただ闇雲に長い年月を書いただけだという事が判るんだよ...

享けるという謙虚さを失った人間が表す高慢の体現者ココモ。
数字が出てくるところは計り知れない意味が隠されてたりするんだ。
思考が及ばないからって「聖書全体がくだらない」ということの短絡的強化をする
ココモスキーの闇ベクトル。

ココモの信念の確信をしているだけで聖書からは何も得ていない逆信仰。
このココモ現象から読み取れる構図は、
「昔の人間は、現代の我々より無知識である」とする知の驕りだ。神を畏れる者は
神と共にあったとされるモーセの書に対し敬意を持つ。
知恵の木から実を得た人間そのものがココモスキーということになる。
その実は、善悪を知るのであって永遠の命に至る真の知である生命の木ではない。

旧約の知の回収は新約を絡めなければ無意味であろうことは容易に思いつく。
真相はいかに。

615 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 03:47:25 ID:QD0riJbJ
アダムは実を食べて後、主の足音(実存)を知って怖れた。


616 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 07:54:49 ID:QD0riJbJ
ココモは足音を聞く前のアダムだな。
真理を自分で作り神になり変わろうとする。

617 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/22(木) 23:54:35 ID:gccaFh2g
今日の黙示録−XA1
前にも一度やってるので、少し角度を変えてやっていきますね

クリスチャンの弾圧
ドミティアヌス帝の弾圧が過酷だった事は黙示録を読んでも
(13章あたり)判りますが、果たしてローマ帝国の施政者の
頭の中に「クリスチャン」と言う言葉があったかどうか疑問です。
キリスト教会は必ず「クリスチャンが弾圧された」と言うでしょうが
(キリスト教会はそう思うのが大好きです)、ドミティアヌス帝が
弾圧したのは、ユダヤ戦争の残党です。つまりユダヤ人の中で
帝国の意向に従わない連中です。もちろんユダヤ教徒も沢山含まれて
ると思います。帝国の施政者から見て恐らく、ユダヤ教とキリスト教の
区別は付かなかったと思います。また異邦人キリスト教徒は果たして
過酷な弾圧を受けた確かな形跡がありません。(キリスト教団がでっち
上げた物は沢山あるが、どれもお得意のコジツケの様に思う)
キリスト教会は受難話が必須ですので、全く違う事情での弾圧であっても
キリスト教徒としての受難話にするでしょう.....
黙示録のヨハネが受けた弾圧も、ユダヤ人としてかユダヤ教徒としてか
ユダヤ人の危険な思想家としての弾圧だと思います。


618 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/23(金) 00:08:16 ID:SGG8lNTx
しばらくお題目を唱えるのを忘れてた...
皆さんが夜神様にお祈りするのにあわせて、私はこのお題目を
唱える事にしました。
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」

ストア派の人達に敬意を表してのおパクリであれば、パクッテも良い
と思いますよ。
もしかしたら、ヨハネ教会の誰かが事前にストア派の人達からご了解を
得ていたのかも知れませんのでね...

メンツが立たないのは、哲学者からのパクリかもしれない言葉を
「神の霊感によって書かれた言葉」と言ってる馬鹿な人達だけですから

ヨハネの編者の人達が、ストア派の主張に共鳴して、その言葉を
冒頭に持ってきても、僕は何等けしからんとは思わない。むしろ
謙虚にストア派の主張に共鳴して、それを巻物の冒頭に掲げた
事に敬意を表したいですw....もう一回繰り返すと
メンツが立たないのは、哲学者からのパクリかもしれない言葉を
「神の霊感によって書かれた言葉」と言ってる馬鹿な人達だけですから



619 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/23(金) 00:28:39 ID:SGG8lNTx
僕はヨハネ福音書の1/14の
「ロゴスは肉となって」を知能程度の低い人間の言葉だと
言ったが、ギリシャ語のヨハネ福音書を読んでると、どうも
翻訳者がアホみたいですな...こんな翻訳で通じるのか
どうか殆ど考えてないみたいですw...馬鹿は妄想に走る
だろうし、普通の人間は??????だらけになるますな
ヨハネ福音書の1/14−18は僕なりの翻訳をしたいと
思います。ただ、そうすると三位一体の根拠はますます
薄弱になってしまいますが、もともと無理ハメしてるところ
なのでやむなし...できるだけ編者の気持ちにそって
翻訳しないと、歪さがずーーーと付きまとうのがキリスト教会
の聖書ですw....わははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは


620 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 09:52:14 ID:d9t/M+se
黙示録ガ嘘ナラ、コノ糞ノヨウナ世界二裁キガ訪レルコトハナインデスカ?
オシエテクダサイナ

621 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 10:34:09 ID:OymAmsIQ
黙視録は読んで表現するものでなくて、静に受けるもの。

622 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 12:20:10 ID:AxWAF93q
今時黙示録は、ユダヤ戦争のことを言っているなんて、
宗教学者も言わないですよ。形而上のことをテーマにしているものを、
無理矢理、形而下のものとして解釈するのは、一昔前の学者連中の間では
はやりましたが、今のトレンドは、やはり形而上のことについて書かれてるものなのだから、
それが本当にあるのかどうかは別として、神学的に解釈する。
ま、当たり前と言えば当たり前のことなんですがね。それをここのイスラムの人は、
いまだに、形而上のものを、形而下として捕らえて、解釈しようと
してるんですね。

もう一度言います。
今時の学者は、黙示録をユダヤ戦争のことを書いてあるなんて誰も思っちゃいませんよ。
笑われますよ、あなた。そもそもユダヤ戦争のこと書く程度のことで、
黙示録の結びに、

>これに付け加える者があれば、神はこの書物に書いてある災いをその者に加えられる。
>また、この預言の書の言葉から何か取り去る者があれば、神は、この書物に書いてある
>命の木と聖なる都から、その者が受ける分を取り除かれる。

なんて、ものものしいこと書く必要あるんですかね〜
そもそもここのイスラムに人、黙示録の第一の死。第二の死。第一の復活の意味を全く理解していませんね。
いずれにせよ、形而上のことをテーマに書いてるものを、形而下に置き換えて解釈するのは、
ただの自己満足。全てトンデモです。愚か者のやることです。


623 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 12:36:24 ID:AxWAF93q
さて、聖書と比べて、コーランがいかに世俗的なもので、宗教的に価値の無いものかを、
考察していきましょう。

今日のコーラン。食い物編。

5_3.あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、
絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、
(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。また石壇に犠牲とされたもの、
籤で分配されたものである。これらは忌まわしいものである。
今日、不信心な者たちはあなたがたの教え(を打破すること)を断念した。だからかれらを畏れないでわれを畏れなさい。
今日われはあなたがたのために、あなたがたの宗教を完成し、またあなたがたに対するわれの恩恵を全うし、
あなたがたのための教えとして、イスラームを選んだのである。しかし罪を犯す意図なく、飢えに迫られた者には、
本当にアッラーは寛容にして慈悲深くあられる。

どうでしょう。今の文明社会に生き、現代の教育を受けた者にとっては、無意味なものだとすぐに気がつくでしょう。
さて聖書で、イエスはどう述べているでしょうか。

マルコ7:18〜23
イエスは言われた。「あなたがたも、そんなに物分かりが悪いのか。
すべて外から人の体に入るものは、人を汚すことができないことが分からないのか。
それは人の心の中に入るのではなく、腹の中に入り、そして外に出される。こうして、すべての食べ物は清められる。」
更に、次のように言われた。「人から出て来るものこそ、人を汚す。
中から、つまり人間の心から、悪い思いが出て来るからである。みだらな行い、盗み、殺意、
姦淫、貪欲、悪意、詐欺、好色、ねたみ、悪口、傲慢、無分別など、
これらの悪はみな中から出て来て、人を汚すのである。」

客観的にみて、ムハンマドの言うことと、レベルが違います。
多くを語るまでも無いでしょう。イスラムのこの食い物の戒律は、単に、ムハンマドの好き嫌いだったのでしょう。
コーランをシリーズでやろうと思っているのですが、なかなか時間が取れなくて。
次は、婚姻についてやりますか。



624 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 12:48:59 ID:yDmjGqxo
>野獣が食い残したもの、

これはたしかに食わないほうがいいな。
>無意味なものだとすぐに気がつくでしょう。

宗教上の意味があるのは、それが「神の命令」だから。

625 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 13:00:10 ID:AxWAF93q
あとひとつ。エイリアンの話題が出てるようですが、
エイリアンを否定する決定的な証拠はあがっていません。
それどころか、オーパーツなど、過去に、人類の知らない文明が地球上に
あったと示唆する物は、数多く残っています。
もちろん私は、だからハイそうですかと、すぐにエイリアンの存在を肯定するのでは
ありませんが、否定もしません。ただ、このテーマに関しては、わからないのです。
まともな科学者なら、私と同じスタンスを取るのではないでしょうか。
ただ、今の常識が、エイリアンなどいるはずないと、そうだからと、やみくもに否定するのは、
中世に、地球は丸かったという人を闇雲に否定し、牢屋に入れてしまった人達と
同じ思考レベルでしょう。今の常識でしか物事を判断しない、考えられない。これを上の人も
言っていましたが、馬鹿の壁といいます。形而上のことをテーマに書いてる
書物を、無理矢理形而下のこととして解釈しようとしている人がいますが、この人も、馬鹿の壁を
超えられないのでしょうね。もう一度言いますが、私は盲目的に、エイリアンを
肯定するわけではありませんが、旧約聖書や、各地に散らばる神話などにでてくる神々とは、
彼らのことだと置き換えて解釈すれば、ここのイスラム教徒の解釈より、
はるかに矛盾点なく、旧約、いや、一神教を説明できることに、驚きを感じますね。

もちろんエイリアンの存在などは、ただの仮説です。
ここのココモスキー先生の解説もただの仮説です。それを一方が、証拠も無いのに、
相手の意見を否定し、わはははと笑うのは、愚か者のすることです。自分も仮説を言っているのに過ぎないのにね。
彼は、馬鹿なのでしょう。



626 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 13:05:28 ID:Pj8jtjsu
コーランは旧約聖書っぽい土俗臭がするね。
それに引きかえ新約聖書はギリシア哲学っぽい洗練さがする。
新約聖書はユダヤ的といいながら、実はヘレニズムの申し子だったりして。

627 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 13:21:43 ID:AxWAF93q
>>624
たしかに生き血や、野獣の食い残した物は、”衛生面”
では問題ありましたね(笑)

だが、私の言いたい事はそんなことではありません。
私の書いた文意を、読み取れませんか?それともわざとですか?
揚げ足取りは低脳のすること。

628 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 20:40:38 ID:5RA9VZki
>624
>「神の命令」だから。

あほか。コーランに出てくるアッラーなどいるわけないだろう!
あれは食うな、これは食っていいなど、「神の命令」なんてものじゃなく、「ムハンマドの命令」と言うんだよ。

たく、ろくに教育も受けられない、発展途上国じゃあるまいし、ばっかじゃねぇ。

629 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 20:47:24 ID:xr6XmZ+U
アズハル大学とか知らないんだな・・・

630 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/23(金) 21:57:03 ID:SGG8lNTx
今日の黙示録−XA2
同時期の黙示録はヨハネだけか?...新約はヨハネ黙示録だけですが
実は旧約の外典に「バルク書」「エズラ書」があります。
抜粋...
ユダヤ戦争後、新約のヨハネ黙示録のほか、旧約続編のバルク書、第四
エズラ書もローマ帝国による圧迫のもと、危機的環境にある同信の人々に、
神的権威のもとに基づく励ましを与えることを意図して書かれた反ローマ
的抵抗文書で、黙示文学とされます。
抑圧者に対する抵抗の姿勢が根底にあるため、特に対ローマ武装抵抗に
失敗したユダヤ教においては、黙示文書は次第に危険視されて伝承されず、
むしろキリスト教によって保存されて、今日に至っている(参照、聖書大事
典、1181頁、教文館)。
旧約では、イザヤ24〜27章、ゼカリヤ書、ヨエル書、ダニエル書などに黙示
文書が見られ、ヨハネはこれら文書の幻と象徴を各所に取り入れて、黙示録
を書いている。黙示文書の本質は、権力に対する抵抗文学。
決して空想物語ではないのだが。...

そうでしょうね、少なくとも決してエイリアンを妄想する為の文書
じゃない事はたしかだろうね...わははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは



631 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/23(金) 22:57:57 ID:o4SkAvVL
アホめが、真に受けるなと言ったんだよ。
洒落のわからん奴だ。ほれ、第二弾。
http://www.youtube.com/watch?v=w7DkSnhKkSk&mode=related&search=illuminaty
アホども、本気にするなよ。ククク。

エイリアン信じるのも、イスラムの、アッラー信じるのも同じ穴の狢だ。
自分のことは棚に上げ、同じ穴の狢の他人を馬鹿にする。だからおまえは馬鹿だと言ってるんだよ。

632 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/23(金) 23:17:13 ID:o4SkAvVL
これから世の中に起こる事を、俺が予言してみよう。
中東の戦争は大きくなる。石油がらみで、中国が動くとき、世界を巻き込む
大きな戦争になるだろう。中東のあの地は、徹底的に焼き払われ、
世界的に、今の秩序をリセットするほどの、ジェノサイドが行われる。

New World Order

その後に新しい秩序の元、新世界がこの世に現れるだろう。
神の千年王国だ。もうそこには、キリスト教だの、イスラム教だの、
ユダヤ教だの、他の宗教も含め、一切残らない。
偽預言者共は、人を永らく支配していた、あの蛇と共に、永遠に封印される。
その時代に、人は命の実を食べ、真理をしるだろう。そして人々は、獣から、神々となるだろう。
その時代に預かれる者は幸いだ。彼らは永遠に生きる存在となる。

これが黙示録であり、神との新しい契約、新約なんだよ。
新約の意味知ってる?キリスト教の意味知ってる?キリスト教の意味は、
ユダヤ戦争ですか?神との新しい契約は、ユダヤ戦争ですか?(大爆笑)
もう少しましな解釈しような。新約聖書は、歴史書じゃないぜ。
あくまで形而上の事をテーマにした書物。馬鹿の壁を越えられない人に
なに言ってもわからんだろうけど。

新約は必ず成就する。賭けてもいいよ。
ま心配しないでも、バカモスキーは、怨念の塊、相当にエゴが強そうだから、第一の復活、
つまりその時代に預かることは無いだろうがな。残念だったね。わはははは。

633 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 23:27:14 ID:2TkQaftN
ぺイルライダーとかが来んの?

634 :名無しさん@3周年:2006/06/23(金) 23:34:31 ID:YIych0Dp
>>632の意見を見てちょっとびっくり。
久々にプレ・ミレニアミスト(前千年王国説者)を見たなあ。
カラスさんは福音派出身なんですか?


635 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/23(金) 23:38:41 ID:o4SkAvVL
>>634
真に受けるなよ。

636 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/23(金) 23:49:24 ID:o4SkAvVL
多くの勘違い。

永遠の命とは、今の自分が永遠に生きるものではない。
今の意識、今の私、自我などは、いずれは我が身が朽ち果て
滅ぶのと同時に、滅ぶものである。獣から、神々となるというのは、
仏教で言う、悟った人。つまり仏陀になるということであり、
悟るとは、己自身を知るということである。己自身を知れば、今の己は無い。
という事を知るだろう。そして、真の己自身を知れば、知られるのだ。

それは、グノーシス流で言うと、本来の自己に立ち戻るということである。
彼はもはや、獣同じく、死ねば終わりではなく、人の子となり、生きるだろう。


637 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/24(土) 00:12:26 ID:n4Au79ue
自分は、無いという事を知る者は、自分自身を知るだろう。
存在するのは、父だけなのだ。

肉の蘇りを待ち望むのは止めなさい。それは滅びである。
空虚な甦りを待ち望んで迷う者達は、いまだそれ、肉を脱いでいないのである。
彼らは神の力を知らないばかりか、聖書の解き明かしも理解しない。

638 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 00:27:32 ID:jlPVTFW7
今日の黙示録−XA3
明日は久しぶりに土曜日が休みなので、もう一発書くか...ヨハネ黙示録の編者は誰かという事だけど、キリスト教会の
古い伝承では、ゼベタイのヨハネ(12使徒の一人)という事になってまんねん...
現代の聖書学ではほぼ100%否定されてます。
僕が浅学の知識で幾つかその否定材料を説明すると
1..黙示録1/1
編者は「キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったもの」と書いてまして、この文書は、イエス本人から直接聞いたものでは
ない事を示してます。イエス様に長年付き添っていたゼベタイのヨハネさんがこんな
書き方をする事はまずありえないんですね
2..黙示録1/13−16
長くなるので本文は書きませんが、口から両刃の剣を出すイエスをイメージする編者は、人間イエスの近くにいたゼベタイのヨハネ
ではないと考えましょう...ヨハネが痴呆症にでもなったらあり得ますが、そんな可能性を聞いてたら又、馬鹿どもと付き合う話に
なるだろ...こういうイエスはその後4−5個所出てくるけど...馬鹿どもに付き合ってたら無駄な時間を費やすばっかりだから...
3..12使徒が過去の物になってる
黙示録21/14
都の城壁には12の土台があって、...12使徒の12の名が刻み付けてあった...12使徒の一人とされてるゼべタイのヨハネさんは
自分の事を12使徒の一人とは思っていないんですね...原始教会の長老の一人がゼベタイのヨハネなんですね...それを福音書では
12使徒と書いてるんですよ...それで黙示録の編者はそれを過去の物として扱ってるでしょ...原始教会の指導者のゼベタイの
ヨハネさんは残念ながら行方不明に(少なくともヨハネ黙示録の編者においては)と言う事なんですね...

取り合えず、僕が持ってる資料の1/3を出しておきましょ....

639 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 00:47:58 ID:jlPVTFW7
歴史の繰り返し...ガリレオさんも、ダビンチさんも無念だった
でしょうね...馬鹿どもはいつまでたっても同じ事を繰り返して
るんだよ...くだらない事に時間を費やして...2000年間
同じ手法で、空威張りして、自分の無能さを覆いかくし、いじめが
できそうな相手を苛めて、スケープゴートを探し(現代はその役目を
イスラムが神様から仰せつかまってます)て、てめえの無能さの
はけ口にしてる連中ばっかりだよ...ダビンチさんの時もそう
だったんでしょ....このどうしようもない連中は誰が裁いてくれるン
だろね....



640 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 01:10:57 ID:jlPVTFW7
呪文を唱えるのを忘れてた
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」
実はこの呪文は3年位前から想定していた事なんですが、根拠が
薄かったと言うか、自分の直感でしかなかったんですが(だから
暖めてた事なんですが)....
馬鹿ドモノ釈明を読んでも全く話にもならんから、そんなのほっとき
ましょ


あのーーーーーーーーー僕は黙示録からエイリアンを言ってる人間何か
マーーーーーーーーーーたく相手にしてませんので、所詮くそくそくそ
くそくくそ人間が妄想を描いただけとの事でしょう......
この手の馬鹿たれが何を抗弁しようが、恥の書き捨てすぎないことだから
お前らやめろ!!!!!!!!!!!!!


641 :ペガサス:2006/06/24(土) 01:19:49 ID:i3i4QLsl
>620
>黙示録ガ嘘ナラ、コノ糞ノヨウナ世界二裁キガ訪レルコトハナインデスカ?
オシエテクダサイナ

黙示録の冒頭に、ヨハネは「霊の中にあって見た」と書いている。
ヨハネが見た世界の裁きは、「この世の裁き」でなく「霊の世界の裁き」
を予見したものなのだ。
仏教でも言うだろ、霊界にあっては閻魔さまが「裁く」と。いずこも同じ
思想にたどり着く。お分かりかな?


642 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 07:09:01 ID:4A6MwU4R
宇宙人が「我々(私)が、真理を基に聖書を創造した」などと述べ現れた場合

○宇宙人の外見が人と異なる場合  ○宇宙人が人間だった場合
○それぞれの宗教に同様の宇宙人が現れた場合

○宇宙人が、聖書を信じる要素を再現した場合

宇宙人を否定できるのか 従来の信仰を保てるのか 
○従来の信仰を行うことが直感・盲信ということになった場合

643 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 09:29:11 ID:xJX+Xcus
>>640
アッラー信じるくらいなら、
エイリアン信じるほうが、よほど現代科学にマッチした、合理的思考とも言える。
あんたイスラム教徒だってね。人の振りみて、我が身を振り返れ。おまえ、人のこと言えねぇんだよ。
それ以前に、イスラムのアッラーの能書きなど信じて、異教徒を平気で惨殺するおまえらより、エイリアン信じるほうがまだましってもんだ。

馬鹿だろ、おまえ。

644 :■霊感商法詐欺師☆阿部将英どりーむろっじフルフィルメント瞑想 :2006/06/24(土) 09:31:07 ID:2v588PxD
■霊感商法詐欺師★阿部将英どりーむろっじフルフィルメント瞑想
http://www3.ezbbs.net/34/abemasahide/
★覚せい剤を使用した瞑想中の神秘体験の虜となる(覚せい剤中毒者)
★偽名で開設された嘘の銀行口座 みずほ銀行蒲田支店3160358アベマサヒデ
★特定商取引に関する法律記載のない違法HP http://d-lodge.com/
★嘘の住所表記 神奈川県大和市中央4−14−24−806(←もぬけの殻)
★どりーむろっじ瞑想日記 http://d-lodge.cocolog-nifty.com/blog/
★警察HP(阿部将英の行う投資金持ち逃げ詐欺・利殖詐欺商法とは?)
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesd2009.htm
★上記の者はインド古来のマントラ瞑想を伝授しますなどといって 高額な瞑想講習料金を
巻き上げ、洗脳後に「将来性のあるビジネスへの投資」をせまり、頃合をみつけて計画倒産
投資金をネコババ 持ち逃げする瞑想セミナー詐欺師です。普段の職業は2ちゃんねるの
宗教板運営管理を担当しており、「神命水」「利殖ソフト」海外法人「キングスレー」
「アンカーポート」などの海外投資を要求し、アセンション(次元上昇)につき、
日本が崩壊するので財産の「海外分散」をすすめ投資は猫糞、霊感商法洗脳脅迫騙しに注意。
■2ch経営学板運営 宮本隆寛(偽名・宮本隆徳)有限会社リバイバル代表(覚せい剤中毒)
登記上は、宮本隆寛だが、銀行口座名は宮本隆徳になってることに注意。ネットを利用した
詐欺犯罪(ワンクリック・振り込め詐欺など)常習犯の可能性大。口座開設時に
公文書偽造横領の犯罪を犯しているのは、ほぼ間違いない。
★問題の偽名銀行口座を書いた宮本のHP(顔写真入) http://www.tmiyamo.com/nikkei_ad.htm
三菱東京UFJ銀行 品川駅前支店 (普) 1323975 名義 ミヤモトタカノリ


645 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 12:10:45 ID:jlPVTFW7
今日の黙示録−XA3
黙示録の編者の一人は、ドミティアヌス帝の弾圧でパトモス島に
島流しされてますね...そこからアジア州の幾つかの教会に
檄文を送ってるんですね...(黙示録2−3章)...
文章の内容は、読んでもらうしかないんだけど、正直言って
今の馬鹿教団の牧師と同じで、読んだら不愉快になる手紙ですわ
(ヨハネ、お前は何様だ...偉そうに人に説教なんかすんな!)
その説教してるつもりの手紙ですが、内容はハッキリ言ってクダラナイ
事しか書いてません、今のキリスト教徒と同じで...
*みだらな行いを戒める
*異教を抗議する
*馬鹿を貫いて、キリスト教だけを信じろ
まーーーこの3点セットがあれば、キリスト教徒ではいられる
という事でしょうか...
島流し生活で、高尚な事は考えられなくなったのかも知れませんね
間違っても2000年先の人類のありようなどは考えないでしょうし
「エイリアン」など編者の頭にあるわけがないと思います。
もっとも黙示録の編者はAD96年にドミティアヌス帝が死去して
弾圧がおさまって、またエフェソスに戻れたとも言われてますが
これももしかしたら、キリスト教会のお得意のガセネタの様な
気がします。...残念ながらあまり根拠がないんですが...

646 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 12:15:02 ID:3AYEIqtz
イスラムが神様から委されている?
つまり、キリスト教の意義を認めるわけね

647 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 12:55:09 ID:oR/YCbLO
>>645
あの時代に、はるかに文明の進んだエイリアンが、
我は神なりと、古代人の前に現れたら、当時の人は、そうだと信じたかもしれないね〜。
てか、信じたやろ。それこそ当時の人間は、エイリアンなどと言う概念は無いんだし。
おまえは、想像力が貧困。別にだからと言って、旧約の神、ヨハネの前に
現れたのがエイリアンだと認定するわけでなく、仮説として、そういうのも成り立つと言う話。
案外おまえのしょうもない仮説より、合理的に説明できるかもよ(笑)

>*みだらな行いを戒める
>*異教を抗議する
>*馬鹿を貫いて、キリスト教だけを信じろ
>まーーーこの3点セットがあれば、キリスト教徒ではいられる
>という事でしょうか...

ボケが。それはおまえ達イスラムだろ!!

*みだらな行いを戒める
*異教を抗議する
*馬鹿を貫いて、イスラム教だけを信じろ
まーーーこの3点セットがあれば、イスラム教徒ではいられる

おまえらはまんまこれじゃねぇか(爆笑)
てめぇの心の闇を、他人に転嫁するものは、人格障害者。サイコパスと言うんだよ。
たしかおまえ、コーランには危険な教えは無い。むしろ旧約の古い箇所を引用して、殺人教義は、
キリスト教のほうだと、皆をミスリードしようとしてたよな〜。

性質悪いんだよ、おまえ。


648 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 13:51:10 ID:wHEyjn9t
たしかに、首切りについて記した箇所はないとココモは言い、
そこをカラスに指摘されたのにだんまりを決め込んだけど
もっとやさしくしてあげてもいいじゃない。

649 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 16:59:09 ID:3AYEIqtz
ココモよ。馬鹿教徒に優しくされる事を望むか?

650 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 19:22:27 ID:l0qyc7Mq
日常で「主の祈り」を用いる。

キリスト教徒か問われたら、所属教会の教会員であって
洗礼は教団と牧師の教派(カトリックか正教が正統だが)を言える。

「ニカイア・コンスタンチノープル信条」を宣誓できる。

教会聖職者に神への憐れみを求める取次ぎを願う姿勢がある。


651 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 22:18:59 ID:jlPVTFW7
ひさしぶりに僕のwebで質問が来たので、返事と一緒に
公開しますw
>質問がありますが、生前のイエスは大規模な固定化された教会と言う
>組織を造らなかった訳ですが、イエスの復活後には弟子達に大規模な
>世界宣教の命令と教会の設立を指示したとされています。実際には
>イエスがぺテロ達に世界宣教と教会の設立を直接指示したかは不明
>ですが、イエスの復活が実際にはなかったとすれば弟子達は何故教会
>を造り、大規模な世界宣教をしようと考えたのでしょうか?

弟子達が作った教会については、使徒言行録に書かれてます。ルカさんが
書いた物がそのまま事実かどうかは、かなり疑問な事が多いですが、事実を
基にはしてると思います。使徒の記録から、弟子達が最初に教会を
造った時は120人程(使徒1/15)ですので、確かに大した規模では
ありません。それがパウロが最後にエルサレムに行ったときはユダヤ人
だけで幾万人にもなった(使徒21/20)と書かれてますし、10−11章
あたりに、ユダヤの各地に広がった事が書かれてます。
またパウロやバルナバが異邦人が多く住む地域に教会を作って行った
事も書かれてます。
弟子達がどの様なモチベーションを持っていたかは、良く判りません
(キリスト教的にその意図を説明すると大体違ってますので)。
大きな教団になっていったプロセスは言行録を読むと判ると思います。
後は御貴殿なりに考えてください。


652 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 22:26:07 ID:jlPVTFW7
馬鹿どもの相手をしてると、無駄な時間を費やしてしまうので
無視して今日の黙示録をしましょう。例の666の意味

数字666、暴君ネロの暗号―象徴的な数、(907頁、フランシスコ会訳、新約聖書註参照)
「ゲマトリア」という方法を使うと「ネロ・カイザル」と読めるそうだ。
これは、ヘブライ文字では、七つの子音で表記される。それぞれの子音の
持つ数値、50、200、6、50、100、60、200を合計すると、「666」になると
いう。また、数字の「六」は不完全(七に一足りない)を意味する。した
がって獣の数は「六」を三回繰り返した「六百六十六」は、最悪を意味する
数になる。
なお、黙示録では、象徴的な数字、3、4、7、12、24 などを各所に
駆使している。



653 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/24(土) 22:48:23 ID:jlPVTFW7
>>652 の追加
666の数字だけ読むと馬鹿教会の説明が通ってしまうんだけどね
黙示録13/15−18
>第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うこと
>さえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。
>また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分
>の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。
>そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできない
>ようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。
>ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを
>考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。

これだけ読めば、666はある特定の人間を差してる事は判りますな...
それでその人物が、前半では第2の獣と言われてる人なんすね...
それで獣の像を拝まない者を皆殺しにして、ユダヤ人全員に刻印を
押したんですな...それのない者は物の売り買いもできなかったん
ですな。それで、その刻印の人物が666なんすよ。
「賢い人は獣の数字にどの様な意味があるか考えろ」と、当時の人達に
言ってるんだべ...という事は、当時の人達の中にその数字の意味が
理解できる人がいたという事ざんすね...当時の人達の知ってる人物
の事ですw...ローマ皇帝に決まってるじゃん...わはははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは



654 :名無しさん@3周年:2006/06/24(土) 23:44:03 ID:Qoj3Eqmr
ゲマトリアが適用できるのはそこだけか?
ココモスキーがゲマトリアを認めるはずが無い。
つまりダブルスタンダード。
神様の知恵もココモスキーはゴミのように扱うだけなのか。

655 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 01:37:35 ID:cODNGXcK
今日の黙示録−XA4
ヨハネ黙示録がなぜ新約の正典なのかと言うのが大きな疑問なんすがね
東方系のキリスト教会は中世に至るまで、この書を正典とは認めて
なかったんですね....
ルーテルさんも積極的な評価はしてないと思いますよ
僕はユダヤ教のあるセクトが書いた、ユダヤ原理主義者の巻物では
ないかと思うんですね...バルク書とかエズラ黙示録とシナリオが
似てるんですね...それが、ユダヤ教の建て直し(再出発)をした
ファリサイの人達から放り出された(拒否された)巻物がこれらの
反ローマ帝国文書で、それを積極的に拾ってたのが新興のキリスト教会
なんすね
ユダヤ戦争で一番打撃を蒙ったのはユダヤ教会でしょうね...当たり
前の事だよ...祖国を失って、エルサレムの神殿を失って...人肉
を食って篭城した様子はバルク書にもあるし、ヨゼフスのユダヤ戦記
にもあるんすよ...同じ様に過酷な立場にあった(あるいはもっと過酷な
立場かも知れない)のが、ユダヤ系のキリスト教会ですね...

そんな事はどうでもいいか...馬鹿どもには話が難しすぎた....
はいはいはい
 ...黙示録は「エイリアン様の出現」を預言した物です...
いいえ、黙示録は「うんこの雨が降ること」を預言した物です。
いいえ、黙示録は「シラミがばら蒔かれること」を預言した物です。
いいえ、黙示録は「共産主義が蔓延すること」を預言した物です。
いいえ、黙示録は「実は官能ポルノ小説」よ...18歳未満は
読んではなりませぬ、何でもいいヤロ。馬鹿には何を言っても信じるかも知
れないからね...わははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははは


656 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 07:19:36 ID:sxg22IAT
ココモスキーの言質はおかしいな。思い込みを被害妄想に転化する傾向が強い。
狂った理論展開について行けるわけが無い。

657 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 13:16:08 ID:J3QRC0oI
認知的不協和の理論によると、不協和低減のために自分の思いを正当化させる言説を
信じたり作り出したりして脳内パニックから逃れようとするらしいです。

つまり、現実の認識に脳内が整理・消化されず落ち着こうにも不安でいっぱいになります。
自分自身の内部に矛盾がないように努めることが彼の不安を軽減、低減できる唯一の方法なのでしょう。
思い切り教会を罵倒して心身のバランスを保とうとしているのです。
それほどまでに彼(または彼女)の心の傷は大きいと考えざるを得ません。

658 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 13:22:14 ID:Puys4yZe
過去スレにもゲマトリアの話題が出ていたような。

659 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 13:24:42 ID:cODNGXcK
今日の黙示録−XA5...黙示録の編者から見た他の宗派...
2−3章の諸教会宛のメールを読んでると、当時も多くの諸派
が存在していた事がわかるんですね...
2/6 >だが、あなたには取り柄もある。ニコライ派を憎んでいる。
2/15 >同じ様に、あなたのところにもニコライ派の教えに奉ずる者達がいる。
*ニコライ派とはおそらくグノーシスのもとになったセクトでしょうね
2/14 >あなたのところには、バラムの教えを奉ずる者がいる。バラムは、
     >イスラエルの子らの前につまずきとなるものを置くようにバラク
     >に教えた。それは、彼らに「偶像に献げた肉を食べさせ」、「みだらなこと」を
     >させるためだった。
2/20 >しかし、あなたに対して言うべきことがある。あなたは、あのイゼベル
     >という女のすることを大目に見ている。この女は、自ら預言者と称して、
     >わたしの僕たちを教え、また惑わして、「みだらなこと」をさせ、「偶像に献げた
     >肉を食べさせている」。
*「みだらなこと」はキリスト教会では「性的モラルの欠如」した行為を示すが、聖書に示されて
 る「みだらなこと」は、それだけではない、「広義的モラルの欠如」した事をしめして
 いて、必ずしも「性的モラル」を示しているとは限らない。
*バラクとイザベルは多分同じ宗派だと思いますね。もしかしたら、パウロが宣教した
 異邦人教会ではないでしょうか。黙示録の編者から見たら、如何わしい異端の教団
 だった様です。
11章の二人の証人(11/1−11/14)
この二人が誰であるかサンザン論議されたが、パウロとペテロでは
ないかとする説が有力...一人はパウロだろうが、ペテロは違う
人かもしれません...
     >二人の証人の主も、十字架につけれらた

つまりヨハネ黙示録の編者が属していた教団は、自分達以外をすべて異端教会と
する、今日のどこかの馬鹿教会と同じ体質のものだった様です。

660 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 14:37:33 ID:J3QRC0oI
おだいじに

661 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 15:16:59 ID:OVigx4Mt
ココモスキーの聖句解説は、ノストラダムの解説者と同じレベルになってきたな・・・・

666はローマ皇帝ですか。そうですか。

黙示録の内容は、キリスト教内の内部抗争であり、ユダヤ戦争ですか。

たく、イスラム教じゃあるまいし、違うって、それは。そんな古い学説は、

今時の学者でも、とりいりませんぜ、旦那。

キリスト教のテーマが、まるでわかっていないねこの人は。

662 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 16:18:35 ID:+kr0HKEP
おたいじもなにも、進んで病みに立とうとする思想の問題だからなあ

663 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 18:57:48 ID:cODNGXcK
馬鹿どもの反応の仕方はとっくに分析されてるざんす。「古い」・「学者も相手にしてない」という学者さんを紹介して欲しいものだけど...これが馬鹿どもの
口癖さ...その様にでも反応しないと、馬鹿教会の信者達は世間の恥晒し者になるだろ、既に十分恥を晒してると思うけど...わははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははは
まあ教団のメンツが丸つぶれの馬鹿を相手にしててもしょうがないので...僕は世の中の常識を持った人達に説明してるんで
今日の黙示録−XA6 七つの頭と10本
七つの頭は、七人の皇帝―アウグストゥス、ティベリウス、カリグラ、クラウディス、ネロ、ヴェスパシネス、ィトゥスを言い、そして
八番目は、キリスト者の大迫害者であり、ネロ以上に残虐であったので、ネロの生まれ変わりと思われたドミティアヌス帝という説である。
ヨハネはこのローマ皇帝の暗示箇所(17・9)では、知恵を出すよう、特にコメントをつけている。読む者に、謎解きを、要請している。
黙示録17/9−11
>ここに、知恵のある考えが必要である。七つの頭とは、この女が
>座っている七つの丘のことである。そして、ここに七人の王がいる。
>五人は既に倒れたが、一人は今王の位についている。他の一人は、
>まだ現れていないが、この王が現れても、位にとどまるのはごく
>短い期間だけである。
>以前いて、今はいない獣は、第八の者で、またそれは先の七人の
>中の一人なのだが、やがて滅びる。

以前いて、今はいない獣 は、ネロのことで、第八の獣は、生れ変ったドミティアヌス帝。
そろそろ今日の黙示禄の第2弾を終わりますが、これで馬鹿どもが消えるとはとても思えないので、馬鹿どもが騒ぎ出したらまた
やりましょ...ただ確実に、この馬鹿どもを嘲笑う人達は増えてますので、効果はあるんでしょうね...
ついでに、こいつらの馬鹿を晒した時に、こいつらが行う反応も良く判りましたよ...ご協力に感謝しますだ...わははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは

664 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 19:55:36 ID:OVigx4Mt
>>663
>僕は世の中の常識を持った人達に説明してるんで

おまえ相当頭悪いな。
世の中の常識で、つまり今の常識で、
形而上のことを説明できるの〜?唯物論を常識に、どうして神を語れるんだよ。
当時の編者も、神は形而上のものだと捉えていたのは間違いの無いことだ。
なののにおまえのような、『今の常識で』アプローチでどうして当時の編者の気持ちなどわかるんだよ。
自分の矛盾点に気付かないかい?馬鹿だから気付かないだろう。

只の、オナニー野郎が。

665 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 20:03:33 ID:c4wyhodl
>>663
今の常識って(笑)
馬鹿の壁を越えられない人に、
新約聖書、いや、宗教を理解するのは無理だよ。

666 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 20:33:54 ID:cODNGXcK
田川健三さん、黙示録を語る
http://www.ne.jp/asahi/wtnb/2000/opinion/911.htm
どうせ読まないだろうが...わははははははははは
はははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははは


667 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 21:55:28 ID:+8mgOOc6
>>666
666はおまえか(爆笑)
なにが田川健三だよ。お前も含め、田川健三なんて者は、
”イエスの教え”を全く理解してないじゃないか。だから、
『イエスという男』などという、どうでもいいような内容の物書いて、
悦に入ってるんだよ。きっと釈迦の教えも、ちんぷんかんぷんだろ、
この手の輩は。くだらないだよ、君らの能書きは。
お前も含め、当時の俗物的なことじゃなく、イエスの教えを理解して
から、意見しようや。ば、馬鹿の壁を越えられないお前達には無理だろうがな。
キリスト教のテーマも理解しない者が、肝心なテーマはないがしろに、
あさっての方向を向いて、キリスト教を研究している。まさしく木を観て、森を観ずだな。

キリスト教で大事なのは、当時の世俗的なものではなく、イエスの教えだ。
それを理解する者は少ない。お前達は、肝心な事をないがしろにして、
付録に過ぎない、当時の世俗的な事ばかり研究して、知った風な口を利く。
逆立ちしたってイエスの教えを理解できないだろうお前には、ムハンマドがお似合いだ。
お前はせいぜい、キリスト教の粗探しでもやって、一生終えてろや。ククク。

668 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 22:18:23 ID:+8mgOOc6
黙示録の冒頭。
>神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、
>全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」

始めであり、終わりである者。
バカモスキーの賞賛する、黙示録=ユダヤ戦争説は、あくまで仮説に過ぎない。
それもかなりトンデモに近いものだ。
だが一方で、黙示録は、にがよもぎ=チェルノブイリの例を出すまでも無く、
予言に近い預言書であるとみる者もいる。もちろんこれも、それこそ神からの啓示でも
受けない限り、自分自身でも証明できない、仮説の一つに過ぎない。
しかも、”今の常識”からみれば、トンデモだろう。
だがな、神を信じること自体、”今の常識”からみればトンデモなんだよ。
聖書などは、このトンデモをテーマにしている。そこを理解しない者は、一生懸命、
”今の常識”で、聖書を理解しようとする。だから彼らの説は、トンデモになる。
こういう人達は、お勉強は出来ても、頭悪いんだよ。馬鹿の壁を越えられない。
心配しないでも、黙示録に書かれていること、つまり新約は、必ず成就する。
この世に新秩序、今の価値観、常識は一新された新しい世界が次の時代には来る。
俺が正しいか、間違ってるかは、歴史が証明する。
もっとも、そうなったとしても、この頑固な蛇の申し子達は、
決して自分の過ちを認めないだろうがね。ここのイスラム教徒が、
イスラムには殺人教義は無いと嘘をつき、その嘘が暴かれても、謝罪の一つもないようにね。
滅びる定めの者など、こんなものだ。エゴに支配された者は、生きないのだ。




669 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 22:35:53 ID:+8mgOOc6
>第六の金杯が傾けられると、
>「大河ユーフラテスの水が枯れ尽きてしまった。それは東方の諸王の道を開く為である。
>また竜の口・獣の口・ニセ予言者の口から、蛙のような三つの
>”汚れた霊”が出てきた。これは悪魔が奇跡をみせて、”神が仕組んだ大戦に”
>全世界の王たちを呼び集めるためだ」という” 〜新約聖書F・パロット師版・黙示録より

旧約の神は、ユダヤ人達にあの地を約束の地とし、同じ唯一絶対の神が、イスラム教徒達には、
異教徒は殺してまで、自分達の土地から追い出せとと説く。

神が仕組んだ対戦。

ナチスのユダヤ人のホロコースト。
シオニズム運動から、イスラエルの建国。
中東の出来事は、一神教とは無関係で、全て偶然であると
考える方が無理があると思うけどね(苦笑)話が出来過ぎている。
もっと現実的な話をしよう。熱心な福音派信者でもあるブッシュは、
新約の成就を信じて疑わない。現実に、世界の指導者達は、一神教
とは切っても切れないものである。そして、ブッシュのあの不可解な戦争。
馬鹿は裏にあるものを読み取れない。
無神論者達には彼らの思いは、決して理解の出来ないものである。

670 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 22:45:40 ID:+8mgOOc6
タイプミスはほっといて、少し訂正。
世界の指導者というより、世界の支配者層といったほうがいいな。
彼らは、一神教とは切っても切れない。無神論者達とは違うのだ。
そして現実に、支配者層である彼らが、世の中を動かす。

ところで、ここにエイリアンの存在は、私の信仰を大きく揺るがすものだ
と言っていたクリスチャンらしき人がいたが、そんなことはないよ。
エイリアンいようといまいと、どうでもいいこと。あなたの信仰をひとつも揺るがす
ものではない。なぜそうなのかは興味があるなら答えてあげよう。
ちゅうても何も聞いてこないだよな、この人達は。

あ、俺?エイリアンを信じてるのかって?冗談でしょう。いてもいなくても、
そんなことはどうでもいいんですよ。

671 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 22:46:20 ID:cODNGXcK
あまり馬鹿を晒さない方が...諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


672 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 22:51:49 ID:+8mgOOc6
もちろんブッシュの信じている神の新しい契約、新約は、
ここのイスラム教徒の言う、ユダヤ戦争のことではない(爆笑)
そんな事を信じているキリスト教徒は一人もいない。当たり前の事だ。

彼らの信じる新約は、現在進行形なんだよ。そして彼らは、
現実に、世の中を動かす立場にいる。

673 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 22:52:55 ID:cODNGXcK
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは



674 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/25(日) 22:55:01 ID:+8mgOOc6
>>671
馬鹿を晒してるのは、イスラム教やってるおまえも、同じ穴の狢だと言ってるんだよ。
俺と、アッラーなど信じてるお前と、どう違うって言うんだい?

675 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 22:56:19 ID:cODNGXcK
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
諸君はまだ若いんだから
未来もあるはずだし、人殺しをやったわけじゃないだろうから
更生の道が途絶えた分けじゃない、やり直しの道は一杯あるよ...
わははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


676 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 22:57:22 ID:uM/9kVwn
あらら、ココモ壊れちゃった。

677 :名無しさん@3周年:2006/06/25(日) 23:04:33 ID:c4wyhodl
どうやらココモはエイリアンという単語に反応しているようだ。
相手の伝えたい事がまるでわからないんだね。
さすが聖書を何十年と研究しても、内容が全く理解出来ないだけの事はありますね。

678 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 23:09:45 ID:cODNGXcK
これについてはまだ返信はしてないザンス、明日からまた大会社の
ベテラン開発エンジニアの仕事なんで、ちょっとカキコが億劫に
なります。誰かこの質問に答えてくれる人がいたら幸いですが
>返信ありがとうございます。確に原始キリスト教の生い立ちや背景や起源
>と言ったキリスト教信仰の妨げになる様な事をキリスト教の立場から書か
>れた書物やキリスト教の牧師や信徒から知る事は困難だと言う事は最近に
>なって身に染みる程痛感しています。特に久保有政氏と言って日本中の教会
>を巡回する聖書カウンセラーの聖書やキリスト教関係の著書を読んだ時には
>思わず怒りで手が震えました。というのはこの方はオリエント学会の三笠宮
>殿下とも親交もありそれなりの学歴や学問のある方だからです。それ程の人
>が書く内容の本ではなかったからです。具体的に言うと本当は証明されいない
>事や根拠がない事をあたかも事実であるかの様な内容や歪んだ歴史観や世界観
>を学問を利用してまるで正統化する内容には怒りを覚えました。久保有政氏の
>著書は一般の書店で売られていました。そして一見すると布教目的なのか学問
>の書なのか見分けがつかない様な内容なのです。つまり少なからずも本を読んだ
>一般の人が真に受けてしまう事を私は憂慮したのです。ちなみに後で知ったの
>ですが、久保有政氏は聖書の間違いシリーズの読者の広場コーナーで佐倉氏と
>議論をしていました。


679 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/25(日) 23:11:38 ID:cODNGXcK
>話はそれましたが、自分なりに考えた結果(最終結論ではない)キリスト教会に
>限らず、他の宗教団体でも、教祖や開祖の意思を2代目の弟子や後継者が忠実に
>継承するのは難しいのではないかと思うのです。特に1第目の教祖や開祖が
>カリスマがありたぐいまれな人物である場合、2代目の後継者である弟子は、自分の
>立場を守る為に権力争いや様々な策略をします。また教祖の真意を後継者が曲解する
>事も十分に考えられます。キリスト教の場合だとイエスの死後、直弟子達はイエスの
>教えや意思と言った事よりもまず最初に自分達の存在意義を心配したのだと思います。
>そしてイエスを大々的に宣伝する事により自分達のユダヤ社会に置ける立場を保ちたかった
>のだと思います。この事は後々イエスが神格化されたのは実はそれによってキリスト教
>の僧侶達が自らの権威を保つ為だった事に通じるかもしれません。


680 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 08:08:04 ID:lD5ctD90
>>678-679
質問?

681 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 08:11:08 ID:RP6zh4WS
教えの変遷があったとして、どんな不都合があるんだ?
真理は真理であり、初めから終りまで不変であり、この世の構成要素であり。
イエス・キリストはその真理を、体現し明かし証したパイオニア。

682 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 09:27:52 ID:2qpGeNiR
ソースがレムナントて、ずいぶんデンパな奴だな。さすがココモシンパだw。
まともなクリなら、レムナントなんぞ読まん。
だからレムナントがどうのこうのいわれても、痛くも痒くもないわ。

683 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 10:05:03 ID:RP6zh4WS
>>682
まともとは何か。
盲信は、結果正しければ良いが、間違いを糺せない。
真理を追究し正しい確信を得ようとする姿勢がいけないというのか。
信仰には各個人の幅と時間があるのだ。正しい方向性を揶揄することは正しくない。

684 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 10:27:17 ID:2qpGeNiR
だったら、質問箱でレムナントの評価について聞いてみろよ。

685 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/26(月) 16:07:03 ID:rxveHygs
そういや少し前までユダの福音が、話題になってたな。

レムナントってよく知らんが、世界統一政府を企てる悪の結社が世の中を
動かしてるなんて、陰謀説をまことしやかに能書きたれてるところだろう?
もし本当にそういう連中がいたとして、どうして悪の結社になるわけ?ユダの役割みたいな
もんじゃねぇ。着眼点がまるっきり違う。君ら、神との新しい契約、新約とは何だと思ってるの?
今の教会に通ってれば自分は救われると思ってるわけ?馬鹿じゃない。
肝心の教える立場の、牧師、神父達が、イエスの教えを全く理解していないのに、
何でそんなとこの教えを聞いて、救われる?

神はしばしの間、サタンに地上を支配するのを許した。

サタンとは善悪を分ける知恵。蛇とも呼ばれるそれは、我々の心の中にいる。
蛇はこの世を支配する。蛇の支配する今の時代、今の世の中、誰も救われやしないんだよ。
命の実を食べるまで、人が真理を知るまではね。

686 :えす:2006/06/26(月) 16:16:16 ID:Hi/lPfrM
童貞と処女で永遠の命という事が真理でしょうけどねえ。
復活は、それを知らないで産んだ人達をごまかす(納得させる)ための嘘じゃないでしょうか。
そう信じる方が早く平和になると思います。

687 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 18:13:58 ID:RP6zh4WS
ゲマトリアの理解からすると、666に関する存在として堕落したローマンカトリック
という結社も含まれる。
悪は悪として認識するべきであるが、悪を行うものを妨害する必要は無い。
「平和を実現する者」とは悪を妨害する者のことではないな。
勿論、悪を行う者でもない。悪を受ける者のことと察する。

688 :名無しさん@3周年:2006/06/26(月) 20:04:56 ID:RP6zh4WS
悪を行う者は、行った者に赦される。しかし聖霊に対し行った悪は赦されない。
なるほど、悪を避けるということはこれか。

689 :名無しさん@3周年:2006/06/27(火) 18:17:27 ID:C1D8jR7M
そういう意味で、平和を実現する者という存在は、キリストに倣う信徒のことと

690 :名無しさん@3周年:2006/06/28(水) 19:38:05 ID:9jNQlTv+
あ!えすさん、ここにもいた。
さて、創世記の天使が人間女性と、いたしたことどう思います?
聖書なんてウソだよ、は勝手ながらなしで。あと恐竜は聖書にないけど、どうお考えで?
よろしゅm(_ _)m

691 :名無しさん@3周年:2006/06/28(水) 20:30:08 ID:EYn1B8UL
日本語でおk

692 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/29(木) 00:09:10 ID:dtkI3w9V
ちょっと忙しくて...
今日の黙示録...XA6
黙示録は何が書かれてるか...
ある人は
東京都渋谷区代々木上原3丁目と4丁目の経済格差・文化の違い
言語の違い・政治体制の違いを言ってましてね。このたびの町内会長
選挙の疑惑追及に奔走してるとか...それが書かれてるんだってさ

ある人は共産主義だとさ...ある人はエイリアンだとさ..ある人は
カトリックの腐敗だとさ...

黙示録に何が書かれてるのか聞いてると、そいつのインテリジェンス
と言うか、そいつらが日頃どういう生活をしてるか判りマスダ...
聖書にたいして、いろいろ個人の思いや、思想を思い描くのは
自由だし、大いにかまわないだろうが、そうなると、どうしても考え
てる奴の生活状態が出てきてしまう...「お前が何を考えようが
勝手だけど、お前みたいなアホの話を誰が聞くか!」と言うのが
聞いてる人間の偽らざる心情だろね...

それだったら、普通の人間が聞きたいのは、黙示録の編者がどういう
状況でどういう心理状態のときに何を言いたくて書いたかだろな...

普通の人間が僕のwebを見たがるのは、その為さ...それで、俺の
webをみた人が、お前等を相手にしないのは、お前等が常識人に比べて
あまりにも無教養だからさ...わははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは

693 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 02:15:58 ID:2HL2B2Wg
>>692
■聖書にたいして、いろいろ個人の思いや、思想を思い描くのは
■自由だし、大いにかまわないだろうが、そうなると、どうしても考え
■てる奴の生活状態が出てきてしまう...「お前が何を考えようが
■勝手だけど、お前みたいなアホの話を誰が聞くか!」と言うのが
■聞いてる人間の偽らざる心情だろね...


全く同じことが、ココモスキーに適用される。編者の思いを想い描くこととて同じこと。
その差は宗教性の有る無しという陰の中のレベル差(陰陽)に過ぎない。

宗教性が有ること無いことは対でに「陰の中の陰陽」。
そのような思想と対極である読み方が、「悪を避けるために」という陽に信仰的な黙示録
の読み方であることを提唱する。

勿論、陽の中にも陰陽がある。その先である陽がイエス様の体現した究極ということか。
ココモの御蔭でこのように理解が進む・・・

694 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 02:51:55 ID:2HL2B2Wg
なるほど!イエス様が死ぬということが多角的に理解できそうだ。実り多いな今夜は。

真理の理解を重ねて確信へと。ココモとはいったい何者であるのか。
恵みとなるこの事実。

695 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 03:38:55 ID:2HL2B2Wg
探究者にとって聖書現象の探究はジグソーパズルに譬えられるか。
聖書現象の区々に見えるようになったピースの塊である島があり、区々の理解と理解
を照らし合わせ、矛盾なき真理の完成形、を見るための確信への求め。

この意味でココモは逆。組まれていないことを秩序とする。
組まれていないことを証明しようとする。だからゲマトリアも都合よく利用できる。

696 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 09:18:11 ID:kqOloIig
あの…>>690を誰か…
あ…いや、もし…その…よろしかったらですけど。

697 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 11:47:53 ID:qo3Jd2xF
多分恐竜という概念自体が無かったんじゃね、当時のイスラエルでは
ドラゴンとか?

698 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/29(木) 12:31:52 ID:axAX6qCd
>>692
誰が黙示録はエイリアンだと言ってるわけ?
おまえは、茶化して書いた物を、黙示録の終盤に出てくる
蛇の成れの果て、竜は封印されるの部分で、蛇の再臨は無いなどとちんぷんかんぷん
なことを言う。おまえはあの茶化して書いた文章のたとえの意味も理解しない。
おまえ程度の理解力の者が、肝心なことは全て例えで書かれてい聖書を、
ましてや黙示録などを理解するなど、無理だ。おまえは永年聖書と接しているにしては、
蛇の意味も理解しない。そういやおまえ、隣人の意味すら理解してないよな(嘲笑)

699 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/29(木) 12:33:40 ID:axAX6qCd
>イエスは言われた。”あなたがたがあなたがたの中にそれを生み出すならば、
>あなたがたが持っているものが、あなたがたを救うであろう。
>あなたがたがあなたがたの中にそれを持っていないならば、あなたがたがあなたがたの中に
>持っていないものが、あなたがたを殺すであろう”〜トマス

”人” の心は「言」によって成る。それは ”人” を殺しもするが、生かしもする。

獣の心は、感情によって成り、人の心は、感情と、「言」によって成る。
感情は。五感から受ける感覚の、快、不快から成り、
感情は、この五感からの入力がなくなると、残る素因が何もないものである。
永遠に生きることが出来るのは、「言」を持つ存在だけである。
エデンの中央にある、食べれば死ぬ存在となる善悪を知る実の木も、
食べれば、永遠に生きることが出来る、命の実の木も、エデンの園の中央に隣接して
あることに注目。どちらの知恵も、「言」によって成るんだよ。本質は同じ「言」なのだ。

生と死。善と悪。陰と陽。全ては表裏一体。蛇は、知恵の象徴である。

創世記の冒頭の矛盾を、いつまでも解決できない無能に、聖書の理解は無理だよ。

700 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/29(木) 12:50:23 ID:axAX6qCd
>>690
〜創世記1:21
>神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、
>また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。

701 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/29(木) 12:52:26 ID:axAX6qCd
>>690
ちゃんと読んでから、能書き垂れようね。

702 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/06/29(木) 13:15:43 ID:axAX6qCd
〜ヨハネ3:12
>わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。

そういやさ、バカモスキーよ、
仏教徒にも、おまえのように、なんでも ”今の常識” に当てはめ、
仏教を理解しようとしていた、タマスがいてな。
なんでも高僧の称号も持っている、その仏教学者は、おまえと同じく、
”今の常識” 唯物論的に、仏教を理解するのが、インテリジェンスが高く、
観念論的に、理解する物は、幼稚な馬鹿だと、やたら高圧的に、
奢り高ぶった態度で、掲示板上で、他人に接していたようだ。
なんでも今の常識で、仏教を理解しようとする彼の仏典解釈は、例えば、仏典に出てくる来世とは、
今生の、未来のことを指す。なんて、なんでも今の常識で、聖書を理解しようとする
おまえらの能書きと同じく、トンデモだらけ。で、そのタマスは、脳溢血かなんか知らんが、ぶっ倒れて、
半身不随。半身不随になった彼は、その性格ゆえか、他人とのトラブルも絶えず、
多くの訴訟沙汰を抱えているそうだ。楽しそうだろ?この高僧の称号を持つ、
死にかけの仏教学者さんは(苦笑)

知ってか?仏教のテーマは苦の消滅だってことを(大爆笑)

高僧という称号を持ちながら、多くの訴訟を抱えているこの人は、釈迦の教えなど、なにもっわかっちゃ
いないんだよ。今の常識に執着し、イエスの教えを、全く理解できないでいる、おまえ達と同じくね。

703 :名無しさん@3周年:2006/06/29(木) 16:19:04 ID:VymC5bVz
レヴィアタンはプレシオサウルスだお

704 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/29(木) 23:45:26 ID:dtkI3w9V
聖書の言葉を積み重ねていくと、編者の主張がハッキリしてくる。どうしても理解したくない
御仁が多い様に見受けるので再度666の解釈をしましょう...
>第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるよう
>にし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。
獣の像を拝まない者を殺したでしょ...
>また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、
>すべての者にその右手か額に刻印を押させた。
服従するすべての者に刻印を押してるんザンス
>そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。
>この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。
刻印のない者は経済行為ができないんですね、でその刻印がその獣の名前もしくはそれを示す
数字だという事でしょ
>ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。
>数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。
つまり666は獣と呼ばれた人間を表す数字だろ...それでその数字が示す人間を拝まない者は
殺され、その名前や数字の刻印を押されたものしか、経済行為ができないんだよ...つまり編者
(ユダヤ人もしくはユダヤ人キリスト教徒)を迫害してる者だよ...ローマ皇帝以あり得ませんな...
と常識で物事を考える人達は考えるだろね...ゲマトリアを出すまでもなさそうだけど...
馬鹿どもも判ってるんだろうけど、666だけ読んで全く違う事を言い出した教団は、取り返しが
つかないんだw....大恥を晒す事になるもんなぁ...わははははははははははははは
こう言うときに馬鹿がする事も大体きまってらぁ....この手の大恥晒しで、醜態をさらしてる奴を
見るのは5人目くらいか?
わははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははははははは


705 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/30(金) 00:45:18 ID:VQI/NRzH
今日の黙示録...XA7
まあ、ある人の黙示録観を書いておきます。誰って書くと、また馬鹿教団の信者が
その固有名詞だけで嘘だ・馬鹿だ・異端だ・古いと決まり文句を並べるので
文章だけ書いておきますね...

壮大、複雑・怪奇な幻視は、誤解されて、古来種々の創造/想像的イマジネーションを喚起し、
賛否両論(※11)を巻き起こしてきたのがヨハネ黙示録です。
宇宙的な黙示劇に幻惑さわされてその真意を見失いがちですが、実は、退廃した繁栄を謳歌する
圧倒的な富と、皇帝礼拝強要など、帝国の横暴を痛烈に批判した、非戦の抵抗文書であることが
判明します。
第一次ユダヤ戦争(66〜70年)の結果、祖国と神殿を失ったユダヤ人は、あくまでも民族の独立を
求めて再起を図り、第二次ユダヤ戦争(132〜135年)を起こしました。
このように、反ローマの民族的怨念は、バルク書、ラテン語エズラ記に見られように、ユダヤ民族
である限り、ユダヤ人キリスト者にもあったことは否めません。皇帝尊敬を勧めた(2ペトロ2・17)
ディアスポラや異邦人キリスト者と違うところです。
しかも、ユダヤ人キリスト者は、ローマ帝国の差別と迫害のほか、ユダヤ教からの呼びかけによる、
同胞のシナゴークへの復帰・流出がありました。また、終末遅延やグノーシスなど信仰上の問題で、
四面楚歌が、当時のユダヤ人キリスト者でした。
この、祖国とエルサレム神殿を失ったユダヤ人キリスト者に対して、終末の接近を強調し、「戦う
殉教者」として、キリストの再臨に限りない希望をおくよう激励したのが、ヨハネの黙示録ですが、
旧約の預言書としての特徴、権力者への過激な批判的視点を隠し持っている点、新約聖書のなかでは、
マルコ福音書とともに異色といってよいでしょう。



706 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/06/30(金) 01:09:33 ID:VQI/NRzH
僕は何回も言ってるだろ...こいつらはセンサーだって...
ホンマモノがあると、こいつら著しく反応して必死になって
お決まりの言葉を並べまくるんだよ...
どのへんに反応してるかよく判らんが、僕の文章の何処かが
著しくこいつらの本質を突いてるという事だw....後を
読み返して精査しますw
何か人様のお役に立つ分析装置が開発できる時と同じナンスね
わはははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは



707 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 01:16:37 ID:f1tDdHUc
>>704
666がローマ皇帝のことを指したところで、
黙示録が、ローマ戦争のことだけを語っているとお思いかな?

君はなにか大きな勘違いをしているようだ。
というより、口から剣が生えている。の意味さえわからない人が、
黙示録というより、聖書の例えを理解できるとは思えないんだがな。

おまえさ。はっきり言って、聖句の解釈というより、聖書の粗探しが動機じゃないか。
ムスリムのお前は、聖書の粗探しをして、聖書を貶したいだけ。元々このスレは
そういうものじゃなかったんだよ。お前不愉快だからさ、他でやれよ。阪神ファンの集まる
スレッドで、阪神貶す奴は、失礼なんだよ。それくらいわかるよな?
それともそんなこともわかんねぇ?おまえ、インテリジェンス高いんだろ?(嘲笑)


708 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 01:20:00 ID:BOyipAhF
>>706
必死になってるのは、おまえにしかみえないよ。

709 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 15:58:01 ID:9Dj4lGjs
>706
「わはははは・馬鹿」って所

710 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/01(土) 00:42:38 ID:MAr+HgEX
しばらくお題目を唱えるのを忘れてた...
皆さんが夜神様にお祈りするのにあわせて、私はこのお題目を
唱える事にしました。
「ヨハネ福音書の冒頭は、ストア派哲学者が当たり前に考えていた
事のパクリです」

抗癌剤投与みたいなもので、ラッパが飛び交うのがこの手の癌の
特徴だからね、投与は慎重だけど...継続して投与する事ですだ
馬鹿どもは挑発が得意なので、クダラナイ挑発には乗るなとさる
お方からのアドバイス...
あ!...俺はイスラムやんぴ...昨日アッラー様に電子メール連絡
しておきました...「馬鹿どもが喚く口実を与えるからしばらく様子
を見てまたチャンスがあったら信者にしてくれ」と書いたら
すぐ、リメールが入りまして。「君の好きなようにしたマエ、君が抜けてる
間にイスラムも少しは賢くなるだろう」との事です
まことに自愛深く愛情の厚い神様ですだ...わはははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははははは
つまり666は獣と呼ばれた人間を表す数字だろ...それでその数字が示す人間を拝まない者は
殺され、その名前や数字の刻印を押されたものしか、経済行為ができないんだよ...つまり編者
(ユダヤ人もしくはユダヤ人キリスト教徒)を迫害してる者だよ...ローマ皇帝以あり得ませんな...
と常識で物事を考える人達は考えるだろね...ゲマトリアを出すまでもなさそうだけど...
馬鹿どもも判ってるんだろうけど、666だけ読んで全く違う事を言い出した教団は、取り返しが
つかないんだw....大恥を晒す事になるもんなぁ...わははははははははははははは
こう言うときに馬鹿がする事も大体きまってらぁ....この手の大恥晒しで、醜態をさらしてる奴を
見るのは5人目くらいか?




711 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/01(土) 00:53:22 ID:MAr+HgEX
黙示録になんで、これだけ癌が蔓延ったのか...僕は伝統的な
キリスト教会がサボってたとしか考えられないw...
黙示録を担保にして馬鹿の集合体があまた発生してる事をカトリック
もプロテスタントも知ってるハズなんだけどね...ところが
これらの癌が社会に蔓延するのを殆ど手をこまねいて見てるだけだろ
...早期に見つけて抗体を強力にしておけば(神学的基礎を強くして
おけば)、世の中にこれだけ馬鹿が蔓延することはなかったと思うよ



712 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/01(土) 01:11:04 ID:MAr+HgEX
もう少し簡潔にまとめて、毎日唱えるお題目にするつもりですが、しばらくは
コピペで我慢してちょ...

つまり666は獣と呼ばれた人間を表す数字だろ...それでその数字が示す人間を拝まない者は
殺され、その名前や数字の刻印を押されたものしか、経済行為ができないんだよ...つまり編者
(ユダヤ人もしくはユダヤ人キリスト教徒)を迫害してる者だよ...ローマ皇帝以あり得ませんな...
と常識で物事を考える人達は考えるだろね...ゲマトリアを出すまでもなさそうだけど...
馬鹿どもも判ってるんだろうけど、666だけ読んで全く違う事を言い出した教団は、取り返しが
つかないんだw....大恥を晒す事になるもんなぁ...わははははははははははははは
こう言うときに馬鹿がする事も大体きまってらぁ....この手の大恥晒しで、醜態をさらしてる奴を
見るのは5人目くらいか?


713 :名無しさん@3周年:2006/07/01(土) 07:19:51 ID:n87X44jS
ココモの理論構築の「浅さ」を陰陽理論で説明できそうだ。

714 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/01(土) 20:42:19 ID:huTebgrc
ルターも、黙示録には関心なかったらしいんだけど
ツヴィングリも拒否しているよね。

もうペテロもパウロもいなくて、自分は島流しにされ
歳もとっちゃって、ヨハネは悲しかったんでしょうね。
それで、各々の教会に励ましの手紙を書いたんでしょう?
そして、神を神とも思わない人には・・・・・・・・って書いて
あるようにしか思えないんだけど。

715 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/02(日) 00:51:18 ID:FYxR1V2W
今日の黙示録−XA8...黙示録の編者が祈願した理想の都とは...
21/11−22...長いので途中は省略します
>都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、
>透き通った碧玉のようであった。
>...この都は四角い形で、長さと幅が同じであった。天使が物差しで
>都を測ると、一万二千スタディオンあった。長さも幅も高さも同じである。
>また、城壁を測ると、百四十四ペキスであった。これは人間の物差しに
>よって測ったもので、天使が用いたものもこれである。
>都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金であった。
>都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られていた。第一の土台石は碧玉、
>第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、第五は赤縞めのう、
>第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十は
>ひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。
>また、十二の門は十二の真珠であって、どの門もそれぞれ一個の真珠でできていた。
>都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。

現代でこんな神殿を造ったら、国民から顰蹙をかうと思います。税金の無駄
使いも甚だしい、そもそも国を守る城壁に144ペキス(約65m)はいらない
と思います...エルサレムの神殿が炎上するのを見て、祖国を失った
当時の人にとっては、そういうものが立派な国だと思ったんでしょう...
僕はそういう発想をしてたから、祖国を失ったんだと思います...ローマ
帝国の繁栄を妬んでるだけで、結局自分達も物欲の亡者で、ただの
負け組み根性に過ぎないんだろね...

716 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2006/07/02(日) 00:55:34 ID:4YEX76B3
>>714

>ルターも、黙示録には関心なかったらしいんだけど
>ツヴィングリも拒否しているよね。


誰が黙示録に興味があったとか、なかったとか、
しかも高名な人を出して、この人もそうだった、とか
意味のない書き込みだと思いました。

黙示録は、現在のこの世がいずれ終わりになり
新しい天と地が現れる様を、はっきりと示している書物です。

717 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 00:57:12 ID:Cx7f3shY
モーセとかペテロとかの黙示録にも注目しようぜ!

718 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/02(日) 01:53:32 ID:FYxR1V2W
>>714
ルーテルさんは、どうもユダヤ色の強いものが嫌いだったみたい
ですね...
彼が評価しなかった巻物は、ヤコブ書・マタイ福音書・そして
このヨハネ黙示録でしょ、それにヘブライ書簡も殆ど興味が
なかったみたいですね...これらの巻物に共通するのは
みんなユダヤ色が強いんですよ...ルーテルさんが活躍して
いた頃のユダヤ人の扱いを調べたら面白いかもしれませんね

719 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/02(日) 02:11:49 ID:FYxR1V2W
>>716
>黙示録は、現在のこの世がいずれ終わりになり
>新しい天と地が現れる様を、はっきりと示している書物です。
黙示録に「現在のこの世が終わる事」なんか何処にも書いて
ませんよ...こういう知能程度の低い事を言うから、クダラナイ
教団があまた現れるんだよ...「この世」と言うのが誰にとって
の「この世」なのかを説明して欲しいんですよ...ある人にとって
の「この世」だけの話を「人類にとって」の「この世」の如くに妄想
するから、大変な誤解を招くんですよ...
ヨハネ黙示録にしても「ローマ帝国に迫害されたユダヤ人」にとって
の「この世」の終末の話だろ...反対の当事者のローマ帝国から
みたら、折角パックス・ロマーナをイスラエルにも至誠しようとしても
どうしても頭の固いどうしようもない人達が抵抗するので、これは
壊滅作戦しかないという事でのユダヤ戦争なんですよ...
それで、その後の残党狩りが、ヨハネ黙示録の編者の様な頭の悪い
(硬い)ユダヤ人の弾圧なんですよ...


720 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/02(日) 02:38:50 ID:FYxR1V2W
誰にとっての「この世の終わり」なんですか?
終末論はサンザン聞かされてるけど、マジに聞いたら
結局は詰らない人間がテメエの詰らない社会から抜けられない
状態でしかないんだよ...それが自分で打開できないから
2000年前にローマの圧政に苦しんだ人の巻物を持ってくる
んだろ...テメエの属してる詰らない社会を打ち壊したい話が、
この世の終わりを妄想するんだよ...それをその手の馬鹿ども
を餌食にしてる教団が「クイモノ」にしてるだけだよ...
お前ら、インチキ教団の「喰い物」だよ...わははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははは


721 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/02(日) 07:57:05 ID:aWG+aIUl
>>716
聖書は、聖霊の導きを願って読むのが本筋ですが
それは非常に困難です。祈りが足りないと言われちゃえば
その通りなんだけど。

そのまんま聖書を読むと、自分の考えや望みに合ったもの、
または、自分を都合よく守るみ言葉のみに、ついつい重点を
置いちゃうのよ。

で、以前ねココモ先生にお尋ねしたところ、まず聖書を読んで
解説書を読み、また聖書を数十回聖書を読むとのこと。なので
わたしも、ちょと真似したんですよ。数十回なんては読めませんが。

ココモ先生も、時々本音というか良いこと言うので困るのよね。

722 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 09:26:05 ID:YV3tZAEA
なぜ「良いこと」と思われる手法で聖書を研究してココモの理解に至るのかを考える。
その上でココモに足りないとされる「聖霊の導きによる理解」の本質を探ると「聖霊の導き」
が真理に則った言葉だということを知ることができる。

陰陽から「求める」ことは陽 「求めない」ことは陰。
共に「求める」という力は有るが、そこには「求めることの本質・陰陽」の差が有る。
陰である「自ら突き進む」こと、 陽である「導かれる」こと
求めているようで実は求めていない。

723 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/02(日) 22:44:01 ID:FYxR1V2W
旧約聖書の外典に「ユディト記」と言うのがあります。
多分作り話ですが、美貌の女性ユディトが、外国の
占領軍の将軍を騙して***のお持て成しをして、寝室
で将軍の首を掻き切る話です。シナリオは「エステル記」
と似てるので、同じ時期の作品じゃないかと思います。

まぁ、正典にはし難いシナリオですねぇ...

人を騙して殺す話は賛否両論あると思います。創世記34章
にも、妹が陵辱されたと憤慨して、ハモルと講和した様に
見せかけて、一族を皆殺しする物語がありますね...

自分達の義の為には人を騙す事もよしとするのか、騙す事自体が
すでに不法行為なのか...特に創世記の場合は、どう見ても
ハモルの方が善良な人間の様に思いマスダ...


724 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 22:51:33 ID:K0Bzvuvz
雅歌だって正典にはしずらいぜ。

725 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 23:42:14 ID:mGHGrbXz
>>723
烈女を男性優位社会の中で讃美するという姿勢が重要な部分ではないかと思います。
時に妻は懐剣を持って敵を打つべし、というような。

民族を超えて人の想いが似たようなものというという示唆を与えられればそれでよしとして読んでいます。

726 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 12:52:17 ID:8X2pESjN
神の赦しを知り←(どちらか先)→罪を認め
↓                     ↓
己を赦し

他を赦し

他に赦され

ここに4種の「陰陽収束」がある
神と人 己と己 己と他 他と己

727 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/03(月) 19:11:40 ID:abJKW0Dv
少し早いですが、このwebは突然オーバフローしますので
【討論】聖句の解釈をマターリ語るスレ9【議論】
を用意しました。ここが使えなくなったら順次移動してください。


728 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/03(月) 19:34:17 ID:abJKW0Dv
僕は「霊感」と言う物を誤解していたかも知れません。霊感と言う
言葉で宣教してる人達にロクな人間がいたためしがない為です。
その人の人生経験・修行経験・研究の経験からパットひらめく事や
直感の様なものが沸く事があります。
長島さんが現役の時に、よく閃きで打つなんて言われたんですが、
「あのピッチャーの次の球はこのコースにこういう球を投げるぞ」
と言う直感ですね...長島さんはそれがよくあたったんですね...
ものの見事に外した事もしばしばですが...ヤマ勘とは違うんですよ
ピッチャーの性格とかその場面とかを感覚的に捉える事ができるんですね

そういう事であれば、僕も神様からの「霊感」を沢山いただいてる事に
気がつきましたw...ただ僕は根が正直(笑)なので、どうしても
裏付けたくなるんですね...例えばヨハネ福音書の冒頭はギリシャ哲学
の影響を大きく受けてるんだと言う「霊感」はかなり前から持っていた
のですが、昔はそれを証明する事が大変困難だった分けです。そもそも
ギリシャ哲学もよく知らないし、造詣の深い先生とのコネもないし、図書館
へ行くにしても時間がありませんし...
ところがインターネットとコンピュータはそれを解決してくれました。
30分も調べてると大分判ってきます。それで殆ど同じ文章が
ストア派の人達の手紙にあったんですね...神が私に与えてくれた
「霊感」は見事に的中してましたね...

明日から「今日の霊感」シリーズを始めますね....「霊感」を
いい加減に扱ってる諸氏は、どの部分が「霊感」で、それがどうやって
立証されるのか考えてクンナマシ...でなければただの妄想に過ぎない
ですよ...


729 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/03(月) 20:29:25 ID:3euLu4vU
>>722
> 求めているようで実は求めていない。
同感です。

ヨハネに、ベトザタの池で38年よこたわっていた病人に
イエスが「良くなりたいか」と聞くシーンがあるでしょう?
そんなこと病人なんだから良くなりたいに決まっているでしょうに
と思いますが、わざわざイエスが聞いているんですね。それに
その病人は、「はい」とすぐには答えないし、言い訳している。

多分、人は良くも悪くも慣れた生活から抜け出ることが難しいん
ですね。きっと。
>>727
ありがとう はははははを控えてくださいますと800ぐらいまで
いくのでは、と、思いますよ。

730 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/03(月) 23:30:18 ID:abJKW0Dv
今日の聖霊の導き−1
早速始めます。僕にはある時神様から、キリスト教を馬鹿にしてる
宗派があったとの「聖霊の導き」がありました。こんな「出鱈目」な
教義は、必ず何処かで誰かが馬鹿にしてるはずだと言う直観です。
人間が神になるハズがないと言う「霊感」は、誰でも持ってると
思います。ところがキリスト教会は、その謎に自らまともに答えよう
としない....

ありました。探せばあるんですね...答えは又明日...


731 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 00:25:05 ID:63VTvj7d
>>730
口に剣の生えたイエスと思われる人物の例えも理解できない。
黙示録は、自分の能力では文言の通りにしか解釈できず、
君の主張の多くは、使い古された、古い学説の焼きまわし。
何年も聖書に接していながら、聖霊の意味をも履き違えるとは、なさけない。
それはそうだろう。君の聖書へのアプローチは、教会への悪意が大半を占める。
君がいくらどうこう言おうと、それは君自身が一番よく知っている。
キリスト教を全く理解できない君にいい事を教えてあげよう。
君の ”悪意” に満ちた聖書解釈は、聖霊の働きとは言わず、悪霊の働きと言うんだよ。

わかるかい?

今の教会はたしかに阿呆だが、何年も聖書に接していながら、何も理解できない君も
負けず劣らずアホウだよ。キリスト教会と君との間になにがあったか知らんが、
非生産的なことに、永年エネルギーをついや出来る君に乾杯。君に本当の意味で、
聖霊の働きが得られん事を、陰ながら祈ってるよ。

ま、今の怨念を振り払わない限り、無理だけどな(苦笑)



732 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 00:35:32 ID:63VTvj7d
イスラム教徒には、イエスが神だという事がどうしても理解できないらしい。
いや、受け入れられないといったほうがいいか。あの幼稚なアッラーは受け入れられるのに。
いやアッラーを受け入れれば、イエス”キリスト”が、神とは到底受け入れられないのだろう。

人の子は、あそこにいる。いやここにいる。というものではない。

君らは、神の名を、知らないんだよ。

733 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 00:45:35 ID:GorjyNW7
>口に剣の生えたイエス

はイエスの言葉の鋭さを表してるんじゃないか。
剣は「まっすぐで鋭い舌」→「まっすぐで鋭い言葉」

734 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/04(火) 00:47:05 ID:8BH3YtsN
>>731
だから言ってるんだろ、立証しろって...妄想だったら誰だって
やれるよ...くだらなかったら、みーーーんなは「ああまたカラス
がほざいてる」って言うんだよ...悔しかったら立証しろって言うんだよ


735 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 01:36:01 ID:X7ibgcCR
カラスくん
>>732
>イスラム教徒は・・・

コスモはムスリムではない、イスラムを知ってはいない。

>あの幼稚なアッラーは・・・

アッラーは神の名ではなくて、神をいう。
ムスリムは神に名はつけない。


736 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 01:44:07 ID:63VTvj7d
>>734
はいはい。ここは形而上の事を語る宗教板なのを忘れるな。
君のここでの主張は、そういう意味では、論理的でないという事を知れ。
例えは悪いが、SF小説を語る場で、それは違う!と大声で主張する者は
はたして利巧か?と言っているんだよ。

確かめる方法はある。それは他人が証明するものではない。
それは自分自身で確かめるんだよ。

あんたも知ってんだろ。求めよ。そうすれば与えられる。ってね。
あんたは求めていない。多くのクリスチャンも、本当の意味では求めていない。



737 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 01:50:37 ID:63VTvj7d
>>735
>ムスリムは神に名はつけない

それはある意味正しい。父なる神は名前の無い者だ。
だが、子には名前を与えた。

738 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 02:31:37 ID:fZGfY5jQ
自己の陰陽
                       陰
      │  ───────┐↑
      │            │高
      │            │さ
      │            │
   ──┼  ───────┼───   ←時間の向き
      │            │深
      │            │さ
      │            │↓
↑    │  ───────┘

動  ←知識量→

↓                     陽

知識が増すと、行動力の進化(信仰量)に応じて陰陽の偏り(収束量)ができる。
ココモ的な陰に収束した偏りを補完する存在は「虚」(の神)であり、陽に陰をも

739 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 03:08:42 ID:D114vb6A
>>737
>それはある意味正しい。父なる神は名前の無い者だ。
>だが、子には名前を与えた。

神や一体どうやって子を作ったのか?「イエスは神の子」などと信じてる
ようでは、悟りとは程遠い。その辺のクリスチャンと同じ。




740 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 03:26:42 ID:phmMdmnL
>>739
上は石ころからでもアブラハムの子を作れる、という言葉に多くの人は肯いたわけだね。
さすがは悟りひらきしものだね。りっぱだね。


741 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 08:10:12 ID:63VTvj7d
>>739
子は父のものを相続する。
名称は識別するもの。あんた仏教徒なら、退場ものだな。


742 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 09:47:24 ID:8x9Jysdd
>>735
わざわざ「コーランの神」と言わなくても「アッラー」と言ったほうがすっきりすると
思うけどね。ウガリット神話のエルも「エル」と呼んじゃいかんの?

743 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 10:05:16 ID:CIsG2dgO
>>741
君はもとも仏教徒だったはずだが、何時からクリスチャンに成り下がったのか。
情けないとは思わんのか。

744 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 12:09:03 ID:XO2hDdEV
キリスト仏に帰依することが情けないの?


745 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 12:35:24 ID:6yJNUmfi
>>744
仏教→キリスト教というコースがおかしい。仏教で悟れば、キリスト教など
問題にならないはず。キリスト教には悟りなどないから、逆のコースはあり
うる。

746 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 12:36:55 ID:8x9Jysdd
>仏教→キリスト教というコース

或る福のコテハンリストにそう書いてあんの?

747 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 13:18:55 ID:XO2hDdEV
キリストが真理だと悟ったんだろう。
きっとキリストの道が、超人・覚醒者の道に比べ、現実に見えたのさ。
キリストの道が真理でないと説得できないの?
同じ真理なら楽な方がいいから。

748 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 17:58:33 ID:UK1ih6Ab
>>747
「空想の産物に過ぎない架空の神」に、人間の生命に優越する価値を認める
キリスト教のどこに真理があるのか。

クリスチャンも人間、キリスト教も「人間の営み」の一部に過ぎない。
言ってるここも、やっていることも、矛盾していないか。全くの倒錯
心理である。全面的に精神医学の対象。神など関係ない。若し神が存在
するとすれば、真っ向から神に反しているのがキリスト教。

現代は、ローマ時代ではないよ。現代人としての正気と常識に立ち帰れ。

749 :サロメ:2006/07/04(火) 18:20:09 ID:Ykla3T7i
カラス 鋭いやん 何があったんだ?w


それからアタシ クリスチャン辞めたからw


750 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 20:26:47 ID:fZGfY5jQ
次スレ9
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151921165/

751 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 20:37:36 ID:fZGfY5jQ
>>748
善と悪は誰が決めるんだ?

752 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 21:50:41 ID:utlBFBMF
>>751
「善と悪」とは、人間共同体における共生のための行為基準。それ以上でも
以下でもない。人間界のことだから、人間が決めるに決まってる。

753 :名無しさん@3周年:2006/07/04(火) 21:53:39 ID:fZGfY5jQ
ではそれに従え。信仰の自由は認められている。

754 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/04(火) 22:34:36 ID:63VTvj7d
子は父のものを相続する。
だから、父のものを相続する者を、「子」と ”比喩” される。

自性を知らない、認めない仏教徒に、悟りはない。
善と悪などないという仏教徒に、悟りはない。
釈迦は言った。一切皆苦。この世は苦だ。
この世とは、自分と他者を識別するところである。
愚か者達よ、ならば善とは何か?悪とは何か?なぜ悟らない。

友の為には、この世の自分の命をも捨てなさい。
この世の一切の物に執着する者に、天の御国はない。

この世の命を保とうとする者は、命を失い、
この世の命さえ執着せず、友のため捨て去ることができる者は、命を得る。

これがイエスの教えだ。イエスは言った。「私が道であり、真理である」
彼は自分を侮辱し、自分を殺す者の為に祈った。なにが楽な道か。

求めよ、されば与えられん。

多くのキリスト教徒は他力本願だ。他力本願の彼らは、求めていない。
彼らはキリスト教を知らない。

755 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2006/07/05(水) 00:43:13 ID:SktQPv/4
そのシンボルマークは、男女の完全なる一致。ワンワールド。
それは世界統一政府の事ではない。新約の行き着く先は、
文字通りの、ワンワールド。その前に現れる時代は、命の書に記された
者が、そこに帰る為のもの。その新しい価値観の時代、
真理は明かされ、永い間、我々の心を支配してきた蛇は、封印される。
そして古い時代は幕を閉じる。

終わりの日はいつ来るのか?それはすぐにやってくる。盗人のように、突然にやってくる。
だからその日を迎えたとき、手遅れにならないよう、いつも気をつけていなさい。
世の始まりと、世の終わりは、あなたがこの世に生を受けたときに始まり、あなたがこの世の
生を終えるときにやってくる。

本当のキリスト教は、今の教会のではない。あれはイミテーションにすぎない。

なんてな。

ところでココモスキーさんよ。ざっとみてあんた雨についてなんか言っていたようだが、
実は俺も雨金持ちだったりする。あのカードの中央に書かれた百人隊長は、どんな意味があるんだい?

756 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 12:39:16 ID:go6qChYs
「男女の完全なる一致」とは、現状に対し、どういう性質・状態なのか説明求む。
また、「男女の完全な一致」を信じる所の必然性と根拠はなにか。

757 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 12:43:43 ID:hMPACNkY
>>756
「男女の完全なる一致」とは、「完全なるセックス」「至高のオルガズム」の
ことである。

758 :名無しさん@3周年:2006/07/05(水) 12:45:35 ID:go6qChYs
やっぱり訊かないことにするる。

759 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/05(水) 23:49:29 ID:I6IlAzhd
今日はちょっと予定を変えて「マンナ」の扱いについて説明します。
キリスト教会では「マンナ」を神からの授かり物として、有難い
食べ物と考えいるようですね...
黙示録2/17にも、両刃の剣を口から出したイエスの言葉として
(その様に編者は考えていたのでしょう)
>勝利を得る者には隠されていた「マンナ」を与えよう。...
モーセ一行が出エジプトして、食糧難に陥った時に「マンナ」を食べて
飢えを凌いだ事によるものなんですが...
それはそれで良いのですが、民数記では食べるものが「マンナ」ばかりで
うんざりしてるんですね...そんなに有難い食べ物ではないんですよ
要するに非常食なんですw...それにモーセ達がたまたま「マンナ」で
飢えを凌いだので、有難い食べ物とされますが、モーセ達が「ゴキブリ」
を食って飢えを凌いでいたら、「ゴキブリ」が神からの授かり物になるん
ですね...
そうすると黙示録の2/17はこうなります
>勝利を得る者には隠されていた「ゴキブリ」を与えよう。...

わはははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは






760 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 00:23:18 ID:iHvKrHDE
>>755
>終わりの日はいつ来るのか?

カラスよ ! 聖書をよく読むのだ。

弟子たちは聞いた「世の終わりの徴は何か?」と(マタ24:3)
イエスは答えた 「これらがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない」と(マタ24:34)

つまり、弟子たちは「Worldの終わり」を聞いたのだが、イエスは「Ageの終わり」として
答えたのだ。

さらに肝心なことは、イエスは言う「わたしの言葉は霊であり、いのちである」と。
例えばイエスは「三日で神殿を建てる」と言ったが、ヨハネは後に「イエスという神殿が
三日で甦ることを悟った。

そのように、イエスの語った「終わりの徴」は、この世ではなく霊的世つまり霊界における
徴なのだ、悟るがよい。

パトモスでヨハネは「霊にあって見た」と黙示録に書いている。
つまり彼は霊界にあって予見することができた。

まことに、イエスの言葉はすべて霊的語りであり「霊であって、
いのちがある」のだ。




761 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/06(木) 01:16:39 ID:g3kx+i17
クダラナイ霊がわんさか沸くのがキリスト教の馬鹿どもだべ...
テメエ等に都合の良い霊なんかあるわけねえダロ...お前等には
糞みたいな霊しか沸かないよ...初めにロゴスがあった。ロゴス
は神とともにあった。ロゴスは神(そのもの)であった。ロゴスは
初めから神とともにあり、万物は(すべて)ロゴスによって成り立ち
この世に創造されたものでロゴスによらないものは何一つなかった。
(ココモ訳)
この神の言葉(霊感)は残念ながらヨハネ福音書の編者ではなく、ストア派
の哲学者達に注いでしまったんすね...神の霊感がキリスト教徒に
注ぐ事もありうるでしょうが、それは神の霊感のホンの1%にも満たない
おこぼれだけだという事が馬鹿どもは判ってないだべ....
それでこいつらには何処からかのノイズばかり降り注いでるんだよ...
わははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははははは


762 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 03:09:18 ID:NL2NLeoV
コスモは自己義認の体現者。2CH活動で良い行いの中の陰を全開放する。
己を理解していると錯覚している故なのだ。

763 :名無しさん@3周年:2006/07/06(木) 16:33:44 ID:wYBap+7P
>>761
わはははははははははははははははは
異教の悪魔が真理を剽窃しただけです。
そんなこともわからないのですか?

764 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/06(木) 22:06:11 ID:2cqbhWFs
>>761
> 神の霊感がキリスト教徒に
> 注ぐ事もありうるでしょうが、それは神の霊感のホンの1%にも満たない
> おこぼれだけだという事が馬鹿どもは判ってないだべ....

ココモ先生は神の霊感を信じているんだ なんか嬉しいよ。

イエスの服に触っただけで病気が直ったと書いてあるから
1%でも100%でも良いんじゃない?

765 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/07(金) 01:24:47 ID:+1Sg0ch0
神の霊感発信事務局より通知
以下のみ言葉は、幾つかの入札がありましたが、厳正なる審査の結果
ギリシャのストア派の方々にリリースいたします。 BC287年某日
>初めにロゴスがあった。ロゴスは神とともにあった。ロゴスは神
>(そのもの)であった。ロゴスは初めから神とともにあり、万物は
>(すべて)ロゴスによって成り立ちこの世に創造されたものでロゴス
>によらないものは何一つなかった。
(ココモ訳)
この版権は300年の期間を経てシェアフリーといたします。

*そして、初版リリース後およそ300年を経て、ヨハネ福音書の冒頭
*を飾る事になりました。

まじな話、聖書にどれだけ神からのメッセージがあるんだろな...
パウロの贖罪論も何処かにソースがありそうだべ...
贖罪論も何処かのパクリですよ...そう言う霊感がありました...
イエスは救い主も何処かのパクリですよ..そう言う霊感がありました..
隣人愛も何処かのパクリですよ..そう言う霊感がありました..
わははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



766 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/07(金) 01:29:04 ID:+1Sg0ch0
聖書は「霊感を得て書かれてます」...違います。誰か赤の他人が
霊感によって得られた神の言葉を聖書の編者が物理的手法で掻き集めて
書いた物です。....わははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは
ははははははははははははははははははははははははははははははは



767 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 03:38:28 ID:nzDw9ikz
>>765~766

「あなたは聞くには聞くが、決して悟らない。見るには見るが、決して
認めない。それは目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、悔い改めて癒さ
れることのないためである。」とイエスはイザヤを引用した。

コスモよ、おまえがそれだ!! 哀れなる愚か者、仏教に「女子と小人
は度し難し」と言うが、同様に、言い得て妙である。

768 :名無しさん@3周年:2006/07/07(金) 03:45:11 ID:PiIJfNvS
聖書に示される、個々の「真理と言われることの真偽」について語る方向性は、ココモには見られない。

真を認めることにココモの活動意義がないからだろう。
真理同士の関係性、補完性を聖書現象において求むことも同様に見られない。

関係性の無いことの積み重ねを、確な理由として求め追及し、対外的に説得を試みているのだ。

だからココモの語る内容・活動に実がない。

769 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/07(金) 23:34:04 ID:+1Sg0ch0
>>764
>イエスの服に触っただけで病気が直ったと書いてあるから
>1%でも100%でも良いんじゃない?
マタイ教会はこの件に関して、誇大広告による信者勧誘の容疑で
ローマの官憲の敵発を受けたそうです。(私の霊感では)
マタイ福音書9/20−22
>すると、そこへ十二年間も患って出血が続いている女が近寄って来て、
>後ろからイエスの服の房に触れた。
>「この方の服に触れさえすれば治してもらえる」と思ったからである。
>イエスは振り向いて、彼女を見ながら言われた。「娘よ、元気になり
>なさい。あなたの信仰があなたを救った。」そのとき、彼女は治った。
マタイ教会の編者が見たわけではないんですが、すでにイエスが去ってから
50年近く経っていて、こういう広告を打てば、嘘だよなんて言う人も
いないし、同じ様な病で苦しんでる人にしてみると、この教会はイエス様
に所縁のある人達の教会だから、自分も直るかも知れないと思って、教会に
入ると思います。

****は癌に効くと言えば、本当かどうかわからなくても、その薬(?)
が売れるのと同じだよ



770 :中立派:2006/07/08(土) 00:16:25 ID:1ov0eXCb
はじめまして。「聖書はエロヒムが追放され堕天したところから始まっている」という説があるんですが本当ですか?詳しいかたいたら教えてください。

771 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/08(土) 00:26:54 ID:e71CASUw
>>769 補足
12年間出血が止まらないので、少なくともドクドクと出血してた
分けではありませんよ(ドクドク出血してたら12年もの命はない)
...ジワーと滲み出る様に出血してたんでしょ...傷口が中々
塞がらない病気ですよ(それか子宮筋腫の様な婦人病)...
「そのとき、彼女は治った」は嘘でしょ..出血が止まった事を
確認するのに数日は掛かると思いますよ...もし実際にあったと
すれば、食事療養や薬石の投与及び傷口への薬の塗布により、皮膚の
再生能力が向上し、治癒する分けですから、最低でも一週間程度の
療養が必要だと思います。>あなたの信仰があなたを救った。<の
「信仰」の部分を「修養」におきなおせば、この言葉は筋が通ります。
もともとはその様な話だったんだと思います。それをマタイ教会が
イエス様の宣伝物語にアレンジする時に実態からかけ離れてしまったん
だと思います。

772 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/07/08(土) 01:47:02 ID:e71CASUw
>>770
>聖書はエロヒムが追放され堕天したところから始まっている」という説が
>あるんですが本当ですか?詳しいかたいたら教えてください。
全くのデタラメです。エロヒムがでてくるのだから、旧約聖書だと
思うけど。創世記の冒頭は
べレシート バラー エロヒーム エット ハシャマイム ヴェエット ハアレツ
>始めにエロヒームは天と地を創造した(ココモ訳)
です。エロヒームが堕天したと言う記述は旧約聖書にありません。
取り合えず答えておきます。



773 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 14:59:14 ID:mrbtnkiY
>>770
どこでそんな説を聞いたのか教えてください。

774 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 15:15:04 ID:4RuzZA7V
このスレまだ書けるかな
新スレに書いてしもうた。すみません

775 :名無しさん@3周年:2006/07/08(土) 23:22:38 ID:zscU9bnB
テスト

776 :名無しさん@3周年:2006/07/09(日) 00:01:48 ID:Sisv8nLr
>>770
カバラの中のグノーシス主義的流れじゃないの?
そういう流派の中にはエロヒムが堕天使であると考える連中もいたらしいし。


777 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/09(日) 18:28:41 ID:moTDzKxp
まだ書けるかな?
>>765
>> まじな話、聖書にどれだけ神からのメッセージがあるんだろな...

誰が言ったのか忘れちゃったけど、聖書は壊れたラジオみたいなもので
雑音が入っているけど、一生懸命に聞くとアナウンサーの声は聞こえる。
で、聖書は神が放送しているのだから、必ず、神の声は聞こえる。と、いうこと。

結構疲れることだわね。

778 :名無しさん@3周年:2006/07/10(月) 22:04:27 ID:wuirWNHV
「わははは(ry」が無ければ850まで達した
に10000デナリオン

779 :中立派 ◆mJR1bH.2i. :2006/07/17(月) 14:36:05 ID:53WIY/tX
773、
グノーシスというのについて書いてあるサイトでした。でも聖書も知ってるから混同してしまったです

780 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/07/19(水) 20:06:36 ID:iIuYB55Q
もったいないから、使っちゃおう。 
きょうは何の日〜。

ローマ大火災のあった日。 64年。

ネロは暴君だったと言われているけど
このあたりの時代は、ホントひどい皇帝は
ネロだけじゃなく、いっぱいいたのよね。
ある本によると、ネロの悪名が広まったのは
「クオ ヴァディス」のせいらしい。
と、書いてあった。

781 :名無しさん@3周年:2006/07/19(水) 20:12:11 ID:iIuYB55Q
昨日は、カルヴァンのお誕生日。

「神にのみ栄光を」と「労働は神聖なり」

782 :名無しさん@3周年:2006/07/24(月) 22:22:43 ID:GT13nL91
きょうは,゛アメイジンググレース‘を作った牧師
ニュートンさんのお誕生日。
賛美歌2、21を使っている教会は歌っているんでしょうけど、
あのキーの高さはきついんじゃないのかな。


445 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★