5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アダムスキーの宇宙哲学 2

1 :1:2006/04/18(火) 06:40:46 ID:BXtMvxge
「アダムスキーの宇宙哲学」について語り合うスレッドです

悠久の宇宙の時間の中では人の一生は一瞬にすらならないほどの短さなのかもしれません。
しかし気の遠くなるような時間の中、今こうして生きているという事実。

出会いに秘められた意味を辿りながら
アダムスキーの宇宙哲学を読んだ感想や、宇宙や自然の話題、UFOの話
原因と結果の法則、日常のさりげない出来事、気がついたこと etc・・・
語り合いましょう。

>>2も読んでね。

2 :1:2006/04/18(火) 06:43:34 ID:BXtMvxge
【「アダムスキーの宇宙哲学」(ジョージ・アダムスキー著・久保田八郎訳 たま出版)より引用】

・宇宙哲学は本質的に完全な整然と調和した一つの組織体と
 考えられる宇宙を包括するものである。

・原理すなわち本源なるものと自然の法則は永遠に同じままである。

・人生について異なったさまざまな概念があるからといって一人だけが正しい事にはならない。
 いや、すべて真実なのだ。
 人間の心の中に抱かれる考えが何であっても、さしあたってそれは
 本人にとっては真理である。
 それはちょうど自然のあらゆる活動が創造的であっても崩壊的であっても真実であるのと同様である。

・この世における人間の目的は真実なるものと真実ならざるものとを
 個人的に判断する事ではなくて、われわれが「原因と結果」の知識と一体化
 することができるように、われわれ自身を大自然と同意に置くことにあるのである。

・個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
 というのはその力が本人をアンバランスな行為という渦巻きの中に引っ張り込み、
 本人は真実にたいして盲目となるからである。

・そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである

3 :1:2006/04/18(火) 06:57:03 ID:BXtMvxge
【前スレ】
アダムスキーの宇宙哲学
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1107827346/


前スレで、「アダムスキーの宇宙哲学」の翻訳者、久保田八郎氏が、

「U F O 研 究 は 人 間 研 究 な ん で す。」

と仰っていたという話を聞きました。心に残る言葉です。


4 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 08:08:10 ID:kZ+N2mr8
>>1よ。

そんなくだらない理由で意味の無いスレを立てたのか
お前それで恥ずかしくないのか
他のスレをじっくり見てみろよ
真面目な議論をしようとしたり、ネタで笑わせようとして
頭を使って考えてスレを立ててるんだよ
それをお前はなんだ
その頭を使って考えた末がこのスレか
なにそれ

お前こんなスレ立てて何か役に立ったか?
誰が得するんだよこのスレは
お前か?お前だけか?え?

誰の役にも立たないという事をわかった上でこのスレを立てたんだよな
お前だけが得るどうでもいい利益のためにやったんだな
そうか、わかった
お前の事はよくわかった
これからおまえのことを、哀れな人間として認識することにしたよ


5 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 08:09:42 ID:kZ+N2mr8
諸君 私は糞スレ好きだ
諸君 私は糞スレが好きだ
諸君 私は糞スレが大好きだ

どうしようもない駄スレが好きだ 一言スレが好きだ コテスレが好きだ ヲタスレが好きだ
馴れ合いスレが好きだ ホモスレが好きだ ヲタ叩きスレが好きだ 嫌韓スレが好きだ ペドスレが好きだ
平原で 街道で 塹壕で 草原で 凍土で 砂漠で 海上で 空中で 泥中で 湿原で
この地上の ありとあらゆる所で糞スレを立て続ける君達が大好きだ
糞スレを立てた>>1に対してポツリポツリと投げかけられる冷めたレスを見るのが好きだ。
愚かな>>1が逆切れして 今にも醜い煽り合いに発展しそうな糞スレを見た時など 心がおどる
空気を読めない新参のレスがスレの流れをピタリと止めた糞スレが好きだ
板違いが立てた喪男叩きスレが住民の手で無駄に伸びている時など 胸がすくような気持ちだった
糞スレを立てたことに気付いていない>>1を 蹂躙するのが好きだ
既に息絶えた>>1を 喪男達が何度も何度も叩いている様など 感動すら覚える
敗北主義の 喪男達が 我も我もと糞スレを晒しageていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ>>1が 私の振り下ろした手の平とともに 金切り声を上げるシュマイザーに ばたばたとsage倒されるのも最高だ
哀れな抵抗者達が 雑多な保守ageで 健気にも立ち上がってきたのを 住民達の徹底した叩きが
都市区画ごと>>1の誇りを木端微塵に粉砕した時など 絶頂すら覚える
中途半端な煽りスレに 喪板を滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだったLRが蹂躙され 糞女非喪が我が物顔で喪板を渡り歩いていく様は とてもとても悲しいものだ
室伏の物量に押し潰されて 糞スレが殲滅されるのを眺めているのが好きだ
アンチコテに追いまわされ 害虫の様に地べたを這い回るのは 恍惚の極みだ

6 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 08:41:56 ID:kZ+N2mr8
>>1
あなたはこのスレッドを立てた時、どれだけのレスがつくと思っていましたか?
500?それとも1000?
今現在、モニターの前でどきどきしながらリロードを繰り返していることと思います。
でも残念ながらこのままのペースでは、自作自演でもしない限り
レス100も突破することなく、数々の駄スレと同じ運命をたどって
奥深く埋もれていくことは確実でしょう。

「俺が立てたスレは他の奴らが立てた”駄スレ”とは一味違う!」
きっとあなたはそんなふうに思っているのでしょう。ですが、
客観的に見てあなたのスレッドは、残念ながら「低レベル」と言わざるを得ません。
あなたが立てた「一味違うスレッド」というものは、
普段あなたが一笑に付し軽蔑している「駄スレ」の正にそれなのです。

ちょっとした勘違いから生まれたスレッドによって、深く傷つくあなた。
そんなあなたが気の毒でなりません。
人は誰しも幸せになれるはずなのに・・・。

だからあなたにこのレスを書きました。sageも入れないでおきました。
私のこのレスが「レス100突破」に微力ながら貢献できるのならば、
そして私のこのレスによるageが、スレッド再燃に微力ながら貢献できるのならば、
こんなにうれしいことはありません。

2ちゃんねるという場所ですら、周りと噛み合うことができなかった
不器用なあなたに、両手いっぱいの幸せが訪れますように・・・

7 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 10:06:44 ID:4BTVvhuW

きもおた>>1の特徴

・とにかく激しい自己中。(皆がどんなに苦労していても自分さえ楽できれば問題なし)
・どんなに自分に非があってもいかなる時でも自分を正当化するのに必死になる。
・自分と少しでも異なる意見をもつ人は激しく攻撃するかバカにする。
・少しでもお洒落をしている人は全てDQNと脳内変換する。
・一般人を「マスコミに踊らされているバカども」というふうに思っているが
 自分たちは2chのデタラメな情報に踊らされてる
・アニメのかわいい女子高生は大好きだが現実の女子高生とは怖くてしゃべれない。
・貧乏で育ちが悪いせいか金持ちや成功者を妬む。
・いじめられっ子だったせいかちょっとでも癖のある人間をDQNときめつけ必死にたたく
・人の目ばかり気にして人の真似しかできない
・汗っかきで腋が苦い
・前頭前野が腐ってるのでマニュアルどおりの行動しかとれない
・携帯の登録者数は5件未満。
・人の不幸を自分の糧とする。
・人の手柄を自分の手柄にする。
・挙動不審で常にプルプル震えてる。
・HQが低い

8 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 21:28:47 ID:bzqjioV5
>1
>しかし気の遠くなるような時間の中、今こうして生きているという事実。

そんなことは別にどうでもいいんだ。知りたいのは>1
月に空気があるのか?

9 :1:2006/04/19(水) 11:36:33 ID:+CLG6Y4j
>>8
月に空気はないそうです。
酸素はあるそうです。
ネットで調べてみましたので、参考にリンク貼っておきます。
もしよろしかったら、どうぞ。

月に住むときに最大の問題となりそうなのはどの点ですか?
http://moon.jaxa.jp/ja/qanda/faq/faq6/problem.html

月は空気がないということですが、呼吸をするための酸素は地球から持っていく必要があるのでしょうか?
http://moon.jaxa.jp/ja/qanda/faq/faq6/oxygen.html

10 :1:2006/04/19(水) 14:43:51 ID:+CLG6Y4j
>>9
検索しているとき「月にはほとんど空気がない」という記述を目にして
じゃ、少しはあるのかと気になって調べてみたら、表面近くになのかなぁ・・少しあるようです。

http://www.nasa.gov/worldbook/moon_worldbook.html
The moon has no substantial atmosphere,
but small amounts of certain gases are present above the lunar surface

http://www.iac.es/galeria/mrk/atmo_lun.html
We often read in books that the Moon is an airless world. This is in fact not true at all.
These experiments revealed that there is a very tenuous lunar atmosphere

11 :1:2006/04/22(土) 08:14:16 ID:IFjTSfF7
前スレより
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1107827346/969

mayさん、おはようございます。
癒し堂では、お疲れ様です。 ハイ( ^-)_旦~~ 

>>969 :may:2006/04/17(月) 03:15:01 ID:h5KQqJIz
>本はまだ届いてなくてまだそれについて話せなくて申し訳ないです。
読んで感想など後で教えてくださいね。

>これこれ波動、って言って下さったこと懐かしい。じゃ、oyasuminasai(^-^)
「宇宙の存在そのものが「調和」という不変の法則にたよっている」
とアダムスキーの宇宙哲学に書いてありました。
調和的な波動は、宇宙や人や自然・・存在?全体?とのつながりを感じることができるんじゃないかなと思う。

12 :1:2006/04/22(土) 08:31:09 ID:IFjTSfF7
弥生さんもお疲れ様
ハイ ( ^-)_旦~~ 


13 :1:2006/04/22(土) 10:46:55 ID:IFjTSfF7
武庫川女子大学総長さん、
【前スレより】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1107827346/964
>964 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/04/08(土) 11:25:12 ID:gdw6LUXA
>875
>いやいや。
>諸 法 実 相
>といったほうが、宇宙の核心を突いている表現だと思うね。
>「諸行無常」では、あまりにも部分的すぎる観方なんだよ!
了解。
諸法実相をネットで検索したけど、奥が深そう。
武庫川女子大学総長さんは神を実感したんですよね。
その感覚は、諸法実相を実感するとか・・そんな感じなのでしょうか。

【諸 法 実 相 】
〔仏〕 すべての事物・現象がそのまま真実の姿をあらわしているということ

------------

アダムスキーの宇宙哲学 【 第一章 すばらしい知覚作用 】

・時間が万物を測定するために用いられる道具である
・永遠の中にあってはあなたは常に存在するが時間のなかにあっては
 不安定となり、うつろいやすくなっている。
------------
この文章を読んで
「永遠の中」と「時間の中」・・・
生きているというのは「時間の中」(生→死という時間限定)に属する、
と連想しました。
この考え、どう?

14 :弥生:2006/04/22(土) 13:17:42 ID:DpFCNrdu
>>12 A1さん、お茶どうも。ズズ〜。んまい♪ ありがとう。
スレ立て乙です。
オセロで癒されるスレでも会えますね。 (^^)ノシ

=========================================
業務連絡です。(A1さん限定スマソ)
GLA談話室2@どうやらメンバーズ が、ほぼ書きこみ不能のため、
次回より起こしの節は、次スレ↓にてお待ちしております。

GLA談話室3@なんとかメンバーズ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1145037571/l50

15 :単、直:2006/04/22(土) 18:27:05 ID:WwPDZ75y
    \ /oノハヽooノハヽo oノハヽo /../===/
       \ ^▽^)( ^▽^)( ^▽^)/../===/     /  ̄ \パカ!
            \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|../===/     ∨∨∨∨
           \:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*|/===/    \(^▽^)/ マターリいこうね
   〜oノハヽo〜  \=======∧∧∧∧∧     ∧∧∧∧∧
     ( ^▽^)      \==< ご お 新>    |   単直  |
   = ⊂   )        \< ざ め ス>     \___ノ
   = (__/"(__) トテテテ...   < い で  レ>
――――――――――――< ま  と   >――――――――――――
                  < す う    >  +    |     ・ ・   |
  ◇◎。o.:O☆οo       < !!      >         |     )●(  |
:゜ ◎::O☆ノノハ☆。∂:o゜    /∨∨∨∨∨\+      \     ー   ノ
。○。 ∂(^▽^)O◇.。.☆  /| . ス   | . レ   |\      \____/
. ◎| ̄ ̄∪ ̄∪ ̄ ̄ ̄|:◎/__|___|___|__\    + ∩ノノハノ∩
☆。|. 新スレおめでと- | :/   |  め  | . で   | .と. \    ヽ(^▽^ )ノ
。○ io.。◇.☆____|/.___|___|___|___|_\        )
――☆ :∂io☆ ゜◎∂:./..ご   | . ざ   |  い. .| . ま   | す \  ( ヽノ
    *  *  *   /|___|___|___|___|____.\(_)   +


16 :1:2006/04/22(土) 22:50:25 ID:IFjTSfF7
mayさん、引用投稿文間違っていました m(__)m
>>11
(誤)>本はまだ届いてなくてまだそれについて話せなくて申し訳ないです。
(正)>昨日ようやく本が届きました。文庫本だったので字が小さい。
ウッ、朝からボケていました。すみませんでした。

>>14
>オセロで癒されるスレでも会えますね。 (^^)ノシ
弥生さんが立てたスレだったんですね。
オセロで癒されるスレ「乙」です。(^-^)

業務連絡ありがとう。
「GLA談話室3@なんとかメンバーズ」乙です。
ロムさせていただいております。

単、直さん
>>15
わぁぁぁぁぁ  にぎやか!! 花が咲いたみたい♪ d(⌒o⌒)b♪
ありがとう。

17 :単、直:2006/04/23(日) 22:48:15 ID:pjLw1mym
>>16 1さん
はなむけにAAだけじゃあれなんで前スレからの抜粋ですが紹介させて貰ってヨカですか(笑)

いずれ自然と地球もそしてこの現世を構成しているマインドも宗教も
宇宙のマスター、地球のマスターが意図してるようにスペースプログラムに沿った
根源へと帰っていくのでしょうが各民族衣装が違うように
それぞれの個性は今よりもなおさら尊重されると想います。

それとこんな情報を聞いたあとアダムスキー氏が地球人に失望しませんかと聞いたら
私達はずっと以前に諦めない事、今日失われたことは明日には実現するという
信念の力を確信してます。いずれ地球の兄弟達とも交流するときは必ず訪れます

アダムスキー氏はさらにあなた方の科学で地球の武器など無効にすることは
たやすいでしょう、もし地球人があなたを恐怖で殺そうと襲い掛かったらどうするのですか?
と尋ねると、私達がそうしょうと思えば言われる通りそうできるでしょう。

だけど私達は恐怖と無知の為に来る相手(兄弟)を正当防衛で殺したりはしません
どうしょうも無い場合あえて殺される方を選択します。
生命は肉体を脱ぎ捨てても連続することを理解しており、私達は宇宙の法則を
裏切ってまで生きることは出来ないのです。

怒れるこぶしは笑顔にあたらず、という格言がありますが地球ではこれは通用しない
それでもやられるからです。でもここまでの信念があればできるかも知れませんネ
イエスみたいに・・・・

18 :may:2006/04/24(月) 03:53:58 ID:YEGyTLYL
A1さん新スレおめでとう!
今半分読んだところです。なんとも清清しい気分です。
見えている現実のみでなくそこは踏まえた上で希望を持てるといい。

解説:横尾忠則
この『空飛ぶ円盤同乗記』を単なるファンタジーとして読むなら、
この本が内包する貴重なメッセージや意識はあなたに伝わらない。

19 :may:2006/04/24(月) 03:57:06 ID:YEGyTLYL
A1さん新スレおめでとう!
今半分読んだところです。なんとも清清しい気分です。
見えている現実のみでなくそこは踏まえた上で希望を持てるといい。

解説:横尾忠則
この『空飛ぶ円盤同乗記』を単なるファンタジーとして読むなら、
この本が内包する貴重なメッセージや意識はあなたに伝わらない。

20 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 04:00:06 ID:YEGyTLYL
ゴメンナサイ、書き込みが二度も。--; (may)

21 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/04/25(火) 06:13:37 ID:hHdhM3jP
>武庫川女子大学総長さんは神を実感したんですよね。
>その感覚は、諸法実相を実感するとか・・そんな感じなのでしょうか。

それとは違っていると私は思います。
いうなれば、ここでいう「神」とは、書道でいうところの「筆もしくは墨」の役割で、
「諸法実相」のほうは、いわば「硯(すずり)」の役目のような違い。

だって、筆や墨は比較的早期に使えなくなるけれど、硯は、まあ半永久的に使用が可能じゃないですか?

22 :1:2006/04/25(火) 07:42:06 ID:QbKWEnz8
単、直さん
>>17
>はなむけにAAだけじゃあれなんで前スレからの抜粋ですが紹介させて貰ってヨカですか(笑)
大歓迎です、ありがとう。(^-^)

>信念の力を確信してます。
いつも思うのはその信念が
>>11
>「宇宙の存在そのものが「調和」という不変の法則にたよっている」
調和的なものでありますように・・・ということ。
調和と信念の力とは無関係でないと思う。

>>2
>そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである
だから、この言葉が好きなんです。
自分を客観的に見るのは難しいわ。

>怒れるこぶしは笑顔にあたらず、
>イエスみたいに・・・・
怒りの底には悲しみがあって、
その心(悲しい心)を本当に癒すことが出来るのは「愛」
そう感じます。

「心」とか「癒し」を思うとき
私は、石を投げられる女を救ったイエスの話を思い出します。
当時、罪を犯したその女は、石を投げられて当然だったわけでしょ。
彼女自身も自分は罪人だから・・と
石を投げられても仕方がない身だと諦めていたような気がする。
そこに届いたイエスの愛。なんか・・思い出すたび泣けます。
イエスは彼女の心に奇跡を起こしたんじゃないかな。

23 :1:2006/04/25(火) 07:55:36 ID:QbKWEnz8
mayさん、
>>19
>A1さん新スレおめでとう!
(*^.^*)エヘッ

解説の紹介ありがとう
>この『空飛ぶ円盤同乗記』を単なるファンタジーとして読むなら、
>この本が内包する貴重なメッセージや意識はあなたに伝わらない。
同感です。
このあたり、いろんな意見がありそうですね。

24 :1:2006/04/25(火) 11:37:29 ID:QbKWEnz8
武庫川女子大学総長さん、レスありがとうございます。

>>21
>それとは違っていると私は思います。
そうですか、違っていましたか。

>だって、筆や墨は比較的早期に使えなくなるけれど、硯は、まあ半永久的に使用が可能じゃないですか?
う〜ん、諸法実相が硯で
ここでいうところの神が筆や墨の役割?

私事で恐縮ですが、
一体感とか、愛とかを
感じれない心で感じようと、模索しているのですが
神が筆・・・・私にはまだ謎です。もうすこし考えてみます。
またわからないことがあったら質問させてください m(__)m 

以前聞いた話で、堤防ぞい 風  たんぽぽ 神を感じる
印象的な話でした。

25 :単、直:2006/04/25(火) 16:09:01 ID:n8KFBWS6
>>18mayちゃん >>22 1さん

へ〜今の『空飛ぶ円盤同乗記』には横尾忠則さんのそんな解説文が載ってるんだ

確かに以前久保田さんから横尾さんはアダムスキーの熱心な賛同者で
よく会って話しをしてるんですよって聞いたことありましたね

面白いのはその横尾さんは友好禅スレのせったんとも知り合いらしく
不思議な縁がそこここに紡がれていうんだな〜と感じましたね

26 :単、直:2006/04/25(火) 20:34:32 ID:n8KFBWS6
横尾さんと会ったせったんからレスきたよ〜ん
坐禅と見性 第38章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1145535037/

27 :may:2006/04/27(木) 11:30:32 ID:6i0Apn3B
A1さんおはようございます。
>このあたり、いろんな意見がありそうですね。
様々でしょうねぇ。でも久しぶり良い本を読ませていただきました。
積読ばかりでしたのに、これは読んじゃいましたので。(^^)b
波動もテレパシーも同線上みたいですね。物質の構成もそれに拠るようだし。
この頃よく聞く「水の結晶」が働きかける精神に影響されるという事実。
レンジでチンは良くないかも。結晶分子が歪んじゃうんですよ。
ともあれ、以前から何となく知ってはいましたが此処まで精神及び神的なものだとは
思ってませんでした。人類の方向性としては(チト硬イデスネ)当然、賛成せざるを得ません。
目撃者は結構いますし、・・あー、知り合いにもいます。

28 :A1:2006/04/28(金) 00:37:56 ID:8DJ6PlXo
単、直さん
どのスレもエネルギーに溢れている感じで青葉の予感。

>>26坐禅と見性 第38章 読みました。
せったんは、UFO人に会ったら仏を説く(キッパリ!)ですね。
気に入った(笑)、ロム始めよ。

mayさん
>>27
あっちこっち行って、ここ留守にしていました。
>でも久しぶり良い本を読ませていただきました。
うれしい (^-^)
>この頃よく聞く「水の結晶」が働きかける精神に影響されるという事実。
へぇ〜、φ(.. )メモメモ
>目撃者は結構いますし、・・あー、知り合いにもいます。
見る人は結構見るようですね。
私の知り合いはオレンジ色に光る物体を何度も見たそうです。
私は自慢じゃないけれど一回もありません。
人工衛星と流れ星専門です。火球を一回見たことありますがあれは感動物でした。
それと・・霊感もゼロです。
何かの番組で、新しく商売を始めようとして借りた家に
夜な夜な出るそうなんです。(家賃が安かった)
でも、ここで商売すると腹くくっていたわけで、霊達に向かって
「こっちだって生活かかっている、ここをでるわけには行かない!!!」って一喝したそうなんですよ。
そしたらそれ以来ピタッと現れなくなったそうです。
これ見たときに「おお!!生きている人間の気力ってスゲー」と感心しました。
体があるなしに関わらず、ようは気合なのだと得心しました。

29 :may:2006/04/28(金) 16:05:05 ID:NeGxgz/s
1さん
>私は自慢じゃないけれど一回もありません。
ワラタ、 同じく私も。
知人が見たのは、瞬時にして高い上空からより遥か上空まで垂直移動した光る物体。
また、夜ネオンなど決してない場所で色とりどりの光があってそれも池の上だったとか。
まぁ、興味本位にいろんなことが言われてますけど、ネットにもたくさん
情報がありそうなので少し調べてみます。

水の結晶の話は結構聞きますよ。
ジャーに入れた水に「きれい」とか「ありがとう」などプラスの感情の
言葉や字をかけて暫く置く。→ 綺麗な結晶ができている。
逆に「嫌い」「きたない」などマイナスイメージの言葉をかけると・・・、
結晶は不揃いなのです。
これは音楽にもいえることで、心地よい音楽の水の結晶は整然としている。
写真を見ると一目瞭然です。不思議でした。これも波動かなァ・・・。('。')

30 :単、直:2006/04/29(土) 00:14:02 ID:PWKDMgV4
>>28 A1ちゃん >>29 mayちゃん
>私は自慢じゃないけれど一回もありません。
ワラタ、 同じくおいらもパート2。
アダムスキー氏も言ってけど
信じようとしない人にはたとえ目の前にスカウトシップを降ろしても
あれはトリックだと信じないでしょう、

それと久保田さんは信じる人は書物を見て真実の印象を内部から抱くし
信じない人は目の前の上空を飛んでいるのを見ても何かの錯覚だと思う

この違いはカルマの問題が深くかかわっているんです。
と言ってたね、

そのカルマの話では久保田さんからトンデモ系と思われてはいかんので
どこでも話さないようにと口止めされてたこともあってまだここでは話せないような

気もするんだけどアダムスキー氏とオーソン氏とイエスとその弟子の話は
又の機会にサイナラ、サイナラ、サイナラ

31 :A1:2006/04/29(土) 15:04:10 ID:JyZPG2yW
>>29 mayさん、こんにちは

mayさんへ、平原綾香さんの『Jupiter』の歌詞をUPしたいなと思って
さがしていたら、こんなサイト見つけました。
----------------------------------------------------
広くて深い「愛」について
http://www.e-mercy.co.jp/ai/kokoro/log/0408.html

----------------------------------------------------
>ひとりじゃない
>深い胸の奥で つながってる
つながっているっていいですね。
考えただけで、元気がでてきます。(^-^)

>ジャーに入れた水に「きれい」とか「ありがとう」などプラスの感情の
>言葉や字をかけて暫く置く。→ 綺麗な結晶ができている。
>逆に「嫌い」「きたない」などマイナスイメージの言葉をかけると・・・、
>結晶は不揃いなのです。
すごく参考になる話でした、ありがとう。
プラスの感情って「感謝の気持ち」からでてくるのかもね。

32 :ROM 午前2時:2006/04/29(土) 16:11:06 ID:1daB7hNa

水をさしておきます。  @
(参考になる話でもあります)

> http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1130343337
> ニセ科学の蔓延について調査しています。

> 言うまでもないことですが、「水からの伝言」自体は、科学的にはまったくのでたらめです。中身は単なるオカルトなのですが、実験事実と主張しているという意味で、ニセ科学に分類できるものです。
> そして、そのために、小学校の道徳の授業に使われるなど、実害も多々報告されているのは、ご承知の通りでしょう。見かけがオカルトであれば、授業に使う先生もいなかったのではないかと思います。
> その意味で、実験事実を装っているところがもっとも罪深いと考えています。
> (略)
> やはり、「実験」っていうところですよね。
> 残念ながら、あれはちゃんと実験されてはいないですよ。
> もちろん、結晶自体はできています。公式ビデオでも見られる通り、ちゃんと結晶ができるところをとらえています。それは嘘でもでたらめでもないです。

> ただし、あれはただの気相成長なので、できかたは本質的に雪の結晶と同じなのですが、あの程度に荒っぽい条件設定だと、きれいな結晶ができるかどうかは運次第になっちゃうんです。
> だから、たまにはきれいな結晶ができるし、できないこともある。でもそれは偶然の結果であって、「言葉」とは関係ないんです。

> 彼らは結晶のできたサンプルを恣意的に選んでいるだけだから、やろうと思えばまったく逆の主張も可能なはずですよ。
> 科学の問題としてみるなら、まったくなんの証明にもなっていません。
> でも、写真はすごくきれいですよね。

33 :ROM 午前2時:2006/04/29(土) 16:13:13 ID:1daB7hNa

水をさしておきます。  A

> http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/misc/comment_misc_06.html
>  ところで,道徳の授業では,普通,「人を見かけで判断するな」と教えているんじゃなかったっけ?
>  氷の結晶がきれいであることと道徳が関係する,すなわち美しいものは善である,という価値観で道徳を語るなら,「美人=善」が自然に導き出されてしまう。道徳の内容として重大問題ではないのか。
> (略)
>  さらに,水の結晶写真を理由として,「ありがとうと言おう」「いい言葉を使おう」という話をするのは,国語の教育という点からも問題がある。日本語にはいろんな言葉があるが,それを「いい言葉」「悪い言葉」に単純に分類するのは無理である。
>  「水からの伝言」でやっていることは,水を入れた瓶に簡単な単語を書いたラベルを貼り付けるだけだが,こんな形で単語だけ取り出しても,その言葉の持つ意味や価値が決まるはずがない。言葉は文脈によっていろんな意味を持ち,生きてくるものである。

34 :ROM :2006/04/29(土) 16:34:53 ID:1daB7hNa

mayさん、こんにちは。
こちらでは、はじめまして。

>>29
> 写真を見ると一目瞭然です。
そうでしょうか。


35 :A1:2006/04/29(土) 18:39:34 ID:JyZPG2yW
単、直さん
>>30
>ワラタ、 同じくおいらもパート2。
おお、お仲間一杯 (^-^)

>この違いはカルマの問題が深くかかわっているんです。
>と言ってたね、
これもカルマなのかなぁ
私はアダムスキーの宇宙哲学に惹かれました。
「法則」を知りたいという気持ちが強いような気がします。
単、直さんが惹かれた理由もカルマとは無縁じゃないよね。
そう思います。

>そのカルマの話では久保田さんからトンデモ系と思われてはいかんので
>どこでも話さないようにと口止めされてたこともあってまだここでは話せないような
久保田さんが口止めしていたんですか。
何かわかる。

36 :A1:2006/04/29(土) 19:43:11 ID:JyZPG2yW
>>35
「カルマ」を調べたらカルマ=業とあったので
業で調べました。 ↓

(2)人が担っている運命や制約。主に悪運をいう。
>>35
>単、直さんが惹かれた理由もカルマとは無縁じゃないよね。
>そう思います。
魂の個性という意味合いでしたので、「カルマ」は
不適切ないい方ですみませんでした。




37 :A1:2006/04/29(土) 22:06:39 ID:JyZPG2yW
ROMさん、こんばんは
>>32-33
今読んでいる途中です。
情報ありがとうございます。m(__)m

38 :may:2006/04/30(日) 03:05:05 ID:CNJV5j6+
>>31 A1さん
平原綾香さんの歌好きです。両方ともね。^^
癒されます。娘が好きでよく聴いてます。

39 :may:2006/04/30(日) 04:40:50 ID:CNJV5j6+
ROMさんおはようございます。
そして、aratamete はじめまして。
>>32-33
ありがとうございます。水の情報読みました。
そうだったのですか。本当だと思ってました。こんなだからすぐ納得してしまうんですね。
考えさせられます。ただ、以前ESP関係の本である仮説に反対する実験
(テスターの針が念じることによってどうブレるか)をした結果、逆作用と考えられる
影響があったと考えられる例もあったとか。本の題名もわかりませんのでなんの証明にも
なりませんが、その時も可能性としてありえるかなくらいは思いました。
でも何だか夢がなくなりそう。しかし詐欺にあうよりましか。(-!-)
そこまで考えませんでした。

40 :ROM :2006/04/30(日) 04:46:10 ID:/genDrlL

A1さん、おはようございます。

>>32-33関連ですが、次のページも簡潔に書かれてありますのでご参考までに。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/mizuden_doutoku2.html
「水からの伝言」を教育現場に持ち込んではならないと考えるわけ
         2005.11.28 阪大サイバーメディアセンター 菊池誠

> 1. 明白にニセ科学であること

>  写真の「結晶」は本物です。しかし、結晶の形が言葉に影響されるという主張は
嘘なのです。音楽にも影響されません。江本氏らは「科学的にはまだ証明されてい
ない」というますが、そうではなく、科学的には完全に否定されています。結晶の形
は温度と過飽和度で決まることは、中谷宇吉郎が人工雪の実験で示しました。これ
は世界的に知られたすぐれた業績です。また、水は感覚器官も頭脳も神経も持た
ないただの物質なので、言葉の「意味」に反応することはありえません。

>  ニセ科学を事実であるかのように教えることは、理科教育と完全に相反します。
理科離れが叫ばれる今、ニセ科学を学校の場に持ち込むことには慎重であってほ
しいと希望します。ちなみに、「水からの伝言」は所詮は江本グループが展開する
「波動ビジネス」の一部です。

(略)

41 :ROM :2006/04/30(日) 05:06:26 ID:/genDrlL

mayさん、おはようございます。
>>39
> でも何だか夢がなくなりそう。
そんなことは決してないと思います。
いわゆる論理や科学で否定されたもの以外に、夢はいくらでもあるような気がします。
仮になくても、詐欺の中の夢よりも醒めた現実のほうに希望はあるのかなと思います。
アーグレイなTAOさんの書かれるものを読んで共感することが多いのですが、現実は
現実として見据えていくことが基本かなと思います。不思議なことは他にもありますし。

ちなみに>>40のリンク先に書かれている「100匹目の猿」について、ある時期まで私も
そんなことがあるのかと単純に受け入れていました。ある時そうではないことを知って
一つ幻想がこわれましたw。それは私にとって"夢"ではありませんでしたが。

42 :ROM :2006/04/30(日) 05:10:52 ID:/genDrlL
>>41 訂正です。
(正)アールグレイなTAOさん

43 :A1:2006/04/30(日) 08:23:04 ID:dliWMLba
ROMさん、おはようございます。
>40 :ROM :2006/04/30(日) 04:46:10 ID:/genDrlL

>次のページも簡潔に書かれてありますのでご参考までに。
m(__)m

>写真の「結晶」は本物です。しかし、結晶の形が言葉に影響されるという主張は
>嘘なのです。
>ニセ科学を事実であるかのように教えることは、理科教育と完全に相反します。
>ちなみに、「水からの伝言」は所詮は江本グループが展開する
>「波動ビジネス」の一部です。


44 :A1:2006/04/30(日) 08:55:54 ID:dliWMLba
mayさん
>>38
>癒されます。娘が好きでよく聴いてます。
ホント癒されます。
歌っていいですね。その歌から引き出される感情や記憶・・


45 :A1:2006/04/30(日) 10:13:24 ID:dliWMLba
アダムスキーの宇宙哲学第5章
「顕在意識」と「潜在意識」によると

「顕在意識」の心は各感覚器官から来る印象を受けて
それ自身の意見を作り上げ、不安、恐怖、その他のやってくる感情の
変化をうけやすい

「潜在意識」の心は、実際には常に存在してやまない
「宇宙の英知」と意識において一体なのである。
それは人間の肉体の中の「魂の心」であり
肉体を建設して支えているものである。
(略)

顕在意識の心は陰であり、魂の心は陽であって、この二つは一体である。
                     (引用終わり)
-----------------------------------------

【顕在】
はっきり目に見える形をとってあらわれていること。

【潜在】
表面にはっきりと表れないが、内部にひそかに存在すること。伏在。

【意識】
物事に気づくこと。また、その心。感知。知覚。
混濁・無意識などに対して)はっきりした自律的な心の働きがあること。自覚。覚醒。見当識。


46 :may:2006/04/30(日) 22:55:24 ID:CNJV5j6+
>>A1さん、こんばんは。 ^-^
同乗記を読んで思ったことですが、キリスト教では輪廻転生を教えとしてないのに
彼はそれを含んだ考えを示してますね。そのあたり宗教関係からの敬遠もあっていた
のでしょうか。もう少し見てみます。それから、水の件ですがお煩わせしてごめんなさい。

47 :A1:2006/05/01(月) 10:54:59 ID:OR9u+75H
mayさん、おはようございます。
>>46
>キリスト教では輪廻転生を教えとしてないのに
教えとしていないということは、
キリスト教には輪廻転生という考え方がないということ?
キリスト教では、人の魂・こころはどこからきてどこに行くと考えているのかなぁ。
キリスト教では、天国や地獄があるのだから、肉体を離れた魂の存在を認めているんだろうなと思ったり・・
輪廻転生しないのなら、生まれてくる子供は常に新しく生まれた魂(表現の仕方がわからないので魂と書きます)
と考えられているのだろうか・・・だとすればその魂はどこで生ずるのだろうか
どんどん生まれれば、天国も地獄も、魂であふれちゃうんじゃないか。
狭くならないのかなとか、魂密度が高くなりそうとか。
生ずるということはいずれ滅するということもあるのだろうか
とかね、いろいろ思いをめぐらしています。(止まらない^^)

>そのあたり宗教関係からの敬遠もあっていた
>のでしょうか。
ん〜、私は本を読んだだけなんで、その辺り事情知らないんです。
転生輪廻する、しないじゃ意見が違いますものね。
アダムスキーの本が話題になって行く中で
「転生輪廻」という考え方が気になって
心穏やかではいられなかった人がいたかもしれませんね。
単、直さん、何か知っているのかな?

>水の件ですがお煩わせしてごめんなさい。
どうか気にしないで下さい。
かえって気を使わせたようですみません。
mayさんの話題提供と
ROMさんからの情報提供でひとつ賢くなったようで感謝しているんです。(^-^)

48 :A1:2006/05/01(月) 12:08:13 ID:OR9u+75H
本を読んで目に飛び込んできた文字「魔女狩り」

-------------------------
魔女狩りは、異端審問のひとつとして行われた。
異端審問の対象になったのは、カトリック教会から逸脱したとされる人々や集団である。
プロテスタントも当初はカトリック教会から異端とみなされた。

異端審問の法廷は13世紀に正式な機関となり、異端者を密告することが奨励され、
異端とみなされた人への拷問が公認された。
この時期、魔女裁判がフランスに始まり、ローマ教皇ヨハネス22世の時代の
1318年に、魔女狩り解禁令が出された。
1487年に二人のドイツ修道会士により「魔女の鉄槌」という本が公刊され
本格的な魔女狩りが始まった。箒に乗り、夜に集会するといった
怪しげな魔女のイメージはこの本によって増幅された。

こうして16世紀末から17世紀にかけて、ヨーロッパに魔女狩り旋風が起こり
プロテスタント諸国にさえ及んだ。それによって処刑された人は
少なくとも数十万人にのぼるという。
(略)
魔女狩りは18世紀に啓蒙思想が普及して、ようやく下火となった。

 (ナツメ社 「図解雑学 宗教」より)
--------------------------------------------------
>怪しげな魔女のイメージはこの本によって増幅された。
>こうして16世紀末から17世紀にかけて、ヨーロッパに魔女狩り旋風が起こり
この本旋風が起こった原因のすべてだとは思わないけれど。
時代の考え方や価値観に人々が巻き込まれていく、いや・・その価値観もまた
人が作り上げたものか・・。なんかね。

49 :A1:2006/05/03(水) 20:34:23 ID:9Gvgu+Hk
>>45
>顕在意識の心は陰であり、魂の心は陽であって、この二つは一体である。
この続きは下記のように書いています。

そのおのおのの利益を十分に楽しむためには、人間は感官(感覚器官?)
の心を訓練して”魂の心”の命令に従わせなければならない。

そして「魂の心は印象を与える」と書いています。
感官の心が「魂の心」から受ける印象を実行するまでは、ときどき
印象を与え続ける。例えとして
正しい方法を子供に知らせる教師の例をだし
「それが正しく行われるまで何度でも行うように命じる。
それによって子供は経験を持つ・・・

思うところは、次、投稿します。

50 :名無しさん@3周年:2006/05/03(水) 22:27:10 ID:lTmh9QbY
皆さんも太陽系の他の星には人が住んでると思いますか?

51 :単、直:2006/05/04(木) 00:02:34 ID:gbcfl7Mz
>>47 A1さん
その辺のところを取り出させれば恐らく前スレのように
殆どスレを使い切る論争にもなるかも知れないので
ここで得る膨大な情報は受け取る個個が自らの感性に沿って共感できる部分があれば受け入れ
そうでなければ今はスルーしておいらみたいに20年ぐらいしてからまた取り出してみるってのも
有りでイイんじゃないかと思われ

アダムスキー氏はコンタクト以前はチベット仏教をベースにした著書「ロイヤルオーダーチベット」の講師としてセミナーの講師をしてたらしく
今風でで言えば東洋の思想をキリスト社会に紹介した。ニユーソートの初期の開拓者みたいな方ではなかったかと
当然転生はその教義には含まれていたと思います。

参考までに久保田さんの訳者後書きだけでも見られてはどうかな
http://www.adamski.jp/gap-japan/pomeroy/gaueael.htm

52 :A1:2006/05/04(木) 15:14:02 ID:Y3az6AmT
>>50
>皆さんも太陽系の他の星には人が住んでると思いますか?

金星を取り上げれば
http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/
なぜ金星か
>大気は主に二酸化炭素からなり(96.5%)、その量は大変多く、地表面気圧は約90気圧にもなります。
>45〜70 kmの高さには濃硫酸の雲があって、この雲は地球の雲と違って惑星全体を完全におおっています。
>大気中の膨大な二酸化炭素がもたらす温室効果のために、地表面温度は460℃という高温になっています。
>地球で問題になっている温暖化は、大気中にごく微量(0.035%)含まれる二酸化炭素が主な原因です。
>金星では、二酸化炭素は濃い大気の主成分です。
>金星に入射する太陽エネルギーの大部分は雲で反射あるいは吸収されてしまい、
>地表に届く量は地球よりはるかに少ないのですが、
>わずかなエネルギーをもとにして地球とは比べものにならないほど効果的に温室効果が働いているのです。
>金星は温暖化の究極の姿を見せていると言って良いでしょう。

地表面温度は460℃ 二酸化炭素からなり(96.5%)
ということですし、濃硫酸の雲で覆われていると聞くと、
とても人間が住んでいるとは思えません。

ただ、今の知識がすべてかどうか、実際のところはどうなのか、
将来に希望は残してあります。

53 :A1:2006/05/04(木) 15:16:23 ID:Y3az6AmT
同じホームページに、このような記事もありました。

金星の気象学
>しかし現実はこのような予想とは全く違っていました。
>1974年に米国の探査機マリナー10号が連続撮影した画像によれば、
>雲はどこでも自転と同じ方向に100 m/秒もの速さで流れ、
>約4地球日で1周していたのです(図5)。
>これは大気が地面の60倍もの速さで回転していることを意味します。
>金星にこのような風が吹いていることは、
>実はフランスのアマチュア天文家が1957年に先に発見していたそうです。
>しかし同じころ地上からのレーダー観測によって金星の自転速度が大変遅いことがわかったため、
>4日で1周する風など非現実的であると決め付けられて、長らく無視されていたのです。


54 :A1:2006/05/04(木) 17:25:48 ID:Y3az6AmT
単、直さん
>>51
>その辺のところを取り出させれば恐らく前スレのように
>殆どスレを使い切る論争にもなるかも知れないので
((((((^_^;)の記憶
できれば宇宙哲学について静かに思うところ語り合いたいのですが
アダムスキーについて話をすれば、他の話も出てくるのは
さけられませんものね。
私が今勉強させてもらっている団体(GLA)も、避けては通れないものを抱えていますし。
共感したこと、惹きつけられたことだけ見るというわけにはいかないのでしょう。

>>2
>人生について異なったさまざまな概念があるからといって一人だけが正しい事にはならない。
>いや、すべて真実なのだ。
>人間の心の中に抱かれる考えが何であっても、さしあたってそれは
>本人にとっては真理である。
意見が違ってもお互いが、「本人にとっては真理」ということをしっかり受け止めた上で
話し合えたら、実りある話し合いになるのではないかと思ったりしています。


>参考までに久保田さんの訳者後書きだけでも見られてはどうかな
リンクありがとう、お気に入りに入れました。

>しかし来世紀になれば地球人も宇宙開発により、まず科学的に太陽系の実態を知るようになり、
>12個の惑星に大文明が存在することを知って驚愕し
>価値観の大転換を起こすという。
未来に希望ありです (^-^)
生まれ変わり信じていますので、この次生まれ変わっても
また宇宙の法則や、人間の生き方について知りたくなるような気がします。
単、直さんは、生まれ変わっても忘れることのできないだろうな
という想いって何かあります?

55 :単、直:2006/05/05(金) 21:06:50 ID:apluAOQt
>>54 A1ちゃん
あるよ、
ユカタン半島のテイカルっていうところの
ジャングルの中にあるピラミッドに登って頂上
またここにくるゾって思ったけど今生はいけなくても
来世行けたらそう誓ったことを思い出すと思う

それと2チャンで語った数々の思い出

56 :名無しさん@3周年:2006/05/06(土) 13:41:50 ID:K4ePAqUW
脳科学者の茂木健一郎氏が、アダムスキーは20世紀最高のクリエイターの一人だとテレビで言ってましたね。

57 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/05/07(日) 05:25:46 ID:Xr/zoWf9
>>56
アダムスキーとて「クリエイター」じゃあないよ?

58 :A1:2006/05/09(火) 18:47:46 ID:SyvUViB8
単、直さん,
超亀レスです m(__)m

>>55 :単、直 :2006/05/05(金) 21:06:50 ID:apluAOQt
>ユカタン半島のテイカルっていうところの
>ジャングルの中にあるピラミッドに登って頂上
単、直さんがそこに行ったことが実は前世の誓いかもしれないと想像しながら
ネットで検索してみました。この中にある?
http://www.theproblemsolver.nl/travel/mex1.htm
写真クリックすると拡大します。

私は海外旅行に行った事がないんです。
娘といつかルーブル美術館行きたいねって話している。
NHKで放送したのルーブル美術館の特集随分前に録画したの持っています。
今の自分は過去の積み重ねの結果で、日々前世や過去と向き合っていると言えば
いえるような、そんな気がしています。
だから、今は未来へ続くから、これからどうしよう・・
未来の自分に何かプレゼントしたいなと、考えて楽しんでいます。

59 :ROM :2006/05/09(火) 19:06:15 ID:iZTwD0RC
>>58 A1さん

ルーブル美術館お好きなら、ご存知かもしれませんが。
http://www.louvre.or.jp/
http://www.louvre.or.jp/louvre/QTVR/japonais/

60 :A1:2006/05/09(火) 20:55:21 ID:SyvUViB8
ROMさん紹介ありがとう。
>>59
今、紹介先行って、ヴァーチャル・ツアー楽しんでいます。 (^-^)/
全部見るの数日かかりそう。楽しみ♪

61 :A1:2006/05/10(水) 00:20:03 ID:Ig1/88s9
>>2
>個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
>というのはその力が本人をアンバランスな行為という渦巻きの中に引っ張り込み、
>本人は真実にたいして盲目となるからである。

>そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである

空飛ぶ円盤同乗記 P148
ファーコンの話
「神の原理に反することによってのみ、人間は自らが悪魔に帰した
不調和な状態を想像し得るのであり、
しかもそれは彼ら自身で矯正しなければならないのです。
すると悪魔が光明の天使に変わるのを見出すでしょう。
何故なら、あらゆる歪みはゆがめた人自身によって直されねばならないからです」

62 :単、直:2006/05/10(水) 00:35:55 ID:S+2Ujivr
>>58 A1さん
後ろの方にありましたよ〜
前にシコオさんという方との会話でその時の感想を述べたものですが紹介します。
日本GAP主催のツワーでアリゾナ砂漠のあのコンタクト地点パロマーガーデンズ
そしてその時はまだ存命だったアダムスキー氏の助手だったアリスポマロイさんの訪問
旅行途中のノリは同好の集まりだけあって、すぐ打ち解けまるで
今テレビであってる「あいのり」って感じだったですね、その時の縁で2組のカップルもできたし

それでもチョイの間子供達とか触れ合ったりしたけど、みんな擦れてない感じでした。
メキシコシテイの太陽のピラミッド、ガテマラはティカルというジャングルの中のピラミッド
に登ったけど、どちらも急勾配なのに安全配慮の手摺とかはなし掴む鎖が付いてたぐらいでした
ガイドから年に何人かは落ちて死んだり怪我したりしてるから気をつけるようにと
オイ!!全部自己責任かよ、って突っ込み入れたくなる感じですね。

だいたいがジャングルまで行く飛行機が飛び出す寸前に後ろの方から
「オーイ後ろのドアがよく閉まってないぞ〜」と声がかかり
パイロットがいったん止めてドアを閉めに行き、何事もなかったかのように
戻って離陸、こりや〜今回の旅で死ぬことになるかもしれんな〜と思いましたよマジ

バスもそうですな、見事なばかりにガラスが割れてて、しかも当然のように
そこから人が乗って来るのには恐れ入りました。

途中穴に嵌って動かないバスを全員で押して出したのもイイ思い出です。
そんな思いで登ったピラミッドの頂上から見た景色の素晴らしかったこと
ツワアーで仲良くなった人が隣の老夫婦がここは30年前にも二人できたけど
少しも変わってない、おそらく又30年後も変わってないだろうと言ってた。

自分達もまたここに30年後に来て今度はアメリカ人にそのセリフを吐いてみたいね
と言い交わして笑いましたがそれからもう20年、10年後にそのセリフを吐きに
行けると思ってますが、その人とシンクロするかも・・・(笑)



63 :A1:2006/05/10(水) 01:11:00 ID:Ig1/88s9
 ROMさん 弥生さん りのさん
  某スレでは、お疲れ様
     . -‐ ) ‐- .
    .´,.::::;;:... . . _  `.
    i ヾ:;_   `_,.ン |
    l    ̄ ̄...:;:彡|
    }  . . ...::::;:;;;;;彡{∧∧
    i   . . ...:::;;;;;彡|・ω・`) お茶が入りましたよ・・。
    }   . .....:::;::;:;;;;彡{  /U
    !,    . .:.::;:;;;彡j  |
     ト ,  . ....,:;:;:=:彳 ∪
     ヽ、.. ....::::...;;;ジ

お茶に合うかは不明ですが もしよければご覧下さい
http://www.palettesofvision.com/famous/impressionist/painters/vangoghgallery/

64 :A1:2006/05/10(水) 01:35:59 ID:Ig1/88s9
>>62
おお、単、直さん  
      ( (. ) 
     . -‐ ) ‐- .
    .´,.::::;;:... . . _  `.
    i ヾ:;_   `_,.ン |
    l    ̄ ̄...:;:彡|
    }  . . ...::::;:;;;;;彡{∧∧
    i   . . ...:::;;;;;彡|・ω・`) お茶が入りましたよ・・。
    }   . .....:::;::;:;;;;彡{  /U
    !,    . .:.::;:;;;彡j  |
     ト ,  . ....,:;:;:=:彳 ∪
     ヽ、.. ....::::...;;;ジ



レスありがとう・・・後で返事します。


65 :ROM :2006/05/10(水) 02:11:59 ID:YCvlFpHc
>>63 A1さん

ありがと〜  
 入りましたよ〜 ♨

 
               . -‐ ) ‐- .
              .´,.::::∧ ∧ _  `.
              i ヾ:;(,,・o・) ,.♪|
              l    ̄ ̄...:;:彡|
              }  . . ...::::;:;;;;;彡{
               i   . . ...:::;;;;;彡|
              }   . .....:::;::;:;;;;彡{ 
              !,    . .:.::;:;;;彡j  
               ト ,  . ....,:;:;:=:彳
               ヽ、.. ....::::...;;;ジ


「Old Man in Sorrow (aka On The Threshold of Eternity」
この絵、いいですね。

「Starry Night Over the Rhone 1」 と
「Two Cypresses - Saint-Remy 1889」 を見ていると、
『ハリー・ポッター』の本の表紙を連想してしまいます。



 




66 :A1:2006/05/10(水) 16:21:10 ID:Ig1/88s9
単、直さん
>>62
>オイ!!全部自己責任かよ、って突っ込み入れたくなる感じですね。
(爆)
写真見たときは気がつかなかった。 
わぁぁぁぁぁ、命がけですね。ご無事でよかった (^-^)
私だったら?・・上るか諦めるか・・ん〜考えてしまう。足すくみそう

>その時の縁で2組のカップルもできたし
いいなぁ・・・青春 ☆ ☆ ☆ 

>何事もなかったかのように
>戻って離陸、こりや〜今回の旅で死ぬことになるかもしれんな〜と思いましたよマジ
ごめん、シリアスな話なのに・・・笑ってしまった
ご無事でお帰りよかった・・その2 m(__)m 
あ〜、でも 土地柄なのかな? あけっぴろげな大らかさアバウトさ いいかげんさ
漂っています・・・なんか私の性格その土地柄で生きていけそうな気がする

>途中穴に嵌って動かないバスを全員で押して出したのもイイ思い出です。
(笑いをこらえている)・・・第三弾
大変だったね・・・けどけど微笑ましい

>10年後にそのセリフを吐きに
>行けると思ってますが、その人とシンクロするかも・・・(笑)
すごく素敵なシンクロ・・実現しそうな予感
その人と付き合いあるの?
その日のために今から、積み立てオススメします(職業柄老婆心)

67 :A1:2006/05/10(水) 16:57:41 ID:Ig1/88s9
ROMさん
>>65
>入りましたよ〜 ♨
いい湯かげんでした? んっ? (お茶)( ^-)_旦~~ かげん?
笑った (^-^) 

>「Old Man in Sorrow (aka On The Threshold of Eternity」
>この絵、いいですね。
以前ROMさんが紹介してくれたブログ、ゴッホへのメッセージ、ロムしていて記憶に残っていたんです。
なんか印象だぶります。あまりにも悲しげで声泣き慟哭・・・
http://www.vggallery.com/painting/p_0702.htm
午前中ネットであちこちいって調べてみました
1980年4月から5月の作品らしいというところまでしかわかりませんでした。

http://www.geocities.jp/twentyfirstnet/gogh/
>オーヴェール時代 1890年5月〜7月
>7月29日午前1時半、 テオに看取られて死去。
亡くなる数ヶ月前の作品でした。

http://webexhibits.org/vangogh/
英語なので読めないのですが、書簡をUPしているサイトです。

68 :単、直:2006/05/10(水) 23:05:09 ID:xyrzWwuk
>>66 A1ちゃん
>その人と付き合いあるの?

今はお互い消息聞かなくなったね。
その人も面白い人だった。、GAPでは最古参せったんのスレで言ってた横尾さんのグループにもいたらしい
もとプロマジシャンで知り合った頃はデパートの宣伝販売の個人商店、
バブルの頃台湾とかシンガポール香港まで出張販売してた。月収も200万ぐらいだった。

平たくいえばふうてんの寅さんテキヤの現代版かなデパートで見たことないかな
面白い講釈とパフォーマンスで便利包丁とか売ってる光景

実は誘われて台湾、香港、に参加一時は良かったけどそのうちバブル崩壊
尾羽打ち枯らしてほうほうの体で帰国、それからしばらくはどん底(業界用語ではクスブリという)

ホームレス一歩手前まで逝って最低の自分を味わい幸い気持ち切り替わって
地道に行こうと思いたってから目が出だして7年ぐらいでやっと人並みの生活

思うんだけどよく自力で頑張って底から成功者になんて聞くけど
事業者の大半は心の底では自力なんてたいしたもんじゃないそれよりも謙虚なおもいで
目に見えない領域の数知れない偶然、シンクロ,助けてくれる人との出会い
の積み重ねでここまで連れてきて貰ったと不思議さを感じてる人が多いんじゃないかなと思う

そう思えないであくまで自力で特別だからいう思いしかない人はいつかホリエモンみたいに
その事を思い知るような学びがくるような気ガスね。

最後に久保田さんと電話で話した時、その人が東京のある駅前で元気に手品の道具の宣伝販売してたの
見たよって聞いたけど彼もあのティカルのピラミッドの頂上で言い交わした事思い起こしてるだろうな〜

この書き込み見て分るもとGAP会員がいたらおいらが誰だかすぐ分るだろうね(笑)



69 :may:2006/05/11(木) 11:14:09 ID:CjiwcRLM
>>A1さん、お久しぶり。
暫く留守してたりでご無沙汰でした。(^-^)
連休中はいかがでしたか?
平凡な亀レスですが・・・。

>キリスト教には輪廻転生という考え方がないということ?
>人の魂・こころはどこからきてどこに行くと考えているのかなぁ。
神から与えられた命といいますけど、死とは天に召されることと信じきれたなら救いだなー。

>キリスト教では、天国や地獄があるのだから、肉体を離れた魂の存在を認めているんだろうなと思ったり・・
魂って入れ物の中味みたいですけど、もともとは(ギリシャ語?)心も肉体も含めた人間そのものを
指すと聞いたことがあります。

>だとすればその魂はどこで生ずるのだろうかどんどん生まれれば、天国も地獄も、魂であふれちゃうんじゃないか。
>狭くならないのかなとか、魂密度が高くなりそうとか。
A1さん、それこそ宇宙から生じて宇宙にもどるのでは?だとしたらスペースは無限…。
そして宇宙生命エネルギーのひとつとして宇宙運営(笑)の一端を担うようになるのかな?
そうであれば嬉しい。良き影響を発するもの(波動)となるのならしっかり
この地球に影響ありますよね。(^^;妄想ですね。)

>生ずるということはいずれ滅するということもあるのだろうか
滅するということは次元を超えて存在するということ?

>アダムスキーの本が話題になって行く中で
>「転生輪廻」という考え方が気になって
>心穏やかではいられなかった人がいたかもしれませんね。
彼のその説は仏教的には自然な教えですけどね・・。

70 :may:2006/05/11(木) 11:22:10 ID:CjiwcRLM
<続き>
>>水の件ですが・・・。
>ROMさんからの情報提供でひとつ賢くなったようで感謝しているんです。(^-^)
ありがとうございます。私も本当にそう思います。
ところで・・暑くなりましたね。 (^v^)

71 :A1:2006/05/11(木) 11:57:41 ID:kMx+LbPs
単、直さん、
>>68
>ホームレス一歩手前まで逝って最低の自分を味わい幸い気持ち切り替わって
>地道に行こうと思いたってから目が出だして7年ぐらいでやっと人並みの生活
そっか。
単、直さんのえらいところは地道に行こうと思いたったことと
それを実行したこと・・・うん、そう。
思い立っても実行できなくてどんどんドツボに
はまってしまう人もいるから・・・私の亡くなった父がそれ。

>目に見えない領域の数知れない偶然、シンクロ,助けてくれる人との出会い
>の積み重ねでここまで連れてきて貰ったと不思議さを感じてる人が多いんじゃないかなと思う
>そう思えないであくまで自力で特別だからいう思いしかない人はいつかホリエモンみたいに
>その事を思い知るような学びがくるような気ガスね。
同感。謙虚な気持ちがあるかどうかの違いは、
遅かれ早かれいつかは、はっきりするものだと思う。

>その事を思い知るような学びがくるような気ガスね。
単、直さんの考え、
>>61で引用したこととも通じる?
>しかもそれは彼ら自身で矯正しなければならないのです。
>すると悪魔が光明の天使に変わるのを見出すでしょう。
>何故なら、あらゆる歪みはゆがめた人自身によって直されねばならないからです」
私は、学びは原因と結果の法則という形でくるんだろうなと思う
この法則は冷酷で感情や暖かさがなく冷たい気がしていた時期もあったけれど
今は、しつこいくらい繰り返し学びがくることが
自分で矯正していく機会をしつこいくらい与えられていることだと感じる。
けどけど、自分のこととなると「学び」だと思える自信ないです。
私、怒りっぽいほうかもしれないし。 (^^ゞ

72 :A1:2006/05/11(木) 12:04:10 ID:kMx+LbPs
あっ、mayさんだ 
♪ d(⌒o⌒)b♪

>>69-70
>暫く留守してたりでご無沙汰でした。(^-^)
おひさです。mayさんがお留守の間、風さんのスレもいろいろありました。
投稿ありがとう。(喜)  後で返事しますね。 じゃ、また (^-^)/


73 :A1:2006/05/11(木) 20:52:13 ID:kMx+LbPs
mayさん、こんばんは
>>69
>神から与えられた命といいますけど、死とは天に召されることと信じきれたなら救いだなー。
mayさんはキリストの教えに詳しそう。
死か・・・いつかは自分にも訪れるんだよね・・・
いつかじゃなくて、それは明日かもしれない
けど、誰もがきっと明日はまたいつものように必ずやって来ると信じているのかも。
(部屋そうじしとかなきゃ ボソッ)

亡くなった後の行く先は私には未知の世界ですが
親戚のおばさんが亡くなった時思ったこと。
生前は苦労の多い心優しい方で・・とても安らかで子供のように純粋なお顔でした。
そして、人が召されるとき「物」は何も持っていけないんだなと思った。
ホント、心ひとつで帰るんだなと思った。
帰る先は心安らかな世界でありたいです。

>A1さん、それこそ宇宙から生じて宇宙にもどるのでは?だとしたらスペースは無限…。
宇宙は広いからね。

>そして宇宙生命エネルギーのひとつとして宇宙運営(笑)の一端を担うようになるのかな?
帰ったら、とりあえず運営側に休暇申請して運営から一時はずれて
わたしはどっかの宇宙空間貸切で超マイペースでのんびりしたい・・(笑)
のんびりは今の生活と変わんないなぁ・・・・・。
ゆっくりリフレッシュしたら行動開始。(このままじゃのんびりで永遠に行動できないような気もする)

>良き影響を発するもの(波動)となるのならしっかり
>この地球に影響ありますよね。(^^;妄想ですね。)
良き波動は、mayさんの暖かい言葉や気持ちがもうすでに良き波動で。
それはもう即、宇宙に地球に響いて影響ありです・・と思う。

74 :単、直:2006/05/11(木) 22:49:19 ID:3On8zii5
>>71 A1ちゃん
悪とは熟さない善に過ぎない  「ゾロアスターの言葉より」
スターウオーズのストーリーみたいにダークベイダーが帝王を断ち切って
皆んなのとこに帰ってきたように、なればいいんだがね〜楽しくやれるのに・・・



75 :A1:2006/05/12(金) 01:12:52 ID:WIDzf++u
単、直さん
>>74
>楽しくやれるのに・・・
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

包み込めば甘える 厳しくすればヘタれる
父親がそうだった・・・
楽しく暮らせる道を自ら放棄してたなぁ。

76 :ROM :2006/05/12(金) 03:10:57 ID:iBAekHjE
>>75 A1さん
横レスです。
> 包み込めば甘える 厳しくすればヘタれる
どうしてだと思いますか?
☆ 
>>67
> いい湯かげんでした?
はい、結構なお点前でした。
> なんか印象だぶります。あまりにも悲しげで声泣き慟哭・・・
『未映子の純粋悲性批判』でしたね。
> 1980年4月から5月の作品らしいというところまでしかわかりませんでした。
ありがとうございました。
☆ 
おまけです。よかったら。
http://anime.goo.ne.jp/polamelu/pc/index.html
「北斗の拳」の原哲夫がおくる「森の戦士ボノロン」


77 :A1:2006/05/12(金) 12:02:23 ID:WIDzf++u
ROMさん、こんにちは
横レスありがとう

>>76
>どうしてだと思いますか?
我儘、甘え、根性なし・・。
と書きながらこれって、つくづく自分のことだと思う。
つらいのも、本人がつらいからつらいんで、
つらいのは紛れもない事実で、この気持ちをどうしたらいいものか。


>はい、結構なお点前でした。
提供はは2ch癒し板某スレでした。

>『未映子の純粋悲性批判』でしたね。
ありがとう、検索して再度読みました。
感情にぐっとくるところがここ↓
>耳をちぎったことも、キチガイ扱いされたことも、
>悲しくて悲しくて悲しくてしょうがなかったこと、

>おまけです。よかったら。
ROMさんはいろんなところ知っているんですね。
北斗の拳・・「お前はもう死んでいる」あのセリフが印象に残っているけど
内容はすっかり忘れてしまった。
ブラックエンジェルだったかなぁ・・教会の一家が悪を成敗する話と
記憶がかぶっている

「勇気の石」読みました。
続きは後でゆっくり、コーヒーの香りと共に楽しみます。

78 :A1:2006/05/12(金) 12:18:07 ID:WIDzf++u
単、直さん  追加です
>>74
>なればいいんだがね〜楽しくやれるのに・・・
某所の方は周囲をなごませる独特の雰囲気を持っている。
ときどき爽やかな風が吹くでしょ。ふわっとする雰囲気に包まれて会話がはずむ。
そんな雰囲気をロムするの好きなんです。

逆の現象が起こる
だからもったいなくて、もたいなくて
私が思うところ、その理由を説明すればするほど空回りして
説明がいつしか押し付けになり、こっちもわけわからなくなってくる
自分の傲慢さがにじみ出てくる(T_T)

79 :A1:2006/05/12(金) 17:14:48 ID:WIDzf++u
>>49
>「それが正しく行われるまで何度でも行うように命じる。」
>(アダムスキーの宇宙哲学第5章 「顕在意識」と「潜在意識」)
>思うところは、次、投稿します。

「正しく行われるまで何度でも行うように命じる」
このとき、この一節を思い出しました。

---------------------------------------
(パーリ、長老偈註)

心よ、おまえはわたしを王者に生まれさせたこともある。また貧しい者に生まれさせて、あちこちに食を乞[こ]い歩かせたこともある。
ときにはわたしを神々の国に生まれさせ、栄華の夢に酔わせたこともあるが、また地獄の火で焼かせたこともある。
愚かな心よ、おまえはわたしをさまざまな道に導いた。わたしはこれまで、常におまえに従ってそむくことはなかった。
しかし、いまやわたしは仏の教えを聞く身となった。
もはやわたしを悩ましたり、妨げたりしないでくれ。
どうかわたしが、さまざまな苦しみから離れて、速やかにさとりを得られるように努めてくれ。

(略)

心よ、おまえは、わたしを導いて道を求めることを思い立たせた。
ところがいま、どうしてまたふたたび、この世の利欲と栄華にひかれて、
動き回ろうとするのであるか。
形がなくて、どこまでも遠く駆けてゆく心よ。どうか、この超え難い迷いの海を渡らせてくれ、
これまでわたしは、おまえの思うとおりに動いてきた。しかし、これからは、おまえはわたしの思うとおりに動かなければならない。
我らはともに仏の教えに従おう。

--------------------------------------------

80 :単、直:2006/05/12(金) 23:12:57 ID:leeKmeZQ
>>75> >78A1ちゃん
そうだったの・・・
実は我が家も兄弟の一人が
そんな感じでね、家庭崩壊まで逝ってしまって・・

A1さんがどういう思いで最後まで彼を庇ってたのか
前紹介したジュリエッタ・マシーナの『道 』のコメントも

>ジェルソミーナがつぶやいた一言
>「私がいないと 彼は独りぼっち」
>それは彼女の優しさであり弱さであり
>彼女の心を縛る呪文のようなものだったのかもしれません。

分るような気がしたのはそんな似たような体験があったからなのかもね


81 :ROM :2006/05/13(土) 02:17:27 ID:vVWcbLIg
A1さん、こんばんは
レスありがとうございました。

>>77
> >>76
> >どうしてだと思いますか?
(略)
> つらいのも、本人がつらいからつらいんで、
> つらいのは紛れもない事実で、この気持ちをどうしたらいいものか。
..................


> >『未映子の純粋悲性批判』でしたね。
> 感情にぐっとくるところがここ↓
感情は、大切ですね。

82 :ROM :2006/05/13(土) 02:25:03 ID:vVWcbLIg
>>77
> >おまけです。よかったら。
> ROMさんはいろんなところ知っているんですね。
それぞれ、たまたまなんです。
「森の戦士ボノロン」はセブンイレブンで無料配布していたのを家人がもらってきて、
「北斗の拳」の作者の作品でしたので、興味深くてネットで調べてみたものでしたが、
その前後に、偶然TVで作者の原哲夫さんの視力のことについて知りました。次の
方のブログの内容は、多分同じ番組についても書かれているのだと思います。
http://white.ap.teacup.com/t235043/39.html
> 「原哲夫さん」  
> が今日何かの番組の特集に組まれていました。
> 実は原さん、片目が見えないんですよね。これは割と知られているところなんですが、
> 今回驚いたのは、その症状は原さんが23〜4歳の頃にはもう出ていて、その理由が
> 「使用期限切れ(だったかな?)」なんですって。要はその若さにして一生分の視力を
> 使うぐらい酷使したってことです。なんていうか漫画家っていうのはほんとにすさまじい
> 職業だな〜と思い知らされました。

83 :ROM :2006/05/13(土) 03:17:34 ID:vVWcbLIg
>>77
> ブラックエンジェルだったかなぁ・・教会の一家が悪を成敗する話と
> 記憶がかぶっている
「ブラックエンジェルズ」は私にとって特に思い出深い作品です。当時つまらなくなって
あまり手にしなくなった『少年ジャンプ』を「ブラックエンジェルズ」読みたさにまた購入
し始めたのですからw。
懐かしくて『ウィキペディア』で内容を思い出していた時、A1さんが「北斗の拳」と"記憶
がかぶっている" とレスの中に書かれていたのを思い出しました。
「北斗の拳」と「ブラックエンジェルズ」は比較的異質の物語だと私は感じていますので
A1さんの中で二つの話の記憶がかぶっているのはどういう点なのだろう、という事が
きっと私の頭の中のどこかにあったのだろうと思います。

『ウィキペディア』によると、すっかり忘れていたのですが、両方の物語に、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BA(ブラック・エンジェルズ - Wikipedia)
>後半は大震災により関東は壊滅し、内容も『バイオレンスジャック』や『北斗の拳』の
>様に秩序の崩壊した暴力が支配する世界が舞台となり、主人公側・敵側とも超人的
>になっていく。
このような、メル・ギブソンの『マッドマックス』に似た、世界崩壊後の姿がその背景に
あったようです。(「北斗の拳」の崩壊した世界の姿はイメージとして強く記憶に残って
いたのですが、「ブラックエンジェルズ」についてはすっかり忘れていました。)

A1さんの記憶が二つの物語でかぶるのには、こうした崩壊後の「廃墟」があるのかな、
と『ウィキペディア』を読んでいてふと感じたのですが、他にも"正義の殺戮"という殺伐
とした共通項とか、いろいろあるのでしょうね。
さほど興味なかったとか。もしかしたら、単に私のように、記憶が遠くなっていたとかw。
○o。スマン。o○(´ω`謝)

それでは、また。
おやすみなさい。

84 :A1:2006/05/13(土) 21:43:47 ID:OibAPZTB
単、直さん
>>80
>そんな感じでね、家庭崩壊まで逝ってしまって・・
>分るような気がしたのはそんな似たような体験があったからなのかもね
そうだったんだ・・・。
他人だったら客観的に見れるし、距離を置くこともできるけど
家族はねぇ・・・やっぱり切れない。

>それは彼女の優しさであり弱さであり
>彼女の心を縛る呪文のようなものだったのかもしれません。

私は父に対して何もしてあげれなかった、
無力だったことで罪悪感を感じている。
私何も悪いことしていないのに変だよね。
この罪悪感が私にとっては呪文になっていたようです。
呪文はとかねば ^^  

85 :A1:2006/05/13(土) 22:34:15 ID:OibAPZTB
ROMさん、こんばんは
>>81
>感情は、大切ですね。
ええ、
ゴッホが何を考えていたのか無性に知りたくなったので
英語で書かれた手紙、翻訳サイトの力かりながら挑戦してみようかな。
それと、感情が大切なのと同じくらい、
客観的なものの見方も大切なんですね、最近そう思います。

>>82
>A1さんの記憶が二つの物語でかぶるのには、こうした崩壊後の「廃墟」があるのかな、
>と『ウィキペディア』を読んでいてふと感じたのですが、他にも"正義の殺戮"という殺伐
>とした共通項とか、いろいろあるのでしょうね。

>さほど興味なかったとか。もしかしたら、単に私のように、記憶が遠くなっていたとかw。
↑笑った (^-^)
画風が似ていた気がする・・少年誌に劇画風は印象に残る。
正しくは、ブラックエンジェルズだったのね。あぁ、記憶が遠い(^-^)
連載開始第一回目きっと読んでいると思うな・・なんとなく記憶あるもの。
そうか・・「正義の殺戮」か・・
ジョジョの奇妙な冒険・・あれも覚えているよ

>当時つまらなくなって
>あまり手にしなくなった『少年ジャンプ』を「ブラックエンジェルズ」読みたさにまた購入
>し始めたのですからw。
ジャンプはだんだん低年齢化していって、
内容が子供向けになってきたなと感じたことありました。
そのわりのは毎週買って、子供より先にしっかり読んでいましたよ (笑)
あと何の本に連載していたかわからないけれど「風雲児たち」もよかった。

86 :may:2006/05/14(日) 05:13:09 ID:h62ZnOSa
>>73 A1さん
おはようございます
>キリストの教えに詳しそう。
いえ、ほんの聞きかじりです。

>死はいつかじゃなくて、それは明日かもしれない
>けど、誰もがきっと明日はまたいつものように必ずやって来ると信じているのかも。
永遠の死ぬまでの思考かな?
でも義理の兄が亡くなる少し前(長く患ってた)自分の兄さんに言ったのです。
「いつまで生きとかんといかんかな。」って。
これ聞いた時、彼は本当に覚悟して死を受け入れていたのだなと思いました。

>(部屋そうじしとかなきゃ ボソッ)
ワラタ 同じですyoo!

>そして、人が召されるとき「物」は何も持っていけないんだなと思った。
>ホント、心ひとつで帰るんだなと思った。
ほんとの三乗。まだ自分は悟りにはほど遠いけどそれは一番大事なことだろうな・・。

>帰ったら、とりあえず運営側に休暇申請して運営から一時はずれて
>わたしはどっかの宇宙空間貸切で超マイペースでのんびりしたい・・(笑)
>ゆっくりリフレッシュしたら行動開始。(このままじゃのんびりで永遠に行動できないような気もする)
あはは!同じく私も。

>もうすでに良き波動で。
>それはもう即、宇宙に地球に響いて影響ありです・・と思う。
A1さんのその大らかな心にこそ癒しがたくさん詰まっていると感じますよン。
ありがとう。(^o^)/


87 :may:2006/05/14(日) 05:35:11 ID:h62ZnOSa
ROMさんおはようございます。(ちと、早過ぎますけど。^^)
ROMさんの情報量の多さにはびっくりいたします。
客観性って大事と分かっていても、つい主観的な考えが先になるのはその
情報量にあるのだろうな、と感じてます。 (゜゜)ツクヅク

88 :A1:2006/05/14(日) 12:17:11 ID:Jkn7sEYL
mayさん、こんにちは
もうお昼か・・・早いなぁ・・日曜日も半分過ぎてしまいました。

>>86
>「いつまで生きとかんといかんかな。」って。
>これ聞いた時、彼は本当に覚悟して死を受け入れていたのだなと思いました。
mayさんの義理のお兄さんだったら、きっとまだ若かったのでは?

>あはは!同じく私も。
(・∀・)人(・∀・) ← 手をつないでいるの図

>A1さんのその大らかな心にこそ癒しがたくさん詰まっていると感じますよン。
>ありがとう。(^o^)/
こちらのほうこそ、いつもありがとう。

89 :A1:2006/05/14(日) 19:28:26 ID:Jkn7sEYL
10 (?_?)

9 (゜O゜;)

8 ゛(/><)/  

7 (^^ゞ

6 (・・,)グスン

5 (T.T)

4 (>_<)

3 (>0<)

2 (;>_<;)

1 。・°°・(>_<)・°°・。


90 :may:2006/05/15(月) 14:30:07 ID:36P7QUUL
>>89 A1さん
こんにちは。
>mayさんの義理のお兄さんだったら、きっとまだ若かったのでは?
いえ、両方とも結構歳です。(^^)きっとA1さんより上だわ。
ただ精神年齢は???なので、(^^ゞ エヘヘ 。
また。


91 :A1:2006/05/15(月) 17:51:37 ID:cG29MI+o
mayさん、こんにちは
>>90
>いえ、両方とも結構歳です。(^^)きっとA1さんより上だわ。
立ち入ったことを聞いたようで、すみませんでした

>ただ精神年齢は???なので、(^^ゞ エヘヘ 。
mayさんは素直でうらやましいな。

じゃ、またね。

92 :A1:2006/05/15(月) 18:05:51 ID:cG29MI+o
mayさん
風さんのスレへの投稿お疲れ様です。
何か、まったりする癒しAA紹介するね。
いいとこ見つけたの ♪ d(⌒o⌒)b♪
待っててね。

93 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 22:53:26 ID:5vVPgQ5w


94 :弥生:2006/05/16(火) 09:42:45 ID:VxFA1XHX
>>63A1さん
遅いレスですみません。
お茶ありがとうございました。
(もうすぐ冷茶が喉を潤す季節ですね)

mayさんも言われているように、アダムスキーはやはり仏教に近いんですね。
(単、直さんによれば、アダムスキーはチベット仏教の講師だったそうだから当然か)
霊(か魂だったか)は存在しないと言っているからなぁ…。
転生輪廻はあると言っているのにね。
アダムスキーにとって前世記憶はどこに貯蔵しておくと言ってるのかな。

とにかく、アダムスキーの考えは、キリスト教などの
ゾロアスター系終末観の教義とは違うということになりますね。

新興宗教GLAは、どうでしょうね。雑多な印象を受けます。
私見では、GLAはアトランティスのやり直しがコア部分にある教義だと踏んでいますが、
アダムスキーはコアな部分に何があるのでしょうか?


95 :弥生:2006/05/16(火) 11:29:28 ID:VxFA1XHX
>>75でA1さんが
包み込めば甘える、厳しくすればへたれる――これ、父親のことです、なんて
とぼけてるの見て、ヲイヲイと突っ込みいれたくなったけど、
LOMさんがやんわり入れてくださってるし、
>>77でA1さん自身、認めておられるのでやめます。w

他人が私に厳しくしようが、包み込もうが、なんの関係もないと思うけどね。
自分がサボれば、その分自分に返ってくるわけだから。

実力のある人を認めることや、人格の評価は大切だよ。
実力のある人というのは、人のお世話をしたり、影響与えたりするからです。
ア氏が「評価するな」と言ったのは、視野を限定するなと言うことでは?
「自己の小さな悟りに囚われるな」ともとれます。
(つまり自己を小さく見るなと言ってるわけね)
某さんは、他者否定にとらわれている。あれは過剰反応ね。自己を小さく見てるの。

善も悪もやってる本人には真実だとア氏は言うけれど、
地上界は地上界の荒っぽい自我の原理(高橋佳子)が人間を支配しまくりなわけでしょ?
ア氏はこのへんどう言ってんの?
どこかに書いてある?
なんなら買うから、紹介してくらはい。

96 :弥生:2006/05/16(火) 11:43:00 ID:VxFA1XHX
>>75A1

楽しく暮らせる道って、この場合、なんですかいね?


読み返してみてすごく疑問。。。(゜、゛)


97 :弥生:2006/05/16(火) 12:23:21 ID:VxFA1XHX
>>78A1さん
あなたが言いたい時が、相手の知りたい時じゃないんですよ。

あなたが「自分が正しい」と感じることが、相手に同意できることではないんですよ。

あなただってそうでしょ?

「もったいない」と感じるのは、あなたであり、それは知性の働きなんだけど(頭悪くないじゃん)
それを考えなしに行為に結び付けるからよくないんじゃないのかな。
(意志を起こす前に、よく考えなよ)

傲慢ではなくて、考えが浅いだけですよ。

永遠の魂から考えてみなよ。もっと深みからの自身の声があるはず。

98 :A1:2006/05/16(火) 14:21:07 ID:KHDPmGoj
弥生さん、
>>94
>お茶ありがとうございました。
お粗末さまでした。
湯船みたいで、ちと大きすぎました? 
この次は、巨大なおにぎりもつけるね。

>アダムスキーはやはり仏教に近いんですね。
原因と結果 因果とか耳なれた言葉が出てきますしね。
キリスト教的にはどう見えるのかな・・
DNAの構造についてだったか
アダムスキーが本でふれていて、大昔、それについて調べたことがあります。
宗教のほかに、自然科学のほうからも見ていきたいな。(亀でも)

>新興宗教GLAは、どうでしょうね。雑多な印象を受けます。
GLAでは、
人間存在そのものにダイレクトにアクセスしているので、
貫いている何かに響いていれば、
>雑多な印象を受けます。
選択肢が広がる・・私はそんな理解です。

>アダムスキーはコアな部分に何があるのでしょうか?
>>2
>原理すなわち本源なるものと自然の法則は永遠に同じままである。
こことか
あと、「宇宙の法則は、すべては調和へ向かう旨」本に書いていました。
私はそこが響きます。
--------
信次先生の心行には
「大宇宙大自然に意識あり 意識は大宇宙体を支配し
万生万物をして調和の姿を示さん」
とあります。 

99 :A1:2006/05/16(火) 14:30:36 ID:KHDPmGoj
>>95
>地上界は地上界の荒っぽい自我の原理(高橋佳子)が人間を支配しまくりなわけでしょ?
>ア氏はこのへんどう言ってんの?
>>45 >>49 に投稿した文が参考になると思うよ。
>>49
>そして「魂の心は印象を与える」と書いています。
>感官の心が「魂の心」から受ける印象を実行するまでは、ときどき
>印象を与え続ける。

100 :A1:2006/05/16(火) 14:35:48 ID:KHDPmGoj
>>97
>それを考えなしに行為に結び付けるからよくないんじゃないのかな。
>(意志を起こす前に、よく考えなよ)
>傲慢ではなくて、考えが浅いだけですよ。
>永遠の魂から考えてみなよ。もっと深みからの自身の声があるはず。
貴重な意見ありがとうございます。 m(__)m ←ひざ折っています

>(意志を起こす前に、よく考えなよ)
>考えが浅いだけですよ。
特にこの辺り。

101 :A1:2006/05/16(火) 15:33:19 ID:KHDPmGoj
>>94
>私見では、GLAはアトランティスのやり直しがコア部分にある教義だと踏んでいますが、
つきつめれば、心が現実を作っていくことと人間の心に存在する「光と闇」の関係。
光には光の現実が 闇には闇の現実が現れる。 アトランティスは・・  
と、まだまだ続くけれどスレ違いになるので自粛w。

102 :may:2006/05/17(水) 04:28:01 ID:SZEhtuzP
>>92 A1さん
>何か、まったりする癒しAA紹介するね。
>いいとこ見つけたの ♪ d(⌒o⌒)b♪
いつもお世話になりまーす。待ってます。 (^ワ^)/

某スレではA1さんもお疲れ様です。
あそこは堂々巡りばかりですね。某氏は内なるものといっとき
距離をおいてみる余裕さえ生まれればば見えてくるものもあるでしょうに。
僅かではありますけど一瞬離れた(素直な)感のするレスがありますね。

103 :弥生:2006/05/17(水) 10:34:06 ID:WvBCourU
A1さん、レスありがとうございました。
ア氏の本は持ってないので、オススメ紹介してくらはい!
UFOコンタクティー誌2冊しか持ってないでつ。(`.')
カルマとか、前世とか、インタビューしたの載っていまつが。
あ、某スレでは何かが伝わったみたいですね。見ますた。
よかった。
一つ伝わって案外こっちが救われたりしてね。w

(実際は、これからが大変なんだろうな、と思う今日この頃。。。)

♪休憩タイム♪


つ  旦~~~
 △


お抹茶が切れてるんで、粉茶ですが、どーぞ♪
(栗きんとんもつけたよ) ←おにぎりじゃないよw

私、お抹茶は(実の)母よりうまく立てる自信あるんだ。また今度立てるね。

栗きんとん大好き。(美味しいのは高いけど)

104 :弥生:2006/05/17(水) 11:00:23 ID:WvBCourU
A1さん
正直言うと、>>49はいまいち、よくわからないです。
(感管の訓練、潜在の心などの意味が)
全体的に感覚でとらえればわかるかもですが。
佳子さんの教義も曖昧なとこあるから、やはり、鵜呑みにせず、
信次さんのも含めて、併せて全体で捉えるといいかと最近特に思う。
すれ違いスマスマ〜(^◇^)

105 :弥生:2006/05/17(水) 11:46:38 ID:WvBCourU
>>98A1さん
>>2携帯なんでコピペできないけど、調和へ向かうウンヌンについて、
A1さんの>>98のレス読んでたら、
「マジカルチャイルド育児法」という本を思い出しました。

「神は人間を成功するようにしかプログラムされていない」というもので、
子どもが健全な成長するためのメソッドを
「マトリックス理論」と題された段階的成長理論で解説していたな〜。
七年ごとの成長の「場」と「必要条件」――人智学にも少し似ていた。

面白い考え方だと思いました。
ホログラム理論から悟りを語っていました。
我々の現代使っている脳の新しい部分でない、古い部分を目覚めさせると、
因果の法則は変えられるという理屈だったように思う。

7歳〜14
歳くらいの子どもは、地球に影響を与えらることができるんだってさ☆
私たちの考えている「原因と結果」(ここでは物理的な)も変化させられるそう。
スプーン曲げができやすい年齢はそのくらいだそうだしね。
(この辺りはアダムスキー的でわ?(^^) 

今、本がなくて、うろ覚え。(結構覚えてますたわ(^^;
ピアス著、たぶん教文社(違うかも)

106 :A1:2006/05/18(木) 20:47:22 ID:VbTt73i5
mayさん、こんばんは
>>102
>>いいとこ見つけたの ♪ d(⌒o⌒)b♪
>いつもお世話になりまーす。待ってます。 (^ワ^)/
もう知っているかもですが、ここよ
http://dokoaa.com/
右側の 「AA集(一般) 」風景・背景のアスキーアート
目が疲れるけど癒される

>某スレではA1さんもお疲れ様です。
arigato may san mo otukaresama desu

>あそこは堂々巡りばかりですね。
ですね・・・

なんかね・・もちょっとROMしてます。

107 :A1:2006/05/19(金) 00:49:16 ID:X4HMC6+x
弥生さん、こんばんは

>>103
>ア氏の本は持ってないので、オススメ紹介してくらはい!
アダムスキーの「宇宙哲学」( 久保田八郎訳 たま出版)
空飛ぶ円盤同乗記(G・アダムスキー著 久保田八郎訳)
私が持っているのがこの2冊、オススメします。

>お抹茶が切れてるんで、粉茶ですが、どーぞ♪
>(栗きんとんもつけたよ) ←おにぎりじゃないよw
ごちそうさま (^-^)  m(__)m

続きまたあとでレスします   おやすみなさい

108 :弥生:2006/05/19(金) 02:06:05 ID:MxB8lrQQ
>>107A1さん、レスどうも。
私の持ってるUコン誌に「空飛ぶ円盤同乗記」の一部載っています。
どこかの本屋さんにで見たような気が。
ありがとうございました。

栗きんとんも生八ツ橋も△ですが、不満ありましたら、聞きまつ。w

(おにぎりにも使おう)
なんかA1さんのお茶は、でかい湯のみだったの?
携帯だからAAみれないんだよね。(つまらない人生でつw)
おやすみなさい。

109 :A1:2006/05/19(金) 10:39:02 ID:X4HMC6+x
弥生さん、おはようございます
>>108
>ありがとうございました。
(^-^)

>栗きんとんも生八ツ橋も△ですが、不満ありましたら、聞きまつ。w
△乙です
突然ですが、八ツ橋は、生が美味しいと叫びたくなりました。
ところでもし▲だと、なにになるのでしょうか ?
些細なことが気になる今日の私。

>なんかA1さんのお茶は、でかい湯のみだったの?
nekoタンが5・6匹は余裕でOK
どでかいでしょ? 
いや・・もしnekoタンが超miniサイズのminimininekoタンだったら普通サイズの湯のみかもです。
ところでnekoタンの身長って?(謎) そうだ、自分より大きい湯飲み運んだんだよなぁ・・力持ちだったのね・・・・。
nekoなのに二足歩行だし・・。
>携帯だからAAみれないんだよね。(つまらない人生でつw)
いつごろ家に戻れそう?

110 :A1:2006/05/19(金) 10:50:05 ID:X4HMC6+x
(続き)
>>105
>我々の現代使っている脳の新しい部分でない、古い部分を目覚めさせると、
>因果の法則は変えられるという理屈だったように思う。
いつかその話の続き聞きたい。

>(この辺りはアダムスキー的でわ?(^^) 
ん〜、スプーン曲げとアダアムスキー?
超能力の話? そういう能力に関する話が本にも出てきますものね。
私の聞いた話では
宇宙の調和に自分の心を響き合わせたとき、宇宙の六力と響き合えるだったかな。
アダムスキーはどう言っているんだろう。
ところで思うに、能力を闇に使えば闇の心には闇の現実  光の心には光の現実 
能力の使い方って大事だよね。
>>104
>全体的に感覚でとらえればわかるかもですが。
>佳子さんの教義も曖昧なとこあるから、やはり、鵜呑みにせず、
>信次さんのも含めて、併せて全体で捉えるといいかと最近特に思う。
信次先生と佳子先生の教えが違う、同じという話は今までもGLAスレで話題になりましたよね。
違うと思う理由、同じと思う理由、
何故そう思うかとかそれぞれ思うところ、腹割って話せたらいい話になりそう。

携帯からだと、読むのも書くのも大変でしょ。(たくさん書いてくれてありがとう)
目にはブルーベリー、(の、つもりね)→●●● ハイどうぞ

じゃ、またね。

111 :弥生:2006/05/19(金) 16:36:32 ID:MxB8lrQQ
>>110A1さん、レスありがとうです。
碁石●がノドにつまりまひた〜☆

アラ、ブルーベリーでしたか。。。やわらかいでつ。
ほぉ〜目がよく見えマツ。
 <●>パッチリン☆

LOMさんにも碁石イエ、ブルーベリーをお裾分けしていいでつか?

お礼にプラムをドウゾ。鉄分たっぷり。
●●●●●

レスはのちほど。

112 :A1:2006/05/20(土) 07:54:15 ID:HJaNqJh7
弥生さん、おはよう
>>111
>ほぉ〜目がよく見えマツ。
><●>パッチリン☆
まぁ、パッチリとしたなんて素敵なお目々 

>LOMさんにも碁石イエ、ブルーベリーをお裾分けしていいでつか?
もちろん♪ どーぞ どーぞ
たくさん用意しました。 (^-^)

     ●
    ●●●
   ●●●●●
彡☆●●●●●●●☆彡
゚・*:*.。*..*。.*。.*。.:*・゜

>お礼にプラムをドウゾ。鉄分たっぷり。
いただきまぁ〜す ♪ d(⌒o⌒)b♪


113 :A1:2006/05/20(土) 07:58:55 ID:HJaNqJh7
あら、形くずれてる。なおさなきゃ。

     ●
    ●●●
   ●●●●●
彡☆●●●●●●●☆彡
゚・*:*.。*..*。.*。.*。.:*・゜


114 :A1:2006/05/20(土) 08:05:04 ID:HJaNqJh7
あら、まただ・・・ショック

弥生さん、形くずれちゃいました m(__)m
ちゃんとお皿にのせたのになぁ。。。 (T_T)

115 :ROM :2006/05/20(土) 08:20:55 ID:8FNXkUWc
mayさん、おはようございます。
お返事すっかり遅くなってしまいました。失礼しました。
>>87
> 情報量の多さにはびっくりいたします。
残念ながらwこれは誤解ですね。
先日も、週刊誌で紹介されていた本がほしくなって本屋さんに立寄ったのですが、
目的の新書コーナーを見ただけでも読んだ事のない本ばかりで気が遠くなるよう
な思いでした。今は知識を馬鹿にしてはいませんし、必要な情報や知識はほしい
と思うのですが、なぜか以前、知識というものを軽視していた時期がありました。

よく情報は洪水を喩えに語られることがあります。何かの本で、その一つ一つの
情報は実は静止していて、固定的なものだと読んだことがありました。得たその
情報を見て判断する側にこそ主体があるというのがその論旨だったと思います。
この場合に"客観性"っていうのは具体的には何なのでしょうね。(実験でしたら
客観性というイメージはわかりやすいような気がするのですが。)

> 客観性って大事と分かっていても、つい主観的な考えが先になるのは...............
主観的な考えも大切だと思うのです。

116 :弥生:2006/05/20(土) 23:38:15 ID:7ClkPfcf
A1さん、こんばんは。ダ・ヴィンチ・コード見たあとです。

>>110
あ、スプーン曲げばかりじゃなく、他にもいろんな例が書いてありましたよ。
で、超能力として着目するのでなく、
神が子どもにプログラムした、地球との同化能力として、自然な事象として
この本(「マジカル・チャイルド育児法」)は捉えているのではないかと思います。
要は、現代人はモノを道具として使っているだけで、本来の能力は埋もれていると、
太古の(どの時代かはカンベンね)人間は、因果にすら影響を与えられる能力を
有しているのだとかが言いたいんじゃないかと。。。
「マジカル〜」のテーマは善悪じゃなくとらえられることで、
それこそ、「タオの道」につながるような感じだったよ。
(もちろん、これはわたしの主観ですが)

117 :弥生:2006/05/21(日) 00:00:51 ID:7ClkPfcf
>>112A1さん、ブルーベリーありがとう〜。

>LOMさん、ブルーベリーいかが? (^^)
プラムもいれときまつね。あ、コンペイトウもいれとこ。

  ★☆☆
 ●●●●●

118 :may:2006/05/21(日) 04:46:21 ID:ha0bPvgF
>>115 ROMさん
レスありがとうございます。
>一つ一つの情報は実は静止していて、固定的なものだと読んだことがありました。
>得たその 情報を見て判断する側にこそ主体があるというのがその論旨だったと思います。
どう判断するかによって、どう展開していくか。
一方的な影響があり過ぎる場合が問題なのですね、きっと。(ー_ー)

>客観性って大事と分かっていても、つい主観的な考えが先になるのは...............
>主観的な考えも大切だと思うのです。
ほんと、”客観性”って・・つまり多数決になりそうな気配が感じられますよね。
近頃よく言われる個性を尊重するということは主観性につながりませんでしょうか。
よくわかりませんが…。

辞書で調べてみました。
「主観」
(1)対象について認識・行為・評価などを行う意識のはたらき、またそのはたらきをなす者。
通例、個別的な心理学的自我と同一視されるが、カントの認識論では個別的内容を超えた
超個人的な形式としての主観(超越論的主観)を考え、これが客観的認識を可能にするとする。→主体
(2)自分ひとりだけの考え。

「客観的」
個々の主観の恣意(しい)を離れて、普遍妥当性をもっているさま。

119 :may:2006/05/21(日) 05:20:34 ID:ha0bPvgF
>>106 A1さん
http://dokoaa.com/
ありがとう。 ^^
かわいい。楽しい。すごい。

つい先日ラジオでUFOについて話してました。
ご存知でしょうけれどイギリス空軍がはっきりと否定するコメントを出したとのこと。
それに対する、矛盾点を述べていたのですが、第二次大戦後のアメリカやイギリスの
将の意見などを例に出してまして、それが、聞いているとみな戦闘的なのですね。
宇宙からの侵略、地球防衛的な内容。昔の情報によると、ということでしょうかしら?
やはり、現代は友好的な見方が増えてきていると思うのですが
その方が理に適っていると思いませんか。☆○(゜ο゜)bo ☆サッソクツ使ワセテマシタ^^

120 :A1:2006/05/21(日) 11:36:09 ID:3X7R2bnb
弥生さん、
>>116
>A1さん、こんばんは。ダ・ヴィンチ・コード見たあとです。
実は私も (^^ゞ
夕べ見に行ってきました。
キリスト教徒の多い韓国では上映をとりやめた映画館もあるそうですね。
内容話せばネタバレ? 要自粛? じっと我慢。
日本で生まれ育った私にはキリスト教的な考えとかピンとこない部分もあり
背景を押さえておけばもっと楽しめそ。

>要は、現代人はモノを道具として使っているだけで、本来の能力は埋もれていると、
なるほど。

>太古の(どの時代かはカンベンね)人間は、因果にすら影響を与えられる能力を
>有しているのだとかが言いたいんじゃないかと。。。
ここがイマイチわからんです。因果に影響を与えるというところが。

>それこそ、「タオの道」につながるような感じだったよ。
>(もちろん、これはわたしの主観ですが)
主観と言えば、受発色スレでの主観、
鋭いと言おうか、読んでハッと、教えてもらうことあります。
続き楽しみにしています。
「タオの道」ね。
最近W・ダイアーの本を読んだときもタオのこと?って思った箇所あります。
タオとか原理とか法則とか、宇宙とかね・・・・昨夜も東の空
夏の大三角形、天の川、銀河 白鳥座 ベガ アルタイル 琴座 わし座
夜の天空眺めながらコンビニにお酒買いに行きました。至福のときですね。
宇宙に思いを馳せながらどっぷり地につかっている。これもまた人生かなと。
そうそう、ダ・ヴィンチ・コード見たあとだから「ワイン」です。

121 :A1:2006/05/21(日) 13:00:30 ID:3X7R2bnb
mayさん、こんにちは
>>119 :may:2006/05/21(日) 05:20:34 ID:ha0bPvgF
>かわいい。楽しい。すごい。
喜んでもらえてよかった

>つい先日ラジオでUFOについて話してました。
>ご存知でしょうけれどイギリス空軍がはっきりと否定するコメントを出したとのこと。
そうなんですか、知らなかった。いつも情報アリガトウ。

>やはり、現代は友好的な見方が増えてきていると思うのですが
>その方が理に適っていると思いませんか。☆○(゜ο゜)bo ☆サッソクツ使ワセテマシタ^^
ん〜、申し訳ない、わからなくて・・保留にします。
というのは、歴史を見ても今の社会を見ても頭の良さや知識力と人格のよさが
必ずしも比例していないので、科学が進んだ星から地球に異星人が来たとして
友好的かどうかはわかんないと思うのです。
(友好的であってほしいと思うけど )

>。☆○(゜ο゜)bo ☆サッソクツ使ワセテマシタ^^
WOW!! 乙です。

122 :may:2006/05/21(日) 21:04:23 ID:ha0bPvgF
>>121 A1さん
>歴史を見ても今の社会を見ても頭の良さや知識力と人格のよさが
>必ずしも比例していないので、
そのとおりですね。
人間は人間になった時から科学は進んだけれどそのものは進歩はしていない。

>科学が進んだ星から地球に異星人が来たとして
>友好的かどうかはわかんないと思うのです。
私は希望的観測から友好思考が近年増えているかと感じてたのですが・・甘いか。

>(友好的であってほしいと思うけど )
昨日まで親しくしていたのに、人種・領土問題、政治が絡むと
一夜にして悲惨な状態に突入することもありで地球上はまだまだですね。
人同士のつながり、民間を通しての交流は大切なのかも。そうでないと感情が
簡単に憎しみに取って代わられそう。(理想ばっかりって声が聞こえそうダナ。)

>WOW!! 乙です。
どうもです。 ~ワ~

123 :may:2006/05/21(日) 21:31:35 ID:ha0bPvgF
それからここでご挨拶。
この数ヶ月掲示板に投稿してきましたけど、暫くPCから離れようと思ってます。
家事もたまるし、(要領がわるくて ;;)充電も必要ですし・・・。
ある意味役目は済んだと、そのようなけじめです。
A1さん、お世話になりました。心からありがとう!
弥生さん、ROMさん ありがとう!
また、お会いできたら、その時はよろしくお願いしまーす。
暫し(と言っておきます)お元気で、ご多幸お祈りします。

124 :ROM :2006/05/21(日) 23:34:00 ID:5jE42ZPV
mayさん、こんばんは
レスありがとうございました。

>>118
> 一方的な影響があり過ぎる場合が問題なのですね、きっと。(ー_ー)
そうかもしれません。そして、なぜあることが自分に対して一方的な影響を持ってしまいそうなのか、
何を置いてもまず内を振り返るのが第一歩かなと思います。情報収集の前に。
> ほんと、”客観性”って・・つまり多数決になりそうな気配が感じられますよね。
数の持つ、自分自身への影響力みたいなものでしょうか。

> 近頃よく言われる個性を尊重するということは主観性につながりませんでしょうか。
複雑なテーマですが、視点の一つは「誰が」「誰の」個性を「何故」「どうして」尊重しようとするのか、
そのあたりの、一つ一つの明確化のような気がします。
詳しくは憶えていないのですが、養老孟司さんが「個性」というのは基本的には肉体に関する概念
であり、精神や心の基本な有り様には「個性」などはないのでは、とおっしゃっていたかと思います。
(この話は記憶が不確かなのですが、ご参考までに。)
天才芸術家モーツァルトやベートーベンは確かに「個性的」ですが、彼らの創った作品はその受け
止め方はそれぞれであっても他者の心に届きます。よく憶えていないのですが"同じだから"つまり
ある意味で「個性」がないからこそ精神の根底にあるものは人々の心に「届く」というような趣旨だっ
たかと思います。もちろん"あの人は個性的な考えするよね"といったことを否定しているわけでは
ありません。

> 辞書で調べてみました。
ご紹介ありがとうございます。
> カントの認識論では個別的内容を超えた
> 超個人的な形式としての主観(超越論的主観)を考え、これが客観的認識を可能にするとする。
このへんはもしかすると
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/4746/1142724235/1948-1951
こちらに引用した、池田晶子さんの文章が関連するかもしれません。
> 個々の主観の恣意(しい)を離れて、普遍妥当性をもっているさま。
主観から恣意を除外すれば、主観本来の姿が生きてくるかもしれませんね。

125 :ROM :2006/05/21(日) 23:36:22 ID:5jE42ZPV
>>123 mayさん

悪意はなかったのですがf(^-^; 風スレでのmayさんへの最初の投稿は失礼な書き方、内容でした。
あらためてお詫び致します。
A1さんのお口添えあってのことでしたが、その後もお話を続けていただき、ありがとうございました。

> 充電
(^o^)/
> また、お会いできたら、その時はよろしくお願いしまーす。
こちらこそ。

それでは、また。
お元気で。☆(^○^)ノ~~~βyёβyё♪

126 :A1:2006/05/22(月) 07:59:03 ID:xef0sbgr
mayさん、こんにちは
>>123 :may:2006/05/21(日) 21:31:35 ID:ha0bPvgF
>この数ヶ月掲示板に投稿してきましたけど、暫くPCから離れようと思ってます。
そうですか・・寂しくなります。 (・・,)グスン

>A1さん、お世話になりました。心からありがとう!
こちらのほうこそ、本当にお世話になりました。
mayさんのおかげで気持ち救われたこと沢山あります。
ありがとう

・・・また、会えますね。

127 :弥生:2006/05/23(火) 18:21:28 ID:5YEK5sSF
>>120A1さん、こんにちは。
実はダヴィンチ・コードでなく、その映画に関するTV番組を見たのでした。
(さんまちゃんの番組見ながら書いてたから、オーミステイク)
帰ったら映画見る予定だったのですが、予定通りにならなくて。
先がもう少しで見えてくる。今は何もできないよ〜(TT)


古い脳が目覚めれば因果を変えられるというのは、
地球と一体化して、地球の因果に影響与えることができるということだと思います。
スプーンが曲がらないはずが曲がる、これは重力の因果、
火の中に入っても火傷しない、これは熱量の因果、とかね、(適当なこと言いますが…w)
こういう因果を地球タンに「変えてよ!」と言うと「いいとも!」と聞いてくれる、
そんな感じではないかと思うのだった。。。
ただ、自然現象に関する因果に限られるかもね。
今考えられるのはこれだけ。なにしろ、本が無いから。

まだレスしたいけど、のちほど。

128 :A1:2006/05/23(火) 22:24:51 ID:TvFGf/2z
弥生さん
>>127
>先がもう少しで見えてくる。今は何もできないよ〜(TT)
何もできないのは事情があるのでしょ?
弥生さんって、地に足つけて、今やらなければいけないことはやってさ、
しっかりやって生きていそう。

>こういう因果を地球タンに「変えてよ!」と言うと「いいとも!」と聞いてくれる、
>そんな感じではないかと思うのだった。。。
超魔術でスプーンがガラスのテーブルを貫通するのTVで見たけれど
あれも地球タンが「いいとも!」と言ったのか・・・
何でああなるの? 貫通するんよ。中途ガラスにスプーンはさまったままだったり
あ〜、ネタ知りたい。 法則無視の掟破り・・不思議だ 

129 :弥生:2006/05/24(水) 22:58:31 ID:mdCjyUJN
>>128A1さん、レスありがとうございます。
今やるべきことか…詳しく書けないけど、
掃除やいろんな片付け、食事作り、お茶入れ、庭の手入れ――
働きすぎだと言われていますが、なにか?w
だってやる人いないんだもん。
ww

自分ち以外は綺麗にしてまつ。(爆)
A1さんは、収納家具見るのが楽しく感じることないですか?
収納家具さえあれば片付くと思うのは錯覚ですよね。でも片付く夢見るのは楽しいでつ♪

130 :弥生:2006/05/24(水) 23:14:37 ID:mdCjyUJN
続きでつ。
超魔術見たよ。でも、あれよりスゴイの見たことがあります。
これに出演してたヒロさんて人じゃなかったかな?
壁突き抜けて、壁の向こうの車のドアも突き抜けて、中のキー取り出してたのに、
傷あとがない!!(←!これつけたくなります。あれは叫びたくなるほどびっくりした)
でも絶対タネはあるんだよ。
でも昔マジシャンの知り合いがいて、頭に描いたトランプの番号言い当てられた時は
超能力者かと思った。タネなんかないから。
でも、彼に聞いたら、心理的に操作するとからしいよ。(どうやってやるのぉ〜?)

だからアダムスキーも嘘かホントかはわからないとも言えるんじゃないかな?
(さりげなくスレに話題合わせたりして)

オーラの泉落ち。モヤシ味(み)〜〜(ウンモ星人の声で)←わかる人いるかしら?w

131 :ROM :2006/05/25(木) 02:29:19 ID:QHRQp5ti
弥生さん、こんばんは。
横レスです。
>>130
> でも昔マジシャンの知り合いがいて、頭に描いたトランプの番号言い当てられた時は
> 超能力者かと思った。タネなんかないから。
> でも、彼に聞いたら、心理的に操作するとからしいよ。(どうやってやるのぉ〜?)

この場合弥生さんが頭に描いた番号をマジシャンの方が具体的に指摘する場面は
どのようなシチュエーションで演じられるのでしょうか?(例えば裏返しになったカード
の中から弥生さんが任意のカードを1枚引き抜くとそれが頭に描いたトランプの番号
であった、とか。)

132 :弥生:2006/05/25(木) 21:10:30 ID:1MuwFPwj
>>131ROMさん、こんばんは。
カウンター・バーの向こうで、マジシャンがトランプを持ち、
「頭に思い描いたトランプの文字とマークを思い描いてください。それを当てます」
と言われ、思い浮かべていると、
「じゃ、当てるよ。今思ったカードはこれ?」と、一枚のトランプを出された。
それは、私が浮かべていたカードだったんですよ☆
(どんなマークと番号かは口に出していません)
もぅビックリでした。私の友達もみていました。
「どうしてわかったの?」と聞いてもなかなか教えてくれず、
しつこく聞いたら「心理的にそのカードが浮かぶようにするんだとか、言っていた。
未だに、信じられないままですYO。
またなぜそんなことができるのか、知りたいけど深くは考えないようにしています。

133 :A1:2006/05/26(金) 02:21:11 ID:vjtaMtCV
弥生さん、
>>129
>働きすぎだと言われていますが、なにか?w
尊敬の眼差し お疲れ様〜。

>A1さんは、収納家具見るのが楽しく感じることないですか?
あっ、そういうの好き
隙間15cm用の家具とか、押入れ収納とか、感動ものです。

>収納家具さえあれば片付くと思うのは錯覚ですよね。でも片付く夢見るのは楽しいでつ♪
同感。基本は使わないものは投げるなのだろうけど
うちは捨てれない人がいる上に
収納スペースがたっぷりあるんで・・後は想像にお任せします ^^
じゃ、おやすみなさい

134 :ROM :2006/05/28(日) 01:27:49 ID:ahujXUtl
>>132
弥生さん、こんばんは。
レス&詳しいご説明ありがとうございました。

> 「じゃ、当てるよ。今思ったカードはこれ?」と、一枚のトランプを出された。
> それは、私が浮かべていたカードだったんですよ☆
こんなにシンプルだとすごいですね。もう少し手のこんだ「ネタあり」だと一つ知っていたのですが
それとはまったく違いますし。いつか機会があったら、カードなしで「あ〜ん」の中からニ語当てて
もらうのも面白いかなとふと思いました。

> しつこく聞いたら「心理的にそのカードが浮かぶようにするんだとか、言っていた。
深夜のTBS「CBSドキュメント」でよく似たことをする人のレポートを見たことがありました。決して
魔術のような趣ではありませんでしたが(かえってウソっぽくなってしまうかもしれません)不思議
そのものでした。やはり"シンプル"だったのです。その全米で人気のあるらしい人の生い立ちを
見て、忘れてしまったのですが、仕掛けがないといいながらも幼い頃から何か心理的な洞察力に
すぐれていたようです。
> またなぜそんなことができるのか、知りたいけど深くは考えないようにしています。
私も知りたいですね。『頭の体操』の問題より遥かに難しそうです。

135 :名無しさん@3周年:2006/05/30(火) 00:41:22 ID:F2+/WCfW
age

136 :弥生:2006/05/30(火) 19:08:00 ID:DN9DPN3Q
>>133A1さん、レスありがとうございます。
昨日ここれに読んで、絶句してしまいますた。んで、早退wしますた。。。
どぉレスしろと言うんじゃ!(^^;

>使わないものは投げる
「つかえない」ものもありますよね。役に立たない、ガラクタ。
古いどこか壊れたラジカセやテレビとか。
(投げるなよ〜w)
なんか早くも疲れてきた。続きはあとね。

137 :A1:2006/05/31(水) 00:07:37 ID:UR4XZa2r
弥生さん
>>136
ごめん、間違い
投げるじゃなくて捨てるでした。
ラジカセはうちにも何個かあるよ。
CD読み取り部分がガタくると修理代が買うのとそんなに変わらないから
新品買うけど、テープやラジオ聞けるから捨てるに捨てれなくて
増えていきます。
>なんか早くも疲れてきた。続きはあとね。
お疲れ・・
そういう私もお疲れモード  
最近、向うの「怒り爆発スレ」にいるから 
よかったら遊びに来て。じゃぁね

138 :弥生:2006/05/31(水) 01:21:42 ID:jFPONFIH
>>133
使わないものは投げる……つい、想像してしまい、書いていけない内容に触れそうで。。。(汗)
>捨てれない人
どういう意味!?
はっきり言おう。捨てたくても捨てられない人の意味?
まさかね。
もの投げるって、相手が変わらないからでしょう?
自分が受け入れていかなければならないあきらめへの抵抗じゃないの?
よくある話だわ〜w

A1さんは浮気願望ある? 
テレクラとか経験ある? 
寂しくて、他の男性に頼りたいというのは?
ダーリンだけに惚れてる? 
スルーしてね。いえね、某スレの話題さ、

「テレクラに行く」=お手軽やらせてくれるイメージなんだろな。
リーノ、イヤラシイな。男はみんなそんなもんだが、私はそういう(軽い)男は嫌。
と書いてみるテスト。脱線スマソ。w
(たまには話題崩しましょ)

139 :弥生:2006/05/31(水) 01:40:47 ID:jFPONFIH
>>134ROMさん、レスありがとうございました。
そうなんですよ。シンプルすぎると不思議です。
そのマジシャンは、あるすでに有名なマジシャンと昔知り合いだったとか。
たぶん催眠効果じゃないかなと思う。

UFOでも、米軍が飛ばしている場合もあるわけで、
宇宙人とは限らないので、見分ける力が必要に思います。
時期が来ると、オープンでも、
時期尚早だと口封じされてしまうようなジャンルでしょう?

最近、トリックがたくさんネタバレしていますが、「なーんだ」が多いですね。

140 :A1:2006/05/31(水) 10:59:27 ID:UR4XZa2r
弥生さん
>>138
>>捨てれない人
>どういう意味!?
もったいないとか、いつかつかうんじゃないかということで
これから先もつかうことがないようなものを処分できないでいる人のことでした。
(片付くという話題が>>129で出たから)
皿を連想させてしまったようで、m(__)m (汗)

>もの投げるって、相手が変わらないからでしょう?
>自分が受け入れていかなければならないあきらめへの抵抗じゃないの?
>よくある話だわ〜w
もうあきらめているから、それはそれでなんとかなるのですが
甘えでも嫉妬でも独占欲でも不安でも・・出し方がカワイくない!
受け止めるにも限界というものがあります。

>スルーしてね。いえね、某スレの話題さ、
あぁ、あれね・・(以下略)
了解

>私はそういう(軽い)男は嫌。
そっか・・。
( ^-)_旦~~ でも飲みながら・・話しましょ。

141 :A1:2006/05/31(水) 12:43:10 ID:UR4XZa2r
あっ、そうだ 弥生さんへ追加

 miku tan は 男性だよ、たぶん

142 :弥生:2006/05/31(水) 15:00:19 ID:jFPONFIH
A1さん
>>133ね、


   ま ぎ ら わ し い 書 き 方 

   す ん な Y O !!


いろんな人がいるんだYO

不倫してる人もいるし、
離婚した人もいるし、
普通の主婦なんていないし、
夫婦の愛、恋人の愛が純粋なんて人いねーよ。
テレクラなんてより、身近でみんなコソコソやってるみたいだYO言えねえよ
書けねえよ

私はつまらない老後はいやなんだYO

純粋だったから、たくさん出会って、苦しんだYO



143 :名無しさん@3周年:2006/05/31(水) 15:58:27 ID:fcg2XbgG
オカルト版にも、アダムスキースレがあります。
アダムスキー型UFOと葉巻型UFOはいづこ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148228090/l100

144 :武庫川女子大学総長 ◆QOTIAKvzao :2006/05/31(水) 19:49:54 ID:GrVAVhgm
>>143
ちょいと投稿しておいたからw

145 :A1:2006/06/01(木) 08:00:33 ID:f8tCETWf
>>144
投稿、読みましたw

146 :A1:2006/06/01(木) 08:04:46 ID:f8tCETWf
弥生さん
>>142
収納家具の話題が、不倫・離婚・テレクラの話にいく不思議さw
どうした?
なんかあったの?


147 :弥生:2006/06/01(木) 09:30:04 ID:RgZWlK3z
>>146
>>133 の投稿で、私はあなたになにかあったのかと思って、
絶句したのです。
もしや「投げる」は方言かな?
A1さん、北海道のあたり?
交換する意味の「ばくる」って使う?
だとすれば、A1さんの>>133を私が読み違えてしまったの。

女性は、ダーリンで不満だと、他の男に依存するものだから、
A1さんのR氏や風邪氏への初期依存が、
旦那への欲求不満からきてるのかなと感じたんですね。
あなた自身の自己内部との和解が行われていないと、
「依存している。やめなさい」という意味のこと言われると、
自己否定されていると感じるもの。(判断、批判と受け取るわけ)
自己内部に未解決の問題抱えてる=混乱抱えてるということだからね。
あまり立ち入りたくないけど、子どもに期待したりしないであげて。
子どもは離れていくもの。いっぱい愛は必要だけど、生き方は縛らないで。
私は無知で進歩的でない母親に結構縛られたからねぇ。
母はA1さんと似てるんだ。。。 


さて、話題は元に戻して、
アダムスキーは、オーソンこそがイエスだというわけかしら?

148 :弥生:2006/06/01(木) 09:51:39 ID:RgZWlK3z
「無知」は言い過ぎでした。
「視野が狭い」に直します。
(母のことだから)
A1さんはいろいろ知ってるようだし、母もたくさん本読むし、
インテリだと言う人もいるのだが、すごい視野狭い。目先のことに振り回されるの。
母といる時、私は自分を常に反省しています。(同じ面があるときちんと批判できないからね)

A1さん、気力溜まりました?
そろそろGスレで、例のお返事待ってますよ〜♪
ゆーずどさんとの話し合いも期待していまぁす。


ところで実家にビデオ関係はおいてもらっていて、処分してね、のコーナーから
1989年日本GAP総会第一巻(東京ガスホールにて)が出てきました。
(ホッ、持って帰ろう)これくれた友達は行方不明。。。

149 :弥生:2006/06/01(木) 10:09:06 ID:RgZWlK3z
もっとはっきり書けば、
A1さんはアダムスキースレ立ててる時点で、
確かにGLAに狂信、盲信ではないと証明していますが、
アダムスキーも真贋はわからないわけだから、
否定的意見に対して、受け入れなければならないよ。(「受け止め」じゃなく、「受け入れ」)
感性がちがうというのは、理由にならないことは、よくわかったんでは?

逃げてるテーマにけじめつけてくださいね。
風氏のようにならないためにも。
(あのヒドさ、ムゴさはよくわかるでしょ)
ちなみに名無しの一人は私だから。



150 :A1:2006/06/01(木) 12:01:04 ID:f8tCETWf
弥生さん、
>>147
>あまり立ち入りたくないけど、子どもに期待したりしないであげて。
>いっぱい愛は必要だけど、生き方は縛らないで。
これ読んで、あなたの叫び声に聞こえた。
弥生さんが期待されて縛られて育ったんでしょ。

私は、あなたのお母さんと似ているかもですが
同じ子育てはしていないよ、別の人間だもの。
縛るのは・・正直危なかったけどギリギリのところで軌道修正しました。
心配してくれてありがとう。

>母はA1さんと似てるんだ。。。 
似てても私はあなたのお母さんじゃないんですけど・・・。

>母といる時、私は自分を常に反省しています。(同じ面があるときちんと批判できないからね)
立ち入ったことを言えば、
きっと弥生さんはお母さんに似ている自分の一面を許していないんだと思う。

>目先のことに振り回されるの。
ああ、それはね、きっと不安が強いから。


151 :A1:2006/06/01(木) 12:02:04 ID:f8tCETWf
>>148
>A1さん、気力溜まりました?
まだダメ・・怒られそうで不安でこわいんだもの。
考えただけで涙がでてくるから・・トラウマになっている。

>ゆーずどさんとの話し合いも期待していまぁす。
ふぅ・・・期待されてもねぇ・・重い。
りのさんと、ゆーずどさんに、しかられている気分。

>>149
>否定的意見に対して、受け入れなければならないよ。(「受け止め」じゃなく、「受け入れ」)
了解。

>ちなみに名無しの一人は私だから。
もちろんわかってる。

>さて、話題は元に戻して、
賛成 、話題を戻そう。
>アダムスキーは、オーソンこそがイエスだというわけかしら?
といわれているけど、出所はどこか知っている?
本に書いているのかしら?

152 :弥生:2006/06/01(木) 12:38:53 ID:RgZWlK3z
A1さん、もう一言おさらいね。
私はあなたから「友達でいられないね」という趣旨のメールもらった。
あなたから切られてるの。
ゆー○どさんに対する「友人」というのと、ma○iさんに対しては違うの。

G番外続的メンバーズスレはあなたから去ったし。
自分から去ったくせに、G談話室あらしに来たでしょ。
自分がスレ立て人のときは、コントロールして、頭のおかしい人々擁護し続け、
Mさんの時は、私怨から私の邪魔し誹謗したね。
すべて、あなたが空気読まずに、場を収める実力もないのに、傲慢に口挟むからです。

A1さんからの話をしたい要請を、私が受け入れて今に至る…ことになっているの。
頭下げて、「話がしたい」と言ってきたのはそちら。

ケジメよろしく。(^△^)
はっきり書くようにしますね。
はっきり書くからといって、逃げたり、「昔のことにいつまでこだわってるの」とか、
「どうしたの?」「なんかあったの?」なんて聞かないでね。
感性が違うのだとか、言い訳でずらすことも禁止にしてください。
よろしくね。

153 :A1:2006/06/01(木) 14:50:11 ID:f8tCETWf
弥生さん
>>152
>あなたから切られてるの。
何故だと思う?(りのさん風)

>すべて、あなたが空気読まずに、場を収める実力もないのに、傲慢に口挟むからです。
実力もないのに口挟んでしまって他人に迷惑かけて
かといってこの性格、
口挟むの止めるのこと簡単にできないから去りました。

>ケジメよろしく。(^△^)
去ることがケジメだったんだけど・・・

>「どうしたの?」「なんかあったの?」なんて聞かないでね。
>感性が違うのだとか、言い訳でずらすことも禁止にしてください。
一度は同意したような気がする・・。
弥生さん、その同意撤回します。
あれ言うな、これ言うな、これ禁止じゃ、
何も話せませんのでよろしくお願いします。

154 :A1:2006/06/01(木) 15:01:25 ID:f8tCETWf
追加
>>152
>A1さん、もう一言おさらいね。
おさらい読んだし、レスしたし。
私はアダムスキーの話題に戻ります。じゃ、


155 :弥生:2006/06/01(木) 15:27:20 ID:RgZWlK3z
>>150A1さん、レスどうも。
今日はオムライス作りました。人参と葱しかなかったけど、カレー粉とケチャップで。
大成功♪(^D^)v

私の叫び? うーむ、残念ながら違います。
私は期待されていなかったですね。でも、期待されてた兄は、要領よく生きた。
私は母にダメ扱いされたほう。変わり者扱いされたの。
可愛く育ったのに、キャラが母好みじゃなくてさ〜。
私の「個性」を認めないくせに、外見褒められると嬉しがるの。

なんかさ、リアルでブスが「私愛されすぎるタイプなのォ」と言ってると、鼻につくじゃない。
A1さんに時々そう思う時ある。実力ないのに、何勘違いしてるんだと。


母が不安が強いのは確かだけど、きちんと私は言うし、話し合いができてますよ。
だから掲示板で自信持って書き込める。

母に恨みがあるとしたら、創作気質な私の邪魔をされたこと。
母には創作の才能無いから、娘の才能育てるとかは思わなかったみたいで。
都会なら家庭環境なんて様々なのに田舎だったからね。
今でも、子どもが漫画家になりたいが反対する話を聞くけど、そういうのは大抵田舎に住む親。w

156 :弥生:2006/06/01(木) 15:56:07 ID:RgZWlK3z
>>153
A1さん、レスありがとう。
何勘違いしてんのさ、馬鹿ね。w
私を切った理由など、あなたの問題でしょ。
私はあなたから切ってくれて、ホッとしてたんだから。(マジで)

私が言いたいのは、そちらから切ってもらっても、私は構わないということなんだよね。
風さんふうに言えばあなたは私には価値ないし。(前にも言ったけどね)

そちらから切った、去ったなら、G談話室スレ来ないでくれますか?
ケジメももういらないですし。

ゆーずどさんとは、ここで話せばいいでしょうから。
要は、makiさんファンへの処理があるから、困って、あなたと話してたわけで。

では、念のため、再度お聞きします。
Gメンバーズスレでの話の続きは撤回ということでよろしいですね?
今後一切、私はmakiさんを友人とは思わないということでいい?
これ、承諾してね。

あなたから断絶した以上、けじめ守ってね。
アダムスキースレでは、今後もよろしく。

157 :名無しさん@3周年:2006/06/01(木) 16:19:05 ID:kMkPynK2
なんだこの粘着は?

158 :弥生:2006/06/01(木) 16:42:34 ID:RgZWlK3z
>A1さん
みにふろGスレで起こしたトラブルの責任は取るべきですが、
返事が、私との話し合い拒否なら、批判、評価は掲示板続く限りしますから、了承してね。

たとえば、↓

>ロムの皆さん
このスレ立て人は、感情的になると、依存できるものならなんでも依存し、
問題が起きてもを真正面から事象を見ない女性です。
スレ違いな会話を自分からさんざん続けておきながら、
都合悪くなると「感性の違い」で、逃げるわけです。
新興宗教スレでさんざん自分の盲信・狂信ぶりを晒した女性です。
宗教も宇宙哲学も楽しいことだけ追及するだけで、
真実は好きだけど、人間としての正しい在り方は学習しない女性です。
A1氏は他人にさんざん迷惑かけておきながら、
その後も自分が可哀想な被害者、他は悪者として、
泣けばすむ、いつかは誰かに助けてもらえると業を深くしている性格ブスでつ。
GLAでは住人全員からつきあげくらい、去ったのです。
スレ主であったのを利用し、

ス レ を 自 分 で コ ン  ト ロ ー ル し た か ら で す。
______
A1氏批判例テストですた

159 :A1:2006/06/01(木) 18:30:40 ID:f8tCETWf
>弥生さん
>156
>Gメンバーズスレでの話の続きは撤回ということでよろしいですね?
私は禁止事項に同意できない旨伝えました。
同意できないから弥生さんが話の続きを撤回するというのならそれでいいです。

>今後一切、私はmakiさんを友人とは思わないということでいい?
あなたが決めることでしょ、何故わたしに聞くの?
>あなたは私には価値ないし。(前にも言ったけどね)
あなたにとって価値のない人間なのよ。

>私はあなたから切ってくれて、ホッとしてたんだから。(マジで)
それ聞いて安心しました。

160 :名無しさん@3周年:2006/06/02(金) 12:58:18 ID:1hNbFEnp
まぁ掲示板で喧嘩しても水掛け論になるからさ
ここではアダムスキーの宇宙哲学について気軽に語りましょうよ
価値観の押し付け合いじゃなく、お互い自分の事を客観的に判断できるのも
レスが残る掲示板ならではですからね

161 :A1:2006/06/02(金) 13:42:51 ID:HPniip9B
>>160
>ここではアダムスキーの宇宙哲学について気軽に語りましょうよ
賛成!!

【何回も登場するお気に入り】
>>2
>個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
>というのはその力が本人をアンバランスな行為という渦巻きの中に引っ張り込み、
>本人は真実にたいして盲目となるからである。

>人生について異なったさまざまな概念があるからといって一人だけが正しい事にはならない。
>いや、すべて真実なのだ。
>人間の心の中に抱かれる考えが何であっても、さしあたってそれは
>本人にとっては真理である。

>この世における人間の目的は真実なるものと真実ならざるものとを
>個人的に判断する事ではなくて、われわれが「原因と結果」の知識と一体化
>することができるように、われわれ自身を大自然と同意に置くことにあるのである。

>そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである


162 :A1:2006/06/02(金) 14:44:38 ID:HPniip9B
ここでちょっと仏教の「苦集滅道」について
http://enlighten.fc2web.com/ss2.htm
仏教聖典より
------------
【苦諦】
この人間世界は苦しみに満ちている。
生も苦しみであり、老いも病も死もみな苦しみである。
怨[うら]みあるものと会わなければならないことも、愛するものと別れなければならないことも、
また求めて得られないことも苦しみである。
まことに、執着[しゅうじゃく]を離れない人生はすべて苦しみである。
これを苦しみの真理(苦諦[くたい])という。

【集諦】 
この人生の苦しみが、どうして起こるかというと、
それは人間の心につきまとう煩悩[ぼんのう]から起こることは疑いない。
その煩悩をつきつめていけば、生まれつきそなわっている激しい欲望に根ざしていることがわかる。
このような欲望は、生に対する激しい執着をもととしていて、見るもの聞くものを欲しがる欲望となる。
また転じて、死をさえ願うようにもなる。
これを苦しみの原因(集諦[じったい])という。

163 :A1:2006/06/02(金) 14:45:39 ID:HPniip9B

【滅諦】
この煩悩の根本を残りなく滅ぼし尽くし、すべての執着を離れれば人間の苦しみもなくなる。
これを苦しみを滅ぼす真理(滅諦[めったい])という。

【道諦】
この苦しみを滅ぼし尽くした境地に入るには、八つの正しい道(八正道[はっしょうどう])を修めなければならない。
八つの正しい道というのは、正しい見解、正しい思い、正しい言葉、正しい行い、正しい生活、正しい努力、正しい記憶、正しい心の統一である。
これらの八つは欲望を滅ぼすための正しい道の真理 (道諦[どうたい])といわれる。

(パ−リ、律蔵大品1-6・パ−リ、相応部56-11-12、転法輪経)

仏は単にこの四つの真理を示すことによって人びとを導くのである。
(四十二章経 or 勝鬘経)


164 :A1:2006/06/02(金) 14:50:02 ID:HPniip9B
>>161を「苦集滅道」的に考えるとどうなるか
検討中です・・・続きは後で。

165 :弥生:2006/06/02(金) 21:46:28 ID:c5DF9NJF
>>157A1さん、レス、さんくす。必要なことなので、ひとコマいただきます。

では、成立ということで。
あなたからGスレ去った、で、戻る気はない、でよろしいですね。
今後、ケジメは守りましょうね。
この話はこれで終了です。(^-^)

GLAスレで思考停止してるとさんざん言われて、
まさか、ここでも思考停止じゃないといいけどね。

私はここにそもそもアダムスキーの話にきてるのです。
ちゃんとネタはふっていますが。

A1さんは都合悪くなると、スレの話題に戻るんですね。

さて、
オーソンはイエスらしいというのは友達から聞いたんだけど、
それについて本にはどうあるのですか?

166 :弥生:2006/06/02(金) 22:18:12 ID:c5DF9NJF
あ、補足。
「G談話室スレは自分から去った&話し合いはもうしません。二度と行きませんから」
という件については、ここでは終わりということです。
それ以外は、自由に語らせていただきますので。

過去のことで、風さんのごとく責任とってないままだもの。

今回のことも、自分からGスレで話し合いを要求したくせに、
自分からふみつけているのね。(気は確か?w)

なにが苦集滅道なの?
苦から逃げて、自分見つめたことがないひとに、なにが語れるわけ?
言い訳ばかり、目先の謝罪ばかり。心からの謝罪などなく、
最後は恨みと開き直り。常に「私ばかりこんな目にあう」がつぶやき。
「リアルは幸せ」がご自慢のA1さんが、
掲示板ではなぜこんなに人に迷惑ばかりかけるのか、
考えないまま、先に進んでいけると思ってんの?
リアルの幸せなんか、掲示板の他人に迷惑かけたことに関係ないでしょ?

GLAスレで批判された新興宗教盲信者A1さんが、
スレ主としてアダムスキーを語るなら、
宇宙哲学を通して、自己の反省をしてくださるよう、強く希望いたします。

167 :A1:2006/06/02(金) 23:18:10 ID:HPniip9B
>>165
>>157A1さん、レス、さんくす。必要なことなので、ひとコマいただきます。
>この話はこれで終了です。(^-^)
了解です。もう終わりにしましょう。


168 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 09:05:51 ID:TP4Bx8P0
オーソンがイエスらしいというのは初めて聞きましたね
アダムスキー全集に掲載されている内容でしょうか?

第1巻ではイエスの事を
「地球に生まれ地球人に創造主の法則の元で生き方を伝える」
というような感じだったと思いますが、どうなんでしょう。

169 :名無しさん@3周年:2006/06/03(土) 10:09:02 ID:P0/CZNdS
イギリスからUFOは存在しない

という関連のコメントがでたようですが、
詳しい情報をお持ちの方教えて頂けないでしょうか?

170 :弥生:2006/06/03(土) 15:55:50 ID:7f+r8EHK
>>168さん、こんにちは。
実はずっと気になっていました。オーソンのこと。
アダムスキー氏は妻の生まれ変わりの少女と会っているというあたりも、
金星に人が住めるというのも、
ヒューマノイド・タイプの宇宙人が何千人もいるというのも、
本人のも、本人以外の文献も、なぜか出会えない私です。
(これからだろうか?)

そういえば…以前、たまたまラ○ルの取材の話があった時、
私はコアな質問を幾つか用意していったのですが(私は取材助手でした)
某ホテルで待機していたのに、約束の時間直前、突然取材中止となったことがあります。
これも不思議だった。
「ニセモノとバレるとヤバイから避けたんじゃない?」と私が言うと、
「会うとマズイと予知できたんだから、ホンモノかもねw」と言った人がいたな〜w

私はマイヤーの円盤は信じていません。プレアデスは相性悪いし。
ア氏の真実が知りたいですよ。

171 :A1:2006/06/03(土) 17:40:45 ID:2lFPLxkf
>>169
>詳しい情報をお持ちの方教えて頂けないでしょうか?
情報を持っていらっしゃる方の投稿があればよいですね。

私は情報持っていないので、ネットで検索してみました。
横レスですが参考になればと思い
もしかしたら、この辺りかもしれないと思ったところ紹介します。
今年の5月15日の情報です。


http://www.physorg.com/news66919678.html
http://pda.physorg.com/lofi-news-defence-phenomena-objects_66919678.html

British skies UFO-free for last 30 years

None of the numerous UFOs reported over Britain in the last 30 years was a flying saucer,
the government said as it released previously secret defence files probing mysterious aerial sightings.
政府が過去30年における数多くのUFO報告書のどれひとつとして空飛ぶ円盤ではないと発表したようですね。

May 15 ,Space and Earth science
© 2006 AFP

http://translate.livedoor.com/
参考までに、ここの翻訳機能使いました。
意味不明な日本語になりますが・・。

そうそう、>>119でも、話題になっています。

172 :A1:2006/06/03(土) 17:57:09 ID:2lFPLxkf
補足です
>>171
UFO=未確認飛行物体
flying saucer=空飛ぶ円盤

173 :ROM :2006/06/03(土) 18:59:21 ID:HYJNoOTm
>>172
蛇足です。

後片付けのことも考えて流し台に向かって投げていた皿 ⇒ (×) UFO        
後片付けのことも考えて流し台に向かって投げていた皿 ⇒ (○) flying saucer   

>>139
米軍が飛ばしている場合もあり得るUFO ⇒ (?) UFO ※
米軍が飛ばしている場合もあり得るUFO ⇒ (○) flying saucer    


(米が宇宙人の可能性wを捨てきれない)  

174 :A1:2006/06/03(土) 20:47:14 ID:2lFPLxkf
ROMさん、こんばんは
>>173
う〜ん・・ならば私はflying saucerを見た事があります。
後片付けのこと考えるあたり冷静でしょ。

癒し堂ではお疲れ様です。
粗茶ですが・・・ドウゾ( ^-)_旦~~ 


175 :弥生:2006/06/03(土) 21:57:34 ID:7f+r8EHK
ROMさん
アメリカ軍が空飛ぶ円盤を飛ばしてる疑いは「=宇宙人はいない」ではなく、
情報と宇宙人を隠匿し、権力集中ということだと思いますね。
イギリスはどういうつもりで、UFOが宇宙人からの来訪ではないと否定するのでしょうか?
(そういうことですよね?)
裏に必ず何かあると思います。

今日世界の謎を特集する番組見ていましたが、
目新しさはなかったな。水晶ドクロ、黄金比、海中に沈んだ宮殿、
モントーク・プロジェクトのタイムワープ経験した著者たちのその後が知りたいなぁ。
あれも、オリオン星とつるんだ政府が絡んでいるとかに触れていました。

どの国の政府も、宇宙人からの未来に役立つ情報は、独占したいものですから、
民間の宇宙への視野を狭めたいとして情報操作すると思います。

だから、宇宙人とのコンタクトマンは、絶対沈黙していると思いますね。
イギリスで何か起きてるのかも知れません。

176 :A1:2006/06/03(土) 22:10:38 ID:2lFPLxkf
>>164
>>161を「苦集滅道」的に考えるとどうなるか

苦(苦の現実)・・・・破壊的な感情

集(理由)  ・・・・個人の意思が他人の意思によって邪魔される


滅(解決)・・・・〇〇 ← 苦がなくなった状態で(宇宙の調和)、
              この場合は破壊的感情および
              それに付随する行動の悲劇的結末を避けられる。
              &平和的解決策。

道(方法)・・・ *真実なるものと真実ならざるものとを個人的に判断する事ではなくて、
          われわれが「原因と結果」の知識と一体化すること
         *自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである

-----------------
>仏は単にこの四つの真理を示すことによって人びとを導くのである。
四つの真理って方程式みたいなものじゃないかなって気がします。
人々を導く方程式・・・・。
しかし、皿を投げてしまった・・。

177 :弥生:2006/06/03(土) 22:11:56 ID:7f+r8EHK
UFOで思い出したのですが、
ルネサンス時代の絵画に、UFOが描かれた絵画があるのですが。
私は今、手元に本がありません。誰が描いた絵だったかなあ。。。
当時の人々はUFOをあるがまま受け止めて、意味はわからず、
空に見えた不可思議な物体を、そのまま描き込んだのでしょうが…。

私の知りたいシリウス系に詳しい人と出会えたのに、
私が当時関心がなく、縁が切れたことがあります。
これからは、知りたいことは準備しておかないとなぁ、と思う今日この頃です。


178 :ROM :2006/06/04(日) 00:09:12 ID:IHH8Wqhh

弥生さん、こんばんは。
レスありがとうございました。
>>175
> アメリカ軍が空飛ぶ円盤を飛ばしてる疑いは「=宇宙人はいない」ではなく、
> 情報と宇宙人を隠匿し、権力集中ということだと思いますね。
(略)
> どの国の政府も、宇宙人からの未来に役立つ情報は、独占したいものですから、
> 民間の宇宙への視野を狭めたいとして情報操作すると思います。
稀少な情報があれば、そうなるでしょうね。(>>173で書いたのはよく映画にありそうなケースで、
アメリカ人の一部が宇宙人だとすると、その米軍が飛ばしている"UFO"は、地球人にとっては
依然として「未確認」飛行物体つまり「未知のものである」、というストーリーです。)
> イギリスはどういうつもりで、UFOが宇宙人からの来訪ではないと否定するのでしょうか?
> (そういうことですよね?)
> 裏に必ず何かあると思います。
もし単なる噂話であれば(それも、大きな社会現象になっていて政権を左右するような事態でも
ないわけですから)殊更マスコミに流れるように公表する必要はないかもしれませんね。

> 今日世界の謎を特集する番組見ていましたが、
書き込みしながらw私も見ました。
> モントーク・プロジェクトのタイムワープ経験した著者たちのその後が知りたいなぁ。
モントーク・プロジェクトという言葉を知らなかったので調べてみたら例の「フィラデルフィア実験」
と関連のある言葉だったんですね。
> だから、宇宙人とのコンタクトマンは、絶対沈黙していると思いますね。
この、コンタクトという分野は昔『ムー』で読んだ程度ですが、どのような能力なのでしょうね。
ジョディ・フォスターの『コンタクト』という映画なら観たことがありますがw。
                                               (つづきます)

179 :ROM :2006/06/04(日) 01:06:57 ID:u9fo86jC
( つづきです )
>>177
> ルネサンス時代の絵画に、UFOが描かれた絵画があるのですが。
> 私は今、手元に本がありません。誰が描いた絵だったかなあ。。。
これは↓どうですか? (ネット検索です)
http://www.246.ne.jp/~y-iwa/g%20christufo2.htm
http://www.246.ne.jp/~y-iwa/i%20christufo12.htm
> 当時の人々はUFOをあるがまま受け止めて、意味はわからず、
> 空に見えた不可思議な物体を、そのまま描き込んだのでしょうが…。
あ、それは面白いですね。「写真」のような純粋な記録になり得ますね。(デジカメの写真はもう
自由自在になってしまいましたが。)

> 私の知りたいシリウス系に詳しい人と出会えたのに、
> 私が当時関心がなく、縁が切れたことがあります。
その時に関心のない分野については、確かにその時は難しいですね。
> これからは、知りたいことは準備しておかないとなぁ、と思う今日この頃です。
昔「オカルト」か「ミステリーズ」(ウィルソン)の中の誰かの言葉として紹介されていたのですが、
失われてしまったと思える(知識を得る)機会はその人にとって必要なかったものであり、本当
に必要な知識は必ず得られるものだという考えを読んで、少し、安心した事を思い出しました。
(勿論これは、弥生さんの投稿を読んで思い出した、貴重な機会を逃してしまったであろう自分
への慰めと、言い訳と、そうであればいいな、という本の思い出で、弥生さんの今お知りになり
たい、シリウス系についてのことではありません。自分の「知りたいこと」が事前にはっきりして
いれば、アンテナも働いて、準備しやすいかもしれないですね。)


UFOについては宮台真司さんの次の記事もご参考になるかと思います。
MIYADAI.com Blog
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=326
【UFOの意味論が指し示す危機】

180 :弥生:2006/06/04(日) 02:31:46 ID:cHn8t9Zd
>>178-179ROMさん、レスありがとうございます。
コンタクトマンというのは、いろんな例がありますが、例えば、
テレパシーで宇宙人に呼ばれ、指定の場所に行くと、
身なりのきちんとした宇宙人がいて、会ってる人とかのことです。
木星とか金星とか連れていかれたり、テレポートできるようになったりします。w
(アダムスキーさんがそうです)

181 :弥生:2006/06/04(日) 03:25:24 ID:cHn8t9Zd
>>179
 ROMさん
たぶんリンクの中の1595年、ボナヴェベントゥラの絵です。(携帯で絵が見れない)
祈りを捧げる人々の頭上横に輝くUFOがあり、面白いと思いました。 

宮台さんのリンクどうも。ちがう意味で参考になりました。
UFO話はやはり、テレパシックな世界の話で、社会学からみるのは無理があり、
念と意思の意識化の結合物という気がします。(主観)
(主体(人間)と、客観的自我の)

コンタクティ横尾忠則はUFO体験後、画家になりましたね。
(北川恵子とかいうチャネラーがついてた時期あり)
彼の分析は無理ですが、妙に本当のこっだろうなと納得してしまう。 (゜〜゜)
SF作家でもない三島由紀男の「美しい星」ってUFOモノじゃなかったっけ。
面白くなかったけど、彼も、UFOに影響受けた時期があるんですね。
おやすみなさい。(^.^)

182 :ROM :2006/06/04(日) 05:23:29 ID:u9fo86jC
>>180-181
弥生さん、おはようございます。
レス、ありがとうございました。
>>180
> コンタクトマンというのは、いろんな例がありますが、例えば、
> 身なりのきちんとした宇宙人がいて、会ってる人とかのことです。
これ、いいな。w
> 木星とか金星とか連れていかれたり、テレポートできるようになったりします。w
これも、面白そう。

大きな声では言えないのですが友人に借りたまま帰りたがらない本が本棚あります。
もう、10年以上になるかもしれません。その本のことを思い出しました。

『1999年 高橋克彦対談集』
対談相手
矢追純一 横尾忠則 五島勉(Oh !) 小島露観 あすかあきお

183 :ROM :2006/06/04(日) 05:32:16 ID:u9fo86jC
>>182

一部です。
---------------------------------------------
横尾 三島さんはね、ときどき僕のコンタクトに出てきたんですよ。でもね・・・。三島
さんは、不思議なんですよ・・・。
(略)
UFOの中にいるんですよ。
(略)
高橋 それで、どういった話をするんですか。
横尾 三島さん、どうもこんにちは。元気?なんてね。すると、「何だね君は、そ
の口のきき方は。君はまだ礼節をわきまえていないのか。俺があれだけ言ったろう。
ワッハッハ」って。
高橋 (笑)もう、生きてるときとき通りですね。
(略)
高橋 やっぱり、あの時の三島さんより、遥かに年とって現れるんですか?
横尾 37歳。
高橋 ははあ、えっ?どういうことですか、それは?
横尾 自分のいちばん好きな年齢でいられるみたいですよ。充実していた年齢だった
んでしょうね。亡くなった45歳でしょ。                      
---------------------------------------------        P.60-P.61

184 :ROM :2006/06/04(日) 05:33:41 ID:u9fo86jC
>>181
> UFO話はやはり、テレパシックな世界の話で、社会学からみるのは無理があり、
何を見るか、見たいか、関心があるか、かもしれませんね。
> 念と意思の意識化の結合物という気がします。(主観)
> (主体(人間)と、客観的自我の)
よく憶えていませんが、この辺を追いかけていくとユングのUFO論に辿り着くような・・・。
(読んだかどうか、不確かなのですが。)
> SF作家でもない三島由紀男の「美しい星」ってUFOモノじゃなかったっけ。
たしかそうだったと思います。
> 面白くなかったけど、彼も、UFOに影響受けた時期があるんですね。
そして、乗っているようです(笑)。

それでは、また。(_ _ )

185 :ROM :2006/06/04(日) 06:03:14 ID:u9fo86jC
>>183 訂正です。
(正)高橋 (笑)もう、生きているとき通りですね。
(正)んでしょうね。亡くなったのは45歳でしょ。

186 :A1:2006/06/04(日) 07:53:04 ID:nkg6a7Kx
mayさんへ

>>123 :may:2006/05/21(日) 21:31:35 ID:ha0bPvgF
>充電も必要ですし・・・。
>また、お会いできたら、その時はよろしくお願いしまーす。
>暫し(と言っておきます)お元気で、ご多幸お祈りします。
充電終わりましたら、yumeちゃんの掲示板「怒り爆発スレ」にも
是非お越し下さい。
以前から雑談(or独り言)できるとこあればいいなと思っていました。
癒し板で、いいとこ見つけたけど下ネタで荒らされるのでうんざりでした。
たまたまお邪魔した「怒り爆発スレ」(yumeちゃんとこ)で落ち着けそうです。
旅の疲れを癒す露天風呂も用意してありますので(^-^)、
充電終わったら、またお話し始めましょ♪ 

187 :弥生:2006/06/04(日) 10:18:07 ID:cHn8t9Zd
>>186A1さん、おはようございます。
私は>>168-169の名無しさんは、mayさんじゃないかなかな、とふと思ったんだけど…

本の感想聞きたいなあ。
mayさん、また書かれるでしょ。はやく元気になられるといいですね。

パソコンじゃないから、イギリスのUFO否定の件、
興味あっても私は調べられなくて…。
でも、調べても、A1さんの投稿されたような内容で
限界かもしれないですね。(゚、゚)=3 タメイキ


>ROMさん、おはようございます。
レスどうも〜^^
後ほど、レスしますね。

188 ::2006/06/04(日) 21:05:20 ID:CQKiEGs6
こんばんわ
168-169は前スレからロムしてる私です。
なんか紛らわしかったかな?
イギリスがUFOの存在を否定したのは友人からのまた聞きでしたのでネットで詳しい情報を探していた所です。

189 :弥生:2006/06/05(月) 15:39:49 ID:ldfOz8YC
>>188さん、コニャニャチハ〜コテの読み方がわからず、漢字が出ない。。。 
イギリスのUFO否定、私も詳細ちょー知りたいYO!!
でも、たぶんムリポ。
そのことに関する評文なら、出てくるかもですが。
どうも〜、よろしくお願いします。(^◇^)


190 :弥生:2006/06/05(月) 16:21:16 ID:ldfOz8YC
>>184
>何を見るか、見たいか、関心があるか
そうなんですよね。
宗教のカリスマの天使、神の来訪だとだと「あちらから選ばれた」感じで
アピールする場合が多くありませんか? 
「私は特別な存在である」「君達は私のもとに集うべく選ばれた、
過去生で約束した同士なのだ」みたいな。w
もちろん、苦労、修行の果てに、を貫く教祖もいるでしょうが。

UFOとのコンタクトは、それより自我の欲求で呼ぶみたいな感じが多いような気がします。
(詳しい人がいるといいな)
念とか、意思の力で、それこそ力技で。w
(念力?)
TVや本などで見た印象ですが。
欲求が純粋なものなら、「あちらがキャッチする」感じなんだよね
秋山真人さんは一か月念じ続けたら…と本で言ってたかな。(うろ覚え)

あと、知人に言われたのは、
UFOに乗ったとか、宇宙人の子供を身ごもったなどを告白する人々は、
なぜ貧乏な人が多いのか? ということ。と疑問持ってました。
(日本のコンタクティーは、みんな貧しくないと思うけど)

191 :弥生:2006/06/05(月) 16:57:28 ID:ldfOz8YC
>>184ROMさん、続きっす。
ユングのUFO論てのがあるのですか。ヘェ〜('。') 記憶にないなー

フィレモンという内的指導者?がユングにはいませんでしたか。
清田氏ならゼネフ、アブラハムならヤハウェ? (ちと違うかw)

UFOを呼ぶ潜在的集団無意識のことかな?
ユングで思い出したのですが、
「ダークグリーン」(佐々木淳子作)
てコミックスを持っていますが、
人類が共通の夢を見るのですが、内容はゼルという「邪悪な存在」で、
それに負けると、現実に死を迎えるというものです。
ユングの心理学を表現したコミックだと評論で読みました。

UFOがやってくるのは、個人的なことばかりでもなく、
前スレかにあったかな、政府首脳に会いにくる宇宙人の話題…
我々の知らない個の自我の深くで、人類とひとつになった潜在意識がUFOを呼んでるのに、
国単位で、情報操作が、過去もまた今も行われているかもしれませんね。
人類がショックを受けないようにしているのかもしれない。
宇宙人にも闇系と光系があるのかもだから。

192 :A1:2006/06/05(月) 18:39:48 ID:sGorQGSf
焔さん、こんばんは
>>188 :焔 :2006/06/04(日) 21:05:20 ID:CQKiEGs6
>イギリスがUFOの存在を否定したのは友人からのまた聞きでしたのでネットで詳しい情報を探していた所です。
英語がわかれば、
ネットでいろんな情報収集できそう・・というのがgoogleで検索した感想でした。
探しているとき、secret defence files (機密防衛ファイルとでも訳すのでしょうか)
の内容を掲載しているようなサイトもちらっと目にしましたが、
そのまま通り過ぎてしまったし・・また見つけるの無理っぽい。

私は「アダムスキーの宇宙哲学」を読みながら感じたことなど投稿しています。
仏教、宇宙・・あちこち脱線しながら自分のペースで投稿中です。
どうぞ、よろしく。m(__)m

193 ::2006/06/05(月) 19:43:01 ID:HUH2F9J1
>>189
弥生さん
はじめまして、よろしくお願いしますね
情報の出所が何かの雑誌らしいんですが、、、すいません中途半端で
何かの研究機関らしく、他の惑星に生物はいないと発表したらしいです。

>>192
A1さんこんばんわ、すいません
順番が逆になりましたが、情報ありがとうございました。
サイトも翻訳機能を使って読みましたが、ちょと難しかったです><

私は生命の科学でちょと難解な表現につまづいてます。


194 :ROM :2006/06/05(月) 20:36:07 ID:vu+ovlmu
A1さん、こんばんは

>>192
> 探しているとき、secret defence files (機密防衛ファイルとでも訳すのでしょうか)
> の内容を掲載しているようなサイトもちらっと目にしましたが、

次の二つは、どうですか?

(原文)
http://www.forteantimes.com/exclusive/DS7.shtml
(原文)
http://www.uk-ufo.org/condign/fswpcmnt2.htm

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-20,GGLD:ja&q=The+Flying+Saucer+Working+Party%27s+conclusions
BRITAIN'S SECRET UFO FILES - [ このページを訳す BETA ]
FSWP commentary - [ このページを訳す BETA ]



翻訳ページに「働き党」という言葉がありました。働きそうですね。

195 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:00:07 ID:RLS2F1iv

UFOってCIAが飛ばしてるんじゃね?
アブダクションもCIAっしょ

なんで日本にアブダクティーっていないんだろ?
ふすぎ


196 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:05:41 ID:RLS2F1iv

思うに、アメリカって歴史が浅い国だから
日本の“民話”のようなものがないんだよね

妖怪とか“もののけ”とかさ

いま、彼奴らは民話を生成しとるんだよ
いや、必要としてると言ったほうがいいかもね

それが“宇宙人”あるいは“金星人”ってわけなのさ


197 :ROM :2006/06/06(火) 02:06:07 ID:Rpll+86e

弥生さん、こんばんは
>>191
> ユングのUFO論てのがあるのですか。ヘェ〜('。') 記憶にないなー
手元にあるのは自我や無意識の本だけでUFOの話は立読みだったのかもしれません。
ネットで見てみたら『空飛ぶ円盤』という題名の本がありました。

夢前案内人「臨床ユング心理学」:参考文献一覧
http://therapy.under.jp/dream/files/reference.html
『空飛ぶ円盤』
 著:C・G・ユング
> いわゆるUFO(Unidentyfied Fling Object:未確認飛行物体)、これを「心理的、内的ファンタジーの
> 投影」と見るユング。この着想からだと、一見狂っているとしか思えない精神病者の妄想妄言が、
> 意味のある事であると分かり、それを病理現象とだけしか見ない精神医学の立場より数段治療的
> 観点であると言える。いわゆる「霊感、霊視」の類の殆どもこれと同列で語ることが出来るが、、、。 

この後の紹介文が大変興味深いものでした。

> ユングの素晴らしい点は、客観的、実存的、物理的と我々が認識していること、と、主観的、内在的、
> 心理的な事象とが、想像する以上に区別でき得るものではない事を、そしてその「区別できないもの」
> をどう区別するのか、に挑んでいる点である。

198 :A1:2006/06/06(火) 14:15:27 ID:xWOnSmMJ
焔さん、レスありがとう。
>>193
>情報ありがとうございました。
ご丁寧にありがとうございます。 m(__)m

>私は生命の科学でちょと難解な表現につまづいてます。
難解ながらも、気になったり、心に響いたり、意味を知りたいと
心が要求している箇所があったら、ここに書いてみるのもいいかもです。

199 :弥生:2006/06/06(火) 14:19:34 ID:euWV63X6
(ちょと一言) 
今は慣れたました、しかし、それあれからました、
エキサイト翻訳よってで英語サイト読んでたました、
数日間頭痛ことあるますでした。
今では、平気な読むできるます。
今それから外出準備そうです。

200 :A1:2006/06/06(火) 14:23:08 ID:xWOnSmMJ
ROMさん、こんにちは
>>194
>次の二つは、どうですか?
紹介ありがとう。
上のは、メンバーにならないと読めないのかなぁ・・
昨日クリックしたときとは違う画面が出てきます。(謎)

下の方はおもしろそう・・・お気に入り入れておきます。

UFO情報いつか読みたい。変な日本語解読したい
やりたいことがありすぎて集中できない。
今、英語はゴッホの手紙で精一杯です
1873年1月ゴッホ19歳のとき弟のテオにあてた手紙が最初です。
すこい、繊細といおうか就職したばかりの弟への気遣い、
心配り、思いやりのある文章で驚いています。
私はゴッホに関する知識はゼロですので、これも少しずつかな。

最初は大変でもkeep heart(勇気を失わない) であれば、大丈夫と手紙で
アドバイスしていました。一瞬ゴッホの人生観にふれたようでした。
給料があがったと喜んで、テオもゴッホと同じ商会に就職したので
こんなに働き甲斐のあるところだよと希望をもたせてくれたり。

1890年・・・・・・・・・(沈黙)

スレ違いの話でした、
これから先、読んで思うことがあったら癒し堂のほうへ感じたこととか書こうかな。
じゃ、また。

201 :A1:2006/06/06(火) 14:38:09 ID:xWOnSmMJ
>翻訳ページに「働き党」という言葉がありました。働きそうですね。
↑笑った(^-^)

1950年10月創立したみたい、
で、「働き党」(正確にはなんと訳すの?)って何して働いていたのかしら?

>>195-196
りのさん、こんにちは。
イギリスは歴史が古いけど。。。。
イギリスでのUFOの話題は「りのさん的」にはどんな解釈?

202 :ROM :2006/06/06(火) 14:57:27 ID:Rpll+86e
A1さん、こんにちは

>>201
> で、「働き党」(正確にはなんと訳すの?)
Working Party
「特別調査委員会」でしょうか?(by Yahoo!翻訳w)

203 :弥生:2006/06/06(火) 15:04:26 ID:euWV63X6
>>198
A1さん
同意。
本をこれから読む方もいると思うでつよ。(私も…)
>ホノオ(さんでいいすか?)さん
ゼヒゼヒ暇な時でもよろ。

さてマッタリしよっと。(`.`)yー~~

しかし、イギリスが他の星に異星人はいないとの否定?
裏になにがあるんだろうか。
あまりに地球には、まだまだ未知の、宇宙的古代遺物が多すぎると思いますが。

宇宙人が霊的進化遂げてたら、肉体がない場合もあるから、
地球でいう「人間」とはいえませんが、
たとえ種の起源は違っても、
人間のような社会と文明を持った生物がいないと証明できないはず。
イギリスの説は経過報告にすぎないっすよ。(だと思いまふ(-.-)

204 :ROM :2006/06/06(火) 15:12:01 ID:Rpll+86e
A1さん
>>200
> UFO情報いつか読みたい。
焔さんも探されていた「UFOの存在を否定」したという報道については
イギリス国防総省のウェブページに5月15日に公表される、とどこかに
書いてあったので見てみたのですが、よくわかりませんでした。w

205 :弥生:2006/06/06(火) 15:21:08 ID:euWV63X6
>>197ROMさん
レス後ほど。いろんなことが浮かんだです。
>A1さん
挨拶が遅れましたが、あらためて、よろしくお願いします。

206 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/06/06(火) 15:21:21 ID:WWJxxaoR
http://www.mod.uk/DefenceInternet/DefenceNews/DefencePolicyAndBusiness/UfosExistItsOfficial.htm
イギリス国防省のUFO関連ってこの記事かな?

取り急ぎ。

207 :弥生:2006/06/06(火) 15:32:39 ID:euWV63X6
>>206旅人さん、ありがトン

(゜▽゜)キターーーーーッ!!!



…でも、出かけなきゃ。。。(..)ショボーン

208 :ROM :2006/06/06(火) 15:43:20 ID:Rpll+86e
>>206 無所属な旅人さん

こんにちは
> イギリス国防省のUFO関連ってこの記事かな?
「イギリス国防省」だったんですね。
昨日私もそのページを見たのですが何故かその時翻訳機能wが働かなくて
よくわからなかったのと、事前の報道では400ページ程の報告書の要約だと
いうことでしたので、少し短いのかなと思ったりして結局わからず終いでした。

209 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/06/06(火) 15:54:03 ID:WWJxxaoR
http://www.mod.uk/DefenceInternet/FreedomOfInformation/PublicationScheme/SearchPublicationScheme/
読めるならこちらから、詳細レポート。

写真にとったレポートそのものッポイです。
(PDFファイルが其れ。レポートには機密を示すスタンプが押されています。)

目を通す時間無いので確認で2個だけひらいてみました。

210 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/06/06(火) 15:57:19 ID:WWJxxaoR
>>ROMさん
国防省と国防総省と訳が二分してますので、どちらでもw

PDFは写真でしたので、文章の自動翻訳にはかけられません(^-^;
私、そのまま読みますがw(時間が無いので後回し。

211 :ROM :2006/06/06(火) 16:33:27 ID:nbSNEwBC
>>209-210 無所属な旅人さん

不勉強、語学力不足が身に沁みます。w
>>210
> 国防省と国防総省と訳が二分してますので、どちらでもw
ホッ
> PDFは写真でしたので、文章の自動翻訳にはかけられません(^-^;
昨日実はここまで来て、わからなくて、おまけに動画だと思って(POFって、書いてありましたね)、
帰ってきてしまいました。
> 私、そのまま読みますがw
うらやましいです(笑)。

お忙しいところ、ご丁寧にありがとうございました。

212 :ROM :2006/06/06(火) 16:35:31 ID:nbSNEwBC
>>211
POFって、orz

213 :名無しさん@3周年:2006/06/06(火) 20:21:10 ID:Pp4svPPX
真光の教祖、岡田光玉師は、生前 U F O を呼んでいたぞ!

214 :A1:2006/06/07(水) 01:09:08 ID:/ZBj47hR
弥生さん、
>>205 :弥生 :2006/06/06(火) 15:21:08 ID:euWV63X6
>挨拶が遅れましたが、あらためて、よろしくお願いします。
ご丁寧に恐縮です。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。 m(__)m


215 :ROM :2006/06/07(水) 03:16:21 ID:LtptP8x0
A1さん 弥生さん
いろいろなスレでレスができていないと思います。
不義理をしていますが、故意はないのでご容赦。
申し訳ないです。(ずっと気になっているので)

216 ::2006/06/07(水) 14:15:13 ID:uDUXP86k
弥生さん、焔でいいですよ、よろしくお願いしますね

ROMさん
はじめまして、また何か思う事がある時に訪れます。

217 :A1:2006/06/07(水) 18:06:58 ID:/ZBj47hR
ROMさん
>>215
>不義理をしていますが、故意はないのでご容赦。
不義理でしたらROMさんへレスしないでいるもの、過去、たくさんあります。
こちらのほうこそ数々の不義理どうかご容赦願います。 m(__)m
&お気遣いありがとう。

>>209
こちらでは初めまして。
お忙しい中、紹介ありがとうございます。


218 :ROM :2006/06/07(水) 18:37:54 ID:J24Vsh/T
>>216
焔さん、こんにちは。
はじめまして。

よろしくお願い致します。

219 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/07(水) 21:23:35 ID:V92St32I
>>201
>>195-196
>りのさん、こんにちは。
>イギリスは歴史が古いけど。。。。
>イギリスでのUFOの話題は「りのさん的」にはどんな解釈?

いや、だからアメ〜リカのクソ下らん妄想に鉄槌を下したんでしょう
いささか遅きに失した感は否めませんが

エゲレスにUFOは必要ないのよね
ってゆーかヨーロツパ?
元から、もののけがウヨウヨいるじゃん

アメ〜リカってなんか、もののけの入る余地ないのよ
深くて暗い森みたいな、ジメっとした場所が

だから広大に開けたところに飛来する“のっぺらぼう”の目のクリクリっとした
グレイに行っちゃうわけなのさ


220 :A1:2006/06/08(木) 11:14:42 ID:FrBOQ5gm
無所属な旅人さん、
>>217で、名前を書き忘れていました。
どんだ失礼を・・・
あらためまして、よろしくお願いします。

りのさん、こんにちは
>>219
>エゲレスにUFOは必要ないのよね
私日本人だし。。。。。英語さっぱりわからないし
海外の事情に疎いので、
りのさんみたく「必要ない」と、きっぱりいい切れないです。

歴史があって、もののけうじゃうじゃな国に住んでいても
実際空に不思議なものや現象を目にしたら、不思議の正体を知りたくなるのが人の常。
りのさんだって不思議体験したら、「あれは一体何だったのか?」
知りたくなりませんか?
だから、りのさんがいう「必要でない」という意味がよくわからないです。

あとそれと、
目にした出来事をどう認識するかは、どう見たいかにも影響されるのかな。


221 :A1:2006/06/08(木) 11:20:19 ID:FrBOQ5gm
UFOの前提がりのさんとわたしとちょっと違うかも。
気になったので、↓参考に

1>>72 :A1:2006/06/03(土) 17:57:09 ID:2lFPLxkf
補足です
>>171
UFO=未確認飛行物体
flying saucer=空飛ぶ円盤


222 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/06/08(木) 12:30:43 ID:hPfGEy5v
>>220 A1さん
あ〜、こちらこそ、ご挨拶もなしにいきなり話に入ってしまってw

事実の部分と'よみまつがい'や誤訳、曖昧な表現に注意してみてください。
英語圏の文章はこの辺しっかりしてますので♪

223 :弥生:2006/06/08(木) 14:28:57 ID:g1eaOrEt
フライング・ソーサーは、未確認飛行物体の中に含まれるということでは?
空飛ぶ円盤はだいたいUFOといわれていないかな?
光る物体の時もあるけど。

「空飛ぶ円盤=UFOはアメリカが飛ばしてるかもね」という話ではないの?
ゆえに、「空飛ぶ円盤=UFOは宇宙人が飛ばしてるのではない」

再度リンク読んでこよう。よくわからんけど。


224 :A1:2006/06/08(木) 15:44:30 ID:FrBOQ5gm
弥生さん、
りのさん宛て>>220
考えてレスしたんだけど、読解力がないから明後日の方向むいていた予感。

>「空飛ぶ円盤=UFOはアメリカが飛ばしてるかもね」という話ではないの?
かもねという推測からはじまって
飛ばしていると断定して話を進めているんじゃないかなぁ。
なんか、混乱してきます。

-------
195 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:00:07 ID:RLS2F1iv
UFOってCIAが飛ばしてるんじゃね?

196 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:05:41 ID:RLS2F1iv
いま、彼奴らは民話を生成しとるんだよ
いや、必要としてると言ったほうがいいかもね

219 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/07(水) 21:23:35 ID:V92St32I
いや、だからアメ〜リカのクソ下らん妄想に鉄槌を下したんでしょう
いささか遅きに失した感は否めませんが
------

225 :弥生:2006/06/08(木) 15:44:32 ID:g1eaOrEt
http://www.mod.uk/DefenceInternet/DefenceNews/DefencePolicyAndBusiness/UfosExistItsOfficial.htm
結局、よくわからなかったな。。。
(エキサイトで翻訳してみたけど)

226 :A1:2006/06/08(木) 16:04:10 ID:FrBOQ5gm
無所属な旅人さん
>>222
>事実の部分と'よみまつがい'や誤訳、曖昧な表現に注意してみてください。
>英語圏の文章はこの辺しっかりしてますので♪
曖昧な日本語と意味のわからないしっかりとした英語・・
加えて、私の明後日的読解力・・汗(^^ゞ

>>209
>写真にとったレポートそのものッポイです。
>(PDFファイルが其れ。レポートには機密を示すスタンプが押されています。)
見ました。SECRETのスタンプは感動ものでした。写真が大きくてもうけた気分。
あれって、スキャナーで取り込んだのかな。
出所は信用おけるのかな? どうやって手に入れたの?
本物?
UPしている背景を知りたいとか次々思い浮かんでいるところです。


227 :弥生:2006/06/08(木) 16:16:24 ID:g1eaOrEt
>>224 A1さん、こんばんは。
いや読解力というより、私はほぼ願望と想像で書いているから。w
だって訳がわけわかんないんだもん。(誰もわるくないよね〜(^^;

よろしければ、>>225のリンクを、エキサイト翻訳でも読んでみてください。
http://www.mod.uk/DefenceInternet/DefenceNews/DefencePolicyAndBusiness/UfosExistItsOfficial.htm
エキサイトウェブ翻訳
http://www.excite.co.jp/world/english/web/

久しぶりに自分のパソコンなので(それに休み♪)昨日からいろんなサイト
行ってます。掲示板はボチボチ。
でもまた、しばらくパソコンから離れます。それからは…今は考えまい。
(今の方が忙しいんだけどね)

228 :弥生:2006/06/08(木) 16:18:03 ID:g1eaOrEt
エキサイトとグーグル、翻訳が微妙に違いますYO。
たとえば、もうどのリンクかわからないので略しますが、訳文比較すると
以下のようになります。

・・……………………………
↓エキサイト翻訳
>アメリカ人がロズウェルで墜落しているUFOを回収したなら、明確に彼らの
>最も近い同盟国さえ十分な“は. ”を知る必要がさせませんでした。
>その上、イギリス人は、UFO目撃例における'ピーク'が「目撃例が起源で
>心理学的であるかもしれない範囲を示し」ながら密接にメディアの宣伝の
>一区切りに続いたというアメリカの意見を共有するか、製品でした冷戦の恐怖の。

↓グ―グル翻訳
>アメリカ人がRoswellで衝突されたUFOを回復したら、はっきり均等にしなさい彼らの
>最も近い同盟国を持たなかった十分な「知る必要性を」。
> なお、イギリスはUFOの目撃の「ピーク」が密接に目撃が起源で
>心理的」であるかもしれない続いたりまたは冷戦の恐れのプロダクトだった範囲を
>示す媒体の公表「の期間にアメリカの眺めを共有した。

・……………
さて、出かけるか。

229 :無所属な旅人 ◆TripFe2LDA :2006/06/08(木) 16:30:26 ID:hPfGEy5v
>>226 A1さん
背景も何も、その紹介したページに書いて在るよw(ニュースのほう)

このサイト自体イギリス国防省のホームページで
空軍保管のレポートだと有るのですが(^-^;

230 :A1:2006/06/10(土) 00:15:43 ID:mN01bt4w
無所属な旅人さん
>>229
>空軍保管のレポートだと有るのですが(^-^;
教えてもらわなければ気がつきもしません。
わぁぁぁぁぁ きゃぁぁぁぁぁ (なんか超恥) 笑うしかない!!
って感じで転げ回っています (^^ゞ

ありがと m(__)m

231 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 00:22:58 ID:ZrsLt7JD
>>195 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:00:07 ID:RLS2F1iv
>UFOってCIAが飛ばしてるんじゃね?

あと、超古代文明が残した機体なんてのもよくある話で
ラピュタみたいなもんだね

>>196 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/06(火) 01:05:41 ID:RLS2F1iv
>いま、彼奴らは民話を生成しとるんだよ
>いや、必要としてると言ったほうがいいかもね

日本で「宇宙戦争」がラジオ放送されても、パニックになることはない

>>219 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/07(水) 21:23:35 ID:V92St32I
>いや、だからアメ〜リカのクソ下らん妄想に鉄槌を下したんでしょう
>いささか遅きに失した感は否めませんが

イギリスに“グレイ”は存在の余地がない
アブダクティーもいない気がする

なにせ狭い島国だから
そういう意味では日本と似ているなあ


232 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 01:03:26 ID:ZrsLt7JD

こんなワタシでも、ときどきはトンデモなことをする
たとえばダウジング(ペンデュラム)である
これはもちろん作家平井和正の影響だ

実は、こう言っちゃなんだが、どうやら振り子の才能があるらしいのだ、ワシ
振り子には“宇宙意思”が宿ると言う
振り子を操る“オペレーター(宇宙意思)”は、なんでも教えてくれる
もちろん回答を拒否することもある

半信半疑でやってみたワシは、その動きに相当驚いたりしたものだ
UFOについては、特に興味ないので、聞いたことはないが
たとえばいつだったか、

「た○○○○○○氏は、ミ○○○ですか?」とかいった質問をしたりしてみた
無論、答えをお教えすることはできない

不覚筋動と呼ばれる生理現象である、と言われればそれまでだ
だが、ワシにおいてその答えは100発100中だった
その上で未知の、不可知の世界の質問にも答えてくれたのだった

それは恐ろしいことでもある
ワシはついに自分の寿命を聞くことができなかった

と、正直に告白しておこう


233 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 09:34:20 ID:ZrsLt7JD
>>232

振り子は“Yes”と“No”しか答えることができない
だから、

UFOはCIAが飛ばしているんですか?

──Yes

UFOは超古代文明が残した機体ですか?

──No

UFOは自然現象の一種ですか?

──Yes


といったように、オペレーターが答えやすい質問を繰り返し、答えを絞り込む
上の場合だと、UFOの形態が複数存在することがわかり、
その一つにCIAが噛んでいることがわかるのである。



234 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 09:42:01 ID:ZrsLt7JD
>>233

それから、私利私欲に基づく質問には答えないように思う
切実な、真心を持った質問にこそ確実に答えると言えるだろう

あとは、オペレーターがあなたのことを気に入らなければ(才能がなければ)、
振り子は微動だにしない

以上、ペンデュラムに関する報告
スレ違いスマソ


235 :A1:2006/06/10(土) 13:36:54 ID:mN01bt4w
りのさん
>>233
もしよろしければ、振り子さんに聞いてください。

【質問】

すべてのUFOはCIAが飛ばしているんですか?
(UFOの前に「すべて」を追加してもらっていいですか?)

236 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 18:59:18 ID:ZrsLt7JD
>>235

A1さん、ワタシは今、めったなことで振り子は使わないし、
振り子占い師でもないので(笑)他人様のことを占ったりもしません

あしからず、ご了承ください
一番手っ取り早いのは、ご自分で試してみることです
誰でも簡単にできます

ただ、その【質問】が本当にA1さんに必要なことなのかな? という気はしますが
たぶん振り子にたずねるまでもなく、答えは出せるシロモノだと思います


237 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/10(土) 19:07:27 ID:ZrsLt7JD
http://www.moonmadness.jp/pendulum.html

ん〜〜ここのはちょっと高いなあ
自分でつくっちゃってもいいと思うんだけどね


238 :弥生:2006/06/10(土) 20:08:49 ID:/tRlZWso
(^^)じゃね

239 :A1:2006/06/10(土) 22:34:03 ID:mN01bt4w
りのさん
>>236
>あしからず、ご了承ください
了解 (^-^)

>ただ、その【質問】が本当にA1さんに必要なことなのかな? という気はしますが
必要かどうかはわからないけど次々知りたいことが浮かんでくるの。
例えば、振り子の示すとおりCIAがUFOを飛ばしていたとする。
&UFOは自然現象yesだけど、CIAが飛ばしているのなら
すべてのUFOが自然現象ではないわけで一部は自然現象と解釈するのが自然とか。


CIAがUFOを飛ばしているはyesだけれど
すべてのUFOがそうなのかには言及していない。
CIA意外にUFOを飛ばしている可能性は残されたまま。。。とか、
で、そこんところ振り子さんに聞いてみたくなったわけです。

>>237
>自分でつくっちゃってもいいと思うんだけどね
一目ぼれしたほのかに青みをおびた800円の水晶を持っているけど
有効活用できないかしら・・・

240 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/11(日) 00:12:38 ID:mtk/kRJq
>CIAがUFOを飛ばしているはyesだけれど
>すべてのUFOがそうなのかには言及していない。

「言及していない」なんて言われてもなあ……ポリポリ
それってあくまで「こんな感じ」で書いただけだしぃ…

>CIA意外にUFOを飛ばしている可能性は残されたまま。。。とか、
>で、そこんところ振り子さんに聞いてみたくなったわけです。

うんだからね
そうした質問を繰り返して、絞り込んでいくわけ
でも、うまく聞かないとオペレーターも困って返答できないよ、A1さん
どうも困り果てる予感がする

>>237
>>自分でつくっちゃってもいいと思うんだけどね
>一目ぼれしたほのかに青みをおびた800円の水晶を持っているけど有効活用できないかしら・・・

あ、活用できるんじゃない?
問題はどうやってチェーンをつけるかだけど…
アクセサリーとか趣味で作っている人に頼むとか

がんばって、UFOのこと聞いてみてね



241 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/11(日) 01:44:11 ID:mtk/kRJq

でも不用意にCIAとか書いちゃっていいんだろうか?

ネット上は監視されてたりしないだろうか?

という不安がよぎったりして

CIA、意外にUFO飛ばしてるなあ

というギャグはさておき…


242 :A1:2006/06/13(火) 10:11:51 ID:8lekTqEl
りのさん、おはようございます
>>241
>ネット上は監視されてたりしないだろうか?
技術的には可能なんですよね。
でも、日本語読めないんじゃないの?

>CIA、意外にUFO飛ばしてるなあ
漢字間違っていました 
「CIA意外」じゃなくて「CIA以外」でした m(__)m

>>240
>どうも困り果てる予感がする
(爆)
オペレーター泣かせになりそうな予感。
きっと、思いついた質問次々にするよ。
それらをまとめて自分なりのひとつの結論を導くのが好きだな。
もともと霊感ゼロだし感性鈍いから、振り子さんとは
意思疎通難しそうです。


243 :ROM :2006/06/13(火) 10:42:15 ID:pLp4iAj2
>>242 A1さん
横レスです。
> でも、日本語読めないんじゃないの?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E5%B1%80
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3

244 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/06/13(火) 15:58:26 ID:3FYZmDCv
>>242
>でも、日本語読めないんじゃないの?

日本語読めないCIAってどうよ?

>きっと、思いついた質問次々にするよ。
>それらをまとめて自分なりのひとつの結論を導くのが好きだな。

“Yes”“No”で答えられない質問は「却下」だろうなあ

>もともと霊感ゼロだし感性鈍いから、振り子さんとは

あ、霊感関係ないからw
レスちゃんと読んでね

>意思疎通難しそうです。

そうだね
掲示板での意思疎通が先だね



245 :弥生:2006/06/13(火) 16:23:24 ID:cnO9PQBg
みなさん、こんにちは♪(タオさんのスレふう)w

ちょっと!
あたし今さ、神社ハマッてるんだけど、
鞍馬山(京都)にさ、奥ノ院魔王堂ってのがあるらしいんだけどね、
鞍馬山の山奥に、650万年前、金星から人類救済のために、
サナト・クマラの神がつかわされたんだって〜。(ワーオ☆)
それがこの魔王堂に祭られているそうな。(本当かい!?
鞍馬山を歩いた紫式部も清少納言も知っていたのかもね。
天狗と牛若丸も駆け抜けた山でつ。
念力(超能力)のジャパニーズ故郷のひとつかも?

聞いたことはあったんだけど、びっくりしたので、カキコ(^^♪

246 :弥生:2006/06/13(火) 22:36:18 ID:cnO9PQBg
>>245補足
お友達情報。
鞍馬山はかなりヤバイということらしいでつ。
精神的に不安定な方、時期は行っては駄目な場所かもですね。。。
行く前に、ネット情報なども確認していくといいかも。
旅行者として訪れてどうだったかとかさ。

邪悪な念が、今も、あちこち澱んでいるのかもしれないな。(溜め息)

247 :A1:2006/06/19(月) 18:59:10 ID:Nw/jVy2N
皆様、こんばんは

突然で申し訳ありませんが、
パソコンを修理に出しますので、しばらくこちらへ投稿
できなくなりますこと、お知らせします。

他にもパソコンありますが、そちらのほうは、設定の関係で書き込めないのです。 (T_T)
しばらくはロム専です。

パソコンを使えるようになりましたらまた連絡しますので
どうかよろしくお願いします m(__)m

248 :名無しさん@3周年:2006/06/20(火) 07:48:31 ID:JJ+u/R9f
羽咋の天使w

249 :弥生:2006/06/20(火) 14:32:37 ID:DwoqvjcO
>>247A1さん
あ、そっか。
ヨカヨカ。(^^)

パソ太郎お帰りになられた暁には、
再び宇宙のミステリーを楽しもう♪


ではしーゆーあげいん☆

250 :弥生:2006/06/26(月) 16:06:08 ID:m06/O03Y
ちょい、ラクガキ♪
私はシリウスに関心があるのですが、
アフリカ、マリ共和国のドゴン族は神話に基づく暮らし方しているそうです。
シリウス星や宇宙の知識が構成された神話は、いったいどこからきたのでしょうか。
UFOがアメリカが飛ばす以前に未知の何かが来てなければ、ドゴン族に、
超能力者か霊能者がいたか、UFOが飛んできて交流を持っていたかとかだろうと
しか考えられない。
イメージ貧困かもね。(スマン)

トンデモ話だとは思わないけどね。
なんか謎が多杉。。。

251 :名無しさん@3周年:2006/06/27(火) 02:33:08 ID:9gLPNsQ6
>アフリカ、マリ共和国のドゴン族は神話に基づく暮らし方しているそうです
UFOとどう関連がある話なの?

252 :名無しさん@3周年:2006/06/27(火) 11:07:59 ID:EzkVXE1K
>>250
>シリウス星や宇宙の知識が構成された神話

何を言っているの?
シリウスの話とかアダムスキーの書物ででてきたっけ?

253 :弥生:2006/06/30(金) 02:36:40 ID:+5RUdt/Y
>>251-252
>>250はA1さんが留守なので、保守で書いたの。
当然、みんな知ってるものだと思いましたよ。
トンデモ・ネタだからスルーしてください。
興味あるなら、ロバート・K・G・テンプルで検索してみてください。

シリウスに関する記述
http://www.osk.3web.ne.jp/~asterope/sirian3.html
>何千年もの間に目に見えないシリウスB星を、崇拝してきたアフリカの種族、
>ドゴン族は、シリウスシステムの存在から公式な訪問を受けたと主張しています。
>彼等の宗教的な教義において、彼等は非常に重く、目に見えない、非常に小さく、
>それにも拘らず非常に強力な星を認めています。
>2つの星の軌道に関する彼等の理解は、その様な測定のために必要とされる装置が存在する、
>何千年も前に到着していたにも拘らず、ちょうど現代の天文学の調査結果と一致します。


254 :弥生:2006/06/30(金) 03:00:20 ID:+5RUdt/Y
>>251-252 参考にどうぞ。

ドゴン神話とシリウスの謎
http://www.fitweb.or.jp/~entity/kodaibunmei/dogonzoku.html

アトランティス幻想 第9話 ドゴン族のシリウス神話
http://www2.odn.ne.jp/hideorospages/atlan09.html

ドゴン族とシリウスの伴星
http://www.genpaku.org/skepticj/dogon.html
(カール・セーガンの見解)
>カール・セーガンは、ドゴン族が自分でこうしたことを発見したわけではなく、
>進んだ技術文明とコンタクトして得たのだろう、という点では、テンプルと
>同じ意見である。しかしセーガンは、その文明とは地球外生命ではなく、
>地球上の文明であろう、と示唆している。


255 :名無しさん@3周年:2006/06/30(金) 14:37:56 ID:Q2o6LQLL
スフィンクスの右前足の下に眠るといわれる、
人類最古の書物は発見されたのでしょうか?

256 :名無しさん@3周年:2006/07/02(日) 10:49:35 ID:nwdtaV17
統合失調症患者の幻聴や幻覚、妄想などアダムスキー的に言う霊的に覚醒した状態とは考えられないでしょうか?

257 :幸福の科学広報局 ◆Qwpuh33RxU :2006/07/02(日) 16:48:20 ID:9zy6mq+t
アダムスキーなんかを信じるのをやめて、幸福の科学に来ましょう。
金星には、以前はともかく、現在は人間は住んではおられないことを大川隆法総裁先生がお示しくださってるのですから、間違いありません。

258 :弥生:2006/07/02(日) 19:50:18 ID:1Y5gW1U1
アダムスキーのUFO体験と波乱の生涯
http://www.adamski.jp/gap-japan/pomeroy/gaueael.htm

既出かもですが、置いておきますね。
A1さん、またね♪

259 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 00:28:58 ID:0PtW7d2Z
>>257
どんぐりの背比べのくせに調子のってんぢゃねーよ!!

260 :名無しさん@3周年:2006/07/03(月) 08:54:42 ID:IDYxXM1R
自作自演乙

261 :A1:2006/07/05(水) 06:23:36 ID:KtXYQ2EQ
弥生さん、皆様 おはようございます。
パソコンは無事復活しました、保証期間内のため無料でした。
5年保証にしておいてよかった(^-^)
私事ですが、ネット環境の変化でこちらへなかなか投稿できない状況にあり
ゆっくりペースでの投稿になりますが
どうぞよろしくお願いします。

>>258
弥生さん、リンクありがとうございます。

アダムスキーの宇宙哲学、「第4章 肉体・心・意識」を読みました。

宇宙の意識を発信機とすると人間の心は受信機にあたるそうです。
すんで落ちついた心は宇宙の意識を明瞭に受信し
いつも望ましい状態をもたらすそうです。
宇宙は調和という不変の法則にたよっているということですから
明瞭に受信するということは調和された状態へと導くということでしょうか。

肉体の心は、受け取った印象を人格化し、それを自分の意見でもってゆがめるそうです。
肉体、心、意識は一体で不可分なものであり
物質の肉体は意識によって支えられねば存在を中止するだろう
意識はそれが進行するための運搬者がなければ、物質のなかに自らを表現できないだろう
・・と書いてあります。
「命」を連想しました・・・命を失うと肉体は動かぬ物体となり、やがて朽ち果てて行く
そんなイメージが浮かびます。

心は意識と物質の肉体の媒介物として作用する。
大切なのは心は広がる可能性を持つということだそうです。
心が宇宙の意識を明瞭に受信すれば
人はどのような感覚を体験するのでしょうか。

262 :A1:2006/07/05(水) 07:04:05 ID:KtXYQ2EQ
>>261
>すんで落ちついた心
↑が、なかなか難しい

そうだ、せめて雰囲気だけでも・・この次、自然のAA探してきましょう♪ 
では では
皆様 (^-^)/~ マタネッ

263 :弥生:2006/07/06(木) 01:25:27 ID:TLvnDNiO
>>261 A1さん、お帰りなさい。
>肉体の心は、受け取った印象を人格化し、それを自分の意見でもってゆがめるそうです。
うーん、これにはなぜか最近共感できないです。言いたいことはわかるのですが。

>肉体、心、意識は一体で不可分なものであり
心は器みたいなものかも。レセプターみたいな。

>物質の肉体は意識によって支えられねば存在を中止するだろう
>意識はそれが進行するための運搬者がなければ、物質のなかに自らを表現できないだろう
「意志」を想像しました。生きる意志。
人間の生きる意志と、地球の生きる意志は別で、地球つまり大自然の意志
(四季の経巡り、循環の秩序など)に比べれば、人間は愚かだという老子(タオ)
の教えと重なる部分もあるかもしれません。

>心は意識と物質の肉体の媒介物として作用する。
心の大きさが、認識と物質界の結果に作用するということですね。
善悪とか、快苦は、心の大きさにどう影響するのかな。
>大切なのは心は広がる可能性を持つということだそうです。
どんなささいな共感力でも、とりあえずは広がるけれど――
潜在意識は・・・(略)
人間の側に問題点がありすぎるのかもしれません。
自然は昔も今も、変わっていないんですから。


264 :弥生:2006/07/06(木) 01:51:08 ID:TLvnDNiO
>>262 A1さん、そんなときにはこれどーよ。
安定してるときに、読んでおくといいかもね。ていうか、私も読みまつ。(^^;

アッシジの聖フランチェスコ 【平和を願う祈り】
http://www.aritearu.com/Influence/Francis/Francisword/Francisword.htm#7

265 :may:2006/07/06(木) 13:47:58 ID:SCl1qNTI
A1さん、
お久しぶりです。
パソコンが直って出てこられたら私もまたお話に入れてもらおうかと思ってました。
よろしいでしょうか?

266 :弥生:2006/07/06(木) 17:10:40 ID:/a3mJaNB
>>265  mayさん、こんばんは。
ここにいらしてること知らず、mayさんの名を癒し堂に
書いたんですよ。(怒り爆発スレ) アラ偶然
これもなにかのオミチビキ(なんちて(^^;

A1さんより挨拶が先ですみません。
あらためてよろしくお願いします。m(_ _)m

267 :弥生:2006/07/06(木) 18:01:22 ID:/a3mJaNB
>mayさん
業務連絡でつ。
A1さんが「怒り爆発スレ」でmayさんをお待ちになっておられます。

………………………………………
>mayさん

>アダムスキースレへの投稿ありがとう。
>戻ってきてくれるの待っていました。(^-^)
   (略)
>という事情なので、もしよかったらこちらへも来て頂ければすごくうれしいです。
>アダムスキースレへは後で返事しますが取り急ぎこちらで返事します。
>mayさん、これ読んでくれてたらいいなぁ・・・。

……………………………………
とのことです。詳しくはあちらで。では、以上よろしくです。

268 :may:2006/07/07(金) 10:34:03 ID:4nVyi24+
>>266-267 弥生さん
ありがとう (^-^)うれしい  

>mayさんの名を癒し堂に 書いたんですよ。(怒り爆発スレ) アラ偶然
>これもなにかのオミチビキ(なんちて(^^;
さきほど見ました。ほんにきっとオミチビキ(^^;
偶然でも、少しびっくり。
私はロム専門がいいかとおもーてましたが、やはり時々はお話したいna。
A1さん、弥生さん癒し堂の方ご挨拶してからまた入れていただきます。
あらためてよろしくお願いします。m(__)m

269 :may:2006/07/11(火) 03:31:26 ID:Fgbn8Xna
>>125:ROMさん
ご丁寧にありがとうございました。(超亀レス申し訳ありません)
あのときは勉強になりました。
言葉には気をつけねばと思っていてもうっかりミスしてしまいますので、
後でよくよく私なりに考えたのですyo。
お別れの挨拶したのにお恥ずかしいのですが(__;)
またお会いできましたらどうぞよろしくお願いいたします。

270 :名無しさん@3周年:2006/07/14(金) 16:17:23 ID:MzlkOOD6
昔、アダムスキー本の愛読者でした。

271 :名無しさん@3周年:2006/07/15(土) 12:32:13 ID:xVzi/XDJ
>>270

真実か真実ではないか、読んでみて率直な感想をどうぞ

272 :A1:2006/07/17(月) 14:07:58 ID:WXPOO1NZ
mayさん、こんにちは
こちらでの返事が遅れてすみません。
>>265
>パソコンが直って出てこられたら私もまたお話に入れてもらおうかと思ってました。
>よろしいでしょうか?
とてもうれしいです。
こちらのほうこそよろしくお願いします。m(__)m

273 :A1:2006/07/17(月) 15:01:09 ID:WXPOO1NZ
「アダムスキーの宇宙哲学」第5章 顕在意識と潜在意識

【顕在意識】
  不安、恐怖、その他やって来る感情の変化をうけやすい

【潜在意識】
 ・宇宙の英知と意識において一体
 ・人間の心の中の”魂の心(ソウルマインド)”であり肉体を建設し支えているもの
 ・それは何ものをも恐れないし個人的な関心の意味で何ものをもえこひいきしない。

感覚の心(顕在意識の心)は陰であり魂の心(潜在意識の心)は陽であって
この二つは一体である。
そのおのおのの利益を十分に楽しむためには、人間は感覚の心を制御して
魂の心の命令に従わせなければならない。

われわれが自分を意識的な知覚のより広い状態のなかに導き入れるためには
制御力を感覚の心から全知の意識(魂の心)へ譲渡しなければならない。

人間が何であるかを知ってから、われわれは望むものをしっかりつかみ
望まないものを感覚の心から排除しなければならない

人間は永遠の法則の働きについて信念と確信を持たねばならない

274 :A1:2006/07/17(月) 15:12:02 ID:WXPOO1NZ
>感覚の心から全知の意識(魂の心)へ譲渡しなければならない。
奥が深い・・・
感覚の心と魂の心は一体であるということは
人には魂の心というものがあり、それは宇宙の英知と一体
感覚の心から魂の心へと譲渡するとは?
人の心には仏性があり、それを煩悩が覆っているという話を連想しました。

275 :弥生:2006/07/17(月) 22:46:08 ID:wCKPtovx
かわったサイトを見つけた。
目次はリンクOKらしいので、貼るね。

sci.skeptic FAQ in Japanese (よくある質問集)
UFO と空飛ぶ円盤
http://222.146.204.251/~mame/doc/SKEP_FAQ/skeptic.html

どういう立場の人の見解なんだろう?(謎)
ではまたネ

276 :A1:2006/07/19(水) 11:33:46 ID:eiojE8NZ
皆様へ

>>261 A1:2006/07/05(水) 06:23:36 ID:KtXYQ2EQ
>私事ですが、ネット環境の変化でこちらへなかなか投稿できない状況にあり
>ゆっくりペースでの投稿になりますが
>どうぞよろしくお願いします。

パソコンを修理した後娘に譲り、仕事で使っているパソコンでは
2chへ書きめずに不自由な状態でしたが
先日、しばらく使っていなかった古いパソコンを修理に出して、
居間の回線も復活させて、また2chへ書きこめるようになりましたので
お知らせします。
これからも、よろしくお願いします。m(__)m

弥生さん、留守の間、保守ありがとうございました。

277 :弥生:2006/07/20(木) 13:53:43 ID:Q6HGkc5o

やっと、完全に、

    お 帰 り な さ ー い 

だね。

古いパソは、修理お金かかったでしょう。乙!
あらためてヨロシクでつ。



278 :名無しさん@3周年:2006/07/20(木) 15:20:11 ID:E/KcrGgR
>>271
正直、真実では無いと思います。

279 :夢子:2006/07/20(木) 18:21:20 ID:SHr6ozaT
みなさんこんにちは

きょうはひさびさに心と宗教板をのぞきにやってきました。
なにげにクリックしたらこちらに!

びっくりw

アダムスキーといえばねー、子供の頃に本を読んだ記憶があります。
当時は興味津々になりました。




280 :名無しさん@3周年:2006/07/20(木) 23:42:12 ID:Z7FWWH0E
ジョージ・アダムスキーは誇大妄想癖のある病気だったのでは?と思うんですが、皆さん彼の言葉、体験談全て真実だとお考えですか?

281 :A1:2006/07/21(金) 13:53:27 ID:zLzch1M0
弥生さん
>>277
>あらためてヨロシクでつ。
ただいま、こちらこそよろしくです。
古いパソなのでいつまたどうなることやら (ちょっと不安)^^


夢子さん
>>279
>なにげにクリックしたらこちらに!
>びっくりw
わぁ〜、夢子さんだ。 o(^o^)oワォ!
このアダムスキースレが縁で単、直さんと知り合って
精神スレでかぜさんを知り、かぜさんが2chで立てたスレでmayさんと親しくなり
癒し堂へと繋がっています。
こちらでもよろしくお願いします。m(__)m


282 :弥生:2006/07/21(金) 18:01:32 ID:E0sRWgRK
こんにちわんこにゃんこ

  ∧__,,∧   夢子さん A1さん
 (´・ω・`)   お茶飲まニャイ?
 (つ旦と)    
 と_)_) 旦~ 旦~~ 旦~~旦~^旦~~

mayちゃんや
リーノちゃんや
ROMちゃんの分もあるニャン♪


283 :単、直:2006/07/22(土) 23:48:16 ID:USooealL
>>279 夢子さん
それ確か絵本みたいなのじゃなかったですか?
異性人のオーソンが長髪で円盤の横で手振ってるやつ♪

今思えば彼アダムスキー氏こそ大悟徹底してたんじゃないかと思えるな

その当時彼は縁あってチベット仏教を学びそれを応用したセミナーで
随分心の行き詰まりを持った生徒の悩みを聞いて救ってたらしい。

進化した別の惑星のマスターに招待され色んな教えを受けたあと

地上に降り立って遠ざかる円盤と星空を眺め

『全ては一つだ!バラバラなものは何も無い!』

凄く印象的な描写だったけど今思えばそのとき大悟徹底したんじゃないかな

そのあとは過労で死ぬまで啓蒙活動に全てを賭けて生き切ったんだけど

実際その場所に行って見たんだけどまったくというほど私物財産を持ってなかった。

最後までマスターとの約束通リ団体活動を拒否して個人活動に徹し
真実を知らせる運動に全てを投じて亡くなった人なんですよ

284 :単、直:2006/07/23(日) 00:08:53 ID:aKUeePjq
>>281A1ちゃん
復帰オメ

こないだ弥生ちゃんのスレ見てて
高橋さんの人と会われるとき心に思ってた悩みとか
まるで心を読み取って事前に分ってたように相談にのっていたという
記述を見て興味深かったよ、アダムスキー氏もまったくそんな感じだったと聞いてたので・・・

似てるな〜と思ったんだけどそれを現したのが著書『テレパシー』であり
彼は実際にそれを体得し生徒たちに目の当たりにそれを応用してたらしいよ


285 :単、直:2006/07/23(日) 00:23:46 ID:aKUeePjq
>>282弥生ちゃん
癒しスレにレスありがと
しかし禅スレに登場したときはさすがにビックリこいたよ

実行の人だな、度胸と勇気もあるし・・・
そのうちここでのこと小説にでも書いてくれんかな〜なんちゃって妄想

mayちゃん
お帰り〜神対出身者がすっかりいないんでチト寂しいぞな
たまには癒しスレに顔だしてよ、3人揃ってヨカですか

286 :弥生:2006/07/23(日) 16:01:10 ID:8rKuo5kD
■アダムスキー(その原点)     ……既出ならスンマソヌ。

【スペースピープル】既存の宇宙情報に疑問を持つ立場のサイト
http://www5a.biglobe.ne.jp/~UFO/index.htm
■宇宙トピックス――宇宙飛行士の言葉

>【ボリス・ヴォリノフ飛行士(旧ソ連)】
>宇宙を飛行していると、飛行士のものの考え方や感じ方はすっかり
>変わってしまう。宇宙から太陽や星や地球を眺めていると、
>生命の不思議に打たれる。そして、いっそう生命をいとおしみ、
>他人に対してはより優しく忍耐強くなる。少なくとも、私の場合はそうだった。

>【ジョン・グレン・ジュニア(アメリカ)】
>宇宙に行くと、こう考える。ここにこそ宇宙がある。宇宙では、
>文明を持つ人間が、古代からのさまざまな圧力から解き放たれる。
>そして、自由に学び成長する機会を与えられる。幼児の心の
>ように、宇宙はいまだ、恐れや憎しみや貪欲や偏見で、汚されていない。
>(他)・・・・・・

他に↑のような心憎い記事も満載でした♪


夕涼みや、花火のあと、アイスやスイカを食べたあとにでも、
読みながらくつろいでネ!!(^^)

287 :弥生:2006/07/23(日) 16:12:10 ID:8rKuo5kD
>>285単、直さん、こんにちワンワン!!


           、
           ζ  ,
           _ ノ
        ( (   (. )
       . -‐ ) ‐- .
.      ´,.::::;;:... . . _  `.
      i ヾ<:;_   _,.ン |
  _   l      ̄...:;:彡|
,.'´  `ヽ}   . . ...::::;:;;;;;彡{
i  从V从    . . ...:::;;;;;彡|
| l ゚ ヮ゚ノ|   . .....:::;::;:;;;;彡{ スペシャル・ビッグ粉茶です♪
レつ iYi!!つ     . .:.::;:;;;彡j
 く/_|〉  ト ,  . ..,:;:;:=:彳
  し'ノ   ヽ、..  ....::::;;;ジ
          ̄ ̄



288 :弥生:2006/07/23(日) 17:05:28 ID:8rKuo5kD
A1さん、私的お返事にひとコマお借りしますね。

>>285単、直さん、レスどうもです。 m(_ _)m
>しかし禅スレに登場したときはさすがにビックリこいたよ

名無しで住民さんに話を聞いてもらったこともありまつ。(笑)
リアルが大変だったので、いろんなものに助けられておりますた。

>実行の人だな、度胸と勇気もあるし・・・

うーマサカ 全然当てはまらないYO。
人の言うことは気にしてないというか、いろんな人がいるから…。
恥知らずなだけでつ。(^^;ゞ

坐禅と見性42初めのほうから読んでいて、せったん師のいわれる言葉が、
ウソなく胸にググッときましたねぇ。

井上義衍老師(5)
http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/gendaijinnozen/fl-inoue/inoue5-kankaku.htm
↑これ、意味わかんないけど、読んでた時あたりだったか…。

…まだまだ捨てられない。必要なものを選んでいる段階かもしれません。
(意味不明なこと言っちゃってますが、スマソ)

>そのうちここでのこと小説にでも書いてくれんかな〜なんちゃって妄想

久保田さんの会、入っておけばよかったなあ…。友達も本とってただけ。
なにもかも中途半端ばっかり。そして小説もこれまた素人です。
文章は誰にでも訓練すれば、書けるようになりますからネ〜。
単、直さんはいろんな意味で、誰よりもセンスがあると思いますYO


289 :単、直:2006/07/23(日) 23:06:32 ID:7bAciy3A
>>287弥生ちゃん
おぉ、特大ごっつあん

文章力はチトコンプレックス持ちぎみだったんで、素直にうれしいよ〜ん

バナナさんも言ってたけどいつか弥生ちゃんが
かなわぬまでも一太刀せったんと刃を交えるときがくるような気ガスんで
そのときを楽しみに見てようかな♪

290 :A1:2006/07/24(月) 00:20:56 ID:CgSBi3MK
単、直さん
>>284
>復帰オメ
ありがと V(^0^)
しばらく投稿は無理だなと思っていたら
こんなに早く戻ってきました ^^ 

>似てるな〜と思ったんだけど
似ているな〜ということで、ある掲示板にあった高橋信次さんがアダムスキーのことを
言っていたという投稿紹介したいけど、
本人の希望があってもう削除したものだから・・ここで私が言っても良いのかなぁ・・

291 :A1:2006/07/24(月) 01:25:18 ID:CgSBi3MK
弥生さん
>>282
>お茶飲まニャイ?
いただきまぁ〜す。(^-^)


292 :単、直:2006/07/24(月) 22:28:28 ID:NkUEIxae
>>290 A1ちゃん
ほうどんな内容だったかさわりだけでも知りたかったけど
差し支えがあるんだったら仕方ないね

それからあの好きだった。ウルフシリーズの平井和正さんも関わっててあの幻魔大戦も
どうもGLAを下敷きにして書いてたみたいだったね。なるほどと勝手に合点しちゃったよんさま!


293 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/07/25(火) 02:03:53 ID:AJF7MvNg
>>292
ちなみに東丈と久保陽子が、アダムスキーについて語ってるくだりがあり
作家がアダムスキーをどう捉えていたかが分かります
GENKENを立ち上げようとするあたりだから、文庫で4巻ぐらい?

アンチ・ヒロイン久保陽子がお膳立てした“GENKEN”のある幻魔宇宙は滅びます
宗教組織は組織としての“意志”を持ちはじめ、それを維持するために活動しはじめる
本末顛倒であり、初志の“死”を意味します
それが「滅び」の示すところではないかと思います



294 :弥生:2006/07/25(火) 02:16:35 ID:/kCwhItn
>>289単、直さん、こんばんワンダフル!
>バナナさんも言ってたけど
ほんとけ? そんなカキコ見たことないぽ。(-.-)

>いつか弥生ちゃんがかなわぬまでも一太刀せったんと刃を交えるときが
>くるような気ガスんでそのときを楽しみに見てようかな♪
せったんさんにさからう気はナイポ。
けっこう今回、深いとこきたんで、さからうくらいなら
せったん氏の寺へ坐りにいくです。(笑)

>>292ヨコレス、すんまそぬ。
>平井和正さんも関わっててあの幻魔大戦もどうもGLAを下敷きにして
>書いてたみたいだったね。なるほどと勝手に合点しちゃったよんさま

エ? ご存知なかでしたか?
だからSF板から、リーノたん、無宗だたんという宗教と関係ない方々が
来られ、いつのまにかGLA関連スレ住人だったりなのでございます。


295 :弥生:2006/07/25(火) 02:19:52 ID:/kCwhItn
>>293リーノちゃわんだわ!!
こんばんは。
オヤスミナサイ。

296 :A1:2006/07/25(火) 10:17:41 ID:LzOqaIYD
単、直さん
>>292
>ほうどんな内容だったかさわりだけでも知りたかったけど
>差し支えがあるんだったら仕方ないね
単、直さんは公開しているメルアドあります?
もしあればそちらのほうへメールしてもいい?

>それからあの好きだった。ウルフシリーズの平井和正さんも
>関わっててあの幻魔大戦も
>どうもGLAを下敷きにして書いてたみたいだったね。
うん、そうみたい。

297 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/07/25(火) 17:07:30 ID:AJF7MvNg
>>293
>“GENKEN”のある幻魔宇宙は滅びます

ついでに解説しておきますと、

『幻魔大戦』は主人公、東丈が偽救世主だった世界
『真幻魔大戦』は東丈が作家で、今一度『幻魔大戦』をやり直す世界
『幻魔大戦deep』は、そのどちらでもない世界

という多元宇宙がテーマになっています
多元宇宙の可能性については、マイクル・クライトンの『タイムライン』がオススメです
映画はダメダメな仕上がりでしたが、原作は面白いですよ
『ダヴィンチ・コード』も同様のようですね
弥生さん情報他により、レンタルで鑑賞することにしますた

298 :単、直:2006/07/25(火) 21:15:46 ID:haqJm92M
>>293 リーノさん
ご親切に教示をばどうも
確かうっすらな記憶ではその本を読んだころは
まだ久保田さんの会を知る前で、一生懸命女の子のお尻を追いかけ回して
いた頃じゃーなかったでしょうか。

普通の少年が迷いながら使命に目覚めてゆく救世主誕生のストーリとして
興味深く引き込まれていったような気がします。

物語は中途半端なところで終わっていたような気がします。余りにもストーリが広大しすぎて
まとまりがつかなくなったのかな?と思っていたんですが

つづく

299 :単、直:2006/07/25(火) 21:16:49 ID:haqJm92M
つづき

改めてググッテ見て合点がいきましたね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E9%AD%94%E5%A4%A7%E6%88%A6
>主人公東丈をとりまく人物達の思想的な側面に重点がおかれ、
>特に後半は宗教団体の内部事情的な物語が延々と続く。

>これは平井によれば、『幻魔大戦』は宗教団体の変質崩壊を描く意図があったと吐露している。
>GLAにおける教祖高橋信次の死去による不在と『幻魔大戦』『真幻魔大戦』の東丈の失踪が符合していた。

この問題は現在の人、社会の現状では個人活動の時には純粋に真実を伝えられても
組織、団体となるとどうしても歪んでしまう、アダムスキー氏が死ぬまで組織、団体化の周囲の
勧めに頑として受け付けなかったのはその変質崩壊を見抜いていたからだと
いうのは間違いなかったように思われますね。

最盛期でもたった2000人しかいなかった日本GAPでもそのことは免れず
会長の久保田さんも晩年やっぱりアダムスキー氏の言うことは間違いなかった。
あらためてその通リだと身に沁みて分ったよとシミジミ言ってましたが

久保田さんがよく言ってた「UFO研究は人間研究なんです」という
言葉はどうもそこから出ているものだったように思えますね。




300 :単、直:2006/07/25(火) 21:30:50 ID:haqJm92M
>>294 弥生ちゃん
>ほんとけ? そんなカキコ見たことないぽ。(-.-)

おぉ、また言葉足らずみたいだった。 やっぱ文章力がいまいちで・・

>692バナナ
皆いっしょ!
禅スレに行く人たちのほとんどは、真実を知りたいんですよ!
それならせったんのような善智識に真剣・体当たりしてぶった切られることですよ!
だって得でしょ!
わざわざ新潟まで行かんでいいし、七転八倒させられてもスレの上じゃ大して恥ずかしいこともない
お布施もいらんしねー! アハハハハハ!
本当、有り難いこってす!

上の書き込みを入れて繋いでおけば良かったんだよね、すまぬるぼ

301 :単、直:2006/07/25(火) 21:46:57 ID:4VJcXols
>>296A1ちゃん
>単、直さんは公開しているメルアドあります?
うご親切多謝なんだけどないんですよ、
前ほかの人からもそんなに言ってくれたんだけど
このパソはメール使えないように設定して貰ってるんで駄目なんですよ

そのうちどこかで見れる機会もあるでしょうから、マタ〜リいきますよ

しかしこの間観えない糸で手繰られるかのように次々関連性が紡がれて
いるようでまるで時空を越えたパラレルワールドみたい

いつかどこかの場所から俯瞰したら壮大な織物絵巻が観えてくるのかも
知れないね、

それじゃ今日はこれで風呂オチでつ

302 :弥生:2006/07/26(水) 11:22:53 ID:vMOP2ihH
>>300単、直さん、レスありがとうございます。
バナナさんのカキココピペどうもです。
バナナさんとは感じ方が、かなり隔たりがあるようです。

2chでも心に響く出会いは、距離を越えることもあると思うし、
心だけは信じられる。
あとはこちらが襟を正すことによって、人生が輝き出すか、愚痴不満の煩悩で
せっかく心に響いた出会いをくさすか・・・分かれ目になるんじゃないのかな。


303 :弥生:2006/07/26(水) 11:23:31 ID:vMOP2ihH
>>299単、直さん。横レスです。
>この問題は現在の人、社会の現状では個人活動の時には純粋に真実を伝えられても
>組織、団体となるとどうしても歪んでしまう、アダムスキー氏が死ぬまで組織、団体化の周囲の
>勧めに頑として受け付けなかったのはその変質崩壊を見抜いていたからだと
>いうのは間違いなかったように思われますね。

まったくおっしゃる通りです。(今、変化の時が来ているようですが)

>最盛期でもたった2000人しかいなかった日本GAPでもそのことは免れず

そうでしょうね。・・・私がGAPに参加しなかったのは、宗教のような
感じがあったからです。風通し悪そうな。(悪い人はいないんだろうけど)
二度とGLAで味わったべったりしたカリスマ信仰と自家撞着、選民意識、
優越意識に絡めとられた人間たちのはけ口にされるような思いは味わいたく
なかったので

>久保田さんがよく言ってた「UFO研究は人間研究なんです」という
>言葉はどうもそこから出ているものだったように思えますね。

なるほどです。

304 :弥生:2006/07/26(水) 11:27:38 ID:vMOP2ihH
単、直さんが精神世界にはまりこんだ(?)きっかけは、
アダムスキーだったんですね。(^^)

前スレボチボチですが、読みなおしています。
では(^^)ノシ

305 :A1:2006/07/26(水) 14:24:30 ID:cR+5LxfP
単、直さん
>>301
>このパソはメール使えないように設定して貰ってるんで駄目なんですよ
わぁ・・・、残念です。
>そのうちどこかで見れる機会もあるでしょうから、マタ〜リいきますよ
ええ、(^-^) マタ〜リね。

>しかしこの間観えない糸で手繰られるかのように次々関連性が紡がれて
>いるようでまるで時空を越えたパラレルワールドみたい
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
不思議なものでときどき思わぬプレゼント(繋がり)が
予期せず突然に舞い込んでくることがあって、それって感動(T_T)

単、直さん
精神世界で癒される第14章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1149498534/516
>516 :単、直 :2006/07/07(金) 23:30:27 ID:DeMUteuY
>神からお前たちは私の変わりに私がしたくても出来ない事、言葉で愛を語り
全ての私か創った創造物をその目でその口でその体で抱きしめてあげてくれないか、
これ↑いいですね。紹介ありがとう

実は昔私は、何故神様はこの世の理不尽さに何もしないのか
ただ黙って見ているだけなのかと、不信感タラタラだったのですよ。
原因と結果の法則で、私のその不信感に光が射してきたと思う。

もう一度(^^)↓
>神からお前たちは私の変わりに私がしたくても出来ない事、言葉で愛を語り
>・・・・・抱きしめてあげてくれないか、
「愛さずにはいられない」衝動の所以だったりして。

306 :A1:2006/07/26(水) 15:50:51 ID:cR+5LxfP
アダムスキーの「宇宙哲学」 第6章 人間は四つの感覚器官を持つ

普通五官といえば「視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚」
しかしアダムスキーは「四つの感覚器官を持つ」と言っています。

---------------------------------------
人間から触覚を取りのぞけば、どんな事が起こるのか。
無意識の状態である。他の四つの感覚器官がまだ肉体のなかに存在しているとしても
その機能は停止してしまう。
目、鼻、口、耳などは無傷のままだが
それらは見たり嗅いだり味わったり聞いたりはしない。
これらの感覚器官は、触覚から独立して働くことができない。
このことは触覚なるものが感覚器官ではなくて各感覚器官へ感覚を与えている
意識的な力であるということを立証しないだろうか。
-----------------------------------------
触覚は破壊されない。それは永遠に存在する英知である。
肉体の破壊は意識である触覚まで破壊する事はできない。
触覚は光を生み出す為に針金を通って電球に流れる電気のようなものである。
電球が破壊されれば電球に光を生じさせることは出来ないが
電気は破壊されない。
電気がのぞかれれば電球がどんなに上等でも光は出てこない。

人間の四つの感覚は創造の四要素(地・水・空気・火)と完全に一致し
触覚は意識的な機能を生じさせるに必要な生気を各感覚器官にわかちあえる
刺激物なのである。

307 :A1:2006/07/26(水) 15:53:26 ID:cR+5LxfP
「心の先駆者」と題するテレビ番組の実験を紹介し
それによると触覚は感覚器官ではなくて、神経を通って脳へ信号を送る
電信機として作用している。
接触する事柄を記録し、その反応を全身の神経系統を通じて
電気的な衝動として伝えるのだ。
接触は触覚と切り離すことはできない。触覚が神経に「感じ」を伝えるからである。
-----------------------------------------
アダムスキーは
「あなたが人間は五つの感覚器官の所有者ではなく四つの感覚器官を持つ存在
であるということを認めるのは、第6感を信じることよりもおそらく
困難であるに違いない」といっています。
その理由として、肉体人間は所有が減るよりは増える方を認めるらしいです。

この削除は損失ではなくより大いなるものを得るための処置なのである・・といっていますが
感覚器官が一つ減ってしまうけど(5→4)
触覚を永遠に存続する英知と知ると何を得るというのでしょうか・・。

テレパシーとか人間の内部で説明できない現象を第6感と名づけているが
実は 永遠の英知 というものを理解すれば、
説明可能で不可解な現象ではないといっているのかな?

308 :A1:2006/07/26(水) 16:05:51 ID:cR+5LxfP
>>307
>説明可能で不可解な現象ではないといっているのかな?
触覚としてすでに持っている。
実は誰もが所有する能力・・・ということかな?

次回といってもいつになるかはわかりませんが(m(__)m)
次は「第7章 進化の道」です。
ちなみに全部で17章あります。

309 :単、直:2006/07/27(木) 23:02:37 ID:6ZCT/bcG
>>308A1ちゃん
受けとめてくれてありがとう
実は2チャンに入ったキッカケは神との対話スレを見てからだけど
そのカキコは単直がニール氏とかラッパちんフイロさんがこうやって
やってたんだというのを実感できたカキコだったんだ。

この話しが長くなるとスレの方向性がそっちの方にいってしまったら
いけんのでもしよかったら続きをmayちゃんと一緒に精神スレにしてるので
そっちのほうも見てくらはい。

>>306A1ちゃん
この辺のところがアダムスキー氏の独創的なところで(進化した惑星のマスターからの教え)
宇宙哲学の佳境に入ったといえるとこでしょうかね。

昔は単純になるほど「ヘレンケラーの物語」とかとくに

「ジョニーは戦場に行った」とかのように
        ↓
戦場で砲弾によって瀕死の重傷を負い目、鼻、口、耳をそぎとられた。
そして、壊死した両腕、両脚を切断されて病院のベッドに横たわっていた。

感覚を失った彼は狂気に陥ることもできずに過去の思い出と想像に想いをめぐらせている。
やがて、彼は残された感覚―触覚―を頼りに時間の流れを知り、そして首を動かすことによって
モールス信号を発信して『外部』との接触を図る。

額を押さえつけられ、麻酔薬を注射されながらも彼は頭をベッドに打ち続ける…。

長い月日を経て、彼の意図に気付いた者が現われる。
そして彼にモールス信号が送られる。「WHAT DO YOU WANT?―なにがほしいか?―」
彼の望みは…。殺してくれということだった。

つづく

310 :単、直:2006/07/27(木) 23:25:32 ID:6ZCT/bcG
つづき
最近禅を学ぶようになってからはまた別の意味で
例えばよく聞くせったんの言葉を借りれば

>この通りあるものがそのまんま、おぎゃ〜と生まれたての赤ん坊
>他にはないんです、自分という思い込み邪まを去ればもと仏

赤ん坊ってそういえば生まれたての頃って外界の刺激を触覚で
受けて泣いたり笑ったりオッパイ吸ったり四つの感覚器官に
振り回されることなく生かされることを信じきってるように見えるよね

だって山河大地一木一草悟らぬはなし、鳥獣花月もとっから仏。
人間だけがどっかはずれちゃっている、それゆえの苦悩七転八倒。

そういう意味合いが含まれてるような気がするんだけどね〜
どうだろうか・・・・


311 :名無しさん@3周年:2006/07/29(土) 01:08:53 ID:l4V2n35F
アダムスキーってトンデモではないのですか

312 :may:2006/07/29(土) 05:14:09 ID:LfNI7AUK
A1さん
こちらもOKなんですね。今頃…、って感じですけど、
「怒り…スレ」ではピンと来なくて無駄な説明をさせてしまってごめんなさい。
また落ち着いてからお寄りします。

313 :A1:2006/07/29(土) 13:38:55 ID:7F3nfL+i
単、直さん
>>309
>もしよかったら続きをmayちゃんと一緒に精神スレにしてるので
>そっちのほうも見てくらはい。
は〜い (^.^)/
後で精神スレへレスします。
何かと忙しくて他のレスも遅くなってすみません。m(__)m

mayさん
>>312
>こちらもOKなんですね。
はい、復活しました。
>また落ち着いてからお寄りします。
楽しみに待っています♪

314 :弥生:2006/07/29(土) 22:06:12 ID:wmAkl48V
>A1さん
スレチガイですが、レスさせてくださいね。

いまGLAが日浦さんという人が今以下のHPで、回想録書いてるん
だけど、(信次さんの後継者として、佳子さんと共にGをとりまとめて
ゆくはずだった人だそうです)
ぜまだ見ていないなら、機会があったらぜひご覧くださいませ。
佳子さんと「お兄ちゃん」「どうした佳子」と呼び合う親しい関係だったようです。

日浦祐次のウエーブサイト
http://hiuura.web.fc2.com/index.html

じゃね。^^

315 :弥生:2006/07/29(土) 22:09:27 ID:wmAkl48V
>>314 訂正
×いまGLAが日浦さんという人が
○いま日浦さんという人が、GLAと自分とのことについて

316 :A1:2006/07/29(土) 23:55:52 ID:7F3nfL+i
弥生さん
>>314
>ぜまだ見ていないなら、機会があったらぜひご覧くださいませ。
紹介ありがとうございます m(__)m

317 :A1:2006/07/31(月) 00:15:55 ID:li/trKQZ
mayさん
精神スレで単、直さんがお呼びですよ〜
私も精神スレにお邪魔しようと思っています・・・・・が、
精神スレは進行早いから単、直さんの投稿が行方不明になりそうな予感・・・な の で
こちらに保管しておきますね。

精神世界で癒される第14章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1149498534/704
704 :単、直 :2006/07/27(木) 22:26:08 ID:EgfBe/Jo
>時空を越えたパラレルワールドみたいに
>こっちでレスをヨカですか、もしフイロちゃんmayちゃん神対出身も
>見てたら会話に加わってくれたらイイと思うんだけどね〜

318 :A1:2006/07/31(月) 00:38:01 ID:li/trKQZ
単、直さん
>>309
>この話しが長くなるとスレの方向性がそっちの方にいってしまったら
>いけんのでもしよかったら続きをmayちゃんと一緒に精神スレにしてるので
>そっちのほうも見てくらはい。
お気遣いありがとう m(__)m
>思えば上記のリアルゴットのカキコに見事に釣られて2チャンデビューしたんだよね。
そうだったんですか。

単、直さんが紹介してくれたカキコ
心にグッときました・・・私も釣られたみたい(笑)

単直さんがここのスレの流れを気遣って精神スレに書いて下さったのに
こちらに持ってきて、申し訳ないのですが
心に響く素敵な言葉なので
是非とも紹介させてください。

319 :A1:2006/07/31(月) 00:39:38 ID:li/trKQZ
神との対話NO1   
http://book.2ch.net/books/kako/1030/10309/1030963996.html
名前: リアルゴッド 投稿日: 02/09/12 16:30


いいかい、人生で喜びが少ないのは、魂の声を聞いていないからだ。魂の声とは素直
な感情の声だ。どうすれば、それは聞こえるのだろう?そう、まずはやかましい理性の、
脳の働きを抑えることだよ。そう、からっぽにしてごらん。

人はそれを瞑想とよぶかも しれない。だけど、呼び名なんてどうでもいい。

キミが前回、魂に挨拶したのはいつだい?きっと覚えてないだろう。
ただ、時の流れを味わってごらん。五感に全てに触れるものを味わってごらん。

ただ道を歩いている時もそれは同様だよ。大地の感触、耳に入る雑踏や子供たちの笑声、
頬を撫でる初秋の風、キミの皮膚を伝う雨の暖かさ。手に触れる子犬の命の柔らかさ。

ハーモニカのメロディ。自分に当てたつれづけなる文章。夜明けまで語り明かす友との
会話。朝を告げる小鳥たちの歌声・・・。

キミの魂は、喜びの声をそっと伝えてくれる優しい命の交響曲に歓喜するだろう。
そう、何も考えなくていい。ただ、「在る」だけでいいんだよ・・・。

320 :A1:2006/07/31(月) 00:58:47 ID:li/trKQZ
>優しい命の交響曲に歓喜するだろう。
なんか、心の奥底からエネルギーが溢れてくる感じ
エネルギーが補給されていくみたい。
と、書きながら元気が出てきました o(^o^)oワォ!

久しぶりにイメージがわいてきた・・
続きは後で精神スレに書きますね。

321 :may:2006/08/02(水) 05:46:45 ID:mjxKLlF6
>>320 A1さん
ただいま〜。 (may)
おかえり〜。 (A1 )
あんがと〜。  (may) ってところで・・・

「第2惑星からの地球訪問者」読み終えました。
・・・・・UFO とか宇宙人が地球人類に与えた文明のきっかけ、くらいに思っておりましたら、
ずいぶんと深いものを感じました。
戦争に関しては… 相互破壊

p.235
地球人の科学知識は一般社会や人間性の発達程度をはるかにしのいでいますから、
そのギャップを急速に解消させる”必要”があります。

彼のいた50年前とすると現在の科学はどうなるのか、後戻りはできないのが人間。
するとしたらそれは、第三次世界大戦みたいなものを通してしかあり得ないような気がする。
もし第四次大戦があるとしたら武器は「石」になるだろう、みたいなこと言ったのは
アインシュタインだっけ? 笑っちゃうけど現実味がありますよね。

322 :may:2006/08/02(水) 11:35:36 ID:mjxKLlF6
A1さん
>>306
>普通五官といえば「視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚」
>しかしアダムスキーは「四つの感覚器官を持つ」と言っています。

>>307
>触覚を永遠に存続する英知と知ると何を得るというのでしょうか・・。
>永遠の英知 というものを理解すれば、
>説明可能で不可解な現象ではないといっているのかな?
新アダムスキー全集 1
宇宙に関する地球人の概念は実に貧弱なものです。彼らは無限の宇宙を想像できないのに、
永遠という言葉を使用します。(略)宇宙は永遠と同様に広大なのです。
したがって人間は一時的な現れではなく、"永遠"の具体化なのです。(p.299)
--------------------
私達はみな同じ"至上なる英知(創造主)"の国にいるからです。(p.297)

ナドナド、

私も此処のところ面白いと思いました。
胚の発生の過程では、全て表面が陥没しながら目鼻口耳と形成されていくでしょ?
つまりまずは表皮細胞が基or元となり変化したものなので何となく四感というのも
理解はできそう。発想の転換みたいなものかな。






323 :may:2006/08/03(木) 04:21:01 ID:UehluF/p
>>285 単直、さん
お久しぶりです。お忙しそう。
精神スレにはその後ご無沙汰してます。お邪魔していいのかナ〜とオズオズ。

>「ジョニーは戦場に行った」
ストーリーは聞いたことありますが惨過ぎる…。世話をしているシスターの心の葛藤。
神に祈って、意を決して実行したことが、遮られるあたり、そこがまたむごいです。

単直さんは「潜水艦と蝶」という本ご覧になったことありますか?
ずっと以前のですけど、脳出血で全身麻痺。かろうじて視力のみ(まばたき)が
コミュニケーションのただひとつの手段となったフランス人の手記です。
長くは生存できなかった彼ですが、絶望のなか前向きに生きた。
サポートする妻がいたからこそ最後までポジティブに人生を見据えていけた。

自分がそうなったら…、死んだ方がまし、と思ってしまいました。
亀レスすみませんでした。

>いいかい、人生で喜びが少ないのは、魂の声を聞いていないからだ。
>魂の声とは素直 な感情の声だ。
>何も考えなくていい。ただ、「在る」だけでいいんだよ・・・。
・・ なんか・・・いいですね。

324 :may:2006/08/03(木) 10:21:08 ID:UehluF/p
>>323
「潜水艦と蝶」
   訂正
   ↓
「潜水服と蝶」

325 :A1:2006/08/03(木) 19:57:28 ID:VWDygPW8
mayさん
>>321
>戦争に関しては… 相互破壊
うん、
何故か心に残る歌詞がある・・
「不幸を求めるわけじゃないけど  幸せを望んじゃいけない時がある」
とか
「死んだ子供が残したものは ねじれた足と乾いた涙」
「死んだ兵士の残したものは 壊れた跡と歪んだ地球」

ずっと昔、あるイスラエル人とパレスチナ人が
戦うことのむなしさを感じ相互理解しようと志が一致して
パレスチナに住んでいる女性が相手のイスラエル人を訪ねた
TV番組を見たことがあります。

彼女は最初は冷静でしたが、昔自分が子供のころ住んでいたところを訪れるというときに、
たかぶる感情をおさえることができなくなって、そこにいけないと言っていました。

人の感情というものは
わかっていてもどうすることもできない、理性ではわりきれないところがある
ものなのですね。その後彼女は冷静になり、思いでの地を訪ねました。
お互い「平和」という点では一致しても
相容れない状況を克服するには血の吐くような思いを超えなければいけないときもある。
真の平和というのは、そんなところにあるのかもです。

326 :単、直:2006/08/04(金) 16:02:34 ID:lzRncXOd
>>323mayちゃん
>お邪魔していいのかナ〜とオズオズ。

いつでも遠慮せづ仙界の癒し湯に浸かりにきてくらはい混浴なんで・・
あっ、でもこの頃昔に戻って体育会系のノリなんでセクハラ紛いのバナナ禅者とか単直仙人が
いて入りにくいかも知れないね、こないだの弥生ちゃんみたいに上手にあしらって
くれればいいんだけど、ノシ

もう一つ神対から紹介、フイロさんも気にいってくれてたな〜

いま、あなたは思い出している。
どこへ行くにもその記憶を忘れないように
そして人生でふれあうすべての人と分かち合いなさい。

あなたはこの部屋を癒すためにやってきた。
この宇宙を癒すためにやってきた。
ほかに、ここに入る理由はない。

それから、このことを覚えておきなさい。
わたしはあなたを愛している。

わたしの愛はつねにあなたのものである。

いまも、そして永遠に。

わたしはいつも(always)あなたとともにいる

あらゆる道で(all ways)
                  神との対話B

327 :単、直:2006/08/04(金) 16:05:40 ID:lzRncXOd
>>318A1ちゃん
あんがと、
お返しだよ〜ん

私たちを 乗せた船は 東へと漕いでゆく
朝焼けを 夕映えを 果てしなく 追いかけて

月をよぎる 雲の色も 波の しぶきさえも
二度と同じ 姿はない 永遠の万華鏡

私たちを 乗せた星は すずしげに輝いて
木星を 金星を 導いてゆくように

同じ時を 旅している たくさんの 人の中に
なぜかとても あぁ・・・なつかしい
あなたが いてよかった

恐れずに 生きてゆける
彗星のように 燃え尽きたい

遠い海を 旅してゆく 小さな船の上に
もっと遠い 夢を見てる
あなたが いてよかった

なぜかとても  あぁ・・・なつかしい
あなたが  いてよかった        ♪青い船で/松任谷 由美



328 :A1:2006/08/08(火) 17:13:03 ID:UscxKwRx
単、直さん

>>327
>お返しだよ〜ん
ありがと ^^

>同じ時を 旅している たくさんの 人の中に
>なぜかとても あぁ・・・なつかしい
>あなたが いてよかった
いろいろ気ぜわしい日が続いて、今日やっと一息つけました。
気持ちがあちこち飛んで
素敵な歌詞がじっくり味わえませんでした。
気持ちのゆとりも大切ですね。
しっかし・・ふぅ,暑い・蒸す・・

329 :単、直:2006/08/08(火) 23:31:37 ID:vLD9v5JR
すべては一つバラバラなものはなにもないんだ!
☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   :::::::::::::: :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。
:::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*゜☆   :::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::::::::: :::::::::::::::::::::☆
。.: *・゜☆.。. :* ☆.。:::::::::::::::.:*゜☆   :::::::::::::::::::::。.:・゜☆.。
::::::::::::::::: * :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ☆.。::::::::::::::::::::::::::::::.:*・゜☆   ::::::   ::::::::
:::::::::::::::::: :::::::::::::::.:*・゜☆   :::::::::::::::::::::::::. :*・゜☆.::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::  !ヽ   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::     !ヽ、    ,!  ヽ
                 ,!   -‐‐‐''   ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::   / ´`)'´    _      !、
            lヽ /   ノ    , `     `! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l
.      l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ,ノ     o   ヽ  l            _,イ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     i'.o  r┐   *   ヽ、 ヽ、_     ,..-=ニ_
     l    ノ       ノヽ、,  !..□ /     ヽ
     ヽ        .ィ'.  ,!    ハ/    、   `!、
      `ー-、_    く´  l     /     ヽ    

330 :名無しさん@3周年:2006/08/09(水) 10:01:28 ID:QVBSKPMr
オカルト超常現象板
http://hobby7.2ch.net/occult/


331 :A1:2006/08/10(木) 17:29:36 ID:wkMS9+nc
単、直さん
AA・・笑顔が爽やかでいい!!
癒し堂で使わせてもらいました。^^
>>329
バラバラじゃないこと
つながっていることを信じていれば、
心の灯火は消えない・・・・うん(^-^)


332 :単、直:2006/08/10(木) 23:52:24 ID:SkvIEPkb
A1ちゃん
今夜の納涼 


                  ∧_∧
                  Xハへハ X
                   (^∀^ヾl
     ,,,,,____iiwjii.,,,ji,,......_wji_____U.......U§,,...jiw,,,,
    ハへリリへハノへハへリリへハノへハハへリ ----wjii-"""'ij.....,,,jiji
     l\/  \/ ̄ヽ  l\/  \/ ̄>---| ̄ ̄`i\/  \/
       l\/ / ̄\/ ̄ヽヽ\/ ̄ /ヽ -くii||iill||i|/ /   |  
                 / /   |  ,i |||| |
                 | ̄ソヽ/>-く/| | | || |||
                         | || ||  |||
            '⌒ヽ⌒⌒) つ    | ||| || |||
         ⊂  ヽヽ| |/ /   ドボン!! ||
          ⊂。     )  っつ   | | || | |
            ヾヽ  ///    。。゚o。゚o 。゚o
 ̄ ̄三三二≡三≡(( | || |||))≡三二三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        三二三ヾ==ソ≡二三三
            。゚o。゚o 。゚o
          。゚o。゚o 。゚o
     /l/l 。o。゚o ノノノ
     (∀` ⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o


333 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 16:13:48 ID:qvePV4+N
あらゆる人間はみずから行う奉仕のために等しく尊敬されます。
・・・・・行われる奉仕に差別をしません。あらゆる奉仕は等しく認められるのです。
・・・・・一日の終わりに平等に一ペにーを支払ったぶどう園の労働者の雇用は、
◎救世主イエスがくわしくかたったように、奉仕にたいする等しい名誉の承認であったのです。

実は触感として知られている感覚が真の英知であり、肉体の魂または生命なのです。
(目、耳、鼻、口に次ぐ、五番目の触感→"触覚"は宇宙的なもの)
人間がこの事実を認めるとき・・・・・そのときこそ人間は、自分自身を知るのです。
・・・・・創造主とその子が一体化するのは、この認識または理解によるのです。
◎あなたがたの聖書で言っているように、このようにして放蕩息子は自分の無機物の肉体の
プライドを捨てて、自分がプライドに奉仕するのではなく、それを"父"への奉仕のために
自分に奉仕させることによって家に帰ったのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまで腑に落ちなかった、この二箇所における聖書の解説がなんとなく納得できた気分です。
しかし、クリスチャンであったアダムスキー氏を通してのスペースブラザーズの説明である訳で、
もし誰か仏教徒である人を通した場合どうなるか興味を持ちました。
同じようになるのでしょうか?だって前もいいましたけど、輪廻を受け入れるなど仏教的ですものね。

…それにしても;;暑いイィなぁ。
>>329, >>332 のAA ホォーッとします。
ドボンって飛び込みたーい。
            。゚o。゚o 。゚o
          。゚o。゚o 。゚o
     /l/l 。o。゚o ノノノ
     (∀` ⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o



334 :may:2006/08/16(水) 16:16:28 ID:qvePV4+N
↑ mayでーす。暑いyoo!



335 :名無しさん@3周年:2006/08/16(水) 22:58:40 ID:X6HS63WR
太陽系の惑星が12個になるらしいが、、、、、彼の言った通りになったなw

336 :●死期が近いと噂のわたくし ◆r0p/Rg8RZU :2006/08/17(木) 11:19:33 ID:IUc6s2Mq
         /     /   ̄ ̄\  \        \      |
── ̄T ̄ ̄T ̄\─ ̄     |\ \  \         `-     |
\   /    |   |        |\\ \ /            ̄─  |
  \/    /  /       | \ ̄\ V               ̄|
   \   /  /        |  \ /        / ̄ ̄─   /
    \   / |         |            / __   ̄ 7
     /  ̄    |          ̄ ̄         二_  ─_/
    /       |                   | \\\  /
    /       /                 |   | \ ̄\/
   /       /         ─        |   |   ̄7
  /       /       ─ ̄       >  |   ̄ ̄ /
 /       /      /           ─ ′    /
./      /      /─ ̄ ̄\        |     /
/      /      / \    \      |    /
           /    `-      ̄ ̄\ /   /
           /  \     ̄─      | /  /
           |    `-       ̄─ ─/  /
\          \     ̄─     / | / /
  \           ̄ ̄─   ̄─ ̄ / /
\  \              ̄\  / /
./   \                ̄ /
  / \  \              /
 / /\ \  \          /
./  \ \  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /\ \ | / /
今、アダムスキーがもてる。

337 :A1:2006/08/17(木) 23:08:30 ID:ref3AMkB
単、直さん
>>332
>今夜の納涼
mayさん
>>333
>ドボンって飛び込みたーい。
単、直さん、mayさん、毎日暑いね・・・
AAありがとう・・ドボーン (飛び込んだ音^^)

338 :A1:2006/08/18(金) 00:05:46 ID:HOlEJcca
mayさん
>>333
>実は触感として知られている感覚が真の英知であり、肉体の魂または生命なのです。
>(目、耳、鼻、口に次ぐ、五番目の触感→"触覚"は宇宙的なもの)
>人間がこの事実を認めるとき・・・・・そのときこそ人間は、自分自身を知るのです。
この間、音楽聞いていた時、他のことに気が取られていて
ふと気がつくと、あれっ、耳に何かざわざわ入ってくる・・
ああ、音楽聞いて入たんだと思い出したら
そのざわざわが音楽になった・・・

耳に入ってきた音に意識を向けたとき音は音楽になった。
なんか音が音楽になる瞬間を垣間見たよな不思議な感覚でした。
聞かなければ聞こえない
音を音楽にしたもの・・・は何なのでしょう・・それは私です。
さて、その私とは何か?

>自分がプライドに奉仕するのではなく、それを"父"への奉仕のために
>自分に奉仕させることによって家に帰ったのです。
その私は自分のプライドを「父」だと信じてきた。
・・・と連想しました。

>もし誰か仏教徒である人を通した場合どうなるか興味を持ちました。
どうなるのでしょうね。
私は単純に言葉は違っても通じるものがあるかなとアバウトに考えていました。
例えば、奉仕は慈悲とか・・あと・・利他心とか
父は仏性みたいな。

339 :A1:2006/08/18(金) 00:13:25 ID:HOlEJcca
>>335
>太陽系の惑星が12個になるらしいが

関連記事です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060817-00000000-san-soci

340 :may:2006/08/18(金) 12:50:36 ID:Vcx9oHOW
>>338 A1さん
>耳に入ってきた音に意識を向けたとき音は音楽になった。
>なんか音が音楽になる瞬間を垣間見たような不思議な感覚でした。
当たり前のようでとっても不思議な瞬間。
「聞かなければきこえない」「見なければ見えない」心そこに在らざれば…、なのかなぁ。

>私は単純に言葉は違っても通じるものがあるかなとアバウトに考えていました。
同意。けれども教義としては西洋と東洋では捉え方に違いがあるでしょう?
しかしアダムスキー氏のそれはより穏やかだと感じました。

>例えば、奉仕は慈悲とか・・あと・・利他心とか
奉仕=仕えること、であるから聖書に「私は仕えるためにこの世に来た。」とあるのは
相手の喜ぶことをした時に自分も幸せに感じる、という思いにつながりませんか?

>父は仏性みたいな。
あー、そうなんだ。
例えば人は自分のすきなように生きる。それでも
父(権威あるもの)に褒められると満足する。
自由勝手を好むようで、反面ある程度枠の中にいることに安心する。
父とは仏性…、ウム。(’-’)


341 :単、直:2006/08/18(金) 23:41:39 ID:LcgT5DQc
>>339A1ちゃん
それは昔から当然のように予言されてたことだね。
次は彼らの乗り物がどこかの飛行場に降り立って公式に訪問するとのことだけど
いつのことかな?案外近いのかも・・・
/l/l 。o。゚o ノノノ
     (∀` ⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o


342 :A1:2006/08/19(土) 01:32:19 ID:xsKgUYlt
mayさん
>>340
>父とは仏性…、ウム。(’-’)
mayさん、もしかしたら私とmayさんは「父」への
それぞれのイメージがあるのかも。
私は「父」という捉え方が曖昧で
父=仏性というのはちょっと性急すぎたかもです。
mayさんの言っていることがよくわからなくて・・ごめん

mayさんの「父」ってどんなイメージ?
考えてみれば私は「父」について無知。
基礎の基礎本、読んでみます。
でもって、mayさんが知っていることとかあれば教えて下さい。

343 :may:2006/08/19(土) 09:52:31 ID:GClSqNkX
>>332 単、直さん
こんにちは、ご無沙汰してます。
この AA 暑いときにはピッタリです。
飛び込ませてもらいまーす。今のこの時期温泉よりいいかも。^▽^


            '⌒ヽ⌒⌒) つ    | ||| || |||
         ⊂  ヽヽ| |/ /   ドボン!! ||
          ⊂。     )  っつ   | | || | |
            ヾヽ  ///    。。゚o。゚o 。゚o
 ̄ ̄三三二≡三≡(( | || |||))≡三二三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        三二三ヾ==ソ≡二三三
            。゚o。゚o 。゚o
          。゚o。゚o 。゚o
     /l/l 。o。゚o ノノノ
     (∀` ⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o      わぁい、涼しぃ〜。


344 :may:2006/08/19(土) 12:06:41 ID:GClSqNkX
>>342 A1さん
>父=仏性というのはちょっと性急すぎたかもです。
>mayさんの言っていることがよくわからなくて・・ごめん
ごめんなさい。私もA1さんのいうことをはっきり確かめないで書き込んでしまいました。
単純に、キリスト教での「父」は「神」を指し、
「仏性」とは人の内なる悟りに至るものと取り、どちらも
「救い」につながるかなぁと何となくレスしてしまいました。
私も少し本読みます。しかしどちらも意識は宇宙に広がっていきますよね。

☆.。 .:* ゜☆.  。.:*::::::::::::::::゜☆.。. :*☆:::::::::::::::::: 。.:*゜☆.。.:*
::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::。.: *  ・゜☆   :::::::::::::: :::::::::: :::::::::::::::::☆.。 .:*・゜☆.  。

345 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 00:51:31 ID:MWEWoMN5
>>2の「アダムスキーの宇宙哲学」、アマゾンで扱ってないみたい。
どうやったら買えるの?
同じ内容で違う題名の本があったら教えてください。

346 :単、直:2006/08/20(日) 10:07:31 ID:86a8BSM7
>>345名無しさん@3周年
たしか第1章でmayちゃんがどこかで購入したとかいう話しをしてたみたい
しばしお待ちをそのうち答えがくるでしょう

>>343mayちゃん A1ちゃん 弥生ちゃん
スレ違いだけど懐かしいのメッケ 癒しの休憩タイムってことでどうぞ〜
 ↓

347 :単、直:2006/08/20(日) 10:11:20 ID:86a8BSM7

│ノ  )            )ミ      __    / /  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
│  ノ,-'、-  γ´  ̄ `く´   /´~ヽ'´,, )  -' -'    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
│ __ \   l      `、  /    ,'´ヽ'、_     ,-┘:::::::::::::::::::::::::::::::::|
│/ ・`ヽ`l  |  C  ´ _)  l  C-'  ' ,'    ',ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
│  : : ノ_ノ⌒ ゝ     ノ  (  )   (´`      `´⌒ ー -、_,--、_.|
│   ノ      ト--イ´    ー '、┌--'       ..  .. .;  ::.      |
│  '⌒v'⌒)-、 /  ̄ |     --'--`ー─--、     : .. ;   ::. : .. . . _.___|
│⊃、 ,-ー、=') /l-l/l/l/l `)-、 (_ンl l ll┴┴ '       _-─── ' _._ |
|゚-、`ヽ'く´  l Lノ    | --- ├====|    . .. . .  __,⊃     )    |
│─、ヽヽ'oo  L=====」 ,っ-  |──- |   __, -─ ´    --─ '   -   |
│、(.二>o  ゚  _ト| トl__  ̄   `ト| ト|_´  <   ⊂´ ̄ ,'´ ̄ ̄ ̄´   |
│        `──'-'     `──'-'   )    )  ヽ  <>ヽ  |
|     ..  .,   _ __, -─ - ── -- - '´ =ニ二'´ -─' )´ ̄てニ -'|
|-- ニー、      `)´  )´ ̄ ニ  ̄` -- '´         __ , -─ '´     |
|-─‐´  __ , -─'  ノ     - ‐ --- -  = ニ-ニ ´        `)
 「ぼくのピアノがっ!川に流されていくよ」

348 :単、直:2006/08/20(日) 10:13:43 ID:86a8BSM7
│   , '´ ̄`ーz       _)、__ノ                       |
│  く  _, ‐´ ̄ ̄` ⌒ヽo (_)                            |
│   Y....   '´     )                                |
│   |::::::ヽ    _  ノ                               |
│   l:::::::::l  / `7´ l´ll               _              |
│   ゝ__ノ - 、_(  ノ ノ         γ´、,_,`ヽ   __, -‐ 、       |
│      r ┴-、 `く /          l  ・c・  l ∠_, (__,  )     |
│      '‐--'    )             (l   _   )  l´ ・c・ 、(    |
│     n_,l    ノn            ゝ、  _ノ  (l  _   r'     |
|     ゝ、_ く7 ノ              /ニイ    ゝ、  _ノ     |
│ ,,_、      ̄ `ー'              /  l     ノ-|      |
│´;;;;;;;;`'´⌒ヽn,、,、_,___, -─、  __,、_  |-/V、|    /ミ |  __,、   |
|;;;_,-、:::::::::::::::;;、ノ;;;;::::;;,:;,,:-,-, '⊂ニ、__ _ヽ、_γ ⌒ヽ,.-─-、ミミレ':;.ニ⊃)' ´`|
|;;== 二ニニ、__ ̄)::::::::,,:;,:;;:::;:;:,,;;;:::::;;:......;;:;:;;:,;;:,.::´`´`,:.......;`ー, : ; : :;, ,;;;;;:;;:;:;|
|三三ミミミ_ミニ==)─ 、:;:;::;,;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;:::;;;:;:::;::;: ; : :::::::::::::;;::;:;; ;;:;:;::.:|
|ニ-'´ ̄ ... ..::: ・   , -'oo::::::::::::::::::;:;;;;:;;:;:;:;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:::;;:::|
└────────────────────────────┘
 (「心配するな! 世界的に有名な緊急レスキュー隊の隊員が
  来てやったぞっ!」)

349 :弥生:2006/08/20(日) 12:03:31 ID:mKAWtjKZ
みなさん、コンニチハ!

癒し堂、お盆以来、書きこめない。(ホスト規制中と出る)
ストレス発散しようとしてたんだけど。
mayさんへのレスもしたかったのに。(T.T)すまんです。

タン直さん、涼しいAAありがトン スヌーピー好きでした。しかし暑いね。

350 :may:2006/08/20(日) 16:18:37 ID:ex3uhutg
>>345 名無しさん

21世紀の宇宙哲学 (アダムスキー)のことでしょうか?
下記をググッてみると、そこの下段にアダムスキーのシリーズが紹介されてます。
ポイントしたらアマゾンに行けますのでそこで購入できると思います。

私も途中なんです。後でお話聞けるといいなto楽しみにしてます。

http://ime.nu/www.adamski.jp/gap-japan/pomeroy/gaueael.htm

351 :may:2006/08/20(日) 21:10:18 ID:ex3uhutg
>>349 弥生さん
こんばんはー!
元気でよかった!(^o^)/
具合でも悪くないか思てましたyo~〜~!



352 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 00:59:59 ID:kcSMuY4r
単、直さん&mayさん
ご親切なレス、どうもありがとうございます。
>>2に書いてあった言葉の下から3番目、下から2番目、下から1番目、
目から鱗でした。

どういうわけか、mayさんが貼り付けてくださったリンク先をコピーしてから
グーグル検索したのに、Hなサイトにつながってしまいました。
直接クリックするとHなサイトにつながってしまうのは何度か失敗して知っていたのですが、
コピーしてから検索にかけたのに、なんでだろ???
でも、mayさんが本の題名を教えてくださったので、
アマゾンで、「21世紀の宇宙哲学」、調べてみます!
読んだら、また遊びに来ます。

353 :名無しさん@3周年:2006/08/21(月) 01:01:47 ID:kcSMuY4r
↑345です。

354 :A1:2006/08/21(月) 11:58:38 ID:BG1nelAq
ふぅ・・暑いあつい(汗)
>>341
単、直さん、毎日暑いですね。
納涼AAありがと・・ドボーン!!

/l/l 。o。゚o ノノノ
     (∀` ⊂_三。゚o
      ゚。゚゚o

>>341 :単、直 :2006/08/18(金) 23:41:39 ID:LcgT5DQc
>いつのことかな?案外近いのかも・・・
明日!! (笑)
新しい時代がやってくるよ。


355 :A1:2006/08/21(月) 12:01:22 ID:BG1nelAq
mayさん、弥生さん
こんにちは

345さん、はじめまして

また、後でね (^^)

356 :A1:2006/08/21(月) 17:23:45 ID:BG1nelAq
mayさん
>>344
>「救い」につながるかなぁと何となくレスしてしまいました。
父でも神でも仏性でも宇宙の真理でも
思い遣り、調和、救い、癒し、慈悲、愛 
こんな感じできっとつながっている
ということで、ああ、mayさんにどうレスしたらいいのか
文章まとまらなくて・・↑フィーリングでなんとか感じていただけたら
すみませn m(__)m

>>340でmayさんが言ったこと奉仕の話で
>相手の喜ぶことをした時に自分も幸せに感じる、という思いにつながりませんか?
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
でもって、相手も自分も幸せに感じる・・そのときの穏やかな空間を思い描き
気持ちがやすらかになります。

>私も少し本読みます。
mayさん、私は今、図解雑学「聖書」を読みはじめたところです。
新発見 、アダムとイブの話、ユダヤの民話によれば、実はアダムには
エバの前に「リリト」という女性がいたんだって。
アダムと相性があまりよくなくて、代わりに作られたのがエバだそうな。
その後リリトはどうなったかが気になります。 この本、初心者向きで読みやすいです。
旧約聖書、新約聖書の「約」って人と神との契約の「約」なんですってね。
「ユダヤ教は神がアブラハムやモーセに約束した「約束の地」カナンを
めぐる周辺諸国との抗争のなかから生まれたといえる。 」と書いてありました。
神、信仰、民族の歴史など興味深いです。

>しかしどちらも意識は宇宙に広がっていきますよね。
ええ ^^
意識は宇宙に広がり・・そして今日の晩ご飯なににしようかと日常にもどり
電子顕微鏡の世界など雑誌でみると極微へも飛んで・・意識は自由かと思えば、
こだわりにがんじがらめに縛られていたり、人間って不思議です。^^

357 :A1:2006/08/22(火) 10:16:13 ID:WtcV9g3f
>>352さん、こんにちは
>>2に書いてあった言葉の下から3番目、下から2番目、下から1番目、
>目から鱗でした。
その部分、私の心に響いた個所でしたので
352さんの投稿うれしかったです。m(__)m

>>2は昭和55年出版(たま出版)「アダムスキーの宇宙哲学」からの引用ですが
mayさんが紹介してくれた「21世紀の宇宙哲学」翻訳者は
同じ方(久保田八郎氏)です、出版社は違っても、同じ内容だと思います。
(「21世紀の宇宙哲学」をmayさんが紹介してくれたサイト内の検索かけてみました)

どこからの引用か紹介しますので、もしよかったら参考にどうぞ。

・この世における人間の目的は真実なるものと真実ならざるものとを---
(序・真理とは何かより」)
 
・個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
(第10章 感情のバランスより)

・そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである
(第10章 感情のバランスより)

また、お話聞かせて下さいね。

358 :may:2006/08/23(水) 11:24:33 ID:E0kjAI0u
>>356 A1さん
>父でも神でも仏性でも宇宙の真理でも
>思い遣り、調和、救い、癒し、慈悲、愛 
>こんな感じできっとつながっている
はっきりと伝えて下さってます。
<思い遣り、調和、救い、癒し、慈悲、愛>
字そのものが良い波動を持っているのではないでしょうか。
絵画にしても音楽にしてもかもしだす雰囲気があります。
不安になる、また単に重苦しいだけの作品は善きものを発信しているとは
思えなくなって久しいです。


359 :A1:2006/08/23(水) 16:05:55 ID:Vpp2AFX+
>>339の続報
太陽系惑星「8個案」で調整…国際天文学連合総会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060823-00000004-yom-soci

太陽系の惑星を9個から12個に増やすとする惑星の定義案を示していた国際天文学連合(本部・パリ)は23日、
冥王(めいおう)星を惑星の地位から格下げし、8個にする修正案で最終調整に入った。

惑星として親しまれている冥王星が、教科書から消えるという事態もありそうだ。

22日の総会では小惑星「セレス(ケレス)」、冥王星の衛星「カロン」を惑星に昇格させるとした当初の案への反対が続出。
ほかの惑星に比べて大きさや軌道面の点で異質である冥王星を惑星としてきたことに反発する声も出された。

こうした意見を受け、定義案を作成する同連合評議委員会は「12個」案を撤回。
新たに〈1〉自分の重力で球形になったもの〈2〉その軌道領域で主要な天体であること――などを惑星とする新定義案で最終調整に乗り出した。

360 :A1:2006/08/23(水) 16:09:42 ID:Vpp2AFX+
惑星って・・・
格上げしたり、格下げできるものだったのね、知らなかった。

見方といおうか定義で変わるもんなんだ・・う〜ん、新発見

361 :A1:2006/08/23(水) 16:28:22 ID:Vpp2AFX+
mayさん
>>358
>はっきりと伝えて下さってます。
よかった(ほっ)

>字そのものが良い波動を持っているのではないでしょうか。
字からくるイメージがよい波動を持たらすのかなぁ。
見ているだけで癒されます。

>不安になる、また単に重苦しいだけの作品は善きものを発信しているとは
>思えなくなって久しいです。
そっか、mayさんはどんな作品に不安や重苦しさを感じたりするの?
絵だったら色使いとか? 小説だったら内容で?
なんかこう・・特に定義があるわけじゃなくって、感性みたいなもので感じるの? 

362 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/08/24(木) 10:07:33 ID:oQnVGzbP
>>359-360
「分類」そのものが、宇宙法則に反するかも知れないのにねえ。

363 :名無しさん@3周年:2006/08/24(木) 11:12:10 ID:24RAxO5n
>>359-360
「惑星」という言葉自体、単なる天文学の用語ですから。

別に各惑星が悠久の昔から「惑星」と呼ばれたわけではないし、
惑星自体や惑星の住民(?)が
「ここは「惑星」である」
と主張してるわけでもない。

364 :A1:2006/08/24(木) 23:25:03 ID:2qzmc3uy
決まりましたね

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060824-00000122-mai-soci

【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、
全体会議で惑星の定義案を議決、冥王星を惑星から外す最終案を賛成多数で採択した。
これにより、太陽系の惑星数は現在の9個から8個となる。
全体会議に出席した数百人の科学者全員が投票し、歴史的問題の決着を図った。

可決された定義は、太陽系惑星を
(1)自らの重力で球状となる
(2)太陽を周回する
(3)軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体――と定義した。
水星から海王星までの八つが惑星となる。
軌道周辺に同規模の天体があり、3番目の条件を満たさない冥王星は惑星から外れた。
 冥王星を惑星として存続させる主張も根強く、水星から海王星までの八つを「古典的惑星」とする一方、
自らの重力で球状となるが、軌道周辺で圧倒的ではない天体を惑星の一種の「矮(わい)惑星」
と位置づけることで、冥王星を惑星の地位にとどめる対案も提出されたが、否決された。


365 :A1:2006/08/24(木) 23:38:57 ID:2qzmc3uy
参考にどうぞ↓

http://www5.ocn.ne.jp/~report/news/plutoplanet.htm#2


366 :A1:2006/08/24(木) 23:59:34 ID:2qzmc3uy
>>362
>「分類」そのものが、宇宙法則に反するかも知れないのにねえ。
分類好きは人間のサガでしょうかね。

>>363
>「ここは「惑星」である」
>と主張してるわけでもない。
ホントだ。。。なんか、笑いました。

宇宙の中では、そこに「在る」・・ただ「在る」
想像ふくらませると、不思議空間が広がるなぁ
しばし余韻にひたりましょ。


367 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/08/25(金) 06:13:38 ID:P2O1al48
>>364
冥王星には衛星まであるほどなのに??

それで、ちょいと話が逸れるんだけど、いちばん最初の『宇宙戦艦ヤマト』において「冥王星の月」というのが出てきていたけど、
この段階(西暦で1974年)においては、冥王星は質量の関係で、衛星を持つことは不可能だなんていわれていた。
作者は「将来、冥王星の衛星も発見されることであろう」と踏んで「冥王星の月」を、ストーリーに登場させたものと推定。
そうして果たせるかな、この5年後に、冥王星にも「月」があることが公表される運びとなった。
作者の松本零士氏は、もしかするとNASAあたりがすでに発見していることを突き止めたうえでストーリーに敢えて盛り込んだのかも知れない。
まあ、彼とて、一般人よりかは沢山の宇宙に関する情報を持っていたであろうから。

368 :名無しさん@3周年:2006/08/25(金) 17:35:45 ID:S1G7eCFz
皆様も既に御存知でしょうが、冥王星が惑星から降格されますた。
実はこれは、大変大きな意味を持っていることなのです。

占星術では、新しい惑星の発見は大きな意味を持ちます。
天王星、海王星、冥王星が発見された時も、占星術的には大きな意味を持ち、
時代が変革、改革されました。
いや、そういう時代の変革の時に、新しい惑星が発見されるのです。

しかし、今まで認められていた惑星が抹消されたことは、今までありませんでした。
冥王星が惑星から降格されると、占星術的には大きな影響が出るでしょう。

いや、今までにない時代の変革の兆しとなるに違いありません。
しかも、これは、地球人が自ら決定したことです。

冥王星の降格、
これは、地球人が自らの存在を否定したことになるのです。
冥王星はプルートー、冥界の神です。
そのプルートーが地球人に否定され、降格されたことを容認するはずがありません。
プルートーの怒り、呪いが下されるのです。

それは、人類消滅・・・・か !

ヒエエエエ〜〜〜〜
たたりじゃあ、プルートー様のたたりじゃ〜


ってか


369 :A1:2006/08/26(土) 01:44:14 ID:VY//0pUu

冥王星など入れる新分類、「矮小惑星」?…和名検討へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060825-00000512-yom-soci

冥王(めいおう)星を惑星から除外する国際天文学連合の決定で、太陽系の天体に新たな分類名がつけられたことを受け、
日本学術会議は25日、新分類の和名を検討することを決めた。

学術会議内に日本惑星科学会などの専門家らで作る委員会を作り、半年以内に和名をつけるという。

新たにつけられた分類名は冥王星や小惑星セレスなどを指す「Dwarf Planet」、
惑星と矮小(わいしょう)惑星いずれにも入らず、
衛星でもない天体の総称「Small Solar System Bodies」など。

それぞれ「矮小惑星」「太陽系小天体」と訳せるが、
学術会議で、わかりやすく親しみやすい和名を検討するという。

370 :A1:2006/08/26(土) 01:53:41 ID:VY//0pUu
これで落ちつくのかな?
雑誌か何かで今回の件の特集記事などみつけたらUPします。

>>367
>それで、ちょいと話が逸れるんだけど、
裏話、楽しかった。
「宇宙戦艦ヤマト」・・あ〜、懐かしい。

>>368
>ヒエエエエ〜〜〜〜
>たたりじゃあ、プルートー様のたたりじゃ〜
ディズニーの?

371 :may:2006/08/27(日) 00:07:56 ID:0nFOBQcZ
>>368名無しさん
占星術なるものは神話を題材としての名前が主ですから
はるか以前からある星座や星々の現在の呼び方は人間にとっての一過程の呼び方で
またいずれの時か変わるときがあるかも知れませんよね。
でも9惑星でなくなるなんて…。


372 :may:2006/08/27(日) 00:47:56 ID:0nFOBQcZ
A1さん
>>370
>>たたりじゃあ、プルートー様のたたりじゃ〜
>ディズニーの?
(*^ー^;)

>>361
>どんな作品に不安や重苦しさを感じたりするの?
>絵だったら色使いとか? 小説だったら内容で?
>感性みたいなもので感じるの? 
感じ方は人それぞれだから何とも言えないとこもあるのだけど、
やはり、絵にしても音楽にしてもメッセージと共にその手法が,暖かいものをもって
伝えてくれるのがいいな。悲しくても辛くても何か心ふるわせる波長を感じるもの。
色使いは勿論。音楽なら不協和音が多いのはちょっとね。
やなフィーリングを感じた時は九字を切りたくなります。(気休め;;)
A1さんはどんな?

.....................................
聖書には次のように述べてあります。
「自分の前に偽りの神をもつな」と。
なぜなら、似姿というのは宇宙の意識と同一物である純粋な
意識そのものであるからです。(21世紀生命の科学 レクチャー10)

373 :A1:2006/08/28(月) 11:33:06 ID:HHJf14gN
mayさん、
>>372
>A1さんはどんな?
私も暖かいものが好き・・前向きになれるような
抱えていた重荷がふっと軽くなり、
心が癒され透明になっていくような
そんな波動を感じさせる作品って眺めているだけでホント癒されます。

明るく美しく穏やかな風景画やさりげない日常のひとこまとか、
色合いが暗くてもミレーの絵とか
ジーンとくる絵が好き。^^

>やなフィーリングを感じた時は九字を切りたくなります。(気休め;;)
そっか。
九字を切るって密教などで使われるんでしたっけ?
キリスト教では十字を切るって言いますよね。
切るって、何か意味があるのかもね。


374 :A1:2006/08/28(月) 11:34:38 ID:HHJf14gN
続きまた後でレスします。

375 :A1:2006/08/28(月) 21:42:07 ID:HHJf14gN
mayさん、
>(21世紀生命の科学 レクチャー10)
私、同じ本を持っていましたので、mayさんが抜粋してくれた箇所読みました。

すぐ前の部分
「自己の目的を果たすために他人をトリコにする権利を有している
死者の霊魂や霊媒というものは存在しません。
あなたが持っている唯一の権利は、創造主すなわち神の似姿である
あなたの半身を認めることと、それとともに活動することに在ります」

>「自分の前に偽りの神をもつな」と。
>なぜなら、似姿というのは宇宙の意識と同一物である純粋な
>意識そのものであるからです。(21世紀生命の科学 レクチャー10)
わたしの半身は宇宙の意識と同一物である純粋な意識そのもの・・・なのね。

私は自分の目的のために誰かをトリコにする権利を持っていない。
宇宙の意識と共に活動すること

私は生まれるということは、この宇宙の意識との分離を体験することだと思うんです。
この分離から一体へ・・これも宇宙の活動の一環・・・なのかな。

376 :may:2006/08/30(水) 16:32:07 ID:x2WsABNN
A1さん
>>373
>九字を切るって密教などで使われるんでしたっけ?
>キリスト教では十字を切るって言いますよね。
邪を払う意味ですけど、ほんとだ、どちらも似たやり方をするのですね。
でもね面白いことに、印を結ぶ指の形の一つに
人差し指と中指を交差させるのがあるのですけど、これは
アメリカ or イギリス辺りでの幸運を呼ぶ仕草なんですよ。
共通のものってあるんですね…。ツクヅク… ^o^


>>375
>私は生まれるということは、この宇宙の意識との分離を体験することだと思うんです。
>この分離から一体へ・・これも宇宙の活動の一環・・・なのかな。
そーかぁ。納得できそう。というか私もそういう気がします。
手塚治虫の「火の鳥」で  
レオナとチヒロがロボットのロビタのコンピューター頭脳の中で一緒になれる箇所と
マサトとタマミが死んだ後火の鳥のなかにある宇宙生命体の中で出会う所で
なんだかそれなりの解答を得た思いがしたのだけど、共通の感覚があるような・・・。

377 :A1:2006/09/02(土) 13:39:49 ID:5Umhk08r
mayさん
>>376
>共通のものってあるんですね…。ツクヅク… ^o^
ねっ、^^
話はちょっと変わるけど
清少納言の枕草子だったかな、
こんな一節がありました。
うわさ話に花を咲かせていたら
子供が聞いていて、その話相手にバラしちゃって
その都合の悪い事よって内容だったと思います。

人間の感情って今も昔も変わらないんだなって
不思議な気持ちになったことが思い出されます。

378 :弥生:2006/09/03(日) 02:31:06 ID:TdrDWUWf
A1さん mayさん こんばんは。

癒し堂はホスト規制されてて、行けません。
大量広告マルチポストする人とプロバイダ同じなのかも。
それとも私がアクセス規制されてるのかい!?(TT)douse
でも、今はいろいろ忙しいから。
でもdemo怒りスレカキコしたいのに〜
A1さん、遊び場で、お声かけてくれて、ありがとう。
とりあえず、元気です。ご挨拶まで。(^-^)


379 :A1:2006/09/03(日) 10:27:10 ID:ucNL8UQh
mayさん
>>376
>マサトとタマミが死んだ後火の鳥のなかにある宇宙生命体の中で出会う所で
>なんだかそれなりの解答を得た思いがしたのだけど、共通の感覚があるような・・・。
ああ、そうそう、そんなシーンがあった、懐かしい・・。

「百億の昼と千億の夜」最後のほうにもそんな場面があった記憶があります。
mayさん、これ、もしよかったら、あらすじ↓
http://pweb.sophia.ac.jp/~s-yamaok/sub9.htm

阿修羅が、ある宇宙次元のような世界で亡くなった友の意識を感じ
「ああ、そこにいる(た?)のか」と言うの。
記憶があやふやだけど、そんなシーンでした。
意識とはなんぞや??? ^^

380 :A1:2006/09/03(日) 10:50:56 ID:ucNL8UQh
弥生さん
>>378
>大量広告マルチポストする人とプロバイダ同じなのかも。
うん、そうかも
>それとも私がアクセス規制されてるのかい!?
いや、それはないでしょう。
>(TT)douse
んっ?
        Λ,,Λ 
      ゜゜(´□`。)°゜。 ワァァーン
      .c(,_uuノ 

かい?

ほい、私のお気に入り癒しアイテムのぬこさん登場

  ∧,,∧    ∧,,∧   ∧,,▲   ∧,,∧
  (,,・∀・)   ミ,,・∀・ミ   (;;・∀・)   ミ,,・∀・ミ  ぬこー
〜(_u,uノ @ミ_u,,uミ @(;;;;uuノ 〜ミ_u,,uミ



381 :弥生:2006/09/03(日) 14:58:00 ID:jWBeRw46
A1さん こんにちは
>>379
横レスだけど、そのコミックの阿修羅はいいよねえ。
ラストシーンもいい。最近読みなおしたので。

>>380
ぬこサン、カワイイ〜〜癒されるね。ありがと。
そういえば、思い出したんだけど、スペースピープルもタバコを吸うと
アダムスキーは言ってたなー ほんまかいな? (-.-)y-~~ じゃねー^^


382 :A1:2006/09/04(月) 11:22:07 ID:4h0vBOWW
>>381
>そのコミックの阿修羅はいいよねえ
うん(^_^)

>ぬこサン、カワイイ〜〜癒されるね。ありがと。
ねっ、笑顔がいいでしょ。

>ほんまかいな?
まぁ・・答えの出ない話だわ(笑)
タバコ吸うかどうかはわかんないけど
ストレスはあるだろうな。

383 :A1:2006/09/04(月) 15:08:57 ID:4h0vBOWW
>>306-307
>アダムスキーの「宇宙哲学」 第6章 人間は四つの感覚器官を持つ

から一ヶ月少々過ぎました。
自己メモです
>>308
>次回といってもいつになるかはわかりませんが(m(__)m)
>次は「第7章 進化の道」です。

・・・予告です(小声)
7章に「目標がいかに遠かろうが近かろうが、一歩一歩しか歩めない」
と書いてあります。
当たり前のことなのに、何故かとても新鮮です。

384 :単、直:2006/09/05(火) 01:10:43 ID:Swd6wq1k
>>381 弥生ちゃんmayちゃんとA1ちゃん
ご無沙汰なのだ!

>スペースピープルもタバコを吸うと
>アダムスキーは言ってたなー ほんまかいな? (-.-)y-~~ じゃねー^^

ん、確かアダムスキー氏はかなりのヘビースモーカーだった。
助手にアリスさんとか女性が3人ぐらいいて彼女たちもかなりのヘビースモーカーで
3,4時間ディスカッションしてると灰皿がすぐ山盛りになったって話しは聞いたような希ガス

でも母船に招待された時いつもの癖でポケットを探って煙草を取り出そうとしたら
乗員の女性から「お吸いになりたかったらどうぞ、何か灰を受けるものを持ってきましょう
でもこんな奇妙な習慣を持ってるのは地球人だけですよ」って微笑んで言われたので
アダムスキー氏は灰皿を辞退し、それから程なくして煙草辞めたってどこかで読んだような記憶があるよ。

ところで弥生ちゃんmayちゃんとA1ちゃんに紹介したいもんがあるけどヨカですか

風とともに去りぬ
http://via.z1.bbzone.net/gone_with_the_wind.htm

随分昔若い頃にみて初めて女性の逞しさ複雑さを体験し、近未来自立する女性の姿を
予見してるかのような単直的には優れた映画に見えましたね

最後のシーン、全て失った絶望の中スカーレットの明日は明日の太陽昇るわ
明日のことは明日考えよう・・・・今でも脳裏に焼きついてまつ

>>383A1ちゃん
>・・・予告です(小声)

乙!楽しみにしてるバイ

385 :A1:2006/09/05(火) 21:27:55 ID:ehnjgKl7
>>384
>ご無沙汰なのだ!
おお、単、直さんではないですか o(^o^)oワォ!

>最後のシーン、全て失った絶望の中スカーレットの明日は明日の太陽昇るわ
>明日のことは明日考えよう・・・・今でも脳裏に焼きついてまつ
リンクありがとう。
私もこの映画好きよ。単、直さんもか〜、お仲間♪
最初見たのは中三の時

>全て失った絶望の中スカーレット
ああ、そのシーン覚えている。
レッドが去った後、絶望の中で泣き崩れるスカーレット。
脳裏にお父さんの声がこだまする「タラへ」「タラへ」

「明日のことは、明日考えよう」
ラスト、彼女はタラの大地に立つ  風と大地と夕日が彼女を包む(記憶では)

あと;
スカーレットが命がけでメアリーを助ける。。力なく拒むメアリーに言う
泣きながらひたむきに一途に
「アシュレーとの約束だから、あなたを助けるの」そんなシーンなかったかな。
彼女は約束がなくてもメアリーを守っただろうな。

スカーレットの生き方は我侭で一途で純粋で妥協しない・・惹きつけられました
繰り返しませう
『明日のことは、明日考えよう』


386 :A1:2006/09/05(火) 21:43:39 ID:ehnjgKl7
>乙!楽しみにしてるバイ
ありがと〜 (^-^)
ゆっくりペースですが、これからもよろしくね。

387 :may:2006/09/06(水) 05:02:25 ID:yvaVB+cn
>>A1さん
すこしご無沙汰。
>>377
>人間の感情って今も昔も変わらないんだなって
>不思議な気持ちになったことが思い出されます。
人間は人間になった時から人間なのね、きっと。
進化してるのかしら?というか悟りつつあるのかしら。
「百億の昼と千億の夜」の引用ありがとう。重たいね。
あまり詳しくないのですけど見た後どっかりしました。^^


>あなたが持っている唯一の権利は、創造主すなわち神の似姿である
>あなたの半身を認めることと、それとともに活動することに在ります」
>「自分の前に偽りの神をもつな」と。
>なぜなら、似姿というのは宇宙の意識と同一物である純粋な
>意識そのものであるからです。(21世紀生命の科学 レクチャー10)
「似姿」という言葉に反応する自分があるのです。
絵も音楽も心地よいものを好むのは、その反対の波長を持ったものが多く溢れているのは
その存在を当然と納得したうえでの安心を求めているのかも知れない。
良きものへ向かう意識がこの世界を住みやすくしないかなー、なんてね。(甘いか;;)
        Λ,,Λ 
      ゜゜(´□`。)°゜。 ワァァーン
      .c(,_uuノ 
みんなかわいいけどこれが一番好き。

        


388 :may:2006/09/06(水) 05:14:27 ID:yvaVB+cn
>>378 弥生さん

(TT)douse
o^-^o 弥生さん相変わらず!

>でも、今はいろいろ忙しいから。
>とりあえず、元気です。ご挨拶まで。(^-^)
忙しい時ってまとめて来るのね。無理しないように…。


389 :単、直:2006/09/06(水) 20:50:50 ID:JocFB1Eo
>>385 A1ちゃん
スカーレットにとって故郷タラへの想いはありのまま全てを包み込んでくれる
親みたいなまたおおいなる根源へよせたものに近かったかも知れないね・・・

全てを失った絶望の中
明日は明日の太陽が昇るわ「明日のことは、明日考えよう」

こういう言葉が湧いたスカーレットの脳裏には

単直の妄想かも知れないけどもしかしたらマンゴーさんが書いてくれた

「すでに救われてしまっているということに気づくこと」があったのかも

我侭で一途で純粋で妥協しないそれだからこそ
あえて罪だと思えたこともやってきた、人に負けないようにと戦ってきた

でもそんな私でも故郷のタラみたいにおおいなるものはずっと受け入れてくれてた

そして打ちひしがれて泣きじゃくるこの瞬間だってずっとずっと・・・・・見守ってくれてる・・・

そうだ!明日は明日の太陽が昇るわ「明日のことは、明日考えよう」

390 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/07(木) 09:17:38 ID:RxvmbqvA
>リノさん

お招きに預かりまして、ありがとうございます。どうしようかと思いつつ、
折角のお招きなのに御挨拶もなしでは失礼かと思い、ヒョコヒョコ来てしまい
ました(笑皆様、お邪魔します。宜しくお願いします。

と、余りお話できる事はないのですが。。。
私はアメジストと水晶、2つのペンジュラムを持っています。
二択の時はカードとペンジュラム両方を使ったりします。
「石」と仲良くする事が大前提なので、そういう話をすると、皆さん興味が
あるようで、購入された方が多数居られます。そういう何人かでお茶会の時
皆が各自ペンジュラムを持ち出し、水の入ったコップを用意したりして会話
に花を咲かせています(怪しい集団?:笑)会社の社長さん等は取引の時に
参考にしていますと報告を受けた事がありました。リノさんの仰る通り、
霊感は関係ないので集中力は必要かと思いますが、訓練次第で色々と教えて
くれるようになると思います。ただの振り子と思いきや、結構助けてもらった
場面もありました。本を読み漁ったり、勉強したりという事はなく、感覚だけ
で使っていますので、知識的なものは余りありません。でも色々と知りたいと
思ったりもするので、また何かあれば教えて下さい。宜しく。。。

あ、クセでペンジュラムと書いてしまっています。すみません(笑)

391 :A1:2006/09/07(木) 16:21:19 ID:xBRE8gGN
梓弓さん、こんにちは 初めまして
スレ立てのA1です。
「アダムスキースレの1」だからA1です。

>>390
>皆様、お邪魔します。宜しくお願いします。
こちらこそよろしくお願いします m(__)m

( ∩_∩)_旦~~ オチャどうぞ♪



392 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/07(木) 17:05:25 ID:RxvmbqvA
>A1さん

初めまして、お邪魔しています。。。厚かましく来てしまいました。
何かいきなりペンジュラムの話を持ち出す形になってしまい、すみません。
お茶、ありがとうございます!ずぞぞぞぞ〜〜。。。ああ、おいしい!
ああ、なる程、だからA1さんなのですね。

2chに書き込みしているものの、慣れていませんので何かと粗相もあるかも
知れませんが、どうぞ宜しくお願いします。知っている所へしか書き込みを
した事がないので、とても緊張しています(笑)

また覗かせて頂きたいと思います、皆様、よろしくお願いします。。。















393 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/07(木) 21:58:48 ID:yD9on2WK
>>390
梓弓さん、こんばんわ
ようこそお越し下さいました
お返事有難うございます

>私はアメジストと水晶、2つのペンジュラムを持っています。
>「石」と仲良くする事が大前提なので、

なるほど、そうなんですね
ワタシの場合道具にはこだわらず、特定のペンジュラムを使うことはありませんでした
そのへんにあるものを使って、即席でつくってしまいます
アニメ『魔女の宅急便』をご存知でしょうか? 主人公キキが、最後にほうきの代わりにデッキブラシを使いましたが、あんな感じですね
でも「石」は見ていて本当に楽しいですね

>二択の時はカードとペンジュラム両方を使ったりします。

そういうやり方もあるんですね

>そういう何人かでお茶会の時皆が各自ペンジュラムを持ち出し、水の入ったコップを用意したりして会話に花を咲かせています

「水の入ったコップ」つまり、水が近くにあったほうがよい、ということでしょうか?



394 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/07(木) 22:00:28 ID:yD9on2WK
>リノさんの仰る通り、霊感は関係ないので集中力は必要かと思いますが、

そうか、集中力だったんですね
それで、ペンジュラムからいったん離れた意味がわかりました
最近なにごとにも集中力がなくなってきていまして…(笑)本を読むのにもものすごい集中力が必要になってます

>訓練次第で色々と教えてくれるようになると思います。

そうですね
興味があったらA1さんもやってみてはいかがでしょうか? 意外と合っているかもしれませんよ

(つづく)


395 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/07(木) 22:21:32 ID:yD9on2WK
>>394
>ただの振り子と思いきや、結構助けてもらった場面もありました。

これは実感として、よくわかります
どうでもいい質問は、やっぱりどうでもいいんですよね(笑)
自分の力ではどうしようもなくなったとき、神という存在があるならば、それに祈らずにはいられなくなったとき、そういうときに真価を発揮すると思います

>本を読み漁ったり、勉強したりという事はなく、感覚だけで使っていますので、知識的なものは余りありません。

でも、それで出来ちゃうのがペンジュラムじゃないですか?
大事なのは「感覚」、センスです
ちょっと言葉では説明しにくいですが、オペレーターが何を言わんとしているか読み取る力、とでも言ったらいいのかな
そして、
>訓練次第で色々と教えてくれるようになると思います。
センスは磨けますしね



396 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/07(木) 22:22:53 ID:RxvmbqvA
>リーノさん

早速、粗相と言うか大変失礼をしてしまいました。リノさんではなくリーノさん
でした。申し訳ありませんでした(汗)

宮崎アニメはどれも好きで、魔女の宅急便も大好きです。ペンジュラムと言わず
とも、即席で5円玉で作ったり、お気に入りのペンダントを使用しているという
話も耳にします。私は石が好きで、昔は高価だったものが、今は嘘のような値で
買えるようになり、昔買った石を眺めて「うらめしや〜〜」とちょっぴり(笑)

あ、水の入ったコップに反応するのです。水が入ってるかどうか解らないように
した状態で、ペンジュラムを翳すと水の入っている方に反応があります。
あてもの感覚でヤンヤヤンヤと過ごしたりもしたものです。

人の生死は基本的に占いでは御法度なのですが、私はペンジュラムに聞いて、
結果残念なお知らせをした事がありました。その時も随分雑念が入り、
集中できず結果が二転三転したりしました。元々実はガサツな人間なので私も
まだまだ勉強中であります(笑)年々私も目がショボショボ、集中力が(笑)

A1さんも、また機会があればお試しになって下さい。。。


397 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/07(木) 22:41:04 ID:RxvmbqvA
つづき

そうなんです、感覚でできる有難いシロモノのようです。。。
研磨剤でゴシゴシとセンスを磨きたい気分です(笑)

知人談ですが、「今日の機嫌はどうですか?」とペンジュラムに聞いたら
「悪い」と出たそうで、その日の質問は控えたそうです(大笑)
私は機嫌を聞くという事はして来なかったので、「嗚呼、そういうのも
いいかも!」と思ったものです。その知人は全く霊感などというものは無縁で
お笑い人間なのですが、どうやらセンスがあるようで。色々と当てたりもして
いて。「すっごいな〜」と思ったりします。無欲で、純粋な心・集中力が大切
なのかも知れませんね。ああ、見習わなくては。。。

今日はありがとうございました。お話させて貰えて嬉しかったです。
今日はそろそろ休みます。皆さん、おやすみなさい。ありがとうございました。



398 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/07(木) 22:42:23 ID:yD9on2WK
>>391
A1さん、お久しぶりです

お元気そうでなによりです
ワタシは夏バテで胃が弱ってしまい、ワインが飲めなくなってしまいました
(でも今日もちょこっとは飲んでしまいましたが…「ちょこっと」はグラスに2杯)

ときどき、癒し堂をのぞいたりしています
お邪魔していますが、よろしくお願いします


399 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/08(金) 00:24:10 ID:F7Fxoa87
>>397
>知人談ですが、「今日の機嫌はどうですか?」とペンジュラムに聞いたら「悪い」と出たそうで、その日の質問は控えたそうです(大笑)

なるほどお(大笑)
でも、遊んでくれそうな、茶目っ気のあるタイプだったら?

──今日の機嫌はどうですか?

──No

(1)その質問じゃダ〜メヨ 日本語ベンキョなさ〜い
(2)本当に機嫌が悪い
(3)その質問をされて機嫌が悪くなった
(4)そういう質問なら「悪い」って答えちゃうぞ
(5)「悪い」と答えておけば、今日はゆっくり休めそうだ
(6)たまには愚痴を聞いてくれ


さて、実際はどれ(あるいはこれ以外にも)だったんでしょうか?


400 :弥生:2006/09/08(金) 01:02:55 ID:pXHyIzNF
>>390梓弓さん、こちらでは、はじめまして。
私も実はペンジュラムの話はお聞きしたかったのです。

>「石」と仲良くする事が大前提なので、

石に尋ねる前に、お祈りとか、儀式?のようなことは
されるのでしょうか? こだわらなくてよいのかな?
興味シンシンでつ。



401 :A1:2006/09/08(金) 03:51:49 ID:0dV/RDwy
梓弓さん
>>392
>何かいきなりペンジュラムの話を持ち出す形になってしまい、すみません。
どうかお気になさらずに、
ゆっくり、おくつろぎくださいね。

りのさん
>>398
>ときどき、癒し堂をのぞいたりしています
>お邪魔していますが、よろしくお願いします
バテちゃいましたか。
今年の夏は暑かったものね。どうぞご自愛下さいませ。
りのさんも、ゆっくりしてってね。

402 :A1:2006/09/08(金) 04:06:04 ID:0dV/RDwy
>>387
mayさん
>>389
単、直さん

秋の虫たちがひと晩中鳴いています。にぎやかだわ
mayさん,単、直さん、週末でかけるのでその準備とか、いろいろ用事でいそがしくて
返事おそくなってすみません。
後でレスします。ちょっと待って下さい m(__)m

403 :A1:2006/09/08(金) 04:11:21 ID:0dV/RDwy
弥生さん

朝だ・・もう寝ます。\(~o~)/ふあぁぁ
またね・・おやすみ・・

404 :弥生:2006/09/08(金) 09:38:00 ID:rASRiJsU
>>384単、直さんレスどうもです。お久しぶりです。
>ん、確かアダムスキー氏はかなりのヘビースモーカーだった。

知人から聞いたか、読んだか・・・ 本人がヘビースモーカーですか。(‥)フム…
スペース・ピープルが吸うと聞いたような。さっき、手持ちの本で調べたら、
カモフラージュするために吸うとありますた。ども。(^^ゞ

>最後のシーン、全て失った絶望の中スカーレットの明日は明日の太陽昇るわ
>明日のことは明日考えよう・・・・今でも脳裏に焼きついてまつ

スカーレット・オハラは理想かな。
生活力と情熱に溢れていて、行動派。でも、真心を見落とすんですよね。
あとの祭りだったりする。カオスから這い上がる活力がある分、
かんしゃく持ちなので短気で破壊的です。目先にとらわれる。
でも、周囲に活力を与えてゆく女性。

メラニーも理想。でも彼女は、従属の中にしかいられず、
スカーレットに強い憧れを抱いています。
自分を知る1歩引いた女性は、妻の鏡。強い女性だなと思います。
女性には、どちらの面もあるように思います。


405 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/08(金) 10:01:34 ID:dg03UgA1
>リーノさん
お返事ありがとうございます。何か・・・嬉しいです。ペンジュラム、と合わせて
下さっています、リーノさんも弥生さんも。お心遣い、身に染みます。
石は持ち主とシンクロすると言われているようで。もし、知人の性格が移っていると
すれば(笑)きっと(5)の答えが妥当かと思われます。私が石なら(1)の如く
「良いですか?」と二択に沿った聞き方をしろー!と思います(笑)知人曰く「親友」
らしいです、そのペンジュラム。人に接するような感じで付き合いしているようです。
(オイオイ、他に友達は居ないのかというツッコミはさておき:笑)シンクロする為
24時間皆持ち歩いているそうです。ある人は何かお宝が出ないかと、仕事現場にて
ペンジュラムを翳し、ウロウロ。ある人は事務所の窓から取引先の客人を待ち構え、
ペンジュラムを翳し「コイツは信用できるのか!?」と聞いたとか(笑)
またある者は「彼は浮気をしている?」でぷるぷるとペンジュラムが震えた為疑い、
「何とかしてくれー!」と彼からSOSがあったり。ペンジュラムはお笑い効果も
併せ持つようです(真相や如何に:笑)

>弥生さん
こちらでは、初めまして(笑)いつぞやもペンジュラムについて質問が
ありましたのに、その時は失礼しました。
特別な事は、私の場合はしていません。ただ、意思の疎通が円滑に行きますように
と思いながら、石を握り締めて集中力を高めるようにはしています。後、寝つきが
悪い時は水晶の六角柱を枕の下に入れて床に就く事もあります。気分的な部分等も
多いとは思いますが、私の場合は嫌な夢は余り見なくなったような気がします。
もし機会があればお試し下さい。

>A1さん
ありがとうございます!すっかり和ませて頂いています。。。
ほっこり、ほこほこ(笑)昨日のお茶で心も温もりました。





406 :A1:2006/09/08(金) 16:02:42 ID:0dV/RDwy
梓弓さん
>>405
>ありがとうございます!すっかり和ませて頂いています。。。
>ほっこり、ほこほこ(笑)昨日のお茶で心も温もりました。
そういってもらえて
私の心も、ほっこりほこほこ温かくなってきました 
ありがとう ^^
週末出掛けますので、帰ってきたら
またお話聞かせて下さいね。
じゃ、また


407 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/08(金) 20:15:22 ID:dg03UgA1
>A1さん

いってらっしゃいませ、どうぞお気をつけて(^^)/
お帰りをお待ちしています。

408 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/08(金) 20:32:05 ID:F7Fxoa87
>>396
>リノさんではなくリーノさんでした。申し訳ありませんでした(汗)

おお、さすがは雪御所圭子女史に比肩するダウザーであらせられます
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~fukuda/kyu/0103hon3.htm#010325

弥生さんもA1さんも、りのさんですよ
もともとryunosukeというコテだったのが、リノ介→りの介→リーノと変化したのです
(ちなみに「リーノ」はダンテ神曲に登場する詩人の名です。どんな詩を書いたかは知りません)

>ペンジュラムと言わずとも、即席で5円玉で作ったり、お気に入りのペンダントを使用しているという話も耳にします。

道具について、古い本にはこのようにあります(興味のある方への参考に)
《 第一章でも述べたように、申神父は懐中時計を錘(おもり)として使用なされた。子供の好奇心から、まねて作った錘が動いたのであった(錘は時計のように揺れる物体のことを指す)。
その材料はどんなものでも関係がない。例えば、石ころだったなら、栗の実ぐらいのものが適当であり、銅貨なら五百円位のものが丁度よい。
これを紐でくくり五センチメートル位の長さにして、水脈を考えながら、ぶら下げて歩くと、水脈のあるところでは揺れ動くようになっている。
 ある人は、象牙で作った錘が一番反応しやすいと言うが、筆者はそれが最も優れていると思った事はなかった。
きじを捕らえるのは鷹と言うように、水脈を探知して良い水流を探し当てれば、その材料が、石ころであろうが、銅貨であろうが、錆ついた鉄であろうと誰が文句を付けようか。》
(『温泉探知の奇跡』林 応承 神父 著 たま出版(笑)第5章「水脈を探す方法」より)


409 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/08(金) 20:46:46 ID:F7Fxoa87

>私は石が好きで、昔は高価だったものが、今は嘘のような値で買えるようになり、昔買った石を眺めて「うらめしや〜〜」とちょっぴり(笑)

石もいいですねえ! 今までは、自分が“ペンジュラム・コレクター”になりそうな嫌な予感がしたので、手を出さなかったのです
石フェチになって石に依存して石に執着したり、みたいな…
でも欲しいなあ
ワタシは都内に住んでいるんですが、実際手に取って選べるお店ってありますか?
ネットショップだとどうも気が乗らないんですよ、写真の具合にもよりますし


410 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/09(土) 00:53:22 ID:ZYf4myJc
>あ、水の入ったコップに反応するのです。水が入ってるかどうか解らないようにした状態で、ペンジュラムを翳すと水の入っている方に反応があります。

なるほど
先に紹介した林応承神父によると、地下の水脈の上に家が立っていると壁に亀裂が走ったり、寝室のベッドの下に水脈が通っていると健康を害するとあります
水脈の“気”は大体幅1メートルだそうで、そこをはずして寝ると大丈夫だそうな

>人の生死は基本的に占いでは御法度なのですが、私はペンジュラムに聞いて、結果残念なお知らせをした事がありました。

たずねる時に相当な勇気がいったでしょうね
くわしい経緯はわかりませんが、依頼者の方も「藁をもつかむ」といったようなお気持ちだったのでしょうね
あれ? それじゃ溺れるじゃん(汗)

>その時も随分雑念が入り、集中できず結果が二転三転したりしました。

御法度だったとは知りませんでしたが、自分の寿命をたずねる、ということを考えてみれば、それがどれだけ恐ろしいことかというのがわかります

>元々実はガサツな人間なので私もまだまだ勉強中であります(笑)

え、そうなんですか?
では、アールグレイスレの過去ログを読むときの参考にしよう(笑)


411 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/09(土) 09:03:19 ID:rBACpSxK
皆様、おはようございます〜!

>リーノさん
新参者でまだまだお邪魔したてなもので、リノさんと馴れ馴れしくお呼びするのは
まだ失礼な気がします(アセアセ)ダンテの神曲ですか。本当に何もワカランチンでして、
また検索してみますね!

元々は水脈を探すのに考案されたモノと何処かで見たような気がします。
あ、水脈の上で寝ると病気になったというのもTVで見た事があります。こわ〜。
リーノさん、賢明ですっ!私もただ好きで眺めていたのですが、幾つか買うと次々欲しく
なってしまって初めはルース(裸石)をコレクション。遂に自分でブレスレットやネック
レスを作るようになってしまいました。パワーストーン辞典も買い、色々と効能を読んだ
りしてブレスレットを作っていますが「効能って誰が考えたのだ〜?」と思いつつ(笑)
と、ペンジュラムは私も店頭では見た事がないのです。神戸で幾つかお店がありますが、
結局なくてネットで購入しました。一番初めに、無難だと言われる水晶のペンジュラムを
購入して、次のペンジュラム購入の際には画像を前に「このペンジュラムは私に合います
か?」と聞いて購入しています。今の所、画像と全く違うモノが届いてしまったという事
はありませんが。できればちゃんと手に取って確かめてから買いたいものですよね。
そんなに高い石は買えなくて、安価でキレイな石でセコセコ内職しつつ和んでいます(笑)

 http://www.purestone.com/index.html
私はここでペンジュラムを購入しました。宜しければ、参考までに。



412 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/09(土) 09:04:07 ID:rBACpSxK
つづき

>たずねる時に相当な勇気がいったでしょうね
はい。生存確認の御相談だったのです。居所は突き止めたものの、鍵が掛かっていて
入れない。生きているなら良いのですが、という内容でした。戸をブチ破って入って
下さいと言ったものの「これで私の見立てが間違えてたら扉弁償だな」と思っていま
したが。・・・弁償せずに済みました。残念な事です。

ひいぃぃぃ、過去ログお読みになっておられるのですかっ!
ああ〜〜、ばっ、馬鹿がバレる(汗)どうぞ、お手柔らかに。。。


413 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/09(土) 09:06:58 ID:rBACpSxK
あ!すみません、やってしまいました!

>>411の紹介の所、hを抜くの忘れてしまいました。すみません。
御配慮の程、宜しくお願い申し上げます。

414 :弥生:2006/09/09(土) 15:56:03 ID:zBhcRpbi
>>405梓弓さん、こんにちは。レス、ありがとうございます。

>いつぞやもペンジュラムについて質問がありましたのに、その時は失礼しました。

いえいえ(^^)ご縁があれば、その機会はくると思っていましたので。

>ただ、意思の疎通が円滑に行きますようにと思いながら、
>石を握り締めて集中力を高めるようにはしています。

集中力ですか。苦手だなー(苦笑)
日頃から高めてないと、急には集中できないんじゃないでしょうか。
邪念なんかもってのほかですね。。。(^^;)日々修行か〜(汗)
結果から、リーディングとかもされるのですか?

>もし機会があればお試し下さい。

機会があればぜひ。
石はラピスラズリ、ローズクオーツ、アメジスト、トルマリン・・・・・
いろいろブレスで買いましたが、必要な時、出会うみたいですね。
石は、占いと石の販売が一緒になったお店で、タイガーアイと
水晶の石を買ったのが最後ですね。(バラで数個)
ペンジュラムの石、どんな石がいいかは、個人個人違うんでしょうね。


415 :弥生:2006/09/09(土) 16:06:15 ID:zBhcRpbi
>>388mayさん、お久しぶりです。
>o^-^o 弥生さん相変わらず!
(つ.T)

>忙しい時ってまとめて来るのね。無理しないように…。

ありがとうございます。無理はしないようにしてまつ。
A1さんの紹介してくださった、2chの自然の癒しのほうでまったりしてます。


416 :弥生:2006/09/09(土) 16:21:39 ID:zBhcRpbi
>>389単、直さん、このレスずっと考えていた。横レス失礼。
>我侭で一途で純粋で妥協しないそれだからこそ
>あえて罪だと思えたこともやってきた、人に負けないようにと戦ってきた

>「すでに救われてしまっているということに気づくこと」があったのかも

そうです。そうだと思います。

アシュレとタラを捨てて、駆け落ちしようとスカーレットが言った時、アシュレは
一瞬迷いますが、スカーレットを我に返らせます。
「君にこのタラが捨てられるわけがない」と言ったんだったか、うろ覚え。
彼女に赤い土を握らせ、タラへの思慕を自覚させます。

後にレットと結婚した時、レット・バトラーは、妻となったスカーレットに
タラの立て直しの助力を頼まれ、彼女のタラへの思慕に共感を寄せて
受諾します。

「アイルランド人にとって土地は命だ」という父オハラ氏、アシュレ、
レット・バトラーの三人と、スカーレットとの絆を、豊かな大地タラが支える。
そのタラを「守ろうとする」ことは、豊かな土地に、彼女が、精神的な救いを
与えられていることを、潜在的に自覚しているからではないかと思いました。
ひとつの信仰の形だと思いました。


417 :単、直:2006/09/09(土) 19:19:06 ID:400aa2ra
梓弓さん
はじめまして、おバカボンの単直です。
タオさんやシコオさんと愉快な仲間のレスを
楽しくロムっておりましたが、時々出てくる皆さんのドジ話も
こたえられない、ご馳走でとってもおいしかったですよ〜ん♪

今石の話しで盛り上がってますがこっちのほうも興味深いですね。






418 :単、直:2006/09/09(土) 19:20:54 ID:400aa2ra
>>402 A1ちゃん
もう知ってるかも知れないけどアダムスキー氏がスペースブラザーズに
招待され膨大な情報を与えてもらい、地球に帰るときにマスターから

『これからあなたもその真実の知識の果実を一般大衆に伝え共に分かちあって下さい』と言われ

私にその役が務まるでしょうか?今聞いた真理の数々も伝えるときちゃんと思い出して
曲解なく伝えることが出きるのかどうか心配なのです。

大丈夫です!その時になればその記憶が淀みなくでてくるように我々も見守って
テレパシーを送りますので安心してていいですよ・・・・

それから文字通リ寝食を惜しんで彼の啓蒙運動が始まり世界中を講演して回った。

と、うろ覚えだけどこんな感じで「空飛ぶ円盤同乗記」にやりとりがあったと思うけど

本に書いてない後日談が確か講演記録のなかにあって、そのとき彼はマスターから
水晶で出きたクリスタルカットされた石を貰ったらしい

つづく




419 :単、直:2006/09/09(土) 19:22:27 ID:400aa2ra
つづき

彼は世界講演を始め相当の講演依頼をかなりのハードスケジュールで
過労で亡くなるまで続けたんだけどどんな無理したぶっつけ本番みたいなスケジュールでも

淀みなくこなしていった。中には彼を陥れようと悪意を隠した講演の依頼もあったけど
臨機応変な解答で相手のほうが思惑違いであてが外れたようなこともあったという話しも聞いた

その講演には必ず胸にあのクリスタルをペンダントにして身に着けてたらしいね

それはブラザーズからの送信を増幅して感受できる効果があったらしい

そのクリスタルカットは何面対だったかな?確か地球の自然物にはないと言ってたような
石のことはあまり知識がないんでこれぐらいしか書けないんだけど

リーノさんと梓弓 さんのヤリトリ聞いてて意識の働きかけへの影響とか
そんな作用が実際にあるんだろうな〜って気があらためてしたもんで・・・

横レスご免でした。



420 :単、直:2006/09/09(土) 20:03:24 ID:400aa2ra
>>416弥生ちゃん
あの映画はテーマの一つとして理想の女性像、男性像を配役がその象徴として浮き彫りに
してるような秀逸の一品だったよね。

また男性からみた女性の理想像また女性からみた女性の理想像も垣間見せてたような希ガス

弥生ちゃんがどこかで言ってたと思うけど、この2チャンもそういう意味では
バーチャルで一人一人が持ってる理想の男性像、女性像ってのを

描くにはもっとも適した遊び場かも知れないね

いつも思うのは未来の社会で肉体労働とかロボットが代用して
男女が社会生活を営むのになんの差もなくなったとき

どういう関係が理想になってくるのかな?っていうこと

古来より女性は受胎したとたん愛したことよりも母になったことが重要になる
そうでなければ種を維持していくことができない

逆に男は愛し愛されることにこだわり続ける、
そうでなければこれも種を維持することができない

花と蝶の関係にも似て本能的なもんかもしれないけど

未来においてそんなんことまでとっぱらったら

どうなんだろう、後は純粋に人と人との関わりのなか
同じ時間同じ場所に生かされている奇跡を感じあい同じ関心事を語り合う至福

そういうものを共有したいと心から惹かれあうことだろうか


421 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/10(日) 11:38:24 ID:HtWfDR7n
皆様、こんにちは〜!

>弥生さん

リーディングの意味が解らず、思わず辞書引きました、ハズカシー(汗)
うーん、私は専門的な言葉とかも解らないので。自分なりの言葉でこんな感じという
説明しかできず申し訳ないのですが。占いの結果は飽くまでも占いの結果と捉える形。
そこから透視のような事ができるとか、探るというような事はできないです。
私の場合、ペンジュラムでまず二択。そのペンジュラムの結果を元に原因、結果、改善策、
これをタロットカードで展開して行きます。何か、上手く説明できず、ごめんなさい(汗)

石との出会いは縁・・・なる程、そういう考えもありますね。
私の場合「あ、これキレイ」と単純に思ったりするだけで深く考えてなかった(笑)
石との相性そのものを鑑定してくれるお店もあると聞きますが、私の場合は効能や
相性に捉われず好きな石を購入してます。でもネットで購入した石がいざ届いて、
手に取ったら「あ、この石ダメだ」と思う時もあるので。そんな時は相性が悪いの
かも知れませんね。トルマリン、キレイですよね〜。トルマリンのペンジュラムも
探した事がありましたが、すごく高くて諦めました(笑)トホホ。

422 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/10(日) 11:59:39 ID:HtWfDR7n
>単、直さん

はじめまして!よろしくお願いします。
わー、ロムっておられたのですね、色々私お馬鹿な発言沢山していますでしょ。
恥ずかしいなぁ〜(汗)でも、少しでも愉快に思って頂けたらなら、良かった(笑)
文章からも滲み出ているかもしれませんが、本当に馬鹿なのです。子供の用の椅子に
ふざけて座ったらお尻が抜けなくなって引っ張って貰ったとか。(某ファミレスにて)
関西の血故か・・・(←そんな事はない:笑)

水晶は違う石と併せ持つと、併せ持った石のパワーを二倍に増幅する作用があると
何かで見た記憶があります。私も知識的なものはないのですが石は大地からの賜り
物のような部分がありますので、何かしらやはり力は秘めているんでしょうね。



423 :リーノ ◆5lyufKFi6A :2006/09/10(日) 13:01:20 ID:CH11yGND
419
単、直さん
こんにちわ、お邪魔しております

>リーノさんと梓弓 さんのヤリトリ聞いてて意識の働きかけへの影響とか
>そんな作用が実際にあるんだろうな〜って気があらためてしたもんで・・・

それは石の力を信じていれば、当然意識は変わってくるかと思います
アンジェラアキの伊達メガネは、彼女にとって“盾”であり、意識を変化させるようですし

梓弓さんの
>手に取ったら「あ、この石ダメだ」と思う時もある

は、道具への鑑識眼が一瞬にして働いた例だと思います
「石」だとその違いは微妙ですが、他の道具に例えればわかりやすいです
絵筆、楽器、パソコン、クルマ…

「石」が良いと思っているのなら、やはり「金属」を使うよりいい
アダムスキーさんはクリスタルを信じていたのですね


424 :単、直:2006/09/10(日) 13:22:55 ID:yNsVOkDG
>>422 梓弓さん
や〜さっそくのレスごちで〜す
う〜んその手の話しになれば単直に言わせたら
まだ甘いというか、体験談を話しだしたらもしかしたら
このスレの残りを使ってしまうかも知れないのでさわりだけ・・・

便座を下ろさず座って嵌ったことも一度や2度ではありませんし

トイレの鍵をかけ忘れ忘我の最中ガバっと戸を開けられたことも一度や2度ではききません。

今浦安鉄筋家族のマンガに息子と嵌っているのですがパパって春巻先生に
似てるよね、何て言われて複雑な思いをしましたね。

これから二人で本物のゴーカートで勝負にいきますが
ゲームの峠ではまだ勝ったことないので父親の威信をかけて頑張ってきます。

しかしゲームっていえばUFOキャッチャーで息子は100円でゲットした
ワサビーフを3000円使ってやっと取ったぐらいDONなのですバイ♪

>>423リーノさん
梓弓 さんのレスを送ろうとしたらリ〜ノさんのレスが・・
もう行かねばならないのでまた後できますね、

そうそうウルフガイシリーズの犬神明のセリフ
敵に向かって「いない、いないバーをして遊ぼうゼ」
この洒落たセリフが今でも脳裏になぜか焼きついてまつ。


425 :今昔:2006/09/10(日) 15:21:52 ID:auYkwUHk
>梓弓さん、こんにちは〜(^-^)
昨日、あちらのスレ1読んでいて、酔っ払って電柱に登ったとか、
痴漢に間違われたとか…豪快で、ニンマリしてしまいました。

その辺の男より「漢」なんでしょうね。
あらためて、よろしくオネガイシマス。(何をやねん?(笑)

私も関西にはしばらくいた時期もありますので、大阪、京都、神戸の
三都の微妙な違いはなんとなくわかりますョ。なんば花月も行きました。
やすきよが好きだった。懐かしい。ちゃんばらトリオとか。
でも、東京の浅草演芸場も好きです。そういえば最近落語聞いてないな。

短気でおっちょこちょいな私、単純、直情傾向なのは、単、直さんより
上だと思いますが(苦笑)。
ペンジュラムのお話が聞けて、嬉しいです。
スペース・ピープルやUFOの話題に、超能力(霊的な部分を希薄にした傾向の)は
つきものなので、読んでいる方々も興味深々だと思いますよ。

>>421レス、ありがとうございました。レスはまた、のちほど。<(_ _)>

426 :弥生:2006/09/10(日) 15:24:33 ID:auYkwUHk
今昔が出ちゃった。(・△・ゞ  
弥生と書いて送ったのですが・・・
弥生です。(どっちでもいいけどね)

こういうドジ多いんですYO〜


427 :弥生:2006/09/10(日) 15:38:16 ID:auYkwUHk
>>422梓弓さん、横レスですが。
水晶に増幅作用があるのは知っていました。
だから、ある逆境の時期、時期ラピスラズリのイヤリングを身に着けていました。
それが色が変化して・・・グレーっぽいマーブル状の模様が出てきて。
(ラピスは良くないものを良い方向にすると聞いたんですが、そのかわり色が
変わるらしいですね)
次に水晶の何面体かの玉、30個くらいついたネックレス、母にもらって着けていたら、
ある日、突然バーっとバラバラになって、首から落ちたのです。
邪気が感じられる時期でした。
水晶は持っている人が邪気があると、それを増幅させるので、激しい石だと聞いた
ことがあります。
だから、あまり持たないようにしています。(笑)
ラピスは水晶より優しいような気がします。


428 :弥生:2006/09/10(日) 19:39:57 ID:auYkwUHk
>>421 梓弓さん、レス、ありがとうございます〜
>占いの結果は飽くまでも占いの結果と捉える形。
>そこから透視のような事ができるとか、探るというような事はできないです。

ホント霊感と違うんですね。(゜゜)(。。)ウン

>私の場合、ペンジュラムでまず二択。そのペンジュラムの結果を元に
>原因、結果、改善策、これをタロットカードで展開して行きます

タロットカードの読み取りを、知人がリーディングと言っていましたもので。
リーディングとは、そのことの意味でお聞きした次第です。
やはり、リーディングはされていると思います。(解釈のことでつ)

>私の場合「あ、これキレイ」と単純に思ったりするだけで深く考えてなかった(笑)

あ、私も、購入する時は手にした感触ですね。「好きな石」でいいんだと思う。
結婚相手や恋愛相手じゃないのですから。(笑)

>トルマリン、キレイですよね〜。トルマリンのペンジュラムも
>探した事がありましたが、すごく高くて諦めました(笑)トホホ。

トルマリンのペンジュラム、あるんですか。マイナスイオンつき・・?
私もトルマリンはブレスも高価なので、遠い(^^;)
買ったこともありますが、壊れるのも早くて。(どうしてかな?)
でも、石、また買おうかな。
部屋の整理が終わったら。。。(いつになるんだろう?(汗)


429 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/10(日) 21:11:53 ID:HtWfDR7n
>単、直さん

ああ〜〜〜、良かった!トイレに何度もハマった人が他にも居て(涙)
私だけじゃなかったんだぁ〜〜、ほっ。。。忘我の最中(大爆笑!!)
また機会があれば、是非数々の体験談とやらを・・・ゴクリ。

漫画も余り読まないのです。でも、春巻先生と言う名前からその辺が伺える
ような気がしますでつ(笑)パパの威信は守られたかな。。。
きっと愉快なお父様なんでしょうね〜(想像中。。。)


430 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/10(日) 21:35:34 ID:HtWfDR7n
>弥生さん

だははは、お恥ずかしい。自他共に認める「オッサン体質」でありました。
毎晩飲み倒した時期がありました。道路の真ん中で寝て、新聞配達のオッチャンに
起して貰ったり。海に服のままザブザブ入ったり。「おっとこまえ!」私にとって
はホメ言葉です。ありがとうございます!(笑)

関西と言っても広いですものね。私は都会方面には滅多に行かなくて、花月にも
行った事はないのです。本当に井の中の蛙状態(汗)未だに飛行機にも乗った事が
ありません。神戸で勤めた時は「都会は合わないな〜」と渋々行ってました(笑)
今は鹿も猪も野ニワトリも出るような田舎での生活も良いものだなぁと。。。
(本当に出るんですよ〜)道路の真ん中にタワシが落ちてると思ったら、
狸の子供でした。。。

あ、石の色が変るというのは、よくある事みたいです。よく耳にしますね。
悪いものを吸収して、持ち主を守るとか。色んな説があるようです。ペンジュラムを
親友と言ってる知人(笑)がラピスのペンジュラムなのですが、毎日微妙に色合いが
違う「気がする」と言ってます(笑)そういう事は実際にあるのだと私も思います。
マイナスイオンのトルマリン、ううむ、やはり心惹かれる。。。しかし高い、遠い。

今はリーディングと言うのですね。横文字にも弱くて(汗)
私は「カードを読む」とそのままの表現しか知らなかった・・・orz
少しは勉強しないといけませんね、トホホ。

お部屋の整理、頑張って下さいね!





431 :A1:2006/09/11(月) 21:32:17 ID:TcG4602z
梓弓さん
>>407
>いってらっしゃいませ、どうぞお気をつけて(^^)/
>お帰りをお待ちしています。
ただいまぁ V(^0^)
でもって・・・ダメだ・・眠い


          ( ゚∀゚ ):. _ 布団サイコー!!
         r'⌒と、j   ヽ   
        ノ ,.ィ'  `ヽ. /
       /       i!./
        (_,.         //
      く.,_`^''ー-、_,,..ノ/


みなさんおやすみなさいZZZzzz


432 :弥生:2006/09/11(月) 22:36:19 ID:Hm8PMTlk
おかえりー 今日はわたしも疲れたー
お土産ちょーだい♪

つか、お休みなさい。(_ _)。oO

433 :単、直:2006/09/12(火) 00:08:08 ID:jNJXvTgu
>>430梓弓さん
威信は守られましたホーイ
実はこちらにはコース7周で1500円という便利なゴーカート場があって
最近嵌ってるんですが、幸い大人用と子供用があってエンジンが違うので
いくら飛ばしても半分しかスピードがでないので地団太踏んで口惜しがってましたのだ

ところでその手の面白い体験談ですが実は逆のケース
女性が鍵をせづに忘我の最中を知らずのガバッと戸を開けてしまったことが
2度あるんですが、一度は汽車のなか、2度目はコンビニもちろん男女兼用で
天命に誓って偶発的なものでしたが結構うっかり仲間が女性にもいるもんだと
それにしても大声を出されづによかったというか冷や汗ものでした、ほーい

猪といえばこちらでは知り合いが軽トラで山道を走ってるとき
猪と遭遇とっさにしし鍋を思い浮かべ軽トラでわざと跳ねたら

軽トラはへこんだが猪はビクともせづ逆に怒って軽トラをベコベコに
荷台に積んでたツルハシで応戦したが自分のほうがヤバかったとか

小一時間格闘してようやくしとめたとその晩呼ばれてさんざん武勇伝
聞かされてしし鍋を振舞ってくれましたが何か複雑な味がしました。

猪さんに同情しながら不覚にも2杯お代わりをしてしまったおいらって
何て性格してるんだろうって我ながら思いましたホーイ


434 :名無しさん@3周年:2006/09/12(火) 00:53:17 ID:iXcP/lPp
ちょっとお邪魔します。
「振り子」の話題が出ていますが、同系列の技術に「ダウジング」がありますね。
森達也「職業欄はエスパー」(角川文庫)と言う本に、
あるダウジングの名手の詳細なルポがありました。
その人はダウジングのことを「あくまで技術であって、超能力ではない」としているそうです。
参考まで。

>>433
昔、友人から聞いた話とそっくりで笑いましたw
その友人の父親は、山道を軽トラで走っているときに、
車にはねられて倒れている猪を発見したそうです。
「トドメを刺して食うか」と、多少助走をつけてからはねると、
猪は10メートルぐらいすっ飛んでから、びっくりして目を覚まし、
そのまま逃げていったそうです。
あとには前のへこんだ軽トラだけが残りましたとさw

友人の父親曰く「やっぱり猪は強いわ」

435 :A1:2006/09/12(火) 11:15:18 ID:xYTDcAmc
mayさん、こんにちは
>>387
>良きものへ向かう意識がこの世界を住みやすくしないかなー、なんてね。(甘いか;;)
良きものへ向う意識がこの世を住みやすくするほうに一票 ^^
だって、温かい心に出会ったら、こっちの気持ちも温かくなって
そんな時にちょっと嫌なことがあっても受け止める事できるもの。
心がギスギスして余裕がないときは、些細な事でも切れちゃう。

>「似姿」という言葉に反応する自分があるのです。
そっか。
「似姿」と聞くとどんな気持ちになるの?




436 :A1:2006/09/12(火) 14:07:32 ID:xYTDcAmc
mayさん、続きです。
        Λ,,Λ 
      ゜゜(´□`。)°゜。 ワァァーン
      .c(,_uuノ 
>みんなかわいいけどこれが一番好き。
^^
もとAAは、お茶運んでいて、スッテンコロリ・・・

お茶こぼしちゃって泣いているところを拾ってきたの。

437 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/12(火) 14:34:10 ID:uob4/c3P
>A1さん

お帰りなさい〜!お疲れ様でした(^^)

>単、直さん

エンジンが違うというのは、ここだけのナイショの話でしょうか(笑)
うーん、地団駄踏んでるお子さんを想像してしまった〜、可愛い♪

う、わ、女性がお仲間さんで良かったですね!!天命に誓って偶発的(笑)
トイレネタも尽きせぬ泉、私も小学生の頃、扉が壊れててそのままチャイムが
鳴って授業突入。勿論そうなると誰もトイレは使用しない、小一時間トイレで
体操座りして「だ、誰か来てー」と呟いていました。先生も気付かなかったの
かー、私って影が薄かったのかしら(汗)

猪って凶暴みたいですね。私も友達7人と車と柵の間を、行ったり来たりの
鬼ごっこをしたのですが、そういう時って必ず鈍くさい奴が絶対に一人居ると
いうお約束。その友達は足を猪に噛まれて、車に逃げ込んだら猪が怒って車に
ドーンと体当たり。車凹んで泣いてました(笑)文字通り、命懸けの御馳走!
お代わりは当然でしょう(笑)ああ、これから鍋の季節。。。

>>434

む、虚しい・・・(汗)後には凹んだ車だけとは。。。
10メートルすっ飛んでも、大丈夫なもんなんですね。頑丈だ〜。

438 :A1:2006/09/12(火) 15:49:24 ID:xYTDcAmc
>梓弓さん
>>396
>A1さんも、また機会があればお試しになって下さい。。。
V(^0^)
というわけで,
手元にある水晶を輪ゴムぐるぐる巻いて、
ひもでとりあえず即席で作ってみました。
な〜んか、水晶がなさけない格好になってしまって
もうちょっと「らしく」なるように考慮中です。
実は昔、5円玉でやってみたことあります。(雑誌読んで)
ただ揺れているだけだったよな記憶が・・・^^


>水の入ったコップに反応するのです。
ちょっと脱線しますが
ここ読んだら急に写真をとってみたくなって、
この間、日本酒買ったときについてきた青いグラスに水を注ぎ
中にクリスタルを入れ、太陽にかざしてみました。
青いグラス、と水・クリスタルで光が青く乱反射しすごく綺麗でしたよ。
ルンルン気分で携帯で写真とること小一時間・・・楽しかった。

え〜と、石は詳しくないので・・・皆さんの会話を楽しんでいます。
石は透明なのとか青いのとかピンク系、
もしくはキラキラしたのが好きです。
アクアマリンがお気に入りです。
若かりし頃
雨の日、水溜まりに落ちていた石がきれいで拾ったら
生暖かい目でみられました♪

439 :A1:2006/09/12(火) 16:20:22 ID:xYTDcAmc
単、直さん
>>389
>でもそんな私でも故郷のタラみたいにおおいなるものはずっと受け入れてくれてた
単、直さん、無条件で受け入れてくれる存在に気がつけば
スカ^レットがそうだったように、
人はきっとまた歩き出す事ができますよね。

わぁ・・、もうこんな時間。
私のトイレネタは・・またの機会に♪
じゃぁね。

440 :A1:2006/09/12(火) 16:27:16 ID:xYTDcAmc
弥生さん
>>432
>おかえりー 今日はわたしも疲れたー
うん。
>つか、お休みなさい。(_ _)。oO
もう夕方だけど・・
お疲れモードの弥生さんへ

おやすみさない 


441 :may:2006/09/12(火) 18:16:58 ID:0T5omlQc
お久しぶりです。
忙しくてご無沙汰したましたら、レスがたくさん。 (^-^)
ゆっくり味あわせてもらってからまたお寄りします。
皆さん、博識ダー。

442 :A1:2006/09/12(火) 23:06:43 ID:xYTDcAmc
mayさん、こんばんは〜。

>ゆっくり味あわせてもらってからまたお寄りします。
はーい、待っています (^-^)


443 :梓弓 ◆b32/fknPE2 :2006/09/13(水) 09:07:30 ID:O8pAa47x
おはようございます〜!

>A1さん

水晶が情けない格好になりましたか(笑)うーん、通す穴がない場合はぐるぐる巻き
するしかないですものね〜(汗)それなら5円玉の方が安定良いかも。。。

青いグラスにクリスタル、うーん想像するにとてもキレイなイメージが。
私もやってみよう。。。

私もブルー系の石は大好きです。でも、普段使いは翡翠とラブラドライト。
緑の石ばかりです。ラブラドライトは遊色効果と言われる表面のテリが綺麗で。
昔から好きで、ブレスレットにしてこの5年間毎日着けています。本を見ると
実に様々な事が書いてあります。ムーンストーンを満月に口に含んで願い事を
すると、願いが叶う!とか。一度やってみたのですが、ゴックンしてしまう気
がして、やめました(笑)綺麗な石が落ちてたんですか!いいな〜。私でも
それは拾うと思います♪

ちょっと最近仕事の方が忙しくなって来ました。余り書き込みできなくなると
思いますが、時間ができれば覗かせて頂きます。皆さん、身体に気をつけて。。。



444 :A1:2006/09/13(水) 15:57:03 ID:vElsewzY
梓弓さん、こんにちは

>>443
>青いグラスにクリスタル、うーん想像するにとてもキレイなイメージが。
>私もやってみよう。。。
是非是非 ^^
携帯の画面一杯の光の乱舞・・日常の中の非日常
ひらたくいうと、狭い部屋のごちゃごちゃしたテーブルの
上で撮った現実感のない異次元空間。
なんかもうけた気分。
あっ、月の光を浮かべたり・・・・ろうそくのゆらめきも似合いそう。

>一度やってみたのですが、ゴックンしてしまう気がして、やめました(笑)
思わず(爆笑)です。

>私でもそれは拾うと思います♪
arigatou ^^

445 :A1:2006/09/13(水) 16:04:17 ID:vElsewzY
>ちょっと最近仕事の方が忙しくなって来ました。余り書き込みできなくなると
>思いますが、時間ができれば覗かせて頂きます
そうですか・・・せっかく知り合ったのに残念。
時間ができたら、また来てくださいね。お待ちしています。

ここはゆっくりペースで進んでいますので
普段は、こちらにいます。

【自然】心の遊び場【癒し】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/4746/1154441446/l50

私の癒し空間兼遊び場で、
お気に入りのAA保管庫でもあります。
いつでも遊びに来てくださいね。
癒し堂に辿りつくまでにはいろいろありましたが、
ようやく落ちついてきたんですよ。
2chってようわからん世界ですね・・といいながらもうすぐ3年目です。(^-^)
弥生さんこと今昔さん、ゆーずどさん、りのさんとは
2chに書きこみ始めたときからの付き合いなんですよ。
その辺りは、おいおいゆっくりと・・と、ネタを残しておいて
じゃ、梓弓さん、またね。

446 :A1:2006/09/13(水) 16:53:58 ID:vElsewzY
訂正です

>といいながらもうすぐ3年目です
4年目でした。

原点は変わっていないなぁ
変わったとすれば、人の喧嘩や愚痴にむやみやたらと首を突っ込まなくなった事。
----------------------------------------------
>>2
【「アダムスキーの宇宙哲学」(ジョージ・アダムスキー著・久保田八郎訳 たま出版)より引用】

・宇宙哲学は本質的に完全な整然と調和した一つの組織体と
 考えられる宇宙を包括するものである。

・原理すなわち本源なるものと自然の法則は永遠に同じままである。

・人生について異なったさまざまな概念があるからといって一人だけが正しい事にはならない。
 いや、すべて真実なのだ。
 人間の心の中に抱かれる考えが何であっても、さしあたってそれは
 本人にとっては真理である。
 それはちょうど自然のあらゆる活動が創造的であっても崩壊的であっても真実であるのと同様である。

・この世における人間の目的は真実なるものと真実ならざるものとを
 個人的に判断する事ではなくて、われわれが「原因と結果」の知識と一体化
 することができるように、われわれ自身を大自然と同意に置くことにあるのである。

・個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
 というのはその力が本人をアンバランスな行為という渦巻きの中に引っ張り込み、
 本人は真実にたいして盲目となるからである。

・そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである

447 :A1:2006/09/13(水) 17:02:41 ID:vElsewzY

>本源なるものと自然の法則は永遠に同じままである

・・・どうしてだろう、何回聞いてもジーンとくる。

>個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
自分ではどうすることもできず、もてあましていた感情。
どう向き合うか実感しなきゃわかんないからなぁ・・・・
体験を通してでないと知りえない感覚・・
生きているからこそ体験できるんだよね。


448 :単、直:2006/09/14(木) 20:43:36 ID:kEsGcanz
>>437 梓弓さん
またどこかで会うことがあれば
山ほどあるドジ話しに花を咲かせましょう
トイレもでつが子供時代、また愛犬にまつわるドジ話しもたっぷりだよ〜ん

笑えるドジ話は自分と世界を救うかも・・でつね♪

>>447A1ちゃん
本当だよね、
何回見直してもあの本源から湧いてきたような言葉は心の奥まで沁みるよね

アダムスキー氏は東洋の思想をアメリカで講師として紹介した魁みたいな人だから
表現もそのまま仏教、浄土宗,禅宗と照らし合わせても違和感ないぐらい入るような気ガスよ


449 :A1:2006/09/15(金) 00:13:31 ID:3wPY6BvQ
単、直さん
今、精神スレ読んで「終了宣言」相談に驚きました。
どんなものにもいつか終わりがあるといものの
「終了」の2文字は寂しいものがあります。
精神スレが長く続き、いろんな方々が集まってきたのも
ひとえに単、直さんの魅力ゆえですよ。

門主さんが「蜘蛛の糸を切りませぬように」と仰っておられましたね。
スレ主が「終了」を口にするときの心情は
ソトからは、計り知れないものがあると思います。
最終的には単、直さんの判断ということになるとは思いますが
かつて「次スレ」を立てず一度糸を切ったことのある私は
できれば単、直さんには・・
糸を紡いでいってくださればと願います。

15章も続いたのだから
精神スレはもう家のようなものじゃないかと思う。
もし帰る家がなくなっちゃうと、寂しいですよ。

450 :弥生:2006/09/15(金) 02:13:58 ID://DvF7a/
>>430梓弓さん。。。
>お部屋の整理、頑張って下さいね!

ハイ・・・ありがとうございます。
寂しいなあ・・・・・これ以上はもうお手紙書いたから。
(つ。T)デモイカナイデョ

>>438 A1さん、横レス。
>この間、日本酒買ったときについてきた青いグラスに水を注ぎ
>中にクリスタルを入れ、太陽にかざしてみました。

「日本酒買ったときに」で、ギャハハと笑ってしまった。。。
なぜかは、わかりまへん。(^^)〜♪楽しいナ

>>440 A1さん
おやすみ〜

>>445 A1さん、横レス
私は2chの方の、「自然の癒し」を紹介させてもらいました。

>>449 A1さん、横レス
>もし帰る家がなくなっちゃうと、寂しいですよ。

同意。家出しても、勘当されても、いつかは戻るかもなのだ。
オンボロでも、建て替わっていても、家があるのはありがたいのだ。

おやすみなさい。(_ _)zzzZZZ

451 :A1:2006/09/15(金) 09:42:44 ID:3wPY6BvQ
弥生さん
「自然の癒し」のほうへぬこさん達、一匹づつUPするね。
並べるとかわいさ倍増だけど、個々にUPするのもいいなぁと思いついて。

>オンボロでも、建て替わっていても、家があるのはありがたいのだ。
建て変わっても、そこに住んでいる人が変わらなければ
ふらりと立ち寄って、一杯飲んで語って
また浮世の荒波へかえっていく。。。。。。
帰るところがあるっていいよね。

452 :A1:2006/09/15(金) 10:04:19 ID:3wPY6BvQ
単、直さん
>>448
>何回見直してもあの本源から湧いてきたような言葉は心の奥まで沁みるよね
うん、うん (T_T)←うれし泣き

>アダムスキー氏は東洋の思想をアメリカで講師として紹介した魁みたいな人だから
>表現もそのまま仏教、浄土宗,禅宗と照らし合わせても違和感ないぐらい入るような気ガスよ
本源なるものへの回帰の道を示しているのが宗教じゃないかな。
あるいは思想でも・・
だから響く言葉は宗教・思想の垣根を越えるんじゃないかと思うよ。
何故いつの世も、人は愛について語るのか、
何故愛をテーマに様々な作品が生み出されるのか
人は忘れていても、本源をすでに知っていて
それを表現せずにはいられないのかもですね。

453 :may:2006/09/15(金) 11:08:50 ID:DhC94XuY
A1さん
>>個人の意思が他人の意思によって邪魔されるときに心に起る感情の力はきわめて破壊的である。
>>というのはその力が本人をアンバランスな行為という渦巻きの中に引っ張り込み、
>>本人は真実にたいして盲目となるからである。
私にもまさに心に響いたところです。

>体験を通してでないと知りえない感覚・・
>生きているからこそ体験できるんだよね
人間の存在意義そのものかも知れない、という気がします。
何の為に生まれたか。
歳を重ねても人間なんて動物と同じただ生きて死ぬのみ、なんて言われる方もいますが
この世界の複雑深遠なこと、地球から宇宙へと思いが至る時畏怖の念と共に安心と懐かしさが
心に立ち上って来るのは何故なのだろう。やはり具現化した物質の世界だけでは表現できない
世界があるのだろうと思わざるをえません。皆さんにとっては当たり前のことかもしれませんね。

>そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである
これは聖書の内容(どこかはわかりませんが)と同じですね。
もしかしたら仏陀も言っているかもしれませんが。
いつも意識していないと迷子になってしまいそうなこの世界ですから、同じ感覚の人たちと
この2ちゃんで言葉を交わすことができるのは幸せなことです。(チョット デムパカナ ^^;)

A1さんたまの書き込みに小まめにレス下さってありがとう。
少し忙しくなるのでまたしばらく来れませんが、よろしく…。

454 :may:2006/09/15(金) 12:00:41 ID:DhC94XuY
>>418 単、直さん

>『これからあなたもその真実の知識の果実を一般大衆に伝え共に分かちあって下さい』と言われ

>私にその役が務まるでしょうか?今聞いた真理の数々も伝えるときちゃんと思い出して
>曲解なく伝えることが出きるのかどうか心配なのです。

>大丈夫です!その時になればその記憶が淀みなくでてくるように我々も見守って
>テレパシーを送りますので安心してていいですよ・・・・

何となく、モーゼが神から神託を受けた場面を思い起こさせます。
民を誘導するにあたり、彼も自信が持てず一度は辞退するのですがたしなめられ
また、助けもあると聞かされてその役目を受ける…という。
精神スレでマンゴーさんが宗教は一つにしない方がよいとか仰ってましたね。
時代も違えて世界の至る所で同時にひとつの宗教が存在するなど寧ろ不可能なこと。
真面目なようでズッコケな私でもこれは前から感じています。

単、直さん精神スレの「終了宣言」は驚きました。
投稿はしておらずとも精神のそれこそ糧のひとつと思っているロムラーは多い事かと
思いますですヨ。安心して行ける場所です。A1さんも言われてますけど
単、直さんの魅力(お人柄)であれだけの人が集まって来られたのです。
無くなるなんて寂しいです。


455 :単、直:2006/09/15(金) 22:20:13 ID:ud4e7vye
>>449 A1さん
台風い13号接近の影響で今日はバタバタ一時間前に戻ったんだけど
帰ったとたんお客さんのところに携帯忘れてるヨって電話があって
またトンボ帰りで取りにいって今帰りました。マイッチング

いやぁ、そんなあらたまって言われると
チトこそばゆいな〜(くすぐったい)単純に無所属さんみたいに
自由に渡る鳥もイイかな〜なんて思ってたぐらいのもんで
あんまり自分の言葉がAmroさんとかマンゴーさんみたいに
誰かの気づきの役にたってるなんて思えたこともないし

番台に座ってそんな響く言葉を紡いでくれる人とかどこかの物語とかを
見つけてロムってる皆さんと一緒に味わえるのが楽しいって感じかな〜

そういわれればそうかもね、A1ちゃん弥生ちゃんの言うように
自分のドジ話しも安心して話せるスレってホームみたいなもんだもんね
スカーレットの故郷タラみたいなもんかな〜

アールグレイで甘美な午睡の常連コテさんだった照さんの
思わぬ来訪もあったし、マンゴーさんとか太郎さん門主さんの
想いも聞かせて頂きしばらく様子をみましょうかね


456 :単、直:2006/09/15(金) 22:22:49 ID:ud4e7vye
>>454mayちゃん
驚かせて悪かったね、mayちゃんは風氏と一緒に始めて精神スレに来た頃から
ずっとレスを見ているんだけど最近とみに書き込みの内容が深いというか
濃ゆくなってる感じが伝わってくるんだけど単直の勝手な思い込みかね〜(イヤ素直な気持ちでつ)♪
ありがとう心配と励ましうれしかったデシ

アダムスキー氏って本当に不思議な人だよね
SF小説SF映画も脱帽するような生涯を送りなおかつその伝えようとした
ブラザーズから授かった思想は今見ても少しも色褪せないどころか
時がたつほど説得力を増すような感じですもんね。

実際面でもケネディ大統領の月面計画にもアドバイザーとして関わっていたというし
スピルバーグ氏の未知との遭遇にも少なからず影響を与えたらしいという話しも
聞いたことがあるけどやっぱり一番の遺産は彼が残してる宇宙哲学を始め
数冊の啓蒙書だろうね。



457 :弥生:2006/09/16(土) 16:08:24 ID:+90XVeW8
>>455単、直さん、こんにちは。
>あんまり自分の言葉がAmroさんとかマンゴーさんみたいに
>誰かの気づきの役にたってるなんて思えたこともないし

役立ってます。
精神世界スレ、ロムしてるよ。安らぎますよ。
とりあえず、これだけレスしておきますね。
私じゃ、言われても意味ないかな?(笑)


458 :単、直:2006/09/16(土) 23:01:23 ID:zyRr8tfH
>>457 :弥生ちゃん
んなことない!!
こんな感じだよ〜んホーイ

弥生ちゃん        単、直
  −=≡.  ∧_∧_ 
 −=≡   ( ゚∀゚)      _, ,_
−=≡   ⊂  ⊂      (`Д´ ∩ < ヤダヤダ
 −=≡   ( ⌒)      ⊂   ( 
  −=≡  c し'        ヽ∩ つ  バタバタ   
                     〃〃

    ファイト!ファイト!
.        ∧_∧_ ∩
        ( ゚∀゚)彡      _, ,_
       ⊂  ⊂彡      (゚Д゚ ;∩ 
        ( ⌒)       ⊂    ( 
        c し'         ヽ∩ つ  
                     〃〃

         ファイト!ファイト!
        ∧_∧_ ∩     ∩ _∧_∧   
      ( ゚∀゚) 彡      ミ(゚∀゚ )  
     ⊂l⌒⊂彡        ミ⊃⌒l⊃ 
      (_) )  ☆    ☆  ( (_)  
      (((_)☆       ☆(_)))



459 :弥生:2006/09/17(日) 00:51:06 ID:JkSWXVv1
>>458 単、直さん

ありがとうございマウス!
元気が無いときはお茶を飲むのだ。
これでいいのだ。

     旦~~
 ∩( ´∀`)∩  お茶のサービスでつ


460 :A1:2006/09/17(日) 10:14:16 ID:JZCTRwd4
mayさん、
>>453
>地球から宇宙へと思いが至る時畏怖の念と共に安心と懐かしさが
>心に立ち上って来るのは何故なのだろう。
>やはり具現化した物質の世界だけでは表現できない
>世界があるのだろうと思わざるをえません。
物質の世界だけでは表現できない世界、
精神世界や心と現実の関係を勉強させてもらっていますが
そこの会で知り合った方が昨年病気になって(今はリハビリ中)
「人間は永遠の魂で、死んで終わりじゃないと
教えてもらっていたことがありがたかった」
としみじみ話していました。
彼女と話していると以前とは違う、
何かこう。。穏やかになったんです。


物質の世界だけだとしたら、脳だけで考えているのなら
死んで灰になったら体の構成物質は地球に還元されて、
私の思考や感情・・心は消えてしまうんだろうな.....the end すべて終わり
でも体が地球に返るように
きっと心にも返るところがある・・と、思うのです。

461 :A1:2006/09/17(日) 10:16:50 ID:JZCTRwd4
(続き)
>>そして大切なのは自分自身の反応にたいして寝ずの番をすることである

>いつも意識していないと迷子になってしまいそうなこの世界ですから
ホントだ。

お釈迦様いわく
「この世界は心に導かれ 心に引きずられ 心の支配を受けている。
迷いの心によって 悩みに満ちた世界が現れる」(パーリ増支部)
そうです。
*****
心とは欲しないのに悪を思い
願わないのに善から遠ざかり
一つとして自分の思うようにならない (パーリー 中部)
*****
まこと心とは、やっかいなものですね。


>同じ感覚の人たちと
>この2ちゃんで言葉を交わすことができるのは幸せなことです。(チョット デムパカナ ^^;)
語り合いましょう。(^-^)/

>A1さんたまの書き込みに小まめにレス下さってありがとう。
(ポッ)♪

>少し忙しくなるのでまたしばらく来れませんが、よろしく…。
うん、また話そうね。

462 :A1:2006/09/17(日) 10:44:29 ID:JZCTRwd4
単、直さん
>>455
>帰ったとたんお客さんのところに携帯忘れてるヨって電話があって
>またトンボ帰りで取りにいって今帰りました。
お帰りなさい・・んっ? って金曜日の話し・・遅い挨拶でした。

>チトこそばゆいな〜(くすぐったい)
くすぐったいでしょ。
だって、くすぐってんだもの(爆)

>あんまり自分の言葉がAmroさんとかマンゴーさんみたいに
>誰かの気づきの役にたってるなんて思えたこともないし
もっと自信持っても大丈夫。
癒しの湯への招待券・・・心遣いうれしかったよ。

>想いも聞かせて頂きしばらく様子をみましょうかね
うん・・・・
蜘蛛の糸は切らないでね。
&単、直さんの新しい構想など話し聞かせて下さいな。

463 :単、直:2006/09/17(日) 18:57:52 ID:nKbJt5O8
>>459弥生
お茶パワー効いたのだ〜

「オーレー オーレー♪元気、お茶サンバ♪」
 「オーレー オーレー♪元気、お茶サンバ〜♪」
     _, ,_       _, ,_
   (  ゚∀゚)  (  ゚∀゚)
 ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)

「あぁ 歌えよ 彼女♪
        踊ろう 彼氏♪」
   _, ,_       _, ,_
  ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )
 ⊂、   つ⊂、   つ
    Y 人    Y 人
   (_)'J   (_)'J

「現実を忘れて 遊び明かそうー♪」
   _, ,_       _, ,_
  ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )
 ( つ⊂ ) ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ  ヽ ( ノ
 (_)し'   (_)し'

  「サーンバ ビバ サーンバ♪」
   「お・茶・お・茶 サーンバー♪」
        「お茶!!」
 

464 :単、直:2006/09/17(日) 19:28:51 ID:nKbJt5O8
>>462A1ちゃんmayちゃん
事後承諾ご免
停電騒動で送るのが遅れたヨンさま

>蜘蛛の糸は切らないでね。
>&単、直さんの新しい構想など話し聞かせて下さいな。

ちょうど向こうのスレで太郎さんのレスとシンクロしてたもんで
良かったら見といて貰ってヨカですか。

うちの家付近はあんまり被害なかったけど
駐車場には飛んできたゴミなどの山でつ、これからお掃除しなくっちゃ〜
また後で遊びにきますね

精神世界で癒される第15章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1156683671/

465 :単、直:2006/09/17(日) 19:33:25 ID:nKbJt5O8
463 :単、直
>>459弥生
ハイ訂正
>>459弥生ちゃん


466 :弥生:2006/09/18(月) 11:07:58 ID:tnoPvzMJ
>>460A1さん、横レスですが。
>私の思考や感情・・心は消えてしまうんだろうな.....the end すべて終わり
>でも体が地球に返るようにきっと心にも返るところがある・・と、思うのです。

自他を分かつことなく、永遠の安らぎの世界が確かにあると私も信じます。

ただ、その世界から出てきた私たちは、肉体を持って修行という考え方を
あてはめなくても、苦の多い、煩悩多き人生を誰もが送っていると思います。

お金も名誉も、財宝も、自分自身の肉体さえ、置いて去っていかなければ
ならない私たち・・・あんなにも心ときめかし、憧れに胸かきむしられた
美しい女性も、お金に糸目をつけずつくりあげた美しい邸宅も、
すべて、この世の物質世界でのひとときの幻――「自分」はそれらを置いて、
もとの世界に帰らなければならないのです。

持って帰れるものは、そういうことを味わった感覚の記憶だけ。
執着すれば、もとの世界どころか、とんでもない世界が自分を待っていそう。
この世は幻。
執着との闘いの場所なのかもしれませんね。


467 :弥生:2006/09/18(月) 11:11:20 ID:tnoPvzMJ
>>463単、直さん
お茶産婆? いえ、お茶サンバワロタ。
どうもです。(~O~)

468 :A1:2006/09/18(月) 18:33:08 ID:nbxIH1wo
単、直さん
>>464
>ちょうど向こうのスレで太郎さんのレスとシンクロしてたもんで
>良かったら見といて貰ってヨカですか。
見てきました。
週末にはまとまった時間とれそうなので、後でレスしますね。

>駐車場には飛んできたゴミなどの山でつ、これからお掃除しなくっちゃ〜
今頃はお掃除中かな?

>また後で遊びにきますね
うん、待ってるよ。

469 :A1:2006/09/18(月) 18:45:55 ID:nbxIH1wo
弥生さん
>>466
>持って帰れるものは、そういうことを味わった感覚の記憶だけ。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン、同感です

>執着との闘いの場所なのかもしれませんね。
闘いは疲れる・・・(T_T)
疲れたら、ここで休んでね。

470 :単、直:2006/09/20(水) 00:15:44 ID:y1WhX17G
>>468 A1ちゃん、弥生ちゃん、mayちゃん
この歌、歌詞が素敵だと思うんだけど
カラオケなどで歌わないでつか?

川の流れのように
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=31506

471 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 10:00:58 ID:9aezvYhw
GLA談話室@ どうしましょメンバーズ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1155869864/522

522 :今昔 :2006/09/14(木) 15:37:38 ID:+y/aOGM0
>>477 ゆーずどさん
>> 風邪はわたしはなにもかも見えていたのだ。
>> 霊的なことも、なにが問題点かもだ。
>とても、そうは思えない。

ていうか、デンパな発言になるけど、霊的にいうと、m○k○さんのことが
すべての発端。
ア○スキー○スレ、なぜ私にわかったのかが、ずっと謎だったんだよね。
他の人にはどうでもいいんだろうけど。不思議でね。
神さま(善霊も同意)は謎ばかり与える。(笑)

父親のことが絡んでいる。本人には解けない謎。いぜんも書いたけど、あの
背後の神格高そうな女性は一体・・・?
風邪も両親のことが絡んでいるのを、見えない感覚で知ったとき、腹に落ちた
という意味だよ。テーマが同じなのですよ。
そして私も父のことを通して、自分の謎と向き合ってる感じなのです。

父といつも話し合っていて、ある箇所にくると、収拾がつかなくなっていた時のこと。
そんなとき、悲しかった。なぜ、お父さんはこんな簡単なことがわからないの? と、
怒りとやりきれない思い・・・ふと見ると、父の背後にある存在が立っていた(ように私は感じた)。
「ああそうか。もういいんだ」と、あとは彼らに私は任せた。・・・その繰り返しだったな。

結局、私自身が生ききっていないだけで、父はすでに悟っていたのかもしれない。
・・・ごめん。ひとりごと。
父はGに何度も行ってるけど、奈良か滋賀か、ある観音様を信仰していた。
浄土真宗も、他にも是々非々、こだわりがなかったんだ。Gも伝統仏教も。

彼の間違いはただひとつ。祖父の家に入ったことだけだったな。

472 :名無しさん@3周年:2006/09/20(水) 10:05:06 ID:9aezvYhw
530 :Used Image ◆zpe.19X8.. :2006/09/14(木) 16:45:43 ID:jRmK3q/R

今昔さん
>>522
> >とても、そうは思えない。
> ていうか、デンパな発言になるけど、霊的にいうと、m○k○さんのことが
> すべての発端。

そうかもしれませんが、それら↑のことが、どうして、名無しさんへの、
----------------------------------------------------------
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1157157577/835
835 名前:弥生
> 頭の悪さにプラス視野まで狭いのか?

> どういう教養の低さで、なぜそこまで人間の捉え方が甘いのか?

> 風邪はわたしはなにもかも見えていたのだ。
> 霊的なことも、なにが問題点かもだ。
----------------------------------------------------------
このような↑、人を愚弄した暴言につながるのですか?

私には、
>>477
> > 風邪はわたしはなにもかも見えていたのだ。
> > 霊的なことも、なにが問題点かもだ。

とても、そうは思えません。
必要であれば、その根拠と思しき弥生さんのレスを、初期の『風と戯れる』スレから
多数引用できます。

473 :A1:2006/09/20(水) 14:33:55 ID:3ZD0/rem
単、直さん
>>470
>この歌、歌詞が素敵だと思うんだけど
この歌、美空ひばりさんの映像などでよく耳にします。
こうしてあらためて読むと素敵な歌詞ですね。
紹介ありがとう
======================
ああ、川の流れのように
おだやかに
この身をまかせていたい
======================

急流も濁流もせせらぎも経験し
今、大海を前に、ゆるやかな流れとなって
海に帰る、そんな穏やかな心境なのかも

カラオケでは、歌わないな〜、単、直さんは歌うの?
今度うたってみようかな。
悲しい酒「ひとり酒場で飲む酒は・・・」はよく歌いますよ。


474 :弥生:2006/09/20(水) 14:59:18 ID:qn2Zp1sZ
>>470 単、直さん
さっき、というか、午前中、この曲流れてきたんですよ。
最近シンクロしまくっています。
軽いノリで、「これは必然だ! よいことの前触れだ!」とは言いたくないんですが、
心で「これが見たい」「こうなってほしい」と考えていたわけじゃないのにね。
そうしたら、キンモクセイの香りが流れてきて、
「なに? いい香り〜 あの世の香りかな?」とデンパな発想していたら、
ホンモノのキンモクセイの香りだったです。(^^♪)

精神世界スレ読みました。
台風で大変だったのですね。毎年、9月は台風が来て、日本はどこかで
今の時期、大変になりますね。気持ちだけお手伝い。

美空ひばりは30代が女性として美しかった人だと思いますが、「悲しい酒」を
泣きながら歌うのを見ましたが、なんともせつなかったですね。
この歌は難しくて歌えません。
雪どけの季節・・・個人的に雪どけのあとは、壊れた残骸が散らばっていること
が多く、現実は甘くない。戦争でもそうだし。と思う歌詞。
この作詞者秋山某氏の家には、私の欲しいキャビネットが二つもあったです。
(32マン×2)かなり昔の雑誌で見た。今でも欲しい・・・


475 :弥生:2006/09/20(水) 15:08:07 ID:qn2Zp1sZ
>>469A1さん、レスありがとう。
>闘いは疲れる・・・(T_T)

まあ、ね。

>疲れたら、ここで休んでね。

ありがとう。
なかなか本まで辿りつけませんが、GAPは、UFOについての情報や真相を
知らせる英語の頭文字だという記事を読んでるところ。(Uコン)


476 :A1:2006/09/20(水) 15:36:34 ID:3ZD0/rem
>>471-472
以下、関連投稿を「GLA談話室@ どうしましょメンバーズ 」より
紹介させて頂きます。
------------------------------------------------
539 :Used Image ◆zpe.19X8.. :2006/09/14(木) 20:49:53 ID:jRmK3q/R
今昔さんが「9」での投稿835を(1)〜(3)のように書き直されるのであれば、
同時に、名無しさんへの、

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1157157577/835
> 頭の悪さにプラス視野まで狭いのか?
> どういう教養の低さで、なぜそこまで人間の捉え方が甘いのか?
> 風邪はわたしはなにもかも見えていたのだ。
> 霊的なことも、なにが問題点かもだ。

この↑誹謗中傷文も無くなりますので>>477>>530は不用となります。
取り消します。
--------------------------------------------
Used Image さんが
>この↑誹謗中傷文も無くなりますので>>477>>530は不用となります。
>取り消します。
と取り消されております。

477 :A1:2006/09/20(水) 15:48:07 ID:3ZD0/rem
(続き)
名無しさん
>>471-472
今昔さん(弥生さん)、Used Image さんは友人であり
交流もありますが、>>471-472はここではスレ違いですので、
以後配慮の程、よろしくおねがいします。

478 :弥生:2006/09/20(水) 16:20:45 ID:qn2Zp1sZ
>>476-477A1さん、お疲れー!
お茶で休憩してね。

|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)  
|ア|o   ヾ         
| ̄|―u'   旦 <コトッ     
""""""""""""""""



479 :弥生:2006/09/20(水) 16:25:22 ID:qn2Zp1sZ
>471-472
G談話室にもそのまま貼られても困るね。
終わってる話だし。
何を言いたいのかわからない小学生レベルの幼稚な投稿は住民の迷惑。
自分では何か特別気の効いた個所を貼り付けてるつもりなんだろうな。
とっくに書いた話だし、A1さんは知っているよ。ご愁傷様。
というわけで、スレ違い投稿はやめてね。私のストーカーさん。(笑)


480 :may:2006/09/21(木) 13:56:50 ID:Ewv1e99q
>>466 弥生さん
この頃落ち着いてPC見れません。
そんな中、今ざぁっとロムったのだけど
弥生さんの投稿見てナミダ出たよ。



481 :弥生:2006/09/21(木) 18:33:49 ID:1Auxwbyw
>>480mayさん、こんばんは。レスどうも。
>弥生さんの投稿見てナミダ出たよ。

え?どのカキコ?
とりあえず、ありがとう。。。(_ _)
お忙しいでしょうが、体調に気をつけてくださいね。

482 :弥生:2006/09/21(木) 18:52:14 ID:1Auxwbyw
>>420単、直さん、亀レスですが。
>未来の社会で肉体労働とかロボットが代用して男女が社会生活を営むのに
>なんの差もなくなったときどういう関係が理想になってくるのかな?

うーん、私は男女の愛は、ロボット時代になっても、基本的に変わらない
んじゃないかなと思います。
「アイ,ロボット」のようなカンジかな。あれ、わりと納得できます。
スプーナ―がお砂糖5杯入れるとこがハードボイルドだなあ。
ネコが寄ってきて、スプーナ―が言うセリフもよかった。
「おまえはネコ、俺は黒人。俺達がうまくいくわけがない」というのが笑えた。       
話がずれてしもた。(ーー;)


精神世界スレの>>162にこちらでレスしますね。
>あんな番組で返ってもう未来社会へ段々近づきつつあるんだなと

うーん、私はチビなんで、体力的には男性に勝てないよ。
ワガママ言って、困らせるくらいでしょうか。でも、プチ勝利。
ネットのようにはいかないよ。(笑)

「ひどい。私のこと嫌いなんだ・・・」「ねえ、お願い〜」
メイクして、微笑して、女らしさというツールを使う。
で、始めは三歩下がっていても、いつしか前に出てたりする〜(笑)


483 :弥生:2006/09/21(木) 18:58:14 ID:1Auxwbyw
>>420 レス続き。単、直さん

>古来より女性は受胎したとたん愛したことよりも母になったことが重要になる
>そうでなければ種を維持していくことができない
>逆に男は愛し愛されることにこだわり続ける

種の維持・・・・・私はなぜ神がそうした本能を与え、種の存続をさせている
のかを知りません。性の快楽がなぜ、与えられているのかも。
それでも、これは次第に解明されてゆくのではないでしょうか。
外堀埋めるような探求の果てに、最後のコア部分は謎のまま残るとしても。

そういった探求が、男女両方の考え方や価値観に影響与えるのは間違い
なくて、諸刃の剣的に、正しい応用と、過った歪んだ応用がされてゆくだろうし、
要するに、悩みの内容が変わるだけだと思います。

違ってるのは、今より男女がお互いをより知ることになってゆくんじゃないか
ということかも。
エロスの認識も変わってきますね。
過去の物語(古事記等)の読みなおしから、現実を再構築してゆく作業も
流行りそう。そういうように、男女の理解が深まれば、他方、恋愛や男女の
営みの形態が、原色に戻ってゆくこともあるのではないでしょうか。

>未来においてそんなんことまでとっぱらったら
>どうなんだろう、後は純粋に人と人との関わりのなか
>同じ時間同じ場所に生かされている奇跡を感じあい同じ関心事を語り合う至福
>そういうものを共有したいと心から惹かれあうことだろうか

関心事は今よりシンプル化し、その分深まるかもしれませんね。
電話など機械に頼ることをやめ、遠隔地にいても、テレパシーで話したり
することが合理的だと思われるようになるかも・・・。
ちょっとスレに合った内容も・・・(^^;)でも、面白いテーマですよね。

484 :A1:2006/09/21(木) 21:05:21 ID:je0eNQe1
弥生さん
>>478
>お茶で休憩してね。
ありがとう。お茶頂きます。
今夜は時間あるから、これから「神との対話」や単、直さんお薦めの
「精神スレ」過去ログ読むの。
じゃぁね。

485 :単、直:2006/09/22(金) 00:37:54 ID:ygMM32z/
>>483 弥生ちゃん
精神スレにレスして風呂落ち前にちょっと来て見たら弥生ちゃんにレスが・・・

>関心事は今よりシンプル化し、その分深まるかもしれませんね。

子供時代、お医者さんごっこって〜のがあったけど
その頃からその片鱗があったのかも(冗談)

今度機会があれば子供のころどんな遊びをしていたか
A1ちゃん、mayちゃん、梓弓ちゃんもまじえて話ししてみたいね。

いや、猪狩とかの話しじゃなく、お医者さんごっこ・・・シツコイ(笑)
単直のときにもそういえば7つぐらいのとき10ぐらいの活発な女の子を団長にして
山に遊びに行ってたような記憶があるな〜

ビー玉、メンコがやたら強い女の子もいたし、肥溜めにおちた奴を
棒でつついた子もいたな〜

そうそうA1ちゃんが「精神スレ」過去ログ読むのって言ってたけど
3章で登場してくれたAmuroさんて方グンダリーニ覚醒者で
その経過、注意事項を事細かに説明してくれてて
フイロさんとか他のグンダリーニ発動者の方のとてもいいアドバイスをしてくれてる
と感謝されてたよ。単直的にみたら禅の悟り人とも違いがあるとも見えないんだけど・・・
よかったらどうぞ
精神世界で癒される第3章
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament3/1107055224/

486 :may:2006/09/22(金) 13:32:51 ID:ZLLkpB85
>>456 単、直さん
ワァィ、なんだかほめてもらうなんて光栄です。 ン?そう思ったんですけどそーかな???
確かにあの頃は悩むことに翻弄されてました。此処でのような話は此処でしか思い切りできませんでしたし、
今でも背伸びしてます。でも疑問が少しずつ解けていくような感覚…、そう考えた方がより納得できる。
精神スレ12章だったかな?単、直さんのカキコに反応した自分があったのですけど
あれは「アダムスキー」からの引用だったのですね。思えばA1さんと知り合わなければ
アダムスキーを読むこともなかっただろうな。(A1さんありがとう)風氏のスレではみんな何か
おかしかったような気がします。口から出てしまった言葉はもう戻すことはできないけれど
論破するなど少しも満足しないしですね(勿論できないですけども)。
だから「認め合いの時代」とある精神スレは大事ですヨー。

487 :may:2006/09/22(金) 17:05:03 ID:ZLLkpB85
>>481 弥生さん
>お忙しいでしょうが、体調に気をつけてくださいね。
ありがとう〜。(^c^)(__)


ナミダ出たよってのはネ、全部全てなのだけど芯は…
>>466
>すべて、この世の物質世界でのひとときの幻――「自分」はそれらを置いて、
>もとの世界に帰らなければならないのです。
>持って帰れるものは、そういうことを味わった感覚の記憶だけ。
私もそう思うの。なんか無常だなぁって。でもなんか幸せかなー。
だって、天の羽衣みたいじゃない。(笑)


もとの世界に帰らなければならないのです。

持って帰れるものは、そういうことを味わった感覚の記憶だけ。
執着すれば、もとの世界どころか、とんでもない世界が自分を待っていそう。
この世は幻。
執着との闘いの場所なのかもしれませんね。



488 :may:2006/09/22(金) 17:07:40 ID:ZLLkpB85
あれェ、下5行は消し忘れでございます。(カッコワル ;;)

489 :弥生:2006/09/22(金) 20:22:36 ID:t9qHx2B0
>>485単、直さん
レスありがとうございます。

こどもの頃の話ですか。機会があれば、ぜひ。
お墓でよく遊んでましたね。お寺の経営する幼稚園だったので。

はるかな遠い夢ですね。

子どもの頃より、未来を考えますね、最近。
生まれた時より、死の方にに近いと感じるからかな。

たくさんの死を身近に見過ぎたせいかもしれません。
心境が変化してゆく自分て嫌いじゃないです。(笑)


なんか暗いですね。
ではまた。

490 :弥生:2006/09/22(金) 20:35:11 ID:t9qHx2B0
>>487mayさん

あ、それっすか。実感です。
煩悩は肯定しなきゃね。
そのおかげで、この世の空しさがわかるから。
でも、甘美だワ。

最近とくに、世界が違って見えてきてるよ。嫌だった煩悩を受け入れているような感じ。
でわでわ

491 :単、直:2006/09/22(金) 21:59:28 ID:ygMM32z/
>>486 mayちゃん
>論破するなど少しも満足しないしですね(勿論できないですけども)。
>だから「認め合いの時代」とある精神スレは大事ですヨー。

本当だね、これだけは言えると思うのは対立するより
認め合うほうが遥かにたくさんの人と知り合える

そして色んな学びも得る事が出きる。タモリじゃないけど
皆んなで広げよう友達の輪ってなもんでつ。

一昨日テレビを点けたら偶然「マザーテレサ」っていう自伝みたいな映画やってて
それまでカトリックの聖女みたいなイメージしか知らなかったけど
面白かったよ、単直的見方ではあれこそ典型的な神との対話だったな〜

彼女はインドで弱者を庇って死んだお父さんの影響でシスターになるんだけど
修道院で教師として過ごしているとき、心のなかで神の声を聞く

あなたは弱者のなかのさらに誰もが見離した弱者に手を差し伸べなさい。

彼女は内からの想いを抑えることができづ周囲の制止を振り切って
スラムにでかけ、道端に見捨てられた病人とか貧困のため医者にかけられない子供を
救う、そんな彼女を修道会の上司たちは困りものという扱いしかしない

とうとう修道女を辞めて一般人として好きにするかボランティアを辞めて教師に
専念するかどっちかにしなさいと最終通告をうける。

彼女はひるまず心の声に従うまでです。
私は修道女もスラムにいくのも辞めません。

つづく

492 :単、直:2006/09/22(金) 22:01:54 ID:ygMM32z/
つづき
その頃にはそんな彼女の強い信念にうたれ共感をしめす神父や
それまでの教え子が段々彼女に協力するようになってきた。
そしてとうとうバチカンを動かし新しい修道会を設けることが
できるようになるがその時、それを快く思わない前修道会の院長により
彼女は自分が教祖になる野望があると密告された。

そこでその審議を正す為にバチカンから調査員が派遣される。
そしてその現場で目にしたものは自ら先頭にたち

スラムで忙しそうに立ち働く彼女の姿だった。

そして彼は聞く、

その心の声は誰ですか?

彼女はしばらく黙っていたが、やがて

今まで誰にも言わなかったけど初めて言うわ

『イエスさま』

そして神父は彼女に静かに聞いた。

そのイエスはあなたに私の代わりになりなさいと言ったのですか?

彼女はキョトンとして神父を見て人差し指を立ててこう言った。

いいえとんでもない私はこの指にしか過ぎないわ

その目はクリスタルのようににどこまでも透きとおっていた。・・・・

493 :単、直:2006/09/22(金) 22:25:25 ID:ygMM32z/
>>489 弥生ちゃん
>お墓でよく遊んでましたね。お寺の経営する幼稚園だったので。

あれ、ターザンごっこをしてた山も落ちたら下は墓だったよ。シャレにならんか

普通男の子は男同士女の子は女同士で遊んでたみたいだけど
なかには男の子に混じって男の遊びを好きな子もいたね。

板に戸車を打ち付けて坂を足ハンドルで滑る遊びが流行ってよくやったけど
あと洞窟探検とか、川で輪ゴムを枝の先につけてカニを釣ったり

夢中で釣ってるうち川に落ちてね。

饅頭屋の兄ちゃんが見つけて飛び込んで助けてくれて
あと5分遅れてたら命は無かったらしい。

人の命って儚いと言えば儚いけど
こうやって生きてるだけでもありがたいよね、饅頭屋の兄ちゃんありがとう

トコロテンそれで今でも後遺症が残ってパーでんねん

494 :A1:2006/09/22(金) 22:32:05 ID:9w7GJiGW
単、直さん こんばんは
精神スレに>>485の横レス投稿しましたのでよろしく。

こちらにしようか、あちらにしようか、迷いましたが
最近引き篭もりがちなので、思いきって向こうに投稿しました。

精神世界で癒される第15章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1156683671/176-178

mayさん、弥生さん、こんばんは
今日は過去スレなどたくさん読んだので
目がショボショボ、頭がボーっとして・・・(^_^;)
後でレスします。

495 :may:2006/09/23(土) 18:07:48 ID:3BR3GByl
A1さん、こんにちは。
今「6章UFOの謎」を読んでる途中なのです。
癒し堂のYOU厨スレでUFO関連の写真の紹介ありましたね。
霊的な事と宇宙的な事とはっきりと結びついたのはアダムスキー氏の話を見てからなんですよ。
それぞれ伝えていることに違いはありますが糸がより合わさる箇所があり興味深いですね。
宇宙は精神世界の延長ではあっても三次元現実の世界であり、いわゆる霊的な現象とは異なるかと
思いきや、どうも重なる事象であるらしいこと。私が言う霊的な世界とはこの地球近辺の空間での
様々な出来事を主に考えてました。人間の思考は矮小で堂々巡りで物事に囚われて悲しかったのです。
いくら考えても頭で理解しても腑に落ちない、空回りの自分。
しかし半年前精神スレに書き込みを始めてから今とは何か違ってます。
しなくてはならないことは山ほどありますけど何をすべきか小さなことからでも取り掛かれそう。
今そんな気分です。(長続きするとよいのだけど ^-^)
さぁて、これから夕飯の支度(スミマセン 俗世にもどりました)。
ではまたね。(^^)/    

496 :may:2006/09/23(土) 18:11:56 ID:3BR3GByl
(つづき)

>目がショボショボ、頭がボーっとして・・・(^_^;)
じゃ、一休みかな。^^
ほんと、私は時間がかかってなかなか集中しては読めません。
今度こそ、またatode。。。。



497 :A1:2006/09/23(土) 18:38:42 ID:mudJvLLd
mayさん、
>>486
>あれは「アダムスキー」からの引用だったのですね。思えばA1さんと知り合わなければ
>アダムスキーを読むこともなかっただろうな。(A1さんありがとう)
なんか、照れちゃう。^^
ありがと。
私は心に響いた言葉や感動したことを
お互い分かち合えたら、
素敵だなって思っています。
これからもよろしくね。


498 :A1:2006/09/23(土) 19:05:29 ID:mudJvLLd
>>495-496を見ないで>>479を投稿しました。

>さぁて、これから夕飯の支度(スミマセン 俗世にもどりました)。
>ではまたね。(^^)/    
おっ、美味しそうな匂いが・・^^
mayさん、また後でね。

499 :A1:2006/09/24(日) 00:15:30 ID:Yi2eefiv
mayさん、こんばんは
今夜は時間があるので即レスね。
といおうか。。。。。。。ウッ(>_<)
さっき、書いている途中でパソ様が急に
お休みあそばされて、再起動
メモ帳に書いていたのぜ〜んぶ消えちゃいました。

さっ、気をとりなおして最初から。

>>495
>それぞれ伝えていることに違いはありますが糸がより合わさる箇所があり興味深いですね。
糸がより合わさるということが、共通しているところに私も興味がいきます。
真実は次元も時間も空間も超えてですよね、きっと。
ここにはあてはまるけどここにはあてはまらない。
例外はあり・・・なんてことないよね。
厳しいくらいに貫くのが真理だよね。

500 :A1:2006/09/24(日) 00:20:12 ID:Yi2eefiv
>人間の思考は矮小で堂々巡りで物事に囚われて悲しかったのです。
え〜と、精神スレでのあはさんの投稿(189)に
>苦、とは、
>思うとおりにはならないと言うこと。
>一切皆苦
とありました。

>>13
>アダムスキーの宇宙哲学 【 第一章 すばらしい知覚作用 】

>・時間が万物を測定するために用いられる道具である
>・永遠の中にあってはあなたは常に存在するが時間のなかにあっては
> 不安定となり、うつろいやすくなっている。
この世は時間のなかにある世界、不安定でうつろいやすくて
思うとおりにはならない世界。
おまけに何もできない赤子として生まれて、
誰かの世話にならなければ死が待っている。
生きるのは本能、だから依存するようになっているのです。
生まれれば思考は物事に囚われる仕組みになっているそうですよ。

mayさんが「悲しい」と感じるのは
もっとのびやかに物事に囚われないで考えたいという
気持ちのがあるからなの?

501 :may:2006/09/24(日) 02:14:44 ID:CcfMQj/l
A1さん、こんばんは。ボーッとしてたらこんな時間。
>>499
>例外はあり・・・なんてことないよね。
>厳しいくらいに貫くのが真理だよね。
そう思います。「天網恢恢疎にして漏らさず」ちょと硬いかな。
やはり真理からみると公平な世界であるという思いが最終的には
人を導くのではないでしょうか。

>>500
>苦、とは、
>思うとおりにはならないと言うこと。
>一切皆苦
ええ、精神スレでのあはさんの投稿(189)見ました。同意です。

>・時間が万物を測定するために用いられる道具である
そうですよね。物質の変化を表すのが時間。
物が腐る。植物が生長する。子供が大人になる、年老いていく。
侘しいようでその儚さは愛おしくもある。
といいますか
>・永遠の中にあってはあなたは常に存在する
という安定する真理があればこそですね。
人は永遠を想うようにセットされているらしいです。

>生まれれば思考は物事に囚われる仕組みになっているそうですよ
(--) 囚われて当たり前なのか。
A1さんは囚われることある?

502 :A1:2006/09/24(日) 03:21:00 ID:Yi2eefiv
あら、mayさんも起きてたの?
私はビデオ見ていました。
お酒飲んだら、寝ようかな?
なんだかね、こんな静かな夜は寝るのもったいないような気がします。
でも、寝よ。もうすぐ朝だ。
今、夜眠るのはもったいない気分だが
お日様が昇って昼間寝るのはもっともったいないような気がします。

>>501
>やはり真理からみると公平な世界であるという思いが最終的には
>人を導くのではないでしょうか
すご〜く同意。
誰にも公平に分け隔てなく、平等に・・・毅然と例外なし

503 :A1:2006/09/24(日) 03:22:27 ID:Yi2eefiv
人間もそうだよ。
好きなら好き、嫌いなら嫌い
言って入る事が日替わりじゃこっちの神経が持ちません。
あっ、昔の話ね。

>人は永遠を想うようにセットされているらしいです。
そっか。
よく永遠については考えていました。
永遠の中、今ここに生きている不思議と
どうしようもない虚無感と倦怠感がごちゃまぜになっていました。

>A1さんは囚われることある?
う〜ん、きっと今もって囚われの身です。
自分では当たり前になっていて囚われていることにも
気がつかないないんだわ。
例えば私は人に頼みごとをするのが苦手で
人が私のお願いを引き受けてくれるなんて信じられなかった。
だから、自分でやったほうが気楽で一人で頑張ってしまう。
主人は寂しかったみたいよ、どうして頼らないんだみたいな。

最近どうして頼みごとができないのかその原点になっている場面を思い出したの。
後付けの感覚だったんだなってわかって
今は囚われた、間違った思いこみから自分を解放を試みている途中です。

504 :A1:2006/09/24(日) 03:40:08 ID:Yi2eefiv

第7章 進化の時代

・目標がいかに遠かろうが近かろうが、一時に一歩しか歩めないのだ。
↑このことは日常のあらゆる活動にもあてはまる

一歩意識を進めようとしながらも
伝統的な信念や意見など狭い概念に固執していて、歩み出すためには
勇気と信念が必要、歩み出さない限りはいつまでも神秘の夢を
見つづけているだけなそうな。

505 :単、直:2006/09/24(日) 22:54:30 ID:FrWzdiVR
>>490弥生ちゃん
横レス>>466のレスは単直にもとても響いたんで
精神世界スレにも紹介させてね、

>>504 A1ちゃん
夕べは向こうのスレにたくさんの投稿ありがとう
おかげさまで活発だった頃のことを思い出してうれしかったよ。

この章も7まできたけどアダムスキーのスレでは
ここがとても実践的で分りやすく有意義っていうか為になってると
思うな〜ひきつづきヨロシクでつ





506 :W:2006/09/25(月) 20:40:25 ID:hqv3Os/N
宇宙哲学って素晴らしいですね。
>504
・目標がいかに遠かろうが近かろうが、一時に一歩しか歩めないのだ。
これって、徳川家康の人生訓を思い出します。
【人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。(以下略) 】目標の設定と、それに対する一歩の歩みだしが、努力すべき全てでしょう。

そして、この目標の設定が重要である事は言うまでもないです。
歩みだす一歩が進歩なのか、それとも、つまらない事に関わり合って、時間と勢力を浪費するだけなのか。あるいは過去の全てを失うような大変なことなのか。
ある目標を達成するには、忍耐と進み続ける努力、その努力の方向が正しいかどうか、常に確認することが必要だと思います。

>500
>・時間が万物を測定するために用いられる道具である
>・永遠の中にあってはあなたは常に存在するが時間のなかにあっては
> 不安定となり、うつろいやすくなっている。
これは、その人の【視点】が重要なんですよね。
その人が『永遠』を見つめる視点なのかどうかです。
人間は、生まれてから今までの、生きてきた事しか記憶がないはずなのに、なぜ『永遠』を想起しえるのか? 
それは単なる「幻想」ではなのか。
それとも、永遠なる「創造主=神」のような存在があり、それが創造した人間の脳の中には、「永遠」という概念が、生まれながらに仕込まれているのだろうか。

「永遠」は、概念(Conception)であると同時に、外界を知覚(Perception)する事ではないのか。むしろ時間を追って思考するとき、それは単に記憶をたどる思考となっている。これは、心の中の思惟にすぎないわけです。

それに対して、外界を知覚することは、自然界とつながることなわけです。
自然界こそは、『永遠』につながっているわけですから、それを知覚することこそ、永遠の中にいることでしょう。そのときは時間の感覚を忘れているのかもしれません。
なにか、そういう感じでこの言葉をとらえたいですね。

507 :may:2006/09/26(火) 00:53:19 ID:p9MOwuGw
>>491-492 単、直さん
レスありがとうございました。マザーテレサ、私も見ました。
最後のシーンで流れる言葉・・・

*慰められることりも慰めることを
*理解されるよりも理解することを
*愛されるよりも愛することを
*与えることは与えられること
*許すことによって私達は赦される
*死ぬことによって永遠の命を得る

人は本当に永遠の命がほしいのでしょうか。
永遠の命とは安らぎ・・・。


508 :A1:2006/09/26(火) 10:13:08 ID:EtctQ6VR
単、直さん、mayさん ただいま。
弥生さんのスレに行って留守していました。

弥生さんへ

スレ終わったね。まずはお疲れさま。

最後の残り数行、大切な数行だから
弥生さんが立てたスレに投稿できなかったレス、こちらのほうへします。

--------------------
弥生さん、おはようございます
残り少ないのに申し訳ない ひとコマ使わせてください。

煩悩の話、続きアダムスキースレでしようね。
先に行って、待っているよ

--------------------

モカさんとも話できてよかった。

さかなさんとは前スレで名無しで少し話したんだ。
「またね」と言ってさよならしたけど
それはいつか「こんにちは」と言って
お話始めるための「またね」だったの。
今回は話そびれたけど、機会はいつかくると思うんだ。
そのときまでとっておきます。


ゆーずどさんへ
昨夜はお皿とばしてすみませんでした。
自覚なくて申し訳なかったです。

509 :A1:2006/09/26(火) 10:20:58 ID:EtctQ6VR
Wさん、はじめまして m(__)m

>>506 :W:2006/09/25(月) 20:40:25 ID:hqv3Os/N
>宇宙哲学って素晴らしいですね。
ええ (^-^)
ゆっくりペースで
本を読んで、心に響いた言葉など投稿させてもらっています。
後ほどあらためてレスします。


510 :A1:2006/09/26(火) 11:51:50 ID:EtctQ6VR
梓弓さん、昨日は弥生さんのスレで

梓弓さんにもお皿飛ばしていたな、
そんな質問をしていたなと反省しています。
すみませんでした。
TAOさんが察知して出てきてくれたのですね。

私は空気読めずに口はさんじゃうので
気をつけていたのですが、
ある状況にであうと、とまりません。
昨日も冷静にいたつもりで、冷静でなかったのかも・・・。

失礼しました。


511 :弥生:2006/09/26(火) 14:18:06 ID:2COnpRxx
>>809A1さん
ズバリ スレ、参加ありがとう。
おかげで楽しかったです。

タオさんとさかなさんの言っていることは、ほとんど誤解と妄想です。

あんなふうにしたのも、私の責任なんだろうな。

会話なしで、私の姿を決め付けられてゆく、
私があなたにやったことかも。(笑)
謝らないけど。私は待っていたんだ。これを。

そして、あなたは成長したね。失礼な言い方だけど。

愚痴りにきました。マタネ。



512 :A1:2006/09/26(火) 15:00:47 ID:EtctQ6VR
おっ、弥生さんだ。
>>511
>ズバリ スレ、参加ありがとう。
私が入るとわけわからなくなるからロムしてたのよ。
けどね、どうしても通りすぎれないところがあって。。。

>会話なしで、私の姿を決め付けられてゆく、
>私があなたにやったことかも。(笑)
言葉にすれば微妙。
ここは以心伝心で (笑)
そして、おいおいゆっくり話そうね。

>愚痴りにきました。マタネ。
うん、またおいで。

513 :A1:2006/09/26(火) 15:45:05 ID:EtctQ6VR
単、直さん
>>505
>夕べは向こうのスレにたくさんの投稿ありがとう
>おかげさまで活発だった頃のことを思い出してうれしかったよ。
今日もたくさん投稿しました。
マンゴーさんや太郎さんともお話したし。
わからんさんとも今度何か話したいなぁと思っています。
照さんが来てくれたりで、不思議につながっている感じ。
単、直さん、精神スレを続けて行く方向で考えてくれて
うれしいです。
私は、現実的なのかもですが、スレはそこにいる人達で
作っていくといおうか、
みんなの意識がスレになるんだなと思っています。
元気でてきたので、他の人ともやっと話せそうな予感。

>この章も7まできたけどアダムスキーのスレでは
>ここがとても実践的で分りやすく有意義っていうか為になってると
>思うな〜ひきつづきヨロシクでつ
こちらのほうこそ、よろしく

514 :単、直:2006/09/26(火) 20:32:38 ID:ileLOZRT
>>507 mayちゃん
さすが単直みたいに大雑把じゃなく細かくみてまつね〜
>永遠の命とは安らぎ・・・。

この頃ずっと前に見た沈黙(遠藤周作)を思い起こしたんだけど
なぜ神は目を覆うような悲惨な状況を黙ってみておられるだろうか?。

そういうテーマだったけど個々の人間の人生に対してあくまで
不干渉なのはその『永遠の命とは安らぎ』と自分で気づくために
必要なことだという意味かも知れないな〜なんて

もしかしたら個々の魂がどんな悲惨に見える人生でもそのことを体験するために
自由意志で肉を纏ってこの地球に今生まれてきてるのかも知れない

それは宇宙の法則、約束ごとかも知れないな〜なんてね

そういえばアダムスキー氏もそんな風なことスペースブラザーズのマスターに
尋ねたらどんなに地球が悲惨な状況でも私達は直接干渉することは
法則に反するので出来ないのです。あくまで側面で自分達で気づくように
陰ながら援助することしか出来ないのですよ、って言ってたようだったでつね〜



515 :単、直:2006/09/26(火) 20:42:04 ID:ileLOZRT
>>513A1ちゃん >>511弥生ちゃん
やりとり見てて何かうれしいもんがあったよ〜ん様

思えばずいぶん前に二人を見て姉妹喧嘩をしているみたいだって
書いたことがあったけどぶつかりあって終わるんじゃなく

お互いが前を向いて理解を深めていくのを見るのって
いいもんがあるよね、ナンチャッテ劇場

516 :may:2006/09/27(水) 03:59:13 ID:8wv0LoVe
>>514 単、直さん
レスありがとうございます。
>沈黙(遠藤周作)を思い起こしたんだけど
>なぜ神は目を覆うような悲惨な状況を黙ってみておられるだろうか?。
私も同じ感想をもちました。遠藤周作氏自身が疑問を持ちながら書いたのではないでしょうか。
きっと彼は正直な人(欠点も敢えて出す)だから素直に気持ちに響いて印象に残っているのかなぁ。

>もしかしたら個々の魂がどんな悲惨に見える人生でもそのことを体験するために
>自由意志で肉を纏ってこの地球に今生まれてきてるのかも知れない
それを想うと悲しくて切ない。それを意識できるまでがそれぞれの人生にとって
些細なことでもどんなにきついか。
子供の愚痴を聞いていても「そうか、でも世界であなた一人がそうではないからね。」
って言ってあげても無責任だくらいにしか感じないのかな。その時点、時点で
本人にとってはいっぱいの世界なのだろうな。親としての手伝いが思うような結果が
得られるなら本当に安堵するのですけど…。自分も心配かけたんだろナ;;

>それは宇宙の法則、約束ごとかも知れないな〜なんてね
ほんと。^^

517 :may:2006/09/27(水) 04:22:17 ID:8wv0LoVe
>>511 弥生さん
>>512 A1さん

>>515の単直さんと同じこと思ってますです。
初めて弥生さんが精神スレに来た時、まだ2ちゃんに慣れてもいない私が(今もdesu)
おこがましくも書き込みして、それに気を留めてレスをくれたでしょ?覚えてられるカナ?


518 :may:2006/09/27(水) 04:36:48 ID:8wv0LoVe
>>490 弥生さん
>煩悩は肯定しなきゃね。
>そのおかげで、この世の空しさがわかるから。
>でも、甘美だワ。
肯定するのか…。
受け入れるということかしら。

>最近とくに、世界が違って見えてきてるよ。嫌だった煩悩を受け入れているような感じ。
少しなら私も解ります。もしかしたら諦めかとも思うのだけど(^^;)
どうもそれとは異なるみたい。ただ、その為にはある程度の条件が必要な気がする。
それが人それぞれなのでしょうか。



519 :A1:2006/09/28(木) 09:56:37 ID:l4lttFtN
Wさん、おはようございます。

>>506
>宇宙哲学って素晴らしいですね。
ええ、
人間と宇宙・自然の
根源、真実に迫るような迫力と懐かしさを覚えます。

>その努力の方向が正しいかどうか、常に確認することが必要だと思います。
同感です。
すぐに流されちゃ入ますから。
初心忘れるべからずで。

>その人が『永遠』を見つめる視点なのかどうかです。
>自然界こそは、『永遠』につながっているわけですから、それを知覚することこそ、永遠の中にいることでしょう。>そのときは時間の感覚を忘れているのかもしれません。
見つめる視点ですね。
人の体は自然界の一部なのですから
永遠のということを知っているでしょう。
人の意識だけが永遠とつながっていることを忘れたのかもしれませんね。
自然界に心をあわせれば
永遠の生命の宴が聞こえてきます。(^-^)

私は、アダムスキーの宇宙哲学を理論的捉えるのは不得手で、
「心に響いた言葉」を紹介するだけですが
これからもゆっくりペースで続けたいと思っています。
Wさんの感想投稿下さりありがとうございます。
また何か思うこなど聞かせて下さいね。
では、では m(__)m

520 :A1:2006/09/28(木) 21:11:22 ID:l4lttFtN
単、直さん
>>515
>やりとり見てて何かうれしいもんがあったよ〜ん様
姉妹喧嘩みたい?
そう言えば、誰かにトムとジェリーみたいだと言われました。^^

>いたことがあったけどぶつかりあって終わるんじゃなく
>お互いが前を向いて理解を深めていくのを見るのって
>いいもんがあるよね、ナンチャッテ劇場
今昔さんとの関係は、私とだ〜れかさん(リアル)の関係に似ているんですよね。
パターン的に逃げても追いかけてくるような気がしてたけど、
このスレにで再会した時には運命を感じましたね。(笑)

521 :A1:2006/09/28(木) 21:39:29 ID:l4lttFtN
mayさん
>>517
>>515の単直さんと同じこと思ってますです。
そっか。
姉 妹 喧 嘩 (^-^)
どっちが姉さん? ← お遊びで書いたのでスルーしてね。

522 :単、直:2006/09/28(木) 22:06:27 ID:OvI/slnV
>>516 mayちゃん
>子供の愚痴を聞いていても「そうか、でも世界であなた一人がそうではないからね。」
>って言ってあげても無責任だくらいにしか感じないのかな。

安心して愚痴を親に言うだけでも上等でつね、聞いてあげるだけで答えは
自分で見つけていくよね

恐いのは子供が自分のなかだけに溜め込んで誰にも
言えない状態になってしまうことですもんね。

一番難しいのは人に優しい子なのに向こうから嫌なことしてきた時
どう切りかわすか、跳ね返すかそこんとこでしょうでつね、多分・・・うちもそう・・


523 :単、直:2006/09/28(木) 22:08:53 ID:OvI/slnV
>>520 A1ちゃん
こんな感じかな〜♪

途(みち)に倒れて だれかの名を
呼び続けたことが ありますか
       ∩  
     ⊂⌒( _, ,_) < もうヤダヤダ
       `ヽ_つ ⊂ノ 
人ごとに言うほど たそがれは
優しい人好しじゃありません

別れの気分に 味を占めて
あなたは 私の戸を叩いた
            (ヨ
    〃〃∩  _, ,_ ノノ キィィィ    
     ⊂⌒(#`Д´)illi   
       `ヽ_つ⌒ヽ(ヨ) (      
            ⌒Y⌒ ドンドン 
わかーれはーいつもついてくる
幸せの後ろからついてくるー
 
       ∩  
     ⊂⌒( _, ,_) < それーがわたしのくせなのかきがつけばいつもひとりー・・・
       `ヽ_つ ⊂ノ    
             ハァ・・・


524 :単、直:2006/09/28(木) 22:11:03 ID:OvI/slnV
続きだヨ〜ンさま

返歌 (人から贈られた歌に対する答えの歌。かえし歌。by大辞林)


      _, ,_  ¶
     (`Д´ ∩ < …ひとり上手と呼ばないでぇ 心だけ連れて行かないで
     ⊂   (
       ヽ∩ つ  ジタバタ
         〃〃


           _, ,_ ¶ / 
        ( n`Д´)η   わたしを置いて行かないで〜
       (   ノ    \
       (_)_)
   ""'~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'

             ¶
             (ヨ
    〃〃∩      ノノ 
     ⊂⌒(  _, ,_)illi   < ひとりが好きなわけじゃないのよー
       `ヽ_つ⌒ヽ(ヨ) (
            ⌒Y⌒ ドンドン



525 :単、直:2006/09/29(金) 14:11:58 ID:sCI/OU+o
あれっ!う〜ん、締めが今一だったな〜
と言うことで続編でし。


パトラッシュ、疲れたろう。

   ,.-─-、
   / /_wゝ-∠l
   ヾ___ノ,. - >
   /|/(ヽY__ノミ
  .{   rイ  ノ


僕も疲れたんだ…
何だかとても眠いんだ…パトラ…

何だかとても眠いんだ…パトラ…誰だよお前。
   ,.-─-、
   / /_wゝ--
   ヾ___ノ ゚∋゚)
   /|/(ヽ __ノミ
  .{   rイ  ノ

   ,.-─-、 単、直
   / /_wゝハ_ハ
   ヾ___ノ ゚∀゚)  ねておきたら なおるよ!
   /|/(ヽ __ノミ
  .{   rイ  ノ



526 :単、直:2006/09/29(金) 14:16:22 ID:sCI/OU+o


     ハ_ハ
    ('(゚∀゚∩   ふとんからとびだすよ!
     ヽ  〈   あーたーらしーいーあーさがきた♪
      ヽヽ_)
           _____
        .,r、_/      ヽ
       (_,. ^''ー-、__  /
       / `^''ー-、_,,`!./
        (_,.         //
      く.,_`^''ー-、_,,..ノ/
        `~`''ー--‐'


527 :単、直:2006/09/29(金) 14:17:17 ID:sCI/OU+o

けっきょく、みんな、おなじほうに向かってるんだね〜♪

 \ | /             /⌒ :;: ` \_
  / ̄\             (          ⌒ヽ
─( ゚ ∀ ゚ )─          (⌒  :::`  `   :;:   ̄ ̄ヽ_,-'⌒⌒\
  \_/  □         ノ    -' ̄ ̄         ヽ   `
 / | \   i`ヽ      (    :;:    ⌒     ⌒   \
          `ー'      /   ー 、  _
             | ̄\  (              ̄ ̄ ̄`
              \_|      ;:;:;  ;: ;:; :; ̄ ̄`
    ハ_ハ             ハ_ハ
  ((・∀・∩         ((´∀`∩
   ヽ  〈           ヽ  〈
    ヽヽ_)            ヽヽ_)
          ハ_ハ      ハ_ハ  
        ('(゚ー゚*∩  ('(゚Д゚∩
         ヽ  〈    ヽ  〈      よろこびに むねをひらけ
          ヽヽ_)     ヽヽ_)
                 ハ_ハ
      ((ヽ_。_・_゚_・_フ━('(゚∀゚∩               おおぞら あおぐよ!
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)

528 :A1:2006/09/29(金) 15:33:19 ID:92xAU/Ky
単、直さん
怒涛の書きこみありがとう 
笑った(^-^)

>>523-527
>パトラ…誰だよお前。
こういうの好き。

単、直さん 
やっとGLA関連のスレに書き込めるようになったよ。
makiも使えたし。
いろいろありがとうね。

529 :単、直:2006/09/29(金) 18:20:01 ID:sCI/OU+o
>>528A1ちゃん
どういたしまして
こないだの怒涛のお返しでつ。

530 :Used (風スレ/ROM) ◆zpe.19X8.. :2006/09/30(土) 13:39:28 ID:rWw3irQx
>>269
mayさん、こんにちは

超超亀レスになってしまい申し訳ありません。すみませんでした。
レス内容考えているうちに、少しずつ時間が経っていって、やがて、
というのをよくやってしまいます。こんなですからmixiやブログには
全く向いていませんね。

いつの間にか夏も通り過ぎて行きました。
お詫びかたがたごあいさつまで。それでは、
また。

531 :中尾達也:2006/10/03(火) 20:13:58 ID:5zfNNaTH
「人間の進化と永遠の生命」前半
万人の内部に宇宙の意識(叡智、命、神)が内在し、私達を日夜を問わず、
各種の印象で教え導いて、います。又、生命や叡智として生命体の維持や
管理を行っています。

その宇宙の意識の意志や指示は貴方を直感、閃き、ささやき声、衝動、映像、
警告、アイデア等として、無言のフイリングの印象という声で貴方の心を
教え導いています。

例えば貴方が車を運転中に信号の無い交差点に来た時に音も光もしないのに
徐行しないと危険だよと警告の感覚の印象が貴方の心にやって来ます

それで思わず減速し徐行したら小学生が自転車で飛び出してきて、無事故で
助かった経験は多くの方が体験をされていると思います。
これが無言のフイリングの感覚の印象で、貴方の内部の宇宙の意識
(叡智、命、神)の指示の声です。これは全く心の意志とは別物です。
何故なら人間の心は知る者では、ないからです。

宇宙の意識(叡智、命、神)の無言の印象の声は全知者の声です。
貴方の心を教え導いている、創造主、神の声にほかなりません。又、
別の例では妊婦さんがよく酸っぱい食べ物を食べたいと思い食べますが、

これらの最初の酸っぱいものが食べたいという、無言のフイリングの感覚の
指示は、やはり宇宙の意識の印象という言語で心に印象付けられるのです。
それを食べなかったら不完全な子供が生まれたりします。それが創造主の
宇宙の意識の言葉で指示なのです。

それは人間の使用している言語とは別の言葉なのです。 人間の心が
それらの印象類の指示に従い信頼を持ち、人生の仕事や家事等の最善の
指針として、使用して実行するなら、貴方の心は創造主(全知者)の
意志に従う事になり、


532 :中尾達也:2006/10/03(火) 20:17:05 ID:5zfNNaTH
「人間の進化と永遠の生命」後半
貴方の心は宇宙の意識と一体化(結ばれる事)して、過失や間違いを犯す事は
無くなり、賢明に生きる事になり、貴方の心は宇宙の意識の召使として
進化して従者になります。その時「私がなすのではなく、創造主(父)が
私を通じて成したもう、」事になるのです。
宇宙の意識は貴方の心が、夜、就寝していても肉体内で食べ物の消化や
排泄等で生命体の維持や管理を行っています。さて、私達の心という、
白い衣は、貪欲、怒り、憎悪、嫉妬、利己主義、不和、分裂、非難等の
エゴで汚れています。
私達が清雅に清廉に進化向上して、賢者や聖人や超能力者に進化しようと
思えば、これ等の悪想念や行為を取り除き宇宙的な高貴な想念や行為に
変化せしめねば、なりません。 感謝、慈悲、奉仕、信念、謙虚、誠実、
勇気等の想念や行為を自己に取り入れ実地しなくては、人間の進化進級は
ありません。
何故なら人間は「自分が思う通りの者になる」という、宇宙的な原理が
働くからです。貴方が心と宇宙の意識との一体化(融合)を実現すれば、
それにより啓示が貴方に与えられます。
ある時は御自分の過去世の映像の一場面の姿であったり、予知や透視の
能力であったり、外国の風景の遠隔透視の映像等が与えられたり、
しますが、これは貴方のエゴの削り具合の程度により又、宇宙の意識に
対する信頼の度合いにより、それらに強弱があります。
永遠の生命とは、宇宙の意識(叡智、命、神)と心が一体化(結ばれる事)
をして人間が永遠に転生して、自分の過去世を思い出すことです。
創造主(父)の意志を行う者は誰でも、永遠に生きられます。
        詳細は下記のHP「永遠の生命」で
人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の
衛星写真と宇宙船が多数、満載。ヤフーのトップのブログをクリックして
「永遠の生命」を文字
入力でも「永遠の生命」のブログサイトからも入力が出来ます。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm



533 :単、直:2006/10/03(火) 22:15:02 ID:tHGnzKiw
>>531中尾達也さん
初めまして、いあや本格的ですね〜
ここまでやられてるとは何らかの啓示があられてアダムスキー氏とか
久保田先生みたいに使命感をもたれて行動されているようにも思えます。

すみません不躾ですが質問してもヨカでしょうか?

久保田先生とか塙さん宮内ハルオさんとかご存知でしょうか?
それとももっと古参の方であれば山本佳人さんとか韮澤さんとか・・・



534 :単、直:2006/10/03(火) 22:19:12 ID:tHGnzKiw
訂正です。
>久保田先生とか塙さん宮内ハルオさんとかご存知でしょうか?
久保田先生とかお会いになったことありませんでしょうか
また、塙さん、宮内ハルオさんとかご存知ないでしょうか?


535 :中尾達也:2006/10/04(水) 08:08:43 ID:SXBRJzDg
単直様へ、 御質問を頂き有難う御座います。私は約30年程前に日本GAPに
在籍をさせて頂いておりました。
久保田八郎先生や豪(ごう)様やアダムスキー米国財団の方々共、内輪の
パーテイで御一緒をさせて
頂きました事もありますが、宮内ハルオ様とは面識はありません。

皆様方が御自分の過去世を思い出され、目覚められて永遠の生命を得られます事を
祈念しております。
皆様方が創造主(父)の栄光と似姿が現れ、父の御加護が有ります様に・・

536 :地方公務淫フゼイの都庁消防に執拗に暗殺されて来た生き証人:2006/10/04(水) 09:46:29 ID:sEOtx3RM
自民党、森に小泉に安倍晋三、創価公迷惑党は、殺人し放題であるのがB層愚民の知らぬ現実!

HS証券の副社長を殺人自白したのが、自民党小泉彰晃と安倍晋三なのにな(本人が自白済みの事実なので余裕で黒幕暴露をしておく!!!!!!)。

無差別大量殺人破壊活動カルトの創価学会SGIと自民公明、犯罪公務淫など、
東京ドームを毒ガス室に改築して、かかるゴキブリらを処理すれば、日本の破滅は免れ得るかも知れませんね。
他に有効な手段などないのですから!


537 :中尾達也:2006/10/04(水) 12:14:15 ID:SXBRJzDg
534>単直様へ、恐れ入ります、豪様は塙様(はなわさま)の間違いでした、
お詫びして訂正させて頂きます。今後共に宜しくお願い申し上げます。
皆様方が創造主(父)の栄光と似姿が現れますように又ご加護が有ります様に・・

538 :単、直:2006/10/04(水) 13:30:19 ID:w9UQ2uU+
>>537 中尾達也さん
おぉ、わざわざ丁寧にありがとうです。

塙さんをご存知とはうれしいかぎりです。
あの方が初期のQAPの設立にbQとして心魂こめて奉仕してたのを
知ってますが、その頃はオーソン氏みたいに長髪にしてたので
イヤでも目立ってましたね(笑)

久保田さんもこだわって会長と呼ばず代表と呼んでくれなんて言ってたました。

30年前の光景が目に浮かぶようですが、個人的に話したときには
株のトレーダみたいなことやっているようなこと言われてましたが今はどこで
何をしてらっしゃるか分りません、成功してたら億万長者になってるかも・・(笑)。

>アダムスキー米国財団の方々共、内輪のパーテイで御一緒をさせて頂きました事もありますが

そのことは憶えてますよ、ステックリング氏イングリット夫人ホワイティグ氏達のことですね
アダムスキー氏のコンタクトの唯一の生き証人だった助手のアリス・ウェルズ女史が
亡くなられたころでしょうか・・・

つづく

539 :単、直:2006/10/04(水) 13:44:40 ID:w9UQ2uU+
つづき

少し残念だったのはその塙さんと米国財団の方々との交流の件で
久保田さんと誤解が生じ、塙さんが日本GAPを離れなければならなくなったことですね

単直はどちらの話しも直接聞いたので板ばさみで悩みましたよ。

大分たってからその後久保田さんからやっぱりアダムスキー氏が言ってた通りだった。
この運動はあくまで個人活動でやらないと組織とかになるとどうしても歪みが出てくる。

そういう意味で日本GAPは久保田一代になるだろうな、という意味合いのことを
話されてたのを憶えてますが、晩年UFO研究は人間研究だ!というととを
よく言われてましたがそういうところからきてた言葉だな〜と思って聞いてました。

プログを見せて貰いましたが凄いパワーを感じました。

中尾さんもそういう意味合いも含めて個人活動としてやっておられるように
感じますが、今度機会があったらその啓示を受けたときのことを

語られて頂ければここの住民さんとかロムってる方々は
求道心も強く至高体験とか自己の向上に関心のある方々ばかりですので
喜ばれることと思いますよ。気が向かれたらということでヨカですか。

540 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 20:36:25 ID:VtVDYB2o
 

541 :中尾達也:2006/10/04(水) 21:21:29 ID:SXBRJzDg
単直様へ 
長文のコメントを頂き誠に有難う御座いました。私の個人的な過去世
からのカルマもあり、個人的に宇宙哲学をITで現在、述べさせて頂く事に
成りましたが
何故か2〜3年程前から、私の個人的な奉仕活動の使命的な意志もあり又、
上の方々の御意志もあり、御指導を頂き、
教えられています。
今は詳しくは申し上げられませんが、私の個人的な使命として、今後も
「永遠の生命」の
HPとブログを続けさせて頂くつもりですが、お互いにサイレンスグループの
関係で妨害等が有りまして。
詳しくは申し上げられません。いずれ皆様方とお目にかかれる時があると
思いますが・・
皆様方には、今後共に宜しくお願い申し上げます。皆様方に創造主(父)の
栄光と似姿が
現われ、又、御加護が有ります様に・・
皆様方が御自分の過去世を思い出されて、宇宙の意識と心が融合をされて
永遠の生命が得られますように、切に願ってやみません、宇宙の意識と歩み
語られん事を・・万人に創造主(父)が内在するのですから・・
御心のままに・・


542 :単、直:2006/10/04(水) 22:44:34 ID:w9UQ2uU+
>>541中尾達也さん
了解です、あの流れは途切れることなく続いているのですね
いつかあいまみえることがあるかも知れませんが・・
一章で書き込んだレスですがあらためて中尾さんに送ります。

私達はずっと以前に諦めない事、今日失われたことは明日には実現するという
信念の力を確信してます。いずれ地球の兄弟達とも交流するときは必ず訪れます

アダムスキー氏はさらにあなた方の科学で地球の武器など無効にすることは
たやすいでしょう、もし地球人があなたを恐怖で殺そうと襲い掛かったらどうするのですか?
と尋ねると、私達がそうしょうと思えば言われる通りそうできるでしょう。

だけど私達は恐怖と無知の為に来る相手(兄弟)を正当防衛で殺したりはしません
どうしょうも無い場合あえて殺される方を選択します。
生命は肉体を脱ぎ捨てても連続することを理解しており、私達は宇宙の法則を
裏切ってまで生きることは出来ないのです。

543 :単、直:2006/10/04(水) 23:57:53 ID:NKVrm9pn
↑これ見たとき痺れました。

怒れるこぶしは笑顔にあたらず、という格言がありますが地球ではこれは通用しない
それでもやられるからです。でもここまでの信念があればできるかも知れませんネ
イエスみたいに・・・・

544 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/10/07(土) 10:15:48 ID:7YN4zDKK
>>543
地球上では、宇宙の法則に添い切って生活してゆくのは至難の業・・・・

545 :A1:2006/10/07(土) 10:18:31 ID:I8YctvDS
中尾達也さん、はじめまして。
書きこみありがとうございます。

本格的にアダムスキーの宇宙哲学を学ばれているお方のようで
いろんな、お話を聞かせて頂ければと、楽しみにしております。


私は「アダムスキーの宇宙哲学」を読んで
心に響いた箇所など、投稿しながら
ここの投稿くださる方々と、それぞれの思いを語り合うのを楽しみにしています。

単、直さんから、久保田氏が
>晩年UFO研究は人間研究だ
と仰ったという話しを聞き、深く感ずるものがありました。
宇宙の意思が、この物質世界では
人間の心というフィルターを通して表現されるということ
人間の心とはなんだろう?
そんなことに思いを馳せております。

これからも、どうぞよろしくお願いします。 m(__)m

546 :A1:2006/10/07(土) 10:25:03 ID:I8YctvDS
>>544
宇宙の法則と、人の心の間には
ふかくて暗い河がある♪(参考:黒の舟唄)



547 :may:2006/10/07(土) 12:03:57 ID:6r6lK1xs
>>530 Usedさん
亀レスでもなんでも、ありがとう、という気持ちです。
まだ知りたいことがたくさん。
実践しなくてはならないことばかり。
地球は恵まれているのでしょうか、きっとそうでしょうね。
でもまだまだ…の繰り返しです。


548 :単、直:2006/10/07(土) 15:08:41 ID:6oVvHfE6
>>544 武庫川女子大学総長さん
お久しぶりです。
中尾さんの書き込みを見ていっぺんに30年前にタイムスリップしたような
錯覚がしましたがそういえばあの頃と今もそう変わったところは
無いような気がしますが、もしかしたら我々の気づかない水面下で
スペースプログラムは粛々と進んでいるのかも知れませんね〜。

549 :may:2006/10/07(土) 17:24:17 ID:6r6lK1xs
>> A1さん、こんにちは。

「21世紀の宇宙科学」 
第一章 (相関性)
"宇宙"のなかには破壊はなく、絶え間なき活動による新しさだけがある。
あらゆる物質は変化し変形する。束の間といえども静止することはない。
模様と形という終わりなき装いのもとに、永遠のすばらしい絵画が展開しながら
形なきものから形あるものへと変化するのである。・・・・・・
その法則にたいして絶え間なき"創造"が依存しているからである。・・・・・
そして共通の一つの根源にさかのぼるのである。
------------------------------------------------------------------------
創世記に神は自分の姿に似せて人を作られた、とありますけど、
そこで、神の似姿という言葉に善きものを思いたい気持ちが働くのです。
不快な現象に波長を合わせたくはないし…。
宇宙の波動に沿って調和に向かうようにあれと。


>>542 単、直さん
>だけど私達は恐怖と無知の為に来る相手(兄弟)を正当防衛で殺したりはしません
>どうしょうも無い場合あえて殺される方を選択します。
こう覚悟しても地球上は堂々巡りかもしれない。
しかし確かにこれしか戦争を止める手段はないのかもしれないですよね。
どっかの宗教みたいになちゃいました。 (^▽^)チョト恥ズカシイ


>> 弥生さん
思考とは"因"の魂の感知であり、"知覚"とは肉体の感覚器の感知である。
・・・・・肉体の心と"因"の英知とが一体化する…。このような感知は
直感と呼ばれている。それゆえ直感的に行動する人は常に間違いない。
---------------------------------------------------------------
以前、論理的より直感的人間の方がいいとカキコした(覚えてるかしら?)続きが
アダムスキーに説明できそうな文としてありましたので。

550 :単、直:2006/10/07(土) 22:26:41 ID:i1nKavvN
>>549mayちゃん
禅スレに出入りするようになって日本にも
イエスなみにやってた人を知りました。良寛さんです。
http://lib.city.kashiwazaki.niigata.jp/hidamari/kashiwazaki/person/ryoukan/ryoukan8.htm

551 :may:2006/10/08(日) 12:45:53 ID:g054kyWX
気になるブログがありました。

http://www2.wbs.ne.jp/~foryou/soul/soullist.html


552 :may:2006/10/08(日) 13:58:09 ID:g054kyWX
  ↑
「魂の部屋」 宇宙のことも述べてあって関連ありそうでしたので。

553 :A1:2006/10/09(月) 15:28:47 ID:QSyvMlHG

アダムスキーの宇宙哲学 第8章 「信念」(たま出版)

万物が陽と陰との性質を持っており
信念は陽
恐怖は陰

信念と恐怖は一本の笛の両端で
恐怖は低次な表現であるから恐怖の分析からはじめて
次第に信念におよぶことにしよう・・と書いています。

アダムスキー氏は
外界の諸結果の不安定さを認識することによって
自分の心に不安な状態を呼び出す

と述べております。その理由はこれかな?

「自己維持のために外界の物事に頼っている」(P60)

----------
恐怖は結果(現象)に基づいており
信念は原理または因に基づいているそうです。


554 :A1:2006/10/09(月) 15:37:46 ID:QSyvMlHG
mayさん、こんにちは

>>551で紹介ありがとう
さらば愛する地球(第176話)に
「善悪の判断は「感情的な想い」とほとんど同じものなのです」
と書いてあり、考えさせられています。

>>549
>不快な現象に波長を合わせたくはないし…。
>宇宙の波動に沿って調和に向かうようにあれと。
宇宙の波動に自分を合わせていけば
調和へと向って行くのかもですね。
だって宇宙は調和へと向っているそうですから。

555 :may:2006/10/10(火) 14:59:31 ID:VzrfYpP5
>>550 単、直さん
良寛さんて学校の教科書にあったのか、童話で読んだのかさだかじゃないのですけど
平和の象徴的存在ですよね。
単、直さんはきっと・・・そんな生き方がお好きなのかなぁって。
「こら、まだ隠居など関係ないッ。」と言われちゃいそうですけど。^^

556 :may:2006/10/10(火) 15:33:21 ID:VzrfYpP5
>>554 A1さん
お忙しそう。
そろそろいい季節。秋の夜長は読書に夜食に・・・^^
宇宙は不可思議。四次元にくるまれた三次元か…。
現実なのか想像なのか、たまにはこんなのどぉカナ ^-^

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 な、なんか狐につつまれたような   |
 気がする・・・。             .|
_____  _________/
        V
            ∧_∧
            /    ヽ
            | `  ´|
      <>○<>\= o/               それは「つままれた」でしょ…
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ          ∧_∧ 激しく違うよ
      / ∧_∧ヽ  ̄   ヽ         (・∀・; )
     /,( ;´∀`)ヽ ,ゝ  |___, ヘ    (    )
     | ヽ\`yノ )(   |   <   |   | | .|
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ    (__.(__)


557 :A1:2006/10/10(火) 17:55:40 ID:SS3+xk1K
mayさん、
>>556
>お忙しそう。
ええ、忙しかった。w
だいたい落ちつきました。
ちょっと一休み。ふぅ・・・・ここ落ちつくわw

AAありがとね。


558 :単、直:2006/10/12(木) 21:47:36 ID:PO1KvfzP
>>555 mayちゃん
前に禅スレでせったんさんにせったんさんから見た良寛さんてどんなですか?
って聞いたとき『良寛を習うは自己を習うなり自己をならうとは自己を忘るるなり』

って返答貰ったんだけどとても心に響いて沁みたね。

坐禅してると己の計らいの失せた風景なかで安心して微笑んでいる自分を見ることがある
そんな感じでいるとこの世のことは全て受け入れられている。
全てが完璧なあの領域に向けて進んでいるプロセスだというのが腑に落ちる気がする。

そして、だから悲しむことなく悲しみ苦しむことなく苦しむってことができるってことも・・・

ここからは妄想だけど
単直はまだまだここまでが精一杯だけど、どうもAmro さんとかせったんさんとか
マンゴーさんも垣間見てるようだけどその先を言ってるんだよね

その『安心して微笑んでいる自分を見ることがある』観ている自分をも落とす、失くす、

そこまでいったら始めてもしかしたら良寛さんの境地、自然に溶け込むとか
対象と一体とか二元を超えたあの領域へ定住し自由にそこから二元世界に出いりできるように
なるのではないかなと・・・小一時間


559 :may:2006/10/13(金) 00:05:23 ID:jqzHdalG

>『良寛を習うは自己を習うなり自己をならうとは自己を忘るるなり』
これって、もしかすると自我を無くすに通じるものですか?

>坐禅してると己の計らいの失せた風景なかで安心して微笑んでいる自分を見ることがある
>そんな感じでいるとこの世のことは全て受け入れられている。
>そして、だから悲しむことなく悲しみ苦しむことなく苦しむってことができるってことも・・・
悲しみも苦しみも幸せの思いに含まるとしたら・・・。

昨日ふっとわいてきた思いなんですけど、
他を許せれば自分を許せるようになる。そして自分を許せるということは
自分を認められるということになる。負い目に思うことが人間誰しもあるはず。
もう責めるのをやめよう。自分を肯定しよう。
過去の状況は今の自分に必要だったと理解しよう。   こんな感覚でした。


560 :may:2006/10/13(金) 00:07:10 ID:jqzHdalG
  ↑ 上は
>>単、直さま desu

561 :may:2006/10/13(金) 02:17:12 ID:jqzHdalG
>>554 A1さん

>「善悪の判断は「感情的な想い」とほとんど同じものなのです」
>と書いてあり、考えさせられています。
ええ、視点が変ればいつでも自分が善、相手が悪になるでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「UFO・人間・宇宙」 (新アダムスキー全集 8)
しかしあなたが「意識的」に目覚めるならば、確実なものが出てくるでしょう。
人間はいまだに自分の真自我ーー肉体の創造に責任のあるものーーから分離しています。
そして他に対する審判者になっています。しかし人間はひとたびそのことに気づくならば、
理解が始まり、他を裁かなくなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
他を批判しがちな性質を持っているということになるのかしら。
ご意見お聞きしたいです。

562 :単、直:2006/10/13(金) 19:40:02 ID:cOIxv60g
>>559 mayちゃん
>他を許せれば自分を許せるようになる。そして自分を許せるということは・・・

やぁ、まったくその通リだよね。
たとえば子供との関係にはとくにそれが言えるんじゃないかな

許すっていうよりそのままで受け入れるって言うのかな
親だとか指導だとか取っ払ってありのままで受け入れる

そうすると子供の言うこととか行動に気づかなかった叡智が観えたりすることって
ないかな〜ときどきこっちのほうがドキっとするほど素直に真実をさらっと言うこと

年長とか常識とかそんな計らいを一切捨てきった良寛さんだから
そんな子供の奥に響いてあんなに夢中になって子供と遊べたんだろうね

そして子供のほうも邪心のない良寛さんを見抜いて安心して仲間にいれて
遊んでたんだろうね。


563 :A1:2006/10/14(土) 10:55:02 ID:cT2GLYGt
mayさん、おはよう (^-^)/

>>561
>他を批判しがちな性質を持っているということになるのかしら。
真自我はそうじゃないけれど
自我はそうなのだと思います。

「自我」というのは
生きるために自分を守ろうとする本能からきていて
だから人間は
生まれれば自我をもつようにできていると聞きました。

自分を優位におく事で安心したい
居場所を確保したい・・批判は生きやすさ=生存を求める本能と無縁では
ないような気がします。

564 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 21:52:13 ID:B8vDsLNE
あのー、GAPで学びたいのですが、今は解散状態だと聞いたのですが、
どこか学習する場所がありますでしょうか?

565 :名無しさん@3周年:2006/10/17(火) 22:15:25 ID:ZqS3hcfV
真自我とか自我の違いなど、わかるものなんでしょうか?

566 :単、直:2006/10/17(火) 22:54:45 ID:X+ooltsl
>>564 名無しさん@3周年さん
ここを見られたらどうでしょうか
資料保管としては豊富みたいですよ。
  ↓
日本GAP機関誌「UFO contactee」
http://www.adamski.jp/gap-japan/ucon/ucon.htm

GAPの精神を受け継いでるものとしては
単直のお薦めは下記ですね
      ↓
「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

>>565 名無しさん@3周年さん
もよかったら中尾達也さんの「永遠の生命」をどうぞ
真自我とか自我の違いについても記述がありましたよ。

それから友好スレの★過去ログのミラー

精神世界で癒される第3章
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament3/1107055224/
のほうもとても参考になると思いますよ。>300ぐらいから見られてもいいかも

もしお二人とも見られて感じるところか気づきがあったら
感想などをキボンです。



567 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/10/18(水) 07:35:09 ID:pK1OavTr
>>566
我ら「捨て場惑星」の住人ならば、「捨て場惑星」の住人としてのレッスンを積み重ねることで、後々には宇宙に大きな貢献が為せるのかも知れませんよね?
そのためにも「永遠の生命」という名の実相を鑑みながらの日常生活が大切だと考えます。

「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

この貼り付け、とても面白く読ませていただきました。 感謝致します。

568 :単、直:2006/10/18(水) 15:54:31 ID:baraxn6H
>>567 武庫川女子大学総長 さん
いえいえ、どういたしまして
世の中広いようで狭いのかも・・

GAPから生まれたムーブメントで30年の時を超え現在にいたるまで
流れは途切れることなく綿々と続いてるのだなと改めて感じましたね

そういえば武庫川さんと始めて会ったときも
似たようなもん感じましたよ。

569 :may:2006/10/27(金) 16:22:29 ID:lfjZvM0o
>>563 A1さん、こんんちは。
今、全集の12です。
真自我とは、アダムスキー氏の言う意識、or 宇宙の叡智につながるものかしら…。
まだ途中。^^ 彼の考えは聖書のあるひとつの別解釈といえばいいのでしょうか。
ヨーロッパの思想に染まった現在のキリスト教よりおもしろいと思ってしまいます。


>>562 単、直さん
レスありがとうございました。
>他を許せれば自分を許せるようになる。
矛盾してるようでそうみたいです。

>許すっていうよりそのままで受け入れるって言うのかな
>親だとか指導だとか取っ払ってありのままで受け入れる
親子の葛藤って、愛情というだけでなく思ったより根(底)が深いです。
ほんとに鎧を取り払って、自分も素でいかないと分ってくれない。
前世からの…、と言いたくもなります。

人間は漆黒の中で光を求めて、地球と一緒に宇宙を漂う旅人。
無心になれたら…、らーくだろうなぁ・・・と、暫し --。

570 :A1:2006/10/29(日) 08:01:50 ID:ingYLfLQ
mayさん。おはよー

>>569
>真自我とは、アダムスキー氏の言う意識、or 宇宙の叡智につながるものかしら…。
私はつながるものだと思っているよ。
仏性も「真自我」の別表現という理解です。

571 :may:2006/10/31(火) 09:41:51 ID:S8UXX40I
A1さん おはよー o!o
>私はつながるものだと思っているよ。
うん、そうだよね。
>仏性も「真自我」の別表現という理解です。
宗教によって表現が異なるわけで、同じ方向を向いているはずなのに
人間個々の我(>>563 >自分を優位におく事で安心したい )により不安定さを生み出す。
解決方は正に生活(人間関係)そのものような気がする。
この世界でしなければいけない事は人間にとっては其処から始まるみたい。
精神スレで「愛する」とは受け入れることと読んだことありましたけど
きっとそうなんだ。少しわかって来たヨ。あ〜、言葉使いがめちゃくちゃ。
でもこのところなんとなく幸せ。
PCの調子が悪くて来れたり来れなかったりです。
それくらいが丁度いいのかも。(^o^) ではまたね。
支離滅裂な文章でゴメンナサイ。
人間はみんな幸せになれるはず・・・。




572 :A1:2006/11/02(木) 23:29:14 ID:SqJMvywp
mayさん、こんばんは

>>571
>宗教によって表現が異なるわけで、同じ方向を向いているはずなのに
>人間個々の我(>>563 >自分を優位におく事で安心したい )により不安定さを生み出す。
みんなが愛や慈悲や、良心・etc・・
そんな良きもののほうを向いていれば
世の中戦争もなくなり、きっとみんなが幸せになれるだろうに
歴史がそう生きることの難しさを告げています。
解決の鍵は人の心にあると思っているの。

>解決方は正に生活(人間関係)そのものような気がする。
同感

>精神スレで「愛する」とは受け入れることと読んだことありましたけど
>きっとそうなんだ
うん
あのね・・・女性は母性本能というものを頂いているから
受け入れるという面では私もmayさんも、ちょっと得しているかもねw。
と言ってみる(笑)

受け入れがたきことも受け入れることができるか?
どうすれば受け入れる事ができるか?

テーマだったな。


そうそう、PCの調子、その後どう?

573 :A1:2006/11/02(木) 23:31:04 ID:SqJMvywp
>>571
>でもこのところなんとなく幸せ。
♪ d(⌒o⌒)b♪


574 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/05(日) 13:06:33 ID:qo1vtY2O
>>568


えー、ここらでちょいと余興の一休み。
『欽ドン』のコント「母と子の会話」から引用。

子供:お母様、わたしは今、世の中の全てがバラ色に見えるの。
   これが恋というものかしら?

母親:いいえ、それは発作というものよ! 

※ま、これはあくまでもコント。
 しかしながら、実際のところ自分の生命の躍動感に満ち満ちた瞬間があるもの。
 これを外的な事象にのみ求めていたのでは、そのチャンスは限られていると思いますが、
 逆に内的なものを充実させることで、生命の躍動感が得られるひとときが飛躍的に増えてくるのではないでしょうか?

575 :may:2006/11/07(火) 16:56:35 ID:6OZXocOj
>>572-573 A1さん
>受け入れがたきことも受け入れることができるか?
>どうすれば受け入れる事ができるか?
物事を見ずして受け入れたつもりになっていても脆いものだろうと自己分析。
しかし、・・・。

>♪ d(⌒o⌒)b♪
いつもご親切にありがとう。♪(^ワ^)r♪
PCの調子は良かったり悪かったりです。調整しなきゃね。
暫く離れるかもしれません。見れる時は見てますからね。










576 :名無しさん@3周年:2006/11/08(水) 17:22:54 ID:XMRGiAhz
立て看板 設置させてください、<(_"_)>ペコリ

『  ☆彡 目も見えず、耳も聞こえぬお人が、桜の木に抱きついている。

桜を、見たい、聞きたい。

さて、どうやって?

☆彡 坐禅と見性 四十六章 公案見性
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161444933/

二ではない(不二、ふに)、一の如し(一如、いちにょ)、それは、ほとけさま(さとり)のことです、どうですか、参禅していきませんか?
問う。
『 この場に坐したままで、30メートル先のローソクの炎を吹き消せ。 』
答える。
     ・・・と。

☆彡沢木興道老師のなぞなぞ?

アメリカに
「我が妻は我が父の母なり、我が父は我が子なり、我が妹は我が孫なり」
という言葉があったそうな。

‥‥……━★ 友好スレ
仙界の癒し大混浴場(バトルなし)
精神世界で癒される第15章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1156683671/

577 :maki:2006/11/11(土) 08:14:18 ID:aPC1aGVN
mayさん、おはよー
諸事情でA1からmakiに戻しましたので、
これからはmakiでお願いします。m(__)m
>>575
>物事を見ずして受け入れたつもりになっていても脆いものだろうと自己分析。
そうだよね。
よく見て、自分の気持ちを知って
それからかもね。

>PCの調子は良かったり悪かったりです。調整しなきゃね。
私のパソコンは先日突然画面が真っ白になって、
何度立ち上げてもすぐ真っ白になって、もうダメかと思ったよ。
アクティブデスクトップの設定を解除したらなおった。(ほっ)

>暫く離れるかもしれません。見れる時は見てますからね。
うん!!

>>576
>立て看板 設置させてください、<(_"_)>ペコリ
どーぞ どーぞ (^^)

>‥‥……━★ 友好スレ
>仙界の癒し大混浴場(バトルなし)
いいところです↑

友好スレ、次スレ立ちましたので紹介しますね。

精神世界で癒される16章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1162179911/l50

578 :月子:2006/11/11(土) 08:33:06 ID:vyfu9Gh6
皆さん、おはようございます。
私もやっと、リアルのほうが落ち着き、
来年こそアダムスキーにチャレンジしたいと思っています。
わくわくしてきた〜 d(^◇^)b

よろぴく〜 A1さん
あ、makiさんでした。アハ
パソ直ってよかったね。ではまた〜

579 :maki:2006/11/13(月) 09:32:15 ID:SCqrclr4
月子さん おはよ〜

>>578
>私もやっと、リアルのほうが落ち着き、
>来年こそアダムスキーにチャレンジしたいと思っています。
いろいろ話そうね。

>パソ直ってよかったね。ではまた〜
うん、またね!!


580 :名無しさん@3周年:2006/11/14(火) 14:32:57 ID:YAW8MzkV
日本GAPって、太陽系の全ての惑星に人類が住んでいる、と主張してたね。

581 :名無しさん@3周年:2006/11/17(金) 19:52:35 ID:2zOgs8TV
>>580
で、「太陽は熱い星ではない」なんて言い出したんだよな。

582 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/17(金) 21:39:03 ID:yZwHgWya
>>581
太陽の表面温度は摂氏27℃程度だと。
ということは、絶対温度が丁度300℃ということになるんだけど、じゃあ、その絶対温度300℃を保つためのエネルギー源は、一体何なんだろうか?

583 :名無しさん@3周年:2006/11/18(土) 04:17:38 ID:HTfR5PXd
>太陽の表面温度は摂氏27℃程度だと。

いつからそういうことに('∀`;)w

584 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/19(日) 18:57:43 ID:eVfjxHs4
>>583
『アダムスキー全集』を、隅から隅までよーく目を通してみよう!

585 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 06:22:36 ID:cnXGG2Wz
wikiでもその『太陽発言』でアダムスキーの創作だったと書かれてますね。

586 :名無しさん@3周年:2006/11/22(水) 08:40:46 ID:5J0GRqBi
アダムスキー教だな

587 :may:2006/11/22(水) 16:08:32 ID:/lH8vRtN
>>577 makiさん
よかったね ^-^

PCつながるのに時間がかかります。

先日ひらめいた、発想の転換。
以前「掲示板」のこと霊界みたいだと述べたことありましたけど…、逆だわ。
と言うか、「2ちゃん」が三次元現象界で、リアル(投稿者)は発信元(高次の世界)の関係なんだ。
此処での名前(肉体)をまとってそれぞれの思うところに従って会話をする。
リアルでは全然知らない同士なのにネットって不思議。
A1さん、じゃなくてmakiさん(ナンカ慣レナイナ)、アダムスキー大変面白かったですよ。
も一回読み直そう。そして私は高次の世界(リアル)に戻ります。
ありがとうね。 (^^)/~~

588 :大損:2006/11/24(金) 15:26:41 ID:rEFapR7c
>>580
>日本GAPって、太陽系の全ての惑星に人類が住んでいる、と主張してたね。
完全否定できるまで全惑星探査を続けるべきでは。一惑星に一人でも居たらそれでいいんだから。
>>582
>太陽の表面温度は摂氏27℃程度だと。
>>584
>『アダムスキー全集』を、隅から隅までよーく目を通してみよう!
>582,584 に関しては書いてないです。
彼は質問に対して、そういう可能性も考えられますが、と婉曲に否定して
います。それは、太陽の表面温度が考えられているほど高くなく、熱くない
という論理を述べた後だったからだと思います。
地球大気上層部にも摂氏1000度を超える高温地帯があります。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%9C%8F
しかし宇宙飛行士たちは、丸焼けにならず地球に帰還しています。
それは大気密度が低いので、さほど影響がないのです。
同様に太陽表面は輝いているコロナより温度が低いのです。
 http://www.astroarts.co.jp/news/2004/09/08coronal_heating/index-j.shtml


589 :名無しさん@3周年:2006/11/25(土) 18:02:50 ID:dVzj6Mlf
太陽ってどれくらいの大昔から燃え続けているんだろうね?

590 :大損:2006/11/25(土) 19:24:48 ID:7BJ8MyYa
地上に45億年前の岩石があるんだから、それより長い事は確かだね。
ニュートリノ問題も片付いたし、あとは何があるんだろう。

591 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 08:36:33 ID:51EI5GrM
皆さん、アダムスキー全集は全て創作だったと考えている人はいませんか?

592 :名無しさん@3周年:2006/11/26(日) 10:27:09 ID:GdW32tO4
mayさん、おはよう

>>587
>PCつながるのに時間がかかります。
うちのパソコン、壊れちゃいました。
今朝から動きません。
古かったからなぁ。
>A1さん、じゃなくてmakiさん(ナンカ慣レナイナ)、
^^ yorosiku
>アダムスキー大変面白かったですよ。
でしょ、でしょ。
生き方や、考え方が心に響き感動して、
その通り生きれることができるかというと、
私にはなかなか難しいです。

>そして私は高次の世界(リアル)に戻ります。
私も。
パソコン壊れたので、
しばらくは2chに書き込むの難しと思う・・・
優雅な茶の間パソコンライフともしばらくお別れです。

修理するか新しくするかして事情が変わったときには
また連絡しますね。
癒し堂にはいますので。(そっちには別のパソコンで書き込めます)

周囲に風邪さん多くなってきました。
mayさんもどうぞご自愛下さいませ。
じゃ、mayさんまたね
                  maki

593 :may:2006/11/27(月) 08:14:16 ID:bDpklOab
>>592 makiさん
言葉足らずで何か…、と思ってましたけど
A1さんしっかり取って下さってたみたい。^-^

>mayさんもどうぞご自愛下さいませ。
ありがとう。
makiさんもどうぞお元気でご活躍下さいませ。
じゃ、またいつかね。
              may
        

594 :名無しさん@3周年:2006/11/27(月) 23:21:20 ID:c5A9CzTL
矢追純一氏さんの宇宙塾はアダムスキー氏の
宇宙哲学と何か関連があるのでしょうか?

595 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/27(月) 23:55:06 ID:V+BciSbW
>>588
>地球大気上層部にも摂氏1000度を超える高温地帯があります

そう。 たしか「バンアレン帯」と呼ばれる空域のことじゃなかったかな?
地上からは数十キロは上空に、この層は存在していることは、すでに高校時代に地学の授業で習って知ってはいたんだけど。

596 :名無しさん@3周年:2006/11/28(火) 00:34:33 ID:JfcSQ+IC
樹木雑草にいたるまで緑を食い尽くす勢いだった恐竜は2億年で印籠を渡され
現代も蛇や鳥類が神格化されています。
植物なくて存在しえない地球人の現実を認識して
爬虫類の過ちを繰り返さぬようにしなきゃな。

597 :大損:2006/11/30(木) 01:36:43 ID:v8SAMo8R
>>595
>>地球大気上層部にも摂氏1000度を超える高温地帯があります
>そう。 たしか「バンアレン帯」と呼ばれる空域のことじゃなかったかな?

この高温帯は「熱圏」のことでバンアレン帯とはちがいます。
「バン・アレン帯」は放射能を含んだ帯状の領域をいい、内側がプラスで外側がマイナスの電荷をもっています。
熱圏よりかなり高空です。
我々は、まだ宇宙に関して学ばなければならないことが多くありますね。


598 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2006/11/30(木) 21:30:13 ID:AnaqEa6U
>>597
そうだったんですか?

いやいや、勉強不足で大変恐縮の至りです。
まあ、高温帯があることは存じておりましたが、いやはや、高校1年の地学の授業中はもっぱら「睡眠学習」で行なっておりまして・・・・

599 :名無しさん@3周年:2006/12/01(金) 23:49:19 ID:XYJLQ9lb
>>594
ほとんど関係ないよ

600 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 15:36:39 ID:Q1NNnz9l
アダムスキー好きなんですけど、事実とは思わない。

601 :名無しさん@3周年:2006/12/17(日) 15:47:04 ID:w5O1B99x
>事実とは思わない。

だいたいこの時点で終わっているんだが・・・

602 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 12:33:11 ID:cK+aSM5c
>>596
>恐竜は2億年で印籠を渡され…

あの、「引導(いんどう)を渡す」が正しい表現ですよ。

大辞林(三省堂)
[1]葬儀の時、僧が死者に迷いを去り悟りを開くよう説き聞かせる。
[2]最終的な宣告をしてあきらめさせる。
・今後一切面倒をみないと―・す



416 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)