5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ 仏教思想議論系雑談スレッド ★

1 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 15:44:07 ID:KbIQyUFS
仏教思想について、自説を展開して議論を戦わせるスレッドです。
様々な宗派の批評も大歓迎(中傷はダメよ)。
自由に意見を表明していいですけれど、基本的にケンカしないようにね♪

●自説と隔たりのある意見であっても興奮せずに、理性的に話しましょう。
●創価の離間工作・まぜっ返しは相手にしないようにしましょう。
●ここのスレッド進行は基本sageで御願いします。
●煽りもレッドカード。禁止です!


2 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 15:46:46 ID:KbIQyUFS
ということで、まあガンバレ。

●→→→□←←←

3 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 15:56:29 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノめっけ

4 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 16:04:09 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノってことで、中観さんはソカなんでしょうか?

5 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 16:33:34 ID:KbIQyUFS
創価にしては不勉強だから、違うんじゃないの?w

6 :中観派:2006/03/09(木) 16:54:59 ID:xmh6Dd2I
>>4
おいらの町に創価大学あるけど、創価じゃないね。
まあ、創価が中道を希求しているから、俺が創価のように見えるんじゃない。
>>5
あたりまえだろ、中道をマスターしていないんだから。

7 :愚鈍:2006/03/09(木) 16:59:28 ID:f/SjAqjq
ここなら、雑談なのでザックバランに書いても文句言われそうにないな。
前に怪しげな霊媒師の基にちょくちょくお参りに行っていた、女友達から聞いた話だが・・・
お釈迦様が、最後に説きたかった教えは、“妙法蓮華経の教え”だと聞いたのだが、聞いたことある人居る?
神仏習合時代のいわゆる古神道?にもより深く影響を及ぼしているとも聞いたが。
この霊媒師に「念仏なんか称えていたら、地獄に落ちるよ・・・」と散々いわれたそうだ。
この「念仏なんか称えていたら、地獄に落ちるよ・・・」ってのは、おそらく日蓮の私的考えの受け売りと思われ、
経典上には存在しない言葉だと思われる。
妙法蓮華経ってのは、一番最後に説かれた教えなのかなぁ。

聖書にも言えることだが、仏教経典の場合、中国で成立した偽経やら、
単なる翻訳間違いやら・・・翻訳者の意図が盛り込んであるやつやら種々様々にあるだろう。
スッタ・二パーダ・小乗佛教・大乗佛教・密教等々。
一般に8万4千の教えと言われるが・・・実際どれくらいあるのだろう?
それと、前奈良の黄檗宗のお寺に行ったときに、その横に建っている宝物館らしきとこに
大蔵経なるものがあって、その中に人類の未来を予測した経典があると、
管理人が笑い話的に「これ未来が書いてあるし、現代日本文にして売り出したら、面白そうでっせ〜って」教えてくれた。
これの内容知っている人いないかな?


8 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 17:06:22 ID:SFivNjJt
ケンショとか日蓮正宗とかシャクソ仏陀がときたかったのはホレゲキョ。だからほかのお経は不要と力説されたことある

9 :愚鈍:2006/03/09(木) 17:14:12 ID:f/SjAqjq
>>8
ケンショって何?

>だからほかのお経は不要と力説されたことある
これは、釈尊が説いた経典に書かれたことを基にしているの?
それとも、日蓮の半ばひねくれた個人的見解?

10 :中観派:2006/03/09(木) 17:14:43 ID:xmh6Dd2I
>>8
ブッダがいようがいまいが、仏教の教えは変わらないものを正しく見よってことじゃないかな。
しかし、キリスト教の教えはキリストが存在しなかったら、教えが覆る。
それなのにキリシタンは聖書に書いてあるものが絶対正しいという。
見る目がないね。たぶん怖いんだろうな神が。

11 :愚鈍:2006/03/09(木) 17:23:02 ID:f/SjAqjq
>>10
10の説明だと8のケンショってのは、八正道の正見を反対よみしたってこと?


12 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 17:32:19 ID:LwikvjHQ
>>7
ブッダの死後何世紀も経ってから創作された経典でも、「私は(釈尊から)このように
聞いた。。。」で始まるものが、大乗経典のなかにはたくさんあるからね。
要はブッダの権威を借りて正当化しようとする試みだったわけだ。
だから「最後に説きたかった教えは、“妙法蓮華経の教え”」なんてのも、その
延長線に立ってるんだろう。

13 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 17:45:09 ID:UcC7y6mV
実際は旧約の中でもっとも新しいモーセ五書を
古代のモーセが書いたことにするようなものだな。
悪巧みの中身は世界のどこでも変わらないということか。

14 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 17:46:36 ID:SFivNjJt
シャクソ仏陀は弟子たちに口伝でのみ伝承許したからしょうがないとおもうよ。もし、聖書みたいな経典があったら、経典に書かれてるもののみが信仰の対象になってるかも?仏教発展しなかったかもよ?

15 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 17:47:41 ID:SFivNjJt
今の仏教は仏教でいいんじゃね?臨機応変時代人様々に合う形に変わって。

16 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 17:51:59 ID:SFivNjJt
観音経の例えばなしにもその人にあった形姿で現れるってあるし。時代日本にあった仏教ありだと思います 釣られてみる。ケンショは顕正会だっけ…とおもいます。

17 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 17:54:30 ID:UcC7y6mV
>>14
「発展」とは来歴を偽ったニセ文書が大量発生することをいうのか?

18 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 17:58:24 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノほうら…釣れた

19 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 17:59:24 ID:UcC7y6mV
真理そのものを歪める事はできないが、
「真理がどう語られたか」は簡単に歪める事が出来る。

20 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:02:33 ID:SFivNjJt
さぁ、それは審美眼必要なんじゃね?偽物が現れるよりも、キリストの盲信危惧したんじゃない?解釈に幅あれば自由に動けて発展できるし。偽物大好きな権威者は騙されてもよいんでね?

21 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 18:02:50 ID:UcC7y6mV
インドでは歴史の記録が軽んじられていたが、
「仏典」の精密さがおろそかにされたのもその影響なのかもしれない。

22 :中観派:2006/03/09(木) 18:04:14 ID:xmh6Dd2I
>>19
自分で納得する真理しか信じないほうがいい。キリスト教の人たちは聖書の中身が現実
世界の真理とかけ離れているのが分かっているにもかかわらず聖書を信じる。


23 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:09:41 ID:SFivNjJt
昔の時代に今の時代と同じレベルの管理求めるほうおかしいって。それに今の時代ほど豊富に表現力なかったんじゃね?

24 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:10:22 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノ適当なこと、イイホウだい

25 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 18:13:21 ID:UcC7y6mV
>>20
盲信もなにも仏陀は「自分を盲信しないように」ということを言っている。
直説の記録が確立していても、解釈が制限されることはないよ。


26 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:14:39 ID:SFivNjJt
( ̄^ ̄)y-~~あそ…

27 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 18:20:12 ID:KbIQyUFS
>>7
ああ、無量義経にでてくる「四十余年・・・・」ね。

教判は思想構造による浅深の比較論であって、
歴史的順序にこだわって読むことは大間違い。
日蓮はそのあたり間違ったんだよね。
天台大師も歴史的記述として書いてるが、どうも彼は仏典成立の事情を知った上で、
あえてそういう書き方をしてたっぽいね。
日蓮はそこに気づかなかったか、気づいてて無視したかは知らんが。

今時これを持ち出して法華経の優位を主張するのはdデモだと考えて間違いないので、
ひとつの判断基準にはなると思う。

28 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 18:22:37 ID:KbIQyUFS
>仏陀は「自分を盲信しないように」ということを言っている。

どこで?
基本的には、自燈明だよ。
他人の言説や、自己でないものを自我として認識するな、とは言ってたが。
まあ、自我と自己の区別もつかずに無我だのどうのとふりまわしてる奴もいるが。

29 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:24:02 ID:SFivNjJt
(゜_゜)ホォほぉ>27

30 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:35:56 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノレス止まったんで。じゃ、なんでシャクソ仏陀は弟子たちに口伝でのみ伝えるの許したのでしょうか?

31 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 18:45:01 ID:SFivNjJt
(゜.゜)ぽつ…ん

32 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 18:49:35 ID:J82j729Y
仏教思想は法華経最強説と法華経最悪説に二分されると思うが実際どうなんだ?
後者は法華経がブッダが直接説いた説じゃないと言う事からとんでも扱いするが前者は法華経はブッダが直接説いた教えで無いがゆえに(真理は2500年前に存在したあの聖者個人じゃなくても修行の段階が進めば誰でも発見できるから)尊いと説明するね。


33 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 19:04:46 ID:SFivNjJt
(-_-; あの、僕よくお経のこと知らないんですが…なんて答えて欲しいですか?

34 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 19:57:56 ID:J82j729Y
33
僕もお経の事良く知らないから聞いてるんですが


35 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 20:00:10 ID:SFivNjJt
>32 (-_-;前者ではないでしょうか…密教からなら。多分…はぃ。きっと

36 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 20:14:58 ID:SFivNjJt
真理は2500年前に存在したあの聖者個人じゃなくても修行の段階が進めば誰でも発見できるから…密教だと、悟りを開いた上で真理の姿を見るんで…ホケキョが宇宙の真理の一部であれば?ありなんでは?

37 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 20:37:51 ID:f0Rk+p61
法華経には修行法がない。よって悟れない。以上。

38 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 20:41:15 ID:SFivNjJt
(-_-; …ハハハ

39 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 20:42:30 ID:Ekj6LBna
オウムでは電気ギアとか独特の方法で覚者がバンバン
出たらしいけどね。麻原はその手のやり方では超一流という
評判だったそう。

40 :南無大師遍照金剛:2006/03/09(木) 20:45:55 ID:SFivNjJt
(-_-; 覚醒したら終わりじゃないよ。覚醒したあとが大切なんだ。麻原はヤリスギ。グルとしちゃ絶対やっちゃいけないことしたょ。麻原とか統合失調症なってんじゃん。

41 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 21:01:20 ID:ZuheUlEh
法華経の教えってどんなんなんでしょうか?
http://www.j-world.com/usr/sakura/replies/buddhism/bud120.html

42 :愚鈍:2006/03/09(木) 21:18:38 ID:f/SjAqjq
>>27
>>南無大師遍照金剛
>>中観派
勉強になりました。

>>39
オウム真理教の信者で、本当に覚者が出たの?
“悟りの境地”の数歩手前の“三昧発得の境地”では?と思うのだが・・。
言葉を変えれば・・・“刹那的入我我入の境地”とでも言うのだろうか。
もしくは、一部分のチャクラが開くのに成功した状態ではなかろうか?
モンロー研究所が、この一部分のチャクラ(第三の眼)を開くのに有効な研究をしているらしい。
もっとも、このチャクラを開けば、アカシック。レコードを読み取ることが可能になるそうだが。





43 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 21:25:57 ID:Ekj6LBna
>>42
前頭葉が弱った状態を悟りというのなら悟ったんじゃないの?
まっ、物質的、直接的な手段で悟れるとはとても思えないけどね。
薬物も使ってたみたいだし。

44 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 23:51:00 ID:J82j729Y
一遍の踊り念仏なんだけど「時宗」ってまだやってるの?


45 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 00:05:25 ID:/+MGRSLx
おしっこ飲むやつ?

46 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 00:20:24 ID:nQlimPml
>>43
今日のインドでも薬物で覚醒状態に至る師がいるそうだ。ブッダの時代も
幻覚作用のある植物で瞑想状態に至る人がいたらしい。そういう人たちは
いくら解脱の境地を楽しめても、俗世間の現実生活を営むことは
できんだろうな。


47 :愚鈍:2006/03/10(金) 10:06:11 ID:2Qi0+9yj
仏教雑談から少し離れるが、話の流れ的に薬物覚醒状態について。
最近の脳科学では、太陽の電磁エネルギー(太陽風)が松果体に強い影響を与え脳下垂体、視床下部を通り人間の内分泌系全体を制御している―という科学的証明がなされつつあるようだ。
また大麻(マリファナ)の薬理成分であるテトラ・ヒドラ・カンナビノールという物質が体内に入ると、通常の40倍のメラトニンが松果体から分泌されることがすでに脳生理学的に分かっていて報告されている。
大麻(マリファナ)には以下のような薬理作用があるらしい。
通常の使用量では、時間がゆったりと感じられ、空間の拡大感が生じる。
聴覚、触覚、味覚、視覚などが敏感になる。
気苦労のない開放感を感じる。
空腹感が生じたり、甘い物が食べたくなったりする。
即ち、擬似“悟りの境地”体験ができるといった所だろうか。空腹感や甘い物が食べたくなるのは除き。(笑)
副作用として懸念されるのが・・・幻覚。つまり意識の変化という作用は、現存の価値観、
思考方法を否定もしくはそれにとらわれない作用、すなわち”意識の解放”につながる。
従って“いっちゃった人”になり、日常生活に支障をきたす恐れも出てくるから禁止されてるのだろう。


48 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:11:45 ID:k1GK7yfw
>>42
おいちょっと待ったぁ!!!!!
俺を中観なんかと一緒にするな!
>>32
法華経は仏典としては非常に優れたものだよ。
ただ究極っつーわけではない。
密教としては、法華経よりも華厳経のほうが上だという位置付け。
その上には密教が来るのだが、
法華経は一乗思想としては、大乗ではきわめて良い経典です。

49 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:36:06 ID:zgV2gZ2+
やっぱ、密教はダメだな。
ヒンドゥーに吸収されたのも無理ない。
ヨガとLSDでトリップしてれば?

50 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:38:04 ID:k1GK7yfw
創価乙w

51 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:50:53 ID:zgV2gZ2+
結局釈迦や一部の思想家が優れていただけで、
退廃したインド文化に仏教も飲み込まれてしまったってことっすね。

52 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 10:52:44 ID:k1GK7yfw
創価乙w

頽廃したインド文化って何?
どれ?
どういう内容が具体的に頽廃してたわけ?
ん?

ところで今時「釈迦」と呼び捨てにしたるのは創価くらいですがw

53 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:05:56 ID:zgV2gZ2+
なんか必死だな。創価じゃないよ。かなりがっかり。

54 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:13:57 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノニチレンさんかぇ?

55 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:15:42 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ密教も顕教もないょ。やり方違うだけで…オンナジじゃん

56 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:23:03 ID:zgV2gZ2+
日蓮も嫌いです。
実際麻原は密教の系列から出てるんだから、
納得できる説明がなければ密教は認められない。
麻原は密教を深く理解してたからね。

57 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:24:18 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノはぁ?馬鹿じゃね。いらねーょ。お前みてーなやつに密教認めてもらわなくても

58 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:28:34 ID:6muW97Ku
>ところで今時「釈迦」と呼び捨てにしたるのは創価くらいですがw

ほほう。キリスト教徒やイスラム教徒でも釈迦と呼び捨てにはしないんですな。

59 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:28:39 ID:7adtWnmT
そうやって内に籠らず認めてもらう努力しろよ
そもそも密教って何やってるの?
どんな教えなの?
説明せよ


60 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:33:13 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ知らない…オイラクリスチャンだから…エヘッ

61 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:46:59 ID:/+MGRSLx
>56 お前アレフかオムの残党だべ。麻原密教深い?密教理解してねーから廃人なって刑務所いるし、信者も中途半端に覚醒してラリッて自己満足してんだろ。密教は奥深くて麻原みてーなドど素人扱うと廃人なるんだよ。

62 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:49:50 ID:zgV2gZ2+
>>61
それだけ危険ってことだろ。アレフでもオウムでもねーよ。
レッテル張り止めろよ、いい加減。


63 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 11:53:38 ID:3WL+7A1b
オウムは密教。密教がなかったらオウムは無かったのだ。
もし、オウムが密教を中途半端にやっているというなら、
本物の密教を教えてやればいいのに、誰もやらない。
ここで解るように教えてくれたら、多くの人が助かる。

64 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 11:55:54 ID:/+MGRSLx
>62 はぁ?お前頭大丈夫かぁ?お前が先に麻原密教深く理解してるってレッテルはったんだろうが。ボケカスが。ホントに頭ワリーナ。被害者意識は麻原アレフなみだね。ヤダヤダ自覚のねー馬鹿

65 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 12:06:31 ID:6muW97Ku
レッテルを貼られたら貼り返せ

不毛だなぁ。

66 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 12:07:33 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノいいじゃん…ここド素人しかいないし

67 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 12:08:44 ID:6muW97Ku
麻原が密教を理解してる、とどのように判断したのかは
知りたいところだ。

68 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 12:13:14 ID:/+MGRSLx
>62 ごめんね…冗談ですヽ(´∇`)ノシャレだから機嫌直してよ…

69 :中観派:2006/03/10(金) 12:19:38 ID:YxLmRVV+
>>68
オウムは密教の中道の実践を間違えたんだ。人は正等防衛のときしか殺さないほう
が良かったんだ。無自性を悟ったら真の中道を求めないと人々はやりたいほうだい
になってしまう。

70 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 12:23:59 ID:/+MGRSLx
>62ねぇ…仲良くしようょヽ(´∇`)ノオイラが悪かったから。機嫌なおしてよ。

71 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 12:25:18 ID:ERXbeFUG

http://www9.big.or.jp/~dbzhako/

ワロスwwwww

72 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 12:30:51 ID:rzx487Q1
麻原はチベットの密教の教義を実践しただけです。

73 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 12:31:08 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ携帯だからみれない…ハハハ

74 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 12:33:31 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ携帯電池切れそう…勝手に話進めて…飽きたし。ハハハ…

75 :中観派:2006/03/10(金) 12:42:04 ID:YxLmRVV+
>>72
チベットの密教が人を正等防衛する以外に殺す中観を持っていたのかい?
あそこらへんの少林寺とかの人は正等防衛以外に人は殺さない。
正等防衛となったら少林寺の人はすごい、人殺しまくり。


76 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 12:49:57 ID:FKX9fBZc
麻原にしてみれば、まじめに正当な防衛戦争でしたね。

77 :中観派:2006/03/10(金) 12:59:39 ID:YxLmRVV+
>>76
一般市民は麻原を殺そうとしなかっただろ。

78 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 13:06:05 ID:FKX9fBZc
慈悲の実践ですよ。密教的な。

79 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 13:11:55 ID:/+MGRSLx
>72ヽ(´∇`)ノおいでょ。ごめんねぇ

80 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 13:17:24 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ>62間違えた。おいでょ。怒ってないで。謝るからさ

81 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 13:23:17 ID:k1GK7yfw
密教をパクッた基地外犯罪者がいたら、密教の責任だと?
認めない?
アホですかおまえ?
どこの世界に、シヴァ大神を崇拝する真言密教がありますかw

では、統一協会やエホバや、プランチ・ダビディアンを生み出したキリスト教も不可ですね。
ナチスの指導原理もカルト的キリスト教だったよ。
創価や国柱会を生み出した日蓮はダメ、というか、日蓮を生み出した天台がダメ、と。
天台がダメなら曹洞宗も浄土宗もダメですね。
ラジニーシを生んだヒンドゥーもダメだし、ラジニーシが基盤としたもののひとつである法句経もダメ。
もちろんスターリンや毛沢東を生んだ共産主義もだめだしね。

すべてがダメになるんですが。




82 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 13:31:21 ID:/+MGRSLx
>81ヽ(´∇`)ノ ハハハ…

83 :誘導:2006/03/10(金) 13:32:06 ID:EMLQtyfF
かの有名な「ポア」も本来の用法からはかけ離れているでおじゃる。

84 :導師:2006/03/10(金) 13:33:40 ID:EMLQtyfF
社会ダーウィニズムや優生論に悪用された進化論もダメ。

85 :師匠:2006/03/10(金) 13:35:49 ID:EMLQtyfF
ラディンやザルカウィを排出したイスラム教もダメ。

86 :誘導師匠:2006/03/10(金) 13:51:26 ID:EMLQtyfF
惑わされないためには教団の本ばかり読んでちゃダメだってことだね。

87 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:01:28 ID:7adtWnmT
密教はキモい。

88 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:03:17 ID:zgV2gZ2+
タントリズムがキモイよな。
ああいうのが薬物とかに寛容になる土壌になってるよ。


89 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:03:47 ID:k1GK7yfw
>>59>>87
ID一緒ですよw
煽り禁止でつよwww

90 :誘惑師匠:2006/03/10(金) 14:08:05 ID:EMLQtyfF
麻原ってまだ死刑執行されてないんだよね。
みんなは麻原の処刑についてどう思う?

91 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:10:44 ID:k1GK7yfw
仏教徒だから死刑反対、と言うとでも?
自分のやったことの報いは受けざるを得ないでしょう。
俗法は俗法として、それには従うべき。
冤罪の問題はあるから軽軽に死刑はすべきではないけれど、
松本の場合は死刑やむなし。

92 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:12:46 ID:zgV2gZ2+
>>90
オウムは今でも危険ですよ。信者も相変わらずだし。
彼を釈放するのは非常にやばい。死刑でok。

93 :中観派:2006/03/10(金) 14:14:15 ID:YxLmRVV+
>>91
俺は死刑より奴隷のように扱ったほうがいいと思う。
そうすれば、誰も犯罪起こさないだろ。
奴隷にピラミッドみたいなのを作らせたらおもしれーもん。

94 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:16:36 ID:k1GK7yfw
>>88
タントラがきもいのではなくて、タントラを曲解してる奴がキモい。
麻原とか、ニューエイジ系の団体とか。
理解できていないという点では、ここの住人も麻原と同一だけれど。
いつまでも20世紀前半の欧州の密教理解をそのまま真に受けてちゃだめだよw
偏見ありまくりんぐなんだから。

まあ、理解力の足りないやつに読ませちゃいかんという先人の言葉は真実だったな。
そういう意味では、学研「ムー」とかが諸悪の根源か・・・?

95 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:18:45 ID:k1GK7yfw
本当はさ、無期懲役の上が死刑、というのがおかしいんだよね。
無期懲役は長くても25年で釈放の可能性がある。
終身刑ほ導入するか、アメリカのように刑期加算制度を導入すべき(懲役250年とかいうやつ)。

96 :中観派:2006/03/10(金) 14:25:02 ID:YxLmRVV+
>>95
刑務所に入ったやつに人権はない。みんな奴隷として扱っちまえ。どうせ、出所
しても職がねーんだから。法務省は犯罪者のために奴隷庁を作ってあげれば。


97 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 14:46:11 ID:k1GK7yfw
奴隷とかいうのには反対ですがw
そこまで基地外なことは言えないw

98 :中観派:2006/03/10(金) 14:59:23 ID:YxLmRVV+
>>97
まあ、奴隷とか言わなくても刑務所は奴隷の収容所ですがね。
表現を変えるといいかもしれませんね。社会の奴隷とすれば、だれも犯罪起こす
ことはないでしょ。誰だかしらないが、女の子を殺したやつは「犯罪者になります。」
とかいっているけど、俺からみればそいつはきちがいだね。だって、自分から
社会の中の奴隷になりたいですと言ってるんだもん。
奴隷という言葉を人が嫌いなのは人に支配されていると感じるからかもしれない。
犯罪者が社会の奴隷であることに気づきなさい。犯罪しようとするものよ。


99 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 15:45:07 ID:alTfb7tD
>91
死刑はやむなし、というのには同意です。あなたの気持ちはよく分かります。
が、それは仏道にかなった見方なのですか?
麻原やオウムのやったことは道義的には厳しく非難されるべきです。
しかし「縁起」の考え方によれば、麻原やオウムがああなったのも、被害に遭った人たちも結局「縁起」である、と言えないでしょうか。
これと道義的な見方は、少なくとも表面的には矛盾するように見えますが。


100 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 15:46:37 ID:tHkrnO1r
>>96,98
すばらしい!!!

中道的思考とはこのことですかw

101 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 15:50:20 ID:alTfb7tD
>96、>98
うーん…たしかに刑の本性上、懲役刑においては基本的人権が大きく制限はされますが…
刑務所が「奴隷収容所」という考えは、少なくとも法にはないはずです。
第一、その考え方は「中観」からかなり外れていませんか?


102 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 15:51:23 ID:tHkrnO1r
第三の目で見ればこの事件の真相が見えるのだけどなー
心眼の開いておる人はおらぬのか。

103 :愚鈍:2006/03/10(金) 16:16:16 ID:2Qi0+9yj
麻原はクンダリニーが覚醒し、チャクラを通過していく時に、既にダークサイドに落ちてたのではないかな?




104 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 16:37:37 ID:pF9+cxNt
麻原が死刑になろうが、なるまいが、
どうでもいいこと、
彼はキリストに成りたがっていたので、
ころされて本望なのではないか。
ただ、彼が国家的策謀にまきこまれ、
うまく利用されたことは、確かだ。

じゃなきゃ拘置所でクスリ盛られて
廃人にされる必要もない。


105 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 16:52:15 ID:/GmMBD0u
>>99
矛盾しませんよ。
社会生活において法を犯したものは、社会的制約の枠内で裁かれるのは当然です。
仏教的には、死刑囚も全的悪人ではなくて仏性を持った人間ですが、
そのことと社会的刑罰の問題は別です。
仏教徒としては、松本がよりましな存在として輪廻できるよう回向すべきであり、
そのことと、死刑になるということは、違う問題です。
社会的犯罪に対しての社会的制裁は、仏教からしても否定されるべきではありません。
カエサルのものはカエサルに、神のものは神に、ということです。

ただ一般論として、冤罪の問題もありますので、死刑適用には慎重ではあるべきです。
ですから終身刑、もしくは加算量刑制度わ導入すべきだと思うんですが。

106 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:05:26 ID:/GmMBD0u
また、縁起どうのこうのというのであれば、
死刑制度がある日本でこれだけの犯罪を犯したのも、縁起でしょう。
業です。
ですから死刑になるのも、当然であるという見方も成り立ちます。

もちろん現状追認を甘受するのが仏教ではありませんが。
仏教はリアリズムの宗教であって、甘っちょろい感傷論的な道徳論ではないですよ。

107 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:12:59 ID:FKX9fBZc
>>94

もし密教がそんなに難解なものなら、本当に危険だ。
麻原みたいな奴が今後も出てくるだろう。

108 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:21:49 ID:/GmMBD0u
>>107
おまえはハサミで人を刺したら、
犯人よりもハサミを攻撃するタイプだな。

109 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:23:36 ID:/GmMBD0u
それにカルトなんか、どの宗教でも利用するだろがw
宗教どころか、ジェンダーカルトや共産カルトも百花繚乱wwww
>>107みたいなのがそういうのにはまるんだろうな。
頭悪そうだし。

110 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:30:38 ID:/GmMBD0u
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141977351/l50

↑ゴルフクラブとハサミは危険だ!!!!w
みんなゴルフクラブとハサミが諸悪の根源ですよ!!!!w

111 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:31:56 ID:nQlimPml
死刑制度自体が国家による殺人で非人道的だとして死刑を廃止した国もあるくらい
だから、一生過酷な強制労働で社会に奉仕させた方がいいという意見もあるな。


112 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:34:39 ID:/GmMBD0u
>>111
仏教を離れて考えてみると、
そうすると物凄い税金の支出になるんだよね。
在日犯罪がものすごい多い状況で、
非日本人の犯罪者を食わすために多額の税金を支出すべきなのか?
議論の余地があるし、被害者感情としてそれでいいのかな?

113 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 17:54:28 ID:dtz/XFDF
対象がなんであれ批判ちる時は、
十分にその対象を知ってからにするベきだ。
マスゴミによる風説の流布を盲信しているようでは、
真実に近づけるわけがない。


114 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 18:16:00 ID:nQlimPml
>>112
>そうすると物凄い税金の支出になるんだよね。

なるほどね。でも果たしてそうなんだろうか。現行の日本の終身刑だとそうなる
だろうけど、かつてのシベリアの強制労働みたく食事もたいして与えず、人の
嫌がる仕事を死ぬに任せてやらせるなら、少々の税金投入に充分見合った
リターンが社会にかえってくると思うが。つまり、どうせ死刑で生存権を奪う
くらいなら、非人道的な強制労働をやらせても同じだから構わないという
意見もある。

>在日犯罪がものすごい多い状況で

確かに一昨年の東京でおきた犯罪の7割は、外国人によっておこされたと警視庁が
発表していたね。

>非日本人の犯罪者を食わすために多額の税金を支出すべきなのか?
>議論の余地があるし、被害者感情としてそれでいいのかな?

それだから食事をろくに与えず死ぬまかせて強制労働させろという人もいる。

115 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 18:20:45 ID:nQlimPml
書き忘れたが、外国人による犯罪を減らすなら、北米並に入国基準を厳しく
するのも手かも。

116 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 18:28:02 ID:gwz8qcRY
>>108
はさみなんて誰でも使える。密教は難しいんだろ。
頭悪い密教徒だな。

117 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 18:49:18 ID:alTfb7tD
>116
えっと、そういうことではなくしてですね。
>108は多分、「ハサミや包丁で人を刺した人がいたとして、
犯人が「悪いのは俺じゃない。包丁だ」って言ったらあなたはそれを丸呑みするのか?
同じように、密教を曲解した麻原たちが凶行に及んだら、
「悪いのは麻原じゃない、密教だ」って理屈はおかしいでしょう?
危険なのは密教ではなくて、密教を曲解する連中なのだから」
って言いたいんだと思いますよ。
ちょっとヒマなのでマジレス。

118 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 18:53:01 ID:G1HnenrL
密教は危険のほうが大きいという認識を持て。
はさみは有用性のほうが高い。

119 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 19:28:39 ID:+pf1LJYV
でもさ、考えると仏教各派って
ちょっとの聞き誤りとか心得違いで踏み外しそうじゃない?
それらの教義が悪いっていいたいんじゃなくて、受け取り方を間違えるとヤバイゾという警句を込めて・・・

密教→秘密主義、教団中枢の腐敗が外から確認できなくなる可能性
浄土教→造悪無碍、「何やっても助かるんじゃー」で犯罪やりたい放題
法華系→我慢に執じて、他派を貶す。ウチの教えを行ずる我らが偉いんじゃーみたいな。
(印象としては特に日蓮系。なんか自分で尊大ぶってる感じがあって、あまりお近付きにはなりたくない)

仏教って個人的には好きだからたまに本とか読むけど、
一つ読み間違えるだけで教えや受け取り方が全然変わっちゃったりするところがあって
ある意味スリリングだよね。

120 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 20:30:23 ID:NKmD5xmc
オームは中沢の「虹の階梯」がバイブルだったんだって。
極一部の幹部はダンテス・ダイジ読んでたって。

121 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:04:56 ID:i8iMFSqB
世の中(自分も他人も)から、苦悩の原因を減らして苦悩を減らす。
仏教はすべてこれを目的としなければ、
仏教でなくなる。

すべての教えはこの目的のための手段であって、
手段のために目的を忘れてはならない。

122 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:15:50 ID:zgV2gZ2+
実際、悟るためなら乱交も許されるなら、LSDだっていいでしょって
なるよな>タントラ

123 :アートマソ。:2006/03/10(金) 21:16:44 ID:3d8fxZr0
中沢新一ってオウム事件の後からとんと聞かなくなったねー
朝生出てた教授も随分干されていたなー
この前ちょっと出てたけど、たくましくなってたw

124 :アートマソ。:2006/03/10(金) 21:19:45 ID:3d8fxZr0
LSDだっていいんじゃね?
でも、オウムの場合は信者騙して飲ませてたのが問題だなー
イニシエーションだか研修会の話聞いたこと有ったけど、
LSDそのまんまの体験談だったなw

125 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:26:05 ID:/+MGRSLx
オムの話アレフでやれよ。ここ少なくても仏教スレッドだから。オムが仏教だと思われるの嫌だし

126 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:28:37 ID:lf0jZs5c
>>125
ドングリコロコロ ドングリコ
坊ちゃん一緒に遊びましょヽ(´∇`)ノ

127 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:28:37 ID:xLyYtp3R
よく犯罪で使われる「バールのようなもの」にはバアルの呪いがかけられているのじゃー!

128 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:32:10 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ>127なにしてあそぶぅ

129 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:33:14 ID:da8Hhjbm
金剛君とは仏教よりピンサロについて熱く語りたい。


130 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:33:50 ID:/+MGRSLx
>126だね…エヘッヽ(´∇`)ノまちがえた

131 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:34:38 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノピンサロスレッド立ててよ

132 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:38:22 ID:xLyYtp3R
ピンサロってなに?

133 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:39:39 ID:/+MGRSLx
( ̄□ ̄;)!!マジ?アッチンごめん…

134 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:40:08 ID:s5ecScTn
他人に害をあたえた人間には死刑ありで、
人に害をあたえたサルに制裁することは
動物虐待でだめだと。

なにか根本的におかしくはないかな。

135 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:41:08 ID:/+MGRSLx
ごめんね(>人<)アッチンじゃないと思った…冷やかしだと思った。ごめんなさい。アートマンさん

136 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:41:42 ID:s5ecScTn
不殺生というのは殺さないということ。
どんな理由でも。

137 :アートマソ。:2006/03/10(金) 21:42:47 ID:3d8fxZr0
>>135
南無さん、それは良いけど。
無関係スレに昆布さんからお告げがありましたよw

138 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:43:43 ID:/+MGRSLx
(>人<)本当にごめんね。密教はオムでウンチャラカンチャラって馬鹿にされててさ…ごめんね。アッチン

139 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:43:53 ID:lf0jZs5c
>>128
貯蓄について教えてプリーズ

140 :アートマソ。:2006/03/10(金) 21:45:55 ID:3d8fxZr0
>>138
あれは仏教じゃないからね、いいのいいの。
気にしないでー

ピンサロも良いけど、アジアン娘はどうですか?
特に仏教国の、私は好きだなー

141 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:46:28 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)貯蓄?

142 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:46:35 ID:lf0jZs5c
>>138
えーオウム面白いよー色んな意味で(謎)

143 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:47:48 ID:lf0jZs5c
>>141
分かんないなら、良い。構ってくれて、ありがとね(・∀・)

144 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:48:21 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノアッチン優しいね。

145 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 21:50:23 ID:/+MGRSLx
アッチン人間出来てるねヽ(´∇`)ノオイラ一時の感情おさえられないなんて修行できてなかったょ…て、ことで、オムどうぞ話してください。ウンコ行ってきます。

146 :アートマソ。:2006/03/10(金) 21:59:19 ID:3d8fxZr0
修行かー
歳食うと人間が丸くなりますね、
生活自体が修行かもw



147 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:05:05 ID:i8iMFSqB
>>134 病気で畜生並みの判断能力しかない人の場合は、無罪になります。
それとおなじことでは?
能力のない者に対して能力がないことを理由に罰を与えるのは、理不尽なのでは?


148 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:11:09 ID:nQlimPml
オウムといえば、事件当時あれだけ社会を騒がせたのに、数多くいる僧侶も
宗派もオウムにたいする行動をもほとんど起こさなかったのは不甲斐ないな。
一部行動を起こしたものもいたが、ほとんどは口を閉ざしたままだった。そりゃ
自分のところの信者や会報とかで意見をいった人や団体もあったようだが、世間一般に
伝わっていなかった。ああいうときこそ毅然とした態度で自らの考えを多くの
人に広め、惨事に抗議すれば、古臭いと思われる宗派及び仏教が見直されて
いたと思う。あれじゃとても世俗に関与することをモットーとする大乗仏教とは思えん。
この調子じゃ、戦争でもおきたら、太平洋戦争の時と同様になすがままに戦争を
黙認してしまいそうだ。殺生がいけないなら、普段からそういうときに声を大にして
訴えかけないと、いくら説法しても説得力ないな。

149 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:13:58 ID:hbOwMwHX
>>147

サルは高度な知性をもっている。
有名なゴリラのココの話しでも、考えていることは人間
とあまり変らないのでは。

150 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:15:29 ID:da8Hhjbm
とりあえず、せっかくの仏教スレだしこのスレの四天王を決めようじゃないか。
その後、改めて、ピンサロについて語ろう。



151 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:23:36 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)じゃ、オイラ、会長やりたい

152 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:24:38 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)そのまえに固定ハンドルにしてょ。みんな

153 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:35:08 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)会長駄目…?じゃ、係長あたりで手うつよ

154 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:35:53 ID:vf3dR1wU
特命係長を思い出す・・・

155 :巣鴨太郎:2006/03/10(金) 22:35:57 ID:da8Hhjbm
何だよ会長って・・。四天王って言ったろ。
まっいいか




156 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:36:01 ID:Xs9wsDCw
ピンサロって何?

157 :巣鴨太郎:2006/03/10(金) 22:36:43 ID:da8Hhjbm
まず、密教といったらピンサロだろ。なんせ仏教は実践哲学だからな。


158 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:38:50 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)巣鴨太郎って…あんた

159 :巣鴨太郎:2006/03/10(金) 22:42:01 ID:da8Hhjbm
なんだ、会長、何か間違ってるかな。
じゃぁ、「文殊菩薩」に変えるよ。
早く、ピンサロの講義してくれ。俺、認識論は得意だけど、実践がからきし駄目なんだ。



160 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:42:58 ID:/+MGRSLx
支店王にはとんなのあるの?

161 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 22:45:27 ID:da8Hhjbm
いや、特に意味は無いよ。ググってウィキペディアでも参照してくれ。
それより「ピンサロ」だよ。俺小心者でさ。人見知りとか激しいタイプだから。
どんな嬢がつくかドキドキだよ。初回は何か小粋なジョークでもかましたほうがいいかな。


162 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:49:04 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)や〜、やっぱり俺童貞だから優しくして下さい…じゃないっすか?おねえちゃん話合わせてくれるし

163 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 22:50:01 ID:da8Hhjbm
いや、俺は童貞じゃないんだ。信じられないだろうが本当だ。いわばプロ童貞なんだ。

164 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 22:51:37 ID:da8Hhjbm
いいか、会長、俺も菩薩とまで言われる男だ。ピンサロにふつーの経験は求めていない。
俺が求めているのはそう「心のふれあい」と「情報収集」だ。


165 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:54:06 ID:/+MGRSLx
夕刊ゲンダイで勉強汁(´・ω・`)

166 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 22:56:00 ID:da8Hhjbm
場末のピンサロにこそ、普段一般の市民の感覚では得られないような貴重な情報が転がっているのではないかと睨んでいるのだよ。
ふふふ、今も昔も遊郭こそは情報の中継地なのさ。




167 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:56:22 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノオイラは何時も童貞だっていうよ。相手信用しないけど。まぁ、同じおねーちゃん指名して君ダケだよ。っていう。前にポロリと他のねーちゃんの話したらその子阿修羅さんに変わったね

168 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 22:58:01 ID:/+MGRSLx
文殊さんは学生さんかぇ(´・ω・`)

169 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 22:59:03 ID:w/V5UIZl
オウムが覚者をバンバン生み出した・・・って
ここはLSDとかごっちゃになってるね

170 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 22:59:30 ID:da8Hhjbm
なるほど。しかしよくヌケヌケとそういうことがいえるな。
俺なんか根がまじめだから、自分の言葉にとらわれてしまう。遺憾遺憾。「嘘も方便」は仏教の基礎だろうよ。

171 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:00:02 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)素人の溜まり場なんで

172 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:01:58 ID:Xs9wsDCw
ピンサロつれてってよ。

173 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:02:46 ID:/+MGRSLx
嘘も良いものは許されるでしょヽ(´∇`)ノ相手気持よくなってサービス向上するし。お互いハッピパッピ

174 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:04:29 ID:/+MGRSLx
文殊さん連れてってあげなよ(´・ω・`)

175 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:05:05 ID:da8Hhjbm
そう、つまり、書物から学んだところによると、仏教ではお互いが幸せになるような嘘はついていいのだ。
言葉なんてのは所詮道具にすぎない。そう、それも相手を死にいたらせたり生かしたりもできる、強力な道具と言うことだね。
ふふ、私も一人前の仏徒らしくなってきたな。


176 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:08:03 ID:/+MGRSLx
お釈迦様は言葉では完全には伝えきれないから口伝の継承しかゆるさなかったみたいね。ようは、経験すりゃ分かるよって。言葉にとらわれるなって(´・ω・`)

177 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:09:25 ID:da8Hhjbm
まぁ、実は、風俗は何回か行ったことがあるのだ。
しかし、非常につまらなくてね。快楽を求めに行ってはだめなのだ。
つまり、嬢とのふれあいを楽しむ場なのだよ。あそこは。




178 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:11:28 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノほぉほぉ…文殊さんはワビサビご理解してるかたとおみうけした。かなりの達人でおじゃろう

179 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:16:31 ID:da8Hhjbm
拙者は風俗もまた修行の場だと思っている。
如何にして自分を破壊していくかなんだ。真剣に遊ばないと意味が無い。
入店前と入店後では人格が180度変化しているようでなくてはならない。



180 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:20:18 ID:da8Hhjbm
理想は、店員の怖そうなおっさんと肩を抱え合いながら「わっはっはっ」と笑いあいながら退店し
店員を以って「アンタからゼニは取れねーよ」と言わしめることだ。
そこまで出来て、初めて私の勝利だ。一瞬一瞬が命がけだよ私は。



181 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:21:20 ID:da8Hhjbm
そこまで自我を破壊させられるかね。真の仏徒ならそこまで出来なくては。


182 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:23:05 ID:Xs9wsDCw
負け犬の遊び方だ

183 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:25:46 ID:da8Hhjbm
うむ。その負け犬になりたいのだ私は。古来から「負けるが価値」と言う。
こういう言葉には深い哲理が隠されているのだよ。


184 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:33:30 ID:Xs9wsDCw
最悪です。

185 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:34:47 ID:da8Hhjbm
そうか。俺が悪かった。ひとつ紳士の遊び方を伝授してくれ。


186 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:35:37 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノアッチンおる?

187 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:42:07 ID:Xs9wsDCw
>>185
陰で笑われるような奴になってはいかん。
相手を悔しがらせてこそ勝者といえる。

188 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:43:33 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ>187コテハンつけようよ

189 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:45:25 ID:da8Hhjbm
ガーーーΣ(・・)ーーーーン
なるほど。・・しかしいまいち意味が飲み込めんな。
つまり今俺は禅で言う「公案」を出されていると理解すればいいのか?





190 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:46:37 ID:/+MGRSLx
ヽ(´∇`)ノ

191 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:47:37 ID:da8Hhjbm
俺は覇道ではなく王道を行きたいのだ。
いや、仏道だった。
つまり、相手を悔しがらせて楽しむという楽しみは邪道ではないかと理解している!!
ちがうかね。


192 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:48:05 ID:w/V5UIZl
悔しがらせるとかって、もう面白いこととは思えないんだよなぁ。
一般的な霊性のレベルに落ちれば、そう思うこともまた増えるだろうけど。

193 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:50:01 ID:w/V5UIZl
倉庫から取り出した宝物の壷の中にはうめぼしが入っていた
これは250年前のうめぼしじゃよ
まることたまちゃんにたべさせる佐々木のじいさん
自分が食べるよりも子どもが食べるほうがうれしいのであった

194 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:50:03 ID:da8Hhjbm
悔しがるにも、種類があると思う。女が股を濡らして悔しがると言うなら、これは仏道にかなってるのではないかと思う。
一方、恨みを買うような悔しがらせかたは、因果応報で自分に危害が帰ってこないとも限らないから(腹いせに性病うつされたり)悪い勝ち方だと思う。

195 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:51:17 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)ほぁほぉ…相手に愛の手ですな。なるほど、奥が深い。文殊どの

196 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:53:04 ID:Xs9wsDCw
悔しがらせるというのは、プライドの面でね。
技術(テク)で勝負するのが王道ですから。

197 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:53:11 ID:/+MGRSLx
>193コテハン(´・ω・`)あるとうれしいっす。巣鴨太郎とか

198 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:55:41 ID:/+MGRSLx
ピンサロは奥が深いですな。良い因縁〜良いサービス。悪い因縁〜性病。(´・ω・`)

199 :文殊菩薩:2006/03/10(金) 23:56:09 ID:da8Hhjbm
「あらぁ〜旦那さんたら、いけずやわぁ〜」と言わせるような勝ち方。
これぞ真の勝利だ。もう、一声かければ歌舞伎町中の嬢が俺の引越しの手伝いに着てくれるようなレベルの勝ち方が出来なくてはならない。
これくらいのレベルなら唯摩居士も舌を巻くだろう。




200 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:57:20 ID:DJXoV7ma
ハンドルネームなんてなかなか思いつくもんじゃないぜ。

201 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:59:42 ID:Xs9wsDCw
悔しいけど凄い・・って言わせたいな

202 :南無大師遍照金剛:2006/03/10(金) 23:59:50 ID:/+MGRSLx
今なら選び放題ヽ(´∇`)ノ早いもの勝ち。文さんしかり、オイラもしかり。

203 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:00:05 ID:da8Hhjbm
ちなみに、テクはかなりのもんだ。我ながらなんだが理論実践の面からしても性技に関してはかなりの猛者ではないかと思う。
しかし、AV男優じゃないのだからそんなことを追求しても仕方が無いのだ。
いかに、嬢の心をゲットするか。体はもちろんのこと心をグッと鷲掴みにするテク。そちらのほうを磨かなくては成らない。



204 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:01:10 ID:/+MGRSLx
(´・ω・`)やっぱりシツコク指名汁

205 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:05:35 ID:da8Hhjbm
金剛君。いや、会長。それではあくまで「お得意様」の域を出ないのではないか?
嬢の認識に「いい金ずる」「お友達」「彼氏」「グル」の四段階があるとしたら、より後者を目指さなければ成らないよ


206 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:07:15 ID:xYKYjjIv
そっかなぁ(´・ω・`)そこから愛情が芽生えるかも。グルはどんな感じなの?説明しとくれ

207 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:09:29 ID:xYKYjjIv
(´・ω・`)やっぱり薬使えば簡単なんだよな。アソコにビュッて

208 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:10:23 ID:8c0yjjp5
やはりグルとも成ると、新約聖書で言う、キリストレベルだろうな。


209 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:11:33 ID:xYKYjjIv
(´・ω・`)覚醒剤使うしかないんじゃね?グルは

210 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:12:07 ID:8c0yjjp5
或いは『維摩経』で言うヴィマラキールティだ。
風俗でのモテ具合は悟りの段階の一種の指標だろうな。



211 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:13:17 ID:xYKYjjIv
相手のおねぃちゃんにわかるんかぇ(´・ω・`)悟りなんぞ

212 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:14:08 ID:xYKYjjIv
悟りがもてぐあいなら、もてるためにはどうしたらよいのかの?

213 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:14:51 ID:8c0yjjp5
そりゃ君がモテナイ親父だから覚せい剤に頼りたくなるのだ。
それは程度の低い勝ち方である。別に嬢をセックス漬けにすることが目的ではないからだ。
むしろ、こちら側の心の成長こそが目的なのだ。







214 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:15:25 ID:xYKYjjIv
(´・ω・`)このスレッドとオイラと文さん、二人しかおらんと思うよ…

215 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:16:38 ID:xYKYjjIv
では、心の成長は相手が判断出来るのかぇ(´・ω・`)

216 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:18:23 ID:8c0yjjp5
そりゃそうさ。少なくとも、私よりは嬢の方が情緒的には大人だろう。
その嬢をうっとりさせることが出来たら私も大したものだ。






217 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 00:20:12 ID:OieKvO6I
霊感のある人といると霊感が増していく
それと同じで、霊性の高い人といれば自分の霊性も高くなっていくよ
だいたい霊性が高い人は特質によりけりなにかしらの能力を持っている
よほどの覚者でもない限りは、心のしこりから治癒することは無理だけどね

218 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:21:15 ID:yo12NZZt
おまたー
アジア娘良いよー
今まで旅行の計画してましたw

219 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:22:23 ID:yo12NZZt
タイでOFF会やろ
仏教国だよー

220 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:23:48 ID:8c0yjjp5
つまり、嬢に惚れさせる事。嬢が俺にゾッコン惚れたら俺の勝ち。
それには、視覚的成長、情緒的成長、経済的成長、あらゆるステータス数値を上昇させねばならない。
それまでは、負けに継ぐ負けが続くだろう。しかし、成長に繋がる負けだから勝ってるのだ。
それも最速での成長が望ましい。金はさておき、時間には限りがあるからだ


221 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:26:25 ID:8c0yjjp5
まぁ、風俗嬢なんてのは、知性はゼロだが霊性なんてのは一般人より高いのではないかと思う。
その嬢を虜に出来たら俺の冷静も確実に向上しているだろう。つまりコミュニケーションなのだよ。目的は。




222 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 00:27:26 ID:OieKvO6I
霊性は大差ないと思うよ

223 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:27:57 ID:yo12NZZt
文殊さんは日本人専門?
チャイナとか、フィリピンとかには行かないの?

224 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:31:05 ID:8c0yjjp5
私は素人専門なのだよ。
というのも、話が面白くないのだ。
嬢が爆笑するようなユーモアのセンスを磨かなくては成らないと常々思っている。
ドッカンドッカン場の空気を支配できるようになれば俺も一人前だな。
その意味では、普遍的ユーモアを身につけるためにも、フィリピンやチャイナもめぐってみるのもいいかもしれない



225 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:32:42 ID:8c0yjjp5
おっと、また批評家めいたポジションに立ってしまった。
フィリピンパブ行ってみたいね。どっかいい店知らない?


226 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:37:29 ID:xYKYjjIv
(-_-;文殊さん帝釈天やるかい?

227 :素人:2006/03/11(土) 00:39:06 ID:+c9ytmj8
>>226
質問箱にエロネタ持ち込まないようにw

228 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:39:40 ID:yo12NZZt
人を笑わせられたら、コミュニケーションとしては上場ですね、
特に外国人、簡単な英語でも笑い取れると結構快感ですw

この前、タイのマッサージ屋行ったのよ。
女の子がマッサージしてくれるんだけど。
指名できるのね、後からスイス人2人組がやってきて
おれの指名した女の子が出てくると、
『あんたがこの子を指名したのか』って言うから。
Sorry って言ったの。

店内大爆笑で、指名した女の子のサービスもかなり良かったっす。

良いよーアジア

229 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:44:00 ID:xYKYjjIv
>227(-_-;ごめんなさい…興奮しちゃって…ハハハ

230 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:44:04 ID:8c0yjjp5
・・す、すまん。国際情勢に疎いせいか、そのギャグがまったく理解できないのだが。
凡夫の為に解説してくれないか



231 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:47:52 ID:yo12NZZt
んーと、説明足りなかったねー

スイス人は指名できるかどうかを単に聞きたかったのね、
でも、わざと彼がその子を指名したかったのだと解釈して、
『先に指名しちゃって御免ね』って言ったのよ。

女の子の感情も一気にヒートアップしましたw


232 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 00:49:53 ID:8c0yjjp5
ハッ・・しまった、ギャグに説明を求めるというのは明確なルール違反。畜生にも劣る行為だな。忘れてくれ。
欧米ではパーティの際などジョークのひとつもいえないと一人前でないと聞く。
即意妙答に答えられれば一人前だが、普段から三つ四つ仕込んでいるそうだ。




233 :愚鈍:2006/03/11(土) 00:50:04 ID:MOoLbyTf
おっと、もう230経過かぁ。すげぇ。伸びまくり。

>>226
帝釈天やると・・・命に関わると聞いたが・・。

234 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:53:36 ID:xYKYjjIv
(´・ω・`)四天王の上は帝釈天でしょ

235 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:53:54 ID:yo12NZZt
笑いの質で思うのだけど、
日本は人を貶めて笑いにする事が多くなりましたねー
テレビの影響なのかな。
ちょっと寂しいですね。

236 :アートマソ。:2006/03/11(土) 00:55:41 ID:yo12NZZt
じゃあおれ大黒天でいい?
七福神だけどw

237 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:55:56 ID:xYKYjjIv
(´・ω・`)誰か今このスレッドみてる人で帝釈天やりたい人いますか?

238 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 00:57:01 ID:xYKYjjIv
いいよじゃ、こんな感じで

239 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:01:15 ID:xYKYjjIv
アッチン大黒様やる?

240 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:01:34 ID:yo12NZZt
おっけー
南無さんは近畿に住んでるの?
そんな印象なのだけど。。。

241 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:03:12 ID:xYKYjjIv
東北だよん(´・ω・`)大黒様は?

242 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:04:15 ID:xYKYjjIv
アートマンから大黒様にかえちゃうます?ありかも(-_-;スゲーいいかも

243 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:05:07 ID:yo12NZZt
東北ー混浴多いよね、確か

私は中やんちの近くですよ、西東京

244 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:06:25 ID:xYKYjjIv
ソカの近くとか?

245 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:07:20 ID:yo12NZZt
近所に沢山いるよー
エホバとかも勧誘に来ます。
迎撃するけどw

246 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:07:31 ID:xYKYjjIv
文殊さま(´・ω・`)

247 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:07:37 ID:8c0yjjp5
ハイ!ハイハイハイ!!俺関東

248 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 01:10:47 ID:NhzDE1FI
杉並区阿佐ヶ谷キタ

249 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:11:52 ID:xYKYjjIv
文殊様は顕教?(´・ω・`)

250 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:14:35 ID:8c0yjjp5
うん?俺は「サルでもわかる仏教入門A(経典篇)」を読んだ程度だから、顕教もクソもないな。

251 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:15:14 ID:yo12NZZt
東北はどこなのさ
おふくろは岩手生まれで第二のふるさとだよー

252 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:17:02 ID:xYKYjjIv
ヽ(´∇`)ノオイラと同じじゃん。オイラも古本で弘法大師の絵本よんだくらいだから。なんちゃって密教?

253 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:18:24 ID:yo12NZZt
阿佐ヶ谷はおれも住んでたなー
安い定食屋には困らなかった。

254 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:18:47 ID:8c0yjjp5
オイオイ、岩手は俺のオフクロのふるさとだぜ。
なんだか、宮沢賢治だし、不思議な因縁を感じるな(うわっ俺なんか仏教徒っぽい


255 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:18:58 ID:xYKYjjIv
秋田だょヽ(´∇`)ノなんか、自殺者日本一なんだって。ヨイゴシの金はもたねぇっ借金まみれで死ぬ人多いね

256 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:21:22 ID:yo12NZZt
>>254
おお、宮沢賢治の実家近くだよー

>>255
景気良いねー秋田人



257 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:22:26 ID:xYKYjjIv
最低賃金630円らしいよ(-_-;

258 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:24:35 ID:yo12NZZt
秋田は良いイメージだなー おれ的に
秋田美人とか。

259 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:25:58 ID:xYKYjjIv
綺麗だね。森下くるみ知ってる?

260 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:27:00 ID:8c0yjjp5
あの辺は寒いからな。ホームレス=凍死だ。
賢治のころはそれこそ娘の身売りが社会問題になって、社会主義革命なんかがまことしやかに叫ばれていた時代だ。
今でも構造はそっくりそのまんまな訳だが。






261 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:28:27 ID:yo12NZZt
AVの?
色白かな

なぜか、秋田の人は白人の遺伝子が多いんだってね。

262 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:28:43 ID:8c0yjjp5
俺の適当な調査によると、都内のキャバ嬢の6割が東北出身者だ。
まぁ、女はまだいい。男は軍隊と言う逃げ道があったが・・


263 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:29:24 ID:xYKYjjIv
大陸の血入ってるらしいね。西洋の

264 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:32:11 ID:yo12NZZt
岩手かなーキリストの墓無かったっけ
昔、トンデモ本でユダヤが辿り着いた地とか言ってたなー

265 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:33:22 ID:yo12NZZt
東北のキャバ嬢に合いたいw
どこの店に多いの?

266 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:33:39 ID:xYKYjjIv
キリストの墓アッチコッチニあるね。青森にもあるみたいだよ(-_-;

267 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:34:59 ID:xYKYjjIv
マンゾク見て勉強汁(´・ω・`)

268 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:35:16 ID:8c0yjjp5
そりゃ青森じゃないか?

・・ところで最近は風邪がはやってるからみんな気をつけてくれよ。咽にくる。
毎朝観世音菩薩に祈ってるのだが治りが悪いな。
なんでだろうな。



269 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:39:02 ID:xYKYjjIv
観世音菩薩?どうやっていのってるの?大黒様写経やってる?

270 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:41:08 ID:8c0yjjp5
祈り方なんかあるのか? 「南無観世音大菩薩、我が風邪を治したまえーー!」と心で念じるだけだよ



271 :アートマソ。:2006/03/11(土) 01:41:32 ID:yo12NZZt
写経はご無沙汰です。
仕事して2chして寝る毎日

272 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:43:19 ID:xYKYjjIv
祈り方ていうか…う〜ん。スーさんいますか?大黒様一行でも書こうよ。

273 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:44:50 ID:xYKYjjIv
文殊様はお経知ってる?

274 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:45:20 ID:8c0yjjp5
スーさんって釣り好きの社長のことか? 大黒様って何のことだ?


275 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:48:28 ID:xYKYjjIv
ああ、めんご(´・ω・`)スーさんは素人さん。大黒様はアートマン。

276 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:49:55 ID:xYKYjjIv
大黒様が前写経初めた話聞いてまだやってるかなと。モンジュ様はお経なんか知ってる?

277 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:50:54 ID:8c0yjjp5
お経?そうだな。華厳経とか般若心経は少し読んだな。


278 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:52:01 ID:xYKYjjIv
毎日読まないの?

279 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:53:05 ID:8c0yjjp5
毎日読んだほうがいいのか?


280 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:54:33 ID:xYKYjjIv
毎日よんだほうがよいよ。

281 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:54:38 ID:8c0yjjp5
ちなみにお勧めはどれかね。般若心経くらいなら一応暗記してるぞ。



282 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:56:25 ID:xYKYjjIv
これは持論なんだけど、お経唱えてる時って仏様の波長に近ずいている状態かな。

283 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:57:06 ID:xYKYjjIv
般若心経で十分

284 :文殊菩薩:2006/03/11(土) 01:58:31 ID:8c0yjjp5
ふーむ。そういや、般若心経の頭の「観自在菩薩」ってのはまさにアヴァロキテシュヴァラ観世音菩薩のことじゃないか。


285 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 01:59:10 ID:xYKYjjIv
唱えてる時の波長が仏様の波長に近い。止めると自分の波長に戻る。唱えれば唱えるほど佛様の波長に近づいていく。感じかな

286 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 02:00:07 ID:xYKYjjIv
観世音菩薩ね。

287 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 02:01:58 ID:xYKYjjIv
繰り返し唱えてると、波長が安定してくるから、マヂ風邪ヒキニククなるよ?治りやすくなるし。内気功みたいな感じ?

288 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 02:04:00 ID:xYKYjjIv
お経唱えると貯金みたいに段々と運みたいのが貯まっていくよ。で、困った時もしかしたら卸して使えるかも(-_-;嘘だけど…ハハハ

289 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 02:05:16 ID:OieKvO6I
南無さんわかってるねぇ

290 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 02:08:47 ID:xYKYjjIv
>289ありがと(-_-;コテハンだと嬉しいでつ

291 :つきピェ ◆/bb.....Cc :2006/03/11(土) 02:13:06 ID:OieKvO6I
南無さんわかってるねぇ

292 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 02:50:27 ID:P933iV8n
http://miyashita1.hp.infoseek.co.jp/qqq/shugyou%20.htmより以下の引用

「潜在意識の浄化法」・・・人間は自分ではほとんど気がついてないけれども「
思いのクセ」のようなものがあります。たとえば心配性の人、取り越し苦労の人、
悲観的な人、楽観的な人、情に脆い人、理性的な人・・・ それが実は「潜在意
識」の働きなのです。そしてそれが本当に合理的な感情かどうかは考えたことが
ないと思います。場合によっては非常に非合理的な感情を爆発的に発散していた
りすることもあります。そこで仏教には「呼吸(アナパーナ)の観察(サティ)」
を通じて心の観察をしてゆく修行方法が伝わっています。

何故、「呼吸の観察」をするのかというと、本当は「心の観察」をしたいのです
が、日常生活の中で自分の心に意識を向けて生活することは極めて難しいのです。
呼吸というのは心と深い関連があります。リラックスしている時は深い呼吸にな
っていますし、激怒したり緊張したりしている時は浅い呼吸になっています。そ
こで瞑想時に呼吸を観察する習慣を身につけておくと、日常生活においても色ん
な場面において精神をコントロールしやすくなるのです。

293 :維摩詰:2006/03/11(土) 06:14:36 ID:LGQyXhDF
それって歩きながらでもできるというやつでしょ。脈を計りながらでも同様の
効果があるらしい。

294 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 09:06:41 ID:xYKYjjIv
(゜_゜)ホォホォ…ナルホド

295 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 19:14:06 ID:xYKYjjIv
(゜_゜)動かしとこ…

296 :素人:2006/03/11(土) 19:22:47 ID:+c9ytmj8
>>295
あ・・ダメ・・・ 動かさないで・・・ あ・・イヤ・・
変になっちゃう・・・

297 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 19:27:58 ID:xYKYjjIv
(゜_゜)…お坊様?

298 :素人:2006/03/11(土) 19:37:49 ID:+c9ytmj8
>>297
こういうスレにしたいんじゃないの? ( ̄ー ̄)ニヤリ

299 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 19:41:12 ID:xYKYjjIv
(゜_゜)スーさんが後継人なってくれたらはりきっちゃうけど?する?スーさん一皮むけちゃうよ?ほら…ウズウズしてるでしょ、スーさん

300 :南無大師遍照金剛:2006/03/11(土) 23:35:29 ID:xYKYjjIv
誰かヽ(´∇`)ノ釣れろぉ〜

301 ::2006/03/12(日) 00:24:32 ID:00SSqFGc
お〜貴方はもしや、伝説のチラリズム教教祖にして、最強のエロテロリスト南○様では?
アリガタヤー m(__)m

チラリ\(^o^)/エロ\(^o^)/

302 :南無大師遍照金剛:2006/03/12(日) 00:42:03 ID:FkP/M9m4
ヽ(´∇`)ノ姫ちゃん仕事終わった?

303 :名無しさん@3周年:2006/03/12(日) 00:51:36 ID:JTKtSsiB
むけちゃった

304 :南無大師遍照金剛:2006/03/12(日) 01:01:20 ID:FkP/M9m4
ヽ(´∇`)ノおめでとう

305 ::2006/03/12(日) 06:27:49 ID:00SSqFGc
今帰ったぞぅ。
皆さんサヨナラ(-_-)/~~~シッカリ 雑談、討論して自分磨いて下さいねー。


306 :南無大師遍照金剛:2006/03/13(月) 18:42:37 ID:3DuNbANn
ヽ(´∇`)ノ恐れていたことが…

307 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 19:33:00 ID:zp5mGNY8
緊急行動:チベット人僧侶テンジン・デレク・リンポチェの釈放を求める緊急行動にご協力ください

2005/1/26に中国の四川省高等人民法廷が爆破テロ事件に関与した罪で
テンジン・デレク・リンポチェが受けた2年の執行猶予付きの死刑判決を減刑した、
と中国国営新華社通信は伝え、死刑執行の恐れはなくなりました。TSNJは、このニュースに安堵し歓迎します。
しかし、逮捕・裁判そのものが国際基準を満たしてものではなく、裁判の公正なやり直しが必要なことに変わりはありません。
濡れ衣である元々の判決の誤りを正し、テンジン・デレク・リンポチェが釈放されるよう、中国政府に対し要求します。

この事件では他に、ロプサン・ドンドゥプ(トントゥプ)が、2003年1月26日に、同じ爆破事件の関与で非公開裁判後に即処刑となりました。
さらに、この爆破事件に関して、少なくとも4名が投獄または拘留、あるいは現状が公表されないままになっています。

詳しくは
http://www.geocities.jp/t_s_n_j/savetenzin/

308 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 16:18:11 ID:LNlz9Evx


F r e e T i b e t ! 



309 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 13:13:38 ID:iFC7nH5x
なぜ偶然は起こるの?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1109090121/
輪廻・生まれ変わりはそんざいするか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1131177358/
【 神の定義 】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124632445/
私は存在しない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1132278735/
「人間は壊れている」
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1135662428/
宇宙=神について語るスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1140731762/
なぜ宗教は生まれるのか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1120899088/
  ∧∧
  ( ゚Д゚)皆さん
  /つ! ) 参加し
〜(__)__ よう
\\   \\
 \\   \\
  \\ ==\\
   \` ̄ ̄ ̄ \
    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
カキ書き☆カキ書き♪

310 :南無大師遍照金剛:2006/03/19(日) 12:16:10 ID:tmB9L1f7
ヽ(´∇`)ノ誰もいないの…てか、来ないの…アハハハ

311 :暇人:2006/03/19(日) 16:03:56 ID:3f9rccfs
きたぞー


312 :南無大師遍照金剛:2006/03/19(日) 16:12:55 ID:tmB9L1f7
(´・ω・`)…ヤダ

313 :暇人:2006/03/19(日) 16:15:23 ID:3f9rccfs
>シューニヤターは空という意味でしょ

え゛?? 空はシューニャでしょ
シューニヤターは、空性だよー

314 :無宗だ ◆4eP.G3wMrs :2006/03/19(日) 16:17:21 ID:6kvqltKp
ものが他によって存在することが空性の意味である。

315 :南無大師遍照金剛:2006/03/19(日) 16:17:48 ID:tmB9L1f7
~旦_(´・ω・`)暇人さんも、管理するの大変やねぇ…お茶どうぞ

316 :暇人:2006/03/19(日) 16:19:32 ID:3f9rccfs
空の原意は 膨れ上がって中がうつろという意味だね

無というより「何々が欠如している」という意味の合成語を作る
使用のされた方が多いらしいよ
簡単に言えば 非存在(無)ではなく
       存在するものには実体がなく変化しつつ現象しているという意味だね

317 :暇人:2006/03/19(日) 16:20:44 ID:3f9rccfs
>>314
うんうん そういうことですね
>>315
お気遣いサンクス^^

318 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 16:36:33 ID:EbGfvgqP
暇人さん
>>316
> 簡単に言えば 非存在(無)ではなく
>        存在するものには実体がなく変化しつつ現象しているという意味だね

それは↓こんなイメージにも似ていますか?

> 風景やみんなといっしょに
> せはしくせはしく明滅しながら
> いかにもたしかにともりつづける
(宮沢賢治)
http://why.kenji.ne.jp/haruto_f.html
(ただこれはもちろん、
>膨れ上がって......
というのとはまた少し別の印象ですが)

319 :暇人:2006/03/19(日) 16:42:26 ID:3f9rccfs
>>318

わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です

という有名な箇所に続く部分ですね
宮沢は深く法華を信仰したわけですが
さしたる根拠はなく 私はこの箇所を
「法華空」より 華厳経的な印象を受けます


320 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 16:52:46 ID:EbGfvgqP
>>319 暇人さん
> 「法華空」より 華厳経的な印象を受けます
この「法華空」というのは、
>>316
> 空の原意は
の「空」と同じものと理解すればよいのでしょうか?
あと、すみませんが、
>華厳経的な印象
とありますが、教えていただいてばかりで申し訳ありませんが
「華厳経」を知りませんので、その印象というのを少しだけでも
お伝えいただきたいのですが。

321 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 17:25:54 ID:Pg571TZ5
「空」その言葉に生きて意味を考える。
ああだろう、こうだろう、そして時間は過ぎていく。
釈尊の教えを守り、瞑想により粗雑な思考を修めた者のみ悟る。

ああだろう、こうだろうと考えても「空」の意味がわからない。
そこで他人を頼りとして、その意味を知ろうとする。
釈尊の教えを守り、他人を頼りとせず瞑想により静けさを楽しむ者のみ悟る。

他人を頼りとして、その意味を知ろうとする者は、
身破れた後、ようやく彼岸に達してその本当の意味を知る。



322 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 17:35:47 ID:EbGfvgqP
>>321
> 他人を頼りとして、その意味を知ろうとする者は、
> 身破れた後、ようやく彼岸に達してその本当の意味を知る。

天国の門の前にいたりして(笑)。
失礼。


323 :南無大師遍照金剛:2006/03/19(日) 18:15:52 ID:tmB9L1f7
般若心経にかいてるべ?空。観自在、自分を見つめる菩薩が行深めたって。瞑想汁、自問自答汁。心経には無って一杯他のとこで使われてるのに。色即是無って表現しなかったのはなぜか。それは無と空は別物だから…まぁ、いいですヽ(´∇`)ノ

324 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 20:34:16 ID:EbGfvgqP
>>319 暇人さん

>華厳経的な印象
という言葉を手がかりにして自分なりに少し検索してみました。

『唯物的自然科学観の否定』http://www6.ocn.ne.jp/~kishi123/page011.html
というページに「3.華厳経的思考法」という項目があり、
>光がどのように見えているのかということを考えたとき、形而上学的な意味で、この世界の本質が見えてきます。
という言葉から始まっていたのですが、その中のある記述がそれぞれ、>>319>>318
賢治の文章に似ているのではないか、と感じました。
これが、暇人さんのおっしゃった「華厳経的な印象」と繋がるかどうかはわかりませんが。
                                               (つづきます)

325 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 20:36:04 ID:EbGfvgqP
( つづきです )
<賢治の文章に似ていると感じた、あるサイト内の記述 1>

>>319
>わたくしといふ現象は
>假定された有機交流電燈の
>ひとつの青い照明です
      ↓
>自分だけの過去が原因で、今の自分があるのではなく、世界中の人々の過去、そして宇宙全体の過去の影響を受けて今の私があることになります。
>そして、今この瞬間の私の行為が、未来の状態を変える原因となっています。
>私だけの未来を変えるのではなく、世界中の人々の未来、そして宇宙全体の未来を変える原因となっていることになるのです。
>これは、仏教、とりわけ華厳経の中で述べられている世界観と驚くほど酷似しています。
>華厳経で言うところの、「一即多(あるいは一即一切)」、「毛穴の中に世界を、一瞬の中に永遠を見よ」、「実在としての心」、「あらゆる世界、境界、一切の存在を現出・創造するのが心」、「唯識」、「重々無尽」などのキーワードと対応します。
>華厳経では、万有は縁(条件)によって生じる、つまり一切のものが関係の上に存在している事実を凝視し、あらゆるものは重々無尽に関係しあって、共存共栄、美しい調和のとれた世界に気付かねばならないと言います。
>さらに華厳経は、一切は心の変現であって、心はあらゆるものの根源であり、真の実在であると続けます。
                                               (つづきます)

326 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/19(日) 20:40:42 ID:EbGfvgqP
( つづきです )
<賢治の文章に似ていると感じた、あるサイト内の記述 2>

>>318
> 風景やみんなといっしょに
> せはしくせはしく明滅しながら
> いかにもたしかにともりつづける
      ↓
「3.華厳経的思考法」
http://www6.ocn.ne.jp/~kishi123/page011.html
>この世界は、西洋的自然観が言っているような、粒子という「部分」が集まって「全体」を構成しているのではけっしてなく、波という「全体性」がまず先にあって、そこから粒子性という「部分」が顕現しているのです。
>キーワードは、「無限次元マトリックスによる多対一の変換」、「全空間、全時間の一点、一瞬への包み込み」、「実態としての波」、
>「観測による波の収縮」、「波の収縮による粒子性の顕現」、そして「これらの現象があらゆる時空点の間の関係において生起している事」です。
>この時間と空間の構造が正しいとすれば、全ての過去、全ての世界(宇宙)の影響を包み込んだ形で、今この瞬間が成り立っていることになります。

-------
以上です。

327 :暇人:2006/03/20(月) 05:38:21 ID:z5/ZIXcI
法華空」というのは法華経に説かれている「空」という意味です。

「復禅に住して 神通力を得 諸法空を聞いて 心大に歓喜し
無数の光を放って 諸の衆生を度することある」
単なる教義ではなく、「諸衆生を度する」実践的な智慧でもあります。
もっと具体的にどんな実践かと言うと
「如来の座とは一切法空是れなり。是の中に安住して、然して後に不懈
怠の心を以て、諸の菩薩及び四衆の為に、広く是の法華経を説くべし」
法華経を説く実践です。

華厳経に「因陀羅網」という教えがあります
帝釈天宮に張り巡らされている「網」の結びの一つ一つに「珠」が
付けられていて他の珠のすべてが一つの珠に映し出されて
一つの珠もまたすべての珠に映しだされているという
「重々無尽」の比喩です。
宮沢の「有機交流電燈」の「交流」や「ひとつの青い照明」の「ひとつ」という
表現の中に宮沢は「重々無尽」を意識していたのではないかと
わたしは勝手に推測してしまうのです

328 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/21(火) 00:23:08 ID:EaXpnbFu
暇人さん
>>319
> 「法華空」より 華厳経的な印象を受けます
>>327
> 帝釈天宮に張り巡らされている「網」の結びの一つ一つに「珠」が
> 付けられていて他の珠のすべてが一つの珠に映し出されて
> 一つの珠もまたすべての珠に映しだされているという
> 「重々無尽」の比喩です。

おかげさまで、「華厳経的な印象」という言葉の意味合いが大分つかめてきました。
> 一つの珠もまたすべての珠に映しだされている
この喩えを読んでいて、どこかで似た概念を見たことがあると感じたのですが帰宅
して本棚をみるまでそのキーワードを思い出せませんでした。それはホロンでした。
昔一時読んだだけでしたのでよく憶えていないのですが、高度(上位)のホロンは、
上位なのだけれどそれよりも下位のホロンなしには存在し得ない、といった筋立で
動物、人間、歴史、宇宙、意識の進化を説き明かしていった本だったかと思います。
(ウィルバー『進化の構造』)
                                               (つづきます)

329 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/21(火) 00:33:35 ID:EaXpnbFu
( つづきです )
ただ、うまく言えませんが「重々無尽」の比喩からは「ホロン」と違って上下(?)の
関係を感じませんでした。またまだ教えていただいたばかりの言葉ですので一番
わからないのがこの比喩の『珠』という言葉が一体何を比喩しているのか? その
中身です。初心者なので疑問をそのまま書いてしまいますが、
>>327
> 他の珠のすべてが一つの珠に映し出されて
> 一つの珠もまたすべての珠に映しだされている
というこの「珠」というのは、「意識」のことを指しているのだろうか?ということです。

いろいろご丁寧にお答えいただいて、ありがとうございました。

330 :暇人:2006/03/21(火) 15:02:41 ID:5h90oVEv
私は深く考えずに
「珠」は一つひとつの「いのち」の比喩ではなかろうかと
勝手に読んでおります

331 :Used ◆zpe.19X8.. :2006/03/21(火) 17:00:19 ID:EaXpnbFu
>>330 暇人さん
お返事ありがとうございました。
「いのち」という言葉、(「重々無尽」の中の”珠”の比喩の意味としては
まだ私には実感としてはわからないのですが)、あらためて『春と修羅』
の「序」を読み返してみると、その「いのち」という表現にしみじみとして
しまいます。


332 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 17:20:24 ID:CZjEZQrZ
華厳の世界観って、美しくて好きではあるのだけど、
なんかこう、仏教ぽくないというか・・・
梵我一如とかってヒンズー教っぽくないですか?

教えてエロい人!

333 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 21:42:06 ID:1IafkK0m
仏教では梵我一如を本当に否定してるのかなあ。
すべては無常、空だとどうしてもニヒリズムになっちゃうし。
すべてが縁起してて無常、空だからすべては繋がっているわけで、
だから梵我一如なんだって考えると自然なんだけど。
どうでしょう?

334 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 22:28:22 ID:CZjEZQrZ
>>333
わあ、お返事ありがとうございます。
うーん、確かに私も「梵我一如」の思想は納得できるんです。
世界と私を一つの繋がりのうちに観る、というか。

ただ、どうしても「梵」というとブラフマン、「我」というとアートマンを
連想してしまって、
諸行無常、諸法無我の原則から離れてしまう気がするんですよね。

仏教の悟りの境地を「梵我一如」としてしまうとしたら、
じゃあ仏教徒は、輪廻から解脱しなくても
輪廻し続けるままでいいのか、っていうことになりません?

335 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 23:48:35 ID:bplrWECf
>>333
>仏教では梵我一如を本当に否定してるのかなあ。

確かにそう指摘する人もいるね。仏教学者の玉城康四郎なんかも、自らの
解脱体験に基づいて仏教における梵我一如を公言したけど、一方、同じく
悟りを開いた禅僧秋月りょう民なんかは、逆に梵我一如は誤っていると
否定していた。こんなふうに解脱した人でさえ違った意見があるのをみると、
たとえ解脱しても人間の認知力の限界から本当のことを客観的に知ることは
できない、もしくは、ダイヤモンドのカットのように違った角度からしか
捉えることができないんじゃないかとも俺には思えるよ。

>すべては無常、空だとどうしてもニヒリズムになっちゃうし。

そう思う人は多いけど、果たして本当にそうなのか俺には疑問。つまり
いわゆるニヒリズムが誰にとっても常に良くないものなかという。例えば、
幸福でもないが不幸でもなければ、それはある意味幸福な状態と呼べるんじゃ
なかろうか。一般的に幸福とか不幸は相対的なものだけど、それらを超越したとき
絶対的な幸福があるといったような。少なくとも上座仏教の僧たちは、こういう
見解をもっている。だから空に関しても彼らは、他の人にとってはニヒリズムと
みなされる状態も、別に悪いことだとは思ってないようだよ。

336 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 10:26:38 ID:mYeyDQGE
絶対的な幸福なんてあるんでしょうか?
そういうのを否定するのが仏教では?

337 :335:2006/03/22(水) 10:47:11 ID:zUJ5RCnR
>>336
言葉の便宜上「絶対的」といったまでで、不幸と感じない状態が一時的でなく
続くことの意味で書いた。解脱を目的に修行するのも、ある意味幸福の追求なんでは?

338 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 11:18:26 ID:mYeyDQGE
すべてが変化するわけだから、
その変化する世界に自身が完全に順応して、それを受け入れたときに
苦がなくなるって感じで理解してたんですけど。
こういう考えは一般人にとってもすごく納得できるし、実際に苦しみが
軽減するのが自分でもわかります。
自分的には、諸行無常の中で仏様に帰依するという考えが
一番しっくり来るなあ。
解脱を目指す人たちというのは、それを超えて、自分が仏様になろうと
してるんですよね?



339 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 11:35:15 ID:zUJ5RCnR
>>338
一般人にとって理解しやすいものと上座仏教僧の理解が、必ずしも一致するとは
限らないと思う。

>解脱を目指す人たちというのは、それを超えて、自分が仏様になろうと
>してるんですよね?

大乗仏教ではそういう人もいるけど、解脱にもいろんな段階があるそうで、
上座仏教では仏ではなく阿羅漢にしかなれないと理解されているよ。

340 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 19:27:57 ID:+BNx9YXr
釈迦が喩で、ある人が古道を発見し、辿って行くと都に辿り着いたと、、   悟りとゆうものは、本来あるもので、釈迦が生まれる前から存在し、古人も辿った道だと、

341 :中観派:2006/03/22(水) 20:13:32 ID:OTTQHAwb
>>340
悟りの内容を教えてください。
特に中道についてです。無我や諸行無常は誰でもわかると思いますが、
中道はとりわけ難しいです。

342 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 22:11:43 ID:+BNx9YXr
苦を滅するに苦行をするは矛盾してる、また緩みすぎず程よくならす、これが中道じゃない?

343 :中観派:2006/03/22(水) 22:35:02 ID:OTTQHAwb
>>342
俺としては苦しんで楽を得ようとせず、楽して楽を得ようとすることが苦楽中道だと
思う。楽は楽でも、叶うことができないかもしれないものを得ようとすることが
楽に執着していると思う。


344 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 22:51:25 ID:eizMYfUY
中道は中觀派の依ってたつベースです。
はじめに誤解すると中觀派の説が理解できなくなります。
チウイ。

345 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 23:29:31 ID:d7LZzVYZ
苦行馬鹿がいるから苦行が批判されることがあるのだけど
苦行は必要ですよ。
何事も初めは苦行になるんですよ。不慣れなうちは。
やらなきゃ始まらん。
もちろんやらなくてもいいけど、それじゃおもしろくないってだけ。

346 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 23:33:09 ID:d7LZzVYZ
不瞋恚戒も苦行だよ
不慣れなうちは相当な苦行になる
肉体的な苦行のが、自分が体育会系だからか、合うんだけど。

347 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 00:40:59 ID:J4OYr61q
苦にも楽にもどちらにも、偏らない事じゃないかな、楽から苦に苦から楽に、 一生はその繰り返しで、最後には苦に帰するとゆうのが釈迦の教えである、  その苦しみから救われるには、煩悩を断ことで、  中道がそれであるんでしょ!

348 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 00:44:47 ID:38yYb1to
( ̄^ ̄)y-~~因果応報。良く考えて行動したら、自分に何が起き、嫌な事避けれるようになるんじゃない?あるがまま受け入れてばかりじゃ堪りません。

349 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 01:00:25 ID:J4OYr61q
人や命あるもの必ず死にます!避けて通れません! てゆうか、大人の時間に去って!

350 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 08:29:00 ID:38yYb1to
命に限りあるからこそ、五感フルに使って強引に劇的に生きたほういいんじゃね?君らの中道って、浮浪者なっても日がなボケーって遠く見つめても平気になるようになることだと思えるよ。現実逃避がうまくなりそ(*´∇`*)嫌だなぁ…そんなの

351 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 11:14:55 ID:If/jxCk4
>>350
中道って、その瞬間、瞬間を懸命に生きるってことだと思うよ。
粘着はバツってことでしょ。

352 :中観派:2006/03/23(木) 11:45:46 ID:v/0WPoJ4
>>351
それは分かっているけど、俺はビジネスや戦略とかにも中道を実践しようと
努力しているんだ。
ただ、がむしゃらに何も考えず懸命に生きたくはないね。だって、苦行になるかもしれないから。
北条時宗ってやつは座禅をし、元寇に備えての戦略を考えたから勝ったらしい。


353 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 11:51:40 ID:38yYb1to
ヽ(´∇`)ノ無駄な経験なんてないよ?苦行になってもいいじゃん?失敗したっていいじゃん。

354 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 23:54:08 ID:8ucWt7B/
久しぶりに、この板にきたものですが、般若心経のスレはなくなったのですか?

355 :名無しさん@3周年:2006/03/24(金) 00:02:43 ID:mu9jfmAc
とっくの昔になくなったけど
そうだなぁちょうど空について考えてたよ

356 :名無しさん@3周年:2006/03/24(金) 01:10:34 ID:zDI8QGTv
ありがと。とっくの昔か。つい最近見たような気がしたんだけどな。
時が過ぎるのは早いな。空だ。諸行無常。諸法無我。涅槃静寂。
ああああああああああああああああああああああああああああああああ

357 :南無大師遍照金剛:2006/03/29(水) 15:13:48 ID:o5dYACzC
ヽ(´∇`)ノ

358 :南無大師遍照金剛:2006/04/03(月) 11:05:20 ID:D1mN4Is0
ヽ(´∇`)ノアゲ

359 ::2006/04/06(木) 03:15:08 ID:L179HoPC
(ToT)ハゲって言うなぁ〜。

360 :名無しさん@3周年:2006/04/10(月) 13:37:11 ID:1fbb56Uf
http://miyashita1.hp.infoseek.co.jp/qqq/shugyou%20.htmより引用

『唯識三十頌釈』(ステラマティ)・・・目的@人・法無我を教えるため。その
ことによって煩悩障(我執による煩悩)所知障(法執による煩悩)の二障を
断じ、解脱(涅槃)と一切智者性(菩提)を得させるため A二無我を説く
ことによって、唯識という理を理解させ、悟りの智慧(十地の初地以上)を
開かせる唯識(の道)に次第に入っていかせるため B外界が実在す
ると主張したり、究極(勝義)において、識も何もかも一切は無いと主張し
たりする極端な見解を打破するため。

361 :名無しさん@3周年:2006/04/10(月) 17:35:21 ID:blganrrQ
天親(世親)菩薩が五念門を説く中で、
作願門をサマタ(シャマタ)、観察門をヴィパッサナー(ビバシャナ)
として説明してます。
阿弥陀仏の相などを智慧をもって観察する、
いわゆる観想念仏を、
サマタではなくヴィパッサナーとして修するとは、
どういう意味なのでしょうか?

362 :名無しさん@3周年:2006/04/10(月) 17:45:10 ID:blganrrQ
また、眼の前にないものを意識的に想い浮かべるときに、
ヴィパッサナー瞑想でサティを入れながら行うこともあるのでしょうか?
妄想だから想い浮かべないようにするのではなく、
ヴィパッサナー瞑想の中で想い浮かべてもよいのでしょうか?
それがダメだとしたら、
たとえば記憶をたどって文字を書くなどの作業を、
ヴィパッサナー瞑想しながらやるのは無理なのでしょうか?

363 :無神経雑談スレ:2006/04/18(火) 17:41:49 ID:GC0Clqfc
私はこの無神経雑談スレなどというう冒涜的なスレッドを初めて目にした時、慄然たる思いを禁じえなかった。
その書き出しにおいて( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6が自ら臆面もなく彼の退廃的な趣味に対する、
唾棄すべき暗い情熱を誇らしげに語る様はさながら地獄めいたものであった。
あまたの。( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6のレスポンスのうち、最悪のものは一片とてここに記すわけにはいかない。
( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6の崇拝する、肥大した眼球と異常極まりない頭身があたかも戯画化された
人間を思わせる悍ましい種族との妄想の中での交合は。( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6の人間的退行を
如実に示すものであり、彼の腐汁にまみれた性器はそのためにのみ存在した。
だが、神は慈悲深くも( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6を粘液質の液体によりじっとりと湿り、
狂気に侵された芸術家の作としか思えぬ吐き気を催すような存在をモティーフとした
屍肉食の甲虫の薄羽の如く艶やかな絵画と如何なる呪われた地に産する
樹木から採れるとも知れぬ樹脂から造られた偶像が飾られた壁に囲まれ、
蘚苔類とも菌類ともつかぬものに床一面を覆われた厭わしい部屋に引き篭もらせ、
胸の悪くなるような体臭満ちる秋葉原を除いては、あらゆる街の賑わいは彼のものではないこと、
名状しがたい服飾感覚による秋葉系を除いては、あらゆる着飾りは彼のものではないこと、
狂気と倒錯に満ちた漫画市を除いては、あらゆる浮かれ騒ぎは彼のものではないことを( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6に自覚させた。
それゆえ、私が忌まわしくも現実において( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6と出会うことは未来永劫ありえぬことだ。
どうかこの書き込みを見るものは人類の安寧のために、即刻削除依頼を出して欲しい。
どこからか精神を病んだキモオタさながらの、知性宿らぬ獣じみた声が聞こえる。
いや、なぜだ。( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6が私の家を知るはずがない。ああ!窓に、窓に!





364 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 18:20:25 ID:a54R1vB5

【サッカー】伊ガゼッタ紙「トルシエは中村俊輔を代表から外した為仏教集団から脅されていた」と報道
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1145351950/


365 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 08:38:33 ID:amXOK/WI
おはんにょあさょヽ(´∇`)ノ

366 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 19:50:56 ID:zlFtQ8XA
372 :南無大師遍照金剛 :2006/03/09(木) 10:41:11 ID:SFivNjJt
ヽ(´∇`)ノそもそも祟りがないから供養しない…情無くありませんか?祟りがなくても水子さんにどうやってあげたら喜んでくれるか、考えてる時、その人は人の事を思える優しい人だと思います。思いやりのある方だと思います。素敵なことだとお願います


373 :くま :2006/03/10(金) 00:31:53 ID:kNO6nOgq
>>372 同感です。考えているだけではなくて実行しないといけないですね。


374 :南無大師遍照金剛 :2006/03/10(金) 00:40:46 ID:/+MGRSLx
(-_-;私は水子さんの祟りは無いと思いたいです。水子さんは母親が恋しく泣いていると思います。母が恋しい。水子は寂しく泣いて母の周りをウロウロして「お母さんカマッて寂しいょ」と訴え、それが何かしら不幸な結果として現れたとしてそれを祟りと言えるでしょうか…


375 :南無大師遍照金剛 :2006/03/10(金) 00:45:34 ID:/+MGRSLx
お母さんお父さん兄弟を慕いこそすれ憎むはずはないと思いたいです。水子の寂しい孤独悲しいこの気持だけで結局不幸な現象が現れるとおもいます。母が優しいくカマッてあげ供養してあげれば、この負の気持はなくなるのかなぁ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050841658/l50から引用。電波こと昆布は
以上のフレーズからナム金が水子のたたりだと主張して因縁つけてきてます、ぜひ
電波昆布をスルーでおねがいします




367 :中観派:2006/04/19(水) 20:45:00 ID:TekS8Q8c
>>356
しかし、なぜ水子の祟りが供養することでなくなるんですか?
供養することで祟られる可能性はゼロなんですか?
水子の祟りは完璧には否定しないが、供養して祟りが消えるとも考えない方がいい
と思います。
他にもっと正しいと思うことがあったら教えてください。

368 :中観派:2006/04/19(水) 20:50:41 ID:TekS8Q8c
死者に対する正しい行いとはいったいなんですか?

369 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 20:59:11 ID:amXOK/WI
ヽ(´∇`)ノおいらかぇ♪

370 :中観派:2006/04/19(水) 21:04:32 ID:TekS8Q8c
死後天国があることを信じ、死者が幸せでありますようにと唱えるのは死後天国
があることに執着していると考えています。
また、絶対に死んだら無だといいはるのも死後の世界を否定しすぎると思います。
やはり、死者に対しては生前親切にしてもらったことをありがたく思えばいいん
じゃないかな。

371 :中観派:2006/04/19(水) 21:05:57 ID:TekS8Q8c
>>369
ちょっと俺の考えが正しいどうか見てくださいな。

372 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 21:07:22 ID:amXOK/WI
ヽ(´∇`)ノ…折角いっぱい宗教あるんだし、日本はイスラム、キリスト、仏教、好きなの選んでもよいんでね?ただ、相手の価値観認めたうえでだけど。

373 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 21:09:45 ID:amXOK/WI
ヽ(´∇`)ノ中観さん成長したねぇ♪でも、他の人にもそれぞれ考え方あるから、コレが正しいとはないと思います。他の方はどうでしょうか?

374 :中観派:2006/04/19(水) 21:11:47 ID:TekS8Q8c
>>372
相手の価値観を完璧に認めるのは難しいね。
どの宗教もこうした方がいいよと人を助ける気持ちで
お互いに自分の宗教の意見を言えば、妄想的な宗教は自然に消えちまいますよ。


375 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 21:14:04 ID:amXOK/WI
ヽ(´∇`)ノ中観さん自身が納得でき自分で安心出来る考え方が答えだと思います♪私は宗教とは生きてる人が幸せになる為の道具だと思ってるので♪宗教の押し付けは価値観の押し付けだで、価値観の押し付けはお節介ではないでしょうか?

376 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 21:15:01 ID:amXOK/WI
ヽ(´∇`)ノ中観さんなんかあったの?

377 :中観派:2006/04/19(水) 21:17:32 ID:TekS8Q8c
>>373
皆さんどの宗教も自分の宗教が一番っていいたいんでしょ。
だったら、言えばいいじゃないですか。ただし、他人を見下し、自分の
正しさを主張するのではなく、自分がこういうふうに考えたら楽になって
正しそうだよと人を助けるために言えばいいんですよ。
みんなで意見を出し合えば正しいものは見えてくるんじゃないですかね。

378 :中観派:2006/04/19(水) 21:20:08 ID:TekS8Q8c
んん、奥深き悟りの世界。

379 :南無大師遍照金剛:2006/04/19(水) 21:20:59 ID:amXOK/WI
マヂ( ̄□ ̄;)!!

380 :中観派:2006/04/19(水) 21:22:06 ID:TekS8Q8c
>>376
ちっとテーラワーダ仏教にいってみて教えてもらった。


381 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/19(水) 21:22:30 ID:pVchvHza
>>375
>私は宗教とは生きてる人が幸せになる為の道具

それは、まさしく正しいよ。
それで、不幸になった人は、誰が救うの?


382 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 21:28:20 ID:PQuDjj0I

電波警報発令中!

383 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 22:02:49 ID:zlFtQ8XA
381 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/19(水) 21:22:30 ID:pVchvHza
>>375
>私は宗教とは生きてる人が幸せになる為の道具

それは、まさしく正しいよ。
それで、不幸になった人は、誰が救うの?

でちゃいましたね電波昆布のあげあしとりww本人はこれで勝ったつもりなんです
レベル低いですね。幼稚園児の口げんかレベル。自分で考えろよ。
不幸にならないように。

384 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 22:05:53 ID:zlFtQ8XA
無神経雑談スレ主催 電波( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6の特徴
まさにこの説明とうりなのわかるでしょww
・とにかく激しい自己中。(皆がどんなに苦労していても自分さえ楽できれば問題なし)
・どんなに自分に非があってもいかなる時でも自分を正当化するのに必死になる。
・自分と少しでも異なる意見をもつ人は激しく攻撃するかバカにする。
・少しでもお洒落をしている人は全てDQNと脳内変換する。
・一般人を「マスコミに踊らされているバカども」というふうに思っているが
 自分たちは2chのデタラメな情報に踊らされてる
・アニメのかわいい女子高生は大好きだが現実の女子高生とは怖くてしゃべれない。
・貧乏で育ちが悪いせいか金持ちや成功者を妬む。
・いじめられっ子だったせいかちょっとでも癖のある人間をDQNときめつけ必死にたたく
・人の目ばかり気にして人の真似しかできない
・汗っかきで腋が苦い
・前頭前野が腐ってるのでマニュアルどおりの行動しかとれない
・携帯の登録者数は5件未満。
・人の不幸を自分の糧とする。
・人の手柄を自分の手柄にする。
・挙動不審で常にプルプル震えてる。
・HQが低


385 :けちゃっふ゜:2006/04/19(水) 22:57:14 ID:Naelhpph
>>367 儀式には、気持ちを切り替えさせる交換があります。
儀式の力が必要な人もいる。ただそれだけのこと。
儀式とは、儀式をせずにはいられない人の気持ちそのもの。

386 :中観派:2006/04/19(水) 23:15:28 ID:TekS8Q8c
>>385
そうでしたか。しかし、祟りをなくすためではなく、生きいる人たちに有意義
なことを坊さんたちは言ってもらいたいものだ。
葬式の時のお経は意味が分からん。分かりやすく言ってほしい。

387 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/19(水) 23:49:22 ID:pVchvHza
南無菌は論外として、

電波を退治できる力量のある糞ボーズはいないのか?

もちろん、駄洒落でもいいぞヽ(^。^)ノ


388 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 00:45:05 ID:Zs964+Sg
電波って>>384のことか。オウム信者だから関わるな。

389 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 02:27:40 ID:uKiVn2cY
konbuが自作自演してるんじゃねーの
あいつマゾだから

390 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 06:41:18 ID:dD+K4FIG
電波、さんざん食ったからな。
飽きた。

天国も地獄もないと思ってるから祈る。
最初からあると思って祈るのは、詐欺師。

念仏で救うことはない。
自己満足のみ。
否定されれば排除するだけの宗教は政治思想の妄想集団。

仏教の教えはそんなところにはないが、
そんなところにも仏性はある。
なかなか、仏教も奥が深い。


391 :けちゃっふ゜:2006/04/20(木) 08:29:48 ID:ecKm4Qfq
>>386 葬式も儀式ですからね…


392 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 09:50:39 ID:9wv5pY2J
仏教では水子の霊障などありません。
ただ、方便としてならあるでしょう。
水子を信じている人に、いきなり無いと言っても迷いが深まるばかりです。
だから、たとえば写経や読経を進める。
人によっては題目や念仏を勧める。
あるいは加持祈祷であるかもしれない。
これを仏縁と呼びます。
仏縁とは人と人との縁です。
2chで書き込む、レスがある、これも人の縁つまりは仏縁です。
この世では、同じ程度の人間同士がつるんでいるように、
自分の器量に合った仏縁にしか出会えないものです。

393 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 10:21:59 ID:dD+K4FIG
>>392
その話はよくわかりますよ。

>水子を信じている人に、いきなり無いと言っても迷いが深まるばかりです。
まさに、私の場合は、その逆をされたわけです。
つまり、水子なんて信じてないのに、それは霊障だといわれた。
まあ、いわゆる、仏縁だと思って、写経をやった。
別に変化はない。
というか、疑問がますばかり。
したがって、その根本のところを聞いた?なぜ?
写経はやめろと否定された!
したがって、その根拠も聞いた!
大騒ぎになった(^O^)/
私は、これも仏縁だと思って、電波鱈腹食べた。
しかし、解答はない。
従って、未だに、その解答を頂いていない。

従って、相変わらず写経は続けてる。
やることに根拠がなければ、やめることにも根拠がない。



394 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 10:23:44 ID:y6CifafU
>>393
禅的だなw

395 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 10:54:15 ID:dD+K4FIG
今頃気ついた?
私は、臨済です。

最初から、それでいってますヽ(^。^)ノ
電波も禅問答でやり取りしてましたよヽ(^。^)ノ

知ってる人は、わかってやってましたし、ハイ。
楽しかったです。ハイ。

んで、解答はヽ(^。^)ノ


396 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 12:33:03 ID:9wv5pY2J
臨済禅では、自分の行動の結果は自分で責任を取れと教えませんか?
写経をするのも自分、やめるのも自分です。

397 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 12:33:07 ID:L63YqpTt
水子の霊が無いなんていうほうもおかしいが。
どうして無いと分かったのかな。
水子の霊が祟るという言いがかりは、何を根拠に言ったものかな。
はたまた
写経が水子の霊が祟ることと関係があるというのは、何をどうやって確認したことなのかな。
写経が水子の霊をさらに祟らせるというのは、どういう理屈で、誰がどうやって
真実性を知ることができる話なのかな。

398 :けちゃっふ゜:2006/04/20(木) 12:50:51 ID:ecKm4Qfq
祟られても祟られなくても、念仏すれば往生できます。
写経しても写経しなくても、念仏すれば往生できます。
どちらでもいいのです。
どちらでもいいのだから、やってもやらなくてもよかった。

その時やりたいと思ってやったのなら、それもいい。
後から悩む必要もないのです。
でも悩みたければ悩むのもいい。
悩んでも悩まなくても、念仏すれば往生できます。

399 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 13:08:44 ID:lWcnMd96
祟りに抵抗することも一種の祟り。

400 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 13:14:54 ID:dD+K4FIG
>>396
だから、呪われるといわれてもやめてませんし、
別に、やれといわれたから、やってるわけでもありません。
南無菌を信じた自分を信じたわけですから。

私のいってる意味は、あなたなら、わかると思いますが。


401 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 13:17:37 ID:dD+K4FIG
>>397
それを尋ねているのです。

わからないなら、わからないでもいいのです。
答えないのがよくわからんし、逆切れされたし。
よけいに、なんか答えがありそうじゃない・・・・・


402 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/20(木) 13:24:39 ID:dD+K4FIG
>>398
念仏は知らないですけど、
その感覚は、私の普通の感覚です。

そのときはレスとして残ってますけど、
写経したときの私の感覚は、「写経の根拠聞け」です。
それは、南無ちゃんにも伝えてます。
本人は、「私が答えなかったら」と私に、質問を質問で返しました。
私は、「私の声は、答えられる奴をさがせ」と答えました。

で、何日か経って、写経やめれのと大騒ぎ。
なぜ、そうまでして、答えられないのだろう?


403 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 14:39:53 ID:9wv5pY2J
>>400
写経の根拠は法華経の方便品あたりにあります。
が、それよりも大事なことは人を信じるということです。
裏切られたとしてもこれを信じる、それが信じるということです。
そういう人にめぐり合う機会は極めてまれですが、
求めて止めなければ、何時か出会いがあります。

404 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 13:48:01 ID:4eul9yPb
顔文字電波( ‘,_ゝ‘)◆ 寄生虫だらだら

405 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 14:07:03 ID:/XxaOzHR
ヽ(´∇`)ノ

406 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/27(木) 18:38:32 ID:asMrpS2v
>>403
お礼が遅れてしまいました。
ありがとうございました。

>>404-405
君が一日でも早くよくなるようにね。

407 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 23:46:43 ID:rnMsNd1F
写経の効能を聞いて、効能を求めて写経すると
元の木阿弥
宗教に理論を求めて生半可な頭のいい学者になって何もつかめずおしまい

408 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 23:50:07 ID:rnMsNd1F
つかめずというより、手放せず

409 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/04/28(金) 11:55:43 ID:65zbJewn
>>407-408
いやあ、やっと、まともな話聞きましたね。
南無菌とは、まったく反対ですから。
お願いごとスレって、しつこかったですからね。
願い事なんかないって、突っぱねてやりましたけど(笑)
それで、怨んでるのかもしれないですけどね。

まあ、もっと早くに聞いてれば、有意義な質問できたかもしれないですね。
南無菌と先に出会ったのも、なにかの因果でしょう。
私は、無神無臭ですし。
いやあ、ほんと、助かりました。ありがとうございます。

ではでは。

410 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 18:53:05 ID:++T4ZUNa
愛国心教育について、仏教ファンの皆様はどう思う?

411 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 20:52:56 ID:djhUObp4
>>410
愛国心教育を推奨している人物が、おそらく一番愛国心を欠いているらしい。
一般に、何かを強調するのは、その何かに対するコンプレックスの裏返しなんだね。
屁をひった人が真っ先に「クッサー!」と騒ぎ出すのと似ている。

412 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 21:42:34 ID:4O7c8KZE
一面的な解釈が散見されますね

413 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 23:55:52 ID:8Rwdu1ge
>>397
そもそも霊なんてものは客観的には存在しないんだから、本来、霊障だの
祟りだのというものが存在するはずが無い。
しかし現実に「霊障」や「祟り」に悩まされている人がいるのは何故なのか ?

まず、貴方は「霊」とは何だと考えますか ?
そしてそんなものが本当に存在すると思いますか ?

414 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 00:00:20 ID:PXpBaGUv
霊障を恐れて批判するわりに神仏を信じない
無明が恐れや恨みの原因だ
悪霊が不意なる事故や精神障害や無呼吸を起こさせるのなら
神は気を強めたり浄化ができることにはならないのだろうか
既に癇癪批判を起こしているのなら霊障であるが
その根源の流れから清めてすがすがしくする可能性もないがしろにしない
まぁ可能性っていうか、こちらにとっては現実なんですがね

415 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 00:02:06 ID:PXpBaGUv
神が来るのか
仏が来るのか
その眷属が来るのか
外延にいるものが来るのか
何も来ないか
悪霊が来るのか
煩悩が来るのか
雑魚の手下が来るのか
もどきが来るのか
なんであれ自分に見合った奴がくる
もし書かれていることが本当だとしたら
いつかそれを本当に知ったとき
恥ずかしさに狂うことだろう
というのが目に見える
だから今は逃げるしかない

416 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 00:04:36 ID:4O7c8KZE
ただ水子かどうかは知らないですよ

417 :宗教大学者:2006/05/20(土) 22:29:41 ID:IagQvelN
霊障、それは神道的感覚の肥大化であり、仏教の教理とは関係ないものです。タタルから祭る神道の感覚、怨霊の感覚

418 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 23:12:27 ID:VsgCfSdS
神道の経験が浅い

419 :名無しさん@3周年:2006/06/01(木) 21:50:16 ID:K1u9di05
申し訳ありませんが、どなたか、以下の数行に口語訳を付けてください。
当方、漢文にも仏教にも全く無知なため、困っております。

----<摩訶止觀卷第六(上)> のはじめの4分の1くらいのところ ------
如大品明乾慧地性地乃至第六地共聲聞。
至七地共支佛。至八地九地共菩薩。
菩薩地轉入第十。名佛地。所言共地而有高下者。
-----------------

よろしくお願いします。

420 :名無しさん@3周年:2006/06/01(木) 23:05:38 ID:+4Jb6mGP
前後の切り方は合ってるの? >>419

421 :419:2006/06/02(金) 06:44:51 ID:ZU0SfwGQ
>420
前後の切り方がわかるほどの知識が私にあれば・・・
少し行を増やしてみましたが、いかがでしょうか。

若論支佛。更侵少習氣不生爲異耳。
此約析假斷思判位。略如此也。二通家體思三乘共位者。
如大品明乾慧地性地乃至第六地共聲聞。
至七地共支佛。至八地九地共菩薩。
菩薩地轉入第十。名佛地。所言共地而有高下者。
論云。三人同斷正使。


422 :名無しさん@3周年:2006/06/02(金) 09:58:03 ID:r1aurfzu
>>419
水野弘元『仏教要語の基礎知識』春秋社 、旧版では219頁か、
『八宗綱要』講談社学術文庫、332頁の十地の表を見れば分かり易いと思います。
凡そ以下のような意味だと思います。

『大般若経』に明示されるように第一地の乾慧地、第二地の性地から
第六地までは聲聞の境地と同じ。第七地までは独覚の境地と同じ。
第八、九地までは菩薩の境地と同じ。菩薩の境地が転じて第十に入れば、
ブッダの境地と言う。共通と言いながら高低があるのは論書に....


423 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/02(金) 11:07:04 ID:WLWuja8Q
●ここのスレッド進行は基本sageで御願いします。

だそうです。

守ってる人いないなぁ〜(笑

424 :419:2006/06/02(金) 20:50:37 ID:ZU0SfwGQ
>422
ありがとうございました。
たすかりました。

3.大品般若経に説かれる十地
 
 華厳学では、三乗と共通のものである為これを「三乗共の十地」「共地」という。
 天台ではこれを「通教の十地」という。
 なお、『大智度論』では十地がみな助け合って仏果に到らせると説く。
 
(1) 乾慧地(浄観地)── 声聞の三賢位
(2) 性地(種地)── 声聞の四善根位
(3) 八人地(第八地)── 声聞の見道十五心の須陀?向
(4) 見地(具見地)── 声聞の四果中の初果=須陀?果
(5) 薄地(柔軟地)── 須陀?果または斯陀含果
(6) 離欲地(離貪地)── 阿那含果
(7) 已作地(已弁地)── 阿羅漢果
(8) 辟支佛地 ────── 因縁の法を観じて成道したもの
(9) 菩薩地 ────── 菩薩としての最初から成道の直前までの位をいう
(10)佛地 ────── 一切種智などの諸仏の法が完全に具備した位

引用させていただいたHPは
ttp://homepage3.nifty.com/huayan/doctrine/jiewei.htm





425 :名無しさん@3周年:2006/06/02(金) 23:59:42 ID:jSGiO/uT
なんとかの土俵入りはどこにいるんだ?

426 :名無しさん@3周年:2006/06/04(日) 00:54:05 ID:NbBMGs4S
>>425
相撲板に帰ったんだろ

427 :名無しさん@3周年:2006/06/22(木) 17:37:54 ID:hOtchIrm
昆布うんこに寄生されて嫌になったんでしょ。可哀想にね。

428 :南無大師遍照金剛:2006/06/30(金) 19:49:12 ID:2fjWkdsc
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

429 :南無大師遍照金剛:2006/06/30(金) 20:31:34 ID:2fjWkdsc
ヽ(´∇`)ノねぇねぇ♪大乗仏教と小乗仏教って何処が違うの?
解釈にどんな違いが出てくるの?
教えて、暇人さんと素人さん♪

430 :( ´,_ゝ`) ◆konbu//XQ6 :2006/06/30(金) 23:27:39 ID:EQM/hKo5
なんだ、ここは、ずい分役者そろってんだな(笑

しかし、仏教って、レベル低いなぁ〜



431 :聖霊大王:2006/07/01(土) 10:21:29 ID:JaP/cw8D
なむだいしどの、おいらが、答えよう。
小乗仏教は、自分の心を無我とするが、自己以外の世界に論述がない。
瞑想を通じて、釈尊の教え、パーリ仏典の内容の教え(北伝の阿含経典が近い)と戒律を守る。
大乗仏教では、開祖の竜樹の立場では、自己及び、世界は空であるとする。やっぱり、臨済宗が一番近い。
そして、その後継者は超越した力、如来という力で他者を救うというのが大乗の特徴ともいえる。

432 :南無大師遍照金剛:2006/07/01(土) 11:02:40 ID:ho0N9rOM
(-_-;…

433 :南無大師遍照金剛:2006/07/16(日) 12:14:19 ID:xF66KMKR
ヽ(´∇`)ノあげ

434 :名無しさん@3周年:2006/07/23(日) 16:46:43 ID:Ar1elMSZ
宗門大学一覧
浄土宗・浄土真宗の浄土系大学
埼玉工業大・大正大・淑徳大・東海学園大・☆佛教大・京都文教大
武蔵野大・同朋大・龍谷大・京都女子大・大谷大・大阪大谷大・兵庫大
以前の宗門では東洋大も含んでいたが、今は手を切っている。
曹洞宗
東北福祉大・駒澤大・駒澤女子大・愛知学院大
真言宗
大正大・高野山大・種智院大
天台宗
大正大・京都精華大
宗門大学 僧侶養成校「同宗派に複数ある場合ランク順」
浄土真宗本願寺派・・龍谷・同朋・九州龍谷短大
浄土真宗大谷派・・大谷・大谷短大
浄土宗・・佛教・大正・西山短大
曹洞宗・・駒澤・東北福祉・愛知学院・鶴見
臨済宗・・花園
日蓮宗・・立正・身延山
真言宗・・大正・種智院・高野山
天台宗・・大正

宗門大学 非僧侶養成大学
浄土真宗本願寺派・・京都女子・京都女子短大・武蔵野・兵庫
浄土真宗大谷派・・京都光華女子・大阪大谷・各地の大谷短大
浄土宗・・京都文教・淑徳・東海学園・埼玉工業・華頂女子短大・淑徳短大
曹洞宗・・駒澤女子
日蓮宗・・文教
和宗・・四天王寺国際仏教



435 :南無大師遍照金剛:2006/08/06(日) 10:43:37 ID:h0+3leSL
ヽ(´∇`)ノパゲ♪

436 :承狂:2006/08/10(木) 02:05:48 ID:0ljHsC/D
ハゲ?

437 :承狂:2006/08/10(木) 06:49:09 ID:0ljHsC/D
ナムサンへ。
私は唯識以降の仏教を否定的に見ているのですが、その辺のトコロを論争しませんか?
唯識のスレでは誰も相手にしてくんないから暇なの。

438 :南無大師遍照金剛:2006/08/10(木) 11:00:58 ID:OV0JfEVb
あんまり難しいお話わからない(*_*)
神社・仏閣
http://travel2.2ch.net/kyoto/
ここはイパーィいるょ

439 :承狂:2006/08/10(木) 13:55:59 ID:0ljHsC/D
ええっ!
板違いですか?
マジですか!
ウウッ。
すいません〜お騒がせしました〜。

440 :承狂:2006/08/10(木) 15:43:10 ID:0ljHsC/D
神社仏閣に行ってみましたが、微妙です。
微にして妙です。
つー事で、もう暫くは此方の板に粘着させて?

441 :南無大師遍照金剛:2006/08/10(木) 16:12:54 ID:OV0JfEVb
>>437唯識以降の仏教を否定的に見ているのですが

理由教えてもらえます?
唯識前の仏教がどんなので以降がどうなのかで、どんな仏教が理想なのかm(__)m

442 :承狂:2006/08/10(木) 16:26:25 ID:0ljHsC/D
私見ですから、私はこう感じたって事で、何処かの人みたいに否定と断定はしてないからね。
(って断りいれないとコンドーする人がいるみたいだから。)
えっと、お釈迦サンから中観までは、求道者に対して彼の岸に如何に渡るかを問題にしてたと思うけど、唯識からは法の自性を断定してる様に見えたんだな。
こんな感じだがどうよ?

443 :南無大師遍照金剛:2006/08/10(木) 17:05:23 ID:OV0JfEVb
じゃ、なんで唯識以降は否定的にみてるの?

444 :南無大師遍照金剛:2006/08/10(木) 17:07:58 ID:OV0JfEVb
じゃ、なんで唯識以降は否定的にみてるの?

445 :承狂:2006/08/10(木) 17:20:23 ID:0ljHsC/D
異熟とか如来蔵とか断定してるから。

446 :南無大師遍照金剛:2006/08/10(木) 17:32:13 ID:OV0JfEVb
●宗教●(´・ω・`)ノ●無宗教●4●
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154704939/
ここに聖霊大ちゃんいるから話してごらん

447 :承狂:2006/08/10(木) 18:58:01 ID:0ljHsC/D
(-o-)/
お邪魔しました。

448 :聖霊大王:2006/08/11(金) 09:40:23 ID:1fEBG0jP
ま、承狂ちゃんのいう、気分は分からんでもない、
結局、唯識から、三身など、弥勒菩薩など、自己洞察から、神秘主義要素が、入るから、
否定したくなるということでしょう。
如来蔵は、仏教神秘主義が成り立たないと、完成できない。
仏という外的または実体傾向のものが否定したいのでしょう。
ま、おいらは、チベット密教に無理やり一方的に、ゾグリム、ゾグチェンの世界にぶち込まれたから、
如来蔵思想は否定もしないが、、、、


449 :承狂:2006/08/11(金) 11:03:11 ID:ZIPGf4LB
お?
此方でも良かったんですか。
向こうは暑いな。
オイラ着いていけんぜ。
さて、精氏はボン教ですか。
私も密教やってましたが、シドケギョーでミキリを着けました。タイゾー法でアラヤシキ云々が出たからね。
神秘とか術等では、先ず大陸の法でンしょう。
ヨーガや道教の仙人が右に出る者は無いでしょう。マァ、本当に居たらの話ですけど。
だが、求道者として考えるならば、中観までの法が、最も美しかろうって話だ。
曰く異熟と思量と了別境って、なぁ。
論拠を出してからの話だろ?

450 :聖霊大王:2006/08/11(金) 12:28:46 ID:1fEBG0jP
中観までの法が、最も美しかろうって話だ。
という気分は賛成だ、、
おいらは日常生活は臨済禅至上主義だからね、
シンプルイズベストだな、
やけくそな、神秘主義能力抜群な、おいらだが、臨済禅の美しさには参るね、、

451 :承狂:2006/08/11(金) 18:13:11 ID:ZIPGf4LB
イヤン。
賛成されたら話が終ってしまうの〜。

私は、禪家には偏見を持ってて、拈弄とか言われる坊主は、オダムドウの同類にしか見えん。
トキに、ザグだかグフだかって何ですか、向こうの密教は全く知らないので、黄帽派とか何とかミタイな宗派名でしょうか?

452 :名無しさん@3周年:2006/08/12(土) 16:01:42 ID:B9V9lF87
日本で残る、仏教で、一番中観に近いのは臨済宗だよ、
東大寺の、鎌倉時代の僧の「八宗綱要」だったか、講談社学術文庫、鎌田訳、
のうち、中観の流れにある、三輪宗(今は滅亡)の教義を見ると、禅を理論化した感じだ。
承狂ちゃんは、何も知らないで、禅を云々と言っている様だね、、
三輪宗の教義を見れば、禅の教義を理論的に語っていると気づくね、、

453 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:03:14 ID:B9V9lF87
452は聖霊大王です、、忘れた。

454 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:08:08 ID:B9V9lF87
禅と密教は正当性はともかくとして、この世界への野心は相当なものだよ、、
暑さを暑さと感じさせず、精神を超合金化するからね、そして、他者の心理を動かそうとする野心がある。



455 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:11:57 ID:B9V9lF87
禅は禅でも、曹洞宗は、自性要素があるね、
臨済宗は、一切を疑い、一切を否定するから、始まるから、
これは、どんな方向へ行こうとしているか、承狂ちゃんわかるよね、、

456 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:20:45 ID:B9V9lF87
ゾグリム、ゾグチェンは、密教の最終の修行コース。
おいら、師匠もいないのに、狭義も知らないのに、
曼荼羅見て、勝手に観想し、三密加持ののりでやったら、
精神のコントロールが効かなくなり、(倶生の大楽という世界らしい)、
あと、幽体離脱しそうになった(幻身というらしい)
っ世話になっている高徳の禅僧の寺に駆け込んで事なきをえた。
やばかった、精神病院行き手前だった。
なんか、よくわからんが、3年前の話だ、それ以前は坐禅をやってたが、顕教合理主義者だったから、
密教なんかと、馬鹿にしてたんだが、、

457 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:41:55 ID:B9V9lF87
禅坊主は、一流は少ない、多くは雑魚となる、一流に会うのは難しい。
一流の師に会わずは、地獄に落ちるらしい、
禅は、神秘主義否定で、織田無道は神秘主義で、外道だよ、

458 :承狂:2006/08/12(土) 16:42:48 ID:fbEiWX2L
一寸、16日迄席を外す。
禪に関しては全くの素人だから、良かったら教えてね。
我流の中論解釈でツッコミ入れるから。
取り合えず、現在の私の基本解釈をば。
禪家の法は、仏教ヨーガ派だろう。
行法では本家のヨーガ諸派に遅れをとり、禪那に着すが故に正思惟より外れ易し。
事理は不二なり。
テングの長袖、多いに笑うべし。

459 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:44:29 ID:B9V9lF87
そういえば、チベットで観想して、エライ目にあったあと、10日みごとに、完全に性欲消滅していたな、、

460 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:46:00 ID:B9V9lF87
一切を疑い、一切を否定するから、始まるについて、
どう、思う??

461 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:47:42 ID:B9V9lF87
「仏に会っては仏を殺し、師にあっては師を殺しという感覚、
その方向性は何だと思う???

462 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:49:04 ID:B9V9lF87
さ、承狂ちゃん、中論で考えてね、、

463 :聖霊大王:2006/08/12(土) 16:51:45 ID:B9V9lF87
お経を焼く、仏像を壊す、お経を便所紙にする、
その感覚は???

464 :聖霊大王:2006/08/13(日) 10:39:54 ID:WyTTMaPn
承狂ちゃん,乗ってこないね、
臨済録を極めていくと、中論、すいすいと書いている意味がわかるが、、
承狂ちゃんは臨済録の書いていることわかるの??
推測、中論でしっかり、修行してたら、臨済録の書いていることわかる。
中論を学問的に捉えているだけなら、臨済録の書いていることわからない。

465 :名無しさん@3周年:2006/08/13(日) 10:42:57 ID:v2AZVx60
聖霊大王はコンブ以上に狂ってるね。

466 :承狂:2006/08/16(水) 00:53:42 ID:Dwx4OiyT
一日早く戻ってみた。
未だリンザイサンは見てるかな?
えーっと。
全て疑うなら、禪も仏教も、自己の認識も思考も疑わにゃな。
殺人鬼の心理は知らんな。
経典や仏像の扱いは、その状況に選るな。一概には言えんわな。
リンザイロクは読んだ事無い。
禪家の書は訳解らんから。
中論以前の問題出されても、ツッコミ様が無いんだけど。

467 :承狂:2006/08/16(水) 22:45:52 ID:Dwx4OiyT
補足事項。
文脈から見て、法の絶対視の否定を言いたいようだが、ならば、僧籍に身を置く連中が、規定通りの仏具や衣を用いるのは、間違いになるか?
事理に別すれば、先ず戒に寄りて如法に修め、次に法に寄りて理を観じ、更に事理を双修すべきであり、係るレベルに於て初めて『設え三界の一切の有情を害せども悪趣に堕せず』となるが、何にせよ、俺等のレベルでは関係なかろう。
上段に構えるンは、余程の腕じゃネーと笑われるだけだぜ。

468 :素人:2006/08/17(木) 00:04:19 ID:hkAdSY9a
>>467は良いレスですね。

469 :承狂:2006/08/17(木) 05:41:27 ID:c9jnxdtP
ありがとう。
だが、私的には口戒に抵触したレス。

470 :承狂:2006/08/18(金) 07:05:37 ID:0WSgDCaP
何だか、唯識のスレみたいに、此処でもシカトされる様な気が…。

471 :南無大師遍照金剛:2006/08/18(金) 08:16:19 ID:fsncRYaN
■原始仏教談話室 その4■
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1146643240/
原始佛教 その18
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1152062013/
ここ覗いた?

472 :聖霊大王:2006/08/18(金) 16:31:07 ID:EHyxH6yT
承狂ちゃん、まず、中論の序を表現できるか否かのレベルの問題だね、、

473 :承狂:2006/08/18(金) 22:02:37 ID:0WSgDCaP
ナムサンへ。
見ましたが、ちょっと付いていけそうにありませんでした。
聖霊さんへ。
八不と戯論の消滅が、表現出来るか否かなら、現在の私が貴方に対しては出来ないと答えます。
因みに、私は中村元氏の『龍樹』というテキストに依っています。
中論は主に自性が有るとする説一切有部に対して、八不を説き一異五求を説き、更に廻諍論に於て空と縁起と中道が同一であると説くとする解釈です。
カヨウにテキストに依って伝える事は出来ますが、私はその境界は理想として認識しており、自ら体現した等と認識する事は、所謂空見であり、イトウ所です。
長すぎか?

474 :♥ 殿舎男」総合マニア系? ◆ej9/UehK8Y :2006/08/19(土) 03:35:49 ID:OOjTdPqM
1のテンプレだと学会員は嫌われてるな
漏れ逃走

475 :聖霊大王:2006/08/19(土) 11:55:38 ID:qINhqNaR
承狂ちゃんへ、
「カヨウにテキストに依って伝える事は出来ますが、私はその境界は理想として認識しており、自ら体現した等と認識する事は、所謂空見であり、イトウ所です。」
この部分、唯識も当てはまるんじゃないの???
結構おいらは、勝手に、唯識、天台、真言等の瞑想感覚を味わうが、、
体験または、知りつつあるもののみぞ、知るのであって、
唯識等他宗派の議論は無意味な感じがする。。
「戯論を絶する」。。

476 :承狂:2006/08/19(土) 21:38:19 ID:/jU9N1Jl
他人をちゃん付けで呼ぶ人へ。
ならば話は終わりだな。


477 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 21:54:13 ID:mGKsfLbL
(_)y-~ちゃんズケごめんね
大五郎は俺でもスゲームカツクときあるから
彼も悪気ないから許してちょ
因みに承さんは禅やら瞑想はする?
読経はする?


478 :承狂:2006/08/19(土) 22:44:19 ID:/jU9N1Jl
ナムサンへ。
謝る必要は無いでしょう。
自心の分別に依って差別する事は、凡夫である以上、止むを得ぬ事です。

尚、私は禅宗とは縁がありませんでした。読経は理趣なら一通り。
因みに、議論に行の有無が必要でしょうか?


479 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:02:38 ID:mGKsfLbL
お経ってさ多くは日本語に訳さないよね
何故か?
真言やら陀羅尼は訳されてないのに重宝されてるのは何故か?
とか考えたことない?
仏教は思想哲学的にも優れてるけど
それ以上に引き付けるものあるとか思わない?
理論も大切だろうけど今の時代に合わせた最も適切な形って考えたりする?
仏教が今の時代に役に立つ方法は何かとか?
仏教を学問として捉えるか
それとも人生に役立つ道具として捉えるか


480 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:06:44 ID:OH1r+uMR
>>478
読経とか瞑想とかを直に指していうワケでもないけど、
「行い」に還元されない、または「行い」に基づかない議論というのも
結局は「戯論」の域に入ってしまうんじゃないでしょうか?

481 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:11:46 ID:mGKsfLbL
議論は行の有り無しで変わるよ
行を重んじればそっちに傾くし
行したことなきゃ行の大切さ分からないだろうね
行は理屈(=知識) ではなく経験だと思うからね
経験したことない人には分からないからね
解釈にはお釈迦様は私達にお釈迦自身になれって言ってるとおもうか(経験重視)
つまりお釈迦様が経験したことを経験しろとね
それが悟りだと
それともお釈迦様の話した事を理解しろ(知識)かな?
経験に重きを置くか知識に重きを置くかで議論違うでしょ?

482 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:13:22 ID:juHWwysP
>>480
勝義で言えばそうなるでしょうが、
一般人の日常にそれを適用すると、語れるものは何もなくなるし、
違う立場、違う価値観同士の対話さえ否定される。
学問研究(質疑応答)もまた否定される。

483 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:22:30 ID:OH1r+uMR
>>482
うーん。私は
「あらゆる言説において常にそうあるべき」とは言ってませんよ。
学問的に文献批判を追及したり、日常的な対話をするカテゴリーにおいては
「行」が必要なわけではないですよ。

ただ、こと仏道においては、実践の伴わない仏道に何か語るべきことがあるのか
くらいにすら思われるので。

484 :承狂:2006/08/19(土) 23:26:30 ID:/jU9N1Jl
釈迦は『オレを目指せ』とは言わず、
『ブッダはカクの如し』と言った。
行が日常生活での徳を指すか、宗教行為に限定するかで話は変わってくるのでは?

485 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:27:50 ID:Y4WTfNev
行をやって、行の内容によって
高尚な人間になったりするわけではないよ。
行をやったら高尚な人間になれると
思って努力することに意味がある。
まずは、そのことをしっておかないと
一部の人のように、行によって何かを得ても、
逆にとらわれを作ってしまうことになるから、
それではあまり面白くないと思うんだよね。

486 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:35:22 ID:OH1r+uMR
>>484
まあ、一般に「宗教的行為」ということになれば
宗派によっても違いますしね。
取り立てて読経とかいうような行為でなくとも、
日常生活の中で十二縁起を内観することもあるだろうし。

まあ、言うなれば「内証」を語り合う方向性が望ましいのでは、という思いがあったので。

487 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:35:41 ID:mGKsfLbL
林檎を説明するときは言葉で語るより食わせた方が確実
言葉での説明は幾ら言葉使っても分かる人以外には伝わらない
林檎を見せ食べ為せれば感じ方が違っても理解するでしょ?
仏教も見る角度によっちゃ何とでも見れる
だから経典なんていっぱいあるし
どれも真理の表現の一つにしかすぎかない
これで全てなんて経典ないでしょ?
仏教てのは真理体験するための道具手段だと思うよ?
仏教が最初にありきじゃなく手段道具に過ぎない
俺の考え節操ないんだけどね(-_-;

488 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:37:11 ID:mGKsfLbL
シャクソ仏陀は偶像崇拝禁止、詰り
おれが言った事を盲信せず自分自身で確認しろって言ってない?

489 :承狂:2006/08/19(土) 23:41:40 ID:/jU9N1Jl
ナムサンは、『語り得ぬモノには沈黙』のクチですか?
体験は記述されるべきであり、空想は追体験出来ないと思いますけど。

490 :名無しさん@3周年:2006/08/19(土) 23:48:04 ID:OH1r+uMR
>>489
横からすんません。
「体験は記述され得るが、記述されたことが体験そのものではない」ということではないでしょうか?
言葉の持つ限界を指摘しただけであって、
かれは「沈黙すべき」とは主張していないと思われましたが・・・

491 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:53:59 ID:mGKsfLbL
シャクソ仏陀は人のレベルに合わせて説法の内容変えたよね?
良く、霊とか先祖供養についてシャクソ仏陀は無記だから否定だって
結論づけるけど
でも弟子の目蓮とか個別には色々語ってるらしいね
話す相手次第だね
もし今君が瞑想やら禅を否定して空想体験も否定するなら議論は終りだね
経には空想体験は乗ってないかもしれないけど
空想体験の仕方は乗ってるからね
空想体験は体験するもんで知識じゃないし体験したものにしか分からないから
シャクソ仏陀は経典残さなかったくらい思慮深いから
空想体験なんて言葉で説明出来ないものは公に口にはしなかったと思うよ
口でいくら説明しても経験しなきゃ理解できないからね

492 :南無大師遍照金剛:2006/08/19(土) 23:57:24 ID:mGKsfLbL
>>490(o^-’)bソソ♪


493 :南無大師遍照金剛:2006/08/20(日) 00:12:27 ID:i4wyVcEq
般若心経には空想体験の仕方と空想体験はどんなんか乗ってるとおもうよ?
観自在=自分自身の有るべき状態を見つめる自問自答、座禅やら瞑想かね?する菩薩
行深般若波羅密多時
行が般若波羅密多にまで深まった時…て続くからね
結局、空と色の関係は般若波羅密多を経験為なきゃ分からないと
そして般若波羅密多を経験するための呪文
それが
ギャーテーギャーテーハラギャーテー…ってね

494 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 00:13:38 ID:h6wpg8jO
>>483
了解です。

495 :承狂:2006/08/20(日) 00:31:11 ID:jnkgkRtW
ハラミツとしてのゼンナを否定する仏教徒は居ません。

議論は終わりでも構いません。










オレは拝み屋の助手みたいな事もしたから、言いたい領域は分かる積もりだが、事理は不二だろ?
言語も佛道もツールだが、世界が相依性ならば体験は記述されるべきでは?

後、ウィトゲンシュタインの論理哲学論考の7『語り得ぬモノには沈黙しなければならない』って知らない?

496 :承狂:2006/08/20(日) 00:40:25 ID:jnkgkRtW
そっかー。
般若を体験してるンだー。

497 :◆v8O.VJAW5Q :2006/08/20(日) 02:28:46 ID:11yN0/M1
442 名前:承狂[] 投稿日:2006/08/10(木)
お釈迦サンから中観までは、求道者に対して彼の岸に如何に渡るかを問題にしてたと思うけど、・・・・見解1
唯識からは法の自性を断定してる様に見えたんだな。 ・・・・見解2

458 名前:承狂[] 投稿日:2006/08/12(土)
行法では本家のヨーガ諸派に遅れをとり、禪那に着すが故に正思惟より外れ易し。・・・・見解3

見解1と2について
求道者むけの追及は中観まででほぼやりつくしたので、
唯識からあとは在家、非仏教者向けに論理の構成をしたのではないでしょうか。
法については説明するのが困難であり、また概念的な理解で足るとするなら出家は不要。
しかし在家の方にそれを押し付けて、平然としているわけにもいきません。

見解3について
日本の禅は大乗であり成立時点で引継ぐべき宝を「捨」捨選択しなければならなかった。
正思惟が富貴によるとはお釈迦様もびっくりですね。

498 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 09:29:55 ID:e642r8xu
中村『龍樹』。
『摂論』は相依を明確にいえると思う。
だが、『中論』については慎重に考えた方が良いと思う。

『廻諍論』末偈。
『中論』二十四品十八頌も同じ。

499 :承狂:2006/08/20(日) 10:56:13 ID:jnkgkRtW
外さんへ。
1と2
ユイマは無視ですか?

何を言ってるか分かりません。

498さんへ。
オレは適当に考えてる積もりだが?

500 :聖霊大王:2006/08/20(日) 14:47:50 ID:XW6/rSlx
ちゃんずけはやめましょう、、ショウキョウ殿。。
なむさんとうまく遭遇しないな、、
南無菌のスレがあるけれども、、なむさん知っている??
のぞみちゃんが遊んでほしそうだったけど、、
何かあったん??

501 :承狂:2006/08/20(日) 15:37:28 ID:jnkgkRtW
人の事を殿よばわりする人へ。
変える必要は無いでしょう。
自心の分別心に従って他人を分別する事は…(以下同文)。

502 :名無しさん@3周年:2006/08/20(日) 16:41:12 ID:dQvT4Y9H
このスレよんで勉強になりました、そしてあらゆる余興を見せていただきました。

文字に頼って文字に翻弄され、言葉に頼ってまた同じかぁ、血の色が赤いことを証明するようなもんですね。


503 :承狂:2006/08/20(日) 19:48:54 ID:jnkgkRtW
な?
体験は記述されるべきだろ?
そして空想でなければ追体験可能なハズだろ?

504 :南無大師遍照金剛:2006/08/20(日) 19:58:26 ID:i4wyVcEq
(-.-)y-~
じゃさ、何で記述すべきなの?

505 :南無大師遍照金剛:2006/08/20(日) 19:59:43 ID:i4wyVcEq
(-.-)y-~
佛経典にはシャクソ仏陀が書いた物一つもないよ?
知ってるよね?

506 :承狂:2006/08/20(日) 21:23:30 ID:jnkgkRtW
ん?
結集によりアゴンが、その後、大乗経典まで、記述されてきたが、アレはダメな事では無いでしょう?
ツーカさ、『般若を体験』出来たなら、オレの相手何かする必要無いでしょう?

507 :聖霊大王:2006/08/22(火) 10:42:14 ID:NuCyvdag
ミスター承狂、今のところ、君は何を目指し、何処に向かおうとしているのか??
関心アリ、、

508 :承狂:2006/08/22(火) 15:40:04 ID:bCrrhZbT
これは異な事を。
参禅して中論を理解した御仁が、私ゴトキに興味をもたれると?
般若や空に至ったり、その算段が着いたならば、即、法を説くべきでは?
ボサツは三界に遊び衆生を度するモノですよ?

509 :聖霊大王:2006/08/22(火) 16:30:31 ID:0ftOqo5n
法をときましょう、、
「あなたの目の前にあるものが法でございます、、、」

510 :承狂:2006/08/23(水) 09:47:49 ID:NL7oMynH
皮肉の分かンねー野郎だな。
長袖にでも憑かれてンのか?


511 :聖霊大王:2006/08/23(水) 12:04:05 ID:/SHgXI0D
ほう、あなたの好きな、中論とは、、皮肉だったとは、、驚き、、
勉強になりました、、、
ショウキョウちゃんの理想は皮肉らしい、、

512 :承狂:2006/08/23(水) 18:47:14 ID:NL7oMynH
ウハハハハ。
マァ、そんなトコだ。
で、聖霊サンの『理想』とやらは、戒を破してでも他人をコケにする事ですか?
論と法は別だよ。
解ってる?

513 :聖霊大王:2006/08/24(木) 12:12:40 ID:IGnxVZCi
ショウキョウちゃんには、皮肉をいう、という戒があったんですね!!!
勉強になりました、、

514 :聖霊大王:2006/08/24(木) 17:02:59 ID:IGnxVZCi
ショウキョウちゃん、ちなみに、507から511までの話の流れ、理解できますか??
理解できないとしたら、、、、
相当、ショウキョウちゃんは、論理力がないのね、、

515 :承狂:2006/08/24(木) 18:44:18 ID:8g2VD/nO
ウン。
ボク、理解力無いの。
大した事無いボクにも分かる様にマトメて?
中論が理解できて、法までカタル精霊さん。

516 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

517 :聖霊大王:2006/08/25(金) 15:50:03 ID:UBqeI9no
ショウキョウちゃん、これだ、
「              
           
              
              」
はい、終わり、、

518 :名無しさん@3周年:2006/08/26(土) 03:14:52 ID:MiLfhWdO
>承狂さん
長袖とはなんですか?
また承狂の読みは「しょうきょう」でよろしいでしょうか?

519 :承狂:2006/08/26(土) 09:39:35 ID:EhidfCUv
長袖とは、昔、拝み屋を手伝ってた時に、其処で使われてた言葉で、坊主や神官が憑いてる場合に用いられてました。
多分、神道系の隠語だと思います。

ショウキョウ。

520 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 06:01:06 ID:c5Z67Cuu
あらためて、思うに
さとり とはいったいなんのことなんでしょうね。

521 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 06:20:10 ID:Hzyw/C7O
法にあらざるもの無し、といえど
悪をなし善にそわざるは法に適わず。

522 :名無しさん@3周年:2006/08/27(日) 06:46:03 ID:YhNl2GCj
法にまつわる胡散臭さは力や快適さに依る
説く者が抜苦を越えれば必ず我臭がある
いわずもがな、苦に耽溺するは転倒

523 :承狂:2006/08/27(日) 22:42:38 ID:LDdB/Yzz
255サンへ。
先ずは、中論を読め。話はそれからにしろ。

524 :承狂:2006/08/28(月) 05:46:32 ID:ocB3D1Gh
失礼。
522だった。

525 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:28:02 ID:xivmBlYg
中論は実体を有するものであると考え
もろもろの仏説はそれぞれ別異のものであると説く承さんは
教えの意義に熟達している人である
とはわたしは考えない。

526 :名無しさん@3周年:2006/08/28(月) 18:52:12 ID:L6V0iys+
>>493 宝彩有菜さんの『気楽なさとり方 般若心経の巻』に、
「逆さま般若心経」というのが載ってておもしろかったです。
般若心経の文を後ろから訳してるだけなんだけど、
その方が意味がわかりやすいかも。


527 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 01:39:39 ID:VmNEb57N
中論を流し読みしました。

感想
増上縁を非肯定しているんですね。
驚きました。世界観が変わりそうです。
これから検証と確認します。

528 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 02:26:44 ID:Q003sgxM
中論で増上縁が否定されている、との解釈は誤り
否定したほうが現実的な結果が得られ
肯定したほうが容易に結果が得られる

529 :名無しさん@3周年:2006/08/29(火) 03:09:19 ID:cfTHEDsG
龍樹は傷口を綺麗に縫ったつもりだろうけど
反って綻びを増やした
龍樹ダメポ。

530 :承狂:2006/08/29(火) 07:04:37 ID:+cUpsKxh
傷口ってドコ?

531 :名無しさん@3周年:2006/08/30(水) 23:58:27 ID:sGzpt07N
『中論』一品十頌。
「此有るとき彼有り」が不成立といっているけれども、
無自性なる諸存在は有性が無い、ということを理由としている点を
十分考慮しなければならない。

532 :丸美屋国物語 ◆rsp5lziBl. :2006/08/31(木) 00:03:03 ID:BZ7svipH
ココイチのスープカレーはうまいな

533 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 15:36:03 ID:6cjmdMla
中観は批判哲学。
有部の法有の理解がいる。
中論のみでは必ず空見に堕す。

秋刀魚の塩焼きが有部アビダルマとすると、中論はおろし大根。
有部をトロとすると中観はガリ。

八不はあくまでも対治の薬で
中論自体に祭り上げるほどの価値はない。

534 :南無大師遍照金剛:2006/08/31(木) 15:52:35 ID:Z+3DD1yc
ココイチの20倍カレうま

535 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 16:16:58 ID:A2Dur97L
>>533
面白い。

536 :名無しさん@3周年:2006/08/31(木) 19:04:07 ID:0EFe/7hb
「中論のみでは必ず空見に堕す」ということはない。
『中論』二十四品七頌以下、『廻諍論』二十一頌以下で、
この手の誤解に竜樹自身が答えている。
『中論』十三品八頌でも空見を批判する。

537 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 03:42:22 ID:1DhKhO2g
空見に堕して困るのは本人だし、
ほっとけばいずれ醒める。

538 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/01(金) 10:41:33 ID:PUTOQZhU
コンピュータウィルスについて
□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□
 これをOpen Janeで開いたところ、Nortonワクチンがウイルスを検知しました。
インターネットブラウザで開こうとしたところ、インターネット接続会社から警告が出ました。
ウィルスに汚染されているという警告です。□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□を
開かないで下さい。

539 :名無しさん@3周年:2006/09/01(金) 20:20:49 ID:jZvT8DHW
>>538
ウイルスじゃないから安心しろ。

540 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 10:24:19 ID:DdP/Ur4P
 心と宗教板で、晴れて良スレの御認定を受けたことをお知らせします。
 □■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□ http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123906853/

 上記すれは、ノートントラップという仕掛けを受けました。インターネットウィルスを擬装した仕掛
けだそうで、他の板では以前から大変問題になっていたようです。
 詳しくはhttp://ansitu.xrea.jp/guidance/?Trap#NortonTrap

 ノートントラップが仕掛けられると言うことは、2ちゃんねるの場合、反対者から「良スレ」である
という認定を受けたことを意味するそうです。自分たちには全く反論の余地がないからどうから、どう
か意見を述べるのを止めて欲しい、そういう良スレであるという認定です。

 今回、親鸞仏教(浄土真宗)質問箱は、2ちゃんねるで「本願寺様の有志の方」からそのような認定
を受けたようです。
 浄土真宗とはどういう宗教か、親鸞仏教はどういう宗教か、既成教団本願寺のお坊様が、発言を「ヤ
メテクレー!」と、言いたくなる思想はどういう思想か、一度ご覧ください。
 ここには、本物の親鸞仏教、本物の浄土真宗があると、本願寺様の有志の方が認定くださいました。

 なお、ウィルスワクチンにノートンをお使いの方は、無効化ソフトがあります。
 http://www.geocities.jp/cen_hp/program3.html

 接続会社でウィルスと誤認して閲覧を拒否する場合があります。セキュリティを解除する方法がある
と思いますのでご研究下さい。

 ノートントラップは、決して恐い仕掛けではないようですが、ノートンの高度性を逆手に取った子供
だましのおもちゃで、今回、本願寺様のお坊様は、これにより親鸞仏教(浄土真宗)質問箱を御認定く
ださいました。

541 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 10:25:10 ID:DdP/Ur4P
 なお、認定の背景が次のレスから見えてきます。
<続き>浄土真宗本願寺派 [19拍]
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/400
このスレで「門徒」「一般人」「通りすがり」とか書く奴は決まって坊主な件
   <「浄土真宗本願寺派 [19拍]」で、発言されている方は、7割〜8割程度はお坊様でしょう>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/481
普段からお前さんが小馬鹿にしたレスをしてなければもっとマシなレスを返してもらえたろうに
  <「渡海難」の発言に被害者意識のお坊様がいらっしゃるようです>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/494
開けないからといって別スレたてないようにな。隔離スレは1つでいいからw
 <「渡海難」の発言には反論の方法がないから、もう発言をしないで欲しいという意味です。>

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1150558501/495
 ここにもコピペすればあいつ来れなくなるなw
<ノートントラップを浄土真宗本願寺派 [19拍]にも貼れば、渡海難がこなくなるだろうという意味
意です>

542 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 14:00:09 ID:DdP/Ur4P
>>541
「本願寺が嫌がる理論」というものが存在する。
 「本願寺にとって都合がわるい仏教理論」というものがある。言論を封じたいと思う理論がある。
これが明らかになれば、次の学問知識発展の礎になるでしょう。


543 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 14:12:28 ID:WRnzL64m
>>540-542
今日は他にやることないのか、おっさん。
あちこちでマルチポストばかりやってるけど。

544 :ぬわっと、、、:2006/09/02(土) 16:46:26 ID:8LIy8sfV
渡海 難  ◆Fe19/y1.mI は、きっと、親鸞会だな、、

545 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 17:04:04 ID:y9pulkJJ
おそらくな

546 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 17:25:18 ID:y9pulkJJ
十中八、九はな

547 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 17:26:54 ID:y9pulkJJ
ほぼ図星であろう

548 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/09/02(土) 18:15:47 ID:DdP/Ur4P
多忙。数日間カキコ不能。

親鸞会との付き合いは、1998年頃のカルト被害者の会、イーグルヘッド以来です。
一貫して反親鸞会の立場で論陣を張ってきました。要望があれば、その討論史を書きま
す。過去ログもインターネットには残っています。
現在のアンチの勢いは、数年前からインターネットで親鸞会と関わってきた者として、
目を見張るものがあります。

549 :名無しさん@3周年:2006/09/02(土) 18:30:43 ID:FWP6N5Bw
>>548
自分の立てたスレを良スレだと思い込んでる自惚れ者は二度と来なくていいから

550 :nuぬ:2006/09/03(日) 10:47:56 ID:TdHyr40w
まっつたく、、548は他力感覚なき暴走野郎というところ、、
カルトの布教が信仰と思っていやがる、、

551 :承狂:2006/09/08(金) 13:01:34 ID:e0fPEFZf
トートツだが、
俺は、ヤソは自在天だと思うんだが、ドウよ?

552 :聖霊大王:2006/09/08(金) 13:04:22 ID:ZKonX+tE
ショーキョーチャン、おひさ、、
やそは、、
変わり者だな、、
発想は、、ヒンズー的か、阿弥陀仏的か、、

553 :承狂:2006/09/08(金) 13:14:06 ID:e0fPEFZf
あ?
俺もアンタの話は聞きたく無いんだが、、、

他の方へ。
ヤソは、では無く、ヤソの神は、の間違いでした。
失礼。

554 :聖霊大王:2006/09/08(金) 13:17:47 ID:ZKonX+tE
しゅきょうちゃん、やきもちね、、
ちょと、おいらが、聖の世界が知っているっので、、
早く、煩悩、我執を捨てなさい、、

555 :名無しさん@3周年:2006/09/10(日) 21:15:56 ID:ttrP9Sww
http://c-au.2ch.net/test/-/psy/1157800733/544


キライなコテ・ランキングへのリンク先ブロックがかかりました。

急いで「お気に入り」に入れて下さい


556 :名無しさん@3周年:2006/09/13(水) 18:15:23 ID:UyNSwxkq
坐禅と見性 四十五章  豊胸残味
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1158077346/

557 :承狂:2006/09/16(土) 18:30:42 ID:CQ5ThwBF
誰もコねーな。
じゃあ、コイツはドウよ?
六根ってえと、眼耳鼻舌身意だが、
コイツは情報認識の機能のハズだろ?
いやいや、皆迄云うな。
意があるから違うってンだろ?
だが、考えてみなよ。
仏教思想の徹底した、病的な迄の論理性をよ。
その中で、何でコイツは、ハンパな分類なんだ?
ゴウンがあるに、何故更に十八界で意法意識界がある?
答えは、オカルト的になると思うが、如何。
マァ、昔は呪法も常識の内だったから、オカルトってえと語弊があるがな。

PS
ナンチャッテリンザイのガキは黙っててくれると僕は嬉しいな♪

558 :承狂:2006/09/23(土) 23:01:29 ID:RsdiOCWP
釣れね〜。
時に、ナンチャッテリンザイ氏はもう飽きたのか?
菩提に至ったか、世の理法を悟ったなら、他人が何を言おうと、自身の言動を翻さないハズだがな。
マァ、ドウでもイイんだけどね。

では、三発目。
チョイトマイナーになるが、空海の三教指帰だっけ?
アレには道教について、所謂、地丹についてのみ言及し、天人の法を無視していたが、彼は知らなかったのか、敢えて黙殺したのか?
知らなかった方に俺はベット。

559 :名無しさん@3周年:2006/09/23(土) 23:26:13 ID:HqdVQLo6
>>558
宣伝の不足と、
論客の不足と、
議題の持つ集客性に難があるのだろう。

興味深い内容と興味深い論客が居れば、
常駐する事にもやぶさかでないw

勿論、自分のテリトリーに絡んでいる事も必要だが・・・w

560 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/24(日) 00:43:35 ID:AgkbnCht
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲキョ♪

561 :承狂:2006/09/26(火) 02:50:22 ID:VqIVo8cO
フム。
なら、別の話にしようか。

悟ったとか、般若を体験したとかユー奴が、かなり居るミタイで、イタイタしい限りだが、そうユー奴等は哲学で言えば唯我論者と同じで、相手にするだけ無駄と思うけど、どうよ?
アト、唯一神とか輪廻とか、妄想をカタル奴とかも。

562 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 03:09:19 ID:YyFR2BcD
>>561
輪廻に関しては
避けられないと思う。


563 :承狂:2006/09/26(火) 03:59:43 ID:VqIVo8cO
ン?
若し、個人が輪廻するとしたら、何が輪廻するのさ?
アラヤシキ?ルン?魂?プラーナ?気?
何れにしても、確固たる自己が、脳髄以外の構造体に形成されている必要があり、しかも個体の死亡と共に移動を始めて、意思に反した行き先に行く、正に究極の牢獄だな。
若し有るならアサハラ辺りはエンドレスでウイルスにでも転生してほしいもんだ。

564 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/26(火) 06:32:36 ID:atlf4I47
ヽ(´∇`)ノナミョホレゲッキョ♪

565 :名無しさん@3周年:2006/09/26(火) 08:34:38 ID:p3Tk4ibb
>>563
伝統としての教義を大切にするならば
輪廻を抜きにして仏教を語ることは出来ない、
ということだよ。
現代科学の知見との関連ではない。
キリスト教徒が、最初の七日間を一切語らずに
教義や神について語ることが出来るのか?ということと同じだよ。

また、何が輪廻するか?に関しては、種々の説がある。
識というものもあれば、業であるという場合もあるし、業の潜在力(余力・影響力)と言われることもある。
これは、語る人間がどの(時代の)仏教に寄り添うかによって変わるだろう。

566 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/26(火) 08:38:19 ID:atlf4I47
ヽ(´∇`)ノ釣り師としては最低でつな♪
南無大師遍照金剛♪

567 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/26(火) 08:51:53 ID:atlf4I47
ちなみに>>565じゃないんで
ヽ(´∇`)ノ南無大師遍照金剛♪

568 :承狂:2006/09/26(火) 12:50:25 ID:VqIVo8cO
565サンへ。
少くとも、中観派までは輪廻を否定してますよ。

ナムダイシサンへ。般若を体験した人がその程度か。あ!シュリハンドクサンよりもって事か。大変ですね♪

569 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/26(火) 12:56:10 ID:atlf4I47
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート16
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1153904685/375-376
ヽ(´∇`)ノ

570 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/26(火) 20:48:03 ID:atlf4I47
へぇ〜
俺のレベルが分かるってことは俺よりレベル高いんだ(笑)
でも君もたいしたことないよ(笑)












だって俺、仏教は全くの素人だから(笑)

素人に自慢してもねぇ
(ry

571 :承狂:2006/09/26(火) 21:13:51 ID:VqIVo8cO
ウヒャヒャヒャヒャ。

572 :承狂:2006/09/28(木) 10:08:26 ID:xCXFfMSe
ナムヘン先生に質問です。
先生は自分より上のレベルは全く解らないとされているのですか?
又、仏教徒に素人と玄人の区別があるのでしたら教えてください。
いや、マジで。
単にムカついただけならイイんだけど、ひょっとしたら、俺の思慮が足らんかも知れんからさ。
何せ、俺は二十年近く般若について考えて、未だによく解んない凡夫なんでな。

573 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/28(木) 10:18:41 ID:KHMi4Kr/
般若心経に
瞑想そして座禅しろってかいてるべ?自問自答しろってかいてるべ?
それが全て
二十年も研究してるってことは、それ自慢?


574 :承狂:2006/09/28(木) 11:07:09 ID:xCXFfMSe
いいや、
埒もねぇ凡夫だってダケさ。
で?人の精神が、仮に上下があるとして、上の程度は想像出来んものかね?
仏教徒に素人と玄人の別があるのかね?

575 :お大師様かまってチョ♪:2006/09/28(木) 11:21:21 ID:KHMi4Kr/
知らねーょ( ̄□ ̄;)!!

576 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 16:14:44 ID:PiB4FuU1
何が輪廻するか? それは無我を解さない愚問である。
今、貴方が生まれてからずっと自分だと思っているものは、何なのか?
これは通常、五蘊が縁起して相続し、我が仮設されると説明される。
輪廻の主体も同じ、縁起して相続し、我が仮設される。

世俗諦で輪廻を認めない中観派などないと思うが、あったら教えてほしい。

以下を読んでください。
http://homepage1.nifty.com/manikana/essay/reincarnation.html
http://homepage1.nifty.com/manikana/essay/reincarnation2.html
http://homepage1.nifty.com/manikana/essay/reincarnation3.html

以上の論理は、平川彰『インド仏教史』上59頁以下
梶山雄一「インド仏教思想史」『岩波講座東洋思想 インド仏教1』13頁以下
に近く、特に龍樹菩薩については梶山雄一「インド仏教思想史」43頁以下
とそっくりである。しかしながら梶山先生は『創価大学・国際仏教学高等研究所・年報』1
「仏教と差別」という最晩年(遺稿?)で輪廻を否定しているが、とうてい受け入れられないものです。
http://iriab.soka.ac.jp/orc/seika.html

梶山先生のように原典読解が緻密正確でも、常識に引きずれて反対の結論を出すという文献学の虚弱さを
示すよい見本と思われます。だから文献学者の本は、訳を読んで現実に応用した論は読むべきでないという
になるでしょう。

これも中観理解の参考になると思うのでどうぞ
http://hpcgi1.nifty.com/manikana/bbs/wforum.cgi?no=1855&reno=1833&oya=1811&mode=msgview&page=0



577 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 17:04:33 ID:HBzQbMtQ
>>576
>以下を読んでください。
http://homepage1.nifty.com/manikana/essay/reincarnation.html
この石飛道子氏は、釈尊言説を世俗諦にまで落し、
世俗の論理で全く勝義諦には触れない、
全く、仏教を台無しにする論法です。

例えばですが、十二支縁起の逆観が解脱。
というのは、本当に痛い話ですね。

「ブッタの論理額五つの疑問」を買った御仁は、
「ああ、なるほど」と思うかもしれんけど、
よく考えれば茶のみ話ていどです。

勝義諦というのは、それだけの壁があるわけです。
弁証法とか、そういう論法こそが間違いのもとです。



578 :聖霊大王:2006/09/30(土) 17:11:56 ID:NGK2yJDu
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1さん、ヤッホーー、、
承狂ちゃん、アポーーんだから、しごいてやってね、、

579 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:22:57 ID:DGdOd8XS
机さん、悟った人スレで自性について質問してた者です。
レスありがとうございました。
カラスさんとの議論もなかなかおもしろかったから、続きが見たいです。

580 :聖霊大王:2006/09/30(土) 17:26:45 ID:NGK2yJDu
579と、机グループだ、、

581 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 17:45:11 ID:PiB4FuU1
>>577 机さん、貴方は勝義諦を分かっていると思ってるんですか?
貴方の論法だと色即是空空即是色にならない、縁起がまったく出てこない。
因果が全く無視される、となって全く仏教である必要はなくなる。

ニューエイジと同じだと思いますが。 

さて、分かってないのはどちらか?

582 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 17:57:11 ID:HBzQbMtQ
>>578>>579
よろしくですぅ〜
>>581
たぶん、石飛道子氏というのは論理学専門?
論理学といっても、西洋哲学とインド哲学は全く違いますから、
西洋の論理で仏教を解釈しようとしても、
やはり無理かとおもいます。

勝義諦というのは、やはりインド哲学になりますから。
インド哲学と仏教というのは、かのインドでは殆ど線引きがないらしい。

西洋とインドでは、水と油みたいなもんですから、
混ざりあうことは出来んのですよ。
そこを分ってもらわんと、
まあ、
いわゆる言葉遊びみたいなもんになってしまいますね。


583 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 18:45:23 ID:PiB4FuU1
>>582
それは貴方の単なる先入観で、石飛先生の内容とは全くかけ離れてます。
貴方が言うような西洋の論理を基準としてインド思想を解釈するという方法は、
逆に石飛先生を批判する木村俊彦さんなどに顕著です。

石飛先生は、西洋の論理を本来の意味で批判しているんです。
だから西洋論理の頑固な信奉者である三浦俊彦さんが強固に批判してるんでしょう。
その点からも西洋論理を基準としてないことは明らかなんですが。

「言葉遊び」は私に言わせれば正に貴方の言説が全てそうにしか見えません。
ちょっときついかもしれませんが、正直な気持ちです。
仏教は、読むにしても学ぶにしてももっとキッチリやんないと大変ですよ。
読むならキッチリ文献学的に正確に読む。
学ぶならキッチリ伝統的な師について学ぶ。

そうしないなら、なんにも分からないでしょう。

584 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 19:16:45 ID:WUUo29Mo
>>583
三浦さんを批判して石飛さんを擁護したいなら、
そういう無内容な追従という「言葉遊び」はいらないから、
ttp://members.jcom.home.ne.jp/miurat1/
の一番下にある「68の指摘」を具体的に論破するか、
三浦さんの掲示板で直接言いな。
出来ないなら三浦さんの名前ださない方が良いな。

585 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 19:21:05 ID:HBzQbMtQ
>>583
>読むならキッチリ文献学的に正確に読む。

いやはや、どぉもおそれいります。

貴殿は>>576
>常識に引きずれて反対の結論を出すという文献学の虚弱さを
>示すよい見本と思われます。

こういうことを書いておるじゃないですか?
文献学など、そもそもあてにはならんかとおもうけどね。
貴殿に同意です。


586 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 19:38:23 ID:HBzQbMtQ
>>583
>西洋の論理を基準としてインド思想を解釈

というのも可笑しな話ですし、
インドの論理を基準として西洋思想を解釈
というのも可笑しな話です。

私が>>582に書いたように、基準からして違うんですから、
そういう基本的なことを先ず把握せんことには、
先に進めません。

         <六尺竿頭進一歩>




587 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 19:58:40 ID:PiB4FuU1
>>584 はて、どこか三浦さんを批判しましたか?

私は、西洋論理の前提である存在論が間違っていると思いますから、
西洋論理には全く興味ありません。

ところで、そんな三浦さんに追従して仏教を語っている方が何人かいらっしゃいますが、
彼らは何を考えてるんでしょうか?

無常・無我・空と西洋有の存在論に基づいた論理学を前提に仏教を語るのは、
話にならないと思いますが、いかが?

588 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:00:01 ID:HBzQbMtQ
>>586
×  六尺竿頭進一歩
〇  百尺竿頭進一歩

589 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:03:29 ID:PiB4FuU1
>>586 では何があてになるのでしょうか?

机さんが悟っているとは、とても思えないのですが。

590 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:14:06 ID:HBzQbMtQ
西洋思想に精通した学者もいるだろうし、
また、
インド思想に精通した学者もいる。

一分野に秀でていても、トータルとしては何にも役にたたんのが多数。

では、おやすみ。

591 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:16:45 ID:HBzQbMtQ
>>586
>では何があてになるのでしょうか?

お題がありましたら、なんなりと書き込みいたします。

で、なにかありましたか?

592 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:25:36 ID:PiB4FuU1
机さんが、あて、基準、根拠にしてるものは何ですか?

593 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:27:54 ID:HBzQbMtQ
>>592
基準とか、根拠とか、そういうもんはないです。

すまんですね。

594 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:35:16 ID:WUUo29Mo
>>587
>はて、どこか三浦さんを批判しましたか?

え? だったらなんで三浦さんの名前を出したの? 批判でないなら何の為?
あなたのいうと通りなら、三浦さんに言及する必要性なんてないよね。


>ところで、そんな三浦さんに追従して仏教を語っている方が何人かいらっしゃいますが、
彼らは何を考えてるんでしょうか?

「そんな」って具体的には何?
普通に読めば、「そんな」は、
「私は、西洋論理の前提である存在論が間違っていると思いますから、
西洋論理には全く興味ありません。」にかかってるとしか読めないけど、
そうすると今回も批判してるよね。 西洋論理に詳しい三浦さん、
その「西洋論理の前提である存在論が間違っていると思います」というのだから。
「ところで、」石飛さん「に追従して仏教を語っている方が何人かいらっしゃいますが、
彼らは何を考えてるんでしょうか?」


>無常・無我・空と西洋有の存在論に基づいた論理学を前提に仏教を語るのは、
話にならないと思いますが、いかが?

というか「西洋有の存在論」と「論理学」を具体的に定義して。
「68の指摘」でも再三、定義について三浦さんが再三批判してるよね。
定義が不明瞭な言葉を「前提に仏教を語るのは、
話にならないと思いますが、いかが?」

595 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 20:39:14 ID:PiB4FuU1
それは変ですね。なぜなら>>582で、こう書かれています。
> 論理学といっても、西洋哲学とインド哲学は全く違いますから、
> 西洋の論理で仏教を解釈しようとしても、
> やはり無理かとおもいます。
>
> 勝義諦というのは、やはりインド哲学になりますから。
> インド哲学と仏教というのは、かのインドでは殆ど線引きがないらしい。
>
> 西洋とインドでは、水と油みたいなもんですから、
> 混ざりあうことは出来んのですよ。

これを所謂、命題、叙述、主張に書き換えれば、

1.論理学は、西洋哲学とインド哲学は全く違う。
2.勝義諦は、インド哲学になる。
3.西洋とインドでは、混ざりあうことは出来ない。

の三つを断定してることになると思いますが、この根拠はないんですか?

596 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:50:33 ID:HBzQbMtQ
>>595
>の三つを断定してることになると思いますが、この根拠はないんですか?

まず、西洋とインドでは論理の基準が全く違う。
どちらかを無効にしなければ論理は成立しない。


597 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 20:53:18 ID:HBzQbMtQ
では、おやすみ。

598 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:01:51 ID:PiB4FuU1
>>594
三浦さんの名前を出した理由は、机さんの誤解を正すためです。
もう一回、机さんの文から読んでみてください。分かるはずです。

「そんな」というのは有の存在論を前提とする論理学を堅持するという意味です。

そうですか? 私の批判の先は、仏教の無我と西洋の有の存在論は合わないです。
というか、存在論の時点でダメなので、論理体系に踏み込んでのテクニカルな面は、問題にしてません。
だから、三浦さんの「68の指摘」は、全く読んでません。理解できますか?

> 「ところで、」石飛さん「に追従して仏教を語っている方が何人かいらっしゃいますが、
> 彼らは何を考えてるんでしょうか?」

イネ〜!と思ってるんじゃないですか? 少なくとも私は文献学の中で最も優れた方だと思います。
スタインケルナーも、シュミットハウンゼンも及ばないと思います。比較すべきはセナールかなと。
ところで、貴方は平川先生・梶山先生と共通する石飛先生の輪廻・縁起理解はどう評価しますか?

定義して本質が掴めると思いますか? それは完全に西洋の発想でしょう。
そうゆう西洋的な言語習慣から、抜け出さないとダメだと思いますよ。


599 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:06:53 ID:PiB4FuU1
>>596
>西洋とインドでは論理の基準が全く違う。

というためには、少なくとも西洋論理とインド論理の体系を示した何かに依る必要があると思います。
具体的には、例えば西洋論理とインド論理を記述したテクスト、本といったものです。
それなしに、机さんは直感的に二つの基準が全く違うことを理解し、断定できるのでしょうか?

600 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/09/30(土) 21:36:12 ID:HBzQbMtQ
>>599
>机さんは直感的に二つの基準が全く違うことを理解し、断定できるのでしょうか?

難しいお題ですね。

私がちゃんと>>593に書いておきましたけど。
これを何かで説明するとしたら、
今はおもい浮かばない。

宿題にします。

おやすみ

601 :名無しさん@3周年:2006/09/30(土) 21:47:54 ID:PiB4FuU1
>>600 難しいでしょうか? 単純だと思います。 つまり、
西洋論理とインド論理を記述したテクスト、本という「基準とか、根拠とか、そういうもんはない」>>592
なら「西洋とインドでは論理の基準が全く違う」>>596 と何故、言えるのか、それだけです。

おやすみなさい、机さん。

602 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/10/01(日) 06:44:09 ID:3SiGYF1a
>>601
論理の整合性を構築していくのが西洋ですよね。いうならば。
インドはこの論理の整合性そのものがないのです。
ですから、非論理とでもいいますか。
そのよぉに調ふてくだされば、まあ、いいです。

こういうことを先ずテーゼとすべきですね。
論理万能という固定概念の疑こそ、インドへの道筋かとおもいます。

603 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/10/01(日) 07:19:39 ID:3SiGYF1a
>>583
>石飛先生は、西洋の論理を本来の意味で批判しているんです。

そうですか?
http://homepage1.nifty.com/manikana/essay/reincarnation.html
ここには、こんなことが書かれていますよ。

>ブッダの哲学は、弁証法の哲学である。ここは、まずおさえておきたい。


604 ::2006/10/01(日) 08:28:55 ID:Bwl/gnVM
釈迦仏の仏教はもう効果ないから 浄土や真言の元祖が悪臨終だし 律宗を国教にしてる、タイやスリランカ等の東南アジアの人々の苦悩をみれば一目瞭然だし 学会じゃないよ 公明党の票集めが目的なんだろ??

605 :承狂:2006/10/01(日) 09:57:31 ID:OetK44xw
どうも、アポ-んです。
提案だが、論理学者は放っといて、真諦を推測しながら、輪廻とかの虚構性を論じないか?
彼等は立場上、当時の常識に対し説かれた法に対して、常識と法を一つの認識構造として考える事しか出来んのだから。

606 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/10/01(日) 17:32:36 ID:3SiGYF1a
どうも、机です。
>真諦を推測しながら

推測ってのも、また難しいことですね。
仏教にもいろいろ考えがあるでしょうから。
私の考えが万事に通じることもなかろうし、
して、なにかの妙案でもありきや?

いろいろ、ご教示くだされまし。


607 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:30:45 ID:iJeoCJff
>>602 その判断は何に基づいているのですか?

インドにも整合性も論理もありますよ。
そもそも、どんな言語にも一定の整合性がなければ、言語として機能しないでしょう。

因みに私は、あんまり論理を重視しない方ですよ。
一定の有効性しか認めない方です。
しかし、言葉で話し合う時に、一定の整合性や話の筋道がなければ、対話は成立しないし、
各自の思いの吐露、挨拶ぐらいにしかならないと思いませんか?

>>603 机さん、何、大丈夫? 石飛先生の文、読んでないでしょう?
ちゃんと読んでから、意見を述べましょう。そのすぐ下に

>>十二因縁(十二支縁起)説が弁証法の哲学であると説明しうるのである。

>>縁起(因果関係)の論理学である。

と述べて、さらに簡潔に科学と現代論理学・分析哲学をブッダ論理学と比較して、
批判してるでしょう。しっかりしてくださいよ。


608 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:32:05 ID:iJeoCJff
>>604-605 
承狂さん、論理学者って私のことですか? 本人は行者のつもりなんですが〜(笑)

私の意見は、お聞きにならないと思いますので、お二人に提案だけしときます。
水野弘元『仏教要語の基礎知識』
石飛道子『ブッダ論理学五つの難問』
梶山雄一「インド仏教思想史」『岩波講座東洋思想 インド仏教1』
平川彰『インド仏教史』上下

以上の順番で読み進めることをお勧めします。その後で、
簡略には、
 仏教伝道協会『仏教聖典』
その原典である、
 木津無庵『新訳仏教聖典』
詳細には、
 片山一良、パーリ仏典シリーズ
 中公文庫、大乗仏典シリーズ

を読むのが、文献から入るならいいと思います。もちろん良い先生に就く超したことはありません。

ということで、失礼します。

609 :名無しさん@3周年:2006/10/01(日) 22:52:21 ID:9o6Uv7sQ
机さんも譲らないねぇー、何はともあれとりあえず謝ったら?

>>582 の意見というよりその断定口調がその道の専門家の方に、反感を
買ったようです。

細かいこと(大切なことかもしれないが)は専門家に委ねたほうがいいかも
頭下げるのはタダですし、実るほどコウベを垂れるナントカともいいますし

610 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/10/02(月) 07:36:29 ID:bbrwh0qZ
>>609
>机さんも譲らないねぇー、何はともあれとりあえず謝ったら?

それは申し訳ありませんでした。
平に平にお詫び申し上げます。

>の意見というよりその断定口調がその道の専門家の方に、反感を
買ったようです。

そうでしたか(笑

>細かいこと(大切なことかもしれないが)は専門家に委ねたほうがいいかも
>頭下げるのはタダですし、実るほどコウベを垂れるナントカともいいますし

それはそうですね。
では専門家にいろいろ教えて頂けたたらありがたい。
宜しくお願い致しますm(__)m

611 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2006/10/02(月) 07:48:28 ID:bbrwh0qZ
>>507
>インドにも整合性も論理もありますよ。
>そもそも、どんな言語にも一定の整合性がなければ、言語として機能しないでしょう。

そうですね。
言語とは生得的である。というところから始めませんといけませんですね。

>と述べて、さらに簡潔に科学と現代論理学・分析哲学をブッダ論理学と比較して、
>批判してるでしょう。しっかりしてくださいよ。

どうも申し訳ありません。
私は真俗二諦で解釈しちゃったもんですから、世俗諦は哲学という程のもんじゃ〜ないかと・・・
いやはや、おそれいります。



612 :承狂:2006/10/02(月) 11:24:21 ID:hRKHfzBg
608様へ。
大変失礼致しました。
論理学者の話すんのは、行者の話題としてドーカと思っただけだから勘弁してくれ。
因みにコの方のお奨めは、中村元氏の『龍樹』だ。

サテ、還元主義の洗礼を受けてから、求道を志す場合、少くとも、輪廻転生は有り得ないと考えるのが自然ではないか?(但、輪廻転生を個体人格の生まれ変わりの意に限定。)
俺は、経験的に霊的事象を認める者だが、霊が在り方は『判らない』としか分からん。
釈迦が在世の一般常識と、ブッダの法は別物であり、更に現代の凡夫が推測とも同様だ。
仏教思想に共感した者としては、可能な範囲で戒を守り、意を清める努力をしてみるのが最低限で、この後は、仮定を表明するに止めるべきではないか?
とか、思うんだけどドーヨ?

613 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:14:41 ID:NOkDp/qv
>>611 机さん、なにも謝ることはありません。
机さんが、何も分かってないことを自覚していただければと思って書きました。
少なくとも、今回の一連の主張はことごとく誤認であることを確認してください。

 机 >論理の整合性を構築していくのが西洋ですよね。いうならば。
 602>インドはこの論理の整合性そのものがないのです。
  >ですから、非論理とでもいいますか。
  >そのよぉに調ふてくだされば、まあ、いいです。

 私 >インドにも整合性も論理もありますよ。
 607>そもそも、どんな言語にも一定の整合性がなければ、言語として機能しないでしょう。

 机 >そうですね。
 611>言語とは生得的である。というところから始めませんといけませんですね。

一体どうゆうことなんですか? 「そうですね」は 607を受諾したということじゃないですか?
なのに全く関係ない「言語とは生得的である」を持ってくる。
普通は「そうですね」と 607を認めたのなら「言語には一定の整合性がありますね。
私が間違ってました」という意味の内容を述べるなければならないでしょう。


614 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:18:20 ID:NOkDp/qv
そして「言語とは生得的である」というのは間違ってますよ。
それなら、生まれて直ぐに話すことができることになります。
貴方の言説は、全てこうだ。たぶん思いつきで適当に書いてるんでしょう。
仏教に関してそんな風に書くと、本気にする人がでたりして思い悪業になりますよ。
やめてくださいね。

611> 私は真俗二諦で解釈しちゃったもんですから、

これまた変ですね。他ならぬ私が二諦で解釈して話しているのに全く話しがあいません。
二諦で解釈するなら、世俗諦は世俗の言語習慣に合わせて矛盾なく
用いなければならないでしょう。「根拠がない」などとは言わない。
そして勝義諦で述べるなら「〜である」とも「〜でない」とも言えない。
それなのに机さんは、断定してますよね。全く分かってない証拠です。

今生を無駄にしたくないなら、そこのところを、よくよく考えて改めてください。
これ以上は言いません。


615 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:43:09 ID:NOkDp/qv
承狂さん、意識を変えていただけたようで嬉しいです。論理学の話は、机さんが持ち出したものですよ。
中村元先生の『龍樹』は入門にはいいかもしれませんが、梶山先生の『空の論理』に劣ります。
そして始めに挙げた梶山雄一「インド仏教思想史」『岩波講座東洋思想 インド仏教1』13頁以下 が
最も簡明かつ正確だと思います。しかしながら、石飛道子先生の『中論』本が出れば、それが最良でしょう。

「還元主義の洗礼」とは科学のことでしょうか? 確かに科学を常識として持つものは輪廻が無いと考える
のが自然でしょう。だけど自然だから正しいとは限らないでしょう。太陽が地球の周りを廻って見えるように。
仏教は、輪廻という前提、生の円環の中にいて苦しんでいる現状認識を土台としています。
これがなければ成り立たない。例えば、輪廻という前提を受け入れずに一切皆苦を受け入れたなら、
誠実な人は自殺するでしょう。経験すべてが苦で、死んで終わるなら、自殺すればいいだけですから。
ところが、自殺しても輪廻して一向に解決しないどころか、事態は悪くなると仏典は述べます。

> 釈迦が在世の一般常識と、ブッダの法は別物であり、更に現代の凡夫が推測とも同様だ。
> 仏教思想に共感した者としては、可能な範囲で戒を守り、意を清める努力をしてみるのが最低限で、

その通りだと思います。先ず我々の認識が倒錯していることを自覚しないといけないと思います。
つまり自分自身が狂ってると自覚し、仏教の師を精神科医というように捉えることが必要だと思います。
それで師が与えてくださる戒を守り、師の教えに従って意を清める努力をする。
師の必要性は、狂ってないものに指導してもらう必要があるからです。
精神病者は、自分は狂ってないと思ってしまい、習慣を改めないからです。

> この後は、仮定を表明するに止めるべきではないか?

もうお分かりでしょう。師に従って悟まで精進あるのみです。
ご理解、いただけたでしょうか?


616 :名無しさん@3周年:2006/10/02(月) 21:59:28 ID:NOkDp/qv
忘れてました。

>>(但、輪廻転生を個体人格の生まれ変わりの意に限定。)

これについては、始めに書いたのですが>>576 分かりにくいかもしれないので敷衍してみます。
個体人格を仏教では認めるでしょうか? 無我です。本来認めない。
しかし、世俗の言語習慣上、仮に認める。それを仮設と言います。
だから「何が輪廻するか?」という問いは、無我を解さない愚問なのです。
今、承狂さんが生まれてからずっと承狂さんだと思っているものは、何なのか?
これは通常、五蘊が縁起して相続し、承狂さんとして仮設されてきたものを、
承狂さんがずっと実体を持って同一性のもとに存在してきたと思って、我と捉え、
これを唯一無二のものをして大切にして、この我のために他と闘ってき、業をなし、
行を生成し、苦を受けて来たと思います。

輪廻の主体も同じ、本来実体のないものが縁起して相続し、我が仮設される。
同一性を保って業・行を生成して苦を受け続ける。

これはナーガセーナがミリンダ王に説いたことと同じだと思いますが、
いかがですか?


617 :承狂:2006/10/03(火) 06:59:35 ID:Qwc0qoQA
615、6氏に。
意識は変わりませんぜ?
人生が苦だからってシを択ぶのは、誠実さでは無く、俺が様な視野の狭い卑怯者のする事だ。
仮設された精神構造が、自らの絶対性を夢想したバージョンの一つが、魂の永続であり、絶対者の庇護の下でとか、輪廻転生とかになると思う。
当時の一般常識と、ブッダの法は別物であり、論理学の様な一般常識と法をセットで考える事は、仮にも行者を自認する者ならば有ってはならん事だと言ってるんだぜ?

618 :名無しさん@3周年:2006/10/03(火) 07:29:27 ID:HJLseYVk
おはよう。誰かいるか?

日蓮のお弟子さんがいれば質問がある。
立正安国とは如何なる国を指すのか?

鎌倉幕府というなら既に滅びた。その後の江戸幕府も滅びた。
太平洋戦争では外国人が爆弾を降らせた。
地理上の日本というなら、地核変動で海に沈んでも無くならん。

多分、基礎的なことに属する問いだと思うが、どうだろうか?

619 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 01:17:49 ID:OyabnknR
承狂さん、
>>仮設された精神構造が、自らの絶対性を夢想したバージョンの一つが、魂の永続であり、絶対者の庇護の下でとか、輪廻転生とかになると思う。

多重主語の構文は、意味が取りにくいので、避けてください。上、難解です。

>>人生が苦だからってシを択ぶのは、誠実さでは無く、俺が様な視野の狭い卑怯者のする事だ。

上のような考えは、現代日本の一般常識としか思えませんが? 何か仏典に根拠があるんですか?

>>当時の一般常識と、ブッダの法は別物であり、論理学の様な一般常識と法をセットで考える事は、仮にも行者を自認する者ならば有ってはならん事だと言ってるんだぜ?

なるほど、論理学を常識と捉えているわけですね。それは全く違うでしょう。
たしかに一般常識的に論理的に話せとか使いますが、論理学は多様であり、常識とはかけ離れた妄想が
多かったりします。

そして言葉を使って対話する限り、一定の論理的整合性、つまり筋が通ってるかどうかということが、
要求されると思います。そうでなければ、話にならないでしょう。馬の耳に念仏のように。


620 :承狂:2006/10/04(水) 06:32:04 ID:MhnXo4Vu
619氏江
えっと、テニヲハがオカシイ文章ですみません。


仮設された精神構造が自らの絶対性を夢想したバージョンの一つ、が、魂の永続です。
即ち絶対者の庇護の下とか、
或は輪廻転生。


自殺云々は単なる私見です。



× 論理学の様な一般常識と法をセットで

○ 論理学者の道子刀自の様な、当時の一般常識とブッダの法をセットで

学が無いウガクの凡夫だから勘弁してね。


621 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 08:32:16 ID:KuDTyVsG
横から割り込んですまんが、論理のカバーできる範囲などごく僅かだぞ。

あるクレタ人が、クレタ人は嘘付きだと言った。

これは、集合に自らを含む言及、という形のパラドックスだが、
それは今はどうでもいい。
言語には語り得ぬものがある。
「語りえぬものについては、沈黙せねばならない。」(ヴィトゲンシュタイン)

お勉強も結構だが、傍からみてて、
それがお前の煩悩を断ってくれそうにないのが気の毒だ。
捨ててしまえば楽になるぞ?

622 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 12:33:56 ID:6VUIlFGr
円周率十万桁暗記して記録更新ってニュースあったね。
円周率も空なんでしょうね。
だって、円形の糸があったとしてもだって原子レベルに拡大したら円形じゃないから。
しかし、今の学校教育で円周率を3とするるのはどうなんだろ。
円周3.14…センチの鉄火巻をまくには、幅3センチののりでは足りないからね。

623 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 14:58:54 ID:YmMKgNf3
>>598

>定義して本質が掴めると思いますか? それは完全に西洋の発想でしょう。
そうゆう西洋的な言語習慣から、抜け出さないとダメだと思いますよ。

自分で「定義」出来ない、つまりは、自分で理解出来ていない術語を乱用しながら、
他人(石飛さんに比して三浦さん)を無内容に批判「して本質が掴めると思いますか?」
「それは完全に」仏教とか文献学とかいうことの、
遥か以前に問題のある者「の発想でしょう。」
「そうゆう」支離滅裂「な言語習慣から、抜け出さないとダメだと思いますよ。」


>ところで、貴方は平川先生・梶山先生と共通する
石飛先生の輪廻・縁起理解はどう評価しますか?

自己矛盾しておられる。
自分で「定義して本質が掴めると思いますか? それは完全に西洋の発想でしょう。
そうゆう西洋的な言語習慣から、抜け出さないとダメだと思いますよ。」としたのだから、
あなたにおいては、輪廻も、縁起も、定義不能なのです。
定義不能なのですから、あなたはこの文章で何を質問しているつもりなのですか?
逆に、質問可能だというのであれば、定義可能ということになりますよ。

624 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 14:59:40 ID:YmMKgNf3
>>623の続き

>三浦さんの名前を出した理由は、机さんの誤解を正すためです。
もう一回、机さんの文から読んでみてください。分かるはずです。

机さんは三浦さんに言及していません。
したがって、石飛さんに比して三浦さんに言及する必然性は全くない。


>「そんな」というのは有の存在論を前提とする論理学を堅持するという意味です。

だから、>>594が妥当します。
三浦さんを批判していることは明白です。


>だから、三浦さんの「68の指摘」は、全く読んでません。

読んでもおらず、理解もしておらず、この「68の指摘」を具体的に論破も出来ないのに、
石飛さんに比して三浦さんを批判しているのですから、当然>>584は妥当します。


以上は「理解できますか?」
支離滅裂で自己矛盾した「文は、意味が取りにくいので、避けてください。(>>619)」
「言葉を使って対話する限り、一定の論理的整合性、
つまり筋が通ってるかどうかということが、要求されると思います。
そうでなければ、話にならないでしょう。馬の耳に念仏のように。(>>619) 」

625 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 15:18:47 ID:YmMKgNf3
『龍樹』は注意した方が良いよ。梶山さんの『空の論理』の方が良いよ。
ただし、石飛さんの本も、注意した方が良いよ。
このあたりは、三浦さんとのやりとりを確認すれば分かる。
三浦さんとのやりとりを確認すれば分かるけど、
(詳細は石飛さんの掲示板の過去ログをみてね)
例えば、追従者さんが西洋有の存在論とか論理学とか、
術語を乱用しながら、定義出来ない=理解出来てないのは、
もともと石飛さんがそうした術語の明確な定義を
再三問題になったのに逃げたから。
だから、石飛さんの本は注意した方が良いんだよ。

626 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 18:50:53 ID:OyabnknR
承狂さん >> 620 自殺云々は単なる私見です

それなら一般常識に他ならないでしょう。

621さん、論理学にいて同意見ですよ。承狂さんも、誤解があるようで、私は重視してませんよ。
一定の筋道があるということは、世間で使われている通りに言葉を使うということと、
話す順番があるということです。例えば、以下では通じないでしょう。

   ほうおいほいrほひおいhrlklkほいは

順番があるというのは、〜について話しますといい、分析例証したりして、
最後にまとめるといった手順です。

もちろん、直感的に目配せしただけで分かったり、

   か〜! キテルよな! キテル、キテル!

というような会話で理解できればそれでいいのですが、そうはいかないので、
一般的な方法に従ってるだけです。そうでなければいけないとは言いません。
一定の有効性がある、一般的にその方が分かり易いと言ってるだけです。

>>623-624さんの発言を見れば分かるでしょう。


627 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 18:53:11 ID:OyabnknR
>>623-624

そうですか。もう無駄ですよ。止めましょう。


628 :承狂:2006/10/04(水) 21:38:02 ID:MhnXo4Vu
雑談なのに、『もう無駄だから止めましょう』って、それこそ非論理的じゃないか?

629 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 21:53:42 ID:OyabnknR
>>623-624
> 本質 投稿者:φ 投稿日:10月 4日(水)21時03分31秒
>  ただし、「本質」というものがあることだけは(本質を認めざるをえない文脈があることだけは)
> 確かでしょう。

いいタイミングで三浦さんが、この発言。仏教はこの「本質」を認めませんね。
無常、無我、無自性、空だから、これが存在論の違いです。
仏教論理学や有部は「本質」を認めてしまう。それは可笑しいと思います。

>>628

そうですか。では、スレ違いのようなので失礼させていただきます。

お付き合いくださりありがとうございました。

630 :承狂:2006/10/04(水) 22:29:02 ID:MhnXo4Vu
ところで、仏教思想が輪廻思想を土台にしてるって事は、
ミンナOKなの?
俺は、釈迦が在世で偶々に有った一般常識に過ぎず、仏法とは別物だと言ってんだけど。
単なる視点の違いって言えば、ソレまでなんだがな。

631 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 22:36:46 ID:GVk0NS9S
モンティパイソンのコメディに、神は存在するかを牧師と神学の教授がテレビ番組で、
 ボクシングで決める。
というのがあったな。

議論とボクシングと大差無かろ。修羅道に落ちている。

般若即非、倒一説、
目の見えぬ者、耳の聞こえぬ者を導こうとすれば、論も証拠も通じない。
お前ならどうするか?
死んだ祖先、まだ生まれぬ子をどうやって済度する?

ああ、先ほどのコメディの結末は、神は存在するそうだ。

632 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 22:40:52 ID:6VUIlFGr
>>630 過去も未来も、識が造る夢幻。
昨日も前世も過去だから幻。
昨日は幻じゃなくて前世は幻だというなら、間違いじゃないでしょうか。


633 :名無しさん@3周年:2006/10/04(水) 22:41:41 ID:GVk0NS9S
とかぐだぐだ言いながら、>>618の答えを待つ俺だ。
不求得苦の餓鬼だな。誰か引導を渡してくれ。

634 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 00:34:36 ID:qKdTD+vJ
>>630
輪廻思想はインド辺りでは、仏教以前からの一般常識じゃなかったっけ。
確かバラモンとか、ヨガ、ヒンズー、ヴェーダとかみんな輪廻をいっているような気がする。
だから、仏教の輪廻という思想は当時新しいものではない
間違ってたらスマソ。

635 :承狂:2006/10/05(木) 01:45:19 ID:Z2cZ5u59
634さんに。
学術的にはソーなんですよ。
アーリア系の支配する過程で生まれたバラモン教が、輪廻思想を体系付けたって昔聞いたんだけど。
で、釈迦の仏教とかジャイナ教とかが新興したらしいです。
しかし、仏教系の多くの方が『いんや、輪廻思想も仏教思想の内です。』って言ってる訳です。
勿論、坊さんでも輪廻思想を否定してる方も居ますけどね。
少なくとも、コチラの住人の多くの方が、輪廻思想上等って方みたいなので、先述のレスとなった次第です。

アト、633氏は、仏教質問箱のスレの方が良いと思いますぜ?


636 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 01:46:08 ID:OBM6M04y
>>634
釈迦の前にも人間だらけで、迷いは深かった。
その人間の姿や心のありようを、釈尊やヒンドゥーの行者は指摘し説明し、
いかなる行い故に因果に落ちるかを教えたのだろう。

まさか本当に、「前世はフランス貴族でした」とか
言い出す積もりでもなかろう。
もし本当に生前フランス貴族だったとして(なんのこっちゃ)、
今生に何の関わりがあるか?

天上、人間、修羅、餓鬼、畜生、地獄。
いずれも仏の道ではないよ。
悟ることを解脱というのは、その六道から脱する故に言う。

637 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 01:47:37 ID:OBM6M04y
>>635
見苦しく論難する羽目になるかもしれんので、
こちらのほうが良いだろうと思ってね。

638 :名無しさん@3周年:2006/10/05(木) 16:09:17 ID:iwngr8YE
>>635
釈尊をはじめ僧達は在家の信者達には輪廻前提の説法をしてたんじゃないですかね。
特に、大乗仏教による釈尊前世の菩薩修行物語なんかは輪廻否定を明確にしてたら生まれないと思うし。


639 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

640 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 14:39:26 ID:X+D39kQE
>>639
どうでもいいのだが・・・

641 :名無しさん@3周年:2006/10/06(金) 19:22:18 ID:BwhqUhkt
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~ym7m4ovz/chukanha.htm#l2
真宗系の立場での中論解釈らしい

642 :名無しさん@3周年:2006/10/14(土) 17:35:55 ID:ZJtIjA8z
「釈迦弥陀は慈悲の父母 種々に善巧方便し われらが無上の信心を 発起せしめたまいけり」(親鸞聖人・高僧和讚)
自力や観念の働きを消してからの仏教

643 :名無しさん@3周年:2006/10/15(日) 00:59:24 ID:ZZhf3aqB
>>630
基本的に貴方の考えに同意。

輪廻思想というのは仏教以前からのインド哲学の土台であって、仏教思想の土台
などではない。
釈迦は表向き公然と輪廻思想を否定してはいないかもしれないが、従来の意味で
の輪廻転生を認めていたかは疑問がある。

だって輪廻転生の「主体」を認めないんだから。
一般的に言う輪廻転生とは、人間が死んだ後も残るその人間の本質的な「何か」
があって、それが後世新たな命を得て生まれ変わるという考え方だ。
これは要するに「死んでも生きていたい」という人間の生に対する妄執の表れ方の
1つと考えられる。
その「主体」が無いのなら従来の輪廻転生思想から言えば、そんなもの存在しないも
同然だろう。

少なくとも釈迦の言う輪廻はバラモン教などでいう輪廻転生とは全く違うものだと思う。

644 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 03:47:56 ID:W6xM6vGV
流れを無視した初心者丸出しの質問ですが、
ご存じの方…どうかご教示くださいませ。。。

インド・チベットの仏教系の論文を読んでると、
当該文献の訳出・引用箇所のページ数を示すために、
ff.と書かれているのをよく見かけるのですが、
あれはpp.と同じ意味なんでしょうか?

一枚の裏表に書かれた経典を引用する場合に
用いられているような希ガスるのですが、
pp.で略記したら、学会の笑われ者になるんでしょうか。
ご存じの方、ご教示よろしくです。



645 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 08:55:53 ID:45RRCP13
>>643
現在の私という主体も認めないが、縁起して連続していく、
それと同じように死後も連続していく。
それが仏教の輪廻。

>>644
ff. は folios の略号です。
folio は西洋本で閉じてない折り本を意味します。
そこからインド・チベットのポーティの呼称として使用される慣例があります。
folio の複数形が ff. 一枚の場合は f. と書かれます。

pp. は pages の略号で、チベット本で通番が付されている場合、こちらを使用する人もいます。
これは 1f.b が通常 2p. に相当するという意味です。



646 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 09:36:23 ID:TqqIPifD
自分も初心者ですが、質問させてください。
昨日の世界遺産実況スレで話題になって興味が出たんですが、
日本の仏教の各宗派を、2ch的な「○○は△△だよ派(××主義)」
というような、わかりやすく表現したものはありませんか?
多少誇張したものでも、イメージとしてつかめたらそれでいいのですが。

ちなみに、実況で出たのは冗談交じりですがこんな感じでした。

930 名前:渡る世間は名無しばかり[sage] 投稿日:2006/10/16(月) 00:10:48.65 ID:Q0RNAJp0
>>792
日蓮宗は「修行至上主義派」かな?
2ちゃん的には
「信者もちゃんと修行しろよ?!ああぁっ?!俺だけがやってるだけじゃ意味ねーんだよ!!!わかったかゴルァ!!!!!(日蓮談)派」
とか
「日蓮って基地外だよね派」って感じ?

941 名前:渡る世間は名無しばかり[] 投稿日:2006/10/16(月) 00:12:25.37 ID:n1zl5Pbn
>>930
俺らと天台以外は邪道だよ派

939 名前:渡る世間は名無しばかり[] 投稿日:2006/10/16(月) 00:11:54.60 ID:n1zl5Pbn
>>792
踊ってりゃなんとかなるよ派(時宗)

647 :お大師様かまってチョ♪:2006/10/16(月) 09:58:32 ID:Ov9aKhmk
大魔王好きなネタっぽ

648 :名無しさん@3周年:2006/10/16(月) 10:00:49 ID:/H/Slllq
同じ輪廻でも
恒常不滅のアートマンを輪廻の主体と見做すバラモン教と
恒常不滅のアートマンの存在を認めない仏教とでは
理解の仕方が違う。

649 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 01:24:03 ID:vuSjEmGo
>>645 様

644です。明晰なお答え、ありがとうございました!
助かりました。感謝です。




650 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 04:16:43 ID:aWPXuuAp
>>646
ここなどどうかな?

百禍繚乱
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/index.html

ここの既成仏教で大体の宗派の特色が伺える。

各仏教の特色について、特攻野郎Aチームのコピペ改変風に
書いてみようかと思ったが、諦めた。誰かやってみて。

651 :名無しさん@3周年:2006/10/18(水) 23:43:03 ID:To0+s2II
通りすがりの初心者(別人)ですが、
>>650
百禍繚乱 かなり詳しく調べたHPですね。詳しすぎて(というか長文)自分には無理でした。

気になったのでググった
http://www.tctv.ne.jp/tobifudo/newmon/etc/shuha.html
宗旨宗派の意味も知らない私ですが。

652 :承狂:2006/10/19(木) 05:05:34 ID:Suon92G2
645氏と648氏に質問です。
縁起する、個々の同一性の無いナニモノかが精神の前段階にあって、絶えず変じて続いてると仮定して、
それを輪廻って規定してる必然性は何処にあるのかな?
或はその様な状態を輪廻と捉える必要性ってあるのかな?


653 :648:2006/10/19(木) 09:52:39 ID:M67v40oJ
自業自得を説明するために輪廻思想(自己同一性を欠いた)が必要となります。
断見のように行為の果報が死によって消滅するのであれば、自殺が奨励されてしまいます。
また輪廻を単なるリサイクルと捉えるならば、自業他得になってしまいます。
また常見のように自己同一性をもった輪廻であると、それを前提としたヴェーダの祭式、
供儀を認めることになります。これも自業他得です。
「天界に生まれんと欲するならば、供儀をなすべし」というヴェーダの規定を仏教は認めません。

仏教にとって興味の対象は、輪廻のシステムやその主体ではなく、むしろ関係性つまり
因縁としての側面ではないでしょうか。

654 :聖霊大王:2006/10/19(木) 11:01:39 ID:suEs+EjT
論理性アル方、参加希望、信念馬鹿を打ちのめそう、、
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161087664/l50



655 :2ch従業員☆齋藤翔☆ラエリアンムーブメント勧誘員 :2006/10/19(木) 17:42:39 ID:oHgFQTJK
2ch従業員☆齋藤翔☆ラエリアンムーブメント勧誘員
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/ihou/1161136401/l50
公文書偽造横領罪★mixi フルフィルメント瞑想コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1086069
犯罪を暴露された2ちゃんねスレ
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sns/1161212379/l50


656 :名無しさん@3周年:2006/10/19(木) 22:39:08 ID:zWbpnLyx
>>653
その観点から言うと、仏教における「輪廻思想」とはあくまて善き行いを勧め、悪い
行いを諌めるための方便であるという事になりますね。

本来の仏教の教えは因果応報であって自業自得ではないと思いますし。
この両者は実は全く違ったものなのですが、あたかも一般には同じ言葉の言い換え
のように思われている。
この辺もやはり方便として使われてきた影響が大きいのでしょう。

657 :承狂:2006/10/19(木) 22:54:20 ID:Suon92G2
648氏に。
先ずは法嗣を礼す。
併し乍、法の構造認識に於て断絶が有るが故に、重て論ずるに及ばざれば、只今を以って了と為すべきか。

つーか、飽きた。

じゃ。


658 :名無しさん@3周年:2006/10/20(金) 16:38:05 ID:bVGkVJK/
>本来の仏教の教えは因果応報であって自業自得ではないと思いますし。

これはどういうことでしょうか?
もう少し詳しく。
自業自得を否定すると言うことでしょうか?


659 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:20:47 ID:gDyWLcXJ
因果応報ってのは原因に応じた果報(結果)があるという因果の法則を述べたもので
この宇宙が因果律に支配されている以上、絶対普遍の原理だ。
善因善果、悪因悪果というのも一般的にはほぼ当てはまるだろう。
善い行いは善い結果をもたらすし、悪い行いは悪い結果をもたらすだろう。

だが自業自得というのは実際には必ずしも成り立っていないのは、本当はだれでも
承知している事だ。
さんざん悪業を重ねて多くの人を苦しめておきながら畳の上で笑って死ぬ奴もあるし
善良に生きてきたのに何ら報われる事も無く、非業の最期を遂げる者もある。
善い業も悪い業も、その果報を必ずしも自分が受けるとは限らない。
その不条理を正す為に輪廻を持ち出すなら「業」を引き継ぐ為の主体としての「自己」
を想定せざるをえなくなる。
悪党が笑って死ぬのを見て、「どうせ来世で報いを受ける」と考えれば精神衛生上は
良いかもしれんけど、それは現世で不幸な境遇にある人に対して、「前世の悪業の報
いだ」と考えるのと表裏一体だよ。
こうなるともはやバラモン教とどこが違うんだ ?

因果律は絶対の真理としても、「自業自得」というのはあくまでは方便であると考えと
いた方がいいのでは ?

660 :名無しさん@3周年:2006/10/21(土) 21:22:30 ID:jX3PqrS0
>>659
果たして因果応報って確実な法則なのでしょうか?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1156743385/


661 :名無しさん@3周年:2006/10/28(土) 21:50:11 ID:zCnqFrJV
承狂さん、648さんは私とは別人ですよ。

648さんの見解と私の見解が似てるのは当然、素直に読めばそうなるからです。
現代的偏見を入れずに。

662 :名無しさん@3周年:2006/10/31(火) 22:02:15 ID:yLdBDC7c
>>651
↑サイトの宣伝であり、その内容から判断すると草加でしょう。

663 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/17(金) 22:18:49 ID:LMhZHjTo
腹へったぉ(´・ω・`)

664 :お大師様かまってチョ♪:2006/11/18(土) 09:44:21 ID:hfV/5E8c
(´・ω・`)…

665 :大王:2006/12/12(火) 16:55:20 ID:BAmVJb4l
なむさああああああんんんん、、

666 :承狂:2006/12/14(木) 23:49:28 ID:cZW0Z40X
せえっぷあああああ、、

667 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 07:15:57 ID:BEu69p7z
そりゃ「そもさん」だろ・・・

668 :名無しさん@3周年:2006/12/15(金) 19:27:00 ID:D+J1gC5h
___               【  カクテル3杯目、半額セール実施中 ! 12月いっぱい !  】      
  ||/ΛΛ/凹凹/∩∩/    ||  /     ___ ∧ ∧
  ||■■/目目/ΥΥ/|    ||/    /      (゚Д゚ ,,)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||■/凸目/ΥΥ/  |    /     / 凹 Y/⊂  ヽ  <ねぇマスター、門前に痩せのら狗がいマスター!
  ||/凸凵/ΠΠ/    |  /     /     ∧_∧(___,)〜 \_________________
  ||凸凵/▲▲/|    |/     /     (ω・  ) ┳┛
  ||凵/日日/  |   /     /  凹 Yと     l  ┃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||/ΔΔ/ ∧_∧/     /   ∧_∧ i⌒,___) ┻ <生きとし生けるものには、ことごとく仏性が有るとか
  ||廿廿/| ( ;´Д)    /     (∀・   )(_)┳┛    \__________________
  ||廿/  | (.    つ   / 凹  Y と    l     ┃
  ||/    |  | 〇 .|  /     / i⌒ ,.__)   ┻/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||      | (__(__)/     /  (_) ┳┛   <門前の痩せのら狗にも仏性があるのか,ないのかなぁ〜
  ||    /      /     /         ┃      \____________________
  ||  /  ∧  /     /   ┏━┓  ┻
_||/   /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | 山川草木国土悉無仏性(ぜんうちゅうにぶっしょうはない)・仏性は無いに決まってんじゃん♪狗じゃん
      \_____________________________________


669 :名無しさん@3周年:2006/12/26(火) 22:30:08 ID:8Htos2dK
さんまさぁぁぁん

でっぱぁぁぁ

670 :名無しさん@3周年:2006/12/27(水) 02:21:02 ID:zB50WOtu
立て看板 設置させてください、<(_"_)>ペコリ

『  ☆彡 目も見えず、耳も聞こえぬお人が、桜の木に抱きついている。
桜を、見たい、聞きたい、と言う。
さて、どうやって?

坐禅と見性第49章 公案と見性A行く雲
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1165823033/

二ではない(不二、ふに)、一の如し(一如、いちにょ)、それは、ほとけさま(さとり)のことです、どうですか、参禅していきませんか?
問う。
『 この場に坐したままで、30メートル先のローソクの炎を吹き消せ。 』
答える。     ・・・と。

☆彡沢木興道老師のなぞなぞ?

アメリカに 「我が妻は我が父の母なり、我が父は我が子なり、我が妹は我が孫なり」 という言葉があったそうな。

☆彡碧巌録(へきがんろく)第45則 趙州布衫(じょうしゅうふさん)

【本則】
禅僧「万法は一に帰す。では、一はどこに帰しますか」

趙州「私は若い頃、青州に住み、一領の布衫(実務着、サラリーマンなら背広と言うことかと)を作った。    その重さは7斤(4.2kg)もあった」

また、あるひと(ジャック、ラカン) 曰く(いわく)
「世界をキリストは支えている。キリストを聖クリストファーが支えている。では、その聖クリストファーを支えているのは何?」という謎々と同じかと。

‥‥……━★ 友好スレ   仙界の癒し大混浴場(バトルなし)
 
精神世界で癒される 第18章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1165691231/

191 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)