5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【討論】聖句の解釈をマターリ語るスレ7【議論】

1 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 03:11:25 ID:StH4YTht
聖書の聖句解釈について、クリスチャン同士で分かち合うスレです。
まだ未信者だけど興味のある方、求道者さんも歓迎致します。

一般的解釈だとこう言われてるけど納得できない…
ココとココの箇所って矛盾してない?
ココがどうしても良くわからない…とか
こんな解釈してみた!自分はこう思った!など皆で分かち合ってください。

お互いの解釈を照らし合わせつつ、議論してみてください。
新しい発見をお互い学び合えたら幸い!皆で語り尽くしましょう。

★議論のお約束★

◆他の人が読みやすいように気配りしましょう。
◆結論をはっきりさせるようにしましょう。
◆反論する場合は相手の立場で考えてみましょう。
◆議論に感情を持ち込むのはルール違反です。
◆自分の価値観や考え方をむやみに押しつけるのはやめましょう。

荒らし・煽りは放置しましょう。相手をしているとあなたも荒らしになっちゃいます!

439 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 01:20:43 ID:now6BpQo
【 主イイススの復活の次第 】日本正教会翻訳
 我主イイスス ハリストスの新約 マトフェイ福音 第二十八章
一 安息日(スボタ)過ぎて
 七日(なぬか)の首(はじめ)の日の黎明(よあけ)に
 マリヤ「マグダリナ」と他のマリヤと墓を観(み)ん為に来たれり。
二 視(み)よ地(ち)大(おほい)に震(ふる)へり
 蓋(けだし)主(しゆ)の使(つかい)
 天(てん)より降(くだ)り就(つ)きて
 墓の門より石を移して、其(その)上(うへ)に坐(ざ)せり。
三 其(その)容(かたち)は電(いなづま)の如(ごと)く
 其(その)衣(ころも)は 白(しろ)きこと雪(ゆき)の如(ごと)し。
四 守る者は彼を懼(おそ)れ戦(をのの)きて
 死せし者(もの)の如(ごと)くなれり。
五 天使(てんし)婦(をんな)に對(むか)ひて曰(い)へり
 爾等(なんぢら)懼(おそ)るる勿(なか)れ 我(われ)爾等(なんぢら)が
 十字架(じふじか)に釘(てい)せられし イイススを尋(たづ)ぬるを知る。
六 彼は此(ここ)に在(あ)らず 蓋(けだし)其(その)言ひし如(ごと)く
 復活(ふくくわつ)せり、來(きた)りて
 主(しゆ)の置かれし処(ところ)を観(み)よ
七 且(かつ)速(すみやか)に往(ゆ)きて
 其(その)門徒(もんと)に告げて曰(い)へ
 彼(かれ)死より復活(ふくくわつ)せり
 爾等(なんぢら)に先(さき)だちてガリレヤに往(ゆ)く
 爾等(なんぢら)彼処(かしこ)に於(おい)て 彼(かれ)を見(み)んと
 視(み)よ、我(われ)爾等(なんぢら)に言(い)へり。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1127025404/482-484


440 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/04/16(日) 02:55:35 ID:ma3QqsH9
ユダの裏切り者扱い
原始教会の親ファリサイ派扱い
パウロの原始教会賛美の無視

これらは全部馬鹿がやった事です。今の馬鹿教会はこれらの過去の
重大な過ちから抜けられないでいます。わははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは

気の毒なかたがたですね....少々のことでは払拭できないでしょうが
これから抜けられない為にまた新たな馬鹿を創造してるのが今の
主にプロテ系の馬鹿キリスト教会です....わはははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


441 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 03:10:09 ID:eafjOPJ6
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは


の為にありとあらゆる手練手管を屈指してる事は


442 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/04/16(日) 03:30:44 ID:ma3QqsH9
まだあるよ....
@ダニエル書の成立年代の誤認
@ゼベタイのヤコブが刺殺された時に兄弟のヨハネも一緒に
 殺害されたと思ってる人が未だにいる
@AD48−50年頃にエルサレムで原始教会の面面が異邦人と
 ユダヤ人対立の為の宗教会議がなされた事を知らない人もいるか?
 −>知ってる人が少ないだろね....
@パウロは原始教会って知ってるだろか?
@「神の教会」って何?
@ヨハネ福音書の編者の中に洗礼者ヨハネの残党がいたってホント?
@Qの編者ってだれ...僕は半分位が原始教会だと思ってる
@Qの編者の原始教会での位置づけは?
@洗礼者ヨハネの共同体はマタイが言うほどに過激だったか
 −>多分マタイの編者に常識が無かっただけかもしれない
@イエスと原始教会は主張にどれだけの違いがあるか
 −>二アリーイコールだと思う
@ペテロはホントに岩の様な奴か?
 −>はじめはそうだったのでしょうが、イエスに諭されて....
 −>その重大決断で、ヤコブへの禅譲がなされたと言うのが僕の説

 


443 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 03:49:21 ID:eafjOPJ6
の為にありとあらゆる手練手管を屈指してる事は


444 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 04:24:22 ID:eafjOPJ6
寝たのか? >ココモ


エホバの証人時代のことはもう忘れろ。
いつまで傷を引きずるつもりだ。
主は痛むほど惜しみなくあなたを愛してくださっています。

445 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 07:07:56 ID:BFfyEYz5
>>439

聖歌171 賛美歌148番 「救いの主は、ハレルヤ」
 http://www.max.hi-ho.ne.jp/masaki-ooi/htext/148.htm
聖歌529 賛美歌453番 「聞けや、愛の言葉を」
 http://www.max.hi-ho.ne.jp/masaki-ooi/htext/453.htm
 http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~syouzou/column/sanbika/s453.htm
 http://www.rakuno.ac.jp/dep16/omoide08.htm
聖歌199 賛美歌194番 「栄えに満ちたる」
 http://www.max.hi-ho.ne.jp/masaki-ooi/htext/194.htm
讃美歌541 頌栄
 父、み子、みたまの おおみかみに、
 ときわにたえせず みさかえあれ。みさかえあれ。アーメン。
 http://www17.ocn.ne.jp/~sanbika/a383.htm

ウェストミンスター信仰基準
 http://www.ogaki-ch.com/WCF/text/index.htm
四福音記者・所属配下・所属教会
 弟子マタイ・兄弟ヤコブの配下・エルサレム教会(監督1)
 書記マルコ・弟子ペテロの書記・エジプトのアレキサンドリア教会(監督3)〜バビロニア教会
 書記ルカ・使徒パウロの書記・シリアのアンテオケア教会(監督2)の医者・画家・秘書
 長老ヨハネ・書記ルカの子弟・ギリシアの諸教会
三監督(3司教・3主教)により、次の監督(司教・主教)を叙任
 エルサレム教会・初代監督・主の兄弟ヤコブ・城壁より突き落とされ落下地で撲殺により殉教(ユダヤ戦争前後[70年前後])
 アンテオケア教会・第二代監督・イグナチオ・獣と戦う刑により殉教(AD110ごろ)
 スミルナ教会・監督・ポルカリュポス・生きたまま焼かれるの刑により殉教(2世紀前半)


446 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 18:23:38 ID:xbXaOLTR
スレ違いコピペ乙

447 :キュロス:2006/04/16(日) 18:55:42 ID:4fYSnEUQ
マルコ福音書
>6:3 この人は、大工ではないか。マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、
>ユダ、シモンの兄弟ではないか。姉妹たちは、ここで我々と一緒に
>住んでいるではないか。」このように、人々はイエスにつまずいた。

マルコ福音書では ここで始めて イエスの母マリア が登場する。

>15:40 また、婦人たちも遠くから見守っていた。その中には、マグダラ
>のマリア、小ヤコブとヨセの母マリア、そしてサロメがいた。

次に 登場するのが 十字架の場面だ。
なぜ 「小ヤコブとヨセの母マリア」 と言う表現をするのでしょうね。
つまり イエスの母マリア と言う表現をしないのでしょうね。

>16:1 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、
>サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。

そして この3人で イエスの居ない墓 に行き イエスの復活を
知るわけなのだが ここでは「ヤコブの母マリア」になっているんだね。

448 :キュロス:2006/04/16(日) 19:19:08 ID:4fYSnEUQ
ヨハネ福音書
>19:25 イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、クロパの
>妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。

共観福音書とは伝承ルートが違うと 言われているヨハネ福音書では
イエスの十字架の場面に「クロパの妻マリア」が名簿に追加されている。

>20:1 週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは
>墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。

復活の場面では 「マグダラのマリア」だけが 登場する。
そして 墓の中は 見ないのですね

>20:2 そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛して
>おられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。
>「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、
>わたしたちには分かりません。」

マグダラのマイアは 「墓から石が取りのけてある」ことしか
確認していないのにも かかわらず 墓の中が空 だと言うこと
弟子達に 報告するのですね。

マルコ福音書では 二人のマリアとサロメが 空の墓 を確認する
のだけど ヨハネ福音書では マリアは 空の墓 を確認するのは
ペトロともう一人の弟子 であり 墓に入るのは ペトロ なんだね。

449 :キュロス:2006/04/16(日) 20:23:06 ID:Ogn9EM00
ヨハネ福音書
>20:4 二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、
>ペトロより速く走って、先に墓に着いた。

マリアが最初に 墓に行くが 墓の中は 確認しない
「もう一人の弟子」はペトロより先に 墓に行き 空の墓を
確認するが 墓の中には 入らず 後から着いた ペトロが
墓に入る。

>20:8 それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、
>見て、信じた。

そして 「見て、信じた。」 彼は何を 見て信じたか?
そうなんだね 彼はマリヤの証言 つまり 「墓から石が取りの
けてある」ことで「主が墓から取り去られ」たこと を信じたのだね。

450 :キュロス:2006/04/16(日) 20:32:16 ID:Ogn9EM00
>>449
>彼はマリヤの証言 つまり 「墓から石が取りの
>けてある」ことで「主が墓から取り去られ」たこと を信じたのだね。

これを 以下のように 修正する。

彼はマリヤの証言 つまり 「墓から石が取りのけてある」ことから
「主が墓から取り去られ」たこと 推理した マリアの証言を信じたの
だね。

ペトロ と もう一人の弟子 の墓に到着順序に
何か意味があるのかな?
もし 意味 があるとすれば
ペトロ は 何を象徴しているのかな
もう一人の弟子は ヨハネ福音書の集団を 象徴している事は
想像できるけどね。

451 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 21:48:33 ID:QI2T08O0
>>450
バカあぢwfq原始教会あg」しわzsbんペトロさgらfdsあはあれゆh
あbはんばんぢあrhパウロjwrfhdユダgぢいw

はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは

バカバカバカバカバカバカあtげあwyがあうぇお9gは

はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははは




452 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 23:31:58 ID:YaDrKaHe
キリストは既に世に送られました。イエス・キリストを信じる者は救われます。

信仰の多くはどこから得られるのか。多くの人は聖書の御言葉に縁る。
御言葉の理解には、求める力が必要。そして正しい理解は信仰が与えてくれる。
求める原動力は聖霊に縁る。信仰は力となる。

道と例えられるのは、信仰が道程の値だからです。
強い信仰とは、御言葉の理解と実践(力)です。強い信仰を得る過程が道程です。
実践とは己の十字架を負うことです。己の十字架が人を生かす力となります。
生かした者と生かされた者の差が富となるのです。


453 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/04/16(日) 23:54:04 ID:tOrfAjwu
馬鹿な連中の読解力を知りたいので、何処の何章とも書かないで、そのまま紹介
するね....馬鹿どもにお尋ねします。
1...これは誰の聖句でしょう?
2...マリハムって誰?
3...シモン・ペテロって誰?
4...これを書いた人はどういう思想のグループか?
5...この聖句の持つ意味は?

シモン・ペテロが彼女達に言った。”マリハムはわたしたちのもとから去った
方がよい。女たちは命に値しないからである”。イエスは言われた。”見よ、
私は彼女を天の国へ導くであろう。私が彼女を男性にするために、彼女も
また、あなたがた男たちに似る生ける命になるために。なぜなら、どの女
たちも、彼女らが自分を男性にするならば、天の国に入るであろうから”



454 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 09:18:20 ID:jxRQGaq6
>>453

1...一番弟子ペトロと主イエスの対話の聖句。
  トマス格言集(114節)
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_tomas.html
  μορψη(モルフェー・み姿・外貌・像)フィリピ2章6節
  肖像・像: エイコナ・イコン
(文章・書き記し・刻銘・書物: グラマタ・グラフェー
 [十字架の罪状書き
(書き記しには「ナザレンのイエスス、イウダイオンのバシレウス」とあった)
 ・硬貨である金文の刻銘
(誰の像か、何と書き記してあるのか「カエサルの肖像です」と答えた
  ならば、神のものは神に、カエサルのものはカエサルに返しなさい)])
  影・像: スキーマ

2...マグダラのマリア、イエスに七つの悪霊を追い出して
    いただいた婦人である(マルコによる福音書16章)

3...あなたはペトロ。わたしは この岩の上にわたしの教会を建てる。
    陰府の力もこれに対抗できない。(マタイ16章18節)
    シモン・ペトロ(16節)
    ケファ=ペトロ(岩)=漁師シモン(別人:皮なめしシモン・大能シモン)
   「わたしはパウロにつく」「わたしはアポロに」「わたしはケファに」
   「わたしはキリストに」などと(コリント一1章12節)

4...トマスの仲間。
    アンドレアス・レビ=取税人マタイ(マリヤによる福音書17:10−19:2)
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=91&to=120

5...女性性を武器に使わない。男性と同じ労働によって糧を手にする生き方。

455 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 09:20:05 ID:jxRQGaq6
叡智の光_グノーシス主義用語語彙集
 http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/preterm.html

『トマスによる福音書』ナグ・ハマディ文書。「NH-II-2」(07)
C)キリスト教的グノーシス文書。
『ナグ・ハマディ写本』中のグノーシス主義文書。
古来より、正典(カノン)『新約聖書』四福音書以外に
『トマスによる福音書』と呼ばれる第五の福音書が存在したことが
記録として残っていた。原本は湮滅したものと考えられ
内容を僅かに伝える記録しかなかった。『ナグ・ハマディ写本』の発見において
その第一コーデックスに、この往古の福音書と比定される文書が含まれていた。
内容は、イエズスの語録集で、形態的には『Q』に近い。
荒井献の翻訳解説で講談社より出版されている。

聖書−聖句検索つき
 http://www.bible.or.jp/main.html

http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=215&to=224
http://my.2ch2.net/occult/test/read.cgi?bbs=magic&key=1118041669&st=238&to=247&nofirst=true


456 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 09:51:20 ID:PYeTgozb

トマス


マグダラのマリア


使徒ペテロ


グノーシス派


正統キリスト教(ペテロ=男性優位)に対する異端派(マリア=女性尊重)よる反駁

457 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 14:14:58 ID:PYeTgozb
>>453
じゃあ、お返しだ。

妻はその夫と[@]で結びつけられる。しかし、[@]で結びつけられた人々は、
もはや離れることがない。エバがアダムから離れたのは、彼女が彼と[@]で
結ばれなかったからである。

1.出典は?
2.@には何が入るか?
3.@の秘儀は何派で執行されていたか?一つ挙げよ。
4.上に引用した関連で、次の文章の[A]と[B]と[C]に何が入るか?

キリストの[A]はマグダラのマリアである・・・(キリストは)しばしば彼女の[A]に
[C]をした・・・

458 :mono ◆HfNWSGfVro :2006/04/17(月) 18:51:27 ID:+N6xYnz0
>>450
ヨハネ20;4  新改訳
    もう一人の弟子がペテロよりも速かったので、先に墓に着いた。
ヨハネの方が若いから足が速いみたい。だけではないんでしょうけど
ペテロは、背信行為をしていて足が重かったのかもですね。

ヨハネ20;8    そして、見て、信じた。
ヨハネ20;9
    彼らは、イエスが死人の中からよみがえなければならないという
    聖書を、まだ理解していなかったのである
聖書を理解する前に信じることができるんですね 愛されている弟子の
体験の前には教理なんて すっとんでしまうんですね。

459 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 21:47:28 ID:lMjPSA4l
>>457

1.フィリポによる福音書§55b(対応: コロサイ・ローマ・コリント)
2.@愛
3.バルベロ派?あるいはフィリポ派?
4.A弟子 Bクチ(マウス) C接吻(キス)

コロサイ人への手紙2: 2 それは、この人たちが心に励ましを受け、
 愛によって結び合わされ、理解をもって豊かな全き確信に達し、
 神の奥義であるキリストを真に知るようになるためです。
3:14 そして、これらすべての上に、
 愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。
3:15 キリストの平和が、あなたがたの心を支配するように
 しなさい。そのためにこそあなたがたも召されて
 一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。
3:16 キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、
 知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌と
 により、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。

ローマ人への手紙15: 6 それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、
 私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。

コリント人への手紙第一6:16 遊女と交われば、一つからだになることを知ら
 ないのですか。「ふたりの者は一心同体となる。」と言われているからです。
6:17 しかし、主と交われば、一つ霊となるのです。
10:17 パンは一つですから、私たちは、多数であっても、一つのからだです。
 それは、みなの者がともに一つのパンを食べるからです。
12:13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、
 一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、
 そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。

460 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 21:49:00 ID:lMjPSA4l
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1131421854/264-276

>マグダラの娘(彼女の息(炎の天使)

息は、新しい生命・代々の命(ゾーエーアイオナス・永遠の命)の息吹で
聖霊(ハギア プネウマ)の事である。
霊(プネウマ)は、息(プネウマ)とか風(プネウマ)である。

炎も舌の様な形であらわれ、聖霊の象徴であり、知恵の象徴でもある。
サクラス(愚か者[旧約の神])の反対に
グノーシス(英知[新約の神])を設定している。

ロゴスを、イエスであり神と設定するのは「ヨハネ福音書」である。
ロゴスを原罪や人類の過失の一因としているのは、グノーシスの「三部の教え」教派?という。

ローマ書 正義(真理[アレテイア]でなく) ディカイオシュネ
コリント書αβ 親愛(善[アガソス]ではなく) アガペーセイス
ヨハネ書 美 カローン
     光 フォース・フォトス
     命(息・霊[プネウマ]ではなく) ゾーエー
     言 ロゴス
     世々・代々(世界[コスモス]ではなく) アイオーン・アイオナス
コロサイ書 満ちた[豊かさ] プレローマー
     像・影 エイコーナ(イコン)
ほとんどグノーシスではテーマになっているギリシア語の単語ですね。

何度か繰り返しコピペのレスで済まんのですが。思い起こしや参考に。。。


461 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/04/17(月) 21:56:54 ID:in/t7qhZ
福音書の中でヤコブさんの主張と思わしき物が書かれてるのは、僕が
知る限りこれだけです。
ヨハネ福音書7/3−9
>イエスの兄弟たちが言った。「ここを去ってユダヤに行き、あなたの
>している業を弟子たちにも見せてやりなさい。
>人に知られようとしながら、ひそかに行動するような人はいない。
>こういうことをしているからには、自分を世にはっきり示しなさい。」
>兄弟たちも、イエスを信じていなかったのである。
これはかなり意味深の聖句ですよ・・・まず兄弟が共同体によっては
神様とされたイエス様にご意見をしてるんですね・・・
イエスを信じるってどういう事でしょう・・・実はこれがヨハネの編者
の原始教会に対するスタンスなんだと思います。・・・
原始教会とヨハネ福音書の教会はどちらがカルトかと言うと、僕は
ヨハネ福音書の教会の方が現世に背を向けたカルトだと思います。
ヨハネの共同体の人達がその様に考えるのは自由でしょうが、現実に
多くの信者を抱えた原始教会はそんな事ができないでしょう。


462 :ココモスキー ◆VAutiIin4w :2006/04/17(月) 21:58:51 ID:in/t7qhZ
>そこで、イエスは言われた。「わたしの時はまだ来ていない。
>しかし、あなたがたの時はいつも備えられている。
>世はあなたがたを憎むことができないが、わたしを憎んでいる。
>わたしが、世の行っている業は悪いと証ししているからだ。
>あなたがたは祭りに上って行くがよい。わたしはこの祭りには上って
>行かない。まだ、わたしの時が来ていないからである。」
>こう言って、イエスはガリラヤにとどまられた。
>しかし、兄弟たちが祭りに上って行ったとき、イエス御自身も、人目を
>避け、隠れるようにして上って行かれた。
ヨハネ福音書の共同体は、原始教会を現実の教会としてその立場を認めながら
自分達は、更に境地を極めていき、イエスが求めたと想定される更なる理想を
貫くと言うスタンスだったんだろうと思います。
何処かの馬鹿が考えてるような原始教会との敵対とか断絶と言う幼稚な発想
ではないと思いますし、再臨とか復活と言うのも現実のイエスの再臨では
ないだろうと思います。
さらに兄弟たち(ヤコブ達)が不信仰だったなんて言う、幼稚な発想は持って
ないでしょう。



463 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 22:03:09 ID:lMjPSA4l
>>76 >>79 >>82-84 >>97-115 >>121-142 >>171-180

464 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 22:04:39 ID:lMjPSA4l
>>240-242 >>247-249 >>307-310 >>406-410 >>439 >>445

465 :キュロス:2006/04/17(月) 22:11:21 ID:xv0BYL57
なるほどね 「愛されている弟子」 が信じたのだね。

信仰とは 一方的なもの ではなく 相互的ものだとすれば
「愛されている弟子」が その愛されている事を自覚した時に
信じる 事が出来たのだろう。

人間が神を信じること におとらず 神が人間を信じることが
重要なこと らしい。

マタイ・マルコは 比較的 この事が 例のイエスの十字架上の祈り
で 解りやすいけど ヨハネは 難解だね。

つまり 「わが神 わが神 なぜ私をおみすてになったのですか」
は イエス個人の為の祈りではなく 人間の祈りでもあるからね。

つまり 神が人間と共に 人間(神が想像した天地)の行く末を祈って
いる事を 人間が自覚したときに 信仰が生まれる、という解釈が
出きるからね。

466 :キュロス:2006/04/17(月) 22:30:19 ID:xv0BYL57
>>461
まさか その原始教会とは 
例のヤコブのエルサレム教会のこと では無いでしょうね。

ヨハネ福音書の成立年代を 100〜120年とすれば
その当時の 大きな中心的教会とは アンティオケ教会かな
それとも アレキサンドリヤの教会の事かな?

467 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 22:39:25 ID:lMjPSA4l
父なる神_____________聖母マリアの間違いだと言う事で(教会)
_↑_________________↑
父イエス−愛されている弟子マグダラの母マリア(マリア福・トマス・フィリポほか)
____↓
愛されている弟子で愛する子のヨハネ→Q資料と弟子(マタイ・ヤコブ・ユダほか)
_↓
父を信じなさい。(ヨハネ文書のテーマ)→偽りの人呼ばわりでも宣教(パウロ書簡)
_↓_______________________↓
ペテロぐれる。。。___________医者ルカが秘書(ルカ文書)・使徒テモテ
教会を援護・マルコが書記だから代筆。(マルコ・ペテロ書簡)
父というか神父って事だな(教会)
パパは一人でローマ法皇がまとめるという事で(ローマ・カトリック教会)
パパが一人ならカエサルも一人だし神聖ローマ皇帝が一人という事で(中世時代)
ビザンチンが嫌だと言っています(正教会の離反で東西に分裂)


468 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 22:39:51 ID:PYeTgozb
>>459
1.惜しい。出典はフィリポ福音書86
2.[愛]はなく、[新婦の部屋(パストス)]
3.この秘儀といえばヴァレンティノス派、その中でも特にマルコス派が有名
4.フィリポ福音書59からの引用・・・・A[伴侶(コイノーノス)]、BC正解

469 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 22:42:26 ID:lMjPSA4l
>>468
朱筆。ありがたいです。勉強になりました。


470 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 23:11:06 ID:lMjPSA4l
新約聖書のできたプロセス
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_qmap.html

★個人的意見で★

ローマ___ギリシア__北シリア___南シリア_ガリラヤ__パレスチナ_エジプト
イタリア__コリント__アンテオケア_ダマスコ_カイザリア_エルサレム_アレキサンドリア

カエサル__テサロニケ_大能シモン__バラム__バルコクバ_クマノス__チウダ&ヤンネ
裁判伝承__殉教伝承_________←−−−−イエス宣教−−−−→ 
パウロ書簡←テクラ−−−パウロ宣教__Q伝承&奇跡伝承&宣教伝承−−−→マルコ伝&アポロ
ヨハネ書簡_黙示録___ルカ書簡___マタイ伝&ヤコブ書簡&ユダ書簡__ペテロ書簡
ヘブライ書_______偽パウロ書簡__________________トマス伝&マリア


471 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 23:26:23 ID:lMjPSA4l
「ヴァレンティノス派」中期グノーシス主義初期最大のグノーシス主義教派。
ヴァレンティノスの教説に従う派。具体的にはよく分からず、異端論駁者たちの著書からは、
その弟子に当たる、プトレマイオス派やマルコス派の教義等が詳しく知られている。

「新婦の部屋(パストス)」
ヴァレンティノス派の秘儀とされ、象徴的に「心魂」と「霊」の聖婚が成立する。

「心魂(しんこん・たましい・プシュケ[別の意味に、傷ついたプニューマ(霊)])」
人間は、グノーシス主義では、三つの実体要素からなり、
それは肉・霊・心魂の三要素で、心魂は、その裡の一つ。救済に与れるか否かは、
心魂の浄化のレヴェルにあるとも云える。魂(たましい)。霊魂とも云う。
ヴァレンティノス派には、「新婦の部屋」の秘儀があり、これは、
心魂(女性名詞)を花嫁とする、霊との象徴的結婚儀式で、プレーローマにおける、
心と霊の聖婚による「両性具有」の実現を象徴的に実現する儀式であった。
ヴァレンティノス派はまた、人間の三つの種類を唱え、
霊的人間、心的人間、肉的・物質的・質料的人間の三種は、
それぞれ、「運命」が決まっているともした。

フィリポによる福音書§32
三人の者がいつも主と共に歩んでいた。それは彼の母マリヤと彼女の姉(妹)と彼の
伴侶(コイノーノス)と呼ばれていたマグダレーネであった。なぜなら、
彼の姉(妹)と彼の母と彼の同伴者は それぞれマリヤ(という名前)だからである。

フィリポによる福音書§68 主はあらゆる技を秘儀の中で[行っ]た。
すなわち、洗礼と塗油と聖餐と「救済」と「新婦の部屋(パストス)」(のことである)。
私註・・・「葬送儀礼」は「救済」の一部となる。

472 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 23:36:29 ID:lMjPSA4l
アイオナス(いま生きている、この世代・世の中・時代・今の世界)
 プレローマが、アイオナスを存在させしめている。生かしている。

プレーローマ(満ちている・充満・豊かさ・流出)
 豊かな方・神のロゴスのイエスの事。

プニューマ(霊)
 ハギア(聖)なる場合は、ロゴスを思い起こさせる聖霊の事。

プシュケ(心・魂)
 傷ついている心・原罪がある状態の人間・
 七つの霊に憑かれていたマグダラのマリアの事。

イエスが、マグダラを癒すような、結合の儀式をなした。という異端解釈。


473 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 23:40:45 ID:lMjPSA4l
プニューマ(霊)
 ハギア(聖)なる場合は、ロゴスを思い起こさせる聖霊の事。
 神の霊なので傷がなく完璧。

結合(交わり・コイス)→ 交わる者(やる相手)=伴侶(コイノーノス)


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★