5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

春まで待てない親鸞会

1 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 22:57:31 ID:0Xhi7tqo
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!


      ∩ ∧_∧ ∩バ-ン…
       \(*゚ー゚)/__
      / |  / ./\      けんかしないでね、厨房のみなさま
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/   
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/


2 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 22:58:05 ID:0Xhi7tqo
■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/

3 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:30:36 ID:iJjSqsze
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。

4 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:31:40 ID:iJjSqsze
>2chを擁護したって、どうにもならんよ。

>匿名であることをいいことに、個人情報を垂れ流し。
>会社や公人に関係する個人情報は削除されないという勝手な基準を逆手にとって、個人に対す>る執拗な誹謗中傷はほったらかしで残されたまま。
>真偽の分からない無責任ななりすまし書き込み。援助交際や集団自殺の助長。
>そして犯罪予告、ついにはP2P開発者が逮捕される始末。
>当の管理人は、裁判で負けても賠償する気は全く無し。

これが現実。



5 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:32:15 ID:iJjSqsze
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。

2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。

3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。



6 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:40:03 ID:oXtjoL/Q
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)

7 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:41:01 ID:oXtjoL/Q
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。

8 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:43:33 ID:oPuJzMyA
親鸞会の本尊論を再考する
 を読んで
http://shinrankai.sytes.net/

なぜ私は親鸞会をやめたのか
  を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
  を読んで
http://shinrankai.9jp.net/

9 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:44:32 ID:oPuJzMyA
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞上人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)。

http://homepage2.nifty.com/shinran/


10 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:45:36 ID:oPuJzMyA
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。




11 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:46:13 ID:oPuJzMyA
2ちゃんねるは投稿者本人が自分の発言を削除できず、削除依頼は公開掲示板でなければ受け付けてもらえません。
この削除依頼公開によって被害は拡大するのです。
誤って個人情報を書き込んでしまった人が削除依頼によって増幅した攻撃を受け(数千にも及ぶ書き込み)、退職に追い込まれている事実もあります。
また会社、公人に関係する個人情報は原則削除しないという基準があり、事例では教師経験のある人への執拗な誹謗中傷が削除されないという被害を生んでいるのです。
一方、なりすましによる書き込みは真偽を確認しないまま放置されています。
削除依頼者のIPは公開されるのに削除対象投稿者のそれは公開されないなどの矛盾もあります。
ネットで知り合って集団自殺する事件に関連する通報があり、発信元を調べようとした県警がプロバイダーから令状を要求され、事件捜査ではないため令状が取れず調査できなかったこともあります。

http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/



12 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:47:00 ID:oPuJzMyA
メディアの見た親鸞会 〈書籍や新聞記事などがとらえた姿〉
http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/
 岩波講座 日本通史 第21巻 (岩波書店 平成7年初版発行)
  宗教意識の現在 3.「土着型」新教団の台頭 真宗「原理主義」の挑戦
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/nihontushi.htm
 真宗王国と新宗教「蓮如さん今を歩む」 (北国新聞社 平成8年初版発行)
  第一部 世は乱れ法もなく−法話に集まる若者たち
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinshuokoku.htm
 富山新聞 平成9年10月28日号 掲載記事
  「神よ仏よ」 信仰厚き北陸路を行く
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinkouatsuki.htm
 RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM
  (Asian Humanities Press, 1991)
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/rennyo.htm



13 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:48:07 ID:oPuJzMyA
成功のヒント
http://user.ftth100.net/ricercare/
ちょっと一息ためになる話
http://inochi.jpn.org/hitoiki/
親鸞会 Watch!
http://cokolo.cocolog-nifty.com/
親鸞会の報恩講へ行こう
http://houonkou.ojiji.net/
ルドルフのホームページ
http://shinran3.hp.infoseek.co.jp/
親鸞会 WEBLOG Watch
http://homepage2.nifty.com/scroll/
親鸞会総合リンク集
http://cube4.fc2web.com/



14 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 23:50:51 ID:oXtjoL/Q
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。

15 :名無しさん@3周年:2006/01/30(月) 23:51:57 ID:pHTd16yS
狂気は個人にあっては稀有なことである。しかし、
集団・党派・民族・時代にあっては通例である。
―――  ニーチェ


16 :名無しさん@3周年:2006/01/30(月) 23:52:53 ID:pHTd16yS
ま、2ch見てりゃ無根拠でないと言えなくもないが・・・。
ちゃんねらは、2chのちょっと異常なとこが好きなんだよ。
所詮、妄想・幻想の入り混じった自己満足(=オナニー)するための空間。
もっと楽しめって。

17 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 10:17:55 ID:UZPYZn1B
親鸞学徒以外は地獄へ堕ちるぞ!!

18 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 22:26:55 ID:qlZl3MEE
2ちゃんねるは書き込む全ての人に何も良いことが無いと思っています。
荒らしによって沢山の人が傷つき、また荒らしに走る人達も自分の人間としての質を自らおとしめている事に気づいていないのだと思うのです。

2ちゃんねるで人を中傷するような批判の書き込みをすることでストレスを解消している人が中にはいるかもしれない。
人を打ち負かすことで一時の優越感に浸る快感を覚えて何度もここに来る人もいるかもしれない。

そういった欲がいったん走り出したらなかなか簡単に止まるものではないと思うのです。

そしてその邪心に満ちた欲を促進しているのがこの■2ちゃんねる■。
(ちなみに荒らし行為をする人が邪心に満ちているという意味ではない。あくまでも「欲が」です。あしからず。)

これ以上、人が争って傷ついたり憎しみを持ったりするところを見たくありません。
また芸能人・アーティストの批判スレに関しても、友人同士などの間で批判や悪口などはまだいいのですが、(ファンにとっては良くないのですが)
叩かれている本人達が目にする機会があると知っていながら、書き込むなんてタチが悪すぎます。
度を越しています。

そこでどうすればこの■2ちゃんねる■を撲滅することが出来るか、解決策を真剣に考えていきましょう。
2ちゃんねる撲滅反対派の方も意見がございましたら冷静に書き込みをお願いいたします。


19 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 23:52:26 ID:kwwgXCtB
中立性無し?宗教情報アーカイブARI
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1137583088/

20 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 20:13:07 ID:a5ogJ6u9
大学の入学式・サークル勧誘では親鸞会に気をつけろ!
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1138861999/

21 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:14:20 ID:Hw25Y4KE
皆さん一生懸命財施しましょう。

皆さんの血と汗の財施は、

数億円のバカでかい鷲のマーク

数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ

紅白の牛革のなぜ生きる

高価な絵画や壺

壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下

会長専用のフロア

会長専用のエレベータ

会長専用の厨房2部屋

会長専用のコックへの給料

会長専用の高級車やバス

会長専用の広大なキャノピー

など親鸞聖人のみ教えをお伝えするのに有効に使わせて頂きます。

22 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:15:52 ID:Hw25Y4KE
ぁゃιぃサークル勧誘対処法

 まず自転車置き場などで見かける限り、二人一組で一人に勧誘することが多いみたいです(心理的効果かな)。
二人一組で声をかけられたときには、何か理由をつけて逃げた方がいいと思います。また、少しでもあやしいと
思ったら絶対について行かない。彼らは必ず「場所を変えて話をしよう」と言ってきます。そこにはマインド
コントロール可能な(?)空間が用意されていますので、絶対に行かないでください。
 捕まったときはやはり、何といっても「入りません」ときっぱり言うことが一番でしょう。大概はそれで帰し
てくれると思います。しかし、時には名前や住所、電話番号を訊かれることもあると思います。そこで本当の
住所を教えてしまうと、何度も家に来る可能性があります。切ればいい電話と違い、家に来られるとなかなか
やっかいです。適当な偽住所や偽電話番号を書いておけばいいでしょう。また、何度も訪問してくる場合は
「警察を呼びますよ」と言えば結構帰るらしいです。それでも帰らなかったら本当に110番してもいいんじゃ
ないでしょうか。
 とまぁちょっと書いてみましたが、こういった話はウラ金大でも紹介されていますので、参考にしてください。
また以上の対処法は、悪徳商法にも応用できると思います。
 詳しくはカルト撃退マニュアルを読んでください。
http://www.nurs.or.jp/~juunenso/ayashiicircle.htm

23 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:18:26 ID:Hw25Y4KE
931 :親鸞会の腐敗:2006/02/02(木) 18:41:37 ID:g2jTahlw
宗教を信じていると自負する者は
一人の宗教家であるべきではないだろうか。
たとえ布教に勤しまなくとも、自らの信条に自信を持ち、
表明して恥じず、さらに敬虔を以て応えようとする、
一人の宗教家であるべきではないだろうか。

今、嘘勧誘に代表される親鸞会の
悪事が信仰の名において正当化され、かつてそうであったように
なお平然と行われ続けようとしている。
もちろん、多くの会員たちはこのやり方に甚だ迷惑していることだろう。
しかし、間違ったことを疑問に思っても口にできず、
恥辱に耐えれないことも
敢えてしなければならない現状がある。

なぜ、こんなことになったのだろうか?

今の会の行為を恥じずに公言できる者がいるだろうか?
今の会の行為に自信をもつことができる者がいるだろうか?
会の行為に真心で応えようと思う者がいるだろうか?

なぜ、こんなことになったのだろうか?

一人ひとり胸に手を当てて冷静に考えてもらいたい。

宗教の腐敗とは、宗教家が信仰を曲げることではない。
それは個人の腐敗であるにすぎない。
たとえ宗教家が信仰を曲げてもそれを批判することができない
その状態を宗教の腐敗と言うのではないだろうか。

24 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:22:55 ID:Hw25Y4KE
マインドコントロールで使われる4つのコントロール


1. 行動のコントロール

マインドコントロールを使っている組織に入れば、そのメンバーの行動は徹底的に 賞賛されるか、罰せられるかのどちらかです。

組織の命令に従えば、みんなから今まで 受けたことがないようなすばらしい賞賛を受けます。組織の命令に反すれば罰です。

これは、心理学的な報酬と罰の効果の悪用です。

そして細かい行動の指示をします。あれをしなさい、これをしなさい、あれはしてはいけない、これはしてはいけない、といった具合です。

たとえばかなりはやい時期から布教活動をするよう にいわれ、月に何人の勧誘活動をするか、誰とつきあうか、どこに住むか、何時に寝るか、まで指示されることがあります。

ただし本人たちは、良心に従って自発的に行動していると感じています。


25 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:23:55 ID:Hw25Y4KE
2. 思想のコントロール

徹底した教え込みを行います。彼らは、組織の教祖やリーダーたちだけが真理を
知っていると主張します。

今までのどの宗教でも学問でもわからなかった真理が、今わかったと主張します。
善知識のみぞ知るとか、 人類永遠の謎といったものが、今やすべてわかったなど
と言うこともあります。

その教えに疑問をはさみ込ませずに、頭にたたき込むのです。

時には、寝る時間もなくなったり、他の本や新聞を読む時間もなくなります。

ある団体では、仏教書と会が出している本と、両方を使いますが、実際には
会で出している 本を読んだり、そこで引用されている仏教書の箇所を開くだけで、
自分で自由に仏教書を読む時間などは、とてもありません。

26 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:24:35 ID:Hw25Y4KE
2. 思想のコントロール

徹底した教え込みを行います。彼らは、組織の教祖やリーダーたちだけが真理を
知っていると主張します。

今までのどの宗教でも学問でもわからなかった真理が、今わかったと主張します。
善知識のみぞ知るとか、 人類永遠の謎といったものが、今やすべてわかったなど
と言うこともあります。

その教えに疑問をはさみ込ませずに、頭にたたき込むのです。

時には、寝る時間もなくなったり、他の本や新聞を読む時間もなくなります。

ある団体では、仏教書と会が出している本と、両方を使いますが、実際には
会で出している 本を読んだり、そこで引用されている仏教書の箇所を開くだけで、
自分で自由に仏教書を読む時間などは、とてもありません。

27 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:25:18 ID:Hw25Y4KE
3. 感情のコントロール

恐怖と不安の感情を中心にコントロールされます。人はみな死んだら無間地獄に堕ちるとか、
組織に従わない者は地獄に堕ちてしまうなどと言います。

組織の命令に反した場合には、他のメンバーに叱られるだけではなく、恐ろしいことになると
教えられます。

特に脱会した場合には最も恐ろしい罰が待っているわけです。

人間失格とか、居眠り聴聞の常連だったとか教えを全然わかっていなかった
と中傷され、口をきいてもいけないと言われることもあります。

破壊的カルトに限らず、どの組織でも、そこをやめようとする人にどんな
態度をとるかで、その組織の質がわかるかもしれません。

良心的な一般の宗教は、人に平安を与えますが、破壊的カルトは人を不安に
して、 組織のために働かせ続けます。

28 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:26:49 ID:Hw25Y4KE
4. 情報のコントロール

組織に対する批判的情報の禁止です。私は、聖書を読むこともあれば、
仏教の本を読むことあれば、宗教に批判的な本を読むこともあります。
いくつかの特定の宗教団体が出版している本やパンフレット
を読むこともあります。

しかし、破壊的カルトでは、そのような自由を許しません。特に、
脱会者の文書やネット情報などに 触れることを強く禁止します。
対抗する伝統的宗教の本を厳しく禁止することもあります。

ジャンヌ掲示板やマスコミや2チャンネルなどの、第三者的な
情報の入手を悪縁とかいって禁じることもあります。
思想や感情が行動を生みますが、行動することが、また思想や感情を
生みます。

そして、自分の考えや行動が正しいかどうかを判断する客観的情報は
ありません。
このようにして、人はマインドコントロールされ、組織の奴隷になって
いくのです。

上の4つのコントロールは、ハッサンの「マインドコントロールの恐怖」
を参考にしながら、 自分でもいくつかの破壊的カルトを思い浮かべながら
書きました。
すべての破壊的カルトが、上の具体例のすべてを行っているわけではありま
せん。

スティーヴン・ハッサン 著 浅見定雄 訳

「マインドコントロールの恐怖」

29 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:28:54 ID:Hw25Y4KE
マインドコントロールとは、本人が気付かぬ内に人間の心に指示や命令を
植え付け、 それがあたかも自分自身の判断であるかのように他人を誘導
する技術のことを言う。

そして、カルト集団はマインドコントロールが起きやすい環境をつくり出す。

・閉鎖的状況
・絶対的誘導者の存在
・苛酷な労働

である。西田氏によると、これらの状況が重なると、人は考えることを放棄し、
教祖の言う通り行動するという。

西田氏は、人間の心には誰にでも、支配されたい、操作されたいという願望
すらあると 考えられると話す。

マインドコントロールを強く受けると、絶対服従の心理が作られ、 死ぬことが
正しいと言われれば自殺してしまうものだという。


http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/p112_1.html

30 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 01:29:58 ID:Hw25Y4KE
40 :参考サイト:2006/01/19(木) 00:27:12 ID:iqP+SsMA
親鸞会の本尊論を再考する
http://blog.duogate.jp/shinrankai/
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html
なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
http://shinrankai.hankyo.genin.jp/

31 :こちらにも貼っときます:2006/02/03(金) 09:51:31 ID:0dOO6jBV
http://homepage1.nifty.com/you/

「ジャンヌ雑談版」では、おそらく99%s会工作員または有志が
思考停止状態で荒らしているところをリアルタイムで見ることができます。

言論による反論は、一切無ありません。
「破邪顕正精神」はもはや地に堕ちてしまったようで、哀れでなりません。

ただ、一度も開いたこともないのですが、おそらくタイトルから推察するに、
くだらないリンクを山ほど貼って、アンチの書き込みを下げることだけを
ひたすら考えて荒らしているようです。

シンパがくだらないリンクを貼っているのをみかけたアンチの方は、
新入生に向けたメッセージをこめたアンチの書き込みを上にあげる作業に
ご協力願います m(__)m

そして、心あるシンパがこの心無いシンパの工作活動に対して
疑問を感じられて、s会組織のありかたについて熟考なされる
ことを切に望みます。


32 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 20:39:20 ID:z5wOgO0C
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
追記15:「マインドコントロールについて」を読んで

力作です。主に学生さんたちの「伝え方」についてのご指摘のようです。
「カルト教団」などでないことは言うまでもありませんが、そのような誤解を少しでも避けるために、
いろいろなご批判には謙虚に耳を傾け、若い方々にお伝えする方法を、今後も研鑽していただきたいと思います。

それにしても、多くの方々が、親鸞聖人の教えを知っていただきたいと、誠心誠意、実に様々なご苦労をしておられることがよく分かりました。

講師の先生方や、学生のみなさんの献身的なご努力には、ただただ頭が下がります。

親鸞会の存在なくば、吉川英治さんの予言どおり、おそらく親鸞聖人の教えは、今日、地上から消えてしまっていたでしょう。
皆様のこのようなご尽力があればこそ、浄土真宗の今日があるのだと、深く感謝申し上げます。

激しく活動すれば、いろいろな非難も起きましょう。
すべてを承知しているわけではありませんが、人間の行うことである以上、ある意味、それは避けられません。

しかし、私にとりましては、(1)親鸞聖人の教えに人生の目的が明らかにされている(2)親鸞会は、その親鸞聖人の教えを正しく説いているこの2点が、とても大切です。

そして、親鸞会以外に、このような団体をほかには知りません。
独善的だ、唯我独尊だ、偏っている、等々は、甘んじて受けとめます。

しかし、どう思われようが、事実がそうなのです。いかに受け入れがたいことであろうとも、仏説を曲げるわけにはいきません。

ご批判は有り難くいただき、正すべき点は正し、光に向かって、前進を続けたいと思っています。釈尊、親鸞聖人、蓮如上人のご布教を偲びつつ・・・・

33 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 20:41:05 ID:z5wOgO0C
追記13:仏恩と師恩
自然のことわりにあひかなはば、

   仏恩をもしり、

    また師の恩をもしるべきなり(歎異鈔)

34 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 20:41:44 ID:z5wOgO0C
(追記8)マインドコントロール論争は不毛
チラシで縁を結んだ人、学生時代に縁を結んだ方、
子供やお孫さんから仏法を聞かれた人、親から聞くように言われて
聞き始めた人、友人から話を聞いて仏縁を結んだ人、
会社の同僚から誘われて聞かれるようになった人、
本やネットでご縁を結んだ人、
哲学から興味を持ち始めて親鸞聖人の教えにたどり着いた人、
自分で『正信偈』『教行信証』の意味が知りたいとこられた方、
人生の目的を求めて自分で聞きにいらした方、、、。親鸞会には、実にいろいろな人がおられます。

一体、どれがマインドコントロールで、どれが違うのでしょう。

学生時代に縁を結んだ人だけがマインドコントロールされていて、
それ以外の人はちがうのでしょうか。では、その学生さんから縁を結んだご両親は、どうなのでしょうか。
学生時代に仏縁を結び、社会に出ていったん遠ざかり、10年後に、やはり親鸞聖人の教えが聞きたいと思われてこられた方は、どうなのでしょうか。

こんな議論は、まったく意味がありません。
だから、「入信過程におけるマインド・コントロール論争は不毛」なのですよ。

35 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 20:49:14 ID:z5wOgO0C
>34の続き
(追記8)マインドコントロール論争は不毛

仮に、すべてがマインドコントロールであったとしましょう。
(だとすれば、全宗教、いや広い意味では、人間の思想、信念すべてがそうだと言うことになります)
しかし、親鸞聖人のみ教えを聞き求める人は、信の一念で、すべてが晴れ渡ります。
だから蓮如上人は、
「たのむ一念のところ、肝要なり」とおっしゃるのです。
真実の体験である明証です。

「専門家」のコメントとやらも、一般的に当たり前のことで、「それはそうですね」というしかありません。
その「専門家」さんは、一度でも、親鸞会の会場に来られたことがあるのですか。おそらく親鸞会に対する思いが一変されると思いますよ。
自分の主張を裏付けるために、親鸞聖人の教えを何もご存じない学者さんや「専門家」さんの都合のいい言葉を引っ張り出してくる、この人物の手口とロンリの脈絡のなさには、本当に閉口します。

もちろん、違法な行為はしてはならない。当然です。

親鸞会のみなさんは、純粋に、親鸞聖人の教えが知りたい、聞きたい、というお気持ちで集っておられるのですよ。
利害打算のない、本当に素晴らしい方々の集りだと、私は思っています。

人生の目的を明らかにし、世界の光と仰がれる親鸞聖人の教えが、なぜここまで衰退してしまったか。
その責任は、どこにあるのか。
その責任者たる本願寺門主の言葉は、已に示したとおりです。
本願寺はこの現状を直視し、布教に奮起してもらいたいものです。

親鸞会は、親鸞聖人の教えを明らかにするためにのみ、存在しています。
親鸞聖人の教えを、一人でも多くの方々に知っていただきたい、そして本当の幸せを獲得していただきたい。
それ以外の目的は、まったくありません。
それを破壊しようとする、このような行為を、親鸞学徒の一人として、黙視することはできないのです。 

ご理解いただければ幸いです。

36 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 21:33:42 ID:SCQoKNW9
マイコンについて、追加しときます。


参考サイト

親鸞会の本尊論を再考する
http://blog.duogate.jp/shinrankai/
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html
なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
http://shinrankai.hankyo.genin.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて
http://shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/

37 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 00:04:18 ID:xxf642zO
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs/wforum.cgi

ここの「みちくさ」ってひとなにがいいたいんだろ

なんていうか、あほくさ

38 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 00:21:41 ID:eYBXCI3F
新スレ乙でやんす〜♪
寝る前にカキコしよと思ったら埋まってたw。あ、そうそう、ぼら夫さん批判がど〜のって方、
具体的にどこがどう問題なんか書けば?漏れは君らの組織的問題点を具体的にカキコしとるつもり
なんやけどね。ま、「バカの壁」を乗り越えるのは骨の折れる作業ってことか。
話は変わって、もしもシリーズ☆もし、漏れが胡散臭い宗教団体の善知識だったらw
@漏れの宗教体験を秘密のベールで隠す。漏れの教団に所属して言われた通りやってれば、
いつかはその境地を得られるだろうと信者は食いついてくる。しめしめw。
〜つづく〜


39 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 00:41:34 ID:eYBXCI3F
>>38つづき
A人の好奇心も限界があるので、第A段階的には、漏れと同じ体験せな、大変な事になると
ほのめかさねばならん。ま、最終的には「ぼらと同じ体験せな大変やで、地獄おちまっせw」
までゆ〜と効果大。さて、信者もある程度集まり、組織の威が大なることもアピール
したくなってくると、どしても銭こが標準より多く必要になるべさ。で、「ぼらの信心に
近づきたいなら、財施をしっかりおやんなさいな。教団に寄与するのは素晴らしい
ことなんでっせ。お釈迦さまもゆ〜とります六波羅密の第一段階や」なんて権威利用も
忘れずに☆


40 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 00:41:50 ID:xxf642zO
あほくさ

41 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 01:04:37 ID:eYBXCI3F
あ〜明日も早いのに
>>39つづき
Bそうこうしとるうちに、漏れと同じ境地になったとかゆ〜信者がでてきた。最初のうちは
歓迎、信者の模範として広告塔にしとったんやけど、漏れの話よりそいつの話を聞く信者が
でてきた。教団のトップの権威を保つためには、こういった事態は分裂の危機を招きかねん。
で、懐柔策。あんまし人気ある椰子は破門してまえ。誰も漏れに異見できる者は
いてはならんのじゃ。同時に、漏れのホントの胸のうちを聞いてくれる友もおらんくなった。
自ら望んで造りあげた孤独な善知識。ま、人生一筋縄ではいかん罠。


42 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 01:15:17 ID:eYBXCI3F
長々フィクションすんませんでした。ま、あふぉな話。でも、こんなあふぉな話に
騙されとる椰子もいるってこともあるんだな、これが。ま、どんな宗教にせよ
よ〜気をつけた方がええってことか。ひとりの人間の欲望に多くの人が利用され、
また、それを利用して地位を築こうと画策する椰子もぎょ〜さんおるってことを
どっかに留めとかな騙される時代になっても〜たんよ。
寝よ(_ _)Zzz☆


43 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 02:09:11 ID:t+9upNBj
野球始まるの楽しみだね。

44 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 02:12:19 ID:t+9upNBj
親鸞聖人の時代はどんなスポーツがあったのかなあ?

45 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 02:12:56 ID:t+9upNBj
皆さんはなんかスポーツしてました?

46 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 02:17:51 ID:t/quS0TT
親鸞会の近くですな〜
南無阿弥陀仏
ttp://www.asahi.com/national/update/0204/TKY200602030419.html?ref=rss

47 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 10:11:21 ID:w312a2B3
ボラ夫さんの言うこと当たっていると思う。
新羅会の人は人ごとと思わずにしっかり読んだ方が良い。

48 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 11:44:36 ID:C/iA0trH
>>47

まったくでっせ。
倦鉄タンも、会をつくったころは悪意はなかったんだろうにね〜

なんでこんな会になってしまたんやろね。
有為な若者がぎょうさんおるだけに残念や。

周囲をイエスマンだけに固められた権力者が必ず腐るのは
歴史の定説で、倦鉄タンも身をもって凡夫の煩悩を示したというわけやな。


49 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 11:57:23 ID:/H7bSMHU
「こら〜堅鉄!さんざん人を騙して迷惑かけて〜!」

あの世で怒られな


50 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 12:11:03 ID:zYSYlvJR
>>38-39 >>41-42

ボラ夫さん、GJ。

>ひとりの人間の欲望に多くの人が利用され、
>また、それを利用して地位を築こうと画策する椰子もぎょ〜さんおるってことを

前段のような、「ひとりの人間」は、いつの時代もいるんだろうけど、「市民社会」
が健全に機能してれば、被害を最小限に食い止められると思うが・・・。

今の「金権ジパング」では、後段の方がむしろ問題。
大勢の人(と金)を動かし、大きな箱物おっ建てるようになってくると、色んな椰子
が群がってきて面倒なことになるね。
ジパング全体は、すでに大きなエスにほぼ牛耳られてる状態だし、小さい方(のホンブ)が
ある某県某市も、すでにそれのミニ版になりつつあるという噂も聞くが、どうなあんかな?

51 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 12:15:46 ID:w312a2B3
高森会長は反省して改心して欲しい。
これが私の切なる願いです。

52 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 15:34:46 ID:SXzyDroa
高速道路で事故・・・ 親鸞会が行事がある日にやたらと天候が悪くなる
 もうちょっと会員の事も考えるべきです  
 

53 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 17:22:45 ID:TzuzPQRL
親鸞会の行事がある日に限って天候が大荒れになるということ 親鸞会が悪い種まきを
してるからでしょうか 

54 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 17:31:44 ID:MF0mxLXL
火の中を分けても法は聞くべきに雨風雪はもののかずかは

55 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:46:08 ID:589JrqHN
最近のアンチは妄想と現実の区別がつかないんです。

>ぼら夫サン
前スレの>>22-32に具体的に批判コピペしてあったでしょ?
あれみても何批判されてるか分からんの?
それってやばいんじゃない。
あんたのは「バカの壁」じゃなくて単にすっとぼけてるだけだろう。
自分が追及されると急に「壁」に篭るっていうね。
あくまでも「バカ」を貫くつもりならもっかいコピペかなー
めんどいが解説もつけるかー

56 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:48:55 ID:fBup1tbL
親鸞会の活動の邪魔をする天候もある意味
謗法罪といえるでしょう。

57 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:56:32 ID:L+I0bkE4
親鸞会って何に対しても自分達中心なんですね。亡

58 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 19:07:50 ID:z2nHFJue
小杉ICで61台事故かよ
ハゲワロスwwwwww
こりゃ親鸞会に対する天誅だな

59 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 19:25:49 ID:z2nHFJue
親鸞会に降りかかる災いはホウボウ、他のものに降りかかるのは悪因悪果
それが親鸞会クオリティ

60 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 19:55:16 ID:/y54SRYk
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会[管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、瓜生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高澤守牧師を招きます。
> >ご期待ください。
> >NO.8:2006/01/07 (sat) 21:12
>
> ttp://omc.christian.jp/cgi/diary/lightbbs.cgi

>63 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 13:57:00 ID:/mp8ObDc
> >56
>  この人って、こうばい氏と一緒になって、退会工作をしている
>  ひとじゃなかったっけ。
>  このまえ、やめた友人が会ったっていってたな。
>  実名牧師の日記にでるって事は、すっかりその方面では
>  有名人なわけだ。

> 106 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:17:08 ID:3j8ROg7i
>63
> ある学生会員が、親に連れて行かれた先にK楳英顕と一緒にいたそうです。
> キリスト教会だけでなく、西本願寺とも繋がりがあるようです。
> どんな活動しているのか、かなり気になります。

61 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 21:36:38 ID:KH/upQK7
>>55
s会員はT森の妄言と現実の区別がつかないんです。
嘘ついても「配慮だ」などと言い出す人たちですから。
ウソ勧誘について追及されると、すっとぼけるか壁に篭るってね。

62 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 22:06:16 ID:EYbpOJ0X
参考サイト

親鸞会の本尊論を再考する
http://blog.duogate.jp/shinrankai/
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html

63 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 22:10:06 ID:EYbpOJ0X
     追記13:仏恩と師恩
    自然のことわりにあひかなはば、

       仏恩をもしり、

        また師の恩をもしるべきなり(歎異鈔)



64 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 22:10:51 ID:eYBXCI3F
乙〜☆
明日の資料づくりがあるので、お返事だけよん♪
>>55
いや、逆立しても、漏れには具体的には見えへんわ。「もうちとこ〜すればええんちゃう?」
って感じの建設的意見も見あたらんし、第一、相手の立場を土台無視して、
「答えろ、答えろ」もしくは、「この人は駄目だ」ってハナっから決めつけとる論調の方と
会話通じるんかいな。だからいくらコピペされても、「はあ」としか言えへん。
ぶっちゃけ、漏れへの非難を言いたいだけなんやな、この人、とだけしか伝わってこんのよ。
〜つづく〜


65 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 22:18:13 ID:/y54SRYk
>102 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:08:16 ID:ola8eRwM
>56
>
> U氏が昨年夏に除名されてから、宗教問題研究会に「勧誘マニュアル」や「部室住所」が公開されたのが10月。
> そして11月以降の「なぜ私は親鸞会をやめたのか」などのサイト群の林立。
> そしてこの講演か。
> 一連のことは、彼が引き起こしたのだと思って、間違いなさそうだな。

66 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 22:18:55 ID:EYbpOJ0X
(追記8)マインドコントロール論争は不毛
チラシで縁を結んだ人、学生時代に縁を結んだ方、
子供やお孫さんから仏法を聞かれた人、親から聞くように言われて
聞き始めた人、友人から話を聞いて仏縁を結んだ人、
会社の同僚から誘われて聞かれるようになった人、
本やネットでご縁を結んだ人、
哲学から興味を持ち始めて親鸞聖人の教えにたどり着いた人、
自分で『正信偈』『教行信証』の意味が知りたいとこられた方、
人生の目的を求めて自分で聞きにいらした方、、、。親鸞会には、実にいろいろな人がおられます。

一体、どれがマインドコントロールで、どれが違うのでしょう。

学生時代に縁を結んだ人だけがマインドコントロールされていて、
それ以外の人はちがうのでしょうか。では、その学生さんから縁を結んだご両親は、どうなのでしょうか。
学生時代に仏縁を結び、社会に出ていったん遠ざかり、10年後に、やはり親鸞聖人の教えが聞きたいと思われてこられた方は、どうなのでしょうか。

こんな議論は、まったく意味がありません。
だから、「入信過程におけるマインド・コントロール論争は不毛」なのですよ。

67 :元々ぼら夫:2006/02/04(土) 22:34:00 ID:eYBXCI3F
〜つづき〜
非難の仕方も抽象的やさかい、ホンマ「はあ」としか言えんのよ。
抽象的な表現が当たり前の人と会話が成立するとは正直思えんし、時間の無駄やと思ふ。
君さ、もし志があるなら、具体的な表現つこうて、批判してみて。
あと、教学については、専門的になり過ぎるし、引用文も多量になるから、2chの性質上、
詳しく立ち入るのは無理。ブログ立ち上げて長文載っけるのも考えたが、
うちインターネット繋いでないの☆ま、『安心論題綱要』って本が、H願寺派の宗意安心
なんやから、それを読んで、批判すればええんちゃうの?
(^-^)/ホナ

68 :( ´∀`):2006/02/04(土) 23:23:39 ID:itPYkRgv
また更新されてた

親鸞会の何が問題か
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/index.html

W鍋仔牛の反論いかに


69 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 23:37:19 ID:589JrqHN
>>64
ここが間違いという批判は、それ改めればいいんだから建設的じゃん。
改める気がないと非建設的になるけどね。
矛盾指摘されてんだから矛盾なんてないと思ったら反論すればいいし、矛盾認めるんなら解消する努力すればいいし。
それだけ時間が経って、どんな立場があるんだ?
悪口は書いてもそれについての質問には答えず、何自分の立場ばっか主張してんだよ。
頭下げてお願いされないと自分の尻もふけんのか?
矛盾が指摘されてること自体わからんとでもいうつもり?
どこまでとぼけ通す気だよ…
不明瞭な言葉があるなら聞けばいい。

70 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 23:46:56 ID:WljYM1W2
明日、本部御法話だから早く寝ます。 ノシ

71 :( ´∀`):2006/02/04(土) 23:55:12 ID:itPYkRgv
おもろい記述がある

またどっかの事件みたいに南京事件を引き合いに出して有耶無耶にしようとするのかなー

驚いたのは、教学講義で高森先生が「観無量寿経が釈尊の出世本懐経だ」と言
われたことでした。今まで聞いたこともないことでしたので、驚いてノートに
付けましたが、次の教学講義では「そんなことは言うはずがない、私は言わな
かった」ということになってしまい、まわりのアシスタントの人も、確かに先
生は仰らなかった、といって終わってしまいました。そしてその後、「真剣な
聞法のために」という理由で、教学講義のビデオ録画は中止になってしまいま
した。



72 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 00:24:05 ID:g9IGjkUx
これで読んでに南京大虐殺のコピペがうp即削除されたらギャグなんだがw
まさかねえw

73 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 00:35:25 ID:vnMcmIfx
>>72
それでもW鍋なら、W鍋ならきっとうpしてくれる

74 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 01:02:11 ID:uMm34Oc6
>>69
それはs会に対して言って欲しいです。

75 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 02:32:09 ID:CeerToFH
おいおい、まだやってるの、こんなとこ。同じことばっかであきないかい?


76 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 02:32:46 ID:CeerToFH
暇つぶしはまあ、なるか。

77 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 02:33:41 ID:CeerToFH
まあ、一杯やろうや!

78 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 08:40:25 ID:dYHdhz8B
俺がいた時よりもs会の集金露骨になってるな。
会員乙です。この世の地獄ですな。
んでも、地下道の20億円はどう考えてもぼったっくりだろ。
かかっても2億程度じゃね?誰がぼったくってんのかね。

79 :( ´∀`):2006/02/05(日) 08:43:24 ID:HGgQx1/E
両側1車線+歩道つきのトンネルの工事費がだいたいメートルあたり200マソ
ってきいたことがある

土木工学に詳しい人、地下道の20億円が妥当が鷹杉かコメントきぼん

80 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 09:26:09 ID:qNHHQV5L


81 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 11:36:57 ID:62gCAeAz
ボラ夫さんも難儀だな。粘着シンパに絡まれちゃってw
ボラ夫さんがいつ他人に迷惑かけただろうか?一回もない。
対して親鸞会は他人に迷惑かけまくりw
どちらを優先すべきか分かり切ってるのに、シンパも遠回りしますな〜
早くしないと、親鸞会なくなっちゃうよん。
ボラさんに恩を仇で返すようなマネしてないで、頭でも下げて教えを請えばいいのに。



82 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 11:42:32 ID:+500P/JD
今思うと地下道を、福澤諭吉を20億人も呼び集めてまで作らないと
いけなかったんですかねぇ その為に払う犠牲は並大抵のもんじゃないでしょうに もしかして、
勢力誇示?

83 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 11:49:13 ID:K6ZE+eUN
>>79
土木工学には詳しくないが
>両側1車線+歩道つきのトンネルの工事費がだいたいメートルあたり200マソ

その計算だと
10メートルで2000万
100メートルで2億
1キロメートルで20億

>>78の言う事ももっともだ。
否、ただの歩道だけのトンネルならもっと安く出来るだろ。

84 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 12:17:00 ID:K6ZE+eUN
>>71
>教学講義のビデオ録画は中止になってしまいました。

たぶん自分が「観無量寿経が釈尊の出世本懐経だ」と言ってしまった
ことの動かぬ証拠が撮られてしまっていたからでしょう。

s会は実のところ本音は、(s会流解釈の)19願を教えの中心に添えて
永久に財施勧誘などを会員に行わせて自分達の利益にしていきたいんじゃないか?

85 :元々ぼら夫:2006/02/05(日) 12:28:22 ID:b4/W9fhf
乙〜♪電車ん中なり〜。ま、こんな時間くらいしかカキコでけへんのよ、実際。
>>81
弁護スマソ♪
>>69
藻前ムカつくんだよって気分は伝わってきたよん☆
でも時間のムダや。それよっかは、漏れの意見が参考になるなら、参考にしてもろて、
教団のあり方や自己の信仰のあり方について再考する方が建設的やないの?
あと、矛盾に思うとこがあるんやったら、具体的に簡潔にカキコすればよろしいがな。
ここはみんなのインターネットでつ。【ぼら夫の仏教質問箱】やないんよw。
あ、着いた。またのちほど〜(^-^)/ホナねん☆


86 :元々ぼら夫:2006/02/05(日) 16:23:00 ID:b4/W9fhf
さてさて、帰り道〜♪
ちょこっと宗教体験について。天台宗に入門して修行をすると「見仏」ということが
あるそうや。これは夢うつつでもなく、思い浮かべるのでもなく、修行中にはっきりと
仏の姿を見ることである。「見仏」をしたら、師僧である阿闍梨に報告する。
その報告が仏典と違うことなければ、阿闍梨はその「見仏」を承認し、行者は次のステップ
へと進む。問題なのは師僧が間違えて認証する可能性もあるかもしんないってこと。
〜つづくカモ〜


87 :元々ぼら夫:2006/02/05(日) 17:09:26 ID:b4/W9fhf
>>87つづき
宗教体験を重視する宗旨のもと教団を形成するならば、教団のトップから末端に
至るまで間違いが起きないようチェックする機能が必要不可欠。戒律や学生式は
上であろうと末端であろうと守らなならんわけで、阿闍梨は守らんでもいい、
トップは関係ないってことになると教団腐敗をおしとどめることが出来なくなる。
解脱上人や明恵上人は、専修念仏批判をした人としか、浄土系の人には思われていないかも
だが、師も弟子も戒律のもとには平等である本当の意味での教団(サンガ)を取り戻そう
とした方々でもあった。
〜つづく〜

88 :元々ぼら夫:2006/02/05(日) 17:41:50 ID:b4/W9fhf
>>97〜つづき〜
ある一人ばかりを師とし、その宗教体験を追体験しなければ真実に到達できない
・救われないとゆ〜考え方そのものが、非常な危険を伴うものであると思われ。
ひとりひとりにとって大事であろう信仰体験が、ある一個人に握られていること自体、
おかしな話やと思わん?大切な誰にも代わることができん自分自身が精神的人質に
とられているのと同じ状況なのかも知れへん、と問い直すことも必要やと思いまっせ。
聖道門の諸師方は、戒律を平等に守ることによって解決しよ〜とした。
親鸞聖人は、弟子一人ももたず
(^-^)/ホナねん☆


89 :元々ぼら夫:2006/02/05(日) 17:49:43 ID:b4/W9fhf
うわ、レス番ぼろぼろやん。>>87>>86つづきで、>>88>>87つづきとゆ〜ことで、スマソ・・・
長々すんませんでしたん☆(^-^)/んじゃ♪


90 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:04:10 ID:d1Xd+cem
>>89
ボラさん乙です。

ところで話はかわるんだが
今、オウム事件についてテレビでやってるんだけど
教団内で、松本被告を支持する動きがまた出てきてるってよ。
個人的に、親鸞会と同じ臭いを感じてならない。
完全にものの考え方がちがう人たち、社会と隔絶した考え方の人たちで
対話がまったくできないんだよね。しようとも思ってない感じ。
彼らはどうして、こんなことになってしまったんだろうか。
ホントに不気味におもう。


91 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:11:06 ID:ygAaXv2W
>>85
そうそう。だから信仰のあり方再考するんだよ、ぼら夫サンのを中心にしてね。
で、結局、あれを見てもどんな矛盾が指摘されるか理解できないってことでいいのかな?

92 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:12:51 ID:ygAaXv2W
>>81
教えをねじまげるほど人に迷惑をかけることはないんだよ。

93 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:16:35 ID:ygAaXv2W
>>90
なんかアンチに通じるものがあるよねー
不気味ー

94 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:18:39 ID:d1Xd+cem
>>92
シンパの方ですか?
親鸞会の手前勝手な教えをどう曲げようと迷惑する人はいないと思いますよ。
もっと正していくほうがいいよ。



95 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:26:12 ID:ygAaXv2W
ところで、教学をやってるアンチで、ぼら夫サンを教義的に正当と見る人っている?
ジャンヌに書き込んでるような人とか、そーゆう人。
いたら手を挙げて下さい〜

96 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:28:35 ID:ygAaXv2W
>>94
親鸞聖人の教えっていう意味に決まってるでしょ。
そーゆうねじ曲げは天然なんですか?

97 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:32:40 ID:d1Xd+cem
現在オウム教団内の勢力は、
代表派(慎重派)は1に対して、反対派(過激派)は3、
残りの中間派を両派が奪い合っている感じらしいです。

そして、反対派の説法会に参加したある信者の話によると、
「反対派は、オウムの起こした事件を肯定してばかりで
教団と社会の宥和はありえない」とのことです。

オウムに対する監察処分が延長された背景には
こうしたいまだ危険とされる教団の実態があるとのことです。

う〜ん、やはり親鸞会を連想してしまうのは、わたしだけでしょうか。
カメレオンアーミーでおとなしくしてて、まわりにまだバレてはいないが
オウムと同じような危険を感じてこわいです。


98 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:36:53 ID:d1Xd+cem
>>96
ん?
さいわいにも
親鸞会の本尊論を再考する
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
を読めましたので。
親鸞会の教義が真宗の教えから剥離してることは知ってますよ。



99 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:38:19 ID:W/QC4fT2
過労死・・・

100 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:42:12 ID:d1Xd+cem
>>95
お話をうかがうかぎり、おかしな点はまったくないと感じます。
親鸞会の関係者と思われる人はいちいち揚げ足取りのような文句を言って、
ムキになってますが、どうなのかな?って感じですね。



101 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:46:17 ID:ygAaXv2W
>>98
ねじ曲げの次は論点すりかえですか。
いずれも天然なんでしょうね、きっと。
アンチらしいと思います。
匿名掲示板の傾向でもあるのでしょうね。

102 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:50:51 ID:d1Xd+cem
>>101
え?どういうことでしょうか。
勝手に一人で自己完結されても困ります。
そうやってまた性懲りもなく嘘勧誘つづけるんでしょう?
対話をしてくれを批判者は一貫して訴えてると思いますが、
思考停止して、殻に閉じ籠もるのはやめてほしいです。


103 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:57:51 ID:ygAaXv2W
>>100
おや、そうなんですか。
でしたらちょっと解説していただけませんか?
あのコピペもあなたから見れば矛盾はないということでしょうから、
矛盾にならない理由を解説してほしいですね。
あと、体験ではないと言われてましたが体験ではない、の意味がさっぱり分かりませんので、
お分かりならこれも教えていただきたいですね。

104 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:04:08 ID:ygAaXv2W
>>102
じゃあ対話しましょう(^^)/
ちゃんと答えて下さいね〜

105 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:08:23 ID:d1Xd+cem
観察処分に対するオウム教団の陳述書では、
「団体規制法の違憲性を指摘、
また教団の危険性を示す具体的証拠は一切無い」
とのこと。

まるで、どこかの教団と逃げ口上が同じです。
組織犯罪は、集団が犯罪の意識が希薄であればあるほど
危険です。
宗教のような善悪基準を操作可能な組織であればその危険性は
通常の組織より大きいです。十分考慮しなければいけないところ
だと思います。

106 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:17:24 ID:d1Xd+cem
>>103
あら、まだいたのか。ごめんごめんw。
なんで解説せなあかんの?
どこか不満なところがあったのかい?
まず、納得できないところがあれば、分析して分からない部分を
はっきりさせなさいな。分からないところが分かったなら
分かるまでもう少し。そこで自分で調べてだいたい分かるもんだよ。
それでも分からないところがあるなら、はじめて人にきく。
こういうプロセスをちゃんと踏んでるのかい?
あなたのは、たんなる難癖つけ、文句が言いたいだけのクレイマーでしょ。
そういうのはどこへ逝っても相手にされないよ。
ちょうど、親鸞会が本願寺に無視されたようにね。

107 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:19:49 ID:AJiLWlCD
お釈迦様は生まれた直後に歩いて
天上天下唯我独尊
と言ったということになっております

108 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:24:41 ID:ygAaXv2W
>>106
解説が嫌なら別にいいですよ。
もしできるのならお願いしますってことですしね。

まあ、あなたもぼら夫サンと同じく、矛盾が指摘されてること自体が理解できないということですね。
よく分かりました。

他の教学やってるアンチの人にもお願いします〜>>95

109 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:28:53 ID:d1Xd+cem
>>108
また自己完結か。
話がつうじないよw
まあ、そんな人は勝手に満足してもらって
痛い目みてもらうしかないんだろうな。

本当の仏縁を願ってますよ。シンパさん

110 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 19:44:15 ID:ygAaXv2W
>>109
おや? 読み間違えましたか。

じゃ、矛盾が指摘されてることは理解できるということですね?

111 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 21:03:37 ID:S5K0DZwc
>>95
正当だと思うが
というか、どっか変なこと言ったっけ?

>>103
江戸宗学では信一念は体験ではないとしているよ。
「時剋の極促」を人間には知覚できない時間のつづまりとするから。
人間には知覚できない信の一念は、人間の感覚では当然、「体験」することができない。
(なぜ信一念義が言われるようになったかというと、一念覚知を抑えるため)

ただ、信楽というように信心には歓喜が付いてくる、とはいう。
しかし歓喜があることを信心を獲た証拠とすることも異安心であるとされた。
歓喜は人間のアテにならない三業にあらわれるものであり、
その感覚が信心に依るものかどうかわかったものでもない。
それに人間の感覚だから四六時中歓喜していられるわけでもない。

112 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 21:27:52 ID:XReOqJ/X
>>83
トンネルと地下道では、根本的に違う筈だが。

113 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 21:30:37 ID:XReOqJ/X
途中で送信してしまった・・・

ぼったくりだとか言うなら、地下道の建設費用の相場とかを、
示してからにした方がいいんじゃないか?

114 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 21:51:29 ID:ygAaXv2W
>>111
どっかって、だから前スレの>>22-32ですよ。

知覚できないから体験できないとする説は一応分かりましたよ。
どうもありがとう。
体験じゃないなら何なのかというのもよければお願いします。

115 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 21:53:50 ID:ygAaXv2W
>>111
どっかって、だから前スレの>>22-32ですよ。

知覚できないから体験できないとする説は一応分かりましたよ。
どうもありがとう。
体験じゃないなら何なのかというのもよければお願いします。

116 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:10:34 ID:V8a+ynAm
噫、弘誓の強縁は多生にも値いがたく、
  真実の浄信は億劫にも獲がたし。


 

117 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:22:30 ID:S5K0DZwc
>>115
信一念は体験ではないってのは、ただの説じゃなくて宗意だね。
一念覚知説を取るなら話は別だが。

体験じゃないなら何かって?
信心は「如来のかたより」でしょ。
で、それを与えられる信の一念は体験できない。
歓喜の後に獲信があるのではなく、獲信以後に歓喜が起こる。

ただしその歓喜という体験も凡夫の三業による知覚。
凡夫の知覚だから一定はしない、ってところ。
人によって感じ方は違うし、四六時中歓喜し続けるわけでもない。
そういう凡夫の知覚、体験をもって信心とするのは間違っている、ということじゃないの?

118 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:23:29 ID:h2zkPwd0
>>113
地下道そのものは、5億だったと思います。
「何が問題か」サイトでは、地下道を含めた駐車場や周辺整備を総括して20億としているのだと思われますね。

119 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:36:02 ID:XReOqJ/X
>>118
わざわざ、ありがとうございます

120 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:51:13 ID:h2zkPwd0
>>119
どうも。

ということで、今の「20億」の表記は、誤解されやすいので問題だと思います。
どうでもいいけど。

121 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 22:53:39 ID:K4SzWU7j
>>108 >>95
>ところで、教学をやってるアンチで、ぼら夫サンを教義的に正当と見る人っている?
>他の教学やってるアンチの人にもお願いします〜>>95

教学やってる者ではないですが。
空華学轍をオーソドキシーとする伝統宗乗に軸足を置きつつ、他学派、近・現代教学にも柔軟な視点を置き、テクストクリティークを
基本とする近代以降の仏教学も積極的に受け入れ、その上で、それらのどれをも「教条化」「絶対視」することなく、原典主義を基本
とし、尚且つ、その原典をも「教条化」「絶対化」せず、諸学説と同様に、「そのこころ」に読み解こうと努力されているようにお見
受けするボラ夫さんの姿勢には深く共鳴します。今後の更なる精進を期待してます。

後は、>>111氏と同意見です。

>>114
>体験じゃないなら何なのかというのもよければお願いします。

横レスですが、>>111氏も言われるように、信心に付いてくる「歓喜」は、衆生の体験
であり、三業ですが、信心そのものは、衆生の心(三業)ではなくて、「仏心」ですね。

122 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:00:22 ID:V8a+ynAm
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
追記15:「マインドコントロールについて」を読んで

力作です。主に学生さんたちの「伝え方」についてのご指摘のようです。
「カルト教団」などでないことは言うまでもありませんが、そのような誤解を少しでも避けるために、
いろいろなご批判には謙虚に耳を傾け、若い方々にお伝えする方法を、今後も研鑽していただきたいと思います。

それにしても、多くの方々が、親鸞聖人の教えを知っていただきたいと、誠心誠意、実に様々なご苦労をしておられることがよく分かりました。

講師の先生方や、学生のみなさんの献身的なご努力には、ただただ頭が下がります。

親鸞会の存在なくば、吉川英治さんの予言どおり、おそらく親鸞聖人の教えは、今日、地上から消えてしまっていたでしょう。
皆様のこのようなご尽力があればこそ、浄土真宗の今日があるのだと、深く感謝申し上げます。

激しく活動すれば、いろいろな非難も起きましょう。
すべてを承知しているわけではありませんが、人間の行うことである以上、ある意味、それは避けられません。

しかし、私にとりましては、(1)親鸞聖人の教えに人生の目的が明らかにされている(2)親鸞会は、その親鸞聖人の教えを正しく説いているこの2点が、とても大切です。

そして、親鸞会以外に、このような団体をほかには知りません。
独善的だ、唯我独尊だ、偏っている、等々は、甘んじて受けとめます。

しかし、どう思われようが、事実がそうなのです。いかに受け入れがたいことであろうとも、仏説を曲げるわけにはいきません。

ご批判は有り難くいただき、正すべき点は正し、光に向かって、前進を続けたいと思っています。釈尊、親鸞聖人、蓮如上人のご布教を偲びつつ・・・・

123 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:01:40 ID:V8a+ynAm
(追記8)マインドコントロール論争は不毛

仮に、すべてがマインドコントロールであったとしましょう。
(だとすれば、全宗教、いや広い意味では、人間の思想、信念すべてがそうだと言うことになります)
しかし、親鸞聖人のみ教えを聞き求める人は、信の一念で、すべてが晴れ渡ります。
だから蓮如上人は、
「たのむ一念のところ、肝要なり」とおっしゃるのです。
真実の体験である明証です。

「専門家」のコメントとやらも、一般的に当たり前のことで、「それはそうですね」というしかありません。
その「専門家」さんは、一度でも、親鸞会の会場に来られたことがあるのですか。おそらく親鸞会に対する思いが一変されると思いますよ。
自分の主張を裏付けるために、親鸞聖人の教えを何もご存じない学者さんや「専門家」さんの都合のいい言葉を引っ張り出してくる、この人物の手口とロンリの脈絡のなさには、本当に閉口します。

もちろん、違法な行為はしてはならない。当然です。

親鸞会のみなさんは、純粋に、親鸞聖人の教えが知りたい、聞きたい、というお気持ちで集っておられるのですよ。
利害打算のない、本当に素晴らしい方々の集りだと、私は思っています。

人生の目的を明らかにし、世界の光と仰がれる親鸞聖人の教えが、なぜここまで衰退してしまったか。
その責任は、どこにあるのか。
その責任者たる本願寺門主の言葉は、已に示したとおりです。
本願寺はこの現状を直視し、布教に奮起してもらいたいものです。

親鸞会は、親鸞聖人の教えを明らかにするためにのみ、存在しています。
親鸞聖人の教えを、一人でも多くの方々に知っていただきたい、そして本当の幸せを獲得していただきたい。
それ以外の目的は、まったくありません。
それを破壊しようとする、このような行為を、親鸞学徒の一人として、黙視することはできないのです。 

ご理解いただければ幸いです。

124 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:06:04 ID:S5K0DZwc
>>115
前スレの批判ねえ…

求めなくても、如来のはたらきはすでに現前しているってところかな?
(ただし、十劫秘事との違いを明確にしないと誤解されるが)

親鸞会が信心を一念覚知的なものととらえているとしたら、
聞信義相をもって信心とする人とは前提がまったく違うので議論にならない。
議論をするには、まず信心の字義を明らかにするところから始めないといけない。

それは携帯電話でするには煩雑かもな。

125 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:06:15 ID:V8a+ynAm
参考サイト

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html

親鸞会の本尊論を再考するをよんで
http://shinrankai.sytes.net/

なんか本尊論のことは結局立ち消えしてしまいましたね。


126 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:46:31 ID:BKoVwlf4
20億払うかどうかって、お昼に二三十分M春にプレゼンされて
賛成なら拍手してくださいって即決求めたんだろ?

でも、そのとき例の大声で叫んで反対したのがいたから
後日、これは会長先生のご意志だって何遍も徹底させて
会長の意志に反する者は会員にあらずって雰囲気作っといて
無理矢理地下道をつくるって決めさせた。

ぼったくりって感じは否めないね。

127 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 23:50:39 ID:JF5VVeAX
>>120
書き換えてみた

>その他にも、月に2〜3回しか使わない、駐車場と大講堂を結ぶ地下道(5億円)、
>金ピカの鷲のマーク(3億円?)、仏壇・仏間(不明)、大型映像装置(不明)といった募財が次々と行われ、
>建立後も、壁画を書くといっては一口10万円の御報謝が募られたり、85万円の座布団の募財など、次から次へと休みなく募財が行われています。
>その中、ロビーに大きな有名な画家に書かせた松林の絵を掲げたり、
>多額の費用をかけて地下道の出口を削り、ベルサイユ宮殿風の柵と天女のレリーフを付けたり、などの作業も行われてきました。

それでもやっぱり無駄遣い。

128 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 00:27:25 ID:CwaDqELA
>>126
良いこと言う!
ホント、ぼったくりという表現が一番ふさわしいね。20億なんて金は
尋常じゃないよな。

129 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 00:46:44 ID:snfBMe8R
>>126
これってM春が父親にケツ拭いて貰ったってことかな。

130 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 01:05:04 ID:3szm+cHk
>>127
座布団85万円ってありえねぇ。ほんとに座布団の値段なのか、その半分以上がある人物の懐に消えたのか疑わしい。

131 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 01:14:08 ID:mYCiVzfG
>しかし、私にとりましては、(1)親鸞聖人の教えに人生の目的が明らかにされている(2)親鸞会は、その親鸞聖人の教えを正しく説いているこの2点が、とても大切です。

たとえ(1)が正しいとしても、俺はむしろ(2)の方が怪しいと思うんだが。
一切衆生必墜無間とかの造語もそうだけど、
お聖教からの根拠の引用に嘘や不明瞭な点が多い。

他の組織を批判するときなどには切り文批判どころか、
意図的とも思えるデタラメや誤魔化しを用いているし。


132 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 01:28:25 ID:xl21SMkO
>>131
ついでに、百歩譲ってその2点が正しいとしても、
それで嘘勧誘を不問にしていいわけがない。嘘勧誘しなくてもその2点は主張できる。
ていうか嘘勧誘問題と教義の正邪はほとんど関係ない。

133 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 01:36:35 ID:JwnAyAvR
座布団85万ってw
一般人からしたらネタとしか思えないような値段だなw

そういやブックオフのでなぜ生きるを見つけたが
そのちょっと横に福永法源の本も置いてあった。
両方105円。

134 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 06:20:17 ID:qZSn4o+u
【春まで待てない】って
どういう意味ですか?

135 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 06:29:28 ID:qZSn4o+u
春まで待てない
とは、
無常だから、春まで待っておれない!
という意味?

136 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 06:38:10 ID:qZSn4o+u
出息入息
不待命終

137 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 08:00:09 ID:9iGTPG0j
「親鸞会の何が問題か」読みました。2ちゃんで散々上がっていた話題が
まさかあんな形で取り上げられるなんて思いませんでしたね

あれ見ると、親鸞会って金、金、金の団体だったのね なんかえげつない

138 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 08:32:34 ID:hhCSkBSp
素晴らしい団体と思う。そこでマインドコントロールだよ。

139 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 08:35:21 ID:hhCSkBSp
親鸞会の講師亡くなった事も 過労死とかそいゆうのしか考えられないです。でも
昨日の御報話は無理にでも綺麗にまとめようとする発表があり。どうも信用できなく
なりました

140 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 09:12:55 ID:+Rc4LrCr
>>139
一般世間でも故人を悪く言うことはほとんどしないと思いますけどねえ?
どういうところが信用できなかったのかお聞かせ願いたい

141 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 09:31:40 ID:s5SYgUdW
>>140
> 一般世間でも故人を悪く言うことはほとんどしないと思いますけどねえ?
そだね。
故人をダシにするのは、やめといた方がいいと思われ。

お悔やみ申し上げる。

142 :暫定 ◆iSZuIcz3vQ :2006/02/06(月) 12:29:30 ID:DIoToS8Q
お久しぶりです、更新が遅くてすみません。
ダミサスレ全部、本スレ36番目までの加工データをアップしました。

消滅したブログの記事の件ですが、データを提供してくださる方がいれば、
まとめサイトの方にアップします。私はデータを持っていないのですが…

143 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 12:32:50 ID:NJ497euu
なんか学友部で嘘勧誘は法律的に問題ない、という話があったらしいですが、
詳しい情報教えて下さい。

144 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 12:47:11 ID:JnLhubcD
>>143
東大勧誘に参加する人たちの会合があって、
S会の弁護士が勧誘は問題ないと言ったそうです。
残念ながら、私も詳細は知らないです。

145 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 12:52:16 ID:NJ497euu
法的に問題ない、立派な勧誘なら、
そもそもその事実を隠す必要もないと思うんですが…

146 :念仏は邪宗教ですよ。根拠があります。:2006/02/06(月) 13:00:42 ID:krStoJbD
この宇宙の事を完全無欠に説き切ってるのは唯一日蓮大聖人の仏法しかありませんよ。その根拠と詳細は→http://k.excite.co.jp/hp/u/marutomo-2006/?subpid=00&yid=marutomo-2006&SSL=4HBQEG75B8HGV1W45G2P#TOP

147 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:16:16 ID:CZ1Fmjba
困ったもんだ。日蓮は仏法じゃないって、自分で作った教え言ってんだから。

148 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:17:45 ID:CZ1Fmjba
根拠なら一切経から出せよ!詳細みたらお経じゃなかったら、そんで
あんたの言うことは終わり。でも詳細なんか見んけどね。

149 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:18:39 ID:JnLhubcD
>>145
私もそう思います。
親鸞会という名を隠した勧誘はよくないと思います。
それが難しいなら、せめて仏教とか浄土真宗のサークルと名乗るべきと思います。
実際に、学友部員の幹部にもそういうことを言いましたが、
大学からの反対が強くなり、勧誘される側も聞かないから、仕方ないという思いのようです。

150 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:18:54 ID:CZ1Fmjba
くだらんことを相手しにしてしました。ああ、時間の無駄だった!もうこんな
とこ来ないから、じゃあな、みんな。せいぜい暇つぶしやってろ!

151 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:29:56 ID:+Rc4LrCr
>>149
それなら仕方ないな

152 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:31:51 ID:yciVr9Mz
これ、何度読んでも酷いな。
こんなあくどい団体に騙されていたんだな。
で、W部講師はその後なにか弁明しました?

s会の何が問題か
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/index.html


153 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:42:56 ID:yciVr9Mz
>また、大講堂に数億の金ぴかのマークを付けて威容を誇ったり、高価な絵や
>装飾品で飾り立て、自分の著書を皮の装幀を施し配布して、その度に会員に
>高額な募財を募る様なやり方が、果たして「親鸞聖人の教えをお伝えするた
>めにのみ」の募財と言えるのでしょうか。

数億ってまさか・・・いくらなんでもジョークですよねえ。



154 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 16:09:32 ID:K0h1gXG2
>>142 暫定さん、お疲れ様です!有難うございました

http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/

↑私も見ました。親鸞会での献金制度について、こうしてまとまった形で問題点が
きちんとWebサイト上であげられるっていうの、画期的ですよね
これを書いた人は、親鸞会の裏事情まで知っている、相当上の方の(元?)幹部なんでしょうね

お金の使い方でその人の品性が判るとはよく聞きますが、正本堂のゴテゴテした装飾とか、
専用の豪華厨房や専用バス、会員からの血と汗のこもった浄財で建てた正本堂の
会長専用フロア…って話を聞くと、開いた口が塞がらなくなりますね。
親鸞会の会員は、会長を養うために会に在籍しているんじゃないのに!

http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/naze4.html
>仕事や家族を犠牲にして、必死で頑張ったものです。
>普通の責任ある社会人ならまずあり得ないような身勝手なことをされても、当時は
>「先生は私たちのことを思ってご無理をされて、お体をこわされたんだ。ギリギリまで悩んでおられるから
>いつも直前のキャンセルになるんだ」と思っていました。
>いや、思わなければとてもやってゆけなかったのです。

会長の贅沢について書いた文章を見た後でこれ読むと、なんだか会長がジャイアンの
双子みたいに思えてしまうんですが、私だけでしょうか

155 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:14:04 ID:s5SYgUdW
>>154
>親鸞会の裏事情まで知っている、相当上の方の(元?)幹部なんでしょうね

U元講師だと思うが。
>>60
>>65参照

156 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:14:57 ID:IyNzdgtY
親鸞会・・・
と出会って何年もたちます。
受験のこの時期になると思い出します。
地元を離れ、知らない土地で
入学式の終わったあとでパーッと自分の目の前が開けたような明るさと
宙に浮いたようなフワフワした感じ。それと同時に孤独と不安もありました。
そんな中で声をかけてきたのが親鸞会。(当然その時点では偽名を使っていました)
その後の体験はまさに上のサイトに上げられている通りですね。

一度留年したらプツンと糸が切れてしまい、大学生活は総崩れになりました。
もう親鸞会はやめましたが、親鸞会以外の付き合いが無かった私の周りには
今も親しい人は誰もいません。結局、大学をやめてしまい、その後何ヶ月か家に引き篭っていた時期もありました。

今仕事はしています

10年以上幹部会員として第一線で活動してこられた上で脱会された方には
たかが2,3年で何を言うと笑われそうですが、

僕は親鸞会から解放されました もうは縛るものは何も無い
明るく生きていける 

しかし

私の大学生活はなんだったのだろう・・・

本音を言うと無念、楽しい大学生活送って卒業もしたかったのに



157 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:20:21 ID:IyNzdgtY
>>155

U氏って

う から始まる名前しかないじゃないか

もしかしてあの人?支部は東海地区あたりで
名前は字とは全く違う読みかたをする?

158 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:35:54 ID:NJ497euu
U氏じゃなくても
最近まで活動していた人なら普通に知ってることだと思うが…

159 :( ´∀`):2006/02/06(月) 17:38:47 ID:V18/d0oT
>>139
>親鸞会の講師亡くなった事も 過労死とかそいゆうのしか考えられないです
 
仔牛で亡くなった人が細菌いるの?

160 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:39:15 ID:X9QXbiKF
たしか、東大生の中でも特に優秀な人が留年していた記憶があります。
仏法で一番になろうとすると、そうなってしまうのは仕方ないのかもしれないが。

161 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 17:40:59 ID:9iGTPG0j
>>156 私は笑う気になれません
大変でしたね でも、親鸞会から脱け出せたことはとても幸運だと思います

人生やり直せますよ、自分を追い詰めないで、くれぐれも大切にしてあげて下さい
もし必要なら、カウンセリングを受けられるのもいいでしょう

162 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:04:02 ID:JnLhubcD
>>159
先月、40代の講師が亡くなったそうです。
昨日のご法話は、その講師の追悼法要でした。

163 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:19:18 ID:xl21SMkO
>>149>>151
ぜんぜん仕方ない話ではないのだが。
公園で花火して公園の管理人に怒られたからって
じゃあ管理人にばれないようにやるってのはDQNの発想だろうが。
大学がダメなら学外でやればいい話(勿論まっとうなやり方でだが)
聞いてくれないのは魅力がないだけのこと。

164 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:22:44 ID:kbdcAL/1
さんまさんのお父さんが亡くなったそうです。

165 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:25:42 ID:3szm+cHk
>>156
お気持ちお察しします。
親鸞会にとってはあなたのような人に対しても平気で愚痴だと言う事でしょう。
この会がまともじゃないことに気づいただけでも自分を褒めるべきですよ。
何も考えず親鸞会に人生注いで信心決定せず亡くなる方はこれからも増えていくことでしょうし、
そう考えれば途中でやめれたことは不幸中の幸い。

166 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:25:45 ID:kbdcAL/1
さんま氏は、訃報を知った後もレギュラー番組を
予定通り収録し、いつも通りの明るさで仕事を
こなしていたとのこと。


167 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:29:39 ID:kbdcAL/1
>>166
お笑いタレントの「さが」でしょうか?
楽しく見せるのは、寂しさの裏返しと
どこかで聞いた事があるけど・・・

168 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:43:26 ID:yciVr9Mz
>>162

40代講師?
漏れと同世代やないけ・・・orz
どなたかエロい人、イニシャルでいいからアップしてほしいニョロ!!


169 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 19:25:33 ID:+6+OWP1P
それにしても噂に聞く親鸞会マニュアルを実際目にしてみて

ま る で プ ロ だ な

実際それでメシを食ってたわけだからプロなのだが
あそこまで細かく対応を書いていたり、相手の出方を読むとは・・・


170 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 19:28:42 ID:BgZpNRBt
>>160
K師部員になる人だとみんなが思うような人だったが、
ご両親も留年するようなサークルの講師にはということで反対されたのだろう。

171 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 20:34:04 ID:Boxax4WK
ttp://www.uploda.org/uporg305914.jpg

172 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 20:52:50 ID:HrbhtFSm
s会ってお金の使い方おかしいように思う。
無理やり金集めのネタ作って会員に納めさせて。
それが布教のためならええんだろうけど絵とか座布団とかに使われるんか。かわいそ。
亡くなった講師の人もかわいそ。誰かわからんけど40代ならたぶん面識あるだろうな。
その講師は信心決定してたんかな。

173 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:12:53 ID:Boxax4WK
仏法の尊さが分からないアンチはもっとかわいそ。

174 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:29:38 ID:8BJkFKlJ
昨日の御説法で 聴聞中もお金の計算ばかりしていると言われてました。皮肉ですか

175 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:34:00 ID:zPhGBYT/
40代の講師が逝去・・・・
あっしの知っている人だろうか。
イニシャルがだめなら、
出身大学、人柄が知りたい。

176 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:38:02 ID:s5SYgUdW
普通に亡くなったとしても、過労死だのなんだのS会のせいにさせられては、
子牛部員も大変だね。死に方も選べないね。


177 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:45:35 ID:HrbhtFSm
>>176
40代で普通に亡くなるってどんなだ?

178 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:53:55 ID:/IDzC0j9
>>142
データ提供出来ます。
どこに送ればいいでしょうか?

179 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:58:01 ID:NZ8GNK/J
>>140>>141
人の死を自分達の都合の良いように美化し
会員を鼓舞してさらに活動させようとしているんじゃないのか。
亡くなった人をダシにしているのはどっちだか。


180 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 21:58:54 ID:s5SYgUdW
>>177
年齢は関係ないだろ。
30代でもガンで死ぬんだ。

181 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:13:04 ID:ys45Sorh
>親鸞会にとってはあなたのような人に対しても平気で愚痴だと言う事でしょう。
少なくともあなたが愚痴なのは間違いないですねえ。

>この会がまともじゃないことに気づいただけでも自分を褒めるべきですよ。
あなた、本当にまともじゃないですね。
心の底から思いますよ。

>何も考えず親鸞会に人生注いで信心決定せず亡くなる方はこれからも増えていくことでしょうし、
>そう考えれば途中でやめれたことは不幸中の幸い。
そうですかー 今は何を考えて生きてるんですか?
人生の目的を放棄して幸せになれましたか?

182 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:22:02 ID:4auZdHAc
>>181
s会のやってるのはただの人集め金集め。人生の目的などではない。

183 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:34:53 ID:DmK7aDEt
>>181
>少なくともあなたが愚痴なのは間違いないですねえ。
>あなた、本当にまともじゃないですね。
>心の底から思いますよ。
>そうですかー 今は何を考えて生きてるんですか?
>人生の目的を放棄して幸せになれましたか?

ははは、カルト節炸裂だ
こんな人間にならなくてよかった、つくづく思ふ。

184 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:38:05 ID:ys45Sorh
>s会のやってるのはただの人集め金集め。人生の目的などではない。
人生の目的は個人個人で果たすことですからねぇ。

>ははは、カルト節炸裂だ
>こんな人間にならなくてよかった、つくづく思ふ。
カルト化したのはあなたなんですよ…

185 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:45:44 ID:H8lBv9/3
天女のレリーフも雪に埋もれてどうしようもないものだ

186 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:52:47 ID:u68dKa7z
2チャンネラーによる煽りの共通点は・・・
必ず第三者を意識して吹聴や中傷を繰り返してくる点です。
2ch煽り屋の最終的な狙いは書き込みもしない
ただ掲示板を見ているだけの第三者達の脳内をイジることであり
私達被害者は、煽り屋達にとってみれば
単なる客(第三者)に演じて見せるため無理矢理共演者として
引きずり込まれたエキストラ的なものでしかありません。

187 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:53:45 ID:u68dKa7z
__________
   <〇ノ
    ‖
   くく

しまった!
ここは糞スレだ!
オレが止めているうちに早く他スレに逃げろ!

__________
   <〇√<〇√
    ‖  ‖
   くく くく

お前だけにいいかっこさせられるか!
__________
 oノ
 ノ\_・'ヽo.
  └  _ノヽ
      〉

お前等はこんなとこで終わっていい奴らじゃない!生きるんだ!!

188 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:56:34 ID:u68dKa7z
■2ちゃんねるが敗訴した判決文
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/$DefaultView/1645EA3EB994363849256FBA0037E2FB?OpenDocument
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/0/C3285B90D0EFA50849256CB70005EBAD/?OpenDocument

■2ちゃんねる、最高裁でも敗訴確定
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200510070278.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051007-00000228-kyodo-soci
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20051011nt02.htm
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20051007/20051007a4120.html?C=S
http://www.sankei.co.jp/news/051007/sha085.htm


189 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 22:56:38 ID:3iefvGKr
 財 施・妄 語 勧 誘
___________
<( ´  ・  ω  ・  ` )√ <こんな搾取団体からは逃げるんだ!早く!
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           
 く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈

190 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:00:45 ID:3szm+cHk
>>181,>>184
こんな事言ってる時点でおかしいことは一目瞭然。ひょっとしてアンチの自演かな。
どっちにしても精神的に消防、乙ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

191 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:15:44 ID:ys45Sorh
>こんな事言ってる時点でおかしいことは一目瞭然。ひょっとしてアンチの自演かな。
>どっちにしても精神的に消防、乙ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
あなたのおかしさが一目瞭然というのは分かりますがね…

192 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:23:35 ID:z7txK628
>>126
>20億払うかどうかって、お昼に二三十分M春にプレゼンされて
>賛成なら拍手してくださいって即決求めたんだろ?


即決じゃないよ。以下のようなアンケートがとられたらしい。
以下の資料は、幹部の人からもらいました。

〔地下道建設のアンケート 集計結果〕

 (1)集計総数……………… 3,457名
 (2)集計結果

 〔地下道を造ることについて〕
   (1)是非造ってほしい………… 1,280名(37%)┐
(83%)│
   (2)できれば造ってほしい…… 1,587名(46%)┘
   (3)必要ないと思う………………  590名(17%)

上記結果により、83%の方が望んでおられるという事で、地下道建設される事に決定。
顕正新聞4月1日号に、発表される見込みです。


193 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:27:42 ID:z7txK628
>>192の続き

 〔ご報謝について〕

   (1)参加させて頂きます……… 2,780名(80%)

       〔納入期限〕      〔人数〕
        平成15年…………  156名
          16年…………1,147名
          17年…………  689名
          18年…………  490名
          19年…………   87名
          19年以降     90名
          無記入      121名

   (2)参加は難しい ………………  639名(19%)
(3)無記入 ………………………   38名 (1%)


  上記結果により、正本堂ご報謝とは別に、予約用紙を作られ、募られる事となりました。


でも、親鸞会にいると分かるが、アンケートとはいえ、あからさまに反対できんだろうな。
「必要ないと思う」と答えた520名の会員の人たちの勇気をたたえずにおれない。

会員のみなさん、これからも正本堂や地下道の維持管理費を、がんばって支払い続けて下さい。


194 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:32:02 ID:3iefvGKr
金ピカの鷲のマークと天女のレリーフの
アンケート結果もきぼんぬしてみたいところだが…

195 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 23:44:01 ID:NJ497euu
アンケートの結果が悪かった支部の支部長は
後でつるし上げられたらしい

196 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:00:35 ID:2yx6MKSo
前に読売新聞の特集記事で
お茶の裏千家の人だかの戦争体験が載ってたの思い出した。

こんな質問を紙で配ってたんだって。
・特攻隊として出陣することを希望するか?
・1.強く希望する
・2.希望する
・3.拒否する

上官の指令は天皇陛下の命令であり絶対とされていた
戦時中のパイロットらに、どんな返答ができるかが分かったうえでの設問だろうけどね。

上司の指令は善知識の命令であり絶対とされている
s会ならではのアンケートってのもありそうだ。

197 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:02:49 ID:z7txK628
>>172
>s会ってお金の使い方おかしいように思う。
>無理やり金集めのネタ作って会員に納めさせて。
>それが布教のためならええんだろうけど絵とか座布団とかに使われるんか。かわいそ。
>亡くなった講師の人もかわいそ。誰かわからんけど40代ならたぶん面識あるだろうな。
>その講師は信心決定してたんかな。

お仏壇に遺影が掲げられ、「法名 釋 真康」って書かれていましたよ。
法名って、親鸞会では、「信心決定した人に、善知識が授けるもの」っていわれているんでないの?
・・・ということは、この亡くなった講師の人は、信心決定していたってことかな・・・?

誰か教えて。

198 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:25:47 ID:PkfjkrUw
『「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで』に、最近たくさんの「レッスン」があがっていたので、
W部さんに愛をこめて、以下のレッスンをおすすめします。


「なぜW部さんは親鸞会をやめないのか」を考えて

レッスン(LESSON)1 10分説法

 W部さん、先日の御法話ではアシスタントごくろうさまでした。
 「五逆罪の説明をしなさい」って、会長先生から言われていましたね。
 日頃、覚えた10分説法を披露する、絶好のチャンスだったのに、会長の作った説法原稿から、
 ところどころ、言葉をひろってきていただけで、あとは、ほとんど間違っていましたよ。

 タリウム事件など、最近起きた具体例を使って説明するのはいいでしょうが、
 肝心要の部分は、しっかり会長先生が作られた説法原稿の通りにお話ししましょう。
 

 同じ講師の方でも、K玉さんやK本さんは、教学講義などでアシスタントをされても、会長先生が作られた10分説法の原稿の通り、
 非常に正確にお話しされますからね。特にK玉さんは、1字1句を正確に覚えて話しをされているように思います。
 実際に、多くの学生の前で、毎日のように、何度も何度も10分説法をされていますからね。
 たぶん、K玉さんがあなたの10分説法を聞かれたら、「先生の御心をどうおもっているのか・・・」とか、「総務局の立場にあぐらをかいて、
 10分説法の練習やってないんだろうな・・・」と、内心思われると思いますよ。けっして口にはされないでしょうが。

199 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:26:45 ID:PkfjkrUw
>>198の続き

 ですから、W部さん、これからはどんどん積極的に後輩講師や、弘宣部員の前で、10分説法をやりましょうね。
 弘宣部員の皆さんは、W部さんの10分説法が間違っていないか、しっかり聞いてあげましょう。

 因果の道理バージョンなら、『図解雑学 親鸞』のコラムにそのまま書かれているから、
 弘宣部員の皆さんも、W部さんの説法が正しいかどうか(間違っていないか)が、分かるでしょう。
 
 できれば、W部さん、因果の道理シリーズの10分説法をお話ししましょう。自分が磨かれていいですよ。

 以上、レッスン1でした。

200 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:35:02 ID:PkfjkrUw
レッスン(LESSON)2 善知識のご苦労を偲んで


 W部さん、アシスタントごくろうさまでした。
 出番がないのでイスに座っていたい気持ちは分かりますが、会長先生から、
 「君はそこに出て、説明するのが仕事だろう。何、座っとるんだ。いつも私のそばにいなさい」って、
 注意されていましたよね。

 先生も今年で御歳77才ではないでしょうか。一日の大半を一人でお話しされて、大変なお疲れだと思います。
 W部さん、せめて先生を慕う講師部員なんですから、座ってばかりいないで、自分もた立って、
 先生のご苦労を偲びましょう。

 たとえ、先生が「座っていてもいい」と言われてもね。


 以上、レッスン2でした。

201 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:40:30 ID:rsoFmmee
最近知ったんですが、
紅楳氏の主張って意外なほど親鸞会と似ているんですね。
http://book.wikidharma.org/index.php/WD%3Amanabu

高森先生に学んだ…のかな?まさかね。

>>198
私もW部さんのアシスタントは、自信がなさそうだなと思いました。
悪く言えばハッタリ、という感じがしました。
自分で話をするのがお好きな方だから、
おそらく原稿をほとんど復習されていないんでしょうね。

もし、2ちゃんねるを見ておられたら、
反論サイト作るのも大事なことですが、
もう少し先生の御心のこもった原稿を練習して欲しいと思います。

202 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:41:19 ID:PkfjkrUw
レッスン(LESSON)3 言葉遣い


 W部さん、アシスタントごくろうさまでした。
 五逆罪のお話しの説明をする時に、自分の母親のことを話されていましたね。
 笑いもおきていましたが、聞かせてもらい、「たしかに、言われてみればそうだな・・・」と、少し感動しましたよ。

 しかし、自分の親のことを第三者に言うときは、「私の母親は・・・」と言うのではなく、
 「私の母は・・・」と言ったほうがいいですよ。

 顕真学院では、学院長よりそのように教えて頂きます。
 学院長が聞かれると、カチンとひっかかられると思いますので、
 今後は気をつけて下さい。


以上、レッスン3でした。

203 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 00:51:03 ID:DF9gp3HN
浅川氏はブログの内容を消したのだが、反論サイトはページを追加してるね。
http://shinrankai.sytes.net/

こっちも消せばいいのに。

204 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 01:19:05 ID:2yx6MKSo
結局、蓮如上人が山科本願寺に据えた木像のこととか
ユイシンショウの「形象に向かいて」とか、
カイジャショウの「本尊をうばうまじきこと」とかに関しての質問は
黙殺されたまま消されたな。



205 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 01:37:17 ID:vuEeNzvw
>>198
先日の御法話はW部さんがアシスタントだったのですか?



206 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 01:56:40 ID:vuEeNzvw
>>198
10分説法はそもそもどういった意味で設けられたものなのでしょうか?

207 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 02:21:34 ID:zmeNE+Mg
春まで待ったれや!

208 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 02:22:23 ID:zmeNE+Mg
親鸞会のこういうところが多いがファンが多いんだな。

209 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 02:23:21 ID:Wld73QNj
>>196>>192を見比べるとそっくり

210 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 02:26:04 ID:zmeNE+Mg
それにしてもそっちは雪大変らしいねえ。

211 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 07:47:25 ID:RIH7DI6H
そもそも信心決定があるのかどうかが疑わしい
親鸞会はそのあるのか無いのかわからんものを追い求めて
(会員もうすうす感じている)
得られず終わっていく人たちなのではないだろうか

212 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 09:26:19 ID:6cYbO4uO
>>203
>ここで、本尊における親鸞会と本願寺の主張の違いは、
>・親鸞会=名号本尊でなければいけない。形像本尊(絵像、木像)は真宗ではない
>・本願寺=名号本尊も形像本尊もそれぞれに意味があるのだから優劣可否を論じる
>ものではない

教学詳しくないのですが、疑問です。どなたか詳しい方教えてください。

1)親鸞会の主張って、「形像本尊(絵像、木像)は真宗ではないから排斥するし、
礼拝しない。」ということなのですか?

2)親鸞会はよく本願寺はこういっている、とひと括りにしますが、
本願寺の学者って東も西もあるし、果たして統一見解なんてものがあるんですか?
「優劣可否を論じるものではない」ってどの学者が言ったんですか?
名号本尊にしている本願寺の寺は本当にひとつもないのですか?

3)親鸞聖人はたしかに南無阿弥陀仏の六字の名号も書き残されてますが、
ご本人は「帰命尽十方無碍光如来」の十字の名号をも本尊として礼拝しておられたんですよね。
真宗の原理主義を標榜する親鸞会はなぜ十字の名号を礼拝しないのですか?

改邪鈔には、『祖師あながち御庶幾御依用にあらず。天親論主の礼拝門の論文、すなはち
「帰命尽十方無碍光如来」をもつて真宗の御本尊とあがめましましき。』とありますが。

4)また、『尊号真像銘文』には親鸞聖人が仏像・絵像もやはり礼拝されていて、また七高僧の像も
礼拝されていたことも、ともにみることができるそうですが、本当でしょうか?
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/01_01_08.html

213 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 09:40:05 ID:FGKcx0Bx
>102 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:08:16 ID:ola8eRwM
>56
>
> U氏が昨年夏に除名されてから、宗教問題研究会に「勧誘マニュアル」や「部室住所」が公開されたのが10月。
> そして11月以降の「なぜ私は親鸞会をやめたのか」などのサイト群の林立。
> そしてこの講演か。
> 一連のことは、彼が引き起こしたのだと思って、間違いなさそうだな。

214 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 09:41:05 ID:FGKcx0Bx
うむ、かわいそうな人は、かわいそうな、それだけの人生を
送っていくしかないようじゃ。ここに、しがみついていくのかのぅ
何も楽しいことも見つけらず、感動を共有することもできず。
表層的にしか理解できず
その先にあるものといえば、日本文化の破壊のみ
ただ、ただ、周囲の雰囲気に、流れに身を任せて、流れていくだけの最近の若者
<しらけ>よりも重症じゃな。自分というものをまったく見失っておる
現実世界でも、<名無し>じゃな。
現実世界で語り合える親友を見つけていくことが一番と、わしは思うぞ。

なんで、翁がここにいるかって? そりゃ爺のお節介・お説教じゃ
もう、先が長くないもんじゃてのぉ

215 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 09:54:55 ID:PkfjkrUw
>>198-199

W部さん、これからも学友部で会合や部会をされることと思いますが、
しっかり10分説法の原稿を覚えて、学生や担当講師の前で話しをしましょうね。

あなたは話しをする時に、全くといっていいほど、会長先生の作られた10分説法を話さないと
学生幹部たちが言っていましたよ。K玉さんが聞かれたら、ビックリされると思います。

これからは、学友部で話をするときは、必ず10分説法をしましょうね。
担当講師や幹部の皆さんは、聞いていますからね。

あと、ここをみているネット対策委員さんも、この1ヶ月、W部さんから、どれだけ10分説法が聞けるか、
期待して待っていましょうね。

「正すべきことは、今後正されるでしょう」と真摯な言葉を述べておられた会員の方もありましたが、
私はW部さんの今後に、大きく期待いたします。忙しいでしょうけど、がんばってね。

そして、是非、次回のアシスタントの時には、あの大講堂にて満堂の聴衆の前で、
会長先生の作って下された10分説法を堂々と叫んで下さい。

会長先生は、過去インターネット上に批判があがったとき、「あれは如来のみ声だ」とおっしゃったと
どなたかから聞きましたが、W部さんも如来のみ声に、静かに耳を傾けましょう。

                                               南無阿弥陀仏

216 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 11:16:27 ID:PkfjkrUw
2月1日号の顕正新聞「大喝」に、「誓願に生きる」という文章がありました。
その最後に以下のような文章がありました。

「この無上の誓願を聞き求め、伝える親鸞学徒もまた、崇高な願いに生き抜くのだ。
  誓いを破って逃げていく者がいる。最低である。」

また、今回の御法話でも、弥陀の本願についてのお話しの中で、「一度誓っても、『まあいいか』、と
簡単に約束を破る者がいる」と会長先生が言われていましたよね。

その後ろにいたアシスタントのW部さんの姿が印象的でした。下を向き、目をうるませながら、
何か自分の責任を感じておられるかのような姿が、私の目にはうつりました。


この「誓いを破って逃げていく者がいる。最低である」とはどういう意味なんでしょうか?
あれは、会長先生自らの文章ですか?それとも、W部さんの言葉でしょうか?

217 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 11:16:40 ID:wzEi9PwA
そういえば、さんまさんのお父さんの葬儀は、
どうなったの?

218 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 11:37:40 ID:6cYbO4uO
>>217
>誓いを破って逃げていく者がいる。最低である

会をやめていく人々に対する罵倒や嘲りと解釈していいのでしょうか?

219 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 11:40:12 ID:wzEi9PwA
真宗かな?

220 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:00:47 ID:PkfjkrUw
今回の御法話は正信偈のお話しでしたが、正信偈の最初の2行の説明を
アシスタントのW部さんがされていました。

「これは、親鸞聖人が何度でも言いたい、何度でも書きたいことを、この2行でおっしゃっているのです」
と説明したところ、会長先生が「言わすにおれない」「書かずにおれない」「叫ばずにおれない」ことなんだと、
お話しされました。微妙な言葉の違いかもしれませんが、やはり、親鸞聖人と同じ、他力信心を獲得されている方の
言われることは違うな、と思いました。W部さんとの信心の違いを感じました。

W部さんは、まだ信心決定していませんか?

221 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:05:33 ID:PkfjkrUw
あと、W部さん、自分でもよく言われていますが、黒板の字は
もう少し、丁寧に書きましょうね。字がおどっていますよ。

綺麗な字はかけなくても、丁寧な字なら書けると思いますよ。
ようは心がけです。がんばって下さい。

222 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:29:44 ID:LS0RM7Hk
ID:PkfjkrUw ←なぜそんなにW部さんに粘着する?

223 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:38:23 ID:gBb8a4mu
T森「今日はこの敷けば信心決定間違いなしの座布団を
   なななーんと会員特別価格85万円でのご提供です!!」

K玉「なんと安い!!」
W部「300枚注文します!!」

T森「現金一括払いでお願いいたします。」

224 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:40:41 ID:uyKFl/a0
喧嘩はやめて♪
二人を止めて♪


225 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:47:25 ID:iltcH8q0
ID:PkfjkrUwさんの言っていることは、
先日のご法話でのことばかりです。
ということは、ID:PkfjkrUwさんは先日のご法話に参詣していた人の可能性が高いですね。

226 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 13:08:49 ID:PkfjkrUw
>>222
>ID:PkfjkrUw ←なぜそんなにW部さんに粘着する?

もちろん、W部さんを心から愛しているからです。
個人的に、W部さんは能力的にすぐれたいい人だと思います。


>>224
>喧嘩はやめて♪
>二人を止めて♪

竹内まりあですね。私も好きですね〜この歌。


>>225
>ID:PkfjkrUwさんの言っていることは、
>先日のご法話でのことばかりです。
>ということは、ID:PkfjkrUwさんは先日のご法話に参詣していた人の可能性が高いですね。

もちろん、参詣しましたよ。今回は誰でも参詣していい日でしたしね。

227 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 14:16:16 ID:UmT23ev1
-=-::.
         /       \:\
         .|          ミ:::|
        ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
 ,、i`ヽ   .. ||..● .| ̄|. ● |─/ヽ      ,r‐'ァ 
 `ヽ::    .|ヽ二/  \二/  ∂>    ::´
   ヽ ヽ   /.  ハ - −ハ   |_/    / /
    ヽ \ |  ヽ/ヽ/\_ノ  / |  _ / /  ┌────────────────────
     ヽ  ヽ\、 ヽ二二/ヽ  / / ,,/  , '  <新勧フォーーーーーー!!
      ヽ  ` \i ___ /_/,    r'     └────────────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


228 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 15:17:39 ID:g0Lmf4xD
会長先生はなぜ会員と一緒にお勤めをしないのが 御同行じゃないよな・・・
会長先生のマスタベーションの為にお金を使われているのですか

229 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 16:20:43 ID:16tMV7uR
>>228
>御同行じゃないよな・・・
今思うと、お礼状の文章内でむやみやたらに細かい言葉遣いの規定があったり、
会員は会の方針に対して文句・批判一切禁止とか、機関誌内での異様な持ち上げられっぷりとか
どう見ても、会員と平等の立場じゃないですね
さしずめ会長は親鸞会ランドの皇帝で、会員は親鸞会ランドの領民といったところなんでしょうか

>会長先生のマスタベーションの為にお金を使われているのですか
うーん、http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/を見てると、私もそんな気がしてきました
示威行為というか、正本堂とその装飾、会長専用の様々な設備はそれの最たるものかもしれませんね
特に、ご報謝納入額に応じて銘板に刻まれる名前の大小が決まるという文章を読んで、「お金の多少で
会員を差別してるんじゃん、ヒドーイ」と思いました

>>194さんが「金ぴかの鷲のマークと天女のレリーフ」に言及しておられましたが、私はそれらの件では
アンケートで聞かれたことはないです。私(幹部ではありませんでした)の知らないところで
いつの間にかそれらがつくられて、その事が顕正新聞で取り上げられていたのです。

230 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 16:55:49 ID:LS0RM7Hk
>>229
会長と会員が平等なほうがおかしいだろ
ご報謝額が違うのにみんな平等のほうが差別だろ
なんでも平等にしろというあなたは共産主義者か

231 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 17:13:33 ID:6cYbO4uO
>>230
>会長と会員が平等なほうがおかしいだろ
>ご報謝額が違うのにみんな平等のほうが差別だろ

あなたは会員ですか?すくなくとも、親鸞聖人ならば、

>正本堂とその装飾、会長専用の様々な設備はそれの最たるものかもしれませんね
>特に、ご報謝納入額に応じて銘板に刻まれる名前の大小が決まるという

などという俗っぽいことは絶対になさらないことだと思いますが。

>なんでも平等にしろというあなたは共産主義者か

なんでも平等にしろ、なんて誰もいってないのですけどね。
もう少し、日本語勉強してから出直してください。
ともあれ、親鸞会に「貧者の一灯」精神が皆無なのは間違いないようです。

あまりにも、会長の発想は俗っぽすぎませんか?
あなたもうわべでは無条件服従で思考停止しているようですが、
内心はそのおもっているんでしょう?

232 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 17:45:39 ID:LS0RM7Hk
>>231
あなたは>>229か?IDが違うけど
会員と平等の立場じゃないとかお金の多少で会員を差別してるとか
書いてありますが、これは平等にしろという意味ではないのですか?
あなたの堪能な日本語で説明して頂きたい

>親鸞会に「貧者の一灯」精神が皆無

何も知らないのに書かないことです
一円でもご報謝されれば銘板に刻まれるのですよ
それに長者の万灯も尊くないということでは決して無い
たくさんのご報謝をされた人をたたえるのは当然のこと

233 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 18:12:37 ID:wzEi9PwA
花粉情報がすでに配信されています。

花粉も「春まで待てない」みたい。


234 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 18:43:34 ID:6cYbO4uO
>>232

私は>>229じゃないよ、思わず横レスしたんですよ。

まだアふぉなことおっしゃってますね。>>229の書き込みをもって、

>なんでも平等にしろというあなたは共産主義者か

と罵倒するのは論理の飛躍だ、といってるんですよ。
>>229の書き込みを読んで、この書き込み主が共産主義だなんて私はこれっぽっちも
思いませんが。むしろあなたの思考回路の変調を疑ってしまいます。
また、

○「ザイセの多寡で聴聞の席が決まる、という考えを親鸞聖人がもっておられたかどうか」
○「お礼状の文章内でむやみやたらに細かい言葉遣いの規定があったり、 会員は会の方針
に対して文句・批判一切禁止とか、機関誌内での異様な持ち上げらたいという考えを親鸞聖人
がもっておられたかどうか」
○「正本堂とその装飾、会長専用の様々な設備が必要だ、という考えを親鸞聖人がもって
おられたかどうか」

について、頭を冷やして冷静に想像する能力がない人とは話したくないですね。

親鸞聖人って伽藍仏教を否定した人でしょ。
蓮如も人の多く集まり、威の大なることが真宗の繁盛ではないっていってるんでしょ。
覚如もこういってますが。
「おほよそ造像、起塔などは弥陀の本願にあらざる所行なり。
これによりて一向専修の行人これを企つべきにあらず。
されば祖師聖人御在世の昔、ねんごろに一流を面授口決
したてまつる御門弟たち、堂舎を営作する人なかりき。
(中略)御遺訓に遠ざかる人々となりて、造寺土木の企て
に及ぶ条、仰せに違するいたり、歎き思うところなり。」 (改邪抄)

235 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 18:46:14 ID:6cYbO4uO
>>232
>一円でもご報謝されれば銘板に刻まれるのですよ

詭弁でしょ、こんなの。

その証拠に、1円ご報謝して銘板に刻まれたかたがたの人数を
具体的に挙げてみてください。五円、十円だって挙げられないでしょ?
あなたの説は、ただの机上の空論じゃないですか?

236 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/07(火) 18:48:16 ID:qwsJdCnJ
>>229
 「金ぴかの鷲のマークと天女のレリーフ」に言及しておられましたが、私はそれらの件では
アンケートで聞かれたことはないです。

     御流にそむき候う本尊以下、御風呂のたびごとに、やかせられ候う。

 そんなゴミは焼却しましょうという、浄土真宗の良心を持っている人はいないようだな。

237 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 18:51:53 ID:p78+dv9o
>>232
>一円でもご報謝されれば銘板に刻まれるのですよ
これ本当?
私のときは確か「幾ら以上だと銘板に名前が刻まれますよ」と募られてたんだけど、制度が変わったの?
私は「自分は銘板に刻まれることはないけれども頑張ろう」と思いながらご報謝していたんですけど・・・

238 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 19:01:17 ID:PkfjkrUw
『「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで』に、最近たくさんの「レッスン」があがっていたので、
W部さんに愛をこめて、以下のレッスンをおすすめします。


「なぜW部さんは親鸞会をやめないのか」を考えて

レッスン(LESSON)1 10分説法

 W部さん、先日の御法話ではアシスタントごくろうさまでした。
 「五逆罪の説明をしなさい」って、会長先生から言われていましたね。
 日頃、覚えた10分説法を披露する、絶好のチャンスだったのに、会長の作った説法原稿から、
 ところどころ、言葉をひろってきていただけで、あとは、ほとんど間違っていましたよ。

 タリウム事件など、最近起きた具体例を使って説明するのはいいでしょうが、
 肝心要の部分は、しっかり会長先生が作られた説法原稿の通りにお話ししましょう。
 

 同じ講師の方でも、K玉さんやK本さんは、教学講義などでアシスタントをされても、会長先生が作られた10分説法の原稿の通り、
 非常に正確にお話しされますからね。特にK玉さんは、1字1句を正確に覚えて話しをされているように思います。
 実際に、多くの学生の前で、毎日のように、何度も何度も10分説法をされていますからね。
 たぶん、K玉さんがあなたの10分説法を聞かれたら、「先生の御心をどうおもっているのか・・・」とか、「総務局の立場にあぐらをかいて、
 10分説法の練習やってないんだろうな・・・」と、内心思われると思いますよ。けっして口にはされないでしょうが。


239 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 19:02:06 ID:PkfjkrUw
>>238の続き

 ですから、W部さん、これからはどんどん積極的に後輩講師や、弘宣部員の前で、10分説法をやりましょうね。
 弘宣部員の皆さんは、W部さんの10分説法が間違っていないか、しっかり聞いてあげましょう。

 因果の道理バージョンなら、『図解雑学 親鸞』のコラムにそのまま書かれているから、
 弘宣部員の皆さんも、W部さんの説法が正しいかどうか(間違っていないか)が、分かるでしょう。
 
 できれば、W部さん、因果の道理シリーズの10分説法をお話ししましょう。自分が磨かれていいですよ。

 以上、レッスン1でした。


240 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 19:23:24 ID:p78+dv9o
ID:PkfjkrUwさん
W部さんLOVEはいいんだけどコピペ止めて・・・

241 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 20:01:13 ID:+GVHYXdJ
ボク高卒で工場で働いてて、日曜だけ休みで手取り12万(賞与なし)なんだけどS会は入れますか?
年間200万円もどうやって工面すればいいんだろう。
お金持ちでないとだめなのか。

242 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 20:15:55 ID:wYUWNS9s
>>241
サラ金に手を出せば問題ないと思うよ。



243 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 20:41:08 ID:FGKcx0Bx
本当に2ちゃんが嫌いな人は、クリックしたくも無い、
と思っている人が多いのかもしれないですね。
私のまわりはそうです。。私はたまに「2ちゃん見るんだ」て言うんですけど、
特に女子は「2ちゃんてなんか怖い」「キモチワルイ」と言う子が結構多いです。

この板に来ている人たちというのは、2ちゃんが嫌いで、その上、正義感の強い人たち
なのかもしれないですね。(私もそうかも…。自分で言うのは恥ずかしいですが)
だったら数は少ないかもしれないですね…。

でも、このままでいいんでしょうか?
見なきゃいい、て思っていても、検索にひっかかりやすいし。
もちろん、情報の交換を目的にしている人たちにとっては、とても便利な
掲示板かもしれませんが、だからって、人に不快感を与えるレスを野放しに
していいわけではないと思う。大人はいいかもしれないけど…。
2ちゃんを見て深く傷ついた、という子も知っているし、
子供だけじゃなくて、大人でも…。
この間、ヤフチャで、2ちゃんねるの話になった時に、サラリーマンの男の人が、
「2ちゃんは酷い。あるレスを見て、自分を否定されているようで落ち込んだ」
と本気で傷ついている人もいました。

244 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:27:49 ID:ZNccwGjW
親鸞会へのご報謝は誤報謝です。

245 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:57:57 ID:2yx6MKSo
>>232
学生時代、在籍時に少なく見積もっても10万円くらいはご報謝させて頂きましたが、
そんな退会者でも銘板に刻まれてますか?

っつか、まあ個人的には刻まれてないほうが助かるけど。

246 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 22:36:05 ID:PkfjkrUw
以下の資料を幹部の方から頂きました。
1福とは10万、10福で100万、20福で200万です。

【正本堂の仏間等のご報謝の案内】 

  正本堂の仏間等のご報謝を、以下のように募ります。
  各物品には、ご報謝された方のお名前が入る予定です。

   (1)仏間
   (2)鷲のマーク
   (3)御影の額
   (4)お仏壇用の卓
   (5)演台、ご説法用机
   (6)植樹
 
〔申込み方法〕 担当の支部長に申し出て下さい。

 〔納入方法〕  所定の用紙(B6版の黄色いご報謝受付票)にて、一括にて納入をお願いします。

 〔備考〕

   (1) 仏間は1口20福以上、その他は1口10福以上です。
   (2) 応募は1口単位でお願いします。
   (3) ご報謝の申し出順に受付し、予定以上になった場合は案内します。
   (4) 御影の額は、希望者が多いときは、抽選とします。(12月22日に受付を締切ります)
   (5) ご報謝の納入期限は、平成16年3月末日です。
   (6) 銘版に記載の対象となる「正本堂ご報謝」「地下道ご報謝」とは別となります。

     以 上

247 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 22:37:00 ID:q8oV+yAE
>>245
時期にもよると思うけど、俺の知り合いは刻まれてた。
まあ実在しない会員名でも、後の人間を奮い立たせるのには使えるけどね。



248 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 22:53:10 ID:FGKcx0Bx
子供にネット環境与える親が悪いんじゃないのかな?昔はほとんど無かったんだし。
子供の事を考えるなら、
子供に携帯等を持たせない
PCを買い与えない、または使わせない。
で、完全にネットから切り離せば済む話では?

249 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 23:17:53 ID:2yx6MKSo
>>246
>(1) 仏間は1口20福以上、その他は1口10福以上です。
>(2) 応募は1口単位でお願いします。
100万以上からじゃない「ご報謝とはみなさない」ってことか。

>>247
でもさすがにその知り合いも1円だの5円だので銘板はされないだろう。
銘板も結局は金集めの手段だろ。

>>248
子供のことを考えたらダミサ勧誘やるような不埒な宗教団体からは遠ざける。

250 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 23:32:15 ID:iltcH8q0
一人で1口(100万円)というのは難しいということで、
K玉さんの提案で、学友部では
学友部一同で、鷲のマークに1口ご報謝しました。
また、緞帳についても、遺弟クラブ一同が1口ご報謝しています。

銘板については、1円でもご報謝した人で、
銘板に名前をのせたくない人以外は、全員銘板に名前が刻まれたと聞きました。
実際には、どうかはわかりませんけど。

251 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 23:51:58 ID:2yx6MKSo
>>250
実際にはどうか分かんないよな。

252 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 00:53:06 ID:9I6yv+Nn
しかし、親鸞会会員はこれだけの時間と金を使って、信心決定に
邁進してるわけだが、もし信心頂けずに死んだらどうするんだろ。

やらしい話、元が取れないわけだよな?

会長の言うことに間違いはない、財施は信心決定の助力になっている
と思うから、せっせと金つぎ込む訳だが、それが嘘だったらあんたらどうするの?

そう言うことは考えないんだろうかね。

253 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 01:04:11 ID:vzqhhi+w
>>252
>しかし、親鸞会会員はこれだけの時間と金を使って、信心決定に
>邁進してるわけだが、もし信心頂けずに死んだらどうするんだろ。
>やらしい話、元が取れないわけだよな?

親鸞会では、「信心決定できなければ、求めても意味がない」という主張に対する答えが
用意されていますが、本心ではみんなこのように思っていますので、なかなか、
「求めても意味がない、なんてことはない!」とはいいにくいようです。
心から言える人は、ほとんどいません。
講師部員でさえそうでしょう。ましてや、口だけ学友部員はなおさらです。
そんな人たちは、深みにはまる前にやめたほうがいいですよ。

親鸞会会員のみなさん、もしよろしければ、
「信心決定できなければ、求めても意味がない」について、反論してみて下さい。
あなたの求道心と教えの理解を確かめさせて頂きます。

よろしく〜。

254 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 01:13:00 ID:vzqhhi+w
この間の、亡くなった講師の追悼法要では、
午前午後と、亡き講師を偲んでの体験発表を、二人の講師が行なっていました。

「わが友よ 命惜しむな 法の道」(たぶん、会長先生のお言葉)

「むかうは光明輝く世界に突撃あるのみ、親鸞聖人のみ教え徹底にばく進します」だって。

親鸞会では、亡くなる人があると、その度に毎回毎回、
「あなたの死を無駄にはしない」
「彼は身をもって、まだまだ明日があるとノンキな私の聞法にムチ打ってくれたのです」

みたいなことを言っているけど、今まで何回言っているのでしょうか?
どれだけノンキな聞法を続ければ済むのでしょうね。
なんか、死ぬまで言っていそうな気がします。亡くなった人もうかばれないね。

悔しかったら、そろそろ信心決定してみたら?
ちなみに、今回の御法話で信心決定できた人はいましたか?

あと1ヶ月で、講師部から、2、3人でいいから、信心決定する人を出してみなよ。
まあ、むりでしょうけど。
でも、あきらめないでがんばってね。親鸞会さん。

255 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:18:26 ID:jPdPUmPq
私たちが生まれたということを飛行機が飛び立ったことに例えます。どんな

飛行機も燃料がなくなるということは共通しています。降りるところのない

飛行機の中でどんなに好きなことをやっていても本当の満足はありません。

256 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:22:48 ID:jPdPUmPq
100%確実な未来が燃料がなくなるということ、人生におきかえたなら
100%確実な未来が死ぬということ。飛行機にとっていつでも安全に
降りられる着陸地が確保できていれば安心して色々なことを楽しめるように
人生にとって100%確実な未来に対する準備ができていれば人生なに
やっていても心に安心があるのです。

257 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:24:39 ID:jPdPUmPq
なんやかんや親鸞会を非難しても、死の解決を教えられているものはない

でしょ。お釈迦様が教えられている以上の教えを提示してみたら。

無理だけどね(笑)


258 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 07:50:37 ID:iNE9p9kt
>>257

>>246http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/をみても、
お釈迦様が教えられている教えが親鸞会の教えと同じであるとは
到底言えないわけなのだが。




259 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 08:09:15 ID:z9+iouZs
ヒント:俗諦門と真諦門

260 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 08:35:34 ID:mGy+AVFw
>>259
「俗諦門と真諦門の違いもわからないネムタイモンばっかり」
とか他の悪口ばっかり言ってうそぶいてさえいれば、
嘘つき勧誘とか身分詐称・信心詐称、学生に財施を募る・・・・、
どんなことをやっても許されるというのでしょうか?

261 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 08:40:33 ID:mGy+AVFw
>>250
>銘板については、1円でもご報謝した人で、

詭弁ですよね、これも。
1円でも、とかいってますが1円のひとなんて実際はいないのにね。
最低でどの程度から受け付けたんだろうね。



262 :暫定 ◆iSZuIcz3vQ :2006/02/08(水) 09:34:38 ID:Ii1wj2Hv
>>178
ありがとうございます。ここにお願いします。
(いわゆる捨てアドですので今後は使用しません)
iszuicz3vq@excite.co.jp

263 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 09:57:11 ID:8QHvy8WP
花粉情報が増えてきましたね。

264 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 10:01:43 ID:FcMksqmc
花粉情報だけじゃなくて
全国の親鸞会嘘勧誘情報もやってくれればいいのに



265 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 10:04:25 ID:8QHvy8WP
親鸞聖人の時代にも、花粉症は
あったのでしょうか?

266 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 10:26:55 ID:vzqhhi+w
>>257
>なんやかんや親鸞会を非難しても、死の解決を教えられているものはないでしょ。
>お釈迦様が教えられている以上の教えを提示してみたら。
>無理だけどね(笑)

お釈迦様の教えに自信をもっているjPdPUmPqさん、親鸞会で真剣に聴聞しておられることと思います。
>>253の質問にお答えいただけないでしょうか?
「信心決定できなければ、求めても意味がない」に反論して下さい。

あと、あなたはいつになったら信心決定できるの?
なんだかんだ、親鸞会の正当性を主張しても、死の解決できないんじゃないの?
あなたのまわりの会員で、信心決定した人はいる?
あなたが信心決定するなんて、無理だろうけどね(笑)

267 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 12:30:17 ID:gHAz1MTH
暫定さん

とりあえずなぜやめたのブログのバックアップ送っておきました。


268 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 14:18:53 ID:8QHvy8WP
スギ花粉症は東京都では全年齢に対して20%
全国では青壮年の40%が罹患している地域も
あるそうです


269 :暫定 ◆iSZuIcz3vQ :2006/02/08(水) 14:35:32 ID:42njDnD6
>>267
ありがとうございます、アップしました(リンクはまだ貼っていませんが)
メールの件もお願いできますか?

270 :元々ぼら夫:2006/02/08(水) 17:08:49 ID:sYpbAtNW
やっほ〜♪
>>121
ばれたかw。流石や〜♪こうした方々がご覧になっとるんですねぇ〜。怖い怖い☆
ま、恥は若いときにかいとかなと思いつつ、カキコしとります。ちなみにもっか
思索中なのが「聞」という言葉をいかに的確に表現できるかってこと。あと「現生正定聚」を
「平生業成」と言い換えたところに、後代の人に誤謬を与える問題点はなかったんやろか?
てなことを調べとります。ま、学生じゃないんで遅々としとりますがw。
ま、このスレではs会の活動・行動原理を通して、漏れかて陥いってしまうかもな問題を
反省する機縁としとります。


271 :212:2006/02/08(水) 17:12:34 ID:mGy+AVFw
どなたか>>212も答えてくれませんか?

まとめますと、
1)親鸞会の主張って、「形像本尊(絵像、木像)は真宗ではないから排斥するし、
礼拝しない。」ということなのですか?

2)本願寺の学者って東も西もあるし、果たして統一見解なんてものがあるんですか?
  名号本尊にしている本願寺の寺は本当にひとつもないのですか?

3)親鸞聖人は六字よりもむしろ「帰命尽十方無碍光如来」の十字の名号を本尊として礼拝しておられた
  そうですが、親鸞会はなぜ十字の名号を礼拝しないのですか?
  改邪鈔には、『祖師あながち御庶幾御依用にあらず。天親論主の礼拝門の論文、すなはち
  「帰命尽十方無碍光如来」をもつて真宗の御本尊とあがめましましき。』とありますが。

4)『尊号真像銘文』には親鸞聖人が仏像・絵像もやはり礼拝されていて、また七高僧の像も
  礼拝されていたことも、ともにみることができるそうですが、どうなのでしょうか?

272 :元々ぼら夫:2006/02/08(水) 17:32:10 ID:sYpbAtNW
さてさて☆
話は変わって、s会ってのは追体験型宗教とゆ〜てもえ〜んちゃうかな?と思うんやけど。
親鸞聖人と同じ境地に至った人=T森タソ=信心決定者。で、地獄に堕ちんためには
信心決定せなならん。で、その体験者であるT森タソのお話聞いて、自分も同一の体験が
出来るようがんばりまっしょい。先生のゆ〜こと聞いて、ゆわれたこと忠実にやっとれば、
いつかT森タソの境地に達すると、ま、信じなやってられへん罠。これはΩの方々と
信者側の心理状態だけをみれば、よく似とる気ガス。彼等も麻○タソの境地の追体験
を目指しとるわけや
〜つづく〜

273 :元々ぼら夫:2006/02/08(水) 18:11:45 ID:sYpbAtNW
>>271
お西で、十字名号を本尊にしとるお寺を知ってまつ。分院やったかな?
>>272つづき
追体験型宗教で問題なのは、トップに逆らえへんこと。トップが「チミは信心決定してませぬ」
「その体験は信心のようやけど間違いでっせ」といえば、信者は更に求め続けなならん。
極端な話、気にいった椰子は信心決定、気にいらん椰子は、まだ無理。ってのが
許されてまう。トップの意向でなんとでもなってまう危険性を常にかかえとるわけや。
そこんとこ見直さないと、次期会長サンの時代になったら大変やで〜。
着いた〜(^-^)/またねのねん☆


274 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 19:14:23 ID:dHLgBler
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/lesson/lesson7.htm

なぜ親鸞会をやめたのかを読んで にレッスンが追加されてますた。
対抗してるのかな?必死だなw

275 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 19:15:07 ID:dHLgBler
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/lesson/lesson8.htm

レッスンは8も出てたよ。五逆罪と法謗罪についての話でした。

276 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 19:31:50 ID:q7KZATSg
>>274-275
なんかもう水戸黄門が印篭出してる気分でやってんだろうねW部さん。
「地獄だぞー地獄だぞー」でs会批判の口封じ。

まあ、対抗というよりも現役会員に対しての精神的縛りを与える目的で書き足してるんだろう。
「s会の指示ややり方に背き批判を呈するものは地獄だぞー」みたいなメッセージ性が強い希ガス。

277 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 19:34:30 ID:gHAz1MTH
批判する者が地獄って、まるでオウムや統一協会と一緒ですね。

278 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 19:57:33 ID:BjDkkQfA
ご自分は、五逆罪/法謗罪の者ではないのかね。
唯除ですらないのか。

279 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 20:12:26 ID:tk/qkZ7L
>>273
>追体験型宗教で問題なのは、トップに逆らえへんこと。トップが「チミは信心決定してませぬ」
「その体験は信心のようやけど間違いでっせ」といえば、

信心決定の体験は他人に認定してもらうものではありません。
善知識でも認定したり否定することはできません。
信心決定すれば誰にたずねなくても明らかにハッキリするのです。

信心決定された方(別に幹部でもない)にもそのようなことを
聞いたことがあります。


280 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 20:16:15 ID:mGy+AVFw
>>274
>親鸞会の存在なくば、吉川英治さんの予言どおり、
>おそらく親鸞聖人の教えは、今日、地上から消えて
>しまっていたでしょう。

自画自賛、我田引水、手前勝手、厚顔無恥にも程があると思っています。

281 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 20:17:55 ID:vzqhhi+w
「なぜやめたのかを読んで」の、「追記」と「レッスン」って、
どう違うの?何か明確な違いはあるの?

282 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 20:35:47 ID:vzqhhi+w
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/index.html

 レッスン(LESSON)7 五逆罪
          8 謗法罪

W部さん、よかったですね。
この二つは先日の御法話で会長先生がお話し下さったことですので、
これから学友部で話しをする時に、しっかり10分説法しましょうね。
自分の言葉ばかりで話しをしないようにね。

学友部担当講師と学生諸君が聞いていますよ〜。
間違えないようにね。さぁ、忙しい任務の合間に、練習しましょ〜。

283 :短小で早漏:2006/02/08(水) 20:38:23 ID:L9VJg/wP
レッスン(LESSON)8.謗法罪

ってクリックしても読めないね

284 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 21:18:04 ID:UCWdbN6o
>>279
信心決定された方(別に幹部でもない)にもそのようなことを
聞いたことがあります。

幹部じゃなくても信心決定できるんですか?

285 :元々ぼら夫:2006/02/08(水) 22:06:59 ID:sYpbAtNW
まずはお詫び
>>279
そうなんですか。失礼いたしました。>>273の記事については、誤りとさせていただきます。
申し訳ございませんでした。
しかしながら素朴な疑問もありまつ。よろしければお答えいただきたく。
@信心決定体験というのは、当の本人にしかわからないのであれば、その体験が
本当に信心決定であるかどうか、どうやっても判断できない。一人よがりの体験という
可能性もあるが、如何でしょう?Aまた、未体験者は「この人は私と違って信心決定者である」
とどうやって判断できたのでしょうか?判断基準は如何?
(^-^)/


286 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 22:30:14 ID:hvHxLeY5
≫284
 幹部で信心決定した人は、会長、故深松本部長、菊池さん
 一般部の谷本さん、加藤さん、幹部でない人では、一般部の宮下さん
 東岸さん(この二人は親鸞会にご縁のある前に、信心決定されていた
 ということだったと思う)
 私の知ってる範囲ではこれくらいです。ただ7年位前の私が親鸞会に
 在籍していたころの話ですので、それ以降の逆信者に関してはわかりませんし
 消息筋からの情報でも、信心決定した人が出たという話は聞いたことが
 ありません。
 専任講師が信心決定したという話は聞いたことは、いまだかってありません。


287 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 22:37:57 ID:pCKsbYHu
>>284
深松さんは「何時何分に信心決定した」と書いていました。
東岸さんは華光会で信心決定された、というのは有名な話。
(華光会の機関誌に載っている)

現在親鸞会で信心決定したという前提で、
話が語られるのはほとんど東岸さんですが、
この人が親鸞会が名前を出せずに「お粗末な信仰」と断言する、
華光会で決定したというのは皮肉としか言いようがありません。

専任講師が信心決定したというのは、Y外講師がそうでないかと言われています。
勿論、確実なことは何も言えませんが。

288 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:15:36 ID:LNmfb3Fl
断っておくべきことは2点。

1.親鸞会では勧誘時に、信心決定していない先輩を
信心決定している人として偽った紹介を行って
新入生を引き込もうとすることがある、ということ。

2.親鸞会は、こうした信心の偽装・詐称も
「配慮」などとという手前勝手な言い分で正当化する団体であるということ。

289 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:20:39 ID:+pOtZJST
>>261
>>250
>>銘板については、1円でもご報謝した人で、

>詭弁ですよね、これも。
>1円でも、とかいってますが1円のひとなんて実際はいないのにね。
>最低でどの程度から受け付けたんだろうね。

親鸞会では、近年、毎年開催されているバザーに出品された品物が売れたら、
その品物を出品した人の名前で、売れた分の金額を正本堂の御報謝にしていた。

だから、オレの親父が出品した万年筆が300円で売れたけど、
親父の名前も銘盤にきざまれていた。300円だけどね。

一応、「バザーの売上金は、正本堂の御報謝に回される」ということは了解をとった上で出品してくれ、と
担当講師から言われたので、親父も了解して出品した。

親父は会員でも何でもないけど、「おれもあのでかい建物をたてた一人か」と喜んでいた。300円のクセに。

290 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:27:17 ID:odc47mwv
>>284
>幹部じゃなくても信心決定できるんですか?

幹部かどうかが問題になるはずがありません。
親鸞会の組織と獲信に何ら関係ありません。

いうまでもありませんが財施の額も聴聞回数ももちろん関係ありません。

>>285

>@信心決定体験というのは、当の本人にしかわからないのであれば、その体験が
>本当に信心決定であるかどうか、どうやっても判断できない。一人よがりの体験という
>可能性もあるが、如何でしょう?

獲信したつもりの人は、独りよがりの体験ですから
「私は本当に信心決定したのだろうか」と迷いの心が出ることがあります。
獲信した人は明らに自分でわかります。誰かに確認する必要もありません。

>Aまた、未体験者は「この人は私と違って信心決定者である」
>とどうやって判断できたのでしょうか?判断基準は如何?

正確に判断することはできません。ですから、自分で信心決定したと
思いこんでいる人を外から見て、本当かどうかを知る術はありません。

しかし、実際に信心決定した(といわれる)人の語る世界・境地を
聞くと、明らかに違いがわかります。未信の者があれこれ想像する
ことを超越してますので。

291 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:31:27 ID:+pOtZJST
>>290
>正確に判断することはできません。ですから、自分で信心決定したと
>思いこんでいる人を外から見て、本当かどうかを知る術はありません。
>
>しかし、実際に信心決定した(といわれる)人の語る世界・境地を
>聞くと、明らかに違いがわかります。未信の者があれこれ想像する
>ことを超越してますので。

明らかに違いがわかるなら、「三業の善悪で信心の有無を判断している」ことにならないの?
会長先生から、「そんな判断はできない」って聞いたけど・・・。

あなたの言いたいことは、よく分かるんだけど。

292 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:34:00 ID:LNmfb3Fl
>>290
>実際に信心決定した(といわれる)人の語る世界・境地を
>聞くと、明らかに違いがわかります。未信の者があれこれ想像する
>ことを超越してますので。

そこの判断基準をもっと詳しく。


293 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:34:29 ID:odc47mwv
>>286

まだまだいらっしゃいますよ。
故人であっても個人情報だから具体的な情報は差し控えますが。

>専任講師が信心決定したという話は聞いたことは、いまだかってありません。

なぜ講師部員の信心決定にみなさんこだわるのでしょうか?

講師部員になることと信心決定することに関係はないのですよ。

無理に関連づけて、講師で信心決定した人がいないからという
理由(しかも推測)で親鸞会を非難するのもどうかと思いますねえ。

294 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:38:07 ID:BeiokWKk
信心決定した者どうしなら、判るということか。

295 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:39:21 ID:LNmfb3Fl
>>293
>まだまだいらっしゃいますよ。

あなたが「この人は決定者だ」と判断した基準を詳しく。

296 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:40:46 ID:odc47mwv
>>290 >>291
残念ながら、言葉にはどうにも表わせないですし、
表わしても私個人の感じる「想い」ですから、
教学的な正確性や深みもありません。

また、よく言われることですが、信心決定された方の言うことが教学的に
正しいとは限りませんので、ここにそのまま書いても意味はないでしょう。

実際に信心決定した人と話をすれば私の言わんとすることは
お分かり頂けると思いますが、信心決定した人の話を聞くのも
功罪ありますので、勧めるわけにもいきません。

昔は信心決定された方々に話を聞きに行くということをやっていた
人もいたそうです。今はそういうことはありませんね。


297 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:43:12 ID:odc47mwv
>>295

>>290 に書いてありますので、よく読んでください。

第三者が証明を与えることはできないのですよ。粘着しないでね。

298 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:44:51 ID:LNmfb3Fl
>>296
>また、よく言われることですが、信心決定された方の言うことが教学的に
>正しいとは限りませんので、ここにそのまま書いても意味はないでしょう。

なんだ。教学的に正しくない理解の人も信心決定するのか。

299 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 00:46:47 ID:LNmfb3Fl
>>297
ごめんね、粘着しちゃって。

「知る術はない」と言ってるのに「明らかに分かる」と言ってることが気になって。

300 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 02:09:38 ID:M8Cs1dGb
>>299
漏れも気になる。

「明らかに分かる」のに外からは「知るすべが無い」
「自分は新人決定した人を見たことが無い」
  でも「会内の何処かにはたくさん居るといわれている」

このs会内部に流れる、うやむや〜 とした空気は何なんだ??

つまり
「自分の居るところ以外の他の場所で
 自分以外の他の誰かが、おそらく信心決定していて
  それを見た人もどこかにいる」

と、会員全員がお互いに思い合っていて、すべてが想像の’どこか’にあって、
お互いに確認も出来ない状態でもがいているのではないか。

301 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 03:23:51 ID:6OKdRpZL
>>293
誰も信が無い団体なら、どこか他を探そうという発想が出てきてもおかしくないです罠〜
比叡山を下りられた親鸞聖人も、そもままあの山におられたら上足ということで
名を残されたでしょうが、彼の目的はそれではなくて後生の解決だったんでしょ?
だから、山を下りられたわけで。

>>300
だから、それをオープンにしてしまったら、専任講師も誰も信なし
ということで、まともに話を聞かなくなるでしょう。
それは都合が悪いのでは?
要するに、不浄説法の者ばかりってことになるでしょ。

302 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 04:10:05 ID:3+g7YaX9
投稿文読んで正直へこんだなあ
会長は質素な生活をしているとよく聞いていたからな…


303 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 04:54:40 ID:o/vIorVE
お釈迦様以上の人はありません。お釈迦様のことを信用できない人は
仏教聞いても進めないですよ。

304 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 04:55:43 ID:o/vIorVE
いくらもっともらしいことを言ってもお経にないことは仏教になりません。
すべてお経を根拠に話しましょう!親鸞会はお経を根拠に話してますよ。

305 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 04:56:43 ID:o/vIorVE
まあ、聞く気が無ければ質問しなくていいですが・・・。親鸞会の会員でも
そこんとこ全然判ってない人いるみたいね。

306 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 09:02:16 ID:o3JRjsWF
>>304
>親鸞会はお経を根拠に話してますよ。

へ〜え?
では、「一切衆生 必堕無間」の根拠と
「破邪顕正せざるものは仏弟子に非ず」が経典を正しく引用しておらず、
ネジ曲げていることについて、何か言い訳してみてください。

>いくらもっともらしいことを言ってもお経にないことは仏教になりません。

(´,_ゝ`) プゲラ

307 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 09:21:24 ID:T6BTC4fD
いかに五濁悪世とは言いながら、耳目を衝動させる怪異な
事件が頻発している。
中でも、長崎県佐世保市の女子児童による同級生殺害は、
凄惨極まりない。
報道によれば、かっとなった一時の感情による犯行ではなく、
明確な殺意を持って友人を呼びつけ、後ろから目隠しをして、
カッターナイフで首を切り裂き、大量失血死するまで、じっと
眺めて待っていたというのである。


308 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 09:51:52 ID:o3JRjsWF
>>304

「天上天下唯我独尊 今茲而往生分已尽」(『大唐西域記 』バージョン)
「天上天下唯我為尊 三界皆苦吾当安之」(『修行本起経 』バージョン)
はいずれも親鸞会バージョンとは違っているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E6%88%91%E7%8B%AC%E5%B0%8A

親鸞会バージョン
「天上天下唯我独尊 三界皆苦吾当安之」 

はどこからの引用でしょうか?
「親鸞会はお経を根拠に話してますよ」とか大口をたたくのでしたら
当然教えてくれますよね。>>306とあわせてよろしく。



309 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 10:05:49 ID:i+iqLZ25
>>308
『大唐西域記 』バージョンと『修行本起経 』バージョンの合体バージョンだな

310 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 10:13:48 ID:T6BTC4fD
>>307
加害女児は、自分のプロフィールに、「しゅみはパソコン」
「性格は裏と表があるらしい」と書いていた。好きな本は、
中学生同士が殺し合う内容の『バトル・ロワイアル』。
夢中だったバスケット部を家庭の事情で退部してから、
周囲に攻撃的になったらしい。

パソコンのホームページにのめり込み、恨み、呪いの
ありったけをネットの世界にぶちまけているうちに、
ささいなことから殺意を抱くまでになったようだ。


311 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 10:58:57 ID:T6BTC4fD
>>310
だが、表面上は特に荒れた様子もなく、事実、父親は
弁護士にこう語ったという。
「娘は元気で明るい子。事件の直前まで普通で、前兆
には全く気づかなかった」
実の娘の殺意を、日々会話している両親が全く気づか
なかったのだ。
いかにもネット社会の現実を象徴し、空恐ろしくなる。

社会や学校教育にも、むろん問題はあろうが、改めて
思うのは、もし彼女の家庭に仏法があったら、結果は
大きく違っていたのではないか、ということである。

例えば、善因善果、悪因悪果、自因自果。
まかぬタネは生えぬ。刈り取らねばならない一切のものは、
自分のまいたものばかり。
特に心のタネまきが大切だよ、と因果の道理を、幼い心に
聞かされていたら、どうであったろう。


312 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 11:30:04 ID:9ihFkuZl
>>298
>なんだ。教学的に正しくない理解の人も信心決定するのか。

教学の浅深と信心が得られるどうかは関係がありません。
他力の信心ですから。

信心決定の体験と教学力を兼ね備えた人が善知識と
よばれるのです。

>>299
>でも「会内の何処かにはたくさん居るといわれている」

そんな曖昧な言い方はされていないと思いますよ。
2ちゃんだけではないのかな。それとも学生の間では
そんなおかしな言い方をする先輩がいるのでしょうか。

>>301
>だから、それをオープンにしてしまったら、専任講師も誰も信なし
>ということで、まともに話を聞かなくなるでしょう。

信心決定していない人の心理としては、獲信していない講師より、
獲信した講師から話を聞きたいというのはわかりますね。

だからといって、まともに話を聞かなくなるなんて事はない。
いまでも、みんなそれを分かった上で、講師の話を聞いています。

講師のオリジナルの話よりも、10分間説法やビデオ上映が
好まれる理由もそこにあるのではないでしょうか。

ただし未信の人の説法で信心決定した例だってあるわけですが。

313 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 13:27:02 ID:a0E78xOU
>>312
講師のオリジナルの話よりも、10分間説法やビデオ上映が
好まれる理由もそこにあるのではないでしょうか。

今後も決めて頂いたものを覚えての説法やビデオ上映中心ということに
なるのでしょうか。

314 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 13:59:14 ID:FHJ7MbMx
同じことを繰り返すだけなら機械でもできます

315 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 14:38:41 ID:i+iqLZ25
すべての機械は外からのはたらきかけによって動き出す
同じように私たちの心も外からの作用によってどうにでも動くから「機」という

316 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 15:04:42 ID:+pOtZJST
こんなの出来てましたよ。

なぜ私は親鸞会をやめたのか|掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/study/6979/

317 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/09(木) 16:00:41 ID:qnydbxCV
>>286
>幹部で信心決定した人は、会長、故深松本部長、菊池さん
>一般部の谷本さん、加藤さん、幹部でない人では、一般部の宮下さん
>東岸さん(この二人は親鸞会にご縁のある前に、信心決定されていた
>ということだったと思う)

 こういう方々は、既に人生の目的を達成されたというわけでしょうか。
既に人生の目的を達成された以上、何を目的に今は生きているんでしょうか。
 親鸞会では、人生に目的などはいらないのでしょうか。

318 :元々ぼら夫:2006/02/09(木) 16:21:59 ID:SdhuK5av
乙〜♪
>>312
教学と体験を兼ね備えた人を善知識という出拠は?善知識の定義をお聖教に尋ねることも
必要やと思いまっせ。
ところで、信心決定体験は当事者だけが解ることであって、第三者がそれを認める
ことがでけへんのならば、あなたはどうやって信心決定者を知ることができるん?
尋常の人と違っているからって〜のは、あくまで主観やね。例えばカリスマ的
魅力ある人やったら、その力に魅了されてるだけかも知れへん。体験をしたかどうかなど
外部から知ることは不可能。つまり、この人はそ〜なんじゃないかという推察しかでけへん。


319 :元々ぼら夫:2006/02/09(木) 17:16:05 ID:SdhuK5av
>>318
つづき
例えば「踊りあがるような喜びがあふれて、こんな体験はじめて〜♪みんな如来サンの
お陰。善知識様センキュー」って体験をもって信心決定体験とするならば、こ〜ゆ〜感受性の
人、感情の起伏の激しい人、もしくは情緒不安定な人は有利wってことになりゃしまへん?
そうであるならば、南無阿弥陀仏の善巧摂化は、根機をえらぶものに堕してしまう失が
でてきてまうんちゃいます?これは信心決定を体験だとすると逃れられない失やと
思うんやけど、ど〜やろか?再考の余地あるんちゃう?
(^-^)/ホナねん☆


320 :正しい宗教とは・・・:2006/02/09(木) 17:38:30 ID:q8KcDeoE
念仏は間違ってますよ。書籍:日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ。無料で差し上げます。

321 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/09(木) 18:56:48 ID:qnydbxCV
>>317
 親鸞会には、会長以下、既に人生に目的がなくなり、後は死を待つだ
けとなられた人々がたくさんいるということでしょう。
 そういう方々には、生きている意味(目的)がもうない。それなのに何の
ために生きているんでしょうか。
 生きていても目的がないなら、早く死んだらどうですかと、薦めるよ
うなことはしないのでしょうか。
 どうして早く死なないのでしょうね。死んで地獄に堕ちるのが恐いの
でしょうか?。

322 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 20:02:51 ID:aTdmIZaD
>>321
それは新入生みたいな質問ですよ、渡海さん。

323 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 20:48:33 ID:4wRQ6iAW
>56 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 09:45:48 ID:ldRt28I6
> 除名された、あの講師ってキリスト教に行っちゃったの?
>
> > 出エジプト会[管理人]
> >本日の「出エジプト会」は、講師に元親鸞会の幹部であった、瓜生崇氏をお招きしました。
> >大好評で、31名の出席者があり、素晴らしい講演でした。
> >
> >3月には、高澤守牧師を招きます。
> >ご期待ください。
> >NO.8:2006/01/07 (sat) 21:12
>
> ttp://omc.christian.jp/cgi/diary/lightbbs.cgi

>63 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 13:57:00 ID:/mp8ObDc
> >56
>  この人って、こうばい氏と一緒になって、退会工作をしている
>  ひとじゃなかったっけ。
>  このまえ、やめた友人が会ったっていってたな。
>  実名牧師の日記にでるって事は、すっかりその方面では
>  有名人なわけだ。

> 106 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 22:17:08 ID:3j8ROg7i
>63
> ある学生会員が、親に連れて行かれた先にK楳英顕と一緒にいたそうです。
> キリスト教会だけでなく、西本願寺とも繋がりがあるようです。
> どんな活動しているのか、かなり気になります。

324 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 20:49:14 ID:4wRQ6iAW
参考サイト

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html

325 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 20:50:17 ID:4wRQ6iAW
追記13:仏恩と師恩
自然のことわりにあひかなはば、

 仏恩をもしり、

  また師の恩をもしるべきなり(歎異鈔)

326 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 21:10:05 ID:+pOtZJST
こちらもどうぞ。かなり内容が充実してきましたね。
どうする!!親鸞会!?


参考サイト

親鸞会の本尊論を再考する
http://blog.duogate.jp/shinrankai/
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
「続・なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinrankai.9jp.net/index.html
なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
http://shinrankai.hankyo.genin.jp/
なぜ私は親鸞会をやめたのか|マインドコントロールについて
http://shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/
親鸞会の何が問題か(投稿文)
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/


327 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 21:46:41 ID:9g46shkv
親鸞会批判の真実 「家族の絆」の正体
http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/
 本願寺僧侶による親鸞会批判が如何に事実に反する、信憑性に欠けた内容が検証、とのこと
親鸞会の真実 なにが息子を変えたのか
http://www.geocities.jp/ongwanji/
 会員の息子をもつ父親の見た、親鸞会の姿
真宗原理主義の台頭
http://cult.zero-yen.com/
 新宗教の風土(岩波新書 1997年)の引用
親鸞会ちゃんねる
http://tamahi.parfe.jp/
親鸞会マル秘情報局 極秘情報?
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/2372/

328 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 21:47:29 ID:9g46shkv
親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
写真倶楽部 花と緑の親鸞会
http://park1.wakwak.com/%7Eshinran/
名句名言の裏側
http://meigen.ivory.ne.jp/meiku/
こすぎの森
http://imizu.main.jp/
お料理倶楽部
http://cooking.hoyu.net/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://live.usj.to/revoir/
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか
http://inochi.jpn.org/jisatsu/


329 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 22:20:51 ID:EJU52cBY
>>326
本尊論とブログはこちらにバックアップが用意してあるようです。
http://light.kakiko.com/skaimatome/backup.htm

330 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 22:32:06 ID:9g46shkv
成功のヒント
http://user.ftth100.net/ricercare/
ちょっと一息ためになる話
http://inochi.jpn.org/hitoiki/
親鸞会 Watch!
http://cokolo.cocolog-nifty.com/
親鸞会の報恩講へ行こう
http://houonkou.ojiji.net/
ルドルフのホームページ
http://shinran3.hp.infoseek.co.jp/
親鸞会 WEBLOG Watch
http://homepage2.nifty.com/scroll/
親鸞会総合リンク集
http://cube4.fc2web.com/

331 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 22:53:49 ID:+pOtZJST
ネット対策委員のみなさん、W部さんの10分説法は聞けましたか?
あと1週間たっても聞けないようなら、W部さんはほとんどまともに10分説法を
覚えていないと思っていいと思いますよ。

ですから、W部さんをあまり高森会長のアシスタントにはしないほうがいいと思う。
参詣者に批判されて、>>198>>199>>201>>215みたいに、また晒されるしね。

会長先生の御心を汲み取って、W部さんも10分説法をしっかり覚えましょうね。
W部さん、今度の日曜は学友部で部会ですか?


332 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 23:17:23 ID:EJU52cBY
W部さん本当に十分説法頑張って下さい。
ある人がこうせん部にいたときに、
W部さんの十分説法4年で一回しか聞けなかったって言ってました。

333 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/09(木) 23:32:08 ID:qnydbxCV
>>322
>それは新入生みたいな質問ですよ、渡海さん。

   苦笑
 娑婆の縁尽きて、力なくして終わるときかの土へは参るべきなり(歎異抄)。

 会長さん、菊池さん、谷本さん、加藤さん、宮下さんは、生き恥を曝して無目的に生き
ているだけということなんでしょうね。

 信心を得ることが人生の目的。そうであれば、信心を得れば人生の目的は達成される。
人生の目的が達成されてしまえば、その後はそれ以上は生きる上で目的がない。親鸞
会の信心決定者には人生に目的がない。そういうことになりませんか?。 

 親鸞は、法然の下に走った29歳の時から死ぬまで、人生の目的なく生き続けた。親鸞
会の理論ではそういうことになりそうですね。

334 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 00:06:12 ID:2tMZ0QzM
人生の目的を達成すると、
人をそこまで導くために「布施しなさい、無条件服従しなさい。」と
他人をいいようにこき使うことができます。
なのでこの世の極楽。死のうという気すら起こらないのです。

335 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 00:16:32 ID:2tMZ0QzM
親鸞におきては、「ただ念仏して弥陀にたすけられまいらすべし」と、
よき人の仰せを被りて信ずるほかに、別の仔細なきなり。(歎異抄)

布施しなさい、組織の命令には念仏以外の何であっても無条件服従しなさい。
別の仔細あるのが親鸞会。
さすがは親鸞聖人以上の善知識、T森先生であります。

336 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 00:59:00 ID:655RXTKe
>>333
人生の目的を達成すれば、人生の目的がどんなことか判り、
他の人にも警鐘せずにおれなくなるから、すぐ死にたいとは思わないもの
なのだそうですよ。

337 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 01:19:40 ID:THOzwQum
>>317
氏ね

338 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 01:24:27 ID:THOzwQum
>>321
>>333
はよ氏ね


339 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 01:47:38 ID:nmTSSqpW
春まで待ってくれ〜

340 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 01:49:20 ID:nmTSSqpW
暇人さん、どんどんいらっしゃーい!

341 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 01:51:08 ID:nmTSSqpW
サッカー日本代表、レギュラー争い面白いよ。ここでうだうだ言ってるより
サッカーのHPに行って健全な精神を養おうぜ!

342 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 09:04:02 ID:kMUCs6Wj
人身受け難し、今已に受く。

343 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 09:09:13 ID:kMUCs6Wj
仏法聞き難し、今已に聞く。

344 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 10:15:57 ID:xepo2XEa
忍者ツールのブログが用意されているね。
http://shinrankai.blog.shinobi.jp/

期待age

345 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 10:35:35 ID:DZwblDIc
>>344

見てみたら、親鸞会ブログ暫定確保版ってあった。

また、ネット対策員の作ったブログかよとおもってみてみたら。!Σ( ̄口 ̄;;
MAILらんみんな見てみろ 
あの人がまた帰ってきたぞ o(^o^o)(o^o^)o ワクワク

期待age

346 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 10:38:11 ID:kMUCs6Wj
「人身受け難し、今已に受く。
仏法聞き難し、今已に聞く。
この身今生に向って度せずんば、さらにいずれの生に向ってか、
この身を度せん」

と釈尊は仰せです。

無上最尊の妙法に出遇えた喜び、感謝があってこそ
人生の目的完成まで進ませていただけるのです。

まして、「知った、分かっただけではどうにもならん」
と思っているとすれば、それはとんでもないことです。 



347 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 10:40:49 ID:h8dDW4fF
>>345
確かに、メールアドレスが、
*******.uryu@nifty.com になっている。
ついに実名を出しての戦いなのか。

あと調べたら、こんなのもあった
http://shinran.blog.shinobi.jp/

たぶん、反論側もあせって用意だけしたんじゃないか?

348 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 12:27:39 ID:KabUyaCl
単に作ろうと思ったけどやめただけなんじゃないの?

349 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 14:38:34 ID:woAIR5C1
和を乱すことは謗法罪 よく講師の方が異動されたりして その支部が解散することが
あります。これもある意味謗法罪だと思いますね 今まで会員の人がつくりあげたものを
平気で壊すのですから 会員をなんだと思っているのだろうか


350 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 14:53:39 ID:F4ocXxS6
>>349
私の知る限りでは、最短で、3日で異動した講師もいますけどね。
学友部ももうすぐ東西に分裂するらしいですが、これに伴い
講師部の異動があるようです。


351 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 14:55:57 ID:h0iSp9cA
>>349
和を乱すのは五逆罪

1.父殺し
2.母殺し
3.阿羅漢殺し
4.仏身より血を出す
5.和合僧を破る ←これ

352 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 16:41:43 ID:DZwblDIc
なぜ親鸞会をやめたのかを 読んでがまた更新されてたよ
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/lesson/lesson9.htm
こんどは「聴聞姿勢」ですって。
みなさん真剣に聞かせていただきましょうw
たばこをのんだり、扇子をつかったりすることはご遠慮ください。w

353 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:04:04 ID:CKRWrfEU
>>352
>なぜ親鸞会をやめたのかを 読んでがまた更新されてたよ
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/lesson/lesson9.htm
>こんどは「聴聞姿勢」ですって。

また、「やめた批判者は求道の敗残者理論」か・・・聞き飽きたな。

「他力真実の言葉が散りばめられた会長先生のつくられた10分説法」を積極的に話さない
W部さんの教えの理解も、問題あるんじゃないの?

それが精神的な弱さとなり、すべての行動のあいまいさになり、場当たり的な話の内容になり、
苦しみに耐え抜くことができなかった根本理由でしょう。
あなたも、口先では仏語をふりかざしながら、心は逃げ回ってるんじゃないの?

心あたりがあるなら、少しが10分説法まともにやったら?
W部さんのお話は、聴聞の復習と言いながら、全然、会長先生の御説法の流れにもそっておらず、
言葉尻だけ合わせて、自分の作った話しをしているって有名でしたよ。

反論ある人、W部さんの会合主催数あたりの10分説法の回数教えて下さい。
相当な数でしょうね(笑)


354 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:11:14 ID:CKRWrfEU
>>353
>「他力真実の言葉が散りばめられた会長先生のつくられた10分説法」を積極的に話さない
>W部さんの教えの理解も、問題あるんじゃないの?
>
>それが精神的な弱さとなり、すべての行動のあいまいさになり、場当たり的な話の内容になり、
>苦しみに耐え抜くことができなかった根本理由でしょう。
>あなたも、口先では仏語をふりかざしながら、心は逃げ回ってるんじゃないの?
>
>心あたりがあるなら、少しが10分説法まともにやったら?
>W部さんのお話は、聴聞の復習と言いながら、全然、会長先生の御説法の流れにもそっておらず、
>言葉尻だけ合わせて、自分の作った話しをしているって有名でしたよ。

あと、O合さんも、同じような批判を受けてたよ。話しを聞いたら、会合の準備を全然していないことが
まる分かりだって。もうすぐ、学友部の責任者になるんじゃないの?しっかりがんばって下さいね。

これで、あなたが活躍して、西学友部(?)の成果が東を圧倒すれば、K玉さんの時代もいよいよ終わりです。
どうなる?学友部!?

355 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:13:09 ID:IaxspQ8p
>>352 情報有難うございます

>親鸞聖人のお言葉と、真正面から対峙して、格闘することがなかったのです。
むしろ、親鸞聖人のお言葉と真正面から対峙したからこそ、それで親鸞会に対する疑問が
起きた、ということもあるんじゃないでしょうか

親鸞学徒常訓にしても、親鸞聖人のみ教えを「我も信じ人にも教え聞かしむるばかりなり」
なのなら、なぜ親鸞聖人ならなされなかったであろう学生の嘘勧誘やら、御名号貸与制度やら、無意味な
正本堂の飾り付けへの莫大な出費が行われたりするのか、そこに思いをはせる人も少なくないと思います

356 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:30:49 ID:1t9vuTVt
>>352
>結局その信仰は、実に薄っぺらい、脆弱なものだったということです。

親鸞会の講師にありがちな捨て台詞ですが、
こういうことを書く人が、もし無信の講師だとしたらならば
そのひとこそ何にもわかっていない人なんだだな、と思いました。

W部さんは、自分が薄っぺらくない、脆弱でない強固な信心をもった、
宿善のあつい身だとでもおもっているんでしょうか?

きっと宿善のあつい身だと内心は思い込んでているんでしょうね。

357 :229:2006/02/10(金) 17:43:22 ID:hA2AEkka
>>234さん フォロー本当にありがとうございます!遅くなってすみません

私も会にいた頃は、疑問を持たないようにして献金に参加してたんですが、
あのまま続けてたら泥沼にハマりこんでしまってたと思います。
抜けてからも色々大変なことはあるけど、思考停止の状態でどこかのロボットみたいに
なってるのよりはずっと良いです

358 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 18:27:26 ID:2YpTea68
参考になるかわからんけど、俺のカーチャンは福祉施設に25年勤めてる。
初任給8万くらいで、いまの給料は25万くらいらしい。

物価変動とかいろんな要素があって、単純に安いとは言えないけど、普通にマンソン買って
俺を大学まで出してくれたからね。

400万でもやっていけないことないんじゃね?

359 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 19:13:51 ID:Hcri15Fp
なんだか ネット対策やっている人 あつくなってますね。

360 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 19:37:11 ID:8Pg8H2Ft
>>352みたいな言い分って、実際よく会内では聞くわけだけど
こういうメッセージを発するのって、
破壊的カルトの特徴の一事例として
西田公昭さんの本の中に紹介されてなかったっけ?


361 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 19:40:31 ID:KabUyaCl
というか、殆ど負け惜しみにしか見えない。

362 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 20:43:52 ID:DZwblDIc
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/option/tuiki16.htm
追記16:無責任

どっちがw
逆ギレか?

363 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 20:45:04 ID:DZwblDIc
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/lesson/lesson10.htm
レッスン10 感謝の心

そうそう感謝の心が大事ですよw
w部さんもここに書き込んでるみなさんに感謝してね

364 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 22:53:20 ID:U+tipFsr
>>362-363
結局最後は人格批判か。
もう内容には一切反論出来ないってことだね。

実際には違うとか書いてあったけど、
どこがどう違うのか説明して欲しい。

あ、無理か。
反論元のサイトにまだリンクはれないもん。
要は知られたら嫌なことが書いてあるんでしょ?

365 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:02:17 ID:gxq1mjTJ
>>362
>この真実を知りえた、ということは、

(´,_ゝ`) W部さん、意外と頭悪いね。

正確に表現しなきゃだめでしょ。
真実である、と知らず知らずのうちに確信するように
信じ込まされたってことでしょ。

マインドコントロールの手法で巧妙にねっ!

366 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:14:04 ID:1HTYU4hi
>>344-347

これで一連の忍者ツール系誹謗サイトは
例のヤメ講師の仕業と判明したってわけか。

対策側がメアドを騙ってジサクジエンという可能性もあるが
慌てて削除したところを見ると本人に間違いないだろうね。

こりゃ決定的証拠だね。だれか保存してる人いないかな。

あとメールした神とかw



367 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:17:39 ID:U+tipFsr
>>365
結局その「真実」とか「人生の目的」という信念が、
どこから生じたのか、ということを
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
ここでは語っているのだが。

そういう自分の心を誠実に見つめることはできないんだねW部さん。

誰でも自分の心はマインドコントロールされたとは思いたくないし、
今までそれが真実と思ってきたことを否定するのは勇気がいる。
疑問を持つだけでも大変なこと。

本当に親鸞会のやり方が真実の団体のものかと、
自問自答したことのない人こそ、精神的に弱いと言うべきじゃないの。

私も思うんだけど、W部さんそんなに「精神的弱さ」とか「苦しみに耐え抜くことができなかった」
とか言うんだったら、自らが会長の教導を真剣に受け止めて欲しい。

必死でアニメ戦まわったことありますか?
毎日地道にビデオ御法話して日々を過ごしたことはありますか?
真剣に十分説法覚えて話をしたことありますか?

以前ある人から聞いたんだけど、某所に所属していたときに、
他の人はみんなアニメの訪問販売に出かけているときも、自分だけ事務所で何かしていた、と。

真実だとか唯一の人生の目的だとか叫ぶ割には、
結局自分の好きなことしかやって無いじゃないか。
それで信仰に疑問なんて起きないよ。自分の心と全然闘ってないから。

本当に真剣に求道してきた人は、W部さん貴方のように、
軽薄で、無責任で、言葉だけ仰々しい、そんなことはことは言えもしないし、
書けない。

368 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:22:35 ID:U+tipFsr
一連の「ネット対策」だって、
結局人に命じてやらせるだけで自分はしないんだろ。

やらされている人がかわいそうだ。
表面的にはW部さんに従っていても、
内心は「こんなことするために親鸞会に来たんじゃない」
と空しさで震えているかも知れないよ。

本人はイエスマンに囲まれて、威勢の良いことを叫んで、
まわりの人はどう思っているか、考えたことあるのかい?

泥まみれになって求道してご覧よ。
小杉に家も建てて会内での地位も手に入れて、
椅子にふんぞり返って指示出してんじゃなくて、
明日からチラシまきにでも行ってきたら?

369 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:23:20 ID:CKRWrfEU
>>367
>本当に親鸞会のやり方が真実の団体のものかと、
>自問自答したことのない人こそ、精神的に弱いと言うべきじゃないの。
>
>私も思うんだけど、W部さんそんなに「精神的弱さ」とか「苦しみに耐え抜くことができなかった」
>とか言うんだったら、自らが会長の教導を真剣に受け止めて欲しい。
>
>必死でアニメ戦まわったことありますか?
>毎日地道にビデオ御法話して日々を過ごしたことはありますか?
>真剣に十分説法覚えて話をしたことありますか?

W部さんは、破廉恥行為で、顕真学院副学院長からハワイ布教に飛ばされる前に、
反省してアニメ戦に回っていたんじゃないの?どこをまわって、何本ぐらいお届けできたのかな?


>以前ある人から聞いたんだけど、某所に所属していたときに、
>他の人はみんなアニメの訪問販売に出かけているときも、自分だけ事務所で何かしていた、と。

それって、本当?某所ってどこ?
それが本当なら、笑える。敵前逃亡だね(笑い)

370 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:24:12 ID:n2kwDO4I
>>366
U氏からメールで聞いたんだが、彼ではないようだぞ。
彼は一連のサイトのひとつに少し関わっただけで、
そのサイトの内容に関してはノータッチらしい。
信じてもらえないだろうが、とU氏も言っていたが。

371 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:25:25 ID:j+EnZQiH
W部さんって、「ジャーナリスト」を名乗る割には
言論統制したがるよね。
「独自の民主主義を発展させる」とか弁明しといて言論封殺やってる中共並みですね。

372 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:28:13 ID:U+tipFsr
>>370
…それはないかと。
一連のサイト構築に携わったと誰かに聞いたことがある。
牧師の所で講演会して置いて、
関わってませんなんて虫がよすぎる。

373 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:31:20 ID:CKRWrfEU
>>368
>泥まみれになって求道してご覧よ。
>小杉に家も建てて会内での地位も手に入れて、
>椅子にふんぞり返って指示出してんじゃなくて、
>明日からチラシまきにでも行ってきたら?

一支部長になって、泥まみれになって、会員さん一人ひとりの仏縁をおあずかりすればいいと思う。
M野さんやY根さん、A倉さんもみんなそうやって、がんばっているんでしょ。

慢心に陥ってしまったときの改善策を、これらの人に聞いてみたら?
もしくは、会長先生にお手紙で、「私が間違っていました。一支部長にならせて下さい。一から出直します」
くらい、行ってみたら?たぶん、会長先生は喜ばれて、「いいことにきずいたな、じゃあがんばれ」って言ってくれるよ。
会長先生やさしいしね。


374 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:32:11 ID:n2kwDO4I
>>372
だから少し関わったと言っているだろうに。
文章に関してはノータッチなんだと。
やってないことまで自分がやったことになっていて閉口していた。

375 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:32:48 ID:j+EnZQiH
>>372
牧師のとこでカルト・マインドコントロール問題の講演をするのと、
親鸞会批判サイトを立ち上げるのと何の関係があるの?

376 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:36:22 ID:U+tipFsr
>>375
確かに…
ただ、僕も殆ど休眠会員なんだけど、
親鸞会に対して親鸞会の批判をするのは良いけど、
それを外でやるのはどうかと思う。

講演会の内容なんて知らないけど、
結局親鸞会批判何じゃないの?
U元講師は親鸞会で長いこと喰わせて貰ったんじゃないの?
世間でも一宿一飯の恩義というのに、
親鸞会のネガティブな情報を外に向かって言いふらすというのは、
私は余り許容出来ません。

377 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:39:20 ID:U+tipFsr
>>373
そうだね…
W部さんが学友部に来るときは、こんな人の話より、
担当の講師の人の話聞きたいのにってずっと思ってた。

なんか思いつきで喋ってるっていう感じがいつもしていた。

話なんて下手でもいいから、ビデオ御法話を何度も聴聞して、
それを元に話をしている若い担当講師の方が余程信頼出来た。
支部に移籍してからも、近くでW部さんが話しているとかで行ってみたら、
相変わらず学生に話すような話をしていた。

W部さんの話を面白がるのは、学生でも1年生とかだと思う。
先輩になるに従って、この人はいいや、って気持ちになる。

378 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:39:26 ID:CKRWrfEU
>>373
>慢心に陥ってしまったときの改善策を、これらの人に聞いてみたら?
>もしくは、会長先生にお手紙で、「私が間違っていました。一支部長にならせて下さい。一から出直します」
>くらい、行ってみたら?たぶん、会長先生は喜ばれて、「いいことにきずいたな、じゃあがんばれ」って言ってくれるよ。
>会長先生やさしいしね。

というか、これ以上、「なぜやめたのかを読んで」に追記とか、レッスンとかを今のような調子で書き続けて、
アシスタントをして聴衆の前に出て、あいかわらず、学友部で自分の話しばかりしていたら、
批判され続けて、W部さんも精神的におかしくなると思う。というか、今でも相当、へこんでいると思うけど。
がんばれ!W部さん!!私はあなたを応援しています。

九州か、東北地方あたりで、一支部長として、山野を歩いてみたらいいのでは。

379 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:43:27 ID:U+tipFsr
レッスンとか読んでいても、
なんだか凄く嫌な気分になってきますよ。
結局相手の指摘に答えられないから、
「お前は精神的に弱いんだ!」「分かってないんだ」
と叫んで終わり。
なにが指摘されているのか、全く観ようとする気持ちがない。

学生はそれで納得するかも知れないけど、
支部の青年層では、「あれを読んでいると気分が悪くなる」って言っている人もいる。

>>378
それが良いと思います。
私の支部の支部長は、毎日寒い中必死にチラシ配ってる。
見習ったら良いと思います。

380 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:44:52 ID:CKRWrfEU
>>376
>確かに…
>ただ、僕も殆ど休眠会員なんだけど、親鸞会に対して親鸞会の批判をするのは良いけど、
>それを外でやるのはどうかと思う。
>
>講演会の内容なんて知らないけど、結局親鸞会批判何じゃないの?
>U元講師は親鸞会で長いこと喰わせて貰ったんじゃないの?
>世間でも一宿一飯の恩義というのに、
>親鸞会のネガティブな情報を外に向かって言いふらすというのは、私は余り許容出来ません。

親鸞会の活動により被害をうけている人が、それで救われるなら、いいと思うよ。

ようはその心構えだと思う。たしかに、言いふらす、とか、恨みや怒りだけでそういったことをやっているのなら、どうかと思うが、
信念をもって、親鸞会の被害を受けている人を助けるのなら、それもありかと思う。

親鸞会で世話になった恩義は感じていると思うよ。

381 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:47:44 ID:1HTYU4hi
>>370

なぜメールだけで彼ではないようだと言えるのか不思議だな。

正体を隠している人が普通、「私がやってます」とは言わないだろう。

むしろ少し関わったと言ってる部分がぁゃιぃのだが。

それとも 370,372 は本人降臨なのか?


382 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:48:32 ID:U+tipFsr
>>380
僕は自分は被害者だとは思っていないけど、
確かにやめていった人の中には、
人生無茶苦茶になったような人もいましたね…
その人の心がけ次第だとは思うけど。

>親鸞会で世話になった恩義は感じていると思うよ。

恩義を感じたら牧師の所で講演なんてしないでしょ。
でも、学生時代に数回部室に来て話をしてくれたことがあるんだけど、
いろんな意味で「変わった講師」でしたね。
話は文句なしに面白かったし、聞かせる人だったから、
人気は凄く高かったけど。

講師になるべき人じゃなかったのかも知れない。
大事なことが見えなかったのか、
他の人には見えない部分まで見えてしまったのか…

383 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:54:12 ID:n2kwDO4I
>>381
はあ…やっぱり信じてもらえないか。そうだろうとは思っていたが。
俺は本人ではない。本人の話では、
例のサイトの、サイトデザインを担当した。
文章には全く関わっていない。
とのことだ。

384 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:54:55 ID:CKRWrfEU
>>376
>U元講師は親鸞会で長いこと喰わせて貰ったんじゃないの?
>世間でも一宿一飯の恩義というのに、
>親鸞会のネガティブな情報を外に向かって言いふらすというのは、 私は余り許容出来ません。

>>382
>>親鸞会で世話になった恩義は感じていると思うよ。

>恩義を感じたら牧師の所で講演なんてしないでしょ。

親鸞会の活動で苦しい思いをしている人を救う活動は、
親鸞会に恩義を感じているからこそできる、とも言える。

親鸞会によくなってもらいたい、親鸞会の為に苦しむ人をこれ以上みたくない、
っていう気持ちは分かるけどな・・・。

親鸞会のことを批判しているからって、全然恩義も感じていないとかいうのはどうかと思うが。
恩義も感じていれば、恨みや怒りもあれば、批判したい部分もあるのだと思う。

385 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 23:59:24 ID:U+tipFsr
>>384
それが本当なら随分「精神的に強い人」になりますね。
何しろU元講師は親鸞会では「中根繁以来の極悪人」になっていますから。
多くのやめた人が大過なく過ごす道を選んでいるのに、
あの人は茨の道を歩んだ訳か。

てなカッコイイことじゃないでしょう。
おそらく、やめた自分を正当化したい。
反論サイトとのやり取りで怒りを増幅させた、ということもあると思います。

>>383
文章、少しは関わっていると思いますよ。
あそこに載っている情報はコア過ぎる。
最低限情報提供くらいはしているでしょう。


386 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:02:03 ID:0yZNfanC
>>376
親鸞聖人の比叡山批判はどう受け止めてるわけ?



387 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:02:08 ID:aT0s877j
>>382
講師になるべき人じゃなかったのかも知れない。
大事なことが見えなかったのか、
他の人には見えない部分まで見えてしまったのか…

小泉さんの推薦だったそうです…。


388 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:05:18 ID:5+c5/QhP
>>387

小泉さんって誰?
純一郎?

389 :383:2006/02/11(土) 00:12:06 ID:17CyNUsC
>>385
まあだいたい合ってるな。
無茶苦茶言われて腹立って例のサイトに参加したらしい。
今はもう関わらないでくれって感じのようだった。
情報提供に関しては明言はしていないが、していないような感じだった。

390 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:27:17 ID:oWl+mkgC
>>385
>てなカッコイイことじゃないでしょう。
>おそらく、やめた自分を正当化したい。
U氏が一連の批判サイトに過分に加担しているとしても、
そういう観点だけで見るのはどうかと思う。
あれら批判サイトにも見受けられるように、
親鸞会にも社会的に批判されるべき点や
親鸞聖人の言動などからすると逸脱してるように思われる点もあるわけで。

別件にはなるけど、
N根さんは今やシンパ・アンチ双方にとって「極悪人」でしょう。
アンチから頻繁に取り沙汰されるダミサ勧誘の発生源でもあるし。
シンパにとっちゃ、「立場を利用して色事に手を染めた」みたいな意味合いなんだろうけど。

391 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:28:35 ID:bE1H+LFP
>>385
>文章、少しは関わっていると思いますよ。
>あそこに載っている情報はコア過ぎる。
>最低限情報提供くらいはしているでしょう。

コアな情報って、どのあたりが?


392 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:43:02 ID:oWl+mkgC
>>376
親鸞会は、そのネガティブの面を外(各大学の新入生等)に向かって発動しているのだから、
そういう内容であったとしても致し方ないと思う。
これまで散々、ダミサ勧誘を始めとする組織運営や
教えに対する疑念・批判が寄せられているのに、それらを再考したり是正したりする態度が
会に見受けられなければ、
外に向かって注意を喚起するより他はなくなるだろうし。

393 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 00:45:13 ID:ldO6PR96
>>392
だね。
それが健全な認識だと思う。
今夜はどうもシンパのデンパが飛びすぎだ。



394 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 07:13:52 ID:3O7Vthrw
>>376
そんな、ヤクザの恩義みたいなものは捨てても良いんじゃない?
そんな事を言ってたら悪いことを悪いとも言えなくなるよ。
異様に恩着せがましい人間はそういうところを狙ってくるからね。

395 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 07:47:31 ID:h/AfG9or
>>383

対策側は一連のサイトを本願寺関係者の仕業としているの
だから、U氏のメアドを使う必要がないわな。
むしろ騙るなら本願寺のアドレスを出した方が都合が良い。

だから http://shinrankai.blog.shinobi.jp/  に載っていた
アドレスは本人のものだったんだろう。だから速攻で消した。
対策側の自作自演なら消す必要ない。
確定だね。

> 本人の話では、
> 例のサイトの、サイトデザインを担当した。
> 文章には全く関わっていない。
> とのことだ。

それが正しいとすると、一連のサイトの確保やデザインには
Uが関わっていることになるんたが。
正本堂の画像盗用とか紛らわしいURLもUの発案なのかな。

で、文章はUでないとすると 383 が書いたのか? w

文章をUが書いていないとすれば、本願寺関係者が書いていると
する反論サイト側の主張があたってるのかもしれない。
まあ対策側がいままで何も掴んでないとは思えないが。

396 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 07:51:40 ID:bFERCi1g
寒くねえ?

397 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 07:53:31 ID:bFERCi1g
そこ、どこだよ、おい!

398 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 07:54:41 ID:bFERCi1g
みんな、そろそろ寝ようぜ。

399 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 08:53:03 ID:i8Sv+2cI
>>390
>N根さんは今やシンパ・アンチ双方にとって「極悪人」でしょう。

ダミサのやりかたがs会以上に悪質すぎる。
(s会も悪質ですよ・・・・念のため)

「あなたも神経症が治る」だと!?金○食で金儲け?
医事法違反じゃね?いつか捕まるよ

400 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 08:58:12 ID:79L5yN1E
>>382
>いろんな意味で「変わった講師」でしたね。

2ちゃんが大好きだったらしいですね。たしかに変わった人かも。

あと私の担当講師が、U元講師から格安で中古パソコンを
手に入れたそうですが、なんと海賊版Windows XP だったそうです。

それが発覚したのが去年の6、7月ごろで、なぜかというと
マイクロソフトが海賊版Windows XPはWindows Updateできないように
対策したのがその時期だそうです。

講師部はウィルス対策とWindows Updateをしないと始末書を
書かされるそうなので、慌ててU講師に問い合わせようとしたら
その頃にはもう来なくなっていたそうです。

詳しい人に調べて貰ったら、Winnyで出回ってる海賊版だったそうで
同じようなパソコンを安く売ってもらった講師が、その講師だけでなく
何人もいたらしいです。それらの人は叱られた上、実費で正規版を
買わされたらしいです。まあ仕方ないですけどね。

そういう意味でも変わり者の講師ですよね。
Winnyや海賊版を使っているのがばれてクビになったのかもしれません。

>>366

例のブログはキャッシュに残っていたので、そのメアドがU講師本人のものか
あとで講師に聞いてみたいと思います。

401 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 10:11:55 ID:i8Sv+2cI
>>400
またs会得意の個人攻撃か、まあ、好きにやってs会の品格どんどん落としたら?
会長先生もお喜びになることでしょうから。

ダミサもウソ勧誘も反論なし。
理屈でいい負かせないから個人攻撃に走るんでしょ?
あなたも2ちゃん大好きなくせによう言うわ。


ひょっとしてW部講師ですか?



402 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 11:57:39 ID:17CyNUsC
>>395
なんかもう無茶苦茶だな…これ以上言っても曲解されてU氏の立場がなくなるだけだろうから最後にする。
まず俺は例のサイト群には一切関わってない。
画像とか詳しいことは聞いてない。紛らわしいURLは読んで側の話だろ。
文章は誰か別の脱会した人が書いたんじゃないの?
とにかく、もうU氏をダシに使うのは止めてあげてほしい。特にアンチサイド。

403 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 12:36:00 ID:jhr0sROf
>>402
アンチがU氏をダシに使うってのはどういうことですか?
詳しくキボン。




404 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 13:11:15 ID:p0pXLbtN
親鸞会ってのは、あふぉですね。
まだ人をだます気でいるんだから。

親鸞会の内部情報が摘発されてから、
恩義に反すると非難し、その情報がまるで嘘であるかのように吹聴している。

まったく見当ちがいとしか言いようがない。
親鸞会がどれほどの恩を与えたと思っているのか知らないが
あれほど会員を食い物にしておきながら図図しいにもほどがある。


思えば、会はなるべく良いことだけを言うようにしようと言っていたが
そう言う会自体、いつも排他的で口汚い限りだった。
いつも他人にきれい事を求めておきながら自分は野放図で
それを咎められれば、おまえも完璧ではない、まず自分を見つめろって感じで増長して
反省の色なし。
なぜ彼らは、悪いことを悪い、良いことは良いと言える健全な体質を養えないのだろうか。
養おうとしさえしないのだろうか。

405 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 13:13:58 ID:5+c5/QhP
>>400
悪いけど、例の忍者ブログって、
存在は確認できないし、
キャッシュ調べても出てこないし(ウェブのキャッシュ?)、
なんかでっち上げじゃないの、という気が…

例え忍者ブログにU氏のアドレスが書いてあったとしても、
そのブログに何が書いてあったの?
少なくとも忍者にU氏がブログ持っていたことが、
例のサイトと彼との関わりを示す根拠には全くならんと思うけど。

406 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 13:49:41 ID:17CyNUsC
>>403
わからないならせめてなんでもかんでもU氏によるものみたいな風説を流すのはやめてやってくれ。
シンパはどうせ会全体で中傷してるんだから俺が言っても逆効果だろうしな。

407 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 14:09:54 ID:A1NyZNek
>>406
いや、不思議なんだが、アンチがいつ風説を流した?
ここでU氏がやったのは確実だろうなと言ってるのは
シンパだと思っていたが・・・。


408 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 14:15:18 ID:9yde5jzp
気が弱い奴だと思っていました。

409 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 14:39:55 ID:A1NyZNek
>>406
俺としては誰が親鸞会批判をしているのかなんて気にしてないよ。
本願寺関係者がしてても、U氏がしててもどっちでもいい。
批判サイトの内容は俺の経験とも合致する内容だし、
よく内部の悪質な体質ぶりを的確についてると思う。
一昔前までは、親鸞会は嘘勧誘はしていないと白を切っていたが
嘘勧誘は間違いないというマニュアル提示で親鸞会の姿が正しく認知されるなった。
批判サイトのおかげでそれまで難しかった閉鎖的内部への批判が
より詳しく奥深く話できるようになったことはよろこばしいことだと思う。
それを管理者の人格を貶めて、サイトの是非を論じようなんてのは、うがった見方のように思う。

誰がサイトを建てたか気にしてるのは、U氏がしたことにしてしまって、U氏を貶めることによって
批判サイトの信頼も貶めたいと画策している親鸞会のほうじゃないかと思う?

410 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 17:59:28 ID:+hJUEk9t
>>400
>同じようなパソコンを安く売ってもらった講師が、その講師だけでなく
何人もいたらしいです。
>Winnyや海賊版を使っているのがばれてクビになったのかもしれません。
もしそうなら、何人もいたのに誰一人気付かなかったってことは、
親鸞会では講師の除名処分の理由を他の講師にさえ隠してるんですね。

それに、こんなところで文句垂れてないで、
さっさとマイクロソフトに通報すりゃいいじゃん。
何となくだが・・・、海賊版使っててUpdateできなかったのは
>>400自身の体験談じゃないかと穿ってみる。


そういえば、忍者ツール系を使ってるのは会員サイドの
イメージが強かったけど、最近はアンチサイドが使ってるのか・・・


411 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:08:51 ID:bfNCcnPS
今日は行事 アニメの解説でしたが 書き込み多いね

W部さんの講演って 終わった後 なぜが拍手したんですが

412 :400:2006/02/11(土) 19:15:12 ID:mL0/NXsa
>> 401
    またs会得意の個人攻撃か、まあ、好きにやってs会の品格どんどん落としたら?
    会長先生もお喜びになることでしょうから。

よろこばれるわけないでしょう。
アンチは勝手に決めつけて話を進めるのが得意ですね。

    あなたも2ちゃん大好きなくせによう言うわ。

2ちゃんが好きでも公言したり2ちゃん語バリバリ使う人って少ないですよ。
まして講師部でそんな人みたことありません。

    ひょっとしてW部講師ですか?

残念ながらハズレです。講師でもありません。

413 :400:2006/02/11(土) 19:23:52 ID:79L5yN1E
>> 405
    悪いけど、例の忍者ブログって、
    存在は確認できないし、
    キャッシュ調べても出てこないし(ウェブのキャッシュ?)、

キャッシュと書いたのは私のPCのブラウザキャッシュです。

    例え忍者ブログにU氏のアドレスが書いてあったとしても、
    そのブログに何が書いてあったの?

「親鸞会ブログ暫定確保版」と書いてありMAILのリンクの箇所に
U講師と思われるアドレスが出ていました。

    少なくとも忍者にU氏がブログ持っていたことが、
    例のサイトと彼との関わりを示す根拠には全くならんと思うけど。

私はべつに関連づけてないですよ。
でも >>395 に書かれていることは一理あると思います。


ちなみにキャッシュを講師の人に見せるつもりでしたが、見せたら
2ちゃんを見てることがばれるので止めました。
まあ見ただけなら知られてもよいのですが、書いてしまったので。
メアドが本人のものかどうかは確認とれていません。

414 :400:2006/02/11(土) 19:35:24 ID:79L5yN1E
>> 410
    >同じようなパソコンを安く売ってもらった講師が、その講師だけでなく
    何人もいたらしいです。
    >Winnyや海賊版を使っているのがばれてクビになったのかもしれません。
    もしそうなら、何人もいたのに誰一人気付かなかったってことは、
    親鸞会では講師の除名処分の理由を他の講師にさえ隠してるんですね。

どう読んだらそうなるのかわかりませんが、「クビになったのかもしれない」というのは
私の想像ですよ。断定していないし、本当かどうかはまったくわかりません。
パソコンに関することは実際に聞いたことです。

    それに、こんなところで文句垂れてないで、
    さっさとマイクロソフトに通報すりゃいいじゃん。

文句なんて書いてないのですが。
海賊版被害にあったのはパソコンにうとい講師の人ですよ。
自分のパソコンで何がおきてるのかもわからないのに
マイクロソフトに通報できるわけない。

百歩譲って、U講師は安くパソコンを提供してあげたい一心から
善意で海賊版に手を染めてしまったのかもしれません。しかしU講師は
パソコンに詳しいはずなので、それか違法だと知っていたでしょう。
それは善意であっても許されることではないですよね。

    何となくだが・・・、海賊版使っててUpdateできなかったのは
    >>400自身の体験談じゃないかと穿ってみる。

ハズレです。穿ちすぎですね(笑)
実際に何人かの講師が被害に遭っているので真偽の確認は
いずれできるでしょう。


415 :400:2006/02/11(土) 19:48:37 ID:79L5yN1E
ちなみに会の中でU元講師が徹底的に悪者にされているということはないです。

私の支部長も「問題のあるやつだっだがまた一緒に聞法できるようになったらいいな」
とU講師の仏縁を念じていました。

今はどこで何をしているのかわかりませんが、まともな社会人として
更正していることを私も念じています。


416 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:50:27 ID:+hJUEk9t
>>414
>どう読んだらそうなるのかわかりませんが、「クビになったのかもしれない」というのは
私の想像ですよ。断定していないし、本当かどうかはまったくわかりません。

なら、その想像が間違ってたってことでいいんじゃないですか?


>海賊版被害にあったのはパソコンにうとい講師の人ですよ。
自分のパソコンで何がおきてるのかもわからないのに
マイクロソフトに通報できるわけない。

海賊版って言っても「つかまされた」だけなんだから
やましい事してないなら、堂々と通報できるでしょうに
って、貴方に言っても仕方ないんでしょうけど・・・


>百歩譲って、U講師は安くパソコンを提供してあげたい一心から
善意で海賊版に手を染めてしまったのかもしれません。しかしU講師は
パソコンに詳しいはずなので、それか違法だと知っていたでしょう。
それは善意であっても許されることではないですよね。

同じ善意でも嘘勧誘は許されんですねw



417 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:16:32 ID:Z4uVyIcj
s会の講師はウィンドウズXPの正規版買うのにもヒーコラいうほど金に困っているのかよ。

418 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:28:12 ID:8M8KITP/
>>417
同じものなら安いほうがいいが…
同じでなかったわけで…

419 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:44:47 ID:+hJUEk9t
>>418
いや、むしろ同じIDだったからこそ
チェックに引っかかったわけで・・・

420 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:48:02 ID:KII75Ybi
>>418
パソコンが安く仲間内の講師から買えるって普通に考えてアヤシイだろw
お古をもらうんならともかくよ。


421 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:49:47 ID:oWl+mkgC
>>417
これみりゃ皆ヒーコラ言ってるしね。
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/

422 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:56:36 ID:dKW2glU/
>>405
>悪いけど、例の忍者ブログって、
>存在は確認できないし、

昨日消したみたいです。


>確かに、メールアドレスが、
>*******.uryu@nifty.com になっている。
>ついに実名を出しての戦いなのか。

423 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 21:41:03 ID:5+c5/QhP
>>422
なんか、こんなブログがあったけど消されましたって、
それだけならどんな人でも何でも作れますね。
早い話が「昨日 ○○@jdss.jp というメアドのブログあったけど、
今日は消されてました」って言えば、それでOKだし。

>>415
>ちなみに会の中でU元講師が徹底的に悪者にされているということはないです。

会合で実名が出されて徹底的に貶められていましたよ。
たくさんの女性に電話をかけまくってみんなフラレタとか。
後は実名が書いている掲示板にリンクを張って、「馬鹿」とか書いていますよね。
あれは親鸞会側のサイトだと思いますが。

>今はどこで何をしているのかわかりませんが、まともな社会人として
>更正していることを私も念じています。

あなたがそうだとは思いませんが、
善悪の区別の付かない宗教団体でネット対策に日々邁進するよりは、
どんな道を歩むにせよ「更正」と言えると思います。

424 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 21:50:27 ID:nlsp2dvV
何か、オウムの激安パソコンショップを思い出してしまった…



425 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 21:56:45 ID:h/AfG9or
>>402
> なんかもう無茶苦茶だな…これ以上言っても曲解されてU氏の立場がなくなるだけだろうから最後にする。

なぜUをそんなに擁護するのか分からないのだが、
仮に402の言うことが正しいとしたら、
メールで連絡を取って2chに書き込んでいる
仲間(=402)がいると暴露していることになるが。

> 紛らわしいURLは読んで側の話だろ。

1. http://shinran3.hp.infoseek.co.jp/
2. http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
3. http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

お前は2と3が紛らわしいと言っているのかも知れないが、
かなり以前からDQN会員が作った1のサイトがあったんだが。

> 文章は誰か別の脱会した人が書いたんじゃないの?

そこをメールでUに確認してここにうpしてくれ

> とにかく、もうU氏をダシに使うのは止めてあげてほしい。特にアンチサイド。

出汁にしてるのではなくて、一連のサイトを作った人間を知りたいだけなのだが。

426 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:14:49 ID:dKW2glU/
>>423
>後は実名が書いている掲示板にリンクを張って、「馬鹿」とか書いていますよね。
>あれは親鸞会側のサイトだと思いますが。

どこ?


427 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:14:59 ID:17CyNUsC
>>425
擁護…まあそう見えるわな。ここまで擁護する気はなかったんだが。
ただ俺の発言で更に貶められるのは申し訳ないから書き込んだ。その繰り返し。
仲間でもなんでもない、たまたま連絡取った時にネットのことが話題に出たから少し聞いてみただけだ。

428 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:18:19 ID:bE1H+LFP
以下、コピペです。

>>651
親鸞会に自浄能力なんてないでしょ。
不倫疑惑をかけられ、講師部員や幹部会員から批判されていた誰かさんとその周囲について、
様々な話し合いが行なわれていたのに、結局、最後は、

 「あんまり、M晴のことをいじめないでくれ・・・」(会長)
 「先生っー!!我々が間違っていましたっー!!」(講師部一同)

 その後、講師部員は号泣。
 批判分子は一掃、めでたし、めでたし。ちゃんちゃん♪

会長の鶴の一声で何でも決まる団体。
こんなの自浄能力あるわけないでしょ。
問題の真っ只中にあるご本人は、その場に姿をみせないんだしね。

そんな人が次期会長なら、親鸞会は終わりでしょう。間違いなく。
親鸞会幹部のみなさん、次期会長の選択は慎重にね。

429 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:19:07 ID:bE1H+LFP
以下、コピペです。

>>730
>その現場見たのかよ、会員以上に会の内情に詳しいですね
>その割に会員の中にどのような動きがあるのか分からないとか言ってるし
>もしデタラメ言ってるのなら名誉毀損ですよ。

その場にいたので、現場を見てますよ。


>自浄能力はありますよ、学友部はどうか知らないけど支部では昔ほど
>厳しく言われなくなったのは間違いない

では、どのような批判に対して、どのように改善されて、自浄能力があると言えるのか、
もう少し具体的に分かるように、意見を聞かせて下さい。

430 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:20:27 ID:bE1H+LFP
以下、コピペです。

>>704
>>不倫疑惑をかけられ、講師部員や幹部会員から批判されていた誰かさんとその周囲について、
>>様々な話し合いが行なわれていたのに、結局、最後は、

>様々な話し合いって? 詳細キボン

今は時間がないですが、後日詳細な情報を提供しますね。

431 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:31:28 ID:ukrH0XQ/
>bE1H+LFP
暇人乙

432 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:34:03 ID:Feg5rP0c
・「親鸞聖人の教えは間違っている」とは言わない。

「否定はしない。信心決定という体験はあるとは思っている」と言う。

では、求めるのか、というと、その気はさらさらない。


・「親鸞会の教えは親鸞聖人の教えと違う」とは言わない。

「親鸞会の教義」と言い、「親鸞聖人の教え」と違うかのようにほのめかす。
どこが違うのかは、まったく言えない。


・「親鸞会のやり方はマインドコントロールだ」とは言わない。

類似点があるから、そうではないだろうか、とぼかす。

では、どこが類似点かと読んでみれば、学者の本の内容に、事実かどうか分からない話を、ただ当てはめただけ。

現実は、かなり違っています。


433 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:35:13 ID:5+c5/QhP
>>432
>現実は、かなり違っています。

どこが違うんだろうか?

434 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:35:34 ID:Feg5rP0c
かりに、すべて事実であったとして、それによってこの人物は、親鸞聖人の教えに触れることができた。
おそらく、親鸞会と縁がなければ、生涯知ることもなかったであろう
『教行信証』 『愚禿鈔』 『三帖和讃』 そして 『歎異鈔』
その他、宝石のようなお言葉の数々に触れ、その正しい意味を知ることができたはずです。
言葉だけでもいい。人生の目的を知ったのです。
信心決定という、明らかな体験が、この世にある。
弥陀の救いは、現在ただいま、完成する。
そしてそれは、多生億劫にも遇えない、素晴らしい体験である。

この真実を知りえた、ということは、
どんなお金にも替えられない、人生の宝なのです。


435 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:38:44 ID:Feg5rP0c
このことは、一切否定しないし、できない。
しかし、親鸞会をやめたことは正当化したい。
だから、非難できない教えには一切言及せずに、「やり方がどうの」「金がかかる」「しんどい」と言う。
自分が、何を求め、めざしていたか、まったく分かっていなかったのです。それだけの努力をして、家の一軒でも建つかどうか、少しはまじめに考えてみたらいいでしょう。

正体がばれないだろうとたかをくくって、自分の愚痴をただ、言い散らす。

本音は要するに、逃げたかったのでしょう。楽をしたかったのでしょう。

遊びたかったのでしょう。

人生の目的など、どうでもよくなったのでしょう。

その気持ちも分からないではありません。

確かに、大変な問題ですからね。
当分、仏法は無理でしょう。
しかし、そのみじめさに耐えられないからといって、やたらと正義感をふりまわして、自分を正当化するのは、やめてもらいたい
ただただ、こっけいさを通り越して、悲しいだけです。
親鸞会の将来を見届けたいなら、黙って見ていればいい。
浄土真宗が、どうなるか。
親鸞聖人の教えを説かぬ本願寺がどうなるか。
親鸞聖人の教えをお伝えすることにのみ全力を尽くす
親鸞会が、今後どうなるか。せめて邪魔せず、黙って見ていてもらいたい。そしていつの日か、やっぱり親鸞聖人の教えしかなかった、と知らされたら、そのときは、一切を総懺悔して、再び聴聞に来られたらいいでしょう。


436 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:40:21 ID:fiQPDLYm
その一連の出来事、詳細おながいしまーす

437 :436:2006/02/11(土) 22:41:45 ID:fiQPDLYm
すみません、会長の「M晴いじめないでくれ」事件の詳細を、です

438 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:52:32 ID:oWl+mkgC
>>435みたいなのみてると
親鸞会に自浄能力ってないんだなとつくづく思う。

会の勧誘や集金システムについて批判にはまったく触れず、
とにかく相手をこき下ろして、内容は何も聞かなかったことにする。
相手をこき下ろしても、批判されている問題点は何も変わらないのにね。


439 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:56:30 ID:dKW2glU/
>>433
5+c5/QhPさん、

>後は実名が書いている掲示板にリンクを張って、「馬鹿」とか書いていますよね。
>あれは親鸞会側のサイトだと思いますが。

どこですか?
教えてください。



440 :元々ぼら夫:2006/02/11(土) 23:01:11 ID:pAdJZz2h
やほ〜♪
何度でも言わせてもらいまひょか。「いくら求めても手に入らないものがある」
死後のこと、いくら考えても答えはでない。っつ〜か、わかるわけがない。何故なら
死んだことがないから。絶命しなけりゃ死後のことなどわかるわけない。どんなに不安でも
わかんないんです。実際に経験してないから。しかしながら、人間は考えてまう。
解決でけへんのやけど、考えてしまう能力が備わっとるんよね、幸にも不幸にも。
みみずや蛙は、こんなことで思い悩むことがあるんやろか。ど〜よ?
(^-^)/ホナねん☆


441 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:02:31 ID:dKW2glU/
>>440
>いくら考えても答えはでない

だから宗教があるのだと思うのですが、どうなんでしょう?

442 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:03:23 ID:h/AfG9or
>>423
> 会合で実名が出されて徹底的に貶められていましたよ。
> たくさんの女性に電話をかけまくってみんなフラレタとか。
> 後は実名が書いている掲示板にリンクを張って、「馬鹿」とか書いていますよね。
> あれは親鸞会側のサイトだと思いますが。

ここの部分詳しく希望


443 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:10:30 ID:HnPnBEDB
924 名前:通行人 ◆02GH.fBfT6 [sage] 投稿日:2005/05/22(日) 01:45:15 ID:52k12WCz
>>923
確かに、龍谷大学にいました。
それは、前にも言ったはずですが・・・。
今は大学生じゃありません。新社会人です。

444 :元々ぼら夫:2006/02/11(土) 23:12:12 ID:pAdJZz2h
>>441
うむ。じゃ、死後の世界があると仮定して、仏道なり、神を信ずるなりすれば、
死後の世界が明るくなるなんて確証をどうやって得ることができるんやろか?
実際、死んでみてはじめて明らかになるんとちゃいます?非を見るより明らかに知るには
実際、死ぬしかなかろ。死後なにがあんのかなんて、死んでみりゃ一目瞭然やん。
そんなこと明らかにするために仏法はあるんかいな?ど〜よ。
(^-^)/


445 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:12:25 ID:HnPnBEDB
>>443
誤爆


446 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:14:22 ID:+hJUEk9t
>>445
最近誤爆多いね

447 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:15:03 ID:bE1H+LFP
あのM晴さん不倫疑惑の時に出回った写真って、どんな写真だったの?
誰がとったのかな・・・。

448 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:16:27 ID:HnPnBEDB
>>446
あのシンパさんと同じ失敗をしてしまった


449 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:16:49 ID:dKW2glU/
>>444
でも、葬式などでは、故人について
「浄土へ行かれました」とか言うけど、言っちゃいけないんだね?

ぼら夫さんは、どう言っている?
「故人はどこへいったか、死んでみないとわかりません」って?
でも、それは言えない雰囲気だから、無理だろうけど。

450 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:32:07 ID:8E37jkuV
元々ぼら夫はスルーしなさい

451 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:50:06 ID:dKW2glU/
5+c5/QhPさん、

>後は実名が書いている掲示板にリンクを張って、「馬鹿」とか書いていますよね。
>あれは親鸞会側のサイトだと思いますが。

どこですか?

結局、教えてくれない……。
デマだったか。

452 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 23:57:35 ID:5+c5/QhP
>>451
遅くなってすみません。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/option/tuiki10.htm

>馬と鹿の区別くらい、つけてもらいたいものだ。

これって馬鹿ってことじゃないの?

453 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 00:05:38 ID:FuUo+AJu
まあ、退会者を卑下するのは今に始まったことじゃないしな。

454 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 01:27:04 ID:6A7KWgtG
教えの根本は全然違うのかも知れないんだけど、
聖道自力の仏教のさとりと、親鸞会の言う信心決定と、
ほとんど全ての人が到達できないという点で、どこが違うの?
なんか、同じように思えてきた。

誰も実践できない、誰も到達できないという点で、同じでない?
言いたいこと分かります?

455 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 01:46:10 ID:peK0LuwP
因果の道理の通り実践していけば、善果は返ってきますよ。ただ、それが
雑毒の善だから、自力で絶対の幸福になれないだけです。お釈迦様の教えの
通り実践してゆけば、仏教知らない人より善果きますよ。それを知らない人
が多いんだよな〜。

456 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 01:47:34 ID:peK0LuwP
だから、聞いているだけで信心決定できなければ損をしたことになると
いうこと言う人毎年いるんだけど、その点を先輩から教えてもらえなかった
んだよなー。私は教えてもらえましたけど。

457 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 01:48:56 ID:peK0LuwP
因果の道理はお釈迦様が作ったのではなくもともと大宇宙に存在する
道理ですから!まあ、信じるも信じないもあなたの勝手ですけど。

458 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 02:36:49 ID:6E7tAmaM
>>455
善果は返ってきますよ。

どのように、返ってくるのか少し具体的におしえてほしいです。

459 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 02:45:59 ID:6E7tAmaM
因果の道理が正しくても、S会の活動が、ある一個人にとって
因果の道理に沿った行動かは判らない気がするのですが…

460 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 02:49:29 ID:6E7tAmaM
ある行動が正しいかどうかは、結果が返ってきて判るそうですが、
返ってきた結果が悪かった場合には、その行動は正しくなかったという
ことになるのですよね?



461 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 03:17:24 ID:QiM5fJkT
人身受け難し今すでに受く

462 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 03:19:42 ID:QiM5fJkT
仏法聞き難し今すでに聞く

463 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 03:24:45 ID:QiM5fJkT

釈尊のお言葉

464 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 03:33:32 ID:6E7tAmaM
本気で説得する気ないんですよね…

465 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 04:57:09 ID:68I5Mq1T
>>435
死後や、他人の心(信心)や、善悪など
どのようにでもいえる、否定も肯定もできない事を利用して
否定できないから肯定だろというような卑怯な心理誘導で
人の反論を封じ込めて、自分達の良いように人をこき使う
インチキ宗教が
親鸞の名前を騙って、何か崇高な事でもしてるように思ってるのだろうか。

466 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 10:39:05 ID:He7n/KiR
>>452
内容:
>本願寺の坊主にくっついたかと思ったら、今度はキリスト教。

恣意的に某元講師を、
「見境なく本願寺の坊主やキリスト教の外道とくっつくような人間」
というように吹聴したいんでしょうね。

馬と鹿の区別を知るべきなのは果たしてどっちなんでしょうか。
私はs会のほうがその区別を知らないのではないかと思いますが。

しかし、カルト対策の講演を依頼されたことくらいでここまでいうかねぇ。。。。
よほど頭に血が上ってるんでしょうねぇ、W部子牛。

467 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 11:10:52 ID:1VWXosie
>>466
最近「を読んで」にあげられた文章は、
たとえばエホバの証人や統一教会が脱会者に対して言う事と酷似しています。
内容について反論できないので、執筆者が精神的に弱い逃げたものと断定し、
会員の動揺を抑えているといったところでしょう。

W部さんも、思考力のない方だとは思いませんので、
早く自分の間違いに気づいて欲しいですね。

468 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 11:26:22 ID:KXIt0Px/
あんまり、M晴のことをいじめないでくれ・・・
↑爆笑
ばか親子だ。

469 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 12:15:06 ID:nxaGHlct
>>797 名前: 名無しさん@3周年 2006/01/31(火) 00:14:35 ID:qNNZsH7e
ttp://www30.tok2.com/home/events/jyouhou/chiezo.htm
新歓合宿は尾瀬におーぜーで行くそうです。
なんか楽しそうですね。

結局ここの代表者の人も辞めちゃったわけだが

470 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 13:09:06 ID:y77chFOs
埼玉大学の部長がやめたってことですか?

学生って殆どやめちゃいますよね

471 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 13:35:08 ID:MScXHvre
>>470
>学生って殆どやめちゃいますよね

新2年生は、ついに組織的嘘つき勧誘、ダミサ勧誘なる恐ろしい犯罪行為に
手を染めようとしているのであろう。

巧妙なマインドコントロールの結果とはいえ、まったく気の毒に思う。

ここのスレッドを見たものだけでもせめて勧誘行為だけは思いとどまってほしい。
聖使命とか、人間に出来うる最高の善とか、真実を知っているものは真実を
伝える義務があるとか、先生のご恩に報いるとかある、とかありとあらゆる甘言をもって
君を加害者の側へと引き入れようとしているのだ。
いわば、オウムの麻原が幹部に次々と犯罪行為をさせたのと同じ構図なのである。

冷静さを取り戻しているなら、仮病を使ってでも勧誘行為から離れよう。
それが長い目で見れば、君のためになるのだ。
そのあいだ、自己のs会信心が形成された過程について落ち着いて思い返すが良い。

繰り返すが、君はいま、被害者から加害者へと巧妙に仕立てられつつあるのだ。

472 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 15:32:06 ID:6OZJ7vq6
>>468 もしその言葉が本当だとしたら、少しの失言で一般会員を除名にすることは
あっても、会員達から浄財を頂きながら信頼を裏切ったとされる息子は問い詰めて、
潔白を証明させるということは出来ないということですね
つまり会長との血縁の有無で、規律適用に差別があるということなんてしょうか

473 :( ´,_ゝ`)プッ:2006/02/12(日) 16:05:33 ID:M4+cfAFE
>>471
ここに書いても新二年生の殆どは見ないんだよね。
残念!

474 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:22:43 ID:tv3iKbVe
人身受け難し今已に受く

475 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:23:24 ID:tv3iKbVe
仏法聞き難し今已に聞く


476 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:42:12 ID:FuUo+AJu
>>473
そういや、限られた会員しか2ch見ちゃいけないんだっけ。
2chみるだけでホウボウ罪だもんね。

477 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 17:03:20 ID:Ly8x/r6r
2ちゃんねるの中には、墨オンや、ライブチャット関連のアフィリエイトプログラムが
各所に点在していて、それらは必ず、業者間取引でお金が動いているから、
それらの事を掲示板上で話し、その取引を中断又は停止させようとする動きは
共同謀議に繋がらないかな?と、営業妨害とも言えるだろうし。

478 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 17:44:22 ID:Qk8SsHzf
>>473
つまり情報統制して、まんまと被害者の側に引き込もうとしてるって事ですよね。

479 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 19:17:41 ID:egW7kfV9
>>472
それなら一般の会社の幹部の不倫はどうなるんだ?
株主は株価だけに関心があるはずじゃん。


480 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 19:58:40 ID:Ly8x/r6r
在日朝鮮人の夢は、
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     日 本 人 を 差 別 し て 死 に た い     
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
だそうです。

国籍問題を考える・資料集
ttp://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍 講師:李敬宰さん

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。

※「日本人を差別して死にたい」はすでに削除されているので、こちらを参照のこと。
http://web.archive.org/web/20040609052029/http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm

481 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 21:39:16 ID:qNwnUSab
さまざまな分野で異彩を放ったゲーテは、総じて無類の楽天家だった。
晩年の助手・エッカーマンに、語っている。

私はこう勧めたい。何も無理じいをせぬことだ。
何もできない日や時には、後になって楽しめないようなものを作ろうと
するより、ぶらぶらして過ごしたり、寝て過ごす方がいい、と
(ゲーテとの対話)

「処世のおきて」と題し、こんな言葉も残している。

気持よい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、
滅多なことに腹を立てぬこと(警句的)


482 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 21:43:40 ID:qNwnUSab
>>481
74歳で、19歳の少女・ウルリーケへ求婚した時には、
さすがに周囲も困惑したらしい。彼女にとって彼は、
尊敬できるおじいさん≠ノすぎなかったのだから。
結局、あきらめ、愛の詩をしたためた。

かくまで楽観的なゲーテでさえ、75の時に、
結局、私の生活は苦痛と重荷にすぎなかったし、75年の
全生涯において、真に幸福であったのは4週間とはなかった、
とさえ断言できる。
私の生涯は、たえず転がり落ちるので、永遠にもち上げて
やらねばならぬ岩のようなものでしかなかった

と嘆いている。


483 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 21:47:43 ID:qNwnUSab
>>482
晩年、病に伏して、
死神がわたしを取り囲んで部屋のすみずみに立っている
と漏らす。極度に死を恐れ、部屋が暗くなるのも怖がった。

ああ暗い。光が欲しい、光が欲しい

が最期の言葉であったという。


484 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:08:35 ID:y77chFOs
ネット対策
虚しくないですか?

485 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:22:26 ID:M4+cfAFE
ネットでこそこそ誹謗中傷
虚しくないですか?

486 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:34:17 ID:Ly8x/r6r
  | アンチどもうぜえんだよ!プロの2ちゃんねらーをなめんじゃねえぞ!
  | 2ちゃんねるバンザイ!産経バンザイ!!
  \___________ ____
                       ∨  カタカタ____ ___
                  ∧_∧   ||\   .\  |◎ |
                  (.#`Д´)  ||  | ̄ ̄|  |:[].|
           ∧_∧ . ┌(   つ/ ̄l| / ̄ ̄/ ..| =|
   ∧_∧   ( TДT) |└ ヽ |二二二」二二二二二二二二」
  ( TДT)  (  つつ   ̄]||__)   | ||       | ||
  (つ  つ  /  / /  ./ ̄\  / ||       / ||
  と_)_)  (___)__)  ◎    ◎ .[___||     .[___||
            ∧
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | 中身や君よ、もういいんだ・・・・・・・
   | 本当に良く頑張った・・・もう充分じゃないか・・・楽になっていいんだ





487 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:40:43 ID:1VWXosie
>>485
ネットでコソコソ情報隠蔽と人格攻撃。
虚しくないですか?

488 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:59:58 ID:Ly8x/r6r
まあ落ち着けよ プ
そうだな
疑問を持つことが第一歩だなw

489 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:12:19 ID:+CFZOAz9
     ライブドア事件をめぐり、堀江貴文容疑者らが有価証券報告書の
    虚偽記載の疑いで再逮捕される見通しとなったことで、東京証券
    取引所はマザーズに上場しているライブドア株の上場廃止を
    決める方針だ。同社には個人を中心に22万人(05年9月末現在)の
    株主がおり、上場廃止の影響は大きい。

    以下リンク先参照されたし
    http://www.asahi.com/business/update/0211/022.html



490 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:13:05 ID:+CFZOAz9
     http://blog.livedoor.jp/easygame/

    この人、どーなるの?。



491 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:19:20 ID:+CFZOAz9
     801 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2006/02/11(土) 16:30:36 ID:TesusIJH
    http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200601/2006013100068.htm

    株で損した主婦の悩み
    最初と最後だけとりあえず読んでみてください



492 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:23:52 ID:FuUo+AJu
組織の偽装とか粉飾とかって、周りの人にたくさんの迷惑をかけるんだね。
親鸞会もいい加減考え直しなよ。

人を勧誘するのなら
どんな人集めをやらせてるのか、どんな金集めをやらせてるのか、
全部明らかに公表したうえでおやんなさい。


493 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:33:08 ID:lE6p2KQ9
>475
簡単に聞ける教えでは無いんですよ。分かりましたか?


494 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:37:03 ID:Ly8x/r6r
っっうはっwwwっwwwwwwwwwwwwwっうぇ
wwwwwwwwwwwwwwwwうはっwwwwwwwww
おkwwwうはっwwwっうぇwww
うはっwww

495 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 00:01:53 ID:/IuUxK5d
>ID:Ly8x/r6r
>ID:+CFZOAz9

ネット対策委員さん、スレ荒らし乙
荒らし報告しておくからね

496 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 00:19:29 ID:EDg1jC6j
>>495
あっはは、無駄無駄。

497 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 01:55:01 ID:04PNiaRJ
ホリエモンの実態

498 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 02:06:13 ID:E48vinBI
無駄無駄無駄無駄ってなんかあったね。

499 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 02:06:44 ID:E48vinBI
あれはジャンプ?だったっけ?

500 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 02:07:51 ID:E48vinBI
なんでもない夜のこと、二度とはもどれないよーる〜

501 :コピペ推奨:2006/02/13(月) 07:43:24 ID:5ZJaJBqm
>学生って殆どやめちゃいますよね

新2年生は、ついに組織的嘘つき勧誘、ダミサ勧誘なる恐ろしい犯罪行為に
手を染めようとしているのであろう。

巧妙なマインドコントロールの結果とはいえ、まったく気の毒に思う。

ここのスレッドを見たものだけでもせめて勧誘行為だけは思いとどまってほしい。
聖使命とか、人間に出来うる最高の善とか、真実を知っているものは真実を
伝える義務があるとか、先生のご恩に報いるとかある、とかありとあらゆる甘言をもって
君を加害者の側へと引き入れようとしているのだ。
いわば、オウムの麻原が幹部に次々と犯罪行為をさせたのと同じ構図なのである。

冷静さを取り戻しているなら、仮病を使ってでも勧誘行為から離れよう。
それが長い目で見れば、君のためになるのだ。
そのあいだ、自己のs会信心が形成された過程について落ち着いて思い返すが良い。

繰り返すが、君はいま、被害者から加害者へと巧妙に仕立てられつつあるのだ。

502 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 08:13:02 ID:nhR4iqs2
>>501
コピペしか貼れない無能が何をやっても無駄
2chでコソコソと誹謗中傷しても無駄
無駄無駄無駄無駄

503 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 08:52:10 ID:uEVllFP/
>>502

>コピペしか貼れない無能が何をやっても無駄

( ´,_ゝ`)プッ
自分のことはなかなか見えないものですね〜

504 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:29:30 ID:a30IOMwF
>「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
>(追記16)無責任  
>   この人物の発言の特徴は、徹底した無責任さです。

この人物と言われている本人です。以下、私の意見を述べさせて頂きます。

>・「親鸞聖人の教えは間違っている」とは言わない。
> 「否定はしない。信心決定という体験はあるとは思っている」と言う。
> では、求めるのか、というと、その気はさらさらない。

別にそれでいいのではないですか?
親鸞聖人の教えが間違っていると言わないのは、間違っているのか、
正しいのか判断できないから、「間違っている」とも「正しい」とも断言しないのですよ。
そもそも宗教の扱うことの多くは、真偽の確認が不可能なことですから。

たとえば、「死後がある」という主張が「間違っている」のか、「正しい」のか、
私には分かりません。だから、「間違っている」とも「正しい」とも言いません。
それぞれ、信じたい人は信じてください。それ以上でも、それ以下でもありません。

ちなみに、「死後がある」と信じている人がおられましたら、「なぜそのように信じるようになったのか」を、
分かるように説明して頂けないでしょうか?お願いします。期待しています。

また、最初の文章を書いた時から、私は信心決定という体験があると思っていますが、
(「なぜ〜よんで」の作者であるW部さんは「主張を変えた!」とか言ってるけど)
「まあ、たしかに、教行信証はじめ、あれだけの書物を著せる人が体験した
 ものは、口先だけのものではないだろう」と思っているのであって、
だからと言って、自分がその教えを求めるかどうかは、別問題だと思いますよ。


505 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:30:52 ID:a30IOMwF
>>504の続き
そもそも、親鸞会の正当性を力説されるあなた(W部さん)が、信心決定していないので、
説得力がなさすぎです。あなたが信心決定したら、親鸞会で聴聞してもいいですよ。
この発言は、おそらくあなたにとっては、挑発的な発言にしか聞こえないのでしょうが、
私にとっては、まさにそれが問題なのですよ。
今年中に、信心決定してもらえませんか?W部さん。お願いします。

>・「親鸞会の教えは親鸞聖人の教えと違う」とは言わない。
> 「親鸞会の教義」と言い、「親鸞聖人の教え」と違うかのようにほのめかす。
> どこが違うのかは、まったく言えない。

親鸞聖人の教えである浄土真宗の教義を、そもそも親鸞会でしか聞いたことがないので
「親鸞聖人の教え=親鸞会の教義」と判断できません。
ですから「親鸞会の教義」と表現しています。問題ないように思いますが。

親鸞会でしか浄土真宗の教義を聞いたことのない大学生の多くは、疑いもなく「親鸞聖人の教え=親鸞会の教義」
だと思っていますが、それなら、親鸞会の教義以外の浄土真宗の教えを説く人と、しっかり対話なり、法論なりして、
親鸞会の教義のみが唯一正しい真実であり、正統な浄土真宗の教え、仏教の教えなのだ、と示してほしいと思います。

「一切衆生必堕無間」の根拠、「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
山科本願寺に木像本尊を安置された理由、「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
という親鸞聖人のお言葉」さえ、分かるように示せないのなら、
「親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのか」と疑われても仕方のないように思いますよ。
よかったら、分かるように教えて頂けないでしょうか?

506 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:32:15 ID:a30IOMwF
>>505の続き
>・「親鸞会のやり方はマインドコントロールだ」とは言わない。
>
>類似点があるから、そうではないだろうか、とぼかす。
>では、どこが類似点かと読んでみれば、学者の本の内容に、事実かどうか分からない
>話を、ただ当てはめただけ。
>現実は、かなり違っています。

まず、どこが現実と違っているのか、では現実はどうなのか、を
明確に示してほしいと思います。
「かなり違っている現実」を、具体的に、分かりやすく、教えて下さい。
お願いします。

>かりに、すべて事実であったとして、それによってこの人物は、親鸞聖人の教えに
>触れることができた。
>おそらく、親鸞会と縁がなければ、生涯知ることもなかったであろう
>『教行信証』 『愚禿鈔』 『三帖和讃』 そして 『歎異鈔』
>その他、宝石のようなお言葉の数々に触れ、その正しい意味を知ることが
>できたはずです。

>言葉だけでもいい。人生の目的を知ったのです。
>信心決定という、明らかな体験が、この世にある。
>弥陀の救いは、現在ただいま、完成する。
>そしてそれは、多生億劫にも遇えない、素晴らしい体験である。

現在ただいま体験できる、決勝点のある教えであっても、親鸞会の講師部員や幹部の中で、
決勝点まで到達した人は驚いたことに一人もいないのではないでしょうか。これこそまさに驚きです。
「なぜ講師部や幹部にこだわるのか」と言う人もいますが、一人もいないのは、あまりにも説得力がなさすぎます。

ちなみによろしければ、「信心を獲得している人は、国に一人、郡に一人」との言葉の出典を、
どなたか教えてもらえないでしょうか?


507 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:39:04 ID:a30IOMwF
>>506の続き
結局、あなたたちは「死ぬまで聴聞と勧誘活動をし続けるのだろう」といわれても
仕方がないように思いますよ。
悔しかったら、今年中に、1人でも2人でもいいから、信心決定してほしいです。
角がたつ言い方になりますが、いつまで「ノンキな聞法」を続けるおつもりでしょうか。
何かある度に、「ノンキな聞法をして、善知識の御心をいためているのは
ほかならぬ私でした」などと、言っていますが、では、いつそのノンキな聞法を
正して、信心獲得の栄冠を勝ち取るつもりでしょうか?

>この真実を知りえた、ということは、
>どんなお金にも替えられない、人生の宝なのです。
>このことは、一切否定しないし、できない。

親鸞聖人の教えを「くだらないものだ」とか「無意味なもの」だとは思いませんが、
「どんなお金にも替えられない人生の宝」だと思っているのはあなたであり、
あなたの個人的な価値観ですよ。少なくとも私とは同じ価値観ではありません。
でなければ、あのような親鸞会批判サイトはつくりません。

>しかし、親鸞会をやめたことは正当化したい。
>だから、非難できない教えには一切言及せずに、「やり方がどうの」「金がかかる」
>「しんどい」と言う。

あの・・・何度も言うようですが、教えについて言及していますよ。
あなたに言われましたからね。
教えの内容について、親鸞聖人の言葉を出して「親鸞会の言っていることは、ここが間違っている」などと
いう言及の仕方ではありませんが、「なぜ私が親鸞聖人の言葉を出さないのか」をあなたに言われて、
説明していますよ。読んだの?

508 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:39:37 ID:a30IOMwF
>>507に続き
「続、なぜ私は親鸞会をやめたのか」の
「3.親鸞会におけるマインドコントロールの意味」をしっかり読んで下さい。
「なぜ、親鸞聖人の言葉を書かなかったのか」という部分に、それを書いていますよ。
分からない部分があれば説明しますので、聞いて下さい。

『続、なぜ私は親鸞会をやめたのか』
3.親鸞会におけるマインドコントロールの意味
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/naze3.html

あと、親鸞会をやめた私が、やめたことを正当化するのは極めて当然のことだと思いますが。
やめた私が、親鸞会をやめたことを否定しなければならないのですか?

親鸞会会員である人が、続けることを正当化するのも、
やめた人が、やめたことを正当化するのも、極めて当然な行為です。ただ、それだけのことです。

もし、批判するのなら、「やめたことを正当化している、その理由」を
「間違っている」と具体的に批判しなければならないと、私は思います。よろしくお願いしますね。

509 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:40:50 ID:a30IOMwF
>>508に続き
>自分が、何を求め、めざしていたか、まったく分かっていなかったのです。
>それだけの努力をして、家の一軒でも建つかどうか、少しはまじめに考えてみたらいいでしょう。

「家一軒を建てる努力さえしていないのに、信心決定できないと主張するのは間違っている」と言いたいのでしょうか?

では、あなたは、どれだけの努力をして、いつ信心決定するおつもりでしょうか?
また、批判に対し、目を背けずに答える「努力」や、正すべき点は正す「努力」もして下さいね。

>正体がばれないだろうとたかをくくって、自分の愚痴をただ、言い散らす。
>本音は要するに、逃げたかったのでしょう。
>楽をしたかったのでしょう。遊びたかったのでしょう。
>人生の目的など、どうでもよくなったのでしょう。
>その気持ちも分からないではありません。確かに、大変な問題ですからね。当分、仏法は無理でしょう。

W部さんであろうあなたが、このように言う気持ちも分からないでもありませんが、
最近特に、言葉遣いが汚くなってきましたね。
そんなに、かわいがった部下が自分のもとを離散し、批判していることに腹が立つのでしょうか?

口汚く罵るこのような内容は、あまり評価されませんし、問題の解決に向かっては、何も進展しませんよ。

過去、K玉さんも、
「ジャンヌにあるような、親鸞会を批判しつつも
 『私は親鸞会をやめろといっている訳ではありません』
 『親鸞会の中にも、良い部分は沢山あるということを知ってもらいたいのです』
 といった表現を、講師部員はできない。
 すぐに「やめた者は求道の敗残者だ」とか言い出す」
と言われていましたよ。あなたも、その講師部員の一人ですね(笑)

510 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:49:24 ID:a30IOMwF
>>509の続き
>しかし、そのみじめさに耐えられないからといって、やたらと正義感をふりまわして、
>自分を正当化するのは、やめてもらいたい
>ただただ、こっけいさを通り越して、悲しいだけです。

そのまま、あなたにこの言葉をお返しします(笑)

>親鸞会の将来を見届けたいなら、黙って見ていればいい。
>浄土真宗が、どうなるか。親鸞聖人の教えを説かぬ本願寺がどうなるか。
>親鸞聖人の教えをお伝えすることにのみ全力を尽くす親鸞会が、今後どうなるか。
>せめて邪魔せず、黙って見ていてもらいたい。

「とにかく、これ以上批判しないでくれ…おれの精神力がこれ以上もたない…もうやめてくれ・・・」
「お願いだいから、邪魔しないでくれ・・・」と言われているように聞こえます。

心配だから、口出しをしているのだし、よくなってもらたいという心が少しでもあるから、
問題があると思われる部分を批判しているのです。

それに対して、ただ「たのむから親鸞会が誤解を受けるようなことは言わないでくれ」と述べるのではなく、
「なぜこのような批判を受けるのか」
「正すべき部分もあるのではないか、またそれはどこか」
といった建設的な意味のある反省を行い、目を自らの内側に向けるほうが、
解決に早く向かうと思いますよ。言っていることがまだ分かりませんか?


511 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:51:38 ID:a30IOMwF
>>510の続き
あと、「親鸞聖人の教えをお伝えすることにのみ全力を尽くす」のなら、
まず、あなた自身が、会長先生が作られた10分説法を何度も何度も、自分の口で叫びましょう。

苦手なこと、嫌なことから逃げずに、善知識の仰せを実践することに、力をいれましょう。

>そしていつの日か、やっぱり親鸞聖人の教えしかなかった、と知らされたら、
>そのときは、一切を総懺悔して、再び聴聞に来られたらいいでしょう。

ええ、そのような気持ちになることもあるかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

ただ、今はそのような気持ちにはなれません。申し訳ありませんね。

あと、最後に誤解のなきように言っておきますが、
私は話題になっている、あなたの部下であった人とは違いますよ。
あの一連の文章をじっくり見れば、それは分かると思うのですが…。

私はあなたのことはよく知っています。話しをしたこともありますので。
しかし、あなたが私のことを知っているかどうかは、私には分かりません。

では。

512 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:47:00 ID:ZveU2rRT
渡部さん最近元気ないですが、ネット対策にめげずに頑張って下さい。

あと、十分説法も。

513 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 16:48:12 ID:351CR8Ja
>>504-511
本人キター!
最初からここに書き込めばブログなくならなくて済んだのに。
見る人も多いだろうし。

514 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 17:03:06 ID:ZveU2rRT
ブログは実は本人でないとの噂が…

管理人は複数名存在するみたいで、
その中には現役の講師部員もいるらしい。

515 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 18:10:16 ID:EAW7vczh
真実を知るものは幸いなり

516 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 18:13:02 ID:EAW7vczh
真実を求むる者はなお幸いなり

517 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 18:22:33 ID:EAW7vczh
「知った、分かっただけではどうにもならん」

と思っているとすれば、それはとんでもないことです。



518 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 18:38:51 ID:XeaImmpp
>>513
ここだと流れてしまうから、まとまったものが欲しかったんでしょう。
それはどちらサイドも同じなのだろう。

519 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 19:07:00 ID:ioUTp38Q
>>515-517

今度は、先日のアニメ解説での内容の独り言ですか・・・


520 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 19:07:52 ID:uEVllFP/
365 名前: 親鸞会はうそつきばかりだ 投稿日: 2000/06/26(月) 18:18

親鸞会サークルが私についたうそ特集

1.人生の目的を考え、古今東西の哲学をおもしろおかしくワイワイガヤガヤ
楽しく話し合うサークルと言っておきながら、実は、親鸞会直結の宗教サークル
で、ワイワイガヤガヤ一方的に仏教の話をするサークルだった。

2.大学院に行ってると最初に言っていた人が、実は専任講師だった。

3.私を勧誘してきた人は、最初、私と同じ学校の文学部哲学科と言っていたのに
後になって、私とはまったく違う学校の経済学部せいだった。

http://piza.2ch.net/log2/psy/kako/950/950119684.html

521 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 19:49:03 ID:9c6RY0Rm
まとめサイトの管理人氏みたいに
トリップ付けてページにも書いてれば、本人だって確認できるけど
そうじゃないのなら、信憑性は薄い希ガス



522 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 19:52:33 ID:aHTkGJGB
>>514
それ本当にいたらスパイだろw
会側に全部情報流れてるよ

523 :( ´∀`):2006/02/13(月) 20:03:36 ID:9uVAnvDA
>>514
>その中には現役の講師部員もいるらしい

まじっすか!?
それってどこの噂?



524 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:30:06 ID:r/oHrt1U
>>505
>「一切衆生必堕無間」の根拠、「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
山科本願寺に木像本尊を安置された理由、「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
という親鸞聖人のお言葉」さえ、分かるように示せないのなら、
「親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのか」と疑われても仕方のないように思いますよ。
よかったら、分かるように教えて頂けないでしょうか?


何度も言っていますが教学的なことを話したいなら
ある程度の素養は必要ですよ。
仏教学的に五逆謗法は無間業ということぐらいはわからないと。
「一切衆生 必堕無間」という八字がないと根拠ではないというなら
古代インド語から勉強してください。

525 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:36:48 ID:r/oHrt1U
まあ、これなんかも「『阿闍世』というのは一切有為の衆生の代表として
あげているのだ」と仰っている信巻のお言葉ですが、アンチには
難しくてわからないのでしょうね。
教学の話したいなら御本典ぐらい読みなさいな。


また言わく、善男子、我が言うところのごとし、阿闍世王の「為」に
涅槃に入らず。かくのごときの密義、汝未だ解することあたわず。何をもっての
ゆえに、我、「為」と言うは一切凡夫、「阿闍世」は普くおよび一切、五逆を造
る者なり。また「為」は、すなわちこれ一切有為の衆生なり。我ついに無為の衆
生のためにして世に住せず。何をもってのゆえに。それ無為は衆生にあらざるな
り。「阿闍世」は、すなわちこれ煩悩等を具足せる者なり。また「為」は、すな
わちこれ仏性を見ざる衆生なり。もし仏性を見んものには、我ついにために久し
く世に住せず。何をもってのゆえに、仏性を見る者は衆生にあらざるなり。(涅槃経)

526 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:45:00 ID:a30IOMwF
>>524
>>「一切衆生必堕無間」の根拠、「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
>>山科本願寺に木像本尊を安置された理由、「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
>>という親鸞聖人のお言葉」さえ、分かるように示せないのなら、
>>「親鸞会の教義は、本当に親鸞聖人の教えといえるのか」と疑われても仕方のないように思いますよ。
>>よかったら、分かるように教えて頂けないでしょうか?

>何度も言っていますが教学的なことを話したいならある程度の素養は必要ですよ。
>仏教学的に五逆謗法は無間業ということぐらいはわからないと。
>「一切衆生 必堕無間」という八字がないと根拠ではないというなら古代インド語から勉強してください。

>>525
>まあ、これなんかも「『阿闍世』というのは一切有為の衆生の代表としてあげているのだ」と仰っている信巻のお言葉ですが、
>アンチには難しくてわからないのでしょうね。教学の話したいなら御本典ぐらい読みなさいな。

あなたは親鸞会会員の方でしょうか?

527 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:48:54 ID:uEVllFP/
>>524>>525

どの経典にも出ていない、
「破邪顕正せざるものは仏弟子にあらず」についても言い訳してみてね〜

528 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:57:16 ID:r/oHrt1U
>「当流には、木像より絵像〜」と言われた蓮如上人が
山科本願寺に木像本尊を安置された理由、

「本尊木像」という記述があるのは「山科御坊事並其時代事」。
これは実悟の書いたもの。
山科御坊ができたときは実悟は生まれてない。
山科御坊ができて十年ほどして実悟が生まれ八歳のときに
蓮師は亡くなられて直接教えを受けてはいない。
「山科御坊事並其時代事」には
「山科に文明九年より享禄四年までわずかに五十五年の間本願寺の
御坊があった。蓮如上人が建てられたものである。
今は草むらとなっている。云々」と始めに書かれている。
山科本願寺が法華衆に焼かれたのは蓮如上人が亡くなられてから30年後。
そのころ山科本願寺の本尊が木像であった根拠にはなっても
「蓮如上人が山科に木像本尊をおかれた」という根拠にはならない。
こんないい加減な根拠しか出せない木像本尊論って何なの?







529 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:09:30 ID:sdfida6r
>>528

へぇ知らなかった
木像本尊の根拠ってずいぶんいい加減なんですね。

木像でもいいぞっていう根拠は、蓮如上人がかかれ
たものや、親鸞聖人の書かれたものにはなってことですか?

530 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:10:58 ID:sdfida6r
それじゃぁ、木像を実際に安置している立場の人間だと
思われてもしかたないんじゃないの?

実際の門徒が名号本尊にしようかとおもっていて
「それはこまる」っていってる人とか

531 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:14:20 ID:sdfida6r
本尊って大事なものじゃないすか
それをそういう、弟子の書いた(直接教えを受けたわけでもない)ものを
根拠にもってきても、なんだかなぁというか、いまいち感がぬぐえないって
いうか

だいたい本願寺の学者でも諸説いろいろあって、名号本尊説を主張している
学者だっているじゃんw

サイト管理人さんは、木像でもいいんじゃないか派みたいだけど、
絶対正しいってスタンスじゃない
私にはどっちかわからない

っていろいろ書いている割には
木像に関しては、なにか本人の中で確信めいたなにかがあるのかな
と考えるのは考え過ぎか?

532 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:17:39 ID:09OoGfOC
>「名号本尊の根拠が、本願成就文である、
という親鸞聖人のお言葉」

本願寺の立場も「真宗では聞其名号で助かるのだから、定善の形像よりも
名号本尊」という点は変わらないのだと思うよ。
いろんな学者が「御一代記聞書」の解説に書いてるから。
その後に「名号だと思って木像を拝むのだ」という言い訳があるだけ。

533 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:36:15 ID:jKOt3SPo
ゆいしんしょうはデタラメだったのか。

534 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:43:22 ID:ex3Y1tFz
>>528
蓮如上人御一代記聞書は実悟の編書であるとの説が有力ですが、
実悟の書したものを否定するなら、
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」も否定する事になるが如何?

また、
「文明十五年八月二十八日のご文に、
阿弥陀堂の仏壇(中略)いくほどなくして出来せり。則まづ本尊を六月十五日にすえ奉りけり。」
とあるのは?実悟の記録と一致するんですが。

蓮如上人が形像本尊の下付をなされていた事実もあるが、
これもは如何?

覚如上人自身が形像本尊を門弟に下付されていた事実は?

こうした文献は全て間違いであり、いい加減で、
蓮如上人も覚如上人も名号のみを本尊とされたと?

親鸞会って自分達に都合の悪い文献はみんな「いい加減」って無視するんですね。
楽しい団体だ。

535 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:47:15 ID:ex3Y1tFz
>>524-525
仏教は後生の一大事に始まり後生の一大事の解決に終わる
後生の一大事は地獄に堕ちること

と思いっきり強調しながら、
こんな回りくどい根拠しか出せないんですね。

仏教の目的が後生の一大事であり、
それが「一切衆生必堕無間」ならば、
もっとはっきりと御本典に仰っていても良いんじゃないの?

536 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:47:37 ID:jKOt3SPo
>>528
なるほど、時代を経てしまった人の伝聞での記述は根拠として信憑性が薄いと。

あれ?覚如上人って親鸞聖人没後の生まれじゃ中武???

537 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 22:00:57 ID:wse3IwYd
木像本尊論、っていやらしい言い方だね。
本願寺、或いはアンチが木像本尊が一番大事と言っているように思わせたいのかな。
なぜ答えぬでやったやり方だけにやりかねないんだよな。

538 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 22:03:04 ID:ex3Y1tFz
>>537
その通りです。
木像を本尊としているものが、「親鸞聖人や蓮如上人の教えを踏みにじって」
と書くのならば、

じゃあ、木像を本尊とされた蓮如上人や、
覚如上人は外道かと言っているのですよ。

早く答えて下さいな。
蓮如上人は外道ですか?
覚如上人も外道ですか?

539 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 23:00:24 ID:xUWqGEvK
まあs会も名号名号といいながら、その中でも
親鸞聖人のご真筆のもののみを有り難がる、筆跡を有り難がる点では
金ピカの仏像を有り難がってる心理と変わらない。

何故かというと、s会で使っているあの親鸞聖人ご真筆の六字名号が
所蔵しているところによって、これ以上の複製を不可とされてしまった。

だからこれから親鸞聖人ご真筆の六字名号を下付し続けるためには
今ある分だけでやるしかない、じゃあ辞める人からは返してもらおう。

そのため親鸞聖人の教えに背くような本尊貸与制度(本尊を取り返す)
などというものを作った。
(まあそれで数を賄えるということ自体、入った分だけ辞めていくという事でしょうか)

別に親鸞聖人ご真筆でなくとも名号本尊は出来るではないかと言うと
「親鸞聖人のご真筆のほうが、みんな有り難いと思うでしょ。」だって。

540 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 23:04:24 ID:a30IOMwF
>>539
>何故かというと、s会で使っているあの親鸞聖人ご真筆の六字名号が
>所蔵しているところによって、これ以上の複製を不可とされてしまった。

これは本当でしょうか?所蔵しているところとは、どこですか?
所蔵しているところに内緒で、親鸞会は複製をし続ける可能性はないでしょうか?


>だからこれから親鸞聖人ご真筆の六字名号を下付し続けるためには
>今ある分だけでやるしかない、じゃあ辞める人からは返してもらおう。
>そのため親鸞聖人の教えに背くような本尊貸与制度(本尊を取り返す)などというものを作った。
>(まあそれで数を賄えるということ自体、入った分だけ辞めていくという事でしょうか)

親鸞会では、退会者から取り返した本尊は、焼却していると聞いたことがありますが、
使いまわししているのでしょうか?

541 :元々ぼら夫:2006/02/13(月) 23:16:16 ID:kE45pRzl
お久〜♪
本尊について
>>534さんのゆわれとる通り、実悟さん(ちなみにこの方、大学者でっせ)の書いたものを
否定するなら『御一代記聞書』も眉唾ものってことになってまう。「木像より〜名号」の
根拠は何?まだまだ論証というにはほど遠い罠〜。大体、山科は当時、日本一と
言っていい、知らん人がいないほどの巨大伽藍。参詣者の数も膨大。証人がぎょ〜さん
おるのに、間違いを述べる方が逆に難しいと思わんの?常識的に考えてさ。
(^-^)/


542 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 23:57:47 ID:ex3Y1tFz
>>528
この程度であっという間に論破されてしまうほどの反論をして、

>アンチには
>難しくてわからないのでしょうね。

とか言っているこの人って何なの?

543 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:04:35 ID:+58pYJHZ
こちらスネーク、公園の女子トイレに到着した・・・
大佐、指示をくれ

544 :元々ぼら夫:2006/02/14(火) 00:11:08 ID:9MF15XUP
あと、寝る前にお返事。
>>449
漏れは、お葬式のとき「故人はお浄土へ参りました」とは言わんね。わからんもんは
わからへんもん♪逆立してもわかりませぬw。ただね、親鸞聖人は、わからんもんのために
建てられた本願や、わからんもんの為にこしらえた浄土や。わからんわからんで
苦しみ迷うておる者だからこそ、必ず浄土に往生させなならんと誓われた仏さんがおる、
と伝えて下さったんや。と、こ〜ゆ〜お話をするねぇ。宗教は、生きて働くもんと思うんよ。
形骸化と奴隷化、どっちの方向に行っても宗教の死や、わかるかな?
(^-^)/ホナねん☆

545 :大佐:2006/02/14(火) 00:40:50 ID:Zg8RBbe9
>>543
警察へ連絡を取り付けた。
そのまま女子トイレで待機せよ。

或いは便器に流されてくれ。

546 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:48:32 ID:Tany24T0
>>544
>漏れは、お葬式のとき「故人はお浄土へ参りました」とは言わんね。
そうですか。
でも、我が家の手次の寺は、必ずそう言うし、真宗寺院住職の大半は、そう言うと思いますね。

547 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:55:42 ID:Tany24T0
山科本願寺が木像本尊でありながら、
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」と言われているのなら、明らかに矛盾。
蓮如上人が、自分で自分の首をしめていることになってしまう。
だから、どちらかに何らかの事情があったと考えるべきでしょう。

となると、真宗教義からは「本尊は名号」。
やはり「木像本尊」は、「当流」の姿に反するものと言える。
わざわざ、「当流」に反することをされた蓮如上人の、その心は何であったのか、知りたいところです。

548 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:00:40 ID:Tany24T0
私は、蓮如上人を外道扱いするつもりはないが、
たとえば、もともと浄土真宗にはなかった「掟」を定められた件や、
自分の娘を権力者に嫁がせるなど、政に近づいた件など、
首をかしげたくなる面があるのは事実。
山科本願寺落成の法要にも、足利義政の妻、日野富子も参詣していたというし、謎が多い。

549 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:45:21 ID:E6PESh0j
戦国時代という時代背景かな。

550 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:50:45 ID:+qSje8qd
やり方についてはみんな自分の考えに合わなければ非難したくなるで
しょうが俗諦門と真諦門と言う言葉を知らねばなりません。

551 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:55:08 ID:+qSje8qd
このような教義に対する議論は意義がありますね。

552 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:56:18 ID:+qSje8qd
誰もが疑問に思うところでしょうから思う存分やって下さい。素人は
退散しまーす。


553 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 02:00:14 ID:E6PESh0j
勧誘の仕方については、個人的にはどちらでもいいと思いますが、
本当に親鸞という名前を出して勧誘すると人が集まらないという意見は
疑問に思います。親鸞という名前を出していけば、新勧や後期顕正以外の
時期にも、縁ある人に話ができるのではないかと思うのですが。


554 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 02:56:59 ID:eAWbBVNM
>>539
>そのため親鸞聖人の教えに背くような本尊貸与制度(本尊を取り返す)
>などというものを作った。

あのアニメとは真逆だよな〜
後を追ってきて、取り上げるんだから。

親鸞会ってネーミングも考え直した方がええんとちゃう?

555 :534,541へ:2006/02/14(火) 08:24:08 ID:fWL8sG73
>>534
>蓮如上人御一代記聞書は実悟の編書であるとの説が有力ですが、
実悟の書したものを否定するなら、
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」も否定する事になるが如何?
>>541
>実悟さん(ちなみにこの方、大学者でっせ)の書いたものを
否定するなら『御一代記聞書』も眉唾ものってことになってまう。

頭悪いのか?わざと言っているのか?
>>528の文章のどこが実悟を否定しているのか示してください。



山科御坊末期の本尊が木像であった根拠だろ。
そういう根拠なら他にもあります。
ただ「蓮如上人が木像本尊を安置された根拠」にはならんというだけ。

覚如上人や蓮如上人が形像を「本尊」として下付された根拠って何?
たぶんS会は絵像や木像は否定してないはずだがわざとそういう話に
もっていこうとしてるのか?
「すえたてまつる」は「安置する」ということだから別に木像には
限らんと思うがなんでこんな根拠しかあげんのか不思議。



556 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 08:42:39 ID:Zg8RBbe9
>>555
>たぶんS会は絵像や木像は否定してないはずだがわざとそういう話に
>もっていこうとしてるのか?

公式HPでは
>木像や絵像本尊を廃して御名号本尊となされたのは、親鸞聖人をもって最初と致します。
>さればこそ親鸞聖人は、「木像絵像本尊を廃して御名号本尊とせよ」とご教示になったのです。

s会では、親鸞聖人は絵像や木像本尊を廃した人という見解だから、
それに沿うように「廃して」るんじゃないの?
否定してるから廃してるんでしょ。




557 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 09:09:23 ID:fvz2Sd1U
『南無阿弥陀仏』と申す文字は、その数わずかに六字なれば
さのみ功能のあるべきとも覚えざるに、この六字の名号の中には
無上甚深の功徳利益の広大なること、更にその極まりなきものなり

558 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 09:18:35 ID:ghLoqZaC
>>550
>俗諦門と真諦門と言う言葉を知らねばなりません。

s会では、ダミーサークル(偽装サークル)、嘘つき・身分・信心詐称することも
俗諦門だといいたいのでしょうか?

あと、唐突にシンパが本尊論を蒸し返してきたが、これは新勧のための2cn対策の一環
と思っています。

本尊論も結構ですが、犯罪行為であるダミーサークル(偽装サークル)、嘘つき・身分・信心詐称
勧誘の諸悪についてもっともっと書き込んで、新1年生に注意を喚起すべきだとと思います。

Wikipedia「偽装サークル」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%A3%85%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB
「ノート:偽装サークル」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%81%BD%E8%A3%85%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB
「s会はマインドコントロールやってます」
http://www.nurs.or.jp/~juunenso/kakorogu/200411kou.htm
「「青春を返せ裁判」の書類」
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/s-siryou.htm
「新入生向け企画A カルト撃退マニュアル」
http://www.nurs.or.jp/~juunenso/cultgekitai.htm

559 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/14(火) 09:28:16 ID:iTjZxv9w
>>525
>まあ、これなんかも「『阿闍世』というのは一切有為の衆生の代表

 阿闍世は、五逆罪を犯してしまった人の一切の代表という意味です。
 五逆罪を犯してない人も含め、およそ人は五逆罪を犯す存在であり、阿闍世はその一切衆生の
代表という意味は、親鸞会の外に出れば通用しません。外道親鸞会のインチキ教義と、正しい仏
道の教えとは根本的に違います。

 一切有為の衆生とは、生存している人間全てという意味です。無為の衆生とは、鬼籍に入った
人々という意味です。釈尊は、五逆罪を犯し、現在でも生存している人々を阿闍世に代表させて
語っています。

 五逆罪を犯し、取り返しのつかないことをしてしまった人はもう、悔いてもしょうがない。
「善いかな大王、具(つぶさ)に慙愧あり」。阿闍世はもう十分慙愧した。もう十分慙愧した以
上は、もう苦しむ必要はない。釈尊先生はそう言っているわけです。

560 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/14(火) 09:30:58 ID:iTjZxv9w
 五逆罪というのは大変な罪であり、いったん犯してしまえば取り返しがつかない。しかし、人
には煩悩がある。
 「阿闍世」は、すなわちこれ煩悩等を具足せる者なり。また「為」は、すなわちこれ仏性を見
ざる衆生なり。阿闍世は煩悩を具足した生身の人間の代表である。煩悩等を具足する生身の人
間はなかなか仏性が見えない。ものの本質が見えない。
 仏性を見んものには、我ついにために久しく世に住せず。自分(釈迦)は、仏性が見える人の
ために存在しているんじゃない。何をもってのゆえに、仏性を見る者は衆生にあらざるなり。なぜ
なら、仏性が見えるという人は、およそ人間として存在しないからである。人間として存在する
者は、仏性が見えない。ものの本質がなかなか見えない者である。

 ものの本質が見えなければ、一部には間違って五逆を犯す人もいるだろう。一切衆生必堕無間
と言えば、これは仏性が見えていない外道親鸞会のインチキ教義だ。しかし、いったん五逆を犯せ
ば、これは取り返しがつかない。地獄に堕ちる。五逆を犯せば地獄に堕ちるが、心から慙愧する人
まで地獄に堕ちると言うことではない。
 心から慙愧するは、もうそれ以上悔いる必要はない。悔いる必要はない。自分(釈迦)は、心
から悔いている人を重ねて弾劾するようなことはしない。心から慙愧する人は、決して地獄に堕
ちることはない。釈迦はそう言っているわけです。

561 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 09:33:53 ID:xJVuK2D+
●寺の話と雲泥の差

 母の実家は浄土真宗であり、私をよく、近くの寺へ
連れて行ってくれました。
 しかし、坊さんの話は、世間話ばかり。
教えは全くありませんでした。


562 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 09:39:33 ID:xJVuK2D+
●寺の話と雲泥の差(その2)

 ただ、今でも心に焼きついて忘れられないのは、
魚を料理しながら、
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。今度は、人間に
生まれてくるんだよ」と言っていた母の姿と、
いよいよ最期を迎え、
「八十に、生きながらえし、この身体、み仏に、
あうぞうれしき」と歌を詠み、母の手を握って、
後生へと旅立っていった父の姿です。


563 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 10:20:24 ID:xJVuK2D+
●寺の話と雲泥の差(その3)

悲しみに沈んでいた、そんなある日、近所に住む人が、
「あなた、親鸞聖人のみ教え、聞いてみませんか。明るい心になれますよ」
と講演会に誘ってくれたのです。
「親鸞聖人」という、懐かしい言葉を聞き、母と寺参りした思い出が
よみがえってきました。
 早速、講演会場に行き、驚きました。

なんと、寺と違う!
 世間話など全くなく、教えばかりなのです。

「人生には目的がある。親鸞聖人のみ教えにのみ、人生の目的がある」
と講師の先生が、力一杯話しているではありませんか。
 これだ!と心が叫んでいました。


564 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 11:36:10 ID:7TCfM4Gk
流れぶったぎってすみません。「『なぜ私は親鸞会をやめたのか』を読んで」の文面拝見してましたら、
メッキがボロボロと剥がれ落ちて、だんだん人格攻撃・見当違いな決めつけ・相手の質問の無視が多くなってる感じがします。

そういえばもうすぐ親鸞会の新入生勧誘の時期がやってくるんですよね。これ以上被害者を出さないように
近くに受験合格者がいたら、ダミーサークルの注意喚起をしたく思います

565 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 11:49:40 ID:jPBNQtO/
あれは反論というより
会の内部向けに動揺を抑える為の文章だから。

その証拠に、未だに反論元のサイトにリンク貼れていない。
少なくとも反論出来ているという自覚があれば、リンク位はるでしょう。



566 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 11:53:57 ID:jPBNQtO/
反論サイトを書いている渡部さんも、かなり精神的に疲弊しているのか、
もう反論だという自覚もないのか、人格攻撃しか手がないのだろう。

最近の文章は殆ど悲鳴に近い。
なんかかわいそうだよ。

567 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 12:38:04 ID:fvz2Sd1U
>>566

( ´,_ゝ`)プッ
自分のことはなかなか見えないものですね〜
実名批判してるあなたのほうがかわいそうだよ。

568 :556へ:2006/02/14(火) 12:43:00 ID:6TG6fiUb
>>556
>s会では、親鸞聖人は絵像や木像本尊を廃した人という見解だから、
それに沿うように「廃して」るんじゃないの?
否定してるから廃してるんでしょ。


木像や絵像があれば全部本尊だとでもいうのかな?
534,541の代わりに答えてくれる?


569 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 12:47:26 ID:6TG6fiUb
この文章のどこが実悟を否定してるのか、お答えください。
「山科御坊末期の御本尊が木像であった根拠になる」と書いたんだけど、
どこかに「実悟の書いていることは間違い」って書いてありますか?


「本尊木像」という記述があるのは「山科御坊事並其時代事」。
これは実悟の書いたもの。
山科御坊ができたときは実悟は生まれてない。
山科御坊ができて十年ほどして実悟が生まれ八歳のときに
蓮師は亡くなられて直接教えを受けてはいない。
「山科御坊事並其時代事」には
「山科に文明九年より享禄四年までわずかに五十五年の間本願寺の
御坊があった。蓮如上人が建てられたものである。
今は草むらとなっている。云々」と始めに書かれている。
山科本願寺が法華衆に焼かれたのは蓮如上人が亡くなられてから30年後。
そのころ山科本願寺の本尊が木像であった根拠にはなっても
「蓮如上人が山科に木像本尊をおかれた」という根拠にはならない。
こんないい加減な根拠しか出せない木像本尊論って何なの?


570 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/14(火) 12:54:44 ID:iTjZxv9w
>>353
> あなたも、口先では仏語をふりかざしながら、心は逃げ回ってるんじゃないの?

 ご本人には、本心では、なかなか納得できてない部分があるのでしょう。嘘で固めた教義など、
腹の底から納得できるなどということはあり得ない。
 無意識に面従腹背しているなら、面従腹背にならざるを得ないでいる自分の本心に注目するこ
とこそ、大事なことだと思います。

>心あたりがあるなら、少しが10分説法まともにやったら?

 無理はしないでいい。引っ掛かるところ、間違えているところ、そこは大事なところだ。真実が
見えてくる大事なヒントが隠れているところだ。丁寧に掘り下げてみるといいだろう。

>全然、会長先生の御説法の流れにもそっておらず、言葉尻だけ合わせて、自分の作った話しを
しているって有名でしたよ。

 会長先生の操り人形、ロボットになることを拒否したい心があるんでしょう。
 操り人形は嫌、ロボットは嫌、自分に嘘をつくのは嫌。そう叫んでいる生身の自分に気が付け
ば、そこからは他人に気兼ねしないで済む素晴らしい人生が開けてくるだろう。

>心あたりがあるなら、少しが10分説法まともにやったら?
   操り人形になることを他人に要求しなさんな。

>相当な数でしょうね(笑)

 お会いしたことはないが、W部さんは、宿善の厚い本当に素晴らしい人かも知れません。遠か
らず真実を見るでしょう。

571 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 12:57:29 ID:T06cQDdt
>>567
批判してる相手の顔もまともに見られない(未だにリンクを貼れない)で
人格攻撃してる、読んで管理人ほどではないんじゃない?

572 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 13:08:46 ID:ZgcTFvyT
>>571
rel="nofollow" でせこいリンクを張るくらいなら
リンクしていない方が潔いと思います。

573 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/14(火) 13:16:49 ID:iTjZxv9w
>>561
>坊さんの話は、世間話ばかり。教えは全くありませんでした。
     寺に仏法があって当たり前と言うのは、大昔の話だ。馬鹿な幻想を持ちなさんな。

>>562
>「八十に、生きながらえし、この身体、み仏に、あうぞうれしき」と歌を詠み、母の手を握って、
> 後生へと旅立っていった父の姿です。

 時代遅れ、カビが生えた人形浄瑠璃、人情話などにしびれるより、現実に目を覚ましたらど
うですか?
 同じ人形浄瑠璃でも、もっともっと素晴らしい古典はたくさんありますよ。つまらん話は忘
れましょう。

>>563
>  早速、講演会場に行き、驚きました。 なんと、寺と違う!世間話など全くなく、教えば
かりなのです。

 貴方が感動した教えも、インチキ宗教、デタラメだったんですよ。寺にも親鸞会にも仏教は
ない。

 ところが、この2ちゃんねんるにはそれがある。親鸞聖人も、蓮如上人も、夢にも想像できな
かった巨大な御示談が展開している。
 便所の落書きと言われながら、蓮の花は汚泥に咲く。まさに、ここにこそ素晴らしい仏教が
ある。そうは思いませんか?

574 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 13:28:00 ID:T06cQDdt
>>572
は?wせこいことはせこいが、自分で喧嘩売っておいて
リンク貼ることさえできない方がよほど情けない。

575 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 14:03:17 ID:PaJuuBJK
>>569
あのさ、木像や絵像は文字とちがって高価なんだから、
彫師や絵師にわざわざたのんどいて、本尊じゃないってことはないと思うよ。
それに落慶の際にすえつけておいて本尊じゃないって一体どういう位置づけなんですか?
置物?

いまいちど、振り返ってみると
批判者側は、木像・絵像・名号本尊でもどれでもよい。
特に木像本尊にこだわっては居ない。
シンパ側は、名号本尊しか認めない。
しかし、本尊でなければ、木像・絵像は認める。

どうよ?

576 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 16:56:58 ID:E8jtxgwQ
>>559
>>560
>>570
>>573

    Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ^×^)< 座禅ねんぶつー
    (    ⊃ \ ______
    | | |
    (__)_)




     ||| || |
     __∩__ グチャ
     | ,.:. '.;§, |; モネェ・・・
 ., ,・倒_@δ,_|,.': ;
 ,: 。'∽(__)_)β 。,.・;


577 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 17:21:36 ID:iMGwEemB
>>575
あのさ、木像や絵像は文字とちがって高価なんだから、
彫師や絵師にわざわざたのんどいて、本尊じゃないってことはないと思うよ。

高価だから本尊ってことはないと思うよ。


578 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 17:24:14 ID:ghLoqZaC
>>575
>批判者側は、木像・絵像・名号本尊でもどれでもよい。
>特に木像本尊にこだわっては居ない。

短絡的なまとめかたじゃないですか?
必ずしも、そんなことないと思いますね。
たとえば漏れの考えでは、名号を本尊にするのが望ましいとおもいますが、
絵像や木像の本尊をあえて否定はしません。
自分から進んでは絵像や木像を本尊にしない。名号を本尊にします。
(ちなみに本願寺でも東西両方で名号本尊が求められます)
すでに長い年月に人々に本尊として尊ばれてきた絵像や木像本尊を
あえて排斥せず、否定せず、礼拝する、という考えです。

親鸞会はそういう長い年月に人々に本尊として尊ばれてきた絵像&木像本尊ですらも、
排斥し、否定すると思っていましたがそうなんですよね。
でも法然上人が礼拝してきた絵像&木像本尊を親鸞聖人が否定・排斥したとは
信じがたいのですが、なにか証拠はあるのですか?

>シンパ側は、名号本尊しか認めない。
>しかし、本尊でなければ、木像・絵像は認める。

つまり、木像や絵像が本尊として安置してあれば、歴史も伝統もへったくれもなく、
すべてを否定して排斥する、と理解していいんですよね。

579 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 17:24:52 ID:7VxyUKlg
「なぜ生きる」が出始めた頃、「正本堂はオートマチックに建つ」みたいなお達しがありませんでした?
なのに「親鸞会の何が問題か」って言うサイト見たら、正本堂建てる為にかなり強引な集金がなされてる様子ですね
オートマチック(自動的)に建つと言われてたのは、会員がその為に苦しまなくてもいいって事じゃなかったんですか

580 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 17:35:14 ID:pgUAmLfb
↑会員は言われなくても金出すから(オートマチックに)建つんだろ。
会長は何も知らないうちに建つのだから、オートマチックに変わりねえw

「一宗の繁盛と申すは」の「御一代記聞書」にも反してるし、
本尊を取り返すなんていう、親鸞聖人の真逆の事をしてるし、

親鸞会は事実上の反親鸞、反蓮如なので、
反親鸞会に名前を変えた方がいいよ。

581 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 17:50:46 ID:SXgsg9on
>>577
そうか?
高価っても、二三十円高いとかのレヴェルじゃないよ?
当時にしてみたら、仏像を彫ってもらうってのは
今で言う、家買うぐらいのお金がかかったんとちゃう?
そんな高価なもんを作ってもらうのに本尊じゃないってことがあるの?
しかも他でもない阿弥陀仏の形像なのに。



582 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 18:24:19 ID:SXgsg9on

>>578
失礼だが、あなたのような物言いでは、
親鸞会にしてみれば、「伝統を盾に教義を曲げる」って言って非難・攻撃するためのいいカモですよ。
仏説を曲げる仏敵の汚名を着せられますよ。

ふつうなら、ここでこそ俗諦門って言って、世俗との宥和的な態度に出るんだろうと思うのだが。
あの会はおかしいですから。




583 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 18:33:17 ID:ghLoqZaC
>>582

ご親切にご指摘ありがとう。
しかし、思うのだが、親鸞聖人は善知識の法然上人に対して必ずしも
無条件服従してませんよね。

法然上人は木像絵像本尊を礼拝しておられたわけで。

親鸞聖人が木像絵像本尊を排斥された根拠をぜひ教えてほしいものです。

584 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 18:56:48 ID:bd9uWsEx
>>579
>「なぜ生きる」が出始めた頃、「正本堂はオートマチックに建つ」みたいなお達しがありませんでした?
>なのに「親鸞会の何が問題か」って言うサイト見たら、正本堂建てる為にかなり強引な集金がなされてる様子ですね
>オートマチック(自動的)に建つと言われてたのは、会員がその為に苦しまなくてもいいって事じゃなかったんですか

親鸞会って明らかに財政難におちいってるでしょ?会費による収入はどんどん減っているらしいし。

支部長制度になったのは、実質、講師部員のリストラによる人件費削減だし、
御法礼の値上げや、以前行なわれていた会計報告がなくなったことをみても、
明らかに財政難におちいっているね。

そういえば、正本堂の借金はもう返したのかなぁ?建った時点で、まだ20〜30億くらい足りないと聞いたが。

親鸞会は数年後にはクラッシュするでしょう。会員の皆様、お気をつけ下さい。
なんか、ライブドアショックみたい。「幸せはいとも簡単に崩れ去る」だね。

585 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:03:12 ID:dcKjuF3R
横から失礼>>568あたりにお聞きしたいんですが、

s会会員は、阿弥陀仏の形像(木像や絵像など)を見ても、
合掌礼拝の対象とはしないのでしょうか?
むしろ、阿弥陀仏の木像や絵像に合掌礼拝するのは、外道のすることとお考えでしょうか?

586 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:06:24 ID:xtwIMAOe
> なんか、ライブドアショックみたい。「幸せはいとも簡単に崩れ去る」だね。

幸福は親鸞会にあることをお認めになられるのですね?


587 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:13:08 ID:fvz2Sd1U
>>585
阿弥陀仏の木像や絵像も阿弥陀仏は阿弥陀仏
なので粗末にはしていません
合掌礼拝してはいけないというものでもない
木像よりは絵像、絵像よりは名号ですから
お仏壇に安置するご本尊は名号だということです

588 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:26:56 ID:bd9uWsEx
>>586
>>なんか、ライブドアショックみたい。「幸せはいとも簡単に崩れ去る」だね。

>幸福は親鸞会にあることをお認めになられるのですね?

誰あんた?会員?
認めるも何も、そりゃ親鸞会「にも」幸福はあるでしょうよ。相対の幸福はね。
絶対の幸福はあるのかな〜?あなたは得ましたか?

まあ相対の幸福くらいなら、会内で「俺たちは真実知らされた者なのだ」と慰めあっていれば、
幸せな気分にはひたれるでしょうよ。でも、勇気を出して、外の世界もみたほうがいいよ(笑)




589 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:32:55 ID:dcKjuF3R
>>587
木像や絵像は、仏壇に安置しないんですね。

お仏壇に安置して合掌礼拝すれば、それがその家なり、お寺なり、道場なりの本尊となるわけでしょう?

>合掌礼拝してはいけないというものでもない
s会では、絵像や木像を本尊とする、即ち仏壇に安置して合掌礼拝することは
親鸞聖人の教えを踏みにじる行為と断じているじゃないですか?

590 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:42:11 ID:CTAE30Mi
「蓮師が山科御坊に木像本尊をすえられた」という根拠は
無いわけだが、それでも木像本尊にする木像派はどういうつもりなんだろ。



「本尊木像」という記述があるのは「山科御坊事並其時代事」。
これは実悟の書いたもの。
山科御坊ができたときは実悟は生まれてない。
山科御坊ができて十年ほどして実悟が生まれ八歳のときに
蓮師は亡くなられて直接教えを受けてはいない。
「山科御坊事並其時代事」には
「山科に文明九年より享禄四年までわずかに五十五年の間本願寺の
御坊があった。蓮如上人が建てられたものである。
今は草むらとなっている。云々」と始めに書かれている。
山科本願寺が法華衆に焼かれたのは蓮如上人が亡くなられてから30年後。
そのころ山科本願寺の本尊が木像であった根拠にはなっても
「蓮如上人が山科に木像本尊をおかれた」という根拠にはならない。
こんないい加減な根拠しか出せない木像本尊論って何なの?



591 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:48:01 ID:2NhfArxs
>>584
支部長制度になったのは、実質、講師部員のリストラによる人件費削減だし、
御法礼の値上げや、以前行なわれていた会計報告がなくなったことをみても、
明らかに財政難におちいっているね。

S部員はK部員の半分の人数でしょうから、まだ多少余裕はあると思います。


592 :「親鸞会の本尊論を再考する」より抜粋:2006/02/14(火) 19:48:02 ID:NlknUtM2
蓮如上人の本尊は、具体的には、蓮如上人が発願建立された山科本願寺の阿弥陀堂の本尊であろう。
文明十五年八月二十八日のご文に、
阿弥陀堂の仏壇(中略)いくほどなくして出来せり。則まづ本尊を六月十五日にすえ奉りけり。
と述べられ、山科本願寺の阿弥陀堂の本尊は文明十四年六月十五日に「すえ奉」られたとある。
平尾興栄氏も注意されたごとく、このすえ奉られた本尊が、形像本尊であったか名号本尊であったかは、
「据える」とある表現からも推察されるが、実悟師の『山科御坊之事並其時代事』に阿弥陀堂の荘厳を記するに、
木像本尊 安阿作 如今。左方北太子絵像 讃如常蓮如御筆・六高僧御影。右南法然聖人一尊御影 讃如常蓮如御筆 両方共に三具足、燈台あり。
とあり、ここに木像本尊(安阿作)とある。明らかに蓮如聖人は形像本尊を礼拝の対象として安置されていたことは歴史的事実である。
(現代の教学問題・本尊について p100−101)


593 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:50:08 ID:NlknUtM2
【山科本願寺】
文明14年(1482)、山科に蓮如上人が建立した本願寺をいう。
寛政6年(1465)に大谷の本廟が比叡山の衆徒に破却されて
以来はじめて本願寺の名のもとに再建されたもの。
松林山と号し、大津近松に長らくあった親鸞聖人の影像を安置した。

594 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:03:59 ID:xtwIMAOe
世間では名号とご本尊に対する誤解が絶えないようですね。


595 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:05:58 ID:bd9uWsEx
>>591
>>支部長制度になったのは、実質、講師部員のリストラによる人件費削減だし、
>>御法礼の値上げや、以前行なわれていた会計報告がなくなったことをみても、
>>明らかに財政難におちいっているね。

>S部員はK部員の半分の人数でしょうから、まだ多少余裕はあると思います。

そういえば、ビデオ講師も大々的につのった割には、段々法領が減ってきて、
辞める人が続出したんでしょ?仕事をためてまで、ビデオ講師になった人は、
本当にお気の毒ですね。

596 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:16:32 ID:2NhfArxs
>>595
多くの人はS部員になれたので大丈夫だと思う。

597 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:28:31 ID:jPBNQtO/
はあ?
ビデオ部員って百人以上いたんですが

598 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:37:25 ID:dE65rpxs
>>592
>「据える」とある表現からも推察されるが、

何を推察したんでしょうか?
「据える」というのが「安置する」以外に意味があるという根拠がないので
実悟師の言葉を持ち出したのですが
これが「山科御坊末期の本尊」とするならそのとおりだが
「明らかに蓮如聖人は形像本尊を礼拝の対象として
安置されていたことは歴史的事実である。」という根拠には
まったくならないことは前述のとおり。
ここにも「安置されて」と自分で書いているじゃないですか。

木像本尊の根拠がないことがますます明白。


599 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 20:49:21 ID:NlknUtM2
その他にも蓮如上人が形像本尊を下付されていた等の歴史的事実が述べられて
いますが、山科本願寺の阿弥陀堂に木像本尊を安置されていたという歴史的事
実の持つ意味は比較にならないほどの大きな意味があります。

なぜなら、山科本願寺とは蓮如上人が晩年を過ごされたところであり、
親鸞会で言えば現在の本部会館に匹敵するものだからです。



600 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:00:42 ID:1f84dKRN
>>598
ちょっとでも言葉が違えば駄々をこねるんですか。。

601 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:04:58 ID:qRQsw9VN
細木先生も因果応報という言葉が大好きです

602 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:07:56 ID:7gBafg9X
とにかく一番大切なのは、間違っても2ch信者にならないように気を付けることだな。

2chを利用するのは大いに利用すればいいわけだが
決して2chの情報を鵜呑みにしないことが大切だな。

しかしながら、長期間2chを利用していると
2chは工作員による洗脳活動が非常に激しいので
ついつい無意識のうちに洗脳されてしまう人間も居るのは事実。

無意識のうちに自分が2chを擁護し始めていたら注意が必要だ。
くれぐれも洗脳されないように気を付けないといけない。

603 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:12:17 ID:bd9uWsEx
>>584
>親鸞会って明らかに財政難におちいってるでしょ?会費による収入はどんどん減っているらしいし。
>
>支部長制度になったのは、実質、講師部員のリストラによる人件費削減だし、
>御法礼の値上げや、以前行なわれていた会計報告がなくなったことをみても、
>明らかに財政難におちいっているね。
>
>そういえば、正本堂の借金はもう返したのかなぁ?建った時点で、まだ20〜30億くらい足りないと聞いたが。
>
>親鸞会は数年後にはクラッシュするでしょう。会員の皆様、お気をつけ下さい。
>なんか、ライブドアショックみたい。「幸せはいとも簡単に崩れ去る」だね。

たしか、会長は以前、真宗改革に立ち上がった人たちについて、
「先駆者たちはは経済にうとかったから、改革に失敗したのだ」と、どこかに書いていたが、
親鸞会は大丈夫なんだろうか、と気になってみたりする。

親鸞会も経済的に破綻しないようにね。

604 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:14:24 ID:+Mn1omlW
>>599
>山科本願寺の阿弥陀堂に木像本尊を安置されていたという歴史的事実

蓮如上人が亡くなられて30年経った時点では木像本尊だったということですが
これが「蓮如上人が木像本尊を礼拝されていた根拠になる」というのは
頭が悪いひとが論文を書いたとしか思えないですね。
他に根拠が無くて仕方なく書いたのでしょうか。

605 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:17:22 ID:7gBafg9X
「勝手に2chを見て被害を受けたと言う人にはきて欲しくない」って

いくらこの掲示板の主導権を握っているからといってそれはあまりにも無責任すぎる。
人間が口ではうまく説明がつかないような複雑な感情を抱いたりするという性質があること。そしてその「きて欲しくない」の一言で簡単に気が休まると本気で思っているのでしょうか。。
「勝手に」というなら会員制の掲示板にすれば済むことでしょう。人に無理な要求していること自覚していないのではないですか?管理人の方。

それが世間ではやって、当たり前のことになったんだから認めたら?

「批判」の意味を履き違えている。批判は決して人を中傷することではないし、むしろ本当に間違いをストレートに指摘するからこそ対象になっている人が傷ついたり、不快な想いをしない言葉を選んで指摘しなければいけない。
アーティストのあやまちに感情的になって批判したところで結果的に本人達にとって中傷になっていたり。発言した本人は言ってすっきりして割り切っちゃえるかもしれないですが、言われた方の心にはずっと残り続けることを忘れないでください。
絶対に人が傷つくことが当たり前の日本にしては駄目です。アーティストはスーパーマンではないのですよ?極普通の精神力を持つ私達を同じ人間であることを認識してください。

606 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:18:25 ID:NlknUtM2
>>604
>蓮如上人が亡くなられて30年経った時点では木像本尊だった

この根拠は?
蓮如上人が1499年に亡くなられて、1532年に山科本願寺が焼け落ちた。
その後、実悟が山科本願寺について書き記したからって
それが焼け落ちる寸前の山科本願寺の姿の記述だって
何で言えるの?
説明プリーズ

607 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:18:27 ID:7gBafg9X
俺は2ちゃんねるはPCゲームやTVゲームに似てると思う。
面クリアしたり考えたりやられたり喜んだり悩んだり。楽なゲームは面白くない。
金だしてゲーム買って苦労するw
結局脳に刺激が欲しいんだな。 
2ちゃんは良くも悪くも脳を揺さぶられる対象に2ちゃんを選んだ奴が来てるとおもう。
ただ2ちゃんははルールやモラル関係無しでも発言出来るのが問題であり魅力のようだ。

608 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:20:29 ID:NlknUtM2
実悟は蓮如の第23子の十男でつよ。



609 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:35:24 ID:xtwIMAOe
アンチの大半は退会者だって聞いたけど、ここを見る限りでは
仏法のいろはも分かっていない人ばかりのようです。
こんな簡単なところでつまづいているようでは、
先生が聞法の敗残者と言われるのも納得がいきますね。


610 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:40:50 ID:NlknUtM2
シンパの都合のいい仮説は、
「蓮如死後、蓮如の意志に反して、
蓮如が晩年まで過ごした本願寺の中心である山科本願寺に
名号本尊だったところを、木像本尊に代えてしまった」
という手前勝手な解釈の下に成り立っています。


611 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:44:29 ID:NlknUtM2
俺には、蓮如死後に本尊を誰かが取り替えたという仮説を
無理矢理押し通そうとするシンパのほうに説明責任があるように思うのだが。



612 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:46:50 ID:bd9uWsEx
>>609
>アンチの大半は退会者だって聞いたけど、ここを見る限りでは
>仏法のいろはも分かっていない人ばかりのようです。
>こんな簡単なところでつまづいているようでは、
>先生が聞法の敗残者と言われるのも納得がいきますね。

あなたにお聞きしたいのですが、
「信心決定できなければ、求めても意味がない」という主張に、教学的に反論して頂けないでしょうか?

私は会にいたとき、講師部員をはじめ、多くの人に質問しましたが、ほとんどの人が
まともに答えられませんでした。答えられても言葉が上滑りしていて、
「ああ、本心じゃないんだな・・・」とすぐに分かるような回答でした。
しかし、一人だけしっかり答えてくれる人がいましたね。

あなたも上記の主張に、反論してもらえないでしょうか?
真剣に聴聞されていれば、答えられると思いますよ。


613 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 22:34:22 ID:OHRo1Xvq
>>606
山科御坊事並其時代事嫁。

「本尊木像」という記述があるのは「山科御坊事並其時代事」。
これは実悟の書いたもの。
山科御坊ができたときは実悟は生まれてない。
山科御坊ができて十年ほどして実悟が生まれ八歳のときに
蓮師は亡くなられて直接教えを受けてはいない。
「山科御坊事並其時代事」には
「山科に文明九年より享禄四年までわずかに五十五年の間本願寺の
御坊があった。蓮如上人が建てられたものである。
今は草むらとなっている。云々」と始めに書かれている。
山科本願寺が法華衆に焼かれたのは蓮如上人が亡くなられてから30年後。
そのころ山科本願寺の本尊が木像であった根拠にはなっても
「蓮如上人が山科に木像本尊をおかれた」という根拠にはならない。
こんないい加減な根拠しか出せない木像本尊論って何なの?



614 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:02:28 ID:OQ+O7aBq
>>609
>聞法の敗残者

君は聞法の勝利者なんだね?
法は聞き開けたわけだ。
俺は敗残者で良かったけどね〜
まあ、上根の人なんだろうな。

615 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:06:51 ID:Zg8RBbe9
>>613
「山科御坊事並其時代事」には、
何年頃のことを示す記述として「山科本願寺に木像本尊があった」ことが
記されているんでしょうか?
原文うpお願いします。

616 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:12:05 ID:I2D51a4E
>>547
>だから、どちらかに何らかの事情があったと考えるべきでしょう。

「安心門」と「行儀門」の違いではないでしょうか?

「教義」「安心」のうえからは、「信心の体」は、当然に「御名号」ですから(「聞其名号 信心歓喜」)、
親鸞聖人は、経済的理由の他に、「現生正定聚説」「名号大行説」の真宗(弘願門)の宗旨を鮮明にする為に
、定散の他門(要門)の行者依用の「形像本尊」より、「名号本尊」を主に御安置されたのでしょうが、すで
に以前より御安置されていた「形像本尊」を排斥されることはありませんでした。

もとより、親鸞聖人は、「本尊」の語の出典たる真言門の『大日経』などの「観法」の対境としての「形像」と
して、自力修行、自力祈願などの「礼拝の対象」としての「本尊」の有無や形は問題にされてません。

真宗の法では、「弥陀回向の次第:行(御名号)信(他力信)次第」「機受の次第:信(安心)行(仏恩報謝の起
行作業)次第」ですから、「起行門における礼拝の対象」の「是非」なり、「勝劣」、ましてや「正邪」などは
全く問題にならないでしょう。なぜなら、「 この機のうえは他力の安心よりもよほされて、仏恩報謝の起行作
業はせらるべきによりて行住坐臥を論ぜず、長時不退に到彼岸のいひあり。」(『改邪鈔』)
だから、「礼拝」などは、「称名報恩」に付随して「自然に」(各々のご縁に応じて)あるものだからです(だか
ら、別に決まった”礼拝の形式”を必要としません)。

そういうわけで、親鸞聖人や、蓮如上人は、別に「起行門における礼拝の対象」として、「形像本尊」を廃され、
「名号本尊」を立てられたのではないでしょう。
あと、蓮如上人の場合は、多分に他派で盛んだった「光明本尊」も意識されていたと思われます。

蓮師の場合、晩年になるほど、客観情勢にあわせて、形像の授与(裏書がある)が多くなっていくのも、「礼拝形式」
「礼拝の対象」などの「行儀門」は、「木像」にせよ。「絵像」にせよ。「御名号」にせよ、時代に応じて変わっていく「方
便」と考えられていたものと思われます。

「所信の体」は「御名号」という真宗安心のエッセンスたる「安心門」は、それとは全く別で時代や情勢によって変わるもの
ではありません。

617 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:48:28 ID:NlknUtM2
>>613
だから、蓮如が死ぬまで過ごしたのが山科本願寺なんですけど。
親鸞会の主張では、蓮如が山科本願寺ができたときは名号本尊で
死ぬまでの間に木像本尊に代えたってことは認めないんだろうから、
蓮如が死ぬまでは木像本尊ということはありえないでしょ。
でも実悟は、蓮如が死ぬ1499年には7才で、もう思慮分別がある年になってるんだよ。


618 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:48:49 ID:xtwIMAOe
そろそろIDが変更しますね。
明日は私はアンチを演じる番ですが、お手柔らかにお願いしますね(^^;
それでは失礼します。

619 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:50:09 ID:rsD67yFo
>>613
お待たせしました。随分自信一杯なんですね。ほほえましい限りです。

さて、例の「山科御坊事並其時代事」ですが、

仮御坊たちて、無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、やがて阿弥陀堂も立ましましけり。
三間四面に、四方は小縁、東方の前には六尺の縁也。向はさましやうししとみのことくに常に諸堂のごとし。
左右の脇は唐さま、これ又諸堂のごとし。さまにほり物ありけり名失念。木像本尊 安阿作 如今。
左方北太子絵像 讃如常蓮如御筆・六高僧御影。右南法然聖人一尊御影 讃如常蓮如御筆両方共に三具足、燈台あり。

とあります。
「仮御坊たちて、無程御影堂たちて、また本堂とてなくては如何とて、やがて阿弥陀堂も立ましましけり。」
とありますように、これは建立当初の様子を記したものです。
つまり蓮如上人ご存命の時ということですね。

お文に「据える」とある表現からも、
山科本願寺が建立当初木像本尊を安置していたのは疑いないことでしょう。

山科御坊事並其時代事にある本尊は山科本願寺の末期のことであり、
蓮如上人が据えられたものではないと強弁しておられた方、ご苦労様でした。
ちゃんと原典をお読みになられましたか?

それでなくても、蓮如上人が御下付された形像本尊があるわけですから、
「親鸞聖人も蓮如上人も名号のみを本尊とされた」
という説にはかなり無理があるわけですが。
それ以上に、顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。

さて、木像を本尊にされた蓮如上人は、
外道邪教徒ですか?
是非逃げずにお答え下さいね。

620 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 23:50:59 ID:ZbIaFWWh
>>251

除名者も名盤に刻まれている

621 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:04:16 ID:02b3wN9X
>>597
そんなにおられたんのですか。

622 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:38:49 ID:jevcvwNL
     ______
    /|     /\
  /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/   けんかしないでね、厨房のみなさま。
    |____|/
     ,,,,,,,,,

次スレ できてたみたい 

ひどすぎやしないか親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139650663/l50

つ置いとくね



623 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 02:00:28 ID:1rdtdVr6
親鸞聖人は鎌倉時代の人です。

624 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 02:01:09 ID:1rdtdVr6
お釈迦様の説かれた仏教をそのまま伝えてゆかれました。

625 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 02:02:18 ID:1rdtdVr6
更に親鸞、珍しき法をもひろめず、如来の教法を我も信じ人にも
教え聞かしむるばかりなり。

626 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 02:24:43 ID:BTi1kshr
>>625
だがs会は親鸞の教えではなく、親鸞の教えのフリをしたT森独自教義を教えています。

627 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 03:34:43 ID:GS83Nn9b
>>612
かなり昔本部の座談会で「信心決定しなければ求めてもしょうがないと思いますが」みたいな質問があって。
Y村総司令(当時)が「今求めていて信心決定できなくても来世の宿善となる」と答えた。
すると会長が「ちがう。求めている今から帰ってくるのだ。因果の道理ですから。善因善果ですから。光に向かって進んでいけば必ず善果は返ってくる。」と答えた。
それを聞いて「いくら働いても全部会に貢がされていつまでたっても貧乏なままじゃねえか、何が返ってくるだ」とかなりムカついたのを覚えている。
今から思うとこの会長の発言かなりやばくねえかな。

628 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 04:19:46 ID:ZLYtcRhM
生活が楽になるとか、いい車に乗れるとか、そういう善果ではないようですね。

629 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 04:23:47 ID:ZLYtcRhM
そういう意味では一般人と同じような善果は求めない方がいいのかな。

630 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 08:17:33 ID:Np8I9Cst
>>619
どうみても落慶時の記述です。
本当にありがとうございました。

631 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 08:22:29 ID:CjnN+0Tf
>>619
せっかく引用していただいた山科御坊事並其時代事ですが
なんではじめの部分が省かれてあるのでしょうか。
誰かが書いているように「草むらになりにけり」で
法華衆に焼かれたあとに「前後相違のことに侍れども」書かれたと
書いてあるのを「蓮如上人がご存命のときからにまちがいない」という
根拠はどこにあるのでしょうか?

本尊を誰かがさしかえたとも何とも言ってませんが
名号を下付された道場も後に次々に木像にかえられていった
「歴史的事実」から言ってもそういうことがあっても
全然おかしくないでしょう。
わからないことを根拠にするなと言っているんですよ。

木像本尊の根拠はこれしかないから執着するのはわかりますが
その根拠のない木像を、全国の寺は本尊にしているわけです。
「名号でも絵像でも木像でもいいといっている」というのは
真っ赤な嘘なのは誰がみても明らかな事実だろうが。

632 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 08:35:56 ID:Np8I9Cst
「名号だけが正しい本尊であって、絵像や木像は廃すべしといっている」なんてのも
真っ赤な嘘ですけどねー。

「前後相違」っつったところで、どうやって落慶時の様子と
(おたくらが推測している)山科本願寺末期の様子とを相違できるんだか。

633 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 09:11:55 ID:ht3Z9tRT
カルトって結局自分たちに都合の良い根拠しか認めないってよく聞くけど、
親鸞会もまさにそうだよね。

山科本願寺の資料だって、誰が見ても建立当初の様子を書いているのは明らかなのに、
マイコンされた会員はそうは読めないんだね。

なんかかわいそう

634 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 09:24:59 ID:DJMwG5pq
>>633
( ´,_ゝ`)プッ
自分のことはなかなか見えないものですね〜
自分たちに都合の良い根拠しか持ってこないのはアンチのほう

なんかかわいそう

635 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 09:39:14 ID:ht3Z9tRT
はいはい

で、親鸞聖人が木像絵像を廃して、名号にせよとおっしゃった

という根拠はあるの?

636 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 10:24:48 ID:hNwCJJnF
一緒に腹を立てないようにしよう。

637 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 11:05:28 ID:FL8Waoic
>>619
>蓮如上人が御下付された形像本尊があるわけですから、

これにしても本尊、絵像、御真影と分けて書かれてあるところも
あるわけですから、形像=本尊とは言えないのは明らか。
礼拝してもかまいませんが本尊ではないでしょう。
本尊として絵像を下付された根拠は?

638 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 11:58:22 ID:hNwCJJnF
腹を立てるのは、体にも良くないみたいですね。

自分の思うとおりにならないとすぐ「切れる」
「若者」が増えてきているようです。

639 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 12:14:30 ID:zXFCfw/z
>>612
>アンチの大半は退会者だって聞いたけど、ここを見る限りでは
>仏法のいろはも分かっていない人ばかりのようです。
>こんな簡単なところでつまづいているようでは、
>先生が聞法の敗残者と言われるのも納得がいきますね。

偉そうなことを言いながら、やはり答えられないようですね(笑)
親鸞会の会員で、
「信心決定できなければ、求めても意味がない」という主張に、教学的に反論できる人っていないの?

結局、本心では「信心決定できなかったら、今までやってきたことは意味がないなぁ…」と思っているんでしょ。
しかも、ほとんど誰も信心決定していないし。

偉そうなことを言っているわりにフラフラの求道心だから、自分たちを正当化するために、
無理なこじつけをおこなったり、寛容な心を失って勧誘が強引だ、とか言われるんですよ。

640 :あながち:2006/02/15(水) 13:04:39 ID:aEYzTOY0
本尊なおもて『観経』所説の十三定善の第八の像観よりいでたる丈六八尺随機現の形像をば、
祖師あながち御庶幾御依用にあらず。
天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍光如来」をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき。

「あながち」というのは部分否定だから
「祖師はしいて絵像木像は用いられなかった」から絵像木像でもいい、というのが
木像派の主張でしたっけ?
部分否定か全部否定かは文法上は判断がつかないのは確かですが
同じ改邪鈔や蓮如上人の御文章を部分否定で解釈すると
どうなるのでしょうか。





641 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 13:05:23 ID:o2gpy1UR
好きだね、木像本尊論って言い回しw
実際はs会が木像否定論を出しているからそれに反論しているだけであって、
木像が一番みたいな印象を与える「木像本尊論」なんて言い回しは不自然すぎるんだけどね。

642 :あながち:2006/02/15(水) 13:05:44 ID:aEYzTOY0
「大師聖人の御相承はもっぱら『大経』にあり。『観経』所説の深信因果の
ことばをとらんこと、あながち甘心すべからず。
たとい、かの『経』の名目をとるというとも、
義理参差せばいよいよいわれなかるべし。」

「あながち甘心すべからず。」「しいて満足できることではないが(まあそれでも
かまわない)」なんて全然前後の意味が通じない。


「これによりて、念仏者はことに諸宗を謗ずべからざるものなり。
また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。」

聖道諸宗の学者達もたまには念仏者を謗ってもいいよ、
って蓮師が言われたんですか?

「あながち」の解釈はおいておいても
「天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍光如来」をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき。」って書いてあるんだから
真宗の本尊は名号に決まってるじゃないですか。
ちゃんと形像と区別して書かれてあるでしょ。



643 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 13:51:22 ID:ht3Z9tRT
親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよとおっしゃった根拠もまだのようですが、
結局これって根拠無しの勝手な作り話ということでヨロシイデスカ?

644 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 14:06:30 ID:Js8mgBBL
「〜読んで」の追記とLESSONが追加されていました。
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/lesson/lesson11.htm
http://shinrankai.hopto.org/option/tuiki17.htm


645 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 14:58:53 ID:o2gpy1UR
>レッスン11
感謝していない訳ではありませんが、感謝しろと強制される筋合いはありません。
感謝しているからこそ恥知らずな嘘勧誘は止めて欲しいと思っています。
>追記17
また嘘勧誘正当化ですか?感謝している人がいることを否定はしませんが、
その一方で嘘勧誘を受けたことに強い憤りを感じている人が大勢いることも事実です。
統一協会の判例からみても、勧誘時に嘘を付くことは問題でしょう。

646 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 15:06:05 ID:ht3Z9tRT
こういった尊い学生さんも、卒業して殆どやめちゃいますよね。

それで、あーなんであんな団体に関わっていたんだろうと、目がさめてゆくんですよね。

647 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 15:21:26 ID:zXFCfw/z
>>646
>こういった尊い学生さんも、卒業して殆どやめちゃいますよね。
>それで、あーなんであんな団体に関わっていたんだろうと、目がさめてゆくんですよね。

親鸞会の問題と思われるところは、多くの大学生が入会しながら、在学中あるいは卒業してから、
そのほとんどがやめてしまうことです。

全員とは言いませんが、やめる人の中には、
「なぜ自分は、あんな活動に多額のお金と、多大な時間を費やしてしまったのだろう・・・」と後悔し、
取り戻せない日々を思い、苦しみに沈んでいることです。その後遺症に苦しめられている人がいることも事実です。

もちろん、一番は自己責任だと私は思いますが、このような退会者が一人や二人ではありません。
なぜ、これほど多くの人が親鸞会の活動に身をささげながらも、数年後にはうってかわって、
そのことを後悔し、苦しむことになるのでしょうか?

私は、親鸞会学友部の勧誘方法や活動内容に、少なからず問題があると感じています。親鸞会の言い分は、
「彼らは教えを正しく聞けていなかったから、やめてしまったのだ」
「大学を卒業後、多くの人がやめているが、それだけこの道をもとめるのは、大変なことなんだ」
といったものです。

多くの批判がよせられている今、親鸞会学友部は、このことを一度よく考えてみるべきだと思います。


648 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 16:14:09 ID:ht3Z9tRT
まあ、この程度の
ヨカッタア
的な話は、創価学会のホームページにでも行けばいくらでも見つかる訳で。

649 :嘘つき注意報・警戒警報:2006/02/15(水) 16:35:50 ID:OJjZ5Y2p
http://shinrankai.hopto.org/option/tuiki17.htm

美談は方便・猿芝居。真実に導くための身勝手な方便でしょう。

親鸞会の真実とは、親鸞会にお布施をたくさんすることです。
親鸞会の人生の目的は、親鸞会にお布施をたくさんすることです。

嘘つきが発表する美談、自慢話を信じるのは止めましょう。
騙されて泣くのは貴方です。

650 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:07:07 ID:KTavneSj
>>649

 猿芝居ってのは、すぐ見透かされるような、あさはかなたくらみって意味なんだが。

 とりあえず、そう感じている人も一定数はいるってことなんでいいんじゃないかとおもうが。
 ほとんどのひとが、そのように思っていないってようには思わないんだけどね。
 ちなみに、会員です。



651 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:09:08 ID:MTZV+eLe
>そのほとんどがやめてしまうことです。

はいはい、ほとんどがやめてしまうという根拠はどこにあるんですか?
また根拠なしのホラ話ということでよろしいですね。

652 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:13:14 ID:MTZV+eLe
>憤りを感じている人が大勢いる

大勢いるっていう根拠はどこにあるんですか。
大勢って何人ですか。
また根拠なしのホラ話ということでよろしいですね。

653 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:26:08 ID:DJMwG5pq
このスレに常駐してる粘着アンチなんて数人だから気にすんな

654 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:27:48 ID:zXFCfw/z
>>651
>>そのほとんどがやめてしまうことです。

>はいはい、ほとんどがやめてしまうという根拠はどこにあるんですか?
>また根拠なしのホラ話ということでよろしいですね。

学友部のことをよく知っておられるK玉さんが、あるときポツリと言われていましたよ。
「沢山の学生がご縁を結ぶが、その多くが卒業後、数年もすれば、やめてしまっている。
 ○○君もやめた、○○さんもやめた。えっ、あの人が?という人の多くがやめている。
 私たちのやっていることって、なんなのかと、悲しくなる。」って。

嘘だと思うのなら、本人に聞いてみたら?

ちなみに、あなたは卒業した学友部員の何割ぐらいが、たとえば5年後にも残っていると思いますか?
あなたの意見を聞かせて下さい。

655 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:31:07 ID:zXFCfw/z
>>652
>>憤りを感じている人が大勢いる

>大勢いるっていう根拠はどこにあるんですか。 大勢って何人ですか。
>また根拠なしのホラ話ということでよろしいですね。

それほど知りたければ、ここに連絡して、聞いてみたらどうでしょうか?

浄土真宗親鸞会 被害家族の会
http://homepage2.nifty.com/nonsect/


その結果を教えて下さいね。待っていますよ。

656 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:34:27 ID:hNwCJJnF
近年、「切れる」という状態に陥る子供や若者達が
増えていると言われる。
その結果考えられないような残忍な青少年犯罪が
多発している。


657 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:36:56 ID:cdmZLmhq
>>644さん、情報トンクスです!
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/lesson/lesson11.htm
>この世で最も不幸な人は
>感謝の心のない人である。

この「感謝の心」という言葉で思い出したんですが、会では主に御報謝推進とか、講演会参詣者数の
目標達成を強く勧める際、(特に)「会長先生のご恩」がお決まりのように強調されていました
s会では、「感謝しろ」ということは、
s会は真実を教えてやっているんだから感謝しろ、ごちゃごちゃ言うな→
会への疑問・批判を押し殺してひたすら会のしもべになれと
言っているように聞こえてしまってたと思います

658 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:38:58 ID:zXFCfw/z
>>650
>とりあえず、そう感じている人も一定数はいるってことなんでいいんじゃないかとおもうが。
>ほとんどのひとが、そのように思っていないってようには思わないんだけどね。
>ちなみに、会員です。

会員さんですか。親鸞会での聞法、活動ごくろうさまです。
よろしければ、以下の内容を読んで、現役会員であるあなたの意見を聞かせて下さい。

多くの批判に静かに耳を傾けて、「親鸞会の正すべき点とはどこなのか」、「不当な非難とはどれなのか」、
意見を聞かせて下さい。お願いしますね。


親鸞会の何が問題か
http://shinrankai.mondai.nukenin.jp/

なぜ私は親鸞会をやめたのか マインドコントロールについて
http://shinrankai.mindcontrol.tonosama.jp/

659 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:39:46 ID:DJMwG5pq
>>655
浄土真宗親鸞会 被害家族の会など存在しない
本当にあるのなら訴訟のひとつも起こしてみたらどうでしょう?
本当に困ってる人が大勢いるのならねw

660 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 17:58:58 ID:zXFCfw/z
>>659
>浄土真宗親鸞会 被害家族の会など存在しない
>本当にあるのなら訴訟のひとつも起こしてみたらどうでしょう?
>本当に困ってる人が大勢いるのならねw

あなたは、なぜ「親鸞会被害家族の会など存在しない」と思っているのでしょうか?
その理由は「いまだに訴訟がないから」ということだけですか?

自分の息子や娘が、親鸞会に凝り固まってしまい、家族関係が崩壊しかけ、
必死になってその修復をしている人たちの感情を逆なでする、恐ろしい発言ですね。

おそらくですが、あなたは何の責任もなく、自由気ままに聞法している程度の人ではないでしょうか?
あなたは親鸞会の幹部ですか?顕正相手の幸せを真剣に念じならが、必死に活動している人でしょうか?

もしあなたが幹部というのなら、あなたのような考えの幹部ばかりだから、いつまでたっても親鸞会は姿勢を正せないと
思われてなりません。「誤解もあるが、我々も正すべき点がある」くらいの考えはできないでしょうか?
あなたのような意見を、会長が聞いたら、おそらくあなたは叱られると思いますよ。

なぜ親鸞会は、過去これほど多くの批判をあびているのでしょうか?
あなたたちには非が一つもなく、すべては批判している人の一人よがりでしょうか?
そのようなことを、あなたは真剣に考えたことがありますか?

親鸞会の活動により、大変な苦しみを味わっている人がいることも知っていて下さい。

661 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:07:13 ID:ht3Z9tRT
毎年学友部で入会する人が約350名。
それが四年後に約100名程度になります。
それから五年後には約30名になります。

第一、これだけの入会者を出しながら、会員が減っているという事実が、殆どやめている、という根拠でしょう?

662 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:12:21 ID:zXFCfw/z
>>659
>浄土真宗親鸞会 被害家族の会など存在しない
>本当にあるのなら訴訟のひとつも起こしてみたらどうでしょう?
>本当に困ってる人が大勢いるのならねw

あなたは何も考えず、自分が知らないからこのように書いたのか、
親鸞会の正当性を主張したい感情から、このように書いたのかは分かりませんが、
「被害家族の会」が存在しない、とは、本当に恐ろしい発言だと思いました。

「アウシュビッツはなかった」「南京大虐殺など嘘だ」という人もありますが、
実際に家族が虐殺された人が聞いたら、激怒するでしょう。

あなたの発言は、それほど無神経で、恐ろしい発言だと思っている人がいることも、
どうか知っておいて下さい。よろしくお願いします。


663 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:36:05 ID:ju4llfdB
>会員が減っているという事実

根拠はどうなった。
結局、ホラ話ということでよろしいか?


664 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:39:10 ID:ju4llfdB
結局これって根拠無しの勝手な作り話ということでヨロシイデスカ?

665 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:46:14 ID:ht3Z9tRT
自分たちに都合の悪い話しはみんなホラ話ですか。
思考停止って楽ですね。

講師部員から幹部会合の場でハッキリ聞いてますよ。あなたは幹部じゃないからご存知ないんでしょうね。

第一、四十周年で八千人近い参詣があったのに、落慶では七千人に遠く達せず。
大きな建物を建てたのに、情けないことです。

666 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:47:26 ID:FegPV40E
>>664
とりあえず、うちの大学周辺はたくさんやめてましたよ。
でもやめた分新人を勧誘するのでプラマイゼロという感じでした。

それでも最近では、減少傾向にありますね。
ご法話にしても見た限り、まだ減っているという感じもしませんが
何年たっても増えているようには思えません。

そのせいか知らないけど、会で新人顕正活動がすすめられてましたよ。

667 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:47:32 ID:DJMwG5pq
>>660>>662
長文ご苦労ですが必死に書き込んでるのが
ID:zXFCfw/z ひとりだけという事実w
あなたひとりじゃあネットで吠えることしか
出来ないんですね
大勢いるんなら大勢でかかってこいよ〜

668 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:48:16 ID:ht3Z9tRT
学友部もかつては二千人近い参詣を達成したこともあったのに、最近は千人にも達せず。

これって減っているということでしょう?

学友部長さんに聞いてご覧なさい、本人が一番よく知っているから

669 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:52:31 ID:ht3Z9tRT
あと、被害者家族会は存在します。

詳細は光線部長にでもお聞きになって下さいね。きっとそこからの内容証明郵便受け取ってますから。

人数や顧問弁護士がだれかまでご存知のはずですよ。会員をスパイにして潜らせたこともありますからね。

もちろんお隠しになるでしょうが。

670 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:08:52 ID:zXFCfw/z
>>667
>長文ご苦労ですが必死に書き込んでるのが
>ID:zXFCfw/z ひとりだけという事実w

なんと言われてもいいですが、あなたに良心がもしあるなら、
ご家族の感情を逆なでするような書き込みは慎みましょう。

被害にあわれた方々は、「親鸞会などみたくもない」というお気持ちなので、
こんなところは見ておられませんよ。

>あなたひとりじゃあネットで吠えることしか
>出来ないんですね
>大勢いるんなら大勢でかかってこいよ〜

「ネットでほえる」とか、「大勢いるならかかってこいよ〜」とか、子どもじみたことを言うのはやめましょう。

これでハッキリしました。
あなたが、相手の幸せを念じて、必死に活動しておられるような幹部ではないことが。


671 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:12:33 ID:zXFCfw/z
親鸞会学友部の過去の顕正成果です。
幹部の方から頂いたデーターですので、間違いないと思います。

平成9年 273名
  10年 295名
  11年 234名
  12年 348名 
  13年 346名
  14年 320名
  15年 308名

これらの人は、無事、卒業するまで会員だったのでしょうか?
また、卒業してから今も、在籍されているのでしょうか?


672 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:18:10 ID:JzjlVvTQ
>>669 えー、スパイまでやるんですか!?びっくり
アニメ第三部に出てきた松虫・鈴虫の後をつけていた女の人みたいじゃん、こわー 身元明かして反対意見言うの、勇気要りますね

>>667 そういう下劣な事を平然と言えるなんて、どんな神経構造してるんだ?
哀れに思うよ

673 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:22:26 ID:zXFCfw/z
>>667
>>660>>662
>長文ご苦労ですが必死に書き込んでるのが
>ID:zXFCfw/z ひとりだけという事実w

長文を読んで頂き、ありがとうございます。
私が聞いていることについて、あなたの意見を返答してもらえませんか?
>>660の質問に答えられますか?

674 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:36:10 ID:/Cy23IYl
ダミサやマニュアルトークにほいほい釣られ、
財施のための深夜バイトやダミサ勧誘に明け暮れた日々。
親鸞会に入信した自分の愚かさを嘆き、自殺しようと思った瞬間が何度あったことか。

675 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:38:55 ID:FegPV40E
会員がどのように具体的に減っているのか統計的な資料はないだろうと思いますが
親鸞会の会員が減っていると言われても、まあそうだろうなと思ってしまいます。
そう思われるだけの反社会的行為や内部問題がある会ですから。
ひたすら従え、従え、信心決定、信心決定というだけで
なんの教学的な理解も進ませず財施ばかりをむさぼる会に
抑え続けてきた不安がもう抑えられなくなってきているのではないでしょうか。

親鸞会の人はもうすこし冷静に自分たちのやってることを見たらよいと思います。
これまで何度も言われてきたことだろうから、聞く耳もたないかもしれませんが。

676 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:44:22 ID:ht3Z9tRT
聞く耳を持つような人は結局間違いに気づいて辞めてゆくんでしょう。

残ったのはそうした声に耳を貸さない人ばかりでしょうし、
幹部になるのは尚更強固にマインドコントロールされた、会長のイエスマンばかりですから、

親鸞会全体にそうした空気が蔓延してしまうのでしょう。

677 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:44:51 ID:zV22BzDq
>>661
毎年学友部で入会する人が約350名。
それが四年後に約100名程度になります。
それから五年後には約30名になります。

それは支部の話ですね。講師部・親友部はやめていないし、減ったいないと思いますが。


678 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 19:53:31 ID:ht3Z9tRT
学友部でご縁を結んだ人全てです。講師部員や親友部員を含めます。
付け加えるなら、講師部員や親友部員になるようでないと続かない、ということです。

ちなみに講師部員も一時期約220名いたのが、今や190名弱。

親友部員も結構辞めてますよね。

親鸞会の弱体化はかなり明らかなんじゃないでしょうか

679 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:30:41 ID:zV22BzDq
>>678
付け加えるなら、講師部員や親友部員になるようでないと続かない、ということです。

それなら、全員が講師部員や親友部員になればいいのではないですか?

680 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:40:14 ID:KTavneSj
http://www.nurs.or.jp/~racoon/
家族の絆の正体 ついでにこれも出しておきます。

681 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:47:05 ID:cS1NXwZG
>>679
>それなら、全員が講師部員や親友部員になればいいのではないですか?

するとだれがそいつらの給料を負担するんだい?

682 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:49:56 ID:KTavneSj
>>658
ずいぶんスレッドが流れていましたので、ここでレスつけておきます。

>多くの批判に静かに耳を傾けて、「親鸞会の正すべき点とはどこなのか」、「不当な非難とはどれなのか」、
>意見を聞かせて下さい。お願いしますね。

正すべき点はどこかって
「何が問題か」は、財施の方法について
「なぜやめたのか マインドコントロールについて」 
   勧誘方法、入会までのプロセスについての言及ですね。

管理人本人さんかどうかわかりませんが、個人的な感想について
財施については、無理強いはいかん
入会に至るまでのプロセスについては、選択の余地は与えた方がよい。

それくらいですか。

658さん(ID:zXFCfw/z )はそれに関して、ずいぶん不快な思いをされたようですね。
具体的にどういう事があったのかは分かりませんが、幸い私は、財施に関して、
また勧誘方法に関して(卒業前にご縁がったので)不快な目にあったことはありません。

耳を貸さない人は、アンチにも、会員にもいろいろあるのだと思います。
読んでいる人は多いでしょうが、書き込んでいるのは、IDの数から言っても10人
そこそこってところでしょうか。

特に会員で書き込むような人は、アンチのあおりにカチンときて書いている
人がおおいでしょうから。感情的な、あるいは、断言否定的な書き込みがおおく
なるのは仕方がないと思います。

親鸞会の人はほとんど、こころある人です。悪しきところは改善されていくでしょう。
とりあえず私の今の支部では、そういう問題は起きておりません。和気藹々と活動してますよ。

683 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 21:08:11 ID:zXFCfw/z
>>682
>正すべき点はどこかって「何が問題か」は、財施の方法について、
>「なぜやめたのか マインドコントロールについて」は勧誘方法、入会までのプロセスについての言及ですね。
>管理人本人さんかどうかわかりませんが、個人的な感想について、財施については、無理強いはいかん
>入会に至るまでのプロセスについては、選択の余地は与えた方がよい。
>それくらいですか。

返答ありがとうございます。ちなみにあなたは、幹部の方でしょうか?

親鸞会の過去の活動で、「財施の強要」「選択の余地のない勧誘」と思われても仕方がないようなことが、
事実あったのは、ご存知ですか?

>親鸞会の人はほとんど、こころある人です。悪しきところは改善されていくでしょう。

それは私も思いますよ。真面目でいい人が多いです。

ただ、親鸞会の正当性を主張する思考回路の凝り固まり方というか、
親鸞会の活動によって、いやな思いをしている人の気持ちを、あまり分かっていないんじゃないかな…という言動が少なくないです。
もちろん、全員が全員そうだとはいいませんがね。

>とりあえず私の今の支部では、そういう問題は起きておりません。和気藹々と活動してますよ。

支部の活動はゆるやかで、みなさんマイペースで気持ちよく活動できるのでしょう。
親鸞会のすべてが、あなたの支部のようになれば、かなり批判が減るとも思うのですが・・・。
学友部の活動について、あなたはどう思われますか?そもそも学友部の活動をご存知ですか?

私は学友部の活動に疑問があると感じています。詳しく書くと長くなりますが、一言で言うと、「辞める人が多すぎ」です。

そんな人たちは「本当に顕正した」とは言えないでしょ?
やめる人がいてはならない、とまでは言いませんが、本当に気持ちのある人、大学を卒業してからも、
しっかり聞法を続けるような人が増えれば、苦しむ人も少なくなったと言えるのでしょうね。

684 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 21:12:45 ID:lgMDaj97
>>631
>本尊を誰かがさしかえたとも何とも言ってませんが
>名号を下付された道場も後に次々に木像にかえられていった
>「歴史的事実」から言ってもそういうことがあっても
>全然おかしくないでしょう。

これこそ、そんな推測を根拠にするな、と。

685 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 21:31:14 ID:zV22BzDq
>>681
するとだれがそいつらの給料を負担するんだい?

そういうことは、わたちたちは考えなくていいと思います。
幹部の人が考えて下されていると思います。


686 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 21:38:38 ID:lgMDaj97
s会ってもう既に辞めた人間の数の方が現存する会員の数より多いんじゃないの。
そして、辞めた人間は、多かれ少なかれs会のことを良く思ってない。
考えてみれば結構恐ろしい状態だ。
やはり、長い間に悪業を作り続けるもんじゃないね。

687 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:13:13 ID:UIedoIrR
親鸞会は正直進歩がない団体 それがもうしんどいですね。一度辞めると親鸞会
の全てのことがうざく 面倒臭いです。記憶喪失になってしまいたくなるくらいです。
もう親鸞会という枠を壊すべきかなと思いますね。


688 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:16:45 ID:OJjZ5Y2p
>>681
>するとだれがそいつらの給料を負担するんだい?

 給料と人生の目的とどっちが大事なんだい?
 人生の目的より、人生の手段の方が大事なのか?。


689 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:18:29 ID:VHPM18G4
結局これって根拠無しの勝手な作り話ということでヨロシイデスカ?

690 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:20:04 ID:TCg4eBCV
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

691 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:21:24 ID:GsSDOdJF
>結局これって根拠無しの勝手な作り話ということでヨロシイデスカ?

よろしいんじゃない?

692 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:23:49 ID:WMfFTaCh
「聖人は、木像絵像でも御名号でもすきなものを本尊とせよ、と仰せになった」んだよ。

693 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:27:26 ID:WMfFTaCh
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というのは
「木像も絵像も名号も同じだから、木像や絵像持ってるなら
別に名号に変える必要はない。ありがたいと思えるものを
本尊にすればいいのだ、と仰せになった」んだ。

694 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:31:58 ID:WMfFTaCh
本尊なおもて『観経』所説の十三定善の第八の像観よりいでたる
丈六八尺随機現の形像をば、 祖師あながち御庶幾御依用にあらず。
天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍光如来」をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき。

これは「祖師は御名号を本尊にされたけれど、別に同じにする必要はなくて
好きなものをおがんでいればいいのだ」と仰っているのだ。



695 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:33:23 ID:zXFCfw/z
>>689
>結局これって根拠無しの勝手な作り話ということでヨロシイデスカ?

これって、どれ?

696 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 22:42:49 ID:cS1NXwZG
>>688
>どっちが大事なんだい

どちらが大事かを問題にしたものではない
全員が親鸞会職員になって給与を負担する一般会員がいない組織が持続するわけない

>>678
>付け加えるなら、講師部員や親友部員になるようでないと続かない、ということです

この論理展開で逝けば

講師部員や親友部員にならずに青年部に逝った学友部員はやがて会をやめる

親鸞会職員の給与を負担する会員がいなくなる

やめずに残った親鸞会職員の給与が払えなくなり財政破綻する



697 :元々ぼら夫:2006/02/15(水) 22:55:39 ID:nqjovKOG
乙〜♪
あいかわらず流れ早いなり〜
お返事どぞ〜♪
>>555
な〜るほど。実悟さんの記述には間違い無くて、蓮如上人没後に山科の本尊が
名号から仏像に据え変えられたっていいたいのかな?で、その証拠は何処にあるん?
実悟さんは『実悟記』みてもわかるよ〜に、御堂衆的観点の人やね。勤行、作法、
荘厳、御堂に関する詳細な記録、用心について残してはる。ま、江戸期の玄智さんも
実悟さんのスタンスをとった方やったんやろね。で、もし山科の本尊が名号から
木像に変えられたのなら、こら、周知の事実。記録されないわけない罠。
つづく

698 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:00:30 ID:zXFCfw/z
696 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2006/02/15(水) 22:42:49 ID:cS1NXwZG
>この論理展開で逝けば
>↓
>講師部員や親友部員にならずに青年部に逝った学友部員はやがて会をやめる
>↓
>親鸞会職員の給与を負担する会員がいなくなる
>↓
>やめずに残った親鸞会職員の給与が払えなくなり財政破綻する

長年、親鸞会を続けてきた高額財施者の支部会員がいるから、何とか成り立っていたけど、
それらの人たちも次第に高齢化し、逝去したり、退会したりしています。
また、高額な財施はそんな何年も、何十年も続きません。やがて尽きるときがきます。

親鸞会は、今、顕正戦に必死なようですが、
会長が存命中の今、立て直さないと、本当に親鸞会はもたないでしょう。

699 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:16:00 ID:cS1NXwZG
>会長が存命中の今、立て直さないと

立て直すって、どうする?
持っている資産の切り売り?
講師部や親友部員の大リストラ?

700 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:29:11 ID:zXFCfw/z
>>699
>>会長が存命中の今、立て直さないと

>立て直すって、どうする?
>持っている資産の切り売り?
>講師部や親友部員の大リストラ?

う〜ん、難しいですね。
まずは、とにかく支部の会員数を増やさないといけないのではないでしょうか?
あとは、どうでしょうね・・・。

あとは徹底した支出の削減でしょうか。
講師部員や親友部員のリストラや、学友部の部室を自己管理にさせる、
また、正本堂や会館関係の経費を削減できることを実践する、とかですかね。
どうしたらいいんだろ?

しかし、やはり人件費は大きいでしょうね。

701 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:39:58 ID:Np8I9Cst
会長の厨房車&お料理スタッフ

702 :元々ぼら夫:2006/02/15(水) 23:46:20 ID:nqjovKOG
>>697風呂あがりにつづき♪
実悟さんが『山科御坊事並其時代之事』を記した理由を考察するに、この書の奥書に
天正三(1575)年とある。顕如上人が信長の和睦を申し入れたのが、この年(翌年、
その和睦は放棄され再び顕如上人は石山に篭るのだが)。ま、信長のプレッシャーが
極限近く、相当きつかった頃と考えられる。で、御堂衆としては、石山本願寺が万一
灰塵と化した後のことを考え、「常の如く」荘厳・作法が復興できるよう、正確に
故実を記載しておく必要があった。で、本書が成立したと、時代背景からは推察できる。
〜つづく鴨〜


703 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:46:21 ID:cS1NXwZG
>長年、親鸞会を続けてきた高額財施者の支部会員がいるから、何とか成り立っていたけど、
>それらの人たちも次第に高齢化し、逝去したり、退会したりしています。

それを埋め合わせるだけの支部の新規入会って見込めるものなの?

はたから見てると活動の目的が(組織が存在する目的が)、組織の維持をはかるため新たな信者と資金の獲得になっているようにみえる


704 :元々ぼら夫:2006/02/16(木) 00:07:25 ID:xCn1irZX
>>702つづき
ま、そ〜ゆ〜経緯で書かれたものとするならば、山科の本尊が建立当初と変えられた
っていう御堂をお守りする者にとっては(無論参拝者にとっても)、重大事件を記載しないわけ
ない罠。常識的に考えて。朝のお参りに参拝した者が、次の日行ったら、本尊が仏像に
なってた!なんてことあったら記事にならんわけがないw。あ、あと、確か千葉県の佐倉て
とこやったと思うが、民族博物館?かな。山科本願寺の再現模型があったはず。
近くの人は見にいくとええよ。そんで建築的に宮殿の配置等、学芸員に聞くといい。
(^-^)/ホナねん☆


705 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:41:47 ID:DR+y2q2V
>>700
講師部員は支部での布施で、ということでいいでしょうね。
支部長制度は、今後残っていくだろう。

支部会員の高齢化や逝去は事実だが、学生や青年会員が社会でそれなりの立場を得て収入も増えるで
あろうし、また二世、三世会員も出て来るので、存続は可能であろうな。

706 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:47:17 ID:DR+y2q2V
本尊について。

結局、親鸞や蓮如は
「本尊は絶対に名号でなければならない!」とも、
「木像でも絵像でも、どれでもいいよ」とも、明言していない。
これは、どれを本尊にするかは教化される側にゆだねられているのではないか、
と私は考える。

本尊についての根拠はやはり、覚如の「改邪鈔」であり、
蓮如の「木像よりは絵像、絵像よりは名号」である。
真宗の教義安心では、本尊は「名号にするのが一番よい」なのである。
教義に純粋であるならば、当然「名号本尊」となるのであろう。

707 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:52:58 ID:DR+y2q2V
蓮如は、山科本願寺で木像を安置したり、形像本尊の下附の事実があっても、
圧倒的に名号本尊の下附が多い。
石山本願寺は、名号下附の布施により建立されたと記述されているものもある。

しかし、現在の西本願寺などの真宗教団においては、大部分が木像や絵像本尊であり、
名号本尊は極めて少数派であると思われる。
つまり、蓮如の時代と逆である。

親鸞会の名号本尊論は、そういった真宗教団を糾弾するには非常に分かりやすい論ではあるが、
今回のような「では蓮如の山科本願寺はどうなる」という反論を生む。


708 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:55:09 ID:sTsEq0i4
>>627
自力の親鸞会、ここに極まれりだなw

709 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:57:53 ID:DR+y2q2V
だから「木像や絵像に固執するのは外道だ!」は極論であり、言いすぎの感はある。
しかし、教義は「名号がよい」としながらも、「どれでもいいのだ、事実山科本願寺も
木像だった」と言うのも、かなり言い訳じみている。


710 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:58:44 ID:BgoutGu2
>>700
あとは徹底した支出の削減でしょうか。
講師部員や親友部員のリストラや、学友部の部室を自己管理にさせる、
また、正本堂や会館関係の経費を削減できることを実践する、とかですかね。
どうしたらいいんだろ?

しかし、やはり人件費は大きいでしょうね。

会館などの維持費と人件費はどちらが多いのですか?

711 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:13:09 ID:BgoutGu2
>>705
いまの学友部は判りませんが、私が学生の頃は就職活動すること自体が
あまりよくないことをしているという雰囲気がありました。
また資格をとることも、世間の人と競争するような勉強をするのは、よくないと
いわれるK師の方ももおられたと思います。
それなのに特選部が存在しているのはなぜだろうと思いました。


712 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:15:21 ID:N6i9BVDx
>支部会員の高齢化や逝去は事実だが、学生や青年会員が社会でそれなりの立場を得て収入も増えるで
>あろうし、また二世、三世会員も出て来るので、存続は可能であろうな。

こういう話はどうかと思う。
子供が会員となるかならないか、決定は子供の意志に委ねられるべきで
本人以外のなにものもその意志に干渉してはならないはずだ。
だから、二世会員ではなくて、すべて一世の会員でないとおかしい。

と言っても多くの場合、会員の子は会員になるのだろうが、
それにしても、中には会員にならない人もあるのだろうし
そういう人への配慮を忘れてはならないだろう。
会員になるのが当然という空気づくりは避けるべきじゃないかと思う。
健全な信仰でなければならないのに、惰性の信仰に堕しかねないし。


713 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:19:06 ID:k/tWDjMS
>>709
s会の暴論に反論することと本願寺の現状を許容することとは全く別のことなんだがな。
俺は本願寺の現状を良しとは思っていないし、そういう人は他にもいるようだし。
ただ、今ある木像や絵像をわざわざ排斥してまで名号にする必然性は感じない。

714 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:20:11 ID:7YuVfAsk
ボラ夫さん長いねえここに住んでいるの。きっとこれが生きがいなんだな。

715 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:22:48 ID:7YuVfAsk
法蔵菩薩と世自在王仏とのやりとりが正信偈に書かれてありますよ。

716 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:24:51 ID:7YuVfAsk
皆さん、お勤めをするからには正信偈の意味を寺に言って聞いてこよう!
とことん聞こうぜ。きっと住職は分かり易く丁寧に教えてくれるはずだから。
そうでないければ、寺じゃないよね。まさか、意味は知らなくてもいいなんて
言わないよね。まさか、親鸞聖人の教えだけでは駄目だなんて言わないよね。

717 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:25:14 ID:DR+y2q2V
>>712
>それにしても、中には会員にならない人もあるのだろうし
>そういう人への配慮を忘れてはならないだろう。

もちろんそうだろうね。


718 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:42:33 ID:N6i9BVDx
>>717
>>それにしても、中には会員にならない人もあるのだろうし
>>そういう人への配慮を忘れてはならないだろう。

>もちろんそうだろうね。

どうも会員の方ではとお見受けする。
会員にならない人への配慮というものをご理解いただけるなら、
退会者に対しても同様に配慮があるべきだと同意していただけると思う。
いま問題になっている学友部のことはもちろん、
サイトでの態度も親鸞会は誠実さを欠いているが、
あなたのように、もっと真摯に問題に対して向かえるならよくなると思います。



719 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 03:25:41 ID:sTsEq0i4
誠実さを欠いている。
まさにこの一言に尽きるな。

ここは「目的のためなら手段を選ばず」だから。
イケイケも勝手にすればいいと言いたいところだが、正直迷惑だし独善的にすぎるわ。


720 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 07:52:54 ID:IuGiGUMr
>>705
>支部会員の高齢化や逝去は事実だが、学生や青年会員が社会でそれなりの立場を得て収入も増えるで
>あろうし

学友部員が大学卒業したらどんどんやめていくのに会の財政は持続可能なのかい?
漏れの同学年とか入会したときは13人もいたのに、いまでは熱心に活動してるのは1人しか残ってない

721 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:10:21 ID:JbBNf7lv
一昔前に比べると、親鸞会のカルト性やらマインドコントロールとの関係やら、
親鸞会教義のおかしい所に対する考察がぐんぐんと進んで、喜ばしい限りです

昔は親鸞会を止めるものが何もありませんでしたが、インターネットで情報が明るみに
さらけ出されたのは良いことだと思います

722 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:27:54 ID:Zls5uo37
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

結局これには会員は誰も答えることが出来ず、か。
自分が答えられない質問は無視、ということで。
楽な団体ですな親鸞会。
ええかげんな新聞ですねけんしょう新聞。

723 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:31:29 ID:VR9tEnxS
結局、山科本願寺が蓮如上人の御時から
木像本尊であったという根拠はないわけですが
それでも木像本尊にしがみつくのはなぜですか?

724 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:33:08 ID:VR9tEnxS
>会員は誰も答えることが出来ず、か。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?


725 :木像派:2006/02/16(木) 08:36:22 ID:VR9tEnxS
「聖人は、木像絵像でも御名号でもすきなものを本尊とせよ、と仰せになった」んだよ。


726 :木像派:2006/02/16(木) 08:38:52 ID:5vTt5WsB
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というのは
「木像も絵像も名号も同じだから、木像や絵像持ってるなら
別に名号に変える必要はない。ありがたいと思えるものを
本尊にすればいいのだ、と仰せになった」んだ。


727 :木像派:2006/02/16(木) 08:40:49 ID:5vTt5WsB
本尊なおもて『観経』所説の十三定善の第八の像観よりいでたる
丈六八尺随機現の形像をば、 祖師あながち御庶幾御依用にあらず。
天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍光如来」をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき。

これは「祖師は御名号を本尊にされたけれど、別に同じにする必要はなくて
好きなものをおがんでいればいいのだ」と仰っているのだ。


728 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:42:46 ID:k/tWDjMS
>>725-727
会員乙

729 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 09:12:55 ID:1Lsmw6fT
>>714
>ボラ夫さん長いねえここに住んでいるの。

内容で反論できないとねちねちと中傷。
これが親鸞会クオリティーですか?

>>725-727
>木像派

顕正新聞という新聞には、「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、
と仰せになった」と断言されていますが、 その根拠を尋ねているわけです。

それに答えられないからこんなくだらない見え見えの工作するんでしょうか。
恥ずかしくなってきませんか?

アンチは「どういう根拠で聖人が木像絵像を廃したか」を尋ねているだけです。
好きなものを拝んでいい、とか木像派、とかいう主張は誰によってもなされていません。

勝手にアンチを木像派にきめつけるのは「レッテル張り」という詭弁です。
また、アンチも多様な考えがあることを知っていて、あえて秘匿しているようにも思えます。

730 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 09:53:19 ID:UgarhxqJ
平成16年版「労働経済白書」によると、「ニート」と呼ばれる若者が、
全国で52万人もいるといわれます。

ニートとは、学校卒業後、進学せず、仕事もせず、仕事に就くための
訓練も受けていない15歳から34歳の若年層のことで、
「Not in Education, Employment or Training」の頭文字(NEET)による
造語です。

定職を持たない若者としてよく話題になるフリーターは
217万人(平成15年・厚生労働省調べ)に上りますが、
彼らはまだ働く意志があります。


731 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 09:54:11 ID:zii9CYAv
「〜読んで」、また追加されていました。
またもや、本願寺が出ています。

レッスン(LESSON)12 自明なこと
http://www4.pf-x.net/%7Eshinrankai/lesson/lesson12.htm

732 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 10:03:50 ID:UgarhxqJ
ところがニートは、仕事をする意欲すら失っていると
いいますから、問題はより深刻です。

求職活動をしたことがない理由は、多い順に、
「会社生活をうまくやっていく自信がない」
「自分に向いている仕事が分からない」
「何となく」
と答えています。

働かなくても親の経済力で生きていける、というのは、
豊かな日本の一面でもありましょう。
一方で、長引く不況から正社員の新規採用を控え、
パートにまかせる企業が増えていることも事実。
いったん就職しても、仕事になじめなかったり、
企業が求める即戦力になりえず、辞めてしまう
ケースも多いようです。

733 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 10:34:37 ID:UgarhxqJ
しかし根本的には、「働く意欲」というのは、
人間の内面の問題ではないでしょうか。

ニートのある若者は、こう語っています。

「お金は要らない。そんなに物欲がないんですよ。
それよりも精神的に満たされたい」
「とりあえず動くってできない。納得したいんです」

作家の村上氏は、こう評しています。

「彼らは人生を放棄したわけではない。立ち止まって、
自立の芽を探しているのだ」


734 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 10:53:17 ID:Mjr6/uhZ
>>731 その「自明なこと」を新入生に対してハッキリと言ってから勧誘することを
望みます。新入生にはそれを聞いて、色々な角度からの情報を取り込んだ上で熟慮して
親鸞会に入るか入らないか、決めてもらうといいでしょう。

私事で恐縮ですが、「正本堂が冷たい檻に見える」と先輩に言っても、「何でそう言えるのか判らない」
といわれ、全然理解してもらえなかったことがあります
親鸞会にいた学生時代は精神的な蟻地獄というか、檻の中につながれていて、出たいと思うことすら
容易に出来ず、偏った情報と精神状態の中で雁字搦めになっていたので、それが
難しかったです。社会人になって、情報を豊富に収集することが出来て、親鸞会という
鳥カゴの中から抜け出せたのは本当に幸せだと思っています

735 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 10:54:26 ID:Iuxz6mJU
>>731
「信受しなければ地獄は自明」というよりは
「信受してこそ地獄は自明」となると思うんだが・・・


736 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 14:12:10 ID:31wMLq6T
 第七問
「本願を信受すれば、往生浄土できるし、信受しなければ、地獄に堕ちることは、自明である」(回答書(B) P・43)

 だが、地獄に堕ちることを一大事という親鸞会は間違いだ、といわれる。

 それでは、本願を信受せず、信心獲得していない者が地獄に堕ちることは、一大事ではないのか。一大事とは、いえないことなのか。

『領解文』の、
「われらが今度の一大事の後生、おん助け候へ………」
の一大事も、「地獄に堕ちること」といったら、間違いなのか。
 おたずねいたします。

要約
(12)地獄に堕ちることは、一大事ではないのか。
(13)一大事とは、いえないことか。
(14)領解文の「一大事」も、地獄に堕ちることといったら、間違いか。




737 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 14:17:41 ID:31wMLq6T
     全2ちゃんねる情報網(All 2channel intelligence network)とは、すべての板を情報連絡網で結び、(重要
    な/有益な/面白い)情報を迅速に共有化できるようにしようという試みです。方法としては、すべての板に
    情報網の拠点となるスレを設け、各拠点が相互に情報を流しあることによって、情報の迅速な共有化を図り
    ます。ついては、(重要な/有益な/面白い)情報がありましたら、このスレに提供していただきますよう、
    よろしくお願いします。

    仮本部(ニュース極東板)  →  http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1119050677/



738 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 17:54:30 ID:rYYinrM3
>>721
シンパというわけではありませんが、教義がおかしいと
言っている人は少ないと思いますよ。
本願寺関係者と疑われても仕方ないないレスは慎んだ方がいいかと。

739 :元々ぼら夫:2006/02/16(木) 18:24:38 ID:xCn1irZX
乙〜♪
>>714
しゃ〜ないやん。おかしな事ゆ〜とるs会サンが悪いんやで。。釘刺しとかんと、間違った
理解のまんま大人になってまう。大体、原文も読んだことないくせに、他人のゆ〜こと全部
うのみにしとるからあかんのや。読んで問題点を明らかにして、いろんな資料ひっかきまわして
自分なりの答えを導きだそうとする営みが教学の姿勢として一番大切なんやないの?
漏れは何の根拠もなくカキコしとるわけやないから、参考にしてもらえればええなと
思うだけ。ま、ともかく『実悟記』でも一度読んでみるとええ。『真聖全』(三)歴代部に所収。


740 :元々ぼら夫:2006/02/16(木) 18:32:39 ID:xCn1irZX
>>738横〜
へー、そーなん?じゃ、機会あるときには、s会の教義のおかしな所、少しづつカキコ
してきまつね♪H願寺関係者と疑われたらど〜しよ〜☆
(^-^)/マタのちほど〜♪


741 :木像派:2006/02/16(木) 20:03:11 ID:IQ5XA2tS
>本尊なおもて『観経』所説の十三定善の第八の像観よりいでたる
丈六八尺随機現の形像をば、 祖師あながち御庶幾御依用にあらず。
天親論主の礼拝門の論文、すなわち「帰命尽十方無碍光如来」をもって、
真宗の御本尊とあがめましましき。


この御文のどこに「名号が本尊」と言われてると言うんだ?
「あがめましましき」と書いてあるだけで「名号を本尊とせよ」なんて
書いてない。すきなものをあがめてればいいんだよ。
根拠にはならん。

742 :木像派:2006/02/16(木) 20:05:56 ID:IQ5XA2tS
「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というのは
「木像より絵像が安い、絵像より名号が安いから、木像や絵像持ってるなら
別に名号に変える必要はない。ありがたいと思えるものを
本尊にすればいいのだ、と仰せになった」んだ。



743 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/16(木) 20:22:59 ID:pilVmYs6
>>736
>だが、地獄に堕ちることを一大事という親鸞会は間違いだ、といわれる。それでは、本願を信受せ
ず、信心獲得していない者が地獄に堕ちることは、一大事ではないのか。

 「〜 といわれる。それでは 〜」。 おーい。736よ。「といわれる。それでは」の「それで
は」とはどういう意味じゃ?。「信受しなければ、地獄に堕ちることは、自明である」というここに、
おぬしは疑問を持たんのか?。信心獲得しなくても、地獄に堕ちるとは決まっておらんだろう。

 おぬしは、最近2茶に出入り始めて、前に書いた僕のカキコを読んでないというのか。前のカキコ
を読んでいて、それでも意味がさっぱり分からんというなら、おぬしは相当頭の悪い奴じゃのう。

 ひごろあれだけ本願寺の悪口を言っておるのが、親鸞会だと僕は思っておるんじゃ。それを、なん
でこんなところは本願寺と口裏を合わせるんじゃ?。信受しなければ、地獄に堕ちるなんて、聖教の
どこに書いてあるんじゃ。

 「辺地の往生を遂ぐる人、遂には地獄に堕つべしということ。 〜 如来に虚妄を申しつけ参らせら
れ候なれ」。


>>738
>本願寺関係者と疑われても仕方ないないレスは慎んだ方がいいかと。

 おーい。738よ。本願寺と同じ事を言っておる736に一言言ってやれ。「そんなノータリンの
カキコしていると本願寺関係者と疑われるぞ」、と(苦笑)。

Mattaku motte Sinran-kai to Hongan-ji to wa doorui -koo. Tanuki to mujina.
Onnaji karuto no kinsin-zoo-o. Oyako genka no yoo na mono.
Inumo kuwan wa.
Utagaware ru mo nani mo nai mon-jya.
Hongan-ji kankei to omoware tya iya to wa katahara itai.
Bokuni wa tigai nado mie ya sen .


744 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 20:24:06 ID:k/tWDjMS
>>741-742
はいはい、架空のアンチを勝手に祭り上げて勝手に論破してれば。

745 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/16(木) 20:48:42 ID:pilVmYs6
 シンパというわけではありませんが、教義がおかしいと言っている人は少ないと思いますよ。
嘘つき禁止を教義の一部に据えれば、尊敬される立派な教義ができるでしょう。
親鸞という名前も会の名から外せば、不愉快な本願寺関係と疑われることもないでしょう。

746 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 21:37:31 ID:rYYinrM3
>>741-742
アンチの中にも、こういう極端な人もいるかもしれませんね。

747 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 21:39:59 ID:Zls5uo37
722 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:27:54 ID:Zls5uo37
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

結局これには会員は誰も答えることが出来ず、か。
自分が答えられない質問は無視、ということで。
楽な団体ですな親鸞会。
ええかげんな新聞ですねけんしょう新聞。

748 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:20:06 ID:sks6vi7P
>>706-707
>結局、親鸞や蓮如は
>「本尊は絶対に名号でなければならない!」とも、
>「木像でも絵像でも、どれでもいいよ」とも、明言していない。
>真宗の教義安心では、本尊は「名号にするのが一番よい」なのである。
>教義に純粋であるならば、当然「名号本尊」となるのであろう。
>>709
>教義は「名号がよい」としながらも、「どれでもいいのだ、事実山科本願寺も
>木像だった」と言うのも、かなり言い訳じみている。

>>616でも書きましたように、真宗教義で勧められるのは、「本願念仏」=「聞其
名号」(弥陀たのむ)オンリーワンですから、「礼拝」「おがむ」などというのは、
せいぜい「付録」のような枝葉の問題だと思います。

真宗教義のうえからは、「礼拝」など、衆生の一切の行為が、「往生のためには」
、「功がない」「さわりとならない」だし、また衆生の一切の行為(三業)でもっ
て、「信心を計る」こともできません。だから、各自の「ご縁しだい」としか言え
ないでしょう。寺院も僧侶も、お墓も、教団組織そのものが、世間や、他宗の儀礼
を取り入れたものであり、「純粋に」真宗教義のうえからは、別に有っても、無く
てもよいものです(往生のための「条件」でも、「足し」でも、「障碍」でも、「
証拠」でもありません)。言うまでも無く、「礼拝の対象という意味での本尊」も、
そうした「儀礼」の一つに過ぎません。

749 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:21:26 ID:sks6vi7P
>>748続き

親鸞聖人や、蓮如上人が、「名号本尊」を多く下附されたことについては、これも、
>>616の繰り返しになりますが、真宗義の宣布の為には、儀礼のうえでも、他宗他門と
の差別化が必要だった「時代背景」があるとことは重要だと思います。
蓮如上人の場合、先代の存如上人の時代に、本願寺はじめ、末寺も、儀礼面において、
「浄土宗化」「天台宗化」(経机には『天台三大部』が置かれ、台密の「護摩壇」まで
とも伝えられてます)進んでいたのを、行儀面から、真宗的に改変することが、「教団
の独立」(当時は、天台の末寺)の為に必要だと考えられてのでしょう。
「光明本尊」のことは、前にも言いました。
それと、親鸞聖人時代は、本寺末寺みたいな、「教団組織」そのものがなかったわけです
から、儀礼的な「本尊形式」自体が固定化されてなかったでしょう。

「聞其名号」は、真宗安心の肝ですが、これも繰り返しになりますが、「所信の体」(信心
の体)と、「礼拝の対象としての本尊」とを混同すべきではないと思います。後者は、本来
は、他宗他門(狭義には真言密門)の「教義」であり、真宗にあっては「儀礼」に過ぎません。

若し、あなたが、「形像本尊」は、真宗義の「方便法身」のおいわれを「表現されていない」
とか、親鸞聖人や蓮如上人が、「礼拝の対象としての本尊」を、真宗の教義安心のうけから、
「これこれこういう形態の本尊をおがむことが往生のためにはよい(あるいは必要だ)。」とか
、「これこれこういう形態の本尊をおがまなければ往生できない」などと主張されているという
説であるのであれば、お聖教の根拠を教えていただけますか?

750 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:23:57 ID:sks6vi7P
>>749訂正

誤り:「礼拝の対象としての本尊」を、真宗の教義安心のうけから、

正解: 「礼拝の対象としての本尊」を、真宗の教義安心のうえから、

751 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:39:27 ID:uJBde9nr
まあs会もH願寺との差別化の為に、名号本尊を強調せざるを得なかったんだろう。

それに、名号本尊だとなんとなくストイックでスマートでカッコイイ感じがするし、
それがかえって学問かぶれの学生や、宗教嫌いの現代人にはマッチしたんじゃないかな。
(仏像というとちょっと胡散臭いイメージする人も少なくないだろうし)

752 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:59:44 ID:QoDYikPG
よく分かってる人ほどs会にはなびかないと思う。


753 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 23:00:15 ID:4ccTFOi9
シンパというわけではないのですが、

わたしたちは名号を頂いて助かるんですよね?
名号はわたしたちが助かるのに不可欠といえるなら、
根本に尊ぶべきものといえるのも納得いくと思うのですが。
木造は不可欠とまではいえないように思います。

名号が一番いいと判ればそれでいいのではないのですか?


754 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 23:24:40 ID:k/tWDjMS
>>753
それでよかったのに余計なこと言い出したのはs会側なわけだ。

755 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 23:54:09 ID:2MFGqIQe
名号っていっても、字面を崇拝してるわけじゃないしな
名前にあらわされた意味が大事なわけだし。
それは木像でもあらわせれるんじゃないかな


756 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/17(金) 00:14:14 ID:tiVm66on
 本尊は名号がいいと蓮如はいう。その名号も、「阿弥陀仏」じゃなく「南無阿
弥陀仏」と書こうと提案している。
 その提案は名案だと僕も思う。しかし、文字を書いた紙をありがたがってい
るだけなら、本末転倒だ。
 南無阿弥陀仏と紙に書き、これを本尊としようというのは、そういうのがある
と、座禅して念仏を称える雰囲気が少しでも作れるだろうという配慮による
ものだ。大事なことは、そこで念仏が出るかどうかだ。

 本尊などは、新撰組の「誠」と書いた旗のようなもの。文字を書いた紙をいたず
らにありがたがれば、外道のシャーマニズムと変わりない。
 南無阿弥陀仏と書けば、木像と違って念力でも宿るなどと考えれば、噴飯
物だ。
 まあ、本願寺も親鸞会も、それがなくてもとっくに外道のシャーマニズムに
成り下がっていたといえば、それまでだ。

757 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 00:21:10 ID:Tb/irZOX
真宗にとって、本尊を拝むという行為自体が最重要事項なわけじゃないし。

なんかs会が「本尊とは根本に尊ぶべきもの」などといってること自体
またs会流のトリックというか、善の勧めみたいな俗世間の常識を混ぜた目くらましのような気がしてきた。

真宗においては他宗他流のような本尊崇拝が問題なのではないと。
だからでっかい仏像なり綺麗な絵像なりが必要なわけではないと。

別にどうでも良いと言っているわけじゃないのだが、ニュアンスが難しいな。

758 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/17(金) 00:21:29 ID:tiVm66on
>>753
>わたしたちは名号を頂いて助かるんですよね?

 文字を書いた紙で助かるんじゃないのよ。文字を書い
た紙で助かると言えば、人形を刻んだ木っ端じゃだめか
ということになる。
 文字を書いた紙も人形を刻んだ木っ端も、なかなか称
えられない念仏を、少しでも称えやすくする小道具なん
じゃ。

 王いま座禅してただ当に念仏すべし(行の巻)
 親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀に助けられまいら
すべしと、よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別
の子細なきなり。            (歎異抄)

759 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 00:30:35 ID:iGj4F605
>>758
861 :名無しさん@3周年 :04/04/18 11:13
72 名前: 渡海 難  ◆wd0AE5SZ4. 投稿日: 03/07/13 19:15
2チャンネル敗北撤退宣言

 非常に自由な掲示板は魅力でしたが、これ以上は落ち着いた議論ができま
せん。2チャンネルから去ります。
 2チャンネルでは、良識ある僧侶の方々に、たびたび不快な思いを多々抱か
せてしまっていたことは、この場を借りて心からお詫びします。

 僕は、今後も外部から発言を続けます。インターネットからの発言を止める
つもりはありません。他の掲示板に向かうか、自分で掲示板を立てるか考えま
す。

 私は、仏教界、真宗界に絶望した訳ではありません。良識ある僧侶の方々には、
大いに期待をしております。良識ある僧侶の方々に訴えたい。良識ある僧侶であ
れば、現代の教団のありかた、仲間僧侶のあり方に満足している方はいないと信
じます。現在の僧侶のあり方、教団のあり方に不足のものを感じる方は、どうか勇
気をもって、真剣に改革の声を上げていただきたい。そう念じます。

 これまで、繰り返し繰り返し叫ばれてきた月並みな言葉ですが、敢えて申し上げ
たい。親鸞を敬愛し、蓮如を敬愛し、真の仏道を歩もうとする方々に申し上げたい。
 親鸞に戻ろう。蓮如に戻ろう。親鸞の法を掲げよう。蓮如の心を掲げよう。
 良識をもって真剣に宗祖を敬愛し、その念仏を継承しようと思う方々とは、僕はい
つまでも親愛なる友でありたいと念じます。


760 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/17(金) 00:31:26 ID:tiVm66on
>>757
> またs会流のトリックというか、善の勧めみたいな俗世間
の常識を混ぜた目くらましのような気がしてきた。

 親鸞会は、親鸞真筆の「南無阿弥陀仏」又はその複写で
も持っているんでしょう。
 会員に真筆の複写か、複写の複写を配布して、親鸞会こ
そ親鸞直系という権威付けの主張をしているんじゃないか。
名号本尊でないと、金を積んで入手した名号の投資分が回
収できなくて困るんだろう。要するに、金の問題だ。
 日蓮正宗が、板曼荼羅の偽物をつくり、自分たちこそ日蓮
直系と主張しているのと同じだ。つまらん経済問題よ。

761 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 00:38:38 ID:iGj4F605
渡海難のカキコパターン

1 あるスレに突如として乱入。「最初は〜について教えてください」と学習者を装って参加する。
2 スレの参加者がそれに乗って丁寧に教えてやる。
3 その言葉の揚げ足を取って渡海難が攻撃開始。『教行信証』を断章して自分勝手な仏教解釈のコーシャクが
始まる。
4 それに対しスレの参加者が「まともな根拠をつけて」反撃する。
5 渡海難、正論で反撃できなくなり、しばらく黙る。その後、「お坊さんですね」(最近はこのパターンが多
い)か、「親鸞会ですね」と寺や親鸞会批判をする。(大概は奴の妄想)
6 それに対する反撃の後、4〜5、もしくは3〜4がしばらく続く。(7、もしくは8へ)
7 「馬のションベントーク」で相手がウザイと感じるまでけなす。
8 明後日の方向にひたすら答えにならないレスを乱発し、スレの流れをかく乱する。もしくは「仮説」に逃げ
る。「ウソも100回言えば」のクチでそれに騙されて「渡海は真の論者だ」という信者はこの8のシチュエー
ションから生まれる。(9もしくは10へ)
9 (しばらくしてスレが静かになると)一方的勝利宣言をして他スレを荒らしに行く(1に戻る)
10 あまりに渡海難がウザイので2chではスレが下がったり、他のHP掲示板は静かになる、すると「私を恐
れているんだ」と他スレや他の掲示板で言いふらす。


762 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 01:31:19 ID:R0qdUzwt
はじめての確定申告☆めんどいね〜♪渡海サン、ノってるな〜。座禅ってとこで、漏れとは
ど〜してもあい入れないトコがありますが、反省ばかりってご意見も多いっス。
『帖外御文章』(60)
「〜又念仏といふ名をきかばわが往生は治定とおもふべし。十方の衆生往生成就せずは
正覚とらじとちかひ給へる法蔵菩薩の正覚の果名なるがゆへにとおもふべし。又
弥陀仏の形像をみたてまつらば、はや我往生は決定とおもふべし。」
形像で表してあれ、文字で表してあれ、聞くべきことは何ですのん?
(_ _)Zzzオヤツミ〜☆

763 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:16:17 ID:/OOKJDXc
722 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 08:27:54 ID:Zls5uo37
顕正新聞とかいう新聞には、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」と断言されていますが、
そのように聖人が「仰せになった」根拠も是非お教え頂きたいものです。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?

結局これには会員は誰も答えることが出来ず、か。
自分が答えられない質問は無視、ということで。
楽な団体ですな親鸞会。
ええかげんな新聞ですねけんしょう新聞。

764 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:24:48 ID:JT6atA+Y
>結局これには会員は誰も答えることが出来ず、か。
自分が答えられない質問は無視、ということで。

これも結局根拠なしの勝手な作り話ということでヨロシイですか?


765 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:33:06 ID:/OOKJDXc
>>764
はぁ?
じゃあちゃんと答えている所を教えて頂けませんですかね。

766 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:42:53 ID:NNYMhQen
「本尊なおもって観経所説の第八の像観より出でたる丈六八尺
随機現の形像をば、祖師あながちに御庶幾御依用にあらず
天親論主の論文、すなわち、帰命尽十方無碍光如来をもって
真宗の御本尊とあがめましましき」(改邪鈔)

767 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:45:02 ID:eCsowXEd
>>765
名号が一番いいと判ればそれでいいのではないのですか?

これはアンチも異論なしでOK?


768 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 08:46:26 ID:NNYMhQen
「他の本尊をばもちいず、無碍光如来の名号ばかりをかけて、一心に念仏せられけるとぞ」(慕帰絵詞)

769 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 09:50:44 ID:254ycoRC
>>767
>名号が一番いいと判ればそれでいいのではないのですか?

思考停止はいけませんよ。
真宗ではどれが一番いい本尊か、という話をしているのではありません。

顕正新聞の記事の信憑性について話しています。

「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」
という顕正新聞の記事は根拠なしの勝手な作り話であって、
「顕正新聞の記事にはガセや捏造記事が含まれることがある」
と結論づけられる、ということでいいのではないのですか?

これはシンパも異論なしでOK?

770 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 09:56:48 ID:eCsowXEd
名号が一番いい本尊である。


これはアンチも異論なしでOK?



771 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 10:02:02 ID:NNYMhQen
>>769

>>766>>768で根拠を出しているのに無視ですか

772 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 10:20:11 ID:qwUPqxXP
>>769

766 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2006/02/17(金) 08:42:53 ID:NNYMhQen
「本尊なおもって観経所説の第八の像観より出でたる丈六八尺
随機現の形像をば、祖師あながちに御庶幾御依用にあらず
天親論主の論文、すなわち、帰命尽十方無碍光如来をもって
真宗の御本尊とあがめましましき」(改邪鈔)


768 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2006/02/17(金) 08:46:26 ID:NNYMhQen
「他の本尊をばもちいず、無碍光如来の名号ばかりをかけて、一心に念仏せられけるとぞ」(慕帰絵詞)

と、ID:NNYMhQenさんが書いているのはスルーですか

773 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 10:29:16 ID:VdnRdmXp
みんな元気そうでなによりです。

774 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 10:31:16 ID:VdnRdmXp
気持ち悪くならないかい?

775 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 10:32:48 ID:VdnRdmXp
お釈迦様と阿弥陀仏は違うみたいよ。

776 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 12:44:03 ID:254ycoRC
>>772
スルーって・・・まったく根拠になってませんが。

顕正新聞とかいう新聞に出ている、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」
は非常に限定された、意味合いの強い表現です。

特に「木像絵像を廃し」は黙視できません。

寺の本尊と、親鸞自身が門弟たちに下賜した名号本尊、親鸞が自分が礼拝した
本尊が同じであった保障はありません。
親鸞は、以上の本尊のすべてがまったく同一であるべきで、名号本尊である
べきだ、ってどの著作に書いてありますか?

親鸞自身、寺の本尊は名号でなければいけない、とはどこにもいっていません。
またそういう意向があれば、当然のことながら書物等にしたためたりしているはずじゃないですか?
親鸞の著作に、寺の本尊は名号に限定にすべしなど、そう明言したそういったソースはありますか?
そういうソースがあるかどうかを尋ねていますが。

断っておきますが、私は木像本尊派ではありませんよ。

777 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 12:48:26 ID:254ycoRC
>>776
(つづき)
また、親鸞は嘉禄元年に、阿弥陀如来の告げによって善光寺に赴いて、
一光三尊(中央に阿弥陀如来、 右に観音菩薩、左に勢至菩薩)の金像を
迎えています。

さらに、親鸞は後に常陸国稲田に滞在中、在地勢力である大内一族の懇請
により専修寺を建立することになるわけですが、この専修寺の本尊は善光寺
伝来の一光三尊仏です。

親鸞自身が唯一手掛けた寺院の本尊が一光三尊仏であったという、具体的な
行動の事実についてはどう考えるべきですか?

親鸞が阿弥陀三尊を祀ったってことは、 観世音菩薩や勢至菩薩も本尊になって
いることですが、そのようなそういう具体的な行動の事実についてはどう考える
べきですか?

さらに、親鸞が本尊は名号に限定するという姿勢がそこまで徹底されていたの
ならば、親鸞の六角堂での夢告の有名な話だって、語られてないはずです。
因みに六角堂の本尊は如意輪観音で、それを否定していないことになりませんか?
他宗の寺の話とはいえ、真宗においては重大なな話ですよ。

778 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 13:08:57 ID:enKu90zT
お釈迦様と阿弥陀仏はどのように違うのでしょうか?

779 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 13:12:18 ID:enKu90zT
仏と如来は一緒ですよね。

780 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 13:35:49 ID:R0qdUzwt
乙〜♪
電車移動中につき、ちこっとだけ☆
ま、簡単な話、T森タソの表現は、言い杉だったってだけのことやん。前にもゆうたけど、
「s会は親鸞聖人が礼拝の対象としてたのが名号であったとゆ〜ことから、それにならい
本尊を名号にしとりまつ」とだけゆ〜たらええわけ。木像を廃したっつ〜よ〜な余計な
こと付け加えて、寺院への敵対心をあおるのが目的なんかしらんが、先に答えありきで、
その裏付けのために聖教類を読むのは教学のあり方としてはど〜かと思ふ。
ま、絶対服従なんてゆ〜とるうちは無理な相談やろ〜けど。
(^-^)/ホナねん☆


781 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:06:05 ID:qwUPqxXP
>>776
>寺の本尊と、親鸞自身が門弟たちに下賜した名号本尊、親鸞が自分が礼拝した
>本尊が同じであった保障はありません。
>親鸞は、以上の本尊のすべてがまったく同一であるべきで、名号本尊である
>べきだ、ってどの著作に書いてありますか?

親鸞は木像本尊でも、どっちでもいいよって、どこの著作に書いてありますか?

断言が気に入らないっていうならわかりやすく書いてください。
そういう点では、
>>780
で元々ぼら夫さんが書いている方がわかりやすいよ。

私の考えはぼら夫さん支持しますよ〜♪

782 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:07:29 ID:Slyly79+
>>776-777さん、すごーい 私頭悪いから、そこまで反論できないですよ
頑張ってください

さあ、もうそろそろ親鸞会新入生勧誘の時期だわ 周りの人に注意を促さなくちゃ
教えの是非は私には云々出来ないけれど、反対する人はつるし上げられるような会の中の雰囲気とか、
自分の頭で考えたり確かめたりする権利を奪われることで、自分がどんどん人間じゃなくなっていく
ということは判ったから

783 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:17:27 ID:PDh2GwlB
つーか、シンパが出してる根拠、過去スレですでに論破されてなかったか?
めんどくさいから探さないけど

784 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:18:34 ID:qwUPqxXP
>>776
(つづき)
>>616 の書き込みにもあったけど
>「安心門」と「行儀門」の違いではないでしょうか?

>「教義」「安心」のうえからは、「信心の体」は、当然に「御名号」ですから(「聞其名号 信心歓喜」)、

>「所信の体」は「御名号」という真宗安心のエッセンスたる「安心門」は、それとは全く別で時代や情勢によって変わるもの
ではありません。

>>748 には
>>>616でも書きましたように、真宗教義で勧められるのは、「本願念仏」=>「聞其
>名号」(弥陀たのむ)オンリーワンですから、「礼拝」「おがむ」などというのは、
>せいぜい「付録」のような枝葉の問題だと思います。

「安心」「教義」の上から、あの顕正新聞の記事は書かれた者ではないですかね。
特に、自称真宗原理主義、祖師の教えに帰れと本願寺に強烈な対抗心を燃やす親鸞会の新聞ですから、「礼拝」という行為について、絶対云々ということではなく、「安心」「教義」のことから書いたと思うのは、推して知るべしでしょう。

時代的な背景云々を言い出したら、いろいろな文書は当時の時代背景から考えて出てくるのはあるのはしょうがないんじゃないですか。

親鸞聖人時代は、そもそも真宗教団というものが確立されていたわけではないというのは、>>749にもあったとおりです。

785 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:30:57 ID:254ycoRC
>>781
>親鸞は木像本尊でも、どっちでもいいよって、どこの著作に書いてありますか?

なにやら詭弁でお逃げになろうとしているようですが、

顕正新聞とかいう新聞に出ている、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」

が事の発端であることを忘れずに。

「仰せになった」といっているから、どこに仰せになったのかをみなさんが
尋ねているのですが。
これ以上は、わかりやすくしようがないのですが(笑)。

でも、親鸞会が出す根拠は覚如とかその弟子のばっかでしょ?

親鸞聖人は本尊については著作では何一つ言及しなかった、ということで
確定していいんですよね。>ALL

786 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:36:38 ID:PlM9dhXC
>「安心」「教義」の上から、あの顕正新聞の記事は書かれた者ではないですかね。

いくらなんでもそれはないよw。
「教義」「安心」と言う意味があったのなら、はじめからそう言えってもんだ。
わざわざ意味を隠して攻撃的な文面で
相手を挑発するような幼稚なことをして一体なんの得があったんだ。
ただ自分の品性を貶めてるだけじゃないかw。

そもそも親鸞会なんて、そんな深く考えて行動する団体じゃない。
嘘勧誘がいい例。
後先考えず目先の利益ばかり追ってるから今みたいな目に会う。

本尊論のことは、
本願寺はもう堕落している、親鸞会こそが真宗の正統である
と誇示できるって利益がほしかっただけ。
どうせ、こんなところさ



787 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:48:23 ID:254ycoRC
>>780
>森タソの表現は、言い杉だったってだけのことやん

ん〜どうですかね。いつもはボラさんに同意するけど、今回はただの高森タンの
「言い過ぎだった」だけではおさまらないと思いますがね。

なぜなら、ずいぶん前ですが後輩のバリ会員が、
「阿弥陀さんの木像本尊拝んでいる人を見ると、そんなものを拝んでも
意味ないから拝んでんじゃねえ、ボケとか思う」とか、
「阿弥陀さんの木像や絵像本尊を蓮如上人が風呂のたびごとに燃やしていたらしい。
自分も見つけ次第木像や絵像本尊を燃やしたほうが宿善になるんじゃないですか?
善知識のマネでもしなさいっていいますし。」
とかいってましたからね。

こういう人ってききぞこないですか?
危険人物と思いません?

788 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:55:51 ID:NNYMhQen
本願名号正定業・至心信楽願為因・成等覚証大涅槃・必至滅度願成就

789 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 17:33:23 ID:enKu90zT
『如来所以興出世』
の如来は釈迦如来?

790 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 17:43:20 ID:NNYMhQen
>>789
そうです

791 :脱会者:2006/02/17(金) 17:46:26 ID:emKgM9Z1
>>787 うわあ、その後輩君かなりイッチャってますね
私なら、別に木像や絵像を拝んでる人を別に止めたりはしませんが
もし聞かれたなら、燃やす前に、親鸞会ではこれこれこういう理由で名号本尊にしていると
じっくり話をするのが筋だと思います

792 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 18:15:01 ID:R0qdUzwt
帰りみち〜♪
>>785
ま、その顕正新聞の記事は間違いやとゆ〜ふ〜に受け取るべきやね。
>>787
は〜、そんな具体的な事象に発展してたんか☆知らんかったわあ。
会員サンには、これから「鵜呑みにしない」「再確認のため自分自身で調べてみる」ことを
教学の根本姿勢とすべしと言いたい。T森タソの言うことは、全て正しいという前提を
とっぱらうのは、会員サンにとっては、築きあげたものが崩壊するとゆ〜恐怖感が
あるやもしれませぬ。でも、勇気を出して「お聖教」を開きなされ。なるたけ先入観を
なくして素直に読むのがよいね。(^-^)/ホナねん


793 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 18:56:06 ID:R0qdUzwt
>>792つづき
親鸞聖人自身が何故、礼拝の対象としての本尊に言及されとらんのか考察してみまつね。
法然聖人が選択本願念仏のみが往生の業とされたのを受け取られたわけやから、
礼拝自体、往生に関係あるものととらえてない。本尊についての言及がないのも、
必然や罠。でも、後の人たちは敬慕の思いから、真影を図写したり、仏像彫ったりして
在りし日を偲ぶよすがにしたと。これは存覚サンがゆ〜とる。それは信仰のあらわれとしては
尊ぶべきことやけど、問題はそれが偶像崇拝的信仰に堕す恐れをはらんでること。
故に釘さす必要があった。


794 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 19:34:10 ID:R0qdUzwt
>>793つづき
で、親鸞聖人は生前、帰命尽十方無碍光如来の名号を礼拝の対象にしてたと(ちなみにs会の
本尊って十字なの?)ゆうて、お金かけて立派な仏像造り礼拝するのを本とするんは
まさしく本末転倒やと。どんなに美術的価値ある仏像であろうと、どんなに達筆で
書かれた名号であろうと、あなたの口から出てくる、仏の願いの篭った称名念仏の声の
価値とくらべたら、月とすっぽんやないかいな。田舎の、文字も都の礼儀文化も
知らへん方々が、お念仏申されとるのを見て、親鸞聖人は「仏の誓願の厚きこと」を
思うた、と漏れなどは想像する。

795 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 20:33:04 ID:Ck7lreEL
次スレ

ひどすぎやしないか親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139650663/

796 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:05:14 ID:Q9PGH/wE
>>777
>また、親鸞は嘉禄元年に、阿弥陀如来の告げによって善光寺に赴いて、
一光三尊(中央に阿弥陀如来、 右に観音菩薩、左に勢至菩薩)の金像を
迎えています。
さらに、親鸞は後に常陸国稲田に滞在中、在地勢力である大内一族の懇請
により専修寺を建立することになるわけですが、この専修寺の本尊は善光寺
伝来の一光三尊仏です。

このソースは「親鸞聖人正統伝」あたりでしょ。高田正統伝と言われて
江戸時代の高田派の学者が高田派に都合のいいように書いた伝記じゃないか。
非僧非俗の祖師が「寺を建立された」だって?

ますます木像本尊論がうさんくさい邪義であることがはっきりしましたな。

797 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:05:34 ID:FPJDHZcR
最近他の会員の人から、善導大師の「大悲伝普化」というお言葉の
他にも「大悲弘普化」という表現もあると聞いたのですが
これってどう違うんでしょうか?


798 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:09:12 ID:/OOKJDXc
>>796
>ますます木像本尊論がうさんくさい邪義であることがはっきりしましたな。

誰も使っていないし主張してもいない「木像本尊論」を、
どうしてそう執拗に使いたがるのかな?
益々親鸞会が胡散臭い団体であることがはっきりしましたな。

ま、この手の「相手の言ってないことを出してきて破る」手法は、
世界の指導者善知識高森先生が使ってきたやり方だから、
君たちはそれに従っただけかな?

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

799 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:21:22 ID:Q9PGH/wE
>親鸞聖人自身が何故、礼拝の対象としての本尊に言及されとらんのか

ふーん。
親鸞聖人直筆の御名号は礼拝の対象として御弟子に与えられたものでは
なかったというわけだ。
じゃあ、御名号本尊は何だったとボラは主張してるのだろ。
往生とは関係ないそうだから装飾品として与えられたのかな?

800 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:24:21 ID:Q9PGH/wE
>「鵜呑みにしない」「再確認のため自分自身で調べてみる」ことを

雑行もろくろくわからんくせによく言うなあ。
まだ本屋で立ち読みして教学の勉強してるのか?
本屋の迷惑だからやめとけよ。

801 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:31:13 ID:Q9PGH/wE
>親鸞聖人は本尊については著作では何一つ言及しなかった、

親鸞聖人の真筆の御名号は祖師の書かれたものですが
御聖教としての値はない、という見解ですか。
私は本尊聖教は「著作」として同列だと思いますが
御真筆の本尊を御聖教よりおとしめるのはどういう理由からでしょうか?

802 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:33:06 ID:Q9PGH/wE
結局、木像本尊の根拠はどこにもないのですが
それでも「木像派ではない」といいながら
木像を本尊にしているのは何故ですか?

803 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:56:37 ID:0I27c9wc
親切で言ってやるわけだが、

おまえ 完全に 浮いてるよ。



804 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:59:55 ID:/OOKJDXc
785 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 16:30:57 ID:254ycoRC
>>781
>親鸞は木像本尊でも、どっちでもいいよって、どこの著作に書いてありますか?

なにやら詭弁でお逃げになろうとしているようですが、

顕正新聞とかいう新聞に出ている、
「聖人は、木像絵像を廃し、御名号を本尊とせよ、と仰せになった」

が事の発端であることを忘れずに。

「仰せになった」といっているから、どこに仰せになったのかをみなさんが
尋ねているのですが。
これ以上は、わかりやすくしようがないのですが(笑)。

でも、親鸞会が出す根拠は覚如とかその弟子のばっかでしょ?

親鸞聖人は本尊については著作では何一つ言及しなかった、ということで
確定していいんですよね。>ALL

805 :元々ぼら夫:2006/02/17(金) 22:21:34 ID:R0qdUzwt
乙〜♪
>>799
君の意見も根拠あらへんがなw。親鸞聖人が本尊として名号を用いなさいとゆうたソースは?
門弟から頼まれて、しゃ〜ないから書いたってことを想像する人もおるかもしれへんで。
ま、なんとでも言える事は根拠にはならんってこと。君達は「決めつけ」の手法に
知らず知らずのうちに慣れてしもうてるんちゃう?ま、確実なソース出しぃな。
あと、漏れが本屋で立ち読みしてるソースもw。それと、親鸞聖人によれば、助正兼雑は
雑修でつが何か?礼拝が往生の足しになるとなりゃ、立派な助正兼雑。雑修のひとをきらふには
万不一生

806 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 22:21:52 ID:/Lysynye
>>799
また、あたかも「本尊は礼拝の対象でない」と言っているかのように
相手の主張をゆがめて解釈する。
s会の常套手段だということがわかりますな。

礼拝の対象としての本尊の形式ということだろ。
奈良の大仏みたいな像を作る事に労力を費やすような事はしないということでしょう。

807 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 22:27:22 ID:4oZ7AgTe
tbsテレビノ「白夜行」という番組がオンエアーされているのですが
劇中にしばしば唯円の語録が刑事役の出演者武田鉄也の肉声で語られます。
この俳優は何か組織と関係があるのでしょうか?


808 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 22:30:00 ID:YGpAe7+E
s会…「聖人は」木像絵像を「廃して」名号本尊にせよと「仰った」。
反s会…木像が一番というわけではないが、木像絵像を殊更に排斥する必要はない。


これがs会員にはこう見えるらしい。
s会…名号が一番よい。
アンチ…木像が一番よいと聖人が仰った。

809 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 22:31:06 ID:kz7K04Jj
>>175
かなり前の書き込みのれすになるが・・・
イニシャルは
S.T.
(ちなみに姓.名.にしてます)
姓は普通の読み方、名はちょっと特殊な読み方をします。


810 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 23:25:58 ID:/Lysynye
 すべてこと数箇条におよぶといへども、違変すべからざる儀において
厳重の起請文を同行に書かしむること、かつは祖師(親鸞)の遺訓にそむき、
かつは宿縁の有無をしらず、無法の沙汰に似たり。
詮ずるところ、聖人(親鸞)御相伝の正義を存ぜんともがら、
これらの今案に混じてみだりに邪義に迷ふべからず。
つつしむべし、おそるべし。

811 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 23:37:23 ID:V8Et1BjU
>門弟から頼まれて、しゃ〜ないから書いたってことを
想像する人もおるかもしれへんで

こういうのが本願寺の僧侶なんだが
当局は何とも思わんのかね。
自派の教義も知らんわけだが。

812 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 23:40:30 ID:V8Et1BjU
結局、木像本尊の根拠はどこにもないのですが
それでも「木像派ではない」といいながら
木像を本尊にしているのは何故ですか?


813 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 00:07:06 ID:SWEfFVEd
>>812
 木像本尊の根拠は昔からこれだよ。 ↓


 おのおの、とかくはからわせ給うこと、ゆめゆめ候うべからず。先に下し参らせ候いし、
唯信鈔・後世物語・自力他力なんどの文どもにて、御覧そうろうべし。  (親鸞)

 念珠をとらば、弥陀の名号をとなうべし。本尊にむかわば、弥陀の形像にむかうべし。
                                             (唯信鈔)

814 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:11:49 ID:eGp9Z7Fs
>>812
君のおかしな点は二点。
まず、根拠を出す必要があるのは木像否定論を主張したs会側。
次に、反論側が木像を本尊としているというのは明らかな決めつけ。
仮に木像非否定論者(変な言い方だがやむをえまい)が木像を本尊にしていたところで
それをもってその人が木像が一番と主張しているというには無理がある。

815 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 00:36:23 ID:SWEfFVEd
>>812
 勘違いしなさんなよ。
 親鸞の遺文の中には、木像を本尊としなさいよという記述は明確にあるんだ。
だからこそ、歴史的には、真宗の寺は木像を本尊にしてきているんだ。名号を
本尊がいいという宗祖の記述はどこにもないんだ。

 親鸞直筆の名号本尊がどういう経過でできたものか、それは知らないよ。確
かに、名号を本尊がいいというのは、親鸞以後の人の書いた記述の中にはある。
親鸞以後の人の見解として、「親鸞は名号本尊がいいと考えていたんだ」という
記述がある。親鸞以後の人の見解としてそういう見解があり、自分もそれに賛同
するというなら、名号本尊を自分は使えばいいだろう。

 しかし、宗祖直筆の遺文を大事にするというなら、教義的に木像を本尊にするこ
とは、なんら差し支えない。
 

816 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 00:42:30 ID:SWEfFVEd
>>799
>親鸞聖人直筆の御名号は礼拝の対象として御弟子に与えられたものでは
>なかったというわけだ。

 名号は礼拝の対象ではないよ。これは外道親鸞会の教義なんだろうが、
御本書を根本の理論書とする浄土真宗では、名号は礼拝の対象になら
ないよ。
 なぜなら、名号そのものが礼拝なんだからね。礼拝を礼拝の対象とする
というのはおかしな話だ。
 教行信証をしっかり読みなさい。

817 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:46:15 ID:pTagNKXo
>>813
>>815
>>816
         ∧_∧
        |.(`□´ )
        ⊂本願寺 つ  ∧_∧
     ドカ... | |⌒I、│  (`□´ ) 彡
 ..∧_∧  ▼(__).ノ  ⊂親鸞会 つ
 ( `□´)  ノ∩     / / / 彡
⊂ジャンヌ⊂渡海難 (_(__) バキ
  |  _/ ./( 。A。 )っ
 (__) 彡 U ∨ ∨

一緒にすんじゃねーよ!ボケ!!!


818 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 00:56:10 ID:aEJqJmY+
>>620

驚愕抗議で叫んだお方の名前もあった

819 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:36:39 ID:6Xht3Ulv
絵、凝ってますね。

820 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:37:43 ID:6Xht3Ulv
親鸞会は親鸞聖人のみ教えをそのまま伝えてるんです。

821 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:38:43 ID:6Xht3Ulv
皆さんも親鸞聖人のみ教えを聴聞させて頂きましょう。


822 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 01:57:37 ID:ta1lKKRE
アンチはどうでもいいことにこだわってますね。

823 :高森会:2006/02/18(土) 02:14:06 ID:aVmRZ2Vm
某霊能力者が言うには親鸞会は邪神が懸かってるらしい。教祖の高森は宗教狐が懸かり一体化してるらしい。
納得て感じだな。

824 :高森会:2006/02/18(土) 02:20:58 ID:aVmRZ2Vm
阿弥陀様の力は流れて無いから信者は邪神に手を合わせるのと同じ事。阿弥陀様が見捨てたて事はインチキ宗教だな。

825 :高森会:2006/02/18(土) 02:23:38 ID:aVmRZ2Vm
親鸞会に入信するのは高学歴の利口バカばかり。

826 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:35:40 ID:J8ptZDok
本願寺に立てこもった時勤行は木像に向かってしましたよ。

827 :高森会:2006/02/18(土) 02:53:28 ID:aVmRZ2Vm
本願寺に迷惑かけんな!カルト宗教団体!

828 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:57:29 ID:gmwijb20
本願寺はにくいので
アニメを売りつけるときに利用させてもらっています

829 :高森会:2006/02/18(土) 03:13:11 ID:aVmRZ2Vm
チューリップ企画とかが作ったアニメか?あんな粗品売りつけてんじゃねぇよドアフォ〜善良な爺さん婆さん騙して年金を吸い取りやがって!憎き悪知識!高森!

830 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 03:46:49 ID:oD550Bbw
>>812
>>799-802
>>796

親鸞会の大善知識高森大先生が推奨し、自ら実践してきた伝統的詭弁法である、

「議論に負けそうになったら、相手の主張を意図的にゆがめるべし。
そのゆがめた主張を徹底的に叩いて勝ったふりをしなさい」

という奥の手を忠実に守っておられますな。

さすが会長の飼い犬。無条件服従の鑑です。感心感心。


831 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 06:10:35 ID:ta1lKKRE
名号の方がいいって言ってるのに、なぜ木像や絵像に拘るのか?

832 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 06:44:19 ID:oD550Bbw
>>831

>>785>>814>>>808嫁。

833 :高森会長:2006/02/18(土) 06:59:22 ID:aVmRZ2Vm
君達!こんな書き込みしてないで私の写真の前で現代の大善知識高森先生と唱えながら礼拝供養を百八回繰り返しなさい!

834 :変乱会:2006/02/18(土) 07:17:32 ID:aVmRZ2Vm
浄土真宗と親鸞上人の名を利用し集金に奔走する不届きな団体!!それが親鸞会!

835 :変乱会:2006/02/18(土) 07:21:02 ID:aVmRZ2Vm
親鸞会本部の建物にオシッコかけてやったけど罰当たりますかね〜└|∵|┐♪┌|∵|┘

836 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 08:26:49 ID:jDoGKTIe
>木像非否定論者(変な言い方だがやむをえまい)が木像を本尊にしていたところで
それをもってその人が木像が一番と主張しているというには無理がある。

結局、木像本尊の根拠はどこにもないのですが
それでも「木像派ではない」といいながら
木像を本尊にしているのは何故ですか?


837 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 08:33:36 ID:DdtGdCuv
>>832
本願成就文には
「名号のいわれを聞信する一念で一切の人々は絶対の幸福に救われる」
と明示なされています。
名号によって救われるのですから当然本尊は名号です
本尊というのは根本に尊ぶべきものです
それは阿弥陀仏のお姿ではなく阿弥陀仏のつくられた名号です
「廃して」というのは「捨てて焼き払え」という意味ではありません
木像絵像も阿弥陀仏ですから粗末にしてはいけませんが浄土真宗の本尊では
ないという意味です

838 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 10:35:00 ID:8o1kRoXm
最近、車で快調の家の前を車で通った。会員だった時せっせと書いたお礼状の
住所を思い出し、地図で調べた。
家はそんなに大きなものではなかったが、
敷地はけっこう広かったな。場所は、伏木高校のすぐそばだった。
伏木高校から415号へ降りる道にあった。

ちなみに坂を下りるほうに車で通ると表札は見えないが、
登る方に通ると表札は見える

839 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 10:52:08 ID:K74tW3xM
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって
空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞ
まことにて在します(歎異鈔)

「いつ何が起きるか分からない、火宅無常の世界に住む、
煩悩にまみれた人間のすべてのことは、空事であり、
たわごとであり、まことは1つもない。ただ念仏のみ
がまことなのだ」

親鸞聖人のお言葉です。


840 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:20:24 ID:K74tW3xM
一寸先は闇。この世に、「そんなことあり得ない」などと言えることは
何もありません。
「備えあれば、憂いなし」とは言いますが、何にどこまで備えればよい
のでしょう。

最善を尽くして備えても、朝に紅顔あって夕に白骨となる無常のわが身。
次の瞬間、どうなるか分かりません。結局、不安は尽きないのです。

つまりは、確実な未来である死に備えるしかないのでしょう。

841 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:25:31 ID:K74tW3xM
「念仏のみぞまこと」の断言は、
「本願のみぞまこと」を言い換えられたものです。

空事たわごと、ウソっぱちだらけの世にあって、親鸞聖人は、
弥陀の本願だけが真実だと言われています。

弥陀の本願とは、
「死後のハッキリしない心・無明の闇を破り、
"極楽浄土へ必ず往ける"大安心・大満足の身にしてみせる」
との誓願です。

この「弥陀の本願のみぞまこと」と知らされ、
いつ死んでも"必ず浄土へ往ける"大満足の身になってこそ、
本当の幸せ者といえるのではないでしょうか。


842 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:28:27 ID:Wo9Ctsf1
「〜読んで」のレッスン、また追加されています。
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

843 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:35:06 ID:Wo9Ctsf1
>>842
追記も追加されています。

844 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:35:24 ID:1TwjHCLK
>>842 反論先のコンテンツに、リンク張ってやればいいのに

845 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:38:06 ID:Wo9Ctsf1
>>844
見られると都合が悪いところがあるから、リンクをはれず、
部分的に引用しているだけなのでしょうね。

846 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:49:30 ID:oD550Bbw
>>842
素朴な質問

「真実を知る者は幸いなり。
真実を求むる者はなお幸いなり。
真実を獲得する者は最も幸いなり。」

これって誰の言葉?高森タン?


847 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:51:05 ID:JqdhqyFI
>>837

>>616 >>748-750 >>793-794


浄土真宗の

所信の体=名号

所信の体≠礼拝の対象としての本尊

848 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:53:12 ID:Wo9Ctsf1
>>846
T森会長の言葉だと聞きました。

849 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 11:57:08 ID:JqdhqyFI
>>837
次スレ
ひどすぎやしないか親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1139650663/ よりコピペ

47 :聞其名号 :2006/02/12(日) 16:50:44 ID:57CboOoX
818 :図式化してみよう :05/02/17 02:06:48 ID:Xouru4U+
    A              B              C

                  名号A
   名号@     ⇒    絵像、木像    ⇒     私
  阿弥陀仏          経典
                  善智識
                  e.t.c.
  法性法身         方便法身

   形而上          形而下

Bは、Aの顕現である。
AはBを介して間接的にCに伝わる。(方便の必然性)

名号@とAの違いは、
@…真実、本質
A…字面、礼拝の対象

>815を例にとると
>真宗の救いの正体は、「聞其名号 信心歓喜」です。 →@
>阿弥陀如来がお作りになられた名号 → @
>私の家では、名号しかおいてません。 → A

親鸞会の説明では、しばしば混同されているようにみえる。

850 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:12:54 ID:oD550Bbw
>>842
>レッスン(LESSON)15 反証可能な真理?
>「では、明日があることは、反証可能ですか」
>「えっ?」

この作者は「明日」があたかも存在する当然の真実のように思っているようです。
そして、それを否定する人をバカ扱いしているようですが、

「仏法には明日といふ事は あるまじき由の仰せに候」(蓮如上人御一代記聞書)

は念頭に少しもないかたのようです。いや、この作者に限ってそんなことはないのでしょう。
明日は存在しないという蓮如上人はバカだ、といいたいのでしょう。

>【結論】この程度の人間が、仏説を誹謗しているということです。

日本語は正しく使ってください。

×「仏説を誹謗している」
正しくは、
○「親鸞会説を批判している」

この程度ってどの程度なんでしょう。
この作者のように、蓮如上人をバカ扱いしないものはバカっていいたいのでしょうか?

得意の個人攻撃も結構ですが、この作者は自身が仏教徒であることは否定するかたの
ようです。そんな人に「仏説を誹謗」とかいわれてもねぇ・・・・

851 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:17:56 ID:DdtGdCuv
>>847>>849
不勉強な私に、もう少し解りやすく要約して頂けると有り難い

852 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 12:24:03 ID:SWEfFVEd
>>848
>T森会長の言葉だと聞きました。

 Blessed are they that 〜 「〜 は幸いなり」は、聖書ではお決まりのフレーズ。

 幸福(さいわひ)なるかな、心の貧しき者。天国はその人のものなり。幸福なるかな、悲しむ
者。その人は慰められん。幸福なるかな、柔和なる者。その人は地を嗣がん。幸福なるかな、
義に飢ゑ渇く者。その人は飽くことを得ん。幸福なるかな、〜。幸福なるかな、〜。〜、〜、
(文語訳 マタイ5−3〜10)。

 口語訳では、「心の貧しい人たちは、さいわいである。天国は彼らのものである。」となっている。
 改訂訳は知らない

 新約聖書のクライマックスの一つ。山頂の垂訓だ。ここは確かに素晴らしい。世界中の人が感
動している。

853 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:33:52 ID:34/w096R
>>842
>レッスン(LESSON)15 反証可能な真理?
>「では、明日があることは、反証可能ですか」
>「えっ?」

だから、「明日もあると信じている」けど、
反証不能だから、「信じている」んじゃないの?
その証拠に、今晩死んだら、その信心が崩れるわけだし。

だから、「親鸞会の教えも、会員が信じているにすぎないんでないの?」って言っているのではないの?

「読んで」の筆者は、
「明日があることが真理である」
「しかし、『明日がある』は反証不能である」
「だから、反証不能な真理はある」
みたいな論理展開?よく分からんが。

854 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:34:18 ID:Wd2HX4nK
>>850
>【結論】この程度の人間が、仏説を誹謗しているということです。

この程度の人間が作っている反論元のサイトに、
リンクすら張れない臆病ぶりって何なんだろうね。
つまり「なぜやめた」系のサイトが怖いって事でしょ。

弱い犬ほどよくほえるっていうけど、なんか情けないな。

855 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:36:15 ID:Wd2HX4nK
>>853
同意。

つまりこの「反論サイト」の作者さんは、
仏教への理解もかなり浅い人だった、ということなんでしょうね。
仏教に明日はないって、高森たんも言っていることだし。

この説明で納得するのは新入生くらいだろうなぁ。

856 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:40:01 ID:34/w096R
レッスン(LESSON)15 反証可能な真理?

「オレは、反証不能なものは信じられない」
「あなたは明日があるということを、信じていませんか」
「そりゃあ、信じて生きているさ」
「では、明日があることは、反証可能ですか」
「いえ、反証可能ではありません。だから『明日がある』と『信じている』のですよ。それが何か?」
「・・・・失礼しました」


最初に「オレは、反証不能なものは信じられない」とあるけど、
「反証不能なもの」だからこそ、「そうなんだろうな〜と思考停止して信じる」のではないのかな・・・。
間違ってる?

857 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:50:11 ID:34/w096R
>>856
>レッスン(LESSON)15 反証可能な真理?
>
>「オレは、反証不能なものは信じられない」

「オレは、反証不能なものは信じられない」 ってあるけど、
「なぜやめたのか」の筆者も、会員であった当時は、「反証不能な親鸞会の教えを信じていた」んでしょ?

だけど、「反証不能なものを信じる」という行為に、疑問を感じたのでは?
もちろん、「読んで」の筆者が例にあげているように、
「明日がある」ということなど、反証不能なものでも、我々は信じて生きていますよね。

ただ、だからと言って、なんでも「反証不能なものは信じられる」訳でもないと思うけど。
「なぜやめた」の筆者は、「反証不能な親鸞会の教えを信じる」理由に疑問を感じたのでは?と思ったり。

だから信じるのは勝手だけど、「あなたたちが信じているだけでしょ?」と言いたいのでは。

858 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:59:23 ID:e4YO9lbb
結局、木像本尊の根拠はどこにもないのですが
それでも「木像派ではない」といいながら
木像を本尊にしているのは何故ですか?


859 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 13:00:58 ID:HTPVjHqC
>>856-857
まあ、あくまで「自分にとって」明日はあるか?ってことでしょ。
一日を24時間とするなら、24時間後には確実に明日が来るわけで。
時間が止まらない限り。

ともかく実験で再現可能であれば、暫定的に真理といえるわけで、
今まで明日がなかった例はないから、明日はあることは真理と言っていんじゃないかな。



860 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 13:31:33 ID:SWEfFVEd
>>616
 うー。あぁー。なん、ちゅうぅか。なぁー。
 専門家として専門の勉強してきた言うなら、もっと分かりやすい言
葉でものが言えないものかねぇ。論評の対象にならんじゃないか。
 素人に分かりやすく説明できない専門家は、専門家じゃないという
気持ちを持ってほしいものだよなぁ。


>>793
>礼拝自体、往生に関係あるものととらえてない。
>それが偶像崇拝的信仰に堕す恐れをはらんでる

 うーむ。なんて言うか。まぁ。どーも。元々ぼら夫さんの意見は、ど
うも、なぁ。
 一つぅ、一つが、気にぃ、なるんだよね。
 まあぁ。粗雑と言うか、無鉄砲というか。乱雑というか。
こういうちんぷんかんぷん議論が、親鸞会の温床だろうと、僕は思うよ。
 でも、まあ、親鸞会レスで坊さんを突っ込むのは、止めておきますよ。


861 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 14:08:18 ID:SWEfFVEd
>>858
>木像本尊の根拠はどこにもないのですが

 カルト高森親鸞会が勝手にでっち上げた親鸞2号の大事な教義(ドグマ)なんだろ
う。親鸞会にとって、反証を許さない神聖な教義なんだろう。

 一切衆生必堕無間の教えなど、親鸞会には、これまでも神聖不可侵で、決して反
証を許さない教えが満載だ。

 あんたらには、聞く耳がない。まあ、勝手にすればいい。聴聞、聴聞とは、よくいった
モノだ。面の顔の厚みには、聞いて呆れる。

 まあ、勝手にすればいいと言われると、あんたみたいなノータリンは嬉しいだろう。相
手が問題にしなければ、相手は反証も寄せないからね。

 ノータリンカルトのおつむは死んでも治らないということだ。

862 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 15:50:27 ID:OeaK6xVa
>>849
図式化って・・・アンチの誤解も甚だしいですね。
名号について(あと、法身も)、一から勉強し直す事をお勧めします。


863 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 16:59:33 ID:DdtGdCuv
>>851のお願いもスルーしないでください。(;´Д`)

864 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 17:14:46 ID:SWEfFVEd
>>852
 現代には、クリスチャンじゃなくて聖書大好きという人が二人いるようだ。
 一人は金正日、もう一人は高森顕徹。

 後者は前者に比べてやや小粒だが、嗜好は近そうだ。
 金正日さんに関する北朝鮮放送では、聖書の言葉、聖書の表現が機関
銃のように並ぶそうだ。まさに金正日さんは、現代における神の子、イエス
キリストという感じだそうだ。
 高森顕徹さんも、親鸞の皮を被ったイエスキリストなんだろう。

 皮は剥げばいいと思うが、そうはいかないんだろう。化けの皮が剥がれる
と、お布施が入らなくなるから困るんだろうね。


865 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:18:46 ID:dQMKPwu2
信心決定すれば、なぜ親鸞聖人が名号本尊好きなのかわかるんだけどね。
いまだに未信心なら、阿弥陀像でもありがたく思えてしまうかもしれないね。

866 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:23:38 ID:Wd2HX4nK
なんだか親鸞会って残念だな。

結局山科本願寺の文章も、明らかに建立当初のことが書いてあるのに、
「んなもん、しらん」てな感じだし、
顕正新聞の根拠については逃げ回ってばかりで全然答えられない。

反論サイトの文章はいわゆる「人格攻撃」ばっかり。

あんな団体にいたことが恥ずかしいよ。

867 :元々ぼら夫:2006/02/18(土) 17:24:38 ID:yEQ3fqIZ
ただいまぁ♪
>>793
渡海サン、えろすんませんなあ。携帯やとこと細かに説明でけんのですわ。ま、平安末期からの
仏教の流れをカキコした上で説明しようと思うてたんやけど、中途半端やった。
ま、親鸞聖人にとって本尊ってのは二義的なもんで、阿弥陀如来の摂取不捨の誓約を
もって本義とするのでしょう。名号を礼拝しようと仏像を礼拝しようと、弥陀の誓約を
はかろうてるうちは、往生不定には変わり無し。
帰命尽十方無碍光如来に礼拝するも摂取不捨のすがたと見、形像を礼拝するも
立撮即行のすがたと見、称名するも名号の独用と見よってトコか。

868 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:26:05 ID:dQMKPwu2
阿弥陀像であろうが、
ゼウス像であろうが、
アポロン、マリア、ゲームキャラ、
アニメキャラ像を阿弥陀様として本尊にしようが、
何を本尊にしようが、結局名号だから、名号本尊でいいんだよね。

869 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:28:40 ID:dQMKPwu2
ちなみに僕の家には、仮面ライダーの形をした阿弥陀様がいるよ。

870 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 17:35:37 ID:SWEfFVEd
>>865
> 信心決定すれば、なぜ親鸞聖人が名号本尊好きなのかわかるんだけどね。

 さらに上根のひとのためにはいやしくとも、われらがためには、最上の法にて
ましますというところでしょう。
 まあ、いすれにしても、あんたらノータリン嘘つき親鸞会には、思いも心も及ば
ぬ世界よ。


>>869
> ちなみに僕の家には、仮面ライダーの形をした阿弥陀様がいるよ。

 木っ端で作った木偶人形が置いてあるだけだろ。木偶人形は阿弥陀じゃない
んだよ。

871 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:48:54 ID:dQMKPwu2
だから、木像、絵像本尊にする人は、
どうしても、「聞其名号 信心歓喜」がわからないからなんだよね。
「一向専念無量寿仏」なんだから、阿弥陀でいいだろってことになる。

良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
本尊は念仏じゃないんだよね。
そんなに念仏大事なら、本尊は念仏じゃだめなのかい。


872 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:01:57 ID:ei57+cAs
>>864の渡海難さん
うーん、それはなんとなく分る気がします s会内では会長は、何百年に一度しか現れない善知識といわれ、
ほぼ世界のメシア(この言葉は使わないでしょうが)的指導者みたいな扱いですし、
機関紙では阿弥陀仏の御化身とか親鸞聖人の御化身という、まるで超人的な聖者に対する様な
賛辞が並びますね。(苦難を「阿弥陀仏からの試練だ」というのも、キリスト教的な匂いがするし)

彼は本物のイエスキリストと違って、罪を犯した女性を罰さずに更生するよう励ましたり
(「あなた方の中で罪のないものが、この女に石を投げなさい」のエピソード)、
弟子たちの足を洗って謙虚な姿勢を示したり、愛を説いて身をもって示したり、
生涯清貧な生活で終わったりするということはありませんが。

873 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:08:24 ID:w280SODo
>山科本願寺の文章も、明らかに建立当初のことが書いてあるのに、

どこが「明らか」なのか、あなたが論証すればよろしいでしょうが。
当初のことも、末期のことも前後相違して書かれている文章で
「建立当初、蓮如上人がおられたころとは論証できないような」
根拠をあげているから、根拠にならないと言っているまで。
出すものがなくて、江戸時代の創作文書まで根拠にするとは
あいかわらずずるいね、アンチは。
ボラ夫も同じようなことしたし、批判するためなら御聖教の御文まで
偽造した連中だから、アンチの出す根拠は全然信用ならん。


結局、木像本尊の根拠はどこにもないのですが
それでも「木像派ではない」といいながら
木像を本尊にしているのは何故ですか?



874 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:29:51 ID:2r955aGP
おならぷぅ


875 :元々ぼら夫:2006/02/18(土) 19:48:07 ID:yEQ3fqIZ
>>873
も〜やんなってくるな。実悟さんの文書で十分やんか。
蓮如没後に本尊が名号から仏像に変えた事があるなら、そう記載されているはずやろ。
数万人もの参拝がある山科の本尊が変わったのなら、山科国はおろか、越前、京都、大坂
でも話題にならんはずないやろが。語りつがんわけないやろ。まして御堂記録を
つけている者においてをや、や。も〜ええやろ。T森タソに「あの顕正新聞の主張は
史料的にみてむずかしいッス」って教えてあげな。それが親切ってもんや。
帖外御文章(60)もあげといた。蓮如上人は形像の本尊を廃しも否定もしてない


876 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2006/02/18(土) 20:02:15 ID:SWEfFVEd
>>871
>そんなに念仏大事なら、本尊は念仏じゃだめなのかい。

 これは僕に向けた質問か。本願寺の坊さんに向けた質問か。
 質問ではないのか。よく分からん。
 僕に向けた質問なら、宛先を分かるようにもう一度意思表示してほしい。
 他人に向けた質問を、代わって答えるつもりはない。

 僕に向けた質問なら、こっちには答える用意がある。
 なお、今日はもう終わり。 2、3日カキコ不能。 多忙。


877 :元々ぼら夫:2006/02/18(土) 20:03:39 ID:yEQ3fqIZ
〜つづき〜
あとさ、実悟さんの原文ちゃんとすみずみまで目通したんかいな?ものすごい細かい方
やな〜って思わんかった?『山科御坊事』には、蓮如上人の時の勤行が実如上人の代で
変更になったこと、若干の荘厳の変更に至るまで細かに記されとる。本尊が実如の代で
変えられたならば、記載があって当然と思わん?何も知らん人を煙に巻くよ〜な
ことばかりいわんといて。
(^-^)/ホナねん☆


878 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 20:13:39 ID:Wd2HX4nK
>>875
実悟さんの原文を見ていると、本尊に関する記述は、
明らかに建立当初の場面を記載した部分に出てくる。
いくら「前後相違」といっても、これを見て
「蓮如上人の末期の事かも知れないから根拠にはならない」
と考えるのは親鸞会の会員くらいだろうね。

はじめに結論ありきだから、こんな珍妙な解釈になるので、
反面教師として学ばせて頂きたいと思います。

879 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 20:15:20 ID:F+3WGrD2
シンパの方は
「本尊なほもつて『観経』所説の十三定善の第八の像観より出でたる丈」

のところを根拠としているようですが、
現在の浄土真宗の形像本尊は
「『観経』所説の十三定善の第八の像観より出でたる」象ではなく

罪悪深重のイダイケ夫人が、凡夫のまま釈尊の導きで「まのあたりに無量寿仏を見たてまつることができた」時の
「住立空中尊」が元になっている。(『仏説観無量寿経 正宗分 定善 華座観 住立空中尊』)

「十三定善の第八の像観より出でたる」像なら九品の差別があるので
真宗の第一義の本尊ではないが

凡夫の代表であるイダイケ夫人が見たてまつった
「住立空中尊」こそ一切衆生を差別なく救う」と誓われた本願の現れである
として、現在の真宗の形像本尊とされている。

そのあたりぐらいはシンパもアンチも押えといた方がいいんではないかと。

880 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 20:57:34 ID:4T0nn+Ag
>>871
>だから、木像、絵像本尊にする人は、
>どうしても、「聞其名号 信心歓喜」がわからないからなんだよね。

ふーん。
木像、絵像本尊にしていた法然も、善導も「聞其名号 信心歓喜」
がわからない人たちだったと。

そしてその師匠から学んだ親鸞が「聞其名号 信心歓喜」をわかるとは・・・
一体どういうことなんでしょうか。

881 :法然も、善導ha:2006/02/18(土) 21:27:00 ID:4T0nn+Ag
865 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:18:46 ID:dQMKPwu2
信心決定すれば、なぜ親鸞聖人が名号本尊好きなのかわかるんだけどね。
いまだに未信心なら、阿弥陀像でもありがたく思えてしまうかもしれないね。

868 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:26:05 ID:dQMKPwu2
阿弥陀像であろうが、
ゼウス像であろうが、
アポロン、マリア、ゲームキャラ、
アニメキャラ像を阿弥陀様として本尊にしようが、
何を本尊にしようが、結局名号だから、名号本尊でいいんだよね。

869 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:28:40 ID:dQMKPwu2
ちなみに僕の家には、仮面ライダーの形をした阿弥陀様がいるよ。

871 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:48:54 ID:dQMKPwu2
だから、木像、絵像本尊にする人は、
どうしても、「聞其名号 信心歓喜」がわからないからなんだよね。
「一向専念無量寿仏」なんだから、阿弥陀でいいだろってことになる。
良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
本尊は念仏じゃないんだよね。
そんなに念仏大事なら、本尊は念仏じゃだめなのかい。


882 :名無しとコテハンを使い分ける通行人:2006/02/18(土) 21:27:59 ID:4T0nn+Ag
865 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:18:46 ID:dQMKPwu2
信心決定すれば、なぜ親鸞聖人が名号本尊好きなのかわかるんだけどね。
いまだに未信心なら、阿弥陀像でもありがたく思えてしまうかもしれないね。

868 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:26:05 ID:dQMKPwu2
阿弥陀像であろうが、
ゼウス像であろうが、
アポロン、マリア、ゲームキャラ、
アニメキャラ像を阿弥陀様として本尊にしようが、
何を本尊にしようが、結局名号だから、名号本尊でいいんだよね。

869 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2006/02/18(土) 17:28:40 ID:dQMKPwu2
ちなみに僕の家には、仮面ライダーの形をした阿弥陀様がいるよ。

871 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:48:54 ID:dQMKPwu2
だから、木像、絵像本尊にする人は、
どうしても、「聞其名号 信心歓喜」がわからないからなんだよね。
「一向専念無量寿仏」なんだから、阿弥陀でいいだろってことになる。
良くわからないのは、日頃「念仏だ、念仏だ」と騒ぐ人に限って、
本尊は念仏じゃないんだよね。
そんなに念仏大事なら、本尊は念仏じゃだめなのかい。

883 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 21:32:05 ID:4T0nn+Ag
>>881-882
ダブルカキコ失敬

>信心決定すれば、なぜ親鸞聖人が名号本尊好きなのかわかるんだけどね。
>いまだに未信心なら、阿弥陀像でもありがたく思えてしまうかもしれないね。

通行人=ID:dQMKPwu2 は、法然、善導は信心していないから、行像の阿弥陀像でもありがたく思うのだ、
といいたいらしいね。
そうなんでしょう?


884 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 21:58:22 ID:scR0Trn+
>>873
同意。本文よく読んでください。
それとも民主党の議員さんみたいに、そっちが証明しろってことですか

885 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:09:45 ID:scR0Trn+
(追記19)錯誤相関?
「錯誤相関」という現象がある。それは、実際には存在しない関係を認知した
り、あるいは実際の関係以上に強い関係を認知することである。人はランダム
に起きている事象についても、すでにもっている信念を確認するデータとして
誤って認知する。つまり、二つの事象に相関する関係があると信じるならば、
その関係が誤りである証拠を確認する以上に、その関係が正しい証拠に気づき、
記憶してしまう。

(『マインドコントロールとは何か』P159,160)

(中略)
そうすると、何か善いことをした後、善い結果が返ってきたり、悪いことをし
た後に、悪い結果が返ってくると、「因果の道理は、やはり真実なのだなぁ」
と思うようになります。善いことをしても、善い結果がかえってこなかったり、
悪いことをしても悪い結果がかえってこないような場合があっても、「因果の
道理に反すること」よりも、「因果の道理に合致すること」がより強く自分の
中に残り、「やはり、毎日聞かされていることは、正しかったのだ」と思うよ
うになりました。
こうして、多くの疑問を抱えていた「親鸞会の説く因果の道理」も、次第に自
分の中で「やはり、講師の人や先輩の言う通り、大宇宙の真理なのでは・・・」
と思うようになってゆきました。




これでは因果の道理を根幹とする仏教そのものが、錯誤相関になってしまいま
す。

886 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:15:49 ID:scR0Trn+
私にはマインドコントロールという学者の言葉に何が何でも当てはめようとす
るあまり、すべてがそう思えて来るという錯誤相関に陥っているように思えま
すが。
因果の道理を否定しては、本当の幸福にはなれません。あわれというもおろか
なり。

887 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:28:56 ID:34/w096R
>>886
>私にはマインドコントロールという学者の言葉に何が何でも当てはめようとするあまり、
>すべてがそう思えて来るという錯誤相関に陥っているように思えますが。

すべてが当てはまる訳ではない、と思っているのなら、
親鸞会の活動の中で、マインドコントロールに「当てはまると思われる部分」と、
「これは当てはまらないと思う部分」を、あのサイトの中から具体的にいくつかあげてみたら?


>因果の道理を否定しては、本当の幸福にはなれません。あわれというもおろかなり。

親鸞会で「本当の幸福」になった人って、いるの?

888 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:31:57 ID:34/w096R
親鸞会って、批判に対して具体的に反論したり、具体的な反省をしたりする能力に
かけているんじゃないの?

ただなんとなく、反論しなくちゃいかんから反論しているというか、
未来にむかって、具体的に何かを改善するといったような姿勢がみられない気がする。

だから、批判も減らないし、会員数も増えないんじゃないの?

889 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:37:24 ID:DJdS9GN1
ていうか、ボラ尾さんの話一回きいてみたい、生で



890 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:40:38 ID:5ZD5Vi5f
>>875
>実悟さんの文書で十分やんか。

って言うか、根拠になりそうなものがそれしかないから粘ってるのは
気持ちはわからんでもないが無理な解釈。
「大阪御坊は名号を下付されたお礼で立てられた」と言われるほど
名号本尊をすすめられた蓮師が山科だけ本尊を木像にされたなら
どこかに誰かが一言コメントがあってもいいんじゃないかという方が正論だよ。

御真影に礼拝しても何も問題ないのと同じで
形像に礼拝することは問題ない。しかしそれが本尊かどうかというのは別。
木像本尊のちゃんとした根拠を出してから言い訳しなさい。
君は実際に木像を本尊にして、名号を排斥してる「木像派」なんだから。



891 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:46:08 ID:5ZD5Vi5f
>>878
>明らかに建立当初の場面を記載した部分に出てくる。

頭悪いですか?
「明らか」ならそう論証されればよろしい。
論証できないなら明らかでないということ。

892 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:59:36 ID:Wd2HX4nK
>>890
って言うか、明らかに根拠と言えるものを根拠じゃないと粘ってるのは
気持ちはわからんでもないが無理な解釈。
「大阪御坊は名号を下付されたお礼で立てられた」と言われるほど
名号本尊をすすめられた蓮師が実際に形像を下付されたり、
山科の本尊を木像にされたのだから、
親鸞会の木像本尊は外道邪宗だという意見がおかしいというのは正論だよ。

名号を本尊にすることは問題ない。
しかしたとえばあんたらの機関誌にあるように、
「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」というのとは別。
上の発言のちゃんとした根拠を出してから言い訳しなさい。
でなければ、顕正新聞は聖人の仰ってもないことを「仰った」と書いていると言われても仕方がない。

893 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 00:37:27 ID:iGwzyqY9
そーいや、一向専念無量寿仏ってs会の造語だったっけ?


894 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 00:50:27 ID:bNQpQ4dw
お年寄りの信者は、若者からみると、
馬鹿でもうろくのジジイで、金むしりとられとる憐れな人と思うのかもしれません。

若者の中には、金稼いで、やりたいことやって死ねばいいやん。
と思う人は多いでしょう。

しかしながら、宗教の信者に老人が多いのは、
年を重ねれば重ねるほど、人生の真実が見えてくるからではないでしょうか?

それは、若くて、体が丈夫で、先が長いと思ってるうちは
見えてこない真実なのではないでしょうか?


895 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 00:56:51 ID:Mc48Ktkl
>>893
いや、それは大経にある言葉だよ。

でも、s会の造語とか作り話ってけっこうあるから
知らずに間違って理解してるところがあるんじゃないかって気になる。
やっぱり直にお聖教にあたりたいと思うんだけど
ちょっと読んだだけじゃ、書いてあること意味分かんないしw。
真宗入門みたいな原文を読みやすくする本でもあればいいのに。

896 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:05:18 ID:Yhot4ZKz
確かに常識のへったくれもなくなりつつあると思う。

自分犯罪板とか他の覗いたけどたたきあいしてる人の多いこと。
特に「人殺しがなんでまちがってんだ?お前の常識押し付けるなよ」
とか言うような間違ったことを正当化する人がけっこういる。なんて
言うか、世間の当たり前のルールが間違いだと指摘し、屁理屈を
こねて「常識ってなんだ?そんなことマナーって誰が決めたんだ?」
ってな具合で話にならないケースがあるね。

見ていてぞっとしたし何かの工作かと思ってしまうほど悪どいことに
、賛同してまともな意見の人を叩いてるね。そのうち現実でもこんな
人が増える悪影響は心配されるよね。


897 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:11:15 ID:bNQpQ4dw
その宗教が真実かどうかは判断できるわけもなく、証明などもできない。
なぜなら、Aということを証明するのにBがいるとして
Bということを証明するのに、Cがいる。
ではCはどうやって証明するのか?無理なはなしである。
ここまでが人間の思考の限界と言える。


898 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:11:38 ID:iGwzyqY9
ID:bNQpQ4dwの書き込みって、
結構短時間に集中してるけど連続投稿にならないんだね。
不思議〜


899 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:15:16 ID:iGwzyqY9
なんてこった・・・レスウインドウを間違えるとは

900 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:24:14 ID:s5wOcqXH
なんじゃここは〜

901 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:25:50 ID:s5wOcqXH
わしは色んな宗教を見てきて、はあ?というものばかりだったが、親鸞会
は奇跡とかは言ってなかったぞ。

902 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:26:32 ID:s5wOcqXH
仏教を信じていても災難はくるというのがすごく納得できたがのう。

903 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:40:53 ID:ag195l4N
地獄に堕ちることになってるs会員が極楽にいけるなんて奇跡みたいだね

904 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 02:12:10 ID:WsMidF56
すこし調べてみると、真宗において本尊は名号か形像かなんて議論
今に始まったことじゃなく、s会とのやり取りでなされている争論なんて
とうの昔に通った道。2ちゃん風に言えば話題がループしとるって感じなんだろうと思う。

阿弥陀仏の像といってもいろいろな形態があり
真宗の形像本尊としては「住立空中尊」の姿を本願の現れとする
と教学の観点から江戸時代に導き出されている。
というようなこともみんな知らないんじゃないかな。

知らないから、木像だ絵だ文字だという雑な議論にみんな振り回される。
でもそれも無理は無い、真宗学なんて普通誰も知らない。
そういう知らない部分、すぐ確認できないところに騙しの罠は潜んでいる。

結局、H願寺との差別化を強調して自教団の宣伝にしたいs会の
プロパガンダなんではないか。
学者の話は信じないという人でも、なぜT森氏の話なら信じられるのか
唯一無二の善知識と言われて「はあ、そうなのか」と思ったときから思考が進んでいないとは感じないか。
最初に出会ったものがs会ということでインプリンティングされていないか。

905 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 07:51:35 ID:2Qc8ImyV
>>890
>実際に木像を本尊にして、名号を排斥してる「木像派」なんだから。

また親鸞会得意のレッテル貼りの詭弁。
本願寺は東西行ってみたけど、名号本尊は絵像以上に強調されてたし、
求める事ができたよ。
しかも親鸞会みたいに聖人ご真筆のコピーでないところが偶像崇拝らしくなくて
好感をもった。
まずは自分の目で確かめてみたら?

>>904
>真宗の形像本尊としては「住立空中尊」の姿を本願の現れとする

これにて決着かな、この議論は。
アンチに軍配、でね。


906 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 08:02:48 ID:EH81UpzY
>真宗の形像本尊としては「住立空中尊」の姿を本願の現れとする
と教学の観点から江戸時代に導き出されている。
というようなこともみんな知らないんじゃないかな。

本願寺がそういう言い訳してるという話は既出。

907 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 08:09:53 ID:EH81UpzY
>>905
>また親鸞会得意のレッテル貼りの詭弁。

名号本尊にしてる寺がどこかにあったっけ?
どの寺も名号本尊じゃないなら排斥してると言われても仕方ない。
結局木像本尊の根拠は無い、ということでおわり。

>蓮師が実際に形像を下付されたり、

だから木像「本尊」の根拠を求めているんですが。
なんで根拠のない木像を本尊にしてるんですか?

908 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 08:14:38 ID:EH81UpzY
>「親鸞聖人が木像絵像を廃して名号にせよと仰った」というのとは別。

お西の人かなあ。
あんたらのところでは
「祖師は法然上人の時代まで形像本尊を用いられていたのを『やめて』
名号本尊にされた」という説は採用されないわけだ。
「形像本尊に加え得て名号も本尊にされた」というわけだな。

909 :本願寺のことは本願寺に:2006/02/19(日) 08:28:56 ID:Gwfm9Ye/
親鸞が礼拝の対象とした本尊は、六字八字十字の名号であった。
源信、源空等の念仏者が、本尊として礼拝してきたのは絵像や彫刻の
阿弥陀仏像であった。
源信は『往生要集』に、念仏者は命終わるとき、阿弥陀仏の迎えをうけ、
西方浄土に導かれるという阿弥陀仏の来迎を説いた。それ以来、来迎思想が
盛んとなり、阿弥陀仏像の姿も、念仏者を迎えとろうとする姿勢を示した来迎像が
多く作られた。
その来迎像は源信のころは坐ったままの姿が多かったが、源空のころになると
念仏者に向かって歩みかける立像の来迎像が作られ、阿弥陀仏の積極的な
救済の姿を現示するようになった。
しかし、親鸞の教えは阿弥陀仏の来迎をたのむ必要はなかった。

910 :本願寺のことは本願寺に:2006/02/19(日) 08:36:36 ID:Gwfm9Ye/
しかし親鸞の教えは阿弥陀仏の来迎をたのむ必要はなかった。
そこで親鸞は来迎思想を否定した。
これは来迎像の礼拝の否定も意味するが、さらに形像の阿弥陀仏の礼拝にも
否定的であった。
形像を礼拝することは、仏像をみて浄土往生をねがう観仏という自力の行に
つながるものであり、観仏は要門の行者のすることで、弘願他力の行者のすべき
ことではないとの考えにもとづくものである。

911 :本願寺のことは本願寺に:2006/02/19(日) 09:03:17 ID:OLgRFQwT
蓮如の法話、言行録の編集は凡そ三期にわたってなされたとみることができよう。
第一期は蓮如に近侍し、よくその声容に接しえた人々によるもの......

第二期の編集は蓮如の言動を直接見聞しえなかったが、伝聞されているところを
記述したというもので、蓮如の第十男実悟兼俊が、その最たるものである。
実悟は蓮如の十男であるが、出世後まもなく加賀本願寺へ送られており、また
蓮如没時はわずか八歳であったから、蓮如に関しては全く伝聞によったものと
いえる。


912 :ついでに:2006/02/19(日) 09:08:04 ID:OLgRFQwT
>名号本尊をすすめられた蓮師が実際に形像を下付されたり、

蓮師は祖師絵像も下付されているのだがそれも本尊だとでもいうのかな?
御下付されたらなんでも本尊だというのはあんまりでたらめだろ。
木像本尊の根拠はないということに何の変わりもないことではあるが。

913 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 09:17:29 ID:qPoQr4Ub
>>911
>蓮如没時はわずか八歳であったから、蓮如に関しては全く伝聞によったものと
いえる。

親鸞会が自説に都合のいいところだけを抜粋して有難がって会で使っている
「御一代記聞書」もせいぜい「歎異抄」程度の扱いにしたほうがいいってことだね。

914 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 10:57:36 ID:qPoQr4Ub
>>912
またループさせてるね。負けを認めない団体だから仕方ないか。
>>729>>757>>760>>763>>813
>>762>>793>>794>>875などもう一度読み直したら?

915 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 11:49:49 ID:7QPvfWT2
>>904
>結局、H願寺との差別化を強調して自教団の宣伝にしたいs会の
>プロパガンダなんではないか。

そうですよ。高森氏はかつては名号本尊にはそんなにこだわらなかった。
しかし、本願寺との教義論争が盛んになってから、
名号本尊にやけにこだわるようになった。

その理由をM晴たんが高森会長に尋ねたときに、
明確に「本願寺とのことがあるから」と答えています。

所詮は本願寺との差別化のために打ち出した名号本尊論、ということです。
ですから様々なところで矛盾をつかれても答えられないんです。



916 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 12:03:39 ID:yYsjxJVz
>>912ほか
>ID:OLgRFQwT

結局、s会は、蓮師は、本尊として、何を安置したり、何を下附したかは、
「わからない」「不明だ」という見解ですか?

山科建立の際、木像本尊が安置されていたという決定的な物的証拠は、確か
にないかもしれんが、それと同様に名号本尊が安置されていたという決定的
な物的証拠もない。

更に、下附された形像が、「本尊として」下附された確実な物的証拠がない
というのであれば、同様に、下附された名号が「本尊として」下附された確
実な物的証拠もない。

例の「絵像より名号」云々の「聞書」の記述も、蓮師が、名号本尊のみを安置
したり、名号本尊のみを下附したという確実な根拠とはならない。

917 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 12:18:46 ID:yYsjxJVz
>>906
>本願寺がそういう言い訳してるという話は既出。

その「言い訳」とやらをした本願寺派の能化(「住立空中尊」義の大成者の一人である法霖師)
の詩吟『往生の一路』が、T森師は好きなんですよね?

918 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 12:29:25 ID:7QPvfWT2
http://amida.hongwan.net/monsi/tiba01/monto0401.html

これを見てもどんどん蓮如上人の下付された本尊は絵像が増えている感じなんですが…

919 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 12:47:49 ID:7QPvfWT2
てわけで、こんなブログを作ってみました。
http://ameblo.jp/honzonron/

920 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 13:16:30 ID:7QPvfWT2
会員の人はこれを見てどう思うんだろう?

蓮如上人の授与した十字名号と絵像

長禄元(1457)〜寛正 6(1465)→十字21・絵像 5
寛正7(1466)〜文明 7(1475)→十字 1・絵像 5
文明8(1476)〜文明18(1486)→十字 0・絵像19
長享元(1487)〜明応 8(1499)→十字 3・絵像16



921 :親鸞会:2006/02/19(日) 14:01:14 ID:mqW0y6xL
前に学生部の担当をしていたK谷は、学生部の女に目をつけ、言い寄り、弱味に漬け込み、強引に付き合い始めた。最低の男。その女は親鸞会を辞めた。専任講師が聞いてあきれる。


922 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:43:09 ID:S6ChDG4U
不条理の哲学で知られる20世紀フランスの作家、
アルベール・カミュは、『シジフォスの神話』の
冒頭に、こう書いています。

シジフォスは岩を山の頂まで運びあげますが、岩は
その重みですぐに転がり落ちてしまいます。
運び上げては転がり落ち、また運び上げては転がり落ちる。
無意味で、希望の無い労働を永遠に繰り返すシジフォスの
努力に、人生の実相を見る人も少なくありません。


923 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:45:13 ID:S6ChDG4U
ドイツの哲学者ニーチェは、キリスト教をはじめとする
一切の既成の価値を徹底的に破壊し尽くした果てに、
人生の新たな価値を創造しようとしました。
それは意味なき生の繰り返しを肯定することで、生の
頂点が得られるというものでしたが、ニーチェ自身は
発狂し、死んでいます。

相次ぐ少年犯罪をどうするか、激論が交わされたテレビ番組
のさなか、「なぜ人を殺してはいけないのか」の一高校生の
問いに、識者たちの回答はありませんでした。
以来、この問いはさまざまな視点から論じられましたが、
未だ正面から答え切った人を知りません。


924 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:50:46 ID:S6ChDG4U
一見、平凡な日常は、実は最も根本的な問題から目を背け
続けています。そして人々は、心の空虚を抱えたまま、
それに驚きもせず、ただ漠然と生きています。

果たして、人生は生きるに値するものなのでしょうか。

なぜ、どんなに苦しくても、自殺してはいけないのでしょうか……



925 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 17:00:31 ID:qPoQr4Ub
>>918-920
>http://amida.hongwan.net/monsi/tiba01/monto0401.html

ずいぶんと確度の高い資料が目白押しですが、親鸞会はどうせまた、
あーだこーだとケチをつけて詭弁で正当化するんでしょうかねぇ。

会員は無意味カキコなどでごまかしてばかりいるのも精神衛生上悪いから、
いいかげん負けを認めたらどうでしょうか?

私たちは間違ってました、顕正新聞に書いてあったことは、出鱈目でした、
っていって謝罪してほしいですね。

926 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 17:01:32 ID:JISqFlAz
シンパって自分たちに都合の悪い書き込みがあると
すぐに荒らすよね。

やっている人虚しさないのかな?


927 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 17:11:45 ID:ElvJWHol
吾唯足るを知るっていうように
仏教でいうさとるというのは、
何かを達成するというより
人生の中にいる自分にいかに満足するかだと思う。
s会の人は真実知らされたと思って満足しているんなら
それでいいんじゃないの?
さらに信心決定を求める意味はないと思う。



928 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 17:28:25 ID:WQrhLQ/l
>>921
本当だったら酷い話ですね…

929 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 17:57:38 ID:qI3RC2Ej
>>928
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/6299/newpage2.htm

このサイトの内容もかなりのものだと思うけど
未だに圧力で潰されないのは何でだろう・・・?



930 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 18:24:22 ID:NjOcCN7U
「なぜやめたのか」にあらたなコンテンツができてるぞ。

高森顕徹氏と華光会
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

これすごいな・・・。
「会報」って、絶版になったって聞いたけど、今は手に入らないの?
本当かどうか、確かめてみたい気がする。

931 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 18:57:30 ID:qPoQr4Ub
>>930
いま見てきました。
なんというか、想像以上でした。
マネとかそういう域ではない、すご杉。
ここまでまねして丸写しするか、って感じ。
学生でもここまで露骨な丸写しはしないと思いますが。

932 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 19:13:59 ID:AKtzXWCh
>>893

それは言い杉。
仏説大無量寿経 にありますよ。

933 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 19:52:11 ID:AKtzXWCh
本尊論に関しては、所信の体と礼拝対象についての議論が錯綜
しているみたいですね。

書いているアンチも、よんでいるシンパも、真宗学について
素人同然の人がほとんど大丈夫

934 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:18:30 ID:7QPvfWT2
>>930
できの悪い学生のレポートって感じですね。

これが「善知識」の偽らざる姿か。
あーあ。これで夢が覚めなかったらよっぽどマイコンされてるってことですね。

935 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:27:50 ID:7QPvfWT2
>>925
蓮如上人の授与した十字名号と絵像

長禄元(1457)〜寛正 6(1465)→十字21・絵像 5
寛正7(1466)〜文明 7(1475)→十字 1・絵像 5
文明8(1476)〜文明18(1486)→十字 0・絵像19
長享元(1487)〜明応 8(1499)→十字 3・絵像16

つまり名号のみが本尊として下付されて、
絵像は全て本尊じゃないと言うんでしょう。

親鸞会やめられて本当に良かったな。
まるで思考方法がカルトそのものだもん。

936 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:34:04 ID:qmyLXuv5
>>935

またか。アンチはこの資料をどういう意味でだしてるのかな?
名号の下付より絵像が多いとでもいうのかい?



937 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:48:35 ID:qmyLXuv5
>>935

十字名号は寛正の法難(1465)以後、下付を原則停止されている。
その後、六字名号に転換されたのだよ。
この表には六字名号は出てない。
何千と、御下付された六字の御名号の数など把握できないし。
それに比べて絵像は二桁前半なんだな。
前にも言ったように祖師の御真影も下付されているから
下付されたから「本尊」とは言えない。

しかも十字名号には「本尊也」「愚禿親鸞敬信尊号」と蓮師が
書かれているものが現存する。
絵像にあるのなら教えてちょうだい。

絵像本尊の根拠も無くなってしまったな。

938 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:50:30 ID:qmyLXuv5
結局、木像も絵像も本尊としての根拠がなくなってしまいましたが
なんでまだ本尊にしてるんですか?

939 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:51:01 ID:RqJvQ9dd
>>936
少なくとも「名号だけで木像絵像を排斥した」とは言えない罠。

940 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 20:58:45 ID:/SFWr5uX






941 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:00:37 ID:RqJvQ9dd
>>937
数の大小で物を判断して良かったんだ。じゃあこれもありなんだ?
「本願寺は数百万の門徒がいるがs会はせいぜい十万人程度しかいない。
だから本願寺が正しい浄土真宗だ。」
俺はこんな雑なことしていいと思わないんだけど、あなたはしていいと思う?

942 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:01:17 ID:NjOcCN7U
これって、親鸞会はどう反論するのか、楽しみ。

高森顕徹氏と華光会
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

高森顕徹氏がかつて浄土真宗華光会に所属し、伊藤康善氏に師事していたことは有名な話です。
しかし親鸞会は現在その事を明らかにしていません。それどころか、華光会を「京都に本拠地を置く
浄土真宗本願寺布教使の某グループ」として、名前を出さずに非難しているのは承知の通りです。

仏教では「相伝」が大事だと言われます。なぜ自分が教えを受けたルーツを明らかにしないのか。
また、華光会が親鸞聖人の教えを曲げているのならば、なぜ創価学会や本願寺に対して行ってきたように、
名前をあげて正々堂々とその誤りを正そうとせず、華光会の名称を伏せた会員向けのパンフレットをつくり、
内輪で非難しているのでしょうか。

あまりにも腰砕けなそのやり方に疑問を抱き、華光会関係の資料を調べていたところ、
伊藤康善氏の著書に、高森顕徹氏の著書と殆どそっくりな箇所が多数見つかりました。

執筆年から伊藤康善氏の著書を高森顕徹氏が見て書いたのは明らかですが、それは、「参考にして」書いた、
という範疇をはるかに超えていて、殆ど「丸写し」に近い箇所もあります。著作権意識の向上した現代に於いては、
盗作と言われても仕方がないかも知れません。

特に、『現代の教行信証』といわれた高森顕徹氏の主著『会報』に、こうした箇所が多く見つかったことは驚きでした。
現在『会報』は絶版となっていますが、『会報』が『現代の教行信証』ならなぜ絶版となるのか。
その理由の一端を垣間見た気が致します。

943 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:12:10 ID:qI3RC2Ej
>>930
>「なぜやめたのか」にあらたなコンテンツができてるぞ。

>高森顕徹氏と華光会
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

いい機会なので、明日の昼部会で紹介してみますね、これ。

944 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:17:06 ID:7QPvfWT2
>>937
それじゃあ、このブログの内容にもちゃんと反論してね〜♪
http://ameblo.jp/honzonron/

945 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:21:59 ID:7QPvfWT2
久々に資料室を見たら、結構新しいのが上がってるね
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/material.html

勧誘ニュース、幹部会合の記録は必見かも。

946 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:30:37 ID:qI3RC2Ej
>>945より

********************
.■立教 追撃ミサイル

こんなんでいいのかという位、練習通り連れていける。
本当に忙しい人以外は、
笑いが止まらないくらい来る。

〜〜

他サークルを装って  

「何やってんだお前たち。
あ、おたくさんですか。
どうぞどうぞ。行って下さい。」

「サッカー部なんですけど、
あっゼミの紹介まだ聞いてなかったの。
ごめん。サッカーよりそっちの方が大事だわ」

相手には意見を聞かない。10秒以上になると、断られやすくなる。


947 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:30:39 ID:mn73Gbfm
一応、華光会の本はアマゾンで買えるようです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393169018/503-9037087-4555118
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831885843/503-9037087-4555118
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831885819/503-9037087-4555118

948 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:32:56 ID:Qt+vLK7r
>>936->>938
本尊論は、聖人の教えを顕かにする為の教えの根幹だと思うんだけれど、
それ以上に
>>930
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html
は、s会の教義の本質に関る大問題であると思う。

qmyLXuv5は、なんとか話題を避けようとしている様だけれど。

949 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:34:23 ID:AKtzXWCh

http://shinrankai.sytes.net/kousatu02.htm

↑ここにあるように、教義安心からは本尊は名号だから、それでいいと思うのだが。

950 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:35:03 ID:/SFWr5uX
>>921
本人じゃないよね?

951 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 21:42:32 ID:AKtzXWCh
>>945

「2ちゃんねるテンプレート」って、よく見たら次スレそのまんまだね。

952 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 22:25:42 ID:/SFWr5uX
>>921
学友部になる前の子?

953 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 22:40:52 ID:qPoQr4Ub
>>948
>http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html
は、s会の教義の本質に関る大問題であると思う。

まったくだ・
要するに種本の数冊からあちこち抜き出して丸写ししたような代物を、
会員は有難がって大善知識様とあがめていたわけだ。
ところが実体はオリジナリティゼロの恥ずべき盗作野郎だったわけだ。
ついに馬脚を現したな、犬手津。

954 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 22:45:01 ID:F+GHUoMR
>>930
二学期始まる前日に夏休みの宿題答え丸写し作業をする小学生並の犯行

955 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 22:58:25 ID:MtVUBulX
でたらめな根拠をいいちらかして行くアンチ諸君。
自分の発言には責任持ちましょう。

「山科の木像本尊は建立初期は明らか」と何度も書いてた君。
私の本には「実如の御時のことなり」と書いてあるんだが
君のには書いてないかね。

高田派の根拠らしいものをあげたひとはどうした?
いいちらかして、でたらめあばかれたら知らんフリか?


>>935は何のつもりで表を出したの?


結局、木像も絵像も本尊としての根拠は無いが
なんで本尊にしてるの?

956 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:19:34 ID:f2jObTMw
>>949
>ここにあるように、教義安心からは本尊は名号だから、それでいいと思うのだが。

教義安心からは、真宗の本尊(所信の体)は、「名号」であり、礼拝対象の「名号本尊」
や、「形像本尊」は、ともに「名号」法のはたらきをあらわしてるので、どちらの形式で
もOKということだね。もっと、言えば、「私」が、今、お聞かせいただく「名号」さえ
あれば、「礼拝対象」は、あってもなくてもよいと。

957 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:23:49 ID:7QPvfWT2
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html
でたらめな根拠をいいちらかして行く高森君。
自分の発言には責任持ちましょう。

「会報は現代の教業信証」と何度も会員に言わせていた君。
私の本には伊藤康善氏からパクった事が沢山書いてあるんだが
恥ずかしくないのかね?

高森が蓮如上人以来の善知識とかいってた会員、どうした?
いいちらかして、でたらめあばかれたら知らんフリか?


会員は何のつもりでこんなのに無条件服従してるの?


結局、高森に善知識としての器は無いが
なんで激しく礼賛し無条件服従してるの?

958 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:24:17 ID:f2jObTMw
>>956つづき

「本尊」の意味を、「所信の体」の意でなくて、他宗のような「礼拝対象」に限定すれば、真宗にとって
、「本尊」は二義的で儀礼的な存在。
親鸞聖人の著書にも「本尊」の語は出てこない。

959 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:34:31 ID:7QPvfWT2
>>953
つうか、こんなパクリもんを会員に一万円で買わせて、
自分をあがめさせている高森って犯罪的ですらあるな。

あとは、金出した順番に会員に番号つけて座らせたり、
自分専用のフロアや通路を造らせたり、
これってまるきり俗人じゃん。

早く気づけよ、マイコン会員。

960 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:37:16 ID:7QPvfWT2
http://ameblo.jp/honzonron/

===最後の結論===
 結論として
○「浄土真宗の御本尊は木像や絵像でもよい。御名号本尊でなければならぬとい
うことはない」を邪義とは云えないのでは無いかと思う次第です。
改邪抄の解釈については、却て親鸞会の説明の方が学者の説と違い、古文文法の
解釈とも違い、文章読解力に乏しくと云わざるを得ません。
思えば、方便が大切だと云って、諸善万行が必要だと云っている親鸞会でありま
す。彼等は、本尊については方便という事は一度も主張する事がありません。
彼等は、
「聴聞に極まる」という、これしかないという蓮如上人のお示しに対して、諸善
に励めて教え、
「当流には木像より絵像、絵像より名号」と比較して教えて下さったものには、
絵像、木像を安置するのは聖人の教えに対して狂っていると主張するのです。
 それならば、君ら諸善万行をやれと云うのも聖人の教えに狂っているんじゃな
いかと思う訳ですが、こういう自己撞着を全く矛盾と感じずに主張できるのには、
今更呆れるばかりです。ただ、私の一時会の中にいたものなので、そういう主張
に疑問を抱かないのは、結局、疑問を抱かない人達で囲われている為でしょうか。
親鸞会にあっては片目の猿ばかりで、時折ある両目の猿をあざ笑い、破滅させん
とする悲しくも滑稽な状況になっているのですが、そういう事に早く気づいて、
聖人の教え、聖人の御心はなへんに在るのかと云う事に思いをよせ、その為に日
夜努力し、聖人の御心に直参されんと願うばかりです。

961 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:39:04 ID:7QPvfWT2
今気づいたんだが
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/index_pkr.html

これの index_pkr の pkr って、

PaKuRiの事じゃないか?(藁)

962 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:40:21 ID:TSuG7YoY
>>921

それはいつごろの話?地区は?

963 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 23:44:04 ID:+vT2j31d
>>961
ワロタ

964 :元々ぼら夫:2006/02/19(日) 23:55:31 ID:fKaEh+Ty
乙〜♪ちょと一服。
>>955
これは、山科御影堂の南余間の荘厳について述べている段。
「いまし南に一間の押板には、初は盧山恵遠禅師唐筆墨絵の像をかけられ、前には
かふたてををかれ、花を立てられけり。後には蓮如の御筆の不可思議光如来の名号を
かけられ、三具足を置かるる也。これは実如の御時の事なり。」
「実如の御時の事なり」が全文にかかるんやったら、「これは」とゆ〜表現に、
違和感感じへん?漏れだったら「これらは」とか「すべて」って書く罠。
なんで普通に読めへんの?こんなんまでいちいち言わなあかんのん?
(^-^)/ホナ

965 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 00:06:06 ID:GsXhIoZi
>>964
ボラ夫さん、乙です。
今更に始まったことではないのですが、
親鸞会の皆様方は自分に都合の良いように文献を読む癖がありまして、
つきあうのはとても忍耐がいるのです。

>>955
>「山科の木像本尊は建立初期は明らか」と何度も書いてた君。
>私の本には「実如の御時のことなり」と書いてあるんだが
>君のには書いてないかね。

はい。たいした自信でしたが一瞬で論破されました。
ちゃんと読みましたか?ご苦労様。

966 :元々ぼら夫:2006/02/20(月) 00:18:21 ID:p6YnA4hh
あ、あと、ブログ見ました。制作者の方、乙です〜☆。非常に細かく調べられていて、
脱帽です。&パクリwも見ますた。T森タソもさぞやK光会に命がけで財施をされて、宿善厚く
されたんやろね〜。ハッ、まさか自分のしてないことを何も知らへん若い方々にはさせとるの?
いやいや次第相承の善知識様様がそのような事なさるはずもござりませぬ。
「勧誘マニュアル」も著作権あるみたいやし、印税もしっかり払っておかなあかんで。
って、その前に使用許可とっとんのやろか?
(^-^)/ホナねん☆


967 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 01:21:57 ID:QIzj6yaA
だけど天気の話題って基本だよね。

968 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 01:26:00 ID:QIzj6yaA
正信偈の意味を聞かせてくれるのは親鸞会だけですね。寺でも説法してよ。

969 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 01:28:05 ID:QIzj6yaA
浄土真宗の人も布教に歩いたらいいんじゃない?こんなとこでせこせこ
やらずに。

970 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 02:25:06 ID:SV7Z6jU8
???

971 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 06:00:46 ID:c6zr+TXy
しかし、高森の著書が全部パクリだとは。
薄々は気づいていたが、ここまでひどいとは驚き。
パクリッシュ高森恐るべし。

972 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 07:09:49 ID:vXduCOrN
>>971
全部は言い杉。

973 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:07:47 ID:GsXhIoZi
>>964
しかしこうやって「実如の時代のこと」と明確に書いている点を考慮に入れて、
例の木像本尊の事を書いた文章の流れを見ても、
建立当初であることはますます明らかですね。

974 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:07:54 ID:TQzKKVuO
華光会から教えを受け継いだのなら、それをちゃんと会員に発表して
引用元も示せばいいのに

975 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:14:58 ID:GsXhIoZi
>>974
華光会だけでなくて、大沼法竜たそからもかなりパクってますよ。
ちなみに大沼たその本は「読むな」と会長から指示があったらしいです。
ホントうさんくさいですよね高森たそ。

976 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:16:42 ID:GsXhIoZi
もうそろそろネト対策員の書き込みが始まる頃。
このパクリ疑惑についてどんな言い訳するのか楽しみ♪

977 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:22:58 ID:dxaIc8Tr
パクリでも正しければいいじゃない

978 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:38:22 ID:nNJ9etMi
朝早くからご苦労さん。
私が会員だという根拠は?

本尊の話はやばくなったので話題転換ですか。
根拠がなくなったら「平行線」だといって打ち切ったり、いつものパターンです。


結局、山科御坊が蓮如上人の時代に木像だったという「明らか」な論証も無し。
絵像本尊の根拠もなし。
祖師は形像に否定的という学者の論文にもノーコメント。
でたらめな根拠をあげて、でたらめなことを指摘されると黙り。
さすが御聖教を改竄しても批判つづけるアンチ健在ですな。

あいにくと話題を終わらせるつもりはないので続けます。
名号は「本尊なり」と蓮師が書かれているとおり。
絵像を「本尊」とされた根拠をお願いします。

979 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:40:24 ID:AOL91wWS
久しぶりにこのスレを見た私にパクリ疑惑とやらを
誰か要約して説明して頂けないでしょうか?

980 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:45:01 ID:TQzKKVuO
>>975 うわぁ、そうだったんですか…レスありがとうございます
大沼法竜さんという名前は脱会してから聞いたことがあります 一年生の頃、
格調高い文体で表された高貴な信念に感動して…たのに、それが殆ど何処かからの持ってきたモノだったのね。
先輩も教えてくれなかったし、情報統制が敷かれてたのか。
なんか王舎城の悲劇で王夫妻が、アジャセの指が切れた原因についてカンコウ令が敷かれたのを
思い出しました。ポカーン

981 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:54:08 ID:Sx90M2m/
>>964
>これは、山科御影堂の南余間の荘厳について述べている段。

だからそれを論証してね、っていってるんでしょうが。


「本尊は絵像でも木像でも名号でもよい」と言われた根拠をお願いします。

ところで「本尊は大日如来ではいけない」と言われた根拠はあるんですか?

982 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 08:56:48 ID:kkkatnUH
親鸞会が間違いだらけの団体ということは、よくわかってましたが
高森先生抱けば間違いない方だと思ってました。

でも、ここまで盗作して、しかもそれを隠していたんですね…

本当にショックです。これからどうしよう。

983 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 09:03:48 ID:chEwvi3e
Uは杉。

984 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 09:18:52 ID:W87rmShU
>>982
>高森先生抱けば間違いない方だと思ってました。

 高森さんが諸悪の根元だというのは、当たり前でしょう。
 親鸞会は、誰が作ったと思っていたんですか。
 親鸞会の全ては、高森さんから始まるんですよ。



985 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 09:19:45 ID:XLg5KIMY
キリスト教の神と仏教の仏の違いは何ですか?


986 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 09:21:57 ID:XLg5KIMY
「人間は仏にはなれるけど、神にはなれない」


987 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 09:47:23 ID:kkkatnUH
高森先生は真の方だけど、周りの幹部が腐敗しているんだと思ってました。

でも、この盗作を見ると、そうは思えないですね。やはり高森先生自身がおかしな方だったということでしょう。

本当にショックです。


988 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 10:19:46 ID:XLg5KIMY
「だって、死ねばみんな仏でしょ」



・・・・・・一般回答

989 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 10:39:31 ID:CfDx7XYO
私も同意見ですね。

本尊の話はやばくなったので話題転換ですか。
根拠がなくなったら「平行線」だといって打ち切ったり、いつものパターンです。


結局、山科御坊が蓮如上人の時代に木像だったという「明らか」な論証も無し。
絵像本尊の根拠もなし。
祖師は形像に否定的という学者の論文にもノーコメント。
でたらめな根拠をあげて、でたらめなことを指摘されると黙り。
さすが御聖教を改竄しても批判つづけるアンチ健在ですな。

あいにくと話題を終わらせるつもりはないので続けます。
名号は「本尊なり」と蓮師が書かれているとおり。
絵像を「本尊」とされた根拠をお願いします。

990 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 10:40:02 ID:CfDx7XYO
根拠見せてくださいね。

991 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 10:49:29 ID:AOL91wWS
いつの間にか話題がパクリ疑惑とやらに変わってるのだが
本尊のほうは決着ついたの?

992 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 11:05:43 ID:kkkatnUH
何か会員の書き込みを見てると(という私も会員なんだけど)
盗作疑惑から話題を逸らすためにしつこく本尊の書き込みをしているとしか思えないです。

実悟さんの文章だけで充分じゃないかと誰かが言っていましたが、私も同意見です。

今の親鸞会では本尊であろうとなかろうと、絶対に木像の下付なんてしませんよね。なのに何故蓮如上人は木像や絵像を下付されたのか、その点を少し冷静に考えられないものでしょうか。

私は盗作疑惑や本願寺なぜ答えぬの歪曲疑惑で高森先生の陰の面を見てしまって、
はっきり言えば親鸞会は何もかも胡散臭いと思い始めています。

今、やめるかどうか真剣に悩んでいます。

993 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:00:28 ID:dVxJoqEX
投稿文が追加されていました。

http://shinrankai.hankyo.genin.jp/hankyo11.html

994 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:02:05 ID:dVxJoqEX
>>993
間違えました。
反響集のメールよりが追加されていました。

995 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:13:52 ID:AOL91wWS
>>992
2chの捏造情報をまともに信じて親鸞会は信じられないのですか?

996 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:13:52 ID:dVxJoqEX
 

997 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:13:53 ID:4Hx2ayJ3
995

998 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:14:22 ID:dVxJoqEX
 

999 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:15:05 ID:4Hx2ayJ3
999

1000 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 13:15:06 ID:dVxJoqEX
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

451 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)