5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

k クリシュナムルティ

1 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 13:32:34 ID:YzDPWT4A
語ろう!

2 :ばんこ:2005/11/11(金) 15:51:29 ID:YzDPWT4A
とうとう俺がたちあげたのだぁ。
猫ひろしってあれけ?生理中で
あんなになってるのか?


3 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 15:52:45 ID:YzDPWT4A
ごめんなさい。もうしません。
まじめにどうぞ。

4 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 16:40:54 ID:40UH8LlN
2代目スレが立った!

5 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 18:49:53 ID:ONP07L/0
我こそはビシュヌの化身
クリシュナなり

6 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 06:43:09 ID:dnZRB4/v
K

7 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:12:56 ID:5HuzWASg
読むのは無料だよ
http://tuljo.store20.com//krishnamurti/

8 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 06:04:15 ID:qgRKh63S
宅配ピザの原料は遺伝子組み換えだらけ

腹、壊す

9 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 13:42:38 ID:/pk9Pi8s
>>8
詳しく。
ソース希望。

10 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 14:40:36 ID:POHx1j+4

クリシュナムルティーに正しいマスターベーションの方法を教えたという有名な人物の名前を知りたいのだが、誰か知りませんか?

11 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 17:36:34 ID:ZL2GDy+T
リード・ビータじゃないか、たぶん。

やつぁー、幼児性愛の疑いがあったらしいじゃないか

クリシュナムルティもいたずらされたんじゃないか

12 :名無しさん@3周年:2005/11/17(木) 20:04:25 ID:OusZVBej
宣伝してもいいですか?

ラマナ・マハリシの教え
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1132223830/


13 :四ッ国 ◆7JxrbguDSs :2005/11/22(火) 23:18:54 ID:ghnoX7SX
マイトさん!!

14 :名無しさん@3周年:2005/11/23(水) 06:36:26 ID:cArcCWx2
言葉より光を

15 :四零九:2005/11/28(月) 16:08:55 ID:XYkB5dvG
    ∧∧
    /⌒ヽ)  紅葉が終わる〜
   i三 ∪   
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三    
  三三      
 三三

見てみ〜
アメリカの陰謀を
メディアプレイヤーをクリックだ
ttp://www.arcoiris.tv/modules.php?name=Unique&id=3506

16 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:19:31 ID:zkICszkJ
そりゃ、あらゆる手段を使って、調べてくるだろう。

TRUE MAN SHOW は、始まっている。

17 :ばんこ:2005/12/03(土) 15:23:38 ID:tZM6b4In
夜中ねながらづーと独り言をいっている。最近だと肉体労働をしているので
体が疲れすぎて「1,2,1,2、」とか。ところで今日、海のにおいがして
ならないんだけど。これはなんだろうかとか、そんなことばっかり
考えている。パチンコで金するし、何のために働いてんかなぁ。アボリジニ
にあったことあるし、気にすることないか。クリシュナムルティは無意味さに
ついてどう考えていたんだろ。影法師に過ぎないものを破壊するか。赤裸々さ
とはいったいなんだろう。間が持たなくてしゃべりこけてるスナックの女と
どうちがうのだろう。私あほですか?

18 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 15:37:57 ID:tZM6b4In
最近気に入っているフレーズは「君は17才、僕は40ちゃい」
ネットカフェからなんだけど、席が女子トイレの近くで、隣の
席は「たちあがりません」って言ってるよ。パソコンがだけれども。
女ってようトイレすんだね。みんなおまんこはさんでるのかと思うと
ドラマチック。足だけみえる状況なんだわ。しかし
妙に海くさい。滋賀県
なんだけど。しかし、冬場はちんちん包茎だね。俺は。閉まってんだよ。


19 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 15:50:59 ID:tZM6b4In
しかし神を論じるってのはすごい事だよ。そんなのどこにも
ないんだから。せっかくかたどられ掛けては、また崩壊し、
くりかえしていく、人間の歴史は、神を語る歴史。子供は神さますきなんだけどね。
一般的に、子供のころってなんであんなに幸せなんだろ。

20 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:13:53 ID:tZM6b4In
まず第一。子供はどこで遊んでいるのか教えないからねぇ。
いつもキーワードであつまる。私もうおっさんだし、
わからない。星の教団解散宣言。おもしろいね。全文だれか載せてよ。
暇だね。ったく。彼はデートでもしてんのか。裏の柿木きりやがって。
すっからかんだ。ところでマニッシュガールってなに?

21 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:15:14 ID:tZM6b4In
そろそろ糞したし、往ぬわ。

22 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:27:42 ID:tZM6b4In
第12回放送、「炉端のクリスマス会」小公女セーラ
ご期待ください。

23 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:34:14 ID:tZM6b4In
セーラお嬢様ぁー。小公女セーラー服。ぐふふふふふふf。
親父の逆襲。任天堂。想定内、想定外、あほあほあほ。
任天堂の株ほしいなぁぁぁあぁあああ。ねねねねぇええええ。
インドの貿易商かぁ。ぼーーーっと見てしまった。小公女セーラ
33歳12月

24 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:35:51 ID:tZM6b4In
おまえら炉端本舗でもいってろぉー

25 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:41:17 ID:tZM6b4In
インドの公人ってやっぱ、すごいんかなぁ。カーストの頂点
ってどんなんやろうなぁ。タージマハルてすごいんけぇ?やっぱり。
あたりまえのゆーほー、、、、ですわっっ。おもちゃのちゃちゃちゃ
信長ちゃっちゃっちゃ。屏風絵みつかったかなぁ

26 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:43:37 ID:tZM6b4In
もうひげぐらい生やしてもええやろぅ。なぁなぁ。ねぇねぇ。
血がでるからさぁ。朝とか皮膚がかたまってるし。

27 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:45:20 ID:tZM6b4In
信のぶは神だったのか。いい。ほりえもんにやらそう。
なんせ想定内、想定外だからなぁ

28 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:56:21 ID:tZM6b4In
あんなやつはピーナツバターなめさせときゃいいんだよ。
んんんーーーーーーーーーーーーー。指で。お似合いよ。
しかし、いろんな神様がいるなぁ。渋好みとか、ハイカラとか
物語風味とか、アメリカンとか。新しいの考えないかんぞこれは。
インド人のクリスチャン、マーモハウゼ。マーモハウゼは言い
給うた。小でもちっしゅを使うべきだと。


29 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 09:21:24 ID:fScRcSAa
権威否定を包含した権威を崇め奉るようなことは
無意味。
何処までいっても、人の頭には何かが覆い被さってるような・・
無神論ということが言葉だけでなく、脳内で真に実現できた人
はいたのだろうか?それとも貴方は自身、神そのもの?

30 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 18:47:06 ID:TzWSSPMz
猫ひろしこそ神

31 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 10:47:08 ID:a5qweBHT
>>15 もう見れなくなってる。隠蔽工作ご苦労さん

"confronting the evedence" で検索してごらん、まだ見れるサイトがある
かもしれない。

32 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 10:49:48 ID:a5qweBHT
"confronting the evidence"だ間違えた。失礼。

33 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 11:14:33 ID:a5qweBHT
このキャッシュも消されたら、隠蔽工作員がいることは確実

ttp://72.14.203.104/search?q=cache:Xw-1GwR4plAJ:www.arcoiris.tv/modules.php%3Fname%3DUnique%26id%3D3329+%22confronting+the+evidence%22&hl=ja

34 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 20:18:36 ID:NQ/Lnz30
やられっ放しのあるがまま
肥大するネットの猫ヒロシ。

35 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 20:21:00 ID:NQ/Lnz30
今やアングラはネットだけ。
というより集中フォーカス、

36 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 20:22:24 ID:NQ/Lnz30
FUCK U!!!

37 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 08:10:20 ID:tLnwapJP
前々スレか前スレで、Kやラジニーシは人生の不幸を見抜いたって方がいた。
我々凡人には見抜けない、だから不幸云々と言う話
よく分からん。


38 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 14:07:58 ID:lW2wqy4z


39 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 00:21:11 ID:Wijpmarx
性懲りも無くまたkスレか

40 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 23:53:18 ID:nxfMWmzx
クリシュナムルティスレにマジレスすると理由も無く叩かれる。
人格を疑う。

41 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 04:41:38 ID:qdjgTlQH
>>40
>クリシュナムルティスレにマジレスすると理由も無く叩かれる。

そうなの? 最近クリシュナムルティのことを知ったんだけど、これにも粘着厨がいるんか。

42 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 21:23:32 ID:KcTgl0+C
しらん

43 :四零九:2005/12/30(金) 09:02:12 ID:gF9w2fAq

    ∧∧
    /⌒ヽ)  さがしものは何ですか〜
   i三 ∪   
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三    
  三三      
 三三



44 :四零九:2005/12/30(金) 09:04:07 ID:gF9w2fAq
    ∧∧
    /⌒ヽ)  見つけにくいものですか〜
   i三 ∪   
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三    
  三三      
 三三



45 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 09:23:04 ID:FfkjFXri
    ∧∧
    /⌒ヽ)  夢の中へ
   i三 ∪  妄想の中へ〜 
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三    
  三三      
 三三



46 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 11:10:58 ID:DE6Mb+bd
スレあったんだ。

読解をネサフで読んで知ったんだけど、考え方としては結構面白いなと思ったよ。

ここはいつもこういう感じのスレ?



47 :名無しさん@3周年:2005/12/31(土) 10:01:55 ID:MWKERgng


48 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 04:17:48 ID:Fn2r5lIf
猫ひろし?

49 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 13:27:53 ID:Sm+wFADa
犬とし

50 :名無しさん@3周年:2006/01/03(火) 12:30:04 ID:iOV6fImn
ばんこ氏
四零丸氏
はひょ九氏
スレ

51 :名無しさん@3周年:2006/01/03(火) 17:21:36 ID:0Ae3sEi4
??いみわからん

52 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 15:27:23 ID:g1k4tW0h
1は居ないの?

53 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/01/05(木) 01:22:05 ID:ZXIKQxp9
みんなKのどの本を読んだ?

今漏れは自由への道を読んで今更ながら
キレイになってるところ。

54 :四零九:2006/01/07(土) 18:54:50 ID:ZRKq8CL7
>>50
よんぜろまるに、はひょきゅう、か こりゃいいや

君もハンドルネームでかかってきなさい

55 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/07(土) 19:11:52 ID:BuUQrQ1o
丸が九か。
まあ今年平成18=1+8=9だしな。
最終数字だでいいかげんケリつけたいなあ。


56 :四零九:2006/01/07(土) 22:06:21 ID:ZRKq8CL7
神智学教会は多神教のごった煮って感じだったなぁ。
そういえば、またP.クリシュナ教授が今年また来るって話を小耳に挟みましたよ。

はひょ丸さんは、インドに何回も行ってらっしゃるのですか?

57 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/08(日) 02:09:37 ID:3+hT5aRM
インドには実は1回しか行った事ないんだよね。

出来れば来年あたり又行きたいけど。

ところで又最近Kの本が何冊か出版されとるね。


58 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 22:21:13 ID:n8BB6oMH
ハンドルネームはつけられませんでしたが、新春ビッグ3対談が実現していただきたいともいます。
見たところばんこ氏がタモさん、四零九氏がさんま、はひょ丸氏がたけしというた感じです。

59 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/09(月) 00:54:28 ID:Sj39Yfmd
栗山さん どうしとる?
見とったら近況知りたいです。

ばんこ氏も遠慮せずガンガン書いてほしいわ。
俺あんたの文章読むの好きだでさ。





60 :四零九:2006/01/09(月) 12:16:15 ID:P+hwKxPN
京都のクリシュナムルティ学友会の方たちもここ見てるのじゃないですか?

みどり色の本買いましたよ

kに対する批判力がある人が出てくれば、もっと面白くなるんですが、
なかなか自分は学習する時間がとれなくて、まったく、また仕事変えようかな

61 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/10(火) 04:40:46 ID:S3oewfp2
ここはまともな人は誰も見てないんじゃない?

大分2ちゃんにあきれてmixiに移っていった人多いみたいだし。

でもmixiにおいても2ちゃんと同じような展開が起きてるみたいだけどね。

62 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 12:46:36 ID:LmzsqJ9w
クリシュナムルティはここではなく、哲学板向けなんじゃない?

63 :オオタク:2006/01/11(水) 13:39:47 ID:C3GvE9wv
ニューエイジ・ムーブメントの危険http://www.hi-ho.ne.jp/luke852/bible/newage.html

64 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 16:09:39 ID:WQ2bFQoD
キリスト教徒は人間には原罪があるという証拠をここで述べよ

65 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/11(水) 16:47:21 ID:UIOOMmvY
哲学版でものけ者扱いされとったけどな。

原罪は同一化の事だと思うけど・・・・・・・原罪なんて言うと
深刻な感じがしていやだねえ。

66 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 15:29:10 ID:DMlFGKPb
kを知ること=kの本を読むこと、講演のビデオを見ること、みなで議論しあうこと

それでいいじゃないか。
でも…

わたしは感想がきいてみたいんだ。
ここのヒトたちが、精神世界関係とは全く無縁というか、名前もしらないであろうものを体験してみての。

それとも、知っていたとしても、スレ違い等を考慮して話題に出さない…紳士的?

東京なら、とらのあな とかの同人誌ショップにある。
『ひぐらしのなく頃に』(事件編・解決編(これは、もうひとつ追加されたものがおそらく今年の夏にでる)
1000円ずつ。

宣伝そのものだけどね。関係者じゃないよ…
解決編は、どうも評判が悪いもよう。 
選択肢まったくなしのゲームとはよべないであろうサウンドノベルCD。

あなたはどう思いますか、つまらないですか、表面的でしたか、前半のノリに耐えられませんか、
事件は単にキョウフをあおるだけのギミックにすぎませんか…、
インドとか行ったり、いろいろ体験してきたひとに、感想を聞いてみたいです。
お時間とお金、そしてなにかを犠牲にすることになるでしょうけれど。
「キョウフ」とは何ですか。「キョウキ」とはなんですか。

67 :四零九:2006/01/15(日) 11:34:20 ID:fJoHWRIW
問題提起
ttp://www.east-westdialogue.org/J-History.htm

68 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 12:59:58 ID:fJoHWRIW
人間は生まれながらに全体的で統合された存在であり、

自らの人生を十分に意味のあるものとして送れる能力をもっており、

そういう状態であることを許さない社会こそが病気の原因である

69 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 17:51:31 ID:fJoHWRIW
なぜわれわれは受け入れるのだろうか。従うのだろうか。
自分以外の権威や経験に従い、そして、それらをまた疑う。
権威の追求と、その結果味わう幻滅は、ほとんどのひとにとって苦痛をともなうものである。
一度受け入れた権威、リーダー、教師を責めたり批判したりするのだが、
それらを受け入れるようになった自分の行動を、
また、自分の権威に対する渇望そのものを検討することはしない。
この渇望を理解すれば、疑うことの重要性をほんとうに認識できるだろう。

焼き椎茸をかじりながら明日を未来する

70 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/15(日) 20:08:04 ID:LixE/Hex
言葉よりも温度をくれ

71 :四零九:2006/01/15(日) 23:35:16 ID:fJoHWRIW
  _,,..,,,,_      (゚д゚ )
 ./ ,' 3  `ヽーっ ノヽノ |
 l   ⊃ ⌒_つ  < <
 `'ー---‐'''''"



  _,,..,,,,_ _____      (゚д゚ )
 ./ ,' 3   あ `ヽーっ ノヽノ |
 l   ⊃    ⌒_つ  < <
 `'ー---‐‐‐‐'''''"



  _,,..,,,,_ _ _ _ _ _ _ _ _ _      (゚д゚ )
 ./ ,' 3   あ  た  `ヽーっ ノヽノ |
 l   ⊃          ⌒_つ  < <
 `'ー----------------'''''"

  _,,..,,,,_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _      ( ゚д゚ )
 ./ ,' 3   あ  た  た  め  ま  す  か`ヽーっ  ノヽノ |
 l   ⊃                          ⌒_つ  < <
 `'ー------------------------------------'''''"



72 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 00:38:37 ID:tiHPq2tf
目的は真理ではない、結果は真理ではない、思考が終わるときに真理が在る。強制、規律抵抗によって思考は終焉しない。在るがままそれ自身が解放をもたらす真理である

73 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 09:09:29 ID:9GPxzYOK
んで
その思考とやらは
いつ、どのようにしたら終わるのですか?

74 :難しくて分かりません:2006/01/20(金) 22:52:30 ID:tiHPq2tf
思考の深い意義が十分に理解されて初めて思考からの自由がある。反復ではなく瞑想が、定義ではなく気付きが思考の正体を暴く

75 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 23:31:11 ID:9GPxzYOK
な〜んだ
そですか。
で、それ実現したんですか?

76 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 01:18:05 ID:9Zb6yIdF
あのさ、いちおう66はネタっぽく書いてるけど
まじめなお願いなわけで。荒らしだとおもわれてんのかな。
それとも答える価値もないと。
自由なんですけどね。


うーん。
>>75
するわけないけど、まあここにきてる人のうちのいくらかは
様々な体験をしてきているとは思うよ。

kは、宗教化は確かに阻止したけど、
何を残したというのだろう…

77 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 01:23:50 ID:ibj2P8d1
混乱をもたらした…

78 :ばんこ:2006/01/21(土) 17:10:33 ID:xfCcYI0z
昨日、西部劇テレビでみてたんだけど、@悪人A悪党B善玉が最終的に
お宝にありつくわけだけど、やっぱり悪党がやられて、善玉が勝ち、悪人
が、善玉のおこぼれにありつくんだ。善玉は英語でat the goodって訳され
てたよ。時機を得る人っていうのかな。クリントンイーストウッドなん
だけど。クリシュナムルティがat the goodだったのかどうか、当時の人
でないからわからない。でもそういうにおいがするんだね。小泉首相がat the
goodとはおもわないし、そういうひとがひょっとすると最近ずっといないの
かもね。

79 :ばんこ:2006/01/21(土) 17:34:55 ID:xfCcYI0z
「武器は、、、食えない。」金に関してしては「   」で
出世できる人が果たしているだろうか?いたとは思うんだねぇーー。
そこそこたくさん。個人的にはやっぱり自由でありたい。でも結構
こわいんだな。なんか。でもいい話なんかないしね。芸人ってやっぱ
そこそこすごいと思うよ。この河原もの。!よりこの労働者!のほうが
ましだとかってに思ってんだけどね。ロト6買おうとおもったけど、
ナンバーズ4にした自分が、catひろしを応援してるんだなぁ。これが。

80 :ばんこ:2006/01/21(土) 17:46:51 ID:xfCcYI0z
そういや、ピューマ渡久地とかいうボクサーが昔いたなぁ。
犬より猫のほうが瞑想に近いと思う。犬は条件づけの代名詞
だもんな。やっぱり両方いるんだと思う。笑。

81 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:23:51 ID:xfCcYI0z
感想を書くとクリシュナムルティはキリスト教圏の人だなと思いますよ。
現象を解析していく手法が、客観的だから。meditation,trip,playar,
混同されているけど、何もしないけれども刻々ときづいている時間は結構
人間の精神に与える影響は実は大きくて、明確に言おうとした人は僕の
知る限り少ないね。英語では行為を意味する事意外、明文化しにくい。
アジア圏では瞑想と混沌がごっちゃにされやすい。混沌にするのは結構
簡単なんだ。

82 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:30:33 ID:xfCcYI0z
それと最近思うんだけど、何かをするのは簡単だけど、ただ刻々と
気づいている状態にこころをするのはむづかしい。根をつめるのは
案外やさしい。根をつめるとすぐ、たばこの量が増えたりするよね。
なにかすると、結果がかえってくると勝手に信じてる。それから
こういう書物は根を詰めて読んでも仕方ないからますますわけがわから
なくなる。

83 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:44:03 ID:xfCcYI0z
根を詰めて何かをしても、精神を開放する方法すらないというのは、
素直に聞きづらい。何かをすれば帰ってくるというのは社会のシステム
の問題で、私の心にはなんら関係がない。本当の本当は。ただ願うだけ
のことで。だからどうすればいいのかっていったって、なにかしている
ときはまた別のことを考えているわけだし、静けさに熱中するのは
ただむづかしいのじゃないの。

84 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:47:37 ID:xfCcYI0z
僕は山がすきだけど、「どこにいても同じだ」といわれると
おもいあたる節はありますよ。

85 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:53:56 ID:xfCcYI0z
恐怖は恐怖に熱中しているだけで、心理的にはどこにいても
いっしょですよお。恐怖映画が好きな人もいるけど。明確に
いえばそれは恐怖じゃないけど。ジーっと恐怖映画見てる女の人
ってこわい。

86 :ばんこ:2006/01/21(土) 18:59:30 ID:xfCcYI0z
「なにをしてもだめだ」というのが^本音^ですね。
ということで、またきます。

87 :四零九:2006/01/21(土) 19:29:44 ID:VI1SWvJp
      .|;. | ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ.||  ||  || 
     . | .:|⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒゚⌒||==||==||==
    . . .|. i|  ゚ o     ゜   。  ||_||_||_
  . .:.:.::|;. | 。   ゜ ゚ o       || ̄|| ̄|| ̄
 . . .:.:::::|l i| 。  ゜   ゚ 。   o  . ||==||==||==
. . .:.:::::::::! .,!     .    。     。||_||_||_
.:.:.::::::::::::| ;i|   ゚ 。 o    。   || ̄|| ̄|| ̄
:::::::::::::::::| | ゚  o     ゜      ||==||==||==
:::::::::::::::::| |____ ∧∧ _____.|| ̄ ̄ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;|;i |三二三ニ.:/⌒ヽ) ニ三ニ||____
:::::::::::::::::::::       ,/:::::.:. . ヽ    .:.:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::      (;;;;;;;;;;;;,;,;,,,,)    .:.::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::      .:.:::::::::::::::::. .    .:.:::::::::::::::::::::::::::





88 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/21(土) 20:12:27 ID:sVbzABaZ
くく。オモロいねえ。

先日曹洞宗の坊さんと話してたんだけど「ただ見る」っていう事がいかに
むずかしいかって。
特に24時間絶え間ない知覚・観察を通じて恩寵なり至福なりアザーネス
なりを体験した人はね。
そういう体験が逆に足かせになって「ただ見る」ことが出来ない。
まあそこに気づいてとどまって笑うしかないんだろうけどねえ。



89 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 21:24:53 ID:ibj2P8d1
毎日を悶々と過ごしていた時期に古本屋でkの「自己の変容」に出会いました。難解ですが、そこには生きた言葉が有り、これこそ真理だと思いました。何も責めず良い悪い付けず只あるがままを認め観察する。にkには多くの気付きを与えて頂きました。

90 :四零九:2006/01/21(土) 22:20:39 ID:VI1SWvJp
面白いねぇ〜 ぞくぞくするよ
ttp://911inplanesite.com/media/exit_strategy_med_encoding.wmv

ttp://kikuchiyumi.blogspot.com/

91 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/22(日) 01:29:37 ID:YshtHi93
キョウキってのは俺ら人間の普段の生活の有り様の事だよ。
でそれが分かれば分かる程キョウフするんだ。

92 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 04:13:27 ID:LUh8PXKx
はひょ丸さんはせったん和尚にからまんの?

93 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/22(日) 08:09:32 ID:PV6LXmtO
せったん和尚?しらんねえ。
禅関連のスレ全然見ないしさ。

俺インドで感動したのは音楽だったな。
あと自然。
ある日二等列車に座って電車動き出すの待ってたんだけど
どっからか女の人の歌声が聞こえてきてさ。
なんだか大地そのものが歌っているような哀しみとも喜びとも
とれないような歌声。
あれは魂の郷愁なんだな、多分。
それ聴いてたら涙が止まらなくなってさ。
カルカッタの安宿の屋上でも夜中に歌声が聞こえてきて
それは男の声だったんだけどそれも地の底から響いてくるような
呪いとも祝福ともとれないような声でね。
路上の笛吹きの音楽もよかった。
直接脳刺激する音だね。

あんな音楽日本じゃ一度も聴いた事ない。
そういやKも日記にインドの路上で歌う人たちについて物凄く美しい文章を
書いていたね。


94 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/22(日) 08:14:45 ID:PV6LXmtO
>哀しみとも喜びともとれないような歌声。
>呪いとも祝福ともとれないような

ちょっとこの文章おかしいかな。
まあいいか。

95 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 15:22:49 ID:g4kPK5Pq
以前マーク・ボランかT REXのスレではひょ丸という名前を見たような気がするんですがここにいるはひょ丸氏とは同じかたなんですか?


96 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/22(日) 16:56:42 ID:jtLs3xrT
同じでえ〜す。
マークボランの歌声もすごいけどインドで聞いたのはもっと凄いものだったよ。

97 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/23(月) 08:05:26 ID:ULRueQ5o
是非無く見なければならない、という是非判断。
あるがままでなければならない、という価値判断。
全部ただのアフォだねw

そういやKは命名化が無い時「あるがまま」すら無いと言っとりました。


98 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 12:38:58 ID:CRXqhH7/
あるがままするなら無い…ふぅ〜すごい

99 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 12:51:53 ID:5BWvT/mB
あ、ほんとだ。あったね、サンクス、はひょ丸( ^)o(^ )

100 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/23(月) 23:02:35 ID:jIo5ejaI
俺の拙い文句じゃ話にならんでKの言葉置いとく。

統合の条件

あなたが自分自身に仕掛けたごまかしに気づくその時、虚偽が虚偽として見られる。
幻想に向かっての努力が分裂させる要因なのだ。
あらゆる葛藤、あらゆるなりゆく運動は分裂である。
精神がそれ自身に仕掛けたこのごまかしについての気づきがある時には、あるがままだけが在る。
精神があらゆるなりゆく運動、あらゆる理想を、あらゆる比較と非難とを剥ぎ取られた時、それ自身の構造が崩壊した時、あるがままは完全な変容を遂げたのである。
あるがままに対する命名行為がある限り、精神とあるがままとの関係には間がある。
しかしこの命名行為−すなわち記憶、精神の構造それ自体−がない時、名付けられたあるがままはない。
この変容においてのみ統合がある。
統合は、意思の行為ではない。
それは統合的になる過程ではない。
分裂がない時、葛藤、なろうとする努力がない時、その時にのみ全一なるもの、完全なるものの存在がある。

101 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 02:28:58 ID:FMv4uf3N
てことは、
堀えもんの金で全てが買えるは間違いだったの?

102 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 10:40:14 ID:i10CthJR
101>ホリエモンは問題外でしょ。っていうか誤爆?

103 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 18:43:07 ID:FMv4uf3N
全一なるものに対し
批判精神をもたないのはどうなんだろうか?
最後の最後に神が現れちゃう感じがするんだが。
結局なにかを達成するんでなく
疑うという構造自体から無縁になるってことか?

104 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/24(火) 21:19:18 ID:8M4kMcHs
疑うという事自体を疑う羽目になるんじゃないの?
つまり批判精神自体を批判するわけだ。
ほんで絶句する。

最後に現れるものを「神」と命名する必要なんてあるんだろうか?


105 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 22:14:08 ID:soiMqrG7
何処にいても一瞬
ラブホテルで
電車の中で
市谷から四谷向かう歩道の一瞬
アフォになる



106 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 22:20:25 ID:soiMqrG7
あんたらが想像するほど
スペシア〜ルでも天啓でもない
ほんの一瞬
しばらくすれば女のこと想ってる。
ただそれだけ。
不思議な空白



107 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 23:47:19 ID:FMv4uf3N
アホることは結構だが
おんなは魔物ぞw
藻舞の当たり前をスペーシアルなものに変えてしまうwwww

108 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 00:35:49 ID:VwiKdccW
誰でもない、何処にもいない

109 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/25(水) 04:35:30 ID:399/7sBr
何かをスペシャルなモノに変えるのはいつも思考だわな。

110 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 11:44:50 ID:JvASW/fI
感情が言葉(思考)を生み出す機能って芸術的でもあるよね
思考しながら断片化されなければ良い訳だよね


111 :四零九:2006/01/25(水) 18:04:18 ID:biQJo2DR

    ∧∧
    /⌒ヽ)  ブリトニーのおっぱいは偽者だ!
   i三 ∪   
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三    
  三三      
 三三



ttp://dolby.dyndns.org/upfoo/mov/1108825890363.mpg

ttp://www.anomalies-unlimited.com/Britney.html

112 :四零九:2006/01/25(水) 21:19:45 ID:biQJo2DR
A Britney has two boobies.

ドン、とん、とん、とんと ドン、とん、とん、とんと

ドン、とん、とん、とんと ドン、とん、とん、とんと

Nothing this large was found at the Before.

113 :名無しさん@3周年:2006/01/26(木) 21:19:44 ID:elnSLRcC
感情鈍磨は欝に特有


114 :名無しさん@3周年:2006/01/26(木) 23:52:32 ID:jPElBYJE
悟りに引っかかって
人生楽しんでなくない?

115 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/27(金) 00:17:20 ID:IvP8hepg
人生楽しまなくちゃ、と言って結局気ィまぎらわしてるだけ、というのも
あるからね。
人間どれだけ楽しんでいる振りをしても心の奥底の声は無視できないもの
なんだよ。
その声も聞こえない程麻痺してたら逆に楽なのかもしれない。

116 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 00:44:40 ID:svrOvcrI
ギーターとこの人って何か関係ある?

117 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 00:47:31 ID:fjCspVoR
アートマンについて釈迦は「実存しない、縁起によって生じている
のみ、(五薀仮和合)であるから空」と喝破している訳だが、
Kの人はどう思ってるわけ?

118 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/27(金) 01:01:39 ID:QvAiKfL2
仏陀の主張とほぼ同じでしょ。
ギータと言っても色々あるよね。
Kはその手の本は一切読んでないと言うとったみたいだけど
実際には多分読んどるでしょ。

119 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 01:12:06 ID:fjCspVoR
>>仏陀の主張とほぼ同じでしょ。

違うって。
釈迦のこの言葉はウパニシャッドの否定の意味で言ったんだから。
同じなら、仏教立ち上げてないって。



120 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 01:25:50 ID:fjCspVoR
そして、この部分がウパニシャッド(ヒンドゥー)と仏教の
大きな差なんだよね。

121 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/27(金) 01:37:10 ID:QvAiKfL2
同じというのは仏陀の主張とKのそれが同じという意味なんだけど。

まあほんでも仏教とヒンドゥーの違いもそれを命名化するかしないか

という違いだけのような気もするけどこんな話はどうでもよいさね。

122 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 01:49:35 ID:fjCspVoR
なぜこんなことを書いたかというと、クリシュナと聞いて
(は〜ん、ウパニシャッドか?)と思っていたのだけど、
はひょ丸さんの書いていることは、ウパニシャッドよりも
仏教寄りだと思ったから、あえて書いてみた。
一度、ナーガ.ルジュナ(竜樹)の『中論』でも読んでみたら。

123 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/27(金) 06:11:08 ID:c3kh1xUW
中論はむずかしくてようわからんがなw

どうもあの手の本は読む気にならんのよ。

124 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 10:19:05 ID:qBVce7hO
ながい説明とかはイクナイ!
Kみたいに短くスパッと切ってほしいよね。
おれはKのそこがすき。
あれ読んでみろ、これ読んでないだろ、って
時間がいくらあっても足らんよw


125 :国常立大神:2006/01/28(土) 00:29:38 ID:D6bFX+P0
すべてのものは、今、此処にある。
神が今、此処にあり、
自己も今、此処にある。

普遍と個別に差異はなく、
今、此処にあるものがすべての、
すべてあらしめる、それ、そのものなのである。

言葉があれば分裂がある。
しかし分裂なくして、自己知に至る道はない。

限りない分裂、対立、
意味付けをさかのぼれば、
見る事もなく知り、
聞く事もなく知りうるもの、
知るという努力も、
知るという所作もなく、
覚知そのものである自己を知る。


126 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 01:44:53 ID:+O43zT8r
ほほう、そうだね。
私は本来Kの手法はそうだと思ってる。でも意外と瞑想で無我、みたいな方向へ
行きたがる人多いよね。
それはKのやり方じゃないと思ってる。
Kは理屈好きの頭でっかちが、虚無感にとらわれた後に
すすむべき道風な気がする。


127 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 02:48:27 ID:XeKRLN8S
ただ今

128 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/28(土) 06:07:43 ID:rOF+4Mfd
どうも近年新しく何かに同一化するのが難しくなっているような気はする。
巷の音楽はほとんど聴く気にもならず。
酔えないんだな。
酔おうとしてもまるで空中にペンキで絵を描こうとするような按配だ。
ただ単に年食っただけという話もあるがw
女の子と飲みに行っても「いいこだな〜」
「好きだ〜」「おめこしたい〜」
などという思考が通り過ぎるものの同一化できず
それらの思考がそらぞらしく感じられる。
そういう思考が面倒引き起こすのが意識化されているからなのか。
空中に絵は描けずペンキは地面にこぼれる。
個人的にこういう思考なしに純粋に身体だけでsexするとすごくいいんだよね。
全然あとくされないから。


129 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 10:35:58 ID:+O43zT8r
それじゃ京大生だねw

130 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/29(日) 00:09:11 ID:WU0eLjwN
まあ、そうだなw
一応同意の上だけどな。


131 :名無しさん@3周年:2006/01/29(日) 12:04:39 ID:3WkwXg1E
男は女ほど一体感ないよね?
なんかいつもどこかで醒めてるよ。

132 :名無しさん@3周年:2006/01/29(日) 12:51:55 ID:RBBuaPyh
はひょ◎元気か〜

http://gotami.txt-nifty.com/journal/theravada_online/

133 :名無しさん@3周年:2006/01/30(月) 00:37:17 ID:BErXK6k8
test your perceptions !

There's more at stake than you think.

You're uninvited ?

What is The New World Order ?

134 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/30(月) 05:07:34 ID:f7+Jebvm
>>132 お〜ヴィパサナおやぢか〜
   俺は元気だよ〜
   昨日はナナオサカキの詩の朗読会だったわ。
   そっちはどうだい?
   たまにはヴィパサナ行者から見たクリシュナムルティなんての
   書いてみたらいいんじゃない?

>>131 確かに一般的にはそうだね〜
   女性は感情と身体でsexするしオーガズムもデカイし。
   でも一体感が本当にトータルだと同時に「醒めている」という事
   も起きてくる事があるよ。
   矛盾してるけど。
   またいくら醒めててもしらけているだけだったりするからね、男は。
    


135 :名無しさん@3周年:2006/01/30(月) 11:55:13 ID:2cZyDvW+
>>134
 またいくら醒めててもしらけているだけだったりするからね、男は。

そうなんだよ。それで相手に失礼とか思っちゃう。
EOも、結局、くしゃみを長引かせてるみたいなもんだ、と言ってるしw

136 :ばんこ:2006/01/30(月) 19:15:48 ID:h/Mobffp
なに言ってんだかさっぱりわからない。ということで今日も雲コしてかえろ。
よろしいですかぁ。ここ雲コしやすいんだよ。適当にほっといてくれるから。
そういや、学生のころ精神世界の本、ろくに理解もできずによくよんでいたよ。
まあ、大体前書きとあとがきよんだらだいたいわかんだよね。kはすこしむづかし
かったけどまあ大体分かるよ。自分を解放するには自分でしかできないって
ことだろ。人間の脳なんてほとんどかわらないからね。基底から働きかける
っていうのも、表現上じっさいおこっていることなんだろうな。ただまよわない
統一された頭脳をもつひともいるとおもうよ。もろもろの世間のまやかしに
影響などうけようのない。こんな暇なこと考えられるってきみらうらやましいな。

137 :ばんこ:2006/01/30(月) 19:29:11 ID:h/Mobffp
あーあ毎日毎日、つかれるなぁ。もうずたぼろよ。やっぱここ面白く
ないよ。俺はさあ人間見るときけつを見るんだよ。そしたらいろんな
個性がみえてくる。ふざけたけつとかね。ならんで歩いてる人の
うしろからけつみてると、けっこう面白いよ。ふざけたけつしてるやつ
ひとりはいるからね。ふざけたけつして
ばばんばーん♪ばんばんばばばばばばばばーん。


138 :ばんこ:2006/01/30(月) 19:33:31 ID:h/Mobffp
kって森田療法とどうちがうんだい?


139 :ばんこ:2006/01/30(月) 19:52:25 ID:h/Mobffp
ほんとくだらねぇ。そもそも人間は時間だけもてあましてんだよ。
本来の姿は食って寝てくソシテセックスして子供作る。難民みたいなもんだよ。
サンタクロースとかクリシュナムルティとかでひまなねたあそびしてる
から、女のアザーン?ですか、をきいて感動してんだよな。おれもタイ
とかよくいったけど、別に得たもんなんかないし、なんにもないよ。
でもあの熱病におかされたようなセックスはよかったよ。あっというまに
いったけど。若いっていいなぁ。毎日たいやきくんせざる終えないもんな。
おんなもできる柄じゃないし。なんかええことないんですかねぇ。パンダ
ってすごいセックスすんだね。まえてれびでみたよ。
ゴマヘルスって既得権益上の極秘なんだよね。



140 :ばんこ:2006/01/30(月) 20:08:02 ID:h/Mobffp
ほんとつまらねぇええええええ。もうきえたほうがましだよ。
一日何トン袋かついでることか。もうしにてぇゆお\\
ちゃんと分昇格きもちにもならないんだよね。
ぱぱいやちょこれーと。俺んちインタネットないんだよね。
かふぇまで、俺もぶんしょうおもろいっていうから喜んで夏季に着たけど
なんかつまらなくなってきたよ。ばかにしてんだなぁ。きさまら。
ひまくせぇ。おれは富士山ろくでufoをみたんだぁ。

141 :ばんこ:2006/01/30(月) 20:11:57 ID:h/Mobffp
ところでクリシュナムルティってなんやねん。
まあ軍事費なくなったらもっと楽できるんやろうなぁ。
だれか、こっかいで説明して濃いよ。

142 :ばんこ:2006/01/30(月) 20:12:29 ID:h/Mobffp
じゃあねぇ


143 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 01:04:52 ID:msIrkFBS
もう気がすんだか?
それは良かった(-人-)おまいにも幸せが来るように〜

144 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/31(火) 04:32:59 ID:JxI93aaT
ばんこちゃん 今日もおつとめごくろうさま。

>>135

やはり男はマルチプル・オーガズムをモノにするしかないと思う。
もしくはsexで女になりきっちゃうとかね。
相手には男になってもらって。
いわば意識的に同一化するんだな。
結講深い瞑想になるよ。

145 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 18:04:45 ID:msIrkFBS
マルチプル・オーガズムの説明を。

146 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/31(火) 18:47:13 ID:xXOrwb64
まあ そこは検索してちょ。

147 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/01/31(火) 20:34:30 ID:xXOrwb64
Kは結局50年位語ったのかな?
それで「理解した人は誰もいなかった」と言って死んでいった。
Kの教えについてあーだこーだ議論はたくさんされてきたように思うけれど
Kと聴衆との間で何が起きていたか?という事についてはあまり考察されて
こなかったように思う。
俺思うにそこには男と女以上のスレ違いが起きていたんじゃないかと。
まあこれは単純にKの言葉を自分のマインドに投げかけてみれば
分かると思うんだ。
Kの言葉聴いて一時的に思考が停止しても快楽とか生存とか力とか真理を求めて
絶えず動き回る思考はしばらくすりゃ又動きだすわな。
ただ顕在意識では「思考は有限・思考は停止せにゃいかん」なんて
印象が残ってるから今度は思考を抑圧しだしたり。
抑圧じゃない、あるがままに観察してるんだって言うかもしらんけど
その観察も思考停止させて至福かなんかしらんけどそのほかetc味わうための
観察でしかなくて。
もしくは苦しみから逃れるための観察。
以前として顕在意識と潜在意識とでは一致しない。
潜在意識としての思考は顕在意識のあーだこーだは知ったこっちゃないから
かまわず動き回りつづける。
でここで思うのは潜在意識に直接語りかけれるような言葉はないのか?
という事。
Kも潜在意識的なマインドに話かける必要がある、とは言っていたんだよね。
ただもちろん催眠的なアプローチには反対していたけれども
催眠から生まれたNLPなんかは「潜在意識に直接語りかける」というのが
基本テーマでこの手の事に使って使えない事もないようにも思えるんだよな。

148 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 20:57:42 ID:FKxCE4yh
kの教えは、教え自体を論じてる時点で教えに背く事になるのでは?と思ってしまう。
教えを論じる事で思考の操作が入るので、それは過去の思想の影響を受けている事になる‥と思うんだが‥


149 :四零九:2006/01/31(火) 21:37:32 ID:sv9IjuNV

スカルアンドボーンズ



150 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 01:53:30 ID:KODdeGsZ
書籍:『日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ』を無料で差上げます。読むだけで確実に運勢は変わります。宗教の勧誘ではありません。ご希望の方はメール下さい。

151 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 02:41:34 ID:viRCMZuE
<潜在意識に直接語りかけれるような言葉

>言葉自体が曲者だよね。言葉って、絵でいえば具象絵画であって
一般的に意味性を読んでしまう訳で、どうしても解釈的になりがち。
抽象絵画はそれを飛び越して直接訴えて来る。
そんな、言葉ではない音楽とか絵画によるコミニュケーションもありかと。
MP3を聴きながら散歩なんかしてると、かなり深いところへ行けるよ。
あるく瞑想はとても現代人向きだと思う。

152 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/01(水) 19:36:05 ID:qE9tTtAJ
教えについて色々議論するのも悪くはないとは思う。
Kも私の教えを引き裂きなさい、なんて言うとったし。
ただどうしてもK虫的になるパターンが多いね。
結局自分の実感を言葉にする人があまりにも少ないという事か。
音楽もうまく行くとハートに降りれるからいいけど最近は聴ける音楽ほとんど無いんだよね。
そういやこないだ木に適当語で話かける瞑想ってのやったらかなり深いエネルギー
が木から来てびっくりしたよ。
話かけてしばらく待ってると返答が確かに来るんだ。

153 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 20:01:13 ID:c6bjOnet
それツリーでっか?

154 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 21:14:16 ID:9ECR99Tl
山田君座布団一枚

155 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 00:33:32 ID:AziZIupB
木のオーラは見える?

156 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 07:48:08 ID:TJYgeNkJ
木を抱き締めると気持ちいい

157 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 08:54:38 ID:6rFKdwR4
熊田曜子なら尚いい

158 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 11:34:01 ID:AziZIupB
ついでに岡村も

159 :ばんこ:2006/02/02(木) 19:12:10 ID:X7l4EUEA
なんかいいところにきてる感じがする。
空白・・・は人中にいるとあんまり落ち着かないんだよね。
一人きりのときはおちつくんだけれども。
kの本読むと深い風景描写から転じて、対話が
行われたりしている。けっして分裂せずまとまっているからして
言葉が世界と乖離することはないんじゃないのか?
「云々、云々、ところで今われわれに何がおこっていますか?」
ってkの口癖。これ結構、鍵になると思うんだけどな。
誘導尋問は記憶を暴く。心から語りかけると、返ってくるってのも
不思議だな。なんでかえってくるっていっても起こりつつあること
だろうから愚問になってしまう。

160 :ばんこ:2006/02/02(木) 19:23:44 ID:X7l4EUEA
繰り返し、原因分析をして答えを出したら、人は刻々と精神的に
死ぬことを覚えていくんじゃないのかと思う。だって仕様がないん
だから。

161 :ばんこ:2006/02/02(木) 19:35:49 ID:X7l4EUEA
悪あがきはよせ、なんてよくテレビにでてくるけど、
人生もったいないもんだなぁ。やっぱり覚醒して美に
対して開かれたいじゃない。朝日は誰にでも当たるし、
雑踏なんかでも、窓、窓にあたる陽がきらめいてきれいじゃない。
特に朝なんか。しかし、工場はやだねぇ。。。車の通勤は
真東だし。笑 後、鏡息吹きかけながら磨くやつの気がしれないわ。

162 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 21:04:35 ID:TJYgeNkJ
k「意識を空にした時、時間は止まります。それは自我の死です。生きる事と死ぬ事は同じです。生と死と愛は一つです。分離なく全体として活動してます。それは不滅です。」

163 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 06:20:01 ID:D5fcfHcL
読むと一旦は空になる。その時は。
常にってどうすれば良いのか。
自然にそうなれる時が来るんだろうか‥?

164 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 11:30:11 ID:nqr2M2Sa
尿意を感じトイレに行く。
すでに自然に出来てるのでは?
空はリアル。
リアリティーにおいて
刺激の大きさが問題。
夢から醒める時は、夢より大きな刺激がある。
思考の渦に巻き込まれないように注視していれば
夢には落ちない。
空の状態がリアルであることの証明は出来ないが・・・
てか、そこでは問題自体は発生しないか

165 :四零九:2006/02/03(金) 15:46:03 ID:HZzkkn+R
まぁ 、週末は過去スレでも読んで煮詰めましょう。
ttp://makimo.to/2ch/life6_psy/1067/1067225931.html

ttp://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%83N%83%8A%83V%83%85%83i%83%80%83%8B%83e%83B&sf=2&andor=AND&H=&view=table&all=on

166 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/04(土) 09:38:56 ID:FMvW3xFu
>尿意を感じトイレに行く。
>すでに自然に出来てるのでは?

腹がすいたらめしを食い眠くなったら眠る。
これが自然に出来てたら覚醒だけど少なくとも俺は
出来てないなあ。


167 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/04(土) 19:49:00 ID:JBtaAG9j
「実際に起きている事」といえば飯を食いながら考え眠りながら考え
くそをしながら考えsexしながら考え歩きながら考え・・・・・・・・
今日も「存在」していたのは5分もない。
ふと気づくと女の事考えてますw
ただ前にも書いたけど寝る前にマインドに
「寝ながら思考するのはエナジーの浪費なんだよ〜ん」なんて言って
水道の蛇口から水だだもれ=寝ながら思考イメージなんかも送ると
寝ながら思考は静まる事多し。
もちろん心配事なんかがある時は駄目だけど。

168 :四零九:2006/02/04(土) 19:53:50 ID:be8q/x1J
はひょ丸さん、アルバート・キングでも、どうぞ

ttp://gazo05.chbox.jp/old-movie/src/1134624445376.wmv

169 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/04(土) 20:22:57 ID:JBtaAG9j
思考というのは連想機能であるというのが大抵の覚者の見解で・・・・・・
その基本的な稼動要因としては「物理身体の維持つまりは生存」というのが
第1だと思うんだけど「心理的生存」の為にも働いているから話はややこしい。
eoに言わせるとマインドは連想という類持検索機能が生存を有利にすると
思い込んでいるらしいのだが確かにその通りだと思う。
コア・トランスフォーメーションというnlpの分派のセラピーでも
ある人格が肯定的な動機でもって否定的な行動を取るというのが
お決まりのパターンになっている。
この場合はマインドが生存という肯定的な動機でもって類似検索機能という
否定的行動を取っている。
まあここで言う「肯定的」「否定的」という言葉はとりはずした方がいいと思うんですけど。
しかし一つのテーマで熟考するならともかく「ダラダラ連想」が
果たして生存を有利にしてくれた事があったか?
この問いは心に深く問う価値があると思う。
生存を本当に有利にする為にもw


170 :四零九:2006/02/04(土) 20:56:39 ID:be8q/x1J
NLP(神経言語プログラミング)

得てして

日常的に慣れ親しんだやり方に戻ってしまう私達の

  能力や可能性を引き出す為に

     NLPを

171 :first and last:2006/02/04(土) 23:23:15 ID:lbm2QVqt
私は、キリスト教(カトリック)で救われなくて悶々としている時に、
クリシュナムルティに出会い、砂漠が水を吸収するがごとく、日本で出てい
る彼の本の訳書を読み漁った。彼の言葉は非常に美しかった。しかし、
「真理は道なき大地である」という彼の見解は、単純明快だが、
メソッドを原理的に否定するので冷徹なところがあり、生活には生かせな
かった。覚醒はうながされたのだが、大地に放り投げられ、翻弄されている
赤子のような不安を伴った。そこでまた、悶々としている時に親鸞にであった。
彼は単純きわまりない救いのメソッドを示してくれた。
双方とも心の問題を思考の力で解決することを放棄しているが、
親鸞にいたって初めて「安心して」思考による解決を放棄して、
存在の流れに身をまかせ、嬉々とする心境がでてきた。他力信心という
方便を得て初めて、クリシュナムルティの気づき続けること、見続けること
が「安心して」「恐れずに」「疲れずに」出来るようになる。
「何かになる」努力をしないでも、本質的な問題はすでに解決されている。
12年かけてこんな体験をした。


172 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 03:31:17 ID:DK6F18EW
バグワンみたいに
欲望を燃え尽すというのも
食欲、性欲とかには良いかと。
心底見切れたことには全く振り回されないよね。
意外と単純な下劣と思われそうな欲望が
なんとなく満たされない気分の根底にあるもんだよね。
ふふふ、私はまだだが。

173 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 01:14:33 ID:0fJPf7/h
マインドからの解放が悟りですか?

174 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 11:03:15 ID:vLXdfUQq
とりあえずはな

175 :真の宗教とは…:2006/02/06(月) 19:29:30 ID:krStoJbD
この宇宙の事を完全無欠に説き切って真に幸せになれる力を持っているのは唯一日蓮大聖人の正しい仏法しかありませんよ。その根拠と詳細は→http://k.excite.co.jp/hp/u/marutomo-2006/?subpid=00&yid=marutomo-2006&SSL=4HBQEG75B8HGV1W45G2P#TOP

176 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 11:54:08 ID:aV3dzBRo
>>171
漏れも元キリスト系だけど、自分は無神論者になってから、偶然kの文読んでスッキリしたよ。

177 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 12:52:41 ID:57RQst2o
キリスト者は原罪によって恐怖を植えつけられてるんだよね。

178 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:03:26 ID:RobjtFMx
「指導者も教導者も居ない。あなたに何を為すべきか
教えてくれる者は、誰も居ない。この野蛮で狂った世界には
あなた一人しかいないのだ。」「人類は私を聞かなかった。」
まったく期待してきてみれば、このありさまだ。
ここに来てる奴どうしようもない。

179 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:08:36 ID:RobjtFMx
171くらいだ。いいのは。

180 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:12:32 ID:RobjtFMx
ダンテスが20世紀最高最大の救世主、と言った人を
ここの奴はなめてる。

181 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:15:17 ID:RobjtFMx
>>175
頼むからクリシュナムルティのスレで、日蓮の
名前ださないでくれ・・・頼む・・・

182 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:29:01 ID:vM55BZAe
RobjtFMxコピペに反応すんなwW

連投ウザwW

183 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:33:45 ID:RobjtFMx
↑こういう訳わかんないのいるし・・・

184 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:52:53 ID:vM55BZAe
RobjtFMxやっぱりすぐ釣れちゃうし‥wW


何が理想か知らないけど、細かく色々嫌なら自分でスレ立てみたら如何でしょうか。
1から読めばわかるけど、初めらへんより流れ全然良くなって来てるんだからさ。
それかただ普通にkについて語るかしろ。

185 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:04:29 ID:RobjtFMx
釣るの釣れないのじゃなく、クリシュナムルティを馬鹿にしてるよ。
情けない・・・「何が理想」って、現実から離れること、理想を追うことが
悟れない原因の一つって言ってるじゃない。
本気でやったことがない人達が、いい加減なこといってるから・・・
サヨナラ。

186 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:14:11 ID:vM55BZAe
御自身で本気でやったとお思いなら、それを熱く語ったら如何でしょうか?
毎日覗いている者にとって、突然現れて住民になってない、バカにしている、私の方が素晴らしいみたいな内容を独善的に突然書かれても

「本気でやった方の声」

には感じられません。
貴方様はkの事では無く、住民について語って居るに過ぎないからです。
是非その素晴らしい本気でやった云々を語っていかれては如何ですか?
貴方様の言う「なって居ない」人々に。


‥そんな事したら、メッキ剥がれちゃうからムリですかww

187 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:23:57 ID:vM55BZAe
↑追加

RobjtFMxは何が理想って所でそれらしく語って居るが、ココにあって欲しい姿がある(=理想)からこそ、なって居ないと感じた訳で、その時点で既に自己破綻をきたして居る事に気がついて居ないあたりが素晴らしく香しい。

とても人に云々言える程やった先生のお話しとは思えない有り難さだねwW

ちゃんと完全に実践仕切った人間なんて居るのか?
kは誰も‥と言って死んだのに。
そしてソレについて語ってるだけだ。
ソコにはなって居るも居ないも無い。
ただ言葉があるだけだ。

188 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:36:40 ID:RobjtFMx
肉体の死ではすまない、本当の死。宇宙から完全に消え去る。
実践仕切るってそういう事でしょ。その恐怖がわかってる人は
そういうことは、言わない。貴方の言葉からは、その恐怖感が
伝わって来ない。こんどこそサヨナラ。

189 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:51:54 ID:vM55BZAe
「本気でやった事が無い人たちが‥」
と言い出したのは貴方様ですが?
本気でやるとは実践する、と言う事では無いのでしょうか?
貴方様の言う所の本気でやるとはどのような意味かを語らずに言われてもただの空論に過ぎません。

貴方様が如何に、いい加減では無く本気でやって居るのかを語って頂けたら納得出来ますが。
そうでなければただの悟った気になっちゃった人にしか思えません。

是非本気でやったと言う本気を、このスレで見せて頂きたい。
内容の無い事では無くてね。
是非kの話をして言って下さい。
お願いします、本気を。

ココの全体的な文体の重い軽いを論じたいのなら初めに言っておきますが、ココは2ちゃんと言う事をお忘れなく。
2ちゃんで真面目に語れない、と去った場合、やはり勘違いな人と解釈させて頂きますので、是非とも

本気でやった
本気の語りを
お願いします。

かなり期待してますよ。


190 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 03:57:43 ID:vM55BZAe
>>187で書いた、破綻についてさり気なく論点をすり替えて、スルーした件についての解説も是非ともお願いしたいですね。

本気でやった方の、素晴らしい語りを期待してますよ。
詭弁は通用しませんので、愚かなる生徒に宜しく先生様。



191 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 04:29:09 ID:vM55BZAe
>>188の恐怖について。

kスレらしく突っ込むと、恐怖がそこにある時それを言葉として理論の上で納得するか、それを実際に分離なく観察するか。
観察者と観察対象が一つである時、全ての葛藤は終わる。

これを体感的に理解して居るかいないかって話。

あれ?
本気でやっているのではなかったのですか?
是非ご教授を!


なんてねwwww
いい加減しつこいのでこの辺りにしとき升。

ツッコミ所満載で楽しませて貰いましたw
ありまd。

‥ついに教授はkについて語らずに逃走か。
形だけにこだわって教えの本質見抜けて無い癖に悟ってると思い込んで話も出来ずに人に文句だけ垂れ流して帰るなんて2ちゃんらしくて面白いなぁ‥w
訳わからないのはこのままだと藻前だ。

kについてちゃんと語ってけよ。


最後に連投長文スマソ‥orz

192 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/08(水) 08:51:28 ID:OABxhARr
おお・・ここも久しぶりに2ちゃんらしい展開が起きてる・・・・・・
俺もはじめて2ちゃんのKスレ覗いたとき期待して見たの覚えてる。
個人的にはKを馬鹿にしてるつもりはないけど崇めるつもりもない。
だからKの教えという足かせをはずしてでも自分で考えたいというのはある。



193 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 09:33:02 ID:Be4oPOpr
K、ボーム好きだよね。
対話相手によっては明らかな嫌悪感を呈してるが。
後、話題変えるの上手いよねあの人。
疲れたろうな何十年も人の悩みを聞き続け大勢の前で講和して旅して…。
たまらん。

194 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 12:11:35 ID:EZGviIRR
>>193
おれもそう思ったが
結局、ほんとは好きなんだよ、そういうのがKのじいさんは。
この手の人は結構マゾっけあると思うよ

195 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 13:22:33 ID:IebqDxgG
EOとかダンテスとか出てくるけどエグいですよねあのひとら。つかグロですよ。

196 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 01:00:58 ID:oooYwBGP
今って、携帯やネットでおしゃべりして
空虚感をごまかしてるんだろうね。
Kは無駄なおしゃべりは嫌っていたけど
逆に今の人は「携帯ないと死んじゃう〜」だ。
さて、誰も成功しなかったK路線をいくか、
一生おしゃべりでごまかして乗り切っちゃうか。
そこのところ
195はどう思います?

197 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/02/09(木) 01:42:33 ID:68zRYm8/
おぉ栗が落ち始めたな。

Kは読むものだ。語るものじゃないぞ。
悟りなんぞどうでもいいじゃろ。
栗でも拾わんか。

198 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 11:13:16 ID:oooYwBGP
分った風がウザイ

199 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 15:47:01 ID:3SflO6fa
kは星の教団を解散する直前は独り部屋で発狂したりして相当追い込まれてたそうですね。大きな団体を解散するのは相当な覚悟がいっんだと思います

200 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 16:34:11 ID:5YFXtOTQ
↑どこのソースだそれは?

201 :名無しさん@3周年:2006/02/09(木) 17:01:17 ID:3SflO6fa
↑神智学協会の本に書いてありました。本当かどうかは分かりません…

202 :四零九:2006/02/09(木) 19:50:13 ID:x2C3uACO
I Got My Mind Set On You.

上がったまま、正論を言う

203 :ばんこ:2006/02/09(木) 20:26:22 ID:YAT+Fwf3
しかし、話題は変わるけど当時の国連ってけっこう
聞く耳あったんだね。講演したんでしょ。クリシュナムルティ。
もっとたくさん聞く耳あったら、経済的にも合理的に
進んでたかもしれないなんて思うね。、もうチョット日本だって
人間らしい暮らしができてたかもしれない。軍需費削減するって
いったって、水掛け論になるにきまってるんだから。回りの様子
うかがうばっかりで。国連での講演、よみたいなぁ。ネットに
ないの?欲ばっかりでは進まないのが生物の定め。猫にだって
社会があるんだからねぇ。要するに主体性がいるんだよ。なかったら
文章も書けないよ。わはは。

204 :ばんこ:2006/02/09(木) 20:47:29 ID:YAT+Fwf3
サッカーボール蹴りぞこなって地球蹴ったって言っても
仕方がないんですわ。実際上平和でいい暮らしがしたい
といいっぱなしでも、逆に不幸なひとを知るには、そうなれ
といってみたりしても仕方がなくって、恐怖や不安をあおるだけなんだな。
実際恐怖に対象があるものは、ほとんど数ない。ほとんどの人間は
そんな辛抱強くないんだなぁ。これが忘れるようにできてる。その
対象があればすでに動いてたりするもんなんだ。と思うよ。

205 :ばんこ:2006/02/09(木) 20:56:49 ID:YAT+Fwf3
えらい宗教者ってのは、自分の問題の対象が実際に公にあった
ってことだと思うよ。それで動く人もいるわけだ。立場上を
超えて苦しんだんだろうねぇ。クリシュナムルティも。
京都のひとって「そんなん親鸞」って洒落いうらしいで。

206 :ばんこ:2006/02/09(木) 21:11:39 ID:YAT+Fwf3
連想は果たして人を幸せにしただろうか。っていうのが
とても気になる。個人的には。また考えときま。

207 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/02/10(金) 01:52:42 ID:yQb0olLi
>↑神智学協会の本に書いてありました。本当かどうかは分かりません…

それは多少協会のバイアスがかかってる解釈かもね。
Kの書籍を見る限り、解散は意味のあるものだし。

「真理は道なき大地」というのは本当にすばらしい宣言だと思う。
いや賛美は止めとくか。

焼き栗いるか? いや焼かれているのは漏れだ。w

208 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 02:13:42 ID:BpjvYkXN
クリシュナムルティの教えって、観測者は観測されるものであり、自分とは思考が観測者と観測されるものをわけることにより生まれた観念であり実在ではない。(肉体は実在であるが)
ってようなやつでしたっけ?

209 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 03:36:44 ID:wstF7M98
    そのとおり そのとおりだよ すんばらしい
    \(^o^)/   \(^o^)/   \(^o^)/

210 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 08:39:49 ID:1WdDILDG
kは見事に身体が脱力してるね。
 あれは真似られない。完全に弛緩するのは本当に難しいから。
 大抵、無意識の力みがある普通の人にあそこまでのリラックスは困難。
 変な尊敬だが本当にすげぇと思う。

211 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 15:37:11 ID:wstF7M98
イスラムの人って
風刺漫画までに本気でいかってるなんて
情熱的ですね。
どうしましょう、アノ人達と一緒に暮らしていくなんて・・・( ;・e・)

212 :四零九:2006/02/10(金) 17:09:24 ID:D8LHSeKP
ばんこは、家追い出されたのか? 自室にパソコンないそうじゃないか。

ネットカフェばかりだと、金がかかるぞ。

時間泥棒に時間を知らぬ間に盗まれた現代人の俺たちだけど、

自分の時間を取り戻す突破口は絶対にあるはずだ。

213 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 22:36:39 ID:oRZyAV7I
>>210
憧れるね‥肩こりとか無縁だろうなw

214 :kの死の講話:2006/02/10(金) 23:57:32 ID:LZ/tzX+s
私は間違ってるかもしれない…(彼は躊躇してからこう言った)私は世界から何も求めない。たぶんそれが答えだ。私は何も欲しくない。人からも神からも。何も。死が今来て「あなたは今逝くのだよ」と言ったとしてもそれでよい。私は死と共に逝くだろう


215 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 02:54:41 ID:etqCzW7O
Kにさえワケワカメなんだから
結果に拘らず好きにやればいいんだな

216 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 08:40:16 ID:9nFbMHnQ
そのとおり♪

217 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/11(土) 17:51:33 ID:FVI8bpQE
K自身自分のエソテリックな背景についてはよく理解していないみたいじゃない。
oshoなんかに言わせるとKが覚醒したのにも関わらずなんであれだけプロセスと
やらに悩まされたのかというと神智学のマスター連中がKをいわば無理やり
覚醒させたから、らしい。
本当だったらKはあと2、3生後に覚醒するのが自然だったのに例の実験の為に
今生で覚醒させてしまった。
そのせいでKは覚醒後もプロセスに悩まされる事となったのだとか。
まあoshoの話なんでどこまで信じていいのか分からないんだけどね。

218 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:03:15 ID:etqCzW7O
例の実験とは?

219 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:12:53 ID:W/dNORs7
マイトレーヤ?

220 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/11(土) 19:35:16 ID:TEmYVYDh
うん マイトレーヤだね。
ただ仮にそういう背景があったとしてもKの教え自体の価値が無くなる
というわけでもないだろうけど。

221 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:42:58 ID:W/dNORs7
kは紛れも無い覚者だと思ってる。
微妙なのは和尚。おいらの頃はバクワン。青春だったなあ・・・

222 :今何処:2006/02/11(土) 21:51:29 ID:3hvddr43
http://www.j-theravada.net/qa/qahp48.html

223 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/11(土) 22:22:52 ID:DRzufWtn
シャルマ仙人やっとるねえ・・・2002年かあ。
兄弟子シャルマの問いは今の俺の問いでもあるなあ。
観察、サティの先に「観照」が起きるんだけど長年色々体験すると
どうも観察、サティ自体が阻害要因じゃねえのか?って感じになってくるんだと
思うんだよね。
まさにKはそこら辺の事指摘しとると思うんだけど。
観察者に対する同一化はウスペンスキーもやらかしたみたいだしねえ。


224 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 22:52:12 ID:W/dNORs7
グルジェフとウスペンスキーは、今一歩及ばずだったんでしょう?

225 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 01:48:10 ID:j58ljSlN
30年ほど前、いわゆる青春時代にあるきっかけで
宇宙は全て愛でできており、その愛を放射しているという真実を知った
しかしそれなのに何故この世界には理不尽なことが多いのだろうという疑問が消えなかった
そしてやっと数年前にその謎も解けた
神(愛を放射する意識エネルギー)は人はおろか宇宙すら知らないという真理に気づいたから
人の愛は全て自己愛の変形だけどそれでも差し出される傘には涙がこぼれる
人間もまんざらでもないもんだ

226 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 11:51:32 ID:j58ljSlN
なんかすごい人来たねw

227 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 12:12:09 ID:WVuzlhuh
>>222
相変わらずテーラワーダって偏狭だね。だからダメなんだ。

228 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 12:22:27 ID:fhXuCvzN
愛=陽子

229 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 22:36:11 ID:fhXuCvzN
ただ静かに眼を閉じて…内なる愛が溢れる時、愛しさ中で愛に抱かれたまま君と語ろう

230 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:19:51 ID:DG0dxwmw
>>227 上座がわからんか・・・

231 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 08:21:44 ID:euL3h9gJ
>>230
お前がわかってないんだよw

232 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/02/13(月) 08:48:59 ID:2zLqw+V1
儂は栗を拾うのが好きじゃ。
でもみてくれは良くても虫が喰っていたりする。

この栗は大丈夫だろと思ってもダメだったり、
こいつはアカンだろと思っていたものがウマーだったりするのじゃ。

だが、そういうことが分るためには栗は拾い続けなければならんし、
栗に対する偏見も捨てなアカンのんじゃ。

御主ら分ってくれるかのぅ。

233 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/02/13(月) 08:53:21 ID:2zLqw+V1
栗を拾い続けるとな、だんだん勘でどれが良い
栗かそうでないか、正しいものを拾う確立があがってくるのじゃ。
ただな、正しい栗であっても時間を置くと変質してしまうものがあるでな。

その時、「せっかく拾ったんだから」という思いがでてきて来るのがヤバス。
捨てる覚悟も必要なんじゃな。栗に執着してはアカンのよ。

234 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:59:28 ID:iYkbqvJ2
>>231 そのままお返し致します。

235 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:23:40 ID:uZ6hD9Ai
>>234
じゃあ、具体的にどこがどうわかっていないのか指摘してみろよw

236 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:44:04 ID:+4H8h2jL
怒りがどこから沸いて来るか、見つめる好機ですね。
お二人さん

237 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:47:44 ID:SQudVNuG
上座部を馬鹿にされたと感じたからでしょ。
上座部との自己同一化のなせるわざ。

238 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:50:14 ID:SQudVNuG
>230 名前:名無しさん@3周年 :2006/02/12(日) 23:19:51 ID:DG0dxwmw
>>227 上座がわからんか・・・

自分は上座をわかっているつもりになっていると。


239 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:52:42 ID:kINbXBE8
栗をめぐる対立は、ここかしこにあるんじゃ。

誰かにはウマーでも別な誰かにはマズーというわけじゃな。
自分がウマーだと思うものは普遍的にウマーかというとそうでもない。
あるいは自分がマズーというものは普遍的にマズーというものでもない。

また栗は全てマズーだという人もおるでな。
栗は生ものなんじゃよ。自分がウマーですっきりなら無問題であろう。
また自分から見てマズーでも他人がウマーならとやかく言うことはなかろう。
それは常識的に充分考えられるのじゃと思うんだが、
こと栗に関しては自分の主張を譲ることができないものが多いな。
常識を使えばよかろうに。

まぁ ゆっくりしなされ。

      川
つ △  旦



240 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 15:32:24 ID:+4H8h2jL
てか、捉え方と言う時点で主観が大入り。
論理の組み立て方で異論を挟まれるような物では
ダメだ。
それがKの言う、精神が自由でないと物は考えられないと。

241 :四零九:2006/02/13(月) 16:52:04 ID:FZ+rHcp9
バレンタインか- チョコ饅頭もらってしまった。ha-ha-ha

242 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 20:51:17 ID:iYkbqvJ2
227の「上座は偏狭」から始まってるな。

243 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:01:37 ID:o84uDxAF
>>242
実際、偏狭だからじゃないのか?w
図星だったから反応したんだろ?(ニヤニヤ

244 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:45:50 ID:yyU7vrI8
2月25日(土)21:00〜23:48 TBSテレビ系『生命38億年スペシャル 人間とは
何だ V』(解説・監修:養老孟司)に、A.スマナサーラ長老が出演されま
す。

245 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 21:54:55 ID:iYkbqvJ2
>>243 逝って良し

246 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 23:35:40 ID:laIxY1Mw
全てで一つ

247 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:05:08 ID:hSGNnIlV
反対に死を意識しなくなったのなら悟ったも同然だ。

248 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:15:52 ID:L7fphtuP
>>245
君はずっと生き恥を晒していなさい。

249 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:23:54 ID:AQpZjgwB
>> 248 とてもクリシュナムルティのスレとは、思えない。
上座を偏狭と言ってるようでは、Kも理解できんだろう。 
きみも逝って良し。

250 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:26:47 ID:AQpZjgwB
↑ああ、ソーカがいいんじゃない。向いてそう。

251 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:29:24 ID:AQpZjgwB
おっと間違い。>>248さんへだった。

252 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 00:54:51 ID:F8uWEAoK
>>ID:AQpZjgwB

悔しくて仕方ないんだな。よしよし。

ところで、上座を偏狭だと言ってるようではKを理解できない、
というのは具体的にはどういうことだろうか。
是非、君自身の言葉で説明してみてくれたまえ。

253 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:02:17 ID:RWK67Aq1
そうだこの際思いのたけをぶちまけろ。
そして自分がどこで引っかかってるか自覚すればいい。
くやしい、なんて自己を見る時、最高のキーワードだ。

254 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:22:26 ID:F8uWEAoK
うむ。ID:AQpZjgwB の回答待ちだな。

255 :225:2006/02/14(火) 01:45:23 ID:2WXdGFd8
ねるぽ

256 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 02:06:48 ID:bDszXGLT
寺和田系の指導者がkの悪口言ったらしい
まあ写真見る限りその人もすごいがkのほうが純粋な感じがする


257 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 04:19:47 ID:RWK67Aq1
ぜひ聞きたいですね

258 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 04:22:21 ID:AQpZjgwB
>>252,253,254 2チャンで?しかも君達相手に?時間の無駄だ。
説明してわかる人間なら、この時点でわかってるよ。

259 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 04:52:06 ID:AQpZjgwB
>>253 まずは自分の引っかかりを、処理しなさい。
勝手に人の心の内を想像しないように。情けないだけだ。

260 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 07:50:58 ID:Q8YiS7tB
>>258
なるほど、そうやって逃げますか。それがヴィパッサナークオリティ。

261 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 08:12:11 ID:AQpZjgwB
くやしいのですか?

262 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 08:57:25 ID:YPWJWJFj
>>261
あなたが悔しいのでしょう?

>上座を偏狭だと言ってるようではKを理解できない

と大見得を切ったのですから、ちゃんと自分の言葉で説明しなければね。
説明できないのであれば、たとえ悔し紛れと言えどもそんなことを言うべきではありません。
どうですか? すこしは勉強になったでしょう?


263 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 10:02:18 ID:4uL9Es8e
おおきに勉強になりました

264 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 13:38:35 ID:RWK67Aq1
ええい、何ぬかす!チョコなどいらんわ

265 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 16:04:54 ID:uCiKaAmm
だいたい、「見ること」自体が分離をもたらすのじゃないかい?

あの気持ち悪いオーラ放っているオヤジみたいに

266 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/14(火) 18:44:40 ID:sqDa3mPw
「見ること」は下手すると自意識強めるだけという結果を生む。
あくまでも受動的に見る必要があるみたいで。
それでも続けてると「あれ」がやってくる。
面白いのはKの言う通り現実の挑戦・刺激に対するそれまでにないgap
が生まれるので常識的な対人対応が以前のように取れないというオマケも付いた。

267 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:25:22 ID:uCiKaAmm
はひょ丸さんには悪いですが、

クサ関係の人、あなた、あなたですよ。キミー、君だよ、君。まだ居る?
よく外国行くのですか?
クサが感覚器官にどう作用するのか?
シラフに戻ったときにその経験をどのように生かしているのか聞きたいです

268 :クサ関係の人:2006/02/14(火) 20:56:29 ID:ZFHNDrHw
そんなに戻ってきたくないんならOBすればいい

269 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:25:41 ID:V3XTNEYE
はひょ◎生きてるか〜
http://www.j-theravada.net/kogi/kogi94.html

270 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/14(火) 23:04:59 ID:vd0Gyoec
クサは個人的にはあまり好きじゃないな。
あれって無意識になるだけな感じだし。
確かに瞑想に近いけど決して同じモノじゃないし。
友人でその手のモノやりつくした奴おるけどそいつも同じ結論だよ。

>>269

ヴィパサナの調子はどうだい?

271 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:12:21 ID:u+04v/Ug
>>268
OBってなんですか?

272 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:39:42 ID:VeNfwrsI
あ、はひょ丸さん。
はひょ丸さんには2,3年前私が不可知論者になって死にそうになってたときに命を救ってもらった希ガス
「生きるんだ!」って言ってくれましたよね?
お元気そうでなによりです


273 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:55:35 ID:ZdRqs/tx
>>262 何の勉強?あなたが自分のこと優れてるって、勘違い
してる事は理解できたよ。人の心を勝手に想像する、電波系の御仁だと
いうことも。大見得って言うより、当たり前のことですよ。
多分覚者というものを、ご存知ないのでしょう。



274 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 09:10:55 ID:+QIs1scK
覚者高飛車きょうも葬るムル

275 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 10:03:17 ID:IkrNx3tw
>>273
>多分覚者というものを、ご存知ないのでしょう。

ということはあなたは覚者をご存知なんですね?
覚者というものがどんなものか是非是非教えてください。

それから、

>大見得って言うより、当たり前のことですよ。

ということですが、であるならば、

>上座を偏狭だと言ってるようではKを理解できない

ということの意味を詳しく述べてください。
あなたは何でもご存知のようですから、是非ここを見ている人たちのためにも
詳しく解説してくださいませ。

期待して待っていますよ、よろしくお願いします。

276 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 14:47:28 ID:u+04v/Ug
くさよりかみがすきだがな

277 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/15(水) 18:40:04 ID:3DVIm+70

「生きるんだ」なんて言ったっけ?w

かみとかはスゴイの多いみたいね。

278 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:49:45 ID:FN1OFzEf
般若心経 解説No.1サイト◆般若宗HPへようこそ。

般若宗は、仏教の中の新しい宗派です。(SINCE 2003/12/12)
般若宗は、「般若心経の意味」、究極真理たる「空の意味」について、
広く皆様に伝授し普及させる目的で設立されました。

≪ 般若心経と言えば般若宗 ≫ ≪ 叡智(英知)のヨーガと言えば般若宗 ≫ 

と覚えて下さい。

「空と般若心経」について、一歩一歩段階的に、それも <無料で> 学習できます。
では、当ホームページで、心ゆくまでゆっくりと、深遠霊妙なる仏教教理を学習して下さい。 

般若宗総本山 空王寺
http://www.hannya.net/index.htm


279 :クサ関係の人:2006/02/15(水) 21:21:33 ID:iQBQgdJr
まちがえたOD(オーバードーズ)だった。

もし瞑想がある状態の事を言ってるのなら、
紙ODで自己認識が最高だ。がんばれ。

280 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:41:05 ID:ZdRqs/tx
>>275 覚者とは、冷静さを装いながら、思いっきり怒ってる
貴方のような人ではない人。ネティ、ネティ。こんなとこで
どうでしょう?「ここを見ている人達のためにも」っていうふうに
徒党を組まず、サイのように一人歩む者。
宇宙そのものが苦であると知った者。どうでしょう?独善と仰るかな?


281 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 23:50:42 ID:qEIo55TD
>>280
知識として知っていることを書いただけですね。

さて、

>冷静さを装いながら、思いっきり怒ってる貴方のような人

とあなたが断定した根拠は何でしょう?
そのような印象を受けたあなた自身について観察してみてください。

あなたはどうでしょう? 冷静さを装いながら、思いっきり怒ってる??

282 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:02:07 ID:W34DasMJ
>>281 知識を書いただけ。失礼だがその時点でアウト。
根拠?「貴方は何でも知ってるようだから・・・」
のくだりで感じました。貴方感じない?頭がいいのは、わかる、あなたが。
ただ「観察してみてください」って悟りすましてるのが、どうもねえ・・・
狂気の一歩手前まで行った人間はね、あなたのような言葉は吐かないよ。


283 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:17:16 ID:W34DasMJ
それとね、本当に貴方の言う「観察」が出来る人は、「観察」って言葉は
使わないよ。ヒントにして欲しいな。

284 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:25:22 ID:q7+ha4P9
いかにもっていう逃げ方ですね。
そうやっていつまでも自分を「粉飾」して逃げ続けるのもあなたの選択した人生。


285 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:28:20 ID:q7+ha4P9
守らなければならないもの(あなたの場合ヴィパッサナーね)があるから、
ちょっと揶揄されただけで心乱されるんですね。
そんなもののために錯乱してしまうのはもったいなくないですか?

286 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:36:30 ID:LgfrrJhK
>>279
そこには一言では語れぬものがある。
てか、一時でも自我が落ちるのは事実だ。
希望的観測で何時か自我が終焉することを
夢見てるのとは少し違う。

287 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:37:35 ID:qrcJUoYW
>狂気の一歩手前まで行った人間はね、あなたのような言葉は吐かないよ。

はは、あんたは狂気そのものなんじゃない? 悪い意味でのね。



288 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:46:06 ID:Y76tPdmN
悟りは苦しみから始まり喜びが訪れ至福に終わる

289 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 00:53:49 ID:vQVtORsc
至福に終わった後はどーなるの?

290 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 01:02:06 ID:abJKVqfZ
まったくどうしようもねえなおめえら。
自殺するか真っ当に生きるかどっちかにしろよ。

291 : ◆zCS1o.kilU :2006/02/16(木) 02:53:31 ID:ss1yVtMu
恐怖は愛ではない。依存は愛ではない。嫉妬は愛ではない。所有と支配は愛ではない。責任と義務は
愛ではない。自己憐憫は愛ではない。愛が憎悪の反対でないのは、謙譲が虚栄の反対でないのと
同じである。だからもし強制的でなく、雨が幾日にもわたってたまった塵を木の葉から洗い流すように
これらすべてを除き去るなら、おそらくわれわれが常に渇望するこの不思議な花へと行き着くだろう。

292 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 04:35:17 ID:LgfrrJhK
自己憐憫が意外と難敵なんだこれがw

293 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 10:58:54 ID:W34DasMJ
>>284,285 人は一言で腹の底まで見抜かれるんだよ。
よく覚えて置いた方がいいよ。君達の言う「観察」ってどのくらいの
時間やれる?この質問に対する答えで、わかっちゃうよ。
化けの皮はがれるから、答えないほうがいいかもね。
狂気というリスク無しに、「観察」が出来ると思ってる。
ダメならダメでいいんだ。シッタカすんな。人を惑わす。

294 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 11:18:23 ID:1+cSQWJj
>>293
君が見苦しい言い訳を重ねれば重ねるほど、惨めになっていってるのがわからないかな?

ところで、

>上座を偏狭だと言ってるようではKを理解できない

ということについて詳細に語ってください、という>>275氏の質問はシカトするしかないのかな?

ちゃんと答えてあげなきゃ、みっともないよ。 このままでは君はますます恥をかき続けることになるw


295 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 11:19:44 ID:1+cSQWJj
どうして上座を偏狭だと言っているようではKを理解できないんだろうね?(クスクス

Kを理解する? 理解するってなあに?w 

296 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 12:01:55 ID:LgfrrJhK
君ら、感情的なことは置いといて
核心にせまってくれ。
第三者としては勉強になる展開だから。
岡目八目とはケダシ名言w

297 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 12:08:34 ID:RzIDUJbx
>>293がさあ、半べそかきながら必死でカキコカキコしてるんで
ついみんなからかいたくなるんだよ(笑

298 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 12:22:50 ID:W34DasMJ
どうやらココの住人を、かなり怒らせてしまったようだ。
そろそろ消えるとするか。ごめんね、君達の幻想を壊してしまって。
>>296 ここには核心に迫ってる連中なんていないよ。
頭デッカチの子供たちがいるだけだ。
グルジェフ、ラーマクリシュナ、ラマナ、バグワン、クリシュナムルティの
特に「自我の終焉」などを、お読みください。実践は師を選んでから。
じゃないと、ココの住人みたいになってしまいます。

299 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 12:29:11 ID:W34DasMJ
追記 我流でやると抑圧になってしまいます。
ココの住人の毒毒しい言葉もそのせいかも、知れません。
求道者なら去るのがヨロシ。

300 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 12:36:41 ID:xR4ljXLv
>298
怒らせたんじゃなくて本当は自分が怒ってるんじゃないの?
ウルセーバカヤローで済むじゃん。


301 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 16:26:50 ID:X+KFOVj1
>>277じゃあ はひょ丸さんじゃなかったのかな?


>>223 サティが阻害要因ってほんとそう思うお
インドでヴィパサナやったんだけど、それに気づいてやめた
でもサティをやれば近いところまで逝けるから、楽しいと思うお
人生そういうのもありだと思うお

302 :四零九:2006/02/16(木) 16:39:41 ID:aXV2u2gf
さて、ココの住人になりきるか

それから、質問したの俺なんだけど、クサ関係の人はシラフでもトンでいるようで
これが、現状でございます。

303 :クサ関係の人:2006/02/16(木) 21:53:22 ID:abJKVqfZ
しかしkはクスリやってようがやってまいが飛んだままなんだよな。

俺たちやkも含めてみんな自分の言葉で分かったつもり分からせた
つもり。笑えるな。

304 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 02:38:34 ID:XCGsvzBt
他に方法ってないだろ、結局w
どんなにお金あって、幸せそうに見えても
自分の内面で
底抜けの自由感みたいなのがなければ意味内
そんな時は他者の評価がどんなでも
まったく平気。
もうこれで十分です、って言えるんだよな。

305 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 12:35:26 ID:IJAzXJvv
むしろ底抜けの自由感がなくても平気

306 :意味不明:2006/02/17(金) 14:51:01 ID:7h06MkRU
調和シンメトリー自由

307 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 14:54:16 ID:7h06MkRU
kの本だと「子供達との対話」が好きだよ。「自我の終焉」も良いね〜

308 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/17(金) 15:28:21 ID:ULpKjmUq
「自我」の構造と性質は思考によって測定できる。
思考がそれ自体の活動、何を創り、何を受け入れ、何を否定したのかを
識別できるという意味で、それは測定可能である。
そうすれば今度は思考の限界に気づき、そして多分思考の彼方にあるものに
まで入り込んでいけるだろう。

クリシュナムルティ 実践の時代p335

309 :ばんこ:2006/02/17(金) 19:51:33 ID:dCq+4Irj
あああつかれた。今日はここでうんこしてかえります。
疲れこそ最上の草よ。くれてもくれても袋かつぎよ。
まあいい。
あほあほ詩人っていうテーマで金稼げないかなぁ。
ドリーム・ワン・バイ・セルフ新しいひかりがぁああ
一瞬にしてひろがるよ、ころがるよ。レイニーデイィ
いい女。♪パンツリミットまで後、10秒。9,8,7,6,5、
やっぱつまらない。

んーーちょっと読んでいて気にかかったのはkが人にまねできないリラックス
体をマスターしていたということだなぁ。俺なんかはいろんな違和感でいっぱい
だけれども、さすがは「あなたは世界なのです」だな。そんなこと言ってもら
えてよかったね。ブラザーズ達。ジャパニーズなお出迎えでもなくブラジリアン
なお出迎えでもなく、メキシカンなおでむかえでもなく、栗さんスッチィー
がでてきて、あなたは世界ですよ。といってもらいたい。そしたらもうバンバ
ひろふみでもなくて、ばんばんざいよ。


310 :ばんこ:2006/02/17(金) 20:07:31 ID:dCq+4Irj
ケンとサヤは世界の果てまで歩いたのに、まだ歩いている。
だれが、彼らに告げ口をしたのか。もう夕日でいっぱいいっぱいで、
群青色のそらはかれらに帰りを知らせ、月天心の日に、彼らの
影は大きく伸びては消え去った。月明かりひとつ、ひとつの影が
大きな岩肌に伸びては気を違えそうになったのはだれだったのか。
彼らにはどうでもいいことだったのだ。空がぐんぐん近づき姿のない
だれかに、歓喜とともに出会ったのはだれであったのか。彼らにはどうでも
いいことだったのだ。プールではしゃぐ子らに、花の投げ輪をかざした
のはだれであったのか。まさにホールインワンだったろう。

んんー意味不明だなぁ。



311 :ばんこ:2006/02/17(金) 20:17:58 ID:dCq+4Irj
逢う魔ヶ時って言うのかなぁ。
遊んでて日が暮れる前の誰かれない、
境目のない瞬間って、あるでしょう。?
ああいうの最近ぜんぜんないんだなぁ。あたりまえかもしれない
けれども。開高 健の小説で珠玉っていうのの中に、夏の日男と女が
おわったあと小便掛け合って泥のように眠るってのがあるんだけど
人為的にやるとそんな感じになるんだろうか?がはは。

312 :ばんこ:2006/02/17(金) 20:28:21 ID:dCq+4Irj
小便プレイソープランド、いきたくないな。
世界中の石でもひろって歩きたい。わたしの夢です。
先に石拾ったやつはえらいよなぁ。そんなもんもう売れないな。
みんなの小便でももらってあるこうかな。黄金色の微妙なちがいが、
金にかわるかもしれないな。わはは。しょうゆ容れあるじゃない。
あれに入れて、陽にかざして、時にはご飯にかけてたべたらええやん。

313 :ばんこ:2006/02/17(金) 20:30:29 ID:dCq+4Irj
ね。

314 :ばんこ:2006/02/17(金) 20:43:33 ID:dCq+4Irj
ちょっとやばいかもしれないけれども、家で普通にニュースとか見てると
、ききまちがえが当たり前になってることが多々ある。
この流れからいくと、「ブッシュ大統領が尿素をあげての出迎えに
両手を挙げて応ええました。」とか、
当たり前にながしてるんだけどね。

パソコン買いました。心配ありがとう。またね。

315 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 21:24:27 ID:XCGsvzBt
パソコン買ったって?
それはおめでとう( ^)o(^ )

316 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/17(金) 22:18:50 ID:0fX8oo0k
パソコン買ったんだ?
金あるじゃんw
おめでとう。



317 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 02:24:08 ID:eDuqOE8c
Kの大好きだったパソコン。
無駄な知識増やすには最適だ尾根

318 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 09:07:28 ID:EAwqaSUo
冷やす、暖める

  冷やす、暖める

     絶妙な、ハーモニー

319 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 09:08:53 ID:Or3Dm3/H
おれにかんするうわさ

320 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 12:59:48 ID:6mVziEQw
悟りを目指していたら小六ロリになってしまった。
もうすぐ厨房だ。
詩人のいるスレは好きだ。(*´ェ`*)ポッ


321 :ばんこ:2006/02/18(土) 15:46:31 ID:8RvIRaIj
うちの親父が使えないのにパソコンかっちゃったよ。
俺のものも同然だ。ははは。
しかし何していいのかよくわからない。

こまねちこまねち。ねちねちこまねち。
人生には鼻毛を抜く勇気も必要だが、けつ毛を
抜く勇気も必要だ。スター生命。隣の道で子供が
俺の書き込みに反応して笑ってるよ。あーーーはっは。
おもしれぇーーー。ちょっと書いてあげるよ。
ほとんどききとれねぇ。「なぁなぁ今のようーーーー」
「おれひとり」「ありあぁ」「がぁ」「のーーーーー」
わはははははは。びぇーーーー。擬音語のおおいことおおいこと。
にっこーー。めいめに。ウォーーー。猿どもーーーー。

まとめ。益子 直美のぽぽろふ。にこ。隣はこどもがうるさいし。
隣は工事。団地がたつんだってよ。はぁあ。うるせんだよ。ぼぼブラジルども。


322 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 19:07:06 ID:CpZDFYRT
やあやあ。
で、なにかゲームはやってみたんだろうね!?

ふむ、単にさわぎがあっただけのようだね。
じゃあ、もうそれはよいさ。
ほんじゃ、他に何かあるかな…

ないね…
やっぱ人間、20とか30くらいから新しいことはじめるのって
難しいわな。
なにかしら、10代前半までに、ほんのちょっとでも、
経験・記憶がないと…

ちと論理は飛躍するけど。
おそらく、どんだけ議論してもすれ違ってしまうのは
その辺なんだろね。
頭がさ、かたまるまえに、かけらでもいいから
”それ”に関することを考える・触れる(一秒でもいいから)ことがないと
もう触れることができないんだ。
そんな気がする。


323 :ばんこ改めニュー万古:2006/02/18(土) 20:34:08 ID:8RvIRaIj
楽しい思いは誰もがしたがります。性的な楽しみ、何かに
成功する楽しみ、何かを所有する楽しみ。それは当然少しでも
長くその中に浸りたいという気持ちを起こし、したがって執着を
呼びます。しかしこの執着は必ず心を腐敗させます。ですから
楽しみは腐敗です。こころを駄目にします。自己関心を断ち切った
人間の意識だけが本当の自由を悟り、愛と慈悲と英知にめぐまれるのです。
思考が人間の世界に大きく貢献していることは
いうまでもありませんが、思考では永遠に解決できないこともあるのです。
自己関心による思考のもたらす混乱の大きさを
われわれは見過ごしてはいけないのです。


324 :万古:2006/02/18(土) 20:52:02 ID:8RvIRaIj
「最初に自分を実験台にして本当の自由の深さ、偉大さを
見極めなければなりません。自分に完全な秩序があればほかに
心配事は何もあり得ません。そのとき私たちは本当の自由の中におり
そのまま自分の光となるのです。」自由は先ず自らの内にあり、それが
おのずと表現されるものでなければならないということですね。
先生。はいそのとおりです。ではそのまま学習をつづけてください。

325 :320:2006/02/18(土) 21:00:45 ID:6mVziEQw
性的な楽しみはすぐ終わっちまう。
何かに成功する楽しみは出会ったためしがない。
大量のゴミを所有してもちっとも楽しくない。
ばんこさんの書き込みを読む楽しみは心を腐敗させる?
掲示板って自己関心そのものじゃないかと思う事がある。
この書き込みにどんなレスが付くのか関心がある。
それによる俺の思考の混乱を見過ごさないでいられるかなぁ?
って、遊んでもらいたいだけの俺。

326 :万古:2006/02/18(土) 21:03:04 ID:8RvIRaIj
でも思考の罠は世界中に満ち溢れているように感じます。

あなたが思考といったとき、何を意味しましたか?
それはもう万古なのです。それほど思考の罠は巧妙なのですから。

自由とは選択にあるのではないのです。何かを選択するとき意識的
であれ無意識的であれ、あなたは自由でしょうか?
真理の種子はだれであれ宿しているものなのです。それが気づきであり
理解であり、実践なのです。

327 :万古:2006/02/18(土) 21:08:05 ID:8RvIRaIj
自虐ねたがけっこう受けていたのか。
でも自分の世界観が何かに侵食されることって
なかったような気がするけどなぁ。今では。
それこそ徒労だもん。いや、そんなこと聞いてはいないのか。。320は

328 :320:2006/02/18(土) 21:11:00 ID:6mVziEQw
思考は言葉だと思います。
限界のある言葉の表現に踊らされている。
でも言葉でそれを教わり言葉でそれを納得しました。
言葉以外の何かを言葉に求めている。
なぜ心惹かれる言葉とそうでない言葉があるんだろう?
カキが遅くてスマソ。

329 :万古:2006/02/18(土) 21:14:54 ID:8RvIRaIj
遺伝子上に恐怖ってあるらしいね。しかし、。フジテレビみてるんだけど。
積極的に考えることによって脳にある恐怖遺伝子も消え去ることがある
とかいう結論だろうけど。どうせ。

330 :万古:2006/02/18(土) 21:17:44 ID:8RvIRaIj
329でやってたことだ。笑
「言葉以外の何かを言葉にもとめている。」

331 :苦理衆名無留亭:2006/02/18(土) 21:20:23 ID:nC+j67py
始めに結論ありきってか・・・

332 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 21:30:13 ID:Or3Dm3/H
DUP25だそうです。
セロトニン文筆抑制によるフォビア。
恐怖に取り付かれた男。

333 :320:2006/02/18(土) 21:33:40 ID:6mVziEQw
飯食いながら見てたよ。
いいよな〜あれ。
どうせならそんな奇病が良かったよ。

334 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 21:34:07 ID:w3xfVR7y
セロトニンを増やすにはどうしたらいい?
バナナを食べるとか、ハツミツをなめるとか。

335 :320:2006/02/18(土) 21:37:04 ID:6mVziEQw
タバコ吸えばいんじゃないか?



336 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 21:37:21 ID:Or3Dm3/H
こんどーはロボトミーですか。
ロボトミーといえばラモーン

337 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 22:09:31 ID:Or3Dm3/H
何日か前にグラクソスミスクライン社ののみ薬の治験の広告入ってましたよ。

338 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:02:01 ID:eDuqOE8c
おまいら
アシュリーちゃんだったらどうする?

339 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:09:24 ID:8RvIRaIj
アシュリーちゃんかわいい。きゃっ
人間が一生をおえるってのはなにしろ大変なことだね。
それほどでもないわ。

340 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:13:43 ID:8RvIRaIj
般若心経を極めるスレよめばいいじゃないか。
ちょっと参加してこよ。

341 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:22:35 ID:4uzvLVaS
はひょまるってオショーとか仙道とか栗、仏教・・・全部セックスのために
かじってるだけ 逝ってよし

342 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 23:37:46 ID:8RvIRaIj
パンダ宮殿のいざないを受け、
笹の葉を買い揃え、向かうは一世一代の
交尾戦闘記。こすり付けたる木の幹の
臭いをメスにしらせつづけるのじゃ。
他のオスの臭いに気をくるわんばかりに、体をくねらせ
其の実たるや、いのししが最中にやってきて食いだす
栄養たっぷりのシーフード入りじゃ。


343 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/19(日) 00:10:17 ID:Dy/EOBwV
>>341 せっくすのため?とゆうか快楽のためだね。
   苦痛を伴わない純粋な快楽の為。
   それは多分苦痛を味わう事自体の中にあるんだろうけど。

344 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 01:30:18 ID:KFLmQ0pZ
マゾこそ最終系

345 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 02:02:45 ID:at/syih4
みんな苦しんで頑張ってんだな。>>328「思考は言語である」ヴィトゲンシュタイン
シュタイン。セロトニンもSEXもOK。みんな聖なる苦しみを負っている。
いいな・・若くて。覗いて良かったよ。

346 :愛=神=今=実在:2006/02/19(日) 02:13:21 ID:9MEu/6MR
kとYさんの言ってる事ってそっくりですよね

347 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 02:15:31 ID:at/syih4
Yって誰?

348 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 11:46:07 ID:KFLmQ0pZ
Y=ヨガナンダ

349 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 14:02:43 ID:9MEu/6MR
山田耕栄さん

350 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/19(日) 14:18:03 ID:AXvqO2k7
思考は言語で限界があるからそれを超越しろー!と思考が叫んでいるw
家が火事で焼け死にそうになっとるならすぐさま家から飛び出すはず
だが・・・煙吸っていい気持ちにでもなっているんだろうか・・・・
それとも火の熱さすら感じれない程鈍感になっとるのか。

ヴィトゲンシュタインはちょろっと読んだことあるなあ・・・・
oshoもあいつはラマナに会いにいくべきだった、なんてコメント残しとるよ。

351 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 14:30:37 ID:tIaPOv17
 思考は言葉だけではない。象徴や記号、極度に単純化された神経的反応もある。
 言葉の牢獄なんて表現もあるが言葉は適切に使うのが大切なだけで意志伝達に際し重要なものだ。
 非言語コミュニケーションが多いのは言語化の過程が時間を要するのが一因だ。誰もが用途に応じて思考形態を変えている。


352 :320:2006/02/19(日) 15:16:38 ID:T9y7M17C
実はクリシュナムルティ読んだことない。
ヴィトゲンシュタインもoshoも。
ネットの噂で知っているだけ。
人間は何でも人間が理解しやすい形に変換しちまうんだろう。
見慣れた光景、聞き慣れた音。
でもそれ以外なんて見た事も聞いた事もないしな。

353 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:29:07 ID:D2qDkkzB
Y=山本健二 ネオデジタル内観の人。 今どうしてんだろ?

354 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 16:54:23 ID:D2qDkkzB
あと、アースメーションの田島幸雄氏。彼は今どこでどうしてるんだろう?

355 :四零九:2006/02/19(日) 17:31:03 ID:DIOJ1v/G
initiation イニシェーション

伝達手段が発達した現代。

今後どのようなイニシェーションの形態が、存在するだろうか

                             ・・・・?

356 :苦理衆名無留亭:2006/02/19(日) 21:17:51 ID:Ih7vjgUo
無い。
終わっている。

357 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:32:07 ID:qGP4Preg
ジャンは歯軋りをした。「やつのせいでおいらたち豚箱いきよ」
チクリのクリシュめ。クリシュはうしろを振り返り舌を出した。
たくさんの金貨がつまった袋はぎっしりとした重量感だった。
のに、クリシュはそれを軽々と背負い、なんと飛んだのだ。
ゴキブリが突然飛ぶときのように、それは唐突だった。
おれにキリストをきせようたってそうは行くかい。
信頼させるだけさせて、かれはマネロンされた金だけもっていったのだった。
草系の教祖ジャンはもう作るカードがなかった。アメリカンエキスプレスから
ツタヤカードまでキャッシュカードはざあっと300枚。
ばらばらとこぼしては石油をまいてやいてしまった。あのクリシュめ。
懐疑の炎をもやせとはこのことか。

358 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:32:33 ID:Z98T2BAW
先月、イニシェーションを受けてヒーリング出来るようになりましたが

359 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:37:04 ID:qGP4Preg
僕の前を高級車がふと止まった。金髪の女と
サングラスをかけたクリシュだった。
「コインランドリーどこですか」
他愛もないその言葉は私をきづつけた。
なぜ私にきいたのだ。そんなにコインランドリーの場所を
しっていそうにみえたのか?

360 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:41:39 ID:1Y+U8q5P
いいじゃない、ハードボイルド。

361 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:46:33 ID:qGP4Preg
われらのともし火クリシュ
あなたは永遠にして親愛なる人
イッセー尾形の人生カタログの題1ページ
をかざるにふさわしいお方。
「疫病神だったな、あいつは」親父は女将さんに言った。
「だって分からないじゃない。あの人がどうして
宗教できなくなったのか。やめたくてやめたんじゃないと思うのよ。」
女将さんはいつになく歯向かった。
「ばくちにきまてらぁ」それから、女将さんが何かを言いかけようと
したとき、「たまには暖簾をあらえよ!」と怒鳴った。

362 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 21:51:23 ID:qGP4Preg
新乳額協会

363 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 22:08:14 ID:qGP4Preg
クリシュはお忍びで京都に来ていた。
かれは大衆食堂が実は好きで、よく来ていた店は
看板がとても古ぼけていた。長崎ちゃんぽんの店だった。
その長崎ちゃんぽん屋の看板は小さいやの文字がきえていた。
長崎ちんぽ、かれは食のわだいになると日本の長崎ちんぽが
食いたいと晩年よく言っていたという。

364 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 22:55:25 ID:ZsBNogu4
なにこのスレw

365 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/21(火) 00:53:08 ID:hWLy0iE2
長崎ちんぽw
ワロタw

確かにある意味Kは神智学にとっちゃ厄病神だったと思うよ。
Kの占星術のチャート見ると「組織の破壊者」と出ていて
それ見ていたらリード・ピーターはKを救世主として誘わなかっただろう
との事。

366 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 01:04:00 ID:17+JUMxZ
岡崎さん岡崎さん

素面よ、グリシュ
よくみたいな塊
すげごしのルクス
アルコールをいれた緒戦はアルゴリズムでせう。

367 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 10:27:16 ID:f9Ogtk69
長崎ちんぽ悔いたい

368 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 19:03:23 ID:N2wtJqGN
クリシュ検定に合格した房江は嬉しくておっぱいを揺らしながら
、自転車のペダルを加速した。かごのねぎを触覚のように揺らしながら。
そしてスカートのすそが風でめくれるのを、心地よく感じながらも
一回一回「やん」「やん」と言ってみた。
おじさんの目線を感じた房江は強くいってみた、「やん」
無邪気な聖なる瞬間であった。



369 :クサ関係の人:2006/02/21(火) 22:48:45 ID:+vKD7hyi
http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/chinko/chinko.html

370 :四零九:2006/02/22(水) 16:10:13 ID:9aykf89z
>>358さま、是非、私をヒーリング鑑定をここで、無料でしてくださいませ

371 :名無しさん@3周年:2006/02/22(水) 21:42:38 ID:LiSNcL8P
瞑想はあるがままものを見、超えることである。
それは沈黙のうちにおこなわれ、行為の終焉を告げる。
そして、新しいものの不死を意味する。だから常に
何かがおこっているわけである。退屈する隙間もない。

彼は通信簿を父親に手渡した。「Aが優秀、Bが良、Cが否
Dこそ僕がとったものさ。これが真実である。
すべてにおいてあまり気にしないほうがいい。ケセラセラ。

372 :358:2006/02/23(木) 03:21:22 ID:7ilZf4KG
四零九370>直接ヒーリングしか教わってないので遠隔とか鑑定のやり方がよく分かりません。

373 :四零九:2006/02/23(木) 16:31:56 ID:rU60mOF5
>>372了解

>>クサ関係の人
まあ、気にするな

374 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 17:30:41 ID:8FkFo3cw
パイパティローマ
http://www.haisai.co.jp/harukanaru.html

375 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 17:33:19 ID:8FkFo3cw
おっぱいぱてぃろーま
http://www.haisai.co.jp/harukanaru.htm

376 :万古:2006/02/23(木) 17:39:56 ID:8FkFo3cw
とべ飛べ!パイパティローマ
とりあえず、酒でものも

377 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 20:56:55 ID:8FkFo3cw
まあ変な文かくけれども、「躾」かんじでかくとわかりにくいから
「しつけ」としとくけれども、人間っていうのは無駄な争いを
さけるために「しつけ」し合ってると思うんだよね。おとなしくいうこと
聞いてしつけられたら、いいもの食わせてやるってね。現実の社会だいたい
そうなってる。金持ちグルメ多いじゃん。
一方「むきだし」というものがあって、これはプライベート
に属したり、極私的なことだ。セックスや盗み食い。
両者を行き来しすぎるとこれ、「ストレス」につながる気がする。(エネルギーの
葛藤による消費)
。汗水たらして働く人を人は認めるという、むきだし論。ぎゃくにしつけの
世界を維持するための権威論。どの変までむき出しにしとくか、どのへんま
でしつけされるか、そんな器用な人がすくないわけだ。そのへんで社会が
弁が開くみたいに調節されているように思う。弁が開いて戦争になったりさ、
陰険な事件がおきたりさ。そこでせっかくクリシュナムルティなんてよむん
だから、どうするかってことなんだけど。わかんないんだよな。
(少しぐらい書いてることわかってくれました?)でしょうか。
これは、こうしてどうしてと、自己で選別できることって実際の生活上
わずかでしょ。センスをみがくっていうのかな。
一方、開放感を得ようたって山でくらすわけでもないし、山や、海いくのも
かねかかるんだよね。瞑想とは新たなものの不断の開示であるって思えるほど
つきつめられてもいないわけだ。さてどうしよう。

378 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 21:12:15 ID:8FkFo3cw
こうなってくると、年を行けばいくほど人は環境によって支配されてる
と思ったほうが楽になってくる。野生というか第六感とか、カンピュータ
とかもいいけど、まだまだ、人間はいけいけとはいかなくなっている
ものの謳歌している。躾けられたほうがいいんだ。でもだいぶかわって
きているとおもう。躾けられることに疲弊しておかしくなるやつがいっぱい
いるからだ。で、俺は世間の様子はうかがっている。(少しおかしな文章
であることは重々承知です。笑)


379 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 21:20:34 ID:8FkFo3cw
個人的には自分がどんなふうにこれから死んでいくのか(もう脳細胞自体が
死んでいく年齢だからね)診てみたい気もする。だって自分しかみれないん
だから、興味あるんだよ。何かを期待するよりも。

380 :四零九:2006/02/23(木) 22:07:54 ID:rU60mOF5
Helena Petrovna Blavatsky

エクソテリック(社会的)には、白人の世界支配に対抗して、世界中の人びとの真の友愛の
基礎を作るために働こうと志している。そしてエソテリック(内面的)には、宇宙のあらゆる
事柄の中に浸透している生命の叡智と、どんな人の内面にもひそんでいる精神の叡智(霊性
)を探求しようとする。この叡智を彼女は「神智」と呼んだ。
協会の原則として彼女の選んだモットーは、「真理より高い宗教は存在しない」だった。

ブラバッキー夫人とクリシュナムルティの根底に流れているものは同じだ。


381 :四零九:2006/02/23(木) 22:22:43 ID:rU60mOF5

ドグマは霊性の全体を含むことができない。

霊性の全貌を説くために、私は来た。


382 :苦理衆名無留亭:2006/02/23(木) 22:26:33 ID:7l58Y89i
来て
帰った・・

383 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 22:50:51 ID:8FkFo3cw
なるほど。ドグマは霊性を包括しない。
で、霊性を説明するために来たとするわけだ。
カトリックを超えるためにとった策だろうけど
自己矛盾をはらんでるな。神智学自体。
ようするに合理化の果ては祈りみたいな
ルールにのっとった自己矛盾なんだな。
と考えてokでしょうか?
キリスト教世界は最近、旧派か新派かどちらが
お盛んなんでしょうか?


384 :名無しさん@3周年:2006/02/23(木) 23:00:47 ID:8FkFo3cw
むかしは高いところに上った人があぶないとか安心とか
くさいとかなんやとかいってたんだろうけど
、最近なんだかさっぱりわからない。w
最近の騒ぎをとらえて、「ポポメントス」と言っても
さしつかえないような・・・。ふぉーーーーだもんな。w

385 :万古:2006/02/23(木) 23:04:43 ID:8FkFo3cw
わがふりなおせか。374から名無しはおらだす。
ふぉぉーーーーーーーーーーー

386 :万古:2006/02/23(木) 23:05:58 ID:8FkFo3cw
このTMすなわちティーチングマシーンめ。目!!

387 :万古:2006/02/23(木) 23:15:07 ID:8FkFo3cw
んんわかったぞ。この超合理化ネット社会がキリスト教社会自体を
新派化しはじめて、イスラム社会と対立している。
イスラム社会はどうも決して急いでいないような気がする。
マホメットが自爆する漫画みてそうとう怒るわけだ。
なんても手に入ると勝手におもってるとね。むしろ合理化社会の
ほうが、プライベートに関して鈍感だ。と思っただけ。

388 :万古:2006/02/23(木) 23:39:42 ID:8FkFo3cw
コンクラーベは白やったんやね。
前の法王肌のつやよかったね。ほんとに。
あかちゃんじいさん。異形はやっぱ異形にみえるな。
Kも含めて。ねまS。

389 :万古:2006/02/23(木) 23:42:28 ID:8FkFo3cw
@手を股間にそえる。
Aそのまま手を広げる。
「ぽぽめんとす」
どうですかぁー

390 :万古:2006/02/23(木) 23:46:06 ID:8FkFo3cw
@Aそのままで
「発心寺」
(あくまでも蓮華をつつむように)

391 :320改め銀竜草:2006/02/24(金) 00:02:16 ID:OitaaSoK
>おじさんの目線を感じた房江は強くいってみた、「やん」
>無邪気な聖なる瞬間であった。

仕事中に思い出して笑ってしまっただよ。
でも本当はどんな深い意味が込められているのかと考えていた。
3秒くらい。
あー「組織の破壊者」かっこいいなぁ。
なにこのスレw
おもろすぎ。

392 :銀竜草:2006/02/24(金) 00:11:55 ID:OitaaSoK
最近躾が厳しくなってきた。
いろいろうるさい事ばかり言われて。
朝礼では何やら怪しげな誓いの言葉を言わされる。
「会社の発展とー私たちの豊かな生活をまもるためにー!」
とかって。あほかい。大きなお世話だ。
よーするに洗脳だよね。
洗脳されてるやつらが洗脳とは知らずに洗脳してるわけだ。
俺もkでも読んでkに洗脳されたほうがいいかな?
そしたら皆様のようなおかしなカキが出来るようになるんだろか。

393 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 04:15:43 ID:FcFFuxLA
企業と書いて「人を止める業」と読む

394 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 21:28:10 ID:nj7f/1vH
>>365
そんなの後付の屁理屈占いだろ 馬鹿が

395 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 21:52:32 ID:wCOrIZhR
2月25日(土)21:00〜23:48 TBSテレビ系『生命38億年スペシャル
人間とは何だ V』(解説・監修:養老孟司)に、A.スマナサーラ
長老が出演されます

396 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 22:49:38 ID:jvKAUoEq
明日か。見るぞ。



397 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 00:51:29 ID:muUS6uFr
少しアルコール入ると、このスレは難しすぎるぞ。

398 :宇宙人:2006/02/25(土) 10:39:24 ID:7Ujft0lM
 地球に遣わした偉大な人物は?

仏陀とキリストとそしてクリシュナムルティである。


399 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 14:01:41 ID:ndBR9osI
>>365
Kの占星術のチャートって、インド占星術?

400 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 14:28:06 ID:+lDNl2R4
最近は、仕事やらなんやらで
心と宗教系の本はあんまり読んでないなー

kはよかったな…
しかし人間、だれそれがどういう人間である、とか
奇抜なことを言うとかする方に惹かれてしまうわけで…
oshoの本はおもしろかった。
だが、もうどこだったか忘れたけど、強烈に反発を感じた文章があったな…
なんの話だったか忘れてしまったけど。

結局、わたしの場合、いかにして恐怖症的なことから逃れるか、
かと言って死ぬのも怖くて出来ないという、前にも後ろにも進めない状態で
必死で救いを求めて読んでいたわけだ。

結局は、現代医学のお世話になって、あと運とかもあって(ほんとのところ、なにをもって
幸運というのかはわからないけど。どっかで、ひっそりと事故死とかがわたしにとって
本当の幸運だったとは思うけど)常にがけっぷちでありながら
なぜか生きているといったところ。

おそらく、いろんなスタンスからこういった本を読んだ人がいるのだろう。
わたしは、盲目的にというか、被催眠的になにかこういったことを信じるのを
あまり否定したくない。それは逃げ道のひとつであると思うので。

ニーチェが書いたということはかなり後になってから知ったのだが、
「闇をのぞくものは、闇からものぞかれていることに注意しなければならない」というかんじの言葉、
ホントに真実だと感じている。
暗闇には勝てないよ。人によるのかね。
わたしはもう、暗闇からただ逃げるだけだ。



401 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 21:03:10 ID:73DV3Erv
2月25日(土)21:00〜23:48 TBSテレビ系『生命38億年スペシャル
人間とは何だ V』(解説・監修:養老孟司)に、A.スマナサーラ
長老が出演されます

402 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 22:39:52 ID:8Aeh1qJo
ビバッサナー瞑想は正直いいとおもった。

越山ゴーザサンシャインお見事な技を求めて
技はいずこへぇーーーー♪

403 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 22:41:54 ID:8Aeh1qJo
このあと牛の父絞りをやるのですが
あなたも見に来ませんか?

404 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 23:09:50 ID:8Aeh1qJo
コンドーミニアム

405 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 00:11:11 ID:jOQKLfRl
私がクリシュナムルティとであったのは、彼から振られたときでした。
なにをしていても彼のことばかり、はだしで彼の部屋にかけていったことも
あります。でも部屋には別の人がいました。人が信じられなくなった
私に、父親が差し出してくれたのがクリシュナムルティの瞑想録でした。
なにかしら、文章がとても透明でした。そしてだれもがなんらかの悩みを
負っているのだと感じました。かれに相談する相手に私をなぞらえ、一気に
よみきってしまいました。

406 :四零九:2006/02/26(日) 00:16:32 ID:gWUu2V8n
>>404

バンコーー、、すぐお前だと分かるぞ。少しは工夫しろよー

407 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 01:24:41 ID:pIpNZBE0
k「一定の時間、完全んに制御すること、むしろ制御ではなく不必要な動きや観察されない動きもなく体を見つめることです」
kはビバッサナー瞑想に似たことしてたんですかね?

408 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 13:21:56 ID:qPHmwfQj
テーラワーダのあの長老は、人間死後どうなる? みたいなタイトルの本を出していて、
悪いことをすると地獄に落ちるとか、人間が動物に生まれ変わる、なんてことが書かれていたんで、
すっかり興ざめしてしまいました。

409 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 14:53:25 ID:E+h4eF40
んじゃあ
死後ってどーなるんだろ?

410 :インド大使館に行ったことがある:2006/02/26(日) 17:37:26 ID:MwQ5nuiS
クリシュナムルティの瞑想録は最高だ。

411 :インド大使館の近くのインドレストランにも行ったことがある:2006/02/26(日) 17:38:53 ID:MwQ5nuiS
 クリシュナムルティの日記もいいな。

412 :インド大使館のインドの子の目は綺麗だった。:2006/02/26(日) 17:41:18 ID:MwQ5nuiS
 自我の終焉も読んだ。これもいいね。

413 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 17:54:53 ID:gbNzYWT4
コメンタリーもいいじゃん。 >>400
俺もそう。バグワン、K、ラマナが青春だった・・・

414 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 19:45:07 ID:c/Py4syx
みなさん、青春期以降はなにをしていらっしゃるんですか?


415 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 19:50:01 ID:gbNzYWT4
まともな社会人(一応)の仮面被ってます。

416 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 21:40:55 ID:pIpNZBE0
ペルソナを厚くしてるんですね…

417 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 22:02:07 ID:gbNzYWT4
>> ハイ。お陰でシャドーも濃くなりました。

418 :銀竜葬:2006/02/26(日) 22:02:50 ID:mfli0TMw
世俗の中で学べと言ってる人がいるよね。
そうなれば仮面は被らざるをえないと思う。


419 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 22:15:53 ID:jOQKLfRl
http://anoyoroshi.hp.infoseek.co.jp/flash/Vanilla_chin.html


420 :京都のインド人のインドカレー、美味しかった:2006/02/26(日) 22:21:52 ID:hq1HSinv
 クリシュナムルティの教えと比べたら、新宗教など子供だましいの茶番に見える。

421 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 22:37:14 ID:gbNzYWT4
>>420 そりゃそうですよ。ほんまもんの覚者ですから。

422 :インド人の食事は右手でつまんで食べる。:2006/02/27(月) 10:05:48 ID:8Pkp3nUl
瞑想は世俗からの逃避ではない。それは孤立的で自己閉鎖的な活動ではなく、
世界とそのあり方を理解することである。
 この言葉、格好いいね。

423 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 11:09:00 ID:PGXUWGr3
だね。まあしかし、この日常の意識と全く別の意識がある、
と知ったものにとっては、世俗に完璧に適応してドップリ浸かってる
人達を見ると、羨ましくもあり哀れでもありって感じだな。

424 :万古:2006/02/27(月) 15:03:45 ID:a5RWBB1n
悟りぬんぬんっていうのはあっち側で言うことであって
本人にしてみたら、どうかわからない。けれども、人間だ
からね。大体はわかる。世俗というか平均値の高い意識に
属する人はそれでいいけれども、外れている人がもちろん
いるわけだ。世俗をぽんとすっ飛ばす人も中にはいる。
頭が俺みたいに発酵してないからまともなんだな。変わった
人ではかたずけられないものがある。人の無意識には平均的な
人間としての求心力とうきよばなれせざるおえない遠心力みたいな
ものが同時にある。両方やはり追えないわけで、そのへんを
行き来するのが凡人ってわけだ。それでもって
おかしなことしちゃうともちろん
犯罪、精神的な病人とされるわけだ。
凡の凡而してまた玄の玄って
しっておいたほうがいい。疲弊するからね。俺なんかまた簡単に仕事
やめちゃって。大変よ。膨大な暇を発見した人間はなにかしら、変わったこと
を発見しちゃうもんだと思うよ。

425 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 15:26:49 ID:PGXUWGr3
俺も仕事は転々よ。まあ皆凡人だよ。それでいいんじゃないの?
無意識なんてフツーの人は、考えない。このスレにいる人は
無意識探る作業やってんだろうけど。まあお互いカッコイイ
ペルソナでも被ろうや。

426 :グァテマラ人はビニール袋に昼食を持って来ていた。:2006/02/27(月) 18:46:21 ID:wSCEXMl1
>>みなさん、青春期以降はなにをしていらっしゃるんですか?

10年間、台湾、中国、韓国、シンガポール、そして日本全国をお仕事で飛び回っている。


427 :グァテマラ人は出稼ぎでシンガポールに来ていた。:2006/02/27(月) 18:55:46 ID:wSCEXMl1
 >>世俗に完璧に適応してドップリ浸かってる
人達を見ると、羨ましくもあり哀れでもありって感じだな。

 羨ましいとは少しも思わない。何とか助けてやりたいと常々思っている。
時たま、悪い霊が取り憑いている者がいるが、本人には分からない所で除霊
してやることがある。

428 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 19:12:54 ID:PGXUWGr3
>>427 陰徳積んでますなあ。二足のワラジも疲れるよ。

429 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 20:24:30 ID:CLHgBdxH
>>427
私も除霊してなり

430 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 21:42:35 ID:PGXUWGr3
>>私が除霊してしんぜよう。一霊に付き100万円。ローン可。
ただしトイチじゃ。

431 :シンガポールの金髪ギャルよかった。:2006/02/27(月) 22:07:03 ID:JnmjKWlj
>>一霊に付き100万円

 というと、霊は過去15人ぐらい追っ払ったから1500万にはなったな、
失敗した。ボランティアでなくて、金もらっとけば良かった。

432 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 22:13:21 ID:PGXUWGr3
一旦霊をお返ししてから、あらためて除霊して金取れ。そんなによかったかあ・・・
おのれ金髪!

433 :つばさの折れたエンジェル:2006/02/27(月) 22:46:34 ID:a5RWBB1n
うーーーーーーーーーーーー
翼の折れたエンジェルあいつもぉー
つばさのおれたエンジェル

みんなもてないエンジェル

434 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 22:50:13 ID:PGXUWGr3
年バレルよ。♪うーーーわが青春・・・

435 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 22:56:06 ID:F1ORc0df
ペルソナなんか被りたくない。もう苦しい。素直に生きたい

436 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 23:13:17 ID:PGXUWGr3
ホウケイ手術だな。おのれペルソナ!
ま、 そういう時はKの日記を読むと!

437 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 23:30:14 ID:a5RWBB1n
●月×日   村長 対話録ーー1

オガバ:ウンヌン、ギャラクシ、ボッポッポ

ポガンダ:デサデサ、デッホッホ

オガバ:バギャ、ドンパル、コッコ

ボガンダ:デメキーデメキー^^



438 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 23:36:49 ID:PGXUWGr3
フォローの仕様がないなあ。。

439 :やっぱぎゅうにゅうでしょ:2006/02/27(月) 23:43:59 ID:a5RWBB1n
つぼみから花が咲くように
さなぎから孵化する蝶のように
明美は衣服を脱ぎ捨てた
脱いだ服を足蹴にしたのもつかの間
、腰に手を当てて牛乳を飲んでいた。
うっすらと産毛のように生えた髭に
牛乳が付着していた。

440 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 00:53:37 ID:LKEw5G7C
誰かぁ〜ニティア君の画像ください

441 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 01:24:44 ID:zQ7hkA+2
(*´д`)本当の自分(*´д`)

442 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 12:24:43 ID:TGisCjSc
父母未生以前、汝本来の面目!

443 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 12:27:14 ID:i69Lk49m
素直に生きるとどーなるの?

444 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 13:04:05 ID:TGisCjSc
悟るか新宿公園行くか、どっちかです。

445 :クリシュナムルティの瞑想録:2006/02/28(火) 21:07:54 ID:zzP1x0yX
 瞑想とは精神を既知なるものから空しくすることである。既知なるものとは、
すなわち過去である。

 すんばらしい言葉だね。

446 :銀竜躁:2006/02/28(火) 21:38:54 ID:nHYKDcwc
素直に生きて〜少女を誘拐したい〜るんるん♪

447 :名無しさん@3周年:2006/02/28(火) 23:01:17 ID:ugkHsZLa
それは欲望に正直なんでしょ?素直っつーか(;´Д`)


448 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/02/28(火) 23:16:47 ID:9mtS2lsZ
亀レス

>Kの占星術のチャートって、インド占星術?

そうで〜す。


449 :四零九:2006/03/01(水) 18:01:13 ID:ANVEGLB9


     (゚Д゚ ):. _ かけてよし!
    r'⌒と、j   ヽ
    ノ ,.ィ'  `ヽ. /
  /       i!./
 (_,.         //
 く.,_`^''ー-、_,,..ノ/

    /(*゚Д゚) かぶってよし!
    / :::У~ヽ
   (__ノ、__)

        '⌒⌒'⌒ヽ  まるまってよし!
     (゚Д゚* ),__)

          ( ゚∀゚ ):. _ 布団サイコー!!
         r'⌒と、j   ヽ
        ノ ,.ィ'  `ヽ. /
       /       i!./
        (_,.         //
      く.,_`^''ー-、_,,..ノ/




450 :自由について:2006/03/01(水) 20:36:15 ID:Y2ntdq8+
恐怖が心から完全になくならない限り、いかなる行為も災害と
不幸と混乱しかもたらさない。  
 暴力からの解放より  たま出版

451 :万古:2006/03/01(水) 21:31:32 ID:okO9PKzF
たま出版ってかの韮沢氏のいらっしゃるところではありませんか。
あんなまっとうな事いうひといませんよ。

452 :ニラサワ:2006/03/01(水) 21:35:46 ID:okO9PKzF
実は宇宙人はもう地球に来ているんです。
日本の場合、ショッキングエナジーを
つかって実験的に洗脳されているという
事実を直視してください。

453 :ニラサワ:2006/03/01(水) 21:52:41 ID:okO9PKzF
http://3hp.jp/album.cgi?id=ahoya&ak=&pn=5&pg=&mode=pv&data=20050822131350

454 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 22:06:07 ID:okO9PKzF
実に健康的なおしりですね。それはともかく、最初飛行船と間違えた
くらいの(リアル度)UFO見たことあるんだよ。学生時代ペンションで、窓拭き
してたときだから。漫画みたいだよ。今考えると。しかも山梨だよ。富士山が
バックにあるんだよ。あしたから、ちとUFO呼んでみるよ。また報告する。

455 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 22:50:43 ID:okO9PKzF
家の裏は今広い広い空き地。
西には比叡山の明かりがちらほら、雲の隙間から覗き、
裏路地の家には猫が2匹。竹やぶと寂れら軽トラと
ダンプカーが2台。UFOはでなかった。たまには散歩もいいですね。
比叡山は秋に来るとなかなかいいですよ。裏の台地から家をみると
少しさびれててかなしかった。そろそろ家にも猫来るかな。
近所には鳩かってるひともいるんだぜ。なんだかなァ。
そりゃ俺だって秋口、大雨降ったとき今だとおもって、琵琶湖つかりに
いったことあるよ。帰りは、フル朕の真っ裸で車乗ってたよ。警察車
ともすれちがったけどね。タイでは服のまま海浸かって、そのまま盛り場
うろうろしてたよ。そりゃ夏になれば近くの山の岩場で降るチンになって
突っ立っているだろうよ。コースはずれてるからって安心してたら、女の子が
迷ってきたってこともあるけど、こっちがきゃぁになるね。分裂病っぽい
顔してるけど、滝あびだってするさ。まださむいからいかないけどね。
UFOさがすくらいだね。まだらの赤い石みつけて、その塊みつけたら金に
なるかとかあほなこと考えてるよ。


456 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 23:06:37 ID:okO9PKzF
そりゃ、俺だっておかしくなるときあるよ。電磁波でやられている
からだと真に思ってでっかい石ひろってきて石を抱いて寝ていたときも
あるよ。物音とか心臓の音とかにものすごく敏感になって、はあはあ
してたときもあるよ。全身不整脈みたいな。とにかくいてもたっても
いられなくなって。夜の山はこわいよ。がさがさ言うからね。
そんなことしてたからなんだろうけど。ほんとに心臓飛び出るよ。
まあいいんだけど、去年は散々だったな。ぽりさんのお世話になったり
職場でも少しおかしくなったりしてやめたり。あんなふうに人間なること
あるんだなと今思うけど。それくらいおかしかった。ローソンのドアが
しまりそうになったときなぜかやばいとおもってそのまま頭から突っ込んで
強化ガラスわってしまったり、弁償させられたけど、ピアノ船がいたかった。

みんなも気をつけてくれ。書くと気がらくになったよ。

457 :オオタク:2006/03/01(水) 23:10:48 ID:vHOAA+oe
ニューエイジ・ムーブメントの危険http://www.hi-ho.ne.jp/luke852/bible/newage.html

458 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 23:11:14 ID:okO9PKzF
ほかにもいろいろあるけど本とここ1年半くらいのことなんだ。
割愛させてください。懺悔します。神様

459 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 23:14:06 ID:okO9PKzF
迷惑おかけしました。ほやのまるまるさん。すぽじむのまるまるさん。
かつてのお隣のまるまるさん。むかいのまるまるさん。そして、YUJIN
のまるまるそしておとうさんおかあさん。すみませんでした。

460 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 23:15:23 ID:okO9PKzF
この場をおかりしまして。

461 :うそじゃないよchildren:2006/03/01(水) 23:21:16 ID:okO9PKzF
おおたくさん。それ実にわかりやすい。

462 :オオタク:2006/03/01(水) 23:28:26 ID:vHOAA+oe
ありがとう

463 :うそじゃないよchildren:2006/03/02(木) 00:06:20 ID:idI4V+Uo
カルロスカスタネダは結構好きだな。

464 :うそじゃないよchildren:2006/03/02(木) 01:03:09 ID:idI4V+Uo
まあもうすぐ桜の季節だけど、桜はきれいだ。たしかに。しかし、美が
先でさくらはあとでいいんだよ。何々はきれいだとか何々はきたないとか
どうとか
いうけど。そういうのってほんといっさいないんだよね。
いいたいこといったので寝まふ。


465 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 14:50:23 ID:9MirtoT0
I am already given to the power that rules my fate.
And I cling to nothing, so I will have nothing to defend.


466 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 16:59:10 ID:bXabY4bP
I have no thoughts, so I will see. I fear nothing, so I
will remember myself.


467 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 17:01:12 ID:0SSHCNDx
Detached and at ease, I will dart past the Eagle to be
free.


468 :四零九:2006/03/02(木) 19:07:25 ID:zEmGBKNW
>>393 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 04:15:43 ID:FcFFuxLA
>>企業と書いて「人を止める業」と読む
オウム真理教的信者養成思想だな

はっきり言おう。「労働は商品ではない」
Labor is not a commodity.

企業は一部の支配層によって動かされている。
一部の支配層は人である。
人が人にそんなことを言われる筋合いはない。
企業然り、政府然り、国家然り、

>>393は、企業のために死ねるんだ。
>>393は、政府のために死ねるんだ。
>>393は、国のために死ねるんだ。

企業も、政府も、国も、実は人なんだが。


469 :名無しさん@3周年:2006/03/02(木) 20:29:52 ID:zEmGBKNW
すべてのお父さん、お母さんがまともなら

こんな混乱した世界ではないだろうに

470 :うそじゃないよchildren:2006/03/03(金) 00:11:07 ID:yFhcht6H
一日一言
いやぁ今日はいい天気でしたね。
仕事、やめて晴れ晴れ。
でも、金のこと思うと欝
もうちょっとしてから働こ。
今回もやっぱ短かったなぁ。3ヶ月
フリーター状態。ははははは

471 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/03/03(金) 00:23:12 ID:gVDomWCh
>469

の言葉は結構効いた。

472 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 23:25:18 ID:FrrRmuz/
俺はかれこれ1年近くパチンコで食ってる。ははははは

473 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 01:43:13 ID:odoKAqku
俺なんだかおかしいことばっかり考えてるABがただからかな

474 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 20:13:28 ID:pv/Yg0pu
私は、家の近くにある胡椒の木の下にゆきました。
そして瞑想の姿勢で足を組んでそこに座りました。
そしてそのようにしてしばらく座っていると
私自身が体から離れるのを感じ、私の上にある
その木の繊細で柔らかな葉とともにすわっている
自分自身が見えました。私は東のほうを向いていました。

475 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 20:18:33 ID:pv/Yg0pu
そしてロードブッダの波動が感じられました。
ロード・マイゴレーヤーとロード・クートフーミー
が見えました。とても幸福で、静かで平和でした。
私にはまた自分の身体が見え、その近くを漂っていました。
大気中にも私自身の中にも非常に深い静けさがあり、それは
底知れない湖のそこにある静けさでした。
その湖のような心と感情をもった私の体は、表面はかき乱される
ことはあってもなにものにも、私の魂の静けさを妨げることは
できないということを感じました。

476 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 20:24:25 ID:pv/Yg0pu
偉大なAB型はしばらくの間私とともにあり、やがてさって
ゆかれました。私はこの上なく幸福でした。というのも
私は見たからです。すべてのものが以前と同じではあり得ません。
私は、生の源泉の、透明で穢れのない水を飲み、渇きはいやされ
たのです。二度と再び私が渇く事はあり得ないでしょう。
私はあらゆる悲しみと苦しみを癒す慈悲に触れたのです。
私自身のためにではなく、世界のために。私は山頂に立ち、
偉大な存在を見つめました。

477 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 20:28:16 ID:pv/Yg0pu
二度と私が暗闇に落ち込むことはありません。
私は、輝かしく癒しの力を持った「光」を見たのです。
「真理の泉」が私に開顕されたのです。そして
暗闇は消滅したのです。愛がその最高の輝きで私の
心を酔わせました。私の心はもう閉じることはないでしょう。
私は「歓び」の泉、永劫の「美」の泉を飲んだのです。
私は神に陶酔しました。

478 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 20:39:31 ID:pv/Yg0pu
彼はまたヘレン・ノーテというアメリカから音楽研修に
きていた聡明な美少女に恋をした。この恋は不幸にして
長続きせず、彼女がオーストラリアに去ったこともあって
やがてそのまま終息してしまった。
 二ティあの容態は一進一退をくりかえしていたが
・・・・・・・彼は咽び・・・・・・・・・・
「肉体の面では私とニティアは別々だったかもしれない。
しかし、今われわれは離れてはいない。・・・生きると
いうことには本当の美しさがあること、どんな現象的な
出来事も砕くことのできないほんとうの幸せがあること、
移ろい行くことで減殺されない大きな力と、永遠で不滅で
敗れることを知らない大きな愛のあることをしっている。」


479 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 21:59:08 ID:pv/Yg0pu
.....この飽くことを知らぬ執拗な死が
この生きながらの死が
神よ、あなたを滅ぼしていく
あなたの精妙極まりない細工の中で
バラの中で石の中で
不朽の星星の中で
そして歌に、夢に
目を射る色彩に照らされる
篝(かがり)火のように
燃え尽きた現身のなかで

480 :うそじゃないよchildren:2006/03/04(土) 22:02:36 ID:pv/Yg0pu
.....そして神よ、あなたはその場所で
無窮の時を、死につづけてきたのだろう
われらが何も知らぬうちに
あなたの灰、かけら、澱
でもあなたはまだそこにいる
自らの光に欺かれる星のように
星なき光はわれらに達し
限りなき破滅を
われらから隠し続ける

481 :UFOを呼ぶ詩(訳文):2006/03/04(土) 22:16:11 ID:pv/Yg0pu
.....神よその極みのない遠い場所で
われらの知らない永遠の時を死に続けてきた
神よ、
そのひとかけらの澱みの中でわれらは死に続ける。
石の中で、星の中で、花の中で.........
それがわたしたちから、永遠の死を隠し続ける。
限りない破壊から。自ら欺かれる星の光のように

482 :呪術師:2006/03/04(土) 22:25:59 ID:pv/Yg0pu
こうした言葉を聴くと、彼らが物事の本質を
「見」ていると感じる。そうして彼らとともに
「見」ることができるのだ。彼らは憧れをとって
おくだけで、受け取るものには惜しみもなくその
美をあたえるのだ。こうした揺さぶり、美のもたらす
衝撃が、つまり、「忍び寄り」なのだ。
思考が想像を絶するものへととんぼ返りをうった、ということさ。

483 :呪術師:2006/03/04(土) 23:37:43 ID:pv/Yg0pu
人は合理性の持続が信じられなくなったとき、内省の鏡がこわれはじめる。
呪術師は知っている。自分の目録の根底をなす秩序に矛盾するものでさえなけ
れば、普通の人間は新しい項目をその目録によろこんで付け足す。
その項目が秩序に反するものであれば、当人の精神は崩れてしまうだろう。
内省の扉をしめろ。無欠性を自分のものにしろ。そうすれば沈黙の知の
場所に到達するエネルギーが蓄えられるだろう。

484 :呪術師:2006/03/04(土) 23:42:39 ID:pv/Yg0pu
真実は目と鼻の間にあるんだがな。ぎゃはははははははは

485 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 12:55:28 ID:KkisQ0Ga
あっそ

486 :銀竜鬱:2006/03/05(日) 13:37:18 ID:ZlZCc/iN
DスレでEの話で盛り上がってて、
KスレでCの話が書き込まれてる。
Eは日本版のCだってカキを見た事がある。

「生とは、死がわしらに挑みかかる際にその手段にするプロセスだよ。
死は積極的な力だ。生命はいわばアリーナさ。
そのアリーナの中にいる選手はいつでも、その当人と、死のふたりだけなんだ。」

The Eagle's Giftの英語詩をコピペしたのは俺ですた。


487 :銀竜鬱:2006/03/05(日) 13:47:49 ID:ZlZCc/iN
私の情熱のせいで
不幸がやってくるという
かまいはしない
それが悪魔でも
死に方はわかっている
バレンチナ、バレンチナ
君の道に身を投げ出そう
もし明日死ぬものならば
なぜ今日ではいけないのだ?



488 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 14:51:44 ID:KkisQ0Ga
ふうん

489 :四零九:2006/03/05(日) 16:04:35 ID:bExlGIQH
>>478のクサさんは、カルロス・カスタネダに興味がおありか?

490 :銀魂鬱:2006/03/05(日) 16:04:55 ID:ZlZCc/iN
ルーシュのことが知りたくてモンローの本読んじゃったよ。
kはそれらしいこと言ってる?わけないか。
乳牛と彼の話はどこかで読んだような?

491 :四零九:2006/03/05(日) 16:11:11 ID:bExlGIQH
× >>478
○ >>487 失礼しました。

492 :四零九:2006/03/05(日) 16:17:52 ID:bExlGIQH
自分のヴァイブレーションがどの次元のstageと接触するか。
これは一歩間違えれば、キチガイになってしまう。
クサ・・クサ・・クサ・・

493 :銀魂鬱:2006/03/05(日) 16:29:14 ID:ZlZCc/iN
うを!俺だったのか。
クサはやったことない。
カスタネダは、こないだやっと全巻読み終えた。
そうだなぁ、よしもとばななじゃないけど、また読みたくなる。



494 :吟流:2006/03/05(日) 18:44:09 ID:QcEUmmyD
これやこの
まろひいでてむ
うきよかな
さばさばしよう
かもめみすちる

495 :吟流(訳文):2006/03/05(日) 18:48:52 ID:QcEUmmyD
このおとこがやはり
抜き出てひいでていることよ
しかしいいおとこははやりすたりがはげしいことよ
さばさばしていきなさい。
かもめがこのきもちをきっとつたえてくれるだろう。

496 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 19:54:09 ID:MAOURu99
器が小さ過ぎ

497 :銀魂鬱:2006/03/05(日) 20:24:33 ID:ZlZCc/iN
腐った悪魔になってー、
宇宙のヴァギナをくぐりたい。

498 :うそじゃないよchildren:2006/03/05(日) 21:52:19 ID:QcEUmmyD
ww.....



499 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 23:28:23 ID:VsPQdXZG
久々にきたら知らん顔がいっぱいだw

500 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 10:36:41 ID:NBZwQj/u
質が落ちてきてるなあ・・・

501 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 11:51:05 ID:K8A60xK1
んなこたないw

502 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 15:11:53 ID:pwZnbxNn
何かもうちょっと意味の通る話をしてくれよ。たのむよ。w


503 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 18:28:45 ID:K8A60xK1
うつの原因はなんだ?

504 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 21:21:07 ID:E7ZnxrhV
うつはKの想定外ってか
範囲外

505 :サイババ:2006/03/07(火) 00:04:17 ID:fV4dFd2H
サティアサイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

506 :銀魂鬱:2006/03/07(火) 00:36:19 ID:b3GkHxf9
ちょっと省略したけどkの言葉。

「死は・・・終焉です。・・・そして私と言うのはその全てが消え去ること、
つまり死が恐いのです。死は・・・終末です。
つまり、・・・生きながら死ぬことなのです。
・・・、死ぬことなのです。
ということは、生きながら、死と連れだって生きることです。
すると死は・・・、それが死であり、死は生きることと別ではないのです。」

死について考えてるとさ、鬱も範囲内。
鬱った?

507 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 04:22:34 ID:fMCGlW9P
うつも素敵なことなわけ?

508 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 12:05:25 ID:OzNqfjSR
鬱は逃避とセットとか言ってた様な

509 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 12:41:29 ID:IS6/rTPe
か弱い子供の鬱を救う道はなんですか?

510 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 13:39:22 ID:OzNqfjSR
親がしっかりすること

511 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 14:33:12 ID:nHMdXaYr
プロセスですよ。

512 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/03/07(火) 19:32:58 ID:OR9HP3W4
鬱は未消化の感情がたまっとる事から来るような気がする。
まとめて宿題が来た、みたいな。
そこで感情を又味あわずに逃げると余計ひどくなるだけだから
俺はそういう感情がきたら徹底的に味わうようにするよ。

Kが言語化や命名化が感情に持続性を与えるなんて言うけど
「鬱」と命名したそれを言語としての思考プロセス無しに味わうのも
面白い。
過去の不快な記憶とかも言語化無しに味わうと違うものになる。

513 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 20:24:17 ID:8SzzbDlK
甘いな
認識そのものが・・・
てーか打つの絶望的な無気力知らんのだな。
kは一言で片付けてるよそんな輩を
もし貴方が神経症その他の病気でないのならと

514 :名無しさん@3周年:2006/03/07(火) 23:00:13 ID:V4LZ8Hxh
Kに関心があるやつって自我崩壊を多く
繰り返してるんだろうな。しかし、なおも
何かにすがりたい。みたいな。
Kだけが残ってしまった。てか笑

515 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 00:28:34 ID:M+O1RIrX
>>513そのひと事とは何ですか?

説明がたりな━━━━━(゚∀゚)━━━━━い!!

516 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/03/08(水) 06:02:59 ID:JGTk55QL
甘いかなw?
自分がどうしようもないうつだった時は512的な事は
知識としてなかったからねえ。
今来るのはプチ鬱位だし。
でもK読んで鬱になる奴も多いみたいだがw
Kの一言というのを俺も知りたいぞ〜

517 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 14:37:46 ID:sqdHj3En
大人の場合は厳しい手段はうてるけど
未成年の危なっかしいのは
どうすればいいのだろう?自殺されてもな

518 :素敵な獲物生活:2006/03/08(水) 19:15:12 ID:bThXS0wi
そう言えば○んこさんはどこいったんだ?


519 :素敵な獲物生活:2006/03/08(水) 19:39:28 ID:bThXS0wi
俺も「クリシュ検定」受けてみようと思うんだー!
誰か過去に出題された内容知ってる?

520 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:17:39 ID:MEkX+6Fz
>>513を意味の通る文にすると、

kはそんな輩を「もし貴方が神経症その他の病気でないのなら」
と一言で片付けてるよ

になるんだろう。だから「うつはKの想定外ってか範囲外」だと
言いたいんだろう>>513は。


521 :名無しさん@3周年:2006/03/08(水) 21:18:12 ID:mqwQiyGe
希死念慮があるのなら児童相談所とか保健所に相談したらどうでしょう。
愛してるこども?一刻を争うことなんだから急ぐべし。

522 :ばんこ:2006/03/08(水) 21:33:23 ID:thw4xKtd
どうやら「一生勉強しますか?」に※同意する※にサインしないと
次に進めないらしい。このへんがやっかいなんだな。クリシュ検定は。
ぞっとするよ。本当に。だれか知ってる人いるかってさ。過去問とか試験概要
とか。おれはまだよく受けれないよ。体験談とかよく聞いてからでないと。
患いなおしてからだね。おれは。日本史だって出題範囲が縄文からときいて
びっくりしたんだ。そんなんわからないじゃないかぁーとね。





523 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 00:53:54 ID:VYqfIRCi
>>520
校正あんがとw

524 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 02:06:27 ID:Wl6yT/WN
なんだか フワア フワア しているよ。

525 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 03:16:17 ID:uWTiO6N+
ようするに
Kのいうのは
考え方による弊害をなくす生き方なんだな。

526 :クリス:2006/03/09(木) 10:38:47 ID:8BZrGDtg
ねぇ。
個々人の体験や知識から導かれる判断なんてどうでもいいよ。
そろそろ自論から離れた、誰にとっても良い香りのする
書き込みはないの? みんなの書き込みニオウ。

真理はそれとは一切関係ないわけでしょ? K的には。


527 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/03/09(木) 10:48:19 ID:yTnedTt0
鬱はKの想定外なんかね?
そういう連中はKの元にたくさん集まってきてたと思うんだが。
またKの教えによってダメージ被る人もいるわけでしょう。

528 :名無しさん@3周年:2006/03/09(木) 12:02:20 ID:uWTiO6N+
そうだ、はひょ丸のいうとおり
子供の打つの解決策はKの教えの延長線上にあるきがする。
Kが役に立つとしたらそこかもよ。

529 :素敵な獲物生活:2006/03/09(木) 19:41:36 ID:R5j9s+q6
そうか。一生の苦労を通じて獲得する様なものなのか。
だったら俺も受けれないな。
もう既に※同意する※にサインしたものがあるから。
無い袖は振れませんねぇ。あれ?
二足のわらじは履けないからな。うん、これだ。
でも「やん」ごとなき房江嬢に傾向と対策を聞いてみたい。

530 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 13:51:40 ID:iEt+2bNL
何訳のワカンねーこと言ってんだよ

531 :素敵な獲物生活:2006/03/11(土) 22:05:10 ID:RWSsHiTQ
ぐぐってみたよ〜ん。

「結局、私たちは意識的な心が機能しているのに幾分か気づいていますが、
私たちの多くは意識のより大きな深みにおいて自分自身についてほとんど何も知りません。
私たちは決して私たち自身のその部分を注意して見ません。
私たちは決してそれを突っ込んで調べたことさえないのです。
あるいはそれを突っ込んで調べるなら、
それは、ある種の神経症によって悩まされている時だけです。
そのとき、私たちは私たちを助けてくれる誰かのところに走って行かなければならないのです。
それは自分自身を知ることではありません。
自分自身を知ることは関係の中で、話の中で、行為の中で、身振りの中で、
一日のあらゆる瞬間に自己を観察することを意味します。
それは自分自身に十分に気づいていることを意味します。
その結果、いまあるままの私たちを見出し始めるのです。」

確かに神経症は範囲外で想定外だと言ってるね。
でもそれを突っ込んで調べるのは
「ある種の神経症によって悩まされている時だけ」
なわけだから鬱やその他の病気をきっかけにして学び始める人って多いんじゃない?
俺的には、そんな人たちの方が興味本位で読み流す人より深く理解出来ると思う。

そして俺的には誰にでも芳香を放つ言葉はないと思う。
そしてそして俺的には訳ワカランことばっか言う奴が好きw

532 :ばんこ:2006/03/11(土) 22:07:22 ID:NB7+7+u3
Kは所有について述べているね。
これは私の何々、私の、、そういった所有の意識と引き換えに人生の
不幸を被っていると。そうだ。房江は昔、スナックで働いていたんだ。
俺が客としていったとき、たまたまビールをこぼしたのでダスターを
使おうとしたんだ。そしたら、「これ私のダスター」と言っておれから
奪い取ったんだ。まるで自分の子供さらわれたかのように。そしておれは
その店にいくたび、「私のダスター」について、講義した。私のとはおおよそ
形容詞的に使うことばだと。そうしているうちに彼女はやっとダスターから
精神的にはなれることができた。二人とも一次試験合格だという天の声が
聞こえた。



533 :ばんこ:2006/03/11(土) 22:09:01 ID:NB7+7+u3
所有の意識というのはこれほど幼稚なもんだとね。

534 :未知の非人間を目指せ!:2006/03/12(日) 02:06:25 ID:jiGfXPuJ
おお、そうだ、う○じゃないよchildrenさんに聞きたいことがあるんだ。
集合点の概念に似たものってどこかで書かれてるの見たことある?
それらしいのに遭遇したことないからさぁ。

スレ違いごめん。これで最後にするよ。


535 :四零九:2006/03/12(日) 15:00:30 ID:TnVZPIRR
新芽さんがいいこと書いてますね。
こころの傷について
ttp://hpmboard1.nifty.com/cgi-bin/thread.cgi?user_id=UHH35890&disp_no=5495&log_no=5495&msg_per_page=10&def=10



536 :名無しさん@3周年:2006/03/12(日) 18:16:52 ID:dJ7KVivE
気分を和らげるがまだ核心を突いてないと感じる

537 :うそじゃないよchildren:2006/03/12(日) 21:12:26 ID:JTL7CxBj
集合点の移動に類したものは、私の知る限り、もう精神世界記述本には
ないでし。むしろ精神病の方にヒントがでてきたりする。

てんかん発作とはまったく自然なものであって、潜在的に危険事態から
逃れようとする、脳の必死な意図的行動によるものだとも考えられる。
発作は生存するのに役立っているかもしれない。もしそうだとすれば
てんかんは病気の症状なのではなく、逆に病気の治療法だという可能性がある。
ドフトエフトスキィーは言っている。「永遠の調和の存在を得たと感じられる
瞬間が一度に4,5秒ほど起こる。・・・・・それは俗世間的な意味では、人間が
耐えられない感じである。物理的に変化するか死ぬしかない。」
ドフトエフトスキィーは発作の前兆となり、発作の原因とも考えられる
「アウラ」を描写している。「それは紛れもない、明白な感覚であり、全自然を
突然意識して、これが真実だといいたくなるような経験である。非常に明快な
もので、しかも喜びである。それが5秒以上もつづいてしまえば、魂は耐えられなく
なって、消えてしまうだろう。ドフトエフトはこれを重視し、この5びょうかんで
私は一生を生き、そのために全生涯をすててもそれだけの価値はある」といったほどである。

クリシュの場合、「この体を途方もない英知が使ってきました。今後これ
以上の、、、、、、」

集合点を移動した場合、「これ以上もなくひどく明晰な状態になり・・・・」

538 :名無しさん@3周年:2006/03/12(日) 21:19:51 ID:WPbusslZ
kのスレはあってもj. krishnamrtiの方のスレはないんだ。

539 :うそじゃないよchildren:2006/03/12(日) 21:22:26 ID:JTL7CxBj
ひとは気分を変えるためにいろんな工夫をするもんだけど、(真っ暗にして
ねてみたり、アロマテラピーとか、風水とか、100円均一商品とか

また大きくバランスを崩すときがある。きっと無意識が大きくかわってしまう
のだろう。薬を飲んだり、せけ飲んだり、タバコすったり、体操したり、休養したりしてバランスをとりもどす
のだけど、もはやそれでは通用しないような状態がある。というかそれでは
もったいない。一度にして高められた意識状態に至る方法があると思う。
でなきゃ、宗教はいったいいままでなにしてきたのかわからない。でもマジカルパスは
正直、わたしは信用していない。



540 :未知の非人間を目指せ!:2006/03/12(日) 21:37:49 ID:jiGfXPuJ
なぜ信用してないの?
俺もやってないけど。

541 :うそじゃないよchildren:2006/03/12(日) 21:51:39 ID:JTL7CxBj
だって体操法なら世にたくさんあるし、マジカルパスだけ特別とは
どうも思えない。だけなんだけどね。

542 :うそじゃないよchildren:2006/03/12(日) 21:57:02 ID:JTL7CxBj
やってみようかな。おもしろそうじゃん。笑
なんにもつかめなかったらまぬけ。

543 :既知外@逝ってみたい:2006/03/12(日) 23:39:40 ID:jiGfXPuJ
なーんだ。
実際確かめてみないと。
だから俺もそのうちと思ってるんだけど。
基本的に変な体操は好きだし。
毎朝やらされるラジオ体操よかおもしろそうだ。

いろいろありがとう。
楽しかった。
オカ版で遊んでるから。

544 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/03/13(月) 10:08:49 ID:9Hyx9bwJ
mパスは一時期続けてみたがなかなかよかったぞ。

カスタネダの言う通り身体の周辺にはエネルギー動かすポイントが

いくつかある。

カスタネダとは違うが調子が悪かったときあるセラピストに

身体周辺の空間いじってもらうだけで治してもらったことあるよ。 

ただmパスはカンフーが元ネタだという話があるが。

今度は男らしさのシリーズというのをやってみたい。

545 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 01:09:31 ID:N+y1/ZOp
やっと読めた。楽しかった。笑い涙もちょっと出た。気がまぎれた。
しかし現実に戻ると悲しくなる。今まで楽しかったことや辛かったことをいろいろ想い出す。
過去はそれなりに楽しかったんだと。けどもう今はどん底な生活になっている。
一日に食べるご飯は2食になってしまった。友達もいない。会話すら出来ない環境。
昔聴いた曲を聴いてみる。ぼんやりとした静止画のような想い出が次々にでてくる。
・・・。
一日に1本だけ吸うことにしているたばこに火をつけてみた。至福の時と言うのだろうか・・・。
根元まで吸ってみる。10分程経過しただろうか・・・。
ふと携帯電話を手にとって見てみる。傷だらけだ。料金払ってないから通話できない。
時計としての役割だけになってしまった。友達の電話番号は2週間ほど前にすべて削除した。
もう一人ぼっちになってしまった。衰弱する体。
ぼーっとする毎日。
そろそろ終わりかなと思っている。
生まれ変わったら勉強を頑張りたい。学年順位で10位ぐらいをキープしたい。
人に親切にしてあげたい。デートもいっぱいしたい。焼肉食べてみたい。
「次はどこの家庭の子になるのか楽しみ」という希望を持って終わりにしようかなと考えています。




546 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 01:35:34 ID:OrNo3M8b
そんな絶望的な環境から、立ち直ったなら
前より、強くなってるし、人にもより優しくなれるってもんだ。
自分も2年くらいどん底充電期間があったけど、いくらかよくなった。

世の中捨てたもんじゃないし、ただみんな感受性が強くなって
怖がりになってるだけだと思う
一人一人は本当は温かいけど、集団になると身構えたり、悪ぶったり
するからね。

Kを読み終わったのなら、聖書とかブッダとか心の琴線に触れるような
ものを読み漁ったらどうでしょう、ニューエイジ(死語?)でもいいです。




547 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 13:12:18 ID:ZlA0yaDW
死ぬんじゃないよあほんだら。
頭の位置を下げて生きていくんだあほんだら。
わかったかあほんだら。

548 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 14:34:03 ID:T8qRCGXE
あなたの惨めな人生はそこで終わりにしたほうがいい。
さあ、もうあなたはあなたを脱皮した。
過去に囚われない新しい始まりを迎えた訳だ

549 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 15:49:13 ID:ISWq4Dzf
だぁれもいなぁいはらっぱで

そっとゆびをたてていってみる

おいぃらとあそぶもーのこーのゆーびとーまれっ

とまったぁのは とまったぁのは

なぁにもいわーないー かぜばーかーりー
                        
 にこにこぷんより

550 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 16:34:58 ID:ISWq4Dzf
あー疲れた。

おいらもそろそろ終わりにしようかなと思うよ。

551 :サロメおたぁ ◆wHb3.gs/E2 :2006/03/14(火) 16:40:53 ID:8EdD0qtn
>>545
よく見るコピペだけど

まぁこれ見ろ
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.html

552 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 17:13:55 ID:PiGqLu8q
ここのじゅうにんはやさしいひとがおおいね (・。・)

553 :名無しさん@3周年:2006/03/14(火) 20:51:04 ID:/+ljGfy3
非僧さん、ミクシィにいたのね、w

554 :うそじゃないよchildren:2006/03/15(水) 00:06:55 ID:LxJ053LP
だれも見ていないのに
咲いている花と花
だれもきいていないのに
啼いている鳥と鳥

通り遅れた雲が、梢の
空たかく、流されていく
青い青いあそこには、風が
さやさやすぎるのだろう

草の葉には草の葉のかげ
うごかないそれの、ふかみには
てんたうむしがねむっている

うたうやうな沈黙に ひたり
私の胸は あふれる泉!かたく
脈打つひびきが時を すすめる

ひとり林に・・・・・
         立原 道造

555 :うそじゃないよchildren:2006/03/15(水) 00:13:38 ID:LxJ053LP
そろそろいい季節がくるよ。

556 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 14:03:53 ID:YjQrxdWo
来るかねぇ

ああ、でも梅の花がいい香りだ…

557 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 20:26:16 ID:BSCFZlOM
自我がなくなって、真理が見えたとすると
その真理を見ている主体はなあに?

558 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 20:33:38 ID:YjQrxdWo
真・我 w

559 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 20:48:40 ID:YjQrxdWo
もはやそれは主体と呼べるものではないのかもしれない
主体でなければ世界を認識できないとは限らない…
自我が終焉したときそれは少なくとも自我以外のものになっているのだろう

それは経験したものにしか分からないからなんともいえない
僕は経験したこと無いから推測の域を出ない

560 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 23:01:33 ID:5/pPv6Te
でも我を忘れる瞬間ってたまにあるだろう?

kは自我は言葉、過去と言ってるよね。つまり言葉なしにただ今を
感じる事が出来ればそれで良いだけじゃない?

561 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 23:05:48 ID:byDaURTk
経験とか知識の集合体の、主体ではないってこと。
「何か」だね。
それは欲望がないから何も葛藤を起こさない。
ベンチに座ってぼ〜と人ごみを眺めてる様な感覚なんです。

562 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 00:48:10 ID:lT380DaQ
死ねば、自我は無くなるだろうけど、
kは、死については、はっきり語ってないよね。

生きながらに自我を消せない凡人には
死が唯一の救いなのかな?

ブッダも自殺を肯定していた時期があるみたいだけど、
もしかしてkも肯定派? だから詳しく語らないとか…。

563 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 01:55:08 ID:MhE4zVm8
kは死の直前、知人に
「自分は、あと十年は生きる」
と公言していた。
結局、彼はラジシーニとかと同類の悟ったふりをした人物なのだろうか?


564 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 02:14:42 ID:Rd4SyB3L
悟っても神になるわけじゃない。
しょせん肉体は人間だし、ただ葛藤がないだけなんだよ。

565 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 02:32:44 ID:3dRtl/HB
「自己の変容」にどんな状況でも英知が自らを葬り去る訳はないと
書かれてた。

566 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 02:35:11 ID:3dRtl/HB
>>563
ガンの発作が起こってるのに?

567 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 02:40:58 ID:MhE4zVm8
kには大きな葛藤があったように思われ…
「結局、誰も変わらなかった…誰も」

568 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 03:14:25 ID:MhE4zVm8
≫566
正確には1985年。死の何ヶ月か前。
「クリシュナムルティ・開いた扉」
メアリー・ルティエンス著・参照

569 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 16:33:35 ID:M1+7/rtL
>>567
やっぱりリードビーターの影響大かと。
彼の幻影を断ち切る為にネガティブアプローチを思いついたのかもね。
生い立ちって重要だな。

570 :既知外@逝ってみたい:2006/03/16(木) 18:43:11 ID:KSjkrhdl
>>562
「死は生きることと別ではないのです」
って言ってるね。これしか知らないけど。

>ブッダも自殺を肯定していた時期があるみたいだけど、

↑ここんとこ詳しく教えて。


571 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 20:57:33 ID:Hd7ZSTw0
横スレ失礼。どの本か忘れたがKが言ってた。「実は肉体があるかどうかは、大した問題ではない」
凄いと思った。それと545「自分だけが辛い」と思うなよ。
今生無駄にしたら来世も同じだ。ガキがナマ言ってんじゃねえぞ。
禅だったら百棒喰らってるぞ。

572 :既知外@逝ってみたい:2006/03/16(木) 21:06:11 ID:KSjkrhdl
そうだなぁ。俺も545の感想書くか。
最後の三行以外理想の生活w

573 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 21:10:11 ID:HrEu/tpR
自我はずっと残っているような気がするけど…

すべてが自分になるわけだから

とてつもなく大きな自我に なるだろうけど

574 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 21:17:02 ID:tWhOU+6V
>>570
ごめんね、なんていう本か忘れちゃったけど、
ずっと昔に仏教の解説本で読みました。

でも、ぐぐってみたら、こんな文が出てきました。

>>昭和2年に自殺した作家の芥川龍之介はその遺書『或旧友へ送る手記』で、次のように書いている。
 「僕は紅毛人たちの信ずるように、自殺することを罪悪とは思っていない。仏陀は現に阿含経の中に
 彼の弟子の自殺を肯定している。曲学阿世の徒はこの肯定にも『やむを得ない』場合のほかはなどというであろう。・・・」
 などと書いている。
 
 でも、そんなことないよっていう意見もいっぱいあるみたい・・・。


575 : :2006/03/16(木) 23:08:13 ID:lAfFEgXS
生きることは死ぬこと

576 :うそじゃないよchildren:2006/03/16(木) 23:51:41 ID:WjexPOk4
肉体はなにも決定しない。精神がけっていする。脳の状態が精神を決定
するようにいわれているけれども、それは肉体に作用するだけで、直接
精神には作用しない。じゃあ精神はなにかといえば、社会そのもの。
動植物にも社会はあるといえばある。社会とはなにかといえば秩序そのもの。

精神とはそういう意味で秩序そのものだから、不調和をみるときそれは
支障をきたしているというのであって、病まざる得ない。

だから一人たたねばならないとkはいっているのであって、全的に
アウトサイダーでなくてはすぐ、不調和を見てしまいますよといってんだと思う。



577 :うそじゃないよchildren:2006/03/16(木) 23:59:15 ID:WjexPOk4
人間の脳がどう変化しようが、生物的秩序にはんしたものであれば
混乱しか生み出さない。じゃあ健全な脳とはなにかといえば、
精神が勝手にきめていくとしか言いようがない。



578 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:16:39 ID:T9eG63K5
だから葛藤がむだなんだよ。といっても不調和をみている
脳にいっても仕方がないんだ。
それで彼は子供の教育に可能性をみいだしたんだろうけど、
いずれ黒い川に抱き込まれるようになってしまう。社会自体が
病んでいるのであれば。私のようなおっさんの脳ではもうだめ
だろうな。全的にアウトサイダーになるというその意味を理解するに
はおそいだろうな。成長していくのに必要な術や出来事と、人をだまそうとする
トリックとの区別がもうつかなくなっているんだ。

たとえばだます人とだまされる人があればだます人になったほうが
いいという答えをだすだろうけど、もしくは感情的にだまされたほうが
ましだという答えを出す人もいるだろうけれども、離れること
しらないんだよ。せいぜい懐疑心を感じるくらいで。人間だれしも
だますかだまされたいかしたいとやっぱり思っている。作為的な
共感にかかわっている。半端なことではだめで人生のろうそくの火
があれば、すべて懐疑心の火にかえるくらいでないとだめなんだろうな。
俺に言わせれば、今のニッポンなんて最悪だでよ。笑

579 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:18:41 ID:T9eG63K5
だれしも深い秩序には耐えかねるんだよ。それはしっておいたほうが
いいかと。

580 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:27:51 ID:T9eG63K5
年を食うほどカルト化していくんだろうな。会社にしても
組織というのはそのほうが楽だから。条件をいれれば、答が
かえってくんだもん。そしてみんなそうなろうとしているんだ。
土地を耕すような育てる作業を無視していくとえらい目にあうよ。
きっと。脳が体とはむかんけいに肥大化してるんだから。ウイィニー
という条件がウイルスにかかったくらいでえらい騒ぎなんだから。笑

581 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:35:51 ID:T9eG63K5
やっぱ健全な精神とはお盆と正月にわれをふりかえるくらいだと
おもうよ。そういうのが幸せだったんじゃないかなぁ。
意味のわからんことをクダクダ書きまして。スミマセン

582 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:41:01 ID:T9eG63K5
条件がととのうほど楽できることをしってるからやっかいなんだ。
果たして今の社会が健全とかおもわないけどね。とうとう人間が
人間の脳をいじりはじめてるじゃん。もう合理化された社会を
通り越してる。アメリカなんてとくに、日本も追随せざる終えないよ
きっと。

583 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 00:52:39 ID:T9eG63K5
条件をいれたらそりゃかえってくるほうがいいけど、
そういった作業とは無縁の、不確定な世界に生きてる人のことを
僕は忘れたくないし、それは確認しなくてはいけないよ。必ず。

584 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 01:09:18 ID:T9eG63K5
ああ、話題は自殺だったね。もともと僧侶なんていうのは
その時代のエリートだったわけだから。仏陀がいったかどうかは
学のもんんだけど、坊主が自殺を肯定するようなことがあったのは
事実だろうね。精神修養で自分のこころをコントロールする
術さえきわめれば(禅魔)、あたまでっかちになるだろうから。
合理化の極みだね。密教系の坊主なんてそういうこといいやすいんじゃ
ないですか。比叡山なんかではまだ千日回峰奉行なんてのも逆に
やってらっしゃいますが。自我が肥大化するとあんていするのだろう
けれど、作法にのっとってやらないとと肉体への感謝、ひては他人をいたわる
こころなんかがなくなっちゃうんじゃないですか。自分の頭脳が自分の
肉体とつねに対立した状態になるとやばいですよ。しっかりバイパス
つくっとかないと。ひいては自殺するんだろうね。作家の自殺はひいて
だいたいこのタイプだよきっと。

585 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 01:15:30 ID:T9eG63K5
肉体がどうでも言いなんていうのは
おれにいわせりゃとんでもないね。
肉体的苦痛をしらないんだ。自分は夢見でいいかもしれないけど、
体はあまやかしても、酷使してもいけないむづかしいもんだよ。
なんせ自然だからね。そんなことを言うのはkといえども一人歩き
したさまよえる脳のいうことだよ。なんかムカ

586 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 01:22:36 ID:T9eG63K5
条件付けだけでいきてる合理脳の類はほんとむかつくよ。
そんなん通用したら戦争なんておきないんだよ。ばか。
しねこのプチブル。2chだからいいだろ。落書きよ。
まだきづかねぇのかこのくそ政治化ども。あんたらはもうなにもしなくても
いいんだよぉ。馬鹿

587 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 01:54:53 ID:NDFImLzl
でも〜、過去の情報からじゆうになって、合理的な条件付けしないで、
しゅんかんしゅんかんの出来事を、無垢な目で見ていたら、
いつまでたってもあかちゃんみたい行動のままに
なっちゃうんじゃないの?

588 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 02:08:25 ID:4i5Am8Ka
それはねえな。赤ちゃんは脳がまだ完全じゃないから赤ちゃん
なんであって。知識も増えるだろう。でも社会に巻き込まれず
に、社会が何であるか見極める事が出来る様になるだろうな。

589 :うそじゃないよchildren:2006/03/17(金) 07:21:45 ID:T9eG63K5
俺の聞いた話によると12歳で脳は大人と同じような機能を持つらしい。
脳が完成するのが12歳。ほとんど同じになった脳だからこそ疑うことをわすれるんじゃないか?
12過ぎて自我が完成するというのはそういうことだと思うんだけど。
疑うことを忘れるというか。脳が成長をとめて疑う必要がなくなったら、
自ら疑う作業も必要になってくる。と思うな。今日は職安いかねば笑)
疑う必要がなかったら、共感ということになると思うな。やっぱりいきなり
共感はできないわけで・・・

590 :既知外@逝ってみたい:2006/03/17(金) 18:31:38 ID:UmzvSn3H
>>574
ありがとう。
どっかのスレで阿含経を学んだ人が人生は夢のようだと言ってたっけ。
即身成仏ってのも自殺としか思えないよね。
でも人間は死とともに全体性を失うと俺は考えてる。
だからシャカが死について何を語ったのか知りたかった。
>>576
人間は自分で何かを決定出来ないから社会を作ったんじゃなかったっけ?
社会にそれをしてもらうために。
社会が秩序ならそれは全宇宙規模で広がって、どこまで行っても外れられない。
それは螺旋構造をして、みんなはそれに依存したがる。
管理されながら。それで一安心だから。
kが語ろうとしてる何かは組織でなく個人とつながっているんだろう。
だから孤独であれと言うんだろうな。(kがそう言ってるかは知らないが)

591 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 21:36:10 ID:vK40uV38
即身成仏って…
生きてる肉体を持ったまんまで
仏に成るという意味じゃないの

生きたまんま
肉体の制限制約から解放されることのはずだけど…

592 :590:2006/03/17(金) 22:58:19 ID:ZQpK7dpt
え?そうなの?まぁいっか。ははは。ごめん。

593 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 02:07:38 ID:hMbI6sik
埋められるのもそう呼ぶよ。
てか、それもホントは自意識過剰だよね

594 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 21:55:44 ID:Mj4wFmUb
三社

595 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 22:27:59 ID:ch4E/20R
俺が中学の時「小さな恋のメロディ」って言う映画があって、秘かに好きだった娘が
主人公の写真沢山くれた。引越し何度もしてもうなくなった。
ほんとに人生って夢だと思う。何のために生きてんだろう。恥ずかしいが今泣いてる。

596 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 23:13:05 ID:OVZBVjtK
漏れも人のことが言える状況じゃないけど…、敢えて言う。

モマエもガンガレ!



597 :うそじゃないよchildren:2006/03/18(土) 23:31:39 ID:Pbrvuwyw
「小さな恋のメロディ」・・・古いねぇーー
おれは小学校のときみたよ。ラストシーンに含まれた意味は
でっかいな。滑車二人で交互に漕いでるだけだけど。
どこにいったかとおもったらこんなとこにいたとは。笑

比喩じゃなくて人生夢かもね。ほんとに。

598 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 23:39:34 ID:ch4E/20R
ほんと、古いですねえ・・・
新聞に火着けるシーンが好きだったなあ。トレーシー・ハイドも可愛かった。
涙乾いた。ありがとう。

599 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 23:49:01 ID:ch4E/20R
「滑車二人で交互に漕いでるだけだけど」読んでたらまた涙でてきた・・・
今日はどうかしてる。

600 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 23:53:12 ID:j+2cMLIg
>秘かに好きだった娘が 主人公の写真沢山くれた

きっと彼女もあなたのことが好きだったんだろう
こういう想い出は宝物だね

俺は昔大好きだった恋人と別れたとき彼女がくれたもの(手編みのセーターとか)を
全部川に捨てた。彼女との写真も全部燃やした。橋の欄干にしがみついて泣いた
今は全部遠い想い出


601 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 00:11:43 ID:57QLL9uT
>>600
ありがとう・・・遠い、遠い思い出だね。春だからかなあ・・・
何で思いだすんだろう。「サボテンの花」が頭の中で流れてきた。
「時間は愛ではない」ってKに叱られるな。今だけは許してください。
橋の欄干は今でも貴方のこと、わすれてないかもね・・・

602 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 05:47:07 ID:3ToCGkMN
うは、久々にクリ爺のスレ見つけた・・・
て・・ずいぶん話題がそれてますな

603 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 09:13:22 ID:BZFtSVGP
みんないいな・・・
俺は一度も両想いになった事ないからそのような感覚はわからない。
嫉妬はあんまりないけど、過去の恋愛物語に浸る事に対する漠然とした憧れはある。

死への恐怖なんてなくて、ただ、生への執着を手放す
事に対する恐れがあるっていってたけど、何事も体験して
みないとわからんかもね。
もっとも、体験するのはもっと先でいいけど。
今に生きないとね。

604 :四零九:2006/03/19(日) 20:00:07 ID:O+dOy2W+
"Where is your line in the sand"

明日はどっちだ!!!!

605 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 20:40:27 ID:AlsTkix6
死の恐怖とか味わうと
以前の生が軽く思える。
結局、その瞬間にくらべると
夢のようなものだね。

606 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 20:56:57 ID:QO9FzxUI
どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして私が悪いのにケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしてお小遣減らしたのに文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して私が倒れると会社休んでまで看病しますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!
おまけにもって半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
長期出張だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で俺の事は忘れていい男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!
正直、あんた以上のお人よしで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!
それと私みたいな女嫁にすんのはあんた位ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
もう一つ言い忘れてましたが私、お腹に赤ちゃん出来たんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたの子供なのに何で生きられないのですか(゚Д゚)ゴルァ!
そんな状態じゃ言い出せ無いじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
それでも言わない訳にはいかないから思い切って言ったら大喜びで私を抱きしめますか(゚Д゚)ゴルァ!
生まれる頃にはあんたはこの世にいないんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な子だといいなぁってあんた自分の事は蔑ろですか(゚Д゚)ゴルァ!
病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
病気で苦しいはずなのに何で姓名判断の本で名前を考えてやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうして側に居てあげたいのに一人の身体じゃ無いんだからと家に帰そうとしますか(゚Д゚)ゴルァ!
どうしていつも自分の事は二の次何ですか(゚Д゚)ゴルァ!

607 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 20:57:54 ID:QO9FzxUI
医者からいよいよダメだと言われ泣いてる私に大丈夫だよとバレバレの慰めを言いますか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちはあんたとこれからも生きて行きたいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
それがもうすぐ終わってしまうんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
バカやって泣きそうな私を包んでくれるあんたが居なくなるんですよ(゚Д゚)ゴルァ!
忘れろと言われても忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!
死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!
こっちがお礼を言わないといけないのに何も言えず泣いちまったじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!
あんなに苦しそうだったのに最後は私の手を握りしめて逝きやがりましたね(゚Д゚)ゴルァ!
何で死に顔まで微笑みやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!
そんなのは良いから起きて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
生まれてくる子供を抱いて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
子供に微笑みかけて下さい(゚Д゚)ゴルァ!
たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!
ダメ女な私にこの先一人で子供を育てろと言いやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!
そんなあんたが死んで5ヶ月...
子供が生まれましたよ(゚Д゚)ゴルァ!
元気な女の子ですよ(゚Д゚)ゴルァ!
目元はあんたにそっくりですよ(゚Д゚)ゴルァ!
どこかで見てますか(゚Д゚)ゴルァ!
私はこの子と何とか生きてますよ(゚Д゚)ゴルァ!
あんたも遠くから見守って居てください。

608 :ばんこ:2006/03/23(木) 00:12:13 ID:Are5fP1Z
本当なら・・・もう俺なんかでは手に負えないスレッドになってきた。
・・・・・そのままいってください。
k「生きていくということは・・・・・それでも感受性をもってさまざまな
経験をして生きてほしいと願わずにはいっれません。」

609 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 00:22:55 ID:NTgQGt/9
愛だ

610 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/03/23(木) 02:55:59 ID:lkId52hp
それでも生きたれ!逝っちまった奴の分もな!(゚Д゚)ゴルァ!

611 :名無しさん@3周年:2006/03/24(金) 08:54:37 ID:xxx5/aRX
ばんこさんと再婚したらいいじゃないですか607さん。

いい人とめぐりあえたもんですね。よいひとほど早く逝ってしまうというが、僕みたいなやつが長くイキノコル。
まぁ50年もしたら命は入れ替わっているからそう大差はないですね。


612 :名無しさん@3周年:2006/03/24(金) 15:24:00 ID:DoMhOOM/
ん?どうしたんだ?

613 :名無しさん@3周年:2006/03/24(金) 21:07:13 ID:AAe1R9nX
「丘は遠く退き、日々の暮らしの騒音がその人のまわりにあった。現れては去って行くもの、
悲しみや喜びがまわりにあった。小さな丘に立つ一本の木が、その土地の美であった。
谷底深くには川の流れがあり、その水に沿って鉄道が走っていた。
あの流れの美しさを見るためには、あなたは世間を後にしなければならない。」
ーKの日記ー

614 :名無しさん@3周年:2006/03/25(土) 00:20:18 ID:Qjuyn0ku
チンコ

615 :名無しさん@3周年:2006/03/26(日) 15:10:16 ID:+3tH+TQI


616 : :2006/03/26(日) 18:45:54 ID:ViC1S86K
愛さえあれば

617 :名無しさん@3周年:2006/03/26(日) 23:07:37 ID:06YXwXIk
痛いねえ。痛い。痛いよ。


618 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 12:12:16 ID:FoaQ8aLq
愛別離苦(愛するものと別れる苦しみ)怨憎会苦(憎いものと会わねばならぬ苦しみ)
求不得苦(求めても得られぬ苦しみ)五うん盛苦(肉体機能が盛んになりすぎる苦しみ)
この四苦に生老病死の四苦を加え、四苦八苦という。
まさに「一切皆苦」。そしてこれを知ってからが、本当の人生の始まりだ。

619 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 18:24:16 ID:TdcvBrAt
あ、そ。

620 :名無しさん@3周年:2006/03/27(月) 21:59:53 ID:NZa7Ux5I

|  |
|  |∧_∧
|_|´・ω・`)
|ぬ|oーo
| ̄|―u'   辛
""""""""""

|  |
|  | ∧_∧   
|_|´・ω・`) ソー
|.る|o   oー
| ̄|―u'    辛
""""""""""""""""

|  |
|  |
|_|  サッ
|ぽ| ミ
| ̄|      幸
""""""""""""""""

621 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 01:55:02 ID:1LWWzDtR
今日は優しい人達来てないな・・・

622 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 16:45:56 ID:ihOWElSQ
自己憐憫が一番むずかしいポイントだと思う今日この頃

623 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 16:58:01 ID:eQI+sj0S
俺は自尊心。

624 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 17:02:44 ID:GUmU3gld
いずれわかると思うが、限りない英知がこの私の体を使うので
あって、私の入る余地などひとかけらもない。

625 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 17:08:18 ID:N3zpCSFw
俺は孫悟 空

626 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 18:02:02 ID:U/ghCxtc
ぼくドラえもん

627 :名無しさん@3周年:2006/03/28(火) 20:42:35 ID:1LWWzDtR
>>622 633俺は両方だよ。難しいね。

628 :名無しさん@3周年:2006/03/29(水) 10:56:15 ID:0DCjM3N6
>>627
それらから離れるって・・・・・今の社会概念の崩壊w
やはり、いわゆる奇跡だわな。

629 :名無しさん@3周年:2006/03/29(水) 14:13:24 ID:VL6aq9nn
>>628 内化した社会が崩壊する。一定期間は社会生活できなくなるね。。。

630 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 15:47:20 ID:M7C05+IY
>>ホームレス覚悟で行動すれば、あなたは変容しますぜw

631 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 18:26:39 ID:iszPz0Bq
坂口安吾
『堕落論』

632 :ばんこ:2006/03/30(木) 21:23:36 ID:4bbAqyBR
はあ、クリシュナムルティね。余裕のある人がやったらいいよ。
ちょっとハイソな人とか。なんの可能性もないよ。じゃあな。

633 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 21:48:00 ID:+/C1oqiX
「私は何十年も昔に人には教えられないことを教わりました」とある講話でKが言っていたけど、何を教わったんだろう…?
「それはいい加減な人には教えられません」とも言っていたが…。

634 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 22:06:34 ID:k2hZdeV4
じゃ俺は教われないな。。。

635 :名無しさん@3周年:2006/03/30(木) 22:20:40 ID:Y/Q8sNZH
いい加減な人間は既に知っているからね。

636 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 00:46:51 ID:zTJKLb9z
ひっぱるねぇ。それで人に言えないこと。それって何だと思う。
人間以外の知的生命体ぐらいしか浮かばんね。そんなんおるんかもしれんね。
あとなんか進化した人間とか。

変な夢やったら見たことあるよ。すごかったことだけ覚えている。
すごかったので内容はおぼえていない。

そういや俺はUFO見たんだよ。富士山で。まあすごいことだな。・・・

637 :ばんこ:2006/03/31(金) 00:50:14 ID:zTJKLb9z
オカ版にいったほうがいいかもしれんけど、
この前真っ暗にして寝てたらね、パッと豆電球が勝手についたんだよ。
緩んでるのかなとおもってしらべたら、きっちりついてるんだよね。
びっくりしなかったけど。なんか不思議なことでもあったら報告してくれ。

638 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 02:42:19 ID:zTJKLb9z
さっきちょっとクリシュナムルティ学友会のホームページから講話録を
読んでみたけど、さっぱりわからん。彼は何をいってるんだい。

639 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 03:40:03 ID:WZ0jT+Ia
正直、クリシュナムルティよりテーラワーダのサイト見るか
ヴィヴェーカーナンダの講話集読むほうが実用的な気ガス


640 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 07:00:17 ID:sdLCSjeK
 実用性や、お役立ちを求めるならKの勉強はお門違いじゃないんすか?
 江原や細木、創価が人気なのは教え云々以前に個人のゲスな欲望に適当なはけ口とでたらめな解答を与えてくれるからでしょ。
 本来、哲学にしろ宗教にしろ世間的なお役立ちの尺度と無関係な営みだからこそ意義がある。出世や富はもちろん、神人合一や悟りやらの脱世俗とみせかけた世俗的営みとはベクトルが異なった。
 そんなもんが欲望の投影だと知ることがスタート地点じゃないんすか。

641 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 07:40:57 ID:e1D0xHxM
まさにその通り。

642 :名無しさん@3周年:2006/03/31(金) 10:09:57 ID:ENxZssKl
ゲームの画面つけっぱなしにしてボーっとしてたら
操作していないのに
(マウスかキーボードで操作するんだが、キーボードには触れていないしマウスにもノータッチ・・・ちなみにマウスはクリックすることでキャラを動かす)
勝手にキャラが動いてマップが別の場に変わってた。
バグとしか考えられんが、普通勝手に動くか?
まあ、こんなものかなあ。漏れの不思議体験っつったら。


643 :既知外@逝ってみたい:2006/03/31(金) 20:07:41 ID:mHL+Uncr
k買ったよ。
瞑想の本。字が少なかったから。おもしろいよ。


644 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 00:36:01 ID:n8ncfiQp
Kの本では、やはり「生と覚醒のコメンタリー」が冴えていると思う。
Kの表現スタイルとして、もっともしっくりする。
「自我の終焉」も読み応えがあったし、対話ものもよかったが。

645 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 00:44:21 ID:z7Y2zNcp
俺と気が合うな。

646 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/04/02(日) 03:13:08 ID:a6dHBBm6
しかし改めて最初から読みなおしてみたがばんこ文豪のクリシュ小説は
オモロイな。
続編希望。

最近は寒くて外出ずじまいだが明日あたりから又あたたかくなりそうだ。
春の夜は瞑想するには最高だね。

647 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 03:35:04 ID:VdcctHXH
今日分かったんだけど、自我はどうやっても離れんな。それと共に行こう。

648 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 08:08:13 ID:c0Yu1UrA
自我という木は切っても切っても芽が出るんじゃ・・・て誰か言ってた

649 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 14:55:47 ID:r8SeQ6yx
自我は人間が進化の中で獲得した最高のシステムで、
使い方を間違えなければ高度なPCのOSみたいなのでは?
なにしろ我々は昨日まで猿だったんですから。

650 :名無しさん@3周年:2006/04/02(日) 18:32:52 ID:z7Y2zNcp
そのとうりだ。それと同一化しないで、使いこなせば。

651 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 01:17:23 ID:TLc7ZsIT
______    _______
  ||      ||    ||      ||     
  ||      ||    || ∧ ∧ ||     
  ||      ||    ||( ゚ Д ゚ )     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==============================
' ┃  ∧_∧  ┃       ┃  
/7 ̄'''(´∀` ) /7 ̄~7    /7 ̄~7
| |  : |(  ○ ,) | |  : |     | |  (゚д゚)
| |_;_L| | | | |_;_L     | |_(  )
|__,(____)___) |__ノ_     |__, 」 」




652 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 05:04:11 ID:9n5wKYM/
あの……落としものですよ?
         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ夢と)
         `u―u´
  あなたのすぐ後ろに落ちていましたよ?



         .∧__,,∧
        (´・ω・`) ……。
         (つ夢と)
         `u―u´




         .∧__,,∧
        (´・ω・`)
         (つ夢と)
         `u―u´
たとえあなたの夢が叶わなかったとしても…
叶えようとしたあなたの心を捨てないで下さいね…

653 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 11:53:46 ID:ohThYpDF
夢と言う言葉の柔らかさに
つつまれた欲望の実態

654 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 14:16:20 ID:HogCwBR7
人べんに夢とかいて儚いと読む・・・

655 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 15:32:55 ID:ohThYpDF
Kは甘えを許しません。

656 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 15:33:40 ID:XBxQ3Bwc
アマゾンのクリシュナムルティ書籍のコメントにやたら難癖つけてくるやつが前いたけど、ウザイよなあれ。
なんか「高岡光氏の『水晶の革命家』には遠く及ばない」とか書いてて高岡光って人をやたら強調してたけど何だったんだあれ?
その本、読んだことあるけどすごいショボかったぞ…。今絶版だし。
大野訳のクリシュナムルティの本の方がよほどいい。
あと『クリシュナムルティの神秘体験』が再発されないのはなぜだろう?…あの作品の訳もよかったのに。
できれば『クリシュナムルティのノート』か『クリシュナムルティのノートブック』と原題を尊重しての再発を希望。

657 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 21:20:04 ID:hts6cEbu
神秘体験ではやっぱり誤解されそうだね
あと、真理の種子も見当たらないけどあれも絶版なのか・・・

658 :名無しさん@3周年:2006/04/03(月) 23:59:40 ID:HogCwBR7
訳といえば和尚(バグワン)の訳も良かった。年がばれるが。。。
ところで皆はKは悟ってたと思う?
20世紀最後の覚者と俺は思ってるが。
このスレでも覚者と思ってる人と、単なる哲学者と思ってる人と
わかれてるよね。

659 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 01:30:24 ID:SlAWdL0Z
和尚は、(個人的な感覚だけど)信頼できないとはいえ、いい本あるね。
本というか、講和集か。
今でも、うほっ!いいフレーズ!をふと思い出したりするよ。

Kはやっぱり覚者だったんじゃないかな
伝記の一巻目だっけ、自分が分散しちゃう(なくなる)体験も似たものがあって興味深いし。

ただプロセスってなんじゃらほい、というところもあるけど。
また神智学体験との整合性も少々とまどうところがある。







660 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 02:56:51 ID:m6EyIezo
自我と同一化しないでいる様にすることなんてできるのか?

661 :ばんこ:2006/04/04(火) 06:34:07 ID:m+jRe1QX
自我を削り取ろうとする自分さえ削り取ってしまえば、いいんだろうな。
言葉上だけれども。

662 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 10:53:19 ID:aLd1A3h3
>>660 例えば怒っている時「あ 怒ってるな」って、気づき続ける。
もう一つの覚めた意識でただ見つめてるだけ。何の思考も感情も無しに。
最初は難しいから釈尊は呼吸を見守っていなさい。と教えた。
ただし訳わかんないで、長時間やってるとただのぼーっとした人間になっっちゃうから
注意。だんだん自我を見ている意識こそが真の自分とわかってくる。
実際は自己流じゃ難かしいけどね。

663 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 11:47:22 ID:l55zc48Y
条件付けが形成された過程を考えてみれば
条件はずし?が強い意志の元、ある期間費やされなければ
ならない、気がする。
密教の夢のコンとロールなんかもその関係か?

664 :既知外@逝ってみたい:2006/04/04(火) 19:11:19 ID:7EgmQFsu
俺の失敗談を聞いてくれ。
以前、呼吸に意識を向けて仕事をしていた時がある。
そのとき普段より異様に疲れるんだ。
何でだろうと思ってたけど原因は分からなかった。
でも、あるときふと気がついた。
意識的に呼吸をしているもんだから、
仕事に没頭してしまうと呼吸を止めちまうんだ。
息止めて仕事してりゃ疲れるわな。
自己流は難しいのう。

665 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:12:26 ID:m6EyIezo
>>662
何流でやったの?どれぐらいかかった?それは日常でも続いているの?

666 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:16:08 ID:aLd1A3h3
>>664 仕事やってる時は集中しないと。
長時間だらだらやってたら本当に、一時期の俺みたくぼーっとなって
職場で白い目で見られちゃうよ。お勧めは一日10分。
過去の嫌な記憶をありありと再体験して、ただ見てると言う方法。
何日かやると胸のもやもやがストンと落ちる。
もう影響受けない。一つの悪因縁が消える。

667 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 21:28:52 ID:aLd1A3h3
>>665 宣伝と思われると嫌なんだが、一時ニュータイプスユニバースっていうとこ
に入会してたんだが、そこで教わった。やりかたは666で書いた。
もっと言えば不快感をリアルに思い出して、と言うより再体験して
胸がしめつけられたり、吐き気したり、そういう肉体の感覚をぼーっと見てるの。
それに対して何とかしようとか思わない。ただただ見てる、感じてるだけ。
対象は不快感のみ、一日10分まで。多少とも精神不安定な人はやっちゃダメ。
軽いものならすぐ落ちる。最終的には一日中やれるのがベストだが
初心者が長時間やると絶対失敗する。


668 :五つの王国:2006/04/04(火) 22:02:12 ID:dG9K+hWj
>>666
別に反論のつもりでも、難癖をつけるつもりでもなく、質問させてください。
嫌な記憶なのはなぜ?よい記憶をお落とすのも同じやり方でいいのでしょうか。
たぶん精神的にとらわれがあって悩んでいる人には、この方法は有用なのかも知れませんが、
そもそもKは記憶そのものから自由でいることが大事だと言ってると思うのです。
それも同じような方法でいいのでしょうか。
Kは方法はないとも言ってたので、この質問自体おかしいも知れませんが。

669 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 22:24:45 ID:aLd1A3h3
>>668 難しい質問です。わたしには正直わかりません。
多分Kで悟る人はKが居なくても悟れたのだと思います。
よほどの才能がある人以外は、方法はない、と言われたらそこで終わり。
ご指摘のとうり、とらわれがある人の為のメソッドです。
ただとらわれの無い人が、現代社会にいるかどうか・・・
この方法は記憶に感情がまとわりついたもの、複合観念=コンプレックスの解消法です。
コンプレックスを持つ覚者が居るはずはないので、私ははじめの一歩から
始めています。


670 :五つの王国:2006/04/04(火) 23:22:31 ID:dG9K+hWj
ありがとうございます。
生きることの目的・意味がどこにあるのか、わからず、ないのかもわからず。
で、楽になることでそのことに近づけるのなら、それでいいのかも知れないですね。

671 :名無しさん@3周年:2006/04/04(火) 23:32:27 ID:nE6Vwx0D
内観みたいやなw
自己を真に見切ることが
出来ていないで、k読むと言葉遊びで悦に入ることとなり、逃避そのもの。
k的情熱を持ち続けるということは大変。
社会生活の中にあって、自らの生活を成立しながらも尚且つ
情熱を持ちつ続け体現していくのもその生活の故ながら
依存し自らを失うのも人間。
情熱の枯渇とならんよう願うのみ。

672 :五つの王国:2006/04/04(火) 23:36:20 ID:dG9K+hWj
沈黙なら分かるが、情熱はいるのかい。

673 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 00:18:36 ID:zD9BNhxZ
しったかブッタ出現のメカニズム

ぎーさ ぎーさ

674 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 01:22:33 ID:xyfTFTz+
スレが荒れる時は、>>671の様な断定的な物言いをする人が現れた時
に限る様な気がする。

675 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 01:58:13 ID:7fXLbgUM
しかし気が狂うくらい真理を求めた人って歴史上何人くらいなんだろ?
なんにせよ俺には_

676 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 05:32:36 ID:7zvoqV0f
俺を含めて、ざっと百人ぐらいかね。

677 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 11:42:16 ID:FI84wYEQ
>>668
Kの、方法は無いというのは
ある目的達成のための手段という構図、はあくまでも自我が
あってのもので、そもそも自我に立脚しないスタンスだから
方法を使うことが無意味だと言ってるのでそ。

678 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 20:52:41 ID:Zxqe2pgh
方法=当時の白人の生き詰まった規制の宗教の意

オーダーメイドの栗主名無し流帝の発言集を
何でもかんでも今時の主観状況に当てはめて参照するのは
間違いの元凶。
真理はそれぞれの個々人にあり

679 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 22:23:24 ID:lM9kxCtZ
>>677 多分そんなんだろうと思う。Kはサーキャ派の部類にはいるのだろう。
禅坊主が命掛けで修業してもダメで、師に「お前死んだほうがいい」って言われて
橋の欄干に足をかけた瞬間大悟した。と言う話を何かで読んだ。
そこには方法など無い。しかしその禅僧が命掛けで修行した、と言うその努力を
見逃すとやっぱり失敗するのではないか。「自我に立脚しないスタンス」
凡夫には理解はできない。「方法など無い。何を言っても無駄。」それを
十分過ぎるほど知りながら、来る日も来る日も語り続けた禅師達の心を思うと・・・

680 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 22:45:33 ID:lM9kxCtZ
>>671 自己を真に見切ったら、それは悟りだよ。

681 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 22:45:45 ID:srHWIzAL
いや俺はどうもその努力ってやつがしっくりこない

682 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 23:04:38 ID:lM9kxCtZ
ならそれでいいんだよ。

683 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 23:39:58 ID:jgwKGDlx
低エネルギー状態にある脳の活動=自我という中心とその対立物との間に起こる運動を基礎とするあらゆる精神活動は、分裂状態にあるがゆえに常に狭い空間内の中に閉じ込められており、
それゆえ存在を根底から変容させるようなエネルギーにはなり得ない。
それが可能になるには人の存在全体が高いエネルギー状態にある必要があり、それは人の心身の感受性が極度に高まったときに可能となる。
感受性はいかなる精神活動によっても故意に高めたりすることはできず、結局、意図や認識というような固執点が精神内に起こりえないほど機敏知覚し続けるしかないのだろう。
それゆえ何かの方法にのっとった修行法や、聖典の読誦は無意味。
自分の日常に単純に知覚することからはじめ、いかなる意図もなしにただ知覚し続ける中で、人の存在全体が知覚の波に乗っていく。
そうしていくなかで、何かに到達したり達成したりしようとする願望そのものが『錯覚』であると、何の意図もなしに突然知覚される時がやってくる。
もちろん心の底でその事を心待ちにすることなどできない。
もしそういう思いを自身の心に発見したら、それを押さえつけようと抵抗したり思考したりしないで、自分がそういう思いを抱いているという事実そのものに単純に気づいていることが大切。
そのようにして、ただ今自分が考えていること、感じていることにのみ知覚を留めていなさい。そうして抵抗なく知覚とともに流れていけば、その知覚の波は広く、深くなり、やがては爆発するほど
強大になっていきます…。とKは言っていた。

684 :五つの王国:2006/04/05(水) 23:53:02 ID:wL/4hUNJ
広がっていく知覚。波紋のように。外へも内へも。
波の中で心地よく生きてみたいね。

685 :名無しさん@3周年:2006/04/05(水) 23:54:56 ID:7Hb94hkY
くりぃむしちゅう?

686 :名無しさん@3周年:2006/04/06(木) 01:02:42 ID:3GM5vGfP
>>683
よくわかんないけど簡単に言えば自分の素直な心を知るということ?

687 :名無しさん@3周年:2006/04/06(木) 01:38:31 ID:Ov7mf1Nk
心と言ってしまうと大雑把すぎ
世間では心から、というと真実ぽいが
そうではないね。むしろそこが大問題だと思ふ

688 :名無しさん@3周年:2006/04/06(木) 22:52:56 ID:ZKXpFhhE
クリシュには実はせがれがいた。そう、隠し子だ。彼はいつも
英国紳士風を装っていたが、たびたび、インドに「出張」していた。
その際にもうけた子がいた。その名をマヘーシィという。
そして、クリシュは世間に騒がれるのを良しとしなかったので、そのうわさを
消したかった。そして、厄介にも弟子入りを志願しているビートルズのことでも
頭をいためていた。一計を案じたクリシュは愛息子マヘーシーにビートル
とシャンカラのレコードをもっていってやった。


無邪気なマヘーシーはビートルズに近づいた。われこそはシャンカラチャリアの
遺髪をつぐものだと暗に示しながら。ビートルズはひっかかりマヘーシー
に弟子入りを志願した。マスコミはビートルズのインドかぶれにやっきになった。

クリシュはうまくなったと感じながら、大好きなインド料理をつまんだ。
「やっぱインドはいいよな。手で食えるし。あのやっかいなフォークと
スプーンは食事をまずくする。」
「それからまさかあのマハシリが俺の子とはだれもきづかない」
「それから・・・・・・・・・ふっHAHAHA」


クリシュは叫んだ「フォー」
そして夢だった、サドゥとなって約3年間をすごした。
これが人のいうところの(クリティシュー空白の3年間だ)

【黒の章クリシュとその時代第一】



689 :名無しさん@3周年:2006/04/06(木) 22:56:48 ID:ZKXpFhhE
http://chaichai.campur.com/indozatugaku/sadhuphoto.html

690 :名無しさん@3周年:2006/04/06(木) 23:05:23 ID:ZKXpFhhE
“3枚目の左端にかろうじて写っているのがクリシュ”
    《少し焼けているようだ》

691 :名無しさん@3周年:2006/04/07(金) 07:49:36 ID:hnZKy6YU
>>このスレから出て行け。

692 :名無しさん@3周年:2006/04/07(金) 07:50:36 ID:hnZKy6YU
>>688
このスレから出て行け。

693 :名無しさん@3周年:2006/04/07(金) 20:28:50 ID:8QLKuSRG
反応するのやめよう。

694 :既知外@逝ってみたい:2006/04/08(土) 00:05:11 ID:LwGoNFgB
真面目過ぎる人は鬱病になりやすいそうだ。
いや、鬱の話がしたいわけじゃないよ。
あまり深刻になりすぎると楽しめなくなるから。
不真面目な俺でもあこがれだけはある。
kは正直かっこいいと思う。

695 :四零九:2006/04/08(土) 08:50:27 ID:I2LF5YFo
ばんこーー、仕事してないんだろ?、、旅でもしてみたらどうだい?

そして詩をつくれ、俺なら買うぞ

696 :名無しさん@3周年:2006/04/08(土) 12:57:56 ID:Q6aWf/j6
  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) チャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

  ∧,,∧  豚肉も入れるよ!
 (;`・ω・)             ヘ⌒ヽフ⌒γ
 /   o━ヽニニフ       (・ω・ )  )
 しー-J              しー し─J )))))

  ∧,,∧  ・・・
 ( ´・ω・)             ヘ⌒ヽフ⌒γ
 /   o━ヽニニフ       (・ω・ )  )
 しー-J              しー し─J

                          ∧,,∧  野菜だけでもおいしいね
                         (・ω・  )
             / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ・゚・ 。・゚/(_,   )
            /         ̄ ̄ ̄ \、_)
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄
  ε ⌒ヘ⌒ヽフ ブヒ♪
 (   (  ・ω・)
  しー し─J ヽ・゚・ 。・゚/
           ̄ ̄ ̄

697 :名無しさん@3周年:2006/04/10(月) 20:50:03 ID:fGphQVnS
kの言う思考と思考の間隔って酒飲んだらちょっと拡がらねえ?

698 :名無しさん@3周年:2006/04/10(月) 23:30:48 ID:y70KLJDn
サイケデリクスでもなw

699 :四零九:2006/04/11(火) 18:44:24 ID:JOcCaDsN

逆境にあって平然、

   順境にあって淡々、

      人生達人の極意

700 :名無しさん@3周年:2006/04/11(火) 19:04:31 ID:MH4m1hsU
月の如く
 凡の凡にして
  玄人なるかな



701 :名無しさん@3周年:2006/04/13(木) 10:54:06 ID:D158QVDX
クリシュナの人ってよく風邪ひくな!やぱ肉食わないからか?

702 :名無しさん@3周年:2006/04/13(木) 20:17:14 ID:z9uWCD3T
仏教の教えというものを現代語でいえば、人間の自覚を見出す心を明らかにするものである。

然し此の自覚を仏から与えて貰う事を予め期待するのは乞食根性である。

人を眠らす事は救いではない。自覚の目を開くことが救いである。



703 :名無しさん@3周年:2006/04/13(木) 21:14:02 ID:I2hUBdEs
般若心経に「願わくはこの功徳をもってあまねく一切におよぼしわれらと衆上と
皆ともに仏道を成することを」
などとよく付け加えられるように、人間関係はまた無限の良さや悪さを
もっている。どちらかにはまると、すぐさま地獄ゆきの片道切符。
それほど人間は複雑怪奇。

だから、弥勒菩薩は何十何億年後に衆を救いにやってくるとか、
その辺は曖昧。


ということは菩薩になったつもりで何十何億年生きる覚悟をしなくちゃ
いけない。

何かもひとつわかりかねる。

704 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 02:35:14 ID:XdrQncKz
ここで今一度聞いてみたい。kの言う今の自分を見るというのは
どういうことなんだろう。

一般に「今の自分を見る」という時は、自分で現状の自分を客観的
分析的に見るという事だろうけど、kのいう意味とは違う感じ。

かと言ってその「自分」が純粋に主観的な意味合いを持つ言葉だと
仮定してみても、今の自分は絶えず見ている側であって、見られる
側にはならないというのがその論理の帰結になる。

もしくはその自分でもなく、自分を中心に形成される概念の動き
としての自分を見続けるという事なのだろうか。ただし、そう
するとその概念以外に物事を捉える知恵の働きがあるということ
になる。

どうなのだろう。

705 : :2006/04/14(金) 04:18:48 ID:JC6Tq4V3
ただ気付くこと

706 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 06:57:34 ID:wnOCuGig
病気になればその片鱗がわかるよ・・・・癌レベルだが

707 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 07:53:35 ID:Gd+OJAuN
 「見ている」、「気付いている」という意識があるのは自己という中心がある証拠ではないでしょうか。突き詰めれば“見ようとしないで見る”という矛盾した例えで語るしかなくなるような地点に辿り着くのではないでしょうか。
 その状態に於いては累積的過程も識別もなく一切は生滅し去来するだけ。見つめているのは私とも他の何かとも断じることができない静けさ。
 それをKは英知と読んだのではないでしょうか。

708 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 19:54:24 ID:fGiTVApy
自分の場合、「自他共に区別をつけにくい静けさ」は「自然」といいう
言葉におきかえるとわかりやすい。
「自然の中で休んでいるだけだと気づいてほしいと願わんばかりだ」と
生物学者で登山家の今西錦司はいっていたそうだが、ふと自分で気づきながら
感情の暴露もなく思う中心がないことはたまにあるが、それが自然だと思う。
また、最近NHKの「命で読む般若心境」で、柳沢さんという生命科学者が述べて
おらたことだが、ふと自分の気になることを言われたと感じた私さえも、いなかったと
したら・・・と考えた折に目の前が開けた云々、それも自然だと思う。

わかりやすい時にはわかりやすいだろうし、わかりにくいときにはわかりにくい
言葉で述べたkの言葉もまたkの自然の成り行き。
 個人的にはkにこだわると大きい悟りを期待してしまうが、悟性に大きいも
小さいもなく、、、

どうだろう。個人的にはクリシュナムルティは一番尊敬できる人であったと
睨んでいるが、他にも最近気になる人はいる。上記であげた、今西錦司だが、
インターネット検索で伊谷純一郎アーカイブスで見れる、左右の目が点でばら
ばらで、焦点があっている、オランウータンを抱いた写真が興味ぶかい。
というか、面白い悟りかたをした人もいるもんだと思うのであーる。

自然とは云々。
そのまま言う人もいれば回りくどい人もいる。
でも結局は成るようになるんだw
成るようになるってみんないうんだ。ww




709 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 20:08:13 ID:fGiTVApy
調子よく酔ってきたのでまた、書きたいんだけど、
「相似と相違」について。

親近感のある人は言葉などいらないだろう。

現実、パラレルな人とはどこまでもパラレルなのだけれども、
そういう人は相違点を気づかせてくれる。気づくということはいわずもがな
しっているということである。

ということはどこまでも暗にどこまでもつながっていることを示していると
思うのは俺だけだろうか。

710 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 20:31:57 ID:fGiTVApy
このまえ、クリシュナムルティを覚者としてみているものと
否としているひとの二通りが、ここにいると書いてあったけれど
、自分は前者で覚者としてのkに興味がある。
で、興味アルレスがついてないので、脱線しました次第です。あしからず。



711 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 21:18:35 ID:fGiTVApy
またまたの書き込みになるのだがスマソ
覚者の第一条件は何だと思う。自分は暇だとおもう。

トヨタでバイトしてたころあるんだけれども、最初は自分の作業で
手一杯。でもふと気づくと、自分のしてる作業を忘れてる瞬間がある。
そうした時間が増えると、また他の仕事を覚えていくように自然となる
わけだが、、そうしたことから得た直感は、暇を感じるとき、人は合理性
を得、他の物事を覚えたり、気づいたりするようになる。(暗黙知などと
いわれているけど)

クリシュナムルティは膨大な暇を必ず、いつのときかに見出しているはずだ 
と思うのだ。それはなんによってか、何を教えられたからか、何を聴かされた
からかとても興味深いのだ。




712 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 21:22:13 ID:fGiTVApy
また、膨大な暇を見出したときは、人は鬱とか心身症的症状に
陥るのがおおよそであるが、なぜ、彼はそういうものを寄せ付けずに
いられたのかとか、非常に興味深し

713 :ばんこ:2006/04/14(金) 21:24:44 ID:fGiTVApy
また職場変えて仕事してます。金がたまったら旅もしたいし
詩もかきたい。ありがとおおきに>四零九

714 :既知外@逝ってみたい:2006/04/14(金) 21:50:32 ID:L340o8Mr
「真理は、そこへ通ずるいかなる道も持たない領域である。
真理は限りないものであり、無制約的なものであり、
それゆえ、ある特定の道をたどるように人々を指導し、
あるいは強制するようないかなる組織も
形成されるべきではない。」

なぜkは神智学協会から離れたんだろう?
その本当の理由が人に教えられない何かってのじゃないんだろうか?
と、つい妄想してしまう。

715 :名無しさん@3周年:2006/04/14(金) 23:12:32 ID:wnOCuGig
真理を見つけたら悪魔がやってきました
それを頂けませんか?組織化しますので。

さんざん言うたとえ話、やっぱ裏はないのでは。

716 : :2006/04/14(金) 23:41:45 ID:JC6Tq4V3
自全

717 :名無しさん@3周年:2006/04/15(土) 08:33:07 ID:QlyPgjE6
714
>その本当の理由が人に教えられない何かってのじゃないんだろうか?

それは何だと思うっての?


718 :名無しさん@3周年:2006/04/15(土) 10:49:14 ID:tlPEXS3C
裏と言えば・・・・金か女だな

719 :既知外@逝ってみたい:2006/04/15(土) 11:22:24 ID:XULDW/Sl
>>717
何だろう?
それは我々には知られたくないことか。
それは我々には受け入れられないことか。
それは我々の立ち会いを経ずに成された約束か?

よくわからないけれど人間の救いようのなさの原因なのかもしれないな。
葛藤してはいけないと葛藤を生み出してしまうような。


720 : :2006/04/15(土) 12:53:12 ID:aEpqcToS
直すことではなく観察すること、気付くこと

721 :名無しさん@3周年:2006/04/15(土) 20:08:14 ID:+T0pwt+L
ウラないんじゃないの。何度も真摯に説明してるままだと思う。
ただクリシュナムルティが大切にしたいと思っていることと、
世の中の理想や常識が大きく違うように思うんで、
広く世の中に理解されるまでにはまだ何百年もかかるかもしれないな

722 :既知外@逝ってみたい:2006/04/15(土) 21:06:59 ID:XULDW/Sl
kの言葉そのものには何も裏なんてないと思う。
神智学協会が何かを隠しているのかに興味があるだけ。
真理と組織は相容れないものだと俺も考えているけど、
それだけがkが遠ざかった原因なのかって。

そんなことよりkの言葉に浸ってたほうがいいんだろうけど。


723 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/04/15(土) 21:49:36 ID:ZKUfh2E/
>なぜkは神智学協会から離れたんだろう?
>その本当の理由が人に教えられない何かってのじゃないんだろうか?

種明かしをするとまた問題になる。星の教団代表への依存は続いたままになる。
だから離れたのではないか? Kはマイトレーヤの器として期待され、
マイトレーヤとして崇められ祭られたのだ。しかし彼を取り巻く人々は、
彼の言葉は聞いたが目覚めはしなかった。だから星の教団を解散し、
神智学協会を去ったと私は考える。

そこにあるのは教団や指導者への依存であり、
知識への依存であり、自らの伝統や経験や信仰心や瞑想への依存なのだ。
しかし、それら全ては人を眠らせてしまう。人を目覚めさせるには、破壊と
終局は必要だ。

救世主や覚者が現れれば、世の中は平和になり、全ての問題は解決し、
私たち一般民衆は悟りに近づくか?
否だ。「真理は道なき大地」それが現実であり、それを人類に突きつけるのが
覚者の仕事であり、救世主の仕事ではないだろうか。人々の生きる事の苦しみが、
人々真の幸せに導く。問いかけの先に真の悟りがある。分り易いものに価値は
なく、分りにくいものの中で悟りは自らの裡に進行する。

そして先輩たちは私たちを見守っている。
これがクリシュナムルティが教えてくれたことであり、私の中の宝だ。

724 :既知外@逝ってみたい:2006/04/15(土) 22:27:03 ID:XULDW/Sl
>>723
ありがとう。
kは別としても見守ってくれている先輩達が何かに依存してるんじゃないか?
なんて考えちゃうんだ。

725 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 10:05:28 ID:SdOhK43r
>>723
祭る→奉る

726 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 19:27:39 ID:/nG3wuv0
Kは僕に宗教に頼り盲目的になるクレイジィさと無宗教であること
組織に所属することの無意味さを教えてくれた稀有な人。
今僕は一切の宗教に関わらないことに盲目的w
教祖の名はクリ主ナムル帝ーーーーww

727 :名無しさん@3周年:2006/04/16(日) 23:42:19 ID:JPTAC65W
なーぜ、ユダヤなのか?
なーぜ、イスラエルなのか?
なーぜ、フジサンケイグループであるフジテレビに手をつけようとしたライブドア
はつぶされたのか?
実は日本は真の意味で独立国ではないのだ

728 :ちょっとそこらで栗拾い。:2006/04/17(月) 00:28:05 ID:9AfTiRTC
>kは別としても見守ってくれている先輩達が何かに依存してるんじゃないか?
> なんて考えちゃうんだ。

それはごく自然な考えだと思うよ。

先輩には依存できるようでできない。しかし先輩がいるということを知ると、
自分が唯独りで歩んでいるようでも、何かこころ強いじゃないか。何も具体的
なことを教えてくれなくても、ガンバレという手紙をもらうだけで自分の中に
強さが湧いて来る。そうじゃないか?
それは依存だろうか? 私はその手紙に依存するだろうか?
それは依存ではなく贈り物なんだ。こちらから何も求めていないのに、あまり具体的に
役に立ちそうにないのに、その贈り物はわたしに力を与えてくれる。光を与えてくれる。
それについて、誰も何も表現できないが--Kでさえ表現しなかったけれど、
でも、それを知ることはこの世界がただしょっぱい世界じゃないことを教えてくれる
貴重な宝物なんだ。Kを読むことはしょっぱいようで甘いんだ。わたしはそれを
声に出していいたい。みんなに伝えたい。

729 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 12:32:07 ID:nEry4zWJ
ありがとう先輩。
先生は好きになれないけど先輩は好き。

730 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 12:34:27 ID:S+q8dqLj
先輩も先生も好きっ(´Д`;)ハアハア

731 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 20:38:24 ID:b+gXEZ4D
家庭教師に(´Д`;)ハアハア


732 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 20:44:36 ID:xYOkmUyz
生徒も(´Д`;)ハアハア

733 :名無しさん@3周年:2006/04/17(月) 20:53:05 ID:8jZDdlVw
>>727 真実を語るとチェックされるぞ。

734 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 18:50:45 ID:8sN9nQAX
妄想乙

735 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 21:13:50 ID:6ioeO3Ce
↑勉強不足。

736 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 21:22:01 ID:zwKADtmL
あげ

737 :名無しさん@3周年:2006/04/18(火) 23:55:48 ID:8sN9nQAX
我が身が惜しくて悟りとは矛盾www

738 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 16:59:53 ID:Zjc/Lx0L
山田オルタナティブでも使うか、宣伝にはもってこいだ

見てしまった者は、潜在意識に染み付いてしまって、それはもう・・・・

739 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 19:37:31 ID:4xPvDzip
そんなもの使ったら、蝶チョ結びの刑だぞ!

740 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 20:34:33 ID:7rD0X21I
らーらーらーらー
らってぃらららら
らったらつぁつぁらららー


741 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 20:41:06 ID:7rD0X21I
取り合えづ真剣であること
真剣という言葉にに反応できること




没後??年
その・・・
大きい。


742 :名無しさん@3周年:2006/04/19(水) 20:57:12 ID:nkjFFDH1
仏陀は私の教えは、知るほどに甘くなるといっていたそうだが。・・
クリシュナムルティも読むほどに甘くなるのかもしれないね。

若いという字は苦いという字ににている。
一切は苦だとしれば次には甘さがくる。
いっぱいのコーヒーみたいなもんさ。人生は。
さよならだけが人生なんだな。
寄せ書きみたいだけど。





743 :名無しさん@3周年:2006/04/20(木) 04:08:30 ID:0o1SADrW
希望とかの観点からみると
全ては苦で出来てる気が。
止まない雨は無いとか、明けない夜は無いとかいうけど
人間最後は死んでしまう。希望は果たされず、さみしさが残るだけ。
さよならだけが人生、は確かに名言だと思う。

744 :四零九:2006/04/22(土) 18:37:44 ID:18Gsqfed
人生は楽ではない

  そこが面白いとしておく

    コピー&テースト

745 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 20:07:36 ID:18Gsqfed
テロは新しいタイプの戦争の道具である。同時に、国際的テロはメディアとの
共謀によって地球規模の管理機構となる。明らかにメディアと恐怖の密接な結び付きによって、
国際政治をねじ曲げ、現実を変更させる条件を作り出す。

746 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 20:47:07 ID:RgqIOOt1
バカは死ななきゃ治らないってこともあるし

747 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 20:58:20 ID:iOYiqprz
>>743 貴方のような感性を持った人が、資本主義カルトが終焉した時
必要になるんだよ。

748 : :2006/04/22(土) 21:28:36 ID:uK3uOfET
カルキ「悟りは苦しみから始まる」

749 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 21:33:33 ID:iOYiqprz
ここの人達仏教スレで語ってきてよ。
K読め。っていいたいけどニューエイジだなんだ始まるからさ・・・
ここの方がずっと仏教てきだよ。

750 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 21:53:03 ID:3P1BVMg8
そうそう、Kの言葉の中には、仏教の教えの確信がさらっと
言われていると思う時がよくある。本当に、さらっと言っているから
昔の難しい経典をよんでこそ、有難い真実がわかると思っている
脳足りんの方々には、近づきがたいかもしれない。

751 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 21:55:26 ID:3P1BVMg8
「確信」 は 「核心」 の間違いでした。あしからず。

752 :既知外@逝ってみたい:2006/04/22(土) 22:13:17 ID:ivu+nRGp
何をどう読み取るのかは、読み手の能力にかかっている。

コピー&ペースト




753 :名無しさん@3周年:2006/04/22(土) 23:14:25 ID:IUqquQqa
今の仏教は、お釈迦さんの頃のシンプルな教えからかけ離れてるからね。
仏教自らが広げすぎた概念の呪縛に仏教それ自身が取り込まれて身動きとれなく
なっている。「分る人には分らない」仏教なんて現状をみて、釈尊は何と思うだろうか。

仏教の本質が分っている人程この事実をなんとかして、シンプルにしようと
考えているかもね。確かに頭の固い仏教者程「クリシュナムルティを読め」だ。
そういえばダライラマはKと対話して感銘を受けたそうだね。彼の伝記にそうあった。

754 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 00:15:32 ID:Iiskel/d
>>742
確かにk一番初め読んだときは抵抗が強かった。あの時はよく効いて
たんだろうな。

755 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 00:50:40 ID:9YvShA++
今kの日記をちょっと読んだ。
透き通るような文だね。

756 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 01:26:45 ID:6tz5HGZY
はじめKは特効薬みたいに効くけど
だんだん自我にも耐性が出来てくるよね。
まるでインフルエンザウイルスだ。
あ、自我ってウイルスなのか?

757 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 02:23:56 ID:f/75HVMa
>>753
ダライラマってKと会ってたのか
Kに感銘与えた仏教徒って誰かな、と思ってたがダライラマのことなのかな
なんとなく鈴木大拙かと思ってたら悪口言ってるし・・・

758 :名無しさん@3億年:2006/04/23(日) 07:19:47 ID:kcOaGXvJ
>>757
悪口ってどんなこと?

759 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 09:22:01 ID:kXASJJB1
2006年ベンジャミン・クレーム来日講演会(内容案内)

東京
5月13日(土)PM 2:00〜
日比谷公会堂 
日比谷線「日比谷」駅 A14出口より徒歩3分
丸の内・千代田線「霞ヶ関」駅 B2出口より徒歩4分


大阪
5月20日(土)PM 2:00〜(開場 PM 1:00)
大阪厚生年金会館 芸術ホール 
地下鉄:四つ橋線「四ツ橋」駅 2号出口徒歩5分
長堀鶴見緑地線「西大橋」駅 2号出口徒歩5分
地下鉄:御堂筋線、中央線、四つ橋線「本町」駅 23号出口徒歩7分


名古屋
5月23日(火)PM 6:00〜(開場 PM 5:00)
名古屋市公会堂
地下鉄:鶴舞線「鶴舞」下車、4番出口より2分
J R:中央本線「鶴舞」下車、公園口より2分



760 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 10:07:18 ID:f/75HVMa
>>758
2回くらい会ってたと思う
で感想が、「高いところから話しすぎる。自分は手を汚そうともしない」みたいな感じ

761 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 11:58:00 ID:6tz5HGZY
それは大拙の感想だよね

762 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 12:41:46 ID:f/75HVMa
うん。まあ悪口と言うほどでもないか。

763 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 13:02:47 ID:nUED+nH8
ダライラマはKのことを「シンプルで分り易く、そして最も感銘を受ける言葉を言う人」であるとか
いう評価をしていた。悪口は大拙の方じゃないのかな。

>「高いところから話しすぎる。自分は手を汚そうともしない」
これって大拙を含めた日本の仏教人全部に当てはまるとも言えるな。今となっては。
大拙にはKの言葉は批判に聞こえたのではないだろうか。何か痛いところを突かれたん
だと思うよ。

764 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 16:53:58 ID:lubjzFih
>>764
クリシュナムルティは、現実から逃げようとせず現実を虚心に観察していくことで、
たとえば恐怖から開放されると言っているよね。で、俺はそれはすごいと思って、
たしかに希望を持つわけだが、実際のところ俺は恐怖から全然開放されてないんだが。
おまいらはどうよ?

765 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 17:09:26 ID:MQuDIbDC
>>764
多分、クリシュナムルティに頼っても、恐怖からは解放されないと思う。
歎異抄を読んだ方が薬にはなる。少なくとも俺には、またとないいい薬に
なった。

766 :四零九:2006/04/23(日) 17:09:59 ID:k0hvjnKl
それはあなたが既知の領域から踏み出そうとしないからではありませんか?

ブルブル・ガクガク震えてでも立ち向かって行かなければ、超えられない壁がある

767 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 18:10:12 ID:NKvnw4i8
 ある特定の状態から解放されようと努めるのは願望であり、それこそが恐怖の産物。
 観察するといっても「恐怖から解放されなければならい」という観念を持ち込んではいけない。
 観察者としての「私」がいる限り「私」は「私」を越えられない。
 「私」が「私」を自由にするのは不可能であり一人芝居みたいなもの。
 あらゆる状態に於いて変えようとするでなく留意し「私」を介在させず方向性や理想なくただ気付く。観察する中心「私」がなくならない限り変容はない。
 恐怖を自らと別個の取り除かなければならない病巣みたいに考えてる内は自縄自縛状態でしょう。

768 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 18:39:09 ID:lubjzFih
>>767
私もクリシュナムルティを読んでいるわけですから、そういったことは
当然一応分ってはいるわけです。私が聞きたいのは、
クリシュナムルティを読んだ人の中で、その自縄自縛状態から脱して、
「変容」が実際に起こった人がここにいるかどうかです。
あなたはどうなの?

769 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 18:43:29 ID:Tgb0KwPV
そうだよね。Kは「貴方が恐怖そのものなのだ」って言ってるよな。

770 :四零九:2006/04/23(日) 18:52:25 ID:k0hvjnKl
変容の過程(進行のプロセス)を説明することは出来ないと思う。

変容前と変容後では自分というものがまったく異なった状態にあるのだから

freedom from the known

Kも確か、教えることは出来ないと言っていた

771 :四零九:2006/04/23(日) 18:55:59 ID:k0hvjnKl
>>767
>>あらゆる状態に於いて変えようとするでなく留意し「私」を介在させず方向性や理想なくただ気付く。
これってどういう状況のとき、どのようなありようなのか具体的に聞きたいです。

人間は気づくだけでなく、行動する生き物でもありますから。


772 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 19:06:59 ID:lubjzFih
> ある特定の状態から解放されようと努めるのは願望であり、それこそが恐怖の産物。

クリシュナムルティはそういうことを言ってるし、
彼の本を読んでファンとなった人もそういう言葉を繰り返しますね。
>>767に書かれているようなことを現実のこととして本当に理解すれば、
その理解そのものが現実からの逃避である「観察者」の活動を終わらせ、
その空白の中で「観察者のいない観察」が生じ、
それが変容を引き起こす、とか。
しかし、この彼が言っている変容を実際に経験した人って、ここにいるの?


773 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 19:39:02 ID:lubjzFih
>>770
私は変容の過程を説明することを求めている訳ではありません。
仮に説明が出来たとしても、それを聞けば変容が生じるという訳ではないでしょうし。
私が知りたいのは、ここでクリシュナムルティについて語っている人たちが、
私自身がそうであるように単に彼の語る変容の可能性を信じているだけなのか、
それともそうでない人たちがいるのかということなんですが。

774 :四零九:2006/04/23(日) 20:07:27 ID:k0hvjnKl
>>772
「観察者のいない観察」を認識するのは誰なのでしょう?
それを認識する者も観察者である

つくづく神秘思想ですね

775 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 20:12:01 ID:xTVjGMV8
>>773
難破船で救助ボートの定員が5人のところ8人漂流立ち泳ぎ
海の中には匂いで嗅ぎつけたサメがうじゃうじゃ。
あんたどうするね?

776 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 20:51:28 ID:lubjzFih
>>775
さあ、その場になってみなければ私がどうするかなんて分りませんよ。
ところで、禅問答めいたものには無縁なので、率直にお聞きしますが、
その質問の意味は何ですか?

777 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 21:01:55 ID:Iiskel/d
>>775
確かに真剣に物事を考えざるを得ない状況に陥らないと、
我を忘れて真に物事を見る事なんて出来ないね。普通は
頭が無駄に働く余裕があったら、あーだこーだ考えて、
結局ちゃんと見れないもん。

778 :名無しさん@3億年:2006/04/23(日) 22:13:49 ID:kcOaGXvJ
>>770
プロセスだけでなくテクニックもないらしいよね。
でも出来ることはやってみないと何もならんか・・。
>>773
俺は変容してない。でも信じている。
同じだね。それでいいと思う。
>>775
自分がどんな立場にいるのかわからない。
ので何をしたらいいのかわからない。
>>776
大抵その質問には答えてもらえないことが多いよね。
そんな奴らはごろごろいる。
自分だけわかってるふりをしてるような人。
俺にはふりすら出来ないが。




779 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 22:31:39 ID:lubjzFih
> 俺は変容してない。でも信じている。
> 同じだね。それでいいと思う。

率直に言えば、自分のこととして考えたとき、私はそれでいいとは思えません。
良くないからといってどうすることもできませんが。

780 :名無しさん@3周年:2006/04/23(日) 23:18:32 ID:MPrDbiDk
>>759
行きたいけど行けないだろうなー。

このでクレームの講演会行く人います?
クリシュナムルティが今、転生してるか質問してきてくれ。

781 :名無しさん@3億年:2006/04/23(日) 23:26:32 ID:kcOaGXvJ
率直に言えば俺もいいとは思ってない。
だから、いろいろまさぐってるわけで。
と言ってどうすることもできないから、まぁいいか・・と。

「どんな人も
よく自分自身を観察している
自分自身と正面から向き合う
みんな自分自身を見つめると言う 」

ネットでたまに出会う「それらしい人」がいるから信じられるんだ。
「それらしい人」たちは自分の言葉でkのようなことを語っている。
成るようにしか成らないって言う奴もいる。俺もそう思う。


782 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 00:34:34 ID:BvRvO5kD
>>775
よくある質問パターンだけど、
選択肢がある状態って自我が損得、快不快などを計ってるわけで
緊急時は脊髄反射みたいに行動しちゃうので
計測不能だよね。
そんな、瞬間に集中した「今を生きる」っていうのが
自分で出来る最高の人生の生き方なのでは。
ホームでの人助けとか。
とにかく、拝金主義とか安全主義みたいなのは
問題(人生のクライマックス)の先延ばしだと感じる。

>>780
変容したひとはもう転生しない。


783 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 01:00:16 ID:IWevveb6
>>775
                        ∩___∩  
     __ _,, -ー ,,             / ⌒  ⌒ 丶|   喝!でも猫を斬っても
      (/   "つ`..,:         (●)  (●)  丶     鼻をひねってもいいから答えは何なの?
   :/       :::::i:.        ミ  (_●_ )    |  
   :i        ─::!,,     ハッ  ミ 、  |∪|    、彡____  
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●    ハッ    / ヽノ      ___/
    r "     .r ミノ~.      ハッ   〉 /\    丶
  :|::|    ::::| :::i ゚。            ̄   \    丶
  :|::|    ::::| :::|:                  \   丶
  :`.|    ::::| :::|_:                    /⌒_)
   :.,'    ::(  :::}:                    } ヘ /
   :i      `.-‐"                    J´ ((
                                   ソ トントン

784 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 05:45:37 ID:iaR7mWbR
>>768
 個人的にbeforeからafterの状態を評価するのは詐欺だと思う。
 「私は変わったものだ」と嘆息したりするのは前の状態を覚えていて尚且つそれを超越した自分がいるというヘンテコな状態だから。
 そして仮に俺がここで「変容した!」って答えたとしてその答えは相当、胡散臭いもんじゃないかな?
 本当に変容の可能性に興味があるなら一定数のサンプルをきちんとした基準を定めて恒常的に観察し続けるしかないかな。がそんなことできんのかな・・。色々難しいわな。
 やるんなら協力するけど。

785 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 07:51:35 ID:Zv3UZyx2
>>780 クレームは非常に危険な人物だから近づかない方がいいよ。

786 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 10:52:43 ID:FtUIg77M
>>784
クリシュナムルティが言っているような変容が実際にあなたに起こったということですか?
そうであれば、私がそういう人に会うのは初めてなので、いろいろ聞いてみたい気がしますが。
一人でも見つけるのが結構難しいので「一定数のサンプルを・・・」みたいなことは無理でしょ。

787 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 12:43:17 ID:BvRvO5kD
ウタグリ部会人は結局自分だけで行くしかないよね。
どんなサンプルだっていざとなれば疑うしw
Kはそんな人向きだとは思う。
どうせグルなんて興味はあるが
本気では信じられないんでしょ?w
禅のはなしで
「お前の悟りはまだ未完だ」とかエライサンに言われ(カマかけ)
「もっと高みがあっても、私はこれで十分結構です」と言った人がいた。
それをみてエライサンが悟りを認めた、みたいなのがあるよね。

788 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 12:46:38 ID:P8C1cmpA
クレーム氏の講演会でみれます。必ずマイトレーヤからの祝福とオーバーシャドウがありますから。

789 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 14:05:34 ID:BvRvO5kD
私は何も信じない

790 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 15:42:35 ID:rc9kq9ld
kは確かに質問して答えを得て満足しようとか、悟りを開こうとか、
講演会行って祝福を得ようとかして自分を誤魔化そうとしてる人向き
ではないよな。

ちょっとでも真剣に物事を見る機会を得られれば、自ずとkの言う
事は分かるんじゃないかな。

791 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 15:51:34 ID:BvRvO5kD
信じるというのは信じたいという欲求から起きてる

792 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 20:12:34 ID:XzDKYKEx
苦があれば楽があるし楽があれば苦があるし、
何がしかの欲求があればまた、苦楽にたどりつく。
くりかえしくりかえし、そういうのをすりつぶした
あげく、瞑想にたどりつくんじゃないの。
瞑想にはなんの中心もないし、悟りすらない。
それからでないと、道理的にみても変容しえないと思うよ。
なにからのでもない変容なのだろうから。


793 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 20:17:13 ID:Zv3UZyx2
前に「小さな恋のメロディ」。カキコしたものです。あの時相手にしてくれた
優しい人達はきてるのかな?遅くなったがありがとう。
飲み屋でたまたま、ふじこヘミングウエィのショパンをTVで見た。また
昔を思いだしてしまい一人になりたくて、家に戻った。
意味の無いカキコ失礼・・・

794 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 21:58:26 ID:FtUIg77M
> ちょっとでも真剣に物事を見る機会を得られれば、自ずとkの言う
> 事は分かるんじゃないかな。

その理解は、クリシュナムルティが語っている変容を引き起こしますか?




795 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 22:40:44 ID:ZPnBWx7a
すべて私見ですが、変容といっても、
私たちのような者は、ちいさなちいさな変容(体験とか成長といってもいい)を
数多く繰り返す必要があるんじゃないかな。

一度の変容で全人格、固体が変容するっていうのは、多分、
心澄み切った存在が最期の最期の変化でおきることであって、
私らは一度の変容体験で、全てが変化するとは思うべきでもないし、
そんなことはありえないんじゃないかな。


796 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 23:12:57 ID:4KdG8GY4
クリシュナムルティの枠内だと、堂々巡りだと思う。
自分の中の、本当にどうしようもない思考とか、感情とか
邪悪としか言いようがない動きを、観察しながら、動揺せずに
いることは、多分出来ない。
俺の場合は、悪人正機の教えを受け入れることで、やっと
動揺しながらも、自分の中のすべてのうごきを、おののくことなく
受け入れることができはじめた。
Kは、それを、あたかも花が開き、しぼむのをみるように、自らの
思考を見つめるといいというが、そういう見方は、そうそうにできない。
可能性はあるとしても、すくなくとも、Kのように菜食主義を守り、生活
習慣を徹底的にきれいにして、家族ももたずにいる必要はあるだろうと
思う。小乗的な基盤が必要だろう。それも、強制的なではなく、自発的
な小乗。そうしたとしても、難しい気がする。
信心という場所を心の中に確保することを、受けいることができると、
どんなに混乱しているときでも小鳥のさえずりが聞こえる余裕を保つこと
ができるような、K的な世界が広がる。Kは、このような方便を否定
するかもしれないが、それならば、それでいい。



797 :シエロシ羊介:2006/04/24(月) 23:17:39 ID:8MjflNis
そこに愛は有るのかい?

798 :名無しさん@3周年:2006/04/24(月) 23:33:36 ID:Z56+YAVj
ほんの小さな出来事に愛

799 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 01:50:44 ID:Yc7ICQSV
>>794
もちろん!

800 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 07:24:13 ID:joHawdPr
教祖誕生!?

801 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 12:06:25 ID:JIddJhwG
なんか変容

802 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 14:15:56 ID:QsW389HE
アクシデントや個人にとってのとてつもない現実を目の当たりにしない限り
ぬるま湯につかったような日常生活では
まず人間の目覚めは無いでしょう。
想像力以前にそれは向こうからやってくるのです。

803 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 14:31:38 ID:QsW389HE
でも
大概の人は普段欲しいと言いながら
その時には拒否したり、逃避します。

戦後、街頭で傷痍軍人が楽器を奏でながら
町行く人々から幾ばくかの金銭を恵んで貰っていました。
片足の無い者、盲人となって帰還した者
ある日、そこからほど無い所をその盲人が杖をついて歩いているのが見えました。
先行く傷痍軍人の信号が黄色に変りました。
その盲人は慌てた様子で足早に横断してゆきました。

804 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 15:08:19 ID:JIddJhwG
若さとはまさに馬鹿さなり。
けなしてるのではない。ただあまりに物をしらないだけ。
そして自分の死がくるまで無駄な時間をすごすだけ。

805 :名無しさん@3周年:2006/04/25(火) 20:39:52 ID:Q1ck8n7Q
> 信心という場所を心の中に確保することを、受けいることができると、
> どんなに混乱しているときでも小鳥のさえずりが聞こえる余裕を保つこと
> ができるような、K的な世界が広がる。Kは、このような方便を否定
> するかもしれないが、それならば、それでいい

クリシュナムルティの教えというのは、「それに従う」ということができない
もののようですから、「それならば、それでいい」というのは共感できます。

806 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 00:26:25 ID:TB+TZLm9
>>803 どういう言葉を返せばいいんだ?・・・

807 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 00:55:51 ID:UfPlU2J/
kの本読んで理解できる人は結構いると思うけど
理解だけじゃ、なんか現実感ないよね。

分かるより感じたい。

kにも変容?の前にはクンダリーニみたいな事が起こってるし
ヨガでもやってみようかなぁ (´・ω・`)

808 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 01:04:39 ID:pZXzedVh
kの言う変容って分かる事でも感じる事でもないよ。

精神世界的な変容を求めている人は、ドラッグとかやった方が
手っ取り早いよ。kの言ってる変容は全く別の事だから、また
そういうのに飽きたらおいで。

809 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 01:07:42 ID:TB+TZLm9
Kで悟った人はいないよ。

810 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 01:47:57 ID:UfPlU2J/
kの変容が、分かるものでも感じるものでもないとすると
どんなのなんだろ?

kで悟った人がいないって事は、
「私はkで悟りますた!」って大声で宣伝する人が
いないって事だから、逆に信用できるような…。

811 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 02:13:37 ID:eXMh+ZSf
Kは自我の生まれ、育ち、副作用を完璧に説いた。
多くの人はそれに納得できた。
ところが納得できても体感できない。
地図をみてここに行けば極楽がアルとわかる状態。
必要なのは自分の足で進んでみる事だろう。
それは実生活の中で徹底的に醒めているということ。
この1点だけ。



812 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 02:26:40 ID:5HLYHXMm
>807

いや、ョガるオニャノコ見てると。まぢで、、
クンニダリーニが、たんでムんカから、

脊椎経由しないで、頭頂に、、

破裂しそう、あ。

こども?

ザシキワラシ??


813 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 02:33:46 ID:5HLYHXMm
マイトレーヤ?

サンジェルマン?

あ、漏れ、この間浅草でみたよ。
伯爵。
竿竹売りのアナウンスしてた。軽トラ乗って。

814 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 21:07:14 ID:pZXzedVh
>>810
kは変容について何度も書いてあるから素直に読んだら分かるよ。
素直に読まないから頭だけの理解になるんだと思うよ。

>>811
うん。ただ自己修練と勘違いすると余計ややこしい事になるね。
「醒めていなければならない」とか「気づいていなければならない」
とか。

815 :名無しさん@3周年:2006/04/26(水) 22:27:43 ID:ENYAgUEQ
>>814
プロセスの最中にあったという
(見ている)男は私だった。石は私だった。・・・世界が私だった云々、みたいな自我喪失体験は変容と関係あるのかな?
それとも「私が山でこの道を通ったからといって皆が同じ道を通らなくていい、一気に山頂へ行ける」
、という感じで、意味はない体験なのかな
よーわからん

816 :名無しさん@3億年:2006/04/26(水) 23:20:03 ID:lAzg8H4N
>>807
>kにも変容?の前にはクンダリーニみたいな事が起こってるし

ここんとこ詳しくおせーて。

817 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 02:46:17 ID:6OMnMX6B
>815
横レスだけど、
自我喪失体験はずばり変容だと思う。
自他の区別がなくなって宇宙と一体化した感じ。
悟った人がよく言う
「なんだ、真実はじめからここにあったんだ。
遠くまで探しに行くまでもなかった」みたいな。

818 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 10:26:56 ID:+MuTRz3F
>>814
> kは変容について何度も書いてあるから素直に読んだら分かるよ。
> 素直に読まないから頭だけの理解になるんだと思うよ。

分るというのは、同様の変容が自分にも生じるということ?



819 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 10:44:45 ID:LxW4PSx8
現実の生活の中では、いろんなことを選択し、決断しなければ
生きていけないわけだから、自我を確立できてなかったら
困るんじゃないでしょうか?
一時の宗教体験とその後の現実の生活との連続性はどうなるん
ですか?

820 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 10:47:31 ID:LxW4PSx8
インド人だって、特別な宗教的職業についてる人は別にして、
ほとんどの人は、サラリーマンしてますからねえw



821 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 11:08:18 ID:ymP/xaeG
記憶が曖昧になると焦りますよね。既知のものにしがみつきたくなる。
ウォシュレットしてたら記憶が消えかけて参りました。クリシュナムルティはかろうじて覚えてました。
狂牛病のプロセスはこんなかんじですか?
でも狂牛病っていう言葉がでてきて安心しました。

822 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 12:22:24 ID:LxW4PSx8
>>821
それは、自我喪失じゃなくて健忘症では?
ぜひ、脳神経科に。

823 :ちょっとここらで栗拾い:2006/04/27(木) 12:57:04 ID:wFiyaBl8
変容、変容。。。

変容のためには何が必要か。普段の自我の消滅ではないだろうか。
過去と記憶の連続の中で、新たなものは何も生まれない。
Kはそれを非常に分かり易く説いた。
変容してどうなるか。それは変容してみないと分からない。自我の終焉まで分からない。
変容に関する想像や他人の体験談は役に立つか?

悟り、悟り。。。

なぜ悟りが必要なのだろうか? 自分が愚かだと気がつけるなら、すでに愚かではないのだ。
自分が悟りを得ているなら、悟りなど得ていないのだ。
だからあたなは悟っているか?と聞かれたなら「いいえ」とい言うのだ。
「私は自分が愚かであることを知っているだけです」と。




824 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 14:44:59 ID:6OMnMX6B
>819
自我という装置を
日常の生活のために普通に使う。
自我と同一化しなければ葛藤は起きない。
ミルクがふきこぼれるのが気づかないような状態ではダメということ。

825 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 17:46:44 ID:LxW4PSx8
>>824
いやいやいやいや、自我同一性障害というのは、色々
現代の若者を病ませていまっせ。

826 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 20:09:29 ID:Qc5PjCz2
>>824 同意。>>825 その内の何%かは病ではない人がいるよ。多分。
一時期社会に適応できなくなる。だからブッダはサンガを作った。
Kだってその時期は協会に守られてたんだよ。


827 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:09:06 ID:p/cnR/jp
変容や自我喪失、気づきに悟り、その他似た様な事全部得ようとしたり、
研究したり、詩にしたり、分析したりすれば墓穴を掘る事になると思うよ。

それらは物事を真剣に素直に見る事が出来た時結果として起こるんだよ。



828 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:15:01 ID:LxW4PSx8
まあ、そこまでおおげさでなくていいから、
ふっと人生のどこかで、「ああ、わたしは今まで
このために生きてきたのか」と腑に落ちたらいいかなw

829 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:36:45 ID:WPYptYfc
>827
胴衣。
Kの言うのも手掛かりも何もない、一気に飛ぶように感じる・・・

830 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:44:08 ID:j9vzMDfT
執拗に自分を慕い
現実生活を見下して精神世界に傾倒する人間に対して
『貴方は路頭に迷いたいのですか?』
と、事もなげに言い放ったKがいた。

831 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:44:14 ID:LxW4PSx8
LSDとか、ホロトロピックセラピーなんかで、近い状況を
作るのはできるよ。

832 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:45:58 ID:LxW4PSx8
>>830
1970年代のヒッピームーブメントはまさに、それw
ティモシー・リアリーなんか刑務所入ったし。

833 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 21:59:04 ID:Qc5PjCz2
>>831 サイケは経験ないけどグロフの手法とほぼ同じで「リバーシング」
と言うのがあるんだが、未だあれ以上の意識レベルには、入ったことない。
20年も前だがはっきり覚えている。

834 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 22:04:38 ID:WPYptYfc
>>831
河合隼雄が、あれはあれで意識の山の上というものがることを知らしめたのは意味があったろう、なんて言ってた
(なぜ河合隼雄やねん、と突っ込まないでね)

ラム・ダスの師匠さんも何か言ってたけど忘れた


835 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 22:10:26 ID:6OMnMX6B
多くの人が1度は垣間見たものを
忘れがたくて何十年、
たどり着いたがKのスレw

836 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 22:12:00 ID:LxW4PSx8
あとは、エリザベス・キューブラーロス絶賛の、
モンロー研究所のヘミシンクねw
キューブラーロス博士は、ヘミシンクで至高体験
をされたと自伝に書いてた。

837 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 22:14:47 ID:LxW4PSx8
>>834
河合先生はユングだから、共感せずとも理解はできると・・・w

838 :名無しさん@3周年:2006/04/27(木) 22:51:35 ID:Qc5PjCz2
経験だよ。経験ww

839 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 02:36:00 ID:krh+LrVV
>>828
そのおおげさって曲者だな。頭が勝手に大げさなものを作り出して、
それで物事を素直に見せてないんだよ。「素直に見るのは難しい」と
人は言うけど、それが難しく見えるのはいつも頭が悪さしてるのさ。

俺たちにとって神秘的なものは魅力だけど、その後ろに恐怖も控えてる。
そのおおげさって言葉でそれは正体を現してるよ。

840 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 03:38:51 ID:ediJD3GD
>>839
同意。
たとえば自由自由ってあこがれるが
自由ってかなり怖くもアルわけで。
また、希求するわりに
無意識でその類を避けたいとしてる事も多い。
新しいことに挑むときは勇気も必要なり。
暗闇を只怖がっていてはダメだ。
努力とは違った勇気は必須だよね。
でないと、明日の生活、家族の安全、その他もろもろを
いつまでも言い訳にしてしまう。
少なくとも、オレはもう野垂れ死には怖くない。


841 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 15:34:02 ID:wgF/nbCr
クリシュナムルティのクローンを各国に住んでもらう。

842 :四零九:2006/04/28(金) 17:53:20 ID:bMWUeA8z
クサ関係の人たちは般若心経に書かれていることをどう思う?

実際、二律背反で確かなものではないと思う。非常に不確かで、不安なんだ、これが

843 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 18:07:57 ID:ediJD3GD
あるけどない、ないけどある、見たいな感覚はなってみて、ああこれかと分るけどね。
分るってことが、世界を分けて分類するわけだから、その時点で断片化され
限定された視点からの情報しか入らない。捉えているつもりがそうではない。
そして現実は全く不確かそのものなんだよね。


844 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 18:38:08 ID:CbM2I8wd
>>843
自分が生きてるって実感が持てないというのが、
ちまたでいう自我同一性障害では・・・・?

845 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 18:42:48 ID:CbM2I8wd
そして、生きているという確かさを得ようと、手首を切ったり、
カルトにはまったり、ドラッグに手を出したり・・・・・。
そして、そういう子どもたちは皆、ヒッピーの親から生まれたん
だった。叱りもしない、自由にしていいよと言う割に、でも社会
で成功してねとダブルバインドでいくニューファミリー。

846 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 20:33:55 ID:ediJD3GD
>>844
往々にして、その手は過保護の環境下にあるのでは。
自然と密着した環境ならいやでもリアルにならざるを得ないよ。
845の言うようなのもあるらしいね。
基本に依存性がある。てか、それで満足できないから結局同じだけど。
社会的にはお邪魔虫だねw

847 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 21:30:06 ID:dB2D+MLT
生きるのに因数分解は不必要
足し算引き算が出来れば事足りるんだよーお前らー
足し算引き算の現実嫌ってたらKも実感出来んぜョ

848 :名無しさん@3周年:2006/04/28(金) 21:37:54 ID:CbM2I8wd
>>846
>自然と密着した環境ならいやでもリアルにならざるを得ないよ。


それはよくわかる。
自然の中で遊ばせたら、スリキズ作るし、小動物殺すから、
生きること、死ぬことについて自然から教えられることが
多いと思う。河合先生も似たようなこと言ってたけど。
わたしの、恩師も同じようなこと言ってたな。


849 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 13:39:48 ID:qevSXzHb
自然から離れると観念が暴走するよね。
それこそ金があれば何でも手に入ると思ったりw
社会に答えを求めてもだめで、答えは自然にこそある。の?

850 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 14:03:12 ID:o4TaOqE1
中卒上等

高卒の連中の話してることは難しすぎてわかんね

851 :2ch従業員☆阿部将英(詐欺マルチ商法瞑想セミナー):2006/04/29(土) 14:07:25 ID:aHxT6RKt
阿部将英は差別用語を書くのがすきだなw

852 :名無しさん@3周年:2006/04/29(土) 20:44:57 ID:qevSXzHb
ワイン飲んで酩酊しちゃったおpjs
アルコールはだめだな、浅いもんな。
カキ〜ンって意識が澄み渡らないな、うん、だめだ。。。。。。。寝る

853 :名無しさん@3億年:2006/04/30(日) 00:08:25 ID:QdH21C39
今、kの本読んでるんだけど。よくわからん。
「自由への道」を読んでいる。
原題の「The Flight of the Eagle」につられて買ったw


854 :名無しさん@3周年:2006/04/30(日) 00:29:32 ID:NPbdZk6T
今起きた。
>853
簡単そうだけど
全然頭に入らないときってあるな。

855 :名無しさん@3周年:2006/04/30(日) 09:11:25 ID:zYj2XngJ
自分さえよければ他はどうでもいい。エゴ
kの本を良くよく読めば、この答えがくっきりしてくる。






856 :名無しさん@3億年:2006/04/30(日) 12:28:59 ID:QdH21C39
>>854
だめ。全然頭に入らない。


857 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 00:42:40 ID:fn2X8hvA
Kの本って言葉は簡単でも
頭の中でイメージを立体的というか空間的に捉えないと
理解できないような所があるよね。
ちょっと疲れていたりすると出来ないんだよね、それ。
シャワーあびて珈琲でものみながらじっくり取り組むんだ私は。

858 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 07:50:34 ID:oq1TLb67
Kの統合的人間という概念には惹かれた。
どの本が一番いいのかな?
おせえて、エロい人。

859 :名無しさん@3億年:2006/05/01(月) 20:30:11 ID:LA+bZDbM
「自由への道」読み終わった。
わからーん!
検定受けるのやめてよかった。

860 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 20:43:58 ID:dn7taZdp
>>857
パズル感覚だよなw

861 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 21:09:58 ID:fn2X8hvA
Kの本の中で
「夫や妻や恋人に捨てられる恐怖」「今の仕事を失う恐怖」
「子供から無視される恐怖」「頭髪を失う恐怖」とか
ちょっとはずかしめな身近な具体的な恐怖を例に出すところが
新鮮だった。
人間の生きがいってそんなことが結構影響してるんだよねw
あ、「頭髪・・・」はなかったかw


862 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 22:50:35 ID:OlqJ2/yH
>>797
愛というような、気恥ずかしい言葉でイメージされるような物はない
と感じる。あと、誰かが、誰かを愛するというように、誰かの行為に
なってしまうような、そういう物でもない。あるとすれば、
身を賭して、限りなく救おうとする強い意志に伴う、「光」だろう。
月や星の光ではなくて、太陽の光。まぶしくて見ていられないくらいの
強烈な光。どんな悪いイメージに対してもそれを乗り越える力をもつ光。
キリスト教信仰では、こんなものは出てこなかった。
また、この支えがあってこそ、K的な観察もやっとこさできる、気がする。
「弥陀の本願を、妨げる悪は無きが故に」
Kと親鸞の共通点として、悟りへのプロセスを認めていないこと、
弟子をとらない立場であること、出家主義ではないこと、
等いろいろでてくる。




863 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 23:03:56 ID:F1a6AX0k
>>862
アメリカの大学の講演で、Q&Aで
「愛」でまとめてしまう学生に逆にそういう言い方を否定するように問い詰めてたね


864 :名無しさん@3周年:2006/05/01(月) 23:49:35 ID:+LTA28s7
親鸞上人出てきたか。
「この盃を受けてくれ。どうぞなみなみ注がせておくれ。
花に嵐の例えもあるぞ。さよならだけが人生だ。」
何の脈絡もないが、また酔ってしまった。ごめん。

865 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 01:14:02 ID:lyTkIJIp
愛って言葉は普通に使うと曖昧だよね。
でも、ああこの感覚は何なんだ!ってときは
愛って言葉しかないんだよね〜 超包括的な意味で。ごめん。

866 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 15:54:51 ID:lyTkIJIp
今思いついたんだが、
幸せって、気分なんだろうか?
気分だったら、すぐに変わるし何とも曖昧だよね。
脳の信号をいじれば可能だし、なんか即物的。
実はそんなことに人生の意義を重ねあわして
悩み苦しんでるのだろうか。

867 :四零九:2006/05/02(火) 17:51:24 ID:lm5u7afU

今、この場所で、言葉と裏腹に何が起こっているのでしょうか?

868 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 18:39:02 ID:lyTkIJIp
地震

869 :◇マルチ詐欺フルフィルメント瞑想☆阿部将英どりーむろっじ:2006/05/02(火) 18:44:18 ID:W/0ewux8
◆マルチ詐欺フルフィルメント瞑想★阿部将英どりーむろっじ
詐欺で稼いだ金で掲載した阿部将英(覚せい剤中毒者)の
削除されたHPの顔写真 http://d-lodge.com/d-lodge.pdf
http://d-lodge.com/dream1-a.html メガネなし帽子付顔写真入りHP
メガネをかけると宅八郎にそっくり(下記のような顔・髪型をしてます)
http://kotanukidou.sakura.ne.jp/o2004/so2004100401.jpg

★2ちゃんねる従業員宗教板運営担当阿部将英(覚せい剤中毒)
<瞑想マルチ詐欺商法どりーむ・ろっじとは?>
上記のの阿部将英はお金を振り込みすれば、何倍何十倍になって帰ってくると新規のビジネス
(神命水)や海外への投資を煽り他人の財産をネコババトンヅラする詐欺師です。
瞑想すればなんども願望が叶うとインチキな瞑想法を5万で伝授し洗脳しながら
詐欺同然のねずみ講(キングスレー・アンカーポート)などの名前でねずみ講
トンヅラ詐欺を繰り返す常習犯です。知ってる方は警察へ通報しましょう。
★阿部将英の住所 神奈川県大和市中央4−14−24−806在住
マピオン http://www.mapion.co.jp/c/f 
金を騙し取られた方は決して暴力や嫌がらせなどに使用しないでください。
紳士的に説得を繰り返しましょう。
阿部将英の詐欺マルチ商法(=利殖商法とは?警察HP)
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesd2009.htm


870 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 19:25:58 ID:w9VT3MqU
いいことなんてあるわけないじゃん。
衣食住たりたら、あとは休んでるだけだよ。
あとは性の戯れだろ。
少々かっこわるかったり、いやだったりすることくらい
がまんしないとしょうがない。とおれはおもってる。
意味のないかきこすまんのぉ


871 :名無しさん@3周年:2006/05/02(火) 22:07:17 ID:w9VT3MqU
東海から関東にかけて、地震やばいんじゃないまじで。
気をつけてね。

872 :名無しさん@3周年:2006/05/03(水) 00:22:16 ID:FwdsAupo
どうしよう。伊豆旅行計画済みなんだが・・・
Kの力でなんとか。

873 :名無しさん@3周年:2006/05/03(水) 20:29:54 ID:s/OVq+et
Kっつーのは偉大なるニートの人でもあったわけだ
うん

874 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 00:55:24 ID:K4Ub1hxk
ニートの年齢制限越えてるがw
講和集のDVD出せばいいのにね。

875 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 09:27:04 ID:gNtGQ8nT

自己が恐怖そのものなんだ

876 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 12:26:22 ID:K4Ub1hxk
>>875
それは怯えきってる人に
的確な指摘となるよね
その構造をKは一番分りやすくストレートに説いたと思う。
メンヘルちゃんへのKOパンチw

877 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 20:24:12 ID:gNtGQ8nT
「自己」がない、「私」はない、

言うのは簡単だよな〜

878 :名無しさん@3周年:2006/05/04(木) 20:28:15 ID:K4Ub1hxk
「私」など無いのにあると言い張るのも
なかなかですw

879 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 21:45:41 ID:dSvgHd8R
どなたか過去ログの「クリシュナムルティ part2」貼ってください。
これ、以前リアルで読めたのに格納されてて・・・・お願いします。

880 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 22:43:35 ID:AroSxIXF
好きなの銅像
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%83N%83%8A%83V%83%85%83i%83%80%83%8B%83e%83B&sf=2&andor=AND&H=&view=table&all=on

881 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 22:46:02 ID:AroSxIXF
と、思ったけどそこに「クリシュナムルティ part2」って無いっぽい?

882 :名無しさん@3周年:2006/05/05(金) 23:41:00 ID:dSvgHd8R
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1057457578/
これですが。

883 :名無しさん@3周年:2006/05/06(土) 15:40:12 ID:POMUQd2i
どうやって見るの?

884 :名無しさん@3周年:2006/05/06(土) 22:11:10 ID:QVfmGPFr
●購入…

885 :名無しさん@3周年:2006/05/06(土) 23:13:06 ID:I0TyHHvS
kスレなんかリアルタイム以外に何の価値があるのか

886 :名無しさん@3周年:2006/05/07(日) 01:53:07 ID:jlfQN6uo
過去クリシュナムルティ part2が一番おもしろい読み物だった(その時は)から、今読んだら
どうなのかなと今。


887 :名無しさん@3億年:2006/05/07(日) 11:14:09 ID:cTPT+40U
うんうん、そう言うのってあるよね。
当時のスレの人方がここにも書き込んでるんだろうか?
とか思ったり。

関係ないけどカスタネダスレがまた落ちたw
やっぱり。

888 :名無しさん@3周年:2006/05/07(日) 19:43:56 ID:kOSBK5jZ
わたしたちは異様な事件をめぐる「驚きを増幅してくれる物語を求めている」のだ。
われわれは事件の周辺情報からパズルのように解釈を進め、そこから
社会病理や現代病理という大きな問題、すなわち、「物語」を導き出すことの
快楽を知ってしまった。
欲望に動く人々、プロファイリングゲーム。

正確な診断と有効な処方箋が出せなければ、精神医学には何の価値もない。
物語の語り手は、ちまたにあふれている。

889 :名無しさん@3周年:2006/05/08(月) 00:16:27 ID:RAgkfjI+
ほんとマスゴミが面白がって物語る毎日。
とはいえ、世界中の悲劇に心から悲しんでいたら
生きていかれないけど。

890 :四零九:2006/05/09(火) 15:08:14 ID:UWgmJOFA


  ∧_∧
⊂(#・ω・)  精神の松葉杖はいらない!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人  ペシッ!!
       __
       \_\←K本
        



891 :名無しさん@3周年:2006/05/09(火) 20:35:15 ID:oRehzb3d
皮肉なことに、その瞬間始めて彼はkの言葉を理解した

892 :名無しさん@3周年:2006/05/09(火) 22:10:02 ID:GqBE2nJc
K自身、私の本なんてびりびりに引き千切りなさいなんて言ってるもんなあ

893 :名無しさん@3周年:2006/05/10(水) 03:41:13 ID:fhY14gLA
仏陀にあったら仏陀を殺せですか

894 :名無しさん@3周年:2006/05/10(水) 21:19:46 ID:3CvCXgAA
仏陀に限らず

895 :名無しさん@3周年:2006/05/10(水) 22:35:39 ID:YSgmbA7h
いい女を抱いて、おいしいものを食べて、たくさんお金儲けをして、フェラーリに乗りたい、
毎夜、シャンパンでどんちゃんさわぎしていたい。
これが本能です。


896 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 00:41:50 ID:+GemJO50
人生の公式と結論と回答=精神安定

公式が無、結論が無、回答が無、無力、絶望=精神不安定




897 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 01:05:11 ID:Hr6Ueixs
>895
どんなものも眠気にはかなわない

898 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 01:53:22 ID:rj6DSyNo
>>895
実際そうしてる奴が身近にいるが、最近飽きてきたらしい。

899 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 01:55:59 ID:Hr6Ueixs
堀衛門とか?

900 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 09:13:13 ID:dHVZd8bu
女にあったら女を殺せですか

901 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 09:15:13 ID:dHVZd8bu
えもんにあったらえもんを
こりんにあったらこりんを

902 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 16:44:34 ID:Hr6Ueixs
欲望って際限なき悪の中枢みたいなイメージだけど
意外と何だこんなものか、みたいなとこあるよね。
イメージってほんと騙されるよ
結局、未知なものに対する対応として
脳が過去の記憶から作り上げるサンプル動画みたいなものだよね。
否定的な人は否定的な経験が多いんだよね。
子供のときから良い経験をつませれば
引きこもらずにすむのかな?

903 :名無しさん@3周年:2006/05/11(木) 16:48:17 ID:abLpfX9E
>898 確かに。私もやりたいことをやってるけれど何でも飽きてくる。
だんだんやることなくなってくるよ。
飽きないものってあるのかなぁ〜

904 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 00:26:06 ID:5fOGtmVX
夜、オナニーすると絶対にラップ音がテレビからします。
今、かきこもうとしたときもテレビからラップ音がしました。
本当に本当に本当です。








905 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 00:29:52 ID:5fOGtmVX
思考をはさまずオナニーしていきます。

906 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 00:37:37 ID:5fOGtmVX
ウンコするのも快楽と苦痛ですね。
セックスもそんなもんですね。

907 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 01:12:25 ID:R9wbv9xw
これは凄い!!

Search // krishnamurti
http://www.youtube.com/results?search=krishnamurti

908 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 06:03:30 ID:4TPxFxlB
おおすげー!
苦労してビデオ個人輸入したのはなんだったんだ・・・・orz

909 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 06:11:33 ID:4TPxFxlB
もう嫌がらせで和尚貼っちゃろ
http://www.youtube.com/results?search=osho&search_type=search_videos

910 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 15:13:50 ID:2roZD2K9
俺は、その昔(10年ぐらい前)、青山栄光ビルのKセンターに出向いて、
ビデオを買った。すんごい綺麗で、かつ健康的な感じのする秘書さんが、
対応してくれてうれしかったなあ。

911 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 15:17:38 ID:2roZD2K9
全共闘崩れが、真摯に自らを見直してやってるブント運動ってどうよ

全共闘をお祭りぐらいにしか思っていない、団塊世代のやつらは吐い
て捨ててもいいと思うが、共産主義が崩壊した後も荒岱介はようつき
つめてやってると思う。post krishnamurtiの展開として通用すると
思うのだが。

荒の意見
http://www.bund.org/news/20060515-1.htm

「われわれは共産主義ではなくて、民主主義をどのように徹底化してい
くのかを課題として考えています。教義にもとづく改革は無理というの
は前提です。そういう点で、ブントに結集している多くの労働者の意見、
提案ということが、今のブントの全体を形作っているわけです。
そこから生まれている多様性は他の前衛党信仰の人達には生み出せな
いものでしょう。
 今日の報告を聞いても分かるように、各地域ではNGOやNPOと
して活発に活動しているわけだから、今後は社会システム論などにも
アプローチし、より一層活動を豊富化していって欲しいと思います。
90年代から今日まで取り組んできたことのなかには、いくつもの成果
があるわけで、中間的諸団体は今後ますます勢力を得ていくだろうし、
今後の日本の社会のなかで重要なポジションを得ていくことは間違い
ありません。
ただ忘れてならないことは、同時にブントは歴史を負っており、その
歴史のなかでどのように自分たちが変わっていくのか、変容できるのか
を考えていく以外ないということです。今日の報告のなかに貫かれてい
る問題意識は、その再帰性において新しい社会運動をどのように作るの
か、いかに中間的諸団体としての内容を充実させていくのかということ
だったと思います。
 以上各人はますます自分の頭で考え、アイデンティティを確立して、
新しい社会運動の確立にむけがんばっていって欲しいと思います。

912 :ばんこ:2006/05/12(金) 17:48:02 ID:aRUW6BL0
やあ。久しぶり。
結局なんだな。あのーー自分の意見や主張がいつかは通るという
希望をみんなもっているようだね。でもそれは真理とはなんの関係もない。
「真理はすぐそこにあるのにだれも見ようとしない。」
俺とおんなじ感想をkは説いているなと思う。
一切は転倒夢想だよ。狂ってるからいくらやってもだめなんだよ。
人間のしでかすことは。だれか、「野垂れ死にするゆうきはある」と
書いてたけれども、いうまでもなく野垂れ死にをおそれるまでもないくらい、
狂ってるんだよ。世の中は。
俺はもう全的にアウトサイダーだよ。

もう900だけど、スレッドまた建てるんだろうなw
おれなんかなんで生き延びてるのかさっぱりわからないよ。
まあ考える隙間もないくらい必然だろうからそれでいいよ。
なんか意味があったら教えてほしいぐらいだよ。




913 :ばんこ:2006/05/12(金) 17:49:55 ID:aRUW6BL0
まあ、死に場所くらいは選べるっていうことじゃないかい?


914 :蛇の輪:2006/05/12(金) 20:08:34 ID:qjQgGsBB
栗をいっぱい持った先輩はどこにいるんだろう?
見るとか見ることとか言われてもなぁ。
変な体操やってるよ。
http://www.youtube.com/watch?v=FX16B3SVYpk&search=PASES%20MAGICOS


915 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 21:05:43 ID:4TPxFxlB
カスタネダかな?これもビデオ個人輸入したことある。何巻かのうちのひとつだったと思う。
もっとも全然見なかった、というかこんなんなら見なくてよかったかも(笑


916 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 22:06:46 ID:lI5B4IHV
ビデオからナニカ出てくるとでも思ったんじゃネーノ?
そこがKのアイロニー


917 :名無しさん@3周年:2006/05/12(金) 22:22:17 ID:tZbAEuUr
Kの動画
ハーレム男に似てる

918 :名無しさん@3周年:2006/05/13(土) 02:03:12 ID:O7u5EIdl
クートフーミ氏 写真
http://www.crystalinks.com/kuthumi.html

919 :名無しさん@3周年:2006/05/13(土) 02:04:59 ID:O7u5EIdl
モーリヤ氏
http://www.elmorya-thechief.org/vote.html

920 :はひょ丸 ◆LF7BuVDwXY :2006/05/13(土) 10:57:48 ID:Uaaxbb7G
皆youtube見れていいな。
俺なんかダイヤルアップ接続だで重くて見れんわ。
ネットカフェいこ。

921 :名無しさん@3周年:2006/05/13(土) 11:28:21 ID:pwIM4hkL
バンコよ、現実との接点がつかめず、雲の上を歩いているような感覚か?

貴様の不具は、菩薩行かも知れんな

922 :名無しさん@3周年:2006/05/13(土) 12:56:02 ID:ZWZprgDJ
一連の動画ページって全編見られるの?

923 :名無しさん@3周年:2006/05/14(日) 01:52:24 ID:C1OHmXCX
バンコさんは必ず戻ってくると思っていたょ。まとめようとする意識がありますもの。むしろ窺っていたかんすらあるし。
語ろう?

924 :名無しさん@3周年:2006/05/14(日) 11:24:01 ID:jJtqNn8I
>>922
みられません。

925 :名無しさん@3周年:2006/05/14(日) 11:30:31 ID:gun6BClD
kってあんな喋り方するんだな。一語一語腹からひねり出すようにしてる。
結構意外だったナ。

926 :名無しさん@3周年:2006/05/14(日) 12:13:10 ID:jJtqNn8I
そうですね、淡々と喋る人なのかと思ってました。

927 :名無しさん@3周年:2006/05/14(日) 21:03:00 ID:vTFppn8D
しかし幾ら神智学がインチキ臭いとは言え、kがそこから出てきたのは
偶然なだけの話だろうか。

928 :ばんこ:2006/05/15(月) 00:29:23 ID:Eyg1NdeK
俺実は統合失調症わずらってるんだよ。
宗教でもなんでも、共通の話題で、もりあがったり、
交流したりできるのはいいことだとおもうよ。多少いんちきくさくてもね。
完全にだまされたりしちゃ、だめなんだろうけど。
何がしかの可能性が感じられるんだったらね。

929 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 03:12:06 ID:lQYzDmuc
>>927
そこらがどうも不思議。
最初の本(大師の云々)とかは読む気はしないし、
ついにクートフーミに会いましたとかの記述もよくわからない。

「とても美しいオーラの少年をハッケソしました」、から
まあオーラくらいは見れる人がいるかもしれないと思うのでその延長かなあ、と思ったりする。
(作家の山川健一がオーラが見える神秘体験で悩まされたと言うし、ここらはありえるかなと)
予言云々の逸話もあるけど・・・・・

930 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 13:11:38 ID:Ig+dh2Ds
ま、誰にも才能はあるという証明でもあるわな。
またそうでなければ言ってることと違っちゃうし。
天才視する人多いけど、その必要はないのだ。

931 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 18:00:14 ID:dgPNkcpX
      Oノ
      ノ\_・'ヽO.
       └ _ノ ヽ
           〉
お前等はこんなとこで終わっていい奴等じゃない!生きるんだ!!





932 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 20:40:13 ID:W6KnF6Ry
ダイヤルアップ!?そんな田舎に住んでるのか。

933 :名無しさん@3周年:2006/05/15(月) 21:12:12 ID:dzQakj92
お清めお清め

934 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 02:13:43 ID:VcPdsENU
自信って必要か?
それが多少間違っていても

935 :名無しさん@3周年:2006/05/16(火) 20:58:24 ID:27eNr+wE
銭稼いで糊口をしのごうって気があるならね

936 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 03:45:15 ID:SVeAx2et
鬱の電気ショック療法って効くと思う?

937 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 07:14:01 ID:3+01Z7AA
修正ECT(無痙攣性)っていうの効くらしいよ。ただし気を失うけど。
なぜきくかは分からないけど気持ちいいみたい。

938 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 12:53:12 ID:SVeAx2et
なんちゃってプロセスだったりしてw


939 :名無しさん@3周年:2006/05/17(水) 21:21:49 ID:N0h0vooT
癲癇療法
癲癇持ちに鬱はいない

940 :名無しさん@3周年:2006/05/18(木) 09:08:04 ID:EkGuioGn
記憶がリセットされるから、鬱は記憶と関係しているからじゃないのか。

941 :名無しさん@3周年:2006/05/18(木) 12:33:34 ID:7nydKpdm
多分そうなんだろうけど
まるでゲームのリセットみたいだね・・・
かりに強い健忘症になっても
幸せな社会、家族関係は保てるのだろうか?
憧れの自我の終焉なわけだがw


942 :名無しさん@3周年:2006/05/18(木) 21:40:18 ID:LN41MW/g
ECTは病前が真面目なうつ病の方で、病気が比較的急に始まり、
急にひどくなった人で、効果が大きいです。
病気になるまえから、病気みたいな人は、効果がどのくらいあるか
疑問。


943 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 03:54:08 ID:gul66dB1
うつ状態って自己実現できない欲求不満状態なのかな?
心配性や内向的な人がとりあえづ、自分を否定しちゃうみたいな。
だとするとKの患者だよね。ある意味。

944 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 09:13:33 ID:3Rgo7fty
気分障害、鬱状態でどうやってKの言葉を受け止めてんだろ
悪化するのはわかりきっていると思うが
Kを精神的依存(畏怖)としているわけなのか?

945 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 09:14:29 ID:3Rgo7fty
疲弊した精神にはKは逆効果

946 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 12:13:10 ID:gul66dB1
でも、結局いやな物、怖い物、避けたい物を勇気もって
見なければ治らないよね。
まあ、荒療治かな。
ビクついてる時には正しく判断出来ないとは、Kも言ってるが。

947 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 13:16:50 ID:3Rgo7fty
理想高いですね
そこまでの意欲持てるなら欝はとっくの昔に・・・
欝のような疲れた精神はまずは休養をとること。
そして、いくらか元気になれたら要求水準下げて生活することの方が
いいんじゃないのかな〜
あるがまま

948 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 19:57:21 ID:DyUth4HO
そうそう、what it is が治療的態度。what it should beでなく。



949 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 20:16:32 ID:/J+ZLlbX
what shold it be の方がイイ!!

950 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 20:20:48 ID:/J+ZLlbX
あ、文法的な事項のことですよ。

951 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 21:50:26 ID:/J+ZLlbX
神智学は「見る」ということを言ってるね。
kと通じるところはあるよ。

952 :名無しさん@3周年:2006/05/19(金) 23:44:50 ID:AoCdJPHN
人間はとにかく生きてる限り何らかの問題はでてくる。
解決できるというのはなんだか幻想のような気がしてきた。
でも問題は見ないと解決しない。ここんとこがもうひとつわからない。
刻々と問題を溜め込んで生きてるようだけど、実際その問題はないといえば
ない。放棄して逃げてしまえば、また問題に落ち込む。だから見てないと
いけない。現実は刻々と変化しているのであるから、そのように。

以上、なんだろうな。w

953 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 00:13:44 ID:Owy2N5/Z
んと、問題とはなんであらう。
とりあえず、平穏な気分がかき乱されることだね。
そしてかき乱される本体自体が幻想、よって
問題そのものも幻想。
それが分かるのは見ることのみ。ってことでOK?


954 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 01:02:07 ID:uH2tc/Ak
歳取るに連れて興味の湧くものが無くなって来た
何も考えず決められた仕事をぼーっとこなす日々
これでいいのか?俺

955 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 03:07:05 ID:Owy2N5/Z
音楽のアドリブ、インプロビゼーション的なものは
歳とっても新鮮だよ。
20代のあつい感覚が一瞬でよみがえる。
社会的なものはマンネリになるから
根源的なものをやるのがいい。
芸術と旅と釣りはいつになってもワクワクするよw。

956 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 03:21:29 ID:opUDOBnr
>>954 同感。この社会がコレデモカ!って提供してくるオモチャに飽きてきた。

957 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 03:34:32 ID:PfkVpuob
繰り返す日常が平凡でも、それで幸せならいいだろが。

無理に見えないモノ探求しようとすると、、
いつか足下掬われ、転んで顔擦りむくぞ。。


958 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 05:00:52 ID:opUDOBnr
聖なる不満を持つ感性が、あるかないかだ。

959 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 11:36:46 ID:K7ZZeibo
>>957
俺は、永劫回帰的な終わりなき日常はイヤ。
多分そのこと自体が不幸だと感じてしまう。
刺激が無いと駄目なんだよな、漏れ。

>>958
性なる不満なら持ってますよ(´Д`;)ハアハア










スマソ

960 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 12:15:07 ID:Owy2N5/Z
もちろんそれも含めてだお

961 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 15:14:34 ID:uzIyHWL7
>>1
クリシュナムルティーって何??

962 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 18:19:59 ID:Owy2N5/Z
おじいさん

963 :ラーマクリシュナもいるぞ:2006/05/20(土) 18:54:15 ID:IagQvelN
気づいたら何でも宗教を味わう人間になっていました。

964 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 19:23:44 ID:MRIXmnDK
>>955

生活の為とかでなく、単にニヤニヤする為に魚を殺したり傷つけたりするわけかw

965 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 21:12:52 ID:3dQmHuRP
それが逃避行為の一つと頭ではわかっても
実存にまで到達しないので、本当の理解が生まれるまでは
殺傷といわれる行為を観たいとおもってね。

あなたのレスも殺傷そのものだなw

966 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 21:35:00 ID:3WCyIyp7
カッコつけなくても楽しみの為にやってますって言えばいいじゃん

967 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 22:10:18 ID:opUDOBnr
生きる為に必要な事意外、殺生はいやだな。たとえ釣りでも。

968 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 22:16:23 ID:3dQmHuRP
そそ、楽しみは生活に必要だよね
生活に楽しみを求めて殺傷、魚なんぞに憐憫の情持てるかい!
傷つき水中で暴れれば暴れるほどこちらは楽しみが膨らむ。
釣り上げた時の征服感ったらアドレナリン出まくり
脳内受容体が狂気乱舞タコ踊り
現実忘れた忘我の一瞬。


969 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 22:17:07 ID:Owy2N5/Z
おいしくイタダキマスよw
他の生き物を食べないと生きられないのが人間だし。

970 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 22:23:22 ID:viAKfUAR
>>965
この程度のつっ突きで「あなたのレスも殺傷そのものだな」なんて、
随分貧弱な精神の持ち主だな。

貧弱な精神の持ち主だからこそ、楽しみとして「殺し」ができるってわけか。

おっと、このレスはあんたを殺しちまったかな?

971 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 22:56:07 ID:3dQmHuRP
自身の心を見る
ここに宗教といわれるものの一大事があるのでは
言葉を発するという行為の主体
言葉が表なら裏はその意図した、行為を謀った心ではないだろうか。
見えないから・・・ではなく、見えないからこそ大事
行為の事実、主体の事実
それを一瞬に見れるようなるには注意深くあれとはKの言い
我々凡人にはそれとあれとが違うようだ、と微かに認識できるのみ。



972 :名無しさん@3周年:2006/05/20(土) 23:55:53 ID:rEUeIaUL
>>967
関係ないが、釣られた魚は絶対びっくりしてるよなあ、とよく思う。
全然想像もできなかった環境に突如放り込まれて、ポカーンとしてるに違いない。

Kでキッチン日記ってあったな。内容忘れた・・・・




973 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 08:34:05 ID:KKTN43Va
毛毛虫变蝴蝶

毛虫は蝶に変わる

974 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 13:47:13 ID:+8SKA9L8
なんというか釣りが嫌いならそれでいいと思うけど
ことさらな反応はいかがなものかと

975 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 16:51:36 ID:3f5KA1CM
>974
なんというか2chだからそれでいいと思うけど
読まずに&考えずに反応するのはいかがなものかと

976 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 21:04:13 ID:+8SKA9L8
>>975
いや、読んでるし何を言わんとしてるかもわかるけど
それも含めての書き込みです
ここはそれをする議論する場所ではないから

977 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 21:46:00 ID:b7jm0HsV
おじさんもはっきり言って「愛」という言葉を聞くと身体がかゆくなるんだ。

Bilderberg Desires Financial Control

978 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 21:57:52 ID:5WRZBkcM
>>968
だからなんでいちいちそうやって自分のやる事に価値付けたがるかな。

979 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 22:21:42 ID:PR7iQ1S8
そんなに熱くならず、、

歌謡おうよ!♪ 人生はーー楽しいーー
   
   人生は光ー

人生はーーーーーーーーーーーー喜びに満ちている。。美しすぎる

私の甘い、、かけがいのない   MY LIFE


     IT’S MY LIFE

980 :名無しさん@3周年:2006/05/21(日) 23:40:19 ID:xU+FxTIk
釣りするのも、(他人に)殺された動植物を食するのも、同じだ。


981 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 06:39:40 ID:tjn7Py38
ローリングストーンズってなんで逮捕されないんだろう?

982 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 07:23:57 ID:t63w5sjc
ウィッキーさんとそう変わらねえ

983 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 22:05:10 ID:IwhWWHLt
>>949
たとえば、I know what I should do.という文もあるよね。
疑問詞としてのwhatではなくて、接続詞的にwhatを>>948では使用した。
what it isというのは、確かKが「あるがまま」という時の英語原文ね。
what it should beというのは、「それがあるべき所のもの」で、
何かに「なる」という過程が入る。こういうとき、
what it should be っていうよねえ。


984 :名無しさん@3周年:2006/05/22(月) 22:31:55 ID:nnov+JcM
残り17レス

985 :名無しさん@3周年:2006/05/23(火) 02:17:44 ID:PmtodtzG
そういえば最近腹の底から込みあがってくる様な理由のない充実感がない。

986 :名無しさん@3周年:2006/05/23(火) 06:18:46 ID:pUSGK/bA
ファインマンの積極的無責任てすごい思想だよな。マンハッタン計画に参与しといて。そりゃKに不幸の烙印おされるわ。まちがいなくファインマンは天才だけど。

987 :ちょっとそこらで栗拾い:2006/05/24(水) 01:44:52 ID:c/eqfzSC
改札を出て、濡れたアスファルトのいつもの道を行く、
たまに猫が鳴く蒟蒻店の前を過ぎて、まるでハリボテの
マンションを曲がると、足下から一気に都会のけたたましさがやってくる。

朝の時間ー出勤前の人の洪水とは対照的に、開店前のパチンコ店の
行列は妙な悲しさを浮かべた人が行列をつくる。
店のBGMだけが妙に明るく、たのしい調子で騒ぎ立てる。

「人生は楽しい。
 人生は喜びに満ちている。美しすぎる。」

考えてみれば誰も、TVの中の人も、友達も自分自身の人生について
「やっぱりこれで良かったのだ。今の自分があるのはある意味幸せだ」
などと言っている。現実は誰も好まず、表面的な楽しみ=娯楽の下にある
底知れぬ悲しみに気がつく人は本当に少ない。

自分の人生、そして自分自身の拭うことのできない悲しみと苦しみについて
直視する人は少ない。そのような経験をたまに味わったとしても、即座に
それを誰かのせいにする。自分=悲しみ、自分=苦しみ。そしてそれから
逃れる術は無いとKは説いた。

これについて「それでは救いがないじゃないか!」という声を良く聞く。
私はそう思わない。悲しみと苦しみは喜びと光に満ちている。Kは正しい
ように思う。救いなど必要ない。わたしたちは表層的であることを改める
必要があるだけだ。このような世の中でその態度を貫くのは大変ではあるが。



988 :名無しさん@3周年:2006/05/24(水) 13:44:49 ID:mj9hZ4e0
>悲しみと苦しみは喜びと光に満ちている。

意味が分からない、説明キボンぬ

260 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)