5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おまいら知らんかい親鸞会

1 :名無しさん@3周年:2005/10/30(日) 20:58:53 ID:VcWHAUAk
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

     ______
    /|     /\
  /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/   けんかしないでね、厨房のみなさま。
    |____|/
     ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。                
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/



2 :参考資料:2005/10/30(日) 21:01:49 ID:iuc66pG2
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)

3 :親鸞聖人の言葉?:2005/10/30(日) 21:06:41 ID:SQykyE9u
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。

4 :参考資料:2005/10/30(日) 21:07:31 ID:SQykyE9u
>2chを擁護したって、どうにもならんよ。

>匿名であることをいいことに、個人情報を垂れ流し。
>会社や公人に関係する個人情報は削除されないという勝手な基準を逆手にとって、個人に対す>る執拗な誹謗中傷はほったらかしで残されたまま。
>真偽の分からない無責任ななりすまし書き込み。援助交際や集団自殺の助長。
>そして犯罪予告、ついにはP2P開発者が逮捕される始末。
>当の管理人は、裁判で負けても賠償する気は全く無し。

これが現実。


5 :参考資料:2005/10/30(日) 21:10:19 ID:+VG1y/E3
南京事件について皆さんご存じでしょうか。旧日本軍が南京で殺戮、強姦、放火、
略奪など悪虐非道の限りを尽くし30万人の中国人を虐殺した、という説です。本多
勝一『中国の旅』(朝日新聞社、1972年)、笠原十九司『南京事件』(岩波新書、
1997年)、アイリス・チャン『ザ・レイプ・オブ・南京』(ペンギン・ブックス、
1997年)などによって取り上げられ、現在では教科書にも載り史実としてほぼ定着
するに至りました。

ところが以前から南京事件の真偽には強い懐疑があり、特に最近、亜細亜大学教授
の東中野修道氏が、南京事件の「証拠写真」と言われる写真について丁寧な検証を
行い、証拠として通用する写真は一枚もなかったと主張。その大部分が当時の国民
党宣伝部のでっち上げや合成写真であることを明らかにしました。

以前から写真のみならず、南京事件の証言や証拠とされるものについても、信憑性
について疑問とされる点が多くありました。今では虐殺があったことを肯定する論
者はメディアにも殆ど登場せず、その主張の綻びが顕著になっています。

それがなぜ教科書にも記載され、中国に虐殺記念館ができ、世界遺産への登録申請
までされるようになってしまったのでしょうか。それはとりもなおさず「ウソも百
回言えば真実になる」という人間の心理を巧みに利用したと言えるのではないでし
ょうか。

6 :参考資料:2005/10/30(日) 21:11:07 ID:+VG1y/E3
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。


7 :参考資料:2005/10/30(日) 21:11:51 ID:+VG1y/E3
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。

2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。

3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。


8 :参考資料:2005/10/30(日) 21:15:44 ID:VcWHAUAk
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。

9 :参考資料:2005/10/30(日) 21:16:50 ID:VcWHAUAk
366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。

10 :アンチの情報操作かどうか?:2005/10/30(日) 21:39:18 ID:iuc66pG2
>>7
>情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
>脱け出すためのアドヴァイスを記します。
以下のどれが情報操作なのか指摘してみてください。

バカでかい鷲のマーク
ベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
紅白の牛革のなぜ生きる
高価な絵画や壺
壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下
会長専用のフロア
会長専用のエレベータ
会長専用の厨房2部屋
会長専用のコックへの給料
会長専用の高級車やバス
会長専用の広大なキャノピー


11 :参考資料:2005/10/30(日) 21:44:01 ID:m+yxTb1h
 インターネットを使った子どもたちのコミュニケーションが、長崎県佐世保市で起きた事件の引き金になった可能性が浮上した。
 小学生の間でもホームページづくりや電子メールのやりとり、「チャット」と呼ばれる、文字での会話が広がっている。
 半面、詐欺などの事件やトラブルに巻き込まれるケースも増えており、子どもたちにマナーやルールを教える動きも活発になっている。

 文部科学省が昨年3月現在でまとめた調査では、ほぼ100%の公立校がインターネットを利用している。
 小学校では児童12.6人に1台の割合で、パソコンが置かれているという。

 インターネット内を検索すると、小学生向けのホームページ作製ソフトの宣伝や、小学生専用の「チャットルーム」などが多数見つかる。
 家庭でも常時インターネットを利用できる環境が広がるなか、小学生も普通にインターネットに接するようになった。

 東京都北区の、ある区立小学校では、10年以上前から、パソコンを授業に取り入れている。各教室など全校で40台以上のパソコンがある。
 このため、同校ではインターネットを使う場合のマナー教育にも力を入れている。
 教頭は「ネット上で中傷しないことや、個人情報を流さないことなどを書いた注意事項を教室内の壁に掲示して徹底している」と話す。

12 :参考資料:2005/10/30(日) 21:44:57 ID:m+yxTb1h
 NEC(東京都港区)では、社員ボランティアが5年前から、小学生の親子などを対象にインターネットの講習会を各地で開いている。詐欺などのネット犯罪から身を守る方法や、マナーに力を入れており、総合学習の一環で小学校側やPTAから開催要請も多いという。

 財団法人インターネット協会も、子ども向けに作った「ルール&マナー集」をホームページに掲載している。

 この中で、「文字を使うときは、声や表情が伝わらないので、話したい内容が正しく伝わるように十分に注意しなければなりません。
じょうだんで書いたつもりの一言で、友だちがおこってしまうこともあるのです」などと注意を呼びかけている。

 ネット上のトラブルの相談を受けている同協会事務局は「チャットや掲示板では、悪口がエスカレートしてしまい、人間関係を壊す人が増えている。
とくに子どもの場合は、中傷の言葉にすぐに反発してしまう傾向があり、注意が必要」という。


13 :名無しさん@3周年:2005/10/30(日) 21:46:19 ID:m+yxTb1h
メディアの見た親鸞会 〈書籍や新聞記事などがとらえた姿〉
http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/
 岩波講座 日本通史 第21巻 (岩波書店 平成7年初版発行)
  宗教意識の現在 3.「土着型」新教団の台頭 真宗「原理主義」の挑戦
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/nihontushi.htm
 真宗王国と新宗教「蓮如さん今を歩む」 (北国新聞社 平成8年初版発行)
  第一部 世は乱れ法もなく−法話に集まる若者たち
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinshuokoku.htm
 富山新聞 平成9年10月28日号 掲載記事
  「神よ仏よ」 信仰厚き北陸路を行く
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinkouatsuki.htm
 RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM
  (Asian Humanities Press, 1991)
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/rennyo.htm


14 :参考資料:2005/10/30(日) 21:48:10 ID:m+yxTb1h
2ちゃんねるは投稿者本人が自分の発言を削除できず、削除依頼は公開掲示板でなければ受け付けてもらえません。
この削除依頼公開によって被害は拡大するのです。
誤って個人情報を書き込んでしまった人が削除依頼によって増幅した攻撃を受け(数千にも及ぶ書き込み)、退職に追い込まれている事実もあります。
また会社、公人に関係する個人情報は原則削除しないという基準があり、事例では教師経験のある人への執拗な誹謗中傷が削除されないという被害を生んでいるのです。
一方、なりすましによる書き込みは真偽を確認しないまま放置されています。
削除依頼者のIPは公開されるのに削除対象投稿者のそれは公開されないなどの矛盾もあります。
ネットで知り合って集団自殺する事件に関連する通報があり、発信元を調べようとした県警がプロバイダーから令状を要求され、事件捜査ではないため令状が取れず調査できなかったこともあります。

ネット被害対策室
http://www002.upp.so-net.ne.jp/dalk/higai.html

WEB110番
http://web110.com/

ネット犯罪予防策
http://www.kaiteki-net.com/nettrouble/netcrime/netcrime6.html

インターネットホットライン連絡協議会
http://www.iajapan.org/hotline/


15 :参考資料:2005/10/30(日) 21:53:34 ID:VcWHAUAk
35 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:36:18 ID:N/0Utr6b
>>33
元講師部員
弘宣部でネット対策を担当
ある日忽然と消える
現在反逆者扱い

42 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 00:42:12 ID:aFhOkW5G
>>35
情報サンクスです

ネット対策を担当してた講師がやがて反旗を翻したと
いうのは、会のネット対策の内実に問題点のあること
を想像してしまいますね
先日の9/18KK事件にはいらっしゃいましたか?

16 :親鸞会会員の除籍者に関する見解:2005/10/30(日) 21:53:46 ID:iuc66pG2


953 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/10/17(月) 16:15:46 ID:uKuR18x/
>>790
>7.親鸞会の教義についての疑問
結局これが、Uの疑問そのものなのでしょう。

そういえば、7月ごろから三願転入について、いろんな質問が出ていま
したが、内容はこれと同じですね。同一人物なのでしょうか。
あまりにも低次元の質問で、しかも、なにかにとりつかれたかのような
やや病的な感じさえする文章でした。それで、だれもまともに相手にし
なかったのを、何か本人は勝手に勘違いしていたように思います。
ずいぶん、怖い感じの人だなあというのが、正直な感想です。


17 :参考資料:2005/10/30(日) 21:54:19 ID:VcWHAUAk
43 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 01:13:07 ID:9eQIPxAt
>>35
ネット対策をしていた講師ですか。その情報は確実ですか?
現在のs会の公式HPはその人が作ったという事は聞いたことがありますが。
>>42
反旗を翻したかどうかは不明です。
会員向けの説明だと、

「親鸞聖人の教えに善のすすめはない、と言った」
「親鸞会をカルト集団と言った」
「三願転入の教えを破壊した」
「高森先生を池田大作と同じだと言った」

という理由で除名とのことです。
それなりに有名な人だったので、周囲の動揺もかなりありました。

私の邪推では、気でも狂わない限り現役の講師部がこんな事を言うはずがありませんし、
(たとえs会に疑問を持っていたとしても)
いつどこで言ったかという説明も無かったので、
除名の口実で、真因は別の所にあるのではないかと思いました。


18 :名無しさん@3周年:2005/10/30(日) 22:11:48 ID:pkicHVqb
JR尼崎で死んだのは、乗っていた乗客自身の責任
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1129735110/

19 :名無しさん@3周年:2005/10/30(日) 22:36:45 ID:oNBqMVc6
>>7ってもしかして
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/advise.htmの改変コピペ?

救出カウンセラーからのアドバイス  (平岡正幸)
=破壊的カルトに巻き込まれてしまった(もし、あなたが本人の場合)= 
カルトにはまらないようにするには!そして、もしはまりかけたなら!

1) 看板に偽りアリ。楽しそうなサークルと思っていたら、何か宗教的な話やビデオ教育などが始まった。
それは破壊的カルトの可能性大です。正当な宗教サークルは名前を詐称しません。
2) もしおかしいと思ったらはっきり断る。たとえ勧誘した人が魅力的でありやさしく思いやりのある人に思えても、
きっぱりと断らなければついつい深入りしてしまいます。
3) 誰かに相談する。
「ここでの話は深い意味があり、ほかの人には理解できない。だから友人や家族には話さないように」などと言われるなら、
もっと危険です。マインドコントロールは自分の頭で考えはじめるなら解けてしまいます。
そのためには友人や家族など誰かに話すのが最も良いのです。
4) 情報規制を感じたら速く逃げなさい。
社会情報がみな誤りであり、この団体の言うことだけが正しいなどと言われたら、速く逃げるべし!
あなたはもう破壊的カルト集団の一員と思われているのです。
オウム真理教信徒が、今でも社会情報はみな間違っているなどと妄想しているのをみればよく理解できるはずです。
5) はっきりしないときは専門家に相談する。
  以上のポイントに注意して、なおかつ確認したいときには破壊的カルト問題の相談窓口に連絡して下さい。オウム問題をきっかけとして、そのような窓口が以前より増えました。



20 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 00:25:11 ID:a5KfDMrD
>194 :れんこん :2005/08/03(水) 01:36:41 ID:xuuIp7i6
>第一は、真剣な聞法です。
>聞きなさい、聴聞しなさい、と勧められます。
>死を心の底において聞きなさい、と言われます。
>命、先短くさだめて聞かなければならない、と。

>319 :れんこん :2005/08/04(木) 23:56:52 ID:yaLkGFdv
>こんばんは。
>お勧め下さる阿弥陀仏の救いは、まことのことと思います。
>自分の罪悪に泣き泣き苦しんだ心に、南無阿弥陀仏をお届け下さるのだと聞かされています。
>不思議な有り難い法だと、報恩の念仏をとなえる姿を見ると、驚きです。
>聴聞です。真剣な聴聞が大事なんです。

>320 :れんこん :2005/08/05(金) 00:00:39 ID:yaLkGFdv
>親に孝行を思うのなら、早く仏法に目をさまして本気になって聞きなさい、と勧められます。
>後生の一大事、救われた人が聞法を勧める、その姿は必死です。
>もう命いくばくもなし、臨終を遠い先に考えていては駄目だから、必死になって聞きなさい、と勧められます。
>無常を問いつめた、聞法をさせていただきたいです。

れんこんさん、がんばってね。

21 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 00:27:30 ID:a5KfDMrD
>322 :れんこん :2005/08/05(金) 00:06:44 ID:Tj5Dyxet
>自力の計らいを捨てて、二心なく阿弥陀仏をたのむ一念発起の時に、
>迷いの心に死に別れて、往生一定、大安心の身になるのだ、と。
>この一念で、心は浄土に遊ぶなり、で、一日一日、楽しい日暮らしをさせて頂けるのだ、と。
>よく聞かされています。

>324 :れんこん :2005/08/05(金) 00:15:30 ID:Tj5Dyxet
>現在、いかなる苦難の重荷が背負わされていようと、決して失望落胆することはない。
>暗い夜でも、やがて明るい朝がくる。
>迷いの心は深いけど、助かる道は、親鸞聖人の教え一つしかない。
>迷わず聞いてくれ、自力の計らいを捨てて、如来の願力に救われることだぞ。
>そういつも聞かされています。聴聞が一番大事なことです。

>325 :れんこん :2005/08/05(金) 00:20:14 ID:Tj5Dyxet
>阿弥陀さまのお慈悲を、思い出しては念仏より他ない。
>祖父はいつも言っています。
>「念仏は、仏の口から私を呼んでくださるお声なんだ。
>それが私の口から出てくださるとは、なんと不思議なことだろう」と。
>ここまでくると、私もよく分かりません。
>高森先生から、よくよく聞かせてもらいなさい、と。
>聴聞させていただきたいと思います。

れんこんさん、また出てきてね。

22 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 00:30:46 ID:a5KfDMrD
>386 :れんこん :2005/08/06(土) 00:20:40 ID:OUJQqKSi
>祖父も飽きずに、同じことを繰り返します。
>聴聞しなさい、真剣に聞法しなさい、と。本気になって、聞きなさい、と。
>で、祖父の件ですが、高森先生はご存じのようですよ。
>以前、先生と手紙のやりとりもあったようです。今もそうかは知りません。
>まわりの人も、知っていますが、会として認める認めないは、知りません。

>387 :れんこん :2005/08/06(土) 00:24:24 ID:OUJQqKSi
>祖父は、真っ先に聞法を勧めますね。
>死を心の底に考えずに聞いていては、阿弥陀仏のお慈悲はいつまでたっても頂けないぞと。
>そして、高森先生の教えられる通り、求めていきなさい、と。

>388 :れんこん :2005/08/06(土) 00:27:46 ID:OUJQqKSi
>痴呆じゃないですよ。いたって元気です。
>私より元気じゃないでしょうかね。
>近寄る浄土を楽しみに念仏の他はない果報者だ、と言うときもありますが、
>まだまだ長生きしそうです。

長生きしてほしいですね。


23 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 05:09:10 ID:PU0FvlQs
>>1 スレ立てGJ! 乙彼<( ̄∇ ̄)/。

>>20-22 れんこんさん、自演乙彼<(* ̄∇ ̄;)/。

24 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 19:10:34 ID:iiFvBNk0
S会員が以下の行為をしたら、どのような処分になる?
除名?退会勧告?それとも注意で済む?

1、会員の異性にストーカー行為を行った。
2、飲酒運転で物損事故を起こした。
3、注意しても聞かなかったので、後輩に暴力をふるった
4、講師に叱られた腹いせに、後輩に暴力をふるった
5、満員電車で痴漢をした
6、御法話の帰りにスピード違反をして死亡事故を起こした
7、宿泊係が会員から預かった宿泊費を横領した
8、部長が御法話を無断欠席した
9、他支部の会員に自支部の先輩の悪口を言った
10、退会した友人にL1Dの内容を暴露した
11、このような書き込みをここにした

25 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 20:52:40 ID:meg5Av7k
>>24
マジレスするけど
他の会員に対する影響の強い人であれば除名、その人一人で騒いでるってだけ
で納まりそうなら注意。
処分たってそんなもんなんですよ、与えてるモノがあってはじめて奪うっていう脅しが
起こるんですから、親鸞会に処分で脅しかける力なんで無いの

26 :元々ぼら夫:2005/10/31(月) 22:10:44 ID:ZKa+fiy2

テンプレで情報操作乙です>アンチ諸君


27 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 00:25:32 ID:iKERhr1g
ぼら夫さん? キャラ変わったね。こわ〜い

28 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 00:46:19 ID:u3M/wWgQ
>>27
>>26がカキコした頃の元々ぼら夫氏のIDはID:Vy/7/zVE(↓参照)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123906853/195-196

>>26はどうせ騙りだろう。

29 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 01:28:39 ID:ljT3dqOA
また児玉さんの騙りか

30 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 06:54:28 ID:tG5QT4fL
>>26
児玉さん、ネット対策もいいですが、
体に毒ですよ。

31 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 07:37:40 ID:tG5QT4fL
>>30

・・と思ったが、児玉さんがsage機能をしってるわけないな。

元々ぼら夫さんのHNを騙るシンパによる悪質なネット対策だろう。
やりかたが汚いな、親鸞会。


32 :親鸞聖人のご文証:2005/11/01(火) 09:58:56 ID:DLeTMWyM
862 名前:親鸞聖人のご文証[sage] 投稿日:2005/11/01(火) 09:57:56 ID:DLeTMWyM
“親鸞聖人の特徴は” と問われて、なんと、答えるだろう。
山上の仏教を、山下の仏教に、貴族の仏教を、庶民の仏教に、僧侶の仏教を、
在家の仏教に、禁欲主義の仏教を、肉食妻帯の仏教に、したことか。

いずれも、当っている。が、しかし、なんといっても、特徴の中の特徴は、
真仮の区別を、ハッキリさせ、自力の臭みを断切って、他力不思議を、発揮さ
れたことが第一であろう。

親鸞聖人、畢生の大著、浄土真宗の根本聖典 『教行信証』 六巻をみれば、そ
れは、明白だ。
「教・行・信・証・真仏土」 の五巻に真実 (真) の仏教、後の 「化土」 巻に方
便 (仮) の仏教を開顕し、 “仮より真に入れよ” が、親鸞聖人の、生命になっ
ている。



33 :親鸞聖人のご文証:2005/11/01(火) 10:07:43 ID:DLeTMWyM
「然るに、願海に就きて、真あり仮あり −乃至− 既に以って、真仮みな是れ大
悲の願海に酬報せり −乃至− 真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失
す」 (真仏土巻)

「願海に、真あり仮あり」

まず、阿弥陀仏の本願に、真実 (真) と、方便 (仮) のあることを判定し、
十八願を真実、十九・二十の二願を、方便と断定される。

真実とは、本心のこと。
十八願には、弥陀の本心 (どんな人をも、必ず絶対の幸福に救いとる) が、
誓われているから、真実といわれる。
方便は、方法便宜の省略で、目的を果たす、方法手段をいう。

「十九・二十の二願は、弥陀が目的 (十八願) を果たす、方法手段に誓われた
もの。
従って、三願は、無関係に孤立したものではない」

これが、親鸞聖人の見解であり、宣言である。




34 :親鸞聖人のご文証:2005/11/01(火) 10:21:34 ID:DLeTMWyM
二つ三つ、その、文証をあげておこう。

中でも、鮮やかで、有名なのは、聖人の告白である、三願転入のご文であろ
う。

「ここをもって愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久しく、
万行諸善の仮門 (十九願) を出でて、永く雙樹林下の往生を離れ、善本徳本の
真門に廻入して、偏に、難思往生の心を発しき。
然るに今、特に、方便の真門 (二十願) を出でて、選択の願海 (十八願) に
転入し、速やかに難思往生の心を離れて、難思議往生を遂げんと欲す。果遂の
誓、良に由あるかな。
ここに久しく願海 (十八願) に入りて、深く仏恩を知れり。
至徳を報謝せんがために、真宗の簡要を?うて、つねに不可思議の徳海を称
念す。いよいよ斯を喜愛し、特に斯を頂戴するなり」 (教行信証)

要旨をいうと、こうなる。

“幸いにも、親鸞は、善知識方のお導きによって、十九願から二十願に入り、
今、それらの方便から、十八願、真実へ転入した。
方便から真実に入って、はじめて、阿弥陀仏の大恩が、知らされたのである”


35 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 13:06:53 ID:fkSsndpd
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。

このスレにお越しの方は情報の信憑性を確かめながらご覧下さい。
怪しいと少しでも思った場合、発言者に質問してみることをお勧めします。
常に一歩距離をおいて情報の取捨選択を行ってください。
もちろん、このレス自体にも距離をおいてで結構です。

36 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 17:11:31 ID:4TmauqjS

>>26これもいい嘘ですか?プゲラ

37 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 18:20:15 ID:fkSsndpd
「自分が他人とは違う特別な存在」だなどと思ってないし、

「人生の目的はない」とか「人生の目的は自分で探さなければならない」
などと言っ てる人達を見て軽蔑もしてませんよ。

ほんの少しはそう思う、というのでもない。全くそんな思いはありません。
そんな思い起きようもない。そんなふうに感じられてるとしたら、まったくの
誤解ですから。

どうかそんなふうに思わないでくださいね。





38 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 23:22:43 ID:o6a3L419
ついに報恩講の月になったか。
苦労してやりたくもない
バイトしてお金をためて、
お母さん、温泉旅行一緒に行こうよ。列車の
座席も押さえたし、大好きな
和室も取ってあるから。と言って、
しきりに仏縁を念じて
根気強く誘っていたあの頃がなつかしい

39 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 23:52:01 ID:fkSsndpd
青学を始め、上智・立教・立命館・聖心など、
布教活動を旨としているミッション系の私立大学に、
私学助成金という名の国家予算を付与することは、
厳密に言えば憲法違反ではないのか?
また、在日米軍の施設内のキリスト教教会の建設に、
国家予算をあてがっていることも、憲法違反ではないのか?
さらに、創価・駒沢・立正・龍谷などの仏教系、
皇學館・国学院などの神道系の宗教大学に、
私学助成金を付与していることはどうなのか?
靖国神社に国家予算からの支援がないことを考えれば、
日本国憲法で保証されている信教の自由はすでに無効ではないのか?



40 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:10:21 ID:N9nGYOcp
>布教活動を旨としているミッション系の私立大学に、
>私学助成金という名の国家予算を付与することは、
>厳密に言えば憲法違反ではないのか?
そりゃ「厳密」な憲法解釈でなくって、「極端」な憲法解釈っていうんですよ、
学校法人と宗教法人をごっちゃにしてるコトは厳密じゃないしね

41 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:36:27 ID:WWY9052U
>>39
         , ──────────────── 、
       /                        : \
| ̄ ̄|_/                          :  \
|   |    ..............      Little Boy          :  )
|__| ̄丶 :::::::::::::::::::::::........................            :  /
       \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
         `─(⌒つ───────⊂⌒)─── '
           ⊂⊃       / ̄\ ⊂⊃
            |:::|/ ̄\__|::::::::::::::| |:::|
            |:::|:::::::::::::::::::::::___|/ /::/
            ヽ:\_::::::::::/\, ,/| /::/
             \:::::::|::/ (・), 、(・)|/:::/
             /|::::/( |\__●::/   < ゴチャゴチャうるせえ奴だな!!
            / |:://\\ +  |::::/_
            ̄\○   \\_|/:::::...\
          /:::/|/ ̄ ̄ \_) ̄ ̄\\

42 :新資料:2005/11/02(水) 00:40:42 ID:WWYk7BjA
945 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:08:19 ID:7hZMTU84
大学内で新入生に声をかけても、学内では入部を勧めず、学外の場所で入部を勧めるという方法をとったところがある。

サークルの勧誘禁止期間中であったため、何人かの部員が職員に注意を受けた。
そのことを部員が講師に報告したら、「学内では入部を勧めていないのだから、勧誘はしていませんと言えばいいんだ。実際に、これは勧誘ではないんだ。」
と答えた。

多くの部員は口には出さないものの、この講師が言うことをすっきりとは受け入れられない様子だった。

43 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 00:48:06 ID:Te/8frqR
>>39
で、それら大学法人の中で、バックにある宗教を
組織的に隠したり偽ったりして受験生を集めるようなトコでもあったかい?

44 :三願転入は、十方衆生の獲信の道程:2005/11/02(水) 09:51:44 ID:/l+Qulil
もちろん、これは、親鸞聖人だけの、ことではない。

「至心信楽欲生と
十方諸有をすすめてぞ
不思議の誓願あらわして
真実報土の因とする」 (第十八願)

「至心発願欲生と
十方衆生を方便し
衆善の仮門をひらきてぞ
現其人前と願じける」 (第十九願)

「至心廻向欲生と
十方衆生を方便し
名号の真門ひらきてぞ
不果遂者と願じける」 (第二十願) (浄土和讃)

十九・二十の方便二願は、真実、十八願に転入する、十方衆生の道程と、見
ておられることが、よくわかる。



45 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 09:54:49 ID:r+Lx+Ptt
855 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 01:22:14 ID:Y2pG0ZuK
2ちゃんねらーの皆さんへ

親鸞会必殺育成法と、部室住所一覧ですが、
このまま埋もれてしまうのはあまりに勿体ないので、

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

上記のサイトにうpしておきました。
ご覧になりたい方はどうぞ。

46 :三願転入は、十方衆生の獲信の道程:2005/11/02(水) 10:05:32 ID:/l+Qulil
このことは 『三経往生文類』 にも、みえるが、いまは 『愚禿鈔』 の文を、あ
げておく。

「ひそかに観経 (十九願) の三心往生を按ずれば、これすなはち、諸機自力各
別の三心なり。大経 (十八願) の三信に帰せんがためなり」

「万行諸善の小路 (十九願) より
本願一実の大道 (十八願) に
帰入しぬれば涅槃の
さとりはすなわちひらくなり」 (高僧和讃)

誰もが、意識すると、しないとに、かかわらず、方便 (仮) の道程を通らな
ければ、真実 (真) の、絶対界には出れないのだ。
方便 (仮) を通らずに、真実 (真) が、どうして、真実と、知れようか。
真実を、真実と、知らすための、方便なのだから。

なればこそ、弥陀の本願から釈尊の説法、七高僧の教説は、悉く、方便と真
実を比較して、説かれ、“方便より真実に入れよ” との、教えなのである。
その方便 (仮) を、知らないのは、真実 (真) も、わかっていない証拠、と
結論づけられる。

「真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す」 (真仏土巻)

親鸞聖人が、キッパリと、こう、仰有るのも、当然なのだ。


47 :修善を実行さすのが、十九願:2005/11/02(水) 10:16:47 ID:/l+Qulil
では弥陀が、十九に誓われた、方便とは、どんなことで、あったのか。

自惚れ強く、そのうえ、相対の幸福しか知らない、我々に、はじめから、絶対
の幸福になるのだと言われても、猫に小判、所詮は、狂人のネゴトにしか、聞
こえぬに違いない。
まず、善因善果、悪因悪果、自因自果の因果の法則から、教え、悪果が嫌な
ら、悪を慎め、善果がほしくは、善を励め、と、廃悪修善を、指導する。

仏教の定規は、因果の道理。因果の理法は廃悪修善。その修善を実行さすの
が、弥陀の十九の願である。

「真宗に善をすすめる文証などあろうはずがない」と、本願寺は胸張らるるけ
れども、木をみて森をみず、森をみて山を知らず、の類。仏教の山全体が、文
証であることを、知らないのだ。
それとも、仏教の定規を無視された、親鸞聖人や蓮如上人とでも、いうので
あろうか。


48 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 10:33:31 ID:KJY5j/YE
s会は昭和33年から宗教法人として
国や地方からは税制の優遇措置を受けているのに、
勧誘するときには
「私たちのサークルは宗教ではありませんので安心してください。」

ネットによって白日の下に晒された以上、こんな見え透いた嘘は
もはや通用しません。

もはや、配慮とかの綺麗ごとで言い訳しようがありませんね。

【正見:縁起の道理によって人生、世界を正しく見ること】

あなたたちは、勝手な言い訳を脳内でこしらえて自分を正当化し、自ら
因果の道理を破壊する後ろめたい行為を続けていることを素直に認めなさい。

49 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 11:17:34 ID:DkJKvqhO
宗教以外のカルト(マルチ、アム○ェイ、政治結社など)は、容易に騙されたことに
気付き、社会常識のなかに復帰することはさほど難しくない。

しかし、2ちゃんねるを含む匿名掲示板によるマインドコントロールは、騙されたことに気付くことが
出来ないことが多く、 被害者であったものがいつのまにか加害者に変貌し、
その巧妙な方法によって、人格もしばしば不可逆的に凶悪なものに変容される。

その理由は、根拠のない捏造(たとえばネット工作員の存在など)の実在を信じこまされ、
現実からまったく遊離してしまった、証明不能の偏った体験談を築き上げて
しまうからである。 彼らにとって、親鸞会に入っている人間こそ憐れむべき人間、
あるいはごく一般的な社会生活を営む会員をも思考停止・カルト・加害者にみなすようであり、
奇しくも 統一教会が親をサタンとみなして敵視するのと酷似している。

アンチは、善意と聖なる使命感をもって中傷・誹謗行動し、自らの行為の反社会性・
反人間性の認識は全くない。
ただし、こういう匿名掲示板に来ると、その反社会性・ 反人間性がしばしば
表出するのが非常に興味深いのであるが・・・。

だからこそ、こういう掲示板における病人たる彼らの啓蒙が大切なのである。


50 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 11:44:03 ID:KJY5j/YE
>>49

懲りん星からきた会員ですか?

51 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 11:54:01 ID:KJY5j/YE
「カルト」
本来は儀礼、崇拝、熱狂などの意味をも言葉
何らかの強固な信念、思想を共有し、その信念に基づいた行動を
熱狂的に実践するように組織化された集団のことを指す。
その中で、特に真の活動目的を隠し、自らの利益追求のためにあからさまに
欺瞞を行う反社会的な集団のことを「破壊的カルト」と呼ぶ。 
トーマス・カイザー

特に真の活動目的を隠して活動しているのはs会ですよね。

52 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 12:54:58 ID:DkJKvqhO
思考停止

考えるのをやめること。

あるいは、あることに対する判断を放棄して、既成の判断を無批判に受け入れること。

「短絡的な反応」「脊髄反射」「固定観念に基づく判断の枠組みを超えていない」「状況の変化にもかかわらず、以前の方針をそのまま当てはめる」状態を指し、議論において極めて批判的に用いられる。

■ 使われる場面
基本的に、きちんと論証する手間を省いて「自分は正しく、相手は間違っている」ということを簡潔に訴えるために使われる手抜きのための用語。
「相手の発言は何らかの権威の受け売りであるのに対して、自分はものごとをきちんと判断している。自分は正しい」と主張したい人が使う。

また、左翼・右翼・保守・革新などの立場からの発言ばかりだ、とレッテルを貼って馬鹿にするためにも駆使される。

この言葉を使うこと自体、往々にして、相手の発言を読み取らずにレッテルを貼るだけに終わってしまう(=「思考停止」)という陥穽にはまりがちである。

53 :参考資料:2005/11/02(水) 16:14:34 ID:7hZMTU84
693:10/28(金) 00:53 0uu57BQy
>北陸の某大学では、「○○キッカーズ」という偽のサッカー部のチラシを見せて、部員が集まらなくて困っているふりをして逃げていた。

これは、北陸の福○大学。

678
>最近、こんな勧誘方法を行った大学があるようだ。
>合格発表や入学手続きの日に、学生有志という名のもとで、大学の説明会をしていると言って
>新入生に声をかける。次の説明会の日に、はじめて、短い部会を行い、人生の目的という言葉を出し、
>サークルということを明かし、入部を勧める。

>これは、大学職員等の反対を防ぐために、声をかけたその日には情報を与えるだけに徹する。次に新入生が来たときに、
>はじめて人生の目的ということを話してじっくり説得するという方法である。

これは東海の名○屋大学だな。


>某国立大学では、大学側の反対が激しいため、あまり目立たない階段で、新入生に声をかけ、車で新入生を学外の勧誘部屋に連れて行き、入部説得したそうだよ。

これは、北陸の金○大学やな。

どうかね、このやり方・・・。

54 :参考資料:2005/11/02(水) 16:16:24 ID:7hZMTU84
746:10/29(土) 18:25 eyOjyc9w
732 >こんなことがあったそうです。 ある年のある大学でのこと。
>S会関連サークルが勧誘を行ったが、その際、無断で教室を勧誘部屋として使用した。それを大学職員に発見され、写真にまで撮られてしまった。
>これ以前にも、学生や親御さんが、このサークルはS会が関わっていることを大学に通報していたが、警告だけですんでいた。
>しかし、この事件をきっかけにサークルの公認は取り消された。

これは岐○大学だろ。



745
>ある国立大学の人が、こんな勧誘を受けたと言っていたけど、これもS会?
>キャンパスを歩いていたら2人組に声をかけられた。 すると、その場でハガキサイズの
>バインダーを出してきて、「うちは勉強会サークルで、就職に役に立つことを身につける
>サークルだ。」という内容の話をしてきた。
>そこで今度、サークルで食事会をするから、この名簿に名前と電話番号とメアドを書いて」と
>言われた。暇だし、食事会ならいいかと思って、名簿に書いて別れた。
>数日たって、このサークルの食事会に行った。食事会だけで終わりかと思っていたけど、その後、
>ゼミがあると聞かされ、聞いてみると「なぜ生きる」ということを言っていたようだが、よくわからなかった。
>ゼミの後、チャレンジ入部しないかと言われたけど、他に入りたいサークルがあるから断った。

これも、岐○大学かな。

もうすぐ、つぶれるだろ。

55 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 16:39:10 ID:7hZMTU84
新入生「このサークルはどうして非公認なのですか?」
S会講師「公認サークルだと、書類とか手続とかいろんなしがらみがあるから、非公認でやっているんだ。」


実際は・・・
S会が関わっていることを大学に知られていて、顧問を引き受ける教官がいないので公認でない。

56 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 17:10:37 ID:Qe6Eco46
>>55
>新入生「このサークルはどうして非公認なのですか?」
>S会講師「公認サークルだと、書類とか手続とかいろんなしがらみがあるから、非公認でやっているんだ。」

>実際は・・・ S会が関わっていることを大学に知られていて、顧問を引き受ける教官がいないので公認でない。


教官に、顧問の要請さえできないくらい、親鸞会の学友部員は信頼がなく、また努力も足りない。
ほんとに真実開顕するきあるんかな・・・。

たしかに、公認になればいろいろめんどくさいことはあるが、大学公認になったほうが
あきらかに得することが多い。そもそも、信頼感が得られると思う。

後ろめたいことばかりやっているから、公認化する努力もできないんだろ?
悔しかったら、全国のサークルを公認化してみろ!

ちなみに、現在、公認化されてる大学って、誰か知ってる?


57 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 17:18:04 ID:7hZMTU84
>>55の補足

この講師が言っていたのは、新入生に対する表向きの説明にすぎない。
この大学では、少なくとも2回は公認を取り消されている。
顧問をやってくれそうな教官はいたが、S会が関わっていることを知ったせいか、引き受けてもらえなかったらしい。

58 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 17:44:53 ID:elWl8Lqa
信者勧誘するならhttp://www.nanpara5.net/

59 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 18:03:01 ID:GSLnL+pW
>>57
これまで宗教法人s会であることorその外郭団体であることを隠して
勧誘したり活動したりしてきたツケだろうな。

大学側から完全に信頼を損なったんだろう。

60 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 18:21:37 ID:r+Lx+Ptt
以前親鸞会は社会的に認められた団体だと誰か書いていたが、
小さなコミュニティでみんながみんな親鸞会マンセーをしていると、
こんな分かりきったことも分からないのかと恐ろしくなる。
マインドコントロールの典型的な症状ですな。

親鸞会は社会的にまともな団体とは認められていません。
カルトとしては認められています。

61 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 19:11:29 ID:Qe6Eco46
>>55の補足

>この講師が言っていたのは、新入生に対する表向きの説明にすぎない。
>この大学では、少なくとも2回は公認を取り消されている。
>顧問をやってくれそうな教官はいたが、S会が関わっていることを知ったせいか、引き受けてもらえなかったらしい。


どこの大学?
もしかして、中部地方の大学ですか?

62 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 20:02:40 ID:L+W/Pt59
>>56

>ちなみに、現在、公認化されてる大学って、誰か知ってる?

狂徒大学では公認されてる。

63 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 20:23:04 ID:qwwZ0IXh
>>56
大学のウェブページのどこかにある「サークル一覧」に載ってれば公認だろ?
各大学でのダミサ名一覧はどこかのスレで見かけた気がする

64 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 20:27:07 ID:DkJKvqhO
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞上人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)。


65 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 21:34:01 ID:YD1KhngI
>56
w大学、なか●ずくも公認。
顧問教授には実態を一切報告せず、表向き哲学サークルといっている。
教授はやる気ない人なので、全く顔を出さないのでまかり通ってる。

66 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 21:48:55 ID:sWfDb8XC
>>65
ということは、なかんずくでトラブルが起きた場合には、
顧問教授に直接クレームをつければいいということだな。

67 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 21:56:04 ID:ijn07iOe
なんでサークル名も伏字にせにゃならんの?

68 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:06:38 ID:aBhj5v+v
本当の親鸞聖人のみ教えを聞かせて頂こう!

69 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:07:45 ID:aBhj5v+v
良薬口に苦し。

70 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:08:30 ID:aBhj5v+v
凡聖逆謗斉廻入 如衆水入海一味

71 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:08:42 ID:2bhadW6c
会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長、なのか。

72 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:14:38 ID:ijn07iOe
親鸞と同等に扱ってもらおうとは
ふてぇやろうだ

73 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:19:38 ID:Qe6Eco46
>>953 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/11/02(水) 00:18:42 ID:/hSU1Cat
>>949
>>ほんとうにどんな人でも、信心決定できる教えなのですか?
>そうです。よくよく聞いてください。

お返事ありがとうございます。


>親鸞会の会員で信心決定している人は、いるんですか?
>いたら、その人の名前を教えて下さい。お願いします。

よくよく聞きたいので、この質問についても、できればお返事いただけますか?


74 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:20:36 ID:Qe6Eco46
>>940
>漏れも、社会経験積んでみたけど、全部、仏法真と知られることばかりだよ。
>机上の空論というが、その、あなたの言う机上の空論がいかに正しかったか、
>社会に出てよりいっそう知らされたよ。
>そして、大学のときにもっと求めておけばよかったと、後悔させられました。

でも、その大学のときにめいいっぱい求めてきた人が、信心決定してないしな〜。
親鸞会で信心決定した人、ほんとういるんかな・・・。


75 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:21:31 ID:Qe6Eco46
>>880
>おめーよぉ、自分でも見苦しい言い訳だって事、わかってんだろ?

オレもそう思う。
部落出身者が差別されるから身分を隠すのと、反社会的宗教団体と思われるから、
宗教団体だといわないのとは、歴史的背景や、立場からして、全然違うと思う。

小林よしのりが当時オウム批判をしていたとき、オウムの青山弁護士が、
訴えてきたが、「釈迦やキリストが人権掲げて布教したか!」と一蹴した。
オレは、小林よしのりはあまり好きじゃないけど、あれはなかなか面白かった。
今でも覚えているほどだからな。

親鸞会も、「俺たちは差別されてるから、名のらないんだ!」とか言うつもりだろうか。
ほんと、とってつけたいいわけだな。

以前、ここで話題になっていた、水戸黄門理論とおなじじゃねーか。
「水戸黄門様も、ちりめん問屋と言い、身分をかくしていたではないか、あれは悪なのか」

ほんと笑えるね。
でも、組織的に意識して、立場を隠して勧誘やっているというのは
認めているってことだな。

やっぱり、これをやるしかないか。

>では、『○○○というサークルは、「宗教法人 浄土真宗親鸞会のサークルです」』と書いて、
>大学内に配布したら、やっぱり親鸞会会員は怒るんだろうか?
>なんて言ってくるかなぁ。
>これを来年の4月、全国の大学で実行したら、入部者は減るかなあ・・・。




76 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:22:28 ID:aQTv+0TQ
地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助。

ウマー



77 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:23:30 ID:Qe6Eco46
>>917
>キリスト教は科学とは相容れないのは事実。
>彼らの信心は「矛盾なるがゆえに信ずる」だから。
>「人間に認識できない」ということと「矛盾してると認識する」のはかなり違うんだけど
>問題は人間が本当にそういうものを信じられるのかどうか。
>単なる妄想と言われても仕方ない。

私は、「人間(自分)に認識できないもの」をなかなか受け入れがたく、親鸞会の話しを聞いても、
どうしてあれほど、みんなが熱心に活動できるのか、よく分からなかったのですが、
KhaCQ8Wkさんは、「『人間に認識できないもの』は受け入れがたい」という壁を
どうやって乗り越えて、親鸞会に入会しようと思われたのですか?


78 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:24:05 ID:1N6JD7uo
(´・ω・`)知んらんがな

79 :奪回6年目:2005/11/02(水) 22:29:45 ID:vw8cvhT3
>>62
オウムや原理も公認されてるような大学なのだが「公認」といえば、あたかも
信用があるように聞こえるので勧誘時「公認」ってのは前面に出してた

80 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:43:31 ID:GBLVPI+L
原液改印さんの中で、打ミサで官有受けたことを
感洒してる日とっているの?考課いしてない?



81 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:56:52 ID:q9rAF/ui
親鸞会警察に通報しようぜ。人を騙しておきながら恥とも知らず、さらには見苦しい言い訳までする
最低団体への情のかけらはない。
親鸞会を見て創価学会の方がまともだと思った。

82 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:58:25 ID:2bhadW6c
>>80
現役さんは基本的には感謝していることになっている。
後悔してる人はすでに離脱しているか、やがては離脱していくでしょ。

83 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 22:59:41 ID:DkJKvqhO
世の中に
  人の来るこそ 
      うれしけれ
 とはいふものの
     お前ではなし



84 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:00:18 ID:siyat01K
>後悔してる人はすでに離脱しているか、やがては離脱していくでしょ。
恐ろしいことです。

85 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:00:49 ID:DkJKvqhO
私たちは他人を愛して生涯の半分を過ごし、
他人の文句を言って残りの半分を過ごす。



86 :元々ぼら夫:2005/11/02(水) 23:46:28 ID:A8wiUfPE
新スレ乙〜♪
>>85
さしづめ、s会にあてはめると、人生の半分をT森サンに尽し、後の半分は、H願寺の悪口
言って糸冬了ってとこかな。


87 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:50:36 ID:GBLVPI+L
いろいろな考え方をする人がいるのだから、
s会を続ける人がいるのもわかる。
だけど、騙しも℃が過ぎるとよくない。
仏教、親鸞と聞いてなんも電圧÷電流なかった。
唯、騙しの缶結うが揺るセナ買った。


88 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:52:09 ID:ijn07iOe
>>87
理科大の会員でしたかw?

89 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:52:14 ID:DkJKvqhO
人生は苦痛であり恐怖である。だから人間は不幸なのだ。
だが今では人間は人生を愛している。それは苦痛と恐怖を愛するからだ
byドストエフスキー



90 :元々ぼら夫:2005/11/02(水) 23:53:05 ID:A8wiUfPE
で、本題。ダミサ(仮)対策について。
警察に言うなんて意見も出てまつが、実際問題とりあってくれへん希ガス。
あの勧誘マニュアル(HPうpして下さった方、乙です〜♪)で、一番見るべきは、「引き離し」
という手法だと思う。入学したてで右も左もわかんない方にとっては、「怪しいな」
という感覚が多少あったとしても、新生活のルールが確立してない不安定な時期にあって、
つい勧誘者のペースに巻き込まれてしまうのは、想像にかたくない。田舎からでてきて
友人もいない状態ならば、なおさらでしょう。〜つづく〜


91 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:54:08 ID:DkJKvqhO
なんと速やかに我々はこの地上を過ぎて行くことだろう。
人生の最初の四分の一はその使い道もわからないうちに過ぎ去り、最後の四分の一はまたその楽しさを味わえなくなってから過ぎて行く。
しかもその間の期間の四分の三は、睡眠、労働、苦痛、束縛、あらゆる種類の苦しみによって費やされる。人生は短い。
byルソー


92 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:58:41 ID:GBLVPI+L
>>88
ワセ。

93 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 23:59:14 ID:Qe6Eco46
とりあえず、サークルを公認化している大学の顧問教授に、

あの勧誘マニュアルを送って、こんなことをしているのが、あなたのところの
サークルですが、そのままにしておいていいんですか?

とか、言ってみたら?

顧問教授としては、親鸞会のサークルの活動内容に理解を示したり、
または好意をもっているから、顧問をやっているのではないだろう。

そこまでのことをしているサークルなら、俺は顧問なんて出来んぞ!と
顧問教授に言わせるのがいいかと。



94 :豊年商人:2005/11/03(木) 00:00:09 ID:YD1KhngI

怪鳥追悼法要のため全国の会員に参詣を強要するが
参詣者数がふるわないのでM貼るの黄色い怒声が飛ぶ

怪鳥の葬式のお香典も期待していたほど集まらない
M貼るは仔牛どもを集めて反省会合
さらに「明治天皇でさえ乃木夫妻があと追い自殺したというのに
お前らの中からはあと追い自殺する者がいないのか?」

異常な空気の中で若いぺーぺーの仔牛が3人志願。
M貼る「3人だけか?少ないやないか!」
そしてさらに2人志願。
翌日の北陸新聞のお悔やみ欄に5人の訃報が小さく載り
地方欄に「カルト狂団、教祖のあと追い5人自殺」

ついでに翌年の顕正新聞には「M貼る怪鳥の年頭所感」
が掲載。「往還回向〜怪鳥は減来回向されてふたたび
娑婆へもどってこられます」
そしてその駄文を末端会員は必死に丸暗記する

年頭所感でM貼る回腸は前怪鳥が減来回向すると言ってしまった手前
怪鳥を人間界へ権化の人として誕生させるため愛人ヒカリに
子種をしこむが失敗。2回目の不倫ということで2002年の事件よりも
大きな騒動となるがそこは現回腸、騒ぎを起こしたものたちを
流刑、死刑、追放にして権力で鎮定する。

95 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:01:29 ID:Qe6Eco46
でも、一番いいのは、在学生が苦情を言うことだろうね。

できれば新勧の時期に。



96 :& ◆2.aYdiCPuY :2005/11/03(木) 00:02:12 ID:YD1KhngI
つづき

この事件を境に仔牛の中から反M貼るの声が高まってくる。
K玉は表向きはM貼るをたてながら学生達から絶大な信用を得、
反逆の契機をうかがう。M野はM貼るにたてついたためすでに
世捨て人になるが器用な人なので東京でベンチャー企業を起こし
成功する。W部はM貼るからも裏表のあるお調子者と見ぬかれて
いるので遠くブラジルに飛ばされるが、報酬がなく飛行機代が
捻出できないため日本へ戻ってこられない。仕方がないので
現地で内縁の妻を娶りブラジルで永住する。

「M貼る回腸になってからどうも仔牛部員の入れ替わりが
はげしい」と減益会員の中からも不審の声があがってくる。
それをN村仔牛長にメールした会員が粛清の対象になり
疑問を抱く者はS会にはいられなくなってくる。

そんな中、前怪鳥の奥さんが死亡。M貼ると強固は名実ともに
T森家を仕切れると喜んだのも束の間、相続税が支払えず
S会の公金に手をつける。それを財務局長にとがめられたため
局長を解任。M貼るのやりたい放題に浄財を遣いはじめる。

一方、正本堂はたったが常に閑古鳥状態
M貼るは毎週本部会館で自分の座談会をやると発表し、
毎週参詣者が1万人以上になるよう仔牛どもに命令する。
しかし毎週1万人も集めるのは不可能
切羽詰った仔牛たちは徒党をくんでM貼る暗殺を企てるが
K玉の裏切りによって失敗。そこで更にK玉はM貼るの寵愛を
受ける。


97 :豊年商人:2005/11/03(木) 00:03:35 ID:vZzps79I
つづき

すっかりM貼るの片腕となったK玉は「反逆仔牛狩り」に
ますます力を入れる。そして、学生たちには「血染めの恩徳讃」
を幾度も見せ、「決死報恩」をつねに徹底しておくことも
忘れない。

そして、ついにその時期がやってきた。
いつもの日曜日、M貼るが正本堂の舞台に立ち合掌した刹那、
K玉がたちあがる
「見よ!!あれこそが真宗衰退の元凶、われら親鸞学徒を
地獄へ叩き落し、欲へ惑わせる仏敵であるぞ!!」
K玉の金切り声にすっかり心酔されきっていた学生たちが
次々とM貼るに向かって飛びかかり、場内は大乱闘。
そのときM貼るは腰を強打して痛め、さらに日ごろの
不摂生がたたって血圧があがったとたん脳溢血で倒れて
返らぬ人となる。

騒ぎに便乗した反K玉派の学生たちがK玉にガソリンをかけ、
K玉が炎上、正本堂もろとも焼けただれ凄惨な最期をとげる。

かくして、そこには・・・
焼け野原になった小杉の丘と正本堂の工事未払い金だけが残った。

------------(完)-------------

98 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:07:20 ID:Uv+OzOwz
>>92
ワセでしたか
失礼。

99 :グル:2005/11/03(木) 00:08:02 ID:uBrBzskV


我 獄中の肉体を離れ
霊と精はヴァジラシァーキニーの胎内に宿る
聖母となりしヴァジラシァーキニーを讃えよ
我聖母の胎内より復活せん




100 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:10:02 ID:Umw0AF40
>>98
利己でした。

101 :豊年商人:2005/11/03(木) 00:12:32 ID:vZzps79I
>>100
ISつかってた?

102 :元々ぼら夫:2005/11/03(木) 00:14:36 ID:EDsPgjBo
>>91
新入生をダミサ(仮)勧誘から守る方法としては、あの勧誘マニュアルにある具体例を出しつつ、
「あやしい」と思ったら、宗教団体の勧誘かも知れないことを熟知してもらうこと
でしょね。そのためには、web上での(具体的な)注意喚起。大学受験をひかえている
知り合いへの注意。あと、勧誘にあったら、勧誘者になんと言われようとも、必ず
「親」に言うように働きかける。(親御サンが学校側にクレームつけるのを、s会はかなり
恐れてる事でしょうから)特に私立は、少子化で大変な上に、大学イメージまで悪くなるのは
避けたい所やろうし。(^-^)/ホナね〜♪


103 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:17:57 ID:Umw0AF40
>>101
北極 南極

104 :元々ぼら夫:2005/11/03(木) 00:19:21 ID:EDsPgjBo
>>102
アンカー間違えた。
>>91じゃなくて、>>90でした。スマソ。
(^-^)/チャオ♪


105 :豊年商人:2005/11/03(木) 00:21:00 ID:vZzps79I
>>103
あ、そっち使ってたのか?
そっちの方が広いよね。

106 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:26:52 ID:haiGySkQ
>>93
顧問が会員の身内だったりする稀(?)な例もあったりする

107 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:28:06 ID:Umw0AF40
非外車の違憲をきいて!
来年は、騙しはなしにしようぜ!
ストレートカンユウダ! 「おれ、s会。キミもどう?」

108 :MEIDI:2005/11/03(木) 00:29:12 ID:Xozavq0N
恥ずかしがることはない。
心の赴くままにヽ( ・∀・)ノ ウンコー と叫べばいいだけなのである。




中には「下品だな」とコメントする人もあることだろう。
このコメントは世間一般の感覚ならばむしろ「正常」と言えるものかもしれない。
しかし、それは自らが「汚いもの」「下品なもの」として「ヽ( ・∀・)ノ ウンコー」の存在を
遮断し、目をそむけているからこそでてくるコメントなのである。

すなわち、自らの心の中に触れたくない、遮断したい、目をそむけたくない
といったものが存在していることの裏返しなのである。
日常生活の中では真の姿を隠し、覆いかぶせることによって自我を
確立させている人が大半であるかもしれない。
しかしその代償が鬱屈やストレスとして自らに返ってくるのである。

今ここで自分の遮断した心、精神を覗く意味でも
ヽ( ・∀・)ノ ウンコーと書き込む勇気を持ってみる気はないだろうか。
自らの心、精神を見つめなおし、開放するための前進といえよう。
そう、ヽ( ・∀・)ノ ウンコーと書き込んだ者は心、精神の開放に
向けて動き出した者なのである。
勇気をだして書き込んでみよう。

            ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー   と。


109 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:45:08 ID:OED/082b
>>93
>顧問が会員の身内だったりする稀(?)な例もあったりする

そんなのありですか?


110 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 00:51:13 ID:haiGySkQ
>>109
身内よりは親類と言うべきか
ただ、顧問自身が会員かどうかは分からんし、勧誘方法まで知っているとは思えん

111 :MEIDI:2005/11/03(木) 00:56:04 ID:Xozavq0N
初心者か知らんが2ch用語分かってないヤシ大杉
ヽ( ・∀・)ノウンコー = 便 だと思ってるヤシは恥ずかしいぞ
「うんこー」はアムハラ語の「ウンコアン デナ マットー」の略
本当の意味は 来る、来た、ようこそetc
2chではキターとほぼ同じ使いかたをする
ようこそへの返しは 「ウンコアン デナ コイユ」
AAが手を振ってるのも、ようこその意味があるからだ
覚えておけ!

ヽ( ・∀・)ノウンコアン デナ マットー ウンコアン デナ コイユヽ(・∀・ )ノ


112 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:03:09 ID:RNlWD38C
関東の大学に進学して今2回の高校の同級生が2ちゃんねるでアンチやってることが
最近わかったんですが、なんとかやめさせる方法ないですか??
先月突然住所を聞かれ、教えたら"いま2ちゃんねるでアンチやってる"とか"2ちゃんのスレ読んでよ。損はしないから"とか、
ダミーサークルは許せんとか書いてあるハガキが届いたんです。
そいつ高校時代は野球やってて無邪気でいいやつだったんで何とか救いたいです。
いい方法あったら教えてくださいお願いしますm(_ _)m

113 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:07:56 ID:o92r5Sp5
>>112
s会がダミサ止めたらそいつも止めるんじゃん。

っつーか懐かしいねそのコピペw

114 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:15:58 ID:mY1XUtua
   _____      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /:\.____\  / 対ガッ用超高性能ぬるボックスのテスト開始!
 |: ̄\(∩( ;゚∀゚) <   重いので持ち上げたり投げ飛ばしたりするのは不可能
 |:   |: ̄ ̄ ̄∪:|  \ 耐熱耐寒仕様、太陽に突っ込んでも大丈夫
                \___________

   _____      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /:\.____\  / 圧力にも屈しない。外部からの衝撃で中の人間が死ぬ事もない。
 |: ̄\(∩( ;゚∀゚) <   宇宙空間でも大丈夫。酸素も食料も一生分ある。排泄物も秘密システムで処理できる。
 |:   |: ̄ ̄ ̄∪:|  \ 箱は 外 側 からしか開かない。ふはははは、完璧すぎる。ぬるぽぬるぽぬるぽ!
                \___________
    バタンッ!!
 ________
 |: ̄\      \   <ヌルポヌルポー!!
 |:   |: ̄ ̄ ̄ ̄:|

115 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:16:59 ID:o92r5Sp5
>>109
>>110
万一そういう場合、或いは顧問の教授に実情を訴えても腰が重そうな場合は、
その教授の同学科内でライバルにあたる存在の教授に訴えかけると効果的かもね。
「○○教授が顧問をされているあのサークルって、実はこんな団体が手引きしてこんなことしてるんです」って。

学外組織(宗教に限らず)が、大学に対して無許可に学内で勧誘行為を行うのは
その大学の自治権を侵害する行為。
大学の被雇用者がこれを看過した場合は、大学に対する背任行為ですから
ここぞとばかりにライバル教授が動きを見せてくれるかも。

>>144ガッ

116 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:19:23 ID:o92r5Sp5
>>144じゃのうて
>>114ガッ
な。

117 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:35:06 ID:1s6k7AXr
    ,,-‐''""''ー--
 .|""       . .||
  |ヽ( ・∀・)ノ●...||
:: |    ....    .||
::::::|     ,ノ""""||
::::::| ,/"""   人 .||
  ""    (__)/ )
      (____./ /||  人
ウンコー>∩(・∀/ /   (__)
     \   ( と) (__)      <このスレは親鸞会スレ
      〈 〈 ヽ )\(´∀` )     n    うんこ同盟がいただいたぜ!!!
      (_)(ノ,       \    ( E)
            | ウンコー  /ヽ ヽ_//


118 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 01:47:35 ID:JhfSitkU
スカトロ親鸞会

119 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 07:40:10 ID:1yYGfzSd
なんかあほくさくね?常識ある人読んだら、ハッ?ってなるよ


120 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 07:41:34 ID:1yYGfzSd
まあ、ここに書いてる人はそれが生きがいだからしょうがないか。

121 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 07:41:47 ID:TtzieB9l
あさってはいよいよ報恩講。俺も行きたいな

122 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 07:43:12 ID:1yYGfzSd
報恩講って何?

123 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 08:12:40 ID:o92r5Sp5
地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
新入生を勧誘。

常識のある人がこんな団体を見りゃ、確かに「ハァ?」だろうね。


124 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 08:53:08 ID:P95UldLT
常識ある人がこんな公然と二枚舌する会の存在を知ったら、
ハッ?ってなるどころか
( ゚д゚)=з @ ペッ

だな。

125 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 09:25:41 ID:xrTjbabB
法然上人 
「釈尊が、この世に、おでましになったのは、阿弥陀仏の本願一つを、説かんがためでありました。
この法然も、弥陀の本願によって、救われたのです。
十三才で出家してより、二十七年間、比叡での難行・苦行も、京都・奈良で学んだ、華厳・法相(ほっそう)などの学問も、
この法然の後生の一大事の解決には、なりませんでした。
泣く泣く山を下りました。
黒谷で、七千余巻の、釈尊の説かれた経典をひもどくこと五回。
法然のような者でも助かる道がなかろうかと、探し求めました。
そして、ついに、私一人を助けんが為の、阿弥陀仏のご念力が、届いた一念に、法然の暗黒の魂が、光明輝く心に救いとられたのです。
その不思議、その驚き、尊さは、心も、言葉も絶えはてて、ただ、泣くだけでした」


126 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:09:41 ID:OED/082b
>>953 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/11/02(水) 00:18:42 ID:/hSU1Cat
>>949
>>ほんとうにどんな人でも、信心決定できる教えなのですか?
>そうです。よくよく聞いてください。

お返事ありがとうございます。


>親鸞会の会員で信心決定している人は、いるんですか?
>いたら、その人の名前を教えて下さい。お願いします。

よくよく聞きたいので、この質問についても、できればお返事いただけますか?


127 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:10:15 ID:OED/082b
>>880
>おめーよぉ、自分でも見苦しい言い訳だって事、わかってんだろ?

オレもそう思う。
部落出身者が差別されるから身分を隠すのと、反社会的宗教団体と思われるから、
宗教団体だといわないのとは、歴史的背景や、立場からして、全然違うと思う。

小林よしのりが当時オウム批判をしていたとき、オウムの青山弁護士が、
訴えてきたが、「釈迦やキリストが人権掲げて布教したか!」と一蹴した。
オレは、小林よしのりはあまり好きじゃないけど、あれはなかなか面白かった。
今でも覚えているほどだからな。

親鸞会も、「俺たちは差別されてるから、名のらないんだ!」とか言うつもりだろうか。
ほんと、とってつけたいいわけだな。

以前、ここで話題になっていた、水戸黄門理論とおなじじゃねーか。
「水戸黄門様も、ちりめん問屋と言い、身分をかくしていたではないか、あれは悪なのか」

ほんと笑えるね。
でも、組織的に意識して、立場を隠して勧誘やっているというのは
認めているってことだな。



やっぱり、これをやるしかないか。

>では、『○○○というサークルは、「宗教法人 浄土真宗親鸞会のサークルです」』と書いて、
>大学内に配布したら、やっぱり親鸞会会員は怒るんだろうか?
>なんて言ってくるかなぁ。
>これを来年の4月、全国の大学で実行したら、入部者は減るかなあ・・・。



128 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:17:56 ID:1a4nRgpu
サークルなどというものは、作る人の趣旨によってできる。
仏法を聞くサークルを作ろうと思えば、そんなサークル。
哲学を学ぼうと思えば、そんなサークルになる。
半分哲学をやって、半分仏法を聞くサークルを作ろうとおもえばそうなる。
仏法を聞かないサークルを作るのも自由。
どんなサークルをつくるかは、作った人の意志による。

129 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:19:31 ID:o92r5Sp5
s会サークルを作った人の意志→新入生や在学生をs会に入会させよう。

130 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:25:15 ID:OED/082b
親鸞会学友部の活動には、教義の真偽に関係なく、信念の方法で信じ込ませる作用が働いている
(しかし、このことを自覚している学友部員は少ない)

→だから、大学を卒業して、学友部を離れると、その作用が働かなくなる。

→親鸞会の活動に積極的でなくなる。

→親鸞会をやめる。

→「なぜ、貴重な学生時代に、あんな活動を続けていたのか」と後悔の念にかりたてられ苦しむ。

→親鸞会に対する誹謗、中傷が始まる。


あくまで、自己責任のもと、自分で選択した道なのだが、学友部の活動において、
 『信念の方法で信じ込ませる』ような活動が、色濃く行われていなければ、
ここまで、自分の思いが変わってしまい、親鸞会会員であった者が、
親鸞会を誹謗するようなことも、少なくなるのでは、と思ったりする。

131 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:40:04 ID:gCIYszrV
>>126
S会で活動していたとき、信心決定したと言われていた会員は、建設会社元社長と弁論大会で発表した医師のお母さんぐらい。
ただ、2人とも今はこの世にいない人。

132 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 10:40:59 ID:EYyQtcUF
>>130
>親鸞会を誹謗するようなことも、少なくなるのでは、と思ったりする。

(゚Д゚) ハア??なにをいってるの?

地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
新入生を勧誘。

こんな邪悪な会が社会から批判されるのは当然。
正しいことしている会が不当に中傷されるのなら「誹謗」えでいいだろうが、
邪悪なことをやっている会なのだから「誹謗」でなく、「批判」が正しい。

133 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:00:33 ID:7GQ4Ybg2
なんだか、起きたらア然。

シンパが荒らしてんじゃん。
祝日前も熱心に工作活動かよw。相変わらず、わらわしてくれるなぁこの会。

会内の白けた空気をごまかし、ごまかしでなんとかぬこうとしてんだろうなあ。
それで、かんがえた末の対策が、ウンコ荒らしなど低レベルな妨害工作なんだろうなあ。
かわいそうになるよ。

早く正見してくださいね。s会さん

134 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:13:49 ID:OED/082b
>>132

>>130
>親鸞会を誹謗するようなことも、少なくなるのでは、と思ったりする。

>(゚Д゚) ハア??なにをいってるの?
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ、新入生を勧誘。

>こんな邪悪な会が社会から批判されるのは当然。
>正しいことしている会が不当に中傷されるのなら「誹謗」えでいいだろうが、
>邪悪なことをやっている会なのだから「誹謗」でなく、「批判」が正しい。

いや、嘘勧誘における反社会性にはまったく同意だ。

ただ、学友部員の多くが社会に出ると、親鸞会をやめ、どちらかというと親鸞会に対して、いい印象を
もっていないという、一個人としての心理と、学友部における活動の弊害を、示してみただけ。

135 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:13:57 ID:Umw0AF40
>>131
死んじゃったけど、石川県のおじいさん。
死んじゃったけど、南砺のおばあさん。

滋賀のセッチー教授。
山梨のおばさん。

136 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:16:00 ID:OED/082b
実際問題、親鸞会に対する苦情の相談は、全国でどれくらいあるんだろうか?

会員や講師部員はあまり知らないだろうな・・・。

もう少し、そういった人の声にも、親鸞会幹部の者たちは、耳を傾けるべき。

137 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:17:53 ID:OED/082b
>>135

>>131
>死んじゃったけど、石川県のおじいさん。
>死んじゃったけど、南砺のおばあさん。

>滋賀のセッチー教授。
>山梨のおばさん。


誰それ・・・?

現役の、講師部員や幹部会員の中には、信心決定した人っていないんですか?

138 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:42:29 ID:1a4nRgpu
>>133
>シンパが荒らしてんじゃん。
>祝日前も熱心に工作活動かよw。相変わらず、わらわしてくれるなぁこの会。

 なんでシンパの書き込みだって、分かるの?
 書き込むところ、見てるの? IP分かるの?
 もしかして、あなた削除人?
 神通力の持ち主?
 だったら、すごいね。


139 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:45:43 ID:1a4nRgpu
>>131
>信心決定したと言われていた会員は

凡夫に断定できない、よね。分かる訳ないもの。
弥陀のみぞ知る。
親鸞さんだって、「この人は信心決定しました」なんて仰ってない。

140 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:50:22 ID:7GQ4Ybg2
>>138
バカ発見!

シンパの意味を考えよう

141 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:53:38 ID:1a4nRgpu
>>140
シンパと言いながら、結局S会改印のせいにしてるんだよね。

142 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:54:23 ID:1a4nRgpu
参考

>ID:uBb84WLOの異常な所行
>始めはアンチ側のテンプレリンクを貼りまくる。
>↓
>シンパに「同意を得ている」と嘘をついて、重複スレへの誘導工作
>↓
>更に、過去スレリンクを重複コピペ。
>↓
>何を思ったか、S会擁護のコメントをコピペしだす。
>↓
>いかにも前スレと同じ体裁をとった荒らしを大量にし始める。
>会員に荒らしがいるように思わせようとしたのか?
>↓
>ダミーサークルについてのコピペ


>出ましたね、いつもの言い分が。まあ、いいですけど。
>
>あくまで匿名のネット掲示板ですから、アンチだろうと会員だろうと、誰が>どんな書き込みしているかは、断定できない筈です。
>ところが貴方は、「都合悪いときにウンコ荒らしや AA荒らしをしたのは会>員に違いない」と、たいした証拠もないまま決めつけています。
>
>昨晩のID:uBb84WLOが行った異常なまでの事実を書いたまでですよ。
>私は別に「荒らしはアンチの自作自演だ」などと言いませんから。
>でも、その可能性もある、ということが、昨晩のID:uBb84WLO氏の書き込
>みから見て取れもしますよね。


143 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:58:18 ID:7GQ4Ybg2
>>141
シンパはs会に無条件降伏だからな。
シンパの去就をみれば、s会の去就がわかるってもんです。

144 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 11:59:00 ID:1a4nRgpu
>>137
現役講師の中ね……まあ、がんばってほしいのだが。

「講師に救われた人は一人もいない」だの、こういった書き込みは以前から絶えない訳ですが、たいていの場合は、「自分は講師ほどの活動はできないから獲信は無理だ」と、求道したくない理由のひとつとするパターンな訳で。

「調べもせずに『獲信者がいない』と断言しているのがいいかげんだ。そもそも三業で信心は計れない」が、普通の反論でしょう。

しかし、「講師としての求道」が、「求道者としてあるべき姿」なのかどうか、ちょっと疑問。
もしそうなら、求道者全員が講師にならなければならない。

要は、自分にとって「真剣に聴聞できる立場とは何か」をよく考えるべきだと思う。
騎虎の勢いで講師になるのも立派だが、自分が本当に真剣に聴聞できるのは、教化する立場なのか、それとも在家で聞信する立場なのか。

……で、ないかい?


145 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 12:11:09 ID:1a4nRgpu
>>143
>シンパはs会に無条件降伏だからな。

訳わからん。
大丈夫?

146 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 12:11:50 ID:7GQ4Ybg2
>>144
今はどうか知らないが、学友部では講師部に入ることを勧められてたよ。

>「講師に救われた人は一人もいない」だの、こういった書き込みは以前から絶えない訳ですが、たいていの場合は、「自分は講師ほどの活動はできないから獲信は無理だ」と、
>求道したくない理由のひとつとするパターンな訳で。

>「調べもせずに『獲信者がいない』と断言しているのがいいかげんだ。
>そもそも三業で信心は計れない」が、普通の反論でしょう。

これに対する反論も前々から散々言われてるけど
過去ログとか読んだ方がいいよ。

147 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 12:14:06 ID:7GQ4Ybg2
>>145
あれ?
知らないの?

しょうがない、参考資料あげとくよ。ちょい待ち

148 :参考資料:2005/11/03(木) 12:15:03 ID:7GQ4Ybg2
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。

149 :参考資料:2005/11/03(木) 12:20:37 ID:7GQ4Ybg2
366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。


150 :参考資料:2005/11/03(木) 12:22:08 ID:7GQ4Ybg2
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。


151 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 12:30:47 ID:7GQ4Ybg2
>>145
わかった?
シンパは>>148-150を受け入れた上で、まだs会マンセーなわけだからね。
当然、無条件降伏にしても賛同してるんちゃう?

152 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 13:18:33 ID:1a4nRgpu
>>151
?
だから何?
提示された資料と、荒らしと、何か関係あるの?

資料がコピペしたかっただけの厨か。

153 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 13:26:03 ID:OED/082b
親鸞会学友部の活動には、教義の真偽に関係なく、信念の方法で信じ込ませる作用が働いている。
(しかし、このことを自覚している学友部員は少ない。)

→だから、大学を卒業して、学友部を離れると、その作用が働かなくなる。

→思い込みが徐々にとけてゆき、親鸞会の活動に積極的でなくなる。

→親鸞会をやめる。

→「なぜ、貴重な学生時代に、あんな活動を続けていたのか」と後悔の念にかりたてられ苦しむ。

→親鸞会に対する誹謗、中傷が始まる。


親鸞会学友部の活動において、『信念の方法で信じ込ませる』ような活動が、色濃く行われているかぎり、
親鸞会会員であった者が、大学を卒業すると結局、会を離れ、
今度は、親鸞会を誹謗するようになることは、続くだろうね。

自分たちの活動が、宗教的信念による信仰だと、早く気づけよ!


あと、結局は、学生の間だけの会員ばかりで、学友部の活動自体、ほんとうに
意義あるものといえるのか、疑問。

何も分かっていない者を、力づくで破邪顕正に駆り立てるのでなく、
もう少し、しっかり教育すべきだと思うが。



154 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 13:27:43 ID:1a4nRgpu
>会内の白けた空気をごまかし、ごまかしでなんとかぬこうとしてんだろうなあ。
>それで、かんがえた末の対策が、ウンコ荒らしなど低レベルな妨害工作なんだろうなあ。

なんでもかんでもS会の仕業にしてしまうんだね。

今までの流れからして、ウンコ荒らしやエロ画像リンクを貼ると、
必ず「会員の仕業だ」と決めつける奴が出て来る。
そんな流れになることは、会員だって十分わかっているはず。

それでもなお、ウンコ荒らしをする人間がいるとしたら、
アンチか傍観者の愉快犯だと俺は思う。
ほんまに会員だったら、そりゃ除名処分?www


155 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 13:30:30 ID:1a4nRgpu
>>153
なるほど。

前スレで、

>大学は、あれだな、1年サイクルでやっているから無理がかかるんじゃないかね。
>1年間で、顕正できる人間を作ることは、無理ちゃう?
>1年サイクルを取っ払い、まったり進行でやってみては、どうなのかね?

という意見があったが、俺はいい案だと思ったがな。
そうならないかね。


156 :合点だけで、相済みにする本願寺:2005/11/03(木) 15:18:07 ID:ulcSKVm3
阿弥陀仏の、本意から言えば、人間の善し悪しを超えた無碍の一道へ飛躍さ
す、のが目的ではあるけれど、どうしても、善悪二業の執着が、離れ切れない
我々だから、もっと前進させるために、善巧方便なさるのだ。

仏の正意がわからぬために “方便 (仮) は捨てもの” と実行せず、合点だけ
で、相済みにする本願寺。
「善をすすめた文証などあろうはずがない」 と、仏意をじゅうりんして、はば
からないから、おそろしい。

因果は厳しく、結果を招く。
自己の善根を、往生の助太刀にするから雑毒の善、虚仮の行と嫌われるのだが、
善根そのものに、変りはない。
実行しなければ、善果の現れぬは、当然である。


157 :合点だけで、相済みにする本願寺:2005/11/03(木) 15:21:50 ID:ulcSKVm3
“オレは断じて、腑抜けでない、やろうと思えば、なんでもできる”
と、みんな固く信じている。

“それでは、どれだけできるか、やってみよ”
と、試みに与えられたのが、十九の願なのだ。

実行してみて、わかるのは、三毒語欲の煩悩に、狂わされている己れのお粗末。
“他力の名号でなければいけない” と、ようやく、自覚せずにおれなくなる。
それが、名号に向いた二十願。ところが、名号宝珠は、他力でも、心が晴れ
ていないから、自力の臭みが、なくならない。

どうすれば、晴れるのか。どうなったら、満足できるかと、前進せずにおれ
ないままが、誘引されてる、相である。
やがて、弥陀の狙いの十八願、無碍の一道まで、誘導されるのだ。


158 :蓮如上人のご文証:2005/11/03(木) 15:26:38 ID:ulcSKVm3
如来の、これらの願心を、蓮如上人は、こう説かれる。

獲信までの道程で、十九願 (自力の善根) を励んでいるのを雑行、二十願 (他
力の中の自力) を雑修といい、二願の相手の共通悪は、自力の心だから、
「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて」
十八願 (他力の中の他力) まで、進みなさい、と。

まこと、三願の真仮を道破して、余すところがないではないか。
それでも、真仮を知らざるは、悲しきもの。
本願寺の 『回答書』 は、堂々と、こう、のたもう。

  「 『自力一杯求めたことのない者に、自力向うと知られるはずがな
  い』というのであれば、如来のお救いにあずかるためには、みな捨
  家棄欲と出家して聖道自力の修行から実践せねばならないというの
  であろうか。

159 :元々ぼら夫:2005/11/03(木) 15:37:45 ID:EDsPgjBo
>>122
報恩講は、真宗における年間行事で最も大事にされてる法要。本願寺第三代覚如上人が
「報恩講式(私記)」を著して、親鸞聖人の年忌法要を執り行ったのがはじめとされとります。
1262年に亡くなられたから、今年は743回忌かな?ちなみに、お西では1月16日を
ご命日とする。明治に太陽暦が採用されて、それにのっとった計算して、その日になった。
どんな計算だったのかは、スマソ、よく知らないの♪親鸞聖人のご遺徳を偲び、他力の旨趣を
共にいただきましょう、愚鈍の私に、行き易き道を示して下さったご恩に感謝しましょう
という法要でつ♪

160 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 15:50:31 ID:B2C25v90
>>156-158
この文章読むと、s会自身が天にツバ吐いてるようにしか見えんけどな。

161 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 16:04:26 ID:P95UldLT
>>154
>アンチか傍観者の愉快犯だと俺は思う。

いや、思わないね。
過去スレ見てみなよ。
ウンコ荒らしはいままでの実績からみてもほとんどすべてがシンパの仕業
だろう。
アンチが反s会スレを荒らして利益を得る理由は無いしね。

162 :元々ぼら夫:2005/11/03(木) 16:07:08 ID:EDsPgjBo
やほ♪
s会も報恩講さんですか。今日は、とあるお寺の報恩講でご法話させていただきました。
ダミサ(仮)の問題も、未だ消化できず、解決の道筋も五里霧中の現状でしょうが、
せめて、報恩講は、その名の通り、南無阿弥陀仏のおいわれを頂戴して、仏祖の
ご恩に報いる一大事として受けとめていただき、お勤めしてほしいですね♪
で、同じく親鸞聖人の教えをいただく者として(受け取り方はまるで違うけどw)の
えこ贔屓wから、報恩講終るまでは、ダミサ(仮)に関してのカキコは遠慮しときまつ。
終ったら、痛いトコ、ズバズバっと行くかもw。きばりや〜


163 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 17:27:50 ID:qeRiTiBO
>>154
不思議なことをいうシンパですね。
公共の場で、組織的にうそをついて人の信仰の自由に不当な影響力を及ぼしても
けろっとして、いい嘘とかぬかしてくせに、
国に対して、宗教として登録してあるのに個人に対しては宗教ではないと
両舌かまして、これまた何の反省もしめさない会を弁護してるのに、
荒らしはしてはいけないと思う心はまだ残ってるんですね。
おもしろいです。

もう一つ不思議なのは、
このシンパ、荒らしが多大な迷惑かけてるとは認識してて
しかも、それが流れからシンパとあきらかなのに、
荒らしシンパを注意する前に、アンチの仕業とすぐはぐらかし工作を行ってるところ。
このスレで、
アンチがアンチの仕業らしき荒らしに注意をしたことがあるのは何度も見たことがあるが、
シンパがシンパの仕業らしき荒らしを注意したためしがない。
これも不思議。


164 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 17:32:37 ID:1a4nRgpu
>>161
>アンチが反s会スレを荒らして利益を得る理由は無いしね。
あるある。
荒らしがS会のせいにされるから、結果イメージダウンさせることができる。

つーか、2chやってて、「利益」があるのか?

165 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 17:35:28 ID:1a4nRgpu
>>163
>荒らしはしてはいけないと思う心はまだ残ってるんですね。
俺はね。
2chのルールは、大事だよw

>荒らしシンパを注意する前に、アンチの仕業とすぐはぐらかし工作を行ってるところ。
別に工作してないよ。
昨晩の荒らしが、誰の仕業か「断定」できるのか?と言いたいの。

まあ、注意しろって言うなら、注意するよ。

ウンコ荒らしは、しないでください。
ここは、議論の場ですから。
>>1参照のこと。……って、「禁止」されてるが、「放置」も可か……。

166 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 17:41:13 ID:1a4nRgpu
あと、別件。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20051102k0000m040122000c.html
創価学会:来年の活動方針決める

「一方、05年の会員世帯数は827万世帯で、00年の前回公表時より6万世帯増えたと発表した。」か。
すげーな。
まあ、どう数えているのか知らんが。

167 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 18:22:17 ID:OED/082b
報恩講って、年々、参詣者へってない?

今年は何人集まることやら・・・。

168 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 19:17:19 ID:qeRiTiBO
>>164
もうイメージダウンしてるよ。
嘘勧誘の自因自果でね。

169 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 19:20:39 ID:AZt4oUd4
どうして会員減っているの?
真実の教えが伝わらないって、ありえないでしょ?
親鸞会が馬鹿にしている創価学会や新興宗教が隆盛を握っていて、
片や『唯一人間が幸せになる道を示している親鸞会』が、衰退していく、おかしくねえ?


170 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 19:25:50 ID:iHeR02wO
会員だけどもうやめたいと思っています。報恩講には参詣しないつもりです

171 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 19:41:15 ID:OED/082b
>>170
>会員だけどもうやめたいと思っています。報恩講には参詣しないつもりです

学生さんですか?
気持ちは分かりますよ〜。私もそうでしたから。

最終的にやめたいって思った理由は何ですか?
良かったら(言える範囲で)教えて下さい。

あと、やめる手続きとか、分かりますか?

172 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 19:50:48 ID:GteJc9LO







.

173 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 20:01:52 ID:GteJc9LO
学友部って拡大しているものと思っていたよ。

174 :蓮如上人のご文証:2005/11/03(木) 20:15:59 ID:ulcSKVm3
  それとも発菩提心、修諸功徳と第十九願の行を励まなければ、第
  十八願の他力信心は獲得できないというのであろうか。

  宗祖や蓮師は、自力の修行を積むことによってはじめて、自力無
  功が知られるのであるから、まず破邪顕正や財施などの自力の善根
  を積みなさいなどとは決して仰せられていない。
  廻り道をしないで横超の直道によれ、速やかに自力を離れて本願
  他力に帰せよと、一すじにお勧めくださっているのである」 (回答
  書A P.147)

「自力を通らねば他力に入れないのか」
とは、よくぞ言ったり。これぞ、真仮を知らざる、なによりの証拠。
そして、あたかも本会が、捨家棄欲や、聖道自力の修行でも、すすめてい
るかにお書きなさる。こういうデタラメを、言われるから、噴飯ものの論評と
いわざるを得ないのだ。

自力とか、十九願というと、捨家棄欲、自力修行としか考えられぬ、半身不
随的理解では、H願寺らしい、とはいえるけど、十九願の正意を知ろうとして
も、ムリである。


175 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 20:22:22 ID:bUqH7n1o
>>171

「一身上の都合により退会させていただきます。」と書いて
正御本尊を支部長宅(部室)に郵送する。

俺の場合、係りを引き継がなければならず、厄介だったがな
金銭的な問題が絡むので、そのまますっとぼけると損害賠償請求
されてもおかしくなかったからな。

ちなみに、金銭的なことをあげると、
GHS、会費ー退会したら未納分は消滅する。(支払いの義務なし)
       ただし一旦納入したものは(前納した分であっても)
       返金を受けることができない。
       (但し、係りの手元にある場合は、返金してもらえることもある)
アニメ代ー退会しても残額は支払わなければならない。(T社との契約のため)
バス代、宿泊費ーキャンセルの手続きをとること。(さもなくばキャンセル料発生)
        既に納金し、キャンセルしたものに関しては、返金を受け取ることができる
        (返金を理由として説得されることはある)


176 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 20:26:40 ID:gftjhvVf
12月の御法話の日程教えて?
あとアニメ解説と教学講義も。

そろそろ発表されてる頃だろ

177 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 20:41:06 ID:1a4nRgpu
>>167
>報恩講って、年々、参詣者へってない?

年々、つーか、正本堂になってからは、今年が2回目だからね。
昨年は大講堂からあふれた。
だから、今年の状況を見てから、報恩講の「増減」を語るべきであろう。

178 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:03:35 ID:gCIYszrV
>>177
>昨年は大講堂からあふれた。 ・・・

とはいっても、たしかその時の参詣者は6千人代と発表されていたけど。
1万人入る広さなのだから、本来は大講堂からあふれるはずがなかった。
しかし、はじめての正本堂での行事であったため、混乱して大講堂からあふれただけである。

今年の状況を見てというのには、反論するつもりはないが。

179 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:08:05 ID:JhfSitkU
>>178
>1万人入る広さなのだから

これは以前の第一講堂の詰め込み具合で、と考えていいですか?

180 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:14:42 ID:GteJc9LO
学友部は減って支部は増えてるようですね。

181 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:18:21 ID:gCIYszrV
>>179
正本堂は2000畳なので、単純計算で1畳につき5人座れば1万人入ることになります。
これをもとに判断して下さい。

182 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:26:15 ID:JhfSitkU
>>181
なるほど、分かりました。
通路は別なんですよね?

183 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:30:13 ID:1a4nRgpu
>>178
会場整理があったけど、みんな結構、ゆったり座ってたよ。
あれじゃ、1万人にならなくても、あふれるよ。

>>179
だから、第一講堂並みの詰め方じゃないよ。

184 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:30:56 ID:gCIYszrV
>>182
正本堂の大講堂は、2000枚の畳+通路です。

185 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:32:36 ID:bUqH7n1o
>>181

ちなみに落慶の時は2畳に9人だった。確か呼びかけのせりふがあったな。
もう忘れちゃったけど。あのときは後輩を俺の聴聞カードで前の方に座らせたが、
後輩とはぐれてしまった。

それから半年たって自分が辞めてるとは夢にも思わなかったが

186 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:52:58 ID:OED/082b
>>175 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/11/03(木) 20:22:22 ID:bUqH7n1o

>ちなみに、金銭的なことをあげると、
>GHS、会費ー退会したら未納分は消滅する。(支払いの義務なし)
>       ただし一旦納入したものは(前納した分であっても)
>       返金を受けることができない。
>       (但し、係りの手元にある場合は、返金してもらえることもある)
>アニメ代ー退会しても残額は支払わなければならない。(T社との契約のため)

アニメ代って、そういえば、契約した人にバックするお金ってなかった?
「その分は、そこから払ってもらえませんか?」とか言ってもいいかも。

187 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:54:44 ID:OED/082b
>>186
>アニメ代って、そういえば、契約した人にバックするお金ってなかった?
>「その分は、そこから払ってもらえませんか?」とか言ってもいいかも。

契約した人とは、販売員の方ね。

188 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 21:56:12 ID:1a4nRgpu
>>186
気持ちは分かるが、契約は契約だから、難しそうだね。

189 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 22:42:35 ID:bUqH7n1o
>>187

ちなみに額憂部の場合、販売員は担当子牛のはず。

担当子牛に返して下さい、なんて言う度胸は持ち合わせてないな

190 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 22:49:29 ID:gftjhvVf
>>187

>アニメ代って、そういえば、契約した人にバックするお金ってなかった?

報奨金のことね。半分もらえるはず。
額憂部の場合は、部員が購入したアニメの報奨金は、
部費に繰り入れられることになっているはず。

191 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 23:20:22 ID:bUqH7n1o
おお、ついに報恩講が近づいたか
座いすを持っていってね。正座はきついから。
わくわくして前の晩眠れなくなって、居眠り聴聞しないでね
地下道を通ると、雨に濡れることも無く
くるまが止めてある駐車場から会館まで一本でいけるから便利だよ。
着いたら一礼をして、指定された入り口から入って
棚に荷物を置いて、大講堂に入ってね。
この中は飲食禁止だよ。気をつけてね。
ろうかには絵や書が掲げられているからゆっくりみていってね。
すごいから一度おいでや正本堂

192 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 23:30:27 ID:OED/082b
>>191
>おお、ついに報恩講が近づいたか
>座いすを持っていってね。正座はきついから。
>わくわくして前の晩眠れなくなって、居眠り聴聞しないでね
>地下道を通ると、雨に濡れることも無く
>くるまが止めてある駐車場から会館まで一本でいけるから便利だよ。
>着いたら一礼をして、指定された入り口から入って
>棚に荷物を置いて、大講堂に入ってね。
>この中は飲食禁止だよ。気をつけてね。
>ろうかには絵や書が掲げられているからゆっくりみていってね。
>すごいから一度おいでや正本堂

おめー、少なくとも真面目な会員じゃねえな。
(会員でもないか・・・)


193 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 23:31:28 ID:P95UldLT
>>191
>すごいから一度おいでや正本堂

そのすごさを作り上げるためにどれだけの学生がアルバイトして
学業を犠牲にしたんだろうね。

194 :名無しさん@3周年:2005/11/03(木) 23:37:53 ID:bUqH7n1o
たて読みしてみ

195 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 07:42:58 ID:nlzNDlgo
半年前は仏法も一番、仕事も一番を目指していた。

今は仏法をやめ、仕事も社内ニート…orz

196 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 08:46:26 ID:fDjkJEMj
やめたいと思った理由はやはり 親鸞会は真剣に仏法を伝える気がないんじゃないかと何となくだが思えてきた。会館に行くと身体の調子が悪くなるし 風邪などでせきなどするだけで嫌な目で見られるので
もう限界かな思いやめることにしました。

197 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 09:13:16 ID:3y6cwB0D
>196
それで?今はどこで仏法求めておられるのですか?
親鸞会に仏法伝える気があるかないかとあなたの体調とどういう因果関係があるのか、説明してもらえませんか?

198 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 09:25:03 ID:JSq8jRZF
>>197

違うでしょ。

果:親鸞会をやめたいという気持ちが起こってきた。
縁1:「親鸞会は真剣に仏法を伝える気がないんじゃないかと思えてきた」
縁2:「会館に行くと身体の調子が悪くなる」
因:この文章では述べられていない

だと思いますが。

199 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 09:29:13 ID:zFwHvBcJ
かつては3倍増の成果を出すと無茶させてたのに、
その反動のためか3分の1になるなんて。
多くの犠牲者出して、減るなんて思って無かったよ。

200 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 10:12:35 ID:JSq8jRZF
>>199
>その反動のためか3分の1になるなんて。

まさか、批判者がネットでs会を誹謗中傷したせいだといって
おろかな愚痴煩悩を発露してませんよね。

「蒔かぬ種は生えぬ
刈り取らねばならぬ
一切のものは
自分の蒔いたものばかり」でしたっけ、
A倉講師のつくった1日一訓カレンダー

201 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 10:24:35 ID:zFwHvBcJ
ネットのせいだとは思わんが、不満をもっている人間がネットの影響を受ける
ことは考えられる。現在は満足値を上げる方向で活動しているからネットの
影響を受ける人間も少ないだろう。

202 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 11:41:06 ID:RsoOckd5
報恩講は会員しか聴聞できません。なぜそのようになったのかはわからないですが

203 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 11:51:22 ID:RpPe30EH
>>202
報恩講でも会員のみですか。
今年から、奇数月は会員のみになったので、報恩講も会員のみとなったのでしょうが。

204 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 11:53:02 ID:RsoOckd5
そうですね会員だけです。自分は会員だが聴聞しないですが・・・ 

205 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 11:58:24 ID:DrhPFa6q
脱会者でもどうしても聴聞したきゃ再入会が必要?

206 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 12:03:31 ID:h6lm/jtI
>>196
>やめたいと思った理由はやはり 親鸞会は真剣に仏法を伝える気がないんじゃないかと何となくだが思えてきた。

そうですね〜。

支部長も毎日毎日、同じビデオみてるだけで、つまらなそうだよね。

ビデオ御法話の最中、寝ているか、目は開いていても、完全に放心状態。
そわそわしてる人もいる。心の中、見てみたいね。
きっと、何も考えていないんだろうな〜。
少なくとも、命がけで聞く!といった感じではない。

ビデオのスイッチを入れるロボットになったみたい。

ああはなりたくないよね。

207 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 12:03:46 ID:RpPe30EH
>>205
基本的には再入会が必要です。
ただし、支部長や学友部長の許可を得た人であれば聴聞できるはずです。
どうしても聴聞したい場合は、誰か会員か講師に一言伝えるか、本部に問合せたらいいと思います。

208 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 12:07:54 ID:h6lm/jtI
>>205
>脱会者でもどうしても聴聞したきゃ再入会が必要?

いや、再入会なんてしなくても、「聴聞したいんです、お願いします」っていったら、
あっさり、許可もらえるでしょ。

参詣目標達成したい人ばかりなんだから、ちょっとでも聞きたい人で、よほど変な人でなければ、
のどから手が出るほどほしいでしょ。

「入会しないと入れません」なんて、言う人はまずいない。いても形だけ。



209 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 13:22:42 ID:Own4icfu
松林の絵のどこがすばらしいのだろうか。

210 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 14:54:26 ID:NzBdzkUv
>>209
会長の個人的な欲を満足させるために、
会員の金が使われていることに、
早く気づけよおまいら。

211 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 14:58:21 ID:a45v0iku
>>210
いや、個人的じゃないですよ?
殺風景な会館じゃモチベーションも下がってしまって、
聞法に支障が出ますからね。


212 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 14:59:59 ID:a45v0iku
http://hpcgi1.nifty.com/you/bbs/wforum.cgi
久しぶりに覗いてみたけど、廃れてるね。

213 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 15:30:54 ID:NzBdzkUv
>>211
絵がないくらいで下がるような聞法心なのか。
情けない。

あの絵なんてどう考えても会長の趣味だろ。
そんなもんに数千万もかけるならもっと他に使うところもあるはず。

214 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 15:33:07 ID:L01TDUVy
仏法にお金を使うのが一番いいというのはわかりそうなのですが、わけのわからない壺や絵に使われるとアホらしいとしか思えません。


215 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 16:30:08 ID:6dPhsXG3
まあ、数万円、あるいは数十万円の絵ならば、
まだ分かるけど、数千万円の絵ともなると、
これはもう無用な贅沢の領域だろう。

216 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 16:39:18 ID:JSq8jRZF
>>212

4日で30書き込み。
内容的には廃れてるね。
会員の書き込み無いし。

217 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 20:29:01 ID:NlU3Efjk
>>215
>数千万円の絵

数千万もするんですか〜?

218 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:47:49 ID:SoU8UhZf
>>211
>殺風景な会館じゃモチベーションも下がってしまって、
>聞法に支障が出ますからね。

まあ、聞法に支障云々とは言わないけど、殺風景はいやだな。
絵画は、適度な量だと思うけどな。
会員による「書」が多いから、絵も多いように見えるんだな。

219 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:49:16 ID:SoU8UhZf
>>214
絵は、三分の一は会員作の提供品。もう三分の一が、会長の出資、でなかったかね。
壷は海外会員からの喜捨品だったと思うが。

220 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:56:01 ID:SoU8UhZf
>>215
描き手も描きたかったらしくて、もっと安くなると聞いたがな。
違う?

221 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:05:10 ID:OX24eoqj
弥陀の名号と なへつつ
信心まことに うるひとは
憶念の心 つねにして
仏恩報ずる おもひあり
誓願不思を うたがひて
御名を称する 往生は
宮殿のうちに 五百歳
むなしくすぐとぞ ときたまふ
弥陀成仏の このかたは
いまに十劫を へたまへり
法身の光輪 きはもなく
世の盲冥を てらすなり
智慧の光明 はかりなし
有量の諸相 ことごとく
光暁かぶらぬ ものはなし
真実明に 帰命せよ
解脱の光輪 きはもなし
光触かぶる ものはみな
有無をはなると のべたまふ
平等覚に 帰命せよ
光雲無碍  如虚空
一切の有碍に さはりなし
光沢かぶらぬ ものぞなき
難思議を 帰命せよ
清浄光明 ならびなし
遇斯光の ゆゑなれば
一切の業繋も のぞこりぬ
畢竟依を 帰命せよ

222 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:18:07 ID:ehLmkUNN
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


223 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:27:43 ID:o31Jr3zY
かなり廃れている・

224 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:33:41 ID:o31Jr3zY
アンチなんだか判らないシンパとシンパだかわからないアンチと
いろんな発言がいりみだれてわけわからん。

かなーりあれてますね

225 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:46:50 ID:o31Jr3zY
どっちもどっちな部分だけど、
話し合っていきまっしょい

226 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:52:11 ID:6dPhsXG3
>>219
会長の出資っても、元を正せば結局は会員のざいせでしょ。

227 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 23:29:56 ID:kXJN/Lbj
>>226
つうか、壁画かくって話で一口10万の財施つのってんじゃん。
どこが会長の出資なの?

228 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 23:39:17 ID:NlU3Efjk
>>211
>殺風景な会館じゃモチベーションも下がってしまって、
聞法に支障が出ますからね。


情けないこと抜かす香具師だな、まったく。

229 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 00:13:49 ID:/ddBJZsi
今日と明日は報恩講だな。
誰か情報聞かせてよ。

とりあえず演題は何?

230 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 00:50:08 ID:/zsA166+
>>229
報恩講の演題は「領解文」らしいよ。

231 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 07:38:01 ID:dAuJVeeB
ちなみに今は退会とは言わないようだね。

会員ー学徒
未会員ー未学徒
退会者ー元学徒
入会ー入学徒
退会ー退学徒
入会金ー学徒申込金
会費ー学徒費
親鸞会会員聖則ー親鸞学徒聖則

などのように言われる

232 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 07:46:07 ID:WnKbUXeq
退学徒ってなんかおもろいなw

233 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 08:44:32 ID:oHRVqknA
驚愕晴天勉強してる学生っぽいのハケーン

終電になるまでお勉強とはえらいえらい・・・

いつまで続くことやら・・・

234 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 09:16:08 ID:/ddBJZsi
年末にでもS会同窓会でもすっか
社会人の人はボーナスもらえる頃だし

235 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 09:20:59 ID:sAzGjlYv
>>233

俺も子牛までいったな。
代動詞になるのは苦労したが、子牛は一発で受かった。

ちょうど驚愕広義がない時期だったので、初受講でいきなり子牛だった

236 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 09:39:16 ID:/tD0Cv1P
>>235
愕階子牛ですよね。
私もそこまでは行きました。
昔だったから、例のO沼H龍センセのパクリの
「信後絶対出ない心100」も覚えさせられたな。
「これこれ疑い自力が心配ハテナもう少しこんなに誰が」とか。

動詞とか代動詞とか、身分をつけさせて優越感を与える作用もあったのかも
しれないですね、オウムもそうだったし。

237 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 15:08:37 ID:LIxGQLUD
>>236
そうやって、根拠もハッキリしない盗作疑惑だとか、
あと、オウムや統一協会を引き合いに出しても、
本質的な教義批判は無しですか?
虚しいですね。
まあ、アンチらしいですけど…。

親鸞会批判の真実 オウムも統一協会も親鸞会も一緒にしたかった
http://www.nurs.or.jp/~unmask/rev3.htm


238 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 15:32:47 ID:CKhPZx4r
>>237
御説法の休憩時間に書き込みとは、
親鸞会のネット対策部隊も本当に大変ですね。

体壊さないように元気で頑張ってね。

239 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 15:41:56 ID:l7N8wva/
地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
新入生を勧誘。

まあ、教義以前の問題ですね。こんな二枚舌宗教団体は。
教義があっても実践は二枚舌。
「善いことしましょー」といいながら嘘つき・身分詐称・ダミサ勧誘。
「道徳的な善も勧めます」といいながら世界の貧困層援助よりもハコモノ装飾優先。
「仏法以外のことにお金や時間を使うのは恐ろしいこと」と言いながら
集めたお金で厨房車だの鷲のマークだの壁画だのに浪費。

こんなのについてって自分を見失うほど虚しいことはない。


240 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 16:42:51 ID:/zsA166+
今日、明日は報恩講ですね。

学生の場合、宿泊費が安い理由から、富山県や石川県の自然の家(青年の家)を宿泊場所として、利用することが多いです。

本当は、宗教団体あるいはその関連団体は自然の家は利用できないことになっています。

しかし、宗教団体である、あるいは関わっていることを自然の家の人たちには告げず、古典や哲学のサークルとして、自然の家を利用しています。

親鸞会とか宗教団体ではないか、あるいはそれに関わりがないかと聞かれても、違いますと言えばいいと、講師部員が宿泊係に言っていました。

241 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 16:43:03 ID:EUGDESUS
>>239
それ以上言うな。4年間を浪費してしまった俺は死にたくなってしまう。

242 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 16:47:03 ID:4+9ZwVpY
小杉付近は時期になると学生というだけで泊めてくれないとこもあるようで。

243 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 16:50:16 ID:/zsA166+
>>242
そうですか、自分がいたときは、小杉付近でも利用できましたが・・・。
毎年のことで、自然の家の人たちも気付いたのでしょうね。

244 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 21:44:35 ID:/tD0Cv1P
>>242
>小杉付近は時期になると学生というだけで泊めてくれないとこもあるようで。

>>240
>親鸞会とか宗教団体ではないか、あるいはそれに関わりがないかと聞かれても、
違いますと言えばいいと、講師部員が宿泊係に言っていました。

こんなところでもウソツキの悪因悪果がでてますね〜。
一度失った信用を取り戻すのは至難の業、って子牛もいってたっけ。



245 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 21:46:38 ID:6cleFR3n
同じことを言われていても、聞く人は、一人一人それぞれの
受け取り方をする。
それに加えて言葉は不完全なもの、どんな素晴らしい人でも
悪者にできるような気がする。
自損損他にならないよう気をつけたい。

246 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:11:23 ID:6cleFR3n
>>226
それを言っちゃおしまい。
金は天下の回りもの。

247 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:13:38 ID:6cleFR3n
>>227
壁画ではなく、館内に多々掲示されている絵画のことについてだと思うが。


248 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:41:28 ID:CKhPZx4r
新しいサイトが出来ていました。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


249 :児玉:2005/11/05(土) 22:58:16 ID:ndehzzfL
>>248
いますぐそんなサイト潰してやるからな
覚悟しておけよ!!

250 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 23:26:54 ID:CKhPZx4r
私はなぜ親鸞会を辞めたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

一人の人間が親鸞会を辞めるに至った心の道程が記されています。

251 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 00:03:50 ID:zSh+KP37
確かに納得いかないことはいくつかありましたね。
わたしの場合、教義以外の面ですが、
納得できなくても、とにかく従わなければならないのは苦痛でした。
純粋な教義面では納得できなくても、従うべしというのは判ります。



252 :退会会員:2005/11/06(日) 00:24:50 ID:vpEPBSsZ
地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
新入生を勧誘。

まあ、教義以前の問題ですね。こんな二枚舌宗教団体は。
教義があっても実践は二枚舌。
「善いことしましょー」といいながら嘘つき・身分詐称・ダミサ勧誘。
「道徳的な善も勧めます」といいながら世界の貧困層援助よりもハコモノ装飾優先。
「仏法以外のことにお金や時間を使うのは恐ろしいこと」と言いながら
集めたお金で厨房車だの鷲のマークだの壁画だのに浪費。

こんなのについてって自分を見失った己の過去ほど悔やまれるものはない。


253 :元々ぼら夫:2005/11/06(日) 00:40:34 ID:jcTkmIz+
寝る前にと。
>>148
読ませていただきました。会員サン、元会員サン、漏れみたいな部外者wも含めて、よくよく
読む事推奨でつ。書かれた方、大変お疲れさまでした♪自己の信念を他者にまで及ぼそうと
することは、布教という言葉からみても、いかなる宗教においても問題となるところ
でしょう。故に布教方法が問われるのは当然であって、親鸞聖人においても御消息などを
見ると、非常に気を配られている。己が信念にも関わらず、それが「唯一絶対」
と言ってはばからない事が、宗教戦争に代表される悲劇が繰り返される
要因ともなっとると思う。


254 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 01:04:02 ID:UopC3Vrn
>>253
ボラ夫さん

>>148じゃなくて、>>248ですよね。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
私も特に現会員の人に、じっくり読んで欲しいサイトだと思います。
ようやくこういうホームページが出来たんだな、と頼もしく思っています。

255 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 02:16:50 ID:A7of0ePL
T森さん、真宗改革の情熱は確かにあったんだけど思うけどね、
軍隊式の無条件服従主義によって学徒(この名も時代錯誤的だが)の増員を
目論んだ戦略が間違いだったと言わざるを得ない。
自分を天皇に模したがごとき戦略もまた痛々しい。
さらに悪い事に、周囲のイエスマン連中が若かった彼を完全に「天狗」にして
木に登らせてしまった。
死ぬまでかれは木の上から降りてこない。

256 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 02:53:56 ID:gitFqJLF
T森さんもそう長くはないだろうね

その後は不倫のM晴か!

257 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 05:00:08 ID:BQL/+MEF
子牛でさえ真面目に弔問していないとあるけど、無理も無いと思う。
もともとの教義がおかしい、自力で自力が廃るのを目指すという不可能な事をやろうとしてるから
自分の襟首を掴んで自分を持ち上げようとしてるみたいなもん。

そんな不可能な事を熱心にやらされ続けたら
やがて疲れ果てておかしくなるか、辞めるか、でなければ惰性で続けるしかない。

258 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 07:20:16 ID:3PGuS1HB
>>249
s会そのものがH寺の腐敗堕落を批判することによって、急成長してきた団体なのだから
元会員が退会した理由を述べた内容を、プロバイダに圧力をかけるなどの方法で
潰そうとするのは、s会のポリシーにも反することになるよ。

自民党だって自党を批判する民主党を、力ずくで潰そうとなんてしていない。
異なる意見には議論で応酬するのが、健全な議会制民主主義の原則なので。

259 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 10:01:48 ID:JxFWQc6G
親鸞会の目的

世界の光である親鸞聖人の教えを、
正確に、速やかに、1人でも多くの人にお伝えする、
これ以外に親鸞会結成の目的はありませんでした。
今後も、それは変わりません。
どうすれば本当の親鸞聖人の教えが明らかになるか、
親鸞会の目的は、ただこのこと一つであって
他には何もありません。
一宗の繁昌と申すは人の多く集まり
威の大いなる事にてはなく候、
一人なりとも人の信を取るが
一宗の繁昌に候。  (蓮如上人)

仏教系ジャパニーズカルト親鸞会 公式サイト
http://www.shinrankai.or.jp/

260 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 10:14:33 ID:homLJmoB
オナホ洗ったあと机の上にオナホとローション放置してたら
妹(高2)が勉強を教えてくれと部屋に来た
オレはもちろんオナホのことなんか完全にわすれている
妹が机の方を観ている
そしてオレが気付くΣ( ゚Д゚)
『また今度でいいや』と妹が部屋から逃げるように出る
次の日の夕方オレは妹に尋ねた『オマエ昨日オレの部屋で変なものみなかったか?』
妹『う、うん、でも男の人はああいうエッチな物みんな持ってるヨネ?持ってない人がおかしいよね?』
オレ『えっ!?しらない』
オレにきくな〜(TAT)
それ以来、妹とはきまずいです


ある日俺が学校から帰り、この日のために溜めた三日ぶりのオナヌーをにしようと、引き出しに手を伸ばした夕暮れ…
なかった。オナホがない!(((;゚Д゚)))ガクガク

となりから聞こえる妹の友達達の声…
「きゃーぶにぶにしてるぅ」ちょっとさわらしてぇ…いゃあぁぁ(笑」
「これどやって使うん?」「こうちゃうん」
「きゃあぁぁ(笑」

俺「…」
同胞よ…必ず助けにいくからな…。
妹はそうやってちょろちょろ俺の宝物を晒し物にします(;∀;)



261 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 11:34:39 ID:A7of0ePL
報恩講で、シンパの書き込みはさすがに少ないね。

つくづく、このスレは、

アンチの批判書き込み
→シンパのいいわけ、または唐突で根拠の無い勝利宣言
→アンチの火に油を注いだ状態
→アンチの批判書き込み増加
→シンパのいいわけ、または唐突で根拠の無い勝利宣言
(くりかえし)

で盛り上がるスレであることが分かります。


262 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 13:31:43 ID:3ucEvQM+
100人オフ2!!!!!!!!!111124
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1129736064/

263 :& ◆xOS3wf.pJg :2005/11/06(日) 17:43:00 ID:aDZM8gPG
今日はこのスレさびしいね。

264 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 21:38:12 ID:HChZGh72
       .──y─..      
      /       'z_  `ヽ、   世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、恐ろしいことである
     /  〃 彡  ,.ゞ∠_   i                            ,. ‐'´ ノ
    / /      /     ヽ ヽ                       _. -''´  .-'´
    〃     〃        ヽ {                     /  _r‐'「`r、
    !    `テ '′       ,.zり                , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
   !    {  ,. == 、  r_..ヾ}            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
   ヽ{ ヽ ├ - 十=・ }´ヽ_,ノl        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
    ヽ ヾゝ      ̄ ,.  ヽ  |ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
    _,...ゝ、_  ヽ.   / ー、ノ丶ト、/  /                `'==''ソ 
   ̄     ハ.   :.  __,. = -' / i l   ′            :::::_: -‐'"´
      │ ト\    `ー´/   !             ::::_: -''"´
         ! ヽ\.`  --‐ ′  ヽ        :::_: -‐'"´




265 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 21:40:23 ID:HChZGh72
       .──y─..      
      /       'z_  `ヽ、   仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分ということはない。
     /  〃 彡  ,.ゞ∠_   i     それどころか、放射になる       ,. ‐'´ ノ
    / /      /     ヽ ヽ                       _. -''´  .-'´
    〃     〃        ヽ {                     /  _r‐'「`r、
    !    `テ '′       ,.zり                , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
   !    {  ,. == 、  r_..ヾ}            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
   ヽ{ ヽ ├ - 十=・ }´ヽ_,ノl        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
    ヽ ヾゝ      ̄ ,.  ヽ  |ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
    _,...ゝ、_  ヽ.   / ー、ノ丶ト、/  /                `'==''ソ 
   ̄     ハ.   :.  __,. = -' / i l   ′            :::::_: -‐'"´
      │ ト\    `ー´/   !             ::::_: -''"´
         ! ヽ\.`  --‐ ′  ヽ        :::_: -‐'"´




266 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 21:41:00 ID:HChZGh72
       .──y─..      
      /       'z_  `ヽ、   それで精一杯なのか?趣旨をよく理解してないんじゃないのか?
     /  〃 彡  ,.ゞ∠_   i                            ,. ‐'´ ノ
    / /      /     ヽ ヽ                       _. -''´  .-'´
    〃     〃        ヽ {                     /  _r‐'「`r、
    !    `テ '′       ,.zり                , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
   !    {  ,. == 、  r_..ヾ}            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
   ヽ{ ヽ ├ - 十=・ }´ヽ_,ノl        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
    ヽ ヾゝ      ̄ ,.  ヽ  |ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
    _,...ゝ、_  ヽ.   / ー、ノ丶ト、/  /                `'==''ソ 
   ̄     ハ.   :.  __,. = -' / i l   ′            :::::_: -‐'"´
      │ ト\    `ー´/   !             ::::_: -''"´
         ! ヽ\.`  --‐ ′  ヽ        :::_: -‐'"´


267 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 22:23:39 ID:D6Er2ygA
こんな気持ちの会員って、他にもいっぱいいるのかな・・・。
     ↓              
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


268 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 22:29:21 ID:8SDL5auW
>257
>自力で自力が廃るのを目指すという

聞き間違いもはなはだしいですね。そんなこと親鸞会では説かれていませんよ
よくよく聴聞して、その違いを聞き分けてください

269 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 22:37:46 ID:D6Er2ygA
>>268

>257
>>自力で自力が廃るのを目指すという

>聞き間違いもはなはだしいですね。そんなこと親鸞会では説かれていませんよ
>よくよく聴聞して、その違いを聞き分けてください


えっ、そうじゃないの。

じゃあ、どのようにして、自力が廃るのを目指しているのですか?
言葉で説明できますか?

270 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 22:45:24 ID:sw6XK07j
報恩講で何があったの?

271 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 23:05:12 ID:YJcIn1ut
>>269
>じゃあ、どのようにして、自力が廃るのを目指しているのですか?
>言葉で説明できますか?
親鸞会って他力本願教えてるのに目指したら自力になると思うが。
善知識とかに廃らしてもらうとかじゃないの?

272 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 23:23:11 ID:HChZGh72
.

273 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 23:45:10 ID:HChZGh72
         /⌒\
        (    )
        |   |
        |   |       
        (・∀・ )       
         )   (        君は他のひとの悪縁になるから
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|     やめるならひっそりと
    ∧ ∧     / /|      気づかれないようにやめろぽ。
  /_(  ,,)__/ /
 || ̄/  | ̄ ̄||/ 
 ||, (___/   ||           
  /



274 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 00:16:51 ID:LkwmqWXs
>>271

>>269
>>じゃあ、どのようにして、自力が廃るのを目指しているのですか?
>>言葉で説明できますか?

>親鸞会って他力本願教えてるのに目指したら自力になると思うが。
>善知識とかに廃らしてもらうとかじゃないの?


信心決定目指しているんじゃないの?
それは、他力と無力を混同しているんじゃない?

それとも、信心決定めざしているのでもないのかな。
ここに書かれているように。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
 5.なぜ、親鸞会に居続けるのか





275 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 01:41:57 ID:H0y5l5Bp
>>274
>信心決定目指しているんじゃないの?
自力が廃る=信心決定じゃないでしたっけ?
なんか勘違いしてたらすみませんです。

276 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 01:55:52 ID:d2FZdUs5

善をしましょうね


277 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 02:59:17 ID:GnmdcEyW
人生やり直せるものならやり直したいね。

278 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 03:03:34 ID:GnmdcEyW
今度は仏法をとりたいよ。

279 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 06:56:47 ID:0M2rW9Ke
>>264
このAA、消されたスレにあったのだよね。
たしか、地獄で語ろう親鸞会

280 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 09:21:49 ID:E5TJsZSx
大学の宗教ダミーサークル撲滅スレ(過去ログ)
http://life.2ch.net/psy/kako/1020/10201/1020100110.html
親鸞会のダミーサークル(過去ログ)
http://life.2ch.net/psy/kako/981/981109702.html

281 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 09:51:32 ID:BZRtDOvF
本田美奈子が亡くなりましたね。

282 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 09:52:39 ID:BZRtDOvF
すべての人の100パーセント確実な未来は死です。その解決しなければ
何をやっていても本当の安心も満足もありません。

283 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 09:53:38 ID:BZRtDOvF
だからこんなところに書き込んで喜んでいる暇があれば、一日も早くその
解決ができるよう正しい道を進ませて頂こう。

284 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 10:08:46 ID:a3cgvnEE
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
かなり今の自分の気持ちを表していてびっくりした。
まだざっとしか読んでいないが、
報恩講が終わった後にこんなサイトに出会うとは…

285 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 11:11:27 ID:CGXobS/Q
少なくとも会に何人か体現者がいれば「絶対の幸福になれる」という宣伝文句は
あながち嘘とは言えないでしょ。
マルチ商法などでは「実際に大金を手にした人がいます」という勧誘文句で、
セミナーとかで実際に成功した人の話を聞かされるそうですが、
その商法で実際に大金を手にした人がいるので、あながち嘘とは言えないでしょ。
被勧誘者に「絶対の幸福に必ず成れます」「必ず儲かります」「ほとんどの人がそうなりました」
って言ってたのなら問題ですが、そういうことは言っていないのでしょ?
「なぜ生きる」という問題提起や「一緒に求めていきましょう」という勧誘はされても
「入らなければ大変な目に遭う」「絶対の不幸になる」
という脅迫めいたことは言ってないでしょ?

286 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 11:28:53 ID:6Itp/8C7
>>285
>被勧誘者に「絶対の幸福に必ず成れます」「必ず儲かります」「ほとんどの人がそうなりました」 って言ってたのなら問題ですが、そういうことは言っていないのでしょ?

「このゼミを続けて聞いていけば、誰でも絶対の幸福になれるときが必ずくる」
という言葉は何度も聞いてきましたし、こう言えばいいと自分のいたときは、指導されてきました。

>「なぜ生きる」という問題提起や「一緒に求めていきましょう」という勧誘はされても 「入らなければ大変な目に遭う」「絶対の不幸になる」 という脅迫めいたことは言ってないでしょ?

「人生の目的がわからなければ、大学生活は無色、透明、灰色になる」という言い方はありました。

287 :「獲信の因縁とならぬ諸善」はない:2005/11/07(月) 11:46:03 ID:O/b+ewP0
『観経』 の、韋提希夫人は、どうあったか、だけでも知るならば、その偏見が
わかるはず。
釈尊による、十九の願の開設が 『観無量寿経』 であるからだ。

「浄土へゆくたくは定善をせよ」 。まず、定善十三観が説かれている。
頭から “極悪人になにできる” と、叱っては、ハラをたてて聞かぬから、はじ
めは善人扱いなさるのだ。
“お前は定善できるかい” と、韋提のハラを照らしながら、慎重に、心を覗か
れる。

釈尊の説法を聞きながらも、あんな阿闍世を、育てるでなかった、提婆奴が、
そそのかしさえしなかったら、と、心の中では惨殺している。
“これでは、定善できる柄でない” と、反省せずにおれなくなる。

“定善ができねば、散善を” と、九品を並べて、みせられる。
誰よりも、可愛いはずの吾子でさえも、心の中で殺している。親など殺すは
朝飯前。
上品上生は、とてもじゃないが、中品下生の孝養父母さえ、おぼつかない。
定善散善ともに落第。箸にも棒にもかからない、下品下生の極悪人と照らし
だし、弥陀の救いに遇わすのが 『観経』 一部の、教説である。

288 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 11:47:53 ID:Bhhr1PnC
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

もういいだろ。報恩講も終わったし・・・・
この文章、何度も読ませてもらったよ。

289 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 11:49:12 ID:CGXobS/Q
>>286
でも入会しただけで、何もせずにボッーとしていて
「成れる」とは言っていないでしょ。
どうすれば成れるかが必ず言われているはず。
成れないのはそれをクリアできていないからでは?
そういうことはどの宗教でも同じでしょ。
団体や幹部の責任を問わずに構成員の責任を問うということが
宗教団体にはありがちなのでは?
真実を教えている団体ということは何度も聞いたでしょ。
ということは、
真実を教えている、ということが前提にあるわけだから、
それを教えている指導者や幹部、上司の責任を問うたり疑ったりすることが
罪だということが教義化されていて当然でしょ。
それを納得して入会したのだから、黙って受け入れるしかないでしょ。


290 :「獲信の因縁とならぬ諸善」はない:2005/11/07(月) 11:49:18 ID:O/b+ewP0
以下は、親鸞聖人のご文証。

 臨終現前の願により (第十九願)
 釈迦は諸善をことごとく
 観経一部にあらわして
 定散諸機をすすめけり

 諸善万行ことごとく
 至心発願せるゆえに
 往生浄土の方便の
 善とならぬはなかりけり  (浄土和讃)

仏教で修善をすすめるのは獲信の方便 (因縁) に、ほかならない。
“獲信の因縁にならぬ諸善はなかりけり”
親鸞聖人の、ご金言である。
なのに、H願寺は、獲信の因縁にならぬ、として、修善のすすめを非難する
のだ。


291 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 11:58:01 ID:OIVVlxJV
s会が本当に善をしているならば、みんな非難しないよ。
ダミサ勧誘、嘘つき勧誘という「悪」をしているから
非難されるんだよ。

292 :あわれ真仮の区別のつかぬ者:2005/11/07(月) 11:58:19 ID:O/b+ewP0
十九願や、観経の教説を、要門とか、仮門ということぐらいは、H願寺さんで
も、ご承知のはず。
要の門、重要な門、必要な門、自力から他力に入るには、要ず通らねばなら
ぬ門、ということだ。
この門を通って目的の、奥座敷 (十八願・無碍の一道) に入りなさい、と教
えるから仮門、ともいう。

“善のすすめは、獲信の障害” という、H願寺の非難が正しければ、修善をす
すめる十九願は、要門どころか、障門となる。
定散二善、諸善万行をすすめた釈尊は、法敵であり、
「往生浄土の方便の、善とならぬはなかりけり」
と、教えられた親鸞聖人も、弥陀の怨敵と、なりはしないか。
H願寺の学者サン達。真仮の区別がつかなくなり、無信心の醜態を、さらけ
だした、と考えるほかない。

H願寺がそれでも 「善をすすめた文証など、あろうはずがない」 と強弁した
ければ、「修善は獲信の因縁にならぬ」 文証を提示してからに、されねばなる
まい。

いずれにしても、今度の回答書で、決定的にバクロされたのは、本願寺頭脳
集団の無信心・無責任の実態であった、といって間違いなかろう。

293 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 12:11:45 ID:n+j6vUoq
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

こういうHPもっと増えてほしいな。

294 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 12:39:14 ID:qOj0wLBe
たのむ一念のとき、自力をふり捨てさせられて
他力の信心を頂くのです。
自力が廃るのと信心いただけるのとは「一念」のときです。
この二つに前後はありません。
たのむのは私たちですが、その「たのむ」を私たちに回向して、たのむ機にさせます。
たのむことも弥陀からいただくのです。

295 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 12:56:15 ID:CGXobS/Q
>>293
なんだか愚痴っぽい内容だね。

296 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 12:57:05 ID:6Itp/8C7
>>289
>でも入会しただけで、何もせずにボッーとしていて 「成れる」とは言っていないでしょ。どうすれば成れるかが必ず言われているはず。 成れないのはそれをクリアできていないからでは?

そうですよ。
親鸞会では「誰でも救われる」と言っていると私は書きましたが、ボッーとして聞いていても「成れる」と教えているとは私は書いてませんよ。

>そういうことはどの宗教でも同じでしょ。

私はすべての宗教について、知っているわけではないので、それはわかりません。

297 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 15:04:04 ID:CGXobS/Q
>「私は『唯信鈔』の著作は、聖覚ではなく親鸞であろうと思っている。また、『唯信鈔』ばかりでなく、
>『自力他力事』『一念多念分別事』も親鸞の著作であろうと考えている。私はすでに前章において、
>『後世物語』が親鸞の著作であることを論証し得たと思うので、もしも『唯信鈔』等に関する私見が
>正しいとすれば、親鸞が晩年関東の弟子たちに書き送った和文の小品群は、すべて親鸞の著作
>であったということになるのである。」(『法然親鸞思想論』松本史朗)

>親鸞聖人が自分の著作を当時法然の有力な弟子である隆寛や聖覚の作として関東人たちに
>送っていたということが松本史朗氏によって明らかにされている。
>嘘であっても方便として仏法に導くのは親鸞聖人ご自身の手法である。


298 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 15:08:31 ID:LkwmqWXs
>>295

>なんだか愚痴っぽい内容だね。
>http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

どんなところが愚痴っぽいと思う?

299 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 15:22:53 ID:a3cgvnEE
>>297
ならば会の公式方針として、
親鸞聖人の手法に習ってうそ勧誘をしていると、
顕正新聞にでも公式ホームページにでも書いたらどう?

それどころか徹底的に隠蔽し、内部資料が流出したら圧力をかけてつぶす。
自分でも後ろめたいことをしていると、自覚しているとしか思えませんね。

これでも読んで頭冷やしてください。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

300 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 16:55:39 ID:LkwmqWXs
便利なHPができたね。

 親鸞会必殺育成法
 親鸞会の勧誘資料
 親鸞会部室住所一覧、などの情報が満載です。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


来年の新勧にむけて、みなさんおおいに活用しましょう!




301 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 16:57:50 ID:NWyVulSg
親鸞会を退会することにしました。報恩講に聴聞しましたが やめることに対して未練などはないなと感じました。
このことを仕事としてる人は仕事して割り切れるのかもしれませんが 
自分と やはり仕事としてる人とは違うと思います。
親鸞会に対して夢と希望は全くもてないのでやめることにしました。

302 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:02:53 ID:LkwmqWXs
>>301

>親鸞会を退会することにしました。報恩講に聴聞しましたが やめることに対して未練などはないなと感じました。

ごくろうさまです。賢明な選択だと思います。


これ読みました?

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


>このことを仕事としてる人は仕事して割り切れるのかもしれませんが 
>自分と やはり仕事としてる人とは違うと思います。
>親鸞会に対して夢と希望は全くもてないのでやめることにしました。

その通りですね。ほとんどの人は、割り切ってやっています。
(一般会員でも)

そうしないと、精神的に正常な人は、あの教義と活動には
ついていけないような気がします。


ちなみにあなたの言われる夢や希望とは、
「親鸞会で聴聞を続けても、とても信心決定できると思えない」という
夢や希望のことですか?



303 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:06:38 ID:iWShoGkS
       .──y─..      
      /       'z_  `ヽ、   この人だれ?
     /  〃 彡  ,.ゞ∠_   i                            ,. ‐'´ ノ
    / /      /     ヽ ヽ                       _. -''´  .-'´
    〃     〃        ヽ {                     /  _r‐'「`r、
    !    `テ '′       ,.zり                , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
   !    {  ,. == 、  r_..ヾ}            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
   ヽ{ ヽ ├ - 十=・ }´ヽ_,ノl        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
    ヽ ヾゝ      ̄ ,.  ヽ  |ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
    _,...ゝ、_  ヽ.   / ー、ノ丶ト、/  /                `'==''ソ 
   ̄     ハ.   :.  __,. = -' / i l   ′            :::::_: -‐'"´
      │ ト\    `ー´/   !             ::::_: -''"´
         ! ヽ\.`  --‐ ′  ヽ        :::_: -‐'"´

304 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:17:53 ID:CGXobS/Q
「嘘が方便」ではないでしょ。応病与薬とか対機説法という観点で把握しましょう。
宗教恐怖症、宗教アレルギーの人に対しての有効な手立てを行使しているだけ。
まさにこれは衆生の機に応じた教化教導でしょ。
教えの内容を重んじているために宗教団体に偏見を持っていない学生だと
明らかに判断できたら、そのときは宗教団体名を出してもいいでしょ。
なかなかそういう学生が見つからないだけのことでしょ。
もっと言えば、宗教恐怖症、宗教アレルギーの人にも真実の教えを伝えて、
絶対の幸福に成っていただきたい、と願っての勧誘でしょ。
宗教好きの人だけを救済の対象にしているのではないってことでしょ。


305 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:19:25 ID:CGXobS/Q
何にもしなくてOKならすでに誰もが絶対の幸福に成っているでしょ。
教えも指導も必要ないでしょ。入会前に気づかなかったのか。
「どんな人間でも」というのは「成れる」可能性として言っているのでしょ。


306 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:25:04 ID:t9v39YEo
>>304
だからそれは統一教会の言い訳と同じだろうと。

307 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:32:27 ID:t/Tcjgwk
>>302

夢や希望についてですが 親鸞会は本当に仏法を伝える気があるのだろうかという
気持ちになったからです。やはり保守的な感じがしてきました、私が入った頃は
そんな感じはしなかったのですが。今は親鸞会が将来的にどうなるかと考えると
いろいろな意味で希望をもてなくなりました。だが 親鸞会に入ったことは後悔は
しておりませんし感謝もしております。辞めた人は一生懸命だったことを忘れなけ
ばよいかなと思います。

308 :元々ぼら夫:2005/11/07(月) 17:47:10 ID:7UGGOoli
ちわ〜っス♪
報恩講乙でした。
「不信心のともがら、今月報恩講のうちに早速に真実信心を獲得なくは、年々を経と
いふとも同篇たるべきようにみえたり」(『御文章』4-8)とあるように、今年も空しく
終らんよう、お聖教に聞くなり、T森センセに聞くなり、お寺で聞くなりw、肝心要を
後生の大事として、我が事として、受取りなされ。ダミサ(仮)勧誘の方法考えてる
余裕なんて無いンちゃう?
>>254
スマソ。またしても、アンカーミスでつ。orz>>248は、現会員サンも、是非ご一読いただきたいですね。
文章からみて、真面目に活動されてた方のようです。


309 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 17:48:00 ID:LkwmqWXs
>>307

>>302
>夢や希望についてですが 親鸞会は本当に仏法を伝える気があるのだろうかという気持ちになったからです。
>やはり保守的な感じがしてきました、私が入った頃はそんな感じはしなかったのですが。

私も最後は、そう思いました。
ちなみに、「親鸞会は本当に仏法を伝える気があるのだろうか」とあなたに思わせたのは、
具体的には、どんなことですか?


>今は親鸞会が将来的にどうなるかと考えると、いろいろな意味で希望をもてなくなりました。

そうですね。将来的に見れば、親鸞会なんて未来はないでしょう。
「今まで真宗改革をしようとしてきたものも、線香花火のように消えてしまった」みたいな
映像を見せられたこともありますが、あれを見ていて、「親鸞会も同じじゃないの?」と
内心おもっていましたね。

後継者の育成だできていないことが、一番の原因かな・・・。
あとは、批判分子を抹殺して、うちにうちにと固まり保守的になってしまったこと。


>だが 親鸞会に入ったことは後悔はしておりませんし感謝もしております。辞めた人は一生懸命だったことを
>忘れなけばよいかなと思います。

なんとなく、気持ち分かります。
ちなみに、どんなところを感謝しているの?

310 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 18:15:24 ID:CGXobS/Q
>>308
>肝心要を後生の大事として、我が事として、受取りなされ。

ぼさらんも、ね。

311 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 18:21:34 ID:jI7fZHeY
念仏唱えたらインポになった・・・。

312 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 18:22:53 ID:n+j6vUoq
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

>しかし、あらためて感じることは、「親鸞会の教義」は「論理的な話しだから、
>聞けば必ず納得できる」というものではなく、信念により信じ込んでいる
>「宗教的信仰」である、ということです。

そうだよね。
阿弥陀如来にせよ、死後の世界にせよ、結局は信じるか信じないかでしか
ないんだよね。

>そして、このことを認められない親鸞会会員(特に学友部員)が少なくないと、
>私は思います。信教の自由が保障されている日本で、人がどんな信仰を持とうが、
>他人に対して、迷惑をかけなければ、それは自由だと思います。

だから嘘つきや身分詐称勧誘とかして一般人に迷惑かけたらいけないんだよね。

>しかし、一宗教団体の教義を、「これこそ大宇宙の真理」であり、「我々しか
>真実知らされた者はいない」という観念を持つことは、それがあまりにも強烈な場合、
>「他の意見や思考を受け入れられず、批判が許されない」という思考が構築されてしまいます。

ここにときどき書き込んでる、「偉そうな人」いるよね。
こういう人は、「批判者はみんな無間地獄へ逝ってよし」、とか思ってるんだろな。

313 :元々ぼら夫:2005/11/07(月) 18:40:11 ID:7UGGOoli
>>297横レス
松本史朗サンってどんな方か存じ上げないんだけど、あなたは親鸞Gacktとして、この人の説を
無批判で受け入れちゃって良いの?『一念多念分別事』と『一念多念証文』との
説きぶりの違いも考慮せずに、安易な判断やな。Gacktの名が泣くよ。前々から
言っとるが、お聖教よく読みな。親鸞聖人の文章表現の特徴を心得られる位、読め!
そしたら『証文』と『分別事』が同一人物の文章とは考えにくいことが解るから。
親鸞Gacktとしては、文献学的読み方、時代背景からの類推、だけでなく、宗義として
読む事が基本なんちゃうの?
(^-^)/ホナ

314 :元々ぼら夫:2005/11/07(月) 19:09:37 ID:7UGGOoli
あ、こんなんもあったんかw
>>304
応病与薬は、病気を知り尽してる『智恵』があって、はじめて処方できるもの。
例えて言うなら、ダミサ(仮)勧誘は、病人が、自分自身治りもしない薬を、一般の方々に
「薬じゃないから大丈夫」っつって、飲ませようと勧める。これって薬事法違反ちゃうん?
って話。ダミサ(仮)続ける限り、宗教への不信感はさらに拡大し続ける。子供でも
わかる因果律やん。こんな簡単な事、なんでわからへんの?
>>310
ぼさらん?ま、サンキュー♪お互いにね。
(^-^)/デワデワ


315 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 19:23:41 ID:Ys9uzR/M
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

これ、てっきりTさんのメールの写しかと思ってたらちがったのネ。
欠場までの心の童貞が見事に描かれきっておりました。乙です。


316 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:12:50 ID:LkwmqWXs
会員の皆さんへ

今回の報恩講で、何か得たことありますか?



317 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:17:57 ID:vK0TQNOW
いいお話しでしたよ。

318 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:22:14 ID:uP1NvtDM
やめる決心がつきました。

319 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:25:53 ID:CGcZlFMH
       .──y─..      
      /       'z_  `ヽ、   この人K玉さん?
     /  〃 彡  ,.ゞ∠_   i                            ,. ‐'´ ノ
    / /      /     ヽ ヽ                       _. -''´  .-'´
    〃     〃        ヽ {                     /  _r‐'「`r、
    !    `テ '′       ,.zり                , -‐''フ7´ 、 'ーl、 l } l
   !    {  ,. == 、  r_..ヾ}            _. -''"´   l |  `'ーく/ ノ ノ
   ヽ{ ヽ ├ - 十=・ }´ヽ_,ノl        _.. -‐''´       | l、_ ‐、___[])''''´
    ヽ ヾゝ      ̄ ,.  ヽ  |ァ''´ ̄_ユ‐'"´            '、 `‐ニエエソ´
    _,...ゝ、_  ヽ.   / ー、ノ丶ト、/  /                `'==''ソ 
   ̄     ハ.   :.  __,. = -' / i l   ′            :::::_: -‐'"´
      │ ト\    `ー´/   !             ::::_: -''"´
         ! ヽ\.`  --‐ ′  ヽ        :::_: -‐'"´


320 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:26:33 ID:EvCcFq+x
>>313
>お聖教よく読みな。親鸞聖人の

言葉が虚しいよ。
五雑行許してる本願寺さん。

なんだかんだ言っても本願寺も神道の手先じゃんか。
「日本は神の国」という感覚は今でも健在。
町内会費に神社の維持費が平気で入っている。
首相が靖国に参拝している。
こういう中で真宗の教えを純粋に伝えているS会はえらい。

321 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:29:15 ID:LkwmqWXs
>>317
>いいお話しでしたよ。

あなたが「いいお話し」と思ったのは、どんな内容ですか?



322 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:33:00 ID:n+j6vUoq
>>320
>こういう中で真宗の教えを純粋に伝えているS会はえらい。

でたでた、偉そうなカンチガイシンパが。

言葉が虚しいよ。
妄語も大妄語も許してるs会さん。

323 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:33:23 ID:EvCcFq+x
薩摩のかくれ念仏の門徒は「禅宗だ」と嘘をついたが
悪いかい?
私は別に悪いとは思わんがな。

江戸時代には在家の布教は禁止されていたが
親鸞聖人の御教えは在家のひとから在家のひとへも
確実に拡大していった。
薩摩でも禁止されても真宗はひろがっていった。

うそをつかないでもこの国で
「神社に参拝してはならない、これが真宗の教えだ」と
叫んで布教してるなら尊敬しますけどね。
「真宗では神社に参ってもいいんだ」というのは
ひどい嘘じゃないのかなあ?

324 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:40:01 ID:CGXobS/Q
「朝には紅顔〜」は門主が書いたんじゃないんでしょ。

325 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:40:38 ID:LkwmqWXs
>>323

>薩摩のかくれ念仏の門徒は「禅宗だ」と嘘をついたが悪いかい?
>私は別に悪いとは思わんがな。

なにこれ?だから、親鸞会の嘘勧誘も許されると言いたいの?

あなたは何がいいたいの?



326 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:43:03 ID:CGXobS/Q
>>320
>首相が靖国に参拝している。

一応、真宗教団として、靖国参拝は反対してるんだよね。
だからキレた右翼が阿弥陀堂を焼こうとした。

でも、反対理由は世間一般的なもの。
門徒は神社にまいっているから、神不拝は言えないんだ……。

327 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:45:06 ID:vK0TQNOW
ご縁が浅いのでうまく言えませんが、悪い話しではなかったと思いますよ。

328 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:45:20 ID:CGXobS/Q
>>313
>あなたは親鸞Gacktとして、この人の説を
>無批判で受け入れちゃって良いの?

あん?
コピペしただけ。
受け入れる受け入れないなんて、言ってないよ。

329 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:53:54 ID:EvCcFq+x
「村の神社の祭りに参加しない」ということで
村八分にちかい状態になったり
神輿を家や自家用車にぶつけられた、という会員もあった。
神道はやりたい放題。神道かつ門徒。
それを黙認してるのが本願寺。

うその教えは言ってもいいが
世間的な嘘はついてはいかん、ってか?
反対じゃないの?
「仕事があるから祭りにはでれません」って嘘ついてるが
悪いかね。
アンチも中立のつもりかもしれんが所詮は神道の手先じゃないか。


330 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:58:27 ID:zLHGmV5s
>>329

ある時、神に参ったらならないと講師部が会員に言ったときに、
「先祖から祀っている神に参ったらならないと教えているとは何事か」と、
激怒した会員がいた。

それを聞いた会長は、そう言うときには、
「それは何かの間違いです。」と答えなさい。
といったそうな。

色々理屈はあるだろうが、
本願寺の門徒でも親鸞会の会員でも神に参っている人は大勢いる。
本願寺新報にも顕正新聞にも神への不拝は説かれるが、
講師部員だって神に参っている会員を無理矢理やめさせるような事はしない。

結局、同じ事。
君は物事が何も見えていないだけ。
おめでたい人です。

331 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:03:48 ID:CGXobS/Q
>>330
>本願寺新報にも神への不拝は説かれるが、

よく読んでみな。はっきり書いてないから。
微妙なところで、ごまかしているんだよ。

332 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:05:36 ID:oQOU8ckr
なんか本願寺批判をすれば、親鸞会のやりかたが正当化されるとカンチガイしてる
お馬鹿さんがいるみたいだな。

そもそもこのスレ親鸞会について話し合うスレだろ?
本願寺がどうたら言われても、んなもん知るかよ。
本願寺の内部がどんなになってるかなんて知るわけないだろう?檀家でもあるまいによ。
スレ違いなんだよ!
本願寺批判なら、本願寺スレ池よ。
(ま、行っても相手にされないだろうけど)

333 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:09:59 ID:LkwmqWXs
>>329

>「村の神社の祭りに参加しない」ということで村八分にちかい状態になったり
>神輿を家や自家用車にぶつけられた、という会員もあった。神道はやりたい放題。神道かつ門徒。
>それを黙認してるのが本願寺。

>うその教えは言ってもいいが
>世間的な嘘はついてはいかん、ってか?

だから〜
「真宗門徒でも神社に参っていい、と本願寺が言っているが、それでよいのかどうか」と、
「親鸞会が大学における勧誘活動の中で、立場(宗教法人)を隠し、身分も隠し(講師部員)ていることが
 いいのかどうか」

はそれぞれ別の議題ですよ。

もちろん私は、上記の件について、本願寺は間違っていると思っていますが。

議論をするときは、それぞれの論点がぶれないようにしましょうね♪

もし、相手が論点をずらしてきたら、付き合わないか、論点のぶれを指摘して、
正しい議論が行えるようにするのは、議論するときの常識ですよね。

一般的には、論点をずらすのは、自分が敗者の戦略です。自分の不利を感じ取って、そのような方法に出るのです。


あなたは、親鸞会の嘘勧誘の是非については、どう思っているのですか?

334 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:15:22 ID:LkwmqWXs
>>332

>なんか本願寺批判をすれば、親鸞会のやりかたが正当化されるとカンチガイしてる
>お馬鹿さんがいるみたいだな。

親鸞会は本願寺を批判し続けて、大きくなってきたからね。
誰かと戦い続けていないと、生きられない団体なんですよ。

だから、最近は内輪でこじんまりとまとまって、勢いを感じない。
会長の高齢化も関係あると思うが、親鸞会もこれからは規模縮小の一途だろうな・・・。


今回の報恩講って、どれくらい参詣したんだろう?
正本堂いっぱいになったのかな?

335 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:16:06 ID:ldwBTVMv
だいたい本願寺の説法で五雑行を禁じる話なんてないだろうが。
雑行の説明自体がない。

平太郎も熊野権現へ参拝したことになってるんじゃなかったか?
聖人が諸神への参拝を許された根拠として使っているものも
いるらしいじゃないですか。


336 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:17:01 ID:rZiLXinI
後生の一大事があるのかわからないけど、
後生の一大事を解決して、無碍の一道にでて
いつ死んでも後悔ない身になれるならなってみたい。



337 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:19:54 ID:LkwmqWXs
>>335

>だいたい本願寺の説法で五雑行を禁じる話なんてないだろうが。
>雑行の説明自体がない。

本願寺の布教使で、
「愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行をすてて、本願に帰す」について、
「親鸞聖人は29歳のとき、自力をすてて他力に帰依した」と
説法していた人いたよ。

雑行の詳しい説明ではなかったが
「雑行=自力」と言っていたので、こんな説法する本願寺布教使もいたのか、と思った。

338 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:21:03 ID:ldwBTVMv
>嘘勧誘の是非については、どう思っているのですか?

神道のひとから「嘘ついてる」と言われる筋合いはない、ということ。
「仏法を信じている」というなら布教の仕方について
問答もしようが。
学生がサークルつくってなにが悪いのかなあ。
あなたも神社に参りにいくわけでしょう?

339 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:24:40 ID:hbsDIvIl
誰が神にお参りしようが、しまいがその人の信教の自由は保障されている。日本人である限りはね。

340 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:28:22 ID:lZGx8JRm
中立派のような顔してる神道信者は「なにもしないこと」が罪悪だとは
感じないのだろうなあ。
毎年三万人が自殺しても「関係ないじゃない」って。
「なにかするひとを批判する」のは日本人の神道信心に深く根付いて
いる。

341 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:28:34 ID:hbsDIvIl
>>338
それでは、s会のサークルのメンバーで神社にお参りしている奴がいて、
他のs会のサークルのメンバーに「神社にお参りしていない」って言う
嘘は「配慮」ってことでOK?

342 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:28:48 ID:BCGEVlrx
せっかく親鸞会にてありがたい尊い不思議な仏縁を結ばれながら、
一時的に御縁の遠のかれておられる方々のお姿、ご発言を見るたびに、
私は、何とか何とか阿弥陀仏のご恩徳をわかっていただきたい、
再び聴聞していただきたいという思いで一杯です。
ともに聴聞させていただいた法友が聴聞の場におられないのは、まことに悲しく寂しいことだなぁと心を痛めております。
皆様は、毎日、何を求めて生きておられるでしょうか?
私も一時、聴聞から離れていたことがございました。
世間事におわれ、五欲を追い求めている状態でした。
しかし、身近な人の死が縁となって再び聴聞させていただいております。
私たちの命は、本当にはかない、無常は迅速であると痛いほど知らされたからです。
あれが欲しい、あれがしたい、こうなりたいと、欲にふりまわされておりましたが、
死んでゆくときには何一つもってゆけないのだ、
世間事でいろいろ頑張ったからといっても、何一つ残らないではないかと改めて感じたのです。
ただ、一つ残るのは、「聴聞会場で何度も阿弥陀仏の誓願を聞かせていただいたなぁ」という仏縁だけではないかという思いになりました。
そして、どうして、私は不思議な仏縁を結ぶことができたのかということを考えたときに、思い起こされましたのは、「必ず絶対の幸福にしてみせる」と命をかけて誓われている「阿弥陀如来の大慈悲心」でありました。



343 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:29:22 ID:BCGEVlrx
さらに、なぜ私が真実の仏法に巡り会えたのかと考えたとき、私に直接、いろいろ工夫して仏法を伝えてくだされた多くの方々がいらっしゃったからだと法友の顔が浮かび、感謝の気持ちも起きてきました。
真剣に聞こうとしない私の後生を案じて粘り強く一向専念無量寿仏を伝えてくださいました。
しかし、では、その方々は、どうして仏教を聞かせていただけたのかということに思いをはせたとき、高森先生の不惜身命のご苦労があったからだと、そのご恩を知らされました。
「高森先生は、無上仏(阿弥陀如来)の御心を説き切っておられるし、正本堂、『なぜ生きる』、『世界の光親鸞聖人』…、何から何まですべては用意されているではないか。あとは、私が聞くか聞かないかだけの問題ではないか」と反省させられたのです。
また、さらには、親鸞聖人、釈尊のご苦労にさかのぼり、結局は「私ひとりを救わん」とする阿弥陀如来の広大な御恩によるものと知らされ、涙せずにおれなかったのです。
私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、真っ暗な心」です。
「無明の闇」といわれます。
この「苦悩の根元」を断ち切らない限り、どうもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまいます。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。
他人事でもなければ、ひとごとでもありません。
ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです。
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされれば楽にはなっておれないはずです。
いやでもその解決に必死になるはずです。



344 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:30:28 ID:BCGEVlrx
無明の闇を破する力を持たれた阿弥陀如来を、「智慧光佛」と仰有っています。こう呼ばれる仏さまは、阿弥陀如来以外にありません。
 親鸞聖人は二十九歳、ご自身が無明の闇破れ、絶対の幸福になられた体験を通して、「釈尊が阿弥陀如来を、智慧光佛と名付けられたのは、まことであったなあ」
と感動的に仰有っているのです。
 釈尊だけではありません。一切諸仏も三乗衆も、智慧光佛とほめたたえ(嘆誉)ずにはおれないのです。
「一切諸仏」は、大宇宙の数え切れない仏方です。「三乗衆」とは、声聞・縁覚・菩薩といった方々です。いずれも私たちとはケタ違いに勝れた方々が、異口同音に誉め讃えておられます。
 これは『大無量寿経』に、
「我(釈尊)今其の光明を称するのみにあらず、一切の諸仏・声聞・縁覚・諸菩薩衆も、ことごとく嘆誉したまうこと、またまたかくのごとし」と説かれています。
 同じく『大無量寿経』には、
「十方恒沙の諸仏如来、皆共に無量寿仏の威神功徳の不可思議なるを讃嘆したまう」
とも説かれました。「十方恒沙の諸仏如来」とは、「十方諸仏」や「一切諸仏」と同じで、大宇宙のすべての仏方です。阿弥陀如来の本願力の不可思議なことを誉め讃えて(讃嘆)おられます。
 弥陀の本願に救い摂られた人は、人間の知恵の及ぶはずもない驚天動地の体験に、「不思議、不思議」と喜ばずにおれません。十方諸仏にとっても、不可思議なお力であると仰有っているのです。
 諸仏・菩薩方は、ただ讃嘆なされたのではありません。十方衆生に、阿弥陀如来の本願を信じよと、教え勧めてゆかれたのでした。釈尊を始めとして一切の諸仏、菩薩の出世本懐は、阿弥陀如来の本願を説かれることにあったのです。
『大無量寿経』に説かれた、「一向専念無量寿仏」が、仏教の結論です。「無量寿仏」は阿弥陀仏のことですから、
「阿弥陀如来一仏に向き、阿弥陀如来だけを信じよ」という釈尊の至上命令なのです。阿弥陀如来以外に、私たちの無明の闇を破ってくださる方はないからです。



345 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:33:10 ID:lZGx8JRm
>その人の信教の自由は保障されている。

保証されてるというのは表向きだけだよ。
町内会費に神社の維持費が入っているのが
何よりの証拠じゃない。


346 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:36:21 ID:NQamf8c8
>「雑行=自力」と言っていたので、こんな説法する本願寺布教使もいたのか、と思った。

「自力ってなに?」と聞いたら「自分の力や」と言った布教師もいた。

347 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:37:55 ID:hbsDIvIl
>>345
また、論点をずらしましたよね?
s会の会員が神社にお参りしようがしまいが信教の自由は憲法で保障されて
いるってこと。

あなたの町内会のことがどうかなんて知りません。嫌なら町内会に文句言って
下さいな。

348 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:48:55 ID:2sXxtKNX
>>338
君もういいよ。
どうせあとで、シンパ曰く「アンチの仕業」ってことになるんだから。
相手するだけ疲れるだけだわ。

まともなシンパさんがいたら、この人注意してやってくれませんか?

あと、
>>342-344のコピペもあいかわらずだが、やめないよな…。トホホ

349 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:55:39 ID:LkwmqWXs
>>338
>>嘘勧誘の是非については、どう思っているのですか?

>神道のひとから「嘘ついてる」と言われる筋合いはない、ということ。
>「仏法を信じている」というなら布教の仕方について問答もしようが。
>学生がサークルつくってなにが悪いのかなあ。
>あなたも神社に参りにいくわけでしょう?

いや、私は通りすがりの元会員なので、べつに神道ではありません。
神社にも参りませんよ。すくなくとも信仰の対象としては。


本題に入りますが、別にサークルをつくるのが悪いと言われているのではないと思いますが。
問題になっているのは、そのサークルが宗教法人と無関係のように装ったり、
講師部員や他大生が、自らの立場をいつわっていることだと思いますが。

自分たちのやっていることに自信があるなら、堂々とすればいいと思うのですが。

私は、自分たちが宗教を信仰しているという自覚や自信がないから、
宗教ということをあえてかくそうとしているのだと思っています。

親鸞会会員(特に学友部員)は、もっと「自分は宗教的信念により、一宗教を信仰する宗教者」だということを
自覚すべきだと思いますが。

あなたは、嘘勧誘の是非について、どう考えていますが?

問答しましょうね。

350 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:56:28 ID:c/mlQcrn
>>345
政府が信仰の自由を保障していることを勝手に拡大解釈して、
政府が個人間の信仰問題の摩擦まで解決しなきゃ
ならんかのように勘違いした講師が、自慢げに話してた
ハナシでしょ

351 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 21:58:23 ID:LkwmqWXs
>>346

>「自力ってなに?」と聞いたら「自分の力や」と言った布教師もいた。

浄土真宗では、「布教師」とは言いません(書きません)よ。

352 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 22:01:37 ID:LkwmqWXs
>>338
>>嘘勧誘の是非については、どう思っているのですか?

>神道のひとから「嘘ついてる」と言われる筋合いはない、ということ。


ldwBTVMvさんって、現役会員ですか?

ちょっと、気になったので・・・。

353 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 22:05:44 ID:6sbZ3/S1
今日高速に乗ってサービスエリアに入ったら
学院生がたくさんいたので驚いた。

354 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 22:18:53 ID:PpSXsxhR
法然上人の問答集の中に確か

問い「今生の頼みごとのためにと、神社詣でをしてもいいのでしょうか?」
答え「くるしからず」

とかいう問答があったな・・・。
法然上人も神道の手先だったのか。

355 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 22:52:48 ID:CGXobS/Q
>>334
> 親鸞会は本願寺を批判し続けて、大きくなってきたからね。
> 誰かと戦い続けていないと、生きられない団体なんですよ。

もともとは、本願寺の説法に疑問を持った人たちが集まったのが始まりですからね。
「反本願寺」というエネルギーは、満ちていた。

しかし、数十年たった今、本願寺も勢力ないし、門徒から流れてきた会員ばかり
でもなくなったので、エネルギーは弱くなるのは、当然といえば当然。

聞法の戦いに、励みたまえ。

356 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 22:59:36 ID:CGXobS/Q
>>349
> 講師部員や他大生が、自らの立場をいつわっていることだと思いますが。

OBが来るなら、まだいいんだがね。

357 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:08:10 ID:ID7kCY9J
>神社にも参りませんよ。すくなくとも信仰の対象としては.

仏法信者ですか。
なら当然、神社に参詣してはいけない、と言っているはずですよね。
そういうことを公言して何の圧力もありませんか?
そうでなければ消極的に参詣を許したり、おつきあいで参詣している口と
いうことになりませんか。

大体神道というのは実際に戦争に国民をかりたたて
人殺しをさせた連中じゃないですか。
しかも強制的に。
勧誘がどうこういうレベルではありません。

358 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:13:57 ID:LkwmqWXs
>>357
>>神社にも参りませんよ。すくなくとも信仰の対象としては.

>仏法信者ですか。
>なら当然、神社に参詣してはいけない、と言っているはずですよね。
>そういうことを公言して何の圧力もありませんか?
>そうでなければ消極的に参詣を許したり、おつきあいで参詣している口と
>いうことになりませんか。

>大体神道というのは実際に戦争に国民をかりたたて
>人殺しをさせた連中じゃないですか。しかも強制的に。

一部、神道の影響はあった(ゼロではなかった)と思うが、
もう少し、当時の世界情勢や、政治的背景、国民意識などを勉強したほうがいいのでは。


>勧誘がどうこういうレベルではありません。

これは、
「国民を戦争にかりたてた神道の連中などに、親鸞会の勧誘方法をとやかくいう資格など無い」
という意味ですか?


間違っていたら、すみません。
あなたが何を言いたいのか、もう少し分かりやすく教えて下さい。

359 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:16:10 ID:PpSXsxhR
>>357
聖徳太子も戦争に兵を駆り出して人殺しをさせていたワケだが・・・

360 :鳩摩羅什:2005/11/07(月) 23:16:43 ID:yNBf83yo


仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
婆訶般若心経

361 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:24:44 ID:ID7kCY9J
>反本願寺

誰もそんな話してない。
アンチの根本にあるのが日本神道だという話。
自分が神道だと思ってないから始末が悪い。

「信教は自由」「大学の自治」「思想の自由」というのは表向き。
神道はひそかに、幅をきかせているのが当然のように振る舞う。
「神社に参拝してはならない」といえばどんな目でみられるか。
どんな仕打ちをうけるか。
祖師聖人の時代ほどではないにしても
真宗の教えを説くのにはかなりの覚悟が必要なのは事実だよ。

そんな神道に加担している連中にうそ勧誘どうこう言われる筋合いはない。


362 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:32:39 ID:zLHGmV5s
>>361
この人みんなで無視すれば良いだけだと思うんですが。
明らかに荒らしですから。

363 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:33:30 ID:zLHGmV5s
もう4回も読んでしまった。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

これを作った人は真面目だったんだろうなぁ

364 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:39:23 ID:hbsDIvIl
>>351
>神社に参拝してはならない」といえばどんな目でみられるか。


俺はアンチの立場だが、親鸞会を信仰するな、なんて言ってない。
ただ、インチキ勧誘で宗教ではないと言ってるのが許せないだけ。
なんで、あんた達は信教の自由を束縛するんだ?


365 :364:2005/11/07(月) 23:42:33 ID:hbsDIvIl
レスアンカー間違えた
>>361

366 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:44:03 ID:ID7kCY9J
>自分たちが宗教を信仰しているという自覚や自信がないから、

事実として認識できる部分と教えとして聞いて知っているという部分は
かなりはっきり分けて話してますが。私の場合。

「善因善果」という因果の道理を認識できるできないということと
神の意思や偶然を認めるということは次元の違うことですよね。
あなたたちは本当に物事の因果関係を断ち切る偶然を認められるんですか?

いろいろ話をしても「それぞれの考えがあるからひとの考えを否定するな」という
のが仏教を聞かないひとの常套句ではないですか?


367 :元々ぼら夫:2005/11/07(月) 23:52:12 ID:7UGGOoli
おこん♪お返事ドゾー
>>320
五雑行ってはじめて聞いたw。出拠キボンヌ♪
>>328
ふ〜ん。では、コピペした意図は何なの?
>>361
怪デムパでも受信しちゃったのかな?日本神道って、言葉も初耳wだし、アンチの皆さんが
その信者だか手先wだとどうして断言できるのやろか。まず日本神道なるものの定義は何?
次に、アンチの皆さんがその信者である理由、論理的考察をドゾー。君の話は唐突すぎて、
はっきし言ってデムパキターとしか見えん。ま、例えばs会の言う「H願寺の主張」も、そんな感じ
だから、デムパ色に染まるのも仕方ないっちゃ仕方ないのかもねん。


368 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:56:53 ID:ID7kCY9J
>363

「先生のお話の質が落ちた」云々。
正直言って、「わが身知らず」。
以前も「教学講義で同じことを繰り返してる云々」書いたひとがあったよね。

先生は難しい用語は使われないが、かなり難しい論題にも
はっきり答えられている。
ほとんどのひとはレベルについてこれてないから繰り返し話されているが
問題になってないひとには聞こえない。
自分で聞き開くしかないところなんだよ。

難しい用語を使って煙に巻くのは簡単。
難しい用語を並べれば信仰のそこまで至ってないひとは
戯論に走るのは目に見えてるからでしょうね。

369 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:59:38 ID:F040mSep
神信心って根深いけど、それを破らねば。

370 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:00:16 ID:wxNkCWt3
>367

五雑行ぐらい自分で勉強したら?
誰かが昔詳しく書いてたからジャンヌの過去ログでもみたらいいよ。

371 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:02:04 ID:F040mSep
そもそも信教の自由って?正しくわかっているのでしょうか?

372 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:02:40 ID:6XgPktO5
教えてください。

373 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:04:57 ID:5S4iYnBh
>>353
最近はまた講師部めざす人が増えてきたのですか?

374 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:05:42 ID:wxNkCWt3
>>364
>束縛するんだ?

束縛もなにもないだろう。退会も自由なんだし。
君は「偶然や神の意思」を信じているの?

375 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:08:54 ID:PpSXsxhR
「阿弥陀仏の意思」を信じるのと「神の意思」を信じるのって、
「信仰」という心理的作用上でどんな違いがあるの?

376 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:11:10 ID:usajE2ji
「たまたまギョウシンをえば」って、
親鸞聖人も阿弥陀仏の本願との出会いを「たまたま=偶然」と見てたから出てきた言葉のように見えるんですが。

377 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:16:49 ID:wxNkCWt3
>>375

仏教とキリスト教がどうちがうかという話と同じですけど。
「信じる」から同じというのは乱暴な議論。

本日はこれまで。


378 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:17:39 ID:IX+Xze6K
>>368

>先生は難しい用語は使われないが、かなり難しい論題にも
>はっきり答えられている。

じゃあ、どんな難しい論題に、どうはっきり答えられているんでしょうか?
以前もある講師(かなりの立場の人)に同じ事言われましたが、
「君にはわからんよ」と言われただけで、
何も答えてもらえませんでした。

>ほとんどのひとはレベルについてこれてないから繰り返し話されているが
>問題になってないひとには聞こえない。
>自分で聞き開くしかないところなんだよ。

じゃああなたはレベルについてゆけているんですか?
問題になっているんですか?
殆どの人が「レベルについてこれない」で、
ぼーっと聞いている人だらけの講義に何の意味があるんですか?
参詣者数が減るのは当然じゃないですか?


379 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:19:06 ID:qsji6OaM
>>315
これもTさんなんですか?

380 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:22:32 ID:usajE2ji
>>377と、自力信心の者が申しております。

381 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:23:07 ID:WuyK/ioe
>>376
>「たまたま=偶然」

そうなるの?

382 :& ◆yfkvbEVzpw :2005/11/08(火) 00:24:12 ID:GBW3QD7Y
T森先生バンザーイ

383 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:27:20 ID:WuyK/ioe
>>368
>「先生のお話の質が落ちた」云々。
>正直言って、「わが身知らず」。

まあ、言いたい事わかるよ。
「説法の質」が分かるって、すごいね。

自分は、まともな求道ができる筈なのに、自分の回りにいる会員のせいで
会をやめたくなったんだ、という感じがするね。そのHPは。


384 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:29:32 ID:WuyK/ioe
>>363
>もう4回も読んでしまった。
>ttp://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

しきりに宣伝する、このサイトには、なぜかアクセス解析があるのだが、
なぜ?

IP集めて、どうしようと言うのだろう?

385 :元々ぼら夫:2005/11/08(火) 00:31:38 ID:MnhOqM5q
>>370
てか、造語やろ。五正行の反義語として使えるやろな〜って、いつもの調子なんちゃう?
ちなみに、カキコするんやったら、出拠くらい押さえとけ。
〜おまけ〜
親鸞聖人の神観念については、化身土巻を読みなされ(大蔵経の引文等)。神祇不拝と
神祇否定は全くちゃいまっせ。ま、身近な問題としてとらえるなら、御消息、
覚如上人の御伝鈔(平太郎の熊野詣の段)、存覚上人「諸神本懐集?」(スマソ、タイトルうろ覚え)、
蓮如上人の掟の御文章等よくよくご覧じ候へ。その上で、どうあるべきか考えるべきでは?
寝る(_ _)Zzz


386 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:32:05 ID:usajE2ji
>>381
「必然のこと」として自明なら、「たまたま」なんて言わないと思うんだけど。

387 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:34:42 ID:qsji6OaM
でも偶然とは違うと思う。。。

388 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:35:17 ID:WuyK/ioe
>>378
>以前もある講師(かなりの立場の人)に同じ事言われましたが、
>「君にはわからんよ」と言われただけで、
>何も答えてもらえませんでした。

「(2chに書き込んでいる)君にはわからんよ」ってことだったりしてw

>じゃああなたはレベルについてゆけているんですか?
>問題になっているんですか?

レベルって、なんだ?
説法の質って、なんだ?
それらを決定する物差しって、あるのか?
参詣者数か?そうじゃないよな?


389 :豊年商人:2005/11/08(火) 00:36:00 ID:t4zxgauG
金日成・正日親子にも共通するような、特攻大好きT森父子に
せっせとお金を貢いで本当に「絶対の幸福」やらになれると思って
るメデタイ方々がまだ居るんですね?

T森怪鳥がもしも「絶対の幸福」になってなかったとしたらどうします?
私は、T森会長は獲信してないと踏んでますよ。

390 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:37:18 ID:5iFAUg6x
>>366
>>自分たちが宗教を信仰しているという自覚や自信がないから、

>事実として認識できる部分と教えとして聞いて知っているという部分はかなりはっきり分けて話してますが。私の場合。
>「善因善果」という因果の道理を認識できるできないということと、神の意思や偶然を認めるということは次元の違うことですよね。


蒔いた種がすべて結果となってかえってきているのかどうか分からない、
反証不能な因果の道理を「大宇宙の真理」と信じているのは、オレにとっては、認識しがたいことなのだが。少なくとも言葉で説明されても分からない。
分かるような説明もなかった。

あなたが「信じている」んでしょ。


>あなたたちは本当に物事の因果関係を断ち切る偶然を認められるんですか?

原因が無いのに、結果が生じることもある、とは言わないよ。ただ、結果といった瞬間に「原因から生じたもの」という意味が含まれるような・・・。難しいね。


>いろいろ話をしても「それぞれの考えがあるからひとの考えを否定するな」というのが、仏教を聞かないひとの常套句ではないですか?

それは人によって、違うでしょ。なんか、短絡的ですね。

少なくとも、親鸞会で聴聞して、信心決定できるのかどうか、それが疑問。


http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
ここに書かれている人の気持ち、よく分かる。

ちなみにあなたは、親鸞会で会長の説法を聴聞して信心決定した人知っていますか?



391 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:39:15 ID:O2eqYrgW
「たまたま」
@まれに。たまに。
A偶然に。ふと。

(旺文社古語辞典)

392 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:41:01 ID:5iFAUg6x
>>366
>事実として認識できる部分と教えとして聞いて知っているという部分はかなりはっきり分けて話してますが。私の場合。

「事実として認識でいる部分」と
「教えとして聞いている部分」をはっきり分けて話しをしているとは、
具体的に、どうやって「はっきり分けて」話しをしているんですか?



393 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:41:33 ID:WuyK/ioe
>>391
「まれに」という意味なのかね。
蓮如上人も「信心を得る人まれなれば」と言われているし。

394 :◆82SSORBSMo :2005/11/08(火) 00:43:50 ID:GvC1jiy1
ペンサコーラの嘘
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/pens.html


トロント・ブレッシング
偽りのリバイバル
http://www.geocities.com/Petsburgh/Park/7291/toron.html

395 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:45:27 ID:IX+Xze6K
>>384
>しきりに宣伝する、このサイトには、なぜかアクセス解析があるのだが、
>なぜ?
>
>IP集めて、どうしようと言うのだろう?

どう見てもただのアクセスカウンタで、
解析なんて入ってないんですが…

そんなに見せたくないですか?
このサイト。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

396 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:46:31 ID:WuyK/ioe
>>390
>少なくとも、親鸞会で聴聞して、信心決定できるのかどうか、それが疑問。

逆に「ここで聴聞すれば、信心決定できます」と言うのも、変な話だな。
土蔵秘事みたいに、儀式か何かで、信心もらえることが間違いなく決定しているのなら、
明確に、そう言えるのだろうけど。

397 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:48:07 ID:IX+Xze6K
>じゃあ、どんな難しい論題に、どうはっきり答えられているんでしょうか?
>以前もある講師(かなりの立場の人)に同じ事言われましたが、

これ、答えて下さいよ。
はっきりしてるんでしょ?

398 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:49:40 ID:5iFAUg6x
この文章面白いね。
親鸞会はなんてこたえるかな?誰か聞いてみて。


http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

  また、『法戦4』の中に、歎異抄研究会(親鸞会)と、仏教哲学研究会(創価学会)との法論が書かれています。

  その中で、歎異抄研究会は、仏教哲学研究会にこのようなことを何度も述べて、返答をせまっています。
  「釈迦の法華経にとかれている教説を、現今、如実に実践できる人がいるのか、いないのか。」
  「釈尊と同じ境涯にいたった人が現在いるのか、いないのか。いたらその人の名を列記せよ、と 尋ねているのである。難しい質問ではないはずである。」 

  結局、仏教哲学研究会は、最後までこの質問に対して、遠まわしな言い方をして、直接答えようとしませんでした。
  本当に親鸞会の会員で、そして講師部員の中で、信心決定している人はいるのか、いないのか。いたらその人の名を教えてほしいものですが、私は少なくとも、この10数年活動してきて、親鸞会の中で、信心決定した会員、講師部員を聞いたことがないように思います。

  歎異抄研究会が再三、仏教哲学研究会にせまったように、「もし、いるなら、その名を列記してほしい」です。



399 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:51:39 ID:nM2mPvNa
弥陀の本願を信じようとしているのは自力、
弥陀の本願を信じられないと言っているのも自力です。
はやく自力を捨てて他力に帰せよ、と領解文を通して先生は教えてくださいました。

ttp://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

この人が正しいか、親鸞会が正しいか、見比べてください。

400 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:52:21 ID:qsji6OaM
少なくとも1人はいると思うのですが。。。

401 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:56:21 ID:qsji6OaM
>>399
弥陀の本願を信じようとしているのは自力、
弥陀の本願を信じられないと言っているのも自力です。
はやく自力を捨てて他力に帰せよ、と領解文を通して先生は教えてくださいました。


どういう意味ですか?

402 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 00:57:49 ID:WuyK/ioe
>>400
名前や人数出したからといって、
「なるほど、S会は正しい」なんて考える香具師は、ここにはいないから。
無駄無駄。

403 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:03:25 ID:WuyK/ioe
>歎異抄研究会が再三、仏教哲学研究会にせまったように、「もし、いるなら、その名を列記してほしい」です。

面白い問いかけだよね。

これは絶対に名前は出せないでしょう。
一体、誰がその人の信心を計ることができるのですか?
阿弥陀仏だけ、でしょ。

「名前を出す」=「その人の三業で信心を計った」
ということになるのでは。

誰にも分からん、が正解。本人には明らかなのだが。
「信行両座」で、信の座に入ったから、真の信心、と言えますか?
正確には、言えない、よね。「部屋に入る」は、三業だもの。

404 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:04:50 ID:IX+Xze6K
これ、すごく同感します。
会員の皆さんで同じ事を感じている人は少なくないのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・
支部長の人たちの中には、毎日のように同じテープを聴聞している人も少なくないのかもしれませんが、ビデオ御法話が始まってしばらくすると、そわそわしだしたり、眠気をこらえるために目をこすったり、目は開いていますが、あきらかに意識朦朧としている様子だったり…

そこには、「この一座でなんとしても信心決定を」という気持ちは、少なくとも私はあまり感じられず、ただ生活の為に、それらの任務をこなしているといったことを、大変、失礼で申し訳のないことですが、正直、感じる人がありました。


405 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:07:30 ID:qsji6OaM
>>399
この人が正しいか、親鸞会が正しいか、見比べてください。

この人の言うことは全て正しい、あるいは全て誤り。
親鸞会に関係することは全て正しい、あるいは全て誤り。

と考えるのですか?

406 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:08:10 ID:WuyK/ioe
>>404
>正直、感じる人がありました。
仮に、そんな人が一人だとしても、そいつのせいで講師部全体が意識朦朧扱いされては、たまらんだろうね。

ま、こんなこと言われないように、奮起してください。

407 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:10:05 ID:IX+Xze6K
>>403

昔の顕正新聞には、自称「信心決定した人」が沢山載っていて、
体験発表もなされたそうですが、
その殆どがやめていますね。

>これは絶対に名前は出せないでしょう。

室生忠の「若者はなぜ新・新宗教に走るのか」に、
親鸞会で信心決定したと2人名前が出ているよ。
1人はもうやめちゃったみたいだけど。

408 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:12:17 ID:IX+Xze6K
>>406
>仮に、そんな人が一人だとしても、そいつのせいで講師部全体が意識朦朧扱いされては、たまらんだろうね。

1人じゃないよ。
これは私だけじゃない、多くの会員が感じていること。
必死にボロを取り繕うのに御必死のようですが、
事実と会員の感情は隠せない。

だから会員が減るんだよ。わかったかな?
報恩講の参詣も伸び悩むんだよ。わかったかな?

409 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:14:30 ID:WuyK/ioe
>>407
その反論は、毎度のことだね。

少なくとも、現在の親鸞会は、名前を出さないよ。おそらくね。

あと、止める止めないは、勝手だし。
信心決定しても、師を誹る人って、いるんだよね。蓮如上人が戒めたように。

410 :& ◆xOS3wf.pJg :2005/11/08(火) 01:15:35 ID:t4zxgauG
「往生すっきりのおじいさん」以外知らん

411 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:16:23 ID:p3S2Kmyi
>>388
>「(2chに書き込んでいる)君にはわからんよ」ってことだったりしてw
だとしたら人を勧化する気の無い講師ですねぇw
>レベルって、なんだ?
>説法の質って、なんだ?
>それらを決定する物差しって、あるのか?
いいこと言いますね レベルを口にする人は物差しがあるとおもって
のことでしょう、アンチもシンパも講師部員もレベルって言う人いますが。
まぁ「君にはわからんよ」て言ってた人は、レベルの違いのわからないおまえと
レベルが判断できる俺と、オレのレベルでやっと理解できる先生がいる。って
おもってたんでしょね、逃げ口上でなくって本心から「君には」って言って
いたんなら気持ち悪い人ですわw

412 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:16:56 ID:WuyK/ioe
>>408
>必死にボロを取り繕うのに御必死のようですが、

別に。
講師部がどう思われようが、私の知ったこっちゃないよ。

413 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:20:10 ID:WuyK/ioe
>>411
>レベルを口にする人は物差しがあるとおもって

まあ、そういうことかね。

「レベル」だの「質」だの言う人は、まず自分が何様か、よく考えた方がよさそうだね。

レベルを計れる物差しを持つのは、仏さまだけ、だろう。

414 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:31:47 ID:IX+Xze6K
>>413
かくして高森会長の話が実はたいしたことなくても、
「実はこれはすごい話なんだフォー」という信念が構築されるわけですね。

顕正新聞には「会長先生のお話はすごいフォー」という話は沢山掲載されるのに、
「会長の説法の質は落ちた」という話になると、

「自分が何様か」
「レベルをはかれるのは仏様だけ」

となるのですから、正直笑えます。

415 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 04:10:00 ID:HnnAGvNA
で、神信心云々をしつこくいうシンパがいたが、
「議論の敗者による論点ずらしのための、逃げの詭弁」か
「荒らし」だったということで決着ですな?

416 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 07:50:57 ID:HnnAGvNA
>>403
>「名前を出す」=「その人の三業で信心を計った」
ということになるのでは。

なるほど、そうなんですか。
では、親鸞会はかつて顕正新聞で信心決定者の名前を出していたのは事実なのですが、

親鸞会は「その人の三業で信心を計ることを認めていた団体」ということになるのでは
ないのでしょうか?


417 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 07:52:15 ID:HnnAGvNA
>>403
>これは絶対に名前は出せないでしょう。

以前名前を出していた親鸞会の方針は間違っていた、
という自己非難あるいは内部告発ですか?

418 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 08:05:52 ID:avlYqrI0
レベルって宿善の厚薄のことなんじゃないの?

419 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 08:08:13 ID:0S0Rb8jJ
人のことが気になるのは煩悩具足ですから、仕方ないでしょうが、後生は
一人一人のしのぎですよ。

420 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 08:09:26 ID:0S0Rb8jJ
火宅無常の世界に皆さん住んでいるのですよ。早く気づいて何が急がねば
ならないことか知って下さい。

421 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 08:10:46 ID:0S0Rb8jJ
お釈迦様は「世人薄俗にして共に不急のことをあらそう」と教えておられます。
お釈迦様のお言葉をどう思いますか?

422 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 08:20:22 ID:2JE+xZNE
>>414
巧い!!
もう少し解説してちょ

423 :これが五雑行:2005/11/08(火) 08:36:57 ID:vsHQxauT
化土巻の御文です。

「それ雑行・雑修、その言一つにしてその意これ異なり。「雑」の言において、万
行を摂入す。五正行に対して、五種の雑行あり。「雑」の言は、人天・菩薩等の
解行雑せるがゆえに「雑」と曰えり。本より往生の因種にあらず、回心回向の善
なり、かるがゆえに「浄土の雑行」と曰うなり。」(化土巻)

つぎに選択集の二行章の一部です。
「 次に雑行とは、すなわち文に、「この正助二行を除いて已外の自
余の諸善をことごとく雑行と名づく」と云えるこれなり。意の云
く、雑行無量なり。つぶさに述べるに遑あらず。ただし今且く五
種の正行に飜対して、以て五種の雑行を明さん。一には読誦雑
行、二には観察雑行、三には礼拝雑行、四には称名雑行、五には
讃歎供養雑行なり。第一に読誦雑行とは...乃至
 次に回向と は、雑行を修する者は必ず回向を用うる時。往生の因と成る。も
し回向を用いざる時は、往生の因と成らず。故に回向して、生ず
ることを得べしといえどもと曰えるこれなり。

第五に純雑対とは、まず純とは正助二行を修する者は、純らこれ
極楽の行なり。次に雑とは、これ純ら極楽の行に非ず。人天およ
び三乗に通じ、また十方の浄土に通ず。故に雑と云うなり。然れ
ば西方の行者すべからく雑行を捨てて正行を修すべし。」

全く同じ意味です。
化土巻のこの御文は選択集の二行章の略出だからです。
親鸞聖人と法然上人の五雑行の定義は同じです。



424 :これが五雑行:2005/11/08(火) 08:43:52 ID:vsHQxauT
次に親鸞聖人の五雑行の根拠。

正雑の二行は愚禿鈔に詳しく書かれてあります。

「 また正雑二行について、また二行あり。一には定行、、二には散行なり。
また正雑について、また二種あり。一には念仏、二には観仏なり。
また念仏について、また二種あり。一には弥陀念仏、二には諸仏念仏。
法身 報身 応身 化身
また弥陀念仏について、二種あり。
一には正行定心念仏なり、二には正行散心念仏なり。
弥陀定散の念仏、これを浄土の真門と曰う、また一向専修と名づくるなり、知る
べし。
また諸仏念仏について、二種あり。一には雑行定心念仏、二には雑行散心念仏。
諸仏定散の念仏、これ雑中の専行なりと、知るべし。
また観仏について、また二種あり。一には正の観仏、二には雑の観仏なり。
また正の観仏について、また二種あり。一には真観なり、二には仮観なり。
また真仮について、十三の観想あり。
日想 水想 地想 宝樹想 宝池 宝楼 華座 像想 真観 観音 勢至 普観
 雑観
また正の散行について、四種あり。読誦 礼拝 讃嘆 供養
上よりこのかた定散六種兼行するがゆえに雑修と曰う、これを助業と名づく、名
づけて方便仮門となす、また浄土の要門と名づくるなり、知るべし、と。


425 :これが五雑行:2005/11/08(火) 08:45:41 ID:vsHQxauT
つづき

また雑の観仏について、二種あり。また真仮あり。

一には無相離念、二には立相住心なり。
また雑の散行について、三福あり。
一には「孝養父母・奉事師長・慈心不殺・修十善業なり。」
二には「受持三帰・具足衆戒・不犯威儀なり。」
三には「発菩提心・深信因果・読誦大乗・勧進行者なり」と。
上よりこのかた一切定散諸善ことごとく雑行と名づく、六種の正に対して六種の
雑あるべし。雑行の言は人天菩薩等の解行雑するがゆえに雑と曰うなり。元より
このかた浄土の業因にあらず、これを発願の行と名づく、また回心の行と名づ
く、かるがゆえに浄土の雑行と名づく、これを浄土の方便仮門と名づく、また浄
土の要門と名づくるなり。おおよそ聖道・浄土、正・雑・定・散みなこれ回心の
行なりと、知るべし。」(愚禿鈔下)



426 :これが五雑行:2005/11/08(火) 08:49:38 ID:T2MWBp75
観経には観仏と念仏が主に説かれていることはみなさんご存知でしょう。
「また云わく、今この『観経』はすなわち観仏三昧をもって宗とす、また念仏三昧
をもって宗とす」(化土巻)


開門五種で五正行を言うときは、観察と称名が主体になりますから愚禿鈔下には
称名の正行と雑行、観察の正行と雑行について始めに書かれてあります。
「また正雑について、また二種あり。一には念仏、二には観仏なり。」
「 また念仏について、また二種あり。一には弥陀念仏、二には諸仏念仏。」
「また観仏について、また二種あり。一には正の観仏、二には雑の観仏なり。」の御文がそれです。

散行に書かれてある 読誦は観察の加行、礼拝は称名の加行、 讃嘆、供養は観察と称名に
共通する行です。
正行の散行にしか書かれてありませんが、雑の散行は諸善を含みますから当然
雑の読誦 礼拝 讃嘆 供養は雑の散行に含まれます。

これを受けて「六種の正に対して六種の雑あるべし。」と言われているのであり
六種の正に対する六種の雑というのは 読誦、観察、礼拝、称名、讃嘆、供養の
六行です。



427 :これが五雑行:2005/11/08(火) 08:50:28 ID:T2MWBp75
五正行に対して、五種の雑行あり。」と言われた化土巻の御文と比べても
読誦、観察、礼拝、称名、讃嘆、供養の6、と読誦、観察、礼拝、称名、讃嘆供養
の5の違いであり、五種の雑行が読誦、観察、礼拝、称名、讃嘆供養の雑行では
ないという論は出ようがありません。


「五雑行は読誦雑行、観察雑行、礼拝雑行、称名雑行、讚嘆供養雑行のこと」というのは
当たり前で本来こんなことが論議の対象になるのもおかしいこと。
真宗の常識です。







428 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 09:25:45 ID:9CNk/fs6
今の親鸞会は仏法を伝えることより 親鸞会という団体を成り立たせるような印象
しか受けません。

429 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 09:53:22 ID:TGcUZtSz
会員に問います。

親鸞会は「その人の三業で信心を計ることを認めていた団体」ですか?


430 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 10:23:37 ID:IJVew0ZQ
>>422

私は>>414ではありませんが、
一般的にこの傾向はいわゆる「問題のある宗教」に見られる典型的なものです。
すなわち、教祖に関してはまったく都合の良い情報しか与えられず、
他の情報はすべてシャットアウトされます。
(つまり親鸞会ですと会長専用のエレベーターとか厨房車とか、元華光会にい
たなどという情報は、一般会員には伏せられている訳です)

さらに親鸞会で言えば弁論や体験発表、機関紙などで会長賛美ばかりが繰り返
され、説法についても同様に、感動した、素晴らしい、という手紙が掲載され
ます。
(ところで法友通信に見られる会長賛美の文章は、会長自らが選んで掲載され
ているというのは本当でしょうか。本当なら殆ど病的な自己顕示欲の強さだと
思われますが)

そして、「説法の質が落ちた」などと会にとって問題のある意見や文章は、
「何様のつもりだ」「謗法罪だ」「本当の素晴らしさが分かっていない」
(「じゃあ何が素晴らしいのか」と聞いても、「聞けば分かる」的な答えしか
出来ない人が多いのも特徴です。典型的ですね。)などとまったく受け入れら
れないのです。

するとおかしいと思っている人も、実は自分がおかしいのではないかと思い、
周囲に同調するうちに自分の信念までもが変化してゆきます。

私たちは賞賛と批判の両面を見て物事を判断しますし、本当に素晴らしいもの
は批判に耐えより磨かれてゆくものです。批判的意見をまったく受け入れない
のはそれ自体がまがい物であることをあらわすひとつの特徴でしょう。

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
これを見て会がどのような反応を示すか、私も楽しみです。

431 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 10:27:05 ID:IJVew0ZQ
これが五雑行というタイトルで書き込みしている方がおられるようですが、
ぼら夫氏も、「五雑行」というものの本質について、どうこう言っておられるのではありますまい。

「五雑行」という言い方は聞いたことがない、と言っておられるのでしょう。
私も、そんな言い方聞いたことがありません。恐らく会長の造語でしょうね。

http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&q=%22%E4%BA%94%E9%9B%91%E8%A1%8C%22&lr=lang_ja

雑行を説明するのに便利な言葉でしょうし、使いたければ使ってもかまいませんが、
これは私が作った言葉ですと一言前置きするのが当然だと思われます。

432 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 10:41:01 ID:O2eqYrgW
>>430
>ところで法友通信に見られる会長賛美の文章は、会長自らが選んで掲載され ているというのは本当でしょうか。

会長に寄せられた手紙の中から、会長自ら選んだものを顕正新聞に掲載していると弘宣部の人が言っていました。
(全部がそうかはわかりませんが)

433 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 11:54:42 ID:LC8eCbEK
>>417
S会も成長したと考えればいいんじゃない?

434 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 11:59:30 ID:LC8eCbEK
>>430
> (つまり親鸞会ですと会長専用のエレベーターとか厨房車とか、元華光会にい
> たなどという情報は、一般会員には伏せられている訳です)

?厨房車などの存在は見れば分かるんじゃないの?

> さらに親鸞会で言えば弁論や体験発表、機関紙などで会長賛美ばかりが繰り返
> され、説法についても同様に、感動した、素晴らしい、という手紙が掲載され
> ます。

当たり前だよ。
機関誌で、その団体をけなす内容を載せることはないでしょ。

435 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 12:31:35 ID:TGcUZtSz
>>434
>機関誌で、その団体をけなす内容を載せることはないでしょ。

日本語がわからん人ですね。

会長やその説法に対する過度の賛美、賞賛について、問題になっているんでしょう?

過度の賛美や賞賛ばかりの記事でないとすれば、すべて会長やその説法をけなした記事に
なってしまうとでもいうのでしょうか?

白で無ければ黒しかない、といっているようなもので、発想が貧困すぎませんか?


436 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 12:54:09 ID:LC8eCbEK
>>435
なんで?

少なくとも、「説法の質が落ちた」なんて、載せないでしょ。

機関誌に載せてほしかったら、そう依頼してみれば?
↓ここからメール出せるから。
http://www.shinrankai.or.jp/

437 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 13:15:29 ID:13ksxzg+
アンチの意見に反論する 会員の人って隋行禄とか読んでないんじゃないの


438 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 15:32:27 ID:Wwvo+3Ap
Yahoo!知恵袋 - 親鸞会の検索結果
http://search.chiebukuro.yahoo.co.jp/search/search.php?str=%BF%C6%F3%C2%B2%F1

ベストアンサー以外を表示すると
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=3441089&flag=&burl=&more=Y
のように工作の跡が見られる。
しかし2chと違って荒らせばいい、という訳ではないので結構大変みたい・・・。
削除依頼とかは出してるのかも知れないけどね。


439 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 17:09:04 ID:/QOnwZOC
機関紙なんてものは元来
団体内でのプロパガンダ目的で編集される出版物だから、
機関紙内で、組織を批判したり、疑問を呈したりするような記事すらも載らないだろうな。

そういうのも載っていたりすると逆に出版物としての信頼度も上がるんじゃないかとは思うんだけどね。
まあ、組織マンセー会長マンセー一色の冊子なんて
はっきり言って戦時中の新聞っぽくて気持ちが悪い…というのが正直な感想。

440 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 17:15:33 ID:LC8eCbEK
>>439
>逆に出版物としての信頼度

一般紙じゃないんだからさ。
会内のものは、あれでいいんだよ。

あなたが期待するようなものを見たい人は、ネットで検索するでしょ w

441 :布教は信心獲得している者に限る:2005/11/08(火) 17:19:48 ID:SOBStcNZ
H願寺の非難は、こうである。

  「未信の者は破邪顕正することが大切な宿善であるとい
  うが、顕正とは正意の安心を伝えることでなければなら
  ぬ。
  未信の者が、どうして正意を顕わすことができようか。
  これは、当流の 『自信教人信』 の宗義とは異なる」(回
  答書A P.142)

未信の者 (信心獲得していない人) は、正しい信心を、伝えることができな
い、だから、布教してはならない、とH願寺サンは仰有るのだ。
H願寺の任命した学者や、布教使サン方は、みんな、信心獲得していられる
らしい。
信心獲得していない者は、法を説いてはいけない、というのだから。

H願寺の学者サンや、布教使サン、みんなはおろか一人でも、まこと、獲信
(信心獲得) している人があるならば、本会のH願寺への、公開質問七カ条
に、未だに答えられぬ、はずがない。

442 :布教は信心獲得している者に限る:2005/11/08(火) 17:26:34 ID:SOBStcNZ
「一人なりとも、信をとるべきならば、身を捨てよ」
とまで、蓮如上人は仰有る。
謗られようと、笑われようと、たとえ、生命の危険を冒しても、仏の正意の
開顕は、どんな相手にも、せずにおれない。
これが、救われた者 (信心獲得した人) の、永久に変らぬ熱情である。

まして況んや、教義安心の質問は、仏意を開顕するに、願ってもないチャンス、
のはず。
疑問に答えずして、真実開顕できる道理がない、からである。

真実の開顕は、疑問に答えることであり、質問大歓迎であるべきはずなのに、
四百日以上、経っても、回答がないのは、どうしたワケか、理解に苦しむ。


443 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 17:54:55 ID:TGcUZtSz
>>441>>442

いつ見ても品のないコピペだな。
本願寺の学者でなくても、こんなチンピラが喧嘩売っているような文体の団体に
まともにかかわろうとする気など起きないし、s会もバカではないだろうから、
「金持ち喧嘩せず」で、先読みして、学者さまがたがわざわざ身の危険を犯してまでは
本気でかかわってくるわけがない、と踏んでいたんだろう。
そうすればs会としても「本願寺がs会を恐れて逃げた」と宣伝すればいいわけだから、
あくまでも会内向けのプロパガンダ本というわけだ。


444 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 17:57:56 ID:/Bpa5W4o
>>441とか、相手の主張をねじ曲げて解釈してるしな。

445 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 18:02:32 ID:Q6Zif8id
親鸞会の主張はこうである

「仏法聞かねば一生幸せになれずに、
  嘆きわめき、後悔しながら死んでいくのだ!!
 だから、ガタガタ言ってねぇで黙って金払って仏法聞けクズ」

446 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 18:05:01 ID:/QOnwZOC
>>440
そうやって現状を批判せずに、プロパガンダに飲み込まれて行く会員が増え、
s会は組織としての自己批判・自浄能力を失っていくんだろうなと思います。

残念なことです。


447 :H願寺・無信心の表白か:2005/11/08(火) 18:05:42 ID:SOBStcNZ
それだけに、 「顕正とは、正意の安心を、伝えることでなければならぬ。未
信の者が、どうして、正意を顕わすことができようか」 の非難に、思わず、ニ
ヤリとさせられる。

これだけ本会が、七重の膝を八重に折って、お願いしても、一問の回答も
できぬ、理由として、
「未信のH願寺が、どうして、正意を顕わすことが、できようか」
と、ホンネをおもらしになった、のではあるまいか、と、オカシク思われた、
からである。

それはともかく、こんなことでは、真宗が衰退するのは当然だ。


448 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 18:14:36 ID:LC8eCbEK
>>446
>そうやって現状を批判せずに、プロパガンダに飲み込まれて行く会員が増え、
>s会は組織としての自己批判・自浄能力を失っていくんだろうなと思います。

自己批判・自浄能力ね。
別に機関誌紙面上で問わなくてもいい。

そもそも、新聞は、読んでなんぼ。
みんな、真面目に読んでますか?
配られても、読んでなければね。
その存在に、意味はないからね。


449 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 18:25:31 ID:/QOnwZOC
>>447
みたいな文章も、バリ会員のうちは「ニヤリ」とか「オカシク」なんて言葉に同調して
「H願寺を見下すような感覚」に捕らわれるんだけど、
結局そうやって笑いあってる当の会員同士が未信なんだよね…
むしろ我が身に慄然とすべきであって、オカシクもなんともない。

ID:SOBStcNZは如何?

450 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 18:28:00 ID:/QOnwZOC
>>448
会の新聞はもっと会の実情を取り上げてくれたほうがいいと思いますよ。
収支決算の詳細な報告とか。
新聞という媒体は、情報量と分析力があってナンボですから。

451 :元々ぼら夫:2005/11/08(火) 18:50:58 ID:MnhOqM5q
おこん〜♪
>>431
補足スマソ〜。
個人的に言わせてもらうなら、五雑行という言葉は誤解を招く可能性が大きいので、
あまり用いない方が賢明かと。『愚禿鈔』と『化身土巻』要門釈における助業の扱いを
いかにとらえるかによって、先哲方にも意見が分かれる問題(助正論)ですしね。ま、教義論題は
>>1サンの趣旨と離れてしまうかもなので、別んトコでやるべきやね。渡海サンとこのスレを
お借りするとかしてさw勿論、ご了承をいただいての上での話ですよ。
(^-^)/マタネ〜♪


452 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 19:12:25 ID:TGcUZtSz
>>449

おっしゃるとおり、オカシクもなんともないですね。
s会が法論すると、「どうしたワケか」とか、「布教使サン方」とか、第三者的に
みれば、明らかに相手を小馬鹿にしたようなえげつない表現に溢れているのは、
もうs会の伝統といってもよいのでしょうけど、代表者の先生の心理がよく現れて
いると思いますよ。

真の自信に満ちたものは絶対に相手を小馬鹿になんかしません。

本当にT森さんが抜群の教学力を持っていて、どんな学者が法論を挑んでも
まったく意に介さなくて、平成の大善知識なのならば、本願寺の学者がひれ伏すような
「平成の教行信証」でもさっさと顕して、とっくの昔に世に問うているはずです。
ああいう相手を小馬鹿にした文体ではなく、正々堂々と学術論文という正攻法で
世に問うことができるはずでしょう。しかし、18歳から布教に明け暮れているT森さんに
それができるわけがない。

攻撃的で小馬鹿にした文体の裏には、そういう屈折した、抜きがたい独特のコンプレックスを、
ありありと読み取ることができます。繰り返しますが、本願寺には回答してほしくないと心から
願っている、しか読み取れません。教えを乞う態度は微塵も感じられないし、s会はそういう手法で
自称、「法論の無敗」を誇ってきたんでしょう?

本屋に並ぶのは世間にあふれたくだらん教訓話の焼き直しばっかりじゃないですか?
あと、「なぜ○きる」ってそんなにスゴイですか?
仏教入門にはいいかもしれないが、s会教学の集大成ではありえませんよね。

ともあれ、「唾して己が面に掛かる」とはs会の驕慢な態度一般のことではないでしょうか。

453 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 19:27:15 ID:owsfP8r+
T森怪鳥って未信なんでしょ?

454 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 19:49:14 ID:KBpD8wfx
>あと、「なぜ○きる」ってそんなにスゴイですか?
>仏教入門にはいいかもしれないが、…

そうかな?
入門にはちょっとおすすめしないな。

455 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 20:01:19 ID:P4Zeizxr
まともなシンパ、ぜんぜんいないな。
シンパさん、妄語、両舌体質は認めたていうことでFAですか?

456 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 20:36:57 ID:oRsoXjyH
親鸞会をやめることになるのは自分でも不可思議です

457 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 20:45:25 ID:tr+f/fr3
>>452
>真の自信に満ちたものは絶対に相手を小馬鹿になんかしません。

真の自信に満ちたものの名前を挙げてくれ。どうせ出来ないんだろ?
信心決定した人物以外は、皆自分の愚かさも恥ずかしさも知らない煩悩具足の凡夫だから
人を馬鹿にするし、仏より偉いと思い込んでいる。


458 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 20:56:36 ID:tr+f/fr3
この世で生きている人間全てがどこで一緒かというと、
私も愚かな者、他人も愚かな者、皆愚かな者だと認識すること、そういう所でしか
一つになれない。ところが反対やってるんだ。賢くなって一つになろうと思ってる。
良い大学に入り、良い会社に入り、出世すると、自分ほど優れた人間はいないと錯覚する。
人間てのは情けないね。阿弥陀仏が善い事一つ出来ない自分に泣かされ、苦悩している人間を
真っ先に救うのは当たり前。自分の姿も見えず、他人を見下し、快楽に溺れている人間ほど
愚か。

459 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:00:37 ID:LC8eCbEK
>>450
>会の新聞はもっと会の実情を取り上げてくれたほうがいいと思いますよ。

一応、実情が記されていると思うけど。
もちろん、会にとっていい意味での、ね。

オッケー、それで盛り上がっていこう!

460 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:03:17 ID:LC8eCbEK
>>452
>18歳から布教に明け暮れているT森さんに
そだね。
布教活動と、著作は、両立は難しいだろうね。

親鸞さま、すごい。

461 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:04:07 ID:LC8eCbEK
>>455
>まともなシンパ、ぜんぜんいないな。

まともなシンパは、2chには来ないだろうね。
忙しいから。

462 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:25:50 ID:bRjX+4Hf
>>461
>まともなシンパは、2chには来ないだろうね。
>忙しいから。

「まとも」じゃなくて、「きまじめ」シンパのまちがいだろ?
ほんとにまともな会員がいたら、s会ももっと変わってていいはずだよ。
それが、変わった気配なしという塩梅ですからねえ。
まともなシンパは、シンパをつづけていられなくなる会という証左だと思う。

463 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:30:44 ID:NLWOPM1o
>>430
聴聞する必要性を感じなくなってしまいました。

本当に幹部だった人がこんなこと思うのでしょうか?


464 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:37:00 ID:LC8eCbEK
>>462
>「まとも」じゃなくて、「きまじめ」シンパのまちがいだろ?
ならそういうことで。

>ほんとにまともな会員がいたら、s会ももっと変わってていいはずだよ。
随分と変わったと思うよ。
5年前とくらべたら、かなり居心地いいよ。

まあ「居心地」という言葉が適当かどうか、あれだが。


465 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:55:36 ID:k8ufogvp
関西で勤めてた講師が餓死したのって、いつ頃でしたっけ?

466 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:55:47 ID:bRjX+4Hf
>>464
もすこし成長しようぜ。
もう嘘とかやめなよ。みっともない

467 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 21:59:23 ID:NLWOPM1o
餓死なんてするか?

468 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:09:36 ID:WEiUSdIH
>>457
>真の自信に満ちたものの名前を挙げてくれ。どうせ出来ないんだろ?
そう出来ません、親鸞会にもいないし、本願寺、在野からもその声は聞こえてこない
各々がお聖教に道を問うしかありませんね

469 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:10:20 ID:LC8eCbEK
>>466
>もすこし成長しようぜ。

ま、2chだからね。いいじゃん。

気楽にいこうぜ。

470 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:15:22 ID:WEiUSdIH
>>463
>本当に幹部だった人がこんなこと思うのでしょうか?
思うでしょ、幹部講師が別の会を立ち上げたり、講師部員が
会を誹謗したとして除名になる実情があるのだから、
幹部会員が「聴聞する必要性を感じなくなってしまいました」
と思うことも当然考えられる、
ソレに対して「その人はもともと幹部ではなかったのだ」という
のだろうが、その言葉を道具として使って、組織的反省のない
体制の穴埋めとするのなら、それは詭弁というものでしょう

471 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:19:31 ID:WEiUSdIH
>>464
>随分と変わったと思うよ。
>5年前とくらべたら、かなり居心地いいよ。
たしかに変わったよ、全盛期を過ぎて衰退が始まっている
良くも悪くも、組織の要求が会員に対して力をもたなく
なってきている

472 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:31:09 ID:LC8eCbEK
>>471

よっしゃ!
それなら、俺が立て直してやるか!









473 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:33:47 ID:LC8eCbEK
>>470
人の心はうつろいやすいね。

474 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:37:28 ID:bRjX+4Hf
荒らしシンパだったということか…。
放置でいきましょうか。

475 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:40:22 ID:k8ufogvp
シンパだって何で分かるの?

476 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:49:09 ID:bRjX+4Hf
会員だろ?シンパじゃないの?

477 :元々ぼら夫:2005/11/08(火) 23:10:01 ID:MnhOqM5q
>>473
分裂症?自分のカキコよく読み返してみなよ。大事にいたる前に、お医者サンにみてもらった
方がええで。もしかして、矛盾に満ちた後ろめたい勧誘しつづけてたことが縁となり、
アーラヤ識を薫習しつづけた結果wですか?人格形成に多大なダメージを与える
勧誘方法おやめなさいな。会の方針で、この方法がやめられないなら、脱会しなさい。
決断を遅らせれば遅らせるほど、それだけダメージが深くなる事も、頭のスミに
置いといた方がええと思いまっせ。(^-^)/~ホナね〜♪


478 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:19:31 ID:LC8eCbEK
>>477

おお、こうやってまともに相手してくれると、2chも捨てたものじゃないね。

風邪ひいてるから、お医者さんにみてもらうよ。(^-^)/〜ホナね〜?


479 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:19:47 ID:gpmf6GRd

故聖人のおおせには、
「この法をば信ずる衆生もあり、そしる衆生もあるべしと、
仏ときおかせたまいたることなれば、われはすでに信じたてまつる。
またひとありてそしるにて、仏説まことなりけりとしられそうろう。
しかれば往生はいよいよ一定とおもいたまうべきなり。
あやまって、そしるひとのそうらわざらんにこそ、
いかに信ずるひとはあれども、そしるひとのなきやらんとも、
おぼえそうらいぬべけれ。かくもうせばとて、かならずひとに
そしられんとにはあらず。
仏の、かねて信謗ともにあるべきむねをしろしめして、
ひとのうたがいをあらせじと、ときおかせたまうことをもうすなり」


480 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:21:33 ID:LC8eCbEK
でも、本願寺派はいやだ!

481 :元々ぼら夫:2005/11/08(火) 23:32:24 ID:MnhOqM5q
もうちょこっとだけ。
会員サンも、気がついてるんでしょ、ダミサ(仮)勧誘は、自分の精神衛生上よくないってことぐらい。
よくないならやめりゃいい。組織論的にやめるのが不可能なら、会をやめるのが一番
ええ方法。中途半端にやめるのではなく、自身を重んじてやめる。いままで何ひとつ
自分の判断ができなかった人も、自身の責任に目を開き、組織に隷属しようとする
己の弱い心に決別すべし。もし、まだ親鸞聖人の教えが好ましく思えるのなら、
お寺や他の会もあるんだから、己の足を使って聞いて回れ。「信者めぐり」を
著した三田サンのように


482 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:34:36 ID:/Bpa5W4o
>>480
誰も本願寺へ行けなんて言ってないだろうに。


483 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:46:22 ID:6XgPktO5
何を言ってても100%ぶつかる未来がある。

それに気づかないのか。

なんともないのか。

484 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:49:07 ID:6XgPktO5
>親鸞会の主張はこうである…

とかなんとか言ってるけど、ぜんぜんわかってないね。全く違ってるよ。

485 :元々ぼら夫:2005/11/08(火) 23:52:34 ID:MnhOqM5q
>>479
君の信じてるのは、ダミサ(仮)勧誘も可とするs会の教義であって、仏ちゃうんちゃう?
>>480
ご縁がございましたら、いつでもドゾー。でも正直なトコ、箸にも棒にもひっかからん坊サンも
多い。悲しいかな現実や。でも中にはキラリと光る方も沢山おられるで。勧学サンのお寺訪ねて
(事前に連絡して失礼ないようにせえよw)、みっちり絞られるってのも、新たな発見が
あったりして、いいんじゃないかな?また、豊前のお同行の前で、自己の了解を述べて、
こてんぱんに、やっつけられるとかw。ま、若いんやったら旅に出ろってこと。
(^-^)/ホナな。


486 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:53:40 ID:LC8eCbEK
>>482
ぼらさん(本願寺派)が言ってるから。

487 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:55:04 ID:LC8eCbEK
>>485
>悲しいかな現実や。

そうですね。

488 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:55:10 ID:6XgPktO5
自分をよく見つめてみましょう。

そして、自分の行き先をよく考えてみましょう。

よくわからなくても、仏法聞けば、知らされてきますよ。

489 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 00:19:01 ID:GRP7m4b/
あ、こんなんあった!
>>488
君の逝き先は、どないやねん。うわっつらの言葉、ごっつ胡散臭いです。
ダミサ(仮)ダミサ(仮)で、こそこそ暮らす。後の半年、自分に嘘つきつづけて暮らす〜♪
そのライフスタイルこそ、ど〜にかした方がええんちゃう?常に、自分の足元を見な。
解決されてない問題山積みやん。人の心配する前に、己の足場を直しな。
んじゃね〜(_ _)Zzz


490 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 00:29:17 ID:V/vNPqYe
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。

二枚舌団体だと知らされた。

491 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 03:27:47 ID:90BseNOo
>>484
>とかなんとか言ってるけど、ぜんぜんわかってないね。全く違ってるよ。


という君もぜんぜんわかってないんだろうね。
だって信心決定していないのだから。

492 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 08:07:58 ID:VI0HC6n6
火宅無常の世界はよろずのこと皆もって空事たわごとです。ただ真実の仏法に
のみ本当の幸せが説かれています。

493 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 08:08:55 ID:VI0HC6n6
仏教は聴聞に極まるです。釈尊は火の中かきわけても法を聞きなさいと
仰っておられます。

494 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 08:10:15 ID:VI0HC6n6
だからこんなところで時間使うのもったいないと思いませんか?思わないか(笑)
だからやってんだもんね。

495 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 09:05:55 ID:hJChJsuS
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

講師部で信心決定している人はいるのかって書いてあったけど、
昔の顕正新聞には高森光晴布教局長が信心決定したと、
書いてありました。

昔の顕正新聞くらい良く読んで書いて欲しいですね。
恥ずかしいサイトだ。

496 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 09:16:30 ID:ZZsq/Xol
>>495
それもまた嘘ってことだろ?
新聞上で決定したとあるのに、まだ講師が実はまだ信心決定してないんじゃないかと言うんだから。
会内部で、嘘をついても会員を増やすためならそれも許される、という空気がどれくらいのものだったかが
分かるようないい資料だと思います。


497 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 09:25:18 ID:V/vNPqYe
>>403みたいに言っといていきなり>>495か。
相変わらず二枚舌ですね。

498 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 10:19:09 ID:FcQ3tN28
>>497
てゆうか、495は釣りの気が……。
URL貼って、宣伝してるんだろ。

499 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 10:21:15 ID:FcQ3tN28
>>489
>自分に嘘つきつづけて暮らす〜

ぼらさんは、僧侶になって、そう感じることは、全くないですか?
どう?

500 :危機的H願寺の現状:2005/11/09(水) 10:41:17 ID:hyH1Ip5i
目に余る、H願寺の凋落を、同派の浅野文彰宗会議員は、次のように、慨嘆
する。第198回、浄土真宗H願寺派定期宗会の、代表質問でのことである。

以下は、『中外』 の58年3月16日の記事である。

  「宗門発展」 の意味を尋ねる。
  総長はお年に比べて夢多く、若々しい考えを持ち、バイタリティーに
  富んだ政策を次々に実行している。
  後世に名を残す名総長であると存じるが、それにもかかわらず、宗門
  の現状はどうしたことか。

  私は得度してから四十年の間、宗門の外に飛び出して、一般社会か
  ら宗門を、H願寺教団を眺めてきた。
  その宗門は門徒数が減少し、地方によっては念仏が死語化しつつあ
  る。

  京都、わけてもここ西六条にくると、日本国の真ん中が京都である
  かのような空気がある。
  が、東京においてはH願寺という寺の存在すら、知らない人が多い
  のが実情だ。

501 :危機的H願寺の現状:2005/11/09(水) 10:49:10 ID:hyH1Ip5i
  東京は凄い町で、新宿駅の一日の乗降客は百数十万人にのぼる。
  彼らに 「南無阿弥陀仏」 の言葉を知っていますか、とアンケートを
  とれば、どんな言葉が返ってくるだろうか。
  恐らく 「葬式の時に唱える呪文でしょう」 という位の答えではない
  か。

  次いで 「あなたは念仏の信心を持っていますか」 と聞くと、いかな
  る答えが返ってくるかと考えると、慄然とする。

  私は長年、金融機関の経営に当たってきた関係上、昭和五十年から
  二年にかけ、新宿を中心に一万戸の家庭を訪問した。
  そこで一番多く眼に入った仏壇は新宗教のもので、次いで我が宗の
  ものであったが、その格差は非常に大きい。


502 :危機的H願寺の現状:2005/11/09(水) 10:50:13 ID:hyH1Ip5i
  新宗教の仏壇はコンパクトだが、今朝も勤行しましたという跡が歴
  然と残っていた。我が宗の仏壇は埃を被り、閉めたままになっていた。
  仏壇と家族との間には密接な関係があった。新宗教の家族には、懸
  命に生きている姿――悪くいえば、つっかかるような面があるが、同
  信の仲間が訪ねてくるという場面によくぶつかった。信仰が生活の中
  に生かされ、柱になっている。

  我が宗の家族が和やかで構えがないのは、先祖が浄土真宗の信仰を
  なさってきたから、培われた気風だ。
  遺産としては残っているが、現在は、信心が無くなってしまってい
  る。信心の水を足さなくてはいけない、と思った。さらに、内閣総理
  大臣までが、 「他力本願」 を 「他力依存」 と取り違えて発言するよう
  な世相にすらなっている。


503 :教学や布教に問題なきや:2005/11/09(水) 10:59:36 ID:hyH1Ip5i
  随分いろんな人に出会ったが、我が宗の信心を戴く同行といわれる
  ような人には、お目にかかったことがない。
  現に富山県一県から五十万人が東京に移ったが、そのうちの何%の
  人が門徒として、首都圏の寺院に移っただろうか。

  寺は聞法の道場であり、生きてゆく上で勇気と喜びを与える場所だ
  と認識している人は何%あるか。

  東京の三軒茶屋という雑踏街に寺がある。その寺は温かい愛の場所
  なのに、閑古鳥が鳴いている。
  一歩塀の外に出ると、押すな押すなの人の波だ。我が宗門を含めた
  既成教団の現状を示唆している。
  大きな反省を持つべき事象だ。

  我が宗は全く凋落の一途を辿っている。十年、二十年も経てば念仏
  は一体どこに行ってしまうのか、大変なことになる

504 :教学や布教に問題なきや:2005/11/09(水) 11:06:35 ID:hyH1Ip5i
  十年もの長きにわたり、重責にある大総長としてこのような状態に
  なってきた理由をどのように認識しているのか。お伺いしたい。

  惟うにそれは教学にしても伝道院にしても、現代人のニーズに合致
  していないからではないか。
  僧侶が一般社会を知らず、現代人の本当の悲しみ、苦しみを濾過し
  ていないからではないか。

  宗門は凋落の道を辿りつつある。凋落の原因は既信者たちだけへの
  百年一日の如き安易な教学と伝道を繰り返しているだけだからだと思
  う。
  未信者の開拓が全く行なわれていない。私の自坊でも、門徒はH願
  寺に届けた数の半分以下に減っている。

『中外』 の記事を、ながながと、掲載した。
“H願寺のことはH願寺に” が、最善と、思ったからである。


505 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 12:40:48 ID:90BseNOo
>>494
>だからやってんだもんね。

オマエモナー... ∧_∧ ( ´∀`)

506 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 12:54:57 ID:FcQ3tN28
ID:90BseNOo
ID:90BseNOo

おもしろいIDですな。

507 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 13:04:58 ID:90BseNOo
∧_∧
( ´∀`)プッ

508 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 13:14:06 ID:wDL56GNm
ID:hyH1Ip5i

何やコイツ


509 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 13:45:56 ID:GRP7m4b/
ちわっス〜♪お昼ごはんなり〜。お返事だけドゾー
>>499
いや、全くnothing
(^-^)/ホナね〜♪


510 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 13:47:06 ID:xCfiAG4u
>>508
ID:hyH1Ip5iは
本願寺叩きさえやればダミサが正当化されると勘違いしてる会員。

511 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 15:02:56 ID:hyH1Ip5i
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


エッチとエロでは単なるスケベ野郎だが
       H   ( ゚д゚)  ERO
       \/| y |\/


    二つ合わさればヒーローとなる
        ( ゚д゚)  HERO
        (\/\/

イエナンデモアリマセン。

512 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 15:05:34 ID:FcQ3tN28
>>509
そりゃ、いいことですな。
でも、僧侶には、なりたくてなったのですか?

513 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 15:41:21 ID:unfQJ830
>>512
くだらん質問して話ずらしてないでダミサ問題について言及してみたらどうだ。
あんたは現在の勧誘方法をどう思っているんだ?

514 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 15:53:18 ID:90BseNOo
>>512

そうだそうだ、
ID:FcQ3tN28は現在の勧誘方法をどう思っているんだ?


515 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 15:57:38 ID:GRP7m4b/
次のお参りまでの空き時間。お返事ドゾー
>>512
成りたくて成ったにきまってんじゃん!実際問題、本山の懇志とか、お寺の営繕とか、
金銭面で頭なやまされる事も多いけど、ご門徒様に少しでも負担にならへんよう
努めていく所存や。現生のご利益をフル活動して、みんなに接し、我が身の間違いは、
恥ずべきものとして治していこうと努力しつつ生きる。お参り先でも、必ず法話。
おうちの方々の悩みや問題を聞けるよう、信頼関係を築いてゆく。そ〜ゆ〜営みは、
漏れにとっちゃ、喜びの中の喜び。往古よりいかなる因縁があったんやろかw?
(^-^)

516 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 16:40:44 ID:w+uAH6gR
>>495
> 昔の顕正新聞には高森光晴布教局長が信心決定したと、
> 書いてありました。

平成●年以降のことしか知らないけど、「昔の顕正新聞」って何年何月何日発行のものなんだい?
もし本当なら布石は打たれた。次期会長は決まりだな。

517 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 16:55:16 ID:FcQ3tN28
>>515
おお、そうですか。
がんばってください。
応援してまつ。

518 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 17:03:39 ID:9Wqaej8Y
三沢光晴(神)>>>>>>>>>>高森光晴(元暴走族、現在カルト宗教幹部)

519 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 17:04:20 ID:GRP7m4b/
終了〜♪
>>512
んでは、質問に答えたんで、今度は逆に質問ドゾー。s会のダミサ(仮)勧誘は、今後いかがすべきと思うw?
>>513サンと同じになっちゃうけど、個人的な意見でいいから、ホントのトコを答えてほしいな。
(^-^)/ホナな〜♪


520 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 17:04:21 ID:FcQ3tN28
私の同級生にも、本願寺派末寺の若さんがいます。
そいつは寺を継ぐのが嫌だったんだが、無理矢理継がされたから、
そのうっぷんで酒に溺れてアル中になった。
法事といっても、読経もしないで布施を要求。
説法なんて、したことない。門徒も困ってる。
でも、先祖代々の寺だから、みんな我慢して寺を守ってる。

そんなのと比べると、ぼらさんは、すごいです。

521 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 17:15:36 ID:IixwAari
M晴先生って、いつ信心決定されたんですか?

522 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 18:16:56 ID:GRP7m4b/
ただいまあ〜♪
>>520
ホンマかいな?ひでぇ寺もあるもんやね。もはや、寺と呼べんのでは?総代サン等と話合いして、
改善要求すべきやね。どうしても変わらんようやったら、お墓を別に移すなりして、
お寺離れたら、ど〜でしょうか?ま、親戚とか地縁のしがらみがあるかもしれんし、
乗り越えなあかん壁も多いかもしれんが、不正に対しては行動を起すべきかと。
そんな寺の尻ぬぐいまでせなならんのか〜。何事につけ、失った信用をとり戻すには、
築き上げたものの100倍1000倍の労力を要すると肝に命じましょう。
で、ダミサ(仮)については?(^-^)


523 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 18:19:28 ID:xCfiAG4u
>>520
本願寺の悪口は聞き飽きた。
言いたいこと言ってるだけでなくて人の発言に応えろよ。
わざわざそんなどうでもいい質問にぼら氏が答えてくれたんだから
尚更の事勧誘問題に関してレスを返せよ。

524 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 18:52:11 ID:fpTLTkaB
会員はちゃんと答えてるじゃんか。
アンチはなんで無視してるの?
どんどんサークルつくって勧誘すれば?
>>398

仏哲研なんてなつかしい名前。
彼らは「草加とは関係ない」って書いてるな。
問題ないだろう。

525 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 18:53:43 ID:9Wqaej8Y
   ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/   <こいつ最高にアホ
  /    ヽノ   /´   

526 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 18:55:36 ID:qg3OkuRy
やめてから後輩に電話したら後輩が着拒しやがった

527 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 19:04:14 ID:IXUNW/nX
しやがった

528 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 19:24:21 ID:Ygx+c6ti
M晴先生っていつ信心決定されたんですか?
それとも、勧誘時に見られる先輩の信心詐称と同じで
「配慮」という名の嘘ですか?

529 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 19:56:21 ID:D4QLAfgi
いつもいつも、嘘だ、詐称だ、ってうるさいけど、
ネット上のアンチの嘘の方がよっぽどえげつないと思うよ。


530 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:29:20 ID:FssAQ+zS
>>529

アンチの嘘がえげつないというなら、どんな嘘があったか一例をあげて見せてよ。

531 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:38:55 ID:8r0e3W/e
>>529
反省の色なし。おまえ仏教語る資格なし。もう用なし。消えな。

532 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:44:38 ID:D4QLAfgi
>>531
嫌なら来なければいいんじゃないかな?

533 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:45:09 ID:ht62dkuR
>>529

通行人が潜行中

534 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 20:45:49 ID:ht62dkuR
>>532

コテやめた?>通行人

535 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 21:22:10 ID:FcQ3tN28
>>519
帰ってきました。
ぼらさん、お答えありがとうございます。
まあ、寺もいろいろ。
人間だもの。

で、質問についてですが、
学生を勧誘したいなら、大学を作ればいいと思います。
「龍谷大学」や「創価大学」みたいなの。
病院作ったんだから、それぐらい、やれ。

536 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 21:28:36 ID:FcQ3tN28
>>523
悪口でなくて、知ってる現状を書いた。

そういう寺も、立ち直って、門徒と共に歩んでほしいと思ってる。

537 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 21:29:41 ID:pGVumYmq
>>495
>昔の顕正新聞には高森光晴布教局長が信心決定したと、
ネタですかwww

538 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 21:58:58 ID:q71yZ472
親鸞会の執行部は認識していないかも知れないが、今 会の意思として
現布教局長の獲信を言えば、それが決定打となって親鸞会の会員減少
は一気に速度をあげますよ

539 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 22:18:31 ID:D4QLAfgi
↑そんなあなたに
http://www.imgup.org/file/iup115904.jpg

540 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 22:19:20 ID:D4QLAfgi
>>539
ごめん、誤爆。グロ注意!

541 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 22:38:43 ID:GRP7m4b/
は〜、『御消息』現代語訳作業中なり。なかなか、わからんトコも多いね。人物名とか、
特に、手紙に対するお返事なんかは、もとの手紙が存在しないんで、歴史背景とか
合わせみて、想像するよりないトコ多し。古語の勉強されてる方には「プゲラ」って
笑われそうw。ちと休憩♪
>>535
人間だものでええんやろか?大坊主分たる人に対しての『御文章』等、親身に
考えるべきだと思う。って、当人じゃないから何とも言えへんのやけどw。
ダミサ(仮)勧誘に関しては、あなたは否定的見解と受け取ってよろしいのかな?
〜つづく〜


542 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 22:58:37 ID:FcQ3tN28
>>538
>獲信を言えば
それはないでしょ。

釣りだろ?

543 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 23:04:01 ID:FcQ3tN28
>>541
>人間だものでええんやろか?大坊主分たる人に対しての『御文章』等、親身に
>考えるべきだと思う。
えらいです。
がんばってください。

544 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 23:05:33 ID:GRP7m4b/
>>541〜つづき〜
特に問題なのが、かの「勧誘マニュアル」。内容見れば、組織的意図で人間操作をしようとしてる。
マインドコントロールの手法だって指摘されても、しゃ〜ない罠。人はあんまし不自然な事
するもんじゃないと思う。ばれたら、相手にどんな思いを抱かせるだろうか?って事に
いつもビクビクして、その不安感を「漏れ達は真実を伝えてるんだ」という信念で打ち消そう
とする。でも、完全無欠に打ち消す事は不可能。人は社会性を持つ生き物やから。
騙した相手も、同じ世界で暮らしとるんやから。かくして勧誘者は精神的不健康な
状態に陥る。


545 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 23:13:23 ID:q71yZ472
>>542
しかし、会長交代の時にはそんな策も脳裏をよぎるんじゃない?
移行案としては、名誉会長と会長という二段構えの運営案も
考えられるし、すでに現実問題になっているよ

546 :元々ぼら夫:2005/11/09(水) 23:20:16 ID:GRP7m4b/
書ききれんかったw
>>544〜つづき〜
被勧誘者のみならず勧誘者をも精神的不安に陥れるような方法は、即刻やめるべき。
漏れは、ひきつづきとある大学のお偉いサンに「勧誘マニュアル」の危険性を伝えていこう
と思ってまつ。次回は、できれば、他大学の方とも話して下さいとお願いするつもり。
ホントはs会の中から変わっていくべきやと思うんよ。でも、そんな生易しい問題ちゃうみたい。
大学によって、取り組む所もあれば、なんもせ〜へんトコもあるやろうけど、言い続ける事も
大事かな、と、そんな感じ♪
(^-^)/ホナね〜


547 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 23:34:39 ID:VI0HC6n6
ボラ夫も長いのー、歴史が。

548 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 23:47:04 ID:q71yZ472
>>544
>特に問題なのが、かの「勧誘マニュアル」。内容見れば、組織的意図で人間操作をしようとしてる。
アレは外部から取り入れたものだよ、もともとは勧誘なんかの宗教活動には素人の集団、
(組織の役職名に「隊長」とか使っていたのは旧日本軍をもとにしたといわれるが、それは
組織といえばそれしか知らない状態から始めたので当然といえば当然、)
それが、どうしたら一人でも多く、迅速に、正確に、という方向に工夫して、会社組織、
宗教組織などの手法を取り入れて、かのマニュアルなども出来上がった。
残念なのは、生兵法と言おうか、とりいれ方が中途半端なことですね、マニュアルに関して言えば、
それ自体は、先輩の経験を効率良くそれを求める後輩に伝える為に利用でき、便利なものだが、
見方によっては、未会員を会員にするまでのレシピのようにも見え、さらには組織的上位から下位
に対してレシピにしたがっての機械的な被勧誘者への対処を要求したならば、それはもはや
浄土真宗の信心を求める手段ではなくて、人集め金集めの組織への成り下がってしまう。
親鸞会は自らが善かれと取り入れた「手法」によって腐敗させられたのではないか。

さらにいえば、口伝の勧誘方法を勧誘マニュアルとして文書化すれば、それが流出する危険性は
いっきに高まり、必死につづけてきた「配慮」も台無しになってしまうのに、その危険性に相応した
対策もせずに垂れ流しに内部情報をばら撒いた、自分たちの能力の欠陥に対しても、真実しらされた
すばらしい人間の集まりだ、という妙な慢心が、目をつむらせているのでないか、
本願寺改革も遅すぎたろうが、親鸞会自身も、改革の機を逃したのかもしれない

549 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 00:45:06 ID:V+Gg4Ra/
http://semibreve.net/

550 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 01:05:11 ID:zalfloc2
真宗念仏についての基礎的な部分なんですが、
まず真宗では、信心=称名、なのであり、その同一な両者は、
共に阿弥陀如来からのプレゼント、なんですよ。

信心=称名は、私を場として働くのではあるけれど、
その原動力は今現在活動して下さっている、阿弥陀如来の
プレゼント=本願力なのである、と。

この絶体他力な本願力が真宗念仏者の選択した唯一の救いです。

私を場として実現する阿弥陀如来の本願力だけが、我々の
浄土往生の唯一の因である、と考えるわけですから、
私が信心しようする、私が称名しようとする、こと自体は
往生の直接的な因とはならない。本願力だけがミソなわけです。

私を場とするはずの本願力が、不思議にもいま現に私に実現している、
という私の了解をもって、私の往生は決定された、と真宗では
言ったりします。

551 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 05:37:35 ID:nDLSad2Y
>>550

稲城選恵先生の影響がみられると思いますが、
ちがってたらゴメソ。

552 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 07:29:56 ID:XI9dqw3u
>アレは外部から取り入れたものだよ、
へ〜、どこから?S価?

>もともとは勧誘なんかの宗教活動には素人の集団、
それを言ったら、はじめはどっこもそうだけどな。

>(組織の役職名に「隊長」とか使っていたのは旧日本軍をもとにしたといわれるが、それは
>組織といえばそれしか知らない状態から始めたので当然といえば当然、)
記憶が正しければ、親鸞会組織は華光会から離反独立したものと認識してましたが、
華光会でも「隊長」とか使ってたんですか?

>それが、どうしたら一人でも多く、迅速に、正確に、という方向に工夫して、会社組織、
>宗教組織などの手法を取り入れて、かのマニュアルなども出来上がった。
信心騙りの妄語に、両舌勧誘が工夫かよ。
マニュアル作ってる時点で気づけよw。明らかにおかしいだろww。

>残念なのは、生兵法と言おうか、とりいれ方が中途半端なことですね、マニュアルに関して言えば、
>それ自体は、先輩の経験を効率良くそれを求める後輩に伝える為に利用でき、便利なものだが、
兵法、効率、便利。そこに愛はあるのかい?
目的のためならどんな手段も許されると考える宗教はカルトですよ。

>見方によっては、未会員を会員にするまでのレシピのようにも見え、
見方に寄らなくても、そうだと思うんですが・・・。


553 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 07:30:19 ID:XI9dqw3u
>さらには組織的上位から下位 に対してレシピにしたがっての機械的な被勧誘者への対処を要求したならば、
>それはもはや 浄土真宗の信心を求める手段ではなくて、人集め金集めの組織への成り下がってしまう。
そうそう、でもこんなカルトなやり方をしたから今の親鸞会の繁栄があるとも言えるんだけどな。
大型スーパーの繁栄・凋落と同じパターンだよ。
簡単手軽激安で消費者が殺到したのはいいが、まったく同じ理由で消費者から信用を失った。
そういう時代の流れだったっつうことだな。一言で言えば。

>親鸞会は自らが善かれと取り入れた「手法」によって腐敗させられたのではないか。
だから、その自らの「手法」で勃興して、滅亡したんだんだよ。
こうなる定めだったってこと。

>さらにいえば、口伝の勧誘方法を勧誘マニュアルとして文書化すれば、それが流出する危険性は
>いっきに高まり、
バレなきゃいいのか!っていう話ですけどね。

>必死につづけてきた「配慮」も台無しになってしまうのに、
「配慮」ね。あれ、「配慮」か?

>その危険性に相応した対策もせずに垂れ流しに内部情報をばら撒いた、

>自分たちの能力の欠陥に対しても、真実しらされた すばらしい人間の集まりだ、という妙な慢心が、
慢心じゃなくて、妄信だろw。
それが、相手を馬鹿にする心、退会者を敗残者と貶す心になったんだろ。
選民思想だよ。

>目をつむらせているのでないか、
>本願寺改革も遅すぎたろうが、親鸞会自身も、改革の機を逃したのかもしれない
同じ土俵で語るなっつうの。
(漏れは本願寺のまわしものじゃないよノシ)


554 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 07:33:07 ID:XI9dqw3u
ツッコミいれるとこんなもんかな(;´Д`)フー

555 :総長も憤慨する惨状:2005/11/10(木) 09:27:49 ID:uVKgJvVy
得度してから、四十年も外にとび出し、金融機関の経営にあたってきた、浅
野氏だから、真宗の教義や、信心についての無理解は、いたし方ないとしても、
H願寺の危機的現状を、よく感知し、切々と、愛宗の情を訴えている。よくよく
のことである。

後世に名を残す、大総長と持ちあげられたことに、気をよくしてか、豊原大潤
宗務総長。思わず知らず、つい、こう、ホンネを、もらしている。

  「日夜、心を痛めている事ばかりのご質問
  宗門の現状はご指摘の通りだ。

  明治三十三年のH願寺日誌によると、当時の日本人の人口四千三百
  八十四万七千人のうち、本派関係戸数は百二十六万三千七百十一戸。
  十五・九%にあたる。

  年を経て現行の賦課制度となり、昭和四十八年に調査した数字は、
  門徒戸数八十七万八千戸に減っている。
  人口は一億一千七百万人なので、人口比、三・一%だ。慨嘆すべき
  状況だ」

かりに、日本の人口を、百人とするならば、わずか、七・八十年間に、十六
人あったH願寺の信者が、三人に、激減したのであるから、慄然とするのも、
当然だろう。


556 :布教姿勢にも凋落の原因:2005/11/10(木) 09:51:12 ID:uVKgJvVy
無信心が、本願寺凋落の、根本原因ではあるが、善のすすめを非難する “狂
(教) 学” や、「未信の者は布教してならぬ」 という、消極姿勢にも起因して
いることに、気がつかねばならない。

勿論、「自信教人信」 (自分が信心獲得してから、他人に伝える) は、理想
であるが、未信の者でも、教義的に間違っているところを、正すことができる
し、知らされた、聖人のみ教えを、伝えることもできるはずである。

ポーズだけからいえば、 “本願寺サンさえ、やっているではないか” と、皮
肉りたい人もあるだろう。
他人に話すことは、また、自分が、聞くことになる、のが、仏法ではないか。

次は、同宗会での、伊井智昭議員の発言である。

  「 『信心正因・称名報恩』 は、宗則に定められた大切なご安心だが、
  私自身、申しわけないが、信心があるとは申せない。
  宗祖が求めた信を求めるべく、有縁の方々をおさそいしている」

未信の者でも、「有縁の方々をおさそいする」 という、法の伝え方のあるこ
とも、知ってほしいものである。

557 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 09:52:59 ID:cezAUU3H
私はなぜ親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

親鸞会顕正虎の巻
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf

558 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 10:00:46 ID:y+1QJjBf
>>555

いつも思うが、s会に対する批判が的を射て都合が悪くなると、
H願寺の悪口のコピペ類をいい続けてさえいれば、
自分の会の悪行は正当化されると思い込んでいるところが痛い。

中韓北朝鮮もそうだけど、政情が不安定な国家ほど、仮想敵国(たとえば日本)
をつくって内部の不満をそらそうと画策するという罠。
民度の低い人民ほど、国家の策略に容易に乗せられて対外批判を間に受けやすい。
あげくの果てには大使館を破壊したり、自分に石油で火をつけて焼身自殺する始末だ。

>H願寺の信者が、三人に、激減したのであるから、慄然とするのも、
>当然だろう。

それがどうした?
このスレの住人はそんなことはこれっぽっちも興味ないよ。
そんなにH願寺が心配ならH願寺スレッド行って書き込め。
どうせ相手にされないだろうけどね。
もっと自分の会のことを心配したらどうよ。
ダミサ勧誘、嘘つき勧誘についての意見は?>ID:uVKgJvVy

559 :破邪顕正に、ケチつけたワケ:2005/11/10(木) 10:05:04 ID:uVKgJvVy
H願寺は、正しい意味での、破邪顕正をしているが、本会のは、間違って
いる、と仰有るのだ。
己れの発表した、教義安心の質問にさえ、四百日も回答せずして、ヌケヌケ
と、こんなことが言える、無神経さに、まず驚く。

H願寺の、邪を衝く本会を、間違いと仰有るのは当然で、どうして、無意
味な非難をなさるのか、と、思われる方もあろうから、過去の経緯の概略を、
述べておかねばなるまい。

昭和五十五年一月。H願寺の、本会批判論文 (伝道院紀要24号) の不審点
を、本会は、こう、尋ねた。

「正しい教えをひろめる、破邪顕正の行為は、諸善万行の中に、入るのか、入
らぬのか」

この回答が、H願寺からなされたのは、昭和五十七年十二月。
次のようにであった。

  「正しい意味の破邪顕正や財施が、諸善万行の中に入ることは、言う
  までもない」 (回答書B P.26)

こんな “言うまでもない” ことを、言わせるのに、書留親展十五回の催促状
と、二度の抗議行動、1000日以上の日数が、かかっている。
“どうしてか” と、不思議に、思われる方も、あるにちがいない。

560 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 10:15:03 ID:91GN5FLR
破邪顕正にケチつけたワケ?
んなもん真宗が詐欺を正当化する宗教だと思われたくなかったからだろ。
財施という名の金集めもな。

561 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 10:28:25 ID:cezAUU3H
すげー…

557 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 09:52:59 ID:cezAUU3H
私はなぜ親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

親鸞会顕正虎の巻
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf


562 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 10:31:43 ID:A9koyclW
横レスで恐縮だけど、感じる所を述べておきます。
まず、「因果の道理」という仏説には反していないと思います。
非難中傷すれば、それは悪口という口での悪い行いですから、当然悪因悪果で
悪い結果が返ってくる。怒りや愚痴をぶつけても、その結果が返ってきて苦しむのは自分。
それが仏法に向かえば、法謗罪となり恐ろしい結果となって返って来るのは
親鸞聖人の御教えのとおり。親鸞聖人は仏法をそのまま伝えていかれた方だから、
当然親鸞聖人の御教えは仏説そのままといえる(これを否定すると浄土真宗そのものの
問題になるよ)。末灯鈔のお言葉も真実。

563 :聞こえるH願寺の悲鳴:2005/11/10(木) 10:44:15 ID:uVKgJvVy
誰でも、即答できる問題だが、実は、H願寺さんにとっては、はなはだ、困
った質問だったのである。
“破邪顕正は諸善に入らぬ” と、答えれば、勿論、仏教否定になるし、“入る”
と言えば、本会に、屈伏することになるからであった。
H願寺が、千日以上も苦慮し、回答しなかったのは、そのためであった、の
である。

ところが、昭和五十七年八月、本会同志の、決死の抗議行動で、なんらか
の、回答をせざるを得なくなった。
二者択一を迫られた、H願寺は、仏教も否定せず、本会に、屈伏もしない
で済む道を、考えざるをえなかったのだ。

それが、
“破邪顕正は、善であるが、本会の破邪顕正は善とは言えない”
なりふりかまわぬ、第四の、非難となったのである。

“なんともはや” タメ息のひとつも、つきたくなるが、本会の破邪顕正に、
ケチをつけるしか、逃れる道がなかった、のだから、お気の毒、というべきだ
ろう。


564 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 13:25:49 ID:ksQZRnaQ
なんで親鸞会スレで本願寺を誹謗中傷してるの?
ラーメン屋でうどん注文するようなトンチンカンなことやってますね。

565 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 14:15:18 ID:jWSE3feV
>>564
「なぜ答えぬ」の文章をなにも考えずに書き込んで、
スレッドを長そうとしているだけと見た。

566 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 14:36:57 ID:A9koyclW
あの、親鸞聖人でさえ、今のT森先生以上の悪口が蔓延してたと思う。
親鸞聖人といわずお釈迦様でさえ敵がいた。
事実、流刑にもあわれた。
だから、最初から何もしなければ、良かったと思える。
でも何も無かったなら、ここまで念仏喜ぶ人が増えただろうか?
ここまで、説法を聞く機会に恵まれた人が増えただろうか?
普通なら存在すら知らぬまま死んだ人がほとんどだろう。


567 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:00:24 ID:5daFjPZ9
親鸞は自分が法念門下でない、坊主でないと言って布教していたか?
むやみやたらに布施を要求したか?
自分の信心がために人の迷惑を顧みなかったか?

568 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:04:47 ID:y+1QJjBf
>>566

>だから、最初から何もしなければ、良かったと思える。

また論点ずらしか。

最初からダミサ勧誘の二枚舌とか嘘つき勧誘のような妄語勧誘
をしなければ、良かったと思える。
国や県には宗教法人といって税制の優遇をしっかり受け、
勧誘のときには宗教ではありませんという。
自分でもおかしいと思うだろ?>ID:A9koyclW

>でも何も無かったなら、ここまで念仏喜ぶ人が増えただろうか?

s会の活動を一番一生懸命やってきた専任講師のうち、誰が念仏喜んでいるの?


569 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:06:29 ID:tsmUk3Ii
そんなあなたにアニメ聴聞ですよ

もしくは

143 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/11/10(木) 00:58:57 ID:V+Gg4Ra/
図解雑学 親鸞
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816336796/249-3891683-6780332

現代でも多くの人から支持を得ている親鸞の一生を追いながら、
その教えをわかりやすく紹介。また、比叡山での過酷な修行などの
興味深いエピソードも多く収録、何ものをも恐れぬ勇気の源泉に迫る。

第1章 出家と破天荒の肉食妻帯
第2章 同門の友人との大論争
第3章 浄土教の広まりと過酷な弾圧
第4章 関東でたゆまぬ布教
第5章 嵐止まぬ晩年の京都
第6章 親鸞は何を教えたのか

570 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:09:35 ID:Jqpei4ry
カルトって、教祖がある信仰対象を紹介して、
信仰対象をさんざん誉めて飾って祭り上げたところで、
実は、教祖はその信仰対象の生まれ変わりだとか、
その信仰対象の教えを正確にまちがいなく継承しているのは教祖だけだとか、
自分たちの教団と信仰対象を同一視させようとする。
だから、教団をやめる=信仰をやめるということになってしまう。


571 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:30:35 ID:A9koyclW
>>567
>親鸞は自分が法念門下でない、坊主でないと言って布教していたか?
非僧非俗と言われました。

>むやみやたらに布施を要求したか?
むやみやたらになんかしていませんが、何か?

>自分の信心がために人の迷惑を顧みなかったか?
顧みてますが、何か?

572 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 15:57:43 ID:y+1QJjBf
>>571

つまらん挙げ足取りはそのくらいにして、>>568にも答えてや
>ID:A9koyclW

573 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 16:04:13 ID:d449VAxa
>>571
>>親鸞は自分が法念門下でない、坊主でないと言って布教していたか?
>非僧非俗と言われました。
論点ずらしはやめろって。親鸞が正体を偽って布教してたのかっていう論旨だろ。

>>むやみやたらに布施を要求したか?
>むやみやたらになんかしていませんが、何か?

「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
恐ろしいことである」
「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と
いうことはない。それどころか、放射になる」
「今ここで誤放射額を書いてください」
(by K玉さん)
ですが、何か?

>>自分の信心がために人の迷惑を顧みなかったか?
>顧みてますが、何か?
妄語両舌勧誘は、ちまたじゃもっぱらの批判内容ですが何か?

574 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 16:52:34 ID:A9koyclW
>>573
>「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
>恐ろしいことである」
>「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と
>いうことはない。それどころか、放射になる」

これのどこが「むやみやたら」なんでしょう?

>「今ここで誤放射額を書いてください」
(by 2ちゃんねる)


575 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 16:54:52 ID:A9koyclW
>>572
専任講師に限る必要性は感じませんが。

「一番一生懸命」と言えますか?
真剣に聞法されている人は、講師に限りませんが。

576 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 16:58:11 ID:tsmUk3Ii
>>574
>>「今ここで誤放射額を書いてください」
>(by 2ちゃんねる)

なるほど、やはり根拠は2ちゃんのみでしたか・・・
他にも、同様に根拠なき誹謗中傷が多いようですね、ここは。

577 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:04:13 ID:d449VAxa
164 名前:ザ・ニンジャ ◆ws4olznY7c :04/10/04 17:15:48 ID:ixS9KGTh
ちなみにK玉の恐喝行為はこれね。
先日の驚愕抗議でのこと。
昼休み、K玉が学友部一同を第二講堂に集めた(12:20)。そこで、驚愕抗議の
話を引き合いに出して、仏弟子の使命について語った(12:20〜12:35)後、
「血染めの恩毒惨」のスライドを上映した。(12:35〜13:00?)
さらに、リョウケンのようになるにはどうすればいいかということで、
平成11年蓮如上人500回忌の座談会(しかもアシがK玉)のビデオを
上映した。(13:00〜13:15?)

 余談だがあいつ、御一代記聞書227の解説で犬撤に褒められていたな。
愕幽部員に自分をひけらかすのが目的であれば禿しく鬱。
「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
恐ろしいことである」
「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と
いうことはない。それどころか、放射になる」
だと。

だからわれわれも仏法のために時間や金、労力を使えだとさ。

問題はその後で、各地区に分かれた後、担当仔牛が
正本堂建立誤放射の用紙を配り、「先生のご恩に報いるには・・・」
と大声で話した後(各地区の仔牛がいっぺんに大声で話すものだから、
その場は異様な雰囲気に包まれていた)、「今ここで誤放射額を書いてください」
という。 (「今ここで」に注目!)

漏れは、これはマインドコントロールに近いと思った。
というわけで、用紙には手をつけなかった。さすがにほとんどの減益部員も、
額を記入するところで手が止まっていたが。(13:30)

午後の抗議は14:00からなので、昼食の時間もわずか。
驚愕抗議でも正座漬け。昼休みも正座漬け。

578 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:05:16 ID:h3ehDQEU
誤放射や誤放霊の額少ないと休憩時間にもかかわらず
仔牛が切れてたが何か?

金要求しまくるし迷惑極まりない。

579 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:06:40 ID:d449VAxa
これが真相です。
>>577

580 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:07:03 ID:tsmUk3Ii
>>577
だ か ら
紙媒体か、音声ソースでよろ

581 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:17:50 ID:d449VAxa
>>580
(゚Д゚)ハァ?
内部文書、音声以外は偽物指定ですか?
個人の被害の声は一切無視?
内部文書も音声も会内で徹底した身体検査をすれば
流出は避けられますから、どんどん閉鎖的になっていくs会で
これからそういう資料が出ることは難しいと思いますけど、
それを見越してか、意図的なものか知りませんが、
情報撹乱ですか?

わたしは、>>577が真実であることを知ってますよ。

582 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:22:23 ID:tsmUk3Ii
>わたしは、>>577が真実であることを知ってますよ。

で、知らない私はそれが真実であるとどう確認すればよいのでしょう?


583 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:28:14 ID:d449VAxa
>>582
さあ、あなたがs会によって補正をかけられているか、
s会のまわしものかのどちらかじゃないですか?
そうでなきゃ、わたしが記憶違いしているということになりますかね。

>>577のことについて、
正確に記憶してる人はもういないと思いますが、
一連の流れがお金を会員に出させるように仕向けられていたと感じる人は
まだ多くいると思いますから、のちのちの書き込みに
期待したいところです。


584 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:28:27 ID:Ohq1QtB8
>>580

紙や音声にはたぶん残ってはいませんが、>>587で書かれているような教学講義での出来事は、たしかにありました。
自分もその場にいました。
嘘だと思うなら、正本堂ができる前に大導師以上の学友部員だった人や学友部担当だった講師部員に聞いてみたらいいでしょう。

585 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:30:22 ID:d449VAxa
あらら、早速ww。
>>582
どうっすか?

586 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:31:14 ID:Ohq1QtB8
アンカーレス間違えました。>>587ではなく、
>>577です

587 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:47:54 ID:G6xEPr6r
しかも「仏法のために」とやらの名目で集めたお金で
数億円の鷲のマークだもんな…
鷲のマークなんか仏法と何の関係もないだろうがと思ったよ。

588 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 17:48:13 ID:d449VAxa
> ID:tsmUk3Iiさん
>>576
>>>「今ここで誤放射額を書いてください」
>>(by 2ちゃんねる)

>なるほど、やはり根拠は2ちゃんのみでしたか・・・
>他にも、同様に根拠なき誹謗中傷が多いようですね、ここは。

同じ2ちゃんの根拠でも、この場合は信じるんですね。

589 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 18:40:38 ID:Za0vNclr
私はなぜ親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

親鸞会顕正虎の巻
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf

590 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 18:55:11 ID:y+1QJjBf
>>575
>専任講師に限る必要性は感じませんが。

専任講師には決定者はひとりもいないからね〜、そう答えるしかないだろね。
でもさ〜善知識に親近せざるは雑修の失なんでしょ?
T森さんにもっとも親近しているはずの専任講師に誰一人決定者がいないとなると、
T森さんに親近していない一般会員の決定者率は、推して図るべし、
って思うのが自然じゃないかね〜
親近すらもしてこなかった一般会員がどうしてT森さんに絶対服従なんてできるんだろう、
と素朴に思うんだけどね〜

591 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 19:23:01 ID:ryy3HnMu
ワシのマークの大正製薬

ワシのマークの淫乱会

592 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:08:01 ID:FHVV80OX
落慶法要の素朴な感想は一部の会員のマスタベーションだったかな。親鸞会のお金の
使い方はどこかわからないところが多いです。教えが大事なら車の中でも伝えられます



593 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:12:10 ID:A9koyclW
>>577

ニンジャが根拠か!

笑える。

でも、あいつ元気かね。
今でも名無しでここにいるんだろうけど。

594 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:12:31 ID:FHVV80OX
畳が傷つかないように 畳座布団みたいのを2800円ぐらいで買わせるのはどうかと
思いました

595 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:13:30 ID:u+dwVmLd
念仏って唱えると鬱になるよね・・・。

596 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:14:03 ID:A9koyclW
>>581
>内部文書も音声も会内で徹底した身体検査をすれば

金属探知機が玄関に置かれたりして……。

テロもあるかもしれないもんね。
阿弥陀堂が焼かれそうになったこともあるし。

597 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:16:56 ID:A9koyclW
>>587
鷲のマークなどは、希望する人で額がうまっているから、心配しなくてもいいよ。
緞帳なんて、ほとんど一人で埋まったそうだ。

598 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:20:22 ID:A9koyclW
>>590
>親近していない一般会員の決定者率

そんな率があるの?ww
それを決められるのは、阿弥陀さまじゃ。

それに、雑修の失は、それだけじゃないからね。

一週間ぶっつづけでご法話あった時代から聞き求めている一般会員と、
最近講師になった若造と、どんだけ差があるか。

599 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:24:00 ID:A9koyclW
>>592
君も2chに書き込んで、気持ちいいだろうね。

600 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:25:35 ID:A9koyclW
>>594
うーん、小ロットだからなあ。
おまけに、あれ特殊繊維の畳だから。長持ちするよ。

601 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:07:12 ID:h7/INiC5
(´・ω・`)知んらんがな

602 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:39:22 ID:8Ve1+i8O
>>593
K玉さん本人に聞いてみたら?

603 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:40:17 ID:8Ve1+i8O
ま、どうせ嘘つき指導する人だから
率先して嘘付いたり知らないふりしたりするかもしれんけどね。
親鸞会の人間は。

604 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:47:15 ID:zalfloc2
俺の友人の話し
小学校の頃もてもて君がいました。頭も良く運動神経も抜群で女子から大人気でした。
しかし、異性からは好かれても同性から嫌われていました。
ある日友人が言いました。
「あいつこの前、鼻糞食ってたよ。ほじって食ったから、ホジパックンじゃねえか。」
その日からは彼はいじめられ便所の水を飲まされたりしました。
そして中学校は違う地区の学校に行きました。めでたしめでたし。



605 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:56:31 ID:N2UrVcXH
えらいすんませんな〜2ah発の宗教を作ろういうスレでイリスいう貴地外いますねん、相当な貴地外悪ですわ、読んだら分かります。荒して下さいませんか

606 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 22:58:56 ID:a7vVfNic
更に親鸞珍しき法をもひろめず 如来の教法を我も信じ人にも教え聞かしむる
ばかりなり

607 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:00:42 ID:a7vVfNic
皆にて褒むる人もなく、皆にて謗る人も無し。これは反対だった?

608 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:06:22 ID:zalfloc2
>>605
宝くじについてどう思います?

毎度恒例の宝くじ。当たるのは夢の夢。しかし当たる人もいるのが宝くじ。
しかし、一等の当たる確率は1000万分の一。
即ち一人一枚宝くじを買ったとして、一等の当たる確率は東京ドーム200個に一人くらいです。
皆さんどう思います?

儲からぬアホがやるもの
ほんの少しの夢です
一攫千金であり、オススメ

609 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:20:50 ID:j5UpKJYE
直接は関係ないけど・・・宝くじで思ったこと

3億円の宝くじをドブに捨てる人があれば正気の沙汰かと私たちは思うけど
3億円の当たりくじに遇うよりも難しいのが仏法を聴くこと

まだ間に合う。もう一度仏縁のくじ、拾ってみませんか?

610 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:24:24 ID:zalfloc2
先日、老人介護の現場で、夜勤を体験する機会がありました。

私が勤務しているのは別の福祉施設なのですが、
働いている地域の研修という形で、
別の法人が特養(特別養護老人ホーム)において受け入れてくれたのです。
同僚は知的障害児施設へ行っており、それも羨ましかったけど(行ったことないので)

まあ、まるで田口ランディみたいだわぁと喜んでいたんですが。
私のしている仕事の上でも、
スタッフの方(ケアワーカー 以下CW)がどう動いているかを知るのは大切ですし。

そんなこんなで、某日夕方16時半から夜勤スタートゥ。
翌朝8時半までの業務です。



611 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:36:01 ID:a7vVfNic
仏法は聴聞に極まるですよ!

612 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:37:37 ID:a7vVfNic
人身受け難し今すでに受く 仏法聞き難し今すでに聞く。この身今生に
向かって度せずんば 更にいずれの生に向かってかこの身を度せん。

613 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:43:57 ID:zhPvMcMC
>>609
あい難いのが仏法というのは同意ですが、

3億円の当たりくじにあたる人って年に何人位なんでしょう?

614 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:44:25 ID:zalfloc2
>>610

一緒に業務に入ったのは、6年目のCW(女性)。仮にAさん。
食事やトイレの介助は以前にも経験がありまして、特に大変とは思いませんでした。

もちろん、自分がメインで(責任者として)担当しているわけじゃないんで、
気楽さ、興味をもって色々見るスタンスで取り組めたんです。

しかし、Aさんは…
紹介されて挨拶した時から、相当だるそう。
申し送りを聞いて、一息ついた瞬間から 「あーだっるーい」
廊下で奇声を上げた入所者さんに 「うっるさーい… なんであんな人がいるの」

いやいやいやいやいやいやいやいや、おいおい(突っ込みの叫び)

あ、あなたこそ、なんでココにいるんですか…(汗

なかなか結構に色んな言葉が出そうなのを、喉のところで食い止めましたw


615 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:47:16 ID:N2UrVcXH
緊急告知!2ちゃん発の宗教を作ろういうスレを覗いて貴方方の意見を書込んで下さい。

616 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:50:14 ID:zalfloc2
>>614

どうなんだろうこの人、人間的に…と思い、空き時間に色々とお話したんですが、
2人でお喋りしている分には、全然悪くない。
質問にも丁寧に答えて下さるし、趣味とか仕事の愚痴とかで盛り上がって、
お互い爆笑が出るくらいになったんですよ(初対面ですが)

その後、深夜の巡回に行ったんですが、お喋りする前よりグッといい感じ。
入所者さんへの対応も和やかというか。

「まあ、人間だし、色々あらぁな。ベテランさんを素人が斬るのもどうかだし…」

そう思い、それぞれが1時間くらいの休憩を取りました。

…………

起きてきた彼女の表情を見た瞬間、
嫌な予感。

そして、最悪なことに的中。


617 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 23:51:35 ID:zalfloc2
>>616

そりゃあもう、罵声に近いことを言っておられましたよ。
ていうか、罵声以外の何ものでもなく。

眠れなくて徘徊を繰り返すご老人に対して、言う言う。

老「眠れないわー、どうしたらいいのかのぅー」
A「知りませんよそんな事、自分で考えれば?」
老「ワシもボケてきちょるから…」
A「はいはいそうでしょうね、ったくこんな時間に起きて、何考えてんの?
  明日昼間眠くても寝かせないからね、それでいいなら起きてれば?」
老「…」
A「へぇ、無視ですか?? 自分の言いたいことだけ言って!」


何なんだこれは!!!?

本当になんだこりゃ… 
私の脳裏には、ずうっと「ココは小さなホロコーストか?」という言葉が過ぎっていました…



618 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 00:01:25 ID:Cnb6TbdM
>>617

Aさんは自分のことを
「すっごく気分にムラがあって、態度が変わるかもしんない」
と評価していました。

人間だからね、そういうのあるよ。
ましてや言葉の通じない相手、そして成長の見込めない相手となると、
こちらのストレスってすごいですよね。


でもな… 特養に限らず、
施設に入所しているご老人(痴呆なり身体障害なりを持っている)にとって、
職員って命綱なわけですよ。
自由に出入りできない彼らにとって、施設は、唯一の環境なんですよ、まさに。
子供にとっての親と同じだと思いました。

そんな命綱であり環境である人間が、
気まぐれやテンションのハイ&ローで、お世話をするべき人間に接していいものか?

私は介護の素人ですが、はっきり言える。
んなわきゃない!!!! ふざけるな!!!



619 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 00:09:25 ID:JRHCqPwd
てか、まとめページも廃れてるね。

620 :暫定 ◆iSZuIcz3vQ :2005/11/11(金) 00:16:39 ID:G2Ms1bZa
>>619
そりゃあ、いつも更新しなければならないことがあるわけではありませんから。

最近晒されているあのサイトについては、どこか不自然さを感じるので態度を保留しているのですが…
関連サイトとして入れますか?早よ入れろと言われれば入れます。

621 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 00:27:12 ID:JRHCqPwd
じゃあ、これ追加してもらえませんか?
クローバーのコンテンツです(別鯖なので生存)
後者は・・・まあ、どっちでもいいんですけど、
いろいろと曰くのあるところなんで、できればお願い

親鸞会同窓会喫茶クローバー 議論用掲示板
http://yo777.parfe.jp/bbs/wforum.cgi
親鸞会 同窓会喫茶 クローバー掲示板(仮)
http://8004.teacup.com/yo777/bbs

まとめページの掲示板で依頼した方がいいのかな?

622 :元々ぼら夫:2005/11/11(金) 00:27:18 ID:5p+mRjI0
今日は肉体労働やった。ひたすら眠い〜♪
嵐にも慣れた今日このごろ。人生の目的があっちいっちゃって、遠い昔になりにけり。
って、人が湧いてんのかな?で、寝る前に、アンチの方へ。ここに書き込む以外にダミサ(仮)勧誘に対して、
実際問題、取り組んでおられる方はどれくらいいるのかしら?もし、取り組んで
おられる方がいらっしゃっるのなら、意見交換したいのですが。カキコお待ちしております〜♪
ではでは、(^-^)/おやすみなさ〜い。


623 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 00:42:38 ID:rLYLAvVf
>>618
そんな命綱であり環境である人間が、
気まぐれやテンションのハイ&ローで、お世話をするべき人間に接していいものか?

仏縁があって、そういう人が指導的立場になったら嫌ですよね。


624 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 00:59:34 ID:F1aYmm/u
>>583
>>577のことについて、
>正確に記憶してる人はもういないと思いますが
当時の幹部はほとんど覚えてるはずですよ
まだ五年くらいした経ってないでしょ、
当時学生部の幹部やってなかった人間が「音声ソースでよろ」
とかのたまうのもムリないこと、そのくらいバカなことをK玉クンは
やっちゃったわけだ

625 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 01:02:35 ID:F1aYmm/u
>>597
>緞帳なんて、ほとんど一人で埋まったそうだ。
K玉くんなんて、ほとんど無理矢理な募財を迫ったそうだ。w

626 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 05:36:00 ID:NrDP5Vum
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf

◎カメレオンアーミーにならなければいけない。
・別にだましているわけではない
・騙しているのは私達以外の世間の人
 他の人が如何に巧妙な手でいかにしょうもないことでだましていることか。
・これっぽっちも後ろめたさを持ってはいけない。自分の仏縁を深める為、

627 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 05:38:59 ID:NrDP5Vum

http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf
相手がお金持ってなかったら自分の財布からお金出してたてかえて、
それを自分に払わせて、入金伝票を書かせる。で、何時お金持ってくるかはっきりさせる。

628 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 08:04:34 ID:MXdaRBA2
>>609
>まだ間に合う。もう一度仏縁のくじ、拾ってみませんか?

仏縁は親鸞会だけではない。
会の大本営発表を鵜呑みにせず自分で探してみる事だ。
派手に宣伝しているから真実だ、とは限らない。


629 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 08:08:19 ID:MXdaRBA2
>>598
>一週間ぶっつづけでご法話あった時代から聞き求めている一般会員と、
最近講師になった若造と、どんだけ差があるか。

昔からきいている講師で信心決定していない人はどうなるのかな。

630 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 08:39:19 ID:FOgK4bfn
親鸞会以外でどこに後生の一大事の解決を教えているところがあるんですか?

631 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 08:40:21 ID:FOgK4bfn
100パーセント確実な未来は死です。この問題をほったらかしにして生きて
いっても本当の幸せにはなれません。

632 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 08:41:09 ID:FOgK4bfn
なんだかんだ言っても死ぬまで求まった!というものは無いでしょ。早く
気がついてね。

633 :元々ぼら夫:2005/11/11(金) 09:14:08 ID:5p+mRjI0
おは♪
>>626
これ、虎の巻の内容なん?携帯からだと見れんが、新資料うpされた方、改めて乙です〜。
早速、友達にDLしてもらおっと♪かくして、嘘も、当人の中で正当化されていくわけか。
こういう感覚の人が、なんら疑問も持たず、勧誘活動(しかも宗教として!)しとる現実。
呆れる通り越して、怖すぎます。人間不信を助長する論理が、どういった影響を
およぼすのか、これ作った人は、予測せえへんかったんやろか?
(^-^)/ホナ


634 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 09:24:59 ID:mH7ne3jE
>>630
本願がまことなら君の人生の至るところが聴聞の場ではないじゃろか。
教義を知らない一文不知の者が救われたって何の不思議でもないじゃろ。
親鸞会に限らず「組織内にのみ真実(の教え)あり」としている点で
十方衆生に対しての弘誓を偏狭なものにしているのじゃないかな。
君を見てると組織を灯明にしているように見える。


635 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 12:58:19 ID:IY5QE5Wj
全人類にとって最も大事な「苦悩の根元」と「その解決法」を教えられた親鸞聖人に、心のこうべを垂れてぬかずき、心よりご恩を感じさせていただいております。
 阿弥陀如来の本願は、まさに、超世希有であり、世界中どこにもない弘誓です。
 「若不生者不取正覚」の大願が、私の心に響き渡っています。
 私は、アカだらけ、泥まみれの汚れ切った自分を、少しもそう思わずに生きてきました。
 高森先生は、親鸞聖人のみ教えをそのまま伝えられ、私の心に信心の花が咲き、往生の実を結ぶ身になるまで、育ててくださいました。
 多生億劫からの暗い心が晴れました。本当に不思議なことです。
 私一人がための弥陀の本願、まことでありました。この上なく楽しく、幸せです。うれしさのあまり、ただ涙が流れて、懺悔せずにおれません。
 今まで犯してきたいちばん重い罪とともに、どんどん落ちていく自分を見せつけられました。
 地獄の火坑にほうり込まれ、かま底をたたいたと同時に浮かび上がり、大安心、大満足の境地に至らせていただけた幸せは、どう考えても不思議の中の不思議です。
 いつでもどこでも地獄必定の極悪人が、極善無上の幸せ者とは、過去どんなご縁があったのでしょうか。
 うぬぼれ強い自分が随犯随懺照らし出され、真実の自己をハッキリ分からせていただき、苦悩の根元は「無明の闇」一つと知らされました。
 弥陀のおっしゃる「唯除五逆誹謗正法」は、真の中の真、本当に本当でありました。止めどもなくあふれる喜びを抑え切れません。
 ここまでお導きくださった善知識方のご恩にどうしたら報いられましょう。
 ご説法後の恩徳讃は、私の決意表明として、大きな声で歌わせていただいております。
 親鸞学徒の名に恥じぬよう、真実を叫び続けることを阿弥陀仏とお約束いたします。
 身を粉に骨を砕いても、阿弥陀仏のご洪恩には報い切れません。
 

636 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 13:00:07 ID:IY5QE5Wj
正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。
 しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
 ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
 よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。
 謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。


637 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 13:33:39 ID:ixbS/mS/
こんなの発見しました
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで

読書感想文。両方読んでみたら、おもしろかった


638 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 13:58:02 ID:Ueda8VS/
自分が信心決定したかどうかを話すことは親鸞会ではタブーです.人のことはどうだったいいんだよ 自分が信心決定できるか考えれば
別に親鸞会がどうなろうとしったこっちゃないです。人に信心決定するかどうか聞くことは 愚問といわれナンセンスなことです

639 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 14:17:13 ID:IY5QE5Wj
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

上のサイトは、どれもうなずかされることばかりで、すばらしい内容です。
ぜひとも皆様、繰り返し繰り返しお読みください。

640 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 14:23:41 ID:JRHCqPwd
>>637
「親鸞会批判の実態」とパターン全然変わってないな


641 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 14:35:19 ID:X7zPSoSv
>>637
そのサイト、何でわざわざ「なぜ私は親鸞会をやめたのか」のデザイン・構成の
丸写しみたいになってるんだろ。もっと他にサイトデザインのテンプレはある筈なのに
リンク集にあるのもシンパのものらしきサイトばかりだし

親鸞会は光に向かう団体の筈なのに、清々しさとか瑞々しさが抜けているような気がする
>>633でぼら夫さんが言われてたけど、精神性を最も重んじるはずの宗教団体が
人間不信を助長させるような真似してどうするんだろう?
宗教家ってもっと気高いもんじゃなかったの?(青臭い思いかもしれないけどさ)

ダミーサークルで新入生を捕まえて、親鸞会のロボットに仕立て上げて、
その後は人心を縛って組織に対する絶対服従・思考停止要求、なんていうやり方は
私にはなんか「子供にカップ麺とファーストフードばかりを与え続けて育てる」みたいな
感じにしか映らないよ
(余談だけど、私が学生の頃先輩に「このサークルって親鸞会のための組織だったんですか?」
と問い詰めたら、「組織だから何だって言うんだ」と逆に開き直られて妙にムッとした記憶がある)

642 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 14:49:49 ID:NqhaxPG+
639 これ書いた人って会費で生活してるんだよね。

643 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 15:47:59 ID:mH7ne3jE
>>637
離反していく信者に「努力不足」「理解不足」を突きつけるのは
親鸞会でなくてもあるようなので、さもあらんという内容じゃね。
内輪話もいいんじゃけど、
せっかく勧誘作戦に関する内部資料が出とるんだから、
勧誘についても何かコメントしてほしかった。
社会的に見て問題にされるのは教義内容より
勧誘時の虚偽とか組織の自浄能力の欠如じゃろ。



644 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 16:02:04 ID:iEKH/a3V
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。

会員は、みなこの二枚舌問題にまじめに向き合ってほしいですね。

645 :暫定 ◆iSZuIcz3vQ :2005/11/11(金) 16:47:19 ID:G2Ms1bZa
>>621
追加しました。
>>637
…こちらも違和感のあるサイトですね。

646 :「正しい破邪顕正」 を説く、H願寺の実態:2005/11/11(金) 17:16:47 ID:2Zm9NrVD
本会を、邪として排撃する、H願寺は、破邪顕正していられる、おつもり
でも、本会からみれば、中傷以外の、なにものでもない。
本会批判論文七つの不明点を、尋ねられて四百日、その間、書留親展十二
回の、催促状を受けながら、未だ一問の回答もできない、のが、なによりの証
拠である。

破邪顕正は、正邪を、積極的に鮮明にする、行為であることは、言うまでも
ない。
本会の、邪を破り、仏の正意を開顕する、ために、発表した、ことについ
ての質問に、答えられない、では、ひどすぎる。
こんな、無責任な、破邪顕正が、あろうはずがない。
質問に耐えられぬH願寺の批判は、とても、破邪顕正などと、いえる代物
でないことは、明白であろう。

それでも、H願寺サン、正しい意味での、破邪顕正している、と仰有りたい
のなら、七つの質問に、回答して、本会を、まず、破邪顕正して頂きたいq
本会が、正意に基づけば、多くの人が、救われるのだから。
もし、本会の質問に、回答し切らない、とすれば、H願寺の破邪顕正こそ、
狂っていることを、自ら、証明することになる、だけである。


647 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 17:18:16 ID:iEKH/a3V
>>637

こういうのを読むといつもおもうんだけど、
s会のダミー体質は相当根深いようだ。
google検索などでジャンヌとかクローバーのアンチ系サイトに
アクセスさせないように山ほどダミーサイトを作っていたようだけど、
このときも、s会って相変わらず幼稚で姑息な事やってるな、
としか思わなかった。
真実を伝えてます、と胸をはっていっている団体のやることじゃない。
手段のためには方法を選ばない、どんな卑怯なことでもやります、って感じ。

今回のやり方も、ネット対策者が対策会議でも開いて当事者は自信満々で
公開しているのだろうけど、第三者がみたときにどういう団体と思うのか
少し想像力を働かせたほうがいいと思うね。

648 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 17:33:40 ID:mH7ne3jE
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
> なかには救世主として崇めているところもあるようですが、
> 親鸞会には、そういうものは一切ないからです。

「一切ない」はぁ?
「救世主様」とは呼ばれてはいないじゃろうけど、「生き仏様」と会員には崇められていたがなあ。
たとえば会発行『絶対の幸福』には「尊き生き仏様会長先生の底知れぬ深き情熱」とかあった。


649 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 17:35:01 ID:mH7ne3jE
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
> 救われた具体的な体験を、高森先生は一切語られません。

会発行 『列島燃ゆ』には
「そこで知った、 仏教の小冊子の中に、高森先生の獲信の体験を書かれた原稿投書を読まれ」
とあって、その小冊子の内容も2chの過去ログに出ていたように思ったが。
会を発足させてから会長が18歳当時の「具体的な体験」を語れなくなったのは
昔のことを知られたくなかったからじゃね。


650 :親鸞聖人の破邪顕正は、どうあったか:2005/11/11(金) 18:22:20 ID:2Zm9NrVD
親鸞聖人や、蓮如上人を、本会は、ひたすら追慕する。
剣をふりかざし、迫りに迫った、弁円にも、御同朋、御同行とかしずかれた
親鸞聖人ではあったが、ひとたび、仏法信心の問題になると、一変された。
破邪顕正の、はげしさは、阿修羅の如く、群敵におどりこみ、鬼神も三舎を
避ける、感がある。

主著 『教行信証』 から、その、ご文証の、いくつかを、みてみよう。

「主上臣下、法に背き、義に違し、忿を成し、怨を結ぶ」 (後序)

承元元年、聖人三十五歳。
権力者によって、念仏停止となり、恩師法然上人とともに、流罪に処せられ
たときの、お言葉である。

“ああ、なんという非法か。こんなことが、あってよいのか。”

天皇も、臣下も、まことの、仏法に背き、正義を、ふみにじり、みだりに、
忿を成し、怨を結ぶ。なんたることか”
無法な、仏法弾圧者を、痛烈に批判し、「己れの分を思量せよ」 と、憤激な
さっている。


651 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 18:23:42 ID:C7+D2B2t
>>643
>離反していく信者に「努力不足」「理解不足」を突きつけるのは
いわゆるマインド・コントロールを行って信者獲得している組織に
よく見受けられる言動だそうです。

652 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 18:26:11 ID:C7+D2B2t
>>650
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。

この指摘は、「無法」でも何でもない批判ですね。
むしろこんなことやってる宗教団体こそ「無法」でしょう。

653 :聖道仏教者も破邪:2005/11/11(金) 18:34:57 ID:2Zm9NrVD
『信巻』 の、冒頭には、次のような凄い文章もある。

「しかるに、末代の道俗、近世の宗師、自性唯心に沈んで、浄土の真証を貶す」

通釈すると、こうである。

“近代、日本には、多くの僧侶も、在家の人もいる。
中には、一宗一派を開いたほどの者もいる。
たとえば、天台宗を開いた伝教、真言宗の弘法、栂尾の明恵や、笠置の解脱な
どなど。
しかし、これら一切の、聖道自力の僧達は、我々の心が、阿弥陀仏であり、
仏であるとか、弥陀も、極楽浄土も、我々の心の外にはないのだ、などと、放
言し、真実の、仏法を攻撃し、破壊している。もってのほかだ”

こんな、批判を受けて、聖道仏教の連中が、黙っている、はずがない。
なんだ生意気な、親鸞奴、己れは、愛欲の虜となって、叡山におり切らず、
流罪の身になりながら、大恩受けた叡山に、攻撃の矢を向けるとはなにごとか。
悪魔だ、仏敵だ、怨敵だ、狂人でないか、と、疑謗破滅に、立ち上がる。

聖人は、しかし、それら、八家九宗を、向こうにまわし、敢然と、こう、喝
破されるのだ。

「しかるに、諸寺の釈門、教に昏くして、真仮の門戸を知らず」 (後序)

“お前らこそ、一人として、仏教の、イロハも分かっていないではないか”
真実の、仏法を体得された、聖人の御目からは、全くもって、なっていなか
った、にちがいない。
これを、?慢と、みるか、自信と、きくか、その人の、仏縁によって異なる。


654 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 18:48:36 ID:imJEtW3K
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

もうこういうの見ても、「ああ、またか」とさほど驚かなくなってしまった自分に
慄然とします。前には、反親鸞会系サイトを妨害するようなフェアじゃないやり方を
みれば、親鸞会は汚い、それでも真実を伝えるとうそぶいている団体なのかと、
はげしく怒りの心が湧き起こってきたものでしたが、今では怒りの心がおこるどころか
呆気にとられて、逆に同情すらしてしまいます。
おそらく、会員の方々もそうじゃないかと思います。
はじめは自浄を期待していたのですが、期待は焦燥にかわり、もう落胆になろうとしてます。
もう、誰にも止められないんでしょうね。

655 :元々ぼら夫:2005/11/11(金) 19:03:44 ID:5p+mRjI0
>>650
そういった想像力は発揮できても、社会的に会がどう見られるのかってトコまでは
想像でけへんのね。弁円サンの話懐かしいなあw。史料に忠実でないビデオの話をしたっけ。
あの頃は、史料に基づかずに、無茶苦茶言う団体やなって印象だけやったけど、
それだけに止まらんとつくづく思い知らされましたね。かれこれ、もう一年以上になるのか。
いろいろ勉強になったけど、s会の印象ははじめてカキコした時とは、くらべもんにならん
くらい悪化の一途(漏れの中では)。教義云々のレベルを軽く越えてしまってるんだよね。
勧誘マニュアルとかさ。


656 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 20:30:34 ID:NrDP5Vum
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

これの反論サイトを見て思ったことなんだが、
講師部員が信心決定していない、という疑問に対して、
信心決定の体験を親鸞聖人も高森会長も語らないから、というのがあった。

でも、このやめた人が言っているのは、そういう問題じゃないと思う。
例えば親鸞聖人は、信心決定の体験こそ語っておられるが、
救われた喜びを各所で語っておられる。
講師部員を見ていても、そうした信を獲た喜びが全く感じられない。
みんなくたびれていて、見ていてそうした喜びを感じることがない。
そして、一様に何か常に圧迫されているような雰囲気を感じる。

これじゃあ、体験云々の前に、こんな団体にいて幸せになれるのか、
疑問が生じて当たりまえだと思う。

親鸞聖人は、私は阿弥陀仏に救われた、みんなも同じ心になって欲しい、と、
叫ばれた方なんだろ?
同じ事を言っている講師部員っているの?

私も正直親鸞会やめようと思う。
反論サイト見て、こんなさもしい会にもう居たくないと、正直思った。
仏教は親鸞会でなくても学べるんだから。

657 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 20:46:51 ID:zkAIdyiF
どうやったら仔牛になれるの?

658 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:14:24 ID:ULLR0BGd
>>657
>どうやったら仔牛になれるの?

自らの人生を親鸞会と運命を共にする覚悟ができれば、まずはオッケーです。
会長のために死ねる覚悟ですね。
もし、その気持ちが無ければやめたほうがいいと思いますよ。
おそらく、途中でヤメルことになりますから。

「親の死に目にあえない場合もあるが、それでも講師になる覚悟はあるか?」と聞かれたと、ある人から聞いたことがあります。


次に、学院に入学するためのお金(生活費やその後のことなども考えて、やっぱり80〜100万は必要)を
準備してください。

あとは、親が書類に実印を押してくれれば、あなたは晴れて、学院に入学できると思います。

・・・そういえば、講師部員の推薦も必要だったかな?



659 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:40:02 ID:Bhq3/36d
不審いっぱいで初めて参加した私の友人が、「親鸞の言葉の意味がよく分かった。
高森先生は、教祖というイメージとは程遠いね。
お固い内容かと思ったら、そうでもない。
言葉に忠実に、しかも論理的でユーモラス。
大学教授か校長先生の話を聞いているようだった」
と語っていましたが、おそらく、これが一般的な印象だろうと思います。


souka?
そんな新入生の感想見たことないぞ?

660 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:56:50 ID:rKm05S1H
ともあれ、「往生は一人一人のしのぎなり」と蓮如上人がおっしゃるように、生死の大問題は、一人一人が、自分で求め、自分で解決しなければならないことです。講師の人が何人、信心決定したら求めよう、という問題でないことは言うまでもないことです。

これも仏教に限らないでしょう。受験勉強でも、スポーツでも、ここ一番突破しなければならないというときは、他人がどうこうというよりも、結局は自分の問題なのです。

ましてや、自分の人生の目的。あの人が信心決定したら、じゃあ俺も、というのでは、所詮、その程度の問題だということでしょう。

独生独死 独去独来。人は、一人で生まれ、一人で死んでいくのです。

生きて死ぬのは、誰でもない。自分自身です。たった一人で、自分の人生を生きていくのです。自分自身の人生を、他人の顔色伺って生きていて、どうしますか。


661 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:57:46 ID:rKm05S1H
高森先生が教えられることも、この信心決定という体験のあること、これこそが真の人生の目的であること、これ一つです。いつも、講演のはじめに、蓮如上人の遺言を述べてから説法されますが、心はまったく同じなのです。

この体験は、マインドコントロールとか、思い込みとか、自己陶酔といったものとは、まったく次元の異なるものです。

それらを仏教では、自力の信心といいますが、その自力の信心がすべて廃った、まったくの他力の世界です。

体験した人には、火にさわったよりもハッキリします。まさに、驚天動地、真実としかいいようのない体験なのです。



662 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:58:17 ID:rKm05S1H
せっかく、高森先生という、めったにおられない善知識に会えていながら、正しく聞けないというのは、残念なことです。

しかし聴聞したといっても、正しく聞いて理解することは、むずかしいものです。逆に言えば、それほど親鸞聖人の教えは深く、大変なことを教えられているということなのです。

ハッキリ申します。人生の目的なのです。大宇宙の真理を体得するということなのです。そんなに簡単に分かるものではありません。しかし、真剣に聞き求める人には、必ず分かります。人生究極の目的がハッキリするときが必ず来るのです。



663 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 21:59:39 ID:rKm05S1H
仏縁が遠のくというのは、残念なことです。
たとえたった一人の仏縁であっても、それは大切なものです。過去世からの、阿弥陀仏との尊い因縁だからです。
10年間幹部として活動されたというのがもし事実なら、それは人生における、実に尊い時間であったなあと、きっといつかこの方自身も知らされることでしょう。
今は、聞法心がなくなってしまったようです。いろんな事情はあるのでしょう。しかし、気持ちのない人に無理やり聞かせることはできませんね。「信心決定は、まことに宿善まかせ」 本当にそのとおりです。



664 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:04:48 ID:TsNoeqz9
>>659
どえらそうな法服を着た僧侶が出てきて説教するかと思ったら、
思ったより雰囲気普通ジャン、という感想はよく聞いたよ。

665 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:08:53 ID:TsNoeqz9
>>654
>反親鸞会系サイトを妨害するようなフェアじゃないやり方

今回の反論サイトは、妨害ではなく、正攻法だと思うが。
それにしても、対応早いね。

666 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:28:30 ID:MXdaRBA2
>>658

>「親の死に目にあえない場合もあるが、それでも講師になる覚悟はあるか?」と聞かれたと、ある人から聞いたことがあります。

T森さん、母親の死に目にあうために、途中で説法放棄したんですよ。
これは事実です。

蓮如上人の「まことに一人なりとも信をとるなら身を捨てよ」のご教示に
に反してないですか?

「壇上で死ぬ覚悟」すごいこと豪語してたけど、日ごろの信念は何処へやら、と思ったね。
心口各異じゃないですか?

667 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:29:58 ID:TsNoeqz9
>>656
講師になるって、ほんと、大変だと思うよ。
信心決定してないじゃん、という批判にさらされる訳だから。
今にいたっては、「みんなくたびれている」とか言われるようじゃ、いけないね。
まあ「みんな」と一まとめにするのは無理があると思けどね。

ともあれ、これを縁に、もっと奮起してもらいたいです。

思うのだが、人を教化する側に立つのが、果たして自己の求道に最善なことなのか、ということ。
かえって、妨げになるような気もする。
自己の後生を見つめ、真剣に聴聞を重ねるなら、俺は、在家であるべきだと思うのだが。
違うかね。

668 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:31:10 ID:Z2MN5YDj
自分自身の人生を、他人の顔色伺って生きていて、どうしますか。

と、>>2で他人の顔色を伺っていなければならない会の方が申しております。

669 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:34:11 ID:TsNoeqz9
>>666
聞く側が、「壇上で死ぬ覚悟なんだろ」と言うのもおかしなことだと思うし。

670 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:38:40 ID:MXdaRBA2
>>669
君はどうせ会員だろ?

他人には厳しい事要求して自分が全然できてないわけで、
そんなら初めからじぶんに出来ない事を要求するな、って思うのは
当然じゃん。

蓮如上人の御文章を金科玉条としているわりには
平気で破ってしまうわけで。
自分に甘いといわれても仕方ないだろ。

671 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:41:24 ID:Z2MN5YDj
>>699
本人の普段言ってることとやってることが違うんだから
言われても致し方ないのでは?

672 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:41:57 ID:UH3RlUWC
>>667
かえって、妨げになるような気もする。
自己の後生を見つめ、真剣に聴聞を重ねるなら、
俺は、在家であるべきだと思うのだが。違うかね。

ここの論理はよく判らないのですが、
在家だと自己の後生を見つめ、真剣に聴聞を重ねることができると
どうして考えられたのですか?
否定しているわけではなく、純粋な質問です。

673 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:41:59 ID:FOgK4bfn
みんなくだらん論争ご苦労様。

674 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:42:08 ID:Z2MN5YDj
失礼。>>699じゃなくて>>669

675 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:43:18 ID:FOgK4bfn
信心の沙汰をしましょ、蓮如上人の勧める通りにね。

676 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:44:08 ID:TsNoeqz9
>>656
「仏教を学ぶ」と、「聞法」は違うだろうからね。

真宗の肝要、一念往生を説く師を、探すべきなのだろう、と思う。

677 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:44:47 ID:Z2MN5YDj
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。

そういや言ってることとやってることが違うのは会全体でもそうだったね。
この会長にしてこの会あり、か。

678 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:47:19 ID:TsNoeqz9
>>670,671
>言われても致し方ないのでは

そうなんだろうが、師と仰ぐ人の立場からすれば、
「どうぞ行ってください」と思うのも普通だと思う。


679 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:51:07 ID:TsNoeqz9
>>672
あくまで俺の思いなのだが、

人の上に立つということは、「名誉欲」が強く働くと思うから。

あと、静かに聞法に励む時間を持つよりも、教化の活動に時間をとられる気がする。


680 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:58:02 ID:UH3RlUWC
>>679
名誉欲は世間の仕事をしていても働くと思うのですが。。。
教化の活動に時間をとられるのは、そうだと思いますが、
静かにであるかは判りませんが、聞法の時間自体は在家の人よりも
多いと思うのですが。

決して否定しているわけではありませんので。。。



681 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 22:59:42 ID:FJnVpVGR
(´・ω・`)知んらんがな

682 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:00:19 ID:FJnVpVGR
(´・ω・`)知んらんがな

683 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:02:01 ID:FJnVpVGR
(´・ω・`)知んらんがな

684 :元々ぼら夫:2005/11/11(金) 23:03:49 ID:5p+mRjI0
>>663
加害者意識ゼロなのね。自分たちのやってきた行為のツケが、今、実をつけていると、
君は、いつになったら反省できるの?あんな勧誘の仕方許しておきながら、「お話は
すばらしいから」とか、踊り上がるほどの特殊な体験だとか。だから何なの?
って言いたくもなる罠。組織のやり方にも文句ひとつ言えへん、人格形成という
結果を生む体験ならば、しない方がマシ。新宗教の教祖様だって、いいことを話す。
問題は、行動が伴わっていない事にあるってトコを冷静に見なならんちゃうの?ま、
どんな宗教にも言えるんやろうけどね。


685 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:05:29 ID:Z2MN5YDj
>>678
師と仰がれる側の人はそれで説法やめちゃう、と。

686 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:07:20 ID:FJnVpVGR
(´・ω・`)知んらんがな

687 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:07:39 ID:UH3RlUWC
>>679
K師だから早く信心決定できる、一般会員だから信心決定が遅くなる
ということはないのかもしれませんね。

688 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:14:39 ID:TsNoeqz9
>>680
>名誉欲は世間の仕事をしていても働くと思うのですが。。。
同じ名誉欲でも、意味合いが違うと思います。
仏法上でのことです。

>>684
>人格形成という結果を生む体験ならば
横から失礼、そんな体験ではないと思います。

>>687
そうだと思います。
「この立場になれば、信心決定が早い」とは、絶対に言えないと思いますが。

689 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:17:35 ID:NrDP5Vum
大宇宙の真理だから何やっても許される、
さっきから大宇宙の真理大宇宙の真理ってそればかり書いていますが、
そうした根拠不明の信念はどこから来ているのか、
ということを明らかにしたのが、
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
このサイトなんでしょ?

あと、高森先生が教祖じゃないとか書いてあったけど、
顕正新聞とか読んでいれば、
何時どこ見ても高森先生ベタほめ記事ばかり。
殆ど個人崇拝に近いと私は思っております。


690 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:17:51 ID:TsNoeqz9
>>685
ドクターストップ、というのも、同じようなものなのかと。

壇上で死ぬ覚悟がある、ということならば、ドクターストップも振り切られるかと。
しかし、聞く側にとってみれば、それはしてもらいたくない。

691 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:21:31 ID:TsNoeqz9
>>689
>何時どこ見ても高森先生ベタほめ記事ばかり

そうですか?
あっても少ないと思いますが。

692 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:21:37 ID:UH3RlUWC
>>688
山登りに喩えるとK師は真っ直ぐ頂上に向かうコースだが進むには険しいコースで、
そうでない場合(K師以外)などは螺旋系の道で、比較的険しいコースではないが、
時間はかかるというようなことを聞いた覚えがあるのですが。


693 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:22:10 ID:FJnVpVGR
(´・ω・`)知んらんがな


694 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:22:55 ID:NrDP5Vum
>>690
血染めの恩徳讃のビデオ作ってて、
疲れて500回忌延期ということもありましたね。
海外からの聞法者が如何に迷惑したことか…

その他にも、今まで数限りない「説法ドタキャン」してますよ高森先生。

第一、命がけで説法する人が厨房車とコックと接待用専用バス
なんて引き連れて布教しますか?
そろそろ目を覚ましたらいいですよ。
私は覚めましたよ。

695 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:24:13 ID:TsNoeqz9
>>692
すごいたとえですね。
少なくとも、俺は、それは当てはまらないと思いますが。
でもまあ、言いたいことは、分かる。
思うな、といわれても、そう思ってしまう心も、あろう。

696 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:24:26 ID:NrDP5Vum
>>691
・こんな時こそ、この世はもちろん、未来永遠私達を大勝利に導くべき、大
指導者が必要ではありませんか。真実弥陀の本願を声を限りに叫んで下さる
我が会長、高森先生こそ、人生の戦法をあきらかに教えて下されている絶対
無二の大指導者でございます。

・ここに始めて高森会長先生の説法を聞かされた私は、あの真剣な血の滲む
ような説法と、その御姿は絶対の慈愛にあふれ、あれ程までに私達を暖かく
、慈しまれる御心に、私の心は激しい感動におそわれずにはいられませんで
した。

・こういう高森先生のお姿に、ある者は七百年昔の親鸞聖人を偲び「昭和の
親鸞聖人」と驚嘆するのであり、ある者は限りなき信頼感が沸き出でて「絶
対の善知識」と仰ぐのであり、求めても求めても無碍の大道まで導く僧侶に
一人もめぐり遇えず、真の善知識を求めてやまなかった者には「無二の善知
識」「全世界唯一の名匠、善知識高森会長先生」と欽慕せずにおれないので
ある。


697 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:25:12 ID:NrDP5Vum
・今まで周囲の方が善知識高森先生高森先生と仰言るので私も心十分もない
のに善知識高森先生と簡単に云っていた気がするのです。先生、でも今は違
います。絶対無二の弥陀の真実の暖かい慈悲一杯の善知識高森先生と判りま
した。

・「高森先生こそ親鸞聖人のお生まれがわりだ。浄土真宗の要の中の要こそ
高森先生に聞かねば判らぬぞ、何が何でも明るい世界まで出させて頂くのだ
、永遠の親を求めよ」と力強く聞けよ聞けよと勧めてくれたのです。

・それにしても、お釈迦さま、そして親鸞聖人のみ教えと、寸分の違いもな
く、ご説法下さる高森先生、どうしてこんなすばらしい先生にめぐり遇えた
のかと、本当に不思議でなりません。

・高森先生は、無上仏のお力の偉大さを、全身全霊で讃嘆しておられます。
まるで大宇宙に立っておられるようで、ただ善知識の仰せにひれ伏し、無上
仏が尊く思われてなりません。

・浄土真宗滅亡寸前の時に立ち上がってくださった高森先生の大偉業は、永
劫に輝きを残すことと信じます。真宗の夜明けはもう始まっています。この
時に間に合った私は何と幸せ者でしょうか。



698 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:25:47 ID:NrDP5Vum
高森先生はまさに、大悲仏智そのままに、時には大教育者であられ、また、
『なぜ生きる』や、種々のご著書の大哲学者・大文学者であられます。大い
なる感動で、賛仰申し上げずにおれないのです。広大なご恩徳に報いられな
い懈怠の愚かさを懺悔申し上げ、高森先生こそ、まさに親鸞聖人であり、阿
弥陀さまであらせられますと、日々尊く拝しながら、ただただ、南無阿弥陀
仏、南無阿弥陀仏ばかりでございます。



699 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:27:37 ID:NrDP5Vum
>>696-698

691 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:21:31 ID:TsNoeqz9
>>689
>何時どこ見ても高森先生ベタほめ記事ばかり

そうですか?
あっても少ないと思いますが。

700 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:28:32 ID:FJnVpVGR
>>1-699

(´・ω・`)知んらんがな


701 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:30:12 ID:TsNoeqz9
>>694
言いたいこと、分かりますよ。
「迷惑」というか、交通工面に困ったこともあったでしょうね。

しかし、聞く側が、「迷惑するんだ、ドタキャンすんなゴルァ」と
言うのも、姿勢として違うのではないか、と。
体調なんて、いつどうなるか分からないから、大半のご法話が予定通り
行われているのが不思議、という考えもあるとは思う。

お年だしね。

702 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:33:40 ID:TsNoeqz9
>>699
だからどうしたのですか?

>何時どこ見ても高森先生ベタほめ記事ばかり
と書けば、毎号のどの紙面にも、と受け取れるから、
「そうですか?」と言ったまでですが。

でもまあ、何年のものをとってきたか知りませんが、ごくろうさまでした。

703 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:34:27 ID:TsNoeqz9
それにしても、すごく古そうな新聞の記事ですね。

704 :元々ぼら夫:2005/11/11(金) 23:36:35 ID:5p+mRjI0
>>688
経験自体は、踊り上がるような経験(体験?)なんでしょね。しかし、それを求めてる人
(もしくは体験者)が結果としてダミサ(仮)勧誘を容認しとるわけ。マニュアルまで作ってさ。
結局、問題意識の欠如、組織運営に口はさめない体質は何が原因なのか?
会長の言う事には口もはさめない、盲目的に会長の体験と同じ体験を求めるという
事象が原因となっとるんちゃうんか?って事。アンダスタン?


705 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:38:26 ID:dAdDHRVo
>>701
まあ、大半の従順な会員はあなたのように考えるし、
もし「迷惑するんだ、ドタキャンすんな」という
ことを考えていたとしても、そんなことを言える
雰囲気ではない。

まあ、それはそれでいいとは思うんですよね。

ただ、それにあぐらをかいて、説く方がぜいたくし
放題、楽し放題、ということがあるとすれば、
それは違うのではないかと思います。

私自身が「厨房車とコックと接待用専用バス」
といった実態を確認したわけではないので、
控えめな言い方になってしまいました。

706 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:39:21 ID:mH7ne3jE
古いといえば、昔は会長が「生き仏様」と崇められていた記事があったもんな。
それに比べればマシになったか。

707 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:41:26 ID:TsNoeqz9
>>704
言いたいことは分かりますよ。
でもまあ、「会長の体験と同じ体験」ではなく
親鸞聖人が教える信心決定の体験、というのが、一応、言い分であろうと。

あと、会長への手紙で、結構すばすば言うひともあるようです。
それを受け入れることも、多々あったと記憶しています。

708 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:41:42 ID:UH3RlUWC
出家、在家と信仰との関係はあまりないうことですかね。

709 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:43:24 ID:TsNoeqz9
>>705
リョウカイ

710 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:47:58 ID:NrDP5Vum
>>703
>それにしても、すごく古そうな新聞の記事ですね。

平成16年の顕真ですが、何か?

711 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:56:26 ID:CPOFDE7r
>>696-698
この人物からはオレのもつ親鸞聖人のイメージから、
およそかけはなれた人物を連想してしまう。

オレのもつ親鸞聖人のイメージは、このような「あなたは偉大だ素晴らしい」
などという、自分を褒め称える記事の羅列を目にしたとしたら、
羞恥心で真っ赤になって、書いた人物に「やめてくれ」といって
書かれた記事をすぐ消す様に、たのみこむような人なんだが。

712 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:57:30 ID:TsNoeqz9
>>710

顕正新聞、って言っといて。
こいつうw

713 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 23:58:20 ID:Z2MN5YDj
>>707
>それを受け入れることも、多々あったと記憶しています。

具体例は?

714 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:01:12 ID:TsNoeqz9
>>710
>平成16年の顕真ですが

引用、全部が?

715 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:11:25 ID:4BNm8LLP
>>696-698
善知識だのみがs会の諸悪の根源だな。

716 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:12:01 ID:WM5wia8Z
>>712
こんなとこで遊んでいる暇があったら『顕真』くらい読んどけよ。

717 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:13:27 ID:4BNm8LLP
ベタ褒めもいいところだな。
S価学会のI堕礼賛と変わらんね

718 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:16:48 ID:US4LfxLb
>>711同感。
で、逆に
T森会長はこういう賛美系を自分で選んでひけらかす。


719 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:22:30 ID:VOsoxGc+
>>718
つうかですね、
法友通信に掲載される手紙とか自分で選んでるし、
弁論大会でも高森先生賛美のばっかりだし、
説法に感動できんとか手紙に書くなって公言してるし、

「馬鹿は何時も自分をほめてくれる、もっと馬鹿を探すものである。」
by高森先生。

720 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:26:59 ID:US4LfxLb
>>719
自分で言ってりゃ世話ないわって感じですね。

721 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:32:52 ID:K2TF+OiK
ニンジャ?

722 :元々ぼら夫:2005/11/12(土) 00:34:05 ID:pUspgPUK
>>707
悠長やなw。
ダミサ(仮)勧誘マニュアルが露呈した以上、社会的にそうゆう行為をしてますた、って事が
明らかになった訳。その手法はといえば、マインドコントロールの方法論にのっとってる。
これは、言い訳しようが、言い分あろうが、覆されん事実であって、会はその事を反省し、
今後、このような活動は行わない旨を表明せな、社会的信頼は回復でけへんって
それだけのこと。ま、漏れは大学側へのアプローチを続けていきますが、自浄能力があるん
やったら、会内部から行動が起こせるはず。無理なら、そうゆう体質の会だって事。
いたってシンプルやない?

723 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:42:50 ID:hdHr84v4
随分前の書き込みにあったけれど、新幹線のグリーン車の指定席六人分に
一人で座るのを好むっていうって、どういうものなんですかね。
(このこと一つをとっても、世間一般の常識人とは感性が異なるようにみえるのですが)

案外孤独で寂しい人なのかもしれないですね。

724 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:45:06 ID:WM5wia8Z
会長をベタ褒めしとけば
「教えをよくわかってる人」
「宿善厚い人」と見なされる。
会長を批判すれば
「教えをよくわかってない人」
「宿善薄い人」
「無間地獄に堕ちる奴」と見なされる。
新人会員さん、お試しあれ。

725 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 00:55:52 ID:K2TF+OiK
辞めたものは言いたい放題やな。

726 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 01:23:27 ID:WM5wia8Z
>>725
相手になるから火に油を注ぐことになる。
そっとしとけば自然に鎮火する。
また、批判されている点は改善すればいい。
まずはダミー勧誘をやめてみよう。


727 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 01:24:51 ID:ySQWS+2y
>>637
このページはアル意味、「なぜ私は親鸞会をやめたのか」と両方読むと
面白いですね、これじゃかみ合わないわな
>お釈迦様が亡くなったときも、「これで解放された気分だ」と言った
>不埒な弟子がいたそうです。いつの世も、そういう人間はいるということです。
「なぜ‥やめたのか」を書いた人の問いかけに対しても配慮無く「不埒な人間め」
と答える講師、会員ばかりだったのでしょう、泥棒にも三分の理とはいいますが、
「なぜ」の人には三割以上の理を認めてよいと思います、しかしそうして向き合う
ことが面倒だったのでしょうか、「不埒」のような安易な言葉でかたずけたのでしょう
、こんな配慮は足らない人間が、新勧では「配慮」しようという、この矛盾をみると
「配慮」などウソで、本心は人のいいなりで動いているだけなのではないか?
と素朴な疑問を感じるわけです、
ってのが「読書感想文」をよんで感じる違和感ですね

728 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:03:59 ID:1dJSnhtL
善因善果悪因悪果自因自果、順現業、順次業、順後業。

729 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:05:02 ID:1dJSnhtL
縄を恨む泥棒ってどんな意味?

730 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:13:16 ID:US4LfxLb
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。
という二枚舌団体が、
ダミサ・嘘・身分詐称を使って勧誘していることを批判されても
「批判している者が悪いんだ」とばかり思い込んで
これらの行為を反省し改めようとしないこと。


731 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:18:07 ID:EiQeykNN
皆さん、釈尊や親鸞聖人、他の善知識が仮に殺人という罪を犯されようが、弥陀の本願は、宇宙の真実なのだよ。
善知識の言動とは、無関係なんだよね、弥陀に救われるということと。

732 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:20:24 ID:QAhyHin7
縁が尽きただけですね

733 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:21:11 ID:vezHibTd
>加害者意識ゼロなのね。

西本願寺のボラがいう言葉じゃないだろ。
うその真宗の教えを説いてきたボラが。

加害者意識のないのは神社参りしている神道派。
実際にひとを殺してきた連中とその手先じゃん。
世界中でテロの手口として騒がれているのは
戦争中に日本軍がやったのが手本だろ。
そのうらには「日本のために死ねば靖国に英霊としてまつられる」
という神道の信仰があったのはだれも、どんな言い訳しても否定できない。

そういう日本で「神社に参るな」という教えを伝えるには
マニュアルぐらいないと伝わらん。
伝える気の無い本願寺にはなくてかまわんだろうが。
会員はがんばれよ。

734 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:46:55 ID:ybBfRjOy
>うその真宗の教えを説いてきたボラが。
根拠は?


735 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 08:51:25 ID:WM5wia8Z
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/naze05.html
> お釈迦様が亡くなったときも、「これで解放された気分だ」と言った
> 不埒な弟子がいたそうです。いつの世も、そういう人間はいると
> いうことです。

法然上人や親鸞聖人のように比叡のお山から降りるということもある。
いつの世も、そういう人はいるということです。

736 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 10:36:14 ID:LuaYjtXq
>>733
これ、ほんとに仏教やってる奴の言葉かよ。

西本願寺がどう嘘をついたのかは知らんが、
良識派のボラさんに当たるのは、筋違いだろ。
親韓派の伊藤博文を殺して喜んでいるようなもんだぞ。

太平洋戦争の責任を神道になすりつけようとしているのも
盗人の子が兄を罵倒しているようなもんで、痛々しいよ。
(敗戦責任は、当時の軍部にあるのだろうが、
戦争責任は、当時の日本国民すべてにあるのは言うまでもない。
なぜなら、日本は自国憲法に異することなく合法的に戦争に突入したのだから。
もちろん、当時の軍部も日本国民も神道に支配されていない。)

テロに関しても、旧日本軍のせいというのはあまりに突飛な発想すぎて閉口してしまう。
確かに神道は日本のナショナリズムに深く関わる宗教であるとは思うが、
すべてのナショナリズムが、神道と関わることにはならない。アホらしくてついていけない。

>「日本のために死ねば靖国に英霊としてまつられる」
こんなこと言われて、簡単に死ねるか?
順序が逆だと思うよ?
当時の人は、亡国の危機だからこそ、死んでもこの国を守りたいと思ったんだろ?
だから、そんなふうに死んだ人について、国家的に祭っただけじゃないの?

マニュアルの正当化にいちいちデリケートな戦争問題を絡めんなよな。
人の心に土足であがるようなもんだろ。気ーつけろ。
勧誘方法にしてもそういうところが問題になってんだろ。

737 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 10:42:28 ID:Nn/brjA3
>664

なんていうかな、
その感想は決して説法のないように対して肯定的な意見ではないと思う。
話のないようには触れずに雰囲気でごまかそうとしてる感想だと思うんだよね。

引用した文章には

>言葉に忠実に、しかも論理的でユーモラス。
大学教授か校長先生の話を聞いているようだった

という肯定的な意見が含まれてる。

初めっからこんなに肯定的に捉えられる人って少ないと思うんですよ。
特に学生では。

738 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 10:46:23 ID:OQVN+77w
>>659
> souka?
> そんな新入生の感想見たことないぞ?

そうすか?はじめてきた人は新入生だけじゃないよ。
30代、40代、50代、60代70代の人もいれば、90代の人もいるし
やっぱ学生さんは、そこしか見えないのかもね

739 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 11:07:47 ID:TzZM2P4Q
>>736
>>733への指摘乙。
>>733が親鸞会会員のすべてだと思わないでおくれ。
>>733はカルト的に親鸞会を信奉する人間の標本であって
まともな会員もちゃんといるんだよ。


740 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 12:50:52 ID:sPSPn1zx
>>729
小学生でもわかるのでは?
因果の道理云々以前の問題と思われ。

741 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 12:51:53 ID:0Sw1jDxL
>良識派のボラさん

どこが良識的なの?
本願寺が本当の真宗の教えを説いてきたとでも?


742 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:02:49 ID:0Sw1jDxL
>だから、そんなふうに死んだ人について、国家的に祭っただけじゃないの?

靖国信者、神道信者は堂々と二枚舌つかってるくせに
嘘勧誘云々ひとを批難する資格あるのか。

「なんで靖国でないといけないのか、ほかの施設ではいけないのか」という
ことに関しての答えは
「戦争で死んでいったひとたちは靖国にまつられるとしんじていた。
約束だからだ」。
「靖国は戦争に責任があるのではないか」という批難には
「国民は国を守るために死んでいった。靖国にまつられることを
実際に信じていたわけではない」。
どっちがほんとうだ?

どんなに言い訳しても今度の戦争に靖国はじめ国家神道が深くかかわって
いたのは事実だ。そして今もそれに対する反省はない。
いまでも公式参拝を計ろうとしてるじゃないか。
神道の凶悪性はオウムや草加の比ではない。
そういうものが大きい顔してのさばっているのが日本なんだよ。
そんな神道の片棒をかついでいる者がなにを批難してるんだ。



743 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:10:52 ID:Ca0uBOYj
「神や菩薩や諸仏に礼拝するな。
外道につかえるな。
これが仏教だ。」
これが真宗の一向専念の教えだ。

744 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:21:15 ID:gjtJOHVe
靖国っていい加減な場所だね リフォーム詐欺グループが靖国で夜中に雄叫びをあげていたけどそいゆうことに対してどう思われますか 

745 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:32:20 ID:fmJrAAoA
>742

しつこいな、あんたは本願寺スレとか神道スレとか
靖国神社スレとか別の板逝け。

ここは親鸞会スレッド。邪魔だ。

>>736

代弁してくれて乙。
ボラ夫さんはまったく頭が下がる。
応援しているのでがんばってください。
ここにかきこむカルト的s会会員は坊主憎けりゃ袈裟まで憎し、
って感じだね。幼稚だ。

746 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:55:19 ID:LuaYjtXq
>>742
まんどくせー野郎だな。
せっかく>>739がフォローしてくれたのにな…。

>「なんで靖国でないといけないのか、ほかの施設ではいけないのか」という ことに関しての答えは
>「戦争で死んでいったひとたちは靖国にまつられるとしんじていた。 約束だからだ」。
>「靖国は戦争に責任があるのではないか」という批難には
>「国民は国を守るために死んでいった。靖国にまつられることを 実際に信じていたわけではない」。
>どっちがほんとうだ?

すまん。あまりに論理が飛躍しててよく分からんのだが、
>「戦争で死んでいったひとたちは靖国にまつられるとしんじていた。 約束だからだ」。
これは誰が言った言葉で、
>「国民は国を守るために死んでいった。靖国にまつられることを 実際に信じていたわけではない」。
これは誰が言った言葉なの?
両方が靖国神社の公式見解なの?
それとも政府が、知らない人に分かりやすく説明しただけの見解?


747 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 13:55:39 ID:LuaYjtXq
>どんなに言い訳しても今度の戦争に靖国はじめ国家神道が深くかかわって
>いたのは事実だ。そして今もそれに対する反省はない。
>いまでも公式参拝を計ろうとしてるじゃないか。
>神道の凶悪性はオウムや草加の比ではない。
>そういうものが大きい顔してのさばっているのが日本なんだよ。
>そんな神道の片棒をかついでいる者がなにを批難してるんだ。

神道ていうのは、日本人の民族としての精神の源泉だからねー。
戦争と深くかかわってたことには間違いないとは思うけど、
太平洋戦争は合法的な戦争だから、敗戦責任や原罪はあったとしても
法律上の罪はないんだよね。
一体なにを反省しなきゃならんのか。
戦争をすること自体が罪だっていうなら、真宗門徒も罪は逃れられんのんちゃう?
たくさん人殺したんだろね。当時の門徒。

それでも、神道は凶悪ですか?

みずから「当時の戦争責任者は仏教徒じゃない」ということで
仏教だけ戦争の罪から逃れられるとでもお思いか。

748 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 14:04:39 ID:4DDeVYw1
T森さんの旧日本軍趣味も昔のs会には色濃いもの(組織編成・軍歌の替え歌など)があったし、
いまでも「組織・上司には無条件服従、会の方針に批判的な言動は粛正」などと
戦中日本を引きずってるのはむしろs会だろ。

749 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 14:21:10 ID:yhdYCrtT
>無条件服従
蓮如が言った言葉じゃなかったか?

750 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 16:30:09 ID:Xad89fXo
>>749
言ってねえってw

751 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 17:19:54 ID:iapmyas4
>戦争をすること自体が罪だっていうなら、真宗門徒も罪は逃れられんのんちゃう?
たくさん人殺したんだろね。当時の門徒。

国家神道の政策の元で、神道の手先となった本願寺の責任は当然逃れられん。
国家神道というものが無かった、とでも言いたいのか?

「日本は神の国」という意識は今でも国民に健在なんだよ。
そして神道に親しまない行動をするものを陰に陽に迫害している。
加害者意識がないのは神社まいりしている連中。
そんな中で法を伝えている会員はりっぱだ。
サークルもどんどん頑張れ。
仏教徒の顔して神に使えている輩に遠慮するいわれは無い。



752 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 17:21:40 ID:yhdYCrtT
>>750
>言ってねえってw
ってK玉とか担当仔牛とかが言ってたが嘘だったのか。

753 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 17:24:56 ID:iapmyas4
昭和天皇は自分のことを「神」だといってたんだぞ。
今の北朝鮮とどこが違うんだ?
神道の元締めだろう。
戦争に負けたから「神社に参るな」って言えるんだよ。
そうでなかったら今頃私も死刑さ。
それでも神道は凶悪じゃないって?

754 :自力念仏者も破邪:2005/11/12(土) 17:30:32 ID:AFVvQK6a
聖人の破邪は、国家権力や、聖道権仮の、彼らだけではなかった。
同じく、念仏している法友に対しても、呵責なき、破邪の利剣が、ふるわれ
ている。

『信巻』 別序の、
「定散の、自心に迷うて、金剛の、真信に昏し」
も、それである。

“折角、宿善、有り難く恵まれて、弥陀の本願をきき、念仏称えていながら、
真実の信心を、獲得している者は、殆どいない、ではないか。
みんな、いい加減な、自力の信心に、腰かけて、念仏さえ、称えておれば、
死んだら、お助け、死んだら極楽、と、ねとぼけている、者ばかり。現在、救
われた、叫びをあげている者が、いないのが証拠だ”

なんと、はげしい、鋭い、指摘だろう。

永久の闇より、救われた者は、いまも、コンコンと、迷いの夢をみている人
をみると、“なんとか、めざめてほしい” と、大声疾呼、せずにおれないのだ。
祖師の、紙衣の九十年は、冷徹無比な、破邪顕正の生涯であった。


755 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 17:32:49 ID:RYLde+6Y
>世界中でテロの手口として騒がれているのは
戦争中に日本軍がやったのが手本だろ。

自爆テロなんて「爆弾三勇士」が初めかも。
古すぎて知ってるひといないってか?
飛行機ぶつけるのは日本の得意技だし。
ジャングルの残兵なんてゲリラの初めかな?

756 :長子善鸞さえ、義別:2005/11/12(土) 17:34:04 ID:AFVvQK6a
中でも、八十四歳にしての、長男善鸞の義別は、終生、聖人の破邪顕正に、
衰えのなかったことを、物語る。

「神に仕えても、かまわぬ」
と、一向専念の義を乱す、吾子に、
「今日よりは、親と思うべからず、子と思うこと、思い切りたり」
叩きつけられた勘当状は、決して、一時の、感情でなかった。

その後、六年。
ご臨終の聖人に、謝罪にきたときも、善鸞に、拝顔を許されなかった、こと
でも、明らかだ。
破邪顕正の、きびしさは、ここに、極まれり、と、思わずにおれない。


757 :蓮如上人の破邪顕正:2005/11/12(土) 17:42:06 ID:AFVvQK6a
次は、蓮如上人。
『御一代記聞書』 から、その破邪顕正を、窺ってみよう。

お弟子たちと、大阪四天王寺の、門前を通られたとき、のこと。
あたかも、牛頭天皇を祀る社の、土塔会といわれる祭礼が、盛大に行われ、
幾千の信者で、賑っていた。
それらの、参詣者を指さして、蓮如上人、厳然と、仰有ったのだ。

「あれほどの多き人ども、地獄へ、堕つべし」
“あんなに多くの人が、神信心しているが、みんな、地獄へ堕ちるのだ。可哀
相な、人達ではないか。
浄土真宗の、他力の信心を獲得している人だけが、浄土へゆけるのだよ”
随分、思いきった、お言葉だろう。

特に、親鸞聖人の、み教えを歪曲したり、破壊する者には、歯を、くいしば
り、“切りきざんでも、なお、あきたらぬ” と、激怒なさる、蓮如上人だった。

聖人の、み教えを、ネジ曲げていた、奥州の浄祐という者に、
「もってのほか、御腹立候て、さてさて、開山聖人の御流を申しみだすことの
浅ましさよ、憎さよ、と仰せられ候て、御歯をくい締められて、さて、切り刻
みても、飽くかよ、飽くかよ、と、仰せられ候」
とある。

「一人なりとも、信をとるべきならば、身を捨てよ」
の、蓮如上人のきびしさに、身のひきしまる思いがする。


758 :本会の覚悟:2005/11/12(土) 17:44:41 ID:AFVvQK6a
本会は、断じて、名利のために、行動する、ものではない。
浄土真宗の危機は、人類の危機と受けとめ、これら善知識の、きびしさ、は
げしさに、常に、打たれつつ、邪とせられたものを破り、正となされたことの
開顕に、全生命を、賭すものである。

ここに、改めて、表明しておきたい。


759 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 17:55:27 ID:2R4xByjd
>755

> 自爆テロなんて「爆弾三勇士」が初めかも。
> 古すぎて知ってるひといないってか?

(´・ω・`)知ってるがな

廟行鎮の敵の陣 我の友隊すでに攻む
折から凍るきさらぎの二十二日の午前五時

760 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 18:32:26 ID:vWOkMGsz
>>751
>国家神道の政策の元で、神道の手先となった本願寺の責任は当然逃れられん。
だから、いつ国家神道が日本を戦争に駆り立てたんだよ。
単純思考の被害妄想も大概にしろよ。

第一、神道否定してたら、明治維新もねぇよ。
今頃、プランテーションになってるのがおちだぜ?

761 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 18:34:47 ID:vWOkMGsz
>>751
当時日本国民だった韓国人が「戦争責任者は日本人であって、韓国人じゃない」
と言って被害者面する以上に厄介なやつだな。

言っとくけどな。
戦争における罪悪の責任はすべて君主を戴く政府がとる形になったが、
戦争責任は、当時の日本人すべてにあるんだよ。
わかるか?
おれたちは、そこんとこを踏まえなきゃ行けない。
国家神道にすべて責任を押しつけて
我関せずで、被害者面すんのもいいけどな
もっと、深く考えなきゃいけないんだよ。

テロの善悪にしても、仏法者なら
もっとその奥にあるものを見ろ。
テロだけが悪じゃないだろ。


762 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 18:43:55 ID:wq9y/oGN
事件や事故の被害者を救うのが仏法だと思っておりましたし親鸞会もそうだと思っていましたが
結局 親鸞会は火宅無常という言葉で片付けるだけで何もしないという団体ということがわかりました。



763 :元々ぼら夫:2005/11/12(土) 19:00:22 ID:pUspgPUK
乙〜♪
>>736>>745
良識派かどうかは別として、サンキュー♪誉められても何も出ませんが、問題の背景を
これからも熟考していきたいと思ってまつ。もち、機会があれば随時行動していくつもり。
>>756
善鸞さんが「神につかえてもかまわぬ」って言ったの?これまた初耳だ!
ぜひソースの提示お願いします。いやぁ、勉強になるなぁ♪
>>759
爆弾じゃなくて、肉弾じゃなかったっけ?
前に、戦中の一億総カルト状態についてはs会の体質と比較して、カキコしたよ〜な記憶が。
過去ログ見てね。過去ログと言えば、暫定サン、改めて乙です〜♪
〜つづく〜


764 :元々ぼら夫:2005/11/12(土) 19:16:39 ID:pUspgPUK
s会の『お正信偈・和讃』の節って、お西のと同じみたいね。
『正信聖典』って、今でも使われてるのかな?で、そこに所収の「s会同志の歌」
4番と6番をご紹介。はりきってドゾー♪

4.お前と俺とは 嵐に向かう ♪
同じs鸞会の 決死隊 ♪
ノドに短刀 突きつけらりよと ♪
一歩もひかぬぞ 破邪の剣 ♪

6.お前と俺とは 同期のさくら ♪
同じs鸞会の 庭に咲く ♪
花が一夜に 散るが如く ♪
俺も散りたや 法のため ♪

カラオケでも歌えますね。みんなびっくりするやろけどw
(^-^)/ホナな〜♪


765 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 19:19:28 ID:CMgneYuy
>>764
神道が真宗におきかわっただけやん
(真宗っていったら、真宗の人に失礼かな。)

766 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 20:35:17 ID:TzZM2P4Q
>>all
一部の会員の心無い言動が見られますが
彼なりに組織を守ろうという熱意による書き込みです。
深い考察があってのことではありませんので、
透明アボーンしてくださいますようお願いします。


767 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 21:17:58 ID:RMgRtA7h
>>727

>>637
>このページはアル意味、「なぜ私は親鸞会をやめたのか」と両方読むと面白いですね、これじゃかみ合わないわな

私もそんな気がしますが、どのへんがかみ合っていないと思いますか?

>>お釈迦様が亡くなったときも、「これで解放された気分だ」と言った
>>不埒な弟子がいたそうです。いつの世も、そういう人間はいるということです。
>「なぜ‥やめたのか」を書いた人の問いかけに対しても配慮無く「不埒な人間め」と答える講師、会員ばかりだったのでしょう、泥棒にも三分の理とはいいますが、
>「なぜ」の人には三割以上の理を認めてよいと思います、

どのあたりが認めてよい、と思います?


>しかしそうして向き合うことが面倒だったのでしょうか、「不埒」のような安易な言葉でかたずけたのでしょう
>、こんな配慮は足らない人間が、新勧では「配慮」しようという、この矛盾をみると「配慮」などウソで、本心は人のいいなりで動いているだけなのではないか?
>と素朴な疑問を感じるわけです、ってのが「読書感想文」をよんで感じる違和感ですね

親鸞会の会員、特に学生なんて、みんないいなりだと思いますよ。
自分の思考を停止して、いいなりになるのって、楽だからね。

講師部員や組織に、いい意味で批判する人間なんていないもんね。
会社なんかだったら、自分の会社をよくしようと思って、批判とか、かなりあるからね。
そして意見を戦わせる。親鸞会にはそれがないんじゃないの?

批判を受け入れられない親鸞会は、消滅するのみでしょ。
報恩講も、後ろはガラガラだったみたいだしね。
まあ、自らが蒔いた種だね。


768 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 21:51:07 ID:1dJSnhtL
親鸞会の心配よりもあんたの人生心配してな。

769 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 21:52:13 ID:1dJSnhtL
真実聞きたい人は親鸞会に来るんです。なんやかんや文句言ってても
どこにも真実の仏法説かれているところないでしょ。

770 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 22:17:52 ID:RMgRtA7h
>768
>親鸞会の心配よりもあんたの人生心配してな。

いや、親鸞会心配ですよ。
学友部の勧誘もうまくいっておらず、入会者も年々減りつつあるし、
講師部員や親鸞会の職員も、高齢化が進んでいる。
新しい人があまり入っていない証拠。

会長は高齢化のせいか、あまり元気ないし、講師部員も一部を除いて、
現体制の活動に甘んじて、ビデオの操作をするロボットになって、楽を求める傾向にある。
生活の安泰を願っているし、開発精神が失われきてるんとちゃう?

どう考えても、衰退の一途をたどっている。これを心配せずして、どうするんですか!

一番心配なのは、現会長没後だね。いろんな駆け引きがすでに行われているんだろうな・・・。


>769
>真実聞きたい人は親鸞会に来るんです。なんやかんや文句言ってても
>どこにも真実の仏法説かれているところないでしょ。

「我こそは大宇宙の真理を知らされた者」「真実知らされたのは我々だけ」とか言ってるけど、
最初はとても理解できないような「親鸞会の教義の内容」を、宗教的信念により信じこんで、
「大宇宙の真理」って、いってるだけじゃん。

嘘ではない!っていうんなら、その大宇宙の真理を体得して、信後の喜びを語ってくれる会員さん、もっと増やせよ!

信心決定の体験を語らない(教義的には言っている意味は分かるよ)のではなく、語れないだけなのでは?
語らないだけで、信心決定した人は、講師部の中にも、幹部会員の中にも、こんなにいるぞ!と示してよ。

ねっ、お願いしま〜す♪


771 :元々ぼら夫:2005/11/12(土) 22:24:10 ID:pUspgPUK
>>756
ヒントあげるね。『慕帰絵詞』(覚如上人の伝記絵巻)をご覧あれ。しかし『慕帰絵』
においては、慈信坊(善鸞さん)は、否定的に描かれていない。関東の高弟に対して、
大谷本願寺の血脈を主流としようとする覚如にとって、善鸞を悪者にはできなかったと
推察される。なお、善鸞が実際どんな異説を唱えたのか、善鸞の「不可思議のそらごと」が
如何なる内容だったのかは、詳らかでない。コピペかなんか知らんが、今後は、お聖教を
よくご覧になった上、ウラとってから、カキコするように。異論があるなら、他スレでお相手しまつ。
〜つづく〜


772 :元々ぼら夫:2005/11/12(土) 22:48:23 ID:pUspgPUK
>>769
と思い込んでいるだけか、もしくは勧誘マニュアルに代表される方法に乗せられて、思い
込まされているだけなのか?少しは、疑ってみないと。あなたは自立した責任を有する
一人の人間なんでしょう。会に不信を抱くことを、会長先生や講師が許さなくても、
弥陀如来の摂取不捨の誓願に変わりあるのだろうか?人間は間違える。だからこそ
改善すべき所は治していかないと。そっちの方向にも目を開いてほしいなりよ〜☆
(^-^)/ホナねん♪


773 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:04:10 ID:fMPSp4hK
>>770
s会の学友部は、様々な面で高齢化している。

@幹事(担当講師)の高齢化
平成17年から、40才以上あるいはそれぐらいにみえる幹事が増えた。

A学友部員の高齢化
大学を卒業しても、学友部にしばらく残る人が増加。
半数近くが学部を卒業したメンバーで占めている大学もある。

B大導師以上の高齢化
たしか、去年か今年のはじめの時点で、学友部の大導師以上の人の半数は、4年生以上。


今は、状況がかわっていたり、当てはまらない大学もあるかもしれないが、その点は悪しからず。

774 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:06:34 ID:+fRkWVJA
仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
婆訶般若心経


775 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:16:54 ID:fmJrAAoA
きのうから、ジャンヌに誰か風俗のリンク張って荒らしてるね。
犯人が会員と疑われても仕方ないだろね。

776 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:28:53 ID:YkprTed5
>>773
B大導師以上の高齢化
たしか、去年か今年のはじめの時点で、学友部の大導師以上の人の半数は、4年生以上。

これはありえないと思うのですが。一部の地域だけですよね。


777 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:35:22 ID:yhdYCrtT
>>776
昔は2年以上のほとんどが代動詞以上、今は代動詞になるのが遅いと
合宿でK玉に言われたことがある。

778 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:41:02 ID:fMPSp4hK
>>776
ありえないと思うのは無理もないことでしょう。

しかし、Bは、学友部全体(大導師以上ばかりの集まりだったかもしれませんが)の集まりのとき、OHPかパワーポイントか何かを使いながら、
学友部長が言っていたことです。
今は、その時の4年生の多くは卒業しているので、状況が代わっているかもしれません。

779 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:48:30 ID:YkprTed5
>>777
教学テキストの数が増えたのも影響しているのかもしれませんね。
昔は1年で大半はとっていたと思いますよ。その分他の面でバランス
をとっているのかもしれませんが。


780 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:54:27 ID:US4LfxLb
ゆとり教育の影響じゃね?

781 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 23:59:25 ID:RMgRtA7h
>>776

>>773
>>B大導師以上の高齢化
>>たしか、去年か今年のはじめの時点で、学友部の大導師以上の人の半数は、4年生以上。
>
>これはありえないと思うのですが。一部の地域だけですよね。

いえいえ、ちゃんとデーターもグラフ化されて、説明がなされていましたよ。

つまり、1年生の間に、大導師になれない人が増えているということです。
先輩の育成力が落ちているので、後輩の育成がうまくいっていないといえる。

この4年生以上の大導師連中がいなくなると崩壊に近い大学もある。
だから、各大学では、顕正に必死でしょうね。


あと、以前もそんな内容の書き込みがありましたが、最近、学友部で縁を結ぶ人の多くは、
精神的に病んでいたり、心に傷をもち、その癒しの場をもとめて、親鸞会のサークルに
入部する人も少なくないので、それらの人の割合が高い大学ほど、崩壊に近いでしょう。

もちろん、それらの人が仏法を聞いて、精神的に癒されることには、意味があるのだと思いますが、
破邪顕正の闘志にはなれないので、組織としては、小さくならざるを得ないでしょうね。

その辺は、講師部員も扱いが難しいところですが、そんな人たちは、また同じような人しか、
顕正できないので、この勢いはなかなかとまらないのでは?

782 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 00:19:20 ID:ArWex/j3
Tブロックだったと思うが、今の2年生で1年生のうちに大導師になった人は誰もいないと講師が言っていた。

783 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 02:11:46 ID:d2JhUVLz
>>752
『「無条件服従」という言葉を蓮如上人が言った、使った』と
いってたのなら、そりゃウソ

784 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 02:48:54 ID:d2JhUVLz
>>767
私的理由で時間をかけてまとめることできませんが、
『なぜやめたのか』を書いた人の疑問、悩みに対して、『読書感想文』の人
は「親鸞会が伝えるのは親鸞聖人の教えであり、それは万人の聞かねば
ならない真実なのだ」と言っているのですが、
『なぜ』の人は会内で講師などから↑のようなことをくりかえし言われてきて、
十年程ですか、自分の中の疑問と、会からの回答の間で悩んできたのでしょう
それが自己の変化、親鸞会の変化をうけて今回、退会しようと決心した訳です。
この会の変化ですが、『なぜ』では先生の説法の質が落ちたと言っていましたが、
それは個人の主観としても、説法自体が減った、また支部ではビデオでの説法が
増え講師が話さなくなった、などの変化は現にあるわけです。
そういう中で「親鸞会は真実の教えを説いている」というコトが伝わらなくなって
しまったのだということでしょう、これは説く側が反省すべきことです。
なのに『読書感想文』にはその反省改善についてはまったくふれず、なんと言えば
相手に伝わるのかという悩みも読み取れない、ただ親鸞会は真実を説いており
批難される筋は無し、という会の正当性の主張ばかりが表にたっているように
読めます、これでは『なぜ』の人の心とは噛み合わず、自己満足の主張にしか
ならない、ということです
煩悩しかない凡夫が釈迦の教えを素直に頂いてそのまま実行するというのは
むずかしいことです、それはつまり、真実を信じきるというのは難しいということ
でしょう、まして、この時期に親鸞会を信じて人生を預けることに心が揺らぐのは
仕方ないことです、そういう人達がそれぞれ良い答えをこの混乱の中からみつけ
て頂きたいものです

785 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 08:19:47 ID:grQXvxeI
天女のレリーフほど無意味なものはない 地下道とおっていくわけだからな
 

786 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 08:52:03 ID:XPxldkdo
>>785
会長が地下道を通る訳が無いでしょ?

787 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 09:19:28 ID:+Pk+OOJy
親鸞会をやめたら 親鸞会の新聞とかはどうされておりますか 今どうしようか迷っております

788 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 09:23:58 ID:uSlJRc9R
>>784
>この時期に親鸞会を信じて人生を預けることに心が揺らぐのは
仕方ないことです、そういう人達がそれぞれ良い答えをこの混乱
の中からみつけ て頂きたいものです

まったくです。
とくにT森さんが旅立たれたあとが心配。
ずいぶん前だけど良い意味でも悪い意味でも聴聞と勧誘活動で
完全燃焼していた自分がいた会なので気になります。

退会者のなかには会員のころを思い出したくもない、というひとも
多いんでしょうけど、
親鸞会スレがこのカテでほとんど常に上位にあるということは
やはり今後の親鸞会の動向に関心のあるひとが多いのでしょう。

789 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 09:56:42 ID:tJQ5vhcE
10年ほど前、地元の法話でもないのに施主になって前の席で聴聞したことがあった。
思えば空気が読めなかったものだ。w
上司にしてみれば、「そんなお金があるなら地元での活動を優先しろ」と言いたい気持ちで
いっぱいだったことだろう。

790 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 10:01:47 ID:6oV80SlY
『読書感想文』に親鸞会の自浄能力の無さが出ていたから、
あれはあれで親鸞会をよく顕している。
関心ある人は資料として保存しとくといい。
親鸞会の公式ページからリンクもしていないけど
同じような説明を受けたものもいるので
親鸞会の公式見解と言っても過言ではない。


791 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 10:09:55 ID:6oV80SlY
>>787
換金を望んでいるなら、
誰かに頼んでオークションにでも出してみたら?
あとはトイレットペーパーに交換してもらうとか。

792 :神に仕える善鸞:2005/11/13(日) 10:12:32 ID:TCso/nbJ
>>763

『最須敬重絵詞』巻五

「初は、聖人の御使として、坂東へ下向し、浄土の教法をひろめて、辺鄙の知識にそなはり給けるが、後には、法文の義理をあらため、あまさへ巫女の輩に交て、仏法修行の儀にはづれ、外道尼乾志の様にておはしければ、聖人も御余塵の一列におぼしめさず。

 所化につらなりし人々もすてて、みな直に聖人へぞ、まいりける」


793 :神に仕える善鸞:2005/11/13(日) 10:13:17 ID:TCso/nbJ
>>763

「われ符をもって、よろずの災難を治す」(最須敬重絵詞)


794 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 10:19:08 ID:u2CqFzfL
まあ続けられなかった人間は負け犬だな。情けなさを認めたくないもんだから
あれが悪かった、これが悪かったと愚痴を言い自分の正当性を強調してるんだよ。
ここに書き込んでる負け犬脱会者は屈折した思考の持ち主としか、言いようが無い。
現在続けておられる方は、負け犬なんかのレスに耳を傾けないでね。

【愚痴】>>788を始めとする脱会者の心
自分が正しいことをしているのに相手が承認しない、相手に認めてもらえないという
恨みがましい攻撃的心性から発生している。しかし自分が正しいということは誰も
保証してくれない。だから話し相手に自分の正当性を、強要して同意させる、という
愚かで屈折した心理的作業である。
愚痴は三大煩悩の一つで、『馬鹿』という意味。>>788は馬鹿である。
馬鹿>>788の愚痴を聞くというのは、自分の判断を捨てて空虚にならなければ
出来ない仕事である。

795 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 10:44:12 ID:Il75tlUz
脱会者が負け犬・・・低レベルの会員の発言ですね。会長先生は絶対言わない発言
会長先生の心を全然理解していない 偽学徒ですね 

796 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 10:55:59 ID:poenXLY4
クソの集まりだろ

797 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 11:09:12 ID:HM7me/KP
>>794はどうして会員が減少しているのか
もっと切実に考えたほうがいいでしょう。

798 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 12:43:38 ID:7pTV6bvR
>>788
上司にしてみれば、「そんなお金があるなら地元での活動を優先しろ」と言いたい気持ちで
いっぱいだったことだろう。

地元の活動はあまりしてなかったということですか?



799 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 12:48:35 ID:ArWex/j3
負け犬発言で思い出したが、
K玉さんは、「退会者は生きながらにして死んだ人」 と部会でよく言っていた。

800 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 13:10:34 ID:ojFhlqDI
K玉さんみたいな人がいるからじゃないの


801 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 13:16:57 ID:ojFhlqDI
会員ですが K玉さんについてはよく知りませんが 私は1vs1で話し合いたいなと
思いますね

802 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 13:48:57 ID:u2CqFzfL
逃げた人間は自分の正当性を強調するからな。
お前らこれからどうするの?

803 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 13:50:02 ID:u2CqFzfL
>>788
かわいそう。この人何の為に生まれてきたんだろ(w

804 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 14:01:23 ID:FKK5zacN
>>803

君のほうがカルト毒にやられてもっと気の毒。

805 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 14:18:45 ID:Z90oVUt8
>親鸞会スレがこのカテでほとんど常に上位にあるということは
>やはり今後の親鸞会の動向に関心のあるひとが多いのでしょう。
なんか2年半前の合宿でK玉さんに2ch閲覧してるやつ手を挙げろ
と言われたのを思い出す。
で手を挙げて休憩中に担当仔牛に説教食らったんだがな。
今はどうか知らないけどあの頃はK玉は2chに対抗意識むき出しに
してた。例の東大生の事件もあったからかもしれないが。

806 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 14:49:59 ID:n7Lv3tZI
親鸞会はカルトです

カルトの意味 宗教的崇拝。転じて、ある集団が示す熱烈な支持。
間違いないと思いますが

807 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 15:01:30 ID:LHrQQGy8
変な夢を見たよ

ふと気づくと、ヒマラヤみたいな高い山の9合目辺りの洞窟で座禅を組んでいた。
氷点下と思われる気候にも関わらず腰に薄手の布を巻いただけで上半身裸だった。
何年そこに座っているのか、もう記憶が遠くなるほどそこにいることを感じた。

眉間に意識を集中すると目の前が炎のように輝きだした。
すると宇宙の遙か彼方から強烈な光が射し込んでくるのを感じた。
すると今度は天空の至るときから、時が来た!時が来た!時が来た!と言う声が
雷のように轟き鳴り響いた。

するとその強烈な光の帯が日本列島に降り注ぐのを見た。
オレはとっさに約束の時が来たと感じた。
すると全身がブーンと振動を始めた。
そして意識のようなものが心臓の辺りから脊髄の中を通って頭頂に至り
白銀色に輝く身体が抜け出すと、自分自身が日本へ向かって凄いスピードで飛び込んでいった。
そこでハッとなって目が覚めた。
しばらく体の芯ががブーンと音を立てて焼けるように熱かった。

これって一体何だったんだろう?



808 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 15:07:27 ID:+JD0vZdB
よかったね〜 それでええんよ。助かったんよ。
阿弥陀様に感謝の念仏せんとね〜。

809 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 15:23:08 ID:E048jtpo
なんということだろう。
昨日家のポストにチューリップ企画のビラがポスティングされてた。
「生きる意味がわかる 仏教月刊誌」  とどろき
※釈尊、親鸞聖人が示された人生の目的
だとさ。

ゴミ箱に捨てようと思いますが。

810 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 16:22:42 ID:d4kW5nEP
場所はどこですか?

811 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 17:15:47 ID:tJQ5vhcE
>>798
そういうわけではないけれど、地元で施主になったことはその時点ではまだなかった。
その週はボーナスが出た直後だったので、「今日は前の席で」という気持ちになっただけ。

812 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 17:17:50 ID:tJQ5vhcE
>>805
「事件」とは、具体的には?

813 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 17:40:48 ID:ArWex/j3
>>805
自分たちのときは、合宿の先輩会合で、K玉さんが、s会の批判サイトを見ている人に挙手させ、具体的にどのサイトを見たか言わせていた。
ジャンヌか家族の絆だったか忘れたが、あるサイトを見た人に対し、「あれは狂人が開設したサイトだ」とK玉さんは言った。

814 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 18:11:48 ID:Z90oVUt8
>>812
>>813
1月か2月に驚愕抗議でその愕幽部員の東大生が会長さんに暴言吐いた事件。
当然その東大生は除名処分。
確かその頃から驚愕抗議への参加条件とかが厳しくなった。
その後会長さんが裏で愕幽部長のK玉さんに天罰を与えたそうだ。
それでK玉さん発狂したようで合宿を通常の2倍以上に増やす。
合宿中K玉さんの発狂につられて仔牛部員も発狂しだす。涙流す仔牛も出てくる始末。

815 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 18:22:18 ID:d4kW5nEP
>>814
合宿を通常の2倍以上に増やす。

2倍以上って、期間ですか?

816 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:00:35 ID:tJQ5vhcE
>>814

> 1月か2月
今年の、ですか?

> 暴言吐いた
暴言の内容は?

> 天罰を与えた
処分の内容は?

質問ばかりで恐縮。
会員でなくなってから7年も経つので、最近の事情には疎いのです。

817 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:09:07 ID:tJQ5vhcE
>>816

失礼、>>805 を読み直したら、「2年半前」って書いてありましたね。

818 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:28:19 ID:ArWex/j3
>>816
>暴言の内容は?
「会長先生が正本堂と駐車場を結ぶ地下道をつくったらどうかと提案された」
と総務局長が発表していたとき、
「商売しにきてんじゃねえぞ」とある学友部員が叫んだ。
さらに、その後、M晴さんがその詳細を話すと「ほんとか?」
と叫んだ。

>> 天罰を与えた
処分の内容は?

私は、知りません。

819 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:29:03 ID:UTH5SBwS
>>816

>>814

>> 1月か2月
>今年の、ですか?

たしか、平成14年か15年?


>> 暴言吐いた
>暴言の内容は?

布教局長  「今回、地下道をつくろうという話になりました。会長先生の御心です」
暴言東大生 「ほんとに会長が言ったのかっー!!」


>> 天罰を与えた
>処分の内容は?

たしか除名。

そして、その暴言直後に、局長がそいつを追って、むなぐらをつかんで激怒していた。

他の講師部員や幹部は、黙ってみていたので、あとで、
腰抜けだとか、なんとかさんざん言われたらしい。

質問ばかりで恐縮。
会員でなくなってから7年も経つので、最近の事情には疎いのです。
81

820 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:46:44 ID:HM7me/KP
アッー!

821 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 19:55:59 ID:Z90oVUt8
>>815
>2倍以上って、期間ですか?
本来合宿が2回の予定だったが5回くらいになった。
しかもそれが決まったのが合宿の途中。合宿の延長も確か2回程度あった。(1日伸びるとか)

>>819
>他の講師部員や幹部は、黙ってみていたので、あとで、
>腰抜けだとか、なんとかさんざん言われたらしい。
合宿中も愕幽部員の前でいろいろ言われてた。

確かその事件の数日後愕幽部員を対象にアンケート調査があった。
今回の会長さんの案どう思うか。
1.必要ない。
2.あっても使わない。
3.欲しい。
項目は正確で無いかもしれない。はっきり覚えてないので。

K玉さんへの処分内容が気になるところ。

822 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 20:23:33 ID:d4kW5nEP
>>821
合宿は、春、夏、冬と大学が休みのときですよね。



823 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 20:43:40 ID:6oV80SlY
>>819
>会長先生の御心
「会長に絶対服従」が基本の会員たちのとどめをさす決め技を、
外す奴がいたことに驚いた。
血染め、琵琶湖などの制御説法も改良強化する必要がある?

824 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 21:35:34 ID:g0bt/ado
二〇〇四年六月、長崎県佐世保市の小学校で、六年生の女子児童が同級生に殺害された事件は、犯行動機の一つにインターネット上の書き込みをめぐるトラブルがあったことでも、社会に衝撃を与えた。
〇四年版『インターネット白書』(インプレス)によると、日本のインターネット人口は六二八四万人、国民の半分を超えた。
小学生もその流れと無縁ではなく、とくに女子では、かつての交換日記に代わってパソコンのチャットを楽しむ子が増えているという。
パソコンに関する知識がなくても簡単に自分のホームページを作ることができるサービスも、多くのサイトが提供している。

825 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 21:44:13 ID:g0bt/ado
だが、ネット上のマナーを教育する場はない。
そもそもネット空間では、相手の表情や声がわからない分、行き違いが起こりやすいといわれる。口げんかと違い、言葉が記録に残ってしまうこともある。
ただし、チャットや掲示板では、絵文字を入れて言い過ぎを修正したりするのが普通で、殺害にまで発展するとは考えにくい。

826 :809:2005/11/13(日) 22:02:30 ID:m0d2jiw0
>>810
豊島区某所です。

827 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:05:51 ID:g0bt/ado
ネット上での誹謗中傷が深刻なのは、大人のほうだ。
掲示板への書き込みなどをめぐる警視庁への相談は、〇三年には二六〇〇件を超えた。
被害のほとんどが集中するのが、2ちゃんねるである。
ある日突然、自分の氏名や住所などが悪意をもった人物によって「晒し」に遭い、全く関係のない大勢の人間に「襲ってやれ」などと書き込まれる恐怖は、察するに余りある。
2ch側も、実名の書き込みは公人に限っていて、私人の個人情報については削除することになっているが、書き込み行為は止むことがない。
裁判によって書き込みをした人物を特定しようとしても、IPアドレスと発信日時を開示するよう命じた判決に、管理人の西村博之氏が従わないこともある。

828 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:13:48 ID:u2CqFzfL
西村ひろゆき氏は、尊敬するよ。こんな大きな掲示板抱えて、裁判も抱えてるのに
平気だし。精神力がケタ外れに高い。その力を仏教聞くのに生かせば・・・な。

829 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:18:05 ID:g0bt/ado
2chは、何かニュースがあると、それにまつわる噂や推測、関係者の個人情報などについての書き込みが集中し、そのことがまたニュースになるという悪循環によって成長してきた。
〇三年に長崎市で起きた一二歳少年による幼児殺人事件の際には、別人の写真が「犯人」として投稿されるなど、少年の補導から二日間で、法務省が人権侵害の疑いで削除を求めた投稿が五〇〇件にも達している。

830 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:23:43 ID:u2CqFzfL
心に傷を負っている者ばかりがダミーサークルに入会するから、自然と
勧誘能力もしょぼい者が集まる。

ここんとこ難しい所だね。人間挫折しないと、好き勝手やって他人の意見に
耳を傾けないし、心に傷を負う者は人生を真面目に考えている者が100%。
野球やサッカーの体育会系が入会してくれればいいけど、そういう人間は
この世の快楽にどっぷりつかっちゃってるから難しい。
親鸞聖人は天台宗じゃ救われないと決意して山を下りられたし、
竜樹、源信も同じ。何かにぶちあたらないと自己の愚かさがわからないものなんだね。
アンチも馬鹿なことやってないで早く入会しなよ。

831 :元々ぼら夫:2005/11/13(日) 22:36:20 ID:8FnUbE8G
ばんわ〜♪
お〜っと、H願寺派スレにまたも、漏れのレスが貼られとる♪ど〜ゆ〜展開になるんやろw。
ちと、泳がしとこ。
>>792>>793
『最須敬重絵詞』第17段だっけ?これも、『慕帰絵』と同じく、善鸞擁護の立場で
書かれとる罠。君の引用した部分の後半は、どういう内容になっとる?文章ってのは
最後までキチンと読まんとね。前から言ってるけど、君達が教学って名付けているものって、
パッチワークみたいなんだよね。話を最後まで読まん、聞かん、早合点多し。
ま、あんまし、教義の話に深入りすると、スレ違いになりそなので、やめときましょ。


832 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:46:05 ID:g0bt/ado
匿名が原則の2chでは、嘘も真実もすべてが等価として扱われることになる。
ある情報に語る価値がある(ネタになる)と判断されれば、傍証や反証、過去の事例が持ち出され、理論的な検証が行われたりもしてレスがあるが、逆に単なるプロパガンダやデマと判断されれば、放置され消えていく。
だが面白ければ、たとえ嘘であっても許容されてきた。
そして、情報の真実性を見抜けずレベルの低い会話や議論しかできない者は「厨房」として「嗤われ」るのだ。

833 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:51:58 ID:u2CqFzfL
ふ〜〜ん

834 :元々ぼら夫:2005/11/13(日) 22:52:05 ID:8FnUbE8G
>>830
変なことって、漏れから言わせりゃ、あの勧誘マニュアルに基づいて勧誘する椰子の方が、
よっぽど変。作った椰子は、もっと変。おかしい事してるって気がつかん人は、
かなり変。おかしいと気付いた人も、発言できなくなるような組織づくりは、
変通り越して、そら恐ろしい。入会したい人は(いるんか?そんな人)、リスクについてよく
考えた方がよし。こういったスレも、参考にするといい罠。
(^-^)/ホナ


835 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 22:52:50 ID:HM7me/KP
>>830
正味な話、そろそろ辞めようと思います。

836 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 23:08:04 ID:P8p4N2ZQ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131793343/l50
次スレ?

837 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 23:43:30 ID:UTH5SBwS
>親鸞会については、はっきりしないことも多いのですが、元々は真宗
>本願寺派(お西)に僧籍を持っていた「タカモリ ケンテツ」という
>人物が、西本願寺から異安心(信仰内容が違うという意味)として
>僧籍を剥奪されたことに始まります。タカモリ氏に信順する人達の
>集まりというのが基本です。初めは純粋な(タカモリ氏への)信仰集団
>から出発したのでしょうが、金集め集団に変貌したとの噂の多い所です。
>真偽は不明ですが、社会問題となった「豊田商事」と金銭的繋がりが
>深かったと言われていますし、タカモリ氏を絶対者としている関係上
>右翼とかカルトとか言われてもしかたがない感じがします。

親鸞会が豊田商事とつながっていたって、ほんと?
どうやって、つながってたの?

838 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 23:57:00 ID:QA7FBORN
>>837
刺殺された豊田商事の会長から多額の財施を受けていた。
その金を元に彦根に関西本部会館を建てる予定だったが、
豊田商事事件が社会問題となって、
関西本部会館の計画も立ち消えとなった。

839 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 00:23:12 ID:4Rm9AkeL
ここか

>>426-427
>>423が略した選択集の御文を引用するね。

「第一に読誦雑行といふは、上の『観経』等の往生浄土の経を除きての
ほかの大小乗顕密の諸経において受持し読誦するをことごとく読誦雑行と名づく。
第二に観察雑行といふは、上の極楽の依正を除きてのほかの大小、顕密、事理の観行を
みなことごとく観察雑行と名づく。
第三に礼拝雑行といふは、上の弥陀を礼拝するを除きてのほかの一切の諸余の仏・菩薩等
およびもろもろの世天等において礼拝恭敬するをことごとく礼拝雑行と名づく。
第四に称名雑行といふは、上の弥陀の名号を称するを除きてのほかの自余の一切の仏・菩薩等
およびもろもろの世天等の名号を称するをことごとく称名雑行と名づく。
第五に讃歎供養雑行といふは、上の弥陀仏を除きてのほかの一切の諸余の仏・菩薩等および
もろもろの世天等において讃歎供養するをことごとく讃歎供養雑行と名づく。
このほかまた布施・持戒等の無量の行あり。
みな雑行の言に摂尽すべし。」

つまり、五種の雑行とは、浄土教典以外の諸教典の読誦、浄土を観察する以外の観察、
阿弥陀以外の諸仏諸菩薩の礼拝、阿弥陀仏以外の諸仏の名を称えること、
阿弥陀仏以外の諸仏諸菩薩への供養だね。

はっきり言って、どれも真宗でははなから問題にならない。
他仏名を称して、弥陀浄土へ往生するなど考えにも及ばない。
むしろ五種の雑行より、一念多念などの正定業についての見解が真宗の議論の争点になるった。
五種の雑行が真宗にとって重要な問題と考えるのはおかしいと思うぞ。

840 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 00:41:36 ID:4Rm9AkeL
>>334-335
五種の雑行とは、細かくいえば>>839の通り。

だから
>五雑行許してる本願寺さん。

他仏の名を称えることや、浄土教典以外を読誦することが、
弥陀浄土へ往生する業として役立つと説く坊主はまずおらんし、
そう考える人がいたら坊主も否定するだろう。
(自力の弥陀の名を称えることが回心につながるという人はいるが)

>だいたい本願寺の説法で五雑行を禁じる話なんてないだろうが。

弥陀浄土に往生するために般若心経を読誦する人や、
薬師如来の名を称えて弥陀浄土への往生を願う人などいないと思っているから、
五種の雑行を禁じたりも最初からしない。

841 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 03:18:26 ID:eyN6RCFd
高森はさっさと地獄に堕ちろ

842 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 11:13:04 ID:aiG2nFWc
>>>840
5種の雑行を「五雑行」と呼ぶ表現が一般的でなくて、
「五雑行」と呼ぶ表現はT森氏オリジナルではないのか?
という話じゃなかったかな?


843 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 12:01:50 ID:lk32wxj8
五種の雑行でも、五雑行でも変わらないのではないか?

844 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 12:27:59 ID:aiG2nFWc
次スレッド

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131793343/l50

作成乙です。

>>843
そうなの?こういう問題は専門家にきかないとわからないな〜

元々ボラ夫さん、どうなんでしょうか?コメントキボンです

845 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 12:30:11 ID:oZ61o0Wj
ゴータマシッタルダつまり釈尊=仏陀は神様ではなく、
王族としてインドに生まれ、見晴るかす不平等な世相に嘆息いたし
菩提樹の元に悟りを得て、インド古来の宗教から独立し
仏教という宗教を開きました。彼が最初です。
仏教はさまざまな宗派に分派し、釈尊自らが予言した末法の態を
様しながらも、その教えの根幹を正しく受け継がんと欲する人々によって
現代に受け継がれています。
要は、仏教で言うところの悟りの境地に至り
あらゆる煩悩から開放され自由になることを目的とします。
それがすなわち極楽浄土であり、そこを目指せということです。

846 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 12:31:05 ID:5tfA+aGn
S会の造語が真宗辞典に載ってるというのもおもしろいですな。(笑)

847 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 13:02:27 ID:jPiTlTiO
真宗辞典に載っているなら造語ではないですね。
ぼらさんが知らなかったということで。

848 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 13:06:30 ID:Z6/Cj7jA
>金集め集団に変貌した

本願寺から言えばあつかう金銭の額はちいさなもの。
私の祖母は50年ほど前の金額で200万円を本願寺に財施してるし
門徒総代クラスになると寺の修繕とかいわれれば
一家で数百万を出すのが当たり前だった。
なんの法施もなしにね。
一世代前はそれがあたりまえだったんだよ。
親鸞会が正本堂たてるのにいくら集めたとか言っても
本願寺からいえば大した額じゃない。
「金あつめ」というのは的外れだな。
自分が1千万出した、っていうひとが書き込んでるなら
PLみたいな裁判になってもおかしくないかなとも
思うが、あんちはもともとそんなに出してないだろ。

豊田の件は、主犯が親鸞会の名前を使って金集めをしてたのが実態。
「お守り」を売ったりしてた。これも的外れだな。

849 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 14:33:19 ID:eyN6RCFd
親鸞会員はホント、バカばっか

というかバカだから会員なんかになってるんだよな

850 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 15:14:17 ID:oZ61o0Wj
お釈迦様は王子の時、
なぜ人は病気になるのかな?
なぜ老いるのかな?
なぜ死ぬのかな?

と考えました。

851 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 15:15:26 ID:oZ61o0Wj
老病死の苦しみ。
これを解明しようと、出家をし、ある先生の弟子になりました。
そして、先生の言うとおりに六年も苦行をしました。
しかし、解明は出来ませんでした。


852 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 15:21:16 ID:O2a9YJk2
>>850-851
もういいよそのコピペ。

853 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/11/14(月) 15:50:09 ID:MGURVmZg
>>848
>一家で数百万を出すのが当たり前だった。

 本願寺は立派なお寺だ。本願寺こそ、世の手本だ。世界の光だ。鏡だ。立派
な本願寺が、数百万円の布施を受けている。親鸞会は、世界の光の本願寺
の猿真似をしているだけだ。親鸞会が多額の布施を受けてどこが悪い?。猿
まね親鸞会が悪ければ、手本を示している世界の光の本願寺に文句を言っ
てくれ。

 848が言いたいことはこういう主張か?。本願寺が、過去どのくらいの布施
を受けてきた教団か知らんが、学業を積んでいる学生から、その学業資金を
布施させたという話は聞いたことがない。布施をしないと地獄に堕ちると脅迫
したという話も聞かない。

 カルト親鸞会が富裕な金持ちから建物建設資金をカンパして貰っている限
りは、誰も文句は言わないだろう。親のすねをかじり、あるいはアルバイトしな
がら資金を貯めて学校に通っている若者に、嘘ついてたかるのはやめたらど
うよ。まして、金を納めないと死んだら地獄に堕ちるとでも錯覚させていたと
すれば、鬼畜にも劣る行為ではないか。
 金を納めないと死んだら地獄に堕ちる。金を納めれば死んだら極楽に行け
る。こんな風に、真顔で錯覚している馬鹿がいなければ幸いだ。

>豊田の件は、主犯が親鸞会の名前を使って金集めをしてたのが実態。

 周囲状況を見渡して、不相応に突出するような多額の寄付が舞い込んでく
れば、おかしいと思うのが常識ではないのか。
 不相応に突出するような多額の寄付が入ってくるようなことはなかったのか。
親鸞会には常識的な判断ができる人がいなかったのか。まあ、弥陀の本願も、
親鸞会の欲の皮の前には早々と喜んで退散したんだろう。

854 :本会への財施は、獲信の因縁にならぬ:2005/11/14(月) 15:52:19 ID:R59UcZC2
  「信心決定のための宿善になるといって、会へ
  の財施を勧めていることは、あたかも金銭によって、信
  心獲得できるかのごとき感をいだかせる。
  それは、どのように弁解しても、やはり宗義に違する
  資金集めの手段と見なされるであろう」 (回答書A P143)

己れのことは、タナにあげ、まことに、よくぞ言ったり。盗人たけだけしい、
という言葉を、思い出す。
これこそ、H願寺の実態でないか。
天にツバする、酷評とでもいおうか。

まるで、本会が、“金銭の財施によって、信心獲得できる” と教えている、
がごとくに、お書きなさる。
ペンの暴力、と騒ぎたてるつもりはない、が、いかにも、ひどい、中傷であ
る。

“諸善は獲信の因縁なり”
これが、一貫した本会の主張であって、
“諸善を励めば、獲信できる” といったことは、一度もない。
0を、いくら加えても、数にならぬように、自力は、いくら励んでも、他力
にならぬ、からである。

文証を大事になさる、H願寺サン。
「財施をすれば、獲信できる」 という文証を、本会の主張の中から、一つで
もいいから、みせてほしい。


855 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/11/14(月) 15:54:51 ID:MGURVmZg
>>853 >>848
>本願寺からいえば大した額じゃない。

 本願寺から言えば大した額じゃなければ、どんな人にどんな風にたかって金を搾り取っても構わんというのか?
 嘘つき親鸞会の考えそうなことだな。


856 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/11/14(月) 15:59:47 ID:MGURVmZg
>>854
> “諸善を励めば、獲信できる” といったことは、一度もない。

 諸善を励んでも獲信できない。諸善は獲信のために、糞の役にもたたん
わいということを、教義の中心に据えたらどうだい?
 併せて、嘘つきは泥棒の始まりということも加えてほしいものだな。


857 :ここでも、無信ぶりをさらけだす:2005/11/14(月) 16:03:58 ID:R59UcZC2
財施は諸善であり、諸善は獲信の因縁 (宿善) であることは、すでに、論証
済みのこと。
H願寺も、また、このことは、


  「正しい意味の破邪顕正や、財施が、諸善万行の中に、はいること
  は、いうまでもない」 (回答書B P・26)

  「真宗における宿善とは、獲信のための因縁となる、善根を意味す
  るものである」 (伝道院紀要24号 P・2)

と、了解ずみ、のはずである。

「急作、急修して、頭燃を灸ふが如くすれども、すべて 『雑毒、雑修の善』 と
名け、また 『虚仮・諂偽の行』 と名く。 『真実の業』 と、名けざるなり。
この虚仮・雑毒の善をもって、無量光明土に生ぜんと欲す。これ必ず、不
可なり」 (教行信証)

“頭燃を払うがごとく、励む善でも、「これ必ず不可なり」 ”
の、真実開顕に挺身する、本会を、「諸善をすれば、獲信できる、かのごと
くいっている」との、H願寺の非難は、とりわけ、犯罪的ですらある。


858 :ここでも、無信ぶりをさらけだす:2005/11/14(月) 16:20:37 ID:R59UcZC2
けだし、この原因は、“獲信の因縁” と、“獲信” との区別がつかない、か
らに違いない。
“獲信の因縁” と、“獲信” の鮮明な違いは、たとえ、八万の法蔵を知っても、
真実信を獲得しなければ、絶対に分からぬ、こと、だからである。

H願寺サン、ここでもまた、真実信心に昏い実態を、さらけだしていなさる、
のだ。

が、果たして、お気づき、だろうか。

それにしても、あまりにも、恥多き非難には、驚き呆れ、憤りをこえて、H
願寺の体質の、罪深さを、痛感させられる。
こんな中傷で、H願寺は、僧侶や、門信徒を、騙せたと、誤解、過信して、
お得意になっている、かもしれないが、いずれ、大恥をかくのは、必至である。


859 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 16:53:39 ID:TZVEcl5w
本願寺だろうと 親鸞会だろうと 金を払う必要なんてないんだよ。宗教に
金を使う必要なんてない!

860 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 17:00:10 ID:TZVEcl5w
本願寺こそ汚い金儲け集団だろうよ

861 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 17:01:45 ID:IAOburv6
タダイマア〜♪
また、貼られてるw。五種の雑行について書かなあかんか。ホントはs会のダミサ(仮)問題解決に
話題を絞りたいんですが。ま、教学に興味ない人は飛ばして読んでね。何故、漏れが
五雑行という言い方に違和感を感じるかと言うと、一つは、先哲があまり用いられない
表現だから。二つに『選択集』に「【雑行無量なり。】つぶさに述べるいとまあらず。今しばらく、
五種の正行に対して、もって五種の雑行を明かすなり」とあるように、雑行というのは、
何も5種に限らない。親鸞聖人も「化土巻」に「雑の言に於て、万行を摂入す」と言われる。


862 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 17:25:09 ID:IAOburv6
>>861つづき
すなわち、万行は、ことごとく雑行と言われているわけ。五種雑行は、五正行に対比した時
のみに用いられる限定された用語であって、これだけをとりたてて五雑行と熟語化する
必要はないと言うこと。五雑行という言葉が一人歩きして、「雑行」が、「万行を摂入する」
という意が薄らぐ恐れもあるから、無理に使用するよりかは、「五種の雑行」と言った方が、
宗祖の記述の通りなのだから、正確を期すことができるっしょってこと。三には、
親鸞聖人は「雑行雑修」という言葉を「雑行」と「雑修」に意味を分けられた。
〜つづく〜


863 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 17:54:11 ID:IAOburv6
>>862つづき
長くて須磨組w
「化土巻」を見ると、五正行の中にも、専・雑を分けられているのが分かる。
「雑修とは、助正兼行するがゆえに雑修という」すなわち、礼・読・観・称・讃のうちの
正行である称名と他の助行と二行以上雑じわるものを雑種とされとるわけです。
高僧和讃(善導讃)には、「助正ならべて修するをば、すなはち雑修となづけたり、
一心をえざるひとなれば、仏恩報ずるこころなし」とあるのも上の意と同じでしょう。
また「雑の言は、人・天・菩薩等の解行(知解・修行)、雑ぜるがゆえに雑といへり」(化土巻)
〜つづく〜


864 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 18:09:39 ID:oZ61o0Wj
苦行は悟りにはならないと思ったお釈迦様は、苦行をやめて、
菩提樹の下で一人考えました。
そして、『十二因縁』を発見しました。
人間はなぜ老病死のあるこの世に生まれるのか。
それは12の行程を経て生まれ、苦しまなければならないのだと。

865 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 18:11:53 ID:IAOburv6
これでおしまい♪
>>863つづき
これに対しては、同じく善導讃に、「仏号むねと修すれども、現世をいのる行者
をば、
これも雑修となづけてぞ、千中無一ときらはるる」とあります。行は専修なのに、
自力が雑じわるので、これも雑修と言われるわけです。件の五専
「専礼・専読・専観・専名・専讃嘆」にしても、自力心が雑ずれば、雑修となる。
雑行雑種と一口に言っても、こういった広い意味が、宗祖においてはあるわけで、
五正行に対しての五種の雑行だけでは、十分にカバーしきれない。つーわけ。
このへんでやめとこっと♪
(^-^)/ホナ


866 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 18:22:20 ID:IAOburv6
追伸
>>846
どっから出てて、誰が監修しとる辞典なん?よろしければ、お教え下さいませ〜♪
は〜、ちかれた。お風呂はいろっと。(^-^)/ごきげんよ〜ぅ。


867 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 19:34:30 ID:oZ61o0Wj
しかし、十二因縁を人に伝えても誰も信じる者はいないのではないかと
思い、自分の心の中に納めておこうと考えた。
そのとき、梵天界という天界の天子が現れ、お釈迦様慈悲も大事な修行です。
どうか人々に十二因縁を説いて上げて下さい。と言った。
そこで、お釈迦様はまず、師匠に伝えようと考えた。
しかし、師匠はすでに亡くなっていた。

868 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 19:39:03 ID:eK4fAGG/
>五種雑行は、五正行に対比した時
のみに用いられる限定された用語であって、これだけをとりたてて五雑行と熟語化する
必要はないと言うこと

>雑行というのは、 何も5種に限らない。

五種雑行はいいが五雑行はよくない?
後の文からいうと五種雑行もよくないことになるが、どういうつもりだ?


869 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 19:42:55 ID:P7eXsLZm
>地方自治体には「宗教(団体)ですから」と言って宗教法人格を取得し固定資産税等の免除。
>大学には「宗教(団体)じゃありません」と言って公認サークルを作り課外活動助成金の補助を得つつ
>新入生を勧誘。

どういうつもりだ。

870 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 19:51:00 ID:eK4fAGG/
>本願寺からいえば大した額じゃない。

ほんとにそうだな。
昔、ダイヤモンドに宗教団体の資産推計が出てたが
草加とお東が多かった。
草加はダントツ。
東や西は葬儀ともなれば数百万、
大きい葬儀なら千万単位の金が動く。
それが当たり前だと思ってるからなんの苦情も出ない。
教えも説かないのに門徒のひとはバカみたいだな。

871 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 20:11:46 ID:CA7WIHNw
好きで住職になった人間じゃないからな。寺を継ぐ人間がいないので
渋々やってるんだろう。葬儀は本願寺の金儲けにすぎん。

872 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 21:09:55 ID:oZ61o0Wj
十二因縁とは。

1.無明(無知)
2.行(身、口、意)
3.識(眼識、耳識、鼻識、舌識、身識、意識)
4.名色(色、受、想、行、識)
5.六入処(眼、耳、鼻、舌、身、意)
6.触(眼、耳、鼻、舌、身、意)
7.受(苦受、楽受、不苦不楽受)
8.愛(欲愛、色愛、無色愛)
9.取(欲取、見取、我取、戒取)
10.有(欲有、色有、無色有)
11.生
12.苦(生老病死憂悲悩苦)

873 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 22:31:18 ID:IAOburv6
>>868
漏れの書き方が悪いのか?はたまたいちゃもんつけてるだけなんか?
あと、他スレ荒らすのやめな。反論したいなら、意見をよくよく読んで、漏れに直接レスしな。
2chのマナーもよく読んで、人に迷惑かからんように。ま、かの勧誘マニュアルでマインドコントロール法を
平気で使って、涼しい顔してる人には、無理な相談かもね。ま、みっともないから
やめた方がいいってこと。会にとってはイメージダウンにしかならへんしw。
漏れは、おひとよしなんでつきあうけどさ♪
〜つづく〜


874 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 22:46:59 ID:wDnoHUAe
>>819

あれは平成15年2月の驚愕広義
叫んだのは東大卒業生(所属は東大地区)

処分は除名。(でも正本堂GHSの名盤には彼の名が乗っていた)
彼はその前にもバスの中で後輩を殴打するという事件を起こし、
その他いろいろとトラブルを起こしていたが…

あの直後の地元のLDでは、額夕部長と短刀子牛が切れまくりだった。
君らはそのことを聞いてどう思うのか一人一人意見を述べさせられていた。
ある額夕部員が、「その方は〜」っていったら、子牛が、
「あんな奴に「方」などつけるな」てものすごい剣幕で怒っていた。
その場は尋常でない雰囲気であった。

その時、驚愕抗議の受講資格が厳しくなり、
そこで受講対象から外れた女の子は、涙を流して一日中泣いていた。
確かに大動詞になるまで非常に苦労したもんな。
結局は許してもらって受講できたが。

その時はちょうど新勧直前だったが、その事件の後始末で、新勧どころの
さわぎではなかったな。

875 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 22:51:06 ID:IAOburv6
>>873つづき
さて、五種の雑行というのは『選択集』をみてもわかるように、五種の正行に対する言葉。
読誦正行を例とすれば、『無量寿経』を読んで、浄土願生するのは=読誦正行。
『法華経』読んで、阿弥陀仏の浄土を願生する=読誦雑行。他礼拝以下も同じ。
でも、親鸞聖人は、雑行雑修という言葉を用いて(本来、雑行と雑修は同一とされてきたのを、
雑行と雑修は別の意味を持つものとされた)、雑行を、ただ単に五正行以外を雑行とカテゴライズする
のみならず、五正行を修する中にも、雑行というべきものがあるとされたわけ。
それが雑行雑修の


876 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 22:58:40 ID:gPpGZSW9
元親鸞会の会員と現親鸞会員の人に質問するけど、
親鸞会では称名念仏が”法施や布施”より劣る報恩行だと教えているの?

>244 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/11(金) 23:35:49 ID:RMxUDwz4
>「身を粉にしても報ずべし」は具体的にどうすることなのか教えて下さい。
>245 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/11(金) 23:40:48 ID:RMxUDwz4
>念仏すること、読経すること、なんて答が返ってきそうだが・・・。

このレスからは、称名念仏が報恩行として不十分であるかのように受け取られるんだけど。

877 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 23:13:40 ID:IAOburv6
イヤン、字数足らん。
>>875つづき
『化土巻』における定義。だから、真宗においては、五種の雑行だけでは不徹底感が
いなめない。雑行雑種と言う言葉で、宗祖が表しているんだから、こちらを用いるべし。
先哲方が、五雑行という言い方をほとんどされていないのは、雑行雑修の方が、
親鸞聖人のおっしゃる雑行の概念に一致するからでしょう。むやみに新語を使うより、
正確を期して、真宗においては雑行雑修と示されてるのだから、そちらを用いる方が賢明也。
ってゆ〜か、『化土巻』〈三経隠顕〉とこ読めばわからんでもない話やろ。お聖教読め


878 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 23:24:42 ID:oZ61o0Wj
足ることを知り、不満なく、この世の喜びを追い求め続ける貪欲を捨て、生活も
また簡素であり、諸々の感覚が静まり、聡明で、驕り高ぶることなく、人々の非難
を受けるような下劣な行いを、決してすることはない。
いかなる生物生類であっても、怯えているものでも強剛なものでも、長いものでも、
大きなものでも、中くらいのものでも、短いものでも、微細なものでも、粗大なも
のでも、目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに住むものでも、近くに住む
ものでも、すでに生まれたものでも、これから生まれようと欲するものでも、一切の
生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、平安であれ。



879 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 23:25:18 ID:oZ61o0Wj
あたかも、母が己が独り子を命を賭けて護るように、そのように一切の生きとし
生けるものどもに対しても、無量の慈しみのこころを起こすべし。
また全世界に対しても無量の慈しみのこころを起こすべし。
上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき慈しみを行うべし。
立ちつつも、歩みつつも、坐しつつも、臥しつつも、眠らないでいる限りは、この
慈しみの心づかいをしっかりとたもて。この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。

諸々に邪まな見解にとらわれず、戒めを保ち、諸々の欲望に関する貪りを除いた人
は、決して再び母胎に宿ることがないであろう。

880 :元々ぼら夫:2005/11/14(月) 23:42:12 ID:IAOburv6
>>877
これでも、わかんないかな〜。ま、簡単に言えば、親鸞聖人の雑行観における発揮は、
五正行に対する五種の雑行の枠をはみ出して、助正間雑とあるように、五正行の中に
「雑」を見い出したってことやね。だから、雑行雑修ってのが一番的を得た表現
と言えるやろね。アンダスタン?
ちなみに、宗祖の「雑行雑修」解釈は、江戸期、西山・鎮西から「善導の釈義と
ちゃうやんか〜」と突っ込まれておりまつです(『敬信記』によれば『鎌倉宗要』って
本にあるそうだが、漏れは見たことnothing)。(^-^)/ホナ寝〜♪


881 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 23:45:02 ID:IJC/DGbQ
シンパが苦しくなると渡海難が出てくる法則

882 :名無しさん@3周年:2005/11/14(月) 23:56:30 ID:SUXROTV2
読む気を失せさせる長文が多いのはシンパの工作か?
それにしてもスレの流れが気持ち悪いな。

883 :元々ぼら夫:2005/11/15(火) 00:02:39 ID:IAOburv6
>>882
m(__)mごめんね。ちゃんと説明したげな思って、無駄づかいしちゃいました。
次回からは、勧誘マニュアルのどこらへんがマインドコントロールに相当するのか?検討させていただく
所存なり。おやすみ〜(_ _)Zzz


884 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 00:51:16 ID:PD7Cl4CC
ちょっと俺もぼら夫に質問してみようかな。

本願寺は、門徒が他宗や外道に参ることを容認しているということなのか?
あるいは、少なくともぼら夫個人は容認しているのか?

「参る」とは、寺とか神社に行って、手を合わせたり、賽銭投げたり、
頭を下げたり、祈ったり、南無○○○○、と名を称えたりすることね。

↑言うまでもないが、親鸞会では断じてしてはいけないと説いていることだよね。

885 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 00:54:36 ID:PD7Cl4CC
>次回からは、勧誘マニュアルのどこらへんがマインドコントロールに相当するのか?検討させていただく
>所存なり。おやすみ〜(_ _)Zzz
じゃ俺も、いかにアンチが2chにマインドコントロールされているか検討しようかな?
おやすみ。


886 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 03:22:40 ID:xPxCaieq
チンコ

887 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 08:26:18 ID:35pm6uvk
>>885
>じゃ俺も、いかにアンチが2chにマインドコントロールされているか検討しようかな?

口だけでなくて本当に真剣に検討してみたら?
2chでのマインドコントロールとやらが如何なるものか。
学術文献やその手の研究書を読んできちんと考察してみては?
『親鸞会はマインドコントロールなんてしていない!』
という信念が崩壊しますよ。

恐らくそれをする勇気も実行力もないから、簡単に言えるんでしょうが。
ホント、親鸞会って口だけの団体ですからね。

888 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 08:33:58 ID:35pm6uvk
マインドコントロールじゃないって、派手に断言する割には、
親鸞会でマインドコントロール理論を真剣に勉強している人っているの?
そんな下らないことやってる暇ないって思っているのかも知れないけど、
断言するなら少なくとも勉強して欲しい。
以前ここでも「マインドコントロールの本を読んだ」って言って、
一昔前オウムが使っていたレトリックでマイコンを否定していたシンパがいたけど、
「どんなマインドコントロールの本を読んだのか」と聞いたら沈黙していた。

親鸞会の教義が大宇宙の真理という信念が如何に作られたか、
マインドコントロールを学ぶことは今の親鸞会の勧誘方法を真剣に見直すきっかけになるし、
また、自分の宗教的信念を客観的に見るきっかけになる。
そうすれば、あなた方の独善的で視野の狭いものの見方も変わってくるでしょう。

889 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 08:37:45 ID:fQYM6EAF
狭義でいうと
神社に参るのは外道であって雑行とはいえない。
外道の神を信じているひとを内道に導くために
同じ雑行という言い方をされているわけだが
権社は今はないわけだし。

890 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 08:59:52 ID:yTBMzQVN
>>884
横レスだが
その昔、親父に他宗の寺や神社に行ったらどうしたらよいか質問した。
親父の答えは「南無阿弥陀仏と念仏しておけ」だった。

そのとき細かく理由は聞かなかったが、おそらく
大経や小経の中で十方諸仏は阿弥陀仏の名を讃え、一切衆生に称えよと勧めている。
だから、諸仏は自分の寺で南無阿弥陀仏と称えられることを喜ぶだろう。
また、親鸞聖人によると南無阿弥陀仏を称える者を、天神地祇は喜び影護するそうだ。
だから、神社でも南無阿弥陀仏と阿弥陀さんに称えておけ。
と、いうことだったんだろう。

阿弥陀仏は諸仏と敵対されているわけではない。
また親鸞聖人も御消息に
「よろづの仏・菩薩をかろしめまゐらせ、よろづの神祇・冥道をあなづりすてたてまつると申すこと、
 この事ゆめゆめなきことなり」
と書かれている。

「諸仏を敬うこと」と「諸仏を供養したり名を称える行によって弥陀浄土へ往生しようとする」ことは全く違う。
また、「諸仏を敬うこと」と「諸仏諸菩薩や天神地祇を崇めることで現世の利益を願う」ことも違う。
ついでにいうと、
「諸仏を供養したり名を称える行を回向することで、弥陀浄土へ往生しようとする」こと、と
「諸仏諸菩薩や天神地祇を崇めることで現世の利益を願う」は同じ雑行雑修だが厳密には分けられる。
上は五種雑行だが、下は五種雑行とは言えない。
同じと考えるとしたら選択集をよく読んでいないからだろうな。

891 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 09:42:53 ID:cAzCQucG
>>890
えっと、よくわからんが、クリスマスを極端に忌避する必要はないってこと?
いきなり何言い出すんだこいつとか思われそうだが。

892 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 10:27:25 ID:TV+xHnhv
>>891

さらに話をずらしてスマソですが、クリスマスってキリスト教からみても、
もともと異端だった教えとキリストの誕生日を合体しなんじゃなかったっけ?
サンタさんってもともとどこか地方信仰じゃなかったかな?
っていうか、今じゃあ、イエス・キリスト色よりもまマリア様色のほうが
強いような気がしますがどうでしょうか。

893 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 10:40:10 ID:TV+xHnhv
>>885
>いかにアンチが2chにマインドコントロールされているか検討しようかな?

期待((o(^-^)o))

894 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 10:48:33 ID:f2nIxx14
>>892
まあキリスト教の事情はおいといて。
クリスマスっていったところで、キリスト教の人でもない限り
「お祭り騒ぎする日」ぐらいの意味しかないのに、何であそこまで忌避するかな?と。
メリークリスマスは言わない、ってのならまだしも。
本筋と関係ないのでスルーよろ。

895 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 10:50:08 ID:jha2DcCX
>>892
まあキリスト教の事情はおいといて。
クリスマスっていったところで、キリスト教の人でもない限り
「お祭り騒ぎする日」ぐらいの意味しかないのに、何であそこまで忌避するかな?と。
メリークリスマスは言わない、ってのならまだしも。
本筋と関係ないのでスルーよろ。

896 :894=895:2005/11/15(火) 10:52:08 ID:jha2DcCX
おっと、二重投稿すまそ。

897 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:06:35 ID:vRXmh0R1
人間は生まれた瞬間から「生きる」という使命を課せられている。
何のため?そんな疑問は普段の生活であまり考えない。
生きていくことが当然だと思っているから。
でもたまに生きてくのに疲れたなぁと思うことがある。
(別に死にたいと思うんじゃなくて)こんな頑張らなくてもいいんじゃないかなぁと思ったりする。
そう思っても多くの人は実際に自分の人生を簡単にあきらめたりしない。
それは生きる目的をもっているから。


898 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:07:09 ID:vRXmh0R1
人間は生まれた瞬間から「生きる」という使命を課せられている。
何のため?そんな疑問は普段の生活であまり考えない。
生きていくことが当然だと思っているから。
でもたまに生きてくのに疲れたなぁと思うことがある。
(別に死にたいと思うんじゃなくて)こんな頑張らなくてもいいんじゃないかなぁと思ったりする。
そう思っても多くの人は実際に自分の人生を簡単にあきらめたりしない。
それは生きる目的をもっているから。


899 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:07:40 ID:vRXmh0R1
おっと、二重投稿すまそ。

900 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:47:18 ID:0wRX97x3
こっそりと900を取っておこう。

901 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:02:31 ID:vRXmh0R1
ばっちり901を取っておこう。

902 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:21:56 ID:ZRriVENr
>>887
マインドコントロールの本は読みましたよ。

903 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:36:13 ID:K0eGQNbX
>>900
ろりぽっぷ?

904 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:38:40 ID:DufKH3AD
浄土真宗は善知識の教えを聞け。悪知識に聞いても助からんぞという教えだから、
教祖絶対服従が当たり前だろう。善知識が琵琶湖を埋めよと言われたら
ハイと返事するのが浄土真宗だろ。なんでそれをカルト呼ばわりする馬鹿がいるのか?
勧誘だって善知識がそうしろと言っているから従うだけ。おかしくない。
これをカルトと言うのなら蓮如上人から代々続いてきた浄土真宗そのものを
カルト呼ばわりしている事になる。

905 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:50:39 ID:ayoMJZ1n
>>904
親鸞聖人や蓮如上人が、
機関紙や著書で、自分に絶対無条件服従せよ、と、
門徒に徹底されるようなことをしたか?

講師部員や学院生に、
「会長先生のご支持に無条件で従い…」と、
毎日2回唱和させるようなことをされたか?

自分への批判を徹底的に弾圧し、
批判するものを除名にして仏法聞けなくなるような事をされたか?

今一度良く考えて見たらどうだ?

906 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:52:23 ID:ayoMJZ1n
>904

>勧誘だって善知識がそうしろと言っているから従うだけ。

ウソ勧誘を許すような人間が本当に善智識なのか、
自分の胸に手を当ててよく考えてみてはどうか?
高森氏が善智識だって誰が決めた?
マイコンされてるだけだろ?

907 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:53:04 ID:TV+xHnhv
>>904
>教祖絶対服従が当たり前だろう。

T森氏って教祖だったの?

908 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 13:06:59 ID:D2QbFBKb
琵琶湖を埋めて何の意味があるんだよ。
そんな、わけのわからんことする者は善智識じゃない!

909 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 13:25:22 ID:EJFYIjFd
>批判するものを除名にして仏法聞けなくなるような事をされたか?

仏法を曲げて教えたものはどの時代でも義絶、破門されている。
善鸞しかり、奥州の浄祐しかり。



910 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 14:07:16 ID:ZRriVENr
>908
あまりご縁のなかった人ですか?

911 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 14:36:23 ID:PvJIeWXp
>>902

>>887
>マインドコントロールの本は読みましたよ。

現役会員の方でしょうか。

・どんなマインドコントロールの本を読まれたのか、教えて下さい。
・あと、その本には、マインドコントロールとは、如何なるものだと書かれていましたか?
・それらから、「親鸞会ではマインドコントロールは行われていない」と、立証してみてください。

期待しています。


お忙しければ、分かりやすく、簡単にでも、いいですよ。

912 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 15:13:13 ID:vRXmh0R1
自分のため。
それが最も平凡で最も単純で最も大きい。
でも、だからこそあきらめきれたりもする。
最も強く、最も深く、最も一生懸命に生きる理由は、誰かのため。
家族のため。友達のため。大好きな人のため。
そのためには、少しくらいつまづくことがあっても、立ち上がれる。
疲れたなと思っても、頑張ろうという気持ちが湧いてくる。
今進んでいる道が真っ暗でも、少し進めば明るく素晴らしい道が続いているように思える。



913 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 15:13:41 ID:vRXmh0R1
でも、もしその目的を見失ってしまったら・・?
目的だと思っていたものが、ただの幻だったとしたら・・?
それでも、人は生きることに頑張れるものなのかな??



914 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 15:14:18 ID:vRXmh0R1
何もかもが嫌だ。死にたい。
今は覚えていない事の方が多くなってしまった過去も、
今こうして克明に五感を刺激する現在も。
この先起こりうる可能性のあること全て未来も。

消えてしまえ。何もかも無くなれば良い。
人生にリセットボタンは無いが、電源スイッチはある。
これに手を掛ける事は案外容易い。

生きる目的って何ですか。
俺には無い気がする。
そもそもそんなものが無くても生きていかなくてはならないのか。



915 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 17:31:38 ID:kuoYChpq
いわゆる「対象喪失」ですね。小此木啓吾でも読んでみましょう。

悩むのは結構だが、すぐに命を放棄するような考え方に向かうのは健康的ではないですね。
私も工房のころは、ちょっとしたことがあると「死んだほうがマシじゃないか」とか
「生きてたって・・・」と考えてしまっていたが、
振り返ってみればそれは、目の前の不都合なことから逃避したり、
「俺ってこんなに悩んでるんだ」みたいな自己陶酔するための言い訳のような言葉だったと思っている。


916 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 17:55:17 ID:4vKfGlpS
親鸞会にいても同じような気持ちになりますけどね。

917 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 18:04:55 ID:kuoYChpq
思うんだけど、何だかs会の人って、人生語らせると必ず恨み節になってく希ガス。
しかも、誰に聞いてもおなじような言葉、同じような文句、同じような思考法。
自分の人生なのに、語らせれば他人から言われたことのオウム返し。

最近思うのは、そもそもこの「人生の目的」というタームを用い出したことが、
s会のカルト性(?)の出所となっているのではないかということ。
(組織体制とか勧誘時の引き込み方などは言うまでもないこととして)

そもそもT森会長だって、「人生の目的」を求めてK光会に入ったり、
独立した当初からこの言葉を使ったりしていたわけでもなさそうだし。
PCルームが閉まるので、今日はこんなとこで。

918 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 18:08:20 ID:vRXmh0R1
運命という言葉がある。
俺はこれを既に起こった過去に対してのみ使用出来ると思っている。
未来は常に不確定である程度の予測は可能であるが、
あくまで予測の域を出ない。
起こりうる可能性がたった、10の10乗分の1でも、無しとは出来無い。
神が居たとしても、未来に対する確実な予想は出来無い。
全ての粒子の未来は常にサイコロが振られ、その都度、次の行動がきまっている。
確定した運命など存在しないし、100%の予測は不可能。


だが、敢えて言う。
俺にはもう良い未来などやってこない。


919 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 18:08:55 ID:vRXmh0R1
もう駄目だ。
何も知りたくない、何も見たくない、何も感じたくない。

世界に対して、自分が干渉出来る事は本当に小さい。
それはもう目に見えないほどに小さい。
自分はとても小さい。

自分で自分を悪い方に持っていく事しか俺には出来ない。
やり方は分かっている、でも体が動かない。
もういやだ。


今まで傷つけてしまった人、ごめんなさい。

この世界へ、生まれてきてごめんなさい。




920 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 18:52:00 ID:33mpoHSo
豊臣秀吉 徳川家康
が好きなんだ

921 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:01:01 ID:TV+xHnhv
>>917
>最近思うのは、そもそもこの「人生の目的」というタームを用い出し
たことが、 s会のカルト性(?)の出所となっているのではないかと
いうこと。

その通りでしょう。
勧誘の第一の目標は「人生の目的はある」ことを信じさせることから
はじまったような気がします。

それを認めた途端に、次は「人生の目的は2つや3つ出ない、ひとつ
である」と認めさせ、ついで絶対の幸福以外をすべて相対の幸福とし
て相対化し、切捨させます。

ついでそのたったひとつの目的遂行のみが善として大きくクローズ
アップされます。洗脳が深まると、その目的遂行以外のあらゆる人生
模様はすべて色あせて見え、あるいは相対の幸福として今後の人生か
ら切り捨てられていきます。

ここでマイコンの第一段階は終了で、ついで第二段階で因果の道理と
後生の一大事の存在を信じさせることができればその解決を教えてい
るのはs会しかない、と信じ込まされてめでたく入会、というわけです。

922 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:27:02 ID:VR21kLwM
>「人生の目的はある」ことを信じさせること

人生には目的はないが意味はある?
人生には目的はないが生きる価値はある?

苦しんでも生きる価値がある人生なんでしょうか、この人生。

923 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:28:23 ID:PvJIeWXp
>>917
>思うんだけど、何だかs会の人って、人生語らせると必ず恨み節になってく希ガス。
>しかも、誰に聞いてもおなじような言葉、同じような文句、同じような思考法。
>自分の人生なのに、語らせれば他人から言われたことのオウム返し。

結局、親鸞会から与えられた「人生の目的」や「人生観」を自分の中から出てきたものと
錯覚しているのだと思う。

だから、自分の言葉で語れない。
「親鸞聖人の言葉」だから、曲げて伝えてはならない、というレベルでなく、
人生観について、しゃべらせても、会員はほとんど自分の言葉でしゃべれない、
というか自分の意見をもっていない。

「親鸞会の教義」に対して、
「では、自分はそれを聞いて、どう思ったか」
「自分はどのように考えているのか」
「自分はどんな意見をもっているのか」

これを一つ一つ聞き出してゆけば、マイコンから抜け出させやすいかと。それでも、かなりの時間はかかるが。
親鸞会会員を子供に持つ、親御さん、どうか参考までに。

親鸞会関係で被害を受けている人って、どれくらいいるのかなぁ・・・・ほんとに、かわいそうだと思う。

会員のみなさん、早く実態に気づいてね。

924 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:29:47 ID:VR21kLwM
>絶対の幸福以外をすべて相対の幸福として相対化し、切捨させます。

相対化するもなにも金や家族の愛情やいろんなものが
ずーっと続くと思っているひとのほうが少ないだろ。
ただそれを面と向かって自覚させられると
「ちょっときついなあ」って思いました。

925 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:32:54 ID:PvJIeWXp
>>922
>>「人生の目的はある」ことを信じさせること

>人生には目的はないが意味はある?
>人生には目的はないが生きる価値はある?

親鸞会が主張するような、唯一絶対万人共通の「人生の目的」なんて、
ないのではないか、ってことでしょうよ。

生きる価値は、一人ひとり、みんな価値を見出して、生きています。

少なくとも、一宗教団体に答えを与えられて、思考停止していたら、
あなたの人生、この先、めちゃくちゃになるよ。

親鸞会の教義を学ぶのもいいけど、もっと自分の言葉で自分の内面を語りましょう。


>苦しんでも生きる価値がある人生なんでしょうか、この人生。

で、あなたは、何がいいたいの?

926 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:38:19 ID:dfOZaZay
>>921
その次の段階では勧誘させる。
会の教える思考法が、信者の思考法に定着しているかどうかの試金石となる。
思考法が定着している人は、これにより単一の思考がより固定化される。
s会の勧誘員からかなり頻繁に聞いた言葉で、「もう○○としか考えられない」というのが印象に残っているが、
これは単一の思考法が固定化してしまったからだろう。

あとは、本当にそうだろうかと考えることに対して罪悪感を抱かせることも挙げられるかな。
勧誘されたことを親近者に話させないように仕向けるために
親に何でもいうのはマザコンっぽいなどと、相手を心理的に操作するのがマニュアル化されているのも
これに繋がるポイントだと思う。


927 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:39:28 ID:vRXmh0R1







あい

928 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:40:46 ID:VR21kLwM
>自分の意見をもっていない。

S会の意見に賛成すると「マインドコントロールされてる」
「同じことしか言わない」というアンチ。
会のことを良く言う元会員の存在は無視あるいは
「会員のなりすまし」にしてしまう。
会員の質問には満足な根拠もあげられず
せいぜい2chが根拠。
教学的にもでたらめ書いても反省なし。
アンチは自分たちの実態に気づいてね。

929 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:46:56 ID:TV+xHnhv
>>923
そうそう。
親鸞会の主張からいえば、唯一絶対万人共通の「人生の目的」を
信じてその遂行(光)に向かっている人生こそが意味があり、
それ以外の人生は、意味なし、敗残者、人間失格、と早期から
刷り込んでしまう、その点がおおきな問題かと思います。

>>922などは完全に刷り込み教育が完了していて、
他の人生観や選択肢があるなどとは受け入れられない状態なのでしょう。

930 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 19:54:12 ID:TV+xHnhv
>>928
>マインドコントロールの本は読みましたよ。

現役会員の方ですか? 
では、対話しましょうか?
マインドコントロールの関係の本読まれました?

・どんなマインドコントロールの本を読まれたのか、教えて下さい。
・その本には、マインドコントロールとは、如何なるものだと書かれて
いましたか?
・それらから、「親鸞会ではマインドコントロールは行われていない」と、
立証してみてください。

まだ読んでないのなら手遅れにならないうちにぜひ読んで見てください。
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/mc-bunke.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

931 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:07:43 ID:thsO+yuN
>>930
「マインド・コントロールとは何か」を読みましたよ。



932 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:16:08 ID:qHiroftm
>>891
ははは、宗祖がクリスマスを見たらどう思われるだろうねぇ?
キリスト教の神は天神地祇とは違うしね。
まあ、ケーキ買って、子供にプレゼントするぐらいならいいかもしれないけど、
教会に行ってお祈りするのは駄目だろうね。
(ノンクリスチャンでやる人は少なかろうけど)

>>892
ミトラス教の不滅の太陽の誕生日(冬至の日だね)を、キリストの誕生日に制定したそうだ。
主神ミトラス(Mitras)はマイトレイヤー、つまり弥勒の原型だという説もあるらしい。
ちなみに、プロテスタントは宗派によって異教起源だからクリスマスを祝わない。
たとえばエホバの証人にクリスマスはないんだと。
聖書原理主義者の皆さんはマリア崇拝も拒否している。

933 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:24:07 ID:e+8gwc6P
たぶん、釈尊が今生きてたら、キリスト教の神は
昔人間界を荒らし回ったが、のちに釈尊に出会い改心し
仏教を護る守護神となった的な挿話がつくられていると思う。

934 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:43:47 ID:PvJIeWXp
>>931

>>930
>「マインド・コントロールとは何か」を読みましたよ。

そうですか。では、その本を読んだのでしたら、以下の質問に答えてくださいね

・その本には、マインドコントロールとは、如何なるものだと書かれて いましたか?

・それらから、「親鸞会ではマインドコントロールは行われていない」と、 立証してみてください。

「親鸞会では、マインドコントロールなど行っていない!」と主張してみてください。

簡単なものでもいいですよ。待ってます。




935 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:52:48 ID:thsO+yuN
>>930
その本には、マインドコントロールとは、如何なるものだと書かれていまし
たか?

一言でいえば、薬物などを使用せず、心理操作によって操作者が思いの
方向に人を動かす手法だと理解しましたが。




936 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:54:47 ID:c5rne318
>生きる価値は、一人ひとり、みんな価値を見出して、生きています。

「生きる価値なし」として死んでいるひとも3万人毎年います。
このひとは見出せないひとが悪いみたいな言い方ですが
そういうつもりでしょうか?

937 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:57:38 ID:PvJIeWXp
>>928

>S会の意見に賛成すると「マインドコントロールされてる」
>「同じことしか言わない」というアンチ。
>アンチは自分たちの実態に気づいてね。

親鸞会のサークルに入部してから聞かされる、どう考えても、言葉で理解できない論理性を書いた説明を、
「これこそ大宇宙の真理」と徐々に新入生が思えるようになってゆくのは、親鸞会学友部の活動の中に、
教義の真偽に関係なく、思い込みを生じさせる要因があるからですよ。

詳しくは、ここを読みましょう。特に「2、信念の方法で思い込む過程」は、現役学友部員が読めば、
自分が親鸞会のサークルに勧誘された、その後の気持ちの変遷と、一致する人も少なくないのでは?

「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/


それとも、何か、このサイトに対して、意見ありますか?
論理的な意見。お願いしますね。


938 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:01:53 ID:c5rne318
>他の人生観や選択肢があるなどとは受け入れられない状態なのでしょう。

普通の感覚で納得できる「他の人生観」や「選択肢」をもたないのに
あるふりをしているのがおかしいと感じているだけです。
アンチは「生きる価値が仏教以外にある」ことを
大きな声で明らかにすればマインドコントロールなんて
ありもしないことを書かなくても
退会するひとがどんどん出るのは明らかなのに
なんでそれをしないんですか?
始めっから「知らないんじゃないか」って思われてもしかたないでしょ。

939 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:03:41 ID:PvJIeWXp
>>936
>>生きる価値は、一人ひとり、みんな価値を見出して、生きています。

>「生きる価値なし」として死んでいるひとも3万人毎年います。
>このひとは見出せないひとが悪いみたいな言い方ですが、そういうつもりでしょうか?

そんなこと、誰も言っていませんよ〜。
勝手に、早とちりして、相手の意見を決め付けないでね、親鸞会会員さん。

何でもすぐに、善か悪か、と二極化してしまう。
親鸞会の教義こそ、絶対と思う人によくみられる思考パターンだと、私は思っています。

もうちょっと、柔軟に物事を考えましょう。
世の中には、善か悪かで割り切れないものも、たくさんあると思いますよ。



940 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:10:23 ID:c5rne318
>勝手に、早とちりして、

別に早とちりしてませんよ。
善か悪かとも言ってませんし。決めつけないでとはこっちのせりふ。

批判するなら筋を通すべし。


941 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:10:40 ID:PvJIeWXp
>>938
>>他の人生観や選択肢があるなどとは受け入れられない状態なのでしょう。

>普通の感覚で納得できる「他の人生観」や「選択肢」をもたないのに
>あるふりをしているのがおかしいと感じているだけです。
>アンチは「生きる価値が仏教以外にある」ことを大きな声で明らかにすればマインドコントロールなんて
>ありもしないことを書かなくても退会するひとがどんどん出るのは明らかなのになんでそれをしないんですか?
>始めっから「知らないんじゃないか」って思われてもしかたないでしょ。

いや、親鸞会をやめても、立派に生きている人が、ごまんといるのが、
生きる価値や幸せが、「親鸞会に入信し、高森会長を絶対視する」以外にある証拠ではないでしょうか。

それとも、親鸞会をやめた人、親鸞会の教義なんて全然知らない人は、
みんな生ける屍なんですか〜。

「親鸞会の教義こそ、大宇宙の真理」って、言っている人のほうが、自分のことを「おれは幸せなんだ」って、
必死に思い込もうとして(勧誘のときとか)、だけど、それが完全にできず、疲れてるんでないの?

あなたのお話を聞いている多くの会員さんも、けっこう眠そうでしょ?
眠そうな人をおこすのに、大変だよね。指示棒たたいたり、寝てるやつを意識した言葉をうまく発して
起そうとしたり・・・。

ほんと、ごくろうさまです。

942 :誘導:2005/11/15(火) 21:11:27 ID:G7SXMDpi
議論の最中のようですが、スレが埋まったら次はここです。
親鸞会白書
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131793343/

943 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:14:10 ID:PvJIeWXp
>>938

>マインドコントロールなんてありもしないことを書かなくても

マインドコントロールは、ありもしないことかな〜?

「引き離し対策」とか、「親カット」「兼部カット」なんて、マニュアルにまで書いて、新入生同士への
情報操作を組織ぐるみで、必死で行っていることが、
「親鸞会でマインドコントロールが行われている」ってことの事実なんじゃないかな〜。



944 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:16:27 ID:DufKH3AD
親鸞会がどうして相対の幸福をゴミと言うかわからない馬鹿アンチが大勢いるみたいだな。
俺達人間は知らず知らずの内に、『価値が無い物』を『価値がある物』にメディアに
マインドコントロールされてしまっているんだよ。
人生の根本問題には『死』がある、これがあるのに世間の人々、馬鹿アンチどもは
親鸞会を批判する。お前らの頭は『死』が抜けてるんだよ。
サラリーマンが降格されて鬱病になったり、彼女にふられた男が人生に何も希望が持てないと
惰性の毎日を送ったり。本来はこんなものはどうでもいいこと。
降格?彼女にふられた?そんなもん『死ぬこと』に比べりゃ実に他愛ないこと。
それを世間の若者達は分かっていないから、相対の幸福を求めて傷つくから、
そんな若者を救おうと親鸞会は活動しているのだ。その為にはダミーサークルだろうが
なんだろうが、くだらない物(彼女、会社、名誉)を求めて裏切られる彼らを救うことが
最も大事な事だ。批判など知ったことか。

945 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:19:02 ID:c5rne318
>「これこそ大宇宙の真理」と徐々に新入生が思えるようになってゆくのは

徐々に思えるようにということは合点して行くということでしょう。
地動説を初めて聞いたひとが「そんなバカな」と思っていたのが
教育が進んでみんな納得できるようになった。
ただそれだけのことでは?


946 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:19:15 ID:G7SXMDpi
>>944
釣れますか?まあこんなこと考えてる馬鹿な会員いそうだけど。

947 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:19:49 ID:thsO+yuN
>>941
あまり感情的な書きこみをするのはやめましょう。

948 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:21:31 ID:c5rne318
>>941
>立派に生きている

立派に生きてるなら犬や猫だって立派に生きてるよ(藁)

949 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:21:59 ID:PvJIeWXp
>>940

>>勝手に、早とちりして、

>別に早とちりしてませんよ。
>善か悪かとも言ってませんし。決めつけないでとはこっちのせりふ。

そうでしたか。それは私の早とちりでした。すみませんね。
あなたの質問には、「そんなつもりはありません」と答えておきましょう。


>批判するなら筋を通すべし。

あなたは、「マインドコントロールなんてありもしない」と言っていますが、
以下のサイトに書かれているように、親鸞会の学友部の活動を続けてゆくと、
「教義の真偽に関係なく、思い込みを生じさせる要因がある」と思われます。

これを私は、マインドコントロールだと思っています。

「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/


あなたは、どう思いますか?
「引き離し対策」とか、「親カット」「兼部カット」なんて、マニュアルにまで書いて、新入生同士への情報操作を組織ぐるみで、必死で行っていることは、
マインドコントロールではないのでしょうか?どう考えても、この行為は普通じゃないですよね?

それとも、このサイトに何か意見はありますか?

あなたがいう通り、★筋を通して★批判して下さいね。



950 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:23:03 ID:DufKH3AD
どこにでもいる一般人が、ベッカムやペヨンジュンを誤ってひき殺してしまったら、
世間は物凄い罵倒浴びせるだろう。加害者は自殺するかもしれない。だけどなぁ、
ベッカムやヨン様なんて、メディアが勝手に作り上げた虚像で、本来ただの人間であり、
一生悪しか造れない人間にすぎん。そんなものを価値あると思って熱狂的な
ファンになる者がたくさんいる。そして裏切られて傷つき、自殺する。
ただの1人の人間を、大スターの様に見せかけたメディアの責任は重い。
そんな幻を追いかけて、一体どれほどの人間が自ら命を絶っただろう。
親鸞会はそんな迷える人々を救うため、全力で活動しているのだ。
迷っている人間を救うため、どんな手でも使う。目を覚まさせてやろうと努力しているのだ。

951 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:24:18 ID:thsO+yuN
>>949
マインドコントロールですか?
当てはまる部分もあれば、そうでない部分もあるのでは?

952 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:27:26 ID:PvJIeWXp
>>945
>>「これこそ大宇宙の真理」と徐々に新入生が思えるようになってゆくのは

>徐々に思えるようにということは合点して行くということでしょう。地動説を初めて聞いたひとが「そんなバカな」と思っていたのが
>教育が進んでみんな納得できるようになった。ただそれだけのことでは?

いえ、そういう意味ではありません。
言葉で論理的な説明を受けて、合点(論理的に理解)できればいいのですが、そうではありません。

以下のサイトに書かれているように、「長期的な思い込み」を生じさせる要因が、親鸞会学友部の活動の中に、多々あるということです。

詳しくは、以下のサイトを御覧下さい。特に、「2、信念の方法で思い込む過程」

「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/

(しつこいと思う人へ、すみません。でも、これ読んだら、面白いですよ。特に学友部の新勧を体験したことのある人は)

953 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:28:57 ID:PvJIeWXp
>>951

>>949
>マインドコントロールですか?
>当てはまる部分もあれば、そうでない部分もあるのでは?


あなたは、親鸞会の活動の中で、どんな部分があてはまり、どんな部分は当てはまらないと思いますか?

954 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:29:23 ID:PD7Cl4CC
>2chでのマインドコントロールとやらが如何なるものか。
>学術文献やその手の研究書を読んできちんと考察してみては?
じゃあ考察してみようか。
なんかお勧めがあるなら教えてくれ。

>『親鸞会はマインドコントロールなんてしていない!』
>という信念が崩壊しますよ。
とりあえず俺は、別にそんな信念もっとらん。
「すべての人はマインドコントロールされている」という部会を聞いたこともあるし。
で、心がコントロールされること自体は善でも悪でもないだろう。
だから、定義次第だろうな。
学術的に明確な定義があるなら根拠と共に示してくれたらいいんじゃないの。

>親鸞会の教義が大宇宙の真理という信念が如何に作られたか、
>マインドコントロールを学ぶことは今の親鸞会の勧誘方法を真剣に見直すきっかけになるし、
>また、自分の宗教的信念を客観的に見るきっかけになる。
弥陀の調熟の光明によって聞法心を育てられるんだよ。
客観的だね。

>そうすれば、あなた方の独善的で視野の狭いものの見方も変わってくるでしょう。
それなら、君がまず先にそういう見本を示さないとな。
説得力ないよ。

955 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:32:35 ID:vRXmh0R1
がごあせあklせろだうs?ぁおえrがう

956 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:33:50 ID:thsO+yuN
>>953
MCなんてどこでも行われていると思います。
新聞もテレビもMCの一種でしょう。
つまり主観が入っているものはたいていがMCになりえるってことです。
悪い物をMCで信じてしまえば、誤った考えを信じてしまっているということです。

957 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:38:59 ID:PvJIeWXp
>>954

>>2chでのマインドコントロールとやらが如何なるものか。
>>学術文献やその手の研究書を読んできちんと考察してみては?

>じゃあ考察してみようか。なんかお勧めがあるなら教えてくれ。

「マインドコントロールとは何か」 西田公昭著 紀伊国屋書店
「マインドコントロールの恐怖」  スティーヴン・ハッサン著 恒友出版
「マインドコントロールからの脱出」 パスカル・ズィヴィ著 恒友出版

など、お手ごろで読みやすくていいと思いますよ。
あと、親鸞会被害者の会とか、全国に親鸞会の活動によって、被害を受けている人たちがいるから、
それらの人たちの声を、真剣に聞いてみるのもいいと思います。

親鸞会が悪の権化とは、思っていませんが、世の中には、親鸞会のせいで泣いている人も数多くいることを知り、
それらの人の言葉に耳を傾ける努力をすることが、
親鸞会でマインドコントロールが行われているのでは?ということを研究するために、
大変、貴重な経験になると思います。

努力しましょうね。


958 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:42:09 ID:PvJIeWXp
>>956

>>953
>MCなんてどこでも行われていると思います。新聞もテレビもMCの一種でしょう。
>つまり主観が入っているものはたいていがMCになりえるってことです。
>悪い物をMCで信じてしまえば、誤った考えを信じてしまっているということです。

いや、親鸞会の活動について、聞いてるんですけどね・・・。あなたが、

>マインドコントロールですか?
>当てはまる部分もあれば、そうでない部分もあるのでは?

と言ったので。
あなたは、親鸞会の学友部の活動を経験した人ですか?



959 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:43:07 ID:vRXmh0R1
んxlvzsんをあいえがんsどあk

960 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:45:20 ID:PD7Cl4CC
>「マインドコントロールとは何か」 西田公昭著 紀伊国屋書店
>「マインドコントロールの恐怖」  スティーヴン・ハッサン著 恒友出版
>「マインドコントロールからの脱出」 パスカル・ズィヴィ著 恒友出版
情報サンクス。
で、定義はないの?
学会等でコンセンサスが得られたようなやつ。

>あと、親鸞会被害者の会とか、全国に親鸞会の活動によって、被害を受けている人たちがいるから、
>それらの人たちの声を、真剣に聞いてみるのもいいと思います。
それどこにあるの?

>親鸞会が悪の権化とは、思っていませんが、世の中には、親鸞会のせいで泣いている人も数多くいることを知り、
>それらの人の言葉に耳を傾ける努力をすることが、
>親鸞会でマインドコントロールが行われているのでは?ということを研究するために、
>大変、貴重な経験になると思います。
そうか。言いたいことは分かったよ。
じゃ次に、↑の「親鸞会」をそのまま「アンチ」に読み替えて読んでみてくれ。

961 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:46:17 ID:vRXmh0R1
仏教ファンです。
仏教とは基本的に、何かを信じる宗教ではなく、何かを探す、そして、何かを見つける宗教だとおもいます。
釈尊は、その原理、方法、結果などを説き、悟りに至るのは、あくまでもその個人次第ということになると思うのです。
初期の仏典を読んでいると、「滅せよ、、]などという言葉が沢山出てきて、「そんな、無感情な人間にはなれないし、なりたくない、、」などと思っていました。
しかし、読み進めるうちに、「滅せよ、、」などという言葉が、別の意味を持っていることがわかったのです。
釈尊時代の言葉では、「滅せよ、、」という言葉が、「コントロールする]という意味にも使われていることを知りました。
「馬を滅する」と言ったら「馬を乗りこなす]と言う意味に使われていたんだそうです。
納得できました。
私が仏教好きな理由は、仏教が、絶対唯一神を信じる宗教とはちがい、この世の物のあり方などについて探求する、宗教と言うより、哲学に近いところです。
「縁起の法」や、最後の説法の、「法灯明、自灯明」などは、仏教と言う宗教の教義ではなく、人間の真理のように思えます。

962 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:46:34 ID:PvJIeWXp
>>954

>>親鸞会の教義が大宇宙の真理という信念が如何に作られたか、
>>マインドコントロールを学ぶことは今の親鸞会の勧誘方法を真剣に見直すきっかけになるし、
>>また、自分の宗教的信念を客観的に見るきっかけになる。

>弥陀の調熟の光明によって聞法心を育てられるんだよ。
>客観的だね。


PD7Cl4CCさんは、どうして、「親鸞会の教義が大宇宙の真理という信念が作られる」ことを、
「弥陀の調熟の光明によって聞法心が育てられているからだ」と理解できるのですか?

客観的に分かるように、説明してもらえませんか?


963 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:48:53 ID:thsO+yuN
>>958
あなたはMCとは何だと考えますか?
MCはいいものですか?悪いものですか?

964 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:50:09 ID:vRXmh0R1
仏教で説く業(ごう)は、サンスクリットでカルマ(行為)という意味です。
人の行為をカルマと呼び、善行も悪行もともにカルマです。

悪因悪果、善因善果のカルマの法則は、原始仏典で、すでに説かれています。
その意味で、釈尊その人が説いたといえるでしょう。
後世、いささか悪のみ強調されましたが、良いことをして良い結果を生むのも
カルマの法則です。
それと、これは重要なことですが「縁起の法則」も興味があればネットで検索して
みてください。カルマの法則とはすこし違うのですが、重要な教えです。

965 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:50:37 ID:PvJIeWXp
>>960

>情報サンクス。
>で、定義はないの?学会等でコンセンサスが得られたようなやつ。

うーん、私はあまり専門家でないので、知りません。すみませんね。


>>あと、親鸞会被害者の会とか、全国に親鸞会の活動によって、被害を受けている人たちがいるから、
>>それらの人たちの声を、真剣に聞いてみるのもいいと思います。
>それどこにあるの?

あなたのまわりには、おられませんか?
あなたは、親鸞会会員さんですか?支部会員、それとも学友部員?それとも、講師部員?


>>アンチが悪の権化とは、思っていませんが、世の中には、アンチのせいで泣いている人も数多くいることを知り、
>>それらの人の言葉に耳を傾ける努力をすることが、
>>アンチでマインドコントロールが行われているのでは?ということを研究するために、
>>大変、貴重な経験になると思います。

>そうか。言いたいことは分かったよ。
>じゃ次に、↑の「親鸞会」をそのまま「アンチ」に読み替えて読んでみてくれ。

読み替えてみましたよ。
すみません、よく分からないのですが、何を言われたいのですか?
分かるように教えて下さい。



966 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:50:54 ID:vRXmh0R1
いろいろHP回っていましたら、おもしいHPがありました。
ttp://sapporo.cool.ne.jp/nichiren/meiso.htm
ところで釈迦は、
「人間にはどうしてもわからないことがある。わからない事はわからないと認める
心もだいじなのだ」
と、いうような意味の事を弟子に言ったと、どこかのHPで見たような気がするのですが、
その時の文言を詳しく知っている人いませんか?

967 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:57:20 ID:PD7Cl4CC
>PD7Cl4CCさんは、どうして、「親鸞会の教義が大宇宙の真理という信念が作られる」ことを、
>「弥陀の調熟の光明によって聞法心が育てられているからだ」と理解できるのですか?
>客観的に分かるように、説明してもらえませんか?
今更だけど、君の言う客観て何? 君が納得するかどうかが基準なの?
とりあえず仏教学的に説明しよう。
我々の心に「弥陀の本願が真実」という心(仏法を尊く思う心であり、聞法心につながる)
が起きてくるのは、弥陀のお育てにあずかっているからなのだ。
以上。

>あなたのまわりには、おられませんか?
普通の会員だけど、「被害者の会」がどこにあるの?って聞いてるの。
そんなのまわりにないよ。聞いたこともない。

>すみません、よく分からないのですが、何を言われたいのですか?
>分かるように教えて下さい。
ああ、そうか。
2chにマインドコントロールされているアンチに被害を受けている人がいるって
言ってるのだよ。(君がどうかは別の問題として。)

968 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:58:55 ID:PvJIeWXp
親鸞会の皆さんへ

ちょっと、用事ができ、少しだけ席をはじすますね〜。

以下の質問に、できたら答えてね♪


>親鸞会のサークルに入部してから聞かされる、どう考えても、言葉で理解できない論理性を書いた説明を、
>「これこそ大宇宙の真理」と徐々に新入生が思えるようになってゆくのは、親鸞会学友部の活動の中に、
>教義の真偽に関係なく、思い込みを生じさせる要因があるからですよ。

>詳しくは、ここを読みましょう。特に「2、信念の方法で思い込む過程」は、現役学友部員が読めば、
>自分が親鸞会のサークルに勧誘された、その後の気持ちの変遷と、一致する人も少なくないのでは?

>「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
>http://homepage1.nifty.com/you/


>それとも、何か、このサイトに対して、意見ありますか?
>論理的な意見。お願いしますね。


969 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:08:39 ID:35pm6uvk
>>967
>我々の心に「弥陀の本願が真実」という心(仏法を尊く思う心であり、聞法心につながる)
>が起きてくるのは、弥陀のお育てにあずかっているからなのだ。

反論ご苦労様です。
じゃあ親鸞会が使っているような、引き離し対策、ウソつき勧誘、等も、
弥陀のお育てということでしょうね。

あと、親鸞会のやめた人のかなり多くの人が、
まるで夢から覚めたように「あれはマインドコントロールだった」と言っていますが、
これも弥陀のお育てなんでしょうかね。

>普通の会員だけど、「被害者の会」がどこにあるの?って聞いてるの。
>そんなのまわりにないよ。聞いたこともない。

あらご存じないのですか。
じゃあ弘宣部のW弘宣部長に聞いてみてください。知ってるから。
所属弁護士が誰かまで把握しているはずですから。

>2chにマインドコントロールされているアンチに被害を受けている人がいるって
>言ってるのだよ。

2ちゃんねるのマインドコントロールって具体的に何ですか?
親鸞会の場合は公開されている勧誘マニュアルなどから分かるんですが。
面白い人ですね。

970 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:08:51 ID:thsO+yuN
>>968
PvJIeWXpさんもたまにはこちらの質問に答えてくださいね。
あなたはMCとは何だと考えますか?
MCはいいものですか?悪いものですか?

971 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:15:52 ID:35pm6uvk
「親鸞会の教義は大宇宙の真理」
「高森顕徹会長は唯一絶対の善知識」
という信念が、マインドコントロールじゃなくて、弥陀のお育てによるものなら、
どうしてこうも親鸞会の勧誘方法が、
マインドコントロール理論そのままなんでしょうかね。
そして、どうしてこうも「統一教会」や「摂理」と似ているんでしょうかね。
http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/carp_acts.pdf

そういえば、統一教会でも、
「君たちが文先生をメシアと信じることが出来たのは、神の偉大な導きによる」
といって、信者向けにマインドコントロールを否定し、
さらに面白いことに、
「マインドコントロールに善幕はない。
 真理に対してマインドコントロールを使うのは神の意志」
と言っているんだそうですね。

どうも私の知っている「親鸞会」の会員の皆さんの主張は、
「統一教会」とそっくりですね。
ビックリします。面白いですね。

972 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:19:01 ID:thsO+yuN
>>969
「被害者の会」がどこにあるかご存じないのですか。
所属弁護士が誰かまで把握しているはずですから。

随分詳しいのですね。

973 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:19:26 ID:PD7Cl4CC
>反論ご苦労様です。
は? 君ダレ?

>じゃあ親鸞会が使っているような、引き離し対策、ウソつき勧誘、等も、
>弥陀のお育てということでしょうね。
配慮のことですかな。
人の仏縁を念じずにおれなくなるのは、間違いなくお育てだね。

>あと、親鸞会のやめた人のかなり多くの人が、
>まるで夢から覚めたように「あれはマインドコントロールだった」と言っていますが、
>これも弥陀のお育てなんでしょうかね。
これは多分違うね。仏法を聞かなくなった人のことだろうから、
むしろ逆だね。

>2ちゃんねるのマインドコントロールって具体的に何ですか?
具体的に?
君らが言っていることを、君らは正しいと信じている。
自分の中から出てきたものだと思っている。
しかしその実態は、選択的に与えられた一部の情報によって大きく偏ってしまったって
ことだよ。

974 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:19:52 ID:PvJIeWXp
もどりました、すみませんね。


>>970

>>968
>PvJIeWXpさんもたまにはこちらの質問に答えてくださいね。
>あなたはMCとは何だと考えますか?

私がここで言っているのは、カルトと呼ばれる組織集団などがおこなう、精神操作の技術のことでしょうか。
専門的なことはよく分かりませんが。


>MCはいいものですか?悪いものですか?

それは、一概にいいとか、悪いとか、言えないのではと思いますが。

しかし、人生に少なからず影響を与える「信仰の選択」において、
「教義の真偽に関係なく、思い込みを生じさせる要素のある活動」はいかがなものかと、思いますが。
いかがでしょうか?


あなたの質問にもいろいろ答えてますので、あなたや、c5rne318さん、また、PD7Cl4CCさんも、
私の質問に答えて下さいね。


「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/

の管理人の意見について、どう思いますか?


975 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:21:41 ID:35pm6uvk
ああ、そうそう。追加しますね。

昔オウムのジョウユウさんが、テレビで討論会に出たときに、
「オウムが犯罪集団だという人達は、メディアにマインドコントロールされているんだ」
と言っていたんだそうですね。
なんか「2ちゃんねるのアンチは云々」といっている、
親鸞会の人と似ていますね。
気のせいでしょうかね。

「マインドコントロールしてない」
「してるが、真実だから良いのだ」
「マインドコントロールじゃなくて、弥陀のお導きだ」
「お前達が2ちゃんねるにマインドコントロールされているのだ」

って言っている人達へ。
カルト宗教問題を研究している人達は、あなた方のそういった反論を見て、
「やっぱり親鸞会もカルトだな。」
と思っているんですよ。

そして、数多くの統一教会などのカルト宗教の信者と接した体験から、
「親鸞会も同じだな」と判断するわけです。

少なくとも「マイコンしてない」って言うのなら、
嘘勧誘はやめましょうね。

976 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:22:41 ID:PvJIeWXp
>>すみません、よく分からないのですが、何を言われたいのですか?
>>分かるように教えて下さい。

>ああ、そうか。
>2chにマインドコントロールされているアンチに被害を受けている人がいるって 言ってるのだよ。
>(君がどうかは別の問題として。)

アンチに被害を受けている人って、どんな人ですか?
どんな被害を受けているのか、よければ、分かる範囲で教えてもらえませんか?

977 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:26:28 ID:vRXmh0R1
あたし達の部屋は毎日毎夜様々な訪問者がやってくる。
モノを届けにきてくれたり、一通り悩みを打ち明けて帰っていったり、
いつまでも帰らない子猫達もいる。
たまに招かれざる客が、いつまでも呼び鈴を鳴らしてたり、電話も同時に鳴らしたり、
そのうちにドアを蹴りはじめたりして、いろいろと騒がしく忙しい。

この部屋はひっくりかえしたダンボール箱。六本木の隅っこにある。
なにがどうなってるのかあたし達にもわかんない。

静かにしたくなるとあたし達はみんなで八ヶ岳のキャビンに出かけて星を見てる。
そこでは、星が見えるからなんにもいらなくなるの。





978 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:26:42 ID:PvJIeWXp
>少なくとも「マイコンしてない」って言うのなら、
>嘘勧誘はやめましょうね。

もし、私が親鸞会会員で、「親鸞会でマインドコントロールなんて行われていない」と言いたいとしたら、

以下のサイトの、「2、信念の方法で思い込む過程」や、その後をよく読んで

「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/

そして、「反証不能な因果の道理の真実性」や、どうも言葉で説明できない論理性を欠いていると思われる
「親鸞会の教義」の部分を、新入生にもきっちり説明できるようにするが。




979 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:26:54 ID:vRXmh0R1
私はいつも死にたいと思っています。でも、死ぬのが怖くて死ぬ勇気がありません。
なぜ死にたいかというと何の為に生きているかが分からないからです。
目的もありません。
楽しいこともありません。好きな人もいないし好きなものもありません。
いやなことばっかしです。
死にたいと思ったことはありませんか?
死にたいと思ったことのある人にどうして今生きているのか聞かせて欲しいです。
死にたいと思ったのに生き延びているという人、経験談を聞かせて下さい。


980 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:27:04 ID:35pm6uvk
>>973
>配慮のことですかな。
>人の仏縁を念じずにおれなくなるのは、間違いなくお育てだね。

はぁ、配慮でしたか。これは失礼致しました。
この顕正虎の巻に、
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf
「真実の仏法を伝えるために方便としてウソをついている」
と書いてあったもんですから、ウソかと思いまして。
失礼を致しました。

でも、このやり方も主張もオウムや統一教会とクリソツ(死後)だから、
社会の皆様に同類の団体だって誤解されないように、ちゃんと、

「親鸞会が正体を偽って勧誘しているのはウソじゃありません。
 これは真実の仏教をお伝えするための配慮なんです(はぁと)」

と公式ホームページかなんかに書いておいたらいいね。

それが出来ないのはやっぱり後ろめたい所があるかな?うきゃっ

981 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:27:21 ID:vRXmh0R1
私は、小学生の頃から死にたいと思い続けてきました。
毎日「死」を意識しない日は、なかったです。
どうして死にたいと思ったのか、生きている意味がないからです。
幼心に感じる自分の存在というものは、紙切れと同じように思えました。
高校生位になると、実行にうつす事が何回もありました。
そうです。「自殺」です。手首を切ったりして、何回も。
でも、ここで重要なのは、軽く切っていたという事です。たいした傷にならないように。無意識に「生」に対する執着があったんでしょうね。
いえ、本能ともいうべきでしょうか。違う見方をすれば小心者だと言えますね。
私は、この後何回も自殺をはかりましたが、すべて上手くいきません。
自分自身でどうして「死ぬ」事ができないのか悩む事になりました。



982 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:30:31 ID:vRXmh0R1
おかしな話しですが、いくら理由をならべても自分自身では、腑に落ちないからです。
何かがある。生きている環境は、最悪といっていいほどの状況でしたし、生きていても希望や未来は、見えないからです。
見えてきた答えは、死んだら楽になれるけれど、逃げているだけで、解いている問題を途中で投げ出して、また生まれ変わりをした時に、同じ問題を解く事になるだろうと考えました。
私は、死後の世界や輪廻転生を信じていましたので、これが大きなきっかけとなりました。
自分の状況も見方を変えれば、違う世界になるはずだ。私が悪いと思うとそんな世界ができてしまう。
現実を創造をしていくのは、自分だし、私が変われば今も未来も変わる。



983 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:32:47 ID:PD7Cl4CC
>どうも私の知っている「親鸞会」の会員の皆さんの主張は、
>「統一教会」とそっくりですね。
>ビックリします。面白いですね。
うんうん、そう思いたい君の気持ちはよく分かる。
どうして君はそう思ってしまうのか。そこをつきつめて考えれば、
マインドコントロールされたアンチの実態が分かると思うよ。

>「親鸞会の教義は大宇宙の真理」
>「高森顕徹会長は唯一絶対の善知識」
>という信念が、マインドコントロールじゃなくて、弥陀のお育てによるものなら、
「弥陀の本願は大宇宙の真理」だと言ってくれないかな。
真実を占有物のように言っているみたいで、誤解を招く。
ちなみに、調熟の光明は弥陀による「マインドコントロール」だと思うよ、俺は。

>「オウムが犯罪集団だという人達は、メディアにマインドコントロールされているんだ」
>と言っていたんだそうですね。
オウムは犯罪集団でしょ。法律的に見て、明らかに犯罪をがんがん作ってる。
だから、そんなオウムがテレビを中心とするメディア等を批判しても全然説得力がない。
違和感が生じるだけだ。

そういう構図だ。全然似てないな。

984 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:32:49 ID:35pm6uvk
>>973
>>あと、親鸞会のやめた人のかなり多くの人が、
>>まるで夢から覚めたように「あれはマインドコントロールだった」と言っていますが、
>>これも弥陀のお育てなんでしょうかね。
>これは多分違うね。仏法を聞かなくなった人のことだろうから、
>むしろ逆だね。

あらあら。弥陀のお育てって仏教を聞かなくなった人にも、
等しくかかっていると親鸞会ではお聞きしたんですけどねぇ。

>君らが言っていることを、君らは正しいと信じている。
>自分の中から出てきたものだと思っている。
>しかしその実態は、選択的に与えられた一部の情報によって大きく偏ってしまったって
>ことだよ。

面白い方ですね(ぷっ)
少なくとも私は、あなたみたいに親鸞会で働き、親鸞会の人とばかり話をし、
親鸞会という閉じたコミュニティでしか生きられない人と随分違う境涯におりましてね、

親鸞会の内部情報も、2ちゃんねるの書き込みも、
親鸞会をやめた人の姿も、その本音も、聞き、
多くの宗教学者、社会心理学者とも会い、
その著作も大量に読んでいるんですが、何か?

悪いけど殆どの宗教学者は親鸞会を「カルト」と言っているわけですが、
これらの人はどこでどうやってマインドコントロールされたのかなぁ?

985 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:33:02 ID:0wRX97x3
>>981
それ、あんた自身のことか?
不謹慎なコピペはやめろよ。

http://www.asahi-net.or.jp/~yi9h-uryu/bord/toikake98-4-sinitaitoki.htm
ご投稿5  (1998. 6.20)

986 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:34:27 ID:vRXmh0R1
ですが、おもしろい話し。最近付き合っていた人に急にふられ、自殺を考えていたりしました。
大事な存在を失うわけですから、私にとって大きい事だったのですよ。
でも、その人を忘れていくに従って、そんな人のために自殺するのがあほらしくって。
私の性格からすれば、もともと楽観的な所があるから、プラスに考える事ができるけれど、もし何に対しても追いつめる方だったら、あの世いきだったかもしれません。
そんな私を支えてくれているのは、やはり、大きな存在なのかもしれませんね。こうして生かされているのですから。



987 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:35:05 ID:vRXmh0R1
生きていくのがいやになって、自殺未遂を何度も繰り返しました。でも死ねないんですよね。
友人とそんな話をしていたら「それは死にたいんじゃなくて、生きていたくないんだよ」 なるほどと思いました。
陸上にいるときは死にたいと思っても、ダイヴィングして水深30mのとこにいたら、 必死にレギュレーターを加えてる自分がいます。これをはずしたら死ねるはずなのに・・・
なぜ人間は生きてるかは分からないけど、本当は人間死にたくないんだな、と思います。



988 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:35:50 ID:vRXmh0R1
最愛の主人に、突然先立たれたとき、正直言って死にたいと思いました。

いえ、死のうと思いました。どうやって死のうか、とまで考えました。

でも、その時に私のお腹の中に、待ち望んでいた彼との間の子どもが育っていたので死ねませんでした。思いとどまりました。

それでも、主人が死んだという現実を改めて思い知らされたとき、気が狂うほどの切なさが襲い、「彼を返して!連れてきて!」と絶叫してしまっていました。
もうどうでもいいここから逃げたい、こんな現実から逃げたい、と。



989 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:36:43 ID:35pm6uvk
>>983
ぷぷっ

>法律的に見て、明らかに犯罪をがんがん作ってる。

うひゃひゃひゃ
ああははは
宗教団体でありながら宗教じゃないってウソついて勧誘しているのは、
犯罪じゃないの?
身分詐称は犯罪じゃないの?

最高裁ではっきりと「憲法違反であり、違法」と判決が出ているのに?
笑いが止まらん。
親鸞会の人がみんな君みたいな盲目だとは思わないけど、
ここまで恥知らずな事を書き込まれると、
もう、はらわたがよじれる(^^)

990 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:37:15 ID:PvJIeWXp
親鸞会会員のみなさーん、私の質問にも答えてくれ〜。

「親鸞会について考えるページ ジャンヌ」
http://homepage1.nifty.com/you/

の管理人の意見について、どう思いますか?


親鸞会の会員って、この管理人の意見に対して、論理的に批判できる人いないのかな?
聞いてみたい気がする。ワクワク。

以前、ジャンヌに対して、「結論がでてね〜でやんの〜」とか、
あまり意味のない反論を、数人の会員らしき人が書いていましたが、
ジャンヌの管理人の意見に対して、親鸞会会員の、論理的な意見を一度聞いてみたい。



991 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:37:37 ID:vRXmh0R1
その時、母が言ってくれた一言で我に返ることができました。

「殺してあげようか?」

私が死んだらこの子も死ぬ。
せっかく授かって、一生懸命生きようとしている小さな命を 奪えない。そう思った。そしてそれから頑張った。
この子だけを支えに生きてきた。いろんなしがらみに目をつぶって・・・。

 

母と子どものおかげで生きています。

今、その子も産まれて一ヶ月経ちました。

何か一つでも支えになるものさえあれば、思いとどまれるってこと実感しました。

 


992 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:38:55 ID:vRXmh0R1
動転、動転、動転
またものすごーく腕を切りたくなってしまった。
がんばれ、がんばれ、切っちゃダメ。

なので、冷静に自己分析。
カウンセラーは自分を罰するために腕を切っている、と診断した。
たしかに、私が腕を切りたくなるときは、
「もうがんばれない」と思うときかもしれない。
「もうがんばれない」と思ってしまった自分を
「だめだよ、がんばんなきゃ」と罰したくなるのかな。

でも、もうがんばれないよ。
これ以上がんばんなきゃ幸せになれないといわれたら壊れてしまいそう。

どうして上手くいかないのかな。
心から好きになれる人と一緒になりたい、それだけを望んでいるのに。



993 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:39:24 ID:thsO+yuN
>>973
MCは、一概にいいとか、悪いとか、言えないのではと思いますが。

いいとも、悪いとも言えないということですね。
では、S会にもMCがあるとして、その中にいいMCと悪いMCがあると思いますか?

994 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:40:01 ID:vRXmh0R1
よければこの辺の本読んでみて下さい。
全部入手し易い文庫本です。品切れ、絶版もあるかも。

講談社学術文庫

『 古代インド 』 中村元 著
『 インド仏教の歴史―「覚り」と「空」 』 竹村牧男 著
『 龍樹 』 中村元 著
『 空の思想史―原始仏教から日本近代へ 』 立川武蔵 著
『 ゴータマ・ブッダ 』 早島鏡正 著
『 仏陀の観たもの 』 鎌田茂雄 著
『 仏陀のいいたかったこと 』 田上太秀 著
『 仏教の根底にあるもの 』 玉城康四郎 著
『 釈尊のさとり 』 増谷文雄 著
『 仏陀のおしえ 』 友松円諦 著
『 仏教民俗学 』 山折哲雄 著
『 仏教の来た道 』 鎌田茂雄 著
『 仏教信仰の原点 』 山折哲雄 著
『 密教の哲学 』 金岡秀友 著



995 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:42:15 ID:vRXmh0R1
岩波文庫

『 仏教 上 』 ベック 著
『 仏教 下 』 ベック 著
『 インド思想史 』 J.ゴンダ 著

中公文庫

『 理趣経 』 松長有慶 著
『 密教 インドから日本への伝承 』 松長有慶 著
『 般若経 空の世界 』 梶山雄一 著
『 仏教の源流―インド 』 長尾雅人 著

角川ソフィア文庫

『 仏教の思想 一 知恵と慈悲 「ブッダ」 』 増谷文雄 梅原猛 著
『 仏教の思想 二 存在の分析 「アビダルマ」 』 櫻部建 上山春平 著
『 仏教の思想 三 空の論理 「中観」 』 梶山雄一 上山春平 著
『 仏教の思想 四 認識と超越 「唯識」 』 服部正明 上山春平 著
『 仏教の思想 五 絶対の真理 「天台」 』 田村芳朗 梅原猛 著
『 仏教の思想 六 無限の世界観 「華厳」 』 鎌田茂雄 上山春平 著
『 仏教の思想 七 無の探求 「中国禅」 』 柳田聖山 梅原猛 著
『 仏教の思想 八 不安と欣求 「中国浄土」 』 塚本善隆 梅原猛 著
『 仏教の思想 九 生命の海 「空海」 』 宮坂宥勝 著 梅原猛 著
『 仏教の思想 十 絶望と歓喜 「親鸞」 』 増谷文雄 梅原猛 著
『 仏教の思想 十一 古仏のまねび 「道元」 』 高崎直道 梅原猛 著
『 仏教の思想 十二 永遠のいのち 「日蓮」 』 紀野一義 梅原猛 著


996 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:42:40 ID:PvJIeWXp
PD7Cl4CCさん、答えてね〜。

「オレは忙しいんだ!」なんて言わないでね。

2ちゃんに熱心に書き込みしてる香具師なんて、ヒマジンですから。
あっ、オレもか(笑)

997 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:42:50 ID:vRXmh0R1
岩波文庫

『 ブッダのことば ―スッタニパータ― 』 中村元 訳
『 ブッダの 真理のことば 感興のことば 』 中村元 訳
『 ブッダ 神々との対話 』 中村元 訳
『 ブッダ 悪魔との対話 』 中村元 訳
『 ブッダ 最後の旅 』 中村元 訳
『 仏弟子の告白 』 中村元 訳
『 尼僧の告白 』 中村元 訳
『 般若心経 金剛般若経 』 中村元 紀野一義 訳注
『 浄土三部経 無量寿経 上 』 中村元 紀野一義 訳注
『 浄土三部経 感無量寿経 阿弥陀経 下 』 中村元 紀野一義 訳注
『 法華経 上 』 坂本幸男 岩本裕 訳注
『 法華経 中 』 坂本幸男 岩本裕 訳注
『 法華経 下 』 坂本幸男 岩本裕 訳注

998 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:43:36 ID:vRXmh0R1
中公文庫 大乗仏教経典

『 大乗仏典 一 般若部経典 』
『 大乗仏典 二 八千頌般若経 一 』
『 大乗仏典 三 八千頌般若経 二 』
『 大乗仏典 四 法華経 一 』
『 大乗仏典 五 法華経 二 』
『 大乗仏典 六 浄土三部経 』
『 大乗仏典 七 維摩経 首楞厳三昧経 』 長尾雅人 丹治昭義 訳
『 大乗仏典 八 十地経 』 荒牧典俊 訳
『 大乗仏典 九 宝積部経典 』 長尾雅人 桜部建 訳
『 大乗仏典 十 三昧王経 一 』 田村智淳 著
『 大乗仏典 十一 三昧王経 二 』 田村智淳 一郷正道 訳
『 大乗仏典 十二 如来蔵系経典 』 高崎直道 訳
『 大乗仏典 十三 ブッダチャリタ 』 原実 訳
『 大乗仏典 十四 龍樹論集 』 梶山雄一 瓜生津隆真 訳
『 大乗仏典 十五 世親論集 』 長尾雅人 梶山雄一 荒牧典俊 訳


999 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:44:18 ID:0wRX97x3
親鸞会はマインドコントロールで入会者を増やしています。

1000 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 22:44:30 ID:vRXmh0R1
m

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

451 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)