5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

親鸞会のこれから

1 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 22:00:50 ID:L+rGRrJW
このスレは、親鸞会ついて語りあう総合スレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

     ∧_∧____
    /( ゚∀゚) ./\
  /| ̄∪∪ ̄|\/   けんかしないでね、厨房のみなさま。
    |____|/
     ,,,,∪∪,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

2 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 22:04:48 ID:L+rGRrJW
親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/


3 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 22:06:59 ID:L+rGRrJW
匿名性は個人の行為、民事上あるいは刑事上の責任追及を免ずるものではありません。一般のコミュニティーと同様に、行動の結果はご自身で責任を負っていただくことになります。

特に、以下の行為を禁止します。
 1 いやがらせ、悪口、脅し、あるいは有害な内容の掲載など、他人を攻撃したり、傷つけたりする目的で利用すること
 2 わいせつな内容や不愉快なデータを公開すること
 3 商業目的や広告目的で利用すること
 4 著作権者の許可を受けずに著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害したり、侵害を助長すること
 5 プライバシー侵害のおそれがあるデータを公開すること

4 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:13:57 ID:g/51MzyV
無常と聞いても、上の空。
地獄と聞いても、驚かず
今日もせわしい、明日もせわしい。あわれというも愚かな心に、聖人は、「とても地獄は一定すみかぞかし」と悲泣なされたのだ。
人はみな、大狂人だ。
大馬鹿者を出せと言われたら、自分を知らない者を出せばよい。
なぜ、無限の生命と、無辺の空間に、雄飛する魂を、求めようとしないのであろうか。
かげろうは明日を知らず、セミは春秋を知らない。
過去世も未来も知らず、生々世々、六道を水車のように流転しながら、それすら知りえない我々は、大馬鹿者だ。
一日さえ楽しめば、あとの何百日、どんなに叩かれても、苦にせぬという者はあるまい。
後生知らずば、それよりも愚かなこと。
一文おしみの、百知らずだ。
危ない命を、大丈夫と思うのは、黒いものを、白いものと思うような、間違いである。
日々の流転の上に、昿劫流転の自己を徹見し、底知れぬ悪性を通して、必堕無間の一大事を知らねばならぬ。
我々のみる人生は、貪欲によって逆立ちする。
無常や罪悪を凝視すればするほど、貪欲の火に油を注ぐごとく、燃え上がる。
聖人は、聖人一人のための五劫の思惟の、法蔵菩薩を憶念せられた。

5 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:18:24 ID:g/51MzyV
昭和五十四年十二月二十日、本願寺発行の『伝道院紀要』(24)号は、
「現代に於ける異義の研究――高森親鸞会の主張とその問題点」
と題して次のような論文を掲載した。

本願寺の主張を代弁して紅楳英顕氏が書いたものである。
「高森親鸞会における教義上の問題については、既に種々の点が指摘され、一念覚知、
善知識だのみ本尊論等については、研究論文も発表されている。
本稿では宿善論と二種深信に関する問題とを取り挙げ論じたいと思う」(P.1)
と、前置きして、
「第一章、宿善論について」
次のように論じている。


6 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:24:37 ID:g/51MzyV
「今日になってそれに手をつけるとなると大変だと思うばかりで、
いつかはと思っているが、なかなか手が出ないのです。それは人生
の観方、宗教への考えなどが年とともに深まれば深まるほど、親鸞
像というものが果てしなく広く深いことがわかってくるからです」

(吉川英治)

すごいなーと思います。


7 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:27:32 ID:L+rGRrJW
>>2
暫定さん、 関連サイト追加よろしく

 新潟県 http://niigata-gakuto.info/
 山口県 http://yamaguchigkt.mokuren.ne.jp/
 長良フォーラム http://nagaraforum.client.jp/index.htm
 滋賀のみやこ http://sigamiyako.nsf.tc/
 湖南ひろば http://f53.aaa.livedoor.jp/%7Ekonan/index.htm
 四国 http://shinrangakuto.gozaru.jp/
 熊本 http://kumamotogkt.sakura.ne.jp/


8 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:40:24 ID:ehsSgMGF

アンチのウイルスに気おつけろ!!



9 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:42:58 ID:g/51MzyV
ナチの強制収容所の体験をつづった『夜と霧』のなかで、著者のV.フランクル
は、夜中、隣で寝ていた囚人が悪夢にうなされているのを見て起こしてやろう
と思ったが、たとえ悪夢を見ていても、眠っている間は自分がおかれている過
酷な境遇は忘れていられるのだと考えて、そっとしておいたと語っている。私
がサラリーマンなら、悪夢にうなされているのと、月曜の朝に目覚めるのとど
ちらを選ぶかと問われたら、悪夢と答えるかもしれない。

ああ、また月曜か。朝イチで会議がある。今週の目標を言わなくちゃならない。
ちょっと曖昧なこと言うと社長に機関銃みたいにつっこまれる。あと何年こん
なことを繰返すんだろうか。次の休みまであと五日もあるぞ。夏期休暇まで6
週間。あの社長死んだら会議がなくなるのにな。秋ごろに辞めようか。次の仕
事なかなかないだろうけど、毎週あんなストレスたまる会議やって鬱になるよ
りいいかも。

でも、なんでこんな辛い思いをしなくちゃならないんだろう。前世からの宿業
か、だったらオレは前世で何をしたというんだ、盗賊か、人買いか、女殺油地
獄か、といったような想念が止めどもなくあふれ出して、家を出たら会社へは
行かず、そのまま失踪してホームレスになるのである。

10 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:44:16 ID:ehsSgMGF
奴らは、スパイウェアを使って罪もない会員の
個人情報を乳腫しようとしているんだ
間違いない

11 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:46:08 ID:b9iKpUKz
南京事件について皆さんご存じでしょうか。旧日本軍が南京で殺戮、強姦、放火、
略奪など悪虐非道の限りを尽くし30万人の中国人を虐殺した、という説です。本多
勝一『中国の旅』(朝日新聞社、1972年)、笠原十九司『南京事件』(岩波新書、
1997年)、アイリス・チャン『ザ・レイプ・オブ・南京』(ペンギン・ブックス、
1997年)などによって取り上げられ、現在では教科書にも載り史実としてほぼ定着
するに至りました。

ところが以前から南京事件の真偽には強い懐疑があり、特に最近、亜細亜大学教授
の東中野修道氏が、南京事件の「証拠写真」と言われる写真について丁寧な検証を
行い、証拠として通用する写真は一枚もなかったと主張。その大部分が当時の国民
党宣伝部のでっち上げや合成写真であることを明らかにしました。

以前から写真のみならず、南京事件の証言や証拠とされるものについても、信憑性
について疑問とされる点が多くありました。今では虐殺があったことを肯定する論
者はメディアにも殆ど登場せず、その主張の綻びが顕著になっています。

それがなぜ教科書にも記載され、中国に虐殺記念館ができ、世界遺産への登録申請
までされるようになってしまったのでしょうか。それはとりもなおさず「ウソも百
回言えば真実になる」という人間の心理を巧みに利用したと言えるのではないでし
ょうか。

12 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:50:59 ID:b9iKpUKz
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。


13 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:54:39 ID:b9iKpUKz
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。

2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。

3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。


14 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:02:06 ID:IbCl6MNg
破壊的カルトは(中略)、自分たちだけが特別の使命をもった選ばれたエリートであると考え、
格別のこと(真理)を知った唯一の集団と信じさせるのである。
したがって、組織の外部の人々を、知性が低く邪悪な者と軽蔑したり、そうした人たちではあるが、
いつかはメンバーに加えてやって、救ってあげなければならないという使命を自認している。
この威信の高い目標をもった自己愛が、外集団との区別を先鋭化さえ、
外集団からの批判は根拠のない中傷と考えるようにさせる。

15 :参考資料:2005/09/08(木) 00:31:08 ID:5xDnUItD
 東京都北区の、ある区立小学校では、10年以上前から、パソコンを授業に取り入れている。各教室など全校で40台以上のパソコンがある。
 このため、同校ではインターネットを使う場合のマナー教育にも力を入れている。
 教頭は「ネット上で中傷しないことや、個人情報を流さないことなどを書いた注意事項を教室内の壁に掲示して徹底している」と話す。

 NEC(東京都港区)では、社員ボランティアが5年前から、小学生の親子などを対象にインターネットの講習会を各地で開いている。詐欺などのネット犯罪から身を守る方法や、マナーに力を入れており、総合学習の一環で小学校側やPTAから開催要請も多いという。


16 :参考資料:2005/09/08(木) 00:39:38 ID:5xDnUItD
 財団法人インターネット協会も、子ども向けに作った「ルール&マナー集」をホームページに掲載している。

 この中で、「文字を使うときは、声や表情が伝わらないので、話したい内容が正しく伝わるように十分に注意しなければなりません。
じょうだんで書いたつもりの一言で、友だちがおこってしまうこともあるのです」などと注意を呼びかけている。

 ネット上のトラブルの相談を受けている同協会事務局は「チャットや掲示板では、悪口がエスカレートしてしまい、人間関係を壊す人が増えている。
とくに子どもの場合は、中傷の言葉にすぐに反発してしまう傾向があり、注意が必要」という。

17 :参考資料:2005/09/08(木) 07:11:52 ID:bPLvlvIR
856 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 09:24:11 ID:B8hOhXM1

残念だけどね、日本社会の法律で言えば許されてないよ。

札幌青春を返せ訴訟の一審判決抜粋。
http://www.glo.gr.jp/hanketu01.html

 第2の特徴は,被告協会の協会員は,上記のように組織的体系的目的的に宗教団体である被告協会への加入を勧誘等するに当たり,当初はこの点を厳に秘しているという点である。(中略)これは,勧誘に当たっての欺罔的手段を弄したものといわざるを得ない。

後になって,それが特定の宗教教義であることを明らかにしてみても,すでにその教義を真理として受け容れて信仰している以上は,
(中略)その宗教教義からの離脱を図ることは通常極めて困難というべきであって,こうした事態に立ち至る可能性があることにかんがみると,それは,その者の信仰の自由に対する重大な脅威と評価すべきものということができる。

そのような内心の自由に関わる重大な意思決定に不当な影響力を行使しようとする行為は,自らの生き方を主体的に追求し決定する自由を妨げるものとして,許されないといわなければならない。


刑事は免れるが民事じゃアウト。

18 :参考資料:2005/09/08(木) 07:12:56 ID:bPLvlvIR
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)


参考資料(証言より抜粋)
そういや驚愕講義の受講資格のうち、「本会の方針に批判・不満は一切言いません」
「本会を誹謗するものがあれば上司に報告いたします」
「もし本会を誹謗するものを見逃した場合は、いかなる処罰も覚悟します」
(確か、大体こんな内容だったと思う)
ていうのが1年ぐらい前に加わったらしいけど、本性は変わってないみたいだね

19 :参考資料:2005/09/08(木) 07:13:39 ID:bPLvlvIR
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。

366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。

20 :参考資料:2005/09/08(木) 07:57:20 ID:bPLvlvIR
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。

21 :参考資料:2005/09/08(木) 08:02:28 ID:bPLvlvIR
★親鸞会のダミーサークル一覧表★
○関東
・東京大学(喫茶店「イーグル」の上) 「人間科学愛好会」「人間科学愛好会」「広域ゼミ」「古典と哲学を学ぶ会」
・東京理科大学 「てつんど」
・東京工業大学 「菩提樹」「アルタ」
・早稲田大学(鶴巻町のビルを部室に使ってる) 「なかんづく」「恒河沙」「いみだす」「なっちゃん」 「おはなし工房聞喜」
・慶應義塾大学
 「アンフィニー」「クラッセ」「エクセル」「インフィニティー」「こてつ(古典と哲学を学ぶ会)」
・埼玉大学 「菊一文字」

○東海
・名古屋大学 「ステップアップゼミ」「名古屋の哲人」「ゴーウェスト」「旅と哲学」
・名古屋工業大学 「ヒューテック」
・愛知学院大学 「ビッグロード」

○関西
・京都大学(生協自転車屋のとなり) 『古典に学ぶ』「古典工房みんくる」『旅と哲学』「古典を学ぶ会(コテマカ)」
・龍谷大学 「菩提樹」
・大阪大学 「古典を哲学する会」(阪大坂下交差点の美容室の上)
・大阪市立大学 「うぃる(WILL)」「こてつ」「Blaze(ブレイズ)」
・神戸大学 「なんでやねん」
・岡山大学 「古典茶話会ももたろう」
・関西学院大学 「KGフォーラム」

○北陸
・金沢大学 「アルタ」 「しゃべり場」

22 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:24:25 ID:QDmNArG6
メディアの見た親鸞会 〈書籍や新聞記事などがとらえた姿〉
http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/
 岩波講座 日本通史 第21巻 (岩波書店 平成7年初版発行)
  宗教意識の現在 3.「土着型」新教団の台頭 真宗「原理主義」の挑戦
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/nihontushi.htm
 真宗王国と新宗教「蓮如さん今を歩む」 (北国新聞社 平成8年初版発行)
  第一部 世は乱れ法もなく−法話に集まる若者たち
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinshuokoku.htm
 富山新聞 平成9年10月28日号 掲載記事
  「神よ仏よ」 信仰厚き北陸路を行く
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinkouatsuki.htm
 RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM
  (Asian Humanities Press, 1991)
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/rennyo.htm

23 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:31:55 ID:QDmNArG6
○関連サイト
s会の教え込みの過程を知るのにはいいサイト
ジャンヌ
http://homepage1.nifty.com/you/
親鸞会 同窓会喫茶 クローバー
 http://www.geocities.jp/tearoomclover/clovertop.html
家族の絆(ご父兄に知って頂きたい浄土真宗親鸞会)
 http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm

24 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 13:46:02 ID:xiq0iGI3
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123566370/ (前スレ)の892さんへ

>仏教をきちんと聞く耳は、どうすれば育つんですか?
育てるというのは、自力行ではありませんか?

 余裕が有ればちょっと考えて欲しい。人間には二つの大事な問題がある。平常
時の生き方と非常時対策だ。
 親鸞仏教は非常時対策、危機管理の方法を教えてくれている。人生の危機
管理のありかたはどうすればいいか。親鸞はこれに対し、座禅して念仏を称え
なさいと教えてくれている。大事なことはそれだけだ。
 昨日まで有頂天でいた者が、今日はけだものの心でけだものの行為に走っ
てけだものとなる。けだもののには知恵がない。それでも、ライオンなどは満腹
になれば休むときもある。けだものには休むときもある。しかし、求めても求め
ても空腹感は満たされず、一時の休むこともなく、ただひた走りに走り続けると
きもある。これを餓鬼と言う。欲望だけがますます膨らむ一方で、体は凍りつい
たように身動きができなくなることもある。厚い氷の中で盛んに紅蓮の炎が燃え
たぎっているんだが、外は南極の氷が覆っている。この状態を地獄という。
 人間の心で人間の行為をする者を人間という。人の行為には様々な制約があ
る。あれもしたい、これもしたいと思いながら、実現する範囲はわずかである。
これに対し、自分の思い通りにものごとを動かせる人もいる。これを、人は天才
という。そんな天才であっても、一寸後にはけだものとなり、地獄に堕ちないとも
限らない。
 人は、ある時には天となり、餓鬼となり、畜生となり、地獄にも堕ちる。俺は、馬
鹿だった。馬鹿だった。頭の先からつま先まで、全身で後悔し、後悔し、真人間
として再起を誓っても、舌の根の乾かないうちに、次の瞬間にはまた餓鬼の手先
となっているということもある。

25 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 13:47:01 ID:xiq0iGI3
 天   (無明:有,欲望:有,知恵:大,意思:有,主体:自分,行動:大,休息:有)
阿修羅I (無明:有,欲望:有,知恵:小,意思:有,主体:他人,行動:大,休息:有)
 人   (無明:有,欲望:有,知恵:小,意思:有,主体:自分,行動:小,休息:有)
阿修羅II(無明:有,欲望:有,知恵:小,意思:有,主体:他人,行動:小,休息:有)
畜生   (無明:有,欲望:有,知恵:無,意思:有,主体:自分,行動:小,休息:有)
餓鬼    (無明:有,欲望:有,知恵:無,意思:有,主体:自分,行動:小,休息:無)
地獄    (無明:有,欲望:有,知恵:無,意思:有,主体:自分,行動:無,休息:無)

 人には欲望がある。欲望があるからいけない。欲望があるからいけないと言う人は、
しばしば理想主義に反する。明瞭な計画を立てる。しかし、現実を忘れた理想は、絵に
描いた餅、行動が伴わない。
 理想主義者じゃ駄目だ。そう主張する人もいる。彼らはしばしば彼らは計画も立てず、
休むことなく終わり無き破壊に走る。彼はまさにアナーキーである。

色界   (無明:有,欲望:無,知恵:大,意思:有,主体:自分,行動:無,休息:無)
無色界  (無明:有,欲望:無,知恵:大,意思:有,主体:自分,行動:大,休息:無)

26 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 13:48:04 ID:xiq0iGI3
 人は、意思と行動が変われば人格が変わる。再起(生)、疲労(老)、彷徨(病)、挫折
(死)を繰り返す。再起(生)挫折(死)再起(生)挫折(死)を繰り返す中で、天ともなり、
餓鬼ともなり、地獄にも堕ちる。これを迷いという。迷いはどうしておきるのか。原因は外
でもない。まさに、人は本当のことを知らない。無知(無明)こそ再起・挫折の根本原因
じゃないか。仏教とは、釈迦が投げかけたそういう仮説に基づいて発展してきた。
 我々の無明は、我々の肉体の誕生で始まったものではなく、我々の肉体の死で終わ
るものでもない。今の自分の再起・挫折・再起・挫折は、過去無数の人々が、繰り返し
繰り返し経験してきたその繰り返しと、本質においてはいささかも異ならない。今の自分
の再起・挫折・再起・挫折は、今後も無数の人々が同じように繰り返し繰り返し経験して
いくその繰り返しと、本質においてはいささかも異ならない。さあ、この現実をいかにす
るか。釈尊先生はその問題に取り組んだ。
 無明と対決しよう。真実を互いに学び合おう。本当のことを教え合おう。釈尊先生は、
学習と教育こそが人類にとってもっとも大事なことであると考え、竹林精舎、祇園精舎
を建設された。規則(戒)を定め、規則を守ることを誓った者に入学を許し、宮廷に伝
わっていた知識、算術、土木、天文学、薬学、文書などを教えた。真理には、有形化
できる真理と、有形化できない真理がある。有形化できる真理は知恵という形で人々
に教え、有形化できない真理は、禅定という形でだれでも人々が容易に手にすること
ができるようにした。釈迦は、戒・定・恵を三学と呼んでこれを人々に伝えた。

27 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 13:54:30 ID:xiq0iGI3
 場所も変わり、時代も変わって一人の男が誕生した。戒律は価値観である。価値観は、時代と
社会の変化で大きく変わる。三千年昔、太陽が照りつける南方のサバンナで妥当した価値観が、
三千年後の雪降る北方の島国でそのまま妥当するとは思えない。釈迦の戒律は、既に失効して
いるんじゃないか。三千年昔の古代印度が、どれほど文明の栄えた国であったとしても、そこに
現代のパン屋さんやおそば屋さんやお巡りさんが学ぶべきものがあるだろうか。三千年昔の釈
迦は、パソコン会計も知らない。簿記も、マーケッティング法も知らないのだ。三千年昔の古代
印度の知恵を学ぶことより、パン屋さんやおそば屋さんは、料理学校で入学して、そこで料理
の勉強をすることの方が、百倍も千倍も意味があるんじゃないか。お巡りさんにとっては、仏教
から教わることより、警察学校で教わることの方が遙かに大事だろう。
 それなら、パン屋さんやおそば屋さんには、もう仏教から学ぶべきものは何もないのか。釈迦
は、有形化できない真理を知る方法として禅定を教えている。しかし、僧となり、一日十時間も、
十五時間も座禅を組み、それも二十年も三十年も続け、老境に入って聖者の悟りを開いた後
で、それじゃこれから自転車に乗っておそばの出前を始めましょうということは、現実的ではな
いだろう。
 禅定はまねごとでいい。まねごと禅定をしてみなさいな。きっと素晴らしい人生が開けるだろう。
専門家が見れば、そんなまねごとは禅定ではないと言うだろう。それでも、五分間座れば五分
間の仏、十分間座れば十分間の仏だ。パン屋さんやおそば屋さんまで聖者の悟りを開く必要
はないんだ。しかし、近くに巨大資本が進出してくれば心穏やかでないだろう。親が老いて寝込
むようになれば、心に平安がない。相談相手がいるときには誰かに相談すればいい。本を読ん
で何かが分かるときは、本を読めばいい。インターネットで検索すれば良いときは、検索すれば
いい。

28 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 13:57:17 ID:xiq0iGI3
 しかし、八方打つ手が無く、最悪の選択肢しか選択の余地がなくなればどうする?。そんなと
きは、かつてのお釈迦様のお弟子さん達が、一人になって結跏趺坐し、釈尊先生を「先生、あ
あ先生」と念じたように、座禅して念仏称えてみなさいな阿弥陀とは先生という意味だ。仏も先
生という意味だ。南無は感嘆詞。「ああ」という意味だ。「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と称
えてみなさい。きっと何かが浮かぶだろう。
 念仏を称えれば、必ず名案が浮かぶという保証はないけれど、もしそれで最悪の選択肢以
外の、二善、三善の策が見つかれば万々歳だろう。結局最悪の選択肢しかなかったという場
合でも、念仏のために決断が五分、十分遅れても、あまりバチは当たるまい。

 知恵もいらん。戒律もいらん。パン屋さんにはパン屋さんの道で学ぶべきものがある。守る
べきルールがある。それを守りなさいな。おそば屋さんには、おそば屋さんの道で学ぶべきも
のがあるだろう。守るべきルールがある。それを守りなさいな。パン屋さんやおそば屋さんに
は、仏教からは学ぶべき知恵はない。守るべき戒律もない。ただ、人生の危機に当たって、
進退が窮まることがあれば、そんなとき、座禅して念仏称えてみなさい。
 親鸞さんはそんなことを説いている。

 聞く耳のない人に用のある話とは思えない。聞く耳ができたとき、思い出して欲しい。

 明日以降、当分、カキコできません。質問などがあれば掲示板に書いておいてください。
ROMだけはときどきします。

29 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/08(木) 14:01:31 ID:xiq0iGI3
>>25
誤  理想主義に反する。
正  理想主義に走る。

誤  彼らはしばしば彼らは計画も立てず、
正  彼らはしばしば計画も立てず、

30 :過去の強調:2005/09/08(木) 14:31:19 ID:OUKIrgqs
最初の非難を、みてみよう。

 「高森親鸞会では、未信の者は、信心決定をめざして、
  今生において、善根を積み宿善を厚くせよ、と勧める。
  これは、宿善の語義そのものから逸脱しており、当流相
  承の上にはない所談である」(回答書A P.142)

まず語義からの、非難である。
宿善とは、宿世(過去世)の善根という意味だから、ふりかえって喜ぶ、過
去のできごと。
それを、未来に向かって、使用するのは、「語義からの逸脱」と、いうので
ある。

  「宿善とは、宿世の善根という意味で、現在から過去をふりかえっ
  ていう言葉である」(回答書A P.137)

  「宿善とは、現在から過去をふり返っているのであって、これから
  獲信のために修することを宿善といっているのではない」(回答書
  B P.15)

  「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、その縁由
  を喜ぶものであって……」(回答書A P.144)

  「宿善は、将来の獲信のために積まねばならないという方向で語ら
  れるものではなく、遇法獲信の現在から過去にさかのぼって、宿善
  のお蔭である、と、その縁由を喜ぶ方向で語られるものである」
  (回答書A P.141)



31 :老化現象の象徴:2005/09/08(木) 14:31:57 ID:OUKIrgqs
同趣旨のことが、外にも強調されているが、もうよかろう。

要するに、
「宿善とは、ふりかえって喜ぶ、過去の善根をいうのに、未来に向かって使うの
が、間違い」
と、いうのだ。
まさに、学問ではそこまで、とでも言おうか。
それにしても、バカに、過去に力を入れなさる。
青年は、常に未来を語り、老人は、つねに過去をなつかしむ、と、いわれる。
ここにも、本願寺の、老化現象を、みる人もあるだろう。

未来に向かっての、提言がみられぬのは、未来のない本願寺を、象徴してい
るかのようである。



32 :言葉遣いに、ナンクセ:2005/09/08(木) 14:42:12 ID:OUKIrgqs
さて、本願寺の、言い分から、検証しよう。
「宿善とは、過去にやった善根をいうのだから、未来に向かって求めよ、とい
うのは、語義からの逸脱」
という。
過去をあらわす言葉を、未来に使う、言葉遣いが、まず間違い、と指摘した
い、のだろう。

宿善は、過去の善根だから、当然、
「宿善を求めよ」
といえば、
「宿善になるものを求めよ」
の意味であることが、言うまでもない。

こんな言い方は、いくらでもある。
一、二、例をあげておこう。


33 :言葉遣いに、ナンクセ:2005/09/08(木) 14:44:47 ID:OUKIrgqs
「想い出になるものをつくろう」を、「想い出をつくろう」と、いわないか。
「想い出」は過去のことだが、「いまからつくろう」と、言われる。
「悔いを残さぬように」と言っても、「悔いになることを残さぬように」と、
バカ丁寧なことは、言わない。
「宿善になるものを求めよ」を、「宿善を求めよ」と、言って、なぜ、いけな
いのか、と、おかしく思われる。

意味が変わったり、誤解を招く、言葉の省略は、勿論、悪いに、きまってい
る。

「風呂に入ってねよ」と言われても、誰も、風呂の中で、グーグー、ねはしな
い。
「台所の魚を見ていてくれ」と、頼まれて、見ているだけで、猫に食われる者
があったら、バカであろう。

宿善は、過去の善根と分かっていても、「宿善を求めよ」を「宿善になるも
のを求めよ」と、理解しない人があるとは、考えられぬ。
それとも、今まで、使ったことのない言葉は、禁句なのか。
使われたことのない言い方で、仏法を伝えては、ならないのか。

現代人に、お聖教にある言葉だけで、仏法を伝えられる人が、いるのか。
意味が正しく伝えられたら、よいのではなかろうか。
こんな、無意味な非難をなさるから、批判のための批判と、評せざるを得な
いのだ。


34 :過去を前世に限るのか:2005/09/08(木) 14:45:29 ID:OUKIrgqs
それとも、また、本願寺さんは、過去を、過去世に、限定なさる、おつもり
だろうか。

“この世のことは一切、過去世に定まっている”
という宿作外道ならいざしらず、仏教で、過去とは、生まれる前、去年、
昨日、前の一時間、出る息をいう。
現在とは、この世、今年、今時、今の一息。
未来とは、死後、未来、明日、一時間先、入る息と説く。

現在といっても、未来からは、過去であり、過去からは、未来である。
今日といっても、明日からみれば、過去であり、昨日からみれば、未来となる。
過去だ、未来だ、といっても、どこに視点をおくか、で変わる。
固定したものでは、ないのだ。

「宿善とは、ふりかえって喜ぶもので、未来に向かって、求めるものではない」
との非難にも、過去や、未来を、いかに、固定的に考えているか、が窺える。

過去にやった善根を、ふりかえって宿善と喜ぶのは、救われたとき(獲信の
とき)のことである。
それでは、救われていないとき(信前)の善根と、獲信の関係は、あるのか、
ないのか。あれば、どんな関係か。
それとも、宿善を、獲信した人の喜びに、かぎるのか。

宿善問題の、重要課題は、そこにある。

35 :宿善問題のポイント:2005/09/08(木) 14:51:18 ID:OUKIrgqs
その点を、推察できる、本願寺の反論を、きいてみよう。

   「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、その縁由
   を喜ぶものであって、その縁由となった過去の善根については、こ
   れを自己の修する善である(宿善自力説)」(回答書A P.144)

獲信の現在から、過去とは、まさに、信前のことであり、未信のときである。
その信前の善根は、獲信すると、宿善と喜ばれる、と、本願寺は、いうのであ
る。
善をすすめる親鸞会を打つ、本願寺も、信前の修善と、獲信の、密接な関係
を、否定することは、できないのだ。

もし、修善が、信前の人に、無関係のものならば、救いに宿善は、関係ない
ことになる。
言うまでもなく、仏法求める目的は、阿弥陀仏の救済以外、なにもない。そ
の阿弥陀仏の救いに、関係のないものが、宿善ならば、

「いづれの経釈に依るとも、既に宿善に限れりと見えたり」(『御文章』三帖
十二通)

と、説かれる、はずがない。
宿善問題の本質は、単なる言葉遣いや、過去や、未来の、方向にあるのでは
ないことが、分かる。
正しく、問われているのは、宿善の物体(獲信の因縁になるもの)と、宿善
開発までの、道程なのである。



36 :宿善問題のポイント:2005/09/08(木) 14:51:55 ID:OUKIrgqs
本願寺の回答は、問われている問題点を、間違えた。
気づかない、その誤りを、親鸞会の質問が、直撃したのだ。(親鸞会公開質問
七カ条は、第二部に掲載)
いまだに、回答できないのは、そのためである。

本願寺を絶句させた質問の一つを、次に紹介しておこう。

   「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、
   その縁由を、喜ぶものであって、その縁由となった、過
   去の善根については、これを自己の修する善である(宿
   善自力説)」(回答書A P.144)

   このように、過去をふりかえって、喜ぶものが、宿善
   なのに、親鸞会は、未来に向かって、求めよ、と修善を
   すすめるから、間違いだ、といわれています。

   ならば、おたずねいたします。
   今年、阿弥陀仏に救われた人(獲信者)は、去年、自
   己の修した善を、ふりかえり、宿善と、喜ぶことになる。
   獲信と、よい関係にある、修善をすすめる親鸞会を、
   非難する本願寺は、間違いにならないか。

一撃で、ダウンしたほど、本願寺の反論は、ひどいものだった、ということ
だ。
あえて、
「読むだけ、時間のムダ」
と、酷評した次第。

しかし、もう読まない、などといっていたら、真実開顕の使命は、果たせな
い。
自ら、シリを叩いて、先へ、進まなければならぬ。


37 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 18:41:40 ID:En58TMUL

     時間をかえせ 金をかえせ
     友人をかえせ 
     家族をかえせ
     わたしをかえせ
     わたしにつながる にんげんの信頼をかえせ
     
     にんげんの にんげんのよの あるかぎり
     くずれぬ大学生活を 大学生活をかえせ

38 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 22:18:13 ID:GB171/6h
正直者は馬鹿をみた。


39 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:05:06 ID:QDmNArG6
研究会の提言は「匿名性が高いためにネット社会への心理的な忌避感が広がっている」ことが、情報技術(IT)利用の障壁になっていると指摘。

40 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 16:16:14 ID:MeQriuz3
>>36
「なぜ答えぬ」くらいウソとごまかしに満ちた本はないね。
自分の言葉で語れない会員が一生懸命貼り付けてくれるおかげで、
そのことがよくわかる。

41 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 17:48:39 ID:BRPYNx77
>>36
宿業ということばがありますが、宿業とは、宿世(過去世)に造った業といいます。
この業が因縁となって今生以後の生存状態を規定すると考えられ、この業の因・縁を
業因・業縁といいます。業因・業縁は善悪に通じるはずであるが、慣用上、悪い因縁、
すなわち今生以後に悪い結果をもたらす前世の悪い因・縁の意味に用います。
これに対して、とくに宿世(過去世)の善い業の意を現すために宿善という語を用い
(宿世の善業の意)、宿善の無いこと(宿世に悪業ばかり造っていて善業を造らなかった
こと)を無宿善(むしゅくぜん)といいます。
浄土真宗においては宿善の有無を重要視し、無宿善の者は教法を聞く機会を得がたく、信仰を得る
ことは困難であると説いています。しかし、乏しい宿善でも開発、発動して、はたらきを顕せば信心を
得て往生することができると説きます。この宿業は、まだ他力の信心に入らないうちに造ったものであるから、
自力の善であるとする説と、他力の信心に導き入れるための手立てだとして阿弥陀仏の本願力によってさせられた
のであるから他力の善であるとする説がありますが、「当相が自力で体は他力」とするのが一般的でしょう。

いずれにせよ、未来に向かって「(過去世の善業の意味である)宿善」を励みなさいと勧めたT森氏の説は
前代未聞といってよろしいでしょう。

42 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 19:28:58 ID:EhbeGi80
>未来に向かって「(過去世の善業の意味である)宿善」を励みなさいと

「過去のことを未来に向かっていうのは間違い」ね。
問題の本質は過去か、未来かということでないとわかっても
そこの揚げ足でもとらないともう言う事ないかな?
「善のすすめ」があるということで決着済み。
因果の道理も信じないならそのまま外道ですよ。

>「当相が自力で体は他力」とするのが

当相が自力だろ?なんか問題あるんですか?

>過去世の善業

過去を過去世に限りたい、というお気持ちはよくわかりますが
それでは宿作外道。やっぱり外道ですね。

43 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:25:42 ID:DkxGPF8E
まだこの詐欺グループ活動してたんだ?

44 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:52:15 ID:k9usDqx4
>>42
962 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2005/09/09(金) 01:07:04 ID:w3GGXJYk
s会の人は、あの時やった親切(などの善)が宿善となって救われた
と信後に思うのだろうか?

45 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:07:44 ID:Lv0MZJ0t
 西本願寺は、平成10年2月8日に、福岡ドームに2万5千人を集めて「蓮如上人五百回忌お待ち受け法要」を開催する予定だったが、急きょ、延期になった。
 理由は、メインゲストの、五木寛之と五木ひろしが出場をキャンセルしたという。

46 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:14:19 ID:0X20Y70d
のまネコの作者ってかわいいよね
ttp://web.drive.ne.jp/1/soko/VIP01346.jpg

47 :飲ま:2005/09/09(金) 22:17:42 ID:Lv0MZJ0t
飲ま

48 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 00:59:48 ID:F5xMRk1a
>>38
正直者は馬鹿をみる、なんでか分からないんでしょ。聞いてなかったもんな
あんたは。

49 :参考資料:2005/09/10(土) 02:20:12 ID:rkyIbSqJ
>>42

>当相が自力だろ?なんか問題あるんですか?

要するにs会では信前の自力諸善(雑行)をすすめるんですよね。

50 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 02:21:34 ID:UfudZF9E
あー、漏れが知ってからもう数年経つけど、まだダミーサークルやってるんか。

51 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 02:51:15 ID:zHKWqtBp
http://www.imgup.org/file/iup83260.png
まあ、親鸞会に著作権を語る資格はないだろうけど・・・

52 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 03:06:11 ID:oy5if+cs
>>50
少なくとも今年の某国立大ではやってた。

53 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 07:54:29 ID:YuV2rhtI
>>49
>雑行)をすすめるんですよね

はあ?当相自力というのは「雑行をすすめる」ということだったんですか。
おどろきの解釈です。
>>41さんの釈明が必要ですな。


54 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 09:51:21 ID:DmFS5M9T

もうs会の与太話にはうんざりって感じだな。
s会が善すすめなくても、世の中の人はすでに善をたくさんしてるから
安心して消えてクレや

s会に入ってすることは
お布施と勧誘活動と、聴聞という名のマインドコントロール
だけです。この無意味な繰り返しを続けるだけが人生となる前に
是非抜け出してください。

55 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 10:56:53 ID:399iuOcz
>>53
なにやらむずかしそうですね。


56 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 12:48:09 ID:9rluzXJP
一緒に腹を立てないようにしよう
主婦の笑顔は家庭の光
怒りは無謀に始まり後悔に終るものだ
苦しみの新しい間を楽しみといい楽しみの古くなったのを苦しみという
乏しきとき与えるは富みて与えるに勝る
愛嬌たっぷり会釈を惜しまぬようにしよう
夕べに熟慮して朝(あした)に断行
自分の仕事を愛し熱中するようにしよう
出来るだけ他人の長所を発見してほめるようにしよう
他人に親切した時、私が、誰々に、何々を、この三つを忘れるようにしよう
最大の敵は心であり最強の味方も心である
男は男らしく女は女らしく
如何なる小事でも全力を傾注してかヽろう
自分の都合のよいとき喜ぶは煩悩自分の都合の悪い時喜べるのが真実の信仰
嫁を貰うと息子は貴女に尻を向ける
同じ石で二度つまづくものは馬鹿者である
夢をもつようにしよう
底知れぬ程淋しい処が人生である それが信心決定(けつじょう)すれば無限に楽しい人生となる
今晩死ぬ覚悟で何事も行うようにしよう
苦悩は幸福の一里塚と思い一層奮起しよう
苦しみから目をそらさず凝視するようにしよう
恐れを知ってしかもそれを恐れない者こそ真の大勇氣者である
最も勇氣ある行為とは最も困難なことにあたる行為である
沈んで屈するな浮かんで奢るな
この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である
蒔かぬタネは生えぬ刈りとらねばならぬ一切のものは自分のまいたものばかり
現在は過去と未来を解く鍵である
総てのことを善意に解釈するようにしよう
他人にゆずる氣持ちをもつようにしよう
誤りを犯さないことを誇りとするよりも誤りを直ちに改めることを誇りとしよう
阿弥陀佛を信ずればどんな願いも必ずかなえられるのだ


57 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 13:56:58 ID:CCY54hMd
一緒に腹を立てないようにしよう
主婦の笑顔は家庭の光
怒りは無謀に始まり後悔に終るものだ
苦しみの新しい間を楽しみといい楽しみの古くなったのを苦しみという
乏しきとき与えるは富みて与えるに勝る
愛嬌たっぷり会釈を惜しまぬようにしよう
夕べに熟慮して朝(あした)に断行
嘘をつかないようにしよう
自分の仕事を愛し熱中するようにしよう
出来るだけ他人の長所を発見してほめるようにしよう
他人に親切した時、私が、誰々に、何々を、この三つを忘れるようにしよう
最大の敵は心であり最強の味方も心である
男は男らしく女は女らしく
如何なる小事でも全力を傾注してかヽろう
自分の都合のよいとき喜ぶは煩悩自分の都合の悪い時喜べるのが真実の信仰
嫁を貰うと息子は貴女に尻を向ける
同じ石で二度つまづくものは馬鹿者である
夢をもつようにしよう
底知れぬ程淋しい処が人生である それが信心決定(けつじょう)すれば無限に楽しい人生となる
今晩死ぬ覚悟で何事も行うようにしよう
苦悩は幸福の一里塚と思い一層奮起しよう
苦しみから目をそらさず凝視するようにしよう
恐れを知ってしかもそれを恐れない者こそ真の大勇氣者である
最も勇氣ある行為とは最も困難なことにあたる行為である
沈んで屈するな浮かんで奢るな
この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である
蒔かぬタネは生えぬ刈りとらねばならぬ一切のものは自分のまいたものばかり
現在は過去と未来を解く鍵である
総てのことを善意に解釈するようにしよう
他人にゆずる氣持ちをもつようにしよう
誤りを犯さないことを誇りとするよりも誤りを直ちに改めることを誇りとしよう
阿弥陀佛を信ずればどんな願いも必ずかなえられるのだ

58 :真実の歪曲は、許されぬ:2005/09/10(土) 14:35:44 ID:mrQY4bNh
>>36

次に、本願寺が、親鸞会を非難する、第二条は、こうである。

   「親鸞会は、宿善として自力諸善を積むように勧めてい
   るが、当流では他力の信心を獲るために、まず自力諸善
   を積まねばならないなどという説示はない」(回答書A
   P.142)

先述の、一条にも、
「高森親鸞会では、未信の者は、信心決定をめざして、今生において、善根を
積み、宿善を厚くせよ、と勧める」
と、いやに、力説なさる。

「諸善さえやれば、信心決定できる。まず、自力で善を励め」
“これが親鸞会の主張だ”と、印象づけたい思惑が、みえみえである。

しかし、真実の歪曲は、許すわけにはゆかない。
“どこをどう、本願寺が、ネジ曲げているか”を、指摘する前に、親鸞会の主
張を、ここで、明示しておく必要がある、と思われる。


59 :親鸞会の主張:2005/09/10(土) 14:52:10 ID:mrQY4bNh
首尾一貫、宿善について、親鸞会は、次のように、説き続けてきた。
言うまでもなく、仏法求める目的は、唯一つ、後生の一大事の解決、以外にな
い。

「一向専念の義は、往生の肝腑、自宗の骨目なり」(御伝鈔)

しかも、親鸞聖人のご金言通り、生死の一大事の解決は、阿弥陀仏しか、で
きないことなのだ。
その、阿弥陀仏の救済に、絶対不可欠のもの、それが、宿善なのである。
このことは、『慕帰絵詞』にも出ているし、宿善往生を唱えた覚恵法師と、信
心往生を立てられた如信上人との、諍論によっても明らかだ。

お聖教の明文も、歴々として、指し示す。
「十方衆生のなかに、浄土教を信受する機あり、信受せざる機あり。いかんと
ならば、『大経』のなかに説くが如く、過去の宿善厚き者は今生にこの教に値
うてまさに信楽す、宿福なき者はこの教に遇ふといへども、念持せざればまた
遇はざるが如し。『欲知過去因』の文の如く、今生の有様にて宿善の有無あき
らかに知りぬべし」(口伝鈔)

『御文章』には、
「弥陀に帰命すといふも、信心獲得すといふも、宿善にあらずといふことなし」
(四帖一通)

「無宿善の機に至りては力及ばず」(四帖八通)

「いづれの経釈に依るとも、既に宿善に限れりと見えたり」(三帖十二通)

ご臨末には、

「あはれあはれ、存命の中に皆々信心決定あれかしと朝夕思ひはんべり。まこ
とに宿善まかせとはいひながら、述懐の心暫くも止むことなし」(四帖十五通)

60 :弥陀の救いは、宿善まかせ:2005/09/10(土) 15:35:54 ID:mrQY4bNh
弥陀の救い(信心獲得)を、宿善まかせ、とまで、仰せになっている。
病気になれば、医者まかせ、船に乗れば、船頭まかせ、飛行機に乗れば、パイ
ロットまかせ、という。
まさに、
一生参学の大事は、宿善の有無によって、決する、
との、ご教示である。

かかる宿善の、重要性を知らねば、親鸞会と本願寺の、宿善論争を、
「なぜ、そんなにまで、こだわるのか」
「どうして、しつこく、糾すのか」
と、不思議に思うのも、無理はない。

しかし、真実の仏法を心得ている者は、生死の一大事を決する、大問題と、
ちゃんと、分かっているはず。
それらの人達には、当然、
“宿善とは何ぞや”
ウヤムヤで、放置できる問題では、なくなるのである。


61 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 16:06:15 ID:9pkJ+sFM
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

62 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:19:15 ID:MphmC9xV
s会の歪曲説話なぞ聞くより、直にお聖教の御文をいただきたいね(´・д・)ネー(・д・`)

63 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:30:25 ID:O+9L9eCW
あれから2年たちますが
カワチュジャーキーさんはまだ新入生を脅していますか?

64 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:56:13 ID:3tko7KwY

騙す会員も会員だけど

騙されたアンチも馬鹿としか言いようがないな。


65 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:04:26 ID:PhVSkLYY
>>64

s会には終始かかわらないのが
オリコウさんということか。

66 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:11:08 ID:O+9L9eCW
騙されたともわからずに会員になってる人が多いんだよね

67 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:21:40 ID:uVA+9AAw
 騙されたと分かったとき、引き下がれた人はまだ良い方だ。
 学業を捨て、友人を捨て、何もかも捨てて仔牛になり、生活もかかってきて
人生に引き下がりが利かなくなって、やっと少しづつ気が付いてきた。それ
でも、宿善だ、宿善だと、言いながら、鼻先くくりつけられたひからびた人参
に向かい、泣きながらひた走りに走るしか生きようのない元秀才君もいるん
だろ。

68 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:22:30 ID:3tko7KwY
カルトに引っかかって、途中で気づいて抜け出せた馬鹿と

カルトに引っかかって、抜け出せずにいる馬鹿が罵り合っている

ここは所詮そんなスレなんだよ


69 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:58:33 ID:yc5Y4AbK
なんせ、「なぜ生きる」には教行信証が全部収まってると言って憚らない連中だよw?

「会員カワイソス('A`)

70 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:39:21 ID:PhVSkLYY
>>32

宿善まかせとか、限れりとか書いてあるけど、
宿善求めよ、とはどこに出てるんですか?

71 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:19:52 ID:5aUaOZwZ
    そう落ち込むなって
.       ∧__∧
      ( ´・ω・)∧∧l||l
       /⌒ ,つ⌒ヽ)  
       (___  (  __)  
"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`

72 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:23:50 ID:u54Kp7Z0
なんかもうアンチは反論できないみたいだね。

丸写しでも書いて反論してみろ!っていきがってたアンチがいたころがなつかしい…

2ch情報と自分の煩悩に騙されるアンチの実態、カルト的所業、いよいよ明らか。

彼らも早く社会復帰できるとイイネ。(´・д・)ネー(・д・`)

73 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:48:23 ID:O+9L9eCW
選挙戦の前は創価批判も激しくなるんかな?

74 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:04:27 ID:xTVM7Dmg
人のいない林は楽しい。世人に楽しまないところにおいて、愛著なき人々
は楽しむであろう。かれらは快楽を求めないからである。

 とりあえず、林の中で瞑想してれ。論争と論じ合いによって、悟りから
 遠ざかるとある。

75 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:09:30 ID:xTVM7Dmg
仏教における完璧な幸せはやはりさとって仏になることです。
ところが現状では難しく、浄土に往生してそこで仏になる道もありますが、
幸せな考え方に、少しでも近づくことは、この世でも出来ます。
仏教のめざす、さとりの方向性を知ることです。
欲望を出来るだけ抑えること、執着しないこと、自分をきちんと見つめること、など。

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:28:31 ID:NFtPqJx5
>>38
正直者は馬鹿をみる、なんてことあるの?

絶対にない。

77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:31:04 ID:zBicEkR6
>>64

あなた自身、騙されてることに気づいてくださいね。

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:31:54 ID:O+9L9eCW
バカなのはs会の会員だけで十分です

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:36:36 ID:KE/1cALc
そうか!明日は選挙か!

80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:38:25 ID:KE/1cALc
明日は忘れず選挙に行こう!

81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:52:08 ID:xTVM7Dmg
お礼が遅くなりましたが
答えてくださった方ありがとうございました
やはり仏教について勉強していかなければ
回答して下さった方の話も、完全には理解しきれない感じですが
勉強するきっかけにもなり、そして自分で幸福について考えるきっかけにもなりました
くだらない質問だったかも知れませんが、
真面目に答えて下さって本当にありがとうございました

82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:31:54 ID:qQ/zCAR2
http://amagrammer.info/php/up/img/006.jpg

83 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:10:52 ID:W9VvjkEL
s会のいう宿善の具体的な行為とは?

1、会の口座にお金が集まるようにすること。
2、会の名簿に記される名前を増やすこと。
3、2で名を連ねた人に、1をするように指導すること。

会にお金や人を集める行為は「宿善」だが、それ以外の
ボランティアや称名などは「雑行」。

84 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:40:45 ID:JYyUDRM/
s会で信を得た信後の人は
自分がs会でやった信前の自力行が宿善になったと思って
信前の人にも勧めているわけですね?

自力有効じゃん。

85 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:05:40 ID:W9VvjkEL
さあ皆さん!今日も財施に励んでますか?
出した分だけ聞かせて頂けます。ですから、出さない人はその程度しか聞けません。
何を聞くかといえば阿弥陀仏の本願の呼び声です。
阿弥陀仏の無私の救いを聞くには、無私の財施に励まねばならないということです。
「無私の救い」に見合う財施ですから、自分の生活のことなどニの次で財施に励むことです。
世間のことにお金を使うのは、恐ろしい法謗罪ですし。

自分の生活を守れる範囲で財施しておけばよかろう、などと思っているのは
仏法を軽んじて己の欲を優先している姿ですから、もっての他です。
「自分の生活を守りながら仏法聞こう」などとと思っているのは
「明日も自分は生きていられるだろう」という、無常を撥ねつける心があるからです。
そんな心がけでは、到底阿弥陀仏の救いに預かることなど夢のまた夢です。

ここに来てる会員は、どれだけ財施に励んでますか?
己の生活など省みず、「今死ぬ覚悟」で財施してますか?
「明日の食費が・・・」などと考えているのであれば、「今死ぬ覚悟」での財施とは到底言えませんし、
そうした思いは、阿弥陀仏の本願よりもお金の力を人生のあて力にしている証拠です。
「無私の救い」を聞き届けたいのであれば、全財産を会長やs会に投げ打ちなさい。「実践は宗教の命」です。

歎異抄によれば、親鸞は「財施は救いの必要条件ではない」
「説法する人への布施の量が救いに関わることはない。もしそのように言う者があれば、
それは『儲けたい』と思って説法している人が
信者を脅して言っているのでしょう」と言っているかのようにみえますが、
そのように思っているのは欲に負けている人間であり、その程度のレベルでしか理解していないということです。

無私の財施をした者が、無私の救いを聞けます。財施しなさい。

>会員(特に講師部員)
以上が親鸞会の主張ということでOK?

86 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:12:10 ID:TAVbb0Xa
>>83
>会にお金や人を集める行為は「宿善」だが、それ以外の
ボランティアや称名などは「雑行」。

ここに書き込む会の皆さんの話をきいていると、
s会的宿善として称名やボランティア活動は会にお金や人を集める行為
よりも雑行またはかなり格下の行らしいですね。
聴聞できないときに、会員を増やす活動でなくて称名していてはいけないのか、
ときくと、お勤めのときにしているのだからいいのだ、とか言い訳するようです。
s会的には、称名よりもお金や人を集める行為が明らかに、より勧められています。

蓮如上人の「ただ声に出して念仏ばかりをとなふるひとはおほやうなり、
それは極楽には往生せず。」
などは称名正因などの秘事に対して教戒する意味です、前後をよく読んでください。
祖師方はみな口を揃えて称名を勧められています。それは、
「弥陀の名号となえつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして
仏恩報ずるおもいあり」(浄土和讃 )
「このうへには、なほ後生のたすからんことのうれしさありがたさをおもはば、
ただ南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏ととなふべきものなり。」
から明らかです。
決定者の真似をするのがいいとs会でも教えられているのでしょう?
だったら信を獲たうえでの称名と同様、信前も称名は強く勧められるべきです。

以上について国語力のない会員さんがお前は称名正因だとか非難するのでしょうけど、
私のいっているのは正論です。
称名よりも会にお金や人を集める行為を勧められていることが間違っているのです。

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:58:41 ID:PYB3QdzL
=われ、仏を得てより来(このかた)=余は最勝の「さとり」に達しと
いう意味。
「さとり」の境地が法華経に書いてある「さとりの境地を説こう。すべての存在
は水の泡か陽炎のごとし。速やかに一切の存在に対し嫌悪を抱け」だから、「さとり」
の境地が空であり、仏界は一切の存在に対し嫌悪を抱いている。

自我を弱くして仏の教えを聞き、法華経は「戒行を守ろう、善き性格をもち、安楽に共
同生活をし、忍耐強いであろうし、平静であろう。他人を羨望せず、心に怒りがなく、
心に悪意がなく」ような仏弟子となるよう教えている。

88 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/11(日) 14:01:47 ID:MTneRRuQ
 呼んだのか 〜? >>72

阿弥陀経に言わく、少善根福徳の因縁をもって、かの国に生まるることを得べからず。阿弥陀仏を説く
を聞きて名号を執持せよ、と。已上
 親鸞会が説くようなちっぽけな宿善少善根福徳の因縁をもってかの国に往生することはできない。阿
弥陀経が言うように、阿弥陀仏の説を聞いて南無阿弥陀仏という名号をしっかり保持しなさい。

 光明寺の和尚の云わく、自余の衆行はこれ善と名づくといえども、もし念仏に比ぶれば、まったく比校
にあらざるなり。
 善導大師が説いている。念仏以外の宿善、念仏以外の諸々の行為は、仮にこれを善と名付けても、
念仏の善に比べれば全く比べものにならない。

 このゆえに諸経の中に処処に広く念仏の功能を讃めたり。
 だからこそ、様々なお経の中で、念仏の功徳は随所で書かれている。

 無量寿経の四十八願の中のごとき、ただ弥陀の名号を専念して生を得と明かす。
 無量寿経の四十八願の中には何て書いてある?。ただ阿弥陀仏の名号を専念すれば往生すると明
記してあるだろう。

 弥陀経の中のごとし、一日・七日弥陀の名号を専念して生を得と。
 阿弥陀経にはなんと書いてある?。一日から七日、阿弥陀の名号を専ら念じれば、往生すると書い
てある。

 十方恒沙の諸仏の証誠虚しからざるなり。
 阿弥陀経では、十方の仏達が揃って証明している。これは嘘じゃない。

 またこの経の定散の文の中に、ただ名号を専念して生を得と標す。
 また、観無量寿経の定散を紹介する文の中で、ただ阿弥陀仏の名号を専念すれば往生
すると書いてある。

 この例一にあらざるなり。広く念仏三昧を顕し竟りぬ、と。
 こうした例は一つではない。非常に幅広く様々な経典で念仏のすばらしさが説かれている。

89 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/11(日) 14:04:37 ID:MTneRRuQ
 また十方の仏等、衆生の釈迦一仏の所説を信ぜざらんことを恐畏れて、すなわち共に同心・同時に
おのおの舌相を出だしてあまねく三千世界に覆いて、誠実の言を説きたまわく、汝等衆生、みなこの釈
迦の所説・所讃・所証を信ずべし。一切凡夫、罪福の多少、時節の久近を問わず、ただよく上百年を尽
くし、下一日・七日に至るまで、一心に弥陀の名号を専念すれば、定んで往生を得ること、必ず疑いな
きなり。このゆえに一仏の所説は、一切仏同じくその事を証誠したまうなり。
 十方の仏達は何をしているか。仏教音痴の高森顕徹さんや、この人に騙されている親鸞会の講師の
面々が、釈迦一仏の説法では信じないだろうと心配し、阿弥陀経では一斉に、同時に大声を出し、世界
中にから真実の教えを説いているんだ。「おーい、高森顕徹よ。おーい、親鸞会の講師達よ。お釈迦様
の言葉を信じなさいよ。お釈迦様が説いている内容、称賛している内容、証拠として示していること。み
んな、本当のことだぞう。どんな人でも、善人も悪人も、時を選ばず上は百年、下は一日、七日でも阿
弥陀仏の名を専念すれば、極楽に往生するんだぞう。釈迦一人の教えは全ての仏達の教えなんだぞ
う」と。

 元照律師の弥陀経義疏に云わく、如来、持名の功勝れたることを明かさんと欲す。先ず余善を貶して
少善根とす。いわゆる布施 〜 立寺・造像 〜 一切福業、 もし正信なければ、回向願求するにみな
少善とす。往生の因にあらず。
 元照律師は言う。阿弥陀仏の名を保持する念仏のすばらしさを明らかにしよう。親鸞会が説いている
宿善などはちっぽけな少善根に過ぎないと、これを低く評価する。お布施したり、箱物の親鸞会館など
を作ったり、会長が天女の絵を買ったり、こんな全ての善は、正信心がない信前行為として、全くくだら
ないことである。こんなことをして極楽浄土に往生しようと考えるなら、馬鹿も休み休みした方が良い。こ
んなことはいずれも極楽浄土への往生の足しにはならない。

90 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/11(日) 14:05:27 ID:MTneRRuQ
孤山の疏に云わく、執持名号とは、執とはいわく執受なり、持とはいわく住持なり。信力のゆえに執受、
心にあり。念力のゆえに住持して忘れず、と。
 阿弥陀経は、執持名号という。執とはいわく執受、しっかり受け止めるということである。持つとは持続
的に保つと言うことである。信心の力で受け、心に止める。念じ、保持し、忘れないということである。
                                       (化身土の巻)


91 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:30:16 ID:PYB3QdzL
仏教でいう「自我」は、
やはり単なる「本能的、自己中心的欲求」(我欲と言うんでしょうか)のことではなく、
「外界と接触し、知覚し、考え、判断し、環境の変化に応じた適応的機能を果たすもの」
(byハルトマン)と表現できる部分のことでしょうか。
そして、それをたとえば機能と、内容(外界と接触し得られた判断基準なり物事の見方
=教えられた道徳的なものや知識や経験による物の見方)に分けて考えると、
仏教では、「自我の内容」は否定しているということになるでしょうか。
この「個人的な経験などによる物の見方」(これを我見といいますか)を、
お釈迦様の考え方とすっかり同じに入れ替えてしまうのが良い、ということで。
そしてお釈迦様の「物の見方、とらえ方」は大我と同一(宇宙の本体としての
大我とも同一?)であり、真理(=悟り)であり、その具体的な内容が「仏教」
ということになるのでしょうか。
また、個人的な経験による物の見方にこだわって、耳を傾けることができない
(聞く耳を持たない、考え方においての食わず嫌い)は良くないので、
「個人的な経験による物の見方=自我=我見」(自我=我見?)を
弱くする必要があると。
「自我の機能」については、
教えを聞き、理解しようとするのはここだから、
否定はしていないということになりますか。

92 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:12:24 ID:eSmVi/xS
念仏さえ称えていれば、他の善はしなくてもよい、っていうのが
親鸞聖人の教えだと、理解してきていましたが、
最近、宿善について興味が出てきました。
このスレの中では、宿善まかせという蓮如上人のお言葉も
出てきましたが、
その「宿善」について、意見が分かれている
ように思います。

お聖教に忠実に理解しようと努めていますが、
意見が食い違っているので、どちらが正しいのか、
苦しんでいます。
ここらでひとつ、すっきりさせてもらえないでしょうか。


93 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:25:35 ID:uJf1CoSq
名無しさん@そうだ選挙に行こうなんてにちゃんも息なことするね

94 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:40:56 ID:jLknZVZi
>>92
未来に向って「過去世の善(=宿善)」を積むなんて日本語はおかしいと思いませんか?

s会は、金集め、人集めを最優先し「人の多く集まり威の大なる」ことを望む会長の意図に基づき、
その活動を正当化するために、本来の宿善の意味を変えて、未来に向って積む数量的なものを連想
させる概念にしてしまったのです。

「宿善とは当相自力・体他力」であるといわれます。この解釈は、いまだ入信していない者にとっては
自力だと思っていますが、獲信者の立場からいえば、宿善そのものは如来の調熟の光明に外ならないと
いうものです。真宗において宿善とは、如来の光明であり、「よろこぶべき」であり「有難し」と思う
べきものであって、未来に向って信前のものが意識的に積もうと思うものではありません。
それは自力に執することになってしまいます。

「ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば、
遠く宿縁を慶べ」(教行信証総序)

「宿善めでたしといふはわろし、御一流には宿善ありがたしと申すがよく候(御一代記聞書)

本来、宿善とは信後においてよろこぶべきものであり「有難し」と思って味わうものなのだと蓮如上人も
仰せです。

95 :名無しさん@投票は終わった:2005/09/11(日) 22:02:34 ID:PYB3QdzL
仏教とはもともと、バラモン教の教えに反発してできたものです。
バラモン教とはもともと、輪廻(生まれ変わり続けて決して死ぬことができないこと)
を掲げていました。輪廻は、インドでは苦しみとして扱われます。
ですが、御釈迦さんは、成仏(完全に自分が消えること)してその苦しみから解放されるために修行をしました。
そして悟りを開いて成仏しました。悟りを開いて涅槃(死ぬこと)する間に、
さまざまな説法をしました。それが仏教です。
仏教は生き方です。輪廻の苦しみから脱するための教えが仏教です。

日本は大乗仏教で、浄土真宗は大乗仏教の経の浄土三部経を読みます。
どういう内容かといいますと、南無阿弥陀仏と唱えて(唱えるだけで極楽にいけるみたい)
極楽に往生(極楽浄土にいくこと)して、そこで修行して悟りを開いて成仏する
というのが真宗の教えですね。
他の宗派は、なんか修行して成仏するって感じですかね?

ちなみに仏教には大乗仏教と小乗仏教の2つがあります。
小乗とは、自分だけ修行して自分だけが救われるという考えです。

大乗は、菩薩(仏教の修行をしてる人)がいて、その菩薩が他の人々も救ってあげようという
内容です。
まぁ浄土真宗は阿弥陀如来がですがね。(阿弥陀さんも悟りを開いて如来になる前は菩薩だったんですよ)


96 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:06:28 ID:WOh2Ppd4

めでたし・・・すばらしい。りっぱだ。すぐれている。祝う価値がある。
(すばらしくよいものに対して、強くほめたたえたい感じ)
ありがたし・・・めったにない。尊い。もったいない。
(ありがたしが感謝の意で用いられるのは江戸時代元禄以降)

97 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:21:10 ID:jLknZVZi
>>96
注ありがとう。

>>94補足

宿善=如来の光明を、凡夫たる我々に積む事が出来るんでしょうか?
できるわけがない。
そんな考え方をすること自体が法を謗る罪じゃないのでしょうか?


98 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:27:11 ID:PYB3QdzL
仏教は彼岸に到達した釈尊のこの世の人々への教え。それは全世界に通じ、完全な根拠に
基づく教えであるから、これが正しいかもしれないといって迷わせないものであるし、本
来は対立しない教えである。

完全な安らぎである彼岸から、仏教を学ぶ人がそれぞれの能力、境遇、体力などに応じ教
えに専念すればよく(法華経参考)、この道だけを歩めというものではない。

たとえば修行僧は執着しない安楽な彼岸に基づき、五感もなく欲望もない安楽な彼岸に基
づき、無所有で安らぎを追求した。在俗信者は分かち与え、貪りから離れ自制を学んだり
する。執着することもなく無所有で安楽な世界に基づき、羨望やねたみを廃する。

仏教は道理を大切にしているから、根拠のない対立は本来あり得ない。人に仏教を教える
場合は釈尊の教えと彼岸とをよく思慮し、道理によって教え釈尊の教えに反駁し得ないも
のとして教えなければならない。


99 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:39:32 ID:4/N7j/Vc
信前の自力でやっていると思う諸行は、すべて阿弥陀仏の他力の働きによるものだから
早くそのことに気付けと教えるのが浄土真宗では?

そこへ、自力でやった善が宿善になるなどと教えるのは
かえって自力執心を強めるだけ。
「聞法の敗残者」という言葉にそれがよく表れていると思います。

100 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:42:57 ID:PYB3QdzL
仏教はこの世を厭い離れ、または厭い離れるひと時を幸せに思う
宗教でもある。一切皆苦だから、この世のわずらいを離れた時、
その時は幸せ。

101 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:02:29 ID:vuHS7zMQ

南無阿弥陀仏しか称えないんじゃ不足ですか?
それじゃ、とても絶対の幸福になんかなれるわけがないって?
別に止めはしないけど、それが真宗だなんて言わないでくれ

102 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:09:38 ID:jLknZVZi
>>94
さらに補足。

『蓮如上人御一代記聞書』(第309条 宿善ひらくる遅速)
「陽気・陰気とてあり。されば、陽気をうくる花は、はやくひらくなり。
陰気とて、日陰の花は、おそくさくなり。かように、宿善も遅速あり。
されば、已今当の往生あり。弥陀の光明にあいて、はやくひらくる人もあり。
遅くひらくる人もあり。兎に角に、信・不信、ともに、仏法を心に入れて、
聴聞申すべきなり」と云云。已今当の事、前々住上人、仰せられ候うと云云。
「きのうあらわす人もあり。きょうあらわす人もあり。あすあらわす人もあり」と、
仰せられしと云云。
*********************************************************************

如来の光明が凡夫であるわれわれに届くのに、衆生の業が各々違う為に時間差が
できる、ということであって、如来の光明自体が厚い薄いわけではないのです。
繰り返します。
真宗において、信前のものに対して獲信のために宿善積め、と説くのは間違いです。

>>99
>自力でやった善が宿善になるなどと教えるのは
>かえって自力執心を強めるだけ。

まったくです。。

103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:10:32 ID:PYB3QdzL
人々の幸福、安穏、安楽を願って努力し、それにより名誉・地位・財産を得たとしても、名誉
・地位・財産を喜ぶ心は裏切られるだろう。しかし、生きとし生けるものの幸福・安穏・安楽
を願う心は裏切らない世界に通じる。

名誉・地位・財産を欲して、その求める心に従い生きたとしても、その心は裏切られる。

五感を抑制して、静けさを喜ぶ心は裏切らない世界に通じる。

妄執は裏切られる。悪い心は裏切られる。生存のための妄執も生存の断滅のための妄執も永遠
の幸福を裏切るだろう。


104 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:11:37 ID:PYB3QdzL
「一切の形成されたものは苦しみである」と信じることも「一切の事物は我ならざるものであ
る」と信じることも決して裏切ることはない。
「世の中は泡沫のごとしと見よ。世の中はかげろうのごとしと見よ。この身は泡沫のごとしと
見よ。この身はかげろうのごとしと見よ。」とこのように観ずることも裏切らない世界に通じ
る。
「人のいない林は楽しい。世人の楽しまないところにおいて、愛著なき人々は楽しむであろう。
かれらは快楽を求めないからである。」快楽も裏切る。

 たとえ何ものかを信じたとしても裏切るだろう。その時は、何ものかを信じた自己さえない。
 しかし、このような自己も存在せず一切が平安で、幸福で、安穏で、安楽な世界は決して裏
 切らない。


105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:21:12 ID:jLknZVZi
> ID:PYB3QdzL

コピペ?
対話をする気のない独り言ならどっかほかでやっていただけますか?

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:27:00 ID:jLknZVZi
>>101

まったく同感。
s会は、南無阿弥陀仏しか称えないんならば不足だ、やはり善をしなくては、
という人々が集まった会であると思っています。
そんなs会が浄土真宗と名乗るべきではありません。

こういうときまって、真宗の衰退がどーだとか、寺に人が来ないとか
言い訳するのが常套手段なわけですが、要するに、
「人の多く集まり威の大」なのが真宗の繁盛とおもっているんですよね?




107 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:30:15 ID:ol7o/jMB
>未来に向って「過去世の善(=宿善)」を積むなんて日本語はおかしいと思いませんか?
未来に向かって「思い出(=過去を振り返った時の記憶)」を作るという日本語はおかしくないです。
よって、全然おかしくない。あなたがおかしい。

終了ですね。おつかれさま。

以下念のため補足しとこう。
>宿善=如来の光明を、凡夫たる我々に積む事が出来るんでしょうか?
分かりやすい論理のすり替えだね。当相自力はどこへいったのやら。
そんな調子では、獲信したときに何を喜ぶんだろうね。
あ、獲信しないから喜ぶこともないのか。

>如来の光明が凡夫であるわれわれに届くのに、衆生の業が各々違う為に時間差が
>できる、ということであって、如来の光明自体が厚い薄いわけではないのです。
そのとおり。衆生の業によって差別が生じると、あなたも認める通りです。
解決だね。

108 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:34:52 ID:vuHS7zMQ
s会本部に如来の光明がたくさん集まってるらしいですw

109 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:43:48 ID:1I5qhPNA
「一枚起請文」
念仏を信ぜん人は、たとい一代の法をよくよく学すとも、
一文不知の愚鈍の身になして、尼入道の無知のともがらに同じうして、
智者のふるまいをせずして、ただ一向に念仏すべし。


????????????????????????????????????????????
   南無阿弥陀仏だけしか称えないんじゃ絶対の幸福になれない教え = 親鸞会
????????????????????????????????????????????

110 :名無しさん@3周年:2005/09/11(日) 23:52:25 ID:ol7o/jMB
>南無阿弥陀仏だけしか称えないんじゃ絶対の幸福になれない教え = 親鸞会
「念仏さえ称えていれば助かる」というのは間違いだと言ってるし、
「ただ念仏を称えていても助からない」とも言ってるよ。

君たちはこれ↑が間違いだと言いたいということでいいか?

111 :名無しさん@3周年:2005/09/11(日) 23:57:27 ID:eZCa8P8i
腐った頭で考えてもわからんぞ!

112 :名無しさん@3周年:2005/09/11(日) 23:58:30 ID:W9VvjkEL
>>110
で、財施や勧誘を宿善として積まねば助からない、というのがs会ですよね。

113 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:13:18 ID:Zht46HI4
財施について、「出した分だけ聞けるんだ」とs会講師部員から聞いていましたが、
つまりs会で「最も宿善となる」と勧められる聴聞も、
それを活かすか殺すかは信者の財施によるということですよね。

s会において、阿弥陀仏の救いを聞けるか聞けないか(信心決定できるかどうか)は
信者の財施が最重要となる、いうことでよろしいですか?

114 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:15:49 ID:cNjke/Re
>>107
つまらない屁理屈で勝利宣言するのもs会の常套手段。
よんでいてアホらしい。

115 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:18:36 ID:cNjke/Re
>>107を書き込んだ屁理屈おぢさん、
>>112のご質問に対してなにか反論してみな。
全然終わってないよ。

116 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:18:55 ID:XOTtRF/J
求道は組織でしようが、個人でしようが所詮はひとりひとりのしのぎ。
組織で圧力がかかるのは「みんないっしょに」求めてるときだけです。
うさぎと象の河流れの話を聞いたことがありますか?
あなたはうさぎさんです。はやくそのレベルから脱して自分の後生を心に
かけてください。聴聞を重ねてください。
そうすれば組織にたいする見方も180度変わると思いますよ。

117 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:21:46 ID:cNjke/Re
>>110
>「念仏さえ称えていれば助かる」というのは間違いだと言ってるし、
「ただ念仏を称えていても助からない」とも言ってるよ。

で、いきつくところは金と人を会に集めてこい、
そしたら宿善厚くなって助かるってかw

118 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:24:14 ID:cNjke/Re
>>116
都合悪くなったからといって話題そらすな。
諸質問に答えて。

119 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:27:22 ID:NIootnxk
>つまらない屁理屈で勝利宣言するのもs会の常套手段。
>よんでいてアホらしい。
>>112=>>109か?
悪いけど、君よりまともに教学やってるアンチはよっぽどたくさんいる。
引っ込んだ方がアンチのためだと思うよ。

>s会において、阿弥陀仏の救いを聞けるか聞けないか(信心決定できるかどうか)は
>信者の財施が最重要となる、いうことでよろしいですか?
財施は因。結果は因と縁が和合して生じるもの。
縁はすごく大事だよ。

120 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:29:53 ID:cNjke/Re
s会は、どうみたって金集め、人集めを最優先して
「人の多く集まり威の大なる」ことを目指している会だよね。

あの化膿姉妹真っ青の品の悪い建造物も然り、
ダミーサークルをうじゃうじゃつくって主要大学の新入生を組織的に取り込み、
やれGHSだ、○万円以上だ、と金にうるさい。
批判されると、Hガン寺は閑古鳥がないているだとか真宗の衰退だとか言い出す。

いくら詭弁で取り繕っても現状がそうなんだから申し開きはできないでしょ?


121 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:33:40 ID:XOTtRF/J
全然違いますね。会員ならばそうではない、という話もよくお聞きしてるはず。
なんで間違えるのかもわかりますが
そのレベルでは「善のすすめ」の真意はわかりません。


122 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:42:18 ID:cNjke/Re
>>119
>君>>112=>>109か?

ちがうよ。

>悪いけど、君よりまともに教学やってるアンチはよっぽどたくさんいる。
引っ込んだ方がアンチのためだと思うよ。

おおきなお世話とだけいっておこう。
大きな口をたたいたのだからそれなりの理由を述べてもらおうか?

>財施は因。結果は因と縁が和合して生じるもの。
>縁はすごく大事だよ。

ふーん、横レスだけど、s会において、阿弥陀仏の救いを聞けるか聞けないか
(信心決定できるかどうか)は 信者の財施が最重要となる、いうことを認めたんだね。
よく覚えとくよ。

123 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:47:22 ID:Zht46HI4
>>119
信心決定するには、会への財施が最も重要だ、ということですね?

124 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:47:38 ID:cNjke/Re
>>121
>そのレベルでは「善のすすめ」の真意はわかりません。

どのレベルまでいくと真意がわかるの?
君はわかった口?
水際はどこにあるの?
説明できないのなら、君の言う思わせぶりは結局は詭弁ということだよね。
どうせ「きみも聴聞していけばばわかるよ、よちよちw」
とか言うんだろうけど陳腐だよね。

125 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:52:35 ID:XOTtRF/J
うさぎと象の河流れの話を聞いたことがありますか?
あなたの知らないことがあるんです。

126 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:01:42 ID:Zht46HI4
>>125
兎と象の河流れは知りませんが、その話で
親鸞は自分や自分の教団へ財施することを「救い」に繋げて説いたんですか?

127 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:02:41 ID:cNjke/Re
>>125
しらないよ。
でもさ、たとえ知っていたとしても、
s会が金集めと人集めに狂奔している実情があるのだから、
いくら宿善論の詭弁で正当化しようとしたってs会がどうみても
おかしなことをやっているのは一目瞭然なんだけどね。
人集めにいたっては嘘つきや身分詐称すら正当化しているわけでしょ?

128 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:11:57 ID:NIootnxk
>ちがうよ。
それなら、書き込んだ本人に任せとけ。まだ何時間も経ってないだろうが。
本人に反論があれば本人がするんだよ。

>おおきなお世話とだけいっておこう。
>大きな口をたたいたのだからそれなりの理由を述べてもらおうか?
印象。ごめんね。
君、アンチの中でも教学いける方だと思ってるのか?

>信心決定するには、会への財施が最も重要だ、ということですね?
だから違うよ。最も重要なのは聴聞。

129 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:15:41 ID:Zht46HI4
>>128
で、その聴聞で「どれだけ聞けるか」は
「財施でどれだけ出したか」が問題になるんでしょ。

130 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:20:21 ID:63s6s0IJ
また、よく聞かなきゃ分からない、か
論点うやむやにして財施させる現状は変えない、体質は変わらない。
s会の嘘勧誘、金集めいつまでつづくのか・・

131 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:24:05 ID:XOTtRF/J
「もっとやさしく教えてくれれば」という自分のはからいは通用しません。
「もっとやさしく教えてくれれば信心決定できる」と思っていませんか?


132 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:34:21 ID:NIootnxk
>で、その聴聞で「どれだけ聞けるか」は
>「財施でどれだけ出したか」が問題になるんでしょ。
それもあるが、足で聞け、と教えられるとおり、苦労して聞く。
体力や、時間を費やして聞く。仕事をやめて聞けとさえ教えられている。
楽に聞ける法ではないんだよ。

>論点うやむやにして財施させる現状は変えない、体質は変わらない。
論点うやむやなのは君らだけだろ。

133 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:41:04 ID:63s6s0IJ
>「もっとやさしく教えてくれれば」という自分のはからいは通用しません。
>「もっとやさしく教えてくれれば信心決定できる」と思っていませんか?
べつにはからってねえからw
つーか、仏教の厳しさはs会のさじ加減かよ。
真実ってのはs会が厳しくてもやさしくても変わらないもんなんだろっ

134 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:52:53 ID:cNjke/Re
ここに出てくるs会のシンパは、いつもえらそうに上からものをいうけど、
嘘つきや身分詐称について言及するといつもだんまりを決め込むか話題そらし。

自分でも本当は後ろめたく思っているんでしょ?
そうだよね、倫理道徳にもとることをやっても、いつまでたっても無反省。
上からの指示とはいえ、やらかし続けてているんだから。
まともな精神を持っているなら、頭がおかしくなってきてもおかしくはないと思う。
倫理にもとり、法にすら触れかねない行為に無反省で、なにが善の勧めだ、といいたい。

たとえていえば、ガンの発生原因として認められているアスベストを
生産する会社が「私たちの会社は健康推進第一がスローガンです!」
と宣言しているようなもの。
あるいは選挙違反やらかした執行猶予中の前科のある議員がぬけぬけと出馬して
○○党のやってきたことは犯罪行為だ!と粋がって演説しているようなもの。
立派な御託を並べるのは、まずは自分の罪をしっかり償ってからだろ、
と一言いいたくなってくるよね。

135 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:54:19 ID:XOTtRF/J
名利を求めながら真実がわかる聞き方などはできないのだ。

136 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:54:26 ID:63s6s0IJ
>>で、その聴聞で「どれだけ聞けるか」は
>>「財施でどれだけ出したか」が問題になるんでしょ。
>それもあるが、足で聞け、と教えられるとおり、苦労して聞く。
>体力や、時間を費やして聞く。仕事をやめて聞けとさえ教えられている。
>楽に聞ける法ではないんだよ。

財施すればすれほど、体力をかえればかけるほど御利益があります。
どこぞのインチキ宗教や詐欺商売と変わらんな
そうやって生かさず殺さずしぼりとっていくんだろうな〜
会員カワイソ
ギリギリの生活を常に強いられるわけだからな

>>論点うやむやにして財施させる現状は変えない、体質は変わらない。
>論点うやむやなのは君らだけだろ。

どこらへんがうやむやですか?
また、
わからんのはおまえ、悪いのはおまえ。
こっちは釈尊の教説。おまえは釈尊よりえらいんか?のいつもの屁理屈、か
都合のいい箇所だけきりとりインチキ仏教やめてくださいよ


137 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:56:06 ID:XOTtRF/J
どこがインチキで、どこがそうでないか、あなたにわかるとしたら
すばらしいことです。でもおそらくわかってないからこういう書き込みになって
いるのでしょう。
組織の中には祖師聖人の御こころをわかっているひともわかっていないひとも
いることをご存知のうえでいまの組織がつくられているんですよ。
よく聴聞してください。いつものことと思わずに。
あなたの知らないことがあるんです。

138 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:01:34 ID:63s6s0IJ
>どこがインチキで、どこがそうでないか、あなたにわかるとしたら
>すばらしいことです。でもおそらくわかってないからこういう書き込みになって
>いるのでしょう。
へー、あなたはわかってるみたいですねw。
信心決定したんですか?また、嘘?
それとも根拠なしにs会が正しいと思ってるビリーバーですか?

139 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:03:01 ID:keH48flm
>>137
聖人は組織の作り方まで教導されていたんですか?
されていないなら、一般論でこの組織がおかしいかおかしくないか
判断できると思いますが。

140 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:16:21 ID:yddH2lQZ
ただいま、このスレでは宿善の教義問題から必死で話をそらそうとするアンチがご覧になれます。
かなり追い詰められてるようです。
ちょっとかわいそうです…。(T_T)

141 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:22:42 ID:znAAtEbd
>>135
>名利を求めながら真実がわかる聞き方などはできないのだ。

あっそ。
名利を求めるのは煩悩だよね。
名利を求める心を絶つ聞きかたができるひとっているんですか?
s会の会員だって名利を求めているのは例外じゃないでしょ?
親鸞聖人も「名利の大山に迷惑して」とおっしゃってるわけだし。

真実がわかる聞き方は名利を求める心を断じないとできない
(名利を捨てなければできない)といっているのなら
立派なききぞこないじゃないですか?
シンパ、誰か注意してあげたら?

142 :哀れだね:2005/09/12(月) 02:24:36 ID:znAAtEbd
>>140
ただいま、このスレでは身分詐称問題、ウソツキ勧誘問題から
必死で話をそらそうとするシンパがご覧になれます。
かなり追い詰められてるようです。
かなりかわいそうです…。(T_T)

143 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:35:14 ID:yddH2lQZ
>>142
おやおや、なんとスレの流れまで無視しようとするアンチが現れてきましたね。
これがカルト的、思考停止状態なんでしょう。
みじめなものです。

144 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:38:10 ID:keH48flm
>>143
それを言うとこの宿善問題自体が嘘勧誘から派生したものなんだがな。

145 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:45:36 ID:yddH2lQZ
>>144
は?
>>92がか?

146 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:49:11 ID:keH48flm
>>145
いや、3スレほど前の話だが。
元々体質のみで話していたが、食いつき悪いから教義とも絡めて話をしだして、
それが本願寺の人間まで食いついて教義だけの話になってしまったのが実際のところ。
ぶっちゃけ俺は宿善がどうとかどうでもいい。

147 :哀れだね:2005/09/12(月) 02:50:51 ID:znAAtEbd
>>145

いや、もっと前。
>>83みろや

148 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 02:54:25 ID:keH48flm
そういや>>83>>86はスルーされてるな。何故だろうな。

149 :哀れだね:2005/09/12(月) 02:55:45 ID:znAAtEbd
>>143
ID:yddH2lQZ

えらそうに仕切るな。
大体、AA荒らしとかさいたまとかうんことかスレ乱すのはシンパの
専売特許だったことぐらい知ってるだろ?
自分で自分たちをカルト的、思考停止状態といっているんだから
哀れなもんだよね。

150 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:01:11 ID:yddH2lQZ
>>146
教義がどうでもいいのなら絡めるな。
絡まるな。
都合悪くなったら「どうでもいい」じゃねえよ。

>>147
ホントかわいそうだな。
「流れ」って言葉の意味わかりますか?

>>149
アンチがシンパのせいにしようとしてたのは知ってるぞ。
カルト君。

151 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:04:04 ID:keH48flm
>>150
おいおい、>>83>>86はスルーか?

152 :哀れだね:2005/09/12(月) 03:07:46 ID:znAAtEbd
>>150

ここまでつまらないカキコされると、いままで相手してたのが
アホらしくなってくるね。
会員の質が露呈されたことが今夜の収穫かな?
じゃあ、明日は早いので寝るけど、

>アンチがシンパのせいにしようとしてたのは知ってるぞ。

どうやら当事者かい。漫画かいてて不規則生活のようだが
昼夜逆転しないように注意する事だな。ば〜い。

153 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:12:50 ID:keH48flm
>>86みたいな絡め方ならともかく、教義が正しいかどうか「だけ」を問題にするのは
俺の本意ではない。教義が正しいとしても体質は教義と剥離してるしな。

あと、最近はシンパの反論が増えてほとんど荒らしがなく、
体質批判をしていた頃はシンパの反論がほとんどなく荒らしだらけだった。
これは厳然たる事実。

154 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:18:46 ID:yddH2lQZ
>>151
スルーも何も、>>92からの流れじゃないだろうが。

>>152
都合の悪いものはすべて見ないようにして生きてきたんだね。
>>92から始まる一連のレスの流れが存在しているんだよ。
カルト君には見えないみたいだけどね。
アンチはみんな見えないのか?
ま、そんなことないだろうから、見えるアンチに教えてもらいな。

155 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:21:56 ID:keH48flm
>>154
>>92からの流れじゃないぞ?もっとずっと前からの流れだ。前々スレくらいからの。

156 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 03:55:50 ID:c8YORckY
高森はやり方は間違ってるが、本当の仏教を教えてるとか様な意見を目にするが、わはっはは、わらっちゃうよ
間違いは間違いなんだよ。偽者は偽者。

157 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 07:23:11 ID:CEvWYUvx
>>107
>分かりやすい論理のすり替えだね。当相自力はどこへいったのやら。

横レスで質問ですが、「宿善=如来の光明」ということは認めてられますか?

>そのとおり。衆生の業によって差別が生じると、あなたも認める通りです。

引き続き、横レス質問ですが、これよりわれわれ衆生が、未来に向かって造
る業によって、如来の光明が凡夫であるわれわれに届く時間差を左右すること
ができるとお考えですか?

158 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 09:21:59 ID:7zm5lZRs
>>135
>名利を求めながら真実がわかる聞き方などはできないのだ。

に対する
>>145さん
のコメントに対して、s会員さんは無視?スルー?のようですが、
どうなんでしょうか。
あと、>>83>>86に対してもなにも言い返せずノーコメントでしょうか?

>どなたか会員またはシンパさん。通行人さんでもいいよ。

159 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 09:52:14 ID:yddH2lQZ
レスが欲しいなら質問形式にしろよ。
なんかコメントくださいってことか?

160 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 11:05:57 ID:LvHhoBTM
どうやら正本堂の追加募財が始まっていますね。
座布団85万円だそうです。アホくさいですね。
これで終わりだ最後だといって、何度追加で募財すれば気が済むのでしょう。

くだらないベルサイユ宮殿風の柵や、趣味の悪いレリーフ、
松林の絵とか、馬鹿でかいワシのマークとか、センスの悪い緞帳とか、
そこらじゅうにあるつぼとか、絵とか。
年に数回も使わない会長専用の渡り廊下とか。
必要性の希薄な地下道に20億円も金かけたり。
そんなもんに金をかけなければ、足りていたはずなのにね。

会長の気まぐれで、本来布教に関係のない上っ面に大量の金が投下されて、
足りなくなれば幹部から何度も何度も追加募財。
正本堂は所詮会長のおもちゃなんですよ。
教学講義に参詣するのも金。前のほうで話し聞くのも金。
落慶法要は参加費5万円、プラス5万円で記念品の特別装丁の「なぜ生きる」
私の友達は、もう十数冊もなぜ生きるを抱えていて、
これ以上いらないのに、幹部は全員5万円といわれて、
参加費とあわせて10万円、泣く泣く払っていましたよ。

その金で、下らん絵とか買われているんです。
悲しくなりますよね。こんな団体を真実の団体と思っていたんですから。

161 :菊谷さん:2005/09/12(月) 11:35:59 ID:8HuY0Paw
みなさんもちろん公明党にはいれてませんよねー!!

162 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:15:54 ID:E19CyDv1
>>160
漏れは落慶法要誘われてたんですが・・
そんなひとも5マソだったんでつか。

163 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:42:23 ID:lPOD7dVF
>必要性の希薄な地下道に

地下道あってよかったけど。
財施は功徳になるからすすめますが希望者だけですから、
いやならしなければいいだけの話。
幹部云々も幹部でいなければいいだけの話。
会員でなくても聴聞できるし、大画像もあるから前でなくても聴聞できる。
退会も自由。
財施したいひとをどうこう言う理由はないと思うが。

164 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:45:05 ID:rLtAAhi0
親鸞会が大きくなればそれだけお金はかかるだろ。

165 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:58:32 ID:FdOtdBxX
>>163
地下道によって歩行者の安全が守られた。
以前、事故が起きそうになった。人をはねたら、何億で済まんからね。

166 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:17:15 ID:yh3AglaG
>>163
>財施は功徳になるからすすめますが希望者だけですから、
>いやならしなければいいだけの話。
>幹部云々も幹部でいなければいいだけの話。
>会員でなくても聴聞できるし、大画像もあるから前でなくても聴聞できる。
>退会も自由。
>財施したいひとをどうこう言う理由はないと思うが。

はぁ?
「財施しない」=「ダミーサークルや会をやめる」だろ
まず勧誘時に財施について説明しとけや
だったら、入ってやらなかったからよ
契約の約束をしといて、後で相手にとって不都合な部分を小出しにしていくなんざ
詐欺の手口といっしょなんだよ、こら
てめぇらの都合でわざわざ入会して退会して、二度手間だろが!
死んでろ、糞s会。

167 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:30:04 ID:yh3AglaG
>地下道によって歩行者の安全が守られた。
安全にこれで十分ということはない。
適度に折り合いをつけるのが普通
吉外みたいに安全を追求するバカの夢に殉じる会員の身にもなれ!

>以前、事故が起きそうになった。人をはねたら、何億で済まんからね。
あそこで今まで事故が起こったことはない。
それより、会員からバカみたいに金の無心をして
いらないもの買って、喜んで・・
会員から無限に金がわき出すと思ってないか?
このまま過剰に金をとりたてていけば、いつか過労死するやつもでてくるぞ。
そっちの死人が出てきやしないかの方が心配だ。

168 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:34:34 ID:FdOtdBxX
どうせお前は出さないんだろ。
ほっとけよ。

169 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:35:52 ID:FdOtdBxX
>>167
>あそこで今まで事故が起こったことはない。

いつからの話?
なんで断言できるの?

170 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:37:36 ID:yh3AglaG
>親鸞会が大きくなればそれだけお金はかかるだろ。

建物しか大きくなってないから、一人あたまの財施金額がはねあがるわ、はねあがるわで
大迷惑ですわ。
ご利用は計画的にしてくれ、金はらってんのはこっちなんだからよ。

171 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:47:52 ID:yh3AglaG
>>168
同胞が苦しむすがたは見てられない。

>>169
もちろん、俺がいた時分の話。
その間、事故は起きてない。それは断言できる。
それに事故の原因なんて、心がけの問題じゃないの?
ひとりひとりが注意を呼びかけて、それを守っていれば事故なんておこらないし、
じいさんばあさんのことにしても、若いもんが守ればいいだろ。
そこでのふれあいから始まる感動物語もあるだろうにさ
s会って、逆境をバネにするみたいなこと言ってなかったか?

172 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 13:54:42 ID:FdOtdBxX
>>171
>もちろん、俺がいた時分の話。
>その間、事故は起きてない。それは断言できる。

だから何時だよ。1、2年間とか言うなよ。

>それに事故の原因なんて、心がけの問題じゃないの?

言うこと聞かない改印も多いからね。
押すなって言うのに、おとき交換所に押し寄せる人たちとか(藁

173 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 14:04:29 ID:yh3AglaG
>だから何時だよ。1、2年間とか言うなよ。
教える義理はないが・・
まあ一年もいれば十分かな・・
十年に一度の周期でやってっくる交通事故があれば別だが、んなもんねえし。
実際あの通りをあるけば、感じれるもんだよ。

>言うこと聞かない改印も多いからね。
>押すなって言うのに、おとき交換所に押し寄せる人たちとか(藁
他人をののしる前に自分を見ろ、バカ。
混雑がはじめから予想できてるんなら、対策を考えろよ
それで人の愚かさを笑っているとしたら、
まさに灯台もと暗し、愚の骨頂ですな。

174 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 14:17:02 ID:LvHhoBTM
つうか、あの程度の交通量が月に数回のあの場所で、
地下道作るなんてのが正気の沙汰とは思えんが。
しかも20億。
金なんて会員から搾り取ればいくらでも出てくると思っているんだろうね。

まあ、本願寺に対抗して大伽藍を作るのが親鸞会の目的でしょうから。
けんしょう新聞でもやけに本願寺の御影堂よりも広いことばかりを、
強調していたけどね。

こけおどしの施設ばかりに金を使って、
末端の講師はその募財に走り回り、
ろくに教えの徹底もなされないまま、
財施が功徳になるとばかり強調されて…
そこらのカルト新興宗教団体と何にも変わんないじゃん。

会長が死んだ跡、あの大講堂何に使うつもりだろ。

175 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 14:34:52 ID:yh3AglaG
>>174
>会長が死んだ跡、あの大講堂何に使うつもりだろ。
ほんとだね。
たぶんグリンピアと同じ道たどるだろうねw
クレーンの先に巨大な鉄球ついてるヤツで破壊されなきゃいいけど・・

176 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 14:58:43 ID:rLtAAhi0
>>174
どうせお前は出さないんだろ。
ほっとけよ。

177 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:08:03 ID:DdZC7ukp
どうせおもちゃ買ってくれないんでしょ。
そんなにおこらなくてもいいじゃん。
もうお母さんにはたのまないから。お父さんに買ってもらうもん。

178 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:12:43 ID:FdOtdBxX
>>173
>まあ一年もいれば十分かな・・
>実際あの通りをあるけば、感じれるもんだよ。

やっぱ、いいかげんな奴だな。
結局知らないだけじゃんかよ。

>他人をののしる前に自分を見ろ、バカ。

俺、おときもらったことないよ。バカ。

179 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:14:44 ID:FdOtdBxX
>>175
必要なくなれば、壊すのも道理だわな。

180 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:25:37 ID:FdOtdBxX
>そこらじゅうにあるつぼとか、絵とか。

つぼは海外改印からの寄贈と聞いた。
絵も、改印が描いたものも、結構あるみたいだよね。

181 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:41:47 ID:djjCD5Wa
>>160 最新情報有難うございます は、85万円の座布団!?
一体どこまで金に糸目を付けないつもりなんだか… ベルサイユ宮殿みたいな柵ってのも
何かの暗示みたいで、ブラックユーモアにもなりゃせんですよ
まあ、趣味の悪さは昔から「世界の光・親鸞聖人」のアニメにも発揮されてましたけどね
女性が嫌な目に遭うとこがしばしば出てくるし、バックの音楽も軍隊マーチの化け物みたいだった

そういや、最高級金箔をふんだんに使った仏壇と、天井に蒔絵を描いた仏間なんてのもあったなあ
まさか、s会は、会員達は打ち出の小槌だとか思ってないだろうな

>>174
>本願寺の御影堂よりも広いことばかりを、
以前、正本堂と、聴聞する会員の写真を出して「本願寺が宙に舞う」なんてデカデカと
新聞に書いて、配ってたことがありました 本願寺は存在意義を失う、という煽り文句もあったと思う
>そこらのカルト新興宗教団体と何にも変わんないじゃん。
自制することなく暴走した団体のなれの果てでしょうね

182 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 15:53:12 ID:7zm5lZRs
>>174
>まあ、本願寺に対抗して大伽藍を作るのが親鸞会の目的でしょうから。

会長の相対の幸福に振り回されたってところか。
まあ、こういう掲示板をみる器量のある、いまは会を守る発言をしている
会員から徐々に真相に気づいていくんだろが、
なんにしてもお気の毒さま、としかいいようがないね。
早くやめるほど、傷も少ない。

183 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:18:12 ID:8juxwvac
財施を出しただけ聞けると言うけど、
その場合、額面的には聞き抜くにはいくら出せば良いんでしょう?

年収どれくらいの人が、年どれくらい会に納めて、大体何年かかるか、
具体例があると参考にしやすいので、会員の方誰か教えてください。


184 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:30:37 ID:FdOtdBxX
↑なんだかアホな質問だな。

185 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:35:23 ID:KSKwTvPB
非会員からの予想だが>>183
>年収どれくらいの人が、年どれくらい会に納めて
年収の如何によらず、会から言われるがままに出す。
>大体何年かかるか
ひたすら寿命の続く限り納め続ける。「財施に完成ということはない」・・・なんつってw


186 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:36:21 ID:FdOtdBxX
>>181
いいんじゃないの。
適当にやらせておけば。ゆったり座れるのはいいことだ。
もうすし詰めは嫌じゃ。

187 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:39:07 ID:keH48flm
>>163
>退会も自由。
今は退会規定ってあるの?3年ほど前、俺が辞めるときは逃げるしかなかったんだが。
あと>>83>>86がスルーされている件について。

188 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 16:42:08 ID:KSKwTvPB
特別装丁著書5万円、座布団85万円・・・
これにお金を掛けることが宿善になるの?

189 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:02:14 ID:FdOtdBxX
>187
会費をおさめなきゃいいんだよ。
それで自動的に終り。

190 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:08:24 ID:FdOtdBxX
どうせお前は出さないんだろ。
ほっとけよ。

191 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:08:32 ID:LvHhoBTM
>>188
ちなみに特別装丁の辞書は牛革らしい。

組織を挙げて教えと関係のない華美は装飾に走り、
牛の殺生に突き進む親鸞会の「善のすすめ」

これが親鸞会クォリティwwww

192 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:09:14 ID:LvHhoBTM
辞書→著書

失礼。

193 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:47:31 ID:keH48flm
>>189
そういう風にしか辞められないの?自主的に退会することは無理?
何ヶ月か前倒しで会費納めていたらそれも返してもらえない?
俺は返せという気はなかったけど。

194 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 17:56:02 ID:KSKwTvPB
>>191情報d
外は牛革。中身は同じ。これを恭しく5万円のお布施で頂戴することが
宿善になるんでしょうか?

>>189
「金の切れ目が縁の切れ目」丸出しのシステムなわけですな。

>>190
特別装丁著書5万円、座布団85万円・・・
出した人には「出した分だけ宿善になりますよ」って言うの?
出さない人には
「宿善になるんですよ」「その程度しか聞け(て)ないのか」「その程度のレベルでしか聞けてないのがあわれ」と煽ったりして
ほっとかないのはs会のほうでは?

195 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:04:34 ID:LvHhoBTM
>>194
私は一応幹部なので、しつこく特別装丁をすすめられました。
支部毎で目標でもあるんでしょうね。ご苦労様です。
要りませんよ、牛革の「なぜ」なんて。
どうせ金集めのための記念品でしょ?
なんで親鸞聖人の教えを伝えるのに殺生して牛革にせにゃならんの?

35周年のときは会長のビデオ十万円ってのもありましたね。
馬鹿馬鹿しい。まるでやってることがそこらの新宗教と一緒。

私の友達は、その程度にしか聞けてないのか、といわれて、泣く泣くご報謝してました。
で、例の牛革のを見せてもらいましたが、
まぁもう趣味が悪いったらありゃしない。
カバーと中身で紅白の装丁ですよ。アホ丸出し。
恥ずかしくって本棚に置けませんよ。

会長悪い業者にだまされたんじゃないかと心配になりましたね。
もっとも、だまされたって自分の懐が痛むわけじゃないし、
マインドコントロールされた会員は表面だけでも恭しく頂くでしょうから、
会長が自分の馬鹿さ加減に気づくこともないでしょう。

196 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:19:12 ID:UW59GUiB
「死より確実なものはなく、死期より不確実なものはない」(パスカル)
フランスの哲学者パスカルは、「人間は考える葦である」
の言葉で有名ですが、自らも物事を徹底的に考え抜いた人でした。
彼の著作『パンセ』には、次のような言葉があります。
「すべての人間は幸福になることを求めている。
これには例外がない。そのための手段はいかに異なっていようとも、
彼らはみなこの目的に向かっている。
これはあらゆる人間の、自ら首をくくろうとする人々に至るまでの、
あらゆる行為の動機である」



197 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:20:33 ID:UW59GUiB
196>>
ところが、現実の人間はみな空しく、その空しさをまぎらわすために、
常に気晴らしを求めている、と彼は言います。
ではなぜ、人生はそんなに空しいのでしょうか。
「多数の人々が鎖につながれ、死刑を宣告されているさまを想像しよう。
幾人かが日ごとに眼前で絞め殺され、残った者は、自分たちも同じ運命
をたどることを悟り、悲しみと絶望の中で互いに顔を見合わせながら、
自分の番がくるのを待っている。これが人間の状態なのである」
人問は生まれながらの死刑囚であるからだ、とパスカルは言うのです。


198 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:26:18 ID:7zm5lZRs
>>195
貴重な情報ありがとうございます。
あなたは、s会でも正常な神経を失っていない貴重な人材と思われます。
会長は、幹部では誰も諌めるものもいない、まっったく裸の王様状態なのですね。
トップが長期間にわたって君臨する組織は必ず腐る、といわれます。
西部グループの堤氏などがいい例です。
会長とて煩悩一杯の凡夫、周囲をすべて自分の都合のいいイエスマンで
固めた結果の自浄なき自業自得です。会員も、人を見抜く目が無かったということでしょう。
私は5年で退会しましたが、会長を信じてついてきて、ここで会の擁護に必死の人々などは、
本当にお気の毒さま、と思っています。


199 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:27:35 ID:KSKwTvPB
>>195返す返す乙でしたm(__)m
牛革カバーがなんと紅白で!
これもやはり善知識のお計らい・・・だったんで・・・しょうね・・・。
こうなると85万円のお座布団とやらは一体どんなことに・・・

ぶっちゃけ思うんだけど、
「宿善になりますよ〜」とか言って無意味に高価なモノを買うように勧めてるのって
霊感商法と同じ手口なんじゃ・・・

200 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:27:44 ID:2dUMLnEY
炎刀脅油闘(えんとうきょうゆとう)…
達人同士が その雌雄を決する為に考案された決闘法は数あるが 中でもその極にあるのが炎刀脅油闘である
その発祥は 戦国時代の名将・織田信長が侍大将を決める為に ふたりの候補者を闘わせたことにある
全身に油をかぶり 長時間火をともせる松ヤニを刀身に塗り 触れただけでも火ダルマという この決闘法を考案したのは 冷酷非情と呼ばれた信長ならではといえよう
余談ではあるが この決闘法を度々楽しんだ信長が 後に明智光秀による本能寺の変で炎に包まれ 死を迎えたのは皮肉な因果応報といわざるをえまい。

201 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:32:46 ID:2dUMLnEY
血闘援……
江戸時代、生命と名誉を賭けた御前試合などで
肉親や友人などが声を出して応援できぬため
胸に"闘"の一文字を刻み
身をもって闘士と苦しみを同じくし
必勝を祈願するという応援の至極である
 その起源は遠く鎌倉時代に伝わった中国の兵法書『武鑑』にあるという。
しかしその胸の傷字は一生残る為
これをするにはよほどの覚悟と相手を思う気持ちが必要であることはいうまでもない

202 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 18:35:21 ID:KSKwTvPB
>>200
会の内部には「批判は組織破壊・法謗罪」などと緘口令をしき、
会の外部(大学・親・新入生など)には「宗教じゃないよ」等と嘘を言っては正体を隠すなど、
とかく隠蓑戦術・人の口封じにばかり奔走している団体が
掲示板で告発されるというのは、皮肉な因果応報とは思いませんか?

203 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:02:28 ID:yddH2lQZ
>>195
お前どこの支部だ。
お前みたいに上司を馬鹿にする幹部なんていらないよ。
居場所間違ってるのわかるな。
分かったらとっとと消え失せろ。

204 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:03:51 ID:/CFronDl
>>195
>私は一応幹部なので、

なんでこういうひとが幹部にいるのかな。ただのアンチじゃないの?
退会は自由だし、不満、不信のあるなら聞かねばよいだけの話では?

205 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:09:32 ID:AtzzfkO3
こわいなー。
こうやって邪魔者は消されるだね。

206 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:13:47 ID:keH48flm
>>204
退会についての規約を教えてください。>>189以外にないなら退会自由とは言えません。

207 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:16:10 ID:yddH2lQZ
>>198
親鸞聖人や蓮如上人を頂点とする組織も晩年は腐ってたのかい、
カルト君?

208 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:17:42 ID:LGxLXXs/
>こうやって邪魔者は

財施しなくても聞けるようになってるし、退会も自由。
これ以上なにを望んでいるんだろう。
「邪魔者」という神経がわからんなあ。


209 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:22:28 ID:UmKsvirl
>>207
横レスだが・・
ちょと冷静に判断。
親鸞聖人は組織って感じじゃないよね。
それでも色々もめてたようだけど・・。
蓮如上人の組織はその後をみればわかるように外目には分からなくも
腐る兆しは見せていただろうね。

210 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:27:42 ID:LvHhoBTM
>>208
必堕無間などという造語まで作って釈尊の教えだのと吹聴し、
地獄の恐怖を植えつけて会員をマインドコントロールし、
その上で執拗に箱物作りと金集めに精を出し、
自分のイエスマンを周囲に集め会のロボットを育成する。
そんな連中を告発するために会員を続けて、内部情報を暴露しているのだ。
だからまだまだ辞めるつもりはありませんね。

>>207
>親鸞聖人や蓮如上人を頂点とする組織も晩年は腐ってたのかい、

親鸞聖人も蓮如上人も、
自分の本を牛革で飾って、
門徒に5万円で配布するようなことはされなかったでしょうね。
ましてや、宗教じゃないと嘘をついたり、
金を出したものが前で聞けるような法話の形態は取られなかったでしょう。

211 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:39:30 ID:Zf3uWic1
>>208
その割に笑顔でさようならって話ぜんぜん聞かないね。
「右手にコーラン、左手に剣」っていう二者択一の印象しかない。

212 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:45:12 ID:LGxLXXs/
>>195
>どうせ金集めのための記念品でしょ?

落慶や報恩講があっても、すこしも「記念すべき日」とは思わないだろ。
だから記念品と言われても「その分安くしろ」としか思わない。
「なつかしい法城」といわれても全然なつかしくない。
「法」自体が尊いとは思えない、「またあの話か」ってね。
聴聞中に顔が見えちゃうと信仰がわかっちゃう。(みたくないんだけど)
なるべく金かけずに仏法聞きたい。
ひまなときに聞きたいけどそう思っているとは思われたくない。
「財施の功徳」の話をされても全然信じてない。

まわりによく思われたくて頑張って財施してるうちは教えは耳に入らんよ。
組織の圧力だの、泣く泣くご報謝だの、ひどいもんだな。
こういうのがたくさんいることは重々ご存知のうえの組織だ。
ご苦労が偲ばれることだ。


213 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:45:18 ID:yddH2lQZ
>>210
あっそう。そんな調子でお誘いができるのか?

214 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:47:17 ID:LvHhoBTM
>>203
あなた方に真実の親鸞会の姿を教えるために、
私が幹部である必要があるのだ。
悔しかったら探して御覧なさい、私がどこにいるか。

親鸞会の組織は外に向かっては強そうだが、
内部はボロボロですよ。
どんな情報も筒抜け。講師部も例外ではない。
それだけ疑問を持っている人が多いって事だ。

215 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:54:45 ID:LGxLXXs/
>>210
>必堕無間などという造語

嘘つきだの、金あつめだのの批判ぐらいにしておけば
あんまり反応しないのになんで教学的なことを書くんだろ。
「教えが間違ってる」ことに、なんとかしたいのだろうが
仏法の上からは、あなたが必堕無間なのは間違いない。

別に脅しにはなってないと思うよ。あなたは信徒ではないんだから。


216 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:56:22 ID:HO5xv6NL
懐疑派会員キター!ガンガってレポートおながいします!


217 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:57:28 ID:rLtAAhi0
.

218 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 19:59:46 ID:ouSKkAWx
>落慶や報恩講があっても、すこしも「記念すべき日」とは思わないだろ。
>だから記念品と言われても「その分安くしろ」としか思わない。
>「なつかしい法城」といわれても全然なつかしくない。
>「法」自体が尊いとは思えない、「またあの話か」ってね。
>聴聞中に顔が見えちゃうと信仰がわかっちゃう。(みたくないんだけど)
>なるべく金かけずに仏法聞きたい。
>ひまなときに聞きたいけどそう思っているとは思われたくない。
>「財施の功徳」の話をされても全然信じてない。

こう思われて当然のひどい振る舞い、説法しかしてないわたしだが
聞いてる人もやっぱそう思ってるんだろうなーと疑心暗鬼になりながら
うしろめたさを感じつつ、責任をなすりつけようと書いた拙文でした。
って言うことですかい?

219 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 20:02:51 ID:rLtAAhi0
>>195
特別装丁をすすめられたのは一部の人では?

220 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 20:04:33 ID:ouSKkAWx
>仏法の上からは、あなたが必堕無間なのは間違いない。
へ〜

必堕無間が造語って告発されなければ、
何も知らない会員はずっと脅され続けてたんでしょうね。こわ

221 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 20:20:58 ID:rLtAAhi0
>>214
どんな情報も筒抜け。講師部も例外ではない。

って、副Sクラスなのですか?

222 :宿善とは、何ぞや:2005/09/12(月) 20:53:42 ID:F27hrIpC
>>60

「設ひ、我仏を得んに、十方の衆生、菩提心を発し、諸の功徳を修し、至心に
発願して、我が国に生れんと欲はん。寿終るの時に臨みて、たとひ大衆と圍繞
して、其の人の前に現ぜずば、正覚を取らじ」

やさしく、解説すると、次のようになる。

“たとい私(法蔵菩薩)が、仏になりましても、十方の人々が、人生の苦しみ
の連続に、驚いて、どうしたら、平和な安楽な世界に、生まれることができよ
うか。
それには、悪を慎み、善を励まなければならぬ、と奮発心をおこし、あらゆ
る善を、一生懸命実行して、その力で、我国(浄土)に生まれたいと願う者は、
臨終に、諸仏菩薩にとりまかれて、迎えにゆこう”

「諸の功徳を修し」とは、諸善万行、善と名のつくものなら何でも、実行しな
さい。
知っただけでは、観念の遊戯、論語読みの論語知らず、になってしまう、実
行しなければ、善果は得られぬ。
“力一杯、功徳(善)を修めよ”とすすめるから、「修諸功徳の願」と、いわ
れている。

本願寺、本願を知らず、では、済まされない。
これでも“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”と、言うのだろう
か。
“修善は獲信の因縁(宿善)になる”というのは、間違いか。


223 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 20:58:47 ID:FdOtdBxX
>>210
>そんな連中を告発するために会員を続けて、内部情報を暴露しているのだ。

暴露のために、幹部並みの会費を払い続けているのか。
アホちゃう? この人。

224 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:00:43 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?


225 :観経のすすめも、やはり諸善:2005/09/12(月) 21:00:57 ID:F27hrIpC
弥陀の十九の願意を、釈尊が、『法華経』を中止してまで、開説されたのが、
王舎城の悲劇で有名な『観無量寿経』である。

吾子ほしさに、占いに迷い、“とても三年は待てない”と、夫、ビンバシャ
ラ王をそそのかし、修行者を、殺害させた韋提希夫人。
因果の道理に、狂いなく、自分が、産んで育てた阿闍世によって、牢に入れ
られ、悲泣悶絶する。

察知された釈尊が、今の地獄にのたうつ者こそ、弥陀の本願の、お目当てと、
自ら、王宮に降臨なされ『観無量寿経』を、説き給う。

慈願あふるる釈尊に、邪見と自惚れの、韋提希は、こんな愚痴を、言い放つ。
「お釈迦さま。提婆は、あなたと従兄弟でありながら、あなたを、殺そうとし
ています。私は、産んで育てた子供のために、殺されようとしています。
なぜ、この世は、こんな苦しい、世界なのでしょう。」


226 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:06:00 ID:FdOtdBxX
>なんで親鸞聖人の教えを伝えるのに殺生して牛革にせにゃならんの?

言いたい事分かるが、革って元々在庫が豊富にあるものなんだよね。
つまり、使われる革よりはるかに多い数の牛を、俺たちが食べてるって訳。

227 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:08:41 ID:rLtAAhi0
牛肉は食べて、牛革はいかんってことはないな。

228 :観経のすすめも、やはり諸善:2005/09/12(月) 21:09:02 ID:F27hrIpC
苦しくなると、誰しもが、蒔いた種を一切忘れて、愚痴を言うて八つ当たり、
するもの。
我身知らずの、愚かさを、どう、知らせたらよかろうか、
しばらくは釈尊、無言の説法。

やがて、
「韋提希よ、汝はどのお浄土へゆきたいか」
と、二百一十億の諸仏の浄土を、見せられる。

「本師本仏の、弥陀の浄土が一番好きです。どうすれば、ゆけるのか、教えて
下さい」
一生造悪の極悪人が臆面もなく、こういいのける。まさしく、地獄必定の相
が、ここにある。
韋提希は、しかし、まだまだ、気がつかない。

「西方に向かって、端座して、この観法をすればよい」
十三の、定善観を説きながら、“できないことが、まだ分からんか” と、種
種に、釈尊は方便なさる。

努めようと、すればするだけ、ふきあがる “阿闍世のチクショウ” “提婆の
ガキめ” 怒りと憎しみの心を、反省させ、
「韋提希よ。定善ができねば、心の乱れたままでいいから、散善をやってみよ」
と、廃悪修善を、すすめていられる。


229 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:10:58 ID:K2CX4M6F
>>225
長文連続うぜーよ
まず長レスしていいか了解ぐらい求めろ
あと、なんで長文にしてまで言いたいことがあるのかはっきり分かるようにしろ
s会が渡海をうざいと思ってるくらいおまえうぜーよ
そんぐらいわかれ

230 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:13:31 ID:zftB0CCb
>必堕無間が造語って告発

へー。
じゃあ、中村元はS会の造語を仏教語大辞典に載せてるんだ。
おもしろいこというなあ。

231 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:13:31 ID:FdOtdBxX
>>198
>トップが長期間にわたって君臨する組織は必ず腐る、といわれます。

いや、今の会長のままでいいよ。
次が心配だから。

>会長とて煩悩一杯の凡夫、周囲をすべて自分の都合のいいイエスマンで
>固めた結果の自浄なき自業自得です。

「善知識」の言葉の意味は、聞く側の話だと思う。
つまり、高森会長が善知識だ、と思う人の集まりがS会な訳で、
イエスマンがいて、善知識が存在する、ということじゃないのかな。
だから、別にほっとけばいいんだよ。

232 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:14:34 ID:FdOtdBxX
>>229
>まず長レスしていいか了解ぐらい求めろ

そんなの2chのルールにあるのか?
お前、仕切るなよ。

233 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:16:03 ID:otrnLN1R
>>230
一切衆生必堕無間て?

234 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:16:59 ID:FdOtdBxX
ともあれ、ID:LvHhoBTMって、泉田さん?

235 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:18:52 ID:otrnLN1R
>>232
近頃、初心者さんが増えてきたので、お約束をつくってみました。
 基本的には、ユーザーの良識に任せたいのですが、「明文化したルールがない」ということを逆手にとってなにをしてもいいと誤解する人が多いので、、、
 はぁ、、めんどくさ。。

とは管理人談。

236 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:21:04 ID:otrnLN1R
>>234
s会って人格攻撃おおいな〜
・・・・・・・・・・・( ゚Д゚)アングリ

237 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:39:05 ID:FdOtdBxX
てか、前々スレあたりの「泉田」ってコテハンに、カキコパターンが似てるよね。

238 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:50:18 ID:Zht46HI4
>>237
そう?泉田の持ってきた話って、
新幹線&運転手付き外車で地方の法話会場に移動とか
結構古いネタだったと思うし、あの人は「元」っつってたよ。

239 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:59:54 ID:87qPyctT
しょせん、直観と錯覚は紙一重だよね...

240 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 22:25:58 ID:QCA7GPv0
>中村元はS会の造語を仏教語大辞典

真宗辞典にもあるぞ。

241 : ◆Gs141xSadc :2005/09/12(月) 22:27:17 ID:hgSoUYov


242 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 22:46:49 ID:Zht46HI4
>>240
一切衆生必堕無間って?

243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?

244 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:54:00 ID:AjuhnZFQ
今度の選挙でもいろいろ知らされるね。

仏法は、そんなこの世だけの薄っぺらなものじゃない。

と言って政治を馬鹿にしたりけなしているのではありませんよ。

245 :高森:2005/09/12(月) 23:55:41 ID:hgSoUYov
             -=-::.
         /       \:\
         .|          ミ:::|
        ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/
 ,、i`ヽ   .. ||..● .| ̄|. ● |─/ヽ      ,r‐'ァ 
 `ヽ::    .|ヽ二/  \二/  ∂>    ::´
   ヽ ヽ   /.  ハ - −ハ   |_/    / /
    ヽ \ |  ヽ/ヽ/\_ノ  / |  _ / /  ┌────────────────────
     ヽ  ヽ\、 ヽ二二/ヽ  / / ,,/  , '  <仏教最高フォーーーーーーーーーーーーー!!
      ヽ  ` \i ___ /_/,    r'     └────────────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ


246 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 00:03:08 ID:yg6v+0or
親鸞会は平気で嘘をつく。宗教でないと学生を騙して勧誘し、
湯水のように金を使う会長を「質素な方だ」と喧伝する。一切
  衆生必駄無間と教典にない根拠を仏説だとねじ曲げ、それでい
  て自分たちは親鸞聖人の教えを正しく伝える唯一の団体だ標榜
  する。有りもしない本願寺の主張を勝手に作り上げ、仏法を破
  壊していると口汚く罵り、破ったつもりで得意になる。その上、
  豊田商事問題や会長の息子の不倫疑惑は、組織力を駆使して徹
  底的にもみ消した。

己が嘘を信じるのは自由だ。妄想の中に生きるのも自由だ。
だが、その嘘を他人に広めるのは犯罪である。

247 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/13(火) 00:25:10 ID:9w5eLURT
>>163
>財施は功徳になるからすすめます

 聞き捨てならん。これは事実か?
 功徳にはならないが必要だからお願いするというなら、筋としての話は分かる。財施ではなく、
募金カンパをお願いするというなら話は分かる。募金カンパは財施ではない。
 親鸞会は嘘を付く。詭弁を弄する。功徳にならないことを功徳になると嘘を付く。募金カンパを
財施だと詭弁を繕う。親鸞会の善は反倫理、反道徳的な悪徳の善というべきか。嘘つきの善と
いうべきか。

 親鸞の考えと親鸞会の考えの違いの水際をはっきりさせよう。
 「財施は功徳になる」といってれば、これは高森さんの嘘。
 「財施は功徳にならん」というのが親鸞の教え。
 「募金カンパは財施ではない」というのが親鸞の教え。
 「募金カンパは財施である」というのが親鸞会の詭弁。
 高森さんの考えと親鸞さんの考えはこれだけ違う。主張は180度違うだろう。

 「財施は功徳にならん」というのは、正しい考えなのか、間違った考えなのか。「募金カンパは
財施ではない」というのは、正しい考えなのか、間違った考えなのか。自分たちは正しいというの
なら、親鸞を批判の対象にしっかり据えたらどうよ。まあ、それができれば正直教だ。
 ペテン師に必要なのは本堂ではない。人形芝居を演じてみせる芝居小屋だ。

>財施したいひとをどうこう言う理由はないと思うが。

 嘘つきに自分から好んで騙されたいと思う奴は勝手だが、財施は功徳になるなどと詭弁を弄し、
将来のある若者を嘘つき詐欺の被害者にしてるなら、止めたらどう?

248 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 00:36:23 ID:O0Y/4AIK
「ウルトラマンガイア」OPより

ギリギリまで 引き止めて
どうにも こうにも 脱会できない
そんな時 S鸞会が憎い

会長先生を 信じて飛びこめば
きっと掴めるさ 真実の光
はまりこむなよ 邪悪な思想
背後の組織を 知ったとき
ここからどうにか 抜け出たい
ギリギリまで 説得し
ギリギリまで 引き止めて
どうにも こうにも 脱会できない
そんな時 S鸞会が憎い
S鸞会が嫌!

常識知らずに 育った会員たち
活動はお前の 本望なのか?
力任せの 邪悪な勧誘
入会希望に 判押すまで
部室から一歩も 帰さない
ギリギリまで 説得し
ギリギリまで 引き止めて
マズいぜ ヤヴァいぜ 報謝の要求
そんな時 S鸞会が憎い
S鸞会が嫌!


249 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 00:37:15 ID:O0Y/4AIK
「仮面ライダー龍騎」OPより

ダミサーに包まれて 走り出した 
キャンパスの中
情熱の勧誘が 僕の仏縁深めさせてく
どんな批判に傷つくことがあっても
金を出せよ この会のもとへ
憎しみを感じさせる余裕なんてなくすほど
光に向かえ まだ未入会でも
生きている目的を ご著書中で確かめたい

続けよかやめようか 会のなかで 
迷うときでも
正座して 先生の法話聞けば 
進んで行ける
誰より強く 報謝の額を増やして
金をよこせ この新入生も
真実を誹謗する邪教なんて割ればいい
金を出して いま会のために
激化する勧誘が 恐れていた被害者呼ぶ


250 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 00:51:46 ID:cnbf5Jif
ここに来てる会員さん方は
シッカリ会への捨て身の財施に励んでらっしゃいますかな?

捨て身の財施なくしては、弥陀の呼び声は到底聞けませんぞs会では。


251 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 01:11:55 ID:WwZve0Z+
>>247
良いこといいますね。
実に筋が通っている。

確かに、「財施が功徳になる」というのは真宗の教えではない。
それは親鸞会でも教えているはずなのに、
都合によって教義がころころ変わる。
恥ずかしい団体だ。
いや、こんな所に騙されて、数百万という金をつぎ込んでいた自分が、
実に愚かであり、恥ずかしい…

252 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 07:17:09 ID:g85Zf014

>>35
>名利を求めながら真実がわかる聞き方などはできないのだ。

「まづ当流の安心のおもむきは、あながちにわがこころのわろきをも、
また妄念妄執のこころのおこるをも、とどめよといふにもあらず。
ただ商いをもし、奉公をもせよ、猟すなどりをもせよ」
(御文章)

s会は、蓮如上人とも違うことをいっているんでしょうか?

253 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 07:21:04 ID:AdZnl0zY
目も当てられない非難だね。

末代の宝がわからない。

人間は本当に愚かで悲しい存在だと思うよ。

254 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 07:46:23 ID:GKdnuHKV
>インターネットには、仏教や真宗の真面目なサイトがいくらでもあります。
>それらを、ひとつひとつ訪ね歩くことも勉強になります。
>実はお寺さんも、指導者も必要ありません。
>念仏は阿弥陀さんのはからいということが解れば経釈も無用です。
>念仏のあるところ、いつでもどこでも
>阿弥陀さんが見守っておられます。
>安心して、あなたの信じる白道を歩いてください。

へえ、なるほど。

255 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 07:54:27 ID:g85Zf014
>>253

意図がよくわからない。
もっとくわしく。

256 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 07:54:33 ID:WwZve0Z+
243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?


257 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 09:09:59 ID:GKdnuHKV
>私が浄土門だったら、阿弥陀如来にただただお任せして念仏を唱えるだけです。
>なんらそこに作為はいらないです。
>作為があっては帰依することにはなりませんから。
>南無阿弥陀仏。→阿弥陀仏に帰依する。帰命する。これだけです。

なんだかよくわかりません。

258 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 09:36:14 ID:hRany/YL
>>231
>「善知識」の言葉の意味は、聞く側の話だと思う。
つまり、高森会長が善知識だ、と思う人の集まりがS会な訳で、
イエスマンがいて、善知識が存在する、ということじゃないのかな。

一般論、建前論からいけばそうなのでしょう。
ただし、s会は会長がかつて、コーヒー禁止、といえば即日講師も学生もコーヒー放棄が当然と
なるような、会長の意向に即座に振り回される典型的なトップダウンの組織でしたし、いまもそのようです。
随行していた新米講師も法話の前に「善知識、T森先生」と何度も連呼していたわけで、会長が
(会員が自分を善知識と呼ぶことに)承認をしていなかったとはいわせません。
むしろ昔の顕正新聞などをみていると積極的に自身を善知識と呼ばせていた可能性も高いのです。

さて、親鸞聖人は確かに法然上人を師匠、善知識と仰いでおられたのでしょうけど、
「親鸞は弟子一人ももたず候ふ。(歎異抄)」で明白なように、
同行に自身を善知識とよばせることに対して同意していたのでしょうか?
断じてありえません。

また、赤尾の道修が個人的に蓮如上人を善知識と仰ぐ、というようなことが有ったにせよ、
教導する先生を善知識と呼ぶように真宗教義として敷延すると言うようなことは有りません。
また、その様な事を蓮如上人在世中に本願寺門徒が広める様な事が有れば、蓮如上人御自身が
断じて許さなかったことでしょう。

ある同行がどなたかを善知識と仰ぐ事があっても、何の不思議もありません。
しかし、それはその同行と、同行から善知識と仰がれる方との個人的なつながりについて
いっているのであり、組織の中で会員全体に向かって、その様なことが推進されるような
ことがあるとすれば、まさに善知識の実体化、観念化の弊に陥る危険があり、
蓮如上人が厳に戒められたことです。

以上の点が、親鸞聖人&蓮如上人に対するs会の会長の指導方針の大きな差異の一つだと
思います。


259 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 10:34:16 ID:GKdnuHKV
>ネットには法然さんや親鸞さんの著作が公開されていますし、
>真面目な法話や、真摯なQ&Aがあふれております。
>実は、わたしも、それで勉強しているところです。
>念仏と二人で、マターリと行くつもりです。

なんだか悠長なんだけど。

260 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:08:26 ID:ZmJpBoyS
>>258
>>258
善知識に関しては、先生がそのように呼ばれたいからではなくて
私達の求信にとって、その方が良いからではないですか?
親鸞聖人や蓮如上人については知りませんけど。

わたしはコーヒー禁止されたことないですよ。



261 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:15:07 ID:1Ct4k9Te
懐疑派会員さん、応援してます〜 負けないでください

>>258
>むしろ昔の顕正新聞などをみていると積極的に自身を善知識と呼ばせていた可能性も高いのです。
あ、そうだ、昔の写真みてたら、会長自身が劇で、釈尊に扮してたのが写ってました
昔の新聞貰ったけど、そこでも「善知識高森先生」って、これでもかって位に書いてある

でもって、40周年記念大会の交流会の劇では、会長のお孫さんが生まれたばかりの
シッダルタの役をやってました(他の会員さんのお子さんは脇役で)。当時みていて、
不思議な感じがしたのを覚えています

>>195 乙です…それにしても、幹部対象のお金集めって、まだやってたのね
革のカバーを本の装丁に使うにしても、普通黒か茶色だと思うんですがね
なんか、永井路子っていう作家が自分の作品の中で
「人間は得意の絶頂にある時にうっかり本性をさらけ出すもので、その時に何をやるかによって
その人間のお値打ちも判ってしまう」というようなことを書いていたけど、
本当にその通りだと思いますね

262 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:29:02 ID:ZmJpBoyS
>>261
革のカバーを本の装丁に使うにしても、普通黒か茶色だと思うんですがね

黒か茶色では、普通すぎるからではないですか?

263 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:30:44 ID:jIIrCh2Q
高森先生だって相対の幸福であるお金が欲しいのです

でもみなさんはまず絶対の幸福の方を手に入れましょうね

264 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:38:08 ID:ZmJpBoyS
>>263
先生もわたしたちが最低限の生活ができるようには
配慮して下されていると思うのですが。

265 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:51:06 ID:OFrgcRBF
243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?

266 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:15:50 ID:OFrgcRBF
>>264
>先生もわたしたちが最低限の生活ができるようには
>配慮して下されていると思うのですが。

最低限、配慮…
完全にカルトにやられてしまっていますね。
365日働き尽くめ。搾り取るだけ搾り取られて、
およそ年齢からは似つかわしくない生活を送っている末端の講師部員が、
「こんな私でも先生のご恩で生かさせて頂いている」
というのを聞くと、
マインドコントロールとはこんなにも恐ろしいものなのかと戦慄する。

267 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:26:50 ID:GKdnuHKV
>言葉というものは心の動きを表現する手段であって
>言葉が感情を生むわけではない。
>言葉がなければ迷いがないなんてありえない。
>うれしい、悲しい、さみしい、怒り、嫉妬、妬み、
>生き物はは心地よく生きてゆきたい、苦痛の中に生命を終わらせることは
>何者も望んでいないでしょう。
>人間は脳が発達して、より複雑な思考ができるようになった。
>そこで、心地よく生きていく為に自分がどうあればいいのか
>という複雑なことを考えることができるようになった。
>その方法を見出したのが仏陀です。
>その方法を伝達する為の手段が言葉であって、
>真理は言葉そのものではありません。
>真理を見出したものはそれを言葉にすることに多大な苦労をしていると思います。

そうなのか?

268 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:28:39 ID:ZmJpBoyS
>>266
でも先生との御縁は一番多いし、他の御縁も一般会員より圧倒的に多いし、
仏法的には最高なのではないですか?

269 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:32:09 ID:NfCvxkF0
おめえだまされとるど、ヌッころされるど

270 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:32:50 ID:IC7h20h7
>>261
>40周年記念大会の交流会の劇では、会長のお孫さんが生まれたばかりの
>シッダルタの役をやってました(他の会員さんのお子さんは脇役で)。

あれは、一専任講師の息子さんでっせ。
ろくに知らないことを書き込むと、恥かくよ。

271 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:34:25 ID:ZmJpBoyS
わたしたちは相対の幸福に騙されているのだと聞かせていただきます。

272 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:44:35 ID:GKdnuHKV
>たまたま何心もなく、本願に相応して念仏する人をも、
>学文してこそなんど言い脅さるること、法の魔障なり、仏の怨敵なり。
>自から他力の信心欠くるのみならず、誤って他を迷はさんとす。
>謹んで恐るべし、先師の御心にそむくことを。
>かねて哀れむべし、弥陀の本願にあらざることを。

難しいね。

273 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 14:46:13 ID:GKdnuHKV
>勉強に頼ること、弥陀の本願にあらざる・・・・
>ある真宗の僧が真宗こそ女子供を救わんとする教義である。
>それ以外の宗派は女を救うことを言っていない。 と言われたのを聞きました。
>本当にそうだと思われますか?
>僧侶の方は 悟りを開く修行をされたとき辛くはなかったですか?
>また、難しすぎて嫌になったりしませんでしたか?

そりゃ、辛いよね。
嫌になるよね。

274 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 15:00:10 ID:y2LVDjGd
相対の幸福は必ず裏切るからねっ!

275 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 15:04:15 ID:GKdnuHKV
>お経が聞きたければテープですます。葬式はお別れの会の無宗教、
>墓石には戒名彫らず、仏教を学びたければ、公開講座、市民講座、
>NHK番組で学ぶ。
>何も、宗教法人たる○○宗○○寺の檀家になって、お経あげて
>もらうたびに布施(といっても日本の場合本来の意味の『布施』と
>いうわけでなく、『お経読み出張料』+『仏教学習の家庭教師料』)
>を出さなくとも、仏教を学ぶことは十分可能と思います。

まあ、そういうことなのか。

276 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 15:32:28 ID:blBMYFgy
>>268
その「仏法的に最高」な立場の人で信心決定した人どのくらいいるの?

277 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:06:17 ID:OFrgcRBF
243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?

278 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:16:20 ID:GKdnuHKV
ネットは人を狂わせる。

279 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:18:43 ID:mCoJX5jp
s会は人を奴隷にする。

280 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:25:02 ID:GKdnuHKV
>僧侶が、
>「わたすは俗人です」。
>と、こういうふうに初めて自らに問うことができたなら、
>そこで真の坊主になれるんじゃよ。
>なかなかそこまで逝ける坊主はいないがな。
>親鸞上人は、そこのとこを言うておるんじゃな。
>「善人なをもて往生をとく、いはんや悪人をや」。
>悪人は外におるのではない。
>自らが悪人なり。
>その悪人でさえ救ってくださる。

分かったような、分からんような。

281 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:27:54 ID:hRany/YL
ID:GKdnuHKVの書き込みっておかしくないですか?

番号が示されていないと思ったら、どうやらこのスレに出てこない
内容をいきなり引用して適当なコメント。
>>275>>273>>272>>267>>259>>257>>254など)
あとは、>>278のような独り言発言の繰り返し。


荒らしなら速やかに去ってください>ID:GKdnuHKV

282 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:28:35 ID:hRany/YL
>>280
またですか?>ID:GKdnuHKV


荒らしなら速やかに去ってください>ID:GKdnuHKV

283 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:36:45 ID:blBMYFgy
>>263
会へ財施せよ、というのは教え云々とは関係なくて
「会長が欲しがってるから」ってことだよね?

284 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:38:00 ID:hRany/YL
>>260
>わたしはコーヒー禁止されたことないですよ。

君は若い世代でしょ。
昭和60年代以前の昔の話をしています。
温冷浴も流行ったな、そういえば。
会長先生がやっているからといって学生が一丸となって(笑)やってた。
いまはどうなんだろう。
他には西式健康法とかも流行った。

285 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:39:39 ID:blBMYFgy
なのに、「宿善になるから」とか
「出した分だけ聞けるから」とか言って、適当に教えの中に
会長の懐へお金を入れるような指示を紛れ込ませてるんでしょ。

「宿善になりますよ」なんつって金集め・85万のお座布団販売。
ただの霊感商法じゃんか。

286 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:47:02 ID:GKdnuHKV
ネットが普及したおかげで沢山の情報を知ることができます。
またその中で選択の自由もあります。
いい時代になったことと思います。


287 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 16:49:33 ID:ZmJpBoyS
先生への御法礼も多くが会に回されていると聞いたことがありますが。


288 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:01:59 ID:xQcBBNUD
確かs会では
説法の御法礼は説法者へ
御報謝は説法者の属す団体へ
ということだったでしょうか?
金の流れがぜんぜん見えない
ので先生がこうされてると
言ったところであまり実感
湧きませんね。
この際すこし教えてもらえませんか?

289 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:06:39 ID:ZmJpBoyS
>>284
昭和60年代以前の昔の話をしています。

それは知りませんでした。どうして禁止になったのでしょう?
何年くらい禁止だったのですか?



290 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:26:32 ID:blBMYFgy
>>287
そういや会長法話での「ご法礼」が原則一律5000円になったのは会長自身の要望から?

>>288同感

>>289
俺がいたとき(平成10年以降)でもコーヒーを飲まない先輩っていたよ。
禁止ではなかったけど、名残が残ってたのかな。
なぜかと聞いたら
「何事も会長がするようにするのがいいのだ」とか言ってた。アホかと思った記憶がある。

291 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:35:52 ID:OFrgcRBF
>>288
ごほうれいは全額会長。
ご報謝は原則法話の運営に使いますが、
会長とその側近の交通費や宿泊費、接待費に大半が消える上、
(最高に贅沢な方法で来て、最高に贅沢なところに宿泊する)
その中から数百万のお礼をごほうれいとは別に包んで渡す。

292 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:36:50 ID:OFrgcRBF
あと、
ご報謝はたまに光晴センセイが一部くすねます。

293 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:38:46 ID:OFrgcRBF
>>274
>相対の幸福は必ず裏切るからねっ!

親鸞会も裏切りますよ。最も残酷な裏切り方をします。


294 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 17:48:15 ID:ZmJpBoyS
>>291
会長とその側近の交通費や宿泊費、接待費に大半が消える上、

何でそんなに細かいことまで判るのですか?

295 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:05:00 ID:hRany/YL
>>290>>289

忘れようと思っても忘れられないですよ。
家庭教師のバイトのときに、泣く泣く出てくるコーヒーを、
本当は大好きなのに「コーヒー飲めない体質なので・・・」
といって何度断ったことか・・。
T森さんが「コーヒーは体に悪い」、といって自ら、講師部へ禁止を指示したはずです。
いまちょっとググってみたらコーヒーは発がん性もガン抑制作用も両方あるようだから
根拠はないこともないようですけどね。
私はそのころ止めましたのでその禁止令がどう変遷したのかは知りません。

あと、後に警察にお世話になった、K藤清氏のミルク断食にも、T森さんが当時
はまっていて、私を含めてせっせと粉ミルク+ゴケンソウダイエットしていた。
おかげで学生のときはガリガリ体型で、体脂肪はつねに一桁%だった(笑)。
ミルク断食で体をこわしてしまうまで数ヶ月持ちませんでしたね(笑)。

296 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:06:25 ID:hRany/YL
>>295
誤解を招く書き方したけど、念のため。
捕まったのは大阪のK藤さんですからね。

297 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:09:37 ID:GKdnuHKV
そもそも仏教とは自らに対峙すること。
仕事してても、また家族と一家団欒のときも自らの心を指し示すことなりや。
今ここにある己ひとつなり。

犀のごとく歩きそうらえ。

298 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:20:51 ID:ZmJpBoyS
>>295
家庭教師みたいなバイトできただけでもいいじゃないですか?
わたしはほとんど肉体労働ですよ。

299 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:30:52 ID:uKSOa/DB
>>298
おまえ言葉遣いには気をつけろよw
肉体労働もいいよ ただの働くおっさんじゃないよ

300 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:44:34 ID:ZmJpBoyS
?

301 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:57:54 ID:uKSOa/DB
だから、お金の問題だろ?
財施のためのバイトだから
時給のいい家庭教師がよかったんだよな?
そういうことだろ?

302 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 19:29:00 ID:Xh5IKwE5
>>298
まあ俺も肉体労働派だったけど、家庭教師バイトやってたって
T森にバイト代を財施で刈られた挙げ句
ワケの分からん健康法にまで付き合わされて体を壊したりしちゃかなわん罠。

303 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 19:46:23 ID:+7ZgmXyb
>>302
財施より交通費のためじゃないですか?

304 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 19:49:03 ID:RvlYqFFN
「蓮如上人御往生の後、大阪御坊ある女房の夢に、御坊中に
南無阿弥陀仏の名号をかけらるる事充満して幾千万ともなく
侍るとみる。夜明て是蓮能禅尼へかたり申さるる時、禅尼の
仰けるは、此夢けにもと知れたり。蓮如上人の御物語ありし
は、自余の坊は惣門徒の志にて作らるる也、此大阪の坊は蓮
如名号を人の申さる人の御礼のつもりしを以て御建立の御坊
也、然は今の夢尤ことはり也とそ仰ける。
蓮如上人常に此仔細御物語ありしを、夢に付て蓮能禅尼の御
物語かたりありしと也。」(拾塵記)

蓮如上人は御門徒に非常に多くの御名号を下付されました。
それに対して御門徒の方々がお礼に多くの財施をされたのを、
蓮如上人が集められて大阪御坊を建立されたのです。
「自余の坊」も門徒の財施で建てられています。

末法の世に教えられもしないのに多額の財施をするものなど
いるはずがないでしょう。
蓮如上人が財施の功徳を教えておられた、
そして「未信も報謝とこころえなさい」と
教えておられた、なによりの証拠です。


305 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 19:57:44 ID:blBMYFgy
>>304
「財施したらその分だけ聞ける。財施しないのは聞けていない証拠」
というのも蓮如が言ってたの?

306 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 20:05:29 ID:RvlYqFFN
アンチの誰かが好きな「破邪顕正抄」

「念仏の行者、ちからのたえんにしたがいて供養を師長にいたし
こころさしのひかんにまかせて財宝を仏道になぐべしとみえたり。
しかれども、とき末代におよび、ひとおおく慳貪にして、
そのまことをぬきいづるともがら、はなはだもってかたし。
たまたま随分のつとめをいたさんものをば、これみな随喜すべし、
なんぞかえりて毀辱におよばんや」

「念仏の行者、施僧供仏すべきことはもちろんなりとしめしたもうなり」
とは本願寺の学者の解説。
財施のつとめを果たしたひとがいたならば、いっしょに喜べば
随喜の功徳もあるものを、謗ったり辱めたりするのは馬鹿者だ、
との仰せです。


307 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 20:07:21 ID:RvlYqFFN
>>305
>蓮如が言ってたの

全然、蓮師を尊く思ってないやろ。
こんな連中ばっかりやな。

308 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 20:26:16 ID:RvlYqFFN
「仏道欣求のならい、不惜身命のおもいを本とす、
身命なおおしむべからず、いわんや財宝においておや。」

「仏道欣求のならい、不惜身命のおもいを本とす」とは仏道を
求める為に粉骨砕身することにて....曇無竭菩薩は香城にて身より
血を出して般若の法を求め、雪山童子は四句の偈を聞かんが為に
羅刹に身を投じたまえるなり。

本願寺でもちゃんと解釈されてたひともあったんですけど
いまはむちゃくちゃですね。





309 :宿善とは、何ぞや:2005/09/13(火) 20:32:36 ID:XIcfU3oO
>>60

本願寺の論文にも、述べるように、宿善とは、宿世の善根のことであり、阿
弥陀仏に救われる(信心獲得)因縁をいう。

宿世の善根を、大きく分けると、宿因と、宿縁になる。
宿因とは、過去にやった諸善万行をいい、宿縁は、阿弥陀仏のご念力で結ばさ
せられた、仏縁をいう。

親鸞聖人が、
「遇行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」(教行信証)
と、感泣され、蓮如上人は、
「 『宿善めでたし』 と言うはわろし。御一流には 『宿善有り難し』 と申しがよ
く候」(御一代記聞書)
と仰せになっている、ものである。

道綽禅師は 『安楽集』 に、
「三劫値仏の因縁」
を、説いて、
“三恒河沙の諸仏の、出世のみもとにあって、仏縁を結んだ者でなければ、この
法に、あえないのだ”
と、仰せになっている。



310 :宿善とは、何ぞや:2005/09/13(火) 20:42:39 ID:XIcfU3oO
以上で、判明するように、過去に仏縁あって、聞法や、諸善を積んできた人
を、宿善ある人といい、そうでない人を、無宿善というのである。
されば、宿善ある人といっても、各自、過去の業縁まちまちであるから、宿
善は、一定ではありえない、ことは、明らかだ。

あの人は、宿善の厚い人、薄い人、と、言われるように、宿善の厚薄、浅深
の不同は、避けられないのである。

宿善の厚い人を、頓機、宿善の薄い人を、漸機という。
宿善の厚い人は、僅かな法筵に遇って、頓く、宿善開発して救われる(信心獲
得)から、頓機といい、宿善の薄い人は、法筵を重ねて、漸く、宿善開発(信
心獲得)するから、漸機といわれる、のである。

丁度、枯松葉と、青松葉のようなもの。枯松葉は、マッチ一本で火がつくが、
青松葉は、ブスブス水をはじいて、なかなか、火がつきにくい。
同様に、宿善の厚い人は、枯松葉のように、仏心の火がつき、頓く、宿善開
発して、仏凡一体と燃えあがる。
宿善薄き人は、昨日もカラボコ、今日も落第、どう聞けばよいのかと、ブス
ブス、小言ばかりいって、流転する。


311 :宿善には厚薄あり:2005/09/13(火) 20:45:36 ID:XIcfU3oO
かの、六連島の、おかる同行も

「こうにも聞こえにゃ、聞かぬがましか
聞かにゃ、苦労はせまいと言えど
聞かにゃ、堕ちるし、聞きゃ苦労
今の苦労が、先での楽と、気休め言へども、気がすまぬ
済まぬまんまと、済ましにかかりゃ
雑修自力とはねだされ、どうして、他力になるのじゃろ」

と、流転の心境を、述懐している。


312 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 20:49:01 ID:RvlYqFFN
>わたしたちが最低限の生活ができるように

そうではなくって、「聴聞できるように」いつも考えておられます。

私の会社はこんな時代だがバブルの頃のように、ちょっと考えられないくらい
の年収をみんな穫ってる。政府関係の仕事で競争は厳しいけど。
年収一千万超えてても中の下だ。
2−3千万稼いでる人間はどんなふうな生活か知ってる?
株で損したとかはまだいい方。離婚しただの、病気になった、
子供が不良になった、30の娘がまだ結婚しない、親が寝たきりで
夫婦けんか、交通事故etc......。
「金がないよりはいいってぐらいかなあ...、っていうのが正直なところだ」
と言った奴もいたが、本音だろうね。金なんて世間事に使えばその程度。
アンチはそんなに贅沢な暮らしがしたいか?仏法そしるほど金がおしいか?
「なぜ生きる」と、よく考えなさい。


313 :宿善には厚薄あり:2005/09/13(火) 20:57:57 ID:XIcfU3oO
次の告白は、妙好人、山口善太郎である。

「聞けよ聞けよの、お勧めが  耳に聞こえりゃ、機に合わず
少しも聞く気の、ない奴に   不思議に聞く気が、起こりそめ
御座を重ねて、聞くものの   聞いたばかりじゃ、味がない

味わいどころか、苦しくて   無き疑の、起こり出し
他力の、十八願は       信じて来れと、仰有るが
信じにかかれば、自力なり  頼んで参れと、仰有るが

頼みにかかれば、また自力   まかせまかせと、仰有るが
まかせば自力の、押しまかせ  おすがり申せと、仰有るが
柱にすがると、違う故       すがる気起こせば、たよりなし

そのまま来いよと、仰有るが  行く気起こせば、また自力
自力というも、自力なり      自力他力の水際を
委しく教うる、人はなし      真の知識に、あいたやと



314 :宿善には厚薄あり:2005/09/13(火) 20:59:29 ID:XIcfU3oO
聞かば千里の、その外の  海山越えても、いとわじと
狂い廻れる、甲斐もなく   何のしるしも、あらばこそ
それでも、無常の鬼くると  思えばますます、気味悪く

とりつく島もなき故に        堕ちる私が、あればこそ
堕とさぬお慈悲が、あるのじゃと また、御慈悲にとりつけば
やはり、自力の逆もどり      どうせ、離れぬ自力なら

自力のままの、お助けと      思えば、自力は続くなり
自力そのまま、おきざりに     お助けばかりじゃ、首がない
この機ばかりじゃ、尻がない   尻がないのは、幽霊で

迷い苦しむ、その末に      堕ちてゆくのが、持ち前と
胴腰据えたら、地獄秘事    この機、よかろが悪かろが
仏の手元が、確かな故     あなたばかりで、済ますのは

法体づのりの、親玉よ       そこで、いよいよ難信義
泣いて、甲斐なきことなれど   方角立たずに、泣くばかり」


315 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:09:32 ID:nPXchNYd
>>307
答えになってないよ。連如上人は「財施したらその分聞ける。財施しないのは聞けてない証拠。」
という意味のことを言われたの?言われてないの?
>>312
胡散臭いことこの上ないがそれが本当だとしても、
会が学生の金を搾取していい理由にはならん罠。

316 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:13:04 ID:GKdnuHKV
我見なくば、ワクワクと嬉しそうにレスするでない
我見なくば、我見なる言葉に、いちいち脳内反応をするでない
無意識下に薫習された、おまえの最も痛い部分

317 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:18:48 ID:+7ZgmXyb
>>312
政府関係の仕事で競争は厳しいけど。年収一千万超えてても中の下だ。
2−3千万稼いでる人間はどんなふうな生活か知ってる?

わたしはエリートとは無縁まので知りません。
これでちょっといい程度ですか?
そうかもしれませんが経験してないのでなんとも。

318 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:37:44 ID:lEYecvFn
s会には北風と太陽の話を聞かせてやりたいよ
財施の額なんど決めてむりやり追い剥ぐのではなく、
おのずと出させるような徳を蓄えればいいのにな。
「人間は汚いから、欲にあせって金を出さない。」
これは金をもらう側も、仏ではなく人間だからこその言葉だろう。
「百姓は弱虫で泣き虫でずるくて残酷だ。
だが、こんな野郎に誰がした?」
百姓は百姓で反省する点もあるのだろうが、それだけでもない気がする。

319 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:51:15 ID:GKdnuHKV
福岡のアジア美術館にあるブータンの家庭仏壇を見たことがあるが、
ああいうのもおもしろいね。
釈迦如来、阿弥陀如来、ブータンの仏教史上の偉人の像が置かれていた。

宗派の仏壇はやめて、各如来像、各大師・聖人像を並べた家庭仏壇に
しようかなと思ってしまった。
仏教史上の、ごく一部の日本の、ごく一部の宗派にこだわるのは
なんかなーと思ってしまった。

320 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:55:57 ID:rWjvVVJM
>s会には北風と太陽の話を聞かせてやりたいよ
>財施の額なんど決めてむりやり追い剥ぐのではなく、
>おのずと出させるような徳を蓄えればいいのにな。
おのずと出したはずなのに、退会すると会のことを悪く言わなかったら
自我(自尊心)を保てないから、後から「むりやりだった」と匿名掲示板でこそこそ
書き込む連中がいる。

そういうことも考え合わせる必要があるんだな。

>親鸞会の組織は外に向かっては強そうだが、
>内部はボロボロですよ。
おいおい、自称「幹部」どこいっちまったんだ。
ボロボロなのはお前じゃんw

321 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:56:30 ID:ccCG5OCL
314さん
いつも尊き説法ありがとうございます。これからも、破邪顕正よろしくお願いします。

322 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:00:47 ID:x8oN6TZn
>おのずと出したはずなのに、退会すると会のことを悪く言わなかったら
>自我(自尊心)を保てないから、後から「むりやりだった」と匿名掲示板でこそこそ
>書き込む連中がいる。

他因自果

323 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:02:03 ID:InC8L3Qd
コーヒーは震撼合宿で普通に飲んだよ

しかし今年から七日間だっけ?
ノイローゼになるなこりゃ

324 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:05:52 ID:Chl+gDlt
>>320
やめた会員と本願寺を悪く言わないと自我が保てないのはs会でしょ。

325 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:10:46 ID:rWjvVVJM
>やめた会員と本願寺を悪く言わないと自我が保てないのはs会でしょ。
ん?違うぞ。
分かってないようだからもう一回書いとこう。

財施をおのずと出したはずなのに、退会すると会のことを悪く言わなかったら
自我(自尊心)を保てないから、後から「むりやりだった」と匿名掲示板でこそこそ
書き込む連中がいる。

そういうことも考え合わせる必要がある。
まぁ今更言う事でもないがな。

326 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:14:30 ID:x8oN6TZn
自我が保てないのかどうか知らないけどな。

しかし、シンパのは酷すぎる。
人生に目的をもたない者は人間じゃないだよ?
どこまで専横極める気ですか?

327 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:16:14 ID:GKdnuHKV
悪行は、低い道の深みへと至らせる。
友よ、このカルマの罠を避け、
すべての望みも恐怖も超えた、真の幸福を得るよう努めなさい。


328 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:18:29 ID:x8oN6TZn
s会のはまさに言葉の暴力だなw。
仏法者の言葉じゃねえよ。
人を貶め平然としている態度に虫酸がはしるな。
堕落しきってるのはs会じゃねえのか。

329 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:24:35 ID:rWjvVVJM
>人生に目的をもたない者は人間じゃないだよ?
まぁ、「狭義の人間」ではない罠。目的を放棄した人間だもな。
人を乗せて運ぶことを放棄した自動車、時間を計ることを放棄した時計と一緒。
でも、生物学的には紛れも無い人間。
安心していいよ。

>s会のはまさに言葉の暴力だなw。
>仏法者の言葉じゃねえよ。
アンチからそんな言葉が聞けるとは驚いたぜ。
感覚が壊れてるのかな。壊れてるんだろうね。

>人を貶め平然としている態度に虫酸がはしるな。
>堕落しきってるのはs会じゃねえのか。
過去スレからの自分の発言を全て読み返してこい。
俺はお前に今更虫唾が走らん。

330 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:28:14 ID:InC8L3Qd
chainって人の体験談のホムペってなくなっちゃったんだっけ?


331 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:38:12 ID:cnbf5Jif
>>329
>人を乗せて運ぶことを放棄した自動車、時間を計ることを放棄した時計と一緒。
そうそう。仏法聞かない人間は役立たず。
会に財施をしないどころか、その邪魔立てまでするようになれば
これはもう「狭義の人間」に対しての造反であり犯罪であり、
負の存在以外の何者でもないよね。

このまま生きていても自分が苦しむだけなんだし、
今生で仏法聞いてる人の妨げになるくらいなら、いっそ・・・とか思わね?

332 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:43:52 ID:x8oN6TZn
こわ

333 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:44:57 ID:cnbf5Jif
エリートさんこんばんは!
やっぱりエリートな方は引かれるご文も違いますね。勉強されておいでです。

>蓮如上人が財施の功徳を教えておられた、
>そして「未信も報謝とこころえなさい」と
>教えておられた

>念仏の行者、ちからのたえんにしたがいて供養を師長にいたし
>こころさしのひかんにまかせて財宝を仏道になぐべしとみえたり。

>「仏道欣求のならい、不惜身命のおもいを本とす、
>身命なおおしむべからず、いわんや財宝においておや。」

財宝を説法する方に投げ出して喜ぶようでなければ、白道は進めませんよね。
進むのもお金。報謝もお金。

ところでエリートさんはいかほど財施されておいでですか?
身命惜しまず財施されてますか?

334 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:45:31 ID:rWjvVVJM
>>331
そうそう。仏法聞かない人間は役立たず。
負の存在以外の何者でもないよね。


ほぅ、君は本気でそう思っているんだ。
君は「嘘つき」じゃないよね。

335 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:53:16 ID:cnbf5Jif
>>334
あなたのカキコ見て本気で思ったことを言ってますが何か?

それとも
人を乗せることを止めた車や時を刻まない時計が何か役に立つんですか?

動く車を壊して動かないようにしたり、あるいは人を乗せないようにしたり、
時計を壊して使えないようにしたりするのは「負」の行為じゃないんですか?

336 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:56:24 ID:GKdnuHKV
ご飯は何故に三食喰うのだろうか?
そんなことを考えるのが人間というもんだよ。

三食喰うたら、三回糞が出るのだらうか?
三食喰うたら、屁は何回出るのだらうか?

そんなことを考えるのが人間というもんだよ。
貴殿は既に答えを導き出したかな?

まあ、いわゆるこれが仏教というもんだよ。

337 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:57:38 ID:cnbf5Jif
>>334
で、>>331の質問に答えてください。
あなたはどう思います?

338 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:00:06 ID:x8oN6TZn
カルトはこわいなー


339 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:05:49 ID:rWjvVVJM
>人を乗せることを止めた車や時を刻まない時計が何か役に立つんですか?
例えは一面を表す。
あくまでも特定の一面を表す例えなのに、どこまでも敷衍していくのは
例えを理解していない証拠だ。

よほど理解が足りない会員か、会員のふりしてるアンチか、どちらかだな。
さて、どっちかな?

>あなたはどう思います?
全然駄目だな、と思った。

340 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:06:31 ID:ccCG5OCL
親鸞学徒の鑑というべき大先達は、蓮如上人や覚如上人です。
蓮如上人はあれだけ多くの御文章の中で常に親鸞聖人のみ教えしか書いておられません。
覚如上人もしかりです。
両上人とも、ご自分のことで書きたいこともあったとは思いますが、全く書かれていません。
朝晩の勤行で拝読する「聖人一流の章」は、親鸞聖人の一生涯教えられたことは、で始まり、最後までそればかりです。
蓮如は、こう思う、蓮如はこうした、などご自身のことは何もありません。
それは、御文章すべてに一貫しております。
ご自分のことを書かれたのは
「他力の信心ということをば今、既に獲たり」
「あら、心得やすの安心や。また、あら、行きやすの浄土や」
これは、ご自身のことともいえるが、信心獲得した人すべてでもあります。
覚如上人の多くの著作にも、ご自身のことは、
「われ既に本願の名号を持念す、往生の業すでに成弁することをよろこぶ」
ぐらいで、あとは皆、親鸞聖人の教えばかりです。
これが親鸞学徒の姿です。
両上人とも大学者であり、いろんな体験があったに違いないでしょうが、ひたすら親鸞聖人のみ教えの徹底にのみ、力を尽くされました。
蓮如上人は、それだけで親鸞聖人の教えを日本全国に弘宣されています。
常に親鸞聖人のお言葉を提示して懇切に説き明かされたのです。
それでこそ、日本中に浄土真宗を浸透せしめたのです。
高森先生も
「親鸞聖人は、こうおっしゃっておられます。」
と、常に親鸞聖人のお言葉を、まず示されます。
親鸞聖人のみ教え一つを伝えられた蓮如上人や覚如上人のごとく。
『なぜ生きる』も全くそうです。
親鸞聖人のお言葉は、それだけ尊く、重く、深い、比類のないお力があるのです。
弥陀の直説であるからです。
親鸞聖人のお言葉を提示して、正しい意味を徹底しいく。
これは、絶対に変えてはならないことです。
親鸞学徒である私もそういう自覚を努めて持ちたいと思っています。

341 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:09:05 ID:x8oN6TZn
>例えは一面を表す。
>あくまでも特定の一面を表す例えなのに、どこまでも敷衍していくのは

じゃあ、人生についても飛行機の例えを敷衍していいか
分からないね。
誰でも分かる道理どうもありがとう。
s会のたとえは正しいか信じる信じないの問題なんだ。
信仰の問題なのに、他人を貶してるんだ?
最低だね。

342 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:13:28 ID:cnbf5Jif
>>339
理解が足りなくてすみません。
その車や時計の譬えでは表し切れていないことが何なのか教えて下さい。

343 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:14:44 ID:InC8L3Qd
黙って仏法聞けってことですよ><

344 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:14:57 ID:nPXchNYd
売り言葉に買い言葉なのかもしれんが、しかし>>329は致命的な失態だな。
>>329をごく普通の人が見たらどう思うか考えてもいないんだろうな。

345 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:17:42 ID:H/i133Xu
ところで、この前2ちゃんねるっていう匿名掲示板を見て驚愕しました。
のま猫に似た、たれ目の猫のキャラクターが頻繁に出てくるんですが、驚くのはその名前です。
猫の名前は「モナー」
えぇっ!?モナーって何ですか!?
のまねこを勝手に使うことが悪いって言ってるんじゃありません。
でも使うとしても、勝手に名前を変えたりするのはマナー違反なんじゃないでしょうか?
いくら秩序がない2ちゃんねるとはいってもこれはひどすぎる・・・。正直かなり引いちゃいました(^_^;
こういうのは作者の方にも大変失礼な行為ですし、のまねこの著作権を持ってる人が訴えたらどうなるんでしょうね!?
モナーを使ってるすべての人は作者さんに賠償責任があるんじゃないでしょうか!?w(・o・;)w

346 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:21:49 ID:GKdnuHKV
つまり、飯を喰うのはそこに意味を求めるよりも、喰うことと生きることは同じことなんだね。
切り離せない。ってことだよ。
だから何かしかの意味を求めてもそれはあらゆるものに関係しあう。
この関係性を仏教は言うておるんだね。

そもそもが仏教とは、こういう教えなんだよ。
ひとつとして(自性)として答えがある訳ではない。

347 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:24:50 ID:LhB7daH4
NOMAをMONAにしてるところがさらに意図的な犯行をにおわせるよねー

348 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:30:19 ID:ccCG5OCL
生ある者、必ず死す。何人にも否定できぬ、厳然たる事実です。
 しかし、多くの人は、「人間一度は死なねばならぬことぐらいは分かっているが、毎日、死ぬ死ぬと思っていては楽しく生きられないではないか。だから、死をなるべく考えないように、明るく生きよう」と思っています。
 だが、これは真面目な人生観とは言えません。

「今までは、他人が死ぬぞと思いしに、俺が死ぬとは、こいつたまらん」
と泣いて死んだ医者があったそうです。
 人間一度は死なねばならない、とは誰しも一応は合点していますが、「自分の死」に直面したときは、動物園で見ていた虎と、山中で突如出会った虎ほど違うのです。

「一度は死なねばならぬことぐらいは、分かっている」
と言いますが、それは、
「他人の死」
であって、
「自分の死」
という大問題については、千里先の雷か百里先の馬が転んだほどにも、考えてはいないのです。



349 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:30:51 ID:rWjvVVJM
>>341
君もずいぶん国語が苦手のようだね。

>その車や時計の譬えでは表し切れていないことが何なのか教えて下さい。
本来の目的を果たしていてこそ、「車」又は「時計」と言える。
あくまでも、それを例えてるだけでしょうが。

>売り言葉に買い言葉なのかもしれんが、しかし>>329は致命的な失態だな。
>>>329をごく普通の人が見たらどう思うか考えてもいないんだろうな。
ちゃんと考えてるから、心配せんでいいぞ。
ま、自分の心配をしときな。

350 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:33:45 ID:LhB7daH4
森のかげ強がり王様ひとりっこ

351 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:34:42 ID:H/i133Xu
>>347
いやそうじゃなくて、絶対の幸福とか、破邪顕正とか、
創価の教義をパクるなよって言いたかったんだけど。。。

352 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:35:21 ID:ccCG5OCL
あるガンの専門医は、
「ガンであることを本人にも家族にも知らせずにおくと、五年以上も生きられるが、家族だけに知らせても、生きる期間は二年縮まる。それが本人にも知らせると一年も生きる人は少ない」
と報告しています。
 これは、
「自分の死」
に対して、我々が如何に深い恐怖を持っているかの証でしょう。
 勿論、戦場とか大ゲンカで極度に興奮している時は、平気で死ねるように思えますし、病で死の宣告を受けた患者の中には自殺する人もいますが、あれは極度の興奮で一時気が狂っているか、死を恐れるの余り自分から死んでしまうのです。

 シェイクスピアは『尺には尺を』の中で、
「死ぬことは怖いことだ」
と、クローディオに叫ばせ、ユーゴーは『死刑囚最後の日』の中で、
「人間は不定の執行猶予期間のついた死刑囚だ」
と言っていますが、すべての人間の悲劇は、遅かれ早かれ、死なねばならないところにあります。
 核戦争が怖い、ガンが恐ろしい、食糧危機だ、エイズだと騒いでいても、所詮は死が怖いということではありませんか。
 死という核心に触れることが余りにも恐ろしすぎるので、それに衣を着せ柔らげたものと対面しようとしているに過ぎません。


353 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:36:19 ID:ccCG5OCL
しかし、どんなに死を考えないように、明るく生きようと努めてみても、必ずやってくる
「自分の死」
から、完全に目をそむけることはできません。
 麻酔薬は、一時苦痛を柔らげゴマ化してはくれますが、麻酔が醒めたら苦痛と対面しなければならぬように、やがて私たちはどんなことをしてもゴマ化すことのできない自分の死と、自分だけで対面しなければならない時が、必ず来るのです。

 では、なぜ死が恐ろしいのか。それは、
「死んだらどうなるのか」
という未知の後生に入ってゆく不安があるから恐ろしいのです。
 これを仏教では、
「暗い後生」
といい、
「一大事の後生」
といいます。

 親鸞聖人は、
「一たび人身を失いぬれば、万劫にも復らず。徒に後悔を貽すことなかれ」
     (教行信証行巻)
と教え、それ故に、この後生の一大事の解決を急げ、と叫び続けられたのです。
 この魂の解決をして、死んでよし生きてよしの、無碍の大道へ雄飛しない以上、人間の求める光明の人生は開かれません。

 一切の人生苦の根源である後生の一大事の解決こそ、生涯かけての最大事であり、全人類究極の目的なのです。
 この生死の大問題の解決こそが、親鸞聖人の出家の唯一の動機であったのです。
ttp://www.ii-park.net/~ikiru/

354 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:36:56 ID:LhB7daH4
>>351
りょーかい

355 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:39:18 ID:nPXchNYd
>>349
だって、>>329は、
「親鸞会教義を信じないものはヒトデナシ、それが親鸞会の教え」
ってことでしょ?なんか狭義の人間とか言って誤魔化してるつもりなのかもしれんけど。
オウムと同類かそれ以下ととられても仕方ない発言なんだが。

356 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:39:53 ID:GKdnuHKV
真理の道を上れ、おお、心よ! 
たゆまずによじ登れ、おまえの道を照らすともしびである慈愛とともに。
旅の用意として、人目につかぬようかくして、もろもろの徳を携えて行け。
二人の追いはぎのように、欲と迷妄とが、おまえの富を盗もうと待っているぞ。
また、かたわらには常に、おまえを災難から守る護衛として、寂止と自己制御とを連れて行け。


357 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:48:29 ID:rWjvVVJM
>「親鸞会教義を信じないものはヒトデナシ、それが親鸞会の教え」
>ってことでしょ?なんか狭義の人間とか言って誤魔化してるつもりなのかもしれんけど。
>オウムと同類かそれ以下ととられても仕方ない発言なんだが。
君は「ごく普通の人」ではないから、穿った見方しかできないということだよ。
残念だったねぇ。

358 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:00:13 ID:cnbf5Jif
>>349
なるほど。
本来の目的を果たさなければ「人間」ではないとの譬えでしたか。
・・・じゃあ漏れはまだ「人間」じゃないorz
あなたは?

359 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:01:00 ID:nPXchNYd
>>357
穿った見方ってことにしておきたいんだろうけど、
>「狭義の人間」ではない
>生物学的には人間
まず、これの「狭義の人間」って「平家にあらずんば人にあらず」
の「人」と同じような意味だよね?違うならどう違うか説明してね。
次、君の言う人生の目的は、親鸞会の教義を信じる以外に達成できないんだよね?
つまりこの人生の目的という部分は親鸞会教義と置き換えられるよね?違うならどう(ry
最後、その前の引用は、親鸞会の教えに対する揶揄だった。
それに反論したわけだから、これが親鸞会の教えだとあなたは思っているわけだよね?違うな(ry

以上はごく普通に考えられることだと思うけど?

360 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:07:00 ID:heLtphAP
親鸞会の財施情報です。

壁画の御報謝     10万(一口)
落慶記念式典のビデオ 10万
一万年堂のCDの財施もあります。

361 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:07:12 ID:gr1ZG7Ye
詐欺カルト宗教s鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126623471/

362 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:08:03 ID:heLtphAP
せいぜい親鸞会に金を吸い取られて下さい。

達成できもしない人生の目的とやらに精根尽き果てて、
自分が如何にアホだったかと知らされるでしょう。

363 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:08:36 ID:3iIIab0f
>>360
冗談も休み休みにお願いします。

364 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:12:24 ID:heLtphAP
皆さん一生懸命財施しましょう。

皆さんの血と汗の財施は、
数億円のバカでかい鷲のマーク
数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
紅白の牛革のなぜ生きる
高価な絵画や壺
壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下
会長専用のフロア
会長専用のエレベータ
会長専用の厨房2部屋
会長専用のコックへの給料
会長専用の高級車やバス
会長専用の広大なキャノピー

など親鸞聖人のみ教えをお伝えするのに有効に使わせて頂きます。

365 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:13:24 ID:XnWQ1ht+
>本来の目的を果たさなければ「人間」ではないとの譬えでしたか。
ん、なんかよくなかったかな。
本来の目的があるからこそ、人間です。
ごめんね。

>まず、これの「狭義の人間」って「平家にあらずんば人にあらず」
>の「人」と同じような意味だよね?
その「人」の意味は知らない。俺が言ったのは、時計や車で説明した意味。

>次、君の言う人生の目的は、親鸞会の教義を信じる以外に達成できないんだよね?
>つまりこの人生の目的という部分は親鸞会教義と置き換えられるよね?
「目的」は、車や時計で説明した意味。具体的に言うと、
「変わらない幸せになること」「本当の幸せになること」
「人間に生まれてきてよかったという満足の身になること」だよ。

>最後、その前の引用は、親鸞会の教えに対する揶揄だった。
>それに反論したわけだから、これが親鸞会の教えだとあなたは思っているわけだよね?
「これ」がどれだかさっぱり分からんな。

と言うわけで、君全部違うな。

366 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:13:54 ID:4jRoD7jB
>>363
ほんまや。

「出した分だけ聞ける」っちゅうて財施の甚大なる功徳を教えるとこが
そんな小額のご報謝勧めるかいな。
あるいは他にももっと財施の機会を設けて勧めとるはずや。

367 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:18:28 ID:heLtphAP
>>365

>「変わらない幸せになること」「本当の幸せになること」
>「人間に生まれてきてよかったという満足の身になること」だよ。

その為に数千万の壁画や数億の金ぴかの鷲のマーク、
高価な絵画やレリーフ、85万円の座布団などが必要なんですね。
会長の昼食を作る厨房が2つもあるのもその為なんですね。

分かりました。僕も財施頑張ります。
なんてったって、本当の幸せになるためだもんね。

十万や二十万くらい、惜しくはない!!
頑張ろう!!!!

368 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:22:38 ID:4jRoD7jB
>>367
>十万や二十万くらい、惜しくはない!!
なにをゆうとる。
身命を惜しまず財施する覚悟でないと求め切れんゆうぞ。ガンガらんかい!

369 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:25:04 ID:XnWQ1ht+
>>367
>分かりました。僕も財施頑張ります。
>なんてったって、本当の幸せになるためだもんね。

>達成できもしない人生の目的とやらに精根尽き果てて、
>自分が如何にアホだったかと知らされるでしょう。
達成できないと一人決めして精魂尽き果てたアホって君のこと?
「達成できもしない」と思うのは自力。他力とは無縁だな。
まずは教えを理解するところから始めてくれ。

370 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:29:09 ID:heLtphAP
>>368
はぃっ!がんばります!!!
家を売ってアパート暮らしになっても、財施します!!!
お金や財産があっても幸せにはなれませんもんね。
本当の幸せになるために、会長に財施します!!!

371 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:30:30 ID:Y23h6HsU
>>365
さっきからアンカー付けたり付けなかったりでやりにくいなまったく。
一個目、知らないと言いながら違うとか言い出すわけか。
これは二個目の答えを確定させないと話が進まないので後でやる。
二個目、答えになってない。その目的とやらは親鸞会教義を信じる以外に達成できないんだろ?
三個目はまあこっちの勘違い。>>324のこと。以前から何度か出ている、
顕正新聞の聞法の敗残者の記事が元の発言と解釈したわけだが、>>324は明言してなかった。


372 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:34:31 ID:Y23h6HsU
×>>324
>>326

373 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:39:58 ID:XnWQ1ht+
>一個目、知らないと言いながら違うとか言い出すわけか。
は? 説明できるんなら説明しろよ。
自分で説明もできないものを持ってきて何えばってんだか…。
「違う」がいやなら、お前は「ピント外れ」だよ。

>二個目、答えになってない。その目的とやらは親鸞会教義を信じる以外に達成できないんだろ?
合ってないこともないけど、やっぱ違うな。
それが、弥陀の本願を聞信する以外に道はない、という意味ならよし。

374 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:40:25 ID:4jRoD7jB
>>369
まあまあ。
教えを理解しとるのかどうかも分からんような会外の人にまで
財施が功徳になるゆうことで正本堂建立費用を募ったぐらいじゃ。
財施に頑張ろうゆうとる人にそないな冷や水掛けんでもええやん。

>>370
ワシもビビる心を抑えて財施に踏ん張るでぇ!
それが親鸞聖人のみ教えじゃゆうけんな。
会が受取人の生命保険にでも入ろうかの。身命を惜しまずゆうぐらいやけ。
>会員
このアイディア、どうやろ?

375 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:52:07 ID:Y23h6HsU
>>373
自分たち以外は親鸞会の言う目的を達成しようとしないから人間じゃないってことだろ?
そもそも、その目的が絶対に正しいという根拠はないし、
それ以外に目的がないという根拠もない。
にも関わらず、それを信じない人間を勝手に非人呼ばわりしたわけだよな。
「弥陀の本願を聞信できる」のは親鸞会だけだと思ってるんだろ?同じじゃないか。

376 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:55:57 ID:heLtphAP
一歩親鸞会から離れると、
あそこがカルトだったと言うことは、
これ以上ないくらいハッキリするんだが…

会員の皆さんにも気づいて欲しいね。
本当に、可哀想だから。

377 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:01:45 ID:3iIIab0f
一歩現世から離れると、
あそこが苦しみの世界だったと言うことは、
これ以上ないくらいハッキリするんだが…

この世の皆さんにも気づいて欲しいね。
本当に、可哀想だから。



って冗談で言っても真に受けた人がホントに自殺してしまう世の中。

378 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:05:41 ID:mZbqg42/
まあね。
しかし、言葉には限界があるから
しょうがないことだとは言え
目の前に現実をばっと見せるわけにも
いかないし・・・。
歯がゆねえ
秋こえ冬こえ
会員たちに春はやってくるのか。
晴れてカルトから足を洗ってほしいのだが。
こればかりは宿善まかせだからw
しょうがないねえ

379 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:08:49 ID:XnWQ1ht+
>自分たち以外は親鸞会の言う目的を達成しようとしないから人間じゃないってことだろ?
弥陀の本願を聞こうとしないから(狭義の)人間じゃないってことだろ?ってか?
それなら正しいかな。

>そもそも、その目的が絶対に正しいという根拠はないし、
>それ以外に目的がないという根拠もない。
>にも関わらず、それを信じない人間を勝手に非人呼ばわりしたわけだよな。
弥陀の本願が唯一絶対に正しいという根拠がないのに、聞こうとしない人を
勝手に非人呼ばわりするな、ということでいいか?

>「弥陀の本願を聞信できる」のは親鸞会だけだと思ってるんだろ?同じじゃないか。
思ってないよ。
弥陀の本願を説く人と、火の中かき分けて聞く人があれば、聞信する人もあるだろう。
親鸞会だけならば、親鸞会で真宗の歴史が終わる。

>一歩親鸞会から離れると、
>あそこがカルトだったと言うことは、
>これ以上ないくらいハッキリするんだが…
君らがカルトだということしかハッキリしてないと思うよ。かわいそうに…

自尊心は既にボロボロだろうに、この上、匿名掲示板においてまで、
筋の通らない主張を繰り返して惨めな姿を晒すのか…。

380 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:12:11 ID:4jRoD7jB
なんやなんや!
「お金を出した分だけ聞ける、出さないのはそれだけしか聞けてない」ゆうて
施物の多少を云々するのが本当の親鸞聖人のみ教えやで。

歎異抄の18章なんか勝手に見たらアカンよ。
あんなん勝手に読んだら、せっかくの財施の功徳を修める機会を逃すことになるでぇ!





381 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:18:27 ID:XnWQ1ht+
もう寝るから、よろしく。
ID:Y23h6HsU君は、言葉遣いをもうちょっと厳格にできれば、結構な論客になると思うよ。
さすがに、ごく普通の人になるのは無理だろうけどね。

382 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:31:59 ID:Y23h6HsU
>>379
もうアホらしくて話す気も失せつつあるけどもう少し頑張るか…
弥陀の本願とか出してくる必要がなんであるかな。
つまりそれは親鸞会の教義を信じるってことだろ?何度目だ全く。
勝手に非人呼ばわりしたな、あんたは。
あんたは親鸞会教義が正しいと信じているんだろうが、
それは人間すべてに当てはめていいような絶対的な正しさではない。
誰が過去やら未来の話をしろと言った。今現在他にないと思ってるんだろ?
他の真宗や他宗に対して非難しかしないし、親鸞会でしか聞けない
という趣旨の話をする人間はゴマンといたし。

383 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:34:21 ID:4jRoD7jB
「信心為本」とはゆうとるが、その信心の様は
お金を出すか出さないかで分かるもんや。

「財施の多寡は法施の多寡をあらわす」ともゆうとる。
教えを聞かせてもろうて喜んどるかどうかは財施の額に如実にあらわれるんや。
出さないのであれば、それは説法した人になんや不満があるゆうことや。

説法に不満を持つんは法謗罪ゆうておっそろし〜い罪なんやで。
「出したくない」なんぞ心で思うどころか口にまで出してゆうてしもうたら・・・
それどころか財施の機会作ってもろうとるのに出さんなどと行いにしてしもうたら、
人生の目的果たすどころやないよ。無間業や!

悪いことは言わん。勧められるがままにお金を出すんや。
捨て身の財施こそが「捨たらん」のやで!それが本当の親鸞聖人のみ教えや!

>ID:XnWQ1ht+はん
なんでもっと財施の功徳を説かんの?ワシばっかで疲れてもうたわ。
ワシも寝るけん、明日はもっとアピールしてや。



384 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:42:58 ID:heLtphAP
>>379
>自尊心は既にボロボロだろうに、この上、匿名掲示板においてまで、
>筋の通らない主張を繰り返して惨めな姿を晒すのか…。

親鸞会でしか通用しない、安っぽい自尊心を誇りに、
嘘と誤魔化しの高森会長を唯一絶対の善知識と盲信して、
退会者の主張を根拠もなく筋が通らないとか、
惨めだとか中傷して自尊心を満足させ、
疑問を殺して思考を停止させ、
会に従えばいいんですから、
さぞかし楽ちんな人生ですね。

いつか、分かるときが来ますよ。
これから、嫌でも沢山の人が退会して行きますから。
講師部も減り、会員も減り、
何時くらいになるかな。会長が死んだらさすがに分かると思いますが。
その時はじっくり相談にのりますよ。

385 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 01:47:16 ID:heLtphAP
>>379
ああ、あと、これに答えてくれないか?
唯一絶対の善知識の言うことだから、間違いないだろう。
その高潔な自尊心を持って自信を持って答えてくれたまえ。

243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?

386 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 02:01:17 ID:kJW1KaP8
ニンジャかい?

387 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 10:29:34 ID:bBebX4zK
ニンジャだろうな。

388 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 11:38:51 ID:zAtmOdXf
364 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:12:24 ID:heLtphAP
皆さん一生懸命財施しましょう。

皆さんの血と汗の財施は、
数億円のバカでかい鷲のマーク
数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
紅白の牛革のなぜ生きる
高価な絵画や壺
壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下
会長専用のフロア
会長専用のエレベータ
会長専用の厨房2部屋
会長専用のコックへの給料
会長専用の高級車やバス
会長専用の広大なキャノピー

など親鸞聖人のみ教えをお伝えするのに有効に使わせて頂きます。

389 :261:2005/09/14(水) 11:55:46 ID:YXmYaVrL
今日は、昨日書き込みした者です。
>>270 そうだったんですか!訂正どうも有難うございます&失礼いたしました
確認しないで書き込んでしまって、どうも申し訳ありませんでした>>ALL

390 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 12:03:49 ID:31eVlp5k
>384
日本の人口も減るからね。
仕方ないんじゃないの?

391 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 12:46:08 ID:qFsYwt2Y
>勧められるがままにお金を出すんや。

聴聞やお勤めのことを先に厳しく言われていても
財施のことほど反応がないのはそれだけ
お金に執着がつよいからでしょうねえ。

すすめられるままに聴聞に来てください。
すすめられるままにお勤めもちゃんとしてください。

「家が火事になっててもそれを放り出して
聞かねばならない」なんていう言い方もありますが
「S会は火事を放置することを推奨して社会を混乱させるカルト」とか
批判ないね。
財施に対しての批判は同類に聞こえますけど。


392 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 12:51:36 ID:jchjk+Y/
ひとにお伝えすることと財施がいやなんだ。
ついでに聴聞もたまにいけばいいようにしてほしい。
やめるときも「人生いろいろだから」と言って笑顔で
送ってほしい。
やめた後も「別に聞かなくても大丈夫。そのままだから」
と言ってほしい。

393 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 12:54:45 ID:31eVlp5k
>>392
「そのまま」って?

394 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:01:52 ID:XiogoUJU
>>391
>お金に執着がつよいからでしょうねえ。

当たり前でしょ、えらそうに他人事のようにいっているけど
あなたは財欲が強くないのですか?

>すすめられるままに聴聞に来てください。
>すすめられるままにお勤めもちゃんとしてください。

どんな変な新興宗教でも95%まではまともなことをいうんです。
(別にs会が新興宗教といっているわけではないけど・・・)
オウムですらそうです、だからたくさんの若者が騙された。
はじめにいいことばっかり教えるけど、5%にカルト味を巧妙に織り交ぜる。
すると、信者は95%のありがたく尊く良い教えに目くらましされ、5%の
邪悪性に気がつかなくなる。
だから宗教団体に所属しているものは、自分の人生を賭けて命をあずけているような
ものなのだから、教団において微塵も偽善性がないかどうかをカンをはたらかせて
冷静に判断しなければならない。

私は、s会における5%の本質的な偽善性が、>>160>>174>>195>>288>>318
などのカキコによく現れていると思う。

395 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/14(水) 14:15:25 ID:BfgOJ1or
君ら、信心決定したいの?したくないの?
そもそも、信じてるの?
目的違いしてたり、別に信じてないならやめれば?

396 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/14(水) 14:20:22 ID:BfgOJ1or
「財施してやってる」の気持ちが強くて、「させていただいてる」気持ちがないから、
ゴタゴタ言ってるんじゃないの?

先生の為に財施させていただいけるなんて、これほど嬉しいことないのに、
したくないだなんて、もったいないこと考える人もいるもんだね。

どっちの方が、もったいないと考えるかだね。

ざいせできないことがもったいないと考えるか?
お金を出すのがもったいないと考えるか?

397 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/14(水) 14:22:38 ID:BfgOJ1or
「施し」するのが嫌だなんて、仏教の基本が分かってるのかね?

それなら、もう、信者やめればいいんじゃないかな?

398 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:24:25 ID:CB7IdLHy
>「家が火事になっててもそれを放り出して
>聞かねばならない」
>「S会は火事を放置することを推奨して社会を混乱させるカルト」とか
>批判ないね。
>に対しての批判は同類に聞こえますけど。

ああ 単なる戦意高揚のための弄言ね、s会の好きな。
最初からそういえばいいのにな。
じゃ豆腐に頭ぶつけて死ねるほど聞け、もいいね
女性は化粧のことなど気にせず聞けでもいいね。
しかし、ここまで戦中日本の毒々しい精神主義が残ってる会とは・・・
会の中の人は
戦争で何も学ばなかったんでしょうね。
どこまでもわが道を行く性根の腐った子供っぷりが素敵です。

399 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:27:24 ID:31eVlp5k
2chって、悪口雑言の毒々しい精神主義があるよね。

それがウリであったりするが。

400 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:35:45 ID:CB7IdLHy
>>397
おいおい(汗
さんざん施してもう自分より裕福になって
あまった金で絵画を買う高尚なご趣味まで
もつようになった相手に
まだ施しを?
搾取のまちがいだろ
おまえおもしれーな
もうちょっと常識があれば、結構なコメディアンになると思うよ。

401 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:45:20 ID:31eVlp5k
常識など存在しない乱れた世界。
それが2ch。
ネットの世界。

402 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:48:19 ID:CB7IdLHy
>>399
えっ?
勘違い君?
俺はウリ板のことは知らないが、まあ仮にそんな人がいたとして
悪口雑言の毒々しい精神主義の人が2chを使ってるだけのわけで
2chが悪口雑言の毒々しい精神主義の集まりなわけじゃないからね?
他のまともな人にまで
その屈折したひねくれレッテルを貼らないように。

403 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 14:55:19 ID:CB7IdLHy
あっ
注意ね。
s会の場合は違うね。
s会は上層部が固定的で腐ってて
それを下部へ押しつけるから
s会全体が毒々しい精神主義に冒されてるからね。
まあ、個人個人は案外まともなひともいたりする。
(でも、会のいいなりになる彼らは
かわいそうだと思うが、やがて退会後過酷な運命が待ってるんだけどね。)


404 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:18:02 ID:31eVlp5k
>その屈折したひねくれレッテルを貼らないように

言いたい事分かるけどね、
世の中が、そんなレッテルをつけてるのよ。残念ながら。

405 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:36:19 ID:zAtmOdXf
>>395
>君ら、信心決定したいの?したくないの?

君は、親鸞会にいて信心決定できると思っているの?

406 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:36:35 ID:5wF1vlHa
どちらも同じ人間同士。
人間関係の法に則った上で
仏教も説かれなければいかぬ。
仏法も口を出れば、すでにそれは世間のもの。
世間は虚仮だが、これしか法を伝える方法はない。
言葉にたよるは世間にたよること。
言葉の奥にあるものを見ず、
言葉だけにたよるなら
苦しむのは説く人も聞く人も同じ。
すべては結果が物語る。

407 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:39:13 ID:31eVlp5k
>>403
2chを擁護したって、どうにもならんよ。

匿名であることをいいことに、個人情報を垂れ流し。
会社や公人に関係する個人情報は削除されないという勝手な基準を逆手にとって、個人に対する執拗な誹謗中傷はほったらかしで残されたまま。
真偽の分からない無責任ななりすまし書き込み。援助交際や集団自殺の助長。
そして犯罪予告、ついにはP2P開発者が逮捕される始末。
当の管理人は、裁判で負けても賠償する気は全く無し。

これが現実。

でもまあ、個人個人は案外まともなひともいたりするんでしょ。
「電車男」に飽き足らず、今度は骨髄バンクに関する書き込みを本にするそうだが。

408 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:39:58 ID:31eVlp5k
>>405
なら、どこでできるか、教えてくれ。

409 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:41:59 ID:71pTpfxt
>>404
宗教団体とは関係ないかのような素振りで大学に入り込み、
ダミーサークル&嘘での勧誘。
学生が昼飯抜いたり深夜バイトしてまで献金する一方で
意味不明の壁画やレリーフに金を投じる組織。

こんな団体に、世間は一体どんなレッテルを貼ってしまうでしょうね?

410 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:50:30 ID:XiogoUJU
>>397
>それなら、もう、信者やめればいいんじゃないかな?

s会信者なんて、とっくの昔にやめてますよ。
君も自分のバカさ加減にそのうち目が覚めれば批判するサイドに立つようになる。
断言してもいい。

>そもそも、信じてるの?

君はT森教祖を信じているから
「先生の為に財施させていただいけるなんて、これほど嬉しいことないのに」
なんていえるんでしょうが、そんな会内でしか通用しない台詞を外部に向かって
いっても、キモイといわれるだけですよ。

>「させていただいてる」気持ちがないから、
ゴタゴタ言ってるんじゃないの?

隊長!
現状に目をつぶったままのおめでたい人間をまたひとり発見しました!

411 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:51:25 ID:5wF1vlHa
どこでならできるのか?
探しもせずに相手にたかることしか知らぬ。
ここでできると言えば
そんなものかと相手を軽んじ、
どこでもできると言えば
そんなに簡単なものかと馬鹿にする。
仏法を軽んじ、仏法を馬鹿にする者を
自力の者と言うのである。
さしのべる手に唾を吐き、
それでも悲痛に助けを求める愚か者。
助けを求めてはいても、
愚かな自分が愛しいのである。
愚かなすみかが大事なのである。

412 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:02:30 ID:31eVlp5k
>>410
>んな会内でしか通用しない台詞を外部に向かって
>いっても、キモイといわれるだけですよ。

会内でいいんだよ。
キモくていいんだよ。
ここらへんのことは、外部に理解されようと思ってやっている訳じゃないから。
気にするな。

413 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:06:41 ID:5wF1vlHa
相手には許すことを許さず
自分には許すことを強要す。
相手と自分を分けて考え、
人を二分するものは
自分を慈しむことができず
相手と分かち合う喜びを知らぬ。
傷つき、楽しみを知らないため
ますます世界を二分し
ますます苦しみに沈みゆく。

414 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:11:55 ID:71pTpfxt
>ここらへんのことは、外部に理解されようと思ってやっている訳じゃないから。
その割には外部の人にまで財施を募ったそうですね。正本堂建立では。

415 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:12:35 ID:5wF1vlHa
すみません。
s会っぽい説教を書いてみました。
書いていて、自分がなにか巨大な権威と一体となっていくような
心の高揚を感じてしまいました。
一体感といいましょうか、安心感。
カルト教祖の気分が分かるような気がします。
おもしろいですね。
でもやはり、話は相手と同じ立場で話すことが
人間のあるべき姿として大事だなと思います。
謙虚な態度が要りますね。

416 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:18:00 ID:31eVlp5k
2ch最悪

>パスが読まれ、ヤフーのIDが無断使用されました。
>2ちゃんねるでいろいろとさらされているらしいのですが、怖くてみれません。
>もし個人情報が・・・と心配で今しなくては行けないことにも手が付かず困っています。

417 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:30:28 ID:5wF1vlHa
2ch批判を2chで書けるのは
2chのいいとこだよね。

418 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:41:49 ID:31eVlp5k
んま、そうかな。


419 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:45:42 ID:oz8lnYoi
仏教とは、どんな教えかを尋ねた白楽天に対し、
鳥の巣禅師が答えた言葉が、
「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」

これを聞いた白楽天は
「そんなことは、三歳の子供でも知っている」
そこで鳥の巣禅師は一喝「三歳の子供でも知っているが、
八十の老人ですらこれを実行することはむずかしいのだ!

ホント良い事をするのは、難しい!


420 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:47:15 ID:oz8lnYoi
善因善果
悪因悪果
自因自果

廃悪修善

421 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:53:04 ID:71pTpfxt
s会流廃悪修善の勧めで得られた結果。

数億円のバカでかい鷲のマーク
数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
紅白の牛革のなぜ生きる
高価な絵画や壺
壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下
会長専用のフロア
会長専用のエレベータ
会長専用の厨房2部屋
会長専用のコックへの給料
会長専用の高級車やバス
会長専用の広大なキャノピー

422 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:56:39 ID:3iIIab0f
>>421
重複死杉w

423 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 16:57:28 ID:XiogoUJU
>>421
あえてコピペにマジレスしますが、
「自浄其意」
は三歳の子供では知っていないと思いますが如何でしょうか?
ID:oz8lnYoiさん、真宗的に「自浄其意」の説明はできますか?

424 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:01:42 ID:3iIIab0f
というか、ある程度は見た目が良くないと
返って人が寄りつかないのは事実。

見た目で人を判断してはいけないからと言って、
自分が正装でなくて良いというのはただの怠慢。


425 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:06:01 ID:31eVlp5k
>>422
>重複死杉w

ここまでくると、荒らしと変わらん。

426 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:08:38 ID:XsKbd9Dq
>>394
>信者は95%のありがたく尊く良い教えに目くらましされ、5%の
邪悪性に気がつかなくなる。

結局、お金がかかるのが邪悪ということ?
なるべく仏前の荘厳や知識への報謝は少なくしたい、ということだろ。
したくない人はそうすればいいんじゃないですか?
「よいことだ」と思っているので人にもすすめるしそんなことどうこう
言われる筋合いはない。
熱心に進めれば「強制云々」いうひとが出てくるが感じ方の違いでしょう。
少なくとも自分は強制したこともないし、されたこともない。
聴聞に来る、来ないも、財施する、しないも、退会も自由。
財施しないから除名なんてきいたことないよ。
「親鸞聖人の御教えを自ら聞き求め他の方にもお伝えする」
ことさえ守れば。
「懐疑派」とかいうのはすでに「教えはどうか」ということを
つきつめる気持ちもないわけだから会員の資格はないと思うよ。
また六道回ってくれば?





427 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:14:52 ID:bCU3qnCB
>>398
>女性は化粧のことなど気にせず聞けでもいいね。

なんにも聞かんでも「そのままやぞー」と言って!
そのままが安心。


428 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:17:47 ID:31eVlp5k
困ったものだね。

>私もあるスレッドで長いこと中傷され続けているものです。
>発端になったのは、以前私が持っていたHPで、そこに書かれていることが気に入らない人間たちとトラブルになり、私はHPを閉鎖しました。
>以後、ずっと2ちゃんで叩かれています。
>私は、痛くて、気が狂っていて、粘着でどうしようもない人間ということになって、様々な中傷を受けています。
>私とトラブルを起こした人たちが2ちゃんで叩かれるとすべて私が書き込んでいる、ということになります。
>また私に成りすまして空き放題書いている人も居ます。
>しかし、法律で取り締まれる対象のギリギリのところで上手に書いています。
>すべていやがらせです。
>すでに不眠症・神経症になり、平常な日常生活が送れない状態です。
>しかし誰にも助けてもらえず、結局我慢する・泣き寝入りするしかないのが現状です。


429 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:32:48 ID:71pTpfxt
>>426
お金を出す出さないで人の信仰を云々するようなとこが
「邪悪」と言われる所以では?

430 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 17:59:48 ID:kAvcahHe
邪悪に思わない人でなければ上級幹部には選ばれない。

431 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:00:28 ID:71pTpfxt
改めて>>429
>「懐疑派」とかいうのはすでに「教えはどうか」ということを
>つきつめる気持ちもないわけだから
???
「教えはどうか」ということを突詰めようとする気持ちがあるからこそ
「懐疑」になるんじゃないの?
「懐疑を抱く→会員の資格なし」って言うのは、俺からすると
「教えはどうか」と突詰めて考える人は会員の資格なしって言ってるように見えるんだが。
ま、それは置いとくとして

「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・

432 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:03:37 ID:XiogoUJU
>>429
>結局、お金がかかるのが邪悪ということ?

会員からしたらそう思うのでしょうが、>>429のご意見も参考にしてください。
「財施の多寡が信仰の度合いを反映する」、のようないいかたを
s会はよくするけど、貧者の一灯の話はどう考えているのかな?

あと、なにが邪悪かといったら、
特定の個人と、組織に対する無条件絶対服従を強いること。
世間からすれば、会員の思考能力を削ぎ、会集金ロボットと化して、
建物に異常に金をかけるおかしな団体としか思わないよ。
無条件服従せず、世間から見れば思考力を維持している会員には、

>「懐疑派」とかいうのはすでに「教えはどうか」ということを
>つきつめる気持ちもないわけだから会員の資格はないと思うよ。
>また六道回ってくれば

という慈悲のかけらも感じられない罵声と捨て台詞を浴びせることは
大得意なようです。
ご自分はどうやらまた六道回らないと思っているようですが、
根拠のないカラ元気は空しく響くだけですからおやめなさい。

433 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:17:05 ID:XiogoUJU
>>432
アンカーミス。>>426だった。

>>431
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・

面白いご質問ですね。
s会の論者が今度はどういう詭弁でごまかすのか楽しみです。

434 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:51:53 ID:XiogoUJU
「学会の中では、いかに多くの財務をするか否かで信心の強弱がはかられます。
学会員たちの座談会の中では常にそんな話が交わされているのです。
まるで競争心を煽られるように、「誰々が一千万円出した」と言われ、暗に
あなたもそのくらいは出しなさい」と要求されるわけです。
私たち学会員はなんでも活動における苦労は信心だと信じさせられていて、
いまに報われるんだ、我慢できないのは信心が足りないからだと指導を受けます。」
(湯野重「池田学会 イニシエーションの恐怖」)

どこかの団体とどこが違うんですか?
基本は変わらないと思いませんか?

ちなみにここのサイトに出ていた話です。
「新興宗教の教え 信じる者は救われるか」
http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/sinjiru.html


435 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 19:35:06 ID:71pTpfxt
>>432横レス
>貧者の一灯の話はどう考えているのかな?
「学生でも、昼食を抜いたりアルバイトをしたりすれば精一杯の財施ができる。
そういう些細な積み重ねでも、精一杯やることで財施の功徳を修めることができる。よかったねー」
と、財力の乏しい学生にも財施を勧めるためのネタ話程度に考えていると思われ。

ふと想像した「貧者の一灯」s会ver.
貧しい女性が釈尊の法話会場に現れたのだが、自分には施しをできるモノがない。
そこで女性は、自分の長い髪を切り、会場の灯火に焚き付け、せめてもの施しとした。
背中まであった髪もボブカットくらいの短さになった彼女のところへ、
釈尊のお弟子を名乗る方が現れてこう問うた。「そ れ で 精 一 杯 な の か」
「精一杯出した分だけ、聞かせて頂けるというもの。余力を残して施しをしているような心がけでは
救いを聞かせて頂くことには到底ならない云々」
彼は財施の功徳と、それを精一杯しないことの浅ましさについてこんこんと説き、
「出したくないんなら出さなくてもいいんだ。強制じゃない。まあ、六道でも巡っていることだ。あわれだな。」と最後に言い放った。

その後、坊主頭となって法話会場を後にする女性の姿があった・・・衣服まで剥がれていなかったかどうかは定かではない・・・

436 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 19:49:36 ID:ibn1YYCo
>>435
GJ!

437 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:02:56 ID:31eVlp5k
>>432
>>つきつめる気持ちもないわけだから会員の資格はないと思うよ。
>>また六道回ってくれば
>という慈悲のかけらも感じられない罵声と捨て台詞を浴びせることは

そうだね、セリフは気をつけて下さいよ。
すべてのものに、慈悲を注ごう。


438 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:05:07 ID:31eVlp5k
>>435
>ふと想像した「貧者の一灯」s会ver.

つまらん。
というか、妄想癖?
小説家になれるよ。がんばりたまえ。

439 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:17:41 ID:W1au38Vb
善いタネも、悪いタネも自分の蒔いたものは自分に返ってくる。

他人のところへはいきません。



440 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:20:24 ID:p+/3/F82
いきますよ^^

441 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:41:58 ID:heLtphAP
ああ…

442 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:49:21 ID:XiogoUJU
>>435
おもろい。GJ。
>>438
まだそんなこといってるのかい?学習しない人だなあ。君のためにまた引用してあげるね。

419 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 02/08/23 11:25
少々報告が遅れたが、先日の驚愕抗議でのこと。
昼休み、K玉が学友部一同を第二講堂に集めた。そこで、驚愕抗議の 話を引き合いに出して、
仏弟子の使命について語った後、「血染めの恩毒惨」のスライドを上映した。
さらに、リョウケンのようになるにはどうすればいいか ということで、平成11年蓮如上人
500回忌の座談会(しかもアシがK玉)のビデオを上映した。

 余談だがあいつ、後一代記聞書227の解説でKに褒められていたな。 愕幽部員に自分をひけらかす
のが目的であれば禿しく鬱。 「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
恐ろしいことである」 「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と いうことはない。
それどころか、放射になる」だと。だからわれわれも仏法のために時間や金、労力を使えだとさ。

問題はその後で、各地区に分かれた後、担当仔牛が 正本堂建立誤放射の用紙を配り、「先生のご恩に
報いるには・・・」 と大声で話した後(各地区の仔牛がいっぺんに大声で話すものだから、 その場は
異様な雰囲気に包まれていた)、「今ここで誤放射額を書いてください」 という。               

漏れは、これはマインドコントロールに近いと思った。
というわけで、用紙には手をつけなかった。さすがにほとんどの減益部員も、
額を記入するところで手が止まっていたが。

ここまで、露骨に金を要求しなければならないということは、s会は相当金に困窮
しているものと思われる。 これでかなりs会という組織に対して萎えてしまった。

443 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:56:06 ID:XiogoUJU
>>442

念のためにキーポイント部分を指摘しておきましょう。

>「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
>恐ろしいことである」 「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と いうことはない。
>それどころか、放射になる」だと。だからわれわれも仏法のために時間や金、労力を使えだとさ。

K玉氏が語ったとされるこの部分です。

>>431
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・

に答えてくれるであろうs会会員さんの参考にしていただければ、と思ってます。

444 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:19:14 ID:31eVlp5k
?
それがどうした?


445 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/14(水) 21:29:01 ID:irvZ21ip
仏教は、「施し」することから始まる。

もちろん、施しが多く集まれば、裕福になるのは当たり前で、
相手が、施しで裕福になったら誰が困るのかね?

446 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:39:00 ID:iC1BX/ok
>>445
裕福な相手に施しても功徳にならないって教わらなかった?

447 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:44:29 ID:31eVlp5k
↑三田(さんでん)を、よく理解してくださいよ。

448 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:47:01 ID:+Fh8FzE1
金次郎>>>>>>>親鸞

449 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:01:32 ID:rm7OrMre
布施をすると、サンガという田んぼに福が生まれ、その福を刈り取るのが在家者という考え方がサンガを支えているらしい。

>>445
施しでぜいたく暮らししている輩が福田かよ
施主は田をよく見定めて施さなければな。
アスファルトに種を蒔いてるかもしれない。

450 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:11:40 ID:heLtphAP
何時になったら親鸞会の人は気づくのかなぁ…
自分たちの信じている善知識とやらが、
「裸の王様」だってことに…

451 :宿善薄き者は、どうすればよいか:2005/09/14(水) 22:29:20 ID:kArq/k4U
>>314

阿弥陀仏の大慈悲心に、へだて心が、あろうはずはないが、我々の救い(信
心獲得)に、前後ができるのは、いつに、宿善の、厚薄によるのだ。

「陽気・陰気とてあり。されば、陽気をうくる花は、早く開くなり。陰気とて、
日陰の花は、遅く咲くなり。かように、宿善も遅速あり。されば、已・今・当
の往生あり。弥陀の光明に遇いて、早く開くる、人もあり、遅く開くる、人も
あり。兎に角に、信・不信ともに、仏法を心に入れて、聴聞すべきなり」(御
一代記聞書)

蓮如上人の、ご教示にも、それは、明快である。

阿弥陀仏の本願は、十方衆生を、平等に救いとると誓う、無上の尊法である。
にもかかわらず、我々の救いに(信心獲得)に前後ができるのは、ひとえに、各
自の、宿善の厚薄による、ことを、明らかにした。
宿善の厚い頓機は、はやく救われる(信心獲得)からよかろうが、宿善の薄
き漸機は、どうすればよいのか。

これこそが、宿善問題の、最要課題であろう。

452 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:32:41 ID:31eVlp5k
>397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。

453 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:41:28 ID:4jRoD7jB
>>452
「御裁断御書」の最後の一文は
s会にとって都合悪いけ、出さんよう気いつけろ。

454 :宿善薄き者は、どうすればよいか:2005/09/14(水) 22:41:46 ID:kArq/k4U
しかも、宿善厚き頓機は、極めて少なく、宿善薄き漸機は、圧倒的に多いのだ。

記録に残っているものから、窺っても、法然上人のお弟子、三百八十余人中、
頓機は、親鸞聖人と蓮生房、耳四郎の三人のみ。
聖人の門下では、明法房弁円、ただ、一人である。
その外にもあったであろうが、甚だ少なかったから、法然上人は『和語灯録』
に、
「頓機の者は少なく、漸機の者多し」
と仰せられている。

もし、宿善は、過去世のことで、今生では、どうしようもない、ものならば、
我々の救済の可否は、生まれた時、すでに決定している、ことになる。
これではまさに、仏教の排斥する、宿作外道である。
宿善薄く生まれた者は、どうもがいても、宿善厚くなれないのなら、宿善開
発(信心獲得)はありえない。
未来永劫、救われない、ことになる。

ならば、親鸞聖人や、蓮如上人の
「一日も片時も、信心獲得を急げ」
の、おすすめは、なんの意味もない。
宿善薄く生まれた者は、どうもがいても、宿善まかせの信心獲得は、できっ
こないのだから。

断じて宿善は、どうにもならないもの、ではないのである。
宿善薄く生まれた者でも、宿善厚き人になれるし、やがては、宿善開発まで、
進めることは、言をまたない。
でなければ、善知識方が、ひたすら、宿善開発(信心獲得)を急げと、すす
められるはずがない。


455 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:45:56 ID:31eVlp5k
>>453
都合悪いもなにもない。
親鸞聖人の言葉じゃないのだから。

456 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:47:26 ID:4jRoD7jB
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・

どういうこと?そんなん決まっとるやん。
念仏より財施のほうが功徳が有うわ何をすぁうぇsrdgyfいjk

457 :宿善開発は、待つにあらず:2005/09/14(水) 23:05:36 ID:kArq/k4U
では、どうすれば、宿善は厚くなり、開発できるのか。手をこまねいて、宿
善の厚くなるのを、待てばよいのか。
宿善到来とか、時節到来というから、真宗の道俗は、宿善というものは、向
こうの方から、ヨチヨチやってきて、宿善開発できるように、思っているが、
大間違いだ。

丁度、金持ちになるには、福の神が来ればよい、と思って、待っているのと
同じで、バカげている。
福の神というものが、向こうからやってくるのでは、決してない。自己の、
日々の努力精進が、即ち、福の神になるのである。

宿善というものも、待っていて、厚くなるものでも、開発するものでもない。
心がけて、求めてゆくものなのだ。
求める人にのみ、時節到来ということがある、と喝破された、蓮如上人のお
言葉をあげておこう。

「『時節到来』という事、用心をもして、其の上に、事の出来候を『時節到来』
とはいうべし。
無用心にて、事の出来候を『時節到来』とは、いわぬ事なり。
聴聞を、心がけての上の『宿善、無宿善』とも、いう事なり。
ただ、信心は、聞くにきわまる事なる由、仰せの由に候」(御一代記聞書)

458 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:15:50 ID:W1au38Vb
いろんな受け止め方があるものだな…でも感心はできない。

善知識にあわずは、どちらを向いて歩けばいいか走ればいいか全くわからなかった。

その方角を知らされた喜びはなかなかわからないと思う。


459 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:19:31 ID:W1au38Vb
みんな苦しみに耐えながら一生懸命生きてると思う。

でも、どこに向かっているんだろ。そんなこと考える余裕さえない

これは、本当に大変なことだと思う。一切が水の泡に終わってしまうよ。

460 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:21:58 ID:XiogoUJU
>>458
>善知識にあわずは、どちらを向いて歩けばいいか走ればいいか全くわからなかった。

なるほど。
そんなに精神的に混迷状態だったんだね。
そんな状況だったならば、ひょっとしたらT森教祖でなくても藁にもすがる思いで
善知識と信じていたかもしれないよね?

>その方角を知らされた喜びはなかなかわからないと思う。

正確には、「その方角を知らされた『と信じた』喜び」でしょう。
所詮は、吹けば飛ぶような、自力の信心ですよね。

461 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:23:29 ID:4jRoD7jB
あーびっくりした。何やさっきの。出直しや。
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・
ええか。
みなまで言うのもなんやけ、これはヒントや。
法話で聞かせてもろうたことあろうが。
アメリカ人に親切にしてもろうたらサンキュー、フランス人に親切にしてもろうたらメルシーって
お礼は相手に伝わるように示すもんや。せやろ。
お金出した分だけご報謝の気持ちが伝わるんやゆうとる人にどうすればええかは自ずと分かってくるはずや。
>>458のゆうとるような喜びを
得させてもろうたお礼に勧められとるのが、財施っちゅうことよ。
お金でないと通じんこともあるんや。

>>433
シーッ!それは禁句やで。
親鸞聖人の言葉で財施励めと勧められた言葉なんてうわ止めんzくぁsdgyふじこlp

462 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:24:26 ID:W1au38Vb
正しい方向に向かわねば、もう報われることはないよ。

こんな大事はない。

463 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:28:46 ID:XnWQ1ht+
>弥陀の本願とか出してくる必要がなんであるかな。
>つまりそれは親鸞会の教義を信じるってことだろ?何度目だ全く。
必要かどうかは別にして、言い換えることは可能だろう。言い換えられることを認めればいいだけ。

>勝手に非人呼ばわりしたな、あんたは。
>あんたは親鸞会教義が正しいと信じているんだろうが、
>それは人間すべてに当てはめていいような絶対的な正しさではない。
弥陀の本願が正しいと信じているんだろうが、絶対的な正しさではない、という意味でいいかな。
意味を確認してるだけだ。

>誰が過去やら未来の話をしろと言った。今現在他にないと思ってるんだろ?
無いとは言えないな。それなりの規模の団体としては無いだろう。

>親鸞会でしか通用しない、安っぽい自尊心を誇りに、
君らの自尊心は匿名掲示板でさえ通用しないね。

>嘘と誤魔化しの高森会長を唯一絶対の善知識と盲信して、
カルト的アンチは本気でそういうことを信じているから怖いね。
合言葉は「根拠は2ch」
すごすぎ。

>退会者の主張を根拠もなく筋が通らないとか、
>惨めだとか中傷して自尊心を満足させ、
アンチからそんな言葉がよく出てくるものだ。
感心するぞ。
過去の自分の書き込みを全部読み返してこい。

464 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:31:22 ID:W1au38Vb
人生の目的は、本当は多生の目的、そんな大問題なのです。

465 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:33:17 ID:ryGTejiW
金持ちしか救われないっていうこと?

本当に1回でもs会で話を聞いた人は、とてもそうは
思えないよ。

466 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:37:16 ID:XnWQ1ht+
>ああ、あと、これに答えてくれないか?
>唯一絶対の善知識の言うことだから、間違いないだろう。
>その高潔な自尊心を持って自信を持って答えてくれたまえ。
全然心が篭ってないから却下。


>あと、なにが邪悪かといったら、
>特定の個人と、組織に対する無条件絶対服従を強いること。
>世間からすれば、会員の思考能力を削ぎ、会集金ロボットと化して、
>建物に異常に金をかけるおかしな団体としか思わないよ。
蓮如上人を頂点とする団体もおかしな団体としか思わないのかね?
思考能力の削がれた会批判ロボット君。

467 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:37:57 ID:heLtphAP
>>463
こういう書き込みを見るたびに、
親鸞会をやめて本当に良かったと思うよ。

この間のアニメ勉強会、
あんな下らない話なら行かない方が良かったと、
数人の人から聞いた。
私もそう思う。

あなたも早くこの団体の偽りに姿に気づいて下さい。
切に念じております。


468 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:38:12 ID:4jRoD7jB
>>461>>433>>455の間違いやった。すまんすまん。

ID:XnWQ1ht+はん
財施の勧め手伝うておくれや。
ワシ、今夜はもう持たん・・・

469 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:39:26 ID:heLtphAP
>>466
やっぱりこれには答えることができないんですね。
いくらハッタリをかませても、
この程度の事にも答えることができないんですね。

243 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 23:15:29 ID:yg6v+0or
>>222

いつ、だれが、
“修善をすすめた文証など、あろうはずがない”
と言ったのですか?

470 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:41:18 ID:uoVlxk0O
一家離散しても聞け

なんか座談会でこんな内容あったよなw

471 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:41:38 ID:KaSvs7y2
親鸞会は間違いだ、と言いたいなら、
本当の親鸞聖人の教えを、正々堂々と、明らかにしてみたらよかろう。


472 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:45:10 ID:heLtphAP
>>466
>蓮如上人を頂点とする団体もおかしな団体としか思わないのかね?

高森会長の贅沢三昧は、蓮如上人が根拠なんですね。
私は高森会長は親鸞聖人の生まれ変わりだと会内では聞いていました。
親鸞聖人は生涯墨染めの衣ひとつで、
質素に暮らされた方だと思っていますが、
その点は高森会長は違うという事ですね。

蓮如上人は必要以上に高価な絵や金ぴかのマークで聞法道場を飾り立て、
自分専用の通路や巨大な車入れ、豪華な専用フロアを作らせ、
その度に門徒から、一口十万だの二十万だのと言う財施を募ったんでしょうかね。

高森会長は「裸の王様」ですよ。
唯一の善知識だなどという妄想はやめて、
一刻も早く世間並みの常識と思考能力を取り戻して欲しいです。

473 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:47:59 ID:heLtphAP
ああ、あと蓮如上人は山科本願寺に木像本尊を御安置していますから。
ろくに調べもせずに、名号以外は間違った本尊だと決めつけるようなマネは、
されていませんから。

親鸞会の教義によると、蓮如上人は間違った本尊を御安置していたことになります。
無条件服従の点だけは参考にされたみたいですが、この点はどうなんですかね。
一応、ご存じとは思いますが、お伝えしておきますね。

474 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:48:04 ID:4jRoD7jB
・・・もちっと頑張るか。
>>471せや。
親鸞聖人のみ教えは、一向専念無量寿仏。
その身にさせて頂くお礼は念仏より財施のほうが伝わる。これ以外に有るんかいな?

475 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:51:21 ID:heLtphAP
まあ、いずれ気づくでしょう。
遅いか早いかの違いです。

次第に会員が減り、講師部が減って、
正本堂の後ろの空間が徐々に広がって行くことに気づくでしょう。
あんな適当な説法をしていれば、当然の報いではありますが。

人生の黄昏になる前に、早くこのことに気づいて頂きたいですね。

476 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:53:45 ID:XnWQ1ht+
>こういう書き込みを見るたびに、
>親鸞会をやめて本当に良かったと思うよ。
そうだな、君はやめてよかったと俺も思うよ。本当によかったよかった。

>ID:XnWQ1ht+はん
>財施の勧め手伝うておくれや。
誰にどういう財施を勧めてるんだ?

>やっぱりこれには答えることができないんですね。
>いくらハッタリをかませても、
>この程度の事にも答えることができないんですね。
ちゃんと心を篭めて言い直せば答えるけど?

>高森会長の贅沢三昧は、蓮如上人が根拠なんですね。
分かってないみたいだから言い直すか。

>何が邪悪かといったら、
>特定の個人と、組織に対する無条件絶対服従を強いること。
>世間からすれば、会員の思考能力を削ぎ、会集金ロボットと化して、
>建物に異常に金をかけるおかしな団体としか思わないよ。
同州に無条件服従を勧めた蓮如上人の団体も、おかしな団体ということか?
思考能力の削がれた会批判ロボット君。

477 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:57:29 ID:31eVlp5k
>>467
>親鸞会をやめて本当に良かったと思うよ。
>この間のアニメ勉強会

ん?
会をやめたのに、勉強会に行ったのか?

478 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:58:16 ID:4jRoD7jB
>>476
>誰にどういう財施を勧めてるんだ?
このスレを見とる普く人に、会への身命を惜しまぬ財施を勧めとるんや。


479 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:12:17 ID:uFjh8ERE
>>470
高森先生の座談会でしょうか?

480 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:14:04 ID:vEip/Q03
>>476
蓮如上人がどうしゅうに、
琵琶湖を1人で埋めよと仰ったところ、
どうしゅうは畏まりたるといったと。

私高森顕徹は蓮如上人と同じだ。
唯一絶対の善知識だ。
だから俺に無条件服従しろと。
そういうことですか。

この論理展開を見ただけで、
普通一般の人は、高森会長がまともな人物ではなく、
親鸞会がカルトだと気づくんですけどね。
マインドコントロールされた人には分からないらしい。

きっとあなたでは分からないでしょうから、
自分の書いた書き込みを世間一般の人に見せてまわったらいいですよ。
お勧めします。

それでも、世間一般の人は真実分かってない、
だからそんな人達には分からないんだという論理で来られたら、
何も付ける薬はございませんが、
精々1人残らずマインドコントロールされたコミュニティで、
自己の正当性を確認し、
そのすばらしい自尊心を満足させたらいいですよ。

481 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/15(木) 00:14:49 ID:ck5Hcrlh
いつから、高森顕徹が贅沢な暮らしをしていることになってるんだい。
自宅の家を見たことあるか?
裕福な人はあんな家住んでない。


ま、貧乏人ではないと思うけど。


482 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:15:03 ID:F009r4K3
走ってるね。
一週間で半分だよ。
ボラ夫さんがいた頃がよかったな〜まったりしてて

483 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:16:37 ID:vEip/Q03
というわけで、高森会長が講師部員に、
毎日2回必ず読ませている文章を書いておきますね。

・会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。
・上司の指示は会長先生の指示と心得ます。

自分のことを「会長先生」と書いて読ませているんだから、おめでたい人ですね。
これも蓮如上人のマネですか?
じゃあ、正本堂の御本尊も蓮如上人に従って木像にしましょうか。

484 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/15(木) 00:18:47 ID:ck5Hcrlh
俺の家にも、阿弥陀如来像が安置してあるよ。
本尊ではないけど。

485 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:18:50 ID:A2S41Snm
>>481
会長の言うことは何でも聞くという、
会員の鑑たる愛犬ジョーはご存命でしょうか?

486 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:26:10 ID:550i4qp0
>>481
むかしこんな漫画があったな。
大金持ちがこじきして、ぼろい家に住む。
週一回だけ、超豪華な別荘でくつろぐのを無上の楽しみとするってね。

しかし、T森クンは、実生活までダミーかよ。
さすが、S価と法論するのに、いい年こいてから学生服を着て
出向いただけの人だけはあるね〜。
よっ、ダミーの親玉会長!

487 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:30:25 ID:Whg7sfpV
>私高森顕徹は蓮如上人と同じだ。
>唯一絶対の善知識だ。
>だから俺に無条件服従しろと。
>そういうことですか。
>この論理展開を見ただけで、
>普通一般の人は、高森会長がまともな人物ではなく、
>親鸞会がカルトだと気づくんですけどね。
>マインドコントロールされた人には分からないらしい。
君かなり凄いね。君の脳内はよく分かったよ。
もう一回くらい書けばもうちょっとは理解できるかな?

>何が邪悪かといったら、
>特定の個人と、組織に対する無条件絶対服従を強いること。
>世間からすれば、会員の思考能力を削ぎ、会集金ロボットと化して、
>建物に異常に金をかけるおかしな団体としか思わないよ。
同州に無条件服従を勧めた蓮如上人の団体も、おかしな団体ということか?
思考能力の削がれた会批判ロボット君。

488 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:32:12 ID:uFjh8ERE
>>474
支部の人間はいかにお金を稼いで、いかに会に財施をするかが大事ということ
ですか?それならそれでもいいと思うのですが、そういう事実を明らかにして
将来稼ぐ人間になるように配慮することも必要ではないでしょうか?

489 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:36:31 ID:A2S41Snm
信者がどうすればいいか分からなくなった時、蓮如上人が勧められたこと
・俺の言う通りにしなさい
・親鸞聖人のされたようにしなさい

どっち?

490 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:37:35 ID:vEip/Q03
>>487
きっとあなたでは分からないでしょうから、
自分の書いた書き込みを世間一般の人に見せてまわったらいいですよ。
お勧めします。

491 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:43:09 ID:A2S41Snm
>>431
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・

自力でも財施ならご恩報謝になるんですか?
「決定者の真似をせよ」と言われますけど、決定者はお礼の気持ちを念仏よりも財施で示すものなんでしょうか?

492 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:44:49 ID:w2ijcMMa
脱会後、「入会金を返さないと大学に訴える」と本部に電話したら
2万円返ってきた。それってすなわち自分達が後ろめたいことを
やってるって自覚してるってことだよな。悪いことしてないって
自信あるんだったら、訴えたって平然としてりゃいいんだから。

493 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:47:00 ID:Whg7sfpV
>>490
あっそ。もういいよ、君。
馬鹿馬鹿しいけど一応経過を書いとくか。君はレスしなくていいよ。

>何が邪悪かといったら、
>特定の個人と、組織に対する無条件絶対服従を強いること。
>世間からすれば、会員の思考能力を削ぎ、会集金ロボットと化して、
>建物に異常に金をかけるおかしな団体としか思わないよ。
同州に無条件服従を勧めた蓮如上人の団体も、おかしな団体ということか?
思考能力の削がれた会批判ロボット君。
(↑蓮如上人についての質問)

>私高森顕徹は蓮如上人と同じだ。
>唯一絶対の善知識だ。
>だから俺に無条件服従しろと。
>そういうことですか。
>この論理展開を見ただけで、
>普通一般の人は、高森会長がまともな人物ではなく、
>親鸞会がカルトだと気づくんですけどね。
>マインドコントロールされた人には分からないらしい。
(↑蓮如上人について質問されたのに論理自己展開)

君かなり凄いね。君の脳内はよく分かったよ。
もう一回くらい書けばもうちょっとは理解できるかな?
(↑一応もう一度、蓮如上人についての質問を書いてみる)

きっとあなたでは分からないでしょうから、
自分の書いた書き込みを世間一般の人に見せてまわったらいいですよ。
お勧めします。
(↑思考停止)

494 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:51:31 ID:vEip/Q03
>>493

おやすみ。早く自分の愚かさに気づいてくださいね。

472 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:45:10 ID:heLtphAP
>>466
>蓮如上人を頂点とする団体もおかしな団体としか思わないのかね?

高森会長の贅沢三昧は、蓮如上人が根拠なんですね。
私は高森会長は親鸞聖人の生まれ変わりだと会内では聞いていました。
親鸞聖人は生涯墨染めの衣ひとつで、
質素に暮らされた方だと思っていますが、
その点は高森会長は違うという事ですね。

蓮如上人は必要以上に高価な絵や金ぴかのマークで聞法道場を飾り立て、
自分専用の通路や巨大な車入れ、豪華な専用フロアを作らせ、
その度に門徒から、一口十万だの二十万だのと言う財施を募ったんでしょうかね。

高森会長は「裸の王様」ですよ。
唯一の善知識だなどという妄想はやめて、
一刻も早く世間並みの常識と思考能力を取り戻して欲しいです。

495 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:57:16 ID:A2S41Snm
>>493横レス失礼
うーん、一向一揆という集団暴力沙汰に到ったことと言い、
私なんかは蓮如上人の率いた教団を手本にすることについてはいささかの危惧を抱いているんですが…。

たとえば仮にs会が、司法or行政から
「大学内での勧誘の際に、勧誘後の活動内容や特定の宗教団体との関わりを明らかにせずこれを行うことは止めるべきである」との指導を受けて
会員数が減る一方になり、会の存亡が危うくなってしまったとする。
そんな時、s会はどうしますか?
布教に対する不当な弾圧とみなし、
蓮如教団を見習って、暴力的行為に到るんでしょうか?


496 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:59:40 ID:cfIXM5BU
詐欺カルト宗教s鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126623471/

497 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:01:25 ID:Whg7sfpV
>>494
うーん、これくらいでは全然気付かないのか。
ま、こつこつやるしかないな。

今後もカルトを叩きつづけるとしよう。
とりあえず晒しage

498 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:05:12 ID:Whg7sfpV
>そんな時、s会はどうしますか?
そんなたとえばの話されてもな。

たとえば、殺されそうになったら戦うしかなくなるかもしれんね。

499 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:06:49 ID:A2S41Snm
>>497
彼のカルト度をここで↓測ってみませんか?
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/GHI/index.html

もっとも、彼は個人であって集団ではないようですが。

500 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:24:37 ID:A2S41Snm
>>498
いや、「殺す」というのは想定してません。
s会会員が国家権力で殺されるようなことがあれば、微力とはいえ私も黙っているつもりはありませんので。

でも、今の勧誘方法を封じられることで、s会の教えを聞く人が減ってしまうと、
s会の標榜する「親鸞聖人のみ教え(s会教義)を一人でも多くの人に徹底する」という団体の目的の
障壁となってしまいますよね。
会としての目的を国家によって阻まれたとき、s会としてはどのような行動を取ることを想定しているんでしょうか?

因みに江戸期の本願寺教団では、世の秩序を乱すまでの騒乱となったことに対して
>所詮以前はいかやうの心中なりとも、いまよりのちは、
>わがわろき迷心をひるがへして、本願真実の他力信心にもとづかんひとは、
>真実に聖人の御意にもあひかなふべし。
>さてそのうへには王法・国法を大切にまもり、世間の仁義をもつて先とし、
>うつくしく法義相続あるべきものなり。
との声明を出して騒乱を収束させた経緯があるわけですが、
こんな生ぬるいことはせず、やはり徹底抗戦でしょうか?

相手は、あなた方のいうところによると、「狭義では人間ではない」人たちですが。

501 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:35:46 ID:A2S41Snm
一応ですが。
一向一揆の際は、信者の命が脅かされるほどの弾圧を受けた経緯は確かにあります。
その意味で、私が>>495で挙げた例は相応しくないかもしれません。

しかし、s会という集団の目的が阻害されるような事態に際しては、
目的が履行しにくくされてしまうことを
あなた方は「会全体の命に関わる」即ち「会員の存在意義=命に関わること」と捉えると思うのです。

>>495及び>>500は、これを踏まえたうえでの質問と認識していただければと思います。

502 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:38:13 ID:3/Jd2N8Q
>ふと想像した「貧者の一灯」s会ver.

想像でここまで書けるのはたいしたものです。
しかしながら、やり方が汚いというか、せこいというか・・・。
それがアンチクヲリティ、ってとこでしょうか。
でもまぁ、匿名掲示板上には同様の根拠無き誹謗中傷が数多く存在しますが
それらも同じようにして出来たんだろうなー、と思い、返って安心しました。

お休みなさい。


503 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:42:18 ID:uFjh8ERE
稼ぐようになっても、そこで離れてしまったり、財施しないなら意味ないのですよね?
思うように財施するようになるには信頼関係がないと難しいと思うのですが。



504 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:46:32 ID:vEip/Q03
>>502
>根拠無き誹謗中傷

そこまで根拠がないと断ずるくらいなら、
今までの情報で何が根拠ない嘘っぱちか書いてみな。

大体、高森会長が唯一絶対の善知識と言うこと自体が、根拠のないこと。
いずれ気づきますよ。


505 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:47:23 ID:A2S41Snm
>>502
>>435のことか。
財施の目標額に対して「それで精一杯なのか」と再設定するように迫る。
「精一杯出した分だけ、聞かせて頂けるというもの。余力を残して施しをしているような心がけでは
救いを聞かせて頂くことには到底ならない云々」と財施を勧める。

このあたり、どこかs会の実態と異なるところがあるでしょうか?


506 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:52:40 ID:3/Jd2N8Q
ttp://upld2.x0.com/data/upld14567.jpg
とりあえず、これで最後。もう寝るわノシ

507 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 02:00:21 ID:A2S41Snm
>>506
ごめん。せっかくだけど炉利虹に興味ないんだ。
私も最後に。
>>431後半の疑問を提示しときますね。
>「自力で唱える念仏は報謝にならん」とは教わったのだが、
>財施なら信心の自力他力を問わず「報謝」として扱われていたのはどういうことなんだろう・・・
>>456とか>>461みたいな怪しい返答は「まさか!」とはと思っているので。
でわオヤスミ

508 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 02:17:14 ID:550i4qp0
>>506
ID:3/Jd2N8Qはシンパでしょ?またどぢ踏んだ?
アンチの自作自演はないよね、いくらなんでも。

502 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:38:13 ID:3/Jd2N8Q
                         ・・・・・・
506 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:52:40 ID:3/Jd2N8Q
                         ・・・・・・
>>502では「お休みなさい。 」
>>506では「とりあえず、これで最後。もう寝るわノシ 」とギョーカイ用語?

ある種の板に呂痢画を貼り付けようとしてここの板に誤貼り付けした、
と推理されてもしかたないよね、会員さん。


509 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 02:36:31 ID:OHz+xgw4
宗教は批判する人に丁寧に応答する
カルトは物理的しばしば法的脅迫で批判する人を脅す

宗教はある人が入信しようとすると、
よく考え決断するよう勧める
カルトはほとんど情報を与えないまま即断するよう求める

宗教は個人の自由を尊重する
カルトは服従を強いる

宗教は金銭を倫理的抑制に従いつつ、
崇高な目的を果たすための手段の一つとしてみなす
カルトは金を目的として、
また権力を手に入れ、リーダー達の利己的な目的を果たすための手段としてみなす

宗教は問いや自立した考えを許し、また奨励しもする
カルトは問いや自立した批判的思考をさせない


リチャード.L.ダウハゥアー

510 :じろべえ:2005/09/15(木) 10:20:58 ID:AtEvX5Sx
荒れてるスレにはじろべえ現る!!!老若男女やってるねえ、暇つぶし!

511 :じろべえ:2005/09/15(木) 10:21:34 ID:AtEvX5Sx
俺もしばらくここで暇つぶし!!!

512 :じろべえ:2005/09/15(木) 10:22:13 ID:AtEvX5Sx
相手がいなくても名前が残るのだー!じろべえ。

513 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 10:53:56 ID:CqoruWfU
最近、親鸞会に疑問があっても、この人が続けているんだから、
といった講師や先輩が、次々といなくなった。
退会しているのかどうかわからないが、少なくとも見かけない。
尊敬している人からやめてゆく。
会長の言うことをオウム返しにすることしか能がない様な人ばかりが、
残ってゆくのだろうか…

もう僕もやめよっかな。
今度教学講義があるけど、聞いたって何の感動もない。
妙な言葉尻ばかりをとらえて「違う違う」と連呼する会長。
講師が馬鹿で自分が偉いと思わせるための、権威付けのための集会だろうか。
ただ退屈なだけ。5000円が勿体無いよ。

514 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 11:58:51 ID:550i4qp0
通行人さん、教えてください。

>>491ですが、どう思いますか?

自力で称える念仏は万行随一、万行超過の念仏で、たすかろうとする念仏であって
報謝の念仏にはならないはずですよね。
でも、財施ならば、念仏とは違って親鸞会では信心の自力他力を問わず
「報謝」の財施と教えられていますよね?

このあたりの矛盾はどのように考えればいいのでしょう。

それとも、最近の親鸞会では自力で称える念仏も報謝になると教えて
いるんでしょうか。教えてください。

515 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 13:05:22 ID:DIfqyLcP
>>514

S会で聴聞したことあります?
三田やキサゴータミー知らないひとが質問してるのを
理解させるのは無理だと思うのですが....

516 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 13:09:24 ID:8Ox82h2w
久しぶりに見たけどつまらん内容が
多いね

517 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 13:13:36 ID:1cB218W7
昔、ジャンヌで元会員として長いこと批判の書き込みしてたひとは
「五雑行」もまちがっていたのを会員と思われるひとに指摘されてました。
「古い会員」というふれこみの元会員もそんなでもないようだし。
ほとんど聴聞してない、というか理解云々の以前で全然覚えていないような
ひとが多いのにはあきれます。
ほんとに教学的に知りたいなら、会員に連絡とって教えてもらえば?
よくわからないけど、あげあしとれそうだから質問してみるだけって感じ。

518 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 13:13:46 ID:8Ox82h2w
人がどうした、こうしたじゃなくて
教えの内容についての議論はないの?

519 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 14:07:52 ID:550i4qp0
言い訳ばっかじゃん。

わからないから答えられないって
正直にいえばいいのにね。>会員

520 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 15:25:04 ID:Zz54x+Pm
質問の意味が分からないから答えられない。
何が矛盾なんだ?

521 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:02:48 ID:4FFo+FSw
自力も他力も関係なく、お金には功徳があるんだろうねえ。

522 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:41:26 ID:3/Jd2N8Q
>>508
>アンチの自作自演はないよね、いくらなんでも。

>ある種の板に呂痢画を貼り付けようとしてここの板に誤貼り付けした、
>と推理されてもしかたないよね、会員さん。

またシンパのエロ画像貼りか。
凡夫は皆、色欲を持ってはいるとは言え、
エロリ大好きな工作員のいる宗教団体って、
あんまり信用できないなあ・・・。


523 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:47:48 ID:4FFo+FSw
>>522
>>506張ったのお前自身じゃん。

524 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:48:13 ID:i8lIN0hx
>>513 なんか、アニメ第4部の、親鸞聖人が現れてからの弁円信者の減少を
思い出しました
513さんの周りって、会に疑問を持ってる人が多いみたいですね

配布物での教学講義礼賛の嵐に惑わされてないのはすごいと思います
私も会員だった頃、会長と違う意見を講師が言ったときに、会長が時に罵るような
言い方をしたのは興醒めに思ったものです
どんなことでも善意に解釈しようとしてたら、頭が狂いそうになりましたよ。
権威付け…というのはあながちハズレでもないような気がします

もし脱会をお考えでしたら、内容証明郵便で「脱会する」旨を書いて小杉の
親鸞会本部宛に送って、名号も送るという方法が一番いいと思います

525 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:50:50 ID:550i4qp0
>>520
親鸞会では、「信後の財施だけでなく、信前の財施も報謝になる」が、
信前の念仏は報謝にならないと教えているようです。

つまり、信前の善には二種あって、
1)報謝になる善 (例:財施)
2)報謝にならない善(例:念仏)
に分類できるらしいのです。

親鸞会では、念仏を称えることも、財施することも宿善になるといいます。
宿善になる善として、聴聞についで、五正行(念仏)は六度万行(財施)よりも
功徳があるはずなのになぜ信前の念仏は報謝にならず、信前の財施が報謝になるのか、
という疑問です。
(以上で私の親鸞会教義理解が違っているようでしたら訂正してください。)

理解できない会員さんには答えていただかなくても結構ですが
目障りなので言い訳せずにスルーしておいてください。

526 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:52:55 ID:550i4qp0
>>525
つづき

たとえば、「聴聞できないときに財施したり人集めの活動するよりも
念仏をひたすら称えていたい」と主張する信前の人がいて、この疑問
を親鸞聖人に尋ねたとします。

親鸞聖人は、この人に対して「念仏しなさい」、と勧めるとおもいます。
しかし、親鸞会では「一人で念仏唱えているのは我利我利根性だ」、
とかいって人集めや財施のほうをむしろ勧めるような気がします。

確かにいくら自力のカラ念仏を称えていても助からない、といいます。
真宗教義からいけばそうでしょう。しかし、それとまったく同じ論理で
いくら人集めや財施をやっても助からない、ともいえるはずです。
どうして親鸞会は浄土真宗を標榜しながら、念仏行よりも人集めや金集め
ばかりを勧めるのでしょうか。
(おつとめはやってますよ、という言い訳は却下します。)


527 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 16:56:26 ID:alGys61d
>>523
>>522
>>506張ったのお前自身じゃん。

IDを変え忘れたんでしょうね。
アンチの自作自演説も、やはり捨てきれないと思います。


528 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:01:08 ID:550i4qp0
>>527
>アンチの自作自演説

気持ちはわかるけど・・。
>>502はなかなかアンチには書けない文章だと思いますが。
ってか、アンチがそこまで屈折した回りくどいことをするとは
思えませんけどね。

529 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:12:36 ID:alGys61d
そうですか・・・。
このスレでは、悪いことはおよそ全てシンパの所為になるのですね。
「ウリナラ起源」みたいなものでしょうかね。

それに、シンパが誤ってエロ画像を貼り付けるという行為も
偶然なら、そう何度も起こりうるとは思いません。

それに最初は、画像のURLそのものを間違えていたようですし、
それ以降は、他の住人が便乗してやった可能性もあります。


530 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:30:18 ID:4FFo+FSw
>>529
>偶然なら、そう何度も起こりうるとは思いません。
私も同感です。ID:3/Jd2N8Qは何か邪魔をしたかったのかもしれませんね。
可能性を言い出せばキリがなく、どれだけ言い合っても、
ロリ画を張ったID:3/Jd2N8Qがシンパなのかアンチなのかは
証明されないでしょうから。
ああいう訳の分からないことをする人のことはもう放っておいて、
>>525-526の話題に戻りましょう。

531 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:34:27 ID:550i4qp0
>>529
>このスレでは、悪いことはおよそ全てシンパの所為になるのですね。

おいおい、モチツケ。そんなことはいってないでしょ。
自分の一見解を述べただけで、ひょっとして、あなたの意見が
正しいのかもしれないし、あなたの反論が正しいと思っている
ひともいるんじゃないですか?

ここは名だたる匿名掲示板だから、なんでもありで、真相はわかりませんよ。
おのおの住人が、好き勝手に推測するしかないでしょ。
真偽投票するわけにもいかないんだし。

>そう何度も起こりうるとは思いません

そんなこともないんじゃないですか?
たとえばアニメ関係者とか。
(もちろん私の勝手な憶測にすぎませんが)

532 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:43:44 ID:CqoruWfU
>>524

>配布物での教学講義礼賛の嵐に惑わされてないのはすごいと思います

あれを見ると、教学講義で感動できないのは自分の信仰が足りないからだと思います。
でもそれって、マインドコントロールなんだと最近は思うようになりました。
私たちの判断が正しくない、という時点でどんなくだらない話でも「尊い話」にする事ができますよね。
私は池田大作のくだらない話を信者がありがたがって聞いているのを見て、
目が覚めました。ああ、自分も同じだったって。

>私も会員だった頃、会長と違う意見を講師が言ったときに、会長が時に罵るような
>言い方をしたのは興醒めに思ったものです

前に会長が言ったことそのままを講師が言っても、違う、とか言われますよね。
そんなことが延々と何時間も続いて。気が狂いそうです。

>もし脱会をお考えでしたら、内容証明郵便で「脱会する」旨を書いて小杉の
>親鸞会本部宛に送って、名号も送るという方法が一番いいと思います

有難うございます。
もういい加減やめようと思います。
誰かやめた人と連絡取れませんか?
脱会支援組織のようなものはあるのでしょうか?

533 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 17:59:32 ID:4FFo+FSw
>>532
>誰かやめた人と連絡取れませんか?
>>513で言っていた人とは、誰とも連絡がつけられないでしょうか?
少なくともここで他の脱会者の個人的な連絡先などは得られないと思われ。
脱会者支援組織というのは私も知らないです。

534 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:07:41 ID:CqoruWfU
>>533
>>>513で言っていた人とは、誰とも連絡がつけられないでしょうか?
>少なくともここで他の脱会者の個人的な連絡先などは得られないと思われ。
>脱会者支援組織というのは私も知らないです。

有難うございます。
やめたかどうか私も知らないのですが、
心当たりのある人がいますので連絡を取ってみます。

昔学生のときに、
邪教の建物はその立派さや装飾ばかりにこだわっていて、
その点親鸞会の建物は聞法ひとつを目的に建てられた、と聞きました。
今はどちらも同じですね。
私の周りでも、会員だけになると、あんなもの要らないよね、という話になります。
粛清規定に引っかかるかもしれませんが。
もう親鸞会も末期症状ですね。


535 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:11:48 ID:U2YYzTbO
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって
空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞ
まことにて在します(歎異鈔)
「いつ何が起きるか分からない、火宅無常の世界に住む、
煩悩にまみれた人間のすべてのことは、空事であり、
たわごとであり、まことは1つもない。ただ念仏のみが
まことなのだ」
親鸞聖人のお言葉です。

536 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:14:28 ID:U2YYzTbO
>>535
一寸先は闇。この世に、「そんなことあり得ない」
などと言えることは何もありません。
「備えあれば、憂いなし」とは言いますが、何にどこ
まで備えればよいのでしょう。
最善を尽くして備えても、朝に紅顔あって夕に白骨と
なる無常のわが身。次の瞬間、どうなるか分かりません。
結局、不安は尽きないのです。
つまりは、確実な未来である死に備えるしかないのでしょう。

537 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:16:19 ID:U2YYzTbO
>>536
「念仏のみぞまこと」の断言は、「本願のみぞまこと」
を言い換えられたものです。
空事たわごと、ウソっぱちだらけの世にあって、親鸞聖人は、
弥陀の本願だけが真実だと言われています。
弥陀の本願とは、
「死後のハッキリしない心・無明の闇を破り、"極楽浄土へ
必ず往ける"大安心・大満足の身にしてみせる」との誓願です。

538 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:31:59 ID:550i4qp0
>>532
>誰かやめた人と連絡取れませんか?
>脱会支援組織のようなものはあるのでしょうか?

ヒントです。
http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm


539 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 18:44:20 ID:zfuPJYBF
Aアニメ販売での方便

以前に広島地方検察庁が、親鸞会の傘下団体:有限会社チューリップ企画が販売するアニメビデオの訪問販売において、
販売員が『本願寺から来ました』等とウソの告知をしたと告発。
その【不実の告知裁判】で、一審の広島地裁は“国”訴えを認めて罰金刑の有罪判決を言い渡したが、
チューリップ企画側はこれを不服として控訴。先日、控訴審で逆転無罪判決が下された。
しかし、どうだろうか?実際には、ある親御さんのお話しを聞いてみると「実際にも私のところにも販売に来た」その時に、
「君達は親鸞会なのだろう?」と尋ねたところ『親鸞会など聞いた事もありません』と答えたそうな…。
『親鸞会会員ではありません』と言った訳ではないのです。これを当会では

『親鸞会はシランカイ』

と面白くも無いダジャレで流している様だが、
訪問販売上でダジャレがまかり通る訳が無い。
この親御さんの問いに対する答えまでも、親鸞会は『ウソではない。方便だ!』と言い張るのでしょうか?


ほんとうに面白くねぇなw



540 :524:2005/09/15(木) 19:29:54 ID:wZPQxhT2
ID変わってしまいましたが、524です

>>532
>教学講義の会長の言動
まともな感覚保っていたら、あれが続いたら耐えられないでしょうね


>脱会者の為の組織
情報が乏しくて申し訳ないのですが、ネットで探すと、様々なカルト脱会者の
ためのカウンセラー、サポートセンターが見つかると思います。

>脱会者と連絡をとる手段
うーん、もし532さんがやめていった人のアドレスとか電話番号をご存知なら、
連絡してみてもいいかと思います。
あと、カルト脱会者支援組織とか、元カルト信者コミュニティーの中で、
親鸞会会員だった人も見つかるかもしれません


541 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 19:46:28 ID:U/Cmv8ED
>>540
乙です。
驚愕講義ってそんなに酷いんですか?
ついに認知症はいっちゃったかな、あの人。
会員もまったくもってお気の毒様。

>様々なカルト脱会者のためのカウンセラー、サポートセンター

ところで、ここのHPの坊さん、面識ないけど頑張って反カルト行動されてますね

http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/sinkousyuukyou.html


542 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 19:58:29 ID:U/Cmv8ED
>>541
http://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/sinkousyuukyou.html

これ、上の坊さんのリンク先だけど、結構あるね。

これらの活動的な反カルト活動者たちに個別に当たっていけば、元カルト信者
コミュニティーの中で、 親鸞会会員だった人も見つかると思うよ。

543 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 21:43:59 ID:U/Cmv8ED
上のHPから引用
一,金、金とうるさい宗教
二,しつこく勧誘する宗教
三,教団の大きさ、信者の数や建物の自慢をする宗教
四,願い事が簡単に叶うように言う宗教
五,従わないと脅しめいたことを言う宗教
こうした宗教には眉に唾をつけてみる必要があります。

だまされたと認めることは、自分が愚かだったと認めることになります。
ですからだまされてはいないと思い込みたいのです。
それでいつまでも騙されてしまうのでしょう。

煩悩にはたらきかけて意志の力を奪ったり人の判断力を狂わせてしまうのが魔の手口です。
つまり好奇心や興味の煩悩が刺激されることに対する、人の抵抗力の弱さを利用するのです。
一目見たらとりこになって忘れられなくなる、そういう形で魔は現れます。強欲な人には
金もうけの話、女好きの人には誘惑の話、受験期の子供を持つ家には塾の勧誘。
いけないと思いながらも、まんまと引っ掛かってしまう。誰でも一つや二つはそういう弱みを
持っていると思います。 藤場俊基「親鸞の教行信証を読み解く」

さて、親鸞会はどうですか?

544 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:04:53 ID:p1Fmnu8i
>>362
>達成できもしない人生の目的とやらに精根尽き果てて、
>自分が如何にアホだったかと知らされるでしょう。


みなさんも、お気づきのとおり、この方は、
親鸞聖人の教え「平生業成」を否定しているのです。
それでは、どうしようもないでしょう。

人として大切な、感謝、やさしさ、情緒といったものが、
この方の文章からは、まったく感じられません。


545 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:07:06 ID:p1Fmnu8i
>>376
>一歩親鸞会から離れると、
>あそこがカルトだったと言うことは、
>これ以上ないくらいハッキリするんだが…
>
>会員の皆さんにも気づいて欲しいね。
>本当に、可哀想だから。


皆さん、すでにお気づきのとおり、
一見強気で、荒々しい文章に、
どうしようもないほどの、弱さ、みじめさ、
それを自ら否定するかのような自己顕示欲が
込められています。

人生の光を見失い、心がどうにもならないのでしょう。
淋しく、孤独なお方だろうということが、分かります。

そして実は、カルトの意味すら、よく分かっていないのです。


546 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:10:52 ID:p1Fmnu8i
>>384
>親鸞会でしか通用しない、安っぽい自尊心を誇りに、
>嘘と誤魔化しの高森会長を唯一絶対の善知識と盲信して、
>退会者の主張を根拠もなく筋が通らないとか、
>惨めだとか中傷して自尊心を満足させ、
>疑問を殺して思考を停止させ、
>会に従えばいいんですから、
>さぞかし楽ちんな人生ですね。
>
>いつか、分かるときが来ますよ。
>これから、嫌でも沢山の人が退会して行きますから。
>講師部も減り、会員も減り、
>何時くらいになるかな。会長が死んだらさすがに分かると思いますが。
>その時はじっくり相談にのりますよ。


皆さん、すでにお気づきのとおり、この方は、
ネット中毒症の様相を呈していますね。

こうしたワンパターンの繰り返し、激しい他への攻撃性に、
本人の精神状態がよく出ています。
毎日、パソコンに向かって、このような書き込みをしないと、眠れないのでしょう。
反論すればするほど、本人にとってはうれしく、一層攻撃性を増幅させます。

「精神鑑定の対象だね」と、知人も言っていましたが。

ただただ、皆さんと共に、仏縁を念じさせて頂きましょう。


547 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:13:35 ID:xNMURrjz
>>514
?
なんだか言葉遊びのような気がしますが。

「報謝」とは、「報恩謝徳」の意味ですから、
恩に報いる行いはすべて「報謝」となりますよ。
それがどうかしましたか?

548 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:15:18 ID:w91LhoR6
>こうしたワンパターンの繰り返し、激しい他への攻撃性に、
>本人の精神状態がよく出ています。
>毎日、パソコンに向かって、このような書き込みをしないと、眠れないのでしょう。
>反論すればするほど、本人にとってはうれしく、一層攻撃性を増幅させます。
>「精神鑑定の対象だね」と、知人も言っていましたが。

・・・なるほどね

549 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:17:29 ID:w91LhoR6
報謝とは名ばかり
念仏を報謝の心で称えましょうとふれまわれよ

550 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:21:12 ID:xNMURrjz
>>526
>たとえば、「聴聞できないときに財施したり人集めの活動するよりも
>念仏をひたすら称えていたい」と主張する信前の人がいて、この疑問
>を親鸞聖人に尋ねたとします。
>親鸞聖人は、この人に対して「念仏しなさい」、と勧めるとおもいます。

それでも勧められるのは「聴聞」だと思いますよ。


551 :じろべえ:2005/09/15(木) 23:02:56 ID:AtEvX5Sx
それはそうとこれ一つ達成したら悔いはないというものは親鸞聖人の教え
以外に教えられているのかい?

552 :じろべえ:2005/09/15(木) 23:03:51 ID:AtEvX5Sx
親鸞会の話をこの前も聞いたがそういうこと言われてたぞ。他でも聞けるのか?

553 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 23:15:47 ID:FTIo9HCR





554 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 23:39:02 ID:xNMURrjz
>>546
>こうしたワンパターンの繰り返し、激しい他への攻撃性に、
>本人の精神状態がよく出ています。
>毎日、パソコンに向かって、このような書き込みをしないと、眠れないのでしょう。
>反論すればするほど、本人にとってはうれしく、一層攻撃性を増幅させます。

深い慈悲を注ぎましょう。

555 :れんこん:2005/09/15(木) 23:54:35 ID:ldeG3LGt
こんばんは。しばらく来ない間に、随分と進んでいますね。
高森先生が一番勧められるのは、真剣な聴聞です。
平生業成の親鸞聖人のみ教えを、真剣に聞かせて頂くことが肝要だと教えられます。
聞かせて頂きましょう。

556 :れんこん:2005/09/15(木) 23:58:27 ID:ldeG3LGt
同じ事を何度も繰り返し聞かせて頂くことが大事だと、聞かされています。
重ねて聞かせていただくことだと思います。

557 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:03:17 ID:zTDvFtCl
親鸞会は、唯一絶対の宗教、阿弥陀如来の誓願を正しく伝えているのです。
しかし、他の邪教と同一の範疇、枠組でしか捉えてない人が、多いのが残念です。
これは、人間には、真実を真実と見極められるほどの眼光がないということなのです。
要するに眼が節穴なのです。
私もそのうちの一人でしたが、阿弥陀如来の「必ず絶対の幸福にしてみせる」という広大無辺なお力により
現在、真実の道を進ませていただいている身の幸、喜ばずにおれません。
何とか皆さんも、阿弥陀如来の救いの厳存を知っていただきたいと思うばかりです。
限りなき過去から私たちの生命は苦しみ迷いの世界をへめぐってきました。
ともに仏教を聞き求め、弥陀の誓願に救いとられ、ともに真の幸福、絶対の世界に生きたいものです。

薬を飲んで病気が全快したものからすれば、ハッキリしすぎているのです。
自分が病気だという自覚症状のない者からすれば、全快した者が、いくらその薬のすばらしさを説明したところで、なかなかわからないのも無理はない。
だが、死ぬ間際になってうろたえても遅いのです。
心のこうべをたれて聞かせて頂きましょう、阿弥陀如来の本願を。
仏法(弥陀の誓願)を聞くのが最も賢い生き方、幸せな生き方、尊い生き方である。早く気づいてね。

558 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:03:53 ID:jdVNDZBE
仏法は聴聞に極まる。

559 :れんこん:2005/09/16(金) 00:04:36 ID:R+HZU7Gm
>>550
祖父が勧めるのは、やはり聴聞ですね。
何が何でも聴聞、という感じです。聴聞できない時は、お聖教を読みなさい、と言いますね。
繰り返し繰り返し聴聞しなさいと言われます。
真剣な聴聞で、どうにもこうにも救われるから、と。
真剣な、ということは、無常を問いつめて、ということです。
後生の一大事を抜かしたところに、真剣な聴聞はないのだ、ということです。

560 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:11:14 ID:jdVNDZBE
毎日毎日矢のように過ぎる日々。

いったいどこに向かっているのだろうか?

この問題はとても放っておけない。

561 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:11:43 ID:GhiMk9w8
>>547
「行い」ですか。心は問題にならないんですね、財施に関しては。
「それで精一杯なのか」と迫られて出すようなお金も「報謝」になるんですか?

>>551-552
「この世で達成する人生の目的」ならモルモン教やエホバでも教えてますよ。
私は「人生の目的」という考え方自体を退けますが。
人生の意味は一人一人がそれぞれの人生に見出していくものだと思いますよ。

>>555
「真剣な聴聞が出来ているかどうか(無常を問い詰めているかどうか)は、
財施に表れてくる」というのが親鸞会の教えですよね。


562 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:12:08 ID:7POMk7PW
高森先生は、親鸞聖人の生まれ変わりなのです。
阿弥陀如来の化身といっていいのだよ。
ま、なかなか、宿善厚くなってこないとわからないでしょうが、これが真実なのです。
親鸞会に批判的な書き込みしてる人は、早く法謗の大罪に気づいてください。
真実を求めるというのは、生易しいものではないのです。
世間のどの道よりも厳しいのです。
批判的な書き込みは、決して甘やかしたり、見過ごすことはできません。
とにかく、猛省していただきたいのです。

563 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:14:36 ID:jdVNDZBE
人生の目的を一体なんと思ってるんだろ?

人生の目的、と言ってても、それは目標のことがほとんどだ。



564 :れんこん:2005/09/16(金) 00:14:56 ID:R+HZU7Gm
難度海で苦しむ我らを、西岸上の阿弥陀さまはやるせなく、弘誓の船で必ず浄土に渡して下さる。
一刻も早く聞きなさい、臨終に気がついては間に合わないから、早く聞かねばならない、と。
聞くのは、弥陀の呼び声一つなんだ、と聞かされています。

聴聞は、はつごと、はつごとと聞くことが大事だぞ、とも教えられます。
南無阿弥陀仏の御法儀は、毎度変わらず同じことを聞かせて頂くのだ、と。
変わったことが聞きたい、という心が出たら、それは大変危ないから戒めよ、とのことです。

565 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:15:22 ID:GhiMk9w8
コピペにレス失礼
>>562
>高森先生は、親鸞聖人の生まれ変わりなのです。
>阿弥陀如来の化身といっていいのだよ。
「阿弥陀如来」も報謝にお金を求めるんですね?

566 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:18:50 ID:D8Y0ZPR2
そのとうり!!(何故か変換ry

567 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:19:41 ID:jdVNDZBE
批判的な書き込みをした結果は、誰かわからくても、必ず書き込みをした

人に返ってくる。本当に大変なことですよ。慎みましょう。

568 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:20:33 ID:7POMk7PW
仏教を聞き誤りしての誤解から親鸞会への批判的な人の書き込みを読んでいると、
「この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし」と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて「仏説まことなりけり」と知られ候。
(歎異鈔)
と仰った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。

阿弥陀如来の御心を正しく説いてくださる方を信じて聞く人と、疑って聞く人とは、聞き取り方が大きく違うのは当然なのでしょうが、信じて聞ける私たち親鸞学徒は幸せです。
親鸞学徒としては、彼らが早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。

569 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:22:06 ID:jdVNDZBE
どうしても自分の程度でしか、聞けないもんね。悲しいことです。

570 :れんこん:2005/09/16(金) 00:22:44 ID:R+HZU7Gm
>>561
私は、人それぞれだと思っています。
もちろん、財施も含めてのことですが。

571 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:23:51 ID:7POMk7PW
次に掲げる親鸞聖人、蓮如上人のお言葉の通りに弥陀の本願をお伝えしてるのが浄土真宗親鸞会ですよ。

難思の弘誓は難度の海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり。

善知識にあうことも おしうることもまたかたし よくきくこともかたければ 信ずることもなおかたし

いつつの不思議をとくなかに 仏法不思議にしくぞなき 仏法不思議ということは 弥陀の弘誓になづけたり 

生死の苦海ほとりなし ひさしくしずめるわれらをば 弥陀弘誓のふねのみぞ のせてかならずわたしける

浄土真宗に帰すれども 真実の心はありがたし 虚仮不実のわが身にて 清浄の心もさらになし

小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもうまじ 如来の願船いまさずば 苦海をいかでかわたるべき     

「南無阿弥陀仏」と申す文字は、その数わずかに六字なれば、さのみ功能のあるべきとも覚えざるに、この六字の名号の中には、無上甚深の功徳利益の広大なること、更にその極まりなきものなり。
   


あなた方の知恵では、どうしても納得できないことがあるからといって素直に聞けないという態度はあなた方の幸せのためから言いますと改めないといけないのです。
弥陀の本願の世界は、我ら如きの思慮の到底及ばぬ世界です。
確かに欲や怒り、愚痴の心でなかなか素直には聞けないという気持ちはわかります。
救われていない人達は、皆そうでしょう。
しかし、本当の幸せは、阿弥陀仏に救いとられた世界以外どこにあるでしょうか?
阿弥陀仏の御心を正しく伝えてくださる方(高森先生は、そのお一人です)から弥陀の本願を真剣に聞かせていただこうではありませんか。

572 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:26:09 ID:7POMk7PW
「ああ、弘誓の強縁は、多生にももう、あいがたく、真実の浄信は、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば遠く宿縁を慶べ。
 もしまた、このたび疑網に覆蔽せられなば、かえりて曠劫を逕歴せん。
 誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ。」

「ああ.......なんたる不思議か、親鸞は今、多生億劫の永い間、求めつづけてきた歓喜の生命を得ることができた。これはまったく、弥陀の強いお力によってであった。
深く感謝せずにおれない。もし今生も、無明の闇の晴れぬままで終わっていたら、未来永遠、浮かぶことはなかたであろう。
なんとか早くこの真実、みんなに伝えねばならぬ、知らせねばならぬ。こんな広大無辺な世界のあることを」

釈尊、七高僧、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人が一貫して伝えられ、そして親鸞会のお伝えしている弥陀の本願はまさに超世の悲願です。
心のこうべをたれて聞かせていただきましょう。

573 :れんこん:2005/09/16(金) 00:29:15 ID:R+HZU7Gm
弥陀の本願南無阿弥陀仏を聞かせていただくということは、
これは誠に喜びの中の喜び、幸福の中の幸福、
渇いたのどに、甘露水なんだ、と祖父からよく聞かされます。

飢えた腹に、山海の珍味を頂いた思いになって聞け、と。これはなんだかよく分かりませんが、
真剣な聞法を勧めているのだと思います。
長い迷いの苦悩の根元を抜き取って頂き、極楽に参らせて頂く真実信心正因を獲得するのは今生しかないから、
これを失うと万劫の後悔だから、早く一刻も早く聞きなさい、信心頂きなさい、と勧められます。
その勧める姿は、必死です。


574 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:30:28 ID:GhiMk9w8
>>568
>信じて聞ける私たち親鸞学徒は幸せです。
>親鸞学徒としては、彼らが早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。

参考までにどうぞ。
(鼻息の荒くなってしまったアンチの方もご一読下さい)

破壊的カルトは、(中略)自分たちだけが特別の使命をもった選ばれたエリートであると考え、
格別のこと(真理)を知った唯一の集団と信じさせるのである。
したがって、組織の外部の人びとを、知性が低く邪悪な者と軽蔑したり、
そうした人たちではあるが、いつかはメンバーに加えてやって、救ってあげなければならないと自認している。
この威信の高い目標をもった自己愛が、外集団との区別を先鋭化させ、
外集団からの批判は根拠のない中傷と考えるようにさせる。
                 『「マインド・コントロール」とは何か』西田公昭 より。

575 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:30:51 ID:7POMk7PW
弥陀の本願こそ無上の法です。

 ご法話に初めて参詣した日、『正信偈』の「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」から、阿弥陀仏の本願を詳しく聞かせていただき、体が震えました。
「無上甚深微妙(みみょう)の法は、百千万劫にも値遇(あいあ)うこと難し。われ今見聞し受持することを得たり。願わくは如来の真実義を解したてまつらん」(釈尊)
 日課のようにあげてきたこの言葉の意味が初めて分かったからです。今までは何の感情もなく、ただ勧められるから読むだけでした。「如来の真実義」といっても、はるかかなたで、自分とは関係のないものと思っていました。
 しかし、親鸞会とご縁があり、実際に阿弥陀仏がましますこと、今、救われる素晴らしい世界のあることを知り、私は心から阿弥陀仏の本願を讃嘆せずにおれません。弥陀の本願こそまさに「無上の法」であり、「甚深かつ微妙の法」であると確信しました。
 探し求めていた真実の仏法に、今こうして巡り遇えた私は何と幸せでしょうか。
 願わくば、いまだ真実知らされず苦しむ人々すべてにこの真実を知ってもらいたい。そして、ともに信心決定(しんじんけつじょう)の身にならせていただきたいと心より念願いたします。


576 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:33:19 ID:dLvx0vuG
>>528
アンチさんの中にも虎さんのような良識派と呼ばれる人もいれば
シンパさんの中にもこういう人もいるってことで

577 :れんこん:2005/09/16(金) 00:34:19 ID:R+HZU7Gm
なんだかすごいことになってきましたね。
私の書き込みも埋もれてしまった。
では、おやすみなさい。

578 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:40:25 ID:AbKemOMx
虎さんアンチにされちゃったか〜(ノ∀`) アチャー

579 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:43:00 ID:7POMk7PW
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、何としても解し難いのです。
全く聖人と同じ道程をたどり、そして法然上人のように相承血脈せられた善知識に会いたてまつり、その教えを受けた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのではないでしょうか。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
それがため真宗では古より今日に至るまで、異安心問題が絶えません。
まことに「教行信証」「正信偈」は金山に等しく、ただ発掘して金鉱としてかざるよりも精錬して純金にし家宝として初めて現当二益を得ることができるのではないでしょうか。
 正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。叩けば門は開かれるのです。一人でも正信に帰入し、また一人でも多くの人々の手を引き道に入らしめられることを念じあげます。
謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。
ともに親鸞会で聞かせていただきましょう、阿弥陀仏の本願を!

580 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:47:16 ID:GhiMk9w8
>>579
>全く聖人と同じ道程をたどり、
親鸞聖人も法然上人から
「それで精一杯なのか」などと財施の額を咎められたりしたんでしょうか?
T森会長もK光会とかいうところの人から同じように(ry?

581 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:47:45 ID:dLvx0vuG
>>578
半シンパ半アンチさんでした。

582 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:01:07 ID:AbKemOMx
半分見捨てたね('A`)

583 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:03:17 ID:GhiMk9w8
>>582
半分(両陣営から)拾われてもいるのでは^^;

584 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:12:31 ID:kYsIbfGd
>私の友人が誹謗中傷の被害にあっています。
>その人専用のスレッドを作成し怨恨をもった人間が一人で自作自演でその人のプライベートや家族の問題、ありがちな卑猥な内容実名で1年以上掲載し続けています。
> 管理者に抗議を入れているようですが、未だスレッドは存在します。
>サイト上でしか連絡のとれない方式でネットに詳しくない私などは指をくわえてみているしかありません。
>もしできるなら、そのサーバーとやらをハンマーで叩きつぶしたい気持ちです。

585 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:15:34 ID:kYsIbfGd
2ちゃんねらーは、自分達が悪いと分かっていて、人を貶したりするんだからな。いや、恐らく自分達の遣っている事が悪いと判っていないのだろう。
高い金を払って、サーバーを買い、2ちゃんねるのサーバーになり・・・・。
本当に2ちゃんねるの連中は、腹黒い者ばかりだ。
私がよく行くサイトの掲示板に、こんな事が書き込まれていた。

「他人を罵倒したりするのに躊躇する必要がないんですよ、御存知のようにw
ですから、モラルやら道徳やらっていうメンドクサイモノを外した忌憚ない意見を得る場として、あそこより有意義なとこは無いんです。」

何だ?これは!?どう納得すれば良いのだ?
2ちゃんねるの何処が有意義だと言うのだ?
こいつ等は、人の事を考えた事が有るのか?
ネットの世界にも、モラルや道徳が有って当然だ。
モラルや道徳が「面倒臭い物」?馬鹿を宣っては行けない。人間として当然の事を「面倒臭い物」と決め付けては行けない。
自分達が書き込んだ内容によって、どれ程の人達が傷付くか解っているのだろうか?
こんな事は小学生だって解る事だろう。
それを馬鹿共が、匿名掲示板等と言う、誹謗中傷をする様なサイトを作り、モラルや道徳が無い掲示板サイトに仕立て上げた。
そして「叩いたものが悪い」のでは無く「叩かれた者が悪い」「叩かれる様な事をするからだ」「自業自得」と言う。
挙句の果てには、スパムメールに迄、2ちゃんねる系の顔文字・アスキーアートが使われ、2ちゃんねるとは関係無い一般サイトに迄、2ちゃんねる系顔文字・アスキーアートが使われる様になった(この時点で一般では無いが)。
それに、2ちゃんねらーは、放って置くとどんどん殖えて来る。
現に長崎県佐世保市小学生の殺人でも、加害者の女児は2ちゃんねらーだからである。
彼女のサイトのミラーサイトを見たのだが、確かに、2ちゃんねる語や2ちゃんねるの顔文字が書かれていた。


586 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:16:49 ID:D8Y0ZPR2
>>584
で、その件をこのスレと比較してどうだと言いたいの?

587 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:21:10 ID:dLvx0vuG
右翼の人にとっても都合いい場所のようです。

588 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:21:25 ID:GhiMk9w8
今夜の最後に>>574についてお断りを。

この指摘は、ここで見かけるアンチにも時折見受けられる事象だと思って見ております。
特にこのくだり
>組織の外部の人びとを、知性が低く邪悪な者と軽蔑したり、
>そうした人たちではあるが、いつかはメンバーに加えてやって、救ってあげなければならないと自認している。
ですが、
アンチは組織化された集団ではないし、アンチ活動のために財施を募ったりとか
やる気の度合いをその額で測ったりもしないでしょうが
>s会にいる人びとを、知性が低く邪悪な者と軽蔑したり、
>そうした人たちではあるが、いつかはメンバーに加えてやって、救ってあげなければならないと自認している。
という書き換えも可能です。

「個々人の信仰の自由を尊重する」という態度を放棄するような発言は謹んだうえで、
一人一人s会で見聞したことやシンパの発言に対して疑問に思うところ・批判すべきと思うところを
述べて行くべきではと思いました、自戒も込めて。ではまた。

589 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:35:55 ID:D8Y0ZPR2
結局厨は厨であって、会員か否かという以前の問題な訳だ。


590 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 01:42:32 ID:BXPqi+8I
組織の外部?
いつかはメンバーに加えて?
「個々人の信仰の自由を尊重する」という態度をした?

どちらが先に相手を尊重しない態度をしたか考えてみよう。
仏法者を名乗るs会員としてはとくに。
一言。
不寛容に寛容だと不寛容な社会になる
だから寛容な社会を作りたければ不寛容にならなければいけない
でも不寛容になったら寛容な社会ではそもそもない
そして僕は途方にくれる


591 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 02:09:14 ID:GhiMk9w8
>>590
>どちらが先に相手を尊重しない態度をしたか考えてみよう。

相手を「人間ではない」という態度について
考えてみるのはいかがでしょう?

592 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 02:20:11 ID:D8Y0ZPR2
チンコ

593 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 04:53:06 ID:IlcTYP6R
>>550
>>たとえば、「聴聞できないときに財施したり人集めの活動するよりも
>それでも勧められるのは「聴聞」だと思いますよ。

>>559
>祖父が勧めるのは、やはり聴聞ですね。

前提として聴聞できないとき、って書いてあるでしょ?

s会では、聴聞できないときは、聴聞しなさい、ておしえていますか?
ちがうでしょ?
おつとめとか財施とか法施っておしえているじゃないですか?
あなたたちのいってるのは詭弁ですよ。

594 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 04:59:36 ID:IlcTYP6R
>>554
>深い慈悲を注ぎましょう。

凡夫に深い慈悲をそそぐことができるんですか?
s会ではそんなことをおしえているんでしょうか?

595 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 05:04:32 ID:IlcTYP6R
>>547
>「報謝」とは、「報恩謝徳」の意味ですから、
>恩に報いる行いはすべて「報謝」となりますよ。
>それがどうかしましたか?

s会教学では、信前のひとは報恩謝徳の行いができるのですか?
できないのですか?どちらなのかおしえてください。


596 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 06:09:02 ID:IlcTYP6R
>>595追加
>>恩に報いる行いはすべて「報謝」となりますよ。

信前でも報恩謝徳の念仏を称えられるというのが親鸞会教学と
理解していいのでしょうか?

597 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:22:49 ID:0xqEKuB7
この間高森先生が、講師部員に会員や参詣者が伸びてないと激怒された。
もうすぐ全国で激しい顕正戦が始まるよ。

申し訳ないけど、本当にこの方は単純だと思う。
今まで参詣者が増えてきたのは「自分の手柄」
今参詣者や会員が減っているのは「講師部が悪い」
「申し訳ありませんっ、私たちの責任です!!」
とか涙ながらに叫ぶ講師が取り巻いているから分かられないのかも知れないが、
自分の説法ややり方に問題があるとは全然思われないのだろうか。
すばらしい説法なら、人集めに奔走しなくても参詣者は自然に増えて行きますよ。
アニメ第四部に「水の高きが低きに流れるように」ってナレーションの台詞があるでしょう?

顕正新聞には相変わらず本願寺の悪口と自分の礼賛記事ばかり書かせて、
参詣者が減れば我々のせい。池田大作と一緒じゃないですか。

ちなみに私は現役の講師部員です。
もうやめますけどね。沢山やめてるし。

598 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:32:11 ID:pHFQt/1V
>>597

目新しいニュースでもないんですが。
学生になったり、講師になったりしてアンチもたいへんですね。

599 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:47:27 ID:rqFFrWCo
>>593
>おつとめとか財施とか法施っておしえているじゃないですか?

おつとめや法施は自分が聞くことにもなるからすすめられています。
財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも
仏化助揚は広いと考えるべきだから「真成報仏恩」とすすめられて
いるんですよ。みんなで称名すればなおよいからです。
「共発金剛心」というのは一切衆生が共におこす信心だから共発。
自分ひとりでよろこんでいるよりも他のひとにも教えてあげましょう。

600 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:49:51 ID:jdVNDZBE
いろんなこと書いてあるけど、根っこはひとつだね。

601 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:50:23 ID:rqFFrWCo
>>594
>凡夫に深い慈悲をそそぐことができるんですか?

深い慈悲をそそぐことができない、と知らされるのは
無上仏の大慈悲をいただいて大慈悲を行ずることのできるひとだけ。
未信はできるところまでやってごらんなさい。

602 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 08:55:51 ID:jdVNDZBE
やってみない人には絶対わからない。

603 :じろべえ:2005/09/16(金) 09:05:28 ID:113HYhsx
すっげえ書き込みよのうー。みんな若くていいねえ、でもみんなやっぱ
全部書き込み読んで答えてるの?


604 :じろべえ:2005/09/16(金) 09:06:03 ID:113HYhsx
それってすごく時間かかるよね。

605 :じろべえ:2005/09/16(金) 09:07:30 ID:113HYhsx
他も色々読んでるのかい?時間あれば仏縁求めたらいいがにね。

606 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 10:04:27 ID:gqQbUYPs
>>599
>財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも
仏化助揚は広いと考えるべきだから「真成報仏恩」とすすめられて
いるんですよ。

財施がまことの仏恩報謝になる、っていっているのでしょうか?
お聖教上の根拠をお願いします。

そして、信前のひとが後生の一大事を解決するのに、称名よりも
財施のほうがより勧められる、ということでしょうか。
これもお聖教上の根拠をお願いします。

>>601
>未信はできるところまでやってごらんなさい。

親鸞聖人は
「小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもふまじ
如来の願船いまさずは 苦海をいかでか」
とおっしゃているんですよ。
浄土真宗を標榜している、という会にいるひとが、
深い慈悲を注ぎましょう、などといっても許されるのか?
という問いなのですが。
「深い慈悲を注ぎましょう」といいかたが許されるとする
お聖教上の根拠を求めます。

607 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 11:04:57 ID:YCCd+qlu
前に相談したものです。
結局退会した人とは連絡が取れました。
電話で長い間話をさせていただきましたが、
やはり親鸞会は間違っていると確信が持てました。

カルト・カウンセリングの先生も教えていただきました。
週末の教学講義を持って退会したいと思います。
皆さん有難うございました。

608 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:11:16 ID:BGutir8l
よかったね。自尊心の傷を舐め合って下さい。

609 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:28:09 ID:gqQbUYPs
>>608

なるほど、こういう上司ばかりだとストレスが多そうで大変でしょう。
さぞやめたくなることでしょうね。

610 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:48:29 ID:NgSpauco
>>606

質問したいならコテハンにしてね。
>財施がまことの仏恩報謝になる、

こういうでたらめ言われても困るんですが。
どこにそう書いているというのか文をあげてください。

>信前のひとが後生の一大事を解決するのに、称名よりも
財施のほうがより勧められる、ということでしょうか。

これも文をあげてください。


611 :606さんへ:2005/09/16(金) 12:56:04 ID:NgSpauco
「小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもふまじ
如来の願船いまさずは 苦海をいかでか」
この御和讃と
「深い慈悲を注ぎましょう」と言うことと 何の関係があるのですか?
何の根拠としてあげたんでしょうか。



612 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:59:59 ID:NgSpauco
>週末の教学講義を持って

私が一度退会したときはその次の御法話になど
行ける気分ではなかったけどね。
うそくさ。


613 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 13:15:10 ID:YCCd+qlu
>>612
週末の教学講義の日を持って…の間違いでした。すみません。
もちろん行く訳ではありません。

>>608
>よかったね。自尊心の傷を舐め合って下さい。

とても、晴れ晴れとした気分ですよ。
いろいろ本も読みましたが、
あなた方の反応が余りに統一教会信者が脱会者に浴びせる言葉と似ているものですから、
思わず噴出してしまいます。
これからもがんばってくださいね。

614 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/16(金) 13:19:06 ID:7hCq4Rdb
>>526
>確かにいくら自力のカラ念仏を称えていても助からない、といいます。

 聞き捨てならない。自力のカラ念仏を称えていても助からないとは、だれが言ってい
るんですか。これは親鸞会の考えですか。

>真宗教義からいけばそうでしょう。

 これはどなたの真宗教義でしょうか?

 信心の人に劣らじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩を知り 称名念仏励むべし

 負けまいとして励む称名は自力の念仏でしょう。信心の人に劣るまいというのは、信
心がない念仏ということです。「信心のない自力の空念仏でいいから称えなさい」。これ
が親鸞の教えだと私は了解しています。

 空念仏も南無阿弥陀仏。信心の念仏も南無阿弥陀仏。同一の念仏です。同一の念
仏には二つも三つも別の道があるわけではありません。世界中の川は海で一つになる
ように、同じ所に至ります。

 自力を念仏を称える人も称名念仏する人。他力の念仏を称える人も称名念仏する人。
自力念仏、空念仏であって、称名念仏すれば、称名念仏する人の一人になる。仏道修
行者の一人になる。



615 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/16(金) 13:22:00 ID:7hCq4Rdb
 人生で行き詰まったとき。最悪の選択肢しかないと思ったとき、貴方の親でも、兄弟
でも、学業でも、仕事でも、趣味でも、仇でも、嘘っこで阿弥陀仏とあだ名を付け、誰
にも分からないように空念仏してみなさいな。これは嘘っこですよ。そんなのは阿弥陀
仏であるはずないんですよ嘘っこで、あだ名を付けるわけです。
 五日も七日もとは言わない。一日でも、半日でも、背筋を伸ばし、呼吸を整え、南無
阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と、座禅して(行の巻)空念仏してみなさいな。きっと何かが
見つかるだろう。忘れていた情報が思い出されてくる。気が付かなかった情報と情報
とがリンクし、新たな選択肢も見つかるだろう。
 結局、最悪の選択肢しか見つからなかったということもあるかも知れないが、最悪の
選択肢の選択が半日程度遅くなっても、バチは当たらんだろう。
 空念仏でいいんだ。空念仏なら称えられるというなら、それは立派なことだ。空念仏
を称えてみなさいな。果遂の誓いに嘘はない。それだけで仏道修行者、妙好人、上上
人だ(善導大師)。
 
>おつとめはやってますよ、という言い訳は却下します。

 念仏成仏これ真宗。
 勤行すれば救われるという教えがあれば、それは外道、邪教、嘘つき宗教、デタラメ
教義。

616 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/16(金) 13:27:49 ID:7hCq4Rdb
>>615
誤  これは嘘っこですよ。  〜 ずないんですよ嘘っこで

正  あだ名は嘘っこですよ。 〜 ずないんですよ。嘘っこで

617 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:18:34 ID:mHT0v9zC
それ濁世の道俗、速やかに円修至徳の真門に入りて、難思往生を願うべし。

618 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:33:02 ID:ak4IL11E
親鸞聖人や蓮如上人の時代に、613のような方が生まれ、仏教を求めていたとしても、やはり聖人や同行、弟子たちの言動について、疑問、不満を持っただろうと思います。
あなたが理想としているような言動、やり方と異なるからといって、それは真実ではない、間違いだと考えるのは浅はかではないでしょうか。
一般社会と同じで、弥陀の本願を求めている人達といっても、皆、逆謗の屍ですから、ケンカもするでしょうし、間違いを起こすこともあるでしょう。
しかし、弥陀の光明、本願の世界というのは、我々の頭で推し量れるような世界ではありませんので、あなたの不平不満のレベルのことをああだ、こうだと言ってるのはあまり感心できません。
高森先生の説かれる弥陀の本願は、弥陀の直説と私は受け取っております。
盲信でもないし、マイコンでも、洗脳でもないです。
「世の中のこと、みなもってそらごと、たわごと、まことあることなし」の世の中ですが、純粋な気持ちで聴聞に望み阿弥陀さまに思いを馳せております。
参考までに高森先生の以前に言われたことを記させていただきます。

私の言葉を通して、真実の弥陀に遇い、永遠の楽果を頂いて下さるのだ、と思うと、叫んでも叫んでも、倒れても倒れても、申し訳ないやら、嬉しいやら。
ただ、報い切れない仏恩に泣きながら、早く信心決定されるよう念じ続け、叫び続けるのみ。
どうしたら、聞いてもらえるか、ただそれだけである。
 なぜ阿弥陀仏に熱い思いを馳せないのか。
私の苦労など遊びに過ぎない。
皆さんに聞こえるのは私の声。
こんな声しか聞こえない。見えるものしか分からない。
見えるものを通して、見えないものを知らねばならぬ。
小慈小悲もない奴を、活動せずにおれなくさせておられる無上仏を拝んで頂きたい。
(高森先生) 

619 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:35:20 ID:ak4IL11E
無上仏とは、「阿弥陀如来」のことです。

620 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:39:43 ID:ak4IL11E
仏教は後生の一大事に始まり、その解決に終わるといわれますが、皆さんこれには異議はありませんよね。
逆謗の我々は因果の道理により、「従苦入苦」で、死後は苦しみの世界に入っていかねばならないのです。
私は、親鸞学徒ですから親鸞聖人、蓮如上人のお言葉で言いますが、
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり。」が
「一切衆生必堕無間」の根拠です。
経典の御文ではないですが、両聖人は如来の化身と仰いでおりますので、それで納得していただけないのなら仕方ないです。
両聖人の他の著述にも、明らかに示されています。
親鸞学徒であるのなら、後生の一大事は求道の第一でもありますし、常に心にかけねばならないことですよね。
また、聞き誤ってはならないのは、仏教は、ただ座って聴聞さえしておればよいというものではありません。
弥陀の本願を真剣に聞き求めていきますと、本当の自分の姿が照らし出されてきますし、また、人に法を伝えずにおれなくならねばならないはずです。
生活即求道といわれるように、因果の道理を深く信じて行いを正していかねばなりません。
聖人二十年間の、比叡山での修行の目的は、名誉でもなければ地位でもなかったのです。
ましてや、金や財や権力など論外です。
ただ、後生の一大事の解決一つであったのです。

621 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:54:29 ID:BGutir8l
>>613
何が噴出するんだい?
君の反応が、カルト信者の反応と一緒なんだよ。

ま、そんなことは今は大したことじゃないがな。
いろいろとセンチメンタルになってるんだろうしな。

でも、そんなときでも、天に吐いた唾は返ってくる。
それは変わらない。

622 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 15:29:42 ID:6zsT6gmW
>>620
ましてや、金や財や権力など論外です。

そんな権力でも、あればあったで歓迎する。

623 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 15:53:45 ID:zYJlYP+J
ただ座って聴聞さえしておればよいというものではありません。

お金で恩に報い、嘘をつき正体を隠してでも人を連れてくるようになるのです。

624 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 16:06:29 ID:zYJlYP+J
>>621
横からゴメソ。

>でも、そんなときでも、天に吐いた唾は返ってくる。
>それは変わらない。
多分>>613の人はこういう台詞に(ry

625 :元々ぼら夫:2005/09/16(金) 16:08:32 ID:0HFCF2Uq
みんな元気してた〜、ちょとだけ復活w。
渡海さん、乙ですぅ。念仏とりわけ称名の勧めについては、三業惑乱以降と以前で、
大きな変化があったようです。三業帰命を恐れるあまり、称名念仏軽視傾向が
発生したようです。いま勉強中なのではっきりは言えませんが、
信心正因称名報恩説が高まって、信前の称名を嫌う傾向が出てきた。
御裁断御書、御裁断申明書等が出て決定的になったのでしょう。
ただし、豊前学派・石泉学派などはその限りではないんですが。
スレの流れ無視して、スマソ。それでは、ひき続きおたのしみ下さいませませ〜♪


626 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 16:57:43 ID:DWzzhReo
>>618
>親鸞聖人や蓮如上人の時代に、613のような方が生まれ、
>仏教を求めていたとしても、やはり聖人や同行、弟子たちの
>言動について、疑問、不満を持っただろうと思います。

誰に対しても、不平、不満を持つ人はいますね。

>あなたが理想としているような言動、やり方と異なるからと
>いって、それは真実ではない、間違いだと考えるのは浅はか
>ではないでしょうか。

確かに。

627 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 17:30:07 ID:DWzzhReo
「釈迦に提婆、親鸞聖人に弁円」

すべての人から褒めたたえられる人も、すべての人から非難され、
けなされる人もいません。


628 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 17:33:56 ID:zYJlYP+J
お金を出す出さないで信者の信仰のレベルを測ったりする団体を
「理想的」だと思える人もいるのでしょう。





629 :じろべえ:2005/09/16(金) 17:47:07 ID:113HYhsx
昔なじみの連中勢ぞろいか?

630 :じろべえ:2005/09/16(金) 17:48:38 ID:113HYhsx
わてはワカラへんワー

631 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:05:04 ID:6zsT6gmW
>>576
シンパさんの上司にもこういう人もいますよ。
そりゃ、疑問、不満を持っただろうと思います。

632 :606:2005/09/16(金) 18:22:35 ID:gqQbUYPs
>>610
コテにしました。

>どこにそう書いているというのか文をあげてください。

>これも文をあげてください。

これです。

>財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも
仏化助揚は広いと考えるべきだから「真成報仏恩」とすすめられて
いるんですよ。

小慈小悲もなき身のひとが、どうして深い慈悲を注ぎましょう、
などということができるのですか?
例によってs会のお好きな「できないことの勧め」ですか?
仏教は、因果の教えです。
はじめから出来ないとわかっていることをやれと勧められて、
誰がまじめに実践できるんですか?
まともな神経をもったものはやっていられないはずですよ。

633 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:50:31 ID:2gH1UYXX
片方がまず「人間ではない」という態度をした。
そして、された方はそれに反発した。
それで「人間ではない」という態度をした方に対して、
他人に「人間ではない」という態度をして平然としているあなたたちこそ
「人間ではない」と、他人に「人間ではない」という態度をとることを批判した。
後に、
カルトという言葉が持ち出されるに至り、
組織外に対し「人間ではない」という態度をする宗教組織はカルトであると指摘されることになった・・・

・まず、片方が「人間ではない」という態度しなければ、問題は起きなかった。
・「人間ではない」という態度をされた側がその態度に不服を申し立てなければ
カルト性は問題にさえされることはなかった。
・そして、批判側は問題の態度を改善すれば、この申し立ては決して信仰の自由を損なうようなものではなかった。

双方がカルトだったのか?
片方しかカルトでなかったのか?
どちらが反省をすべきかよくよく考えてほしい。

634 :606さんへ:2005/09/16(金) 19:30:22 ID:ZFC7+Br+
>>632
>これです

これがどうして
「財施がまことの仏恩報謝になる」
「信前のひとが後生の一大事を解決するのに、称名よりも
財施のほうがより勧められる」になるんでしょうか。
ご説明願います。

言ってることがわかってないようなので再質問します。
「小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもふまじ
如来の願船いまさずは 苦海をいかでか」 のご和讃は機の深信のお言葉ですが
この御和讃と
「深い慈悲を注ぎましょう」と言う相対の善悪と何の関係があるのですか?



635 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 19:41:19 ID:ZFC7+Br+
>>613
>とても、晴れ晴れとした気分ですよ。

あんちさん、作文へたね。いちいちうそくさい。
長いあいだ聞いてても五雑行さえ間違えるひともいるからわからんことか。
少なくとも私がかつて退会したときやそのころの仲間の気持ちとは
雲泥の差があるなあ。

636 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 19:48:39 ID:5y2nX2Y+
そうか?俺は親に止めるて口にした途端、憑き物が落ちたように
楽になって気分が晴れ晴れなったけどな。

637 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:06:55 ID:zYJlYP+J
「真仮を知らざるによりて如来広大の恩徳を迷失す」

自力の財施が報謝になります?
恩徳を迷失している人に、恩返しができるんでしょうか?

638 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:33:39 ID:xA5CiuyT
>片方がまず「人間ではない」という態度をした。
そうだね。
片方が、不倫などと捏造してまで、相手の人格を否定しようとして、一線を越えた。

>そして、された方はそれに反発した。
そりゃ、反発するよね。

>それで「人間ではない」という態度をした方に対して、
>他人に「人間ではない」という態度をして平然としているあなたたちこそ
>「人間ではない」と、他人に「人間ではない」という態度をとることを批判した。
そうするだろうね。

>カルトという言葉が持ち出されるに至り、
>組織外に対し「人間ではない」という態度をする宗教組織はカルトであると指摘されることになった・・・
都合の悪い発言をした人間は工作員だもんね。
カルトとも言われるだろう。

639 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:42:57 ID:5y2nX2Y+
>>638
そう物事を局所的に見るな。
根の問題はそのもっと前から存在するだろ?
仏法者としてまず考えるべきじゃないのかな

640 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:43:47 ID:2WGQoGjn
>凡夫に深い慈悲をそそぐことができるんですか?
>s会ではそんなことをおしえているんでしょうか?

つっこみたいのは分かるけど、なんだか言葉遊び。
「慈悲のかけらもない」は真実だからといって、慈悲をかけれる訳ない、などと言っていては世の中なりたたないよ。
ボラ夫さんだって「かわいそうだ、何とかしたい」と思って新潟地震のボランティアに行った訳で。
真実の姿と、ごちゃまぜにしたら、あかんと思うよ。

641 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:47:29 ID:bAgMIQw0
>>640
いいや、報謝が決定のための宿善となる教えをとくs会としては
肝心な問題。

642 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:51:13 ID:2WGQoGjn
問題になっている「報恩謝徳」についてですが、浄土真宗では二義あります。

真実信心を獲ての「仏恩報謝の念仏」といった意味での報謝は「略義」。
法施、財施などの広い意味で使われる報謝は「広義」です。
そこのところ、よろしく。

643 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:56:45 ID:bAgMIQw0
ほ〜、じゃ念仏しなくてもいいな
略式の報謝は失礼だから、もっとお金と勧誘するのが真宗としてはいいねえ

644 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 20:59:27 ID:2WGQoGjn
「略義」を「略式」と理解してはあかんよ。
この意味は、真宗辞典に出ているから、図書館にでも行って調べてごらん。

645 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 21:04:26 ID:2WGQoGjn
>>641
そうですか。
でもね、歎異抄には「聖道の慈悲」と「浄土の慈悲」の二つを言われているんですよ。

646 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 21:52:14 ID:xA5CiuyT
>根の問題はそのもっと前から存在するだろ?
>仏法者としてまず考えるべきじゃないのかな
根本は、煩悩だな。
煩悩はかくも恐ろしい。

647 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 22:28:49 ID:ZtU3wIa8
仏教そのものの議論は西洋哲学のそれほど議論されてこなかったと思うんです。
従って、現代の仏教思想は西洋哲学との対比における意味でしかないと思うんです。
そもそも仏教の議論の対象が、人間の社会的な中での「病理」を克服する原理やメカニズムだったと思うんです。

648 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 22:37:18 ID:ZtU3wIa8
自己が自己を刹那であれ成立せしめうる、
刹那であれ、自己同一的ならば、他に依らず(無因)に、
自を成立せしめうることとなる故、無限に自己同一的(自〔然〕性)たる。
しかし、万象は変異する故に、自性は成立しない。
自性(同一性一般)が不成就のとき、自に対しての他、余所おける自である他は成立しない。
故に、
「何時でも何処でも如何なる者でも、自から他から自他両者から無因から
生じることはない。」(『中論頌』第一章第一頌)
この四句否定(自・他・自他両者・無因からの生起の否定)=空
という在り方で初めて生じることはありうる。だから万象は幻の如くにある。


649 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:31:37 ID:GhiMk9w8
>>644
因みにどこの出版社ですか?

650 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:34:36 ID:mGu7ovNw
信一念で知らされる、知らされて真実だったとハッキリする事を
ああだ、こうだ、って言っているのは、
あまりにも仏法を軽く見てますよね。

自分の考えの中に仏法が入りきるとでも思っているのでしょうか?


651 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:35:47 ID:mGu7ovNw
親鸞聖人も、まことに知んぬ、と仰有っているでないですか。

救われて、ハッキリ知らされた、という表現です。
信前の者が、あれこれはからうべきでは無いのですよ。

652 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:37:06 ID:mGu7ovNw
「真仮を知らざるによりて如来広大の恩徳を迷失す」

弥陀に救われたときに、この様にハッキリするのです。


653 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:40:54 ID:Bwt5NB+F
>数億円のバカでかい鷲のマーク
>数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
>紅白の牛革のなぜ生きる
>高価な絵画や壺
>壁画や85万円の座布団

なにか、久しぶりに覗きましたが、S会って、ずいぶん大きくなってい
るのですね。
私は、20年前に脱会していますが、あのころは木造2階建ての小さな
建物だったなあ。えっ、ここが本部、って驚きましたが。

それと比較すると、何か巨大なものが建てられたようですねえ。
こういうのを読むと、つい行ってみたくなります。
場所は、どこでしょう。

まあ、やめた人の気持ちも分からないでもないが、人生ここまで生きて
みると、確かに世の中、何もない。つまらないものです。
そういう意味では、S会で聞いたことは確かにあたっている。
仏説でしょうからね。

T森先生のことは、いまでも尊敬していますよ。
なんといっても、今浄土真宗で、元気がありそうなのは、S会だけでし
ょうから。激しい活動をしたら、いろんな悪口はつきものですよ。
社会に出たら、嫌でも分かります。

私も、やがては死ぬわけだし、最後はやっぱり親鸞様かな。
いや、阿弥陀様か。

それにしても、いっぺん行ってみたい気がしてきた。
そのベルサイユ宮殿っての。いいじゃん。


654 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:43:35 ID:GhiMk9w8
威の大なることを誇りだし始めたようにも見えますが。

655 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:47:01 ID:GhiMk9w8
>>645
「浄土の慈悲」とは「往還回向」のことですよね。
これは凡夫の力によって為す慈悲ですか?

656 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:55:23 ID:GhiMk9w8
>財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも
>仏化助揚は広いと考えるべきだから「真成報仏恩」とすすめられて
>いるんですよ。 みんなで称名すればなおよいからです。
財施を勧めるがあまりに聞けなくなってしまうような人は無視ですか?


657 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:07:23 ID:Rjc9TSXf
>>642
s会の講師から
「キリスト教などでも『感謝の祈り』などと言って自分の信仰を感謝しているかのように言っているが
所詮は自分の思いで捏ね上げた『感謝』であって、真宗で勧める絶対他力からの念仏とは比べものにならない.
真宗の教えはそんなものではない」
と聞いたんですが
結局、広義では自力の感謝も真宗の教えなんですね?


658 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:35:47 ID:ipJXoBEk
>>642

親鸞聖人や蓮如上人が「真成報仏恩」となると言われてるのは、
A:真実信心を獲ての「仏恩報謝の念仏」といった意味での報謝ですか?
B:それとも、法施、財施などの広い意味で使われる報謝ですか?
C:両方ですか?

答えがB、Cの場合、自力行も含むということですか?
YESなら、自力の布施行などが、真宗でいう「真成報仏恩」となる
というお聖教の根拠をお願いします。

「唯能く常に如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべしといへり」
(行巻)
「そのゆえは、他力の信心といふことをしかと心中にたくはへられ候ひて、
そのうへには、仏恩報謝のためには行住坐臥に念仏を申さるべきばかりなり。」
(御文章一帖)
「これによりて、かたじけなくもひとたび他力の信心をえたらん人は、みな
弥陀如来の御恩のありがたきほどをよくよくおもひはかりて、仏恩報謝のた
めには、つねに称名念仏を申したてまつるべきものなり。」
(御文章二帖)
「このうへになほこころうべきやうは、まことにありがたき阿弥陀如来の
広大の御恩なりとおもひて、その仏恩報謝のためには、ねてもおきてもただ
南無阿弥陀仏とばかりとなふべきなり。」
(御文章三帖)

659 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:52:39 ID:ipJXoBEk
>>645
>そうですか。
>でもね、歎異抄には「聖道の慈悲」と「浄土の慈悲」の二つを言われているんですよ。

横レスすみません。
>>640-641,>>645の流れを見ると、>>645のID:2WGQoGjn氏の主張は、歎異抄には、
自力のすえとおらない「聖道の慈悲」もすすめられているということですか?
もし、そうならその文拠をお願いします。

なお、>>655氏とかぶりますが、「浄土の慈悲」は、凡夫が今生で為す慈悲ではない
というのはいいでしょうか?

660 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:56:41 ID:ipJXoBEk
>>658(>>642)
質文部分を以下のように訂正します。

親鸞聖人や蓮如上人が「真成報仏恩」となると言われてるのは、

A:真実信心を獲ての「仏恩報謝の念仏」といった意味での報謝
B:法施、財施などの広い意味で使われる報謝
C:両方
のどれでしょうか?

答えがB、Cの場合、自力行も含むということですか?
YESなら、自力の布施行などが、真宗でいう「真成報仏恩」となる
というお聖教の根拠をお願いします。

661 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 07:58:11 ID:BzP1BuVF
報謝の話が大好きな人、2人くらいいるよね。

662 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 08:20:47 ID:MA5K0TZr
「 蓮如上人、仰せられ候う。『仏法には、まいらせ心わろし。是をし
て御心に叶わんと思う心なり。仏法のうえは、何事も、報謝と
存ずべきなり』と云々」(御一代記聞書)

「報謝と存ずべき」とは自力で報謝ができるということですか?
とお聞きしてみるtest.


663 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 08:45:56 ID:wMDLRH0Q
>>620
>仏教は後生の一大事に始まり、その解決に終わるといわれますが、
皆さんこれには異議はありませんよね。

 「後生の一大事」とは何か。同じ言葉を使っても、あんたらの概念と
こっちの概念とは月とすっぽん。同床異夢だ。顔でも洗って出直して
くるといい。

>>619
>無上仏とは、「阿弥陀如来」のことです。
 高森デタラメ外道仏教と親鸞仏教との水際を明らかにしよう。

 小慈小悲もない奴を、活動せずにおれなくさせておられる無上仏を
拝んで頂きたい。(高森先生) 

 弥陀仏は、自然の様を知らせん料なり。(末燈鈔)
 阿弥陀仏というのは、自然という概念を人々に理解させるための資
料である。自然という概念を人々に理解させるための手段的説明手法
である。


664 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 08:47:26 ID:wMDLRH0Q
 南无の字は、聖人の御流儀にかぎりて、遊ばしけり。南無阿弥陀仏を泥にて写
させられて、御座敷に掛けさせられて、仰せられけるは、不可思議光仏無碍光仏
も、この南無阿弥陀仏をほめたもう徳号なり。しかれば、南無阿弥陀仏を本とす
べしと、おおせそうろうなり。

 本尊を南無阿弥陀仏とするというのは、親鸞聖人以後の考えである。蓮如上人
は、南無阿弥陀仏という文字を金泥で書写し、座敷に飾った。その時の話である。
不可思議光仏とか無碍光仏というのは、南無阿弥陀仏が尊いのであるというその
ことを人々に知らせるための道具立てとしての「名前」である。阿弥陀仏が尊いの
ではない。南無阿弥陀仏が尊いのであり、それが基本である。
 善導大師はどういう人か。それは、「南無阿弥陀仏が尊い」ということを知らせる
ために登場してくれた方である。善導大師が尊いのではない。南無阿弥陀仏が
尊い。
 曇鸞大師はどういう人か。それは、「南無阿弥陀仏が尊い」ということを知らせる
ために登場してくれた方である。曇鸞大師が尊いのではない。南無阿弥陀仏が
尊い。
 親鸞聖人はどういう人か。それは、「南無阿弥陀仏が尊い」ということを知らせ
るために登場してくれた方である。親鸞聖人が尊いのではない。南無阿弥陀仏が
尊い。
 阿弥陀仏はどういう方か。「南無阿弥陀仏が尊い」ということを知らせるため、説
明上創作された架空の無上仏である。阿弥陀仏が尊いのではない。南無阿弥
陀仏が尊い。

 真宗の教行証を敬信して、特に如来の恩徳の深きことを知りぬ。(教行信証)

 南無阿弥陀仏を称えようという教えを敬い、南無阿弥陀仏を称え、南無阿弥
陀仏を称える仏道者となる。ここにすばらしさがあると確信し、南無阿弥陀仏の
尊さを伝えてくれている先人達のご苦労に感謝しよう。

665 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 08:49:28 ID:wMDLRH0Q
>>618
>小慈小悲もない奴を、活動せずにおれなくさせておられる無上仏を拝んで頂きたい。

 阿弥陀仏を拝むのが高森外道
 南無阿弥陀仏を尊ぶのが親鸞仏教。
 南無がつくのかつかないのか。外道と内道との大きな違い。

>世の中のこと、みなもってそらごと、たわごと、まことあることなし」の世の中ですが、純
粋な気持ちで聴聞に望み阿弥陀さまに思いを馳せております。

 純粋な気持ちも聴聞もみなもってそらごと、たわごと、まことあることなし。汚らわしい外
道のカルトから早く目を覚ましたらどうよ?。

>私の言葉を通して、真実の弥陀に遇い、永遠の楽果を頂いて下さるのだ、と思うと、叫ん
でも叫んでも、倒れても倒れても、申し訳ないやら、嬉しいやら。

 叫んでも倒れても申し訳なくても、そんなものはそらごと、たわごと、まことあることなし。

汚らわしい金権外道のカルトから早く目を覚ましたらどうよ?。 

666 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 09:04:58 ID:EqAQpkmN
「渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 」という人は、親鸞学徒からみるとたいへんあわれな人です。
まず第一に、仏教を堂々と間違って解釈しているからです。
(彼が今まで読んで正しいと思っている書物自体が、間違った解釈しているものだったのでしょうから、ある意味、仕方ないことなのですが)
なにしろ、彼は、浅はかでお粗末な解釈のくせして自分の書き込みは深い、正しいと思い込んでいます。
そして、全人類の救われるただ一本の道「阿弥陀如来の本願」を正しく伝えている親鸞会を批判しているのですから、しっかりと反省していただかねばなりません。

彼の書いてることを読んでいると、
「この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし」と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて「仏説まことなりけり」と知られ候。
(歎異鈔)
と仰った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。
親鸞学徒としては、彼が早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、読んでも、その真意を知ることができないのです。
全く聖人と同じく阿弥陀如来に救いとられ無碍の一道の世界に出られた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのです。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。



667 :606:2005/09/17(土) 09:42:08 ID:1ceVbNtl
>>642
>問題になっている「報恩謝徳」についてですが、浄土真宗では二義あります。

問題となっているのは「真成報仏恩」の仏恩です。
真成報仏恩の「報仏恩」にも二義あるというのでしょうか?

>>634
>如来の願船いまさずは 苦海をいかでか」 のご和讃は機の深信のお言葉ですが

>>637さん、>>645さん、>>655さん、>>660さんなどとかぶりますが、

歎異抄でいう「この慈悲始終なし」の「この慈悲」は、聖道の慈悲であり、
聖道門の自力を励み、自らの上に大慈大悲を実現しようとするものです。
だからこそ「始終なし」(終始一貫せず、不確かなもの)とおっしゃっている
のです。
「しかれば、念仏申すのみぞ、すゑとほりたる大慈悲心にて候ふべきと云々。 」
信心をいただき、念仏申すことのみが浄土門における大慈悲心と仰せです。
浄土門において、「慈悲深遠にして虚空のごとし」(浄土文類聚鈔)とあるように、
「深い慈悲」といった場合の慈悲とは、大慈悲心のことです。
相対の善悪と大慈悲心を無理やり結びつけるのは詭弁です。
異議があるのなら、凡夫に「深い慈悲」を注ぎなさい、といっているお聖教の根拠を
出してください。

668 :606:2005/09/17(土) 09:55:14 ID:1ceVbNtl
>>634
>ご説明願います。

>>財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも 仏化助揚は
広いと考えるべきだから「真成報仏恩」とすすめられているんですよ。

は、悪いけど主語述語関係がはっきりしない悪文だと思います。

要するに、財施の「仏化助揚は(自分だけで称名しているよりも )広い」といっているんですよね。
s会教学では、仏化助揚が広いということはより信前の人の獲信に、よい関係がある、つまり宿善になる
ということではないのですか?
そして、あなたの文章において、「真成報仏恩」と勧められているのは財施と読めるのですが、
ちがうのですか?

報恩については、

釈迦・弥陀の慈悲よりぞ 願作仏心はえしめたる
信心の智慧にいりてこそ 仏恩報ずる身とはなれ(『正像末和讃』)

とあるように信心決定することによって、初めて仏恩報ずる身となるとおっしゃっています。
信心決定することによって報恩の念仏(称名報恩)を称える身となるのであり、真宗において、
信前に報恩の念仏を称えるというのは間違いです。

669 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 11:20:56 ID:09rz20dE
>>614
>空念仏も南無阿弥陀仏。信心の念仏も南無阿弥陀仏。同一の念仏です。同一の念
>仏には二つも三つも別の道があるわけではありません。

私的には、渡海氏とは見解の相違もかなりあるみたいですが、↑の表現については、
面白いと思います。「誓名別信」系の疾病とか、(某師の言われる)「信心決定病」
のひとには、対症療法的に「大きなヒント」になるかもしれません。
でも、ちょっと「一休さんの風狂」的な危険性があるような気もします。
これ聞いて、“肝心要”の「お念仏(=仏願:仏様のおこころ)」をいただかずに、
「これぞ信心決定の境地だ!!!」と踊り上がって自心を掴みかかってみたり、
「こんな心境ではアカン、アカン」とますます称名に“はげむ”ようになったり
とか、かえって様々に(仏様を無視して)「信心決定という到達点(?)を目指
して自分の三業をこねくりまわそうとする」症状が進むこともある希ガスでつ。
失礼すみません。

670 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 12:16:42 ID:EqAQpkmN
「606」と[669]という人は、親鸞学徒からみるとたいへんあわれな人たちです。
まず第一に、仏教を堂々と間違って解釈しているからです。
(彼らが今まで読んで正しいと思っている書物自体が、間違った解釈しているものだったのでしょうから、ある意味、仕方ないことなのですが)
なにしろ、彼らは、浅はかでお粗末な解釈のくせして自分の書き込みは深い、正しいと思い込んでいます。
そして、全人類の救われるただ一本の道「阿弥陀如来の本願」を正しく伝えている親鸞会を批判しているのですから、しっかりと反省していただかねばなりません。

彼らの書いてることを読んでいると、
「この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし」と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて「仏説まことなりけり」と知られ候。
(歎異鈔)
と仰った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。
親鸞学徒としては、彼が早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、読んでも、その真意を知ることができないのです。
全く聖人と同じく阿弥陀如来に救いとられ無碍の一道の世界に出られた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのです。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
阿弥陀如来の御心を正しく説いてくださる方(高森先生)から、ともに聞かせていただきましょう。




671 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 12:45:08 ID:gnyxHOL8
数億円のバカでかい鷲のマーク
数千万のベルサイユ宮殿風柵と天女のレリーフ
紅白の牛革のなぜ生きる
高価な絵画や壺
壁画や85万円の座布団

会長専用の渡り廊下
会長専用のフロア
会長専用のエレベータ
会長専用の厨房2部屋
会長専用のコックへの給料
会長専用の高級車やバス
会長専用の広大なキャノピー



サダム・フセインや金日成の巨大銅像を連想してしまいました。

672 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 12:50:18 ID:wMDLRH0Q
 架空の仏を担ぎ上げ、「これを礼拝せよ」と言えば、インチキ宗教詐欺宗教。
 操り人形の糸の先に親鸞人形、蓮如人形をくくりつけ、一切衆生必堕無間、
死んだら地獄に堕ちるぞと、嘘は八百、デタラメ話をでっち上げ、若者から金
銭と人生を巻き上げる。こんな宗教がペテン師宗教以外のなんだと言うんだ
い?。
 親鸞会にはいると、良心に恥じるという感情はなくなるのか。親鸞会の会員
には、自分の人生を大事にしようという感情は枯渇するのか?。


>>666 親鸞学徒からみるとたいへんあわれな人です。

 悔しかったら親鸞さんと蓮如さんに文句を言え。あんたら外道から哀れんで
貰えれば、親鸞さんも蓮如さんも、きっと光栄に思うだろう。

 阿弥陀仏は、自然を知らせるための資料と言ったのは親鸞だ。阿弥陀仏では
なく、南無阿弥陀仏を掛けたのは蓮如上人だ。
 木像よりは絵像、絵像よりは名号。親鸞会の本尊名号は「阿弥陀仏」。浄土真
宗の本尊名号は「南無阿弥陀仏」。
 ここでも親鸞の教えと外道との水際がはっきりしたろう。
 

>>669
> 私的には、渡海氏とは見解の相違もかなりあるみたいです
     恐らく、慢性的な本願寺病なんだろう。

>症状が進むこともある希ガス
    誰の心配?。他人の心配よりも、自分の心配をしたらどう?

673 :606さんへ:2005/09/17(土) 12:56:52 ID:Hzr7CSez
>>667
>「深い慈悲」といった場合の慈悲とは、大慈悲心のことです。
相対の善悪と大慈悲心を無理やり結びつけるのは詭弁です。

「深い慈悲」と言ってはいけないという根拠だということですが
「慈悲」あるいは「浅い慈悲」ならよいという趣旨ですか?
あるいは「慈悲」自体がいけないということの根拠ですか?
相対の善悪と大慈悲を結びつけるのは詭弁だそうですから
当然、仏智で知らされる機の深信と相対の善悪を結びつけるのも
詭弁だと思いますけど。


674 :606さんへ:2005/09/17(土) 13:01:55 ID:Hzr7CSez
>>667
>問題となっているのは「真成報仏恩」の仏恩です。

だれかがあげてくれてますけど
>「 蓮如上人、仰せられ候う。『仏法には、まいらせ心わろし。是をし
て御心に叶わんと思う心なり。仏法のうえは、何事も、報謝と
存ずべきなり』と云々」(御一代記聞書)

これは未信に言われていることではないと解釈されているわけですか?
本願寺でも「なにごとも報謝」というのは普通の教学だと思いますよ。

675 :606?3?n?O¨:2005/09/17(土) 13:21:11 ID:Hzr7CSez
>>668
>「真成報仏恩」と勧められているのは財施と読めるのですが、
ちがうのですか?

すごい読み方だなあ、と思います。
「仏化助揚」というのは最終的に他の方が称名されないと
仏様のお手伝いにはならないことぐらいはわかりますかね?
「聴聞するのにひとりで聞くより広い会場を手配して
みんなで聞くほうがよい」と言ったら「聴聞するより会場手配の財施の
ほうがよいと言った」という批判と同じです。
はじめからまともに読む気もないのに悪文とはね。

あなたの見解では一人で念仏するのと
たくさんのひとが念仏するのとどちらがいいんですか?

676 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 13:25:07 ID:cyn0eb6w
>>669
>「これぞ信心決定の境地だ!!!」と踊り上がって
自心を掴みかかってみたり、

ほんとやなあ。
K会のひとは気いつけんといかんよ。

677 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 13:25:41 ID:Dd7txNKO
>>672
>誰の心配?。他人の心配よりも、自分の心配をしたらどう?

おっしゃる通りです。

>恐らく、慢性的な本願寺病なんだろう。

私は、本願寺とは無関係です。本願寺にも「いいところも悪いところ」もある
と思います。それは、どの派でも同じですが。

678 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 13:33:58 ID:Dd7txNKO
>>674

横レスすみません。
その御文で「報謝」と対になっている、「まいらせ心」=「是をし
て御心に叶わんと思う心なり」とは、「自力(回向)の心」じゃない
のですか?
「まいらせ心わろし」については、

「『よきことをしたるが、わろきことあり。わろき事をしたるが、よき事あり。
よき事をしても、われは法義に付きてよき事をしたると思い、われと云う事あ
れば、わろきなり。あしき事をしても、心中をひるがえし、本願に帰するは、
わろき事をしたるが、よき道理になる』由、仰せられ候う。しかれば、蓮如
上人は、『まいらせ心がわろき』と、仰せらるると云云。」『蓮如上人御一代記聞書』

とも言われてますね。

679 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 13:55:30 ID:Dd7txNKO
>>675

これも横レス質問すみません。
>財施は聞法の縁になるので自分だけで称名しているよりも 仏化助揚は
>広いと考えるべき

というのは、お聖教の根拠はありますか?
関連して、>>660の回答お願いします。

680 :606:2005/09/17(土) 14:22:15 ID:1ceVbNtl
>>675
>すごい読み方だなあ、と思います。

悪文を棚に上げるのは結構ですが、

>要するに、財施の「仏化助揚は(自分だけで称名しているよりも )広い」
>といっているんですよね。

にはコメントなしですか?

681 :606:2005/09/17(土) 14:23:18 ID:1ceVbNtl
>>674
>問題となっているのは「真成報仏恩」の仏恩です。

「真成報仏恩」の仏恩についての話をしています。
この「仏恩」は、「なにごとも報謝」の報謝と同義ではありません。
前者は自信教人信を前提としています。

>「仏化助揚」というのは最終的に他の方が称名されないと
仏様のお手伝いにはならないことぐらいはわかりますかね

自信、が大前提であると、善導大師は仰せです。

>一人で念仏するのと たくさんのひとが念仏するのと
どちらがいいんですか?

一人で念仏といっても、この世で一人で生きることなんてできないですよね。
また、親鸞聖人が敬慕された教信沙弥は一人で念仏されてました。
しかし、そういう生き様をみて念仏する人が増えるとすれば、それは信業説法としての
教人信といってもいいのではないでしょうか。

未信の人が教人信、教人信、といっても増上慢に陥りやすいと思いますね。

「信もなくて、人に信をとられよとられよ  と申すは、われはものをもたずしてひとにものを
とらすべきというの心なり 、人承引あるべからずと、前住上人申さると順誓に仰せられ候き。
「自信教人信」と候時は、まづ我が信心決定して人にも教えて仏恩になるとのことに候。
自身の安心決定して教えるは、すなはち「大悲伝普化」の道理なる由、同く仰られ候。 
(『御一代記聞書』93)
よく味読してください。

682 :606:2005/09/17(土) 14:42:30 ID:1ceVbNtl
>>673
これも弁解としてはあまりよく出来てませんね。

>「深い慈悲」と言ってはいけないという根拠だということですが

誰がそんなことをいっているんですか?

本質をはずれた議論がお好きなようですが、
凡夫に「深い慈悲」を注ぎなさい、というのが浄土真宗の教えだ、とする
説をあなたは肯定するのならばその根拠を出してください。

683 :606:2005/09/17(土) 16:52:51 ID:1ceVbNtl
>>681訂正

>それは信業説法としての 教人信といってもいいのではないでしょうか。



>それは身業説法としての 教人信といってもいいのではないでしょうか。



684 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 17:00:56 ID:oUNrgsoL
>>678
>その御文で「報謝」と対になっている、「まいらせ心」=「是をし
て御心に叶わんと思う心なり」とは、「自力(回向)の心」

だから?


685 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 17:20:47 ID:oUNrgsoL
>>679
質問はコテハンにしてね。

「十方にひとしくひろむべし」「真成報仏恩」ですね。
あなたも一人で念仏するのとたくさんで念仏するのとどちらが
よいか答えてください。



686 :606さんへ:2005/09/17(土) 17:28:45 ID:oUNrgsoL
>>681
>一人で念仏といっても、この世で一人で生きることなんてできないですよね。
また、親鸞聖人が敬慕された教信沙弥は一人で念仏されてました。
しかし、そういう生き様をみて念仏する人が増えるとすれば、それは信業説法としての
教人信といってもいいのではないでしょうか。

はっきりしないひとやね。たくさんのひとに念仏称えてもらうほうがいいに
きまってるやないか。祖師聖人や蓮如上人は何のために布教されたの?
「祖師の御教えを伝える必要があるかどうかはしらない、
聞き求める必要があるかどうかは知らない」
と言ったアンチと同意見なんじゃないですか?

祖師の御教えは聞く必要があるかどうかというところから考えてください。
必ず必要というわけではない、ということなら議論は無駄でしょう。

今日はここまで。



687 :606さんへ:2005/09/17(土) 17:34:11 ID:oUNrgsoL
もひとつあったか。

>凡夫に「深い慈悲」を注ぎなさい、というのが浄土真宗の教えだ、とする
説をあなたは肯定するのならばその根拠を出してください。

「善のすすめがある」というのは決着ずみ。
「未信に善はすすめられてない」ということならあなたが根拠をあげなさい。

688 :元々ぼら夫:2005/09/17(土) 18:06:30 ID:8RWAH4P1
ちょこっとだけw
>>687横レス〜♪
「善のすすめ」はあるで決着?大体「善のすすめ」って何?抽象的過ぎる罠。きみの思うてる善って
具体的に何?それは親鸞聖人の言うてることと一致する善なんかいな?
もし、己の善根が往生成仏の因として関係するなら、自力が混じった因ってことに
なってしまうんやない?親鸞聖人はそうゆうふうに教えてたんやろか?


689 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 20:21:07 ID:+S3eUk0p
同じく正しい思想は常に相手の立場を慮る、かたくなに否定しないで、
相手の思想を認める事のできる寛容性がある。そして正義は体現化される。
正しい精神は欲望に負けないで、理性でもって制御する様をさす。
そうすることによって自己を保持し、権利を主張する事になる。
正しい言論は粗暴ではない暴力的ではない表現一般。そういう表現を使わない
意図は正しさの定義に大いに背くからであり、相手を尊重できない姿勢へとつながる。

690 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 21:11:39 ID:+S3eUk0p
正しい努力はひたむきに精進し、他に惑わされない様子を指す。
そうする事により、自己の権利はまっとうに主張され、正しさの証明になる。
正しい行為は目的にきちんと的確に合致しているかいないか。
当然他者権利尊重の基本姿勢も含まれるが、行いには迷いや戸惑いが
あってはいけない。自己権利の純然な体現のために、そういう迷妄は不要である。
正しい三昧は集中力。集中力は自己を貫徹する際にはとても重要。
正しさとは例のごとく、一心不乱であり、他に惑わされない、自己の有益な
権利主張、体現化を指す。

691 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 21:30:44 ID:T0Y+4ocv
女王の教室で親鸞会の会員に聞かせたい
ような言葉があったwwwwww

692 :660:2005/09/17(土) 21:38:13 ID:0X++Qf9Z
>>684
>>その御文で「報謝」と対になっている、「まいらせ心」=「是をし
>>て御心に叶わんと思う心なり」とは、「自力(回向)の心」

>だから?

「まいらせ心」=「自力の心」であることを確認しました。
で、あるなら、>>662,>>674で引かれている
「 蓮如上人、仰せられ候う。『仏法には、まいらせ心わろし。是をし
て御心に叶わんと思う心なり。仏法のうえは、何事も、報謝と
存ずべきなり』と云々」(御一代記聞書)

は、蓮如上人は、仏法のうえでは、自力のわろき心で以って行う全ての行為
を否定されて、「他力の報謝」のみを勧められているということで了解ですね?
また、自力のわろき心でもって行なう全ての行為を、「報謝」と反対の行為だと
言われていること、すなはち、自力の心で行なう全ての行為は、「報謝」ではな
いと言われているのも了解ですね?
なお、>>674氏の「未信に言われる」場合は、当然「仏願をお聞かせいただいて他
力の報謝の身となるべし」のお勧めであり、自力のわろき心でもって布施行などす
ることのお勧めではありません。

異論があれば、>>662氏の
>「報謝と存ずべき」とは自力で報謝ができるということですか?
(補足:もちろん真宗において)


に回答いただけますか。もちろん、お聖教の根拠をあげてお願いします。

693 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 21:57:16 ID:+S3eUk0p
八正道の実践にこそ、悟りを開き、涅槃へと至る道がある。
苦の消滅は、絶え間なき実践の過程にこそ、実現する。
苦の原因、即ち煩悩、この煩悩の克服にこそ、八正道の実践の意図す
るところである。

694 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 22:02:21 ID:wMDLRH0Q
>>685
>あなたも一人で念仏するのとたくさんで念仏するのとどちらがよいか答えてください。

 称える人がたくさんいるときは、たくさんの人と称えればいい。一人しかいないときに
は一人で称えればいい。
 みんなと一緒でないと称えられないという人は、仲間を募ればいい。自分一人で称えると
いう人は、一人で称えればいい。

 周囲に人がいる中で称えると、自分だけ浮き上がり、好奇の目で見られ、落ち着かな
いものだ。

 念仏は座禅して称えるのが原則だ。その原則さえしっかり知っていれば、歩きながら
称えても、立ち止まって称えてもいい。
 一人の時は一人で称える。一緒に称える人がいないところで称えるのは損だとでも
思う人は勝手にすればいい。

695 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 22:08:03 ID:wMDLRH0Q
>>686
> はっきりしないひとやね。たくさんのひとに念仏称えてもらうほうがいいに
> きまってるやないか。

 それで貴方は日頃称えているのか?。
 他の人が称えるかどうかじゃなく、貴方は念仏を選択するのか、しないのか
という問題だろうと思うよ。
 自分が称えるとなると、なぜ称えるのか。どうやって称えるのか。いつとなえ
るのかいう問題が湧いてくる。これは誰も回答してくれない。自分で答えを出
す外はないんだよ。
 他人が称える分には、こんな面倒な問題は関係ない。

696 :660:2005/09/17(土) 22:15:46 ID:0X++Qf9Z
>>685
>「十方にひとしくひろむべし」「真成報仏恩」ですね
>あなたも一人で念仏するのとたくさんで念仏するのとどちらが
>よいか答えてください。

「無慚無愧のこの身にて まことのこころはなけれども 
弥陀の回向の御名なれば  功徳は十方にみちたまふ」
(『正像末和讃』)

「安楽浄土にいたるひと 五濁悪世にかへりては
 釈迦牟尼仏のごとくにて 利益衆生はきはもなし」
(『浄土和讃』)

「唯能く常に如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべしといへり。」
(『行巻』)

「なん機は、ふたたび臨終の時分に往益をまつべきにあらず。そののちの称名
は、仏恩報謝の他力催促の大行たるべき条、文にありて顕然なり。」
(『口伝抄』)

今生においては、「仏恩報ぜんために 如来二種の回向を 十方にひとしくひろむべし」
=「唯能く常に如来の号を称して、大悲弘誓の恩を報ずべし」だと思いますが(「唯」「常に」
に注意)。
「真実信心を獲ての仏恩報謝の念仏」は、如来のご催促の大行であり、「一人で念仏するの」で
はありませんから、上の問いは無効です。

>質問はコテハンにしてね。

というわけで、とりあえず、>>157,>>658-660
に回答お願いします(まだ過去スレ来のスルーは無数にあるがw)。

697 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 22:23:02 ID:Rjc9TSXf
>一人で念仏するのと たくさんのひとが念仏するのと
どちらがいいんですか?

って、s会じゃ「みんなで念仏」より「みんなで財施・勧誘」では?
みんなで念仏するより、みんなで財施・勧誘したほうが人もより集まるだろうし。

いわゆる真宗教団というものの目的は、一人なりとも信心決定して念仏することが
人集めをすることよりも先に来るものだと思ってましたが。

698 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/17(土) 22:25:58 ID:wMDLRH0Q
>>693
 パン屋さんはパン屋さんの道をしっかり歩めばいい。おそば屋さんは
おそば屋さんの道をしっかり歩めばいい。
 八正道が人の道として大事な部分であるなら、パン屋さんの道の中に
八正道が納まっているだろう。おそば屋さんの道の中にも八正道が納
まっているだろう。パン屋さん中には仏様はいない。おそば屋さんの中
にも仏様はいないだろう。それでも、世の中には立派なパン屋さんはい
るものだ。立派なおそば屋さんもいるものだ。彼らは、八正道は知らな
くても、人の道、パン屋さんの道を知ってそれを守っているんだろう。人
の道、おそば屋さんの道を知って守っているんだろう。
 パン屋さんは、仏様になる必要はない。パン屋さんの道をしっかりまも
るそんなパン屋さんになればいい。おそばやさんも仏様になる必要はな
い。おそば屋さんの道をしっかりまもるそんなおそば屋さんになればい
いだけだ。

 商売が軌道に乗っているときは楽しいものだ。それでも、人生には山
有り、谷有り。人生で苦境に立てば、かつて多くの仏弟子達がしていた
ように、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と称えてごらん。もしそれだけで
何か道が開けてくれば、もうけものだろう。

699 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 22:27:49 ID:iBo3dbpu
マヤ「どこかの占い師がいう死後の世界なんか嘘でしかありません
     そんな不安定なことを信じていて、どうするの?
        い い 加 減 め ざ め な さ い
     人数が多いのをいいことに、犯罪をしてもなんとも思わない宗教団体
     そんなくだらないものを信仰してどうなるの?」


いいドラマでした

700 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 22:45:15 ID:xn+vLDGX
これから、先細りだろ!>>1


701 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 23:29:22 ID:BzP1BuVF
>>699
ついにアンチは極楽や地獄が嘘だと言うに至ったのか。
カルト確定だな。

702 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 23:30:28 ID:yGdAFUB4
>>700
私の亀頭は先細りじゃありませんが、何か?

703 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 23:35:55 ID:yGdAFUB4
あ、スレ間違えたわ。スマソ

>>699
>どこかの占い師がいう死後の世界なんか嘘でしかありません

>>700
>ついにアンチは極楽や地獄が嘘だと言うに至ったのか。

またs会お得意の歪曲&切り分批判だね。

704 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 23:57:31 ID:Rjc9TSXf
>>701
死後のことをどのように信じるかor信じないか、
それだけでカルトか否かを論じることはできないと思うんですけど。

705 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 23:58:59 ID:iBo3dbpu
この親鸞会っていうのカルトなの?

706 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:00:07 ID:gWl6DI+h
>>705
そうだよ

707 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:01:50 ID:r86m1ASU
親鸞会は、真実の仏教、阿弥陀如来の本願を正しく説いてる会です。

708 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/18(日) 00:02:59 ID:wMDLRH0Q
>>701
>極楽や地獄が嘘だと言うに至ったのか。カルト確定だな。

 極楽や地獄なんか嘘でも本当でもいいわな。
 ところで、「阿弥陀仏は、自然という概念を理解させるための一資料である」という
ことは、お主は了解できたのか?。阿弥陀仏が尊いのではなく、南無阿弥陀仏が
尊いと言うことは了解できたか?。阿弥陀仏は架空の仏という理解はいいか?。
 おぬしは、念仏を称えようという決心はついたのか。それとも、やめとこうということ
にするのか。
 まあ、面々の御計らいだから、こっちが心配してもしょうがないんだけどな(苦笑)。

709 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:03:19 ID:8KcIHeEY
親鸞会は、唯一絶対の宗教、阿弥陀如来の誓願を正しく伝えているのです。
しかし、他の邪教と同一の範疇、枠組でしか捉えてない人が、多いのが残念です。
これは、人間には、真実を真実と見極められるほどの眼光がないということなのです。
要するに眼が節穴なのです。
私もそのうちの一人でしたが、阿弥陀如来の「必ず絶対の幸福にしてみせる」という広大無辺なお力により
現在、真実の道を進ませていただいている身の幸、喜ばずにおれません。
何とか皆さんも、阿弥陀如来の救いの厳存を知っていただきたいと思うばかりです。
限りなき過去から私たちの生命は苦しみ迷いの世界をへめぐってきました。
ともに仏教を聞き求め、弥陀の誓願に救いとられ、ともに真の幸福、絶対の世界に生きたいものです。

薬を飲んで病気が全快したものからすれば、ハッキリしすぎているのです。
自分が病気だという自覚症状のない者からすれば、全快した者が、いくらその薬のすばらしさを説明したところで、なかなかわからないのも無理はない。
だが、死ぬ間際になってうろたえても遅いのです。
心のこうべをたれて聞かせて頂きましょう、阿弥陀如来の本願を。
仏法(弥陀の誓願)を聞くのが最も賢い生き方、幸せな生き方、尊い生き方である。早く気づいてね。


710 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:03:57 ID:meg/dvVT
s鸞会はお金集めが第一の大学生を主なターゲットとしたカルト宗教です

711 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:04:14 ID:r86m1ASU
次に掲げる親鸞聖人、蓮如上人のお言葉の通りに弥陀の本願をお伝えしてるのが浄土真宗親鸞会ですよ。

難思の弘誓は難度の海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり。

善知識にあうことも おしうることもまたかたし よくきくこともかたければ 信ずることもなおかたし

いつつの不思議をとくなかに 仏法不思議にしくぞなき 仏法不思議ということは 弥陀の弘誓になづけたり 

生死の苦海ほとりなし ひさしくしずめるわれらをば 弥陀弘誓のふねのみぞ のせてかならずわたしける

浄土真宗に帰すれども 真実の心はありがたし 虚仮不実のわが身にて 清浄の心もさらになし

小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもうまじ 如来の願船いまさずば 苦海をいかでかわたるべき     

「南無阿弥陀仏」と申す文字は、その数わずかに六字なれば、さのみ功能のあるべきとも覚えざるに、この六字の名号の中には、無上甚深の功徳利益の広大なること、更にその極まりなきものなり。
 

712 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/18(日) 00:05:20 ID:+5rSCVQe
>>707
> 親鸞会は、真実の仏教、阿弥陀如来の本願を正しく説いてる会です。

 架空の仏を担ぎ出し、親鸞人形を操って、「これを拝め、拝まないと地獄
に堕ちるぞ。金もってこい」と、若者を脅迫しているインチキ宗教でなければ
結構な話だ。


713 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:05:53 ID:6Eo6Bt9A
人数が多いのをいいことに、
犯罪をしてもなんとも思わない宗教団(s鸞会)
そんなくだらないものを信仰してどうなるの?


714 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:06:36 ID:8KcIHeEY
「渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 」という人は、親鸞学徒からみるとたいへんあわれな人です。
まず第一に、仏教を堂々と間違って解釈しているからです。
(彼が今まで読んで正しいと思っている書物自体が、間違った解釈しているものだったのでしょうから、ある意味、仕方ないことなのですが)
なにしろ、彼は、浅はかでお粗末な解釈のくせして自分の書き込みは深い、正しいと思い込んでいます。
そして、全人類の救われるただ一本の道「阿弥陀如来の本願」を正しく伝えている親鸞会を批判しているのですから、しっかりと反省していただかねばなりません。

彼の書いてることを読んでいると、
「この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし」と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて「仏説まことなりけり」と知られ候。
(歎異鈔)
と仰った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。
親鸞学徒としては、彼が早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、読んでも、その真意を知ることができないのです。
全く聖人と同じく阿弥陀如来に救いとられ無碍の一道の世界に出られた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのです。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
阿弥陀如来の御心を正しく説いてくださる方(高森先生)から、ともに聞かせていただきましょう。

715 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:07:20 ID:n8wjzTCx
この団体ってへんな人形まで売りつけるんですか?
本を売りつけるというのは友人から聞きましたが


716 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:07:56 ID:r86m1ASU
正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。叩けば門は開かれるのです。一人でも正信に帰入し、また一人でも多くの人々の手を引き道に入らしめられることを念じあげます。
謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。
ともに親鸞会で聞かせていただきましょう、阿弥陀仏の本願を!




717 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:09:09 ID:zyvP0X+G
詐欺カルト宗教s鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126623471/

これが次スレ?

718 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:10:07 ID:ZyCK7YMC
>>711
「財施の功徳」を忘れてますよ。

「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」


719 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:12:11 ID:r86m1ASU
仏教は、たいへん深い教えです。
自分勝手な解釈をする人が、いつの時代もたえません。残念なことです。
親鸞会で真実の仏教、阿弥陀如来の誓願をともに聞かせていただきましょう。

720 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:12:53 ID:O+LmvOh/
「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」

当然です。ありがたいお話を聞くにはそれなりの対価が必要です
そんなあたり前のことわざわざ書かないでくださいね^^

721 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:13:16 ID:Oe4wmxzU
>大学生を主なターゲットとした

これは祖師聖人に倣った方法と言えるし、問題でもないでしょ?


722 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:16:51 ID:r86m1ASU
高森先生は、親鸞聖人の生まれ変わりなのです。
如来の化身といっていいのだよ。
ま、なかなか、宿善厚くなってこないとわからないでしょうが、これが真実なのです。
親鸞会に批判的な書き込みしてる人は、早く法謗の大罪に気づいてください。
真実を求めるというのは、生易しいものではないのです。
世間のどの道よりも厳しいのです。
批判的な書き込みは、決して甘やかしたり、見過ごすことはできません。
とにかく、猛省していただきたいのです。


723 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:18:18 ID:ZyCK7YMC
>>720
「ありがたいお話」とは「阿弥陀仏の本願」ということですよね。
「阿弥陀仏の本願」は
お金を出すか出さないかで聞けるか聞けないかが決まるということですね?

724 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:18:33 ID:r86m1ASU
難度海で苦しむ我らを、西岸上の阿弥陀さまはやるせなく、弘誓の船で必ず浄土に渡して下さる。
一刻も早く聞きなさい、臨終に気がついては間に合わないから、早く聞かねばならない、と。
聞くのは、弥陀の呼び声一つなんだ、と聞かされています。

聴聞は、はつごと、はつごとと聞くことが大事だぞ、とも教えられます。
南無阿弥陀仏の御法儀は、毎度変わらず同じことを聞かせて頂くのだ、と。

仏教を聞き誤りしての誤解から親鸞会への批判的な人の書き込みを読んでいると、
「この法をば信ずる衆生もあり、謗る衆生もあるべし」と仏説きおかせ給いたることなれば、我はすでに信じたてまつる、また人ありて謗るにて「仏説まことなりけり」と知られ候。
(歎異鈔)
と仰った親鸞聖人のお言葉が身にしみます。

阿弥陀如来の御心を正しく説いてくださる方を信じて聞く人と、疑って聞く人とは、聞き取り方が大きく違うのは当然なのでしょうが、信じて聞ける私たち親鸞学徒は幸せです。
親鸞学徒としては、彼らが早く心を入れかえて弥陀の本願を聞き求められることを願うばかりです。


725 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:20:10 ID:r86m1ASU
親鸞会に対する批判的な書き込みをしてる方へ

あなた方の知恵では、どうしても納得できないことがあるからといって素直に聞けないという態度はあなた方の幸せのためから言いますと改めないといけないのです。
弥陀の本願の世界は、我ら如きの思慮の到底及ばぬ世界です。
確かに欲や怒り、愚痴の心でなかなか素直には聞けないという気持ちはわかります。
救われていない人達は、皆そうでしょう。
しかし、本当の幸せは、阿弥陀仏に救いとられた世界以外どこにあるでしょうか?
阿弥陀仏の御心を正しく伝えてくださる方(高森先生は、そのお一人です)から弥陀の本願を真剣に聞かせていただこうではありませんか。


726 :高森:2005/09/18(日) 00:21:02 ID:3WCbq1A+
>>723

ガタガタ言ってねぇで黙って仏法聞けクズ

727 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:22:35 ID:ZyCK7YMC
>>726
それを言うなら
「ガタガタ言ってねぇで黙って金出して仏法聞けクズ」でしょう。


728 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:23:17 ID:Oe4wmxzU
>>727
アンチ、ヤクザみたいだなw

729 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:23:54 ID:r86m1ASU
「ああ、弘誓の強縁は、多生にももう、あいがたく、真実の浄信は、億劫にも獲がたし。たまたま行信を獲ば遠く宿縁を慶べ。
 もしまた、このたび疑網に覆蔽せられなば、かえりて曠劫を逕歴せん。
 誠なるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法、聞思して遅慮することなかれ。」

「ああ.......なんたる不思議か、親鸞は今、多生億劫の永い間、求めつづけてきた歓喜の生命を得ることができた。これはまったく、弥陀の強いお力によってであった。
深く感謝せずにおれない。もし今生も、無明の闇の晴れぬままで終わっていたら、未来永遠、浮かぶことはなかたであろう。
なんとか早くこの真実、みんなに伝えねばならぬ、知らせねばならぬ。こんな広大無辺な世界のあることを」

釈尊、七高僧、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人が一貫して伝えられ、そして親鸞会のお伝えしている弥陀の本願はまさに超世の悲願です。
心のこうべをたれて聞かせていただきましょう。
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、万のこと皆もって
空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞ
まことにて在します(歎異鈔)
「いつ何が起きるか分からない、火宅無常の世界に住む、
煩悩にまみれた人間のすべてのことは、空事であり、
たわごとであり、まことは1つもない。ただ念仏のみが
まことなのだ」
親鸞聖人のお言葉です
「念仏のみぞまこと」の断言は、「本願のみぞまこと」
を言い換えられたものです。
空事たわごと、ウソっぱちだらけの世にあって、親鸞聖人は、
弥陀の本願だけが真実だと言われています。
弥陀の本願とは、
「死後のハッキリしない心・無明の闇を破り、"極楽浄土へ
必ず往ける"大安心・大満足の身にしてみせる」との誓願です。

730 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:32:01 ID:ZyCK7YMC
>>728
人の「救われたい」という思いにつけこんで
「出した分だけ救いに近づかせてもらえることになる」などと金銭を要求する手法は
ヤクザでなくともカルト教団には共通する教義のようですが。

731 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:41:08 ID:r86m1ASU
科学の進歩はめざましく、世の中は便利になりましたが、戦争、テロ、自殺や凶悪犯罪の増加など、人類はますます深い闇の中にあります。
「生きる意味があるのか」
「苦しくても、生きねばならぬ理由は何か」
最も大事な「なぜ生きるか」が、分からないからではないでしょうか。
この古今東西の人類の迷闇を破り、「なぜ生きる」を明らかにされた方が、今日、世界の光といわれている親鸞聖人です。
難思の弘誓は 難度海を度する大船 (親鸞聖人)
人生の目的は、何か。
「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るく渡す大船がある。
その船に乗り、未来永遠の幸福に生きるためである。
どんなに苦しくとも、この目的果たすまでは生き抜きなさいよ」
親鸞聖人、90年のメッセージは、一貫して、これしかありませんでした。
親鸞聖人は、29歳の時、阿弥陀如来の誓願によって絶対の幸福の身に救いとられれました。
そして、生涯、全人類の救われるただ一本の道、「阿弥陀如来の誓願」を叫び続けていかれました。
親鸞会は、親鸞聖人の伝えられた真実の仏教、阿弥陀如来の本願を正しく説いてる会です。




732 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:41:30 ID:ZyCK7YMC
改めて>>711
ごめんなさい。それは親鸞聖人・蓮如上人の言葉から引用したものでしたね。

「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」
親鸞聖人・蓮如上人の言葉で、これ↑の根拠となる箇所はありますか?

733 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:43:56 ID:vpPIh0NW
出し多分だけというのは、自分との比較においてだと思いますが。


734 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:44:21 ID:ZyCK7YMC
>>731
>阿弥陀如来の本願を正しく説いてる会です。
「阿弥陀如来の本願」とは、「お金を出した分だけ聞ける」ものですか?

735 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:45:46 ID:vpPIh0NW
わたしも高森先生の話は素晴らしいと思います。


736 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:45:57 ID:ZyCK7YMC
>>733
昨日出した分より今日多く、今日出した分より明日多く出す・・・
そうやって行くと「より聞ける」ことになるんですか?

737 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:48:16 ID:OmKlU1tc
自分で身銭をきれば
真剣に聞く度合いも違ってくるでしょう^^
そんなこともわからないんですか仏法聞かぬものは^^

738 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:48:18 ID:r86m1ASU
時空を超え、尊敬される聖人ですが、果たして、その教えは正しく知られているでしょうか。
驚くほどに親鸞聖人の教えは誤解、曲解されています。
それほど、真実の仏教は聞き難いともいえます。
732さんのような愚問を繰り返す人が、相変わらず多いのですね。
木を見て森を見ず、の状態になってる人ばかりが多いのは、たいへん残念であります。
親鸞会で阿弥陀如来の誓願をド真剣に聞き求めていただきたいばかりです。

739 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:48:31 ID:vpPIh0NW
>>736
欲にかけて聞くからではないでしょうか?

740 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:51:17 ID:ZyCK7YMC
>>737
>>739
そうすることによって、
「これだけ(昨日より多く)出したから昨日より聞けているはず」などと思ったり、
「出してない人よりも、出している自分が聞けている」と思ったりしませんか?

741 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:52:00 ID:r86m1ASU
仏教は後生の一大事に始まり、その解決に終わると言われます。
逆謗の我々は因果の道理により、「従苦入苦」で、死後は苦しみの世界に入っていかねばならないのです。
私は、親鸞学徒ですから親鸞聖人、蓮如上人のお言葉で言いますが、
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり。」
両聖人の他の著述にも、明らかに示されています。
親鸞学徒であるのなら、後生の一大事は求道の第一でもありますし、常に心にかけねばならないことですよね。
また、聞き誤ってはならないのは、仏教は、ただ座って聴聞さえしておればよいというものではありません。
弥陀の本願を真剣に聞き求めていきますと、本当の自分の姿が照らし出されてきますし、また、人に法を伝えずにおれなくならねばならないはずです。
生活即求道といわれるように、因果の道理を深く信じて行いを正していかねばなりません。
聖人二十年間の、比叡山での修行の目的は、名誉でもなければ地位でもなかったのです。
ましてや、金や財や権力など論外です。
ただ、後生の一大事の解決一つであったのです。


742 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:56:42 ID:vpPIh0NW
740さんはお金がないのでしょうか?

743 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:58:41 ID:OmKlU1tc
きっとないのでしょう
ニートなんですね^^

744 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:00:07 ID:ZyCK7YMC
>>742
>>730で示したような手法で金銭を要求する団体に出すお金はないですよ。
>>740にもお答えください。

745 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:00:16 ID:vpPIh0NW
そうやって煽るから余計アンチ化しているのもあると思いますが・・・

746 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:02:29 ID:vpPIh0NW
>>745
聞けたと思うかは聞いた後でないとわからないと思います。
聞く前はそれだけ真剣に聞こうと思うものではないでしょうか?

747 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:02:46 ID:ZyCK7YMC
>>743
私は一般企業に就職して働いてますが、何か?

748 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:06:18 ID:Dt1sJVcI
「(他の宗教と違って)聞けばわかる教え」だの言っておきながら
聞いてわからない人に平気で>>725のようなことを言い出すのがs会。

749 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:07:50 ID:ZyCK7YMC
>>746
聞く前に出したお金の分だけ、聞けるものなんですか?阿弥陀仏の本願というのは。
あと、聞いた後に出すにしても「これだけ出したんだから」と
自分がそれだけ聞けて(救いに近づいて)いるつもりになってしまったりすることはありませんか?

750 :元々ぼら夫:2005/09/18(日) 01:11:13 ID:AA3D7N/1
>>737
いいカモやね、君w。しかも葱までしょってくるw
いっぱいお金出して、その見返りにT森センセ流親鸞解釈をたっぷり聞きなされ。
ちなみに、親鸞聖人の教えには、見返りはない。見返りを期待する漏れをあさましい
と思わせてくれる教えやろね。そこが尊いんちゃう?
財施を重ねた分だけ、聴聞重ねた分だけ得られるものがあるっつ〜、いやらしい凡夫の下心。
さらに、教団のために金集めるのは仏法のためやからOKと言って、その使い道についても
疑問をはさんだり、意見することもよくないとする中世封建主義ばりの不透明会計。
いいカモw

751 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:13:50 ID:vpPIh0NW
>>749
聞く前に出したお金の分だけ、聞けるものなんですか?

それだけ真剣に聞こうと思うものではないですか?
ただで聞くのと、お金出して聞くのでは真剣度合いが違ってくると思いますが・・・

752 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:13:56 ID:ZyCK7YMC
流れてしまったのでもう一回聞いておきます。

「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」
親鸞聖人・蓮如上人の言葉で、これ↑の根拠となる箇所はありますか?


753 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:17:44 ID:ZyCK7YMC
>>751
阿弥陀仏の本願というのは、聞く前に出したお金の分だけしか聞けないものなんですね?

754 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:18:36 ID:3WCbq1A+
>>753
後払いでもOKですよ^^

755 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:20:33 ID:vpPIh0NW
これ以上は同じことになりそうなので止めときます。

756 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:22:26 ID:ZyCK7YMC
>>754
後払いについての疑問は>>749を参照してくださいね、
>>726の「高森」さん。

757 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 01:34:52 ID:ZyCK7YMC
>>755
お付き合いありがとうございました。

あと、会員方にお聞きしたいのですが
「自分はこれだけ財施に励んでいるから、それだけ『救い』に近づいている状態にある」とか
「自分はこんなに、会に疑問を持たないようにし、疑問を抱けば自分が悪いのだと言い聞かせ、
財施で出した分だけ聞かせていただこうと思っているのだから、そうして来た分だけ阿弥陀仏の本願を聞けている」のように
思ったりしていませんか?

758 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 03:39:17 ID:4RHPca9+
次スレできてます。↓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126981236/l50

早めですが、ここがなくなったらどうぞ

759 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 09:16:54 ID:e+ByIrj/
はてなブックマーク 親鸞会
http://b.hatena.ne.jp/keyword/%E8%A6%AA%E9%B8%9E%E4%BC%9A
はてなブックマーク 浄土真宗親鸞会
http://b.hatena.ne.jp/keyword/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E5%AE%97%E8%A6%AA%E9%B8%9E%E4%BC%9A
はてなブックマーク 親鸞
http://b.hatena.ne.jp/keyword/%E8%A6%AA%E9%B8%9E
はてなブックマーク 浄土真宗
http://b.hatena.ne.jp/keyword/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E7%9C%9F%E5%AE%97


760 :606:2005/09/18(日) 11:44:06 ID:JyNYJSs+
>>687
どうも話が別方向にそれていく人ですね。
善がどうのこうの、の話ではなくて
私は慈悲のについての話をしています。

s会では、「凡夫に対して深い慈悲を他者に注ぎなさい」と教えている
ということはどうやらお認めになったようですが、
深い慈悲とは、仏の大慈悲を意味するとする根拠を既に出しました。

深い慈悲を凡夫が注ぐことが出来る、あるいは他者に注ぎなさい、と説かれた
真宗のお聖教上の根拠を出してください。

761 :606:2005/09/18(日) 11:55:12 ID:JyNYJSs+
>>686
>たくさんのひとに念仏称えてもらうほうがいいに
きまってるやないか。

あなたのその信条は、自信教人信の「自信」から出たものでしょうか?

他のかたも少しおっしゃってますが、祖師方がご布教なされたのは、
感謝懺悔しても御恩にむくい切れないという、やむにやまれぬ心情から
です。>>696さんの、

>「真実信心を獲ての仏恩報謝の念仏」は、如来のご催促の大行であり、
「一人で念仏するの」で はありませんから、上の問いは無効です。

に私も同意します。s会のひとは、自分が助かってもいないのにs会をでかくして、
s会信者を増やす、「威の大なること」を目指す活動ばかりに関心があるのは
本末転倒ではないでしょうか。


あと、「真成報仏恩」の「仏恩」は、「なにごとも報謝」の報謝と同義では
ないということで納得されたのですよね。

762 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 12:37:39 ID:e+ByIrj/
>726 :高森:2005/09/18(日) 00:21:02 ID:3WCbq1A+
>ガタガタ言ってねぇで黙って仏法聞けクズ

困ったものだね。
アンチの自作自演にも。

763 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 12:44:56 ID:Dt1sJVcI
>>762
揶揄と自演の違いもわからんのか。

764 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/18(日) 13:33:25 ID:+5rSCVQe
>>620
> 「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり。」が
> 「一切衆生必堕無間」の根拠です。

べし【可し】  助動  <広辞苑>
@ 当然の意。「口は慎むべきだ」
A 確実な推量の意。 「きっと…するだろう。…するに違いない。允恭紀「わが背子が来べき
宵なりささがねの蜘蛛の行ひ今宵しるしも」。
B 話し手の動作に付いて、意志・決意を表す。必ず…しよう。…するつもりだ。
C 可能の意。…することができそうだ。
D 命令の意。…せねばならない。

 「堕在すべきもの」は当然という意味の「べきもの」なのか。
 無間地獄に堕ちることだって、そりゃ可能性としてはあるでしょう。天に生まれることもあれば、
そりゃ無間地獄に堕ちることだって、可能性としてはあるでしょう。こういう意味だとは思わないの
か?
 当然という意味で解釈すれば、往生要集は嘘八百ということになる。
 日本の地獄思想は往生要集から始まるんだぜ。


765 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/18(日) 13:34:33 ID:+5rSCVQe
 必ず地獄に堕ちるというのはどういう場合か教えてやろう。

 これについて近頃は、この方の念仏者の坊主達、仏法の次第もっての外相違す。
そのゆえは、門徒の方より物をとるをよき弟子といい、これを信心の人と言えり。こ
れ大きなる誤りなり。また弟子は、坊主に物をだにも多く参らせば、我が力叶なわず
とも、坊主の力にて助かるべきように思えり。これも誤りなり。かくの如く坊主と門徒
の間に於いて、さらに当流の信心の心えの分は一つもなし。真に浅ましや。師・弟子
ともに、極楽には往生せずして、空しく地獄に堕ちんことは疑いなし。嘆きてもなお
余りあり。悲しみてもなお深く悲しむべし。  (蓮如)

 これについて、近頃は親鸞学徒の講師共、考え違いも甚だしく、仏法の本質とは
全く相違する。その理由は、学生会員より布施を取るをよき学徒といい、これを宿善
の人と言う。これは大変な間違いである。また、学生会員は、講師、会長の元に布
施を多くすれば、自分の力では極楽往生できなくても、宿善が積まれ、講師、会長
先生の力で助かるように思っている。これも間違いである。このように、講師、会長
と会員の間において、浄土真宗の信心の心など全く存在しない。まことにあさまし
い。講師、会長、会員共に、極楽に往生することなく、空しく地獄に堕ちることは疑
いようがない。嘆いてもなお余りあり。悲しみてもなお深く悲しんでこそ、当然であ
る。  (蓮如)

766 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:35:15 ID:e+ByIrj/
揶揄とはレベルが低いなー。

767 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:37:06 ID:e+ByIrj/
>>764
素直に読めばいいじゃん。

768 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/18(日) 15:07:37 ID:+5rSCVQe
 判断力のない学生の学業費にたかり、ゆする金権集団には、浄土真宗の信心な
ど微塵も存在しない。

 親鸞会会長の高森さんに信心があるなどとなどと言えば、これはヘソが茶を沸か
す馬鹿話。

 親鸞会学徒、親鸞会講師、親鸞会員が地獄に堕ちることは疑いようもない。高森親
鸞会は、まさに堕地獄の集団であることは、蓮如の言葉で明らかだろう。

769 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:56:48 ID:ednt9kL4
>名前: 渡海 難( p4013-ip01hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp) 01/12/31 12:18
>来世往生でも、現世往生でも、大きな違いはない。込み入った議論を説明をする場合、どこから話を切り出すと相手にスムーズに理解して貰えるかという、入り口の問題です。
>本当の問題はその次です。現世往生で切り出せば、次の議論はどうつながっていくのか。来世往生論から切り出せば、次の議論はどうつながっていくのか。次の議論がきちんと続かなければ、どちらも妄想、迷信そのものだ。
なるほど、そうですか。

770 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 19:50:38 ID:hyfTvtkW

「さてさて、開山上人の御流を申しみだすことの、あさましさよ。にくさよ」と、仰せられ候いて、
御歯をくいしめられて、「さて、切りきざみても、あくかよ、あくかよ」と、仰せられ候うと云々
仏法を申しみだす者をば、「一段あさましきぞ」と、仰せられ候うと云々

・渡海難さんは悪いけど他の所に行って下さい。

771 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 19:56:54 ID:IxozOD/F
>>770
そんなことじゃs会も信用されなくなるだろうな。
ただ人をののしるだけだから。

772 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 20:09:07 ID:R8STk07/
今日の昼も酷かったね。
本願寺にしても、やめた講師にしても、
徹底的に罵り、悪者にしなければ、
組織を維持できないのかね。

773 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 20:32:58 ID:UE/AC3ka
たしかに親鸞会はひどいよね

774 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 20:43:29 ID:IxozOD/F
都合悪くなると、思考停止のコピペだからね。
見ててうんざりするよ。

775 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 20:44:36 ID:ednt9kL4
個人的な意見としては、
浄土真宗って平等性を説く教えじゃないの?
議論するならともかく、ただただあれが悪いこれが悪いと他人の非難ばかりするのは建設的じゃないよ。
って思う。
多分、阿弥陀仏的にいえば、
あれこれ言うが、それでも心のどこかに興味や不安がある証拠。
親に反抗した事の無い子供がいない様に、やがては浄土真宗に帰するのだから、
温かく見守ろう。
ってな感じじゃない?

776 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 20:59:05 ID:HYkm7sE2
>>772
どんな話があったんですか?

777 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 21:34:14 ID:ednt9kL4
大谷派では、
清沢満之>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>蓮如


778 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:09:30 ID:ednt9kL4
本願寺派では、
江戸宗学>>蓮如>>>>>>>>>>>>>>>>>>親鸞


779 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:48:37 ID:UE/AC3ka
親鸞会では
高森≒親鸞>黙って金出す会員>>>>>>>>>>>それ以外のクズ

780 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 23:43:40 ID:qDq73pNd
2年ぶりに宗教板きたけど、まだS会スレ存在していたんだ。
ダミサ、思考停止なんら体質もかわっとらんな。

781 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 00:11:11 ID:ydPaLS4N
>>775
これもあなたの個人的な意見ね。
>もっと親鸞さんのように。良き人=法然さんに帰依したら。親鸞も独学するに従っておかしくなったけれどね。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126981236/20

782 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 00:26:47 ID:fjbJQws5
sage

783 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 00:38:10 ID:qMDo9EUS
無ければ無いで不安、有れば有るで不安。
これを有無同然と教えられました。


784 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 00:44:05 ID:ydPaLS4N
>>783
s会にお金出して、安心できましたか?

785 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 00:49:59 ID:ydPaLS4N
「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」
親鸞聖人や蓮如上人がこのように言って財施を勧めた根拠は?

財施が「救いを聞く」ための近道になるんなら、
さぞ口酸っぱく勧めてたんじゃないの?

786 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/19(月) 00:55:14 ID:FkPKC7nH
なんつーか、おまえら本物見る目ほとんどないんだから、
高森先生にしたがっとけって。

真宗に対する目的違いの考え、求め方しかしないから、
見当違いの意見を言うんだよ。

しかも、挙句の果てに本願寺マンセーかよ。
だったら、本願寺でも行って曽我量深大先生の教えでも聞いて来いよ。
はっきりするといいね。

787 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:00:06 ID:qMDo9EUS
万のこと、皆もって、空言たわごと、真実あること無しです。
本当に見当違いな意見も、むなしく宙を舞っているだけだよね。

788 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:01:27 ID:qMDo9EUS
ただ念仏のみぞマコトにておわします。



789 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/19(月) 01:02:06 ID:FkPKC7nH
だいたいよ、金儲けしてるとか言う人からの財施なんて、
おれだったら、受け取らないね。

仏教の基本がわかってないもん。

790 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/19(月) 01:03:07 ID:FkPKC7nH
高森先生も、おそらく、口には言わないけど、
心の中はおんなじこと思うんじゃないかな。

791 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:08:00 ID:ydPaLS4N
通行人には本物を見る目があるんだな?

792 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:12:33 ID:ydPaLS4N
>>788
念仏マコトとどれだけ聞けるかは、お金をどれだけ出したか次第。

お金の力は偉大だねぇ。

793 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:16:06 ID:3ARfZim4
>>789
だいたいよ、金儲けしてるとか言う人からの財施なんて、
おれだったら、受け取らないね

どうしてですか?喜んで受け取るものかと思っていました。
ちょっと驚きました。

794 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:38:49 ID:3ARfZim4
“金儲けしてる”の意味がわからないのですが、
金儲けを一番に重視している人という意味でしょうか?

795 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:47:33 ID:3ARfZim4
仏教の基本がわかっているかどうかですか?

796 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 06:54:41 ID:qMDo9EUS
仏教の基本はお金じゃないよ。

797 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 06:56:48 ID:qMDo9EUS
尊となく卑となく、貧となく富となく、
少長・男 女ともに銭財を憂ふ。
有無同然にして憂思まさに等し。


798 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 06:57:24 ID:qMDo9EUS
屏営として愁苦し、念 を累ね、慮りを積みて、
欲のために走り使はれて、安きときあることなし。



799 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 07:53:39 ID:qMDo9EUS
田有れば田を憂へ、宅有れば宅を憂う。
牛馬六畜・奴婢・銭財・衣食・什物、またともにこれを憂ふ。

800 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 07:54:16 ID:qMDo9EUS
火宅無常の世界ですね。


801 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:05:11 ID:SsvNlFE0
>ID:qMDo9EUS

スレッドの無駄遣いするひとは荒らしです。
即刻立ち去ることを要求します、

802 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:36:06 ID:fjbJQws5
べつにいいんじゃないの?
カリカリするなよ。

803 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:43:08 ID:7wrpyGoF
人間とは、どんなものか。

ここにきてると、それがまざまざと知らされる。

804 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:51:40 ID:7wrpyGoF
まことがないのが凡夫のまこと

805 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:55:58 ID:7wrpyGoF
自分の心に任せたら、闇に向かって走るだけ。

その末路は悲惨極まりないものですよ。

そう思いませんか。

806 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 09:03:39 ID:7wrpyGoF
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

807 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 09:08:41 ID:6Kqt2wwI
805さんのおっしゃる通りです。
皆様、真剣に阿弥陀如来の本願を聞き求めましょう。

808 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 09:34:08 ID:ydPaLS4N
>自分の心に任せたら、闇に向かって走るだけ。
>その末路は悲惨極まりないものですよ。

こう言ってお金をださせるようにしているわけですね。

809 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 09:38:22 ID:OJTldaGn
ナム━━━━(゚人゚)━━━━ッ!!

810 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 09:49:04 ID:ydPaLS4N
>燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

で、会へ疑問を呈したりするような人を「燕雀」と呼んで劣った存在と規定し
服従している自分たちを「鴻鵠」と呼んで、崇高な存在と位置づける・・・と。

こういう差別化の測り方は、ある種の団体によく見られる特徴なわけで。

811 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 10:28:19 ID:+ihsK/KJ
>>805
 T森に身を委ねると必堕無間、T森もろとも死んだら必ず無間地獄に転落します。



812 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 11:50:33 ID:+ihsK/KJ
 仏教の教えは奥が深い。
 親鸞会の人生の目的は、T森と一緒、通行人と一緒、れんこんと一緒、
文字通り、無間地獄に堕ちること。人生の末路は悲惨極まりない。

 それほどまでに、あなたは親鸞会に残り、通行人やれんこんと一緒に、
悲惨極まりない無間地獄に堕ちていきたいですか?。
 何のために、無間地獄に堕ちていきたいですか。

813 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 12:02:01 ID:9J05uLwX
7wrpyGoFさんの説得力のない発言もどうかと思いますが、
+ihsK/KJさんの弁もやりすぎだと思いますよ。

814 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 12:57:34 ID:qMDo9EUS
煩悩具足の凡夫ですから。
空言、たわごと、まこと有ること無しです。

815 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 12:57:43 ID:+ihsK/KJ
>>813
>+ihsK/KJさんの弁もやりすぎだと思いますよ。

 やりすぎでしたか。そうですか。それなら言い直しましょう。

 T森先生に身を委ねると必堕極楽、T森先生もろとも死んだら必ず極楽浄土に転落します。

 仏教の教えは奥が深い。
 
 親鸞会の人生の目的は、T森と一緒、通行人と一緒、れんこんと一緒、
文字通り、極楽浄土に堕ちること。人生の末路は楽しさ極まりない。
 
それほどまでに、あなたは親鸞会に残り、通行人やれんこんさんと一緒に、
楽しみの極みの極楽浄土に堕ちていきたいですか?。


816 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 13:12:58 ID:qMDo9EUS
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界は、
万のこと皆もって空事・たわごと
真実あること無きに、ただ念仏のみぞまことにて在します


817 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 13:14:57 ID:ydPaLS4N
>>814
凡夫(会員)が凡夫(会長)へとお金を動かしたところで、たわごとでしかないですよね。

818 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 13:15:21 ID:qMDo9EUS
いつ何が起きるか分からない、火宅無常の世界に住む、
煩悩にまみれた人間のすべてのことは、空事であり、
たわごとであり、まことは1つもない。
ただ念仏のみがまことなのだ

819 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 14:05:58 ID:Tqs0wi3b
>>818

そうですね。s会のやりかたをみていると、
金にまみれた火宅無常の世界に住んでいることを痛感します。

名誉欲とか権勢欲煩悩にまみれたT森のするすべてのことは、空事であり、
たわごとであり、まことは1つもないとつくづく思います。

ただ念仏のみがまことなのだ、という会員の発言も、
T森についていく俺らだけが正しく、あんたらはみんな地獄ゆきの哀れなものども、
というカルト発言にしか聞こえないのも悲しいことです。

820 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 14:11:15 ID:Tqs0wi3b
>>786
>なんつーか、おまえら本物見る目ほとんどないんだから、
高森先生にしたがっとけって。

T森が本物見る目がある?ばかいうな。
ダミーサークルや嘘つき勧誘を是認した時点で、悪知識で確定でしょうが。
一方で「善の勧め」とかいってるけど、まともな神経してたらやってられないと思うよ。
どうして会員は頭がおかしくならないのですか?

821 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 14:50:19 ID:3fG0uP9d
一般の人には学生のことをあまり知らない人が多いだろうし、
知っていても、法施が素晴らしい善だということを知らない人はないからだろうな。
あと、君らのような偏った考え方が存在すること自体知らない人も多い。

822 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 15:23:08 ID:/eOf7SjJ
というか、必堕無間が、すべての人の姿だということだから、いちいち言及しても仕方がないような予感。

823 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 15:24:37 ID:/eOf7SjJ
信心決定しても、「必堕無間」の姿は変わらないんで、しょ?

奥が深い?

824 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 15:52:40 ID:Tqs0wi3b
>>821
>知っていても、法施が素晴らしい善だということを知らない人はないからだろうな。

へえ〜?????
法施がすばらしいと思い込んでいるのは会員だけでしょ。
一般人にはそんなこたあ、知ったこっちゃない罠。

親にウソをつくように勧めること、
身分を詐称すること、
宗教でないとかうそをいって誤魔化すこと、
ダミサをつくったりすること、み〜んな
倫理道徳にもとる行為でしょ?

倫理道徳すらできないものが、「法施が素晴らしい善」などといっても
誰も聞くわけないだろ、ぼけ。

825 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 17:23:17 ID:4CSi6fmc
>>824

やんわり丁寧な口調かと思ったら、本性が出てきたな。
口先だけの、心の入らん聴聞しかしていないから、
知ったかぶりな知識、まともに響いてこない反論、
空事であり、たわごとであり、まことは1つもない
とは、このこと。
念仏のみまこと、もどう教えられているか、
とうてい心に残っとらんだろうね。




826 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:39:42 ID:L+/Ze1sb
ここはまた、アンチの暴言が激しいな。

827 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:41:55 ID:p8mrg5R3
>>825
824さんは1年も聴聞していなかった人ではないでしょうか?

828 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:44:47 ID:L+/Ze1sb
>>827
>>819-820を見る限りでは、そうは見えないな。


829 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:45:26 ID:ydPaLS4N
>>827
それか、お金の出し方が足りなかったとかでしょうか?

830 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:09:34 ID:QEkmUmAb
>法施がすばらしいと思い込んでいるのは会員だけでしょ。
>一般人にはそんなこたあ、知ったこっちゃない罠。
一般人ってどこにいるのー? 君は一般人かい? 一般人って何ー?

>親にウソをつくように勧めること、身分を詐称すること、宗教でないとかうそをいって誤魔化すこと、
>ダミサをつくったりすること、み〜んな
>倫理道徳にもとる行為でしょ?
すぐには言えない大事なこと・簡単に説明できない難しいことは、
仮の一時的な説明(事実とは異なることがある)をすることが
世の中ではたくさんあるんだけど、君はまだ経験したことがないんだね。
人に気を使った事がないんだろう。
早く社会に出てくれ。

>倫理道徳すらできないものが、「法施が素晴らしい善」などといっても
>誰も聞くわけないだろ、ぼけ。
小学生には分からないとは思うよ。

>ただ念仏のみがまことなのだ、という会員の発言も、
>T森についていく俺らだけが正しく、あんたらはみんな地獄ゆきの哀れなものども、
>というカルト発言にしか聞こえないのも悲しいことです。
会を否定したいけど、仏法の真実性が邪魔になって、
否定しようにもできない哀れな姿だな。
最後は自分の耳をおかしくして歪曲することしかできない。
君、仏語をどう受け止めてるんだ?
仏教は信じないというならそれはそれでいいが、あやふやなのが一番鬱陶しい。

831 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:17:53 ID:mf4JIK8t
856 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 09:24:11 ID:B8hOhXM1

残念だけどね、日本社会の法律で言えば許されてないよ。

札幌青春を返せ訴訟の一審判決抜粋。
http://www.glo.gr.jp/hanketu01.html

 第2の特徴は,被告協会の協会員は,上記のように組織的体系的目的的に宗教団体である被告協会への加入を勧誘等するに当たり,当初はこの点を厳に秘しているという点である。(中略)これは,勧誘に当たっての欺罔的手段を弄したものといわざるを得ない。

後になって,それが特定の宗教教義であることを明らかにしてみても,すでにその教義を真理として受け容れて信仰している以上は,
(中略)その宗教教義からの離脱を図ることは通常極めて困難というべきであって,こうした事態に立ち至る可能性があることにかんがみると,それは,その者の信仰の自由に対する重大な脅威と評価すべきものということができる。

そのような内心の自由に関わる重大な意思決定に不当な影響力を行使しようとする行為は,自らの生き方を主体的に追求し決定する自由を妨げるものとして,許されないといわなければならない。


刑事は免れるが民事じゃアウト。

832 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:20:31 ID:mf4JIK8t
過去スレにこんなレスが・・・


確かに大人に限らずだが、イイ嘘をつく人はいる。しかし、誰にでもか?
たいていはお互いに大切に思っていて、相手なら分かってくれるという強い信頼があっての話だ。

しかし、確かに例外として、運命的出会いを感じ、初対面の人に分かってくれと思いながら
嘘をつくこともあるかもしれない。
でも、この場合、相手に恨まれても文句は言わないという覚悟があって当然だ。
それを、嘘をつかれたとその人に言われて、逆ギレしてこれはイイ嘘だというなんて、見当ちがいのお門違い。
自己の行為の正当化にやっきになってる姿は、見ていてあきれる。

まして、毎年毎年、不特定多数の人数にイイ嘘と称して、人海戦術。
その内の何人かでも引っかかれば、儲け者とばかり、
嘘を勧誘する際の常套手段にしてしまってる状態は、イイ嘘の大安売り。
そこには罪の感覚も何もない。単に、人を呼び込むための手段にする言い訳でしかない。


833 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:21:38 ID:QEkmUmAb
>T森についていく俺らだけが正しく、あんたらはみんな地獄ゆきの哀れなものども、
>というカルト発言にしか聞こえないのも悲しいことです。
自分は弥陀の本願まことを知らされていて、退会後も弥陀の本願を真剣に聞き求めている、
というのなら自信を持ってそう言えばよかろう。
だが、弥陀の本願の真実性は否定できないが、聞くのはやめる、というのなら、
自分で、地獄へ行きますと言ってるようなものだ。
そんな奴が、今更「地獄ゆきなんて言うな」なんて言っても、ハァ?だよ。
ま、仏教を否定する立場なら言ってもいいぞ。別の問題が発生するけどな。

834 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:23:43 ID:mf4JIK8t
過去スレにこんなレスが・・・

「組織的嘘つき勧誘をする」からs会は悪なのであり、「組織的殺人を犯した」からオウムは悪なのです。
双方同じく巨悪を容認している宗教組織だから、s会とオウムは同じ悪質な宗教組織だと言っているのです。

835 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:36:32 ID:QEkmUmAb
>>831
よく分からんかった。特に、「意識的目的的」が。

>でも、この場合、相手に恨まれても文句は言わないという覚悟があって当然だ。
>それを、嘘をつかれたとその人に言われて、逆ギレしてこれはイイ嘘だというなんて、見当ちがいのお門違い。
イイ嘘の存在を知らないひとには、あるんだよ、って教えるのは相当。
キレないように教えるのが大事だな。

>双方同じく巨悪を容認している宗教組織だから、s会とオウムは同じ悪質な宗教組織だと言っているのです。
嘘=巨悪とか言って論理が破綻してるアレね。

836 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:48:43 ID:p8mrg5R3
>>833
弥陀の本願に救われなかったらすべての人は地獄行きなどの
高森先生から聞いた話は否定しないけれど他のことが原因で聞けないと
いう人は多いと思います。

837 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:15:00 ID:N3JCdl2w
平生業成のみ教えは他にありますか?

838 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:16:11 ID:N3JCdl2w
どれだけ色んな幸せを求めても心からの安心満足はないでしょ?そのまま
生きるのは、最後死ぬんだから努力するのも死ぬために頑張っていうことに
なるとは思いませんか?

839 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:16:46 ID:N3JCdl2w
ゴールがあれば、今までの苦労は報われるんだけど。

840 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:23:34 ID:7wrpyGoF
暴言吐いてる人たち

仏教の根幹は因果の道理だよ。

落ち着いて考えてみよう。

841 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:28:49 ID:L+/Ze1sb
何の目的もない、無意味な人生を送りたいとは
思わないよね、普通。

だったら答えは簡単じゃないか!

842 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:30:01 ID:7wrpyGoF
なかなかわからないのも、わかるけど…

仏縁あれかし、と思うほかない

843 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:35:03 ID:7wrpyGoF
過去スレにこんなレスが・・・ などど言って書いてあること

あたかもまことしやかにでっちあげることこそ巨悪だと思うよ。

少しでもわかった人が見たら、とんでもないこととすぐわかる。

844 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:37:20 ID:fjbJQws5
コピペごくろうさん。
過去スレからでも、荒らしになっちゃうよ。

845 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:40:29 ID:N3JCdl2w
うーん、みんな名無しだー俺も名無し。

846 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:40:42 ID:7wrpyGoF
いろんなこと書いてあるけど、自分の行き先考えたことある?

847 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:41:16 ID:N3JCdl2w
名無しは気楽でいいねー、何かいても責任ないしね、何でも書けるね。

848 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:42:00 ID:N3JCdl2w
名無しの書くことなんて信用できないよね。私のことも信用しなくていいっす。

849 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:43:34 ID:7wrpyGoF
このままでは、毎日毎日同じことを繰り返して、年老いて、死んでいく…

苦しむために生まれてきたことにならないか、そんなはずはない。

このままでは大変なことになるぞ

850 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:45:06 ID:7wrpyGoF
名無しだけど、書いてあること、そうだなーって思わない?

851 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:47:30 ID:G37np+LZ
キチガイ児玉タンはまだいますか?

852 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:50:25 ID:fjbJQws5
名無しの話題がすごいな。

なんか、どーでもいい。

853 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:04:25 ID:3MrX0lFh
名無しでもかまいません。
過去スレの名文コピペ、納得コピペ、おおいに結構です。
はじめて見ている人も多いのだから、名文は、繰り返し載せてください。

854 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:04:46 ID:3tSnl0p/
>>840
>仏教の根幹は因果の道理だよ。
落ち着いて考えてみよう。

ホントだ、s会と騙された会員たちらの末路はさぞかし悲惨なんだろうね。

855 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:06:54 ID:3tSnl0p/
>>836
>弥陀の本願に救われなかったらすべての人は地獄行

まあ、勝手に信じるのは結構だが他人には押し付けるなよ。
おまけにえらそうに押し付けやがる。大迷惑だ。

856 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:07:53 ID:3MrX0lFh
854よ、840は、あなたのような者に対して言ってるのよ。
誤解、勘違いしないでね。
あなたが刈り取らねばならない悪果を心配して忠告してるんだよ。

857 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:09:05 ID:3MrX0lFh
855よ、あなたが信じようが信じなかろうが、真実は真実なんだよね。

858 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:16:14 ID:fjbJQws5







なんだかつまんない展開だな。

859 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:23:18 ID:FhJDP/LI
金遊記
s会とあわれな下僕たち

860 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:28:38 ID:rCQxUI/U
>>851
学生か知らんが、個人情報は出さんように。

861 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:30:54 ID:QEkmUmAb
>>ついにアンチは極楽や地獄が嘘だと言うに至ったのか。
>>カルト確定だな。
>またs会お得意の歪曲&切り分批判だね。
カルトってどういう意味か知ってるのか?
「伝統宗教」の対立概念だぞ。
伝統仏教の最も基本的な要素である「極楽」や「地獄」まで否定して、
「s会が間違い」という信仰を貫こうとする君らはカルト確定なんだよ。
分かったかい、カルト君。

862 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:35:29 ID:rCQxUI/U
子供のけんかだな。

863 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:39:48 ID:QEkmUmAb
>まあ、勝手に信じるのは結構だが他人には押し付けるなよ。
>おまけにえらそうに押し付けやがる。大迷惑だ。

弥陀の本願に救われなかったらすべての人は地獄行きなどの
高森先生から聞いた話は否定しないけれど他のことが原因で聞けないと
いう人は多いと思います。

↑これが押し付けか?
勝手に押し付けられてると信じるのは勝手だが、人には押し付けないことだ。
迷惑だからな。

864 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:46:12 ID:fjbJQws5
法然、親鸞両上人が、国家の法により裁きを受けた訳で、この時点から既に大衆からは
現代で言う「カルト」扱いをされていた訳なんだろうな。


865 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:48:31 ID:fjbJQws5
その中でも、粛々と布教された訳だ。

見習うべし。

866 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:50:17 ID:XIrV3frt
>>865
嘘つかずに粛々とね。

867 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:56:30 ID:L+/Ze1sb
「ゆう」や「まるゆ」は普通に out of base だと思うけど・・・

868 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:01:51 ID:ydPaLS4N
>>864
法然上人や親鸞聖人が「現代でいうカルト扱い」されたのは、
やはり
「宗教とは関係ないよ」などと言って組織的に勧誘したり
財施如何で「聞けるか聞けないか」(救われるか救われないか)を説いたり
自分の教団以外の人間を蔑視ししたりしたからでしょうか?



869 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:23:53 ID:xmBukXAg
言葉は恣意的で使う人たちの間で意味することは変わってくることを考えよう。


870 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:24:04 ID:ypxCX/ve
救われるのに財施が必要?
違うでしょ?

大事なのは財施をしようと思う気持ちだよ。

871 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:25:58 ID:GUjAnsIS
>「宗教とは関係ないよ」などと言って組織的に勧誘したり
「聖道仏教とは関係ないよ」などと言われたのかもしれません。

>財施如何で「聞けるか聞けないか」(救われるか救われないか)を説いたり
苦労した分だけ心がかかるっていうのは仏教に限らない世間の常識だな。

>自分の教団以外の人間を蔑視ししたりしたからでしょうか?
徹底的に批判はされてますね。でも「蔑視」とは違和感がありますな。

872 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:34:50 ID:rJ3+FNYK
>今度西本願寺が260億円を集めて、自らの懐を肥やそうとしているが、
>其の為に、うちの寺には、掛金が320万円程掛りそうです。
>檀家は減っている上、お布施も減っているこのご時世に、本願寺は
>こんな巨額の金で何をしようとしているのか?。
>今迄何べんも巨額の金を集めて、いったい本願寺教団はどの様に変わったのか?
>全く変わらないばかりか、現状は悪くなるばかりである。
>もう大金をどぶ川に捨てる様な事はしたくない。

どこも大変だね。


873 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:24:04 ID:mB9ImzCX
>>858

もともとつまんないもんさ。

874 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:26:41 ID:838zHtJr
こんなところの文章を名文扱いですか?はあ?

875 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:28:00 ID:838zHtJr
平生業成の教えはこの世で決勝点があると言う教えです。

876 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:29:09 ID:mB9ImzCX
人から何か言われると、押し付けと言われる。

言われてることが正しくても…

どれだけ損をしていることか

877 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:29:23 ID:838zHtJr
この世に何一つ、裏切らないものはありません。何一つです。ただ阿弥陀仏
の本願のみが真実です。

878 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:32:22 ID:mB9ImzCX
光に向かって進むものは栄え、

闇に向いて走るものは滅ぶ

879 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 07:33:25 ID:mB9ImzCX
まことその通り。

880 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 09:06:18 ID:ny+VgLcL
親鸞会は、唯一絶対の宗教、阿弥陀如来の誓願を正しく伝えているのです。
しかし、他の邪教と同一の範疇、枠組でしか捉えてない人が、多いのが残念です。
これは、人間には、真実を真実と見極められるほどの眼光がないということなのです。
要するに眼が節穴なのです。
私もそのうちの一人でしたが、阿弥陀如来の「必ず絶対の幸福にしてみせる」という広大無辺なお力により
現在、真実の道を進ませていただいている身の幸、喜ばずにおれません。
何とか皆さんも、阿弥陀如来の救いの厳存を知っていただきたいと思うばかりです。
限りなき過去から私たちの生命は苦しみ迷いの世界をへめぐってきました。
ともに仏教を聞き求め、弥陀の誓願に救いとられ、ともに真の幸福、絶対の世界に生きたいものです。

薬を飲んで病気が全快したものからすれば、ハッキリしすぎているのです。
自分が病気だという自覚症状のない者からすれば、全快した者が、いくらその薬のすばらしさを説明したところで、なかなかわからないのも無理はない。
だが、死ぬ間際になってうろたえても遅いのです。
心のこうべをたれて聞かせて頂きましょう、阿弥陀如来の本願を。
仏法(弥陀の誓願)を聞くのが最も賢い生き方、幸せな生き方、尊い生き方である。早く気づいてね。




881 :聞法にまさる、獲信の因縁なし:2005/09/20(火) 10:03:28 ID:1B/I3xir
>>457

では、どのように用心すれば、宿善到来するのか。
「信心は、聞くにきわまる」
と、仰せのように、聴聞を、心がけるしかない。

根拠は勿論、釈尊の 『本願成就文』 である。
阿弥陀仏の本願を説くことを、出世の本懐とされた釈尊が、その弥陀の救いの
本意を、開顕されたのが 『本願成就文』 であることは、言うまでもない。

『成就文』 に、釈尊は、
「聞其名号 信心歓喜」 (その名号を聞くものを救いとる)
“これが弥陀の誓いである” と、されている。
「その名号」 とは、仏法の、すべてであるから、
「仏法は聴聞にきまわる」 ことになる。

『大無量寿経』 巻末にも、こう、説かれている。

「仏、弥勒に語りたまはく、其れ彼の仏の名号を聞くことを得て、歓喜踊躍し
乃至一念すること有らん。当に知るべし。此の人は大利を得と為す、則ち是れ
無上の功徳を具足するなり」

882 :聞法にまさる、獲信の因縁なし:2005/09/20(火) 10:10:02 ID:1B/I3xir
弥陀の救いは、聞に極まることは、歴然としている。
よって釈尊は、次に、聞法の覚悟を、説かれるのである。

「設ひ大火有りて、三千大千世界に充満せんに、要ず、当に、此を過ぎて是の
経法を聞き、歓喜信楽し、受持読誦し、如説に修行すべし」

親鸞聖人は、この仏意を、

「たとひ、大千世界に
みてらん火をもすぎゆきて
仏の御名をきくひとは
ながく不退にかなふなり」 (浄土和讃)

と、述べ、真剣な聞法を、すすめられる。

蓮如上人も 『御一代記聞書』 に、

「至りて堅きは、石なり、至りて軟なるは、水なり、水よく石を穿つ。 『心源
もし徹しなば、菩提の覚道、何事か成ぜざらん』 といえる、古き詞あり。
いかに、不信なりとも、聴聞を心に入れて申さば、御慈悲にて候間、信を獲
べきなり。只、仏法は聴聞に極まることなり」


883 :聞法にまさる、獲信の因縁なし:2005/09/20(火) 10:16:49 ID:1B/I3xir
また、
「陽気・陰気とてあり、されば、陽気をうくる花は、早く開くなり、陰気とて、
日陰の花は遅く咲くなり。
かように宿善も遅速あり。されば已・今・当の往生あり。
弥陀の光明に遇いて早く開くる人もあり、遅く開くる人もあり。兎に角に信・
不信ともに、仏法を心に入れて聴聞すべきなり」
とも、教えられている。

不断に聞法精進する人は、陽気をうける花の如く、早く宿善開発し、救われ
る(信心獲得)が、聞法を怠る者は、日陰の花のように、宿善開発の、開花が
遅れる。
「火の中を、分けても法は、きくべきに、雨風雪は、もののかずかは」
きびしい、蓮如上人の教誡は、そのためである。

善導大師は 『観経疏』 に、
「過去已曽、修習此法、今得重聞、即生歓喜」
と説き、
“過去世で、この法を聞いてきた人が、今生で、重ねて聴聞することによって
信心獲得できるのだ”
と、聞法即宿善を明らかにされている。

以上の、ご教示で、真剣な聞法に勝る、宿善開発(信心獲得)の、ご縁はな
い、ことが分かる。


884 :元々ぼら夫:2005/09/20(火) 10:51:19 ID:y7SIfhru
>>883
この大経の「聞其名号」の「聞」を親鸞聖人は「仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし」
と釈される。阿弥陀仏がもと何の為に本願を起こしたもうたのか、を如実に聞き、
疑う心有ることなきことを指して信心とは申すのである。


885 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 11:48:22 ID:ny+VgLcL
真剣な聞法に勝る、宿善開発(信心獲得)の、ご縁はないのですね。
良き先生から教えを真剣に聞かせていただかねばなりません。
心のこうべをたれて高森先生から聞かせていただきましょう。


886 :元々ぼら夫:2005/09/20(火) 12:04:56 ID:y7SIfhru
>>885
別にT森センセの話が縁となって、仏願の生起本末を聞かせていただいたならそれでもよし。
親鸞聖人のご著作を読んで仏願の生起本末を聞かせていただいたのならそれでもよし。
妙好人の話からいただくもよし。おじいさん、おばあちゃんの話からいただくもよし。
坊さんの話聞いていただくもよし。それぞれの御縁にあわせればよろしかろ。
弥陀のはからいにまかせまいらすべし。


887 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 12:35:16 ID:ny+VgLcL
「陽気・陰気とてあり、されば、陽気をうくる花は、早く開くなり、陰気とて、
日陰の花は遅く咲くなり。
かように宿善も遅速あり。されば已・今・当の往生あり。
弥陀の光明に遇いて早く開くる人もあり、遅く開くる人もあり。兎に角に信・
不信ともに、仏法を心に入れて聴聞すべきなり」
とも、教えられている。

不断に聞法精進する人は、陽気をうける花の如く、早く宿善開発し、救われ
る(信心獲得)が、聞法を怠る者は、日陰の花のように、宿善開発の、開花が
遅れる。

聴聞会場は最も日向(ひなた)と申しましょうか、阿弥陀如来の光明がいちばん届いているのですね。

「只、仏法は聴聞に極まることなり」なのですね。

888 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 12:49:58 ID:q/T3GmCp
>他力は綱渡りに喩えられないだろうか?
>恐れて綱にしがみついてるうちは、より恐怖感に囚われてるが、
>手を離すことが出来たら、すいすい進んでいくでしょう。
>ただし、落ちないという保障は無いのだから、なかなか出来ないだろうね。
>地獄は一定のすみかぞかし・・。

そりゃ、どうかね?

889 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 13:24:02 ID:JSMHTSMR
>>885

本当にそうだね。真剣な聞法に勝る御縁は有りませんね。



890 :元々ぼら夫:2005/09/20(火) 15:13:25 ID:y7SIfhru
>>887
光明遍照十方世界。聴聞会場でも、うちの台所でも、出張先のホテルでも、どこでもよし。
自力執心ふり捨てて、ただ大悲招喚の勅命を聞け。


891 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 15:15:05 ID:slfBI4Lb
よいウソ、悪いウソというが、
されど、ウソは、ウソ。

ウソは妄語で十悪。
配慮を勧める、とはウソを勧める、ということ。

892 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 16:51:55 ID:+dRvd1XX
ID:1B/I3xir
ID:ny+VgLcL
その調子で、親鸞聖人や蓮如上人が
「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」
と言って財施を勧めた根拠を出して頂きましょう。

893 :キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!:2005/09/20(火) 18:03:35 ID:mk8YLf++
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050920-00000407-yom-soci
西本願寺侵入「門主殺すつもりだった」容疑の男追送検

そういやぁ、オウムがS学会のI田の自宅にサリンをばら撒く計画があった
「計画が実行されて殺されればよかったのに」といってた会員がいたなぁ

894 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:08:43 ID:jR1R3IEK
「仏法は聴聞に極まる」

大切なのは、聴聞ですね。

895 :松井二郎:2005/09/20(火) 18:33:31 ID:ypxCX/ve

とりあえず、一日三食は体にとって毒でしかないので
朝食代は財施されることをお勧めします。


896 :元々ぼら夫:2005/09/20(火) 18:57:50 ID:y7SIfhru
>>894
いくら真剣に聞いても、教えそのものが間違っていれば効果なし。
マラソンで一等賞をとるのに、真剣にそろばんの練習した所で効果なし。
むづかしいことなど何もない。「仏願の生起本末聞いて疑心あることない」ように聞けっつ〜コト。


897 :元々ぼら夫:2005/09/20(火) 20:02:15 ID:y7SIfhru
財施したら、「仏願の生起本末」聞くことに近づけるんかいな。ダミサ勧誘したら、
近づけるんかいな?せいぜいT森センセの手下に「よくがむばつたね。これからもその
調子で仏法聞かせてもらいましょうね」なんて、頭ナデナデされて、悦に入るのが
関の山なんちゃう?肝心の信心決定については、五里霧中のまんま。
光に向かって虫が集まる。飛んで火に入る夏の虫。誘蛾灯がバチバチ音立てとるw。


898 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:06:59 ID:SMZEni8z
どうやら次スレはいらないようですね。
s会はただただ雑言を重ねているだけですし、
s会の誤りは既に露見されていることですし。
もはや勝負あり。
これ以上のレベルの低い罵り合いは詮なし。
みなさまお疲れ様でした。

これより、ここはs会の崩壊を観察、見守るスレとなります。
たまに懐疑派会員の相談を受けつつも
和やかにマターり進行していきましょう。

899 :波木井坊竜尊 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/09/20(火) 20:09:02 ID:Riw79kAm
創価・公明板はwikiにまでイタズラ書きしないように言ってほしい。
珍乱会の連中に。

900 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:19:16 ID:q/T3GmCp
>ところで真宗は農民層にひろまりましたが、まさか彼らが難しい理屈を
>議論して楽しんでいたわけはないでしょう。
>頭の中は阿弥陀様におすがりして後生を願う一心だったと思いますが
>それだけでああも普及するものでしょうか?
>みんなで集まってお話を聞いたり念仏を称えたりする、ってのは当時においては
>楽しい娯楽でもあったのではないでしょうか。

そうかな?

901 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:20:21 ID:q/T3GmCp
ん?
次スレって、ここだろ?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126981236/l50

902 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:31:41 ID:FHi3eUbz
アンチから敗北宣言が出されたようですな。
だが、それくらいでは手綱をゆるめるわけにはいかんな。
叩き続けるべし。

903 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:45:44 ID:ypxCX/ve
>>356
つ 【元ネタ】http://gazo14.chbox.jp/doujin-pink/src/1122277174145.jpg

最近つまんねーから、昔世話になったカルト教団のスレで、
原液信者のふりして遊んでるwww

904 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:48:08 ID:ypxCX/ve
なんちゃって

905 :あまりにも、ひどい中傷:2005/09/20(火) 20:53:24 ID:1B/I3xir
>>883

このような、師主知識の教化を仰ぎ、親鸞会は、始終、過去世に聞法少なき
者は、今生で、真剣に、聴聞を重ねなければならない、と、説き続けてきた。

暑ければ、聞法中でも扇子を使い、足が痛めば、何時でも投げだす。飲みた
くなれば、聴聞中でも煙草をのみ、ねむたくなれば、前後不覚に舟をこぐ。
近くに法筵があれば詣るが、少し遠方だと、詣る気を失う。
こんな聞法で、信心獲得できる筈がない。

親鸞聖人、仰せになって、いるではないか。
「たとひ大千世界にみてらん火をもすぎゆきて、仏の御名をきく人は、ながく
不退にかなふなり」

「ながく不退にかなう」
とは、
永久に変らぬ安心と満足、絶対の幸福になることで、信心獲得の体験である。
では、どんな人が 「ながく不退にかなう」 のか、
“大宇宙に充満している、火の中も、くぐりぬける覚悟で聞法する人は”
である。
居眠り半分に聞いて、獲得できる信心ではない、と、仰有っている。


906 :あまりにも、ひどい中傷:2005/09/20(火) 20:59:00 ID:1B/I3xir
これら善知識方の仰せを、そっくりそのまま、説き続けている親鸞会を、
「まず諸善をつめ、諸善さえつめば、信心獲得できるとすすめる」
と、非難なさる、のである。

子供でも、クビをかしげるようなことを、本願寺は、ヌケヌケと仰有る。
親鸞会を少しでも、知っている者は驚き、かつは呆れるのも、無理はなかろ
う。
もっともらしく、書きつらねてある、回答書のすべてが、こんな調子で、事実
を知るものからすれば、噴飯ものなのだ。

“論より証拠” といわれる。
「聞法はすすめている」 と、胸を張られる、本願寺の本堂はガラガラでも、非難
受ける親鸞会は、年中どこでも、会場難で、主催者は頭を悩ます。
折角、探しあてた広い会場も、人で溢れて、たちまちパンクするからだ。

たとえ、親鸞会の、著書や講演を知らずとも、この事実が、最も雄弁に証明す
るだろう。
「親鸞会は、諸善さえつめば、信心獲得できるとすすめる」
という、本願寺の非難が、いかに、デタラメな中傷か、ということを。

あまりにもひどいウソを、とりあえず指摘し、本願寺の注意と責任を、喚起
しておく。


907 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:11:23 ID:ts0aZQ8r
懐疑派会員のための一口メモ
>>905-906
つまり、信心欠場のための必要条件がある説ですな。
財施をいくらしてもしたりない心が信心を頂くためには必要らしいですわ。


908 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:12:43 ID:4e7D2mdW
.

909 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:16:09 ID:ts0aZQ8r
誠意みせろや、信心ほしいんだろ? T森先生の所でしか救われへんのやで〜bys会

910 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:20:31 ID:4e7D2mdW
>>895
個人情報は出さないように。ルール違反ですよ。

911 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:28:02 ID:Apc5QNtm
で、誰か救われましたか?

912 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:51:32 ID:9qz2uFhD
多くの方が、真実の信心を獲得なされています。
信心決定されている方から直接、話を聞きたければ、親鸞会の御法話に参詣されて、年配の方にお聞きすればよいと思います。
知り合いの信心獲得されている方を紹介してくださるでしょう。
話を聞くのも尊い仏縁となるでしょう。
何人かの方からか、直接、話が聞けることでしょう。
そういう方々は、皆、口を揃えて仰ることは、
「阿弥陀如来の本願をたてておられる御心を正しく説いてくださる高森先生から聴聞させていただくのが、最も大切です。」
ということです。
聴聞会場はいわゆる日向で、阿弥陀如来の光明がいちばん届いております。
聴聞会場に足を運び真剣に聞かせていただくことが、何よりも幸せへの近道、賢い生き方です。
難度海に溺れているあなたを絶対の幸福に救わんと今も力つくされているのが阿弥陀如来です。
911さんが思うほど真実の仏法は甘くないし、皆さんや私程度の頭で、真実の仏教は、こうあるべきだという判断などできないのですよ。
良き先生から教えを真剣に聞かせていただかねばなりません。
心のこうべをたれて高森先生から聞かせていただきましょう。
信楽の身に救われたとき、「申し訳ありませんでした。よくも、この口、裂けなかったものだ。」と無二の懺悔をさせられることでしょう。
皆さんのまことの仏縁を念じております。
真剣に、親鸞会で聴聞していただきたいと思います。


913 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:01:56 ID:srnh9c86
>>910

ID:ypxCX/veの書き込みのうち
>>870>>895は会員を装っているようだけど

>>930>>904はアンチの立場っぽいね。
もっともこれは、書き込みミスした感じがする・・・
専ブラの調子でも悪いのかなw


914 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:04:41 ID:0/09Vo05
違うってwww

915 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:10:53 ID:srnh9c86
誰だよ、お前>>914

916 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:11:51 ID:0tbPUNGi
>これら善知識方の仰せを、そっくりそのまま、説き続けている親鸞会

・教団への財施の勧め方
>「お金を出した分だけ聞けるんだ。出さないのはそれだけしか聞けていないということだ。」
                             s会

>いかに宝物を仏前にもなげ師匠にも施すとも、信心欠けなばその詮なし。
>一紙半銭も仏法の方に入れずとも、他力に心をなげて信心深くば、それこそ願の本意にて候はめ。
>すべて仏法に事を寄せて世間の欲心もある故に、同朋をいいおとさるるにや。
        親鸞聖人

>これについて近頃は、この方の念仏者の坊主達、仏法の次第もっての外相違す。
>そのゆえは、門徒の方より物をとるをよき弟子といい、これを信心の人と言えり。
>これ大きなる誤りなり。また弟子は、坊主に物をだにも多く参らせば、我が力叶なわずとも、
>坊主の力にて助かるべきように思えり。これも誤りなり。かくの如く坊主と門徒 の
>間に於いて、さらに当流の信心の心えの分は一つもなし。真に浅ましや。
>師・弟子ともに、極楽には往生せずして、空しく地獄に堕ちんことは疑いなし。
>嘆きてもなお余りあり。悲しみてもなお深く悲しむべし。  
                              蓮如上人

そっくりそのまま???

917 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:13:42 ID:4e7D2mdW
>>914
じゃあシンパさんなの?

918 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:16:22 ID:0/09Vo05
学生さん?

919 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:16:35 ID:srnh9c86
>>917
おいおい、んなわけねーだろ?
だったら>>903のカキコ、説明してみろよ

920 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:20:10 ID:0/09Vo05
学生だなw

921 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:21:53 ID:srnh9c86
何でそーなるんだよ( ´,_ゝ`)プッ


922 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:23:24 ID:0/09Vo05
お仕事ご苦労様w 

923 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:25:32 ID:0tbPUNGi
>多くの方が、真実の信心を獲得なされています。

後輩「先輩は信心決定してるんですか」
先輩「してるよ」←後に嘘と分かる

アニメ販売の会員「こんにちはー。c企画から参りました」
ご在宅の旦那「君はs会の人だろう」
アニメ販売の会員「え、し、しらん会?」←前もって販売講習で教わるごまかし方

嘘が平気な人らの言うことを今更信用しろと?

924 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:26:11 ID:rkrytZ5r
なるほど、アンチの書き込みミスにしたかったわけだw

925 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:36:27 ID:rkrytZ5r
あれ?でも、>>910でも指摘してるように
>>895では個人情報を晒してるけど、
会員による自演なら、M井さんは売られたのか?
でもやっぱり、これはあり得ないと思う・・・

やっぱりアンチの仕業(+失敗)と見るのが自然かも・・・

926 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:39:06 ID:4e7D2mdW
シンパさんで嫉妬してる人とみるのは?

927 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:40:23 ID:LyBw83JA
夢の世に

夢見てくらす夢人が

夢物語 するも 夢かな

928 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:40:29 ID:rkrytZ5r
>>926
どういうこと?
もうちょい説明キボン

929 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:41:44 ID:LyBw83JA

今日ほめて明日悪く言う人の口 泣くも笑うもウソの世の中

930 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:42:35 ID:LyBw83JA

夢の世に 夢見てくらす夢人が

夢物語 するも 夢かな

931 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:48:56 ID:0cuEyncl
M井二郎って誰? 講師?

932 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:50:11 ID:rkrytZ5r
多分違うと思う・・・
>>910によれば会員なのは確かみたいだね。

933 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:50:14 ID:q/T3GmCp
かなしきかなや道俗の
良時吉日えらばしめ
天神地祇をあがめつつ
卜占祭祀つとめとす

一番最初に親鸞聖人がすごいと思った和讃です。
真宗でも友引の日には葬式をしないそうですが、
それは火葬場が休日なので仕方なくしないのだそうです。
本当の様な気もしますが、門徒も友引に葬式をする事を
いやがる人は多いのではないでしょうか。

934 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:51:47 ID:9qz2uFhD
浄土や地獄の実在は、
私たちが、月の光で月の存在を認めるが如く、
仏智を諦得すれば、鮮やかに知らされるのですが、
923さんのような人達には死ぬまでわからないかもしれないですね。
人間が信ずるとか、信じないとか、あると思うとか、無いと考えるとか、いうような主観的な意識を超越して常住するのです。
浄土や地獄の実在もそうですが、この世に浄穢苦楽の別あるが如く、来世にも、最も幸せな世界と、三悪道のような悲惨な世界があるということは、当然なことなのです。

無常、罪悪、因果の道理...
「真実」は、我々愚かな人間の考えや都合とは関係がないのです。
思えるとか思えないとか、
驚くとか驚かないとか、
感ずるとか感じられないとか、
こちらの都合でどうにかなるものではないのです。
ここに真実の厳粛さがあります。
はやく気がついていただきたいと思います。

「呼吸のあいだ、すなわちこれ来生なり。一たび人身を失いぬれば万劫にもかえらず。この時悟らざれば、仏、衆生を如何したまわん。願わくは深く無常を念じて、いたずらに後悔をのこすことなかれ」 『教行信証』行巻


935 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:55:33 ID:0tbPUNGi
934さんは、「自分の信じてる宗教が真実であってほしい」という
「自分の都合」から仰っているんではないですか?


936 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:01:34 ID:0cuEyncl
なんでここで誤爆されるレスって
わざわざリンク先をコピペしたやつでしかもエロ絵ばっかりなんだろうな。

これって、あるレスを境に突然増えたよな。


937 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:04:55 ID:rkrytZ5r
確か・・・、猫の絵を張ろうとしてたんだっけ?w

938 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:14:03 ID:q/T3GmCp
私の先祖(ひいひいじいさん)は石川県の出で開拓団について北海道に
渡りました。でなかったらひいじいさんは日露戦争で203高地攻めで
死んでいたことでしょう。村ぐるみだったようです。

939 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:17:02 ID:9qz2uFhD
弥陀の本願まことにおわしまさば、
釈尊の説教、虚言なるべからず。
仏説まことにおわしまさば、
善導の御釈、虚言したまうべからず。
善導の御釈まことならば、
法然のおおせそらごとならんや。
法然のおおせまことならば、親鸞がもうすむね、
またもって、むなしかるべからずそうろうか。
詮ずるところ、愚身の信心におきてはかくのごとし。

歎異抄、親鸞聖人のお言葉です。
これ以上ハッキリしたことはないという大自信ですね。
弥陀の本願、聞き求めましょう。

940 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 00:26:38 ID:K5Z04rcf
>>931
殉教者

941 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 01:14:32 ID:d1ez+G0S
↓ここに小説wとか書いてる人でしょ
二郎の書斎
http://www.j-lib.com/top.html

因みに、ここに写真つきコメントが・・・
http://www.nattou.co.jp/voice.html


942 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 06:14:55 ID:bO+fvyNG
私の健康法指導では、大豆製品は豆腐に限っていたんですが、
これはちょっと考え直さなければならないかもしれません。まいったな……。


宗教グループ親鸞会幹部 松井二郎

943 :606:2005/09/21(水) 06:24:15 ID:SvhyByKR
「606さんへ」さん、
>>761>>762
の回答はどうなりました?逃亡ですか?

次スレでも結構ですから答えてください。
まってますので。

あと、660さんへもね。
>>157>>658-660 >>>696とか。

944 :606:2005/09/21(水) 06:26:56 ID:SvhyByKR
>>943

アンカーミス「606さんへ」さん、
>>762でなく、
>>760に答えてください。

945 :606:2005/09/21(水) 06:37:51 ID:SvhyByKR
>>934
>仏智を諦得すれば、鮮やかに知らされるのですが、
>923さんのような人達には死ぬまでわからないかもしれないですね。

>>934さんを初めとするバリ会員さんたちは、とどのつまり、
T森さんとT森さんの語る真実なるものを信じているだけなんですよ。

「923さんのような人達」と上から見下し、あるいは、
「君らには死ぬまでわからないのさ」などと親鸞聖人も捨て台詞を
吐いたのでしょうか。
ともあれ、自分の会(先生)にしか真実がない、と主張している限り、s会は
カルトの烙印を押され続け、こういう掲示板でいつまでも叩かれる宿命に
あることでしょう。

946 :高森・児玉・菊谷トリオ:2005/09/21(水) 06:57:20 ID:s6E7FtlX
ガタガタ言ってねぇで黙って金出して仏法聞けクズ

947 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 07:26:12 ID:2yvGG+lt
>先日坊さんと話してたのですがね、理解不能な所がありました。
>念仏申せば今助かるはず、でも助からないのは自分がわかってないからと
>言ってましたが・・自分をわかればなぜ助かるわけですか?
>また、そこになぜ念仏が関わるのですか?
>「本願を信じ、念仏申せば浄土に往生する・・」メモったんで間違いない。
ん?

948 :みづえ:2005/09/21(水) 07:54:53 ID:Lz64p9UD
>>946
 財施はその人の気持ちです。出したくないのに無理に出さなくていいです。
 あんたは全然仏法理解できなかったんですね。

949 :高森・児玉・菊谷トリオ:2005/09/21(水) 08:02:07 ID:s6E7FtlX
>>948
てめぇもガタガタ言ってる暇があったら
「なぜ生きる」を100冊くらい買え

950 :親鸞学徒:2005/09/21(水) 08:24:33 ID:rS/Pfwgq
 全人類にとって最も大事な「苦悩の根元」と「その解決法」を教えられた親鸞聖人に、心のこうべを垂れてぬかずき、心よりご恩を感じさせていただいております。
 アカだらけ、泥まみれの汚れ切った自分を、少しもそう思わずに生きてきました。
 しかし仏法と出遇い、今まで犯してきたいちばん重い罪とともに、どんどん落ちていく自分を見せつけられました。
 地獄の火坑にほうり込まれ、かま底をたたいたと同時に浮かび上がり、大安心、大満足の境地に至らせていただけた幸せは、どう考えても不思議の中の不思議です。
 いつでもどこでも地獄必定の極悪人が、極善無上の幸せ者とは、過去どんなご縁があったのでしょうか。
 うぬぼれ強い自分が随犯随懺照らし出され、真実の自己をハッキリ分からせていただき、苦悩の根元は「無明の闇」一つと知らされました。
 弥陀のおっしゃる「唯除五逆誹謗正法」は、真の中の真、本当に本当でありました。止めどもなくあふれる喜びを抑え切れません。
 ここまでお導きくださった善知識方のご恩にどうしたら報いられましょう。
 親鸞学徒の名に恥じぬよう、真実をお伝えしたいと思っています。
 

951 :606さんへ:2005/09/21(水) 08:27:14 ID:ptbC4wwl
>>943

すいませんがしばらくの間に随分すすんでしまって全部は読めません。
質問は簡潔に1、2行程度にして
番号をつけてください。
感想か質問かわからないものや重複しているものが多いので。
それから「悪文云々」と悪口がいいたいのなら質問とは別にして
もらえまえんか。こちらも正直いってあなたの文が回答としてよい文章だとは
思えないんですが、それを言い出すとだたの悪口の言い合いになるので。


952 :606さんへ:2005/09/21(水) 08:48:00 ID:ptbC4wwl
>>634

これがどうして
「財施がまことの仏恩報謝になる」
「信前のひとが後生の一大事を解決するのに、称名よりも
財施のほうがより勧められる」になるんでしょうか。
ご説明願います。

言ってることがわかってないようなので再質問します。
「小慈小悲もなき身にて 有情利益はおもふまじ
如来の願船いまさずは 苦海をいかでか」 のご和讃は機の深信のお言葉ですが
この御和讃と
「深い慈悲を注ぎましょう」と言う相対の善悪と何の関係があるのですか?

この回答がこれですよね。
>悪いけど主語述語関係がはっきりしない悪文だと思います。
あとは悪文だから読み間違えた言い訳が書いてあるのですが
未信が他の人に伝える気もなくひとりでしている称名というのは
どういう称名か、わかっておられないようなので
「ひとりで念仏するのがよいのかたくさんでするのがよいのか」
お聞きしたんですよ。
後半の質問にも答えていただいてませんし。
「慈悲と善は話が違う」というのもおもしろい発言です。
また順次とりあげたいですね。






953 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 08:50:14 ID:a1KnLX6f
ちょっと一息いれましょう。

954 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 09:07:37 ID:2yvGG+lt
ひろさちやの本は電波だとおもうな。

955 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 11:58:13 ID:Kvd5pvqZ
この会のトップの奴の映像最初にみた震撼合宿は
マジ唖然したわ。

へんなモウロクジジィがでてきて、
完全に創価のトップと被ってた

956 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 12:27:27 ID:yICtRBg6
>>948横レススマソ。
まずもって、仏教という広範囲の意味にとれる言葉を相手を批判する言葉として、安易に用いるべきではない。
s会の教えは、親鸞・蓮如の真宗限定の上にさらにT森センセの解釈に限定されたものなんだから。
そうゆう全体から見た視点も大切にせんとあかんちゃうか。
あと、余談だが、女の子は「あんた」なんて使ワン方がいいんちゃうw?


957 :“なぜ実らぬ” 本願寺の聞法のすすめ:2005/09/21(水) 13:33:30 ID:KjC10/YV
>>906

「善さえ励めば獲信できる」 “これが親鸞会の主張だ”
こんな本願寺の中傷を縁として、親鸞会は、聞法に勝る、獲信の因縁(宿善)
のないことを開顕し、“仏法は聴聞に極まる” ことを、力説してきた。

聴聞 (聞法) の重要性には、本願寺も、異存が、ないらしい。
「すべて、他力になさしめられる」、という、かねての主張を、かなぐり捨て
て、こう、仰有っているからだ。

  「聞法(聴聞)を勧めることが間違いである等とは、私はどこにも
   いっていない」 (回答書B P.18)

  「聴聞については 『聞其名号信心歓喜』 の法であるから、已信・未
   信を問わず、みずから聞法につとめると共に、他の人たちにも聞法
   を勧めねばならないことはいうまでもない」 (回答書A P.145)

まこと、そうあってほしいもの。
いくら本願寺でも、聞法と獲信の関係を断ち切れば、崩壊することぐらいは、
ご存知のようだ。
「聞法を勧めねばならないことは、いうまでもない」と、珍しくも、断言なさ
っている。

ついでに、
“大いに、すすめねばならぬワケ” も、ききたいものだが、とにもかくにも、
聞法が、獲信の因縁 (宿善) になることを、タテマエだけでも、本願寺が認め
たことは、おめでたい。


958 :“なぜ実らぬ” 本願寺の聞法のすすめ:2005/09/21(水) 13:38:56 ID:KjC10/YV
ところが、余り、ハッキリ容認すると、親鸞会非難の根拠を失う、とでも思
ってか、本願寺サン、おかしな弁明をなさっている。

  「しかし、今生において聴聞に励むことは、どれほど懸命に努め励
   んでも、それはあくまで、救いの法をお聞かせいただくのであって
   これを自力の善根を修するとか、宿善を積むなどとはいわないので
   ある」 (回答書A P.145)

おかしいというのは、外でもない。
ここで本願寺の、
“宿善をつむといわない”
ということが、
“聞法は獲信の因縁 (宿善) とはならない”
ということならば、すでに、
「救いの法をお聞かせいただく聞法」
が、獲信の因縁 (宿善) になると、ちゃんと認めていることと、矛盾するから
である。

なんのことはない。
聞法は、獲信の因縁 (宿善) と、ハッキリ認めては、親鸞会攻撃の足場がなく
なる。
なんとか、ボカすための弁明と、カングルほかない。
それとも “言わないだけ” とでも、いうのであろうか。


959 :“なぜ実らぬ” 本願寺の聞法のすすめ:2005/09/21(水) 13:46:19 ID:KjC10/YV
いずれにしても聞法は、正真正銘、宿善の物体だから、本願寺でも、否定
のしようがないのだ。
シブシブながらも “大いに、聞法はすすめている” と、言わざるを得なかった、
というのが真相だろう。

シブシブ発言を裏づける、事例の一つを、あげておこう。
“聴聞を勧めねばならぬのは、いうまでもない” と、胸張られる本願寺さんに、
聴聞専用バスの走っているウワサは、寡聞にしてきかない。
親鸞会の聴聞バスは、フル回転で、いくら増車しても追いつかず、関係者は、
嬉しい悲鳴をあげている。

門外漢でも目を見張る、こんな明らかな事実にも、あえて、目をつむる本願
寺サン。
「親鸞会は、善さえつめば獲信できるとすすめる邪義」 と非難なさる。
保身の為とあらば、シロを、平気でクロと断言して、はばからない、したた
かさに、溢れている。
こんな本願寺を相手に、真実開顕するには、こちらも、五年・十年、じっく
り腰をおろす必要性を、改めて痛感させられる。


960 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 13:55:49 ID:yICtRBg6
>>957横〜
あのさ、勝手なカラ騒ぎはやめれ。大体、H癌寺派の安心にいちゃもんつけたいなら、
「安心論題」が宗意安心の公式見解なんだから、それについて反論すりゃええ。
特殊な意見つかまえて、H癌寺の教義は間違ってるて言われてもねぇw。
まあ、そういう坊さんを輩出してしまっている責任は問われるべきだけど。
あと、君は前から出没しとるよ〜だが、君のレスはレスになってない。
垂れ流しはやめて、ちゃんとレスポンスせい。会話の基本はキャッチボールや。わかった?


961 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/21(水) 14:27:59 ID:SxCaBZrA
そういや、信心決定ってどうしたらできるんだっけ?

962 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:25:07 ID:kV25mR8p
s会の教えは雑毒の善を見極める教えと違うだろうか?
彼らは雑毒でも善は善であると往生の足しにできるように考えているのだから。
修行僧でもない在家の人をこんな難行にわざわざ駆り立てるのは
けっこう好いのかもしれないが、聖人の教えとは真っ向から対立する考えだ。

963 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:36:55 ID:2yvGG+lt
   過去の強調

 最初の非難を、みてみよう。

「親鸞会では、未信の者は、信心決定をめざして、今生において、善根を積み宿善を厚くせよ、と勧める。これは、宿善の語義そのものから逸脱しており、当流相承の上にはない所談である」(回答書(A) P・142)

 まず、語義からの、非難である。
 宿善とは、宿世(過去世)の善根という意味だから、ふりかえって喜ぶ、過去のできごと。
 それを、未来に向かって、使用するのは、「語義からの逸脱」と、いうのである。

――――――――――――――――――――――――――――――
「宿善とは、宿世の善根という意味で、現在から過去をふりかえっていう言葉である」(回答書(A) P・137)

「宿善とは、現在から過去をふり返っているのであって、これから獲信のために修することを宿善といっているのではない」(回答書(B) P・15)

「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、その縁由を喜ぶものであって……」(回答書(A) P・144)

「宿善は、将来の獲信のために積まねばならないという方向で語られるものではなく、遇法獲信の現在から過去にさかのぼって、宿善のお蔭である、と、その縁由を喜ぶ方向で語られるものである」(回答書(A) P・141)


964 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:40:35 ID:2yvGG+lt
 弥陀の救い(信心獲得)を、宿善まかせ、とまで、仰せになっている。
病気になれば、医者まかせ、船に乗れば、船頭まかせ、飛行機に乗れば、パイロットまかせ、という。
 まさに、
一生参学の大事は、宿善の有無によって、決する、
との、ご教示である。
 かかる宿善の、重要性を知らねば、親鸞会と本願寺の、宿善論争を、
「なぜ、そんなにまで、こだわるのか」
「どうして、しつこく、糾すのか」
と、不思議に思うのも、無理はない。
 しかし、真実の仏法を心得ている者は、生死の一大事を決する、大問題と、ちゃんと、分かっているはず。
 それらの人達には、当然、
宿善とは何ぞや
ウヤムヤで、放置できる問題では、なくなるのである。
 本願寺の論文にも、述べるように、宿善とは、宿世の善根のことであり、阿弥陀仏に救われる(信心獲得)因縁をいう。
 宿世の善根を、大きく分けると、宿因と、宿縁になる。
宿因とは、過去にやった諸善万行をいい、宿縁は、阿弥陀仏のご念力で結ばさせられた、仏縁をいう。
 親鸞聖人が、
「遇行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」(教行信証)
 と、感泣され、蓮如上人は、
「『宿善めでたし』と言うはわろし。御一流には『宿善有り難し』と申すがよく候」(御一代記聞書)
と、仰せになっている、ものである。
 道綽禅師は『安楽集』に、
「三恒値仏の因縁」
を、説いて、
三恒河沙の諸仏の、出世のみもとにあって、仏縁を結んだ者でなければ、この法に、あえないのだ
と、仰せになっている。
 以上で、判明するように、過去に仏縁あって、聞法や、諸善を積んできた人を、宿善ある人といい、そうでない人を、無宿善というのである。
 されば、宿善ある人といっても、各自、過去の業縁まちまちであるから、宿善は、一定ではありえない、ことは、明らかだ。
 あの人は、宿善の厚い人、薄い人、と、言われるように、宿善の厚薄、浅深の不同は、避けられないのである。



965 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 15:43:52 ID:yICtRBg6
>>961
社会人なんじゃなかった?今日平日ちゃうん?
何度もゆうとるように聴聞といったら、「仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし」に極まる。
南無阿弥陀仏そのものを聴されて聞く。法話を聞いたのが縁となることもあろうが、
その効を認めてしまうと自力の余香が残ってしまう故、おおよそ空華学派ではこれを否定する。
大信心は仏性也 仏性すなはち如来也。



966 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:53:14 ID:2yvGG+lt
「善さえ励めば獲信できる」これが親鸞会の主張だ
 こんな本願寺の中傷を縁として、親鸞会は、聞法に勝る、獲信の因縁(宿善)のないことを開顕し、仏法は聴聞に極まる≠アとを、力説してきた。
 聴聞(聞法)の重要性には、本願寺も、異存が、ないらしい。
「すべて、他力になさしめられる」、という、かねての主張を、かなぐり捨てて、こう、仰有っているからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――
「聞法(聴聞)を勧めることが間違いである等とは、私はどこにもいっていない(回答書(B) P・18)

「聴聞については『聞其名号信心歓喜』の法であるから、已信・未信を問わず、みずから聞法につとめると共に、他の人たちにも聞法を勧めねばならないことはいうまでもない」(回答書(A) P・145)
――――――――――――――――――――――――――――――
 まこと、そう、あってほしいもの。
 いくら本願寺でも、聞法と獲信の関係を断ち切れば、崩壊することぐらいは、ご存知のようだ。
「聞法を勧めねばならないことは、いうまでもない」と、珍しくも、断言なさっている。 ついでに、
大いに、すすめねばならぬワケ≠焉Aききたいものだが、とにもかくにも、聞法が、獲信の因縁(宿善)になることを、タテマエだけでも、本願寺が認めたことは、おめでたい。
 ところが、余り、ハッキリ容認すると、親鸞会非難の根拠を失う、とでも思ってか、本願寺サン、おかしな弁明をなさっている。

――――――――――――――――――――――――――――――
「しかし、今生において聴聞に励むことは、どれほど懸命に努め励んでも、それはあくまで、救いの法をお聞かせいただくのであってこれを自力の善根を修するとか、宿善を積むなどとはいわないのである」(回答書(A) P・145)
――――――――――――――――――――――――――――――
 おかしいというのは、外でもない。
ここで本願寺の、
宿善をつむといわない
ということが、
聞法は獲信の因縁(宿善)とはならない
ということならば、すでに、
「救いの法をお聞かせいただく聞法」
が、獲信の因縁(宿善)になると、ちゃんと認めていることと、矛盾するからである。

967 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:57:05 ID:mu9yWNSc
>>965
ボラッちも社会人なんじゃなかった?今日平日ちゃうん?

968 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 15:58:18 ID:2yvGG+lt
「獲」の字は、因位のときうるを獲といふ。「得」の字は、果位のときにいたりて
うることを得といふなり。
「名」の字は、因位のときのなを名(みょう)といふ。「号(號)」の字は、果位の
ときのなを号といふ。

初めて手に入れたときを「獲」とあらわし、我が手に所持するを「得」というんですね。
基本的に。
名号の「名」は願いをあらわし、「號」はその願いのとおりに内実を得て、あたり一面に
虎のガオーと吼えるが如く、誰にもはばかることなく名乗りをあげることですね。
だから「名号」。いや、これほんと。

969 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 16:04:07 ID:2yvGG+lt
 では、その十九の誓いを聞いてみよう。
「設ひ、我仏を得んに、十方の衆生、菩提心を発し、諸の功徳を修し、至心に発願して、我が国に生れんと欲はん。寿終るの時に臨みて、たとひ大衆と圍繞して、其の人の前に現ぜずば、正覚を取らじ」
 やさしく、解説すると、次のようになる。
たとい私(法蔵菩薩)が、仏になりましても、十方の人々が、人生の苦しみの連続に、驚いて、どうしたら、平和な安楽な世界に、生まれることができようか。
 それには、悪を慎み、善を励まなければならぬ、と奮発心をおこし、あらゆる善を、一生懸命実行して、その力で、我国(浄土)に生まれたいと願う者は、臨終に、諸仏菩薩にとりまかれて、迎えにゆこう
「諸の功徳を修し」とは、諸善万行、善と名のつくものなら何でも、実行しなさい。
 知っただけでは、観念の遊戯、論語読みの論語知らず、になってしまう、実行しなければ、善果は得られぬ。
力一杯、功徳(善)を修めよ≠ニすすめるから、「修諸功徳の願」と、いわれている。
 本願寺、本願を知らず、では、済まされない。
 これでも修善をすすめた文証など、あろうはずがない≠ニ、言うのだろうか。
修善は獲信の因縁(宿善)になる≠ニいうのは、間違いか。
 弥陀の十九の願意を、釈尊が、『法華経』を中止してまで、開説されたのが、王舎城の悲劇で有名な『観無量寿経』である。
 吾子ほしさに、占いに迷い、とても三年は待てない≠ニ、夫、ビンバシャラ王を、そそのかし、修行者を、殺害させた韋提希夫人。
 因果の道理に、狂いなく、自分が、産んで育てた阿闍世によって、牢に入れられ、悲泣悶絶する。
 察知された釈尊が、今の地獄にのたうつ者こそ、弥陀の本願の、お目当てと、自ら、王宮に降臨なされ『観無量寿経』を、説き給う。
 慈顔あふるる釈尊に、邪見と自惚れの、韋提希は、こんな愚痴を、言い放つ。
「お釈迦さま。提婆は、あなたと従兄弟でありながら、あなたを、殺そうとしています。私は、産んで育てた子供のために、殺されようとしています。
 なぜ、この世は、こんな苦しい、世界なのでしょう」
苦しくなると、誰しもが、蒔いた種を一切忘れて、愚痴を言うて八つ当たり、するもの。 我身知らずの、愚かさを、どう、知らせたらよかろうかと、
しばらくは釈尊、無言の説法。

970 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 16:33:30 ID:ZVrjyZxX
s会19願→力の限りを振り絞って真剣に財施しなさい。

971 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 16:38:34 ID:kV25mR8p
>>969
だから、それは真宗に入る前の人が我知らずしている行為ですよ。

972 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 17:28:46 ID:yICtRBg6
>>966
同じこと何遍もコピペすな、アフォ。
ところで原則的に、s会の聴聞=「T森さんの話を聞くこと」を意味し、
漏れの聴聞=「仏願の生起本末を聞くことを意味する」、
という概念の違いがあると思うンだけど。どーよ。
>>967
お彼岸のお参り中なの〜♪ちょっと時間が空いたとき、移動中などにチョコチョコ、カキカキ♪

973 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/21(水) 18:13:22 ID:SxCaBZrA
965 名前:元々ぼら夫 本日のレス 投稿日:2005/09/21(水) 15:43:52 yICtRBg6
>>961
社会人なんじゃなかった?今日平日ちゃうん?
何度もゆうとるように聴聞といったら、「仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし」に極まる。
南無阿弥陀仏そのものを聴されて聞く。法話を聞いたのが縁となることもあろうが、
その効を認めてしまうと自力の余香が残ってしまう故、おおよそ空華学派ではこれを否定する。
大信心は仏性也 仏性すなはち如来也。


で、具体的に何すればいいの?
結局聴聞しなさいって事?

974 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/21(水) 18:16:33 ID:SxCaBZrA
もっと、具体性のある話しないと、何も伝わらないんじゃないかな。

975 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 18:29:56 ID:yICtRBg6
>>969
支離滅裂なんだよ。話題はひとつに絞りな。もしかして、君は自分とこの教義
ちゃんと理解できてないんちゃう?漏れがいままで、このスレ並びにT森氏の
いくつかの著作をもとに体系立てて説明しよか?まず、宿善が足りないから、
善行を修して、宿善を積む。財施・破邪顕正・親孝行などなど、なかでも聴聞
(会長の話を聞くこと)は効果大。で、自身の限界まで励むことによって、自分の力
では浄土に往生でけへんことを身をもって知る。その体験をもって、自力無効=信心決定とする。
これでええか?、会員諸氏方。よければ先進もか。


976 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 18:45:06 ID:mu9yWNSc
だいたいよし。

977 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 18:50:19 ID:yICtRBg6
>>974
(^o^)/後輩君、乙〜♪
具体的には、何ゆえ、誰のために本願が建てられたのかを聞くことやね。
通行人君がどんな人間であるか漏れは知らんし、どんな悩み苦しみを抱えとるのかは
知らんが、通行人君のために仏にならんと誓った方がいらっしゃった。
通行人君が浄土往生を遂げへんようやったら、たとえ我が身は諸々の苦を受けて
もかまわん、仏にならんと誓って下さった方がおられる。その思いを、大悲を、
遅慮することなく、おもんばかりなく頂いてしまいなさい。


978 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 19:19:10 ID:yICtRBg6
>>977つづき♪
で、その後は報恩の称名や。南無はタノム機の方、阿弥陀仏はタスケタモウ法の方、
共に一体成就されて漏れらに施して下さったというとこがミソ。
漏れに真実の帰命なき故に、ご丁寧にも南無の二文字入りで回施されたのや。
ご恩のお返しできるもんは、なにひとつ持ち合わせていない煩悩成就の漏れの、
最上のお返しは、諸仏のまねごと南無阿弥陀仏と称えること。
諸仏の讃嘆とは月とスッポン。とても及びがたい知恵ながらも讃嘆させていただくこと。
寝ても覚めてもご恩を尊み、阿弥陀さんを見習って、心優しく生きまっしょい。


979 :元々ぼら夫:2005/09/21(水) 19:23:16 ID:yICtRBg6
今日はお参りに時間的余裕があったのでちぃとおつきあいさせてもらいました。
明日はちとムリそうよん。もうすぐ駅なり。それではでは〜(^-^)/


980 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 20:31:56 ID:4BmTnfAq
このスレも残り20ですし、そろそろ埋めますか。

981 :聞法以外に、獲信の因縁は、ないか:2005/09/21(水) 20:32:38 ID:KjC10/YV
>>959

さて、次に、
「仏法は聴聞に極まる」
なら、親鸞会は、なぜ、諸善も勧めるのか、の疑問に答えておかねばならぬ。

いかに、真剣に勧められても、我々の聞法は、"お粗末至極” の一語に尽き
よう。
大体、浄土真宗の道俗は、生まれおちるより、他力じゃ、易行の法じゃ、無
条件の救済じゃ、ただじゃ、そのままじゃ、と、無責任説教を聞かされている
から、仏法をバカにして、初めから易しいものと目安をつけ、見くびっている
者が、多い。

証拠には、少し聞くと 「ああ、分かった」 と早合点し、他人を見下して、こ
う、言うのだ。
「同じことを、何遍きいても分からん、バカな奴らじゃ」

そうかと思うと、「これだけ聞いても、まだ分からん」 と、焦りたったり、
腹をたてたり、はては、法が悪いのではなかろうかと、法謗の大罪をつくって
平気でいる。

982 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 20:35:02 ID:4BmTnfAq
とりあえず次スレに誘導

あのころ、親鸞会は
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126981236/l50


983 :聞法以外に、獲信の因縁は、ないか:2005/09/21(水) 20:37:38 ID:KjC10/YV
一ヶ月に、一日や二日聴聞したって、一年に、どれ程に、なるのだろう。
その一日といっても、二時間か、三時間。 早朝から、くだらん欲に、引きずり
廻された、クタクタの心身を、法座に運んで、カスの時間と、カスの心身で、
一体、なにを、聞こうとしているのか。
どんなことが解決できる、と、いうのだろう。

“多忙で、仏法聞けぬ” という。
それほど平生、時間を大切に、使ってのことなのか、と反省する。
そのくせ、テレビの前に坐っている時間は、いくらでもあるようだ。

つまらぬ話で、つぶす時間があっても、仏法聞くヒマはない、という。
「徒らに、すぐる月日は、多けれど、法を求むる、時ぞ少なき」
そのものズバリであろう。縁なき衆生、と、いわれても、仕方あるまい。

984 :おぐらゆうじ:2005/09/21(水) 20:39:58 ID:4BmTnfAq
 

985 :高森:2005/09/21(水) 20:46:12 ID:efZ/7O84
ガタガタ言ってねぇで黙って仏法聞けクズ
2chやってる暇あったら俺に納める金でも稼げクソども

986 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 21:08:05 ID:2yvGG+lt
>罪のことを考えてて思った事。虫や動物が共食いしたり、猫がネズミを弄っても
>罪とは言わんですよね。殺人もそんなモンなのかなと。その違いは罪の意識が
>あるかないかでしかないんではないだろうか?
>で、信心獲得したら罪の意識もなくなって罪もきえる。
>高いとこから見たら、「ああ、こんな飼い方したら殺してもしょうがないな」
>とペットを見るときと同じだったりして。

そんな訳ないだろ。

987 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 22:49:26 ID:2yvGG+lt
>心得たと思うは心得ぬなり。心得ぬと思うは心得たるなり。@蓮如上人
>どんなにえらい勧学さんだろうとも、学者さんだろうとも、弥陀の本願の深きこと、
>広きことからみるならば、一文不知のともがらに五十歩百歩。どんぐりの背比べ。
>深いものを深いと知るのに、広いものを広いと知るのに、なんの知識がいりましょうか。
>学問を積んでご本願を我が物顔に、物知り顔に心得るなら、それはご本願の広さと深さを知らん証拠。
>学問を積めば積むほど、いよいよその広大なること深きことが知られてきてこそ、真にめでたいこと。
めでたいことか。うむ。

988 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 22:58:52 ID:2yvGG+lt
食前食後の合掌をやっていたら、宗教やってるんですか?と訊かれたことがある。
宗教?
これは日本人の習慣じゃなかったんかい。
ちと驚いた。

989 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:11:33 ID:4BmTnfAq
http://web.drive.ne.jp/1/html/VIP02765.html

990 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:13:13 ID:Pn9zAfdZ
>>988
ははw。
宗教やってそうな顔つきだったんとちゃう。
学食で集団で有り難そうに合掌してたとかw

それで、
>宗教やってるんですか?
と訊かれて何て答えたの?

991 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:18:06 ID:4BmTnfAq
つ 【夜食】ttp://web.drive.ne.jp/1/html/VIP02473.html

992 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:35:42 ID:2yvGG+lt
でもやってる。

ある小学校で食前にいただきますと合掌しなさいというのは、特定の宗
教を押し付けることになるから、いただきますをやめて何かの合図で食べ
始めるようになったという話を聞いたことがあるな。本当やろか。


993 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:38:39 ID:2yvGG+lt
わざわざご丁寧に。すんません。ありがとうございます。
ちょっと他スレのぞいてたんでレス遅れました。

994 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:42:07 ID:2yvGG+lt
>煩悩具足とか、悪人とか、
>頭ではわかっても、こころの本音の部分では、
>そんなことはあるまい、おれはもっといいやつのはずだ、
>と納得しないですからな。
そうですな。

995 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:50:04 ID:2yvGG+lt
>親鸞聖人の原典、各派各師の解釈、伝統宗乗の各学派、近代の解釈学。
>現代の知識人の論評。などなど どうしてこうも互いに乖離があるのでしょうか?
>仏教全体。宗教全体。文化全体に言えることだとは思いますが。だからこそ
>面白いです。
そりゃけっこうなことだね。

996 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:52:35 ID:2yvGG+lt
忘れた

997 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:58:59 ID:2yvGG+lt
ねむい。おやすみ。

998 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:01:38 ID:xV70otG6
おやすみ

999 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:03:10 ID:Kwp6fM+Z


                
                   □                ◎◎◎◎◎
                  □    ◇                 ■
                  ■□□◆   □■□■       ◆□
                     □    □    □      ◇
                    ★  □ ◇●   ○      ◆
  ∩∩              ●○□○    ●◇        □
  ∧∧                 ◇ ■   □●        ◆
 (*゚ー゚) 終了            □□▲   ◆  ●     ▲●
 | | ))             ◇ ◎  ●▽ ▲△●     ○  
 (  つ                 ▽   □  △▲ ■
  ∪                 ‖‖‖‖    ‖‖‖‖







1000 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:03:31 ID:xV70otG6
s会はカルト団体

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

446 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)