5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

親鸞会のそれから

1 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 14:46:10 ID:zauCqd9f
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!

     ∧_∧____
    /( ゚∀゚) ./\
  /| ̄∪∪ ̄|\/   こっちは批判スレでつ、のんびりのびのびやりましょう。
    |____|/
     ,,,,∪∪,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。                
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/



2 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 14:50:02 ID:zauCqd9f
批判スレを立ててみました。
使ってやってください。(゚3゚)(゚ε゚)

3 :参考資料:2005/08/09(火) 15:04:40 ID:zauCqd9f
856 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 09:24:11 ID:B8hOhXM1

残念だけどね、日本社会の法律で言えば許されてないよ。

札幌青春を返せ訴訟の一審判決抜粋。
http://www.glo.gr.jp/hanketu01.html

 第2の特徴は,被告協会の協会員は,上記のように組織的体系的目的的に宗教団体である被告協会への加入を勧誘等するに当たり,当初はこの点を厳に秘しているという点である。(中略)これは,勧誘に当たっての欺罔的手段を弄したものといわざるを得ない。

後になって,それが特定の宗教教義であることを明らかにしてみても,すでにその教義を真理として受け容れて信仰している以上は,
(中略)その宗教教義からの離脱を図ることは通常極めて困難というべきであって,こうした事態に立ち至る可能性があることにかんがみると,それは,その者の信仰の自由に対する重大な脅威と評価すべきものということができる。

そのような内心の自由に関わる重大な意思決定に不当な影響力を行使しようとする行為は,自らの生き方を主体的に追求し決定する自由を妨げるものとして,許されないといわなければならない。


刑事は免れるが民事じゃアウト。

4 :参考資料 :2005/08/09(火) 15:05:30 ID:zauCqd9f
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)

5 :参考資料(証言より抜粋):2005/08/09(火) 15:06:36 ID:zauCqd9f
そういや驚愕講義の受講資格のうち、「本会の方針に批判・不満は一切言いません」
「本会を誹謗するものがあれば上司に報告いたします」
「もし本会を誹謗するものを見逃した場合は、いかなる処罰も覚悟します」
(確か、大体こんな内容だったと思う)
ていうのが1年ぐらい前に加わったらしいけど、本性は変わってないみたいだね

6 :参考資料& ◆D5tChJlCxs :2005/08/09(火) 15:14:33 ID:zauCqd9f
365 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 12:02:05 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

仏法に対してはまったく狂った考えしかないから無条件服従が必要なのであり、
善知識は信心決定への全因縁といわれる理由があるのである。

我々も又、善知識の仰せに対し本会の指示に対し、何事も何事も仰せのままに
指示とおりに無条件で服従するように努めていかねばならない。

これが求道でり、この過程があってこそ、親鸞聖人の「よき人の仰せをこうむり
て信ずるほかに別の仔細なきなり」という真の無条件服従が体験できるのである。

7 :参考資料:2005/08/09(火) 15:15:22 ID:zauCqd9f
366 :S会による「思考停止の勧め」の教え :2005/05/10(火) 12:09:02 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第207号から引用

自己の理性を基に正邪を判断し、愛憎遺順する我々に、無条件服従は極めて
難しいことである。

理性が満足せねば、善知識の仰せに対し、本会の種々の指示に対し「なぜですか」
「どうしてですか」「納得できないからやれません」等等疑い、不信、反抗の鎌首を
ところかまわずにもちあげる始末、それでもまだ足りず、自らの怠惰な求道を棚に上げ、
「もう少し早く進める方法はないか」と善知識のご指導に不平を漏らし、法謗の徒と
化す根性。この心こそがコウゴウ流転の親玉であり、正しく判断できるとうぬぼれている
心が仏心を受けつけぬ元凶であることを知らねばならない。

8 :参考資料:2005/08/09(火) 15:16:09 ID:zauCqd9f
368 :無条件絶対服従の勧め :2005/05/10(火) 12:18:59 ID:VWKkQ18Q
顕正新聞第93号から引用

1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
犬でありました。
会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
と一声命令されるとその場で待つ。
「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
会長先生の命令なら忠実に従う。
僕はその時、本当に情けないと思った。

9 :参考資料:2005/08/09(火) 15:20:20 ID:zauCqd9f
45 :復活!抜け出せなくなる怪しい団体〜第4セクト(京大ライフ):2005/06/17(金) 11:47:06 ID:kz9hMxIN
http://www.kyoto-u.com/lounge/lifestyle/html/200505/05050005.html

59 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 23:12:41 ID:VLG4fDVP
取材開始から七時間ほど経ち、八雲(脱会者:仮名)はふいに
「いちばん嫌だったのは、ある大学生が過労死したことなんです」と言った。
 それは、親鸞会の大学生が過労で倒れ、部室で死亡した事件に関連して、
「法友の死に思う」という記事が、同会機関紙『顕真』に載ったときのことだ。
その記事には
「……法友の死を無駄にしないためには真剣な聞法に身を沈め、
破邪顕正に火の玉となって立ち上がるしかない……弔い合戦は
我が身の後生の一大事解決によってのみ勝利をおさめられる」と書かれてあった。
「実はその年、学生本部長が代わり、ノルマが例年の三倍になっていた。
僕らと同じような立場の大学生がそれが原因で過労死したと考えられるのに、
その死を利用された。僕も人ごとじゃいられないと思ったんです」
八雲は、読んだ瞬間、その記事をぐちゃぐちゃに丸め、焼き捨ててしまったという。
 別冊宝島「『救い』の正体」  (別途「カルトの正体」も有り)

10 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 16:46:48 ID:ANEsH/y2
一日二食健康法
http://www.2shock.net/

実は二食健康法は、「衣食忘れて聞け」と蓮如上人の教えに
忠実に従った親鸞学徒によって考案されたものだったのです。

私が学友部に居た頃はバイトの時給も大した額ではなく、
一日三食摂るのも経済的に難しいものでした。
昼にマヨネーズご飯だけ、というのも日常茶飯事でした。
せっかく勧誘した新入生の女の子がそれを見て逃げていった、
という話は、最近でもよく笑い話として持ち上げられます。

11 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 18:25:52 ID:iLYcEbVu
>>9の京大ライフスレッド、消えちゃってますね


私事でスマンですが、親鸞会にいたとき
この上ない親友になれそうな人(彼女も会員だった)がいて、一時仲良くなった。
だけどある日、親鸞会の「会員の会への無条件服従と、思考停止の要求」や、
「親鸞会の方針批判者発見時の上司への報告の奨励」とかって嫌だねって私が彼女に言ったら

「真実求める為の手段と割り切ったらいいんじゃない」とか「自分を殺すべき」とか
いうふうに言われて、すごくゲンナリしたことがあります

私個人の見方ですが、親鸞会内で「心を許し合える親友」を見つけられる可能性って
ほとんどゼロに近いと思いました。


12 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 19:45:09 ID:3t/e9y1a
36 名前:名無しさん@3周年 :2005/05/05(木) 17:45:20 ID:MoZHn3z1
北日本新聞-夕刊 平成11目10月12日(火)

金大生が行方不明 富山の古洞池 服を着たまま泳ぐ

 十一日午後五時五十分頃、富山市池多の古洞池で、泳いでいた金沢市W町、金沢大学四年、
S.Hさん(二二)=広島県出身=が行方不明になった。小杉署と呉羽消防署などが同六時半
頃から六十人体制でボートで捜索したが見つからず、同九時半でいったん打ち切り、十二日
午前六時半からボートや県警ヘリなどで捜索を再開した。
 調べによると、Hさんは十一日午前十時頃、宗教団体のサークル活動の一環で同池の
「とやま古洞の森」に仲間約六十人と訪れ、夕方から約五十人で鬼ごっこのようなゲームを
していた。Hさんは池の対岸に渡ろうと服を着たまま水に入り、姿が見えなくなった。
 午後六時十分頃、古洞の森管理センター職員が学生らの連絡を受け、富山市消防本部に
「池で一人がおぼれた」と通報し、救急車やポンプ車、救助工作車が現場に向かった。
 直後に現地で「自力ではいあがった」との情報が広がったものの、現場に到着した救急
隊員が学生らに確かめたところ、池で泳いでいたのは二人で、一人は岸に泳ぎ着いたが、
Hさんが行方不明のままになっていることが分かった。
 十二日朝から、池を管理する呉羽射水山ろく用水土地改良区(富山市西押川)が池の水を
抜いて水位を下げ、県機動隊と小杉署、同消防本部などが県警ヘリやボート五隻を使い、
八十人体制で池や周辺を捜索している。
 池は古洞ダムのダム湖。ほぼ満水状態で、最深部は約二十五メートルあった。
同改良区によると池の湖面は全面立入禁止で、釣りやボート遊びなどはできない。





13 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 20:47:46 ID:Sb9Y6/YK
ここは重複スレです。本スレは↓こちらですので、移動してください。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1122475557/l50

14 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:02:03 ID:3t/e9y1a
●組織
人の身体ほど、良く出来た組織体はなかろう。
目・耳・鼻・舌・手・足など、それぞれ役目は異なるが、
一旦、体に危害が迫ると一致協力、生命の安全を護る。
足が蚊に攻撃されているのに、ジッと見ている眼や手があるはずがない。
肉体の機関がそれぞれのなし得る分野で、生命体を維持するために総力挙げて団結する。
この組織を破壊しようとするガンは即刻摘出される。またされねばならぬ。
真実の組織も、かくあらねばならない。
 (高森先生御金言集)

>>11を見て思い出したので載せておこう。
「蚊」とは組織の外からの攻撃で、「ガン」は組織内に起因するもの。
ポイントは、外部からの攻撃は所詮「蚊」程度のものであるのに対し、
内部の反乱分子は「ガン」と言えるほど組織にとって致命的な存在であると言うこと。


因みに私の場合、大学生活が会の活動にシフトするあまり、
両親との関係が気まずくなって悩んでいたときに、先輩に相談したら、
「親子の関係も所詮この世限りの縁であって、仏縁に勝るものではない」
みたいなことをあっさりと言われたのが一番ショックでしたね。



15 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:03:52 ID:Sb9Y6/YK
竜馬のよさはやっぱり執着のなさかな、というよりも常に廻りより半世紀先を観れてたとこかな
薩長連合、大政奉還とほとんど人の案だけどそれを実現させる稀有の調整能力があったね。

暗殺される前の新政府の構築まで作って提供しその場で西郷どんがその政府の要任に
竜馬の名がないので首をかしげて「竜馬はんおまさんの名がどこにもありもはんが・・」
というと鼻くそを穿りながら竜馬は「そうですな、うらは世界の海援隊でもやりますかいの」
といったらしい・・竜馬の子分だった陸奥陽之助が後にこのときばかりは竜馬が
数枚大きく見えたと人に語ってたとか。

誰かが『竜馬死せず』という本を書いてもし死んでなかったらアメリカに行って
真っ先に石油に目をつけていたろうとか明治政府も違ってたとか言ってたけど

16 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:11:18 ID:dLbNHpkV
Sb9Y6/YKさんは政治とか好きなんですか?
スレ違いだから他あたってくれますか?

17 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:13:41 ID:3t/e9y1a
>>16
荒らしに構うのも・・・
ま、これでも一時に比べたら随分ましな方ですし
暇なときに報告でもしましょうや。


18 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:14:42 ID:X3aNt6fa
先生「キャシー、あなたがあなたがリンゴを5つ持ってたとするわね?
   そしてメアリーにリンゴを2つちょうだいといってもらったとします。
   そのあと私がリンゴを3つちょうだいって言ったら、
   あなたの持ってるリンゴは一体いくつ?」
キャシー「7つです」

19 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:16:55 ID:X3aNt6fa
どんなにものごとを見通しているつもりになっていても、
そこには見えないものや、見えない人々がぬけ落ちてしまっている、
ということで漏れ有り(有漏)と思えたわけです。

もちろん意識して見落としている訳ではありません。
自分にとって関心のないことや見たくないことを、
無意識のうちに見落としているという我が身のこと。

街に出て、人に出遇い、そして自身に出遇うこと、即ち
実は有漏の身であったことを、しっかりと知り続けながら生きていく、
今まで見えなかった他者や他からの声に出遇うことを通して、
同時に有漏の身であるオレ自身と出遇っていくのです。







20 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:19:06 ID:7/QRlQbv

「花は無心にして蝶を招き、蝶は無心にして花を尋ねる」(by 良寛さん)

あるがままと受けてながら、無心に残る目というのは

人は花に、色形香を楽しみ、開き散るのに投影してしまうが、
植物自身にすれば、開花はいのちの中味を成熟させ、
わが種を次の世代に伝える種子をつくる大事業なのだろうと。
種子、それは植物がいのちを全うした姿に他ならない。

などと徒然に思ふ自己を感じてのこと。

21 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 21:25:57 ID:Sb9Y6/YK
おらっちは、10代の頃から、考え初めて、32才に、隻手の音声を聞いた。
それから、長い時間が経って、
隻手の音声、聞いても駄目、聞かないと言っても、駄目。
隻手に成りきれと言われて、
色即是空は、分かってたのが、
空即是色も、分かった。
分かったという言葉尻をとらえないでくれよな。
聞いても、聞かなくっても、そんな事は、どうでも良いんだ。

22 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 23:48:44 ID:4UPvY8Lg
>>6
「よき人の仰せをこうむりて信ずる」のは阿弥陀仏の本願についてのことであり
勧誘活動や、会への財施などの人間の集まりに対することではない。
ましてT森個人やs会講師の要求などというものに対してではない。

23 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 00:15:07 ID:ltcvGs+X
>>22
また本願時か。

24 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 01:24:09 ID:e0NZgI7f
重複です。
批判もここでやってください。
     ↓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1122475557/

25 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 02:10:26 ID:bFfdSprz
>>14
>(高森先生御金言集)

って実際にあるんですか?
やっぱり例のUFO来襲の話とか、屋敷を売り払っても損はない
とという話かも出ているんでしょうか?
ぜひ読みたいです。

26 :泉田 ◆PYwtdoDoDo :2005/08/10(水) 09:08:32 ID:m+e3ENyp
>>1

スレ立て乙です。
いまは「入会合宿」で決意表明した学生会員が帰省する時期ですから
なかなかタイムリーでしたね。
批判サイトということですのでときどき書き込もうと思います。


27 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 10:19:48 ID:mVRwn5qT
★親鸞会のダミーサークル一覧表★その1
○関東
・東京大学(喫茶店「イーグル」の上)
 「人間科学愛好会」「人間科学愛好会」「広域ゼミ」「古典と哲学を学ぶ会」
・東京理科大学
 「てつんど」
・東京工業大学
 「菩提樹」「アルタ」
・早稲田大学(鶴巻町のビルを部室に使ってる)
 「なかんづく」「恒河沙」「いみだす」「なっちゃん」 「おはなし工房聞喜」
・慶應義塾大学
 「アンフィニー」「クラッセ」「エクセル」「インフィニティー」「こてつ(古典と哲学を学ぶ会)」
・埼玉大学
 「菊一文字」

○東海
・名古屋大学
 「ステップアップゼミ」「名古屋の哲人」「ゴーウェスト」「旅と哲学」
・名古屋工業大学
 「ヒューテック」
・愛知学院大学
 「ビッグロード」


28 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 10:20:59 ID:mVRwn5qT
★親鸞会のダミーサークル一覧表★その2

○関西
・京都大学(生協自転車屋のとなり)
 『古典に学ぶ』「古典工房みんくる」『旅と哲学』「古典を学ぶ会(コテマカ)」
・龍谷大学
 「菩提樹」
・大阪大学
 「古典を哲学する会」(阪大坂下交差点の美容室の上)
・大阪市立大学
 「うぃる(WILL)」「こてつ」「Blaze(ブレイズ)」
・神戸大学
 「なんでやねん」
・岡山大学
 「古典茶話会ももたろう」
・関西学院大学
 「KGフォーラム」

○北陸
・金沢大学
 「アルタ」 「しゃべり場」


29 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 10:27:45 ID:mVRwn5qT
過去ログにあったものです。(阪大の所在追加)
ダミーサークル名はころころ変わってるみたいなので、
あまり役に立たないかもしれません。
ただし大学公認になってるところでは、
登録名は基本的に変更されてないと思いますので、
友達に旅行に誘われた筈が合宿に行く羽目になった、
みたいな人には参考になるかも?


30 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 12:55:44 ID:8bZuMY6Q
せがれの高校で本寄付しろっていったで、軽トラ借りてきてみんな乗っけて持ってった、図書司のねえちゃんがダニに食われた声して、もうあのお返ししませんがっていう、ええよって云ったら高調が出て、

31 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 16:48:00 ID:8bZuMY6Q
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。

このスレにお越しの方は情報の信憑性を確かめながらご覧下さい。
怪しいと少しでも思った場合、発言者に質問してみることをお勧めします。
常に一歩距離をおいて情報の取捨選択を行ってください。
もちろん、このレス自体にも距離をおいてで結構です。

32 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 16:50:36 ID:8bZuMY6Q
感謝は謝恩ともいわれ、「恩」は、「因を知る心」と書きます。


自分が幸せなのは、あの人のおかげだ、こんな恩恵を受けている


からだと知り、有り難いと感じて、どうにかお返ししたいと努力


する。
現在の幸せの原因を知れば、必ずそういう心になります。


仏教では、この知恩、感恩、報恩の大切さを徹底的に教えられて


います。

33 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 16:52:02 ID:8bZuMY6Q
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。
2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。
3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。
4. 彼らは身元を明かして堂々と討論しようというと、とにかく逃げます。「自分たちが
全て真理である。親鸞会の言うことはすべて嘘であり、マインドコントロールである」
などと言われたら、 彼らが本願寺にマインドコントロールされている証拠です。
心の不安を乗り越えて、とにかく彼らがどんな人間か知ることです。

34 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 16:56:26 ID:8bZuMY6Q
                                     ??????????
     ????     ?????????      ???????????  ??????
    ???? ??  ???? ?????        ????      ????
   ??? ??????????????                ?????
 ????????? ??  ?????                  ????
 ????????      ???????                 ???
    ??? ???   ???  ??????              ???
  ????????? ?????   ????????           ???
  ????  ?????   ?????  ???????         ???
?   ??? ????      ???                  ???
???  ???  ??                           ???
 ???  ?        ??????             ????????
  ?              ?????             ??????
                                     ????


35 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 17:12:07 ID:8bZuMY6Q
 信心獲得とは、どういうことでしょうか。やはり、『御文章』にお尋ねしてみます。
「信心獲得すというは、第十八の願を心得るなり」(五帖目五通)
 お釈迦さまは仰有いました。大宇宙には地球のようなものが数え切れないほどあり、そこにガンジス川の砂の数ほどの仏方が現れて、仏教を説いておられるのだ、と。
 それらすべての仏の本師本仏(師の仏)が、阿弥陀如来です。「最尊第一」とか、「諸仏の中の王なり」と経典に説かれていることからも明らかです。
 阿弥陀如来は、四十八の本願を建てられました。本願とは、誓願ともいい、約束のお言葉です。
 中でも弥陀が、本心を誓われたのが、十八番目の願です。「十八願」といいます。
 漢字ばかり三十六字で『大無量寿経』に説かれていますが、簡潔にいいますと、
「十方衆生(すべての人)を、信楽の身にしてみせる」
というお約束です。
『御文章』の、
「第十八の願を心得る」
とは、十八願の通りに、「信楽」になったことをいいます。
「信楽」の「信」は、「破闇」の心。また「楽」は、「満願」の心ですから、「信楽」の二字で、「破闇満願」の身にしてみせるというお約束です。

36 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 17:14:22 ID:8bZuMY6Q
象にふれた数人の盲人が、

感想を述べ合った。

足を撫でた盲人は柱のようなものといヽ、

耳にふれた者は扇のようなものという。

胴にさわった者は壁、鼻にふれた者は丸太、

尾にさわった者は箒のようなものだと言っ

て、互いの主張を譲らなかったという。

37 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 18:49:08 ID:8bZuMY6Q
ある大家に仕えていた権助が、

主人の茶碗でガブガブ水を飲んでいるので、

お手伝いの花子が驚いた。

“これ権助さん、それは旦那さまのお茶碗じゃないか。

汚いことなさるな。自分の茶碗で飲みなさい”と

注意すると、権助はこう言ったいう。

“なに、汚いことないよ。旦那さまだっ

て、乞食でも病人でもあるまいし”

38 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 19:06:25 ID:8bZuMY6Q
痛ましい子供の自殺も、減少の気配はありません。


「人間に生まれてよかった!!」の生命の歓喜がないから、


生んでくださってありがとう、育ててくださってありがと



うという感謝がないに違いありません。

感謝は、幸せな人に生じる心です。生きる幸せに満ちてい



れば、まわりの一切に感謝せずにおれませんが、不幸なら


ば、すべてが疎ましく、感謝の心にはなれません。

39 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 19:12:14 ID:8bZuMY6Q
目を覆いたくなるような、親子の事件が頻発しています。



親が子を傷つけ、子が親を殺める。悲しい出来事が起きています。


平成12年6月、岡山県の17歳が、後輩4人をバットで殴打して重傷を



負わせ、その後、母親を撲殺した事件がありました。



その後も同様の事件が後を絶ちません。

40 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 19:13:32 ID:8bZuMY6Q
だんだん読んでいる人が増えてきたように思えますが、皆忙しいでしょうに


シンパもアンチもよく時間を費やしていますね。過去の書き込みを見て


みましたが皆同じ非難と同じような答えを繰り返しているだけですね。これが



ずっと続くんですね。だったら全部コピペでいいんじゃないですか。その



作業をお互い繰り返せば。すっごく無駄に思えますが。つまりお互い無駄な



時間使っているんですよね。同じこと思った人ありません?

41 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 19:31:18 ID:mVRwn5qT
一行空けカキコが、スキルアップ。

二行空けカキコ、三行空けカキコが使えるようになったw


42 :名無しさん@3周年:2005/08/11(木) 00:10:44 ID:R2vOkOjn
>>27
今年の埼玉大学は「聞喜」とか「KI-KI」とかいう表記を使ってる

43 :名無しさん@3周年:2005/08/11(木) 02:35:37 ID:s9xzzVX2
>>23
なら本願寺の方がマトモだね。

44 : 綿貫民輔(富山3区・旧橋本派) :2005/08/11(木) 06:55:56 ID:ML14wqtx
【反対理由は】 綿貫民輔 & トナミ運輸 【私利私欲】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1123665786/

1 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2005/08/10(水) 18:23:06 ID:6gmPBrCE

郵政民営化反対の理由は、もちろん利権がらみ。
荒井の反対理由などとは比較しようも無いくらいのスケールです。


「民営化反対議員連盟会長の綿貫元衆院議長は、
トナミ運輸(富山県砺波市に本社全国規模)のオーナー。
トナミ運輸は郵政公社の長距離輸送部門の下請け業務で圧倒的シエアを持つ」
ttp://www.tonami.co.jp/index.htm


トナミ運輸の新社長に、前衆院議長・綿貫民輔氏の長男就任を正式発表
ttp://www.nikkei.co.jp/news/retto/20050513c6b1301z13.html

トナミ運輸(株)、日本郵政公社が「ゆうパック」で提携
ttp://www.japanpost.jp/pressrelease/s07/yubin/050427_07201.html

45 :名無しさん@3周年:2005/08/11(木) 20:01:54 ID:u3NMmT+T
環境に「適応」しようとすると、将来の環境の変化に適応できなくなってしまう
のです。そのために生き物は、多様性という手段を採っています。
つまり、これが主観と客観の生まれる理由なんですね。


46 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 16:30:39 ID:SvxIPmCB
>>253
ほらよ
http://www3.friend.td.nu/~takeshi/mp3/p.lzh


47 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 16:38:23 ID:SvxIPmCB
↑失敗。無視してください。

48 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 17:19:14 ID:GE3+jp9g

●活かす
親鸞学徒は、親鸞聖人の教えの徹底のみに生きる。
『教行信証』や『御文章』を著された親鸞聖人や蓮如上人のように、
弥陀の本願開顕に活用できるものは、何でも活かす。
それで、親鸞聖人の教えが開闡できれば、どんな非難攻撃も甘んじて受けよう。


49 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 17:19:54 ID:GE3+jp9g

●一朝一夕で
一朝一夕で聞ける法なら、一生参学の大事と誰が言おうか。
多生にもあい難し、億劫にも獲がたしと、聖人が言われるはずもなかろう。



50 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 17:21:52 ID:GE3+jp9g

●体験がなければ、生きた仏法にはならないし、
 教学がなければ、浄土真宗にはならない。


51 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 20:07:52 ID:R+uTFZot
「仏法に無量の門あり。
世間の道に難あり、易あり。
陸道の歩行はすなはち苦しく、
水道の乗船はすなはち楽しきがごとし。
菩薩の道もまたかくのごとし。
あるいは勤行精進の者あり、
あるいは信方便の易行をもって
疾く阿惟越致に至るものあり。

52 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 20:10:04 ID:R+uTFZot
まことに知んぬ、
徳号の慈父ましまさずは能生の因闕けなん。
光明の悲母ましまさずは所生の縁乖きなん。
能所の因縁和合すべしといへども、
信心の業識にあらずは光明土に到ることなし。
真実信の業識、これすなはち内因とす。
光明名の父母、これすなはち外縁とす。
内外の因縁和合して報土の真身を得生す。

53 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 20:12:13 ID:R+uTFZot
深心はこれすなはち真実の信心なり。
自身はこれ煩悩を具足せる凡夫、
善根薄少にして三界に流転して火宅を出ずと信知す。

いま弥陀の本弘誓願は、
名号を称すること下至十声聞等に及ぶまで、
さだめて往生を得しむと信知して、
一念に至るに及ぶまで疑心あることなし。
ゆえに深心と名づく

54 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 22:19:41 ID:+Z0JacaL
人生は飛行機に例えられます
仏法きかぬものはこの日航ジャンボ機の乗客のように泣き、叫び、悔いて死んでいくしかないのです

55 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 23:15:27 ID:R+uTFZot
とりあえず高校生くらいなら今は科学的レベルでいいよ。
それに何を教えるかにも時代の多数派の意見が反映されるよ。
今アメリカじゃ進化論教えるかどうかで揉めてるっしょ。
悲しいかな現代とはその程度の意識レベル。
しかし歴史上では最先端。

56 :名無しさん@3周年:2005/08/13(土) 15:36:33 ID:36Zycd4D
>>54
>仏法きかぬものはこの日航ジャンボ機の乗客のように泣き、叫び、悔いて死んでいくしかないのです

あまりにも被害者の心情を無視して逆撫ですることを平気でいうんだな。
ここまで酷いこというかね。

57 :名無しさん@3周年:2005/08/13(土) 15:39:08 ID:36Zycd4D
>>50
>●体験がなければ、生きた仏法にはならないし、

じゃあ親鸞会の専任講師はだれも生きた仏法にはならないね。

58 :名無しさん@3周年:2005/08/13(土) 22:03:07 ID:PbCPsq8k
趙州和尚が子犬を捕まえて「こいつに仏性が有るか無いか言ってみろ」と弟子に問うた。
趙州和尚はその答えを「無」(むー)と言った。この(むー)とはなにか、ですね。
趙州和尚の趙州狗子はなぜ仏性があるかないかで「無」と答えたか。
お釈迦様は「山川草木悉有仏性」(すべてのものに仏性がある)と悟りを開かれたときに言われている。
では「有」と答えるべきではないか。なぜ「無」なのか。
それは、「有る」とは、今はあるけれど、いつか無くなるもの。
仏性は無くならないものだから「有る」ではない。
だから、「有る」ではない。しかし「無い」でもない。
趙州和尚が「無」と答えているから「無」としかたとえ様がないのではないでしょうか。
「絶対無」という人もいる。「有る」そして、絶対になくならない。
人それぞれだけど、私の解釈はこれですね。

59 :名無しさん@3周年:2005/08/13(土) 22:04:05 ID:PbCPsq8k
仏陀とは目覚めた人のこと、何に目覚めるかといえば、諸法皆空。
諸法皆空に目覚め、内省による智慧と慈悲の道を 実践することが、成仏に繋がるのです。
何故に智慧と慈悲なのかといえば、無我や空性を悟ることにより、我痴・我慢・我見・我愛
の四煩悩から離れることになるから。

60 :名無しさん@3周年:2005/08/14(日) 18:07:31 ID:SWJzXzau
無常と聞いても、上の空。
地獄と聞いても、驚かず
今日もせわしい、明日もせわしい。あわれというも愚かな心に、聖人は、「とても地獄は一定すみかぞかし」と悲泣なされたのだ。
人はみな、大狂人だ。
大馬鹿者を出せと言われたら、自分を知らない者を出せばよい。
なぜ、無限の生命と、無辺の空間に、雄飛する魂を、求めようとしないのであろうか。
かげろうは明日を知らず、セミは春秋を知らない。
過去世も未来も知らず、生々世々、六道を水車のように流転しながら、それすら知りえない我々は、大馬鹿者だ。
一日さえ楽しめば、あとの何百日、どんなに叩かれても、苦にせぬという者はあるまい。
後生知らずば、それよりも愚かなこと。
一文おしみの、百知らずだ。
危ない命を、大丈夫と思うのは、黒いものを、白いものと思うような、間違いである。
日々の流転の上に、昿劫流転の自己を徹見し、底知れぬ悪性を通して、必堕無間の一大事を知らねばならぬ。
我々のみる人生は、貪欲によって逆立ちする。
無常や罪悪を凝視すればするほど、貪欲の火に油を注ぐごとく、燃え上がる。
聖人は、聖人一人のための五劫の思惟の、法蔵菩薩を憶念せられた。


61 :名無しさん@3周年:2005/08/14(日) 18:29:41 ID:e9TDI6Ce
s会漫談節age

62 :名無しさん@3周年:2005/08/14(日) 23:28:14 ID:96KEKLZC
鬼はシャワーを浴びているとき
「なぜシャワーを浴びて生きねばならないのか」
と思って手が止まるらしい。

63 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 00:43:39 ID:5sJLRPN3
どんな意味?

64 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 00:46:25 ID:5sJLRPN3
深い意味があるのだろうか?

65 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 00:59:16 ID:5sJLRPN3
何もなかったりして・・・

66 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 08:39:40 ID:4CQ8xqrT
仏説まこと

67 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 09:31:25 ID:0FX2N32p
          \                /
           \             /
             \          /
              \ ∧∧∧∧/
               <    俺 >
               < 予 .し >
               <    か >
 ─────────< .感 い  >──────────
               <    な  >
               < !!!! い  >
               /∨∨∨∨\
              /         \
            /            \
           /                   \
         /         _| ̄|○         \

68 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 09:37:35 ID:0FX2N32p
“ある孤島の大邸宅に、10人の男女が集まっている。お互い見ず知らずの彼
らは、謎の男から招待されたのだった。まもなく晩餐が始まる。
申し分ない料理とサービスに、みな上機嫌になっていた。
突如、不気味な声が部屋中に響きわたる。
「諸君はそれぞれ、次にのべる罪状で、殺人の嫌疑をうけている――」
その声は、10人全員の過去の犯罪を暴きたてた。人々は動揺する。姿なき謎
の男の告発だった。
やがて10人が、次々と殺されてゆく。1人、また1人……
ついには、そして誰もいなくなった”
ミステリー作家、アガサ・クリスティーのつくった物語です。

69 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 09:40:44 ID:0FX2N32p
飛行機で墜落死する者、コンビナートで爆死する者、交通事故死、病死、溺死
する者、ウラミをかって刺殺される者、ショック死する者……
姿なき無常の風は、いつ襲ってくるかわかりません。
百年もすれば、今この世に生存している人は、すべて、いなくなるのです。

では一体、どこへ行くのでしよう。

70 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 12:21:06 ID:Jsfp7hDF

>ウラミをかって刺殺される者



71 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 17:15:25 ID:L24G5d5W
>>70
豊田商事の会長のことかな?

老人から騙して巻き上げたお金を、会に財施するのは宿善になるんだろうか…?

72 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 18:20:52 ID:0FX2N32p
ジョン・レノンとか見習って
「マザー」みたいな曲でも創って歌えば?

?ママー、うーうううー
俺は転がり続けてこんなとこへ辿り着いた
ひとりの男の影法師
スカラムーシュ 道化師 踊りはスペイン舞踊


73 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 21:30:02 ID:4CQ8xqrT
生まれたからには必ず死なねばならない。
それはわかってる、と言いながら
本当に自分が死ぬと思えるか、明日死ぬと思えるか
……
死ぬなんて全く思っていない、各地で追悼の行事がなされていても
完全に自己の死が抜け落ちているなんて…

74 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 21:35:40 ID:4CQ8xqrT
死は、いつ来ても突然に来たとしか思えない、

何と恐ろしいことかと思う。

75 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:20:46 ID:EObYkaXR
世界の光親鸞聖人
http://www.nsknet.or.jp/~h-makino/frame01.html
http://www.tulip-k.co.jp/
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%C0%A4%B3%A6%A4%CE%B8%F7&auccat=0&alocale=0jp&acc=jp

76 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:44:27 ID:DKI6xz3H
>>72
>俺は転がり続けてこんなとこへ辿り着いた

おい、なつかしいやないかい


77 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:45:49 ID:DKI6xz3H
>>32

恩とは、原因を知る心。
今、恵まれているのは、ひとえにお恩を受けているから。
感謝の日暮しましょう。



78 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:53:35 ID:4HbZrt1Y
人生は失う事の連続だ
それにくじけてどうする
それに耐えるのが 人間だ

79 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 00:19:56 ID:SCFp9zx+
>>32
今生きている。ここまでこの世に生きてこれた。
それだけでも俺は
俺を取り巻くいろんな事々に感謝したい。

でも親鸞会じゃ、会長や会への恩ばかりを押し着せられたもんだったなあ。
献金額を提示したら「T森先生への恩は云々」、
勧誘人数が目標に達しなかったら「会への恩は云々」。

「親の恩」とかも言われたけど、結局は大学で宗教活動やってることに
親から怪しまれないようにするための言い訳みたいなもん。
せっかくの仕送りも財施の目標達成の為にと会に引き出させ、
昼飯抜きで日暮らししてても
「問題ないよ、元気でやってるよ。」という連絡するように言われる。
青森出身の王子様よろしくってとこだね。そんな嘘連絡で親が安心なんかするもんか。



80 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 00:34:40 ID:SCFp9zx+
俺が親からお守りを送って貰ったとき、そのことを先輩に言ったら
「気にすることないよ。捨てたほうがいいよ」だって。
そういうのを捨てたことを誇らしげに話す先輩もいたなあ。

別に親だって、神道に絶対的信仰を寄せてお守り送ったりなんかしないんじゃないかな?
俺はお守り見て素直に嬉しかったよ。
「俺のこと案じてくれてるんだな。ただ言葉にされてないだけで、
『お前のことを心配しているんだよ』って思いを託した手紙なんだな」と俺は受け取めたけれども、
こういうアイテムを見れば会員は教条主義よろしく
邪教だのなんだのと言って捨てさせようとするばかり。
形に拘ってばかりでその心には目を向けない。

「何が『恩を知る心』だよ」って思ったもんだ。


81 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 01:22:40 ID:OaeayDi+
あまりに直球すぎるのも角が立つわね。

82 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 02:33:35 ID:MJ/iDFIQ
>昼飯抜きで日暮らししてても
>「問題ないよ、元気でやってるよ。」という連絡するように言われる。

そんなあなたに一日2食健康法ですよ。


83 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 07:20:43 ID:QRiyTpd7
阿含経によると、衆生は「地獄界・餓鬼界・畜生界・阿修羅界・人間界・欲天」
を死んでは生まれ、転々と輪廻している。各世界の寿命は。
地獄界の寿命は千年。
畜生界の寿命は・・。
餓鬼界の寿命七万年。
阿修羅界の寿命は天の千年。
人間界の寿命は百年。
天界は天の千年。
だそうです。

84 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 07:31:16 ID:QRiyTpd7
その他、沢山の世界がありますが、龍と金翅鳥の世界もあって
龍・金翅鳥の寿命は一劫。
金翅鳥は龍を食べているそうです。

85 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 07:51:55 ID:S8OussYp
>人生は失う事の連続だ
>それにくじけてどうする
>それに耐えるのが 人間だ

確かにそう思って歯を食いしばって生きるしかない…けど
失い続けて、耐え続けるのもなー
まるで苦しむために生まれてきたみたいだ。


86 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 07:57:07 ID:S8OussYp
僕は正直言って
失うのはいやだ
裏切られて苦しむのもいやだ
でもやっぱりそんなものしかないのかな

強く生きるしかないんだね。

87 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 11:58:38 ID:SCFp9zx+
君が生きたことは失いようのない事実だよ。

88 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 14:17:54 ID:QRiyTpd7
>たとえば、十二因縁とかどの宗派でもあるのかな?
>どの宗派にも共通してあるものが、仏教の真の教えって考えるのは
>浅はかですか?

そうは言わないけどね。

89 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 19:50:31 ID:S8OussYp
人生はむせび泣き、すすり泣き、微笑みからなっており、
すすり泣きが圧倒的に多い。(O.Henry)

だけど苦しむために生まれてきたんじゃないよね。

90 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 08:38:41 ID:jq3r4v3L
死は、地震どころじゃないよな。

91 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 09:07:35 ID:UsfDW2Ch
>>88
>実際私の友人の欧米人たちが来日し、多くの人が仏教のことを口にします
>が、「キリスト教の方が分岐もしていないし、単純明快でいいじゃないか」
>というと、ほぼ全員「ローマ時代にすでに原型が見失われ、その後複雑多岐
>に分裂し、派により国により全く別なものになっている。仏教の方が原型を
>留めている」という。

土着の習俗を無視しては社会自体が成り立たない。個々の土地それぞれの習慣を踏まえた上で、
そこに各宗教の教えをどう実践していくかで、宗教はその地に根ずくものなので、その辺は洋の
東西は変わらない。

92 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 14:45:39 ID:1Gy1HVPg
マイアヒー

93 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 18:42:08 ID:xRPDFQuA
マイアフー

94 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 19:32:49 ID:j7InwNsj
マイアホー

95 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 20:14:27 ID:jq3r4v3L
暑いのかな

96 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 21:01:25 ID:BfE/BkLW
マイアヒッヒー

97 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 21:08:51 ID:jq3r4v3L
やっぱ暑いんだね

98 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 22:48:37 ID:UsfDW2Ch
まあ
10人中1人ぐらい
必ず“じぇんしぇ〜”のこと
鮮明に憶えてるっていう確率なら
ちょとハナシ聞いてやっても
イイぜ!

99 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 09:29:11 ID:N5Qw4brf
“ある孤島の大邸宅に、10人の男女が集まっている。お互い見ず知らずの彼
らは、謎の男から招待されたのだった。まもなく晩餐が始まる。
申し分ない料理とサービスに、みな上機嫌になっていた。
突如、不気味な声が部屋中に響きわたる。
「諸君はそれぞれ、次にのべる罪状で、殺人の嫌疑をうけている――」
その声は、10人全員の過去の犯罪を暴きたてた。人々は動揺する。姿なき謎
の男の告発だった。
やがて10人が、次々と殺されてゆく。1人、また1人……
ついには、そして誰もいなくなった”
ミステリー作家、アガサ・クリスティーのつくった物語です。

100 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 09:29:51 ID:N5Qw4brf
飛行機で墜落死する者、コンビナートで爆死する者、交通事故死、病死、溺死
する者、ウラミをかって刺殺される者、ショック死する者……
姿なき無常の風は、いつ襲ってくるかわかりません。
百年もすれば、今この世に生存している人は、すべて、いなくなるのです。

では一体、どこへ行くのでしよう。

101 :親鸞学徒の一人:2005/08/18(木) 21:29:38 ID:K/fewIC4
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、何としても解し難いのです。
全く聖人と同じ道程をたどり、そして法然上人のように相承血脈せられた善知識に会いたてまつり、その教えを受けた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのではないでしょうか。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」
とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。
「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
それがため真宗では古より今日に至るまで、異安心問題が絶えません。
まことに「教行信証」「正信偈」は金山に等しく、ただ発掘して金鉱としてかざるよりも精錬して純金にし家宝として初めて現当二益を得ることができるのではないでしょうか。
正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。
しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、
誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。
叩けば門は開かれるのです。
一人でも正信に帰入し、また一人でも多くの人々の手を引き道に入らしめられることを念じあげます。
謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。
正本堂でともに聞かせていただきましょう。

102 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 23:33:07 ID:k5M/bRr6
「今日になってそれに手をつけるとなると大変だと思うばかりで、
いつかはと思っているが、なかなか手が出ないのです。それは人生
の観方、宗教への考えなどが年とともに深まれば深まるほど、親鸞
像というものが果てしなく広く深いことがわかってくるからです」

(吉川英治)

すごいなーと思います。




103 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 23:35:44 ID:k5M/bRr6
『宮本武蔵』『新書太閤記』などの著作で知られる吉川英治は、生涯、
親鸞聖人を慕い続けた人でした。



104 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 23:39:32 ID:k5M/bRr6

「鎌倉(時代)というのは、一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった」
                         (司馬遼太郎)
『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などの歴史小説で知られる人気作家・
司馬遼太郎さんが、『日本と仏教』というエッセーの中で、こう書い
ています。


105 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 08:24:57 ID:iTN3183e
「親鸞聖人に初めから非常な信念があり、非常な力があり、非常な強い根底の
ある思想をもたなければ、あれ程の大改革はできない」(夏目漱石)

親鸞聖人31歳、肉食妻帯の断行は、宗教史上の一大革命でありました。

106 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 08:26:49 ID:iTN3183e
「その時分、思い切って妻帯し肉食するということを公言するのみならず断行
してご覧なさい。どれ位の迫害を受けるか分からない。もっとも迫害などを恐
れるようでは、そんな事はできないでしょう。自信なり、確固たる精神がある
。その人を支配する権威があって初めて、ああいう事が出来るのである」

(夏目漱石)



107 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 08:30:41 ID:iTN3183e
漱石をして、かく驚嘆させた親鸞聖人の破天荒な言動の根底には、では何があったのでしようか。

残念ながら漱石は、聖人の言動のみ知って、その理由を知りません。

108 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 08:40:45 ID:PaAyLkKl
ちなみに、漱石とは、
とある漢籍の中に「枕流漱石」の文字があり,「頑固者」を意味します。
あるいは「漱石枕流」とも.石に口をすすぎ,流れに枕すと読みます。

晋の時代,孫楚という人物が,「石に枕し、流れに漱ぐ」というべきところを、
「石に漱ぎ流れに枕す」と言いまちがえたのですが、
「漱石とは歯をみがくことで、枕流とは耳を洗うことだ」
とか何とかこじつけて,誤りを認めようとしなかったというものです。

ここから負け惜しみの強いことや、あるいは、間違えを認めないような
頑固者の意味が生まれました。


109 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 08:42:51 ID:PaAyLkKl
人から何を言われても、頑固頑固な、漱石をしても、なお、
ここまでも感嘆させる親鸞聖人の言動とは。

やはりすごかったに違いない。

110 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 09:35:19 ID:16W4+zu6
ヒューリスティクス
通常ではほぼ適応的な行動や判断を導き、
要する時間や手間を省くことができるが、
特異的な場合には錯誤をもたらす簡便なやり方。

111 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 09:52:01 ID:PaAyLkKl
飛行機で墜落死する者、コンビナートで爆死する者、交通事故死、病死、溺死
する者、ウラミをかって刺殺される者、ショック死する者……
姿なき無常の風は、いつ襲ってくるかわかりません。
百年もすれば、今この世に生存している人は、すべて、いなくなるのです。

では一体、どこへ行くのでしよう。


112 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 19:01:11 ID:16W4+zu6
20世紀で最大の哲学者は、
20世紀で最大の哲学書とも言える小説『特性のない男』を書いた
ロベルト・フォン・ムージルだと思う。
実際、数学と物理学の学位を取得した彼の学位論文は、
E.マッハに対する鋭い洞察と批判を含んだものだ、
とニールス・ボーアが言っているそうだし、
アインシュタインの初期の経歴を特色づけたマッハが志向した
<精神物理学>的な手法が著書には散見されると思うんだ。

113 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 19:02:00 ID:16W4+zu6
人間と人間が認識できる自然現象を「物質」とおき、その規則性/法則性/論理性の可能性を追及するもの=自然科学
人間と人間が認識できる自然/社会現象を「世界/社会/人間関係」とおき、その規則性/法則性/論理性の可能性を追及するもの=社会科学(経済を含む)
人間と人間が認識できる自然/社会現象を「人間の認識」とおき、その規則性/法則性/論理性の可能性を追及するもの=哲学

114 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 19:08:12 ID:16W4+zu6
  I am GOD'S CHILD(私は神の子ども)
  この腐敗した世界に墜とされた
  How do I live on such a field ?(こんな場所でどうやって生きろというの?)
  こんなもののために生まれたんじゃない

 こう歌ったのは、鬼束ちひろという現代日本人歌手である。
そしてその歌のタイトルはずばり「月光」である。
おそらく当人は無意識であろうが、これはかぐや姫昇天の本歌取りと言うべきものだろう。
かぐや姫昇天の想い出は、今に至るも私たち日本人の深層にしっかりと刻み込まれている。



115 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 20:53:41 ID:JQiTkGlS
阿弥陀如来の誓願はまさに、超世希有であり、世界中どこにもない弘誓です。
「若不生者不取正覚」の大願が、私の心に響き渡っています。
 高森先生は、親鸞聖人のみ教えをそのまま伝えられ、
私の心に信心の花が咲き、往生の実を結ぶ身になるまで、育ててくださいました。
 多生億劫からの暗い心が晴れました。本当に不思議なことです。
 私一人がための弥陀の本願、まことでありました。
この上なく楽しく、幸せです。
うれしさのあまり、ただ涙が流れて、懺悔せずにおれません。
 身を粉に骨を砕いても、阿弥陀仏のご洪恩には報い切れません。
ありがとうございました。

116 :名無しさん@3周年:2005/08/20(土) 19:25:04 ID:pDP8RLL3
ショタに目覚めそう・・・
ttp://upld2.x0.com/data/upld11849.jpg

117 :名無しさん@3周年:2005/08/20(土) 21:31:41 ID:thUGhvqv
(´・ω/,_ゝ`)っ/・) プッ → (´・ω・) ピシャッ

118 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 00:16:45 ID:AwwJNOZA
前スレ

気がすむまで語ろう親鸞会

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1122475557/

119 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 15:35:37 ID:J7DYPc2o
アンチスレが久々に本スレになってうれしい。

120 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 16:30:17 ID:3+tdy1cr
この調子でシンパスレを殲滅させようぜ!

121 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:09:46 ID:Pgvrkt0S
哲学に限ってみても、神という言葉で何を意味させているかが哲学者によって全然違うと思います。
ニーチェが神という言葉で意味しているのは、この仮像の世界ではない真の世界、
相対的道徳ではない絶対道徳、表層の美でない真の美、などの実在およびそのように
仮と真を分裂させ位階付ける思考法一般(絶対的超越者を認める思考)ですが、全ての西洋
形而上学者がそのような意味で神という言葉を使っていたわけではなく、特にスピノザ、
シェリング、ヘーゲルの系譜においては、絶対的超越者としての神は認められていません。

122 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:10:25 ID:Pgvrkt0S
いずれ死ぬ。それは確実なことであろう。
しかし死についてどれ程の人が自覚しているのであろう。
呼吸が苦しくなって、血液が大量にあふれて、死が真に迫った時、
はじめて死が確実に存在するものとして自覚できるのだろう。
いずれ死ぬ、皆言う。
しかし、明日、1時間後、10分後に死ぬとは誰も思わない。
明日、1時間後、10分後の間に生きる意味があるのであろうか。

123 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:11:39 ID:Pgvrkt0S
釈尊は、「諸行無常」と教えられた。
私たちの信じているものは、無常であり、必ず、裏切ってゆくものなのだ。
一切は、時とともに変転し、止まることがない。
物も心も人生も、絶えず変化し、常住しない。
 コップも茶碗も、机も椅子も、目に見えずとも、変形している。
数年も経てば、傷ついたり、変色したりで、肉眼でも、ハッキリと分かるようになる。
 東京タワーや大阪城天守閣、マンハッタンの摩天楼など、豪壮な建造物も年月とともにもろくなり、建て直しの時期がやってくる。
 燦々と輝く、あの太陽さえ、50億年後には、滅してしまうという。
 好景気は続かず、総理の地位もやがては交替、家族といえど、永久に共にはいられない。
 大きく変化するか、少しずつ変化するかの違いはあっても、この世に変化しないものは何一つないのだ。
 最後は、この身体さえ、焼いてゆかねばならぬ。
「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり」
と、蓮如上人は、『白骨の章』で教えられた。
 地震、洪水、火災などがいつ私たちを襲うか分からない。一寸先は闇である。噴火山上で舞踏をしているのが私たちの姿ではないか。
 たまたま災害から免れても、死から逃れることはできない。
臨終には金・財産・地位 ・家族すべて、世間虚仮・空事・たわごとで、あて力にはなり得ないのだ。
「火宅無常の世界は、万のこと皆もって空事・たわごと・真実あること無し」
 聖人が仰有る通りである。
 諸行無常の世にあって、本当に信ずべきものは何か。
 親鸞聖人は、断言せられた。「ただ念仏のみぞまことにて在します」。
真実の幸福は、阿弥陀如来の本願に救い摂られる以外にはありえない、と。
これを聖徳太子は、「世間虚仮、唯仏是真(世間は虚仮なり、唯仏のみこれ真なり)」と仰せられた。
弥陀の弘誓を聞信し、永遠に崩れぬ 幸福の身になることこそ、人生出世の本懐なのである。 


124 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:12:31 ID:9PXc96Wo
捨てられた小さな犬に『生きてくれ』と言おう。
明日なんて時が経てばくるだろう。
眠れぬ夜を過ごす人にも。
朝が待てぬ人にも。
朝は優しさなんて持たず冷たさも持たず…
ただやってくるだけ。
だから明日を知らない君に『生きてくれ』と言おう。
今日にありがとうなんて言えるほどマシな人生じゃないけれど『生きることもいいかな』なんて言えればいいな…こんな時代だからね。
小さな犬に朝がくるなんてわからない。
ボクは見ることしかできなくて。
『生きてくれ』ってそれしか…
それしか言えなかった。
小さな犬は『楽しいですか』『誰か喜んでくれますか』
とボクに問う。
ボクは道徳論や同情の代わりに『生きてくれ』と下を向いて言った。
意味はない、意味なんて感じなければ味なんてわからない。
甘い、苦い、辛い…
生きてくれ。生きてくれ…


125 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:13:38 ID:9PXc96Wo
正式な医学用語かどうかは知らないが「ブルーマンデー症候群」というものが
ある。サラリーマンに多いようなのだが、『サザエさん』や『笑点』のような、
現在が日曜日の夕刻であり「忌わしい月曜日」が数時間後に迫っていることを
実感させられるようなテレビ番組が始まると憂鬱な気分になるといった症状が
あるのが特徴だ。

私の場合、サラリーマン時代は、夕刻を待つまでもなく昼の『新婚さんいらっ
しゃい』でずいぶん苦しんだものだ。だから『NHKのど自慢』や『アッコにお
まかせ』あたりで生き地獄を味わっている人たちもいるだろう。『ちびまるこ
ちゃん』がきっかけで自殺した人がいたとしても不思議ではない。そんな有害
番組が何年も放送され続けているところに、放送業界がかかえる、視聴率優先
主義という悪しき体質が見てとれる。

多くの人は、おそらく月曜の朝、目が覚めたときが最悪の気分と言うだろう。
目覚し時計がピッピと鳴った瞬間に、せっかく眠っている間に忘れていた残酷
な現実を一挙に思い出さなければならないのである。


126 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 17:14:46 ID:9PXc96Wo
ナチの強制収容所の体験をつづった『夜と霧』のなかで、著者のV.フランクル
は、夜中、隣で寝ていた囚人が悪夢にうなされているのを見て起こしてやろう
と思ったが、たとえ悪夢を見ていても、眠っている間は自分がおかれている過
酷な境遇は忘れていられるのだと考えて、そっとしておいたと語っている。私
がサラリーマンなら、悪夢にうなされているのと、月曜の朝に目覚めるのとど
ちらを選ぶかと問われたら、悪夢と答えるかもしれない。

ああ、また月曜か。朝イチで会議がある。今週の目標を言わなくちゃならない。
ちょっと曖昧なこと言うと社長に機関銃みたいにつっこまれる。あと何年こん
なことを繰返すんだろうか。次の休みまであと五日もあるぞ。夏期休暇まで6
週間。あの社長死んだら会議がなくなるのにな。秋ごろに辞めようか。次の仕
事なかなかないだろうけど、毎週あんなストレスたまる会議やって鬱になるよ
りいいかも。

でも、なんでこんな辛い思いをしなくちゃならないんだろう。前世からの宿業
か、だったらオレは前世で何をしたというんだ、盗賊か、人買いか、女殺油地
獄か、といったような想念が止めどもなくあふれ出して、家を出たら会社へは
行かず、そのまま失踪してホームレスになるのである。


127 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 18:31:49 ID:qYeIJY/c
で、あなたの遺言は、月曜日へのぼんやりとした不安でファイナルアンサー?

128 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 21:20:14 ID:SizHOBAe
休みの日が日曜じゃない人にもあてはまるのかよ、ゴラア

129 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 21:36:11 ID:XGQ88zdD
月曜日は、わんわん!

130 :名無しさん@3周年:2005/08/21(日) 23:04:13 ID:3+tdy1cr
只今、パラパラ恩徳讃を制作中

131 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 03:09:28 ID:fT0y4Fpk
>>126
>ああ、また月曜か。朝イチで会議がある。今週の目標を言わなくちゃならない。
>ちょっと曖昧なこと言うと社長に機関銃みたいにつっこまれる。あと何年こん
>なことを繰返すんだろうか。

月曜、朝イチ、社長を除けばs会員の言葉でもおかしくないなw

132 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 04:13:37 ID:viUPcaRL
わけわかめ

133 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 08:41:48 ID:C7tl95W7
僕は月曜日の朝、やる気いっぱい。おかしい?

134 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 13:54:48 ID:XRuTRXMK
★ピアノマンは芝居だった 英紙報道

・【10:20】 【ロンドン22日共同】22日付の英大衆紙デーリー・ミラーは、英国で
 4月に保護され、謎の「ピアノマン」として話題になった男性はドイツ人で、芝居を
 して「医師らをかついでいた」と報じた。

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH

135 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 13:57:27 ID:XRuTRXMK
一粒の芥子、よく須弥山(しゅみせん)を隠す。
一掬(きく)の水の中に人魚たちが心ゆくまで踊る。
私は終日汝に相対していて、劫初以来会った事がない。
看よ、東山全嶺が水上を歩いている。
エックハルトの乞食の挨拶 「[朝な朝な好(よ)き朝です」。 雲門 「日々是好日」
扇を扇と呼ぶな、鋤(すき)を鋤と呼ぶな。
昨日は痛かったが、今日は痛くない。 さっきは泣きわめいたが、今は笑っている。
腹が減れば食い、疲れれば眠る。
雪がすべての山を白く覆うている時、なにゆえにあるひとつの山は覆われずにあるのか。
清浄の行者、涅槃に入らず、破戒の比丘、地獄に堕ちず。
我の知っている事を汝は知らず、汝の知っている事を我はことごとく知る。
大力の人がどうして彼の両脚を挙げることができないのか。
柱が毎日動き回っているのに、どうして私は動かないのか。
わたしは釈迦の出現以前からさとりの状態にある。 光あれと命ずる以前の神と共にあれ。

136 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 14:00:48 ID:XRuTRXMK
虫や病気はつきにくいので、基本的には放置でも育ちます。
ただ、つるが伸びるので支柱は必須です。
また、植える前に堆肥や石灰なんかを撒いておいたほうがいいかもしれません。
あとは、たまに見に行ってつるが変な方に伸びてたら支柱の方に戻したり、
月に1回くらい畑用の肥料を、気が向いたらあげてみたり、花が咲いてたら人工受粉をしたりします。
人工受粉しなくても実はつきますが、した方が実付きはいいようです。

一株の実の数ですが、露地植えは今年から始めたんで分かりません。
鉢植えでやった去年は夏場に一鉢あたり3〜5個なりました。

肝心の味ですが、品種にもよると思います。
うちのはサカタのタネから買ったパッションフルーツ・イパネマという品種ですが、
グレープフルーツ(スイーティじゃないやつ)並みに酸っぱいので、
香りはいいんですが、生ではちょっときつかったです。

137 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 14:54:14 ID:vGheZA1j


★信心決定は芝居だった 顕彰新聞

・【10:20】 【小杉22日】22日付の顕彰新聞は、日本で昭和26に徹信会を発足し、
 謎の「信心決定者・昭和の善知識」として話題になった男性は朝鮮人で、芝居を
 して「信者らをかついでいた」と報じた。





138 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 19:08:52 ID:kB2EOgoU
ttp://www.highbrow634.net/
都会に人と車が戻ってきた。
夏休みも終盤に入って子供たちも何やら寂しそうである。
「あー、また、夏休みの初日に戻りたい!」
と大抵の子は思っているだろう。
8月の終わりというのは、何か寂しさが胸を覆ってしまう。
人生もそうなのだろうか。
先日、マスコミで活躍している同じ歳の大学教授の知り合いが、
「気がついたらもうこんな年齢か。おれの人生何だったのか、何もしないままに、このまま終わるのか。時々そう思って悲しくなる時がある」
他人から見ると、何の悩みもないし、今も恵まれている境遇にあるのに、彼でもそう思うのかと不思議だった。
が、その気持はわからなくはない。
若い時は、人生はいつまでも続くような気がするものだし、何でも挽回することも可能だと思える。
しかし、三十代、四十代そして五十代となると、人生そんな簡単じゃないよな、とわかってくる。
よく考えてみると、人は生まれた時から死に向かって生きているわけだ。人生に目標を持ち、それを実現したとしても、結局自分は死ぬ。その結果がどんな評価を受けるかはよくわからない。
ということは、人生で一番 大事なのは目標を持って、それに向かう日々ということになりはしないか。
死ぬまで、自分の目標を立て、それに一日一日向かって生きるのが、大切なことではないか。
私はそんな風に考えた。

139 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 23:10:14 ID:C7tl95W7
まだ、残暑が厳しいから、秋の気配って早いかな?

でも、夜になって涼しい風が吹くと、心地よい反面、何となく物寂しい。

秋の気配。

140 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 23:12:28 ID:C7tl95W7
まつりの多かった夏。

ああ、あとのまつり。

141 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 23:12:55 ID:rs7jA0kK
全人類にとって最も大事な「苦悩の根元」と「その解決法」を教えられた親鸞聖人に、心のこうべを垂れてぬかずき、心よりご恩を感じております。
 アカだらけ、泥まみれの汚れ切った自分を、少しもそう思わずに生きてきました。
 しかし仏法と出遇い、今まで犯してきたいちばん重い罪とともに、どんどん落ちていく自分を見せつけられました。
地獄の火坑にほうり込まれ、かま底をたたいたと同時に浮かび上がり、大安心、大満足の境地に至らせていただけた幸せは、どう考えても不思議の中の不思議です。
 いつでもどこでも地獄必定の極悪人が、極善無上の幸せ者とは、過去どんなご縁があったのでしょうか。
 うぬぼれ強い自分が随犯随懺照らし出され、真実の自己をハッキリ分からせていただき、苦悩の根元は「無明の闇」一つと知らされました。
弥陀のおっしゃる「唯除五逆誹謗正法」は、真の中の真、本当に本当でありました。
止めどもなくあふれる喜びを抑え切れません。
 ここまでお導きくださった善知識方のご恩にどうしたら報いられましょう。
ご説法後の恩徳讃は、私の決意表明として、大きな声で歌わせていただいております。
でも行うは難しです。
しかし、親鸞学徒の名に恥じぬよう、真実を叫び続けることを阿弥陀仏とお約束いたします。


142 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 07:13:47 ID:GcMPBDDX
ageとくね 

143 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 07:21:20 ID:doJGhShW
「現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれる宗教があるとすれば、
それは『仏教』です。」(アインシュタイン)

やっぱりわかる科学者だ。

144 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 07:23:52 ID:doJGhShW
「人間の心のしくみを探るのに、仏教以上の教えはありません」
(マーヴィン・ミンスキー教授)

やっぱりわかる先生だ。

145 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 07:32:07 ID:doJGhShW
「人々は宗教を軽蔑している。人々は宗教を嫌い、宗教が真実であることをお
それている。これを正すためには、まず宗教が理性に反するものでないことを
、示してやらねばならない」
(パスカル)

宗教と言っても、でたらめなものばかりだから、軽蔑するのも嫌うのもよくわかる。
でも、そういうのはそもそも本来、宗教ではない。
パスカルの言う真の宗教こそ、仏教。

やっぱりわかる哲学者だと思う。

146 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 08:53:44 ID:iMmuq/NY

歴史の偉人はみんな仏教を指示してるんだね。すごい!!



147 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 10:21:29 ID:OQTBIRee
栗本の新刊が出た。新刊がでるとは思ってなかった。
これを陰謀史観のトンデモだと切り捨てるのはたやすい。
彼は法とは異なる価値観をもつ人々が共同体のなかにいるとき
勝者の価値観を確定させるものだと言っていたと思う。
法や公的に流布する通説とはなにかを問題にしてきた。
彼の言説は公的には確認されてないという批判は無効だ。
彼は一貫して公的に確認された事象は問題にしてない。
公的に確認された言説による暗黙知の抑圧に抗してきた。
確かに彼はアインシュタインのように公的な言説のパラダイム
シフトを起こすことはできなかった。彼がやった最大の仕事は
「意味と生命」で暗黙知の認識論、存在論の地平を切り開いた
ことだろう。方法論は手にした。しかしそれを用いてまったく新たな
認識を公的なものにまで高めることはできなかった。それは後継者が
なすべき仕事だ。彼は後継者を得て死ぬことはないだろう。俺もまったく
話にならん1ファンにすぎん。「パンツを脱いだサル」は実質的な遺作
なのだろうか。パンツを意識的にはいているユダヤ人について語ってるが
悪魔をみつけたという話ではない。人間のパンツについてもっとも知悉し
意識的にコントロールできる連中に、地球が任せられるかという話だ。
本書で素直に闇というものに敗北してきたことを認めている。
学生運動時の大衆への愛だろう。コントロールされるな覚醒しろっていう。
偽史、異説のレベルを踏み越えた暗黙知の開放が見たい。でも後継の仕事
だよな。人間の知性の外部としてのウィルスを主題とした生命論がみたかった
なあ。

148 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 10:22:22 ID:OQTBIRee
アカデミズムでは陰謀論ってタブーみたいだけど、ロスチャイルドやロックフェラーといった国際資本の動きは政治経済を見る重要なファクターだと思うんだけどね。
もちろん陰謀史観が唱えるほど一枚岩の集団じゃないはずだけど。
なんでもかんでも複雑な社会現象をそんなんで説明されちゃ、政治学や経済学のプライドが許さないのかな?w
前から疑問に思っていたけど、どうなんだろう?
坂本竜馬とグラバーの関係とか気になるんだけどね。

149 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 22:45:21 ID:M4vrmQfe
諸行は無常なり

150 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 22:46:26 ID:M4vrmQfe
無常の嵐を前にしたら

毀誉褒貶も何もなくなってしまいます

151 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 22:47:29 ID:M4vrmQfe
ほめるものも

そしるものも

わらっているひとも

ないているひとも

ういているひと

しずんでいるひとも

すべては

後生後生へと

ただ

進んでいるのです

152 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 23:31:29 ID:OQTBIRee
>仕切りません。1000なら、ぱんつ裏がえしw

ボラ、やってよ。

153 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 00:01:28 ID:tcrDMpvp
善本って善本徳本の善本じゃないの?
「善本」とは如来の嘉名なり。
「徳本」とは如来の徳号なり。
とあるけど、他力的解釈もありなんでない?

154 :みづえ:2005/08/24(水) 07:59:33 ID:3TrPTcJw
流れがよく分かりませーん。


155 :小ネタですが:2005/08/24(水) 08:29:15 ID:2HU1rINt
こんにちは。
度々書き込ませて頂いている、今年親鸞会を辞めた者ですが…
平成16年10月号「顕真」巻頭言で目を引いたものがあったので、
ちょっと書かせて頂きます。

…………………………………………………
●蓮如上人
八十五年間の生を終えられた蓮如上人の葬儀の翌日、
上人の教化を受けて人生の本懐を果たし、
『恩徳讃』に燃える奈良吉野の与次郎という親鸞学徒が、
山科に馳せ参じ御臨終にも葬儀にもお会い出来なかったことを
嘆き悲しみ、葬場の囲いの中で腹十文字にかき切って殉死している。

如何に上人の感化が偉大であったかが窺われる。
…………………………………………………
あのー、このエピソード、会内で過剰に美化されてないといいんですけど…
少なくともあたしは、ダミーサークル使って嘘つき勧誘して、
会員をロボットにしようとするような
団体の頭のために命を捨てる気はないです。

156 :親鸞会はかく反論する:2005/08/24(水) 10:31:53 ID:wCQ0TC7R
昭和五十四年十二月二十日、本願寺発行の『伝道院紀要』(24)号は、
「現代に於ける異義の研究――高森親鸞会の主張とその問題点」
と題して次のような論文を掲載した。

本願寺の主張を代弁して紅楳英顕氏が書いたものである。
「高森親鸞会における教義上の問題については、既に種々の点が指摘され、一念覚知、
善知識だのみ本尊論等については、研究論文も発表されている。
本稿では宿善論と二種深信に関する問題とを取り挙げ論じたいと思う」(P.1)
と、前置きして、
「第一章、宿善論について」
次のように論じている。


157 :本願寺の宿善の定義:2005/08/24(水) 10:32:42 ID:wCQ0TC7R
「宿善の語義については、大原性実氏によれば、
『抑々、宿善とは宿世の善根という意味で、宿世に於いて修習する善根。
又は、宿世に於ける値仏聞法の善根を指すもので、
宿福とも宿因とも宿縁とも名づける。

故にその物体は一往は万行諸善及び自力念仏であるが、
再往を言えば我々が今日弥陀法に遇い之を信受奉行することを得し因縁となりしこと
は悉く宿善と称すべく、
獲信の一大事は正しく、この宿善の開発せる為である』
とあり、

又、
『新・仏教辞典』(中村元監修)
には、
『前世、過去世につくった善根功徳をいう。
また、人の一代に限って、今まで作った善根を指すこともある。
真宗では宿善開発といい今まで修めて来た善根が、
ある時期に、ひらめきあらわれることによって信心が得られると説く』
等とあるように、
真宗における宿善とは、獲信の為の因縁となる善根を意味するのである。
以下、親鸞聖人並びに蓮如上人それから真宗先哲の諸見解を窺いながら、高森親鸞
会の宿善論についての問題点を検討したいと思う」(P.2)
と述べ、


158 :本願寺の宿善の定義:2005/08/24(水) 10:33:16 ID:wCQ0TC7R
親鸞会発行の『白道燃ゆ』や『顕正新聞』『法戦』などの書籍や出版物の文章の一端
を引用して、
「以上によって明らかなように、高森親鸞会の主張する宿善を自力とし、しかも聴聞
(聞法)だけでなしに、破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、高森親鸞会に対
する献金等(財施)も獲信の為の宿善になるとする宿善論は、親鸞聖人や蓮如上人、
それから真宗先哲の見解にも、およそみられない全くの謬見であり異義であるといわ
ねばならないものである」(P.23)

と結んでいる。


159 :質問に耐えられぬ内容:2005/08/24(水) 10:45:18 ID:wCQ0TC7R
『伝道院紀要』(19)号の氏の『一念覚知』の論文と同じく、的はずれの矛盾撞着も甚
だしい内容で、気の毒やら情けないやら可愛そうにも思ったが、破邪顕正の使命から
早速(昭和五十五年一月二十五日)四項目の質問状を本願寺と紅楳氏に提出し、十五
回も書留親展で催促状を重ねて来たが、四百日以上経過するも未だに返答がないのは
前記の通りである。

自己の書いたものに対する質問にさえ答え切れない事実をみるだけでも、おおよそ
内容は想像出来ると思われるが、以下本願寺の主張の概略を紹介し、何故に的はずれ
と言うのか、何故に矛盾撞着と断ずるのか、何故に可哀想と同情するのか、その理由
を明らかにして、多少なりとも讃仏乗の縁、転法輪の因ともなれば幸いと思っている。



160 :本願寺の稚気:2005/08/24(水) 10:48:46 ID:wCQ0TC7R
ただここで、少々言葉使いに敏感な方は問題にされることは、本願寺は何時ものこ
とではあるが、法的に認証されている浄土真宗親鸞会という正式の名称を使わず、殊
更に高森親鸞会と呼称することである。

同名の団体でもあるのならともかく、あえてこのような呼び方をするところに陰険
な悪意を感ずる人も少なくなかろうと思うが、ただ保身の為、親鸞会憎しの怨念に燃
え、あえて真実に立ち向かおうとするのであるから、彼らだって空しい闘志をかきた
てねばならないことは容易に想像出来る。

可愛い稚気というべきかも知れない。

161 :本願寺が親鸞会を非難する問題点:2005/08/24(水) 10:49:21 ID:wCQ0TC7R
早速本論に入ろう。

先ず本願寺が親鸞会を謬見異義として非難している点を明確にしよう。

「以上によって明らかなように、高森親鸞会の主張する宿善を自力とし、しかも聴聞
(聞法)だけでなしに、破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、高森親鸞会に対
する献金(財施)等も獲信の為の宿善になるとする宿善論は、親鸞聖人や蓮如上人、
それから真宗先哲の見解にもおよそみられない全くの謬見であり異義であるといわね
ばならないものである」(P.23)

聴聞(聞法)や、破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、財施(仏法を弘める
為に金や物を施すこと)を教えすすめることは、親鸞聖人や蓮如上人の御教えに反す
ることだから、親鸞会は謬見であり異義であるというのである。


162 :真剣な聞法をすすめるのは間違い:2005/08/24(水) 10:58:02 ID:wCQ0TC7R
聞法について本願寺は次のように非難する。

「たとひ大千世界に、みてらん火をもすぎゆきて、仏のみ名をきく人は、ながく不退
にかなふなり」(浄土和讃)
の親鸞聖人の御言葉や、

「仏法には世間の隙を闕きて聞くべし。世間の隙をあけて法を聞くべきように思うこ
と、浅ましきことなり。仏法には明日ということはあるまじき由の仰せに候。
たとい大千世界に、満てらん火をもすぎゆきて、仏の御名を聞く人は、ながく不退
にかなうなり、と『和讃』にあそばされ候。
いかに不信なりとも聴聞を心に入れて申さば、御慈悲にて候間、信を獲べきなり。
只仏法は聴聞に極まることなりと云々」(蓮如上人御一代記聞書)
の蓮如上人のお言葉を根拠に、自力一杯真剣に聴聞せよとすすめる親鸞会は誤りだと。

その理由として本願寺は、次のように弁明する。

「親鸞聖人や蓮如上人は確かに聴聞(聞法)にはげむことをすすめてはいられるが、
親鸞会の主張のように、それが宿善となって信が獲られるという宿善を自力によると
することを意味しているのではない」(P.16)

「宿善は、あくまでも他力になさしめられるところとするのである」(P.17)
から、自分で努力するのは間違いであると、繰り返し主張するのである。


163 :聞法は信心獲得することとは無関係:2005/08/24(水) 10:58:51 ID:wCQ0TC7R
本願寺の主張のように、親鸞聖人や蓮如上人は、確かに聴聞(聞法)に、はげむこ
とをすすめられたが、聴聞が宿善となって信が獲られるということではないとするな
らば、聴聞は信心獲得することとは無関係で無意味なことになる。

しかもそんな無関係、無意味なことを、親鸞聖人や蓮如上人は生涯教えすすめてゆ
かれたことになる。

本願寺は親鸞聖人や蓮如上人の御苦労の総てが、信心獲得まで導くということ唯一
であったということが全く判っていない証拠が、ここにもまざまざと露呈されている。

親鸞聖人九十年の願いは一体何であったのか。
「三朝浄土の大師等
 哀愍摂受したまひて
 真実信心すすめしめ
 定聚の位に入れしめよ」(正像末和讃)
にも明らかなように、
「真実信心すすめしめ、定聚の位に入れしめよ(信心獲得)」
唯一つであった。

蓮如上人はこれを
「然れば祖師聖人御相伝一流の肝要は、ただこの信心一に限れり。これを知らざるを
もって他門とし、これを知れるをもって真宗のしるしとす」(御文章二帖三通)
と教え、蓮如上人八十五年の願いもまた、一日も早く一人でも多く信心獲得して絶対
の幸福になってもらいたいの熱望一つであった。

「あわれあわれ、尊名のうちにみなみな信心決定あれかしと朝夕思ひはんべり」(御
文章四帖十五通)
の御遺言で、それは明白である。



164 :聞法は信心獲得することとは無関係:2005/08/24(水) 10:59:23 ID:wCQ0TC7R
この唯一の目的である信心獲得に無関係、無意味なことを、なぜ火の中ふみ分けて
も聞け、仕事を捨てて聞けとまで両聖人はおすすめ続けられたのか、と反問せずには
おれない。

「聴聞が宿善となって信が獲られるということではないのである。他力によってなさ
しめられるのである」(P.16)
と本願寺は繰り返す。これでは信前の者はどうすればよいのか、さっぱり判らない。

所詮は、案ずるな、煩ろうな、計ろうな、心配するな、そのままじゃ、無条件じゃ、
念仏さえ称えておれば死んだら極楽が本願寺の主張だと、従来より指摘し続けて来た
親鸞会の批判が正しかったことを証明したにすぎない。



165 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 13:43:40 ID:luzLOK6u
やほ♪新スレ乙でつ。
電車移動中で、「宿善」つづき
>>164
まだ、わかってないようやな。もしや、これが「バカの壁」?
まず、第一に祖師方が、「聴聞」が「宿善」になるから積んどけ〜、
っていう意味の文を残してるんなら、挙げなはれ。自力いっぱい求めなければw、
信心決定できませぬと言うてる文があるなら挙げなはれ。
あと、先にあげた『御一代記聞書 拾遺』中、「宿善」もみな他力とある文はどう
解釈するつもりやねん。パッチワーク風に、都合にあわせて祖師の言葉を
勝手に取捨選択する教学体系は、みっともないんとちゃうか?


166 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 15:57:25 ID:luzLOK6u
で、次。大乗非仏説について。
s会では、未だに大乗経典群を歴史上の人物であるお釈迦さまが、
実際に説いたものと教えられてるの?もしそうなら、時代錯誤もはなはだしい罠。


167 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 15:58:42 ID:/zJMwgCq

>>155
同じように法然の教化を受けて人生の本懐を果たし、
法然の臨終や葬儀に会えなかった親鸞も自害するべきだったのかもな。



168 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 16:47:53 ID:mjrsGhuh
>>165
>もしや、これが「バカの壁」?
まず、第一に祖師方が、「聴聞」が「宿善」になるから積んどけ〜、
っていう意味の文を残してるんなら、挙げなはれ。

ほんとにバカの壁そのもの。
「宿善」は祖師が方便の善と言われたことを
覚如上人、蓮如上人が宿善と言われたんだよ。
祖師聖人のお言葉に直接ないからどうこう言うほうがおかしい。

「親鸞聖人は蓮如上人のいうことが正しいと言われたわけではない」という
バカが以前もいたけど、はっきりいってどうしようもない。

169 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 16:53:56 ID:mjrsGhuh
>>166
S会の書籍も直接読まずに批判してるから
やっぱり原典を読む云々はうそなんだろうなあ。
ひとを批判するならもうちょっと勉強してからにしたら?
僧侶の恥だろう。

祖師が釈尊の直説であると奉受された大乗経典を「釈尊の直説である」
といただいているんだよ。
祖師がどう仰っていようがかんけいないという態度は如何なものか
すこしは反省したらどうかね。

170 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 17:08:03 ID:mjrsGhuh
>>165
>先にあげた『御一代記聞書 拾遺』中、「宿善」もみな他力とある文はどう
解釈するつもりやねん。

宿善自力説、当相自力体他力説等の本願寺の先哲の宿善論をすべて
否定しようとでもいうのかな?

「宿善」という言葉にいちゃもんつけて「信前の善のすすめ」を
なんとか否定したいらしいが「感想」や寝言のような書き込みでは
無理ですね。
「信前の修善と獲信の関係」は否定しようがない。あなたには理解できないだろうが。
まあ現在の本願寺レベルではあるけど.....



171 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 17:58:24 ID:7g4oymHO
横レス割り込みすみません、

>>169
>祖師が釈尊の直説であると奉受された大乗経典を「釈尊の直説である」
といただいているんだよ。

詭弁にきこえるんですが・・

s会では、未だに大乗経典群を歴史上の人物であるお釈迦さまが、
実際に説いたものと教えられていない、
ということでいいのか悪いのか教えてください。




172 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 17:59:56 ID:7g4oymHO
>>170
>宿善自力説、当相自力体他力説等の本願寺の先哲の宿善論をすべて
否定しようとでもいうのかな?

『御一代記聞書 拾遺』中の「宿善」もみな他力とある文については
s会はどのように解釈しているのですか?

173 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 18:04:35 ID:7g4oymHO
>>170
>「信前の修善と獲信の関係」は否定しようがない。
>あなたには理解できないだろうが。

あなたは、自分は理解している、と言いたいようにもきこえますが、
結局はうまくは説明しきれない、ここを見ている人々に説明できる能力が
ないというと理解してよろしいのでしょうか。
あなたでないs会の誰かならば、ここで説明できないのでしょうか?

174 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 18:05:20 ID:/zJMwgCq
>s会では、未だに大乗経典群を歴史上の人物であるお釈迦さまが、
実際に説いたものと教えられていない、
ということでいいのか悪いのか教えてください。

↓これ、前スレにあったレズだけど、ホントその通りだと思った

722 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/08/17(水) 00:47:48 ID:CBfQTg6e
偽経かどうか、なんて言ってたらきりがないよね
大事なのは「大命将終 悔懼交至」が真実かどうか、でしょ?
受け入れたくない気持ちもわからなくはないけど・・・


175 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 18:07:15 ID:luzLOK6u
さてさて、ごはん前に、
>>168
お言葉返すようやけど、T森教学って、あんましお聖教読まなくても、
作成可能なんちゃう?。故に、わかりやすくて若者受けするのかもね。
聖典を読んでいくと、どうしても矛盾に見えてしまう箇所にぶちあたるんだけど、
感情ぶちまけてゴリ押しすればOKのまさに「バカの壁」
君のお聖教には、三願転入の文と、諸善万行ことごとくの和讃と、恩徳讃と、
破邪顕正抄のタイトルのみ(中身はなし)だけしか載ってないんかいな。
あ、それと、血染めのお聖教エピソードも付録につけとこかw。
〜つづく〜


176 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 18:26:25 ID:luzLOK6u
あ、あと、漏れ個人としては「宿善」について、いまのところは「当相自力体他力説」かな。
もっと、いい捉え方もできるかもしれんが、いまんとこ、一番理にかなっている。
大体、君、当相とか、当体とか、言葉の概念わかって使ってる?
君、意味を把握してないやろ。わかってるなら、>>170のようなとんちんかんな問いは出てこん罠。
ワカンナイのに、理解できんのに、とんちんかんな事カキコすな。
当相・当体ってなんですか?って、講師さんに質問して、わかってからカキコしな。


177 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 18:42:09 ID:lTb2M0vw
>>175
>君のお聖教には、三願転入の文と、諸善万行ことごとくの和讃と、恩徳讃と、
破邪顕正抄のタイトルのみ(中身はなし)だけしか載ってないんかいな。

ボラは破邪顕正鈔の注釈書ももってないんだろ。
「原典読んでる」なんてよくいえるなあ。
僧侶の恥みたいなひとにそんなこと言われる筋合いないよ。

178 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 18:42:15 ID:luzLOK6u
連投スマソ。ひさびさなんで、熱入ってしもた。ちなみに、本日、
お約束通り、ぱんつ裏返しにはいとりました。(使用済じゃないよ)。
人生初1000ゲトしてしまったので・・・トホホン。ま、記念ってことで。
で、本題。
例えば、宗祖が「宿善」を勧めているところを挙げてくれ
と問うと、
諸善万行ことごとくの和讃が挙げられることがある。
この和讃を素直に読めば、
もろもろの善やよろずの行は、
心をいたして、仏にならんと願いを起こしているが故に、
浄土に往生するための仮の手立てとして、善とならないものはない
って読めまつね。
〜つづく

179 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 18:51:32 ID:luzLOK6u
>>177
持ってないわけないやん。親鸞Gacktの面よごしは、勝手な憶測で、議論を戯論に変形す。
それより、当相・当体について説明してみな。意味わかんないのに批判してたら、
ますますわけわかんなくなるぜ。で、>>178のつづきは、またあとで。バハハイ♪


180 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 19:32:18 ID:+xoxz2g/
頑駄無

181 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 19:41:41 ID:BDiliY9l
「僧侶の恥みたいな・・・・」ってのがあったけど、
元々ぼら夫さんて僧侶なんですか?

182 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 19:48:32 ID:Oi0zBZFn
アンチは人気のバロメータですよ

183 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 20:23:56 ID:Wi1Xtbr/
>>166
> で、次。大乗非仏説について。
> s会では、未だに大乗経典群を歴史上の人物であるお釈迦さまが、
> 実際に説いたものと教えられてるの?もしそうなら、時代錯誤もはなはだしい罠。

親鸞聖人の時代はよかったけど、今はだめだってことでしょうか?
卑しくも僧侶なら、浄土真宗の看板を寺にかけているものなら
祖師の教えを否定する発言は恥ずべきものだと思います。



184 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 20:24:26 ID:Wi1Xtbr/
はずかしいって感情は大事なのよ


185 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 20:45:37 ID:GKQE3rvA
皆さんに、よく知っていただきたいことがあります。

お釈迦さまは『大無量寿経』に、
「十方恒沙の諸仏如来、皆共に無量寿仏(阿弥陀仏)の威神功徳の不可思議なるを讃歎したまう」

“大宇宙のあらゆる仏が、声をそろえて、弥陀のつくられた南無阿弥陀仏の威神力を褒めたたえておられる”と明言されています。
 
そんなものすごい力のある名号ですから、釈尊は生涯、この南無阿弥陀仏の功徳一つを説いていかれたのです。
一切経は、南無阿弥陀仏の大功徳の効能書きなのです。
ですから蓮如上人は、「一切の聖教(仏教の書物)というも、ただ南無阿弥陀仏の六字を信ぜしめんがためなり」とおっしゃっています。

186 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 21:35:42 ID:luzLOK6u
おなか一杯なり〜。
今日はこの後、とある雑誌の原稿カキカキしまつので、お返事だけで、今日はおひらきね。
>>183
またまた、早合点ちゃん現る、あらわるぅ〜って感じだ。
大乗非仏説という言葉に反感を覚えるのは、よく分かる。
ちなみに、この言葉は漏れからすると、適切ではない。漏れ流に言わせてもらうならば、
『大乗経典群は、歴史上に実在したゴータマシッタルダが、直接説いたものではない』説w
歴史的事実として、客観的に明らかとされていることについては、謙虚に受けとめなければならぬ。
〜つづく〜

187 :元々ぼら夫:2005/08/24(水) 22:07:43 ID:luzLOK6u
ごめん、急用の電話が入ったので、続きは明日ね♪
ではでは〜

188 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 22:20:36 ID:29EFdvJX
親鸞聖人が大乗仏説とおっしゃったのにもかかわらず、
真宗の僧侶が大乗非仏説に毒されるとは・・・
親鸞学徒では断じてない。
浄土真宗の看板を速やかに下ろすべきであろう。


189 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 22:22:06 ID:RKYP+VRX
>>179
>持ってないわけないやん。

ああそうですか。破邪顕正抄の注釈をもっておられてそれを読んだうえで
あの感想を書かれたということですか。
あの時点では読んでないように書かれてたと思いますが
ちなみに誰のを持っているんですか?
私は持ってないと思ってますから、よろしく。

>議論を戯論に変形す。

自分のことだろうが。
「宿善他力説のみが正しい」としてあなた他人を批判してることを
お忘れなく。
なんであなたに説明してあげないといけないの?

本願寺の先哲もとりあげてる宿善自力説は否定するのは間違いないんだから。

190 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 22:58:49 ID:xV2i440U
本願寺は間違っているのですね。

191 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 23:05:56 ID:Wi1Xtbr/
ていうか、本願寺は文化財保護団体です。

192 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 23:16:34 ID:ofCZaYo1
会員って本願寺叩きとか教義の話になると急に元気になるよな。
体質批判の話になると荒らして誤魔化すくせに。

>>188
君には全否定と全肯定しかないのか。

193 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 23:18:18 ID:Wi1Xtbr/
ボラさんも元気だよね。

ネカマにもなってたし。

194 :元々ぼら夫:2005/08/25(木) 00:26:29 ID:VHt/yJum
なんか、ほほえましいレスに敬意を表して。
>>188
学問的考察も素直にうけとめんとね。どうして、大乗経典が釈迦の直説ではない
と言われるようになったんかいな、については、
明日にでも、論文紹介したげるから、図書館行って読んできな。
で、文献学的に考古学的に反論しなされ。
>>189
すげー決めつけwもしかして、根拠なきゴリ押しは、T森教学の伝統?(ギガワロスw
>>192
ダミサ(仮)認めてる時点で、教義的にオカシイ部分があると考えた方がいいかな、と。
>>193
あんがと。ちょと趣向を凝らしてみますた。
みんなおやすみ〜、おつかれさん♪


195 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 00:52:24 ID:zKxCPHOj
台風が来るー

196 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 07:59:08 ID:rj3Zo9OO
>>188
>親鸞聖人が大乗仏説とおっしゃったのにもかかわらず、
>真宗の僧侶が大乗非仏説に毒されるとは・・・
>親鸞学徒では断じてない。
>浄土真宗の看板を速やかに下ろすべきであろう。

s会がちがち原理主義のバカの壁にも程がある。

ボラオさんの定義
『大乗経典群は、歴史上に実在したゴータマシッタルダが、直接説いたものではない』説
なら、s会以外の仏教関係者の99%は
大乗非仏説だと思うよ。

197 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 08:12:24 ID:+zeWU6bH
学問的考察かー、わくわくする。

198 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 08:21:15 ID:Vs+01KMh
>君のお聖教には、三願転入の文と、諸善万行ことごとくの和讃と、恩徳讃と、
破邪顕正抄のタイトルのみ(中身はなし)だけしか載ってないんかいな。
>すげー決めつけwもしかして、根拠なきゴリ押し

ほんとにボラの決めつけと根拠なきごり押しはひどいもんだ。
自分のもってる注釈の著者ぐらい言えそうなもんだが
やっぱり持ってないか、全然読んでないかで当たりだな。
今からでもネットで探すか、先輩に聞いてきたら?
僧侶だなんて言わないことだ、みんなの迷惑だろ。

199 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 08:25:57 ID:Vs+01KMh
>ボラオさんの定義

なんでこんなボケオの定義について云々しないといけないの?
「祖師が大乗仏教は釈迦の直説として奉受されている」というのが
原理主義ですか?どうしようもないね。

200 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 08:35:06 ID:y6CsXz4S
>学問的考察かー

何のための学問か、よく考えるべきだな。
根拠のない推論が正しいかどうか、論議して一生無駄に過ごすのも
よいかも。

201 :元々ぼら夫:2005/08/25(木) 08:48:22 ID:VHt/yJum
これから事務屋さんが来るので、ちょっとだけ。
>>198
藻前、ホンと香ばしいな。夏だからか?w。注釈書については、
過去質問があって答えたことがある。過去ログ見ればいーじゃん。
漏れの過去にあげたできそこない要約にいちゃもんつけたいなら、箇所を指定して、
藻前の現代語訳でもぅpすればいいでしょが。あと、大乗非仏説
(この言い方は好きになれんが、便宜上使わせてもらう)が何が根拠になってるかについては、
また夜にでも。吠えてばっかいないで、論述と証明に力を注ぎなさい。


202 :これでは宿善論にはならない:2005/08/25(木) 09:07:36 ID:U39W0tfy
>>164
それだけではない。

「値仏聞法の善根を宿善という」(P.1)
「宿善とは獲信の為の因縁となる善根を意味する」(P.1)
と記した自説を公然と否定し、聴聞(聞法)だけでなしに、破邪顕正(正しい教えを
ひろめること)や、財施(仏法を弘める為に金や物を施すこと)や我々の行為の一切
は宿善にならないとする。
これでは信前の者はどうすれば信心獲得出来るのか、肝心のことは何も答えられて
はいない。
これで宿善論と言えるだろうか。

「他力になさしめられるもの」(P.17)
というのが、その答えではないかと言うかも知れないが、果してそれで答えになるで
あろうか。



203 :他力で誤魔化す悪いクセ:2005/08/25(木) 09:08:12 ID:U39W0tfy
何か都合が悪くなり返答に窮すると、他力という言葉で誤魔化してゆくのが本願寺
の何時もの悪いクセである。
自力も他力も判っていないくせに、万事他力とさえ言っておれば相済むと思ってい
るのだから無責任極まりない。

「たとひ大千世界に、みてらん火をもすぎゆきて、仏のみ名をきく人は、永く不退に
かなふなり」(浄土和讃)

この親鸞聖人の御教えに対しても、本願寺は次のような説明をする。
「『たとひ大千世界に、みてらん火をもすぎゆきて、仏のみ名をきく』という表現で
あっても、決して自力の意ではなく、他力の意に他ならないのである」(P.12)

何という苦しい言いのがれであろうか、これでこの『和讃』を、誰にでも納得出来
る説明が出来たと本気で思っているのだろうか。
彼ら自身も、他力他力と言っていても雲をつかむような思いでいることは、自己の
書いたことに対する質問にさえ答え切れない無様な事実が証明している。


204 :矛盾の多い本願寺の非難:2005/08/25(木) 09:08:48 ID:U39W0tfy
「親鸞聖人や蓮如上人は確かに聴聞(聞法)に励むことをすすめてはいられる」
(P.12)
と認めながら、
「宿善は、あくまでも他力になさしめられるところとする」
と言う。
「あくまでも他力によってなさしめられる」(P.17)
とは、一体どういうことを本願寺は言うのであろうか。

本願寺が言うように、
「聞法が宿善であり、その宿善はあくまでも他力によってなさしめられるもの」
ならば、なぜ親鸞聖人や蓮如上人が聴聞(聞法)に励むことをお勧めにならねば
ならなかったのか。

誰もすすめなくても、他力によってすべての人が真剣に聴聞する筈だが、そんな人
が甚だ少ないのは何故か。
「他力になさしめられる」
者が少ない理由は何か。
「あくまでも他力によってなさしめられる」
のならば、お勧めになる意味がないだけではなく他力を冒涜するものではないか。

一滴の酒も飲まない者に酒飲むなの意見がいろうか。
煙草のまない人に煙草のむなの忠告は必要ない。
親鸞聖人や蓮如上人が聴聞に励むことをすすめておられるのは、すすめる必要があ
ったからではないのか。
喜んで勉強している子供に勉強せよと勧める親がある筈がないのだから。


205 :矛盾の多い本願寺の非難:2005/08/25(木) 09:21:03 ID:U39W0tfy
勿論、
「信前の人に教えすすめる必要がある」
と言うのならば、
「あくまでも他力によってなさしめられている」(P.17)
ということは、どういうことなのか。
「すべてが他力によってなさしめられている」
上にまだ
「教えすすめねばならないこと」
があるのならば、どんなことを、どのように教えすすめれば宿善になるのかを明示し
なければ宿善について論じたことにはならない。


206 :経典や事実に反する宿善論:2005/08/25(木) 09:21:37 ID:U39W0tfy
更に究明しなければならない。

本願寺の主張のように、
「宿善は、あくまでも他力になさしめられる」
ものとするならば、すべての人の宿善は平等でなければならない。

本願寺は宿善の相異を認めないのであろうか。
若しそうなら、紅楳氏のような熱心なのもあれば、仏とも法とも思っていない人も
いるという厳然たる事実をどう説明するのか。

また本願寺は、経典や御聖教の明文をも否定するのであろうか。

『阿弥陀経』には、
「已発願、今発願、当発願」
と説き、次いで、
「若已生、若今生、若当生」
と発願の前後によって往生の遅速のあることが説かれている。

これは人々の宿善が平等ではなく相異があることの教証である。
阿弥陀仏の大慈悲心に隔て心のある筈は毛頭ないが、人々の救いに前後が出来るの
は各自の宿善に厚薄浅深があるからである。


207 :覚如上人に反する:2005/08/25(木) 09:22:31 ID:U39W0tfy
このことは『口伝鈔』上巻にも明らかである。

「十方衆生のなかに浄土教を信受する機あり、信受せざる機あり。いかんとならば、
『大経』の中に説くが如く、過去の宿善厚き者は今生にこの教えに値うてまさに信楽
す。宿福なき者はこの教えに遇うといえども、念持せざればまた遇はざるが如し。
『欲知過去因』の文の如く、今生の有様にて宿善の有無あきらかに知りぬべし」


208 :蓮如上人に反する:2005/08/25(木) 09:28:36 ID:U39W0tfy
また、『蓮如上人御一代記聞書』には、
「陽気、陰気とてあり、されば陽気をうくる花は早く開くなり、陰気とて日陰の花は
遅く咲くなり。
かように宿善も遅速あり。されば已、今、当の往生あり。弥陀の光明に遇いて早く
開くる人もあり、遅く開くる人もあり。
兎に角に信、不信ともに仏法を心に入れて聴聞すべきなり」

宿善は断じて平等ではないことを証明しているこれらの経文や現実を本願寺はどう
説明するのであろうか。

209 :破邪顕正や布施行は諸善万行に入らぬという本願寺の主張:2005/08/25(木) 09:29:23 ID:U39W0tfy
本願寺の非難は続く。
「親鸞会は聴聞(聞法)だけでなしに、破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、
献金(財施)も獲信の為の宿善になるとするのは親鸞聖人や蓮如上人、真宗先哲の見
解にもない全くの謬見であり異義である」(P.23)

破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、財施(仏法を弘める為に金や物を施す
こと)が、宿善になると教えるのは間違いだと言うのである。

果してそうか。


210 :破邪顕正や布施行は諸善万行に入らぬという本願寺の主張:2005/08/25(木) 09:30:01 ID:U39W0tfy
最初に挙げたように、本願寺は宿善を次のように定義している。
「我々が今日、弥陀法に遇い信心決定せし因縁となりしことは悉く宿善という」
(P.1)
「真宗における宿善とは、信心獲得の為の因縁となる諸善万行を意味するのである」
(P.2)

若し、本願寺が非難するように聴聞や破邪顕正(正しい教えをひろめること)や、
仏法ひろめる為に財施することが宿善にならないというのならば、これらの行為は
「弥陀法に遇い信心決定する因縁」(P.1)
にもならなければ、
「諸善万行」
の中にも入らないということになる。

聴聞とか、破邪顕正とか、財施は弥陀法に遇い信心決定する因縁とは一切無関係の
行為であり、諸善万行に入らぬ諸悪とでも本願寺はいうのであろうか。

では、そんな仏縁と無関係無縁の行為が、なぜ仏教に説かれているのか。
このような矛盾極まる本願寺の主張であるから、その矛盾を衝いた親鸞会の質問に
は、何百日経とうが返答出来る筈がないのである。


211 :因縁を誤解して、ひどい中傷:2005/08/25(木) 09:40:41 ID:U39W0tfy
正しい教えをひろめること(破邪顕正)や、布施(財施)は、諸悪であって諸善万
行には入らないから、信心獲得する因縁には一切ならないと本願寺はいう。

これは正気の沙汰なのか。
ここまで血迷っているのかと絶望せざるを得ないが、我々の使命を果す為に以下、
本願寺が親鸞会誹謗の為に提示した御聖教の御文によって、その誤りを指摘し覚醒を
臨みたい。

本願寺は、
「過去久遠三恒河沙の善根を修せしめしによりて、今、大願業力にまふあふことをえ
たり」(唯信鈔文意)(P.8)

「世々生々に無量無辺の諸仏菩薩の利益によりて、よろずの善を修行せしかども、自
力にては生死をいでずありしゆへに、昿劫多生のあいだ諸仏菩薩の御勧めにより、今
まうあいがたき弥陀の御誓いにあいまひらせて候。
御恩を知らずして、よろぞの仏菩薩をあだにまふさんは深き御恩を知らず候うべし」
(御消息集)(P.9)

「三恒河沙の諸仏の出世のみもとにありしとき、大菩提心おこせども、自力かなはで
流転せり」(正像末和讃)(P.9)

等の親鸞聖人のお言葉を挙げて、


212 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 09:44:08 ID:AUKi+CcV
>>201
>大乗非仏説
> (この言い方は好きになれんが、便宜上使わせてもらう)が何が根拠になってるかについては、
> また夜にでも。吠えてばっかいないで、論述と証明に力を注ぎなさい。


そんなことは、いろいろな仏教経典の歴史的成立の話で、
仏教の教義そのものはまた別問題なんですけどね。

お釈迦様の説かれたってのは、「教えられた」っていう
教義のことをいってるんだと思われ。

教行信証だって、論理的根拠は
「経」「論」「釈」でしょ。

S会の人もそういうことがいいたいんだとおもいますが。

ただボラオさんの文章は
>s会では、未だに大乗経典群を歴史上の人物であるお釈迦さまが、
>実際に説いたものと教えられてるの?もしそうなら、時代錯誤もはなはだしい罠。

だから、大乗経典は虚仮であるという文脈によんでしまうと思われ


213 :因縁を誤解して、ひどい中傷:2005/08/25(木) 09:45:49 ID:U39W0tfy
「これらは、親鸞聖人が自身の過去における善根について語っているものであり、過
去の善根によりて大願業力にあふことをえた、という宿善が自力によるものとするこ
とを述べているようにみえるものであるが……。
過去に修した自力の善根の功徳によって、今、大願業力にあったというのではなく、
過去に修した自力の善は、あくまでも捨てものとするのである」(P.11)

と前置きの上、
「破邪顕正や財施も、信心獲得の為の宿善になるという親鸞会は間違っている」
(P.23)と非難するのである。

因縁(宿善)になるといっているのに、これではまるで親鸞会が、
「自力の善根で信心獲得出来る」
といっているといわんばかり。ひどい中傷である。

順を追って質したい。


214 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 11:42:43 ID:4mtKYtJ4
あのー、
ttp://www.shinrankai.or.jp
ていう親鸞会の公式サイト見たんですけど、入会金とか月々の会費の額について
なーんにも書かれてなかったんですが… サイト内検索しても出てこなかったですよ?

そういう現実的なところもきっちりするのは大事なんじゃないの?

215 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 12:22:46 ID:fFREVOAb
>>201

まあ著者名も覚えてないくらいだから、持ってたとしても
全然よんでないんだろうなあ、と言ってるんだよ。
過去ログ云々いう暇に書けるだろうに。
だれもあなたが破邪顕正鈔の注釈書読んでるとは思ってないよ。

>>君のお聖教には、三願転入の文と、諸善万行ことごとくの和讃と、恩徳讃と、
破邪顕正抄のタイトルのみ(中身はなし)だけしか載ってないんかいな。

注釈を持ってないか、読んでもない破邪顕正抄の感想を
だらだら書く恥知らずになんでこんなこと言われんといかんのだ?


216 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 12:35:02 ID:zKxCPHOj
>>214
>親鸞会の公式サイト見たんですけど、入会金とか月々の会費の額について
なーんにも書かれてなかったんですが… サイト内検索しても出てこなかったですよ?

財施には厳密な規定がないから当然です。
ある程度の基準は設けられていますが、免除もあります。
また「とどろき」等の出版物に関しましては
チューリップ企画のHPを参考にしてください。
http://www.tulip-k.co.jp/


217 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 12:36:19 ID:zKxCPHOj

そんなことより台風キター!!

218 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 12:58:07 ID:uVj1QIq0
阿漕な商売してるよね、s会。

219 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 13:00:09 ID:dBq2HNVM
この宿善論と本願寺の悪口の垂れ流しをいつまで聞いてりゃ
破邪のためなら十悪も許される、って根拠が出るのかな〜

220 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 13:05:49 ID:zKxCPHOj
何を聞いてたの?

221 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 13:46:45 ID:hd5vKTlj
聞かぬなら
殺してしまえ
ホトトギス

222 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 13:52:08 ID:zKxCPHOj
山田くん、全部持ってって!

223 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 14:20:58 ID:hd5vKTlj
そんなことより台風キター!!

224 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 16:37:18 ID:9D282YmQ
こっちも台風キター!!
http://www.imgup.org/file/iup75445.jpg

225 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 17:32:41 ID:9D282YmQ
あーるー はれたー ひーるー さがりー

226 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 17:45:28 ID:QUytEch0
台風どう?

227 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 17:53:00 ID:AUKi+CcV
台風たいへんだよ。

228 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 18:13:54 ID:9D282YmQ
今どの辺なの?>台風

229 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 20:56:31 ID:wEubj9kI
ボラ夫さんチの寺大丈夫かな・・・
木造建築でしょ?

230 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 21:20:37 ID:U9gYXSvT
>>224
萌え…

231 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 22:14:55 ID:pXceo4A3
親鸞会ネットアイドルみどりやテーラームーンも萌えるよね

232 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 22:25:26 ID:AUKi+CcV
もえろよもえろ。

233 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 22:39:51 ID:pXceo4A3
太陽に萌えろ

234 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 23:05:46 ID:IfbxbEWA
>>216
>ある程度の基準は設けられていますが、免除もあります
ってゆうのを「厳密な規定」っていうんじゃないですか?
個人の財布の事情を明かさせて入場料(財施か?)の免除を
求めさせるような規定は十分に厳密でしょ?
 いまの親鸞会には、末寺が色々理由をつけて門徒方に
寄付金のノルマを割り当ているような現状を、批難できるだけの
背景がないよ、ざんねんだ

235 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 23:12:30 ID:/pTQm/Ul
>>215
もったいぶらずに、そろそろイチャモンつけてる根拠をだしたら?
はじめは、ナニか隠し玉があってケチつけてるのか?っておもって
みてたが、だんだん因縁つけてるダケに見えてきたよ

236 :元々ぼら夫:2005/08/25(木) 23:15:08 ID:VHt/yJum
おこんばんにゃぉわ♪
台風上陸寸前でつね。心配してくれてあんがと。うちとこのお寺はだいじょぶです。
>>202-211&>>213
これ、もしかして『本願寺なぜ答えぬ』の内容?漏れでよければ答えてあげよっか。
まあ、大乗非仏説の話題終ってから、ひまみて解説したげる。
>>212
なんでそう取れる文脈なんだよ。勝手に妄想逞しくされても迷惑。
漏れが言ってンのは、歴史上の人物であるゴータマシッダルダが直接、大乗経典群を
説いたわけではない、ということが文献学上、考古学上、かなり明確になっている。
〜つづく〜

237 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 23:27:38 ID:3dvDXfM2
>かなり明確になっている

明確になっている、学会では常識である、
しかし、根拠は特にない。ということです。


238 :元々ぼら夫:2005/08/25(木) 23:36:35 ID:VHt/yJum
>>236つづき
そうゆう事をs会では教えられてないのか?
って尋ねたまでのことやろ。字面の通りに読めへん椰子に、なんで気ぃつかわなあかんの。
>>215
答えてやろか。答えたら、イチャモン的横槍は金輪際やめてもらおか。
藻前につきあってるおかげで、一向に話が先に進まないんだよ。もう邪魔すんな。
はい、答え
宇野円空編『真宗聖典講讃全集』7〜存覚上人之部所収
高雄義堅『破邪顕正抄』s51.国書刊行会
図書館で探してみ。


239 :元々ぼら夫:2005/08/25(木) 23:49:06 ID:VHt/yJum
>>237
藻前のヨタ話よりか、根拠は確かだ。文献学そのものを否定したいなら、
藻前の持っとる、印刷されたお聖教は、何が原本となって、誰がどのように校訂
されたのかについても、批判精神を発揮すべきだろう。それともなにか。
藻前の持ってるお聖教は、唯一絶対とでも言うんか。文献学をバカにしたらあかん。
まあ、香ばしいのは置いといて、早速、本題にいきまひょか。〜つづく〜

240 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 23:59:41 ID:48CnM39z
>>235
破邪顕正抄の注釈書ってなかなかないと思うから興味あるな。
何もってるのか教えてよ。

241 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/08/26(金) 00:08:32 ID:NBfwX8bm
別に法蔵館の本を疑っても信心決定するわけじゃないしな。
逆に、遠回りするんじゃないの。

242 :元々ぼら夫:2005/08/26(金) 00:20:22 ID:SotKXFHu
☆夏休み特別読物☆
『日本における古代インド仏教研究の発展〜大乗非仏説〜大乗非仏説批判に至るまで物語』
〜第一回〜
明治に入り、日本は欧米列強の植民地政策に対抗するために、積極的にその技術を
取り入れました。もちろん、技術のみならず、学問方法や哲学についても、吸収
しようと努力したわけです。文学系の学問で、江戸時代にはほとんど見られなかった
方法が取られるようになります。それがテキストクリティークです。
ある文献が本当に正しいと言えるのかどうか?筆跡の一致や異本との校訂を通して、
つきつめていく方法です。


243 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 00:25:20 ID:2OAMbLRY
教行信証は親鸞聖人の筆跡でないと言ってたひともいたな。

244 :元々ぼら夫:2005/08/26(金) 00:26:21 ID:SotKXFHu
おっと、こんな時間やない。
つづきはまたねん。
通行人クン、話したいなら順序立ててやりなさい。寝言書きたいなら、チラシの裏でど〜ぞ。
おやすみ〜。


245 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 01:02:04 ID:3HnfmA3Z
>>244
すごく愉しみだから是非お願いします。
大乗非仏説くらいでは強力にマイコンされた親鸞学徒はびくともしないと思うが、
漏れは個人的に聞きたい。

246 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 08:06:53 ID:GMHdX1Lk
>筆跡の一致や異本との校訂を通して、
つきつめていく方法です。

釈尊の筆跡が残っているはずもあるまいに。
「言葉が違う」ということならば異訳の存在ですでにあきらかというか
釈尊が説かれたのは古代インド語。
サンスクリットになった時点ですでに「言葉」は違う。
大乗非仏説の言いたいのは「教えが違う」ということじゃないの?
「釈迦の直説である」(教えは釈尊の教えられたこと)と祖師が
仰っているのにそれ以上学者がなにをいうことがあるんだ。

247 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 08:15:59 ID:GMHdX1Lk
>「言葉が違う」ということならば異訳の存在ですでにあきらか

そのうえで一語一句加減してはならない、というのが仏教者の原則。
学者は言葉の専門家ではあっても仏教の専門家ではありえない。
教えについて云々すること自体がおかしい。

248 :親鸞会のそれから:2005/08/26(金) 09:36:32 ID:tXPdAIC1

(´・ω・`)そんなの知んらんがな

249 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 12:31:41 ID:EpEjwruK
>>246
>「釈迦の直説である」(教えは釈尊の教えられたこと)と祖師が
仰っているのにそれ以上学者がなにをいうことがあるんだ。

そんなことでは「浄土教は仏説ではない」という者に対しては
なにも反論できず、ただの妄信の輩、と決め付けられるだけだと思うよ。


250 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 18:48:21 ID:dPCS8fnV
親鸞学徒とはどうあるべきか、それが問題だ。

251 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 18:49:24 ID:dPCS8fnV
>>971
性欲をもてあます

252 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 19:34:18 ID:1lMCnrth
本願寺は間違っているのですね。

253 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 20:21:37 ID:MoRwGamz
親鸞聖人は仏説によって救われた世界を説かれている。
その教えを聞きたくない者は、大乗非仏説によって助けてもらったらよかろう。



254 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 20:34:18 ID:1lMCnrth
「念仏は、実に、浄土に生るる種子にてや侍るらん、
また、地獄に落つべき業にてや侍るらん、総じてもつて存知せざるなり」

の歎異抄第二章のお言葉が身にしみますね。


255 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 20:50:56 ID:dODa0SUK
なんか、最近>>251のような意図的なエロいレスの誤爆をよく目にするのだが・・・
これはあれですか?以前の失敗をごまかそうとしてるわけですか?
以前あったレスも、意図的な誤爆だったと暗に言いたいわけですか?
それとも新参者ぐらいはだませるだろうというせめてもの手ですか?
まさかおもしろいとおもってしてるわけじゃないとは思いますが、
とても見苦しいのでやめてもらえませんか?

256 :破邪顕正や布施行は「よろずの善」に入るのか、入らぬのか:2005/08/26(金) 20:53:37 ID:WfRAfJCE
>>213

破邪顕正や布施行は、『唯信鈔文意』の
「三恒河沙の善根」
の中に入るのか、入らないのか。
『御消息集』の
「よろずの善」
の中に入るのか、入らないのか。
『正像末和讃』の、大菩提心おこしてなされた自力の中に破邪顕正や布施行は、入る
のか、入らないのか。
入らないといえば、勿論仏教徒ではない。

「『破邪顕正』や『布施行』は
 『三恒河沙の善根』や『よろずの善』
に当然入るが、それらの自力の善根が宿善になって信心獲得出来たというのではなく
過去に修した自力の善はあくまでも捨てものとするのである。

故に、
『破邪顕正や財施が信心獲得の因縁(宿善)になるという親鸞会は間違い』」
というのならば、更に質さなければならない。

257 :矛盾に気付かぬ本願寺:2005/08/26(金) 20:55:13 ID:WfRAfJCE
「過去に修した自力の善」

「信心獲得」
とは、なんの因縁もないのか、と。

もし、
「一切因縁なし」
とするならば、
「真宗における宿善とは、信心獲得の為の因縁となる諸善万行を意味するのである」
(P.2)
という本願寺の説はどういうことになるのか。

258 :無意味になる親鸞聖人のお言葉:2005/08/26(金) 21:01:14 ID:WfRAfJCE
更に、
若し『唯信鈔文意』の
「過去久遠、三恒河沙の善根を修せしめしによりて、今、大願業力にまふあふことを
えたり」(P.11)
という親鸞聖人のお言葉が、本願寺の主張のように、
「過去に修した自力の善が宿善になって、今、大願業力にあうことが出来たという意
味ではない」(P.11)
とするならば、
この御文の、
「過去久遠、三恒河沙の善根」

「今、大願業力にあうことをえた」
と仰言っていることとは、なんの因縁もなかったということになる。

また『御消息集』の、
「世々生々に、無量無辺の諸仏菩薩の利益によりて、よろずの善を修行せしかども、
自力にては生死をいでずありしゆえに、昿劫多生のあいだ諸仏菩薩の御勧めによりて、
今まうあいがたき弥陀の御誓いにあいまひらせて候」(P.11)
の御文の、
「よろずの善」

「弥陀の御誓いにあった」
ことも、なんの因縁もなかったことになる。
そんな無縁で無関係なことを、親鸞聖人はなぜ述懐なされたのか。

259 :告白は明らかに獲信の因縁:2005/08/26(金) 21:04:10 ID:WfRAfJCE
明らかに、これは、
「今、大願業力にあうことをえた」
「弥陀の御誓いにあった」
獲信の因縁を告白せられたものではないのか。

前掲の『正像末和讃』も、また同じ、
「よろずの善」
を、
大菩提心をおこして、過去久遠世々生々に自力一杯やられた結果、自力無効と知ら
されて、大願業力にあわれた親鸞聖人が、その因縁(宿善)を告白せられたものばか
りではないのか。

260 :観念の遊戯では判らぬこと:2005/08/26(金) 21:11:41 ID:WfRAfJCE
実地に大菩提心をおこして、やったものでなければ判ることではないのだ。
やってもみない者が、やってもみない自力の善が間に合わなかった、捨てものだった
とどうして判ろうか、どうして言えようか。
自身にやった経験もなければ、自力無効の苦しい体験もないから、
「過去に修した自力の善は、あくまでも捨てものとするのである」(P.11)
と、まるで他人ごとのようなことを言っている。

これでは、やったことと、それによって知らされたこととの因縁(宿善)が判ろう
筈がないから、
「遠く宿縁を慶ぶ」
心も判らなければ、
「宿善有難し」
の尊さも判ろう筈がない。

合点と体験は雲煙万里の違いがある。
やってもみずに合点して机上の空論、観念の遊戯をしている者が、
「破邪顕正や財施が宿善になるという親鸞会は間違いだ」(P.23)
と非難しているのだから、ちょっと追及されると、すぐに返答に窮するのも不思議で
はない。


261 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 21:15:18 ID:Z96QdHlZ
お坊さんになるのではなく、普通のサラリーマンとして生きていきたたいです。

262 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:13:49 ID:66jCmmvq
>>255
>これはあれですか?以前の失敗をごまかそうとしてるわけですか?
以前あったレスも、意図的な誤爆だったと暗に言いたいわけですか?

失敗って、どういうことですか?
以前のレスとはどのレスのことでしょうか?


263 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:17:34 ID:/p5BKiqg
神ですよ
http://idolch.net/movie/ayaya.wmv

264 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:40:54 ID:B7XQBAnN
 台風それてよかったね。

265 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:42:44 ID:3HnfmA3Z
このくそアンチが!!!!
       さ・い〜たま! さ・い〜たま! さっさと さ・い〜たま しばくぞ〜!!!
二二二二l            \ │ /    
 | |     ∧ ∧          / ̄\            ∧∧  
 | |    ( ゚∀゚ )つ─◎   ─( ゚ ∀ ゚ )─◎        ( ゚∀゚)つ─◎ 
 | | /´ ̄し' ̄し' \ ///  /´ ̄し' ̄し' \ ///.     /´ ̄し' ̄し' \ ///
 ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎  ̄ |  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄
    |  _)  ◎彡| | バン |  _)  ◎彡.| |   バン  |  _)  ◎彡.| |   パン
    |  ´`Y´   | | バン  |  ´`Y´   .| |  バン   | #`Y´   .| |  パン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ       t_____#t,ノ
_______________________________


266 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:45:32 ID:3HnfmA3Z
>>263
京都の支部長さんですか?

267 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:49:42 ID:Z96QdHlZ
これからがんばろうとする人にはどうかと思うけど親鸞関係の読み物を進めます
ただ、(禅とか、神道とか)がんばってうまくいったら忘れてください
対人恐怖症は治らないけどぎりぎりの社会生活ぐらいは治らないまま無理やりできます

268 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:54:41 ID:N5kU8gFL
カウンセラー行けよ

269 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:20:37 ID:3HnfmA3Z
顕正新聞でましたね。相変わらず本願寺批判。
60年前に東本願寺の行った戦争協力が批判されている。

しかしよく考えるとどうだろうか。
東本願寺は当時の記録映画を公開して、
自らの過ちを悔い、反省の材料としている。

それに比べて親鸞会。
自らは絶対正義だと言わんばかりに、
本願寺が行ってきた反省や謝罪の歴史を全く報道せず、
終始非難に徹し、自分たちのダミー勧誘や豊田商事との関係、
会員を事故で死なせたりした件については、何の謝罪もなく、
反省もなく、情報を公開することもない。

誤りを犯さないことを誇りとするよりも、
誤りを直ちに改めることを誇りとしよう

どこかで聞いたことのあるこの言葉を、親鸞会に捧げようと思う。

270 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:28:21 ID:Z96QdHlZ
 最近、モーツァルト療法なるものを聞きました。モーツアルトの音楽は、自
然の音に近く他の作曲家の音楽に比べて、高周波を含んでいます。自然の音と
は、鳥や虫のさえずり、水のせせらぎ、風の音などです。
 高周波を含む音楽により様々な症状が改善するそうです。実際、言語障害・
聴覚障害・うつ・神経症・ひざの痛み・腰痛・めまいなど多くの症状が改善し
たという報告があります。もちろん人により個人差はあるので100%効果があ
るとは言えません。

271 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:30:07 ID:Z96QdHlZ
対人恐怖症になるほど自他の分離、ブロックをしている人は、
たとえ坐っても、悟るほどの深みには入れないでしょう。
いろんな障害をクリヤーしなければなりません。
普段から己を空しゅうする訓練は、瞑想には効果的と思われます。
諸行無常とか諸法無我といった仏教の基本を学ぶことが先決と思われます。


272 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:32:33 ID:66jCmmvq

かの本願寺の主張さえも受け入れろと?

273 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:33:18 ID:66jCmmvq
そっちの方がよっぽど鬱になりそう・・・

274 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 00:04:02 ID:4kz+tPhK
>>272
>ID:66jCmmvq

ダミー勧誘や豊田商事との関係の反省のことばは無し・・・

むなしいね・・・
「誤りを犯さないことを誇りとするよりも、
誤りを直ちに改めることを誇りとしよう 」
が・・・

275 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 00:07:01 ID:EWnhHlT2
2ch豊田商事の話がちょくちょくでてるけど、
本当なら何で警察沙汰になってないのか不思議だね〜


276 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 00:21:45 ID:vYc2L1wJ
>>275
人の金を騙し取ったことを裁くのは警察の仕事だけど
それをどう使ったかは警察の立ち入る話じゃないからじゃない?
これが親鸞会の指示でやったって言うなら別だけど、そういうわけでもないようだし。
ただ、だからって会が何にも言わなくていいとか葬儀拒否してもいいわけではないけど。

277 :れんこん:2005/08/27(土) 00:30:11 ID:dFESglGd
こんばんは。真剣な聞法をされていますか。
迷いの心が死ぬまで重ねて重ねて聴聞しなさいと勧められます。
喜びの心や、念仏の称え心に、心をよせてはいけない、と。
今、飛び込む後生の一大事に心をかけて、真剣に聞きなさいと勧められます。

278 :れんこん:2005/08/27(土) 00:35:35 ID:dFESglGd
一念は、阿弥陀仏の大慈悲の願力一つがたよりになった時だと聞かされます。
阿弥陀さまの、お慈悲におすがりする、ひとおもいなのだ、と。
一念で、自分の計らい心がすっかり無くなってしまって、ただただお慈悲一つがあてたよりになるのだと。
信機信法の味わいは、ここなのだ、と。
これを、何度も何度も聞かせて頂く事が大事なのだ、と祖父から聞かされます。
言葉は平易なのですが、ちょっと深すぎて私にはなかなか理解できませんが。

279 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 01:17:20 ID:EWnhHlT2
>>276
>それをどう使ったかは警察の立ち入る話じゃないからじゃない?

つまり、親鸞会との関係は公にはハッキリしていないわけですよね。
それと、葬儀拒否って何の話ですか?

280 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 02:59:26 ID:+FrOKCrO
s会との関係は、公にはハッキリしてますが。
フォーカスにT商事N野代表のs会本部会館の
聞法風景写真がハッキリとが出たわけだし。

281 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 03:03:27 ID:+FrOKCrO
なにが問題になっているかというと、
N野会長が老人から巻き上げたお金をs会に布施して、
T商事が告発され、N野が惨殺されたあとのs会の対応について。

s会が当時の超多額布施会員だったにもかかわらず、
N野とはかかわりが無かった、で切り捨て、
しらを切ったということ。
多額な不浄の金は何処へ?

282 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 03:53:52 ID:T59DQ3M6
>>269 最新情報有り難うございます〜

あたし、会にいた頃は顕正新聞の本願寺批判記事を鵜呑みにしちゃってたんですけど
269さんはしっかりした見識を持っていらっしゃるんですね、すごいです

去年か一昨年くらいから
「親鸞会は新しい歴史が始まり、これから変わっていく」とか
「ワールドワイドな存在になっていく」とか新聞や先輩の口から聞いてたんですが
自分は「今まで多くの会員を激しい活動(例:アニメ戦)や多すぎる献金に
駆り立てたり、学生会員と家族の間に問題を起こさせておいて、
そのことには頬かむりして、会はのうのうと世界から脚光を浴びようってのか」
って思ったもんですが、そんなカルトが世界からは決して褒め称えられることなど
有り得ないと気づき、会をやめてよかったと思い安心しました

まあ反省も過ちを認めることもしない組織は、滅びへとまっしぐらに突き進むだけですね

余談ですが、親鸞会批判サイトが次々と圧力かけられて、閉鎖に追い込まれる場合が
あるというエピソードを聞くにつけ、
「世界の光・親鸞聖人」に出てくる、法然上人一派を非難する他宗の僧侶や
天皇・貴族の姿って、親鸞会の権化そのもの(wに味わえてきます

283 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 07:07:27 ID:dkA92Sce
>>269

>自らの過ちを悔い、反省の材料としている。

本当に反省されてたらすごい、というか変わると思う。変わってほしい。

問題が問題だから…

284 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 07:53:18 ID:kmYRc+nU
>>283
 私もそう思います。


285 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 08:27:18 ID:66D4j15G
>超多額布施会員だったにもかかわらず、

これは嘘だね。根拠は2chだろ。
TY商事に関係した金融機関やゼネコンには破産管財人から
返還請求がいっている。国税庁にまで行っている。
S会には行ってない。
どこで誰と写真に映ってるとかそういう話が根拠なわけだな。

286 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 08:44:03 ID:XJl+bP3T
しかもN野はS会の名を使って金あつめもをしていた。
TY商事という名前は有名な自動車会社からとったものだが
信用をえるためにはなんでも使った。


287 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 09:11:13 ID:eKHm7JfM
>信用をえるためにはなんでも使った。

偶然を装って、授業後にばったり合うなんてよく使われてました。

288 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 10:11:22 ID:ZgRU8NHk
「暮れ行く一日一日の何と空しく味気なく、甲斐ないものに見えることぞ。
でもなお、人は生きたいと望む。生を重んじ、希望を生に、己れは未来に繋ぐ。
ああ人は、どんな幸を未来にまつのであるか。
『明日は、明日こそは』と、人はそれを慰める。
この『明日』が、彼を墓場に送り込むその日まで」
                  (ツルゲーネフ)

289 :不当な誹謗中傷を明証で破る:2005/08/27(土) 11:03:45 ID:iJDPVc/v
>>260

それでは自力の善根によって宿善開発(信心決定)させることが出来るのか、と
間抜けは返難するかもしれない。

事実『伝道院紀要』には、
「高森親鸞会は宿善開発(信心決定)が自力で出来ると言っている」(P.16)
と丁度鬼の首でもとったように、繰り返す。
その後の彼我の往復書簡にも、そのことが顕著に出ている。
本願寺の親鸞会中傷の最も大きな点の一つである。

如何に不当な誹謗か、親鸞会発行の図書や出版物によって、根拠を明示しよう。


290 :出離の縁が絶えた時:2005/08/27(土) 11:08:59 ID:iJDPVc/v
『顕正』(昭和三十三年発行)(P.84)
「『いずれの行も及び難ければ、とても地獄は一定すみかぞかし』
と出離の縁が絶え果てたと同時に、
『弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人が為なり』
と知らされて、たちどころに他力摂生の旨趣を受得し、
凡夫直入の信心を決定なされたのだ」


291 :捨自帰他が真宗の極意:2005/08/27(土) 11:14:15 ID:iJDPVc/v
『こんなことが知りたい』1(昭和四十四年発行)(P.108)

「親鸞聖人は、
『本願力をタノミて自力を捨つるを唯信という』(唯信鈔文意)
と仰せになっています。

蓮如上人も魂の一大事を解決するには、
『一切の自力を捨てて、弥陀をタノメ』
これより我々の助かる道は二つとないのだと仰言いました。

これが浄土真宗の信心の極意なのです。

しかも、自力を捨ててから弥陀をタノムのでもなければ、弥陀をタノンでから自力
を捨てるのでもないのです。
自力が廃るのと、弥陀をタノムのとは一念同時なのです。
だから弥陀タノムということは、
一切の自力のはからいを捨てよ、ということなのです」


292 :元々ぼら夫:2005/08/27(土) 11:55:33 ID:8tUpceK4
やほ♪またまた電車移動中〜。帰ったら、古代インド仏教学研究の成果について
カキコしまつね。言っとくけど、漏れは大乗非仏説について賛成する者ではない。
ただし、歴史的事実として明らかになってきている事柄については素直に受け取め、
そういった視点もあることをしっかり認識する事が大切だと思うわけ。
操作された情報を埋め込まれた、年端もいかぬ学生諸氏に、すこしでも様々な
視点があることに気づいてほしいというのが、大乗非仏説に至るまでの展開
を書こうと思った、最大の理由なんです。ま、そ〜ゆ〜わけでまた!ちゃお♪

293 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 12:03:46 ID:IrNmXK22
>>292
ぼら夫さん

私も同じ考えです。大乗非仏説を肯定する訳ではありませんが、
より広い視点で物事を見ることは大事だと思います。

294 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 12:05:44 ID:r4WUSjXv
>>212 >>236 >>238

「大乗非仏説」周辺のことや、信仰と(近代的)学問の両立について、前スレで私見
を書かせてもらったものです。もうそのことは繰り返しませんが、私は、>>212氏の
おっしゃることにも非常に共感するところがあるし、ボラ夫氏が、「字面の通りに読
めへん椰子に、なんで気ぃつかわなあかんの。 」と憤慨なさる気持ちも私的には理解
できるつもりです。
s会の方が、ボラ夫氏のカキコを、「大乗経典は虚仮であるという文脈によんでしまう」
(故意か過失かはわかりません。私は、過失的な方と、職業柄w、確信●的にそうせざる
を得ない方との二種いるように思ってます。)のは、彼の会が、「布教」(ていうか勧誘)
に異常なまでに執着しているところに起因すると思います。「ダミサ勧誘(仮)」w、など
s会に纏わる種々の問題の多くも、それが「因」ではないかと私は思っています。

そもそも、真宗の御法では、仏教一切の功徳が「南無阿弥陀仏」に収まっているとしま
すから、「三宝」も、「南無阿弥陀仏」に収まっているわけで、真宗では、教団なども
「形而下」の問題に過ぎないわけです。
「聞其名号信心歓喜の勧め」=「自信教人信の勧め」ですが、勿論これは弥陀の独り働き
であり、一切「他力回向」です。「真実(真宗)の布教」は、御名号のおはたらきであり
、それは、この地球上とか、この宇宙、この世界に限った話ではなく「未来永劫」のお話
ですね。それを、徒に「形而下」の教団問題に置き換えてしまっていることから、こうした
形而上の「信仰次元」と、形而下の「学問」との混同(前者で、後者を「破邪」しなければ
ならないみたいな)が起きるのではないでしょうかね。
なんかs会のスローガンに「全人類に教えをひろめよう」みたいなのがあったと思いますが、
それが文字通りに教義化して、非信者にまで、自身の信仰レベルの話を押し付けなければなら
ないみたいになってると思います。
所詮は、信仰は個々人の「御縁」「宿縁」ですから(たとえ、家族であっても)他人に押し付
けるのは無茶な話です。そのことの理論付けが「宿善論」なんですけどね。

295 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 12:10:42 ID:tmZMhKm3
豊かさの中で生まれ育った若者たちが問いかけます。
「皆さん、何のために一生懸命、働いているんですか」

はたと、大人たちは考えます。
「馬鹿な。働きもせずに何の人生だ」と一笑に付する
向きもあるでしょう。
「若い時に苦労しておけば、退職してから楽できる」
と、つい説教したくなるかもしれません。
しかし、「退職してからより、今、自由気ままに生き
ていたい」という多くの若者の人生観を覆せるでしょ
うか。

ここで、心ある人は愕然と気づかざるを得ません。
働くのは、生きる手段に過ぎなかったのだ、と。


296 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 12:52:21 ID:wZUyh/q8
>>292
>歴史的事実として明らかになってきている

こういう根拠が何かあるなら聞いてみたいなあ。
「何何とは考えにくい」っていう推論挟まないやつをお願いします。

それから「万人共通の他力信心」というのは学問的には存在するのか
しないのかも聞いてみたい。
「学問的」というとまるで公平中立を装っているけど
「他力信心とは個人的な思想」というようなことを前提にして
語られる推論にどんな意味があるのか疑問を感じる真宗人も多いんだから
そこんところよろしく。

297 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:18:16 ID:Ie7cjefI
>「何何とは考えにくい」っていう推論挟まないやつをお願いします。
すべての学問は推論から為されていますが?
論・釈を否定したいわけ?
>「他力信心とは個人的な思想」というようなことを前提にして
妥当な前提だと思うけど?

会員さんは
大乗非仏説だとしたら、真宗の信仰をやめるんですか?
大乗非仏説だとしたら、親鸞聖人のされたことは
すべて無駄、悟られたこともすべて勘違いだったということですか?
日本の仏教はすべて価値のない嘘っぱちということになるんですか?

298 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:05:42 ID:Ru/B4tco
ここまでのアンチの主張まとめ

親鸞聖人の言葉を無批判に受け入れるのはよくない。

近代文献学の成果を説明せずに、聖人の言葉だから正しいんだ、というのは、
マインドコントロールに相当する。

そして、他力信心は個人的な思想である。
↑個人的の意味を説明キボン

違ってたら修正ヨロ


299 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:25:53 ID:meExeJs2

物事を良く思わせることも一種のマイコンである

そういう意味ではテレビのコマーシャルもマイコンに相当する


300 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:37:57 ID:vYc2L1wJ
>>298
何勝手に変なまとめ方してんの?

親鸞聖人の言葉だからと無批判に受け入れることを押しつけるのはよくない。

近代文献学の成果を説明せずに、聖人の言葉だから正しいんだ、といって
他宗の批判を無視するような人間に、他宗が間違っていて自分たちだけ正しいと主張する資格はない。

そして、他力信心の存在を信じるのは個人的な信仰である。

まあ、これも絶対的なまとめではないがね。

301 :自力無効の体験:2005/08/27(土) 16:42:31 ID:iJDPVc/v
>>291

『こんなことが知りたい』1(P.116)

「自力間に合わなかったと、助かる望みが断ち切られて、無間のドン底へ叩きおとさ
れた時、
十劫以来、呼び続けて下されていた阿弥陀仏のみ声が、五臓六腑を貫くのです。

『ただのただもいらんただであったか、他力とは、こんな楽な世界とは知らなんだ知
らなんだ』
とおどり上がるのです。

自力一杯求めたことのない者に、自力無効と知らされる筈がありません。
どうにもなれない自分だと頭で合点しているのと、
自力間に合わなかったと知らされて地獄へ叩きおとされたのとは、天地の違いがあり
ます。
自力無効を体験しない者に自力が廃ったということがありましょうか。
自力が廃った一念の体験のない者に他力にまかせ切った妙味など判る筈がありませ
ん」


302 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:50:18 ID:5igX8cdq
>他力信心の存在を信じるのは個人的な信仰である。

祖師聖人が仰るような「万人共通の他力信心」はありえないという結論と
どこがちがうのか、説明が必要でしょう。

303 :機法とも無疑になったのを二種深信という:2005/08/27(土) 16:50:34 ID:iJDPVc/v
『顕正新聞』(178号)(昭和五十二年三月二十日発行、「二種深信」を述べたと
ころに)

「信じたのも知ったのも学問も修養もすべて間に合わず、
堕ちるも助かるも判らぬ心一つが業に引かされて、
地獄は一定すみかぞかしと無間のドン底に叩き堕とされた時(機の深信)
自力無効と他力不思議とは同時に働き、
信心歓喜歓喜踊躍とおどり上がり、
阿弥陀さま、こうまでして下さらなければ、聞かない渋太い私でございました(法の
深信)
どうしてこの御恩に報いようかと泣くより外にないのです。

このように、堕ちるに間違いなし助かるに間違いなしと、
機法共にツユチリ程の疑心もなくなったのを、二種深信というのです。

しかもこの二種深信は、堕ちるままのただじゃったと弥陀と一体になった一念に同
時に体験され、
念々に相続致しますから二種一具の深信といいます」


304 :これでも本願寺の非難は正当か:2005/08/27(土) 16:54:39 ID:iJDPVc/v
挙げればきりがない。
どんなに親鸞会が自力無効を説き切っているか。

その親鸞会を、
「宿善開発(信心決定)が自力で出来ると言っている」
という本願寺の非難は、正鵠を得た批判と言えようか。
悪意に満ちた不当な中傷と言わざるを得ないではないか。

自力の善が獲信の資助になるどころか自力無効、捨自帰他、弥勒菩薩も三世諸仏も
化土往生人も、自力が廃らない限り絶対に弥陀の本願は判らず、報土往生は出来ない
ことを開顕し続けて来たのが親鸞会の歴史である。

305 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:55:34 ID:5igX8cdq
>すべての学問は推論から為されていますが?

文献的検証というのは、その推論が正しいかどうかを検証する方法が
ない、というところが自然科学とは違います。
「祖師聖人の御教えが釈尊の直に説かれたこととは異なっている」ことを
検証可能な形で根拠をあげることができるんですか?

306 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:01:46 ID:VBEVA7Oy
真宗の教義の中では、親鸞聖人の言葉は絶対だろうね。
でも、仏教全体、また宗教全体、あるいは人間の思想や人生哲学について
論じる場合に、親鸞聖人の言葉だけを絶対としちゃ明らかにおかしい。
「親鸞聖人がおっしゃってるんだからまちがい無い」は、
かなりローカルなとこでないと通じない権威づけです。

307 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:08:47 ID:5igX8cdq
>真宗の教義の中では、親鸞聖人の言葉は絶対だろうね。

真宗の信徒ではないということなら、そのような立場で話すればいいものを
他宗あるいは外道を信じていながら、祖師の説かれた他力信心をわかったように
話するからおかしいんだよ。

308 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:11:31 ID:5igX8cdq
昔、茶畑さんというひとがジャンヌにいて
「仏教は信じない。地獄におちてもかまわない」由発言してましたが
そこまでいうなら、何にもいうことないじゃない。

「真宗は信じている。だけど他力信心はひとそれぞれ」では
誰も納得しません。

309 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:13:18 ID:Ru/B4tco
>>300
他宗の人ならそうまとめるわけだね。

じゃあ真宗系のアンチの主張はどうまとめられるのか、
むしろそっちを確認したい。

310 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:21:30 ID:o+UNeuJ5
>他宗あるいは外道を信じていながら、祖師の説かれた他力信心をわかったように
>話するからおかしいんだよ。

他宗の人が真宗を語るのは無理とするくせに
真宗は他宗を批判することができるじゃーな。
護教バリヤー!ですかw?醜いですよ。

311 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 18:07:34 ID:o+UNeuJ5
>「仏教は信じない。地獄におちてもかまわない」由発言してましたが
>そこまでいうなら、何にもいうことないじゃない。
>「真宗は信じている。だけど他力信心はひとそれぞれ」では
>誰も納得しません。

上の言葉は、真宗の教義を感覚面でとらえた言葉ではなく、
理性面でとらえた言葉ということだろ?。本人でないから分からんが…。

例えば、以心伝心という言葉があるが、
心で以て心を伝えるとは、感覚的に考えれば分かるが、
じゃあどうやって心が伝わるのかなんて考えて、
念力を科学的にどう受信できるのかなんて研究するやつはいないでしょ?。
そして実際、念力なんて実体は存在しないです。
しかし、だからと言って、念力があると考えるのは間違いなのか?
以心伝心とは間違いなのか?と考えるのも愚かで、
こう考えるのは、この言葉の受け取り方を間違っていると見るべきだろう。

おそらく、上の発言をした人は
他力の信がみな等しく頂けるものだから、
獲信した人に異なった理解や教学があるのはおかしいという意見があり、
それが発展して、排他的な雰囲気が増したとき、
教義が治める範囲以上に教義を敷衍していると感じ
上のような発言を感覚的にしたのだろう。
確かに、信仰する教義をこの世のすべてを治める法であるなんて勝手に思い込み、
科学との類似を以てその宗教の正しさを証明するのは甚だナンセンスだろう。
こんなことが知りたいにはよくそんな下りがあった(ような気がする)が、
そういった短絡的な宗教理解は、世を騒がすだけの迷惑以外の何物でもない。


312 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 18:13:10 ID:Hn8tKU/M
親鸞の教えって、平安とか飢饉とかあった頃にやせ細った婆さんが
仏しか拝むとこがなくって必死になってるような感じなんだけど...。
現代的じゃない感じがする。若者に人気の宗教なのか?

313 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 18:35:31 ID:Wu18C5o6
仏教は若いときにたしなめ、と言われますが・・・


314 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 22:03:04 ID:hIBM5hRr
>>308
>「真宗は信じている。だけど他力信心はひとそれぞれ」では
>誰も納得しません。

「 真宗は信じている。だけど他力信心はひとそれぞれ」は、ど
の発言を指してますか?

315 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 22:52:39 ID:Ru/B4tco
最近のアンチって他宗の人が主流なのかな?
それともこれで自称真宗なのかな。
私は真宗の者です、という人がいたら、
上のまとめに異論があれば修正してください。

316 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 22:57:35 ID:Ru/B4tco
あ、上のまとめとは298のことね。
よろしくね、気概のある真宗系アンチさん(^-^)/

317 :れんこん:2005/08/27(土) 23:31:28 ID:dFESglGd
何度も何度も、同じ事を聞かせていただくのです。
重ねて聴聞させていただくことは、変わったことを聞くのではありません。知識で聞くのではありません。
何度も聞かせて頂いたことだけど、死を心の底に置いて聞かせていただかねば、阿弥陀さまのみ心頂けない、と聞かされます。
大悲の願船にのせられて、南無阿弥陀仏と進ませていただく先は浄土だと、聞かされます。
心の中は、とても言い尽くせない、書き尽くせない、よろこびがあふれるのだ、と。

318 :れんこん:2005/08/27(土) 23:34:26 ID:dFESglGd
だから、周囲に教えを伝えようとする、その姿は必至です。
道を間違えてはならないぞ、親鸞聖人のみ教えを正しく聞かせていただくことだぞ、と。
一日でも、一時間でも早く、聞き抜いてくれ、と。高森先生から聞かせていただきなさい、と。
自分は知らなくても、仏さまは心の底までお見抜きだから、しっかり聞かせて頂けよ、と。

319 :れんこん:2005/08/27(土) 23:37:48 ID:dFESglGd
後生の一大事を抜かして聴聞していては駄目だぞ、と聞かされます。
それはとても難しいことだと思いますが、無常を問いつめて、聞かせて頂きたいと。


320 :元々ぼら夫:2005/08/27(土) 23:46:23 ID:8tUpceK4
24時間テレビのドラマみてました。涙涙やったわ〜。
今度、お寺で、信巻末の『涅般経』引文の中で、阿闍世王がどの時点で救われたのか
皆さんで話し合ってもらおうという企画をしようと思ってまつ。
最期の最期、この救いということは、阿闍世王個人の事だけにとどまらなくなる
んだけど。どう、おもしろそうでしょ。機会があったら、どんな意見が出たか
発表しようかななんて、ちとスレ違いかな。
さて、本題つづきいきまっしょい!!
〜つづく〜

321 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 23:51:32 ID:hIBM5hRr
>>298

気概のある真宗系アンチではないですが(って、この真宗系アンチの定義が、そもそも不明確)・・・。

>親鸞聖人の言葉を無批判に受け入れるのはよくない。

親鸞聖人の「教え」(お勧め)は、「南無阿弥陀仏」=「聞其名号信心歓喜」唯一つですから、それは阿弥陀様の勅命と同じですね。
だから、真宗信者としては当然「聞くべき」ですね。

>近代文献学の成果を説明せずに、聖人の言葉だから正しいんだ、というのは、
>マインドコントロールに相当する。

TPOによるでしょう。近代文献学に限らず、物事には多様な視点があるということを知ることは、「学問」を学ぶ上では大事なことでしょう。
あと、「聖人の言葉だから正しいんだ」というのは、真宗的には「自力虚仮の信心」の表明ぽいですね。「他力信心」は冷暖自知でしょう。

>そして、他力信心は個人的な思想である。
>↑個人的の意味を説明キボン

「他力信心」は、「仏心」ですがら「個人な思想」ではありません。その他力信心の各人の受領は、当然ながら、「個人的な体験(自覚)」です。
「思想」は、衆生の三業ですから、信心をいただいても「各人各様」でしょうね。

322 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 00:01:49 ID:wcokJwsx
元々ボラ夫さん、未だに大乗非仏説を肯定するの?


323 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 00:28:50 ID:SPJKB9xl
〜第2回〜
さてさて、日本では明治時代に至り、学問方法に革新的変化がおとずれました。
他方、インドを植民地としていたイギリスは、遺跡の発掘、古文書の収集に力を注ぎ、
ヴエーダ経典(仏教以前・バラモンの根本聖典)や、パーリ語、サンスクリット語の解読
、文法等の研究が進みました。ちなみに、浄土真宗の根本聖典である「無量寿経」
(ラージ・スカーバティービューハ:ラージは、同タイトルの阿弥陀経と区別するため。阿弥陀経は
これに対してスモール。)は、明治16年、マックスミュラー博士・南条文雄博士が、
サンスクリット原本をはじめて紹介しています。
〜つづく〜

324 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 01:00:07 ID:SPJKB9xl
>>322
頭のヒューズのお取り替えをおすすめしますわん。
>>323つづき
で、古文書の研究が進み、同じ言語でも、用法によって時代
また方言によって、どの地域のものか判別できるようになってきました。
また、仏像彫刻や遺跡の調査も進み、形式・形体による時代測定、科学的手段としては、
X線による時代測定も行われるようになり、新発見が続々と現れたのです。
数々の考古学、書誌学、文献学の研究成果を現在の私たちが得ることができるのも
先人の方々のたゆまぬ努力があったからですね。
で、大乗非仏説の意外な核心についてはまた明日。チャオ

325 :合点と体験は大ちがい:2005/08/28(日) 15:32:08 ID:h3Cr/i4m
>>304

ではなぜ、信前の人に自力一杯の聴聞や破邪顕正、布施行などを勧めるのか。

机上の空論や合点なら易しい。仏教は行学である。
自力は捨てもの、間に合わぬものと合点するのはたやすいが、実地の体験は難中之
難無過斯だから、浄土は易往而無人なのだ。
後生の一大事の解決には自力は間に合うか、合わないか、実際、全力を尽くして始
めて出来ることか、出来ないことか、可能か不可能か、ハッキリ知らされるのだ。


326 :合点と体験は大ちがい:2005/08/28(日) 15:37:42 ID:h3Cr/i4m
喩えて言えば、クラスで力自慢の小学1年の男子を連れて、母親が瀬戸物店へ買い
物に行った。
大バーゲンでたんまり仕込んだ母親が、重そうに荷物を持って店を出た。
瀬戸物は量の割に重いものだ。
それを見て子供が
「お母さん、僕それ持ってあげる、僕力強いんだよ、昨日もクラスの相撲で一番だっ
た」
と自分の力を誇示する。

とてもとても子供の力に合うような品物でないことは母親は百も千も承知している。
「こんな重いものが、あんたなんかに持てますか、落としたらどうするの」
頭から叱りつける母親は、余り利口な親とは言われぬ。

「そうか、坊や、坊やそんなに強くなったの、お母さん嬉しいわ、それじゃ持って呉
れる」
利口な母親は、持てないことを充分承知の上で一度持たせてみせるのだ。
落としたら大変だから母親は秘かに下に手を廻している。

子供は誉められて持ったのだから男の意地だ、何とか持とうと渾身の力で力んでは
みるが、とてもかなわぬ重荷を知らされ、
力尽きて、
「お母さん、やっぱり僕の力じゃ駄目だ、早くとって!!落とすよ早く早く」
と母親に任せる。
子供は母親が荷物を下から支えていることを知らないから、驚いて心から素直に母
親に任せるのだ。


327 :すべてが他力だったと知らされる時:2005/08/28(日) 15:44:02 ID:h3Cr/i4m
親鸞聖人も自力一杯の体験を通して、
「いずれの行も及び難き身……」(歎異鈔)
「大菩提心おこせども自力かなはで流転せり」(正像末和讃)
「自力にては生死をいでず」(御消息集)
と自力無効を信知させられ、無条件に他力に乗托されたのである。

命がけの聴聞も破邪顕正も、自力の一切は間に合わなかったと廃った一杯が、本願
力に間に合ったことに驚き呆れ、すべてが他力であったなあーと不思議不思議と踊り
上がったときを宿善開発というのだ。

328 :親鸞会はこの真実開顕に死力を尽す:2005/08/28(日) 15:57:25 ID:h3Cr/i4m
以下、お聖教の明証を二、三提示しておこう。

「一切凡小、一切時の中に、貪愛の心常に能く善心を汚し、瞋憎の心常に能く法財を
焼く。急作急修して頭燃を灸ふが如くすれども、衆て、雑毒雑修の善と名け、亦、虚
仮諂偽の行と名く。真実の業と名けざるなり。
此の虚仮雑毒の善を以って無量光明土に生ぜんと欲す。此れ必ず不可なり」(教行
信証信巻)

「本願他力をたのみて、自力を捨つるをいふなり。これを唯信といふ」(唯信鈔文意)

「今の真宗においては、専ら、自力をすてて、他力に帰するをもって宗の極致とする」
(改邪鈔)

「もろもろの雑行雑修自力の心をふりすてて、一心に阿弥陀如来、我等が今度の一大
事の後生、御たすけさふらへとたのみまうしてさふらふ」(領解文)

かかる、親鸞聖人や覚如上人、蓮如上人を一貫せる自他力廃立の御教化によって救
われ、その真実を開顕せん為に死力を尽くしている親鸞会を
「自力によって宿善開発(信心獲得)出来るといっている」
という本願寺の非難は悪辣極まる中傷と断ぜざるを得ないのである。

329 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 17:09:56 ID:SPJKB9xl
ただいま研修会中〜。つづきは夜にね♪
>>328
意業安心じゃん。まあ、大乗非仏説について語り終ったら、
江戸時代の三業惑乱ふまえつつお話ししましょうね。


330 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 20:48:04 ID:9TID3Lgw
みんなご苦労、その調子でやってくれ。

331 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:16:45 ID:aWcN2qgw
>>321
せっかく書いてもらったんだけど…
今までのアンチの主張をまとめて、と言ったのであって、
あなた個人の見解は別にきいとらんのです。
他力信心は個人的思想とか、
大乗非仏説とか言ってる人たち、
それでいて、真宗信者のひとたち(自称含む)の、ね。
そういうわけなんでひとつよろしく。

332 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:23:05 ID:aWcN2qgw
>>329
意業安心って何を指して言ってるんですか?
詳細希望です。
逃げないで、ちゃんと説明してね\(^o^)/

333 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:28:05 ID:qxJo2bfS
ここは、元々ぼら夫さんのステージ。

334 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:30:14 ID:z75br2v5
キリスト教(西洋)は死後の世界がないんじゃないの?復活するために棺に入れとくんでしょ。
死んでから肉体を焼く所は魂が抜けてあの世にいったためでしょ。
いずれにしても煉獄(地獄)という概念があるんだよな。
やっぱり魂と肉体は別々なのか?本来の教義にはないのか?
キリスト教の天国は今の肉体まま復活して神様と仲良く暮らすんでしょ。
仏教の天国は輪廻の鎖から外れて無に帰る(宇宙と一体になる、仏になる)ことでしょ。

335 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:42:56 ID:v/HDHqx9
>>331

そういうのであれば、>>298
>ここまでのアンチの主張まとめ

とすること自体が、違ってるから修正ね。
>>321 で書いたように、>>315の真宗系アンチさんの定義も不明。

>他力信心は個人的思想とか、
>大乗非仏説とか言ってる人たち、
>それでいて、真宗信者のひとたち(自称含む)の、ね。

に質問を限定してるのなら、それらの発言の具体のレスを指摘して、
個別に聞くべし。

336 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:56:50 ID:O/mmdjg4
>「一切凡小、一切時の中に、貪愛の心常に能く善心を汚し、瞋憎の心常に能く法財を
焼く。急作急修して頭燃を灸ふが如くすれども、衆て、雑毒雑修の善と名け、亦、虚
仮諂偽の行と名く。真実の業と名けざるなり。
此の虚仮雑毒の善を以って無量光明土に生ぜんと欲す。此れ必ず不可なり」(教行
信証信巻)

「本願他力をたのみて、自力を捨つるをいふなり。これを唯信といふ」(唯信鈔文意)

「今の真宗においては、専ら、自力をすてて、他力に帰するをもって宗の極致とする」
(改邪鈔)

これが意業安心だって。
ボラはどういうことか十分に説明する必要があるだろうな。
僧侶の発言としては重いと思うよ。


337 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:11:12 ID:O/mmdjg4
大乗非仏説仏説論議に参加することが我々の救いにつながるとは思えんが。
今、非仏説云々言ってるひとは「お聖教の言葉の解釈は厳密でなくていい」
「いろんな解釈があってそれぞれが納得できればよい」ということなんだから
教え自体が必要なくって、ただ自分の考えが真宗に近いような言葉があれば
「聖人もそうおっしゃている」と安心したいだけなんだよね。
もともと「祖師聖人はなにを教えられたのか知りたい」とか
仏道を求めたいとかいうのではないのだから問題外だろ。

大乗は非仏説だから、そらなら実際に小乗仏教(といわれるもの)を求めてるわけでも
ないし。


338 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:11:54 ID:v/HDHqx9
>>336
>これが意業安心だって。

横レスすまそだが、ボラ夫さんは、>>327(の続きが、>>328だよね?)
の後段の
>命がけの聴聞も破邪顕正も、自力の一切は間に合わなかったと廃った一杯が、本願
>力に間に合ったことに驚き呆れ、すべてが他力であったなあーと不思議不思議と踊り
>上がったときを宿善開発というのだ。

のことを言ってるのだと思われ。

339 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:16:07 ID:aWcN2qgw
>>335
真宗系アンチは331に説明済み。
自称含む、真宗信者の、アンチのひと。

そういうひとはアンチのなかに大勢いるでしょ。
そういうひとで、最近の流れで発言してるひとも相当数いると思うから聞いてるの。
だから、その仮定が間違ってたらまた別だな。

340 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:16:35 ID:O/mmdjg4
「いろんな解釈があっていい」というわりに
「後生の一大事は地獄におちること」とか
「善のすすめがある」とか
「必ず救われたらはっきりする」とかは
一生懸命否定するのはなんでやろ。

「いろんな解釈」と「どんな解釈でも」とはどこで線を引いてるのか
聞いてみたいなあ。自分の都合なんじゃないの?

341 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:20:25 ID:v/HDHqx9
>>339
>そういうひとで、最近の流れで発言してるひとも相当数いると思うから聞いてるの。
>だから、その仮定が間違ってたらまた別だな。

だから、個々の発言を指定して、個別に聞いてね。不特定多数の発言内容をマトメど
うこうなんてこと自体が、ナンセンスでしょう。

342 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:29:04 ID:O/mmdjg4
>「いろんな解釈があっていい」というわりに
「後生の一大事は地獄におちること」とか
「善のすすめがある」とか
「必ず救われたらはっきりする」とかは
一生懸命否定するのはなんでやろ。

早い話が自分たちに影響がなければそれでいいんだ、みたい。
「一念を説きすぎるからよくない」って言う感じ?
宿善他力説がただしくって宿善自力説が間違いなら、本願寺の過去の
宿善自力説を言ったひとはみんな間違いだ、ということだ。
(いっておくけど、多分S会は宿善自力説ではないよ)
これに関しての釈明もないなあ。
どう解釈してもよいならS会を批判する必要もない。
叢林集には「宿善は自力」とも「他力」とも書いてないのは
書いたひとがそこら辺のことをよくよく心得ていたからだろう。
馬鹿はすぐ言ってはならないことを口走るんだよね。


343 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:32:36 ID:O/mmdjg4
>だから、個々の発言を指定して、個別に聞いてね。不特定多数の発言内容をマトメど
うこうなんてこと自体が、ナンセンスでしょう。

みんなコテハン無しで書いてるひとは何言われても仕方ないんじゃない?
無責任な発言なんだから。

344 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:37:59 ID:z75br2v5
林芙美子は(林真理子じゃなくって)、今度生まれ変わったら「花」に
なりたいと書いていた。「花」の世界って本当に天国なんだろうか?

先日テレビで戦犯が「虫になっても生き残りたい」という遺書を残していた。
「私は貝になりたい」という映画もあったそうだけど。

虫の世界は地獄だと思う。わずかの草地から、コンクリートの側溝に這い
入ってしまって、方角も分からず、知能も無く、水も食べ物も無く、日に焼かれて
入ったり来たりしているマル虫たち。 これは地獄の有様だ。地上には
このように当ても無くさまよっている生物が数限りなく存在している。

345 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:40:17 ID:v/HDHqx9
>>343
>みんなコテハン無しで書いてるひとは何言われても仕方ないんじゃない?

不特定多数の発言を一緒にするな、ということ。確かにコテ無しだと、同一性
の特定はできないが(それは、コテつけてても、鳥つけてても結局は同じだと
誰か言ってたけどね)、個々のレスを指定することはできるよ。
その為に、レス番あるんだし。
それに、>>298は、発言内容を正確に引用してないしから、どの発言か推測しよう
がないよ。

346 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:47:41 ID:O/mmdjg4
>のことを言ってるのだと思われ。

どちらにしてもお聖教のご文を含んでますから
釈明は必要でしょうね。
かなり問題だと思われます。

347 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:51:28 ID:O/mmdjg4
>不特定多数の発言を一緒にするな、ということ

コテなしは不特定多数と同じだよ。
識別を求めるのはむりな要求。
自分が違うというなら釈明することだな。

348 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:51:57 ID:z75br2v5
識別は苦の元である。
感受は苦の元である。
食物は苦の元である。
無明は苦の元である。

それらに耽溺してはならない。

食物は苦の元であるが、必要なものでもある。
感受は苦の元であるが、必要なものでもある。
(この身体をこの世に持ってしまったからには)。

認識はどうだろう。 それはさておいて、

認識があるから善悪があるのではなく、善悪は認識以前に存在する。
認識は無明から生まれたものかもしれないけど、
善悪は法(法則)として存在する。と思う。
衆生に安楽をもたらすものが善であり、苦をもたらすものが悪行なの
かも知れない。

349 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:52:55 ID:v/HDHqx9
>>346
>>のことを言ってるのだと思われ。
>どちらにしてもお聖教のご文を含んでますから


もしかして、漏れの横レス>>338へのレス?
それなら、>>338で引いた>>327の後段には、お聖教の文は無いよ。
まあ、横レスだから、ほんとのとこは、ボラ夫さんに聞くしかないが。

350 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:56:36 ID:gEWef1X4
>>347
誰が言ったかでなくてどこで言ってるか明らかにしないと>>298は捏造と言われても仕方ない。
>>298も、君の考えでは無責任な発言で何言われても仕方ないから、
捏造という単語に過剰反応しないように。

351 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:58:14 ID:v/HDHqx9
>>347
>コテなしは不特定多数と同じだよ。
>識別を求めるのはむりな要求。

暴論。それなら、アンチだのシンパだのの識別も無用。
匿名掲示板が嫌ならもう来ないでね。

今宵は、PRIDE見てて興奮してて、ついしょうもないカキコに
いっぱい反応してしまった。もう寝る。おやすみ。

352 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 23:03:15 ID:SPJKB9xl
帰ってきたよん♪
みんな、今日も他力になるまで自力いっぱいがむばったかな?
はやく、うどんじゃなくてラーメン食べられるとイイね☆
意業安心については、>>338さんがお答え下さっていますので、全くその通りってことで。
>>338さん、スマソ。
>>340
もう何度も言っとるがな。親鸞聖人が「他力になるまで自力いっぱい求めよ」
なんてお勧めしてないから。T森青年の個人的宗教体験を追体験したいなら、
どうぞご勝手に。ただし、浄土真宗を名乗る必要なし。迷惑。
『叢林集』読んどるとは関心、関心。お東だけどw。あ、字数たらん。つづく


353 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 23:15:45 ID:SPJKB9xl
>>352つづき
なんでまた『叢林集』なのか、よ〜わからんが、お東のものだったら、
香月院深励の『教行信証講義』『三帖和讃講義』とかから始めた方がオーソドックスで
いいと思われるよん。すんごく丁寧だと思う。(読みなれるまで時間かかると思うけど)
さてさて、本題の第3回目「衝撃スクープ!大乗非仏説はいまにはじまったことじゃない!」
いきまつね。〜つづく〜


354 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 23:18:34 ID:z75br2v5
彼岸があって仏教があり、おおよそ身体への好ましく愛すべきものを享受することは苦し
みであると説かれる。
学ぶことに生きがいを認め、奉仕を楽しむ人は一つの極端。快楽は享受すべきであり、清
らかであるとこのように見なす愚者どもがいる。これが第二の極端。賢者は「世の中は泡
沫のごとしと見よ。世の中は陽炎のごとしと見よ。この身は泡沫のごとしと見よ。この身
は陽炎のごとしと見よ。」という道を歩む。彼岸という迷いのない世界は、諸々の事物が
静まって無常と悟り、この世の現象に囚われることなく安楽であると説かれる。こだわり
を捨てた人は悩むことがない。

自己は自分のものではないが業は自分のものであるとされる。善業も悪業も自分のもので
ある。その報いが熟しないあいだは、悪人でも幸運に遇い、善人でもわざわいに遭うこと
があるとされる。それが事実か否かは別として、人は互いに人の幸福を損なう行為をわざ
わざすべきではないと思う。賢者は自分の身をよくととのえて、いろいろの幸せを得る。

聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、考えられたことは考えられただけのも
のであると知るならば、苦しみが終滅すると説かれる。学んだことにもこだわらない。


355 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 23:43:20 ID:SPJKB9xl
さてさて、〜第3回目〜
大乗非仏説について言及されている最古の文献は、マニ教の聖典なのです。
開祖はマニ(215〜276)。この方は、キリスト教徒を非難し、また、仏教徒に対しても非難した人。
その教えは、西はローマ帝国、東は中国にまで伝播し、唐代において盛んでしたが、
結局、弾圧を受けるハメとなり、寺院は壊され、その聖典等は散佚して
現存するものはないと思われていました。教義内容等もわからない謎多き宗教であったのですが、
ついに、エジプトにおいて、マニ自身の書並びに聖典が発見されたのです。
〜つづく〜

356 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 23:47:10 ID:2YUQi3E4
>だから、個々の発言を指定して、個別に聞いてね。不特定多数の発言内容をマトメど
>うこうなんてこと自体が、ナンセンスでしょう。
真宗信者で、そゆこと言ってた人に対して聞いてるの。
まとめるってのも、本当に客観的にまとめろなんて無茶は言わん。
前に他宗の人がやってくれたみたいに、自分なりに正確にしてくれればいいんだから。

あなたがああいう発言をしてないなら、それはそれで結構。
あなたは関係ないから指くわえてみてたらいいよ。
そういうこと言ってた人は自覚があるでしょ。
そういう人が逃げるのなら、それはそれでまた結構。
無責任発言だったことを証明するだけだもんね。

具体的には、たとえば>>194 >>239 >>245 >>292ってとこか。
個人的思想については>>297>>311も多分そういう考え。
信仰と学問は別次元ていう人も多分そういう考え。
↑多分ていうのはあくまで推測ね。

>意業安心については、>>338さんがお答え下さっていますので、全くその通りってことで。
>>338さん、スマソ。
説明・釈明・弁明お待ちしております。

357 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 23:47:32 ID:z75br2v5
仏教はこの世を厭い離れ、または厭い離れるひと時を幸せに思う
宗教でもある。一切皆苦だから、この世のわずらいを離れた時、
その時は幸せ。

358 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 23:48:22 ID:z75br2v5
「アジタよ、世間は貪りと怠惰にゆえに光り輝かない。欲心が世間の汚れで
ある。苦悩が世間の大きな恐怖である。園に植え、林に植え、橋を作り、井
戸の舎や貯水池を作る人々、休息所を与える人々、かれらの功徳は、昼夜に
増大する。それらの人々は、法に安住し、戒めを身に具えて、天におもむく。」

359 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 23:48:43 ID:2YUQi3E4
あ、俺は298ね。

360 :元々ぼら夫:2005/08/28(日) 23:58:51 ID:SPJKB9xl
〜つづき〜
それによると、マニは23歳の時にインドに旅行し、教えを説いて、信者を得たが
のちにペルシャに帰ったというのです。「仏弟子たちは仏の教えをすべて伝えた
のではなくて、師から聞いたことのほんの一部を文字に記したにすぎない」
故に、マニは自分が生存しているうちに自らの教えを文字に記して、後代のものが
多様な解釈をすることがないよう遺書を残すのだ、と記しています。
何故、このような結論に達したかというと・・・
〜つづく〜

361 :元々ぼら夫:2005/08/29(月) 00:16:09 ID:Bje/lBfO
連投スマソ。一挙にいっちゃいます。
〜つづき〜
マニがインドをおとずれた時、大乗仏教興隆の、ちょうどど真ん中の時期でした。
大乗教徒は、自分達の教えが釈尊の出世本懐であり、部派仏教を小乗と呼び、
小乗教徒は釈尊の教えのうち、劣ったものだけを伝えているに過ぎない、と言い、
部派の人々は、大乗を非仏説であるとして、たがいに非難しあっていました。
このことが、マニに遺書として、自らの教えを残そうと決意させるきっかけとなったのです。
詳しくは、中村元・早島鏡正・紀野一義訳註『浄土三部経』(下)(ワイド版岩波文庫)参照。


362 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 00:22:01 ID:Vnv2QR6w
>>356
ほとんどボラ夫氏で、唯一の名無しはただのボラ夫氏に対する感想じゃん。
>>298は捏造or妄想なのか?違うって言うならどの書き込み見てそう判断したのか、
なぜそう判断できるのか言ってみろ。

363 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 00:50:15 ID:9Kb4NCPG
>>362
違うなら修正してくれと最初から言ってるだろうが。
ぼら夫だけに聞いてるのでもない。
あんたがそういう考えなら、あんたが修正すればいいだけ。
違うなら黙ってみてればいい。
そんなことは誰も言ってないと言いたいのならそう言いな。

364 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:18:35 ID:Vnv2QR6w
>>363
つまり>>298は確たる根拠もなくアンチのまとめだと吹いてるわけか。
俺はすでに>>300で修正案を出してる。

365 :とら:2005/08/29(月) 01:32:06 ID:H0qcmTlB
壊れかけマイPC、HD交換で復活の兆し‥
ボラ夫さん、「大乗非仏説について」興味深く読んでます、
話題がしぼられると読みやすいですね、各懸案順番にお願いしマス

366 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:39:22 ID:9Kb4NCPG
>>364
ああ、あんたの思考はそこで止まってたのか。
じゃあ改めて、「真宗系アンチの〜」に修正しとくよ。
悪かったね、関係ない君を巻き込んで。

367 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:46:05 ID:Vnv2QR6w
>>366
だから、それを真宗の人間が言ったという考えはどこからきてるんだ?
何もかもあやふやなのに決めつけすぎ。

368 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:55:30 ID:9Kb4NCPG
それは確かにちょっとあやふやだな。
だから、そこを確認する意味もある。
まあ、また明日だな。

369 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 02:44:21 ID:CpfRv94S
>>325>>326
悩んだ末に諸般の事情でs会をやめる人たちは
みんなあんたらの言う事を一応聞いた上で、
それでもs会を続けるのを断念した人たちなのに
あなたがたは、「聞法の敗残者」といって切り捨てるばかりではありませんか

それでもs会を続けようと思ったら、s会の19願的な活動をづつけるしかない
「真面目にやってないから」と非難するが一体どこまでやるのか
自力の行を全部やるんですか?
出来ないことを確認するだけで、弥勒菩薩ぐらいの時間が掛かりますよ。
むしろ凡夫なんだから、つまんないことで続けられなくなる方が多いですよ。
それが分かってるから親鸞聖人は他力を勧められたんじゃないんですか?

なんで活動についてこられなくなって辞める人に20願への導きさえしないのですか?
s会を続けるためにはs会の19願的な活動をこなし続けなければならない。
だからs会には20願の行者すらいない。ましてや18願に入る人もいない。
昔、「真門に鍵をかけた」と言った人がいたけど、
s会の教えそのものが真宗の救いから遠ざけている。しかもみんな地獄ゆきにまでして。

370 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 07:05:59 ID:5p2y+VY4
昨日は大変だったわー

371 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 07:20:21 ID:hpZhHpWE
>>356
>信仰と学問は別次元ていう人も多分そういう考え。

おはよ。前スレの上記カキコは漏れだが、漏れは、>>298のようなことは
書いてないよ。これについての漏れの意見は、>>321 の通り。

372 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 07:23:09 ID:gJ9mN3wI
何が大変だったの?

373 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:04:38 ID:B7K490Bb
>なんでまた『叢林集』なのか、よ〜わからんが、お東のものだったら

ボラは西の坊主だってことが判明。
西本願寺の僧侶が掲示板で、「西本願寺の僧侶」という立場を明かして
「S会は意業安心だ」「宿善他力説のみが正しくてその他はあやまり」と
発言したわけだから、かなり重い発言だと思われ。
どう釈明するのかな?

374 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:11:27 ID:SpA2BWTE
>「宿善他力説のみが正しくてその他はあやまり」

揚げ足とられると困るから訂正。
「宿善自力説はあやまり」

375 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:16:32 ID:SpA2BWTE
>なんで活動についてこられなくなって辞める人に20願への導きさえしないのですか?

たいして活動できない、お年寄りやお金のない学生でも
聴聞を何十年も続けているひとがあるという事実をどう考えているんでしょうか?
三願転入を否定しながら「20願へも導かない」とはおかしな話。
いつも会では三願転入が説かれていますよ。

376 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:28:19 ID:CZJ9PZ4A
>なんで活動についてこられなくなって辞める人に20願への導きさえしないのですか?

求道のつらいひとに自力の安楽椅子を与えてる様子がまざまざとうかんでくるね。
一度座ったら二度とは立ち上がれない。
そのまま地獄行きの安楽椅子。
三願転入は阿弥陀仏のお力ですよ。

377 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:45:39 ID:T3b8SYPH
>>375
雑修をすすめてんのかい・・

378 :元々ぼら夫:2005/08/29(月) 08:47:43 ID:Bje/lBfO
おは♪
>>365
お!とらさん乙〜。読んでくれてるん?サンキュ〜。懸案って何?まあ、もちっとで
『大乗非仏説』について終りますんで、したらば、意業安心についていきましょか?
>>369
切実やね。「ここまでがんばってきたから」「もう少しがむばれば」という思い
をつのらせ、年月が費やされれば費やされるほど、さらに脱け出せなくなる。
マルチ商法みたいなやり方やね。からくりに乗せられた学生さんは哀れや。
>>373
別に、前々からH癌寺派だって言っとるがな。あと「宿善他力説のみ正しくて」
なんて言ってませんが、何か?
〜つづく〜

379 :元々ぼら夫:2005/08/29(月) 09:02:56 ID:Bje/lBfO
>>373
大体さあ、鮮明師の「宿善自力説」にしたって、君らの言ってるのとは全然ちゃうやろ。
宿善の「宿」は、信心決定の現在からみて過去。自力説にしたって他力説にしたって、
当相自力体他力説にしたって、先哲は一貫して上の立場で述べてる。
あとさ、過去ログ読んでから、もしくは、先哲の「宿善論」をよく咀嚼してから発言しな。
時間のムダ。


380 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 09:51:57 ID:sUxnkyLu
>>340
> 「いろんな解釈があっていい」というわりに
> 「後生の一大事は地獄におちること」とか
> 「善のすすめがある」とか
> 「必ず救われたらはっきりする」とかは
> 一生懸命否定するのはなんでやろ。

いろいろあってもいいけど、自分の説が一番だといいたいでしょ。
いろいろあってもいいけど、どうでもいいとは思わないのは、
いろいろなく正しいものはひとつだといいたいのかな

381 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 12:29:18 ID:BsOptzDT
>宿善の「宿」は、信心決定の現在からみて過去。

わかって書いてるのかなあ?
信心決定からみて過去ということは未信のときの善根は
信心決定後からいえば宿善なんだけど。

382 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 12:40:14 ID:iOlDlvX/
>前々からH癌寺派だって言っとるがな

自分の所属してるところを「H癌寺」なんて書く時点で
終わってるような。
お西もこんな坊主かかえてこまってるだろうなあ。

383 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 12:45:21 ID:iOlDlvX/
>>361

ながながと物語を書いてるけどいったいなにが「根拠」なのー?

384 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 12:46:42 ID:MYdmRzic
お西って財施すすめてなかったっけ?

385 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:17:06 ID:4McgIWSq
>>382
>お西もこんな坊主かかえてこまってるだろうなあ。

いえ、そうは思いません。
どこぞやの団体のように無条件服従なんていったらもう駄目ですが、
言論の自由が認められ、所属団体を批判できるのは自浄効果が
期待できる証拠です。
ボラオさん、がんばってください。


386 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:20:23 ID:4McgIWSq
>>381
>わかって書いてるのかなあ?

s会では、信後に過去を振り返り、みなどれもこれも
宿善じゃったー、というのが宿善だ、と教えるのでなくて、
未信のものに、未来に向かって宿善を積む、というように
教えるからおかしいといってるんでしょう?

387 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:20:55 ID:60WwJwZe
立場上は批判しつつも、甘い汁を吸ってるとしか思えんが・・・

388 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:25:31 ID:60WwJwZe
今現在積もうとする宿善が信後に「過去の宿善」になるんだから
宿善を積もうともせずに信後の「過去の宿善」をあてにするのか?
ふーん、そうか



389 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:30:51 ID:4McgIWSq
>>376
>>なんで活動についてこられなくなって辞める人に20願への導きさえしないのですか?
>求道のつらいひとに自力の安楽椅子を与えてる様子がまざまざとうかんでくるね。
>一度座ったら二度とは立ち上がれない。
>そのまま地獄行きの安楽椅子。

20願を指して、「一度座ったら二度とは立ち上がれない」
「地獄行きの安楽椅子 」なんて言っていいのですか?法謗ですよ。
果遂の誓を否定しているようにきこえますが。

○臨終現前の願により釈迦は諸善をことごとく
『観経』一部にあらはして定散諸機をすすめけり

○至心・回向・欲生と十方衆生を方便し
名号の真門ひらきてぞ不果遂者と願じける

定散自力の称名は果遂のちかひに帰してこそ
○をしへざれども自然に真如の門に転入する

s会では、活動についていけない人々には20願を示さずに、
19願的な活動をできないならば「人間失格だから辞めなさい」
と勧めている、という理解でOKですか?

390 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:33:46 ID:4McgIWSq
>>387
>立場上は批判しつつも、甘い汁を吸ってるとしか思えんが・・・

s会の上層部は、下っ端には、家を売ってアパート暮らししても
GHSして損はないとか伝えても、自分は一軒屋暮らししたり、M晴のように
高級外車を乗り回している香具師もいるんだから、甘い汁を吸ってる
といわれてもしょうがないよね。

391 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:35:36 ID:4McgIWSq
>>388
>宿善を積もうともせずに信後の「過去の宿善」をあてにするのか?

未信のものが努めて宿善を積んでいくと、そのうち信心決定する
というのが浄土真宗なのですか?
根本からだめだね、こりゃ。

392 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:36:45 ID:60WwJwZe
>>390
>s会の上層部は、下っ端には、家を売ってアパート暮らししても
GHSして損はないとか伝えても、自分は一軒屋暮らししたり、M晴のように
高級外車を乗り回している香具師もいるんだから

これ、証拠挙げられますか?

393 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:39:36 ID:4McgIWSq
「宿善の勧め」自体が、見方を変えれば、
自力の安楽椅子の勧めですよね。

当然、仏教では善をすすめているわけだが、
自力、他力の力点の置き方を間違ったら、自力他宗と同じじゃないのですか?

s会の説き方だと、多くのものが、自力の果てに他力がある、
と誤解すると思いますけどね。

394 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 17:41:23 ID:4McgIWSq
>>392
>これ、証拠挙げられますか?

この目でみましたがなにか?
匿名掲示板で証拠証拠とさわぐのも子供っぽいね。
上層部はみんなアパート住まいだとでも主張しているの?
M腫れの外車乗りまわしなんぞ誰でもしってるだろ、

395 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 18:06:43 ID:5r23VVaD
>>385
>自浄効果が期待できる証拠です。

ボラオさん、H癌寺の立て直しがんばってください。


396 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:10:41 ID:7y1cLBl1
>s会では、活動についていけない人々には20願を示さずに、
>19願的な活動をできないならば「人間失格だから辞めなさい」
>と勧めている、という理解でOKですか?
OK。一生、一人でやってなさい。ただし、自分の家のチラシの裏に書いときなさい。

>>>340
>もう何度も言っとるがな。親鸞聖人が「他力になるまで自力いっぱい求めよ」
>なんてお勧めしてないから。T森青年の個人的宗教体験を追体験したいなら、
>どうぞご勝手に。ただし、浄土真宗を名乗る必要なし。迷惑。
340さんのレスと「他力になるまで…」とどういう関係があるんですか?
一人で飛躍して罵倒してませんか?

>切実やね。「ここまでがんばってきたから」「もう少しがむばれば」という思い
>をつのらせ、年月が費やされれば費やされるほど、さらに脱け出せなくなる。
>マルチ商法みたいなやり方やね。からくりに乗せられた学生さんは哀れや。
三願転入の弥陀のお働きに乗せられた人は哀れかな?
哀れなのはあんただよ。救いも何も知らずに、文献学とやらで積み木遊びばかり。

>おはよ。前スレの上記カキコは漏れだが、漏れは、>>298のようなことは
>書いてないよ。これについての漏れの意見は、>>321 の通り。
そうか、分かった。

397 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:21:24 ID:7y1cLBl1
>>自浄効果が期待できる証拠です。
>>ボラオさん、H癌寺の立て直しがんばってください。
アンチにも自浄効果を期待したいもんだね。
ID:4McgIWSqさん個人は自浄効果を持ってるのかね。

>なんで活動についてこられなくなって辞める人に20願への導きさえしないのですか?
>s会を続けるためにはs会の19願的な活動をこなし続けなければならない。
そりゃあ、多少遠方に参詣するくらいのガッツは求められるよね。
そんな気もないのなら、さすがに聴聞は続かないよ。
その人のご縁。
自分の気持ちがないのを人のせいにするのは情けないな。
勧誘や財施に人並みに(?)頑張って無くても、ご縁の続いている人はたくさんある。

398 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:22:15 ID:VpdxV0Et
>>394
みんな持ち家があるとでも?

399 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:23:31 ID:LuErwfOd
>匿名掲示板で証拠証拠とさわぐのも子供っぽいね。
上層部はみんなアパート住まいだとでも主張しているの?
M腫れの外車乗りまわしなんぞ誰でもしってるだろ、

見たこと無いなあ、これ。会長先生は質素な暮らしをされてるって言うし・・・
そんなに有名なら、証拠の写真くらいうぷされててもおかしくないと思うけど
それも全然見かけませんねぇ。


400 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:35:59 ID:7y1cLBl1
>>399
こないだまで、連中は不倫とか横領とか普通に言ってたからな。(で、根拠は2chとw)
それと比べれば、かなりましになってきてると思うよ。

401 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:43:37 ID:LuErwfOd
>>400
そうかもしれませんが・・・
でもやっぱり、根拠無き誹謗中傷なんて絶対に許されません!

402 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 19:44:30 ID:BNSJW6n7
>活動についていけない人々には20願を示さずに、
19願的な活動をできないならば「人間失格だから辞めなさい」
と勧めている、という理解でOKですか?

たぶんS会って諸行往生も称名正因も教えてないと思うよ。
聞き誤りでしょうね。
三願転入ってそういう意味じゃないし。

403 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:13:27 ID:20TE12iC
>>389
>20願を示さずに、

20願聞いた事無いひと、会員でいるの?
聴聞重ねているひとなら無いでしょうね。

「あんた19願より20願のほうが尊いがいね。諸善より念仏やよ」
って聞いて称えている念仏は「随縁の雑善にひとしい念仏」だよ。
20願のひとは諸善間に合わないと知らされてるから諸善にすがる気もない。
人に言われなくても自分が一番よく知ってるんだから。
このひとはそういう道のりを知らないひとなんだね。

404 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:32:44 ID:JL6NY62L
「宿善の勧め」はやはり、
自力の安楽椅子の勧めだな。

405 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:35:21 ID:JL6NY62L
>会員

いつになったらs会のいうとおり活動している学生会員や講師が
信心決定できるんですか?

406 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:37:03 ID:LuErwfOd
「善のすすめはない」と言う方が安楽椅子でしょうに。


407 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:39:46 ID:LuErwfOd
「いつになったら」という思いは、一体どこから来るのでしょうか?

408 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:40:15 ID:JL6NY62L
>>496
>「善のすすめはない」と言う方が安楽椅子でしょうに。

バカの一つ覚えか・・・
誰が言ったの?

409 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:40:50 ID:JL6NY62L
>>408

アンカーミス。
>>406ね。

410 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:40:52 ID:mm6Lt7oy
2002年夏ごろの過去ログ面白いな

411 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:42:09 ID:JL6NY62L
>>407
>「いつになったら」という思いは、一体どこから来るのでしょうか?

いつまでたっても、ということ。
T森狂信者につける薬はない罠。

412 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:44:10 ID:JL6NY62L
無条件服従汁!

なんていってるカルト教団が
普通に存続できるわけがない。

ほおっておいたって崩壊するんだろな。

413 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:46:35 ID:LuErwfOd
>>411
残念です

414 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:47:39 ID:JL6NY62L
>>410こういうのもあったな。
419 :名無しさん@1周年 :02/08/23 11:25
少々報告が遅れたが、先日の驚愕抗議でのこと。
昼休み、Kが学友部一同を第二講堂に集めた。そこで、驚愕抗議の
話を引き合いに出して、仏弟子の使命について語った後、「血染めの恩毒惨」
のスライドを上映した。さらに、リョウケンのようになるにはどうすればいいか
ということで、平成11年蓮如上人500回忌の座談会(しかもアシがK)のビデオを
上映した。

 余談だがあいつ、後一代記聞書227の解説でtに褒められていたな。
愕幽部員に自分をひけらかすのが目的であれば禿しく鬱。
「世間のことに時間やお金を使うのは、仏法を粗末にすることであり、
恐ろしいことである」
「仏法のためにいくら時間やお金、労力を使っても、これで十分と
いうことはない。それどころか、放射になる」だと。
だからわれわれも仏法のために時間や金、労力を使えだとさ。

問題はその後で、各地区に分かれた後、担当仔牛が
正本堂建立誤放射の用紙を配り、「先生のご恩に報いるには・・・」
と大声で話した後(各地区の仔牛がいっぺんに大声で話すものだから、
その場は異様な雰囲気に包まれていた)、「今ここで誤放射額を書いてください」
という。                ^^^^

漏れは、これはマインドコントロールに近いと思った。
というわけで、用紙には手をつけなかった。さすがにほとんどの減益部員も、
額を記入するところで手が止まっていたが。

ここまで、露骨に金を要求しなければならないということは、会は相当
金に困窮しているものと思われる。
これでかなり組織に対して萎えてしまった。

415 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 20:50:58 ID:7y1cLBl1
>いつになったらs会のいうとおり活動している学生会員や講師が
>信心決定できるんですか?
弥陀の呼び声が届いたときだよ。
あれ?何で学生と講師限定なんだ?
それ以外はどうしたの?

>バカの一つ覚えか・・・
>誰が言ったの?
善の勧めは真宗の専門外だとか、宿善が厚くなるよう心がけよとは真宗では言わないとか
言ってるひとたちだろ。

>いつまでたっても、ということ。
>T森狂信者につける薬はない罠。
本願醍醐の妙薬があるよ。君にはどんな薬が必要かな?いろいろいりそうだね。

>無条件服従汁!
>なんていってるカルト教団が
>普通に存続できるわけがない。
>ほおっておいたって崩壊するんだろな。
君の常識もホント浅薄だよね。
蓮如上人を中心とする教団はカルトなのか?

416 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 21:27:38 ID:AJUqY7aF
>>373
ボラ夫さんはH癌寺だと本人も言ってたでしょ。過去ログ見なさい。

ボラ夫さんのボランティア記録は、ここに載ってます。↓
http://www12.ocn.ne.jp/〜nagano_b/contents/news.html

PDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。

417 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 21:48:40 ID:JL6NY62L
>>416
>ボラ夫さんはH癌寺だと本人も言ってたでしょ。過去ログ見なさい。
別にボラ夫さんは癌寺だと本人も言ったことを否定してないよ?

>蓮如上人を中心とする教団はカルトなのか?
君の常識もホント愚鈍だよね。
蓮如上人がいつ自分と教団組織にに無条件服従しろといった?
赤尾の道州の話は根拠にならんよ。

>あれ?何で学生と講師限定なんだ?
いちばんT森大先生の教えをまもって無条件服従している
会の忠実なロボットたちでしょ?

>本願醍醐の妙薬があるよ。

ふうん、どんなふうに味わったのかいってもらおうか?
それとも食べてない醍醐をうまいといっている詐欺師の一人?

418 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:04:20 ID:7y1cLBl1
>赤尾の道州の話は根拠にならんよ。
なんで?君の都合が悪いから?
ホントむちゃくちゃなことを言うね、君。
そんな調子では、ここでも、誰にも相手にしてもらえてなかっただろうね。

>いちばんT森大先生の教えをまもって無条件服従している
>会の忠実なロボットたちでしょ?
教えを守っておられる一般の方は大変多くある。
どちらが教えを忠実に守ってるかなんて、そんな優劣はつけられない。
で、何で講師と学生限定なんだい?
アンチ流のロボット的思考のなせる業ですか?

>ふうん、どんなふうに味わったのかいってもらおうか?
>それとも食べてない醍醐をうまいといっている詐欺師の一人?
なんでそんな話になってるの?
君につける薬を考えてるところなんだから。
君は醍醐の妙薬は拒否するのかい?

419 :親鸞会Macユーザの集い:2005/08/29(月) 22:04:49 ID:fGK5sLzY
Mac用のブラウザSafariには入力フォーム内の半角チルダが
送信時に全角に置き換わるというバグ(仕様w)がある。
ただし、URLを張る場合には%7Eを使用することにより代用できる。

因みにs会スレの過去ログを見ると会員サイドのページのURLには"%7E"が
使用されていてちゃんと飛べるのに対し、批判系サイトのURLには
"〜"が使用されていて飛べない、ということが一時期あった。
例:
従然草
http://www.nurs.or.jp/〜juunenso/
浄土真宗親鸞会批判の真実
http://www.nurs.or.jp/%7Eunmask/


No.25あたりでのURL改変に比べればかわいいものだが・・・

420 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:12:08 ID:HXlUFaYx
>>418
>ホントむちゃくちゃなことを言うね、君。

理由は?

421 :じろべえ:2005/08/29(月) 22:22:14 ID:H7H5JYuf
おーい、くだらんことで盛り上がっている人達〜、頑張ってるかーい!
冷やかしや登場、次回また会えるといいねえ。また他回ってくらー。


422 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:25:16 ID:v4SnDIiF
>>412

どうぞほおっておいて下さい。

423 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:35:57 ID:7y1cLBl1
>理由は?
根拠をシャットアウトしてるから。

ところで君(>>420)は、
1)s会=悪の組織だと思う。
2)s会は問題が多く、どちらかというと有害な組織だと思う。
3)s会は正すべき点がいくつかあると思う。
4)s会は特に正すべき点がなく、正当だと思う。
どれが一番近いですか?よければ教えてください。

424 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:38:15 ID:N6sgQb0U
s会の人たちの信心欠場のイメージって
会の活動してたらあるとき急に救われるような感じじゃない?
19願からいきなり18願になってしまうような。
20願なんてあってもせいぜい1日みたいな。

このs会の20願軽視の風潮はなに?
20願について言うものはまるで怠け者扱い。

まあねえ、20願行じたってs会に何の利益もありませんからねえ
勧誘や財施をさせやすい自力の善を教える方がいいんでしょうねえ。

425 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:45:34 ID:HXlUFaYx
>>423
2)と3)の間です。
ダミーサークルによる勧誘は親鸞の名を貶めているし、浄土真宗の恥。
過去にやったウソツキ勧誘、身分詐称は心の頭をたれて
総括しなければならないと思っています。
組織上の諸問題点が改善されれば、s会もだいぶイメージがかわるんじゃないですか?
でも、トップダウンの組織じゃあ、無理ですよね。

426 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:47:00 ID:HXlUFaYx
>>424
まったく同感です。
会の中にいると、こんな簡単な事すら、わからなくなってしまう。

427 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:54:50 ID:+MX68o/l
>>425

禿同。本当に、その点さえ改善されたら、s会に批判的な人達
の大半は、>>422氏のキボン通りになるでしょうね。

428 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 22:55:47 ID:7y1cLBl1
>s会の人たちの信心欠場のイメージって
>会の活動してたらあるとき急に救われるような感じじゃない?
>19願からいきなり18願になってしまうような。
>20願なんてあってもせいぜい1日みたいな。
君のイメージでしょ。そういうイメージ(自力)を早く捨てよという教えなんだから、
そんな妄想を膨らませるのはやめときな。

>2)と3)の間です。
返答サンクス。

>でも、トップダウンの組織じゃあ、無理ですよね。
なんで?

>会の中にいると、こんな簡単な事すら、わからなくなってしまう。
こんな簡単な事って何のこと?
外部の人には自明なんですね。

429 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 23:03:34 ID:7y1cLBl1
分類を訂正した。
1)s会=悪の組織だと思う。
2)s会は問題が多く、どちらかというと有害な組織だと思う。
3)s会は正すべき点が相当数(かなり)あると思う。
4)s会は正すべき点がいくつかあると思う。
5)s会は特に正すべき点がなく、正当だと思う。
さっきの二人は3)ということでいいのか?

430 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 23:23:12 ID:HXlUFaYx
>>429

1)まではいかないが、やはり2)3)かな。
現在のところ、悪をやって恥とも思わない組織だと思うから
2)を選んでも外れていないなのですが、
将来に期待しているから3)ともいえる。

すくなくとも、T森さんの代では無理っしょ。
きみたち以上に、T森さんのことは知っているつもりですがね。
あのプライドの高さ(実は一種のコンプレックスの表れ)
は彼の身についた煩悩であって、いまさら正すのは無理。
繰り返すが、s会の将来には少し期待している。


431 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 23:36:52 ID:7y1cLBl1
>繰り返すが、s会の将来には少し期待している。
で、何を期待してるの?
正すべきとこ正したら、教えは間違ってないんだから、てこと?

>会の中にいると、こんな簡単な事すら、わからなくなってしまう。
こんな簡単な事って何のこと?
外部の人には自明なんですね。
↑これはどうなったの?

432 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 23:51:55 ID:HXlUFaYx
>>431
>↑これはどうなったの?

>>424嫁。

>で、何を期待してるの?
>正すべきとこ正したら、教えは間違ってないんだから、てこと?

まずは形からでしょ。
倫理道徳にもとることをやっていたんだから。
教えが正しいか間違っているか、そんな高次元のところまでいかないわけよ。

T森さんのやってきたことは、良い点もあったし悪かった点もあったと思う。
悪い点は、さんざん指摘されているし、いまさら挙げない。
おそらくよかった点は、葬式・法事仏教は本来の親鸞仏教ではない、
真宗は現代に生きる人々のものだ、という教えを布教を通じて世間に広めたこと。
教えの正しい、間違い云々については、ここで法論はじめる気はないからノーコメント。

433 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:01:31 ID:7y1cLBl1
>>424嫁。
>>424のどれですかって聞いてるんだけど。
全部?

>まずは形からでしょ。
そうですか。

434 ::2005/08/30(火) 00:13:30 ID:Efjv6o+9
>>414
あったねーあの頃の手法はひどかった
やり方としては下手だったし、不純な精神を感じた
悪徳商法の心理操作法を参考にしたのだろうか

435 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:19:38 ID:aCbh9Qns
>>433
>>424って一つのことしか言ってないですよ?

436 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:30:45 ID:QTfdMakr
親鸞会に遭って、仏教が悪であることを知らされました。

437 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:31:40 ID:2bFDvlIz
>>424って一つのことしか言ってないですよ?
あれが一つのこと?? ・・・まぁとにかく、
>>424の発言全てが、あなたが全く同意するものであって、かつ、
会の外からはごく簡単(自明)なことである、ということでよろしいね。

このことについて質問をさせてもらおう。続きは明日かな。

>あったねーあの頃の手法はひどかった
君は当時学生だったということか?
もっと年長の印象を受けるのだが。

438 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:35:26 ID:SndlzAde

2chで会員のフリして書き込んで、
そのあとブラウザの調子が悪いと言いながらエロ画像貼るのって、
思ったより簡単だったんですね。


439 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:37:21 ID:SndlzAde

私も一アンチですが、他のアンチがどう反応するか
ちょっと見てみたかっただけなんですよ。
もうしません。おやすみなさい。


440 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:37:55 ID:EPzFNthI
同じ場にいたのかも?あるいは他の人に聞いたとか?

441 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 00:42:24 ID:aCbh9Qns
>>437
それは>>432が答えるべきことなので、答えません。
>>424は、一言で言えば
「親鸞会は19願を重視しすぎているために、20願が蔑ろになっていると思う」
だと思いますが、一つでないなら他に何が書いてあるんですか?

442 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 01:39:48 ID:o2mQkR5c

11 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 18:25:52 ID:iLYcEbVu
>>9の京大ライフスレッド、消えちゃってますね


私事でスマンですが、親鸞会にいたとき
この上ない親友になれそうな人(彼女も会員だった)がいて、一時仲良くなった。
だけどある日、親鸞会の「会員の会への無条件服従と、思考停止の要求」や、
「親鸞会の方針批判者発見時の上司への報告の奨励」とかって嫌だねって私が彼女に言ったら

「真実求める為の手段と割り切ったらいいんじゃない」とか「自分を殺すべき」とか
いうふうに言われて、すごくゲンナリしたことがあります

私個人の見方ですが、親鸞会内で「心を許し合える親友」を見つけられる可能性って
ほとんどゼロに近いと思いました。


なんか思い当たる事があるので一応レスをば。
お互い、相手に求めてることが違いすぎたんだと思います、当時は。
今は親友になるのは無理でもネット友達ぐらいにならなれそうな気がします。
でもそのときは親鸞会の話題じゃなくて、普通の話をしましょう。
9さん、関係ない人だったらスマソ。でもなぜか気になる書き込みだったので。
9さんが無関係だった場合、↑は私の自己満足って事で。

443 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 01:40:12 ID:PjLEv6aA
>>438-439

見苦しいことスンニ派。
余程気にしてたんだね、君。
よかったら当該箇所の前後を復習してあげようか?

444 :442:2005/08/30(火) 02:36:56 ID:o2mQkR5c
間違えた。9さんじゃなくて11さんですね。
恥ずかしい。吊ってきます。

445 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 03:38:12 ID:aDthu8rY
>>438
しらじらしいね
こんな会員もいるとは嘆かわしいことだ。

446 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 04:01:45 ID:zDvXts/6
アンチだって本人も言ってるじゃんw
どんな画像貼ったのか知らんけど
台風の絵貼ったのもこいつじゃね?

447 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 09:50:53 ID:kddakf+V
それがシンパクオリティー

448 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 12:18:12 ID:HOihHmKp
>>445
前後のIDの照合や当時の書き込みのやりとりからみて、
アンチの自作自演は考えにくい。
あの露狸画像をUPしたのは
会員かシンパで間違いないと思っています。
前前スレッドでしたっけ?

449 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 12:28:47 ID:z9M97rgv
>>424
>20願行じたって

K会関係のひとかなあ。
20願ってただの念仏じゃないことぐらい知らないの?
「20願行じたって」なんて恥ずかしくもなくよう言えるな。

450 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 12:43:13 ID:HOihHmKp
s会のひとは阿弥陀経の一心不乱念仏を行じようとするひとを
地獄落ちの行だとかいって馬鹿にするんでしょうね。
それは親鸞聖人がのぞんだことなのでしょうか。

451 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 13:43:02 ID:JUtL/Hh4
>>415
>いつになったらs会のいうとおり活動している学生会員や講師が
>信心決定できるんですか?

学生さんですか?
学生だけが聞いているのではないと思いますが、
なぜ学生とわざわざ限定するんでしょうか?


452 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 13:45:14 ID:JUtL/Hh4
>>450
> s会のひとは阿弥陀経の一心不乱念仏を行じようとするひとを
> 地獄落ちの行だとかいって馬鹿にするんでしょうね。
> それは親鸞聖人がのぞんだことなのでしょうか。

馬鹿にするなんて人はいないと思うけど、
馬鹿にする人があれば、よほど教えに昏い人なんでしょう。

三願転入ですからね。
20願が不要なんて馬鹿にするものではないと思います。


453 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 17:18:54 ID:HOihHmKp
>452
わからねー・・・

s会的には、宿善を厚くしようとおもって、
「まずは一生懸命聴聞をいたします。
聴聞できないときは、私はGHSや勧誘などの活動をしません。
そのかわり、阿弥陀経の一心不乱念仏を称えようとおもいます。」
という人がいたら、どのように対応するんでしょうか?

想像だが、
「そのように考えること自体がT森先生の教え方と異なる。
われわれはT森先生の指示にだけしたがっていればいいのだ。
指示に従わないのなら和合僧を破っているのだから会にいる資格はない。」

と会員は言い放つような希ガス。
どうよ?>会員


454 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 18:03:45 ID:jncYDxKI
「若き時たしなめ」
仏法者申され候う、「若き時仏法は嗜め」と候う。
「年よれば行歩も叶わず、睡くもあるなり。ただ若きとき嗜め」
と候う。
(蓮如上人御一代記聞書)

若い時に(今)聞きなさいとのお言葉です。


455 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 19:20:43 ID:xuPG7A2i
>>453
>わからねー・・・


諸善も念仏も19、20願の行者(あるいは、そう一般に言われる信前のひと)
はするんだけど、その心がそれぞれの信仰によって違うんだよ。
20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
ご飯も食べない、便所も行かないで専念したいというなら誰も止めないでしょうね。
破邪顕正や財施はしないけど、夜は寝るし遊びにも行くし、学校へも行くという
のでは20願の念仏ではないし、おそらく19願の念仏でもない。
無信単称の念仏といって問題外。

456 :アンチでマカー:2005/08/30(火) 20:23:36 ID:Aomz55b9
>>448
>あの露狸画像をUPしたのは
会員かシンパで間違いないと思っています。

それが思い込みなんですってば
ホント、あそこまでうまくいくとは思わなかったんだが
スレの始めに一行空けカキコはシンパの特徴、とあったので
それも使いつつ、あとは会員らしいDQNな発言をすれば
教学内容にはほとんど触れてないです。よくわからないからw

同じようにただアンチを罵ってるだけのシンパらしき人のカキコは
アンチのなりすましの可能性が高いと僕は考えてるんだけど・・・


457 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 20:44:53 ID:aCbh9Qns
>>456
仮にそうならばらす訳ない罠www見苦しいよ、君。

458 :アンチでマカー:2005/08/30(火) 20:45:41 ID:Aomz55b9

まあ、そんくらい恨んでますってことだよ>s会


459 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 20:47:17 ID:Aomz55b9
>>457
信じないのは君の自由。
でも、簡単になりすませた事実は変わらない。
それだけだお

460 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 20:49:08 ID:aCbh9Qns
>>459
いや、君アンチになりすませてないからw

461 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 21:22:57 ID:JriYrdn1
いや、なりすまさなくてもアンチなんだが・・・

462 :ID:Aomz55b9:2005/08/30(火) 21:23:28 ID:JriYrdn1
ごめん、IDかわった

463 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 21:39:43 ID:FuJJ3IUX
>>455
s会の言う三願転入の教えだと、20願は必ず通らないといけないんでしょ?

s会のどこに
>20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
>若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
>ご飯も食べない、便所も行かないで専念
している人がいるんでしょうか?

s会で最後まで救われた人って当然、「若一日から若七日というのは死ぬまで」
というような念仏称えたと思われますが、
文字通り一週間(七日)ですらそんな念仏称えたって話は聞いたことが無い。

464 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 22:28:27 ID:fPuLiOT4
>s会で最後まで救われた人って当然、「若一日から若七日というのは死ぬまで」
というような念仏称えたと思われますが

こんな理解で会を批判してるんだから安置というのは
いかにいい加減かよくわかりますね。

465 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 22:32:31 ID:qQDXQcOj
>>463

その程度で三願転入を理解しようと思っても無理だよ。
アンチでも程度悪いほうじゃないの?

466 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 22:50:18 ID:cR6TEiWw
>>464-465

整理すると

1)s会における三願転入の定義
>信前の人は、信心決定に至るまでに必ず19願・20願を通る。

2)s会における20願のひと定義
>「20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
>若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
>ご飯も食べない、便所も行かないで専念する

というのはいいですか?

467 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 22:57:41 ID:oYQ1XudM
>1)s会における三願転入の定義
定義じゃないだろ。見解とかだろ。

468 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 23:01:47 ID:cR6TEiWw
>>464-465
>>467を受けて訂正

1)s会における三願転入の見解
>信前の人は、信心決定に至るまでに必ず19願・20願を通る。

2)s会における20願のひとの見解
>20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
>若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
>ご飯も食べない、便所も行かないで専念する

というのはいいですか?

469 :じろべえ:2005/08/30(火) 23:09:17 ID:5AugvCs1
打ち合ってるねえ。シンパも段々疲れてる?

470 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 23:11:53 ID:N+OPs9hO
>>458

うらむのはよそうよ。いいこと一つもないよ。


471 :元々ぼら夫:2005/08/30(火) 23:58:27 ID:T+4EW9pI
放置してスマソ♪
会議やらなんやらで多忙やったん。本山から割り当てられる750回大遠忌の懇志
いまの状態で目標額納められるやろか。頭痛いで、ホンマ。
で、今度は三願転入でっか。めまぐるしいね。熱弁中、もうしわけないが、お返事だけさせてちょ。
>>381
わかっとるがな。だから、祖師が「未信のものが現在において、宿善積め」と
勧めてる箇所があったら出してごらん。
>>382
かもね♪
>>383
ソースは、中村元『浄土三部経』(下)文献・解説のとこ。宮本正尊『大乗仏教の成立史的研究』は必須。
静谷正雄『初期大乗仏教の成立過程』
〜つづく

472 :元々ぼら夫:2005/08/31(水) 00:22:40 ID:dvLXawBE
>>385
さんきゅ♪
>>387
甘い汁吸える立場じゃないんだけど。
>>387
三恒河沙の諸仏の 出世のみもとにありしとき 大菩提心おこせども 自力かなはで流転せり。
これは、親鸞聖人にとっても、過去も過去、うかがいしれぬ過去やね。
ともかく、祖師、覚師、蓮師ともに、信心決定の現在から過去を見るという限定
においてしか、宿縁・宿善ということを語っていない。未信のものに宿善のために
修行せよとは勧められている箇所はない。あるなら、出しておくんなまし。
こんなもんかな、一応返事だけしときます。おじゃましますた。おやすみ〜

473 ::2005/08/31(水) 00:36:09 ID:kwlbma1t
>>468
1) については、「すべての人は、18願にすくいとられるまでに必ず19、20願を通る」
  ってほうが良いとおもわれ
2) については、それを本会の標準的見解とするのにはムリがあるような‥
  あと親鸞会では、「19願(20願)の人」というのと「19願(20願)の願行を具して救いを
 求める行人」というのとは別のものとして話されています、
  前者は弥陀のお育てによって浄土往生しようという願いをおこして諸善(念仏)に
 目がむいている人、
  後者は浄土往生しようという願いをおこして諸善をおさめたり、一心不乱の念仏を
 称える人、
  20願の人が必ずしも20願の願行を具足しているのではなく、むしろ、20願に誓われた
 願行を、説かれたとおりにそなえることは、煩悩具足の凡夫には不可能であるといえる。
  つまり、「19、20の願をとおる」というのは19、20願の願行を如実に行うということ
 ではなくて、弥陀のお育てにより浄土往生の願をおこした我々が廃悪修善のこころ
 をおこして諸善に目をむけ、やがて念仏にこころがかかり、ついに方便の20願の
 教えを出て、選択の願海に転入させていただくことができるのだ、
ということが親鸞会会員の理解の平均だとおもいますよ

474 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:14:10 ID:v9CzAPWD
>>473
s会の言う事って結局、「やってみなくちゃ分からない」なんだから
とうぜん20願行だってやってみなくちゃ分からないんでは?

なんかs会の人って勧誘や財施はやるくせに
20願行となると、「一心不乱の念仏なんてできっこない」と初めから
あきらめてしまっているようですが?
だから20願の念仏を完全に称える必要はないんですよs会理論だと

実際の所19願行だって似ても似つかない真似事しかしてないんでしょ
真似事にしたって定善の真似さえやってないんだし

だから>>424だし、それについての>>455の反論は意味を成さないんですよ。

475 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 07:08:26 ID:j6CirUL6
>>473
解説乙です。

それでは、>>455氏言うところの、
>20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
>若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
>ご飯も食べない、便所も行かないで専念・・・。

は、「20願の願行を具して救いを求める行人」(20願の願行を如実に行うということ )
なのか、「20願の人」(諸善に目をむけ、やがて念仏にこころがかかり)
のうちのどっちでしょうか?
あるいは、この人(>>455氏)の見解は、親鸞会の標準的見解とは違うのでしょうか?

476 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 07:15:36 ID:j6CirUL6
>>473
> 前者は弥陀のお育てによって浄土往生しようという願いをおこして諸善(念仏)に
>目がむいている人、
>後者は浄土往生しようという願いをおこして諸善をおさめたり、一心不乱の念仏を
>称える人、

それと、親鸞会では、親鸞聖人の三願転入の19・20願は、上記の前者/後者のう
ちの、どっちだと教えておられますか?

477 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 07:24:58 ID:sSp5PBRZ
本願寺の人?

478 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 07:55:02 ID:WwPAcAOg
元々ぼら夫さん、立板に水を流すような軽妙な語りですね。

>祖師、覚師、蓮師ともに、信心決定の現在から過去を見るという限定
>においてしか、宿縁・宿善ということを語っていない。

ふと思ったんですけど、この世はどうにもなられません、ですか?
何もできないんですか?


479 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 07:57:24 ID:xHA6afq2
この世で完成がある、決勝点があるという教えは親鸞会以外のところで
聞けるなら教えて下さい。

480 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 08:06:42 ID:DBxhKbKP
>>472
>三恒河沙の諸仏の 出世のみもとにありしとき 大菩提心おこせども 自力かなはで流転せり。
これは、親鸞聖人にとっても、過去も過去、うかがいしれぬ過去やね。

ほら、さっそくふらついてきた。
「信心獲得までを過去」とするのかとおもったら「過去世」だけを
過去とするのか。今度は宿作外道になるのかな?
自分の言ってることが全然わかってない証拠。

481 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 09:43:39 ID:QXuBQlLv
>>455
横レスです。「無信単称の念仏といって問題外」といったひと。
必ず逃げずに>>475-476にきちんと答えておいてほしいですね、
大事なところだから。

>>480
横レスです。どうして「過去も過去、うかがいしれぬ過去やね。」という発言が
あなたの意味する宿作外道になるのか説明してくれますか?
「三恒河沙の諸仏の 出世のみもとにありしとき 」に流転していたという和讃は、
親鸞聖人が人間として今生に生まれてきたより前のことを述べているのでは自明では
ないのですか?

>>478
>ふと思ったんですけど、この世はどうにもなられません、ですか?
何もできないんですか?

未来に向かって宿善を積みなさいとは親鸞聖人はどこにも語っていない、
ということと、現生不退の教えは全然矛盾しませんが、何か?

482 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 09:44:10 ID:QXuBQlLv
>>479
>この世で完成がある、決勝点があるという教えは親鸞会以外のところで

救いというのは、苦悩があってこそ意味をなすものですから、苦悩の全く無い
浄土では救いは問題になりません。ですから、現世でこそ救いの意味を明らかに
していかねばならず、それは、つまり「正しい信心の生活とはいかなるものであるか」
を聞き開いて実践していくことに他なりません。
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/00_02_11.html 仏教青年 Q&Aから引用

私達は菩薩としてお育てにあずかるのです。極論すれば、正定聚・不退転の位に住すると
いうことが仏道のすべてである、と言えるでしょう。もちろん、この成就は如来のはたらき
に依ることはもちろんで、覚りのはたらきが我が身に至って私に成り切ってみえるからこそ、
我が身の懺悔が喜びとなり、仏願がこの場に報いて展開し、正定聚の菩薩としての人生を
荘厳してゆくのです。
http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/03_10_21.html仏教青年 Q&Aから引用

483 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 09:57:28 ID:QXuBQlLv
>>482
補足

私見では、「決勝点」という表現は仏教としてはどうかと思いますね。
仏教の根本は、縁起・空・諸法無我であって、「決勝点」を強調しすぎると
決勝点体験を実体視して、獲信体験を希求し、強く執着するもとをつくりそうな
気がします。
このために、人生の目的とか、決勝点といえば、たしかに現生不退の平生業成が
当てはまるとはいえるのですが、古来そういう説き方をした先哲があまりおられ
なかったのは、その説きかたによる、「体験のための目的志向性」の危険性を
認識していたからだと考えています。

484 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 10:11:00 ID:LdnsEl25
>>463
> >>455
> s会のどこに
> s会で最後まで救われた人って当然、「若一日から若七日というのは死ぬまで」
> というような念仏称えたと思われますが、
> 文字通り一週間(七日)ですらそんな念仏称えたって話は聞いたことが無い。

これは阿弥陀経のことをいっているだと思われますが、
浄土真宗の常識として、若一日から若七日の念仏を唱えたら救われる
というよりは、報謝の念仏と解釈するのが妥当と思われますが


485 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 11:04:45 ID:Bz+LkUqh
>>472
>三恒河沙の諸仏の出世のみもとにありしとき大菩提心おこせども自力かなはで流転せり。
これは、親鸞聖人にとっても、過去も過去、うかがいしれぬ過去やね。

ほら、さっそくふらついてきた。
「信心獲得までを過去」とするのかとおもったら「過去世」だけを
過去とするのか。今度は宿作外道になるのかな?
自分の言ってることが全然わかってない証拠。




486 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 12:57:18 ID:UWg1CJoG
>>481
>必ず逃げずに>>475-476にきちんと答えておいてほしいですね、

>s会で最後まで救われた人って当然、「若一日から若七日というのは死ぬまで」
というような念仏称えたと思われますが

逃げて当然。こんなつまらんことまちがえる連中相手になに論議するの?
笑って見てますから、どんどん続けて書いてください。
適当なところでちゃちゃ入れますから。



487 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 13:00:30 ID:QXuBQlLv
>>486

虚勢乙です^^

488 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 18:22:28 ID:haGYLPmf
流れぶった切りすんません

s会の「顕正新聞」「顕真」に、会員が自分の家族や友人を
勧誘し、共に「法友」になったという記事がよく出てますよね

でも、会員を下手したら「ロボット」にしかねない、嘘つき勧誘も躊躇わない
カルト的団体に自分の大切な人を引きずり込むことになるんだから、
身内や友達をそんな目に合わせたくないっていう人もいるのでは…
会にいた頃、そんな疑問を持つ人には身近には会えなかったな


489 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 18:50:22 ID:tJTg5ECS

法友でも、密告はしますけどね。それが会のためですから


490 :二つの後生の一大事:2005/08/31(水) 20:29:53 ID:ZMFQDlgr
>>328

最後に、本願寺は次のように非難する。

「後生の一大事ということは『往生浄土(極楽)の一大事』、あるいは、せいぜい
『往生浄土(極楽)できるか、どうかの一大事』という程の意味であり、高森親鸞会
の主張するような『必ず無間地獄に堕ちる』ということを後生の一大事といっている
のではない」(P.32)

信心決定している人は、報土往生(極楽往生)、弥陀同体のさとりを得るという一
大事を体験するから、信後(信心獲得している人)の後生の一大事は極楽往生するこ
とだと一応は言える。



491 :二つの後生の一大事:2005/08/31(水) 20:35:05 ID:ZMFQDlgr
しかし、信前(信心獲得していない人)の後生の一大事は、
親鸞聖人が、
「若しまた、此のたび疑網に覆蔽せられなば、かえりてまた昿劫を逕歴せん」(教行
信証総序)
と教誡し、

蓮如上人は、
「この信心を獲得せずば、極楽には往生せずして、無間地獄に堕在すべきものなり」
(御文章二帖二通)

「命のうちに不審もとくとく晴れられ候はでは、定めて後悔のみにて候はんずるぞ。
御心得あるべく候」(御文章一帖六通)

「あわれあわれ、存命のうちに、みなみな信心決定あれかしと、朝夕思ひはんべり」
(御文章四帖十五通)

等と御教示になっているように、往生浄土(極楽)の一大事でないことは明らかであ
る。

492 :本願寺と親鸞会の相異:2005/08/31(水) 20:38:31 ID:ZMFQDlgr
親鸞会は信前と信後の後生の一大事の相異を承知して教えているが、本願寺が親鸞
会を不当に非難するのは、信前の人の後生の一大事を知らないからである。

それではなぜ親鸞会は、常に信前の一大事を重視するのかといえば、殆どの人は信
前だと思っているからである。
それに対して本願寺が信後の人の後生の一大事しかいわないのは助かっている人ば
かりだと思っているからであろう。

本願寺はみんな助かっているのだと思っているのに対して、親鸞会は救われている
者は殆どいないと思っている。
この認識の違いが親鸞会と本願寺の根本的相異点の一つである。
では、どちらが正しい現実なのか。

493 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 20:53:06 ID:S70EX08u





本願寺ぶるーす という曲がすごい!!!






494 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 21:05:37 ID:DWSsYowi
>>472
>未信のものに宿善のために 修行せよとは勧められている箇所はない。

末灯鈔の造悪無碍のいましめも信仰とは関係ないとはね、これでも僧侶か?
「善のすすめ」=「善をしたら獲信できると教える」という理解では
謗法を重ねるだけだよ。
「悪を離れる」=「善を修する」なんだけど。

「ほとけは悪人をすて給はねども、このみて悪をつくること、これ仏の
弟子にはあらず。『一切の仏法に悪を制せずということなし。』
悪を制するに、かならずしもこれをとどめえざるものは、
念仏してその罪を滅せよとすすめたる也。
我が身のたえねばとて仏にとがをかけたてまつらん事はおおきなる
あやまりなり。」(法然上人)

495 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 21:19:48 ID:LdnsEl25
> ボラ夫さんのボランティア記録は、ここに載ってます。↓
>ttp://www12.ocn.ne.jp/〜nagano_b/contents/news.html

これ、本当ですか?

496 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 21:27:12 ID:S70EX08u

本当です。




497 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 22:05:08 ID:S70EX08u
ttp://ameblo.jp/kairaku/entry-10002382366.html
> オーガズムまでの最短記録
> 男性:1250人に一人ほどは、全く性器に触らずに射精が出来ます。つまり、0秒。


498 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 22:28:13 ID:Bz+LkUqh
>>474

s会がいつ、そんな事を言ったのですか?
親鸞聖人の教えは、三願転入を根基としています。
それ以外に聞いた事は無いですが、
聞いたことの無いことを、あたかもs会の主張として
扱うあたり、以前にも聞いたことある話ですよね。

どこに、s会がそんなこと言っていますか?




499 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 23:05:21 ID:LdnsEl25
長野ですか。

500 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 23:31:49 ID:J7CL2Rsg
>>489
>法友でも、密告はしますけどね。それが会のためですから

密告奨励!
キタ━━━━ヽ(´゚д゚`)シ━━━━ン!!!!!

501 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 23:48:29 ID:wzVQGfZx
どんな程度の批判等を聞いたら、密告しようライン?
たわいもない批判ならば、いいんでない?


502 ::2005/08/31(水) 23:50:58 ID:+9eyXitn
>>475
えー>>455氏のいう
>20願のひとも善はしてもそれが往生のたしになるとは思っていない。
↑の一行は、往生のためには諸善よりも念仏を選ぶ人の心境を言っている
のだと思います
>若一日から若七日というのは死ぬまでということ。
>ご飯も食べない、便所も行かないで専念したいというなら誰も止めないでしょうね。
↑は、念仏にすがらずにおれないような心境になった人に対して、「念仏となえるのを
やめなさい」とは言わないであろうことをいっているのでしょう
で、ここでは>>453の質問に対して、仮定として「>ご飯も食べない、便所も行かないで専念・・・」
という例をだしているだけなので、この仮定の人物に願行が具されているのか、いないのか
は、仮定をだした455さんでないとわからないですね、今は末法ですし、願行を具すことのできない
凡夫なのではないでしょうか

503 ::2005/08/31(水) 23:56:55 ID:+9eyXitn
>>476
前者として教えているように思います。
つまり、19,20願の願行を具足した行者になってから
18願の救いに入るということでは無い、ということです。
(当然、19,20願に誓われた、諸善、念仏の功徳をもって
浄土往生できるなどとも教えられていません)

504 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:02:55 ID:aMfPZtWf
s会じゃ、財施や勧誘には随分
檄を飛ばされたし監視体制まで受けたが、称名に関してはそうでもなかったなあ。

505 ::2005/09/01(木) 00:04:29 ID:+9eyXitn
>>480
親鸞聖人も「たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ」と、また
いわれているとおりで、宿世とはうかがい知れぬ過去から
獲信された今生のときまでの一切の過去をいうのでしょう
「浅からざる因縁」という意味で「三恒河沙の諸仏の‥」の
ご和讃を引用されたのではないでしょうか?

506 ::2005/09/01(木) 00:12:05 ID:WmaPHoPN
>>481
「無信単称の念仏」ということは親鸞会内でもあまり話されません、過去に
法話の中に少しでてきたことがあったのかもしれませんが‥、むづかしい
話が好きな人が個人的にはなす時などに、そんな言葉が使われるかも
しれません
きっと>>475-476のような疑問をあいてに起こさせるからでしょうか、
「功徳のある念仏」を称えたなら真実信心をうる因縁となる、ということを
言えば、自力無功といえませんからね

507 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:23:32 ID:bGvacApY
真心徹到するひとは

金剛心なりければ、、、


完成ってあるよね。

508 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:24:59 ID:HmLcIl9U
>>494
>>未信のものに宿善のために 修行せよとは勧められている箇所はない。
>末灯鈔の造悪無碍のいましめも信仰とは関係ないとはね、これでも僧侶か?

こんな、(おそらく)相手を貶めるためだけの論理の飛躍 ばかり書き込んでいるから
工作員とか言われて批判されるるんだと思う。
虎さんの冷静さを少しは見習ったら?

「未来にむかって宿善を積むことの勧め」を親鸞聖人は説かれてません。
そのことと造悪無碍の異議に対する誡めは、まったく次元が違う話。
造悪無碍というすでに異安心になっている人の悪に対して教戒することと、
信前の人が、信心決定めざし未来に向って宿善を積もうと心がけることの是非を論じることは、
別の次元の話。未信のひとがみな、造悪無碍の異安心だってわけじゃあ、ないですよね。

s会は、ウソツキ勧誘しようが身分詐称しようが宗教でないと嘘を吐こうが
親を騙そうが構わないと教えられているようですが、
そういうのと造悪無碍とはどこが違うんでしょうか?

509 ::2005/09/01(木) 00:31:41 ID:WmaPHoPN
>>504
そもそも。監視体制でもって諸善を修めるよう導こうとしたことが
間違っていたのでないかと思います。
まぁ監視体制うんぬんは学生組織内が一番濃いのではないかと。
卒業後の支部ではそこまで組織が強くないので監視ができない、
それでもその弱い組織力を振るって会員を動かそうとするのならば、
衰退してゆくのでしょうね、個人的には残念です

510 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:41:24 ID:ZrgYpgyE
>たわいもない批判ならば、いいんでない?

知ってて作る悪よりも
知らずに作る悪の方が恐ろしい


511 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:48:42 ID:Zw9hxBv/
かくしてs会流の三願転入理論では、
自力無効を知らされるために、勧誘や財施はやらなければならないが
若一日から若七日の念仏(の真似事)はやらなくてもいいという

結局s会でも、19願から20願への導きを行ってるわけでなく
ただ会の拡大と維持に必要な勧誘や財施をさせるために
それらの活動が、あたかも19願(の真似事)であるかのように言っているだけ

512 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 00:49:15 ID:uYulCkds
>知らずに作る悪の方が恐ろしい

たわいもない批判=悪??

だから、密告!?下手な冗談イエネ・・怖いよ〜

513 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 01:29:15 ID:ZrgYpgyE
●組織
人の身体ほど、良く出来た組織体はなかろう。
目・耳・鼻・舌・手・足など、それぞれ役目は異なるが、
一旦、体に危害が迫ると一致協力、生命の安全を護る。
足が蚊に攻撃されているのに、ジッと見ている眼や手があるはずがない。
肉体の機関がそれぞれのなし得る分野で、生命体を維持するために総力挙げて団結する。
この組織を破壊しようとするガンは即刻摘出される。またされねばならぬ。
真実の組織も、かくあらねばならない。


514 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 05:41:16 ID:4JgtM9zx
人生に目的はあるのか?
ないのか?


515 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 07:28:34 ID:XubbqNnt
なければ、結局死ぬために生きてることになるもんね。

516 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 07:31:53 ID:C/R7gmYm
>>502-503 >>506

虎さん、回答ありがとう。
「ご飯も食べない、便所も行かないで一心不乱のつもり」の念仏も、「夜は寝るし遊びにも行くし、学校へも行くという」
念仏も、「自力疑情のあるかぎり」は、「無信単称の念仏」に変りはないし、>>>484氏の言うとおり、 「本当の一心不乱
の念仏」は、他力回向の「報謝の念仏」(一心不乱とは阿弥陀様の御心)しかないですね。

517 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 08:15:31 ID:NquX3Ts2
>>508
>「未来にむかって宿善を積むことの勧め」を親鸞聖人は説かれてません。

この話は前にも書いたのだけど
祖師聖人は「方便の善」と言われたことを覚如上人、蓮如上人が
宿善と言われているのだから
「親鸞聖人が宿善云々言われていない」というのは意味のないこと。
それにS会が「宿善を求めよ」というのは「宿善の物体となる善を求めよ」という
意味であることは「なぜ答えぬ」に書いてあるし、何度もこの掲示板でも
指摘されている。

あえてそれを無視して「祖師が宿善を求めよとは言われていない」
とくりかえすのにはどういう意味があるんだ?
言葉の遊びだろう。
「善のすすめ」はあるし、やった善が過去になれば宿善なんだから。

>相手を貶めるためだけの論理の飛躍 ばかり書き込んでいるから

この言葉そのままおかえしします。


518 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 08:21:48 ID:NquX3Ts2
>造悪無碍というすでに異安心になっている人の悪に対して教戒することと、
信前の人が、信心決定めざし未来に向って宿善を積もうと心がけることの是非を論じることは、
別の次元の話。

へえ?
造悪無碍の体って因果の道理を信じてないひとのことでしょうに。
因果の道理はすすめるのでよろしいか?
「深信因果」も「亦信因果」も散善なんですが。


519 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 08:51:42 ID:4iqChtop
>>509
>そもそも。監視体制でもって諸善を修めるよう導こうとしたことが
間違っていたのでないかと思います。

楽に求めたいならいくらでも方法はあっただろうに。
大して活動できないじいちゃんばあちゃんたちが聴聞してるのをどういうふうに
見てるんだろう。こういう会員がもしいるならもっと聴聞してください。
聞き誤りですよ。

520 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 09:27:05 ID:HKxgyGPH
>>511
> かくしてs会流の三願転入理論では、
> 自力無効を知らされるために、勧誘や財施はやらなければならないが
> 若一日から若七日の念仏(の真似事)はやらなくてもいいという

やらなくてもいいんじゃなくて
称えずにおれない気持ちで称える念仏だから。
他人から「称えよ」といわれて、称える念仏は
二十願の行人ではありません。大事なのは心でしょ



521 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 09:28:55 ID:HKxgyGPH
>>517
 同意です。
「宿善」を勧めた根拠〜云々は、まさに言葉の遊びですね。



522 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 12:55:55 ID:56x3/XzM
>>519
楽に求めたいと思っても、それが人によっては許されなかったのが学友部で
はないでしょうか?

523 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 12:55:59 ID:qU25VAmK
>>508
>造悪無碍というすでに異安心になっている人の悪に対して教戒することと

「自分は造悪無碍の異安心だ」と思っているひとだけが聞けばよい、とか
「あいつは造悪無碍だ」と誰かから認定されたひとだけが聞けばよい、という
ことかね。
祖師聖人のお言葉はみな自分のこととして聞くべきなんじゃないの?

524 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 13:07:20 ID:56x3/XzM
>>519
真剣に反論されているのでしょうか?もしそうなら・・・

525 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 13:56:39 ID:ZrgYpgyE
>祖師聖人のお言葉はみな自分のこととして聞くべきなんじゃないの?

お聖教を都合の良いところだけパッチワーク式に引用してるs会に言われてもなぁ


526 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 17:19:56 ID:A56qTy7Z
>>521
そうそう。
そんな議論してたら金集めも人集めも出来なくなる。
教えの言葉がどうこうよりも、実際に会を存続・拡大することのほうが大事だよね。

527 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 17:26:08 ID:A56qTy7Z
>>519
「大して活動できない」ような人にはどんなこと勧めてます?やっぱ財施?

528 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 17:50:54 ID:YaIaP+CY
>>527
せいほんどうのときはかなり強引なざいせがすすめられました。

ごほうしゃようしを書き換えなければ、かえらせてもらえませんでした。

529 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 18:03:06 ID:vBrNbI32
>>514
もし、「人生の目的」がなかったら、大変なことになる。
生きる意味も、頑張る力も消滅してしまうからだ。
なのに、 「人生に目的なんて、ないよ」 と、言う人が、意外に多い。
本当にそうだろうか。何か、大事なものを、忘れていないだろうか。
一度きりしかない人生、後悔しないためにも、まず、
「なぜ苦しくとも、生きねばならぬのか」 を考えてみよう。


530 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 18:04:12 ID:A56qTy7Z
>>528
あのときって、会員以外の人からもお金を調達するように勧められたってホント?

531 :お聖教の明文は歴々と教示する:2005/09/01(木) 18:23:50 ID:F6hHTgdt
>>492

釈尊は『大無量寿経』の中に
「易往而無人」
と説かれている。

親鸞聖人は、
「易往而無人といふは、
『易往』はゆきやすしとなり、本願力に乗ずれば本願の実報土に生るること疑なけれ
ば往き易きなり、
『無人』といふは、ひとなしといふひとなしといふは、真実信心の人はありがたき故
に実報土に生るる人稀なり」(尊号真像銘文)

「然るに、常没の凡愚、流転の群生、無上妙果の成じ難きにはあらず。真実の信楽ま
ことに獲ること難し」(教行信証信巻)

「自ら流転輪廻を度るに、微塵劫を超過すれども、仏願力に帰しがたく、大信海に入
りがたし。良に傷嗟すべし、深く悲嘆すべし」(教行信証化土巻)

と、この仏意を開顕し、蓮如上人は、

「この文の意は、安心を取りて弥陀を一向にたのめば、浄土へは参り易けれども、信
心をとる人稀なれば、浄土へは往き易くして人なし、と言えるは、この経文の意なり」
(御文章二帖七通)

と、甄解していられる。

532 :お聖教の明文は歴々と教示する:2005/09/01(木) 18:31:34 ID:F6hHTgdt
そして、
「この一流のうちに於て、確々とその信心のすがたをも得たる人これなし。かくの如
くの輩は、いかでか報土の往生をば容易く遂ぐべきや。一大事といふは是れなり」
(御文章一帖五通)

「しかれば、当時は更に真実信心を、うつくしく獲たる人、至りて稀なりと覚ゆるな
り」(御文章二帖五通)

「近年、仏法は人みな聴聞すとはいえども、一往の義を聞きて真実に信心決定の人こ
れなき間、安心も疎々しきが故なり」(御文章四帖七通)

「おほよそ心中を見及ぶに、とりつめて信心決定のすがた是なしと思ひはんべり。大
に嘆き思ふところなり」(御文章四帖十三通)
と悲嘆なされている。

親鸞聖人の御在世当時も同じで『御伝鈔』には
「法然上人のお弟子三百八十余人の中で信の座に入ったのは五、六輩にすぎず」
とある。
法然上人のような明師につき、親鸞聖人を法友にもった人達でさえ、このような有
様であったから何時の時代でも信後の人は雨夜の星で、殆どの人は信前なのである。

533 :どちらが正鵠を得ているか:2005/09/01(木) 18:35:50 ID:F6hHTgdt
それを本願寺は、この身このままこの機のなりで、死にさえすれば極楽往生、弥陀
同体、何時とはなしに方の尊さを知らされて念仏称えていれば、みんな信後の者と思
っているのがそもそもの誤りなのである。

「まことにもって坊主分の人に限りて、信心のすがた一向無沙汰なりと聞こえたり。
以てのほか歎かしき次第なり」(御文章四帖七通)

このように圧倒的に多い信前の後生の一大事を夢にも知らない本願寺の現状を見れ
ば、蓮如上人が特に坊主に信心決定している者がいないことを深く歎かれたことが、
よく首肯される。

534 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:50:31 ID:uOH9eP85
>>530
ホントなら警察沙汰になってもおかしくないとおもうが、
何も起きてないって事は、やっぱウソなんじゃないかと・・・


535 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:51:38 ID:A56qTy7Z
うんうん。
要するに、「結局ほとんどの人は救われない」のが現実なわけですな。
「誰でも必ず達成できます」なんて言って勧誘しちゃイカン罠。

536 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:53:07 ID:A56qTy7Z
>>534
状況からの類推じゃなくてそのときのことを知ってる人から伺いたい。

537 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:58:52 ID:A56qTy7Z
あ、ごめん。友達が遊びに着たからまたね。

538 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 20:03:42 ID:Z72GP8ej
ごきげんよう、二度と来るな

539 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 20:48:20 ID:GEC2ahXF
親鸞聖人ほど、人生の目的とその完成を勧められた方は
おられません。

誰かが上げていましたが、
「真心徹到する人は、金剛心なりければ」
と親鸞聖人も仰言っているではありませんか。

弥陀の救いにあうことが難しいということと、
救われない、ということは
全く意味が違うと思いますが、どうですか?

540 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 21:22:59 ID:qZgPySAZ
人生の目的とは、いかに大問題か。

世の中に大事業と言われることはたくさんありますが、

人生の大事業以上のことはないでしょう。



541 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 21:49:12 ID:XubbqNnt
私もそう思います。

542 ::2005/09/01(木) 22:36:14 ID:Czt1pEjC
>>519
>楽に求めたいならいくらでも方法はあっただろうに。
人を導こうとして安易な手段を選んだ結果が「監視体制でもって‥」
であったのでないかと思います、ていねいに人を導こうとしたら
他のやり方になっただろうに

543 ::2005/09/01(木) 22:48:09 ID:Czt1pEjC
>>534
正本堂の募財は会員、非会員ともに対象としておこなわれましたが、
特に非会員に対しては、強引な勧め方はしなかったのではないでしょうか
募財自体が犯罪なわけではないので、警察沙汰にしたくても難しい
でしょう

544 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 22:56:31 ID:SKtiXe7f
>>520
ここでもまた、本当の二十願の行人と、
s会の言う、自力無効と知らされるために出来ないとわかっててやる宿善のための行
がごっちゃにされている。

ではs会から言われて、無理をさせてまで勧誘や財施をしている会員は
十九願の行人なのでしょうか?
その点については、やる気が無いとか出来ないとか言うと鬼の形相で怒り狂うのに?

545 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 22:58:18 ID:HKxgyGPH
> ボラ夫さんのボランティア記録は、ここに載ってます。↓
>ttp://www12.ocn.ne.jp/〜nagano_b/contents/news.html


546 :元々ぼら夫:2005/09/01(木) 23:18:30 ID:N5W0gbMN
乙〜。
いやはや、二日ほっとくだけで、この量。読むの大変やわ〜♪
>>480
字面通りにご和讃をいただきなされ。
この場合は、出世以前の過去について述べていらっしゃる。
>>494
まずは、字面通りに末灯鈔を読みなされ。
「造悪無碍に対する批判」=「善行を積む勧め」とするのは、ちと飛びすぎちゃうか?
その整合性について、宗祖ご自身の文章を用いて、証明・説明するのが、まず最初に
すべきことなんちゃうん。それから、いくらでもH癌寺は間違ってるだの、
ぼら夫は、僧侶失格wだの、言えばいいでしょが。
〜つづく〜

547 :元々ぼら夫:2005/09/01(木) 23:26:30 ID:N5W0gbMN
なんか、大人気やな♪
〜つづき〜
>>508
ごもっとも。
>>517
これもそう。まず、方便の善と、宗祖がどこで、どれくらいの頻度でおっしゃっておられるのか。
次に、覚師・蓮師が「方便の善」を「宿善」と呼んだ、といわれる根拠は何か?
この事を、明確にしなければ話は、前に進まない罠。
とりあえず、お返事はこんなもんかいな。虎さんも乙です〜。


548 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 23:58:54 ID:HKxgyGPH
> ボラ夫さんのボランティア記録は、ここに載ってます。↓
>ttp://www12.ocn.ne.jp/〜nagano_b/contents/news.html

ぼら夫さん、これは本当ですか?

549 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 01:40:45 ID:KoEwFZa7
本当です



550 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 02:21:58 ID:h73DQkpp
  ★★★ また韓国、意図的な、でっち上げ反日報道 ★★★
 韓国の大手テレビ局が、8月15日のニュース番組で報道した「旧日本軍による生体実験」と称する映像が、実は真っ赤なウソ、中国映画の盗用でっち上げだった。
 韓国のマスコミは反日キャンペーンで、この種のでっち上げ「歴史歪曲(わいきょく)」をよく行うが、今回の事件で 「日本糾弾ならウソも平気」 といった腐敗体質が、改めて確認された。
 番組では戦前、旧日本軍の細菌戦研究731部隊の生体実験の様子を「白黒の記録フィルム風」に紹介したが、視聴者から「映画の場面と同じだ」と抗議の声が上がり、悪質なでっち上げが露呈した。
 この中国映画はカラー作品だが、テレビでは本物に見せかけるために「白黒」に変えられており、意図的なでっち上げであることは明白。
 日本の民主党(岡田党首)は、日本国内に数十万人いる反日的な在日韓国・朝鮮人に日本の選挙権を与え、民主党に投票させようと画策している。
 在日韓国・朝鮮人の大部分は、戦後のドサクサで密入国した不法滞在者とその子孫だが、強制連行されたとウソをついて被害者のフリをし、日本国内に居座って、毎月二十数万円の生活保護をもらい、遊んで暮らしている。


551 :みづえ:2005/09/02(金) 07:40:08 ID:DwUanWI9
 久々の発言しようと思いましたが、私にはちょっと最近のは難しくて・・
 ついていけないかな。

552 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 08:15:18 ID:ef9vQ70L
>>542
>人を導こうとして安易な手段を

安易かどうかどうしてあなたにわかるの?
ご縁の浅い方だと思いますが、あなたの思っていることと
祖師聖人の伝えたいと思っておられることは多分ずいぶん違うんですよ。
厳しく導くのは必要。
自己をみつめて教えを聞いていかねばこの道は進めない。
「もっとやさしく教えてくれれば」という自分のはからいは通用しません。

553 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 08:25:32 ID:ef9vQ70L
>>546

弁舌さわやかなボラがいそがしいのか「根拠をあげて」ちゃんに
なってしまいましたね。
自分の立場を忘れているんじゃないでしょうか?
「主張はしてない」と感想か寝言かわからない、責任のない書き込みを
続けているひとに何で説明してあげないといけないの?
私はボラのらくがきを読んだひとが間違えないように書いてるだけだから。
まともに論議したいなら自分も責任ある書き込みすることだ。




554 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 08:41:53 ID:sta9j03q
>>542の虎さん
多分、その監視体制は会員の誰かが「それを止めたい」と言っても
止められないんでしょうね。私は一昨年頃から、支部でもその傾向が
強まりそうなのを感じて嫌になって、会を辞めたんですが

私事ですが、自分が学生で、s会にいた頃に
「講師だか会員の一人が、檻に入れられて会長に怒鳴られて、号泣している」
という夢を見ました。当時は驚きましたが、今思うと妙にリアリティがあります


これは自分の想像ですが、学友部時代は狭い社会に身をおいていたとしても、
年を重ねてそれなりに自発的に多くの文物や人に接することが
出来るようになると
そこで得た情報・感覚等が徐々に蓄積され、s会式思考回路が少しずつ溶けて、
最終的に退会するって人もかなりいるんじゃないかなあ


555 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 08:44:30 ID:ef9vQ70L
>>546
>この場合は、出世以前の過去について述べていらっしゃる。

だから?
「過去」とは「信心決定の現在までのこと」で決着。

>「造悪無碍に対する批判」=「善行を積む勧め」とするのは、ちと飛びすぎちゃうか?

こういう感覚は「廃悪」=「修善」ではないというところからきてるんでしょうね。
唯識なんか勉強されるとよいと思いますよ。

556 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 09:06:21 ID:M+3XwgN7
造悪無碍と知らされるわけで、
造悪無碍だから、善をしろと言ってるわけじゃないよ?
何も分かってないんだね。初心者?

557 :元々ぼら夫:2005/09/02(金) 09:11:50 ID:bAzYGXY4
>>554
あっそ。解釈能力なしって事やね。アト、細かい事だが、気安くチャンづけされる覚えなし。
>>555
そう、古来の解釈も「宿善」は、信心決定までの過去。
んで、唐突に唯識が出てきたわけだがw。唯識説について、宗祖が言及しとんのかいな。
話が横道にそれるといかんので、まずは漏れの提示条件で説明・証明キボン。
ここを越えれば、議論が先に進むンですけど。さあ、お聖教開いて、検索駆使してw、
親鸞聖人に忠実な教学体系を構築しなされ。ざれごとは、聞き飽きた。
わ、時間だ。ではでは〜

558 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 09:12:08 ID:xUj7Do/l
>>522
>楽に求めたいと思っても、それが人によっては許されなかったのが学友部で
>はないでしょうか?

へぇ、最近は学生部っていわないんだ。
学生さんですか?


559 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 09:36:57 ID:M+3XwgN7
訂正:造悪無碍→造悪だね。
失礼。


560 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 11:09:04 ID:KYQaYSCP
>>551

確かに難しい

学者さんでさえわからんことが書いてある。

561 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 13:00:02 ID:RUwCbobB
>>552
御縁の深い方では?
文章から幹部の中でも上の方の人だとお見受けしましたが・・・

562 :元々ぼら夫:2005/09/02(金) 13:05:39 ID:bAzYGXY4
電車移動中〜♪
造悪無碍という四文字熟語がひとりあるきしてる感があるな。よし、夜にでも、
ひさびさに、末灯鈔第16通の、ぼら夫流現代語訳いってみよか。
(^-^)/ではでは〜

563 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/02(金) 13:20:23 ID:HA5sS0iP
僕が思うに、みんな、「何が何でも信心決定するぞ〜」と言う意識に欠けてると思う。

564 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/02(金) 13:46:50 ID:HA5sS0iP
そして、言葉の遊戯に落ちていく・・・。

思うに、親鸞聖人があまりにも、信後世界の立場から物事を書きすぎたから。
それこそ、経典だけ見れば、いかに舎利尊者も阿難尊者も自力の信心で仏法求めてたことが分かる。
経典だけ見れば、釈尊に向かって誰一人それはおかしいと反論するものはいない。
イダイケでさえ、最後は全身全霊平伏して教えを乞うている。
しかも、無駄とも思える、にっそう観やすいそう観を文句一つ言わずありのまま行っている。
みんな、宿善があるからだけど、こういう「必死さ」「真剣さ」を忘れてはいけない。


565 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 15:58:50 ID:eNmQOvmZ
必死さを忘れまいとしている立派な求道者の通行人氏は、
さぞ財施や勧誘に必死に取り組んでおられるのでしょう。

かつて、人望厚きM晴先生は座談会で、
団地住まいの主婦の会員からの質問(というか悩み相談?)で
「幼い息子を連れて公園に出かけるのだが、近所の方々と中々うまく打ち解けることができません。
どのような心がけで接したらよいでしょうか」というものを受け、かような趣旨の答えを与えた。

「そもそも会員というものは、常日ごろから
どうすれば少しでも会の活動に参加できるか、貢献できるかを第一に考えているべきであって、
子どもの散歩などは論外。
そんな時間があったら、活動に邁進しなさい云々」

幼子の母でさえ、子どもに掛ける時間を割いて活動しているというのだから、
通行人氏も、よもや夜中にロマサガやるような余力を残したりはしまい。

566 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 17:59:57 ID:tKLhMLpS
>>565

聞いたことねーな。

ソースのうpキボン。

567 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:04:15 ID:tKLhMLpS
あたし・・・斬首されてる・・・すごい
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1125556473/


568 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:05:41 ID:tKLhMLpS
↑失敗

569 :脱落組:2005/09/02(金) 18:09:07 ID:kA8w4LgB
わからない話でもないです。
一昔前は、全体的にそういう雰囲気があったと思います。
その流れに乗れた人は、それはそれで羨ましいです。

570 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:12:23 ID:udInSzlw
でも家族より仏法を優先できる人の気が知れないな

571 :脱落組:2005/09/02(金) 18:16:58 ID:kA8w4LgB
気持ち的には確かにそういう時期はありました。
どこかで歯車が狂ったようです。

572 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:39:50 ID:udInSzlw
youjo.exeが感染源

573 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:41:56 ID:UXqFVp0r
>>566
文書でのソースは持っていないが、1996年の夏頃の座談会だったな。
>>565を聞いて戦慄した記憶はかなり鮮明だし、
他の先輩は「それだけ教えに心を懸けなければならないということなんだね」とか言ってたのが
空々しく聞こえたのも憶えてる。

今ではこういうこと言わないの?M晴先生は。

574 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 18:58:22 ID:UXqFVp0r
>>570
親よりも組織を優先する心構えじゃないと学友部の勧誘なんてできないよな。

学生さんは親に自分等のやってることを言えるかい?

親「帰りが最近遅いね、何やってたの?」
学生「今日は他大学で宗教団体のダミサ勧誘やってきたよ!『宗教じゃないよ』って言ったら新入生が付いてきてさ・・・
目標人数があるんだけどまだ足りなくってさ、反省会合で遅くなっちゃった。明日も頑張ってくるんだ!」

親「お前、そんなにアルバイトやって、何に使うんだい?」
学生「親鸞会に献金するんだ!それが報謝の恩返しになるんだよ。目標額も書き直しさせられたけど、僕頑張るよ!」

親を裏切るようなことしたらアカンで。

575 :脱落組:2005/09/02(金) 19:00:55 ID:kA8w4LgB
>>570
でも、そういう考え方の人の方が両立してうまいこと続いているような
気もします。わたしはそんなに要領がよくなかった。

576 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 19:23:17 ID:3BMUA5+U
家族のためだと信じて嘘を吐くことのできる「要領のいい」人と
家族に対しては正直に振る舞う「要領のわるい」人の違いって、
何なんだろうな。




577 :脱落組:2005/09/02(金) 19:30:33 ID:kA8w4LgB
そういう意味ではないです。

578 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 19:45:56 ID:nqUKKpQh
>>557
>>554
あっそ。解釈能力なしって事やね。

なにを慌てて書いてるのやら。誤爆だね。

>古来の解釈も「宿善」は、信心決定までの過去。

じゃあ、未信の時の修善が振り返れば宿善となることで問題なし。
「善のすすめ」もあるので一件落着。
唯識はあなたが好きなら勉強してみれば?

「答えてちゃん」はつまらんから、だらだら書いてね。

579 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 20:37:04 ID:w7OQ2APF
やはり宿善という量的なものがある一定レベルまで達した時に
他力になるというs会独自解釈から離れられないようで・・・。

で、たぶん「宿善が因となって往生するのではない」とか言ってくるんだろうが
三願転入の時と同じようなs会マジックであって、

自力無効と知らされるためにある量の宿善が必要といってることは変わらない
s会の人はその部分になると頭が働かなくなるようですが

580 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 21:31:00 ID:xUj7Do/l
本願寺焼き討ち!

西本願寺、男が灯油?まき立てこもる 府警が現行犯逮捕
http://www.asahi.com/national/update/0902/OSK200509020039.html

警備のひとたちは、気づかなかったんだね。

581 ::2005/09/02(金) 21:46:26 ID:/1ToypLz
>>552
>安易かどうかどうしてあなたにわかるの?
 ご縁の厚い方にはわかるということでしょうか?
 組織的な監視体制を敷くことで、行動を律して良しと
する方法を安易な方法としか思えない私のことを
親鸞会と縁の浅い人というのでしょうか?
 私も厳しく導くのは必要だと思いますが、あなたは
「監視体制」こそが厳しく導く形だというお考えなのでしょうね
 組織で個人に圧力を加えて行動を操作して、それで「自己を
みつめさせることができる」という考えは随分安易な思考と
思いますがいかがでしょうか?

>「もっとやさしく教えてくれれば」という自分のはからいは通用しません。
さすがに「もっとやさしく教えてくれれば信心決定できる」とは言いません
ただ、いままで親鸞会で、厳しくもやさしくもない、いいかげんな
導き方をしていた部分があったんじゃないのか反省しよう、ということです。

582 ::2005/09/02(金) 22:28:23 ID:/1ToypLz
>>554
 支部によって組織の性格はマチマチですよね
わたしのところは一人の声がいくらが届くので
まだ頑張ろうと思います、自分としては親鸞会で
高森先生から聞いた親鸞聖人の教えを信じて
いますし、会自体に愛着がありますので、まだ
ここにいます
>これは自分の想像ですが、学友部時代は狭い社会に身をおいていたとしても、
親の保護下にある学生を従わせるのとくらべると、職場を会の外にもって収入を
得ている、社会人を従わせるのは難しいでしょうね

583 ::2005/09/02(金) 22:44:41 ID:/1ToypLz
>>ボラ夫さん
大乗非仏説の元々ソースのお話がとても興味深く
思えました、ほかになんか無いですか?大乗経典を
信奉する人の語る大乗非仏説を聞く良い機会にあえた
とよろこんでるんですが

584 ::2005/09/02(金) 22:53:17 ID:/1ToypLz
>>558
二、三年前、青年部や婦人部などの組織が組み換えされて現在の
支部制度になった時、学生部組織は組織組み自体に変更はなかったが
名前だけが変わって「学友部」となったのです、
だから 学生本部長だった人は今は学友部長です

585 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 22:57:22 ID:Fj6E8ad4
>>579
>自力無効と知らされるためにある量の宿善が必要といってる
>ことは変わらない

ある量の宿善が必要なんて、
s会で、その様に言われたことは無いですよ。
もっと真剣に聴聞してください。

宿善めでたし、めでたし、ですか?違いますよね。
自力無効と知らされるのも宿善まかせなのですから。

586 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 22:58:15 ID:4X4V40Ty
高森先生の御著書以外の仏法の書物や文章を読むのは
罪悪感があるのですが、虎さんはどうですか?

587 ::2005/09/02(金) 23:07:51 ID:/1ToypLz
>>565
その座談会、私も聞いてました、
当時、高森先生の各地方での法話の終了後(pm4:30くらい〜)
高森光晴講師の座談会がありましたね、内容はその地元の会員さn
から事前に集められた質問(教学的なものよりは、活動への心構えなどの
内容がほとんどだった)に対して光晴講師が答える、という内容でした
何年か行われてましたが、いつのまにかなくなりました、今は地方法話
がなくなったので、当然同様のものはありませんが。
私の記憶だと光晴講師(当時、総本部長だったか)の話した内容は
「この人は随分時間に余裕があるようですね、わたしは少しでも時間が
あったらなんとかご恩返しができないものか、そればかり考えています、
子供を公園につれていく時間などもてません、‥‥そうやって求道して
いる姿を子供に見せることで‥‥云々」
ってな感じだったと思います。
なんにせよ、随分無責任なこと言っちゃうんだなーと思いました。あの
座談会内容は私のまわりでも不評でした。
>>573
あんまりしゃべらない方が賢くみえると気づかれたのか、座談会みたいに
自分のすきにしゃべる行事は減りましたね ほとんどない

588 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 23:15:39 ID:xUj7Do/l
>> ボラ夫さんのボランティア記録は、ここに載ってます。↓
>>ttp://www12.ocn.ne.jp/〜nagano_b/contents/news.html
>ぼら夫さん、これは本当で

本当だからボラ夫さんは無視しているんでしょう。
本願寺派スレの過去ログを見れば、ボラ夫さんが何日にボランティアに行ったか分かるので、
そこから絞り込めば、誰だか分かります。

589 :元々ぼら夫:2005/09/02(金) 23:17:21 ID:bAzYGXY4
さてと♪せっせとお返事。
>>578
まずお詫び。
>>554さん、>>557は、>>553&>>555へのレスでした。でかける前で慌ててて、返す返す、すんません。
>>578
で、本題。だから、ど〜して今までの議論を真っ白にしちまうの?
漏れは「宿善は、今現在、積むべき」という事に対して、そのような用法は列祖にはない。
故に、今積むものと主張したいのであれば、列祖の文章を用いて、証明せな、
筋が通らないって言ってるんでしょ。教学としては欠陥があることになる罠。
なぜなら宗祖・列祖の文章の当面上まったく見当たらないんだから。
〜つづく〜

590 :元々ぼら夫:2005/09/02(金) 23:37:14 ID:bAzYGXY4
>>580
ほんまや!ハリケーンで圧倒されてて気付かなかった。右翼の人みたいやけど、
怪我人出なくてホッとひとあんしん。畳ど〜するんやろ。毎日、お朝事あるのに・・・。
>>588
フフフ、誰だか解るかなw?
〜もちっとつづく〜


591 ::2005/09/02(金) 23:37:44 ID:/1ToypLz
>>586
極端な人もいますが、真宗聖典などで拝読できる親鸞聖人の著作などを読むことに
罪悪感を持つのはおかしいですよね、過去には、意味を読み間違える
危険性があるから読めといわれる所以外よむな!と勝手なことをしゃべり
ちらす学生を見かけたことがありますが、心配性が過ぎて馬鹿みたいだ
と思ったものです。
私自身は「なんでも読めば良い」と考えています(言うほど読めてませんが)
、仏教を求める上の話に限らず言えば、世の中には読んだら為になる本、
読む時間がもったいない本、毒を体に入れるような読まない方がよい本、
ごろごろしています、それらを取捨選択する為の努力をした上で
「なんでも読めば良い」と思っています。
 べつに、親鸞会の発行物のみに目を通すのも、それは一つの求め方で
その人の自由だとおもいますが、 他者の言うことの正否を自分で判断
しようとしたり、本会の外の人に対して教えの正否を話したりしたいの
ならば、本を選んで、本を読むことは欠かせないのではないでしょうか
 あと、専任講師にどんな本をよんだら良いのか相談しても、ハッキリした
答えはないでしょうから、そこは罪悪感があっても自己責任でやるしかないような

592 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 23:44:49 ID:4X4V40Ty
>>591
ご丁寧にどうも有難うございます。
あまり神経質にならなくてもいいということですか。。

593 :元々ぼら夫:2005/09/02(金) 23:45:43 ID:bAzYGXY4
>>583
虎さん、精が出ますな♪
大乗非仏説について興味あるのは、ある意味自然な事でしょね。
自分の宗教が、他者にどのように見られ、また評価されているのか
(的を得ている、得ていないに関わらず)学んでいくことは、気付きにくい自らの問題点を
明らかにする優れた方法の一つと言えますね。そういった意味では、
s会の、怠惰な僧侶への批判と言うのは、的を得てるんじゃないかな。
でも、教学体系は、今のままではいただけないと正直言わなければならん。
教学ってのは一朝一夕のものじゃないんでね、まだまだ改革できると思いますよん。


594 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 23:56:23 ID:TC7ldh11

ぼら夫が写真集出すって本当ですか?


595 :元々ぼら夫:2005/09/03(土) 00:12:17 ID:nIrUJAnN
〜追記〜
今日、予定してた末灯鈔現代語訳、時間なくなっても〜たので、また今度。
リクがあれば、カキコしまつね。
>>虎さんへ。
せっかくのリクをいただいたので、近日中にカキコしたいと思います。
学者さんの中では、大乗仏教がお釈迦さまが直接説かれたのでなくとも、
大乗は仏教思想ではない、とする方はほとんどいません。お家事情的には、
お寺出身の学者さんが多数ということ(判官びいき?wも多少ある)かな?
また、最近の原理主義の風潮からか、初期・原始仏教のみが仏説であるなんて
いう教団もあらわれているのも事実。
詳しくはまた!チャオ

596 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 00:16:41 ID:z8Xd16MT
大乗非直説ってとこか?<ボラ流大乗非仏説

597 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 00:31:58 ID:uh1rY9S3
>>582
これは自分の想像ですが、学友部時代は狭い社会に身をおいていたとしても、
親の保護下にある学生を従わせるのとくらべると、職場を会の外にもって収入を
得ている、社会人を従わせるのは難しいでしょうね

だから一時期、講師部、親友部員になることが推奨されたのでしょうか?
従わざるを得ない環境ですから。

598 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 00:38:06 ID:qWKKmWJu
>>586
虎さんのフォローがなかったら、参考資料として西田公昭の著作を引用するところだった。

599 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 01:44:21 ID:OhYamXTx
>>585
自力でなした宿善によって自力無効が知らされるなら
s会の人は自力で自力無効を知ろうと言うのか?

600 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 01:45:31 ID:nZVRe0Fk
http://www.imgup.org/file/iup79838.jpg

601 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 07:40:21 ID:HEJvYZk3

シンパはひどいな。
吐き気がするよ

602 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:25:17 ID:gyRhn5wz
>>579
>宿善という量的なものがある一定レベルまで達した時に
他力になるという

全然違いますね。会員ならばそうではない、という話もよくお聞きしてるはず。
なんで間違えるのかもわかりますが
そのレベルでは「善のすすめ」の真意はわかりません。

603 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:33:07 ID:gyRhn5wz
>>581
>組織で個人に圧力を加えて行動を操作して、それで「自己を
みつめさせることができる」という考えは

求道は組織でしようが、個人でしようが所詮はひとりひとりのしのぎ。
組織で圧力がかかるのは「みんないっしょに」求めてるときだけです。
うさぎと象の河流れの話を聞いたことがありますか?
あなたはうさぎさんです。はやくそのレベルから脱して自分の後生を心に
かけてください。聴聞を重ねてください。
そうすれば組織にたいする見方も180度変わると思いますよ。

604 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:40:12 ID:gyRhn5wz
>>581
>いいかげんな導き方をしていた部分が

どこがいい加減で、どこがそうでないか、あなたにわかるとしたら
すばらしいことです。でもおそらくわかってないからこういう書き込みになって
いるのでしょう。
組織の中には祖師聖人の御こころをわかっているひともわかっていないひとも
いることをご存知のうえでいまの組織がつくられているんですよ。
よく聴聞してください。いつものことと思わずに。
あなたの知らないことがあるんです。

605 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:47:12 ID:gyRhn5wz
>>589
>ど〜して今までの議論を真っ白にしちまうの?
漏れは「宿善は、今現在、積むべき」という事に対して、
そのような用法は列祖にはない。

「ど〜して今までの議論を真っ白にしちまうの? 」とはこっちのセリフ。
よく読むんだね。
大乗非仏説の根拠は結局出てないんですけど.....

606 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:47:19 ID:tEu7AKeY
ここは愚痴を言う所なの?


607 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 08:55:11 ID:nZVRe0Fk
会員の脳味噌って高く売れそうね・・・

ほとんど使って無くて、新品同様だからw

608 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 09:29:49 ID:Xkw0kX7w
>>602
>そのレベルでは「善のすすめ」の真意はわかりません。

善のすすめの真意って?
ひょっとして「進めばわかります」みたいな?
長年親鸞会にいたけど、分かっている人なんて見たことないよ。
会長の真意がどうのこうのとか、善のすすめがどうのとかいう講師はいたけど、
部下の女性講師にセクハラして左遷されたり、
会員が財施を頑張っている中自分は家を買ったりと、
その人自体が「善のすすめ」にほど遠い人物だったな。

自力無効と知らされるために自力一杯求めなければならない、
と言う根拠、未だに親鸞聖人の教えからは見つけられないな。
親鸞会の提示した根拠は「しちぶつつうかいげ」
もう、笑っちゃうって言うか、なんだか。
この程度の団体に迷っていた自分が恥ずかしいよwww


609 :元々ぼら夫:2005/09/03(土) 09:51:23 ID:nIrUJAnN
さてさて。
>>605
言い方変えてみる。真の意味で未信の修善を振り返れる者は、信心決定した者。
そういう立場からしか語っていないってこと。末灯鈔を根拠に、廃悪=修善=
善を積む勧めとしたいなら、末灯鈔が、本当にそういった意味内容なのかどうか、
証明が必要。さらに唯識まで持ち出してきたんだから、宗祖が唯識説によって、
廃悪=修善について説明し、なおかつ、それが宿善になる旨を述べている箇所を
あげて、証明することが必要。それができなければ、よまい言。
浄土真宗の立場からすれば、基本は親鸞聖人。アンダスタン?
ではでは〜

610 :元々ぼら夫:2005/09/03(土) 10:02:37 ID:nIrUJAnN
あ、まだあった。
>>605
大乗経典成立史については、また夜にでも。チャオ♪


611 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 11:22:01 ID:JevPcyAL
>>602
そのレベルなんていうけど会員の方がどのレベルにもないじゃん
ただ直接的な言葉で言ってないから「言ってない」って言ってるだけで
「考えるな」と言う暗示に負けて何か理解しているような気にさせられているだけ
だから何か言われても「それは違う、それは違う」といい続ければいいんだよね
もともと照らし合わせるべき理解というものを持っていないんだから。

612 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 12:12:29 ID:jClll2Sd
>>611
1年も聞いていない人の理解。

613 ::2005/09/03(土) 12:23:52 ID:O0vyYDi8
>>603
>うさぎと象の河流れの話を聞いたことがありますか?
?ないですね 喩え話ですか?
私はうさぎですか そりゃどうも
>>ボラ夫さん
乙です 楽しみにしてます

明日は富山で聴聞の日なのでえ うさぎの話のオコタエ
などは明後日くらいにします

614 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 12:24:16 ID:SX1LoSVc
俺、s会式仏法をこのまま聞き続けていたら、神経が引き裂かれて
おかしくなりそうだったからやめてしまったよ

615 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 13:02:20 ID:jClll2Sd
>>604
少なくとも虎さんの知らないことをわかっている人ですか?

616 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 16:30:29 ID:ZCsmLOJy
修論など書けるか!
http://nullpo.2log.net/home/k170a/archives/blog/main/

宗教ダミサ勧誘への注意勧告ブログ
(記事ほとんど無いけど)


617 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 16:48:22 ID:ZCsmLOJy
最近はエロ画像を張るのが流行っているのですか?

618 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 17:02:38 ID:lZVxJ9iY
祭りには御利益があるんだよ
ttp://www.sugikoto.com/maturi1.htm

619 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 18:29:28 ID:B+yAUAT3
>>609
>言い方変えてみる。真の意味で未信の修善を振り返れる者は、
信心決定した者。 そういう立場からしか語っていないってこと。

だから?信心決定された祖師聖人が「未信の修善がふりかえると宿善となった」
から「善のすすめ」を説かれたわけだが、何の不都合があるのかな?


>末灯鈔を根拠に、廃悪=修善= 善を積む勧めとしたいなら、
末灯鈔が、本当にそういった意味内容なのかどうか、

他人の解釈能力云々よく言うなあ。どこに「末灯鈔根拠に廃悪=修善」って
言ってる?反対だろうが。
わからないで言ってるなら頭悪いし、わざと混乱させようとしてるなら悪質。
廃悪は修善ではないというなら根拠をあげないといけないのはそちらです。


620 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 18:31:26 ID:B+yAUAT3
>>608
>長年親鸞会にいたけど、分かっている人なんて見たことないよ。

かわいそうなひとやね。
宿善まかせだから。あわれ、あわれ。

621 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 18:36:21 ID:B+yAUAT3
>>613
>明日は富山で聴聞の日なのでえ

あの会場にこういう理解の会員もいるんだよね。
というか、ご縁のうすいひとにも聞いていただくために
今の状態になっているわけだから。
頑張って行こうか!

622 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 19:37:54 ID:JSg2/qB1
熊退治に行くくまー  くまー

623 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 20:28:41 ID:hwHW9IQd
あるがままになろうとするのは矛盾ですな
そのままなんだから
でも変わろうとする気持ちもあるがままにうけとめる
うまくいかない自分を受け入れることも
あるがままだし
受け入れられない自分もあるがままに
自分を否定する気持ちも肯定する気持ちも
どちらもあるがままに

624 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 21:21:06 ID:/wy+TYoV
親鸞会のいう「レベルの高い人」っていうは、
要するに
・会の組織や教え、上司の言うことに疑問を抱いたりしない人。
・その指示通りのみに忠実になろうとする以外のことは考えないようにする人。
・疑問や納得のいかないことがあれば、それは自分が悪いのであって、組織や上司、教え、指示だけが絶対に正しいと思うようにする人

こんな感じ?

625 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 21:23:27 ID:/wy+TYoV
>>620
あなたは分かってる人なんだ?

626 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 21:43:48 ID:/wy+TYoV
疑問や会に対しての批判的意見を述べる人に対して、
しっかりとした説明もせずに「レベルが低い」とか「あわれ」と言って見下してみたりするだけ、というのは
逆効果だと思われ。

以下、参考資料として引用。

 奥の深さの強調
  宗教的な破壊的カルトの場合には、教義の奥の深さ、高度性を強調される。
 被勧誘者がある程度、教義に魅力を示し、また理解してきてからも、更にまだまだ高度なレベルがあり、
 ずっと学んでいかなくてはならない、もっと修行していかなくてはならないと強調される。
 私の調査でも、ほとんどの被勧誘者は、常に「疑問は勉強していくうちにわかる」などといわれ、
 疑問を保留にされていることを確認している。
  これによって、破壊的カルトは常に教義の矛盾をかわすことができるようになるし、
 被勧誘者の教義への魅力を常に引きつけておくことができるようになる。
 つまり、何かしら被勧誘者が腑に落ちない点に出くわしても、
 「これはまだ自分が未熟であるから」という解釈を自らおこない、集団へのさらなるコミットメントが高まることになる。

また、別箇所より。
 
 ある宗教的なカルトの場合は、(〜中略〜)古参者は、新参者に対して
 「いまはわからなくともやっているうちに理解してくる」などといったメッセージを与えるという。
              『「マインドコントロール」とは何か』 西田公昭

「進んでいけば分かる」って言われても、それは本当に自分の持っていた疑問点を解消したからなのか、
それとも活動や組織へのコミットメント意識が高まったがゆえに
心理的な効果から、疑念を放置するようにしたり、疑問を抱くことに罪悪感を覚えたりするようになっただけなのか・・・。


627 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 21:54:30 ID:cVE0HXzN
.


628 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 22:22:44 ID:/wy+TYoV
>>626に追加。
それとも「進んでいけば分かる」と言っていれば、本当は自分でも分かってはいないのに、
さも「先を進んでいる人が未熟で分かっていない人を叱咤している」かのような図式をデッチ上げられると思って、
相手を貶めているだけなのか・・・。


629 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 23:43:44 ID:Xkw0kX7w
>>626
>>628

会員の人がこういう良書を一度でも手にとって、虚心坦懐になって読んでみればいいのにね。

私も、長年親鸞会で活動してきて、
結局「教義を理解している人、仏法を分かっている人」
というのは、
「自分の疑問を殺して、会長の指示に無条件に従い、財施、勧誘を熱心にする人」
に他ならないと思いました。

大抵、教義に疑問点があって聞いても、
個人の信仰の問題にされてしまうだけです。
それだけ求道していて、その程度の信仰なのか、と言われるだけです。
辞めた人は「仏法分かってなかった」「欲に負けた」と単純に図式化されます。

こういう事をみても、親鸞会はカルトだなと思います。


630 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 00:47:07 ID:GlUsJ3/6
すぐに「思考停止だ」という考え方に陥るアンチこそが、
本当の思考停止だと思った京子の頃

631 :元々ぼら夫:2005/09/04(日) 01:04:38 ID:3Glj8/7l
わー、遅くなってもた。寝る前にお返事っと。
>>619
まず、君の「未信の修善がふりかえると宿善となったから、善のすすめを説かれた【わけだが】」
っていう解釈がおかしい、不都合。どこにそんな【わけ】があるか説明してから、
解ったようなもの言いをすべきです。はっきし言って非礼。
大体、漏れは「列祖は、未信の修善をふりかえる立場からしか宿善を語っていない」って
言ってるだけなんですけど。これについて異論なければ、前に進みましょうか?
末灯鈔については、>>494参照。廃悪修善については、「化身土巻」に宗祖のお言葉あり。


632 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 02:43:15 ID:fP71R1+v
ちょっとでも疑問を口に挟めば
「お前は分かってない」「そのレベルか」などと罵倒や嘲笑の嵐

これ、動物とかの調教と変わらない。
疑問を口にするたびにこのように罵倒、見下しを受けていれば
そのうち疑問を口にする気力も失ってしまう。

これがs会流の疑問の無くなった状態。
疑問が無い(実はその気力をそがれただけ)から分かってるというすり替え。
だからって何か理解しているのではない。
それが「進めばわかる」の内実。

633 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 09:02:25 ID:GycazHfl
>>632
同感です。
でも会内にいるときはそんなことも分からないんですよね…

634 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 13:58:20 ID:RjTBO/NA
>>632
幼稚な考えだな。会に絶対服従して、なんの疑問を持たない人の
レベルが高いとは…。
全体主義的だ。

635 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 14:45:09 ID:mfePnAVP
浄土真宗親鸞会について考えるページ ジャンヌの終わりの始まり

某極右憂国系サイトでカルト信者呼ばわりされて

参考資料 戦後問題も片付けられん政治家は辞めろ。
http://www.nikaidou.com/clm2/0508/c2_0802.html

ウィキペディアでは、
嘘つきと書かれたのを親鸞会信者に擁護される始末
参考資料
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%80%8C%E6%95%91%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93&diff=1943785&oldid=1840882

次はどこで恥をかくんだろうね。

636 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 15:42:16 ID:u9iNDN66
Wikiの親鸞会のページはまるゆの荒らしのせいで

ずっと編集保護されているようですね。


637 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 17:04:22 ID:7IXOmeZV
>>613
こういう理解とは?

638 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 17:44:03 ID:odJBh8xt
>>635
二階堂の信頼度がどの程度かわからない。

ウィキペディアでの差分は前後のものも見て判断汁。

恥をかいたのは誰だろうな。

639 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 20:11:42 ID:eRIzwT1W
あなたは、普通に生きれば不幸な人です。多くはそうです。
そして、あなたは今の自分の運命を呪っているのです。
だから今の自分の不幸を呪わなければいいのです。
不幸でもいいやん。って思う事です。
ちなみに、不幸になる運命を変えるには努力が必要です。

その努力が出来ない、しかも今の運命を呪っている。
あなたの中で矛盾が起きているのです。
努力して運命を変えるか、不幸な運命を受け入れるかはっきりしろよ。

とあなたにアドバイスした人は言ってるんですよ。
少なくとも努力は出来ないと言ってるあなたには今の不幸を受け入れ
るという事がいいのだと判断したんでしょう。


640 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 20:26:03 ID:ruH+J0lK
>>621

641 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 20:34:27 ID:KQxwFT3c
まゆるって何者?

642 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 21:00:27 ID:eRIzwT1W
ちなみに、あるがままの自分を受け入れるという事は、宇宙の法則を
受け入れるという事です。
人の99%以上は無意識によって動いているのです。つまり自分が判断した
事は、自分が決断した事ではなく今までの自分の行いによってもともと
決まっている事を自分がしているのです。選択の余地は非常に少ないのです。
実は、この事は、色即是空という言葉で表現されてしまうのですが解釈が
広くなりすぎるので割愛します。
自分がした行為は、根本的な法則の下に自分が過去にした結果として
動かされているのです。顕著な例では、駄目だと知っていながらつい。
魔がさした…。等と思う場合です。

643 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 22:36:57 ID:eRIzwT1W
もっと言い回しを簡単にすれば、自分が何かを選択する時、自分の損得で
考えるのではなく、これをする事で誰かがどれだけ喜ぶかを考える事です。
自分だけの利益の為に行う事は、多くは結果が良くありません。
良い結果が出たとしても長続きはしませんし、どこかで埋め合わせが来ます。
自分は宇宙の中の一部として、常にこのような選択を行う事で、自然に
自分が心の底から幸せだと感じ、安定する事が出来る様になる。
という事なのです。なぜなら宇宙の全ての動きは犠牲の上に成り立っている
からです。犠牲という言葉には語弊が有りますが、何かが何かの為に、動いて
いるという事です。
守るべきものが出来た時、人は本当に生き甲斐を感じます。これもその一部です。


644 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:10:14 ID:0PVAbzpd
>>643
はあはあ。
つまり、「大宇宙の真理を説き切っている」とかいう組織の犠牲たらんと
財施やら勧誘活動やらに滅私奉公お仕えするのが幸せなことになる・・・てこと?
レベルが高い人じゃないと分からない境地なのかな?これは。

645 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:12:38 ID:eRIzwT1W
なにかの為に行うのは当然、自分の為です。
その根本的な部分は、「人」と「自分」の差は無いんだ。という事を
体で実感する事です。その為の段階的な指示を書いてみました。
言葉では理解しても体で理解出来ない人が殆どなのです。
だから手順を書くのです。
周りを幸せにするには自分が幸せであるべきです。
自分を不幸にしては周りを幸せに出来ません。
世の中その様に回っているとおもいませんか?

646 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:15:20 ID:eRIzwT1W
追加して書くとね。
無意識に行動している自分の選択に法則性が見えてくるんですよ。
これを因果応報と仏教では呼んでいます。
その因果は他の人達の行為とその選択を見ていても見える時があります。

次に大きな法則に自分がはまっている、操られているかもしれない
という気持ちになります。
そのうち、そこから抜け出す事を模索し始めます。
視野を世の中の全ての現象からいろいろと考えていくと、
多くの生命体は犠牲にして成り立っている事が見えてきます。
自分の体の内部を観察するだけでもそれは明らかですよ。
心臓は何の為にせっせと動いている?血は誰の為に流れている?
自分をよーく観察して下さい。

多くの動物だって生きる為に殺し合っているけど、お互いにうまくバランス
を取りながら助け合っている事が見えてきます。動物自信はそんな自覚
は無いでしょうね。

647 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:16:04 ID:tmdaOtZg
 親鸞会は立派だね。良いことをしよう。善をしよう。そう言って人々に善を勧める宗教
なんだね。お互い、人間不信になり、自分だけよければいいという風潮の中では、貴
重な宗教だと思うよ。

 親鸞なんていう、ノータリンには、親鸞会のすばらしさを教えてやりたいね。親鸞は
なんて言っていたと思う 

善し悪しの文字をも知らぬ人は皆 真の心なりけるを 善悪の字知り顔は大嘘ごとの
貌なり

 善とか悪とか、そういう難しい概念を知らない人は、真実の心を持っているんだが、
善とか悪とか知ったかぶりしている連中ってのは、みんな嘘っぱちなんだ。

是非しらず邪正も分かぬ この身なり 小慈小悲もなけれども 名利に人師をこのむ
なり

 道理にかなうこととかなわないこと。正と邪。こういうものの分別もつかないそんな私
でございます。小さな慈悲心さえありません。苦を抜き、楽を与えようという心もありま
せん。それでも、世間的な名誉、欲得で他人の上に立とうしているそんな我が身でご
ざいます。(正像末和讃)


648 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:17:17 ID:tmdaOtZg
 聖人の仰せには、「善悪の二つ総じて以て存知せざるなり。その故は、如来の御心によ
善と覚し召す程に知り通したらばこそ、善きを知りたるにてもあらめ、如来の悪しと覚し召
す程に知り通したらばこそ、悪しさを知りたるにてもあらめど、煩悩具足の凡夫、火宅無
常の世界は、万ずの事、みな以て、空事戯言、真あること無きに、唯念仏のみぞ真にて在
します」とこそ仰せは候いしか。 (歎異抄)

 親鸞先生は仰っていた。自分は善とか悪とかは分かんないんだ。まあ、如来様の心を以
て善と感じられるほどに物事知り尽くしていたら、そりゃ善を分かっていると言ってもいいん
だろう。如来様がその心で悪であると感じられるほどに物事を知り尽くしていたら、悪を知っ
ていると言ってもいいんだろう。煩い、悩みを引きずったままの凡夫、一寸先は闇の中で、
一事が万事みんな空虚な戯れ言だ。変わらぬ真実などはどこにもない。あるとすればそれ
は念仏だけ。確か、そんな意味のことを仰っていたと思う。

 善も知らん。悪も分からん。親鸞っていう馬鹿はそんなことを言っているんだぜ。親鸞会
の面々の爪の垢でも煎じて飲ましてやりたいものだね。
 ところであんたら親鸞会の人がいっている善てのは、なんだい?。善をしようって、何をし
たら宿善になって、何をしたら宿悪になると言っているんだい?

649 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:25:50 ID:bCE9p3pB
自力が間に合うなど、s会では聞いたことがないですよ。
もっと聴聞しましょう。




650 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:33:04 ID:tmdaOtZg
 親鸞会は立派だね。ところで、宿善ってなんだい?

しゅく【宿】(広辞苑)
 前々からひさしいこと。かねてから。前世の。「宿願・宿敵・宿縁」

 宿善というのは、まあ、前世に積んだ善という意味だろうね。その善を今生で積も
うと言うことは、結果を来世に期待しているんだろうね。今、善を積むと、来世できっ
といいことがある。そういう考えで善をしようと言うんだろう。死んだらきっといいことが
あるから、今からいいことをしよう。親鸞会は、まあそういう考えなんだろう。
 今生での善を積まなかったらどうなるんだい?。来世、つまり死んだらとんでもな
いことになる。まあ、無間地獄に堕ちると教えられ、お尻に火が付けられている。
 信心はなかなか持てないから、極楽浄土には行けなくても、今生に善を積めば、
同じ無間地獄の中でも、ちったあ、ましな無間地獄に行けますよ。お金を持ってきな
さい。お友達を連れてきなさい。まあ、死んだ後のことについては、誰も責任がない。
嘘っぱち宗教に踊り踊らされているということだな。

 宿善を積もうなんて教えている宗教は、往生極楽を放棄した宗教だろうね

651 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:40:20 ID:tmdaOtZg
>>563
> 僕が思うに、みんな、「何が何でも信心決定するぞ〜」と言う意識に欠けてると思う。

定散自力の称名は 果遂のちかいに帰してこそ おしえざれども自然に 真如の門に
転入する

 何が何でも信心決定するぞなんていう意識はなくてもいいのよ。一心不乱に念仏を称
えてみなさいな、誰から教わることなく、自然に真如の門に転入していくんだ。
 座禅して念仏申せ(行の巻)

652 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:48:21 ID:iu348zNj
精神病の渡海難は放置してください。相手にする価値も無い人間です
ので放置が一番です。現実社会で渡海難が誰にも相手にされないように
無視してください。

▲▼▲▼渡海難とは ▲▼▲▼
2ちゃん以外では誰にも相手にされない人間。
内面から滲み出すキモイ精神のお陰で腐臭が漂い、周りから忌み嫌われ
ているのだが社会が自分のことを理解してくれないと誤解し、浄土真宗の
坊主と思われる人を叩くことでようやく自我を保っているような屑。そのような
卑屈な根性が誰にも相手にされなくなる原因と未だ理解できないようだ。。。。
長い間 社会と隔絶された生活をしているため脳内でいろいろな人と語り
合う事ができる。(自作自演が得意)


※以下の文を10回暗誦して反省してください。

荒らし・煽り・叩きに反応する事は荒らしへの荷担にしかなりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
荒らし・煽り・叩きを無視できないあなたも荒らしです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

653 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:49:53 ID:iu348zNj
     ∞〜プーン       〜
      / ̄ ̄ ̄ ̄\   〜 プゥーン
     (  人____)  〜
 〜∞  |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 プーン (6     (_ _) )<オレはこう見えても結構モテるんだぜ!!!!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   | プーン〜∞ 
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |  
       |   ┬    |
◆渡海難の正体◆
・引篭り歴10年以上・童貞、彼女&女友達無し(というか友達1人も無し)
・身長159cm以下体重75kg以上 体脂肪率38%以上 ・年賀状は1枚も来た事が無い
・3流大学卒、アニメサークル所属、合コン歴無し ロリコン
・今行きたい所:秋葉原、オタワ(カナダの首都、ヲタクが集まる所だと思ってるらしい)
・前科5犯(万引き、食い逃げ、性的暴行、強制猥褻、痴漢(存在自体が痴漢))
・好きなゲーム:ゲーム関係なんでも、但しホラー以外(ションベンちびって3日以上放心状態になるから)
・所持エロゲーは軽く1000を越える
・コンビニの処分された弁当しか食べられない、というか最近家族に手料理を作ってもらってない
・風呂には3日に1回しか入らない ・50M走タイム11秒5以上 ・自分の年齢=彼女いない歴
・AV、アニメビデオを1日最低3回は見る ・“ラップ”と聞くと「サランラップ?」とボケでなくマジで答える
・趣味:2CH心と宗教板への書き込みをすること、座禅念仏
 そして浄土真宗関連スレ、親鸞会関連スレを見つけるとここぞとばかり攻撃し、チンポをこすりながらレスを待つ
・カラオケで歌うのはいつもアニソン、というか友達がいなくてカラオケも行けない
・真宗教団と親鸞会と真宗の僧侶を目の敵にしている ・ギャルゲグッズを多数所持
・メル友募集をしても女性からは1通も来ない、(ネカマからは来る、しかも普通に女と勘違いする)
・自分にレスする者全員に対して「ボーズ(坊主)」「親鸞会」と言う恥知らずのリアル精神病患者

654 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:50:06 ID:tmdaOtZg
>>529
>もし、「人生の目的」がなかったら、大変なことになる。
>生きる意味も、頑張る力も消滅してしまうからだ。
    ほほう、なるほどね。

>なのに、「人生に目的なんて、ないよ」 と、言う人が、意外に多い。
     ほほう。

>「なぜ苦しくとも、生きねばならぬのか」を考えてみよう。

 人生の目的を考えようということを言ってあげなければならない人もいるだろけど、
余計なお世話だという人もいるんじゃないか。
 ものごとの道理には、言葉で表現できるものとできないものとがある。なんでもか
んでも言葉にできるというものばかりじゃない。言葉にしたらその瞬間に壊れてしま
うものもあるだろう。
 人生の目的など、言葉にはできなくても、心では感じている。そんな人はいくらでも
いるだろう。人生の目的とは、まさに心で感じるものだ。
 座禅して念仏申せ(行の巻)。人生の目的が分からないという人は、一人静かに座
禅して念仏称えてみるといいだろう。もしそれだけで何か見つかったら、親鸞さんに
感謝するといい。

655 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:52:08 ID:iu348zNj
念仏宗渡海会(「こんにちは会」ともいう)
・教祖 渡海 難(「とうみかたし」と読む)
・会費 4000円
・HP  http://blog.goo.ne.jp/tkatasi/
・根本聖典(?)親鸞の思想と教行信証(世界数ヶ国後に翻訳されると本人が称している)
「親鸞仏教の正当性を問う」http://mentai.2ch.net/psy/kako/970/970632275.html
「親鸞仏教の正当性を問う(パート2)」http://mentai.2ch.net/psy/kako/975/975404451.html
「親鸞仏教を見直そう。」http://mentai.2ch.net/psy/kako/979/979297776.html
「親鸞仏教を問う(V)」http://life.2ch.net/psy/kako/1000/10001/1000165825.html
「親鸞仏教論 W」http://life.2ch.net/psy/kako/1012/10129/1012997700.html
・教義 渡海教祖の思いつきで右に左にコロコロ変わる。ある時はお釈迦さまの代弁者となり、ある時は親鸞思
想の代弁者となる。大川隆法の「霊言」のようなものである。
ちなみにカルト教団に「サタン」とするものがあるのと同じく念仏宗渡海会にも「親鸞会」や「浄土真宗のお坊
さん」というサタンが存在し、自分に都合の悪い者がいると「親鸞会」や「浄土真宗のお坊さん」と言って決め
つける。
ちょうど創価学会の「日顕宗」のようなものと思えばいいだろう。
・会員数 ゼロ(笑)
・教祖の性格 一言で言えば基地害、電波。独善的で絶対に他人の言うことを聞かない。
裁判の時弁護士が使うような論法で次々と質問をはぐらかす。
・活動 2chでの布教活動を主とする。
あと、彼にとってのサタンである親鸞会の退会者に狙いをつけて退会者狩りを行うが念仏宗渡海会の信者になっ
たという話は聞いたことがない。
渡海会には「座禅念仏」という行があるそうだ。それを真宗関係のサイトで説いて回った所、次々と拒絶されて
いる。
あと「ああ先生」という呪文もある。詳しいことは分からないが人の意見を聞かない奴に先生もヘチマもあった
ものではないが。

656 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:53:10 ID:iu348zNj
渡海難のカキコパターン

1 あるスレに突如として乱入。「最初は〜について教えてください」と学習者を装って参加する。
2 スレの参加者がそれに乗って丁寧に教えてやる。
3 その言葉の揚げ足を取って渡海難が攻撃開始。『教行信証』を断章して自分勝手な仏教解釈のコーシャクが
始まる。
4 それに対しスレの参加者が「まともな根拠をつけて」反撃する。
5 渡海難、正論で反撃できなくなり、しばらく黙る。その後、「お坊さんですね」(最近はこのパターンが多
い)か、「親鸞会ですね」と寺や親鸞会批判をする。(大概は奴の妄想)
6 それに対する反撃の後、4〜5、もしくは3〜4がしばらく続く。(7、もしくは8へ)
7 「馬のションベントーク」で相手がウザイと感じるまでけなす。
8 明後日の方向にひたすら答えにならないレスを乱発し、スレの流れをかく乱する。もしくは「仮説」に逃げ
る。「ウソも100回言えば」のクチでそれに騙されて「渡海は真の論者だ」という信者はこの8のシチュエー
ションから生まれる。(9もしくは10へ)
9 (しばらくしてスレが静かになると)一方的勝利宣言をして他スレを荒らしに行く(1に戻る)
10 あまりに渡海難がウザイので2chではスレが下がったり、他のHP掲示板は静かになる、すると「私を恐
れているんだ」と他スレや他の掲示板で言いふらす。

657 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:54:13 ID:iu348zNj
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
       |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
       |::( 6  ー─◎─◎ )
        |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\___)  ヽ
       †渡海 難  ◆Fe19/y1.mIの正体†
頭髪    :似つかわしくない茶髪、ボサボサロンゲ、ボウズ、フケ、シャンプー使ってない。
顔     :アンパンマン、なすび、無精ヒゲ、二重アゴ、目脂、吹き出物、歯糞、-=・=- -=・=-、サイクロプス。
服装    :ダサダサのバンダナ、安物の水色シャツ、アニメキャラプリントシャツ、ヨレヨレのジーパン、ブリーフ(シミ付き)、スニーカー。
身体    :デブ、チビ、もやし、短足、皮膚病、多汗症、腋臭、爪に垢。
股間    :短小、包茎、早漏、梅毒、尖圭コンジローム、インキン、チンカス、童貞。
アクセサリ  :汗だくのタオル、オタク系携帯ストラップ、ダサダサ眼鏡、野球帽、リュック、ポスターサーベル、ポータブルCD/MDプレーヤ(ヘッドギア)、
       :膨れた財布、盗撮用デジカメ、スタンガン、アルカリ電池、ノートPC(CD革命、駅すぱあと、他オタク好みファイル)、バイブ。
臭い(ニオイ):口臭、体臭、イカ臭い、酸っぱい、砂煙臭い、プゥ〜ン。
性格    :挙動不審、人間不審、丸丸、多重人格、屁理屈、根暗、引き籠もり、ロリコン、変態、キチガイ。
特技    :妄想、傷の舐め合い、自作自演、被害妄想、掲示板では強気、妙な言葉遣い、揚げ足、ああ言えば上祐。墓穴を掘る、レイープ。
趣味    :2ちゃんねる、座禅念仏、真宗叩き、僧侶叩き、WinMX、アニメ、ゲーム、ギャルゲ、エロゲ、同人誌即売会、CD-R、アキハバラ/日本橋(電気街)。
好きな物 :スナック菓子、うまい棒、コーラ(炭酸系)、吉野家、ガスト(ドリンクバー)。
愛読書  :教行信証、ネットランナー、ゲームラボ、メガミマガジン、同人誌、完全自殺マニュアル、週刊少年雑誌、エロ本。
恋人    :ブラウン管に映るキャラクタ、美少女フィギュア、心/脳内(仮想の彼女)、右手、コンニャク、つーか彼女自体いない。
ペット   :シラミ、ノミ、ゴキブリ、蠅、蛾、毬藻、堀江由衣、ダッチワイフ、大腸菌。
最終学歴 :中学、工業高校、3流大学、代々木アニメーション学院。(虐めで中退有り)。

658 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:55:38 ID:iu348zNj
【羊狼】 浄土真宗 燃えスレ  二重  【鳩鷹】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1057914027/

72 名前: 渡海 難  ◆wd0AE5SZ4. 投稿日: 03/07/13 19:15
2チャンネル敗北撤退宣言

 非常に自由な掲示板は魅力でしたが、これ以上は落ち着いた議論ができま
せん。2チャンネルから去ります。
 2チャンネルでは、良識ある僧侶の方々に、たびたび不快な思いを多々抱か
せてしまっていたことは、この場を借りて心からお詫びします。

 僕は、今後も外部から発言を続けます。インターネットからの発言を止める
つもりはありません。他の掲示板に向かうか、自分で掲示板を立てるか考えま
す。

 私は、仏教界、真宗界に絶望した訳ではありません。良識ある僧侶の方々には、
大いに期待をしております。良識ある僧侶の方々に訴えたい。良識ある僧侶であ
れば、現代の教団のありかた、仲間僧侶のあり方に満足している方はいないと信
じます。現在の僧侶のあり方、教団のあり方に不足のものを感じる方は、どうか勇
気をもって、真剣に改革の声を上げていただきたい。そう念じます。

 これまで、繰り返し繰り返し叫ばれてきた月並みな言葉ですが、敢えて申し上げ
たい。親鸞を敬愛し、蓮如を敬愛し、真の仏道を歩もうとする方々に申し上げたい。
 親鸞に戻ろう。蓮如に戻ろう。親鸞の法を掲げよう。蓮如の心を掲げよう。
 良識をもって真剣に宗祖を敬愛し、その念仏を継承しようと思う方々とは、僕はい
つまでも親愛なる友でありたいと念じます。



しかも、ほとぼりが冷めたと思いこんでまた荒らし回っているDQN

659 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/04(日) 23:56:09 ID:tmdaOtZg
>>520
> 他人から「称えよ」といわれて、称える念仏は
> 二十願の行人ではありません。大事なのは心でしょ
 
信心のひとに劣らじと 疑心自力の行者も 如来大悲の恩を知り 称名念仏励むべし

信心の無い人も、信心のある人に負けまいと、如来様の恩を知って称名念仏に励みなさいよ。

他人から「称えよ」といわれないで称え始める人がいますか?称えよと言われてこれを迷惑に
感じる人は、救いがないな(苦笑)。 

660 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:56:47 ID:iu348zNj
【毛綱】 浄土真宗 燃えスレ  晨朝  【唐門】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063987345/495-496

495 名前: 渡海 難  ◆wd0AE5SZ4. 投稿日: 03/10/16 20:12
>>479
>とにかく清澤満之読め

 そんなもんは青二才のあんたが勝手に読んで、感心してればいい。そのうち夢
の中に「清澤満之の霊」がお立ちくだされば、お告げでも戴けるだろう。
 僕は忙しいんだ。しなけりゃならんことは山ほどある。いまさら仏教から学ば
なければならんもんなんか、僕にはもう、何一つ無いんだYO。 

>>480
>この見解では信心はただの習得物って事になるんですけど・・。
  <僕はあんたの家庭教師じゃないよ。分からんことは自分で考えなさいな。>

>>485
>音楽を愛する人が飽き足りなく音楽を聞くことに喩えてらっしゃいましたね。

 地方芸能に説経節というのがあるそうだ。浪曲の原型とも聞いた。
 仏教と芸能とをはき違えてる人は昔からいたようだ。
 クラシックといえば、バッハ・ベートーベンあたりが一流だろう。歌謡曲と言
えば美空ひばりを超える歌手は、まだ出てないようだ。気休め節、能書き節、開
き直り節など、三流ボーズの演奏でも、観客が下痢を起こさない内がお慰みだな。
>>491
> 葬儀屋の道具に成り下がった坊主の道も、もはやこれまでか。報恩講も、もうすぐ。また、いそがしくなるな。もう一つ仕事をやらないと食っていけない現実を本願寺はどうとらえているのか。

496 名前: 渡海 難  ◆wd0AE5SZ4. 投稿日: 03/10/16 20:15
>>495
491に対するコメントは特にありません。マウスが滑った単純誤記です。

661 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:57:56 ID:iu348zNj
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1046530644/723

トリップのキーがバレる
         ↓
723 名前: 渡海 難 ♯k5arasu 投稿日: 04/03/21 22:30
                  ↑
トリップのキーより、渡海難は荒らしであることが判明

http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1046530644/726

726 名前: 渡海 難  ◆Fe19/y1.mI 投稿日: 04/03/21 22:46

(中略)

渡海 難  ◆wd0AE5SZ4に関しては、不覚にもキャップを全角で記入して公開してしまいましたので、
今回から、キャップの記載を変えます。

662 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:58:56 ID:iu348zNj
ヽ  ノ        `ヽ r´       ヾ ソ
  ~ヽヽ         U        /ノ
   ヽノ

         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
-´⌒二⊃. |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ   ⊂二⌒丶
 _ソ.   |::( 6  ー─◎─◎ )     ヾ__
.       |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\_渡海難_.)  ヽ
今までの調査によって明らかになった渡海難の実態は、
1.勉強も仕事もしていない。(最終学歴、中卒)
2.引き篭もり歴約30年。
3.1日中PCの前でティンポを握り締めている変態。
4.50にもなって親に金を無心(これは度々出てくる渡海難のトラウマ)
5.友達は全くいない孤独なヒキコモリ。
6.14歳の頃小1〜小2女児を3人強姦&妊娠(5年の少年院での保護処分)
7.ルックスはデブ、不潔、不細工、バーコードハゲ(渡海難の頭をPOSで読み取った結果1円)
8.風呂は滅多に入らない。(最後に入ったのはおよそ半年前)
9.服装は3年前のコミケで買ったラムちゃんのTシャツにケミカルジーンズ(黄ばみ付き)
10.家族にも見放されている。
11.家族構成は1級建築士の父と専業主婦の母と東大卒で弁護士の弟、家族の中でこいつだけが駄目
12.コンパに行けないことを僻んでいるロリータアニメ好き。
13.外出恐怖症(ヒキー)
14.居留守魔(対人恐怖症、人と面と向って話せない。だからPCだけが唯一の拠り所)
15.卒業アルバムでオナる変質者。
16.実態に見合わない分不相応な病的プライド。
17.コンプレックスの権化

663 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 00:02:14 ID:tmdaOtZg
>>327
>親鸞聖人も自力一杯の体験を通して、
>他力であったなあーと不思議不思議と踊り上がったときを宿善開発というのだ。

 自力一杯の体験をすると、不思議不思議と踊り上がっるような宿善が開発される。
 自力は有効なんだな?

>自力無効を信知させられ

 自力無効というのは、間違いなんだろう?。自力一杯の体験をすれば、宿善が開発
されるんだろう。それとも、無効だから宿善が開発されないのか?

664 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:04:02 ID:0PVAbzpd
ID:iu348zNj
今夜の渡海氏の発言のどこが荒らしなのか説明してみ

665 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:06:17 ID:jUiHUt7M
早稲田なかんずくの奴は氏ね

666 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:07:40 ID:P7ZAduhe
何でここまで詳細なプロフが作り上がっているのかが知りたい。
いつもコピーを保存してあるのか??

667 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:15:04 ID:20QjsDKM
>>662
>今までの調査によって明らかになった渡海難の実態
ふうん。どういう調査?

668 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 00:21:02 ID:hnBws8PG
>>325
>後生の一大事の解決には自力は間に合うか、合わないか、実際、全力を尽くし
て始めて出来ることか、出来ないことか、可能か不可能か、ハッキリ知らされる
のだ。

 自力は有効なんだろう。後生の一大事の解決には自力で間に合うんだろう?。
自力一杯に聴聞や破邪顕正、布施行などをすれば、不思議不思議と踊り上がる
宿善が開発される。だから、あんたらはやれと言っているんだろう。
 自力無効なんて嘘なんだろう。親鸞の教えは間違っている。親鸞会はそう教え
ているんじゃないか?

 あんたら、親鸞という名を名乗るのはやめたらどうよ?。紛らわしいよ。

>>164
>なぜ火の中ふみ分けても聞け、

 南無阿弥陀仏は、自分で称えれば聞けるんだよ。仮に火の中に投げ込まれても、
その時こそ必死に称えてみるといい。必ずいい結果が出るとなんて保証はしないけ
ど、万一、最悪の選択肢以外の選択肢が見つかれば儲けもの。親鸞さんに感謝す
るといいだろう。
 
>仕事を捨てて聞けとまで両聖人はおすすめ続けられた
           そんなことは言ってないよ。

 ただ商いをもし、奉公をもせよ、猟、漁取りをもせよ、かかる浅ましき罪業にのみ、
朝夕惑どいぬる我らごときの悪戯者を、助けんと誓いまします弥陀如来の本願に
てまします

 商売もしなさい。サラリーマンもしなさい。狩りも、漁業もいいでしょう。仕事を捨て
ろと教えているのは親鸞会だけだ。

669 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:40:08 ID:rh+YMaa2
最近のアンチは渡海にもすがるのかw
さすが、おぼれる者だね。

670 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:42:20 ID:mfCoAe/D
キリスト教の女はキモい奴ばっかりw

671 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:59:53 ID:HZ7pOUrl
西本願寺襲撃されちゃいましたが、意見をどうぞ。

672 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:14:03 ID:F8eUya3x
<オールナイトさんより>

 浄土真宗親鸞会の謎
http://www.nurs.or.jp/%7Ejuunenso/shinrankai.htm
 要約すると学校内で富山県射水郡小杉町に本部が有る親鸞会に勧誘されたと書いたら、04年の6月に親鸞会からの圧力(HP閉めなかったら裁判起こすんだって)でサーバーから叩きだされた。ココの管理人さんは後ろ盾が何も無い学生。

カルト被害を考える会 会報 2004年7月・第45号
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/kaiho/newsle45.htm
集金統一教関係の被害者側弁護士のHP、上のゴタゴタと同じ時期に根拠無しで、『「釈尊会」「親鸞会」「顕正会」など仏教系カルトも健在。』の一文が掲載されたものだが、クレームが来た形跡が無い。

http://homepage3.nifty.com/jwil-helpcult/karuto/karuto20038.html
・親鸞会(浄土真宗系の異端) 新入学の学生がねらわれています。親からの救出依頼が絶えません。岡山県内で集金統一教関係で何かやってるHPだがここもクレームが来た形跡が無い。

親鸞会の勧誘資料
http://omcc.jp/shinrankai.html
庭瀬めぐみ協会がHPの鯖ではなく、
http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/
別鯖に保管してる物

この資料が消えるかどうかマターリ観察日記でも付けるか(苦笑)



673 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:14:47 ID:F8eUya3x
オマケはこのHP関連 家族の絆
http://homepage2.nifty.com/nonsect/
ココが出来たのが2000年9月

家族の絆 親/鸞/会/父/母/の/会
(ここは修正不要)homepage2.nifty.com/shinran/
ココが出来たのが2004年
浄/土/真/宗/親/鸞/会/批/判/の/真/実/―/―/『家族の絆』/の/正/体/―/―
(ここは修正不要)www.nurs.or.jp/~unmask/

 後ろ盾が何も無い学生には裁判起こすとか脅迫するけど、
浄土真宗西本願寺派の僧侶(情報ソース/浄/土/真/宗/親/鸞/会/批/判/の/真/実/)は類似名称HPや反論HPで対抗ね〜さらに
『いろんな酷評は家族の絆の管理者による捏造ニd……です。』と言ってるネタが、何故か宝島社の『教祖逮捕』や『救いの正体』に乗ってるが、
ソッチには法的にどうのこうのと言うネタは無い。ついでに言えば教祖逮捕に乗ってる奴の初出は講談社の月間現代だが、
やっぱり法的にどうのこうのと言うネタは無い。

その証拠に『教祖逮捕』や『救いの正体』は密林で買える。
http://www.amazon.co.jp/

『救いの正体』に関する『自称親鸞会信者の親』の酷評
(ここは修正不要)www.geocities.jp/ongwanji/chap12.html

『救いの正体』をシカトする自称親鸞会シンパの親鸞会を紹介した書籍紹介
(ここは修正不要)nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/

この二つのHPが過去に何所へリンクしてたか調べると面白いんだよな〜
http://web.archive.org/



674 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:16:25 ID:F8eUya3x
『救いの正体』を酷評してるHPと『救いの正体』をシカトしてるHPが相互リンクしてる。都合が悪いんだから酷評してシカトするんだろうけど、何か不自然だな(苦笑)元特攻隊員(自称?)が運営するこの団体、さて来年の入学シーズンに、
季節外れの花火をあげたい勇者はTBSやアカピーに居ないか?居るわけないか(苦笑)ココの本部は富山県……富山に綿貫民輔って売国奴が居るんだってね。(苦笑)元特攻隊員(自称?)と売国奴ってのも面白い組み合わせかも(苦笑)

http://www.nikaidou.com/column02.html
*******************
この馬鹿なこと二階堂.comに書いているのは、
文章の感じからしてもまるゆっぽい。
WikipediaでみかんXPに負けた嫌がらせか。
本当につまらん男だ。

675 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:44:11 ID:ibi0p+OH
>674
アクションエージェント乙

二階堂で反論を送ったら?
(まず載らないだろうけど)


676 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 02:28:01 ID:F8eUya3x
>>672-674
故意のリンク外しと言い、
推測・憶測の羅列と言い、
みていて胸くそ悪くなる。

ちなみに漏れはアンチ。
でも「まるゆ」みたいな下劣な批判だけはしたくはないと思っている。

677 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 05:16:46 ID:i35EvMGz
>>676
>故意のリンク外し

そんなこと言われたら怖くて踏めない・・・orz
以前にもアンチのIP抜いて、ここに晒してたって言うし。


それにしても渡海氏って不思議な方ですね
s会にとって、その存在はいろいろと都合が良いようですが


678 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 05:59:40 ID:1XKZePyL
渡海難の写真でもうpしましょうか?

679 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 08:26:39 ID:hnBws8PG
>>649
>自力が間に合うなど、s会では聞いたことがないですよ。
>もっと聴聞しましょう。

 おぬしよりも聴聞していそうな人が、自力一杯の体験をすると、踊り上がるほどの宿全開発が
あると言っているぞ。

>>327
>親鸞聖人も自力一杯の体験を通して、
>他力であったなあーと不思議不思議と踊り上がったときを宿善開発というのだ。

 自力でこそ間に合う。宿善開発は他力では間に合わん。自力でしか間に合わん。お友達を連
れてきなさい。お金をもってきなさい。それを妨害する奴は破邪しなさい。さあ、お金を持ってき
なさい。そうすれば、踊り上がるほどのいいことがありますよ。死んだら極楽にいけますよ。念仏
なんかじゃ間に合わないですよ。
 舌先三寸で言葉巧みに金集め。死んだ先の極楽浄土を金で売る。こんな話は、外の世界なら
詐欺になる。宗教という冠を被せれば詐欺にはならん。騙された奴が悪い。おかしな話だ。巨悪
一人が金太りする。
 あんたら金満教、極貧教、極楽浄土の切り売り教とでも名前を変えたらどうよ?


680 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 08:29:18 ID:DwMOzqax
ハリケーン、台風、地震、火災、天変地異が猛威をふるう。

少し早いか遅いかの違いだけで、いずれ自分も同じ目に

それは今日かも知れない。

681 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 08:40:34 ID:hnBws8PG
>>301
>十劫以来、呼び続けて下されていた阿弥陀仏のみ声が、五臓六腑を貫くのです。『ただのただもいらん
ただであったか、他力とは、こんな楽な世界とは知らなんだ知らなんだ』とおどり上がるのです。 〜  
自力一杯求めたことのない者に、自力無効と知らされる筈がありません。

 自力無効と知らされるというのは、間違いだろう。自力有効と知らされるんだろう。阿弥陀仏のみ声が、
五臓六腑を貫けば、これほどの有効は無いだろう。これほど明確な自力有効の体験談はないんじゃな
いか。
 他力じゃこれほどの有効性はありえない。さあ、自力有効。お金を持っていきましょう。お友達を連れ
て行きましょう。そうすれば阿弥陀仏のみ声が、五臓六腑に貫きますよ。死んだら極楽浄土に行けますよ。

 統一宗教は壺を売りつけるそうだ。親鸞会は極楽浄土を売りつける。あんたらの宗教は、デタラメ宗教、
インチキ宗教、嘘つき宗教以外の何なのさ。

>>680
> 少し早いか遅いかの違いだけで、いずれ自分も同じ目に
> それは今日かも知れない。

 台風、ハリケーンも恐いが、デタラメ宗教、インチキ宗教、嘘つき宗教はもっと恐いかもしれんぞ。
親子・家族・親戚・世代を超え、デタラメ宗教は人々を生き地獄に誘い込むだろう。


682 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 09:08:02 ID:hnBws8PG
>>247
>そのうえで一語一句加減してはならない、というのが仏教者の原則。
>学者は言葉の専門家ではあっても仏教の専門家ではありえない。
>教えについて云々すること自体がおかしい。

 無量寿経に云わく。もし、我仏に成らんに、十方衆生、我が名号を称えん。下至
十声。もし生まれずば、正覚を取らじ。 〔往生礼讃偈 一巻 沙門善導集記〕

 たとい我、仏を得んに、十方衆生、心を至し信楽して我が国に生まれんと欲うて、
乃至十念せん。もし生まれずは、正覚を取らじ。唯五逆と正法を誹謗せんをば除
く。〔大無量寿経〕

 この義、已に証を請いて定め竟えり、一句一字とも加減すべからず。写さんと欲
する者は、一に経法の如くすると応に知るべし。〔観経玄義分  沙門善導集記〕

 ここに説いた内容は、既に仏の証を請いて定めおわったものである。一字一句
とも加えてはならない。減じてもならない。これを写本しようとする者は、まさに経
典に対して接するように行え。

 一語一句加減してはならないというのは、誰から出た言葉であり、それを発した
人は、浄土教史上で何をした人か、247は、よく学んでから発言するといいだろう。

683 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 09:12:42 ID:NhsJi9zx
ああやだやだ、親鸞会にちょっとでも批判的な事書いたら、閉鎖しろって
言われるなんて まあ、「s会を誹謗中傷する者を放置する者も同罪」
と叩き込まれてるからなんだろうけど

教学講義、過去に何回か出たことあるんだけど
同じ内容の教義について会員とか講師は言ってるのに、会長の言い方と
違うと、会長に怒られることがよくあった
それに会長自身が作ったプリントの内容を覚えて発表しても、時間がある程度
経てばそれは「間違っている」と言われて、また同じ内容で新しい
文章を覚えろと言われる

言い方悪くてスマンけど、私はなんか家畜の餌を与えられ続けてる
ような気分がしたもんです


今思うと、あの教学講義は、会員に「自分は教えを理解していない
愚劣な輩、会長先生から離れてはいけない」という思いを刷り込み、
自尊心を叩き折って、会への依存心を保たせる為の足枷の役割を果たしてたんじゃ
ないかと想像します


684 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 09:25:06 ID:hnBws8PG
>>105
>親鸞聖人31歳、肉食妻帯の断行は、宗教史上の一大革命でありました。

 僧儀を改めて姓名を賜うて、遠流に処す。予はその一なり。しかればすでに僧にあ
らず俗にあらず。(後序)

 冤罪とは言え、僧籍を剥奪され、在俗の身となった男が、在俗の一人として妻をめ
とったからと云って大騒ぎするあんたらの神経が分からんね。
 肉食をするなというのは、坊主たるもの、生きた物を自分で目の前で殺して食って
はいかんということだ。みだりに生き物を殺してはいけないと日頃教えている相手か
ら、日頃の主張との関係でおかしな誤解を受けるだろう。
 肉を絶対食べてはいかんと言っているんじゃない。既に料理されて死んでいたもの
を食べても、それは坊主でも戒律に反しない。動物タンパク質には必須アミノ酸が含
まれている。坊さんでも、動物タンパク質を採らないと死んでしまう。
 ただ、托鉢僧は動物質を食べてはいけない。托鉢僧には動物質を布施してはいけ
ないという決まりがある。托鉢僧には、通常、保管してあった物を差し出す。僧もそれ
を一度寺に持ち帰って食べる。要するに、食中毒が恐いのだ。食中毒を恐れて、托
鉢僧には肉を渡してはいけないという決まりがある。
 来客僧に食肉を差し出し、来客僧がそれを食べることはわるい事じゃない。まして、
在俗の親鸞が肉をくったと言って大騒ぎするのは、阿呆なんじゃないか?

685 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 09:48:00 ID:0VpJvrVj
確かに。

686 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 09:49:17 ID:hnBws8PG
>>101
> とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
> 愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。
> 「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。


 故法然聖人は、「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」と候いしことを、確かに受け給わり
候いし上に、物も覚えぬ浅ましき人々の参りたるを御覧じては、往生必定すべしとて得ませ
給いしを見参らせ候いき。文沙汰して、盛々しき人の参りたるをば、往生はいかがあらんず
らんと、確かに受け給わりき。今に至るまで思いあわせられ候うなり。(末燈鈔 親鸞)

 今は既に他界された法然聖人は、「浄土宗のひとは愚者になりて往生す」ということを確か
に仰っていた。高い教育を受ける機会もなく、身の回りのことしか分からず、不遇の中で必
死に生きている方々を見ると、きっと極楽浄土に往生できるでしょうと、確信をお与えになっ
ていた様子を拝見したことがあった。書をよく読み、盛んに威勢を張っている人を見ると、こ
の方は本当に往生できるだろうかと、そんなことを仰っていたことを拝見したことがあります。
今になった、思い当たるところでございます。

 聖道門は、知恵を磨いて成仏す。浄土門は愚者にもどりて往生す 法然

 真宗では、「愚者」という言葉を、言い意味でも悪い意味でも使う。両方の意味があることを
認識してその深みを味わいたいものだ。

687 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 09:53:57 ID:hnBws8PG
>>686
誤  真宗では、「愚者」という言葉を、言い意味でも悪い意味でも使う。
正  真宗では、「愚者」という言葉を、いい意味でも悪い意味でも使う。


688 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 10:00:21 ID:RsMHIa1W
>>579
>やはり宿善という量的なものがある一定レベルまで達した時に
>他力になるというs会独自解釈から離れられないようで・・・。

S会ではそのような話は聞いたことはないが・・・
どこかに根拠はあるんでしょうか?

一定レベルに達したとき他力成るなんて「捨自帰他」の親鸞聖人の
教えに真っ向から対立するじゃないすか

689 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 10:11:02 ID:RsMHIa1W
>>591
>極端な人もいますが、真宗聖典などで拝読できる親鸞聖人の著作などを読むことに
>罪悪感を持つのはおかしいですよね

私も同意です。
親鸞聖人の教えを信ずるものなら、直接書かれたものに目を通して
悪いはずはないと思います。


690 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 10:26:29 ID:24NV1Ze7

>>591
私自身は「なんでも読めば良い」と考えています(言うほど読めてませんが)
、仏教を求める上の話に限らず言えば、世の中には読んだら為になる本、
読む時間がもったいない本、毒を体に入れるような読まない方がよい本、
ごろごろしています、それらを取捨選択する為の努力をした上で
「なんでも読めば良い」と思っています。
 べつに、親鸞会の発行物のみに目を通すのも、それは一つの求め方で
その人の自由だとおもいますが、 他者の言うことの正否を自分で判断
しようとしたり、本会の外の人に対して教えの正否を話したりしたいの
ならば、本を選んで、本を読むことは欠かせないのではないでしょうか
 あと、専任講師にどんな本をよんだら良いのか相談しても、ハッキリした
答えはないでしょうから、そこは罪悪感があっても自己責任でやるしかないような


この部分も同意していいですか?

691 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 11:17:18 ID:0ZRT314C
親鸞聖人の教えと違うような。

692 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 11:43:17 ID:hnBws8PG
>>677
>それにしても渡海氏って不思議な方ですね
>s会にとって、その存在はいろいろと都合が良いようですが

 S会も最近は僕の主張を受け入れて、一生懸命勉強しているということか?
 聞く耳があるようなそんな良心的な会とは思えないね。


693 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 13:50:20 ID:hnBws8PG
>>473
>20願の人が必ずしも20願の願行を具足しているのではなく、むしろ、20願に誓われた願行を、説か
れたとおりにそなえることは、煩悩具足の凡夫には不可能であるといえる。

 案ずるより産むが易し。一心不乱に称えることが難しければ、七日とは言わない。一日でもいい。一
日称えることが難しければ、十声でもいい。十声が難しければ、一声でもいい。座禅して背筋を伸ば
し、呼吸を整えながら称えてごらん。
 一声称えられれば、やがてそれが二声になる。十声になる。半日、一日でも称えられるようになる
ものだ。


694 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 13:52:01 ID:hnBws8PG
 人生バラ色ばかりじゃない。さまざまな困難がまっている。困ったとき、相談相手がいるときには相
談相手に相談するといい。心当たりの書籍があるときは、書籍を探すのもいい。現代はインターネッ
トという非常に便利な手段もある。
 それでも解決策が見付かないとはどうするか。もしも、最悪の選択肢しかないと思えてしまったら、
一声、十声、半日、一日、念仏を称えてご覧。
 画家は、一輪の花に絵画の神髄を学び、科学者は生命の起源を学ぶ。彫刻家は石に美の神髄を
学び、科学者は石に宇宙の起源を学んでいる。包丁をもってバスに乗り込み、乗客を殺して運転手
を脅迫した少年の舌に、検察官は事件の原因を学び、心理学者は少年の歪んだ心理を学ぶ。
 自分以外は、実に一切が師である。映画こそ自分の先生だったという人がいる。自分は小さいとき
砂場から全てを学んだという人もいた。実にあらゆるものが様々様々なことを教えてくれている。
 かつて釈迦の弟子達は、釈迦を先生と呼んだ。釈尊先生の言葉は奥深く、その真意を知ることは
難しかった。そんなとき、お弟子さん達は一人になり、結跏趺坐を組み、「先生、ああ先生」と先生の
名を呼びながら先生を念じたものだ。
 阿弥陀とは先生という意味だ。仏も先生という意味だ。南無とはサンスクリット語の「ナーマス」、こ
れは感嘆詞だ。「ああ」という意味だ。貴方が気になること、困っていること、なんでもいい。嘘っこで
いい。秘密に「先生」とあだ名を付け、かつてお釈迦様のお弟子さん達が釈尊先生のことを「先生、あ
あ先生」と念じたように、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念じてご覧。人生の危機にあって、もしそれ
だけで最悪の選択肢以外の選択肢が見つかれば、親鸞さんに一言感謝の思いを寄せるといいだろう。
 結局、最悪の選択肢しか見つからないときもあるかもしれない。しかし、結局最悪の選択肢を選ぶ
なら、それが五分、十分、念仏を称える時間くらい、人生の中で遅くなってもバチが当たることはない
だろう。

695 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/05(月) 13:52:56 ID:hnBws8PG
 親鸞が教えてくれているのは人生の危機管理だ。十里の道も一歩から。まず南無阿弥陀仏と念仏
を一声称えることが全ての始まりだ。
 念仏は座禅して申すべし。念仏は座禅して称えるのが原則だ。座禅して称えるのが原則だと頭で分
かれば、その後はその時その時に応じて自由に称えてもいい。何はともあれ、南無阿弥陀仏と称える
ことから始めよう。

696 :仏教の出発点と終点:2005/09/05(月) 14:46:17 ID:EShqGzha
>>533

仏教はこの地獄必定の一大事に驚き、この一大事の解決で終るものであるから、こ
の一大事が判らなければ仏教は金輪際判るものではない。
本願寺がこの一大事を知らないということは仏教のイロハも知らないということで
ある。
後生の一大事の抜けた本願寺の教えは絶対に仏教とはいわれない。

「諸寺の釈門、教に昏くして真仮の門戸を知らず」(教行信証後序)
親鸞聖人のお歎きは、そのまま今日の本願寺の道俗の実態である。

では、信前の人にはどうして
「昿劫を逕歴せん」(親鸞聖人)
とか、
「無間地獄に堕在すべきものなり」(蓮如上人)
といわれる一大事がおきるのか。
その理由を仏教はどのように教えているのか。今から明らかにしよう。

697 :仏教の根本教理は因果の理法:2005/09/05(月) 14:54:58 ID:EShqGzha
仏教というのは釈尊の説かれた教えを言う。
釈尊は約二千五百年前、印度の一共和国の王子として誕生されたが、人世の無常に
驚き二十九才の二月八日出城入山せられて勤苦六年、三十五才の十二月八日一見明星
して大悟徹底、仏陀となられた。
これより八十才の二月十五日、御入滅になるまでの四十五年間の教えを仏教とも仏
法ともいわれる。

「仏教は因縁を宗とす。仏の聖教は浅より深に至る一切法を説くに因縁の二字を出で
ざるを以ってなり」(維摩経)
と説かれているように、釈迦一代の教えを貫いている根本教理は因果の道理であるこ
とは何人も疑う余地がない。
いわゆる
「蒔かぬタネは生えぬ」
で、原因なしの結果は絶対に認めないし
「蒔いたタネは必ず生える」
と教える。

しかも因と果の関係は常に善因善果、悪因悪果、自因自果であることが厳然と説き
切られている。
故にこれを否定するものは一切外道邪教徒と断定される。

698 :三世因果は仏教の旗印:2005/09/05(月) 15:03:21 ID:EShqGzha
このように善因善果、悪因悪果、自因自果の因果の理法を離れて仏教はあり得ない
が、それは単に現在一世にとどまらず過去、現在、未来の三世を貫いて説かれている
ところに仏教の因果律の精粋があるのである。
これを三世因果といい、仏教の外道に対する旗印となっている。

故に仏教を深信するということは三世因果を深信するということである。

では過去、現在、未来の三世はどのような因果関係によって成立しているのか。
『因果経』には、
「前世の因を知らんと欲すれば現在の果をみよ。後世の果を知らんと欲せば現在の因
をみよ」
と至って鮮明に説かれている。
過去の因は現在の果に現われており、未来の果は現在の因によって発現するのだか
ら現在の自己の上に無限の過去と永遠の未来を知見出来ることを教えているのが三世
因果の理法である。

故に仏教は現在の自己を徹見すれば自己の後生は判ると教える。
現在の自己は如何なる後生を生み出す因を造作しているか。
法鏡に映し出された真実の自己を知らされたとき、誰しも脚下に渦巻く必定地獄の
一大事に驚かずにおれないであろう。

「いずれの行も及び難き身なればとても地獄は一定すみかぞかし」
はその時の親鸞聖人の悲痛な叫びであったのである。


699 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 17:00:43 ID:R+8ouGAZ
>>698
で、それには自力一杯に財施や勧誘に励む体験を通してしか、知らされないと。

700 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 18:01:38 ID:VxAbbXvT
死の縁無量なり。
病におかされて死する者もあり、剣にあたりて死する者もあり、
水に溺れて死する者もあり、火に焼けて死する者もあり、
乃至、寝死する者もあり、酒狂して死するたぐひあり。
これ更にのがるべきにあらず。

ハリケーンは可愛そうですがどうしても他人事、
台風は我が身に・・・。
死の縁無量!!

701 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 18:14:43 ID:R+8ouGAZ
>>699ああ、そうだった。
で、それには自力一杯に己の死を今に問い詰めながら
切迫した気持ちで財施や勧誘に励む体験を通してしか、知らされないと。

702 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 18:55:59 ID:uKIX80ei
>>701
当たり前でしょ!宿前薄い凡夫がそれ以外でどうやって知らされるの?

703 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:20:34 ID:kYvX3wkH
>>702
聴聞や称名ではなくて布施行か・・・まあ、布施行といっても
相手が偏っていたりやり方に問題があったりするようだが。
(専用エレベーターやら厨房車やらを手配させるような人よりも先に、
世界にはお金や食物を援助しなきゃいけない人たちも多いだろうに・・・。)

まあ、いわば難信難行の法門だね。

704 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:29:18 ID:KCBiRodT
>>703
世界にはお金や食物を援助しなきゃいけない人たちも多いだろうに・・・。

そういうことは他の人でもできること、
知らされていない人でもできることは2の次、3の次になるの自然なこと。



705 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:31:37 ID:1uoLXWvC
因果の道理を信じるのは散善だからやっちゃいけないんだぞ。
捨てないと!!

.....あっ、外道になっちゃった。

706 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:36:13 ID:1uoLXWvC
親孝行も散善だからやっちゃいけないぞ!!

......世間からもつまはじきになっちゃった.....

707 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:42:35 ID:aTyNo/a+
おれたちのやることはみんな悪だろう。

708 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:42:50 ID:kYvX3wkH
>>704
T森会長の贅沢と、よそで飢えてる人の食事とでは
前者が先になるの?

>>706
s会説の宿善論に則るとしたら、世間ごとの善も方便の善になるんですよね。

709 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:44:51 ID:gnZquu2L
親孝行は散善じゃないんじゃない?

710 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:46:00 ID:1yprxMdj
じゃあ、善導大師のお言葉はどうなるんだ?

711 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:48:36 ID:HsmfqFPl
散善はやってもやらなくてもどうでもいいんだろ。
問題にしないのが真宗。


712 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:50:51 ID:+2pXnfu/
そう。
善悪相対は問題にしない。
どうせみんな悪なんだから。

713 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:55:36 ID:KCBiRodT
>>708
そういうのは贅沢とはいわないの。先生の健康や体調に必要なものを
用意しているだけ。それもすべて説法にかかってくるからでしょ。

714 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:57:12 ID:+fB/3rPe
人に親切するのも悪なのか?

715 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:00:12 ID:DIhwyl1C
>>714

そう。一切が悪。
凡夫に善悪はない。

716 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:02:13 ID:kYvX3wkH
>>713
世界中の飢えている子どもたちは「体調」どころの話ではないよ。

717 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:06:49 ID:JZXKkYlV
>>715

じゃあ、未信に善をすすめてもどうせ悪なんだから
雑行にはならんわけだ。
雑行は善だから。

718 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:12:43 ID:kpneGSb3
>世界にはお金や食物を援助しなきゃいけない人たちも多いだろうに・・・。

こういうことは自力だから、真宗では考えないわけだ。

719 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:16:05 ID:KCBiRodT
そういうことは他の人でもできること、
知らされていない人でもできることは2の次、3の次になるの自然なこと。


720 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:17:09 ID:hCI2lCHF
本願寺は難民救済やってるだろ?

721 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:18:25 ID:KCBiRodT
本来やるべきことを忘れているからな。

722 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:22:38 ID:5ZGKW8Js
>>720

やってない。言ってるだけ。
善悪は問題にしない。

723 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:24:13 ID:eS9j417J
>そういうことは他の人でもできること

そんなこと考えてちゃ誰もしないわな…
自分しかできないと思うからこそ
(s会の言う)世間の人は援助してるんだろうに。
この心は大切だと思うんですけどね。所詮聖道の慈悲ですか?

724 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:26:05 ID:QdrtHVw7
>>717
>雑行にはならんわけだ。

そう。当然「浄土に生まれたい」などという殊勝なこころもない
から「浄土に生まれたいと思ってやる善」などない。

725 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:28:33 ID:QdrtHVw7
>この心は大切だと思うんですけどね。所詮聖道の慈悲ですか?

これは自力だろ。自力は捨てもの。
聖道門は時機が違う。

726 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:29:38 ID:H1Biwbg4
>そう。当然「浄土に生まれたい」などという殊勝なこころもない
>から「浄土に生まれたいと思ってやる善」などない。

マジですか?ファイナルアンサー?(古!)

727 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:30:03 ID:KCBiRodT
本願寺は葬式・法事だろ。

728 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:32:57 ID:+rPm1bJF
親切も悪なら難民救済も悪だよな。
栗の木柱だな、やっぱ。

729 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:41:52 ID:6sua3fpq
善悪は問題にしないんだよ。
とにかく。
悪をやってても問題にしない、諸善もすすめない。

滅んでもしかたないかもな。

730 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:43:31 ID:6sua3fpq
>>726
「浄土に生まれたい」と思ったら「善」じゃないか?
すすめちゃいかんだろ。自力だし。

731 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:45:52 ID:KCBiRodT
西本願寺に包丁男、油まく 現行犯で逮捕
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005090201001092
>当時、阿弥陀堂に参拝客はいなかった。
>署員が駆けつけた際、北崎容疑者は無言で堂内に立っており、
>ポリタンクはほとんど空だったという。

共同通信(FLASH24)   2005年(平成17年) 9月 2日


732 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:57:47 ID:UvdtrPqN
>>731

こういう悪は問題にするのか?


733 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:59:27 ID:J5TRiMbu
悪を問題にしたのは警察。
本願寺は「損」を問題にしただけ。
煩悩具足だから。

734 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 21:02:38 ID:J5TRiMbu
S会に門徒とられて「損」してるから、そこのところは問題だろ。
善悪は問題にせんから質問には回答せん。
争いごとはよくない。

735 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 21:05:08 ID:J5TRiMbu
>すすめちゃいかんだろ。自力だし。

どうせ、できないんだからすすめてもいいんじゃないのか?
「善」を「やったら」いけないんだろ?

736 ::2005/09/05(月) 22:20:10 ID:yzI9OeJb
召喚マホウでグチャグチャになりましたね
しばらく避難します

737 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:25:54 ID:20QjsDKM
>>703氏の指摘したポイントは2つに分かれている。
1つは、>>702氏が「財施」と「勧誘」にこだわり、「称名」や「聴聞」を挙げなかったこと。
「布施行」が必要なら、それは自力聖道門であり、それを
「難信難行」と指摘している。

もう一つは、
親鸞会で善を勧めるといっても、結局は会長や会の維持・拡大に関わることしか勧めていない・
「世間ごとの善でも宿善になる」と言っているにも関わらず、これ以外の善である
飢餓に瀕している人たちなどへの援助やボランティアは勧めない点。

まあ、要するに
会員に、称名に励まれても会の利するところはないし、
慈善事業なんかでヨソに金を持っていかれては会への献金分が減ってしまうからってのが本音だろう。

738 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:35:42 ID:20QjsDKM
余談だが、何だかふと
スーダンあたりで難民化してる飢餓状態の子供たちの前で、
「会長先生の体調が…」とオロオロしながらT森会長を厨房車へ接待してる幹部の姿を思い描いてしまった。

彼らの目にはその姿がどんな風に見えるんだろう。想像の域をでしかないが、
「先進国の裕福な人らがまた何かやってんだなー」みたいな冷めた眼差しでも送るんだろうか・・・。

739 :アンチはウンチ:2005/09/05(月) 22:36:39 ID:RN0lpxyz

アンチ荒れてるね


740 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:43:52 ID:Sv+FmSlx
「仮面ライダーBLACK」OPより

部会来いよ 親に言うな 心配するから
君は見たか幹部が 豪遊してるのを
平和なキャンパスに 危険な罠が待つ
信じる奴が バカ 格好の餌食
金を取り続けることが 会の現実
生きることが苦さ 青く冷める顔色
部会来いよ 親に言うな 心配するから
T山行くぞ 法話聞くぞ 日曜という日に
J土真宗 S鸞会
J土真宗 S鸞会

黒く濁る浄財 ハートに血が失せる
汚いやり口に 気持ちがふと萎える
支配したがる上層幹部
妖しげな 裏組織
法話の時は正座 要スーツ着用
この組織が嫌さ 心許せぬ友
永遠に消えろ バカさ弾け
目がイッちゃってる
本尊燃やせ 経典捨てろ 奴らの目の前で
J土真宗 S鸞会
J土真宗 S鸞会


741 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:46:02 ID:Sv+FmSlx
「仮面ライダーBLACK RX」OPより

ダミーサークル身にまとい
君は勧誘人になれ
気づかれることを恐れたら
聖人の教えは廃る
さっさと浄財 出しやがれ
報謝と会費の果てしない要求
全員で信仰 会長を
辞める勇気を与えてくれ
S鸞会 黒い組織
S鸞会 イッちゃった目
J土真宗 S鸞会

やさしさなんて初めだけ
勧誘の時が花なのさ
君よ怒りを大学に
ぶつけ被害を説きまくれ
ダミーサークル 下部組織
君の知らない 正体があるのさ
浄財の集金 目を覚ませ
誰が報謝を 受け取るのか
S鸞会 家族も勧誘
S鸞会 悪の集団
J土真宗 S鸞会


742 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:51:27 ID:RsMHIa1W
人の為にやれ、というのは、何もわかっていない。
それは、人の為にと考えて行為したことになる。
それは、意識的に人のことを考えて行うわけだから、自然な自分の
欲求に従うことではなく、自分というものを我慢して他人を優先
したことになる。
それは、ただの我慢であり、偽りの自分で生きることです。
本当にわかっている人は、絶対に、人の為にとは言いません。
すべては自分のためであることを分かっているからです。
自分の思うとおりにやってみて、結果が良くなかったら、
自分を変えていくことができます。

743 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:57:35 ID:RsMHIa1W
まず、自分をどの様に定義するかでしょう。
肉体が自分なのか、精神が自分なのか、それを併せたものが自分なのか、
あるいはそれ以上の存在なのか?
私見を言わせて頂ければ、私の「あるがままの自分」は『経験』です。
どんな経験であれ、「自分には意味のある事」と捉え、
その経験から、もっと自分らしい経験が得られるようにしています。
この自分らしい経験とは、自分が喜べる経験です。

他人の価値観ではなく、他人のルールではなく、
自分の為に自分の直感を信じて、自分を生きてるつもりです。

744 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:23:57 ID:20QjsDKM
>>731
・・・そういや本願寺に火をつけようと青年時代に思った方もあったらしいが…
その方は今頃「随喜同業」???

745 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:42:48 ID:RsMHIa1W
取り得る選択枝として、
1:自分を観察することは、自分の為になる。
2:自分を観察することは、他人の為になる。
3:他人を観察することは、自分の為になる。
4:他人を観察することは、他人の為になる。

2と3は、互いに逆の過程同士の項目ですね。
1と4は、閉じた過程で独立した項目ですね。

746 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:47:29 ID:20QjsDKM
>>745
話の脈絡がよくわかりませんが、とりあえずの疑問。
項目4の主語はなんですか?

747 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:48:07 ID:RsMHIa1W
>>745
ここで、条件を加えるとどうでしょうか。
条件1 自分と他人は同じもの
条件2 自分と他人は同じでない

条件1では、2と3は同等の選択枝になりますね。
同様に1と4も同等となりますね。
よく見るとこの条件では、2と3、1と4も同等になっていますね。
選択肢は4つから、1つに成っていることがわかりますね。
即ち、条件1では4つの選択肢の中でどれを選択しても同じであると
いうことが言えますね。

条件2では、4つの選択枝は、そのままで何も変わりはありませんね。

さて、エレガントな選択枝の選択は、どちらの条件を選択すればよいでしょう。


748 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:49:08 ID:RsMHIa1W
でもその観察している自分や
条件付けをしている自分というものは
自分以外にアクションを起こせるものはないので、
自分=他人ではないと思います。

自分の在り方に応じて他のものが整っていると見るとき、
自分と鏡像として他があることに気づくと思います。
このとき他人を見て自分に返すことができるし、
他人がなければ自分に気づくことができないということがわかります。
それは自分の中の心と体を考えても同じことが言えます。
体を通して学ぶことも可能です。
但し、全く身体的なことしか視野にない人には難しいです。

749 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:57:47 ID:UMvCgBv0
自力他力の水際を 詳しく教うる人はなし。


750 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:57:49 ID:20QjsDKM
なんか奇妙だと思ったらID:RsMHIa1Wはこのスレ↓からコピペしてただけか。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1054348071/

751 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 00:53:27 ID:0Vwi3NhE
>>740-741
ワロタ
良作あげ

752 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 01:33:25 ID:HnWkl9u/
>>729
>善悪は問題にしないんだよ。
>とにかく。
>悪をやってても問題にしない、諸善もすすめない。

阿弥陀仏が、往生のためには、衆生の善悪業は問題にしてないということ。
そして、往生のためには、「自力諸善」もすすめない。すすめるのは
御名号を聞くことのみ。
悪をやってても(って、もとより凡夫の一切の業は悪しかないが)往生
のさわりとはならない。
聖人が、造悪無碍が廃されたのは、それが、「異安心」(ほんとうの弥陀の
お救いにあずかってない心)だからでしょう。
「一生造悪値弘誓」だから、「造悪」そのものが廃せられてるわけではない。
弥陀から見れば、「一生造悪」も、ひとたび弘誓に値へば、安養界に至って
妙果を証せしめることができるが、弘誓があるからといって、好んで悪業を
造ることを正当化したり(往生に障りが無いといっても、悪業は悪業だから、
決して正当化されない)、悪をすれば、するほど弥陀の願いにかなっている
として、現在から未来に向かって、更に悪を積もうと心がけることは、弥陀
の御意にそむくことであり、そういう心がけで安心しようとするのは、自分
心に言い聞かせるだけの「自力の安心」(異安心、自力疑心)であって、御本
願の生起本末をお聞かせいただいた「機法二種の深信」をいただいた御安心
とは違うため、廃せられているのでしょう。

753 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 01:41:08 ID:NKKItnMa
結局何がいいたいの?

754 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 02:41:38 ID:1b8uvXZq
親鸞会は、疑いようのないカルトだと言うことです。

755 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 02:44:39 ID:1b8uvXZq
ttp://www.buddhanet.com.tw/poison/photos/p52.jpg

756 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:33:31 ID:1b8uvXZq
↑グロ注意

757 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 06:18:44 ID:w+aMOxtp
>752
何言っているか、わかんないけど。
私の理解では親鸞会での教えは以下の通り。

 ・阿弥陀仏にすべてを託さないと救ってもらえない
  →どんなに悪いことをやっていても、阿弥陀仏にすべてゆだねれば救っちゃる、ということ。

 ・すべてをゆだねるためには、その人が「自分じゃどうにもならん」と
  心の底から、いっぺんの疑いもなく理解すること!
  →じゃないと、「何とかなる」って思うでしょ?!人間は!心の奥では。

 ・理解するためには、自分ができうる最もよい行いをしてみること

つまりだ。善でも悪でも救うが、「やっぱり無理、阿弥陀仏様なんとかして!!」
という心からの願いがなければだめだぞ、といっている。

ちなみに、私は「救われる」べきことがわからず親鸞会を逃げました!
                      By 元親鸞会信者

758 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 06:38:44 ID:w+aMOxtp
ちなみに。
「人助けは善じゃないのか」っていう疑問がある人!
本当に自己満足・打算とか無いか自問してみて。
たとえば、
 ・名を売りたい、「ありがとう」、を聞きたい、誉められたい

等々。もしあれば仏教的には「悪」です。

もし自問してもやっぱり善じゃないか、と思う人。さらに質問です。
もし絶対的な(打算のない)人助けであるならば、助けた人が次のようなことしても平気ですよね?

 ・「別に助けてくれなくてもいいのに」と言われる
 ・「ちっ」と舌打ちされる、あるいはなにも言わず去っていく

上記のようなことされても特に怒りなどがなければOK.善い行いですよ。

759 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:04:12 ID:CfxQ6qjN
>>758
>もしあれば仏教的には「悪」です。

「悪」というからには「やらないほうがいい」という意味を
含みます。
やっぱり(凡夫の)親切は仏教的には「やらないほうがよい」ということに
なるんでしょ。

760 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:14:32 ID:HnWkl9u/
>>752補足

後段ちょっと言葉足らずだったが、「造悪無碍」も「賢善精進」も、「善悪を問題にしない」
弥陀の願を、善悪相対の自我の心で以って計らって(疑って)いるから、一見正反対のようだ
が、等質の異安心だということ。
真宗で問題となるのは、この「信疑」のみであり、「善悪相対」ではない。

>>757
>何言っているか、わかんないけど。

下手な日本語申し訳ない。

>すべてをゆだねるためには、その人が「自分じゃどうにもならん」と
>心の底から、いっぺんの疑いもなく理解すること!
>理解するためには、自分ができうる最もよい行いをしてみること
> つまりだ。善でも悪でも救うが、「やっぱり無理、阿弥陀仏様なんとかして!!」
>という心からの願いがなければだめだぞ、といっている。

「自分じゃどうにもならん」(自力無効)と「いっぺんの疑いもなく理解すること」は
、自力では不可能。他力の仏心をいただくのみ。その為(理解するためには、)の自力
の「方法」も「条件」もありません。
阿弥陀仏様なんとかして!!」 の心からの願い(当然、自力疑心からの願いだよね?)
などは、不要どころか「捨てもの」。困った時のなんとかだのみの心と変らない。
「何とか御前を救わせてくれ、聞いてくれ」の阿弥陀仏様の心からの願い(御名)をお
聞かせいただくのみ。

761 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:18:04 ID:kcC11AKZ
>>752
>往生のためには、「自力諸善」もすすめない。

ということは、世間の結縁、出世の結縁、遠因縁、近因縁という宿善は
こちらから求めるものではない、ということだろ。
未信は「浄土へ行きたい」と思ってはならない、ということなんじゃないの?
「行きたい」と思うのは「行ける」と思ってる自力なんだから。

762 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:20:29 ID:kcC11AKZ
「浄土へ行きたい、と思ってはならない」と言われたら
聴聞には行かないよね、やっぱり。

763 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:23:48 ID:kcC11AKZ
「べつに極楽へなんか行きたくないよ」と思いながら聞くんだろ。


764 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:26:37 ID:gwZ3jnMG
なに思っててもだめなんだから寝るしかないか。

765 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:28:23 ID:HnWkl9u/
>>758
>等々。もしあれば仏教的には「悪」です。
>上記のようなことされても特に怒りなどがなければOK.善い行いですよ。

横レススマソだが、おっしゃる通りですね。

>>759
>「悪」というからには「やらないほうがいい」という意味を
>含みます。

これも横レススマソです。
そりゃ、そんな悪は仏教的には「やらないほうがいい」でしょう。
だから仏教的な善ができるように、聖道門では、清浄の心になるよ
うに自力修行がすすめられるし、真宗では他力の清浄の仏心をいた
だいて「仏に成り衆生を救う」ことが、すすめられます。

766 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:34:33 ID:HnWkl9u/
>>763-764
>「べつに極楽へなんか行きたくないよ」と思いながら聞くんだろ。

それ(「べつに極楽へなんか行きたくないよ。《この娑婆が一番よ。》」)が、
凡夫の本音でしょう(信未信問わず)。

>なに思っててもだめなんだから寝るしかないか。

なに思っても(なにしても、なに言っても)、往生のためには功はないですね。
もちろん寝ることも。

767 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:39:01 ID:w+aMOxtp
>760
>「自分じゃどうにもならん」(自力無効)と「いっぺんの疑いもなく理解すること」は
、自力では不可能。他力の仏心をいただくのみ。その為(理解するためには、)の自力
の「方法」も「条件」もありません。

そうそう、そういう話ですね。でも人間はそんなこと言っても
分からないから、もっと分かりやすいように「自力でがんばれ」
って言ったのでは無かったでしょうか?方便というやつです。

768 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:45:52 ID:3Yd83OWN
>「仏に成り衆生を救う」ことが、すすめられます。

仏になる前はなんにもせんほうがいいんだよね。
煩悩で悪つくるから。

769 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:48:01 ID:3Yd83OWN
>766
>凡夫の本音でしょう(信未信問わず)。

本音を肯定して懺悔がなければ造悪無碍だろ。

770 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:51:47 ID:HnWkl9u/
>>768
>仏になる前はなんにもせんほうがいいんだよね。
>煩悩で悪つくるから。

この娑婆との縁尽きず業あるかぎり、なんにもせんことは不可能。
だが、凡夫のそれは「仏教的には悪業」でしかないのは「厳然たる
事実」だよ。

771 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:58:21 ID:HnWkl9u/
>>769
>本音を肯定して懺悔がなければ造悪無碍だろ。

本当の懺悔は、他力深信(仏心)のみ。
自力の懺悔(もどき)は「捨てもの」。
煩悩が凡夫の本音(自体)なのは、「事実」。

これから仕事だから、縁あれば晩にでも。

772 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 09:04:12 ID:w+aMOxtp
>>768
>仏になる前はなんにもせんほうがいいんだよね。
>煩悩で悪つくるから。
でも、悪だとは思っていない。あるいはたいした悪だと思っていない。
そこが仏様の悩みどころですねぇ。

773 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/06(火) 09:38:25 ID:yJa1S3Ej
 説法の者においては、医王の想を作せ、抜苦の想を作せ。所説の法をば、甘露の想を
作せ、醍醐の想を作せ。(信巻)
 このゆえに如来を「大良医」とす、六師にはあらざるなり、と。(信の巻)
 仏如来の名のごとし。如来の義異名異とす。 〜 また「導師」と名づく、また「正覚」と
名づく、 〜 また「大医王」と名づく、(真仏土)
 仏および菩薩を大医とするがゆえに、「善知識」と名づく。何をもってのゆえに。病を知
りて薬を知る、病に応じて薬を授くるがゆえに。(化身土)

 患者「先生、私も健康な体になりたいと思います」。
 医者「死ぬまでこの薬を飲み続けなさい」
 患者「私は、その薬は嫌なんです。先生の御説の通りそれを飲むことは、煩悩具足の
凡夫には不可能である(473)といえる。飲まずにはいられない気持ちで飲むのが本当
の薬でしょう。他人から飲めと言われて飲むのは本物ではありません。大事なのは心
でしょう?(520)。」
 医者「あのね。私も昔は、一生懸命勉強してきたんですよ。そしてこの薬に出会い、こ
れで治るんだと分かったんです(三願転入)」
 患者「ほらごらんなさい。先生だって一生懸命勉強し、そしてこの薬に出会ったんで
しょう。私たちだって、この薬がいいんだと知るには、これから一生懸命勉強しなけれ
ばいけないんでしょ。自力一杯勉強をし、そうしたら勉強無効、自力無効を知り、そした
らこの薬を飲まないではいられなくなりますよ(親鸞会の三願転入論)。」
 医者「あのね。難しいことはないのよ。貴方だって、この薬を飲み続ければ健康でい
られるんだよ。」
 


774 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/06(火) 09:40:07 ID:yJa1S3Ej
 患者「この薬だけ飲めばいいんですか?善をしなくていんですか?布施をしなくてい
いんですか?。破邪顕正しないでいいんですか。
 命がけで先生の話をお聞きすることが大事なんでしょう?。この薬以外をものを勧め
ている人々(邪)を論破し、この薬以外には治る薬はないと破邪顕正することが必要な
んでしょう?。この薬以外、自分の力では治らなかったと、自力が廃ったとき、先生の
力に間に合う。そのとき、驚き呆れ、すべてが先生の働きであったなあーと不思議不
思議と踊り上がる。そのとき治るときじゃないんですか(327)。」
 医者「あのなぁ。お前馬鹿じゃない?。あんたは病気なんだろう。それなら、他人の事
じゃなく、自分の体を心配したらどうなの?この薬以外には治る薬なんかないんだよ」
 患者「薬だけ飲めばいいんですか?。いいことをしないでもいいんですか?親孝行も
散善だからやっちゃいけないの?。世間からもつまはじきになっちゃっうよ?(706)。
おれたちのやることはみんな悪なのか(707)」
 医者「あのな。私は医者なんだよ。何が善で、何が悪か、そんなことは知らんよ(歎
異抄)。」
 患者「じゃあ、善導大師のお言葉はどうなるんだ?(710)。世界にはお金や食物を
援助しなきゃいけない人たちも多いだろうに、こういうことは自力だから、貴方は考えな
いわけだ(718)。悪をやってても問題にしない、諸善もすすめない。滅んでもしかたな
いかもな(729)。」
 医者「あのな。お前、ここに何しに来たの?何が言いたいの」
 患者「??」


775 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 10:55:57 ID:ZkUUOPtN
>>758>>765
会員のやる、財施や勧誘・その他会の活動には、
>・名を売りたい、「ありがとう」、を聞きたい、誉められたい
とかいう気持ちはないの?

776 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 11:04:53 ID:8Uds/xb5
「仮面ライダーアギト」OPより

「キャンパスで 見つめてる…
手を伸ばし… つかみ取る、君持ってる金」
また、誰かが軽蔑の顔をして
宗教だと ののしっても…
連日 勧誘 J土真宗 S鸞会!
聖人の教えで、救われればいい
大学で 勧誘 J土真宗 S鸞会!
いま、君がいないと… 会員不足!

「新しい 教えには…
新しい… 批判さえ、伴うだろう」
その、誰もが受け入れたくない
思想を、押し付ける…
とことん 勧誘 J土真宗 S鸞会!
見てるだけで、気味が悪い
下宿で 勧誘 J土真宗 S鸞会!
いま、君がいないと… 資金不足!


777 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 11:06:43 ID:8Uds/xb5
「宇宙刑事ギャバン」OPより

早く金出せ ぐずぐずするなよ
勧誘意欲に 火をつけろ
カモはそこだぜ 一人で歩き
光の速さで あいつを奪取さ
I万年堂出版って何だ
ダミー出版会社さ
Tューリップ企画って何だ
ダミービデオ会社さ
S鸞会 あばよ世間
S鸞会 よろしくK真学院
J土真宗S鸞会

悪い奴らは 善意の名のもと
偏る思想を 植えつけるのさ
俺もお前も 会長先生を
尊ばずにはおれない 男になるのさ
歎異抄研究会って何だ
ダミーサークルの一つさ
古典を学ぶ会って何だ
それもダミーサークルさ
S鸞会 あばよ大学
S鸞会 よろしく中退
J土真宗S鸞会


778 :758:2005/09/06(火) 11:20:05 ID:JXHvM37H
>>775
おそらく有るでしょう。とは言っても、「金取るぞ・誉められたいぞ」
を主とした理由で普及活動しているわけではありません。
むしろ「正しい事なら広めなければ」という心でいっぱいなのですよ。
解ってもらえますか、この気持ち。

779 :758:2005/09/06(火) 11:27:41 ID:JXHvM37H
>>778
あ、すみません。付け加えると、一部の心ない信者・幹部は「金取るぞ」と思っているかもしれません。
誤解の無いように。

780 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 11:36:10 ID:ZkUUOPtN
>>778
主たる動機がそうでなくても
>もしあれば仏教的には「悪」です。
でしょ?

781 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 11:42:11 ID:ZkUUOPtN
あと、別に仏教とかの観点からでなくても、
ボランティアとか人助けをやってる人に>>758のように言って「それは偽善だ」って
批判する人はよく見かけるけど、そういう人自身はどんな人助けやってんだろう?
飢餓状態の人とか、伝染病の蔓延してる集落とか地雷の埋まってる街に住んでる人とかにとっては
施者の内心とかこそが2の次で、現実的な援助こそをまず求めてると思うんだけど。

782 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 12:28:56 ID:rqqEUJxK
>>767
>そうそう、そういう話ですね。でも人間はそんなこと言っても
分からないから、もっと分かりやすいように「自力でがんばれ」
って言ったのでは無かったでしょうか?方便というやつです。


でも方便は捨てものだから、やっちゃいけないっていう話だから
結局、人間には何にもわからなくて聞法もしないという結果に
なるわけだ。

783 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 12:29:38 ID:EPXKBrm1
だから、事は往生の問題であって今生の利益や名利がどうこうという
問題ではないんじゃないの?

784 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 12:37:33 ID:rqqEUJxK
信後のことは未信のものにはわからない。
信前のことは教えに無い。
だったら信前のものにはなにもわからない。
だから誰も聞きにいかない。
という当然の結論です。

785 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/06(火) 13:08:41 ID:yJa1S3Ej
患者「私は、先生のような元気な体になりたいです」

医者「だから、この薬を飲んだらどうなの」

患者「薬は、人から飲めと言われて飲むのでは、本物ではありません。先生のお話をしっかり
聞かせていただかなければなりません。」

医者「だから、私の話として、この薬をのんだらどうですかと勧めているんですよ」。

患者「いやいや、先生の話を何度も何度も、同じ事を聞かせていただくのです。重ねて聴聞さ
せていただくことは、変わったことを聞くのではありません。知識で聞くのではありません。何
度も聞かせて頂いたことだけど、死を心の底に置いて聞かせていただかねば、先生のみ心を
頂けない、と聞かされます。大悲の願船にのせられて、先生のお薬にに進ませていただく先は
、健康な世界だと、聞かされます。」

医者「だから、この薬をのんだらどうですかと勧めているんですよ」。

患者「この薬を飲むんですか?。何度も聞かせて頂いたことだけど、死を心の底に置いて聞か
せていただかねば、先生のみ心を頂けない、と聞かされます。(317)」。

医者「だから、私の話として、この薬をのんだらどうですかと勧めているんですよ」。

786 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/06(火) 13:09:30 ID:yJa1S3Ej
患者「本願寺の考えはおかしいです。ただ薬を飲めば治るなどと。それは異安心です。
しっかりと先生の話を聞かせていただきます。」

医者「あのなぁ、私は、これまで一生懸命勉強してきて、それで分かったんだよ。この
薬しかないって。(三願転入)」

患者「そうでしょう。大事なのは、薬が大事だと信じられない信前のひとです。高森親
鸞会にお布施し、友達を一生懸命紹介し、自力一杯お布施し、本堂を建設し、努力し
て、ああ、自分一人では何もできない。我が身の自力は無効だったと分かったとき、
宿善が開発し、その薬を飲まないではいられなくなる。そのときが治るときでしょう。
先生だって、一生懸命自力一杯努力して、ああ自力は無効だった知ったのでしょう
(三願転入)。一生懸命自力一杯努力して、ああ自力は無効だった知って始めて薬
が飲めるんでしょう。
 薬を信じられない信前の人になぜ、自力一杯の聴聞や破邪顕正、布施行などを
勧めるのか。机上の空論や合点なら易しい。仏教は行学である。自力は捨てもの、
間に合わぬものと合点するのはたやすいが、実地の体験は難中之難無過斯だか
ら、浄土は易往而無人なのだ。体の治療にには自分の力で間に合うか、合わない
か、実際、全力を尽くして始めて出来ることか、出来ないことか、可能か不可能か、
ハッキリ知らされるのだ。子供は母親が荷物を下から支えていることを知らないか
ら、驚いて心から素直に母親に任せるのだ。(325,326)」

医者「おまえ、顔でも洗って出直してきたらどうだい」

787 :758:2005/09/06(火) 13:14:30 ID:JXHvM37H
>>780
そう、その通りですよ。信心決定したものが特別な存在になるわけでは
ないっす。人間一生同じ煩悩具足なのです(ですよね、仏法者の方?)

>>781
私のスレ(>758)を見て「ボランティアは偽善だ」って言っている
ように見えましたか?うーん。そうだとすると、ちょっと悲しい
ですね。

仏教では無意識の中の悪も「悪」としてとらえるのですが、
ボランティアの皆様が、「これで名を売ることができる、感謝される」
なーんていう打算を持って作業されているはず無いですから、
私は決して「偽善」だとは思いません。

といっても、確かにアクティブなボランティア活動はしていませんので、
あまり大きな顔はできませんがね、はい。>>781さんは偽善者じゃない
ですよね?


788 :元々ぼら夫:2005/09/06(火) 13:51:20 ID:/zdxZL/z
ちと時間が出来たんで、横レス失礼。
>>773-774
面白い喩えですな〜。阿闍世王にお釈迦さまを勧めたのも、耆婆(お医者さん)だった罠〜。
六師は大臣なのに、なんか意味あるんかな〜。関係ないけどwふと思った。
>>787
ボランティアやってる時、関係ない人から偽善よばわりされるのは、正直面白くなかった。
なんでそんな思いがでてくるのか、原因を探ってみると
@相手が不当な事を言ったから。
A自分が正しい行いをしてるのに、という自己過信があったから。
煩悩の根深し。無意識のうちにも、煩悩が働いとるんやろう。南無阿弥陀仏は大忙しや。


789 :787:2005/09/06(火) 14:21:48 ID:JXHvM37H
>>788
私のスレの中で、「ボランティア=偽善だ」という説明はしていない
つもりでしたが私の発言があなたの気に障ったとしたら申し訳ないです。

何かを行ったとき、悪か善かを判断する際にさくっと「善だろ」って結論
を出してほしくなくて>>758を記述したのですが。すみませんでした。

790 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 15:50:55 ID:TTCtkr69
ボランティアとか人助け云々が話題として出てきてるのは、
「教義上、方便としての善を勧めている」と言っている親鸞会が、
その「善」として、どうして会への財施や勧誘といった特定の善しか勧めず、
困っている人一般への親切や手助けを勧めないのか?っていう論点では?

>>737の指摘は当たってると個人的には思っているが。

791 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 16:12:16 ID:TTCtkr69
親鸞会で勧めてる「世間にも通じる善」といえば、親孝行というのもあるが、
これもどうだろう?
「心配させちゃいけないから」と、下宿生に実家の親御さんとこへ
財施のためにバイトやってることやダミサ勧誘やってることとなどといった
組織活動については触れさせず、「元気で楽しくやっている」云々とだけ書いた
嘘手紙を送るような指導をして、これが親孝行?

青森の王子様が監禁してた女性に、実家へそういう連絡入れるようにさせてたけど
あれも親孝行を勧めてるものだったのか?

792 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 16:29:08 ID:gO0vIv1p
高森の王子様は軟禁してるんじゃないの?

793 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 16:58:18 ID:wH7WbMeE
>>755
グロはやめれ



794 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 16:59:09 ID:wH7WbMeE
>>722
> >>720
>
> やってない。言ってるだけ。
> 善悪は問題にしない。

やってないんだ。


795 :787:2005/09/06(火) 17:11:54 ID:JXHvM37H
>>790
「困っている人一般への親切や手助けを勧めないのか」というのは
事実なんですか?なんか誤解とか・人から聞いた話を鵜呑みにして
いません?昔私がまだ親鸞会会員だった頃は、しょっちゅう
ボランティア活動したりしましたが・・・。そういう支部もあるんですね。
ひどいです。

>> 791
そうそう。よく親鸞会を否定するときに持ち上がる話ですよね。
親孝行かどうか、あなた、どう思います?私はNGですね。
嘘の手紙をすることでだましても、結局誰もが不幸になると思いますから。

それから、監禁の話は当事者も見られる可能性があるから回答は控えます。

796 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 17:42:52 ID:TTCtkr69
>>795
>「困っている人一般への親切や手助けを勧めないのか」というのは
>事実なんですか?
だからここにきてる現役の会員さんに
「困っている人一般への親切や手助けを勧めないのか?」って聞いてるんですが。
ちなみに私がいた(いうまでもなく学友部)とこじゃ、
「ボランティア」と言えば「雑毒の善だから」「仏法と関係ないことだから」と
敬遠されてたように記憶してます。

どんなボランティア活動してました?
そしてそれは、会の上司から教義上の「方便の善」として勧められたことですか?

797 :795:2005/09/06(火) 17:47:27 ID:JXHvM37H
>> 796
>どんなボランティア活動してました?
>そしてそれは、会の上司から教義上の「方便の善」として勧められたことですか?

それは解りません。そんなに長いこと居たわけではないので。
今、疎遠なんですか?その口ぶりだと、あなたも脱会された?

798 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:03:48 ID:TTCtkr69
>>797
私は脱会者ですけど、あなたは脱会者のふりをした会員?
あなたの発言を見てると、どうも論点をずらそうとしてるように見えてしまうんですが。


799 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:04:37 ID:TTCtkr69
もうPCルーム閉まっちゃうんで続きはまた明日。

800 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:08:45 ID:4xV6k1Km
嘘800s会

801 :798:2005/09/06(火) 18:15:47 ID:JXHvM37H
>>798
いえいえ、私は会員ではないですよ。もう5年以上前に脱会しています。

>あなたの発言を見てると、どうも論点をずらそうとしてるように見えてしまうんですが。
別に論点をそらそうとはしていませんけど。それよりも、あなたも事件の事を持ち出して
きて若干デリカシー無い質問があったのでむっときていました。
 →お互い気をつけませんか。

どんなボランティアか質問されていましたが、別に特別な事をしたわけではないけど
どこかの公民館やらのゴミ掃除などです。

あと、論点をずらしたっておっしゃられているのは何ですか?

802 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:32:39 ID:WQAJyNqU
「そうだ うれしいんだ 生きる喜び・・・
 何のために生まれて 何をして生きるのか
 答えられないなんて そんなのはいやだ・・・
 何が 君のしあわせ 何をして喜ぶ
 わからないまま終わる そんなのはいやだ」
と続きます。
子供向けの番組の主題歌ですが、多くの人に大切なことを
問いかけています。
その答えは、どこにあるのか?

803 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:52:27 ID:oYK8i7da
CARPに興味ある、創価が目標
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-050904-0003.html

804 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:56:26 ID:qp4+3QDy
T森先生って幽霊の存在を信じているんですか?

805 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 18:59:39 ID:0rcAZCo7
医者と患者の話は前提が違ってる。
患者は医者の言葉はわからないから「薬を飲む」ということも
わからない。
患者は重体だから寝てるだけだし。

806 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 19:19:30 ID:oYK8i7da
>>804
信じているのではありません。
信疑一如と申しますように、「幽霊の存在を信じている」とは
未だに疑いの心があるということになります。

幽霊の存在は科学では証明することはできません。
ですからそれは、仏知に照らされて初めて明らかになるのです。
先生は幽霊が存在することを、「知っている」のです。



807 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 19:33:15 ID:oYK8i7da
風が強くなってきました。
http://www.imgup.org/file/iup81762.jpg

808 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/06(火) 19:47:53 ID:yJa1S3Ej
>>805
> 医者と患者の話は前提が違ってる。

 無宿善の機は信心とりがたし。
 宿善のない方にはご理解いたけないかもしれませんね。

 宿善無宿善の道理を分別せずして、手びろに世間の人をも憚からず勧化をいたす
こと、もってのほかの当流の掟にあい背けり。
 これ以上の解説は控えておきましょう。  信謗共にあるべし。

809 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 19:53:00 ID:lGG/y9MB

医者の話で言うと、宿善って何なんでしょうね。


810 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 19:55:43 ID:0D+48VOC
アメリカのボランティア活動
http://homepage.mac.com/berdyaev/mm/prmnd/iti/prmnd117.html

811 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 20:09:43 ID:zHhpAfHV
>>796

これは雑毒の善だからやめておきなさい。
といって、ボランティアをしてはなりません。?

これは方便の善ですよ、とか、これは方便になりませんよとか
どうやって判断するのですか?
善は、善。因果の道理に狂いはありませんから、
善い種まかなかったら、善い結果は返って来ませんよ。

仏教の常識ではありませんか。

ボランティアなんかしなくても良いといわれたのには、
聴聞と日が重なっていたとか、別の理由があるのでは
ないでしょうか。

812 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 20:14:40 ID:/D54wFtA
>>808
>宿善のない方にはご理解いたけないかもしれませんね。

ほんとだ。
「真宗で名号というのは阿弥陀仏の4字だ」なんて言ってるのには
かかわらんほうがいいよ。
荒らしに反応するのも荒らしだぞ。

813 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:14:56 ID:zHhpAfHV
>>812
>荒らしに反応するのも荒らしだぞ。

荒らしが続いているようですね。

814 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:20:01 ID:zHhpAfHV
>>787
>ボランティアの皆様が、「これで名を売ることができる、感謝される」
なーんていう打算を持って作業されているはず無いですから、
私は決して「偽善」だとは思いません。

自己に真面目な方の意見とはお見受けできませんね。
もっと心のうちを見つめようではありませんか。


815 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/06(火) 21:34:48 ID:7aZUyZ+V
ボラ夫の場合はボランティアなんてしてる余裕無いでしょうね。
阿弥陀仏の本願お伝え申すのにいっぱいいっぱいでしょうから。

816 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:39:06 ID:WV/IOLw5
s会は聴聞と諸善について、たしか優先順位付けてたよな。
(1)聴聞
(2)五正行
(3)諸善
だっけか?
なら一日中聴聞してればいんじゃない?
なんで遠回りに諸善なんてしてるの?
それとも、講師がやれって言うのをそのまましてるだけで
特に考えてないってことなのかな。

817 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:43:26 ID:8lmwgeeZ
なんかこのスレの進行にデジャヴを感じると思ったら

ぼら夫氏が登場するちょっと前の流れだな
”s会はなんでボランティアを勧めないの?”
っていう話になってて(ちょうど新潟地震の頃か)

善を勧める(宿善)といいながら、s会の勧誘や財施に偏ってるのはなぜ?
という話に未だにちゃんと答えられてないわけですね。称名念仏についても

>>815そんな言い方をするとかえってs会の損ですよ。

818 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:52:46 ID:rQMQPqDh
雑毒の善=人間のやる善、と聞いたことがある。

だから、あれは雑毒の善だから…などと人が人に対して言うことでは
ないよね。雑毒の善でも、善は善、私たちにはそれしかできないし大
いに励まねばならないと思うよ。

819 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:54:21 ID:rQMQPqDh
善に向かう、光に向かう、なんて素晴らしいことでしょうか。

820 :真実の自己とは:2005/09/06(火) 21:55:13 ID:krRCbAEk
>>698

どんな人でも、ものを食べないで生きてゆくことは出来ない。
ところが、我々の食べものは、かつては生命の通っていたものばかりである。
我々が死にたくないように、生ある者は、どんなものでも死を嫌う本能をもってい
る。
されば、どんな生物でも死は苦しみであることは、我々人間と異なる筈がない。

船の上に揚げられた魚がピチピチ跳ねるのも、首を絞められる鶏がバタバタするの
も、みんな苦しいからに間違いない。
そんな苦しむものの生命をとらなければ、我々は生きてはゆけない。

しかも、そのような生き物の屍を、我々は
「うまい」
といって貪り食べているのである。
それどころか、そうした生きものの生命を少しでも多く貪ることを、我々は
「良い暮し」
といって喜びとしている。

即ち、我々は、罪悪を犯しながらそれを、少しも罪悪とは思わず、むしろ、善いこ
とのように考えているのである。

821 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:56:37 ID:tN228R7E
>>806
>幽霊の存在は科学では証明することはできません。
ですからそれは、仏知に照らされて初めて明らかになるのです。
先生は幽霊が存在することを、「知っている」のです。

親鸞聖人、蓮如上人が遺された記述に「霊魂が存在することを知っている」
という主張は、全く存在しないんですけれど。

822 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 21:56:58 ID:wH7WbMeE
教義を解説してもらったり、問題解決の導きを与えられたり、
自分の思いを語ったり、人を導いたり、修行者と語ったり、
宗教の理念を世の中に働きかけたり、生活全般を見つめ直したり、
真理について考えたり、聖典を読んだり、社会現象を紐解いたり、
社会知識を身につけること、身体について知ること、人様に感謝すること、
寄付や奉仕をして徳を積むこと、仕事をすること、自然環境に親しむこと
良い心の状態を保つこと

823 :法鏡に映し出された人間の実相:2005/09/06(火) 22:03:23 ID:krRCbAEk
それどころではない。仏法で難化の三機、難治の三病といわれる最も怖ろしい、五
逆、法謗、闡提の大罪を、我々は日夜造り続けているのである。
手にこそかけて殺さなくとも、心の中で親を邪魔者扱いにして、毎日毎時殺してい
る五逆罪。
今日の説法は判らなかった、難しかった、長かった、短かったと善知識の頭上に登
って批判している法謗罪。

これらは『末灯鈔』に、
「善知識をおろかに思ひ、師をそしる者をば法謗の者と申すなり。親をそしる者をば
五逆の者と申すなり」
親鸞聖人が厳しく誡めていられる重罪である。

それだけではない。
後生の一大事といっても、せいぜい極楽往生出来るか、どうか程度のことだと嘯き
地獄と聞いても驚かず、極楽と聞いても喜ばず、あの人が死んだかと驚いて一時は同
情の涙が出ても、自分は当分は死にはせぬと平気でいる心が闡提で、ドタ牛のように
動かない。

頭は承知しても肚が承知しない。
道理は判っても納得出来ない。なんの不足もないのに満足が出来ない。判って判らず、
知って知らず、急いで急がず、泣いて泣かず、なんともかんとも言いようのない奴が
闡提である。


824 :親鸞聖人の一大事の警鐘:2005/09/06(火) 22:09:05 ID:krRCbAEk
照らし出されたこの人間の実相を、親鸞聖人は、次のように記されている。

「一切の群生海、無始よりこのかた、乃至、今日今時に至るまで、穢悪汚染にして清
浄の心無く、虚仮諂偽にして真実の心なし」(教行信証信巻)

「無始よりこのかた、一切群生海、無明海に流転し、諸有輪に沈没し、衆苦輪に繋縛
せられて、清浄の信楽なく、法爾として真実の信楽なし」(教行信証信巻)

「然るに、微塵界の有情、煩悩海に流転し、生死海に漂没して真実の廻向心なく、清
浄の廻向心なし」(教行信証信巻)

繰り返し繰り返し、地獄必定の一大事を警鐘乱打されたものである。


825 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 22:37:20 ID:lGG/y9MB
>>821
>親鸞聖人、蓮如上人が遺された記述に「霊魂が存在することを知っている」
という主張は、全く存在しないんですけれど。

阿含経は読まれましたか?


826 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 22:47:12 ID:xFVrbnZ5
都合のいいときだけ阿含経持ってくるんだね。

827 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 22:52:04 ID:wH7WbMeE
悟りとは、曼荼羅の世界を体得すること。そのために修行があります。

828 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:10:24 ID:pEeRWojj
なんのこと?

829 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:13:29 ID:wamT4hJP
くまさんの いうことにゃ
おじょうさん 財施なさい

830 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:15:28 ID:pEeRWojj
難しいですねえ。

831 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:16:41 ID:rwP2A/wd
T森会長と桐山某が被ってきた

832 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:17:41 ID:wH7WbMeE
仏教の根本には釈迦の教えがあるが、色々な解釈が成り立つのでセクト化しとる
のが仏教の現状だ。それに、釈迦は特に修行法というのを残して行ったかどうか
というのも、定かではないんだよ。
仏教の骨格と言える、三宝印、四諦、八正道も、釈迦の亡くなった後に弟子達が
徐々に整えていったものだから。勿論、ここには釈迦の教えていた事があるには
あるのだろうが…

833 ::2005/09/06(火) 23:26:25 ID:A5fRFlAj
>>806
>先生は幽霊が存在することを、「知っている」のです。
そんなことないんじゃないですか
浄土と地獄のあることを知っているという記述なら
ご著書にあると思いますが、
仮に知ってても「幽霊が存在する」なんて言う必要
ないですよね

834 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:27:06 ID:pEeRWojj
財は一代の宝、法は末代の宝。

835 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 23:32:27 ID:36jTJVsV
>>784
>信前のことは教えに無い。

真宗の教え(おすすめ)は、信前信後を問わず「聞其名号信心歓喜」=「一向専念無量寿仏」
=「南無阿弥陀仏」一つしかないですが。

836 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 00:12:40 ID:LvaXfGE7
唐突ですみません。
虎さんはいつまで会を続けられる予定ですか?


837 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 00:14:22 ID:HEI4zd09
仏法は真剣に聞かなければなりません。

838 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 00:37:22 ID:EqFlo1//
>>815
>ボラ夫の場合はボランティアなんてしてる余裕無いでしょうね。

通行人に>>817氏のいった意味分かるか?分からんのだろ?
あとさ、
ボラ夫さんって、通行人にとっては龍谷大学の先輩なんだろ?
ちゃんと「さん」づけしとけよ。

839 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 00:43:18 ID:EGSA5oC+
s会で言う「真剣」の意味:

組織に疑問を抱くか否か。

840 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 00:49:26 ID:EqFlo1//
>>839
同意。

組織に対して疑問を抱かなくなった状態
=(s会にとっての)信仰の進んだ者
=(世間では)思考停止状態

841 :通行人 ◆02GH.fBfT6 :2005/09/07(水) 01:20:45 ID:G6Oq4oBp
>>838
何の事か分からんけど、お相撲さんはお相撲の事だけ考えればいいの。
野球選手は野球の事だけ考えればいいの。

僧侶ならことさら阿弥陀仏の本願の事だけ考えてればいいの。
余計なこと考えちゃいけないと思ってるぐらいでちょうどいい。

842 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 01:31:26 ID:LvaXfGE7
そんなもんでしょうか?
>僧侶ならことさら阿弥陀仏の本願の事だけ考えてればいいの。

これに関してはほぼ同意しますが。

843 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 01:33:45 ID:EsGya+L1
幽霊論争はあまり得られるものもないと思いますので
止めにしませんか?ホント

844 :787:2005/09/07(水) 06:22:27 ID:kTTr49a7
>>814
>自己に真面目な方の意見とはお見受けできませんね。
>もっと心のうちを見つめようではありませんか。

そこのところをもっと詳しく!「自己にまじめな方の意見」でないと
思った理由・箇所を教えてください。

845 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 07:53:47 ID:nSZjq1mi
>>839
>s会で言う「真剣」の意味:

あなたは一度も真剣になろうとしたことが無いのでしょうね。
お気の毒に。

846 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 07:58:09 ID:nSZjq1mi
>>814
>自己に真面目な方の意見とはお見受けできませんね。
>もっと心のうちを見つめようではありませんか。

この人に、同意です。
心のうちを見つめたら、打算無しでやっている事が無いって
つくづく知らされます。


847 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 08:03:57 ID:OCa+7v1c
>>843
>幽霊論争はあまり得られるものもないと思いますので
>止めにしませんか?ホント

そうだ、そうだ!やめてしまえ!


848 :814:2005/09/07(水) 08:48:47 ID:kTTr49a7
>>846
>心のうちを見つめたら、打算無しでやっている事が無いって
>つくづく知らされます。

そうですか?意識していない、つまり考えてもいないことを
「打算だ・偽善だ」というのはひどい話だと思いますが。

849 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 09:17:00 ID:d/4k6TZR
>>848
その善をさし向けて浄土に行ったら?

850 :照らし出された実機を知らぬ者に判る一大事ではない:2005/09/07(水) 09:20:48 ID:jq8WDvEV
>>824

これが単なる合点ではなく、自身の実相として照らし出された時、何人も一切の助
かる望みが絶え果てて、必ず火達磨になって必定地獄を実感させられるのだ。
と同時に、弥陀の呼び声を聞き破闇満願させて頂くのだが、悲しいかな本願寺の道
俗には、この厳然たる必定地獄の実地の体験がないから、この一大事が判らないので
ある。

仏法の根幹である三世因果の理法を否定し、自己の実機も知らぬ本願寺は、もはや、
仏法でもなければ真宗でもない。
あさましき外道と断ぜざるを得ないのである。

851 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 09:25:40 ID:wo0yHKSg
おおよそ浄土の一切諸行において、綽和尚(道綽)は「万行」(安楽集)と云い、導和尚(善導)は「雑行」(散善義)と称す、感禅師(懐感)は
「諸行」(群疑論)と云えり、信和尚(源信・往生要集)は感師に依れり、空聖人(源空・選択集)は導和尚に依りたまうなり。

852 :814:2005/09/07(水) 09:55:24 ID:kTTr49a7
>>849
>その善をさし向けて浄土に行ったら?

あぁ、そういうレスつくところを見るとうまく説明できんって感じ
ですか。うまく説明してくれるのかな、と思いましたが残念です。

853 :放浪者:2005/09/07(水) 10:16:38 ID:kTTr49a7
>>850
>この厳然たる必定地獄の実地の体験がないから、この一大事が判らないので
ある。

とおっしゃっています。つまり、

 ・本願寺の道俗には、・・・この一大事が判らないのである

は、次のように言い換えられますよね?

 ・仏法の根幹である三世因果の理法を肯定する仏法または真宗は一大事が判っている

正しく仏法を学ぶ方達には一大事が判っているのでしょうか?
(言葉遊びしている訳じゃないですよ)

854 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 10:28:44 ID:MksCuGH7
>>815
>ボラ夫の場合はボランティアなんてしてる余裕無いでしょうね。
阿弥陀仏の本願お伝え申すのにいっぱいいっぱいでしょうから。

s会の会員はどうして、こうも視野が狭いのでしょうかね。
まことにお気の毒様です。
この人は、人を集めて法衣を着て法を説くことだけが「阿弥陀仏の本願お伝え申す」
こととでも思っているのでしょうか。それは大きな間違いです。

身業が、そのまま説法あるいは布教になるということもあるのです。

だいたい、会にとって都合のいい、布施と布教ばかりを矢鱈と勧めて、ボランティアという善行を
認めない、というのは、宿善を積むように指導しているs会の指導方針と合わないとおもいますが。

855 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 10:34:15 ID:MksCuGH7
>>851

では、
「雑行を捨てて本願に帰す」
=「万行を捨てて本願に帰す」
これはオッケーですよね?

では、
「万行を捨てて本願に帰す」
=「諸善雑行を捨てて本願に帰す」
=「六度万行を捨てて本願に帰す」

→「信心決定のためには六度万行を捨てなさい」
とs会的には理解していいのでしょうか?

856 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 10:45:55 ID:jtpb4+PA
捨てるためにやれって言ってるんだろ。
そんで、捨てるときは前念命終 後念即生だから
死ぬ間際のどうしようもなくなった状態が念仏ってことでしょ。

857 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 10:51:42 ID:MksCuGH7
>>855

念のため追加。ちなみに、

もっとよく聴聞しなさい、とか、
もっときいたら理解できる、とか、
その程度の理解では到底わからないだろ、とかいうようなシンパからの
書き込みがあるかもしれません。

そういう書き込みをする人は、こんな程度のこともすら、相手に理解できるように
説明できずに場面を糊塗する人なんだな、と理解しますのでどうぞよろしく。

858 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 12:21:16 ID:MksCuGH7
>>856
レスありがとう。ただ、あなたがシンパと仮定したうえで確認したいので
もう少し教えてください。

>捨てるためにやれって言ってるんだろ。

(将来)捨てるために(いま)諸善をやれって、どこのお聖教に出ていますか?
あなたは捨てるために諸善をやれ、といわれて、諸善に対して真剣に取り組めるのですか?

>死ぬ間際のどうしようもなくなった状態が念仏ってことでしょ。

それは親鸞聖人が最も勧められた念仏なのでしょうか?

859 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 12:35:20 ID:jtpb4+PA
>(将来)捨てるために(いま)諸善をやれって、どこのお聖教に出ていますか?
>あなたは捨てるために諸善をやれ、といわれて、諸善に対して真剣に取り組めるのですか?

せずにおれなくなるんですよ。せずにおれなくはない人はまだ因果の道理が徹底していない証拠。
19願以前の人です。

死ぬ間際のどうしようもなくなった状態の念仏は20願の念仏です。
親鸞聖人が最も勧められた念仏は、18願の自然法爾の念仏です。


860 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 13:01:38 ID:jtpb4+PA
因果の道理を撥無する心を愚痴と言います。
煩悩に従って悪にだだ走れば破滅しかありません。
早く光に向かって進ませていただきましょう。

861 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 13:10:48 ID:V0ezHF92
正直者は馬鹿をみた。

862 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 13:27:02 ID:MksCuGH7
>>859

全然質問に答えていないですね。
もう一度たずねます。

(将来)捨てるために(いま)諸善をやれって、どこのお聖教に出ていますか?

また、どうしてボランティア活動も諸善であるのにそれを貶すシンパがいるんですか?

863 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 13:52:12 ID:jtpb4+PA
諸善は善いことです。それは、大いにやればいいのですが、
諸善をする心が悪いから捨てよと言われるのです。

雑行を捨てよとは、これで浄土へ行かせて下さいという
自力でやった善をあて力にしている心を捨てよということなのです。

捨てよと言われて、じゃあ善をしなくていいのかと
悪に走ることを勧めているわけではないのです。
自力の心を捨てよと言われているのです。

棒を持っていないのに、棒を捨てよと言われることがないように、
雑行を捨てよとは、雑行をしていなければ言われることはありません。

864 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 13:59:51 ID:jtpb4+PA
ボランティア活動は他の人でもできること、
知らされていない人でもできることは2の次、3の次になるの自然なこと。

865 :sage:2005/09/07(水) 15:05:08 ID:L+rGRrJW
>>857
>そういう書き込みをする人は、こんな程度のこともすら、相手に理解できるように
説明できずに場面を糊塗する人なんだな、と理解しますのでどうぞよろしく。


この問題が「こんな程度のこと」ですって!

「こんな程度のこと」と断言されるあなた様は、よほどの学者様でしょうか。
ならば尋ねる必要も無いでしょうに・・・。

はたまた悪意か、故意か。善知識方のご苦労を、平気で踏みにじることができるお方か。

866 :sage:2005/09/07(水) 15:09:45 ID:L+rGRrJW
>>862
>(将来)捨てるために(いま)諸善をやれって、どこのお聖教に出ていますか?

 これは、出ていないでしょう。
 ただ、韋提希に釈尊が、定散二善を勧められた御心を考えたならば、
 そうやすやすと、このような質問は出てこない筈です。

また、どうしてボランティア活動も諸善であるのにそれを貶すシンパがいるんですか?

 ・万善の自力、勤修を貶し (正信偈)
 ・少善根福徳の因縁をもっては、彼の国に生ずること得べからず(阿弥陀経)

 この辺りのお言葉に、深く悩んでみることをおすすめします。

867 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 15:34:38 ID:MksCuGH7
>>863-864
ID:jtpb4+PA氏
全然質問に答えてないですね。
出直してください。

>sage氏
>>865
>この問題が「こんな程度のこと」ですって!

どうみなされようがご勝手に。s会的には、
「信心決定のためには六度万行を捨てなさい」
と理解していいと解していいでしょうか?

>>866
>韋提希に釈尊が、定散二善を勧められた御心を考えたならば、

s会は観無量寿経をずいぶんと重視しているんですね。
s会で定善十三観はやっていいのですか?悪いのですか?

ところで、韋提希は釈尊に定散二善を勧められたとき、自分が>(将来)捨てるために
(いま)諸善をやれって、思ってました?思ってませんでした?どちらなのでしょうか。

>この辺りのお言葉に、深く悩んでみることをおすすめします

ごまかしても駄目です。
私がたずねているのは、ボランティア活動も諸善のひとつであるのにs会で貶され、
特に財施や法施ばかりが、なぜs会で勧められているのか、というその理由なのですが。

868 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 16:13:09 ID:MksCuGH7
>>864
>ID:jtpb4+PA氏

ボランティア活動については答えてたね、一応は。

>ボランティア活動は他の人でもできること、

他の人だって、本願に誓われた十方衆生ですよね?

宿善浅きものは、財施や法施のような優れた善はどうせできないから
せいぜいたいした善でもない、ボランティア活動でもしたら?
というようにきこえますが。

869 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 16:19:53 ID:Rg4nvQvi
>>866
そういや、その阿弥陀経の定散二善も別にやるようには教わらなかったですね。
財施や勧誘は組織的に目標数を決めてまでさせるのに、称名についてはそんなことしない。
(財施や勧誘に特化された)布施行は叱咤激励しながら勧めるのに
六度万行の他の5つについては、特段に指導はされない。
勿論、天台宗など他宗の仏道修行も勧めたりはしない
(むしろ他宗の修行は「無意味」として貶す雰囲気一杯…これも「宿善」となるのでは?)。


「世間の善」であるボランティア活動のみならず、こうした
仏道における修養も、会への財施や勧誘に比したら軽視されているのは明らか。

T森氏のご苦労とは、「方便の為に諸善をやれ」と言いながら、
いかに会員が、財施や勧誘にだけ専念するように仕向けるかに腐心するご苦労では?

870 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 16:39:35 ID:OhQAdIPv
浄土仮宗高森会

871 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 16:50:31 ID:Rg4nvQvi
遅レスだが>>626
その本、北海道から沖縄までかなりの大学図書館で持ってるみたいですね。

Webcat調べ↓所蔵図書館 210
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN1295822X
自大にもあるようなので今度借りてみます。

872 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 16:52:09 ID:L+rGRrJW
>>796
> >>795
> どんなボランティア活動してました?
> そしてそれは、会の上司から教義上の「方便の善」として勧められたことですか?

仏法者なら、布施の精神で困っている人に手をさしのべるもんでしょ。
雑毒だとか、方便だとか言ってること自体がおかしい。


873 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:05:33 ID:L+rGRrJW
>>869

> 「世間の善」であるボランティア活動のみならず、こうした
> 仏道における修養も、会への財施や勧誘に比したら軽視されているのは明らか。

会の目的は、本当の親鸞聖人の教えを明らかにする、それ以外には
ありません。
NPO団体でないんだから、会のそもそもの目的を
ボランティア活動より上位におくのはごく自然なことだと
思いますが、

ただ、ボランティア活動を馬鹿にしている、する必要がない
というように思っている人がいるとしたら、
それはそれで、正しい理解とはいえない。

ただ、本来の目的(教えを広める)以上にボランティア活動が
大事だという理由はありません。

医者がゴミ拾いが忙しいから、患者を診られない、
弁護士が、街頭募金が忙しいから、法律相談は受けられない
なんていっていたらおかしいでしょ。

ボランティア活動自体を否定したり、貶めるつもりは
さらさら無いですが、ボランティア活動をするための
団体ではありませんからね。


874 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:11:44 ID:kTTr49a7
>>872
>仏法者なら、布施の精神で困っている人に手をさしのべるもんでしょ。
同意。
これって、宗教ツーか、人道的に当然のことですよね。
たしか、s会では「宗教」は人の生き方の教えであり、宗とするもの
って聞いた気がするのですが、人の道をはずしていませんか?

875 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:31:12 ID:Rg4nvQvi
>>873
「一人一人が信心決定する」のが本来の目的ではないんですね。
とりあえず「広めろ」、と。

>医者がゴミ拾いが忙しいから、患者を診られない、
>弁護士が、街頭募金が忙しいから、法律相談は受けられない
>なんていっていたらおかしいでしょ。
正本堂の募財で交通費が作れず聴聞に行けなかった人・
4月・5月頃だと、勧誘で地元に残るために聴聞に行かなかった先輩などいましたけど、
確かに「おかしいなあ」とは思いましたが。


876 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:42:41 ID:MksCuGH7
>>872
>>874
まったくです。

高野の名遍僧都が、夢に四天王寺の西門のあたりで、病人に粥を施している
聖のあるのをみて、それが法然上人であることを知って夢さめ、その後念仏の
門に入ったとつたえられています。

夢のなかの話ではありますが、通行人氏などはこういうボラ行為は僧侶の風上にも
おけないといって布教していない法然上人を貶すのでしょうね。
そういう、布施とか法施以外で、困っている人に手をさしのべる行為を蔑むような空気は
s会のなかに、確かに存在していますね。

877 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:42:56 ID:Rg4nvQvi
>>873
あと私が呈した疑問は、ボランティアに限ったことではないんですが、
称名とかもやっぱり「会の本来の目的」である「教えを広める」ことには
実質的には繋がり難いから
財施や勧誘ほどには勧めない、ということですか?

財施や勧誘というのも、一人一人が信心決定に至るのに必要な「方便の善・諸善万行の一例」として
勧めているのではなくて、
単に組織の掲げる「教えを広める」という目的のための活動、ということ?

878 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:45:10 ID:MksCuGH7
>>876
訂正しときます。

布施とか法施  ⇒  財施とか法施

879 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 17:49:14 ID:MksCuGH7
>>873
>会の目的は、本当の親鸞聖人の教えを明らかにする、それ以外には
ありません。

これってs会の公式見解ですか?
それ以外ないって、本当?
講師部の存在目的のようにきこえますけど、どうなのでしょう。

一般会員も、>>877さんがご指摘のように、
会員の一人一人が信心決定に至ること(=後生の一大事の解決)よりも、
「教えを広める」という目的(=勧誘)のための活動のほうが優先されるということ
なのでしょうか?

880 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 18:32:46 ID:Io5ylYmZ
「なぜ生きるか」 問われている時代
「あなたの家族が、自殺しようとしたら、どう言って止めますか」
こう聞かれ、自信を持って答えられる人は、どれだけあるだろう。


881 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 18:32:59 ID:Rg4nvQvi
ちょっと話題が逸脱するかもが、参考レスということで1レスだけすみません。

T会長の専用トイレ・専用エレベーター・専用厨房車etc.に
会員からの募財がどれだけ使われてきたのか私にはよく分かりませんが
(こういうのを造る割に、正本堂建立で非会員からの献金まで募られたのは
ますますもって意味不明…)、
「善に励もう」という気持ちから、懸命な思いでそんなお金を会へお布施してきた方々に、
あるものの価格表↓を提示しておきます。
http://www.jcv-jp.org/vaccine/#03
リンク先からいろいろ見れますので、あとは個々人で参照してください。

882 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 18:34:40 ID:Io5ylYmZ
>>880
自殺者は、年間約3万人、1日あたり約90人も自殺している。
自分の家族や友人に、いつ、自殺者が出てもおかしくない。
いや、自分自身が、何か大きな障害にぶつかったとき、はたして、
大丈夫だろうか?
「死んではならない。生きることが尊いのだ!」 と子供に叫んで
いた大人が、次々と自殺してゆくのは、一体どうしたわけか。

883 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 18:36:11 ID:Io5ylYmZ
>>882
平成11年、日本を代表する評論家が手首を切って自殺し、世間を
驚かせた。
校長先生の首吊り、飛び降り、割腹自殺も相次いで報じられた。
警察官がピストル自殺、エリート官僚が飛び降り自殺、政治家が
首吊り自殺……。
どんな『偉い人』も、分かったつもりで、まったく分かっていな
いのが、人生の目的「なぜ生きるか」の答えではないだろうか。

884 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 19:20:28 ID:x3JgFzUV
>会の目的は、本当の親鸞聖人の教えを明らかにする、それ以外には
>ありません。

へ〜、その割に正体を隠して勧誘してるんだね。
まず、正体を明らかにしようよ。

885 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 19:28:01 ID:XeLPwh72
>>880
まずは、その人が私にとって、どのように意味のある存在で、
またどれほど掛替えのないものであるかを伝えます。

>>882
自殺者数が増加傾向にあることは確かに重大な問題ですし、私自身どうかは分かりません。
しかし、今の私自分から言えることは
「もし私が、誰か特定の人物or組織の手足となって活動する以外に選択肢の余地がなくなる」状態となるしかなくなったら、
自ら死を選ぶかもしれません。

>>883
どんなに「偉い」とされる人でも、本人以外の他人の誰かが
その人自身の人生の目的とかを決めてあげることはできないと思いますよ。

886 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 19:40:02 ID:kTTr49a7
>>880
この話、良くでるんで、皆様の意見を聞きたいのですが。まずは私の考えから。

少なくても、今、まさに自殺しようとしている人は、直接的な悩みを持っています。
「いじめられて、苦しいから、逃れたいから」
「借金が嵩んでしまい、もう自殺して逃れるしか無いから」

少なくても
「人生の目的がわからないから」とか「無明の闇だから」
「人はなぜ生きなきゃいけ無いのかわからないから」
なんて、漠然な理由で自殺に追い込まれる人は相当特殊かと思います。
結果としてそこに行き着くかもしれないけど。

さて、前者に、「人生の目的は云々!」とか言っても、十中八九止められない
気がします。むしろ、直接的な問題を解決してやるべきかと思うのですが。

887 :過去の強調:2005/09/07(水) 19:52:34 ID:jq8WDvEV
最初の非難を、みてみよう。

 「高森親鸞会では、未信の者は、信心決定をめざして、
  今生において、善根を積み宿善を厚くせよ、と勧める。
  これは、宿善の語義そのものから逸脱しており、当流相
  承の上にはない所談である」(回答書A P.142)

まず語義からの、非難である。
宿善とは、宿世(過去世)の善根という意味だから、ふりかえって喜ぶ、過
去のできごと。
それを、未来に向かって、使用するのは、「語義からの逸脱」と、いうので
ある。

  「宿善とは、宿世の善根という意味で、現在から過去をふりかえっ
  ていう言葉である」(回答書A P.137)

  「宿善とは、現在から過去をふり返っているのであって、これから
  獲信のために修することを宿善といっているのではない」(回答書
  B P.15)

  「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、その縁由
  を喜ぶものであって……」(回答書A P.144)

  「宿善は、将来の獲信のために積まねばならないという方向で語ら
  れるものではなく、遇法獲信の現在から過去にさかのぼって、宿善
  のお蔭である、と、その縁由を喜ぶ方向で語られるものである」
  (回答書A P.141)


888 :老化現象の象徴:2005/09/07(水) 19:55:01 ID:jq8WDvEV
同趣旨のことが、外にも強調されているが、もうよかろう。

要するに、
「宿善とは、ふりかえって喜ぶ、過去の善根をいうのに、未来に向かって使うの
が、間違い」
と、いうのだ。
まさに、学問ではそこまで、とでも言おうか。
それにしても、バカに、過去に力を入れなさる。
青年は、常に未来を語り、老人は、つねに過去をなつかしむ、と、いわれる。
ここにも、本願寺の、老化現象を、みる人もあるだろう。

未来に向かっての、提言がみられぬのは、未来のない本願寺を、象徴してい
るかのようである。


889 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 20:02:33 ID:ognUH4hx
□■ЯЯ親鸞仏教(浄土真宗)質問箱RR■□
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123906853/l50
ボラ夫さんもいたりする・・・


890 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 20:33:10 ID:ehsSgMGF
>>881
ワクチンで生き延びても人生の目的を達成したことにはなりませんがね。


891 :渡海 難  ◆Fe19/y1.mI :2005/09/07(水) 20:38:35 ID:nUTLxCIp
>>809
> 医者の話で言うと、宿善って何なんでしょうね。

 個性、天分、天性、資質。まあ、そんなところだろう。

 理解できるのも個性。理解できないのも個性だ。

 個性は、開花する人もいる。開花しない人もいる。開花するときもあ
る。一生開花しない人もいる。

 仏教の話をきちんと聞く耳が育っていない内は、何を聞いてもちん
ぷんかんぷんだろ。

 僕の話は、親鸞会に入っている内は理解できない。親鸞会を出る
と、分かってくることもあるだろう。親鸞会に入ると、まともな若者の
耳も、高森さんの仏教音痴の毒で腐ってしまうようだ

 宗教音痴、仏教音痴の高森さんに煙まかれ、うつつを抜かしてい
る間は、分かる話も分からないだろう。



892 :日々是好色:2005/09/07(水) 20:48:34 ID:ehsSgMGF
> 仏教の話をきちんと聞く耳が育っていない内は、何を聞いてもちん
ぷんかんぷんだろ。

仏教をきちんと聞く耳は、どうすれば育つんですか?
育てるというのは、自力行ではありませんか?

893 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 20:50:39 ID:O+k22Sa1
自殺者は、年間約3万人、1日あたり約90人も自殺している。
自分の家族や友人に、いつ、自殺者が出てもおかしくない。
いや、自分自身が、何か大きな障害にぶつかったとき、はたして、
大丈夫だろうか?
「死んではならない。生きることが尊いのだ!」 と子供に叫んで
いた大人が、次々と自殺してゆくのは、一体どうしたわけか。

894 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 20:51:11 ID:O+k22Sa1
平成11年、日本を代表する評論家が手首を切って自殺し、世間を
驚かせた。
校長先生の首吊り、飛び降り、割腹自殺も相次いで報じられた。
警察官がピストル自殺、エリート官僚が飛び降り自殺、政治家が
首吊り自殺……。
どんな『偉い人』も、分かったつもりで、まったく分かっていな
いのが、人生の目的「なぜ生きるか」の答えではないだろうか。

895 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 20:53:08 ID:O+k22Sa1
「なぜ生きるか」 問われている時代
「あなたの家族が、自殺しようとしたら、どう言って止めますか」
こう聞かれ、自信を持って答えられる人は、どれだけあるだろう。


896 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 22:02:42 ID:EGSA5oC+
>>890
そういうことだよね。
つまりs会教義の為に生きる命でなければ、生かしていても意味がない。
そんなのにワクチンを与えるくらいなら、会への財施にお金を使うのが優先されるべき。
そう言いたいんでしょ。

まあ、T森会長が専用エレベーターで上下移動するようになったからといって
会員の「人生の目的」とやらが達成されるとも思わんが。


897 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 22:10:05 ID:L+rGRrJW
次スレです。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126098050/l50

898 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:15:57 ID:Q/Aqk/M0
教えを理解しようとしない人はどんだけここで会員と話し合っても
平行線たどるだけだよ、土俵が違うから。


899 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:18:00 ID:Q/Aqk/M0
>>861
正直者は馬鹿をみる、なんでか分からないんでしょ。聞いてなかったもんな
あんたは。

900 ::2005/09/07(水) 23:19:34 ID:eT63sOoo
>>836
あと五年くらいは会員でいると思います

901 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:19:49 ID:Q/Aqk/M0
渡海難も暇なんだな、ここで遊んでいるんだから。

902 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:28:30 ID:L+rGRrJW
>>901
そうだね。

903 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:55:23 ID:b9iKpUKz
ながいね

904 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:57:23 ID:HEI4zd09
ここも荒れてるけど、世間も大荒れ、みんな一生懸命、必死で生きてる。

どこに向かっているのか考えることあるんだろうか?

905 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 23:59:16 ID:b9iKpUKz
>>904
大荒れ? たとえば?

906 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:00:09 ID:SbBHV4eg
>>899

正直者は馬鹿をみる、なんてことあるの?

絶対にない。

907 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:02:53 ID:SbBHV4eg
>>904

まさに「なぜ生きるか」 問われている時代だと思う。

908 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:04:33 ID:IbCl6MNg
>>907
問われない時代もあるのね?

909 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:24:57 ID:5xDnUItD
事大

910 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:30:23 ID:elieE/FF


.



911 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:34:47 ID:elieE/FF
>>800
5年なんてすぐですよね。
虎さんは会を支えていくような立場の人だと思っていました。

912 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:40:20 ID:5xDnUItD
支えなくてもいい。

913 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 00:43:09 ID:zDWM6uEg
>>888
>まさに、学問ではそこまで、とでも言おうか。
>それにしても、バカに、過去に力を入れなさる。
>青年は、常に未来を語り、老人は、つねに過去をなつかしむ、と、いわれる。
>ここにも、本願寺の、老化現象を、みる人もあるだろう。
>未来に向かっての、提言がみられぬのは、未来のない本願寺を、象徴してい
>るかのようである。


この部分、ただ悪口が書いてあるだけで何の反論にもなっていないんですが。

914 :次スレ:2005/09/08(木) 00:54:06 ID:5xDnUItD
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126098050/l50

915 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 01:15:35 ID:elieE/FF
>>812
あなたアンチだな。

916 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 02:18:06 ID:Xx+9ok/f
>>913
ほんと、そうですよね。

917 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 02:21:13 ID:Xx+9ok/f
会員は減り、学生も減り、講師部も減り続ける親鸞会。
次期会長と目される光晴くんは不倫もみ消し以来信頼されてないし。
会長は教えを伝えるよりも、
趣味の悪い天女のレリーフや高い絵画など、
会員の血の浄財で豪華な正本堂の装飾をするのに夢中。
既に自分の説法に自信がないのか、
教学講義の「ワシはそんなこと言ってない」事件から、
録音も録画もされなくなった会長の話。

ああ、親鸞会よ、どこへゆく…

918 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 07:36:48 ID:gy3NegLT
>>906
因果の道理を真面目に聞いて正しく理解してれば、その言葉の真意が
分かります。


919 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 07:37:33 ID:gy3NegLT
>>910
なんか書けよ。

920 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 07:41:16 ID:gy3NegLT
ハリケーンや台風の激しいのがきたら、こんな悠長にパソコン打ってられないだろ。
仏教聞ける今、真剣に聞いて下さいね。

921 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 07:52:31 ID:bPLvlvIR
>>913

反論として、こんな子供じみた品の悪い悪口が書いてあるだけじゃあ、
本願寺が相手にしたがらないのもよく理解できる。

922 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 11:57:48 ID:Z+jgUOHE
>>917 最新情報有難うございます!…結構内部に詳しい方みたいですね
私は会を辞めて数カ月経つけど、前にお世話になった人がまだ会にいるので、
それを思いながらレスを読んでいて切なくなりました
私も新聞で、天女レリーフの写真見ました で、それが取り付けられてるのは
ヴェルサイユ宮殿風に作られた柵の表。
「トップの迷走を止めるものがなくなれば、どんな道を辿るか」っていう実験の
途中経過を見るような思いがします
>教学講義の「ワシはそんなこと言ってない」事件から、
え、こんな事があったんですか!


話変わりますが、最近の顕正新聞とか顕真で
「一人のs会青年部員がサイトを開設していて(そこでは本人がs会会員であるとは
明かしていない)、そこに来たリストカットに悩む少女に向けて、『生きる意味』を
歌った歌を作った」とか
「子供の頃からs会員になってる中高生が、人間関係などに苦しむ同級生を
『話聞いたら元気が出るから!』といってs会の文化講座に誘う」とかいう記事を何回か見ました

今思ったら、そうしたちょっとしたきっかけが、カルト性の高い団体への入口になってしまう
かもしれないんですよね。それ考えたらガクブルもんです… 何かに悩んでる人、どうか気をつけて下さい

923 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 12:30:21 ID:zeK066eW
>>922
学生?

924 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 12:57:44 ID:mZo2bPU8
>>923
学生だったら何なのw?
学生じゃなかったら何なのw?

そういうアンタは学生?会員?非会員?講師?職業は?

925 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:03:35 ID:zeK066eW
>>924
学生君?

926 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:12:42 ID:mZo2bPU8
>>925
何様?

927 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:19:41 ID:QDmNArG6
>>879
> >>873
> >会の目的は、本当の親鸞聖人の教えを明らかにする、それ以外には
> ありません。
>
> これってs会の公式見解ですか?
> それ以外ないって、本当?

さらに珍しき法をも弘めず、親鸞聖人のみ教えを
我も信じ人にも教え聞かしむるばかりなり。

っていってるし。

明らかにするには、自分が知らなきゃできないから
まえの
>>875
>「一人一人が信心決定する」のが本来の目的ではないんですね。

は、読み違いでしょ



928 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:20:16 ID:QDmNArG6
>>924
ずいぶん過剰反応だねw

といってみる、


929 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:23:02 ID:mZo2bPU8
シンパはいちいち癇に障る野郎が多いな・・・

930 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:42:26 ID:zeK066eW
これは学生君やね。

931 :言葉遣いに、ナンクセ:2005/09/08(木) 14:17:41 ID:OUKIrgqs
>>888

さて、本願寺の、言い分から、検証しよう。
「宿善とは、過去にやった善根をいうのだから、未来に向かって求めよ、とい
うのは、語義からの逸脱」
という。
過去をあらわす言葉を、未来に使う、言葉遣いが、まず間違い、と指摘した
い、のだろう。

宿善は、過去の善根だから、当然、
「宿善を求めよ」
といえば、
「宿善になるものを求めよ」
の意味であることが、言うまでもない。

こんな言い方は、いくらでもある。
一、二、例をあげておこう。

932 :言葉遣いに、ナンクセ:2005/09/08(木) 14:22:55 ID:OUKIrgqs
「想い出になるものをつくろう」を、「想い出をつくろう」と、いわないか。
「想い出」は過去のことだが、「いまからつくろう」と、言われる。
「悔いを残さぬように」と言っても、「悔いになることを残さぬように」と、
バカ丁寧なことは、言わない。
「宿善になるものを求めよ」を、「宿善を求めよ」と、言って、なぜ、いけな
いのか、と、おかしく思われる。

意味が変わったり、誤解を招く、言葉の省略は、勿論、悪いに、きまってい
る。

「風呂に入ってねよ」と言われても、誰も、風呂の中で、グーグー、ねはしな
い。
「台所の魚を見ていてくれ」と、頼まれて、見ているだけで、猫に食われる者
があったら、バカであろう。

宿善は、過去の善根と分かっていても、「宿善を求めよ」を「宿善になるも
のを求めよ」と、理解しない人があるとは、考えられぬ。
それとも、今まで、使ったことのない言葉は、禁句なのか。
使われたことのない言い方で、仏法を伝えては、ならないのか。

現代人に、お聖教にある言葉だけで、仏法を伝えられる人が、いるのか。
意味が正しく伝えられたら、よいのではなかろうか。
こんな、無意味な非難をなさるから、批判のための批判と、評せざるを得な
いのだ。

933 :過去を前世に限るのか:2005/09/08(木) 14:29:22 ID:OUKIrgqs
それとも、また、本願寺さんは、過去を、過去世に、限定なさる、おつもり
だろうか。

“この世のことは一切、過去世に定まっている”
という宿作外道ならいざしらず、仏教で、過去とは、生まれる前、去年、
昨日、前の一時間、出る息をいう。
現在とは、この世、今年、今時、今の一息。
未来とは、死後、未来、明日、一時間先、入る息と説く。

現在といっても、未来からは、過去であり、過去からは、未来である。
今日といっても、明日からみれば、過去であり、昨日からみれば、未来となる。
過去だ、未来だ、といっても、どこに視点をおくか、で変わる。
固定したものでは、ないのだ。

「宿善とは、ふりかえって喜ぶもので、未来に向かって、求めるものではない」
との非難にも、過去や、未来を、いかに、固定的に考えているか、が窺える。

過去にやった善根を、ふりかえって宿善と喜ぶのは、救われたとき(獲信の
とき)のことである。
それでは、救われていないとき(信前)の善根と、獲信の関係は、あるのか、
ないのか。あれば、どんな関係か。
それとも、宿善を、獲信した人の喜びに、かぎるのか。

宿善問題の、重要課題は、そこにある。

934 :宿善問題のポイント:2005/09/08(木) 14:43:08 ID:OUKIrgqs
その点を、推察できる、本願寺の反論を、きいてみよう。

   「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、その縁由
   を喜ぶものであって、その縁由となった過去の善根については、こ
   れを自己の修する善である(宿善自力説)」(回答書A P.144)

獲信の現在から、過去とは、まさに、信前のことであり、未信のときである。
その信前の善根は、獲信すると、宿善と喜ばれる、と、本願寺は、いうのであ
る。
善をすすめる親鸞会を打つ、本願寺も、信前の修善と、獲信の、密接な関係
を、否定することは、できないのだ。

もし、修善が、信前の人に、無関係のものならば、救いに宿善は、関係ない
ことになる。
言うまでもなく、仏法求める目的は、阿弥陀仏の救済以外、なにもない。そ
の阿弥陀仏の救いに、関係のないものが、宿善ならば、

「いづれの経釈に依るとも、既に宿善に限れりと見えたり」(『御文章』三帖
十二通)

と、説かれる、はずがない。
宿善問題の本質は、単なる言葉遣いや、過去や、未来の、方向にあるのでは
ないことが、分かる。
正しく、問われているのは、宿善の物体(獲信の因縁になるもの)と、宿善
開発までの、道程なのである。


935 :宿善問題のポイント:2005/09/08(木) 14:50:45 ID:OUKIrgqs
本願寺の回答は、問われている問題点を、間違えた。
気づかない、その誤りを、親鸞会の質問が、直撃したのだ。(親鸞会公開質問
七カ条は、第二部に掲載)
いまだに、回答できないのは、そのためである。

本願寺を絶句させた質問の一つを、次に紹介しておこう。

   「宿善とは、遇法獲信の現在から、過去にさかのぼって、
   その縁由を、喜ぶものであって、その縁由となった、過
   去の善根については、これを自己の修する善である(宿
   善自力説)」(回答書A P.144)

   このように、過去をふりかえって、喜ぶものが、宿善
   なのに、親鸞会は、未来に向かって、求めよ、と修善を
   すすめるから、間違いだ、といわれています。

   ならば、おたずねいたします。
   今年、阿弥陀仏に救われた人(獲信者)は、去年、自
   己の修した善を、ふりかえり、宿善と、喜ぶことになる。
   獲信と、よい関係にある、修善をすすめる親鸞会を、
   非難する本願寺は、間違いにならないか。

一撃で、ダウンしたほど、本願寺の反論は、ひどいものだった、ということ
だ。
あえて、
「読むだけ、時間のムダ」
と、酷評した次第。

しかし、もう読まない、などといっていたら、真実開顕の使命は、果たせな
い。
自ら、シリを叩いて、先へ、進まなければならぬ。


936 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 15:14:00 ID:1if8W5JD
過去が美しく見えるのは、今現在が幸せだからだろう。
だから、幸せな現在に至らせた過去はそれほど無駄ではなかったと思えるのだろう。
過去に、「人生に目的をもたない者は人間ではない」と言われたり、
「財施が少ないということは、それだけしか聞けてないということなんだわ!」と言われたことも
あんなこともあったなと、いやな思い出のほろ苦さも逆になつかしく笑えるようになれる。
それは、自分が幸せな目的を得る最短の道を通れたから幸せなのだということではなく、
そのときどきの経験が今の自分の血となり骨となり、
自分と寸分違わぬ、まさに自分それ自身であると実感できるから、
この上も無く喜ばしく、何者にも変えがたいものだと感じるのである。
つまり、自分とはかくあると自信をもって言えるのである。
過去の美しさは、過去にそれを美しくしようと思った美しさなのではなく、
今ある喜びがそれを輝かせる美しさなのだ。

937 :922:2005/09/08(木) 15:41:25 ID:0I23spVC
なんか荒れちゃってるみたいですが… 私は大学はもう卒業して、今は社会人です。

938 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 15:57:02 ID:oA4hqJkU
>>936は、実際に信心決定した境地から語ってるの?それとも妄想?

939 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 16:31:30 ID:Yvfs12M0
>「想い出になるものをつくろう」を、「想い出をつくろう」と、いわないか。
>「想い出」は過去のことだが、「いまからつくろう」と、言われる。

想い出づくりが想い出になるとは限らない。
想い出づくりなどしなくても、想い出はつくれる。
「想い出をつくろう」とは、単なるキャッチコピーに過ぎない。
それを宗論に持ってくるあたり、s界の無謀さが知れる。


>「悔いを残さぬように」と言っても、「悔いになることを残さぬように」と、
>バカ丁寧なことは、言わない。

悔いになることを残すなということではない。
後悔をしないようにということだ。別に簡略化してるわけではない。

940 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 18:02:10 ID:zeK066eW
>>918

941 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 18:14:32 ID:qXACiG6e
???

942 :包茎で短小:2005/09/08(木) 20:33:03 ID:dAc24tnq
>>917
>既に自分の説法に自信がないのか、
>教学講義の「ワシはそんなこと言ってない」事件から、
詳細キボン
>録音も録画もされなくなった会長の話。
かつては怪鳥の呆話は録画されて、ビデオ弔問できたというのに

943 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 21:53:19 ID:qYoJG54t
ちゃんと聞いてたら、こんな馬鹿なこと書かないだろうに…

944 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 21:54:33 ID:qYoJG54t
かわいそうというかあわれ

945 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 21:55:35 ID:QDmNArG6
次スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126098050/l50

946 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 21:56:09 ID:qYoJG54t
>>939

日本語わかんないんだろうか?

947 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 22:07:41 ID:IbCl6MNg
またあわれ厨か・・・

948 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 22:56:24 ID:RMCgCCAf
無意味なスレの連続


949 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:03:52 ID:QDmNArG6
不連続面

950 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:22:33 ID:QDmNArG6


951 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:44:23 ID:RMCgCCAf
いつまでやるの?


952 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:44:57 ID:RMCgCCAf
不毛


953 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 23:59:51 ID:z4ujJBMS
>>946

日本語がわからないのですよ。お気の毒に。

954 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:03:48 ID:4TYVMPHY
>>953
親鸞会がダミサ勧誘止めたり、
密告等の恐怖政治を止めたり、
その他破壊的カルト集団的な発言を止めたりしない限り続くと思うよ。

955 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:04:49 ID:EVCRTLu8
あわれというも、本当にお気の毒です。
仏法聞きがたしとは、よくいわれたものです。


956 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:05:28 ID:4TYVMPHY
で、親鸞会の「善の勧め」に
「嘘はつかないようにしよう」とかは無いの?

あれば嘘つき勧誘なんかしないか。

957 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:08:28 ID:EVCRTLu8
心が荒れ、心が言葉に移り、言葉が荒れ、思想が荒れ、
さらに一層、心が荒れていく。

流転輪廻の迷いは、ますます深まっていく。


958 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:08:35 ID:4TYVMPHY
ごめん。>>954>>951あての間違い。

959 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:11:14 ID:4TYVMPHY
>>955
「善」とか言われながら、意図的に嘘をつくことまで勧められ、
天女のレリーフのごとき意味不明のモノのために
深夜バイトまでして財施する学生がかわいそうじゃない?

960 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:25:08 ID:4TYVMPHY
ここの板では
☆ 心と宗教板を利用される方はカルト問題に関心を持つようにしましょう。
ってあるけど、ここに来てる親鸞会会員は
「破壊的カルト集団」っていうものについてどんな考えを持ってますか?

会以外の世間一般は全て「破壊的カルト」で、
「会員のみがそこから目覚めることのできた人」くらいの意識かな?

961 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 00:55:38 ID:w3GGXJYk
>>932
>「宿善になるものを求めよ」を、「宿善を求めよ」と、言って、なぜ、いけな
>いのか、と、おかしく思われる。

いや、そんなちょろっとした言葉の言い替え問題ではなくて
「宿善になるものを求めよ」といわれた親鸞聖人の根拠をださないと。

962 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 01:07:04 ID:w3GGXJYk
s会の人は、あの時やった親切(などの善)が宿善となって救われた
と信後に思うのだろうか?

963 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 01:36:52 ID:hDke686N
カルトと言えばオウムだね!

964 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 01:40:28 ID:hDke686N
地下鉄サリン事件からもう10年になると
ニュースでやってた

965 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 01:44:34 ID:hDke686N
テロが10年も前にあったなんて驚き!

966 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 01:45:49 ID:hTGgl1Hi
10年なんてすぐやわね。

967 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 02:33:32 ID:VK+Uvf1S
>>956
>で、親鸞会の「善の勧め」に
>「嘘はつかないようにしよう」とかは無いの?
「光に向かって100の花束」より
78:人生には、より大切なことを遂行するために、一時は相手を裏切り、ののしられ、
  迫害も覚悟しなければならぬことのあることを、知っておかなければならない。
 →救われるためにも嘘つき勧誘は必要悪だ。躊躇するどころか、むしろ率先して行え。

・・・過去スレのコピペだけど、的を射ていると思う

>>917
>教学講義の「ワシはそんなこと言ってない」事件
って、クローバーの掲示板にもあったコップのたとえの事じゃないかな?
あのあとしばらくして削除されてたけど・・・
2chの過去ログ検索すれば見つかると思うので、説明はしない。

968 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 03:50:29 ID:4TYVMPHY
>人生には、より大切なことを遂行するために、一時は相手を裏切り、ののしられ、
>迫害も覚悟しなければならぬことのあることを、知っておかなければならない。

正本堂建立の為に非会員から献金を募ったときも
この理念は活かされたんだろうか・・・。

969 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 04:10:23 ID:4TYVMPHY
>>963
そのオウムもダミーサークルで色んな大学の学生を勧誘していたわけだが、
10年経っても同じ手法で勧誘してる宗教団体があるのがビックリですね。

970 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 07:15:54 ID:nMU7LV12
仏教にすべての人にとって最も大切なことが教えられています。世間では

葬式法事が仏教と思われています。すべての人にとって最も大切なことが

教えられているのにね。

971 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 07:16:37 ID:nMU7LV12
人生の目的は万人共通唯一のものです。なぜだか分かりますか?

972 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 07:19:09 ID:nMU7LV12
すべての人にとって最も大きな苦しみは死です。その死の問題が解決しない限りは

何をやっても安心満足はありません。逆にこの問題さえ解決したなら、何をやって

いても大安心大満足です。アンチの人は色々悪口を書いて一時的には心が満足する

でしょうが、続かないでしょう。そんなもんです。

973 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 10:37:29 ID:BRPYNx77
>>972

また、得意の脅しか・・・
頭八つに割れるぞ、と同じ類。

974 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 12:12:09 ID:BRPYNx77
>>972
>逆にこの問題さえ解決したなら、何をやって
いても大安心大満足です。

君自身は解決できたの?
どうよ?
それとも、食べてすらないのに、世界一おいしいそばがあるといっては
ラーメン店にせっせと人を連れてきては、店で人をこき使わせる方ですか?

975 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 12:50:11 ID:h5cHDvFO
>得意の脅しか・・・

「あんたは死ぬんだよ」っていうのは脅しじゃないだろ。
「まだまだ死なないよ」っていうのは嘘だが。

976 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 12:54:11 ID:Lv0MZJ0t
 

977 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 12:56:34 ID:h5cHDvFO
>君自身は解決できたの?

「解決できる道がある」という教えだから聞いてるんです。
「人生は苦ではない」という、問題点さえわからないひとや
「どうやっても人生は苦で終わる」とアキラメているひとにお伝えしないと
いけないと強く感じています。


978 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 13:00:50 ID:no9JivwW
死の恐怖を掻き立てる辺りが脅しかと・・・

>「解決できる道がある」という教えだから聞いてるんです。
>「人生は苦ではない」という、問題点さえわからないひとや
>「どうやっても人生は苦で終わる」とアキラメているひとにお伝えしないと
>いけないと強く感じています。

「どうやっても人生は苦で終わる」とアキラメているひとはあなたではないかと・・・

979 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 13:02:24 ID:no9JivwW
   

980 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 13:04:54 ID:no9JivwW






















    

981 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 13:08:38 ID:BRPYNx77
>>977

>「どうやっても人生は苦で終わる」とアキラメているひとにお伝えしないと
いけないと強く感じています。

ひとにお伝えするのは、自分が解決してからにしなさい。
でないと詐欺商法と本質的に変わりないことをすることになる。

それでも勧誘行為をしたいのなら、

T森氏が「解決できる道がある」といっているので、
自分は解決できていないが、それを信じてやっているだけだ、

とはっきり言って勧誘しなさい。
全部調べたこともないくせに、ただ受け売りで、自分の会以外に解決法はない、
というのもやめなさい。

982 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 18:43:10 ID:Lv0MZJ0t
そろそろ終わりに近づいてきましたので、




983 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 18:46:43 ID:Lv0MZJ0t



984 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 19:39:02 ID:EhbeGi80
>死の恐怖を掻き立てる辺りが脅しかと・・・

人生を語るのに「死」を抜きにはできないでしょう。
どの程度が「掻き立てる」ことになるのか...
どちらかというと「人間苦」のお話の方が多いのでは?

私は、「神を信じないものは地獄行きだ」と「脅されても」なんとも
ありませんけど....


985 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 19:46:07 ID:EhbeGi80
>ひとにお伝えするのは、自分が解決してからにしなさい。

「解決できる」というお話自体がないのだから
「解決できるという教えがある」というのはノイエスありますよ。
言っちゃいけないなんて言われる筋合いありません。

「解決できる」という話がないのに「他でも解決できるかも」という
方が無責任でしょう。
どこにあるか示してからいうべき。K会?本願寺?どこ?

986 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 20:24:15 ID:Lv0MZJ0t
三日坊主から抜けだそう

987 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 20:45:23 ID:Lv0MZJ0t
1000

988 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:23:19 ID:0X20Y70d
のまネコの作者ってかわいいね
ttp://web.drive.ne.jp/1/soko/VIP01346.jpg

989 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:26:20 ID:DkxGPF8E
いい加減詐欺グループはなくなってほしいよね

990 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:54:03 ID:Lv0MZJ0t
大樹の陰から抜けだそう

991 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:54:48 ID:Lv0MZJ0t
子供のころからネット社会のモラルについての「しつけ」が重要

992 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:55:38 ID:7lNjT8Fv
いい加減詐欺グループはなくなってほしいな

993 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:56:17 ID:Lv0MZJ0t
2ちゃんねるは投稿者本人が自分の発言を削除できず、削除依頼は公開掲示板でなければ受け付けてもらえません。


994 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:56:55 ID:Lv0MZJ0t
この削除依頼公開によって被害は拡大するのです。
誤って個人情報を書き込んでしまった人が削除依頼によって増幅した攻撃を受け(数千にも及ぶ書き込み)、退職に追い込まれている事実もあります。

995 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 21:59:44 ID:Lv0MZJ0t
また会社、公人に関係する個人情報は原則削除しないという基準があり、事例では教師経験のある人への執拗な誹謗中傷が削除されないという被害を生んでいるのです。

996 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:00:42 ID:Lv0MZJ0t
一方、なりすましによる書き込みは真偽を確認しないまま放置されています。
削除依頼者のIPは公開されるのに削除対象投稿者のそれは公開されないなどの矛盾もあります。

997 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:02:20 ID:7lNjT8Fv
1000

998 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:03:04 ID:Lv0MZJ0t
次スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1126098050/l50

999 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:03:33 ID:npwuezPt
s会詐欺

1000 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 22:03:54 ID:Lv0MZJ0t
WEB110番
http://web110.com/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

425 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)