5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最高宗教としての葬式仏教

1 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 06:17:10 ID:uCWCRcdC
「故人が仏教に対する信仰や知識の片鱗さえない者であったとしても、これを没後に仏教に帰依させる
のみならず、授戒作法で出家者に擬し、さらに引導で出家修行者の最高段階である成仏(解脱)に至ら
せるという強力無比な儀式である。この作法にしたがうなら、アメリカ大統領でもイスラム原理主義者の
テロリストでも、すべて仏教の出家修行者として成仏させることができる。世界中の宗教を調べても、
日本の葬式坊主以外には、こんな強烈なサービスを提供する宗教者は見あたらない。」
ttp://www.pacific-en.co.jp/sousikibouzu/text1.html

「すでに僧侶の役割が『道徳的実践者』から『共同体の祭祀の司祭』に変化している」
ttp://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/07621929c8639679c0790dcc6491e40c

宗教の発展的解消としての葬式仏教の素晴らしさを見直し、仏教原理主義には疑いの目を向けましょう。

68 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:32:04 ID:qa4IQv4j
>>1
ふざけるのもいいかげんにしるw
葬式仏教が最高宗教?
ただの詐欺ビジネスだろう?

日本の糞坊主と葬式仏教ビジネスに関わる奴らは
日本人の「宗教心」を利用して金儲けしているカルトだよ。

「宗教の発展的解消」だあ?
「宗教の発展的解消」として本来の仏教があるんだよ。
神も信仰も否定している釈迦の教えは宗教というより哲学だからね。

69 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 22:05:16 ID:kL4r4AGz
>>68
それを、この現代社会の中で
どう具体的に実践するのか、
どう具体的に成立せしめるのか、
何かしらビジョンはありますか?
あるいは、成立の可能性はあると考えますか?
あるとするなら、それは(思想や個人の信条としてでなく)どのような形で具現化されうるでしょうか?

70 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 23:47:07 ID:/9Py+lZc
>>69
コピペにマジレス

71 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 23:54:51 ID:kL4r4AGz
>>70
コピペかどうかは問題じゃない。
というか、同内容の書き込みは至る所で目にするので2ch内の多数意見だと思うし、
鬼の首を取ったように「今の仏教は仏教じゃない」と発言するし、(ま、自分もかなりの部分そう思うが・・・(^^;))
ここなら少しはまともな意見が聞けるかなと・・・w
実際、すごく気になるポイントだしね。

72 :68:2005/11/06(日) 00:17:57 ID:qkq04GEh
コピペじゃないぞ!

>>69
「それ」って何をさしているんだ???
葬式仏教?
(一応、確認も含めて)

73 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 19:24:29 ID:LcSRMJfc
>>72
釈迦の教え

74 :68:2005/11/06(日) 23:27:08 ID:qkq04GEh
>>73
「釈迦の教え」を「この現代社会の中でどう具体的に実践するのか、
どう具体的に成立せしめるのか」っていいたいのか?

そんなの、個人個人の問題じゃんw
「釈迦の教え」とやらに価値を見い出した人は、自分なりの考えでその教えを
生活のなかに取り入れ、自分の人生を築いていけばいい。
所詮、主観の世界だよ。それに「釈迦の教え」もヴァラエティに富んでいるか
らね。つーか、、、、






なにもあなたがそんな心配する必要はないでしょ?

75 :73:2005/11/07(月) 18:34:44 ID:THSGOpy9
>>74
他人事じゃないもんでね(^^;)

76 :68:2005/11/07(月) 21:48:20 ID:cKlRNjqc
>>75
「他人事じゃない」??
自分のことってこと?
あなた、僧侶?
だったら簡単。「釈迦の教え」どおりの僧侶になればいいだけのこと。
このスレタイに沿っていえば、葬儀などの儀礼行為に手を染めないように
すること。そして金銭などを受け取らないこと、などなど。

77 :68:2005/11/07(月) 21:53:31 ID:cKlRNjqc
もしそれが「現実的じゃない」とあなたが思うなら、、、
あなたは僧侶という生き方(職業じゃない)をかなり見くびっている、
というか馬鹿にしている。

じゃ、きくけどさ。
あなたにとって僧侶ってなによ?
ただのギブアンドテイクのサービス業の一種?
(今晩はアゲとく。)

78 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 03:31:50 ID:XnQCdTiQ
葬式みたいな断片的なことで「釈迦の教え」を語られてもねえ…

79 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 19:42:36 ID:ss+PdRPU
>>78
??????
意味がわかりません

80 :68:2005/11/08(火) 19:54:31 ID:ss+PdRPU
(失礼、上のカキコは68です。)
>>78
あんた、頭、大丈夫?
このスレのタイトル、もう一回見てよ。
(ちなみに仏教が釈迦の教えであることは知ってるよね。)

もうさ、下らない一行レスはいいから、きちんと自分の意見を
述べてくれよ。

81 :68:2005/11/08(火) 19:56:46 ID:ss+PdRPU
訂正

(失礼、上のカキコは68です。)ペケ
(失礼、上のカキコは68が書いたものです。)マル


82 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 20:08:50 ID:OUa6OoYu
ありがとう、仏教

83 :73:2005/11/08(火) 20:11:11 ID:YwPNQlhi
ageということは返事を待つということかな(^^;)

貴方がどれくらい仏教に詳しいのかわからないので
ちょっとずつの(箇条書きのような)レスにするw
というか、「主観・個人の信条」と言い切ってしまうことが
>>69への答えだとしたら、話はそこで終わってしまうのだが・・・

>そんなの、個人個人の問題じゃんw
>    〜
>所詮、主観の世界だよ。
個人の信条としてあればそれでよいと考えてる?
  (この点に関しては、貴方が、外の人間か中の人間かで違うでしょうが・・・)

>それに「釈迦の教え」もヴァラエティに富んでいるからね
「釈迦の教え」を2500年のスパンの中、どの範囲までで捉えてる?
全体?それとも時期を限ってる?

>あなたにとって僧侶ってなによ?
所謂、一般に通用する意味合いとしての「僧侶」ならば職業でしょう。
真の意味での(初期仏教での「比丘」とイコールで結べるような意味での)「僧侶」ならば
(遥か昔まで遡及した上での)古尊宿のように、
後進の指導、民衆への啓蒙、倫理道徳・日々の安心の為の相談窓口を行う者、かなw
(或いは、極端に言い切ってしまえば、「真理(悟り)を<体現する>者」とかね。)
けど、色んな人が居ていいとは思う。
勿論、人間的に(常識的に)眉をひそめられてしまうような生活態度・人間関係ではイカンだろうがw

てか、それが(自分のスタンスが)決められれば苦労や自己嫌悪はないし
2chなんかしてないよw
また、個人の信条で済む問題であるなら、後ろめたさは生じないさ。
仏教を座右の銘として受け止めることは容易い。

84 :68:2005/11/08(火) 23:01:18 ID:ss+PdRPU
OK、やっと議論ができそうだな。
(というか、議論を望んでいたのはあなたのほうだったが。)

俺もあなたがどれくらい仏教に詳しいのか判別しかねるので
ちょっとずつの(箇条書きのような)レスにするw

>「主観・個人の信条」と言い切ってしまうことが>>69への答えだと
>したら、話はそこで終わってしまうのだが・・・

たしかに「個人の問題」と書いた。それ以外になにがある?
あなたはそうは言い切れないんだろう?なにかあると思っているんだろう?
だったら話をそこで終えないためにも、その「なにか」を具体的に教えてくれないか。


>この点に関しては、貴方が、外の人間か中の人間かで違うでしょうが・・・

キツい言い方になるが、あなた、他人と会話したことあるの?
言語はコミュニケーションの道具としてあるのだよ。
抽象的な物言いはやめてくれないか。マジで意味がつかめん。
「外の人間か中の人間か」ってなによ?
出家か在家か、あるいは仏教徒か異教徒か、あるいはその他のことを指すのか、、、



85 :68:2005/11/08(火) 23:02:32 ID:ss+PdRPU
>所謂、一般に通用する意味合いとしての「僧侶」ならば職業でしょう。

正気?「一般」ってあなたの周囲半径10メートルの「一般」?
タイにもミャンマーにもスリランカにもチベットにもバングラデシュにも
そして西欧諸国にも仏教の僧侶がいる。たくさんいる。
彼らも含めた「一般」に通用する意味合いなのか?


> 真の意味での(初期仏教での「比丘」とイコールで結べるような意味での)「僧侶」ならば
>(遥か昔まで遡及した上での)古尊宿のように、後進の指導、民衆への啓蒙、倫理道徳・日々の
>安心の為の相談窓口を行う者、かなw

比丘は、僧侶は後進を指導したり、民衆を啓蒙したり、相談窓口を行う者なのか、あなたに
とっては。なんか随分偉そうな存在なんだな。お偉い道徳の先生?おせっかいなカウンセラー?
ま、「修行」という言葉は出てこないんだな。


>(或いは、極端に言い切ってしまえば、「真理(悟り)を<体現する>者」とかね。)

「探究」じゃなくて、いきなり「体現」かよ!
それじゃ「覚者」じゃんw

86 :68:2005/11/08(火) 23:03:56 ID:ss+PdRPU
>てか、それが(自分のスタンスが)決められれば苦労や自己嫌悪はないし2chなんかしてないよw
>また、個人の信条で済む問題であるなら、後ろめたさは生じないさ。
>仏教を座右の銘として受け止めることは容易い。

頼むから自己完結してるような文章はやめれw
自分は職業として、組織の一員として、仏教を考えていかなければならない、てなことを
いいたいのか?俺、馬鹿だからさ、具体的に書いてくんない?
寺の事情だってあるんだよ!とかさ。


>勿論、人間的に(常識的に)眉をひそめられてしまうような生活態度・人間関係ではイカンだろうがw

面倒だから趣旨に戻るけどさ、葬式仏教そのものが「眉をひそめられて」いるんだよ。
あなたもそれはわかっているだろう?
葬式仏教を延命させている坊さんたちが「人間的に(常識的に)眉をひそめられて」
いるんだよ。

87 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 09:48:12 ID:HI4ZlIHY
68は議論の仕方も知らないのに因縁付けて絡んでくるオッサンだな

>葬式仏教そのものが「眉をひそめられて」いるんだよ。
>葬式仏教を延命させている坊さんたちが「人間的に(常識的に)眉をひそめられて」 いるんだよ。

これもただの主観で事態を一纏めに断定しているに過ぎない。
歴史も現状も人の心も何もわかっていない。

88 :73:2005/11/09(水) 18:16:27 ID:etKnu/wm
>>84
>その「なにか」を具体的に教えてくれないか。

 → 上手く文章になりそうもないし長くなりそうなのでまたの機会に(^^;)
   というか、これこそが、学生時代から気になっている(求めている?)部分かもしれないから・・・
   もし、強いていうならば、仏法の具現化(と存続)とは如何なるものであるか?ありうるか?
   という>>69と同じ問いにならざるを得ない。更に強いて言えば、比丘・サンガの存続かな?


>「外の人間か中の人間か」ってなによ?
>出家か在家か、あるいは仏教徒か異教徒か、あるいはその他のことを指すのか、、、

 →仏教に好意的に興味があるかないか、且つ生活の上で接点があるかないか、というところかな。

89 :73:2005/11/09(水) 18:16:57 ID:etKnu/wm
>>85
>正気?「一般」ってあなたの周囲半径10メートルの「一般」?
> 〜
>彼らも含めた「一般」に通用する意味合いなのか?

 →現代日本でということ。


>比丘は、僧侶は後進を指導したり、民衆を啓蒙したり、相談窓口を行う者なのか、あなたに
>とっては。なんか随分偉そうな存在なんだな。お偉い道徳の先生?おせっかいなカウンセラー?

 →仏典にでてくる釈尊の45年間を俯瞰して見て、言い換えてみただけ。
  ふさわしい言い換えかどうかは判らない。

>ま、「修行」という言葉は出てこないんだな。

 →ありきたりなのでわざと外した。


>「探究」じゃなくて、いきなり「体現」かよ!
>それじゃ「覚者」じゃんw

 →ある意味そういうことですが、サーリプッタとアッサジの出会いのエピソードが象徴するような意味です。
  法を伝えるということが、サンガの存続に懸かっているという見方においてです。
  「おしえが体現されている」ということはどういうことなのか?という部分を汲み取ってほしかったw

  (余談になるが、「探究」という言葉を強調するなら、それは菩薩であり阿羅漢ではないとも言えるw)
  (また、仏法は探さずとも、釈尊によって既に示されている。あとは、個々人が実践するかどうか。とも言えるw)

90 :73:2005/11/09(水) 18:17:59 ID:etKnu/wm
>>86
>頼むから自己完結してるような文章はやめれw
 →もし自分で、「個人の信条のみで構わない。そうした在り方もまた重要である」と心底頷くことができたなら、
  「勝義諦と世俗諦との、伝統的教理と近代的知識との接合(合理的説明)」がうまくできたなら、
  その時初めて、お釈迦さんの言葉を胸にいだきながら<自信を持って・胸を張って>人に相対し、
  日々誠実に生きてゆくことができるだろう。という自分への問いかけでもあるのさ。
  大目に見てくれ(´ー`)y━~~

>俺、馬鹿だからさ、具体的に書いてくんない?
>寺の事情だってあるんだよ!とかさ。
 →まさしく、寺・近隣・人間関係の事情だよw(ま、プラス自分の甘え・愛欲・知識・理想等のせめぎ合いかな(^^;))

>>勿論、人間的に(常識的に)眉をひそめられてしまうような生活態度・人間関係ではイカンだろうがw
>面倒だから趣旨に戻るけどさ、葬式仏教そのものが「眉をひそめられて」いるんだよ。
>あなたもそれはわかっているだろう?
>葬式仏教を延命させている坊さんたちが「人間的に(常識的に)眉をひそめられて」
>いるんだよ。
 →単純に、人柄ってことです。
 →現在大局で見れば、そこまで極端でないにしてもそうした寺離れ先祖離れ、
  或いは無関心(「よくわからないし、とりあえずやっとけばいいかw」)と言える傾向があることは確かだと思いますが、
  少なくとも、現在お檀家さんの中でそういう極端な思考の方はいないです。
  (もう、一・二世代過ぎたらグッと変わるかもしれないし、自分の接し方によっては
   末永くお付き合いできるかもしれないし、未来は判らないが(^^;))

  世代間の温度差が仄見えることもあるが、
  各伝統仏教教団・寺院の怠慢であるという批判は甘んじて受け入れねばならないだろうしね。

91 :73:2005/11/09(水) 18:25:55 ID:etKnu/wm
貴方は、自分で個人の問題と言いながら、話は一般化したものになってない?
 (自分も、喋っている内容がTPOを無視した形で、安易に(無意識のうちに)一般化されている時もあるだろうが・・・orz)
個人の問題・信条であるならば、誇りを持って法事・葬式を遂行している人、
そして、それを受け入れている人々は、なんら非難の対象にならないのでは?

仏教について語る際、勝義と世俗(慣習)のギャップ、地域差、そして、2500年の間の変遷を意識せざるを得ない。
誰かと相対している時、「今、この場で必要な言葉・理屈はどういうものなのか?」を頭の隅に置かずには言葉を発せない。

『勝義と、現実の場面で求められる理屈との間のゆらぎを見ないフリをする(どちらか一方にしか言及しない)。
或いは、2500年の歴史を縮めて(パッチワークのように繋ぎ合わせて)語る。』というのが
仏教関係の著述(或いは説法・法話)のよくあるパターン(―それが悪いわけではない。
それらもまた、有効な説き方のひとつであるだろう―)なわけだが、
ここを抜きにして実存的仏教(理解)はありえない。

青島君の台詞を借りればw、
仏教は本の中(脳の中)にあるんじゃない!現場で顕れているんだ!
ってとこか(爆



てか、これ以上はスレ違いかw

92 :68:2005/11/09(水) 19:16:33 ID:8q0rl1sx
>>87
勝手なこというなよ。因縁付けて絡んできてるのはあんただろう。

>歴史も現状も人の心も何もわかっていない。

歴史も現状も分かってないのはあんただろ?
「人の心」は長文になるので議論はやめとく。

嫌らしい横レスやめろよ。


93 :68:2005/11/09(水) 19:20:46 ID:8q0rl1sx
73氏へ。

俺の乱暴な文章に真摯なレスありがとう。
とりあえず4、5行で書き捨てるようなレスじゃなくてよかったよ。
レスはちょっと待ってくれ、今じっくり読むから。

94 :68:2005/11/09(水) 19:44:57 ID:8q0rl1sx
>貴方は、自分で個人の問題と言いながら、話は一般化したものになってない?

釈迦の教えをどう成立させていくか、という問いに対して、俺は「個人の問題」といった。
「個人の問題」といったのはその部分だけ。

煽りでもなんでもなく、俺はあなたの話のポイントがつかめなかったわけ。
で、実は今もつかめてないw


95 :68:2005/11/09(水) 19:46:09 ID:8q0rl1sx
だから論点を絞りましょう。
(ちゃんと対応してくれた73氏に敬意を表して「ですます」調に変えますw)

ここです。

> 個人の問題・信条であるならば、誇りを持って法事・葬式を遂行している人、
>そして、それを受け入れている人々は、なんら非難の対象にならないのでは?

釈迦の教えを、釈迦の説いたことをどう受け止めるかは「個人の問題」です。
しかし「釈迦の教えにないこと」は受け止めようがないじゃないですか。
あるいは「釈迦が否定したこと」を、あえて無視するような行為を個人の信条と
するならば、それはすでに仏教徒ではないですよね。

釈迦が弟子の僧侶たちに葬儀などの儀礼・儀式一切に関わることを禁じたのは
あなたなら知っているはずです。

この矛盾をあなたはどう考えているんですか?


96 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 22:36:52 ID:HI4ZlIHY
心の問題なのに

>「人の心」は長文になるので議論はやめとく。

って…
何の議論がしたいんだ?
どうせ坊主が葬式で稼いでるのが気にくわないだけだろ

97 :73:2005/11/10(木) 16:40:11 ID:2d/8EVMe
>>94
それは失礼いたしました。
しかし、ポイントはと問われるならば、やはり
>>69及び 仏法の具現化(と存続)とは如何なるものであるか?
       「おしえが体現されている」ということはどういうことなのか?
としか言いようがない。そして、あなたが、具現化など不要というのであれば
やはりそこで話は終了せざるを得ない。
私は、>>69の中で >(思想や個人の信条としてでなく)どのような形で
と記しているのですから・・・

98 :73:2005/11/10(木) 16:41:26 ID:2d/8EVMe
>>95
学生時代、「日本の仏教はバラモン教だw」と冗談のように言った先生がいたが、
ま、その通りと言える面があることを否定はしない。

>釈迦の教えを、釈迦の説いたことをどう受け止めるかは「個人の問題」です。
>しかし「釈迦の教えにないこと」は受け止めようがないじゃないですか。
>あるいは「釈迦が否定したこと」を、あえて無視するような行為を個人の信条と
>するならば、それはすでに仏教徒ではないですよね。
 →この手の問題は、大乗非仏説等の事例と絡んでこれまでに散々言われてきたことだが、
  「そこに釈尊のエッセンスがあるなら(勿論ほかにも必要条件はあろうが)、仏教と認めうる」
  というスタンスを採ることで解決とするのが主流だろう。
  当然、功罪相半ばするスタンスには違いないが・・・(^^;)
    →この点に関して、私個人の意見を求めるなら私はまだ口篭らざるを得ない。
     が、大乗非仏説を唱えるつもりもないので、個々の事例に対して個別に解釈を付してゆくことで
     乗り切るしかないと考える。換骨奪胎は釈尊在世から仏教の得意技の一つと言えるしw

99 :73:2005/11/10(木) 16:42:26 ID:2d/8EVMe
>>95
>釈迦が弟子の僧侶たちに葬儀などの儀礼・儀式一切に関わることを禁じたのは
 →ここを掘り下げていくと非常に深く多岐に亘る問題(一刀両断すると現存する殆どの仏教が仏教でなくなる)なので、
  とりあえず『「葬儀」は律での禁止ではない』としておく。
  (葬儀に関しては大般涅槃経、その他呪術・儀礼に関しては梵網経・沙門果経が纏まってるかも。)
  また、現在の東南アジアでも、比丘による葬儀が行われることってなかったっけ?
  儀礼(呪術的な意味合いのものも含め)も盛んであったと思うが・・・
   (別に、他所でやってるからウチもやったっていいじゃないか、という言い訳ではないですよ(^^;))

>この矛盾をあなたはどう考えているんですか?
 →今は明快な答えはない。
  この部分の整合性を一生懸けて探していくことになるだろう(^^;)
  他にも、輪廻について・業果の相続について・亡者の死後について・中有や霊魂や浄土について
  戒について・律について・世襲について・・・etc.etc.
  勝義との関連を(或いは、勝義との関連付けが不可能な部分についても)
  自分の言葉で語れるようになることが、一番必要なことだと感じている。

100 :73:2005/11/10(木) 16:55:06 ID:2d/8EVMe
ちなみに、葬儀という儀礼の持つ意味合いの一つの解釈として、
以前、極々仲間内で作った用語集から引用しておくw

【引導】(いん・どう)
人(衆)を導いて仏道に入らしめる事。
転じて、葬儀の際に死者を済度する事とされ、この意味で用いられる事が殆ど。
何となれば、葬儀の理論は、
『(未だ無戒の者には戒を授け得度せしめ)、その人を一仏弟子として認め、三界輪廻に迷わぬよう手続きをする』
という一連の儀式として行われるから。だから葬儀では、懺悔文を誦み、
三帰依を誦み、剃髪偈を唱え、俗名でなく戒名(僧名と同じ位置づけ)を授けている。
ちなみに、なぜ名を変えるかといえば、俗世を捨てて、宗教的再生をしたという意味があるから。

101 :68:2005/11/11(金) 19:34:36 ID:1mCNLrKI
>>96
>何の議論がしたいんだ?
>どうせ坊主が葬式で稼いでるのが気にくわないだけだろ

あんた、ほんと嫌らしい奴だな。
あんたみたいな歪んだ奴らが葬式坊主の大半なんだろうな。
「葬式で稼いでる」ね。
せいぜい「稼いで」くれ、葬式で。

102 :68:2005/11/11(金) 19:36:42 ID:1mCNLrKI
73氏へ。

>「そこに釈尊のエッセンスがあるなら(勿論ほかにも必要条件はあろうが)、仏教と認めうる」
>というスタンスを採ることで解決とするのが主流だろう。

うううううん、、納得しかねるなあw


>この点に関して、私個人の意見を求めるなら私はまだ口篭らざるを得ない。

>今は明快な答えはない。
>この部分の整合性を一生懸けて探していくことになるだろう

この点において、あなたは正しいと思います。
そして他の日本の仏教僧侶たちの中にも、ある種の後ろめたさのようなものを
胸に抱えつつ日々の務めを果たしている人もいると思います。
私はグレイゾーンを徹底批判できるほどの完璧な人間ではありません。
なんでもかんでも白黒はっきりすればいいと考えているわけではありません。

ただし、ただしです。
「葬式仏教は最高宗教であるから、その素晴らしさを見直しましょう」のごとく、
開き直りのような考えはいかがなものかと。
>>68のカキコは>>1の葬式仏教礼讃に反発して書いたものです。
すぐにレスしたあなたを私はてっきり1だと思ってました。
(どうやら文章表現が違うので別人物を思われますが、、)


103 :68:2005/11/11(金) 20:42:13 ID:1mCNLrKI
実は、いいたいことは山ほどあるのですが、
すれ違いの長文ループになりそうなので。

ただこれだけはハッキリしておきます。
葬式仏教が最高宗教であるなどというトンデモ説は、まったく受け入れ難い
ということ。


104 :73:2005/11/11(金) 21:51:02 ID:8XxVQviI
>>103
最高かどうかは判りませんが、
現実に立脚した、魅力的な視点だとは思いますよ。

105 :73:2005/11/11(金) 23:09:31 ID:8XxVQviI
>>102
>うううううん、、納得しかねるなあw

正しい感性です。

(68氏だけでなく)もし興味がおありなら、
『在家宗学の提唱』山内舜雄/大蔵出版
でも読んでみてくだされ。


とりあえず、一区切りついちゃったかなw
|
|ー`)ノシ
|


|
|彡サッ
|

   ヒョコッ
|, ,_
|∀゚) < >>102 ありがとう。2chでそんな言葉が聞けるとは思ってなかったよw
|⊂ノ


|
|彡サッ
|

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)