5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮正宗について

1 :名無しさん@3周年:2005/07/15(金) 03:02:01 ID:xgSRdmeJ
日蓮正宗に入っている子と結婚を考えています。私も入信しないと結婚できないとの
ことなのですが、日蓮に入ることによって、なにか生活が変わってしまうことなどは
あるのでしょうか?その際に名前、住所を記入し、はんこを押さなければならないよ
うですが、そこに判を押したからといって、何か入信以外の契約などはあるのでしょ
うか?もしお分かりになる方、経験をされた方などがいらっしゃいましたら、教えて
いただきたいのですが、よろしくお願いします。

2 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/07/15(金) 04:04:50 ID:w+v77vhR
正宗はやめておきな。

俺は富士宮在住だし、創価板の住民だからよく知っているが、

 日 蓮 正 宗 と い う 宗 教 は 基 地 外 製 造 機 

創価学会・顕正会・妙観講とキチガイを次々と生み出してきたキチガイの生みの親ですよ。
あなたが富士宮に来るようになったら、あなたもりっぱなキチガイ認定されますよ。

3 :名無しさん@3周年:2005/07/15(金) 08:48:35 ID:xgSRdmeJ
結婚そのものを考えた方がいいということなのでしょうか?
その子は、変な宗教ではないよと言うのですが、入った瞬間に変わってしまう
事などはあるのでしょうか?
入ったら最後、出ることは不可能になってしまうのでしょうか?
すいません質問ばかりで。


4 :名無しさん@3周年:2005/07/15(金) 10:13:37 ID:hFYmkYGt
大体、日連系はいい噂は聞かないな。学会だって同じだし。結婚はいいと思うけど、魂までは売らないこっちゃな。


5 :名無しさん@3周年:2005/07/15(金) 13:53:24 ID:xgSRdmeJ
そうですね、たとえ入ったとしてもあとは自分次第ですね、魂を売るか売らないかは。売ろうとは思っていませんが。
でも入るにあたってごじゅかいというのを受けるのに、はんこを押さなければならないような
のですが、押してしまっても特になにかあったりするわけではないのでしょうか?ご存知でし
たら教えていただきたいのですが。

6 :名無しさん@3周年:2005/07/17(日) 21:11:26 ID:byCuhNdo
宗教とは原始的なマルチ商法。
一部の人間が生きていくために考案した集金システム。
僧や牧師や神主などから見れば、
信者は『金』にしか見えない。
いかに信者から『金』を搾り出すかが
聖職者と呼ばれる人間たちの
本音だ。

7 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 01:09:03 ID:h4T+fCxQ
宗教の話しが出なければその子は本当にいい子なのですが、そのへんの話しになると、
だいぶ真っすぐです。
あそこまで結構かたくななのはなぜなのか、そんな問いかけをしてみたのですが、その
子自身そんなことは考えたことはないようです。
私もそうした形而上学的な問題と言っていいのでしょうか、は人間にとって必要な部分でも
あると思うのですが、宗教という枠にとらわれすぎるのもどうかと思ってしまうのですが、
僕も入らない限り結婚は難しいようです。
宗教っていうものの定義は難しいですね。





8 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 01:17:21 ID:OBIomVga
そういう人間の根っこの部分が異なるのなら
結婚はやめた方がいい。
子供が不幸になる。
彼女が将来子供を自分の信じているものを信じるように強要したら?
宗教だけでなくイデオロギーの違いなど価値観の相違は不幸を生むだけ。

9 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 06:12:33 ID:kKDL/M4i
おれは両親が創価。けど創価で不幸と感じたことはない。祖父やら親戚がいろんな宗教でごちゃごゃしてるけどね(笑)けど宗教に対する価値感は違うとはいえそれが理由で結婚をやめるの?
だから大人の宗教に対する考え方は理解できないしそんな堅い大人にはなりたくない。
好きだけど回りが敵になったらイヤなんて言ってる時点で彼女に対するあなたの気持ちはそれまでなんだよ。宗教に自分の人生左右されんなや(>_<)と10代の学生がマジレス

10 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 06:25:34 ID:kKDL/M4i
あ!あと何故かこの2chにはやたらと宗教でなく情報に洗脳されてしまわれたアンチ創価、日蓮がほんとたくさんいらっしゃいますので2chでの質問は冷静にやめたほうがいいかと(´;ω;`)てかおれは毎日題目もあげないなんちゃって創価なんで偉そうにいえないんですけどね。。

11 :万年救護大本尊の朴蓮:2005/07/19(火) 09:12:27 ID:Gk/0LM6v
おっ 何か面白そうなスレ発見!


結論から言うと、
日蓮仏法はいくら題目を唱えても
オ バ ケ が 見 え な い か ら
つ ま ん な い


その一言に尽きます。



呪いのビデオとか好きで
全部観てるのに、
映画「ウブメの夏」の公開も楽しみにしてるのに
オバケを見る資質が徹底的に欠如している様です。

朴ちんつまんな〜い


だから今は日蓮仏法とは
距離をおいています。

今のマイブームは太極拳だね!
24式はいい汗かくよ!

12 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 13:09:09 ID:qbRHfnY/
>>7
日蓮正宗の信徒ですが、「相手が入信しないと結婚できない」という教えは
受けていません。
顕正会などの団体は宗門から破門されていますが、未だに「日蓮正宗」を名乗っています。
これらの教義は日蓮正宗から逸脱していますので、分かりかねます。
彼女に、総本山は大石寺、法主は日顕上人、なのかどうか確認してください
もし彼女が正真正銘、日蓮正宗の信徒なのにそうように言うのなら、教義を曲解して
いるように思います。
日蓮正宗のQ&A
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.htmlをご覧頂き、疑問に思うことを
彼女に投げかけてみてください。

尚、>>2は2ちゃんでも有名な基地外ですので、一切取り合わない方が宜しいかと
思います。念のため

13 :名無しさん@3周年:2005/07/19(火) 21:11:29 ID:h4T+fCxQ
いろいろなご意見ありがとうございます。本当にその子のことが好きなので、真剣に悩んでいます。
そうなんです、自分たち自身はよくても、子供ができたときにいろいろともめる原因になるのではないかと、あと自分の両親にとって孫になるので、そのことでいろいろと問題が浮き彫りになってくるのではないかと今から想像してしまいます。
自分も宗教のことで結婚がなくなってしまうとしたら、とても辛いです。そのことで結婚をやめようとは思わないのですが、結婚は実際当人同士だけの問題ではないので、真剣に考えてしまいます。
ご忠告ありがとうございます。でもいろいろな方のご意見が聞けるのは本当にありがたいです。
ところで、私自身は日蓮のことを知りもしないのにあれこれ言うのは失礼なので、それに好きな子が信じているものなので、できる限りホームページなどにも伺わせていただいて、理解するよう努力しています。
なので、まだ良いも悪いも自分の中ではないのですが、その子自身も日蓮正宗はすばらしいところだといいます。その反面世間一般のご意見はあまり良いことを聞かないのも事実なので、そのギャップに少し困惑します。
実際中にいらっしゃる方はその辺の意見の違いを、どう思われていますか?
あとその子も、日蓮が入信しなければければ結婚できないといっているのではなくて、その子の両親がそれを望んでいるというのが大きいのと、その子自身もそれを望んでいるようです。
たぶん僕が入信しない限り結婚はなくなるでしょう。
こんなことをお聞きして申し訳ないのですが、入信するにあたって用紙に記入をしてはんこを押さなければならないそうなの
ですが、それは入信以外に何か契約が含まれるのでしょうか?
失礼な質問で申し訳ないのですが、もしよろしければ教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。





14 :12:2005/07/20(水) 05:29:20 ID:VrWHSx7N
>>13
>実際中にいらっしゃる方はその辺の意見の違いを、どう思われていますか?
→自分は信徒ですが、全く「世間一般」の一人ですよ。未だに日蓮正宗と創価学会を
混同されている方が多いのではないでしょうか?
>入信以外に何か契約が含まれるのでしょうか?
→入信は「法華講」という信徒組織への入会でもありますので、月1,200円の
講費(会の運営費,機関誌代などの実費)は必要となります。契約はそれだけだった
と思います。詳しくは、
日蓮正宗法華講連合会(TEL 03-3624-4556 〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋2丁目18−12)
に問い合わせてはいかがでしょうか? 



15 :暇人:2005/07/20(水) 07:46:39 ID:1x+R5Huv
>>13

色々ご心配されておられるご様子。
もう少し慎重に情報収集されたほうがよいかもですね。
そしてよい判断をされてください

正宗のページの説明によりますと入信時(御授戒の前)に「謗法払い」と
称して
「入信に際しては、他の信仰の対象物となる他宗の本尊や神札、神棚や祠、
念珠、経典、お守り、縁起物(だるま、熊手、破魔矢)などを取り払います。
これを「謗法払い」といいます。この謗法払いは日蓮正宗の信仰を清浄に
実践していくために絶対に欠かせないものです。 」とあります。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html
これが多くの場合親・親族と揉める一因になります。
極端に言えば先祖の宗派から切れることになります。
先祖代々の仏壇があれば捨てるわけですし、神棚も同様。。。
正宗は自らだけを正しいとする点で 他の伝統仏教から一線を画しています
伝統的な日蓮系(日蓮宗・法華宗)からは「あそこは。。。」と見なされています

入信すると 正宗の信徒団体「法華講」に所属するわけですが、
創価学会とのいざこざに巻き込まれることになります。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html



16 :暇人:2005/07/20(水) 07:57:21 ID:1x+R5Huv
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html
のQ&Aも 突っ込みどころ満載ですね

「9 先祖が代々守ってきた宗教を捨てることはできない」では
「今のあなたが、先祖が長い間誤りをおかしてきた宗教を、そのまま踏襲することは、
あまりにもおろかなことです」とあります。
正宗にマインドコントロールされて、私は先祖の誤りを修正したのだととか
言い出すと 親族から変に思われますし、
何よりあなたの彼女 その両親は、あなたの宗教を低級と考えているので
改宗しないと結婚できないとか傲慢かましているのです。

むしろ自然なあり方があるとすれば、
あなたが 彼女の信仰を尊重するように
彼女もあなたの宗教(あるいは無信仰)を尊重する
互いに互いを尊重しあうことではないでしようか


17 :12:2005/07/20(水) 08:42:46 ID:yqD95TT/
>>16
だから私は>>12
>疑問に思うことを彼女に投げかけてみてください。
とお勧めしているわけですが

>>13
>>16が言うことが事実かも含めて、彼女や彼女のご両親と、じっくり話される
ことですね。

18 :名無しさん@3周年:2005/07/20(水) 10:14:37 ID:Q3GPsjam
ほうぼうばらいというのは、誰かが来てそれをするのでしょうか、
もし入信したとしても、今までのものを変えるつもりはないのですが?
そうですね、本当は私自身が信仰しているものを互いに尊重しあえれば
いいと思うのですが、今はまだ結婚していないので、それほどその子も
強く言いませんが、後々は分からないなと思ってしまいます。
あまりいい顔はしませんでしたが、入信しても自分が今まで信仰してき
たものは続けてもかまわないとは言ってくれてはいますが。


19 :名無しさん@3周年:2005/07/20(水) 14:35:16 ID:Q3GPsjam
18の中ちょっと文章がおかしかったですね、>16の方が書かれたように、お互いがお互いの信じ
ているものを尊重しあえればという意味です。
お墓などのことでも、揉める原因になることは避けられないですかね?

20 :名無しさん@3周年:2005/07/21(木) 19:46:16 ID:20ewTCny
正宗信徒です。
私は子供のころから信心をしていて、
主人と結婚する際も自分が信じているものについて色々と彼に話をしました。

教義に「結婚相手を入信させなくてはいけない」とは書かれていませんが
お寺に行ったり、家にお仏壇を御安置したり、生活上で相手の理解がないと
続けていかれないと判断し彼に話しました。

ちなみに私の母は熱心に信心していますが、父は結婚の際に入信したのみで
特に何もせずにただただそういう母を見守っているという形です。

悩まれている方がどういう判断をされるか分かりませんが
結婚する・しないとか結婚してうまく行くとか行かないというのは
彼女が信心を続けていくことに理解があるかどうかだと思います。

カルトでも何でもないですし、世間一般で言うお寺の「檀家」という
感じでの信心と想像してもらえればいいんじゃないかと思います。

私の主人の場合は結局彼の判断で入信しました。
今まで特に問題なく生活しているし、まぁ彼の実家が浄土真宗なので
お墓の問題は今後出てきますが、それなりに楽しくやってますよ。

21 :暇人:2005/07/21(木) 20:32:08 ID:BKLH+rQX
「入信しないと結婚できない」などという伝統仏教は他にはありませんです。

「世間一般で言うお寺の「檀家」という感じでの信心」などと思って
暢気に結婚されれば「こんなはずではなかった」ということが満載だろうと
思います。

まあ あう人もいるでしょうし そうでない人もいる
私はあせらず じっくり調べられたほうがいいと思います。
少なくとも世間の標準からはズレタ信心ですから


22 :名無しさん@3周年:2005/07/21(木) 20:50:25 ID:20ewTCny
>「入信しないと結婚できない」などという伝統仏教は他にはありませんです。

だから・・・今回は彼女自身の考えで「結婚するなら〜」って
話なんじゃないかと思いますが
もしかして暇人さん何か違う宗教のことを言っている??

とはいえ、他宗の「檀家」さんになったことがないので
「檀家」がどれだけ暢気なのか分からないから
例えに出した私が悪かったかも。

お寺に行ったり、毎日手を合わせたりっていうのは
ズレてるの?

23 :暇人:2005/07/21(木) 22:04:28 ID:dRdAU2Qv
日蓮正宗って今は喧嘩別れしましたが 創価学会の母胎ですよ
普通の日蓮宗とは別物です。

22さん個人はよい人 あるいは普通の人なのでしょう。
「お寺に行ったり、毎日手を合わせたり」はなんら問題はありません。
模範的だと思います。

オウムや統一教会の信者さんたちも個々人はよい人たちです。
問題は宗教であることを隠し若者を誘ったり、
「サリンを撒いたり」「高額なツボを売ったり」する行為です。

正宗は宗教をであることを隠して勧誘したり、
反社会的な行為を信者に強要しないという点では破壊的なカルトでは
ありません。ただ。。。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html
自分たちだけが正しく、他は低レベルな邪宗とするところがカルトです。

信仰上、私にとってこの信仰は正しいというのはOKでも
誰にとっても この信仰だけが正しいのだと舞い上がればカルトです。

ズレているのは正宗本山の「自分たちだけが正しい」とする
信仰のあり方です

24 :名無しさん@3周年:2005/07/21(木) 23:44:39 ID:Dyc5fDST
>20さん、>21さん、お話が聞けて大変にありがたいです。
>20さんは、もし旦那さんが入信されなかったら、結婚はありえませんでしたか?
家も、両親は真言宗なので、そのへんが実際どうなるのか考えずにはいられません。
彼女は同じお墓にも入るし、それは守ってくれると入ってくれました。まだ先の話しですが、
でも彼女が入るときはお寺にお願いすると言っていました。となるともし私も入信した場合、親の方が
どうなるのかと気になるのと、親にもそのへんは大丈夫なのかと言われてしまっています。
私も彼女がお寺へ行くことなどはかまいません。でも日蓮以外の仏壇は置けないとかになってしまうと、
それも困るかなと思います。でもそのへんで彼女の理解が得られるのであれば、生活は何ら普通に大丈夫だと
思ってはいます。
>20さんにお聞きしたいのですが、入信してくれるだけでいいと彼女はいい、私もそれはかまわないと思っています。
でも入信しながら、もし相手が他にも宗教を持っているとしたら、日蓮への入信は結婚のため、今まで続けてきたものも続けると言ったら、>20さんは怒りますか?


25 :名無しさん@3周年:2005/07/21(木) 23:45:38 ID:Dyc5fDST
続きです。
私も、毎日手を合わせたり、それはすばらしいことだと思います。でも、暇人さんが書かれたように、
ほうぼうばらいでしたっけ、他のものを一切、切り捨てなければならないというところに引っ掛かっています。
教義というんでしょうか、その辺りの話しになると僕は彼女とですら言い争いにはならないと確信できないところがあります。
私は、哲学、宗教というか形而上学的な問題に興味があるもので、何ら日蓮というか宗教自体のは抵抗がありません。
でも、暇人さんが書かれたように、「信仰上、私にとってこの信仰は正しい」というところは自分の中でとても重要な部分です。
なぜなら、私が形而上学的な問題を突き詰めたからと言って、そこで自分が感じてこれは正しいと思ったところで、誰もが自立した選択の自由を望んでいるわけではありませんが、
人には自立した選択の自由があると思うので、他人にそれは強要できないというのが、私の思っているところだからです。
私はそれほど熱心ではありませんが、他に信仰を持っていることも彼女も知っています。多分日蓮に入信しても、
今までのところへはたまに顔を出すだろうということも言ってあります。創価学会ではありませんよ。
そんな人が旦那だったら、どうしますか?彼女にたいしてそれでもいいのかなとも、まじめに悩んでいます。


26 :名無しさん@3周年:2005/07/22(金) 01:58:39 ID:jFYq4KjO
まじめに悩まれる気持ち、よくわかります。
決して他人事には思えなかったので・・はは。

まず、彼が入信しなかったら結婚はなかったかという質問。
そんなことないと思います。入信する以前から私の信心に対しては
理解してくれていたし、そこを一番にするならお寺の中で結婚相手を探してたと思います。
結局は彼が好きで、好きな人には大事な場面で運に見放されたり
病気や事故にあって欲しくもなかったし、彼も一緒に守ってもらいたい、
そういう気持ちで「入信してほしいなぁ」と持ちかけたのを覚えてます。

向こうの両親については、私のほうから
嫁に入ったなら全てその家に従うのが筋目とは
思いますが、生まれてからの20何年か「この仏様が正しい」と信じてきたものが
「今日からはこっちが正しい」とは思えない旨を時間をかけて話し、
それ以外のことはこの家のやり方を何でも頑張って覚えていこうと思うので
どうかこれだけはさせて下さいとお願いしました。
私が信仰していることは全然構わないと理解してもらえましたが
お墓のこと、仏壇のこととか不安そうな様子のまま
具体的なところまでお互い触れずに
今日まで来てしまっているのが現状です。んーいかんですね。
それについてはまた別途書きますね。

で、謗法払いの件、それから他の信仰を持ちながらだったら怒るかというお話。
正宗に限らず、複数の信仰に入信しているのは変だよねぇと思う気持ちがなくはないですが
別に怒ったりはしませんよー。

27 :名無しさん@3周年:2005/07/22(金) 02:00:11 ID:jFYq4KjO
(続きです)
もちろん、色んな人がおっしゃってるように
正宗では他宗を信仰することはもってのほかとされています。
何でそういう話になるのかっていうとなが−くなっちゃうのだけど
彼女さんもきっと話してくれていると思うので割愛しますね。
なので、正宗で良くないこととされている行動を旦那さんが取っていたら
ただ単純に心配になります。嫌いになるとか怒るって話では特にないです。

あなたもおっしゃる通り、信仰には選択の自由があるし、
強要するものでもありません。

だから入信をするのであれば、あなた自身が正宗の信仰に対して感じる疑問を
素朴な疑問として彼女さんに色々聞いてみてはどうでしょうか?
あと、一度お寺に行ってみて自分の目で判断されてもよいかと思います。
あんまり・・参考にならないですね。。ごめんなさいっ
2、3日後またこの板来てみます。


28 :名無しさん@3周年:2005/07/22(金) 10:35:36 ID:cnXv4uJg
>26さん、ありがとうございます。お話が聞けて本当にありがたいです。
一人で考えていると、不安ばかりが出てきてしまって、同じような悩みを持たれている方のお話はとてもありがたいです。
最初彼女は入信しなければ結婚は難しいとは言っていなかったのですが、彼女のお母さんが、もし入ってもらえないなら
結婚は考え直しなさいと言ったようです。
彼女も、もし入れないならそれは本当に好きではなかったんだよと、そう言われたときはちょっとショックでした。

その子も、もしその願いがかなえてもらえるなら、それ以外のことは頑張るからと言っていました。
でもやっぱり最終的に、>26さんもまだ直接触れられずに来てしまっているように、お墓や仏壇の問題は避けるこ
とができなさそうですね。
ちょっとお聞きしたいのですが、ほうぼう払いは自宅のほうにもどなたかいらして行ったりもするのでしょうか?

私が今まで持っている信仰も、彼女は続けてもかまわないとは言ってくれているので、そのあたりは彼女と話し合いながら
続けるしかないとは思うのですが、彼女も、私が入信しなければと言うように、私も今までのものを簡単には変えられないので
お互い歩み寄れればいいなとはおもっています。

お寺へは一度連れてってもらいました。
でもやっぱり一番の問題は、後々のお墓などの問題ですね。
そのような時が来たときに、そのことで親が不安に思ってしまうとしたら、それは私にとってもちょっと悲しいので。

いえそんなことないです、とても参考になります。
ありがとうございます。


29 :名無しさん@3周年:2005/07/22(金) 18:13:28 ID:+RFkJYnx
カルトじやないってんならさ、しつこい勧誘やめてよ…迷惑なんだよ。人の迷惑考えないから、そんな事出来んだろ


30 :名無しさん@3周年:2005/07/22(金) 23:39:33 ID:7d6kOWg0
正宗やってるとこんな風になるよ。

http://9022.teacup.com/haja_kensho/bbs


31 :名無しさん@3周年:2005/07/23(土) 00:21:57 ID:0MdNEV6D
こんなのもあるよ

http://6801.teacup.com/kane/bbs?x-up-destcharset=17

32 :名無しさん@3周年:2005/07/23(土) 02:04:36 ID:i0pVV/r0
何でこんなにいがみ合うんでしょう?
彼女もこんな感じではないことを祈るばかりです。

>26さん、またお聞きしたいのですが、お子さんはいらっしゃいますか?
もしいらっしゃるなら、お子さんのことで旦那さんや、旦那さんのご両親と意見が噛み合ないことなんてありますか?


33 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講@佛所 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/07/24(日) 23:55:05 ID:NO+Rx58Z
ま、日蓮正宗に入信したその瞬間、ご近所の学会員は全員敵になるわな。

34 :名無しさん@3周年:2005/07/25(月) 11:10:31 ID:w9+0VcZd
浅井ジョンイル

35 :26です:2005/07/25(月) 11:47:07 ID:KRg3VSGz
どうもです。レスが遅くてごめんなさい。

子供はまだ小さいですが娘が二人います。
入信は主人と私の考えで受けさせましたが
実家の方からは「お宮参りどうした?」と聞かれたときに
お寺に連れて行って御受戒を受けさせた旨を伝え記念の写真を送りましたが、
「ああそうか」と予想外に淡白な反応でした。

主人の実家は浄土真宗ですが、熱心ではなくて
仏壇と神棚を並べて飾っているような家なので(^^;
自分達の先祖供養についてはとても心配してるようですが
子供について揉めたことはないです。

あと、私は主人の実家のお墓に入るつもりでいます。
墓石を変更することはあるかも知れませんが、
新しく建てたり、一人だけ別に入るつもりはないです。
ただ、娘達がちゃんと信仰してくれて、かつ親孝行な子になれば(笑)の話ですが
私達の供養として正宗で御塔婆を立ててもらえたらなどと主人と話しております。

実家の両親に我が家の考えをしっかり伝えていないので
両親を宙ぶらりんに不安にさせているのですが、
とりあえずお墓の問題は夫婦間ではクリアしています。

あ、あと、謗法払いは誰かがお家に来るものとかじゃないと思います。
きちんと習ったことはないもので・・すみません。
たぶん、こちらからお寺に持って行って処分して頂く形だと思います。


36 :名無しさん@3周年:2005/07/25(月) 20:39:03 ID:58DPujR8
仏壇と神棚を並べて飾っているのは異常な事なの?

37 :26です:2005/07/26(火) 00:16:34 ID:RhkNTvgh
「異常」という言葉で批判する気はまったくないですよ。
正宗の教えではもちろん間違っていることですが。

神も仏もどちらも信じているとか
ありがたいものは何でもっていう家が多いことはよくわかっているつもりです。
現に私の友人は家に仏壇と神棚があって教会で結婚式しましたしね・・。

38 :日蓮正宗信徒:2005/07/26(火) 23:08:33 ID:gXHrSork
オイラいちお日蓮正宗の信徒だけど
一度入信したらやめるのは難しい。
他の信徒の人が家とか電話で説得してきたり
結婚相手の人がいるんだから
「やめる=離婚する」
ってことになりかねませんよw
てかお寺に通ったりしてると「洗脳」されますから!!
それが創価学会と同じようなとこです
それに本尊以外の物を拝んだりしたらいけませんし

生活はお寺とかにいくことが多く大変になるし
折伏したりしなきゃいけないし
ダルイですよww

てか「入信してくれないと結婚できない」ての自体おかしいと思います!
そんな教えありませんし

39 :名無しさん@3周年:2005/07/27(水) 00:17:03 ID:URCwo8Ju
>26さん、レスありがとうございます。
私は、もし子供ができたら、自分で判断できる歳になってから入信するかしないかは子供に判断
させて欲しいと言ったら、彼女はあまり賛成ではないようでした。

うちの両親も熱心な真言宗ではありませんが、ゆくゆく両親がそのような時が来たとき、
供養などをどちらでするのか実際どうなるのか考えると、ちょっと心配になります。
こんなこと聞いて申し訳ありませんが、もしご主人のご両親のときはご供養はどちらでなされる
のですか?
あとは26さんが書かれたように、そのへんのところは自分たちのときは子供次第ですね。
こんな話しをすると彼女からは、そんな先の話しと言われてしまいますが。
私の彼女も、一緒のお墓には入れるとのことなので、それは良かったと思っています。

ほうぼうばらいは私も聞いてみたのですが、誰かが家へ来るとかではないみたいですね。
彼女も詳しくは分からないと言っていました。

40 :名無しさん@3周年:2005/07/27(水) 00:22:40 ID:URCwo8Ju
>26さん、なんだかずっと書き込みができなくて、すいません。
レスありがとうございます。



41 :誰も否定出来ない史実:2005/07/27(水) 12:50:50 ID:G4Wcy/R7
題目で病が治ると言った日蓮は下痢の病で

長い事苦しみぬいたあげく最後はそのまま病死しています。

これは史実です。つまり日蓮は嘘つきです。

日蓮仏法に効果など無いのです。

日蓮は殺人教唆、世界大戦の戦犯、死因は病死2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1115601372/

42 :名無しさん@3周年:2005/07/27(水) 23:20:39 ID:j6FfC+ZJ
宗教とは原始的なマルチ商法。
一部の人間が生きていくために考案した集金システム。
教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は『金』にしか見えない。
いかに信者から『金』を搾り出すかが
聖職者と呼ばれる人間たちの
本音だ。

教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は
『お前ら、馬鹿じゃねーの?
せいぜい頑張ってくれよ』
位にしか思っちゃいない。

教義上、平等を説いているが
信者の差別化は常識だ。
貧乏人や障害者、低学歴はこの世界でも
聖職者と呼ばれる人間たちからの
侮蔑、嘲笑にさらされる。



43 :名無しさん@3周年:2005/07/28(木) 16:55:56 ID:7RQzuTN2
私は日蓮正宗の信徒です。僧侶ではないので適当なことを言える立場ではないですが、日蓮正宗に信徒以外の人と結婚してはいけないという規約はありません。
その子があなたと一緒に信心をしたいということでしょう。私も妻と結婚する際に入信しましたが、書類は信徒の管理のためのもので、何かを買わされたりとか心配する必要はありません。
仏教は難しいです。迷う気持ちはよく分かります。私は妻を信じて入信しました。あなたは、その子の事を信じられませんか?(笑)

44 :暇人:2005/07/28(木) 18:50:57 ID:vYNQUrwU
>>43

逆かもよ
あなたの妻は あなたの生き様では あなたが幸せになれんと
心配したから あなたを勧誘したのかもよ(笑)。
この人は大丈夫と信頼していたら 信仰を押し付けたりせんでしょう。
何年生きているかしらんが まだ そんな基本も わからないのか。。。

45 :あああ:2005/07/28(木) 18:52:49 ID:7RQzuTN2
つづけて書かせていただきますが、「謗法払い」について悩んでいらっしゃるようですね。確かに私も初めに聞いたときはちょっと引きましたが(笑)
でも、よくよく考えると当たり前なんですよね。「宇宙のルール」はたった一つしかないですから。
果たしてたかが何十年しか生きていない人間が好きなようにやっていいんですかね?他宗に対して厳しい
というのはそういうことです。もちろん、「じゃあ、日蓮正宗が本当だっていう証拠は?」ということになるのでしょうが、
それは43で書いたように、彼女を信じるしかないでしょう。「それ以外は本当にいい子だ」という時点で、答えは出てるように思いますが。
「そのこがいい子であるのは、信心のおかげでは?」と考えることはできませんか?

46 :あああ:2005/07/28(木) 18:55:49 ID:7RQzuTN2
「暇人」さん、「この人は大丈夫」ってなんですか?僕はいくら素晴らしい人間になっても
自分の大事な人が事故にあわないようにすることはできないと思いますが。それは「大丈夫」なんですかね。

47 :暇人:2005/07/28(木) 18:58:23 ID:vYNQUrwU
>「宇宙のルール」はたった一つしかないですから

アホもここまでくると。。。
現実みると いっぱいルールあるじゃん。

その子がいい子なのは信心のおかげだから
 彼氏側は彼女の信仰を 止めろとは言わないのだ
彼氏もその子にとっていい人なんだから
 彼女側は彼氏の信仰を 尊重したらいいのだって
互いが互いを尊敬しあってこそ 夫婦では?

48 :暇人:2005/07/28(木) 18:59:56 ID:vYNQUrwU
正宗に入信したって 事故にあう人はいるだろうし 病気もするじゃん。


49 :あああ:2005/07/28(木) 19:07:35 ID:7RQzuTN2
あなたのいう「ルール」は「枝葉」でしかありません。しかし、あなたが信心に対して否定的であるのと、
私があなたと法論するために書いているのではない以上、これ以上論じるのは無駄なようですね。一つだけ私が言えるのは
入信してよかったということで、折伏してくれた妻に感謝しているということです。

50 :暇人:2005/07/28(木) 19:09:55 ID:vYNQUrwU
>信心に対して否定的

ではないよ。
正宗以外の信心にも肯定的なんだって
キミたちが 正宗以外の信心に否定的なのだよ
自覚されよ

51 :あああ:2005/07/28(木) 19:12:10 ID:7RQzuTN2
>正宗以外の信心にも肯定的なんだって
よろしければ、その理由を教えてください。

52 :あああ:2005/07/28(木) 19:29:55 ID:7RQzuTN2
例えば、これはあくまでも僕の考え方ですが、野球にはルールがありますよね。ピッチャーはマウンドから投げる。でも、ライトから投げたい人も
サードから投げたい人もいるかもしれない。あまり興味のない人は、「そっから投げたいっつってんだから投げさせてやりゃあいいじゃん」といいます。
そのピッチャーはライトから投げる。当然ストライクを取るのは難しいですが、がんばってストライクも
三振も取れるようになった。それは素晴らしいことですよね。尊敬できることです。でも、そのピッチャーがマウンドから投げたら
もっとすごいと思いませんか?確かにマウンドから投げてもホームラン打たれることはあります。でも、それはあくまで
「ルール」を守った次の話ではないでしょうか。私は、ライトから一生懸命投げているピッチャーを「もったいない」と
思っているだけです。

53 :あああ:2005/07/28(木) 19:33:00 ID:7RQzuTN2
もっといえば、ライトから投げたり、サードから投げたりしてる人が、子供を教えたりするわけですよ。
それを思うと、「怖い」と思うのです。

54 :あああ:2005/07/28(木) 19:52:20 ID:7RQzuTN2
色々とえらそうなことを書いてお恥ずかしいですが、初めの目的に戻って、名無しさんにもう一度言わせていただきたいです。私も以前は無神論者だったんですよ。
自分の実家の宗派も知らなかったくらいですから(笑)。でも、妻が真剣に話してくれたときに「どうなってもいいや」と思ったんです。
「こいつの宗教のせいで不幸になろうとも、一文無しになろうとも、ここで俺がこいつを信じないのは違う」と思ったんです。全てを彼女にかけたんです。
あとで御住職にお話したら、「信じるってそういうことだよ」と言われて、目からうろこが落ちる思いでした。

55 :あああ:2005/07/28(木) 20:00:17 ID:7RQzuTN2
結局はやってみなければ分かるはずないし、「やってみる」とは「信じ、行ずることです」
「学」はもっともっと後なんです。ここは、もちろん文字だけの場所なので、「学」が先行してしまうのは仕方ないですが、
もう一度「自分の心」と相談してみてはいかがでしょうか?「学」は抜きにして。もちろん信心は強制するものではなく
また、強制してもたもつことはできません。よく考えてみてください。

56 :名無しさん@3周年:2005/07/28(木) 23:08:36 ID:xpQHIJpc
なんみょー連中ってキモイな。ウリナラ民族と同じ臭いがする。

57 :暇人:2005/07/29(金) 02:04:17 ID:wH/3rJWl
>>52

話としてはね
「みんな野球やるべき」
「私もしてるから 結婚したらあなたもして」
「私も妻に誘われて やってみたけど めちゃよかったよ」
と言われているのだが
「そっちは野球したらいいから 彼がサッカーするのも認めて」
という話ね。
「野球しなければ 結婚しない」
「野球したからには サッカーボールとかは捨てて」はやりすぎ
こういうことを言ってるのね

だがあなたが野球楽しいのは それはそれでよい。
私はやつたら 楽しかったよ キミもどう まではよい。
相手が「いや 私はしない」と言えば 認めようという話

「彼女を信じて野球しようよ」
「野球できないということは 彼女を信じてないことだ」
までくると おかしいという話

58 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 05:42:51 ID:uRkw7juG
暇人さん、あああさんお二人のおっしゃること、どちらもあっている間違っているではないですが、
私はどちらの意見にも納得できます。
結局、彼女に信仰があろうがなかろうが、この場合は私が入らないと結婚はないかもしれないのですが、
入ってくれるだけでいいと言うなら、いっこうにかまわないと思っています。でも、入ったからといって、
それにどこまで自分を傾けるかまでは僕自身の内側の問題なので、そこまでは追求できないでしょう。
私のまわりに、奥さんがクリスチャンで結婚するにあたって洗礼を受けた友人が何人かいますが、
クリスチャンだとここまで問題にならないのは皮肉です。それはなぜか、全部ではありませんが、
キリスト教はそれほ徹底的には他の宗教を否定はしないからだと思います。
私もあああさんがおっしゃるように、彼女がいい子なのはある部分信仰のおかげだと思います。
でも、暇人さんが書かれたように、誰が野球をやろうがサッカーをやろうが誰もそれを一方が
否定する権利はないと思います。やったこともないのに食わず嫌いもいけないと思いますが。
でもだいたい人間の解釈が入ったもので絶対なものなんてないと私は思いますから、それは
2000年以上続いているキリスト教でも。これはキリスト教批判ではありませんので。
でも暇人さんの例えで、もし野球でもサッカーでも、今カナダでやっている水泳でも、
それを突き詰めたとき、実際やっている競技は違っても、アスリートとしてある境地まで行き着いたとき、
したい能力を極めるという部分ではそれほどの違いはないと思います。だから全然違うテニスをしていた
松岡○造でも、水泳選手のアスリートとしてのすばらしさを伝えられるんだと思います。
そういう意味では、私の中では他宗が駄目というのは・・・です。
もしそれほどすばらしいなら、来るもの拒まず去る者拒まず、ほっておいても何ら問題ないような気がします。
でも結局、好きという気持ちははそんな様々な理屈超えてるので、入ればいいなら入っちゃいますね、多分。
すいません、真剣に書かれているのにいい加減なおちで。

59 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 05:45:43 ID:uRkw7juG
すいません、途中文章「したい能力」となっていますが、身体能力です。


60 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 05:55:47 ID:o2XThyzV
新興宗教じゃないし、危険な宗教じゃないんですよね?
でも危険分子を生みやすいんですか?

61 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 06:29:58 ID:AJ4LB797
理境坊妙観講は顕正会並カルト。他の講も信徒の大部分が創価学会出身。坊さんも。

62 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 07:13:15 ID:ygMUDNFt
顕正会ガテレビにでてたな。みんなキモイ顔してた。
日蓮とか創価も同じ仲間か・・・。
キモイ

63 :暇人:2005/07/29(金) 07:28:08 ID:soQcjyPT
>>58

あなたの人生だし どういう選択であれ 決定するのはあなたですね。
では お幸せに

64 :名無しさん@3周年:2005/07/29(金) 07:56:59 ID:GxVzaolJ
軽い気持ちで入信したが、別に問題は無いと思う。

お金はほとんど掛からない

ただし誰かが言ったように創価学会の母体であったのは事実で
所によってはよく似た体質をもっているかも知れませんが
今は反目しているので、反面教師的にとらえている面もあり創価とは
別の方向へ進んでいると思います。

もっと、古典的な宗教です。伝統を重んじるあまり他の宗教に対して
否定的なのです。

私は深くのめり込んでもいないし、寺にも今はめったに行っていません
が、どこかで支えになっている部分があると思っています。

65 :暇人:2005/07/29(金) 08:08:52 ID:soQcjyPT
弟子に喧嘩せず仲良くねと遺言した日蓮さんであったが、
日蓮さんが亡くなると 早速喧嘩して 出て行った日興さんが
正宗の派祖。
日興さんが亡くなりしばらくすると
日興さんひとりが日蓮さんより相承を受けたのだとニセ文章を
作り出した変な宗派だね。


66 :あああ:2005/07/29(金) 10:22:14 ID:vs4vBd+c
「野球」と「サッカー」の話ですが、誤解があるようなので、書き込みさせていただきます。
私は「野球をするなら」という話をしたんです。例えば人間は「生まれて死ぬ」という誰も絶対に変えられない
ルールの中で生きているわけです。そういう、一番根本の部分の話をしたつもりだったのですが、うまく伝わらなくて
すみませんでした。

67 :あああ:2005/07/29(金) 12:35:13 ID:vs4vBd+c
つまり、私の話を、57の暇人さんの解釈に当てはめると、

話としてはね
「みんな人間やるべき」
「私もしてるから 結婚したらあなたもして」
「私も妻に誘われて やってみたけど めちゃよかったよ」
と言われているのだが
「そっちは人間したらいいから 彼が畜生するのも認めて」
という話ね。
「人間しなければ 結婚しない」
「人間したからには サッカーボールとかは捨てて」はやりすぎ
こういうことを言ってるのね

だがあなたが人間楽しいのは それはそれでよい。
私はやつたら 楽しかったよ キミもどう まではよい。
相手が「いや 私はしない」と言えば 認めようという話

「彼女を信じて人間しようよ」
「人間できないということは 彼女を信じてないことだ」
までくると おかしいという話

となって、とんちんかんになってしまいますので。念のため。

68 :あああ:2005/07/29(金) 13:20:20 ID:vs4vBd+c
名無しさん、私はあなたの状況は、私のときととてもよく似ています。ちなみに私は
入信して2年、結婚して1年半です。こういえば、大体の年齢は想像つくでしょうし、
同じくらいの年齢かと思っています。私の場合は妻に、「ただ入信するのじゃなくて、
一緒に信心をしてほしい」と言われました。もっと重いでしょ(笑)。私は散々迷った挙句
入信したわけですが、そのときに「やるからには一生懸命やる。でも、それでも違うと思ったら、
やめるからな」といいました。当然日蓮正宗を信じて入信したわけではないですから、
お寺に行くたびに怪しいところがないか注意してました(笑)。はじめはそんなもんです。
初めからわかるとしたら、それは仏ってことになりますからね。幸せになってください。

69 :26です:2005/07/30(土) 01:06:15 ID:R2yWPpaA
あああさんのお話、私の主人もこんな気持ちだったのかなと思いながら
読ませて頂きました。入信当初はきっとそうではなかっただろう主人も今は、
この信心を信じています。

主人は難しい仏法の話もよくわからないけれど(私もか・・)
あああさんが「まずやってみる」とおっしゃるのは本当だと思います。
彼なりに、信じていた時とそうでない時の違いを感じて
今はこの信心をしているようです。

だから名無しさんが入信されるのであれば、
入信して自分が感じることの方が他人の言葉よりもずっと説得力があると思います。

暇人さんは色々と勉強されているようですね。
ただ何となく情報源がおかしいような・・・。
周りに創○学会の方でもおられるのですか?
いたからどうということでもないので気にしないで下さい。

70 :名無しさん@3周年:2005/07/30(土) 01:11:05 ID:+bXvsDFJ
何でも学会員のせいにするんだね…


71 :暇人:2005/07/30(土) 01:29:16 ID:IqeKpR/H
>ただ何となく情報源がおかしいような・・・。

そういうことを無根拠に言われてもね。

>「まずやってみる」
人それぞれですから、するしないは本人が決めることです。
「まずやってみる」より
私は 「時間をかけて調べたほうがよい」と思います。
いそいで入る必要はありません

72 :26です:2005/07/30(土) 01:58:14 ID:R2yWPpaA
無根拠ってわけでもないのですが、暇人さんを細かく非難する気はないので
学会の話を持ち出したのは言い過ぎでしたね。すみません。

時間をかけて調べるのも、人それぞれ、個人の自由というのも
もちろんだと思います。

ただ調べるにも限界が出てきてしまうし、
色々な情報が錯綜していて何が本当かわからなくなるし
結局のところ、自分にとって宗教とはどういうものかっていうところまで
掘り下げて考えないとその人なりの答えが出ない問題かと思います。

そういう意味で、こういうケースで入信を悩んでいる名無しさんに
対しては、入信して感じることを自分の答えとされたらどうかと
思っています。

73 :あああ:2005/07/30(土) 12:00:33 ID:BufXi48M
名無しさんがご自分で「たぶん、入信すると思います」といっている以上これ以上
論議する必要はないかとも思いますが、暇人さんに対してということで書き込みさせていただきます。
「自分でよく調べる」という行為は暇人さんがされたことだと思いますが(お詳しいようなので)、私はお勧めできません。入信する前の私なら賛成したところでしょうけど。(笑)
文章(記録や経典も含めて)というのは、人によって受け止め方が違うというのが普通ではないでしょうか。
つまり「自分で調べる」という行為は、「自分」という殻を超えることは絶対にないのです。
しかし、大きなものは、自分という枠の外にあると思いませんか?例えば、仏様(あえてこういう言い方をさせていただきますが)
を大人と例えれば、我々は子供以下です。それが自分の枠の中だけで生きるというのは、あまりにも小さいことのように思いますが。

私が最近思うのは、犯罪による子供の被害です。もし、以前の酒鬼薔薇事件のような殺され方を自分の子がされたとしたら、
私や妻はその後の人生を幸せに生きていけるだろうか。信心している身で言うのもなんですが、私には分かりません。想像もつきません。
それは自分の判断の域をはるかに超えているからです。でも、そのときに御本尊様があり、必ず導いてくださると信じられれば、
気持ちが多少休まります。信じるためには感じなければならない。感じるためにはやってみなければならない。私はそう思っています。


74 :あああ:2005/07/30(土) 12:01:17 ID:BufXi48M
もう一つ暇人さんのおっしゃることで言わせてもらえば、例えば自分が彼女のお父さんとうまが合わないとして、彼女に「私のお父さんをもっと知って」と言われたらどうでしょう。あなたは、
「俺はお前のお父さんには興味ないから」と言うのでしょうか。それはあまりにも小さいですよ。自分に興味がなくても、それが「彼女の願い」であることは
大事なことではないですか?「知る」ためには接しなければならないし、「お父さんが本当はどういう人なのか」は、時間をかけなければ分からないと思いますが。
「飛び込む」というのはかなり勇気のいることです。それができる人とできない人は一人の「人間」として考えても、大きな差があると思います。「信じる」ことは「他人」に対しても、「自分」に対しても必要なことです。
私は信心から「信じる」ことの深さを学びました。もちろん、まだまだ修行中ですが(笑)。

75 :あああ:2005/07/30(土) 12:22:37 ID:BufXi48M
それと、26さんの「学会」発言ですが、日蓮正宗には学会にかなりきびしい追い込みをかけられた人が
多数います。そういう意味で信徒の多くが「学会」に対して敏感なことは認めます。ただ、一つ誤解があるとすれば
我々は「学会員を折伏しましょう」と言われています。学会員を仲間に、つまり「学会員を救ってあげたい」というのが
本当のところなんです。敵なのはあくまで「学会の教え」であって、「学会員」という人間そのものではありません。
そこのところ、ご理解いただきたいと思います。

76 :あああ:2005/07/30(土) 12:47:44 ID:BufXi48M
たびたびすみません。75のような書き方だと26さんを非難しているように取られるかもしれませんが、
弁護してるつもりです(笑)。

77 :暇人:2005/07/30(土) 12:50:04 ID:24O1RlC6
>>76
>無根拠ってわけでもないのですが
今のところ根拠を具体的に書かれていません。
書かれたらたぶん一々に対して反論します。
私に非があったり誤認識があれば
ご指摘に感謝した上で 訂正及び謝意を示すと思います。
そういうことは他スレッドでも度々ございます
私がすべてを知っているわけでも
正しい判断を下しているわけでもないですからね
しかし そういうことは具体的に書かれないと話になりません。

結婚より離婚が面倒なように、入信より脱会が心理的にも色んな
意味でも負担があります。
人は自分の判断を肯定したがる習性がありますので、一度入れば、
入信という判断を肯定する材料を好んで集め 自分を正当化したがります。
しかし不幸にも入信してから 本人にあわなかった場合 悲惨なことになります。

キリスト教にも色々ありますが伝統的な教派は、心から納得した上での受洗を
気長に待ちます。だから入信希望をされても準備学習期間がきちんと整備されています。
ところが一部の準備期間が比較的短い教派では、簡単に入信させ後にトラブルを生みます。
伝統仏教のほとんどは「まずやってみる」などという安易な勧誘をしません。
創価などの新興宗教やかつての母胎の正宗などだけが そういう無責任な勧誘をされます。

「錯綜していて何が自分にとって大事が迷っている」段階の人には、
入信を勧めるのではなく
納得いくまで 心からその信仰を自分の生き様として必要だと感じるまで、
じっくり準備期間を置かれることを勧めるのが
まともかトンデモ系かの分かれ目の一つだと私は考えています。


78 :暇人:2005/07/30(土) 12:52:01 ID:24O1RlC6
>>74

彼女の言っていることは
「私のお父さんをもっと知って」ではなく
「私のお父さんとだけつきあって あなたのお父さんとは縁切って」
だからおかしいのね。 わかる?

79 :名無しさん@3周年:2005/07/30(土) 12:57:40 ID:+KkeADIQ
人がこう言ったからじゃなくて自分で考えて決めろ

80 :あああ:2005/07/30(土) 13:36:54 ID:BufXi48M
暇人さんあなたは、私の文章をきちんと理解していない。あなたの話していることは、
「信じる」とか、「感じる」という根本ではなく、「判断」とか「選択」という、全て枝葉
の部分です。失礼なようですが、あなたの理解力による知識や、記録、経典
などの引用を私は信じることはできません。残念ですがこれ以上お話しするのは無駄なようですね。

81 :暇人:2005/07/30(土) 13:39:23 ID:24O1RlC6
うん 無駄だろうね

82 :あああ:2005/07/30(土) 13:40:51 ID:BufXi48M
ちなみに、78でいう「あなたのお父さん」とは真言宗を表しているのだと思いますが、
彼は真言宗に対して自分のお父さんと同等なほど重きを置いているのでしょうか。

83 :あああ:2005/07/30(土) 13:53:46 ID:BufXi48M
しつこいようですが(笑)、79も。これは誰に対して言っているのでしょうか。私が55で
「もちろん信心は強制するものではなくまた、強制してもたもつことはできません。よく考えてみてください。」
と言っているのと、名無しさんも自分で考えて悩んでいらっしゃることを考えると、これもよく意味が分かりませんが。
あなたは本当にみなさんの文章をよく読み、名無しさんのことを考えていらっしゃるんでしょうか。


84 :求名:2005/07/31(日) 18:17:50 ID:BIbOt0zk
功徳=悪(身・口・意)を滅し、善(身・口・意)を生じさせる事。
十善=-身=不殺生(ふせっしょう)
-----------不偸盗(ふちゅうとう)
-----------不邪淫(ふじゃいん)
-------口=不妄語(ふもうご)
-----------不綺語(ふきご)
-----------不悪口(ふあっく)
-----------不両舌(ふりょうぜつ)
-------意=不慳貪(ふけんどん)
-----------不瞋恚(ふしんに)
-----------不邪見(じゃけん)

85 :あれれ:2005/08/01(月) 01:30:01 ID:LWY/OtFk
すいません、名無しです。名無しだと他とかぶって分からなくなってしまうので、名前あれれで入れます。
すいません、いつも書き込みが遅くて。
26さん、あああさん、暇人さん、色々ありがとうございます。
結局は、最終的な決断は自分次第なので、もう少し考えてみたいと思います。でも色々なお話が聞けて
本当にありがたいです、ありがとうございます。
日蓮の話しに限らず、こうした信仰の問題は本当に難しいですね。
26さんがおっしゃられたように、自分自身にとっての宗教とはどういうものかというところまで
掘り下げて考えるのは容易ではありませんが、私は結局自分で考えるしかないと今までも思ってきましたし、
今もその考えは変わらないので、入信したとしてもしないとしても、今までのように思索を保って行くつもりです。
でも、言葉で言葉の枠を超えるのは本当に大変ですね。
これは結局、こっちの世界にいる限り超えられないのかもしれないですね。
日蓮では、人間の存在の意味などは、どのように考えるのでしょう?



86 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 01:35:20 ID:KPQvk27U
いかりや長介さん

87 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 08:10:58 ID:piEzeVqZ
志村けん

88 :ゴータマ・シッダールタ:2005/08/01(月) 09:56:26 ID:2BCG282A
おい、日蓮は基地外坊主だ。俺の教えを捻じ曲げた極悪人だ。地獄だと?
そこに日蓮がいるから日蓮宗系のあほどもをを呼んでいるんだよ。創価も
顕正会も日蓮正宗もとにかく日蓮系統のインチキ宗教は万死に値する。
クソ日蓮め、地獄でもがきつづけろ。法華経を出鱈目に解釈した外道め!

89 :あああ:2005/08/01(月) 11:20:41 ID:KwvUqKlL
日蓮正宗の教えによる「人間の存在の意味」というのは、捕らえ方が難しいと思いますが、これは私が軽率に話すべきではないので、入信したら御僧侶に
お伺いするのがいいでしょう。ただ、あくまで現時点での私の捉え方ですが、私たちは御受戒を受けるときに、「仏身に至るまで」修行しつづけることを誓います。
「境外」と言うものがありまして、「仏」が一番上で「人間」は真ん中くらいです。そういう意味で「人間」を考えるなら、「修行中」ということになるのかなと思います。
仏教は全てそうだと思いますが、「前世」「今世」「来世」という考え方があります。私は前に「たかだか何十年・・・」と言うふうに「人間」をいいましたが、
厳密に言えば、もっともっと深いんです。「命」は「宇宙のルール」の中を無限に泳ぎ続け、「今」の我々はその通過点にいるということになりますか。
つまり、「今世」は「今世」だけに留まらず、「来世」に繋がっていく。そして「今世」は「前世」に導かれて存在すると言うことです。
だから、「今」の人生を自分勝手に生きてはいけないのだと私は解釈してます。あくまでも、私の解釈ですので、必ず御住職にご確認してください!!(笑)

ちなみに「修行」とは「自行化他」。自ら行じ、他を化導(導く)する、ということです。ですから私は、初めて来たこの2チャンネルで、「書き込みをしたい」と思ったんです(笑)。


90 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 11:41:16 ID:2BCG282A
>>89
お前は日蓮正宗以外は邪教だと思っているのか?

91 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 11:43:52 ID:VgjNmK35
非仏本仏の誤差なんて無いのにねー

92 :あああ:2005/08/01(月) 11:56:04 ID:KwvUqKlL
あ、それと、これだけは断言させていただきますが、信心することは決して人格否定ではありません。今まで培ってきた「自分」というものを
丸々捨てるなどと言うことではありません。52の「野球」の話をむしかえしますが、ライトで投げていたピッチャーの能力(ライトからストライクを取れる技術、あきらめない努力等)
は尊敬に値するし、変える必要は全くないです。ただ、「マウンド」に立つことによってその「真価」が発揮されるのは明白です。ですので、きっとあなたが「大事にしたい」と思っている部分を失うことはないでしょうし、
その部分はもっともっと開花すると思います。「枝葉」と「根本」というのは、なかなか理解するのに時間がかかるかもしれません。私もそうでした。でも理解していったら、
自分が引っかかっていたことが全て「枝葉」だったということを痛烈に感じました。自分に自身があっただけに驚きましたが、それだけ、「人間」というものが「枝葉」に翻弄されて生きているのだと思うと、本当に怖かったです。


93 :あああ:2005/08/01(月) 11:58:59 ID:KwvUqKlL
90さんへ

すみませんが、思ってます(笑)

94 :あああ:2005/08/01(月) 12:00:42 ID:KwvUqKlL
91さんへ

よかったら、誤差のない理由をお聞かせください。

95 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 13:36:13 ID:2BCG282A
>>93
他宗派,他宗教を邪教とみなすのは真の仏の道ではないことに気付け。
そのような排他的な思想が争いの元となるのだ。
日蓮は妄想全開の基地外坊主だ。早く足をあらえ。

96 :あああ:2005/08/01(月) 13:40:05 ID:KwvUqKlL
あなたが「真の仏の道」を理解しているとは思えませんが。もちろん私もですけど。

97 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 14:29:33 ID:2BCG282A
>>96
他宗派を邪とみなすのはおよそ仏の道とは程遠いものだ。
俺は慈悲の心で言っているんだ。ところでクマラジーヴァって坊さんのことは知ってるよな。

98 :あああ:2005/08/01(月) 15:01:46 ID:KwvUqKlL
97「他宗派を邪とみなすのはおよそ仏の道とは程遠いものだ。」
よろしければ理由をお聞かせください。「仏」からみたら、「他宗派」などという言葉自体心外なのではないかと思いますが。

ちなみにクマラジーヴァは知りません。それと、あなたの書く文章からは慈悲の心は伝わってきません。

99 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 15:25:16 ID:2BCG282A
>>98
なかなか誠実だね。私はいつでも慈悲の心でものを言うんだよ。今後お前呼ばわりは止そう。
君は法華経という経典を知ってるかね?
クマラジーヴァとはね、「鳩摩羅什」(くまらじゅう)とも言って、その法華経をサンスクリット
から漢語に翻訳した僧侶だよ。まあいい、仏教の根本思想に八正道というのがあるのは
知ってるね。すなわち、正見・正思・正語・正業・正命・正精進・正念・正定だ。簡単に言えば
中立なものの見方をし、意志をしっかりともち、正しい言葉を使い、悪いことをせず、おだやかに
生活し、しっかりと努力し、思いを落ち着け、じっと瞑想するということだ。その最初の部分
つまり正見というのが最も大事でね、異なるいくつかのものがあるときにそれらに特定の思想を
持ち込まず、中立に判断すること。これが仏の道なのだよ。当時のインドではバラモン教が
支配的だったことは知ってるだろう。バラモンの僧侶達は教義にがんじがらめになって、
諸派に分裂していたんだ。それらを仏陀は攻撃しなかったし、邪教だとも言わなかった。
ただ、「私の行く道はこのようなものではない」と、弟子達に伝えただけだ。仏陀が説こうとした
「仏」とは、なにものにもとらわれず、自由な境涯という意味がほんとうなんだ。少しは
わかってくれたかな?


100 :あああ:2005/08/01(月) 16:02:29 ID:KwvUqKlL
私は学がないので、あなたの引用に対して反論することはできません。しかし、前にも書きましたように、「文章」というものは
100人がみたら、100の解釈があると思っています。同じ映画をみても、人それぞれ感想は違うし、監督の本当に言いたかったことは
なんなのかを知るのはとても難しいことでしょう。

そしてこれも前に書きましたが、「信・行・学」を必ず守る。「信じ、行じなければ、学問は生かされない」と御住職にご教授いただいています。
先に書いたことにも繋がりますが、信じ、行じたうえでない解釈は「我見」を生みます。その結果が創価学会であり、顕正会でしょう。

そして、最後の部分ですが、あなたのいうことを真に受けると、「他の人はほっとけ」と言うことになるのでしょうか?違ったら言ってください。
もしそうだとしたら、仏陀は自分のことしか考えていなかったということになります。そうだとしたら、私はその解釈を信じることはできません。

なんにしても、私が「信・行・学」を考える以上、「信」のない「学」に対して反応することができないということをご理解ください。

101 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 16:42:56 ID:2BCG282A
>>100
そう。仏陀の基本スタンスは「他の人はほっとけ」。ただこれも忘れちゃいけない
「全ての人は仏である」。駄洒落みたいだが本当だ。
仏陀はね、基本的にそれ以外のことは言わなかった。
跡付けの解釈は玄奘やらさっきのクマラジーヴァやらが「我見」で行った。
それをさらに日本に持ち込んだ僧侶達が「我見」で解釈した。
住職さんに聞いてごらん?
「我見」でいいんだよ。仏陀が真に伝えたかったのは
解釈の自由さなんだ。いや自由そのものなんだ。
サンスクリット語でかかれた本物の経典を原語で読んだことがあるかい?
君たち日蓮系の宗派は「我こそが真理を得たり」と「我見」で
解釈して他の宗派を散々に誹謗するだろ。仏陀はね、そんなことは望んじゃいないんだ。
君がホントに仏教を信じるなら仏陀の教えを信じることができるはずだ。創価も顕正会も
醜いね。だが君たち日蓮正宗も仏陀の中立な目で見れば同じように映ってるんだよ。
それからね、イエスキリスト。これも様々な宗派に分かれてしまったけど、伝えたかったのは
アガペー。つまり無条件の愛。それだけだ。キリストのいいたいことが何だったかを純粋に知るために
私は大学でコイネーという古典ギリシャ語も学んで古い文書にもあたってみた。サンスクリットを
学んだのだって、仏教の始祖たる仏陀が何を伝えたいかを自分で確かめたかったからさ。
悪いことは言わない。真に仏の心を知りたいと思うなら、住職さんに聞くだけでなく自分の力で
仏陀にアプローチしてみてほしい。
極論かもしれんが、仏陀すなわちゴータマ・シッダールタ君が伝えたかったこと、それは「君も仏陀だし、
私も仏陀だ。」だ。いや極論ではないね。まさにそうだ。
ところで君の言う「行ずる」とはどういうことかね?この言葉は仏教が日本に入ってきたころには
使われておらず、平安時代にも「おこなふ」という言葉があったが、これはもっぱら貴族が
いわゆる仏道修行をする、すなわち経典の解釈をしたり、経を誦じたりすることだったんだがね。




102 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 17:22:44 ID:yZ+kCJ3o
日蓮正宗は創価学会や顕正会を非難していますが、
自分達からそれらが生まれたという事実については、
どうお考えなのでしょう。

103 :あれれ:2005/08/01(月) 19:30:29 ID:LWY/OtFk
以前名無しだった、あれれです。
すごいでね、101さんは古典ギリシャ語まで学ばれて、古い文書にもあたれてるんですね。
私も自分なりに努力はしていますが、そこまではできないですね。
八正道と書かれたものを読んだことがありますが、堀田和正という方の本でしたでしょうか、ヨブ記についての本もありました。
私も来るもの拒まず、去る者拒まず。結局人は牛を水飲み場に連れて行くことはできても、牛に水を
飲ますことは人にはできないようにおもいます。
ある意味、ソクラテスの本当の意味で「知らないということを知る」ということも、自分を中立の
位置に立たせる真理かなと。
たいてい色々な人の話しを聞いても、ある部分までは共感できてもすべてが一致することはまずありません。
なのである部分から先は、結局自分で道を見つけて進むしかないのかなと、そういう意味では最終的に
信じる対象の行き着く先は自分になるのかなと、自分自身の中にも小宇宙があることを信じて、自分自身で選択したものを
信じることができるかどうかなのかと、私は思います。私は信じるをそのように解釈しています。
これ自分で良いも悪いも引き受けて考えるということが前提なので、誰もが自分で選択して考えたいわけではないし、
大人数いっぺんにそんなことさせたら、まとまらなくなっちゃいますからね。たいてい誰も、好きに自分で考えていいよとは言わないですよね。
そんなこと言ったら、日本の教育だって大盤振る舞いで、自分で何でも考えろと大学なんかの哲学の授業を見ても、
たいていそのように、本当に言っているとは思えないですからね。この話しには関係ないですね、すいません。
間違って解釈することもあるかもしれませんが、様々な人の話しを聞きながら、私も自分で考えたいです。



104 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 19:50:45 ID:2BCG282A
>>103
君は正しい。排他性の強い似非宗教に毒されぬよう気をつけられたし。

105 :あああ:2005/08/01(月) 20:36:03 ID:KwvUqKlL
88 :ゴータマ・シッダールタ

はもしかしてあなたですか?IDが同じなようですけど(笑)。
なら、あなたのような方に話すことは何もありません(笑)。

106 :あああ:2005/08/01(月) 20:50:50 ID:KwvUqKlL
102さんへですが、それについては、私個人の意見としては100で書いたように考えています。

107 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 21:05:05 ID:2BCG282A
>>105
あのね、88で攻撃的なことをあえて書いた意味が分らないのかい?君たちの教義の
偏狭さは一般にはこのように映ってるんだよ。いきなり自分の信じてるものを
強烈な言葉で罵倒されたら話したくないだろ。同じことを君たちはやっているんだ。
私は一人でも多くの人に幸せになってもらいたいと思っている菩薩だよ。
思考停止しないで疑うべきところを疑うという基本的な作業をせずに「信心」するといっても
それは信心とは言わないんだ。盲信というんだ。ソクラテスはね、虻になるといった。
ブンブンうるさい虻だよ。でもその中から真実を自分の目で見極める目を養うように
青年達に説いた。老婆心からの忠告だよ。もっと広い目で信仰と言うものを考えてほしい。

108 :名無しさん@3周年:2005/08/01(月) 23:49:53 ID:MsaTP6cH
お釈迦様はバラモン教を批判していますよ。
政治はもちろんなにごとによらず、これでは人が幸せになれないと思えば、
自然とそれへの批判となるのは当然のことです。

批判=喧嘩の元。
だとして宗教討論などを封じ込めたのは江戸幕府だが、
黒船ひとつで崩壊。
議論がないから進歩もなく、後進国になりさがっていたのだ。

平成の今時、同じことを繰り返すのは愚かであると思います。

ただし。
法蓮講員は口のききかたをよく学ぶべきだとは痛感いたします。
いきなり不愉快な話し方をされたら、中身を聞く以前に人間性を疑われそれだけで拒否される。
結果として広宣流布どころでなくなりますからね。

109 :88:2005/08/02(火) 14:32:33 ID:6hwVt2ja
>>108
君はなかなか見どころがあるね。確かに仏陀は当時のバラモン今日の状況を見て
「私はこの道は行かない」という趣旨の事は語ったが、これはまあ批判といえば批判だね。
だが攻撃もしなかった。邪教だとも言わなかった。それは上のレスを見てもらえば分ること
だろう。後世の僧侶達が仏陀の直の思いをだんだんと歪めてしまったということについては
君も同意するだろう。そもそも広宣流布とは何かね。仏陀の思いをを世界にに広めるという
のが原義だろ。五重の相対なんかの後付け理論で「法華経のみが最高の経典だ」などと
言うから、日蓮系の広宣流布はうまく行かないんだよ。君はまさか日蓮本仏論なんて信じて
ないだろうね。

110 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 14:43:58 ID:jjNP5oec
このスレもそろそろ本筋外れてきたな・・・。

111 :あああ:2005/08/02(火) 15:20:29 ID:Uw0b9T+v
あまり気はすすみませんが、やむをえないので、101、及び107について
破折させていただきます。

1.101であなたは、クマラジーヴァという人や、日本の僧侶が「我見」で解釈したと言い、
  「我見」でかまわない。と言いました。ということは、当然あなたの解釈も「我見」であるということになり、
  それは「真実」とは別問題ですね?殺人があったとして、ABCの三人がいたとします。
  あなたが「Aが犯人だと思う」と言えば、Aが犯人になり、私が「Bが犯人だと思う」と言えばBが犯人になる。
  こんなことありえないですから、「真実」と「我見の解釈」は全く別なものであり、あなたが「本当だ」と断言したことは全て「真実」とは別の話ということになります。
  もはやこれだけで後の全てを破折したようなものですが、続けます。

2.101に「君がホントに仏教を信じるなら仏陀の教えを信じることができるはずだ。」
  とありますが、釈迦信仰は日蓮正宗の教義ではないです。日蓮正宗のことを知っていたら絶対に出てこない言葉です。つまり、あなたは日蓮正宗の教義を知らない。
  それなのにここにきて、日蓮正宗の誹謗をしている。これは、どういうことでしょうか。

112 :あああ:2005/08/02(火) 15:21:21 ID:Uw0b9T+v
3.101の「君も仏陀だし、私も仏陀だ。いや極論ではないね。まさにそうだ。」
  これは、「仏になる可能性を持っている」ということではなく、「仏だ」といっています。これを「極論でない」と言っている以上、現代の全ての人が「仏」であるということになる。
  ということは私もあなたも「仏」ですね。仏の境外が「他の人はほっとけ、みんな自由にやれ」だと言うので、そうすると、今ここで論争しているあなた自身や、戦争、政治、全てが「仏」の行動として矛盾していることになります。
  「他の人はほっとけ、が仏の教えであり、私は仏です」とあなたはいっている。じゃあ、ほっといたらいいのに・・・。

4.最後に107から。
  「私は一人でも多くの人に幸せになってもらいたいと思っている菩薩だよ。」
  と言っていますが、「仏」と「菩薩」は全く別です。これは、仏教に疎い人にはあげあし取りのように見えるかもしれませんが、勉強している人にとっては常識中の常識です。
  あなたは、前述で「仏だ」といい、このときには「菩薩だ」と言っている。

以上4項目、全てに反論お願いします。一つひとつの番号ごとにお答えいただけると見やすくて助かります。「質問返し」をしないようにと、「他へ話を飛ばさないように」お願いします。この破折に対すること以外のものへの反応は控えさせていただきます。


113 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 15:41:29 ID:C/4jFe2Z
>>111
あなたは本当にクマラジーヴァを知らないのですか?お寺で叱られて下さい。
釈迦信仰ってなんですか?それは仏教ではありません。日蓮正宗では釈尊を教主としています。
日蓮正宗では人はそのままで十界を互具しており、唱題することで仏界が具現すると説きます。
日蓮正宗では、人のために何かしようとする心が持続する人を菩薩と呼びます。それは題目の功徳です。

114 :あああ:2005/08/02(火) 15:51:22 ID:Uw0b9T+v
全く答えになってないですね

115 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 15:58:01 ID:C/4jFe2Z
>>114
なにを早とちりしているのですか?私は101ではありません。
あなたとお話しするのははじめてですよ。あまりにもあなたが無知なので見かねて
お話して差し上げているのです。

それでは113をあなたへの質問に切り替えます。
このような日蓮正宗の教義をご存知でしたか?

116 :88:2005/08/02(火) 16:15:19 ID:6hwVt2ja
>>111
1.私の解釈も「我見」だ。仏教はあらゆる「我見」を許す寛容さを持ち合わせた
  優れた宗教だよ。そもそも仏教は「真理」「真実」を追究するものではない。
2.そう、私は日蓮正宗の教義などこれっぽっちも知らない。ただ、君たちが他宗派
  を排斥する偏狭な教義を持っていることを直感した。これは直感だよ。だから
  仏教の寛容性と相容れないのに「仏」を論じていることに懸念を感じた。
  君たちにとっては日蓮が絶対なんだろう。疑いをさしはさむ余地も無く絶対なんだろう。
  それがここに来て君たちと遊ぼうと思った理由だ。私の教義は、ただ一つ「自由」だ。
  なにものにもとらわれず、自由に言いたいことを言う。その実践をしているだけだよ。
3.だが私がここで現れたことによって、きみは私の自由な解釈を知ったわけだろう。
  少なくとも君の思想に柔軟性を持たせる蒔種が出来たわけだ。
4.菩薩とはbodhisattvaの音訳だ。意訳すると「覚有情」となるがね。元の意味は悟りを
  求めて生きる仏陀そのもののことだ。この悟りとは「全てのしがらみから解放される事」
  だね。もつれた糸が固まりに見えても、それをほどくと一本の糸でしかない。それを知る
  ことが悟りだ。仏陀は仏だよ。そして仏陀は全ての人が仏になるべきものだと言った。
  仏と菩薩が異なるものとするのは仏の教えではないよ。
これは誰に習ったものでもない。私のオリジナルだ。繰り返し言うが、仏教とはそもそも
「完全なる自由」を求めて始まったものだ。


117 :あああ:2005/08/02(火) 16:24:36 ID:Uw0b9T+v
ありがとうございました。1.で「我見」を認めたうえで、4.で「始まったものだ」と言い切るあなたの慢心に対して、私が言えることはありません。

118 :あああ:2005/08/02(火) 16:31:36 ID:Uw0b9T+v
113さんへ

人違いですみませんでした。私への質問と言うことですのでしたが、どなたかがおっしゃったように、主旨から外れてきていると思いますので、
発言は控えさせていただきます。あれれさんがお寺に行って御住職にお伺いすれば分かることですので。

119 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 16:42:00 ID:C/4jFe2Z
>>116
仏教には許す許さないという概念はありません。あるのは「私は認める・認めない」です。
排他性と自由との関連が不明瞭です。
自由な解釈と相反するのは日蓮正宗の偏狭な教義だけではありません。
自由な解釈とは論理性を欠く出鱈目なものにも通じています。
菩薩と仏とは明らかな差異が諸経典、論書に記されています。混同できません。
仏教は完全な自由を求めたわけではありません。苦やそこから生じるものからの開放を
目指したのです。開放されるには戒を守らなければならないし、様々な制約があります。
取り違えないで下さい。

120 :88:2005/08/02(火) 16:46:25 ID:6hwVt2ja
>>119
素晴らしいね。よく理解してる。

121 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 17:00:02 ID:cikIJ8nK
>118
はぁ??
あれれさんは関係ないんじゃない?

113さんとあなたのやり取りの流れの中で
113さんがあなたに対してした質問を、
なんであれれさんがお寺まで行って聞いてこなくちゃいけないの?

122 :あああ:2005/08/02(火) 17:06:46 ID:Uw0b9T+v
「教義」というものは、とても重大なことだと思っています。前にも書いたように、文章と言うのは一人ひとり受け止め方が違うものです。
私が軽々しく発言するより、御僧侶が人を見て、その人にあった説明の仕方をされるべきだと思います。このスレはあれれさんの質問から始まっていますから、
「あれれさんは関係ない」というのは、どうかと思いますが・・・。

123 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 17:14:34 ID:cikIJ8nK
だって「知っていたかどうか」という
118さん個人への質問でしょ?
あれれさんは関係ないじゃないですか。

もちろんあれれさんが興味を持たれたのなら
聞きにいくのは自由。
でも引き合いにだすのはお門違い


124 :あああ:2005/08/02(火) 17:28:25 ID:Uw0b9T+v
まあ、しかたないので答えさせていただきます。113さんが提示された日蓮正宗の教義を私が知っていたか?ということですね。
113さんが提示された「教義」はかなり簡略です。話が十界にとび、菩薩にとび、功徳に飛んでいるし、それぞれが驚くほど短い。つまり不完全です。
不完全な教義に対して「そのとおりです」とはなかなか言えません。大事なことだけに。113さんが提示された部分が含まれているところもありますので
「違います」とも言いづらいです。ただ、一つだけはっきりと言わせていただければ、113さんは日蓮正宗の信徒さんではありません。絶対に。
あの教義の書き方をみてそう思うという意味を解釈していただけたらと思います。もし、信徒さんだったら、軽はずみな書き込みはやめるべきです。
この判断の理由として、「御本尊様」がでてこない。これは日蓮正宗の教義を表す上で絶対にあってはいけないことです。ですので返答する価値はない、と思いました。

125 :あああ:2005/08/02(火) 17:44:14 ID:Uw0b9T+v
ああ、それと、「113さんとのやり取りの中で」と言うことでしたが、115でおっしゃってるように、
今回が初めてで、わたしは「113さんとやりとりをしたい」という気持ちはありません。ですので当然答える義務も感じません。

126 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 17:52:05 ID:C/4jFe2Z
>>124
あの、、私は日蓮正宗の僧籍を有していましたよ。

>ですので返答する価値はない、と思いました。

あえていいましょう。あなたは増上慢の極みです。そして、物事を筋見て立てて考える
能力に欠如しています。あなたのような信徒がいるからカルト扱いされるのです。
迷惑です。妙観講の気の触れた連中と付き合っているのですか?

127 :あああ:2005/08/02(火) 17:57:48 ID:Uw0b9T+v
すみませんが、信じられません。

128 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 18:23:46 ID:cikIJ8nK
>あああさん
質問に答える義務なんて、確かにないですよ。
答えろと要求もしてませんが?
私が指摘したのは、あれれさんは関係ないという事だけです。

129 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 18:48:58 ID:C/4jFe2Z
>>127
信じていただかなくても結構です。
ただ、あなたの様なイカレタ方は是非精神科の診察を受けてください。
そして、この板はあなたには無理です。議論が成立しないのですから。

130 :あああ:2005/08/02(火) 18:49:30 ID:Uw0b9T+v
あれれさんの悩みに対して、みなさんが書き込みをなさってるのですから、「あれれさんは関係ない」ことであれば、話し合う必要はないと思うのですが。

131 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 18:54:52 ID:C/4jFe2Z
あれれさんへ。

最近のあああさんを見ていただいたらいいのです。
彼が典型ですから。そして彼らは外面的にはいい顔を
しますが、本性はあああさんと同じです。

132 :あああ:2005/08/02(火) 19:17:58 ID:Uw0b9T+v
自分の書いた文章ですので、もちろんそこから読み取れるものが私の「本性」であることは、一切否定しません。
また、それによってあれれさんが日蓮正宗に危機感を持ってしまったとしたら、とても反省しています。

133 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 19:44:14 ID:jjNP5oec
横レス失礼っ!
131さん、「僧籍を有していた」ことは素直に尊敬します。
しかし・・・文章をよく読むと
貴方の方が「増上慢」になってしまってる気もしなくはない・・。
ま、本題は違うところにあるので揚げ足ですね。

それよりも、131さんは正宗がカルト扱いされていることに対して
どう思われていますか?貴方自身はどう感じておられますか?

134 :88:2005/08/02(火) 20:14:08 ID:6hwVt2ja
>>132
君は普賢菩薩についてどう思うかね?

135 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 21:12:21 ID:C/4jFe2Z
>>133
どうして僧籍を有していることが尊敬できるのでしょうか?みな糞坊主ですよ。
坊主を生業にしているのは、坊主をしないと自分が救われないからです。
私は正信会系でしたから日蓮正宗のカルト性に気づくことが出来たのです。
以前、kaneとかゆんとかいうイカレタ夫婦がいましたが、その危険度は創価学会
以上、顕正会以上ですよ。皇室の人間が日蓮正宗に帰依したなどという電波
を流していました。

日蓮正宗は滅ぶべきです。カルトを量産した報いを受けて。

136 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 21:35:56 ID:jjNP5oec
135さん、どういう見方から書かれているのかを知りたかったので、
十分なお答えをありがとうございました。


137 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 21:36:03 ID:BbUs4aHq
>>124
>113さんは日蓮正宗の信徒さんではありません。絶対に。
ハゲドウ。
>日蓮正宗では釈尊を教主としています。
これがすべてを物語る。
日蓮正宗「系」の人間なら、こんなことはいわない。
もちろん御書には「・・教主釈尊・・・」という部分もあるが、もちろん日蓮正宗の教主の意ではない。
>>126=>>113だとしたら・・・・・ry

138 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 21:44:14 ID:jjNP5oec
そうそう、88氏、仏と菩薩は一緒ぢゃないぞ・・・。

139 :88:2005/08/02(火) 21:51:18 ID:6hwVt2ja
>>138
わざとやってんだよ。w

140 :名無しさん@3周年:2005/08/02(火) 22:14:32 ID:C/4jFe2Z
>>137
>>日蓮正宗では釈尊を教主としています。
>これがすべてを物語る。
>日蓮正宗「系」の人間なら、こんなことはいわない。

だからそれは信徒が傲慢である証拠なんだよ。教学を解ったつもりでいて、
実はなにもしらないのだね。教主と宗祖は違う。朝夕の勤行になに使ってる?
教主釈尊が語った(とされる)法華経だろ?その意味で教主なんだなこれが。

うそだと思うのなら、寺の糞坊主に聞いてみな。

>9世の日有は著名な学者で,種脱勝劣の立場から脱益の教主を釈尊,
>下種益の教主を宗祖日蓮聖人と定め日蓮本仏論を主張した。

と二種類の教主を示してくれるよ。こんな糞教学は日有の吉外の戯言だと
思うけど。

あれれさん。日蓮正宗の信徒は釈尊は教主ではないなどというカルトな人
です。あなたの彼女も大差ないと思いますよ。もし彼女に対して愛情を感じて
おられるのなら、脱会させてあげてください。あなた達の幸せのために。

141 :あれれ:2005/08/02(火) 22:38:57 ID:mI3tLWiF
私のことは、それほどお気になさらないでください。いたって冷静に読ませていただいています。
最初の質問から話しがそれても大丈夫です。というか大いに関係があると感じますので。
色々な方の様々な側面からの、本音が聞けることは大変参考になります。
自分ももっと様々なことに理解を広げるよう努力をしないとと、深く考えさせられます。
でも私の素朴な疑問は、一方に日蓮正宗に深く信仰される方がいる一方で、まったく正反対の意見を
持つ方達もいらっしゃる、何でなんでしょう?
私も他を一切認めないというところに一番引っ掛かっています。もし自分たちが本当に悟りを開いているなら、
誰が何を信じていようと、たいしたことではないような気がするのですが。そこも本当の信じるということが具体化されているならば、
親が子供を信じて行動を見守るように、良い意味で放っておけるような気が、私はします。
でも中にいらっしゃる方達はどうしてそこまでこれと思えるのでしょう、失礼な言い方で申し訳ありません、
それとも思わされているのでしょうか?
受動なのか能動なのか、自分で自分を純粋にできる限り客観的に見ることはなかなか難しいことなので。
私は結構、批判のための批判ではないですが、批判的な目でまず物事を見てしまうもので、なにがそこまで
人を引きつけるのか、とても関心があります。
あくまでも中立的な目で、少なからずそこに何か魅了されるものを見る人がいるということは、
何かあるのかなと、それが何かは分かりませんが、好きな彼女が信じているものなのでそこも見逃さないように、
注意して見たいと思っています。
色々な話しを聞くと言う意味では、機会があれば御住職のお話も聞いてみたいと思います。



142 :137:2005/08/02(火) 23:50:27 ID:BbUs4aHq
>>140
>教主釈尊が語った(とされる)法華経だろ?その意味で教主なんだなこれが。
>教主と宗祖は違う。
その意味なら十分知っている。
知らないくせに、知ったかぶりをしたのではと疑っただけだ。
ここには、そういう輩はくさるほどいるからな。
これは素直に謝る。

>>113
>釈迦信仰ってなんですか?それは仏教ではありません。日蓮正宗では釈尊を教主としています。
釈迦信仰:普通に考えるなら、釈迦を「仏」と思い信仰する事だ。
これは立派に仏教と思われるがな。
例えば小乗経なら 仏宝:丈六の釈尊 法宝:小乗の経典 僧宝:阿難、迦葉など となり、釈尊を仏と信仰するわけだ。
阿弥陀(如来)信仰とかよく聞く言葉だが、これらは仏教ではないのか?
(もちろん、正しいかどうか、仏教以外の思想が入り込んでいるかどうかなどはまた別の話として)

>>140
>朝夕の勤行になに使ってる?
これを教主釈尊の法華経の説明に使うのは、ちょっと不適切だろ。
あれを文上の意で読んでいる方は、一人もいないはず。

143 :あああ:2005/08/03(水) 11:39:07 ID:zZRpNjC1
あれれさんの疑問、よく分かります。「なぜ、信仰している人としていない人でこれほど対立してしまうのか」
ということについては、私にもよく分かりませんが、自分があなたの立場だったころを考えると、
次の「他を認めない」ということが大きく関わっているように思います。私のまわりのひとたちもやっぱり、「始めにそこに引っかかった」と言いますし。
そして「なぜ他を認めないのか」ということはその次の「なぜこれほどまで信じられるのか」
というところに繋がるのでしょう。「なぜこれほどまで信じられるのか」と言われれば、「現象」という説明のしにくい部分に入ってしまいますね(笑)。
「偶然」か「縁」か。この判断は難しく、そしてとても大事なことのように思います。
これは、本気で信じるようになってから気づいたことですが、「偶然」と「縁」はとても似ていることだと思います。
しかし、起こった現象に対して「偶然」だと思えば、それは、自分の過去にも未来にも何も関係ないことになります。
ということは「人生はルーレットだ」と言うことになり、努力しようがしまいが、運、不運は変わらないということになります。
しかし、「縁」だと思うと、いろんなものに感謝し、その意味を考え、自分を高める努力を惜しまないようになります。(これは現象に対してという意味で、決して信心してない人が努力をしていないなどという意味ではないです。)
私は「現象」がおこり、始めはもちろん「偶然」だと思いました。しかし、あまりにも色々「偶然」がおきると「これ全部ほんとに偶然か?」と思い、それをどう理解していいのか分からなくなりました。
そのときに私が思ったのは、「それが「偶然」であるか「縁(功徳といいかえてもいいです)」であるかは私には分からない。とりあえず事実を見よう。」ということでした。
「日蓮正宗を信心して、このようなことが起こった」この言い方は盲信に聞こえますかね。
「このようなことが起こったとき、私は日蓮正宗を信心していた」こういう言い方はどうでしょう。
私はこの事実を大事にしてみようと思いました。

144 :あああ:2005/08/03(水) 11:40:43 ID:zZRpNjC1
それと、受動的か能動的か、ということですが、これはやっぱり信心を始めるときは受動で、感じて、信じてからは能動ということになると思います。
「思わされている」という言い方をされてましたが、御住職はそんなにめちゃくちゃなことはおっしゃらないですよ。「仏法は道理だ」とおっしゃいます。
「道理」ってそんなにめちゃくちゃじゃないです。私は御住職のお話で、忘れかけていた、あるいは気にもとめてなかった大事なことを思い出すことが多々あります。

145 :あああ:2005/08/03(水) 11:44:40 ID:zZRpNjC1
まあ、私も本気で信じるまでには1年以上かかりました。それくらい外から見ていては
分からないということではないでしょうか。

146 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 11:47:29 ID:qbSaC9Te
宗教やってる人を見ると不自然な自信持っていますよね 本とのことはなにも知らないくせに それに頼っているとラクなんですよ たとえばうまくいってもいかなくても宗教のせいにできるんですよ

147 :あああ:2005/08/03(水) 12:09:04 ID:zZRpNjC1
「本当のこと」を知るために、修行してます。
あなたは「本当のこと」を知っているつもりなんですか?

148 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 15:41:48 ID:RoaluDCO
>>他宗派,他宗教を邪教とみなすのは真の仏の道ではないことに気付け。
と言いながら、同じ事言ってる人がいますね。

正直、ここまでの論争はほとんど意味がないと思うし
どうでもいいとさえ思います。

すべて、飲み込む度量の大きさがあれば最も偉大な宗教になるのだけれど
宗教とは一種病人の通う病院のような物だと思っています。誤診もあれば
医療過誤もあります。人間がやっているのです。誤りは正すべきではありますが
完全な物などありませんそれでもいい少しでも救われると思えば
いいんだとと思います。

そして、こういう論争は木を見て森を見ずと言うか
病的なものを感じます。

気に障ったらごめんなさい。

149 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 15:45:56 ID:O95Rwqhq
自分は森を見ていますってか。

どうでもいい、意味がないっていうなら来るなよ。

150 :あああ:2005/08/03(水) 17:38:18 ID:zZRpNjC1
148さんの意見に対して、真ん中の部分はかなり私とは意見が違いますが(笑)、
「木を見て森を見ず」というのは、そうかもしれないと思いました。
「森に何があるのか」と問われて、森の中の木や、きのこや、コケを持ってきても、
森に入ったときの清涼感、あるいは不安などを感じることはできませんものね。
そういう意味で「この論争に意味があるのか」と言われれば反論できません。


151 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 20:38:25 ID:G/5EZ10V
何でもいいからさ、しつこい勧誘やめてよ
どれだけ、人が迷惑してるから分かってる?日蓮正宗法華講信徒さん達。

152 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 20:48:00 ID:K9+/qo/y
>>151

そのしつこい勧誘とは妙観講の事?

153 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 21:56:15 ID:G/5EZ10V
さぁ。自分で法華講で言ってたから

154 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:02:10 ID:O95Rwqhq
じゃあその人に直接言うとかすれば?
警察呼べば?この前も顕正会が勧誘で捕まったじゃん。

妙観講の人も法華講を語ってるみたいだし
あそこは半端なくしつこいよ。

155 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:07:05 ID:G/5EZ10V
言ったんだけどね。
止めない止めない

話も付いてたけど、また話だしてね。

156 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:08:15 ID:G/5EZ10V
日蓮正宗

157 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:10:01 ID:G/5EZ10V
日蓮正宗って、法華講に、その妙観講・顕正会とかあるけど、全部一緒なの?

158 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:26:34 ID:O95Rwqhq
違う違う。日蓮正宗の団体としては法華講だけ。

あとはもともと正宗にいた人たちが、正宗のやり方に不満を持って
妙観講とか顕正会とかを作ったそうな。

私は法華講員なのに妙&顕どっちも勧誘されたが、
めちゃめちゃ怖かったし泣くほどしつこかった。
二度と関わりたくないね。

159 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:33:21 ID:G/5EZ10V
それは、大変だったね(´д`;
でも、正直、勧誘話にはウンザリ。止めて欲しいよ。前に言ったら逆ギレだから、もう言わない。だから、最近は無視してる

160 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:35:20 ID:ePOSqeBn
>>158
おかしなこというね。

http://www.myokan-ko.net/  見てから言ってくれ。

妙観講はカルトだけど。

161 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:37:43 ID:1FSQJxkB
妙観講は大石寺理境坊に所属する講。末寺に所属する講と違って地域を超越している。
昔の創価学会や妙信講と同じ。破門される気配はない。法華講としか名乗らないけれど。

162 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:39:47 ID:G/5EZ10V
妙観とか正信会に顕正…でも日蓮正宗だから、違っても基本の教えは同じなんでしょ?

163 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:40:42 ID:KMzq/rde
要するに内部争いしてるだけで
外から見れば全部一緒だろ

164 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:44:40 ID:G/5EZ10V
だよな。
しかし、何を争ってんだか。

165 :名無しさん@3周年:2005/08/03(水) 23:49:07 ID:O95Rwqhq
さぁ、自分のところのしかわからないしなぁ・・
妙観、正信、顕正の教えは詳しく知らないけれど
顕正だったかな、「何とか先生が」どうとかって連呼してた。

そんなもん正宗にはないし、私の周りの法華講の人たちとはだいぶ行動パターンが違う。
もっと常識的な人が多いよ。って意味で妙観とかかなと推測しただけ。
私は奇異の目で見られたり、嫌われたりするのイヤだから
しつこい勧誘なんぞしたことないしなぁ・・。

166 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 00:13:42 ID:HkWfSoK1
俺は正宗やってる知り合いにしつこく勧誘されたわけだが
延べ何時間聞かされたことか‥

明らかにこっちが聞きたくない態度とってるのに
空気読めないつーか何つーか一方的に話し続けるし
反論したらしたで逆ギレするし。

ところで勧誘の教科書でもあるの?
そいつが言ってたフレーズとこのスレにある勧誘の言葉が全く一緒なんだが。


167 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 00:37:47 ID:uCWCRcdC
創価学会員への折伏教本

ttp://homepage3.nifty.com/y-maki/syakbk/mokuji.html

168 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 00:48:14 ID:c8Fb6s/z
>>166

その非常識な勧誘してる人はおそらく妙観講だと思います。
あまり関わらないほうが無難です。
ヤツらは冗談抜きに狂ってます。


169 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 01:50:13 ID:wg2jT0Qr
漏れも、>>166状態だったのさ。
電話で話をしてたら、いきなり勧誘話に切り替え。ホントに空気読めだよ。それが何回も何回も続いて…。
ホントにしつこかったよ。
最初は、母親が内徳信仰してみたらって言ってるから始まって…
後で、あの時に内徳信仰してみたらってお母さんが言ってたって、言ったじゃないって、言ったら、「そんな事は言ってない!」って…
とにかく意味不明

170 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 01:59:02 ID:wg2jT0Qr
その事で、一悶着だよ

内徳信仰の事では、言い訳じみた事されるし。…何、この人…って感じ。
「自分の人生は、自分で切り開くもんでしょう」とか色々言ったよ。
で、また最近な、電話で話し出したから、(終わってた筈なのに…)って。もう、こっちから一切の連絡はしないと決めたよ。
友達止めてもいいし。寧ろ、一悶着あった時に、やつは、友達をやめたると思ってたんだと。何で止めてくれなかったんだ。

171 :166:2005/08/04(木) 07:51:34 ID:HkWfSoK1
終いには
「現実の証拠として、必ず悪いことが起こります。必ずです。先に言っておきます。」
とか言い出すしw
お前、そんなセリフどこで覚えたんだよw
俺の中では既に流行語大賞だけどなw

あと、勧誘の時だけ敬語使うなよ
必死なのがバレバレでこっちは笑いこらえるのが大変なんだぞ!


172 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 08:48:22 ID:QdGkzrjA
勧誘の教科書みたいなの見たことある
この質問にはこう答えるとか
この宗派にはこれが有効とか書いてあった
インチキ商法のマニュアル本みたいな感じだった

173 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 09:08:34 ID:wg2jT0Qr
>>171

うわっ!漏れもそんな事、言われた!
何か、遠回しの脅しで、不安にさせてみたいな。

174 :名無しさん@3周年:2005/08/04(木) 09:34:42 ID:wg2jT0Qr
悪い事…そうやって脅して不安にさせて、入らせようとしてんだよなVバレバレV

175 :あああ:2005/08/05(金) 10:15:30 ID:RnW6NPET
私は法華講ですが、創価学会に対する「折伏教本」以外マニュアル的なものは見たことないです。
創価学会は教義が似ているだけに難しいですから。

176 :あああ:2005/08/05(金) 11:19:24 ID:RnW6NPET
妙観講のことは(正信会、顕正会等破門された団体は論外として)、知り合いがいないので分かりませんが、
私達法華講員は、折伏したからといって儲かるわけでもなければ、講内での地位が上がるわけでもありません
(もちろん地位が上がったからといって儲かるわけでもありませんが)。ですので、「折伏に対する理由」は
「その人に幸せになってほしい」ということのみなんです。もちろん、盲信、洗脳などといった目で見られることは
分かりきっていますから、友達、恋人など大事な人であればあるほど、言い出すときは並々ならぬ覚悟がいります。
当然みんなまず親を幸せにしたいと思いますので、そのつもりで親に話して泣かれたり、勘当されたりする人もいます。
166さんを折伏されたかたがどんなつもりだったのか、私には分かりませんが、法華講の勧誘は、みんなそういうつもり
でやっているということだけは分かってほしいです。

177 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 11:20:47 ID:Vcy20Zaj

●雑誌掲載以前に2ちゃんに解任問題が………

>460 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/07/24(日) 12:49:04 9WqlENmQ
                                  ~~~~~~~~~~
>裏切り者のバカ谷の野郎が、女性問題で解任になったのは事実だ。

>まだ若いが一壮年部員となった。
>しかし、普通の会社だったら管理監督責任が問われるのが常識だが、青年部長は据え置き、会長・理事長もすべてを本人になすりつけ、自分たちは何の責任もとらない。
>まったくおかしな世界だ。
>また、県・区幹部のみ集めて説明して、一般会員にはきちんと説明せず、敵方のほうが先に情報をつかむなど、本末転倒もいいところだ。
>まじめな会員が本当にかわいそうだ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1109054853/460「牙城会5」スレ

 7.20 代表者会議。秋谷会長が解任を発表。
 7.21 首都圏男子部幹部会。谷川副会長が『過去の女性問題で解任』と発表。
 7.28 週刊新潮に記事掲載。
 7.29 フライデーに記事掲載。

178 :菅ちゃん ◆bu.JfPj2vI :2005/08/05(金) 11:29:54 ID:86eJ52BW
うちの講が正しいって、本尊取り合いとかやってんじゃないですか?
おかげで講の末端でさえ対講と仲が悪いらしく馬鹿馬鹿しい。

179 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 16:03:18 ID:9P8ZEu7M
正宗必死だな(ワラ

180 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 19:12:07 ID:uLfK4+7k
>>176

あんたさ〜ウソつくなよw
どの講中でも毎月のノルマ(誓願)があるだろ。



181 :あああ:2005/08/05(金) 19:15:43 ID:EbUBhCIn
そうなんですか?それがあったとしてあくまでも目標でしょ。私は「折伏してこい」
と言われたことも、怒られたこともありませんよ(笑)

182 :あああ:2005/08/05(金) 19:18:19 ID:EbUBhCIn
ちなみに日蓮正宗で掲げてるのは、「一年に一人が一人の折伏」ですし・・・。
たぶん、勘違いなさってると思います。

183 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 19:26:41 ID:uLfK4+7k
>>182

間違ってるぞ。正しくは「一年に一人が一人以上の折伏」ね。
っていうかさ〜あんた妙観講員だろ?
妙観と言ってる事が同じなんだけど。

 

184 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 19:32:06 ID:qSiuDrXn
なるほど。日蓮信者がゴキブリのように増殖する仕組みの謎が解けた。

185 :あああ:2005/08/05(金) 19:41:20 ID:EbUBhCIn
妙観講ではないですよ。ただし、妙観講がれっきとした日蓮正宗である以上「言ってることが同じ」
ということを否定するつもりはありません。

186 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 20:14:22 ID:uLfK4+7k
それは分かりました。
何と言うか185さんには妙観講員みたいなカルト臭さを感じます。


187 :あああ:2005/08/05(金) 21:02:29 ID:EbUBhCIn
前にも書きましたように、私には妙観講の知り合いがいないので、「妙観講みたいなカルト臭さ」
というのがどういうものを表すのか分かりかねますが、「カルト臭さ」というものが、
「相手を引かせる」というのは分かります(笑)。しかし、「強く信じる」ということが
「カルト」というものに含まれてしまうなら、やっぱりそれを隠して話をすることはできないです。
そこが難しいところですね(笑)。今回のスレは、自分の勉強のためとも思って書かせていただいて
いただいてましたが、本当にとても勉強になりました。

188 :名無しさん@3周年:2005/08/05(金) 22:33:06 ID:L9ZDy7nv
>>176

幸せはこっちで決めるから、ほっといて。
幸せになって欲しいって思ってくれんのは嬉しいけどね、気持ちだけでいいから。
とにかく、しつこい勧誘は止めてよ
本当に迷惑してんのよ…


189 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 01:47:00 ID:Uss4gOEU
別にあああさんがしつこい勧誘してるわけじゃないじゃん。
それよりトピ主はどうした?

190 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 01:54:39 ID:QbD0Ubkf
でも、同じ法華講じゃん
大体さ、人の事なんてほっとけよ。お節介はウザイから

191 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 01:57:38 ID:QbD0Ubkf
本当にマインドコントロールは怖いよな
自分がされてないと思っても、されてるから。だから幸せになって欲しいとか、お節介な事を言い出す。
可哀想な奴らだよ

192 :Route318 ◆wWGG2QQVpo :2005/08/06(土) 08:51:57 ID:jtixqFL4
>>178
菅ちゃん、これは聞き捨てなりませんね。
>うちの講が正しいって、本尊取り合いとかやってんじゃないですか?
→うちの講も何も、日蓮正宗には「法華講」ただ一つしか存在しません。
取り合いも何も、日蓮正宗の正しい本尊は「本門戒壇の 大御本尊」だけであり、
他はそれぞれ時の御法主上人によって書 写 され、各寺院・信徒に下付されたものです。
そうでない御本尊は、偽物と言わざるを得ません。





193 :あああ:2005/08/06(土) 11:08:02 ID:HAO2pthn
ちょっと、「勧誘」という部分が勘違いされてる部分があるかと思いますが、
私の周りには、自分と関係の薄い人を折伏している人はほとんどいません。
私自身もまだ自分の両親や、ごく身近な友達にしか話してませんし。190さんに
声をかけた方がどんな関係の方なのかよく分かりませんが、以前のキリスト教
みたいに、家を片っ端からまわるようなことはしていませんよ。ですので、「お節介」
とか「人のことはほっとけ」とか言われたことはないし、そう思うような関係というのが、
ちょっと想像しにくいですね。

194 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 11:09:25 ID:um2DViui
>>193
そうですか。それはよかった。

195 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 14:12:02 ID:h1Ra976z
携帯用の御書メルマガを発行しています。

http://mapa.jp/main/mag/mag_detail.php?MAG_NO=8878

お気軽にご登録ください。

196 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 21:33:32 ID:QbD0Ubkf
>>193

親友でも無いのに、やたら勧誘話してくるんだよね。
電話してたら、急に切り替え勧誘話。本当にしつこい。まぁ、二度と、こっちから連絡しないと決めたけど。
入ろうが、入らまいがこっちの勝手だから

197 :あああ:2005/08/06(土) 21:43:34 ID:zP2yPjOI
それは、あなたのおっしゃるとおりだと思います。前にも言いましたが、
「信じろ」といきなり言われて信じれる人など皆無と言っていいでしょう。
ですので、まず「自分」を信じてもらえなければ折伏は成り立たないと思います。
その人はあなたに言われた言葉をよく受け止めて自分を見直すべきですね。
きっと御僧侶に怒られてることだと思いますよ(笑)。

198 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 22:13:36 ID:8JGb3uaD
ダメだコリャ

199 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 22:25:03 ID:zil64xP9
日蓮宗の家で日蓮宗の仏壇を見たが、
すごく気持ち悪かった
日蓮像と後ろにまんだら本尊があるのだが、
あれほど気持ち悪いものを見たのは生まれて初めてだ

200 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 23:14:04 ID:QbD0Ubkf
しつこいがな(´・ω・`)

201 :名無しさん@3周年:2005/08/06(土) 23:34:09 ID:Uss4gOEU
>>199

そういう感じ方をする人の命が濁っているということでは?

日蓮宗と日蓮正宗は名前が似ているけど全然違う宗教だそうです

202 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 03:01:47 ID:e+Ikpwq8
67世 日顕

68世は?

203 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 16:03:59 ID:HGMciymt
>>201
命が濁っているのは、日蓮宗の檀家だと思いますよ。
その家のおっさんは病気で死にましたし、おばちゃんは
今病気で変なことになってます。

204 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 16:39:47 ID:NPKg6IOf
そうやって、病気って言い張る所がカルトなんだよ。ウザイな。
脅してんじゃねーぞー大体な、新聞紙の1面かりて、日蓮大聖人に帰依しなきゃ、日本は滅びるなんて言う宗教はロクなもんじゃない。馬鹿じゃん

205 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 19:36:36 ID:Tl46fTmD
204の方。
それは顕正会(ケンショーカイ)という団体のことです。
それ専用スレがずっと以前からあります。

206 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 19:40:13 ID:Tl46fTmD
ところで。
御書メルマガを発行しております。

http://mapa.jp/main/mag/mag_detail.php?MAG_NO=8878

お気軽にどうぞ。

207 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 21:26:15 ID:NPKg6IOf
けんしょーだろうが、法けだろうが、一緒だろ

208 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 22:26:09 ID:xsllyND1
で、>>1はどうした?

209 :名無しさん@3周年:2005/08/07(日) 23:30:00 ID:sq1/kcvP
そうそう、結局どうなったんだ?

210 :名無しさん@3周年:2005/08/08(月) 00:51:58 ID:9VbLHgd9
>>204
あれほど気持ちわるい仏壇を見たのは生まれて初めてだ。
いま思い出しても鳥肌が立つ。

日蓮うんこ。

211 :名無しさん@3周年:2005/08/08(月) 04:28:08 ID:jy1OtOCO
しつこい勧誘ヤメロヤメロ!さっさとヤメロ!引っ越し!!

212 :あああ:2005/08/08(月) 10:25:13 ID:bn/I/zQX
なんか・・・子供のけんかみたいになってきちゃいましたね(笑)

213 :名無しさん@3周年:2005/08/08(月) 10:41:07 ID:EQ13XZn7
>>210
正宗仏壇のほうが気持ち悪いぞ!
大そうに仏壇内部に厨子設けてるしな!

214 :求名:2005/08/08(月) 11:48:50 ID:HQoYy9bn
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経

215 :名無しさん@3周年:2005/08/08(月) 11:54:14 ID:jy1OtOCO
くどいがな(`・ω・´)

216 :Route318 ◆wWGG2QQVpo :2005/08/08(月) 12:57:45 ID:i6Spc0bL
>>213
それ、部屋一つ占領してしまうくらいバカでかい、創価学会のお仏壇じゃないですか?
我が家のお仏壇なんか、極めてシンプルですよ。

217 :名無しさん@3周年:2005/08/08(月) 20:08:32 ID:ynLxci35
>>26
>お墓のこと、仏壇のこととか不安そうな様子のまま
>具体的なところまでお互い触れずに
>今日まで来てしまっているのが現状です。んーいかんですね。

後で、揉めることになるでしょう。
そして、日蓮正宗に関わると不幸になるという実績をまた1つ、作る事になるでしょう。


>>28
>最初彼女は入信しなければ結婚は難しいとは言っていなかったのですが、彼女のお母さんが、
>もし入ってもらえないなら結婚は考え直しなさいと言ったようです。
>彼女も、もし入れないならそれは本当に好きではなかったんだよと、そう言われたときはちょ
>っとショックでした。

彼女側の想いが、その程度という事でしょう。


218 :名無しさん@3周年:2005/08/09(火) 09:05:39 ID:VHILEFZi
南無妙法蓮華経

219 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 15:51:21 ID:XLQfWdn/
宗教とは原始的なマルチ商法。
一部の人間が生きていくために考案した集金システム。
教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は『金』にしか見えない。
いかに信者から『金』を搾り出すかが
聖職者と呼ばれる人間たちの
本音だ。

教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は
『お前ら、馬鹿じゃねーの?
せいぜい頑張ってくれよ』
位にしか思っちゃいない。

220 :名無しさん@3周年:2005/08/10(水) 15:58:00 ID:A1J97qVx
日蓮正宗なんて物はねーよwwっうぇwwwwww
そもそもあれは仏教じゃないジャン。
創価も一緒。

221 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 09:15:36 ID:jKnPMuNW
>>199
昔からの法華講の家でもそうの様な配置はありますよ。
古いお寺のお虫払いの時にそのお身影が幾つか見れます。
他宗のお仏壇が薄気味悪く感じるのは同感ですね。
知らないものに対する恐れだとはわかっているんですがw

222 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 09:17:33 ID:jKnPMuNW
と言いつつ222GET!
「だから何?」聞かれればそれまでですが。

223 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 19:58:46 ID:kyDh87RE
子供は、お身影様をかわぁいい〜。と言ってました。



224 :名無しさん@3周年:2005/08/12(金) 21:20:44 ID:rBL0ZRwq
それではご要望にこたえて。
(^.^)/

「だから何?」

225 :名無しさん@3周年:2005/08/14(日) 07:11:18 ID:qExGfpVf
やっぱ、かわいい。

226 :ブラック・ニチレン:2005/08/14(日) 16:53:07 ID:S3Cr9GNQ
日蓮正宗信者も、顕正会員も、自分の組織や信心に
自信がないのか。
教義や思考をこそこそ隠しているな。

227 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 00:11:46 ID:T4vEkH/3
そりゃそうやろ
おおっぴらにしたら
世間様から相手にされなくなっちゃうやんか
信者の皆さんもそこは自覚してるんとちゃうの

228 :ブラック・ニチレン:2005/08/15(月) 21:48:49 ID:QEhj7zK1

それが謗法与同罪になる。

229 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:02:02 ID:Wtmv/rAd
日蓮正宗の法華講員がさー、「この本には、あなたの知りたい事が"全て"載ってる」とさ。

そんなわきゃねーだろ!!

まぁ、何かを知りたいって思ってるヤシは、飛び付くかもな。

ホントに入らせようと、あれこれ画策、ごくろーサマo(^-^)o
マインドコントロールの手法には、恐れ入るよ。



他はさ、あなたは宗教をやる為に生まれて来た。

あなたには神がついている(意味不明、アボン)

死んだら、納骨堂に入れてくれて、面倒見てくれる

↑何、これ?セールスアピール?新聞に付いてくる、オコメですか???


そんな事を言えば、入るとでも??


アホッッか!


まぁ、でも、不安にさせて、入らせる手法が分かっただけでも、よしとするかぁ(`・ω・´)

230 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:06:27 ID:QWkHYAXg
念仏不回章)同じ念仏の道を歩む人々の中で、自分の弟子だ、他の人の弟子だといういい争いがあるようですが、それはもってのほかのことです。
 この親鸞は、一人の弟子も持っていません。
なぜなら、わたしのはからいで他の人に念仏させるのなら、その人はわたしの弟子ともいえるでしょうが、阿弥陀仏のはたらきにうながされて念仏する人を、わたしの弟子などというのは、まことに途方もないことだからです。
 つくべき縁があれば一緒になり、離れるべき縁があれば離れていくものなのに、師に背き他の人にしたがって念仏するものは往生できないなどというのは、とんでもないことです。
如来からいただいた信心を、まるで自分が与えたものであるかのように、取り返そうとでもいうのでしょうか。
そのようなことは、決してあってはならないことです。
 本願のはたらきにかなうなら、おのずから仏のご恩もわかり、また師の恩もわかるはずです。
 このように聖人は仰せになりました。


231 :名無しさん@3周年:2005/08/15(月) 22:08:05 ID:Wtmv/rAd
他はさー何か、生まれつき、瞼が閉じてて、開かない子が居たらしくて、でね、オダイモクを上げてたら、目が開いたんだと。

そんな話されても、何て答えていいか、分からないし。

とにかく、そんな話して、だから何?って感じぃ。意味不明だよ

232 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 18:22:39 ID:wiOu+RcO
信心を行動で表せないのか。

233 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 18:35:53 ID:PBzQa4Ph
まぁ、所詮は現世利益な、宗教だしな

234 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 22:08:38 ID:h35WsPNO
>>229
>日蓮正宗の法華講員がさー、「この本には、あなたの知りたい事が"全て"載ってる」とさ。

んな奴いるのだろうか?
同じ法華講員として謝ります。

しかしどんな本なんだろう??
亀レスだけど教えてくれないでしょうか?
その人は法華講員として絶対間違っていますよ。


235 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 22:31:00 ID:PBzQa4Ph
>>234

どんな本て聞かれても、見た事無いから分からないけど。

とにかく、勧誘話がしつこい!!

漏れが前に、層かから、もうブチ切れる程にしつこい勧誘を受けてるのを知ってて、電話で話してる時に、勧誘話にいきなり、すり替えやがるのよ!!

だから、最近は連絡してないがな。

何で、そんなに入らせようとするんだよ!選ぶ権利は、こっちにあるんじゃないのかよ!ホントに、しつこい!

236 :名無しさん@3周年:2005/08/16(火) 22:37:38 ID:PBzQa4Ph
相田みつをだって、言ってんだろ!

「幸せは、自分の心が決める」って

自分の幸せも、人生も自分が決めるから、ほっといてくれ!

入らないと幸せになれる分けない、みたいな事を言いやがって!はいはい!
もう、それでいいからほっといてくれ!

大体な、お前は何才なんだよ!?30越えてるくせして、漏れが調べた事に対して「お母さんが見なくていいって言ったから見てない…」

30越えて、お母さんもないだろうが!!

逆ギレはするし…

勝手にしろ!もう知るか!

237 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 09:53:15 ID:f0ruYVFE

炎の男、日蓮です。「ニッチー」と呼んでください。

238 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 21:01:19 ID:UpVt5vHc
ん〜、そんな強引な布教をする法華講員もいるんだなぁ〜。
漏れは話は求められんとしないし、話したとしても入るかどうかは本人に任せている。
当たり前の話だけど。


239 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 21:33:08 ID:1SbhMeDI
まぁ、普通そうだよな。

とにかく、そいつは、しつこい!
何かな、お題目あげるだけでいいのにとか言ってたよ

宗教って、早い安い旨いの食堂みたいに、お手軽なのかよ

まぁ…どうでもいいけど、あの宗教電波オタはウザイ…

まぁ、何があっても、漏れは入らないからな

240 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 23:47:31 ID:1SbhMeDI
しかもだ。宗教やってる人間がだぞ。

「私は、復讐する時は、分からない様にする」
なんて言ってた。
正直、幻滅したよ…

しかも、実際にするしな。前にエアコンを、その電波宗オタの知り合いのおっさんが取り付けに来てくれた時にだ。

「電気が走るから、コンセントを差さないで」と言ってたのに。
電波宗オタは、差した。
漏れも、大丈夫かな?とは思ったんだが…案の定だった。

その電波宗オタは耳が遠いヤシだが、聞こえなかったとは言わせない…何故なら、差していいか?とは聞かなかったしな。

それと、そのおっさんに借金を背負わされた恨みとゆう動機もある。
聞こえてたのに、差したんだよ。ワザとな…あんなヤシとは知らなかったよ…人間分からないもんだな。

241 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 23:48:38 ID:1SbhMeDI
正直、関わりあいになりたくない…

242 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 23:59:09 ID:UpVt5vHc
同じ法華講員の俺が言うのもなんだが、遠くで生暖かく見守っていたらどうだろう?
そんな香具師と付き合っている貴方は良い人だから辛いかも知れんけど。
距離をとって相手に考えさせるべし。
人として振り返ってもらいたいもんだ。
貴方にとっては迷惑な話だろうが。m(__)m

243 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 00:15:54 ID:WtsW8B4j
もちろん、連絡はしてないし、距離は置いてる。もう、こちらから連絡する事は二度と無い。
生暖かく見守る事もしたくない…もう、どうでも、いいと言いたい所だが、まぁ、心持ち…五億万光年の彼方からなら、生暖かく見守ってもオケ(`・ω・´)正直、しつこい勧誘されて、ウンザリしてるもんでね…
しかし、なんでそこまで入らせたいのか…意図が分からん…

244 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 05:23:56 ID:WtsW8B4j
あの眼鏡が、ぐしゃと曲がってたのも復讐だったのかな…

漏れは宗教なんて、やった事は無いが、復讐はどうかと思う。
そんな分からない様に…なんてさ、ネチネチしてて嫌だな…復讐が成功したら、裏で笑ってんのかよ、とか思うし。

復讐はどんな形でも駄目だが、昔みたいに正面切って、堂々とやる方が普通に見えてくるよ…ヤシを見てるとな…
誰かの名言にあったよ。


復讐する時、あなたの精神レベルは、相手と同じだ。しかし、相手を許した時に、精神レベルは相手より高くなると。

逆切れはするし、母親が、内徳信仰してみたらって、言ってたじゃん?って言ったら、切れ声で「言ってない」とか言うし…何コイツ…って感じ。

言ってたじゃんって、もう一回言ったら、誤魔化す様に、あーあれはねとか言いやがって…

いい奴だと思ってたが、蓋を開けてみれば、訳の分からないヤシだよ…

イジメられ過ぎて、歪んだのかもな

245 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 10:49:02 ID:WtsW8B4j
漏れって、ちょっと人の、欠点を言っちゃう事あって。直さなきゃって感じなんだけど。
その電波宗オタは、欠点を直すには、宗教に入るしかない

って…

何で方法が、ひとつしかないんじゃ!


おまえこそさー脳を病院で見てもらった方がいいんじゃね?

246 :顕ショー正義団:2005/08/26(金) 21:43:11 ID:rhsD8eHs
おいクズどもお前等全部クズだ!特にはげの坊主!お前等昔顕正会の女性に犯罪行為しやがって!

247 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 15:38:22 ID:G8YEUB4a
日蓮正宗の坊さんはエロいからな・・・昔顕正会の女性が寺の世話してた時何人も襲われたって有名だったもんな・・・。

248 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:06:51 ID:dlcbKEvY
それ、本当!?

249 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 20:37:20 ID:fcLSxawR
>>247
エロいだけならいいが、ハッキリ言ってヘンタイ・鬼畜・ケダモノ

http://www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html
http://www.nichiren.com/jp/news/news_19980526.html
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum02/f02_05.html

ヘンタイ坊主の腐った魂は、お題目では更正不能らしい

250 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 18:44:38 ID:qPTUKG0Y
>>247
食えるモノは手当たりしだい。犬症のデブス女でもかまわずか。
節操がないね。正宗エロ坊主は。

251 :顕ショー正義団:2005/08/28(日) 21:37:54 ID:FAHoDoLm
昔よく坊さんの接待したもんだ・・・。

252 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 16:20:54 ID:mTVf6Hw4
日蓮正宗も顕正会も創価もクソ日蓮系のアホは日本から出て行け!!!!

253 :あああ:2005/08/30(火) 11:16:22 ID:iRQdjSkf
こういう書き込みを見ていると、仏教云々抜きで
(抜きでと言っても、結局はそれが正しい信心を
しているかしていないかの違いになってくるんで
しょうけど)、人間性が見えますね。法華講の方
の文章に比べて、誹謗中傷している人たちは、
文章が汚い(笑)

254 :顕ショー正義団:2005/08/30(火) 14:12:34 ID:YVamTk2+
>>253
昔正宗の坊さんが顕正会の純粋な老婆を線香の灰を落としただけで怒鳴り散らしてたぞ・・・。

255 :あああ:2005/08/30(火) 15:09:59 ID:eCyeWQMS
あなたには見えなかった、他の理由があったんじゃないですか?
そのおばあさんが『どう』純粋だったのかはしりませんが、
自分の目に、表面的に見えることだけが真実ではないですよ。

256 :顕ショー正義団:2005/08/30(火) 17:13:21 ID:YVamTk2+
>>255
少なくとも両方と長い付き合いがあった私の方が、何も知らないあなたより表面的に見てませんよ。
そのおばあさんは私ども若い者にもいつも優しく挨拶してくれたり、体はどうだ?ご飯ちゃんと食べてるか?
と、とても優しく皆に好かれていました。
反対に正宗のお坊さんは、いつも怒ってておばあさんに限らず、誰でも怒鳴り散らしていました。
私も些細な理由で何回も怒鳴られました、当時は信じていたので凄く戸惑いました。でも、信じねばと自分に言い聞かせてましたが、
そのおばあさんが、席を立つ時おぼつかない足で灰を床にこぼした時「バカやろう」と何回も罵倒し荒れ狂う姿を
見た時は驚愕と共に怒りさえ沸きました。

あああさん。仮に百万歩譲って他の理由があったとしても人生の先輩であるおばあさんを
「バカやろう」とかいってはいけませんよ。正宗では良くても世間一般の良識では考えられない
ことです。どうか、そういう人間として最低限のことをお坊さんと共に学んで欲しいものです。

257 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 17:42:08 ID:TJNZ3Y5R
>>253
じゃあ、しつこい勧誘をするのは、いいのか?こっちは、しつこい勧誘を受けて、ほとほと困ってんだよ。ウザイよ!

258 :あああ:2005/08/30(火) 17:56:04 ID:eCyeWQMS
僕はべつにその御僧侶や257さんを折伏している方の
肩を持つ気はありませんよ。前の書き込みにもありましたが、
正宗の僧侶が事件を起こしたりもしたみたいですし。
ただ、「法に依って人に依らざるべし」と言うように、
一人の僧侶や、信徒を見て、宗門を見切ったつもりになって
しまうのはどうかと思うだけです。末端の人たちの末端の
言葉だけで判断できるほど、仏法は浅くないでしょ。
僧侶も信徒も「修行中」であって、「仏」になっている
わけではないですから、宿業に振り回される人は当然います。
もちろん許されることではないですが、それと、「宗教が
おかしいからだ」と言うのは別問題じゃないですかね。


259 :あああ:2005/08/30(火) 18:03:52 ID:eCyeWQMS
ちなみに、「線香の灰を落とした」とのことですが、
よく状況が見えないんですが、正宗では線香は横にして
置くのが通常のやり方ではないんですかね?

260 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 18:54:35 ID:AfU6ZMtj
>>254
>顕正会の純粋な老婆を

カルトババアが「純粋」っだってさ(ぷ)

261 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 18:57:57 ID:AfU6ZMtj
>>256
>正宗では良くても世間一般の良識では考えられない
>ことです。どうか、そういう人間として最低限のことをお坊さんと共に学んで欲しいものです。

お前達もな。
深夜の呼び出しや、目的を隠した騙まし討ちみたいな勧誘は、世間一般の良識では考えられないのよ。


262 :あああ:2005/08/30(火) 19:18:33 ID:eCyeWQMS
>>234←こういう返信みたいなのって、
どうやってやるの?(照)

263 :名無しさん@3周年:2005/08/30(火) 22:13:05 ID:iFykHPaj
>258
言ってる事矛盾してますよ。

>一人の僧侶や、信徒を見て、〜

と言うのでしたら、>253であなたが一部の書き込みで
全体を避難してるのもお門違い。
人のふりは見えても、自分のふりは見えませんか?

264 :あああ:2005/08/31(水) 10:53:18 ID:wK9jdmV3
全く矛盾はしていないと思いますね。ここでは、
相手の目を見れない。表情もわからない。
年齢も、性別すらもわからない。文章が全てですよね。
ここでみんなが見なければいけない「全て」とは、
文章以上にはありえないんじゃないですか?ということは、
極めて注意して文章を書かなければならないと思うし、そういう意味で
258で僕が書いたことは、事実だと言わざるを得ないんじゃないかと思います。
それに対して顕ショーさんが見るべき「全て」は御僧侶でも、
信徒さんでもなかったはずです。だって、御僧侶を信心しているわけでも、
信徒さんを信心しているわけでもないですから。

265 :あああ:2005/08/31(水) 10:55:23 ID:wK9jdmV3
「253で僕が書いた」の間違いでした。

266 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 11:28:26 ID:T1or5CCN
一つを見て全体を語るという意味では同じ。
避難も擁護もね。
個々の人間性の問題であって、信心してるかしてないかで
判断してる時点で矛盾してます。
あなたは「法華講の方の文章に比べて、」とおっしゃってる。

267 :あああ:2005/08/31(水) 11:50:46 ID:wK9jdmV3
僕は何も判断してないですよ。「人間性が分かる」
ではなく、「見える」という事実を言ったんです。
もちろん「法華講の方に比べて」というのも、
事実「そう見える」んですから、しょうがないです。

268 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 12:24:53 ID:T1or5CCN
そうですか。
では、>256さんにとっても「そう見えた」のが事実です。
「そう見えた」のだからしょうがないですね。

269 :あああ:2005/08/31(水) 12:41:11 ID:wK9jdmV3
それを言われたら、僕は264で言ったのと
同じことを言わなければなりませんよ。書き込みで見えることは
文章しかない。でも、256さんに見えることは
まだ他にもあったはずです。

270 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 12:58:27 ID:T1or5CCN
その通り。
256さんが見えるものは他にも合ったかもしれない。
だが、それはあなたも同じ。

271 :あああ:2005/08/31(水) 13:12:28 ID:wK9jdmV3
それは、「書き込み」で「文章以外に見るべきものがある」
ということでしょうか?

272 :顕ショー正義団:2005/08/31(水) 14:46:49 ID:4ecYvQJu
あああさん、>>253であなたが文章から皆の人間性を見たように、私も正宗のそのお坊さんの
「振る舞い」から人間性を見たということです。少なくとも文章だけで「人間性がみえる」という人よりは
マシだと思いますけど?
あと、私は当時は僧侶を信頼してましたが、信心の対象とは一言も言ってませんよ?


273 :あああ:2005/08/31(水) 15:18:05 ID:wK9jdmV3
「文章だけで」とおっしゃいますが、この場に、文章以外の何がありますか?
僕が言いたいのは、見る人の立場というより、書く人の立場です。
文章でしか自分の考えや人間性を表す手段がないこの場所で、246のあなたの
書き込みや、252のような書き込みは自分を下げるだけだと言っているんです。

その御僧侶の振る舞いにあなたが見たものは258で書いたような理由で、
否定はしません。でも、そのときに「日蓮正宗」を信じていたのなら、他のお寺の
御住職に相談してでも信心から離れるべきではなかったと思います。

274 :顕ショー正義団:2005/08/31(水) 15:47:30 ID:4ecYvQJu
信心から離れた訳ではありません。堕落した僧侶からはなれたのです。

275 :あああ:2005/08/31(水) 16:49:56 ID:wK9jdmV3
正宗から離れたということは、信心から離れたと言うことです。
仮にその御僧侶があなたの言うとおりだったとして、そんな僧侶に
信心を狂わされるのは悔しいじゃないですか。
決して遅くないですよ。戻ってきてくださいよ。

276 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 23:01:19 ID:aLKrwIQm
そうです。もどりましょう。
700年前のイカレタ坊主の妄言などに振りまわされていなかったあの頃に!

277 :顕ショー正義団:2005/09/01(木) 01:07:56 ID:FK07FUfb
>>275
それは独善です、信心とは純粋に広宣流布に励む所にあります。
宗教の正しい精神は場所や伝統にある訳ではありません、精神が堕落した所にはもうその精神は生きてません。
早く目覚めて欲しいですね。

278 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 20:55:09 ID:KMzOcOgg
ところで1はどうなったんだ?
続きが気になるのだが…

279 :あああ:2005/09/02(金) 12:05:39 ID:j+NRzseF
本門戒壇の大御本尊様にお目通りできないという、たった一点に
おいても、顕正会は正道を外れているんです。宗門の考え方がどうとか、
浅井氏の考え方がどうとかいう以前の問題です。

280 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 15:04:52 ID:727o4gSq
>>279
まるで物質だな・・・。

281 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 15:19:22 ID:weHj/1vt
ちょっと教えてホスイんだけど
日蓮宗の中で、坊さんがお経あげてる最中に
信徒が木の板二つ持ってカンカン音鳴らす
のは何系に属するの?

ガキの頃何度かお寺に連れてかれて
なむみょうほうれんげきょう〜〜だから日蓮宗なのは間違いないし
ウチの親に聞くと日蓮宗だとは言うんだけど
何系の日蓮宗かはわかんない。
見分ける方法とかないの?

ちなみに選挙は公明党に!
とかは言わないので、創価学会ではないようです。

282 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 16:28:43 ID:dy7awoyv
日蓮宗と日蓮正宗はまったく違いますし
南無妙法蓮華経と唱える宗教は沢山あります。

いずれにしても、同じ日蓮系でこんなにも宗派が別れ
互いに敵対していたりするのはなぜなんだろうか?
と思いますね。なんか宗教の中の過激派セクトみたいです。

自分自身、創価学会に一度は身をおいて正宗の方に入信しましたが
創価からの嫌がらせにまきこまれたのかもしれませんが、経済的に追い込まれて
入信以来500万円の損失と今現在500万円の借金合わせて
1千万円のマイナスをしょいこんでしまいました。

変な話ですが、創価がいいとは決して思いませんが
ドライに現世利益を求めるなら創価ならではのところがあるようで
商売とかタレントとか多いですよね。

かといって創価に戻る気はしません、嫌がらせや変な陰謀たくらんで
人の足をひっぱる事やって喜んでる人間性のおかしな人確かに
沢山いますから。

283 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 20:17:38 ID:727o4gSq
現世利益なら創価か・・現世利益欲しいな。

284 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 23:48:51 ID:sRNWVpyt
shitukoiyo

285 :名無しさん@3周年:2005/09/09(金) 18:02:04 ID:X+z/j2MI
日蓮正宗 常O寺 創価学会となにがちがうの?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1125902972/


286 :ビバ:2005/09/09(金) 19:12:48 ID:mi1p3cQj
お坊さんのセクハラは少しは収まったかな・・?

287 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 03:27:16 ID:6qJ7YmH/
とどま〜ることをし〜らない〜

288 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 08:15:14 ID:JClXHrZp
さげで悪態を吐くモマエラに同情する。


289 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 08:55:20 ID:8OJ9lzNw
日蓮本宗ですか?


290 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:19:36 ID:6qJ7YmH/
坊さんの援助交際が明るみに出たらやばいっしょ。

291 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:51:58 ID:UIeXaYY0
明るみに出た坊主の淫行

http://www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html

292 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:12:28 ID:rV/QO8C8
>>291
■ 淫行容疑で下関の住職(武冨道晋)逮捕
(2004年9月28日「毎日新聞」より)

-------------------------------------
-------------------------------------

興本寺 武冨道晋福岡県警折尾(おりお)署は9月27日、
下関市小月本町2の住職、
武冨道晋(たけとみ どうしん)容疑者(39)を
福岡県青少年健全育成条例違反
(淫行)容疑で逮捕した。

調べでは、9月10日午後2時半ころ、
同県遠賀町(おんがちょう)のホテルで、
未成年と知りながら岡垣町(おかがきちょう)の
高校3年の女子(17歳)にみだらな行為をした疑い。

2人は7月下旬に「ツーショットダイヤル」で知り合った。
4、5回関係を持ったと話している。

女子の様子を不審に思った母親が事情を聴いて判明。
自宅近くに武冨容疑者を呼び出させたところ、
母親に気づいた武冨答疑者が車で逃走。

その際に母親に当たり、
事故処理をした署員が説明を受けて分かった。

293 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:55:30 ID:kHGq1F7t
>>291-292
あーあ、せっかくsageてあげてたのに明るみに出ちゃった・・( ´,_ゝ`)

294 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:00:53 ID:ccmKtdLA
>>1 あれれさんへ

まだ、このスレ見られてますか。
今日初めてこのスレを発見し、一通りやり取りを読ませて頂きました。
私もあなたの全く同じ状況でした。
でも、私は入信の勧めを断り、更に子供が出来た時には入信させない
ことを条件に結婚しました。入信を拒否した理由は私は長男であり
家の仏壇を守っていく責任があったからです。
で、その際、正宗については徹底的に調べました。
何が彼女をココまでひき付けているんだろうって。
住職にも話を聞きにいったり、大石寺にも行きました。
でも、色々な事が分かった今、何も知らなければ良かったという
のが本心です。正宗の教義の矛盾点に気付いてしまったからです。
勿論、彼女(今は妻)にも話しました。
けど、彼女はそういう話は聞きたくないようでしたので、少し
話しただけで、それ以上は話すこともなくなりました。

これから、ちょこちょこ参加させて頂きたいと思いますので
よろしくお願いします。

295 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:31:07 ID:ccmKtdLA
では、早速ですが、私が正宗を勧められた時に感じた疑問は、
正宗の方は「自分達の宗教のみが正しい」という立場を
認めるのか?という事です。

仮に、私(真言宗です)が「真言宗のみ正しく、他宗は
邪宗だ!」と言ったとします。

それを正宗の方に聞くと「いや、それは間違いだ!」と
100%言われでしょう。
更に、正宗の方は「自分達の信仰する教えのみ正しい」
と言います。

つまり、他宗の方の主張は認めないが、自分達の主張
は認めてくれというのが基本的な考え方です。
まず、これを聞いて随分一方的だなぁと思ったんです(^^;

その延長が、ここで「あああ」さんが>>55で書かれている
内容に関連します。
正宗の方は、正宗外の人に、自宗の正しさを説明する時に
理屈ではなく先ず信じよといいます。


296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:31:37 ID:ccmKtdLA
では、逆ならどうでしょう?
例えば、浄土真宗の人が正宗の人に、その良さを分かって
貰いたい場合、正宗の人は、念仏を唱えると思いますか?
そんなこと決してしません。何故かと問うと「念仏は、
無間地獄にオチル」といいます。更に理由を聞くと、
「浄土教は法華経より低い教えだから、そんなものを、
勧める宗教は邪な教えだから」と言います。
そうなんです。自宗を認めて欲しい時は、まず信仰を
と言い、他宗は理屈で攻撃するんです。
「信仰してみたら、正宗より良いかもよ?」と言っても
一切否定。聞き耳を持ちません。
「信じ、行ずることです」 と言ってる人の同じ口から
出た言葉とは思えないほどです。
そして「私のことを愛してるのなら正宗に入信して」
とは言いますが「あなたのことを愛してるので、あなた
の宗派に改宗します」とは決していいません。

こうして客観的に見ると、誰が見てもすごく一方的ですが
正宗を信仰している人は基本的にこういう考え方をします。
でもね、私は、決して攻めることはできません。
むしろ、そういう風にしか考えられないように洗脳されて
しまっている信者の方に同情しています。
盲信している人は同情なんかされる必要はないと反論される
でしょうが、やはり客観性を失った信者さんは気の毒だと
思います。あれれさんは、どう思われますか?

長文失礼しました・・・

297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:47:30 ID:ccmKtdLA
あっ、ちなみに、法華経より浄土経の方が低い教えってのは、
五時八教教判と言って、お釈迦様が説いた教えを5つの時期
に分けて、どの経典がどの時期に説かれたかを分けて、より
後の時期に説かれた法華経が一番お釈迦様が説きたかった
事だという理屈です。

これは当時、全ての経典はお釈迦様が説かれたものと思われ
ていたので、このように五時に分けて整理したわけですが、
経典のほとんどがお釈迦様の死後何百年の経った後世に
書かれた事が分かった今となっては、どの経典が一番説き
たかった等という理屈は通用しません。
その理屈を未だに他宗批判に使っているのが正宗なのです。
言い換えれば「嘘」を信者に教え、信じ込ませているのが
今の日蓮正宗なのです。
そういう所も、私がこの教団に胡散臭さを感じる所以です。
先ほども書きましたが、これは信者さんの責任ではなく、
教団そのものの体質の問題です。
いずれ信者さん達も、この事実に気付く時がくるといいの
ですが、日蓮正宗の教義を否定する能力を奪われた信者
さんには難しいことなのかも知れません。
あれれさんも入信される前に、これ位の予備知識は、持ち
合わせていた方がよいと思います。

298 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 04:54:38 ID:rV/QO8C8
>>291
■ 淫行容疑で下関の住職(武冨道晋)逮捕
(2004年9月28日「毎日新聞」より)

-------------------------------------
-------------------------------------

興本寺 武冨道晋福岡県警折尾(おりお)署は9月27日、
下関市小月本町2の住職、
武冨道晋(たけとみ どうしん)容疑者(39)を
福岡県青少年健全育成条例違反
(淫行)容疑で逮捕した。

調べでは、9月10日午後2時半ころ、
同県遠賀町(おんがちょう)のホテルで、
未成年と知りながら岡垣町(おかがきちょう)の
高校3年の女子(17歳)にみだらな行為をした疑い。

2人は7月下旬に「ツーショットダイヤル」で知り合った。
4、5回関係を持ったと話している。

女子の様子を不審に思った母親が事情を聴いて判明。
自宅近くに武冨容疑者を呼び出させたところ、
母親に気づいた武冨答疑者が車で逃走。

その際に母親に当たり、
事故処理をした署員が説明を受けて分かった。

299 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:51:36 ID:ouSH5Ff/
298さん
もっと勉強してから来た方がいいですよ貴方いろいろな所で書きこんでるけど全然わかってないですね仏教の一から勉強した方がいいですね

300 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:42:24 ID:Td0EWYdh
>>299
298は新聞の事実を転載しているだけで
仏教を勉強するとか関係ないと思うけど?
まぁ、マルチなのでウザい事に変わりはないが。

ついでに300get

301 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:44:31 ID:u/2lMVuz
>>300
 ::::...  韓流 もう終わっちゃったのかなぁ?
   ::::... ∧_∧_∧
    ::::.(∀・( ´Д`) バカ野郎 そんなもん最初からねえよ
   r -(  ( O┰O
  ..::ii'⌒< <  ) 冊冊〉キコキコ・・
  ::'、__,,l!しし(_)l!lJ´
          '、__,l!j    ::::..

あなたはもう「マンガ嫌韓流」を読んで
正しい歴史認識を持ちましたか?


302 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 10:33:50 ID:HkChfwrC
>>299
>>297 の粉とでは?

303 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:08:57 ID:1jCd8YbV
>>297
>言い換えれば「嘘」を信者に教え、信じ込ませているのが
>今の日蓮正宗なのです。

それが宗教という物じゃないのかな?
ノアの箱舟にしろ モーゼの行動にしろそれらは「嘘」なんだが
それを真実と信じることが前提で成り立ってるんじゃないかな。

>つまり、他宗の方の主張は認めないが、自分達の主張
>は認めてくれというのが基本的な考え方です。

祈伏するというのが教義の一つだから 仕方ないよね。
日本人の基本思考である「信こそが本義」というものからすると
受け入れにくいですけどね。
(信こそが大事というのは 親鸞とは関係なく昔からあった考えだと思ってます。)


304 :自由騎士団 ◆5ePjt.9G/w :2005/09/11(日) 11:26:26 ID:zFM/m8sR
「冨士大石寺顕正会」
今は、日蓮正宗と顕正会は、まったく関係ないという事。
知りませんでした。

日蓮宗は実に寛容ですが・・・。
日蓮正宗は厳しいのでしょうか?

ならば、
顕正会と日蓮正宗の和解の道は無いものか?
探っていこうかと思います。

305 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/11(日) 11:27:39 ID:2ja4N4Pb
不可

306 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:30:07 ID:HM9+3a2y
基本的に日蓮の考え方ってのが
「この教えこそが正しい。他を信ずれば地獄に落ちる」
というもの。

日蓮宗は時代に合わせてそこらへんを緩めてきた為、寛容になってきているのだが
正宗系は頑なに「この教えのみ正しい。他は邪宗。」を貫いている。

だから、もとが同じであろうが何であろうが、他の教団は全く認めない、、、というのが
正宗系教団の基本的な考え。
正宗では学会の池田大作を魔王とまで言い切ってるし。
学会は正宗の悪口言いまくり。顕正会もにたようなもん。

教団内では日蓮の生年と末法時代の矛盾点や、大乗仏教非仏教説なんかについて
積極的な議論がなされてしかるべきだと思うし、新規の信者さんに対しては納得のいく
説明を最初にするのが筋だと思うのだが、そういうことはやってんのかな。

信者さんの中で、こういうことを調べて、矛盾に悩んだ人とかいないんでしょうかね?

307 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:41:53 ID:rV/QO8C8
>>298
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/f03_01.html
酒色におぼれる僧侶たち

308 :297:2005/09/11(日) 15:41:17 ID:v0KarFnW
私は297ですが300の人とは別人ですので念のため。。。

>>299
ということで、299さんが私への言葉だと仮定してレスさせて
頂きますと、色々なところで書き込んでいるとの事ですが、
私はこのスレと、もう一つ別のスレで書き込んだことがある
だけで、他は書き込んだことありません。

後、私は専門化ではないので間違って認識している部分も
あるかも知れません。では、具体的に、どの部分に間違い
があるか教えて頂けませんか。私の間違いであれば、素直
にお詫びの上、訂正させて頂きますし、どの部分がどう間違い
本当は何が正しいのか訂正出来ない場合は、根拠のない
中傷として認識させて頂きます。
それと、あなたは、日蓮正宗の方ですか?
それとも全然別の信仰ですか?
自分の立場を明らかにしないのは、人を無責任に攻撃できて
いいですね。



309 :297:2005/09/11(日) 15:41:49 ID:v0KarFnW
>>303
ノアやモーゼは方便じゃないんですか?(詳しくは知りませんが)
私は「嘘」=「歴史的事実の捏造」の話をしてるんです。
話をそらさないで下さい。

あっ、それと、日蓮は方便は捨てよ!という立場を採用されて
ますので、歴史的事実の捏造が方便だとしても、日蓮の考えと
相容れないものです。
日蓮は真実を追究し(当時の歴史的誤解からではありますが)
法華経に辿り着いたのです。
その日蓮の教えを実践しようとすれば、間違いは間違いと認め
再度、事実に基づいて、取捨選択する立場こそ日蓮的な生き方
なのではないでしょうか?

信こそが大事だとしても、最初から嘘つきと分かっている人を
信じることは到底出来ませんよね?

その逆、信じていた人が嘘つきはあるかもしれませんね。
信じてるんですから、嘘も嘘と思いたくないという心理が働き、
嘘を嘘と思えなくなるんです。

まぁ、いいんです。信じたい方は信じていれば。
ただ、私の妻を通して知っている正宗系の家族は、どこも問題
を抱えている人達が多いのを知ってるから、人事ながら、心配
になるだけですから。離婚、借金、倒産、リストラ、登校拒否等
本当に多いです。もちろん、他の信仰の人にも上のようなことは
あるから、正宗が原因とは言い切れませんけど、割合として
あまりにも多いので、何か関係あるのかなぁと思ってしまいます。

あれれさんの行く末、お祈り申し上げます。
後、もし良かったら、あああさんは、どんな良いことがあったのか
書ける範囲で教えて頂けると嬉しいです。

310 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:38:01 ID:g0ad5Ct6
>ただ、私の妻を通して知っている正宗系の家族は、どこも問題
>を抱えている人達が多いのを知ってるから、

正宗の人間は、身内の不幸は「正宗信じているからこの程度ですんでいる」と言い、
他宗の人間の不幸は「邪宗の害毒。地獄へ落ちる」と言います。

自分で自分を騙すことが得意なんですよ。

311 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:44:30 ID:HkChfwrC
日蓮本宗が右座位のですが、南都かナリマセンカ?

312 :名無しさん@3周年:2005/09/11(日) 23:00:56 ID:LJN7PLPY
297さんに質問なんですが
夫婦関係は上手くいっていますか?

313 :297:2005/09/11(日) 23:53:28 ID:ccmKtdLA
>>312
お蔭様で今のところは順調です。
でも、この先不安があるのは事実です。

うちは結婚前に信仰のことで話し合いましたが、
課題を残したまま…という部分があるので、
いずれ、その時が来たら苦労すると思います。
>>1さんをはじめ、同じ境遇の方は、結婚前に
曖昧な部分をなくすまで話し合われることを
お勧めします。


314 :自民党変だよ:2005/09/12(月) 08:18:13 ID:9vhvSK3Z
毒だに

315 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 09:23:32 ID:CDsZ2bn/
坊さんの援助交際が明るみに出るたびガックリする。(つд`)

316 :あああ:2005/09/12(月) 12:23:00 ID:KgY0ggY+
297さんへ

僕の現象に関しては、色んな背景が関係しますので(誰の人生でもそうでしょうが)、
うまく伝えられるか自身がありません(笑)。話したい気持ちはすごくあるんですが、
普通に口でしゃべっても何時間かかるか分かりませんし、ちょっと考えさせてください(笑)

317 :あああ:2005/09/12(月) 12:51:25 ID:KgY0ggY+
それと、これだけちょっとお聞きしておきたいのですが、297さんは
色々と調べてみることを大事なことだと思っているようですが、
あなたのおっしゃるように、お釈迦様が亡くなったときに文字はなく、
その後に弟子達によって経典が書かれているわけですよね。ということは、
「調べても真実にはたどり着けない」ということです。
なにをどこまで調べようと言うのですか?

318 :297:2005/09/12(月) 17:29:06 ID:MmJhK1Uu
あああさんへ

>>316
現象に関しては簡単に口では説明が付かない部分も多々あると
思います。強要するものではありませんので、ぼちぼちでもお話
を聞かせて頂ければ幸いです。

>>317
「調べても真実にはだどり着けない」おっしゃること、ごもっともです。

ですので、釈迦の言葉を直接聞いた人でなければ、本来の仏陀
の教えとはどういうものなのか結論付けることなんで出来ない事
が分かりました。
そのことから、私の中では日蓮正宗(と言うより日蓮)の考え方に
無理であることが分かりました。そう、結論付けるという行為自体
に無理があるのです。

「私がハンバーグが一番好きな食べ物」は言えても、「誰にとって
もハンバーグが一番」とは言えないということです。
ましてや、ほとんどの日本人は数種類の宗教、言い換えれば
ハンバーグとトンカツぐらいしか食べてないと思うのですが、その
人がハンバーグが一番素晴らしいなんて、どうして言い切れるの
でしょう?
ただ、たまたま入ったハンバーグ屋が美味かったからと言って、
そのハンバーグ屋こそが世の中で唯一正しい店で、入ったことも
ない他の店を、不味い、悪魔だというのは、あまりにも増上慢
だなぁと思う次第です。

こうは書いても、信者の方が日蓮正宗の教えを信仰することを
否定するものではないことは分かって下さい。それは、個人の
自由ですから。


319 :犬作 ◆LIR.La.YRI :2005/09/12(月) 21:35:03 ID:K1/tjjlM
>>307

俺が学会員だった時は、学会員の人と荒川で焼肉パーティしてますたwww。

320 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 22:47:10 ID:6ztexHqT
質問です 日蓮系で霊能者がいてお告げを与えるグループ知りませんか? お経あげると病気が治るとかもいってます

321 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 00:15:18 ID:R9K48hqt
「あらゆる蛋白質の中で牛肉は最上のものです。
 他にも動物性蛋白質には豚や鳥や魚がありますが、蛋白質の成分としては
 牛肉が最上であるのです。
 だから牛肉のみを食べておればよい、他の肉は成分が劣っておるのですから
 食べる必要はありません。そんなの食べると病気になります。豚なんぞ、人糞を餌にしている。」

「昔は確かに牛は貴重でした。でも最近は豚や鳥と変わらぬ値段で変えます。
 牛は蛋白質は良質かも知れませんが、豚にはビタミンBが豊富だし、鳥は脂肪が少なくてヘルシーですよ」

「いや、蛋白質の成分は牛が最高なのです。だから牛だけを食べ、他を食べる必要は無いのです。
 牛を食べて体を鍛え、オリンピック選手になった人もいます。」

「でも牛の食べすぎで内蔵やられて下痢で死んだ人もいますし、、、。
 最近は狂牛病も怖いじゃないですか」

「狂牛病は海外の粗悪な牛であり、牛の中の邪道です。そんなものを我々は牛と認めておりません。
 国産であれば100%安全なのですから、国産の牛を食べるのが良いのです」

「日本でもBSE感染でたことあるじゃないですか。」

「まず食べ続けるのです。そうすれば牛の素晴らしさがわかります。何を食べるか悩むより、食べ続けるのが大事なのです。」


ハンバーグに無理やり絡めてみたけど無理があるな、、、。

322 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 01:26:39 ID:Fj1h58wU
>>309
> ノアやモーゼは方便じゃないんですか?(詳しくは知りませんが)

違うよ。ヴァチカンが地動説やダーウィンの進化論を受け入れたのは15年ほど前のことだよ。
(先ほど亡くなられたヨハネパウロ2世がとった勇断です。)
今でもアメリカでは進化論(ダーウィニズム)を学校で教えるなという運動が盛んに行われてます。
日本の右翼みたいなマイナー勢力ではなく、南部では州法として制定される恐れすら有ります。
ブッシュ大統領がキリスト教原理主義者の人達と関係が深いため力を増してきているそうです。

> 信こそが大事だとしても、最初から嘘つきと分かっている人を

彼らにとっては 日蓮を信じること、日蓮が言う通りに従うことが「信」なのです。
信さえあれば形には拘らないというのは一般的な日本人の考え方で 日蓮宗の方達には通用しない論理だと思います。
これはイスラム教徒やキリスト教原理主義者にも当てはまります。
PCを買うときのようにスペックを一覧にして選択するという行為自体が 既に日蓮宗の「信」に反してるのです。

> ただ、私の妻を通して知っている正宗系の家族は、どこも問題
> を抱えている人達が多いのを知ってるから、

これは原因(正宗)→結果(問題)ではなくて 逆なんじゃないかと思います。
「何らかの問題を抱えてるから 宗教に救いを求める」という人が多いのだと思います。

最後に言っておくけど 僕は297さんの意見に反論してるわけじゃないよ。
結論は妥当だと思います。(きっちり話し合って結婚する、子供にも宗教を押しつけない等々)
ただ、 元々彼らは理由(科学的根拠など)があるから信じてるんじゃない ということを言いたかっただけです。
それを君は「根拠があるから信じてる」と思ってるから 「根拠を反証すれば信じなくなるだろう」と考えているようですが
その認識は間違ってますよ、と。

323 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 02:04:19 ID:sQfzMB0O
日蓮正宗も寛大ですよ!特に性犯罪には・・・。

324 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 06:14:39 ID:QcIcT5N9
日蓮正宗は寛大ですよ

身 内 の 不 祥 事 に 関 し て は

325 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 10:46:52 ID:0XMTteG/
馬鹿宗教

326 :あああ:2005/09/13(火) 11:19:20 ID:hpF6rmLf
297さんへ

失礼ですが、「ハンバーグ」の例えはやはりちょっと無理があります(笑)
「ハンバーグ」は「大事なこと」の例えにはならないでしょう。

ちょっと話を戻しまして、信仰の否定派の方々によく見られる「矛盾」について
意見させていただきたいと思います。否定派の方々にはよく矛盾が見られます。
「お前が矛盾してるんだ」と言いたいところでしょうけども、ちょっと聞いてください。
「なぜ、矛盾が起きるのか」と色々考えてみたんです。僕は、はっきり言って教学は
疎いですよ。でも、それにもかかわらず、このスレッドで論破されたことはありません。
僕は、ケンカをしにここへ来ている訳じゃなく、純粋に疑問を投げかけてるだけなのに、
誰もそれに答えられない。「なぜだろう」。それは、みなさんが宗教を「色眼鏡」
で見ているからです。きつい言い方をさせてもらえば、「ビビッてる」んですよ。
その自分を弁護するために、色々な理屈をつけるから矛盾してくるのだと思います。

297さん、あなたは318で仏教全体を否定しましたよね?
それならば、あなたは「信じている」奥さんの信仰に対して、「信じてもいない」
実家の仏壇を引き合いに出したと言うことになります。これは、「誠実」と
言えるのでしょうか?失礼を承知で言いますが、
僕には「逃げただけ」にしか見えません。



327 :297:2005/09/13(火) 11:34:56 ID:HEQsfbsj
>>321
最初、私の喩えに対する揚げ足取りかと思って
ドキドキして読んでましたけど、違った喩えを
書いていただいたんですね。
なかなか比喩は難しいです。
本筋とは関係ないところの揚げ足を取られる方
がみえますから(^^;



328 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 11:35:27 ID:HEQsfbsj
>>322
色々、解説をありがとうございます。勉強になります。

>ただ、 元々彼らは理由(科学的根拠など)があるから信じてるんじゃない ということを言いたかっただけです。
>それを君は「根拠があるから信じてる」と思ってるから 「根拠を反証すれば信じなくなるだろう」と考えているようですが
>その認識は間違ってますよ、と。

この辺りは、私自身、身に染みて一番よく分かっているつもりです。
普段、何でも論理的、客観的に考えることの出来る妻でも、こと信仰の
こととなると、そういう思考は一切停止しています。
生まれた時から、日蓮正宗の家に生まれ、それこそが唯一絶対として
刷り込まれてきていますので、今更、変えることは難しいと思います。

日蓮正宗に限らずですが、既に何かしらを信仰している人にとっては
理屈は不要。むしろ、理屈を挟むことは信仰の妨げになるんだと思って
ます。ですから、妻にも私が感じる矛盾点などをある程度は話しましたが
理屈で言っても無理だと思ってからは、そのまま好きなようにさせています。

>>318でも書かせて頂いた通り、既に信仰している人が信仰を続けることを
否定しているわけではありません。私が色々書かせて頂いているのは
一重に、今後日蓮正宗に関わる(入信されるかどうかは分かりませんが)
機会が増えるスレ主さんに対して、日蓮正宗はこういう宗教で、世間からは
こう見られ、更にどういう考え方をされているかということをお伝えしたいが
ためでございます。スレ主さんが幸せな結婚生活を送られるために。


329 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 12:02:23 ID:HEQsfbsj
>>326のあああさんへ

私の>>327と入れ違いになってしまいましたが、ハンバーグ屋の話は
どうして例えになりませんか?
あなたは他の宗派を信仰したこともないのに、他の宗派を最悪なもの
とされてますよ? この件については、どうお考えですか?

それと、>>318で仏教全体を否定なんかしてませんよ?
どの部分を指して否定されていると、おっしゃってますか?
根拠もなしに、人の考えを捻じ曲げないで下さい。

繰り返しになりますが、私の仏教に対する考えは、釈迦の本当に
説きたかったことを結論付ける事は出来ないと書いただけです。
ただ、限りなく近付くことは出来ると思います。それは仏教学者の
方のお仕事でしょうけどね。そこから何を選ぶかも人それぞれ、
みなさんの自由。あああさんが日蓮正宗を選ばれたのも、それは
それでいいと思いますよ。
日蓮正宗に対して私が否定しているのは、歴史的事実を曲げて
日蓮正宗のみが正しいと教えている教団の姿勢です。

ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/other.html#5
例えば、この説明で釈迦の誕生は三千年前とされてますが、
紀元前486年説もしくは紀元前386年説のどちらかしかありません。
なぜ日蓮正宗が三千年前と事実を偽り続けているかというと、
日蓮を末法に現れた仏として位置づけるためです。
ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/aboutns/daishonin.html
更に、五時教判。(>>297で説明済み)
やはり、教団が間違った史実を根拠に、自宗の優位性を唱え
他宗を否定することは、よくありません。



330 :あああ:2005/09/13(火) 13:01:57 ID:hpF6rmLf
えと・・・ちょっと確認しますが、318に

>釈迦の言葉を直接聞いた人でなければ、本来の仏陀
の教えとはどういうものなのか結論付けることなんで出来ない
そのことから、私の中では日蓮正宗(と言うより日蓮)の考え方に
無理であることが分かりました。

とありますが、「そのことから」は、仏教全体に当てはまると思いますが・・。
ということは、「全ての仏法の考え方にむりがあることがわかりました」
ということでしょう?それで「仏教を否定していない」というのは、
どういう意味でしょうか?



331 :あああ:2005/09/13(火) 13:12:48 ID:hpF6rmLf
それと、釈迦の誕生、五時教判については、317をもって
代えさせていただきます。堂々巡りになりますので。

332 :297:2005/09/13(火) 13:23:10 ID:HEQsfbsj
>>330
>>329も含めて、もう一度よく読んでください。
「結論付ける」ことに無理があると言っているのです。

仏法の考え方に無理がある等と一言も書いてなすですよ。
何度もちゃんと書いてるのに、あああさんの書き込みは、
揚げ足を取るための曲解にしか思えませんよ。


333 :あああ:2005/09/13(火) 13:24:45 ID:hpF6rmLf
すみません、ハンバーグ屋の話がまだでしたね。仏法は、「根本」と「枝葉」
ということが重要になってきます。もちろん「宗派」や「信心」は「根本」
ということになりますが。あなたの例えには、ハンバーグや、トンカツなど、
多種の食べ物という「枝葉」は出てきますが、なにを「根本」と考えてか、
ということが示されてないので、例えにならないと思います。
あなたが、数々の宗派を「枝葉」と考えているなら、それは、僕らの考え方では
ありませんので。

334 :あああ:2005/09/13(火) 13:30:13 ID:hpF6rmLf
ちょっと待ってください。揚げ足とる気はありません。
つまり297さんは、ご自分の宗派の信心をきちっと
していると言うことですか?
仏教を否定しないというのはそういうことですよね?

335 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 13:37:39 ID:HEQsfbsj
>>331
調べても分からないのは釈迦の本当の言葉ですと言ってるのですよ。
釈迦の生存年代、経典の成立年代については、分かってますよ。
堂々巡りにはなりませんので、話を逸らさないで答えて下さいね。

では具体的な質問に変えさせて頂きましょう。
歴史的事実云々は別にして、あああさん個人のお考えをお聞かせ下さい。


Q1.
あああさんは、お釈迦様のいつ頃生存されていた方と
思われてますか?

Q2.
法華経こそがお釈迦様が最後に説かれたことだと
考えてらっしゃいますか?

Q3.
あああさんはは他の宗派を信仰したこともないのに、他の宗派を最悪なもの
とされてますよ? この件については、どうお考えですか?

最後の質問は>>329の繰り返しになりますが、私への質問ばかりでなく、
あああさんも逃げないでちゃんと質問に答えて下さいね。

スレ主さんも含めて、他の方も沢山見てますよ。
あああさんの、このレスへの対応(逃げるか、ちゃんと答えられるか)は
非常に重要になってくると思いますよ。



336 :あああ:2005/09/13(火) 13:48:04 ID:hpF6rmLf
全く逃げる気はありませんよ(笑)

A1.生存年代については、そのころ文字がなかった以上分かりません。
   また、文字の代わりのものがあったとしても、それが「憶測」の
   域を出ない以上分かりません。

A2.そう思います。そのように御指導いただいてますので。

A3.自分の信じている宗門にそのように教わっているのと、日頃目にする
   他宗の僧侶の振る舞いと、自分の所属寺の御住職の振る舞いを見てと
   いうのも多少あります。

334の質問に答えていただけますか?

337 :297:2005/09/13(火) 14:05:42 ID:HEQsfbsj
>>333
ハンバーグ屋の話はあああさんには誤解を与える内容になったようですね。
その点は素直に謝ります。すみませんでした。
あくまでも私の中での例えなので、「枝葉」にこだわらないで下さいね。

>>334
仏教を否定しない=自分の宗派の信心をきちっとしている事?
どうして、そういうバイアスがかかった考え方になるのか
分かりませんねぇ〜(^^;
先ほどから何度も何度も申し上げている通り、書かれても
いない事を、あなたの想像で勝手に解釈しないで下さいね。

私が好きなのは、スッタニパータ、ダンマパダ、ウダーナヴァルガ等の
最初期に説かれたとされる経典です。
流石に、お釈迦様の生存していた時代に近いだけあって、リアルの
心に響いてきます。読んでいると、煩悩というものに打ち勝てるような
気がして、実際にお釈迦様に教えを頂いている気持ちになります。
何度も何度も読んでいる内に、悟りの境地とは、どういうものなのか、
分かるような気がしてきました。(決して悟ったという意味ではなく(^^;)
功徳を求める日蓮正宗の教えとは明らかに異なります。
ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html
私個人の考え方としては、生老病死の苦に打ち勝つために釈迦が
説き始めた教えと、病魔や障害に犯されない事を功徳とする日蓮
正宗の教えは相容れないものがあると感じています。



338 :297:2005/09/13(火) 14:18:00 ID:HEQsfbsj
>>336

A1については分からないということですが、日蓮正宗では
3000年前として教えてますよ。たとえ社会のテストで、
間違いになったとしても、日蓮正宗の教えを信じられるなら
3000年前と答えられた方が良いと思います。

A2については、信者さんなら当然そのような答えになる
でしょうね。お答えありがとうございます。

A3については住職の振る舞いを見て判断ということで、
了解しました。他宗の教えに触れての判断ではないと
いうことで、よろしいですね?

334について、明確に答えていなかった部分があるので
補足ですが、うちは前にも書いた通り真言宗ですが、その
教えも悪くはないが絶対ではないと考えています。
334の言葉を使えば、ちゃんと信心をしている事にはなら
ないと思います。
ただ、先祖を供養したい気持ちはありますので、先祖の望む
やり方で供養するのが、本当の誠意だと思ってやってます。

あああさんが、もし他界された後、お子さんが違う宗教を
信仰していたとしても、日蓮正宗のやり方で供養して欲しい
と思われるでしょう。それと同じことです。
個人がどういう考えを持とうが自由ですが、個人の考えを
他人に押し付けないというのは、そういう事だと思います。

339 :あああ:2005/09/13(火) 15:15:13 ID:hpF6rmLf
仏法というものは、「信じる」という部分が、やはり一番のネックに
なってくると思うんです。僕が分からないのは、297さんが、「仏法」を
「信じているのか、信じていないのか」ということです。
それが分からないことには、僕としてはもどかしいです。

ただ、あなたの文を読んで感じるのは、経典を「上から見ている」ということです。

>お釈迦様の生存していた時代に近いだけあって、リアルの
心に響いてきます。

とか、

>真言宗ですが、その
教えも悪くはないが絶対ではないと考えています。

とか。あなたは経典を読んだだけで、信心をしたわけではない。
「ルールブック」を読んだだけですよ。うわべだけチラッと見ただけです。


340 :あああ:2005/09/13(火) 16:28:03 ID:hpF6rmLf
ようするに「我見」なんですよ。仏身に至っていない「目」で、何を
どこまで見ようというんですか。

三歳児の前に、百万円の札束と、面白そうな
オモチャを置いてみてくださいよ。目に映るものは、大人も子供も
同じでしょう?でも、子供はほとんどがオモチャを選ぶでしょう?
それは「金の価値」を、子供が「知らない」からでしょう?子供は自分に
あるだけの価値観でしか選べないんですよ。

仏法を「我見」で判断するのは、「井の中の蛙、大海を知らず」
としか思えません。

341 :あああ:2005/09/13(火) 17:14:07 ID:hpF6rmLf
267さんは、僕が「他の宗派を知りもしないで」日蓮正宗を信じていることに、
不快を感じているようですが、どれをやってみても同じでしょ。結局、今現時点の自分の目で
真実を知ることなんてできませんよ。それぞれの宗派がそれぞれの都合でしゃべってるんですから。
それを調べて、聞いて、自分で判断する?そんな増上慢なことありません(笑)

僕は、妻になる人が「たまたま」日蓮正宗だったから入ったんです。でも、
その「たまたま」が「縁」なんですよ。ちなみに「それを言うなら、親の宗教も縁だろ」
と言われるでしょうが、僕のところは顕本法華宗ですが、なんにもしてくれませんでしたよ。
「なにをしろ」とも「なにをするな」とも。せっかく縁してるのに、「勝手にしてください」
と言わんばかりにほったらかしです(笑)。
その結果これだけ世の中が不穏になっても、なーんにも言いません。
それに対して、日蓮正宗は、「自分を鍛えろ」「慢心するな」「道理を重んじろ」
と教えてくれるんです。
まあ、それも、信心して始めて気づいたことですから、
現時点で信心していない人達に分かってもらえるとは思いませんが、
みなさんあまりにも「自分の判断」に固執されるので、くやしくて言ってみました(笑)

342 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 18:40:29 ID:sQfzMB0O
坊さんの援助交際は信じてるぜ(o^ー')b

343 :あああ:2005/09/13(火) 20:28:49 ID:hpF6rmLf
それと、よく「日蓮正宗は他宗を批判して、他宗はもっと寛容だ」
みたいな意見をよく聞きますが、まあ、僕も一番初めは引っかかったところなんで、
気持ちはよく分かるんですが、よくよく考えると、他宗を批判するのは
当たり前だと思うんですよね。それでちょっと最近疑問に思ってるんですが、
じゃあ、なんで他宗は統一されないんですかね?
なんでもいいんだったら、みんな開け放って、「ここの体育館は、バトミントン
してもいいし、バレーボールしてもいいですよー」みたいにすればいいのに。
何でなんでしょう?分かる方いらっしゃいますか?

344 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 20:40:29 ID:QcIcT5N9
>>343

>じゃあ、なんで他宗は統一されないんですかね?

宗祖の日蓮が逝ったとたんに分裂
その後700年間諍い続け、現代では正宗・層化・犬症で、バカ・アホ・痴犬と悪口批判の三つ巴喧嘩
他所の悪口言う前に、自分の宗派をまず統一しなさいよ
そのざまで他所の批判なんかしなさんな
説得力マイナス100


345 :顕ショー正義団:2005/09/13(火) 21:00:44 ID:sQfzMB0O
正宗は寛容ですよ!!性犯罪だってオーケーですから!

346 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:11:55 ID:GqOUhNCp
ハンバーグの話は無理があって
体育館の話は無理がないとでも??

347 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:16:21 ID:QcIcT5N9
>>345
犬症は厳しい
身内が犯罪おこすとトカゲの尻尾きり

348 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:19:57 ID:/lpGGz8y
世の中に、貧困と宗教さえなければ戦争はなくなるんだよ。
宗教があるから死んでしまった人は人類史上何百万人いるのか・・
宗教さえなければ幸せな人っていっぱいいるんだよね。

349 :あああ:2005/09/13(火) 21:21:41 ID:hpF6rmLf
だーれも答えになってないですけど(笑)

350 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/13(火) 21:24:42 ID:hh4aybE2
リョウコタソの仲間ハケーンな希ガス

351 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 21:27:19 ID:QcIcT5N9
>>349
言い訳ばかり旨くなる正宗信者

352 :あああ:2005/09/13(火) 21:31:49 ID:hpF6rmLf
それも答えになってないし(笑)

353 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/13(火) 21:36:43 ID:hh4aybE2
リョウコタソの変化バージョンだな。

354 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 22:09:29 ID:QcIcT5N9
>>352
別に答えたくないならけっこうですけど 

一人自己満足の世界でオナニーでもして どんどん世間を狭くしてください

そんな程度のモノのくせに、他所の悪口言うから馬鹿にされるんです

あと700年間、このせまい日本の中で、分裂した者同志で喧嘩していなさい

本当にチンケな宗教ですね

355 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:04:28 ID:zw6t0p7V
要は、宗教をよりよき道具にできる人と
宗教に支配されてまわりが見えなくなる人との違いってことじゃん。

>297さん
メビウスの輪のようなロジックの中にいる人に
輪のねじれは見えないよ。
見えないのだから理解できる筈もなし。言っても無駄。

356 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:09:50 ID:sQfzMB0O
あああさんの言うことって説得力ないよね・・。

357 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 23:21:59 ID:R9K48hqt
「ちょっと、あの人だけはやめといたほうがいいって。
 私あんまりいい噂聞かないもの。
 なーんかすぐ他の男のこと下に見るし、人の言う事聞かないのよ。
 実家の弟さん二人ヤクザまがいのことしてるらしいし。
 それに25歳って言ってるけど5つくらいサバ読んでるわね、どう見ても!」

「彼の言ってる事が正しいんだから他の男なんて見下されて当然よ。
 弟二人だって昔は仲良かったみたいだけど家のお金持ち出して
 出てっちゃうなんて最低!
 向こうが土下座するまで許してやんないんだから。
 それに彼が30歳ですって?どうみたら30に見えるわけ?
 彼が25って言ってるんだから25に決まってるじゃない。」

「もう、何言ってもダメみたいね。いいわ、いってらっしゃい。お幸せに。
 でも、アタシは忠告したからね!泣かされたって知らないんだから!」

(A子ったら、アタシの彼がステキだからって僻んでるのね。 もう、素直じゃないんだから。
 彼の友達にカッコイイ人沢山いるから、言えば紹介くらいしてあげるのに。)
 

やっぱり無理があるのう、、、。

358 :297:2005/09/13(火) 23:53:11 ID:HEQsfbsj
>>339
仏法は信じてますよ。ただ、あなたと信じ方が違うだけです。
あなたの信心はバイブルの中身を知らず、アメーンと言うのと同じです。
私はバイブルの中身を理解した上で、信じて実践しています。

あなたの悪い癖は、人の考えを自分の都合の良い方に、曲解や拡大解釈
をするところです。
「あなたは経典を読んだだけで、信心をしたわけではない。 」とか、
また勝手に決め付けてらっしゃる。私は実家の宗派に対しては、ちゃんと
信心しているわけではないとしか書いてません。その上で自分が信じて
読経している経典も書いているわけです。信じてないもの何度も読経
しますか?

それとですね、人のことを勝手に決め付けて間違いがあった場合は、
素直に謝る心も持たれた方がいいですよ。あなたは言い負かす事に
一所懸命で、人として基本的な倫理観に欠けてると思われても、仕方
ないですよ。



359 :297:2005/09/13(火) 23:53:44 ID:HEQsfbsj
>>341
後、あなたは被害妄想も随分激しいようですね。そういうところ日蓮大聖人
様に似てらっしゃいますよ。
>「他の宗派を知りもしないで」日蓮正宗を信じていることに不快を・・・
不快なんて感じてませんよ。何度も、あなたも他の人でも日蓮正宗を信じる
ことは自由だと書いているじゃないですか!
私が不快を感じるのは、日蓮正宗の方が他の宗派の教えも知らないのに
批判することですね。あなたは他宗の僧侶の振る舞いをもって、最悪な物
とされているという事ですが、普通は他宗の僧侶に触れる機会はなかなか
ないと思うのですが、いったい、どの宗派の僧侶の、どんな振る舞いをご覧
になったとおっしゃるのでしょう?
どれだけの僧侶にお会いになったか分かりませんが、そういう風に一部を
見て、判断されるなら、ここでよくコピペされている僧侶がいた日蓮正宗は
最低最悪と言われても仕方ないですよ。
ttp://www.nichiren.com/jp/forum/forum02/f02_05.html
ttp://www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html


360 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:40:06 ID:jgtiy057
十四誹謗の中に「浅識」というのがあります。
浅い知識でもって仏法を語ること、、、だったと思います。

正宗では、「凡夫なんかが仏法を学んでも大聖人様の偉大な教えを読み解くことは出来ない。
だから考えても仕方ない。それよりは偉大な教えを信じて行くのが正しい」
みたいな考え方があるんじゃないでしょうか。
だから他の人間が、どれほど正宗の矛盾を突いても
「所詮、信心もしてない凡夫の言うことではないか、それよりは大聖人様を信じる!」
という思考回路になってしまうんだと思います。

だから彼らには何言っても通じませんよ、多分。

361 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:43:49 ID:BNTkduSs


362 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 00:58:22 ID:nfTzlk1R
大石寺と創価学会の低級な誹謗合戦、DQNな顕正会などにあきれて
もうふつうの人は残っていないからね。大石寺の代々檀家は別にして。

日蓮思想・創価学会批判
ttp://www.mahaananda.jp/Texts/nichiren/nichiren.html

363 :イワシの頭正宗信者:2005/09/14(水) 00:59:20 ID:BNTkduSs
ちょっとお邪魔しますね。

ことわざにイワシの頭も信心からというのがあります。

イワシの頭でも、信じてしまえば信仰の対象になります。
誰に根拠がないと言われても、私はイワシの頭様を信じています。

毎日、イワシの頭に「南無イワシ様 南無イワシ様」と、題目を唱えています。
一昨日はいい事が沢山ありました。イワシの頭様のご利益に違いありません。
昨日は少し嫌なことがありました。イワシの頭様へのお勤めが足らなかった
からに違いありません。今日は嫌なことがないように今から頑張ってお勤め
します。

幸いイワシの頭正宗は日蓮さんにも破折されていません。
日蓮さんの考えも及ばなかった崇高な教えだからでしょうか。
ちなみにイワシの頭正宗では日蓮正宗を邪悪な宗派として考えています。
あああさんは気の毒に地獄行き確定です。
他宗派も国を滅ぼし、悪魔に呪われるに違いありません。


364 :イワシの頭正宗信者:2005/09/14(水) 01:11:46 ID:BNTkduSs
そういえば、ワシの爺さんは日蓮正宗だったが、
遺骨が捨てられたみたいだってオヤジが騒いで
いたなぁ。調べてみたら沢山犠牲者がいるようで。
ttp://www.nichiren.com/jp/special_topic/special_topic05/st05_4_reference.html
南無イワシ様 南無イワシ様

365 :イワシの頭正宗信者:2005/09/14(水) 01:15:05 ID:BNTkduSs
きっと都合の悪い書き込みはスルーされるんだろうなぁ。

あああさんは、日蓮正宗信者30数万人以外は、不幸になると
真剣に思ってるんだろうなぁ。あぁ、怖い怖い。

南無イワシ様 南無イワシ様

366 :およよ:2005/09/14(水) 09:30:57 ID:pFjnihNl
なるほど、日蓮正宗は鰯の頭だったのか。
あああもイワシも現象でしか他宗への優位性を示せない点では同じだなw

他宗批判なんかしないで自宗の良さだけを説いている宗派の方が百万倍マシだと
いうことが、あああを始めここで発言している日蓮正宗の連中を見て分かった。
自分の主張ばかり必死になって通そうとして他者の主張は理解しようとも努めない
なんともジコチューな集団だということがあれれさんにも分かったんじゃないかな?
あれれさんのフィアンセはジコチューなところがない素直な娘さんなんでしょうけど。

367 :あああ:2005/09/14(水) 11:29:19 ID:fVKldvih
色々きましたね(笑)。できる限りお応えしていこうと思います。

354さん   
?あなたは僕に何か質問してるんですか?

355さん
宗教を道具になんてしてはいけません。怖いこと言わないでください(笑)

368 :あああ:2005/09/14(水) 11:30:54 ID:fVKldvih
297さん

>あなたの信心はバイブルの中身を知らず、アメーンと言うのと同じです。
教会の神父さんでも、「バイブルを全部読んでからアーメン言いなさい」
なんて言わないですよ。少年野球のコーチだって「ルールブック読んでから
ボール投げろ」なんて言いません。それよりも、実践することのほうが、
はるかに大事だからです。

>あなたの悪い癖は、人の考えを自分の都合の良い方に、曲解や拡大解釈
をするところです。
「あなたは経典を読んだだけで、信心をしたわけではない。 」とか、
また勝手に決め付けてらっしゃる。
それは確かに誤ります。ごめんなさい。というのは、僕らにとって「信心」
と言えば、僧侶に従って修行することを指すからです。297さんとは捕らえ方が
違ったかもしれません。ついでに言えば、仏教(宗派)に対しては、「信じる」か「信じない」
=「否定する」か「信心(上記のような意味の)する」かのどちらで、それ以外の
立場っていうのが、いまいち分からないんですが。よかったら教えてください。

>「他の宗派を知りもしないで」日蓮正宗を信じていることに不快を・・・

>私が不快を感じるのは、日蓮正宗の方が他の宗派の教えも知らないのに
批判することですね。
これも、僕らの目から見たら同じなんですよ。「日蓮正宗を信じること」は
「他宗派を批判すること」になりますから。

ちなみに、僕が見た他宗派の僧侶と言うのは、法衣のまま原チャリ乗ってる人とか、
テレビのニュースで見たんですけど、機械でお塔婆印刷して、「いやー楽になりましたよ」
って言ってた人です(笑)。ウチの御住職は脳梗塞で倒れられて、退院した後も
右手が振るえ、口も思うように動かなくなっても、ご自分でお塔婆を書かれて、
みんなの前で御説法されてました。恐るべき早さで回復されましたけど(笑)。
ちなみに、「一部を見て判断した」なんて僕は言ってませんよ。「多少ある」と
言っただけです。

369 :あああ:2005/09/14(水) 11:32:49 ID:fVKldvih
366さん

他宗批判なんかしないで自宗の良さだけを説いている宗派の方が百万倍マシだと
いうことが、あああを始めここで発言している日蓮正宗の連中を見て分かった。

理由を教えてください。よかったら、343についてもご意見ください。


370 :あああ:2005/09/14(水) 12:16:01 ID:fVKldvih
今ちょうど、他宗の坊さんが原チャリでウチの前通りました。
道を間違えたのか、歩道に乗り上げて逆走していきましたけど・・・。
さすがに公衆の面前でそこまでやるとは信じられませんでした(笑)

371 :およよ:2005/09/14(水) 13:53:29 ID:pFjnihNl
今ちょうど、日蓮正宗のボーズが原チャリでウチの前通りました。
道を間違えたのか、歩道に乗り上げて逆走していきましたけど・・・。
さすがに公衆の面前でそこまでやるとは信じられませんでした(笑)

まぁ、何とでも言えるわなw

日蓮正宗がクソである理由?
お前ちゃんと読めよ!
297さんに対してもそうだけど、書いてあることちゃんと読めよ!
そういうジコチューな姿勢が日蓮正宗の信者であるオマイがクソな理由だよ。

343についてのご意見って何?
他宗はなぜ統一されないかってこと?
なんで統一しなきゃいけないの?
教えが違うのに何をどう統一しろと?w
変なこと言うシトだねぇ〜w
あなた日常生活でそんなこと言ってたら笑いもんだよ?

笑いもんになると可哀相だからsageておいてやるよ。
これが仏心というやつだ。

372 :ホー法華講:2005/09/14(水) 14:00:22 ID:V/pq4Txj
ずっと静観してきましたが同じ日蓮正宗法華講の人間として、あああさんの
発言はかなり恥ずかしいものがあります。イワシの頭正宗の方、およよ
さんの発言は言葉が悪いですが、あああさんのソレに比べ筋がちゃんと
通ってます。皆さん日蓮正宗法華講は、このような人ばかりではないので
どうぞお許し下さい。同じ法華講の人間としてお詫び申し上げますm(__)m


373 :あああ:2005/09/14(水) 14:07:07 ID:VuQUQl7K
>教えが違うのに何をどう統一しろと?w

いい意見が出ましたねー(笑)そうなんですよね。
仏教の目的はあくまで「成仏」なわけですよ。
「教えが違う」というのは、「他の教えでは成仏できない」
ということを示していると思うんです。だって、目的は「成仏」
ですから、他の教えでも成仏できるなら、宗派が分かれる必要はないわけです。
つまり、他宗は、「自宗以外の宗教では成仏できないと思っていながら、
誹謗はしない」ということになりませんか?つまり、表立ってないだけで、
どの宗派も他宗を否定しているわけですよ。297さんの「ハンバーグ」に
例えれば、他宗の僧侶は、「自分はハンバーグしか食べない」んです。
でも檀家の人が「トンカツ食べた」と言えば、「ああ、トンカツですか、いいですなあ」
「カレー食べた」と言えば「カレー、おいしそうですなあ」。でも自分は「ハンバーグしか食べない。
ということじゃないですか?これは、どうなんでしょう?


374 :あああ:2005/09/14(水) 14:10:17 ID:VuQUQl7K
372さん、法華講の方が、「ホー法華講」なんて名前で
書き込みするとは思えませんが・・・(笑)

375 :同じく:2005/09/14(水) 14:55:01 ID:80vX+Pmh
負け組みどもの断末魔が聞けるスレはここですか?

376 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 15:24:25 ID:nfTzlk1R
代々檀家からしたら、妙本寺みたいに、さっさと大石寺も日蓮正宗を離脱して欲しい
と思っているはずだよ。創価学会破門が上手くいかない場合の案として、大石寺離脱
があったらしい。カルト信者(妙観、創価出身、坊主も)と一緒の所帯じゃ、ご先祖に
申し訳が立たない。恥ずかしくて日蓮正宗とか大石寺とか、決していえないじゃないか。

377 :355:2005/09/14(水) 17:15:31 ID:ewR3jYLY
>367
本当に怖いのは支配されること
支配されてる事に気付いてない人にはわからないでしょうね

378 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:34:46 ID:80vX+Pmh
日蓮正宗の人たちは視野が狭いから、ノイローゼの人が多いよ・・・・・

379 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:40:57 ID:R/PnOqHa
日蓮正宗ですが、他宗を批判した事ありませんよ。

380 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:51:16 ID:URsEPVAt
>>379
よくもまあ・・・。

381 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:05:21 ID:6NyJyM3P
>>373
>仏教の目的はあくまで「成仏」なわけですよ。

で?他宗だと地獄へ落ちて、正宗だと成仏できるという証拠は?

これ言うと、例外なく沈黙するか屁理屈言うかのどちらかなんだよね(大藁)

382 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 22:10:36 ID:6NyJyM3P
>>370
>今ちょうど、他宗の坊さんが原チャリでウチの前通りました。
>道を間違えたのか、歩道に乗り上げて逆走していきましたけど・・・。

他を邪宗と言い、現チャリ乗って歩道走る坊さんにイチャモンつけてますけど。

あんたのところの淫行坊主がやった、鬼畜な所業に比べたら微笑ましいものですよ。

http://www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html
http://www.nichiren.com/jp/news/news_19980526.html




383 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 00:01:42 ID:jgtiy057
「なんで他の宗教はダメなんですか?」

「成仏できるのは法華経を信ずることだけだからです」

「法華経を自分で読んで信仰したり、他の日蓮系宗教じゃダメなんですか?」

「末法の時代に生まれた上行菩薩である日蓮大聖人の教義を守っているのは
 正宗だけなんです。だから他の宗派では成仏は出来ないどころか地獄行きです」

「でもお釈迦様の死んだ年から換算すると、日蓮様は末法時代の人じゃないですよ?
 学説では少なくとも紀元前500年代以降生まれで、紀元前949年生まれの説は
 かなり信憑性が低いらしいけど、、、」

「大聖人様本人が言ってるんだから間違いないんです。我ら凡夫には計り知れない偉大な
 教えなんです。信じることが大事なんです。だから信じましょう」

「あらまあおやさてサントリー、、、」

384 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:00:31 ID:XiY5Km2k
三大秘法抄の「秘すべし秘すべし」と仰せられた
御真意が奈辺にあるかというに、
同じく三大秘法義が説示された『報恩抄』に
添えて送られた『報恩抄送文』には、
  親疎と無く法門と申すは
心に入れぬ人にはいはぬ事にて候ぞ、
(中略)此の文は随分大事の大事どもをかきて候ぞ、
詮なからん人々にきかせなばあしかりぬべく候。
(新編一〇三七頁)
と仰せになられている。けだし、
三大秘法義の内容は、
本来僧俗がこぞって知るべき重要な御法門ではあるが、
強盛なる信心と一定の法義理解がないと信解しがたく、
一知半解の信心未熟な輩によって
誤解を生じる危険性は当然予想される。
故に大聖人は、
むやみに披見することのなきよう慎重を期せられ、
後世の為に大事に保管すべき旨を御教示されたのである。
悩乱した松岡は、
大聖人が「秘すべし」と仰せになられた御正意を
まったく誤って解しているのである。

離脱僧松岡雄茂の
本宗の唯授一人血脈相承に対する
              邪誑の難を粉砕す

                                
日蓮正宗青年僧侶邪義破折班
http://jagihashaku.main.jp/matsuoka/mokuji.htm

385 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:07:32 ID:XiY5Km2k
 お彼岸はわが国の仏教一般に
広く行なわれている行事の1つで、春と秋の2回あります。
つまり、春分と秋分の日は昼と夜の長さが同じで、
太陽が真東から出て真西に沈むわけですが、
その日を中日とし、前後7日間に修する法要が彼岸会です。
 この彼岸会の習慣は、
インドや中国では行なわれたようすはありませんが、
わが国では古く聖徳太子の頃から行なわれていたようであり、
日本独特の風習といえます。
その内容は、時代によって移り変りがありましたが、
現在では世間一般 に先祖の供養をすることが主になっており、
その現われとしてお寺へ参詣して塔婆供養をしたり、
お墓参りをする事が通 例となっています。
 彼岸の本来の意義は、
まず生きている私達自身が即身成仏して
幸福な境界を切り開くことが重要となってくるのであり、
その功徳をもって先祖の追善供養をするわけです。
本宗ではこれらの意味から常盆・常彼岸という
精神を建て前として仏道修行をするのであり、
他宗でいう彼岸とはまったくその趣きを異にしています。
つまり毎日の信心修行がすでに彼岸の修行であるわけです。
本宗においても春秋の両彼岸会を修するのは、
まずこれが積功累徳(功徳をつみかさねていくこと)
という仏法の精神より起った行事であるからです。
 また、この彼岸会は本宗における
衆生教化の一つの方法であるからです。
つまり世間一般 化した彼岸会を
正しい御本尊のもとで奉修される行事として転換引入し、
さらに御本尊への結縁を深めていくという意味から、
大事な行事といえるのです。

386 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:14:38 ID:XiY5Km2k
法華経の行者をば
第六天の魔王の必ず障ふべきにて候。
十境の中の魔境此れなり。

魔の習ひは善を障へて
悪を造らしむるをば悦ぶ事に候。
強て悪を造らざる者をば力及ばずして善を造らしむ。
又二乗の行をなす物をば、
あながちに怨をなして善をすすむるなり。
又菩薩の行をなす物をば遮て二乗の行をすすむ。
是後に純円の行を一向になす者をば兼別等に堕すなり。

止観の八等を御らむあるべし。

又彼が云く、止観の行者は持戒等云云。
文句の九には初・二・三の行者の持戒をば此れをせいす。
経文又分明なり。

止観に相違の事は、妙楽の問答之有り。記の九を見るべし。

初随喜に二有り。利根の行者は持戒を兼ねたり。
鈍根は持戒之を制止す。
又正・像・末の不同もあり。摂受・折伏の異あり。

伝教大師の市の虎の事思ひ合はすべし。

〜〜〜〜〜〜〜【常 忍 抄】〜〜〜〜〜〜〜

387 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:22:26 ID:OPYHwZAH
こんなふうに日蓮の書をそのままコピペしてるのを見るけど、
何が目的なのだ?

こんな素晴らしい教えがあるから読んでみてよ!
きっと正宗の素晴らしさがわかるよ!
といいたいのか?

素晴らしさを伝えたいというのなら少々不親切ではないか?
読みにくいから現代語に訳してくれよ。
こっちは信者でもなんでもないんだ。
ただ貼ってるだけじゃオナニーと一緒だぞ?
それともオナニーが目的か?
信じない奴には読んでもらわなくてもいいって言うのか?
そんなら別にいいけどさ。

388 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:23:34 ID:XiY5Km2k
設ひ末代の凡夫一代聖教の御心をさとり、
摩訶止観と申す大事の御文の心を心えて、
仏になるべきになり候ひぬれば、
第六天の魔王此の事を見て驚て云く、
あらあさましや、此の者此の国に跡を止ならば、
かれが我が身の生死をいづるかはさてをきぬ。
又人を導くべし。又此の国土ををさへとりて我が土を浄土となす。
いかんがせんとて、
欲・色・無色の三界の一切の眷属をもよをし仰せ下して云く、
各各ののうのうに随て、かの行者をなやましてみよ。
それにかなわずば、
かれが弟子だんな並に国土の人の心の内に入りかわりて、
あるひはいさめ、或はをどしてみよ。
それに叶はずば、我みづからうちくだりて、
国主の身心に入りかわりてをどして見むに、
いかでかとどめざるべきと、せんぎし候なり。
日蓮さきよりかかるべしとみほどき候て、
末代の凡夫の今生に仏になる事は大事にて候ひけり。
釈迦仏の仏にならせ給ひし事を経経にあまたとかれて候に、
第六天の魔王のいたしける大難、
いかにも忍ぶべしともみへ候はず候。
提婆達多・阿闍世王の悪事は
ひとへに第六天の魔王のたばかりとこそみて候へ。
まして「如来現在 猶多怨嫉 況滅度後」と申して
大覚世尊の御時の御難だにも、
凡夫の身日蓮にかやうなる者は片時一日も忍びがたかるべし。
まして五十余年が間の種種の大難をや。
まして末代には此等は百千万億倍すぐべく候なる大難をば、
いかでか忍び候べきと心に存して候ひしほどに、
聖人は未萠を知ると申して
三世の中に未来の事を知るをまことの聖人とは申すなり。
〜〜〜〜〜〜〜【三沢抄】〜〜〜〜〜〜〜

389 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:30:51 ID:9W9jDz1d
日蓮正宗はオナニーと援助交際が修行ですから。

390 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 01:38:57 ID:XiY5Km2k
たしかに信仰は他人に強要すべきものではありません。
また、他人に強要されてできるものでもありません。
日蓮正宗でいうところの折伏とは、
人に信仰を強要することではなく、
日蓮大聖人の教えの尊さと、
自ら体得した信心の感動を、一人でも多くの人に語り伝え、
喜びを分ち与えたいと思う慈悲心の発露なのです。
 たとえば、
病気の子供が苦いからといって薬を飲まない時、
親はそのままにしておくでしょうか。
無理をしてでもその子に薬を飲ませるのではないでしょうか。
折伏とは、まさにこれと同じです。
なぜなら、日蓮大聖人の仏法は、大良薬に譬えられ、
人間が生きてゆくための真理が説かれているからです。
 真実の仏法を知らない人は人生の真の目的を知ることもなく、
正法の功徳を受けることもできず、
無味乾燥の一生を虚しく送ることになります。
そのようなことのないよう、
真実の仏法を一人でも多くの人に伝えたいと思う慈悲の心が、
折伏という行動として現れてくるのです。
 また、親なればこそ、我が子にやっていいことと、
やってはいけないこととを厳しくしつけるように、
折伏とは正邪のけじめを
正しい仏の教導にしたがって諭し示すことでもあります。
 ですから、折伏は人に信仰を強要することではなく、
人生の真理を伝え、
喜びを共に分かちあいたいという大きな慈悲行なのです。


【信仰は本人の自由意志によるべきで、他人に強要することはよくない】

391 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 04:38:16 ID:9W9jDz1d
慈悲にしちゃエロいことばかりしてるな。

392 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 05:44:06 ID:Frm5dSuT
御書のコピペやっているヒト。

信者以外は読んでいませんよ。アレ読んで悦に入っているのはアナタと信者仲間だけ。
それ以外の人から見ればウザイだけなんです。自分の言葉で説明してみなよ。

宗教を鵜呑みにして信じる知能の低いヒトって、すぐ教祖の本をコピペするんだよね。
自分が馬鹿ということを露呈しているようなもんです。

393 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 05:54:20 ID:Frm5dSuT
>>390
>>たしかに信仰は他人に強要すべきものではありません。

「他の宗教では不幸になります。正宗信じないと地獄へ堕ちます」

こう言っている時点で、すでに強要なんです。

>たとえば、
>病気の子供が苦いからといって薬を飲まない時、
>親はそのままにしておくでしょうか。
>無理をしてでもその子に薬を飲ませるのではないでしょうか。
>折伏とは、まさにこれと同じです。

言っていることが矛盾していますけど。無理をしてでも飲ませるだって?
世間ではそれを強要って言うんです。

第一、アナタはそれが薬であるという証拠を示せますか?
日蓮正宗が、世界で唯一正しいという証拠です。

それを示すことができない限り、アナタの言う「薬」とやらを、
ヒトの口をこじ開けて無理やり飲ませる行為は強要・脅迫としか言いようがないんですよ。

示せます?証拠?



394 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 06:58:23 ID:ksSlkhlU
   ■■ 創価学会による証拠隠蔽「暗殺疑惑」1992年版 ■■

 創価学会が日蓮正宗に破門された直後から、右翼の街宣車が大石寺周辺をウロつき、
1992年1月には、右翼側が正宗信徒を殴打し、逮捕される事件も起きた。
しかし、この時逮捕された政治結社「新生政経研究会」代表の全国明(橋本剛)は
1992年の9月の末、赤坂のビルから、転落死している。怪死の疑いが極めて濃い。
この事件に異様な悪寒を感じるのは私だけであろうか? 
右翼と学会という敵対すべきもの同士の融合?
真相を明らかにすべきではないだろうか。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE8_5.HTM



395 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 07:36:30 ID:3rWdv+C5
日蓮正宗の人に聞きたいのですが、日蓮さんの教えの尊さって
どんなところでしょうか?

日蓮さんの教えてって、結局のところ「オマイ等アフォには
難しい事は分かりっこないんだから、難しいことは考えずに、
仏である俺の言うことを聞いて、黙って正しい本尊に南無
妙法蓮華経って唱えていれば、いいんだよ!」って事でしょ?

この教えが尊いなんて、とても思えないのですが?

それと慈悲と強要について。
例え行動を起こす方が慈悲だと思っていても、受け取る
方がそう思わなければ、それは強要ですよ。
俺が街で可愛い子を見つけ「是非あの子を幸せの境地
に導いてあげたいと」慈悲の心をもってラブホに引っ
張っていっても、その子が嫌がっていれば、それは
立派な強要。自分だけ慈悲だと思っていても相手が
不快に思えば、それは只のマスターベーションだと
思いますが、いかがでしょうか?

396 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 09:56:34 ID:XzaVolbC
これが、「ラーメンの美味しいとこがあるんだよ」程度であれば、こんなに過剰に反応しない。
事、宗教に関しては深層心理の中で何か自分の生き方が否定されるような恐怖心が起こるのだろう。
 ま、たいした生き方はしてないんだけどね。

397 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 09:57:58 ID:heaNll7c
で、結局 日蓮本宗と何処が違うんだ?  誰か説明・・・汁!

398 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 10:24:43 ID:Hs16e6pP
私の友人にも正宗信者がいるが,はっきり言ってうざいやつだ。
あの独善的な教えはどうも好きになれない。
外道と言って他宗を批判し,世の中を正邪・善悪でしか見れない。
日蓮だけが正しいと本気で考えている。そしてそれを他人に強要する。
概して日蓮系は宗派同士のいざこざが絶えないが,教義自体が独善的で,
信者も同じような手合いが多いからだろう。


末法の世の本仏なんてのは嘘だ。

法華経比喩品では

「舎利弗、是の華光仏の滅度の後、正法世に住すること三十二小劫、像法世に
住すること亦三十二小劫ならん。」

と言っている。

三十二小劫は5億年以上だから,今はまだ正法時代だ。

399 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 10:37:28 ID:heaNll7c
で、結局 日蓮本宗と何処が違うんだ?  誰か説明・・・汁!

400 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 11:09:40 ID:XiY5Km2k
意志の強い人とは、ひとつの目的に向かって、
種々の障害があろうとも、
それを乗り越えて行く努力ができる人のことをいい、
目的に向かうことは同じでも、途中で挫折してしまったり、
またひとつのことに長続きしない、
移り気な人が意志の弱い人といえると思います。
 しかし、目的の違いや環境の違いによって
難易の度合いもありますから、いちがいに、
あの人は意志の強い人、
弱い人と決めつけるわけにはいきません。
また、意志が強いと思っている人であっても、
人の心というものは常に変化してゆくものです。
周囲の環境の変化によって変わってゆくのが、
人間の心なのです。  したがって、
その変わりやすい自分の心を中心として、
その心の変化のままに思い思いに行動してゆくならば、
それは、ちょうど羅針盤のない船のように、
どこへ行きつくのか見当もつきません。
常に右往左往していなければなりません。
日蓮大聖人は、 「心の師とはなるとも心を師とせざれ」
(曽谷入道殿御返事・新編七九四) と、
自分の心をすべての依りどころの基盤とするものではなく、
正しい教法を心の師として、
弱い自分に打ち勝つべきであると教えています。
なかには、何事に対しても消極的で、
常に何かに頼っていこうとする人が
たまたま宗教に救いを求める姿をとらえて、
「信仰は意志の弱い人間のすることだ」という人もいます。
 しかし、たとえ意志が弱いといわれるような人であっても、
真実の宗教である大聖人の教えによって
種々の困難を克服していくならば、
これほどすばらしい人間改革の道はありません。

401 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 11:11:23 ID:XiY5Km2k
>>400
事実、意志の弱さや、病魔や、
さまざまな宿業による困難を、
妙法の信仰によって乗りこえた体験を持った人たちが、
現在社会のあらゆる分野で活躍し、
大聖人の仏法によって、大きくその境涯を開いています。
 このような現実社会の中で
人材として蘇生していく姿こそ
偉大な仏法の力を証明するものであり、

信仰は意志の弱い人間がすることだときめつけるのは、
とんでもない誤りです。

402 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 11:14:05 ID:XiY5Km2k
私たちは、日常さまざまな判断をしながら生きています。
善悪を考えて決断しなければならないときもありますし、
損か得かを考えて行動したり、
他人の評価を考慮して行動する場合もあります。
 幼児の頃は誰でも、
善悪や他人の評価などにとらわれず、
好きかきらいかという自分本位 の感情で判断し、
笑ったり泣いたりします。しかしその幼児も成長し、
責任ある社会人になると、
好き嫌いの感情による判断だけでなく、理性による判断、
つまり物事の道理や善悪・利害などを考えて
行動するようになります。
人間誰しも好ききらいの感情は生まれながらに持っており、
どんな人でも好きになれない食物や飲物は必ずあるでしょうし、
一般 に”医者嫌い”を自称する人も多いようです。しかし、
医者がきらいだといっても、
健康を損ねたり生命にかかわるケガをしたときは、
身体を守るために医者にかからなければなりません。
 私たちの周囲には、好ききらいで判断してよいことと、
その反対に、さきほどの医者ぎらいのたとえのように、
理性で正邪・善悪・得失・用否などを
決定しなければならないときがあるわけです。  
これをとり違えて用いたり、
すべて好ききらいの感情で判断することは、
きわめて幼稚な行動であり、危険なことでもあります。

403 :395:2005/09/15(木) 21:07:30 ID:3rWdv+C5
>>400-402
また、オナニーですか?w 何に対するカキコですか?
好き嫌いで判断するなということですが、例えばオナニーは、
日蓮さんの教えに照らし合わせると、正ですか、邪ですか?
私には宗教なんかで判断出来ない事の方が多いと思うのですが。

繰り替えしの質問ですが、あなたの拠り所としている教えは
↓こういう教えですか? 他の日蓮正宗の信者の方の意見も聞きたいです。

日蓮さんの教えてって、結局のところ「オマイ等アフォには
難しい事は分かりっこないんだから、難しいことは考えずに、
仏である俺の言うことを聞いて、黙って正しい本尊に南無
妙法蓮華経って唱えていれば、いいんだよ!」って事でしょ?


404 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 21:17:46 ID:dXxa7G/t
日蓮正宗は、日蓮を本仏としている非仏教でしょ。
それに、日蓮正宗の教義には、他宗(法華宗とか)から盗用した部分があるらしいな。


405 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:11:43 ID:OPYHwZAH
松下幸之助や本田宗一郎なんかは仕事に夢中で、羅針盤の針が揺らぐことは無かったよね。
昨日NHKで見たけど二宮尊徳なんかは民衆を救いたい一身で障害をそれに費やしたよね。

ここに上げたのは超人ばかりで参考にならないかもしれないけど、宗教に頼らなくても
人生を真っ直ぐに生きていくことは可能でしょう。

宗教も結局は一つの目標に過ぎないのでは?
信じちゃえば楽だもんね。色々考えなくて良いから。

406 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:39:46 ID:Xmv1AJWx
結局,カルトだと思う。

正宗はいわば「日蓮原理主義」だね。

日蓮を唯一絶対とする姿勢は,「危ない」としか思えない。

でも末法の世の本仏というのはやっぱり嘘だね。

>398

407 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:44:27 ID:Xmv1AJWx
法華経自体は悪くない。

しかし,それは日蓮のものではない。

釈迦のもの。

日蓮が本仏でないのは事実。

日蓮信者は誤解している。

ある意味かわいそう。

408 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 23:30:31 ID:3rWdv+C5
まぁ、難しいことは分からんから日蓮の言うことを
盲信しておこうって事で、考えることを放棄した
人たちの宗教だから、何言っても無駄なんだろうね。
正邪、善悪なんてことより以前に、正誤が判断できんの
だから。

409 :殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/15(木) 23:56:03 ID:EEU7BNYH
こんばんわ創価板から来た学会員の殿舎男です
というわけでまずは挨拶だけ
創価板は日蓮宗系の人々に占領されてますww

410 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:02:06 ID:OPYHwZAH
こんばんわ、学会員は氏んで下さい。

411 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 00:20:07 ID:C/ESOxlB
学会員でも何でもいいからさぁ、ちゃんとスレ主さんの
参考になるコメント頼むよ。
ここに来てる日蓮正宗の連中は、スレ主さんのためを
思って書いてることなんて全然ないんだから。
特に最近の○○○は痛い。
完全に自慰モードに突入してるから。

ところで、公明党の議席が減ったけど、勤行が
足らなかったから?

412 :殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/16(金) 01:16:43 ID:dSAwtPIE
なんでも勤行と公明を絡むのもあれでしょう
スレ違いなのでそろそろ逃走


413 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 07:59:05 ID:C/ESOxlB
>>412
勤行と選挙の結果は関係ないって考えが気に入った!
よくネットで見る痛い学会の人とは違うみたいだね。
よかったらスレ主さんにアドバイスとかしていって
くださいよ。

414 :あああ:2005/09/16(金) 12:32:12 ID:mJey789K
おどろいた!これだけ書き込みがあって、僕の373に対する答えが一つも出てこないとは(爆笑)。
これで、ご自分達の「矛盾」に気がついたことと思います。

415 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:40:44 ID:SNVwLW16
>373
他宗では成仏できないなんて思ってないが…。

そう思っているのが,ただひとつ,正宗だけじゃない。

416 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 12:45:20 ID:DuE32Ubm
うまく相手方に屁理くだるのも手かなォ

417 :あああ:2005/09/16(金) 13:11:40 ID:mJey789K
415さん

おっしゃりたいことがよく分からないんですが、他宗の方ですか?

418 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 13:29:37 ID:qMZBu8Ka
自分の常識(成仏できる方法が一つ)=世界の常識だとでも思ってんの?(爆笑)
また、オナニーかよw 猿並みだな 藁藁藁

>表立ってないだけで、 どの宗派も他宗を否定しているわけですよ。
他宗派を批判するなら、ちゃんと勉強してからこい!
オタクの宗派みたいに他宗を批判してるところは何宗だい?
妄想もいい加減にした方がいいよ?w

それと、ハンバーグを例にするなよ!
おまいさん、食べ物は例にならんて書いておったろ?
自分の書いたこと忘れた?
妄想癖の次は痴呆かよ・・・
ほんと、この人笑わせてくれる。
>>372さんのお詫び虚しく・・・、やはり○○につける薬はないか。

あと>>381さんの質問に、あなたはどう答えますか?
ちゃんと答えることが出来たら、あなたのことを、ちょっとは見直すけどね。
日蓮正宗だからこそっていう理由を是非お聞かせ願いたいもんだみん。


419 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 13:39:22 ID:qMZBu8Ka
>>あああ

無知な君に、一つだけ教えてあげましょう。

日蓮正宗は自宗が一番だと思っているわけではなく、自宗のみが正しい。

つまり ○日蓮正宗 ×他宗 なわけでしょ?

他の宗派はどうでしょう?
自宗のことは一番だと思っていても、他宗のことなんか一々言及してないか、
批判までしてるとこは、ほとんどないわけよ。

つまり 自宗 > 他宗 こんな感じ。

例えが好きな、あなたに分かりやすく説明するとすれば、スポーツで例えるなら
目的が「鍛える」(成仏)だとすると、どう?

野球でもサッカーでも水泳でも何やってもよくね?
自分に合う合わない、出来る出来ないって、当然あるでしょ?
宗教もそんなもん。

仮に科学的に水泳が一番身体を鍛えるために良いという結論があったとしても、
それ以外が間違ったスポーツということにはならない。




420 :あああ:2005/09/16(金) 13:54:42 ID:mJey789K
418さんへ

>自分の常識(成仏できる方法が一つ)=世界の常識だとでも思ってんの?(爆笑)

仏教の目的は「方法」じゃなくて、「成仏できるか、できないか」なんですって。
だから、他のやり方でも成仏できるなら、宗派が分かれる必要ないでしょ?って言ってるんですよ。
同じこと何回も言わせないでくださいよ(笑)

>オタクの宗派みたいに他宗を批判してるところは何宗だい?

僕は「他宗が他を批判しないということがおかしい」って言ってるんですってば。

>それと、ハンバーグを例にするなよ!
おまいさん、食べ物は例にならんて書いておったろ?

だ・か・ら、ハンバーグが例にならないことを証明したんですよ。373の例、
おかしいでしょ?



421 :あああ:2005/09/16(金) 13:57:30 ID:mJey789K
419さんへ

「>」こんなものありえないですよ。「大きい成仏」と「小さい成仏」
なんてないです。「仏に成る」ということを何だと思ってるんですか(笑)

422 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:22:57 ID:qMZBu8Ka
>>421
妄想、痴呆に、理解力も乏しいようだw

わざわざ例まで示してやったのに。
もし、これが大小比較なら、水泳とサッカーで大小比較なんて
ありえんでしょ?

どっちの方が、より良いかって話だよ。
自分の身体を鍛えるのに水泳が一番だと思ってる人がいたとしても
だかといって野球は全然駄目だ。駄目どころか害になるなんて考え方
はしないでしょ? そういう考え方が日蓮正宗以外の宗派ってこと。

あああさんは、わざと曲解して、煽ってんの?
そういう風にしか見えないんだけど。
これだけ書いて書いた意味が分からないようなら、まず、義務教育から
受けなおしてちょうだい。

423 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:24:37 ID:qMZBu8Ka
一つ言えることは、こんなところで揚げ足とって喜んでる人間が
日蓮正宗の熱心な信者だということですな。

スレ主さん、参考になった?

424 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:41:53 ID:KIsAVdDn
はじめまして。
わたしは彼氏が日蓮正宗で将来結婚も誘われていたのですが、あああさんのひねくれた所を見てると、ひょっとして
本人?と思うほどに、うちの彼氏に似てるなぁ〜なんて(--; 
人を小馬鹿にしたようなところがあったり、理解し合うことよりも屁理屈で打ち負かすことに喜びを感じるところ、そして
ジコチュー。意見があってる時はご満悦なんだけど、意見が分かれると、もう悲惨。だいたい面倒になって、わたしが
いつも終わりにするんですけどね。326で論破されていないって書かれてますけど、第三者から見ると、ただまともに
答えてないか、答えられてないか、呆れて相手にされなくなってるかどれかですね。勘違い君てヤダなぁ・・・

425 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:51:11 ID:N/TECxZr
偉そうに語る俄信者程厄介なもんはないねぇ
必死になればなるほど宗門を汚すだけなのに‥


426 :あああ:2005/09/16(金) 15:12:38 ID:mJey789K
422さんへ

「>」は大小比較の記号です(笑)

ちなみにこの「例え」は成り立ちません。
一つには「成仏」とは結果であって、「鍛える」という「過程」ではないからです。
もう一つには、「成仏が目的」の仏教に対して、
「鍛えることが目的」ではないスポーツを持ち出しているからです。
「鍛えること目的」とするならば、「水泳」をやる必要も「サッカー」をやる必要もないですよ。
一番効率のいい鍛え方をすればいいだけです。

その他の人も含めて、373の僕の疑問への回答にはなっていませんね。

427 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 15:42:12 ID:p2/6A4d7
日蓮系でも、府自問隆と言われる教団は、○自宗 ×他宗 なわけで攻撃的っすよ。
体積寺もしかり・・・京都の要法寺(日蓮ぽん宗)なんか酷い物、孤立している


428 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 15:45:14 ID:qMZBu8Ka
おまえさん、自分で>>373のたとえはおかしいって言ってるじゃねえか?
おかしな質問に答えようがねーだろ。

で、>>381の質問にはヌルーか?w

>>422が「鍛える」が気に入らねーなら「病気知らずの健康な身体」とでも
読みかえろ!


日蓮正宗信者あああの特徴

1.都合の悪い質問は揚げ足取り。
2.突っ込まれたら逃げる。
3.自分の書いたことを覚えてない。(とぼける)
4.嘘を本当だと言い張る。
5.他人の書き込みを曲解し自分の都合のようように解釈する。

付け足したい方いれば、よろしく。

429 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 15:48:15 ID:qMZBu8Ka
まだあった。

日蓮正宗信者あああの特徴

1.都合の悪い質問は揚げ足取り。
2.突っ込まれたら逃げる。
3.自分の書いたことを覚えてない。(とぼける)
4.嘘を本当だと言い張る。
5.他人の書き込みを曲解し自分の都合のようように解釈する。
6.間違いがあった時に素直に謝れない。
7.自宗の坊さんの不祥事には寛容。他宗には攻撃的。
8.他人の言ってることを理解しようとしう姿勢が見られない。

付け足したい方いれば、よろしく。

430 :あああ:2005/09/16(金) 16:15:40 ID:mJey789K
揚げ足揚げ足って言いますけどね。揚げ足取ってるつもりはないんですよ(笑)
なんでかな?

「日蓮正宗は独善的だからダメだ」という意見が多いから、373の疑問を
言ってるだけなのに・・・。

とりあえず誹謗中傷のまえに、答えてくださいよ。

431 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 16:17:16 ID:qMZBu8Ka
>>430
だからぁ〜、373の疑問って何よ?

読み返してもよく分からないから、別の言葉で分かりやすく
書き換えてみて。

432 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 16:33:31 ID:SNVwLW16
>424

そのとおりです。私の友人の正宗信者も
>人を小馬鹿にしたようなところがあったり、理解し合うことよりも屁理屈で打ち負かすことに喜びを感じるところ、そして
ジコチュー。
の典型です。

正に「日蓮原理主義」なんですよ。

日蓮が絶対なんです。一番危ない宗派です。

でも日蓮は本仏ではありません。今はまだ正法だからです。

本仏は釈迦だけです。

433 :あああ:2005/09/16(金) 16:39:30 ID:mJey789K
分かりました(笑)

全ての仏教は釈尊が根本ですよね?それなのに宗派がある。
ということは、それぞれの宗派の開祖が、どこかの時点で「仲間割れをした」
という事なんですよ。そうじゃなきゃ「派閥」なんてものは生まれないんですから。
「仲間割れをした」理由については、根本の目的が「成仏」
である以上、「成仏できるか、できないか」という以外には考えにくいです。

そして「仲間割れをした相手を否定しない」なんてことは日本語としてありえないので、
「他の教えを否定しない宗派」というのは「矛盾」してるんですよ。
故に「日蓮正宗は他の宗派を誹謗するから間違っている」という論理はありえないわけです。

それぞれの開祖が「自分の解釈が正しい」と信じて宗派を作ったならば、他を導かなければ、慈悲がないことになり、
「自分の解釈は正しいかどうか分からない」と思って宗派を作ったのなら、話にもならないことになります。

434 :あああ:2005/09/16(金) 16:49:41 ID:mJey789K
ああ、それと。揚げ足取ってるつもりはありませんが、
そんなに取られたくないなら、取られないような文を書いてください(笑)

435 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 16:52:03 ID:SNVwLW16
いつ仲間割れしたの?

すべての仏教は釈尊が根本。

よって,釈尊の教えに則っている以上どの宗派も正しい。

どの宗派でも成仏できればいいんじゃない。

それとも,正宗でなければ成仏できない理由でもあるの?



436 :あああ:2005/09/16(金) 17:07:15 ID:mJey789K
435さんへ

いつ分かれたのかは知らないですけど(笑)それぞれの開祖を調べたら分かるんじゃないですか?

>釈尊の教えに則っている以上どの宗派も正しい。

じゃあ、宗派が分かれた理由は何ですか?

437 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 17:15:41 ID:SNVwLW16
>436

宗派が分かれた?

そもそも,浄土系も禅宗系もその他も「分かれた」ものではないでしょう。

それぞれの開祖が釈尊の教えを具現してるだけでしょ。

それぞれに真理ですよ。釈尊の教えですから。

正宗も含めてね。


438 :あああ:2005/09/16(金) 17:28:17 ID:mJey789K
ちょっと日本語としておかしいと思いますよ。
「分かれてない」のに、「それぞれにやってる」?
すみませんが、分かりません。

439 :あああ:2005/09/16(金) 17:43:04 ID:mJey789K
そもそも「派」というのは分かれたことを示す言葉でしょう?
「分かれてない」のに「派」ができるなんてこと、あるんですか?

440 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:00:37 ID:p2/6A4d7
日蓮=師匠  日蓮の弟子たち=各派(門流)の祖   と理解すれば?

441 :あああ:2005/09/16(金) 18:24:58 ID:mJey789K
やっぱり分かれてるじゃないですか。

442 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:33:08 ID:k+XzBR7c
日蓮系はカルトです。

443 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:35:16 ID:uXpdSffX
test

444 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:42:50 ID:p2/6A4d7
刈ると=高野山関係も入るでしょ

445 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:52:24 ID:p2/6A4d7
日蓮さんは派閥を作ることを好んでなかったし、
後世の人たちが作り上げたものでしょ
仏法ではなく、政治の世界。 どの宗教も同じ、権力争いばかり。

大隊、組織の上下関係を作ったところからして、仏法ではないわな。

日蓮系は法華経を根本の押しえとしているし、平等ダイエのいちじょうみょうほうれんげきょう・・・
といっているから、ナオサラ可笑しい  w

446 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 18:56:59 ID:p2/6A4d7
>>437
真言宗はマイケル釈尊自身を否定していますよ

447 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 19:59:31 ID:6SoQNzmk
あああの言うことって無理があるよな。

448 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 21:25:51 ID:DqBMEpGB
日蓮系ほど,派閥争いの多い宗派はないね。
たとえば,曹洞宗なんて,永平寺と総持寺以外なにもなく
派閥すらない。
やっぱり変だよ,日蓮系って。

449 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 21:44:18 ID:p2/6A4d7
確かに。 
鹿視だ、、ジェーン関係でも、時の権力に音部に抱っこの時代があって、
今日の繁栄がある訳だから、ドッチーモどっちだなんだよ。  
関係諸寺が、観光寺院になっていない海?

450 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 22:15:41 ID:DqBMEpGB
日蓮は泣いてるよ。

「鳥と虫とは鳴けども,涙落ちず。日蓮はなかねども涙ひまなし。」
(諸法実相抄)

学会はじめ,日蓮を取り巻く宗派のこのザマは何なんだ。

日蓮は泣いてるよ。

451 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 22:21:25 ID:DqBMEpGB
法華経読むなら岩波文庫をじっくりよめばいい。(サンスクリット語の直訳です。羅什の誤訳が分かります。)

日蓮に惑わされてはだめ。

まして正宗はやばい。

釈尊の教えをすなおに読めばいいだけ。

452 :ポリニチレン:2005/09/16(金) 22:59:10 ID:Hi26T4Nz
>>420
>だから、他のやり方でも成仏できるなら、宗派が分かれる必要ないでしょ?
他のやり方でも成仏できるなら、宗派が分かれてもいいじゃん!


>だ・か・ら、ハンバーグが例にならないことを証明したんですよ。373の例
全然、証明できてないんだが…


>>430
>揚げ足揚げ足って言いますけどね。揚げ足取ってるつもりはないんですよ(笑)
自覚症状が無いんですね。

>とりあえず誹謗中傷のまえに、答えてくださいよ。
批判と誹謗中傷の区別もつかないの?


453 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:01:13 ID:BqiklZ3u
伊藤信幸のアフォ

454 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:03:18 ID:HtHesxaq
思慮が足りない人ほど排他的な宗教や思想にはまりやすいんですよ

455 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:15:23 ID:DqBMEpGB
>454

真実ですね。

一言ですべて言い表している。

456 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:25:31 ID:C/ESOxlB
あああさんへ

>>381の質問に是非答えてください。
じゃなきゃ、何を言っても根拠のない批判にしか見えない。
日蓮正宗のみが成仏への道なら、当然答えられるでしょ?

457 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:52:56 ID:C/ESOxlB
あああさんへ

仲間割れの意味知ってますか?
元々が仲間だったものが分裂することでしょ?
日蓮も親鸞も栄西も・・・元々仲間じゃないじゃん。
仲間割れってのは、日蓮の弟子達や、日蓮正宗・創価学会
みたいに、元々一緒にやっていたもんが、別々になることでしょ?

Q1
それと成仏の方法は一つしかないって誰が決めたの?
色々あってもいいんじゃない?

Q2
クリスチャンは地獄行きですか?

Q3
成仏できない人は全て地獄行きですか?

Q4
私は仏教でもなくキリスト教でもなく論語を軸足に
生活をしていますが、論語読みは地獄行きですか?

458 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 23:59:30 ID:zrq2ZcfE
どこの宗派か忘れたが、
「なんもせんでも阿弥陀さんはみーんな成仏さしてくれるぞ!」
ってな教えもありましたな。

これが真実だとすると、別に正宗やってようが名にやってようがいいってことにも
なっちゃうのか。

459 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:02:14 ID:tK7PqL6V
>>402もし、
信仰が趣味や道楽あるいは一種の友好活動に
すぎないものならば、好きかきらいかで判断し、
きらいな人は近づかなければよいわけです。
しかし、正しい宗教とは、
苦悩に直面 している人に対してはもちろんのこと、
それ以外の、特別の悩みがないという人に対しても、
正しい生命観・人生観に立脚した
真実の幸福を獲得する道を説いています。
この正しい宗教を信仰することによって、
私たちは個々の生命力をより生き生きと蘇生させ、
人生を力強く充実したものに変えることができるのです。
 人生を木に譬えるならば、
正しい信仰は根幹に当たるといえるでしょう。
なぜなら正しい信仰が、人生の根源の力になるからです。
ですから、信仰を単に好ききらいで決めることは、
自分の人生の根本を感情で決定することであり、
賢明な方法ではありません。 また私たちの人生は、
いつ、どこで幕を閉じるかわかりません。
また、自分の真実の幸福は、家族や周囲の人々へ、
そして社会の幸せにも通 じていくのです。
今日一日を正しい信仰によって生活することは、
あたかも羅針盤を備えた船のように、
幸福という目標に向かって正しく前進することになるのです。
どうか好ききらいにとらわれず、
真実の仏法に耳を傾けて信仰が必要なことを知ってください。

460 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:03:24 ID:tK7PqL6V
>>459
素直な心で仏の教えに触れるとき、
あなたは人生でもっとも大切な宝を、
今まで忘れていたことを痛感するでしょう。

461 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:07:33 ID:wlOzdrCA
人は誰でもなんらかの信念を持って生きています。
それも人生全般に関わる信念もあれば、
人生の部分に対する信念もあります。
 たとえば「宵越しの金は持たない」という人もいれば、
「無駄遣いはしない」という人もいます。
また「少々の熱や咳は働いていれば治る」と
信じている人もいれば、
「少しでも具合が悪ければ医者に行くに限る」という人も
いるというように、ひとりの人間の信念といっても、
金銭面 ・健康面・教育面・職業面などにわたって多種多様です。
 しかもそれらの信念は、
その時代や環境・年齢などによって変化することも多いのです。
 それは人間の心が常に揺れ動くものであり、
その心によって生み出される価値観や信念が
定まることなく変化するのは当然といえましょう。
と同時に私たち凡人の智慧や判断には
おのずから限界があることも当然です。
 このような個人的な信念を宗教とする生き方が、
はたして正しいのでしょうか。
 「宗教」とは、真理を悟り究めた聖者が、
人々のために根本の正しい道を説き示して
救済することを意味しています。
 すなわち、
正しい宗教とは法界の真理を悟り究めた仏の教えであり、
人生にとって不変の根本原理として、
すべての人々を安穏な境界に導くとともに、
人間に勇気と希望と活力を与える源泉なのです。
 したがって仏の説き示された教えと、
個人の不安定な信念とは天地雲泥の異なりがあるわけですし、
これを同等に考えることは
宗教の意義をまったく理解していないことになります。

462 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:10:24 ID:wlOzdrCA
個人の信念のみを強調して宗教を否定する人のなかには、
「一定の宗教を持つと教義や規則に拘束されて、
画一的な人生観や価値観を押しつけられ、
人間の個性や自由が奪われるのではないか」
と懸念するむきもあるようです。
 しかし日蓮正宗の教えは、
あたかもさまざまな草木や花をすべて育て養う大地のように、
ひとりひとりの個性や信念を超えて、
それぞれの人生を開発し、開花させるものであり、
けっして画一的な価値観や思想を押しつけるものではありません。
 現実に日蓮正宗を信仰する人々は、
家庭や職業・年齢・地域などによってそれぞれ異なった
信念のもとで生活しておりますし、個性も抑圧されるどころか、
信仰に培われて、
より健全にのびのびと発揮しつつ社会の中で活躍しています。
 また日ごろはそれほど信念について固執したり
深く考えているわけでもないのに、
こと宗教の議論になると、とたんに取って付けたように
「自分は信念を宗教にしている」
などと理屈を並べる人もいるようです。
 いずれにせよ私たちの能力には限界があり、
性格的なくせもあれば欠点もあって、
けっして完全ではありません。
時には思い違いや人生を狂わせる考えに陥ることもありましょう。
 あなたの信念をより正しく充実させ、
しかも人生のうえでりっぱに結実させるためには、
主体者であるあなた自身が大地のごとき正しい仏法に帰依し、
信仰に励むことが絶対に必要なのです。

463 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:11:44 ID:NnJgCH9g
最澄が比叡山を開いた時点で「法華経こそが最高の教えである」という考え方が
すでに定着していた。
しかし、日蓮以外の鎌倉仏教宗祖たちは法華経を選ばず、他の経典を用い
教えを説いた。
彼らは法華経を知らなかったわけではなく、法華経が最高の教えと知りながら
あえて教えようとしなかった。
これはなんでか?
他の宗祖が全員バカだったからか?いや、そんなことはあるまい。
法華経以外を選択した明確な理由があるからではないか?

こう考えるのが普通だと思うのだが、あああさんはもしかして正宗のいう
「最高の教えである法華経を説いたのは日蓮だけ!だから正しいのは日蓮だけ!」
という理屈を鵜呑みにしてませんか?

464 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:14:50 ID:wlOzdrCA
宗教を信ずると、
その宗教に没頭するあまり冷静な思考能力や批判力、
判断力がマヒして、
自分なりの理性を持てなくなるのではないか、
という危惧をもつ人がいます。
 たしかに、なんらの教義をもたない低級な新興宗教をはじめ、
数多くの宗教は、たんに忘我の境地や、
あきらめることのみを教え、人間の思考能力をマヒさせています。
ここに邪な宗教の恐ろしさがあります。
 しかし、正しい因果の道理を説く仏教、
なかでも法華経の教えにおいては、
“聞(もん)思(し)修(しゅう)の三慧(さんね)”といって、
仏道を成就するためには正法をよく聞き、思惟し、
修行しなければならないと説いてます。日蓮大聖人は、
 「行学の二道をはげみ候べし。
行学たへなば仏法はあるべからず」(諸法実相抄・新編六六八)
と教示されるように、正しい教えに則り、
修行と研学によって
仏法の精神を求めることの大切さを説かれています。
 また法華経を持つ者の功徳の姿を示して、
 「日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は
明鏡に万像を浮かぶるが如く知見するなり。
此の明鏡とは法華経なり」(御義口伝・新編一七七六)
と説かれています。すなわち正しい仏法を信ずることによって、
生命の本源が活動し、物ごとを正しく知見できるというのです。
反対に間違った宗教を信ずる者や
正しい仏法を持たない者は迷える心、
煩悩の生命から物を見、考えているために、
すべてを正しく見ることができないのです。
まさに本心を失っているようなものです。

465 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:15:52 ID:wlOzdrCA
>>464
これについて、大聖人は、
 「本心と云ふは法華経の信心の事なり。
失と申すは謗法の人にすかされて、
法華経を捨つる心出来するを云ふなり」
(御講聞書・新編一八五七)
とも説かれています。ここでいう本心とは、
世間的な迷いの凡智ではなく、
本仏本法によってもたらされる仏智であり、
人生においてもっとも大切な真実の幸福を確立する
仏界の心を指しているのです。
 ですから、真実の仏法とは、
本心たる智慧の眼を開かせ、
正しい人生を歩ませるための英知を、
生命の根源から涌現させるものであることを知るべきでしょう。

466 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:21:12 ID:NnJgCH9g
ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html

これでいいじゃねえか。
長々と貼るなよ、んなもん。

他人の言葉の受け売りしかできないんか?
自分の言葉で語れないんか?

ほんとオナニー野郎だな。


467 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:21:25 ID:wlOzdrCA
無神論とは、
信仰の対象となる神や仏などの
絶対的存在の事実と可能性を否定する考えで、
「無信論」と書く場合もあります。無信論といっても、
信用とか信頼などの日常生活上の心理作用まで
否定するのではなく、あくまでも宗教的な絶対者、
あるいは絶対力の存在を認めないということです。
 また無神論者の中には、いちおう他人の信仰を認めて、
「神や仏は、いると思う人にとって存在するが、
いないと思う者に存在しないものだ」と
唯心的な主張をする人もいます。
 たしかに、ほとんどの宗教で解く神や仏は
現実にこの世に出現したこともなく、
因果 の道理に外れた空想の産物ですから、
無神論を唱えることも無理なからぬことかもしれません。
 これに関して面白い話があります。あるキリスト教の教会で、
全知全能の神について語り終えた牧師に向かって、
ひとりの少年が尋ねました。「何でも可能な全知全能の神様は、
自分で持ち上げられない石を造れますか」と。
牧師は返答に窮して口を閉じてしまったということです。
 この話は、現実を離れ空想によって生み出された神が、
いかに矛盾にみちたものであるかを、短い中に鋭く指摘しています。
 しかし、だからといって無神論が正しいということではありません。
無神論者と称する人は、
神や仏がまったく存在しないことを立証できるのでしょうか。
少なくとも仏教に耳を傾け、仏典を繙いたことがあるでしょうか。
 もしあなたが自らの狭小な体験や臆測をもって、
無神論を主張するならば、それはあまりにも単純な発想であり、
甚だしい無認識の評価であるといわざるをえません。

468 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:22:24 ID:k2lOH/QG
>>466
いいこと言った!!しかし携帯からだと見れん。

469 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:25:14 ID:wlOzdrCA
>>467
いま参考までに仏教の概要を説明しますと、
仏教は今から三千年ほど前、
インドに出現した釈尊によって説かれました。
釈尊は当時流行していた
超現実的な絶対神を立てる宗教を邪義として排斥し、
自らの修行と思索によって悟り究めた法を
五十年間にわたって諄々(じゅんじゅん)と説き、
その最後に究極の実教たる法華経を宣説されました。
その教えは、因果 の理法を基底として、
法界の真理と人間生命の実相を開示するものであり、
衆生が生老病死の四苦を根本的に解決して
真実の幸福境界に至ることを目的としたものでした。
そして法華経に予証されたとおりに末法の御本仏が
日本に日蓮大聖人として出現されたのです。
 日蓮大聖人は末法万年の衆生の苦しみをのぞき、
幸せを与えるために、心血を注いで多くの教えを遺すとともに、
一切衆生成仏の法体として大御本尊を図顕されました。
 この大聖人の仏法は、
経文に照らし合わせ(文証)、
因果律や現実の道理に照らし(理証)、
実際に信仰した結果 を見ても(現証)、
一点の曇りもないもっとも正しい教えであることが立証できるのです。

470 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:26:40 ID:wlOzdrCA
>>469
もしあなたが、
仏の悟りや御本尊の功徳力を信じられないというならば、
謙虚に仏法の教えを乞い、
自ら仏道を求めるべきでありましょう。
 日蓮大聖人の仏法が七百年間、厳然と存在し、
全世界にわたる多くの人々に生きる力と、
喜びを与えていることはまぎれもない事実です。
 この事実に目をつぶって、
「この世に神や仏などあるはずがない、
信じたくない」と無神論に固執するならば、
それは、精神異常者のような精神構造というべきです。
 大聖人は、無心・無行の者に対して、
 「謗と云ふは但口を以て誹り、
心を以て謗るのみ謗には非ず。
法華経流布の国に生まれて、
信ぜず行ぜざるも即ち謗なり」(戒体即身成仏義・新編十)
と仰せられ、法華経を信仰しない者は、
仏をそしり正法に背く大罪であると、固く戒められているのです。

471 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:27:27 ID:k2lOH/QG
>>469
どーでもいいが










>>467は見ないと思う。俺は見てない。

472 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:29:26 ID:k2lOH/QG
修業とかしたくないから否定してるんだが…

473 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:30:30 ID:wlOzdrCA
宗教を否定し、
信仰の必要性を認めないという人の中には、
感覚的に信仰を嫌う人もあれば、
今までまったく無関心に生きてきたことによって、
その必要性に気づかない人もあることでしょう。
 しかし、ほとんどの人々は自分なりの信念を持って、
日々努力を重ねて
自分の一生を生きていけばよいと思っているようです。
たしかに自分の信念と、毎日の努力によって一家をささえ、
子供を育て、それなりの財産を築き、
社会的な地位 を得るということは、尊い一生の仕事であり、
これとても、並たいていの努力でできるものではありません。
 真実の宗教は、人間の生命を説き明かし、
人生に指針を与えるもっとも勝れた教えですから、
これを信ずることは仏の正しい教えによって、
心の中に秘められた願いを成就し、私たちの持つ信念を、
より崇高な信念へと高め、人間性をより豊かに、
より充実したものに育むことになるのです。
 たとえば、山の中の小さな谷川をわたるのには、
航海術を学ぶ必要はないでしょう。けれども、
太平洋などの大海原を渡るには、正しい航路を知り、
進路を定め、航海するための知識や技術が、
どうしても必要なのです。
 私たちの人生にとっても、一生という長い航海には、
仏の正しい教えによって航路を正し、自分を見きわめ、
真実の幸せな人生という目標に到達するための
知識や訓練ともいうべき、正しい信仰と修行が必要なのです。
 真実の宗教を持たず、正しい信仰を知らない人は、
あたかも航海の知識もなく、進路を見定める羅針盤も持たずに
大海原に乗り出した船のように、人生をさまよわなければなりません。

474 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:32:55 ID:wlOzdrCA
>>473
釈尊は涅槃経というお経の中で、信仰のない人のことを、
 「主無く、親無く、救無く、護無く、
趣無く、貧窮飢困ならん」と説いています。
 すなわち、正しい宗教を持たない人は、
仏という人生における根本の師を知らず、
正法の財宝(功徳)に恵まれない、
心の貧しい人だというのです。
さらに長い一生の間には、
経済苦や家庭不和や社会不安の影響などによって、
深刻な悩みや苦しみが押し寄せてくる時もありましょう。
少なくとも病苦・老苦・死苦などは、
誰もが必ず直面 しなければならないことなのです。
 実際に自分がこうした苦悩に遭遇した時のことを
想像してみて下さい。はたして本当に自分の信念と努力で、
このように悩みや苦しみを乗り越えることができるのでしょうか。
少なくとも自分一人の力で、
その苦しみのどん底からはい上がり、
我が身の不幸を真実の幸せな人生へと転換させることは
容易なことではありません。
 まして一切の苦悩に打ち勝って、安穏な、
しかも行きづまりのない自在の境涯を開拓して
生きるなどということは、できるものではありません。
 ここに、正しい信仰によっていかなる障魔にも負けない
不屈の闘志と、
仕事や家庭など人生におけるすべての
苦難に打ち勝つ力を養うために、
宗教の必要性があるのです。

475 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:33:00 ID:k2lOH/QG
キョーハクする香具師キタ━━(゚∀゚)━━!!

476 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:35:08 ID:wlOzdrCA
道徳とは現実の社会に、
善良な人間として生きて行くために、
みずからを律し、
たがいに守るべき社会的な規範をいいます。
 したがって社会生活上の正と不正・
善と悪などの分別を心得て、
みずからの良心にも、
社会的な規範にも恥じることのないように
生活してゆくことが大切です。
 しかし、道徳はあくまでも、
現実に生きている人間のいちおうの規範であって、
それによって、先祖を救い、みずからの罪障を消滅し、
さらには未来の子孫の幸せをもたらすなどという
力はありません。
つまり道徳は、今世に生きる人々の生活を正し、
人間性を高める意味での指針とはなりえても、
仏教のように、過去・現在・未来の三世の因果 を説かず、
三世にわたる一切の人々の救済とはなりえません。

477 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:37:28 ID:wlOzdrCA
>>476
日蓮大聖人は道徳と仏教の関係について、
 「王臣を教へて尊卑をさだめ、
父母を教へて孝の高きことをしらしめ、
師匠を教へて帰依をしらしむ」(開目抄・新編五二四)
と仰せになって、
道徳は仏法の先がけとして、
その序分の役割をはたすものだと記されています。
 昔から人の守るべき道徳の一つとして、
「孝養」ということがよくいわれます。自分を生み、
今日まで育ててくれた両親に対して、よく仕え、
その恩に報いることは大切なことです。しかし、
仏法における孝養とは、ただ親の言葉にしたがい、
親にものを贈ったり、
年老いた両親の面 倒をみるということにとどまらず、
正法の功徳によって、両親を始めとする
一家・一族・一門の人々を、皆ともに
救っていくというところにきわまるのです。
 したがって仏法では正法による孝養を、
「上品の供養」(もっとも勝れた供養)と名づけるのに対し、
道徳における一般 的な孝養は、いわば「下品の供養」
(上・中より下位の供養)にあたるとされています。
 大聖人は、
 「法華経を信じまいらせし大善は、我が身仏になるのみならず、
父母仏になり給ふ。上七代下七代、
上無量 生下無量生の父母等存外に仏となり給ふ(中略)
『願はくは此の功徳を以て普く一切に及ぼし、
我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん』」(盂蘭盆御書・新編一三三七)
と、正法を行ずる大善こそ、
自ら仏の境地に至るのみならず無量生の父母と、
無量生の子孫を救う道だと教えられています。

478 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:38:37 ID:k2lOH/QG
>>476
俺が嫌と言ってるのに押し付けるのは道徳的にいいと。ふーん。

479 :消臭ポリニチレン:2005/09/17(土) 00:40:52 ID:EFh8rs4D
こうやってアンチから迫害されればされるほど、
余計に頑張るんじゃ無いのか =>信者ども

480 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:44:29 ID:wlOzdrCA
レッテル社会といわれる現代では、
より安定した生活を送るためには有名校を卒業して
大企業や官公庁に入り、
重要ポストにつくことが幸福の要件と考えている人があります。
 これについて二点から考えてみましょう。
 第一の点は、はたして社会的な地位につくことが
幸福の条件なのか、ということです。
 最近、四十代、五十代の、
いわば社会的に重要な地位にある年代のエリートが、
仕事上の行きづまりや人間関係の悩みによって
ノイローゼになったり、自殺に走るケースが頻繁に起こっています。
 現代の熾烈な競争社会の中で責任のある地位につくことは、
それだけ大きな負担となり、
身心ともに苦労も多くなることは当然です。
 ではなぜ人々は苦労の多い地位を望むのでしょうか。
その理由は、ひとつには人に負けたくない、
人の上に立ちたいという本能的な願望であり、
もうひとつには地位 が向上すれば経済的に豊かになる、
周囲から敬われることなどが挙げられると思います。
 もし願いどおりの地位についたとしても、
それに適合しない性格であったり、
負担に堪える人間的な能力がなければ、
その人は苦痛の毎日を送ることになるのです。
 第二の点は、
学歴至上主義がもたらす弊害と不幸がいかに大きいか、
ということです。

481 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 00:44:30 ID:k2lOH/QG
>>479
スマソ。熱くなっちまったぜい。

482 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:44:50 ID:LRDwo/dq
ところで、なんで日蓮「大」聖人なんだ?
>>421によると、成仏に、大きい成仏や小さい成仏がないように、
日蓮にも大きい日蓮や小さい日蓮ってないんじゃないのか?
こう聞くと、日蓮正宗の連中は逃げるんだろうな。
明確な回答を待つ!

483 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:46:27 ID:wlOzdrCA
たしかに一流大学を卒業した人は、
それだけ幼いころから勉学に励んできた努力によって、
能力的に優れています。
深い学識と幅広い教養による英知は
いずこの社会や職場にあっても、知的資源、
人的資材として重要視されることは当然でしょう。
 しかし誰もが一流校には入れるわけではなく、
ごく一にぎりの人だけが許される狭き門を目指して、
過酷な受験戦争がくり広げられ、
子供は友情を育むどころか、
同級生を敵視する状態に追いやられています。
 毎年受験シーズンになると受験に失敗して
自殺するという悲惨な事件が相つぎますが、
幼いころから親や先生の「有名校に入る人は優秀、
入れない人は敗北者」という言葉を聞いて育ったならば、
受験の失敗がそのまま
人生の破滅になると考えるのは当然です。
 まさに誤った学歴偏重の風潮が生む不幸の一面であり、
その風潮の中で育った子供は、
またさらに学歴偏重の人生観を増幅していくのです。
 このような教育制度や教育行政のゆがみは
教育の部分だけをとり上げて改革しようとしても
根本的な解決にはなりません。
 なぜならば、
教育問題は時代や社会機構全体と深く関わっており、
さらには人生観・価値観ともつながっている事柄だからです。

484 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:47:52 ID:wlOzdrCA
>>483
釈尊は現代を予言して、
末法は五濁の時代であると喝破されています。
五濁とは時代が濁り、社会が乱れ、
人間の生命も思想も狂うことを指しており、
その原因は誤った宗教にあると説いています。
 したがって健全な人生観や社会思想は、
ひとりひとりが正しい宗教に帰依し、
しかも正法が社会に広く深く定着したときに
醸成されるのであり、
真実の幸福は表面 的な学歴や
肩書きによってもたらされるのではなく、
真実の仏法を信仰し修行することによってもたらされるのです。
 以上の二点だけを取り上げてみても、
学歴や社会的地位がそのまま
個人の幸福の絶対的条件になるわけでもなく、
社会の福祉につながるわけでもないことがわかるでしょう。
 真実の幸福とは、
いかなる負担や困難をも悠々と解決して
乗り越えていくところにあります。  
個々の人間に生命力を与え、
勇気と希望と智慧をもたらす道は、
真実にして最勝の仏法を信仰し修行することに尽きるのです。
 身につけた学識と教養、
そして大きな責任をもつ社会的な地位、
それらをより充実したものとし、より価値あるものとするために、
正しい信仰が絶対に必要なことを知るべきです。

485 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:53:04 ID:wlOzdrCA
「いまが楽しければ」という言葉のひびきには、
まったく将来のことを考えず、苦しみを避けて、
いまの楽しみばかりを追い求めるというニュアンスが感じられます。
 それは、おそらく、
若いときの楽しみは若い時にしか味わえないという考えから、
オートバイの爆音や、ロックの喧噪の中に我を忘れ、
酒や歌、そしてダンスに陶酔のひとときを過ごす
若者たちに共通 した考えかたであると思います。
 その反面、いまの楽しみより将来の楽しみを目指して、
つらさに耐え、
少しでも自分のもてる能力や才能を伸ばそうと、
懸命な努力を重ねている若者たちも、けっして少なくありません。
 安易に目前の快楽のみを求める若者たちの行きかたは、
蟻とキリギリスの寓話の教訓をまつまでもなく、
苦労を続けながらも真剣に生きている多くの人たちに比べて、
あまりにも人間として分別 のない、
しかも後に必ず苦しみと後悔をともなう
生きかたではないかと思います。
 だからといって、
人間は若いときには何が何でも苦労ばかりをして、
楽しみなどを求めてはいけない、というのではありません。
 青年の時代こそ、
人生を真に楽しんで生きていくための基盤を、
しっかりと築き上げる時であると言いたいのです。

486 :消臭ポリニチレン:2005/09/17(土) 00:54:12 ID:Cw3dmvY9
>>481
ノープロブレム
こんなコピペだれもヨンでねーよ

487 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:55:11 ID:wlOzdrCA
「楽しみ」というものの本質について、
仏教では、五官から起る欲望を五識によって満たし、
意識(心)にここちよく感ずることであると明かしています。  
五官とは、眼(視官)・耳(聴官)・鼻(嗅官)・口(味官)・
皮膚(触官)をさします。すなわち、
眼にあざやかな色形を見る楽しみ、
耳にここちよい音や響きを聞く楽しみ、
鼻にかおりのよいものを嗅ぐ楽しみ、
口中の舌においしいものを味わう楽しみ、
皮膚(身体)にここちよいものが触れる楽しみを
欲するところを五欲といい、五官によって判断することを五識といいます。
 要するに、人間の楽しみのほとんどは、
この五欲の一つ一つが満たされるか、
そのいくつかが同時に満たされるかの度合いに応じて起こる、
情感であることがわかると思います。
 したがって、五欲そのものは、けっして悪いものではありません。
しかしそこに、人間の煩悩〔貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)などの迷い〕が
働きかけた時、はじめて五欲は、無謀性を発揮し、
欲望の暴走となってあらわれたり、意のままに満たされない不満がつのって、
怒りを感じたり、落胆のあまり、自暴自棄になったりして、
自分や社会をめちゃめちゃに破壊してしまうことにもなりかねないのです。
 五欲とは、ちょうど火のようなものだといえます。
火そのものは悪でも善でもありませんが、
私たちの使いかた如何によっては、
生活に欠かせない便利なものにもなる半面 、
不始末などがあれば、すべてのものを一瞬のうちに
灰燼(かいじん)にしてしまう、ということにたとえられるでしょう。
 いわば、一時の快楽を飽きることなく求める若者たちは、
煩悩の働きがそれだけ旺盛だともいえましょう。
その旺盛な煩悩の猛火をそのまま自分の将来の幸福と
社会に役立つ有益な火に転換させるところに、
正しい宗教と信仰のもつ大きな意義があるのです。

488 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 00:55:16 ID:hntgjHSY
>1
結婚考えてるんなら
2人で同じ信仰もできないようなら
すぐ潰れると思うよ うん
宗教や信仰について徹底的に話し合うことだね

好きだからは当たり前
それだけで何年うまくやっていけるかよく考えてね

489 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:01:28 ID:hntgjHSY
日蓮正宗は譲れないところは絶対に譲らないです。
もし譲る人がいたらそれは逆に問題ありと思ってください。
世間一般で見られる、その時々で都合の良い方に身を翻すような
そんな生き方は不幸になるだけですから自分に許さないのです。
他人も不幸にしますしね。

まっすぐ生きる人を見て曲がってると思うのなら、失礼ですが
あなたの心の視点が曲がってしまってるかもしれません。

490 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:06:56 ID:wlOzdrCA
日精上人を始めとする御歴代上人より
直接甚深の御指南を賜った、
金沢信徒・福原式治の『秘釈独見』の記述より、
日精上人の御化導の一端を紐解くこととする。まず、
日精上人は、
人、壱人をすすめ入れん功徳は
八万四千体之白仏を造り供養する功徳にも増し候と
御示しにて候。壱人仏種を取り候へば、
其壱人の身之内に八万四千之煩悩と申す眷属、
皆心王とともに仏に成り候也。
然れば薄仏は八万四千木にて造りたるにて候。
一人を受法させては八万四千の生き仏を造るに成り候
ゆへに功徳大きにすぐれ候との御事にも候。
何とぞ成す可き縁のある御方は、
一人にても御同門に御すすめ成さるべき御志
深く候へかしと存じ奉り候。御親子の間、
又は妻子兄弟御眷属方は申すにも及ばず候。穴賢穴賢。
との記述がある。この日精上人の御指南は、
はじめの引用と同趣旨であるが、さらに詳細である。
つまり、「一人を折伏するということは、
折伏相手の八万四千の煩悩がそのまま
八万四千体の生身の仏となるのであり、
八万四千の木の薄仏を造る功徳より大いに勝れるのである。
故に縁のあるところ、一人でも多くの折伏を深く志さねばならない。
妻子兄弟眷属は言うまでもない」と、いうものである。
この御指南を受けた福原式治は折伏に大奮起し、
逆境の中、死にものぐるいの折伏を行ずるのである。

491 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:09:57 ID:NnJgCH9g
じゃあ統一教会とかエホバとか創価にまっすぐな信心してる人も笑えないんだね。

492 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:10:09 ID:wlOzdrCA
>>490
この記述により明らかなことは、
日精上人が、当時、仏教信仰の化儀として、
一般的に諸宗が用いる方法であった
造仏読誦に執着がある人に対しては、
その説得として「一人折伏する功徳は、
折伏した相手一人が、八万四千体の生き仏となるのだから、
木の薄仏を八万四千体造る功徳よりも遥かに勝れる」
と仰せられ、造仏への執着を捨てるよう教導されていた
という事実である。
さらに『秘釈独見』の御歴代上人忌日表の
日精上人の項には、
此の御時代より在家御弘法の為に御本尊を御授与也
と、記されている。
この記述が意味するところは、
日精上人以前にも在家授与の御本尊は存したが、
特に日精上人の時代より、信徒にも御本尊が多く授与され、
ともすれば化儀が乱れがちであった信徒にあっても
大曼荼羅正意の化儀を徹底されていったということである。

493 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:15:42 ID:wlOzdrCA
>>492さらに『秘釈独見』には、
これを記した福原式治はじめ、その縁者八名、計九名に
日精上人書写の御本尊が授与された事実が記されている。
このことから福原式治は日精上人にしばしばお目にかかり、
直接、様々な御指南を賜ったであろうことが伺えるのである。
つまり、先の造仏制止の御指南は
日精上人から直接賜ったものなのである。
 以上の『秘釈独見』の記述が意味するものは、
日精上人の御教導が大曼荼羅正意の純然
大石寺教学であったこと。これは全く疑う余地がないのである。
 次の『秘釈独見』御歴代上人忌日表、
末尾の記述を心して読め。
問うて云く、此の御歴代、
聖人以後の伝上の内にては何れはたっとく御座す耶。
答えて云く、何れも崇めずと。(中略)
御歴代※の伝上に何れたっときと云う事はなき也。
御相承ある故に皆たっとし。能々思うべし。
人に依るときは御相承を軽しむるになる也。是大謗法の重罪也。
(※大石寺御歴代上人)
と、即ち御歴代上人にあっては血脈付法の故に、
全ての御法主上人が等しく尊いと記されている。
もし日精上人が、ある時は造仏、ある時は大曼荼羅など、
首尾一貫しない御指南をされていたとしたら
「御相承ある故に皆たっとし。能々思うべし」とは
絶対ならないはずである。この、
御歴代上人は血脈付法の故に等しく尊いとの、
福原式治の血脈に対する尊信の言葉、
かつての池田大作の言葉と文面は似ていても、その心根は比ぶべくもない。
 すなわち、日精上人の御指南は大曼荼羅正意で
一貫していたことが疑いないのである。

494 :信者:2005/09/17(土) 01:16:10 ID:/Qw7AdYZ
割り込みスマン
みんなどうでもいいじゃん信じたい奴だけ信じれば、主の事が解決すればいいんでしょ?信じる気持ちです確かに洗脳されてる人が多いけど信じてるんだからいいんじゃない?後は正宗について分からない事があればスレたてれば?【正宗信者に質問バトル】

495 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:25:10 ID:wlOzdrCA
一本書曰次の日の御物語に云く奥州岩が崎、
岡小名殿の親類かはかやの岩見と云ふ人登山申して候、
是れは文武二道に達したる俗人なり、
去れば当宗の即身成仏の当躰を歌によみて候。
 
ちらぬ花入らぬ月とも見つるかなもとのまゝなる人の心を。
 
四方の山白雪つもるころなれはわけて色ある富士の根もなし。
 
如何にも当宗の即身成仏と申すは・
愚者迷者の上にて信を以て即身成仏とは申し候、
去れば師弟倶に三毒強盛の凡夫にて・
南無妙法蓮華経と余事余念もなく信し唱へ申す処が・
即身成仏にて候・然る処に此の教化に預りながら・
此の妙法蓮華経とは如何なれば仏に成り候や、
さて化儀と云ふ心は如何んと尋ね候はん人は自ら謗法なり、
智慧に成し候へば天台宗なり・
されば迹門・理也・日蓮聖人の御出世の本意を破るなり、
宗旨に非すと仰せ候なり已上。
 
日因私に云く此中に宗旨の大事を示す、
所謂当宗の即身成仏・事の一念三千の南無妙法蓮華経是なり、
此則愚迷を簡はず有無の智を論ぜず師弟和合して
御本尊を信じ南無妙法蓮華経と唱うる人の当躰・
即無作三身如来なり、
日蓮聖人御出世の本懐是なり云云,当躰義抄廿三(十三)。

496 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:30:12 ID:NnJgCH9g
かつて学会員だった人が、破門される前の選挙で
「公明党に入れてくれ!」
という運動をしてたよ。

ところがだ、破門後そいつは正宗側に残ったのだが
その時の選挙についてはそ知らぬ顔で
「学会はカルトだ、だから我々が折伏してやらねばならない」
などとぬかす。

宗門在籍当時は学会のカルト性に気付かず、カルト政党の議席増に貢献してた奴が
学会から鞍替えしました〜。正しいのは正宗ですぅ〜。
などと都合のいいことを言っても信用もなんも出来ん!
また分裂してカルトを生み出したらどうするつもりか。

信じることは大切だが、疑うことも同じくらい大切なんだよ。


497 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:33:25 ID:LRDwo/dq
とことで>>1さん

日蓮正宗信者になると、人と人との対話を無視して、こうして
我田引水なコピペを荒らしの如く、貼り付ける様になるのです。
こんな事してたら1さんに呆れられちゃうぞ!!>正宗信者
>>457の質問に答えられないから流し始めたの見え見え。

もし仮に日蓮正宗の教えのみが正しいのなら、その他の全世界の
人は全て不幸に一生を終えるという事です。日蓮正宗を正しいと
考えることは、即ち、全世界の人が不幸になって良いと考えると
いうことです。

こう書くと、「そんな事は思ってない。皆が正しい宗教である
日蓮正宗を信仰すればよいだけです!」と反論する事でしょう。
でも、実際、そんな事できますか? 出来るわけがありません。
出来もしないんですから、やはり全世界の人が不幸になっても
良い(=日蓮正宗しか幸せにならない)と考えてるという事です。

ちなみに、私の信仰は、自分だけが正しいなんて考えはありま
せんので、それぞれの人がそれぞれの宗教で幸せになれば良い
と思ってます。
勿論、世間一般にカルトと認定されるような宗教の存在を容認
しているわけではありません。


498 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:34:40 ID:LRDwo/dq
>>497
ところで・・・

失礼

499 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:36:03 ID:LRDwo/dq
とうとう、気が触れだしたみたいだな。
南無〜〜(-人-)

500 :信者:2005/09/17(土) 01:49:33 ID:/Qw7AdYZ
正宗信者だけど良い悪いの区別は出来るよ俺の知ってる正宗の教え半分はダメでしょ!良い所もあるけど、折伏?ダメでしょ!時代の変化について行けよって感じ

501 :信者:2005/09/17(土) 01:52:21 ID:/Qw7AdYZ
読んで字の如く折って伏せるなんてダメだろ?だから俺はそんな言葉使うなら誘わない謗法って言われても上等です良くない物は良くない!

502 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:53:38 ID:wlOzdrCA
ここでいう「狂信」とは、
理性を失い我を忘れて狂ったように信ずることであり、
「盲信」とは、ひとつの信仰に埋没し、
わけもわからずむやみに信ずることです。
 この狂信・盲信について三つの点から考えてみましょう。
 まずはじめに数多い宗教、
信仰のなかには明らかに教義として狂信・
盲信をすすめているものがあります。
たとえば霊媒信仰や修験道、
あるいは踊る宗教などは忘我の境地に至ることが救いであり、
理想であると説いています。また、
キリスト教やイスラム教のなかには自宗に執着するあまり、
教義の正邪ではなく、暴力やテロに訴える場合もあり、
これも狂信のひとつといえましょう。
 さらに念仏宗などは
「他の教典はすべて捨てよ、閉じよ、閣(さしお)け、
抛(なげう)て」と、他の教典を読むことを禁じ、
禅宗なども不立文字(ふりゅうもんじ)・只管打坐(しかんたざ)
と称して文字による教義理解を否定し、
他宗の善悪を知ることさえ、嫌います。
 また、密教やキリスト教のなかには、社会との交渉を断って、
山奥や閉鎖集団の中で生きることを至上の目的とするものもあります。
このように、他の宗派や社会と隔絶することを説く宗教を信ずるならば、
他の宗教と比較することもできず、独善的な信仰となります。
 日蓮大聖人は、
 「迷妄の法に著するが故に本心を失ふなり」(御講聞書・新編一八五八)
と説かれ、誤った教えによって本心たる理性が失われ、
狂信になると教えています。また、
 「若し先づ国土を安んじて現当を祈らんと欲せば、
速やかに情慮を廻らし怱いで対治を加へよ」(立正安国論・新編二四八)
と仰せられ、社会の平和を実現させるためには、
正法と邪法とをよくよく糾明して対応救治しなければならないと説かれています。

503 :信者:2005/09/17(土) 01:54:01 ID:/Qw7AdYZ
いろいろダメな所もあるけど良い所もあるから信じてるんだけどね。こんな信者もいます

504 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 01:57:50 ID:wlOzdrCA
>>502第二には、信仰修行の上での狂信・盲信についていえば、
日蓮正宗の信仰修行は理性を失う狂信でもなく、
わけもなく信ずる盲信でもありません。
 大聖人は、 「行学の二道をはげみ候べし。行学たへなば仏法はあるべからず」
(諸法実相抄・新編六八八) と、修行とともに教学、
すなわち教義の研鑽が大切であると説かれています。 また、
「酔とは不信なり、覚とは信なり。
今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る時
無明の酒醒めたり」(御義口伝・一七四七)
と仰せられ、真実の正法を信じ唱題する時、
無明という迷いの霧が晴れて真理に目覚めるのであると教示されています。
 第三には、現実の例証をもっていえば、大聖人は、
 「仏法を習ふ身には、必ず四恩を報ずべきに候か。」(四恩抄・新編二六七)
と、信仰者は人間の道として父母・衆生・国土、
そして三宝の四つの大恩を常に感じ、報いるように教えられています。
又、職場での心得として、 「御みやづかいを法華経とをぼしめせ」
(檀越某御返事・新編一二二〇) と諭されています。このように常識をもち、
社会人としての勤めに励むことが信仰者の道であると教えています。
 日蓮大聖人の願いとするところは、
正しい仏法によって個人も社会もともに
健全に発展し幸福境涯を築くことであり、
日蓮正宗を信仰する者は邪法に迷う人々を目覚めさせるために
正邪を説き、自らの姿をもって信仰の尊さを示しているのです。
しかも正法を信ずるならば仏力・法力によって、
おのずと円満な人格と福徳が備わり、
社会人としても多くの人々の信頼と尊敬を受けていることは
まぎれもない事実なのです。
 もしあなたが、信仰者の真剣な礼拝唱題の姿をとらえて、
それを狂信だ盲信だと非難するならばそれは妄断であり、
誤りです。なぜならばそれはあたかも、職人が一心不乱に仕事に打ち込み、
運動会で子供が一所懸命に走っているところだけをとらえて、
「気違いだ」「狂っている」と、はやしたてているようなものだからです。

505 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:00:09 ID:k2lOH/QG
ん?まだ続いてたのこのオナニ−レス。

506 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:02:14 ID:wlOzdrCA
「よく信心の血脈を問題にする者がいる。
生死一大事血脈抄に『信心の血脈なくんば
法華経を持つとも無益なり』とある文をもって、
信心さえあればよいとする立論である。
誰でも自由に継承できるなどというのはこれだ。(中略)
有名無実の信心をふりまわして、
付嘱相承を否定するは、総別の二義に迷惑し、
師弟相対の深義に暗く自ら混乱を好む仕わざではないか」
(大白蓮華 掲載論文 昭和四十一年九月号三五ページ)

507 :信者:2005/09/17(土) 02:02:35 ID:/Qw7AdYZ
なんか正宗の本と御書のコピペばかりの正宗の奴いるけど御書は別として、あの本は俺も読んだけどあの本半分以上おかしいぞ!同じ信者として恥ずかしいから止めろ!

508 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:05:01 ID:k2lOH/QG
反対しても日本語がわからないから無駄ですよ。わかってたら今までのことを恥ずかしがって自殺するかもしれないですね。と。煽ってみる。

509 :信者:2005/09/17(土) 02:05:21 ID:/Qw7AdYZ
っていうか自分の言葉で説明や質問に答えろ!だから馬鹿にされるんだよ笑われるぞママが言ってたもん!ってのと同じだぞ

510 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:06:01 ID:wlOzdrCA
>>508
総本山第二十六世日寛上人は、『当家三衣(さんね)抄』に、
 「南無本門弘通の大導師、末法万年の総貫首(かんず)、開山・付法・南無日興上人師。南無一閻浮提(いちえんぶだい)の座主、伝法・日目上人師。嫡々付法歴代の諸師」(六巻抄二二五ページ)
と仰せられ、日興上人をはじめとする代々の御法主上人を僧宝(そうぼう)として敬うべきことを教えられています。

 しかし、創価学会はこの日寛上人の御教示に反して、日興上人お一人が僧宝であると決めつけ、御歴代上人に対してさまざまに誹謗(ひぼう)中傷を加えています。

 これら創価学会の法主誹謗は、会員に
 「法主にも謗法や誤りがある」
との考えを植えつけ、創価学会を破門した処置は
 「日顕(上人)の誤りによるもの」であり、「学会には非がなかった」
と、自らを正当化するためのものなのです。


511 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:08:03 ID:k2lOH/QG
>>510
なんで俺にアンカーつけるんだか。池沼か?

512 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:08:42 ID:LRDwo/dq
まだ、やってたんだ・・・
悪いけどコピペは読まない主義だから読まんよ

で、やっとマトモな信者が現れたか

でも、もう寝るぽ・・・

513 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:09:05 ID:wlOzdrCA
>>511
しかし、創価学会が日蓮正宗から破門された原因は、
ひとえに創価学会が謗法を犯したからであり、
その責任はすべて池田大作にあるのです。にもかかわらず、
その一切の責任を日顕上人になすりつけるなどは、
卑劣きわまりない行為というほかはありません。

 創価学会は連日、口をきわめて日顕上人を誹謗し、
御歴代上人の非をあげつらっていますが、
日蓮大聖人は『四恩抄』に、
 「僧の恩をいはゞ、仏宝・法宝は必ず僧によて住す」(御書二六八ページ)
と仰せになり、
僧宝によって仏宝・法宝が正しく伝えられていくことを示され、
僧宝を敬うべきことを教えられています。

 御法主上人への悪口雑言を繰り返す創価学会は、
僧宝誹謗の大罪を犯し、
日蓮大聖人の教えに反逆していることを知るべきです。

514 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:09:35 ID:k2lOH/QG
>>512
うい。ノシ

515 :信者:2005/09/17(土) 02:10:54 ID:/Qw7AdYZ
だから止めろよ洗脳されてる方の奴か?時代が違うんだぞ?もう少し普通に考えろ貴方みたいな人がいるから変わらないんだよ

516 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:11:11 ID:wlOzdrCA
>>514
創価学会は平成五年十月に至り、突然、本尊を勝手に作製し配布し始めました。

 この本尊は、栃木県・浄圓寺に所蔵されている日寛上人御書写の御本尊をコピーし、さらに御本尊に認められていた「本證坊日證授与」という授与書きを抹消して作り上げたものです。

 日蓮正宗では、この創価学会作製の本尊を『ニセ本尊』といっています。
 その理由は次の三点に要約されます。
  ○御法主上人の許可を受けていない
  ○総本山から下付されたものではない
  ○創価学会が勝手に作製したものである
 創価学会では、
「自分たちは和合僧団であり、信心の血脈が流れているから、御本尊を配布する資格がある」
「広布を願う一念があれば資格がそなわる」
などと吹聴しています。

 しかし、『本因妙抄』に、
 「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承(ほんじょう)唯授一人の血脈なり」(御書一六八四ページ)
と御教示されているように、戒壇の大御本尊の護持並びに御本尊の書写と授与など、御本尊に関する一切の権能は、唯授一人血脈付法の御法主上人に限るのです。

517 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:11:38 ID:k2lOH/QG
>>513
…そういうことか!俺のことを創価だと。やっぱ池沼。

518 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:13:50 ID:k2lOH/QG
>>516
俺が創価ね…腹抱えて笑ったじゃねーか。ま、池沼だから勘違いしてもしょうがないか。

519 :信者:2005/09/17(土) 02:14:11 ID:/Qw7AdYZ
貴方みたいな人がいるからカルトだとかキチガイって言われるの!

520 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:14:11 ID:wlOzdrCA
>>517
したがって、創価学会が勝手にコピーして作った『ニセ本尊』は、
姿や形は日寛上人の御真筆とそっくりであっても、
御法主上人の許可も開眼もないので、
御本仏の「たましい」が込められていない偽物です。

 しかも『ニセ本尊』は、
正法に敵対する者の手によって作られたものですから、
『ニセ本尊』には魔の力がこもっており、
これを拝むと大謗法の罪によって厳罰を受け、
永く地獄に堕ちる結果となります。

521 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:14:23 ID:NnJgCH9g
信者さんには概ね同意。
組織だったら良いこと悪いこと、絶対両方でてきますよね。
私も何度かお寺に行きましたが、なるほどと関心する話を聞かせていただいたことも
ありました。

ただ、他の仏教について質問したとき住職がノリノリになって「まってました!」
とばかりに批判を始めたのには、正直引いた。
他宗の矛盾点は解ったけど、そこまで言うことないじゃん、、、って。

あとは学会批判かな。
最後に「しかし学会員を恨むことなく心からの折伏をしましょう」って
とってつけたようなフォローを入れるんだけど、その前に散々貶しておいて
いまさら恨むなも何も無いもんだ。
そもそも学会の暴走を止められなかった見抜けなかったのは正宗の責任ではないか?
そういう歴史があるから、良いこと聞かせてもらっても簡単には信用出来ないのさ。

信者さんみたいな人だと正宗は辛くないですか?
今の気持ちを失わないで頑張ってください。

522 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:17:01 ID:wlOzdrCA
>>518
「いわゆる付嘱のないもの、
これは偽札本尊といって、これらを本尊と立てる連中は、
御本尊は誰が書いてもよいなどと考えているのである」
(折伏教典改訂三十二版三四五ページ)
「ただ、大御本尊だけは、
われわれは作るわけにはゆかない。
日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、
代々の法主猊下以外にはどうしょうもない(中略)ニセですから、
力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。
魔性の力が入っている、だからコワイ」
(戸田城聖指導 大白蓮華 昭和三十四年七月号九ページ)

523 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:18:01 ID:k2lOH/QG
>>520
そういうわけで気が済んだ?コピペでの意見なんてほとんどの香具師は読まんぞ。むぅ。言葉遣いがかわってきたじゃないか。

524 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:21:28 ID:wlOzdrCA
>>523
>>523
仏法では、
人間の悩みや苦しみの原因はすべて煩悩にあると説いています。
煩悩とは、心を悩まし身を煩わされる心の作用をいいます。
この煩悩のもとになるものが
貪(とん=むさぼり)・瞋(じん=いかり)・癡(ち=おろか)の三毒です。

 創価学会は、
池田大作の勲章あさりや
天下取りの野望を満たすための集団であり、
貪りの集団といえます。その集団のために活動し、
さらに自分の欲得のみを願い、
敵対者を罵り倒すことを第一に考えている創価学会員は、
貪りの餓鬼道に堕ちています。

 また破門された仕返しのために日蓮正宗を恨み、
日顕上人に怒りと憎しみの矢を向けて、
悪口雑言の限りを尽くす創価学会、
それに与同して忿怒(ふんぬ)の形相で
宗門や御法主上人を罵る創価学会は、
瞋恚(しんに)の塊(かたまり)であり、
まさしく地獄界そのものです。

525 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:23:16 ID:k2lOH/QG
俺にアンカーつける意味ぐらい説明してくれないかな〜。

526 :信者:2005/09/17(土) 02:24:40 ID:/Qw7AdYZ
521さん
ありがとう・俺も同じ経験ありましたけど住職さんを言い負かしましたよ批判ばかりじゃあ糞宗教だとも言ってやりました、それから俺の言い分も納得してくれるようになりましたよ

527 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:26:44 ID:wlOzdrCA
>>525
>>523
また、創価学会員は、創価学会の指導を鵜のみにし、
聖教新聞や創価新報などの悪宣伝を信じ込み、
感情にまかせて宗門や御法主上人に対する
怨念・憎悪をつのらせています。 
自分で物事の本質を見つめることができず、
冷静に判断する理性を失った学会員は
愚痴そのものであり、畜生界の姿です。

 日蓮大聖人は貪・瞋・癡の三毒について、『観心本尊抄』に、
 「瞋(いか)るは地獄、貪(むさぼ)るは餓鬼、
癡(おろ)かは畜生」(御書六四七ページ)
と仰せられています。

 この御教示からも、
貪・瞋・癡の三毒にまみれた創価学会員は、
三悪道の苦しみから免れることはできないのです。

528 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:27:13 ID:k2lOH/QG
>>526
信者さん、その住職がわかってくれてよかったね。

529 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:29:05 ID:NnJgCH9g
コピペで目についたが

>その責任はすべて池田大作にあるのです。

阿呆!
子供の犯罪は親の躾がなっとらんのも大いに関係あるだろうが!
正宗がしっかりせんから創価が大手をふって世にはばかってんだろうが!
一番悪いのは大作ってのはわかるが、すべてってどういうことだ?
自分達は正しい教えを信仰してるから悪いことなど一つもないとか言うつもりか?

530 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:29:20 ID:wlOzdrCA
>>528
法華経『法師品(ほっしほん)』に、
 「是の法華経を読誦し持つこと有らん者に 
須臾(しゅゆ)も悪言(あくごん)を加えんは 
其の罪復(また)彼に過ぎん」(法華経三二四ページ)

とあり、日蓮大聖人は『松野殿御返事』に、
 「法華経を持つ者は必ず皆仏なり。
仏を毀(そし)りては罪を得(う)るなり」(御書一〇四七ページ)

と仰せられています。

 すなわち、日蓮大聖人の仏法を正しく行ずる
日蓮大聖人の僧俗に向かって、
悪言を加えることは重大な罪を作ることになるのです。

 創価学会では、さかんに「御書根本」といいますが、
「法華経を持つ」御法主上人をはじめとする
宗門の僧俗に対して、悪言を加え、
誹謗中傷する創価学会の、
どこに「御書根本」の姿があるのでしょうか。
それだけでも御書に背いていることは明らかではありませんか。

531 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:30:10 ID:k2lOH/QG
質問にも答えてくれないのか…

532 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:30:52 ID:wlOzdrCA
>>529
法華経『譬喩品(ひゆほん)』には、
 「経を読誦し、書持すること有らん者を見て 
軽賎憎嫉(きょうせんぞうしつ)して 
而(しか)も結恨(けっこん)を懐(いだ)かん(中略)
其の人命終(みょうじゅう)して 
阿鼻獄(あびごく)に入らん」(法華経一七六ページ)


とあります。

 これらの経文や御書に照らしても、
正法を継承される御法主上人及び宗門の僧侶を恨んで
誹謗し続ける創価学会員の罪は重大であり、
無間地獄にあって永劫に苦しむことは間違いないのです。

533 :信者:2005/09/17(土) 02:31:50 ID:/Qw7AdYZ
貴方は凄いねぇ本を読みながら打ってるの?全部暗記してるんなら、その能力を違う事に注いだら凄い人になるよ?尊敬するけどキモいよそれ以上止めなさい!

534 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:32:36 ID:k2lOH/QG
>>532
しかしアンタも暇だねー。読んでくれない人にずっとコピペしまくるとは。時間みれ。

535 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:33:36 ID:wlOzdrCA
>>531
創価学会員がさかんに学んでいる
『人間革命』についても同様です。
創価学会では、『人間革命』の内容はすべて事実であり、池
田大作の執筆によるかのようにいってますが、
その内容は事実と異なり、執筆も池田大作ではなく、
代作者の手によるものであることは周知の事実です。
これも創価学会の不正直な一面です。

 次に仏法のうえから見るならば、
「正直」の「正」とは「正法正義(しょうぎ)」の意であり、
日蓮大聖人の仏法をさしています。

 日蓮大聖人の出世の本懐である
本門戒壇の大御本尊から離れ、唯授一人の血脈を否定し、
日蓮正宗の教義信仰に反逆する創価学会は、
仏法上も不正直きわまりない集団んなのです。

 このような、世間・出世間の両面ともに
不正直な創価学会に、諸天善神の加護があるはずはありません。

536 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:35:20 ID:NnJgCH9g
四、創価学会に功徳はない

 創価学会では
 「新しい御本尊(ニセ本尊)に替えたら、功徳がバンバン出た
などの話を、さかんに会員に吹き込んでいます。 しかし、創価学会の『ニセ本尊』を拝んでも功徳は一切ありません。 たとえ『ニセ本尊』で願いが叶ったなどの現証があったとしても、それは魔の通力によるものです。

 真の功徳と魔の通力の違いは、一つには、信受する教えが正しいものであるか邪(よこしま)なものであるかによって判別されます。 
真の功徳は、正法である日蓮大聖人の仏法を正しく信仰することによってのみ生ずるものであり、
反対に、いかに利益めいた現証があったとしても、邪義邪宗によるものはあくまでも魔の通力でしかないのです。

 二つ目の違いは、正しい信仰によってもたらせる功徳とは、さらに大きな功徳となって、成仏の境界(きょうがい)に導かれていくものですが、
魔の通力による現証は、魔の用(はたら)きによって貪・瞋・癡の三毒が強盛となり、最後には必ず三悪道に引き込まれる結果をもたらすものなのです。

 現在の創価学会員は、大謗法集団の中に身を置いているのですから、心身ともに汚され、人格が破壊されていくばかりであり、
大御本尊の功徳など微塵もあるはずがありません。

 『論語』に「過って改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」(国語大辞典 小学館)との言葉もあるように、あなたは一日も早く勇気をもって誤った創価学会を脱会し、
日蓮大聖人の仏法を正しく捧持(ほうじ)する日蓮正宗に帰依すべきです。

 日蓮正宗信徒として正しい信心修行に励むとき、初めてあなたは大御本尊の大利益に浴し、身も心も清浄となって即身成仏の大功徳を得ることができるのです。


ほら、俺が続きやってやったぞ。

537 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:35:39 ID:wlOzdrCA
>>534
創価学会では
 「新しい御本尊(ニセ本尊)に替えたら、功徳がバンバン出た
などの話を、さかんに会員に吹き込んでいます。 
しかし、
創価学会の『ニセ本尊』を拝んでも功徳は一切ありません。 
たとえ『ニセ本尊』で願いが叶ったなどの現証があったとしても、
それは魔の通力によるものです。

 真の功徳と魔の通力の違いは、
一つには、信受する教えが正しいものであるか
邪(よこしま)なものであるかによって判別されます。 
真の功徳は、
正法である日蓮大聖人の仏法を正しく信仰することによってのみ
生ずるものであり、反対に、いかに利益めいた現証があったとしても、
邪義邪宗によるものはあくまでも魔の通力でしかないのです。

 二つ目の違いは、正しい信仰によってもたらせる功徳とは、
さらに大きな功徳となって、
成仏の境界(きょうがい)に導かれていくものですが、
魔の通力による現証は、魔の用(はたら)きによって
貪・瞋・癡の三毒が強盛となり、
最後には必ず三悪道に引き込まれる結果をもたらすものなのです。

538 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:36:33 ID:k2lOH/QG
>>533
なんで535が俺にアンカーつけるのかわかりません?わかったら答希望。

539 :シ殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/17(土) 02:37:05 ID:2MWYww93
学会員としては反論したいところだが
ここはスレ違い
我慢、我慢

540 :信者:2005/09/17(土) 02:38:42 ID:/Qw7AdYZ
城跡さんサンキューです
住職も若いので頭が柔らかいのでしょう、ただ他の人の前では、たてまえじょう批判はしてます彼達も本山から送らた学校の先生みたいな立場だからしょうがないみたいです本山の上の方の坊主どもがダメなんです

541 :信者:2005/09/17(土) 02:41:31 ID:/Qw7AdYZ
世代交代が一番いいんじゃないかなぁホントに仏の道を思う人達に今のジジィ達は金が絡んでるから無理でしょう

542 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:41:36 ID:k2lOH/QG
>>539
イイヤツダ(・∀・)!!
>>540
上か…それを正すのは難しいことなんでしょうね…

543 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:41:50 ID:wlOzdrCA
>>539
池田が第三代の会長になって、この誓約を踏みにじり、
なし崩しに背信的な言動を展開し始めたのです。
一つは、会長絶対崇拝のもとで進められた、
池田大作に帰依する信仰的観念でした。
 宗門の教えでは、
三宝以外のものを信仰することは許されていません。
しかし、創価学会は信者獲得の折伏のなかで、
会長を絶対視する体制が戸田氏により築き上げられ、
これに池田はうまく便乗し、悪用しました。
組織内で生殺与奪の力をもつと同時に、
学会幹部会員は会長を守ることを余儀なくされたのです。
 そして池田は、教義の逸脱をすすめました。
その一例が、五十二年の「池田発言」です。
ここで、謗法をも容認するような「仏教史観」を語ったのです。


「池田発言」の趣旨は、この三点だ。
「戸田第二代会長の悟りが創価仏法の原点であり、
三宝のひとつ“僧”は創価学会である」
「今の宗門寺院に仏法はもはやなく、
学会の会館こそ現代の寺院である」
「在家でも供養を受けることができる」。
「五十二年路線」といわれる創価学会の姿勢が顕在化し、
破門へ至る道のりの幕開けだった。

544 :消臭ポリニチレン:2005/09/17(土) 02:43:18 ID:DTvWu0S0
相当しつこいコピペだなあ。
まともな信者さんが出て来て、少し良スレに戻ったね。
俺の知り合いに、信者だけど至極まともな人がいるよ。
あるきっかけでたまたま信者だと判ったんだけど、一度もそっち系の話を振られたことはないし。

盲信してるやつもいるけど、わきまえてる人もいるってこった。

545 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:45:30 ID:wlOzdrCA
>>542
「(宗門から)裏切られ、叩かれ、私は会長を辞めさせられ、
宗門からさんざんやられ」
「猊下というものは、信徒の幸福を考えなきやいけない。
権力じゃありません」などです。
これは雲仙普賢岳の噴火の前日で、
創価学会本部幹部会の席上での発言でした。
この池田スピーチは衛星放送を通じて全国の何百という
学会の会館に中継されたのです。
池田のスピーチ放送については、毎回、
会場では物々しい警戒をしたそうです。
会場に入るご婦人方のハンドバッグの中身を入口で
青年部員が確認して、録音装置はないかをチェックしています。
本来正々堂々と仏法の教えに基づいた話をするのなら、
そんな必要はないはずです。
 しかし、厳重な警戒態勢を敷いたうえで行われたスピーチで、
池田は宗門と法主・管長である私を口汚く罵り、
反抗の態度を鮮明にしたのです。
 スピーチの内容は、
厳重な警備の目をかいくぐって録音されたテープが
届いたことによって、私たちの知るところとなりました。
宗門では厳密に内容を精査したうえで、「お尋ね」と題して質問状を送ったのです。
 やましさがなければ、この質問状にも回答があってしかるべきでしょう。
ですが、創価学会は、「出所不明のテープである」と主張して言い逃れ、
かえって浅はかな言い掛かりを付けてきました。
この狡滑な誠意のない対応に、
改めて池田の心底が明らかになりました。

546 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:46:58 ID:NnJgCH9g
ttp://the49-2.hp.infoseek.co.jp/other/hamon10nen.htm

スレを無駄使いすんのはヤメレってば。
正しい教えを守ってると、世間一般のマナーは守れなくなるのか?

547 :信者:2005/09/17(土) 02:48:55 ID:/Qw7AdYZ
俺も正宗の人間なんだけど批判されたり他を批判したりってアホくさいじゃないですかぁ人が信じてるもんにケチつけてどうするの?それぞれ教えがあり良い所悪い所もあるんですよ

548 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:49:34 ID:NnJgCH9g
リンク先をチラっとみたらまだまだ先は長かった・・・。

丑寅勤行の時間だろ、信心深かったら2ちゃんなんてやってないで
勤行唱題やってこいよ。

549 :シ殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/17(土) 02:51:08 ID:2MWYww93
偵察、偵察ROM

550 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:52:08 ID:wlOzdrCA
>>544
日達上人は、牧口常三郎氏のことを、
 あの初代会長牧口先生は、
昭和の初めごろ、本宗に入信せられたのですが、
入信後たまたま新潟の実家に帰って、
その家にあったお御影様を見たところが、
本宗の十七代日精上人の御開眼の
お御影様であったのであります。
ひじょうに驚かれたのでございます。
 そのお御影様は、私も拝見いたしたことがございます。
これで牧口先生の先祖が、二百八十年も昔に、
すでに折伏下種せられておったということを
知ることができるのであります。そのように、
すでに折伏下種せられておったのが、
ドロ沼の蓮華のごとく三百年近くもたってから、
ふたたび芽をふきだして、以前にもまして、
いっそうりっぱな花を咲かせ、
今日の創価学会のはじめをなしたのであります。
(日達上人全集第一輯三―二六八頁)


551 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:52:17 ID:k2lOH/QG
むしろ池田の家に討ち入り(古っ)にいってきなさい

552 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:54:15 ID:wlOzdrCA
>>551
第十七世日精上人の下種結縁の仏種が、
第六十世日開上人の御時に実を結んだのが
創価学会初代会長・牧口常三郎氏入信の因縁である。
その御恩に対し奉り、
日精上人深縁の常泉寺・本行寺の住職をされ、
また日開上人の御子息でもあられる御当代法主
日顕上人に罵詈讒謗(めりざんぼう)の限りをもって応えるのが、
貴殿ら創価学会幹部である。
師弟の法門を説きながら、たちまちに師に背く大逆罪を造るその所業。

 必ず必ず
無間地獄の扉は
貴殿たちのために開かれることであろう。

553 :信者:2005/09/17(土) 02:55:20 ID:/Qw7AdYZ
俺も学会の人でマトモな人知ってますよ御本尊様も本物を手離さないで信心してるし、なかなか脱会出来ない人も居るみたいだし、ここも上の人がダメなんでしょう

554 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/17(土) 02:56:05 ID:k2lOH/QG
>>552
気分が乗ったのでみた。だから創価じゃないっちゅーねん。しかし
わからーない
わからーない
アンカーの意味〜

555 :シ殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/17(土) 02:57:49 ID:2MWYww93
>>553
そのとおり、学会員はいい人が多い
まぁ、学会員も色々、アンチも色々な人がいると言うことで

556 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 02:57:57 ID:NnJgCH9g
ttp://www.geocities.jp/haja_kensho/nisseisyonin.htm

はいはいわろすわろす。
次はどこだ?

って、こうやって貼ってると、俺が正宗信者っぽくなってきてやだな。

557 :信者:2005/09/17(土) 02:59:46 ID:/Qw7AdYZ
何故だか俺にアンカーつけないですね 笑
正宗信者だからかなぁ信者として暴言はいてるのにねまぁ付けてもシカトですけど

558 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:02:40 ID:wlOzdrCA
>>555第1   当裁判所は、次の理由により、控訴人らが本件各訴えを取り下げ、被控訴人ら
がいずれもこれに同意して、本件訴訟を終了させることを強く、勧告する。
1   本件訴訟の係属そのものが、控訴人ら及び被控訴人らにおいて、それぞれの教
 義をひろめ、儀式行事を行い、信者を教化育成して、その維持、発展を図ってい
 く上で、相応しくなく、むしろその妨げとなるおそれがあること
  そして、控訴人ら及び被控訴人らのそれぞれの多数の信者等も、本件訴訟が、
 早期に、かつ、できる限り双方の宗教団体としての尊厳を損なわないで、終息す
 ることを希求していると推測されること
2    本件訴訟の最大の争点は、控訴人ら代表役員のおよそ40年前のアメリカ合衆
 国ワシントン州シアトル市内における行為が何かという点にあるところ、その事
 実を確定するには、証拠上、時間的にも空間的にもまた言語上ないし制度的にも、
 通常の訴訟に比して、格段に多くの障害があり、これまでの双方の当事者、代理
 人の努力自体は多とするものの、これ以上事実の解明に努力することが上記1の
 趣旨に沿うとはいい難いこと
第2   当事者双方は、当裁判所の和解勧告の趣旨を尊重し、次のとおり和解をする。
1   控訴人らは本件各訴えを取り下げ、被控訴人らはいずれもこれに同意する。
2   控訴人ら及び被控訴人らは、相互に、今後、上記第1,2記載の争点にかかる
 事実の摘示、意見ないし論評の表明をしない。
3   控訴人ら及び被控訴人らは、控訴人らと被控訴人らとの間において、本件に関
 し、本件和解条項に定める以外に、他に何らの債権債務がないことを相互に確認
 する。
4   訴訟費用及び和解費用は、第1,2審を通じ、各自弁とする。
追 記
   和解条項第 2, 2は、相互に名誉毀損にあたる行為をしないことを確約する趣旨の
  ものであり、同第1, 2記載の争点にかかる事実の存在を単純に否認することはこれ
  に抵触しない。        当 事 者 目 録 (抜粋)
        控 訴 人      日蓮正宗     被 控 訴 人    池田大作
        控 訴 人      大石寺      被 控 訴 人    創価学会

559 :信者:2005/09/17(土) 03:05:21 ID:/Qw7AdYZ
シさん
何処にでもアンチな人がいますよ学校と似たようなもんですよ何処中の奴達が気に入らねぇやっちゃおうぜ!みたいな 笑

560 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:06:39 ID:1DxdEGhv
>>547
信者さんに質問です。
お互いの良いところを認めようとする考えが尊いと思いました。
しかし、なぜ日蓮宗でなくて、あえて日蓮正宗を信仰してらっしゃるのでしょうか?

日蓮宗であれば、日蓮正宗と同じ法華経を基として、互いを認める姿勢も兼ね備えているのでは?と疑問に思ったのです。

ちなみに、僕の家は真言宗です。個人的に信仰心はほとんどなく、極めて不勉強で正確な知識も無いことをお断りしておきます。

561 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:08:28 ID:NnJgCH9g
法華講員さんも、個人個人になると悪い人ってそんなにいない。

ただ、宗教については信者さんのように分別ある思考ができなくなっている人が
少なくとも俺の周りはほとんど。

子供の頃からずーっと月1回お寺に連れて行かれて、夏には山に連れてかれて
お神輿かついじゃダメ、神社に行くのもダメ、初詣もダメ
(しかしクリスマス祝ってる人はいたな(w)
この教え以外は地獄に落ちる、この教えは唯一の正しい教えです云々・・・。
そんな中で育ったら教義を捨てられなくなるのも無理はないのかもしれないなぁ。

562 :シ殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/17(土) 03:08:37 ID:2MWYww93
>>558
私は法律に詳しくないので
いきなりそんなの貼られてもノーコメントww
>>559
たしかに

563 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:10:48 ID:wlOzdrCA
>>555池田氏の話し方は、
傲慢かつ他に恐怖心を与えるもので、彼が話を進め、
他の人がそれにうなづき従う、といったものでした。 
時として、彼が予期しない、一般的でない意見が述べられると、
途端に彼の目には厳しい反応が現われ、
警告にも似た冷たさが浮かぶのです。 私達は、
形だけの会話をしながら、この男を観察いたしました。
彼は、頭の先からハンドメイドの靴のつま先まで、
俗人そのものであり、崇高さのひとカケラも見えませんでした。
「彼の職業が何か。当ててみろ」と言われても、
"宗教家"と答えられる人は、ほとんどいないでしょう。 
私は、多くの有力者と会ったことがあります。
それは、首相をはじめ、さまざまな分野の指導者達ですが、
しかし、池田氏のように、
絶対的権力者の雰囲気をにじみ出させた人物と
会ったことはありませんでした。 
彼は、おそらく長年にわたり、あらゆる自分の気まぐれを押し通し、
すべての命令に従わせ、そして、
それに対する反論や軋櫟に触れないよう、
守られてきた人間なのでありましよう。 
私はめったに恐怖を感じることはないのですが、
彼の中にある何かに、私は体の芯までゾッとさせられました。 
夕食は苦しい体験でした。私達は、
伝統的な日本間に通されました。畳に座布団を敷き、
池田氏を中心にテーブルを囲みました。
テーブルの中央には料理人が入り、
熱い油の鍋から天ぷらを揚げてくれるのです。 
「あまり堅苦しい話は、今夜はやめにして、ともかく楽しみましょう」と、
池田氏は命令口調で言いました。 私達は、耐えがたい、
くだらない会話を、まだ続けなければならないのかと、
沈痛な気分になりました(ポーリー・トインビー=トインビー博士の孫娘『ガーディアン』S59.5.19

564 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:12:21 ID:NnJgCH9g
>>558
もう面倒だから貼りません。勝手にやってください。

565 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:13:57 ID:wlOzdrCA
>>562
・(昼近くに起床して風呂に入った後)13時30分・勤行 
13時40分・研修所発→勤行10分
・11時00分・勤行 11時00分・離れに行かれる→勤行0分
・13蒔15分・勤行 13時20分・食事→勤行5分
・14時04分・勤行 14時10分終了・おそば→勤行6分
・14時35分・勤行 14時35分・手紙2通書く→勤行0分

(学会が裁判の際に証拠として提出した"池田大作の行動記録")


566 :信者:2005/09/17(土) 03:15:59 ID:/Qw7AdYZ
560さん
携帯からで長文打てないので分けて書きます。話せば長くなるのですが短く、俺は無信心、無宗教でしたが友達の女と遊んでる時に宗教的な話しになりその子の家が正宗で俺も何かを信じる事は良い事だと思う考えで話しを聞いて俺なりに仏教勉強して

567 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:16:26 ID:wlOzdrCA
>>562
あれ(※大学紛争)は
一種の精神風俗への感染症としかいいようなく、
覆面にヘルメットというファッションは
宗教団体にまで蔓延していき、
創価学会の青年部の学生たちと一緒に
池田会長までがヘルメットに覆面という
いでたちで片手を突き上げ、
「宗教社会主義」なる面妖な祝詞をとなえているのを
何かのグラビアで目にして
あきれ果てたのを覚えている。
(石原慎太郎『国家なる幻影』文芸春秋社H11・89〜90頁)


568 :信心:2005/09/17(土) 03:22:12 ID:/Qw7AdYZ
続きです
釈迦から勉強し他宗を日蓮を勉強し法華経の素晴らしさを感じて、それに自分のカルマを浄化したいと思いその子に紹介して貰ったんです

569 :信者:2005/09/17(土) 03:26:35 ID:/Qw7AdYZ
折伏って事になってるけど俺は自分の意志って思ってます、たまたま身近に正宗の信者がいたからですよ俺的には日蓮宗も正宗も学会も日蓮系全て日蓮の弟子って考えてるんでアンチなんか糞くらえです

570 :560:2005/09/17(土) 03:39:12 ID:LnkOQblo
>>569さん
不躾な質問にお答えいただき有り難うございました。
お話できて見識が広まった思いです。

> 日蓮宗も正宗も学会も日蓮系全て日蓮の弟子
僕もそう思いました。とても自然な考えだと思います。
偏見を持たず、相手の人間性をまずは見極めなければ、と改めて考えさせられました。

571 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:48:45 ID:NnJgCH9g
>信者さん

拍手です。パチパチパチ。
組織に属することで、自分の考えが組織の考えになってしまう人は多いですよね。
宗教なんてその最たるものだと思います。

自己批判や内部批判を許さなくなった時点で、組織は腐敗が始まります。
俺の触れた法華講員さん達は、信仰に関しては頭で考えなくなってる人が多い。
だから俺はアンチ正宗系の立場をとってます。

でも信者さんの意見は俺にとって貴重なものでした。
そういう信心もあるんだなと。すげえな、と。

これからも自分なりの信心で突き進んでください。

572 :信者:2005/09/17(土) 03:51:31 ID:/Qw7AdYZ
元々兄弟喧嘩みたいなもんだから無理だけど理想は日蓮系が全て戻るのが一番じゃないのかなぁ
俺は他宗の経も御本尊様にじゃないけど読みますよ良い物は良い主義なんで

573 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 03:53:15 ID:wlOzdrCA
ゲバゲバ池田大作
http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/ikeda.html

574 :信者:2005/09/17(土) 03:58:51 ID:/Qw7AdYZ
どうもです
コピペ居なくなりましたね馬鹿にされる素ですよね普通に人として考えればいいのに俺もオチます・また見に来ます

575 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 04:04:19 ID:wlOzdrCA
最も有名な日蓮系宗派に
法華キリシタンの異名を持つ日蓮宗不受不施派があります。
法華経に帰依しない者からは布施を受けず、
また布施を施さないというという原則をかたくなに守り、
江戸幕府によりキリシタンと並んで二大禁制宗門とされ
徹底した弾圧を受けました。もっともキリシタンは、
はりつけなど極刑に処せられましたが、
不受不施派は主に島流しで刑罰に差があったようです。
多数の犠牲者を出しながらも不受不施派は
江戸時代を生き延び、明治三年に合法化されました。
日蓮正宗(当時は本門宗大石寺)は
江戸幕府に禁制とされることはありませんでした。
しかし、地方によっては不受不施派と同一視され、
迫害された藩がありました。金沢法難などが有名です。
金沢の下級武士の信徒などには、
参勤交代の途中に大石寺近くの宿場に留まった際、
宿を抜け出して暗闇を走り、
大石寺門前にたどり着くと石畳に正座して題目を唱え、
夜が明けるころ宿に駆け戻るという
「抜け参り」の風習があったと伝えられています。
信仰心の弱い者に対しては有効な弾圧も
信仰心の強い者に対してはかえって逆効果になります。
まして「法華経の行者は必ず法難を受ける」という
日蓮系ならばなおのことです。
現在の日蓮正宗総本山大石寺が
日蓮系の本門宗から独立し日蓮宗富士派を名乗ったのは
意外と最近で、明治33年。日蓮正宗に改名したのは
大正2年のことです。ただし、
それまで大石寺が本門宗の傘下にあったとしても、
それは当時の寺檀制度のものでの緩やかな集まりのようなもので、
総本山大石寺として独自の教義を持ち続けてきたのは間違いないでしょう。

576 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 04:08:17 ID:wlOzdrCA
人生にとって、努力はきわめて大切なものです。
なんの努力もせずに、幸せな人生を築けるはずはありません。
 しかしながら、努力といっても、ただ自分の思いつきで、
がむしゃらに何事にも挑戦さえすればよいというものではありません。
 たとえば、これから書道を習おうとするとき、
立派な先生について、修練と努力を重ねる人は、
着実に進歩することでしょう。
 しかし、師を求めず、自分の才能と、
自分の信念で努力さえすればよいといって、
ただ毎日書きなぐっているだけでは、
上達することはできません。  
このように、その努力をより価値あるものに実らせるためには、
よき指導者の正しい教導に従って努力してこそかなうのです。  
ましてや意義ある人生、幸せな家庭、
人生の充実した喜びを持つためには、
その基本となる人生についての、
最大にして最高の指導者である仏の教導に触れるということが大切です。
 私たちは人生の土台となる根もとに、
真実の師である仏の教えを持ち、
その上に幹となる自分自身の人格と人間性を磨きつつ、
努力と精進を重ねる時、はじめて緑したたる大樹へと成長するのです。

577 :自民党変だよ:2005/09/17(土) 08:11:14 ID:4fVDxcB6
・・・事故万図区の世界だな。是ではだれも成仏しないぞ  上不況ボサツの趣旨を忘れたか  礼拝汁

皆の宗〜〜〜〜詰まらん公爵は道でも井伊から、世界平和の実現に突いて克たれ!!

皆の宗〜〜〜〜詰まらん公爵は道でも井伊から、世界平和の実現に突いて克たれ!!

皆の宗〜〜〜〜詰まらん公爵は道でも井伊から、世界平和の実現に突いて克たれ!!

578 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 11:05:38 ID:NnJgCH9g
午後までヒマだから揚げ足取りでもしてみる。

>459 なぜなら正しい信仰が、人生の根源の力になるからです。
正宗が正しい信仰である証明が非常に不安定なものです。

>461 正しい宗教とは法界の真理を悟り究めた仏の教えであり、
お前が勝手に決めただけだろ?(w

>個人の不安定な信念とは天地雲泥の異なりがあるわけですし、
>これを同等に考えることは
>宗教の意義をまったく理解していないことになります。
個人でも揺ぎ無い信念に身を投じた人は沢山いて、何人かは歴史に名を残しています。
彼らの功績を無視して 宗教の信念>個人の信念 と頭から決め付けるのはどうかと思います。

>462 けっして画一的な価値観や思想を押しつけるものではありません。
「この教えのみ正しい。他の宗教は地獄行き!だから折伏しる!」
という考えは画一的な価値観や思想に思えるのですが、、、。

>464 その宗教に没頭するあまり冷静な思考能力や批判力、判断力がマヒして、
>自分なりの理性を持てなくなるのではないか、 という危惧をもつ人がいます。
自分らの危険性がわかってるじゃねえか(w

579 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 11:20:47 ID:NnJgCH9g
>467 神や仏がまったく存在しないことを立証できるのでしょうか。
「UFOや宇宙人がまったく存在しないことを立証できるのでしょうか。」と同じ。
存在を主張する側が、まず証明してみせるのがスジだろう?
こっちはいてもいなくてもどうでもいいんだから。証明できたら信じてやるよ。

>469 衆生が生老病死の四苦を根本的に解決して
日蓮が病死したことは正宗信者はみんな知ってるの?
おばあちゃん信者なんかは、本気で「題目唱えれば健康になれる」って考えの人もいたぞ。

>そして法華経に予証されたとおりに末法の御本仏が日本に日蓮大聖人として出現されたのです。
やはり歴史学による末法時代のズレは捨て置けまい。知らない信者さんもいるんじゃないか?
だとしたら、正宗はきちんとした説明をすべき。「現在の歴史学では日蓮生年は末法ではない」と。
その上で、正宗の見解を述べるべき。


>470 日蓮大聖人の仏法が七百年間、厳然と存在し、全世界にわたる多くの人々に生きる力と、
>喜びを与えていることはまぎれもない事実です。
日蓮大聖人の仏法が七百年間、厳然と存在し、直系の弟子からいきなり分裂が始まり、
それぞれが「自分達が正しい、他は邪宗」のいつもの主張を繰り返しそれぞれの理屈で他を認めず、
現代に至るまで様々なカルトを生み出しながら、挙句与党にカルトを送り込み、多くの人々に
危機を与えていることはまぎれも無い事実です。

580 :あああ:2005/09/17(土) 11:27:56 ID:NFa1lQBv
一晩で、大分入りましたね・・・。とりあえず、遠くのほうの(笑)
僕の質問だけ答えさせていただきます。

452さんへ

一番目は、苦しいですね(笑)
二番目は、あの例えがおかしくないと思うのなら、これ以上説明できません。
三番目は、ごめんなさい(笑)
四番目は、そういうのを「揚げ足取り」って言うんですよ(笑)

581 :自民党変だよ:2005/09/17(土) 11:31:08 ID:4fVDxcB6
先に立つ人が仏法を行じないんだから、後の方が修行する道理はないですな。
仏法を修行しない所に、仏法が生きて衆生を利益する事はないよ。

に・しょう・きょう・し・しん ですよ

582 :あああ:2005/09/17(土) 11:31:53 ID:NFa1lQBv
456さんへ

「証拠」のことですか?これほどアホらしい質問はない
と思ってスルーしてたんですけど(笑)
僕がなんて答えるかなんて、聞かなくても分かりそうなもんだ(笑)

まあ、「答えろ」というなら、答えましょうか。
「決定的な証拠」を提示することはできません。「世界中の全ての宗教が」
ね(笑)。だから信じるか信じないかの問題なのに・・・。
子供でも分かりそうなもんだ。


583 :あああ:2005/09/17(土) 11:35:09 ID:NFa1lQBv
457さんへ

釈尊のもとでは一つだったんですってば・・・。

A1.釈尊の方法を受け継ぐのが「仏教」でしょ?「他の方法」って
  キリストとかのことを言ってるんですか?

A2.地獄界とは限らないと思います。

A3.上に同じ
A4.上に同じ

584 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 11:37:05 ID:NnJgCH9g
>470 「この世に神や仏などあるはずがない、信じたくない」と無神論に固執するならば、
>それは、精神異常者のような精神構造というべきです。
自分の意見に従わない奴は精神異常者扱いですか?

>474 想像してみて下さい。はたして本当に自分の信念と努力で、
>このように悩みや苦しみを乗り越えることができるのでしょうか。
自力で苦しみを乗り越えた人間には通用しない理屈。
気の弱い人間に脅しをかけてるように見えます。

めんどくさくなってきたからこの辺にしとこう。
長々貼ってくれてますけど読んでもちっとも心に響いてきませんよ。

585 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 11:43:27 ID:NnJgCH9g
>582
唯一の正しい教えと主張する側が、世界中の全ての宗教と同じでいいのか?

この宗教が正しいと主張するのであれば、正しいという理由がいるんじゃないの?
他の宗教と明確に違った「正しさ」の主張が。

信じる信じないかでいいなら、俺は信じないよ。
証拠がなくて、信者さんが正しいと言ってるだけのものなんか信じられない。

でもあなた方は折伏をするでしょう?この教えが正しいといって。
そこが矛盾してませんか?

586 :あああ:2005/09/17(土) 12:07:00 ID:NFa1lQBv
585さんへ

「決定的な証拠を提示できない」という部分で同じだと言ったんです。
「正しい」という理由については、「現象」を持ち出すしかありませんが、
僕も含めてですが、始めから信じて入信する人など皆無でしょう。

ただ、「信じる」って、「証拠」がいるんですかね?
例えば、友達が「100万円貸してくれ」と言ったとして、その友達が30回
金を貸したうち、30回きちんと返してたとしたら、貸しますよね。でも、
それは「信じた」んじゃない。「返ってくる」と「判断」したんですよ。
株と同じです。「証拠」という言葉に近いことで言うなら、警察は、犯人を
「犯人だと信じて」逮捕するわけじゃない。「証拠」から「判断」するんです。
「信じる」というのは、30回貸して30回返してない友達に100万円貸す
ようなことなんじゃないですかね。

確かに折伏は難しいです。身近な人でなければ、話を受け入れられないのも分かります。
ただ僕は、297さん(この方との話から始まったので)が、「奥さん」という最も
身近な人を信じられなかったということが腹立たしかったんです。しかも、297さんの
場合は、中立的で前衛的な1さんと違って、ただ、「自分が入信しなかったことを正当化したい」
という気持ちが見え見えでした。「自分の女が命掛けてるもんを信じられないなんてなんて小さい野郎だ!!」
と思ったので、彼の「矛盾」を必死で暴いたんです。もし彼の奥さんが、熱心な信徒さんであったなら、
きっと心の奥で旦那さんに対する不信感を持ち続けます。かわいそうですよ。
他のことが何にもできなくても、「自分の女が命掛けて信じてるもの」は無条件で信じてやらなきゃ、
男じゃない(笑)

587 :あああ:2005/09/17(土) 12:11:49 ID:NFa1lQBv
ですので、ここでの僕の書き込みも、「奥さん(になる)ひとに入信を勧められた」
という人にしか書いてません。そういう意味では、あなたの、

>でもあなた方は折伏をするでしょう?この教えが正しいといって。
そこが矛盾してませんか?

という意見に、勉強不足な自分を感じます。


588 :信者:2005/09/17(土) 12:57:23 ID:/Qw7AdYZ
あああさん貴方の言ってる事も分かりますが俺も親兄弟子供に入信をさせようと思いません自分の意志で信心してみたいと気持ちになれば紹介はします個人の気持ちが大事じゃないの?

589 :信者:2005/09/17(土) 13:02:51 ID:/Qw7AdYZ
だから真剣に信心してる彼女の真剣さが足りないんだと思いますよ俺の入ったきっかけ見てくれました?無信心の俺がその娘を論破しようと思えば勉強したんですから簡単ですけどその娘の真剣さに打たれ自分なりの信念を持ちながら俺も信心してみようと思ったのです

590 :信者:2005/09/17(土) 13:09:59 ID:/Qw7AdYZ
正宗で折伏すると功徳が上ると教えがありますがしなくても上るんだからいいじゃん例の彼女は入らないと結婚出来ないとか言ってんなら自分の功徳を上げたいだけみたいでアホくさいよ結婚相手を入れろなんて教えないし彼も不安ならやめれば?それか勉強し彼女を論破してみなさい

591 :あああ:2005/09/17(土) 13:55:27 ID:uTBQ060f
信者さん、あなたの書き込み一通り読ませてもらいましたが、
ヒドイですね(笑)。あなたはただ、「入信しただけ」です。
まだ、「信心」をしていない。もちろん、「本当に信じる」
ということは時間のかかることですので、あえて「今すぐ真っ直ぐ
信心しろ」なんてことは言いませんが。自分が日蓮正宗にいながら、
教えを否定するということは、自分の立場をいいかげんさを
顕してるだけですよ(笑)。あなたは、「入って」と言われたから
「入った」だけ。信じていない。でも、それでもいずれ来るべきときは
来ます。御授戒を受けてますから。みんな、信じたり疑ったりの繰り返しです。
気長にがんばってください。

592 :あああ:2005/09/17(土) 13:57:03 ID:uTBQ060f
ああ、ちなみに、折伏すると功徳が上がるんですか?初耳でした(笑)

593 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:04:53 ID:wlOzdrCA
仏力・法力の功徳は、他から安易に与えられるものではなく、
御本尊に対する信力・行力を磨くことによって、
はじめて積むことができるのです。
 ふつう“ご利益”というと、お金が儲かったり、
病気が治ったり、願いごとが叶うなどの
目前の現証だけを考えがちです。
このような今世の利益も大事ではありますが、
仏様はすべての生命は今世だけのものではなく、
過去・現在・未来の三世にわたって
永遠不滅なるがゆえに過去世の罪障を消滅し、
今世のみならず未来永劫にわたって清浄な幸福境界を
確立することが真実の利益であると教えられています。
 日蓮大聖人は功徳について、
 「功徳とは六根清浄の果報なり。(中略)
悪を滅するを功と云ひ、善を生ずるを徳と云ふなり。
功徳とは即身成仏なり」(御義口伝・新編一七七五)
と仰せです。六根とは、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根の
生命の識別作用の器官をいい、それが清浄になるとは、
六根に備わる煩悩のけがれが払い落とされて清らかになり、
ものごとを正しく判断できる英知が生まれることなのです。
 したがって正しい御本尊を信ずるとき、
煩悩はそのまま仏果を証得する智慧となり、
生命に内在する仏性はいきいきと発動し、
迷いの人生は希望に満ちた楽しい人生に転換されていくのです。
 これを即身成仏の境界というのです。
 正しい信仰を知らない人は、
この六根が無明の煩悩におおわれて、人生に対する判断に迷い、
とりかえしのつかない過ちを犯すことが多いのです。

594 :信者:2005/09/17(土) 14:05:40 ID:/Qw7AdYZ
やっぱり…って感じですね(笑)洗脳組ですね(笑)ここにも残念な方がまた一人
俺は信じてるし貴方の言う事も分かりますよ貴方は何を話しても無駄でしょうね正宗が攻撃される素ですから失礼ですが正宗の方ですよね?自分の考えは自分の為に使って下さい

595 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:07:34 ID:wlOzdrCA
>>593
日蓮正宗の信仰は、人間の生命を根本から浄化し、
英知と福徳を備えた幸福な人生を築くものですが、
その利益は個人の人間に止まるものではありません。
 大聖人は依正不二という法門を説かれています。
依とは、私たちが生活するこの国土をいい、
正とは、私たち人間のことです。この法門は、
人間の思想や行動がそのまま
非情の国土世界に反映するという
“不二”の関係にあることを明かしたものであり、
国土の災害や戦乱・飢餓を根本的に解決し、
悠久の平和社会を実現するためには、
正報である人間が清浄な福徳に満ちた生命に
転換しなければならないことを示したものです。
 私たちが三世にわたって即身成仏の境涯を築き、
しかも国土を平和社会に変える方途は、
日蓮正宗総本山大石寺に厳護される
本門戒壇の大御本尊を純真に拝し、
弘宣していく以外にはないのです。

596 :信者:2005/09/17(土) 14:14:42 ID:/Qw7AdYZ
ハハハ(笑)初耳でしたか?貴方は人話し聞いてないんですね何処の住職も同じような事言ってますよ。それともマニュアル信者さん達だから頭カチカチ誰の意見も聞かないんだ(笑)

597 :信者:2005/09/17(土) 14:17:19 ID:/Qw7AdYZ
俺だって功徳が上がるなんて思ってもないですよ(笑)聞かされて真に受けてる奴が居るから、こんなに批判されてるのが分からないのでしょう?

598 :信者:2005/09/17(土) 14:23:56 ID:/Qw7AdYZ
はいはい…マニュアルも石頭も結構です…めんどくさいから失礼します゛

599 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:27:50 ID:wlOzdrCA
質問の内容はいろいろな意味に解釈できます。具体的にいえば、
 「そんなによい宗旨なら」
 一、もっと昔から広まっていたはずだ
 二、もっと大ぜいの人が信仰するはずだ
 三、もっと学識者や著名人に受け入れられるはずだ
 四、もっと短期間に広まるはずだ
 などの意味を含んでいるように思われます。
 いま、これらの疑問に対して、まとめて説明しましょう。
 釈尊は法華経に、
 「此の法華経、最も為れ難信難解なり」
(法師品第十・開結三二五)  
と説き、法華経は随自意といって衆生の機根にかかわりなく、
仏が悟った法をそのまま説かれたもので、
教義が深遠なために難信難解であり、
さらに正法を信ずる時は必ず大難や障害が起るために
難信難解なのであると仰せられています。
 とくに末法は衆生の機根も邪悪な時代であり、
出現される仏も弘通される教法もより鮮明に
破邪顕正を旨とするものであるから、
迫害や誹謗は身命に及ぶものとなり、
弘教は困難をきわめるであろうと、釈尊は予言されました。
 釈尊の予言どおり、末法の御本仏日蓮大聖人の生涯は、
立正安国と衆生済度の大慈悲に貫かれ、
同時にまた邪悪な大難障魔との闘いの連続でもありました。
 日蓮正宗は日蓮大聖人の教えのままに、
法の正邪を峻別する折伏の宗旨であり、
個個の人間に活力を与え、現実生活の向上を説く宗教であるため、
封建主義の時代には、
民衆を抑圧して体制維持を計る為政者から弾圧されたのです。

600 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:30:30 ID:wlOzdrCA
したがって日蓮正宗の本格的な布教は、
信教の自由・布教の自由が認められた
のちといっても過言ではありません。
 折伏弘教が進むにつれて、
その反動としての中傷や妨害もさまざまに起りました。
なかには、せっかく日蓮正宗の話を聞いても、
「日蓮正宗は新興宗教だ」
「葬式の香典を全部持ち去ってしまう」
「病人と貧乏人の集まりだ」などの悪質なデマに惑わされたり、
世間の目を気にして入信できなかった人も多くいたのです。
 現在でも、正邪をはっきりさせることに抵抗を感じる人や、
信仰するよりは遊んでいた方が楽しいという人、
朝夕の勤行と聞いて尻ごみする人など、
入信できない人も大ぜいいるようです。
 そのようななかで、人生を真摯に考え、
先祖からの宗教を改めて日蓮正宗に帰依することは
実に勇気のいることであり、至難の業なのです。
それにも拘らず、日蓮正宗の信徒は、
現在、日本国内のみならず全世界に広く活躍しています。
 さまざまな障害のなかで、このように発展したのは、
正宗僧俗の折伏弘教の努力によることは
いうまでもありませんが、
何よりも日蓮正宗の仏法が正統であり、
御本尊に偉大な功徳が厳然とましますからにほかなりません。
 世間には学識者や有名者、
著名人といわれる人がおりますが、
このなかには日蓮正宗の信仰をしている人もいれば、
この宗教にまったく無知な人、
世評や保身を気にして信仰できない人などさまざまです。
ですから学識者や著名人が信仰するしないによって
宗教の必要性や正邪を判断することはあまり意味のないことです。

601 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:32:28 ID:wlOzdrCA
また“なぜ短期間に広まらないのか”という点ですが、
日蓮大聖人の仏法に大利益があるからといって、
一年や二年で願いごとがすべて叶うというわけにはいきません。
 なぜなら私たちには過去世からの種々の宿業があり、
花も時がこなければ咲かないように、
信仰の功徳が開花する時期は人によって異なるのです。
また賢明な親は子供の欲しがる物を言いなりに
買い与えないと同じように、
目先の願望を叶えるだけが仏様の慈悲ではありません。
いかなる時でも、正法を堅持し生命力を発揮して
人生を悠々と歩む人間に転換されていくところに
正法の真実の利益があるのです。したがって信仰の利益は、
他人の目から見て容易に判断できるものではありません。
 しかし信仰によって御本尊の功徳を実感し、
体験した人々の歓びと確信が、現在多くの人々を正法に導き、
真実の幸福への人生を歩ませているのです。
難信難解の正法を語り、
その功徳の素晴らしさを伝えていくためには、
着実な努力と時間の積み重ねが必要なことはいうまでもありません。
 あなたが、もし本当に
“日蓮正宗は社会に広く受け入れられていない”と
思い込んでいるならば、それは無認識による誤解であり、
さもなければ偏見というべきです。
 また“もっと大ぜいの人が信仰しなければ、
自分は信仰する気にならない”という意図で
冒頭の質問をされるならば、それはあたかも
“もう少し大ぜいの人が法律を守らなければ、
自分も法律を守る気がしない”ということと同じで、
良識ある大人のいうことではありません。
 他人がどうあろうと、周囲にどう評価されようと、
正しい道を知ったならば、確信をもって自ら邁進する人こそ、
真に勇気ある人であり、聡明な人というべきでしょう。

602 :信者:2005/09/17(土) 14:45:08 ID:/Qw7AdYZ
↑の人いい事言ってる
俺も一応はいろいろ調べたりしてるから納得できますまぁ調べた半分はダメな事言ったけどね

603 :あああ:2005/09/17(土) 15:12:10 ID:uTBQ060f
信者さん、功徳は信心によって得られるんですよ。折伏したからこれだけ上がるって
貯金じゃないんだから(笑)。勤行も、唱題も、折伏も、寺院の参詣も、
みんな大事なんだってば。「勤行、唱題しなくても折伏してればいい」
なんて言われないでしょ?

あとね、自分の考えを自分のために使っているようじゃ小さいですね。他人の
幸せのために使えるようにならんと(笑)

604 :信者:2005/09/17(土) 15:35:38 ID:/Qw7AdYZ
あああさん
言ってる事分かりますよ
貴方矛盾し過ぎ(笑)子供の屁理屈みたい(笑)初耳とか言ってたくせに思いだしたの?貴方の言ってる事は俺も聞いてます貯金?バァカですか貴方?誰も言ってないでしょ?確かに貯まると思ってる人たくさん知ってますよ

605 :あああ:2005/09/17(土) 15:36:33 ID:uTBQ060f
↑これはちょっと揚げ足取りだったかもな・・・。ごめんなさい。

606 :あああ:2005/09/17(土) 15:38:48 ID:uTBQ060f
あやまる前に入っちゃった(笑)

「折伏で功徳が上がる」なんて聞いたことないなあ・・・。

607 :信者:2005/09/17(土) 15:42:48 ID:/Qw7AdYZ
それに俺が自分の考えは自分の為に使って下さいって意味は違うんだけど面倒臭いから止めます説明しても屁理屈が返ってくるだけだしね。貴方の相手疲れるしお・し・ま・い

608 :信者:2005/09/17(土) 16:06:40 ID:/Qw7AdYZ
これ以上話しあるなら明日寛師会に来ます?来るなら声掛けて下さい言いたくないけどテレビに出てるからすぐ分かりますよ

609 :あああ:2005/09/17(土) 16:26:26 ID:uTBQ060f
いや、別に僕のほうには話はないですけど。

610 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 18:52:57 ID:RJbtkFSm
うざい宗教なんだよアホ

611 :城跡 ◆A9eqxCj2iU :2005/09/17(土) 18:56:25 ID:k2lOH/QG
>>610
宗教うざいんだよアホ
じゃないからどこかの信者でつか?

612 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 19:11:25 ID:RJbtkFSm
デブの池田です

613 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 20:05:50 ID:wlaCyFQD
その悟った姿が日顕大性人様である。

614 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 21:37:57 ID:NnJgCH9g
あああさん。

俺が危惧するのは、信じてしまったがゆえに
学会や顕正にながれた人がいるということ。
日蓮の教えが正しいと信じた。
その時、宗門内の学会や顕正に属していた。その時は宗門内の派閥と認識されていた。
しかし分裂したとき、自分の属した団体と共に正宗を離れた人もいるだろ?
今、宗門と学会や顕正は、かつて同じ釜の飯を食っていた仲だったにもかかわらず
泥沼の罵り合戦やってんじゃん。

何故、正宗が正しく他は誤りなのか。
明確な基準による「判断」ではなく「信じた」為、邪宗へと流れた。

あああさん。純粋な心で信じることって素晴らしいことだと思うよ。
でもさ、それは諸刃の剣なんだよ。1歩間違えると、邪の道へ
突き進んでしまうかもしれないんだよ。

個人なら別に問題ないんだ。でも正宗も学会も顕正も折伏するだろ?
邪宗を邪と感じないまま「正しい教えです」と信じ切って来るんだ。
そういう人間を生み出すから、俺はやめろと言ってやりたいんだよ。

615 :信者:2005/09/17(土) 22:09:21 ID:/Qw7AdYZ
614さん凄いツボついてますねぇ拍手です、でも誰かさんには効きません残念ですが…正宗とゆうママの言う事しか聞けないマザコン達にわ

616 :信者:2005/09/17(土) 22:12:35 ID:/Qw7AdYZ
614さんの意見ゎ日蓮系だけでなく全ての宗教に言えると思いますよ普通の考えなら思う事ですよね(笑)

617 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 22:23:11 ID:wlaCyFQD
援助交際してる坊さんにご供養してんだよな・・。

618 :ポリニチレン:2005/09/18(日) 00:00:06 ID:IRMsxSA0
>>479
別に、迫害というほどの事ではなくても、被害妄想の強い
彼らは、迫害ととらえるでしょう。


619 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:33:36 ID:JEzehRGV
>>618
ですな。矛盾は矛盾、ヘンなものはヘンと言っているだけなんですけどね。

620 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:41:49 ID:YeyoJvUD
>>582
ひょっとして、あああさんはアンチ日蓮正宗ですか?
証拠がアホらしい?
それは、日蓮が諸経典を元に自分の教えのみが成仏
出来ると生涯をかけて証拠を示そうとした努力に
対する冒涜ですぞ?
勿論、今では、日蓮の説明は完全に否定されている
けど、それにしても信者である以上、どうして日蓮
の教えのみが成仏出来ると言い切ったか、その証拠
は知っておくべきでしょ?

>>583
釈迦のもとでは一つって・・・鎌倉時代の僧侶は釈迦の
時代には存在してません。元々、それぞれが別々に
自分の教えを説き始めたのですよ?
一緒にやっていた事もないのに仲間割れとは、これ
いかに?

A1
 釈迦の方法を受け継ぐのが仏教だとしたら、
少なくとも日蓮正宗は受け継いでいませんね。どの
経典にも南無妙法蓮華経なんて題目はありませんから。

A2
 地獄界とは限らないとは? 他にはどんな世界が?


621 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 00:45:07 ID:YeyoJvUD
>>586
「正しい」の理由は「現象」を持ち出すしかないですか・・・
なら、私の周りの正宗信者は不幸な人が多いので、正宗
は正しくない宗教、俺の周りの学会の人たちは幸せそう
にやってるので正しい宗教ってことになるね。
好き嫌いでいえば、両方嫌いだけどw

>>592
日蓮の教えでは折伏自体が修行なんだから、当然あがると
考えるのが信者の立場でしょう。
やっぱり、この信者さん、外野の私以上に何も知らないな。
本当に信心してるのかねぇ〜

>>603
信者さんは、折伏だけしていればいいなんて一言も書いて
ないが? また、曲解癖が出ましたね?


622 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 02:16:54 ID:iPftyzO1
あああは実は情けない弁明して正宗の法を下げようとしてる工作員?

623 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 03:12:05 ID:cGsPB/uQ
>586
>他のことが何にもできなくても、「自分の女が命掛けて信じてるもの」は無条件で信じてやらなきゃ、
>男じゃない(笑)
こういうことが言えるってのは男気あってカッコイイわな。
でもさ、もし奥さんが「命掛けて信じてるもの」が、統一教会やアーレフだったら
無条件で引き戻そうとしないか?
正宗だから信じたのか?他の教義なら信じなかったのか?
頭で考えて判断しないと。道を誤るとはそういうことだと言いたいんだが。

>622
なんか、俺もそんな感じしてきた。
コピペ貼りまくってるやつも、ひょっとしたら・・・。

624 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 03:35:53 ID:XENQZL3x
現在日本における宗教法人の総数は、
十八万三千四七一あり、
法人格を持たない宗教団体を含めると
二十二万七千余もあるといわれています。
(平成九年 宗教年鑑調査による)
 これほど多くの宗教を、
実際に自分の目で善悪を確かめたいといっても
それは不可能なことです。
 またそのなかで仏法の教えは特に難信難解であり、
体験の世界でもありますから、
私たちがただ頭で宗教の正邪を理解しようとしても、
十年、二十年、または一生涯を費やしても
できることではありません。
結局はどの宗教が正しいのかもわからず、
信仰の道に入ることもできないでしょう。
 たとえば川を渡ろうとする人が橋の手前で、
この橋はいつ、誰が作ったのか、材料はなにか、
今までこわれたことはないか、などと詮索し続けて、
結局向う岸に行きつくことができなかったという話があるように、
すべてのものごとに対して、
理解し納得しなければ信用しないという人は、
一日たりとも生活できなくなるでしょう。
 時には批判し、詮索することも必要ですが、
元来仏教に限らず、すべて宗教は信ずることから始まります。

625 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 03:37:35 ID:XENQZL3x
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなたの真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。

626 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 03:59:18 ID:6xWAY222
自分は親が日蓮正宗です。
小さい頃から創価学会は日蓮さんよりもいけだだいさくを拝めとゆう良くない所だ。
信者からお金をまきあげている。金の為に公明党を作ったとか聞かされてきました笑

あと日蓮正宗が日蓮さんの意思を一番ちゃんと継いでいて一番正しいみたいな事もゆうてた

他に日蓮宗とゆうのも有るみたいですが何がどう違うんですかね???

自分は日蓮さんはいい人なんやろうけど 旦那を日蓮正宗に入れようと思う程熱心ぢゃないし、宗教ってただの気休め位にしか思ってない(先祖は大事にしなあかんやろけど

日蓮の系統ってみんな太鼓ドコドコ叩くんですかね?墓参り行くたんびに太鼓うるさいです(^_^;ちなみにうちの正宗は卒塔婆代と御供養?で3千円ほど包むだけで寄付要求されるとかはなぃみたいです
ってか普通結婚したら旦那の姓を名乗るんやし長男やったら旦那の墓に入るんやし宗教も旦那の所に入るのがふつうちゃうん??
きっと彼女も小さい頃から親に洗脳されてるんやろな

627 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 07:42:21 ID:JEzehRGV
■ 淫行容疑で下関の住職(武冨道晋)逮捕
(2004年9月28日「毎日新聞」より)

-------------------------------------
-------------------------------------

興本寺 武冨道晋福岡県警折尾(おりお)署は9月27日、
下関市小月本町2の住職、
武冨道晋(たけとみ どうしん)容疑者(39)を
福岡県青少年健全育成条例違反
(淫行)容疑で逮捕した。

調べでは、9月10日午後2時半ころ、
同県遠賀町(おんがちょう)のホテルで、
未成年と知りながら岡垣町(おかがきちょう)の
高校3年の女子(17歳)にみだらな行為をした疑い。

2人は7月下旬に「ツーショットダイヤル」で知り合った。
4、5回関係を持ったと話している。

女子の様子を不審に思った母親が事情を聴いて判明。
自宅近くに武冨容疑者を呼び出させたところ、
母親に気づいた武冨答疑者が車で逃走。

その際に母親に当たり、
事故処理をした署員が説明を受けて分かった。


628 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 08:07:41 ID:YeyoJvUD
>>626
まぁ、あれですわ。
日蓮正宗の人に言わせれば信仰=命をかけるって事らしいが、
旦那には自分に対して命をかけさせて(信仰を強要)おいて、
自分は旦那側の墓にさえ入ることはしないって事ですわ。

奥さんが旦那を愛しているなら、その旦那の信仰してきた
宗教に少しは理解を示そうとするのが本来の姿なんだけど
自分のことは理解させようとするけど、相手のことは理解
を示そうとする姿勢すら見せないってことね。

ここに来ている熱心な信者はみんな同じ。

629 :ピンポンダッシュ:2005/09/18(日) 08:55:45 ID:acskooKq
>>626


日蓮正宗というか 富士門流系は一部を除き太鼓を使いませんね。 祈念重視


>太鼓ドコドコ叩くんですかね?

それを、化他の修行といいます。  天鼓という。
五月蝿いと思う人には、騒音にしか聞こえない。

声、仏事を茄子。南無妙法蓮華経と声も惜しまずに皆の耳にお題目を聞かせる事。

不軽菩薩は、叩かれても、遠く離れて猶声高らかに二十四字を唱えた・・・・と御経文に書いてあります。


630 :ピンポンダッシュ:2005/09/18(日) 09:05:04 ID:acskooKq
あと、ここはソニーとかわらないな
警察も草加関係者が多くなってきてるから、地域の行事で協力をお願いしても
否定されたり、許可が下りなくなってきている。

日蓮正宗というか不字形の方々は、猪みたい

631 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 09:07:02 ID:cGsPB/uQ
富士門流系って、大石寺に行くんじゃないの?
大石寺ではドンドコやってるって聞いたけど、そんなとこもあるんだ。

太鼓ドンドコやるのは、宣伝効果を狙ったという話を聞いたことがあるが
本当だろうか?
流布するために、題目とセットで大音量で流して周りに聞かせる為とかなんとか。

632 :信者C:2005/09/18(日) 09:12:19 ID:hIb1zNZu
えっとー他にも信者さんがおられるようなのでCとさせていただきました。。。
最初から読んでみましたけど、アンチの方の批判は筋が通り、実際わたしも
いろいろ気になって調べてみたけど、アンチの方の書き込みに間違いはない。
だとすると、うちの宗派が間違ったことを教えてるってことになるんだけど、
親の代から熱心に信仰を続けるわたしにとって、日蓮正宗への信仰はお守り
みたいなもの。たとえ間違っていたとしても捨てられないんですよ。。。
たぶんアンチの方は、うちの宗派が他宗に対して攻撃的な考えをしている
ところが嫌いなんでしょうね。でも、これがうちの宗派の核でもあり、優位性を
示す方法なんですよ。だから、たぶん変わらないと思うんです。信者としては
うちはうちでやっていればいいことで他を批判することないじゃんとは思うん
ですけどね。宗教は信仰するものにとってなくてはならないものですが、こう
いった争い事は嫌いです。こんな争いをするぐらいなら、いっそのこと宗教
なんてなくなればいいのに。。。なんてことも思ったりしてしまいます。

633 :ピンポンダッシュ:2005/09/18(日) 09:20:49 ID:acskooKq
>>631
それじゃ、ウヨと変わんないジャン   w

634 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 11:00:51 ID:/6I8oEVQ
>>631
太鼓ドンドンは、大音量により一種のトランス状態にするためだよ。

題目もそう。


南無・妙法蓮・華教 って感じで○の部分を強く発声するでしょ?

これは、ズン・チャッ・チャッのワルツに代表される三拍子のリズムで、
三拍子は体だけでなく心を躍らせる効果がある。

ご存知の通り、日蓮も最初は南無阿弥陀仏の念仏も南無妙法蓮華教
の題目も唱えていたんだけど、日蓮の性格(気性が激しい)が題目を
選ばせたような気がする。

ここで、日蓮仏法しか知らない人は、一つしか正解はないように思い
込んでる(思い込まされてる?)けど、天台宗みたいに念仏も題目も
採用していた宗派だってあることは知っておいた方がいいと思う。
ちなみみ、朝は題目でテンションを上げ、夜に念仏で心を鎮めていた。
朝は暑いシャワーで目を覚まし、夜はぬるめのお風呂にゆったりと
浸かるというのと似てますよね。

635 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 11:28:47 ID:/6I8oEVQ
さっき、久しぶりに日蓮正宗の公式HPを読んでいたのですが・・・

>御本尊にそなわる題目の功徳によって、父母を救い、先祖代々の人々を成仏させ、
>また、未来の子孫をも救済する福徳を得ることができる。

らしいですね。

つまり、例えば自分の親が熱心な日蓮正宗信者であれば、自分を含めて未来の子孫
達も救済されると・・・

1さんには朗報ですね。
何も1さんが入信しなくたって、婚約者の両親は既に信者さんですから、あなた方の
お子様やお孫様の代まで福徳を受けることが出来るんですから。
ついでに婚約者である彼女さんも脱会しちゃっても良さそうですね。

信者に対するエサのつもりで書いたのかも知れないけど、根も葉もないことを書くから
こんな突っ込みがされるんですよ>日蓮正宗公式HP様

636 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 11:30:23 ID:/6I8oEVQ
>>634に区切り方に間違いがありました。お詫び、訂正いたします。

○ 南無妙・ 法蓮・華教
× 南無・妙法蓮・華教

637 :あああ:2005/09/18(日) 12:46:36 ID:ISFq4TsW
614さんへ

>俺が危惧するのは、信じてしまったがゆえに 学会や顕正にながれた人がいるということ。
おっしゃること、よく分かります。でも、だからと言って、
「信じることが間違ってる」「何もしないことが正しい」とは思えないです。

>純粋な心で信じることって素晴らしいことだと思うよ。
でもさ、それは諸刃の剣なんだよ。1歩間違えると、邪の道へ
突き進んでしまうかもしれないんだよ。

これも、よく分かります。オウムだって、イスラム教徒だって、
「純粋な心で信じてる」ことと思います。だから、正法を見極めることが
大事なんだと思います。ただし、見極めるのは、決して「目」や「理屈」
ではないと思っています。





638 :あああ:2005/09/18(日) 12:56:48 ID:ISFq4TsW
620さんへ

582に関しては、624さんが書いてくれてますので。

583に関しては、

>自分の教えを説き始めた

違います。経典というテキストに対して、それぞれ違う答えを出したんです。

A1.僕は教学疎いんで、説明はできませんが、そんな短絡的な意味じゃないと思います。

A2.畜生界、餓鬼界、他



639 :あああ:2005/09/18(日) 13:02:45 ID:ISFq4TsW
621さんへ

586に関して
他人の目に映るものが全てじゃないです。
そんな短絡的なことじゃないと思います。

592に関して
「信心」とは、全てを含んでるでしょ。一部一部に分ける考え方がよく分かりませんね。
それと、「功徳」って「ある」とか「ない」とかじゃないんですか?「上がる」っていう
ニュアンスもピンときません。

603に関して
ごめんなさい

640 :あああ:2005/09/18(日) 13:07:13 ID:ISFq4TsW
623さんへ

>もし奥さんが「命掛けて信じてるもの」が、統一教会やアーレフだったら
無条件で引き戻そうとしないか?

僕だったらとりあえず妻を信じます。統一教会もアーレフも知りませんし。
その上で、どうしても間違ってると思えば引き戻します。「対岸」からは
何もできません。ただ、今は「信じるもの」があるのでちょっと違いますけど。


641 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:12:18 ID:/6I8oEVQ
あああさんへ

書き込みに対してレスを付ける時はアンカーを付けると
いう2ちゃんのルールをお守り頂けますか。
そうして頂かないと、書き込みを追うのが大変なんです。

半角不等号二つと半角レス番号をつけるだけですので。
>>637

642 :あああ:2005/09/18(日) 13:12:31 ID:ISFq4TsW
628さんへ

僕にしても、1さんにしても、297さんにしても、自分の宗教に
命掛けてたわけじゃないんですよ。そこが「逃げ」だと言ってるんです。
もちろん、命掛けて信じてるもの同士なら、大変な話し合いが必要だろうし、
筋として女の側が折れるべきだという意見も分かります。

643 :あああ:2005/09/18(日) 13:14:02 ID:ISFq4TsW
>>642

644 :あああ:2005/09/18(日) 13:16:06 ID:ISFq4TsW
ほんとだ!!できた!!!
ありがとうございます。できなくて困ってたんです(笑)

645 :あああ:2005/09/18(日) 13:22:21 ID:ISFq4TsW
誰と何の話をしてるのかよく分からなくなってきたんで(笑)
僕に対する意見、質問は、名前のある人だけに限らせていただきます。
すみません。

646 :いいい:2005/09/18(日) 13:51:57 ID:acskooKq
こんな所で意見交わしている暇があれば、街頭に出てご修行してきなさい!

647 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:54:05 ID:YpXI9Qg0
↑(笑)

648 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:56:46 ID:/6I8oEVQ
あああさんのように、自分の力では何ともならないと思い、宗教に頼るのも人生。
宗教なんか必要ないと、自分の力で人生を切り開こうとするのも、また人生。

少なくとも、1さん、297さん、そしてあああさんも、人生の大切な節目において、どちらを選ぶか
決断してきた(する)。信仰が命がけのことだとしたら、選ぶのも命がけなら、選ばないのも命がけ。
成仏なんて所詮人が作り上げた概念。人生の終着駅を何処にするかは人それぞれの自由。
「逃げ」なんて言葉を使って、自らの選択のみを正当化し、他人の選択を見下すようなことはしない方がいい。

人生に「逃げ」があるとすれば、それは自らの命を絶つ時だと思う。

それと、レスのつけ方について、一度も試しても聞いてもいないのに、できなくて困ってたなんて白々しいことは
言わない方がいい。人のを真似ればすぐできる。難しいことではない。

そして、あなたは、教学については「疎い」という一言で片付ける。命がけで信仰している人の態度とはとても
思えない。

ここまで読んできて、何に対しても上辺だけな浅はかな人だなぁと思った。

不愉快に思うかも知れない。けど、そういう風に他者に見えるということは覚えておいた方がいいと思う。
題目を毎日唱えているより、人の話に耳を傾ける方が、自分の精神を浄化してくれることだってある。

俺はコテハンじゃないので、あああさんのレスは必要ない。
ただ、言葉には注意をした方がいいと思う。日蓮正宗信者の人格を疑われるので。


649 :あああ:2005/09/18(日) 16:11:16 ID:ISFq4TsW
>>648
>>262
 ↑ 
どうしましょ(笑)

レスは必要ないって・・・言い逃げかい(笑)

650 :あああ:2005/09/18(日) 16:13:02 ID:ISFq4TsW
>>646
仕事中ですんで・・・。

651 :あああ:2005/09/18(日) 16:26:21 ID:ISFq4TsW
行き詰ると「あなたは間違ってる!」的な抽象論か、「返事はいらない」
の議論の放棄。何の意味があるんだか。

652 :648:2005/09/18(日) 17:23:46 ID:/6I8oEVQ
>>649
アンカーの件は私の見落としです。失礼しました。
けど、他の人と同じようにやってみればいいことだよ。
それをしようとしないから上辺だけって言ってるの。

レスは必要ないって書いたのは、あなた自身が名前がある人しか
受け付けないって書いてるんでしょ?
だから要らないって書いたわけだが?
この人、ほんと、二枚舌だわ・・・

653 :あああ:2005/09/18(日) 17:34:47 ID:ISFq4TsW
???
「返事はいらない」から名前付けなかったんでしょ?
議論する気はないってことじゃないの?
まあ、どうでもいいことだけど・・・。

654 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:44:21 ID:7MlvElHd
コテハンの強要はいくない。
その前に2ちゃんではコテハンは推奨されてないはずですが?

655 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 18:09:11 ID:/6I8oEVQ
はぁ?
今日は朝からコテハンなんて付けてないが何か?
なんで、俺が君のルールに則らないといけないんだ?

あのね、君が勝手に名無しには返事しないってルールを作っておいて
そのルールにたまたま俺が当てはまったってだけだろ。
でもな、それは君が勝手に作ったルールだ。
議論をするかどうかも君次第だ。
しなくても結構。何か言いたければ言えばいい。

自分が勝手に作ったルール=みんなのルールに決め付けるところは
日蓮正宗ゆずりの論法だな。恐れ入ったよw


面白いのでageておくよ。


656 :あああ:2005/09/18(日) 18:15:51 ID:ISFq4TsW
>>655
???コテハンて何?
654を僕と勘違いしてるのかな・・・?

このひと、勘違い多いな・・・。

657 :654:2005/09/18(日) 18:33:48 ID:7MlvElHd
えっとー・・・わかりにくかった?
あああさんがコテハンにしかレスしないと言った事に
それはコテハン強要と同じだという意味で書いた。
勘違いさせたのならごめん。

658 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 18:35:19 ID:/6I8oEVQ
>>656
コテハンの意味も調べもしないで、人を勘違い扱いかい?
googleでもYahooでも検索すれば一番上に出てくる。

コテハン=固定ハンドル
また人の発言を理解しようともせず、中傷が出ましたね!
君と話していると、いろんな失態が出て面白いですよ。


>>655は君に対する発言だよ。

659 :あああ:2005/09/18(日) 18:37:01 ID:ISFq4TsW
えっと・・・すみませんが、「コテハン」
が何だか、僕知らないんですよ。
だから、チンプンカンプンです(笑)

660 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 18:38:09 ID:cHeZ4hXy
オマエラウザイ

661 :あああ:2005/09/18(日) 18:38:44 ID:ISFq4TsW
ほうほうなるほど。

なんにも中傷してないんですけど・・・(笑)

662 :あああ:2005/09/18(日) 18:46:38 ID:ISFq4TsW
>>657
なるほど、僕の書いたのが「コテハンの強要」で、
「それは推奨されてないですよ」ってことか!
分かりました。じゃあ、撤回します。すみませんでした。

663 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 19:19:49 ID:PaUmVq3P
日蓮正宗の友人にさりげなく言った。ゆう通りにしないと、地獄に落ちる。ゆう通りにすると天国に行けると、昨日さ、女王の教室で言ってたんだけど。と言ったら、層かは、そういう風に言うと返ってきた。
じゃあ、聞きたい。アンタが言った「日蓮正宗に入って、お題目をあげないと幸せになれない」と層かの「ゆう通りにしないと、地獄に落ちる」の違いを100文字以内で述べてくれ。
大体、漏れに「霊感が無いから、説明しようがない」って言われてもね…前世のせいとか過去にした事のせいとか、先祖供養をしないからとか言われても、見た事も無いものを、どうやって信じろってのよ。
はぁ…でもね。今が辛いからってさ、早く生まれ変わりたいとか言う様な人に何を言われても説得力無いから。今を一生懸命に生きてるなら、まだしも…

664 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 21:17:07 ID:rNsedsyj
法華経比喩品にあるとおり,正法時代は5億年以上あります。

「したがって,末法の世の本仏」

なんてのは真っ赤な嘘。(爆)

665 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 21:58:29 ID:XENQZL3x
勤行(ごんぎょう)とは、
「勤(つと)めて善法(ぜんぽう)を行うこと」を意味し、
時を定めて、
仏前で読経・礼拝(らいはい)することをいいます。
 日蓮正宗の勤行においては、御本尊に向かって、
法華経の『方便品第二(ほうべんぽんだいに)』と
『寿量品第十六(じゅりょうほんだいじゅうろく)』を
読誦(どくじゅ)し、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。
 勤行では、仏法僧の三宝への報恩謝徳、
広宣流布と諸願の成就、
先祖の追善供養などを朝に五座、
夕に三座を勤めます。大聖人は、
 「朝々(ちょうちょう)仏と共に起き、
夕々(せきせき)仏と共に臥(ふ)す」
―御義口伝(おんぎくでん) 新編1749)―
と示され、
一日の生活を仏と共に送ることを教えられているように、
朝夕の勤行はたゆまず実践することが大事です。
 朝夕の勤行こそ信心の根本であり、
御本尊の広大無辺の功徳を受け、
成仏という真の幸福境界(きょうがい)を得る源泉なのです。

666 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:11:12 ID:PaUmVq3P
はいはい

667 :614とかいろいろ:2005/09/18(日) 22:28:39 ID:cGsPB/uQ
あああさん。

あなたの覚悟はわかったよ。
そんだけの覚悟なら信心してもいいと思う。

ただ、他の絶対主義的な教えを信じている人間すべてがあなたのように
「この教えこそ正しい」「正しい教えにめぐり合えてよかった」「他宗は邪宗だ。地獄に落ちる」
「信仰してみないと教えの正しさは実感できない」「理屈でつじつまが合わないのはとりあえず棚に上げる」
こういうことを実践してるんだよ。

もし、あなたの愛する人がエホバあたりを信じていた。正宗を知る前の貴方ならエホバを
信じたかもしれない。
そうなればあなたは「エホバこそ正しい。現象面でしか正しさは証明できない」
と言ってたかもしれない。
その危険性があったということを、頭のすみっこにでもおいといてください。

668 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:30:05 ID:cGsPB/uQ
>665
どんどん貼って、正宗のカルト性を吐き出してやれ(w

669 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:42:00 ID:acskooKq
>>665
>仏法僧の三宝への報恩謝徳

報恩謝徳って。    御恩報謝なら意味がわかるけど。

670 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 23:07:25 ID:PaUmVq3P
入って、お題目をあげないと幸せになれない、不幸になるって、本気で言ってる辺りヤバイから。何か、上の事を電話するたびに言われるのもウンザリしてきた。そろそろ言おうかな。

671 :614とかいろいろ :2005/09/18(日) 23:35:21 ID:cGsPB/uQ
実際、信じてしまえば幸せになれると思うんだよね。

題目あげたり、唱題したりしてるときは「ああ、私は今修行している。信心倍増している」
と、自己満足。
折伏して、ヒドイこと言われたら「法難にあってる。書いてある通りだ。すげえ!」
と、頭で考えずに納得。
他宗教の人間を見たら「私が彼らを救ってやら無いと」
いいことしてる気になれる。

正直、俺も信者になってしまいそうになった。魅力はあったよ、確かに。
が、やっぱり踏みとどまった。なんか違うなって。

672 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 01:00:40 ID:VL2MJR9D
>>671
そうそう、そのロジックなら上の方で書かれていた
鰯の頭も信心からってのと変わらないんだよねぇ〜

ところで、>>671さんへのレスとは関係ないんだけど、
あああさんの話が誰にも通じないのは、宗教以前の
問題で人間性の問題。
>>661 ほうほうなるほど。 と、人を舐めた相槌
>>659 だから、チンプンカンプンです(笑) と、小馬鹿にした態度
>>656 このひと、勘違い多いな・・・。 と、自分の無知を人の勘違いのせいにし謝らない
20カキコぐらい遡っただけで、こんな風ですからね。
こういう人がいくら頑張っても説得力皆無。

あああさんは何をムキになってるんでしょうね〜

673 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 02:33:56 ID:xHINElbX
670だけど、イワシの頭を信心しまーす。
だから、しつこい話はやめてけれ

674 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 02:58:11 ID:q5Mwzxyw
全国の寺院では毎月十三日(寺院の事情によって前後する)
を中心に、宗祖日蓮大聖人に対する御報恩御講
(ごほうおんおこう)が執(と)り行われています。
大聖人は、「仏弟子は必ず四恩(しおん)を知って
知恩報恩をいたすべし」―(開目抄(かいもくしょう) 新編530)―
と仰せられているように、父母の恩・衆生の恩・国土の恩・
三宝の恩を知って、報恩の道を尽くすことの大切さを
教えられています。とりわけ衆生を成仏に導く三宝の恩は
もっとも深重なものです。御講に参詣し、
御本仏大聖人に御報恩申し上げることは、
この三宝への報恩の実践となるのです。
御講では献膳(けんぜん)・読経・唱題の後に、
大聖人の御書をとおして僧侶から信仰のあり方についての
法話があります。大聖人は、法を聴聞する功徳について、
「法師品(ほっしほん)には『人有って八十億劫の間、
無量の宝を尽くして仏を供養し奉らん功徳よりも、
法華経を説かん僧を供養して、後に須臾(しゅゆ)の間も
此の経の法門を聴聞する事あらば、
我大(だい)なる利益功徳を得べしと悦(よろこ)ぶべし』と見えたり」
―(松野殿御返事 新編1047)―
と仰せられ、その大なることを教示されています。
このように重要な意義ある御講には、
毎月欠かさず家族揃(そろ)って参詣し、
真心からの御報恩を尽くしていくことが肝要なのです。

675 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 04:20:52 ID:xHINElbX
引ーっ越し!

676 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:04:09 ID:VL2MJR9D
あああさん、教学勉強されたらどうですか?
自分が信仰するだけなら「凄い!」と思える何かが
あれば十分でしょう。ただ人と対話をするには、
やはり、その中身の凄さを客観的に示せる論拠が
なければ、難しいと思うよ。
現に、誰一人として、あああさんの言葉に同意を
示している人はいないんだから。
ここは日蓮正宗についてというスレだけど、あああ
さんから伝わってくるのは信仰の素晴らしさという
ことだけで、それ以外は何も伝わってこない。
あああさんの言ってる程度の事なら、なにも日蓮
正宗じゃなくたって言えるわけですよ。
見てると、日蓮正宗以外の人の方が教学について
詳しいし、命がけでやってると言い切るわりには
表面的なんだよね。
この先、凄い凄い!で通すのも、一から教学を勉強
して出直すも自由だけど、今のままでは恥ずかしい
ことだと思うよ。考えてみてね。

677 :いいい:2005/09/19(月) 08:33:57 ID:jHxep84U
まだこんな所で意見交わしているんですか? 暇があれば、街頭に出てご修行してきなさい!

678 :あああ:2005/09/19(月) 10:12:55 ID:L8dmLdf/
>>667

それはよく分かります。全くおっしゃる通りです。
ただ、他の信仰をしている方は、「現象」を感じているのかな?と思うのです。
「初めから信じれる人はいない」とか、「信心は理屈じゃない」
とか色々書きましたが、やはり「何か」ないと信じられないというのは
分かります。他の宗教の方も、「感じている」というのであれば、
現時点の僕では、それ以上何もいえないというのが現状ですね。

679 :あああ:2005/09/19(月) 10:22:12 ID:L8dmLdf/
>>672

誤解だと思います。
>>661 ほうほうなるほど。
は、>>658のコテハンの説明に対しての答えです。その前のレスが
入れ違いになってしまったんで、誤解されたのだと思いますけど。
>>659 も、コテハンの意味が分からなかったので、チンプンカンプンだと
言ったのであって、決して小馬鹿にしたつもりはありません。

>>659を書いている間に>>658が入ってしまったんで誤解を招いたんだと思いますが、
分かってください。ですので、別に「コテハン」の話題にムキになっていたわけじゃ
ないです(笑)

680 :あああ:2005/09/19(月) 10:25:07 ID:L8dmLdf/
>>672 ですので、>>656も、「勘違いのせい」にしたのではなく、
僕の「勘違い」です。>>655さん、ごめんなさい。

681 :あああ:2005/09/19(月) 10:50:29 ID:L8dmLdf/
>>676
確かに、勉強しないとダメですね(笑)。お寺でも「教学は勉強しなくていい」
なんて絶対に言わないですからね。

ただ、僕がここで言いたかったのは「日蓮正宗がどうの」ということじゃなく、
「その(宗教に対する)考え方は矛盾してるんじゃないの?」という、「一般的」な
部分だったんですよ。ですので、「教学はおいといて」という立場を取らせてい頂いてたんですけど。
だから、「経典は結論付けるものではない」と言いながら、「経典を勉強して自分で信心している」
とか、「日蓮正宗は他宗を誹謗するから間違ってる」と言いながら「派閥は必ず否定しあっている」
という常識に対して反論できないとか、その他色々ありましたが、
そういうことに対して、意見させて頂いてたんです。

だから、「経典にはこう書かれているが、日蓮正宗では、どう解釈しているのか」
と聞かれれば、僕には反論することはできません。勉強して出直してこなきゃなりません。


682 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 12:13:27 ID:L69A0pBc
日蓮正宗では火葬の際、のど仏を他の遺骨と一緒に一つの壷に納めるのでしょうか?
それとも、のど仏だけ別の小さな骨壷におさめ、寺におさめるのでしょうか?

683 :297:2005/09/19(月) 14:02:00 ID:lJhjY5UD
スレ主さん、あああさん、その他の皆さんお久しぶりです。
あああさんと話がかみ合わなくなってきたので、ちょっと傍観してたのですが、
>>681のあああさんの発言を読んで、思うことを書かせて頂きます。

あああさんと私やその他の皆さんの発言が噛み合わないのは、前提条件の
違いにあると思います。

あああさん(と言うか日蓮正宗)は正しいものは一つ。それ以外は邪として考え
られています。一方で、私を含め多くの方は、正しいものは色々あってもいいと
考えています。

ですから、あああさんは「派閥は必ず否定しあっている」ことが常識という考え
方になりますけど、他の多くの宗派は正しいものは一つという考え自体があり
ませんから、他の宗派のことも否定したりすることもありません。




684 :297:2005/09/19(月) 14:08:13 ID:lJhjY5UD
後は、仏教に対する捉え方の違いもあるようですね。

あああさんにとって仏教は完全に信仰の対象なんだと思います。教えの中身
よりも、まず信じて日蓮正宗のいうところの正しい本仏に題目を唱える事を
第一に考えておられます。

私にとっての仏教は人生哲学のようなものです。題目や念仏を唱えて何かの
功徳を頂こうという期待はなく、釈迦の教えの原点「苦」からの根本的な解放
を出発点として、いかに、煩悩を捨て苦から解放されるか、釈迦の教えに従い
生活しようと心がけています。(だから、より釈迦の言葉に近いとされる経典を
好んで読経しています。)

>>337で最初期に説かれたと書いてしまってますが書かれたの間違いです。

私のような接し方は一般的には少数派だと思います。多くの日本人は、その対象
が阿弥陀様でも観音様でもよく、仏様に手を合わせることが精神の安定に繋がる
のでしょう。

正しいものは一つ、仏教は信仰対象のあああさんにとっては理解し辛いことかも
知れませんが、こういう仏教徒が多いことをご理解頂ければ幸いです。

私は、どの接し方が正しくて、どれが間違ってるかなんて言いません。
ただ、釈迦の生きた時代、そして現在の日本仏教成立の背景を知ると、釈迦の
説いた教えと、日本で多く浸透している仏教には大きな隔たりがあることを、
感じられるでしょう。

求不得苦 物事の執着し過ぎないことは大切だと思います。

685 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 20:55:04 ID:Un/ETlib
創価学会はいかんざきー

686 :求名:2005/09/19(月) 20:59:07 ID:agMTPZS+
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経

687 :あああ:2005/09/19(月) 21:14:13 ID:aEASV4JA
>>683
>>684

こんばんは。297さんお久しぶりです。
あなたの書かれた、「前提条件の違い」。おっしゃる通りだと思います。
ただ、一つ、引っかかるものがあって、何度も読み返して考えてみました。
それは、「正しい」という「言葉」ではないかと思いました。
僕の言う「正しい信心」「正しい教え」という「正しい」は、
「真実」という意味を含んでいます。それに気づかず、「真実」
と書かずに「正しい」を連発していた自分を反省します。
どうりで噛み合わないわけです。もしよろしければ、その意味で、
もう一度考えてみていただけたらと思います。


688 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:23:45 ID:q5Mwzxyw
信仰は、もっとも勝れた宗教を選び、
誠実な清らかな信心を貫くことが大切です。
 たとえば一本の牛乳に、一滴の毒を混ぜたとしたら、
いかに養分があるからといっても、
あなたはその牛乳を飲むことはできないでしょう。
 これと同じように、
正しい宗教とよこしまな宗教を混同して修行することは、
せっかくの正しい信仰の功徳を消し、
苦しみを受ける結果 になるのです。
 釈尊は四十余年未顕真実と説いて、
最後八ヶ年の法華経を説いた後は、
それ以前の経経はすべて権教(仮の教え)であるから
用いてはならないことを明かされています。
 ところが真言宗、念仏宗をはじめ、
すべて他の宗派は皆この四十余年の経に依っているのですから、
これらの教えを法華経の真実の教えにまじえてはならないのです。
 それは良薬に毒を入れ、
すべてを毒薬にしてしまうようなものだからです。
 日蓮大聖人はこのことを、
 「法華経を行ずる人の、一口は南無妙法蓮華経、
一口は南無阿弥陀仏なんど申すは、
飯に糞を雑へ沙石を入れたるが如し」(秋元御書・新編一四四七)
といましめられています。

689 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:25:01 ID:q5Mwzxyw
大聖人の教えは、
末法のすべての人々を
成仏に導く唯一の大法であります。
 この大法を信じながら、
他の宗教を混じえることは同じように
成仏の道を閉ざすことになります。
 また大聖人が、
 「何に法華経を信じ給ふとも、
謗法あらば必ず地獄にをつべし。
うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し」
(曽谷殿御返事・新編一〇四〇) と説かれているように、
いかに正法を持っても、ほんの少しでも法に背くことがあれば、
あたかも千ばいのうるしに一本の蟹の足を入れて、
すべてのうるしの効用をなくしてしまうようなものであり、
堕地獄のもとになるのです。
 正しい仏法は、余事を混えずに信仰しなければ、
なんの功徳もありません。
 大聖人が、
 「此の南無妙法蓮華経に余事をまじへば、
ゆヽしきひが事なり」(上野殿御返事・新編一二一九)
と仰せのように、成仏の大利益は、
日蓮正宗の仏法に余事を混じえず、
清浄な心をもって信じ行ずるとき、
はじめてもたらされるのです。

690 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:27:41 ID:q5Mwzxyw
釈尊は、一代経の究極である法華経に、
 「正直に方便を捨てて、但無上道を説く」
(方便品第二・開結一二四) と仰せられるように、
今まで説いてきた方便の教えを捨てて
無上の教えである法華経を最高唯一のものとして
説かれました。そしてさらに、 「余経の一偈をも受けざる有らん」
(譬喩品第三・開結三一六) と戒めています。
 末法においては御本仏日蓮大聖人が建立された
南無妙法蓮華経の仏法こそ文底本因妙(もんていほんにんみょう)
の法華経といって究極中の究極であり、
すべての仏菩薩をはじめ全世界の民衆を
根本から成仏させる無上最高の真実法なのです。
 したがって真実の一法以外はすべて方便の教えであり、
これを権教ともいいます。権とは“かり”の意で、
権教とは実教に対する言葉です。
 人がもし“かり”の教えを真実のものと信じこんで
その通りに実行したならばどうでしょうか。
月収が来月から十倍になるという仮定の話をまともに受けて
浪費をしたら家計はどうなるでしょうか。権教を信ずる人は、
現実と遊離した架空仮定の人生を歩むことになるのです。

691 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:29:51 ID:q5Mwzxyw
さらに日蓮大聖人は、
 「『了義経(りょうぎきょう)に依って
不了義経(ふりょうぎきょう)に依らざれ』と定めて、
経の中にも了義・不了義経を糾明して信受すべし」
(開目抄・新編五五八) と教えられています。
了義経とは完全無欠な教えであり、
不了義経とは不完全な教えの経典のことで、
日蓮正宗以外の宗旨、宗派はすべて不了義経に当たります。
 どの宗教も一見もっともらしいことを説きますが、
要するにうわべの言葉よりも何の経をよりどころとしているのか、
教理が完全なものであるか、という点がもっとも大事なのです。
一部分にありがたいことが説かれているからといっても、
教理が不完全な宗教は、ちょうど外見も設備も立派であるが、
エンジンが故障している飛行機のようなものです。
このような飛行機に「良いところもあるのだから」といって、
あなたは乗ることができるでしょうか。
 また、正しい教え以外の宗教を「覆相教」といいます。
これは真実の教えを覆いかくす教えという意味で、
不完全な宗教は正しい仏法を覆いかくし、
迷わせる働きをするゆえにこれを除かなければならないのです。
 ここを大聖人は、
 「今の時は権教即実教の敵と成る」(如説修行抄・新編六七二)
と仰せられています。
 人々を救おうとする仏の真実の教に敵対する不完全な宗教は、
人間を生命の奥深いところから迷わせ苦しめるものですから、
これを悪法とも苦の因ともいうのです。

692 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:31:10 ID:q5Mwzxyw
大聖人は、
 「悪法世に弘まりて、人悪道に堕ち、国土滅すべし」
(頼基陳状・新編一一二九) と説かれ、悪業による果報として、
 (1)周囲の人々から軽蔑される
 (2)みにくい姿に生まれる
 (3)粗末な衣服や食べ物しか得られない
 (4)財産を求めて努力しても得られない
 (5)貧しく下賤の家や邪な家に生まれる
 (6)不慮の災難や事故に遭う
 (7)人間としての苦しみを常に味わう
と教えられています。
 このように日蓮正宗以外の宗教は、
人間を苦悩の底につき落とす悪法であり、
仏の真意に背く権のものであり、
人々をたぶらかす不了義経なのです。
まさに薬に似た毒薬というべきでしょう。
 釈尊は、
 「但虚妄(こもう)を離るるを名づけて解脱(げだつ)と為す」
(譬喩品第三・開結一七三) と説いています。
真実の幸福は、
虚妄(いつわり)の教えを捨てて
正法に帰依することによって得られるのです。

693 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:34:58 ID:q5Mwzxyw
日蓮正宗の「信仰」とは

 総本山大石寺にまします、
本門戒壇の大御本尊を根本とし、
唯授一人の血脈に従 い、
本門の題目を自行化他にわたって行じることです。
 信仰とは、絶対的なものを「信じ仰ぐ」ことです。
「何」を対象として信ずるか によって正邪が決まりますが、
仏法では三宝を対象とします。
 日蓮正宗の法義では「文底下種の三宝」といって、  
 仏宝―日蓮大聖人  
 法宝―本門戒壇の大御本尊  
 僧宝―日興上人を随一とする御歴代上人
と立てます。
 その当体への「信仰」については、
『当流行事抄』に、
「我等唱え奉る所の本門 の題目其の体何物ぞや、
謂わく、本門の大本尊是れなり、
本門の大本尊其の体何物 ぞや、
謂わく、蓮祖大聖人是れなり」(聖典954頁)と、
人法一箇の御本尊を 信じ、
本門の題目を唱えることと明示されています。
 唯授一人血脈相承の御法主上人の御指南に従い、
大聖人出世の御本懐である本門 戒壇の大御本尊を、
信じ行ずることが日蓮正宗の「信仰」なのです。

694 :\^!^\:2005/09/19(月) 22:43:19 ID:Z4qVJN3s
>>672
>あああさんの話が誰にも通じないのは、宗教以前の
>問題で人間性の問題。

人間性の問題もあるかもしれないが、日蓮教によって、このような思考状態になると
いうこともあるのでは。


695 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:49:58 ID:p6TEZm+J
仏教とは,いかに「よい縁」を招くことができるか,そのためにどういう生き方ができるか,だと思います。

それは,「菩薩行」につきると思います。
成仏は結果であって,日々は「菩薩行」です。








ただ,念仏を唱えればよしとする姿勢が,正宗はじめ日蓮系です(爆)

成仏はできません。

696 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 22:54:20 ID:p6TEZm+J
あああ よ!

今日はどういう,菩薩行を行った?

697 :ポリニチレン:2005/09/19(月) 22:54:28 ID:gM5hF6/9
いくら屁理屈述べて正当化しても、日蓮だけが正く、他宗は全てまちがっているという
証明にはならない。
他宗が邪教という根拠は無い。


698 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:30:09 ID:q5Mwzxyw
「正とは一に止まる」という言葉がありますが、
正しい教法が二つも三つもあるわけがありません。
これについて、釈尊は、
「十方佛土の中には、唯一乗の法のみ有り、
二無く亦三無し」(方便品第二・開結一一〇) と説き、
日蓮大聖人は、
「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。
但南無妙法蓮華経なるべし」(上野殿御返事・新編一二一九)
と仰せられています。
日蓮正宗がもっとも正しい宗旨である理由は、
法華経の予証どおりに末法に出現された
御本仏日蓮大聖人の教えを、七百年間にわたって現在まで
清浄に誤りなく受けついできた唯一の教団であるから、
といえましょう。
 鎌倉時代に出現された日蓮大聖人は、
末法万年にわたって人々を苦悩の闇から救済するために、
数々の大難に遭いながら、南無妙法蓮華経を説き顕わされました。
そして南無妙法蓮華経の法体として一閻浮提総与
(全世界のすべての人々に与えるという意味)の
大曼荼羅御本尊を図顕建立されたのです。
この御本尊は日蓮大聖人の当体でもあり、
久遠元初の自受用身という宇宙法界の根本真理の
当体でもあります。
 大聖人は、
「抑当世の人々何れの宗々にか本門の本尊・戒壇等を弘通せる。
仏滅後二千二百二十余年に一人も候はず」
(教行証御書・新編一一一〇) と、
大聖人ただ一人末法の仏として仏勅によって出現され、
三大秘法の大法を広めることを明かされています。

699 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:32:37 ID:q5Mwzxyw
三大秘法とは
本門の本尊・本門の題目・本門の戒壇をいいますが、
本門の題目とは大聖人が建立遊ばされた
一閻浮提総与の大御本尊に向かって唱える題目のことであり、
本門の戒壇とは、この大御本尊が安置され、
しかも一切の人々が修行する場所をいいます。
 したがって三大秘法のなかには「本門の本尊」が中心であり、
本門の本尊なくしては題目も戒壇も存在しないのです。
このゆえに本門の本尊を「三大秘法総在の御本尊」とも尊称します。
 日蓮大聖人は入滅に先立って、
門弟のなかから日興上人を選んで、
本門戒壇の大御本尊をはじめとする
法門のすべてを相承し付嘱されました。
 大聖人の精神と法義を固く守られた日興上人は、
時あたかも地頭の不法によって謗法の地になりつつあった
身延の地を去る決意を去れ、大聖人が生前より、
「霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。
時を待つべきのみ」(三大秘法禀承事・新編一五九五)
 「国主此の法を立てらるれば、
富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」
(身延相承書・新編一〇二二)
と遺命されていたとおり、日本第一の名山富士山の麓に
一切の重宝を捧持して弟子たちと共に移られ、
そこに大石寺を建立されたのです。
 その後、大聖人の仏法は第三祖日目上人、
第四世日道上人と、一器の水を一器に移すように
代々の法主上人によって受けつがれ厳護されて、
現在御当代上人に正しく伝えられているのです。

700 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 23:33:35 ID:q5Mwzxyw
この間の宗門史は、
また正法厳護のための尊い苦難の歴史でもありました。
  いま私たちが総本山大石寺に参詣し、
一閻浮提総与の大御本尊を拝するとき、
 「須弥山に近づく鳥は金色となるなり」
(本尊供養御書・新編一〇五四) の金言どおり、
私たちの生命の奥底は仏の威光に照らされて金色に輝き、
即身成仏の姿になっているのです。
 現在、国の内外を問わず、
大御本尊の広大な功徳によって苦悩を希望に転じ、
福徳に満ちて信心に励む多くの人々の姿が、
日蓮正宗の正しさを物語っているといえましょう。

701 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 00:21:49 ID:JGS3HOZi
宗門人にアナル拡張マニアが多いというのは、本当ですか?

702 :297:2005/09/20(火) 00:56:23 ID:g5iagss1
少し長くなりますが、お許しください。

>>687のあああさんへ

真実とは辞書的な意味では「(1)嘘偽りのない事。本当の事。
(2)誰も否定することの出来ない普遍的で妥当性のある法則
や事実。」とあります。

(1)の意味は今まで使ってきた「正しい」に近いと思います。
(2)の意味は例えば加乗減除や地動説など誰が証明しても、
同じ答えに結びつく絶対の真理という事だと思いますが、
そういう前提で、再度考えてみましたが、やはり私の考え
は変わりません。

例えば日蓮正宗を例に取れば日興以降現在に至るまでの間に
日々のお勤めの方法等に変化があります。流動的なものが、
絶対に真理といえるのでしょうか。もし日蓮の生き方こそ
真実だとすれば、例え時代が変わっても僧侶の妻帯などは
許されないはず。そういう意味で宗教は時代や、その時代
に生きる人々に適合するように少しずつ変化してきてます。

恐らく、あああさんは「真実は一つ」という事を私に考え
て欲しいということだと思いますが、確かに真実は一つ
です。しかし、一つの宗派をとってみても流動的である
日本の仏教に、絶対の真理という意味での真実という言葉
は違和感をおぼえます。


703 :297:2005/09/20(火) 00:57:11 ID:g5iagss1
変わらないのは、経典の中身のみです。
日本の各宗派は、その経典および開祖の残した文書から
それぞれがそれぞれの解釈をして、自宗の教えを創作して
きています。直接日蓮から教えを受け、同じテキスト
(法華経・御書等)を使った6人の弟子ですら違った解釈
をして宗派が分かれたわけですから、釈迦の死後1500年
以上もしてから開祖となった日蓮、法然、栄西、道元など
の僧侶が5000以上もあるとされる膨大な経典から、違った
教えを採用しても何の不思議もありません。

そもそも、全ての経典が釈迦が書いたワケではなく、釈迦
の死後数百年の後に編纂されたものであり、一貫性はあり
ませんからね。釈迦が直接書いたものであれば、各経典に
矛盾もなく、あああさんの言うところの真実は一つという
ことになっていたのでしょうが、生憎、そうではないので
どの教えもそれぞれに正しいということになるのです。

ちなみに、私への仏教の接し方は、一人が言ったことを
鵜呑みにすることなく、常に公平で偏見をもたず、釈迦
の教えに触れたかったからです。あああさんは法華経を
読まれたことがあるかどうかは存じませんが、中身は
「法華経は素晴らしい! 法華経こそ最高だ!」という
ことがひたすら書かれた自画自賛の経典です。表現は、
これでもかというぐらいファンタジック。もし、現代に
これは全て本当にあった事だと公衆の前で話したら、
そのまま病院に連れていかれるぐらいのハチャメチャ
ぶりです。折角ご縁があって日蓮の教えを信仰されて
いるのですから、もし読まれてないなら、訳文でも十分
ですので、読まれてみることをお勧めします。

704 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:05:03 ID:UfKrZ05i
今から三千年前に
インド北部のカピラ城の王子として誕生した釈尊は、
十九歳のとき修行者となり、
三十歳の時にガヤ城の近くで悟りを開きました。
その後八十歳で入滅するまで五十年の間、
人々に悟りの法を教えるためにさまざまな教えを説きました。
 中国の天台大師は、釈尊の五十年間の説法を深く検討して、
その内容から説法の時期を五つに区分しました。
これが「五時(ごじ)」といわれるものです。
また「八教(はっきょう)」という区分けもしていますが、
ここでは「五時」によって説明しましょう。
 第一は華厳時(けごんじ)といって、釈尊は開悟の後、
直ちに二十一日間にわたって哲学的な十玄六相
(じゅうげんろくそう)などの教理を説きましたが、
聴衆はまったく理解できませんでした。
  第二は阿含時(あごんじ)といって戒律を中心とした教えを
十二年間説きました。これは三蔵教(さんぞうきょう)
あるいは小乗教といわれ、仏教の中でもっとも低い教義です。
 第三は方等時(ほうどうじ)といって幅広い内容の教えを
十六年間説きました。これは弾訶(だんか)といって
小乗教に執着する人を叱責し、大乗教すなわち
自分のみでなく他人をも内面 から救う教えに
帰入(きにゅう)させるものです。
  第四は般若時(はんにゃじ)といって十四年間、
空すなわちこの世のものは何ひとつとして定まった実体などなく、
執着すべきものはないという教えを説きました。
この般 若と第一華厳・第三方等は大乗教ですが、
いまだ釈尊が久遠(くおん)の仏であることを明さず、
人生の目的は三乗〔声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)・
菩薩(ぼさつ)〕にあるとして、真実を示さない仮りの教えでした。

705 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:06:25 ID:UfKrZ05i
釈尊は第五時の法華経を説法するために、
まず無量 義経を説きましたがその中で、
“仏の眼をもって衆生の根性を見るに、
人々は種々様々の心根だったので、まずそれを調えるために
種々の方便の力を用いたり、仮りの法を説いたのである。”
と説明し、
 「四十余年には未だ真実を顕さず」(無量義経・開結二三)
と説いています。そして法華経八年間の説法で、
はじめて真実の教えとして、
いかなる人もその身のままで仏の境界に至る
一仏乗の法を説きあらわしたのです。
 現在、東大寺を本山とする華厳宗は
第一華厳時の教義を所依とし、
タイやビルマなどに残っている戒律仏教や、
律宗などは第二阿含時の経典を教義としています。
また浄土宗、禅宗、真言宗、法相宗などは
第三方等時の経典からそれぞれ宗義を立てており、
天台宗や日蓮宗各派のように法華経を依経としていても
迹門(しゃくもん)の観念的教理を中心としているなど、
いずれの宗派も、
末法現時に適した究極の教えである
法華経本門の法を依教としていません。
法華経本門の教えとは、
釈尊が久遠の昔に成仏するために修行した
根本の原因となる一法であり、
それは日蓮大聖人が唱えあらわされた
南無妙法蓮華経に尽きるのです。
 このように同じ仏教といっても、教義の内容や目的、
そして修行もまったく違うのですから
仏の本意に基づく真実の教えに帰依しなくてはなりません。

706 :297:2005/09/20(火) 01:09:47 ID:g5iagss1
>>703の訂正です

×ちなみに、私への・・・

○ちなみに、私の・・・釈迦の教えに触れたかったから、
より釈迦の生きた時代に近い時に編纂された経典を
好んで読経するようにしています。

>>690
>「正直に方便を捨てて、但無上道を説く」
これも法華経の編纂メンバーが自分達の書いている
法華経を最高の位置に置くために、この一文を書いた
と考えるのが妥当です。

なぜなら、釈迦が本当に「法華経こそが最高で、他の
教えは忘れなさい!」と言ったとすれば、法華経以外
の経典は編纂されるはずがないからです。

にも関わらず、様様な経典が存在するのは、釈迦の説
いた教えを元に、後の人々が、それぞれの思いで経典
を書いたからということです。

707 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:18:54 ID:UfKrZ05i
宗派は別でも宗教の目的は同じなのだから、
どの宗派でもよいのだ、と主張する人の中には、
「分け登る 麓の道は多けれど 
同じ雲井(くもい)の月をこそ見れ」という歌を
引き合いに出すことがあります。しかし、
これはあくまでもひとつの古歌であって、
実際は同じ麓の道でもひとつは他の嶺(みね)に至るもの、
別 な道は山ではなく池に至る道かもしれません。
なかには命を落とすような危険な谷に通 じている
道であるかもしれません。
ですから歌やことわざにあるからといって、
それを証拠に宗教を論ずることはできません。
 いま各宗派の教義をみると、
教主も本尊も修行も経典も、それぞれまったく異っています。   
キリスト教はイエスキリストによって神(ゴッド)が説かれ、
バイブルを教典としておりますし、
イスラム教はマホメットによってアラーの神への帰依が説かれ、
コーランを所依の教典としています。
儒教は孔子によって道徳が説かれており、
仏教は釈尊によって三世の因果律という
正当な原理を根本として、
人間の生命とその救済を説かれたものです。
しかも同じ仏教の中でも、
小乗教は劣応身という仏を教主として戒律を説き、
一切の煩悩を断じ尽した阿羅漢という
聖者になることを目的としています。
これに対して大乗教の中でも、
華厳経を所依とする華厳宗、方等部から発した真言宗、
淨土宗、禅宗など、般 若部の教理をもとにした三論宗など、
これらは経典がそれぞれ違うわけですから、
当然教義や修行、目的、教主がすべて異っているのです。

708 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:21:20 ID:UfKrZ05i
まして「唯有一仏乗」といわれる
法華経は今までの四十二年間の教えとは比較にならない
深遠な教理と偉大な仏の利益、
そして真実の仏身が説き現わされたものです。
その目的も、今までの経教では、
三乗即ち声聞を目的とする者、
縁覚を目的とする者、
菩薩になることを目指す者をそれぞれ認めて、
それに見合った教義と修行を別々に説いていたのですが、
法華経に至ると、
今までの三乗を目的とする教えは方便であり
仮りのものなので、すべてこれを捨てよ、
信じてはならないと釈尊自らが戒められ、
一仏乗すなわちすべての人が仏の境界に至ることこそ
真実の目的であると教示されました。
 このように宗教と言っても
宗派によって本尊も教義も目的もまったく異っているのです。
もしあなたが“宗教”という大きな意味で、
目的が“救済”ということだから、
どれでも同じだというならば、
それはあまりに大雑把な考え方だというべきでしょう。
それはあたかも
“学校”はどこも“教育”を目的にしていることは
同じだからといって、
小学校でも大学でも自動車学校あるいは料理学校でも、
どこへ通 っても同じだということと同じです。
宗教の選択が人間の幸・不幸にかかわる
大事であることを知れば知るほど、
このような無責任で粗雑な判断は
当を得たものでないことがわかると思います。

709 :297:2005/09/20(火) 01:27:54 ID:g5iagss1
コピペしてる人へ

もしやってるのが日蓮正宗の信者さんなら、
このような、ただのコピペは荒らしと同じで
日蓮正宗の評判を落とすだけだし、
成りすましの方だとしても、誰も読んで
ないと思うので、やめて頂きたいです。
どうしてもというのなら、該当文書が掲載
されているURLだけで十分だと思いますよ。

710 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:30:35 ID:UfKrZ05i
誰しも先祖代々長く守ってきた宗教に愛着があり、
その宗旨を捨てることは先祖の意に背くように思い、
一種の恐れのような感情を抱くのは、無理からぬ ことです。
 しかし、先祖がいったい、
どうしてそうした宗教を持ち、
その寺の檀家になったかということを、昔にさかのぼって、
考えてみますと、その多くは、
慶長十七年(一六一二年)に始まる
徳川幕府の寺請制度によって、強制的に菩提寺が定められ、
宗門人別 帳(戸籍)をもって、
長く管理統制されてきた名残りによるものと思われます。
 江戸時代は信仰しているかどうかにかかわらず、
旅行するにも、移住するのにも、養子縁組するにも、
すべて寺請の手形の下付が必要だったのです。
もちろん宗旨を変えたり檀家をやめることは許されませんでした。
したがって、庶民は宗教に正邪浅深があり、
浅い方便の教え(仮りの教え)を捨てて、
真実の正法につくなどという
化導を受ける機会もありませんでした。
せいぜい現世利益を頼んで、檀家制度とは別 に、
有名な神社仏閣の縁日や祭礼に出かけたり、
物見遊山を楽しむぐらいのものでした。
 しかし現代は、明治から昭和にかけての
国家権力による宗教統制もようやく解けて、
真に信教の自由が保障され、みずからの意志で正しい宗教を選び、
過去の悪法や制度に左右されることなく、
堂々と正道を求めることができる時代になったのです。
 言葉をかえて言えば、
今こそ先祖代々の人々をも正法の功力によって、
真の成仏に導くことができる時がきたのです。

711 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 01:55:15 ID:UfKrZ05i
釈尊の本懐(ほんがい)である法華経には、
 「此の経は持ち難し、
若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり」
(宝塔品第十一・開結三五四)
と説かれています。 すなわち、
世間の人々の中傷や妨害のなかで、
妙法蓮華経の大法を信じ持つことは、
なまやさしいことではありません。しかし、
持ち難く行じ難いからこそ、三世十方の諸仏は歓喜して、
その妙法の持者を守るのだと説かれているのです。
 また日蓮大聖人は、
 「今日蓮等の類聖霊を訪ふ時、法華経を読誦し、
南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、
題目の光無間(むけん)に至って即身成仏せしむ」
(御義口伝・新編一七二四)
と仰せられています。
 ほんとうに先祖累代の父母を救おうと思うならば、
日蓮大聖人の仰せのように、
一乗の妙法蓮華経の題目の功徳を供え、
真実の孝養をつくすことが肝心なのです。
今のあなたが、先祖が長い間誤りをおかしてきた宗教を、
そのまま踏襲することは、あまりにもおろかなことです。
自分のあさはかな意にしたがうのではなく、
正法にめざめてこそ、始めて先祖累代の人々を救い、
我が家の幸せを開拓し、
未来の人々をも救いうるのだということを知るべきです。

712 :信者:2005/09/20(火) 03:10:45 ID:cVR+R0Ou
コピペうざい!貴方は法華経、御書とか立てて一人でやって下さい見たい勉強したいって人が見るだろうから、お願いしますこのとおりですm(__)m

713 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 06:18:35 ID:7Sv05tAG
コピペ大好き正宗信者

だから嫌われるんだな

オナニーは自分の部屋でしよう

公の場でするのはやめようね

714 :あああ:2005/09/20(火) 11:11:24 ID:BAmPcOIK
>>702
あえて、「日蓮正宗が真実だ」とは、ここでは言いません。
それは「信じる」ということに完結していて、説得力がないからです。

「真実は一つ」ということを僕は考えるんです。「真実」は「導き出す」
ものではなく、「初めからそこにあるもの」なんじゃないかと思うんです。
人間は「生まれて、必ず死ぬ」。これは真実です。どんな人間であっても、
どんな考え方であっても、異論を唱えることは許されず、付け足すことも、
省略することもできません。それを考えたとき、「人間の考えの及ぶものなのだろうか」
と思うんです。それが、「仏論」ではなく、「仏法」である所以なのではないでしょうか。

サンコンは、視力がすごく良かったですよね。それが都会に来て視力が退化した
といいます。「現代」と括られる時代の中でさえ、「昔と比べて人間の感覚は
退化している」といわれます。釈迦の時代の人の感覚と、現代人の感覚は同じではないと思うのです。
現代人は「知識」が向上したせいで、「知識」に頼る部分が多いように思います。
だから、僕は「感じた」とか、「事実」といった理屈ではない部分に何かがあるのだと思うんです。

「地球は丸い」に代表されるように、「真実」であっても、時代や、風習によって
他人に受け入れられないことは数多くあります。しかし、「真実」はそこにあるんですよね。
僕が教学にあまり熱心でないのはそういうことからかも知れません。
「やってみりゃいいじゃん」「感じなきゃわかんないよ」しか言えないんですよね(笑)

715 :あああ:2005/09/20(火) 11:16:41 ID:BAmPcOIK
犬の嗅覚や、こうもりの超音波も、とても不思議な力ですが、
誰かが証明したから今は常識ですよね。
でも、例えだれも証明できなかったとしても、「真実は真実」。
そうは思いませんか?

716 :あああ:2005/09/20(火) 12:19:22 ID:BAmPcOIK
僕ら日蓮正宗の信徒が、「他を信仰しない」のは、それが「命に関わること」
だと考えているからです。ですので、「命が関わってるものを持っていて、
正宗に入信することは、それを妨げてしまう」という考え方の人(創価や、顕正等)
は、とても難しいのです。でも、「仏法などは信じていない」もしくは、
「他の宗教でも別にいいんじゃないのか」という人には、「やってみたら?」
と言いたいのです。

僕が無信心だったことは何度も言いましたが、信じた今でこそ「命が関わってる」
などと言いますが、信じてなければ今でも「命に関わっている」などとは思わなかったでしょう。
入信しても、自分が変わりたくないと思えば、変わらないことも可能なんです。
やりたくないことはやらなければいいし、僕のように、「やらないと妻に悪いな」と思って
形ばかりの勤行、唱題をするものもいるだろうし。
”信者”さんのような方(”信者”さんが本当に法華講員かどうかは確認できないので置いときますが)
も、当然いらっしゃると思うし、そこから無理に変わろうとしなくても、「縁」に
任せていればいいと思うんです。実家が他宗に所属していたとしても、
やってみて、どうしても受け入れられなかったらまた戻ったらいいだけのことじゃないですか。

僕はそこに宗教、もしくは日蓮正宗に対する「色眼鏡」というものが
発生して、たいして重要な理由なく避けて通る(297さんがそうだと言ってる
んじゃありません)ということが、悲しいと思うんです。

717 :297:2005/09/20(火) 12:22:20 ID:g5iagss1
>>714-715
あああさん、レスありがとう。

真実に対する認識、私も同感です。
例に挙げた、数学の世界も天文の世界も人が導き出さなくても、
最初から答えも決まってました。

ただ、世の中、考え方、感じ方は一つではありません。
従って、私はあああさんが日蓮正宗こそ真実だと感じてらっしゃる
ことに異論を唱えるつもりはありません。(過去にも書きました)
そして、妻も日蓮正宗を信仰し、それに口を挟まないようになった
のも、妻にとっては、それが唯一絶対の存在だからです。

よく日蓮正宗では信仰を山登りに例えることがありますが、確かに
頂上という目的に向かって最も早く到達できるルートは一つでしょう。
しかし実際に山登りがどんなものか知ると分かると思うのですが、
多くの場合、沢山のルートが用意されています。
短時間で登るコース、ゆったりとなだらかな道で体力のない子供や
お年よりが登るためのコース、ロッククライミングのような激しい
絶壁を楽しむコース、景色を楽しんで登るコース・・・等
「早さ」を基準にすれば、コースは一つです。しかし実際には、
選ぶ基準は様々です。その基準が、考え方や感じ方によって、
人それぞれ分かれると思うのです。
私は、それを、どれも間違いなんて言えないと思ってます。



718 :297:2005/09/20(火) 12:24:38 ID:g5iagss1
勿論、山の中には頂上に辿り着けないような道も存在します。
しかし、そういう道は、結局歩く人がいなくなり、やがて
木々が生い茂り淘汰されて誰も歩かなくなります。
よく新興宗教団体が事件を起こし話題になっていますが、あれ
等は最たる例で、一時的に人々は嵌っても、悪いものは、すぐに
ボロが出て、人々の心から離れていきます。

その事から現在日本に伝わる伝統仏教は、何百年もの間、人々
に信仰されてきているわけですから、あああさんのように、
実際にそれぞれの宗派を信心され、何か素晴らしいものを感じ
てきた結果だと思います。何も感じないものは、やがて時代と
ともに消えていくからです。

あああさんにとって信仰とは何でしょうか?
仏教である以上、成仏が最終目的でしょうが、成仏したかどうか
なんて誰にも分からない以上、この現世で、どれだけ自分に
とってプラスとなるか、そしてどの方法が将来成仏できそうか
という判断基準しかないように思います。

私は創価学会という団体は個人的に好きではありません。
しかし、実際にあああさんの今と同じように日蓮正宗の信仰をし
その功徳を感じてきた人が、今は、日蓮正宗に戻らず、別の宗教
法人として活動しています。彼らは何を感じ、日蓮正宗には戻らず
創価学会に残っているのでしょうか? 日蓮正宗を信じ、無上の
ものとして信じていた人の多くが日蓮正宗に戻ろうとしないという
のが不思議でなりません。


719 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 12:28:27 ID:JGS3HOZi
ここは正宗の信徒のスレか・・・・俗人の自己満足スレ。


720 :あああ:2005/09/20(火) 12:29:13 ID:BAmPcOIK
あと・・・>>707の方に対して、「ウザイ」と言う意見が多いようですが、
これ、コピペではないと思いますよ。ちゃんと僕らの話の内容に沿ってるし。

僕に「教学を勉強したほうがいい」と言いながら、教学のある人を「ウザイ」
というのは、ちょっと違うように思いますが。

721 :297:2005/09/20(火) 14:00:36 ID:g5iagss1
>>720にあああさんへ

何のアレンジもない只のコピペは2ちゃんねるのガイドラインにより、
禁止されています。更にインターネットのマナーにも反します。
>>707からの文書は日蓮正宗の公式HPに全てそのまま掲載されている
内容です。良識ある人であれば、該当URLを貼り付けて、そこには
こう書いてありますよと自分の言葉で書くべきでしょう。
反論があるのも無理からぬことだと思います。

あああさんはコピペではないとおっしゃってますが、例えば>>707
ここにそっくりそのまま掲載されてます。

ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/other.html#2

URLの頭に「h」を付けてアクセスして下さい。

722 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 15:47:46 ID:+Ib4EnI8
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/022.html
「ただ、
大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。
日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、
代々の法主猊下以外にはどうしようもない(中略)
ニセですから、力がぜんぜんない。むしろ、
魔性が入っている。魔性の力が入っている。だからコワイ」  
(戸田城聖指導 大白蓮華 昭和三十四年七月号九頁)


723 :あああ:2005/09/20(火) 16:12:04 ID:BAmPcOIK
>>721
ホントですね・・・・。完全にコピペのようで・・・。
仲間を弁護できないというのも、悲しいことです。

>>718の返事、ちょっと待ってくださいね。「自分の信仰」を
改めて説明するとなると、どう書いたらうまく伝わるかなかなか難しくて、
今、ワードで製作中です(笑)

724 :あああ:2005/09/20(火) 16:27:45 ID:BAmPcOIK
>>718

長くなってしまったので、分けて書きます。

僕が信仰を初めて、一番感じたのは、「道理」です。
「お年寄りに席を譲る」とか、「礼儀は大事にしましょう」とか。
初めは少し面食らいましたね。「信仰って言っても、結構当たり前のこと言うんだな」
と思って(笑)。でも、ちょっと考えてみたら、「当たり前のことができてない世の中だな」
って思ったんです。その背景には、現代人が、(日蓮大聖人がおっしゃるところの)「末法」
の人間であるということが考えられます。
人間の感情って理屈でしょうか?怒ったり笑ったり。
考えてからする人はいないです。それは元々その人に備わっているものですよね。
でも、後から考えます。「何であの時怒ってしまったんだろう」と。
でも、怒ってしまったものは、それが表に出ようが出まいが、「なかったこと」
にはできません。人が苦しむのを見て、快感を覚えてしまったとしたら、
それを実行しないことは押さえつけているだけで、「なかったこと」にはなりません。
少女を殺した犯人が、「全く罪の意識はない」と言ったことがありましたね。
嘘ではないと思うんですよ。彼にとっては、「どうにもできないことだった」
んだと思うんです。
「虐待をする人は、過去に虐待を受けたことがあることが多い」といいます。
じゃあ、なぜその人は
「その親のもと」に生まれてきてしまったんでしょうか。

「正しいこと」でもそうでしょう。これはこの論議にも通じることですが、
「正しい」と思って人にしてあげたことが、
「相手にとって、本当に本当の意味で正しかったのか」
などと聞かれて証明できる人はいないです。みんな自分が生きてきた上での
判断基準しかないのですから。

725 :あああ:2005/09/20(火) 16:28:33 ID:BAmPcOIK
>>724

極端な例をあげましたが、それ以外にも「道理」に反していることは、
世の中に溢れているように思います。
僕はそれらが「末法の衆生」における「前世からの宿業」だと思っています。
修行して、少しずつ「感覚」で「道理」を身に染みこませ、
浄化していかなければ、「感情」を根本的に変えていくことも、「今世」は
もちろんのこと、「来世」の自分の境涯をよくすることも不可能だと思っています。

誰かがおっしゃったように、信心してても病気の人もいれば、自己中な人もいる。しかし、
「因果応報」というように、悪いことが起こるのには、必ずその原因がある。
その「宿業」の大きさは人それぞれです。
でも、それでも信心していれば、少しずつ浄化されていくと思っています。
現時点での僕にとって信仰は「道理」の底知れぬ深さを示すものです。

726 :あああ:2005/09/20(火) 16:29:21 ID:BAmPcOIK
>>725

創価に関しては、僕も思いました。池田大作は、正宗だった頃は、大講頭だか、
総講頭まで勤めた人です。正宗の中で、「他者に認められた」存在だったわけです。
それが、今はご存知の通りになっている。それも「宿業」でしょう。
「第六天の魔王」というのがありまして、菩薩が仏に成る一歩手前にも、
おとしめる魔があるといいます。池田大作が菩薩までいったなどとは言いませんが、
どの時点でも魔が潜んでいるということでしょう。
「法に依って、人に依らざるべし」という教えがあります。
正宗信徒は、本文戒壇の大御本尊様と、「血脈相乗」の猊下を信じなければなりません。
創価学会が、猊下を「人」として判断し、それらから離れたというのは、「人に依った」
ということです。「如是我聞」というのがありますね。すべての経文の一番初めに
ついてる文です。「是くの如く、我聞けり」
釈尊の弟子達は、死後何百年の後の経典であっても、
決して自分の解釈で書いてはいません。「聞いた」と書いてあります。
つまり、「いわれたとおりにしろ」ということです。
だから我々は、「日蓮正宗でこう聞いた(教わっている)」というのです。
学会はそれができなかったのだと思います。

正宗の信徒でなくても、創価が嫌いだという人はたくさんいます。
創価から戻ってきた人もたくさんいます。全てはそれぞれの人たちの
前世からの「宿業」であり「因縁」であるのでしょう。

無信仰の方には相容れない話かもしれませんが、718の質問に対する
答えとして、それを承知で書かせていただきました。


727 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 16:53:54 ID:ByKanTR1
私の友人で熱心な正宗信者が居る。何年にも渡って,日蓮様の功徳を聴かされた来たけど,ここ1年間,交通事故に遭うわ,病気になるわ,子供は受験失敗するわ,仕事でへまするわ散々なの。
それは「仏罰だな」と俺が言ったら本気で怒ってやがんの。アホだね。

728 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 16:56:48 ID:ByKanTR1
>725

今は末法じゃないよ。

そこからして,日蓮は誤解している。

729 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 17:12:21 ID:+Ib4EnI8
中国の天台大師は、釈尊の五十年間の説法を深く検討して、
その内容から説法の時期を五つに区分しました。
これが「五時(ごじ)」といわれるものです。

730 :あああ:2005/09/20(火) 17:26:02 ID:BAmPcOIK
>>728

僕は、そういうことも疎いんですけど、「旧暦」などもそうなんでしょうが、
前に中国の紀元前の、商の湯王の小説を読んだんですが、
そのころの暦というは、正確であった確率が低いようなことが
書いてありました。インドの暦が正確であり、その上現代の3000年と
狂いがないということは、証明できるものなのですか?

731 :あああ:2005/09/20(火) 17:34:34 ID:BAmPcOIK
何にしても、そのころ文字がなかった以上、推測の域を出ないんですよね。
否定も、肯定も。それが問題ですよね。

732 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 17:43:00 ID:ByKanTR1
日蓮が「末法の世の本仏」などというのも憶測の域を出ないということですな。

ただし,釈尊が現存したのは事実でしょう。

733 :あああ:2005/09/20(火) 18:06:43 ID:BAmPcOIK
そういうことになりますね。

734 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:23:51 ID:JGS3HOZi
>>728
今は珍宝の時代、そこからして,攻防は誤解している。

735 :297:2005/09/20(火) 19:00:23 ID:g5iagss1
あああさんにレスを返す前に、>>722を読んで一つ思ったことが
あります。それは、本尊というものについてです。
誰が書いたとか、それが複写だとか、そんなに重要なことなの
でしょうか?

よく昔の人は自分で仏像を彫ったりしています。
そういう気持ちはとても尊いものに感じます。

もし本尊が必ず法主から許可されたものでなければ意味が
ないとします。そして、日蓮正宗の人が、例えば船で遭難
して、無人島に辿り着いたとします。そこには本尊など、
あるはずもありません。従って、例えば木の幹に南無妙法
蓮華経の七文字を刻み、日蓮の教えに従い、毎日、題目を
唱えたとします。

こういう行為は仏罰が下るような行為なのでしょうか?
果たして日蓮はこういった行為を認めないのでしょうか?
もし今ここに日蓮がいたら「そんな事をしても意味がない。
いや寧ろ地獄におちる行為だからやめなさい。」なんて
こと言うのでしょうか? 日蓮はそんな見方の狭い仏じゃ
ないんじゃないですか?

私は御仏につかえるというのは形でなく心だと思います。
形に拘るのは、自らの正当性を主張するがために本尊を
道具にしているように思えてなりません。

こう書くと反論もおありでしょう。
それも、また一つの主張。その反論に対して意見する
つもりはありません。

736 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:06:17 ID:+Ib4EnI8
オーストリア信徒は、
御本尊様を受持している僅かな世帯と、
多数の内得信仰の方からなっています。
内得信仰の方が多いのは、
入信を決意してから最低でも6カ月間、
朝夕の勤行を実践しなければ、
御授戒も御本尊様の御下付も受けることができない、
ということにしているためです。
6カ月とは長過ぎるように思われるかも知れませんが、
「御本尊様の尊さ、
功徳の有り難さもよく判らないうちに受持するのでは、
御本尊様に対して失礼極まりない」ということから、
このような形にしております。
http://www.fsinet.or.jp/~shibuken/PAPER/1999/523.htm#3
海外リポート オーストリア活動報告

737 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:15:58 ID:+Ib4EnI8
「やっぱり、曼荼羅はいつかなくなっちゃう。物体だから」
(録音テープより)
と。同種の発言は他にもあります。
 「本門戒壇・板御本尊、
何だ!寛尊は『信心の中にしか本尊はない』と。ただの物です!」
(平成5年9月7日・録音テープより)
 呆(あき)れるではありませんか。
池田は、
久遠元初即末法下種の法宝たる
本門戒壇の大御本尊を「ただの物」呼ばわりして
軽賎(きょうせん)しているのです。
軽善(きょうぜん)謗法も極まれり、といえましょう。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#5
創価学会破折
学会流三宝論破折


738 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:22:43 ID:+Ib4EnI8
邪心をもって戒壇の大御本尊を否定したい
現今の創価学会にとっては、
何としても「いつかなくなっちゃう」ことにしたいのでしょうが、
末法下種の僧宝を戴(いただ)く
日蓮正宗においては、
大御本尊は不滅に久住するから
心配は無用なのであります。
 いずれにせよ池田創価学会が、
久遠元初即末法下種の法宝たる
本門戒壇の大御本尊を否定して、
実体不明瞭な「一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊」や、
観念的妄想にすぎない「久遠元初の法」とやらを、
根源の"法"と立てたことは、
まぎれもなく法宝の義を破壊する
大謗法であります。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#5
創価学会破折
学会流三宝論破折


739 :297:2005/09/20(火) 21:11:24 ID:g5iagss1
>>724->>726
あああさんの考え、よく分かりますよ。
只、私とは違いますが、ここで異を唱えても
堂堂巡りになるだけですので、違いは違いと
して、あるがまま受け入れたいと思います。

その中から一つだけ思ったことを。
「法に依って、人に依らざるべし」の部分です。
これは大般涅槃経の一説ですが、現代語に訳せば、
「時代や状況によって移り変わる人の言動には、
 決して頼ってはいけない。」ということだと
思います。池田大作も人なら猊下も人です。
どちらの人に依るかの違いだけで、「人に依る」
という意味では変わりないように思います。
日蓮正宗では猊下を人とは考えてないのでしょうか?


740 :波木井坊竜尊 ◆xd7mxrd9Z6 :2005/09/20(火) 21:24:20 ID:LKjn+8oC
ここの猊下とやらは旧日蓮宗大学を立派な成績でご卒業されました!!(藁)

741 :297:2005/09/20(火) 21:25:20 ID:g5iagss1
>>716
何気に読み返していたら「たいして重要な理由なく避けて通る
(297さんがそうだと言ってるんじゃありません)という
ことが、悲しいと思うんです。」
これは、私ではないとすると、誰が避けている、誰に対して
おっしゃっているのでしょう?

>>736
私の>>735に対して関係のある資料を貼って頂いたのかなと
思うのですが、で、肝心の疑問ですが、既に日蓮正宗の人が
ある事情で本尊を手に入れることが出来ない状況になった時、
日蓮の教えに対する信仰は続けられないということですか?


742 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:26:14 ID:+Ib4EnI8
日蓮正宗宗規に定められる
「日興上人をもって僧宝とする」とは、
上一人の御法主上人から下全僧俗までを含む
全日蓮正宗として僧宝を仰ぐ場合の表現であり、
同じく日顕上人の御教示は、
御法主上人としての立場で僧宝を仰いだ場合の表現である。
 したがって、これをもって一般の僧俗が、
僧宝を2祖日興上人のみに限定し、
「それ以下の歴代法主を加えるのは誤り」
などと称するのは、
まったく仏法の筋道のわかっておらない
大きな間違いである。
 また、「歴代上人が僧宝ならば
自分たち学会員も僧宝」などというのは、
自ら「自分たちは宝だ、尊信しろ」
と言っているようなもので、嬌慢謗法の
謗(そし)りは免(まぬが)れない。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#2


743 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:28:55 ID:+Ib4EnI8
仏宝・法宝は三世常住である、といっても、
僧宝があってはじめて世に久住し、
万年の衆生を済度せられるのである。
 ゆえに日蓮大聖人は、
御入滅後の令法久住を鑑(かんが)みられ、
唯授一人の血脈相承をもって、
第2祖日興上人に法体と仏法のすべてを委ねられ、
僧宝の任を与えられたのである。
 しかして、その任は、日興上人より3祖日目上人へ、
日目上人より4世日道上人へと受け継がれ、
さらに代々の上人を経て、
現67世日顕上人に受け継がれているのである。
 学会が主張するごとく、
「僧宝は日興上人のみ」とするならば、
前(さき)の『当流行事抄』に
「之れを伝えずんば則ち末代今時の我等衆生、
曷ぞ此の大法を信受することを得んや」と仰せのとおり、
日興上人が御遷化された時点で、仏法は断絶して、
後世に伝わらなくなってしまうことになるではないか。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#2
血脈伝持の御歴代上人に僧宝の義

744 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:35:27 ID:+Ib4EnI8
「法に依って人に依らざれ」
「義に依って語に依らざれ」
「智に依って識に依らざれ」
「了義経に依って不了義経に依らざれ」との法の四依は、
釈尊の涅槃経における滅後の衆生に対する遺告である。
しかし末法濁悪世の衆生はこの仏の金言に違背して、
四依の中でも特に、
正法に依らないで簡単に人の言説に左右され、
仏の真実本懐の極説である法華経に依らないで
念仏、真言、禅等々の方便の権教や
霊友会、顕正会、創価学会等の新興宗教の所説に
つき従っているのである。
何という恐ろしい実態ではありませんか。
一日も早く救ってあげることが大切である。
http://www.myokoji.jp/page/oko/2004gosho6.htm
『依法不依人御書』

745 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:43:16 ID:4JWa8CFn
>>709
コピペしているのは間違い無く信者ですよ。

これが 消臭クオリティ。

746 :あああ:2005/09/20(火) 21:54:27 ID:BAmPcOIK
>>739

猊下は、もちろん「人」でありますが、その前に「血脈相乗」の
御法主上人であることが重要になります。

日蓮大聖人の仏法を、一滴も漏らさずに受け継がれた立場ですから、
僕ら信徒にとっては、存在自体が「法」そのものなんです。

>>741

「誰に対して」ということはありません。そういう方が多いということです。
もちろん始めは297さんもそうだと思いましたが>>683,>>684をみて、
もちろん、その考えを僕が肯定することはできませんが、
「たいした理由」は持っているように思えたので、あえて書き加えました。

途中に色んな人とも話していたし、書き込まなくても見ているだけの人も
いると思うので、「そういう」人たちにも、見て、
考えてもらえたらいいなと思って、687あたりからは
あえて人を断定しないような書き方を選んで、書いています。


747 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:22:43 ID:ipakmVyg
あああさんへ
今の法主は「血脈相承」を受けているとおっしゃってますが、
実際、日達上人からの相承はあったのでしょうか?
その証拠はなく、「血脈相承」を受けたというのも自称ではないですか?


748 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:34:27 ID:+Ib4EnI8
法主位の継承、
したがって法門深々の御相承はもったいなくも
御本仏宗祖日蓮大聖人より
御開山日興上人にたまわられて以来、
清浄の法水連綿として現在64代に及び、
この大事あるがゆえに、末法の一切衆生は
本因下種仏法の大利益を受けることができるのであって、
いつ、いかなるお方が御登座あられようとも、
それはすべて御仏意によるゆえに、信徒たる者は、
ひたすらけいけんなる信心をもってこれに従い、
これをお迎え申し上げるのが当然なのである。(中略)
法位継承は手続きがいかにあろうと御仏意である以上は、
信徒たる者は、これくらいの心構えをもって
法を護るのが当然ではなかろうか(『聖教新聞』社説S31.1.29)
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/huzoku-sojohitei.html
当時、御当職であられた
64世日昇上人の御隠退の報に接した
戸田会長の談話を受けて、
『聖教新聞』が社説として報道した記事である。

749 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:41:49 ID:ipakmVyg
ってことはちゃんとした相承が無くても
「俺が法主だ」と手を挙げれば、それは「御仏意による」
ということになるのですね。早い者勝ちか〜

750 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:46:27 ID:+Ib4EnI8
日蓮正宗の僧俗であるならば、
絶対に御法主上人猊下に随順すべきである。
それに反して、随順せず、いな、
弓をひく行為をする僧や俗は、
もはや日蓮正宗とはいえない。
私どもは無数の讒言や画策をうけながらも、
一貫して総本山を外護したてまつり、
御法主上人猊下に随順してまいった。
これが真実の信心であるからだ。 それを、
増上慢と権威とエゴと野望のために
踏みにじっていく僧俗は、
まったく信心の二字のなき徒輩であり、
もはやそれは、日蓮大聖人の「広宣流布をせよ」との
御遺命に反した邪信の徒と断ずるほかないのである
(池田大作『広布と人生を語る』第2巻37頁)
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/huzoku-sojohitei.html#ooku
第67世御法主上人猊下に、
この絶対なる血脈は、
厳然と承継されているのである。
だれ人がいかなる非難をいたそうが、これは侵しがたき、
明確なる事実なのである。
(池田大作『広布と人生を語る』第2巻123頁)

751 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:53:50 ID:+Ib4EnI8
昭和53年4月15日における、
第66世日達上人より現・日顕上人猊下への
御相承は”内付”であって、
公けの御相承の儀式は執り行なわれていない。
 しかしながら、
日達上人のお側に近くに仕えていた方々は、
御相承について日達上人より直々に、
その御意を承っておられたのである。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/huzoku-sojohitei.html#ooku
●(妙修尼に)あなたの息子さんに
後をやってもらうのですからね、
早くよくなって下さいよ
(日達上人/光久御尊能化証言『大白法』H15.11.1)
-----------------------
昭和49年1月、京都市平安寺へ
妙修尊尼を見舞いに御下向されたときの御発言

●(野村慈尊師に対して)妙修さんにな、
あなたの息子さんに後を譲るから
安心しなさいと言って励ましてきたよ
(日達上人/野村慈尊御尊師証言『大白法』H15.11.1)
-----------------------
京都から総本山に戻られたときの御発言

752 :いいい:2005/09/20(火) 22:55:38 ID:JGS3HOZi
>>740
こんな所に・・・・・
揚げ足を取ってないで、救ってやれよ〜〜〜

753 :614とかいろいろ :2005/09/20(火) 22:56:26 ID:p4KskygI
「真実は一つ」この考え方には賛成できるよ。

ただ、真実の証明となるとやはりBC949年説は苦しいと思う。

当時の仏教ってのは、出家が前提になってる。
出家してしまった人は、ひたすら修行してるから生産能力が無い。
となると、出家者を養ってくれる財力を持ったパトロンが必要になる。
BC949年頃のインドには、残念ながらそれほど大きな力を持った国はまだ無い。
んで、歴史学的に釈尊が誕生したと言われるBC500年以降になり、
ようやく大国(マカダ国)が誕生し、仏教が発展していく。
インド仏教がヒンズー教に取って代わられた理由というのも、仏教の僧を養える
力のある大国が徐々に無くなっていったからだと言われる。

小国乱立期には民間信仰であるヒンズー教が広まり、仏教に取って代わった。
民間信仰であれば、個人個人が勝手に信仰しておればよいので、大勢の僧侶は必要ない。
ま、「宗教やってる暇あったら畑の一つも耕して来い!働かざるもの食うべからずや!」
ってな感じか?
二宮尊徳の伝記とか読むと、こういうのが真実なのかとも思えてくる。

それと、正宗側の言い分としてこんなのがあった。
ttp://homepage3.nifty.com/y-maki/all/nendai.htm
玉井某のとこはすっ飛ばして、正宗における仏滅年代の解釈部分を読んでみてくれ。
俺には屁理屈としか思えないのだが、正宗信者さん的には納得してしまうもんなのか?

歴史を辿っていった末に「だから日蓮の教えは正しい」と導き出したのではなく
まず「日蓮の教えは正しい」ことを前提に、歴史を組み立ててしまっているように思える。



754 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:02:24 ID:ipakmVyg
御法主上人猊下と日蓮大聖人はどちらが偉いのですか?
おそらく日蓮大聖人だと思いますが、御法主上人猊下が
日蓮大聖人の教えに反するようなことがあった場合、
それを指摘することを「弓を引く行為」ととらえるのが
「日蓮正宗の真の僧俗」なのですか?

755 :614とかいろいろ :2005/09/20(火) 23:03:02 ID:p4KskygI
>753を少し訂正、すまん。

当時の仏教と書いたが、まだ当時仏教は無い。
ただ、出家して苦行等を行っていた連中は存在するわけで
そういう連中のことを言ってるんだと考えてくれ。

んでまあ歴史云々のこと、特に紀元前になってしまうと資料も乏しいわけで
こんなこと書いても「見てきてないから信用できない」と言われればそれまでやな。
でも、歴史学的に通説となりつつあることに一切触れず
「釈尊は今から3000年前にインドで誕生し・・・」
って言い続けるのもどうかと思うんだが。

そういう姿勢をとり続けるから、俺は信用に足らない組織だと感じるのよ。

756 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 23:17:42 ID:+Ib4EnI8
そもそも三宝とは、
衆生を救うべく世に出生された「仏」と、
仏が覚知し世に説かれた「法」、
そして、
その法を後々の世に護(まも)り伝えていく「僧」の
三つをいうが、この仏・法・僧の3つが揃(そろ)って、
はじめて衆生を利益し世を救済することができるので、
世の宝として尊崇(そんすう)するのである。
 すなわち、
この宇宙間にどのような素晴らしい法が
存在していたとしても、それを覚知して
世に説かれる方がおられなければ、
誰人もその恩恵をこうむることはできない。ゆえに、
まず、仏を宝と尊崇するのである。
 また、仏の説かれる法の功徳によって、
一切衆生は苦悩から救われ、
成仏の境涯を得ることができるのだから、
法を宝として尊崇するのである。
 そして、この仏と法が世に出現しても、
これを正しく習い伝えていく僧がおられなければ、
仏法は後世へ伝わることなく断絶してしまうので、
僧を宝として尊崇するのである。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#1
、『涅槃経』には、
 「三宝を分別すべからず」
と説かれ、日蓮大聖人も
 「三宝一体」
と仰せられているように、
三宝は、本質的には一体の関係となっている。

757 :信者:2005/09/21(水) 03:49:48 ID:dFzl7/+6
あああさん
716 で昔の人と現在の人の感覚が違うみたいな事言ってるけど(俺の事も)俺の事をめちゃくちゃですねって言ってたのに何?昔と今は考え方や感覚が違うから俺は俺の意見で言ったのに貴方はめちゃくちゃだって馬鹿にしといて今になって貴方も感覚が違うって意見?

758 :りか:2005/09/21(水) 09:53:00 ID:auapH6bQ
創価学会は自他共の幸福祈願し行く家族。南無妙法蓮華経もとインドの言葉。有難うの意。業とは潜在意識、無意識の世界に形成されこの部分により、人の幸・不幸が決まる。潜在意識を徹底的に研究しているのは心理学及び宗教である。引用:医学博士 川田洋一

759 :yun ◆80A335Xyc6 :2005/09/21(水) 10:23:59 ID:Q4Sq9qGt
>そして、この仏と法が世に出現しても、
>これを正しく習い伝えていく僧がおられなければ、
>仏法は後世へ伝わることなく断絶してしまうので、
>僧を宝として尊崇するのである。


ある、某掲示板に最近学会員が増えたけど「二代会長、戸田城聖が僧は創価学会員とおっしゃってる。」と某学会員さんに言われました。
僧は御僧侶方ではないのですか?どういういうことなのかサパリわかりません。
何方か返答お願いします!!!



760 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 12:10:23 ID:5NiAHPhJ
>>759
頭を丸めた人は僧ではありません「坊主」頭と言います。

法を求め修行する心のある人、法の為生きてる人が僧と言えるかも知れません。
形式ではないという意味でしょう。

761 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 20:59:37 ID:bBLO3aD1
公園折伏、ベンチ折伏、街頭折伏、飛び込み折伏を提案した阿部信彰(笑)

762 :614とかいろいろ :2005/09/21(水) 22:24:03 ID:Rh2ng94S
>716に対して色々
>「他の宗教でも別にいいんじゃないのか」という人には、「やってみたら?」
>と言いたいのです。
誘い文句が軽すぎ。
なんも調べずに日蓮絡みというだけで、学会等のカルトに入ってしまったらどうするのか?
無宗教で知識の無い人間に対して無責任な発言ではないか?
あああさんが他人のことに対して責任を負えるのか?

>やってみて、どうしても受け入れられなかったらまた戻ったらいいだけのことじゃないですか。
再三再四「この教え以外は地獄に落ちる」と繰り返す団体に、一度足を踏み入れてから
抜け出すのがどんだけ大変かわかる?コテハンの信者さんみたいな人は稀。
やめたくても恐怖心でつなぎとめられてるような人だっているかもしれんのよ?
繰り返すが、これは他の(改宗を強いる)宗教にも言える。

入信してヘタに勧誘なんかしたら、自分だけじゃなく他人の人生まで台無しにしてしまうだろ?
正宗はひょっとしたら正しい教えかもしれんよ?
でも中にどっぷり浸るまで、真実かどうかわからないなんてあまりにリスクが高すぎる。

んで、真実かどうかを知る為に俺は色々調べてみた。それが色々書いた結果。
最終的には「信用に足らぬ」という結論に達した、というところか。

763 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:33:32 ID:RSmJOrl8
「信仰するほどの悩みはない」という言葉は、
言い換えると「悩みのない人は信仰の必要がない」
ということであり、
信仰を正しく理解していないようです。
 仏さまが、この世に出られた目的は、
仏知見すなわちいかなるものにも壊れることのない
清浄で自在の境地と、深く正しい智慧を、
衆生に対して開き示し、
悟り入らしめるためであると法華経に説かれています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#12

764 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:37:30 ID:RSmJOrl8
一般に信仰とは、
お年寄りが一種の精神修養や先祖を敬いつつ、
なごやかな楽しみの場を持つために、
お寺へ参詣し、
時には団体旅行をすることぐらいの
認識しか持ち合わせていない人が多いようです。
 あるいはまた困った時に、
神仏の加護を求めて参詣し、
手を合わせ、願をかけ、
守り札などを大事にすることが、
信仰だと思っている人もあります。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#15

765 :日顕:2005/09/22(木) 00:28:46 ID:5HfMHBV3
スレ主へ!日蓮正宗=日顕宗はヤバイからやめとけ!入ったらとんでもない事になるぞッ!┓(´_`)┏

766 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:38:58 ID:/NTOdXjJ
>>765
第三章 創価学会の謗法
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/022.html
四、『ニセ本尊』を配布する創価学会


◇「ただ、大御本尊だけは、
われわれは作るわけにはゆかない。
日蓮大聖人様のお悟り、
唯授一人、
代々の法主猊下以外にはどうしようもない(中略)
ニセですから、
力がぜんぜんない。
むしろ、魔性が入っている。
魔性の力が入っている。だからコワイ」  
(戸田城聖指導 大白蓮華 昭和三十四年七月号九頁)



767 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:40:29 ID:5HfMHBV3
日顕宗に入っている親戚が頭おかしくなって逝ってしまった...(O_O)しかも金、金、金の日蓮正宗だから骨の髄まで吸われてしまうぞ!スレ主悪い事はいわないから絶対ヤメとけ!(v_v)

768 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:44:13 ID:/NTOdXjJ
>>765
第二章 創価学会が正しいと思っている学会員に
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/138.html
十二、池田大作について
日蓮大聖人は、
 「ほけきょうの大海の智慧(ちえ)の水を受けたる
根源(こんげん)の師を忘れて、余(よそ)へ心をうつさば
必ず輪廻(りんね)生死のわざはひなるべし。
但(ただ)し師なりとも誤りある者をば捨(す)つべし」
(曾谷殿(そやどの)御返事 御書1039頁)
と仰せられています。
 この「根源の師」とは御本仏日蓮大聖人であり、
その血脈法水(けちみゃくほっすい)を継承(けいしょう)される、
時の御法主上人も「根源の師」に当たります。したがって、
「師なりとも誤りある者をば捨つべし」と仰せのように、
「根源の師」である御本仏日蓮大聖人及び歴代上人に
背(そむ)く「師」は捨てなければならないのです。もし、
この御教示に背(そむ)くならば、六道輪廻(りんね)の
苦しみから逃(のが)れることはできません。
 現在、池田大作は「根源の師」「仏法の師」に背く
未曽有(みぞう)の大謗法者となっているのですから、
それに従う創価学会員は、すべて
無間(むけん)地獄へ堕(お)ちることは
必定(ひつじょう)です。


769 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:46:46 ID:/NTOdXjJ
>>767
日蓮正宗の寺院では、
葬儀や法事の際に
御供養の金額を提示(ていじ)したり、
御供養を強要(きょうよう)することは
ありません。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/359.html


770 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:49:37 ID:/NTOdXjJ
>>767
日蓮正宗を貶める創価学会こそ、
日蓮大聖人の仏法を破壊(はかい)し、
広宣流布の前進を阻(はば)む
卑劣(ひれつ)な謗法(ほうぼう)集団であり、
邪宗(じゃしゅう)
「池田教」というべきです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/248.html

771 ::2005/09/22(木) 00:55:41 ID:5HfMHBV3
おまえもな〜!地獄へ逝ってしまぇ...(O_O)

772 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 00:58:11 ID:/NTOdXjJ
>>771
創価学会員であるあなたは、
どのような動機(どうき)で入会したのでしょうか。
入会当時を思い起こしてみてください。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/003.html
第一章 創価学会員であるあなたへ


773 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 01:01:29 ID:/NTOdXjJ
>>771
あなたは成仏への道を歩むべきです。
 そのためにも、創価学会が
人々を成仏に導く集団であるかどうかを、
基本に戻(もど)って考えてみる必要があります。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/005.html
二、「成仏」こそ最高の幸福境界

774 ::2005/09/22(木) 01:09:28 ID:5HfMHBV3
学会員じゃないですが、何か?あなたは勘違いしてますね!( ̄▽ ̄;)

775 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 01:14:01 ID:/NTOdXjJ
日蓮大聖人は弟子檀那(だんな)に対して、
 「愚人(ぐにん)にほめられたるは第一のはぢなり」
(開目抄 御書577頁)
と戒(いまし)められていますが、
仏法の正邪(せいじゃ)を知らない機関や集団から、
勲章や称号をもらって、
それを大々的に宣伝(せんでん)している
池田大作の姿は、まさしく
日蓮大聖人に反逆(はんぎゃく)していることの
あかしといえます。
 なお、海外に在住(ざいじゅう)している
元SGI幹部は、スペインのマドリード大学に対して、
図書贈呈(ぞうてい)と引き替えに
池田大作が名誉称号をもらえるよう、
創価学会本部の指示によって
依頼(いらい)したことを証言(しょうげん)しています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/138.html
第二章 創価学会が正しいと思っている学会員に

776 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 08:00:51 ID:pY5xLmID
で、297さんの>>735の無人島での信仰に
答えられる者はなしか。
俺も気になってたんだよなー。
結局形式ばかりの擬似宗教団体ということでOK?

777 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 09:07:34 ID:Os+eKUn6
OK!

778 :297:2005/09/22(木) 09:44:20 ID:sRlD6B4z
>>746
猊下についての位置付けのようなものは、あああさんの説明で
よく分かりました。ありがとうございました。

ただ、ここで一つ素朴な疑問が・・・

猊下というのは「日蓮大聖人の仏法を、一滴も漏らさずに受け
継がれた立場」ということですが、その他の僧侶や信者には、
受け継がれていない教えというものがあるのでしょうか?

信仰の目的が「成仏」だとすると、猊下であろうと一信者で
あろうと等しく「成仏」できる仏法でなければならないはず。
仏の下にあっては平等な存在であるはずのものが猊下と
信者で教えが違うってのも変な気がします。もし猊下に最高法
なるものが伝わっているのであれば、その法を信者にも教える
べきじゃないでしょうか? 猊下は大きな成仏、信者は小さな
成仏というように大小があるわけじゃないんですし。

あと、猊下だって人間ですので急な病でなくなることもあるでしょう。
その場合、時期の猊下には、その秘伝(?)の仏法は、どのように
伝えられるのか? それが他のものが見ることの許される文献の
ようなものがあるのなら、その文献を読んだものは猊下と同等に
日蓮仏法を一滴も漏らさず受け継いだものになれます。
その程度のものですか?

もし、文献じゃなく口伝だとしたら、かなり早くから時期猊下候補の
ようなものが決まっていて、その法とやらを既に伝承しているはず。
であれば、たとえば本尊だって、その人が書いたっていいはず。
でも、それをしないのは何故?
なんだか権力主義が見え隠れします。


779 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 09:44:55 ID:oiB2qqDJ
何が言いたいのかさっぱりわからないです。うんちくと能書きはいらないよ!。幸せじゃない頭でっかちさん達。

780 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 09:52:54 ID:sRlD6B4z
>>778の続き

権力主義というのは、どこの宗派でも多かれ少なかれあるでしょう。
しかし、本尊は「誰が作ったものじゃなきゃいけない!」なんてのは、
あまり聞きません。

そんなこと日蓮が決めたのでしょうか?
実際に昔に生きていたわけではないので真相は分からないけど、
そんな決まりはなかったんじゃないかな?
日蓮正宗が他の日蓮系の宗派や、創価学会などの団体の対抗する
ために、近年になって急に作った決まりのようにしか思えないです。

781 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 11:18:19 ID:dhzATJnP
>>780
うん、まあそうなんだけどさ〜大目に見ろよ。

782 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:13:06 ID:sRlD6B4z
>>781

両手をついて謝ったって 許してあげない〜〜〜♪

783 :信者:2005/09/22(木) 13:37:31 ID:ata6WvpH
俺も新しく作ったような決まりや教えがあると思う
まぁ67代も続けば考えられるけど正確には66代で終わってると思うけど俺はそんな教えは眼中にないけどね大聖人様だけでいいもん仏教って仏の道を修業するもんでしょ?大乗なんだからみんな菩薩で修業の身のはず平等で特別な成仏ってないんじゃない?

784 :信者:2005/09/22(木) 13:50:41 ID:ata6WvpH
猊下?勘違いしてるでしょ?アイドルみたいな扱いされて、みんなワイワイ言い過ぎだから調子に乗ってんじゃない警護もアホくさい法華経を広めてるんだから法難に会うの恐れてるのかい?

785 :信者:2005/09/22(木) 13:54:12 ID:ata6WvpH
警護など使わず堂々としてろ恐れてるなら辞めろ大聖人様はむしろ法難上等って感じだったんじゃない?
正宗信者のくせに酷い事言ってるが本音だしダメな体制は無くした方がよいと思う

786 :ゆんゆん:2005/09/22(木) 14:24:38 ID:nVpG30Vl
>>785
あなたでしょ?成りすまし学会員

「血脈」わかりますか?

血脈とは大木の幹のようなものです。私達は枝葉です。

>日顕 :2005/09/22(木) 00:28:46 ID:5HfMHBV3
>スレ主へ!日蓮正宗=日顕宗はヤバイからやめとけ!入ったらとんでもない事になるぞッ!┓(´_`)┏

貴方の価値観は皆どうでもいいんです。
「ヤバイからダメ。」では、根拠も何もあったもんじゃない。
何年も2ちゃんにいるなら少しはシステムを勉強してください。

787 :297:2005/09/22(木) 15:24:22 ID:sRlD6B4z
>>778
×時期猊下候補
○次期猊下候補

>>783
そうなんですよね〜
開祖日蓮の教えに直接従えば、分派なんかしなくても済むと思うんですよね。
もっと遡れば釈迦の教え(経典)を、各々が直接読んで、実行していけば、
今のように多くの宗派が出来ることなんてなかった。
同じルールブックを読んでいるから国が違ってもスポーツ競技が出きるようにね。

あと、日蓮正宗ではよく「文底」の意味なんてことを言います。「文底」でググると
ほとんど日蓮正宗がらみですので、よっぽどお好きなようです。
で、これは実際には書いてない事の解釈になりますので、より自由です。
好きなように解釈できる。当然、自由に主観が入れることができる。
直接日蓮から教えを聞いた6弟子ですら、それぞれの解釈で分かれちゃったん
だから、何十年、何百年の歳月を経て、60数代の猊下を経ていれば、当然、
違った解釈が出ても不自然じゃないと思います。

788 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 15:47:31 ID:r3yoqwXB
>>786
>何年も2ちゃんにいるなら少しはシステムを勉強してください。

あなたが言っても説得力ないんですが


789 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 15:53:38 ID:dhzATJnP
あと新しいエロの血脈も変だよな、援助交際しないと坊さんじゃないなんて。

790 :ゆんゆん:2005/09/22(木) 16:21:39 ID:nVpG30Vl
>>789
証拠も何もない、思い込みの方が説得力0です。
データ出してくださいよ。
でっちあげは貴方方の十八番ですか?

791 :yun ◆80A335Xyc6 :2005/09/22(木) 16:29:02 ID:nVpG30Vl
多分、、、板の10%以上が創価学会員でしょうが発言数はもっと多いだろうな。
そうすると大多数の学会員の”嘘でっちあげ”を、一般人とか無宗教とかクリスチャン(外道)とかは信じてしまうわけだ。

日蓮正宗では、御法主を教祖と立てません。おわかり?

792 :yun ◆1o8EKXq9IU :2005/09/22(木) 16:33:37 ID:nVpG30Vl
、、、ついでに言えばその扇動に乗せられて正法誹謗することが真理なんですか?
       「 与 同 罪 免 れ 難 し」 です。

スレが1000近いからどんどん上げますよ→

793 :信者:2005/09/22(木) 17:22:25 ID:ata6WvpH
ゆんゆんさん
残業ながら俺マジ正宗の信者なんだよね正宗の中だけど俺は日蓮派だからそんな考えなの血脈?知ってるよ今の猊下様が受けてないのも知ってるよ関係ないけどね猊下様はただの代表者ですから教祖でも何でもないのです俺達と同じ日蓮の弟子っていうか釈迦の弟子

794 :信者:2005/09/22(木) 17:33:12 ID:ata6WvpH
俺が日蓮派って言う意味は宗派関係なしに日蓮系が元の一つなる事を願う一人だからです

795 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:55:55 ID:MPQVISjU
【社会】団塊男性、葬送曲はビートルズ=4分の1「葬儀なくていい」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1127363931/
この人らも地獄行き?

796 :yun ◆80A335Xyc6 :2005/09/22(木) 17:59:26 ID:nVpG30Vl
>>795
人間に生まれたら次も人間じゃないの?普通
五逆は謗法 地獄です

>>794
つまり身延派?ちょっと自己紹介してよ@


797 :yun ◆80A335Xyc6 :2005/09/22(木) 18:00:23 ID:nVpG30Vl
ついでに言えば「破和合僧」も五逆 地獄

798 :信者:2005/09/22(木) 20:56:00 ID:ata6WvpH
俺は身延派でもないですマジで正宗なんだが正宗のダメな教えを無視してる者です勉強していろいろ調べてるうちに日蓮系全宗派におかしな所があるので無理と分かってるが日蓮系の統一を願う者です

799 :信者:2005/09/22(木) 20:58:29 ID:ata6WvpH
正宗の後から付けたような教えや謗法なんて糞くらえです

800 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 22:03:15 ID:tZ1x3t+Q
早く目覚めなさい。創価学会から早く脱会すれば幸せがやってきます。日蓮の教えに金儲けはありません。一日も早く洗脳から解放される事を祈ります。

801 :614とかいろいろ :2005/09/23(金) 00:34:45 ID:kBJb/k0w
創価や顕正に比べれば、正宗はそこまでカルトでは無い。
活動も強制ではないらしいし、行かなくても何も言われない。
本人が「サボってると謗法にあうぞ〜」というささやきに耐えられるかどうかだけ。
金銭も、向こうから求めてくることはほとんど無い。
折伏しにさえ来なければ、別に活動しててもかまわん。折伏さえなければ、な。

あと、元創価で破門時に正宗に流れた連中は、昔、罪の片棒担いでたことを
しっかりと自覚してくれ。
「今は正しい教えで、悪い教えから救う為に活動してまーす」
なんて、よくものうのうと言えるもんだと感心する。

802 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 01:09:34 ID:TgjbMnRb
なんか最近、日蓮正宗と創価学会の争いみたいな
カキコが増えてきましたね。宗教や信仰って事に
ついて話すならスレの主旨にも合致しますが、
ただの争いならよそでやってもらいたい。
ここで血脈がどうのと言って争う人は、正宗で
あろうと創価であろうと荒らし扱いになります
ので、ご注意を。
自らの価値を下げるような真似をしないでね。

803 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 01:30:10 ID:/4mCQuM0
彼岸の本来の意義は、
まず生きている私達自身が即身成仏して
幸福な境界を切り開くことが重要となってくるのであり、
その功徳をもって
先祖の追善供養をするわけです。
本宗ではこれらの意味から
常盆・常彼岸という
精神を建て前として仏道修行をするのであり、
他宗でいう彼岸とはまったく
その趣きを異にしています。
つまり毎日の信心修行がすでに
彼岸の修行であるわけです。

本宗においても
春秋の両彼岸会を修するのは、
まずこれが積功累徳(功徳をつみかさねていくこと)
という仏法の精神より起った行事であるからです。
 また、
この彼岸会は本宗における
衆生教化の一つの方法であるからです。
つまり世間一般 化した彼岸会を
正しい御本尊のもとで奉修される行事として転換引入し、
さらに御本尊への結縁を深めていくという意味から、
大事な行事といえるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/basics/ceremony.html#5
秋季彼岸会(秋分の日)

804 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 01:36:32 ID:TgjbMnRb
また荒らしかよ。
正宗信者のコピペ荒らしが多いな。
どうでもいいけど、功徳は積み重ねるものなのか?
前にあああ氏は「ある」か「ない」かだけだと
書いていたが?

805 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 02:30:06 ID:/4mCQuM0
>>804
我釈迦如来を見たてまつるに、
無量劫に於いて、
難行苦行し、

『功を積み徳を累ねて』、菩薩の道を求むること、

未だ曾て止息したまわず。
三千大千世界を観るに、乃至芥子の如き許りも、
是れ菩薩にして、
身命を捨てたもう処に非ざること有ること無し。

我見釈迦如来。
於無量劫難行苦行。

『積功累徳』求菩提道。

未曾止息。
觀三千大千世界。乃至
無有如芥子許非是菩薩捨身命処。

【妙法蓮華経 提婆達多品第十二】

806 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 02:48:29 ID:/4mCQuM0
夫れ水は寒積れば氷と為る、
雪は年累て水精と為る。

悪積れば地獄となる、善積れば仏となる。
女人は嫉妬かさなれば毒蛇となる。

法華経供養の功徳かさならば
あに竜女があとをつがざらん。

〜『南条殿女房御返事』


807 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 06:24:40 ID:kAGBWfzI
>>800
目覚めても正宗に移っては、元の木阿弥。
宗教に染まりきった生活をまずやめよう。

808 :789:2005/09/23(金) 06:27:20 ID:C4kgQjFt
>>790
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_19980526.html 
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/forum/forum02/f02_05.html

ほーい証拠持ってきたよー!氷山の一角を(´・ω・`)
お坊さんは性欲強いですねー

809 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 06:29:08 ID:C4kgQjFt
女子中学生に手をだしたらいけませんよ。宗教者として以前に人間として。



810 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 07:56:14 ID:TgjbMnRb
>>805
正宗信者はコピペ荒らしかよ?って書いてるハナから
その答えかよ。
どうやら自分で文章を作れない真性の○○らしいなw

811 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 08:01:54 ID:TgjbMnRb
>>805
それとね俺はオマイなんかに教えられなくても
法華経ぐらい読んでるから知ってんの。
前のあああ氏との矛盾を指摘しただけだから、
コピペするぐらいならあああ氏の誤りを訂正
してあげてくれ。以上!!

812 :614とかいろいろ:2005/09/23(金) 11:40:22 ID:kBJb/k0w
このスレにいる正宗信者さんたちは、このコピペに対してどう思う?
アンチ正宗の奴が意図的にやってるようにしか思えないが。

813 :あああ:2005/09/23(金) 11:42:35 ID:8dAwWvQu
>>776

>>735について、僕の考え方を書かせていただきます。
無宗教の方にとっては、本尊(仏像なども含む)というものは、「信仰の対象」
というイメージが強いと思いますが、僕にとっては(これはおそらく
正宗であれば誰でもでしょうけど)、御本尊は、仏であり、「師」で
あるわけです。

そこから考えていくと、「無人島に漂着した」という状態は、
いうなれば、「釈尊(生前)の弟子が、漂着した」ということと同じになります。
「師」のいないところで「師の教え」を受けることはできませんよね。
例えそこで木に釈尊の似顔絵を彫ったとしても、それはあくまで「木」でしかなく、
彫ったのは「自分」でしかありえないわけです。そこから「教え」は聞こえてこない。
弟子がそこでできるのは、釈尊の教えに反しないよう生活し、「帰ってから」
釈尊に無人島での自分の生活を報告し、指導を仰ぐということでしょう。

僕らも、御本尊のないところ(旅行先等)では、勤行も唱題もしません。
たぶん無人島に行ってもしないでしょう。そこでできることは、心の中で
御題目を唱えることによって、今まで教わった「道理」を外れないよう生活し、
「帰ってから」御本尊に自分の所業を報告し、そこで「御指導」を受けることしかないと思います。

「師」から離れて修行が進むなら、「師」は必要ないですよね。
そこから言ったら、やはり、「木に題目を刻む」という行為は、
意味のないことであり、「自ら仏を顕す」と言う意味では、慢心になりうるように
思います。

814 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 11:53:59 ID:dRgXjE2z
>>812
俺も最初そう思った。
なぜなら、あまりにも目障りなので、全部中身は読み飛ばしていたからw
でも、よくよく読み返してみると正宗を擁護・応援するような内容やタイミングで
貼られてるんだよね。
だから>>810の通り自分で考えて発言する能力を奪われた正宗信者だと思う。

だいたい教団の言ってることに対して、まず「信ずること!」って環境は、即ち
正しいとか誤りとか、おまいらアフォが判断するなってことだからな。
思考能力も停止すれば、自分の意見も言えなくなるわな。

そういう宗教法人は一般的にカルトというわけだが、彼らは決して自分達の
教団をカルトだとは考えない。というか客観的に見たり、疑うということを
しない。

自宗には限ってカルトじゃないと信者が思いこむのも、またカルト集団の
特徴だわな。

正宗信者に聞きたい。
おまいら絶対にカルト集団ですよね?

815 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 12:00:42 ID:dRgXjE2z
>>813

日蓮正宗以外の寺院(たしか日蓮宗)で日蓮が書いた本尊を見たことあるけど
日蓮正宗の信者が、あれに題目を唱えるのは勿論いいんだよね?

816 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 12:12:57 ID:C4kgQjFt
いやー売春してる坊さんを師には出来ないな・・・俺は。

817 :614とかいろいろ:2005/09/23(金) 12:14:32 ID:kBJb/k0w
正宗信者さん的には

「ああまたこんな、法を謗るような書き込みがある。大聖人様の教えを説いてやらなきゃ・・・
 どうして彼らには素晴らしい教えが理解できないの?逆に見当違いの反論ばかり。
 これが法難に逢うってことか。大聖人様の教えはやはり正しい!
 諦めないで正しい教えを 広めて行かなくっちゃ!
 仏滅年代に矛盾?御本尊が贋作?大聖人様が病死してる?
 ああ、こんな邪宗徒の妄言に耳を貸してはいけない、浅識は重大な謗法だ!
 私の浅い考えで、大聖人様の偉大な教えを疑っちゃダメだ、信じること信じること
 南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経・・・・」

こういう心理でコピペしてんのかな・・・。

818 :614とかいろいろ:2005/09/23(金) 12:19:07 ID:kBJb/k0w
あと、正宗僧侶の売春記事が貼られてるみたいだけど
ああいうのはあくまで「個人の責任」だと思うから、正宗が悪いとは思わない。
監督責任ってのも少しはあるだろうけど、いい年こいた大人の犯罪なんだから
あくまで個人の罪で終らせるべきだろう。
正宗が指導して援交に走らせたわけじゃないんだから。

819 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 13:06:11 ID:s6b2R9f5
創価学会は存在自体が罪

820 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 13:06:41 ID:dRgXjE2z
>>818
正宗が指導して援交をさせたわけじゃないが、
やはり日蓮正宗に問題があると思うよ。

僧侶となるために小さい頃から修行をしていても、
なーんも変わらないってことだろ。
正宗によると信心してると「心が浄化するらしい」
身体は浄化されずに、かわりに淫行で浄化したと
いうこと。

821 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 14:30:45 ID:/4mCQuM0
>>814
日蓮大聖人は、
 「迷妄の法に著するが故に本心を失ふなり」
(御講聞書・新編一八五八)
と説かれ、
誤った教えによって本心たる理性が失われ、
狂信になると教えています。また、
 「若し先づ国土を安んじて現当を祈らんと欲せば、
速やかに情慮を廻らし怱いで対治を加へよ」
(立正安国論・新編二四八)
と仰せられ、
社会の平和を実現させるためには、
正法と邪法とをよくよく糾明して
対応救治しなければならないと
説かれています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#11
宗教は狂信、盲信のすすめではないか?

822 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 14:36:32 ID:/4mCQuM0
信仰していない人は、よく「信仰をしていても、
こんなに悪い人がいるから信仰する気にならない」
と言います。 「悪い人」といっても、
悪い考えに染まった人、悪い癖を持った人、
自分で気付かずに悪業を犯す人などさまざまです。
 釈尊は、
現代の世相を「五濁悪世」と予言しました。
五濁とは
(1)劫濁(社会・環境に悪い現象が起きる)
(2)煩悩濁(瞋りや貪りなどの悪心にとらわれた本能の迷い)
(3)衆生濁(人間そのものの濁り)
(4)見濁(思想や考えの乱れ)
(5)命濁(みょうじょく)(生命自体の濁り、人命軽視など)
をいいます。
 たしかに現代社会は科学技術の発展とは逆に、
人間性は歪曲され、貧困になっていますし、
社会全体の混迷と汚染はますます深刻になっています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#11
信仰をしている人を
部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。
しかし批判者には
それ以上に得るものはなにもないのです。

823 :平成の日蓮:2005/09/23(金) 14:45:58 ID:gHmOur2c
■このスレで「教義」よりも「信」が先と言っておるものへ
 バカモノー! 「先ず通力ある者を信ぜば天魔外道を信ずべきか」 (題目弥陀名号勝劣抄114頁)

■このスレで客観的な根拠もなく日蓮正宗こそ真実だと言っておるものへ
 恥を知れー! 「文証無き者は悉く是れ邪義、彼の外道に同じ」 (真言見聞148頁)

■このスレで日蓮正宗の法主だけに口伝された法をあると思っておるものへ
 タワケものめが! 「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」 (撰時抄281頁)

■このスレで日蓮正宗の法主だけに血脈が受け継がれているとのたまうものへ
 「総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思(おもい)を成して異体同心
 にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり、然も今
 日蓮が弘通する処の所詮これなり」(生死一大事血脈抄 1337頁12行目)

 ワシが言う血脈とは南無妙法蓮華経と唱える皆全てじゃ。ご本尊を書くのは
 誰でもよい。要は心が大切なのじゃ。世界中の人々が我の教えを信仰したいと
 なったらなんとする? 60億以上も一人で書き顕せるのか? ご本尊の順番
 待ちで、正しい信仰が出来ないなど愚の骨頂だわい。心を入れ替えよ!愚かものめが!!

以上じゃ!

ここで一つ告白があるのじゃがの。ワシは鎌倉時代が既に末法に入っておると
勘違いしておったが、あの後、いろいろ調べてみて間違いであることが分かったのじゃ。
従ってワシが自身のことを菩薩と思ったのも勘違いであるし法華経が最高経文とした
考えも間違いじゃった。ワシのことはどうでもよい。釈尊の教えて従うように汁! すまそ・・・orz

824 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 14:47:47 ID:/4mCQuM0
 日蓮大聖人は、
 「汝(なんじ)只正理を以て前(さき)とすべし。
別して人の多きを以て本とすることなかれ。」
(聖愚問答抄・新編四〇二)
と説かれているように、
正しい本尊と、勝れた教法によって、
民衆救済の実をあげていくところに
宗教の本質があるのであって、
ただ歴史が古い、名が通 っている、
多くの参詣者でにぎわっているということをもって、
その寺社を尊んだり
勝れていると考えてはならないのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/other.html#14


825 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 14:51:10 ID:/4mCQuM0
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなたの真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。

826 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:00:15 ID:/4mCQuM0
>>823
法華経『勧持品(かんじほん)』には、
末法の法華経の行者には、
三類(さんるい)の強敵(ごうてき)による
悪口罵詈(あっくめり)、刀杖瓦石(とうじょうがしゃく)、
数々見擯出(さくさくけんひんずい)等の
王難(おうなん)を一身(いっしん)に
受けることが説かれています。
 末法に出現された日蓮大聖人は、
釈尊(しゃくそん)が法華経に示された
この予言(よげん)をことごとく身で読まれ、
一切衆生を救済(きゅうさい)するために、
妙法弘通に一身を捧(ささ)げられました。
 創価学会では
日蓮大聖人と池田大作を故意(こい)にダブらせて、
池田大作を「二人目の法華経の行者」
などと礼讃(らいさん)しているのです。
 しかし、国会の証人喚問(かんもん)から
逃(に)げ回(まわ)り、宗門との問題においても、
自(みずか)らの名で反論することもできず、
ことあるごとに側近(そっきん)幹部に
「俺(おれ)を守れ」と命令し、
衣食住(いしょくじゅう)すべてに
ぜいたく三昧(ざんまい)を尽(つ)くしている
池田大作の、
どこに日蓮大聖人の御精神があるでしょうか。
どこを探(さが)しても、まったくないではありませんか。

827 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:01:03 ID:dRgXjE2z
>>821-822
あんた何を言いたいの?
日蓮正宗が正しいという証明は何も出来ないではないじゃんw

あと、おまいは「五濁悪世」の教えは何経で説かれていたのか知ってるの?
阿弥陀経よ。
日蓮正宗では阿弥陀経は法華経以前に説かれた仮の教えとして
捨てる立場じゃねーの?(史実では阿弥陀経の方が後だけどな)
都合のいい時だけ阿弥陀経の教えを持ち出して恥ずかしくないの?w
自分でよく考えも調べもしないで、妄信してるからこういう恥ずかしい
ことするんだよ。

あ・・・今、顔が真っ赤になってるね! 

828 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:07:07 ID:/4mCQuM0
日蓮大聖人は信心の功徳について、
 「功徳とは六根清浄(ろっこんしょうじょう)の果報なり。
所詮今日蓮等の類(たぐい)
南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は六根清浄なり」
(御義口伝・新編一七七五)
と仰せです、
すなわち正しい教えである
南無妙法蓮華経を信じ唱える者は、
必ず六根
〔眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)〕
のすべてが清浄な働きになると教えているのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10


829 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:12:10 ID:dRgXjE2z
>>825
君は白痴かい? >>823の日蓮さんに対するレスだと思うけど
823は「信」が大切じゃないなんて一言も言ってないが?
それに対して「信」が大切なんてコピペして、正気の沙汰じゃないね。

>>826
それとさー、池田大作がどうのこうのって823は一言も書いてないが、
なに見当違いのレスしてんの?

後、池田に限らず、おまいらみんな法華経の行者じゃないのか?

日蓮正宗の信者って何でこんな変な奴ばっかりなの?
阿保くさ

830 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:13:32 ID:dRgXjE2z
>>828

ふむふむ。日蓮の下痢ぴーには効果なかったから死んじゃったってことね。納得。

831 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:23:40 ID:/4mCQuM0
日蓮大聖人は、
 「されば無作(むさ)の三身(さんじん)とは
末法の法華経の行者なり」
(御義口伝(おんぎくでん) 御書1765頁)
と仰せられ、「法華経の行者」とは無作三身、
すなわち久遠元初(くおんがんじょ)の御本仏
であると御教示されています。
また第二十六世日寛(にちかん)上人は、
 「末法の法華経の行者、
豈蓮祖聖人(あにれんそしょうにん)に非(あら)ずや」
(開目抄愚記(ぐき) 文段124頁)
と、末法の法華経の行者とは
御本仏日蓮大聖人に限ることを
御指南(ごしなん)されています。
 いまや池田大作は、
日蓮大聖人の仏法を正しく伝えている
日蓮正宗から破門され、正法誹謗(ひぼう)の
悪業(あくごう)を繰(く)り返しているのですから、
法華経の行者どころか
「仏法破壊(はかい)の極悪人(ごくあくにん)」というべきなのです。
 したがって、池田大作を
「日蓮大聖人の仏法を証明した法華経の行者」などと
崇(あが)めることは、
御本仏日蓮大聖人の教えに反逆(はんぎゃく)する
大謗法(だいほうぼう)であることは明らかです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/138.html

832 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:26:17 ID:/4mCQuM0
>>823
仏宝・法宝は三世常住である、といっても、
僧宝があってはじめて世に久住し、
万年の衆生を済度せられるのである。
 ゆえに日蓮大聖人は、
御入滅後の令法久住を鑑(かんが)みられ、
唯授一人の血脈相承をもって、
第2祖日興上人に法体と仏法のすべてを委ねられ、
僧宝の任を与えられたのである。
 しかして、その任は、日興上人より3祖日目上人へ、
日目上人より4世日道上人へと受け継がれ、
さらに代々の上人を経て、
現67世日顕上人に受け継がれているのである。
 学会が主張するごとく、
「僧宝は日興上人のみ」とするならば、
前(さき)の『当流行事抄』に
「之れを伝えずんば則ち末代今時の我等衆生、
曷ぞ此の大法を信受することを得んや」と仰せのとおり、
日興上人が御遷化された時点で、仏法は断絶して、
後世に伝わらなくなってしまうことになるではないか。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#2
血脈伝持の御歴代上人に僧宝の義

833 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:31:03 ID:/4mCQuM0
>>823
日蓮正宗宗規に定められる
「日興上人をもって僧宝とする」とは、
上一人の御法主上人から下全僧俗までを含む
全日蓮正宗として僧宝を仰ぐ場合の表現であり、
同じく日顕上人の御教示は、
御法主上人としての立場で僧宝を仰いだ場合の表現である。
 したがって、これをもって一般の僧俗が、
僧宝を2祖日興上人のみに限定し、
「それ以下の歴代法主を加えるのは誤り」
などと称するのは、
まったく仏法の筋道のわかっておらない
大きな間違いである。
 また、「歴代上人が僧宝ならば
自分たち学会員も僧宝」などというのは、
自ら「自分たちは宝だ、尊信しろ」
と言っているようなもので、嬌慢謗法の
謗(そし)りは免(まぬが)れない。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/sanpou.html#2

834 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:37:38 ID:/4mCQuM0
>>823当宗では、
血脈なくして
御本尊様を書写し奉ることはできない。
もし、血脈などいらないというのならば、
身延の人が書いた本尊でもよい、
誰が書いてもよいではないか。
(第66世日達上人・第17回妙観会・昭和53年3月31日)
血脈相承といって、
われわれの御法主上人に、
法水の容器は違うが、
その内容は一滴ももらさずに
伝えられてきているのです。
だから御法主上人だけが、
御本尊様をしたためることができる方なのです。
(『戸田城聖全集』第2巻37頁)
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/syuso2-nisehonzon.html#2
「広布を願う一念」だとか
「折伏に精進した功績」だとか「宗門を外護した功労」などは、
衆生の信心修行の領域です。それに対して
「御本尊」「宗祖大聖人」「三宝」等は
本来、能化・師匠の領域であります。
 したがって、日興上人が、
この法門は師弟子を正して仏になり候
と制誡なされているように、
これらを混ぜ合わせて論じてはならないのです。
 古来、本宗においては、御本尊の御書写をはじめ、
御本尊に関わる一切の権能は唯授一人
血脈付法の御法主上人にましますことは、不変の鉄則であり、
今さら創価宗がどのような新義・異説を立てようとも、
御法主上人の御允可なき「ニセ本尊」の製造・販売が
大謗法であることは申すまでもありません。

835 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:41:57 ID:/4mCQuM0
この法門は、師弟子をたゞして仏になり候。
師弟子だにも違い候へば、
同じ法華を持ちまいらせて候へども
無間地獄に堕ち候也。
うちこしうちこし
直の御弟子と申すやからが、
聖人の御時も候しあひだ、
本弟子六人を定め置かれて候。
その弟子の教化の弟子は、
それをその弟子なりと言はせんずるためにて候。
案のごとく
聖人の御後も
末の弟子共が、
誰は聖人の直の御弟子と申やから多く候。
これらの人は謗法にて候也。
>>823

836 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:42:49 ID:dRgXjE2z
>>831->>833
お前アドレス貼っていてもコピペをしてたら意味がないんだよ。
>>721にも書いてあるだろ。

みんなが経文や手紙のコピペばっかりしてたら会話が成り立たないだろうが。
おまいはコピペで参加しているつもりか知らないが、ただの荒らしでしかないよ。


837 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:50:50 ID:/4mCQuM0
本尊を「物」と扱うようになった場合は罰をうけます。
学会精神に反します。信心ではありません。
(『大白蓮華』159号62頁)
>>823

838 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:54:00 ID:/4mCQuM0
>>815
彼等(日蓮宗)は、また、
日蓮正宗では御本尊を板や紙に
執(と)らわれているから唯物的思想だ
といっておるが、事ここに至っては、
開いた口が塞(ふさ)がらない。
彼等には、草木成仏・非情成仏等、
仏法の重大法門が少しもわかっていない。
それでは、法華を学んだとは、
とうてい、いえないことである
(『日淳上人全集』142頁)


839 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 16:07:00 ID:/4mCQuM0
>>815
この正法に他の邪な宗教を混えて修行するならば、
正しい信仰の功徳を消し、
大きな罪業を積むことになります。

840 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 16:19:56 ID:/4mCQuM0
>>836
一般に、どのような境遇にあっても、
人間の幸不幸は所詮
その人の心の持ち方・考え方によって
決定されるのだから、
宗教に頼るよりも、心に“自分は幸せだ”と
思うことが大切である、という考え方があります。  
このような考え方は、一見もっとものようですが、
現実的には
人間本来の「心」を知らない理想論であり、
これを実行するとなると危険がともないます。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#4
宗教によらなくても、自分で幸福だと思えばよいのではないか?

841 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 16:47:53 ID:dRgXjE2z
>>839
ほほ〜、おまいらの理屈では日蓮が書いた曼荼羅でも地獄行きだってことだな?
開祖の書き顕した本尊に、おまいらの自己中な理屈で善悪を決めていいのか?
おまいら何様だ?
呆れて開いた口がふさがらないや。


842 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 16:49:29 ID:/4mCQuM0
>>823
仏法の正しい血脈には、
大きく分けて
教相(法華経の血脈)と観心
(久遠元初の自受用身の血脈)の2種があり、
さらに、
末法万年に向けての御本仏
日蓮大聖人の血脈があります。
この立て分けに迷いますと、
迷路に迷い込んだ子供のように、
ついに真実の仏法に到達することなく、
迷者・闇者の道を歩むことになってしまいます。

法体(本門戒壇の大御本尊)と法門の血脈は、
相承を承けられた日興上人以下
代々の御法主上人(能化)が所持あそばされるところであり、
門弟僧俗(所化)が御法主上人の御指南のもとに
信仰に励む時、大聖人の血脈が流れ通い、
即身成仏の功徳が具(そな)わるのであります。
 ちなみに、近年、邪教化した池田創価学会が主張する、
「大聖人直結」「御書直結」というが如き邪論は、
血脈の大事を破壊し、仏法の根本教理を否定せんとする
邪説であり、久遠元初の自受用身、釈尊、天台大師、
日蓮大聖人に師敵対する
大魔説たるを知ることが肝要であります。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/ketimyaku.html#1

843 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 16:53:38 ID:/4mCQuM0
>>823
当宗では、
血脈なくして御本尊様を書写し奉ることはできない。
もし、
血脈などいらないというのならば、
身延の人が書いた本尊でもよい、
誰が書いてもよいではないか。
(第66世日達上人・第17回妙観会・昭和53年3月31日)


844 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:04:19 ID:/4mCQuM0
>>823能化文書には「本宗の根本は、
戒壇の大御本尊と唯授一人の御法主上人であります。
具体的には、御法主上人の御指南に随従(ずいじゅう)し、
御本尊受持の信行に励むことが肝要です。
なぜならば、唯授一人の血脈の当処(とうしょ)は、
戒壇の大御本尊と不二の尊体にましますからであります。
したがって、この根本の2つに対する信心は、
絶対でなければなりません」
とあり、これは本宗の正義そのものである。

 学会は、この中の「唯授一人の血脈の当処は、
戒壇の大御本尊と不二の尊体にまします」の言をとらえて
「法主は大御本尊と一体不二であるから
法主を信仰の根本としろ、という”法主本仏論”だ」と
ねじ曲げているのであるが、一読してわかるように、
そのようなことは誰も言っていない。

 そもそも、「唯授一人の血脈の当処」とは、
宗祖日蓮大聖人から、第2祖日興上人以来の
御歴代上人方に伝わる、唯授一人・血脈相承の法体
(※法の本体そのもの)のことである。
 しかして、その法体とは
 「法体とは南無妙法蓮華経なり」(御書1721、全集709頁)
とあるように、大聖人が久遠元初に御悟りになった
南無妙法蓮華経の極意・内容である。
南無妙法蓮華経の法体を
御図顕あそばされたのが御本尊である。
 歴代の御法主上人は、唯授一人の血脈相承によって
伝えられた法体を、大聖人に代わって、
御本尊として書写あそばされているのである。

845 :614とかいろいろ:2005/09/23(金) 17:21:26 ID:kBJb/k0w
「あああ、こんなに正宗が謗られてる。大変だ、このスレの人たちの謝った考えを
 正してやらなきゃ!
 でもみんな理論的で、事実や文献に基づいた検証してるみたいで、とても私には
 反論できない・・・。
 ま、どんなに勉強して事実を明らかにしたとしても日蓮大聖人様の仏法が正しくて
 正邪に誤りが無いことはきまってるんだから、彼らこそ邪な教えに染まってると
 教えてあげないといけない。
 私は勉強不足で(正宗から買った本にはここで読んだようなことは書いて無かったし)
 彼らにはとても反論できないな・・・。
 そうだ!大聖人様の御儀口伝をコピペして読んでもらえばいいんだ!
 素晴らしいことが書いてあるからきっと邪宗から目覚めてくれるに違いない!
 よし、貼ろう!!」

846 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:29:21 ID:/4mCQuM0
信仰をしている人を部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。
しかし批判者にはそれ以上に得るものはなにもないのです。
むしろ、正法の信者を誹謗するという
大きな罪を作っているかもしれません。  
一方、正しい信仰を根本として、
過去の悪業や弱い自分と闘いながら
仏道に精進している人は、
当初は恥しい思いをするかもしれませんが、
将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、
周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10

847 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:34:52 ID:/4mCQuM0
>>845
健全な人生観や社会思想は、
ひとりひとりが正しい宗教に帰依し、
しかも正法が社会に広く深く定着したときに
醸成されるのであり、真実の幸福は
表面 的な学歴や肩書きによってもたらされるのではなく、
真実の仏法を信仰し修行することによってもたらされるのです。
 以上の二点だけを取り上げてみても、
学歴や社会的地位がそのまま
個人の幸福の絶対的条件になるわけでもなく、
社会の福祉につながるわけでもないことがわかるでしょう。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/none.html#6
学歴や社会的地位こそ幸福の要件ではないか?

848 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:37:23 ID:dRgXjE2z
>>842->>844

>>823は日蓮の書いた文みたいだが。
それに反論するということは天に唾を
吐くのと同じだということをわきまえろ。

849 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:38:01 ID:/4mCQuM0
>>845
なかには、何事に対しても消極的で、
常に何かに頼っていこうとする人が
たまたま宗教に救いを求める姿をとらえて、
「信仰は意志の弱い人間のすることだ」という人もいます。
 しかし、
たとえ意志が弱いといわれるような人であっても、
真実の宗教である大聖人の教えによって
種々の困難を克服していくならば、
これほどすばらしい人間改革の道はありません。
事実、意志の弱さや、病魔や、
さまざまな宿業による困難を、
妙法の信仰によって乗りこえた体験を持った人たちが、
現在社会のあらゆる分野で活躍し、
大聖人の仏法によって、大きくその境涯を開いています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#5


850 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 18:40:07 ID:djSZVLJP
主さん、2ちゃんで聞いても意味ないから 近くの日蓮正宗の方にききなさい。

851 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 22:50:26 ID:TgjbMnRb
確かに。
只でさえデンパな香具師が多いのに、2ちゃんねるなら尚更だな。
最近のコピペ魔を見て、つくづく思った。
1さん、マインドコントロールされないようにね。
もし洗脳されそうになったら、ここでの信者達の振る舞いを
思い出すんだよ。

852 :大小人:2005/09/23(金) 23:15:23 ID:gL8DfQwe
>>821
日蓮正宗は狂信、盲信のすすめではないか?


853 :大小人:2005/09/23(金) 23:16:36 ID:gL8DfQwe

1氏は、もう結論出てるんじゃないかな。
正宗信者には呆れているでしょう。
それに、1氏の彼女にとっては、

 日蓮正宗>>>>1氏 だろう。

854 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:04:46 ID:UKSnQhCz
>853
そーゆうことだよね。
身近でつい最近、そんな事があったばかり

日蓮正宗>>>>>愛する人

つまり信者にとっては「人の心」より大切なものがあるってことだ。
なんの為の信仰???

ところで、
上の方で、好きな女が命懸けでやってる事がどうとか言ってる人、
今だったらどうなんですか?
嫁さんが突然信仰をやめて、あなたも一緒にやめてほしいって
命懸けで言ってきたら?
もしくは、元々自分のほうが信仰してて、
好きな女にやめてほしいって命懸けで説得されたら?

できたら聞いてみたいんですけどー

855 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:14:53 ID:Nk/fYlxp
>>854
聞くだけ無駄。
自分本位のレスが返るだけ。

856 :信者:2005/09/24(土) 01:42:19 ID:CzTjJUXj
いやいやォびっくりだなぁ同じ正宗信者として恥ずかしいくらい洗脳組やあああさんはバカタレで嫌になるね貴方達は一度外から見て他宗も勉強してから信心しなさい!一から勉強し直し!それに仏教の道として入ったなら他宗も全て仲間なんですよ邪教と言う呼び方も止めなさい!

857 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 01:46:31 ID:N077Nw8H
>>856 禿同



858 :信者:2005/09/24(土) 01:49:11 ID:CzTjJUXj
大聖人様を真似て邪教と言うなら尚更です彼が法難を受けた理由ですし彼が法難を受けたから法華経のとおりだと言うのも勘違いですから

859 :信者:2005/09/24(土) 01:54:47 ID:CzTjJUXj
誰だって自分が信じてる物を悪く言われれば頭にきますし嫌われるのも当然でしょ!普通に信仰してれば今頃は他宗と変わらず肩を並べてるはずです。必死になりすぎた事が大聖人様のミスでしょう

860 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 09:01:44 ID:S7z6uJ5S
正宗では坊さんは援助交際修行で六根性情を達成してます!!

861 :614とかいろいろ:2005/09/24(土) 11:54:56 ID:M6ZlWaRf
まとめ

・他宗の批判は、事実や教義の矛盾点を突く。
・他宗は間違ってるに決まってるから、相手の言い分を聞く耳は無い。
・正宗の事実や教義の矛盾点は、屁理屈で対応。
・さらに突っ込まれると、「まず信じることが大事」となる。
・「じゃあ、他宗も信じてみないと判断できないのでは?」という意見は無視。
・↑こういう考えで、我こそは正義と純粋な気持ちで折伏に来る。

862 :信者:2005/09/24(土) 14:34:36 ID:CzTjJUXj
↑ですねf^_^;
洗脳されてる人達は…
もちろん洗脳されてる人に俺の意見言っても屁理屈ばかりでウザイから言わないけどね

863 :信者:2005/09/24(土) 14:42:50 ID:CzTjJUXj
洗脳されてる友達や友達の家族と論議した時、反論されたが説明したら母親は何十年も信者だが、まだ柔らかい部分が残ってて理解してくれたよ。

864 :297:2005/09/24(土) 15:03:00 ID:wGPvEGH5
休みの間に一気にスレが進みましたねぇ〜(^^; コピペはスルーしてるので、
日蓮正宗さんが、やられっぱなしに見えるけど。

で、洗脳されている人は自分が洗脳されているなんて夢にも思わない。
誰からの強制でもなく、「自分の意思」で信仰を続けていると思い込んでる。

じゃあ、「自分の意思で、ちょっと間やめて他のを試してみれば?」というと
間違いなくフリーズする。「やめるのが怖い」という。やめるのが怖いという
感覚こそが洗脳されている何よりの証拠という事実に気付かない。

日蓮は比叡山で仏教を学んで色々と試してみた。
その結果、あれでもない、これでもないと、法華経に辿り着いた。
あれやこれやと信仰方法を変えたのは、ここで、あああさんがよく言っている
なんの疑いも挟まず「信じる」ということをしていなかった結果に他なりません。

もし、日蓮が本当に「信」を優先していたら、何があろうと最初に信仰した
宗教を続けていることになるが、そうなっていないのは、常に「信」よりも
「教義」を優先しようとしてきた何よりの証拠。

>>823の日蓮さんが書いてる通り「先ず通力ある者を信ぜば天魔外道を
信ずべきか」です。教義があって、それに納得して始めて本当の信仰が
生まれるのです。教義も知らず(または自分の目で確かめないで)、宗教
に身を委ねることは、即ち妄信です。
悪魔に魂を売るのと同等の自殺行為だと思います。

日蓮は「信」が大切だと信者には言っていたが、何のことはない、自分
自身は古くから伝わってきていた伝統仏教に傾倒せず(=信ずるという
ことをやらず)、自分自身の感覚で新興宗教を起こしてしまった一僧侶に
過ぎないことは誰も否定できないでしょう。


865 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 16:19:26 ID:6GLPzeW/
このスレには学会のパシリのオオバカの阿部ケ〜ンが
出没しています。

866 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:54:05 ID:ef4VIYu/
>>864現在日本における宗教法人の総数は、
十八万三千四七一あり、
法人格を持たない宗教団体を含めると
二十二万七千余もあるといわれています。
(平成九年 宗教年鑑調査による)
 これほど多くの宗教を、
実際に自分の目で善悪を確かめたいと
いってもそれは不可能なことです。
 またそのなかで仏法の教えは特に難信難解であり、
体験の世界でもありますから、
私たちがただ頭で宗教の正邪を理解しようとしても、
十年、二十年、または一生涯を費やしても
できることではありません。
結局はどの宗教が正しいのかもわからず、
信仰の道に入ることもできないでしょう。
すべてのものごとに対して、
理解し納得しなければ信用しないという人は、
一日たりとも生活できなくなるでしょう。
 時には批判し、詮索することも必要ですが、
元来仏教に限らず、
すべて宗教は信ずることから始まります。
日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#3

867 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:55:44 ID:ef4VIYu/
この法門は、師弟子をたゞして仏になり候。
師弟子だにも違い候へば、
同じ法華を持ちまいらせて候へども
無間地獄に堕ち候也。
うちこしうちこし
直の御弟子と申すやからが、
聖人の御時も候しあひだ、
本弟子六人を定め置かれて候。
その弟子の教化の弟子は、
それをその弟子なりと言はせんずるためにて候。
案のごとく
聖人の御後も
末の弟子共が、
誰は聖人の直の御弟子と申やから多く候。
これらの人は謗法にて候也。
>>823

868 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:57:13 ID:ef4VIYu/
信仰をしている人を部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。
しかし批判者にはそれ以上に得るものはなにもないのです。
むしろ、正法の信者を誹謗するという
大きな罪を作っているかもしれません。  
一方、正しい信仰を根本として、
過去の悪業や弱い自分と闘いながら
仏道に精進している人は、
当初は恥しい思いをするかもしれませんが、
将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、
周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10

869 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 19:32:27 ID:78dMYlIk
けんほうとうほんですな・・・・

870 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 20:02:13 ID:wIlh5FF/
コピペウザスシュウキョウキモス

871 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 22:49:48 ID:fr6BcORb
日蓮正宗では結婚式はどうなってるんでしょうか?
やらない?それとも日蓮正宗独自の式をやるんですか?


872 :614とかいろいろ:2005/09/24(土) 23:09:41 ID:M6ZlWaRf
>866
「まず信じろ!」
「じゃ、学会信じます!」
「それはいかん、間違った教えだ!正宗信じなさい」
「じゃ、学会がどう間違ってて、正宗がどう正しいか調べます」
「一生かけて調べても正邪の理解はできないかもしれないぞ」
「じゃ、どうしろってんだ!」
「正宗を信じるんだ!!これこそ正しい教えだ!」
「おやまああらさてサントリー・・・」

873 :614とかいろいろ:2005/09/24(土) 23:11:52 ID:M6ZlWaRf
>871
詳しいとこまでは知らんが、お寺でやるみたいだぞ。
独自っちゃあ独自なんじゃないか?

教義的に神前や教会での式は、いい顔されないと思ふ。

874 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 23:13:49 ID:mNkv6aj3
浅井は1995年の7月に『小田原地震』が来ると言った。
根拠はなく、単にノストラダムスの大予言と東海地震を足しただけ。

本来、宗教とは自分を鍛錬するもの、しかしここの目的は、会員を増やし他を批判すること
人を増やすのが目的だから監禁事件だってあたりまえ・・・。

変われるからと言って誘うが、何が変わるのか聞いたが答えられない。

事実、この宗教に入ってキチガイになったヤシは多い。
これが変わるためなのか?キチガイになるのが目的なのか?

875 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 23:34:08 ID:Nk/fYlxp
>>866
その日蓮自体が自分が宗教やる時に信じるどころか
常に疑ってやっていた事が>>864の論法で証明を
されたわけだが?
それに対して自分自身が信じていなかった日蓮の
言葉を貼り付けても説得力ゼロ。
というより、寧ろ、言動のギャップが浮き彫りに
なったね! このコピペ馬鹿、墓穴掘ってやがる。

876 :614とかいろいろ:2005/09/25(日) 00:18:35 ID:vhEs/h6S
正宗HPのそのいらの文章を読んでくと
「なんかおかしいぞ?」とか
「さっき言ってたことと矛盾してないか?」
という疑問が山ほど浮かんでくる。

信者では無い人間に向けて書いてある文章としては、心に響くものがまるで無い。

877 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 01:26:43 ID:1GfJbr/s
正宗信者の特徴について、ここまでのまとめ。

1.自宗の事は「とにかく信じろ」で教義は二の次。
  他宗の事は「教義」で批判し信仰もせず中傷を繰り返す。
2.自分の頭で考えて信仰を始めたわけではないので、自宗
  の中身をちゃんと理解していない為、自分の言葉で説明
  出来ず、挙句の果てにコピペでスレを荒らす。
3.末法の説明、日蓮の言動の矛盾、大乗非佛説など、日蓮
  正宗の説明と史実の間で明らかな矛盾があるのに、疑う
  ことがないように完全に洗脳されている。
4.日蓮正宗だけが唯一正しい宗教であり、他の宗教、宗派
  については、教義も知らなければ信仰体験もないのに、
  全て外道の宗教だと本気で言っている。(無責任で自己中)
5.命を賭けて信仰しているという割には、中身を知らない。
6.正しい宗教を信仰していると大きな顔をしている割には
  掲示板のルールやマナーを無視しモラルに欠ける。
7.自宗の不祥事には甘いが他宗については粗探しに余念無し。

878 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 02:58:05 ID:2jDfszH9
オウム(現アーレフ)同様
洗脳は怖い!
本気で国営による会館建設を望み、当然ながら相手にもされない。
国営会館の建設なくては日本は衰退すると唱え続けているが、
やがて痺れを切らし得意の実力行使で国家転覆を唱え始める・・・。



879 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 08:08:02 ID:ACCmUJK5
>>790
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_19980526.html 
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/forum/forum02/f02_05.html

ほーい証拠持ってきたよー!氷山の一角を(´・ω・`)

ねえ、証拠持ってきたのに何で前回スルーしたの?君が持って来いっていったのに・・・。

880 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 11:04:10 ID:Ac47nIP/
test

881 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 11:06:13 ID:Ac47nIP/
>>879
御金言に「出家して袈裟をかけ懶惰懈怠なるは是仏在世の六師外道が弟子なり」
「遊戯雑談のみして明し暮さん者は法師の皮を着たる畜生なり」と。
まさに日顕法主以下、享楽と放恣に明け暮れる宗門堕落僧への戒めです。
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/f03_01.html酒色におぼれる僧侶たち


882 :877:2005/09/25(日) 11:27:10 ID:1GfJbr/s
>>879
これは事実なの?
創価関係のサイトのようなので今一信用出来ないんだけど?
問題の僧侶の名前でぐぐってみたけど、創価関係のサイト
内しかヒットしないし。俺は日蓮正宗について批判的だが
捏造してまでの攻撃はよくないと思ってる。
事実なら仕方ないが・・・
真相はどうなのよ?
君は神に誓える?

883 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 11:48:15 ID:0N/plitl
学会のほうが裁判に負けてるのに、今更もちだしてくる。
正直、私は日蓮正宗だけど、ちゃんと信じてるよ。
なんで、700年くらいたつのに、今更、大御本尊様を鑑定しなきゃならないの?
学会と別れるまでは、みんな登山してたのに。
みんな。戸田先生の本とか読んでる?学会が出来た頃の本、読んでる?
とか思うよ。
それに、私的には、宗教は自由だと思ってるけど?
学会みたいに、しつこい勧誘してないしね

884 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 11:57:41 ID:ACCmUJK5
>>882
これちゃんと事実だよ。

885 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/25(日) 12:18:40 ID:0N/plitl
事実ではないよ。
たとえば。大石寺の桜の木伐採したって話は、みた人、証拠がある人、いますか?
私は毎年、満開になる桜を見にいくけど、伐採されてなんてないよ?
正本堂も、大理石の間から、錆が浮き出していたのを、見ましたか?
最近じゃ、学会の人は、牧口先生、戸田先生の墓参りする人なんて、全くいませんよ?
なんで?そこがおかしい

886 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 12:21:13 ID:2+PsZbB9
僧侶が淫行で逮捕されたのは事実でしょ

887 :暇人:2005/09/25(日) 12:23:15 ID:cReyK1oJ
そういえば学会本部の職員の修羅場事件もあったが
宗教で飯食っている人たちの
どこでもある話かもね

888 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 12:39:19 ID:2+PsZbB9
>>883
しつこい勧誘をやってしまい易い教義であることは間違いない

排他的・独善的な教義ですもんね

889 :シ殿舎男 ◆XgzPoOaLlE :2005/09/25(日) 12:42:31 ID:uBkaO5A9
ひさびさ偵察
神社板が平和というのが分かってきた

890 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 13:43:16 ID:ACCmUJK5
>>885
おいおい、論点ずらしてるだけだし、全然言い訳になってないぞ?
まさかその言い分で事実無根と説明できるとおもってるのか?????

891 :暇人:2005/09/25(日) 13:52:24 ID:Ca0GwaQB
>>890
>論点ずらしてるだけだし

それはキミの立場が創価盲信だからでは?
外野には、創価の難癖の可能性を充分 示唆したレスになっているぞ

892 :暇人:2005/09/25(日) 13:53:38 ID:Ca0GwaQB
てか論点が そもそも くだらなさすぎる というのが正直なところ
だが

893 :614とかいろいろ:2005/09/25(日) 15:36:40 ID:vhEs/h6S
>879
こんな批判は、批判してる側が馬脚を出してるようにしか見えない。

正宗だけで普通に信仰してる分には問題ない。
お寺では「常に奢らず精進を続けていきなさい」とか、当たり前だけどいいことも言ってた。
折伏も明確なノルマは無い(一年に一人が一人の折伏と言ってるが、絶対ではない)し、
常識的な範囲外の金銭もせびられない。何もかも全て悪い教団ではないと思う。

>883には同意。
カルトを生み出しやすい教義ではあると思う。正宗自体はそこまで強引な勧誘はしてないと思うが。
ただ、折伏時の正宗の理屈を、別に正宗じゃないカルト教団が使っても違和感ないからな。
他の教団と明確な違いってのが、外野からはわかんないってことよ。

あと、現象面で証明できるという人に。
カルト教団内では、とりあえず教団内でやることが与えられるし、熱心にやれば
周りの皆がほめてくれるから、やりがい・達成感・充実感を感じることができる。
それを「この宗教のおかげで私はこんなに変われました!」なーんて教団の新聞に
書いてみたりして、悦に入ってるだけ。記事にするとき脚色も入るだろう。
悪いこともそれなりに起こってるだろうが、そんなもんはスルー。
だから、現象面での証明ってのはよっぽどじゃないと説得力無いと思う。
学会員の人、幸せそうだもん。

894 :883と885 ◆tMSVgGYtxE :2005/09/25(日) 16:22:33 ID:0N/plitl
うちにも、学会員さんが、折伏しにくるけど。
実際に目の当りにしてる人って、いないんだよね。
桜にしても、何にしても。
いきなり、喧嘩うられた?みたいに思ったよ。実際。
学会員さんからしたら、お寺側が、いきなり学会を破門した!って怒るんだけど。
破門する寸前?くらいの話だけど。
池田先生が、全く登山しなくなって、裏じゃ、御本尊様を作り出してるっていって、破門になったんだよ。
戸田先生はね、何があっても、学会は、日蓮正宗を守らなきゃならない団体であって、御本尊様は、絶対に作っちゃだめだ!って、講演集に書いてあるよ。
まぁ、今の人がもってないから、知るわけないよね

895 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 19:12:34 ID:DSZIPqnJ
> 池田先生が、全く登山しなくなって、裏じゃ、御本尊様を作り出してるっていって、破門になったんだよ。

時系列がめちゃくちゃになってるぞ

896 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/25(日) 20:31:46 ID:0N/plitl
お寺側の話だよ?確か?
破門寸前?破門の話でる位に、裏じゃ御本尊様を作ってるって、話だったんだよ。確か(゜Д゜)
私の意見だけど。
キリスト教のカトリックと、プロテスタントみたいな感じになるんじゃない?
って、今、実際そうだよね。


897 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 23:35:39 ID:1GfJbr/s
正宗と創価が出てくると必ず「折伏」云々という言葉が
使われるんだけど、俺は「折伏」なんて言葉を善人面で
使う香具師が大嫌いだ。
慈悲の心で真実の仏道に導く?
聞いて呆れる。

折伏 
 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=0887060-0000&kind=jn&mode=5

摂受
 http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=0947600-0000&kind=jn&mode=5

慈悲の心で仏道に導くことは摂受って言うんだ。
その反対語、つまり「慈悲の心がない」導き方が折伏だ。
正宗も創価も慈悲の心があるのなら独善的な態度を取らないことだ。
分かったら「慈悲の心を持たない」教えを実践している
正宗も創価もすぐにやめることだ。


898 :信者:2005/09/25(日) 23:52:05 ID:Junv1tBp
↑同意
まとめ正宗信者ちょっと勉強しなさい貴方達普通じゃないぞ作り話し信じたり洗脳されすぎ同じ正宗信者として恥ずかしい

899 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/26(月) 12:52:53 ID:eh6+1lBQ
↑禿同。
私には。まだ折伏は無理だと思うから、やってないよ(^o^;
正直、教学勉強不足だと思ってるからね。
それに、自分が助かりたいからっていう、折伏信念は、おかしいと思うし。
営業成績じゃないんだから、と思ってるよ

900 :yun ◆80A335Xyc6 :2005/09/26(月) 12:56:00 ID:A1ZuVh5k
>>898
少しロムりましたが恥ずかしいのは信のない貴方の方ですよ。
一緒に題目あげますか?

P.S.板でハッキングされていますがだれか知らないが迷惑です止めてください。


901 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/26(月) 13:37:45 ID:eh6+1lBQ
いや。これはね、私の中にあるものなんだけど。
私の父親、もともと、学会の地区部長までやってたんだけど。
仕事もしないで、毎日、毎日学会活動しか、頭になくてね。折伏、折伏しかなかったんだけど。
実際、折伏を沢山したけれど、幸せなの?って疑問が常にあって。
私は、毎日、題目ちゃんと唱えてるのだけど、父親がだめで。恥ずかしい話なんだけど。
だから、なんか、営業成績みたいに思えて。
それに。お寺側になったら、なったで。毎日、毎日。夜中まで、学会の人が押し掛けてきたんだよね。
それが、善意なんだろうか?って。
なんか、狂信者に思えて、ノイローゼ気味にまでなったの。
だから、折伏をちゃんと出来てる人は偉いと思うけど。
私には、勉強不足でもあり、力不足でもあるんじゃないか?って思ってるの。
だけど、ちゃんと登山はしてるし、お寺にはいってるけど。
私、個人的にだけど、まだまだ偉そうな事は言えないなって思ってるんだよ。
信心してない訳じゃなくてね。

902 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/26(月) 13:42:26 ID:eh6+1lBQ
だから、折伏って、やっぱり難しいと思う。
こんなんじゃ、だめだ!って思うんだけど。どうしてもね。
あくまで、私、個人の気持ちだけど、だめだよね。
(´・ω・`)ショボーン
登山以外でも、大石寺に近いこともあって、三弁の題目をあげにいったりしてるんだけど。
学会の信者さんは、たまに恐いと思うときあるし。
魔なのかなぁ?


903 :信者:2005/09/26(月) 22:54:15 ID:Uz4aOfXw
信がないって言われちゃった(笑)見えるのかなぁ?題目一緒にあげてくれる?
折伏?100〜150人位なら明日にでも出来るよ電話一本でね、だけどしないだけ

904 :信者:2005/09/26(月) 23:00:52 ID:Uz4aOfXw
くだらないんだもん人を入れるのは簡単なんだよ何処の宗教だって!その人にカリスマ的な要素や力があればね、問題はその人が本気で信心するかどうかなんだよわかる?俺が信じてるならやるって奴は沢山居るよ!

905 :信者:2005/09/26(月) 23:29:35 ID:Uz4aOfXw
だけど、そんなもんじゃないだろ自分で考え自分で信じる事じゃないの?それに折伏の意味分かる?わかんないから言ってんだろうね(笑)その辺は御書にも書いてるし調べれば意味も分かるから勉強して来なさい

906 :名無しさん@3周年:2005/09/26(月) 23:52:00 ID:osKgS/sx
>>1さん

スレの主旨に反するのでやめてくれといっても
正宗と創価は、こうして争いになるのです。
どっちについても不毛の争い。
1さんが巻き込まれない事をお祈りします。


907 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/27(火) 08:10:32 ID:+64aYnRO
一眼の亀なのに、わかってない人が多いんだね。
なん悲しい(´・ω・`)ショボーン

908 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 10:09:08 ID:Q1ARhVNi
正宗信者の特徴について、ここまでのまとめ。 (8を追加)

1.自宗の事は「とにかく信じろ」で教義は二の次。
  他宗の事は「教義」で批判し信仰もせず中傷を繰り返す。
2.自分の頭で考えて信仰を始めたわけではないので、自宗
  の中身をちゃんと理解していない為、自分の言葉で説明
  出来ず、挙句の果てにコピペでスレを荒らす。
3.末法の説明、日蓮の言動の矛盾、大乗非佛説など、日蓮
  正宗の説明と史実の間で明らかな矛盾があるのに、疑う
  ことがないように完全に洗脳されている。
4.日蓮正宗だけが唯一正しい宗教であり、他の宗教、宗派
  については、教義も知らなければ信仰体験もないのに、
  全て外道の宗教だと本気で言っている。(無責任で自己中)
5.命を賭けて信仰しているという割には、中身を知らない。
6.正しい宗教を信仰していると大きな顔をしている割には
  掲示板のルールやマナーを無視しモラルに欠ける。
7.自宗の不祥事には甘いが他宗については粗探しに余念無し。
8.創価学会との揉め事で一生悩まされ成仏できない。


909 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 11:30:02 ID:SwjGdjlO
此の妙なる心を名けて法とも云ふなり。
此の法門の不思議をあらはすに譬を事法にかたどりて蓮華と名く。
一心を妙と知りぬれば、
亦転じて余心をも妙法と知る処を妙経とは云ふなり。
然ればすなはち、
善悪に付て起り起る処の念心の当体を指して、
是れ妙法の体と説き宣べたる経王なれば、
成仏の直道とは云ふなり。
此の旨を深く信じて妙法蓮華経と唱へば、
一生成仏更に疑あるべからず。
故に経文には
「我が滅度の後に於て、応に斯の経を受持すべし、
是の人仏道に於て、決定して疑有る事無けん」とのべたり。
努努不審をなすべからず。穴賢穴賢。
一生成仏の信心。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

【一 生 成 仏 抄】

910 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 11:34:36 ID:SwjGdjlO
現在日本における宗教法人の総数は、
十八万三千四七一あり、
法人格を持たない宗教団体を含めると
二十二万七千余もあるといわれています。
(平成九年 宗教年鑑調査による)
 これほど多くの宗教を、
実際に自分の目で善悪を確かめたいと
いってもそれは不可能なことです。
 またそのなかで仏法の教えは特に難信難解であり、
体験の世界でもありますから、
私たちがただ頭で宗教の正邪を理解しようとしても、
十年、二十年、または一生涯を費やしても
できることではありません。
結局はどの宗教が正しいのかもわからず、
信仰の道に入ることもできないでしょう。
すべてのものごとに対して、
理解し納得しなければ信用しないという人>>908は、
一日たりとも生活できなくなるでしょう。
 時には批判し、詮索することも必要ですが、
元来仏教に限らず、
すべて宗教は信ずることから始まります。
日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#3


911 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 12:34:53 ID:sboAqip1
>>893
>>それを「この宗教のおかげで私はこんなに変われました!」なーんて教団の新聞に
書いてみたりして、悦に入ってるだけ。記事にするとき脚色も入るだろう。

って言ってても末期ガンが治ったなんて記事があんたんとこの新聞にしょっちゅうのってますがな・・・
orz

912 :614とかいろいろ:2005/09/27(火) 21:00:46 ID:2IPvciXL0
>>911
俺は学会員ではない。実は聖教新聞については噂でしか知りません。
まぁでも、末期ガンが治ったとか書いてあるんなら救いよう無いレベルだな。
一緒にしたのはマズかったかもしれん。それについてはあやまります。

言いたかったことは、現象面でいいことがあったり、充実したりしても
それはやりがいを持って宗教活動にとりくんでるからであって、
他宗でも似たようなことは起こってるだろうし、勧誘するときには
悪いことまでさらけ出したりしないでしょ?ってこと。

創価・顕正・正信と分裂して、不毛で何時果てるとも無い争い続けてる宗教に
正直なところ、係わり合いにはなりたくないな。
「正しいのはウチだけ!」なんてみんな言ってるし、正宗の正しさを第三者には
証明できんわけでしょ?
信じることが大事?これも皆いってるから、ただしさを証明できない連中のどれを
信じたらいいかなんて、判断できねえやな。

913 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 21:11:32 ID:SUJcYvdz0
>>912
>創価・顕正・正信と分裂して、不毛で何時果てるとも無い争い続けてる宗教に
>正直なところ、係わり合いにはなりたくないな。

同じことを感じます。何であそこまで悪口が出るんだろう?
日蓮信じてお題目唱えると魂が汚れるとしか思えない。


914 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 21:28:03 ID:Bg69R8Nt0
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_20040928.html
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/news/news_19980526.html 
http://ime.st/www.nichiren.com/jp/forum/forum02/f02_05.html

これを事実じゃないと盲信する正宗信者・・・。

915 :614とかいろいろ:2005/09/27(火) 23:20:37 ID:2IPvciXL
あらさがしみたいだが、>910に
「時には批判し、詮索することも必要ですが、 元来仏教に限らず、
すべて宗教は信ずることから始まります。 」
と書いてある。
じゃあ他宗も信ずることから始めて、検証は後回しにしろってことか?
それでどっぷり信じちゃって、カルトを撒き散らしたらどうすんだ?
まず批判・詮索して、徹底的に正邪を洗い出してから信仰しなきゃダメなんじゃないのか?


916 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 23:26:28 ID:SwjGdjlO
現在日本における宗教法人の総数は、
十八万三千四七一あり、
法人格を持たない宗教団体を含めると
二十二万七千余もあるといわれています。
(平成九年 宗教年鑑調査による)
 これほど多くの宗教を、
実際に自分>>908の目で善悪を確かめたいと
いってもそれは不可能なことです。
 またそのなかで仏法の教えは特に難信難解であり、
体験の世界でもありますから、
私たちがただ頭で宗教の正邪を理解しようとしても、
十年、二十年、または一生涯を費やしても
できることではありません。
結局はどの宗教が正しいのかもわからず、
信仰の道に入ることもできないでしょう。
日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#3

917 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 23:29:23 ID:SwjGdjlO
信仰をしている人を部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。
しかし批判者にはそれ以上に得るものはなにもないのです。
むしろ、正法の信者を誹謗するという
大きな罪を作っているかもしれません。  
一方、正しい信仰を根本として、
過去の悪業や弱い自分と闘いながら
仏道に精進している人は、
当初は恥しい思いをするかもしれませんが、
将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、
周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10

918 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 23:30:44 ID:SwjGdjlO
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなたの真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。

919 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 23:36:33 ID:SUJcYvdz
自分の言葉で語れない。盲信者の典型。

920 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:21:01 ID:b14ABo0B
>>919日蓮大聖人は、
 「迷妄の法に著するが故に本心を失ふなり」
(御講聞書・新編一八五八)
と説かれ、誤った教えによって本心たる理性が失われ、
狂信になると教えています。また、
 「若し先づ国土を安んじて現当を祈らんと欲せば、
速やかに情慮を廻らし怱いで対治を加へよ」
(立正安国論・新編二四八)
と仰せられ、社会の平和を実現させるためには、
正法と邪法とをよくよく糾明して対応救治しなければならない
と説かれています。
 第二には、信仰修行の上での狂信・盲信についていえば、
日蓮正宗の信仰修行は理性を失う狂信でもなく、
わけもなく信ずる盲信でもありません。
 大聖人は、
「行学の二道をはげみ候べし。
行学たへなば仏法はあるべからず」(諸法実相抄・新編六八八)
と、修行とともに教学、すなわち教義の研鑽が大切である
と説かれています。 また、「酔とは不信なり、覚とは信なり。
今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る時無明の酒醒めたり」
(御義口伝・一七四七) と仰せられ、真実の正法を信じ唱題する時、
無明という迷いの霧が晴れて真理に目覚めるのであると教示されています。
もしあなたが、信仰者の真剣な礼拝唱題の姿をとらえて、
それを狂信だ盲信だと非難するならばそれは妄断であり、誤りです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#11
宗教は狂信、盲信のすすめではないか?

921 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:21:39 ID:k+TRqP6O
正宗信者の特徴について、ここまでのまとめ。 (9を追加)

1.自宗の事は「とにかく信じろ」で教義は二の次。
  他宗の事は「教義」で批判し信仰もせず中傷を繰り返す。
2.自分の頭で考えて信仰を始めたわけではないので、自宗
  の中身をちゃんと理解していない為、自分の言葉で説明
  出来ず、挙句の果てにコピペでスレを荒らす。
3.末法の説明、日蓮の言動の矛盾、大乗非佛説など、日蓮
  正宗の説明と史実の間で明らかな矛盾があるのに、疑う
  ことがないように完全に洗脳されている。
4.日蓮正宗だけが唯一正しい宗教であり、他の宗教、宗派
  については、教義も知らなければ信仰体験もないのに、
  全て外道の宗教だと本気で言っている。(無責任で自己中)
5.命を賭けて信仰しているという割には、中身を知らない。
6.正しい宗教を信仰していると大きな顔をしている割には
  掲示板のルールやマナーを無視しモラルに欠ける。
7.自宗の不祥事には甘いが他宗については粗探しに余念無し。
8.創価学会との揉め事で一生悩まされ成仏できない。
9.○○の一つ覚え。同じコピペを何度も貼り付けスレを荒らす。


922 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:27:33 ID:b14ABo0B
信仰をしている人を部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。
しかし批判者にはそれ以上に得るものはなにもないのです。
むしろ、正法の信者を誹謗するという
大きな罪を作っているかもしれません。  
一方、正しい信仰を根本として、
過去の悪業や弱い自分と闘いながら
仏道に精進している人は、
当初は恥しい思いをするかもしれませんが、
将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、
周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10


923 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:33:02 ID:b14ABo0B
たしかに一流大学を卒業した人は、
それだけ幼いころから勉学に励んできた努力によって、
能力的に優れています。
深い学識と幅広い教養による英知は
いずこの社会や職場にあっても、知的資源、
人的資材として重要視されることは当然でしょう。
 しかし誰もが一流校には入れるわけではなく、
ごく一にぎりの人だけが許される狭き門を目指して、
過酷な受験戦争がくり広げられ、
子供は友情を育むどころか、
同級生を敵視する状態に追いやられています。
 毎年受験シーズンになると受験に失敗して
自殺するという悲惨な事件が相つぎますが、
幼いころから親や先生の「有名校に入る人は優秀、
入れない人は敗北者」という言葉を聞いて育ったならば、
受験の失敗がそのまま
人生の破滅になると考えるのは当然です。
 まさに誤った学歴偏重の風潮が生む不幸の一面であり、
その風潮の中で育った子供は、
またさらに学歴偏重の人生観を増幅していくのです。
 このような教育制度や教育行政のゆがみは
教育の部分だけをとり上げて改革しようとしても
根本的な解決にはなりません。
 なぜならば、
教育問題は時代や社会機構全体と深く関わっており、
さらには人生観・価値観ともつながっている事柄だからです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/none.html#6
学歴や社会的地位こそ幸福の要件ではないか?

924 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:38:39 ID:b14ABo0B
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者>>921は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人>>921であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなたの真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#2
どの宗教が正しいのか自分でたしかめてみたい

925 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:54:41 ID:b14ABo0B
日蓮大聖人は、
 「されば持たるゝ法だに第一ならば、
持つ人随って第一なるべし」(持妙法華問答抄・新編二九八)
と仰せられ、信ずる法が正しいゆえに人も立派になるのである
と説かれています。
ですから正しい信仰を持たず>>921に、
単に眼前の名誉や地位 、あるいは財産、学歴>>921などをもって、
それで仏の御意に叶う人生になるわけではありませんし、
そのような表面 的な要件が備わっているから>>921といっても
真実の絶対的幸福が得られるわけではありません。
 大聖人は、賢人について、
 「賢人は八風と申して八のかぜに
をかされぬを賢人と申すなり。利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽なり」
(四条金吾殿御返事・新編一一一七) と仰せです。
財産(利)や名誉(誉)>>921、地位(称)、悦楽(楽)
などによって喜んだり、落胆したりすることは世の常ですが、
これらは世間>>921の一時 的な八風であって、
この八風に侵されない賢人になるためには、
より高い理想と教え、すなわち身心に強い信仰を体して
仏道修行を志す以外にないと示唆されています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#14

926 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 01:07:28 ID:b14ABo0B
戦争と破邪顕正(はじゃけんしょう)の折伏とを同一視して
自語相違だといわれるのは、
戦争を表面 の争いという点だけを見て、
その原因の三毒を知らないために
生じたものでありましょう。
真実の平和を確立するためには
三毒強盛の人間性と五濁の世相を正し、
仏法によって浄化し、
一切衆生悉有仏性
(誰人も仏になる可能性をもった尊い存在ということ)
自利利他(自分も他人もともに幸せになること)の精神を
共通 の根本理念にしなければなりません。
そのためには宗教の正邪・高低・真偽を厳格に区別 し、
選択しなければなりません。
 私たちの布教は決して争いを起こそうとしているのではなく、
誤った宗教はあなたの人生を不幸にしますよと
教えているのです。
また折伏とは相手の人間を攻撃するのではなく、
あくまでも邪悪な宗教や低級な思想を
平和を破壊するものとして指摘し論破するものなのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/true.html#10
世界平和を説く宗教が
他の宗教を攻撃して争うことは自語相違ではないか?

927 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 01:13:37 ID:b14ABo0B
南無妙法蓮華経のほんとうの意味はなにかというと、
 「無作の三身とは末法の法華経の行者なり。
無作三身の宝号を南無妙法蓮華経と云ふなり」
(御義口伝・新編一七六五) と説かれています。
すなわち無作三身
(宇宙法界を我身・我体として悟られた根本の仏)
とは法華経の行者のことであり、
その仏名を南無妙法蓮華経と称するのであるというのです。
ここでいう法華経の行者とは
日蓮大聖人にほかなりません。これについて、さらに、
 「本尊とは法華経の行者の一身(いっしん)の当体なり」
(御義口伝・新編一七七三)
と仰せられており、法華経の行者の当体こそ
一切衆生を済度する本門の本尊であると示されています。
 したがって南無妙法蓮華経とは本門の本尊のことであり、
法華経の行者日蓮大聖人の当体なのです。  
大聖人は、
 「本尊とは勝れたるを用ふべし」(本尊問答抄・新編一二七五)
と私たちに本尊の大切さを教えられています。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/true.html#14
南無妙法蓮華経と唱えるなら、どれも同じではないか?

928 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 11:46:16 ID:FtGUx2vV
今のコピペ魔に比べれば、あああさんは自分の考えを持ってるだけまともだったな。
もう、このスレも、これだけコピペに荒らされては議論が成立しない。
スレ主の1さんは可哀相だけど、このまま日蓮正宗信者に荒され放題でスレ終了の予感。

929 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/28(水) 14:48:07 ID:I44rgoH8
私の考えだから、誤解しないでね。
今、お寺側にいる人もね。昔、学会だった人達が沢山いる訳じゃない?
だから、なんかやってる事が似てたりするようなとこも、あるんだよね OTL
ただね、私の考えは、日興正人様が、命懸けで守った、大御本尊様を信じてるだけ。
私には教学がないから、余り難しい事はわからないけど、根本はそれなんじゃないかな?
昔の人は、そうだったんじゃないのかな?
だから、今も、残っているんじゃないのかな?

930 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 14:53:51 ID:db5ejYPR
日蓮正宗信者は一方的な人ばかりですよね、じゃないと坊さんの援助交際の為お布施なんて
できないか。

931 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 14:57:36 ID:FtGUx2vV
日興が命懸けで守った?

命懸けって何よ?
そんなことしたの?

なんか、日蓮正宗の信者の人って別に命賭けてるわけでもないのに、
命懸けって言葉を簡単に使うね。

あと、オカルト好きが多い。
釈迦の額から光線が出たなんて話、まじで信じてるのかね?


932 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 14:58:48 ID:I44rgoH8
そんな事いいだしたらキリないよ!
学会は、池田先生の名誉のために、何千万って寄付してんじゃん!
金で買える名誉費用のために

933 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 16:35:55 ID:FtGUx2vV
>>929
昔から残っているのがいいというのなら、鎌倉時代の新興宗教として
日蓮が作った日蓮教よりも、神道をお勧めするよ。

それとお布施事で反論してる時間があるなら、仏さんの額から光線が
出たという話を信じているか、どうなのか聞かせて欲しいなぁ〜。

934 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 16:39:56 ID:db5ejYPR
国に都合よく乗せられたネット右翼はひっこんでろ。
神道なんて教義も糞もないだろ。兵隊集めるための愛国心教育にどこの国でも使われてる。

935 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 17:40:08 ID:FtGUx2vV
>>934
おいおい、愛国心教育って、いつの時代の話だよw

俺は浄土真宗で念仏を唱えてるものだが何か?

それとな、俺に言わせれば、国内の主な仏教系の宗派で、
神道の感覚に一番近いのが日蓮正宗だよ。

日蓮正宗とかけて神道ととく その心は・・・

どちらもオカルトの世界を信じてます

936 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 18:33:51 ID:b14ABo0B
日蓮大聖人は入滅に先立って、
門弟のなかから日興上人を選んで、
本門戒壇の大御本尊をはじめとする法門の
すべてを相承し付嘱されました。
 大聖人の精神と法義を固く守られた日興上人は、
時あたかも地頭の不法によって謗法の地になりつつあった
身延の地を去る決意を去れ、大聖人が生前より、
 「霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて
戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ」
(三大秘法禀承事・新編一五九五)
 「国主此の法を立てらるれば、
富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」
(身延相承書・新編一〇二二)
と遺命されていたとおり、
日本第一の名山富士山の麓に一切の重宝を捧持して
弟子たちと共に移られ、そこに大石寺を建立されたのです。
 その後、大聖人の仏法は第三祖日目上人、
第四世日道上人と、一器の水を一器に移すように
代々の法主上人によって受けつがれ厳護されて、
現在御当代上人に正しく伝えられているのです。
この間の宗門史は、
また正法厳護のための尊い苦難の歴史でもありました。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#8

937 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 18:36:30 ID:b14ABo0B
>>935日蓮正宗の信仰は
教条的に現実生活上の行動を規制するものではなく、
日常生活の中で日日、
御本尊を信じ礼拝し唱題することが基本であり、
誰でも支障なく信行に励むことができるのです。
 第五の信仰による利益については、
大聖人が、
 「道理証文よりも現証にはすぎず。」
(三三藏祈雨事・新編八七四) と仰せられるように、
現証は宗教を判定するうえでもっとも大切なことです。
 さらに大聖人は、
 「南無妙法蓮華経と申す人をば
大梵天・帝釈・日月・四天等昼夜に守護すべし」
(諌暁八幡抄・新編一五四三) とも、
 「南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」
(九郎太郎殿御返事・新編一二九三) とも仰せられています。
すなわち、
日蓮正宗の御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱える人は、
諸天善神に守護され、
未来永劫にくずれることのない仏の境界を
築くことができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#8

938 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 20:32:10 ID:db5ejYPR
>>935
今の時代だよ、国を挙げてネットと書籍と映画で右の教育やってるのがわからん中学生はもう寝なさい。
今度はドラマで戦中の純愛でもやって若い女性取り込みますとさ。

939 :614とかいろいろ:2005/09/28(水) 20:34:38 ID:9SMWrFxP
>929
昔、正宗だった人が今の学会員。逆です。
だからやってることなんて似てて当然。

正しいのは正宗で悪いのは学会と、こうお考えなら
昔一緒に正しい正宗にいた連中の9割以上が悪い方へ行ってしまった、
この原因をよく考えてみてください。
何故、あそこまでカルトが自宗内で肥大化するのを止められなかったか。
破門したから御破算して、正宗に責任一切無しとか言うなよ。
きちんと反省して学習しないと何度でも同じことを繰り返すぞ。
もう繰り返していくつか破門してるしね。

それと、散々公式HPよりコピペされてる「正しい信仰と宗教」の内容は
学会破門以前から、ほとんど同内容で本がでてる。
これを読んだのに、結局学会へ流れた人間も沢山いることだろう。
自宗内の信者にすら届かない程度の内容だってことに気付けよ。

940 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 21:55:31 ID:Y3UO6TXi
仏教では、無条件に信ずる事(理解なく信じ込む、盲信)は否定
されています。…といっても、日蓮教信者は知らないか。


941 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 22:12:55 ID:boGyMSEC
>>920
日蓮正宗の信仰修行は理性を失う狂信でもあり、
わけもなく信ずる盲信でもあります。


942 :sai:2005/09/28(水) 22:16:22 ID:G57nkNYL
偶然ということは一切なく、原因と結果があり、このスレを見た人も
何かの縁でしょう!

943 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 22:42:05 ID:wGwMUfIa
このスレを見た人は幸運です。
正宗関係というカルト宗教の情報を得ることができましたから。
彼らのアホな争いに巻き込まれることはなくなりますでしょう。

944 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 01:15:51 ID:1SKE5mMt
>>939
激しく同意。
今の正宗の信者だって以前はほとんど創価学会員ですよ。
その中でたまたま池田についていった方が、現在も創価
学会としてやってるだけで、池田につかず学会を脱会し
寺の側についたのが日蓮正宗ですよね、確か・・・。
創価学会と正宗の人数比って30:1ぐらいでしょ?
もし仮に、現日蓮正宗信者が創価学会「最悪」なんて思って
るのなら、考えを改めた方がいい。
創価学会が最悪なのではなく、日蓮正宗をやっていたら
30人に1人は「最悪」になるって事だから。

今の日蓮正宗のやってることは、例えるなら30人の子供の内
29人がぐれてしまって、その長男を非難しているのと同じ。
自分が29人の不良少年・少女を育てた事を棚にあげて、
養子に出してしまった親と同じ。
いずれにしてもカルト集団の母体となっているのは否めない。

945 :信者:2005/09/29(木) 05:02:57 ID:vC505rYb
ホントくだらない所になったなぁ話が出来ないコピペ洗脳野郎いいかげんにしろ!もう主さんも見てないだろうなぁ

946 : ◆tMSVgGYtxE :2005/09/29(木) 10:59:40 ID:1sVAM3tK
うーん。だけどさ。
自分の考えで学会やってる人とかっているのかな?
少なからず、家族がやってるから。親戚がやってるから。とか、人付き合いが、主体じゃないの?
どんな宗教でもさ。
自分の考えがなかったら、だめなんじゃないの??

947 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 12:52:47 ID:Zjd2ieDy
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者>>940は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人>>940であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなた>>940の真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#2
どの宗教が正しいのか自分でたしかめてみたい

948 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 13:00:33 ID:Zjd2ieDy
日蓮大聖人の願いとするところは、
正しい仏法によって個人も社会もともに
健全に発展し幸福境涯を築くことであり、
日蓮正宗を信仰する者は邪法に迷う人々を
目覚めさせるために正邪を説き、
自らの姿をもって信仰の尊さを示しているのです。
しかも正法を信ずるならば仏力・法力によって、
おのずと円満な人格と福徳が備わり、
社会人としても多くの人々の信頼と尊敬を
受けていることはまぎれもない事実なのです。
 もしあなた>>941が、
信仰者の真剣な礼拝唱題の姿をとらえて、
それを狂信だ盲信だと非難するならば
それは妄断であり、誤りです。
なぜならばそれはあたかも、
職人が一心不乱に仕事に打ち込み、
運動会で子供が一所懸命に走っているところ
だけをとらえて、「気違いだ」「狂っている」と、
はやしたてている>>941ようなものだからです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#11
宗教は狂信、盲信のすすめではないか?


949 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 13:07:50 ID:Zjd2ieDy
>>939
>>944
現在の創価学会員は、
総本山大石寺に参詣(さんけい)することも、
本門戒壇の大御本尊を拝(おが)むこともできない状態です。
 それは創価学会が許されざる
謗法(ほうぼう)集団と断定(だんてい)されたからに
ほかなりません。
 創価学会では、会員に対して、
総本山に参詣できなくなった理由として、
 「宗門が学会員の参詣を拒否(きょひ)したから」
 「大石寺が」謗法の山となったため、
参詣し供養することは謗法与同(よどう)になるから」
 「現在、戒壇の大御本尊は、
日顕宗に乗っ取られた状態にあるから」
 などと言(い)い訳(わけ)をしていますが、
大御本尊から離(はな)れた者が、
いかに理屈(りくつ)を並べても、
正しい教えから外(はずれ)れている
という事実に変わりはないのです。

950 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 13:09:59 ID:Zjd2ieDy
昭和四十七年に正本堂が建立(こんりゅう)
されたことをきっかけとして、
宗門の伝統(でんとう)法義から
逸脱(いつだつ)するに至(いた)りました。
しかし宗門からの厳(きび)しい指摘(してき)を受けて、
創価学会・池田大作は反省(はんせい)の姿を示したため、
時の御法主日達上人は
創価学会が信徒団体として正しく歩(あゆ)んでいくことを
条件として、これを容認(ようにん)されたのです。
 ところが、平成二年十一月十六日、
当時日蓮正宗の全信徒の代表である
法華講総講頭(こうとう)を務(つと)め、
創価学会名誉会長であった池田大作は、
これまで創価学会を賞賛(しょうさん)し
守られてきた御法主日顕上人を突如誹謗(とつじょひぼう)
するスピーチを行(おこな)いました。
これはかつての反省を反故(ほご)にした
背反(はいはん)行為であり、
信仰上の重大な誤(あやま)りだったのです。
この創価学会の誤りに対して、
宗門は再三(さいさん)にわたって善導(ぜんどう)し
訓告(くんこく)を与(あた)えましたが、
いっこうに過(あやま)ちを改めようとしなかったため、
平成三年十一月二十八日、
創価学会を破門(はもん)に処(しょ)しました。


951 :ポリニチレン:2005/09/29(木) 22:29:51 ID:4zalIjqJ
コピペ信者のレスは何の根拠もなく、何の証明にもなっていない。
これでも論破したつもりになっているのか。
さすが自慰宗教。


952 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 22:59:50 ID:Zjd2ieDy
信仰をしている人を部分的な表面や風評をもって
批判することは誰にでもできるでしょう。 しかし
批判者>>951にはそれ以上に得るものはなにもないのです。
むしろ、正法の信者を誹謗するという
大きな罪を作っているかもしれません。  
一方、正しい信仰を根本として、
過去の悪業や弱い自分と闘いながら
仏道に精進している人は、
当初は恥しい思いをするかもしれませんが、
将来必ず目標に到達し、真実の幸福境涯を築き、
周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#10

953 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:01:39 ID:Zjd2ieDy
日蓮正宗の信仰は
教条的に現実生活上の行動を規制するものではなく、
日常生活の中で日日、
御本尊を信じ礼拝し唱題することが基本であり、
誰でも支障なく信行に励むことができるのです。
 第五の信仰による利益については、
大聖人が、
 「道理証文よりも現証にはすぎず。」
(三三藏祈雨事・新編八七四) と仰せられるように、
現証は宗教を判定するうえでもっとも大切なことです。
 さらに大聖人は、
 「南無妙法蓮華経と申す人をば
大梵天・帝釈・日月・四天等昼夜に守護すべし」
(諌暁八幡抄・新編一五四三) とも、
 「南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」
(九郎太郎殿御返事・新編一二九三) とも仰せられています。
すなわち、
日蓮正宗の御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱える人は、
諸天善神に守護され、
未来永劫にくずれることのない仏の境界を
築くことができるのです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#8

954 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:04:17 ID:6RT55d3a
>>952
>当初は恥しい思いをするかもしれませんが、

人生最大の汚点であり、遺恨となるでしょう

>周囲の信頼と尊敬を集めることができるのです。

気色悪がられて軽蔑の眼差しに晒されるでしょう

955 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:13:25 ID:Zjd2ieDy
法華経には、
 「信(しん)を以って入ることを得たり」
(譬喩品第三・開結一七五)
とあり、日蓮大聖人は、
 「仏法の根本は信を以て源とす」
(日女御前御返事・新編一三八八)
と教示されています。
  また大聖人は、
 「有解無信(うげむしん)とて法門をば解りて
信心なき者>>921は更に成仏すべからず。
有信無解(うしんむげ)とて解はなくとも
信心あるものは成仏すべし」(新池御書・新編一四六一)
と説かれて、たとえ仏法の教義を理解できる人>>921であっても、
信ずる心のない人を救うことはできないと教示され、さらに、
 「法華本門の観心の意を以て一代聖教(いちだいしょうぎょう)
を按ずるに菴羅果 (あんらか) を取って掌中に捧ぐるが如し」
(十法界事・新編一七六)
と仰せられ、真実の仏法を信ずるとき、
一切の宗教の浅深は、
あたかもたなごころを見るように
明らかになるのであると説かれています。
 正しい御本尊を信受し修行することによって、
あなたの真実を求め、見きわめる力は、
より正しく発揮され、人生に大きく役立ってゆくことでしょう。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/whytrue.html#2
どの宗教が正しいのか自分でたしかめてみたい

956 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:14:35 ID:Zjd2ieDy
日蓮正宗の「信仰」とは

 総本山大石寺にまします、
本門戒壇の大御本尊を根本とし、
唯授一人の血脈に従 い、
本門の題目を自行化他にわたって行じることです。
 信仰とは、絶対的なものを「信じ仰ぐ」ことです。
「何」を対象として信ずるか によって正邪が決まりますが、
仏法では三宝を対象とします。
 日蓮正宗の法義では「文底下種の三宝」といって、  
 仏宝―日蓮大聖人  
 法宝―本門戒壇の大御本尊  
 僧宝―日興上人を随一とする御歴代上人
と立てます。
 その当体への「信仰」については、
『当流行事抄』に、
「我等唱え奉る所の本門 の題目其の体何物ぞや、
謂わく、本門の大本尊是れなり、
本門の大本尊其の体何物 ぞや、
謂わく、蓮祖大聖人是れなり」(聖典954頁)と、
人法一箇の御本尊を 信じ、
本門の題目を唱えることと明示されています。
 唯授一人血脈相承の御法主上人の御指南に従い、
大聖人出世の御本懐である本門 戒壇の大御本尊を、
信じ行ずることが日蓮正宗の「信仰」なのです。

957 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:16:23 ID:Zjd2ieDy
レッテル社会といわれる現代では、
より安定した生活を送るためには有名校を卒業して
大企業や官公庁に入り、
重要ポストにつくことが幸福の要件と考えている人があります。
 これについて二点から考えてみましょう。
 第一の点は、はたして社会的な地位につくことが
幸福の条件なのか、ということです。
 最近、四十代、五十代の、
いわば社会的に重要な地位にある年代のエリートが、
仕事上の行きづまりや人間関係の悩みによって
ノイローゼになったり、自殺に走るケースが頻繁に起こっています。
 現代の熾烈な競争社会の中で責任のある地位につくことは、
それだけ大きな負担となり、
身心ともに苦労も多くなることは当然です。
 ではなぜ人々は苦労の多い地位を望むのでしょうか。
その理由は、ひとつには人に負けたくない、
人の上に立ちたいという本能的な願望であり、
もうひとつには地位 が向上すれば経済的に豊かになる、
周囲から敬われることなどが挙げられると思います。
 もし願いどおりの地位についたとしても、
それに適合しない性格であったり、
負担に堪える人間的な能力がなければ、
その人は苦痛の毎日を送ることになるのです。
 第二の点は、
学歴至上主義がもたらす弊害と不幸がいかに大きいか、
ということです。

958 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:17:44 ID:1SKE5mMt
最近の状況(コピペ荒し)を見て、流石のあああさんも
同朋を見捨てられたようですね。
こういう異常者を作り出すのが日蓮正宗の土壌という
ことが、見てる人にも分かったんじゃないかな。
このスレも異常者の荒しのせいで、異様にスレが進む
のが早くなったけど、信者になるとどうなってしまうか
分かっただけでもスレの意義はあったのかなと思う。

959 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:17:46 ID:Zjd2ieDy
人は誰でもなんらかの信念を持って生きています。
それも人生全般に関わる信念もあれば、
人生の部分に対する信念もあります。
 たとえば「宵越しの金は持たない」という人もいれば、
「無駄遣いはしない」という人もいます。
また「少々の熱や咳は働いていれば治る」と
信じている人もいれば、
「少しでも具合が悪ければ医者に行くに限る」という人も
いるというように、ひとりの人間の信念といっても、
金銭面 ・健康面・教育面・職業面などにわたって多種多様です。
 しかもそれらの信念は、
その時代や環境・年齢などによって変化することも多いのです。
 それは人間の心が常に揺れ動くものであり、
その心によって生み出される価値観や信念が
定まることなく変化するのは当然といえましょう。
と同時に私たち凡人の智慧や判断には
おのずから限界があることも当然です。
 このような個人的な信念を宗教とする生き方が、
はたして正しいのでしょうか。
 「宗教」とは、真理を悟り究めた聖者が、
人々のために根本の正しい道を説き示して
救済することを意味しています。
 すなわち、
正しい宗教とは法界の真理を悟り究めた仏の教えであり、
人生にとって不変の根本原理として、
すべての人々を安穏な境界に導くとともに、
人間に勇気と希望と活力を与える源泉なのです。
 したがって仏の説き示された教えと、
個人の不安定な信念とは天地雲泥の異なりがあるわけですし、
これを同等に考えることは
宗教の意義をまったく理解していないことになります。

960 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:20:10 ID:Zjd2ieDy
個人の信念のみを強調して宗教を否定する人のなかには、
「一定の宗教を持つと教義や規則に拘束されて、
画一的な人生観や価値観を押しつけられ、
人間の個性や自由が奪われるのではないか」
と懸念するむきもあるようです。
 しかし日蓮正宗の教えは、
あたかもさまざまな草木や花をすべて育て養う大地のように、
ひとりひとりの個性や信念を超えて、
それぞれの人生を開発し、開花させるものであり、
けっして画一的な価値観や思想を押しつけるものではありません。
 現実に日蓮正宗を信仰する人々は、
家庭や職業・年齢・地域などによってそれぞれ異なった
信念のもとで生活しておりますし、個性も抑圧されるどころか、
信仰に培われて、
より健全にのびのびと発揮しつつ社会の中で活躍しています。
 また日ごろはそれほど信念について固執したり
深く考えているわけでもないのに、
こと宗教の議論になると、とたんに取って付けたように
「自分は信念を宗教にしている」
などと理屈を並べる人もいるようです。
 いずれにせよ私たちの能力には限界があり、
性格的なくせもあれば欠点もあって、
けっして完全ではありません。
時には思い違いや人生を狂わせる考えに陥ることもありましょう。
 あなたの信念をより正しく充実させ、
しかも人生のうえでりっぱに結実させるためには、
主体者であるあなた自身が大地のごとき正しい仏法に帰依し、
信仰に励むことが絶対に必要なのです。

961 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:48:47 ID:1SKE5mMt
>>959 >>960

>>958
>>958
>>958

百回読んで出直してこい

962 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:11:18 ID:4dn7VJdV
日蓮大聖人の願いとするところは、
正しい仏法によって個人も社会もともに
健全に発展し幸福境涯を築くことであり、
日蓮正宗を信仰する者は邪法に迷う人々を
目覚めさせるために正邪を説き、
自らの姿をもって信仰の尊さを示しているのです。
しかも正法を信ずるならば仏力・法力によって、
おのずと円満な人格と福徳が備わり、
社会人としても多くの人々の信頼と尊敬を
受けていることはまぎれもない事実なのです。
 もしあなた>>961が、
信仰者の真剣な礼拝唱題の姿をとらえて、
それを狂信だ盲信だと非難するならば
それは妄断であり、誤りです。
なぜならばそれはあたかも、
職人が一心不乱に仕事に打ち込み、
運動会で子供が一所懸命に走っているところ
だけをとらえて、「気違いだ」「狂っている」と、
はやしたてている>>941ようなものだからです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/faq/objection.html#11

963 :614とかいろいろ:2005/09/30(金) 00:22:38 ID:YoQe/7JV
>946
>どんな宗教でもさ。
>自分の考えがなかったら、だめなんじゃないの??

俺は、はじめっからそう言っておる。

>950
慈悲の心を与えて学会を守ってきたが、突然大作が裏切った為、
破門した、と。
一番悪いのが大作であることは間違いない。
が、大作のカルト性を見抜けず、9割以上の信者をカルト教団に
持っていかれてしまった宗門側の責任も重い。
正宗の教えがしっかりしてれば、信者はカルトについていったり
しなかったんじゃないの?
それが簡単に信者を根こそぎ持っていかれるようでは、正宗の
体質に問題があったとしか考えられまい。

964 :961:2005/09/30(金) 00:23:24 ID:It8Lkty+
>信仰者の真剣な礼拝唱題の姿をとらえて、
>それを狂信だ盲信だと非難するならば
>それは妄断であり、誤りです。
別にそんな風に思わんが?
てか、俺は信仰者だが?
ところで君は誰?

965 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:26:42 ID:4dn7VJdV
昭和四十七年に正本堂が建立(こんりゅう)
されたことをきっかけとして、
宗門の伝統(でんとう)法義から
逸脱(いつだつ)するに至(いた)りました。
しかし宗門からの厳(きび)しい指摘(してき)を受けて、
創価学会・池田大作は反省(はんせい)の姿を示したため、
時の御法主日達上人は
創価学会が信徒団体として正しく歩(あゆ)んでいくことを
条件として、これを容認(ようにん)されたのです。
 ところが、平成二年十一月十六日、
当時日蓮正宗の全信徒の代表である
法華講総講頭(こうとう)を務(つと)め、
創価学会名誉会長であった池田大作は、
これまで創価学会を賞賛(しょうさん)し
守られてきた御法主日顕上人を突如誹謗(とつじょひぼう)
するスピーチを行(おこな)いました。
これはかつての反省を反故(ほご)にした
背反(はいはん)行為であり、
信仰上の重大な誤(あやま)りだったのです。
この創価学会の誤りに対して、
宗門は再三(さいさん)にわたって善導(ぜんどう)し
訓告(くんこく)を与(あた)えましたが、
いっこうに過(あやま)ちを改めようとしなかったため、
平成三年十一月二十八日、
創価学会を破門(はもん)に処(しょ)しました。

966 :961:2005/09/30(金) 00:31:03 ID:It8Lkty+
>>963さん

日蓮正宗について詳しいようなので教えて下さい。
今の日蓮正宗の信者も、ほとんどは創価学会員
だったんですよね?
つまり今でこそ別々に活動してますが、ちょっと
前までは日蓮正宗≒創価学会でしたよね?

967 :614とかいろいろ:2005/09/30(金) 00:33:20 ID:YoQe/7JV
>965
俺はこれを読んだ上で、>963を書いたのだが。

宗門側には責任は無いと?
最善の努力をしたが、叶わず学会員800万人は
正宗に残ってくれることは無かったと?
正宗の教えに耳を貸してくれていた人はほとんどいなかったと?
そんくらい耳に届かない教えしかできてなかったと?

そんでいいのか?プライドないのか?

968 :961:2005/09/30(金) 00:33:41 ID:It8Lkty+
何を言いたいかというと、今、創価学会を批判している
日蓮正宗の信者も、実は元創価学会員って事ですよね?

969 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:39:16 ID:4dn7VJdV
法華講は、
日蓮大聖人御在世(ざいせ)当時から
存在している信徒組織であり、
近年の創価学会問題に対応(たいおう)して、
新たに作られたものではありません。
 かつて池田大作は、
日蓮正宗信徒の代表として
法華講総講頭(そうこうとう)の職にありました。
また当時の創価学会員はすべて、
本宗末寺の信徒でもあったのですから、
当時の学会員も法華講の一員だったのです。
 今、あなたが学会を脱会して
法華講へ入講するということは、
日蓮大聖人の信徒として、
本来(ほんらい)の姿に戻(もど)るということなのです。
 法華講を「脱会者の集まり」といういい方は
適切(てきせつ)ではありません。
むしろ「日蓮大聖人の仏法を
正しく信仰する人々の集まり」というべきです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/355.html
法華講は脱会者の組織なのか

970 :614とかいろいろ:2005/09/30(金) 00:41:57 ID:YoQe/7JV
>966
俺はそんなに詳しくないですが、知ってる範囲で。

>前までは日蓮正宗≒創価学会でしたよね?
その通りです。というか、事実は>965に書いてある通り。
平成3年に学会が宗門から破門された。
それまで学会は正宗内での団体として活動をしていた。
学会の初代と2代目の会長は正宗寄りだったのだが
3代目の大作になって、正宗にたてついて破門を喰らった。

が、正宗信者のほとんどは学会員だったため
正宗は信者を根こそぎ学会に持っていかれてしまった、と。

こんな感じですな。

971 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:43:22 ID:4dn7VJdV
法華講は、
総本山に法華講本部を置き、
御法主上人によって本部指導教師と総講頭(そうこうとう)・
大講頭・幹事(かんじ)がそれぞれ任命(にんめい)されています。
 また末寺には、
住職・主管が指導教師(しどうきょうし)となり、
講頭を中心とした法華講支部が組織され、
そこには壮年・婦人・青年・少年の各部が設(もう)けられています。
 さらに各支部が連合して
「日蓮正宗法華講連合会(れんごうかい)」が組織されています。
 これらはともに、御法主上人の御指南にもとづいて、
すべての法華講員が信心を倍増(ばいぞう)し、
総本山及(およ)び末寺を外護(げご)しつつ、
広宣流布をめざして精進(しょうじん)するための組織です。


972 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:46:01 ID:4dn7VJdV
 法華講(ほっけこう)は、
日蓮大聖人の教えにもとづき、
総本山大石寺にまします
本門戒壇(かいだん)の大御本尊を信仰の根本とし、
唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈(けちみゃく)
付法の御法主上人の御指南に随順(ずいじゅん)して、
自行化他(じぎょうけた)にわたる信心修行に励(はげ)み、
自身の幸せと広宣流布をめざす
日蓮正宗信徒の組織(そしき)です。
 「法華講」の名称は、
大聖人が御自(おんみずか)ら付(つ)けられたものであり、
本門戒壇の大御本尊の脇書(わきがき)にも
「法華講衆等敬白(けいびゃく)」
と認(したた)められています。
また日興上人も当時の信徒を「法華講衆」
(佐渡国(さどのくに)法華講衆御返事(ごへんじ))
と呼ばれていました。
 このように、大聖人御在世(ざいせ)当時から、
本宗信徒は「法華講衆」と呼ばれていたのです。


973 :614とかいろいろ:2005/09/30(金) 00:47:14 ID:YoQe/7JV
>968
全部が全部そうじゃないとは思うけど。
江戸時代からの正宗檀家さんもいるだろうし。

ただ、俺は元学会員で今正宗信者の人に勧誘を受けたよ。
その人は学会員だったころは公明党支持の運動をしてたが
破門依頼、一貫してアンチ公明党になってる。
なっていうか、極端な人だ。

974 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:51:48 ID:4dn7VJdV
法華講と創価学会の信心の違(ちが)いは多くあります
@ 目 的
 法華講は、正法興隆(こうりゅう)と広宣流布をめざし、
法華講員の信心の育成(いくせい)をその活動の目的としています。
法華講員は、大聖人の仏法を純粋(じゅんすい)に信仰し、
成仏するための信心をしています。
 一方、創価学会は、信仰集団としての一面と、
文化団体・平和団体としての一面を持ち合わせています。
そのため会員は、信仰活動のほかに、
選挙活動や民音(みんおん)のチケット販売(はんばい)、
書籍(しょせき)販売など、
信仰とはまったく無縁(むえん)の活動に
奔走(ほんそう)させられています。
 
A 師 弟
 法華講は、
日蓮大聖人を末法の御本仏(ごほんぶつ)と仰ぎ、
大聖人以来の血脈(けちみゃく)を継承(けいしょう)される
御法主上人の御指南に随順(ずいじゅん)して
信心に励(はげ)んでいます。
 これに対して、創価学会は
「日蓮仏法を奉(ほう)ずる」などといっていますが、
実態(じったい)は
「日蓮仏法を具体化して弘めたのは池田先生である」といい、
会則(かいそく)には
池田大作を「永遠の指導者」と謳(うた)っています。
すなわち学会員にとっての「師匠(ししょう)」とは、
日蓮大聖人が入滅(にゅうめつ)後の
大導師(どうし)として定められた
血脈付法の御法主上人ではなく、
池田大作なのです。

975 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 00:54:39 ID:4dn7VJdV
B 参 詣
寺院は宗祖大聖人の時代から存在し、
そこには三宝尊(さんぼうそん)がそなわる重大な意義があります。
 法華講の信心は、
総本山大石寺を信仰の根本霊場(れいじょう)とし、
所属寺院を修行の道場として、日常の信心活動に励んでいます。
日蓮正宗の総本山とその流れを汲(く)む末寺には、
真の仏宝(ぶつぽう)・法宝(ほうぼう)・僧宝(そうぼう)の
三宝が厳然(げんぜん)とそなわっており、
法華講員は寺院に参詣することによって、
直接三宝を敬(うやま)い、
大きな功徳を積むことができるのです。
 一方、創価学会には、会館はありますが、
総本山も末寺もありません。
 創価学会の会館には
仏法僧の三宝がそなわっていないことはもちろんのこと、
掛(か)けられている本尊も『ニセ本尊』など、
すべて血脈が切れたものなのです。ですから、
学会の会館へ行っても、
功徳を積むどころか恐ろしい悪業(あくごう)を積むだけです。
 なお、創価学会には、本宗から離脱僧(りだつそう)が
占拠(せんきょ)しているわずかな寺院と、
「会館寺院」と称(しょう)する施設(しせつ)がありますが、
これらは寺院としての本来の意義はまったくありません。
  これらの三点だけを見ても、
法華講と創価学会の信心には形態(けいたい)・
内容などに大きな違いがあることがわかります。
しかも、もっとも大切なことは信心の結果であり、
法華講の信心には、正法正義(しょうぎ)による即身成仏
(そくしんじょうぶつ)の大利益(りやく)がありますが、
創価学会の信心には、謗法(ほうぼう)の悪業(あくごう)
による現罰(げんばつ)と堕(だ)地獄の苦しみがあるだけです。

976 :614とかいろいろ:2005/09/30(金) 00:59:36 ID:YoQe/7JV
学会はカルト。これは今更言うまでも無い。
そのカルトを撒き散らした原因の一端が日蓮正宗にあったということ。

977 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 01:00:50 ID:4dn7VJdV
法華講は、
日蓮大聖人御在世(ざいせ)当時から
存在している信徒組織であり、
近年の創価学会問題に対応(たいおう)して、
新たに作られたものではありません。
 かつて池田大作は、
日蓮正宗信徒の代表として
法華講総講頭(そうこうとう)の職にありました。
また当時の創価学会員はすべて、
本宗末寺の信徒でもあったのですから、
当時の学会員も法華講の一員だったのです。
 今、あなたが学会を脱会して
法華講へ入講するということは、
日蓮大聖人の信徒として、
本来(ほんらい)の姿に戻(もど)るということなのです。
 法華講を「脱会者の集まり」といういい方は
適切(てきせつ)ではありません。
むしろ「日蓮大聖人の仏法を
正しく信仰する人々の集まり」というべきです。
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/sokagakkai/shakubuku_kyohon/355.html
法華講は脱会者の組織なのか?

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)