5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教なんてしてて恥ずかしくないですか?2教団目

1 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 12:16:08 ID:dQKirU+v
つづき

2 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 14:15:59 ID:DsXjyRTC
わーい 2ゲト

3 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 15:18:16 ID:bkz2BSf/
存在しない神にすがり妄想に逃げるのは恥ずかしい生き方。

4 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 16:32:59 ID:s/8Zx8pd
死神

5 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 16:52:15 ID:po8GOxzj
靖国神社は恥ずかしい。

6 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 16:54:19 ID:mi4R4azO
靖国は宗教施設とは違う。人間施設である。

7 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 17:30:05 ID:bkz2BSf/
神社も寺も教会も墓も必要ない。くだらない事で争う旧人類め。

8 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 17:35:02 ID:d11p2sVh
7
旧人類っていうかお前は動物以下だな


9 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/18(土) 17:36:50 ID:LjzMg2e9
>>5
そんなことを書いてはいけません。

靖国神社には、特攻少年も祀られている。
特攻少年とは、今でいう高校生くらいの年代。
食うものもろくに食わずに飛びたっていった。
殆どの少年は痩せ細っていた。

かたや、少年たちの上官はデップリ太っている。
それが軍隊ってもん。

君たちは戦争ってもんを知らないんだね。


10 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:46:01 ID:dQKirU+v
寺や神社を参拝したりすることは宗教的な行為だが「宗教をする」とは違う
生活に必要な常識的な行動の一部だろう
そんな行為をバカにしたり寺や神社の存在が問題だと言ってるわけではないね
ただし寺や神社も商売だとは思っているが・・金の絡む「仕事」だ

戦争云々などお門違いの話だな

11 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:59:18 ID:fW0Z+hsq
宗教はフィクションですとちゃんと明示しろ。脱税もするな。社会の一員として真っ当に生きろ。

12 :前スレ976,977けちゃっぷ:2005/06/19(日) 00:15:21 ID:rljW76+S
ここ、類似スレ多いですね。
宗教法人へのお布施や寄付は、草野球仲間がボール買うためにカンパ集めるようなもんです。仲間内でお金集めただけで税金取られたら、草野球も金持ちしかできない。
でも、草野球チームがコーチ雇ってバイト代払ったとしたら、バイト代もらったコーチは所得税の対象になります。
宗教法人も、法人は非課税だけど、お寺に集まったお布施の中から住職個人のポケットに入ったら、それは給与とみなして課税できますよ。

13 :けちゃっぷ:2005/06/19(日) 00:19:58 ID:rljW76+S
仲間で飲み会やるために会費集めても、「飲み会法人」として課税されたりしない。宗教法人もそれと同じです。
同じシュミの人達があつまって楽しんだり学んだりしているだけなのですから。

14 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/19(日) 06:32:09 ID:elVbWi9y
層化はしつこいね。
学会員は、新聞の勧誘をするよう追い立てられるのでしょうけど、
私みたいな非学会員は迷惑なんだよ。

勧誘にくれば無碍に断わるわけにもいかんので(情に負ける)
ついつい購読する羽目になる。

         <怨憎会苦>ってのは、こういうこと。

15 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 07:47:12 ID:A1DjSvYu
>層化はしつこいね。
阿含宗へどうぞ。阿含宗ほど素晴らしい宗教はない。

16 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 08:21:15 ID:Rn6cuFFw
熱心に宗教を盲信する馬鹿も恥ずかしいが、宗教など信じていないのに気が弱く断れなくて嫌々宗教団体の言いなりになってる小心者も恥ずかしい。

17 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/19(日) 09:49:04 ID:elVbWi9y
>>15
>阿含宗へどうぞ。阿含宗ほど素晴らしい宗教はない。

私は何処のセクトにも属さないよ。
リベラルがいい。

リベラルほど最高なものはない。


           <独立独歩>

18 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 10:06:53 ID:kVqS0obL
>>12>>13
金額が大きすぎる

鳥居立てましたー^^本殿の屋根直しましたー^^って言われて喜んでるんじゃないだろうな
いくら集まっていくら何に使っていくらあまってるのか収支報告聞いてるのか?
草野球や飲み会でもそれぐらいのことやるぞ

坊主がアウディー乗ってるのに疑問はないのか?

19 :けちゃっぷ:2005/06/19(日) 11:44:35 ID:rljW76+S
>>18 うちの寺は、収支報告は毎年やってます。会計は檀家さんの代表がやってますし。
住職への給与を月給制にしているお寺もありますね。余ったお布施は純粋に寺のために使われる。その場合、布施収入が少ない月でも給与を払わねばならないですが。
あと、宗教法人が事業の収益で儲かった場合、分け前を信者等にキャッシュバックすることは、禁じられています。それをやると営利目的の団体と変わらなくなるからでしょう。
あくまでみんなの宗教活動のために集められ使われるお金であり、それ以外に住職等に給料を払った場合、もらった側は課税されます。

20 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 11:51:41 ID:t/t9UgPq

カルト宗教において。
悪いことはなぜ起こるか?

@霊魂や神のせい A過去(先祖や前世を含む)のよくない行為のせい

本当かどうか確かめようがない そんなこと言われてもどうしようもない
ここがミソ。
解決するには言うとおりにしろ!という「甘い誘い」に注意。


21 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 12:14:30 ID:kVqS0obL
では収入の部は葬式何件でいくら・法事何件でいくら・寄付何件でいくら・お賽銭いくらということなんだろうね
どこそこは葬式にいくら出してるとか、法事でこんなにーなんて話題で盛り上がるんだねw

個人情報もくそもあったもんじゃないな

22 :名無しさん@3周年:2005/06/19(日) 21:14:43 ID:qu/G5u72
宗教がまやかしなら、なぜ中国が靖国参拝で日本バッシングをするのか?

なぜ日本国内で総理の参拝が大問題になるのか?

中国は共産主義国家で、公式には宗教は認めていないのにですよ。

説明を求めます。





23 :わんこ ◆je/tyKPeGo :2005/06/19(日) 23:15:54 ID:UPiMWmdQ
よくわからない質問だけど・・私の立場は

宗教はそういう(靖国のような)対立を生む火種となるという面を持っている
だからマナーや規律的な生活に必要な宗教的な行為以上の宗教活動は必要なくかえって毒だ
寺や神社は宗教として活動するのではなく商売として活動すべきだ

だから靖国やコーラン便所騒動は宗教にするからそんなことになるんだよ・・バカじゃないの?って気持ち

24 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:38:23 ID:iqQz4v88
仏教では一切皆苦と説きます。すべて自分の思い通りにならないのが当たり前だ、って意味です。だからこそ、自分の思い通りになった時は「有り難い(めったにないラッキー)」のです。
しかし、現代の日本の若者は、自分の思い通りになるのが当然だと思って育っています。だから、少し失敗したり、不満があると、やる気をなくしたりキレたりします。
仏教の一切皆苦を理解すれば、小さな幸せにも感謝し、思い通りにならないことを自然現象のように受け入れ、平安な気持ちで忍耐強く暮らせます。

25 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 12:42:57 ID:iqQz4v88
一切皆苦の目線で見れば、蛇口をひねっただけで水が出ることは、とても「ありがたい」、しあわせなことに思えます。すると、毎日トイレで水を使う度にさえ、幸せな気持ちを得られます。
今まであたりまえだと思っていたことが、超ハッピーに思えます。今までムカついてたことが、あたりまえだと流せるようになります。

26 :わんこ ◆je/tyKPeGo :2005/06/20(月) 13:42:47 ID:MB7fw4p0
いや・・・そういう「宗教的な考え方」の中には実生活に根付いている重要なこともあると思いますよ
「感謝の気持ち」ってことでいいですか?
そんなこといってるんじゃないんですよ・・たとえば書出しに「仏教では」とありますがそんなこと書く必要ありますか?
なぜ「仏教では」と枠を作るのですか?それが争いの火種だと気づきませんか?
たとえば水道をひねって水が出たときに合掌したりしますか?一人のときならまだしも公衆の面前でしますか?
その行為は傍から見てどう映りますか?
たとえばPL学園の野球部がいちいち胸のお守りを握り締める・・・あんなことを教えるのは正しいですか?
公衆の面前でそんなことをすることがその教えですか?

必要以上に宗教を意識させる・・特に○○教を意識させるような行為は気持ち悪いし必要ないということです
必要ないだけでなくともすると喧嘩を売られてるようにとる人すらいるでしょう

27 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:19:00 ID:iqQz4v88
>>26 万有引力を説明する教科書には、それを言い出したニュートンの名が必ず出てきます。一切皆苦を紹介するにあたって、仏教の名を出すのは当然だと思いますが。
「宗教は」「信仰もってる奴は」という表現も、やはり争いの種になるかもしれませんね。
もっと、個々を見ればいいのにね。

28 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:24:53 ID:iqQz4v88
>>26 水道使う度に合掌しろとは言いませんが、水道使う度に「水道のある国に暮らす私はなんて幸せなんだろう」と感謝するのは、心穏やかになって好いと思います。
信仰の自由が認められているのに、信仰を持つ人を「気持ち悪い」と観るのは、偏見ではないですか?


29 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 19:25:58 ID:njxTO1sE
>>28
同意でございます。

30 :わんこ ◆je/tyKPeGo :2005/06/20(月) 19:36:15 ID:MB7fw4p0
万有引力を説明するためのニュートンとは話がまったく違うと思います

他は知らないけど仏教ではこう言います=ほかの人は知らないけど私たちはこう言ってます
そういう意味ではありませんか?他の人を外においていませんか?
釈迦が発見した事実だという意味ですか?しかしそれは万有引力のように数学的に証明できる事実ではありません

「信仰を持つ人」を気持ち悪いというのではありません。
人前でそういう行為をする人やそういう行為を教えるか強要する教団を気持ち悪い言うだけです

31 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:20:38 ID:qzHFMtZq
>>25
蛇口をひねれば水が出るのも、トイレで水が使えるのも、みんな、神仏のお蔭など
ではなくて、先人を含む人間である他者のお蔭ではありませんか。宗教の方々は、
何故架空の神仏に感謝して、人間には感謝しようとしないのですか。それが宗教の
最大の問題点なのです。

32 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:27:41 ID:njxTO1sE
>>31
なに?かまってもらいたい?w

33 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 20:46:41 ID:/xlhdUmW
親、兄弟、友達に感謝しないで存在しない神なんかに感謝する頭のおかしい宗教患者は恥ずかしい。

34 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:29:05 ID:iqQz4v88
>>31 神仏への感謝などと言ったつもりはありませんでしたが。
「蛇口をひねれば水が出る」ということそのものに感謝です。また、その環境を支えているあらゆる条件に感謝するのです。

35 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:37:19 ID:iqQz4v88
>>30 ここのスレは、宗教といえば神に服従みたいなもんしか例にださない人が多いので、別のタイプの宗教として、仏教を例に出したのです。
すべてが人間の思い通りにならないということは、冷静に考えれば誰でも知っていますよね。
しかし、いざ自分の欲望がかなわない場面になると、その「あたりまえ」のことを忘れて、怒ったり悪者探しをしてしまいます。
冷静に、あたりまえのことをあたりまえだと気付くことができれば、怒りや恨みが減り、日常生活のストレスが減ります。

36 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:49:58 ID:iqQz4v88
>>30 自分達がすばらしいと思うものを、他人に紹介するのは、普通のことではありませんか?
もちろん、それを他人もすばらしいと思うかは人それぞれですが。
あなたの考え方では、先人の知恵をまったく活かせません。「誰だれはこう考えたそうです」という紹介のしかたは悉く却下になりますから。

37 :わんこ ◆je/tyKPeGo :2005/06/20(月) 22:17:52 ID:MB7fw4p0
では仏教ではなどといわず、釈迦さんはこういう風に考えましたでいんじゃないですか?

38 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 22:23:25 ID:iqQz4v88
>>37 「お釈迦さんは」というのと「仏教では」というのでは、そんなに印象が違うのでしょうか?あまり気にしてませんでしたが。

39 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:16:53 ID:3NGjTP7F
仏教の目的は人間が何の欲求や感情も持たない抜け殻のようになるために布教することですか?

40 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 02:54:47 ID:xXEgPWpz
やおよろずの神!
コの精神 は昔からいたんだよ! 田の米は最後の一粒まで拾うんだよ わかるかな? みごとにりにかなうよ

41 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 07:00:13 ID:N4zJbkcT
>>39 それはレベルによるでしょうけど、すくなくとも、自分の欲望や感情は煩悩なんだと謙虚になるべきでしょうね。
たとえば、ムカついた時は、相手が悪いと思う前に、自分の欲を反省する。怒りの裏には欲がありますから。

42 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 08:32:58 ID:LSFF02aA
>>41
仏教においては、欲望や感情を持つのは悪いことですか?

43 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:21:11 ID:N4zJbkcT
>>42 「神サマによって禁止されているから」等の意味で「悪い」のではありませんけどね。
自分自身の苦悩やストレスを制御して平安な気持ちで暮らすためには、欲を制御する必要があるのです。
自分が平安に暮らすための手段として、重要だということです。

44 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:29:57 ID:N4zJbkcT
>>42 欲望や感情を持つ場合には、そのリスクを覚悟し、他人への迷惑に配慮せねばなりません。
「○○したい」という欲は、本来は持つべきではない欲だけれども、自分のわがままであえて持っているのです。
その欲のせいで人に迷惑かけることもあるし、それによって他人から反感を買って、自分に災難が還ってくることもあるのです。
「この欲を消せば、あの苦しみも消える。この欲を残せば、あの苦しみを覚悟しなきゃいけない」と覚悟した上で、自分の責任で取捨選択すべきでしょうね。で、他人に八つ当りしない。

45 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:31:56 ID:PJxAd6FB
>>43
死ぬほどうまいビールを飲みたいから、目いっぱい汗して働くのは平穏な生活でないし欲が絡むのでお勧めできませんか?
レベルにも寄るでしょうが、目指す方向は>>39ではないですか?

そういう意味で、仏教の行き着くところは、人間の生やこの世の営みに価値を置くことを無意味だとする現実批判だと思います。
それならば仏教にのめり込むこと自体既にこの世の価値を認めなくなりすぎるという意味で不健全だと思いますがどうでしょう?

46 :ありがとう宗教:2005/06/21(火) 12:41:28 ID:YK4ENB7n
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

47 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:50:18 ID:N4zJbkcT
>>45 >44も読んでいただいたと思いますが、世俗の欲をすべて無条件に肯定すると、快楽主義に傾いてしまいますよね。
快楽主義は、どんなに快楽を得ても「もっともっと」と欲が肥大化し、いつまでたっても満足が得られません。どこかで感謝・満足によるブレーキをかけねば。
欲が強ければ健全というのでもないでしょうしね。「ほどほど」がいいということでしょう。

48 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 12:57:27 ID:N4zJbkcT
>39で「脱け殻」とありますが、お釈迦さまの人生を思い返してみると、「脱け殻」だとは感じません。


49 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:05:52 ID:LSFF02aA
>>47
「ほどほど」の欲ならばかまわない、ということですか。
それなら安心しますけど、それっていわゆる常識の範囲の話で、
わざわざ宗教を持ち出す必要がなくなってしまうのでは?

>>48
お釈迦様は、「苦しみから逃れたい」という非常に強い欲望が
あったのでは?

50 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:10:14 ID:PJxAd6FB
>>47
もちろん読んでいますよ
ほどほどはもちろん大事です。
ちなみに、快楽主義は快楽から満足を得るために、辛い事も必要としているもので、認識が誤っています。
>>39には答えていただけないのですか?
それとも>>48によると実は仏教の目的はお釈迦様の人生をトレースすることですか?

51 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:14:02 ID:qALMcPk0
京都府八幡市の宗教法人「聖神中央教会」で、信者の少女らに暴行を繰り返したとして、女性暴行などの罪に問われた元主管牧師金保被告(61)の初公判が21日、京都地裁(上垣猛裁判長)で開かれた。
 金被告は「今日の段階では何も申し上げられません」と罪状認否を留保した。
 宗教団体内部での性的虐待事件が表面化し、刑事責任を問われるのは極めて異例。絶対的な地位を利用した犯罪かどうかをめぐり、激しい攻防が繰り広げられそうだ。
 起訴状によると、金被告は2001年3月から04年8月の間、信者の少女4人に計11回にわたり、教会の牧師室で暴行を繰り返した。この際「逆らうと地獄で永遠に苦しむ」などと、抵抗できない状況にしていた。
(共同通信) - 6月21日10時59分更新

52 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 13:48:48 ID:nWvIrIuX
わたしは、少なくとも潜在的にはむしろ信仰の重要性が高まっているし、
個々において、そういったものへの渇望はあるんだけれど、
それをどうやって満たしたらいいかわからないでいる人が
多いと思いますね。

一部はカルト宗教に引き寄せられ、自分や家族を疲弊させているかも知れません。
また、障壁に当たった時に精神的に病んでしまい、年間3万人とも言われる
自殺者の中に入ってしまうかもしれません。

あるいは、メディアや知人の消費動向において,
他人を横目でみながら妬んだり、優越感に浸ったりしてようやく
自己の平衡をなんとか保つ高度大衆消費社会の申し子であるかもしれない。

これは私はあまり人間的じゃないんじゃないかと思います。
特に日本は、明治維新と敗戦という2度の文明的大変動で
伝統的な規範や神道や仏教の寝ぐらである共同体というものが無くなっていますからね。

53 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:00:29 ID:bEU8SJ+1
宗教なんかするやつは恥ずかしい・・

54 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:26:12 ID:5nFz6iA8
S教真光は、「村上正邦」参議院議員を比例候補に推薦するため署名を集め、自民党本部に提出した。
「村上正国」議員は同年11月の、S教真光秋季大祭に来賓として出席し、スピーチを行った。

しかし、村上正国議員が平成13年m警察に「逮捕」されたが、崇K真光は、警察に逮捕されるような
議員を比例候補に推薦するため署名を集めたことを、教団幹部は真光信者達に「全く謝罪しなかった」。
この教団幹部達は、何を考えているのか分からない。
流石、インチキ宗教、陽光子の三大徳目(利他愛・感謝・下座)が聞いて呆れる。

教団が、悪徳国会議員と十字に組んだ事実を、信者に詫びせよ!。




55 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:26:07 ID:N4zJbkcT
>>50 >39への回答は書いたつもりだったのですが。
お釈迦様やその弟子が体得したような、何があっても平安でいる境地になるのが、仏教の目的です。
それが脱け殻だとは思わないので、ノーです。

56 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:30:02 ID:N4zJbkcT
>>49 少なくとも、出家した動機は、苦悩の解決でしょう。
釈迦国の王子として物質的何不自由なく育ったけれども、人生の根本的な問題については、強い疑問があったのでしょうね。

57 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:35:13 ID:N4zJbkcT
>>50 どんな快楽も、肉体を通り過ぎる波のようなもので、永遠に続くわけではありません。それを忘れていると、努力して得たものを失った時に強い絶望を感じます。
たとえば、どんなに地位や財産を築いても、死ぬ時にはすべて捨てねばなりません。

58 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:38:05 ID:LSFF02aA
>>55
平安とはいったい何ですか?
すごく嬉しいことがあっても、喜ばないこと?
身内に不幸があっても、悲しまないこと?
私はそれは抜け殻、もしくはロボットみたいなものだと思います。

>>56
人生の疑問を解決したい、これもまた一つの欲望・執着ではないですか?

59 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:51:22 ID:N4zJbkcT
>>58 喜びすぎて浮かれても、悲しみすぎて落ち込んでも、人間はミスする確率が上がります。
僕はドラゴンボール世代ですが、マンガの主人公みたくキレて強くなるとか、普通はないでしょう。
最初は欲のために教えを学びはじめても、結果的に欲が減るのでしょう。悟る前と悟った後の人格を混同してはいけません。人は成長しますから。

60 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:54:22 ID:N4zJbkcT
キレて強くなることはないが、キレて殺人を犯す(無茶をする)ことはあります。いつも平安なら、キレることがないので殺人も犯さない。

61 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 17:56:51 ID:98xnm4Fj
>>56
>釈迦国の王子として物質的何不自由なく育ったけれども、人生の根本的な問題に
>ついては、強い疑問があったのでしょうね。

「人生の根本的な問題」って具体的には何ですか。考えて分ることですか。
無数の無名の生活者達は、他者との係わり合いの中での日々の生活においてそれを
悟っています。贅沢三昧な暮しをした釈迦には、それが悟れなかっただけのことです。




62 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:02:18 ID:N4zJbkcT
>>61 たとえば、王子である自分は贅沢に暮らしてるのに、城の外には貧しい人がいる。なんでだろう?彼らは救われないのか?なぜ生まれによってこうも違うのか
自分は今若く健康だが、城の外にはよぼよぼの老人や、病に倒れる人がいる。自分もいつかそうなるのか?恐ろしい。

63 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:09:00 ID:98xnm4Fj
>>62
要するに、自己中心主義から生じた強迫神経症。

64 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:14:37 ID:4W7AOTK6
インテリニートの先駈け。尊敬してます。

65 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:22:40 ID:98xnm4Fj
>>64

世の中には何の訳にも立っていないはぐれ者。多くの人間の精神を狂わせただけ。
ひたむきに生き、人知れず慈悲を行う無名の生活者達の方が遥かに尊敬できる。

まあ、釈迦は神経症程度だからまだマシだった。イエスは完全な統合失調症。仏教
が人を殺さなかった理由は、そこにあると思う。

66 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 18:26:04 ID:N4zJbkcT
>>65 しかし、殺人鬼でさえ更正させました。

67 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 22:07:54 ID:bEU8SJ+1
宗教にマインドコントロールされる無知な信者は哀れ。

68 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 09:51:42 ID:H4/QfTTG
>>59
サッカーは熱狂的に応援してくれる人がいる場所の方が強いでしょう?
強い感情がプラスに働く場合だってたくさんあると思いますが。

あなたの説明では、どうも仏教は感情の起伏を罪悪視しているように
しか見えない。感情の平坦な人間が理想だとすれば、それは私にとっては
健全な人間とは言えません。

69 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 12:58:25 ID:v2nE4BXf
>>68 悟れば、感情の起伏がなくなります。
まぁいわば、究極の大人になるのです。
思春期の頃は感情の起伏がはげしく、反抗期もありますが、それが成長すると大人しくなりますよね。
僕は、思春期の頃の精神状態は不安定で苦しかったです。今のほうがマシだと思う。
今の精神年齢のまま十代にもどれたら、もっと上手く人生をプロデュースできたかもしれません。

70 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 13:00:49 ID:v2nE4BXf
精神的に大人になることが、不健全だとは思いません。

71 : :2005/06/22(水) 13:09:33 ID:ez8W5rmy
それは人間らしいですか?

72 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 13:39:53 ID:Br7qfBYH
人間の自然の感情や本能は、生物としての人間の生存・種族保存と、その
目的のための共同体形成・維持のために、予めビルトインされている自然の
摂理。その自然の感情・本能を、1個人の教祖の観念で変容・抑制しようと
すれば、必ず無理や歪が生じる。

煩悩こそ、人間が生きていることの証。煩悩を去れというのは、人間ヤメレ
というのと同じこと。

しかし、これらについても、超越的な神や霊の実在を認めない点で、仏教は
一神教よりは遥かにマシ。考えても意味のない神や霊を考えるな、という
「無記」こそは、釈迦の比類のない偉大さを示す。そのおかげで、どれだけ
多くの人命の喪失が防止されたか。

73 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 13:41:28 ID:H4/QfTTG
>>69
精神状態が不安定な方にとっては、感情の起伏を押さえるのは重要な
ことだと思います。しかし、健全な大人であれば、感情の起伏は必ずしも
マイナス要素ではないと思います。
大人になるということは、あくまで感情の発現を理性でコントロール
できるようになるということであって、感情そのものを押さえてしまう
こととは違うのではないでしょうか。

あなたが感情の起伏を罪悪視しているのは、それがあなたにとって
有害であったからで、必ずしも全ての人間にとって有害なものとは
思えないのですが。

74 :神=悪魔:2005/06/22(水) 15:31:19 ID:RzVs6279
宗教をやる人間は自分が世の中に希望を持てない人間、
自分自身を保つことが出来る支えがない人間、
流れに流されっぱなしの人間、他力本願がモットーの人間が
主に宗教に入り、絶対に助けてくれない神を信じてる(居ないものは絶対にこないから)
人間は原生物〜猿〜人間と進化してきたんだから、猿も死ねば天国や地獄にいくのか?
いままで天国や地獄を見てきたとか言うインチキ達の話の中には動物は出てこない。
死んだら皆等しく土くれになるだけ。天国にも地獄にも行くことはない。
出てきても居るのかどうかすら怪しい生物。宗教は腹黒い人間の腹黒い欲望を満たすために存在する。
キリストだって、マリアだって、モハメットだって、坊主達だって、ビンラディンだって
ローマ法王だってただの凡人。人よりちょっと何かが優れているだけのただの人。
そこに神の存在などドクターペッパーのプルタブほどもありえない。
神の所業で全世界人類が平和になったことがあるか?
戦争がなくなったか?宗狂戦争がなくなったか?原理主義者が改心したか?
神に祈りをささげて奇跡が起きたか?神が降りてきたか?
そもそも神や天使は人の形をしているのか?誰か見た人がいるのか?
妄想に駆られた奴らが勝手に祭りあげただけのものだろう?
それが試練というのなら地球が寿命を迎えるまでずっと試練か?
神は何処にもいない。居るわけがない。人は自分の意思がある。
物を見る目を持っている。物を掴む手を持っている。物を食べる口がある。
物事を考える頭がある。物事を嗅ぎ分ける鼻がある。物音を聞き分ける耳を持っている。
大地を踏みしめる足がある。
これらの行為の中に神の存在は感じない。感じるわけがない。
ひとつの細胞から力強く生きてきただけ。神の奇跡は存在しない。
神なんていうものに祈りを捧げる・感謝をするなんて時間があるなら
その時間をもっと生産的なことに使ったほうがまだ世の中の為になる。
なんといっても宗教は「人」の「為」=「偽」だからね。


75 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 15:59:10 ID:XJ91hwsF
仏教というのはもっと深い。もっと根本的なものである。

76 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 16:13:40 ID:rwnb/UCq
神とは、神を恃む事では無くまた人間を誇る事でも無い。
神は無いとも言えないが、恃むべき物では無く、さりとて
自己という人間も、いとも弱い小さいあわれなもの━━
と観ずるもののあわれのほかではない。

━━生命を愛する。
ということは、単に無為飽食を守っているということとは
たいへんに意味が違う。いかにして二度と抱き締める事の
出来ない生命との余儀無き別れにも、その生命に意義有らしめるか━━

捨てるまでも、將然とこの世に意義有る生命の光芒を曳くか。

問題はそこに有る。何千年何万年という悠久な日月の流れの中に
人間一生の七十年や八十年は、まるで一瞬でしか無い。
たとえ二十歳を出ずに死んでも、人類の上に悠久な光を持った生命こそ
ほんとの長命というものであろう。またほんとに生命を愛したものと
いうべきである。

人間のすべての事業は、創業が大事で難しいとされているが、生命だけは
終わる時、捨てる時が最もむずかしい。━━それによって、その全生涯が
定まるし、また、泡沫になるか、永久の光芒になるか、命の長短も
決まるからである。


77 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 16:45:59 ID:+50hUVhv
わたしは、少なくとも潜在的にはむしろ信仰の重要性が高まっているし、
個々において、そういったものへの渇望はあるんだけれど、
それをどうやって満たしたらいいかわからないでいる人が
多いと思いますね。

一部はカルト宗教に引き寄せられ、自分や家族を疲弊させているかも知れません。
また、障壁に当たった時に精神的に病んでしまい、年間3万人とも言われる
自殺者の中に入ってしまうかもしれません。

あるいは、メディアや知人の消費動向において,
他人を横目でみながら妬んだり、優越感に浸ったりしてようやく
自己の平衡をなんとか保つ高度大衆消費社会の申し子であるかもしれない。

これは私はあまり人間的じゃないんじゃないかと思います。
特に日本は、明治維新と敗戦という2度の文明的大変動で
伝統的な規範や神道や仏教の寝ぐらである共同体というものが無くなっていますからね。

78 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 18:21:20 ID:zWXVAEvu
世界真光文明教団の名前を詐称事件! 真光裁判崇教の隠蔽工作

(中外日報より)
最高裁第一小法廷は、上告の理由が全くないとして「棄却する判決」を言い渡した。
そこで「真相の隠蔽策」として、恵珠等は昭和五十三年六月五日、主たる事務所を
岐阜県高山市に置く「宗教法人真光」を設立登記する。

そして同年六月二十三日、「世界真光文明教団の名前を詐称」し、東京国際貿易セ
ンターで「聖祖師祭」(初代教え主の五周年法要)を開き参集した、組み手二万人に対し、
裁判で敗訴し、世界真光文明教団から退いたことを一切知らせず。
今後「崇教真光」として、教線拡大と世界総本山建立に邁進すると発表し、あたかも
「ご神示」によって名称を変更したかのように説明し、組み手を愚弄した。

真相を知らされない組み手等は、自分達はいまだに「世界真光文明教団の信者」だと信
じて、別の教団「宗教法人真光」の本山建立のために奉納金を納めつづけていった。




79 :神=悪魔:2005/06/22(水) 20:28:30 ID:RzVs6279
>>76
命なんて捨てるのも終わらせるのも簡単。
捨てるなら自殺すればいいし、終わらせるなら殺されればいい。

だったら、「自分の命をいかに長く生かせるか。終わらせない事が出来るか。
一生の中でどれだけ自分に満足できる生き方をしたか。そこに命の価値を見出せるのだ。
神の意思などない。自分の意思で生きているのだ。」
位のことを言って見せないとw

80 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:42:04 ID:fjIAZPJF
>>79
これは吉川英治の小説、宮本武蔵からの引用だよ。

81 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:46:46 ID:ZtvGM79+
>>77  江戸時代に仏教がだめになり、明治には各地の伝統信仰が
    国家神道に統合されだめになったんじゃない?
    
    

82 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:47:00 ID:fjIAZPJF
>>76
は、たしか武蔵が、敵(京の吉岡道場の遺弟)100人以上が待ち伏せする
決闘、有名な一乗寺の下り松に向かう途中の心持ちだよね。

>>79
もと色んな本を読めよw

83 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 20:48:47 ID:itti0M1M
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


84 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 21:28:05 ID:eLGu+qHq
崇教 真光の業
アトピーの原因は「戦国時代にある武将が城攻めやお寺までも攻撃して、殺戮を行っていたが、今度は自分が攻められた。
一族郎党や、妻子までも火攻めにあい、無残な死に方をした。
いくら戦国の世の習いとはいえ、わしはこいつを許せない。」

アトピーだと思っていたら、死んだご霊の状態が全身やけどの状態で、霊体がそうなっているので、身体も
そのようになってきていたようです。

手かざしも大事ですが、それだけで終わっては、無理のようですね。
祖霊祭りや、神仏に何か間違いはないか?でも快方にはむかいません。
自分がよくなりたい、救われたいでは無理のようです。

手かざしはご霊の気持ちを和らげる効果はありますが、本人のお詫びと覚悟が本物とならないことには、
絶対に許してはくれません。

憑いてる霊に真剣に神向き讃詞や弔霊を読んであげ、ご霊に霊界のことを悟って頂く。
霊の救われを祈る。
霊に対して、また、神様に対してザイエ深い己であることをお詫びする。
今の状態がご守護の賜物であることを感謝する。
自分だけが救われたいという執着を捨てる。
(まずは他人のご霊の救われが先)


85 :神=悪魔:2005/06/22(水) 21:38:06 ID:RzVs6279
>>80 >>82
それは失礼w

86 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 22:02:53 ID:eLGu+qHq
http://www.planning-instigator.com/mahikari/mahikari/index2.html
お花畑に満ちている
まともな人もたまには覗いてみると、電波的なことがよくわかるよ!
たまにナイス突っ込みを入れてみるのも本性が出るかもしれないよ!



87 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 01:25:46 ID:7/Q59mYC
シュウキョーは、ハズカシイ

88 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 18:58:59 ID:7/Q59mYC
存在しない神を妄想し、ニヤニヤするやつは恥ずかしい。

89 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 19:36:07 ID:gk/Y9FcI
>>46
マルチすんな

90 :名無しさん@3周年:2005/06/24(金) 10:05:30 ID:5h0ZTGBZ
宗教は愚者に安息を与え賢者に富をもたらす。宗教最高。

91 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 20:06:26 ID:WloKoBZX
>>88 助からない病気で死ぬ場合に、「いやだよー死にたくねぇよーまだ生きたいんだよーいやだよーこわいよー」って、泣き死ぬのは、本人も家族も辛い。
それだったら、ニヤニヤしながら安らかに臨終を迎えてくれたほうが、家族としては救われると思う。

92 :名無しさん@3周年:2005/06/25(土) 23:36:21 ID:ZJhoRYRp
生きているときに宗教のことある程度でもわかっていたほうがいいよ。
死んだから、霊になったからなんでもわかるってものではないのだよ。

まあ、ここに出入りしていればいつか思い出すこともある。背を向け
ていてもその耳あれば縁がつく。

93 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 02:57:17 ID:4b/QEGvJ
http://m.pic.to/8c7d

94 :神主:2005/06/26(日) 04:19:35 ID:PkAbTE1K
俺は笑われよと何だろうと一生神についていくよ
神に与えられた仕事をこなして行く人生だよ
自己実現とかとは無縁の人生だよ
神の奴隷労働をして死ぬだけだよ


95 :神主:2005/06/26(日) 04:21:02 ID:PkAbTE1K
他人のことなどどうでもいいよ
俺自身のこともどうでもいいよ
ただ与えられた仕事をこなすだけだよ
精一杯やって死ぬよ
じゃぁなお前ら


96 :神主:2005/06/26(日) 04:25:10 ID:PkAbTE1K
誰がどうだろうともう俺にとっては風景だよ
俺自身すらも俺にとって風景に過ぎないよ



97 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 04:34:41 ID:d5pvUfw9
やってる人間が恥ずかしいんなら、ファミレスで‘泣きながら’勧誘しないよ。

98 :神主:2005/06/26(日) 04:36:06 ID:PkAbTE1K
恥ずかしいもくそも無いよ
恥も罪も超越してるよ。



99 :武庫川女子大学総長:2005/06/26(日) 04:43:04 ID:DSJIHkg6
 いつも笑われ謗られて めづらしたすけをするほどに

これぐらいの決意と心定めがあれば、宗教をやっていく最低限の資格はあると思う。
あとは人だすけにあたっては智慧を絞る努力を怠らないことが大切。

100 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 11:38:11 ID:A6P0cJv7
剣道とか、空手、拳法は、相手が身体が大きくても立ち向かわなければ、
最初に勝負が決まってしまう。
ゆえに、術のテクニックとともに強靭な精神力も必要になってくる。

こういった勝負の世界の人間が、精神世界に関心をもってくるのは必然。

剣道とか、弓道、茶道とかは、いわゆる仏教文化でして、
この道に入れば宗教と掛け離れては論じられません。

少林寺拳法は、もともとは北宗禅から発展したものです。

ヨーロッパ文化はキリスト教。
イスラム世界はイスラム教。
日本は仏教。

歴史も文化も、宗教と密接な繋がりがある。



101 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 11:45:44 ID:A6P0cJv7
「いじめ」とかなくすには、子供に剣道とか空手を習わすといいです。

「いじめる側」にもなりませんし、「いじめられる側」にもなりません。

試合などでは、2・3歳くらいの身体の大きい人にも落ち着いて立ち向かいます。
勇敢になります。
かつ、人に優しくなります。

子供達の健全育成には有効です。

102 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 12:13:52 ID:7sbw/wd6
近代スポーツとしての剣道や柔道の一連の作法は仏教的神道的意味を排除してその宗教性は殆ど形骸化しているだろう
指導者は悟りもなにもない単なるサラリーマン顧問ですよ
また武道系のクラブほど閉鎖的で陰険な苛めが多いと思いますよ
なかば伝統として定着して居る感がありますね
相撲の世界なんかも貴乃花の告白では無いが兄弟子の陰険な苛めがある訳で
単なる苛めを修行とか指導と言い換えて居る現実があるでしょう


103 : :2005/06/26(日) 12:18:29 ID:vLxVTDuL
そもそもここで言う宗教するってどういうことですか?

104 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 12:31:04 ID:7sbw/wd6
剣道や柔道を通じて本格的な仏教や神道にのめり込んで行くとしたら
ちょっと話が変わって来るだろう
占領軍は柔道剣道の教育を通して狂信的国粋主義者や神道原理主義者が生まれて来る事を警戒し
学校教育の場から柔剣道を排除し
戦後教育を受けた左翼的教師の監視によってその宗教性は完全に解体されたように思う
三島悠紀夫の春の海という小説に見られる青年剣士は神の為国の為に命を捨てる殆どテロリスト予備軍なんだよね
アメはこれを警戒したんだろうな


105 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 12:35:44 ID:7sbw/wd6
○豊穣の海

まぁとにかく戦後教育を受けた所謂団塊の世代は宗教性がゼロであり
殆ど気が狂って居る事からその後の世代に親殺し子殺し苛めなんてのが流行るのも当然だろう


106 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 12:48:44 ID:A6P0cJv7
実際の真剣勝負となりますと、一分以内に勝負が決まるのが殆どです。

例えば、
真剣相手に篭手をチョッと入れれば、相手はそれで戦意を消失します。
日本刀は重いので、いつまでも構えのポーズはしていられないのです。
それゆえに、日本の各流派は短期に勝負をかける・・・
いうならば刹那の精神集中力を重要視したわけです。
ここに禅の思想が注入されまして、
「剣禅一如」の文化が開花されたのです。

武士はこぞって禅に傾倒していきました。
茶の世界も同様に、武士の”たしなみ”となって逝ったのです。
利休が各大名に影響を与えたのは、こういった理由からです。

おそらくは、利休がいなかったら関が原はなかったかもしれません。
仏教なくして、日本の歴史は語れんのです。

すまんですね。

107 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 13:00:58 ID:7sbw/wd6
しかし現代日本に武士はいらないんじゃないか?
またもののふの作法を基礎付ける中世起源の宗教なんかも現代文明とは相容れないんじゃなかろうか


108 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:05:08 ID:A6P0cJv7
>>104
>三島悠紀夫の春の海という小説に見られる青年剣士は神の為国の為に命を捨てる殆どテロリスト予備軍なんだよね
>アメはこれを警戒したんだろうな

三島は陽明学に傾倒してましたから、三島の文学をまともに受け取ったら危険です。
陽明学と仏教は全く違う。

三島の自刃は、いうなれば陽明学の思想に依るもの。→至上善の追求


109 : :2005/06/26(日) 13:07:06 ID:vLxVTDuL
ここで言う宗教するとは勧誘したり集会したりそういう必要以上の宗教的行為や人前で手かざししたりする
基地外的な行為のことではないのですか?
個人で武術の練習したり修行することとは違うと思うけどな

110 : :2005/06/26(日) 13:08:59 ID:vLxVTDuL
武術まで語らなくても「感謝の気持ち」なんかも宗教的とか仏教に基づくと言えばそうでしょう・・
そんなことを言ってるんじゃないだよな

111 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 13:13:02 ID:7sbw/wd6
また現代の指導者も「剣道をすると集中力が付いて勉強が出来るようになる」とか「礼儀作法が身に着く」とか功利主義的宣伝文句で弟子を集めて生き残りに必死
それでも人が集まらないのは結局ダサイからだろう
現代人はサッカーやバスケのような開放性に憬れる


112 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:14:32 ID:A6P0cJv7
>>109
そういいのは宗教とは言わないですね。

     オ  カ  ル  ト  かとおもいますが。

どうでしょう?
そのくらいの分別がありませんと、世間で逝きていくのは困難です。
この分別することを、世俗の智慧とか逝ったりします。


113 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:15:11 ID:A6P0cJv7
>>109
そういいのは宗教とは言わないですね。

     オ  カ  ル  ト  かとおもいますが。

どうでしょう?
そのくらいの分別がありませんと、世間で逝きていくのは困難です。
この分別することを、世俗の智慧とか逝ったりします。


114 : :2005/06/26(日) 13:20:03 ID:vLxVTDuL
>>113
そんなもん明確に区別できないでしょう
仏教でも集会はあるでしょうし法話もあるでしょう
勧誘も托鉢もあるでしょう

あとなんで○○教なんてくくりを作らないといけないんですか?
どうしてもくくりが必要なら日本独自の宗教はないのですか?
仏教なんかチョン国から輸入したもんでしょう?
チョン国の教えをありがたがってるのですか?

115 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:22:38 ID:A6P0cJv7
>>111
>また現代の指導者も「剣道をすると集中力が付いて勉強が出来るようになる」とか
>「礼儀作法が身に着く」とか功利主義的宣伝文句で弟子を集めて生き残りに必死

実際問題として、大学進学とか就職とかは剣道は有利です。
サッカーやバスケもいいけどね、
なんせ、「礼儀正しい」ってとこが会社関係には受けが宜しいようです。
私はそちらの方は詳しいdすから(^^ゞ

警察へ就職したいなら剣道は最高。
警察は頭がいくなくても体力だけで合格間違いなし。
(あまり警察は薦めないけど)

116 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 13:25:02 ID:7sbw/wd6
日本の伝統文化は閉鎖系でダサイ
伝統文化の復活を説く人間もダサイ
ナウい人間は西洋文明に惹かれる
これは事実だと思う
しかし剣道が生き残るためにナウさ、楽しさ、面白さを追及したら、スポーツチャンバラみたいになってしまう

にもかかわらず剣道が生き残る為にはスポチャン化するしかないだろうし
それが嫌なら文化財保護の対象になっていくだろうな

相撲も貴乃花の告白を契機に封建制を排除してPRIDEみたいな完全実力主義を取り入れるか
このまま伝統芸能として文化財保護の対象になって行くかどっちかだな


117 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:25:36 ID:A6P0cJv7
>>114
>そんなもん明確に区別できないでしょう

区別ができない。
というのは、貴殿が無明だからです。

眼が開けば簡単に分別できるようになる。
これを分別の智慧。
分別智というておるんです。

118 : :2005/06/26(日) 13:30:27 ID:vLxVTDuL
>>117
>分別の智慧

どれが本物かがわかるということですか?
色々分け隔てるのですか?

区別し排除するのですね?

119 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:32:43 ID:A6P0cJv7
>>116
今の企業は、軟弱な精神だと鬱とかになりやすい。
そういう土壌がある。

だからこそ、強靭な忍耐力と精神力が必要なんだよ。
いうなれば社会の要請なんだね。
日本の「道文化」は。

120 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 13:35:59 ID:A6P0cJv7
>>118
そういうことです。

仏教とは、いわゆる「生きるための智慧」のことだったのです。

  【今ここに生かす】
これしかありゅらんのです。

121 : :2005/06/26(日) 14:07:37 ID:vLxVTDuL
分け隔て区別すれば内と外が出来るわなぁ
ま、終わりのない争いでもやっといてくれ

122 :名無しさん@3周年:2005/06/26(日) 14:27:05 ID:7sbw/wd6
>1
誇りに思ってますが、何か?

123 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 14:48:08 ID:A6P0cJv7
>>121
>分け隔て区別すれば内と外が出来るわなぁ

そういうことです。
本質があるから、内と外に分類できる。

スレタイも、本質の一辺を語ちているに過ぎんのです。

一辺ですとチンバになりますね。
残念ですけど。

124 :罪と恥:2005/06/26(日) 15:15:48 ID:DLTnzsKD
日本では恥ずかしいことはしない。

欧米では罪となることはしない。した場合には、悔い改める。

しかし、日本の恥の文化も変わりつつある。罪の意識を持つことが大事だろう。
そうしなければ、親や兄弟を平気で殺す子どもがどんどん増えてしまう。




125 : :2005/06/26(日) 16:17:47 ID:vLxVTDuL
>>123
内と外が出来れば争いになるね
やっぱり宗教は争いの火種か
>>124
さてそれと宗教がどのようにかかわるのかな

126 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/06/26(日) 17:39:51 ID:A6P0cJv7
>>125
>内と外が出来れば争いになるね

これは、マルクスが逝ってましたね。
闘争は発展の原動力になる。→唯物弁証法

>やっぱり宗教は争いの火種か

仏教は、いわゆるこの内・外に分類する人の無明を解き明かしたものです。




127 :名無しさん@3周年:2005/06/27(月) 12:35:58 ID:OUlLIRBE
>>122
可哀想

128 :名無しさん@3周年:2005/06/27(月) 13:21:05 ID:G79NyMhO
122 頭悪そう

129 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 19:14:49 ID:MNxM5R0o
無宗教が俺の魂の救いに成ってくれるならば俺はすぐさま無宗教に転向するよ
しかし無宗教って何の教義も無いんだろ?ならば転向のしようも無いじゃないか

130 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 21:45:21 ID:E0C7ZVRy
>>129

無神論(ヒューマニズム)とは、架空の神ではなく、確固たる実在である現実の
すべての人間と、その生存を支えてくれる自然に最大の価値を認めるものです。

1個人の教祖の観念の遊戯に過ぎない口から出任せの教義ではなく、人間と自然が
一大教典です。すべての宗教の教典を集めても、唯一人の人間や木の葉一枚に宿る
神秘さえ解き明かすことはできません。

「魂の救い」とは、具体的にはどういうことですか。実在しない架空の神から、どの
ような救いが得られるのですか。

人間の最も充実した、永続的な救いと満足感は、他者のために役立ったという自覚の
みから得られます。自分だけの救い、自分だけの幸福をいくら追い求めても、結局は
空虚感と自己嫌悪が残るだけです。共同体性という人間の本質に反しているからです。


131 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 22:34:07 ID:MNxM5R0o
130
と言うのはどなたの説ですかな?
ちなみに現実の自然と人間に価値を置くのは貴方の自由ですが、私は現実の自然や人間よりもっと崇高な理念を信じると言う人も居るでしょうよ


132 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 22:44:33 ID:E0C7ZVRy
>>131
>と言うのはどなたの説ですかな?

どなたの説でもなく、自分の説ですよ。無神論者は、宗教信者のように
専ら「借り物」の思想にすがって生きているのではありません。

「現実の自然や人間よりももっと崇高な理念」とは、どこの「人間」がでっ
ち上げた理念ですか。人間が人間を超えた理念を考えることは、完全な論理
矛盾です。

133 :名無しさん@3周年:2005/06/28(火) 22:52:18 ID:MNxM5R0o
崇高な理念を掲げるのも人間でしょうよ
ちなみに君は自分でものを考える事が出来ない人だと思いますよ
念仏を唱えるごとく朝から晩までこのスレに常駐し他愛の無い理屈を絶対化し盲目的に信仰しているコピペ厨とかわらんのよ

しかもその自覚が無い訳で
君が批判して居る宗教者とすっかり同じ精神的態度だよ


134 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 00:24:54 ID:t7DAubGW
>>133

論理的に反論して下さい。批判されると、すぐに感情的にしかなれないのが、宗教者
の病理です。

「崇高な理念」とは、何を基盤とするものですか。すべての理念は、その基盤次第で
百人百様。正邪の判断は不可能です。

すべての思考は、「人間は生存と種族維持の基本本能をもった生物に過ぎない」という
唯一の「普遍」を基盤としない限り、無意味・無価値です。誰でも、何とでも言える
からです。

あなたのいう「崇高」とは、何を根拠・基盤としているのですか。自分でも「具体的」な
意味の分らない抽象語を使うべきではありません。

135 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 01:05:55 ID:faLZ+qNt
>>134
「崇高」とは、要するにその人本人にとって、何が価値あるほどに大事なのかってことだろ?
妄想の世界が大事な人もいれば、葉っぱや種族維持が大事な人もいるだろ

あんたはヒューマニズムは、妄想と比べて現実味があるってのが売りだと言ってるんだろうけど
ヒューマニズムも現実と理想を摩り替えたただの宗教的なもんでしかないだろ

現実にとっては、ヒューマニズムもどこぞやの宗教も 人間の理想


136 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 08:20:37 ID:ADzGdFro
生まれたからには、老いて病んで死ぬのはあたりまえ。そのあたりまえのことをあたりまえだと受け入れずにいると、人生はとても苦しい。


137 :XYZ(低血圧正教徒) ◆xbX1kRWdrE :2005/06/29(水) 08:21:55 ID:nEbewSle
>>136
 その通りですね。

138 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 08:55:43 ID:v/BZANBf
当たり前の事を受け入れる事が出来ず自分だけは救われたい哀れな宗教者。宗教に金払って救われた気になっているオバカな宗教患者。宗教馬鹿は恥ずかしい。

139 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 09:58:49 ID:UNlhMT7O
自分だけは救われたいと言うエゴイズムこそ生命の本質であり、神が人間に与えた本能であろうよ
この唯一の普遍を認められない幼稚な精神構造の持ち主がヒューマニズムに逃避する


140 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 10:12:58 ID:9veeM2XK
>>136

あたりまえのこと、すなわち現実を、をあたりまえだと受け入れられないのが宗教者。
イエスがその典型。

>>139

また誤解してるね。生存本能とは、文字通り肉体の生存とそのための物質的充足。
甘ったれた精神的充足(救い)ではない。宗教は、人間の本能ではない(ヒューム)。

141 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 10:17:19 ID:ZKIMX3Ir
宗教を信じるというのは、自分の弱さや不完全さを謙虚に認めるということでもある。
だから傲慢な人間が少ないだろ?

142 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 10:26:58 ID:9veeM2XK
>>141

宗教は、人間の弱さ、不完全さ、罪悪感、死の恐怖を、ことさらに作り上げて信者
に植えつけ、それを「救ってあげましょう」というマッチポンプの典型。その反動
として、キリスト教のような鼻持ちならぬ選民意識と傲慢さが生じる。

宗教者は、弱者は弱者を救えないことを自覚すべき。

143 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 10:35:43 ID:ZKIMX3Ir
>>142
いや宗教がことさら苦しみを
作り上げなくても、あなたも私も人間である以上、生老病死に苦しみますって。
苦しみが先にあるよ。


144 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 11:37:51 ID:v/BZANBf
宗教すれば苦しみから逃れられると思い込んでる宗教患者は恥ずかしい。

145 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 11:41:11 ID:faLZ+qNt
でもほんとに逃れたと思い込んでるから逃れちゃってるんだよね。
>>143
まっちぽんぷ

146 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 11:46:00 ID:Tx9jnU8g
宗教の採算点は人間の『恥ずかしい』という感情を麻痺させられるか否かだ。
信者の保っている恥の感情を奪い取ったら勝ち。

147 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 12:34:51 ID:DJRjd6+f
>>141
むしろ傲慢な人間ばかりのような気がするが。
自分の神だけが正しいなんてのは傲慢の極みじゃないかね。

148 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 17:39:56 ID:FdxpP2y1
宗教を否定し殊更に糾弾する輩は独り善がりの浅薄な理想主義者。
売女に清廉を求め気違いに良識を強いる非現実主義者。
狭く暗い世界でしか生きられない人もいる。
現実に生きながら妄想世界にしか拠り所を造れない人もいる。
自身がまともに幸せに生まれ付いたからといって
愚者を嘲り弱者の生を否定するのは傲慢極まりないです(><)

149 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 17:47:20 ID:v/BZANBf
宗教に騙され泣いている人は多い。宗教のようなインチキは撲滅しなくてはならない。

150 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 18:07:14 ID:ADzGdFro
>>149 宗教を金儲けに利用するニセ宗教家がインチキなだけでは?
仏教の「空」の思想なんか、インチキとは思いません。先日も近所の書店で、般若心経の本が電車男をおさえて1位になってました。

151 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 18:15:37 ID:2t+xujXJ
恥ずかしいとか思ってんの日本人だけじゃね?世界を見てみろよ

152 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 18:41:40 ID:SgWK0JFt
>>151
日本人全部じゃないだろ。
日本人のなかでも1みたいなアフォだけだろ。

153 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 19:36:03 ID:UNlhMT7O
毎試合神様に祈ってからリングに上るバンダレイシウバに日本人ファイターは束になっても勝てませんが恥ずかしいのはdotch?

154 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 19:38:20 ID:q7Z0UU5J
日本の場合は、戦後の日教組の左翼教育のせいもあって、
宗教そのものが教育現場で目の敵にされてきたという面があって、
これだけみると日本は社会主義国だったのではと思うほどです。

そういう事もあって、日本では宗教をなにからなにまで全否定するような
気風がありますが、それは文明が文明でないと自己否定しているような、あるいは
高度大衆消費社会が無限定に暴れまわるような社会ですから、
荒んでいるなあとも思います。

155 :武庫川女子大学総長:2005/06/29(水) 19:47:20 ID:GGJuBR5O
>>100
合気道に至っては大本教。
ていうか、大本から合気道が形成されている。

あ〜あ、自分も合気道習っときゃよかったかな? おいらは空手のほうだったんだけど。

156 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 19:48:02 ID:v/BZANBf
宗教戦争や魔女狩り、サリン散布や自爆テロするのが宗教。宗教は恐ろしい。

157 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 20:34:48 ID:SgWK0JFt
v/BZANBfの今夜のお仕事が開始されました。

名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 17:19:28 ID:v/BZANBf
宗教のような迷信は廃れていく運命。

名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 17:21:46 ID:v/BZANBf
インチキ丸出しの宗教なんかに騙されるやつは負け犬。

名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 19:48:02 ID:v/BZANBf
宗教戦争や魔女狩り、サリン散布や自爆テロするのが宗教。宗教は恐ろしい。



宗教も恐ろしいですが、v/BZANBfはもっと恐ろしいです。
てか、ふつうに  キモイ。

158 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 20:50:50 ID:/8++liYE
>>157
>宗教も恐ろしいですが、v/BZANBfはもっと恐ろしいです。
>てか、ふつうに  キモイ。

彼は短文だが、すべて核心を突いてるよ。間違ったことは一つも言っていない。
「キモイ」どころか、極めて常識論。




159 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 20:58:19 ID:q7Z0UU5J
>>157

なんか狂信的なものを感じるよね。

余談だが、統合失調症や重度の鬱、
あるいは一部の発達障害にこうやって拘って
念仏のように根拠の無いことを同じ事をブツブツ言う
特徴があるようだ。

160 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 21:28:09 ID:SgWK0JFt
>>158
文章の中身ではなく、行動ですよ。
彼の粘着質なルーティーンワークのことですよ。

なんか恐いもの、感じますよ。

161 :名無しさん@3周年:2005/06/29(水) 21:36:40 ID:ATpERMKb
まったくね。

162 :名無しさん@3周年:2005/06/30(木) 09:13:56 ID:ioqLizKj
>>157
よく見てみると、結構スレの流れに沿ったことを書いたりしていて面白いよ。
一応スレはそれなりに読んでいるらしい。

163 :名無しさん@3周年:2005/07/01(金) 01:03:47 ID:oXP98Z01
岡田光玉は、岡田茂告が創始した「世界救世教」の幹部であったが、昭和三十四年に分派して真光を設立した。世界救世教からは、
真光系教団のほかにも神慈秀明会、救世真数など十以上の分派が発生している。
その岡田茂吉は元々は大本にいた。つまり救世教も真光も、みな大本の「艮の金神」の系統である。

戦後「類似宗教」と呼ばれた宗教群のなかで突出して教勢を伸ばした世界救世教の躍進には先の
<超能力まがいの霊波>
があるのだが、それは人のみならず農作物や漁業にも効果があるとしたところが受けた。つまり、
手をかざせば肥料なしで収穫は増大し、魚は獲り放題というわけだ。

ちなみに満洲国立国当時のフィクサーであった軍人 石原莞爾は、戦後、戦犯を免れ山形県酒田市に隠棲したが、『酵素普及会』
を組織、無肥料多収穫を謳った宗教性を帯びた団体のなかで「こうそ(皇祖)さま」と呼ばれた。《石原元将軍より、岡田教祖の
ほうがずっと上手である》と当時のジャーナリスト大宅壮一に椰輸されている。


164 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 09:40:11 ID:q+MJR265
このスレは重複スレです(削除対象です)。
本スレはこちらですので移動してください。

神様を科学的に検証しよう。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1114863970/

165 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 13:53:37 ID:3puCu+S4
シュウキョーは恥ずかしい。人に言えない。

166 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 14:08:14 ID:W6NXNJLB
真光に関わってパニック障害になった。
でも、精神科医になかなかカミングアウトできなかった。
言える?
自分は霊障人間と言われてますって。
「すぐ浮霊します」なんていったら即入院でしょう。
言わなくて良かった・・・
信じてないから病院行ったんだもん。
↑これ、友達の証言です。

167 :& ◆Z2KySTSpOo :2005/07/06(水) 15:31:23 ID:ZvzsOGWf
>>129
教義は金と弱肉強食

168 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 21:42:50 ID:3puCu+S4
人を縛り付ける教義なんていらない。

169 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 01:10:57 ID:D5f/mTHm
自分の思い込みや欲で、自分を縛っている人もいます。

170 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 01:19:26 ID:P+QTU5aG
宗教を考え始めた=無意識を考え始めた=動物からの脱却ではないだろうか

171 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 02:00:36 ID:eA0VEKhs
>>170
>動物からの脱却ではないだろうか

人間が、他の動物の気持や感覚を理解できるわけがない。他の動物よりも偉いなどと
思い上がってはならない。他の動物は、少なくとも宗教で殺しあったりはしない
だろう。その意味では、宗教者は犬畜生にも劣る存在であることを自覚すべし。

172 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 02:16:03 ID:rbApR9hY
>>171
傷ついたマグロの心がわからないと、
養殖の心もわからん罠。

173 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 07:46:45 ID:bRy0Eg7e
宗教、それは人間にとって最強の害悪である

174 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 08:09:20 ID:hp4LfvLy
宗教がひろまるのは困る。 悪魔より

175 :机龍介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/07/07(木) 10:45:06 ID:qW83JU02
>>171
>宗教者は犬畜生にも劣る存在であることを自覚すべし。

はたして、犬に仏性ありや?なきや?

176 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 11:31:58 ID:k7u7Hpkd
>>154
宗教やってる人間がすさんでいるからですよ。
アメリカの悪い所ばかりまねして日本のすばらしい文化を捨てた。
宗教なくても昔のような情のある人間関係ができればすばらしい国になれる。
宗教は昔の遺物。
宗教を捨て、思いやりの心を育てる人間教育が必須。

177 :& ◆Z2KySTSpOo :2005/07/07(木) 11:40:21 ID:YE5ocYU0
>>176
今すぐインターネット止めて飛脚でも使ことけ (プ

178 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 11:46:14 ID:InVBYhfI
恥ずかしい恥ずかしくないではなく
心の支えだよ


179 :机龍介 ◆8Z1PfzdK1. :2005/07/07(木) 12:04:15 ID:qW83JU02
>>176
>宗教を捨て、思いやりの心を育てる人間教育が必須。

宗教は、捨てるものでもなく、また拾うものでもない。



180 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 12:05:38 ID:njFcLpFY
>>178
>心の支えだよ

この世は人間界。人間を超越した架空の神など、心の支えになる訳がなく、
却って不安や焦燥感の原因になる。

充実した心の支えは、人間である身近な他者に対する思いからしか得られ
ない。共同体の形成・維持は、神が与えた人間の本能だからである。

181 :名無しさん@3周年:2005/07/07(木) 21:06:11 ID:f1QBOro5
ふつうに恥ずかしいだろ

182 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 18:18:50 ID:FB+N1Rp9
宗教は争いの元。テロの元。

183 :名無しさん@3周年:2005/07/13(水) 20:47:34 ID:5NVqIvqZ
はずかち

184 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 06:47:49 ID:1tAUqAoe
ふつう恥ずかしいと思う。
でも世界救世教してる友達はなんとも思ってない見たい。
友達いわく「それで付き合いをやめちゃうような人とは付き合わない」
子供が幼稚園とか学校行ったらいじめの対象だぞ。

子供の同級生の親が宗教活動してたらみんなどう思う?


185 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 07:06:10 ID:8gyvsTZC
親が宗教基地外だと子供が可愛そう。

186 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 09:08:28 ID:kNfTuTCC
宗教やって恥ずかしいなんて思ったことないですよ。逆に教会に行っててよかったなって思ってます。

187 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 09:13:31 ID:61naoP+T
別に宗教やっててもいいじゃん。
誰が何を信じようがそれはその人の勝手。
他の人を強制的に勧誘するようなことがなければ別に構わない。

と思うのだが。

188 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 09:58:45 ID:qHLDnmmM
ああ恥ずかしい

189 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 10:01:04 ID:+JjdoMBp
なんで恥ずかしいの?

190 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 10:16:05 ID:R2p21Gyc
ちょうはずかしい

191 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 10:49:43 ID:8gyvsTZC
まじ、はずぃ

192 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 12:27:40 ID:5m4yZl9C
ダンナの両親が真光やってる。
とんでもなくキモイ。
ダンナもキモがってる

ヤツラがあぼーんしたら墓ってどうなんの?
真光の墓ってのがあっても、そんなキモいところに行きたくない

193 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 12:36:28 ID:oxtcoXuM
これからの日本は宗教国家になる。
戦国時代の一向宗みたいなのが各地に出来て、戦乱を引き起こすだろう。


194 :名無しさん@3周年:2005/08/23(火) 12:43:01 ID:sEnugRjp
>>185そんなカワイソウな子供の漏れが来ましたよ。
「信教の自由」とかいうが漏れみたいな香具師の場合は
少なくとも自立までは選択肢はない罠orz

195 :悪魔:2005/08/23(火) 13:50:01 ID:29C57lJO
当事者には地獄だね。
それは親が与えたと考えるからさ。
自分でこの親を選んだと考えられるようになると地獄にはこない。
あるいは自分もかつて人に強制したことがあるのではないかと・・・
おっとこれ以上はおしえられねぇ
口止めされているんだ。


196 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 01:23:31 ID:01fPigAs
>>194
おぉ・・・俺と同じ人がいるジャマイカ
詳しいことは知らないけど 自由のために頑張りましょうぜ
自立は少なくとも親に与えられるもんじゃない 自分自身で獲得するもの
だから俺は来るべきの時に備えて出来るだけのことはやってますよ いつになるかは未定ですがね・・・目標としては2年後
ハタから見ればただの親不孝の家出野郎ですがね ・・・家出つうのもアレなんで一人暮らし、とでもいいましょうか

197 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 07:15:37 ID:vANgzzyk
宗教してても問題なんか全然ないけど、やっぱりなんかで相談したときにさそわれるんだな。

そうなったときことわってもしつこかったりしたらいやだよなあ。丁重に断ってやってんのに
ちなみに184です。

198 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 08:20:31 ID:+9k3/+sN
はずかち

199 :名無しさん@3周年:2005/08/24(水) 15:46:18 ID:gLhQWxQH
鬱と同じでそのうち薬で治ると思うお(^^;)

200 :名無しさん@3周年:2005/08/25(木) 06:06:28 ID:xawRXIBN
宗教信じるのは精神病です。

201 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 22:36:19 ID:nJYMsX9v
恥ずかしすぎ

202 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 02:27:37 ID:dfbaO8iT
神主や住職みたいに気軽に相談できる宗教家がいればかなり便利だ。
キリスト教の懺悔室(?)みたいな。だが、ちゃんと教育された宗教家でないとな。

203 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 08:26:07 ID:YHOWhzsJ
カウンセラーいけ!

204 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 09:31:49 ID:QQG0/jk1
やう゛ぁい

205 :宗教色:2005/08/27(土) 10:07:41 ID:VyfyTX+L
が日本は薄いから、こんなでたらめな政治、フリーセックス、弱者切捨ての社会になったのです。

戦前の日本の方が、みんな貧しかったが、信仰心が厚く、思いやりがあった。

206 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 10:35:22 ID:YHOWhzsJ
そして侵略戦争へ突き進んで行った。宗教者は今だにサリン撒いたり自爆テロしたりする。

207 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 11:05:18 ID:hrjuvZJq
つーか、デタラメな政治、フリーセックス、弱者切り捨て、
どれも昔の方がひどいよ。

208 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 11:58:40 ID:YHOWhzsJ
俺もそう思う。

209 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 12:57:48 ID:12hNp2ok
神代の昔はよかったよ。

210 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:02:31 ID:fbNd268a
仏教」は、すべての「迷信」を打破しています。
占い、おみくじ、手相、姓名判断、家相、墓相、お守り、大安や仏滅などの日の善悪、
運勢、方角、七福神、霊界、陰陽師、加持祈祷、水子供養、・・・
これらは、すべて「迷信」です。

以下のことも、よく知っていただきたいと思います。
・死んだ人が、生きている私たちを幸せにしたり、不幸や災難にあわせたりする力は全く持っていませんし、また、そのようなことはできません。
・霊が、私たちにとりつくということは、絶対にありません。
・初詣をしても、御利益などありません。(神社にまつってある神など、存在しないからです。)
・「これ」を信ずれば、商売繁盛、病気が治る、家庭円満になる、大学に合格できる・・・などと、言っている宗教や広告は、全くの迷信です。

世界には、多数の宗教があります。
「宗教」と聞くと、皆さんの中には、良いイメージをもたれない方がいらっしゃると思います。
現在の日本の新興宗教は、迷信の氾濫ですので、そうなって当然です。
新興宗教に限らず、キリスト教やイスラム教といった古くからあるものも、人々がつくりあげたものであり、
「因果の道理」に反することばかり言っており、迷信です。



211 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:03:53 ID:fbNd268a
「仏教」と聞くと、ほとんどの人は、寺、坊さん、葬式、法事、墓、座禅、修行などを思い浮かべられるかもしれません。
また、「仏教」といったら、倫理や道徳、あるいは、教訓めいたことを教えているのだと思っている人も多いでしょう。
インドや中国を思い浮かべる人も多いかと思います。
あるいは、年寄りくさいもの、古くさいもののように思う人も多いでしょう。
「本当の仏教(=阿弥陀仏の本願)」というのは、皆さんが思い描いているものとは、だいぶ違うのです。
お釈迦さまの説かれた「仏教」は、「真実」なのです。
「いつでも」、「どこでも」変わらない大宇宙の真実なのです。
この地球上だけではなく、ほかの天体でも、お釈迦さまのような仏さまが、そのすべての仏さま方の先生の仏である「阿弥陀仏」の「本願」(約束)を私たち人間のような生き物に説いておられるのです。
現在、仏教以外に、世界中に多くの「宗教」がありますが、それらは、みんな人間の頭でつくりあげたもので、全くの「迷信」です。
そのようなものを信じていても当然、本当の幸せにはなれません。
「いつでも、どこでも」通用する教えではなく、矛盾したところばかりが多く、幼稚なものばかりです。
それに対して、「仏教」は、大宇宙の真実です。
愚かな我々人間の頭で勝手に作り出したものではありません。
ところが、残念なことに、「仏教」といっても現在、一般的に知られている「仏教」というのは、「聞き誤って伝えられたもの」や「間違って解釈されているもの」が、ほとんどです。
また、親鸞聖人や蓮如上人は、「仏教」を誤りなく正確に伝えられた方々ですが、現在、その親鸞聖人や蓮如上人の教え(=本当の仏教)を解説した書物も書店に、多数、出ています。
しかし、それらの解説書も、「間違った解釈をしているもの」、「大事な核心の抜けているもの」が、ほとんどです。




212 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:04:41 ID:YHOWhzsJ
宗教はすべて迷信です。

213 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:09:12 ID:fbNd268a
212さんが今まで生きてきた中で見聞きしてきた宗教は、確かに迷信でしょう。
しかし、あなたは、まだ知らされてなかった紛れもないたいへんな真実があることを知っていただきたいのです。
皆さんの中には、お釈迦さまが、「自分の頭」で考え、つくり出して、人々に教えたものが「仏教」だと思っている人がいらっしゃると思います。
よく知っていただきたいのですが、「仏教」というのは、お釈迦さまが、勝手に考えられたものではありません。
お釈迦さまが、おられても、おられなくても、それに関係なく、大宇宙に常に、存在している教えが、「仏教」なのです。
また、親鸞聖人の教えていかれたことは、今日、浄土真宗といわれていますが、親鸞聖人が勝手に考え出されたものではありません。
親鸞聖人が教えられたことは、お釈迦さまの説かれた「仏教」そのものであって、全く「自分の考え」はいれられておりません。
お釈迦さまや親鸞聖人、蓮如上人は「阿弥陀仏の本願を建てておられる御心(みこころ)」を誤りなく正確に伝えてくだされた「善知識」です。
「阿弥陀仏の本願」を正しく伝えてくだされる方が、おられなかったならば、私たちは、「なぜ生きるのか」「人生の目的」もわからず、「どう生きるか」だけで、一生をはかなく、終えなければなりませんでした。
そして、また、「ふるさと」ともいうべき「苦しみの世界」に戻ってゆかなければならなかったのです。
生まれがたい人間の「生」を受けながら、「なぜ生きるか」を知らないで生きることほど、あわれなことはありません。
「生きる目的」、「人間とは何か」ということが、わからないのですから、当然、「不安、苦しみ」から離れることができません。
ぜひ「本当の仏教」を聞いていただきたいと思います。


214 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:09:38 ID:TZEsDKCW
>211
では、大宇宙の真実の内容を語ってください




215 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:12:39 ID:hrjuvZJq
>浄土真宗 仏教徒
浄土真宗が恥ずかしい宗教かどうかは知りませんが、マルチコピペは
恥ずかしい行為です。止めてください。

216 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:14:00 ID:fbNd268a
では、今から簡単に仏教について書きます。
今から、約2600年前、インドに生まれられた釈迦(しゃか)という人が35歳のとき、「仏」のさとりというものをひらかれました。
これは、どういうことかといいますと、「大宇宙の真理」をすべて体得せられたということです。
そして、80歳でお亡くなりになるまでの45年間、たいへんな「真実」があることを教えていかれました。
それが、今日、「仏教」といわれています。
お釈迦さまが、説かれたことは、7000冊余りの「お経」として書き残されています。

では、お釈迦さまが、仏教を説かれた「目的」は、いったい、何だったのでしょうか。
皆さん、7000冊余りもの「お経」があるのだから、いろいろなことを教えられたかったのだろうと思われるかもしれませんが、実は、そうではないのです。
お釈迦さまが、仏教を説かれた本当の目的は、二つも三つもあったのではなく、ただ一つであったのです。

お釈迦さまが、仏教を説かれたそのたった一つの目的は、何かといいますと、それは、全人類の救われるただ一本の道、「阿弥陀仏の本願」を説くためであったのです。

現在、地球上には、約60億の人が生きているそうですが、「仏教」、イコール「阿弥陀仏の本願」ということになるのですが、その「阿弥陀仏の本願」が紛れもない真実であることを知らされている人は、残念なことに、たいへん少ないのです。
ご縁のある方々に、何とかこの真実を知っていただきたいと思います。

217 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:15:40 ID:TZEsDKCW
>216
だから、その「大宇宙の真実」の内容を聞かせてくれと


218 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:22:31 ID:fbNd268a
作家の林 芙美子さんは「花の命は短きに 苦しきことのみ 多かりき」と言って亡くなっています。
「生きることは、苦しみの連続だ、短い花のような人生であった」ということです。
林さんに限らず、生まれてから死ぬまで、人間が「生きる」ということは、苦しいことが多いのです。
私たちが、今から生きていくとしても、楽しみもありますが、苦しみのほうがもっと多いのです。
科学がいくら進歩しても、経済がいくら繁栄しても、モノが豊かになっても、これは、変わりません。

政治、経済、科学、医学、教育、法律、倫理、福祉、芸術、その他いろいろは、みな私たちが楽しく生きられるように努力しています。
しかし、私たちは、苦しいことの多い人生を送っています。

そのような苦しい中でも「なぜ生きねばならないのか」ということが「人生の目的」なのです。
そのすべての人にとって最も大切な「人生の目的」を教えているのは、ズバリ「仏教」だけなのです。

219 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:30:31 ID:Hn8tKU/M
阿弥陀仏=インド王族の出身でのち出家。まだ法蔵比丘という修行者であった時、非常に長期間衆生の救済の思索をめぐらし浄土への往生の手立てを見出したことにより仏となった報身仏。
阿弥陀仏の本願=どんな苦悩を持つ者も平等に幸福を与えよう。

220 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:30:31 ID:fbNd268a
私たちが「生きる」ということを「泳ぐ」ということに、たとえてみます。
まわり中、どこを見ても、「空と水しか見えない海」を私たちは泳いでいるのです。
「生きていく」ということは、たいへんなことですから、みんな必死になって泳いでいるのです。
「もう生きていくの嫌だな」と思っている人に対しても
「がんばれ!一生懸命、生きていけ!
 手足を動かすのやめたら、土左衛門になるだけだぞ。一生懸命、泳げ、泳げ!」
と言います。
しかし、「泳ぐこと」、「生きること」も大事ですけども、もっと大事なことが、テレビ、新聞、映画、小説、本、みんな抜けている、全く明らかにされていないのです。
それは、「どこに向かって泳げばいいのか」ということです。
だから、すべての人は、いちばん大切なことを全く知らないのです。
泳ぐのは、何のためか。生きるのは、何のために生きるのか。
どんなに苦しくとも、なぜ生きねばならないのか。
これが「人生の目的」ということです。
私たちにとって、これ以上に大切なことはないのです。


221 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:32:02 ID:fbNd268a
不思議なことに、テレビや新聞では、「がんばれ!がんばれ!一生懸命、泳げ!生きよ!」と言うのは、なぜか、ということは、全く言わないで、ただ「がんばれ!がんばれ!一生懸命、泳げ!生きよ!」と言われているということなのです。
全く、おかしいじゃないですか!
「どこへ向かって一生懸命、泳げばいいのか!それをハッキリ教えてくれ!」と、なぜ、みんな、声をあげないのでしょうか。
どこへ向かってでもいいから、ただ「がんばれ!がんばれ!一生懸命、泳げ!生きよ!」
これは、むちゃくちゃな話です。
これでは、海を泳いでいる人は助からないのです。
「おーい、ここに陸があるぞ!」と教えて、そして、
「この陸に向かって一生懸命、泳げ!生きよ!」と言うのなら、わかるのです。
しかし、そういう目的地を教えないで、ただ「がんばれ!がんばれ!一生懸命、泳げ!生きよ!」と言っているのは、おかしいでしょう。
言われている人も、言っている人も、あまりにも無責任ではないでしょうか。
「一生懸命になって、どうすればいいのか」ということが、これでは、わからないではありませんか。
こういうおかしなことが、世間では何とも思われていないのです。


222 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:35:38 ID:fbNd268a
「陸はどこか」ということは、わからない、知らないから、「陸」に向かっては泳げないけれど、「一生懸命、泳いでいる」ということは、確かなのです。
では、「どこへ向かって泳いでいるのか」といいますと、「近くに浮いているもの」をめがけて泳いでいるということなのです。
海には、「丸太」や「板切れ」が浮いています。
大きいのやら、小さいのやら。丸いのやら、四角いのやら。
こちらに、一つ浮いている。あちらに、もっと大きな「丸太」が浮いている。
いっぱい、プカプカ浮いているのです。
そこで、水平線しか見えない海を泳いでいる私たちは、近くに浮いているたくさんの「丸太」の中で
「どの丸太が、いちばん、すがって頼りがいがあるか。」
「どの丸太にすがったら、いちばん安心できるか。」
「どの丸太にすがったら、いちばん満足できるか。」
「どの丸太にすがったら、いちばん幸せになれるか。」
という選択をして
「これがいちばん。これにすがれさえすれば。」と、その丸太をめがけて一生懸命、泳ぐのです。生きるのです。


223 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:36:09 ID:Hn8tKU/M
仏に救いを求めるっていうのはなんか違う気がするな。
真理を追究して悟りをひらくことが重要かと思う。

224 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:36:21 ID:TZEsDKCW
>221
申し訳ないがくどい。
本題に入ってくれ。


225 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:36:46 ID:fbNd268a
そして、その丸太にたどりついて、しがみついて「やれやれ」とホッとします。
ホッとするけれども、「丸太」は浮いているものですから、根っこがない。
フラフラして、グルグルまわります。
陸、大地ではないのですから当然です。
ちょっと大きな波が来ようものなら、すぐさまクルッと回ってしまい、私たちは海に放り出され、塩水をガブッと飲まされるのです。
「ああ、こんなはずじゃなかったんだけどなぁ」と私たちは、裏切った丸太に対して腹を立て、後悔します。
「あの丸太は、小さいからダメだったんだ。もっと大きいものなら、大丈夫だろう。」
今度こそと、前の「丸太」より大きな「丸太」に向かって力を入れて泳ぐのです。
そして、たどりついて、また、すがる。
しかし、ここでも安心、満足は続かない。
丸太は、大きかろうが、やはり丸太は丸太なわけで、すぐにクルッと回って、たちまち海に放り出されてしまうのです。
塩水をガブッと飲んで、また苦しむ。
しかし、こりずに、もっともっと大きい別の丸太へ向かって泳ぎます。
丸太から丸太へと、より安心、満足できる丸太へ向かって泳ぎ続ける。


226 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:38:25 ID:fbNd268a
全人類の大きな忘れ物、すべての人にとって最も大切なことである「なぜ生きるのか」、「人生の目的」、実に、これ一つを教えられたのが仏教です。
真実の仏教です。
本当の仏教です。

「人生の目的」というのは、すべての人に共通して、ただ一つのものです。
この地球上に何億人、生きている人がいましても「人生の目的」は変わらない。
ただ一つのものです。
人それぞれ違うというものではありません。
しかも、二つも三つもあるのではありません。
たった一つのものなのです。
唯一のものなのです。
また、これは現在だけのことではなく、いつの時代の人にも共通したもの、全く同じものです。

海を泳いでいる人が、「目的」としている「陸」は、一つです。
「いろいろある」というのは、「陸地」ではなく、波間に浮いている「丸太」なのです。
ここが、「人生の目的」と「生きがい」の大きな違いです。
「なぜ生きるか」と「どう生きるか」の大きな違いです。

皆さん、ひとりひとり、さまざまな人生観、価値観、生きがい、考え方をもっておられますが、実は、人間に生まれて生きる本当の目的は一つなのです。
その、本当の人生の目的をハッキリとまず、知っていただきたいと思います。


227 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:40:29 ID:fbNd268a
人生の目的」を教えられたのが、仏教を説かれたお釈迦さまです。
では、万人共通唯一の「人生の目的」は何であるのか。
それは、「後生の一大事の解決」です。
「後生の一大事」(ごしょうのいちだいじ)、これは、「すべての人」がもっている問題です。
そして、その「解決」をしなければならない、ということなのです。
では、「後生の一大事」とは、どういうことなのか。
まず、「後生」とは、死後のことです。
私たち、今、生きていますが、死ねば「後生」なのです。
飛行機にたとえますと、私たちが、「生まれたとき」が空港から「飛び立ったとき」です。
そして、「生きている」ということは、「飛んでいる」ということです。
この飛行機の「飛び方」には、「いろいろ」あります。
それが、「どう生きるか」ということです。
「低いところを飛ぶ」とか、あるいは「高い成層圏を飛ぶ」とか、「速く飛ぶ」とか「遅く飛ぶ」とかです。
けれども、飛び立った飛行機に共通していることは、何かと言いますと、「必ず降りなければならない」ということです。
「さて、降りなければならない」と、下を見たところ、太平洋のど真ん中であると。
見渡す限り水ばかり。島かげ一つない。
この飛行機は墜落あるのみ。
そうなったときが、この「飛行機の一大事」
飛行機は、必ず堕ちる。
飛行機の中で、どんな「どんちゃん騒ぎ」をしていても、必ず堕ちなければならないのです。


228 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:40:35 ID:Hn8tKU/M
仏教=宇宙の根本原理(ブラフマー、大日如来)を知ること、理解することだろう。

229 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:42:17 ID:TZEsDKCW
>219
阿弥陀さんってのは、ゴータマさんより昔の人なの?


230 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:43:02 ID:fbNd268a
「後生の一大事」というのは、すべての人は、死ねば「無間地獄に必ず堕ちる」ということです。
私たちは、日々、罪、悪をつくりどおしなので、その結果として、死ねば地獄(苦しみの激しい世界)に堕ちるのです。
これが、真実なのです。
私たちは、上記の飛行機と同じで、生まれたからには、必ず死ななければならない。
「後生の一大事」とは、死んで必ず地獄に堕ちなければならないということです。
「古今東西のすべての人」がもっているのは、この「後生の一大事」です。
やがて墜落しなければならない。そこは、底の知れない深い海。
これは、100%のことです。
機内で、どんな機内食を出されても満足できない。
機内で、どんなに楽しく過ごそうとしても不安、苦しみ、悩みが常にあり、絶えることがない。
ひとりぼっちの寂しい心がある。
心からの満足・安心が、毛頭ありません。


231 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:44:42 ID:fbNd268a
それは、この一大事をもっているからです。

「景気が回復するか心配だ、
 雇用が不安だ、
 年金がもらえるだろうか、
 老後が不安だ、
 環境問題が深刻だ、
 食の安全性が心配だ、
 地震・台風が怖い、
 交通事故がこわい、
 戦争やテロが怖い、
 病気やケガはいやだ、
 ガンやSARSが恐ろしい」
と、世間で大きな問題とされておりますことは、そもそも、その不安・恐怖の根底に、「死」に対する不安・恐怖があるからです。

言いかえれば、後生の一大事があるからなのです。



232 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:49:23 ID:fbNd268a
この後生の一大事の解決をしない限り、何をしても、どうなっても、心からの安心も満足も絶対に得られないのです。
ですから、これを「解決」するために、生きねばならないのです。
この「解決」を教えられたのが仏教です。

仏教は、「人生の目的」は「後生の一大事の解決」であると、その目的を教え、また、それを「解決する方法」を教えているのです。

そして、その「お釈迦さまの説かれた仏教」を正確に伝えていかれた方が、今から約800年前、日本の京都にお生まれになった親鸞聖人(しんらんしょうにん)です。
鎌倉時代の人で、90才まで生きられました。
「親鸞聖人の教えられたこと」は、「お釈迦さまの教え」以外にはなかったのです。
まず、このことをよく知っていただきたいと思います。
「それまで誰も説いたことのない教え」や「自分の考え」を教えられたのではありません。

平生、生きているときに「後生の一大事」は明らかに「解決」できると教えていかれました。
死んでからではなく、生きている現在、ハッキリと「人生の目的」を「達成」することができると教えていかれました。

233 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 13:55:58 ID:YHOWhzsJ
やっぱり恥ずかしい。

234 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 13:56:22 ID:fbNd268a
「人生の目的」を「達成」するためには、どうすればよいのか。
「後生の一大事」を「解決」するためには、どうすればよいのか。
それに対して、お釈迦さまは、「それは阿弥陀仏という仏にしかできない。」と、おっしゃっています。

では、「阿弥陀仏」と「お釈迦さま」とは、どういう関係にあるのか。
地球上で、ただ、おひとり「仏」となられたお釈迦さまといえども、阿弥陀仏の弟子なのです。

大宇宙には、数え切れないくらいのたくさんの仏さまがおられるのです。
それらの数え切れないくらいの仏さま方の先生、すべての仏さまの先生、これが、「阿弥陀仏」という仏さまなのです。
「阿弥陀如来」ともいわれます。
阿弥陀仏は、「本願」を建てておられます。
これを「阿弥陀仏の本願」といいます。
「本願」というのは、「約束」、「誓い」ということです。
阿弥陀仏が約束しておられることは、
「すべての人が持っている後生の一大事(死後、地獄に堕ちるという一大事)を一念で解決してみせる。そして、この世から未来永遠に変わらない大安心・大満足の最高無上の幸福の身にしてみせる。できなければ、私は命を捨てる。」
という、お約束です。



235 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:01:21 ID:fbNd268a

本当の仏教(=阿弥陀仏の本願)を真剣に聞き求めていきますと、このお約束の通り、「後生の一大事をハッキリと解決していただく」体験、すなわち、「阿弥陀仏にハッキリと救いとられる」体験をさせていただくことができます。
そして、その体験は、「一念」で体験させていただくことができます。
「一念」とは、あっと言う間もない極めて短い時間をいいます。
1秒の何億分の一よりも、もっともっと短い時間です。

親鸞聖人は、真剣に阿弥陀仏の本願を聞き求められ、29才の時に、阿弥陀仏に一念でハッキリと救いとられておられます。
そして、90才でお亡くなりになるまでの61年間、全人類の救われるただ一本の道、「阿弥陀仏の本願」が真実であることを叫び続けていかれたのです。

阿弥陀仏の本願を真剣に聞き求め、阿弥陀仏に一念で救いとられ、後生の一大事を解決したいただく。
そして、生きてよし死んでよし、死が来ても微動だにもしない、絶対に崩れない、壊れない、この世から未来永遠に変わらない本当の幸福、大安心・大満足の絶対の幸福になること、これが、万人共通唯一の人生の目的です。

236 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 14:05:36 ID:Hn8tKU/M
仏教とは、釈尊から始まった宗教であるというのは一般的な解釈ですが
本質的に言いますと釈尊独自のものではありません。時空を越えて普遍的に証明される教えです。

237 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:09:16 ID:fbNd268a
阿弥陀仏に救いとられ、後生の一大事を解決していただいたと同時に、「いつ死んでも極楽ゆき間違いない身」になる、させていただくことになるのです。
そして、この世の命が尽きた暁(あかつき)には、阿弥陀仏の極楽浄土に生まれさせていただき、仏となります。

阿弥陀仏は、限りなき大慈悲を持っていらっしゃる仏さまです。
今、この文章を読んでおられるあなたを救いとろうと、一秒もお休みになることなく、全力を尽くしておられます。

私たちが、本当の仏教を知らされ、真剣に仏教を求め進ませていただけるのも、さらに、人生の目的を達成させていただけるのも、皆、阿弥陀仏のお力によるものです。
長い長い間、阿弥陀仏がご苦労なされています。
「金儲け」や「遊び」になら、私たちは喜んで出かけていきますが、最も大切な人生の目的を教えている「仏教」となると実は少しも聞こうという気持ちがないのが、私たち人間です。
そういう私たちであるにもかかわらず、今、仏教を知らさせていただいているというのは、まさに阿弥陀仏のお力によるのです。

阿弥陀仏は、「どんな人をも、必ず、絶対の幸福にしてみせる」と誓っておられます。
特別な人だけではありません。
男も女も、賢い人も、字の読めない人も、どんな極悪人でも、すべての人をありのままの姿で、救いとってくださいます。



238 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:15:18 ID:fbNd268a
仏教を真剣に聞き求めていきますと「本当の自分の姿」が知らされてきます。

私たち人間の本当の姿は、「心」は、常に悪を思い、「口」は、常に悪を言い、「体」は、常に悪を行って、
いまだかつて、「善のかけら」もない者なのです。
これが、すべての人間の「本当の姿」です。
(これは、仏教を真剣に聞き求めていきますと知らされてきます。)
そういう私たちですから、「因果の道理」によって、必ず地獄におちなければならないということになるのです。
「因果の道理」は、仏教を一貫する「根幹」です。
・善因善果(ぜんいんぜんか)・悪因悪果(あくいんあっか)・自因自果(じいんじか)
善いタネをまけば、よい結果があらわれ、悪いタネをまけば悪い結果があらわれます。
「自分のまいたもの」は、「自分が、かりとらねばならない。」ということです。
「心」の中で、悪いことを思えば、必ず、「悪い結果」として、あらわれます。
「人が見ていないときなら、悪いことをしてもよいだろう。見つからなければよいだろう。」
と、思っている人が、たくさんいますが、それは間違いです。
遅かれ早かれいずれ、「悪い結果」が、必ず自分に返ってくるのです。
「心」で「あいつ、死んでくれたらいいのに」と思えば、それは、「体」で直接、殺さなくとも、たいへんな「悪」です。
「心」で思わないことは、「口」で言ったり、「体」の行いとして、あらわれませんから、「心」が「もと」なのです。
ですから、仏教では、「心」でいろいろ思ってつくる悪、罪が、最も重いと教えられます。
「体」や「口」よりも、「心」を重く見るのが仏教なのです。
私たち人間が、朝から晩まで考えていることは、ろくなことがありません。
「心」で悪いことばかり思っています。
自分のこと、自分の心をよく見つめてみられれば、皆さん明らかでしょう。
そういう「善のかけらもない、悪のつくりどうしの私たち極悪人」を命をかけて「必ず絶対の幸福に救ってみせる」と誓われているのが、「限りなき大慈悲・まことの心をもっておられる阿弥陀仏」です。



239 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 14:16:12 ID:Hn8tKU/M
仏教とは仏(仏陀、真理に目覚めた人)の宗教、仏になるための教えである。
仏(Buddha)の意味は「目覚めた人」であり、「神」でも「預言者」でも「神の僕」でもない。
仏教では、個人が自ら真理に目覚めて「悟り」を得てゆく過程が重視され
最終的には「自分として執着している自我は実体ではない」と覚り
苦の束縛から解放されることを求める。

240 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 14:29:09 ID:GT445uPP
>>238
善因善果、悪因悪果について疑問がある。
原爆を落とされて死んだ人たちは何か悪いことでもしたのか?
とくに子供とか悪いことなんかしてないはずだ。
なのに理不尽に殺された。戦争だからという理由で片づけるのは
短絡的すぎる。
そう考えると悪因悪果という言葉も勝手に仏教で考え出した用語に
過ぎないのであり確実性はないだろうに。

241 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 14:32:19 ID:GT445uPP
日航機事故や列車事故の被害者もそうだ。全員悪人だから死んだとは
考えにくいだろ。よって善因善果、悪因悪果も真理ではないと思う。

242 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:38:31 ID:fbNd268a
仏教を真剣に聞き求め、生きているとき阿弥陀仏にハッキリと救いとられる体験は、全く一緒です。

阿弥陀仏の呼び声を腹底に聞いた一念で絶対の幸福に救いとられます。
その体験は、とうてい言葉で表現できるものではないので、
「不可称・不可説・不可思議の信楽」と親鸞聖人は、おっしゃっています。

「堕ちるに間違いなし」「助かるに間違いなし」を一念同時に体験し、念々に相続します。

「堕ちるに間違いない自分」とハッキリと知らされるというのは、
「どなた様が助かっても、私一人は地獄行きでございました」
と、ツユリチほどの疑いもなく、ハッキリと「本当の自分の姿」が知らされるということです。
と同時に
『「どんな者も、必ず救いとる」と誓われた阿弥陀仏の本願ほんとうだったぁ』
と、「助かるに間違いなし」とハッキリと知らされ、おどりあがるのです。

すべての人間は、死んだら必ず、「地獄」(苦しみの絶え間のない、たいへん苦しい世界)に堕ちると、お釈迦さまは、教えておられます。
ですから、「後生の一大事」の「解決」が「人生の目的」なのです。
「後生の一大事」が「解決」できれば、この世から最高無上の幸せの身になりますし、この世の命つきれば、阿弥陀仏の極楽浄土に「仏」として生まれさせていただくことができます。

「仏」の世界は、苦悩が一切ない「絶対の世界」です。
「後生の一大事」が「解決」できたということは、阿弥陀仏のお力によって、「迷いの打ち止め」がなされたということです。
「苦しみ、不安、悩みの世界」から出離することになります。
苦しみ不安の絶えない迷いの「相対の世界」(六道)に戻ることは、二度とありません。


243 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:40:04 ID:fbNd268a
私たちの生命は、大きく分けると六つの世界をグルグル、へめぐっているといわれます。
「六つの迷いの世界」 、これを仏教では「六道」といいます。
地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の「六つの世界」の中を「私たちの生命」は、生まれては死に、生まれては死にを繰り返しているのです。
これを、六道輪廻(ろくどうりんね)といいます。
「畜生」というのは、犬や猫、昆虫、魚、微生物などをいいます。
数え切れないくらいの生き物が、この地球上だけでも、たくさんいます。
ご承知の通り、珍しい変わった生き物もいます。

「地獄」というのは、「苦しみの非常に激しい世界」をいいます。

私たちは、人間以外の世界に生まれることはあっても、人間に生まれることは、たいへん有難いことなのです。
お釈迦さまは、
「地獄に堕ちる者は、地球上の大地の砂の数だとすれば、人間に生まれる者は、手の爪の上にのるほどの砂の数しかいないのだ。」
と、おっしゃっています。

244 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 14:41:00 ID:Hn8tKU/M
そもそも生きている間に幸せになりたいっていう考えがせこい。
自然、宇宙と一体になることだけを考えればいいの。それだけ。


245 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:41:53 ID:fbNd268a
本当の仏教(=阿弥陀仏の本願)を聞いていない人は、親子、夫婦、兄弟、友人などを亡くしますと、それらの人と悲しい別れとなります。
中には、悲しみのあまり、寝込んでしまう人や病気になってしまう人がいます。
あるいは、家事や仕事が手につかなくなったりと、なにしろ、私たちにとって身近な人を亡くすということは、たいへんつらいことです。

ところが、実は、すばらしい「真実」があります。
それは、何か。
みんなが、「本当の仏教」を真剣に聞き抜いて、ともに阿弥陀仏に救いとられたならば、死後、阿弥陀仏の極楽浄土で再会でき、永遠の親子、夫婦、兄弟、友人となることができるのです。
こういう、すごい真実があるのです。


246 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:43:35 ID:fbNd268a

地球上、何億の人がいましても、「本当の仏教」にめぐりあえる人は、わずかです。
ほとんどの人が、「本当の仏教」を知ることなく、「ふるさと」ともいうべき「苦しみの迷いの世界」に戻っていくのです。
「本当の仏教」にめぐりあう、「本当の仏教を伝えてくだされる方」にめぐりあうということは、遠い過去からの「仏縁」がないと絶対にありえないことなのです。
「大地」の砂の数ほどの生命が、「地獄」「畜生」といった「迷いの苦しみの世界」で苦しんでいる中で、「爪の上」の砂の数ほどしかいない、生まれがたい「人間」の命を、今、持たせていただいている。
さらに、ほとんどすべての人が「本当の仏教」にめぐりあうことなく、「どう生きるか」しか知らず、死んでいく中で聞きがたい「本当の仏教」とは、どういう教えなのかということを、今、知らされているのは、よほどの仏縁がないとありえないことなのです


247 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:44:23 ID:fbNd268a
「人生の目的」は「後生の一大事」の「解決」です。
私たちにとって、「後生の一大事」というのは、命がけで解決しなければならない「一大事」です。
すべての人が、最も力をいれなければならないことは、「本当の仏教を真剣に聞き求める」ということです。
仏教を真剣に聞き求めていきますと、必ず、「阿弥陀仏の呼び声」を腹底に聞かせていただくことができます。

どんなに、「苦しみのどん底」におちている人であっても、また、生きる希望を失っている人であっても、「本当の仏教」を真剣に聞き求め、「阿弥陀仏」に救いとられた「一念」で、たちまち、「世界一の幸せ者、宇宙一の幸せ者」になれます。
「人生の大勝利者、本当の大成功者」ということになります。

それに対して、一見、あらゆるものを手にいれて、幸せいっぱいの生活を送ったように見える人であっても、死ねば「無間地獄」に堕ちなければなりませんので、仏教を真剣に聞き求めない人は、生まれてすぐに死んだ赤ちゃんと、実は、なんら変わらないのです。

世間で、どんな「大人格者」といわれている人でも、「仏教」を聞かなかったなら、地獄に堕ちます。
反対に、人から「あんな殺人犯が、地獄に行かなかったら、誰が地獄に行くんだ。」と批判されている人でも、心を入れかえて、真剣に仏教を聞き求めていけば、「阿弥陀仏」に救いとられるときが必ずあります。
阿弥陀仏にハッキリと救いとられた一念で「極楽行き間違いない身」となります。

私たちが、「地獄におちるか、極楽に生まれるか」は、阿弥陀仏に生きているときに、「救いとられているか、どうか」で決まるのです。



248 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:46:08 ID:fbNd268a
阿弥陀仏に救いとられた幸せは、1兆円もらったというようなことなどよりも、比べものにならない、はるかにすばらしい、言葉で表現できない、説きつくせない、ものすごい幸せです。
阿弥陀仏の御声(みこえ)が心のドン底へ、ジカに聞こえた一念で、大安心・大満足の境地におどり出させていただけます。
阿弥陀仏に救いとられれば、誰でも、同じくこのような世界に出させていただけるのです。
阿弥陀仏に救いとられた一念で、阿弥陀仏の存在も、極楽・地獄の存在も、因果の道理に間違いないことも、人間の世界は迷いの世界であることも、仏教が真実であることも、ハッキリと知らされるのです。




249 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:48:58 ID:fbNd268a
人間の生きている「80年」といっても、悠々たる大宇宙の時の流れからみれば、これは、「一瞬」にすぎません。
たとえ、「100才」まで生きたとしても、「大宇宙の流れ」と比較したら、まさに「まぼろし」の出来事だなと、しみじみ感じます。
「夢」、「まぼろし」のはかない、短い出来事が「私たちの一生」です。
そんな「短い一生」のなかで、
「あのやろう。こんちくしょう。あんちくしょう。」「あの人、好きになった」「結婚した」「失恋した」「裏切られた」
「うれしい」「かなしい」と怒ったり、喜んだり、泣いたりしているのです。
小さなアリたちが、一生懸命、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしているようなものです。
食べ物をくわえて、喜んであっちへ行ったり、こっちへ行ったりと、そして人間に踏みつぶされていくと。
「なぜ生きるのか」ということを知らずに「どう生きるか」しか知らないで、ただ生きている人は、このアリたちと何の違いもありません。
朝から晩まで「どう生きるか、どう生きるか」、これ一つ。
浮いている「丸太」に必死になって、しがみつこうとしている。
より大きな、しっかりした頼りがいのある「丸太」を求めて。
そして、医学が進歩した。こういう技術が開発された。地球から宇宙へ飛び出した。
ということを言っていますが、宇宙の流れを考えてみますと、「夢の中で夢をみている」ようなものです。
ところが、「まぼろし」とも「夢」とも、「はかないもの」とも思えず、
「これに間違いない。これこそ。これこそ!」
「これは、オレのものだぞ!」と丸太にしがみついている。
まるで、永遠に自分から離れないもののようにしがみついている。
そして、しばらくの間すがって、やがて力つきて死んでいく。
まことに、「はかないもの」は、この世の「生まれてから死ぬまで」の「まぼろし」の「短い私たちの一生」ではないですか。

250 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:50:22 ID:fbNd268a
朝、にこにこ笑って家を出た人が、交通事故や災害で、夕方には、見るもあわれな姿になる。
ご家族の人が、あまりにも変わり果てた姿に、みんな泣き崩れる。
たいへん激しい「無常」の世の中です。
ご承知の通り、毎日のようにテレビで見させていただいています。
たくさんの人が毎日、亡くなっていますが、
「いやぁ、今日が私の死ぬ日だ」
と思って、その日の朝、泣き泣き顔を洗う人があったでしょうか。
泣き泣き、歯をみがいた人がいたでしょうか。
そんな人は、一人もいません。
誰一人として、今日が、まさか自分の死ぬ日だと思っていた人はいないのです。

私たちは、吸ったり吐いたり、呼吸していますが、その一回一回が「死」と触れあっています。
吐いた息が、吸えなかったときが、この世の終わり。
吸った息が、吐き出せなかったときが、この世の最期です。

生まれてから今まで、数え切れないほどの丸太にしがみついてきた。
一生懸命、泳いで「ようやくつかんだもの」だけど、最期は、必ず別れていかなければならない。
すべて崩れたとき、夢と散ったとき、初めて
「今までやってきたことは、生きがいであったのだな。
 この世に生まれてきた人生の目的ではなかった。
 人生の目的は、この明かりの全くない、真っ暗なところに死んでいかなければならないという、この一大事の解決だったのだな。」
と、ようやく気がつく。
ほとんどすべての人が臨終に知るのです。
臨終になって知っても、もう遅いから、生きている達者なときに、知らされなければなりません。




251 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:52:01 ID:fbNd268a
五つの欲

私たちは、朝から晩まで、毎日あくせく生きてますが、考えてることは何かといったら、それは、次の五つのことばかりじゃないですかね。
1.何かうまいものを食べたい、飲みたい、腹がへった  (食欲)
2.金が欲しい、一円でも多く欲しい、損したくない  (財欲)
3.いい女いないかな、いい男が欲しい   (色欲)
4.人からすごい人とほめられたい、きれいな人と言われたい、悪口言われたくない、いい人と思われたい   (名誉欲)
5.少しでも楽して怠けたい、寝ていたい   (睡眠欲) 

この5つの「欲の心」が邪魔される、さまたげられると、どうなるかというと、カーッと腹を立てます。
「怒りの心」です。
「あんちくしょう、このやろう」と心で相手を切りきざむ心です。

そして、腹を立ててもどうにもならない相手に対して起こる心が、ねたみ、そねみ、うらみ、ひがみの「愚痴の心」です。
人が幸せそうだとおもしろくない、また、人が苦しんでるのを見てにんまりする心です。

私たちの心は、このような心しかありませんから、縁さえくれば何をしでかすかわからないとも言えますね。




252 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:57:19 ID:fbNd268a
私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、真っ暗な心」です。
「無明の闇」といわれます。
この「苦悩の根元」を断ち切らない限り、どうもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまいます。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。
他人事でもなければ、ひとごとでもありません。
ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです。
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされれば楽にはなっておれないはずです。
いやでもその解決に必死になるはずです。
どんな人でも、仏教を真剣に聞き求めていきますと、「自分の本当の姿」を阿弥陀如来のお力によってハッキリと知らされます。
「まことの心が微塵もない己の姿」がハッキリ照らしだされるのです。
「堕ちるに間違いない自分である」とツユチリほどの疑いもなくハッキリいたします。
と同時に「そんな者をお目当ての弥陀の本願、本当じゃったぁ!」と「助かるに間違いなし」とハッキリいたします。
弥陀のジカの呼び声を腹底に聞いた一念で大安心・大満足の永久に変わらない、壊れない、崩れない、死が来ても微動だにもしない「絶対の幸福」に救いとられます。
「阿弥陀さま、申し訳ありませなんだ、このような者をよくぞこの身にしてくだされた」と泣くよりほかにないのです。
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気のさらさらない私たちを強い強いお力で引っ張っておられます。
「何とか何とかわかってくれよ、真実を聞き求めてくれよ」と。
「必ず本当の幸福にしてみせる」と全力をあげておられます。
愚かでうぬぼれ強い私たちは、毎日、無常のものばかりを追い求めておりますが、無常の世の中で変わらぬものは、阿弥陀如来の本願だけなのです。
「阿弥陀如来の本願」を真剣に聞き求ていただきたいと思います。

253 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 14:59:49 ID:fbNd268a
「現在は、過去と未来を解く鍵である」 非常に短いフレーズですが、非常に深いことが教えられています。

「自業自得」
善い行いをすれば、善い結果が返ってくる。
悪い行いをすれば、悪い結果が返ってくる。
自分にあらわれる結果は、自分の蒔いたものばかり。

私は、頭にくることがあった時は、「蒔かぬタネは生えない。刈り取らねばならないのは自分の蒔いたものばかりなんだぞ」と自分に言い聞かせます。
「自分が正しいのに、なんでこんな目にあわなきゃならないの!」と思うから、どうしようもなくなり、果ては「悲劇の主人公」となって沈んでいくのではないでしょうか。
そうではなく、自分のタネまきに目がゆけば、「何をすればよいのか」もわかるし、落ち込む心にもストップがかかります。
だから、常に「自業自得だぞ」と戒めるようにしています。
話を元に戻すと、冒頭の言葉は、この「自業自得」の話の先にあるような気がします。「現在の自分、置かれている環境、境遇」とは、何がつくりだしたものか?それは、紛れもなく、「過去の自分」がつくりだしたものだということです。
過去に食べたいものばかり食べて、睡眠は不規則、運動は全くしない…。これでは、今になって「健康を損なう」という結果が現れて当然です。
テスト1週間前なのに気分がのらず、マンガを読んだり、ゲームをやったりして全く勉強しなかった…。これでは、今日のテストの結果が最悪でも、まったく仕方がないことです。

では、同様に考えれば、「未来の自分」は、何がつくりだすものなのでしょうか?それは、ズバリ!………「今の自分」です。
今頑張れば、それは未来に結果となって必ず返ってきます。
逆に、今一日一日をいい加減に過ごしていると、今はよくても、
後で絶対後悔するようなことになるということです。
「過去の自分」が「今の自分」をつくり、「今の自分」が、「未来の自分」をつくる------だから、「現在は、過去と未来を解く鍵である」と言われるのでしょう。
もし、自分の未来を予測できたら素晴らしいと思わないでしょうか?
方法はあります。
「今の自分」をよく見ることが、「未来の自分」を解く鍵なのです。


254 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 15:02:11 ID:fbNd268a
因果応報、自業自得

最近は、詐欺や物騒な事件が多いですね。

「人が見ていないから、悪いことをしてもよいだろう。見つからなければよいだろう。」
と、思っている人が、たくさんいますが、それは間違いです。
悪いことをすれば、遅かれ早かれ、それ相応の「悪い結果」が、必ずその人自身に返ってくるのです。

善いタネをまけば、よい結果があらわれ、悪いタネをまけば悪い結果が必ずあらわれます。
寸分のくるいもなく。

「自分のまいたタネ」は、「自分が刈りとらねばならない」ということです。

おそろしいことです。
皆さん、お互い、行いを正していきましょう。




255 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 15:06:39 ID:VQIDRrCI
阿弥陀仏は異教の神だい。

256 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 15:08:39 ID:Hn8tKU/M
あらし報告・規制議論(仮)@2ch掲示板
http://qb5.2ch.net/sec2chd/


257 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 15:09:25 ID:Hn8tKU/M
阿弥陀仏は坊さんだ

258 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 15:09:59 ID:fbNd268a
>>240
>>241

お答えします。
http://www.tulip-k.co.jp/todotoku/0303mirai_1.htm
を参照してください。



259 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 15:50:41 ID:TZEsDKCW

ちなみに今の話を聞いて救われた人は居るのか?









260 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 16:04:24 ID:fbNd268a
>>259
次の歌は、阿弥陀仏の本願を真剣に聞き求め、
「後生の一大事」を阿弥陀仏のお力によってハッキリと「解決」していただき、大安心・大満足の絶対の幸福の身になられた80代の女性が、
その体験・心境をうたわれたものです。
阿弥陀仏に救いとられた絶対の幸福の世界や、阿弥陀仏に救いとられる一念の水際をハッキリとよんでおられます。
「堕ちるに間違いなし」(本当の自分の姿がハッキリと知らされる)
「助かるに間違いなし」(「どんな人をも必ず絶対の幸福に救いとる」という阿弥陀仏の誓いが本当だったとハッキリと知らされる)
この二つのことが同時に微塵の疑いもなくなるのです。

1  阿弥陀仏に救われて  心にかかる雲もなし  阿弥陀仏の徳に いだかれて 寝てもさめても お念仏
2  思えば悲しき きのうまで 阿弥陀仏の願いに背を向けて そしり疑い 日を送り 逃げてくらすや 我が身なり
3  むなしさだけが 残りえて 我が身せめられ 暗くなる  死んだら どこへ行くのやら 一寸先が まっくらよ
4  暗い暗いで苦しんで おつる我が身が知らされた 聞かにゃならぬが一大事 我こそ堕つる 逆さまに
5  くらい地獄に堕ちたとき 阿弥陀仏の大声とどろきて 光かがやく光明に つつみ上げられ お念仏

261 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:10:47 ID:TZEsDKCW
>260
ちょっと待ってくれ、マジで討論につきあってほしい。
仏教的には「死後の世界」とか「阿弥陀仏」ってのは妄念・妄想じゃないのか?
大衆救済の方便でしょ?





262 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:14:40 ID:TZEsDKCW
>260
浄土真宗は呪術・祈祷・占いみたいな妄念妄想を退けると言うが
「阿弥陀仏」や「浄土」それ自体が明らかに妄念妄想だと思うのだが。
イスラム教でも「緑園」なんてものがあって、それに入るためにアラーの教えを守っているなんていうが
まさに、浄土真宗も似たり寄ったりの構造じゃないか
アラーが「阿弥陀仏」で、コーランが「阿弥陀の本願」だろうよ



263 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:15:51 ID:Hn8tKU/M

仏教は真理に目ざめることが重要。
阿弥陀仏よりも宇宙の根本原理(ブラフマー)を理解することが大事。
あとは後の人が考えた。浄土真宗は親鸞聖人がはじめた。
弱者がただ仏に祈るのは日本人が考え出した。


264 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:19:39 ID:hrjuvZJq
浄土宗、浄土真宗はネストリウス派キリスト教(景教)の影響を
受けているらしいからな。

265 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:22:55 ID:TZEsDKCW
>623
だから「真理」って何だよ。
三世因果のことか?
或いは宇宙の根本原理って何さ。
宇宙の根本原理とはブラフマーであり、ブラフマーは宇宙の根本原理である。
トートロジーで何の説明にもなっていないわけだが


266 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:28:39 ID:Hn8tKU/M
宇宙の根本原理を理解することが
真理に目ざめる(ブッタになる)ってことでしょう。

267 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:32:49 ID:TZEsDKCW
>266
宇宙の根本原理って何だよ
三世因果のことか?


268 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:39:04 ID:Hn8tKU/M

その悟りの内容は深遠で、おそらく誰にも理解できないだろうからそのまま涅槃に入ろうとした。
しかしそのとき梵天(ブラフマン)が現れて法を説くように勧めた。
これが有名な「梵天勧請(ぼんてんかんじょう)」である。


269 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:45:39 ID:TZEsDKCW
俺はさ「後生の一大事」より

「景気が回復するか心配だ、
 雇用が不安だ、
 年金がもらえるだろうか、
 老後が不安だ、
 環境問題が深刻だ、
 食の安全性が心配だ、
 地震・台風が怖い、
 交通事故がこわい、
 戦争やテロが怖い、
 病気やケガはいやだ、
 ガンやSARSが恐ろしい」

↑こっちのほうがよっぽど一大事だと思うんだけど


270 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 16:47:56 ID:fbNd268a
>TZEsDKCWさん

2chという場をお借りし、今日、長々と「本当の仏教」について書き込みさせていただきました。
今まで聞いたことのない、知らされていなかった「真実の仏教」のスケールの大きさに圧倒されていることと思います。
私も、「阿弥陀如来の誓願」というものが厳存するという紛れもない宇宙の真実を聞いたときは、身震いいたしまた。
「なにぃ〜、そんなことってあるの!世間の誰〜も知らない、たいへんなことを知ってしまったぞ」と
私も、それまでは、宗教なんぞバカにしておりましたからね。
時間があれば、まだまだ、詳しくじっくりと書き込みしたいところなのですが…
詳しくは、『なぜ生きる』(1万年堂出版)という本を読んでみてください。
http://www.10000nen.com/book/naze/naze.htm


271 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 16:51:52 ID:fbNd268a
「景気が回復するか心配だ、
 雇用が不安だ、
 年金がもらえるだろうか、
 老後が不安だ、
 環境問題が深刻だ、
 食の安全性が心配だ、
 地震・台風が怖い、
 交通事故がこわい、
 戦争やテロが怖い、
 病気やケガはいやだ、
 ガンやSARSが恐ろしい」

これらは、あくまでも枝葉なです。
根元は、「後生の一大事」です。

TZEsDKCWさんの仏縁を念じあげます。


272 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:55:58 ID:TZEsDKCW
>271さん

後生の一大事より、現世の一大事だよ。現実を生きようよ


273 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 16:57:53 ID:TZEsDKCW
阿弥陀仏とかいう架空の観念の為に善男善女が命をささげる

自爆テロとか起こりそうだな



274 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 17:00:50 ID:fbNd268a
後生の一大事が、大問題だからこそ、
今、現在の問題、生に対しても真剣に、一生懸命になるのは勿論ですよ。
生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理もこのためだ、とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、
「大目的を果たすため、乗り越えなければ!」
と「生きる力」が湧いてくるのです。
方向さえ正しければ、速く走るほど早く目的地に着きますから、損をする苦労は一つもありません。人生の目的成就のためならば、時間、体力、お金をどれだけ使っても、百パーセントそれらは生かされます。使い捨てにはならないのです。
人生に苦しみの波は絶えませんが、生きる目的を知った人の苦労は、必ず報われる苦労です。

275 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:01:25 ID:Hn8tKU/M
ダライ・ラマ
チベット仏教の最高指導者である。観音の化身と見なされる。

パンチェン・ラマ
チベット仏教においてダライ・ラマに次ぐ高位の僧である。
阿弥陀如来の化身とされ、転生によって後継者が定められる。

阿弥陀仏
インド王族の出身で、のち出家。阿弥陀仏がまだ法蔵比丘という修行者であった時
非常に長期間衆生の救済の思索をめぐらし、浄土への往生の手立てを見出したことにより仏となった報身仏。

276 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:06:51 ID:TZEsDKCW
>274
「生きる目的」とか「大目的」を強調する割にはその内容を書いてないですよね。



277 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 17:34:57 ID:I/Hy1bU0
浄土真宗 仏教徒 なんて名乗っているけど、
それはダミーであって、実体は「親鸞会」ですね。
姑息なことしないで、ちゃんと名乗れば?

278 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 18:19:40 ID:YHOWhzsJ
恥ずかち

279 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 19:42:56 ID:/b4FxT0A
宗教は末代までの恥。

280 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:13:38 ID:WiYepR0x
人をやっつけることを考えたり行動することが悪行ならば
ボクシングや野球はどうすんだ?
まさかわざと負けてやれとでも?

281 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:15:26 ID:WiYepR0x
仏教では殺生してはいけないと言うがゴキブリや蝿も
殺しては駄目か?>仏教徒

282 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:17:20 ID:WiYepR0x
オナニーも禁止か?
肉食も禁止か?

283 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:28:56 ID:0PLstjdU
>>249
仏教徒さんの話を楽しく読ませてもらいました。

ただ、アリは素晴らしいと思いますよ。

1、アリは今を生きていて、未来、過去なぞは考えていないと思います。アリじゃないからわからんけど

2、人間がなぜ堕落するのかは、思考に振り回されるからだと思いますが、
アリは思考に振り回されているとは思えません。アリじゃないから解らんけど

3、真理は「今」しか理解できない。また、真理は人間の思考によって理解できるものではないと思います。
いわゆる、考えるな、感じろですね。これならば人間よりもアリのほうが真理に触れるのが近いのではないでしょうか?
また、この考えをつきすすめれば、植物、さらには石とかのほうが悟りに一番近い者(物)ではないでしょうか?

4、自分に言わせれば、人間が一番底辺で、畜生たちがその上、植物がさらに上、石が最上の物だとおもえるのです。
しかし、あなたの言う仏教では人間が畜生より偉いということになっていますが、これに関してどうお考えでしょうか?

これに答えられないからといって、仏教が嘘だのなんだのいうつもりはありません。変な話
共に真理を追い求めるものとして意見を聞きたいのです。解らないのなら、解らないといっていただいて結構です。
回答お待ちしております。

284 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:36:16 ID:N9AoYdB2
浄土宗の流れはむかーしから社会問題を起こしてきた宗派だ。
仏教の恥部と呼んでも良い。

中国に逃げてきたキリスト教異端の影響を受けていると言われるが、
その独善排他性を見れば、いかにもありえる話と思われる。

285 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 01:50:27 ID:+V9Dm6dX
仏教は恥ずかしい。

286 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 01:54:37 ID:J3b7H5j8
宗教入り・・即縁切り。

287 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 02:16:07 ID:iQZCMKVZ
仏教徒の言う因果律についてだが、あまりにも自分を窮屈にして
しまうような気もする。自分の言動や想念を制限してあまりにも神経質に
囚われすぎているとストレスがたまるのではないか?
精神科では愚痴を言わせて発散させながら
ノイローゼやうつ病を治療するとも言うが?


288 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 07:47:24 ID:+V9Dm6dX
宗教者は精神病

289 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 07:49:37 ID:nFwKKQMa
ダライ・ラマ
チベット仏教の最高指導者である。観音の化身と見なされる。

パンチェン・ラマ
チベット仏教においてダライ・ラマに次ぐ高位の僧である。
阿弥陀如来の化身とされ、転生によって後継者が定められる。

阿弥陀仏
インド王族の出身で、のち出家。阿弥陀仏がまだ法蔵比丘という修行者で
あった時非常に長期間衆生の救済の思索をめぐらし、浄土への往生の手立てを
見出したことにより仏となった報身仏。

290 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 07:56:20 ID:YoZvgWGG
>仏教徒へ

日本のようないじめ大国ではそんな綺麗事は通用しない。
優しくおとなしい香具師はいじめられても反撃出来ず自殺する。
ゆえに日本は自殺大国でもある。
やられたらやり返すぐらいの強靭な精紳がなければこの世知辛い日本を
生き抜かれないだろう。
相手に良かれなことばかり考えていても報われない。
生きるとは反撃すること。闘うこと也。


291 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 08:00:32 ID:YoZvgWGG
ゆえに善因善果なる教義もまやかしに過ぎない。
虚言であり戯言であろう。

292 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 08:09:08 ID:CgtZpfxs
私たちは他の生きものを殺して喰わなきゃ生きていけないの。
不殺生戒は人間限定でなければ非現実的なの。

293 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 08:30:05 ID:YoZvgWGG
だが仏教では虫や動物の殺生も禁じている。
ここで矛盾が生じるのも事実。

294 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 08:32:03 ID:nFwKKQMa
ベジタリアンでいいだろ。あと乳飲め。

295 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 10:03:44 ID:7FQCDyKn
菜食主義だって植物の命を奪っているわけだが。
それに、何も食わなくたって身体の中では白血球による
細菌の大虐殺が常に行なわれている。

296 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 11:24:26 ID:KuM1eJHL
こんにちは。仏教て凄くデカダンですね。なんかかっこいいです(><)

297 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 11:33:01 ID:ikHHd6Et
麻原の毒ガス教では、米100粒食べるよりも動物を1匹殺すほうが罪が軽いらしい。
人間の命1ヶ<米粒2ヶ
こんな感じで

298 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 13:44:57 ID:htOThxuJ
仏教って、もともとは徹底して
目に見えるもの、理論で説明出来るものしか認めないって
ものだったんでしょ。
神様とか、天国とか地獄とか、前世来世、奇跡、超能力みたいなものは
「ソースは?ないなら認めない」って立場だったんだよね。
お釈迦様の段階では。
それがどうして宇宙の真理とか浄土とか言う事になってるのか…
いや、分かりやすく話す為にそういうモデルを使うならいいかもしれないけど
「宇宙の真理マンセ−!!浄土が一番の目的」とかになると本末転倒では。

299 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 14:51:57 ID:ciETLont
>>298
仏教では霊やあの世が有るという考えを常見,
霊やあの世が無いという考えを断見と呼び、両方を誤りとして退ける。
仏教は不可知論の思想と言える。



300 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 14:53:55 ID:+V9Dm6dX
恥ずかしい。

301 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 15:19:18 ID:VbUIb/aO
>>1
宗教は人を救う

302 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 15:27:42 ID:HGEsdlS6
そして人を苦しめる。
信じようが信じまいが俗世と変わらん。

303 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 15:56:29 ID:v5ofajKk
みんな何かを思っているだろう。それが世の中を作っている。
60億分の1のこともあるが1分の1であることもある。
思いを集中させると祈りになる。意識しょうがしまいが
祈りを発しているのが人間の姿である。
その結果神仏を信じられない人と信じられる人とが分かれてくる。



304 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 16:20:58 ID:7CdUpHGp
狭い頭の中でウジウジと堂々巡りの自問自答・自己満足の妄想を繰り広げて
打ちひしがれたまま引きこもるのが
2ちゃんねらーってもんだからな。

その悲惨な姿はまさに自業自得、お似合いってもんです。

305 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 16:40:28 ID:+V9Dm6dX
愛は地球を救う。宗教は何も救わない。

306 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 16:51:00 ID:7CdUpHGp
「アンチ宗教」教信者でしかないことにいつになったら気づくんだろうね?

まあ宗教が良いとは言わんけどな。

307 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 17:00:16 ID:MAgPvWY7
お得意の言葉遊びで誤魔化してみても
宗教が恥ずかしいものである事実は何も変わらない。

308 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 17:27:16 ID:7CdUpHGp
「恥ずかしい」という概念が面白いと思った。ピュアに。

309 :220:2005/08/28(日) 20:29:25 ID:es+rc8GO
仏教は、一種の精神修行法の提案でしょうが、如何せん万人向けではありません。行事参加が関の山ですね。

310 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:36:25 ID:n2Dnaiqe
>仏教徒

コピペ見てると使い古された仏教理念ですね。
だが禁欲主義である以上矛盾が生じます。
食肉禁止、自慰禁止、性交禁止、殺生禁止では人間生活が成り立ちません。
因果応報も確実性はないと思います。
善悪も曖昧なものですからね。
健康のためには言いたい事を言い、やりたい事をやるのが
ストレスもたまらない良い方法でもあります。
下手な教義に縛られているよりは
自分なりに適当にストレス発散して(多少の悪態も必要悪)多いに笑い
時には自分の心の中の神を祈るだけでいいと思います。
自分を制限するのは体に毒だと思います。
犯罪犯さない程度に好き勝手に行動すべきだと思います。
パクられては馬鹿馬鹿しいですからね。


311 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 21:56:19 ID:JEH3seuR
神様なんて頭の中にしかいないもの、だだの空想
事実、存在しないものを信じるなんてバカげてる
天国も地獄も存在するはずがない、生きている今ではなく死後ばかり考えてる
そんな奴らは死ぬとき期待と不安で胸がいっぱいだろうなプゲラ。

312 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:07:08 ID:JEH3seuR
それに確信できないからこそ信じたいんだと思う
絶対的に否定もできないが確認もできない、そんな世界に甘えてるだけ
信じる心を共有して喜んでるだけ
まあ頭がまともな人からすれば信じる要素なんて全くないがなww
キチガイや真性のマゾ達で勝手にやってろ

313 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 22:46:45 ID:wiyCGA4V
という空想をしている信者
一番恥ずかしい

314 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:15:40 ID:uf+Hel6f
>>313
という空想をしている信者
一番恥ずかしい

・・・・・・。

        /''⌒\
      ,,..' -‐==''"フ  /
       (n´・ω・)η   ループやがなー!
       (   ノ   \
       (_)_)
     ~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;..:::::::ヽ

315 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:33:44 ID:pxfmNxBz
Q、人間って死んだらどうなるの?
A、細胞の活動が停止します。まあその後なんだかんだあって大体の死体は燃やされます。
Q、その後どこに行くの?
A、近年では埋葬の方法は様々ですが一般的には土の中ですね。


316 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:38:45 ID:pxfmNxBz
Q、マリア様って本当にイエスを産んだの?
A、産んだ産まないではなく不可能ですね。
Q、じゃあキリストは存在しないの?
A、誰かが「私こそが神様のキリストだ」って名乗りあげたんでしょうね。笑
まあ自称キリスト、自称神様ならいたでしょうね


317 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:45:19 ID:uf+Hel6f
マリアのマンコに、誰かが御チンチン挿れて、精子注入したから
マリアがイエスを妊娠したんでしょうが。

夫のヨーゼフの立場、どうなんのよ。

318 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 01:54:10 ID:Uj2vtwz0
キリスト教って特にひどいよね。
でっち上げの物語の解釈に終始して、スタート地点からしてもういい加減で根がないってのに。
キャラ萌えありの台詞引用好きので、ガンダム&ガンダム信者とかと変わらんな。
ガンダムのほうがまだ設定しっかりしてそうだけど。

319 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 06:07:20 ID:0FtIiSuH
仏教に限らず宗教の教えは
自分を偽善的な教義でがんじがらめに縛りつけるだけ。
ストレスが溜まるだけだ。
健康に悪いね。

320 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 06:52:50 ID:lOgHLkKH
親が宗教に入って、家がメチャメチャになったw
自分も病気になりやした(′A‘)

321 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 06:53:48 ID:lOgHLkKH
なので>>319に禿同。

322 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:22:58 ID:Xg+dqvMU
宗教者は恥ずかしい〜

323 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:32:01 ID:D4VIXuvw
偽善と書いて人の為の善と書く。
よって人の為の善はニセモノ。


ゆえに自分の為が本当の善なり。

324 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:34:24 ID:D4VIXuvw
人の為とか言う宗教はニセモノ。


自分の事だけ考えていればよい。


これが真理。


ああ弱肉強食マンセー!!!

325 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 11:01:25 ID:Xg+dqvMU
宗教はすべて偽物

326 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 11:27:06 ID:sVmFO7KW
親を恨んでいる間は神は分からない。
忘れるか、許すかどちらかを選べよ。

327 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 14:46:46 ID:xCnQfbig
人のためとか自分よりも人を優先するというのはいかに綺麗事かということだ。
「偽善」の文字がいかにも真理。この字を考案した人はすごい。

328 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 14:53:31 ID:vb7i5Kw/
学校は先生のためにある。生徒のためではない。
病院は医者のためにある。患者のためではない。
政治は政治家のためにある。国民のためではない。
宗教は教祖のためにある。信者のためではない。

よって宗教信者は搾取されて終わり。

329 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 15:26:30 ID:Xg+dqvMU
搾取され、有り難がる信者は恥ずかしい。

330 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:35:04 ID:lgaT2cKK
下手な偽善宗教の教義で割り切れないのが戦争だ。
善が悪、悪が善になる。
これを因果の法だけでは説明出来ないのが宗教の弱点。

331 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:38:15 ID:9ztFihQD
>>330
戦争は、人生を描く人が死ぬだけで充分悪だ。
そんなことも屁理屈にまみれて分らなくなるのか?

戦争は悪ですが?
あんた何教さん?


332 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:43:12 ID:fyjVcefz
宗教を信じる人は大いにそれでいいが、宗教信じる信じないを別として宗教に入りたくない人間を無理矢理宗教団体に引き込もうとするのは、信じる者の話が巧み過ぎてマインドコントロールされ人をダメにする。

333 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:46:22 ID:9ztFihQD
>>332
てにをはがめちゃくちゃだけれど言いたいことは分る!
君は騙されないように。w

334 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 03:54:09 ID:D4bfFuSl
>>331
アメリカ人は原爆投下を戦争集結に導いた善行と考えている。
アルカイダは自爆行為が聖なる行為と考えている。
よって悪が善に摩り替えられるわけだ。
裏には全て宗教が絡んでいる。
宗教こそ阿片であり害悪以外の何者でもない。

335 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 04:00:50 ID:eCTwNSAJ
>>327
同じことしてても
見返りを求めてるのが偽善。
見返りを期待してないのが自己満足。

336 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 05:37:58 ID:TehtwxFq
宗教ってなんぞや?
不必要なら無くなっていくばってん、人の体毛とおんなじじゃ。
なんぞ語らうことがあるかって。
必要やから増えていく、風俗店ヘルス店と同じじゃ。
必要ない奴には不快でしなかい、必要な奴にはそれがないのんはサミシーんやろ。
どーでもええわ。

337 :名無しさん@3周年:2005/08/31(水) 09:10:44 ID:o03qvcfW
同じ風景を目にしてもその人の立つ場所により、
見え方は異なるんだな。
善い人ってこの世は素晴らしいと見えているんだろうなぁ
そのような視点を得るために宗教は有用だよ。

338 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 05:58:02 ID:mprn4tax
バグダットでシーア派が自爆テロ
700人死亡した
やはり宗教は害毒だ

339 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 05:58:06 ID:Yx1QERWN
恥ずかしいやつ

340 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 07:10:18 ID:3FU7g27m
バグダット頑張ってるね。
いっぱいいっぱい死んで、それで何か見返りあったのかな?
無駄死にじゃないよね。きっと神様は喜んでくれたよね。
バクダット愛してるよ!!

341 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 08:06:18 ID:L24YH27S
まず、かわいそうにと思えるといいね。

342 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 14:35:56 ID:Yx1QERWN
宗教は恥ずかしい。

343 :220:2005/09/01(木) 17:37:39 ID:PgULGgFH
>>338
被害にあった方がシーア派
橋の件は自爆テロというデマ
http://www.asahi.com/international/update/0901/010.html
http://news.google.co.jp/news?q=%E3%83%90%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%89+%E3%83%86%E3%83%AD&num=100&hl=ja&lr=&c2coff=1&sa=N&tab=nn&oi=newsr

344 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 02:06:06 ID:/HAg0uuo
はずかち

345 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 12:43:09 ID:L+O9qPvZ
宗教は恥ずかしい

346 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 13:58:12 ID:Hid7puzy
>>343
シーア派の神はなにやってんだろ
信者を助けないのか?

347 :220:2005/09/03(土) 15:14:34 ID:5kzXZygt
>>346
そんなこと出来ていたら戦争なんて起きませんよw

348 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 16:20:02 ID:L+O9qPvZ
恥ずかち

349 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 20:03:05 ID:vGo+bQwI
人が人を殺すのも神の思し召しだからオールOK!

350 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 19:15:03 ID:Dvb+X797
イラク人を四万人殺したのにまだ足りないの? 9.11の報復? 暴力の連鎖を立ち切らないと。

351 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 21:25:20 ID:v+eKziyg
ダメダメ暴力はあって当たり前。
暴力のない世界なんてそれこそ不自然、自然の理に反しているよ。
まぁ原爆はアカンけどな。
こん棒で殴りあうぐらいが丁度いい。

352 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 00:22:57 ID:SDogcu/2
食物連鎖は自然の理に適っているけど、
人間同士の殺し合いは自然の摂理に反する

と、普通の人なら考える。
ではその根拠は。

353 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:46:40 ID:6o4dYG7j
宗教の建物から出るところを見られるのが世の中で一番恥ずかしい。

354 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 01:59:42 ID:SDogcu/2
おれはアデランスかな

355 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 02:29:12 ID:p+v4ctnt
>>351
だな。
必要悪は必要だ。
盗人にも五分の利。暴走族にも五分の利。売春婦にも五分の利。
他愛ない喧嘩もあってしかるべき。
893だって必要悪。

356 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 02:31:09 ID:p+v4ctnt
>>352
いや戦争だって神による人工調節かも知れん。
いわゆる自然淘汰てやつな。

357 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 03:49:11 ID:YSBPNDIp
633 名無しさん必死だな sage 2005/09/05(月) 02:11:49 ID:dGXxFtNq
>>631
ゆとり教育に失礼だな。
彼らは考えることを放棄しているが、>>632のようなキチガイは考えることを知らない。
そして盲目的に信じる人を一般に宗教と呼ぶw


別に盲目的に信仰してるわけではないんだがwww

358 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 08:21:16 ID:Qj25gpHC
宗教は恥ずかしい。

359 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 10:09:42 ID:ZlmABBow
信仰というのはすべからく盲目的ですよ。
必ずどこかで論理の飛躍や思考停止がある。それを自覚できてないだけ。

360 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 10:18:30 ID:lYGQKYmt
笑っていなさい。
いつも微笑みを忘れないことです。
天使がそうしているように。

361 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 11:08:19 ID:Qj25gpHC
知恵遅れがそうしてるように

362 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 14:04:18 ID:qjyb4/qG
信仰心は決して恥ずかしい事じゃないぞ。
どんな宗派であれ(カルト・邪宗除く)、
信仰をもつ人は立派だ。




363 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 14:47:11 ID:3+A6uQu9
現代では仏教・キリスト教は邪教ですね。

364 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 15:42:18 ID:fenDixii
イスラムも大邪教だな・・・っていうかカルト・邪教じゃない宗教ってあるのか?

365 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 15:46:14 ID:fenDixii
宗教など結局「人」が作った決まりごとみたいなものだからなぁ・・

366 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 15:47:30 ID:SDogcu/2
>>364
>っていうかカルト・邪教じゃない宗教ってあるのか?

ある。
普通に生きること。
それを推奨していたのが、実は釈迦だったんだけどね。

「宗教」と「宗教団体」は区別して考える必要がある。

367 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 15:54:31 ID:ODXgtjCc
いかがわしい宗教が乱立して人騙す手段として認知されてるからなw

368 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 16:08:40 ID:fenDixii
神はいるかも知れない・・・いやいるだろう・・
その神を尊敬し崇拝し感謝し祈り祭ることが信仰だろう

その中間にあるいわゆる「宗教」をすることは信仰でもなんでもない
キリスト教でもやイスラム教や仏教でさえも内部に宗派の分裂があり解釈が異なり対立する・・
時の有力者の都合に合わせて解釈され改ざんされてきた・・

そんなもの金集め人集めの道具以外何ものでもない
それを信じているというのは恥ずかしくないか?

369 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 16:19:10 ID:ODXgtjCc
根拠が定義の曖昧な神様だからな
悪用されてしまう下地はいくらでもあるからな

だからこそ政治は政教分離が求められるわけで
国民ではなくて、根拠の不明な神さまが主体では民主主義は機能しない

370 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 16:52:10 ID:HYhiEi3C
>>369
政治家に理解できることってあるか?

371 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 17:59:50 ID:lYGQKYmt
>>364
匿名だと思っているのか刺客はすでに向かっている。逃げよ!!!

372 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 18:32:56 ID:k4uIpPOQ
公明教が政治やってるんですがあれは政教分離なんですか?

373 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 18:39:38 ID:hr1mnjj1
>>353に便乗。
教団の本(層化、工ホバ、KK等)を電車内で堂々と読んだり、
層化の旗を家の外に自慢げに掲げている香具師も恥さらしだと思う。

374 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 19:45:03 ID:Qj25gpHC
宗教は恥ずかしい。

375 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:49:19 ID:SDogcu/2
>>372
いい指摘です

376 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:13:27 ID:cwZ+t2P6
はずかしくないぞ!


377 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 22:28:32 ID:0LS+ELkF
ぬるぽ


378 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:45:08 ID:Qj25gpHC
まじ、はずぃ

379 :浄土真宗:2005/09/05(月) 23:47:36 ID:unbxHwcl
阿弥陀仏は、限りなき大慈悲を持っていらっしゃる仏さまです。
今、この文章を読んでおられるあなたを救いとろうと、一秒もお休みになることなく、全力を尽くしておられます。
私たちが、本当の仏教を知らされ、真剣に仏教を求め進ませていただけるのも、さらに、人生の目的を達成させていただけるのも、皆、阿弥陀仏のお力によるものです。
長い長い間、阿弥陀仏がご苦労なされています。
「金儲け」や「遊び」になら、私たちは喜んで出かけていきますが、最も大切な人生の目的を教えている「仏教」となると実は少しも聞こうという気持ちがないのが、私たち人間です。
そういう私たちであるにもかかわらず、今、仏教を知らさせていただいているというのは、まさに阿弥陀仏のお力によるのです。
阿弥陀仏は、「どんな人をも、必ず、絶対の幸福にしてみせる」と誓っておられます。
特別な人だけではありません。
男も女も、賢い人も、字の読めない人も、どんな極悪人でも、すべての人をありのままの姿で、救いとってくださいます。


380 :浄土真宗:2005/09/05(月) 23:48:06 ID:unbxHwcl
仏教を真剣に聞き求めていきますと「本当の自分の姿」が知らされてきます。

私たち人間の本当の姿は、「心」は、常に悪を思い、「口」は、常に悪を言い、「体」は、常に悪を行って、
いまだかつて、「善のかけら」もない者なのです。
これが、すべての人間の「本当の姿」です。
(これは、仏教を真剣に聞き求めていきますと知らされてきます。)
そういう私たちですから、「因果の道理」によって、必ず地獄におちなければならないということになるのです。
「因果の道理」は、仏教を一貫する「根幹」です。
・善因善果(ぜんいんぜんか)・悪因悪果(あくいんあっか)・自因自果(じいんじか)
善いタネをまけば、よい結果があらわれ、悪いタネをまけば悪い結果があらわれます。
「自分のまいたもの」は、「自分が、かりとらねばならない。」ということです。
「心」の中で、悪いことを思えば、必ず、「悪い結果」として、あらわれます。
「人が見ていないときなら、悪いことをしてもよいだろう。見つからなければよいだろう。」
と、思っている人が、たくさんいますが、それは間違いです。
遅かれ早かれいずれ、「悪い結果」が、必ず自分に返ってくるのです。
「心」で「あいつ、死んでくれたらいいのに」と思えば、それは、「体」で直接、殺さなくとも、たいへんな「悪」です。
「心」で思わないことは、「口」で言ったり、「体」の行いとして、あらわれませんから、「心」が「もと」なのです。
ですから、仏教では、「心」でいろいろ思ってつくる悪、罪が、最も重いと教えられます。
「体」や「口」よりも、「心」を重く見るのが仏教なのです。
私たち人間が、朝から晩まで考えていることは、ろくなことがありません。
「心」で悪いことばかり思っています。
自分のこと、自分の心をよく見つめてみられれば、皆さん明らかでしょう。
そういう「善のかけらもない、悪のつくりどうしの私たち極悪人」を命をかけて「必ず絶対の幸福に救ってみせる」と誓われているのが、「限りなき大慈悲・まことの心をもっておられる阿弥陀仏」です。

http://blog.livedoor.jp/midanoseigan/archives/50008702.html




381 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 23:55:03 ID:D0lNr70v
日本の仏教って、自分をゆだねてしまう(狂信、妄信)ものじゃなくて
結局自分が努力しなきゃダメだよ、とか
世の中そんなにうまい話はありませんよ、とか
みんな一人ぼっちじゃなくてお互い影響しあってるんですよ、とか
そういうことをその人に悟らせるものなんじゃないの?本質的には。
他力本願と言いつつ、実は自力を促している、というか。
ブッダは「中道」ってのを説いたって学校で習ったけど、それがちゃんとしてれば
妄信や狂信みたいに、信じてるのが恥ずかしいような宗教にはならないと思うけど。
何か俺の中では、宗教は生き方の知恵袋みたいなイメージしかないので・・・。

一神教や新興宗教の多くが、そこから大きくずれている感じがするのが俺の感じる現状なんだが。

俺、やっぱ何か分かってないような気がする(汗)

382 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 00:08:49 ID:+nKz2aSs
発端は自分の生き方を考える哲学みたいな物だったはず。
この時点では、健全な教えだと思う。

それを、どっかのアホがブッダを神格化して、
信じればいい事があるとか、死ねばブッダと同じようになれるだとか
ブッダの為にすっげえ物を作るぞとか言い出して、それをネタに
商売を始めたのが仏教の堕落した原因。

哲学と宗教は根源は近いが、目的と手段が大きく違う。

383 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 00:22:17 ID:itUlvQH3
>>381→ 90点
>>382→−30点
この世を生きている実感点ということで・・・




384 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 00:54:24 ID:+nKz2aSs
>>383
なんて都合のいい採点だ w

385 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 01:02:16 ID:W1T80Xp7
>362
どこであれ組織に入れば恥ずかしい。
協会でも。勧誘したらそれはカルト。

386 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 02:46:39 ID:bU9CvTVd
>>381
あんた、一番わかってる

387 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:06:34 ID:bU9CvTVd
あと>>366のおれねw

388 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:14:32 ID:n5uqvP+b
>>387
普通に生きるのなら、社会常識に従って生きればよいわけで、別に仏教は
必要ないはずだが。あんたもわかっていないねw。

389 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:17:12 ID:bU9CvTVd
説明すると長いんだよw

390 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:17:40 ID:3X0i45Dn
>>388
あんたが一番わかってる

391 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 03:19:46 ID:3X0i45Dn
仏陀の仏教やったらきつい修行はやらなくていいが
日常生活がかなり大変。家族、子供を養うとか無理。

392 :絶望する人:2005/09/06(火) 05:26:06 ID:TanunNB4

                      _,. -―- 、             / ̄ ̄\
                       /      l             l    /  !
                   | /     、!            |  /|   |
       「l (O)     __      |/_,.r==ニ==,〉}j         |  ‐┬‐  |
       lニ コ   lコ | |     /!|| ト:;;;;/ト、;;;;;|l|              |  ‐┴‐  |
       []|_|[]   l二ノ    /-'lハ/  、-,  /||!              |  ―ァ  |
              __,.__,.._,.._,|/-lヽ、,,,,,,ノルリ            <  /\  |
              ,;',-、 `!:.:.:||:.:.',   /`ー-、_             |   ┃  |
          _,. -''"   l !:.:.||:.:.:.ト、 ,l_`>、:.:.`ー―,   _  、   \  ・ /
        ,. -''"      | |:.:.:||:.:.:.:| l     ヽ-、_:.:.:'‐'ヽ、`ヽヽ   ` ̄´
       l   __,. -、ヘ'フ,ノ:.:.:.:≫:.:| r 、  l^!  ';.:.、:. ニ 、:.:.ヽ
       |   |    ト-‐':.:.:.:.:..:ll:.:.:l ヽ\ノノノ)/:. :. :. :. :. :l:.|--,
         ',   !    l:.:.:.:.:.;ヘ;.ヘヘ;.!(二ニ○-く/:. :. :. :./:/!:|二つ
          ',   l   〈:.:.:/:./:.:.:./:.;'r'´,イ' | ト、): :. :. :. :../:.|:lニ⊃
          ',  !  /´{--‐'7´:.:.:/o:l `´ (_,ハ_} :. :. : /: /:. :|:ト‐'
        ァー', !-';,:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:./     /:. :. :. /:. :./:. :. |:|
      |三レ' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:o/   /:ヽ:. :. :. :. :. :. :. :. :. |:|
      `ー‐'


393 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 06:52:11 ID:3llxpPCA
宗教なんかやめろ!恥をしれ、恥を。

394 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 10:17:41 ID:xJJhycyZ
そんなにいい仏教なのにたくさんに宗派に分かれちゃうのは何故かな?
都合よく解釈したりするからじゃないのかな?それは正しい解釈なのかな?
結局大元の教えなどもう薄くなってしまって金儲けや人集めの道具に成り下がってしまってるんだろう?

宗教はどうか?という問いかけには大元の教えを振り回してそれらしく答えるが実際今行われていることはなんだ?
そんなものをありがたく信用していることは恥ずかしいというか異常だろう

395 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 14:53:48 ID:eISmm7RS
これは正しい、これしかない、これこそ正しい、って言っちゃうところから
不信心が始まる。
そういう宗教があったら警戒しなければならない。
内省の心、向上心、求道精神がゼロの横暴なカルトだ。
求める心がなくては宗教の高みに至れない。

396 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 22:25:26 ID:YBzvmonF
昭和62年1/20神奈川新聞、朝日新聞に「密教食は違反食品」
無許可の漢方薬品を混合した「密教食」を600〜635円で仕入れ3000〜4500円で
信者に7億円売りさばく。光和食品社長(当時)阿含宗教祖・桐山靖雄ら7人が神奈川県警と横浜港南署に
薬事法違反で書類送検される。


397 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 07:59:51 ID:iB5es1zB
恥を知れ、恥を。

398 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 14:19:07 ID:GeoGKWVT
宗教は恥ずかしい行為

399 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 12:41:23 ID:pmpEpAK4
宗教盲信は恥ずかしい生き方

400 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 14:37:07 ID:STMxyncD
俺としたことが400ゲットしちまったぜ。

401 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:04:08 ID:pmpEpAK4
日本人の75%は無神論者です。あとの25%は恥ずかしい人たち。

402 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:44:27 ID:yaBxqoyN
はずぃ

403 :信仰する人:2005/09/11(日) 13:18:53 ID:0RVBTQ+w
高学歴・高収入の知識層で、無神論者はとても少ない。
たいていの人が、25%に入っている。


404 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:57:28 ID:e/KhDjl2
高学歴の基準は?

405 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:01:12 ID:e/KhDjl2
人はどの立場にいるかによって、支持する政党が分かれてしまう。
宗教も、民族や風習によって支持する宗派が分かれている。
他と融合していける宗教は1つになっていけばよいと思う。
民族や土地を限定する器の小さな宗教は無くなればいいと思う。


406 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:03:48 ID:e/KhDjl2
本来は、最もすばらしい教えの宗教1個にまとまるはずだ。
宗教なのに分かれているのはおかしい。
人種や身分を限定する嘘の教えが通用しているから無駄に宗派ができている。

407 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:50:31 ID:hY/G9gm+
>>405-406

それが理想だけど、人間だから無理。

408 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:33:50 ID:yaBxqoyN
高収入、高学歴の人ほど無神論者です。

409 :俺我独尊:2005/09/11(日) 22:44:35 ID:fmjkEQDK
「はずかしい」という感情を理解出来ているならそもそも宗教に染まらない。

なぁんも分らん(パ〜)だからちょこっと教義を齧り馬鹿の一つ覚えみたいに
能書きを垂れ流す。  全く迷惑な話さ恥知らずの信者共

410 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:42:08 ID:Q4G9Rm5F
>>1
神への冒涜だ。お前は地獄に堕ちる

411 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:37:56 ID:Hpw1z5zI
>>410
お前恥ずかしいぞ。

412 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:39:44 ID:TkGE1obM
松下幸之助さんなんかも信仰してましたよ。

413 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:45:04 ID:TkGE1obM
経済界のトップである土光さんや松下さんや盛田さんなんかも信仰
を持っていましたけど。

414 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:47:06 ID:TkGE1obM
>>411
ほら、反論してみろよ。

415 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:49:36 ID:2+ibJBLw
トップともあろう者が、恥ずかしい!

416 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:53:34 ID:TkGE1obM
>>415
ニートのくせに松下幸之助を批判すんのかよ(プゲラ

417 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 00:56:46 ID:eX8gb6+g
松下幸之助は、宗教が寺や神社に引きこもり、
社会で活動していないことを批判しました。
が何か?

418 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:00:05 ID:TkGE1obM
>>417
スレタイをよく読め 「宗教なんてしてて恥ずかしくないですか?」 

だから、恥ずかしくないですよ、と言っているんですが。

419 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:02:14 ID:eX8gb6+g
開き直りかW

420 :城跡 ◆kWe8Iv03RI :2005/09/12(月) 01:02:51 ID:WaSeyhsd
>>418
そーか。その考えは恥ずかしい。

421 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:05:11 ID:TkGE1obM
創価学会の傀儡である公明党に国政を左右されているのが現実。

422 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:06:30 ID:eX8gb6+g
宗教は恥ずかしいな。

423 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:06:50 ID:TkGE1obM
ニートが偉そうに2ちゃんねるでオナニーしているほうが恥ずかしい。

424 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:07:40 ID:TkGE1obM
2ちゃんねらーというほうが恥ずかしい。

425 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:09:45 ID:YYRWO0S3
国政を左右しているのは公明党ではないぞ。
池田大作はメーソンのメンバー。
池田がメーソンリーに左右されて売国の国政に参加した形だ。
これから戦争になる。わかってるのか?

426 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:11:25 ID:TkGE1obM
>>424の書き込みで
425が証明できましたw

427 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:12:50 ID:TkGE1obM
2ちゃんねらーというほうが恥ずかしい。

428 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:13:35 ID:NJgl9R3O
いや、宗教だろう

429 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:17:17 ID:TkGE1obM
霊能者を使わないと視聴率をかせげないTV局だろ。

430 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:20:01 ID:TkGE1obM
新党日本も恥ずかしい。

431 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:21:44 ID:TkGE1obM
落選ホリエモンも恥ずかしい。

432 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 01:23:33 ID:NJgl9R3O
宗教者の独り言は恥ずかしい。

433 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 09:57:45 ID:YQnwJI0e
うんこしてるとこ見られるより恥ずかしい。

434 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:19:39 ID:C88Mahzi
宗教は恥ずかしい。

435 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:22:10 ID:wRcplFAU
宗教者の悪あがきは恥ずかしい

436 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:23:17 ID:200HJOs9
アイドルはウソコしないと信じてた自分が恥ずかしい

437 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 08:44:04 ID:GhKl8SpF
はずぃ

438 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 09:11:52 ID:NYGukAJv
宗教で失敗したのか。それはお前が悪い。

439 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 03:52:53 ID:KPUDgUt1
妄想に現実逃避する恥ずかしい生き方。

440 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 11:43:23 ID:0fu3qZKQ
現実に貧しいものから更に妄想の世界まで取り上げるのは可哀想

441 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 13:35:15 ID:yh938Y4r
妄想を偉そうに他人に押しつける宗教患者。

442 :主は皆さんとともに:2005/09/18(日) 13:07:55 ID:ms9naoAB
こころを神に上げなさい。
その御心にしたがって生きなさい。
そうすれば、すべてが楽になります。
宗教とは、本来そういうもの。
そうでなければ、要りません。


443 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:30:40 ID:J5RfF6ir
ではなぜいろいろな宗教や宗派が必要なのですか?

444 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 13:39:28 ID:0bw+5NL8
442
そうでないのでいりません。

445 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:28:03 ID:J5RfF6ir
でも実際たくさんあるじゃないですか・・宗教も宗派も・・

あれらはなんですか?宗教ではないのですか?
そしてどの教えが正しく本線なのでしょうか?

446 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:39:08 ID:rKhbiVM1
宗教は正しくない。迷信です。

447 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:45:22 ID:ONNLDXEt
宗教は気もい

448 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 17:49:18 ID:ms9naoAB
水を飲みたい人が水を飲む。
その水が宗教です。
のどが渇かない人には要りません。

日本では、高学歴・高収入の人で信仰者の割合は高いそうです。
政治家を御覧なさい。信仰者がとても多い。S学会は言うに及ばず。





449 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 18:07:38 ID:J5RfF6ir
>>448
それを宗教というからおかしくなると思うのです
それは「癒しビジネス」という商売です

宗教とは自然=神に対する信仰心や感謝の心であり社会のルールであるはず
そしてそれは人種や国籍をこえて唯一無二のものであるはずなのです
そうでないものは全て信じられません
まがい物・・金儲けや人集めの道具としか思えません

飲みたいから飲むというようなものではなくもっと根本的なものでしょう
飲みたいと思う前にそこにあるはずのものです

450 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 19:01:02 ID:isko5cqO
ジーザスって一生童貞だったらしいぜ。
それって恥ずかしくない?ブッダでさえ童貞捨ててただろ。

451 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 19:44:17 ID:shVTOpoj
いや童貞が恥ずかしかったから金で娼婦買ったとか聞いたけど。
それだと童貞より恥ずかしいかも。

452 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 21:48:22 ID:Y8lH/zNg
つか高学歴・高収入の人のが宗教やってる割合が高いってソースplz。
あと創価に限らずとても多いってなら、実際何かの宗教の敬虔な信者っていう議員の名前一覧と、そいつらが実際どの程度宗教にのめりこんでるかのデータもよろ。

453 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:08:16 ID:Y8lH/zNg
ああ、あと脈絡なしに高学歴・高収入または政治家の信者率が高いっていう例を出してきた意味もついでによろ。
やっぱ宗教やってるひとは学歴や権威に劣等感もってるの?

454 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 06:35:41 ID:VVzoMq9P
権威や学歴に劣等感丸出しの宗教患者は恥ずかしい。

455 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 08:22:47 ID:+2RheWLp
お前らは宗教に優越感まるだしだがそれが戦後の歪んだ左翼教育の賜物であることに気付け

456 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 10:16:02 ID:VVzoMq9P
歪んでるのは宗教患者。

457 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 14:59:57 ID:U8WTRyMO
左翼は宗教否定するからね。宗教をこれ見よがしに否定する奴はアカだと言っても
だいたい合ってる。

458 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 17:28:35 ID:SxGAIvlY
日本では、信仰者は高学歴・高所得者に多い。外国では逆だそうだ。


459 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 17:30:09 ID:AaaWo5FF
日本の場合は本気で信じてる人は1人もいなくて、
見栄?か何かで「宗教やってる」って言えばまともな人と思われがち。

460 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 17:34:08 ID:SxGAIvlY
本気とは何?
日本では、信仰者の数と人口はほぼ一致するらしい。
ほとんど国民が神道の信仰者と考えられているためだ。
なお、低学歴やフリーターでは、信仰生活を送るのは難しい。
聖書すら買えないし、献金もできないし、教会の勉強会にも参加できないだろう。
本当は、そうであってはいけないのだが。
信仰は救済のためにあるからだ。


461 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:20:03 ID:VVzoMq9P
宗教のような古臭い迷信を信じ込む負け犬は恥ずかしい。

462 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:22:56 ID:szzMvqqa
460
くれ。

463 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:40:19 ID:HCwL1OxR
宗教は恥ずかしい行為です。

464 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 22:31:03 ID:WDjgTLJG
宗教者は動物以下です

465 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 23:18:04 ID:0NFyKv9S
宗教知らん奴が多いな。まぁ何も知らんのだろう。
教養も無い奴が何か蔑む標的を探して流れ着いてんだな。

466 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 08:57:20 ID:AgOPtfj+
世間的には無神論者は動物みたいに蔑まれるのが常だがDQNが多い2ちゃんねるでは価値が逆転してるな


467 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 09:47:44 ID:EbcCFyO0
最近の世論調査では日本人の大多数が無神論者だが。


468 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 10:17:56 ID:sOleDDmJ
迷信で何が悪い?
偽善的で何が悪い?
思考停止で何が悪い?
恥ずかしくて何が悪い?

469 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:30:52 ID:lk1Xvq/B
>468
いえ、別に迷惑をかけず日本国民の義務を果たしていれば問題ないと思いますよ。
では宗教家は、「自分が信じているものは迷信で、自身の行動は偽善的で恥ずかしく、かつ思考停止している」と自覚しているということでよろしいですね。

470 :あああ:2005/09/22(木) 12:49:07 ID:f4tqEDEy
でも海外旅行した時、無宗教者だと野蛮人に見られたよ

471 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 15:23:55 ID:NPl2ZtgA
無宗教者=野蛮人と決めつける連中の方がよほど野蛮であることを知れ。

472 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:34:09 ID:AgOPtfj+
いや、無臭強者は野蛮人だろう
宗教を持たない人間は動物と変わらない


473 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:38:54 ID:B+gWD+/O
宗教のような古臭い迷信に踊らされる原始人は哀れ。宗教患者はもはや人間ではない。

474 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:40:09 ID:We3HMaIV
宗教じゃなくて信仰と感謝の心のないものは・・だな
宗教は人間の作ったもので今ではただの集金道具に成り下がったまがい物
そんなもの信じる根拠が知りたい

475 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:49:35 ID:mS6mNoDT
>>472
人間とは、本来的に動物ではないのかな。その基盤から外れるから、人間が
狂う。

動物としての人間は、生存と種族維持という基本的本能と、それから派生する
共同体形成・維持の本能が生まれながらにビルトインされている。これらの
本能から、自他の死への恐れや他者への思いやりが生じる。宗教から教えら
れるいわれはない。

他の動物は、人間のように、生存のためでも種族維持のためでもなく、「宗教」
で殺しあったり、争いあったりなどしない。その意味で、宗教信者は「動物
以下の存在」であることを自覚しなければならない。

476 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 18:11:30 ID:B+gWD+/O
475は、いい事言った!

477 :宗教とは:2005/09/22(木) 21:24:29 ID:uhjWs++W
養老東大名誉教授は言う。

科学と宗教は対立するものではなく、補い合うものである。

科学が進めば、宗教が要らなくなるのではなく、補完するものとして意味をもつということだ。

宗教はいわば芝居、オペラ、ミュージカルのようなもので、神社・仏閣・教会がそれを上演する劇場のようなもの。

それを見て心が癒されれば、見に行くというもの。

芝居の嫌いな人はそもそも劇場には行かないだろう。



478 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 22:15:45 ID:j4uCw61s
>>477
すぐに「偉い人」の名前を持ち出してくるのが、宗教信者の特徴。自分に自信が
なく、自分自身の考えを持てないからだ。彼らにとって「教祖」が常に一番偉い
人で、教祖の考えや教義が、常に自分の考えなのだ。

宗教と、芝居、オペラ、ミュージカルなどの芸術とは本質的に異なる。前者は、人間
の人格をほとんど不可逆的に変容させ、現実からの遊離、社会常識からの離脱、家庭
の破壊を生じさせる。芸術による現実離脱は一時的。劇場や会場から一歩外にでれば、
たちまち現実に戻ることができ、明日の現実生活への意欲が涌く。宗教が、神や霊な
どの人間から隔絶した存在により、自然の人間性そのものを人為的に破壊するからで
ある。

科学が奇跡を上回る発達を遂げた現代においては、宗教は科学と相容れない。神や
霊は、科学によって否定されている。宗教は、未開時代の遺物の惰性的残存に過ぎない。

479 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 22:45:03 ID:uhjWs++W
科学者に信仰者が多いことをみると、科学が宗教と相容れないものではないことが明らかである。

これから科学が進むにつれて、信仰者はどんどん増えるであろうと言われている。



480 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 22:58:54 ID:B+gWD+/O
科学者は無神論者が多い。高度な科学者ほど無神論者率が高くなる。

481 :220:2005/09/23(金) 00:56:57 ID:gxIrSCyH
>>477
科学で判らない部分は、神の仕業にしておけばOK
神や悪魔や天使などの競演を観て喜んでいる人はそれでもOK
と言ってるだけに聞こえますが・・・

482 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 04:25:57 ID:gSaP4eHR
まさに思考停止患者。

483 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 08:13:47 ID:+NRnRWbp
某ノーベル賞受賞者(日本人)が先日言っておられたが、科学には壁があり、科学者は必ず研究生活でその壁にぶつかってしまう。
結局一生のうちで上げられる研究成果は微々たるものであり、全宇宙の真理の数百億分の1にも満たないものである。
科学者にとって宗教とは、その壁を乗り越える機会を与えてくれるものである。
したがってどんな科学者にとっても宗教が不要ということではない。

ちゃんと勉強しよう。

484 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 08:31:36 ID:zIeZC7By
http://up01.2ch.io/_img/2005/20050922/09/200509220938212083405012914.jpg
http://up01.2ch.io/_img/2005/20050921/14/200509211431370326434630244.jpg
またまた ☆ ごめんNASAい。
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-050916-0013.html
NASA、2018年までに月面へ4飛行士・米メディア報道
人類の月面着陸は1972年の 米アポロ17号以来となる。米宇宙専門メディア「スペース・ドットコム」が報じた。

 理沙!くるな。 テキサスに。ヒュウ〜〜〜すとんって来るな。
月収52万円、借金返済しても月々40万円の新たな借金が増えていくな赤での

 勝ち組負け組の壮絶な日々精進の進化論の生活国家。・・・・・・とほほってな感じ。



485 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 11:54:00 ID:YvIaCA8I
>>483
又「偉い人」を持ち出したな(笑)。宗教が思考停止現象であることが、
証明されている。科学は、わからないものは何かがわかっているからこそ、
進歩がある。宗教は、実は何もわかっていないのに、はじめからすべて
わかったつもりになっている。だから、数千年間、進歩はゼロ。果てしない
争いと殺し合いを続けているだけではないか。

486 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 11:56:59 ID:DUfh+jDN
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078710683/951-961

進化論を完全否定して創造説が正しいと言い張る、お坊ちゃまに一言ど〜ぞ!

487 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 11:58:09 ID:T9eVgrjK
宗教は満たされない人間願望を満たしてくれるというだけだろ。
真理を探究する手段としての価値は全くない。

真理の探求の壁を宗教によって乗り越えようとする科学者は、既に科学者ではないだろ。

488 :あき:2005/09/23(金) 12:13:55 ID:T+uXqiyw
487にはげしく同意!いいこと言うなぁー!

489 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 15:18:53 ID:WMXE8okg
この地球上の生物で人間だけが特別と思ったら大間違いじゃ!
人間は、バクテリアから長い長い時間をかけて進化した一つ
の生命体に過ぎんのじゃ!
ゴキブリだって豚や牛だってちゃんと脳があって意識があるんじゃい。
 ちょっと人間に生まれたからって霊界とかカルマの法則とかいって
人間の道徳を押し付けんなボケ!
宗教の思想を語る前にもっと自然科学の勉強をすべきだ!

490 :主は皆さんとともに:2005/09/23(金) 17:40:52 ID:+NRnRWbp
神はそこにいる。

信仰者は、神の息吹、聖霊を感じる。神と対話ができる、決して目には見えないが。

信仰のないひとは、何も感じない。だから神のことが信じられない。

今の科学ではそのことは決して分かりません。

神は人間の知恵を遥かに超えた存在だからです。詳しくは、聖書をどうぞ。


491 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 18:17:05 ID:gSaP4eHR
信仰者はアフォだな。

492 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 18:36:50 ID:19M0zHXR
宗教とは金を得るための一つの方法にすぎない
宗教が真理を追求するものであるならば、
教祖同士でのトップ対談があってもおかしくない
神=教祖
宗教は教祖の顕示欲や支配欲を満たす道具でしかない
宗教に真理はない

493 :あき:2005/09/23(金) 18:45:18 ID:T+uXqiyw
490さんは神と対話したことあるわけ?

494 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:02:38 ID:djSZVLJP
別に恥ずかしくないよ。

495 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:14:23 ID:gSaP4eHR
宗教は恥ずかしい行為。

496 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:18:54 ID:GILXBTq2
いや恥ずかしくないよ


497 :あき:2005/09/23(金) 21:05:36 ID:T+uXqiyw
公衆の面前でチン子丸出しで、恥ずかしくないよって言ってるように聞こえる

498 :神は人を選ぶ:2005/09/23(金) 22:07:42 ID:+NRnRWbp
誰でも信仰の道に入れるわけではない。
神が人を選ぶ。
選ばれるのは、心が病んでいる人、苦しんでいる人、救われたい人、罪を犯した人。
選ばれない人は、その逆だ。
人が神を信じるのではなく、神が人に信じさせるのだ。
なお、21世紀は科学万能の時代と言われながら、ますます宗教がさかんになりつつあるのはなぜ?
答えは単純。科学だけでは人を救えないからである。
科学者、とくに医者に信仰者が多いのはそのためである。
日本人医者でキリスト者は、全体の7−8%に達するという。その中でとくに有名な方はご高齢のH博士である。信仰に関する著書が数十冊ある。
日本人の洗礼を受けたキリスト者は総人口の1%程度で約130万人(うちカトリック信徒が約45万人)だから、これは驚くべき数字である。
仏教の信者など日本にはおそらく何千万人もいようが、熱心な信仰者には政・官・財・学界などの有名人や知識人が少なくないと聞く。
おそらくそうだろう。



499 :あき:2005/09/23(金) 22:27:46 ID:T+uXqiyw
498ここまでくると正気じゃないね。かわいそうとしか言えない

500 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 22:45:29 ID:2ZAkHksG
>>498
だから信仰と宗教は違うといってるだろう
それに神は全ての人に平等ではないのか?w

あなたが言うように宗教が盛んになっているとしたらそれはIT産業が盛んになっているというのと同義だ
宗教ビジネスが盛んになったというだけのことだ

神や自然を崇め信仰し感謝するのになぜ○○教というくくりが必要になるのか?
なぜいろんな祈り方がありいろんな教えが必要なのか?

ここでバカにされているのはいわゆる○○教というビジネスと神や自然への信仰と混同している人だ
それをビジネスと理解して接している人はそれはそれで一理あるからいい
しかしビジネスと気づかず妄信的に接している人はバカとしか言いようがないということだ

しかもしたり顔でその経典を一般人にひけらかすなど笑止千万ということだ

501 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:18:42 ID:jb2VLOv8
>>485「えらい人を持ち出す」っていうけどじゃあそういう人たちの考えや言葉
を受け取ってその後自分の言葉としてその「偉い人」と同じ事をいえばセーフなんだろうか
受け売りがだめって事なんだろうたぶん。誰かの影響を受けない考え方なんて
ありえないんだから。でもそれで自分の言葉として言ってもおまえの妄想なんて
言葉で片付けられそうな気もする。
>>497なんかヌーディスキャンプみたいだな。周りが皆裸なら恥ずかしくは無いよなあ。
もしくは信教の自由が保障されているんだからこれを裸であってもおかしくない、
と解釈して裸である本人が恥ずかしくなく社会に公認されてるならそれは
恥ずかしくない行為だ、とか。

502 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 01:06:10 ID:/RlBLiA/
恥ずかしいことが幸せだということもある。
僕は遠くから見守ることしか出来ない。

503 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 08:16:42 ID:/kmv065G
無神論者は恥ずかしい


504 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 08:25:12 ID:5bLzj+sS
>503
まぁお前はその程度だ

505 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 09:42:07 ID:/nUoIzDZ
宗教者は勘違い野郎。

506 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 09:46:04 ID:auPdcDAa
宗教者は知能劣弱者!!!
野郎どころか婦女に狂信者が多い!


507 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:07:11 ID:jb2VLOv8
男女差別はだめとか。人種差別はよくないとか。人間は基本的人権を持っている
とか。全て宗教から発生した考え方だけど。
われわれは、今は何を根拠にそれらの考えをもっているのか。

508 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:16:48 ID:b2gC7QhD
>>507
全ての生き物は神のもとに平等ということをいちいち宗教に寄らなければ説明できないだろうか?
そしてそれはいったい何教?何教が正しいの?
少なくとも、人々の信仰心を逆手にとって都合よく解釈し派生した「腐れ教」などを根拠になどしてはいないだろうなw

509 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:32:59 ID:6st5OP1r
迷信・妄信は恥ずかしい。
健全な信仰心は誇っていい。

510 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:35:50 ID:6st5OP1r
up★本当に健全な宗教ってなに?★up
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063735743/

511 :日本はカルト大国:2005/09/24(土) 14:24:58 ID:D07azGV8
宗教とカルトの区別のつかない人が多い。というか9割以上。

なぜか?

戦後のめちゃくちゃな改革のおかげでちゃんとした宗教教育を受けてきていないからだよ、家庭でも学校でも。

なお、日本で政界官界を始め知識層に宗教の信仰者や宗教を大事にする人が多いのは、知識層がミッション系の中・高、東大などの一流大学・大学院のコースを経て、社会で活躍していることが大きい、今の文部科学大臣を始め。

日本から宗教がなくなれば、とくに都市部で殺人などの犯罪や自殺者が激増することは確実だろう。
モラルも乱れ放題だろうし。


512 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 14:30:43 ID:1lUrq0dw
ダンナ・姑への不満・愚痴をぶちまけるために、教会へ来る不心得オバサンが多い。
うっ憤晴らしで集まってくるオバサンは、始末に終えない。


513 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 15:19:48 ID:/nUoIzDZ
オバサンは女を捨て羞恥心を捨てた生き物。

514 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:00:22 ID:b2gC7QhD
>>511
では宗教とカルトの違いを聞こうか?どれが宗教でどれがカルトなのか?何教は良くて何教は悪いのか?
あと、たとえば仏教の中でもいろんな宗派があるけどどれが本線でどれが邪道か?
なぜたくさんの宗教に別れ、たくさんの宗派に別れる必要があるのか?

あなたこそ宗教と信仰心や感謝の心の区別がついてないんじゃないの?
腐れ宗教などなくても人はその本質によって生きることは出来る

人をなめるんじゃない

515 :無神論のおろかさ:2005/09/24(土) 17:17:41 ID:wxPreYS5
無神論者たちの主張はいつもむなしい。

何の理由も明らかにせずに、批判だけしている。

科学を持ち出しながら、その主張はいつも非科学的である。

要は面白半分に書いているだけである。

宗教を定義してみなさい。

 


516 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:19:54 ID:JL3kA/9h

貼っておきます。被害者を出さないためにもこの事件のことをあちこちに広めてください 。

★★★★★★★★★★★★★★★★  特  報  ★★★★★★★★★★★★★★★★
  かつてハガキ事件で2ch宗教板で問題になった
  偽善宗教ありがとう教(ありがとう村のありがとうおじさん派)ついに 解 散 か?

     『 ありがとうおじさんは、結局人を騙していた極悪人でした。 』
(また、奴は村に出入りしていた女性に セ ク ハ ラ もしていたという「噂」もあります。
      この件はセクハラ事件が明るみに出て解散寸前に追い込まれた模様。)


【この件のソース】 ttp://tekipaki.jp/~gon/park/editer/saikin01.htm
 感謝という行為を軽々しく扱い、感謝を謳っておきながら
  変なシールで公共物の景観を汚し、
  無差別ハガキ送りつけ事件(差出人名記なしの不審なモノ)等の
 迷惑行為をした挙げ句、最後の最後に教祖?のおじさん本人が

          「今までのことはすべて嘘でした」  と・・・・・・

    人の心を弄んでるやつには罰があたって当然だろ。 自業自得。
        
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 皆様、くれぐれも気を付けて下さい。(この団体、「滋賀」が本拠地だそうです。)
           つーか有害宗教はとっとと解散しろ。

   これ以上、被害者を増やさない為にもこの文をどんどんコピぺしましょう。




517 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:38:03 ID:/nUoIzDZ
515 虚しいのは、お前。

518 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:40:37 ID:KJtfXuoq
「何の理由も明らかにせずに」ってバカかお前は?
理由なんて山のように出されているだろうが。
同じことのコピペしかできないんだね、君は。

519 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:45:43 ID:49f9CCy9
恥かしいという感情が既に宗教的。

520 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:50:06 ID:KJtfXuoq
>>519
珍説ハケーン。
あんた独自の見解に過ぎない。

521 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 13:54:08 ID:hOIKaqrN
>>508平等でなくてはならない根拠は?身分の上下がある社会は
それはそれで効率のよい社会でありえる。合理的に考えてカースト制
を取り入れた方がよいと成ったときそれでも平等を主張する際
どうすればいいのかと。
>>519恥とは文化あってこその感覚であり、文化によって恥とされる行為は異なる。
その意味で不安定な恥という感覚を宗教的といっているのか?

522 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 22:33:09 ID:zKg97fuh
>>521
恥かしいに限らず、愛する、憎む、悲しむ、喜ぶ、満足、不安などの
心からの感情は、理論的に分析しきれないものを感じます。


523 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 22:45:46 ID:oiW2AekR
そんな頭の悪さだから
訳わからないけど凄いもの=神
という記号でまとめて納得するほかないんだろう
可哀想

524 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 22:53:31 ID:aNwSkGIf
>>522
感情=宗教 ですか。





絶句。

525 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 23:28:30 ID:duu/bml8
こういうスレッドを立てて反発しあってるだけでしょ。両方とも。
本来、何事もあってもなくてもいいのが宗教なんじゃないの。
「宗教=0という考え?」というんかしらんけど、恥ずかしいとか
の問題じゃあない。
あってもなくてもという定義表現しか思い浮かばんけど、このスレは板だけまへん。

526 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 23:48:40 ID:zKg97fuh
>>524
心と宗教には密接な関係があると思います。

527 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 19:09:34 ID:WM+d5OH3
無宗教は恥ずかしい

528 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 20:00:41 ID:HwENy+SL
>>526
すごい恥ずかしい論理だな。
じゃあ「腹減った」とか「眠い」とかいうのも、全部宗教なんだ!w


爆笑!


>>527
宗教を信じてる恥ずかしい奴に言われたくねえwwww

529 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 01:11:37 ID:hUIoY5xr
宗教は恥ずかしい。みっともない。

530 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 03:15:07 ID:QBcHAbcO
無神論者は低能


531 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 07:44:46 ID:hUIoY5xr
恥ずかしくないの?

532 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 07:54:38 ID:8fuQM0th
神様なんかおるかよ!キリストも人間だろうが。くだらねー。神様おるんなら画像はれや

533 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 22:21:50 ID:UN6o+ueO
写真に写らないものなんてナンボでもあるじゃん。

534 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 23:18:11 ID:Pp7M3O5r
>>528
そういった基本的欲求も、見方を変えれば宗教的になるんだよ。




535 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 09:08:06 ID:l4sxuNDi
宗教は恥ずかしい行為です。

536 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 09:12:18 ID:zcUihV+N
人は神が好むものを愛し神が退けるものを嫌う


537 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 17:51:47 ID:dkaYrOCE
>>534
出たコレw

538 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 19:26:44 ID:H0u1pQHP
>>536
それは人が神を作ったから

539 :日本の不思議:2005/09/29(木) 21:15:43 ID:WiCHSim8
日本には宗教もそうだが、占いにこっている人も多いね。

毎月数万円も占いにつかっている人も少なくないし、道理で占い師が儲かるわけだ。

日本人は金持ちなんですね、つくづくそう思います。

 

540 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 22:55:29 ID:awH03lb9
>>534
>>534
>>534
>>534
>>534
>>534
>>534
>>534

541 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:30:52 ID:l4sxuNDi
はずい

542 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 09:59:28 ID:l67NCZdO
宗教やるくらいなら死んだほうがましだ!

543 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 14:07:26 ID:4K/Ei3Ph
宗教コンプレクス


544 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 14:20:31 ID:IFY2Cu/Z
神様どうか愚かで恥ずかしい全ての宗教をこの世から無くしてください

545 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 14:27:58 ID:1Bl1mY8l
創価患者自民党共々、破壊活動防止法を適用しないと、国法秩序が最早健全には維持できないのが実態だ!

強姦魔小泉彰晃尊師、障子から男性器をサラした石原慎太郎正悟師ら首魁の『破壊活動』は国民の前に明らかにしておかないと益々付け上がるだけだ。

隠蔽され不正に強行された選挙もしかり、その他の隠蔽された殺人もしかりだ。

546 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 19:57:52 ID:DgazOH6W
恥ずかしいのが快感

547 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 20:51:19 ID:4K/Ei3Ph
無宗教者は恥ずかしい

548 :日本人は宗教音痴:2005/09/30(金) 21:29:00 ID:y2XECHtF
その代わり、占いに凝る人が多い。

大金をどんどん使う。

リッチな占い師がいるわけだ。

宗教家のほうが占い師よりもまだましと思うが、一部を除いて。

 


549 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:09:54 ID:M1J9h9Ey
無宗教者最高。

 宗教者最低。

550 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:21:53 ID:t/Fm16Fc
母親にオナニーを見られるより、宗教やるほうが恥ずかしい。

551 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:33:12 ID:PG/zF3+1
神や自然に対する畏敬や感謝の気持ちのないものは人間として未熟
しかしその気持ちを宗教という怪しげな枠組みで考えようとすることは人間として罪悪

神聖な心を人間のつくった枠組みで縛ってはいけない

552 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:33:52 ID:6O+4SVmX
女房にオナニーを見られた。
それよりも恥ずかしい。

553 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:34:09 ID:2GSfcHfk
  〜ラヂヲ教の教へ〜

寝る前に1日10回「粗塩ラヂヲ」と唱へなさい。
すると貴方に幸せが訪れます。
現人神『ラヂ夫』の教へを信じなさい。
ムック剛、甚だし


554 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 02:13:54 ID:ybjdSZdP
宗教の勧誘くるとその厚顔無恥な行為にこちらのほうが居たたまれなく恥ずかしくなる。
しかし向こうは平気の平三郎貞光。
宗教とは人を捨て恥捨てることと見つけたり。
であるからして恥ずかしくないだろうと結論。

555 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 12:02:25 ID:foKLIq64
>>554
ところで貞光とは誰ですか?

556 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 17:08:14 ID:75qh3v+F
宗教は恥ずかしい行為。いや〜ん。

557 :二代目トゥルン代表(幹部代表位上がりトゥルン!):2005/10/03(月) 17:09:20 ID:JM1DzQHV
トゥルンは恥ずかしくない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
          .,Å、
        .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
       o| o! .o  i o !o
      .|\__|`‐´`‐/|__/|
       |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
     /             \
    /    /           i
    |      ●      ●   |  トゥルントゥルントゥルントゥルン
    !          ▼      ノ
    丶_       (__人_)   ノ


558 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 19:57:17 ID:BGPAY5Xo
>>548
占いは、当たるも八卦、当たらぬも八卦
真剣に信じている人は少ない。地獄の恐怖で縛られることもない。
宗教は人の心を食い物にして営業するから占いより何百倍も悪。

559 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 23:49:56 ID:LB2UxjPG
>>537笑うだけではなく何がおかしいのか、教えてやったらどうでしょう?
嘲るだけよりも有意義な展開になると思うのですが。
>>558これはこの宗教板全体でいえることかも知れませんが、宗教を悪だと考える
人の主張のほとんどは宗教団体のこと言っているようですね。
ところで、占いと宗教の信じられ方の違いってなんなんでしょうね。
確かに占いは当たらぬも八卦で済ますことができるのに宗教のほうは大体できない。
宗教のほうが説得力はあるってことなんでしょうか。

560 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 10:19:30 ID:05B9riNN
占いも宗教もオカルトも一緒。信じ込むやつは恥ずかしい。

561 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 10:59:57 ID:fVN2AKLJ
>>560
> 占いも宗教もオカルトも一緒。信じ込むやつは恥ずかしい。
そう信じ込んでるあなたも恥ずかしい。

562 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:21:25 ID:u64lZIOt
>>559
宗教団体だと悪いと思っての仕方ないということ?

だいたい宗教って人が作った枠組みでしょ?そうでなければこれほど多岐にわたっていないはず
人が人を都合よく管理するために生まれた手法の一つでしょう
だからその時の権力者の都合や風土に合わせて宗派が分かれたり別の宗教が生まれたりするわけだ
そんなものが信じるに価するものとは到底思えない
まだその村の言い伝えみたいなもののほうが信じる価値がある

神や自然に対する信仰心や感謝の心は尊いものだと思うし人間として必要なことだと思う
しかしそれと宗教や宗教団体は違うと思う
それは教育ビジネスであり癒しビジネスであり墓守ビジネスである・・・要するに商売だ

563 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:24:16 ID:fVN2AKLJ
>>562
不思議に思うんだが、キリスト教徒ってマジで信じてるのかな?
矛盾があり過ぎて信じられないと思うのだが。

564 :矛盾などない:2005/10/05(水) 21:40:05 ID:kqXI/Xl7
だから信じられる。
頭でから、信仰ができない。

イエスというユダヤ人がいて、数々の奇跡を見せて、病気をなおして、
みんなから救世主だと思われたが、それを快く思わない人たちに殺されてしまった。
ところが死後、熱心な支持者がイエスの復活というな体験をしたため、
弟子たちもイエスのことをキリストと信じるようになった。そして、彼らが迫害をものともせず、力強くイエス=キリストであることを述べ伝えた。

新約聖書はあくまでイエス=キリストの福音宣教のためのもので、一部初代教会における福音の解釈も含まれている。
 

565 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 21:46:15 ID:bWZpuseO
宗教してないヤツの妄想のほうが怖いな

566 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 22:31:32 ID:W+EPZgOP
宗教の奇跡によって、老病死を避ける事はできません。
勘違いしているインチキ宗教が多いので、
宗教=カルトのイメージがついてしまったのは残念。

567 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 03:17:57 ID:HNEjRUGd
宗教なんかを鵜呑みにするやつは低能。恥ずかしい馬鹿。

568 :武庫川女子大学総長:2005/10/06(木) 03:28:39 ID:dhcoiL0b
鵜呑みせずに、「受け手としての自分のセンス」を信じることのほうが大切。
宗教を利用・活用しながら自身を向上させるには、この手に限る!!

569 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 03:32:51 ID:1K3wsPpj
>>568
それだったら音楽だっていいんじゃないの?絵画の趣味でもいいんじゃないの?
テレビだっていいじゃん。最近の醜悪なお笑い番組だっていいじゃん。そんなんか?

570 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 13:05:09 ID:enZQQMKe
>>564
見たのか?その数々の奇跡を・・
せっかく復活したイエスさんは最後やっぱり死んだのか?自然に死んだら復活できないのか?
なぜその時代になぜその場所に現われたのんだ?

復活できるならこれだけ様々な天災人災が各地で起こってるんだからそろそろ出て来てくれてもいいんじゃないか?何故出てこないんだ?

救世主(メシア)より飯屋(メシヤ)のほうがよっぽど役に立つんじゃないのか?w

571 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 20:20:47 ID:o1W06+E9
そんなウマいこと言って恥ずかしくないですか

572 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 21:02:57 ID:uEWG7/wi
570は、旧約聖書を熟読しよう。
教会でもちゃんと教えてくれるよ。



573 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 21:17:03 ID:HNEjRUGd
聖書物語の鵜呑みは恥ずかしい。

574 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 21:57:05 ID:eiIjK8Pr
>>569
思いや考えを共有し広めていこうってとこはおんなじだ
何で音楽なの?TVじゃだめなの?って質問に近い

575 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 22:02:17 ID:enZQQMKe
>>572
そんな暇ないから端的に教えてくれ
そしてそれが信用するに値することなのか・・

浦島太郎や桃太郎とどう違うのか・・

576 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 22:22:18 ID:HNEjRUGd
桃太郎もイエスも一緒。空想物。

577 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 22:35:41 ID:eiIjK8Pr
その空想にどんな思いが添えられてきたのか少しは考えれ

578 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 23:55:02 ID:o1W06+E9
アニオタみたいなものだよな

579 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 01:55:49 ID:MNEZ137p
宗教者はそうか!

580 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 15:47:26 ID:3HNi1tfD
宗教=なかなか結婚できなくて困ったときに駆け込む施設

581 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 20:07:33 ID:0J83xlzj
>>577
どういう意味かわからないのでわかりやすく書いてくれ

582 :日本は宗教大国:2005/10/07(金) 20:44:16 ID:kvFZ8WxE
外国人が驚いた点:

1.なぜ日本にはこんなに多くの宗教があるのか?

2.なぜ日本人はこんなに多く正月に神社に行くのか?

3.なぜ全国津々浦々に神社や寺があるのか? だれがそこに行くのか?

イスラム諸国でも日本人ほど宗教熱心じゃないと思いますが。


583 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 20:46:28 ID:8povB69Z
宗教恥ずかしいって思ったら、初詣行けないね

584 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 20:54:20 ID:0J83xlzj
>>583
神様を信じて敬い祈ることと○○教を信じて入信するのとは意味が違うと思う
ここで言われてるのは○○教を信じて入信しその活動を行うことは恥ずかしいということ

ところで初詣に行く人は何教だよ?w

585 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 20:55:05 ID:0J83xlzj
>>582
>1.なぜ日本にはこんなに多くの宗教があるのか?

儲かることに敏感だからだ

586 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 21:04:23 ID:GY9Wx11D
584の説明分かりやすい。GJ

587 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 11:47:48 ID:CtkZ3UUF
本気で神や奇跡なんかを信じる馬鹿は少数派だ。

588 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 12:03:33 ID:OyO2PDrl
587こそ少数派。
みな神を信じるから、初詣でに行く。
なんせ3時間も列に並ぶのだから、普通じゃない。
日本では宗教はほとんどの場合儲からないそうだ。
特に伝統宗教の場合。


589 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 12:13:37 ID:CtkZ3UUF
日本人の75%は宗教など信じない。

590 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 12:23:42 ID:iWFs7XLR
>>588
確かに神や奇跡を信じている人のほうが多いと思う
しかし多くの人は、神=自然や宇宙に近い感覚で ○○教の教祖さんや崇めているものを信じてるわけじゃない
あと初詣なんかは恒例行事の一つで宗教というものではないだろう・・
並ぶのは国民性だw信心深いわけじゃない
だから初詣に行く人は何教だ?と聞いてるだろうw

ほとんどの場合儲からないのはどの職種も同じこと・・ただ宗教法人は非課税という大きなメリットがある
何を目的にその仕事(?)をしているかということを考えることが必要だね
特に新興宗教の場合

591 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:02:42 ID:SAmGg7QA
>みな神を信じるから、初詣でに行く。

信じてなくても普通に行くだろ。
アンケートでも取ったのか、お前?

592 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:39:18 ID:CtkZ3UUF
588は馬鹿

593 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:40:19 ID:OyO2PDrl
信じなくて行く人は、神を冒涜するもの。

信じるからこそ行く。


594 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 14:30:18 ID:CtkZ3UUF
宗教患者は思い込みが激しい。

595 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 14:50:08 ID:iWFs7XLR
>>593
まあ信じて行くでもいいよ
で、問題は何を信じているかなんだけど・・
そしてそれを宗教というかどうかなんだけど・・

堂々巡りな答えを繰り返すのがあなたの信じる○○教の教えなのか?

596 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 15:21:28 ID:t2LKEhca
>>584
いうとおりです。
だから、そうしていたらいいですね。

597 :日本は最大の宗教国家:2005/10/08(土) 16:12:25 ID:OyO2PDrl
庶民は知らない。
日本の上層部は、信仰ネットワークだそうだ。
神道、S価などいくつかの宗教の強力なネットワークがある。


598 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:04:53 ID:CtkZ3UUF
↑あほ?

599 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:53:53 ID:iWFs7XLR
OyO2PDrlはそういう話しや話し方こそが宗教が恥ずかしいといわれる所以だということを理解しているのか?
何教か知らないが呆けた顔で活動している姿が目に浮かぶよ

600 :デライ真羅:2005/10/09(日) 09:41:32 ID:KlQkinXq
>>595
593は正直アフォだとは思うけど、善良なんじゃないの?
顕正会のスレで相手しているキティ共は不法侵入、拉致監禁を平気で行う
触法集団です。奴らに比べたらみんな宗教を信じているという妄想なんて
可愛い可愛い。
ちなみに顕正会は日蓮宗の流れをくむ宗教勧誘が義務の宗教だから
593のように自分の中だけで完結する人と違って有害。

601 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 10:51:21 ID:LmwkZ/VA
日本人が宗教的知識に疎いことは社会学者も指摘している
私は宗教学を専攻したので少しは知識はあるつもりだが
一般では学校では宗教史すらほとんど教えない 。
むしろその宗教的無知のために新興宗教はなんでもありとばかり乱立する

日本人のほとんどが日本の神祇と一神教の神と仏教の仏の区別が付かないし
仏と死者と神の区別もつかない ・・・

そもそも、日本人は宗教とは何か、宗教性とは何か少しも学ばず、
ただ漠然と「こんなもんだろう」と思っている。
したがって宗教と道徳の相違も分からない(宗教に入信していなくても
宗教的に振舞うことは往々にしてあるのだ)。
ここに安易に宗教に走ることと、安易に宗教批判に走るという両者の
原因がある。
宗教的知識があって無神論、無宗教を唱えるのと、何も知らないで
無知なるがゆえに、ただ無神論、無宗教と叫ぶのは天と地ほどの差がある

602 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 11:38:32 ID:syLy0940
>>601
では>>584のような意見はあなたの言うどれに分類されるのか?

603 :信仰とは:2005/10/09(日) 15:26:09 ID:uKJ18GxF
神は信じる人のためにある。

しかし神は信じない人々も愛している。

神の愛を感じると、おのずと信仰が生まれる。

この愛を感じなければ、いくら聖書を読んでもけっして神への信仰は生まれない。






604 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 15:59:11 ID:7wRFmTxr
聖書は神とは関係ないよ。

605 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 16:31:57 ID:syLy0940
>>603
その信仰と○○教は別物だと言ってるんだが・・
○○教はその信仰心を逆手に取った商売だとも・・

聖書は物語・・フィクションであり実在の人物・団体・企業とは一切関係ありませんw

606 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 16:34:02 ID:/7dd7L9h
>>601
>私は宗教学を専攻したので少しは知識はあるつもりだが

宗教学者こそ、一体何をやっているのか。宗教紛争の歴史や実態及びその
原因としての宗教の「病理」について、どれほど研究しているのか。既に
キリスト教に影響された西洋の学者の文献ばかり読んでいては、宗教を
客観的に捉えることなど不可能。特定宗教の信者が、教壇の上から布教
しているという事実はないか。

むしろ一般人のほうが、宗教の現象面から、その病理の本質を的確に捉え
ている。

司法も行政も、「信教の自由」の五文字に金縛りになって、宗教の弊害に
ついては、手も足も出せない状態。その理論的支柱としての宗教学者に
最大の責任がある。

オウムの信者たちも、生来は善良で純粋な人間であるのに、宗教に嵌った
ばかりに、100%の善意で他者の生命を奪い、自らも処刑台にの登らな
ければならない。それを目の当たりにしなければならない肉親の心情を
想像できるか。「信教の自由」の最大の犠牲者は、信者自身とその家族なの
である。

処刑されるべきは、人間と社会に対して無責任な、君達宗教学者ではないのか。

607 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 17:38:13 ID:qF+pSKmM
>>577
カルマですから。

608 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 20:46:46 ID:EQ23zvsE
戦後日本は宗教をあまりにもないがしろにしてきた。

学校でちゃんと教育もしてこなかった。

そのため、いわゆる伝統宗教と新興宗教、カルトを見分ける術を身に付けていない人がほとんどである。

新興宗教やカルトは信者をつかい熱心に布教するため、抵抗力のない知識人がどんどんそれに入信してしまう。

そこでどんどんそれらがはやる。

欧米では考えられないことだ。

 

609 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 20:50:12 ID:ZTOc4Ncw
日本の教育が自我の育成を怠って、
自我を消滅させ、ロボット化する教育を行ってきた
だから、洗脳癖がついてしまって、
誰かに洗脳を受けなければ居心地が悪いという
変なロボット人間がたくさん出来てしまった

610 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 20:59:06 ID:yYJtvlsg
>>608
すべての新興宗教やカルトは、伝統宗教を母体として発生し、その教義や
テクニックを利用している。ありもしない超越的存在に最大の価値を認める
点で、両者は原理的には全く同じ。反社会性の「程度の差」に過ぎない。
イエスと文鮮明のどちらが本当のメシアであるかを決める現実上の基準など、
どこにも存在しないのである。

新興宗教やカルトによる被害は、伝統宗教の連帯責任として予防・解決すべき
もの。しかし、伝統宗教は、これらに対する本質的批判はしていないし、また
出来ない。批判がすべてそのまま、自分に跳ね返ってくるからである。

611 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 08:35:35 ID:OpmDO0PR
宗教=カルト

612 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 11:02:45 ID:4BzywvVP
テクニックなんて詐欺と同じなんだから別に難しいもんじゃない。カルトなんて宗教を
利用すれば簡単に作れる。
宗教何も知らん奴がまんまと引っかかるんだなぁ。

613 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 12:49:09 ID:JKOXMB85
宗教してて恥ずかしくないが、とりあえずクリックしる。
       ↓
   http://www.dff.jp/aboutus.html

614 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 17:08:58 ID:xY2YpgRL
伝統宗教は、もちろんカルトを批判しています。

オウムの事件を見れば分かるように、カルトがはこびる限り、伝統宗教は伸びないどころか、信者を失うのが確実だからです。

カルトは、伝統宗教をまったく知らなくても誰でも作れます。
一種の詐欺集団だからです。だから恐いのです。

日本はカルト規制が非常に弱いので、宗教に見せかけて、どんどん「信者」を増やそうとします。






615 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 19:05:11 ID:T6g+pZf6
カルト宗教を宗教学者、伝統宗教のせいにするのは簡単だが
はたして宗教学者、伝統宗教の怠慢だけが原因であろうか?
第一、宗教学者、伝統宗教の話を一般人が耳を傾けるであろうか?

そもそもカルト宗教に法人の認可を出したのは誰?
そして信者はなぜ無批判にカルトに走るのか?

いずれにせよ日本人は何時から何でも他人のせいにする無責任人間になったのであろう
自ら学び、自ら考え解決すると言う習慣が身に付かない以上
これからもカルトははびこるであろう。


616 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 11:40:18 ID:LQyzMKaD
606はいい事言った。

617 :武庫川女子大学総長:2005/10/11(火) 11:52:45 ID:oRpMV67p
>>606
それならば、日本共産党の宗教委員会の考えも宗教学の世界に取り入れてみても面白そうだね。

618 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 11:57:01 ID:7o5pgoJ6
>>606
学者の役割とはなんぞや?

619 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:13:10 ID:ayz/OD80
>>618
研究すること。
研究結果をどうするかは学者の仕事じゃない。

620 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:39:47 ID:5iZdQ1bu
>>619
冗談じゃない。学者も、社会の一員として社会的責任があるよ。これは、社会
のすべての成員について同じ。

社会に貢献しないような学問は、人間の営みとして無意味・有害なだけ。

621 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:51:21 ID:gRWt2XVJ
>社会に貢献しないような学問は、人間の営みとして無意味・有害なだけ

こういう安易な考えが健全なる学問の発展を阻害する
社会が常に正常であるとは限らない。
特定のイデオロギーにそまった社会のための学問など学問ではない
学問は常に中立でなければならない。

622 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:53:55 ID:7o5pgoJ6
これからは中立を考えよう。
どれかに染まると、それしかできんなくなるからね。

623 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:55:01 ID:7o5pgoJ6
できんなく

 ↓

できなく

624 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:55:43 ID:F/6bpX0m
カルトに執着してるからだよ
無宗教のが実は恥ずかしい
金儲けとかしかないの?とか思うし

625 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 12:57:28 ID:5iZdQ1bu
>>621
「究極的には人間社会の利益」という目的から中立になりうるか。

社会科学は、この意味で果たして中立なのか。

626 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 13:19:10 ID:7o5pgoJ6
>>625
中立じゃないと思う。
でなければ利益至上主義になるかな?

627 :名無しさん@3周年:2005/10/13(木) 16:40:09 ID:iIr7nFv5
宗教なんかやめろ!この恥っさらしが!

628 :220:2005/10/14(金) 06:42:00 ID:gUVJbINv
>>621
そこでの社会は、特定の社会背景に傾倒するものを言っているワケじゃないと思うけど?

629 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 00:30:06 ID:PEgtPo0u
純粋数学なんかはもともと社会に貢献しようの無い学問だった。
今ではパスワード等しっかり貢献してるけど。
どんなに貢献しないようなものでも絶対しっかり利用されるって。
心配すんなよ。貢献しない学問なんてありえないよ。

630 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 02:10:09 ID:znjmZ6r/
>>577
貢献って言い方にはひっかるるな。
言ってることは間違いないんだけど、貢献なんてしなくてもいんだけど学問は残って欲しい。

631 :名無しさん@3周年:2005/10/20(木) 13:21:53 ID:Uu0P7A8B
宗教は恥ずかしい行為です。

632 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 17:28:51 ID:2WfUX5xK
はずかち

633 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:39:43 ID:6e6XNg5h
無宗教は恥ずべきです。


634 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:52:48 ID:2WfUX5xK
無宗教は世界を救う。世界中の人達が宗教を捨て共に手を取り合えば、自爆テロや宗教戦争がなくなる。宗教の根絶こそ平和への近道。

635 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:58:58 ID:tQe+4yRM
地の鹽世の光

636 :名無しさん@3周年:2005/10/25(火) 22:21:15 ID:nduVQu5G
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪





637 :名無しさん@3周年:2005/10/25(火) 23:43:07 ID:xQfMOJNZ
もしもしそこのお方、あなた真如園のバッヂ落としましたよ。

638 :名無しさん@3周年:2005/10/26(水) 10:28:05 ID:VBZmvTDX
きゃあ恥ずかしい

639 :名無しさん@3周年:2005/10/26(水) 16:33:17 ID:3yUageXt
宗教は恥ずかしい。

640 :もうすぐクリスマス:2005/10/30(日) 17:53:46 ID:EmVwffbM
クリスマスでは、世界中で主イエス・キリスト(紀元前4年または6年にベツレヘムで生まれ、紀元28年から約2年間パレスチナの地で福音を説き、紀元30年の4月7日(金)午後3時頃、ゴルゴダの丘で十字架刑でなくなったナザレ人のイエス)の誕生を祝います。

このような人がほかにいるでしょうか?

最近は日本の都会でも大勢の人が12月になると教会に押しかけるようになりました。

特にクリスマス・イブとクリスマス当日は、教会は若いカップル、女性のグループ、家族連れで大混雑です。

そのため、年配の信者の中には、混雑を避けるために、早朝のミサにしか出ない人もいます。




641 :名無しさん@3周年:2005/10/30(日) 19:17:10 ID:dSddvcAv
はずかち

642 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 17:45:03 ID:MXdJAgJI
>>dSddvcAv

詐欺や悪徳宗教に引っかかる者は同じだ。
まるで世間知らずで頭が弱い。
弱すぎるから何かにすがろうとして騙され利用される。
そのくせ騙されたことが分かると、ヒステリックに攻撃に転じる。
しかし、いかんせん頭が弱いから理論の応酬ができない。
よって吐き捨てるような泣き言の一行レスになってしまう。
注意して読むと分かるが、文章の中には「負け犬」「馬鹿」
「哀れ」「気持ち悪い」「キモい」などの単語が多い。
自らを投影しているのは明らか。


643 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 18:12:15 ID:Gwrs+tV+
>>642
「悪徳宗教」という言葉は「腹痛が痛い」と言っている感じだな・・
宗教=悪徳だからわざわざ「悪徳」とつける必要もなかろう・・

644 :名無しさん@3周年:2005/10/31(月) 22:57:21 ID:MXdJAgJI
>>643
了解です。正論です。今後は「悪徳」をはずしてコピペします。

ちなみに俺は宗教が嫌いですが、メンヘルの日記のような1行レスは
もっと嫌いです。てか、薄気味悪いです。


645 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 19:08:56 ID:TQK/vCcr
宗教患者は薄気味悪い。

646 :宗教心のある日本人:2005/11/01(火) 22:25:47 ID:tZ5Bd4jf
日本人で神社やお寺に行かない人はまずいない。

キリスト教の教会は人それぞれ。

都会では、クリスマスに教会に行く人は割に多い。

結婚式を教会で挙げるカップルも増加傾向にある。

日本人の75%は無宗教と回答しているが、それは特定の宗教をもたないという意味である。

多くの日本人が一年のうちである宗教的な行事に参加したり、神社で拝むなど自ら宗教行為を行うのはきわめて普通のことで、一部の人だけではない。

宗教は人間にしかない。

宗教は、人間の生き方に何らかの価値を与えるものであり、そうでなければ宗教を信仰する意味はない。


647 :名無しさん@3周年:2005/11/01(火) 23:39:46 ID:UdhOE0Lx
>>646
宗教を信仰するからおかしくなる
信仰・感謝するのは自然の恵みや脅威を根本とする「神」に対してです

宗教はその信仰心をなんらかの規則によって取りまとめることにより都合よく利用するためのシステムでありビジネスです
時の権力者はそれを利用し自らの威厳を保ち資金などを徴収して来ました
宗教は1つではないばかりか同じ宗教でも宗派と称して多岐に分かれていることからも地域や人によって都合よく解釈され利用されてきたことは容易に推測できます

人に必要なのは宗教ではなく信仰心であり感謝の心です
そしてその中から自らの生き方を模索してゆくものです
宗教に頼るということはそれが出来ないということです
お金を出して自らの生き方を教えてもらうということです・・要するに生き方指導ビジネス・心の癒しビジネスにお金を払っているということです

しかし私は宗教に頼ることは恥ずかしいとは思いません・・お店で物を買うのと同じことですから・・
そういうことが必要な人もいるでしょう
ただビジネスとせず税金を払わないことには異議を唱えます

648 :名無しさん@3周年:2005/11/02(水) 20:55:47 ID:dtVllVQO
危害を及ぼさない限り、他人の信仰に干渉するつもりはない。
でも、嫌な話ばかり聞いてると、やめとけと言いたくなってしまう。

近所にあった、ウマくて評判だったのに夜逃げしたSGラーメン屋、
同じく近所で選挙の時はK党事務所と化していた夜逃げ学習塾、
給料払わず破産、病院へ逃げたキリスト塾経営者、
インチキサポート校を作って生徒を東南アジアで奉仕させたキリスト牧師、
T教会の合同結婚式へ行った後、失業者に壺を売りつけていた後輩
S苑に熱心な奥さんにクレジットカード取られDVまで食らってた同僚

皆に言わせれば、多分こんなのほんの一部だよね。
宗教者は人を見ずに神を見よなんて言うけど、身近で被害者見ちゃうともうダメだよ・・・。

649 :名無しさん@3周年:2005/11/04(金) 21:20:04 ID:W9Wu9CQP
宗教は害悪です。

650 :もうすぐクリスマス:2005/11/05(土) 17:48:45 ID:f9GUV0px
クリスマスには教会に行こう。

ただしどこも若い人たちですごく混むので、お早めに。





651 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 18:12:44 ID:omQG8XI6
教会なんか行かないよ。

652 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 18:42:30 ID:v61JrClO
層化って宗教?

653 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:10:27 ID:XU83hrKW
>>643いや、いや、いや。それは世界どころか日本での共通認識ですらないよ。
悪徳=宗教と辞典にかいてあるならまだしも。そう思ってない人が宗教=悪徳として
かかれている文章を読んだら混乱するじゃないか。

654 :名無しさん@3周年:2005/11/05(土) 22:47:24 ID:KHYyivmI
>宗教者は人を見ずに神を見よなんて言うけど、身近で被害者見ちゃうと
>もうダメだよ・・・。

どこの宗教も言い逃れしてるね。人を見たら悪いところばかり見えるから
神という創造のものをもってきてそれを美化する。
この世はおとぎの国ではないんだから、夢のような話は信じないように。
所詮人は人でしかない。






655 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 10:37:13 ID:9r33cDg5
宗教は悪徳です。

656 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 13:31:21 ID:HurIbTYu
フランスの暴動もまた宗教がらみか・・・
宗教など紛争の火種でしかないな

657 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 16:37:16 ID:9r33cDg5
全くだ。

658 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 17:25:06 ID:QRDojNC+
憲法改正案を読もう。

宗教についてどのように書いてある?




659 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:58:00 ID:tI61mVs4
恥ずかしい行為

660 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 12:11:36 ID:jvZ7+joB
ttp://blog.goo.ne.jp/unforget_0210/e/b3898bed05b1374ec173acea73edb064

流産経験者のブログ、すごい辛そうに過ごしてるんだよね。
でも、移植に関する記事で「信仰上臓器移植はできない」ってあった。
この人、目の前で自分の子供が移植しないと助からないって時にも
同じ事言っちゃうのかなぁ。

自分も子供亡くしてるけど、神も仏もないって思った。
見えないもののチカラってのはあるとは思うよ。人の気持ちとか、そういったのはわかる。
でも、宗教上うんぬん言って死んでいく人に何の助けもしない…それは全く理解できない。
どんなこと言われてでもどんなことしてでも、やっぱ助けたいよ。
それが親じゃないの?
そこをねじ曲げるのが宗教なのかなぁってちょっと思った。

661 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 12:27:30 ID:tI61mVs4
人の不幸に付け込んで脅し、搾取するのが宗教です。

662 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 22:44:58 ID:qCGAM22h
>>660
例えば、誰かを殺さなきゃ自分の子供が助からないって時、殺せますか?
と言う話だと思う。つまりルールに背いてでも助けたいか。
そこでルールを優先すると言う選択をしても、必ずしも責められるものでもない。

663 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 23:27:40 ID:hjTnosiL
>>662
完全に屁理屈だな
誰かを殺していけないのは全世界共通のルールだがこれは何かの宗教に基づいたものか?
ま、仮にそうであっても皆が理解できることだ・・全宗教共通の認識なのかもしれんが・・

しかしある宗教の偏ったルールはその宗教以外の人には異様に映るだろうな
例えば手かざしや輸血が出来ないや移植が出来ないという行為やルール

そういうところが恥ずかしいといわれるもっとも大きな要因だ

664 :名無しさん@3周年:2005/11/09(水) 11:28:03 ID:kEOf5y/I
なんだかウザァァイのが宗教

665 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 10:53:10 ID:V7IO1UKE
宗教は屁理屈。

666 :名無しさん@3周年:2005/11/11(金) 04:38:59 ID:0UX9hZcZ
やっぱり恥ずかしい、

667 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 12:39:22 ID:k3woUgQy
宗教なんかを盲信し、暴動するようなやつは、社会の屑だ!

668 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 18:38:26 ID:7zhUPANp
はずかち

669 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 10:23:57 ID:x0jxGdHI
ふりちんで渋谷歩くより恥ずかしい

670 :America:2005/11/15(火) 10:52:51 ID:uJ+zHtN+
世界では宗教を持っていない民族のほうが珍しい。国際的な感覚では無宗教の人は変わり者です。もう少し世界の常識というものを知りなさいね。村人さん達。

671 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:08:40 ID:x0jxGdHI
世界では凄い勢いで無神論者が増えています。とくに先進国で著しい。宗教のような、古臭い迷信がなくなるのは時間の問題です。現在、日本人の75%が無神論者です。

672 :America:2005/11/15(火) 11:15:26 ID:uJ+zHtN+
先進国は途上国より人口が少ない。先進国での例を上げても地球規模の傾向とは言えません。もっと国際的な感覚を身につけてくださいね。

673 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:26:57 ID:x0jxGdHI
宗教を盲信する事が国際的感覚だと思いこんでる勘違い野郎は逝ってよし。

674 :America:2005/11/15(火) 11:29:05 ID:uJ+zHtN+
多彩な宗教を理解していくことが大切です。

675 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:29:32 ID:kEQV6a4B
国際的とか先進国では
とか正直そんなことどうでもいい
何を信じようが勝手だ


ただ他人に迷惑かけるなよな
他人に迷惑な行為をするとかそうゆう思想とかって



きもちわるいよ

676 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:31:37 ID:Bfoe+v8h
見たこともないモノを崇めるなんてよくできるなぁ

677 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 11:47:55 ID:x0jxGdHI
やっぱり恥ずかしい、、

678 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:43:55 ID:YnaUco2h
>>674
何故宗教が多彩なのか教えてください

679 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 12:52:10 ID:YnaUco2h
>>674
宗教と信仰の違いをどう考えているか聞かせてください

何故宗教が必要なのか教えてください
あなたの言い方だと宗教をしている人のほうが多いから宗教しなさいと聞こえますが?
宗教とは多数決ですか?

今世界各国で起こっている紛争を宗教的観点から説明してください
何故宗教している人が多いのに争いが起こるのですか?
何故経典をぞんざいに扱われたからといって暴動を起こしたりするのですか?

十字を切ったり手かざししたりお守り握ったり・・その宗教独特の行為を一般人の前で披露することは誇りですか?

680 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 14:01:17 ID:i/E5ln2e
宗教は必要悪ですが、日本には不要です。

681 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 16:23:56 ID:x0jxGdHI
宗教は恥ずかしい行為

682 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 15:43:21 ID:Mn/+YpGj
風水や宗教のような古臭いしきたりは衰退していく

683 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 15:44:55 ID:6BdTpX95
そして人間は自分自身を機械のように思いはじめる

684 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 17:12:50 ID:mXLqBFZW
>>682
古いしきたりは自然の中での生活の中から生み出されてきた知恵・・これは忘れてはいけない
ただそれを逆手にとって人々を統率し徴収するのが宗教・・これには惑わされてはいけない
宗教にはビジネスとして接しないと心の隙をつかれ惑わされる

>>683
そんなことはありえない

685 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 18:45:23 ID:1vVkRfUz
すべては無常であり変化する現象である。
人間が認識している概念や観念は、主観的思い込みがつくりだすものであり、ゆるぎない実体ではない。
この世のすべては、人間が制御できなくてあたりまえ、思い通りいかなくてあたりまえ。
上記が、仏教の基本的な教えです。

686 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 18:49:05 ID:1vVkRfUz
コントロールできなくてあたりまえなのに、
コントロールできなきゃ不幸だと思い込んでいるから、
苦悩やストレスが生じるのです。
あたりまえのことを、あたりまえだと、あるがままに受け入れるなら、人生はずっと楽ちんになります。
…という仏教を信じるのは、恥ずかしいことでしょうか?ごくあたりまえの教えなのに

687 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 21:17:35 ID:mXLqBFZW
ではその教えがいくつもの宗派に分かれているのは何故ですか?
教祖は一人ではないのですか?
おおもととなる考えはどの宗教だってそんなに変わらないでしょう
なのになぜたくさんの宗教に別れさらにたくさんの宗派に分かれるのでしょう?
そんなご都合主義のいい加減なものが信用できますか?

そして人間の能力の及ばないところの話しをして恐れを煽り安心を売る・・・まさに飴と鞭
この部分今流行のリフォーム詐欺とどう違いますか?

せいぜい「癒しビジネス」「墓守ビジネス」でしょう・・

688 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 22:03:37 ID:mXLqBFZW
要するに現代における宗教などスーパーで買い物するようなもの

なのに「私はジャスコ派だ」「私はローソン派だ」というのは滑稽に見えるでしょ?それと同じこと
それを恥ずかしいと表現する人がいても不思議ではないわなぁ

689 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 22:38:47 ID:1vVkRfUz
>>687 あなたは、宗教というものをあれもこれも一緒くたに考えているようですね。
宗教には、それぞれの民族・文化・歴史という背景があって、同じものではありません。
あなたが批判しているのは一部の宗教のことですが、
あなたはすべての宗教があなたのイメージどおりだと決め付けています。
そこを理解しないと、ピントのぼけた批判になってしまいます。


690 :名無しさん@3周年:2005/11/23(水) 00:13:25 ID:LIdsoVUl
>>689
どれとどれがどのように違うというのか説明してもらいたいですね
仏教にしろキリスト教にしろイスラム教にしろすべて多数の宗派に分かれていますね?
それは何故ですか?

どうして宗教に民族文化歴史の背景が必要なのですか?
それは民族が宗教を作ったからでしょう・・・所詮人の作ったものということを言っているのですか?
真実は民族の数だけあるのですか?
神はいろいろな民族を別々に作ったのですか?そりゃ対立しますなぁw

世界は一家人類は皆兄弟といったおっちゃんのほうがマシなこと言ってませんか?

691 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 00:29:44 ID:RvjTv2Zr
宗教(神や奇跡を信じる)は恥ずかしい行為。

692 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 01:32:21 ID:iqXpmamZ
>>690 宗教は人がつくったものだからですよ。
インドでお釈迦さまが説いた教えが中国経由で日本に伝わる間にも、中国人の思想が混入して、さまざまな解釈が生まれました。
特にお釈迦さまは、もともと相手の質問に答える形で教えを説かれたのであり、著書に記したわけでもなかったのです。
お釈迦さまの死後、弟子達が会議を開き、
「私はこう聞きました」と、それぞれの記憶にある教えを集められました。そして弟子からその弟子へ口伝えで伝えられていました。
お経という書物に記されたのは、お釈迦さまの死後500年後くらいです。
教えが膨大であるので、お経も多種多様です。
それがまたバラバラに書写されたりして中国などに伝わりました。
たくさんの教えがあるので、その中でどの教えがメインなのか見解の相違が生まれたのです。
また、お釈迦さまの時代の戒律を変える派・変えない派もできました。
お釈迦様は、自分が死んだら必要に応じて戒律を削除してもいいと遺言していたのですが…

693 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 01:46:46 ID:iqXpmamZ
>>690 まぁ簡単にいうと、同じ本を読んでも、十人十色の解釈が可能なので、解釈の違いが時代が下るうちに宗派になるのです。
あと、広い地域に教えが伝わると、地理的にも弟子が分断されてしまい、地域ごとに独自の展開が生じるのです。
ユダヤ教なんかはもともと選民思想的な民族宗教ですが、
その中から万人救済型のキリスト教やイスラム教が出てきました。
これらは、水さえ奪いあうような厳しい砂漠の生活から出た宗教なので、
強いリーダーに民族が一致団結して生きぬいてくような教えですし、団結して他民族と戦う面もあります。
仏教などは、稲作や海の幸に恵まれた環太平洋地域の宗教ですから、
みんな仲良くしてれば自然の恵みでそこそこ暮らしていける地域の教えなので、
基本的に平和主義ですね。


694 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 01:58:40 ID:iqXpmamZ
お釈迦さまは、あの世のことをあれこれ考えるな、それより今をちゃんと生きろ、という考えでした。
しかし、考えるなといわれても考えてしまう人もいます。
そこで後世の仏教では、あえてあの世を説く宗派もできました。
考えるなと言われても考えてしまうなら、始めにあの世はこうですと答えを用意してやればよいのです。
答えがわからないからあれこれ迷ってしまうのであり、答えがあればそれ以上迷う必要がなく、
今を生きることに専念できるからです。

695 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 02:14:40 ID:iqXpmamZ
宗教戦争をやっているユダヤ系一神教グループは、
もともと砂漠の国の宗教であり、民族が生き延びるためには他の民族と争う必要がある環境だったのです。
「坊主憎いけりゃ袈裟まで憎い」という諺もありますが、敵国が憎けりゃ敵国の宗教まで憎くなる人もいるのです。
宗教戦争にみえても、実際は利害の争いです。


696 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 12:45:37 ID:clBFT93S
>>692-695
まあそんなことはおおよそのことは予想できます<たくさんに分かれていること
要するに時の指導者などが都合よく解釈して出来たものということですね?
それを信じるだけの根拠はなんですか?多数決ですか?

多くの人の信じ方は「そのお店で売ってる商品は食っても大丈夫」というような種類の信じ方でしょう
それを勧誘などの活動をするほどにのめり込むのはどうなのでしょう
その宗教独特の行為や言い回しを一般の人に披露するのはどうなのでしょう

697 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 12:58:41 ID:clBFT93S
>>695
コーランを不当に扱われたとして暴動が起こっていましたがこれは単に利害の争いでしょうか?
自分たちの行為を自分たちの信じる宗教に大義名分を求め正当化するのは宗教戦争ではないと言えるでしょうか?
○○教と言うこと自体が枠をつくり内側と外側を作ることになるのではないでしょうか?
内と外があれば必ず対立するものです

やはり、世界は一家人類は皆兄弟といったおっちゃんのほうがマシですね

698 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 23:09:32 ID:iqXpmamZ
>>697 そういうあなたも、宗教を信じる人・信じない人という枠を設けていますよね。
僕は単純に、お釈迦さまの教えが心にストンと納得できたので、仏教を信じています。


699 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 23:14:47 ID:iqXpmamZ
>>697 人類みな兄弟というような発想も、古来からの宗教の影響があると思いますが。


700 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 08:46:37 ID:qO4XAlcO
宗教や割礼のような古臭い野蛮な風習をなくそう!

701 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 09:10:07 ID:Fu1iWzpZ
久本○美が芸能人広告塔、○○学会の布教ビデオ。
彼女は、学会が「フランス政府にカルト指定」されている事を知っているのだろか?

http://hokkech.ddo.jp/modules/mymovie/movieview.php?lid=7

アホらしさは、カルト教団と同じ。


702 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 11:14:59 ID:zwlCiToj
>>698
信じる信じないの枠は私が作ったの?宗教が作ったんじゃないですか!
「信じる人は救われる・・・」こういう言葉も宗教からですか?w

で、何宗派ですか?層化なんて言わないでくださいね・・そんなの仏教ですらありませんから

>>699
ではその古来からのものでいいんじゃないですか?都合よく自分たちを正当化するために発展してきた各宗教にそんな考えは無いでしょう

703 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 12:32:18 ID:bz01wKbI
>>702 学会は仏門から破門された団体ですので、正式な仏教教団ではありません。
破門されたとは、2500年続くお釈迦さまの弟子の弟子の…弟子に、もはや所属していないということですね。

都合よく自分を正当化したがるのは、人間の煩悩のせいです。仏教のせいではありません。
釈迦もキリストも平等の慈悲や慈愛を説いています。
しかし、信者がみな教祖のようにりっぱな人格だとはかぎらないのです。それは煩悩を克服しきれていない未熟な信者だからです。
また、しつこいようですが、一神教に対するイメージでもって他の宗教まで判断するのもやめていただきたいです。
ひとつひとつの宗教、ひとりひとりの人間を、ていねいに判断してください。
宗教だからとか宗教信じてる人だからとかで判断しないでください。
そのように判断するのが、差別や偏見に広がるのです。


704 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 12:35:28 ID:bz01wKbI
>>702 浄土宗です。

705 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 12:46:17 ID:bz01wKbI
>>702 たとえば、観無量寿経というお経(聖典)があります。
その中には、瞑想のやり方も、平等の救いも書かれています。
中国から伝わった天台宗では、瞑想の方に注目していたのです。
しかし瞑想は誰にでもできるものではありません。一部の聖者しか悟れない。
それで平等の救いの方に着目して天台宗の中から浄土宗ができたのです。

706 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 14:56:43 ID:zwlCiToj
一神教に対するイメージだけではありません
たくさんに枝別れしている宗教全てに対してです

何故分かれたのか・・それは人が都合に合わせて解釈したからです
そんなものは信じるに値しないと思います

確かにおおもとの教えや考えは良いものかもしれません
しかしそれを何故たくさんに分割する必要があるのでしょう
その全てが正しい分割であったかどうかもわかりません

そういう分割の歴史がわけのわからない新興宗教を生み出す元凶にもなっていると思います

707 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 18:10:31 ID:8YI77FWb
細木数子はしゅうきょう? 

708 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 18:15:44 ID:Tuel5wWk
信仰を真摯に追求した結果分かれたんだと思う
何を信じるかは妥協したくないでしょう?

709 :666サロメ悪の枢軸:2005/11/25(金) 18:26:54 ID:So2wSTsG
久本○美が芸能人広告塔、○○学会の布教ビデオ。
彼女は、学会が「フランス政府にカルト指定」されている事を知っているのだろか?

http://hokkech.ddo.jp/modules/mymovie/movieview.php?lid=7

アホらしさは、他のカルト教団と同じ。


710 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 18:59:50 ID:lPSHDhrX
日本でしか通用しない宗教団体に所属してると、だんだんバカになる。

711 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 19:17:49 ID:zwlCiToj
あと何度も言ってますが○○教○○派と銘打って徒党を組むのは何故ですか?
信じるなら信じるで一人で信じればいいでしょう・・

徒党を組むからそれが力となりおかしな方向に動いた時は大変なことになるのですよね
仏教にしても兵力を持っていた歴史があるはずです
武力との密接な関係があったはずです
世が世ならそういうこともありうるのです

どうして徒党を組み枠を作るのですか・・・それが教えでしょうか

712 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 19:38:06 ID:8YI77FWb
>>711
人間は徒党をくんで威張りたい生物なんだよ自然の摂理なんだよ


713 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 20:05:50 ID:bz01wKbI
>>711 宗教に限らず、芸能でも格闘技でも、
名人のところに弟子がたくさん集まったら、
結果的に団体になるのではないでしょうか?
徒党を組むために集まったのではないでしょう。
しかし弟子が団体になってしまったら、それなりに規則もつくらないとトラブルになる場合もあります。
あるお釈迦さまの弟子が一人で道を歩いてるときに、
それを見たある人が、その弟子身のこなしがあまりにもすばらしいので、
「この人は何者だろう?」とついていって、
そのままお釈迦さまに弟子入りしちゃったそうです。
そうやって魅力的な人のもとには自然に人が集まり、集団になるのでは?

714 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:09:45 ID:zwlCiToj
しかし歴史上それがために結果として良くないことが多く起こっていますね
それについてはどう思いますか?
金も絡みますからねぇ・・

坊さんでも外車を乗り継いでる人たくさん知ってますよ
坊主丸儲け・・・ですか

715 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:33:27 ID:bz01wKbI
>>714 坊主丸儲けなどというのは幻想です。
外車乗ってる坊さんも都会にはいますが、普通に繁盛しているからであって、「丸儲け」ではありませんよ。
田舎の小さな寺のお坊さんは、お寺の収入だけでは生活できないのが大多数です。
それに、坊さんも所得税を払わねばならないんですよ。
お寺に入るお金には税金がかかりませんが、坊さんが寺からもらう給料には、税金がかかります。
坊さんじゃなくても、自営業の人だって、車を会社の経費で落として税金節約をしていますよ。


716 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:53:04 ID:bz01wKbI
>>714 「よくないこと」とは?

717 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:46:25 ID:kmwf9KAK
無宗教=共産思想=カルト

718 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 01:57:30 ID:LCeQT8Sy
牧師はプライベートでは宗教の話をしない。
キリスト教が嫌いなのだろう。

719 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 05:31:21 ID:AjBGFsgn
>>716
宗教間の争いだろ。
十字軍とか、三十年戦争とか。

720 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 06:53:13 ID:KyJVF+Eh
極限修行者は神様です

721 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 14:29:20 ID:kgO5aGMr
>>717
もう少し詳しく

722 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 16:52:24 ID:td/gaafO
宗教は恥ずかしい行為です。

723 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 18:20:46 ID:cAuJwVxu
>>721
妄言、相手にするレベルでないと思います。

724 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:04:45 ID:2h8QvDnc
まともな人は宗教なんかやんないよ

725 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:18:24 ID:1LZsIhBc
724へ。

それは逆。

まともな人ほど信仰がある。

無宗教でまともな人は非常に稀である。

日本では、無宗教の人ほど自殺したがる。








726 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:52:14 ID:bo4Cnzjd
宗教が要らない物ならお前ら、死んだ時に葬式で経文を呼んでもらわなくて良いと言う事だね?線香の一つも上げなくて良いと思うのか?


727 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 21:16:03 ID:8dkHcw6l
信仰があるないと宗教をするしないとは違う
今の宗教のあり方に疑問を持っているだけだ
今の宗教は「宗教」という名を借りたビジネスである

そんな宗教に振り回されている姿を滑稽だといっているわけだ

今では宗教家でまともな人のほうが稀だろう・・

728 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:41:24 ID:qyHDpcJj
何か宗教やってる人が威張ってるね、近頃このスレ。

729 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 10:31:44 ID:NPcVZ3JU
宗教患者はいつも威張ってる

730 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 16:12:03 ID:WqRdFcE1
宗教者は宗教の中でしか生きられない。
ただ宗教の中を生きているだけ。生ける死人。

731 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 21:17:43 ID:YrJEcvB3
>>726
まさにそれは宗教の中のビジネスの部分だよね
宗教肯定派のくせにそんなことしか言えないんだから仕方ないよなぁw
信仰って・・ほんとの意味での宗教ってそんなことじゃないでしょ?

でも今ではそのビジネスの部分がほとんどを占めてしまってるんだよな

732 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:14:04 ID:EmzPTvLE
またキリスト狂徒がなんでも悪魔のせいにして鬼畜犯罪か

733 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:56:46 ID:+bQ6kL4a
宗教患者は凶悪犯罪に走りやすい。

734 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 10:54:43 ID:aiAdc8lQ
宗教なんかを信じ込むやつは低能

735 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:26:37 ID:6uhbU171
脳の故障

736 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 20:34:01 ID:aiAdc8lQ
現実と空想の区別が付かなくなる病気。

737 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:29:10 ID:zKbavXXW
>>736
「宗教家の性質」についての現実と空想の区別が付いてないな。病気か。

738 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:31:14 ID:zKbavXXW
宗教を信じ切るを100とする。宗教否定を0とする。
世の中に0か100、全か無かの二つしか無いと思ってるのかね。

739 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:38:39 ID:wMQDhnLC
宗教(神や奇跡を信じる)は虚実。古臭い迷信です。信じるやつは馬鹿。

740 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 12:44:26 ID:zhL/spzT
>>739
虚実?虚だけで良いよw

741 :名無しさん@3周年:2005/12/07(水) 02:46:44 ID:EsgEpcsd
宗教は恥ずかしい妄想。

742 :名無しさん@3周年:2005/12/07(水) 12:30:34 ID:FxQPapVM
宗教=中世なイメージがある

743 :名無しさん@3周年:2005/12/07(水) 20:05:23 ID:/JW3LK6k
中世は本能より理性を優先すべきとした時代だったから
キリスト教が幅を利かせていたし。ヨーロッパだけの話だがね。

744 :名無しさん@3周年:2005/12/07(水) 20:06:15 ID:QCI8ZjYk
宗教=原始時代なイメージがある

745 :名無しさん@3周年:2005/12/07(水) 20:19:10 ID:+IK9OcWd
宗教=お金のイメージがある

746 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 00:04:20 ID:lODFXoiW
宗教=性犯罪のイメージがある

747 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 17:16:29 ID:pSPaTdQY
宗教=素晴らしいイメージがある

748 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 17:59:44 ID:kAYey9XX
だからだまされる

749 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 19:48:52 ID:EBAyTbtY
宗教=気持ち悪いイメージがある。

750 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 20:05:11 ID:SrBjL8Av
宗教=絶対に関わってはいけないイメージがある。

751 :名無しさん@3周年:2005/12/08(木) 21:29:24 ID:Ghqq1OpD
ほんとの意味での宗教をしている人など世界的に見ても極少数だろうね・・
でなければ離婚率がどうのとか犯罪がどうの自殺がどうの言うわけないしな

752 :名無しさん@3周年:2005/12/09(金) 06:00:30 ID:z9cqL6F5
宗教=精神病のイメージがある。

753 :名無しさん@3周年:2005/12/09(金) 10:20:30 ID:xeB78sZv
宗教やってること他人に言えないのはどこか恥ずかしいイメージを自分自身が
持っているからである。
それならやめればいいのに怖くてやめられない。

754 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 14:12:45 ID:IEaq/4Qh
何が怖いのか・・・自分の信仰心を信じていれば何も怖いことないはず
何か宗教行事をしなければ信仰心がないわけではないはずだから・・

要するに宗教をする人は自分を信じられない人

755 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 18:37:35 ID:0CHVyIUQ
宗教=恥ずかしい行為

756 :名無しさん@3周年:2005/12/12(月) 21:21:04 ID:aAANw5eg
宗教は気持ち悪い行為

757 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 17:50:17 ID:U5eDGbDj
はずぃ

758 :名無しさん@3周年:2005/12/14(水) 03:26:25 ID:hMXfQF16
くさい

759 :名無しさん@3周年:2005/12/14(水) 03:43:16 ID:1AInBFfx
精神異常になる前に宗教やめるように何度も警告してあげてるのに
まだ解らないらしい。特に嘘の神様を信じているキリスト教電波は
中度の精神異常になってるから今すぐやめろ。

760 :名無しさん@3周年:2005/12/14(水) 04:12:02 ID:jo5oAwox
悩んでいっぱいいっぱいの時に、こうすればあなたは幸せになりますって言われたら楽だよね〜自分は考える必要無いんだから。悩み苦しむ必要も無いし、宗教どおりに生きればいいからね。人(神や教祖)に与えられた道にすがらず自立するべきだ、苦しんで自分で道を見つけろや。

761 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 20:10:38 ID:/tf3LIfg
宗教はずぃ

762 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 21:20:50 ID:HxG43K/a
どん底まで行った人間はそこから這い上がる。
悩みを人に解決してもらおうなんて浅はかなこと考えるから宗教に嵌る。
苦しいならとことん苦しめ。
悲しければとことん悲しめ。
そこまで行かずに人に頼るのは自己逃避でしかない。
教祖のロボットになるだけ。
一生破滅の人生を送ることになる。

763 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 21:25:02 ID:V5JBZ0Dl
今どき神も信じてないのかい!?

764 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 23:16:40 ID:TschAb5i
まあな

765 :斉天大聖 ◆KlUtmVShf2 :2005/12/16(金) 23:21:32 ID:Zp0P2VDH
史上最悪DQNヤハウェ豚野郎信仰は聖書による巧妙な洗脳術により、脳内妄想から引き起こす精神病に成り兼ねませんし、依存性も強い為、人間にとって麻薬みたいなものです!
最悪この麻薬効果により思考が麻痺し、人殺しやテロ、戦争を平気で好む人格に豹変する危険性もあります!
関わらないのが無難です!
自分自身の為に!
あなたはヤハウェ止めますか?
それとも人間止めますか?

766 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 19:31:38 ID:bmS+YFzc
まだ宗教なんかやってんの?

767 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 22:00:45 ID:rujG6bWV
恥ずかしいですね。

768 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 22:33:02 ID:2bMji8Il
宗教なんてあるから戦争がなくならないんだ。


769 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 09:24:16 ID:gFq+M3Bi
んだ

770 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 12:42:18 ID:k4zfGJ33
自分の宗教を都合よく解釈して大義名分を作り上げ戦争する・・
どこにも人を殺していいとは書いていないのにね

そんな風に解釈されて発展してきた宗教の何を信じられるというのでしょう?

771 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 21:42:47 ID:gFq+M3Bi
まったくだ

772 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 00:59:43 ID:65tSMLrS
恥ずかしいやつらだ

773 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 02:39:38 ID:/PIv5c65
成長が止まってる宗教者

774 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 05:00:18 ID:BuYtl89u
2chよりはずかしい

775 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 10:03:58 ID:65tSMLrS
はずかちぃでちゅ

776 :名無しさん@3周年:2005/12/20(火) 11:36:31 ID:BUAiCG2i
肛門見られるより、恥ずかしい。

777 :名無しさん@3周年:2005/12/20(火) 22:54:37 ID:7eCfTK1X
恥ずかしい!見ないで!ばかぁ!!


778 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 03:59:37 ID:ifxCY7dV
宗教なんて時間のむだ!神様や幽霊はいないんだよ!貞子はフィクションだよ。オヤスミ

779 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 14:43:29 ID:RwEIrkVS
恥ずぃよ〜

780 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 17:27:31 ID:duvjo0lI
宗教を甘く見るからこの有様だ。
米国では聖書に書かれている事の多くが非現実的・非科学的にも関わらず
聖書の重要性を認識している。そのまま他の宗教にも当てはまるしそれ以上の
宗教も沢山ある。
宗教も一種のテクノロジーなのだが他の技術同様、悪用すれば恐ろしい凶器にも
なる。強力なテクノロジーを管理せず放ったらかしにするからこの国は滅ぶのだ。

781 :名無しさん@3周年:2005/12/25(日) 06:16:31 ID:I6lWtC5j
宗教なんかを国が管理し、国民に押しつけるようになったらオシマイだ。

782 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 01:51:16 ID:XfXGxsqh
>>781
アホだろ?

783 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 01:54:23 ID:XfXGxsqh
>>781
ヒントをやるが、米国が聖書を国民に押し付けているのか?

784 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 14:58:40 ID:9SUjVKL8
逆だな・・敬虔なクリスチャンじゃないと票がもらえない地域が多く存在してる国だということだな
政治に宗教を絡めるのは良くないねぇ

785 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 15:00:15 ID:9SUjVKL8
聖書の言葉を引用したり演説の最後に神のご加護が・・・とか言ったりするのは恥ずかしいなぁ

786 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 19:32:15 ID:XfXGxsqh
底無し不景気を誘導する国をアメリカより良いと思ってるのは恥ずかしいなぁ。

787 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 19:35:52 ID:XfXGxsqh
宗教を馬鹿にしてる奴は何の予備知識もないからコロッとカルト教団に騙されるのは
恥ずかしいなぁ。
日本史を禄に知らないのは恥ずかしいなぁ。

788 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 19:38:48 ID:XfXGxsqh
少年院が何の役にも立たない国ってのは恥ずかしいなぁ。
Happy Holiday なんて簡単な英語が分からないのは恥かしい。

789 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 19:40:52 ID:XfXGxsqh
前々回の米大統領選の様子も知らないで宗教と結びつけるのは恥かしい。

790 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 12:23:26 ID:Y9LixI6h
>>787
宗教はバカにしてるんじゃない信じてないだけだ
バカにしてるのは宗教に振り回されてるあんたのことだ

791 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 13:27:27 ID:EAj+hxid
俺は宗教を甘く見るなと言っただけだ。振り回されているのは俺じゃないな。
じゃ誰だ?お前か。

792 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 13:30:35 ID:EAj+hxid
>>790
まあお前はカルトにコロッと騙される手合いだよ。

793 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 14:22:31 ID:EAj+hxid
>聖書の言葉を引用したり演説の最後に神のご加護が・・・とか言ったりする

話が少し逸れるが、これが宗教に振り回されて言っているのだと思っているのではあるまいな。
イスラム国家の指導者が最後に「神は偉大なり」というのも同じ事だが。

一般人が普段からそう言っているのなら振り回されているのだろうが、演説で言うとなると話が違ってくる。

794 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 14:33:22 ID:0IP+rKPz
>>793
どうちがうの?

795 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 14:46:59 ID:EAj+hxid
演説で言うのは演出だよ。聖書の言葉を引用すればよほど聖書を毛嫌いしてる人じゃなきゃ
知性的な印象を受ける。聖書に法った道徳に従っているようにも見える。
とくに相手がキリスト教徒でなくても信頼感を得られるだろう。
もっとも>>790はそういう手段に反応する人がいかんと言いたいのかもしれないが。

796 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 18:00:58 ID:Y9LixI6h
>>795
>聖書に法った道徳に従っているようにも見える。
これがね・・自分たちが都合よく解釈した自分たちのための正義につながるわけですよ
宗教と政治は分離せにゃいかん・・

797 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 19:17:29 ID:MWvX2o1y
>>795
私は思いっきり「この人自分の道徳観念0なんだな」って思ってしまう。
宗教家はある意味コピー人間にすら見える。欧州在住なんで周りは宗教家だらけだけどね。

>>796
あいつら、「神に懺悔した」→終了。
だもんね。しかし政教分離がちゃんと行われている国って少ないね。

798 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 21:00:58 ID:qbiTZjqM
>>797
そんな国あるの?
共産主義以外に。

799 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 23:28:10 ID:EAj+hxid
>>797
聖書嫌いなんでしょ。ならそうなる。それともそう言う手法がきらいなのか?

>>796-797
宗教団体は放置しておけば政治をコントロールしようとする。宗教に政治をコントロール
させてはならない。そうならないように政治が宗教をコントロールする必要がある。
昔から政治と宗教の鍔迫り合いはたくさんある。

宗教を放置していた日本の状態は酷いぞ。

800 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 12:24:15 ID:TqSdjOOz
宗教とは何の根拠もないもので人が作り上げ都合よく解釈してきたもの
それを信じる理由を聞かせて欲しい

801 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:14:15 ID:RvcXO0Sh
馬鹿なだけ

802 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:23:32 ID:U2L5Pfvs
きちがいジャンキーの妄想。

803 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:25:55 ID:izJ4/DJa
仏教とは何の根拠もないもので人が作り上げ都合よく解釈してきたもの
それを信じる理由を聞かせて欲しい

神道とは何の根拠もないもので人が作り上げ都合よく解釈してきたもの
それを信じる理由を聞かせて欲しい

804 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:27:05 ID:izJ4/DJa
仏教とは何の根拠もないもので人が作り上げ都合よく解釈してきたもの
それを信じる理由を聞かせて欲しい

「馬鹿なだけ」
「きちがいジャンキーの妄想。」

805 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:27:36 ID:izJ4/DJa
神道とは何の根拠もないもので人が作り上げ都合よく解釈してきたもの
それを信じる理由を聞かせて欲しい

「馬鹿なだけ」
「きちがいジャンキーの妄想。」

806 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 15:55:14 ID:bbY8ZZsn
カルト信者よりひでぇな。仏教や神道の根拠が無いという根拠を挙げてみろよ。

807 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 16:45:47 ID:ogmACd11
仏教も神道も民衆を支配するために体制が考え出した妄想

808 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 17:59:10 ID:bbY8ZZsn
日本語というか、言語という物を知らん奴だな。

誰が、
何時、
どこで、
どのように、
どんな政治状態の中で考え出したんだ?


809 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 18:03:24 ID:2pkiqxIY
創価学会は、H3年11月、「日蓮正宗から破門」された。

総本山より「御本尊の御下付をいただけなくなった創価学会」は、
H5年9月、「ニセ本尊」の製造・配布の実施を、聖教新聞紙上で
発表して、大々的に御本尊の交換を進めた。

戸田城聖氏の言う「代々の法主猊下以外にはどうしようもない」
筈の御本尊を、御法主上人猊下の許しもなく勝手に改ざん、我が
モノ顔で会員に配布したことは、まぎれもなく「本門戒壇の大御
本尊との決別」、「身延日蓮宗以下の邪教化」を意味するものです。

この時点で創価学会は、宗教としてあるまじき一線を越えたのです。

本物と見分けがつきにくい、ご本尊は、宗教界を混乱させ、その
宗教的罪は重くなり、信仰の対象たる本尊であれば、その大謗法
の重罪は想像を絶するものです。


810 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 19:04:59 ID:TqSdjOOz
>>806
何が根拠かわからないことが根拠だ
あるのは人の言葉だけだろ?

811 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 19:20:38 ID:RvcXO0Sh
宗教は古臭い野蛮な迷信。争いの元。

812 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 19:31:51 ID:5DpHeVOr
仏教も神道も民衆を支配するために体制が考え出した妄想

813 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 20:43:47 ID:bbY8ZZsn
>>810
バカを言うなよ。神道は道教の系譜らしいから実体が無い事になるが仏教の根拠は三法印だ。
この板じゃ質問出来る所が沢山あるだろう。
例えば三法印の一つ諸行無常は「森羅万象は同じ姿でい続ける事ができない」という事だ。
「人の言葉」にもちゃーんと意味がある。それを「人の言葉だけだろ」というんじゃあらゆる学問自体
意味がなくなるな。数学にも用語がたくさんあるが「言葉だけ」で済まされちゃ困る。

>>812
誰が、
何時、
どこで、
どのように、
どんな政治状態の中で考え出したんだ?

814 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 21:11:31 ID:4/8n9Hrx
無宗教で、恥ずかしくないですか?

死後に神の裁きを受けるのに、信仰について何も知らなくて、恥ずかしくないですか?



815 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 21:20:32 ID:bbY8ZZsn
既にある宗教を国家支配の為に利用した例は多くある。
仏教が正に朝廷に利用された。仏教の力が強くなり過ぎると比叡山に天台宗を
作らせこれを押さえ込んだ。宗教をもって宗教の政治への影響を封じた。
ローマ帝国もキリスト教を利用したし古代エジプトでは国王が自ら神を名乗った。
近代でも天皇が同じ事をしてるんだからたまらん話だが。

だから宗教は権力者の道具というイメージがあるが、大抵は根本的な考えから
心理学や社会科学に至る統一的な体系を作り出した物だ。

もっと小さな組織が宗教を利用する場合それらの宗教を改ざんしている。聖書も改ざん
の跡があるらしい。仏教も何度となくカルト教団に利用された。改ざんされた宗教には
根拠がない訳で、それが宗教には根拠がないイメージを植え付ける。
イメージだけで行動すると、これがまたカルト教団の思う壺になる悪循環なんだな。

816 :名無しさん@3周年:2005/12/28(水) 23:24:23 ID:z99LcyXw
どう正論を述べようと理性的であろうと
口先三寸で何千年も生き残ってきたシステムに勝てるわけないべ
おとなしく従うのが吉だべ
この世は完全に神の支配下だべ
後は神をどう利用するかしかないべ

817 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 03:14:46 ID:AYuMaF5s
>>813
その前に、根拠がないことが根拠という言葉は無視かよ?

818 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 04:25:54 ID:RXYJjzTb
>>817
根拠はあるって言ってんだろ。

819 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 04:28:19 ID:RXYJjzTb
>仏教の根拠は三法印だ。
自分の都合に合わせて読み飛ばすなお前は。

820 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 10:10:55 ID:OcsD21vh
>>819
それは他の宗教と区別するためのもんだよな?
まあ、いわば自己紹介みたいなもんだ

それがあんたが仏教を信じる根拠か?

821 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 15:20:28 ID:RXYJjzTb
>>820
話にならないな。三法印は仏教の根拠で一つでも崩れれば仏教は覆る。
他の宗教にも根拠はあるが(無いのもあるが)一番身近だから紹介した
だけだ。
さて、「宗教に根拠が無い」というあんたの根拠は既に崩れている。
諸行無常を否定できるか?

822 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 15:34:13 ID:RXYJjzTb
ちなみに西洋哲学では諸行無常は「万物の流転」と呼ばれる。
諸行無常は仏教だけの専売特許じゃない。

光速度不変の法則・質量の等価原理・万有引力の法則などが
相対性理論の根拠になるわけだがそこからアインシュタイン方程式まで
辿り付くには面倒な数学が必要だ。一つ一つ確かめていくには実験も
欠かせない。
三法印から唯識まで辿り付くのも同じような物だ。どの宗教もそれが
根拠である事を確かめるには横になってTVを観るようにはいかない。

823 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 15:37:23 ID:OcsD21vh
あんたはそれが根拠だというが俺にはそうは思えないそれだけの話じゃないのか?

それにそれが正しければなんだ?それが宗教する理由かと聞いてるんだ
宗教しなくても本当に正しいものは正しいだろうし正しくないものは正しくないだろうよ

824 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:01:12 ID:u4I1CbOL
>>823
正にその通り。
宗教団体に所属していても、正しいものは正しいし、
正しく無いものは正しく無いのだよ。

人にはそれぞれ、役割がある。 人生の目的があるの。
それを他人がとやかく言う問題ではないんだよ。


825 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:11:31 ID:OcsD21vh
>>824
じゃあ何故宗教をするのかということだね
何故徒党を組んで枠を作るのかと・・
人が集まると様々なリスクが発生する
ただでさえ地域や国というリスクがあるのにさらにリスクを増やすようなことを何故するのかと
その必要性を聞いてるんだけどな

826 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:11:51 ID:RXYJjzTb
一つ目の疑問は根拠を明示しても勉強していない者には何の意味も
ないという事だ。「馬の耳に念仏」ってね。科学さえ否定する奴もいる。

二つ目の疑問はそうして得た宗教からは諸問題を解決したり説明が難しいが
生きる事を楽しくするおトクな方法があるって事だ。
誤解の無いように言っとくが神や仏をひたすら拝んでもダメだがね。

827 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:16:19 ID:RXYJjzTb
>ただでさえ地域や国というリスクがあるのにさらにリスクを増やすようなことを何故するのかと
>その必要性を聞いてるんだけどな

それをやったのは中世以前の体制だろ。宗教や宗教家の所為じゃないぞ。

828 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:24:07 ID:RXYJjzTb
>>824-825
別に宗教には“必要性”はない。少なくとも聞いた事は無い。

829 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:35:10 ID:OcsD21vh
>>828
やってる人は必要だからやってるんじゃないの?

830 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:41:48 ID:RXYJjzTb
やってる人には何か必要性があるかもしれない。人それぞれだから分からん。
抜け出すのが大変、あるいは命懸けという教団もあるが。

法事や葬式には体裁上必要があるだろうが。

831 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 16:57:35 ID:OcsD21vh
>>826
まず根拠を明示してから意味が無いかどうか言ってくれ
科学を否定するのが宗教じゃないのか?w

なぜ宗教じゃないと解決できないのかそれも説明してくれ

832 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:08:42 ID:RXYJjzTb
それは何か一つ宗教を1から全部説明しろっていう事だろう。
科学を否定するのが宗教だと思っているような予備知識もやる気も無い奴に
しかも2chで。
本がたくさん出てるぞ。読んだらどうだ?分かるかもしれないぞ。

833 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:13:44 ID:OcsD21vh
宗教やってる人は皆そんなご大層な理由でやってるのかぁ
がんがれー

834 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 17:29:11 ID:eVqfh+Gp
>>832のいうとおり少し勉強したほうがいいと思う。
宗教否定する人間は宗教を「危険思想だ」と非難するけど
ただ罵声を浴びせるだけなら自分だって危険思想だろ。
過激派予備軍と言っても過言視されないぞ。
俺は無宗教だけど、今の宗教のあり方には問題があると思う。
ただ宗教の内容を否定するのは筋違いだと思う。

835 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:42:58 ID:OcsD21vh
内容は前にも言っているが否定はしていない・・正しいことは正しく正しくないことは正しくないだけ
あり方は発展してきた経緯を見ても全く信用するにあたいしない
それを信じて振り回されている人は理解できない

836 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 17:46:37 ID:eVqfh+Gp
>>835
人は人なんだよ。
関係ないっていってるわけじゃないぞ。
他人に干渉したがるから、争いごとも起きるとは思わんかい?

837 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:55:14 ID:zx/J49xV
>正しいことは正しく正しくないことは正しくないだけ

これって宗教そのままだろ
どっちが信者かわかんねえよ

文化が違えば正しいことも違ってくる
当たり前の話だ
それを理解できない奴が一辺倒の考え方にハマってしまうんだな
安易な宗教否定ってこういう奴が多いな

838 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:56:08 ID:OcsD21vh
まあ、こっちにかかわってこなければ勝手だな
いろんな意味で・・
テロなんかもその一つかもね

839 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:58:56 ID:OcsD21vh
>>837
○○教っていうからおかしくなるんだと思うよ
信仰心や感謝の心は必要だと思ってる

文化が違えば正しいことは違ってくる・・・これが今の宗教のあり方で信じるに値しない部分

840 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:02:51 ID:eVqfh+Gp
>>839
うん。
今の宗教は他人のパーソナリティーに入り込みすぎる。
友達と喧嘩する時ってこういう時もおおいでしょ。
俺は理想=宗教なんだと考えるよ。
自分が抱く理想って、他人がどうこうできるもんじゃないし、
いちゃもんつけられたら誰だってムカつくよ。

841 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:02:55 ID:zx/J49xV
>>839
文化以前に人が複数いれば何が正しいかって微妙に違うだろ
そういう当たり前のことも理解できんのか

842 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:04:52 ID:eVqfh+Gp
>>839>>838

843 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:06:37 ID:AYuMaF5s
>>841
それを無理に統一してるだろ、宗教というのは
自発的なものじゃなく、教義というものであらかじめ決められてるだろ。
結論は同じでも、過程が違えばそれは違うものだ。

844 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:09:15 ID:eVqfh+Gp
>>843
だから宗教やってる人に宗教やめろっていうのも一緒だろうよ。

845 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:13:01 ID:AYuMaF5s
>>843
俺の文章のどこに「やめろ」と書いてる?

846 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:16:45 ID:zx/J49xV
>>843
統一しようとしてるのはお前だろ

847 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:18:46 ID:eVqfh+Gp
>>846
そうそう。それが言いたかったのさ。
別に宗教じゃなくても
ファシズムは存在するから。

848 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:30:23 ID:AYuMaF5s
>>844
>>846
>>847
じゃ聞くが、それを統一してない宗教があったら教えてくれや。

そして俺の文章のどこに「宗教やめろ」と書いてるかもきちんと指摘してくれ。
で、俺が何を統一しようとしてるの?
教えてくれよ、頼むから。

言えないなら、俺が宗教を否定してる、とか知った口聞くなアホが。

>ファシズム
そういう紋切り型見解こそがファシズムだろうが。

849 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:34:28 ID:zx/J49xV
>>848
何をいいたいんだかわかんねえな
皆スレの流れでレスしてるんだろ
一人で興奮すんなアホ

850 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:36:19 ID:eVqfh+Gp
>>848
つーかお前がどうなってほしいのかとか聞いてないど
>それを無理に統一してるだろ、宗教というのは
この発言ははっきり言って宗教批判してるとしか思えないぞ。
意味が違うのなら簡潔に説明せよ。

>そういう紋切り型見解こそがファシズムだろうが。
じゃあなんて呼べばいいの?

851 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 18:40:33 ID:eVqfh+Gp
>>848
いまさらで悪いが>>464咄嗟に便乗したけど
俺は違う。
その内容が>>850
宗教批判としかとれない。

852 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:47:08 ID:AYuMaF5s
>>849
あほか

>>850
じゃあ何も言うことないだろ。

なぜ宗教批判したらダメなのか?
宗教批判と、宗教たたきの区別くらいはしてくれ。
区別できないか?

それに、宗教の悪いところをいうのと宗教を悪くいうことの違いも区別してくれ。
そのくらい冷静さがないと、話にならない。

俺は宗教の存在を否定してるわけではない。
わかってもらってないようなので敢えて言う。

853 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 18:52:12 ID:zx/J49xV
>>852
おまえが冷静になれよw
スレの流れぐらい嫁よ

854 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 19:05:27 ID:AYuMaF5s
>>853
スレ汚されてそんなに悔しいか?

855 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 19:29:31 ID:eVqfh+Gp
>>852
すまないな。俺も少しかっとなった。


856 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 19:30:37 ID:jajQj5cJ
ここ最近これ系のスレに人材が投入されてきたなw
盛り上がっていいことだ

857 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 12:47:54 ID:/hzA8nkp
宗教は恥ずかしい妄想です。

858 :ゴッド俺:2005/12/30(金) 13:04:21 ID:/42//5I7
>>857
無宗教を布教するなよ。お前も気持ち悪いぞ。

859 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 13:43:02 ID:cM9cErtT
出たwメガンテ出たよw
俺が気持ち悪いことは確かだがお前も気持ち悪いw出たこれw

860 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 14:56:44 ID:/hzA8nkp
きもぃよ〜、きもぃよ〜

861 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 15:10:23 ID:6y7WWqzn
>>857
お前の周りにある宗教は何も神や仏だけじゃねえぞ。






862 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 16:29:31 ID:/hzA8nkp
まじ、きもぃ。

863 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 21:55:56 ID:885VKDD/
はずかち

864 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 16:36:43 ID:/pvWw1oN
>>861
そんなことはわかっているがそれだけでいいじゃん
なんでわざわざ私は○○教ですとかいうのかな
なんで人前でその宗教独特の行為を披露したり他人を勧誘したりするのかな

神社やお寺や葬式で手を合わせるぐらいにしとけよ

865 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 19:36:41 ID:pCE0VYNR
>>864
宗教の中には、自分自身に対して、外に対して信仰の確認をしなければいけないものもある。
それもその確認を毎日しなければいけないものもある。

それに、布教を前提とする宗教の場合、えてして自分の信仰を披露し、
それを他人に勧める傾向がある。
元々あった土壌などおかまいなしに。




866 :名無しさん@3周年:2006/01/03(火) 01:52:43 ID:0dNJRESB
宗教、うざぃ。

867 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 18:17:20 ID:OStfTvLL
宗教は恥ずかしい妄想です。迷惑な勧誘はやめましょう。

868 :似非仏教信徒:2006/01/04(水) 19:16:55 ID:ryPs4NsS
私     Q 何故、接心で因縁が解いた後、それが切れないの?

真如苑信徒 A 切れてます。法要でプルーフをご覧になるか家庭集会にでも参加して御覧なさい。
        たくさん体験談がありますから。

私    Q プルーフは導きや経親によって、都合のいいように添削され、原形を失っているものが
       多いんですよ。何故、添削するのでしょう?
       また、なぜ、 「霊言が当たらなかった」というプルーフはないのでしょう?

* プルーフ(proof=証明:証拠)とは、
  一方だけに都合のいいものを集め、改作したものしか許されないのですか?



869 :似非仏教信徒:2006/01/04(水) 19:29:08 ID:ryPs4NsS
真如苑教徒は、全員信徒カードを持たされ、苑でのことはすべて

「信徒番号で処理」されてます。

生年月日、家族構成、歓喜の額、帰苑、奉仕、会座、接心等の

参加記録がそこにあるのですから、個人情報は苑に筒抜けですね。





870 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 00:39:26 ID:o9HU7qRM
進んでるな(#^.^#)

871 :名無しさん@3周年:2006/01/06(金) 09:38:24 ID:klCdX7hd
恥ずかち

872 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 14:35:46 ID:S2Kjm0V8
>>871
初詣には行ってないだろうな。お盆休みも取るなよ。
葬式や法事にも「恥かしいから」とちゃんと理由を言って断れよ。
自分が結婚する時も披露宴で神主や神父の前で
「神に誓うなんて恥かしいから出来ない。」と断れよ。

873 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 14:55:42 ID:S2Kjm0V8
まぁ実際、みんなでやれば恥かしくないか。

874 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 18:48:54 ID:r/MDxb8a
宗教は、こっぱずかしい。

875 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 18:59:16 ID:jaKrGOHO
宗教入りたいけど無宗教一家な上に何に入ればいいか分かりません。
入るにはどうしたらいいですか?

876 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 19:16:49 ID:r/MDxb8a
なぜ、入りたいんだ?

877 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 20:29:33 ID:S2Kjm0V8
>>875
まぁ嘘だろうが。
神社にでもお参りに行け。般若心経でも唱えろ。教団に入信するのは止めとけ。

878 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 21:43:12 ID:JIPMNQ5K
恥ずかしいと言うか、恥知らず。

879 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 22:41:31 ID:WeG7xhHq
恥ずかしいのが気持ちいい

880 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 23:58:55 ID:r/MDxb8a
人前で宗教の話なんてするもんじゃありませんよ、恥ずかしい。

881 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 07:17:00 ID:lrKYJyxj
おまえらも、海外に行って「宗教は〜」ってくくりで否定なんかするなよ。
本当に、恥ずかしいから。
ま、幼稚な否定しか出来ないお前らは、海外の意味も理解できないだろうが。。

882 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 07:32:41 ID:Yr3dhQqX
海外がどうのこうの、唐突だね。

883 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 08:00:54 ID:GySu2InM
場所によっては非常に危険な事をしているから親心で言ってるんだろう。

884 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 08:33:06 ID:SInozur4
恥ずかしいとか外国の人にどのように思われるかで宗教に接してはなりませぬ。

食べたい、ねたい、やりたいの次にある心の欲求です。内からの欲求に自然であれ。

885 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 08:35:03 ID:Yr3dhQqX
親心だったとしても、随分乱暴な言い方だ。
幼稚な否定などと言っているが、発言自体が子どもじみた言い方だ。

886 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 09:06:01 ID:/DZ6N4BL
同感

887 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 09:25:32 ID:GySu2InM
じゃあ「恥かしい」としか言えないのは子供じみてないの?

888 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 03:02:59 ID:9Hr9mGIG
恥ずかしい、ね……

889 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 16:48:47 ID:uJYhlvcA
>>1-1000
これだから宗教は危険で なおかつ恥ずかしい

890 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 21:54:15 ID:ZZDJI400
宗教は恥ずかしい妄想です。人前で言うなよ。

891 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 12:38:30 ID:iu7a85DF
>>884
では、食べたい・寝たい・やりたいは集団にならないと出来ないか?
教祖がいないとできないか?そうではないでしょう・・
ならば心の欲求も同様に徒党を組んだり○○教などと言わなくても満たすことは出来るはずです

○○教などと言ったり読みもしない本をやたら買ったり変なカッコして祈ったりするのが恥ずかしいのです

892 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 19:38:25 ID:VRYfFpu4
きも恥ずかしい

893 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 20:11:43 ID:bXjJn4J3
恥ずかしいけどやめられない。


894 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 20:47:41 ID:iu7a85DF
恥ず恥ずかしい

895 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 20:55:13 ID:Bsirx+86
酒や煙草や薬と一緒で必要恥です

896 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 21:46:32 ID:+mlceqwO
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!

答えが欲しけりゃ葬火に入信汁!!
こんなところで下らん論議する前にな!


897 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 23:08:33 ID:FO6JyuL5
ファミレスで勧誘されて、さも「みんなを救いたい」
なんて偉そうなこと言ってたけど、それなら
その怪しい内容を聞いちゃって気まずい雰囲気になっちゃった
隣の席のカポーから救ってやってくれよ。

898 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 11:05:11 ID:uvPKeBes
創価学会が宗教の代表かよ。カトリックの方が何万倍もマシ。

899 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 16:13:14 ID:YtXAZrBl
仏教から追放された層化のお里はどこなの?
くだらん本書いて貧乏なおばちゃんに売りつけて金徴収して世界平和か・・・

900 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 17:21:36 ID:oaax/J5O
恥ずかしい

901 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 18:15:44 ID:bZbSBz7/
本物の否定論者や無神論者は宗教板などには来ない。
こんなハッテン場に来ている時点で同じ穴のムジナなんだよ。
素直になれよ…気になって仕方ないんだろ?


や  ら  な  い  か ( ̄ー ̄)ニヤリ




902 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 18:17:10 ID:YtXAZrBl
>>901
スレタイ読んでないのか?
おちょくって遊んでるんだよw
いわゆる暇つぶし

903 :名無しさん@3周年:2006/01/17(火) 11:06:11 ID:ymq7qYiw
宗教は恥ずかしい行為です。

904 :名無しさん@3周年:2006/01/17(火) 11:35:00 ID:qF4ZT59L
>>901
        _
       ./〜ヽ
       (。・-・)       
       (⊃⌒*⌒⊂)
        /__ノωヽ__)

905 :名無しさん@3周年:2006/01/18(水) 12:30:52 ID:FV37bks/
いい年こいてよそのものに依存するのが恥ずかしい

906 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 23:49:31 ID:VMlIOSmM
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


907 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 12:53:18 ID:pLIQsOdI
TAJI:2006/01/21(土) 17:38:03 ID:uRM11yYy
私の思考の中には常に神がいる。
神と出会い、存在を体験し、神とともに生きる道を選んだ。
世間的な価値観などどうでもよい。ひたすら求め、歩み続ける。それが私が選んだ道だからだ。
いずれ、わかる。神は常にともにいる。

TAJI:2006/01/17(火) 08:24:16 ID:P2gTZCWK
誰が何といおうが、神は存在します。
なぜなら、私が体験しているからです。
馬鹿呼ばわりされようが、変人扱いされようが、神は常に私とともにあります。
私の指導者であり、創造者であり、協力者であり、理解者であります。

908 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 13:20:17 ID:07J9zG6h
他人を巻き込む宗教者は馬鹿というか死ね
と思ってるカトリックなわたくし

909 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 13:52:34 ID:WrkJ1YcS
カトリック信者にもたくさんいますが?

910 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 17:23:41 ID:LRuQqkGp
他人の死を望むのは、カトリック信者として失格です。

911 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 19:52:23 ID:70kt7lqs
カトリック教会は、一般的に良いイメージを持たれています。
NHKや教科書で扱われて、美智子様・雅子様もカトリック校の出身です。
ヨーロッパの文化・芸術にも、深く関わっています。

912 :個の人:2006/01/24(火) 20:00:31 ID:wF8DPWO4
へー、カトリックってそーなんだ。
でも歴史上一番人間を殺してきたのは宗教やってる人たちだよね。

913 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 21:02:45 ID:ZspcY4CI
結局みんな自分は特別な存在だと思いたいんだよね・・
そこにつけ込み搾取するのが宗教

ベルタースオリジナルでも食っとけよw

914 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 23:17:07 ID:wArjt0gM
へーキミはそう思ってるのか。
俺はごく普通の凡人ですが?

915 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 02:54:13 ID:9x5Cy5xn
>>912
この現実から目を背ける信者の多いこと多いこと。
集団心理を一番演出しやすいのが宗教だからな。


916 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 10:48:36 ID:ms8KvPR/
>>914
ごく普通の凡人だと思いたいのでしょ?

917 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 12:10:46 ID:iTWoGqsw
宗教は現実逃避

918 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 19:37:32 ID:JHLTcvMe
宗教は恥ずかしい妄想です。

919 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 21:01:58 ID:rju0InA3
宗教を心の癒し人生の道しるべだけに留めるのであれば何の問題もないと思うがなぁ
徒党を組むから数になり力になって勘違いが起こるんだよな・・

920 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 04:22:49 ID:/yWtVvOV
みんな宗教に頼ってるからバカにされちゃうわけで。
適度に参考にしてもあてにはせず、特定の団体に傾いたりしなければ無問題だろう。

921 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 10:02:57 ID:rx3v3GDb
>>920
そう生き方ができる奴は少ないよ。

神仏や神にすがるのは結構だが人間にすがったら人生終りだ。
一方、神はいるいないは別にして神にすがる以上、全知全能の存在を欺く事は
できない。自分に恥かしい行動を取らない癖ができる。

>>917-918
生きてるうちに頭使えよ。

922 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 14:52:04 ID:u2y3aX56
そうではない。

神は目に見えないから、神の教えを説く人に耳を傾ける。
1世紀に生きたナザレ人で、大工のせがれイエスもその一人だった。イエスの教えが新鮮であり、心に響いたから、大勢の大衆がイエスにしたがった。
これを面白く思わないユダヤの指導者たちがローマ総督に国家反逆罪を犯したと訴え、その結果イエスは罪もないのに政治犯罪人として、もっとも惨めな刑である十字架刑に付けられた。
誤算だったのは、使徒をはじめ多くの大衆が十字架刑後、イエスを忘れないどころか、神の子、キリストとしてイエスを崇め、各地で福音を伝え始めたことだった。
今では、世界中にクリスチャンは20億人以上もいて、毎日世界各地の教会などで神の子イエスを賛美して、礼拝・ミサが行われている。

923 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 17:13:32 ID:ek7Vuamu
>>922
ほら数の論理だ・・多いから正解なんでしょ?

しかし20億はいくつのキリスト教に分かれてるのかね?
何でいくつもに分かれているのかね?
イエスの言葉は何通りもあったのかね?

924 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 17:54:38 ID:rx3v3GDb
>>922
イエスは自らを神の子だと称し神にすがる事を奨励しなかったか?

>>923
どんな宗教も進歩する。立場の違う見方も出来れば進歩の度合に
よっても教団が分かれる。原理主義に帰る奴もいる。
科学でさえ学説によって集団が分かれるくらいだ。

925 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:06:40 ID:ek7Vuamu
>>924
>どんな宗教も進歩する。立場の違う見方も出来れば進歩の度合に
>よっても教団が分かれる。

時の実力者に都合よく解釈された証ということだね?

926 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:26:07 ID:ek7Vuamu
そもそも大元は一つの言葉のはずなのにどうして立場によって見方が違ってくるんだ?
いろいろな解釈が出来るような言葉を残したなら残したやつが悪いだろ?そんなものが教祖か?
違えようとするから違ってくるんだ

分野別に専門特化でもしたのか?
地域や風習が違うからか?地域や風習が違えば人の価値は変わるのか?
なんか考えの違う人や集団が出来たら適当に分かれていいよって教えか?

真実は一つではないのか?
一つでないならいくつある?

927 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:33:40 ID:rx3v3GDb
>>925
実例は?

928 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:37:27 ID:ek7Vuamu
>>927
実際にたくさんの宗教に分かれたくさんの宗派に分かれているね?
その事実こそが都合よく解釈されてきた証だといってるんだよ

それ以外に分かれる理由はあるのか?

929 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:39:12 ID:rx3v3GDb
>>926
立場によってではない。方便を使って説明すべきか、他の宗教の
一部などを取り込むか、など実践に違いがでる。地域によっては
豪雪・砂漠など影響を与える物もあろう。
キリスト教などでは他の宗教を殲滅するにあたりその一部の習慣を
残す事で妥協を引き出すなどをした。

930 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:43:07 ID:rx3v3GDb
権力者に利用されたケースも多い。
中世暗黒時代のカトリック、ダライ・ラマの指名とは別に中国共産党が
パンチェン・ラマを指名しチベットの完全支配を目論んでいる。
創価学会は組織的な政治・経済活動をする為に利用している。

931 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:49:50 ID:ek7Vuamu
>>929
>>924に「立場」って書いてあるんだけどw

ま、そんなことでいいなら人の数だけ真実があって人の数だけ宗教は出来そうだなw

932 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:51:38 ID:rx3v3GDb
>>924
>どんな宗教も進歩する。立場の違う見方も出来れば
>>929
立場によってではない。

話が矛盾した。
前者の立場とは例えばキリスト教ではイエス自体が神かイエスは神ではないが、
限りなく神に近い存在なのかについてローマ教会は激しい議論を展開した。
仏教でも深層心理の構造についてそれぞれ宗派によって異なる。その宗教に
対しどういう姿勢で臨むかが個人、又は集団によって異なる。

後者の立場は自分が政治家であるか労働者であるか宗教に逃げたくなるような
苦しい状態にいるのかという意味の立場。

933 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 16:37:01 ID:EtC4CrH4
宗教なんかやるのは恥ずかしい。

934 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:02:40 ID:fEdTa/Gb
612 名前:没個性化されたレス↓[] 投稿日:2006/02/04(土) 16:59:32
宗教なんてどれもカルトですからね
心理学者、プログラマー、マスコミ、詐欺師
この辺りの職種はロジックに強いから信者に向いていない

↓以下コピペ
宗教とか予言って「人の恐怖」につけ込んだ
『思考制御ロジック』なんですよ

人は人の命令を無条件にはきかない
そこのあなた、私の為に働いてくれって言われたらイヤでしょう?
見返りもなしに人の為に働らく人はいませんね

人が人に命令できるようにする為にはまず暴力(逆らったら頃すぞ)
宗教(偉大なる神に逆らったら地獄に落ちるぞ、信じない奴も地獄行きだ)
情報(奴らが攻めてくる、戦わなきゃ俺たちが滅びるぞ)
→行動支配学の誕生 神も仏も人より上の立場に設定してありますね

人は自分が他人より優位でないと不安を感じる為
他人を『支配』しようとする
その不安が大きければ大きいほど格差をつけたがる

信仰心というのは「死の恐怖」に比例して高くなると言われています
良いことをすれば天国にけるとか、転生した時に条件が良くなるとかありますが
全ては頭の中の話です

あなたの頭の中を変えようとする人や情報には注意した方がいいですよ
まず疑うこと、そして考えた気にならないことが大切です。

935 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:20:33 ID:AHpvJ/Sf
宗教は音楽なのだ。

936 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:24:17 ID:AHpvJ/Sf
そういや心理学科の友達は宗教を認めてたよ
あらゆることに懐疑的になる人だけど
だからこそ宗教の効用も一理あるとしたんだな

937 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:42:57 ID:fIMWUAEa
確かに効用はね
でも、人を超える存在は認めないと思うよ

938 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:45:01 ID:8JSc+Xr2
俺も存在は認めてるよ・・・ビジネスとして

939 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:47:17 ID:AHpvJ/Sf
キリスト教とかは難しいかもね
神道は行事とか参加することはするけど。
霊性を感じられれば神道もおもしろいのになぁ
おもしろいのになぁ・・・

940 :名無しさん@3周年:2006/02/05(日) 18:48:11 ID:AHpvJ/Sf
まぁいっか

941 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:02:32 ID:om/ZxrsU
はずかち

942 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:46:09 ID:iXXgEHL6
さて、また宗教を絡めて暴動ですか・・・やれやれですな
バカにされたら火をつけてぶっ壊せという教えなのですかなぁ

預言者だか神だか知らないけどそんなことでチャンコロみたいに暴れるなよ
完全に集団心理の悪例じゃないか

一部の宗教のさらに一部の過激な人の行動というだけではすましがたいですな

943 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 18:46:27 ID:CJBs5Mzz
人間の先祖はネズミらしいですよー!んじゃ〜ネズミにとって神って何ですか?w

944 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 19:23:52 ID:om/ZxrsU
宗教集団は犯罪の元。

945 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 16:51:27 ID:QfOp2y4/
恥ずかしい妄想はやめろ!

946 :真の宗教とは…:2006/02/07(火) 17:48:48 ID:ZiDXyErG
この宇宙の事を完全無欠に説き切って真に幸せになれる力を持っているのは唯一日蓮大聖人の正しい仏法しかありませんよ。その根拠と詳細は→http://k.excite.co.jp/hp/u/marutomo-2006/?subpid=00&yid=marutomo-2006&SSL=4HBQEG75B8HGV1W45G2P#TOP

947 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 18:40:35 ID:2pOZVRB7
>>946
それは何教ですか?
仏教ですか?
その人はお釈迦様よりえらいですか?

948 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 20:32:59 ID:QfOp2y4/
はずかち

949 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:09:42 ID:daA2EP8K
バカラをやって思うのは、ついてる人とついてない人って確かにいるということ。守護霊っていると思う。本人は気付いてなくても。

950 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:16:08 ID:5dbOx2K1
それは肯定するけどバカラはやめとけ

951 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:16:46 ID:5dbOx2K1
間違えた バカラはべつにいいよ

952 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 00:36:06 ID:GzOt4ZOy
宗教盲信は恥ずかしい

953 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 15:33:32 ID:GMZqNG22
宗教は恥ずかしい行為です。

954 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 15:40:12 ID:D14ksLtm
>>949
 バカラじゃなくとも人生全般に渡って言えることだけど、
その理由を何処に求めるのか、大きく分けて、不可知論なら
キリスト教、因果律なら仏教

955 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:41:09 ID:U2g6fJZ/
まあ何でもいいけど暴動してるバカどもをなんとかしてあげたら?
何で宗教なんかにそんなに必死になれるのかわからない

>>949
人は神のもとに平等ではないということですか?w

956 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:50:33 ID:1l1P3UtW
バカラで勝つも負けるも運次第
因果関係ならあるかもしれないねー

957 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:56:47 ID:rAAZGDkF
運は精神状態によって変化させれるのではないだろうか。

958 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 20:13:11 ID:1l1P3UtW
憑き物も変わってくるかもねー

959 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 22:53:42 ID:ZP5PD9sl
バカラは運次第なのは当然だが、ついてる人はついてるんだよ。それをどう説明するかだ。
高額を賭けるほど、その人の運は上がる傾向にあると思う。神の力か霊の力か超能力か分からないが、何か現代の科学で証明できないものが存在するのは事実。
俺はついてる人を見抜くことに関しては自信がある。だが、自分一人でどちらに賭けるべきかは分からないんだ。
どうしたら、そういう力をつけられるのだろう。

960 :2[z :2006/02/10(金) 22:58:17 ID:ZcPR9a8X
>>954


961 :( ´,_ゝ`):2006/02/10(金) 22:59:30 ID:ZcPR9a8X
>>954
それわかりやすいね。

・・・・・また、へんなことしちゃった。

962 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 16:07:39 ID:1V1V4/R4
宗教は恥ずかしい

963 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 19:47:32 ID:GScUDIO5
宗教は恥かしいと念仏のように唱え続ける、気味の悪い奴らがいるな。

964 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 20:10:33 ID:BVLdomNU
ついてるついてない 運不運があるから宗教か・・・('A`)

965 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 08:30:49 ID:bVNLfSW+
宗教患者は日本から出ていけ

966 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 09:28:22 ID:wjOi/cFK
宗教患者という言葉の意味が分かりません!

967 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 14:08:19 ID:XkBMBeUe
宗教に洗脳されている人たち<宗教患者

968 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 15:13:05 ID:FHTUXldQ
動物は宗教を持たない。宗教を持たない者は人間ではなく、動物と考えてよい。
動物は餌を食えば満ち足りる。宗教を持たない者め同様である。

969 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:19:16 ID:wjOi/cFK
宗教とはどういう部類の物か言えば知識体系だが、知識体系という
形も意思も無い物が人を洗脳?
例えば歴史や工学が人を洗脳するかねえ?

970 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:27:40 ID:o4JfJKFT
現実逃避は恥ずかしい

971 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 17:26:04 ID:dNTIBsLT
>>968
動物は宗教を持たないから宗教を持たないから宗教を持たないものは動物?
人間は動物ではないのか?小学生に聞いて来い
人間は他の動物より優れた地球の支配者であるという傲慢な考え方か?
それがあなたの信じる○○教の教えか?

そんなしょうもない理論で満足するなら・・

動物は宗教を持たないから自分の宗教をバカにされて暴動を起こすような馬鹿なことはしない
宗教によって枠を作りその外のものを阻害・殺戮するようなことをしない
宗教に頼らなくとも強く自分の生涯を全うできる
動物は人間なんかより・・・少なくともあなたよりはるかに理にかなった地球生活を営んでいる

972 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 20:10:12 ID:bVNLfSW+
同意!

973 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 20:20:15 ID:YVmh4WEX
犬は、人間にはわからぬ鋭敏な感覚をもっている
ので、体外離脱した魂や死者の魂の存在が
感覚でわかる。

犬にとっては、ある宗教やスピリチュアルの唱えていることが
あたりまえの現実なのである。

974 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 20:25:03 ID:bVNLfSW+
はずかち

975 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:20:32 ID:o8N5vRrG
宗教と宗教団体は別なんだけどなぁ

976 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 04:16:00 ID:BdP2S6Oc
>>971
ゲルマン民族とアラブ民族の血塗られた歴史を知ってて言ってるの?

977 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 04:21:06 ID:BdP2S6Oc
アメリカに洗脳された日本人も沢山いるからね。

978 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 10:14:26 ID:eEOd5GV+
>>976
それは宗教があるないに関係あるの?
宗教があれば防げたの?

979 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 11:26:53 ID:BdP2S6Oc
>>978
有無自体には関係無い。アラブ諸国にとってはイスラム教が、欧米諸国にとっては
キリスト教がナショナリズムの中核になっていたという事だ。
そのため何度も「宗教のため」という面目で戦争した。現在のイスラム過激派も
ア・ラーの為じゃなくアラブ人の為にテロを起こすわけだろう。

980 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:27:05 ID:eEOd5GV+
>>979
言ってることがよくわからないんだけど・・
結局宗教賛成派?反対派?

ちなみに俺は宗教反対派・・
ま、宗教って言うより今の宗教体系・宗教団体のあり方全般と現代人の宗教に対する取り組み方に反対かな

神というか人智では計り知れないものの存在や自然や宇宙に対する畏敬の念を持たないということではないのでその辺は宜しく
また様々な宗教の教えの中にある言葉に共感しそれを参考に物事を考えていることもあるからねw

981 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:54:45 ID:zRrJIY/Z
料簡がへぼい

982 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 12:57:33 ID:BdP2S6Oc
宗教→テロ
と単純に考える書き込みが多かったのでイスラム過激派はそうではないと
言っただけ。単純じゃない人にレスしたので噛み合わなくなったようだ。

983 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 13:08:55 ID:eEOd5GV+
>>982
宗教=テロなどと書いたことは一度もないと思うがなw

しかし○○教といって枠を作れば内と外が出来て多かれ少なかれ対立の原因となるとは何度も書いた
あと自分たちの信じる宗教を都合よく解釈して大義名分を作り上げるとも書いた
それに対して納得できる反論や答えはまだ誰からも聞けてないけど・・

イスラム過激派はそうではない?何のためであっても大義名分をイスラム教に求めているだろう?
じゃなきゃなんで「イスラム」過激派というんだ?「イラク」過激派でいいだろ?
結局宗教を使ってるんだよ・・・都合よく

984 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 13:12:16 ID:zRrJIY/Z
都合よく使うってのは微妙
思想問題だから
企業とは違う

985 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 13:23:29 ID:rnr6GhiM
一神教はテロと、大量殺人の温床

986 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 13:29:06 ID:eEOd5GV+
>>984
自分たちを正しくするだけならまだしも殺人を肯定するのだから都合よくだろう
最初から殺人を肯定するような宗教があるのか?
オウムとかは知らんけどなw

987 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 14:34:31 ID:BdP2S6Oc
>>983
>宗教=テロなどと書いたことは一度もないと思うがなw
君はそうかもしれんが、>>975がまさにそうでしょ。


988 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 14:41:50 ID:BdP2S6Oc
>>983
>結局宗教を使ってるんだよ・・・都合よく
彼らに独自のアクセスがないのでその通りとは言えないが
もし都合よく使っているとしても手段としてね。至上命題がそこに
ある訳じゃない。
イスラム教が無ければ別の大義名分を持ち出してテロを実行するだろう。

989 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 14:56:11 ID:zRrJIY/Z
975は僕…

990 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 14:59:47 ID:BdP2S6Oc
すまない。大変な間違いでした。>>985がまさにそう

991 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 15:04:09 ID:BdP2S6Oc
ちょっと調べたが、アルカイダに関しては殺人やテロ・虐殺行為はイスラム教義に
反している。アルカイダはイスラム原理主義に属するがイスラム“教”原理主義ではない。
ムハンマドの時代のイスラム共同体の復興を至上命題としている。

992 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 16:03:02 ID:eEOd5GV+
なんか話がはぐらかし方向に行ってるけど何もイスラム原理主義の人に限って言ってる訳ではないからなぁ
宗教というか宗教によって集められた徒党=○○教には全般にそういう危うさがあるということを言ってる
それは実際に歴史が証明しているから・・

>>990
そんなピンポンダッシュみたいなレスに引っかかっても仕方なかろうにw

993 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 16:37:29 ID:BdP2S6Oc
>>992
よく読まず途中で入ってしまった。何度かこのスレで「宗教は・・・」
という簡単なレスがあるので簡単に考えただけだったんだ。

>>975 の言うように宗教と教団は違う。宗教は文化であり社会基盤であり考え方や
方便の集合体で一種の学問のような物。
危険になりやすいのは教団−宗教による、又は実践する集団だ。オウムのように
使える宗教がなければ新たに作る事だって出来る。危うさはあるが、選挙制度が
独裁者を生む危うさと同じ類の物だ。
使う人間次第だ。宗教がとりわけ危険な道具とも思えないが、そのとりわけ危険である
可能性は確かにあり今、日本はその宗教団体の危険に直面している。

人間の集団には必ず全体意思決定をする少人数による組織が発生しそれを制御する
のは非常に難しい。

994 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 01:59:03 ID:VKd3jgsz
>>993
だから宗教はあってもいいけどその集団を作る必要はないと思うし某学会さんのような組織など全くお笑いとしか言いようがないということ
貧乏人をたぶらかして新聞やらくされ本を買わせ金を徴収するような団体は馬鹿げている
その人たちは本を買うために買っている・・・読むためではない
本に対する冒涜だ・・・その証拠にその本しか買わない・・・知識や教養のために買っているのでは断じてない
まあ、これは一つの例だがどの宗教も徒党を組めば似たりよったりのことをしている

それにはまり喜々として活動している人を見れば恥ずかしくないですか?と言いたくなるのも仕方ない
徒党を組めば力が発生して勘違いが横行する・・

283 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)