5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?37

1 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 22:24:26 ID:BR2YiyUl
ティローパ(早川被告)の手記をざっと読んだ感想では
1.教祖はどこまでも救済を考えていた。贅沢な施設を建設しましょう
か、というと「そんなものは興味がない」と言った。
2.大量ポアを計画しているときも、動物などの生き物を殺すのを
ためらったという。
3.一部の幹部には厳しかったが、多くのサマナや信徒には
大乗的であって父親のように接していたという。



よって世間の煩悩的な麻原像とは食い違うものを感じる。






2 :カネゴン@キャンディ:2005/04/24(日) 23:11:13 ID:QCZZrmvz
ヤッター 2ゲット 今日はいい日だ

しかしなあ、大量ポア計画最中にも生き物殺さないというのは
なんのなぐさめにもならんわ
動物は邪魔にはならないから眼中になかっただけよ
邪魔なケーサツとか邪魔な国会議員を殺したくて
結局何の関係もない地下鉄職員とか通勤人殺しているの
死んだひとはただのとばっちりを受けたんだよ
教団が殺そうとしていたのは、もっと国の重要な連中だもの
こういうと被害者の方に失礼だが、死んだのがフツーの人たちだからまだましだったんだ
国会議員とかたくさん死んだら、今の風当たりはもっとすごいものになっているよ


3 :カネゴン@キャンディ:2005/04/25(月) 00:54:47 ID:2jdDFZKr
ひまニャーあげ


4 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 01:06:02 ID:ZsZBH6xq
>よって世間の煩悩的な麻原像とは食い違うものを感じる。

あくまでも信じて、教団幹部として長く活躍した人のみた麻原さんですよね。
で、その人が予言を外したり、現実認識に誤りがあったことも彼は指摘しています。

5 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 12:33:26 ID:xMc41PCG
>>1
オーストラリアでガイガーカウンターを持っていってウランを発掘しようと
したと。要するに核兵器をつくろうとしていたらしい。
そのときに何かの事情で羊を処分しなくてはならなくなったが、麻原は
無益な殺生はできないと反対した。
早川は、そのとき教祖を感心しなおした、という。

6 :カネゴン@キャンディ:2005/04/25(月) 21:13:07 ID:RYEAGYN/
>要するに核兵器をつくろうとしていたらしい。

誇大妄想とは、教組のためにあるような言葉だな
弟子には、大金が入るからといって放射能の影響があるかもしれない原発施設で働くことを
平気で勧めるからね 入ったばかりの人間に40マンくれるんだからね
やはり、健康被害と引き換えの高収入だよ
それで羊に気を使うとは脳みそが逆立ちしている

7 :にいちゃん:2005/04/25(月) 21:32:38 ID:/SJas5+Q
>>978
>> 仏典にある多くの中から気に入ったものを実行していればよい。
>それをやって恣意的なトンデモドグマをでっち上げたのが松本被告やそのセクト。
この理論も一部だけ正解。多くはそれでうまく生活しているのよ。
あなたの理論は、一部を取り上げて全てだと解釈している部分が多い。特にカルトに
対しては。一方的なんだよね。

>誰もあんたの「違和感」に合せる義務はないだろうに。それにしてもまともな議論論駁の
>出来ない人だな。
まともな議論をする姿勢があるなら視線を合わせる行為が必要だよ。あなたこそまともな
議論をしようとしていない。私に対してではないよ。そのトリガー部分は最低限理解してる
でしょ?


8 :にいちゃん:2005/04/25(月) 21:36:55 ID:/SJas5+Q
つづき
>>阿呆蛇羅
>他人に対するスタンスは人それぞれ。
あなたは仏典に対する探求心の基本が、釈迦の言いたかった本質に迫ろうというもの
であると考えているから、書いているのです。

>そんなことになると
>「カルマが落ちてよかったね」などと言い募り、「オウム製似非カルマの法則」という不当
>前提を持ち出し利用して喃々喋々し始めるのはオウムや信者・シンパだろうに。まさに
>「犬死」でしょうな。
あなたは、それを見ていてイライラする。という所でしょう。
繰り返されるオウム信者と思える言論を見ていれば。何年かずっと居るようだから、
いい加減腹も立つ。という気持ちが出てくるかもしれないが、それこそ個人の自由では。
否定すべき部分を、もっと理論的にすべきである。一括りにカルトとして一喝する事で
非論理的となってしまっている。
あなたに慈悲とか慈愛という気持ちでの実践がなされていないと思う以外ない。
こんな実践は意味がないから仏典に書いているなら理解できるんだが。。


9 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/25(月) 21:45:51 ID:OMmSccvb
横レス失礼します。
>>8 にいちゃんさん
以前の電波男さんの書き込みから引用しておきますよ。
----------------------------------------------------------------------
228 名前: 電波男Ψ(´д`)Ψ ◆KW8mn4ss 投稿日: 02/06/12 02:16

>>225
中観派が当初、旧仏教に対して批判する時の罵りようは私の比ではありませんでした。
明らかに間違いだという事が明白なのに論に服さない態度を示す人には罵倒の限りを
尽くします。それが理由で殺害された人も多かったのです。

185のような刹那滅にさえ迷うような事象仏教学者のテイノウ君には罵倒すら勿体無いのです。
----------------------------------------------------------------------
罵倒はある意味慈悲かもしれないですよ。
罵倒されてる側にしてみれば、トンデモ理論に聞こえるでしょうけど。

10 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:52:55 ID:SkzpnGYg
▼前スレ
果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?36
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1113245836/

▼過去スレ一覧
36 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1113245836/
35 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1111674215/
34 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1109225579/
33 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105874920/
32 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1103638202/
31 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1101814121/
30 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1099567285/
29 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1096722718/
28 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094344237/
27 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1091533953/
25−2 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089745407/
25−1 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088337729/
24 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1084182557/
23 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1081168591/

11 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:53:26 ID:SkzpnGYg
22 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079937025/
21 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078924094
20 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078289939/
19 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077866713/
18 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077625362/
17 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1076600547/
16 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1075240714/
15 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073213953/
14 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1071756287/
13 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1068336159/
12 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1065615770/
11 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063541752/
10 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1061296400/
09 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059141640/
08 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056632966/

12 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 22:54:12 ID:SkzpnGYg
07 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1053615404/
06 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050853885/
05 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1042359323/
04 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1039186321/
03 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1037170497/
02 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1035025652/
01 http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1027241172/

▼HTML化された過去スレ一覧
05 http://life.2ch.net/psy/kako/1042/10423/1042359323.html
04 http://life.2ch.net/psy/kako/1039/10391/1039186321.html
03 http://life.2ch.net/psy/kako/1037/10371/1037170497.html
02 http://life.2ch.net/psy/kako/1035/10350/1035025652.html
01 http://life.2ch.net/psy/kako/1027/10272/1027241172.html

▼すべての過去スレをHTML化して保管してる倉庫(1〜36)
http://www.geocities.jp/theravada_buddhism/aum/2ch/

13 :にいちゃん:2005/04/25(月) 23:04:45 ID:/SJas5+Q
>>9
了解です。
阿呆さんのスタンスは、私には的を得ているようには見えないが、
周りの方々の反応を見る限り、一部受け入れている部分も感じます。

逆に私はここで深くは何も議論しておらず言葉から伝わる気持ちで
判断している事を優先しています。
それが阿呆さんには許せない部分と突っ込み所満載の部分だった
のでしょう。

ただ、阿呆さんは「慈愛」を基にして、それを言い放つだけの責任と
気持ちを持って書いていたのか聞きたいところです。

おわり。

14 :カネゴン@キャンディ:2005/04/25(月) 23:10:22 ID:RYEAGYN/
あのー過去スレ見るのって有料のしかないの?
どうせみても、私の文句が半分を占めているが。。

15 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:11:47 ID:SkzpnGYg
どんな対話にも、双方の関係性があり、
関係性には意味があり、
意味には、それぞれ価値があると思います。

縁起の法(すべては相依関係)について思いを巡らせていたら、
そんな風に思いました。

16 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:13:24 ID:SkzpnGYg
そんな人のために↓を作ったのよん。
内緒だがdatも置いてあるから、はやめにダウンロードした方がいいかも。

▼すべての過去スレをHTML化して保管してる倉庫(1〜36)
http://www.geocities.jp/theravada_buddhism/aum/2ch/

17 :カネゴン@キャンディ:2005/04/25(月) 23:16:13 ID:RYEAGYN/
↑おお、即レスさんくす!
こういうのを善行を積むと言うんだ

18 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:17:25 ID:SkzpnGYg
カネゴン、きみはぼくの恩人なんだ。
他にももうひとり、そういう人がいたな。

19 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:20:15 ID:8Ey5cv1u
>>991
> 皮肉も好きなようだね。
> 探求した成果が皮肉や罵り・嘲りの言葉となっているようでは可愛そうだ。
> 原始仏教探求だけにとどめていればよい。
皮肉でも罵りでもなんでもない。論点先取や後出しじゃんけんを容認するつもりは毛頭
ありませんので。

> あなたは心を持たないの?検索エンジンとして居るならそれでも良いが、意味のない
> カテゴライズに加えた汚い言葉には反応するよね。人としての心はあるから。
またぞろ論証なしの罵倒?ほんとうに下らない。小児的強弁も容認しません。

> >虚偽論やペテンに対しては相応の対応をしているだけ。
> 目には目をというのは仏典には無いと思ったが、私の勉強不足かな?
単に事実の指摘をしているだけだが。それが「目には目を」?

> あなたは、相手をめがけて速球を出すが、打ち返しても反応がない投球マシンとも
> 言えるね。カルト的ではなく人間的というのです。
カルト的≠人間的。筋書き通りの反応を期待しても無駄。
>人と議論したいなら当然人間的な部分も
> 必要という事だよ。ここ2chではこんな書き方もおかしいのかもしれないけどね。
論点拡張や論点ずらしが「人間的」?恥を知れ。

20 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:25:28 ID:8Ey5cv1u
>>7
> この理論も一部だけ正解。多くはそれでうまく生活しているのよ。
「理論」ではなく事実。
> あなたの理論は、一部を取り上げて全てだと解釈している部分が多い。特にカルトに
> 対しては。一方的なんだよね。
「一部」ではなく、教法が基礎根底から徹底的に歪曲されている。

> まともな議論をする姿勢があるなら視線を合わせる行為が必要だよ。あなたこそまともな
> 議論をしようとしていない。私に対してではないよ。そのトリガー部分は最低限理解してる
> でしょ?
徹底的に観察・注視した上で論じているのだが。
>私に対してではないよ。
人格攻撃に関心も無いし意味も見出さない。


21 :名無しさん@3周年:2005/04/25(月) 23:38:48 ID:8Ey5cv1u
>>8
> あなたは仏典に対する探求心の基本が、釈迦の言いたかった本質に迫ろうというもの
> であると考えているから、書いているのです。
意味不明。文章になっていない。

> あなたは、それを見ていてイライラする。という所でしょう。
暗澹たる心境にはなるね。
> 繰り返されるオウム信者と思える言論を見ていれば。何年かずっと居るようだから、
> いい加減腹も立つ。という気持ちが出てくるかもしれないが、それこそ個人の自由では。
「個人の自由」という事柄と最も無縁なのはオウム連中だろうに。自己責任どころか
「カルマ転嫁」に憂き身をやつしているように見えるが。
> 否定すべき部分を、もっと理論的にすべきである。一括りにカルトとして一喝する事で
> 非論理的となってしまっている。
詭弁や虚偽詐欺論法で人を欺く行為がカルトではないとでも?似非論理の巣窟ではないか
オウムは。
> あなたに慈悲とか慈愛という気持ちでの実践がなされていないと思う以外ない。
誤った前提に目を瞑って「慈悲とか慈愛」もないだろうに。オウム的な意味でのこれらには
生涯無縁でいるつもり。
> こんな実践は意味がないから仏典に書いているなら理解できるんだが。。
これまた意味不明。


22 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/26(火) 00:56:32 ID:a/r1stIL
2chに書き込んでいる『自称宗教者』の多くが…
『慈悲』『慈愛』の事を

 『自分を傷付けない事』 『自分を心地良くさせてくれる事』

だと思っている。
言わば『自分のエゴを満足させる事』が『慈悲』『慈愛』だと思っている。
真の意味での『慈悲』『慈愛』を理解している者なんざ数えるほどしか居ない。


少なくとも、私個人の見たところでは

 『キリスト教徒』 『仏教徒』 『禅者』 『ヨーガ行者(ヨーギ)』 

のほとんどと

 『阿含宗信者』 『オウム信者』 『統一信者』

の全てが含まれる。
(他は知らない。実際に見てないから)
悲しい事だ。

23 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:12:51 ID:v4XU5tWe
理解に至るまで時間かかるからね。
成長途上にいる人がほとんどなのは当然なんじゃないの。

理解した人が現れても、また若い世代があとからどんどん出て
くるから、永遠にその構図は変わらないよ。

24 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:27:52 ID:LjpQEM+h
オウムは脱線事故死亡者を見ても「そういうカルマだった」の一言で終わりそう。


25 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 01:39:36 ID:v4XU5tWe
たとえ苦しんで死んでも、どこかに蓄積されているはずのカルマが
落ちて、どこかにあるはずの高い世界に転生することの方が幸福だ
と信じてるからね。

感情的には、本当に善意から「高い世界に生まれ変りますように」と
思うことだろう。

しかも、グルの教義を真理だと信じて奉じてるから、その考え方の正
当性を検証することは、誠実な態度とは見なされず、「疑念」という卑
しむべきものという評価を受けることになる。

その間違いを正すための機会も、オウム論法十八番の「学者経」、
「社会の常識も洗脳だ経」、「批判的理性は疑念だ経」、「理性は真我
じゃないぞ経」で、あらかじめ封印されてるって寸法だ。
これがからくり。

26 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:01:16 ID:v4XU5tWe
いまでも現役は、事件の首謀者は教祖ではなく、一部の弟子の
暴走だと考えてるの?

それとも、タントラ・グルとしての救済活動の一環として、あの事件
も宗教的には“あり”なんだ、OKなことなんだ、と思ってるの?

どっちが本当?

27 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:05:12 ID:MXLplUZr
私は子供のころから不思議に思っていた。
和犬と呼ばれる犬、
柴犬、秋田犬、紀州犬などの顔は、
どことなく日本人と似ている。

洋犬と呼ばれる犬、
シェパード、コリー、ブルドッグ、テリアなどの顔は、
どことなく西洋人と似ている。

猿もニホンザルは日本人的な顔で、
チンパンジーやゴリラは非日本的な顔だ。

これは和犬が日本人の生まれ変わりで、
洋犬が西洋人の生まれ変わりであるから、
という理由ではないだろうか?

猿についても、
ニホンザルは日本人の生まれ変わりではないだろうか?

私は絶対にそうだと思うが、
それを証明する方法はない。


28 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:06:43 ID:v4XU5tWe
>>27
こんばんわ>シェルター

29 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 02:28:26 ID:MXLplUZr
私は外資系の企業に在籍していたことがある。
その企業には英語ができる人が多かった。
そこで妙に思ったのは、
西欧的な顔立ちの日本人が多かったということだ。

実は私も英語ができる人なのだが、
過去世でアメリカ人だった生を思い出している。
そのときの私は青い目で金髪のチンピラであった。
私の顔もどちらかというと西欧人的な顔である。

私は英単語については、
いくらでも無制限に覚えられるが、
かすかに過去世の記憶が残っているからかもしれない。

現在の顔の形は過去生の顔に似ている
これは絶対に正しいと思う。
しかし、これを証明する方法はない。


30 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 06:35:37 ID:3S9OjNVL
>>19>>20>>21は私のレス。スレッド切り替えのときに名を入れ損ねた。


31 :にいちゃん:2005/04/26(火) 11:31:08 ID:cIm2zSEy
>>19
一つ一つ丁寧に応えてるな。そこまでのパワーがあるというなら、
こんな言葉面ばかり追っていても意味がない。

>「一部」ではなく、教法が基礎根底から徹底的に歪曲されている。
歪曲されていると考えられる部分を提示できるのか?

>人格攻撃に関心も無いし意味も見出さない。
あなたは本当に原始仏教を理解できているのか?私は理解していない。
だが釈迦という状態に対する拘りはある。彼は彼であり彼ではない。
それは原始仏教を追いかけてもなかなかみつけられず、近視眼的になって
しまうだけ。原始仏教も参考程度という考えで完全否定ではない。
人という個体は意識が広がれば、集団となり国となり惑星となり宇宙となり
うる。個人というよりも意識のスケールには時と場合により大きさが異なる。

阿呆蛇羅は、そのレスの根拠がカルトからくるものか他のものから得たもの
か全く思考から除外し、カルトという物にスケールを固定しすぎている。
だから、書いた本人がカルトから得た物かどうかが理解できないような
レスに対しても、カルトとして「カルト撲滅ビーム」を発射している。
それが、もしカルト以外で得た教訓であり考えであった場合にどう受け止め
るかを考慮に入れていない。という事。
それが議論を一方的にしている。

32 :にいちゃん:2005/04/26(火) 12:03:25 ID:cIm2zSEy
>>19
>論点拡張や論点ずらしが「人間的」?恥を知れ。
論点拡張ずらし=人間的とどこで書いた?一方的スタンスの無意味さを知れ。

>>20
>人格攻撃に関心も無いし意味も見出さない。
ずれた事書くな。人格攻撃になり得る記載は阿呆蛇羅にもある。残念ながらね。>>31
さらに悪質な場合だって考え得る。それを一貫したスタイルで補っているつもり
かもしれないが、原始仏教という鎧に身を隠しすぎ。

>>21
>誤った前提に目を瞑って「慈悲とか慈愛」もないだろうに。オウム的な意味でのこれらには
>生涯無縁でいるつもり。
あなたのスタンスではこの言いたい事はわかるよ。
しかし、普通の思考は
「私はいろんなものを読み全体的に考えての慈愛と言ったまで。オウム的な立場で
書いていないにも関わらず、私=オウムとして書く阿呆蛇羅の決めつけは何なんだ?」とね。
周りの反オウムの差別意識を拡大させ、少なくともオウム傾向にある人間なら仏典理解しても
言葉面しか反応しないあなたは嘘臭く映ってしまう。
論点を重要視するのは、「原始仏典スレ」の特徴だね。
しかし、オウムでは多くの更生中人間や、ショックで何も出来ない人間や、被害を多く受けた
まま回復しない信者もいる。殺人集団にいるつもりも無い人間ばかりだった。
あなたの論駁は、多くの部分に意味がないと言いたい。
特に個々に最近来ているオウム系は、未だにオウムの神秘力と言ってオウムは優れていると
考えているよね?
あなたは完全否定してもオウムシンパは神秘力を否定しきれていない人間のたまり場。
それが一番で最後の根拠である場合が多い。
ここを砕く必要がある。


33 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 12:18:22 ID:3S9OjNVL
>>31
> 一つ一つ丁寧に応えてるな。そこまでのパワーがあるというなら、
> こんな言葉面ばかり追っていても意味がない。
必死のドグマ擁護か? そもそも「パワー」など必要ないのだが。
> >「一部」ではなく、教法が基礎根底から徹底的に歪曲されている。
> 歪曲されていると考えられる部分を提示できるのか?
大体「真我」やら「霊魂」や「カルマの法則@オウム流」など、原始佛教の教説とは無縁のもの。
過去に教証も提出しているはず。その気になればオウムのドグマと対照も出来る。

> あなたは本当に原始仏教を理解できているのか?私は理解していない。
探究追究を継続しているが理解はまだまだと思う。しかし少なくとも外道邪義・戯論に転落する
ことはないと考える。
> だが釈迦という状態に対する拘りはある。彼は彼であり彼ではない。
誰に関する何が言いたい?
> それは原始仏教を追いかけてもなかなかみつけられず、近視眼的になって
> しまうだけ。原始仏教も参考程度という考えで完全否定ではない。
「参考程度」の割にはそれを楯にいわれなき断定・レッテル張りを重ねることで。
> 人という個体は意識が広がれば、集団となり国となり惑星となり宇宙となり
> うる。個人というよりも意識のスケールには時と場合により大きさが異なる。
またもや、懲りない論点拡張・論点捏造。本当に無慚無愧の詭弁だな。やっていて恥ずかしくないのか?
> 阿呆蛇羅は、そのレスの根拠がカルトからくるものか他のものから得たもの
> か全く思考から除外し、カルトという物にスケールを固定しすぎている。
> だから、書いた本人がカルトから得た物かどうかが理解できないような
> レスに対しても、カルトとして「カルト撲滅ビーム」を発射している。
> それが、もしカルト以外で得た教訓であり考えであった場合にどう受け止め
> るかを考慮に入れていない。という事。
> それが議論を一方的にしている。


34 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 12:53:07 ID:3S9OjNVL
>>32
> 論点拡張ずらし=人間的とどこで書いた?一方的スタンスの無意味さを知れ。
非論理的なでっち上げ論点は容認しないし、馴れ合うつもりもない。
> ずれた事書くな。人格攻撃になり得る記載は阿呆蛇羅にもある。残念ながらね。>>31
詭弁的論述内容や不適切な論法の批判は人格攻撃にはあたらない。
> さらに悪質な場合だって考え得る。・・・身を隠しすぎ。
「事実に対して仮定を持ち出す」な。その「鎧」で自滅したカルトを批判しているだけだが。
> あなたのスタンスではこの言いたい事はわかるよ。
まるで理解していないようだ。
> しかし、普通の思考は
詭弁虚偽論の波状攻撃が「普通の思考」?
> 「私はいろんなものを、・・・少なくともオウム傾向にある人間なら仏典理解しても
> 言葉面しか反応しないあなたは嘘臭く映ってしまう。
過去にもこういう局面になると慈悲やらを持ち出して懐柔しようという信者・シンパがいたのでね。
しかし、論点ずらしの手口やタイミングは見事にオウム的。ワンパターンでつまらん。ついでなが
ら佛典はジャンキーやカルトエゴを補強するためにあるのではない。 >>22はよくまとまっていると思う。
> 論点を重要視するのは、「原始仏典スレ」の特徴だね。
効率よく事実真実を闡明するには最も適切な手法と思う。
> しかし、オウムでは多くの更生中人間や・・・も無い人間ばかりだった。
非信者の被害者の現状も顧慮しての発言か?被害者やその関係者への想像力の決定的な欠如が
信者やシンパの言動に垣間見られる。
> あなたの論駁は、多くの部分に意味がないと言いたい。
だから警鐘や防犯ベルの機能でも果たせられれば充分だって。
> 特に個々に最近来ているオウム系は、未だにオウムの神秘力と言ってオウムは優れていると
> 考えているよね?
オカルト中毒患者は跡を絶たないようだ。
> あなたは完全否定してもオウムシンパは神秘力を否定しきれていない人間のたまり場。
> それが一番で最後の根拠である場合が多い。
> ここを砕く必要がある。
「神秘」をメタ化できないと只のジャンキーに成り下がってしまうのだが。
いずれにせよ、この種の惨事や社会問題は二度と再び繰り返したくないのものだ。

35 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/26(火) 13:05:32 ID:bkU0e/lb
>>32
にいちゃんとやら。
>>22を百回繰り返して読め。
何が
> 全体的に考えての慈愛
だっての。
『慈悲・慈愛』とは程遠いわ。

36 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 14:21:12 ID:3S9OjNVL
> 阿呆蛇羅は、そのレスの根拠がカルトからくるものか他のものから得たもの
> か全く思考から除外し、カルトという物にスケールを固定しすぎている。
詭弁や誤謬論法による正当化行為を容認しないだけなのだが。
> だから、書いた本人がカルトから得た物かどうかが理解できないような
> レスに対しても、カルトとして「カルト撲滅ビーム」を発射している。
カルト的論法の見本市みたいなものへの対処はいつもこんなものだが、反論らしい
反論もなく紙礫しか跳んで来ないのが笑止。
> それが、もしカルト以外で得た教訓であり考えであった場合にどう受け止め
> るかを考慮に入れていない。という事。
論法なども問題視されていることを忘れないように。繰り返すが「事実に対して仮定を持ち出す」
愚を犯さないように。
> それが議論を一方的にしている。

37 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 15:36:58 ID:v4XU5tWe
>にいちゃんさんへ
過去スレ35を一通り読んでみて下さい。
要点だけ見たい場合は、791-795にまとめてあります。
>>10-12の一番下に過去ログ倉庫があるから、利用してねん。

38 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 16:55:14 ID:rbdAq6Ek
私が昔 読んだ鬼塚五十一氏の本によると
確か『ファティマ第三の予言』は こんなだったと思います。
「世界が終わる二代前の ローマ法王の時代は長く続く。
この時代は「太陽の労働の時代」と言われる。
長く続いたローマ法王(ヨハネパウロ二世)のあと
ローマ法王になる者の時間は短く 1、2年で亡くなる。
そのあとに世界の終わりが来る」
と書かれてあったと思うのですが いかがなものでしょうか?

39 :単純作業員:2005/04/26(火) 16:59:24 ID:6WlQxDXO
にいちゃん、がっばってるね。アナタはやさしい人だから、これ以上、あなたが傷つくのを見たくないな。
オームに対するシンパシーと郷愁が 現実社会で戦うアナタの悩みの逃避、その糸口にならないことを願います。
心大きく ニコニコして レスを読みましょう。 あなたを必要とする人がいっぱいいるんだから。。。

>>22 >ハルカ ◆さん、こんちわ。。
また美味しそうな餌を仕掛けてますね。僕が釣られちゃおう。

『慈悲』『慈愛』の事を ぼくは「自分の心があったかくなる行為を与えること」と定義してますが、
もう少し補強材料がほしかったところです。

>言わば『自分のエゴを満足させる事』が『慈悲』『慈愛』だと思っている。
>真の意味での『慈悲』『慈愛』を理解している者なんざ数えるほどしか居ない。

この言葉の意味が分からない。
自分に 心から慈しむ気持ちがあれば それで十分じゃないですか?
その行為を「自分のエゴを満足させる事」と判断するのは 自分ではないですよね。
そのように人の行為の裏まで憶測してしまう その人間側の資質のほうが問題ではないのでしょうか?

>真の意味での『慈悲』『慈愛』を理解している者
とは どのように「慈悲」を理解し どのように行動する事なのでしょうか??

>阿呆陀羅經さん こんちわ。
仏教の解説のリンクいつもありがとうございます。
一つだけ質問いいですか?

世の中で生きていくうえで、不思議な出来事 不思議な経験ってありますよね。
あなたがそんな経験をしたとき、どのように心で処理するのでしょうか?

40 :単純作業員:2005/04/26(火) 17:00:46 ID:6WlQxDXO
>22
>>『自称宗教者』の多くが… 『慈悲』『慈愛』の事を
>>『自分を傷付けない事』 『自分を心地良くさせてくれる事』 だと思っている。
>>『阿含宗信者』 『オウム信者』 『統一信者』 の全てが含まれる。

教祖もち新興宗教のなかで 慈悲をそのように定義している宗教ってあるんですか??

このスレを読む限り オームは  『自分を傷付けない事』 は 自分に甘い。修行が足りない。
『自分を心地良くさせてくれる事』とは 自分を堕落させること と定義しているように感じます。

だからこそ 彼らに「自分を慈しむこと。自分の心が温かくなる行為を与えこと」を
奨励しているのですが、ぼくの感じ方は間違なのでしょうか??

なぜ、アナタには彼らの『慈悲」に対する考え方が そのように感じられたんでしょうか?

41 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 18:16:35 ID:qMasM1LW
>>39昨夜からどうもです。仰るとおりの頑固者で・・・(苦笑)。
> あなたがそんな経験をしたとき、どのように心で処理するのでしょうか?
「!?」という物事もよくよく吟味考察すれば何でもないことなのです。人生、「○○の正体
見たり××」の繰り返しと心得ています。何らかの体験を神秘化したり特別視しません。

「見られたものは見られただけのものと知り、聞かれたことは聞かれただけのものであると知り、
考えられたことはまた同様に考えられただけのものであると知り、また識別されたことは識別さ
れただけものであると知ったならば苦しみが終滅すると説かれる。」『ウダーナヴァルガ』26・17

「(経験するものを)実質ある物だと思って走り近づいていくが、ただそのたびごとに新しい束縛を
身に受けるだけである。暗黒の中から出て来た蛾が(火の中に)落ちるようなものである。かれら
は見たり聞いたりしたことに心が執著しているのである。」同上29・5

42 :単純作業員:2005/04/26(火) 19:22:37 ID:6WlQxDXO
>41 レス有難うございます。
端的な文章なので、そのままここに書き 引用するのをやめます。

在るものを 在るがままに受け入れ、その事象を色眼鏡で見ることなく 客観的によく吟味すれば、
物事の本質が見えてくる。ってとこでしょうか。

釈迦の時代、雷や地震、その他あらゆる天変地異に その原因を探る手段は無かったでしょう。
とすれば、 そのような出来事に囚われて、民衆が生活をおざなりにする事の
間違いを説きたかったのではないのでしょうか。

釈迦だって、雷や地震の原因を自分なりに考察したと思いますよ。

現代には、世にある不思議な現象を解き明かそうとする科学も道具も存在しています。
その一つ一つに挑戦していく事が 現代の科学的成果ともいえますね。

今の若者には、出来る事と出来ない事の境界線があいまいなんです。
だから 簡単に超自然的な世界や存在を信じてしまうのかもしれません。

オームや その他カルトの教義は あいまいな境界線を巧みに利用してるといえるんです。
だから仏典といえども 信者を取り込むための一つの道具でしかありません。

釈迦の教えは時代を超えて普遍の真理なのかもしれません。
でも 世にある現代の不思議に対する人間の探究心に 釈迦の教えは対応しているとも思えません。
その教えが 釈迦の時代の釈迦の世界観だと思うからです。(すみません ちっと、思い込み入ってます))

間一髪に救われた命と、失われた命。その結果、救われた命の人生が変わってしまう事に
何の不思議もありません。
とらわれるな。なにものにも囚われるな。あるがままにうけいれよ。。それだけなんでしょうか。

人間が進歩する方法は 仏典には存在するのでしょうか?

43 :  :2005/04/26(火) 19:34:43 ID:5bGV0L/X
これは運動不足のインテリが体を動かす快感に目覚めるだけだろう。


44 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:55:21 ID:v4XU5tWe
>>43
いいとこ突いてますね。

オウムの信仰を分析したところ、その信仰の根拠には4つの側面があります。
その4つとは

(1)教義の論理構造
(2)愛と尊敬の念を根拠とする情緒的側面
(3)身体感覚を伴う心理的非日常性の経験
(4)教祖や事件に関する事実認識

オウム信者の場合、理性や情緒に訴えるだけでは現実認識が回復しない
のは、身体感覚を伴う経験に、その原因があると考えられます。

養老孟司も「バカの壁」で同じこと言ってました。

45 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 19:58:19 ID:v4XU5tWe
(2)の情緒的側面には、尊敬と信仰の裏返しとして、地獄へ落ちること
への恐怖心、疑念というレッテルへの恐れなども含まれます。

46 :にいちゃん:2005/04/26(火) 20:06:12 ID:cIm2zSEy
>>35
百回は流石に読めなかったよ。1回読んたので許して欲しい。
>真の意味での『慈悲』『慈愛』を理解している者なんざ数えるほどしか居ない。
自分に心地よくない。という事を主眼に議論している奴は慈愛を言葉にするな。
といいたいのでしょ?

>>33
>必死のドグマ擁護か? そもそも「パワー」など必要ないのだが。
これこそ先取り?一つ一つレスを上げるのは、大したパワーです。

>大体「真我」やら「霊魂」や「カルマの法則@オウム流」など、原始佛教の教説とは無縁のもの。
>過去に教証も提出しているはず。その気になればオウムのドグマと対照も出来る。
悪いが、私はこの部分のオウム的な思考を良くしらない。オウムの言う真我を阿呆蛇羅の
方が理解しているかもしれないな。霊魂などは聞いたこともないが?

>「参考程度」の割にはそれを楯にいわれなき断定・レッテル張りを重ねることで。
俺の思考は雑種である。それは今まで生きてきた個人の考えであり、いわれないなら、最初に
指摘した部分をもう一度考えるべき。レッテル張りはあなたがしていた事だ。
オウムがどれだけの教義をどこからを吸収したかは深くは知らない。キリスト宣言したあたりの
事は覚えていないというのもある。軍隊の人体実験を検証するかのように私の記憶は消去され
全く記憶落ちしている期間はあるのは確かだが。



47 :にいちゃん:2005/04/26(火) 20:27:13 ID:cIm2zSEy
>>34
>非論理的なでっち上げ論点は容認しないし、馴れ合うつもりもない。
勿論、私もだ。何を根拠にしているか一つ一つ検証させて貰うよ。私は原始仏教には
参考程度に考えていたが、あなたのお陰で探求しても意味が無いのではないかという
懐疑心に陥っている。

>過去にもこういう局面になると慈悲やらを持ち出して懐柔しようという信者・シンパがいたのでね。
>しかし、論点ずらしの手口やタイミングは見事にオウム的。ワンパターンでつまらん。
最初に法に関する議論する意味がないと書いたが、それは全く同じ言葉であっても裏で
考えている根本が変われば意味をなさない為です。

オウムでは慈愛とは「相手を早く涅槃に到達させる為の相手にとって一番良い方法」だと
教えているはず。
私は慈愛とは責任が発生するものと考えている。少なくとも今の状態では、相手の状態が
見えた所で、全てを決定する権利はその意識個人が持っているものであると考えている
為、それを何とかするという事は、自分のレベルから考えても傲慢な姿勢としか映らない。
経験しないと理解できないのが意識の本質だと考える為です。
その人々が好きなように生きていればよい。それらに罵倒する理由もないし、一括りにして
一喝する意味もない。だからあなたの書き込みに一部反応したのです。あなたのスタンス
は変わらないから反論していたのでしょうが、いろいろ書いていると周りに影響している
ようだなぁ。

慈愛とはこうだという定義など私にはどうでも良いが、あなたが仏典を理解しようとつとめる時、
慈愛というものを何を参考に実践しているというのでしょう?
私が仏典を探求する者は慈愛の実践をしようと試みているというのは間違いですか?


48 :にいちゃん:2005/04/26(火) 20:35:45 ID:cIm2zSEy
私の慈愛があるとすれば、少なくとも自分が出来る部分で相手と同等化し、相手の気持ちを
考え感情移入し、一番最善だと思える方法を自分の考えとして伝えたりするという事であり、
それに対する報酬を受け取る事をビジネスといい、それを一切受けず見返りを考えない事を
プライベートのつきあいとして、考えている部分はある。この程度で行きすぎない事です。

>いずれにせよ、この種の惨事や社会問題は二度と再び繰り返したくないのものだ。

それは痛感します。というか私にとっては尼崎の脱線も似たように辛く悲しいものだった。
同じような時代を似たようなしきたりで同じような生活をしている人々が朝元気で出かけたのに
突然、脱線という惨事に見舞われ、突然の衝撃、車輪が外れきしむ轟音、悲鳴、圧迫、そして、
激痛から死へ。残された家族。何を見ても私の場合はサリンを思い出しますが。因みに私の
友人はサリンをかけられるような指示があったようです。また、私も殺してでも記憶を抹消
させたかったようだ。私は一度死んだも同然だからしぶといのは当然。

ここで阿呆蛇羅がリンクを張ったオウムサイトを確認すれば、確かに麻原はおかしな理論と、
「科学的な」部分の解説はかなりしどろもどろになり誤魔化し、仏教でも自己流の知ったか
ぶりを至るところで発揮し、慈愛がある人間とはとうてい思えない部分を感じる。
とは言え、阿呆蛇羅のどこの行為に慈愛があるというのかはっきりして貰いたいよ。


49 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/26(火) 20:39:31 ID:qMasM1LW
>>42
> 在るものを 在るがままに受け入れ・・・ってとこでしょうか。
「受け入れる」というより「措定された素材として使用する」というスタンスです。
> そのような出来事に囚われて・・・ 間違いを説きたかったのではないのでしょうか。
むしろ、執著に基づいてそれらを呪術や迷信でコントロールしようとする傾向をも批判したといえましょう。
> 釈迦だって、雷や地震の原因を自分なりに考察したと思いますよ。
原始佛教では四聖諦などの説示を第一義とし、自然科学的問題には無頓着でした。それらに言及し出すのは
阿毘達磨佛教以降であり、その傾向によって教説がトンデモ化して行きます。(=須弥山世界観など)
> 現代には、世にある不思議な現象を・・・現代の科学的成果ともいえますね。
医師などの諸科学者が各々の研究分野に精進精励することをブッダは推奨していますが、これらの分野への思想
的立場から言及を行いませんでした。
> オームや その他カルトの教義は・・・一つの道具でしかありません。
批判・思考能力の未熟さに付け込む行為は古今東西後を絶ちませんね。
> でも 世にある現代の不思議に対する人間の探究心に 釈迦の教えは対応しているとも思えません。
当時においても同様であったと考えます。
> その教えが 釈迦の時代の釈迦の世界観だと思うからです。
所謂「世界観」の構築などには関心を示さなかったものと考えます。http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/muki.htm
> とらわれるな。なにものにも囚われるな。あるがままにうけいれよ。それだけなんでしょうか。
「老病死」のような不可避の事態を「ありのまま」に客観的に観て対峙し執著を去るべしという教説であると
考えます。ブッダですらこれらの事態は不可避でした。
> 人間が進歩する方法は 仏典には存在するのでしょうか?
「進歩」の概念規定にもよるでしょう。スレ違いの長広舌失礼しました。一度原始佛教スレッドの過去ログをご精読ください。
何らかの示唆が得られるものと思います。

50 :にいちゃん:2005/04/26(火) 21:01:50 ID:cIm2zSEy
>>39
>にいちゃん、がっばってるね。アナタはやさしい人だから、これ以上、あなたが傷つくのを見たくないな。
私は傷ついているように見えますか?
しかし、私は間接的にですが多くの人を傷つけた。
最近、私は元である事さえも忘れる生活が続くようになっていた為に、ここに復活したのです。


51 :単純作業員:2005/04/26(火) 21:17:46 ID:6WlQxDXO
>48 にいちゃん。 こまったさんだなー。^^v
>>私の慈愛があるとすれば、、、

アナタにとっての「慈愛」がそれであったなら、それで良いよ。多分叩かれるだろうけどそれで良い。
ただ 心があったかくなる行為であることだけは忘れないで欲しい。
そして、相手が受け取らないと、怒り狂ったりもしてはいけないんだよ。

>49 丁重なレス有難うございます。
阿呆陀羅經さんのスタンスは ブッダのスタンスを踏襲していたのですね。
あくまで 現実の人間を相手にした教えであるわけなんですよね。。

漠然と 仏教は人生哲学であり、人生の指針を示したもの。のように捕らえておりましたが、
僕の考えも それほど外れた考えでもなかったのかな。。
リンク先は見たことあったような気もしますが、早速お気に入りに入れました。
アナタのスレや書き込みを参考に、少し学んで見ます。有難うございました。

>50 >>私は傷ついているように見えますか?

阿呆陀羅經さんの書き込みに傷つくというより、
老婆心ながら なにか 悩んでるし、迷っているなーと感じてしまいました。

いらぬおせっかいすみません。、

でも、また おせっかいな一言。。。オームに戻っちゃ駄目だよ。。。

52 :単純作業員:2005/04/26(火) 21:29:16 ID:6WlQxDXO
あ、そうだ。ブッダの教えは 
大昔の心理学書と苦悩除去のハウツー本を併せ持った本だったんでしょうね。ッて書きたかったんだ。。

さて 寝よう。

53 :名無しさん@3周年:2005/04/26(火) 22:07:18 ID:wlNVE4zu
私は「中国の綺麗系」とよく言われるが別に中国語なんか懐かしくも無い。
中国で心ひかれる物といえばパンダくらいなもの。

54 :カネゴン@キャンディ:2005/04/26(火) 22:12:34 ID:zPaIs/D7
ヽ(´_`)ノ =∫ ウンコー


   ゴメン コレバッカ

55 :にいちゃん:2005/04/26(火) 23:32:24 ID:cIm2zSEy
前のスレで阿呆さんとのきっかけは以下です。確かに501の人は変な事を書いている。
しかし、阿呆さんは直感部分でオウムと思えば一括りにしはじめる。


501 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/04/19(火) 12:28:02 ID:O3e1ctHU
 形而上学と形而下学の極端な二辺を離れることを、
 「形而中学」と言い、中道であり正見解であります。
 ま、形而上と形而下の二値だけではなく、それ以外にも
 可能性や必然性として、真理値があるということですね。
 様相論理学的(多値論理学的)に考えれば、論争に終止符が打たれます。

 なんちっち!!^_^;

511 名前: 阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A 投稿日: 2005/04/19(火) 14:12:49 ID:U6wDofAU
 >>501
 >「形而中学」と言い、中道であり正見解であります。
 てなお馬鹿な戯論を恥ずかしげもなく言い出すところが外道オウムの真骨頂である。
 様相論理学も何の助けにもならない。憐れむべしカルト脳。

516 名前: にいちゃん 投稿日: 2005/04/19(火) 15:39:01 ID:5SKBozBO
 >>511
 それってオウムというくくりではなく501個人に言う事では?



56 :にいちゃん:2005/04/26(火) 23:55:52 ID:cIm2zSEy
「馬鹿な戯論を恥ずかしげもなく言い出すところが外道オウムの真骨頂」
阿呆さんの論理は、物理学者、特に量子力学者も時に馬鹿かと思うような仮説を立て
るが、彼らもオウムなのか?

>>51
>そして、相手が受け取らないと、怒り狂ったりもしてはいけないんだよ。
私の書く慈愛は持論ですから、相手に考えを押し付けるようなエゴは極力さけたいとは
思っています。しかし、例外は阿呆さんのスタンスではオウム帰りする信者がいる
可能性もあるという事。後で議論に詰まった為に出してくるなと言うが、議論するより
触れるだけにとどめたかったのは正直な所。
ここの前と前々のスレを見れば明らかだけど、信者の質が明らかに精神科医に
相談したほうがと考えうる人たちの存在も見受けられる。
更に元の人においては、ある単純なきっかけからリスカなどに走り、睡眠薬を大量に
飲んだりする人間を若干名見てきた。多分反オウムなら、「それもカルマだろうに」
というんでしょうか?被害に遭った人間と同等では無いにしてもそれでは目には目を
でしょう。


57 :にいちゃん:2005/04/26(火) 23:58:59 ID:cIm2zSEy
>>51
私にもスタンスがあり、人としての妥協しなければならない範囲での議論をしなければ
一方的な「論駁」と言われるものでは、全く意味が無いどころか逆効果になる可能性
すら危惧できるのです。
ただ、ひとつオウムを繰り返させるな。という部分では共通かもしれないですが、
だからこそ私も拘るのです。

>いらぬおせっかいすみません。、
とんでもありません。単純さんはとても人間的で、あなたのような方が多くいらっしゃら
なければ私は社会復帰など出来ませんでした。

>でも、また おせっかいな一言。。。オームに戻っちゃ駄目だよ。。。
私がオームに戻るなんて気持ちは全く有りませんし、エゴを基にした殆どの団体には
所属するつもりも有りません。
私は、全ては元である事を理解してくれた方が居て会社をたて、迷惑をかけた親族の
脛に依存する事なく、多くの社会の人たちのお陰でここまで復帰させて頂いているの
です。もし戻ろうものなら、筋が通りません。
多少、家族や家を持ち車など乗り換え、自分のエゴも満たして来た部分は有ります
が、どこに幸福などあるのか?という感じでは有りますね。。。


58 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:05:15 ID:/DlQlhb0
「法句経(ダンマパダ)」

【諸行無常】
「一切の形成されたものは無常である」と明かな智恵をもって観るとき、
人は苦しみから遠ざかり離れる。
これこそ人が清らかになる道である。

【諸法非我】
「一切の事物は我ならざるものである」と明かな智恵をもって観るとき、
人は苦しみから遠ざかり離れる。
これこそ人が清らかになる道である。

【一切皆苦】
「一切の形成されたものは苦しみである」と明かな智恵をもって観るとき、
人は苦しみから遠ざかり離れる。
これこそ人が清らかになる道である。

そして、一切の執着から離れることが涅槃に入る道だと説く。

さて、一切とは?
ここで知恵あるものは気付く。

59 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:20:25 ID:/DlQlhb0
「ものごとがこんなにも儚い(はかない)のなら、
もっと心に刻んでおけばよかった...。」

「変わりゆくものに、変わらずにあれと執着すれば、
苦しみを生む因となる。」

「花が咲くなら咲くままに、
花が散るなら散りゆくままに、あるがままに愛でること。
変わりゆくことを知るがゆえ、はかない今を慈しむ。」

60 :にいちゃん:2005/04/27(水) 00:26:28 ID:VX2Q37Ku
ただ、出来る限り議論は本当は避けたい。

阿呆さんがいっている原始仏教探求において、もしオウムの原始仏教との
衝突が起きれば、意味のない罵倒のしあいとなるでしょう。ここにあらわれる
人間にはそんな議論が出来るオウム人は皆無なだけでしょう。

そしてまるで、「善」と「悪」のような立場となる。
善の正義、悪の正義が存在するが、この中に人の意志を奪うエゴが
どちらにも存在すれば、どちらも悪と言える。それが存在しないものが善だ。

本来、川が上流から下流に流れ落ちるように、世の中の摂理において、
自分の本当の意識に忠実に自然に流れていく事が大切なのです。

人同士が議論を重ねると必ず迷路に入り、これらの部分に到達する。


61 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:37:00 ID:/DlQlhb0
>>60
じゃ、このスレで何したいの?

62 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 00:39:57 ID:/DlQlhb0
ある人々が「最高の教えだ」と称するものを、他の人々は「下劣
なものである」と称する。これらのうちで、どれが真実の説である
のか?
かれらはすべて自分らこそ真理に達した者であると称している
のであるが。(903)

かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣
である」という。かれらはこのように互いに異なった執見をいだいて
論争し、めいめい自分の仮説を「真理である」と説く。(904)

もしも他人に非難されているがゆえに下劣であるというならば、
諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし
世人はみな自己の説を堅く主張して、他人の教えを劣ったものだ
と説いているからである。(905)

(真の)バラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々の
ことがらについて断定をして固執することもない。それゆえに、
諸々の論争を超越している…。(906)
(スッタ・ニパータ P.197〜198)

63 :にいちゃん:2005/04/27(水) 00:55:16 ID:VX2Q37Ku
>>61
一応は、オウム・元の今を見に来たんだけどね。

集団的な教義の議論をすれば、判断基準はエゴの所在に行き着く。から議論は
避けたいという事です。

原始仏教を転用してきて解釈しようとしたオウムの教義に、原始仏教でたたく事は
意味がない。と思っている。
勿論、オウム独特の解釈もある。しかし、究極に言葉面で議論してもオウムが
解釈しようとした原始仏教部分を持ち出してくるならば、議論が複雑になり、
周りが判断する事すら、文脈を長く追いかけて時間をかけないと理解出来なくなる。

シンプルイズベストだと思う。



64 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:03:27 ID:/DlQlhb0
>>63
そんなに難しく考えることないと思うよ。
議論の核心は、すでに「真我」か「無我」かというところに行き着いてる。
その他の議題は、その核心部分の周辺事項に過ぎない。
もう37スレも続いてるけど、新しい人が増えるたびに、また振り出しに
戻ってるだけ。

>>44にも書いたけど、オウムによる洗脳は4つの側面からの立体的な
アプローチで解除することができる。
なかでも教義の矛盾点を具体的に指摘することは、とても有益なことの
はずだよ。
ぼく自身、このスレの議論をきっかけに洗脳を完全に解くことができた。

その前の段階で、事件の実行犯と首謀者が誰であるのか、事実関係を
認識しておく必要があったけどね。
その後は、残ったマインド・コントロールと、後遺症を取り除く必要があっ
た。

このスレの議論は、いわば認知行動療法のような役割を果たしてる。

65 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 01:03:38 ID:Xsg0NolX
あーのさ、オウムは元や現在の信者が昔信じていたほどには
マトモなところではなかった

しかし、出家する前に、”現世はマトモなところではない”
”現世は無常で一歩歩くごとに苦や煩悩を増すところだと
見切ったから、出家しているはずだよ
それが、教団の間違いを見つけたからといって現世に帰っても
現世が以前以上に素晴らしいところに見えるはずはないよね。。
どっちのほうが、いくらかはマシだろうって、そういう感じでしょ
私は、人の自由意志よりも、カルマを悪くしない生き方を優先させるほうが
どちらかといえば、正しいような気がする
教団のように極端な犯罪行為はなしにしてほしいんだけど

>本来、川が上流から下流に流れ落ちるように、世の中の摂理において、
自分の本当の意識に忠実に自然に流れていく事が大切なのです。
悟ったみたいに聞こえるけど、自分の煩悩に忠実に生きようという、
そういうふうに聞こえるな。。下半身の命ずるままに異性に
身を任せるとか、闘争心の命ずるままに出世競争にはまるとか、そういうのが
世の中の摂理にあわせて、生きたいようにいきるってことじゃん??

悟りたければ、自分の本当の意識なんていうセリフはもはや出てこないはずなんだけどね。。

本当は、自分はいつまでも愛する家族と一緒にいたい
しかし人は死ぬ
本当は自分はいつまでも若く美しくありたい しかしおかまいなしに
老いて衰えていく


66 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 01:08:34 ID:nGunBhoB
嗚呼もういいよ
オウムは原始仏教じゃないんだわ
大乗仏教でもない密教でもない新興宗教なのよ
あんたたち議論してる間に口の臭いジジイになっちまうよ
頭でっかちは世俗楽しみな或は行者の見習いでもしてみな。。
アホは智慧を磨きなアカデミックな仏教書でも読みかじれ。。


67 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 01:14:00 ID:Xsg0NolX
オウムで聞いた非常に重要な説法で、経典から引用されたものだけど
”ある人がなにかの罪でつかまり、その罪は本当にその人が犯したのか
あるいは濡れ衣なのかは問題ではないが、引きずっていかれ、裁かれ、
死刑になることが決まったと。。。
その人は苦悩する。ああ、私の人生は、こんなになるはずではなかった。
若く美しい妻をもらい、欲望を満足させ、云々、、と、夢想してたのに
今私は死ななければならない。。
こう考えたときの、その人の気持ちはどうだろうか。私の人生はこんなはずでは
なかった。しかし、私の意思に反してこうなっている。。そう考える時の
意識状態はどうだろうか。ひどく苦しい。原因はなにか、。自分の意志でこうあれ、
こうなれと欲望するからだと。これを理解すればヒナヤーナの成就がある。

ここでは、濡れ衣を着せられるとかいうのは、あくまで比喩であって、自分の思い通りに
ならない状況を指している。
現世で欲望満足していきたい人間は別として、究極の自由を得たいと願うなら
ぜひ超えないといけないハードルだ。この説法はとても重要だと思う。

68 :かあちゃん:2005/04/27(水) 01:15:44 ID:byaHZ6le
智頭尾の言ったことで唯一の真理。
人は死ぬ絶対死ぬ必ず死ぬ。
どんな馬鹿でも分かる当たり前のこと。

69 :かあちゃん:2005/04/27(水) 01:21:43 ID:byaHZ6le
>これを理解すればヒナヤーナの成就がある。

その辺は心理学の範疇だろ。
てか年取れば誰でもそうなるし自殺願望者は皆悟ってることになるな。

70 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:27:33 ID:/DlQlhb0
理屈っぽい議論は、まとめサイトにアップできるといいと思わん?
読み物+FAQのように使える形だと便利かも。

71 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 01:29:36 ID:Xsg0NolX
ほんとうは、オウムで修行した人はみんな、わかっているんだわ
自分の思い通りに生きたいと思うことが、実際は墓穴を掘ることであって
人生やってみなかればわからない、などいうセリフは、甘い誘惑だということを。

自分のおもいどおりに生きたいと意図して、生きることがなぜいけないのか?
論拠はこうである。人生ほんとうに一回きりなら、やりたいことをやって生きるのが徳
しかし、輪廻があるならば、思い通りに生きられる生もあるだろうし、それができない
生もあるだろう。思い通りになることを喜ぶなら、そうならないときには悲しむ。
そういうクセがつくだけだと、思う。

本当は、私も頭ではそう理解している。ただ、ある程度の自由があるから
つきつめて考えなくても済む状況にあるだけ。

72 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 01:35:24 ID:Xsg0NolX
オウム理論からいけば、思い通りに楽しい生を送るとするなら
徳の消耗を生む
少しずつ願望成就することで徳を減らしていく
しかし、これをこう、あれをどうしたいと意図しなければ
徳の消耗が最小限で済む 減らない 疲弊しない

サマナはまったく自由がないから、爆発するんだと思う
一日中道場にいるとかね。。でも、現世の生活がものすごく徳を
減らすってのは、下向した人にはこわいくらいわかると思うよ

73 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 01:39:35 ID:/DlQlhb0
カネゴン本気でそれ書いてるなら、そうとう重症。
煽りでやってるなら天才w

74 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 01:51:49 ID:Xsg0NolX
私はお菓子なんか食べるのスキで、甘いものとかよく食べる
外にでると、缶コーヒーだの必ず飲むし、疲れると喫茶店でコーヒー飲む
こともよくある

でさ、サマナはお菓子なんか食えないんだなと あるいは貧しい国では
食えないんだなと、ときどき思う
自分は食いたいと思ったときに、自由に買えるわけ で楽しむ
だから、万が一それが自由にできなくなったとき、自分はどれだけ絶えられる
だろうかと、想像して不安になるときってある
貧しくて食えないってのは修行とは関係ないんだけども、サマナなんかは
意図して食わないわけじゃん 私がそういう状況だったらストレスためることでも
彼らはやすやす超えられるとしたら、自分は耐久性って意味で劣っているんだと、。
当然、バルドで食い物が出たときに、サマナは巻き込まれなくて済むものを
自分はヴィジョンをみて、何も歯止めがきかずに巻き込まれる可能性が濃い。
必ずしも、自由にさせることが親切ではないというのは、こういう観点から思う。



75 :バナナ王:2005/04/27(水) 01:55:54 ID:7LlNZoDn
カリウムが豊富なので

馬鹿にしてると思ったでしょ
そう思ったあなたは幸いです



76 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 01:58:09 ID:nGunBhoB
あんたそんなこと言ってたら幸せになれないわね
い〜い。。安月給で童貞の信徒の布施した金でラブホ逝って××する
サマナもいるのよ
そういう観念に囚われてたら幸福になれないわよ

77 :これも仕事か...トホホ:2005/04/27(水) 02:01:37 ID:7LlNZoDn
俺だって週末は家族と禿げしくガイシュツしたいっす
でも見張りが俺っちらの仕事っす 見張りっす

港湾港湾って、好きなのは「コーマン」

78 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 02:06:26 ID:nGunBhoB
あら、いいじゃないの
タバコでも吸いながら見張ってればいいんでしょ
暇なときはパチンコなんでしょ
税金ドロボーじゃないのよ。。

79 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:13:45 ID:/DlQlhb0
>カネゴン
その考え方って花にたとえたら、どうせいつか枯れるんだし、枯れ
ると悲しいから、咲かないでツボミのまま腐って死のう、みたいな
考え方じゃないの?

80 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 02:34:37 ID:Xsg0NolX
こういう状況でもって楽しまないと人生楽しくないとか
恋愛はこうでなくっちゃ恋愛しているといえないとか
そういう自分の中での思い込みが多くて固いほど、そうならないと
苦に感じるじゃん
てことは、”そうならないから苦しい”ってのは実は錯覚で
そうならないとイヤだわと思っている自分の気持ちが、実は苦の原因



81 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:44:24 ID:/DlQlhb0
オウムが約束した3つのメリット
(1)病苦からの解放
(2)この世の幸福
(3)悟りと解脱

このうち(2)は、どうやって達成すると考えてるの?

単純な言い方をすると、教団への布施やバクティでカルマを
貯めて、貯めたカルマを現世的幸福と交換するっていう感覚
かな?
で、幸福を感じた分に応じて、貯めたカルマが目減りすると。
なんかポイント交換で貰える懸賞みたいに感じる。

82 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 02:44:32 ID:nGunBhoB
麻原焼香はこんなこと言ってたさ
ヨーガで一番悪いのは自分を抑圧してる段階
次に抑圧を開放する段階
その次は自己を統御する段階
んで、最後に利他の段階
あたしゃあんな髭オヤジ信じちゃいないけど
あんたは信じてるみたいだからね。。


83 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 02:47:05 ID:/DlQlhb0
明らかにまだ抑圧の段階だな。

84 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 02:51:12 ID:nGunBhoB
バァロー髭オヤジ踏絵にしてやる
オウムなんてクソ食らえってなふうにならんかね
それが解脱だよ〜ん


85 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 03:00:45 ID:Xsg0NolX
教組は間違ってはいないと、私は思う
ただ、我流なんだよ
芸事でも、我流ってのはたいてい悪く言われる
ポイントは、悪く言われたくなければ、言われないで済むやり方も
あるだろうに、教組はそういう部分気にしないというのか
それが、評価が得られない理由なんじゃないかな
悪く言われたらカルマが落ちたと思うくらいなんじゃない

86 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 03:10:30 ID:nGunBhoB
あたしが思うにはオウムを信じて教えを全うして幸せになれる者と
そうでない者がいると思う。。
あたしなんて前者の代表だよ、。
出家至上主義の教団でよ、、出家なんて棺桶に入れと言われてる
ようなもんだと思ってたさ。。

87 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 03:14:10 ID:nGunBhoB
嗚呼大間違い
〇あたしなんて後者の代表だよ
×あたしなんて前者の代表だよ

88 :ねえちゃん:2005/04/27(水) 03:21:34 ID:nGunBhoB
我慢して抑圧して抑え切れるならストイックな出家生活でもなんでも
するがいいさ。。
でもよ、それができない奴ばかりじゃないのかね
義務感というかおかしな忠誠心から自分の心に反して
中と半端に従って不幸になった典型的な例があたしなのよ
今は気付いてる。。だから他の人にも言いたいの
自分の気持ちに、本心に素直になれと。。

89 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 06:47:19 ID:C8OXl8nO
>>55
言いたいことはいろいろあるのだが、ここからのほうがいいだろう。
> 前のスレで阿呆さんとのきっかけは以下です。確かに501の人は変な事を書いている。
> しかし、阿呆さんは直感部分でオウムと思えば一括りにしはじめる。

> 501 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 2005/04/19(火) 12:28:02 ID:O3e1ctHU
>  形而上学と形而下学の極端な二辺を離れることを、
>  「形而中学」と言い、中道であり正見解であります。
>  ま、形而上と形而下の二値だけではなく、それ以外にも
>  可能性や必然性として、真理値があるということですね。
>  様相論理学的(多値論理学的)に考えれば、論争に終止符が打たれます。
>  なんちっち!!^_^;
こうした陳述パターンはオウムの勃興期から蔓延していた似非学問的雰囲気の典型。事実連中と話せば
こうした学問的術語を駆使し、議論対象を曖昧にし、価値相対主義的基盤をでっち上げ、そこへオウムド
グマの「絶対的真理性」を忍び込ませるという詭弁手法を常套的に用いており、現在でもこの傾向は継続
しているようなので警鐘を発しておいたのです。しかし90年代初頭は折からの何でもあり「ニューアカ」ブー
ムに乗っかって隨分世間を煙に巻いたものだと思います。提灯持ち学者もいたしね。結局「知の欺瞞」に過
ぎなかったのだがhttp://www-cc.gakushuin.ac.jp/~881791/fn/。おまけに末尾の「なんちっち」などという言
い捨て宣言はけしからぬと思ったしね。ゆめゆめこうした朦朧言説に引っ掛からないよう注意しましょう。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9900bj.htm#ana0


90 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 06:54:32 ID:C8OXl8nO
>>56
>>56
> 「馬鹿な戯論を恥ずかしげもなく言い出すところが外道オウムの真骨頂」
> 阿呆さんの論理は、物理学者、特に量子力学者も時に馬鹿かと思うような仮説を立て
> るが、彼らもオウムなのか?
むしろオウムは「最初はトンデモ説でも後世にその正当性が認められることがある」という
論法でそのトンデモ主張を正当化しようとするんだが。「ごくまれな反例をとりあげる」や
「自分に有利な将来像を予想する」 という詭弁パターン。


91 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 07:04:10 ID:C8OXl8nO
↑のような事柄に関心のある向きにはhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588000950/249-7821024-8565155
の第11章「科学と形而上学との境界設定」などが示唆に富むと思います。

92 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 07:23:54 ID:C8OXl8nO
>>60
> 阿呆さんがいっている原始仏教探求において、もしオウムの原始仏教との
> 衝突が起きれば、意味のない罵倒のしあいとなるでしょう。
衝突そのものは阿含宗スレなどでも起ったけれど、様々な事実が暴露され、
決して無意味ではなかったと考えますが。
>  ここにあらわれる人間にはそんな議論が出来るオウム人は皆無なだけでしょう。
あちらも然り。
> そしてまるで、「善」と「悪」のような立場となる。
まあ、真偽や正邪が追究されるでしょうけど。
> 善の正義、悪の正義が存在するが、この中に人の意志を奪うエゴが
> どちらにも存在すれば、どちらも悪と言える。それが存在しないものが善だ。
エゴ云々などという循環論法を使用しないでもらいたい。
> 本来、川が上流から下流に流れ落ちるように、世の中の摂理において、
> 自分の本当の意識に忠実に自然に流れていく事が大切なのです。
あなたの比喩はいつも曖昧で意味不明。
> 人同士が議論を重ねると必ず迷路に入り、これらの部分に到達する。
論点や発言内容を明確にし、それに対する説明責任を負うのが議論の基礎。
循環論法・不当仮定・不当前提などの論点先取の誤謬を排した議論なら迷路
に入り込むことはなかろうし、効率よく事実真実を闡明できることだろう。


93 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 07:58:49 ID:nGObmgUw
>22
>2chに書き込んでいる『自称宗教者』の多くが…
>『慈悲』『慈愛』の事を
>『自分を傷付けない事』 『自分を心地良くさせてくれる事』
>だと思っている。

妄想、乙。


94 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 08:11:36 ID:C8OXl8nO
原始佛教における議論の方法論
http://homepage1.nifty.com/manikana/canon/mahavagga.html
ナーガールジュナにおける議論の方法論
http://homepage1.nifty.com/manikana/upayahrdaya/upayahrdaya.html

95 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 09:04:46 ID:tvNNizZ4
このハルカって人、
日頃他人に「それはお前の主観の問題だ。ど阿保!」
とか言ってるわりに、自分はおもいっきり主観で語っているのな。
自己中なん?さすがにエゴの塊の人は、ちょっと違うねー。

96 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 09:10:34 ID:ZILrb+R1
ただ法によって処理されているのが仏教
教祖を絶対化する宗教は仏教ではないよ
原始仏教とオウムなんて一切カンケーないし

97 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 11:27:29 ID:/DlQlhb0
>カネゴン
どうにもならないことを、どうにかしたいと思ったり、失われていくべきものを、
留めておきたいと思ったり、それが苦の因になるというのはわかるよ。

「一切の形成されたものは変化する」という自然の摂理に逆らえば、苦しい
思いをするのは自分の方だ。
季節は巡るのに、いつまでも春でいて欲しいと執着しても、そりゃ無理な話。

それはわかるんだけど、でも、この違和感はなんなんだ?
カネゴンの解釈への、この違和感はどこから来るんだろう。

98 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 11:27:52 ID:/DlQlhb0
「真理」の法を説いた世尊は、禁欲主義でもなく、快楽主義でもなく、
中道を説かれははずじゃなかったのか?

カネゴンや、その意見に賛同するアーレフシンパは、自性を認めれば、
死後のことに幸福を求め、逆に自性を認めなければ、「いますぐ自殺
すれば苦から解放されるじゃん」と言い、いずれにしても生きることを
否定して、死を志向する。

生きとし生けるものを慈しむ精神って、そういうものだったか?

99 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:01:32 ID:PY0cqBmg
何だかピントはずれの議論が続いているが、現実界に還元できない単なる観念に最大
の価値を認める点で、すべての宗教は同じ。教典と教祖やリーダーの言説次第で、オ
ウムと同様の自体が生じ得る恐れも同じである。

どの宗教も、オウムの本質的批判は不可能。すべて自分に跳ね返ってくるからである。
従って、他宗教の「教義」を根拠としてのオウム批判は無意味。根拠の皆無な果てしない
神学論争が続くだけ。根拠となり得るのは、宗教ではなく社会常識(道徳)のみ
である。

宗教そのものを離れて、生物としてのすべての現実の人間という確固たる基盤へ
抜本的なパラダイムシフトを行う以外には方法はない。

100 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:07:20 ID:/DlQlhb0
>>99
いい線いってるいし、問題の核心も見えてますね。

でも「文脈」というものを見落としてませんか。
まともなこと言っても、相手に話ば届かなければ、それこそ意味が
ないと思うよ。

釈迦や仏教を奉じる気持ちがある人に話しているんだから、仏教の
文脈で語ることには、それ相応の意味があるんだよ。

101 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 12:39:43 ID:PY0cqBmg
>>100
宗教によってマイコンされている人に他の宗教でアプローチすると、抜けか
かっている信者がフラッシュバックを起したり、他の宗教に移ってしまう危
険性が常にあるので、十分注意しなければならない。

やはり、宗教から現実の人間と自然へのドラスチックなシフトが最も理想的。
現代においては、宗教は、どこまで行っても胡散臭い、危険な代物。信者は
必死に正当化を求めているのだから、宗教的なものをを持ち出すと、無条件
で飛びつく恐れあり。

宗教を使うとすれば、観念外しのための禅宗などはどうだろうか。岡崎被告は、
禅で観念が外れたのだろうか。他のオウム信者はどうか。

102 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 13:14:35 ID:ILWewY0U
>生物としてのすべての現実の人間という確固たる基盤

その存在は、そんなにいいものなのか?
フツーに人間が生きている中に多くのむじゅんや悪があるだろうに
第一社会常識ってなんだよ?
どういうのが社会常識なんだ?民族によっても地域によっても全然
違ってしまうような、変りやすいものは宗教では論拠となりえないんだよ
どこの民族も自分達のやり方が一番まともだと思っているんだ
それはほとんど宗教と同じくらいだよ
日本では控えめであるのが美徳とされる場合が多いが、(聞いた話では)
アメリカ人などは遠慮して自分の意見を言わないのは意見がないとみなされると
いうし、年がどんなに離れていても友達のように話す、親しくなればね。
あるいは、これをいうと教組みたいだが、オスマンサンコンの住んでいる国では
妻は4人まで正式にもってよい。他にもそういう国はあると思う。日本でも昔は
経済力のある男は、妻を幾人ももっても良かった。幕府には大奥があった。
あるいはサムライは、場合によっては切り捨てゴメンが許された。今は悪徳とされることが
フツーであった時代もあるし、今善徳だと思われていることが、将来には悪徳とされるように
なることも多いだろう。。。つまり、社会常識は、コロコロ変りやすくて基準とはしがたい。

103 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:18:15 ID:/DlQlhb0
>>101
優れた洞察だと思います。
でもまぁ、わかってる人にとってみれば当たり前のことでしょう
かね。

>宗教から現実の人間と自然へのドラスチックなシフトが
>最も理想的

実は、それが初期仏教の真意です(笑)
初期仏教の狙いは、信仰を利用して信仰への執着さえ捨てさ
せること。
「信仰」から「観察と理解」へのパラダイムシフトをもたらします。

例えば釈迦は、バラモン教徒を教育するのに、バラモン教の
文脈を利用しました。
カースト制度を正面から批判するのではなく、カースト制度を
支えるバラモン教の文脈を利用して、その間違いに気づかせる
のだから、なかなかどうして。彼は。

104 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:20:06 ID:/DlQlhb0
>>101
【問題提起】
・現実とリンクしない単なる観念に最大の価値を置いてる時点で間違い
・すべての宗教は現実とリンクしない単なる観念に最大の価値を置いてる
・だから、他宗教の「教義」を根拠とするオウム批判は無意味
・根拠となり得るのは、宗教の教義ではなく現実と常識のみ
・他の宗教でアプローチしても、また他の無価値な宗教に移るだけ
・生物としての人間という確固たる基盤へ立ち返る以外に解決方法はない
・宗教から現実の人間と自然へのパラダイムシフトが最も理想的

よかったら前スレと前々スレのまとめ部分をざっと眺めてみてください。
まさのあなたの問題提起と同じテーマで話が進行してましたよ。

「形而上と形而下の区別」
「神秘の正体と現実認識の回復」
「教義に関する議論は無意味」
「何を以って正しいというのか」
などのテーマで話をしていました。

今の話題は、それを踏まえてのものです。

▼過去スレ35 (791-795)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1111674215/791-795
▼過去スレ36 (992-999)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1113245836/992-999
▼すべての過去スレをHTML化して保管してる倉庫(1〜36)
http://www.geocities.jp/theravada_buddhism/aum/2ch/

105 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:24:06 ID:/DlQlhb0
↑過去ログ保管庫にはdatもあり
読む人ははやめにDLしといてね

106 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 13:25:35 ID:ILWewY0U
カルマの法則を知っていて、そういう話にもっていきたがるのかね

カルマの法則を考えたら、今の人間社会は、のちのち人を不幸に
するようなことばかりやっているのに?

第一、今の日本人の常識では、宗教をやっているのはなんか胡散臭いと。
実は私もそう思っていた。しかし、世界の人口のかなりの部分が宗教を
もっているし、テレビでみたんだけど、アメリカだったか、裁判が始まる前に
裁判官の前で、原告や被告が胸の前に手をおき、ウソの証言をしないことを
”神に”誓います、というのを見たんだよね。裁判の席で、神の名を出すんだよ。
日本人からみたら智恵遅れですか?って感じでしょ?でも、アメリカという先進国で
司法の場でやられるんだよ、つまり彼らにとっては信心は可笑しいことではぜんぜんない。

宗教をやっているのはおかしいヤツだと、思い込んでいるのが日本人の特徴であって
それが日本人の常識なんだ。それがどこへ行っても通用すると思い込んでいると
かえって飛んだ失礼の原因にもなる。逆に、神を信じないというと野蛮人だとみなされるような
感覚が先進国の中にもあるよ。。

107 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 13:38:19 ID:ILWewY0U
現実の生物としての人間がそんなに素晴らしければ
宗教なんかもちだされないでしょ
あなたの話聞いていると、人間は間違いのない完成された生き物の
ごとく聞こえるよ 

それに世界を動かしている大富豪やらアメリカ歴代大統領などは
ちゃんと宗教やってんだぜ?宗教をやっているというよりも
神を信じている人間の友愛センターみたいなものらしいけど
メーソンっていうんだが、メンバーになるには条件があって信仰があること
男性であること、とかなんだけど、、世界を動かしている経済界のボスとか
政治家が名を連ねる。宗教やっているからといって肩身狭い思いさせられるのは
日本だからであって、世界レベルでみたら、(それが民族の争いにもなっているんだろうけど)
社会的に身分の重い人がそういう団体に所属して自分はすごいと思っているという
現実があるんだよ。

108 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 13:40:53 ID:ILWewY0U
面白いのは、宗教嫌いのはずの、しかも知的で宗教なんかアホが
やるもんだと思っているはずの日本人でも、そこに所属したがる
連中がいるってことよ

109 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 13:48:10 ID:/DlQlhb0
>>107
そういう人は、宗教や「信仰の再発見」を経験した人だよ。
上の人じゃないけど、現実とリンクしない観念を信じても、危険な
だけ。

真の信仰を見出すには、そういう危険な信仰をいったん卒業する
必要があるはず。

「宗教のない科学は不具であり、科学のない宗教は盲目です。」
― アルバート・アインシュタイン

110 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 13:57:26 ID:ILWewY0U
例えばカルマというのは、これは目に見えないじゃん
ということは形而上の問題でしょ じゃ論外だと
だったら、ナニをやってもいいの いや違うと人間には良心があるだろうと
その良心で解釈すればいい、あるいは社会常識で解釈すればいいと
どのくらい人間の良心が確固としていて、あてになるんだ?


111 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:00:01 ID:/DlQlhb0
そこで縁起の法ですよ。

112 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 14:03:10 ID:ILWewY0U
貧しい時代には子供をまびくのが常識だった
現代だって中絶している
経済を考えるとこうするのがアタリマエってのが日本人の常識でもある



113 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:05:39 ID:/DlQlhb0
「法」には、人間が勝手に作ったルールと、自然界のルールが
あると思わん?

どっからどこまでが自然の摂理で、どこまでが人間が決めた
ルールなのか。
その線引きの問題じゃないかな。

たとえば、四季の移り変わりは、自然の摂理で、人間が決めても
どうにもならん。
法律や、学校の規則や、会社の給料制度はその逆。

114 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 14:09:15 ID:ILWewY0U
やっぱり宗教がでるじゃない
でさ、宗教っていわれると胸糞悪いからこれは哲学だと
カテゴリをはずして自分は宗教やっているほどバカじゃないって
思いたがるの

115 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 14:09:43 ID:/DlQlhb0
それはあるかもなw

116 :にいちゃん:2005/04/27(水) 15:17:33 ID:VX2Q37Ku
>>92
>循環論法・不当仮定・不当前提などの論点先取の誤謬を排した議論なら迷路
>に入り込むことはなかろうし、効率よく事実真実を闡明できることだろう。

循環論法も微妙だが、常に気を付けていれば議論に精度があがるかもしれない
が、不当仮定・不当前提とは、自分の考え、或いは元にしている考えと違うものに
対して「不当」となり得る部分が多くならない?
特に現実は相対的なものの見方が多く、言葉に出来ない世界に関して何を
正当仮定・前提とするかは疑問が残る。
この部分では原始仏教は正当と判断出来るのなら、その根拠が知りたい。

>エゴ云々などという循環論法を使用しないでもらいたい。
「エゴ」が循環論法になるとすれば、どう言い換えられるというのですか?


117 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:26:49 ID:lkgxRFat
自然科学は、百人百様の「価値」の問題などに介入せず、もっぱら生物と
しての人間およびその生存を支える自然(一神教的には「被造物」)に
沈潜したため、人類に巨大な利便を齎しました。一神教は、傲慢不遜にも
人間の認識・思考能力の範囲外である「神」などを思考したために、数千
年間何の「進歩」もなく、果てしない紛争を殺戮を続けています。

自然宗教は、人間の生活の中から自然発生的に生じたもので、人間の生活
そのものであり、教祖や人為的な教義など存在しないから、問題が生じない
のです。

同じ宗教でも、自然宗教と創唱宗教、一神教と多神教、超越的な神を認める
宗教とそうでない宗教とは、本質的に異なります。

釈迦が超越的な「神」や「霊」を「無記」をして考慮に入れなかったことは、
比類のない偉大さだと思う。それによって、どれほど多くの人命の喪失が防止
できたかを考えて見る必要があります。


118 :にいちゃん:2005/04/27(水) 15:41:37 ID:VX2Q37Ku
(続き)
>>92
>あなたの比喩はいつも曖昧で意味不明。
いつもでは無いが、自分の考えを不特定に書く時は曖昧になってる事は認める。
いわば受け取り側が好きに解釈してよ。という事。

これでは議論にならない。かもしれないが、元々自分の主張はあまり議論する
事は無意味と考えている。時と場合によっては議論する事もあるけどね。
個人が持っている経験によって得る思考というのは、その個人になりきる以外に
伝える方法がない。
その良い例として、壮大なアルプスの山々を見た時、その感動や空気をあなたは
そのまま正しい言葉で自国のそれを知らない友人に伝える自信がありますか?
言葉とはそんなに表現豊かなものではない。
また、2人でその風景を見ても、2人の考えた事は確実に異なる。
ここは、このような観念に行き着くと考えているし、よって正当性など見いだせないと
考えている。

あなたは神秘体験をありのまま受け取ろうとはするが、表現に曖昧性を見いだして
発言していない。私は曖昧なままイメージとして表現している。
例えば作家・音楽家・妄想者のごとく。誰に対して言うでもない主張です。
「し〜ろ〜のパ〜ンダ〜は〜パンダじゃ〜なくてシロクマ〜♪」と嘉門達夫がパフィー
のうたをもじりましたが、こんな議論になるでしょう。


119 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:46:13 ID:MeWg8a5B
>カネゴン@キャンディ
原始佛教の行を進める過程で必ず宿命通は身に付き、過去世の記憶が甦るらしいですよ。
虫だった記憶、猫だった記憶など。

120 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:53:13 ID:lkgxRFat
>カネゴンさんへ

社会常識とは、生の欲求という基本的本能を有する生物としての人間が、
その生存のために、長い年月をかけて築きあげた生活の叡智。存在する
ことに意味があるのであって、「良い」「悪い」の判断の対象ではない。
その生活地域に限定されるのは当然。サンコンさんの国では、あなたが
妻を4人持っても、一向構わないのです。社会常識の改変も、やはり
社会常識によって行われます。社会常識を、個人の「目から鱗」の思想
によって改変しようとすれば、自然の人間性との乖離のため必ず歪が
生じる。共産主義革命やイエスのユダヤ教改革、ムハンマドのイスラーム、
ルターのキリスト教改革などがその好例。

人間が生の欲求とそれから派生する自己を含む共同体形成・維持の本能
を持った生物に過ぎないという事実は、唯一の「普遍」です。良いも
悪いもなく、あるがままがすべて。この本能から、自他の死に対する恐
怖や他者への憐れみの本能も生じる。エゴを押し通せば、エゴを守って
いる共同体も崩壊するのだから、行き過ぎがあっても、本能による自動
制御が働き、適当なところで解決が可能。

開祖の精神異常により観念の遊戯から生じた一神教は、この人間の本能
を人為的に制限・変容・破壊するから、人類に大いなる害悪を齎した。

121 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 15:56:57 ID:/DlQlhb0
>サンコンさんの国では、あなたが妻を4人持っても
>一向構わないのです。

うむ。構わん。

ただ、サンコンさんのお国で同性同士の結婚を認めてるのか。
そこが問題だ。

122 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 16:13:01 ID:C8OXl8nO
>>にいちゃん
>>116
> 循環論法も微妙だが、常に気を付けていれば議論に精度があがるかもしれない
> が、不当仮定・不当前提とは、自分の考え、或いは元にしている考えと違うものに
> 対して「不当」となり得る部分が多くならない?
ならない。要論証の命題を仮定・前提に持ち込む誤謬は混乱の原因。
> この部分では原始仏教は正当と判断出来るのなら、その根拠が知りたい。
原始佛教では問いや命題の妥当性・成立可能性も吟味検証され、それに耐え得ない事
柄は思考考察から排除される。(=無記・捨置答)
> 「エゴ」が循環論法になるとすれば、どう言い換えられるというのですか?
エゴ云々の発言そのものが循環論法に陥ってるということ。容認し得ない前提に対する
自然な対応のつもりなのだが。
既に議論に参加し、それを継続しているにもかかわらず、突然エゴ云々と言い出し、ちゃ
ぶ台をひっくり返すような仕種に走るのはそれこそエゴ丸出しの所業。自家撞着。

123 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:20:54 ID:MeWg8a5B
阿呆陀羅さんに質問です。
色蘊(肉体)がそのまま我であるという見解について釈尊は反駁していますか?

124 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 16:23:50 ID:C8OXl8nO
>>118
> いわば受け取り側が好きに解釈してよ。という事。
それでは、その「解釈」が意に沿わないものでも受容するわけ?
> これでは議論にならない。かもしれないが、元々自分の主張はあまり議論する
> 事は無意味と考えている。時と場合によっては議論する事もあるけどね。
> 個人が持っている経験によって得る思考というのは、その個人になりきる以外に
> 伝える方法がない。
つまりは議論の拒否?独我論的誤謬に陥らないことを願う。
> その良い例として、壮大なアルプスの山々を見た時、その感動や空気をあなたは
> そのまま正しい言葉で自国のそれを知らない友人に伝える自信がありますか?
印象を淡々と説明し、観たいのであれば写真などを見せ、行きたいのであれば行き方や行程を教え、
地図くらいなら渡してあげるけどね。
> 言葉とはそんなに表現豊かなものではない。
> また、2人でその風景を見ても、2人の考えた事は確実に異なる。
> ここは、このような観念に行き着くと考えているし、よって正当性など見いだせないと
> 考えている。
ここは言語と論理に支配される言説空間である事をお忘れなく。それよりも何よりも
あなた自身がその使い手であることを自覚されるべし。
> あなたは神秘体験をありのまま受け取ろうとはするが、表現に曖昧性を見いだして
> 発言していない。私は曖昧なままイメージとして表現している。
曖昧なものは曖昧なものとして明晰に表現すればいいだけの話。


125 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 16:26:02 ID:C8OXl8nO
>>123
色等の五蘊が無我であることは原始佛教以来の一貫した基礎教説です。

126 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:40:48 ID:MeWg8a5B
>>125
五蘊が無我であることを論証しているんでしょうか?
色即我なり、脳神経系が我なり、と考える人も居ると思うんですよ。


127 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 16:48:18 ID:C8OXl8nO
>>126
「初転法輪經」に続く「無我相經」に詳述されておりますので参照して下さい。
オウムスレですべき話題でもありませんが。

128 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 16:48:52 ID:/DlQlhb0
両者の「我」の意味がかみ合ってませんね。
気をつけないといけないのは、仏教用語の「我」は、通常の「我」と
意味が違うという点です。

129 :にいちゃん:2005/04/27(水) 16:49:34 ID:VX2Q37Ku
>>122
>エゴ云々の発言そのものが循環論法に陥ってるということ。
それじゃ説明にはなってないよね。
エゴは利己主義的な思考だととらえている。

「善の正義、悪の正義が存在するが、この中に人の意志を奪う利己主義的思考が
どちらにも存在すれば、どちらも悪と言える。それが存在しないものが善だ。 」

と書いてもよい。

130 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/27(水) 16:52:25 ID:5/BB9gz7
現在争点になっている『「五蘊」が「無我」』とはちょっとズレますけど、
ttp://page.freett.com/Libra0000/074.htm
参考までに。


131 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 17:05:42 ID:C8OXl8nO
>>129
> それじゃ説明にはなってないよね。
> エゴは利己主義的な思考だととらえている。
後出しじゃんけんですか?
> 「善の正義、悪の正義が存在するが、この中に人の意志を奪う利己主義的思考が
> どちらにも存在すれば、どちらも悪と言える。それが存在しないものが善だ。 」
一語一句不当仮定の見本のような記述。上記がそれに対応する文脈に対しいかなる論的
妥当性を有するか何も示されていない。オウムを始めとするカルトスレには横行する論法
だけどね。論点拡張の意図が疑われても致し方ない展開。
> と書いてもよい。


132 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 17:10:43 ID:/DlQlhb0
>>123氏が言いたいことは、肉体と精神は別個のものではなく
て、実は同一なんじゃないか、ってことじゃないですか?

133 :にいちゃん:2005/04/27(水) 17:21:20 ID:VX2Q37Ku
>>124
>つまりは議論の拒否?独我論的誤謬に陥らないことを願う。
ここでの議論には意味がない。と最初から書いているんだが。勿論、否定しては
いない。議論すべき部分があればする。但し表現する部分があればする。

>ここは言語と論理に支配される言説空間である事をお忘れなく。
ここは議論をする空間でもあり、自分を表現する部分でもある。違うのかな?
それによって同感するか相容れないかは、個人の自由だし、誤解している人すら
いるが、誤解を解こうというつもりも殆どない。例外もあるけど。
反応を確かめるだけでもとても参考になるよ。

独我的誤謬。自分の考えや譲れないもの。それは今の状況では多く持ち合わせない。
世の中のあらゆるものをありのままに見てありのままに観察しそのまま表現する。
あなたはこれに違和感を感じますか?表現は議論ではない。



134 :にいちゃん:2005/04/27(水) 17:25:13 ID:VX2Q37Ku
>>阿呆蛇羅経
>印象を淡々と説明し、観たいのであれば写真などを見せ、行きたいのであれば行き方や行程を教え、
>地図くらいなら渡してあげるけどね。
だからそんな事しても「2人でその風景を見ても、2人の感じた風景への思いは確実に異なる。 」
偉大なる大地の母と感じて感動する、あまりのグロテスクな光景に恐怖を覚える。いろんな
感じ方があるものです。解脱とはこうですよ。と言葉で表現しても各人とらえ方が異なってしまう。

あなたが言うように地図を渡せばよいでしょう。解脱を感じる事は出来るかもしれない。
だからと言って、釈迦Aの解脱と釈迦Bの解脱は同じかどうかすら検証出来ない。
また、解脱の状態も言葉でどこまで説明できるか。それは不可能。
それについて、何も記載しないとなっているのだろうが、これが釈迦が言葉の限界を感じた
部分である証拠とはならないだろうか?

つまり、言葉とはそんなに表現力豊かなものではない。
あなたは壮大な自然に出会い、誰かに言葉で伝える無意味さを感じた事がないのですか?
それは言葉に対する過信かもしれませんよ。それこそ誤謬の可能性では。

>それよりも何よりも
>あなた自身がその使い手であることを自覚されるべし。
言葉の使い手という意味ならそうでしょう。使い手も吟味する必要ある。
表現者、主張者、裁断者。置き換え自由と考えてるけど。

>曖昧なものは曖昧なものとして明晰に表現すればいいだけの話。
そんなにうまく表現出来れば、釈迦が居た時、すべての人は正しく理解し、仏教が混乱して
分岐するような事にならなかったように感じる。


135 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 17:28:00 ID:C8OXl8nO
>>132
> 肉体と精神は別個のものではなく
> て、実は同一なんじゃないか、ってことじゃないですか?
もしそうであれば原始佛教ならば「無記・捨置答」の範疇。

136 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 17:40:41 ID:/DlQlhb0
「あいまい思考」は、元信に残る特徴的な後遺症のひとつです。
以下は推測ですが、実体験に基づく仮説でもあります。

絶対的な真理だと強く“信じていた”ものが、実は正しくなかった
と気づいてしまうと、その経験は「明確な基準に基づく明確な思考
および結論はあり得ない」と思うようになってしまうのかもしれない。

だとすると、それは強烈な刷り込みによる一種のトラウマなので、
適切な認知の修復を行う必要があると思う。

137 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 17:50:00 ID:y1rwhrDG
私は女だから妻じゃなくて夫だけども

妻一人に夫数人って女系の国が実際あるって、いわゆる未開のところだけど
いいなあ。。。そこでは、男はみんなマスオさん状態らしいよ
女が強いんだって

>人間が生の欲求とそれから派生する自己を含む共同体形成・維持の本能
を持った生物に過ぎないという事実は、唯一の「普遍」です

それが、良い方向に働けばね。みんな自分や自国を守るために
目に見えない部分の人はしいたげているじゃん
日本人なんか先を見ずに今儲かればいいと思って地球の果てまで
でかけていって、自然を壊したり現地のめずらしいものをもってかえって
生態系壊すとかヘーキだよ
社会常識は経済活動ときってもきれないと思うけど、姑息なことをたくさん
やっているじゃん

138 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 17:52:42 ID:C8OXl8nO
>>134
> だからそんな事しても「2人でその風景を見ても、2人の感じた風景への思いは確実に異なる。 」
> 偉大なる大地の母と感じて感動する、あまりのグロテスクな光景に恐怖を覚える。いろんな
> 感じ方があるものです。解脱とはこうですよ。と言葉で表現しても各人とらえ方が異なってしまう。
必要条件≠充分条件。言語や論理は前者。語義・条理の整った言説を重んじるのはブッダ以来の規準。
> あなたが言うように地図を渡せばよいでしょう。解脱を感じる事は出来るかもしれない。
> だからと言って、釈迦Aの解脱と釈迦Bの解脱は同じかどうかすら検証出来ない。
「タターガタは道を教えるのみ」(中部經典107・中阿含経144)
> また、解脱の状態も言葉でどこまで説明できるか。それは不可能。
> それについて、何も記載しないとなっているのだろうが、これが釈迦が言葉の限界を感じた
> 部分である証拠とはならないだろうか?
言説・論理を究極まで追究したのもブッダであったのだが。經典はその記録とも言える。
> つまり、言葉とはそんなに表現力豊かなものではない。
> あなたは壮大な自然に出会い、誰かに言葉で伝える無意味さを感じた事がないのですか?
> それは言葉に対する過信かもしれませんよ。それこそ誤謬の可能性では。
そもそも言葉で伝えなければならないという理由が不明。つまり以上のような長大な仮定を用いて
何を主張したいのやら。
> 言葉の使い手という意味ならそうでしょう。使い手も吟味する必要ある。
> 表現者、主張者、裁断者。置き換え自由と考えてるけど。
いずれにせよ発言内容に対する説明責任が生じるという点で同様。
> そんなにうまく表現出来れば、釈迦が居た時、すべての人は正しく理解し、仏教が混乱して
> 分岐するような事にならなかったように感じる。
その「混乱と分岐」とは?概念規定が曖昧だと対論進行が不効率。

139 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:09:07 ID:ZILrb+R1
現状を否定する宗教と肯定する宗教があり、現在あるいかなる宗教も現状を否定し、
信者の金をモギ取ることで収入を得てグループとしてのカラクリを維持している

人間に潜む否定エネルギーの大きさに支えられて宗教という形態は存在している
いかにそのエネルギー(負のエネルギー)に着火してその火力を最大に煽るかだが
オウムに人間の恐ろしさを垣間見るとともに、オウムは宗教の終着駅のようであり
あらゆる宗教はオウムの小型版でしかなかったということが一つの反省として
人の宗教からの脱皮に貢献されなければ、いかなる前進もなくただ闇が地を覆うのみだ

140 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:15:27 ID:/DlQlhb0
人類の宗教からの脱皮に貢献したら、それはそれでオウムの
おかげだとか言い出しそうだな(鬱

141 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/27(水) 18:26:00 ID:FqPwWIBX
良い事は全部教祖様(或は教団)のおかげ。
悪い事は(捏造・仮設された)外部の敵、もしくは信者の信仰心が足りないせい。
カルト教団のお約束です。
良い事も悪い事もありゃあしないんですけどね。。。

>>136
この話題、展開したら面白いと思うんですが、どっか適当なスレ、ありますか?


142 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:32:10 ID:ZILrb+R1
>>140
もしそれができたら、オウムのおかげと言うことは間違いではなかろう
悪を悪と見るとそれができない

正しくは、大悪人ですら何らかの必要上この世に生を受けている
たとえ、松本智津夫であろうと同じこと
正しくは、己れの中にあるものをそこに投じて見ているだけなので、
彼を悪人であると考える人の中にある同じ系統の精神に応えるように
自分の心中に「悪人松本智津夫」像は構成され、彼を呪うような行動や態度をとってしまうのも
やはり自分の見聞きする全てが自分の中の問題に気づくための何らかのしるしでしかなかった、
というような、体験から自分自身に帰す生き方をしていないことの証

143 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 18:49:31 ID:/DlQlhb0
>>142
脱皮した人や、脱皮までの過程に貢献した人がそれを言うなら
納得もするけど、オウムや麻原がそれを言ったとしたら、どうな
んだろう。

おれは嫌だな(感情論)。

144 :シェルター:2005/04/27(水) 18:55:56 ID:auGxPKR7
生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期には自然発生した。
これが現代の科学的な見解。

生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期に神が生物を創造した。
これがキリスト教的な見解。

生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期にコーザルからアストラルへ、
アストラルから現象界へ投影されて発生した。
これがオウム・アーレフ的な見解。

脳波フラットの最終解脱者、
尊師の説いた教義がもっともすっきりしている。
素晴らしい。


145 :シェルター:2005/04/27(水) 18:58:34 ID:auGxPKR7
生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期には自然発生した。
これが現代の科学的な見解。

閉じた系において、
エントロピーは増大する。
生命現象に関わる部分のみ、
エントロピー増大の法則は成り立たない。
無生物から生物が生まれるということ、
これは確率的にあり得ない。


146 :単純作業員:2005/04/27(水) 18:58:47 ID:iJ+MxF5s
>>106-107
>教をやっているのはなんか胡散臭いと。実は私もそう思っていた。
>しかし、世界の人口のかなりの部分が宗教をもっている

宗教って 祈ることなんだ。自分の信じる 神や仏  八百万の神にね。
キリストに祈り、マホメッドに祈ってるんだ。

ブッダが 神仏を無記としようがしまいが、 信徒はブッダに祈ってるんだ。

キャンディさんは なにか信じるものに祈っているかい。

輪廻にこだわり、カルマにこだわり、教義にこだわっているだけじゃないかい。
それの行為を宗教と呼べるかい。

教祖持ち宗教は 祈る対象が存在しないから、地獄やカルマ、因縁などで 信者を脅すんだ。

あなたは麻原に祈っているのかい。。

147 :シェルター:2005/04/27(水) 18:59:33 ID:auGxPKR7
生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期に神が生物を創造した。
これがキリスト教的な見解。

では神は誰が作ったのか?
神は初めから存在した。
神とそれ以外を絶対的に区別する。
これがキリスト教的な見解。

生物は自然発生しない。
しかし、過去のある時期にコーザルからアストラルへ、
アストラルから現象界へ投影されて発生した。
これがオウム・アーレフ的な見解。

魂の数は一定。
すべての魂は初めから存在していた。
これがオウム・アーレフ的な見解。

脳波フラットの最終解脱者、
尊師の説いた教義がもっともすっきりしている。
素晴らしい。


148 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 19:09:13 ID:/DlQlhb0
>>141
一番それっぽいのは↓ですかね。
カルトに傷ついた人
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1107795344/

149 :単純作業員:2005/04/27(水) 19:28:11 ID:iJ+MxF5s
そーいやー オームではシバ紳に祈るとか何とか聞いた事あるな。

日本人は多神教だから、何にでも祈り拝む民族なんだ。
アマテラスも如来も菩薩も キリストも 道の傍らの大石 大樹にも祈り拝むだ。

日本人が宗教を奇異な目で見ているなんて とんでもない。全てが祈り拝む対象なんだ。

自分の信じる神以外を全て排斥するってのは 日本人には理解できないし そんな事はしない。
歴史上確信を持って 仏神を否定したのは信長ぐらいのモンでしょうね。でも 彼でさえ、キリストに心が傾きかけた。。

祈る気持ちは大切だよ。

シェルターさん。
何を持って 「生物は自然発生しない。 」とおっしゃるのかね。
原始地球の生命パーツの塊のような世界で、生命が発生しないほうがおかしいんです。
アナタは 遺伝子とミトコンドリアをもった 現在の生命形態が 確率的に持った ありえないと書いてるに過ぎない。

溢れる生命の中 僕たちの子孫がいきのこった。ただそれだけ。。
宝くじを当たった、九死に一生を得た。あなたが オームに出会った。
あなたがそれを求める気持ちと 偶然とが 重なり合った結果でしかない。

生命は、この宇宙に生まれるべくして生まれた、必然って 僕は思う。

150 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/27(水) 19:56:26 ID:FqPwWIBX
>>148 識見に富んだ御方へ。
レスありがとうございますm(__)m

『心と宗教板を利用される方はカルト問題に関心を持つようにしましょう。』
と書かれてあるわけですから、こういうスレッドが活気付いても良さそうな気がしますね。


151 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 20:13:31 ID:YjflkHxF
尼崎の脱線事故が大騒ぎになっているけど
これをオウムの教義で解釈すると被害に遭った人は、カルマということになる。
で、これらの乗客はというと、過去世に電車を転倒させるという行為を行ったと。
もっとくだけて言えば置き石をしたと。100人死者が出たとするならば、
過去世において、置き石をして電車を転倒させ、100人死者が出たと。
偶然はなく、為した行為は必ず返ってくるというのがオウムの原理。
その原理(教義)を決して疑わないのがオウム信者。
もうすぐセミナーが始まるが、現役は師や正悟師の説法に注目しなされ。
面白いドグマが聞けるぞ。


152 :にいちゃん:2005/04/27(水) 21:31:44 ID:VX2Q37Ku
>>151
反オウムの前にあんたの人間性を疑う。心の無い野次馬だな。

153 :単純作業員:2005/04/27(水) 21:50:38 ID:iJ+MxF5s
シェルターさん。
地球が生まれ 海が生まれ そこに生命が生まれるまで、2億年の時間がかかっている。
その中から、 僕たちの原型となる原核生物になるまでに10億年。ここまで時間をかけて
単細胞たちが生まれたんだ。

その後のカンブリア爆発まで実に 地球が生まれて、40億年もかかっている。

1億年という時間は あなたが 生まれ、喜びと悲しみ、苦悩と感動とともに100年生きたとして、
その人生を 100万回も繰り返すことのできる時間なんだ。それが理解できているかい。

「生物は自然発生しない。 」  人間の時間とは比べ物にならないスケールを持つ宇宙の現象を
人間のスケールで推し量ってはいけない。
ましてや、人間と同じ時間で物事を考える神が 宇宙を作れるはずがないじゃないか。

では またね。。

154 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:11:20 ID:/DlQlhb0
>>150
フィードバックに感謝します。
実はわたし自身、このスレの会話のやりとりを見ていたおかげで
自分の「あいまい思考」を自覚することができたんです。

155 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 22:29:52 ID:whsp5vDK
151
なしたことが同じ形で返ってくることもあるし
そうでない場合も多い
チミは道場に出入りしているくせに、相変わらず教学はしないんだね
君がオウムの教義で知っているのは、2ちゃんで聞いたことくらいだろうが?
スパイをやってはいるが、教学すると洗脳されるから教学はするなと
公安から言われているんだろう?

オウム流にいえば、ああいう事故は、身体的苦痛を受けるカルマを内在していたって
ことくらいだよ。置石する人間なんてメッタにいないわ。
また何か情報があったらアップしてね、説法会の

156 :にいちゃん:2005/04/27(水) 22:42:05 ID:VX2Q37Ku
>>155
>ああいう事故は・・・また何か情報があったらアップしてね、説法会の
自分の好奇心を満たす事しか見えてない動物だ。151よりひどい。


157 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 22:44:21 ID:UYiIKw29
>>151
オウムの教義通りに考えても浅はかすぎる見解。
彼らの直接の死因は電車が脱線したことではないよ。
脱線によって彼らの身体に何らかの物理的な力が加わって死傷したのだ。
カルマの清算はその物理的力の部分にのみ集約されている。
例えば、圧死してしまった人の場合、
過去に誰かを圧死させたことは確かだが、その圧死の原因が
電車の脱線だったかどうか、ということとは関わりはない。
「電車事故」にこだわるのは、オウム的観点からも変だよ。

158 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:00:24 ID:GK7uyZLw
>>152
その人間性を疑う事を平気で言うのがオウム。
何も分ってないんだね。

159 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 23:05:04 ID:whsp5vDK
JRの置き石説も、オウムのメーソン陰謀説もなんか情けないよ
責任が他にあったらどんなに当事者は気が楽になるか

160 :にいちゃん:2005/04/27(水) 23:05:52 ID:VX2Q37Ku
>>158
あの事故を利用して軽く書いてる人間には感情的になるよ。
議論するなら、オウムと反オウムの議論だけにしろ。無能。

161 :カネゴン@キャンディ:2005/04/27(水) 23:06:31 ID:whsp5vDK
つまんない書き込み多いなあ、、(自分もか?)
こんなアサハラショウコウはイヤだ、スレの住人になろうかな
あっちに書き込んでもいいかしらん

162 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:09:56 ID:9zqJTqyh
綺語は平気なのね。^^;

163 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:11:28 ID:D+2difXz
大阪オフ会ではヨッシーを囲むってさ。
http://www.number21.jp/bbs/chiko/index.html


164 :名無しさん@3周年:2005/04/27(水) 23:32:27 ID:szLDXI48
オウムは、宗教の「病理」をすべて備えている。オウム事件は、実は宗教
全体の問題。オウムが問題なら、ユダヤ・キリスト・イスラム一神教は
遥かに大きな問題。

オウムの信者も、その家族も、麻原さえも、宗教の犠牲者。宗教の病理を
解明・指摘することなく放置した司法・行政とその理論的支柱となった
宗教学者にすべての責任がある。彼らこそ最大の責任者であり、処刑される
べき者達である。

犠牲者である岡崎被告が、何故処刑されなければならないのか。

165 :山陰線沿線住民 ◆CrPkFwngP2 :2005/04/27(水) 23:34:01 ID:CM21qQJa
>>163

彼をポアするための会なのかな?
それともカルマ落としをするのかな?
みんなが仲良くやれることを祈る。

166 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/27(水) 23:39:46 ID:sTsskeNM
>>154
> 実はわたし自身、このスレの会話のやりとりを見ていたおかげで
> 自分の「あいまい思考」を自覚することができたんです。
「あいまい思考」はまだしも、実際に危険なのは論述内容や概念規定が不明瞭なまま
垂れ流される「朦朧言説」であると考えます。矛盾やミスリード、誤謬を指摘されても、
無限に後出しじゃんけんやっ正当化のための論点拡張を繰り返すこの言説パターン
は、オウムをはじめとするカルトに顕著に見られる有害語法です。くれぐれもご用心を
欠かされませんように。

167 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:21:11 ID:YCAVvgE2
オウム問題を契機として、「宗教の病理」を徹底的に解明・批判し、「信教の
自由」を隠れ蓑として宗教に対しては金縛り状態になっている、司法・行政及び
宗教学者の責任を追及すべきである。

168 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 00:25:13 ID:9CgyYsZJ
164
宗教を取り締まるようになったら草加が困るじゃん
もともと政教分離の原則があるのに政治家自体が
宗教を金集めに利用しているんだから
オウムばかり袋叩きにあうけど、アレなんか一体なんなんだわ



169 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 00:34:18 ID:YCAVvgE2
>>168
創値は、霊の存在は認めず、自分達は「宗教」ではなく、人間中心の哲学だ
と言ってるそうだが、どう思いますか。

「架空の神」や「超越的普遍性」など追求する宗教は、人間にとって害悪以外の
何物でもない。

170 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 00:54:10 ID:9CgyYsZJ
169

くだらんわ、あんたは層化の回し者か
ばかばかしいからここ出入りしないでくれよ
層化の連中なんか自分たちがなぜ会の活動しているのかわからないといって
他人に草加って何やっているんですかって聞いている始末だよ
第一哲学だといったって、ちゃんと金は取るんだろ

まじだよ 親がやっているんで小さいときから入っていたけど、会の目的が
何なのかわからないって、誰か教えてくれって他人に聞いている草加会員って
いたよ 
あんたばかすぎこここないで
あいつらナンミョウホウレンゲキョウってそればっかやっているじゃん
それで哲学なの

171 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 00:57:10 ID:9CgyYsZJ
しかも草加設立のときに、メーソンから資金もらって建てたんだって
節操なさすぎ

172 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 00:59:18 ID:9CgyYsZJ
層化が宗教だとすると政教分離に反するから
哲学だと、いっておけば住むと思っているのカシラね
単なるものはいいようってこと
だったら、オウムも哲学だといっておけばいいだけじゃんね

173 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 01:06:09 ID:9CgyYsZJ
169
ばかじゃねえの、オマエ

いくらオウムがたたきたいからって、草加の見方する必要ないじゃんよ
どう思うか?しらねーーよ
オマエは層化の連中にうちは哲学だと、言われればそのまま信じ込むのか?
はあ?脳細胞いくつもってんの?三つくらいかよ気の毒に
オウムがナニを言ってもクソミソに批判するくせに
層化が打ちは哲学だと、言えば、そうですか、オタクはまともなんですねと?

バカがスレ消費してんなよ
ここくるんじゃねーよ オウムが草加嫌いなの知ってんだろ
とっとと出て行きやがれよついでにおまえのレス全部消していけよ
ばかやろう クソ とっとと失せるんだよ ここでゴタゴタいってんじゃねえよ
貴様目の前にいたらぶん殴っているんだよ
ネットでよかったな オマエの胸倉掴んでサリン100トン吸わしてやるよ
ふざけてんじゃねーーーよ しね

174 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 01:11:46 ID:9CgyYsZJ
信心を利用して金集めて権力を掴んで世の中思い通りにしようという
目論見があるじゃないか
オマエはオウムを批判するのに、やつらのことは気にならないんだな
あきれたよ
マジで腹が立つから出て行ってくれよ
冗談抜きで日本はやつらに支配されつつあるんだぞ

175 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 01:15:49 ID:9CgyYsZJ
バカがしねよ
草加は哲学なのか
勧誘のために、学校や会社まで押しかけていくんだぞ
やめるとネズミの死体放り込んだりさんざん嫌がらせするん出せ
オマエまじで殺してやるから顔だせよ
おまえ見たいのにオウム批判される筋合いはないんだぜ?
いくら何書いても自由だからって、むかつくんだよ
謝れよ 
さあ!!!

176 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 01:25:29 ID:9CgyYsZJ
クソ、師ねよばかにしやがって
なんでもかんでもオウム叩いてやりたいからって
仕舞いに層化の味方までしやがる
オウムじゃなかったらなんでもいいのな?
だからって層化の見方する必要もないだろ いやみ過ぎるぜ

177 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 01:31:37 ID:YCAVvgE2
>カネゴンさんへ

その調子で、宗教全体に共通する「病理」を、現実の人間との関連において、
徹底的に指摘・分析・批判してみて下さい。単なるオウムや創値論議よりも
はるかに有意義なことだと思うよ。

178 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 01:44:24 ID:9CgyYsZJ
私はね、信心深いのは良いことだと、生まれたときから
思っているの
ここへきて、宗教を病気の人間のすることだと、いうのは
ぶん殴りにきているのと一緒なんだよ
好みの違う人間もいるんだから、あんたの自説だって
自分はいいと思っていっているんだろうが、信心深いひとからみたら
ひどく冒涜的だよ
信心する自由だってあるんだからね

179 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 01:52:51 ID:YCAVvgE2
>>178
「生まれたときから」などではなくて、宗教からそう教わったからでしょう。
宗教は、人間生来の本能なのではなく、あくまで後天的に植えつけられる
ものなのです。

宗教は、良いところだけで、「病理」は存在しないとでも言うのですか。
オウムや創値は、まさに宗教そのものの「病理」の問題ではありませんか。

180 :シェルター:2005/04/28(木) 02:11:50 ID:DcSJkVjJ
>>147>>149
レスありがとう
生命体って子を生むでしょう。

原材料をセットすると自動的に製品が出来る工場はあるけれど、
それも、ラインの最初の部分は人が準備して、
出来上がった製品は人が移動させる。

生命体は工場を自動的に生産する工場のようなもので、
ものすごく複雑だと思う。

そのような複雑なものが自然にできるということが、
私は信じられない。

透明な水に赤いインクを落とすとピンクの液体ができる。
ピンクの液体は何年、何万年、何億年見つめていたとしても、
部分的に色が赤くなることはあり得ない。
また、その赤い色の部分が、
複雑な形を取ることはさらにあり得ない。
これはエントロピー増大の法則。

キリスト教でも聖書の言葉を文字通り信じるタイプの宗派は、
固くこのようなことを信じている。



181 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 02:17:28 ID:9CgyYsZJ
179
あんたみたいな不信心に決め付けてもらう必要ないよ
子供の頃からそうだった
親に教わったわけでもなく、オウムもなくね
あんたみたいな人間は根っからそういうのがないんだよ
世の中はそんなに素晴らしいのか
宗教以上に世の中が素晴らしいのかね
きっとあんたは恵まれているんだよ

182 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 02:38:11 ID:1IUzQdlg
前世を知る子供・その記憶の史実との一致、退行催眠・
前世療法、宿命通・天眼通、などは「生まれ変わり」を
示している。

条件反射的とも言える「習性」、「傾向」は、過去世か
ら引き継がれると思われる。

何度も何度もおんなじようなことを繰り返してしまうと。

それが「輪廻」ってやつでしょう。

目指すべきは「アカルマ」か。


183 :シェルター:2005/04/28(木) 02:42:23 ID:DcSJkVjJ
尊師の脳波はフラットである。
これは清流精舎にある脳波計で測定された。
私はこの脳波のグラフの原本を見ているし、
関係者の多くがこれを認めている。

精神鑑定で尊師の脳波を測定すれば、
おそらくフラットな脳波が測定される。
その場合、ややこしい問題が発生する。

裁判関係者、検察関係者は、
実は、そのことを恐れて、
尊師の精神鑑定を避けているような気がしてならない。


184 :杏菜:2005/04/28(木) 04:12:33 ID:7JCFf96t
>183 :シェルター
>尊師の脳波はフラットである。
>これは清流精舎にある脳波計で測定された。

私も含めてみんなでスルーしてましたけど
何も知らない人が誤解するといけないのでレスします。

おまえ、当時の担当医か?
あれはねつ造した脳波グラフなんだよ。
そんな事もしらないで良く、この板に書けるな。
何処のサマナだ? 元サか?
馬鹿な事書いてると、ある事をさせて頂きます。
おまえみたいなのが居るから宗教自体が馬鹿にされるんだ。
妄想野郎はお部屋で一人でちょめちょめしてなさいな。

185 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 05:51:13 ID:CWAZPQXL
その割にねつ造であった、という証拠さえ提示されてないが、
それってなんでだろう。
一発証拠のために脳波測定の記録を出してしまえば、
わざわざフラットですなんて書く人も出ないだろうに。

186 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:03:32 ID:KacJhF7g
>>184は言葉使いを直したほうがいいと思う。


187 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:16:55 ID:JC2YYniw
求める最終到達点が「脳波フラット」か... orz...
悟り・解脱の証明が「呼吸停止・心停止」... orz...

すべてが間違ってる。
前提からしてずれてる。
求める到達点がずれてるから、そこへ至る道が全部ずれてる。

死を志向する宗教。

188 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 11:26:57 ID:JC2YYniw
逆に聞きたいが、そのフラットな脳波の記録が本物だと考える
根拠は何なんですか?

189 :にいちゃん:2005/04/28(木) 11:57:08 ID:fnHICjsC
>>138
>そもそも言葉で伝えなければならないという理由が不明。つまり以上のような長大な仮定を用いて
>何を主張したいのやら。
言葉の表現力には限界があり、原始仏教ではその部分をわきまえいたのだろうが、
オウムを含め他の多くの宗教はそれを越えていた。
その越えた部分、神秘的な部分の方便三昧が人の誤解を招く原因だ。
何度も言うが、その限界部分で話しをもってくる人々に原始仏教は意味のないものと
うつる人間がいる。最近のスレのカキコではそれが目立つ。

あなたの非常ベルの労力は問題ないと考えている。ただ、枠を越えた罵倒は意味が
無いでしょう。原始仏教を守りたければそれでよい。

最初から意味がないと言っているだろう。あなたの枠を越えた罵倒は>>89で一応納得
している。あなたのスタンスはかえない、89のような理由があり前スレで「けしからん」と
いう気持ちから発するあなたの言葉に反応した。私も昨日は度を越えてしまったが…。


190 :にいちゃん:2005/04/28(木) 11:58:53 ID:fnHICjsC
(つづき)
オウムに限らず信仰する人間には多くのタイプがいる。あなたのようにガチガチの
議論を押し付け、全てをオウム・シンパの常套手段などと断定する事は間違い。
あなたが他の宗教に首をつっこむ場合、多くはあなたは同じ事を言うはめになるだろう。
「宗教的」という表現には、「不当仮定」「不当前提」「循環論法」を行う団体という
見方も出来るよ。そんな人間達が代々受け継いできたものなのだからね。
原始仏教の厳密さを誇示したいなら、単純にそうすればよく、一括りで断言することは
意味がない。

但し、原始仏教に関してはあなたは厳格な良い教師・良い検索エンジンとなるかもね。
枠を越えなければあなたの人格を疑う事もない。


191 :にいちゃん:2005/04/28(木) 12:05:07 ID:fnHICjsC
>>166
>矛盾やミスリード、誤謬を指摘されても、
>無限に後出しじゃんけんやっ正当化のための論点拡張を繰り返すこの言説パターン
>は、オウムをはじめとするカルトに顕著に見られる有害語法です。
付け加えます。
自分の経験だけで生きてきた人、中卒で社長になった人、多くの苦難を乗り越え
社員を守ってきた社長、私の場合はそんな社長にも多く接するが、阿呆さんにとって
はまさに、「オウムをはじめとするカルトに顕著に見られる有害語法」が適用できます。
それに気付かずに、平気でそんなカテゴライズするあなたの理論は、偏っているのです。
また、言葉はどうにでも受け取れてしまう。多くの立場が存在するなか、その括りは
異常である。
世の中を儚んで、宗教者達に威張りたいのなら、それを通せばよいであろう。


192 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 12:32:56 ID:AC7qx2vx
>>189
> あなたの非常ベルの労力は問題ないと考えている。ただ、枠を越えた罵倒は意味が
> 無いでしょう。原始仏教を守りたければそれでよい。
埒外の事柄をあたかも「原始佛教」の教説のように言い募るオウムの主張に駁撃を加えただけ。
> 最初から意味がないと言っているだろう。あなたの枠を越えた罵倒は>>89で一応納得
> している。あなたのスタンスはかえない、89のような理由があり前スレで「けしからん」と
> いう気持ちから発するあなたの言葉に反応した。私も昨日は度を越えてしまったが…。
こちらは別段スタンスは変えていないし、変える必要もない。前述のような虚偽・詭弁論法に
は同様の方法で対処するだけ。その意味でそちらの「反応」は「意味がない」というところだろう。

>>190
> オウムに限らず信仰する人間には多くのタイプがいる。あなたのようにガチガチの
> 議論を押し付け、全てをオウム・シンパの常套手段などと断定する事は間違い。
典型的手口を抽出・採集出来たわけだが。
> あなたが他の宗教に首をつっこむ場合、多くはあなたは同じ事を言うはめになるだろう。
> 「宗教的」という表現には、「不当仮定」「不当前提」「循環論法」を行う団体という
> 見方も出来るよ。そんな人間達が代々受け継いできたものなのだからね。
別段平常通りの言説を維持活用するだけだが。
> 原始仏教の厳密さを誇示したいなら、単純にそうすればよく、一括りで断言することは
> 意味がない。
文意不明。
> 但し、原始仏教に関してはあなたは厳格な良い教師・良い検索エンジンとなるかもね。
> 枠を越えなければあなたの人格を疑う事もない。
「枠」など作った覚えもないし、他者のそれを受容する謂れもない。


193 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 12:44:54 ID:AC7qx2vx
>>191
> 付け加えます。
> 自分の経験だけで生きてきた人、中卒で社長になった人、多くの苦難を乗り越え
> 社員を守ってきた社長、私の場合はそんな社長にも多く接するが、阿呆さんにとって
> はまさに、「オウムをはじめとするカルトに顕著に見られる有害語法」が適用できます。
> それに気付かずに、平気でそんなカテゴライズするあなたの理論は、偏っているのです。
客塵の経歴や来歴がその言明主張内容を正当化する理由には何らならない。その
「カテゴライズ」が誤りだと思うならこの板のスレッドを見てまわればいい。基地外ドグ
マと似非論理の巣窟です。
> また、言葉はどうにでも受け取れてしまう。多くの立場が存在するなか、その括りは
> 異常である。
くりかえすがここはあくまで言説空間であり言語に基づく概念空間。
それら「多くの立場」がそれぞれ吟味の対象になっていることをお忘れなく。それらをそのまま
容認する必要も義務も全く生じない。自己矛盾だらけの価値相対論も支持しない。
> 世の中を儚んで、宗教者達に威張りたいのなら、それを通せばよいであろう。
儚いものだとは思うが、儚んではいないしそんな暇はない。吟味検討を「威張っている」と
「感じる」のならそれまでだが。


194 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 12:47:38 ID:AC7qx2vx
訂正
客塵→各人

195 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 13:12:15 ID:3gUTYJv7
通常、感情の波が強いと脳波計測の針がはげしく揺れ
感情がおだやかなときは、波立たない
脳波がフラットというのは通常ありえないんだが(それは死んでいる)
教組のはフラットだと、つまり感情が動かない 煩悩も生起しないということらしい

196 :にいちゃん:2005/04/28(木) 13:25:22 ID:fnHICjsC
>>192
>他者のそれを受容する謂れもない。
つまり、カルト的思考だろ?
それなら「その部分はカルトで用いられる手法。」と厳密に指摘すべきだ。
他者を断定できるのか?通りすがりの人間も来る可能性のある匿名性の高い場所で
価値観を全て「オウムを含むカルト思考」と断定するのは一括しすぎ。
さらに、匿名性の高い場所で厳密にしたいのであれば、言論の部分、もっと厳密に
指摘すればいいと考えている。
最後に「力尽きてまとめている」ように見受けられる。

>基地外ドグマと似非論理の巣窟です。
正直、見て回る時間も興味も無いが、時間があれば見てみます。


197 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 13:39:34 ID:AC7qx2vx
>>196

> つまり、カルト的思考だろ?
違う。「枠」などと言い出したのはそちら。その内容に対する説明責任が生じるが。
> それなら「その部分はカルトで用いられる手法。」と厳密に指摘すべきだ。
> 他者を断定できるのか?通りすがりの人間も来る可能性のある匿名性の高い場所で
> 価値観を全て「オウムを含むカルト思考」と断定するのは一括しすぎ。
論述内容内容そのものへの反駁は無しだな。大綱は>>89で既に説明済み。繰り返すが
論述内容や使用語彙の概念規定 は明瞭に。「」てにをは」や、どれが主語やら目的語や
らも不明確なことが多い。推敲くらいしてもらいたい。
> さらに、匿名性の高い場所で厳密にしたいのであれば、言論の部分、もっと厳密に
> 指摘すればいいと考えている。
出来る限り端的に指摘しているつもり。
> 最後に「力尽きてまとめている」ように見受けられる。
出していないものが尽きる理もない(笑)。



198 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:47:35 ID:bo2rVNPx
>>195
>(それは死んでいる)

一拳に全エネルギーを集中し、肉体の持つ経絡秘孔に衝撃を与えられたのかな?


199 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 13:51:49 ID:JC2YYniw
ケンシロウかよw

200 :にいちゃん:2005/04/28(木) 13:52:35 ID:fnHICjsC
>>193
>客塵の経歴や来歴がその言明主張内容を正当化する理由には何らならない。
正当化する理由も意味もない。各々の考えで生きているであろう。あなたも書いて
いるが。それに於いて厳密性を追求するなら、「・・・」の定義が「不当仮定」と述べる
べきではなかろうか。

また、素直で純粋な人間があなたの「力尽きた結論」を受け入れるとき、世の中の
雇い主がカルトに見えて仕方ないのではないか。ww

これじゃ社会復帰どころか、世の中総カルト、総否定に陥り、「あいまい理論」のレス
のあいまいに納得された方も「構えてしまう」のではないか?
会社なども多くはカルト的な思想を持ち合わせている。何か議論をすると個人が書いた
内容・思考全てをそれで結論付けるような取り方が出来る書き込みは曖昧である。

余談だが、今残ってるだろう多くの隠れ信者にはあなたの書き込みは不可解だよ。
私を勧誘した過去の同僚だった者は、まだ現役だった。今はわからん。
在家であった信者は出家者とは異なり、かなりの粘着性を持ち、厳密な理論を全く
受け入れない部分が多くある事は確かである。それがあなたの言う基地外何とかの
人たちであろう。
ここで、子供の視線に合わせる書き込みをする者に、「カルトだ」と横で結論付けて
お茶を濁しているという部分も私の主観として感じる事はある。


201 :にいちゃん:2005/04/28(木) 14:00:22 ID:fnHICjsC
(つづき)阿呆蛇羅経
>くりかえすがここはあくまで言説空間であり言語に基づく概念空間。
よって、概念が渦巻いているのも良いではないか。
あなたは厳密性を持ち記述した内容に説明責任を持たないと意味が無いと言ったね。
それを私が枠と称している。

私が厳密性を考慮して指摘するなら、一つ一つの範囲を指摘して、
「カルトでは多い言論、思考タイプ」と指摘する。少なくとも言葉を越えた思考まで
一括してカルトにくくりつける事はしない。匿名性の高い空間でもあるのだから。

ただ、そんな厳密な事はお互いに出来ないでしょう。また言葉の限界もあると
言い続けている。私はあなたの言霊というか影響力は他のカキコよりは有る考えて
いる。それがあたかも全て正しいかのような断言に対して議論しているのです。

>それら「多くの立場」がそれぞれ吟味の対象になっていることをお忘れなく。それらをそのまま
>容認する必要も義務も全く生じない。自己矛盾だらけの価値相対論も支持しない。
矛盾点を厳密に突けばいいと思うよ。

>儚いものだとは思うが、儚んではいないしそんな暇はない。吟味検討を
その思考は同感するが同じではないだろう。
「威張っている」と思えるのは、吟味検討は「他の思想への裁断」は含まれていないと
考えるからでもある。「他の思想」が確定しているとしても人格攻撃する気はないのだろ?
それならば、思想という部分、もっと繊細かつ厳密に考えて言葉と傾向を指摘した方が
よくないか。


202 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:06:15 ID:uslUr2Qe
>>198
宗教は、あくなき自己正当化を求めるものであり、その目的のためには
良心の仮借なく形振り構わぬ「嘘」をつくのが特徴。

麻原の脳波をオウム側で測定したのなら、嘘かすり替えに決まっているので
あり、それを真実であると信じ込む心理状態こそ、問題の焦点である。

麻原の脳波を、先ず大学病院で再度測定してから、コメントすべきだろう。

なお、脳波の異常は、種種の病的原因によっても生じるものであることを、
忘れてはならない。

203 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 14:10:49 ID:AC7qx2vx
>>200

> 正当化する理由も意味もない。各々の考えで生きているであろう。あなたも書いて
> いるが。それに於いて厳密性を追求するなら、「・・・」の定義が「不当仮定」と述べる
> べきではなかろうか。 ・・・の前後の論理的つながりが不明。

> また、素直で純粋な人間があなたの「力尽きた結論」を受け入れるとき、世の中の
> 雇い主がカルトに見えて仕方ないのではないか。ww
そもそも上記の前提を容認していない。無意義な言明
> これじゃ社会復帰どころか、世の中総カルト、総否定に陥り、「あいまい理論」のレス
> のあいまいに納得された方も「構えてしまう」のではないか?
> 会社なども多くはカルト的な思想を持ち合わせている。何か議論をすると個人が書いた
> 内容・思考全てをそれで結論付けるような取り方が出来る書き込みは曖昧である。
いくらなんでも油断が多すぎる世の中ではあると思う。最低限の「構え」や「警戒」はあってよい。
ここで述べているのは主にその段階の話が。
> 余談だが、今残ってるだろう多くの隠れ信者にはあなたの書き込みは不可解だよ。
> 私を勧誘した過去の同僚だった者は、まだ現役だった。今はわからん。
> 在家であった信者は出家者とは異なり、かなりの粘着性を持ち、厳密な理論を全く
> 受け入れない部分が多くある事は確かである。それがあなたの言う基地外何とかの
> 人たちであろう。
「厳密な理論」など何も述べていないのだが。
> ここで、子供の視線に合わせる書き込みをする者に、「カルトだ」と横で結論付けて
> お茶を濁しているという部分も私の主観として感じる事はある。
それが「子供の視線に合わせる書き込み」であるのか「駄々っ子」の言い分に迎合し
正当化の余地を与えるものなのか考慮し続ける必要があると考える。

204 :にいちゃん:2005/04/28(木) 14:11:00 ID:fnHICjsC
>>197
>使用語彙の概念規定 は明瞭に。「」てにをは」や、どれが主語やら目的語や
>らも不明確なことが多い。
それは失礼。読み返すと「なんじゃこりゃ!」と感じる部分はある。
あなたが意味不明と書いてた部分、苦笑するしかない所はある。

>出来る限り端的に指摘しているつもり。
端的し過ぎ。あなたは自分がわかればいいの?それは議論ではない。
主張。表現。だ。

>出していないものが尽きる理もない(笑)。
出さずとも理解できるかと思い書いていた。それは危険と言えば危険だが、
そんな事まで許容出来ないなら、きちんと書く事にはつとめるが…。
但し、普段からこんな会話する人間など見たことがない。しかし、コンピュータは
まさにこのように回答してくるし言語も厳密性が必要だ。あなたはコンピュータ(爆)

余談。コンピュータの「ファジー」とか「AI」なんて予め許容範囲を広げた前提
範囲のある厳密な「曖昧理論」。あなたを検索エンジンと称した理由でもあるが。



205 :にいちゃん:2005/04/28(木) 14:32:30 ID:fnHICjsC
>>203
>「厳密な理論」など何も述べていないのだが。
述べていないならどう書いた?「端的に指摘」は良いが、議論も端的にする気は
ないのか。また、そんな重箱の隅をつつくだけで、主題を流すなよ。

>「駄々っ子」の言い分に迎合し
>正当化の余地を与えるものなのか考慮し続ける必要があると考える。
「正当化の余地を与える」部分も必要だと私は考えるが。
あなたは、カメの頭を掴もうと、カメの甲羅をバンバン叩いている少年。
「考慮し続ける必要」はあるよね。

>実際に危険なのは論述内容や概念規定が不明瞭なまま
>垂れ流される「朦朧言説」であると考えます。矛盾やミスリード、誤謬を指摘されても、
>無限に後出しじゃんけんやっ正当化のための論点拡張を繰り返すこの言説パターン

あなたのまとめの「矛盾」「ミスリード」「誤謬」を指摘している部分、あなたは
反論出来ずに放置してますよ。
「無限に」「後出しじゃんけん」「正当化のための論点拡張」は、それ一つ一つ解決
しておらず、あなたの書く内容にも曖昧だが見受けられるのです。
「この言説パターン」は、明確なまとめがあるかもしれないが、個々には明確に
不当とは断定出来ない部分も残っている。その曖昧なまとめに「言説パターン」と
して持ち出してきても、それは「不当仮定」によるものと言わざるを得ない。


206 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 14:32:55 ID:AC7qx2vx

>>201
> よって、概念が渦巻いているのも良いではないか。
ただし、概念内容の明確な提示は絶対必要。
> あなたは厳密性を持ち記述した内容に説明責任を持たないと意味が無いと言ったね。
> それを私が枠と称している。
その「枠」の概念が明確にされ、尚且つそれが受容され共有されなければ議論にならない。
> 私が厳密性を考慮して指摘するなら、一つ一つの範囲を指摘して、
> 「カルトでは多い言論、思考タイプ」と指摘する。少なくとも言葉を越えた思考まで
> 一括してカルトにくくりつける事はしない。匿名性の高い空間でもあるのだから。
言明内容の論理的整合性が要求されるのは当然。「言葉を越えた思考」なるものは
こうした場で扱えないし、それ自体形容矛盾を含んだ語。
> ただ、そんな厳密な事はお互いに出来ないでしょう。また言葉の限界もあると
> 言い続けている。私はあなたの言霊というか影響力は他のカキコよりは有る考えて
> いる。それがあたかも全て正しいかのような断言に対して議論しているのです。
言葉の限界がこの場の限界。いきなり「言葉の限界」や「言霊」などに言及するのは反
則だろう。限界を弁えてその可能性を徹底追究するほうが必ずや有益。
> >それら「多くの立場」がそれぞれ吟味の対象になっていることをお忘れなく。それらをそのまま
> >容認する必要も義務も全く生じない。自己矛盾だらけの価値相対論も支持しない。
> 矛盾点を厳密に突けばいいと思うよ。
こうした論点が出現すればそうするつもり。
> >儚いものだとは思うが、儚んではいないしそんな暇はない。吟味検討を
> その思考は同感するが同じではないだろう。
> 「威張っている」と思えるのは、吟味検討は「他の思想への裁断」は含まれていないと
> 考えるからでもある。「他の思想」が確定しているとしても人格攻撃する気はないのだろ?
> それならば、思想という部分、もっと繊細かつ厳密に考えて言葉と傾向を指摘した方が
> よくないか。
「裁断」以前にそれらの教義自体が自壊自爆を招く内的矛盾を孕んでいることが殆ど。その割
にはえげつない対社会的アプローチを仕掛けてくるしね。オウムなどその典型。


207 :にいちゃん:2005/04/28(木) 14:34:20 ID:fnHICjsC
「反論出来ずに放置してますよ。」
     ↓
「議論を放置したままですよ。」


208 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:35:30 ID:bo2rVNPx
にいちゃんと阿呆陀羅の口論はもういいよ。
アートマンの話とかに戻そうよ。

209 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 14:39:37 ID:AC7qx2vx
>>204
> それは失礼。読み返すと「なんじゃこりゃ!」と感じる部分はある。
> あなたが意味不明と書いてた部分、苦笑するしかない所はある。
厳密さを要求する割には???なところが多い文章だったもので。
向後に期待してます。
> >出来る限り端的に指摘しているつもり。
> 端的し過ぎ。あなたは自分がわかればいいの?それは議論ではない。
> 主張。表現。だ。
詳説を要求されれば対応してるつもりですが。
> >出していないものが尽きる理もない(笑)。
> 出さずとも理解できるかと思い書いていた。それは危険と言えば危険だが、
> そんな事まで許容出来ないなら、きちんと書く事にはつとめるが…。
> 但し、普段からこんな会話する人間など見たことがない。しかし、コンピュータは
> まさにこのように回答してくるし言語も厳密性が必要だ。あなたはコンピュータ(爆)
日常会話ではもう少し尾鰭が付くか寡黙になるかのどちらか。
> 余談。コンピュータの「ファジー」とか「AI」なんて予め許容範囲を広げた前提
> 範囲のある厳密な「曖昧理論」。あなたを検索エンジンと称した理由でもあるが。
そんなこと初めて言われた(笑)。


210 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:39:57 ID:uslUr2Qe
>>208
「アートマン」など判断基準の皆無なものではなく、「宗教の病理」に
ついて、お二方の現実に立脚した議論をお願いしたい。

211 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:46:21 ID:bo2rVNPx
>>210
自分の心配だけしてたらどうだ?
お前が何やってる人か知らんが。

212 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:49:35 ID:JC2YYniw
アートマンの判断基準はちゃんとありますよ。
それに、宗教の病理とアートマン信仰は密接な関係があります。
わたしも宗教の病理を解明して、解決策を見出したいと思って
ますから、お互いの理解をすすめましょ。

213 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:53:05 ID:uslUr2Qe
>>211
>自分の心配だけしてたらどうだ?

「宗教の病理」は、史上そして現在も、人類の最大の問題ではありませんか。

214 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 14:55:13 ID:AC7qx2vx
>>205
> >「厳密な理論」など何も述べていないのだが。
> 述べていないならどう書いた?「端的に指摘」は良いが、議論も端的にする気は
> ないのか。また、そんな重箱の隅をつつくだけで、主題を流すなよ。
では聞くが「厳密な理論」とは何を指して言ったの?具体的に。理論体系のようなものには
ここでは言及していないはず。

> >「駄々っ子」の言い分に迎合し
> >正当化の余地を与えるものなのか考慮し続ける必要があると考える。
> 「正当化の余地を与える」部分も必要だと私は考えるが。
> あなたは、カメの頭を掴もうと、カメの甲羅をバンバン叩いている少年。
> 「考慮し続ける必要」はあるよね。
かと言って餌を見せて釣るつもりが盗られてしまい肥え太らせてしまえば徒労の上に本末転倒
だしね。それとも罠でも仕掛けて首を出すのを待つ?

> あなたのまとめの「矛盾」「ミスリード」「誤謬」を指摘している部分、あなたは
> 反論出来ずに放置してますよ。
論駁されていないのに何に反論せよと?

> 「無限に」「後出しじゃんけん」「正当化のための論点拡張」は、それ一つ一つ解決
> しておらず、あなたの書く内容にも曖昧だが見受けられるのです。
> 「この言説パターン」は、明確なまとめがあるかもしれないが、個々には明確に
> 不当とは断定出来ない部分も残っている。その曖昧なまとめに「言説パターン」と
> して持ち出してきても、それは「不当仮定」によるものと言わざるを得ない。
上記の言明の妥当性を論証できますか?


215 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 14:56:38 ID:AC7qx2vx
>>210
> >>208
> 「アートマン」など判断基準の皆無なものではなく、
そのようなものに言及は不可能。以上。


216 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 14:56:57 ID:bo2rVNPx
>>213
最大の問題は拝金主義・物質主義です。列車事故だって競争に勝つための合理化・人減らしを極限まで推し進めた結果です。


217 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:06:15 ID:uslUr2Qe
>>216
お金や物資は、人間の生存にとって不可欠であるとの観点は?

科学の発達により、人間は巨大な利便を享受している。現代の交通機関がどれほど
素晴らしいものであるか、一昔前と比較してみて欲しい。これほどの利便を受けて
いるのに、リスクゼロを期待するのは現実上無理というもの。科学の今後の発達に
よってのみ、リスクの軽減が可能なのです。

218 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:21:09 ID:bo2rVNPx
>>217
自然科学はイスラム圏で発達し、ヨーロッパがそれを受け継ぎ、キリスト教国のイギリスで産業革命が起きて、現代文明が出来たんです。



219 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:24:09 ID:JC2YYniw
へー

220 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:25:39 ID:JC2YYniw
>>215
まぁその結論にたどりつくまでの過程が大事なんじゃないですか。
各人が、自らの思考で「言及不可能」という結論に辿り着くことが。

でないとまた「これとは別の五感」と「これとは別の一切」の話が
ぶり返して堂堂巡り。

221 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:29:09 ID:uslUr2Qe
>>218
それらの国々でも、すべての人間が宗教だけで生きていたわけでは決して
ありません。自然科学は、「神」から離れる努力の中で発達したのです。

222 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:46:09 ID:bo2rVNPx
>>221
>自然科学は、「神」から離れる努力の中で発達したのです。

あなたの断見です。何の根拠も無い。

223 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:51:20 ID:bo2rVNPx
そもそもクリスチャンでも、佛教徒でも、まともな人なら数学を始めとした自然科学もちゃんと学んでますからね。
みんな最低高校までは出てるんですから。

224 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 15:53:07 ID:JC2YYniw
断見=真我はないという、まず先に結論ありきの独断
常見=真我があるという、まず先に結論ありきの独断

いずれも仏教用語。

普通の会話では、「主観的決め付け」という意味なら、普通に
「独断」と言った方が、混乱がなくていいかもね。
用語の間違った使い方してると、主張の信憑性自体が疑われ
ちゃうし。

225 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 15:58:27 ID:AC7qx2vx
>>214追記
> 「端的に指摘」は良いが、議論も端的にする気は
> ないのか。
「端的」過ぎるなのはむしろそちら。概念規定や論述内容も曖昧。詳説を要求されれば「言語の限界」
などという論点ずらしをはじめる。「重箱の隅」ではなく説明責任の遂行を重んじるだけ。

226 :阿佐谷北:2005/04/28(木) 16:55:23 ID:JylCnr0Y
>>223 そもそもクリスチャンでも、佛教徒でも、まともな人なら数学を始めとした自然科学もちゃんと学んでますからね。

 どの宗教にも受け入れられるだろう学問は、数学のロジカルな面のみだと思うよ。
自然科学で扱えない範疇のことが、宗教には存在するから。
インド発の宗教と西洋の宗教、相互の世界観の違いは決定的だ。

 空中浮揚はヨーガ経典にも出ているけれども、世間からは認められては居ない現象だよ。


227 :阿佐谷北:2005/04/28(木) 16:57:23 ID:JylCnr0Y
 だが、無いとは言い切れないし、あるとも実証はしかねる宗教家がほとんどでしょう。
成瀬という日本の行者(五反田にいるそうだ)は、浮揚した写真を発表しているけれども。

228 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/28(木) 17:06:50 ID:Q97vItyH
>>221さん
>自然科学は、「神」から離れる努力の中で発達したのです。
そですね。神学と自然科学が明確に分離されたのはカント以降じゃない
でしょうか。
その後オーギュスト・コントによって形而上学への大弾圧が始まりますが
これはカントの本意ではなかったのでは?と考えていますけど。

#完全にスレ違いスンマソン


229 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 17:07:02 ID:bo2rVNPx
>>226
近代〜現代のバラモンには、いろんな奇跡を起こした人居ないの?

230 :阿佐谷北:2005/04/28(木) 17:15:46 ID:JylCnr0Y
>>229

 居るけど眉唾話も多いんじゃないのかい?

 無いとは言い切れないし、あるとも実証はしかねる宗教家がほとんどでしょう。
成瀬という日本の行者(五反田にいるそうだ)は、自分の浮揚した写真を発表しているけれども。




 

231 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 17:19:34 ID:bo2rVNPx
バラモンはテレビや写真で見たこともないな。どんな衣装を着てるのか、寺院はどんな建築様式なのか全然知らない。


232 :阿佐谷北:2005/04/28(木) 17:29:13 ID:JylCnr0Y
>>231

図書館へでも行ったら?写真もあると思うよ。


233 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 17:33:45 ID:bo2rVNPx
>>232
ヨーロッパのキリスト教会に負けないくらい大きくて荘厳な寺院はあるの?インドに。


234 :にいちゃん:2005/04/28(木) 17:55:36 ID:fnHICjsC
>>197
>大綱は>>89で既に説明済み。
このカキコで、私もあなたの意図が掴め、あなたの言葉にも方向性が
あった為、一部終了であろう。

>>166をきっかけに二部が始まった。
が、もう一度読むと納得した。
使用されている指示代名詞(これ・それ・あれ)が、そのレスの中だけに閉じて
いるのであれば。よって、それに関する私の反論は意味がない。失礼。

タクシーに乗った時、行き先も言ってないのにとりあえず走り出す運転手だと
言われればそれまでです。


235 :にいちゃん:2005/04/28(木) 18:46:06 ID:fnHICjsC
>>209 阿呆蛇羅経
>厳密さを要求する割には???なところが多い文章だったもので。
>向後に期待してます。
私があなたに要求しているように「感じる」なら、それはあなたが私に厳密にさせて
いる部分でもある。私はあなたに伝える為に視線をあわせている。それは自分なり
の議論する時の姿勢だ。
厳密と書いていないなら、あなたが発言する「議論するには、その内容の全てに
説明義務がある。」とか「表現においても説明義務は絶対必要」という部分。
それからあなたの記述態度。多くは仏典を引用する部分。決して悪くはないし、
この事に関しては否定もしないが。

あなたは、表現には説明義務がある。という理論。これを自分で明確にすべきという
のはテーラワーダのHPで見た瞑想方法を思い出すが、それに関係する?
俺は、表現には説明義務はなく、あるがままに表現したい。という立場だが、
あの瞑想法は何を根拠にそう書いていたのか気になっていた。

>言葉の限界がこの場の限界。いきなり「言葉の限界」や「言霊」などに言及するのは反
>則だろう。限界を弁えてその可能性を徹底追究するほうが必ずや有益。

つまり、私が書いた「あたかも全て正しいかのような断言」というのは、あなたが
有益と感じて、限界を弁えた徹底追求の姿勢とでも言いたいのですか?
その姿勢には基本として否定はしないが、原始仏教を武器として過激に罵倒しすぎ
ない事を期待はする。私は別に審判でも無く、厳密も意識して追求してはいない。

もひとつ、「限界を弁える」という部分は、大きく個人で主観が異なる為、大変だろう。
その差異が、まるで海峡にありがちな渦となって繰り返されても仕方ない。


236 :にいちゃん:2005/04/28(木) 18:48:29 ID:fnHICjsC
補足。
「厳密と書いていないなら」→「あなたが厳密な理論と書いていないなら」

「という部分。」→「という部分などにおいて感じたまで。」


237 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 19:01:40 ID:JC2YYniw
>>231
バラモン教は、ヒンドゥ教の前身との話。

238 :にいちゃん:2005/04/28(木) 19:06:21 ID:fnHICjsC
>>206
>その「枠」の概念が明確にされ、尚且つそれが受容され共有されなければ議論にならない。

まあ、議論の基本姿勢として、私なりに歩み寄りをしているつもりだが?
しかし、あなたたからは全く感じないな。ほんと頑固だ。
「馴れ合う」と「議論の為の歩み寄り」を同化していないか?

239 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 19:57:32 ID:AoiEEWPq
>>235
> 私があなたに要求しているように「感じる」なら、・・・それは自分なりの議論する時の姿勢だ。
「感じる」までもなく、文脈から判断できると思うけど。
> あなたが厳密な理論と書いていないなら、あなたが発言する・・・部分などにおいて感じたまで。
発言内容に関する疑義が提出された場合、それに対する能う限りの説明は当然必要。議論における最低限
のマナーだろう。
> それからあなたの記述態度。多くは仏典を引用する部分・・・否定もしないが。
何らかの主張には各々の文脈における典拠や論拠の提示が必要と考える。
> あなたは、表現には説明義務がある・・・テーラワーダのHPで見た瞑想方法を思い出すが、それに関係する?
しません。テーラヴァーダには親近していない。論述論究と「表現」とは一応分けて考えているし、所謂表現行
為はごく限定された場でしかしないかな。
> 俺は、表現には説明義務はなく、あるがままに表現し・・・ 何を根拠にそう書いていたのか気になっていた。
テーラヴァーダの瞑想法についてはコメントしないでおきます。
> つまり、私が書いた「あたかも全て正しいかのような断言」というのは・・・有益と感じて、
> 限界を弁えた徹底追求の姿勢とでも言いたいのですか?
提示された論述内容の妥当性を吟味に晒す場であると心得てますが。
> その姿勢には基本として否定はしないが、原始仏教を・・・厳密も意識して追求してはいない。
オウム的に歪曲された「原始佛教」に対しては必要に応じて論駁を継続するつもりです。これは彼ら
のドグマの柱の一つですので放置しておけばトンデモ説が流され続けるでしょう。別段このスレへ常
駐するつもりはなく、今までもしてはおりませんでしたが。
> もひとつ、「限界を弁える」という部分は、大きく個人で主観が異なる為・・・渦となって繰り返されても仕方ない。
必要であれば、その都度言明内容の擦り合せを行えばいいでしょう。

240 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 20:01:29 ID:AoiEEWPq
>>234
前後しましたが。
> このカキコで、私もあなたの意図が掴め、あなたの言葉にも方向性が
> あった為、一部終了であろう。
了解。
> もう一度読むと納得した。
> 使用されている指示代名詞(これ・それ・あれ)が、そのレスの中だけに閉じて
> いるのであれば。よって、それに関する私の反論は意味がない。失礼。
時間が掛かったけど理解してもらえたようで幸甚。挨拶深謝。
> タクシーに乗った時、行き先も言ってないのにとりあえず走り出す運転手だと
> 言われればそれまでです。
乗り物酔いしそう(笑)。


241 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 20:33:29 ID:AoiEEWPq
>>238
> まあ、議論の基本姿勢として、私なりに歩み寄りをしているつもりだが?
> しかし、あなたたからは全く感じないな。ほんと頑固だ。
> 「馴れ合う」と「議論の為の歩み寄り」を同化していないか?
していない。私見主観を規準に発言しているわけでもありません。こうした場では発言内容の
公開性が要請され当然と心得ますが。共有可能な議論空間(土俵)は必要。
余談ながらインドでは佛教と多学派との間でこれがついに成立しなかったとされています。



242 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:44:35 ID:bo2rVNPx
阿呆陀羅さん、在家者が涅槃するのは無理ですよね?
仕事や付き合いや雑事に追われ続けるわけですから。
結局煩悩も捨てきれずたまには美味しい物も食べたい、となる。

243 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:44:42 ID:0EJMdLaa
つまらんから他のスレでやってくれ。
>阿呆陀羅經
>にいちゃん


244 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 20:55:14 ID:7TVNBvTm
>>136
仏教を内道といい、仏教以外を外道と言うそうですね。
両者の違いは、仏教の無本質・無実体思想に対して、外道の本質・実体思想です。
無本質・無実体は、無自性、空であり縁起ですから、

>「あいまい思考」は、元信に残る特徴的な後遺症のひとつです。
>以下は推測ですが、実体験に基づく仮説でもあります。

>絶対的な真理だと強く“信じていた”ものが、実は正しくなかった
>と気づいてしまうと、その経験は「明確な基準に基づく明確な思考
>および結論はあり得ない」と思うようになってしまうのかもしれない。

↑のような御心配は御無用ですね。
明晰な内省思考によって、様々な体験も教義も冷静に捉えたり分析できるようになります。

>だとすると、それは強烈な刷り込みによる一種のトラウマなので、
>適切な認知の修復を行う必要があると思う。

↑体験は強烈でしたが、トラウマどころか前向きな跳躍であり、意識のスペクトル論的
展開として、ありのままに受け入れれば済むことです。
後は、自燈明・法燈明で歩むだけです。

教団との関わりも学んだことも、人それぞれです。


245 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/28(木) 21:04:36 ID:9zbkrtR0
>意識のスペクトル論的展開として、
トランスパーソナルの臭いがする・・・・


246 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 21:07:51 ID:QlFOYuQk
243

はげしく同意
ゴールデンウィークはどんなセミナーやるの?
てか、まだ道場って稼動してんの

247 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 21:12:54 ID:Srf9YPj/
どなたか、オウムの教義の核心を、要約して教えて下さい。その教典及びどの点が
仏教以外の他宗教の猿真似であるかについても。

248 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/28(木) 21:17:26 ID:AoiEEWPq
>>245
何というか原始佛教って冥想産業とかニューエイジやらの錦の御旗に
よく担ぎ出されますな(苦笑)。

249 :にいちゃん:2005/04/28(木) 21:31:10 ID:fnHICjsC
>>246
>はげしく同意
あなたの発言は多く読んでいますが、「うんこ」と書いていた部分、唯一 癒されました。


250 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/28(木) 22:04:56 ID:9zbkrtR0
>>248
そうですね(溜め息
「空」性をきちんと把握して広めてくれるんでしたら、何も問題はない(むしろ
歓迎する)んですが、真に残念な事に彼らが広めているのは「霊」性だったり
しますから。・・・それ、もろアートマンやんけ・・・
ニューエイジの先駆者はユングでしょうが、そもそも彼がチベット仏教に目を
つけたのが良くない!チベット仏教を無批判に崇拝して、あまつさえ大衆受け
しそうなものばかりを日本に持ち込んだ中沢新一も良くない!
等と言ったら叩かれそうだなぅ・・・・


251 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 22:17:55 ID:wWXYw3ig
ウンコについてどんだけ知つとりまつか?
ウンコは臭い。。でも食うと苦いンでつ
アンタら五感でどれだけウンコを体感してまつか
視触嗅味。聴覚ゥ〜ぶりぶり音かいな
ウンコすると大腸菌が一緒に排出されまつ
オウム理論で逝くと殺生でんがな
奴らは野菜の調理も殺生ゆうのやから


252 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/28(木) 22:29:13 ID:GQWloPfw
>>248
『原始佛教』ってのは、何か『今まで知られていなかった根本の教え』って印象があるからね…
イメージ的なモンが大きくないか?

253 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 22:31:46 ID:wWXYw3ig
ウンコについて生半可な知識と経験しかもっとらん奴らが
2ちゃんでウンコーとかのたまってるの見ると不快に感じまつ
あなた方人間はウンコのくっさい匂いしか知らない
それはウンコの一面しか知らん奴がそれだけで全てを知ったかのように
知ったかぶりこいてると我らには映りまつ



254 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 22:40:02 ID:bo2rVNPx
最近非有愛が強くなてきた・・・・生きててもつまんないよ。

255 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 22:42:32 ID:wWXYw3ig
ウンコだい好きなキャンディさん初め一度五感でウン子を体験して下さい
ウンこは滋養源でつハエ属の栄養源でつ
汚いと思うのは教育による観念でつ
ペットショップ逝くと子犬は自分のウンコ舐めて待つ
んーでも病気になりません
そのように経験せんとわからんことが多々あるのこの地球という世界なんでつ

256 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 23:27:19 ID:wWXYw3ig
あータマに降臨する宮〇杏奈ちゃんは仕事で調教されたみたいだから
ウンコの実体について一般人より知っとるかも試練
てか、美醜の分別もってまうと迷いが増えるよね
科学的には同じ構成要素なのに
美人の魔ムコは舐めれてもブスは触るのも汚らわしいとか。。

257 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 23:31:36 ID:dsy5ds5Y
こっちのスレは放棄して
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1113242729/
に移動しませんか?>カネゴンちゃん他
オウムに関係ない人間のカキコみててもつまらん。
ここの存在意義って教義と関係ない内部告発とか、
カネゴンちゃんのオウムやめたといいつつ抜けきってないカキコとか、
いかにも現役サマナ臭いカキコとか
某関西方面の●●●長のカキコとかが楽しいんであってw

258 :カネゴン@キャンディ:2005/04/28(木) 23:33:46 ID:VCciqYp9
ああつまんない。。。

教組がいなくなったら、つまんない教団になったと思ったんだけど
教組がいればいたで、いろんなイベントだなんだと思いついて
ウザいんだよね。。

イベントといえば、なんのイベントだったか
つるっぱげの男子出家修行者ばかりが(毛の生えているのもいたかな)
赤と白のおそろいでつくった衣装を着て、踊っているのを見たんだ。。
途中でね、”飛び蹴り”みたいなポーズが入るんだけど。。すごい笑えたよ
そういえば、ある成就者の体験談で、その赤い衣装を着て人前で踊るのが死ぬほど
いやだったんだって、もう赤い服着るか、下向するかくらい悩んだって

あたしはガネーシャかぶって踊ったよ。。

259 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 23:48:00 ID:wWXYw3ig
世俗の価値観を超越し浄不浄も超越するのが最終解脱の境地でんがな
美人も醜女もくべつなくなるのが悟りの境地でンがな
臭いも汚いも超越した境地が解脱でんがな


260 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 23:49:06 ID:JC2YYniw
>>257
それっていうのが、いわゆるオウマー的スタンス?

261 :前世で蛆虫@記憶バリバリ:2005/04/28(木) 23:56:12 ID:wWXYw3ig
絵に書いた餅ではあきまへん
経験重視のドグマがオウムでんがな
んーならそれを実践してみせたらええがな
美人もご馳走もブスもウンコも同じ五蘊が構成要素やと
一元の世界に達したら違いはないと。。
身をもって示してくれ張ったら弟子はついてくでぇ
務所ぶちこまれてからでは遅いねん

262 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 00:15:47 ID:ZCmVRjRZ
セガールはどうしちゃったの?
http://www.number21.jp/bbs/chiko/index.html


263 :レイプ介錯人300:2005/04/29(金) 07:10:43 ID:CpjxeQ0c
 

264 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 08:41:30 ID:q/LGni8K
>>258
どこの宗教団体でも開祖がいなくなると、形骸化していくね。
世間で叩かれないように無難な団体になっていき、霊的なことなんて言わなく
なる可能性もある。
新興宗教なんて
しょせん開祖一代限りのものであって、世襲などはできない。
大体二代目、三代目というのはセンスのない奴が教祖になっている所が大半。

現在のアーレフは1992年くらいまでの無難な教義を繰り返し修習しているだけ。
それらは過去で古い、もはや死んだ真理を修習している。
真理の絞り滓と言っていい。




265 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 08:59:30 ID:q/LGni8K
天理や大本なども発足当時は、当局から危険視されてきた団体だったが
今はすっかり形骸化して、無難な団体になっている。
後継者には、結局開祖を超えるパワーの持ち主は出てこず、大体が
一族(中山家、出口家など)が世襲していっているだけ。
そして、儀式的になり、大昔に開祖が言った古くさい言葉などを、
繰り返し読むぐらいしか能がなくなる。

例えばGLAという団体は、父親の代は、めっぽうオカルト色が強かったが
娘の代になると、社会心理学みたいな講演になってしまった。
またどこの団体でも二代目以降になると、パワーの無い教祖に
よって、先代とは違う教えが説かれてしまったり、解釈がずいぶん
変更されたりするものだ。

だから、救われたいのなら、今開祖が生きている団体に
入ることだな。


266 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:09:34 ID:q/LGni8K
予言してもいいが、このままアーレフが存続するのなら、将来
必ず、アーチャリーが教祖になるだろう。
1年後か10年後か30年後かわからんがな。
上祐はもう返り咲くことはないだろう・・・と見ている。
新興宗教というのは基本的に世襲制が多い。もし、他人である高弟が
教祖になると、開祖の家族は脇に追いやられるからね。
開祖の家族や保守層は黙っちゃいないのさ。
上祐もそれで追い出されたと思う。



267 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 09:25:16 ID:q/LGni8K
真如苑などの場合、開祖の他、奥様と、夭逝した二人の息子を
拝まされる。しかも現教祖は、娘である。
伊藤家一族を未来永劫、信者は拝まされる。

これだけならまだいいが、開祖の血縁というだけで神様扱いされる。
釈迦の息子ラーフラも十大弟子にされているし。ラーフラなど
モッガラナーやシャリープッタやアーナンダなどと比べて
どんな業績を残したか、全然知らないのだが。
イエスの母マリアは神様扱いされている。別に教えを説いた
わけでもなく、断食修行したわけでもない。単にイエスを生んだと
いうだけで。
俺はこういう開祖の血縁者は平凡な人だったと思っているんだけどね。



268 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:01:58 ID:cZSZr3PT
>>259
釈尊は美醜の区別まで無くせとは言ってないと思うなあ。
本覚思想とか大乗の教説じゃないか?
現実は美人の方が清潔にしてるし、性格もいい人が多い。

269 :独り言 ◆ZZW30U26jo :2005/04/29(金) 10:17:34 ID:JXebQ3Dn
>現実は美人の方が清潔にしてるし、性格もいい人が多い。
これ、喪女板では口が裂けても言えん台詞やなぁw
自分も時々思わないでもないけど。

270 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 10:27:11 ID:cZSZr3PT
>>269
アメリカで天才児の研究がされたことがあるんだが、天才児は容姿端麗で、運動能力も高い子が多いんだって。
人間は総合的な存在。


271 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:58:50 ID:1bcMl0OE
現実には肉体の個体差が、つまるところ個性だからね。
美醜の区別どころか、オウムは全ての思慮分別を破戒する
ことが善だと思ってる節がある。

彼らにとって正しいのはグルイズムだけ。

272 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 11:59:53 ID:q/LGni8K
世間の反応

1987発足当時→ほとんどの人知らない
1989年坂本事件→うさん臭い宗教、いんちき
1990年選挙→いんちき宗教が名を売りたいのだろう、落ちて当然
      こんなやつらに投票するやつおるのか?(蔑笑)
1992年頃教祖テレビ出演→宗教団体の教祖みたいなのがテレビに出るのは、
          うさん臭ぁ〜・・とわかるやつにはわかっていた。
1995サリン事件 →やっぱり。いつかやると思っていた。
1996頃破防法適用問題→やりすぎかもしれないが、この団体なら仕方ない。
1999移転騒動→普通はやりすぎだが、この団体なら仕方ない。
ハルマゲドン予言はずれ→いんちきだから当然
  謝罪、休眠→遅すぎ。
2001新生アーレフ発足→名前変えただけ、消えてほしい。どこが新生やねん!
2004教祖死刑判決→死刑は当然。それにしてもまだこんな団体あったのか。   

その他の反応
教義は完璧→うそこけ。
教祖は最終解脱した→うそこけ
マスコミは真実を伝えていない→昔からほざいている。
教義や修行が誤解されている
→うるせー、おまえらこそ、世間の常識を知ってから物を言え
空中浮揚→腹筋のジャンプ
神秘体験→過呼吸、薬物による幻覚
上祐→うそつき
信者は真面目→マインドコントロールやろ
アーレフに入ろうとする人に対して→悪いこと言わないからやめとけ




273 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 12:12:54 ID:AuNuZAao
教組はアーチャリーよりは、ゲイカを建てたいんじゃない
ゲイカたちが生まれる前はアーチャリーがステージ一番だったけど
教組は女は採集解脱できないと思っているようだから
ゲイカが生まれたときは喜んだんじゃない?

274 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 12:32:34 ID:1bcMl0OE
上裕路線に従っていれば、教団の存続もできたかもしれないのに。
麻原路線踏襲じゃ、潰れるか、潰されるのは時間の問題じゃないかな。

275 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 12:43:59 ID:yBiR7CxK
>>272
根拠のない「信教の自由」の5文字に無批判に呪縛されて、このような宗教を
未だに泳がせている、行政・司法およびその理論的支柱としての宗教学者に
すべての責任がある。信者およびその家族は、彼らと「信教の自由」の痛ましい
犠牲者である。放置すればこのような事態が生じることは初めから判りきって
いた。信者たちは、マインドコントロールの故に、100%の善意で、即ち違法性
の認識なく犯罪を犯し、家庭を破壊し続けているのである。病人を保護・治療しな
いで放置しているに等しい。

オウムは、宗教としてのすべての要件を備えている。従って、他の宗教や宗教学者
は根本的な批判が不可能である。すべて自らの正当性に跳ね返ってくるからである。

オウムの心情シンパである法律家、文化人、宗教学者がかなり居る。国立大学の
教壇上から、オウムの実質的布教を行っているのだ。

処刑されるべきは彼らであり、信者とその家族は、彼らの怠慢の犠牲者である。
慈しみ育てたわが子が、宗教に嵌ったばかりに、家庭を捨て、他者を傷つけ、
自らも死刑に処されるのを見る家族の苦しみと悲しみを、もっと理解する必要が
ある。これ以上の不幸と人権侵害は存在しないのである。

「信教の自由」の、実態に即した本質的な再考慮と徹底的な制限が必要である。

276 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 12:49:24 ID:AuNuZAao
ウソつきじゃないグルが欲しい
みんなそう思わない?
最初の弟子の溺死事件のとき、なんで正直に出頭してくれなかったんだろう
そうすれば罪が軽くて済んだし、ムショに入っても過失致死(?)なら
数年で出てこれたよね?
だれか、法律詳しい人いたら、教えてくれない?
なにかの施設で入居者をせっかんして、死に至らしめるというのは
たまにあることじゃん 老人ホームとか。。で、ほんのいっとき、テレビなんかで
話題になるけど、すぐ忘れられるジャン。。
だったら、最初に一人死んだ時点で公表して、誰か一人二人がムショ入っていたら
もうとっくに出てきていたよね??

今度のJR事故で思ったんだけど、死者の数が100人超えたじゃん
で、運転手も死んだけど、もし運転手が生き残っていても
あれは業務上過失致死?になって、ムショに放り込まれても
死刑にはならないだろうと、思うのね。法律知らないけども。
それくらい、わざと殺したのと、過失でやってしまったのでは違うと思うの。
で、最初溺死させた時点では、私は罪は軽かったと思う。そのあと、ついたウソのほうが
ずっと重い。それは人道的にも世間の人もそう思うだろうし、法律でも
争われると思うのね。。


277 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 12:52:38 ID:AuNuZAao
275
あんたはこここないでくれよ
信教の自由を取り締まった結果がどうなるのか、考えて発言しているのか
すごく軽軽しいよ
それを利用して、別の権力が動き出すだけじゃないか。。
自由があるからお互い憲政もきくんであって

278 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 12:55:13 ID:1bcMl0OE
宗教法人認可の基準を見直した方がいいな。

279 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 12:55:38 ID:fSFZLboi
悪魔の使い!阿佐谷北は地獄に落ちろ
そんなに仏教を広めたいのなら、草加学会に池!!


280 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 13:07:37 ID:AuNuZAao
でさ、そういう過失で殺したあとにどうしようって考えて
正直に出頭すれば、4,5年(よくしらない)で出てこれるだろうし
そうしようって思うのと。
隠しておけ、出頭しろとアドバイスするやつは殺そう、と考えるのと
どうよ?
それは、ひき逃げ事件なんかでもわかる通り、自分がやったことに怯えて
逃げたくなるってのはわかるんだけど、たぶんそうではなくて
いろいろ考えてこのほうが、世の中のためとか、救済のためになるって独善
したんだろうけど、余計なお世話だと思わない??
サリンで壊滅状態になるより、過失致死で数年で出てくるほうが余程ロスが
少ない。しかも、教組か高弟の一人二人が
ムショに入ればいいだけ。なんであなたがたは私の弟子だからといって
殺人をさせたり多くを巻き込むんだろう。坂本事件だって、オウムと坂本弁護士が
やりあっている最中に家族ごと失踪したんだから、オウムが疑われないはずないじゃん?
隠せば隠しおおせると思ったかね。無理だよね。

つまりバカじゃないのか?

281 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:09:08 ID:1bcMl0OE
カネゴンの思考回路がどうなってるのか知りたい。おれは。

282 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 13:19:34 ID:AuNuZAao
つまり、発想がやくざと同じじゃんよね。
ばれなきゃいいんだとか、やくざよりひどい。
こんなウソつきグルを拝まされないといけない弟子がかわいそうだと
思わんのか?
こっちだって、できるだけ優秀なグルが欲しいんだよ。弟子だって
優秀なグルを拝みたい。もし、最初ちゃんと出頭して公明正大に
やってくれたら、どれだけ後から出てきたグルを、弟子も晴れ晴れした
キモチで迎えられたかね?(もちろん、ひところしてムショに入ったからと
いって、それで罪が消えたとは思わない。だからといって、おまえら人間のきめた
法律に仏陀である私が行動を規制されるいわれはないというのは傲慢だ。
というか入りたくないから言い訳している)

こういうと、死んだ人には悪いが、過失で一人溺死させたくらいで
弟子の誰一人教組を毛嫌いしたりしないよ。過失は過失。わざとじゃない。
教組はビビリすぎたんだよ。

283 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 13:35:56 ID:AuNuZAao
世の中の雑多なことも、宗教も
”まあ、仕方ない、こうなった以上は”
みたいな感覚で流れている
それが許せるなら、最初から正義感にもえて宗教やったり
する必要なさそうだよね

教組のは、ばれたら殺すの繰り返しだよ?
こんなあぶないグルいるかね?
そのために、世の中の無常性を強調して、どうせ人はいつかは死ぬのだからと
いうんだろうか
修行を進めるために、無常を強く説くんであって、人殺しの理由にするために
世の無常を説いているわけではないだろうに


284 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:38:11 ID:yBiR7CxK
宗教法人法第1条2項は、次ぎのように規定する。何故こんなことを、わざわざ
規定しなければならないのか。宗教の実態に無知な役人の机上の作文である。
この2項を削除し、「宗教行為は、公序良俗や道徳などの社会通念に反する
ことはできない」旨を明記すべき。

明治憲法では、「日本臣民は安寧秩序を妨げず又臣民たるの義務に背かざる
限りおいて信教の自由を有す」とちゃんと規定されていた。特定の宗教に
国を乗っ取ることが許せない以上、当たり前のことではないか。

「憲法で保証された信教の自由は、すべての国政において尊重されなければ
ならない。従って、この法律のいかなる規定も、個人、集団又は団体が、その
保証された自由に基いて、教義をひろめ、儀式行事を行い、その他宗教上の
行為を行うことを制限するものと解釈してはならない。」

285 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 13:47:18 ID:AuNuZAao
殺人によってさえ逆縁が強くできれば、済度の方便になると
これは慈悲による救済だと、固く信じているかもしれんが
そのおかげで、教組のことを純粋に最初から信じていた人間が
イヤケがさして離れていくなら、どうなんだろう


286 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:48:16 ID:q/LGni8K
過失致死罪と過失傷害罪をあわせて過失致死傷罪
(かしつちししょうざい)と呼ぶ。過失により人を死傷させる罪である。

過失により人を傷害した場合に過失傷害罪となり(刑法209条1項)、
法定刑は30万円以下の罰金又は科料。同条2項により、
親告罪とされている。一方、過失により人を死亡させた場合に過失致死罪
となる(同210条)。法定刑は50万円以下の罰金。
こちらは親告罪ではない。

過失
両罪とも暴行や傷害の故意がなく、死傷の結果について過失があること
が要件となっている。暴行や傷害の故意があれば傷害罪・傷害致死罪が
成立する。

また、業務上の過失である場合には業務上過失致死傷罪に
、重過失があれば重過失致死傷罪に該当し、それぞれ重く処罰される。
もっとも、「業務」の範囲が広く認められているため、過失致死傷罪に
該当する事例は狭い範囲に限られている。



287 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 13:58:21 ID:JCkbv8Yr

どうして東京道場のHPぜんぜん更新されてないの?
サマナのプロフィールも削除されちゃってるけど何で?

もしかして現役信徒らしき人にいろいろ内部のこと書かれたのが原因で
道場長以下、全員処罰か?

スパイしてる人、書き込み求む!


288 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:10:12 ID:yBiR7CxK
>>277
>信教の自由を取り締まった結果がどうなるのか、考えて発言しているのか

あなたこそ、「信教の自由」によって、信者本人を含めどれほどの人権侵害が生じ
ているのか考えて発言しているのか。

要するに、「証明できないことを人前で言うな」ということ。世の中滅茶苦茶になるよ。
自分一人で何を妄想しても勝手だが。

他宗教による「牽制」などではなく、「紛争」になることは必至。

それから、「人間は独りで生きている(生きられる)」などという錯覚は、即刻止める
こと。「個は他との関連においてのみ存在し得る(縁起、空)」ということこそ、
仏教思想の中核ではないのか。

289 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 14:39:49 ID:ebXTQH5/
お釈迦さんは、独居して修行せよ
サイのように一人歩めともいっているよ
さびしがりだから群れたがるというのなら弱さだと思うけど

それにあなたは宗教は自分には関係無いバカがやるのだと
決め付けて、簡単に取り締まれというんだろうが
それだって人種差別だろ
宗教やりたい人間の権利は剥奪するのか
いい宗教悪い宗教の区別が簡単につくなら、あんたに言われなくても
誰かがとっくにそうしているよ。。

290 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 14:45:12 ID:ebXTQH5/
ではあなたはどう思うか
ここに畜産農家があって、生きている間に
数千の生き物を殺した
これは公序良俗に反さない
しかし、宗教的にみるならば自分が他の生き物に与えた苦痛は
自分にかえるのだと、これを因果という
オウムでは、これをカルマの法則といい、自分のなしたことは自分に
必ず帰ってくるのだと。
だからおうむでは戒律をまもっている。しかし、これは形而上の問題だから
証明できない、だから説くな、というならあなたは
宗教的な悪業を積む

291 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:51:24 ID:yBiR7CxK
>>290
それならあなたが生き物を食べなければよいだけ。「カルマの法則」など、妄想に
過ぎないことを、人前で口にしたり、人に説いたりするな、ということ。

292 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 14:51:38 ID:ebXTQH5/
宗教学者や司法が宗教を野放しにしていると
彼らを責めるが、彼らだってこわいじゃないか
自分達が、これがいい宗教、これが悪い宗教と勝手に
決めてしまって、もしそれが間違っていたら、世間で人を殺す以上の
悪を積むんだぜ
信心深いほどそうだよ 自分の判断が神の真意にもとるかもしれないって
おそれるものさ
誰に宗教の善悪を決める権利があるんだ
もしそれが間違っていたらその人たちにすべての責任がかかるんだ
あんたは目に見える範囲でまともならそれでいいっていうんだろうが
そんなに簡単じゃないと思う

293 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:52:16 ID:1bcMl0OE
仏教か非仏教かの区別は、三法印でつけられる。
同じように、危険な宗教か、真っ当な宗教かは、形而上と形而下の
区別が正しく行われているかで区別できる。

すべての宗教を否定する気はないが、破壊的カルトを合法的に取り
締まる基準は、やはり必要だと思う。

294 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 14:53:04 ID:ebXTQH5/
291
そこまで断言する人にオウムにこれっぽちも同情してほしくないんだ
おまえなんかに同情されてたまるか

295 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 14:56:04 ID:ebXTQH5/
もしカルマの法は証明できないから説くべきでないし
形而上だから必要ないというなら
三億円強盗なんか、一番得したということになるじゃないか
世の中悪い子としても平気なヤツは平気だ

296 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:58:39 ID:yBiR7CxK
>>293
>危険な宗教か、真っ当な宗教かは、形而上と形而下の
>区別が正しく行われているかで区別できる。

それに尽きると思うが、オウムを含めほんとんどすべての宗教には、その区別
がついていない、また、つけることが不可能なのが問題なのです。

297 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 14:59:36 ID:cZSZr3PT
普通の人の考えはこうだろう。犬や猫やイルカを殺してはいけない、虐めてもいけない。
しかし食用の家畜や、魚や、醜い姿をした虫はいくら殺してもいい。
矛盾した考えだが。

298 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:00:38 ID:1bcMl0OE
お釈迦さまが説いた縁起の法は、心の作用についても言及して
いるから、別に形而上のことと無関係というわけではないんだよ。
心の作用は形而上だもの。

三億円強奪の犯人は、ずっと罪の発覚を恐れて暮らさないといけ
ないのだから、自然の成り行きとして、その罰に苦しみながら生き
て行くんだ。
警察に捕まろうと、捕まるまいとね。

それが縁起によるものごとの成り立ちだよ。
つまり、自然の摂理さ。

299 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:02:34 ID:1bcMl0OE
>>296
宗教界全部を正面から敵にまわすわけにいかないからね。
釈迦のカースト批判のスタイルが、一つのお手本を示している
と思うようになりました。最近のことだけど。

300 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:05:38 ID:yBiR7CxK
>>298
そんなことは、すべての人間が本能として持っている自然の感情。わざわざ宗教に
教えられる必要は全くない。


301 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:07:15 ID:1bcMl0OE
>>300
それがわかってる人に、そもそも宗教は必要ない。
釈迦が説いたのは、信仰からの脱却だから。

302 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 15:10:02 ID:ebXTQH5/
では、あなたに聞こう
カルマの法則は証明は難しい
しかしあなたに子供がいたと。今日あなたは何かの縁でもって
(自分が他の人や他の生き物を精神的身体的に苦しめたことは
かならず時分にかえるのだ)と説法を聞いたと。
あなたはそれを、教えたくはならないか。
そうおしえてやろうというのを止める必要がなぜあるんだ。
時分の子供が漁師になろうとしていたと。説法をしっていたら
やめたほうがいいといいたくならないか。あとで子供が苦しむとしったら
それを形而上の問題だからと教えないのが親なのかね

303 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 15:12:17 ID:ebXTQH5/
わからない人もいるから説教するんだろうが
三億円強盗もカルマの法則を知っていたら盗まなかったかもしれない
罪の意識に苦しむと言うが、三億使うスリルも味わえるんだからね。


304 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:12:21 ID:1bcMl0OE
証明できない「カルマの法則」を、正しいと信じている根拠はなに?

305 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:12:53 ID:cZSZr3PT
オウムの殺生戒はジャイナ教的だよね。植物を料理するのも気を使うんだから。
植物には脳も神経もないんだから、別に切ったって苦しまないんじゃないかな。



306 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 15:13:56 ID:ebXTQH5/
すばらしいからだ 平等だし
将来のことは言い切ることができない
しかし、過去にやったことは自分でわかる
それに裁かれたってしかたないだろうと思えば
カルマの法則を否定する必要もないだろうが

307 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/04/29(金) 15:14:41 ID:oU9vDuXv
>カネゴン@キャンディ
いつものことだが・・・。
わけわかめの仮定から何の論証もなく断定的結論にこじつけるねえ(爆笑)。
あまりにも稚拙で見ているほうが恥ずかしくなるからいい加減にお止しなさい。

308 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:19:30 ID:1bcMl0OE
>>306
きみは優しいから、すべての生き物が平等であるべきだと
思ってるかもしれないが、自然の真の姿は、きみが思うよう
には平等じゃないのかもしれないな。

309 :カネゴン@キャンディ:2005/04/29(金) 15:19:41 ID:ebXTQH5/
仮定じゃないよ
時分の過去になしたことは時分にわかっているじゃないか
それがかえってきたって文句はいえないだろといっているんだ

310 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:24:33 ID:yBiR7CxK
>>302
人間は、共同体としてしか生存できないのだから、その共同体の成員は、一人一人
が「自分」である。ある自分が他を苦しめることを認めれば、その自分も他から
苦しめられることを認めることになり、共同体の維持、即ち自分の維持が不可能
になる。共同体では、その成員についてすべてが「相互的」なのである。「情け
は人のためならす。」利他は最大の利自であり、その逆もまた真である。

分るかな?

311 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:26:15 ID:2T+5MfGO
>「カルマの法則」など、妄想に 過ぎないことを、人前で口にしたり、
>人に説いたりするな、ということ。

「カルマの法則」でくぐると、いっぱいヒットしますよ。
カルマの法則とは、道徳的にも抵抗感のない善因善(楽)果・悪因悪(苦)果
だと大雑把に捉えればいいでしょう。




312 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:27:42 ID:1bcMl0OE
円周率のπを、最初は「3」と教えるのと同じ感じだな>カルマの法則

313 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:29:09 ID:6XarrqOl
前世で悪さしたから身体障害者に生まれましたなんて言われてもナー
過去のことは覚えてないから納得できない
善と思ってオウムに勧誘しました、ところがトンデモ宗教でした
このカルマによってあなたは誰かにニセモノを教えられ不幸になります
ってことになるでしょう?


314 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:30:41 ID:2T+5MfGO
仏教の不殺生戒は妄想ではありません。

315 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:34:22 ID:cZSZr3PT
俺は輪廻(道徳論じゃなく、胎生的輪廻)を受け入れた時、ある種の納得を得たんだ。
何でもっと楽しい青春時代を過ごせなかったのかとか、そういう過去への不満に対し、説明してくれるものだからね。
前世で子供を奴隷にしてたんじゃないか、とかね。

316 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 15:38:00 ID:yBiR7CxK
>>310で言った「共同体維持のための利他」は、形而上の世界などでは全くなく、
生物としての人間の生存のために不可欠な、まさに形而下の問題です。

317 :阿佐谷北:2005/04/29(金) 17:55:36 ID:hQlgUdhk
>>313 善と思ってオウムに勧誘しました、ところがトンデモ宗教でした
このカルマによってあなたは誰かにニセモノを教えられ不幸になります
ってことになるでしょう?

 ダルマから言えば、なると思う。
そうした反動を恐れている元信者も多いはずであろう。
事実、事件に直接は関わらなくとも、信者はたくさんのとばっちりを受けても来ている。

 裁判、警察との関わり等、面白がっていた奴もいたが、ほとんどは迷惑だと感じていたのではなかろうか。
カルマの法から言えば、こうした事象も 反動 ということであろう。

318 :阿佐谷北:2005/04/29(金) 18:17:48 ID:hQlgUdhk
 そもそも、あさはらさんも信者も、シヴァ大神の僕とされていた。
だが、僕(しもべ)であったためしがあるのかいな?

 出家信者の発言を聞いていると、根本的な教義を知らない人たちの集まりであることが分かる。
巷の研究家の方が余程詳しい。

319 :念仏:2005/04/29(金) 19:10:16 ID:My+wzhZH
地獄、に落ちて文句ゆうやつおるか?
餓鬼道、に落ちて文句ゆうやつおるんか?
動物界に落ちて文句ゆうやつおるんかい?
しゃぁないやろ。
人間界に落ちとるんやから文句ゆうな。
がんばれ。がんばれ。
せっかく法をしっとるんやから実践せな


320 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 19:26:42 ID:t/C0Qgna
>>287
いや、あまり内部のこと書くのはさすがにもうやばいのでは?
割と最近の過去スレでカッピナや村岡のこと書いてた人がいたが、
あれだけ詳しく書いたらそのうちばれると思う。
もう警察に任せたほうが無難。
わざわざ危険を冒すこともない。

321 :念仏:2005/04/29(金) 20:00:17 ID:My+wzhZH
私たちは一種の秘儀によって封印されている。
苦しみたくないとゆう思いが強ければ強いほど
気ずいた時苦しみの量は大変な事になっている。と。

322 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 20:06:38 ID:q/LGni8K
カルマのようなものは確かにあるよ。エドガーケイシーのような人が
証明している。別に信じるのは自由だが、カルマの因果律に従って生きた
方が人生に不条理を感じることなく、整然として生きていける。
カルマを受け入れるためには、人は生まれ変わり霊魂が存在するということを
はっきりと受け入れないとダメだね。
ただ、オウムはカルマの法則を悪用し、自分達の都合の良いようにねじ曲げて
きた。こういうものは信じる必要はない。
ではカルマとはどういうものか。それは次の通りである。
1.人間は人間に転生する。
2.殺生はカルマを積むが、下等動物や植物の場合はそれほどではない。
その微々たるカルマを恐れて、自分の心をがんじがらめにするのは
別の意味でそれ以上のカルマを積む
3.三悪趣のような世界は今世ではその存在を信じる必要はない。おそらく
仏教圏諸国の文化的な迷信。
4.転生先は、死ぬときまでわからない。
5.カルマは固定的ではない。


323 :念仏:2005/04/29(金) 20:06:51 ID:My+wzhZH
遥かな過去から過ちを犯しつずけて今きずく
自己の苦しみは自己の因


324 :念仏:2005/04/29(金) 20:12:04 ID:My+wzhZH
カネゴンの思考の根本はグルに対する性欲です。
人間の最高の意識状態へ導く手段としてマハームドラーと
呼ばれるものが存在する。

325 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 20:48:52 ID:6XarrqOl
キャンディ
きゃんでいがある
サンデーガール
何がキャンディーだゴルァ女子高生なら許すがの。

326 :念仏:2005/04/29(金) 21:05:05 ID:My+wzhZH
女子高性はここにはこんだろう。
人生いろいろ経験してこんな所にきてるのさ。
ここは結構深いよ

327 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 21:10:47 ID:cZSZr3PT
女子高生は煩悩に捕われつつも楽しく生きてるからな。
セックスしたり、クレープ食べたりして。

328 :念仏:2005/04/29(金) 21:31:42 ID:My+wzhZH
釈迦の前章に女性の生があって、その時、飢えた母子に
両方の乳房を与えたんだと。
その時、来世には、強い意志をもった男子に生まれ変わるよう
発願したんだと。
次の生からは男性に生まれかわって修行したってさ。
たいがい昔は修行には女人禁制が普通なんよ。
女は男よりすべてにおいて劣るのさ。

329 :念仏:2005/04/29(金) 21:48:55 ID:My+wzhZH
修行の途上で女なんて自由になる時が来ると思う。
こなければ修行をミスってると思う。
女は麻薬のよなものだけどそれから完全に自由になる時がくる。
高度な精神性が身についたあと配偶者となるコンソートを
抱くことになるだろう。
そこまで行きたいなぁ。

330 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:07:03 ID:Bcgn0DMo
 ↑
邪命外道

浅原さんがなぜ道を誤ったか。
コレッポッチも学んでないね、君は。

331 :念仏:2005/04/29(金) 22:27:57 ID:My+wzhZH
修行は苦しいものだと考えているのだろう。
途上は苦しいものだが、得るものは計りしれない。
もはや、解脱した者の救済の徳による喜びだと考えてほしい。
私は、私でしかない。
麻原は麻原でしかない。

332 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 22:54:57 ID:Bcgn0DMo
修行を終えたわけでもあるまいに、
「得るものは計り知れない。」とはよく言うことよ。

まさにおめでたい。全くもっておめでたい。
解脱する前から、「救済の徳」とやらに酔うとは。

きみには宗教は向いてない、スポーツでもやりたまえ

333 :念仏:2005/04/29(金) 23:17:32 ID:My+wzhZH
餅を絵に描いたものにするか、本物にするかは自分しだいでしょう。


334 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:23:04 ID:Bcgn0DMo
いや、いや、失礼しました修行者さま。
下賤な凡夫の戯言です。

絵に描かれた餅で満足するか、努力して本物の餅を食うかは、本人の努力しだいですね。


335 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:35:55 ID:eXC0dF8s
>>288
無智な発言をしてはいけない。

>それから、「人間は独りで生きている(生きられる)」などという錯覚は、即刻止める
>こと。「個は他との関連においてのみ存在し得る(縁起、空)」ということこそ、
>仏教思想の中核ではないのか。

人間が一人で生きられるかどうか、という問題と
個は他との関連においてのみ存在しうるのかどうか、という問題とは、
まったく思考次元の違った話。
特に、個は他との・・という言葉を一般人に向かって不用意に言うべきでない。
なぜなら、人間は一人では生きられない、という意味だと解釈するから。
しかも、一般人の場合、その解釈には特定のニュアンスがつきまとうんだ。
他人様がいて下さるから私も生きていられる、ああ、ありがたいありがたい、と。
日々「神信心的」に手ばかり合わせる「ありがた屋」を増やすだけだよ。
そんな善男善女など、クソの役にも立たないさ。

大事なのは、「個は他の存在によって条件的に成立する」という事実を、
この文字通りに、一切の感情を差し挟まず、
科学分析的に思考できる人材を育成することなのだからね。

336 :名無しさん@3周年:2005/04/29(金) 23:43:37 ID:1bcMl0OE
>>335
そこに突っ込むのねw;
>>288氏の発言の主意は、最初の四行

>「信教の自由」によって、信者本人を含めどれほどの人権侵害が
>生じているのか
>「証明できないことを人前で言うな」ということ。
>世の中滅茶苦茶になるよ。

の部分だよ。
オウムが犯した人権侵害について指摘してるわけでしょ。
その点についてはどう思うの?

337 :念仏:2005/04/29(金) 23:49:34 ID:My+wzhZH
レイプ事件の被害者の心を縛っていたのは宗教とゆう
言葉のある種のニュアンスでしょう。


338 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:37:36 ID:BfUR/DFo
>>335
>無智な発言をしてはいけない。

釈迦が何と言ったか知らないが、「縁起(空)」は肝心の人間には適用されない
と言うこと?若しそうであれば、釈迦の大きな誤りか見落とし。

共同体を本質とする人間界において、「自分だけの救い」「自分だけの幸せ」「自分
だけの解脱」は無意味。そもそも、それでは救い、幸せ、解脱ではない。

専ら「他人様に感謝する善男善女」で何が悪い?本当の「悟り」とはそこにあるの
ではないか。それ以外の「悟り」とは一体何か?如何なる意味と価値があるのか?

339 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 00:50:52 ID:VBUweeay
>>335は、「空」についてオウム流の相対論的な解釈をしてるんじゃ
ないの?
認識主体がなくなった場合、認識対象も消えてなくなるというアレ。

実際に消えてしまうのは認識主体と、認識主体の感覚だけであっ
て、認識対象が消えて無くなるわけじゃないのにね。

たとえば、わたしが死んだら、わたしは消えてしまうけど、この世界
が消えて無くなるわけじゃないでしょ。

真我思想だから、自分の心の中に恒常普遍の実体を見い出すので、
そういうとんちんかんで奇妙奇天烈な考え方になるのよ、オウムの
場合。

340 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 01:15:55 ID:O8HBxgAw
突然思い出したぞゴルァ
においの玉手箱。。
よくしらんけど、ピラミッドの神さまかなんか
ホルスとか??四種類くらいあって、それをペンダントにして
なかに香水かなんか染み込ませたワタが入っていて、においをかぐと
ムーラダーラが活性化、、まあな
フツーに香水かいでいたらいかんのか

ところで、ふとアレフの支部のホムペみたんだがヴァッ茶ヴァー茶なんだしの
おかーちゃんの話読んでもうた
現世にいたら子宮ガンも定期検診うけて早期発見できたかもしれんね
という私もたまには検診受けんと 正社員で勤めていないと健康診断も
自主的にやらないといけないからね もう何年もやってない
しかし、はじめて数年前に子宮ガンの健康診断受けに言ったら
”下着とってください”って、、センセイ男だったし
んで、棒つっこまれた。。内容知らなかったからさあ。。
ああいうのは女の先生にしてほしい

341 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 01:48:09 ID:6LAf+xb2
>>339
「人間は独りで生きている(生きられる)」という大いなる錯覚があるから、すべて
が狂ってくる。

自分が死ねば、「自分にとっては」この世界は消滅するかも知れない。しかし、生き
ている他者がいるかぎり、彼らにとっては世界は消滅しない。

目に見える世界は、「本当は」実在しないのかも知れない。しかしその世界のみが、
人間が生きるべき唯一の世界なのである。色即是空、されど空即是色。

自分で自分の心を判断することは絶対に不可能。判断するためにはもう一人の自分が
必要であり、そのもう一人の自分を判断するためには、さらにもう一人の自分が必要
であるという具合に、無限に連続するからである。従って、「自分探し」など全くの
ナンセンス。他者が知覚により認識しない限り、自分など存在しない。「我思う、故に
我あり」の命題は誤り。いくら「我あり」と思っても、他者が認識しなければ、単なる
幽霊。

共同体性という人間の本質を忘れた「修行」など、無意味・無価値。傍から見れば
「猿の一人芝居」である。

「悟り」とは、他者との係わり合いの中に現世をひたむきに生きることによって、
初めて得られることがあるもの。

342 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 02:35:30 ID:VBUweeay
>>340
あのプルシャの形したやつでしょ。
新参の誰かが知らずにトイレの芳香剤臭い言って、ひんしゅく
買ってたわ。

あと、プルシャを床に落とした人がいて、誰かが親切で拾って
あげようと手を出したら、その落とした人、ものすごい勢いで
シュッと手を伸ばしてプルシャを他人に触られないように拾っ
てた。

なんか嫌な感じだなぁと心で感じながらも、当時はカルマ交換
信じてたから、なんとか自分を納得させてたっけな。

343 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 02:45:57 ID:O8HBxgAw
小学生だか中学生のとき、ともだちが消しゴムを床に落としたので
親切に拾ってやったら、ギャア〜って、、
消しゴムに好きな人の名前書いてそれを人に触らせずに使いきると願いが叶うという
おまじないをやっている最中だったらしい
マジで目に涙ためていやがったよ。。

私は道場で、ちいさいよちよち歩きの子がいて、道場の外に
あるいてでちゃったのを、危ないから抱き上げて中へ連れ戻そうとした
抱き上げた途端、頭の上から”あ〜あ”って守護神もどきの声がして
(他にはまわりに人がいないのに、頭のすぐ近くで声がした)
なんで親切にしてやっているのに、ひんしゅくを買っているんだと思ったんだが
たぶん、その子に触るな、ということだったらしい
小さいときから信者の親に連れられて修行している子は穢れていないということか?
あたしは気分悪かったんだけども

344 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 02:53:14 ID:O8HBxgAw
道場にいる、3,4歳くらいの子供で、しゅぎょうしている子とか
めちゃかわいいよね?
生意気に小さいアンヨで蓮華座組んでさぁ
おもちゃみたいなの。。
頭でっかくてさあ、体ちっちゃくてさ、蓮華座なんか組んでんの
かーわいー
あのまま殺して冷凍しておきたいくらいだよ

345 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 02:55:08 ID:VBUweeay
それは過失致死じゃねーぞ;

346 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 02:57:02 ID:O8HBxgAw
子供といえば思い出したが、空という名前の子がいて
(名前だしてごめんね)
これがおかーちゃんにべったりで、おかーちゃんが一秒でも
見えなくなるとギャーって泣き出してさ
どんなにあやしても機嫌とってもぎゃー!
うるせーーわ、と思っているとお母さんがすみません、って
来るんだけど、私は口で、ああいいんですよ、といっていたが
非常に恐縮してんのね、 で、しばらくしてお母さんは他心痛が
あるらしいと気がついたよ 口でいいですったって、腹でうるせーって思ったの
ばればれなのね

347 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 02:59:05 ID:VBUweeay
もしかして世田谷道場?
ソラ君、有名だったよね。

348 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:15:00 ID:xUjt863r
335です。
どうも誤解によるミスリードがありますねえ。
私は人間に限らず、宇宙全体が共同体性であると考えている。
だから、認識主体が消えたからといって認識対象までが消えるとは思わない。
その事実認識については皆さんと共同戦線を張りたいと思うけれど、
さりとてその事実に対して「ありがたい・・」と感激して流した涙を、
(涙、というのはわかりやすくするための象徴だと思って下さい)
「悟り」だというのはどうか、と思うんです。
もし「悟り」というものが、この一生を楽しく生きるためのツールである、
というのならそれでも良いのだけれど、
「悟り」とはもう少しメカニックなものではないのかな、
というのが私の主張です。

もちろん「悟り」に至るまでのステップとして、
人によっては(でも多くの人が)「涙を流す」段階が必要そうだとは思います。
しかし「悟り」はその涙そのものでも、涙から出てくる何かでもなく、
その涙を突き抜け、超越することによって導き出された、
揺るぎない「洞察」とその延長にあるのではないか、と考えています。

349 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:22:15 ID:xUjt863r
>>288さんの主意そのものについては今のところ直接クレームをつける気は
まったくないのですが、
文章の後半に出てくる「仏教思想の中核」の表現法に、
288さんに誤解がある、もしくは一般人がその表現を聞いた場合、
誤解をする可能性がある、と感じたので
「表現法には注意した方がいいよ」と書いたのが私の突っ込み投稿です。
ただし、288さんが「善男善女的発想」をしているのならば、
前半の主意の部分にもどこかに狂いが存在しないとも限らないから、
もう少し「メカニック」な発想をベースに再考してみてはいかがですか、
という意味も生じてきます。

350 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 06:48:59 ID:hB5F3mhb

>その宗教団体が真理であるか否かを見極めるには、以下の四つの条件を考慮すればよい。

>1.きちんとした矛盾のない教義が存在していること
>2.様々な修行法、瞑想法、イニシエーションを含めた、その教義にのっとった修行体系を整えていること
>3.その修行体系にのっとって修行をした結果がきちんと出ており、それを証明できる者が存在していること
>4.修行者を目的地に導いてくれる信頼できる指導者が存在していること
>byあさはら


351 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 10:07:34 ID:jYP1uPLU
つい元信のよしみで、たぶんアーレフは発足後、事件で傷付いた
多くの人々を 含め、不景気な時代に心を失った人々に羅針盤を与えたくて、真面目に救おうとして、
活動しているのではないかとよい方に考えてしまうクセがあります。
・・・アホなくらい、純粋な人たちがいるんですよ。
でもあそこはいつも極端だから、一般的な見方で、表に出ている姿を
とらえない方がいい と思います。私はその点は信じているので。



352 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 10:37:01 ID:jYP1uPLU
当初はカルト宗教というムードではなかったんですよ。尊師の
人間的な所がむしろ 宗教臭さを消していたのかもしれない。私の個人的な
意見ですが。
社会的にどうかは、今、判断することはできません。教義はともかく、
私は宗教としてより、尊師の本の愛読者でしかなかったのかも。

クリシュナナンダさんが「幸せは厳しい修行の向こうにあり、世間の人達は
それを 知らずに無意味に 生きている。」といった趣旨のものがありました。
ある意味、理解できないことはないセリフですが、考え方は人それぞれ。
何も知らないまま生きていくのもまた人生なのではないかと思います。
ただそれは世間一般についての考えです。
オウムという宗教に入った以上は、ある意味、「宇宙のすべての
真理を知り尽くす覚悟であるべき」 だと思ってしまうのは、かつての
オウムの法友の受け売り。尊師もそう言われていたように記憶
しています。・・・だけど人それぞれだよね。

353 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:01:50 ID:jYP1uPLU
はじめておかしいなと気付いたのは、
何もわからず、救済活動の一環と思い込んで 選対でバクティ
してた時期でした。
尊師や取り巻きのサマナがアイドル顔負けにエスカレートしていったからです。
これが宗教者の姿だろうか? 疑問が浮かんだのです。 
私や他の信徒さんもお茶出したり、机を拭いたり、接客しているのに、
尊師は派手な衣装を来て、サマナはガネーシャ(象)のお面をかぶり、
盛り上げ用の音楽が鳴り響き、大道芸人のパフォーマンスの世界です。
・・・瞬間、私はこの教団への興味が一気に冷め、これからはひとりで
この教義を実践していこうと思いながら帰ったのをおぼえています。


354 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:40:02 ID:OAu4q46O
自分の場合は、当時ケイマ正大師と呼ばれていた人の神通力がないんじゃないかと
感じたときだったよ。疑問のはじまりは。

特別教学システムというのがあってあれ、最終的には全文完全暗記を目指すわけだけど
ほぼ一発で10課までの初級、中級の試験をうかったわけだよ。上級に進む前にカンニングを
疑われケイマ正大師が教官からの訴えで来たわけ。で、再び再試験で目の前で合格したわけだが
本当にアンタ神通力持ってるのかいと感じたのはそこから。嘘ついてるかもわからんのか!?

おかげで決別できたわけだが・・。





355 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 11:51:33 ID:sgrCZWK+
>>328
>女は男よりすべてにおいて劣るのさ。

君がつまらない女としか付き合ったことないだけ。傾国・佳人・烈婦の存在を知らないのだよ。


356 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 13:47:00 ID:AvGaEoeT
オウムの中の人間にに神秘的な力があった(ある)のは事実だと思う。
それがヨガなどの修行によるものなのかそれとも教祖自身の霊的な
エネルギーの影響によるものであるかという事が非常に重要なポイント
のように思う。

357 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 14:50:48 ID:8hbEK0tG
>上級に進む前にカンニングを 疑われケイマ正大師が教官からの訴えで来たわ

学校の期末テストとかなら、受からなければ落第して困ったことになるから
カンニングもでるかもしれんが、オウムの教学システムに受かりたいからって
カンニングするバカがいるとも思えないけどね。落ちたからって、ノミのクソほども
困ること無いじゃん。。
あたしが不真面目なのかもしれんが、オウムのなんとかシステムでいい成績とったり
ずば抜けていたからといって、これっぽっちも世間で通用するわけじゃないから
全く、やらなければいけないって発送が私にはなかったな。
オウムの教義に詳しくなっても、世間を渡るのはひとつも役にたたん。
サマナはいいんだよ、それだけ知っていればメシ食えるから、修行することが
メシ食うことに直結するし、でも在家には、少なくとも私には負担だったな。
オウムの教義って入れ込むほど、現世がつらくなるからね。精神面もエネルギも。

358 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 15:10:46 ID:8hbEK0tG
もし、教団でサマナの人にうるさく言われなければ、自分は
あれほどまで入れ込んでやらなかった
つまり、人に影響を与えるってのはそういうことさ
教組は、これはいいことだ、人を救うことだから強引にでもやれって
いうけども、誰かの人生を、そのひとが思ったのと180度違う方向に
流そうとしているのかもしれない いや実際そうしている
でさ、善人ほどこれでいいんだ、って思うんだけど、自分が人の人生に
影響を与えるのって、こわいことだと思わない?

で、サマナは教組の命令で営業させられているだけだろうけど
少しずつ時間をかけて、教学やビデオ見せているうちに、その人の人生に
対する考えを本人が望まないのに変えてしまうじゃん。。
私は、昔から語学で身を立てたいと思っていたし、他のことはかんがえたことが
なかった。で、怒涛の20代に入ってオウムオウムで、、勉強することすら
どうせ来世にもっていけない無駄なことという、感覚が身についてしまって
勉強に精が出なくなったよ。
解脱志向と現世志向ってきちんとわかれていない。表向き現世幸福をうたっていても
結局は修行に気が向くように教学やセミナーは仕組んであるし。。
それで、サマナによっては好きにすればいいじゃないって、個人的意見を
言う人もいるようだけど、無理、だよね、あの教学の内容では。。
なんか、教組大好きです、帰依しマース、でも結婚しちゃった、家買っちゃったって
人たまにいてさ、あれだけ時間かけて教学して、よく世俗志向が崩れずに
マイペースで好きなことやれるよな、って感心させられる人っているけど、
私は本を読んで、真剣に考えすぎてしまったからさ、一方では、教学してまーす
セミナー全部でてまーす、イニシエーション受けマース、でも好きな人と結婚しますた
とか、矛盾がありすぎてできない。そういう人見ると、熱心なようでちゃっかりしているよなって。

359 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 15:19:10 ID:AvGaEoeT
カネゴンよ哀れだな。

360 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 15:20:45 ID:8hbEK0tG
で、後になって教団にこういわれたとかいうと
決めたのはあんたじゃない、っていうじゃん
真面目な人には許しがたいよ、そういう言い方

361 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 15:27:54 ID:8hbEK0tG
まずは社会にでて、あるていど仕事して、自分で生きていける力を
与えてから、修行生活に引き込まないと、現世的にその人を殺しかねないよ
実際もう弊害が出ているようだけどね
くどく積んでいれば困らないなんてのも、まったくアテになってないよね?

362 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 16:07:54 ID:hB5F3mhb
>357
今日は、反オウムの日。日替わりですか

>358
また繰り返してる。老人ボケの心配が

>361
出家したら下向なんて考えてない教団で何をいきなり

>359
禿同

363 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 16:23:14 ID:4zTcxQgg
弊害はとっくに出ている被害甚大
オウム時代の知り合いでまともな職についている奴ほとんどいないな
一人だけ進学邪魔されたらオウム辞めますって言う覚悟で
自分の意思貫いたというか要領いい奴がいたが他は沈没
今頃セミナーやってんだろうが、いつも今回逃したら次はないかも知れんぞ
借金してでも参加しろって言われたっけ
金がないと言うと学校行くことにして親に入学金出させて
その金回せとかサラ金から借りろとか無茶苦茶だったな


364 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 16:25:19 ID:hB5F3mhb
>あのまま殺して冷凍しておきたいくらいだよ

いくら可愛くても自分のものにしたくてもそんな残虐な想像一度もしたことがない。
オウムにいると宮崎つとむ並の異常性格者になるのか?

>非常に恐縮してんのね、 で、しばらくしてお母さんは他心痛が
>あるらしいと気がついたよ 口でいいですったって、腹でうるせーって思ったの
>ばればれなのね

君がムッとしたのが、顔に出てたのね。これがオウムの他心通か・・・。


365 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:26:32 ID:4zTcxQgg
やっぱり被害者の会(初代の)ができて坂本弁護士が問題にした時点で
おかしいと気付くべきだった
坂本弁護士はいち早くオウム問題に取り組んでくれたのに
あんな事になってしまった(合掌)

366 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:53:12 ID:4zTcxQgg
要領のいい奴はいたな、布施しろと言われても金もってると匂わせない
うまく隠してる、真面目な奴が損するバカ見るこれは現世と同じ
風俗店経営してた人も極限の布施した結果事業で成功したと評価されてたが
実はこっそり蓄財してたと聞いたな
そのくらいシタタカじゃないとその業界で成功しないってのは
世の中知ってる奴には当り前のことだろうが・・


367 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 17:58:54 ID:4zTcxQgg
なんでも信徒の女性がテレクラの桜としてバイトしてたとか
ウソつきまくりじゃねーかよ桜なんて
これも事情通の信徒やサマナの間では周知の事実だったんだな
オウムは世俗以上に裏表があった

368 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 18:08:31 ID:4zTcxQgg
若い奴は、持って生まれた天性の要領の良さ身につけている
一部の奴除いたら不器用で純粋だからな
特に宗教に興味持つ奴なんてさ
なまじヨガの修行の体験があるからコロッと信じちまうんだ
いまでは麻原は悪魔だと思う

369 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 18:09:16 ID:OAu4q46O
>>356
オウム以前には本山博の三鷹のヨーガ道場で修行したことがある。クンダリニーと
甘露の経験はできた。アメリカのブラザーフッドオブホワイトテンプルでも少し学んだ。
あそこの教えでもクンダリニー覚醒はたやすくおこる。

でも、心の平安というものは、それらのヨーガ的技法だけで得られるわけでもないからねえ。
職場には創価や真光、真如苑、大山、立正佼成会、クリスチャンといろいろなところの信者がいて
一通り話は聞いたが、皆、一度話を聞いた上で断ると決してしつこく薦めることはない。人間的には
オウムの人よりは温厚で協調性があると思う。

370 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 18:28:52 ID:SeMcrua6
>要領のいい奴はいたな、布施しろと言われても金もってると匂わせない
うまく隠してる、真面目な奴が損するバカ見るこれは現世と同じ

税金もサラリーマンからが一番取りやすい
とりやすいところから取る これが一番労力が少なくていい
私なんかサマナが布施しろっていうから、本来なら自分で働いて自分で使っていいはずの金
出してやったのに、陰で、そんなに金もっているなら全部出せばいいじゃん、みたいなこと
平然と言われてさ、やくざ以下だぜ あれで成就者ってんだから笑わせるよ
サマナは、信者が金布施してくれるから、自分たちもメシが食えるんだって考えはないのかね?
なんで働いた金教団にむしられてそれでメシ食っているサマナにもっと持っているなら
全部おいていきやがれみたいなこと言われるんだよ
あたしはあれは一生忘れない てか、どんな人でも裏があるもんだ、と思って
まったく他人を信用しなくなった 教団の人間ですらあれだから、世間はなおさら
そうだろうと思うよ ニコニコしているのなんソトヅラだけ
腹のなかでは信者の顔みたらいくらぶんどれるか計算してんだよ
それで、人が金もっていそうだと思えばたかりやがってシネヨバカ


371 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 18:40:49 ID:SeMcrua6
あれが、一番人を信用できないって思った瞬間だった
てか、キヅついた バカだと思って利用しているんだと思った
まったくバカにしている てか、毎週サツビラきって置いていったから
妬まれたんだろうとは容易に想像つくんだけども、自分で働いた金だしてんだよ
あんたたちが想像したように、金持ちのパパにだしてもらったんじゃない

別にそうまでしても、在家だから認められるわけでもないし
私の悪口いったバカ成就者はそのあとどうなるんだろうと思っていたけど
別に、、順調だよ、彼女は、性格ねじくれているからって彼女の出世に
なんの影響もないようだね 私は彼女の悪口を我慢して、それでも功徳を積んだんだから
金もらってメシ食って当然と思っているやつより余程人徳があるんだと
思ったけど、教祖は何もみちゃいないね。。だってさあ、
功徳積ましてやるとかいっているけど、布施の中から自分たちの食費も
捻出して、それでメシ食って修行三昧で、ステージあがって当然ジャン?
専業で修行してんだから、、それで成就してなんとか師とか呼ばれて
仕舞いにもっと金もってこいとか、信者のいないところでほざいているんだからさ

372 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 18:54:49 ID:SeMcrua6
なんか、ホントに人がいいとか純粋だとか書いていた人がいたけど
そういう純粋な人が、
ハルマゲドンがきたら、どうせ銀行もローン会社もつぶれるから
今借金こさえても全額返済する必要ないとか
このイニシエーションは借金してでも受ける価値があるとか
。。とにかく、金を出せなければ借金だ、というね
私はバカだから、借金しても全額返済しなくてもいいと聞いたとき
これはラッキと思ったんだよね で、契約したと
借金の仕方しりませんといったら、信徒で教えてくれる人がいると
もうハンコもって、底へ行くだけ
で、利息含めて耳そろえて130マンくらいか、返済する羽目に。。
それでサマナ捕まえて、あの話どうなったのよ、銀行つぶれるとか
借金返さなくていいとか言ったじゃない!!といったら、(つぶれたじゃないか!)
って顔ひきつらせながらいっていたよ。全然関係無い地方銀行が一件、最初に
つぶれて話題になっていたけど、そんなのかんけーねーよ。

373 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 18:57:26 ID:SeMcrua6
また別の女性が、銀行がつぶれるって話どうなったんですかって
聞いたら、サマナ二人でコントやって話をはぐらかしてくれたよ
以来、説法会ではまずい質問されると困るんで、その場で手をあげて
質問してよい形式はなくなった、紙に書いてもらってそのなかから選ぶんだ
ずるいことだらけだよ

374 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 19:03:45 ID:SeMcrua6
で、サマナはふてぶてしいから、こうやってだましてでも
金取ってやれば功徳が積ませてやれるんだ
教組はそうやってサマナを煽動しているし、取れないのは慈悲がないからだとか
バカじゃねーの
ここにたまにくるサマナに至っては、殺されたって逆縁ができるんだから
何もないよりマシって考えをくずさないしね。
で、教組の愛娘は賠償金が返せない時期にバカだから私大に行くしさ

375 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 19:08:09 ID:SeMcrua6
信者からは、金がないなら借金してでもイニシエーション受けろって
何度も断っているのに、入れ替わり立ち代り説得に来て、ついに
首タテにふらせて、、しかも、全額返済しなくていいとか抜かしたくせに
こっちはバカ予言のせいで、耳そろえて130マン、100マン+利息分よ?
返済させられてさあ

バカアーチャリーは日本中から賠償金を返せって責められているのに
のほほんと私大進学かよ
ふざけてんじゃねーっての

376 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 19:10:25 ID:SeMcrua6
この文章アーチャリーに読ませてやってくれよ
教団ではセイタイシ様だから、何を言われているのかしらないんだろ?

377 :カネゴン@キャンディ:2005/04/30(土) 19:12:43 ID:SeMcrua6
勉強してって無常だよ、アーチャリー
あの世に持っていけませんからね
無駄なことに金使わないで布施でもしなよ アホ

378 :名無しさん@3周年:2005/04/30(土) 22:59:35 ID:gtzJeO5i
>> カネゴン

だったらアーチャリー殺しちゃえ。かまわねえよ、あんなブス。

379 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:26:36 ID:FINuhFlf
一番はっきりしてるオウムの嘘って、
パーフェクトサーベーションじゃないかな?一週間で完全解脱と言ってたよな。

しかし完全解脱したやつなんていなかったよ。

380 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:29:53 ID:8kg0OlRQ
>> カネゴン
もう、これ以上人生を無駄に使うな。君がオウムの悪口を書くとき、
君は自分の生命エネルギーと生きている時間をオウムにくれてやっているの
だぞ。十分布施をしたのだからもうくれてやるものはないはずだ。
オウムを許せとは言わない。だが、執着を捨てるようにしてほしい。
あそこまでのアホ教団は未来永劫安泰なわけがないよ。君が裁く必要は
ない。それは天がやること。「天網恢々疎にして漏らさず」。自然の法則を
信じてほしい。軒下に残った春の雪のように知らないうちに消えてしまう
運命にある。君はもっと未来に夢をもって生きて欲しい。
厳しい時代だからこそ、夢を持って前向きに生きてほしい。




381 :マンデーガール:2005/05/01(日) 00:43:47 ID:yimzKSPE
んーなこと言ってもサマナの半分は辞めているわよ
今ごろ柔らかい布団で寝てるかセク−スしてるんだ
成就車に至ってはカルマ積んでも影響受けないと言われてるんだわ
つまり、信徒の人生壊しても解脱すれば関係ないってことなのよ

382 :マンデーガール:2005/05/01(日) 00:49:46 ID:yimzKSPE
一千万円布施したら半永久的にサティ庵の個室でパーフェクト
受け続けられるって言われたのよ
で一千万払った信徒がどうなったと思う?
1年かそこらであーぼんしたよ
オウムはそんなところさ

383 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:51:04 ID:8kg0OlRQ
ああ、バモがこんなことを・・・

>人間というのは、人に期待する。そして裏切られたといって悲しむ。
>でも、結論から言うならば、人に期待なんかしちゃいけない。
>期待するほうが間違っている。なぜなら人は、エゴの塊だから。
>でも、信頼するんだ。期待せずに、信頼するんだ。

>つまり、根っからの悪人などいない。すべての魂の真我は、
>究極的には悟りを求めてもがいているんだ。その途上でね、
>あまりにも清算すべきカルマが多すぎて、苦しすぎて、悪人のようになっている
>魂もいるだろう。でも彼らの本質、魂の本質を信じなきゃいけない。
 


384 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 00:57:45 ID:FINuhFlf
>>382
それ、まともに言って漏尽通がないなら辞めるといったとき
独房へつれていかれたよ。掃除もしてない独房はダニだらけで入るなり
100箇所以上さされ、後ろ手に手錠をかけられ、食事も日に1回、水の水筒への追加も1回だった。
その水筒の水がなくなった時、水の追加を頼んだところ、係がくるまで無理と言われ
係がワークで遅れ1日半後に来たときは正直、渇きで死ぬかと思ったよ。夏場だったから独房内は
蒸し風呂状態。すでに脱水症状を起こしてたし。

殺されることはないだろうが、きっと死んだら闇から闇へだと思ったね。

385 :マンデーガール:2005/05/01(日) 01:06:01 ID:yimzKSPE
あんた一千万払ったの?

386 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:26:22 ID:FINuhFlf
1千万などないよ。学生だったし。
一旦出家という形をとって受けた方がいいと言われた。

387 :マンデーガール:2005/05/01(日) 01:41:10 ID:yimzKSPE
パーフェクト受けて何か感じた?変化あった?

388 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:45:06 ID:FINuhFlf
監視付きでやらされた47度15分の温熱もハードだった。


389 :マンデーガール:2005/05/01(日) 01:47:22 ID:yimzKSPE
ウソって言ったら枚挙に暇が無い
絶対当選・・選挙落選
石垣予言・・でたらめ何も起こらない
マハポーシャ・・大嘘の安給料
ハルマゲドン・・何だったのよ
その他いろいろ細かいとこまで書ききれない


390 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:49:18 ID:FINuhFlf
結局何も変化なしだから漏尽通がないということを言ったんだよ。
よく考えてみれば1週間で完全解脱などお手軽すぎるわけだし
あの頃は世間知らずだったから。

391 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 01:54:39 ID:FINuhFlf
温熱で大勢亡くなった理由はわかる気がする。
心臓にかなり負担がある。胸が苦しかった。3回くらいやらされたときは
もうおしまいかと思った。

392 :マンデーガール:2005/05/01(日) 01:58:11 ID:yimzKSPE
あんたいくつだったの
アタシもバカだったから引っ掛かったんだけど
もう少し洞察力あったよ
教祖が予言語るときなんて「ぁーまたかよどうせあたんねーだろ」
って思ってたらあのオヤジあたしのことジロって見るのよ
他心通あるんだって思ったわよ

393 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:05:59 ID:FINuhFlf
あれが今まで生きてきて一番の極限状態だった。
独房に入れられていると、死にたいとわめいている女の人の声がして
やっぱりこの状態に追い込まれると狂うのかなと思った。

394 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:11:54 ID:blwGbga1
>>392
あ、やっぱり。
教祖が話してるとき、なんか違うんじゃないのって思ってたら、
じろっと見られた。

395 :マンデーガール:2005/05/01(日) 02:23:20 ID:yimzKSPE
なんか違うどころじゃないわね
「いつも外れてるじゃないか今度もどーせ当らねーだろ」
「あーあマタ始まったよ、やれやれ」ってな具合よ

396 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 02:25:03 ID:FINuhFlf
暫くして独房から出されて総本部に行った時には前にあるバス停からバスに乗り
帰るつもりだった。ヘタに話をするとまた独房行きだし、それは避けたいからね。

その頃、性欲の破壊をしたという人たちが逆さずりの修行をしていた。
結婚して下向する師もいるのだし、なんであんな拷問のような修行をするのか・・。

397 :マンデーガール:2005/05/01(日) 02:28:32 ID:yimzKSPE
あたしも五十歩百歩かも知れないけどさ
あんなの真に受けてる奴は豆腐の角に頭ぶつけて死んだほうがいいと
思ってたよ。。修行して智慧を磨くとか言ってたけど
アホになるだけだよ。。ああ忌々しい殴ってやりたいよバカどもは。。

398 :マンデーガール:2005/05/01(日) 02:59:43 ID:yimzKSPE
上祐とかどう思ってタンだろね
教団のアホなとこを。。
賢くなくても普通の頭の奴ならヤッテラレナイと思うんだが。。

399 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 08:35:47 ID:8kg0OlRQ
マンデーガールってキャンディ@カネゴンでしょ
コテハン変えたら告知してよ

400 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 10:08:22 ID:FINuhFlf
昔、東京本部の支部長がアーナンダ師だった頃、自分で開けっ放しにしてたドアを
「ドアをしめろっ!!」って人に命令したんだよ。その横柄な態度にこんな聖者いるもんかと
思ったね。excuse meくらいつければまだしも。思わず「自分でやれば?」と言っちまったよ。
上祐さんの元恋人だった正悟師はその点、裏表のない温和な人だったけど、今はきっと
現世で幸せに暮らしているだろうね。監獄の中のアーナンダ師とは正反対なのは納得だよ。


401 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 13:20:35 ID:UIILBBSq
俺はさ、キーレーンのコンサート、サマナが行け行け言うから
クラシック興味ないのにタルイなあ、(音楽にはわりとこだわりがあったから
音楽は好きで聞くものなのに、団体の命令でこれいいだろ!と押し付けられるのに
腹が立った。実際、悪いコンサートじゃなかったけど、。)
と、思っていったんだわ。
最後のほうだったか、教組がでてきて、指揮棒を振ったんだけど
片手だけあげてホイホイ振っている。私は意地悪いんだけど(そんなの小学生だって
できるよ)と思ったわけ。。。そしたら次の瞬間、ずっと下ろしていたもう片方の手を
あげて、普通の指揮者みたいにやりだしたわけ。一瞬、ヤベエ、私の思ったこと聞こえちゃった
のかも、とドキドキしたけど、あんなたくさん人が着ているから、まさかねーと。
。。
しかし、その後教組が説法して、お開きになったんだけど、体がしびれてしまって
みんな立って帰るのにしばらく椅子から立ち上がれなくなってさ。
私はバカにするとこうだぞと、言われたみたいだった。

402 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 13:45:22 ID:UIILBBSq
てか私は、頭に電流流して悟りを得ようという発想自体が
恥ずかしいと思った
修行って、電気流してなんとかするようなもの?斬新とかハイテクとか
思った人もいたのかもしれないけど、まともに道を求めている人間の
態度とも思えないよね。。
パーフェク受けて変化は実際あったけど、私の場合潜在がでてしまって
現世で暮らしているから大変な状態になったよ。
自分で感情のコントロールができなくて、ワーワー泣いたり、カベに体を
ぶつけたり、、なんでカベにぶつけているかっていうと、すごい感情が出てしまって
処理ができない。子供みたいになってしまう。
丁度その時、元サの男と暮らしていたから、まだ救いようがあったけど
家族といたら気が狂ったと思われたかもしれない。しかし、上手に隠していた
感情が爆発してしまったから、その男ともうまくいかなくなってしまってさ。。
もともとスキだった男がいたんだけど、それはうまく行かなかったから、数年泣き暮らして
もうあきらめて新しい恋でもしよう、新しい人と付き合ったらキモチが変って、たのしいかも
しれないと、そう思って付き合いだした男だったんだけど、パーフェクト受けたら、好きだった
男のことが爆発的に思い出されてきてさ、一緒に暮らしていた男の前で、彼のところに
行くのーと大泣きして、彼は最初はびっくりしていたんだけど、ずっとやられているうちに
私のことが憎たらしくなってきて(そりゃそうだ)嫌悪剥き出しになってきたんだわ。それで
関係悪化して、、その男とうまくつきあっていられたのはほんのしばらくの間だけだった。
付き合いだしてすぐパーフェクト受けろと言われたから。仕舞いにマジで首しめられたよ。
フツーは今付き合っている人の前で、昔の男の話なんてしないもんだけど、潜在にあるのが前好きだた
男のことばかりだったから、、理性も何も飛ぶからさ、ぐちゃぐちゃになったよ。
あんなもの受けさせて(サマナハいいよ、キチガイみたいになってもまわりが理解してくれるから)
後のコトナンカフォローできないじゃんねえ

403 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 13:58:13 ID:UIILBBSq
パーフェク受けて、数日してから、何か急に
”私は彼が好きなんだ、これが私のほんとうのキモチだ”って
急に目が醒めたように思った。潜在にあるのがほんとうの自分が
考えていることで、潜在を知ればほんとうの自分が何を望んでいるか
わかるので、間違いなく生きられると、教組はこういった。
しかし、その本当に望んでいることがげんじつには表わせないから苦を
感じているのであって、、だから忘れたいと必死だったのに、
100マン払って忘れていたことを思い出させられてみじめになっただけよ。
結局また、わすれようと努力しただけ。できれば忘れるんじゃなくて
分解して悟ればいいんだけど。

404 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 14:03:53 ID:UIILBBSq
思い出したけど、イニシエーション受けると
サマナは普段から修行ができているから、受けても泣いたり騒いだり
しないけど、信者は修行ができてないから、
たいてい泣いたり騒いだりしているのは、信者ですよって
得意そうにいっているサマナがいたよ。
いかにも泣いたり騒いだりしてみっともないってカンジでいっていたよ。
サマナはホント、信者を見下しているのが多いよ
最近は布施するチャンスがあったとしても、さまなのこと考えると
憎たらしくて布施なんかしたくないって思うよ
自分を見下している人間に、自分が働いた金をたくさん払って
その人たちはそれでメシ食ってますます元気になって信者を見下している。。

405 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 14:10:49 ID:UIILBBSq
もうね、淡々と得意げに信者を見下していましたね
”もう私達サマナとあれら信者はレベルが違いましてねー”みたいな
確か女だったと記憶しているが、やだねー
私が働いた金で、メシ食わないでね、キライな女にメシ食って欲しくて
教団供養しているわけじゃないのよ
もう信者は布施しないの 兵糧攻めよ 腹が減ればやつらも
減らず口叩く元気がなくなるから

406 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 14:14:00 ID:UIILBBSq
そういうサマナもいる、んじゃなくて
そういうサマナがたくさんいる、よね
オウムは修羅が多いから、サマナになるとなーんにも娯楽がないから
せめて信者バカにして楽しんでいるんじゃないの

407 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 14:19:44 ID:UIILBBSq
>せめて信者バカにして楽しんでいるんじゃないの

今こう書き込んでいたら、もどきが”オマエはそんなに体能なのか
彼らはそれが、””生きがい””なんだよ”
って教えてくれて、笑っちゃったよ

ある師が言っていたけど、阿修羅って悪口言わないと生きていけないんだよ
って、マジで言っていたよ。
人をバカにして、自分はそんなバカじゃないって、優越感に浸るのが
修羅の楽しみだもんね
出家したら、まさかセックスはできないし、金がないから買い物できないし
でも悪口くらいは言えるもんね 綺語とね



408 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 14:25:55 ID:DJGM4dyr
>カネゴンさんへ

宗教というより(つーか宗教だから)、精神医学の対象ですね。抗精神病薬
の長期服用による忍耐強い治療が必要です。

宗教は、何故異常に内部紛争や仲間に対する「感情的」軋轢が甚だしいので
しょうか。外部社会ではこれほどのことはありません。宗教とは「人格の修錬」
が目的のはず。さもなかれば、人間にとって無益有害な営みに過ぎない。

409 :阿佐谷北:2005/05/01(日) 16:19:29 ID:NVT+Z07W
>>352 当初はカルト宗教というムードではなかったんですよ。尊師の
人間的な所がむしろ 宗教臭さを消していたのかもしれない。私の個人的な
意見ですが。

 そうした教団内のムードの一方で、弁護士は既に殺されていた訳だろう。

410 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 16:55:20 ID:XRDKbyJ3
麻原は最初から宗教の病理を理解していたし、それを利用する
つもりだったんだよ。

彼が教団を設立する前、阿含衆だけでなく、アングラの思想家にも
弟子入りしていた事実がある。
その人の名前を失念してしまったので、わかったらまた書き込むよ。
著書もあるので、知ってる人は知ってるかもしれない。

411 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:17:05 ID:ZJN/8vVt
>>406

阿修羅が多いのでしょうか。

ヴィシュヌ派の教義によれば、ヴィシュヌ神の第9の化身
であるブッダは、神々を苦しめる阿修羅の力を弱めるため
に、阿修羅に誤った教義である仏教を広めた、ということ
になっています。

ちなみに、「麻原彰晃」は「阿修羅釈迦」をもじったもの
だそうで。


412 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:22:32 ID:9afhvhuS
イン仏板によるとパヴィッタ師らしいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/oneness0/


413 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:26:08 ID:FINuhFlf
>>404
人によって言うことを違えているみたいだけど、信徒のときは全く神秘体験も何も
なかったせいか、サマナの人たちには、現世への執着が強くて表層意識が強すぎると言われたよ。

その後、独房やら温熱、キリスト等やっても何も体験がない時には、もともと
潜在意識しかない人だと言われた。

414 :阿佐谷北:2005/05/01(日) 17:28:02 ID:NVT+Z07W
>>352 当初はカルト宗教というムードではなかったんですよ。尊師の
人間的な所がむしろ 宗教臭さを消していたのかもしれない。私の個人的な
意見ですが。

 そうした教団内のムードの一方で、弁護士は既に殺されていた訳だし、
先日、死刑の確定した岡崎という人物は、(浅原さんの著作には名前や写真が出てはいたが)逃亡してしまっていた訳だ。



415 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:43:22 ID:41T5MYw+
>>410
>アングラの思想家にも
>弟子入りしていた事実がある。

川尻って人だよね。ユダヤ陰謀論とかの。
俺もああいうオカルト本好きだよ。

416 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 17:58:40 ID:FINuhFlf
上祐さんにしても成就者とは思えない。
サリン事件よりはるか前からオウムはいろんなところで地元住民との軋轢があったらしく
あるサマナに地元住民が取り締まっていて、車が止められないから書類を上祐さんに
届けてほしいと言われたことがあったんだけど、外のブザーを鳴らしてもそんな人知りません
ということでドアも開けてもらえず話がすすまなかった。状況説明をしてやっとの
ことで書類を渡したわけだが、成就者ならそのくらいの状況、天眼通で見通せないのかな。
他心通でもあれば、言わなくてもわかりそうなものだし。当時すでに正大師なんだからさ。

信徒であった者に不信感いっぱいでドアチェーンもあけずに書類を受け取ったところを
見ると、なんか保身しか頭にない小さい人に見えてしまったよ。

417 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 18:11:27 ID:XRDKbyJ3
>>415
わたしが知ってる人とは違うみたい。

418 :阿佐谷北:2005/05/01(日) 18:33:06 ID:NVT+Z07W
>>416 上祐さんにしても成就者とは思えない。

 そもそも成就者っていうのは、キミは何なんだと考えていますかね?
無意味な議論の根本はその言葉にあるように思う。

 そのタイトルを授与したのは、あさはらさん。
その認定を受けて、教団内における権限を与えているのは、現在のオウム教団。

419 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 19:53:19 ID:FINuhFlf
>>418
無意味ではないと思うよ。
まだ信じている人がいてその人がこの板を見るならね。

それに教祖が教団にかえることはなく、今後の権限の主なところは
上祐さんか三女か長男、次男あたりが引き継ぐのならね。


420 :単純作業員:2005/05/01(日) 20:11:59 ID:ofdNgJy/
インテックス大阪の食博 行ってきた。
世界中の色んなものが食べられると聞いていたので、腹ペコで 行った。

人ばっかりで、なーーんも食えんかった。

なんで、たかがドイツウインナー買うのに 3時間もならばなあかんの。。
食博に着いたとき、何で、弁当を売ってるんだろうと不思議だったんだけど、最後にはよくわかった。

悔しかったので、肉買って、家で、七輪で焼いて食べた。 うーーーーん 最高!!!!

昔は、山頂で、入れたってのコーヒーを飲む為に 山登ったり、
吹雪の日本海を見ながら、そこでコップ酒を飲みたい為、雪道をバイクで
死にかけながら山越えをしたりしてたな。(たどり着いたらそこは、小春日和だったけど)

皆と騒ぐのもスキだけど、疲れるんだ。だから 馬鹿な目的を掲げて 一人旅もしてみた。

中島みゆきの「時刻表」が身に沁みてた時代の話。
いまは ビールの飲みながら、音楽聴くほうが心地良いかな。(おっさんはいってます)

421 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 21:06:47 ID:xeF49gvV
セミナーが始まったのに、被害者賠償はまだ送金してないようだな。
信者激減でとうとう払えなくなったか。

422 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 22:33:15 ID:8kg0OlRQ
金払ったら功徳になるなんて本当に信じているのかよ。
アホ宗教ならどこでもやっていることだぜ。
外から見たらありふれた手なんだが、中に入るとわからなくなってしまう
人間の心理って複雑だなとつくづく思う。

教義なんていくらでも作れるんだよ。
S学会なんて「選挙は功徳」って信者に教えているんだぜ
どこが仏教なんだって思うけど、信者は信じているんだよ。

教義を作るのは簡単。説法も練習すれば誰でもできるよ。商売も詐欺も
アイデアなんだから。
問題はね、お釈迦様でもヨーガの聖者でもいいから、そ
の教えをどれだけ正確に理解して伝えることができるかだ。
これは教義を創作するよりはるかに難しいよ。
これができているのは今の新興宗教の教祖と幹部にはほとんどいない。
古の聖者の教えを正確に理解できず、自分でオリジナルくっつけて
違うものにしているのがその辺の新興宗教の実態。

423 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 22:59:08 ID:uG52CqCz
>S学会なんて「選挙は功徳」って信者に教えているんだぜ

数ヶ月前、見慣れないおばちゃんがうちを訪ねてきた
私が出たら、お父さんと昔職場で一緒だったという
うちの父はもう定年退職して10年くらいだけど、そのおばちゃん
今度の選挙でSに入れろっていいにきたらしい
定年退職してから、そのおばはんがたずねてきたのはそれが始めて
他の用事でうちに来たことも電話があったというのも聞かない
ただただ、選挙のためだけに、父に会いに来たよ
嫌なもんだよね、

424 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 23:02:20 ID:uG52CqCz
入信したころ、丁度選挙だったけど
教組に投票するため、住民票が選挙区にない人に
世田谷あたりに引っ越せってすすめていたみたいだよ
私は、まさかそんなこと、と思ったけど実際引っ越した人もいたみたい
なんかうんざりしたよ 自分が勝つことが救済につながるって信じているんだ
ろうが、普通にいったらズルってカンジがするよねえ

425 :名無しさん@3周年:2005/05/01(日) 23:03:06 ID:XRDKbyJ3
NLPに関する著作、一通り読んでみ。
麻原が最初から洗脳手法を駆使していたことがよくわかるから。

426 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 23:11:22 ID:uG52CqCz
420

大阪に住んでいるの?大阪人は情にもろいらしいね、聞いた話では
私は東京付近にいって、たまたま恐竜博をやっていたから
見ようかと思ったけどやめたよ。。
ナントカザウルスの骨が展示されているそうなんだけど、すげー
でかいらしい
もし今、恐竜がよみがえったら、人間なんかみんな食い殺されて
しまうんだろうな

427 :カネゴン@キャンディ:2005/05/01(日) 23:27:21 ID:uG52CqCz
2,3日前、テレビでやってたよ
山に登った時心筋梗塞になると、助けが遅れるからマズ助からないって
コレステロール値高いとか糖尿の人はやめたほうがいいみたい

428 :阿佐谷北:2005/05/02(月) 19:27:33 ID:GrpsC3TB
>>419 教祖が教団にかえることはなく、今後の権限の主なところは
上祐さんか三女か長男、次男あたりが引き継ぐのならね。

 教義無視の運営は、(オウムでは)教義違反にあたるそうだよ。

だから、その運営上の仮定も無意味だ。

429 :阿佐谷北:2005/05/02(月) 19:50:27 ID:GrpsC3TB
>>419 無意味ではないと思うよ。
まだ信じている人がいてその人がこの板を見るならね。

 そもそも成就者っていうのは、何なんだと考えているのですかね?
それがキミたち、非仏教者にとって価値あるものなのですか?
価値あるものだと言うのならば、その根拠は何なのでしょうかね。

 それなくしての議論はやはり無意味だと思う。


430 :単純作業員:2005/05/02(月) 20:14:14 ID:J/GCThl7
>426 こんちわ。キャンディさん。
僕は 大阪生まれですが、大阪以外の閑静な低級住宅街で育ちました。ようするに田舎です。

大阪はそんなに人情に厚くないですよ。とことん個人主義の集まりだと思います。
野次馬根性だけは 日本一だと思うけどね。
そういう意味では 東京の下町のほうが人情味にあふれていると思う。

関西では物を如何に安く買ったかが 自慢ですので、その点だけが関東との違いといえるでしょうか。

むかし 環状線で 関東の女の子たちがしゃべっているのを聞いて、
なんてよそよそしい 他人行儀名しゃべり方するんだろう、こいつら ほんとうは仲悪いのと違うか。。。
などと 思っておりましたが、後日 関東の友達に聞いたところでは、大阪で初めて電車に乗ったとき、
こいつら、なぜ 笑いながら喧嘩してるんだ。もしかして、僕に聞かせるために漫才してんのか。ってオモタそうな。
結構カルチャーショックだったみたい。

>427 酒飲み杉なので、ちっときいつけまする。。

尼崎の列車事故は悲しいね。たまたま乗り合わせた乗客一人一人に 
それぞれの人生模様があり、それぞれの、家族、友人がいる。

大宇宙から比べれば、人間の存在って 時間や空間的にも本当にちっぽけな存在なんだけど、
ちっぽけであっても 人間は 限られた命を守りながら 健気に生きているんだ。

あー、神は本当に一人一人の人生を見守ってくれてるのだろうか。。

431 :阿佐谷北:2005/05/02(月) 20:28:13 ID:GrpsC3TB
 地域の人たちの人情を利用しての居座りならば、非常に卑劣だと思う。

 教義をいい加減に扱うなと教本では謳っていながら、いい加減に扱っているオウムのやり方は
卑劣だと思う。そうでなければ、オウム真理教の継承団体としてアーレフは存続していない筈だ。

 同じ日本人ということで地域に甘えているだけ、出家信者の無知は甚だしい。
巷の研究家に教えて貰ってやっと自分たちの教えを理解できている程度の人たちだ。

432 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 23:08:54 ID:Ygel+XXz
現役さんへ

サマナに金を与えないでください。
甘やかさないでください。
金というのは苦労しなくては手に入らないのです。
ふつうの知名度もないシロウトが講演やったって
客は入らないしギャラはゼロに近いのです
かけだしの芸人さんや売れない歌手さんたちはみんなそうなのです。
世の中は実力がなければ金もらえないんです。
その実力の対価として金もらえるんです
金出すかはお客さんが決めるんです
しかし、教団は説法会代を搾取するから何十万も入るのです。
それを功徳だなんてごまかさないでください
搾取して金もらうなんて恥ずかしいことです

433 :名無しさん@3周年:2005/05/02(月) 23:15:36 ID:Mk+qSKz0
「出家していること」も実力のうちと心得るが如何に?

434 :単純作業員:2005/05/02(月) 23:18:35 ID:J/GCThl7
レンタルしてきた映画を見終わった。さて寝よう。

寝る前に カルマの法則について 一言。。。

障害を持って生まれた子供たちや、不治の病 障害を背負った子供たち。
事故や災害、そして列車の無念な事故で死んだ方々。

彼らは 色々な苦しみと悲しみを僕たちに伝えてくれる。
でも 本当に苦しみ悲しむのは誰なんだろう。

それは 彼らを慈しむ家族と仲間なんだ。

貧困や病気、そして事故や、愛するものの死は、本当に周りの人間を不幸にする。
カルマの法則の本当の当事者は 病気や死んだ当人じゃないよね。それがわかるかい。

麻原が目に障害を負ったのは 彼の前世に悪事を働いたからなのかい。。
子供が障害を持って生まれたとき、一番嘆き悲しむのは両親なんだ。

でも それを乗り越え 親たちは一生懸命 自分の人生を 子供たちにつぎ込もうとするんだ。
子供たちよ、幸せになってくれ、、、、ってね。

カルマの法則とは、誰が主体で誰のためにあるんだい。 もう一度 考えてごらんよ。。。。さて、ねる。

435 :念仏:2005/05/02(月) 23:20:51 ID:0QdC/Tz6
傾国はサゲマン
烈婦は和田アキ子
もうひとつはカネゴンのことですか?

436 :念仏:2005/05/02(月) 23:35:57 ID:0QdC/Tz6
出家し何とかの成就をしたとゆうタイトルが
強烈な光を放つのさ。
胡散臭きことこのうえないわ

437 :カネゴン@キャンディ:2005/05/02(月) 23:57:27 ID:aWJH7xx9
単純さんね、あなたがやさしい考え方の人だってのはわかる
で、そのやさしさってのも、人それぞれだよね
仏教の教えには、情を切っていくのもひとつの課題としてあるんだけども
それは、一見冷たく聞こえるかもしれない
でも、本当は、人間を苦悩から救いたいという発想から出た教えなんよ。

たとえば、近くの家に強盗が入って、人が殺されたと
それはもちろんお気の毒に感じるんだけども、もし自分の家族が殺されたら
もうものすごく、苦悩する、それが”他人のこと”だから、ああ気の毒にとは
思っても、自分の胸は張り裂けない
あるいは、自分の仲の良い友達の親が殺されたなら、自分の親ほどには悲しまない
かもしれないけど、でも赤の他人が殺されたよりはずっと腹立たしいし、悲しい

この、感じ方の差はどこからくるのか?自分と相手との距離からでしょ
自分と密接に関わっている相手、家族とか恋人だととても悲しい
それが地球の裏のことなら、かわいそうと思うくらいで済んでしまう
で、仏教の教えってのは、根本的に人間を苦悩から救いたいと。
こういうとき、なんていうか、?
あなたが、身の回りの人に対して、自分の家族、自分の子供、自分の親
自分のなんとか、、と自分の所有として感じているから、モロに
不幸をひっかぶってしまう。

438 :念仏:2005/05/03(火) 00:02:09 ID:Iahjy5Wd
ひっかぶっているようで被っていなんじゃねーの。
いい人気取ってから滑稽なんよ

439 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:06:46 ID:aWJH7xx9
で、これはとても深いんだけど、教組の説法でこんなのがあった

ある人が、美しくやさしい、自分に尽くしてくれる妻をもっていた
またある人は、醜く性格が悪く自分に尽くさない妻をもっていた
前者は愛し合い、後者は憎しみ合っていた
もし、前者の妻が死んだら、夫は嘆き悲しむだろう
やさしい妻が死んでしまったのを悲しんで一生落ち込んでクラスかもしれない
しかし、後者の妻が死んだら、夫は内心、ラッキーと、今日からオレは自由だと

妻が死んだ、という同じ瞬間に、一方は悲嘆にくれ、
一方はこれからオレは楽しむんだと。。どっちが最後に楽を得たか?

で、人間の命が有限であり、物事ははかないと知るかぎり、
自分にやさしく、親切な伴侶を得て、今最高に幸せだと、有頂天になっても
どうだろう、それは崩れる日が来ないのか?
妻が先に死ぬか、夫が先に死ぬかはしらない、しかし、たがいに結ばれて
強く縁を結べば結ぶほど、離れる時の引き裂かれる衝撃は、大きくは無いか。
失う苦は、より大きい。
夫に隠れたつもりで浮気していて、ばれている妻、ちっともかわいくない妻が
死んだらどうか。オレは明日から自由だと。。
それを、エンエン考えていくなら、”幸福”に対する考えが変っていく。
いわゆる、やさしい伴侶を得ても、それは一時的なこと、いつまでも続かない
なら、本当の幸せは、そういうことに振り回されない自分を確立すること、という
結論になる。

440 :念仏:2005/05/03(火) 00:11:16 ID:Iahjy5Wd
自分の心を考えどうりにできれば大したもんだよ
どうしても伽場蔵から解脱できません

441 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:13:15 ID:s2FpB0Z6
やさしさを求めても、それは得られるか得られないかわからない
だったら、得られるか得られないかわからないようなものを価値のあるものと
教える風潮は、ほんとうにやさしいのか?
ほんとうに価値のあることは、それを超えろと、それが無くても平然と
生きていられるしぶとさというか、不動を教えることでないかと。。

すべてに言えることだけど、”欲しがらなければ苦はない”んだから
地位も名誉も、金も女も、欲しがる人があくせくする
あなたが大事だと考えてやまない”やさしさ”も、欲しがらなければ
得られないからといって苦しむことがない
そうやって教えてくれるのが、ほんとうのやさしさじゃないかしらん

442 :念仏:2005/05/03(火) 00:15:25 ID:Iahjy5Wd
だから教祖はいっぱい殺したのね

443 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:21:54 ID:s2FpB0Z6
世の中のものは、すべて自分のものではない
修行者はいつもそう考えないといけない
究極には、自分とか自分の人生も、自分のものではない
なぜなら、自分とか自分の人生と考えると、思い通りにならなければ
苦の原因となる
修行の目的は、”苦悩からの完全解放”だから、自分の人生が
思い通りになれば、楽しい、思い通りにならなければ、苦しいという
二つの極端を含んでいる限り、”自分の人生”というこだわりを捨てないと
楽しいか苦しいかに巻き込まれる。これは絶対の真実。
捨ててしまえば、自分の人生を、これは自分のものという意識を持たなければ
それがどうなろうと、知ったことではない。。それは苦の原因とはなりえない。

こう書きながら、自分で自分もそう考えないといけないんだ、と思ってしまったよ
未練、なんだよね、たいしたもんでも無いと重いながら、捨てられないのは

444 :念仏:2005/05/03(火) 00:25:54 ID:Iahjy5Wd
だからナーローもグル探しにでかけていきましたとさ

445 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:27:48 ID:s2FpB0Z6
なんでも自分のものと思うから、それが思い通りにならないと
やきもきする
なんで、うちの親はこうかしら、なんで自分はこうかしら、、と

心というのも、自分のものだと思うから苦しむ
ほんとうは、心って、その場その場で反応しているだけで、そんなに
確固としたもんでもない よく気が変るとか、考えが変るとかする
それを自分自身とわざわざ思わなくてもいい それも苦を増す原因だから
単純さんも、オウムでなくともいいから、仏教の教えとかかじってみたら?

446 :念仏:2005/05/03(火) 00:29:58 ID:Iahjy5Wd
今の彼には苦がないのさ。
逆にカネゴンを哀れんでいるんだよ

447 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:31:05 ID:s2FpB0Z6
もちろん、本で読むのは誰でもできることで、実際に自分で捨てるとか
超えるとか、は難しい
同じ事でも、時期がこないとできないし、
でも、教えを知っているのといないのでは、結果が絶対違う
できなくてもできないなりに、正しいほうに考えをもっていかないと
いけないと、憶えているだけでも徳だと思う

448 :念仏:2005/05/03(火) 00:31:53 ID:Iahjy5Wd
その考え方の方が苦しいだろってね

449 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:32:40 ID:s2FpB0Z6
で、セミナーの報告しなさいよ
誰が来たのよ

450 :念仏:2005/05/03(火) 00:34:35 ID:Iahjy5Wd
超えちゃった人間
捨てちゃった人間
アーレフにゃいねーな

451 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:38:54 ID:s2FpB0Z6
>捨ててしまえば、自分の人生を、これは自分のものという意識を持たなければ
それがどうなろうと、知ったことではない。

ただ、ひとつ疑問があって、捨ててしまえば楽かもしれんが
ホントに捨てちゃうと、かえって生きていくのが実質的にはたいへんに
なるんじゃないかと
惜しくもなくて捨ててしまう人生のために、骨おって努力したいとも
思わん。てことは、いろんな意味で、他人に遅れをとってしまう。
プライドの問題はともかく、仕事ができなくなると、日本では死に直結しかねない
やはり、仕事するんでも興味や熱意があるのと、食っていければいいってだけの感覚で
やっているのでは、成果がチガクなる ある程度世俗に興味があったほうが
やはり生きてくのは楽かなーと

452 :念仏:2005/05/03(火) 00:41:30 ID:Iahjy5Wd
楽だよー
でも捨てた方がもっと楽だよー
そんな奴見た事ねーよ

453 :念仏:2005/05/03(火) 00:44:29 ID:Iahjy5Wd
できねーからアーレフみたいになんだろ。

454 :念仏:2005/05/03(火) 00:51:14 ID:Iahjy5Wd
アーナンダ「尊師解脱をください」
尊師「じゃぁあいつ殺してこい」
アーナンダ「わかりまっしたー。これで解脱にちかずいたぞ」
尊師「じゃぁ刑務所いきだね」
アーナンダ「尊師のバカやロー。ワリーことばっかしやがって
      おまえなんかにせもんじゃー」
尊師「・・・・」 

455 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 00:52:27 ID:s2FpB0Z6
もどきがね、教組は腸の病気になるっていうの
ちょっとあたるかもって気がする

456 :念仏:2005/05/03(火) 01:04:37 ID:Iahjy5Wd
こ、根拠は・・・?

457 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 03:03:33 ID:IV0AGkPn
あのね金ごん
他人に説教垂れてるけんど自分に当てはめたら過去の愚痴や罵詈雑言
すべて取り消さんといけんくなるでよ
そんだけわかっとったら文句もでない筈なんよ
端からみとると分裂しとるでよ
おじさんはストレス解消のために発散しとると思いたいがの
凡夫さん以上に執着がつよいのに
そいつに洗脳されたドグマのフタしとるよの
相反しとる。自分の心を見つめて素直になったらええのにのう
あんたが恐れとるもん失っても多くの凡夫さんは短期間で立ち直っとる
だとしたら、恐れるに足りずと思わんかね
金が欲しい金が欲しいと切望しながら、もしも泥棒に金盗まれたら
どんだけ苦しむことだろうと先にいらん心配して
金なんか無いほうがええと結論着けとるのと同じでないかの
盗まれたら盗まれた乞食になってもええわと思えるなら何も恐れることないがのう


458 :念仏:2005/05/03(火) 03:32:37 ID:Iahjy5Wd
ヨーガは遥かに広い。
思索のヨーガは無駄のようだから献身のヨーガをお勧めします。
夫を慈しみ支えなさい。
性欲を満たしながらシコシコやんなさい。


459 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 04:37:06 ID:humkisya
>>457
自分の心を見つめて素直になったとしても、
最終的には苦しみしかない。

多くの人が見ることを避けようとする最終的な苦しみを、
キャンディさんは現段階で見つめているので、
分裂しているようにも見えるが、
実は心が成熟しているともいえる。



460 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 09:26:23 ID:FasdTggU
ですから、オウムの信者になるということは、そのドグマの枠組みの中で生きる
ということなのでしょう。一旦それを信じて受け入れれば、
物の見方・考え方は その枠組みに沿ったものになってしまいます。
しかし、本当の覚醒はその枠組みを破壊することです。


461 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 09:33:04 ID:FasdTggU
私はオウムを含め宗教の恐さは現実感覚から遊離してしまうことだと
思います。
一つの考えに 盲信してしまうと、それに会わないものはすべて捨て去られ
、忘れ去られます。
でもすべての宗教を否定する気にはなれませんが。


462 :にいちゃん:2005/05/03(火) 11:57:51 ID:DBqihig/
カネゴンは、責任感が全く無いな。
自分の考えに責任を持つ事はあるのか。

責任感が無ければ、ものごとを続ける事も出来ないし、何も達成しない。
オウムの中でサマナに冷たくされた経験が多いのも、その責任感の無さ
に好感もたれなかったのでしょう。サマナも人なんだし。
また、社会でも、周りのみんなカネゴンに冷たくなるのではないかな。
その冷たい人達にある現世的な欲望などを批判して納得しても、何も
良くはならない。
こんな事続けていれば社会もオウムも敵になってフラフラするのは仕方ない。

このままだと、一生愚痴を言い続ける人になるだろうな。


463 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 12:11:55 ID:FasdTggU
>やさしい妻が死んでしまったのを悲しんで一生落ち込んでクラスかもしれない
>しかし、後者の妻が死んだら、夫は内心、ラッキーと、

それは違います。そんなに単純なものではありません。
頭の中だけで考えていますね?やさしい妻が死んでしまっても「思い出」は
残ります。その「思い出」が後半生を豊かにさせます
あなたは死ぬときにその「思い出」で人生を判断します。
楽しい思い出がたくさんあったほうが幸せです。
「たとえ失っても、愛さなかったよりはましである」(テニスン)



464 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 12:44:23 ID:18CQ837Z
462
具体的に、ナニに関して言っているの?無責任って。。失礼じゃない
説明しろよ!!!ナニに対して無責任だといっているんだ!!!!!!
教団のほうが余程、無責任じゃない?むかつくこというなよ
オマエ、失敬だよ あやまれよ、手をついてさ!!
そんなに教団の見方してどーすんだよ、バカシネヨあほ 低能、あたしになんか用があるのかよ
ふざけんじゃねーよ、ほんとうなら、警察にとどけられてももんくいえねーんだよし寝よ早く

イニシエーション受けるときに、私は何度も、断ったんだよ
100マンなんて大金用意できないって
それを、あるサマナに断ると、別のサマナが来てまた同じ事いうんだよ
それでも受けないと、姉妹に師が来て、あなたはまだパーフェクト受けることに
なってないんだねと。で個室に呼ばれて、このイニシエーションはグルが信徒のみなさん
全員に受けて欲しいと思っている、だから受けるだけでグルの意思の実践になるし
これは功徳にもなると、私は何度断ってもウザく言われるのに腹が立ってきたんだよ
まんどくせーって。てか、追い払っても追い払ってもきやがる、どうせ金が目当てだろって。
で、受けてやることにしたんだよ、その師は誰だか名前しらんけど、私の首をタテに降らせたら
ちょっと世間話して、承諾するまではいくらでも時間かけるぞって感じだけど、うんといったら
もう用はないって、一件かたずいたってカンジでとっとと行っちまったよ。
しかも、ハルマゲドンがくるから全額返済する必要ないだの、テキトーなこといって
その気にさせて、結局130マン、私は教団のウソのために払わされたんだぜ??
サマナはいいよ、適当にウソついて、信者に契約させれば、よくやったと、功徳がつめたと
思ってんだろ?




465 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 12:48:49 ID:18CQ837Z
462
だから、何について話しているんだよ
考えが分裂するのは仕方ないだろ?
煩悩のある自分と、その煩悩を捨てないといけないって正見解があって
いつもどっちを取るか、悩んでいるんだから
ときどき、ひどく煩悩的になることもあれば、反省することもあるって
ことさ。。どっちかに決めてしまったら、解脱するか、現世に帰るかどっちかだろ


466 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 12:51:37 ID:18CQ837Z
461
あんたはオウムを事件を通してしか捕らえていないから
非常に悪いところだとまず考えているんだろうけど
修行に関してはとても理想が高かったんだよ
そこに価値を見出した連中も多かったってこと。
あんただって、あんな宗教は悪いとかなんとかいっておきながら
自分の自由を満喫して、いわば好きにやってんだろ

467 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 12:52:31 ID:469aUEUL
オウムが言ってる「煩悩」って、「生理的欲求」のことだから、完全に
捨てるのは無理だよ。
「心停止」や「呼吸停止」を目指しても「煩悩」はなくならない。
むしろ増えてく一方で、よけい苦しむだけ。
いま実際そうなってるでしょ。

「煩悩」ってのは、変化するものについて、変化しないで欲しいと
執着することだよ。

「煩悩」をなくしたかったら、変化するものは、変化するままに受け
入れれば、それで済むことなんだよ。

468 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 12:57:48 ID:18CQ837Z
それで、無理やり契約させたイニシエーションで
潜在意識吹き出て、付き合っている男の前で、前好きだった(でもだめだった)
男のところに行きたいのってワーワー騒いで、憎まれて、首しめられて
結果はそれだよ
幸せにしてやるとか金とって無責任なのはサマナだろ?手か教組だろ?
教団は金が欲しいから、多くの人に一度に受けさせられる機械でできる
イニを開発したんだよ そうじゃなかったら、教組や高弟がやればいい
で、ぎゃあぎゃあいって契約させて、潜在出ておかしくなっても
フォローする人もいないじゃんか。。
てか、受けさせるまではうるさく入れ替わり立ち代りサマナがきたけど
受けてかえってきたら、あとはどうだったとかたまに聞かれるくらいで、、
現世で仕事とかしてフツーに暮らしている人に、強烈なイニシエーション
受けさせて、おかしくなったら周りから変人とか言われるよ
責任取る気はないんだろ 金を取る気があるだけでさ。。

469 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:03:38 ID:18CQ837Z
だからどこが無責任なんだよ!!
サマナにつきあって、130マンも払ってやったろ!!
ローン会社も銀行もつぶれるから、返済しなくても済むなんて
”無責任”発言したくせに、
私を無責任扱いするなんて、こんなサマナの肩もって、
サマナのウソのために130マン3年かけて返済してやった私を
無責任扱い可よ??ほお、そういうところだからな、。。
個々見ている人たちも、入ったらそんな目に合わされると思ったほうがいいわよ

470 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:03:53 ID:WEryt28F
>>468
>責任取る気はないんだろ 金を取る気があるだけでさ。。

そうだよね。



471 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:06:37 ID:18CQ837Z
サマナはさ、自分が払うんじゃないから、無責任なんだよ
自分が100マン借金することになったら、もっと慎重になるだろ
人のことだから、ああ払えなければそれもカルマ、ばかにしてんなよ
そのなかから自分たちの食いブチだって取っているくせに
お前ら汚いんだよ

472 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:10:21 ID:WEryt28F
>>468
>責任取る気はないんだろ 金を取る気があるだけでさ。。

だけどさ、責任取るって、できもしないのに
無理やり高い世界へつれてゆかれなかっただけ幸いかも。

473 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:15:26 ID:18CQ837Z
でさ、世間並みにずるいのは、教団の機関紙にも
パーフェクト受けた後に、素晴らしい経験をしたって話ばかり
フューチュアされていて、わあいいな、あたしも受けようかって
気にさせるような話だけ載っているの
実際は、私見たいのもあったはずだよ
強烈に潜在にアピールすれば、ナニが出てくるかわからないんだから。。

474 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:17:14 ID:18CQ837Z
てか、朝日新聞の勧誘と一緒だよシツケーの
断ってんのに、、

475 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:20:34 ID:WEryt28F
キャンディちゃんもしかしてパーフェクトの出力全開にして受けた?

476 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:28:29 ID:18CQ837Z
普通何パーセントなの?
100でやるのが普通って言われたけど、
つけた途端に目の前で火花が散ったし、こわかったんで
75くらいか、わかんないけど落としてもらったよ

477 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:33:13 ID:WEryt28F
メモリとか覚えてないけど、あれやったら、
師とかでも飛び上がるって聞いてたから、弱くしてた。
5段階あるとしたら、2か3くらいかな。
キャンディちゃんがんばったんだね。

478 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:44:35 ID:JbVpk0Qg
パーフェクトの時、頭つるつるにそられた上で全開で受けたけど皮膚がただれて
膿が出てアロエ軟膏で治療してもらった。でも何も変化なし。

ちなみにキャンディさんと違い当時学生だったけど、朝は配達のバイト、その後
ディスカウント店の販売促進の呼び込みなどをやり230万トータルで布施したよ。
あのお金で語学留学するか資格スクールに行けばよかったと思うが今更しょうがない。

479 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:44:50 ID:18CQ837Z
みんな100で受けているっていわれたし
そばにいた子連れのおばちゃんも、子供でも我慢しているのにって
ばかにしたようにいうから、信じられない、子供がこんなの
大人しくやるわけないよ、って思ったんだけどね
高い金払ったこと考えると、痛いからやらないってのもどうかと
思ったよ ヘッド買取じゃなくて、一週間限定でしか受けられなかったから
それよりみんな、100で受けているって聞いたよ
あれもウソだったのかあ?

480 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 13:52:35 ID:18CQ837Z
478
よほど信じていたんだね
あたしは学生だったらやらなかったよ たまたま働いていたから
全開で受けたら師にかねないよ
75くらいでもドリルでアナ開けられているのかと思うくらい
痛かったのに

個人差がありすぎるのに定額でやるってのがわかんないよ
同じ電気代かけたのにってことか

481 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:53:40 ID:WEryt28F
さあね、限界を超えさせるのが好きな団体だからね。
でも、みんな100って決まってるんだったら、
そもそも出力絞れるように機械を作る必要ないと思うけど。

482 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 13:56:09 ID:WEryt28F
痛いっていったら、下げてくれたか、自分で下げたか覚えてないけど、
サマナは、信徒だからしょうがないって、聖哀れみの実践でもしてたかも。

483 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 14:39:55 ID:uHHQynLO
>>460 ですから、オウムの信者になるということは、そのドグマの枠組みの中で生きる
ということなのでしょう。一旦それを信じて受け入れれば、
物の見方・考え方は その枠組みに沿ったものになってしまいます。
しかし、本当の覚醒はその枠組みを破壊することです。

 キミはもっともらしい講釈を垂れているが、オウムの教義を知らない。
信者のレベルについての考察が足りないと思う。
レベルに応じた修行、教えがあり、それを教えるんだと浅原さんは言っていたはずだよ。

 今では、そうしたものも一律になっているかもしれないが、グルなくしては
ここの教義はほとんど無意味なんだよ。
 従って、議論も無意味。
無意味に議論はするな、これが仏教の教えだ。

 話を戻せば、そうしたドグマを与えられるのは、あるレベルの信者たち。
それを与えることが適切だと、その当時のグルが判断したんでしょう。
枠組み云々はまた別のレベルの信者向け。
レベルの違う信者を一緒くたにして、教義分析をすれば、それは矛盾しても当然ですよ。

 仏教においては、常識に当たる事がまるで分かっていないと思う。
仏教のダルマは、機を見て、人を見て 語られたダルマであるということを認識すべきだ。

484 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 14:47:10 ID:uHHQynLO
>>460 ですから、オウムの信者になるということは、そのドグマの枠組みの中で生きる
ということなのでしょう。一旦それを信じて受け入れれば、
物の見方・考え方は その枠組みに沿ったものになってしまいます。
しかし、本当の覚醒はその枠組みを破壊することです。


 キミは、(仏教においては)常識に当たる事がまるで分かっていないと思う。
仏教のダルマは、機を見て、人を見て 語られたダルマであるということをここで学習しておくべきだ。


 結論としては、オウムは仏教だが、
封印した教えは当たり前のこと説くことは出来ないし、仏教といっても基本の基本の教えしか説くことは出来ない。
こんな団体に仏教者、道を目指すものたちは価値を見出すのだろうか?

 所詮は、完成していない幹部クラスの判断により、信者は右往左往させられるのが
落ちであろう。
 試行錯誤の連続を試練だと捉えよ とでも説いているのかも知れないが、それではあまりにも無責任だ。





485 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 14:53:02 ID:NyOdnQ+d
佛教の根本・基礎教説たる三法印・四法印と、オウムドグマは全く正反対且両立不能。

486 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 14:57:24 ID:uHHQynLO
 今では、オウムの説いていたダルマ、教えは一律に信者に与えられているかもしれないが、
本来はグルが個別に信者を見て判断し、教え、与えるものだということです。

 グル無くして説ける教えなどは、基本中の基本のもののみだ。

 ここで議論されている教義にしろ、現実に実行するとなるとグル無しで
それがいいのか悪いのかの判断は非常に微妙だ。
 幹部クラスにその種の判断を仰いだとしても、所詮は完成途上の人たち。
信者は右往左往させられるのが落ちであろう。それではあまりにも無責任だろう。

 ここも歴史あるスレッドらしいが、ここでの議論の数々は、
ほとんど無意味な議論になってしまうと思う。
 議論の練習程度の意味しかないよ。

 それが理解できれば、教義についての議論も無意味であることは分かるでしょう。
無意味な議論はするな、これが仏教の教えだよ。

487 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 14:59:40 ID:NyOdnQ+d
未完成も無意味も何も、三法印・四法印はブッキョウの初歩も初歩。いわば道路を歩く上の
交通信号のようなもの。オウムドグマははその大前提すら守れず受け容れない。


488 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 15:00:40 ID:NyOdnQ+d
>無意味な議論はするな。
オウムドグマの如き無益な戯論を指します。

489 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 15:01:02 ID:469aUEUL
ある人には「地球は平ら」と教え、ある人には「地球は存在しない」と
教えることが対機説法だというのか?

どっちにしろ間違いなんだから、意味ないじゃん。
教義を知ろうと、知るまいと、事の真偽は判別できるでしょ。

490 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 15:04:11 ID:uHHQynLO
>>460

 危険なのは、レベルの違う信者に与えられた教義を一緒くたにして、
教義分析をしてしまうこと。
 それがキミの犯している出鱈目であり、犯罪行為だ。
ここにそれを開示したことによって、真に受ける読者も多いことだろう。
そうしたことの犯罪性の高さをここに指摘して置きたい。

 それに、ダルマをいい加減に扱うことの怖さを、
キミたち、仏教門外漢には肝に銘じて置いて頂く必要もある。

491 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 15:08:15 ID:uHHQynLO
>>487 オウムドグマははその大前提すら守れず受け容れない。

 何度書いてもキミは理解できていない。
オウムドグマは、グル至上主義だったということに。

 グルを錦の御旗に立てることが出来れば、すべてが許されるので、
キミの掲げた大前提ですらも否定されることがあるということ。

 だから、今でもそうした出家信者が後を絶たず、セクトがいくつも生じてしまっているのだ。


492 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 15:09:35 ID:NyOdnQ+d
ついでながら三法印乃至四法印は通佛教的根本・基礎教理です。これを
逸脱すれば明らかに外道です。

493 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 15:10:02 ID:uHHQynLO
>>489 ある人には「地球は平ら」と教え、ある人には「地球は存在しない」と
教えることが対機説法だというのか?
どっちにしろ間違いなんだから、意味ないじゃん。
教義を知ろうと、知るまいと

 仏教は科学を否定しない。だから、科学は教義であるともいえるんだよ。

494 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 15:12:21 ID:NyOdnQ+d
>>493
>  仏教は科学を否定しない。だから、科学は教義であるともいえるんだよ。
こら。無闇に外延を拡張するな。

495 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 15:15:14 ID:uHHQynLO
>>489 ある人には「地球は平ら」と教え、ある人には「地球は存在しない」と
教えることが対機説法だというのか?

 人によっては、そう教える場合もあり得るということですよ。
だが、それは、先生と弟子との関係を結んでから後の話だ。
一般人は関係のない話。

 

496 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 15:19:53 ID:uHHQynLO
>>494 こら。

 何度俺が書いてもキミは理解できていないではないか。
オウムドグマは、グル至上主義だったということに。

グルに従うことが、仏法に従うことになるのだという教団だったということ
だよ。密教 というものの典型例だよ。

 オウムを外道と呼ぶキミの知っている仏教は顕教でしかないように思う。

497 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 15:37:35 ID:4HuXEJsz
>>464
イニシエーションを受けると判断したのは自分自身であるから、
それを勧めた師やサマナが悪いと主張しても、
自己の判断に対して責任感がないと受け取られます。

最終的にイニシエーションを受けると決心した、
自己の判断力を称賛して、
潜在意識を浄化するための、
修行を進めることが大切です。

精神が分裂しているのは、
潜在意識が出てきているからであり、
それだけ修行が進んでいる証拠です。
恥ずかしがる必要はありません。


498 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:14:38 ID:469aUEUL
本当ですか?
そうだといえる根拠はなんですか?

499 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 16:22:11 ID:NyOdnQ+d
>>496
あまりの無知に呆れるが・・・。
三乃至四法印は顕密問わず共通。インドもチベットも例外はない。

500 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 16:27:41 ID:uHHQynLO
>>499

オウムの教義はそうだったということですよ。これ以上の議論は無意味。

 また、密教である限り、(キミは例外は無いと言うが)そうとは言い切れないと
思いますよ。

 

501 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 16:29:17 ID:NyOdnQ+d
三乃至四法印よりもグルイズムが優先されればそれはそのままオウムが外道の
証左であることに何の支障もない。グルイズムはヒンドゥでもざらに見受けられる
流儀。グルイズムを以って佛教を主張することは不可能であり本末顛倒の誤謬。
オウムがグルイズムを奉じるヒンドゥであり外道であるという主張なら成立可能だ
ろう。

502 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 16:31:42 ID:NyOdnQ+d
>>500
オウムのドグマを佛教で説明しようというのがそもそも無意味。

503 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 16:39:04 ID:uHHQynLO
秘密の教えを以って密教というのである限り、
(キミは例外は無いと言うが)そうとは言い切れないと思うのだ。
 キミのような発言、密教を知り尽くしているという発言こそ俺には不可解に思う。


>>オウムのドグマを佛教で説明しようというのがそもそも

 オウムで教えていたのは、おおむね仏教の教えではなかったか?
 オウムの教えを外道の教えと見るのならば、キミと俺とは立場をことにすると
いうことだ。


504 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 16:39:43 ID:JbVpk0Qg
>>497
そもそもそんな分裂状態になったままほっておくなんておかしいよ。

昔、ヴェールカンダキャー師が入信前チベットのリンポチェから伝授を受けて
10日間の集中修行を行い、すごい神秘体験をしたと話してくれたけど、前行は
しっかりやらなきゃならないという話だよ。オウムの教義はヨガや仏教の寄せ集めで
順番というものをきっちり理解していないからこういうことになったと思う。

505 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 16:40:47 ID:NyOdnQ+d
「自称佛教」ではあったがオウム側の見解はどう検討しても
似非佛經である事には変わりがない。

506 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 16:43:40 ID:NyOdnQ+d
>>503
そんな主張をするなら密教が三乃至四法印を否定しているという典拠を提出する
説明責任が生じるぞ。

507 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:01:25 ID:469aUEUL
密教であろうと、悟りと解脱を目指していることに変わりはないし
縁起、無常、無我、苦という根本思想は同じだよ。
そこを変えてしまったら、もはやそれは仏教ではない。

508 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 17:03:19 ID:469aUEUL
また、仏教が正しいという保証はないと言う人がいれば、
縁起の法が正しいかどうか検証してもらえばいい。
無常も、無我も、苦も、縁起の法に基づく考え方だから、
縁起の法の妥当性を検証してみれば、根っこの部分を
見たことになるよ。

509 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 17:13:02 ID:NyOdnQ+d
>>508
「縁起の法が正しいかどうか」はさておき、「佛教」を看板に揚げている以上、
その枠内で教義の理非などが吟味されるのは当然と思われます。

510 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 17:28:14 ID:uHHQynLO
>>505 「自称佛教」ではあったがオウム側の見解はどう検討しても
似非佛經である事には変わりがない。

 俺は何度も俺は書いてきたはずだよ。
 似非と言うのは自由だが、オウムの教えは完成品ではないということを
踏まえた発言をすべきだと思いますよ。

>>506 そんな主張をするなら密教が三乃至四法印を否定しているという典拠を提出する
説明責任が生じるぞ。

 それを否定していることが条件とはならないよ。
 秘密の教えの一切をキミが知っているというならば、話は別だが。

511 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 17:31:36 ID:uHHQynLO
>>506 そんな主張をするなら密教が三乃至四法印を否定しているという典拠を提出する
説明責任が生じるぞ。
 
 密教とは一宗派を指すものではないでしょ、総称でしょ?
分からんのかな?
 公にされている仏教(顕教)ならば、全てを知っているとは言い得ても、
密教とされているものの全てを知っているとは言えないのではありませんか?

512 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 17:32:37 ID:NyOdnQ+d
>>510
>オウムの教えは完成品ではないということを
完成品云々以前に交通信号も読めないのに一般道を走行するような愚を犯しても
平気なのがオウムドグマということ。


513 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 17:33:49 ID:NyOdnQ+d
>>511
みっともない論点ずらしはやめなさい。

514 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 17:45:22 ID:NyOdnQ+d
>>511
>  密教とは一宗派を指すものではないでしょ、総称でしょ?
当然それが前提。
>  公にされている仏教(顕教)ならば、全てを知っているとは言い得ても、
> 密教とされているものの全てを知っているとは言えないのではありませんか?
「密教」を楯にオウムが佛教であると主張したのはそちら。よって論証・説明責任はそちらに
生じる。質問返しをされる謂れもない。

515 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 18:03:17 ID:uHHQynLO
 キミは俺の書き込みを理解していないよ。

516 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 18:11:43 ID:uHHQynLO
>>「密教」を楯にオウムが佛教であると主張したのはそちら。

説いている教えのほとんどが仏教の教理だからだ。
密教を盾になどしてはいない。
 キミの言い草は、密教とされているものの全てを知っている者でなければ言えない
発言だよ。



517 :にいちゃん:2005/05/03(火) 18:30:22 ID:DBqihig/
>>464 カネゴン
>説明しろよ!!!
>>465
>だから、何について話しているんだよ
わかったわかった。そんな常に見てる訳じゃないしw
あなたが無責任という根拠は、多くは人のせいにしている書き込みです。


518 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:44:23 ID:FasdTggU
>>478-479

スティーブン・キング原作、トム・ハンクス主演の「グリーンマイル」という
映画を思い出してしまいました。たぶん電気椅子での処刑に似ているので
しょうね。電気椅子の処刑で悟りが開けると思っているのですか(苦笑)

519 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:54:54 ID:niJ4iGWN
>>阿呆陀羅經
粘着キモイ


520 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:55:56 ID:JbVpk0Qg
パーフェクトサーヴェーション
それをいまだに現役はやっているのだろう?
サマディに入った時の脳波の実験はインドでもあったけど、脳波を同じ周波に
合わせるというのは無理な話。
キリストのイニシエーションはLSDだという話だから今はやってないだろうけどね。

521 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 18:56:41 ID:FasdTggU
仏教にもヨーガにも仙道にも、脳みそに電流を流すっていう教えは
ないですね・・(苦苦笑)

522 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 19:01:49 ID:JbVpk0Qg
>>519
阿呆陀羅經サンの方が筋は通ってると思うけどな。


523 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 19:03:16 ID:uHHQynLO
>>521 仏教にもヨーガにも仙道にも、脳みそに電流を流すっていう教えは
ないですね・・(苦苦笑)

 新興宗教というものは、概して、当たらし目のことを何でもやってみたいんだよ。
瞑想中の教祖の脳波の分析を信者に還元できないかというのが、そもそもの発想だ。
 
 

524 :阿佐谷北:2005/05/03(火) 19:06:28 ID:uHHQynLO
>>522

 彼のは、オウムの教義分析とは違うと思う。
阿呆陀羅經サンは、オウムにかこつけて自説を開帳したいんでしょう。
他の宗教板にも書いていましたよ。
ここに書き込むのは、俺に言わせれば、スレ違い。


525 :単純作業員:2005/05/03(火) 19:35:16 ID:zCNGZv3m
>437-447
悲しみの深さは、慈しみの深さなんだ。 
そして 慈しみ、大切に思う存在を持つ人間には その悲しみが心の底から伝わってくるんだ。

慈しむ存在は、人間にエネルギーを与え、生きる目的をはっきりさせてくれる。
その存在のためだけに 苦悩の世界を生き抜くこともできるんだ。

その存在の喪失を恐れて 存在自体を否定してしまうことは、人間でなくなることなんだよ。

失うことの恐怖にとらわれてるようだけど、それを失った人たちを知っているのかい。
そして その人たちの悲しみの 何を見ているんだい。。

慈しむ存在こそが あなたたちが不毛だと感じる現世社会において、生きる支えとなってくれる存在だと思う。

古今東西において 悟った人たちに 慈しみの心を失った人がいると思うかい。
ブッダは 慈しみ 慈悲の心を捨てたかい。 達磨は、キリストやマホメットに心が無いと思うかい、、、、

麻原は 自己保身と引き換えにその心を捨ててしまった人間なんだよ。

526 :念仏:2005/05/03(火) 20:39:37 ID:QrBn/Sfx
パーフェクトかなつかしいな
密教イニシエーションの最高峰、霊感のイニシエーションの究極だからね。
あれ効くんだよ

527 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 20:48:42 ID:f+UUT2Ss
>>526
全てをセンタリングする、開放する、物質として結実した究極のマハームドラー。
最高のマシンですね。

528 :念仏:2005/05/03(火) 20:49:12 ID:QrBn/Sfx
タントラとは何千生もかかると言われる境地をたった一生に
おいて達成させる道だからね。
たった一生といっても一生かかる

529 :http://rain.prohosting.com/~rain7/:2005/05/03(火) 20:51:45 ID:Ys32J4Dd
大変ですね

530 :念仏:2005/05/03(火) 20:53:24 ID:QrBn/Sfx
カネゴンがいい例だね

531 :念仏:2005/05/03(火) 21:03:38 ID:QrBn/Sfx
みんな過去世から培ってきた物がちがう。
最高の秘儀といえどすべての人に等しく効果を与える事はない。
これほどの物を早い段階で与えることは密教の歴史の中でもない。


532 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 21:19:24 ID:JbVpk0Qg
カネゴン・キャンディさんはお金を布施させられたという苦しみをよく書き込んでいるけども
自分も別の意味で気になる。
事件前に脱会したとはいえ、布施した230万はもしかしてサリンの開発などに
使われていたのではないかということ。イニシエーションを受けるとか無償の布施で行ったので
決して悪意があったわけではないのだけど、とても後味が悪いというか・・。

身口意の行いのうち一番重いのは「意」すなわち心なわけだから、悪業にはならずとも
やはり気になる。だから、それと同じくらいのお金を明らかに善行を為していると自分で確認した
難民支援の団体などに寄付した。
もし、自分の布施したお金で誰かが苦しんだのならそれは本意ではないし
それなら逆の明らかに善というものに協力してチャラにしようかと思った。

おかげで気が楽になった。

533 :念仏:2005/05/03(火) 21:28:53 ID:QrBn/Sfx
たしかにそれを考えると気が重い。
人殺しをしたとゆう事実は密教とゆう言葉なんかでは償われえない。
宗教とゆう言葉の悲しみが理解dきるならアーレフ(アッサージ)
も変わるだろに。
そこにメスをいれた上祐は、なかなかな奴よ

534 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 21:45:36 ID:vFP+/Eko
>>504
キャンディさんが分裂しているといっても、
まだまだ正常の範囲内ですよ。
自力で対処できると思われます。

535 :念仏:2005/05/03(火) 21:47:30 ID:QrBn/Sfx
気の狂ったカッピナは風に吹かれて崖から落ちてちにまちた。

536 :名無しさん@3周年:2005/05/03(火) 22:01:36 ID:JbVpk0Qg
>>534
そうかなあ。文面を見る限り自営をやるにせよ会社勤めをやるにせよ
無理があるような気がするけど。

537 :念仏:2005/05/03(火) 22:14:29 ID:QrBn/Sfx
無理でも何でもわれわれは生きてかなきゃなんない。
社会がどんなに変だろうが真剣に立ち向かわなきゃならん。
カルマの法と功徳の概念を知っただけでも生きて行く意味に
してほしい。
五戒の歌を歌いながら五戒を守らず修行してますとゆう
宗教オンチには適当にアーレフでもいっとればいいんよ

538 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/03(火) 23:42:21 ID:NyOdnQ+d
>>516
こういう発言をを「論証責任の転嫁」といいます。

539 :カネゴン@キャンディ:2005/05/03(火) 23:54:35 ID:9e+nqCjl
てかね、潜在出て、ぎゃあぎゃあ言っているときは、もう必死なわけよ
後になって、冷静になってから、ああまずいことしちまったって

座り込んで、涙ポロポロこぼしていたら、頭の上から誰か二人が
会話しているのが聞こえて、はっきりと、、前にもほんのときたま聞こえたけど
(どうしようか?)とか男二人で話しているの。。
で、寝ると今度は、私は夢の中でも泣いていたんだけど、夢の中でもまた声がして
(夢の中でまで泣いているんだもの!!)って今度は女の声で言われて、
びっくりして目が醒めちまった。決してやさしくなぐさめてくれたんじゃなくて
いつまでワーワー泣いてんのよ、泣き止みなさいよ!みたいな。。


540 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:03:08 ID:qlxLQoNO
>>539
完全に統合失調症の症状(妄想・幻聴)ですね。治療が先決。抗精神病薬の長期
服用で必ず治ります。


541 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 00:20:04 ID:J6TnhVg8
なんであれ、自分でよくわからないことというのは不安の材料だよ
あんなに教団大きくして信徒抱え込んで、一人一人の心のケアまで
対処できないと思う
たった一人だって、本当に潜在に突っ込んでしまった人がそばにいたら
けっこうやっかいだと思う
そんなのがたくさん出たらどうするつもりなんだ
信者が多ければ多いほど、対処が手薄になるのに
サクラーやケイマ、ソーナーの頃は良かったよ
グルが直接一人一人に関われたから、、でかくなるにつれて、サマナにまかせているけど
質的にはグルが面倒みるより落ちるに決まってる
でかくすることばかり考えて、あんまり責任感あるとも思えない

542 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:22:49 ID:q43HQN9i
アーレフの教えは、原始ヨーガ・原始仏教・大乗仏教・チベット密教・仙道など、
伝統的な真理の教えのエッセンスを統合したものです。

2600年前に仏陀が説かれた教えや、諸々の聖者が説かれた教えを、パーリ語・
サンスクリット語・チベット語の経典などの原典から翻訳し、
可能な限り忠実によみがえらせた上で、現代の日本の方々がわかりやすい
ように、表現しています。

(アーレフホームページより。)

オウムは仏教じゃないよ。
いろんな教えの中で、耳障りのいいのとか、麻原さんに都合のいいのとか
その時々探して持ってきて使ってただけ。
それを彼らは「真理」と呼ぶ。

誰がどうやって「真理」だと確かめたのかは知らないけど。




543 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:42:05 ID:C2JyrOFX


544 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 00:52:40 ID:J6TnhVg8
グルの言う事は絶対で、疑問をもってもいけないし、悪くいうなんて
トンでもないってことになっているけど
戦前の日本人が天皇に対してそうだったでしょ
ちょっとでも天皇を批判すればブタバコ連れて行かれたり、ラジオから声が
流れてくるだけで、どこにいてもがばっと立ち上がって敬礼したり、、
で、大真面目に天皇は人間じゃなくて神だ、と思っていたわけじゃん

今オウムで教組は神だと、思っているのだって、それと同じかもしれないよ
刷り込み教育によって、誰でもが神になれる可能性がある
北朝鮮でも、ただのオヤジが権力でもって人から神のごとくあがめられている
実際は自国の人間を飢えから救えず、他国を脅すことでしか自分たちを助けられない
程度の人間ですら、教育によって神のごとくになってしまう
北の人たちは飢えで死ぬ時も、将軍様バンザイ!と言って死ぬんだろう
おなじやり方を教団でもすれば、どんなひどい目にあっても、ソンシ大好きといって
死ぬんだろう 美女軍団が将軍様を尊敬している目は、オウムの信者と同じだった
ほんとに、自分たちの将軍様は素晴らしくて、世界中の国からもっと価値を認められるべき
存在なんだと、信じて将軍様のために活動している。オウムと全く同じ。


545 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 00:58:36 ID:q43HQN9i
まったくさ、道場に麻原さんが来たときのサマナったらなかったよ。
日ごろ取り澄ましてるくせにさ、浮ついちゃって。

アストラルで繋がってていつも見られてるんだったら、普通でいいはずジャン。

546 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 01:05:33 ID:J6TnhVg8
自分たちは誠実で世界一まともである
まわりはみんな、悪い人間ばかりである
自分たちは悪い人をやっつけるために、悪いことをするが
これは正義のためで仕方ないのだ
私達は必ず勝つ、、オウムも、天皇制も北も、おんなじ道順をたどって
こうなったと思うと、意外と素直に自分たちってバカかも、と思ったりする
自分たちが必死なときは、自分たちがおかしいと思わないけど
隣近所のバカも同じこと考えてんだと気がつくと、意外とハッとしたりする

547 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 01:05:35 ID:2zlFjrwa
>>544
その天皇と北朝鮮のたとえ、判りやすいな。
的を射てるし。

カネゴンは、>>44に書いた4つの信仰の根拠のうち、(2)「情緒的根拠」と
(4)「事件の事実認識」に関しては、だいぶ洗脳が解けてるんだけど、
(1)「論理的側面」と、(3)「身体感覚を伴う心理的非日常性の経験」に関
わる認知がズレたままになってるんだな。

とくに(3)の神秘体験かな。
あぁ、(1)の論理構造もまだ壊れてるか。
辛いだろうな。

548 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 03:46:54 ID:RVORnn9X
瞑想が始まるとだ、
わたしたちはどこに入っていくかというと、
顕在意識から潜在意識へと入っていくわけだ。
そして、修行がどんどんどんどん進んでくると、
潜在意識と顕在意識の区別がつかなくなる。
ここで精神の分裂が起きるんだよ。
修行者は必ず解脱前に分裂します。
もし、分裂しないで悟ることのできた人は、ね、
いや、そういうことはあり得ないから、
悟ったという人は、それは、大嘘つきということになる。


549 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 03:47:56 ID:RVORnn9X
この潜在意識というものは、
分析的ではないんだよ。
言い方を替えるならば、あるか、ないかなんだね。
例えば、人を愛する、愛さない。
中途半端はないんだよ。
少し愛しているとか、ね、少しおなかがすいているとか、
そういうことはこの潜在意識にはありません。
 
そして、潜在意識と表層意識の中間部分は、
眠りみたいなもんだね。
眠気。ボーッとした状態だ。
だから、まず表層意識が落ちだすと、
ある段階までくると、
ボーッとしてものが考えられなくなってくる。
それはそうだよ、今まで表層意識で考えていたんだから。
で、大体それと前後して、精神の分裂が始まる。


550 :にいちゃん:2005/05/04(水) 08:34:08 ID:sLNA+GGi
カネゴンは、腹が立った時だけ反応するのか?

>>541
>でかくすることばかり考えて、あんまり責任感あるとも思えない

当時の教団の者達は、責任を放棄してるよ。それを理解しないと。
でかくしたのは教祖の意志だよ。勝手に野望とか吹き出して魔境に入ったのさ。
カネゴンも神秘体験をいろいろしてるし甘露が落ちたとかいっていた知人と
同じだから、確実に魔境状態だよ。
カネゴンは、まだ洗脳されてる。洗脳されるというのは、自分の意志を預ける事だ。

オウムはヴァジラヤーナという言葉で信者の意志を全てグルにゆだねさせた。

そして勧誘とか布施の強要に関しては教祖が意志を持たないサマナに指示した事。
そんな自分の意志じゃないサマナ達を責めてるけど、意味があると思うか?
意味も無いのに責めてるという心の働きは「自分のせいじゃない」って自分に
言い聞かせてるからだ。
その言い聞かせが、あなたをずっと洗脳から解かない。



551 :にいちゃん:2005/05/04(水) 09:05:11 ID:sLNA+GGi
(つづき)
カネゴンは感受性が強い被害者だし、適切なカウンセリングを受ける必要がある。
カネゴンは、教義を元に理解した世の中の仕組みやオウム的カルマの法則から
離れるのは、恐いと思っている。

カネゴンが信じていた事に対して、やめようとすると、必ず声が聞こえるのは、
自分の意識の深い部分で恐怖してるに過ぎない。
感受性が強い人間が、本人にも制御出来ない無意識の部分まで影響を受けて
いる為に、幻覚や幻聴が起きる。
少なくとも、あなた一人では対処出来ないし、ここに書いててもあなたの心は
一向に幸せになんかならんね。

世の中ははかないとか、苦ばかりと言ってるが、あなたの場合、普通の人よりも
意味無く苦しんでるよ。
誰かに法を説くようなママゴトをして自分の心の中に閉じこもってるだけ。


552 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 09:14:53 ID:zD5YwOzd
1 名無したん(;´Д`)ハァハァ sage 2005/04/28(木) 01:40:02 ID:cL1jkdEw
『今一番注目している曲 J-POP編』 の電子投票で「麻原彰晃マーチ」を1位にしよう!!!

つttp://galba.jp/rank/01/19/index.html
            |  ゝノ
           __|_______|_   ■■■■■■■■
           |iiiiiiiiiiiiiiiii|  ■■■■■■■■■1カゲツニ1カイハトウヒョウゾ!ワカッタカァ、オマイラ!!
           |iiiiiiiiiiiiiiiii| ■■■■√ === │
           |iiiiiiiiiiiiiiiii|■■■■√ ~ ミ ノノノ 彡 |
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■√   ●    ● \
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■  ∵   (●  ●) ∴│  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■    丿■■■(  │< うむ、いい感じだ。
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■     ■ д ■  |   |  このまま1万票を目指そう。
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■■   ■■ ■■ ■  \_________
           |iiiiiiiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■■__
           \iiiiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■■iiヽ
             \iiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■iiiiiii|


553 :にいちゃん:2005/05/04(水) 09:41:57 ID:sLNA+GGi
>>539
>潜在出て、ぎゃあぎゃあ言っているときは、もう必死なわけよ
>後になって、冷静になってから、ああまずいことしちまったって
カネゴンは、過去にも何度もこんなパターンをしてきているから、知ってるよ。

>いつまでワーワー泣いてんのよ、泣き止みなさいよ!
自分の見た事や夢を第三者が介入しているように表現しているが、明らかに
カネゴン一人の世界で苦しんでるだけ。
まあ、嫌な事は寝て忘れる。なんて事してたら何も解決しないな。
さらに、強制的にやめさせる意識となぐさめて欲しい意識しかないようだけど、
「なぜ、こんな事を言われるんだろう。」と考える部分が抜けてるよ。


554 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 09:54:12 ID:M8weZBeh
>>512 完成品云々以前に交通信号も読めないのに一般道を走行するような愚を犯しても
平気なのがオウムドグマということ。

 文字が読めない信者ならばどうしようもないが、オウムの講話は理解できない類のものでは
ないからですよ。文字は読めても、理解していない信者は実に多かったけれども。

 解説のない経を読むな、という説法も、その趣旨は十分に理解できる。
 取り入れていい経といけない経があるというくだりも、仏教のように
たくさんの経が存在する宗教には当然ありそうな話だ。

 キミが自分の知っている仏法を、彼らに捲くし立てて書き連ねたとしても、
受け入れないことを。 従って、キミの所業は仏教研究家には有益でも、オウムにとっては無意味な
おしゃべりでしかない。

 オウム信者の出来る事は、教えとして認められているものを理解すること。
そして、その教えを忠実に実践することしかない。
 このレスのアタマで書いたように、それ以上は、禁止されているのではないですかね。

 オウムの法は完成品ではないことを、キミも認識されたようですが、それなら、
交通信号は読めても、それは受け入れられない、実行は出来ないことも理解できるはずですよ。
 オウム教団においては、確定されていない教義は受け入れないから、あさはら教祖の否定、教祖不在(グルを置かない)では
それ以上の教義も出てこない、完成に至ることもないであろうと思います。







555 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 09:58:08 ID:pLVwGfqM
>>554
いつものことながら、佛教云々以前によこもまあ論理もへったくれもない支離滅裂な蒙昧発言
を懲りもせずに繰り返せるものだと感心してしまう(失笑)。

556 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:00:26 ID:pLVwGfqM
>>554
>オウムの法は完成品ではないことを
最初のボタンを掛け違えているのに「完成」など絶対不可能。まさに「絵に描いた餅」。
羊頭狗肉の似非佛教。

557 :にいちゃん:2005/05/04(水) 10:01:43 ID:sLNA+GGi
>>541
>そんなのがたくさん出たらどうするつもりなんだ
人間なんて、自分の事を考えるので精一杯だよ。誰もあなたの面倒を見ない。
あなたは甘えてる。甘えてるという事は、責任は自分に無いと考えてる。

教祖を始め、サマナも在家もみんな自己中だったのに気づけよ。
あなたは教義に対して、自分の都合の良い部分だけ信じてるだけだしね。

また、その教義さえも、1980年代後半の説法をよく読んでみると、原始仏教から
パクってきている事と、ヨガも、殆どが「心の科学」などの書籍からヨーゲシバラナンダ師に
感化されてただけだよ。だったら、その部分を理解してオウムが言ってたこととどう違うか
を考えろ。
教えられた言葉を盲目的に繰り返してるのは、あなたの無意識が作り出すオバケの声を
信じてるからだろ?意味無い。


558 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:01:44 ID:M8weZBeh
>>516 こういう発言を「論証責任の転嫁」といいます。

 俺に論証する責任はないし、その必要すらもないと思いますよ。

 オウムで説いていた教えのほとんどが仏教の教理だったから、仏教 としたまでだ。
俺は密教を盾になどはしてはいないよ。よく読んでください。

 キミの言い草は、密教とされているものの全てを知っている者でなければ言えない
発言だよ。 密教は秘密の教えをモットーとする教えなのだから、キミがその全てを
知っているとは俺には到底思えない。

559 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:07:09 ID:pLVwGfqM
>>55
>俺に論証する責任はないし、その必要すらもないと思いますよ。
何らかの主張がなされたときはその根拠や論拠を挙げて説明する責任が生じます。
いくら「佛教用語」を並べ立てても「いろはのい」も前提されていなければ似非物。密教
ですら三・四法印が大前提なのは通仏教的共通認識。それを否定するならその説明
責任はそちらに生じるのは理の当然。そんなことも判らないのならこんなところに出て
くる資格無し。

560 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:12:29 ID:M8weZBeh
>>556

 完成品でなくとも、仏教とは呼べるのではないでしょうかね?
基本的な教えや考え方は実際にはその中に存在するのだからね。

 俺の違和感は、未完成という言い方よりは、
法の確定作業が済んでいないまま、ラストの終止符を信者レベルで打ってしまっていること。
幹部の信者の権限がどこまでその当時あったのかは知らないが、これはそれまでの講話からすれば
矛盾しますよ。
 それと、解説は不可欠とされているのに、それが為されていない経典が出ているということです。

 例えば、法華経のみを掲げて、仏教だと言っている人たちが
巷には存在しているが、これについてはどう思うの?キミは。

561 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:17:27 ID:M8weZBeh
>>密教ですら三・四法印が大前提なのは通仏教的共通認識。
それを否定するなら

 キミの言い草は、密教とされているものの全てを知っている者でなければ言えない
発言だ。 密教は秘密の教えをモットーとする教えなのだろう?
キミがその全てを知っているとは俺には到底思えない。

 俺の言っていることは、
キミの掲げたその大前提すらも、(密教であれば)否定されることも
あり得るのではないかと言うことを意味します。

562 :にいちゃん:2005/05/04(水) 10:18:22 ID:sLNA+GGi
(つづき)>>カネゴン
オウム後半戦で、ヴァジラヤーナという言葉を使って全ての信者の意志を奪った。
ダライラマもヴァジラヤーナは絶対に秘密にすべき究極の教えと書籍に書いてある。
誰も知り得ないはずの教えをなぜ麻原が知ったかは、私の主観だが、金と引き替えに
彼はしつこく高僧に聞き回り、自己流に解釈したのでは無いかと考えてるが…。

アーレフの謝罪文など、犯罪をした事は他人事だ。サマナだった俺は心情を理解
できる。というのは、残っている人間は直接犯罪に加担していない人間だから、
何も知らなかったのだ。(世間は何も知らないで済ませられないと言うだろうが。)

オウムは完全縦社会であり、サマナでさえ他のサマナと世間話しをしたらスパイと
疑われていた。そして、それをトップに通報するシステムもあった。
世間話しをしただけのサマナがスパイ容疑をかけられて殺されていた。

信者同士が、麻原の前でお互いに殺し合いした事もあった。それを周りのトップは
どちらにしても麻原にポアされて幸せだなどと思いその壮絶な状況を見ていた。
それが行われたサティアンにも私は居た。しかし、誰とも世間話しなどをしない
普通のサマナは、全く知る事が出来ない。知ったら即殺されていただろう。
オウムの中はそんな状態だったのを知らないのが在家だ。適度に自分の都合で
出家しなかったにもかかわらず、信じているんだから在家はたちが悪い。
まあ、つかず離れずが好きなんだろう。

563 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:18:46 ID:M8weZBeh
 キミは、顕教の尺度で密教を測ろうとしているように思うよ。

564 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:21:39 ID:pLVwGfqM
>>560
>  完成品でなくとも、仏教とは呼べるのではないでしょうかね?
基礎・根本を逸脱して平然としているので、絶対無理。
> 基本的な教えや考え方は実際にはその中に存在するのだからね。
用語を羅列して煙幕を張ってるだけ。
>  俺の違和感は、未完成という言い方よりは、
> 法の確定作業が済んでいないまま、ラストの終止符を信者レベルで打ってしまっていること。
論述の外延をほいほい拡張しないように。
> 幹部の信者の権限がどこまでその当時あったのかは知らないが、これはそれまでの講話からすれば
> 矛盾しますよ。
勝手に矛盾してるのはオウムのほう。
>  それと、解説は不可欠とされているのに、それが為されていない経典が出ているということです。
それもオウムの自業自得。まあトンデモ訳&解説の經典が流通しなくて済んだともいえるが。
>  例えば、法華経のみを掲げて、仏教だと言っている人たちが
> 巷には存在しているが、これについてはどう思うの?キミは。
そんなものは論点にはない。

565 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:22:37 ID:pLVwGfqM
>>561
>あり得るのではないかと言うことを意味します。
論拠も根拠も提示されていない。却下。

566 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:23:12 ID:M8weZBeh
>>559
>>密教
ですら三・四法印が大前提なのは通仏教的共通認識。

 キミは、顕教の尺度で密教を測ろうとしているように思うよ。

 キミのいう密教は、あくまで公開された部分、言うならば顕教となっている部分だ。
外に現れされたものは、その時点ですでに密教ではなく顕教なんだよ。
 そうしたもので、密教全てを測ろうとしている点に間違いがある。

567 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:24:38 ID:pLVwGfqM
>>561

>  キミの言い草は、密教とされているものの全てを知っている者でなければ言えない
> 発言だ。 密教は秘密の教えをモットーとする教えなのだろう?
> キミがその全てを知っているとは俺には到底思えない。
何同じこと論証抜きに繰り返してるの。そんな暇があれば主張内容の論証でもしなさい。


568 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 10:29:07 ID:3aTDFD0S
>>541
まあ、宗教団体に真理は無いね。
いろんな宗教団体を見てきて実感する。
まあ、教祖にはすごい人もいるが(大したことないのもいる)
共通しているのは、どこの教団もとりまいている連中はほとんど素人。
素人にまざって修行しても素人にしかなれない。
力のある教祖と一対一のマンツーマンで指導してもらうなら可能性はあるが、
大教団だと入信しても、教祖と話すらできずに終わる。
で、ド素人の幹部や教師というのは必ずしも教祖の真意を理解している
わけではない。こういう間接的な連中がいるからおかしくなるのよ。



569 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:29:18 ID:pLVwGfqM
>>566
>キミは、顕教の尺度で密教を測ろうとしているように思うよ。
「思うよ」などというゴタクではなく、主張内容の論証をきちんとするように。それと
論点拡張などを目論んでも無駄。



570 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:29:44 ID:M8weZBeh
>>564

>>絶対無理。
>>勝手に矛盾してるのはオウムのほう。
>>それもオウムの自業自得。まあトンデモ訳&解説の經典が流通しなくて済んだともいえるが。

 オウムの自業自得は当然だが、それは事件の側面。
教義と事件とは区別することが必要だよ。

 >  例えば、法華経のみを掲げて、仏教だと言っている人たちが
 > 巷には存在しているが、これについてはどう思うの?キミは。

 >>そんなものは論点にはない。

 キミのような論陣を張れば、そうした教団も問題にする必要が出てくるのじゃないの?
 

571 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 10:30:53 ID:3aTDFD0S
自分はアーレフの代表、上祐と話したが、これがたったの3分くらい。
事件後信徒だったから、麻原はまったく無し。
こんなので、麻原がどうだとか上祐がどうだとか寸評できるわけがない。
画像や本などで理解できると思ったら大間違いだよ。
こういうのは文字の理解にすぎず、ぜったいに正しい理解ではない。



572 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:31:32 ID:M8weZBeh
>>567-569

 話しても無駄だなと言うことが分かった。

 キミのいう密教は、あくまで公開された部分、言うならば顕教となっている部分だ。
外に現れされたものは、その時点ですでに密教ではなく顕教なんだよ。
 そうしたもので、密教全てを測ろうとしている点に間違いがある。

 これ読みましたか?

573 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:32:09 ID:pLVwGfqM
>>570

>  オウムの自業自得は当然だが、それは事件の側面。
> 教義と事件とは区別することが必要だよ。
ここは教義スレ。
>  キミのような論陣を張れば、そうした教団も問題にする必要が出てくるのじゃないの?
別スレで俎上に上げてるが。ここはオウム教義スレ。  


574 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:34:05 ID:pLVwGfqM
>>572
論証責任の転嫁を重ねた挙句にそれか。つまり立論&議論スキルが皆無であることを
白状したわけね。


575 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:45:29 ID:M8weZBeh
>>573 ここはオウム教義スレ。

 それは確かにそうだが、キミの論陣で見た場合、この種の法華教団は
どうなるのかってことさ。オウムだけを槍玉に挙げるのも不可解に思うね。

>>574

 読めないようだね。キミにはまったく理解できないようだね。
それなら手の打ちようもない。
密教と顕教との違いを勉強したらどうかね。

 オウムの場合、密教とは言っていたが、公開してしまった法もある。
それはその時点で顕教になるし、公開したことによる責任はその教祖が被る事になる。
キミは知らないようだから、これも基本事項、知っておいた方がいいですよ。

  キミのいう密教は、あくまで公開された部分、言うならば顕教となっている部分だ。
外に現れされたものは、その時点ですでに密教ではなく顕教なんだよ。
 そうしたもので、密教全てを測ろうとしている点にキミたちの大きな間違いがある。

576 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:54:09 ID:pLVwGfqM
>>>575
「法華教団」がどうあろうとそっちの主張の正当性の根拠には何らなり得ないし。
そもそもスレ違い。
>オウムの場合、密教とは言っていたが、公開してしまった法もある。
「自称佛教」且「自称密教」だったってこと。そっちの認知障害にお付き合いする義理もないが
概念規定や立論も出来ないのなら湧いて出てこないように。


577 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:55:27 ID:M8weZBeh
 ことに、グル制度というのは、本来は口伝なんだ。
つまり、密教 だということ。
検証不可能な、信じるしかない類の法もあるんですよ。

 今のアレフには、グル制度はないが、師から信者への口伝の類はあるでしょう。
そうした部分は密教だと言えるものですよ。

578 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:57:07 ID:pLVwGfqM
まあ「密教」という語は阿佐谷北にとっては無制限に論点や外延を拡張可能な便利で重宝な
呪文ってことだ(失笑)。

579 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 10:57:40 ID:M8weZBeh
>>576

 俺の主張は正当な主張だよ。
キミのいう密教というのは、あくまで公開された部分、言うならば顕教となっている部分でしかないということだよ。

>>「法華教団」がどうあろうと

 同じ論陣を、是非張り続けてください。

580 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 10:58:53 ID:pLVwGfqM
>>577
グル制度で佛教をトレースすることは不可能。ずっとやってるカテゴリーエラー。確信犯なら悪質。

581 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:00:48 ID:pLVwGfqM
>>579
>俺の主張は正当な主張だよ。
その論証責任は当然そちらに生じます。根拠論拠典拠を揃えてどうぞ。

582 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:02:26 ID:M8weZBeh
>>578 まあ「密教」という語は阿佐谷北にとっては無制限に論点や外延を拡張可能な便利で重宝な
呪文ってことだ(失笑)。

 キミのいう密教というのは、あくまで公開された部分、言うならば顕教となっている部分でしかないということだよ。
事実、こういう類の法だからこそ、密教とされているんだよ。
 密教を語り尽くせる、手の内に駒が出揃っていると考えたキミこそが無知なんだ。
キミの無知さが、これでかなりのスレッドの読者に伝わったことでしょう。


 

583 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:04:40 ID:M8weZBeh
>>580 佛教をトレースすることは不可能。ずっとやってるカテゴリーエラー

 意味不明だ。
 仏教とされている教団の中には、グル制度で運営している教団はたくさんあるよ。

 

584 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:05:40 ID:pLVwGfqM
>>582
何の反論にもなっていない。全く無意味な発言。立論・論証能力皆無の思考弱者ぶりを
晒し続けてどうするつもり。

585 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:05:56 ID:zLsaaSH+
元あぼ〜ん宗の阿呆陀羅經さん見事です。

586 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:06:13 ID:M8weZBeh
>>581

 キミが知識不足なんでしょ、結局は。
ことに密教に関しての見当違いは明らかだ。これが論拠だよ。

587 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:06:57 ID:pLVwGfqM
>>583
>  仏教とされている教団の中には、グル制度で運営している教団はたくさんあるよ。
主張の正当化の根拠には何らならない愚答。却下。  


588 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:07:04 ID:zLsaaSH+
あぼん、あぼん、あぼん、無為を続けていなさい

589 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:08:56 ID:M8weZBeh
>>584 何の反論にもなっていない。

 密教について、キミは見当違いをしていると言っているんだよ、俺は。



 

590 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:09:01 ID:3aTDFD0S
大体どこの教団でもそうだが、アーレフに限って言うと、教祖や
トップクラスの指導者には会うことができない。で、入信して
日常接するのは、師や師補や平サマナとなる。で、この連中というのが
一般人と違っているかというと、全然違っていない。



591 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:09:45 ID:3aTDFD0S
違っているところは、集団生活をしていたり、戒律、
規則に縛られているだけで、それ以外の部分はまったく同じである。
つまり、煩悩的だったり、人生苦にあえいだりする面は一般人と大差がなく、
どっちが上で、どっちが下とは言えない。

なぜか?もし、あるサマナが100の煩悩をもっていて
出家によって修行してそれが50まで減ったとする。
で、ここに一般人がいて修行せずに30の煩悩をもち続けていたとすると、
明らかに出家したサマナより格は上ということになる。

このカラクリがわからないと、サマナというだけで、清浄というイメージ
にたぶらかれ、本質を見誤る。
たとえば、医者弁護士という肩書き、あるいは白衣を着ていたり、
警官の制服などを着ていると、いかにもその人が立派なように見える。
実際はピンからキリまであるのに。
よく、大学教授などが痴漢で捕まる話を聞く。実は大学教授であっても
中身は痴漢やる奴と同じような内容の人間はいくらでもいるのだが、
大学教授というレッテルがそれを覆い隠してしまうのである。
サマナという肩書きにだまされてはいけない。一般人以上に煩悩的な
人間はいくらでもいるのである。


592 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:10:02 ID:pLVwGfqM
>>586
論拠の意味判ってる(失笑)?

593 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:10:04 ID:M8weZBeh
>>愚答。却下

 それで結構。キミは俺の話を理解できなかったということだ。

594 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:12:22 ID:pLVwGfqM
>>589
>>578に付け加えることは何も無し。無限に外延拡張やら論点ずらしでもやってなさい。
まるでオウムだ(嗤笑)。

595 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:13:52 ID:pLVwGfqM
>>593
支離滅裂で無意味な朦朧言説は取り上げない方針。

596 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:14:43 ID:M8weZBeh
>>594

 密教を語り尽くせるものであり、手の内に駒が出揃っていると考えてしまっていた
キミこそが無知だということだ。

 キミの無知さが、これでかなりのスレッドの読者に伝わってしまったと思う。


597 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:16:26 ID:M8weZBeh
>>取り上げない方針

 理解すらできない人に取り上げて貰いたくはないよ。

 ここの読者の一部は俺の書き込みを理解できるだろう。

598 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:17:09 ID:pLVwGfqM
>>596
オウムを「佛教」などと主張する基地外詭弁が晒し者にされただけだが。

599 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:18:25 ID:pLVwGfqM
>>597
>  理解すらできない人に取り上げて貰いたくはないよ。
「擬似命題」をいくら論じても無意味ってこと。


600 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:26:07 ID:pLVwGfqM
>>596
>  密教を語り尽くせるものであり、手の内に駒が出揃っていると考えてしまっていた
誰もそんなことには言及もしていないのだが。論点先取の誤謬・虚偽だ。

>  キミの無知さが、これでかなりのスレッドの読者に伝わってしまったと思う。
またもやトンデモ論法の標本採集か。


601 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:32:14 ID:M8weZBeh
>>600 言及もしていないのだが

 その種の言及はあった。例えば、 
 >>密教ですら三・四法印が大前提なのは通仏教的共通認識。それを否定するなら


602 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:34:31 ID:pLVwGfqM
>>601
論駁も何もされていないのだが。


603 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/04(水) 11:36:18 ID:pLVwGfqM
悪質なやらせカテゴリーエラーのオンパレードだな。論理破綻芸人だ。

604 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:45:19 ID:M8weZBeh
>>591 実際はピンからキリまであるのに

  確かにそうなんだ。

 専門職としての物差しで測れば上位にいる人でも、
別の物差しではかれば、下位に位置づける事も出来る。

 下克上の足がかりにこの種の論法を使う奴が世間にはたくさんいるので注意してくださいね。

 それだから、この種の話は控えていたんだが、キミの言うとおりなんですよ。
物差し次第なんだ。


605 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:49:57 ID:M8weZBeh
>>591

 ただし、単に下克上の足がかりとしてこの種の論法を使う奴が、学問の世界には
たくさんいるのが現実ですが、学問上の業績はそれはそれとして認めるのが筋なはず。

 また個人的にはあまりお勧めは出来ませんね。
 とかく誤解を招きやすい論法なので危険だと思っている。


606 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 11:52:45 ID:3aTDFD0S
あほだらさん、阿佐谷北のことよく知らないみたいね
俺はいつも無視しているんだが、

607 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:56:58 ID:M8weZBeh
>>591

出家者の生活は、決して自給自足で成り立ってもいないことに着目すべきだ。

 テレビ、ビデオ、パソコン、洗濯機、に代表される電化製品、、、
みんな、現世の人たちが、研究費を掛けてメーカーが作ったもののはずだ。
それに使われている部品ひとつ彼らは作ったとは言えないであろう。

 その時点で、出家者の安易な現世否定は否定されるし、一般人に対しての優位性も
失われているよ。
 現世で働いている人たちの方が、世の中に貢献しているし、現世の人在っての出家者ではないのかと思う。

 出家者は無人島で暮らしているわけではない。

608 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 11:57:51 ID:M8weZBeh
>>606

 次回からは、書き込まずに無視してみてくれ。笑

609 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 12:20:33 ID:M8weZBeh
>>591

 それに、オウム教団の当初の目論見では、自給自足を目指していたようだ。

 その前提に立って、その当時、彼ら出家者は世間を見下していたのだと思う。
それならば、(面白くはないけれども)ある程度は筋も通るとは思う。
だが、それが頓挫して今に至っている現在の彼らから見下される謂れはまったく
ないのではないだろうか。
 宗教性を抜きに考える人も多いと思うが、
それならば現世への貢献、社会生活の経験などほとんどないに等しい輩が集団生活をしているに過ぎない。
そう理解することも可能なのではないか。

610 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 12:25:17 ID:M8weZBeh
 騒ぎを起こし、裁判へ突入。
熱心な信者を切り捨てて、自分たち幹部クラスの都合を優先させた教団運営。
 オウムの病院に掛かっていた人たちは、病院閉鎖の後、どういうこと
になったのだろうか?
 墓地建設どころか、葬式すら行えない宗教にカネを貢いできた人たちは
どうなっているのだろうかおいうことも、事件の一方には存在しているのである。

611 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 12:28:29 ID:M8weZBeh
訂正:
 墓地建設どころか、葬式すら行えない宗教にカネを貢いできた人たちは
どうなっているのだろうかということも、事件の一方には存在しているのである。

 誰もが、ノストラダムスや黙示録解釈に興味を持っていた訳でもない。
むしろ、こうした枝葉の部分が本線の仏教研究、修行を食ってしまっていった挙句の果ての
暴走だったのではないかと思うのだ。

 こうした分析は、時系列に事象を並べてみれば誰にでも分かりますよ。




612 :トラックバック ★:2005/05/04(水) 12:29:36 ID:8s0Mt+Jz
【トラックバック来たよ】 (ver. 0.11)
[タイトル] トラックバック荒らししてみるスレ
[発ブログ] ニュース速報@2ch掲示板
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1115174876/l50
( ref= http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1115174876/l50 )

[=要約=]
トラックバック:http://music4.2ch.net/test/read.cgi/musicj/1114542310/



613 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 12:32:35 ID:M8weZBeh
 興味本位のマスコミではあったが、またそうしたメディアを利用して
発展してきたのもオウムのやり方だった。今もあるであろう他の宗教団体との繋がり、
危機においては呉越同舟ということかも知れないが、ここまで教義無視では議論しても無駄だ。

 その旨のことを、このスレッドでは何度も俺は訴えてきたはずだ。

614 :トラックバック ★:2005/05/04(水) 12:36:50 ID:8s0Mt+Jz
【トラックバック来たよ】 (ver. 0.11)
[タイトル] トラックバック荒らししてみるスレ
[発ブログ] ニュース速報@2ch掲示板
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1115174876/l50
( ref= http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1115174876/l50 )

[=要約=]
トラックバック:http://music4.2ch.net/test/read.cgi/musicj/1114542310/



615 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 13:01:26 ID:YshcvaX1
あーーら、にいちゃん、やっぱりあたしの思ったとおりね、
あなた、元サマナだったんでしょ
だから過剰に反応しているんだわ、あんたもパーフェクトサルヴェーション
受けろ受けろって、信者に強要してまわったんでしょ?
だから、最終的に受けると判断したのは信者であって、勧めたサマナに
責任はないって、いいたいのねえ
”サマナは自分の意志なんかもっていなかったんだから、そのサマナをせめて
自分の責任を考えない”??
バカじゃない?サマナになったら、教組のいうとおりにしないといけないのなんて
わかりきっていたじゃん?教祖にやれと言われたら断れないわ世ねえ
そういう生活を選んで入っていったのは自分ジャンよねえ?
私はいやだからサマナにならないよ。。
あんたこそ、オレは悪くない!っていいたいんだよねえ
私はね、借金しても全額払わなくて済むよ(そんなことありえないと今では思うけど
まだ若かったからねえ)と、バカサマナが適当なこと言わなければ、絶対首を立てに
降らなかったわよ、全額払わなくてもイニシエション受けられるなら徳、だ、と踏んだんだもの。

その、全額返済しなくてもローン会社も銀行もつぶれるから、大丈夫と言えといったのは
教組なの??サマナが自分の頭で考えて、こういえば受けるだろうと判断したんじゃないの

616 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 13:04:53 ID:3aTDFD0S
かねごんは結婚できないものだから、恋人は別れるものだ、とか
結婚してもどうせ死に別れるとか仏教を利用して自分を慰めているんだよな〜。
これを酸っぱいブドウの心理という。
狐がブドウをとろうとしたが、高くて届かないので、
あれは酸っぱいに決まっていると。

結婚はカルマ的影響が大。本人が知ろうと知るまいと。
その時の自分にふさわしい人が現れる。というよりも、自分がふさわしい人を
引きつける。自分にカルマがあれば、暴力をふるう夫だってふさわしい人に
なってしまうのだ。
にもかかわらず、そのふさわしい人を横にどけて
理想の人を追い求める。これではいつまでたっても無理




617 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 13:10:20 ID:YshcvaX1
>サマナになったら、教組のいうとおりにしないといけないのなんて
わかりきっていたじゃん?教祖にやれと言われたら断れないわ世ねえ
そういう生活を選んで入っていったのは自分ジャンよねえ?

マジでそう思わなかった??サマナになれば、自分の金は全部差し出して
自分は一文ももたない。衣食住すべて教団がもつ。それは、信者から
巻き上げた布施を教組が一度自分の所有として、それからサマナに
使う。ってことは、サマナは教組の飼い犬状態になるってことよ。
在家なら、いやならイヤです、って言っても、自分は帰るところがあるもの。
言う事を聞かない自由も残しておけるってワケよ。。

そういう、一歩も後へ引けない墓所へまで自分を追い詰めたのは
自分の選択じゃない?


618 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 13:14:53 ID:YshcvaX1
墓所=×
場所=○

タイプミスだったんだけど、言いえて妙だったわねワラ

619 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 13:22:50 ID:YshcvaX1
そうやって、信者に借金なんかさせるから、自分たちもカルマが返って
賠償金で苦しむんじゃないの?
借金を返さなければいけない負担ってけっこう大きくない??
今月間にあうだろうか、とか、他に使いたいけど仕えないとか
さんざん信者に金の工面で苦しめたから、自分たちに買えるのさ 当然よ
ま、その金まで信者から布施させて払うつもりなのかもしれんが、、

620 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 13:23:24 ID:M8weZBeh
>>617

 幹部になれば別だと思ってたんじゃねぇのかな、この人?

 幹部クラスには、愛人や資産まであったって言うじゃないか。
事件を起こしても、教団を辞めて責任取らずに済んでいる訳だしな。

621 :阿佐谷北:2005/05/04(水) 13:34:15 ID:M8weZBeh
>>617 サマナは教組の飼い犬状態になるってことよ。

 そういう状況も、幹部になるまでの辛抱だと考えていたんじゃねぇか?

622 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 13:38:44 ID:LufI6iHi
釈迦は救済を人を死なせてまでやろうとは思わないのさ。だから、梵天が依頼するまでは面倒だし、理解できないだろと思って仏法も説こうとしなかった。
釈迦といういたずらものが世に出でてと一休が歌ってるが、そういう存在さ。
維摩経という経典にもなった大乗仏教徒で有名なユイマと言う人がいる、サーリプッタでさえ、相手にならなかった仏法者だ。
維摩一黙というように黙るのが仏法者さ。クオリアを客観で測ろうとすれば同じ客観で世間のが強いのさ。

623 :にいちゃん:2005/05/04(水) 13:59:35 ID:sLNA+GGi
>>615
>元サマナだったんでしょ
すでにサマナだったと書いてるよ。w
俺の事はかなり明確に今まで書いてるよ。特定出来る奴もいるだろう。

>だから過剰に反応しているんだわ
俺が元信だから反応している部分はあるよ。関係無ければここにも来ない。
当然だろ?


624 :にいちゃん:2005/05/04(水) 14:11:12 ID:sLNA+GGi
>>615
>だから、最終的に受けると判断したのは信者であって、勧めたサマナに
>責任はないって、いいたいのねえ
サマナと信者の戦いか?笑える。なぜそんな思考しか出来ないんだろうな。

あなたは社会でもオウムでも、みんなが敵になると言っただろ?
カネゴン自信が、みんなを敵にするから、周りからあきれられて放置されるんだよ。


625 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 14:18:08 ID:+jwxHzTF
出家者の方々へ
 魂の移植方法の研究にご協力をお願いします。
 最も頼れそうなのがこのスレですから。

書き込みはこちらへ
 未来技術版「世界を創生、永住するスレ。」
 http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1115038149/l50

今の世界ではもうダメぽ、
あぼーんする日はいつの日か。

それでも、ワシらは生き延びる。

タイムマシン・魂の移植等あらゆる手を使い、
ワシらで今の世界に似た世界を創生して、
創生した世界へ永住しよう。

626 :にいちゃん:2005/05/04(水) 14:21:11 ID:sLNA+GGi
>>615
>その、全額返済しなくてもローン会社も銀行もつぶれるから、大丈夫と言えといったのは
>教組なの??
当たり前だろ。カネゴンは、未だにオウムの仕組みをまだ理解出来てないのか?
だから、未だに洗脳が解けないんだよ。生きる化石だな。

>私はいやだからサマナにならないよ。。
これも当たり前だ。というかカネゴンの思考は、1995年前後のまま進化してない。
もう10年も経ってるが、オウムを否定してオウムの教義に未練があるなら、なぜこの
団体は間違っていたかを思索しろ。

俺はサマナだった、それが嫌いなら、とっととオウムから足を洗え。どあほ。(爆



627 :糞&愛:2005/05/04(水) 14:21:29 ID:8U7OOsTs
そんなことより、




麻原の子供を産んだアマは何人いるんだ?

628 :にいちゃん:2005/05/04(水) 14:34:19 ID:sLNA+GGi
>>617
>マジでそう思わなかった??サマナになれば、自分の金は全部差し出して
>自分は一文ももたない。衣食住すべて教団がもつ。それは、信者から
>巻き上げた布施を教組が一度自分の所有として、それからサマナに
>使う。ってことは、サマナは教組の飼い犬状態になるってことよ。

言い方は悪いが、当たり前だ。今更、何を言ってる?
この議論は、10年以上前に終了してるよ。発掘調査隊か?

>在家なら、いやならイヤです、って言っても、自分は帰るところがあるもの。

あなたは過去に世の中がはかないだの苦だらけだの書いてたよな。なんで、
そんなものに固執する必要あるんだ?
なんで帰る家があるのがそんなにいいんだ?帰る家が死んだらあるか?ww
あなたが一番、そんな事は「はかない」とどうどうと、ここに書いてた口だろ?

自分の書いた事に責任を持ってないから、矛盾したことを次々に書けるんだよ。
これが無責任だというゆえんだ。


629 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 16:35:13 ID:g5nEtmLm
教組は自分のした予言が大外れしたのをどう思っているんだろうな
そのうち、起こるといっているが、予言と言うより、そうなってくれ!という
お願いにすら聞こえる
予言が外れると、オレのメンツが丸つぶれ!!

630 :ちーちゃんのアストラル体:2005/05/04(水) 17:36:55 ID:qnJLhYh0
私はアストラル体で2006年の広島に飛んだ
そこは核戦争が起こった後だった
アストラルと現実は時間がずれることがある
しかしこの私とオウム真理教を弾圧した国は
大いなるカルマの清算を受けるだろう

631 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 18:35:55 ID:yACV7xzK
オウムに入信した時の麻原のテープの音源が欲しいんですけど
どこかにありませんか?

632 :にいちゃん:2005/05/04(水) 19:19:10 ID:sLNA+GGi
>>618
>タイプミスだったんだけど、言いえて妙だったわねワラ
そうだね。ちなみに俺は墓場から生き返った奴だよ。
一旦、ポアされかけたからね。

633 :糞&愛:2005/05/04(水) 19:24:42 ID:8U7OOsTs
誰か教えてくれ!

《麻 原 は や り ま く っ て た の か ?》

634 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 20:31:04 ID:+5e+NavX
マンジュシュリは、瞑想中、自分が核戦争が起きた後の世界に飛んで、
そこで被害にあった女性と話をしてきたそうだが
そうなる前に自分が死んじゃったよ

  ああ、大はずれでごめんなチャイ

635 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 20:51:18 ID:fS/dNAD8
>>631
そんなもの手に入れてどうするの?

636 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 21:45:57 ID:2zlFjrwa
>>633
サティアンの一角は、一部の幹部からは「大奥」と呼ばれていた。
早川清秀は、麻原がそこに住まわせていた女性出家信者二十数名と
朝食を一緒にとっている場面に出くわして、言葉を失ったそうだ。
ようするに、やった女全員と一堂に会して食事してたわけ。

637 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:06:18 ID:fS/dNAD8
>>回向(東京道場日記)

私がここに書き込みをすることによって、
今、オウム・アーレフの呪縛から離れられないでいる魂が
いつかきっと真実に目を向けることができるようになりますように。

638 :念仏:2005/05/04(水) 23:25:38 ID:rp2Zfjq2
男は甲斐性、男は一物よ
相当の一物をもっとったんやろ。


639 :念仏:2005/05/04(水) 23:27:08 ID:rp2Zfjq2
うらやましいかぎりや

640 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:30:14 ID:8U7OOsTs
>>636
マジかーーーーーー

つーかよ、



《麻 原 は バ バ ァ と も や っ た の か?》

641 :念仏:2005/05/04(水) 23:30:32 ID:rp2Zfjq2
そういえばインドのシバ神もリンガとかゆうて一物拝む
らしいからな。
どっかの牧師はバイブつことったらしいから偽もんや

642 :念仏:2005/05/04(水) 23:31:34 ID:rp2Zfjq2
ババアは相手にせんやろ。


643 :カネゴン@キャンディ:2005/05/04(水) 23:33:43 ID:Q4N9Ym1Q
女が綺麗なのなんて若いうちだけ
大奥作っても、15年後には、オバハンの集いになってら
想像すると背筋が寒いくらいだ

すぐにつぶれちゃったから面白くないけど
その大奥、ずっと続いていたら面白かったろうな
オバンになると、おしとね下がりで、若い綺麗なサマナを自分で
選んできて殿に献上するんだわ

644 :名無しさん@3周年:2005/05/04(水) 23:38:46 ID:8U7OOsTs
まさかよ、乱交とかやってないよな? 出家たち


や、やってんのか?
チキショーーー

645 :念仏:2005/05/04(水) 23:43:33 ID:rp2Zfjq2
女もよく了解したもんだなぁ
かなりの一物とテクニックなんだろうな。
カーマスートラさえも極めているんだろうか。


646 :ちーちゃんのアストラル体:2005/05/04(水) 23:46:25 ID:qnJLhYh0
若返りの超能力もアルヨ
拙著超能力秘密の開発法読んでないのか。
修行によって精力絶倫になれるこれ本当

647 :念仏:2005/05/04(水) 23:46:39 ID:rp2Zfjq2
ソンシはやりまくってたらしいよ。
弟子には禁欲させてたらしい。
まあ、知らないところでシコシコやってるみたいだけどね。
師になればある程度権力持つからその辺はどうにでもなるよ。
どこでもそうだろ。

648 :念仏:2005/05/04(水) 23:48:52 ID:rp2Zfjq2
とゆうことは女も絶倫ぶりに惚れたんだな

649 :糞&愛:2005/05/04(水) 23:54:32 ID:8U7OOsTs
神だ、悟りだ、救いだと言いながらそんなことを…

心底『神なんぞ居るわきゃないだろ! 居るのか?あっそ。知ったこっちゃない罠。ガハハハ』と思ってる奴らばかりなんだな
Ωって

650 :念仏:2005/05/04(水) 23:54:40 ID:rp2Zfjq2
部屋に十数人と乱交してたらしい。
LSDもつかってたんだって。
突然ドアあけちゃった村井が気絶したらしいよ

651 :ちーちゃんのアストラル体:2005/05/04(水) 23:56:47 ID:qnJLhYh0
過去ログ霊視して見たが元信徒の不平不満が多いと。
君達はオウムを十分活用し切らないで文句を言っている
シッディコースに現世利益のマントラを用意していたはずだ

652 :念仏:2005/05/04(水) 23:59:54 ID:rp2Zfjq2
しかし、セックスは両性の合意のもとだからセックス自体は
神や悟りを否定してはいないさ。


653 :念仏:2005/05/05(木) 00:01:20 ID:rp2Zfjq2
あんた霊視できんの。
念仏君も見てよ

654 :糞&愛:2005/05/05(木) 00:02:52 ID:zl2owqXT
ところで、







Ωババァたちの性欲はどうしたんじゃ?
まさか若い男たちにナメナメ…

ゲーロゲロ

655 :念仏:2005/05/05(木) 00:07:32 ID:crVjgwlh
不平不満があってあたりまえじゃん。
カネゴンなんか幸福になってないんんだもの。
アーレフってボンクラ教師が教材あたえてはいやんなさい
って言ってるようなもんじゃん。
現世利益のマントラなんかあるわけないじゃん。
呪文ですべてなんとかなるわけないだろうに。

656 :念仏:2005/05/05(木) 00:09:37 ID:crVjgwlh
ババアは性欲見ないよにしてボケていってるよ。
いくらなんでもどう考えたって、洗脳されたってババアのんは
なめれんよ

657 :念仏:2005/05/05(木) 00:13:49 ID:crVjgwlh
上祐のもと彼女もいいの見つけては自分の部屋でちょめちょめさ
年食ったらそんなわけにはいかんだろうがまあお互い気持ちよくって
満足だろ。

658 :糞&愛:2005/05/05(木) 00:14:55 ID:zl2owqXT
>>652
いくら合意といえど、
セックスは愛しあってる者同士がするもんだ ってボクはママから教わったよ


よし!おれ様が入信して皆の目を覚ましてやる








乱交できるかな?(´Д`;)ハァハァ

659 :念仏:2005/05/05(木) 00:19:07 ID:crVjgwlh
幹部になればね
平信徒、サマナには見向きもしてくれないよ。
説法会なんかで師を見る女の目は輝いているよ・・・。

660 :糞&愛:2005/05/05(木) 00:22:37 ID:zl2owqXT
>>659
あんた、やたら詳しいな…









《あ ん た も 乱 交 し た ん だ ろ ! 》

661 :念仏:2005/05/05(木) 00:29:01 ID:crVjgwlh
この祖チンじゃなあ
それに乱交には興味ありません。
女は取るに足らんわ。
師を見て目を輝かせてるのみると唖然とする

662 :念仏:2005/05/05(木) 00:37:12 ID:crVjgwlh
宗教的精神的高みと乱交は別だろう。
乱交するにも努力はひつようさ。
ナンパするにも最低車ぐらいないと女も寄ってこんだろ。
まだまだ程度の低い私はそんな努力をしている時間なんかないさ。
オウムで評価をえようとしなかったのもそんな努力には興味ないのさ

663 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 00:45:44 ID:j0303kB4
>シッディコースに現世利益のマントラを用意していたはずだ

おや、ほんとうかい
アタシはポアコース選んで、タントラコースやれって言われたんで
シッディコースのことは知らなかった

664 :うんち&らぶ:2005/05/05(木) 00:47:14 ID:zl2owqXT
>>662
おみそれしやした

665 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:01:46 ID:vuOFXW4t
>663
シッディコースを選ぶと希望の超能力または願望に適したマントラを伝授してもらえた
マントラの種類はたくさんあって師以上が管理していてサマナは見れなかった
恋愛かケコーンもあった気がする

666 :念仏:2005/05/05(木) 01:08:16 ID:crVjgwlh
それで幸福になった奴いねーんじゃねーの。
そんなもんで願望かなったらみんなやるわ

667 :うんち:2005/05/05(木) 01:23:58 ID:zl2owqXT
素朴な疑問なんだが…

みんななぜ入信する(した)んだ?

668 :念仏:2005/05/05(木) 01:31:24 ID:crVjgwlh
オウムのやることは一切が方便だし未完なのよ。
この未完とは人が幸福になることによって完成するとゆう意味。
方便とは見ることのできない信仰を見えるようにするとゆう意味。
私たちに見えるものは、所詮、権力、女、地位。
麻原のしていたことは遥かに合理的で矛盾がない。
矛盾が無いとは人間とは欲からできているので欲から実践に向けるとゆう意味。
教義が完璧であろうが幸福になれなければ不完全である。
これは、正しく実践できなかったことも、含めである。
私は麻原門下として不完全を完全なものにしたい。
ここに種がある。
水も肥料もいい土もひつようだ。
種だけでは芽はでません。
グルとは絶対であり
道しるべであり
グルもまた幻影であるとゆうことを。


669 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:38:45 ID:vuOFXW4t
ヨガに興味あって一般向けの集まりに逝ったら修行法教わった
後ろのおっさんからキミ体が揺れてるねと言われたが自覚もなかったし
信じてなかったが家かえってから
背骨を熱い塊が上昇するわ光が見えるわナーダ音とやらが
聞こえるやらするようになったからびっくりした
それまで宗教はアヘンだと思ってた俺が入ってしまった
しばらくは自分でも信じられなかったというか
あーあ宗教入っちまったと思ってたよ


670 :念仏:2005/05/05(木) 01:45:01 ID:crVjgwlh
私の入信の動機は悟りたいゆえでした。
十年たつがその思いは一遍している。
私にとって麻原の教義は面白い。
彼の言い方、言葉の配置。
今は少々教団のもって行きたい方向に削っているようだが。
私は団体に属する気はなかったが、麻原とは面識はないが、この
教団は私を信仰に対して本気にさせてくれた。
それゆえに満足している。
教団のボンクラぶりにはズッコケルが。

671 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:45:11 ID:vuOFXW4t
シッディコースは学割が効いたから金のない学生が選択の余地なく
選ぶってのがほとんど
普通はヨガタントラコースに入れられる
だからマントラは意外に知られていなかった

672 :うんち:2005/05/05(木) 01:49:49 ID:zl2owqXT
>>668
ほう… で、幸福とは?

>>669
君は催眠術にかかりやすいほうだろ?




おれもだが

673 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 01:50:52 ID:vuOFXW4t
もちろん今は辞めている
時間かかったが洗脳もほぼ完璧に解けた


674 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:01:37 ID:vuOFXW4t
催眠術はかけられた事ないが
俺は元々懐疑的な人間だった
宗教なんて胡散臭いかジジくさい迷信、害悪だと思ってた
ヨガが面白いとは思ったが疑っていたし信じてはいない
それからいつでも座れば同じ体験に入れるようになったから
催眠ではないな、過呼吸もしてないし全て入信前の出来事


675 :念仏:2005/05/05(木) 02:02:17 ID:crVjgwlh
幸福でないこととは分裂していること。
深い意識では求めていない。しかし浅い自分は求めているとゆう分裂。
深く自分えを見つめなければ適当なもので満足し心はすぐ眠れるだろう。
しかし、過去世において瞑想、悟り、天、の幸福を知っているものは、
そんなもので満足できる物ではありません。
この世に幸福は存在しない。

676 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:07:41 ID:0NftHcKq
最も危険な宗教は?
http://www.37vote.net/politics/1112192635/all-50-10

677 :うんち:2005/05/05(木) 02:10:37 ID:zl2owqXT
>>674
それを自己催眠と言うのでは…

678 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:12:24 ID:zl2owqXT
>>675
悟った喜びは?

その刹那、幸福なのでは?

679 :念仏:2005/05/05(木) 02:13:32 ID:crVjgwlh
聖者もたしかにいただろう。
しかし、多くの人間がその欲によって宗教の名を落としました。
私たちの深い部分、野心、欲からくる動機を見つめなければ、
すべての宗教は危険である。
オウムがこの様に展開したのも私たちの心とは遥かに危険に満ちて
いるとゆうことです。


680 :念仏:2005/05/05(木) 02:19:09 ID:crVjgwlh
確かに幸福だろう。
私はこのカーリユガの時代を生きたい。
幸福かどうか聞かれるとわからない。

681 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:32:21 ID:vuOFXW4t
さあ、
自己催眠といってもまだ信じていない段階だし
こんなことやって本当に効果あんのかよと思いながら
簡単な呼吸法と瞑想しただけだったな

試しにオウム以外の行法を本みてやってみると
小周転とかもすぐ周るようになって
オウムに限ったことじゃないんだな
神秘主義でいう世界が本当にあったんだと
経験的に知ってしまったということかな
その時点では入信しようとは考えてなかったしな


682 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:47:41 ID:zl2owqXT
>>681
ほほう

瞑想で善いものが見つかることを祈るわ

くれぐれも『 』なんかを見つけないように!

683 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 02:52:55 ID:vuOFXW4t
『』空?
俺はもうオウム辞めてるよ
二度と関ることはないだろう

684 :念仏:2005/05/05(木) 02:54:15 ID:crVjgwlh
無じゃねぇ

685 :念仏:2005/05/05(木) 03:34:47 ID:crVjgwlh
幸福について
徳を積むこと、戒を守ること、忍耐をえること。
多分だれもが解るが実践はむずかしい。
それだけの経験があれば山にこもって瞑想三昧の喜びもわかるだろう。
川の流れと山のにおい。
山から降りれば、さみしさと衝動の海のようだ。
そのうねりの中、真理を実践するのは困難だろう。
しかしその実践は私達をかならず幸福にする。グヤサマジャの持つ六つの宝石
煩悩を断ち切る剣
修行の完成を象徴する巻物
多くの人に放つ法の弓矢
魔を払うベル
心の象徴である秘密の箱
徳の見返りを与える如意宝珠
私たちは神の守護の元進むことができる。
多くの失敗と、多くの悲しみにめぐりあうだろう。
少しずつ、少しずつ、実践していこう。
徳を積むこと、戒を守ること、忍耐をえること。
これが真に喜びであるといえますように。




686 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:00:44 ID:7zQCEJWy
>阿呆陀羅經さん

確かにオウムは、厳密な意味での仏教には入らないと思うんです。
それはあなたのおっしゃる三法印云々も含めてね。
ただ、本場から遠く離れ、伝来した時期からして釈迦と離れているこの日本で、
厳密な仏教に当てはまらないものを「似非仏教」呼ばわりして
バシバシ切り捨てていったらほとんど何も残らないと思います。
そういう意味で、「厳密ではない」仏教、というのも含め、
「仏教」というカテゴリーで称する必要もあると思うのです。
それなら、仏教の世界観や用語を用いた教義を持っている団体は、
すべて「仏教」ということができますから。

厳密な意味での仏教を指したいときは、
「厳密な意味での仏教」というような言葉を使えばすむ問題だと思いますよ。
贋作がひとつやふたつだった時代ではもはやありません。
そうである以上、言葉の使用法も柔軟性があって然るべきかと思います。
「仏教と言えるのはたったひとつでそれ以外は似非仏教」
と、罵倒まがいの定義ができたのは、もう2000年から前でしょう。

687 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:05:01 ID:blVrHPrB
ワラにもすがりたい(と感じている)人にとって完璧かどうかが彼らの主眼であって、
通常の精神状態の人にどう映るかなんてことは関係ないんだろ。

急病になってからひとりで名医を選ぼうとする人と同じで、引っ掛かるほうも悪いが。
つまり、教義内容も含めて(これはクスリみたいなものだから何とも言えない)、特に運営面について、市民またはNPO、政府のいずれかが、監査・公表すべきだよ。
マスコミによるランク付けでもいいが。
いつまでもマッチポンプ的に事件が起こってからワイドショーのコメンテーターでは、宗教学者もオウムジャーナリストも弁護士もカルト業界の一員みたいだな。


688 :うんち:2005/05/05(木) 04:10:35 ID:zl2owqXT
>>685
でもな、そうゆう道を進めること自体、十分幸福でっせ(じゅっぷん じゃないよ じゅうぶん)

飯食えるだけ、ふかふかの布団で寝れるだけ、好きなことを語れるだけでも、幸福かなって

689 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:24:46 ID:TOMi9TJP
>>686
あなた、“やっちゃって”ますよん。

無我を唱えるのが仏教なんですよ。
なのに、真我を唱えたら仏教とは言えないんですって。

涼もうと思って「サーティーワン・アイスクリーム」に入ったのに、暖まる
焼き芋しか売ってなかったら、それは「サーティーワン・アイスクリーム」
とは言えないでしょ。

無我思想と真我思想の違いを理解したら、>>686のような発言が
どれだけ恥ずかしいか判りますよ。

690 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:39:03 ID:TOMi9TJP
いろんな種類のアイスを置いてる分には、サーティーワンの
基本コンセプトから外れないけど、焼き芋しか置いてなかっ
たら、サーティーワンとは言えない。

仏教にも「仏教だったらここだけは譲れない」っていう土台の
基本コンセプトがあるわけ。
仏教と言いつつ「執着せよ」って言ったら、おかしいでしょ。

真我思想は、恒常普遍の自己存在に対する執着を教義の
大前提にしている点で、仏教(釈迦の基本思想)と根本的に
矛盾しているの。

だから、密教だとか顕教だとかいう以前に、仏教ではないこ
とが明らかなわけ。

691 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:44:11 ID:7zQCEJWy
>>689
その前にあなたの比喩の使い方が間違ってるようにも思いますが。

ともあれ私が言ってる「厳密な仏教」というのに
おそらくあなたの言う「無我思想」が該当するんだと思います。
ただ、それ以前からあった「真我思想」を奉って、
「無我思想」に対抗した「真我思想」なら、
それは「厳密でない仏教」にも入らないでしょうけれど、
釈迦の教えを解釈し、ひねくり回したあげく、
たまたま落ち込んだ穴が「真我思想」だっただけなら、
それは単なる「間違った例」として、
「厳密でない仏教」の方に入れてあげるのがよかろうと。
私はそういう風に言ってるわけです。

ですから、学術的な正しさ、とか宗教的正統さによる分類、
というのとはまた違った、ある種の温情的分類。
そう思っていただければと思います。
この際、仏教として正統であるかどうかは二の次三の次です。
つまり、わかっている上であえて“やっちゃって”ます。

692 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:49:03 ID:7zQCEJWy
>真我思想は、恒常普遍の自己存在に対する執着を教義の
>大前提にしている点で、仏教(釈迦の基本思想)と根本的に
>矛盾しているの。

これは確かにそうなんですが、
正直言うとオウムに関する議論にこの問題が持ち上がることがおかしい。
説法の行間を読んでいけば、特に秘儀説法になればなるほど
真我思想ではなく、無我思想になっていくから。
私はオウムにおける真我思想および説法は、
修行させるための撒き餌だと思っています。

693 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:51:23 ID:TOMi9TJP
無我思想だったら、教祖の絶対視や救済を名目とした殺人なんて
起きないよ。

694 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:55:09 ID:7zQCEJWy
うん、無我思想が末端の末端まで浸透していれば
起きなかったと思いますね。

695 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:56:51 ID:y5CWLZa6
>>690
>仏教と言いつつ「執着せよ」って言ったら、おかしいでしょ。
>
>真我思想は、恒常普遍の自己存在に対する執着を教義の
>大前提にしている点で、仏教(釈迦の基本思想)と根本的に
>矛盾しているの。

真我というのは方便ではないでしょうか。存在と呼べる
代物ではないわけで。

真我に執着する = 自我の放棄に執着する

離欲を欲するみたいなもので、彼岸に至るまでの舟とし
て用いるのでは?


696 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 04:58:44 ID:TOMi9TJP
そもそも、一般に教えてる「無我」が、なんでオウムでは秘儀に
なるわけ。
アーレフになってから、つじつまが合わないことを指摘されて、
慌てて杉浦さんがしどろもどろに“秘儀”とか言いつつ説法しだ
したけどさ。

697 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:00:02 ID:TOMi9TJP
>>695
だとしたら、高い世界に生まれ変らせるためのポアの根拠と
なった真我は何?

アートマンのことでしょ。

698 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:06:00 ID:7zQCEJWy ?
ちなみに教団内の諸思想、諸解釈を考えると、
オウムでは無我思想に取り組むのは最後の最後で十分、
それまでは真我ベースで、という風がなきにしもあらずでした。


699 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:08:12 ID:7zQCEJWy ?
>>697
不滅、という性質は持ち合わせない「輪廻の主体」でしょう。

700 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 05:09:35 ID:y5CWLZa6
>>697
ポアの根拠になった教えは知りません。

真我は生まれ変わったりしないでしょう。
常に変化しないものなのですから。


701 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 06:16:17 ID:blVrHPrB
>>700
あくまで外向けの教義と入ってからの教義(というかアフォ命令)は違うってことだな。それは悪質。
HPには結構まともな教義が書いてあったりするからな。全否定すればこちらが人生誤りそうな。
結局、逃げ場ない密室では何されるか分からないということ。あれふに限らないが。


702 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 07:58:33 ID:Bzyd9o4v
>>686
> 確かにオウムは、厳密な意味での仏教には入らないと思うんです。
> それはあなたのおっしゃる三法印云々も含めてね。
「厳密云々」のレヴェルの問題ではありません。交通信号レヴェルの話です。
> ただ、本場から遠く離れ、伝来した時期からして釈迦と離れているこの日本で、
> 厳密な仏教に当てはまらないものを「似非仏教」呼ばわりして
> バシバシ切り捨てていったらほとんど何も残らないと思います。
別に何も残らなくとも一向に構いませんが。
> そういう意味で、「厳密ではない」仏教、というのも含め、
> 「仏教」というカテゴリーで称する必要もあると思うのです。
その「必要」とは何ですか?
> それなら、仏教の世界観や用語を用いた教義を持っている団体は、
> すべて「仏教」ということができますから。
それが基地外教祖の妄想と欲求の羅列に過ぎなくてもですか。

> 厳密な意味での仏教を指したいときは、
> 「厳密な意味での仏教」というような言葉を使えばすむ問題だと思いますよ。
> 贋作がひとつやふたつだった時代ではもはやありません。
> そうである以上、言葉の使用法も柔軟性があって然るべきかと思います。
> 「仏教と言えるのはたったひとつでそれ以外は似非仏教」
> と、罵倒まがいの定義ができたのは、もう2000年から前でしょう。
誰も「たった一つ」など主張してもいない。その手の発言は根拠とともにどうぞ。

そもそも、原始佛教などの権威を利用し、「厳密な佛教」の振りをしていたのは
オウムなんですが。「ゴータマ・ブッダ→サキャ神賢」には噴飯したけど。

703 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/05(木) 08:00:31 ID:Bzyd9o4v
>>702は私のレスです。


704 :わかってください:2005/05/05(木) 08:41:09 ID:8wtiJP9d
>金ごん
オウムの中にいるのは自我をたたきつぶすのが目的です。
自我が業であり、悪であると。
しかし、自我を否定するためには、その人自身の意識で行為をしても
自我は死なないのです。
だから何をするにしてもグルの言葉において行為すると。
そうでなければこの自我意識は絶対に否定できません。
これはある意味では、オウムにいる人はグルのあやつり人形であると。
こうして人間性否定を行うのです。


705 :わかってください:2005/05/05(木) 08:48:00 ID:8wtiJP9d
>金ごん
ここに信徒Aがいたとします。
信徒Aがグルを信奉する、または崇拝するという言い方はまちがって
います。
信徒Aがグルを信奉するということになると、信徒Aとグルは相対的に
なります。そうすると当然グルの人格と信徒Aの人格が対比されて
しまいます。そうじゃないんだ。
グルの全人格の中に自己の存在の実存を見ていくのです。
そうすべきなのです。そうなると、グルの中に自分は生きていると。
グルに生かされていると。そういう意味が理解できます。



706 :わかってください:2005/05/05(木) 08:55:42 ID:8wtiJP9d
>金ごん
オウム信者には3つのタイプがあります。表面的に穏やかだが、
エゴの隠れている人、非常に自分本位で自我の強い者(いわゆるアシュラ)
、そして他者の中に自己を見ていく者です。
教義が真に理解できず、中途の段階で止まっている者は自我の強い
人間です。
偽善的に他人に奉仕することはあるかもしれないが、心底他人に思いやり
がありません。教義と修行に精通すると、偽善的行為はまったくなくなり
ます。他者の中に自己を見るようになるので、バクティを為しても
人の自立性を妨げ、人のおせっかいをし、自己満足に陥るようなことは
ありません。

707 :わかってください:2005/05/05(木) 09:02:17 ID:8wtiJP9d
マンションの道場を見たときは、正直言って、あ、来るんじゃなかった
と思いました。でも、中に入ってサマナの話しを聞いているうちに
その内容に引き込まれたのです。
どの信者さんも自分の意志で入会されていると思います。
一部で言われているようなことは
マスコミの非難と攻撃の声に調子を合わせ、尻馬に乗り、よく知りも
しないオウムの欠点をいいたてるのが通常です

サマナはいつもニコニコしてやさしい方ですし、
サマナは人が幸福になるのを心からのぞんでいたと思います。

708 :元○○:2005/05/05(木) 09:06:27 ID:3x1MMwhh
そうだよ。
カルトと呼ばれる団体の人はみんな「良い人」だよ。

「会ってみたら、いい人たちだった。マスコミは間違ってる!」
みんなそこからカルトに入っていくんだよ。典型的な入り方だよ。

本当にその宗教がいいかどうか。
最低でも3つの違った宗教に同時に足を運んでみてください。1ヶ月でも。

それすらさせない、という宗教は怪しいんですよ。というか、運営方法が悪い宗教です。

709 :元○○:2005/05/05(木) 09:07:55 ID:3x1MMwhh
でもね、こんなことを書いても、意味がないことは分かっています。
あなたは活動を続けるのです。

さようなら。

710 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:07:48 ID:blVrHPrB
結局、程度問題で、あらゆる宗教団体は、運営方法にこそメシの種があるんだろ。
だから、問題が露呈してからその特定の宗教をカルトと呼んで葬り去るものの、決して行政介入やガイドライン的なものを許さない。
ただ教義・教義論を延々と唱え深めて公開の場は切り抜ける。

ってまあ、都会宗教なんて古来からすべてそうだったのかもな。遺跡・建造物を見る目も変わるよ。
会社や学校とどう違う?なんてこともある。

無から有を生む、まさに神業。(注 皮肉ですよ。


711 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:20:51 ID:/wTw0tQL
堂々巡りの似非仏教論なんて聞き飽きた。そんなこといえば
葬式仏教なんて全滅だろ。政権カルトも酷いもんだ。

それより、セミナーはいつまでだ? いつものスパイ君の
レポートを早く読みたい。

712 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 10:28:45 ID:EgVJgWuD
キャンディちゃん、がんば。
セミナーレポート読みたし。

713 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 12:58:03 ID:TOMi9TJP
輪廻の主体=死んでも残る自我=アートマン

714 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 13:01:08 ID:TOMi9TJP
日テラのスマナサーラ長老も(若干オブラートに包んで)言ってるけど、
日本の伝統仏教のほとんどは仏教じゃないことは確か。

715 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:16:28 ID:FlKWRvWe
>厳密な意味での仏教を指したいときは、
「厳密な意味での仏教」というような言葉を使えばすむ問題だと思いますよ。
贋作がひとつやふたつだった時代ではもはやありません。
そうである以上、言葉の使用法も柔軟性があって然るべきかと思います。
「仏教と言えるのはたったひとつでそれ以外は似非仏教」
と、罵倒まがいの定義ができたのは、もう2000年から前でしょう。

教組も、あそこの教団のは仏教じゃないとか、ほんとうのは
うちだけだと言って、まともなのはウチだけだ、本物はうちだけだって
豪語してたからね。。
それを信じてよく仏教の教義なんか学んだことないのにウチは一番だって
信じている若い人(あたしもそうだったけど)の多いこと
そういう人のパワーに支えられているんだわ

教組は経典はよく吟味してから出さないと罪を作るって自分で言っていたから
そこらへん曖昧なのはちょっと許せないねえ
正しい経典が根本に無くて何をかいわんや、だよ




716 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:21:59 ID:FlKWRvWe
てか、オウムの教義は世界一とか言っていたかと思うと
矛盾を指摘されたら、今度は矛盾があるのは仕方ないとか恥ずかしいよ
最終解脱者で、世の中救ってやるってでかいこと言って出てきたわりには
やることは行き当たりばったり。。

はずかしいじゃん、2ちゃんねらーのアホダラでさえ、フツーにしって
いる仏教知識で切られたら、ヘドモドしちまうほどの、整備されていない
内容なのさ。。
てか、仏教じゃないなら仏教じゃなくても、いいんだよ
教組が粋がって、うちは釈迦の教えを唯一正統に継承しているとか
ほざくからボロがでる
ウチはヨガ団体っていっておけばいいんだよ

717 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:27:12 ID:FlKWRvWe
オウムは身内びいきな連中でもっているのか?
正しいから正しい、という信念でもっているべきじゃないの宗教って
それが正しくないって指摘されると、矛盾を正す前に
あーだこーだ言って、保身するっていう、、ずっとそんなふうだよ

オウムがよそに向かって自慢にできるのは、霊性が上がるってことくらいじゃん
しかも霊性は、他人に向かって証明できる問題じゃない


718 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:38:12 ID:FlKWRvWe
>説法の行間を読んでいけば、特に秘儀説法になればなるほど
真我思想ではなく、無我思想になっていくから。
私はオウムにおける真我思想および説法は、
修行させるための撒き餌だと思っています。

なんだって、2ちゃんねらーの頭でも理解の行くことを、まわりくどく
することがあるの、?ごく簡単に(ちょっと難しいけど)説明がつくことなのに
教えていない。てより、知識がないと、そんなの、たいした差じゃないじゃん、って
思うんだけど、わかってくると、これはまずい、って気がつくんだよな。。

これは声を大にしていいたいんだけど、なんでもかんでもオウムや教団の見方を
すれば善徳になるってもんじゃないと、私は思うよ
それよりも、ほんとうのことを知りたいね
事件のことでも教義でも、最終的に解脱に到達できればいいって途中経過は
すっとばそうとするのは、全くもって上の人間に都合よくして協力してやろうって
だけでさ。。知る権利がある。教えないのは怠慢だ、それでメシ食っているくせに。

719 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:45:29 ID:FlKWRvWe
私はね、バガヴァッドギーター読んだ時、内容がスラスラ
理解できた。あれは、一般人には理解できないないようだと思うんだけど。
でも、原始仏教は難しいと思った。

これなんでだと思う?
オウムで仕入れた知識が、ヨガ派のものだから、だよ。
真我思想と無が思想をどっちでもいいとかいうのは
釈迦無二が教えたことをくだらんと言っているくらい無謀だと思うけどね。

720 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:57:40 ID:FlKWRvWe
>ちなみに教団内の諸思想、諸解釈を考えると、
オウムでは無我思想に取り組むのは最後の最後で十分、
それまでは真我ベースで、という風がなきにしもあらずでした。

それはあったかも。私に言わせれば、ガキには理解できないし
教えても誰もおもしろがらねーだろ、って感じかな
いずれにせよ、秘儀だというほど秘密扱いに一般ではなっていない
オウムでは教義を切り売りしてひとついくらで売る必要があるから
そんな教義教えてくれっていったら、3分で100マンとか言われそうだ
どう思う?大きな図書館に行けばタダで読めるような内容を
秘儀で何万とか、、これが宗教団体の実相だわ
ものを教えたいんじゃなくて金がとりたいんだって言われても仕方ないわ


721 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 13:59:55 ID:FlKWRvWe
まずいことはみんな秘儀!
密教は秘密の教え!だから秘密があってもおかしくない!!

722 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 14:10:01 ID:FlKWRvWe
>>692,>>695

最初からちゃんと教えておけば、ヘドモド言い訳せんでもいいんだよ
なんでもごっちゃに教えて、威張るから収集つかなくなる
結局教団が好き、だから、教団の保身を考えつつ、釈迦の教えたことを
見ていくと、逆に釈迦の教えたことを否定するような格好になってしまう

釈迦無二好きでしょう?でも、オウムの教義をもちだして釈迦の教えを見ていくと
釈迦の教えが間違っているって、いわざるを得ないことにまで発展してしまう。
これは、教団の見方をしようとすればするほどそうなる。
私はこれには教組に頭に来たよ。日本人の感覚として、釈迦無二を尊敬しているからさ。
それは、オウムがよくわからんけど、教組を尊敬しているくらいのレベルでお釈迦様は
正しいと思っているから、教祖の教えたことが釈迦の教えと矛盾するというなら
教組の教えを捨てようかと思うくらい、。

723 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 14:35:33 ID:TOMi9TJP
麻原さんは、たくさんの人を苦しめ不幸にしたけど、
お釈迦さまは、たくさんの人を苦悩から解放した。

麻原さんは、沢山の人を殺したけど、
お釈迦さまは、たくさんの人の命を慈しんだ。

724 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:17:17 ID:kKNJZ5c3
>>714
>日テラのスマナサーラ長老も(若干オブラートに包んで)言ってるけど、
>日本の伝統仏教のほとんどは仏教じゃないことは確か。

日本文化に対する誹謗中傷だ。オウム崩れが沢山テーラワーダへ
行ってるらしいが、似たもの同士ってところか。
少なくともまともな日本人が相手にする団体ではなさそうだな。

725 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:26:34 ID:TOMi9TJP
という風になるから直接は言いづらいんだよ。
それにわたしは日テラとは何の関係もない。
中村元氏も、忠実に初期仏教の思想を著作に残すことでしか
真実を伝えられないことがわかっていたんだと思う。

726 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:29:39 ID:TOMi9TJP
>>724
初期仏教をきちんと理解すれば、何を言わんとしているかわかるよ。
中村元氏がおすすめ。

727 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 15:51:49 ID:7jKaey8w
あぼ〜んの桐ちゃんにまんまと騙された中村に何がわかる?

728 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 16:50:49 ID:9TffZtT/
>>702 そもそも、原始佛教などの権威を利用し、「厳密な佛教」の振りをしていたのは
オウムなんですが。

 それを権威付けだと考えてたのは、キミだけではないですかね。
そんなものは権威にはならないと思うよ。

 それに、オウムで言っていた原始仏教、もしくは根源仏教、というのは、
原点に返って読み直そうという程度の意味。
その程度のもののようですよ。

 その内実は、チベット、スリランカ、ブータンの仏教、それと南伝経由で伝わった仏教のことを指しているので、
アーガマはあったけれども、何もゴータマ仏陀の生きていた2600年前に遡ったものでもないように思う。

 ですから、実態を知ることの方が大切です。
 オウムでは教祖の瞑想によって法を確定していたので、下敷きにした経典はあったとしても、その真偽の判別は教祖次第。
その解釈も既にある経典解釈との違いもあり得た話だ。
海外の瞑想家からの示唆はあったにせよ、その判断はすべて教祖次第ということですよ。

>>「ゴータマ・ブッダ→サキャ神賢」には噴飯したけど。

 それは、漢訳された用語を排除したかっただけじゃないのかね?
教本の付録に、オウム用語と漢訳用語との対応が付いていたのでそれを見れば分かること。


729 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 16:53:52 ID:TOMi9TJP
「真理」は個人の解釈の違いに左右されるものではないでしょ。

730 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 16:59:43 ID:9TffZtT/
>>729 「真理」は個人の解釈の違いに左右されるものではないでしょ。

オウムはオウムで真理を主張してきた。それだけのことだろう。
同じ宗派を名乗っている仏教団体のそれぞれにおいても、多少の解釈の違いはあるものですよ。
 日本ではメジャーな仏教団体である真言宗などでも、高野山真言宗もあれば、知山派、豊山派、、、、いろいろありますよ。

731 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:01:43 ID:9TffZtT/
>>729

 真言とそれ以外とでは、もっともっと距離は大きいはずだ。
同じ仏教の看板を掲げてはいても、対立しているケースまであるのです。

732 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:04:02 ID:9TffZtT/
 ただし、もろもろある仏教の各団体間において、世界観の違いまではないので、
その意味で 仏教と括る事は可能だ俺は思いますね。

733 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:07:06 ID:TOMi9TJP
迷信でもかまわないなら、宗教というくくりでカテゴライズしても
構わないけど、「あっちの真理」と、「こっちの真理」が違っていても
平気だと思う感性が、いまのわたしには共感できない。

734 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:11:40 ID:9TffZtT/
 ここに来る人は理解できると思いますが、
教義という点からすれば日本の神道などは論外中の論外になってしまうのですよ。

 時流に合わせるなどという考え方の宗教は、教義が存在しないのと同じですよ。
宗教としては成立しないと俺は思うし、外国人の宗教研究家からの興味は持たれても、
結局は、俺と同じように非宗教と断じられていることが多いようです。




735 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:13:39 ID:9TffZtT/
>>733 、「あっちの真理」と、「こっちの真理」が違っていても
平気だと思う感性が、いまのわたしには共感できない。

 違ってはいても、それ程の違いはないと言うことでしょうね。
各団体は、キミが共感してもしなくてもそれぞれに真理を主張することでしょう。

736 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:15:08 ID:TOMi9TJP
>違ってはいても、それ程の違いはないと言うことでしょうね。

殺人を犯して自己正当化するのと、命を尊重して自分の間違いを
素直に認めるのとでは、かなり大きな相違があると思うんですけど。

737 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:17:02 ID:9TffZtT/
>>733

 宗教を区分けするとしたら、その世界観 をお勧めします。
その違いというのは、かなり決定的なものです。
瑣末な点の違いは、団体ごとに、お寺を仕切っている幹部ごとに、たくさん出て来るはずですよ。
(例えば、しきたりなど)

738 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:19:16 ID:9TffZtT/
>>736 殺人を犯して自己正当化するのと、命を尊重して自分の間違いを
素直に認めるのとでは、かなり大きな相違があると思うんですけど。

 それは与えられた法の違いと言えるのかもしれない。
個別に与えられる法が異なる。これがグル制度。この制度は個人教授制なんですよ。

739 :阿佐谷北:2005/05/05(木) 17:20:24 ID:9TffZtT/
>>736

 ただし、教祖がソレを命じていないと言うのなら、それは 法 にはなりませんけどね。

740 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:25:08 ID:TOMi9TJP
人間が自然の摂理を変えたり、逆らったりすることはできないよ。
いくらグルとか何とか言っても、しょせん生身の人間なんだから。

自然の摂理を無視、あるいは曲解して行動した結果、麻原は多く
の人を不幸に陥れ、世界中の人から蔑まれ、糞尿まみれの牢獄
で一生を過ごすことになった。

弟子も同様。
「オウムの真理」を実践した結果がそれだよ。

741 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 17:34:25 ID:IEWJMEVe
>>734
>宗教としては成立しないと俺は思うし、外国人の宗教研究家からの興味は持たれても、
>結局は、俺と同じように非宗教と断じられていることが多いようです。

それはあなたの思い込みです。

「国家神道」は何の宗教を元にしたか知っていますか?
「山王一実神道」は何の宗教を元にしたか知っていますか?

742 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 18:31:13 ID:hEIN5TxH
http://plaza.rakuten.co.jp/oneness0/

本当にパヴィッタ師なんですか?

743 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/05(木) 18:53:01 ID:9V4e453+
つまりは佛教用語をふんだんに盗用した「松本癡頭夫真理教」。徹頭徹尾それだけの話。


744 :わかってください:2005/05/05(木) 19:07:40 ID:8wtiJP9d
真我=無我です、OK?

自我=移ろいやすい、無常、相対的
→移ろいやすい、無常のものを取り除いてなお残るものがある
→それは永遠で絶対的なもの
→それを真我または無我またはニルヴァーナと呼ぶ

745 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:12:17 ID:TOMi9TJP
>>744
シェルター?

746 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:16:58 ID:EcKUBhcS
十年一日のような麻原教宣伝や批判なんて面白くない。

早くセミナー報告キヴォンヌ

747 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 19:18:52 ID:TOMi9TJP
>>744
また用語の定義変更か。
じゃその場合、今度は輪廻の主体は何にするんですか?

748 :念仏:2005/05/05(木) 19:22:08 ID:crVjgwlh
あっちに真理がある。こっちに真理がある。
とゆうふうに心はいつもさがしています。
ここにあるんだよ。
自分の中に。
悪業が多いと自分の中に苦しみしか見ることができないので
すぐ心はどこかへ行こうとします。


749 :わかってください:2005/05/05(木) 19:24:17 ID:8wtiJP9d
A:真我=自我ではない
B:無我=自我ではない

∴よって真我=無我

この答は次の誤解によって誤る

C:真我=自我に含まれる
(言葉のトリック。ここで言う「我」をegoではなくessenceと解釈すべき)
D:無我=自我ではない

∴よって真我≠無我

ABの命題が正しければ

E:オウム 真我を認め、シヴァ大神を立てる
F:仏教  無我を認め、空(実相)を立てる

∴EFは矛盾せず、E=F、よってオウム=仏教=真理





750 :念仏:2005/05/05(木) 19:33:44 ID:crVjgwlh
井上が無期懲役になり、何人かの弟子は死刑判決がでている。
グルのいいなりとか何だかあなたはゆうが、彼らの悲しみを
感じることは無いのだろうか。
オウムには時の流れとゆうものはないのか。

751 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/05(木) 19:34:13 ID:qo8MC/ng
>>749
『真我』は『無我』では無い。
『真我』は『非我』では無い。

『真我思想』とは…
『自我』を超えた深奥に『真なる我』という『確固たる実態がある』という思想。
『無我思想』とは…
『自我』という『幻想』の深奥には『確固たる実態は何も無い』という思想。

だから、お前さんの主張は何の意味も無い。
詭弁の域を出ない。

752 :念仏:2005/05/05(木) 19:40:08 ID:crVjgwlh
あなたは無我を知らない。真我をしらない。
しらないものについてよくもまあ安直にオウムは真理といえたものだ。
あんなところに真理などあるわけなかろうに。
あなたが真理でなければならない。

753 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:04:38 ID:TOMi9TJP
>>749
前スレの冥王星の事例の人と同じパターンの理論の飛躍がある。

754 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:08:15 ID:y5CWLZa6
真理とは、永遠・普遍というものであり、無常・変化ということである。

真我など存在しない。

「無我」と「真我」の違いは、たとえるなら
「誰もいない」と「0人いる」の違いでしょう。


755 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:14:12 ID:TOMi9TJP
オウムで言ってる真我と、大我を混同しないで欲しい。
どっちの文脈の話をしてるの?

756 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 20:30:18 ID:y5CWLZa6
オウムでは「アートマン」のことを真我と言っているの
でしょうか。

サーンキヤ・カーリカーやヨーガ・スートラで使われて
いる真我は、「プルシャ」だと認識しています。


757 :念仏:2005/05/05(木) 20:52:27 ID:crVjgwlh
宗教で死を語られるのは死こそ人間にとってもっとも
強く執着をはがすからである。なぜなら死ぬことを否定
する人間はいないからです。
しかし死のあとの幸福を求めるがあまり、今生きていることに
その実感が乏しくさせてしまっては宗教、死の美しさを知る
ことはできません。私たちは戦後60年の平和を勝ち取っている
にもかかわらずそのゆりかごのなかで眠ってしまっている。
死の恐怖は人を善行と徳性へとかりたてる。
強い集中と敏感さをあたえる。
戦国時代、英雄が割拠した。かれらは死を常に覚悟させられ、
死の中に美しさを見た。
死人、道々のもの。

758 :念仏:2005/05/05(木) 20:56:39 ID:crVjgwlh
ある精神病の主婦がいた。
彼女は座るとどこからともなく針がきて座ると体の中に入る
ので座れないとゆう。
後日別の病院で癌の診断を受け、余命3年をつげられた。
その瞬間、精神病は治りましたとさ。


759 :カネゴン@キャンディ:2005/05/05(木) 21:06:53 ID:iOJdjYaT
教組ってなんでも、早いものが好き
早ければ上等なのか、早くできれば上等なのか
解脱に三年っていって、いかにもそれがよそよりウチは優れているという
うたい文句にしていたけど、、、
今になって、教組ってもっと朴訥な人か、と、私は思っていたけど
それもイメージだったなと。
教団の本は、すごくキャッチーにできている
三ヶ月で20キロ減!みたいなね。。

760 :念仏:2005/05/05(木) 21:11:40 ID:crVjgwlh
ラーマクリシュナはビベーカナンダにイニシエーションを与えた。
ビベーカナンダ「たった一触れでこれほどの境地に連れていくなんて。
        師よこの状態にとどまらせてください。」
ラーマクリシュナ「恥を知りなさい。あなたの木陰で安らぐ多くの
         ヒトのためにあなたは大木になりなさい。」  

761 :念仏:2005/05/05(木) 21:19:38 ID:crVjgwlh
悟りに対して多くの理想を持ってしまう。
しかし私たちは悟りをしらない。
仏教を知っているかもしれない。
しかし私たちは悟りをしらない。
サリンによって多くの人がしにました。
しかし、日本の年間の自殺者は一万人を遥かにこえる。

762 :念仏:2005/05/05(木) 21:30:03 ID:crVjgwlh
師が弟子に望むものは帰依しかない。
師を見まちがえたか。
マイトレーヤは慈愛
釈迦は修行の完成、不空成就如来

763 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/05(木) 21:37:00 ID:yOBDjgf9
>>749
「詭弁」といえる剃度の水準にも達しない。稚拙過ぎ。幼児の言い訳の方がまだ
尤もらしい(大藁)。

764 :念仏:2005/05/05(木) 22:02:39 ID:crVjgwlh
ヨーガとは上と下を結ぶとゆう意味。
ヨーガの王ラージャヨーガとは、それは日々繰り替えされる日課、
鍛錬など存在しない、はるかに高い知性によって精神的、道徳的に
生きることそのものなのです。

765 :念仏:2005/05/05(木) 22:06:33 ID:crVjgwlh
ラーマクリシュナは神を見たすぎて毎日泣いていました。
あまりに見たすぎて見えるようになりました。
神を見てからはうれしさから踊っていました。
踊りながら三昧にはいりました。
想いの強さは何より勝ると知ったような気がした。


766 :わかってください:2005/05/05(木) 22:46:50 ID:8wtiJP9d
釈迦は死後の世界とか説かなかった
→よって釈迦の説いたものは現世の法則=諸法無我、諸行無常

オウムは死後の世界までも説いた
→よってオウムの説いたものは霊の法則=真我の法則

∴真我の法則は霊的なステージにおいて有効

ラジオ→周波数の違いで聞こえる番組が違う

767 :わかってください:2005/05/05(木) 23:06:58 ID:8wtiJP9d
>>しかし、日本の年間の自殺者は一万人を遥かにこえる。

3万人です。1日100人弱。→全然報道しない。社会は何もやらない。

オウムが何十人か殺した→何年も報道する。住民いつまでも憎悪

∴これはおかしい

768 :名無しさん@3周年:2005/05/05(木) 23:42:22 ID:TOMi9TJP
>>766-767
やはりそれが本音か。

769 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/06(金) 00:03:53 ID:7SxRQZ0U
>>767
結局『マスコミに責められる被害者』を演じたいのか。
無茶苦茶『低脳』だこと。

770 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 00:31:25 ID:sH2lMbSh
お前ら救いを名乗ってんだったら、自殺志望者を収容して働かせて食わせて救えばいい。
毒ガスまき散らして無差別殺人して何ひらきなおってるんだよ!殺された人は何なんだ?
いけにえ、人柱が必要って理論なら、自分の命差し出せよ。


771 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 01:11:20 ID:TEejWop5
自殺するのは気の毒だが本人の勝手だ
オウムのは別に死にたくない人を突然殺している

772 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:28:39 ID:pbN2UdzH
身を粉にして慈善事業でもやらにゃあ
世間から認知されんだろう お宅の宗教団体は。

773 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:31:33 ID:tQp7NBJ9
慈善事業やっても偽善といわれてキモがられるだけ。
アーレフにもできるまともな社会貢献は、解散して教祖と決別すること。
被害者への賠償は税金使ってもいいよ。
解散してくれた方が、よっぽど世の中のためだろ。
公安と警察に回す予算も他にまわせるわけだし。

774 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:36:49 ID:sH2lMbSh
×「サリンによって多くの人がしにました」
→○「私たちは、サリンを使って、多くの人を殺しました」

お会計980円になりまーす みたいな主体性ない逃げトークしてんじゃねーよ。

775 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:40:11 ID:sH2lMbSh
宗教法人野放し行政の恩恵受けてる他団体も救済しれ!税金も払え!

776 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 01:41:37 ID:pbN2UdzH
例えばだがセックスボランティアなんて
できねぇよ日本人には
綺麗なねーちゃんが無償でやったら神
ま、あくまでも例えだ
普通の人間はボランティアする方がおかしくなってまう
全てを超越して悟ったら怖いものは無い美醜も貞操も汚れも無いんだろ
悟りと解脱を標榜してる団体だから逝ってみたまでよ


777 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 04:28:06 ID:u9uzaWCr
777ゲット

778 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 09:51:41 ID:sH2lMbSh
すべて捨てれば、ただの奴隷。だったら、一般企業のオヤジの奴隷でいいじゃないか。
教えてはくれないが、月15万ぐらいにはなるだろ。払うんじゃなく。

779 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 12:20:56 ID:lavo1SNS
つまらん話よりセミナーレポートを早く読みたい。まだ終わってないの?

780 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 15:39:24 ID:CmblM5/Y
二十歳前に入信した人って、成人式どうした?
私は汚染されていたから、すごいばかばかしい式に見えて
参加しなかったよ。。
そのかわり、二十歳の記念にパチンコ屋に行ってみた
1000円だか2000円やって、一瞬でタマが吸い込まれていくのを見て
私には向いていないと思ってもうやってないわ

悟りが良すぎるか

781 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 15:41:10 ID:CmblM5/Y
英語を教えてくれたセンセが、理数も得意だった
センセは、パチンコはオレが座れば百発百中だといった
なんでも、クギの曲がっている角度で反射する角度が計算できるから
見ればわかると言っていた

そうですか??

782 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 15:44:20 ID:CmblM5/Y
チューラガヴァッチャしですか
競馬ファンで、イニを受けた後に競馬の新聞受けると
あるウマの名前が黄色く浮き出ている
不思議に思って、そのウマにかけてみると大当たりで、パチンコもフィーバー。。
あまりツキすぎて、つまらなくなってやめた。競馬など自分の予想があたるのが
楽しいのに、最初から勝ち負けがわかっていたんじゃつまらないとかいって。。

チューラガヴァッチャに、競馬をやらせて賠償金を払いましょう
てか、そういう超能力なら私もホスィ

783 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 19:34:51 ID:nRVplUYj
チューラガヴァッチャって、前世近藤勇って言われてたヴェールカンダキャー師の
夫ですか・・。まだアーレフにいたんだ。

784 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 19:36:58 ID:C1QSHS6U
日本基督教団は、宗教団体法のもと国家の戦争遂行のための宗教統制に追従し1941年に創立された
プロテスタント合同教会です。
1969年、沖縄キリスト教団との合同により新しい「教団」となるべきであったのですが、
日本基督教団は未だにその「合同」にふさわしい形を表していません。
 日本基督教団九州教区は戦争責任を負いつつ、宣教の課題を担っていきたいと考えています。

http://homepage3.nifty.com/p-and-r/

「竹島の日」条例問題に関する九州教区の見解と姿勢について
http://homepage3.nifty.com/p-and-r/takeshima.htm

2005年4月13日 日本基督教団九州教区

 日本基督教団九州教区は、
「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」を重く受けとめ、
侵略戦争への反省とまことの平和を作り出すための祈りと行動を
教区の宣教活動の中に位置づけてきました。

とりわけ昨今の情勢の中では、小泉首相の靖国参拝、
自衛隊のイラク派兵、日の丸・君が代の教育現場への押しつけ、
扶桑社「歴史」「公民」教科書問題など、歴史歪曲や戦争美化につながる様々な問題に取り組み、
抗議の声を上げてまいりました。

今時においてもこの姿勢を堅持すると共に、

今後とも日本側からの誠実な謝罪に基づく
日韓両国民の和解と信頼関係の回復に向けて祈り、努力していきたいと願います。

785 :単純作業員:2005/05/06(金) 20:13:30 ID:nJDS82yo
今日は一日、雨だねー。。でも あったかい雨だ。。。

サツキは慈雨に喜び、葉を青々に活動を始めた。。
春先に植えた花たちも芽を吹き、ミニバラたちもようやく 花をつけ始めた。

めだかのこどもが次々と 生まれている。

今年は 枝豆を植えて、夏に ビールで うまーー!!  を、もくろんでいる。

採れたての枝豆と、とうもろこしのうまさを 都会の人間は知らない。
ホントにうまいんだから。。。

さて、今日の交流戦 阪神は勝つんだろうか。。

786 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 20:59:00 ID:GYRl2ilv
>そうですか??

パチンコの出玉はコンピュータで制御されてます。
釘調整が直接的に威力を発揮するのは、一発台のような一部の機種に限る。



787 :腹筋:2005/05/06(金) 22:12:01 ID:1jYE1+vG
>>756
プルシャだったと思います。
両者の違いを説明してくださるとありがたいです。

>>751
結構わかりやすい説明ありがとうございます
しかし腹筋は以前某師よりよく「我々の意識というものは海に浮かぶ瓶のようなもの、ここからここまでを<自分>と言って認識しているに過ぎない。」
というふうな事を何度か聞きました。集合無意識という考えを世に出したユングもまたヨガをやっていました。
ちょっと前にパモ師のホームページにヴェーダンダの坊さんを訪問したときに
「宇宙の始まる前の状態をシヴァといい始まるときをマハーカーラという。」というようなことを言われたと書いてました。
それにアレフの教義でも真我の独存位については説かれていましたが、「確固たる実態がある」というよりかは
「確固たる実態はない」というような印象を受けました。
真我が三グナの干渉を受けて自我が発生しその自我が欲望を具足するたびに下の世界に流転していく…
だいたいこんなカンジだったと思います。おそらくハルカさんが認識している「言葉」とは違うのではないかと。
ついでにハルカさんに仏教の相互依存の法則についてもご説明いただきたいです、腹筋はいまいち理解が足りない所があると思われますので。

関係ないけど念仏さんの書き込みわりと好きです

788 :阿佐谷北:2005/05/06(金) 22:12:14 ID:SpiHfz9J
>>741 それはあなたの思い込みです。

 俺は神道に関してはニュートラルだったが、オウムの事件以降、
宗教学者の見解をたびたび耳にした。

 神道学者による専門書においても 土着性の強い民族宗教とされていた。
俺に言わせれば、教義のない宗教は、非宗教。
ここで教義分析をされている皆さんならば、そう断じるはずだ。

789 :聖称賛:2005/05/06(金) 22:21:36 ID:vPFxeGvf
幸せって、一体 何なのでしょう ? 良い洋服を着て、海外旅行に出掛け、
高級車に乗って、レストランで美食をして、宝石を身にまとい、
財布の中にはいつも札束が入っているという生活が幸せなのでしょうか?

 確かに、お金があるということは良いことです。幸せはお金で買える、
と豪語する人さえいます。しかし病気で寝たきりになったり、年をとって
身体の自由がきかなくなってしまえば、行きたい所へ行くことが
できないし、お金はそれらを解決することは出来ません。

人間は欲張りです。だから、華やかな生活にあこがれますが、いったん
病気になったり、災難に見舞われますと、苦悩の渦のなかに
巻き込まれてしまうのです。



790 :聖称賛:2005/05/06(金) 22:22:40 ID:vPFxeGvf
アーレフでは辛い時、苦しい時、悪いカルマが落ちるプロセスとし、
これを修行と捉えます。
世間の価値観は、楽しく快適なライフスタイルほどいいという風に
設定されています。
しかし、当然ですが、人生がいつも楽しい人などいません。
むしろ苦しい時の方が多いと思います。
アーレフは、そこから逃げずに、自ら引き受けろという教義です。
大抵の問題は自分が原因を作っている事が多いと思われるので
そういうテーマを 人生の修行と捉え、解決に向かわせるという考え方は
すばらしいと思いませんか?

物質的な豊かさを追求しても、無常によってかき乱される。
私達はそのことを徹底して、深めてきました。
だから、私達はお金はいっぱいなくても、日々充実した生活を送ることが
でき、心の内側を訓練することによって、内面的な幸せを得ることができる
ことを証明してきました。サマナの屈託の無い明るい笑顔を見てください。
アーレフは本当に人間存在の幸せを考えている団体です。
マスコミやごく一部の人の妄言に惑わされないでください。
あなたが道場を、サマナを見て体験してください。

791 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 22:26:41 ID:pbN2UdzH
>>787
それはヒンドゥのサンキャ哲学
真我の落下云々はオウムオリジナルではない

792 :阿佐谷北:2005/05/06(金) 22:31:54 ID:SpiHfz9J
>>741 それはあなたの思い込みです。

時代に合わせて、教義編纂をしているというのならば、神道にも教義はあり得る。
俺ならば、お伽話程度のものを教義とはしない。

 そうしたものを教義と受け止めない人たちの方がおそらくは多いでしょう。


793 :阿佐谷北:2005/05/06(金) 22:53:06 ID:SpiHfz9J
 神道に教義なし。これは定説らしいですよ。
身内以外は敵。これも神道によくある傾向だ。

794 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 22:55:13 ID:wpoa8KWq
>マスコミやごく一部の人の妄言に惑わされないでください。
あなたが道場を、サマナを見て体験してください。

私がここに書いた本当のことを、あんなのはウソつきだ!という
現役がたまに来るんだよね
やんなっちゃうよ、いろいろひどい目に合わされて、まだウソツキ扱いに
するんだもの
サマナはいい人だと思うけど、上の支持は断れないジャン
今はどうかしらないけど、事件前は、むしれ!とか剥ぎ取れ!って
教組の声のテープよく聞いていたよ
”オマエが善人だったら、はぎとれないはずはない”ってのね。。
はぎとってやるほうが親切だって、ま、そういう解釈なら、サマナは善人だわね

795 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 22:57:16 ID:wpoa8KWq
>物質的な豊かさを追求しても、無常によってかき乱される

だから、出家は金銭を所有しない
いつも自分たちは一文なし
だから、常に信者からむしっている必要があるんだよ

あんた、前のほうの私の書き込みみてものいいなよ
私はウソなんか一つも書いていなからね!!

796 :聖称賛:2005/05/06(金) 23:00:22 ID:vPFxeGvf
Q:死後ってあるのでしょうか?

A:私達の教えでは、人間は死ぬと魂が身体から分離して、
バルドーという中間的な世界に入り、その後、6つの境涯をもつ世界に
生まれ変わるとされています。

 ですから、この身体は衣服のようなもので、
古くなって脱ぎ捨てるのが死ということです。死ぬことは少しも
怖いことではないのです。
 だからといって、苦しみばかりが多くて、自分の思い通りにならない
人生なんて捨て、次の人生でやり直せばいいや、なんて考えないでください。
 私たちは人間だからといって、来世も人間に生まれ変わるとは
限らないのです。特に、せっかく授かった命を、この世が嫌だ と言って
自分から命を絶ってしまうと、今度は人間の姿では生まれ
変わるのは難しくなります。

 

797 :聖称賛:2005/05/06(金) 23:00:54 ID:vPFxeGvf
それに 私達は、容貌も美しく健康な身体に生まれてくる人もいれば、
治安が悪い国で、栄養失調で生まれてくる人もいます。
私達は皆、良い運命に恵まれたいと思うのですが、
皆ひとしく同じ ではありません。
 なぜでしょうか。なぜこんな差が付くのでしょう?
それは 人それぞれカルマが違うからです。魂の法則というべきもの
があって、これに反すると、不幸が、これに合致すると幸福が訪れるように
なっているのです。

私達が善業、すなわち功徳を根気強く積んで行くならば、
それはすべて魂に記憶されまして、その一つひとつが種であって
やがて現象界にあらわれてくるのです。従って、人生上に表れて来る
出来事は、この種の芽生えて来た姿なのですから、それを心得て
修行することが、運命を変える第一歩となります。

 私達アーレフは、あなたの運命を変え、幸せのお手伝いのお役に
立ちたいと思っております。




798 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/06(金) 23:05:16 ID:9mR2t+6y
>>787 腹筋
> 三グナの干渉を受けて自我が発生しその自我が欲望を具足するたびに下の世界に流転していく…
それはそれでいいよ。
『純粋なサーンキヤ哲学』だな。
大分省略されてるけど…
(本来、突込み所満載なんだが…本筋に無関係なんで省略)
基本的に『オウム教義』の基底は、この『サーンキヤ哲学』に在ると言えるね。


『サーンキヤ哲学』とは。

 『神我(プルシャ)』(個人レベルで言うなら『個我(アートマン)』)という 【精神原理】
  (元々『神我』とは、個々別々に無数に存在する『個我』を一纏めにして呼称する際の『集合概念』)
 『根本原質(プラクリティ)』という『広義の物質』である『普遍的実体』を成す 【物質原理】

の二種の原理を想定する、徹底した『二元論』だ。
『根本原質』が『徳(グナ)』の作用を受け、微細に分割されていく事で『世界』が構築される。
その際、分割が進む毎に『個我』に『意識』が生まれていく。
(元々『個我』とは…本質的に『非活動』で、意識など無い『純粋なる観察者』でしかない)
『自我意識(アハンカーラ)』とは、『徳』の作用で分割された『根本原質』の影響により『個我』の中に生まれるものだ。
逆に言えば、分割された『根本原質』から離脱して影響を受けないようになれば…
それが『解脱』となる。


このような『物心二元論』を基本としている時点で…
『個我』というものの『実在性』を認めている事になる。
物質の『実体性』を認めると同時に、精神の『実在性』をも認めている。
解るだろうか?
これは『無我(非我)』とは全く逆の思想だ。
これは、とても『佛教』とは言えないものだ。

799 :名無しさん@3周年:2005/05/06(金) 23:17:07 ID:NC+/RMtw
>>784
日基教団=在日、金たまつ予備軍の強姦魔の巣窟ってところだな。W

800 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 23:18:24 ID:wpoa8KWq
現状、アレフでもオウムでも、あなたが幸せになるお手伝いを
したいと言われても、
自分のことを心配したら、と皮肉をいいたくなってしまうね
実際人のことなんか心配するどころじゃなかろ

801 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 23:25:12 ID:wpoa8KWq
私達が善業、すなわち功徳を根気強く積んで行くならば、
>それはすべて魂に記憶されまして、その一つひとつが種であって
やがて現象界にあらわれてくるのです。従って、人生上に表れて来る
出来事は、この種の芽生えて来た姿なのですから、それを心得て
修行することが、運命を変える第一歩となります。

そのセリフを信じて、数百万貢ぎましたが、何か?
教団が私にラーメンの一杯でもおごってくれたかね
財徳積んでも、仕事探しはうまくいかなかったね
世間並みに、不景気のあおりを受けたよ
もうオバハンなんだって、自覚させられただけ
今多少こずかい稼ぎができるのは、入信以前に賢明に勉強したことが
多少の役にたっているよ
現世のことは現世的にやるべき、マントラだの神では生きていけんわ
いっておくが、あなたが路頭に迷っても、オウムは助けてくれないよ


802 :カネゴン@キャンディ:2005/05/06(金) 23:39:13 ID:wpoa8KWq
ほんと、昔は、今すっからかんになるまでザイセしても
すっからかんになったら、教団が助けてくれるんじゃないかという
甘い淡い期待が在家や元サの間にあったけども
逆にだから、ポイポイ布施できたんじゃないかな
教団なんか何のあてにもならないなら、自分の身は自分で守らないと
あんたも気をつけなさいよ

803 :セミナーダイジェスト!:2005/05/07(土) 00:20:10 ID:GOLrMvyj
今回は『帰依根・帰依力セミナー』などと称して、麻原への絶対的帰依を強調する、
アーレフ以後、最も悪質なセミナーとなりました。
サマナはPSIを常に装着、長期コース参加者には1日12時間の立位礼拝の強要、
リレー説法では全員の師が麻原の思い出話という徹底ぶりです。

私は正直言って背筋が寒くなりました。まさかここまで麻原色を復活させるとは!
今の教団、はっきり言ってヤバすぎます。(まあ、隠してただけだろうけど。)

しかし、だからこそ私はアーレフの狂信者どもの発言をここに報告します。
奴らの内部での発言こそが、オウム・アーレフ問題を解くにあたっての重要な鍵
となるのです。

ちなみに今回は、セミナーを通してあまりに異常発言が多かったため、とくに狂って
いた発言のダイジェスト版ですがご了承ください。

804 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 00:23:25 ID:LPyaOWyR
続けてくれたまえ

805 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 00:45:43 ID:Cm20VAI7
続けてくれたまえ

806 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 00:47:54 ID:Cm20VAI7
803
ところで君は、そのセミナーに出たりして
自分が感化されていると感じることはないのかね

807 :セミナーダイジェスト!:2005/05/07(土) 00:57:31 ID:GOLrMvyj
・小宮英子さん(60)の麻原尊師カミングアウト

『麻原尊師の血液は、一般の人と比べてとても綺麗で甘酸っぱい香りがしました』

 そんなに羊の血が綺麗か? 英子。

『幼稚園児の子供を連れて、1日18時間ビラをまきました』

 幼児虐待。いつも犠牲になるのは子供なんだ。

『尊師に点滴を打った際、液が漏れて尊師の腕がふくれてしまいました。
 医学的には激痛が走るのですが、尊師は、私の苦しみは喜びだから痛く
 ないんだよ、とおっしゃいました。私は本物だと思いました』

 麻原は一般人ではなく、他人に自分への絶対的帰依を要求する宗教家。
 よってその言動はまず疑ってみるべき。簡単に信じすぎ。
 多分それほど痛くなかったか、お前の思い違い。



808 :セミナーダイジェスト!:2005/05/07(土) 01:16:37 ID:GOLrMvyj
・最古参ビルパの宗教観

『顕教と比べ密教は、体系づけられた言葉がない分、帰依が要求される』

 帰依という名の思考停止。

『帰依は、ライオンが我が子を谷に突き落とすことに例えることができる。
 だが、これは修行だという事前説明があって突き落とすのは意味がない』

 お前、事前説明してるじゃねえか(笑)。
 早い話が教団に何されても言いなりになれという事だろ?

『私が尊師のお食事を作らせていただいた時、尊師はすぐにはお召し上がりに
 ならず、じっと瞑想しておられました。おそらくシヴァ大神に供養するのと
 同時に、私の修行が進むように思念してくださったのだと思います』

 自意識過剰じゃないのか、お前。
 都合がよすぎるんだよ。

809 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 01:30:33 ID:Cm20VAI7
続けてくれたまえ

810 :セミナーダイジェスト!:2005/05/07(土) 01:34:32 ID:GOLrMvyj
・ソーパーカーのキリスト(LSD)体験カミングアウト グッドトリップ編

『私はその時、変化身で、何かを抱えていました。するとサラサラと砂のように
 私の体が崩れてきました。私は非常に苦しみました。
 しかし、その苦しみは私の体への執着が原因と気づいたとき、頭上に大きな
 光球が現れました。
 私がその光球の中に入ると、非常に強烈な歓喜が湧きおこりました。
 その歓喜は、普通の人が味わうことのできる歓喜の、数十倍・数百倍の歓喜
 でした』

 そこまで気持ち良けりゃ、脱会できないのも無理ないわな。
 なにせ『数十倍・数百倍』なんだからさ。
 脳が絶対やられてるよ、お前。
 なあ、そうだろ、ソーパーカーさんよ。

811 :セミナーダイジェスト!:2005/05/07(土) 01:50:09 ID:GOLrMvyj
私は今回のセミナーでアーレフの危険性を再認識しました。
アーレフに未だ人がいるのは、薬物の影響も大きいと思われます。
今後アーレフが犯罪組織から薬物を入手する可能性は、極めて大きいでしょう。
皆さん、どうか大げさだと思わないでください。
あのクールなソーパーカーをして、『数十倍・数百倍』と表現させるほどの
気持ちよさです。
はっきり言って、絶対やるでしょう。

地下にもぐるのを不安視する声もありますが、アーレフはつぶすべきです。
今、アーレフを叩いておかなければ、将来、日本国の治安が脅かされるのは
間違いありません。

とりあえずこの辺にしておきます。
皆さん、アーレフには絶対に油断しないでいてください。


812 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 01:54:38 ID:LPyaOWyR
大儀

813 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 02:03:29 ID:Cm20VAI7
ご苦労であった 褒美を取らすぞ♪

814 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:06:46 ID:EQDfkiiA
あれふのみんな可哀相に。
信徒さん!布施より貯金。
さまなの方、じりひん団体より自分の老後。

815 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:42:52 ID:/cJrt0kt
個我 atman

非我 anatman

大我 para atman

真我 purusa

自性 prakrti

ところで、
三省堂の辞書で「大我」をひくと「真我」と出てきます。
どうなんでしょうか。


816 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 02:48:01 ID:/cJrt0kt
サーンキヤ・カーリカーによれば、

真我(プルシャ)は束縛されず、輪廻せず、解脱しない。
自性(プラクリティ)が束縛され、輪廻し、解脱する。

だそうです。


817 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:00:58 ID:MUNWrs8M
>>803-811
アーレフは麻原を教材として使うだけで、帰依、崇拝はしないという立場じゃない
の?
ビデオは流す、マントラは流す、トイレにまで麻原の言葉を貼りつける。
セミナーで麻原を称賛した説法をする、最近タガがはずれているね・・・


818 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:04:53 ID:agA4o7L3
仏教で自性と漢訳されている元の言語は、svabhava・スヴァバーヴァ
でしょ。

819 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:11:57 ID:MUNWrs8M
>『麻原尊師の血液は、一般の人と比べてとても綺麗で甘酸っぱい香りがしました』

 何?この人?血を飲んだ人?血が綺麗ってどうしてわかるのかなぁ(笑)
一般人より綺麗ってどうしてわかるのかなぁ?外科医?
動脈血は鮮やかな赤で綺麗な色をしているらしいね。静脈血はどす黒く一般的に
汚く見えるはず・・この人の見たのは動脈血のこと?動脈血って、どうやって
採取するんだろ?動脈切ったらヤバイじゃん

血に甘酸っぱい香りなんてあるのかなぁ(苦笑)新鮮な血ほど鉄分を多く
含んでいて鉄臭いはずだよ

この人、精液とか、小便とか、風呂の残り湯とか、髪の毛茶も飲んでいるのかなぁ
どんな味なのか聞きたいね。やっぱ甘酸っぱいとか言うんだろか?




820 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:12:35 ID:BrVL0quA


821 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:20:48 ID:BrVL0quA


822 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:27:07 ID:MUNWrs8M
『尊師に点滴を打った際、液が漏れて尊師の腕がふくれてしまいました。
 医学的には激痛が走るのですが、尊師は、私の苦しみは喜びだから痛く
 ないんだよ、とおっしゃいました。私は本物だと思いました』

その「本物」っていうのは一体何なのさ?医学的には激痛が走るはず
って決めつけているけど、本人が痛くないと言っているのならそのまま
じゃん。ふつう医者という「科学者」は決めつけないで
問診するもんなんだよ。
「痛いですか、痛くないですか」ってね。痛かったらこうする、
痛くなかったらこうすると、対処療法をするもんなの。
あんたは、痛いはずなのに、痛がっていないので、この人は偉い、本物。
変な決めつけだねぇ

それにサリンを撒くよう指示した尊師はどうなの?これも本物だろ?
これだけは偽物か?今、豚箱に入ってオムツしている尊師はどうなの?
本物じゃないの?ええ?説明してみろよ!!


 


823 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 10:41:58 ID:MUNWrs8M
『顕教と比べ密教は、体系づけられた言葉がない分、帰依が要求される』

 密教ほど体系づけられている宗教はない。師僧への帰依が要求されるのは、
言葉が無いからではなく、言葉では限界があるため、言葉では説明できない
部分を伝えるためである。
本を読み、文字を追っているだけではダメだということを意味する。
誤解するな。

『帰依は、ライオンが我が子を谷に突き落とすことに例えることができる。
 だが、これは修行だという事前説明があって突き落とすのは意味がない』

実際にライオンが子を谷に突き落とすという生態は無いことが、科学的に報告
されている。つまりこれは、俗世間に広まっている俗信なのである。
俗信を信じている段階でもう終わっている。
 
『私が尊師のお食事を作らせていただいた時、尊師はすぐにはお召し上がりに
 ならず、じっと瞑想しておられました。おそらくシヴァ大神に供養するのと
 同時に、私の修行が進むように思念してくださったのだと思います』

お前に他心通がない限り、わからないだろ。勝手に決めつけるんじゃねえ。
くだらないこと考えてるかもしれないだろ。


824 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 14:12:54 ID:81dM8k92
漏れには疑問がある。
少なくとも小乗においては、世俗の物事を明らかに見ると無常である。
無常であるから苦である、だから離れろと。理論的にはオーケーと。

無常だから苦というのは、自分で物事にこうあってほしいんだけど、どんな
努力しても時間の経過で、移り変わってしまう、これをこうであれというのが空しい。。
そう悟って、現象を切り捨てる。これは智恵の剣だ。
しかし、世の中は、無常であろうがそんなことに関係なく、ガツガツ努力した
連中が動かしていくのもまた事実で。。

例えば、医学が考えられないくらい進歩した。病気は治る。素晴らしい。
しかし、命が有限である以上、どんなに治療しても、いつかは死ぬ。
だったら、治療もいいが、死すべき存在だと受け入れて当然として受ける
そういう考えを広めるほうが、けっかてきには人間にとって有益だろう。
しかし、そう考え出したら、医学の進歩もとまるんじゃないか。

あくなき探究心というけど、無常だなんて悟らないでガツガツしているほうが
”技術”は進歩するような気がする。
私は語学をやりたかったけど、むかしは勉強が好きだった。でもいまは
それがどうしたの?という感情がぬぐえない。来世もっていけるか、と聞かれたら
ノーだから。努力するという姿勢はもっていけるかもしれない。
しかしそう考え出すと退化の一歩。ジョウユウなんかなら、自分が英語しゃべることに
よって救済が進むという都合から、続けるということもできる。
しかし大乗に感心のない私の場合は、単なる個人のお楽しみなので、、

825 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 14:24:09 ID:81dM8k92
ちょっと知っている人で、すごい勉強家がいる
たまたまキリスト教やっているんだが、すごい勢いで勉強して
国内海外の大学の卒業資格を取得してる 
なんでそんなに勉強しているのと聞いたら、”神の栄光をこの世にあらわすためだ”
という。キリスト教徒の一人として、あらゆる優れた能力を世に示すのだという
わたしにはその考えが、神の意志にかなっているかどうかはしらない
本人が勝手にやりたいことやっているだけかもしれない
卒業免状は来世もってはいけない しかし、そういう人間がエンエン地球を回して
いるのも事実と思う

努力すべきなのか?無常を悟って投げるのが正しいのか?別に無常を
悟ったからといって投げる必要はないかもしれないが、無常だと思っていたら
ガツガツ勉強なんかできるのか?しかし、無常だからってのを
理由に、やらなくてもいーんじゃない?と考えている自分を、キライだと
思っている自分もいる。

826 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 14:38:13 ID:81dM8k92
例えば、マンジュシュリだったら、自分の好きな分野の科学を必死に
やることで功徳が積めた
教組は彼に科学者でいることを望んだわけだ
しかし信徒レベルだと、どんな仕事しても教団には関係ないんだよね
金さえもってくれば、、できれば、稼げる仕事について欲しいんだよ
教団はね
私は自分のやりたい仕事に回されなかったって不満をもらしたとき
サマナが、仕事なんかなんだっていいのよ、と言って、それは修行上
正しい、どんな仕事をするかでなくて、どのような考えで仕事に望むか、それを
人の役に立てようというキモチとかが、大事 それはわかるんだが
正直この団体にいると、仕事にはいい加減になると
なんだっていいんだろ?金もってくれば、。と言いたくなる
信徒がやりたい仕事について充実しているかどうかは教団の利益に直接関係ないから

私はさあ、
出家者が好きな修行をして一生食っていけるんだから、在家が好きな仕事して
一生食っていきたいって考えても何も悪くないと思うんだよね
でも在家がそういうこと考えるのはエゴとかわがままの類らしい
世の中のまじわりを絶って修行に専念したいってのだって、十分わがままだと
思うんだがね
出家生活だって無常かもよ できる条件が整わないとできないんだから

827 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 14:53:17 ID:81dM8k92
会社に入ったら英語やって、好きな仕事して金ももらえて(甘い)
その金でまた勉強しようと考えていた私は、配属が望んでいたのと別だったので
目の前がまっくらになった
ナニをしに就職したんだ?と思った 
そうやって悩んでいる私に”修行者の見地”から、仕事なんてなんだっていいのよと
言った言葉は冷たく響いたよ。がんばって勉強してきたのに、と思ったからね
悟り済ますとそんなことは屁でもなくなるらしいから。
それで受けたくないってイニは受けろって無理に契約させるし、仕事なんか
なんでもいいから金よこせ、って言っているのと同じ

828 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 17:12:34 ID:KHaGW+xG
キャンディは今どうしたいの?
正社員になれなくても必死に働いて一人暮らししてる女なんていっぱいいるんだよ?
新しい生活を始める努力した方がいいと思う。

あたしも今実家から出ようと思って必死なんだよ。
とりあえず引っ越し資金100万あるんであとはバイトと部屋探し。
夢より不安ばかりだけど、何かをしなきゃ何も変わらないしさ。

829 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 17:22:01 ID:KHaGW+xG
実家といっても親からは毎日「早く出て行け」って責められてるから出て行くしかないんだけどね。
家は狭くて貧乏だし、私が一人暮らし始めたらもう帰れないと思う。
戻れる家がないから前に進むしかない。
今は精神的にすごくつらいんだけど、まずは環境を変えてみないとね。


830 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 17:38:37 ID:xhuQ3b5M
>>743 つまりは佛教用語をふんだんに盗用した「松本癡頭夫真理教」。徹頭徹尾それだけの話。

 それが松本癡頭夫真理教だったとしても、それが完成にいたるプロセスの途中だったことを考え合わせれば、
オウム真理教だったその当時、教義に筋は通っていたと思う。

(*)未完成な教義であったのに、ファイナルと終止符を打った教団の運営者の判断は、俺にはよく分からない。
だが、それでも教義に筋は通っていたと思う。

 仏教の一派とみなせる教義だったと俺は思うよ。

 事件が起きた為に、それまでのすべてが台無しになった。

 事件発覚した際のカモフラージュの為に、前もって仏教の教義を編纂し、裁判対策としての教団作りを進めていた、
つまりカモフラージュとしての看板作りだったと見る人たちが今も後を絶たないのは、(*)の如き不可解な事実があるからでもあるのです。

 現在の幹部クラスはしどろもどろだし、旧幹部の多くは逃げた。
逃げてしまった幹部は教義を否定して脱会した(逃げた)のだが、
自分の教団で出版していた教義をろくに理解していなかったことは明白だよ。
それとも教祖から個別に与えられた教えのみが拠り所だったのだろうか?

 ステージタイトルを受けた人でも、ただ、それだけのことでしかなかった
ようですよ。

831 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 17:42:18 ID:xhuQ3b5M
 多くの人を悲しみのどん底に落とし、同時に多くの信者に迷惑をかけても平気でいる
教団幹部らに、法(ダルマ)を説く資格があるのだろうか?

 何を権威に彼らがダルマを説いているのか、俺は不可解に思う。

832 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 17:55:06 ID:wpx5NRE3
>>830
>だが、それでも教義に筋は通っていたと思う。
松本癡頭夫の欲望・妄想を正当化するためにでっち上げられた、終始支離滅裂、綻びだらけの継ぎ接ぎ場当たりドグマ。
狂団の消長を追えば一目瞭然。



833 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/07(土) 18:11:35 ID:tM4wwJiV
>>830 阿佐谷北
> オウム真理教だったその当時、教義に筋は通っていたと思う。
何の迷いも無く、一言の元即座に否定する。
逆に聞きたい。
あの『継ぎ接ぎ教義』の、一体『何処』が『筋が通っていた』のか?

834 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 18:18:39 ID:xhuQ3b5M
>>832 継ぎ接ぎ場当たりドグマ

 タタ−ガタアビダンマ(オウム出版)という本を読めば、継はぎとまでは言えないことが分かる。


>>833

 仏教の世界観そのものではないのかな?
各世界の詳細な解説を、後日、出版する予定とされていたが、それは為されなかったようだが。

835 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 18:20:47 ID:wpx5NRE3
>>834
そもそも「タタ−ガタアビダンマ」なんてグチャグチャな造語をよくでっち上げたもんだ(大藁)

836 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 18:22:04 ID:qdSLrx75
オウム元幹部、岡崎被告の死刑判決が確定

よかった、よかった。

837 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 18:22:38 ID:xhuQ3b5M
>>832

 グルとして指導を間違った。最終解脱者ではなかった。
この二点は教団が確定したことだ。
既にある教義にこの二点の修正を掛ければ良いのではないのかね。

 それで満足する人は少ないとは思うけれども。



838 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 18:24:11 ID:xhuQ3b5M
>>835

 タターガタ+アビダルマ −> タタ−ガタ・アビダンマ でしょ?
違うのか?

839 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 18:26:01 ID:wpx5NRE3
>>838
そのコンパウンドをパーリ語にしたつもりなんだろうが・・・(爆)。

840 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/07(土) 18:28:51 ID:tM4wwJiV
>>834 阿佐谷北
> 仏教の世界観そのものではないのかな?
…んな戯けた事言ってんのか?
本気で??

お前さん…
オウムの教義に『サーンキヤ哲学』が入っている時点で『佛教』とは掛け離れた物だって事だぞ。
解ってんのか??

841 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/07(土) 18:31:32 ID:tM4wwJiV
>>838 阿佐谷北
>  タターガタ+アビダルマ −> タタ−ガタ・アビダンマ でしょ?
> 違うのか?

…頭痛ぇ。
単純に、単語をくっつければイイって話しじゃないんだが。
それに『タターガタ』と『アビダンマ』…ねぇ…

842 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 18:32:29 ID:xhuQ3b5M
>>839

 この本は一見の価値はあるはずですよ。
非常に分かりにくいオウム用語も、仏教を学んでいるキミにならば手に取るように分かるはずですよ。

 とはいえ、グル無しでは、成立しない教団であるのもまた確か。
それが、俺の指摘している 矛盾 だ。

843 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 18:34:03 ID:wpx5NRE3
>>841
ちなみに「タタ−ガタ・アビダンマ」などという「佛典」は存在しません。読み方もおかしいし(激藁)

844 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/05/07(土) 18:38:02 ID:tM4wwJiV
>>843 阿呆陀羅經
> ちなみに「タタ−ガタ・アビダンマ」などという「佛典」は存在しません。読み方もおかしいし(激藁)

当然ですがなww
だから
> …頭痛ぇ。
んだしね。

845 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 18:56:19 ID:MUNWrs8M
>グルとして指導を間違った。最終解脱者ではなかった。
>この二点は教団が確定したことだ。

ズレてるな〜おたく信者じゃないよね?そんなことは教団は一言も言っていない。
グルが間違ったいるなんて誰からも聞いたこともない。
「事件は間違いであった」と言っているだけ。つまり「誰が」間違いかは一切
ふれていない。卑怯だが、こういう誤魔化しの手法で今日まで存続している。
そして、内部では「事件は弟子の暴走」というニュアンスをもたせようと
必死ですわ。

解脱については、「完全最終解脱者」ではなかったという見解であって
「最終解脱者」だったとは認めている。これも人を煙に巻くような表現。
モー恥ずかしくないのかな〜と思う。




846 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 18:57:15 ID:xhuQ3b5M
>>「タタ−ガタ・アビダンマ」などという「佛典」は存在しません。

 タタ−ガタアビダンマは、オウム出版から出たオウムの教義本だよ。

847 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:00:41 ID:xhuQ3b5M
>>「最終解脱者」だったとは認めている。

 認めていないんではないかね。

848 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:03:17 ID:xhuQ3b5M
>>グルが間違ったいるなんて誰からも聞いたこともない。

 グルが事件に関わったのはほぼ確定的だと、オウムの幹部らは言っているよ。

849 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:09:14 ID:MUNWrs8M
>この本は一見の価値はあるはずですよ。

ありまへん。別に名著でもないし。オウムで一番名著とされているのは
「生死を超える」です。それに「イニシエーション」「マハーヤーナ・スートラ」
を付け加えて三大作品となる。
ただ、「生死を超える」も俺には大した内容には思えなかったので(というより、
他の本のパクリっぽいので)
オウム本は読まず、市販のチベット本でも読んでいたほうがいいよ。

駄本はいくらでも紹介できる「THE浮揚」、「亡国日本の哀しみ」
「日出づる国災い近し」「キリスト宣言」など多数。

>タタ−ガタアビダンマは、オウム出版から出たオウムの教義本だよ

教義本とは「教学システム教本T〜V」。信徒以外は買えない。
あとの本は教義は書いているけど、メインじゃない。



850 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 19:13:38 ID:wpx5NRE3
ついでながら「マハーヤーナ・スートラ」なる「佛典」も存在しません。


851 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:14:24 ID:MUNWrs8M
>認めていないんではないかね。

だったら道場行ってきたら?死ぬほど麻原が拝めるぞ

>グルが事件に関わったのはほぼ確定的だと、オウムの幹部らは言って
いるよ。

関わったのと、間違っているというのは別問題だよ。
裁判で麻原は事件には関わったけれども、自分は微罪というのを
主張していてそれを信者は信用しているのさ



852 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:15:07 ID:xhuQ3b5M
>>ありまへん。

 そうですか。キミには意味ない本なのかもね。
だが、その本には、オウムの世界観が簡潔に示されてありますよ。

853 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 19:16:24 ID:wpx5NRE3
http://www001.upp.so-net.ne.jp/arti/6th/←楽しめます。

854 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:23:12 ID:xhuQ3b5M
>>関わったのと、間違っているというのは別問題だよ。

事件が発覚して世間が騒いでいた当時、やってませんと教団もグルだったあさはらさんも
言っていたのだから、グルが間違ったというのは明らかですよ。

855 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:27:34 ID:xhuQ3b5M
>>裁判で麻原は事件には関わったけれども、自分は微罪というのを
主張していて

 やってませんが、(微罪の主張したとは言え)やったに変わったのだよ。


856 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:31:03 ID:xhuQ3b5M
グルという存在も間違いを犯すことがありうる。

絶対に間違いがない、これが最終解脱者の定義だったはずですよ。
間違った => 非最終解脱者 の図式は成立しますよ。

857 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:31:52 ID:MUNWrs8M
>>850

ほう、そうですかい。マハーヤーナ=大乗、スートラ=経、大乗経。
これまでも造語だったか(苦笑)

>>854

いやいや、そういう問題ではなく、どんなに世間的に間違っていようと、
弟子というのはグルを否定したりはしないの。
それがあなたはわかっていない。

858 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:35:19 ID:xhuQ3b5M
>>845 グルが間違ったいるなんて誰からも聞いたこともない。

 (グルが)間違ったから、事件に関わったという結論に至ったんでしょ?
そうだと思うよ。

 グルという存在も間違いを犯すことがありうる。

 絶対に間違いのない存在、これが最終解脱者の定義だったはずですよ。
従って、
間違った => 非最終解脱者 の図式は成立しますよ。

 

859 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:35:53 ID:MUNWrs8M
>これが最終解脱者の定義だったはずですよ。

定義なんて無いっつうの。本人が勝手に最終解脱したと言っているだけ。
教祖が「なあ、ケイマ、おれ最終解脱したよな」って確認して
ケイマも「麻原さんがそう言うんだったらそうだろう」と。その程度のもん

860 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:39:07 ID:xhuQ3b5M
>>857 弟子というのはグルを否定したりはしないの。

 そんなことは決して無いですよ。笑

それに師匠と弟子の関係は今生での話、
来世ではどういう関係だか分からない。これがオウムの教義。
グルという存在も間違いを犯すことがありうる。グルは吟味して選ぶようにしなさい、これもオウムの教義。



861 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:40:39 ID:xhuQ3b5M
>>859

 定義も知らずに議論に関わるほうがオカシイ。
タターガタ・アビダンマはオウムの教義の基本書ですよ。

862 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:41:15 ID:MUNWrs8M
>>858

君の書き込み、上滑りしすぎていて疲れるんだけど・・・
教団はグルが間違いとか、最終解脱していないとか、実際そうであっても
言えないの。それは自殺行為なんよ。
グルは間違いではないという観念をもっているから、教団は存続し、
サマナも精神安定が得られると。

863 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:41:58 ID:xhuQ3b5M
>>859

 それなら、
そのケイマと教祖との間には言葉の定義があったということですよ。


864 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:44:16 ID:xhuQ3b5M
>>862 サマナも精神安定が得られると。

 知らぬが仏ということかも知れんがな。
だが、責任放棄ははなはだしい。

 絶対に間違いのない存在、これが最終解脱者の定義だったはずですよ。
従って、間違った => 非最終解脱者 の図式は否応無しに成立しますよ。


 

865 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:45:55 ID:xhuQ3b5M
>>862 教団はグルが間違いとか、最終解脱していないとか、実際そうであっても
言えないの。それは自殺行為なんよ。

 杉浦茂という人の出した総括、公式見解を読めば分かるよ。
オウムの広報HPに現在も出ている。

866 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 19:46:14 ID:wpx5NRE3
つまり波羅夷罪の大妄語外道を戴く基地外教団なわけねwww<最終解脱者

867 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:48:16 ID:mkuOiKu4
>>866
其れはオマエだよ

868 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:49:41 ID:xhuQ3b5M
>>366

 オウムが世界観を打ち出している以上、そしてそれが仏教の宇宙を表している
以上、それは仏教と言えますよ。
 信者のほとんど(出家も在家も)は修行の途上の方々ばかり。
それすら分かっていないで信者を名乗る人も多い。

869 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:53:42 ID:xhuQ3b5M
 オウムの前教祖と他の仏教の導師、教祖、グルとの違いを確認して置きましょう。
それは、すべてを知る者、最終解脱者だということだった。

 グルなどこの日本に幾らでも存在するし、本場インドには無数にいますよ。


870 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 19:55:58 ID:wpx5NRE3
>>868
相も変わらず外延拡張の誤謬を犯さずには何の主張も出来ない馬鹿者だねえ・・・(失笑)。

871 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:56:18 ID:xhuQ3b5M
 部分的に真理を説く人物でも、それは グル でいいのですよ。

オウムの宗教としての犯罪、その根本:
 それは、オウムの前教祖と他の仏教の導師、教祖、グルとの違いである
すべてを知る者、最終解脱者だとしていたことだと言える。





872 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 19:56:32 ID:LPyaOWyR
阿佐谷北さんって、元信者?

873 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 19:56:55 ID:wpx5NRE3
>>869
概念規定すら不能なのね(復失笑)。

874 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 19:59:50 ID:xhuQ3b5M
>>870

 世界観と修行の階梯を示していて、それが仏教の其れと一致していれば、
それは間違いなく仏教と言えますよ。
 キミの定義している仏教と細かい点が違っていても、
それは 既成教団における派による違いと捉えていいはずだよ。

875 :阿呆陀羅經 ◆FBwkMiTy4A :2005/05/07(土) 20:02:32 ID:wpx5NRE3
>>874
>それが仏教の其れと一致していれば、 それは間違いなく仏教と言えますよ
アルファからオメガまで一致しない(大藁)。一致しとるなどと強弁するのは
癡頭夫並みの基地外。

876 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:04:39 ID:MUNWrs8M
>>869
疲れるやっちゃなー。前教祖というのは無い。
教祖は今も昔も麻原です。まあ、最近は開祖ということが多いが。
上祐は代表であって教祖ではない。

>部分的に真理を説く人物でも、それは グル でいいのですよ。

インドやチベットのグルイズムはそんなに甘っちょろいもんじゃない。
グルは仏陀の具現であると。だから、弟子はどんなことがあっても師に従う。

>阿佐谷北さんって、元信者?

んな、わけないでしょ。こんな上滑りの信者はおらん。


877 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:08:42 ID:xhuQ3b5M
>>875 アルファからオメガまで一致しない(大藁)。一致しとるなどと強弁するのは


 俺の紹介した本で、理解できないのか?
これには、用語の対比表までついていたけど。

 キミの定義している仏教と細かい点が違っていても、それは既成仏教教団における派による違いと捉えることができる、
そうしてもいいはずだよ。




878 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 20:09:06 ID:2yEu3sIT
828

私も働きたいんだよ
でも、特に理由もなく断られたりして、意気消沈している
必死で働くも何も、働かしてくれないんだもの
それも少しうまくいったと思ってホットしていると、何か突然怒鳴られたりして
ワケもわからずやめさせられることが何度かあって
例の声のやつが、オマエなんて出来が悪くていいんだよ 生意気だからって
いうんだわ。。
そりゃ、自分我悪いのにまわりのせいにしているというかもしれないけども
ほんとにそうなの 

もうずっと前、会社で仕事していたら、フフフ、、って空中から笑い声がして
やっぱり私達の仲間ね、っていうのね
その声は、これを言うと精神病みたいなんだけど、私を支配していて
教団にいて布施していたときは、仕事も順調だったんだけど
もう修行をやめて自分の好きに行きよう、特に金を貯めて供えようと
思い始めたら突然、仕事に見放されるようになってね
まるで、自分の欲のために働くなら働かなくてもいい、師ね、みたいな、、
私は自分の人生を自分の努力ではなんともしがたいんだわ
そいつの思い通りにさせられている もともとオウムに私を連れてきたのも
そいつだし 

879 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:11:55 ID:xhuQ3b5M
>>876 前教祖というのは無い。
教祖は今も昔も麻原です。まあ、最近は開祖ということが多いが。

 オウムは、教祖を置かないことにしているだろう?
だから、前 とした。それあけのことだ。
(現がいるという認識の下、前と書いたのではありませんよ。)
 

880 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:15:37 ID:xhuQ3b5M
>>878 教団にいて布施していたときは、仕事も順調だったんだけど

 みんな途中の段階のオウムならば、他の仏教団体でもいいはずですよ。
選ぶのは大変だろうけれどもね。

 オウムで基本は教わっているのだろうから、わざわざ首を突っ込む必要も無いかも知れない。
こうした掲示板を利用して学ぶもいい。

 仏教団体のHPはたくさんありますよ。

881 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:17:59 ID:xhuQ3b5M
>>878 教団にいて布施していたときは、仕事も順調だったんだけど

 オウムの本には出ていた:
何もオウムだけが真理というつもりはないし、私(教祖自身のこと)
もすべての教団を知っている訳でもないんだ、、、以上のようにされていました。(1991頃に出版された本)


882 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:19:42 ID:xhuQ3b5M
>>876 前教祖というのは無い。
教祖は今も昔も麻原です。まあ、最近は開祖ということが多いが。

 オウムは、教祖を置かないことに決定しているはずですよ。
だから、俺は 前 とした。それだけのことで、他意はありません。
(現がいるという認識の下、前と書いたのではありません。)
 


883 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:22:55 ID:CmHv323S
キャンディさんへ
自分は、事件前に脱会したとはいえ、元信だったので気持ちはわかります。
スレ違いかもしれませんが、現実的なアドバイスをカキコします。

大学を中退してオウムにはまってしまったので、脱会したとき復学も考えたんだけど
お金がないのであきらめ、学歴が関係ないところで営業・販売系の仕事を探してつきました。
でも、一生やるにはノルマがある仕事はきついと思い、よく地方自治体(役所など)で
開講しているワープロやパソコン、簿記などの資格習得の講座をテキスト代のみで提供して
くれる制度を利用して資格をとりました。その上で事務系の社員の職につきました。

女性なら、CADとかIT関係の勉強をして(これは職安でもよく講座がある)その方面に
就職する手もあると思います。英語が好きなら英検2級以上とかとるだけでなく
秘書検定も2級以上とると結構有利と聞いてます。高卒の人で1年ほど留学した友達で
派遣の秘書として外資系会社で時給3000円以上で働き、そこから正社員としてスカウト
された人もいます。(この人はイギリス留学の時、フランス語も学び日常会話はできた)

あとは、「あるじゃん」とか読みながら運用するんです。外貨預金、オフショア・ファンド
株などで0金利の銀行をあてにせずにコツコツと運用すれば老後の不安は少なくとも
金銭面では無くなります。

何よりも、そういったところでは、資格を取るという同じ目的を持つ友人もできるし
いろんな人たちと付き合えば、いろんな生き方があるのがわかっていいと思う。


884 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 20:22:56 ID:2yEu3sIT
そいつはいつも私のそばについていて、まわりの人に憑依するような
カンジで私を守っていたんだけど、ある日をさかいに逆にイジワルするように
なってね。。

なんで憑依するとわかるかというと、会社の上司がある日、私に
向かってこういったんだよ
私は机に向かって仕事をしていたんだけど、憶えることが多くて自信がもてなく
なっていた、自分は仕事をやりたいけど向いていないのかなあ、と心で思っていると
上司がじろっとこっちを見て、
”わかっただろ?修行なんて、真面目な人間がやるんだよなあ、、人生一花咲かせなくちゃ
って、私が仕事に自信がもてないこと、修行と現世の板ばさみなことを見透かして
ペラペラしゃべりだしたんだよ。
私は自分がオウムはおろか、修行しているなんて一言も会社でいったことはない。
上司はなにもわからないのに口だけ動かしているんだわ。
そういう、誰か関係ない人の口を借りて、何かいってくるってのはよくあって、ま、精神病だと
いわれるだろうけども、私にはアストラルの住人がフツーに現象世界にいっしょにいて
しかもあっちの意思がメインらしいというのがわかっているんだわ。。
私はそいつと縁を切りたいんだけど、絶対私にどうしようもない。気にするなと言われるけど
そんなんで切れない。自分のことなのに自分でわからない。井上が、やめたあとも
アストラルで首しめられると怖がっていたけど、私にはよくわかるよ。
マジでアストラルでぶたれたことがあるし、痛みもある、あるいはそいつはイニシエーションまがいの
こともできて、すごいいい気持ちのエネルギに入れてくれることもあるけど
とにかく向こうの思い通りで、こっちの考えでできることは限られている。向こうが許可する
範囲内でしか動けない。私は自分にナニがついているのかさっぱりわからない。


885 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:24:59 ID:xhuQ3b5M
 オウム幹部の逃げは、ここの教義によれば、地獄行きは間違いありません。
だとすれば、彼らの行為をどう捉えるか、ですよ。
地獄など無いから逃げても平気なのか。とすれば、やはり、事件のカモフラージュの為の宗教団体興しだったのかとも思えてくる。

 現在のオウム幹部らは、彼らの弟子筋に当たることに注意すべしです。
彼らが現在やっていることは何なのか。見方を変える必要があるのかもしれません。

886 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:27:16 ID:xhuQ3b5M
>>878 

 「オウムが何であるにせよ、俺は仏教で行くよ。」
この位の意気込みで、ぜひ頑張ってほしいと俺は思います。

887 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:33:10 ID:xhuQ3b5M
>>878 

 「オウムが何であるにせよ、俺は仏教で行くよ。」
日本においては宗教に関わらなければいけない義務は無いのだし、
せっかく学んだことでもあるし、この位の意気込みで、ぜひ頑張ってほしいと俺は思いますよ。

888 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 20:33:57 ID:2yEu3sIT
ま、それはそれとして、疑問は、自分はどうしたいのか、ということでなくて
だってそうでしょ、オウムにいて、あなたはどうしたいの?なんて聞いてくれる
人はいなくて、あなたはこうすべきだ、ということしか言われないんだから。
私はもう、自分がどうしたい、という自分の考えで動くことがいいのか悪いのか
わかんないレベルなんよ
自分がしたいことをするのが、いい人生だ、という価値観ならしたいことを
するわけだけど、そうしたって無常じゃないと言われれば、どう考えるべきなのか
わからないなって、、

889 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:35:45 ID:xhuQ3b5M
>>878

 みんな途中の段階のオウム、その道を極めている人はいない。
ならば、他の仏教団体でも大同小異のはずですよ。
自分にとってのオウム教団のメリット、デメリットを見極めてください。



890 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:42:16 ID:MUNWrs8M
>>888
らから〜、けっきょく君がオウムを離れようとすると邪魔が入るんでしょ。
君の憑依霊も起きる出来事もみんなマインドコントロールの産物なんだよ。
潜在意識の深い部分に巣くっているの。
あっちの水は辛いぞ、こっちの水は甘いぞって「条件づけられている」ことが
わからないか?
君のプログラムを変えるのは君の意志だけじゃだめだよ。
とりあえずカウンセリングやってみ。どこか信頼のできる、オウム信者を扱って
くれるところ探してごらん。滝本さんなら知ってるかもよ。


>>878
もお〜、わがまま言う時期じゃないよ。君は。
俺のつたない直観だけで、物を言って悪いけど、君の最善の道はアーレフに
戻ることしかないような気がするよ。
今、1万円作れるかい?それを持って西荻窪の東京道場に生きたまえ。
そして、たぶん受付には浅田美○子が座っているはずだから、こう言え「私が悪うございました。これからは
アーレフの悪口言いませんから、もう一度修行させてください」
すると、浅田はこういうだろう「メッターダ○シン師、今忙しいので、1時間くらい
待ってもらいますか。どうぞ道場で、ビデオでも見ていて」
そこで、キャンディは第一道場に入る。そこで、モニターに映った懐かしき人の
顔を見る「そ、尊師〜〜〜!!」キャンディの目に涙が。
君の憑依霊は言う。「これでいいのだ。2度と離れるんじゃないぞ。
この教団と一生をともにせよ」





891 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 20:42:19 ID:2yEu3sIT
選挙のとき、バクティで、教組の顔写真が写っている公告を
電柱なんかにはってこい、というのがあった
最初、こんなものもって電柱に貼るのか、と抵抗あったんだけど、功徳に
なりますよ、と言われて何枚かもって帰った

家から少し離れた場所に貼っていて、必死ではっていたら
頭の上から(今日はよくがんばったね、もう遅くなってきたから帰ろう)
と声がした
時計をもっていなかったんだが、真っ暗で、帰るのに歩きで帰るしか
なかった
そういう、いつも誰か一緒にいる、というのは私にはあって、そいつが
私に修行を勧めたがっているのはわかっていたんだわ。
でも、私はあんまりアタリマエに修行せよと言われていやだった、自分は
違うものになりたかったからね

そいつは私がオウムを離れて現世に価値を見出そうとしているのを
よく思って無くてさ、、うまくいったと私が喜ぶとぶち壊したくなるみたいだよ


892 :名無し:2005/05/07(土) 20:44:11 ID:wejZBEYT
そもそも地獄って何?
行った事も無い場所によく行くとか行かないとか言えると思う。
所詮一部の人間の為だけに作った宗教なんだから
宗教なんてそんなものでしょ。
どの宗教も。
思うのだけど、宗教に入ってる人をみると、どうも幸せそうに見えないんだけど…
何故?

893 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 20:49:28 ID:xhuQ3b5M
>>892 そもそも地獄って何?

 オウム幹部の行った逃げ行為は、ここの教義によれば、地獄行きは間違いないであろう。
しかるに、地獄の恐怖を教え込んでいた人が、地獄行きとなる行為をしたのだ。
そうだとすれば、彼らの行為をどう捉えるべきか、その解釈に興味が移るのは知性のある人なら当然だろう。

>>宗教なんてそんなものでしょ。

 その結論は起きて当然だと思うね。非常に冴えていると思うね。 

894 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 20:51:00 ID:CmHv323S
>>888
>自分の考えで動くことがいいのか悪いのかわかんないレベルなんよ

それは、自分にもわからない。今でも。だから、一生懸命考えて最善と思われる
ことをするしかないなと思ってる。それでどんな結果が出ても受け止めていくしか
ない。

でも、今、職場の人や友人と付き合いで飲みに行ったり、そんな時本音でいろいろ語ったり
するけど、皆、ある意味で生きるためにやらなきゃならないことをひたすら
やっているだけで、本当に自分がどうしたいかということまでは考えてない人が
ほとんど。よかれと思ってやってみてもうまくいかないことはたくさんあるのを
皆知っている感じがする。

自分も何がいいのかよくわからないので、必要と思われることをやっているだけ。
でも、皆もそうなわけだから気負う必要もないと感じるようになった。

895 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 20:51:44 ID:2yEu3sIT
んで、そういう現象が多いんで、
形而上の問題だから、触れないっていうのがアタリマエってのが
かえって違和感があるんだよな。。
世間的には精神病なんだろうけど、オウムにいるとそういうの
よくあるから、形而上の問題だから切り捨て!っての
すごく消極的に聞こえるよね

>所詮一部の人間の為だけに作った宗教なんだから

何おっしゃっているのかさっぱり、そんな考えで作られた宗教
ひとつもないんじゃないですか

896 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 21:07:26 ID:xhuQ3b5M
>>892 行った事も無い場所によく行くとか行かないとか言えると思う。
所詮一部の人間の為だけに作った宗教なんだから
宗教なんてそんなものでしょ。

 宗教っていうのは、信じるしかないようなことをいっぱい教えこます所だよ。
どんな宗教にも、おおむねそういう傾向はあるよ。
非常に科学的な分析をする宗教である仏教ですらも、この種の傾向はあるのですよ。

 一生懸命に自分の仕事に努める。これは宗教以上に大切なことですよ。
ただし、出来たら、仕事を選んで欲しいとは思う。

 宗教をやっている人には頭で理解しているだけで実行しない人が多いので、
そうなってしまうのならば宗教やっていてもあまり意味はないと思いますよ。

その一つが 地獄 。

 

>>入ってる人をみると、どうも幸せそうに見えないんだけど… 何故?

 出鱈目な宗教団体が多いからではないの?

  

897 :阿佐谷北:2005/05/07(土) 21:08:35 ID:xhuQ3b5M
>>892

非常に科学的な分析をする宗教である仏教ですらも、この種の傾向はあるのですよ。
その一つが 地獄 です。

898 :カネゴン@キャンディ:2005/05/07(土) 21:08:49 ID:2yEu3sIT
例えばさ、自分のやりたいことをやるのがいい人生って定義つけると
やりたいことができないのは即悪い人生になってしまう
あるいは苦しい人生になってしまう
だったら、自分がやりたい、やりたくないって考えを離れるのがやはり
最良というストーリーになってしまうよね。。
それが修行者の発想よね
そういう考えが深まってくると特にやりたいこともなくなるって気がするんだけど
現世的に考えると、ハキの無いヤツに感じるというか、こんな自分だったかなあと。。


899 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 21:09:34 ID:CmHv323S
キャンディさんがアストラル的な影響を受けやすく、また潜在意識が出て苦しい
のであれば、テーラヴァーダとかチベット密教系の勉強会とか講演会に参加して
潜在意識に大量の正しい仏教認識を叩き込むのがいいのではないかと思います。
自分もかれこれ10数年脱会後から学んでますが、それによって何か苦しいことが
あっても、心が平静というか平安でいられるというメリットはあります。

やはりいつも無常感を感じながら生きているわけですが、それをそのまま受け入れられる
というか・・。あと、灌頂を受けるとしたら明らかに正しいと思われる人から
受けるといいと思う。それならキャンディさんの傍にいる守護神みたいなものも
納得するのでは?

900 :マンデーガール:2005/05/07(土) 21:29:56 ID:SelfuyqH
あのよ オウムの教義では未熟な真我がグナに魅惑されて落ちたって
言うじゃないのよ。。
んでさ、経験し尽くすと飽きてくるってゆうじゃないのよ
この世界は経験して真我が成長する場ってことよね
データ過多で煩悩に振りまわされるなら別だけどさ
どーしても離れられないってのは経験しないと分からないんじゃないのかさ

901 :単純作業員:2005/05/07(土) 21:55:24 ID:D81MCLX1
>キャンディさん。
無意識に 自分のことを嫌っている自分に気が付くべきだよ。

「アンタは駄目な子だ。もっと頑張らんと立派な大人になれないよ。。。」
こんな言葉が あんたを追い詰めた。

ホントに運がよくてりっぱに立身出世したって、やっぱり、頑張れ、って言葉しか返ってこないだろね。。

潜在意識は あなたの人生の見方をしない。。

あなたにささやくその声は 前向きな生き方で、あなたが自立しようとすると足を引っ張る、癒されていない
インナーチャイルドの叫びだよ。

声がするなら その声に本気で聞き耳を立てるべきだ。
もちろん あなたはその声が 自分の癒されていないインナーチャイルドの声だと自覚する冷静さを持ち合わせていて欲しいけどね。

その声に あなたの心があなたを導こうとしている方向が見えてくる。
そして そこに あなたの憎しみの根源が見えてくるはずだよ。

守護霊や アストラル的な影響などという 形而上の存在などを 簡単に受け入れては駄目だよ。

自分に自信がなく 未来に希望が持てず 生まれ変わる自分や 超人願望などは、逃避願望である事は理解できるでしょ。
それらの事は本気で受け取ってしまう事こそが 無意識に自分自身を嫌っているのろいの証拠なんだよ。

心の声 あなたにとっての守護霊の声 アストラル?の声 何でも良いけど、その声に含まれる憎しみの感情を 聞き分けてごらんよ。
それこそが、あなたの 憎しみの感情なんだ。

> 阿佐谷北さん こんちわ。
あなたは オームを否定する事で、自分を肯定しようとしているようですが、ぼくには よりいっそうオームから離れがたく
がんじがらめになっているように見えます。キャンディさんより深刻かもしれない。
とりあえず、オーム以外の何かを見つけてみてはいかがでしょうか?

902 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 22:02:49 ID:ys+5dPgK
>>901
お前は宗教の話しないんだから他の板行けよ。無内容な精神論バカが。

903 :マンデーガール:2005/05/07(土) 22:12:22 ID:SelfuyqH
あたしはネ、金を好きなように使ったら徳が減る駄目って考えが
理解できなかったよ。。
自分で汗水流して稼いだ金を自分の為に使って何が悪いのよ
だってそうじゃない。。金稼ぐ為に朝早く起きて満員電車に乗って
臭いオヤジに密着されて会社着く前に疲れてさ。。
つまんない仕事して自分の時間を犠牲にして金稼いでるんじゃないの
それだけ自己犠牲払ってるのに金使うなだとぉ??
ふざけんじゃねえぞゴルァ!!!昇降!!クソサマナ!!と思ったわよ。。

904 :単純作業員:2005/05/07(土) 22:12:25 ID:D81MCLX1
>902 
僕のレスが、何故あなたの逆鱗に触れたのかよくわからんのですが、なにか気に触ったメッセージがありましたでしょうか?

>>無内容な精神論バカが。

僕のレスのどこが精神論なのかわからないのですが、指摘していただけるとありがたい。。よろしゅう。。



905 :マンデーガール:2005/05/07(土) 22:17:27 ID:SelfuyqH
楽してただで金貰ってるなら徳が減るって言われても仕方ない
なるほどと思うわよ
でもさ、されなりの労働してさ、その対価として給料貰ってるんだから
他人にとやかく言われる筋合いないじゃないの。。


906 :名無しさん@3周年:2005/05/07(土) 22:35:55 ID:RRcZi9i0
何にせよ、お金が絡む宗教って一番信用できないね。

…殆どそうじゃん

907 :マンデーガール:2005/05/07(土) 22:44:35 ID:SelfuyqH
金稼ぐ=苦  金使う=楽
自分の好き勝手に金使っても相殺されてゼロじゃないのかね。。

908 :腹筋:2005/05/07(土) 23:39:59 ID:NGKIkvOo
>>798
だいぶ省略しました(笑)
ていうか…わかりやすい!!ありがとうございます。
その「個我」についての認識ですが、実在性を認めると共に個我が個我でなくなるという事まで説いているのでは
純粋観照者であるアートマンが全ての対象に対して一切の認知を滅尽する、そして一元の世界に入ると…
つまるところ仏教とサーンキャ哲学の違いはどこを最終地点としたかによるんではないでしょうか
突っ込みは優しくお願いします

仏教のダルマカーヤ、サンボガカーヤ、ニルマーナカーヤ等についてはどう考えられてますか?
あとついでに相互依存の法則を宇宙の始まりとからめて説明してくれると嬉しいです
てかダライ・ラマのそういう説法があったのですがちゃんと理解しなかった為、記憶にはっきり残ってないです…

909 :腹筋:2005/05/08(日) 00:06:37 ID:zFfBHw3T
キャンディさんの一連の書き込みは面白いです
腹筋もだらだら怠けてると寝入りばなに頭叩かれて起こされたりとかがよくあったので
そんな事もあるのではと思います
最近ないので見放されてるのかもしれませんが(;^^)

てか>>899さんのいうように色々巡ってきてみてはいかがですか?
他団体の人だとアーレフみたいに核心部分やぶっちゃけた話から入る事はないでしょうから少し物足りなく感じるかもしれませんが

腹筋はアヴァローキテーシュバラのタンカをみた時に、
「あぁ、これがアミターバの前で全ての有情の生命体を救済するまでは決して涅槃に入らないという誓願をたてた菩薩かぁ〜、綺麗だな。」
という具合にエピソードを思い浮かべたら立ったまま甘露がぶわっと結構な量落ちてきて瞑想状態に入った事あります
あとシャバアーサナとっていたら(単に疲れたから家で眠らないようにねっころがっていただけですが)
マントラが聞こえてきたんですがたぶんオンマニパドメフンかオンべンザサットフン、オンベンザグルペマシッディフン辺りだと思います
今の状態より向上するだけならまだまだ色んな方法があると思います、そんで守護霊さんの納得いくとこ探してみて発表してください(笑)


910 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 00:46:32 ID:TF7gUzgc
<オウム裁判>岡崎被告の死刑確定 判決訂正申し立てを棄却

坂本弁護士一家殺害など2事件で殺人罪に問われて1審で死刑判決を受け、
控訴、上告とも棄却されたオウム真理教(アーレフに改称)元幹部、
岡崎(宮前に改姓)一明被告(44)に対し、
最高裁第1小法廷(島田仁郎裁判長)は6日付で、
被告側による判決訂正の申し立てを棄却する決定を出した。

これで岡崎被告の死刑判決が確定した。教団による一連の事件では、
計8人が2審で死刑を言い渡されて上告したが、確定したのは初めて。

被告側は、一家殺害などの事実を認める一方、
自首による刑の軽減を主張していたが、第1小法廷は4月7日、
「刑事責任は極めて重大」として上告を棄却。

訂正の申し立てについても「判決内容に誤りはない」として退けた。

(毎日新聞) - 5月7日18時26分更新



911 :カネゴン@キャンディ:2005/05/08(日) 00:48:55 ID:mmWHJM3z
909
マントラを書かないように 一般の本にもあるか
しゅごしんは教組マンセーなんです 私は教組のいろいろしたことを
思うとよくないんじゃないかと思う部分があるんだけど、彼にいわせると
教組は”ザ・グル”以外の何物でもないらしい
理由は、気軽に誰のカルマでも背負うところが仏陀と思っているようだ
私は教組が人のカルマを代わってやったのを目で確認したことがないので、なんとも
いえない

904 単純さんは、オウムがオウムドグマに犯されていると思っているようだが
  キミはACドグマから思考が固まって出れないようにみえるよ
  心理学は宗教より現代人に受けるようだが、あれだっていろんな意見の人がいるんだろうから
  親や自分を嫌っているのは君自身に見えるよ。。
  あんまり人を癒すのに腫れ物にさわるみたいなやり方というのも、いつも正しいとは
  思わん。日本人は親が子供をしからなくなったら、悪くなってきたと思う。
  てか、あなたは余程親子関係で疲れているんだなと思うよ、そんな書き込みしかないじゃん


912 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 00:52:10 ID:TF7gUzgc
生きて地獄、死んでも奈落の底につき落とされるであろうオーム信者。
思い込みと妄想に踊らされたピエロ達の哀れな行く末。。。
来世は最悪の環境に生まれ代わり、激痛を味わうがよい。

913 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 01:31:33 ID:QAkHrwXR
生まれ変りなんかないよ。
死んだらおしまい。

914 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 12:20:09 ID:m7jPgmaw
キャンディはもう救いようがないわね。
自分に都合のいい言葉以外は受け付けようともしないんだから。
何だかんだと屁理屈並べて逃げてるだけじゃん。
甘えてるわよ。子供よね。


915 :カネゴン@キャンディ:2005/05/08(日) 12:52:29 ID:d6wB3AEx
914
現役時代に功徳を積めば幸せになれるといわれて
数百万布施した結果が今だよ
そんなに功徳積んでもいいことはないって言っているのさ

916 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 12:54:08 ID:UkrGFUuc
 

917 :カネゴン@キャンディ:2005/05/08(日) 12:56:20 ID:d6wB3AEx
耳にタコができるくらい
功徳功徳といっていたのにね
なんでも功徳、成就するんでも、現世幸福でも功徳がある
人間が勝つんだ、って教組が説教すると
みんな目の色変えて布施したからね
今では金集めだったんだって、思うようになったよ
全財産布施して功徳第一だったケイマも、子供かかえてのたうちまわっているよ
功徳があれば、神のように自在になれるって聞いたのにね
自在どころかオリから出れんわ

918 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 13:53:35 ID:4/rzve3d
勉強会終了後、
「布施する人は前へ出てください」
○万円以上の人、○千円以上の人、とランク分けされて
「拍手で称賛してください」
これで、一銭も払わないやつは後ろめたさを感じるシステム



919 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 13:54:27 ID:4/rzve3d
金を払うやつを称賛することは、
金を払わない奴をけなすことに等しい

920 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 13:55:47 ID:4/rzve3d
布施なんて人知れずやるもの
称賛も拍手もいらない

921 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 14:16:45 ID:7n4u4EId
カネゴン@キャンディは市ね

922 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 14:17:45 ID:7n4u4EId
カネゴン@キャンディは市ね
カネゴン@キャンディは市ね
不細工
ぶさいく

923 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 14:41:28 ID:slfyYM7n
小人閑居して不善をなす

924 :阿佐谷北:2005/05/08(日) 17:49:29 ID:wPcKUiBt
>>901 > 阿佐谷北さん こんちわ。
あなたは オームを否定する事で、自分を肯定しようとしているようですが、ぼくには よりいっそうオームから離れがたく
がんじがらめになっているように見えます。キャンディさんより深刻かもしれない。
とりあえず、オーム以外の何かを見つけてみてはいかがでしょうか?

 レスして置きますよ。
 オウムはオームとは違いますよ。笑

 ここはオウムの教義についての議論をする場。
キミのは、スレ違い、それに俺宛てのレスだとしても何だか見当違いではないかと
思う。キミの書きようからすると、(ひょっとすると)キミは外国人なのではないか?

 例えば、

 >>あなたは オームを否定する事で、自分を肯定しようとしているようですが、ぼくには よりいっそうオームから離れがたく
がんじがらめになっているように見えます。

 これについて言えば、俺は、オウムの教義を否定などしていません。
従って、キミのその前提自体が違っている訳だ。
以前からの俺の書き込みを読んで頂ければ分かるが、オウムは仏教の一派だとしているはずだよ。

925 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 17:53:41 ID:qFuMOg9o
オームの法則って習った?

926 :阿佐谷北:2005/05/08(日) 18:47:30 ID:wPcKUiBt
>>925
 
 ??
 それは OHM でしょ?
茶化しの類は、やめましょうや。

 オームは梵字のひとつ。
 普通は、オーム と書きますが、オウム教団は オウム としている。
それだけのことではありませんか?
オームは梵字のひとつ。

927 :単純作業員:2005/05/08(日) 20:04:44 ID:TOVYEyHo
僕の口調にだまされてはいけません。
結構 きつい事を書いてきたつもりなので、反発されて当たり前です。
苦い薬ほど 良く効くって言いますしね。(負け惜しみです。^^)

心の声と対話せよ。などとの言い回しは、心の声に人格を与えてしまうような場合には
やってはいけないことです。キャンディさんなら大丈夫だと思うけど、
不特定多数の人が呼んでいる可能性を考慮背手間船でした。
だから僕の前回のレスは、酔っ払いのたわごとだと 聞き流してください。

すんませんです。

928 :単純作業員:2005/05/08(日) 20:09:17 ID:TOVYEyHo
>924 阿佐谷北さん。こんちわ。
あなたのレスを抜き機出して呼んでみたのですが、わけがわかりません。
オウム教団を否定し、幹部やサマナ?を否定しながら 麻原とその教義を肯定したかと思えば
麻原の不完全さと 教義の未完成さを強調している。

僕には思いっきりオウムに未練たらたらでありながら、教団の幹部連中に不満いっぱいのあなたの姿が見えてきました。

あのね。麻原の行いと 今の姿に 彼の真実がある。
その教義には 彼の詐欺師としての才能が宗教的な言葉を駆使して作られている。

あなたがオウムの教義で知ったことで たった一つでもいいから 
人類を導く 麻原オリジナルな言葉、教義 行い、etc、、を僕たちに伝えてほしい。

あなたがオウムの教義を肯定できるなら、それができるはずだよね。
教団を否定し、麻原を否定しながら、あなたはオウムの何を信じ、何にすがろうとしてるんだろう。っておもた

たった一人でも 超能力者(念動力、千里眼、予知、読心 死者と話すこと,etc、、)がいれば、
人類の歴史が変わるくらい 大変なことなんだ。そんな能力を持った人間が ちんけな宗教集団を作ったりしないし、
50億人以上の人間の中で そんな人間は存在していない。

オウムの人たちの中で 一人でも そんな能力が開花できたのなら、ぜひ、この世界を平和にしてほしい。
ただし、麻原は何もできなかったし その麻原が その教義を作ったんだ。ってこと忘れないでほしい。

929 :単純作業員:2005/05/08(日) 20:14:25 ID:TOVYEyHo
人間は 心にひとつの「種」を持って この世に生まれる。

その種は 心が「優しさ」を感じたとき 芽を出し つぼみから花へと成長していくんだ。

その花は 人それぞれに成長速度も違うし、その色も赤だったり、黄、ピンク、青だったりしている。

でも その成長速度と その色が あなたの花なんだ。

また その花はどんなときであっても 決して花からあなたに語りかける事は無い。

でも その花が大きく開花したなら、あなたが 苦しいとき、悲しいとき、憎しみに満ち溢れたとき、 

その花を見つめた時だけ、やさしさしか知らないその花は きっと 静かに答えてくれる。。。


さて。 僕の心の花はどこへいったんだろう。。 一杯やりながら、探しに行こう。  では またね。。。

930 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:28:48 ID:bB0SuLT+
みんなで投票しよう
http://www.37vote.net/politics/1112192635/all-50-10

931 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:28:54 ID:m69wbvAv
宗教団体アーレフ イケメン四天王

メッターダッシン → カマかけ野郎
ソーパーカー → ヤク中野郎
ナンディヤ → ピンサロ野郎
ヴィリヤ → 死体愛好変態野郎

この4人がバンドを組んだら、私は必ずライブに行きます

932 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 20:32:41 ID:qlOFVB/r
マイトレイヤ正大師がいるでよ・・

933 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 22:00:38 ID:XLat+70z
オウム出版:麻原彰晃著:イニシエーションより抜粋

オウムの修行というのは、非常に効果がる、ね。例えばプラーナーヤーマで
二分、三分とクンバカができるようになったならば、相手を自由にコントロール
できるよ。欲しいものは全て手に入るよ。だからこそ、精神的基礎を
ジュニアーナ・ヨーガで作っておかないと堕落してしまうわけだね。

本当ですか?経験者いたら聞かせて。

934 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 22:16:46 ID:rGnZkAJ/
クンバカ2分50秒はできたけど、何も普段とかわらないよ。
PSI、キリスト、温熱全て変化なし。よって大嘘じゃんと思い脱会。

935 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:21:31 ID:QAkHrwXR
海女さんはクンバカ3分なんて余裕だよ。

936 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:24:21 ID:XLat+70z
麻原彰晃の本
ガン、エイズという難病を克服し、超健康体を作るだけでなく、超能力や解脱を
得ることができる。こうしたクリヤ・ヨーガの秘法を、余すことなく、ここに公開。

これはどうですか?癌治るんですか?うちの親爺癌なんです

937 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:28:57 ID:XLat+70z
ハゲが治るのかと訊いていた人いましたね?
癌、エイズ、ハゲが治せれば神ですよ
ノーベル賞ものです
人殺しの教祖でもなんでもすがりますよ

938 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:41:31 ID:XLat+70z
>>934
そうなんですか。。。うーん。。。
>>935
海女は殺生してますね、悪業積んでて修行の素質があるとは是如何に。

939 :名無しさん@3周年:2005/05/08(日) 23:53:00 ID:Nxc9f3+x
オウマーたちはセガールvsヨッシーの議論に集中していますが、
桃源事件有罪判決やGWトンでもセミナーなど語ることは多いと思います。
要するにオウマーとはその程度ということでしょうか?
http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/

940 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 00:17:01 ID:ltuTWr9E
オウムの理不尽な体質に徹底して抗議するヨッシー大先生の姿勢はすばらしい
賞賛に値します。
ヨッシー大先生のような長いものに巻かれないポリシーを持った人が
サマナ、信徒の中に大勢いたならオウムの暴走も防げたのではないかと
思います。
大阪オフ会に参加して先生の髪の毛もらって煎じて飲みたいでつ。

941 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 00:21:07 ID:ltuTWr9E
まさかハゲじゃないですよねヨッシー大先生
髪の毛貰えたなら拙者の奢りで飛鳥田新地でも雄琴でも
なんでもありで豪遊しませう。。。

942 :ヨッシー参加大阪オフ会逝きませう:2005/05/09(月) 00:56:13 ID:ltuTWr9E
オウムに関って不幸になった人が多いことが2ちゃんのレス見てわかりました
みなさん一人で悶々としていないでオフ会参加しませんか?
もしかしたら彼氏彼女できるかも知れませんよ

943 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 01:23:38 ID:Ji8HeWxH
大阪十過ぎ残念

教組は直腸ガンの予兆があったのを、医者を行かずに自分で治したとか。。
便に血がまじり、便が細くなったのを知り合いの医者に相談したら、まちがいなく
直腸がんだっていわれたのを、ヨガで治したそうね

ガンは末期の場合、無理みたいだけど、早期ならクリヤヨガとか
心身を浄化する瞑想、そのほかで延命、その間に本格的に修行に取り組むって
やりかたが奨励されるようだが

オウム理論では、ガンは貪りの心が強いとなりやすいということになっている
さらに、ガンで例えば食べたくても食べられない、という状況で死んだ場合
来世はそういう、食いたいけど食えない、という状況でスタートするそう
それがやわらかく現象した場合、例えば人間界で貧乏な家に生まれて始終、物質的に
貧困するとか、サイアク餓鬼界に転生してしまう、ということになっている

944 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 01:38:40 ID:Ji8HeWxH
直せるかどうかはしらないけど、私は現役だったころ
他人の病気の個所が黙っていてもわかる、という能力はあったな

初めてあった人と話をしていると、突然意がキリキリ痛み出して、前かがみに
なってしまうほど痛かった。その人と離れるとしばらくして治った。
偶然、周りの人からその人が三ヶ月くらい前に胃ガンの手術をしたと聞かされた。

とか、父がバイクを修理していて、試運転したら前輪が回らないで、後輪だけ走ったとかで
前へ放り出されてしまった、と、母に話していたんだけど、母があら、怪我しなかった?と
聞いたら大丈夫、と父はこたえていた。
でも、なにげなく父のそばに座ったら、片方のヒザがシンシン痛くなってきて、
(お父さん、ホントはバイクで怪我をしたんじゃないの、)と聞いたら、実は
投げ出されたとき、ヒザをついたんだけど、心配かけたくないから黙っていたって。

ちょっと自慢話になったけど、そういうのはプラーナで察知ができるわけ。
プラーナってのは、東洋医学でいう気のことなんだけど。。
その気でもって病気を治すってのは、たまに聞くね。病気もプラーナがにごって
停滞することから起こるとされるから、しゅぎょうで気の流れを整備すれば
健康にはなると思うよ。
でも、ガンになるのはカルマだろうけど、カルマを変えるってのは難しいよ。

945 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 06:24:32 ID:M7Bn1lPz
>>939
騒いでるのは、アベル、ち〜こ♪、ぼんち、セガール、デムパだけ。

946 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 12:34:37 ID:ET3B37EZ
ちょっとよその掲示板、ちらちら見て、私(私ばかりではないだろうけど)
がウソばかり書いているって思うやつがいるようだけど、
私がここへ書いていることは、怒っているから、言い方はひどくなっているけど
”ウソ八百”なんか絶対書いていない。

ウソがお好きなのは教団のほうじゃないか。。
教団では、マスコミは悪ということになっているから、図書館や本屋に出回っている
本を、私も読もうとはしなかった。それらは”オウムを潰そうという悪意”で
書かれた”陰謀本”だと、思っていた。
林郁夫の自白について書かれた本を、読んだんだけど、彼は医者で、教組から記憶を消す
薬を開発せよ、と厳命を受けた。無論彼は断るのだが、そこが出家の悲しいところで、教組に
ねじこまれ、とりあえず着手することとなった。少し成果が上がってくると、よし、誰それで
(実験台として)やってみろと、次々サマナを送り込み、その人たちの記憶を消す薬を打たせた。
林や手伝いをしている看護婦はだんだん言葉が少なくなっていき、沈痛な表情になっていった。。

これらの記述を、最初はあまりひどいので、まさか、捏造だろう、と思っていた。
しかし、私がその、記憶を消された女性と合うことになってしまって、わりとカジュアルに
そういうことが行われていたらしいというのが、わかってしまった。

947 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 13:04:41 ID:ET3B37EZ
完全解脱のコンサートを見にいったときだった。一般の人など誘ってきたり、
元信者をひきもどすために使われたりしたようだが。
そこへ、ごく若いかわいい顔をした女性が来ていて、元出家者だという。
誘われてきたが、もうしばらくの間、教団には出入りしていなかったという。
同じく元サで彼女を知っている女性が、また道場きなよ、昔と全然変ったよ、と
話し掛ける、そちらの女性は熱心で、勧誘したいらしい。
私と記憶を消された女性、元サの女性と三人でお茶をした。
記憶を消された女性は、いろいろ自分の状態について話してくれた。自分が昔
どんな人間でナニを考えていたのか重い出せなくて、不安らしい。また、薬の影響で
普段は普通なのだが、突然表層意識から潜在に移行して、人前でペラペラと
わけのわからんことをしゃべってしまう。しかも、ペラペラしゃべった内容を、意識がもどった
ときに、自分で憶えていないんだと。

それで、下向してから数回バイトをしにいったんだが、仕事先で潜在に入ってしまって
ペラペラしゃべりだすんだが、ハット我に返ったときは、周りが冷たい視線で自分を見ている。
それで何度も首を食らった、という。



948 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 13:05:37 ID:ET3B37EZ

途中で、一緒にいた元サが、といれにいくといって席を立った。彼女と二人だけになったそのとき
しばらく普通に話して痛んだが、彼女の表情が急に変って、何か夢中という表情になて
話し出した。(彼女がこの掲示板を見ていないことを祈るが)
”教組に呼ばれていったらね、部屋のなかで、胸を触られたの、、もうこうやって)
といって、手を出して自分の胸をグルグルともむ仕草をした。私は、ああこの人、潜在に突っ込んだなと
思ったので、余裕があって、こうやって?と私も手を出して、彼女の仕草の真似をしたんだけど(笑)
彼女は大マジで、ウンウンとうなずいている。彼女は続けた。部屋の外を見たら、ほかにも
いっぱい女が順番をまっていて、みんなカワイクてデカパイなのって。。
私は(オイオイ、喫茶店なんだぞ、)と思ったが、幸いうるさくて、周りには気づかれていないらしい
しばらくペラペラしゃべったあと、急に彼女は我に返り、はっとした表情をして、
(私今何かしゃべっていた?何かヘンなこと意ってなかった??)と不安げに私に聞く。
わたしは、いいや、何もヘンなことは言っていなかったよ、と意っておいた。

あれを仕事先でやったら、キチガイと思われても仕方ない。ごく若いうちに出家したそうだけど
教組を信じて出家して、なんで教組の支持であんなになって帰ってくるんだ?
もちろん、潜在に入って彼女がしゃべったことは、彼女の汚れであって、事実ではない。
つまり、性欲が強い、そういうデータがつまっている女性なわけだ、しかし、私も教団に
いたから、冷静に聞いていたけど、世俗の誰が彼女をまともだと見る?


949 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 13:16:19 ID:ET3B37EZ
新しく入った人は、何も聞かされていないかもしれない
サマナはみんないい人で、教団の悪口書いている私が悪魔なんだろうな
でも、これは悪口じゃない 事実なわけだから

あの教団ではマトモなことをいうと怒られるんだ
溺死事件だって、警察へとどけましょうとマトモなことを言った人が
殺されたし、事実を知った弁護士が殺された
すべたは、教組がヘマをして、それを隠しおおせようとしたのが原因じゃないか
一度ついたウソだから、毒を食らわば皿までということか?

なんとかしてくれ、この体質
みんな宗教をやりたくて集まって、なんで殺人だの、ウソを着けだのいわれて
すごさないといけないんだ
なんで、一度聞いただけでは、納得のいかないことを、何度もテープなんかで
記憶させられて、少しおかしいが、これが大事なんだと思わされて
ヴァジラヤナだからいいんだ、と。ヴァジラヤナは大乗より高尚だ?
一般人には理解できない?そのヴァジラヤナは何のために発動しなければいかなかった
みんな、あんた一人のヘマのためだよ

950 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 13:28:25 ID:ET3B37EZ
それで、教団は、ああいう(記憶を消されておかしくなったり、
事実を見たり聞いたり)人は、邪魔だといってポアだよ

わたしもここに書いていることは、怒っているから言葉はひどいけど
ホントのことを書いているのに、かえって、ウソつきだの誰かの陰謀だのと
バカじゃないの?

で、驚いたのは、記憶を消されたということ自体、さまなの間では
特にセンセーショナルではないと、いうことだな
まずい記憶なら、消したほうが身のためだ、しゃべったら悪業だから
くらいにしか思ってないね

古い人で、長いこといた元サと話したとき、ダーキニーについて
どう思う?って聞いたら、別に、って、サマナはみんなどう思っているんだろう
と聞いたら、ダーキニーはいいな、くらいにしか思っていないんじゃん、って
まあ、愛人がたくさんいるというのは、世間でもままあることだから、そんなに
悪いことじゃないかもしれない、しかし、善悪の判定基準が非常に世間の感覚とは
ずれていて、そのずれた感覚の中で”自分たちは善人”と意識させられているから

とにかく、教組を慕って出家して、記憶消されて大損害の女性に、ヘーキで
またおいでよ、という神経も無神経に聞こえるんだが、自分がやられたら
そんなところへ帰りたいか?


951 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 17:09:44 ID:ScbAWKXd
カネゴンはこれから先どーすんのさ。
1年後も同じ書き込み続けてんのかな。

952 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 17:23:28 ID:1BQbYghT
真の聖賢は、その辺にいる普通のおじいちゃんとおばあちゃんたちだ。
後遺症の残る元オウム信者は、素直に人の理解と助けを求める方が
賢明だと思う。

953 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 20:19:53 ID:bir+GevK
しかしまあ、セミナーの内容全部暴露されてるようだし
S一人見つけられんのではアーレフの成就者に他心通はないわな。
 
教団の後継者と言われていたアーチャリーものほほんと私大に行って
サリン被害者へ賠償するとかの配慮もないし、いったいどこが
大乗のヨーガの成就者なんよ。

954 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 20:35:36 ID:Huqzgxg2
>>950
オウムには真理以外のものはないよ
真理以外のものに目的ある香具師はとっとと出てけって

955 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 20:38:36 ID:Huqzgxg2
>>950
修行ってのは厳しいもんなんだよ!!遊びじゃねえんだよ、馬鹿が。
不条理なことがあってもそれで魂を磨けって意味なんだよ。

956 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:40:23 ID:zFlvc3ga
954

尊大なんだよ
真理を追いかけたいキモチはあるけど
結果として、考えていなかった弊害をたくさんだしたじゃないか
自分たちばかりが真理を知っていると、世間は無知だと
プライドばかり高くしやがって、そんなの理由になるか
ナニをやったかで評価されるんだよ

出ていってやるから、教団に協力してやった数百万は返せよな??

957 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:41:53 ID:zFlvc3ga
ばーーーーか!
ウソつきまくればヴァジラヤナの修行者なのかよ
性悪だったら誰にでもできるじゃないか


958 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 20:44:16 ID:Huqzgxg2
>>950
解脱めざしてたんだろー?ささいなことでぐちぐち言っていてどうする!
そんなんで生死の束縛を断てるとでも思ってるのか

959 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:44:41 ID:zFlvc3ga
>不条理なことがあってもそれで魂を磨けって意味なんだよ

不条理なんてもともと無かったんだよ
教組が、不条理にしてしまった
まちがって溺死した弟子が出たとき、素直に謝って公表すれば
いいものを、隠しておこうと、したときから不条理が始まったんだよ
本当は、教組がその気になれば、この教団にウソも不条理も生まれなかったんだ

それをそう言ってナニが悪い!!

960 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:47:40 ID:zFlvc3ga
958

ばかですか?
修行者は犯罪者の集まりですか
まともなやり口で修行したら、できないとでも?
そんなこといって、高尚なおつもり?支離滅裂なだけじゃん
死はいつかやってくる。しかし、行いの正しさは来世にもちこせると
人に教えておきながら、逆をやって見せているのはどなた?
ささいな悪徳でも神経をとぎすませて見逃さないのが大事では?

961 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:51:08 ID:zFlvc3ga
どうしてこの教団では、まともに間違いは間違いと認めましょうというと
殺されたり、ほされてしまって
首しめて殺しましょうというとセイタイシになれるんだ??
首しめて殺して黙っていましょう、と意見をいうと喜んでレベル上げて
くれるグルってどういうグル?

962 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 20:52:30 ID:Huqzgxg2
>>959
みんな真面目に修行やってンだよ!人の邪魔するようなことばっか
書くんじゃねえ!


963 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:56:08 ID:zFlvc3ga
うそつきばかりそろって真理だ真理だほざかないでちょうだい

戦争がおこって日本人がたくさん死ぬのを見たくないから
真理を広めていこうっていっておきながら
シコシコサリン作るのってなんで?
どうしてたくさんの人が死ぬのを見たくないっていっていたのに
今度はたくさんの人を殺す計画を立てて実行したの??
教組がヘマしたせいじゃない?こんなバカ、完全無欠っていって
拝んでどうするのよ
無欠どころかオマヌケじゃないの 茶番よ

964 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 20:58:19 ID:zFlvc3ga
962

だましあいしているんじゃない?
自分たちだけ真面目なつもりなんじゃない
自分たちだけ真面目なら、ほかはどうでもいいの
しゃべられてまずいことしたのはグルじゃない

965 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 21:01:24 ID:zFlvc3ga
自分のしたヘマを他人に見られたからまずいって言って
見てしまった人を殺しまくって、それで
私の弟子は真面目に修行しているんだから余計なこというなと??

ヘマをした私が悪いんじゃない、見てしまったオマエが悪いんだと
クソムカツクグルだよ、とっとと師ね世アホ
自分を責めやがれ

966 :カネゴン@キャンディ:2005/05/09(月) 21:07:04 ID:zFlvc3ga
戦争がおこって日本人がたくさん死ぬのを見たくないから
>真理を広めていこうっていっておきながら
シコシコサリン作るのってなんで?
どうしてたくさんの人が死ぬのを見たくないっていっていたのに
今度はたくさんの人を殺す計画を立てて実行したの??

コロコロ気が変るらしいよ



967 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 21:34:53 ID:HLRmHm+X
社会に真理があるとすれば、大多数の人が、相対的に安い金で働くことになり被虐意識を持ってしまうということ。
それ以外に真理を求める人自身、訳わかんない人。
訳わかんない人は訳わかんないものにつかまるということ。
訳わかんないことを真理と信じてしまうことになる。

968 :阿佐谷北:2005/05/09(月) 21:45:31 ID:FSxZ3Dv2
>>928 あなたのレスを抜き機出して呼んでみたのですが、わけがわかりません。

 訳の分かる人も多いんだ。俺はキミのレスをまったく気にしてはいない。

 未完成の教義であったのに、幹部らが終止符を打ったことで、教義分析に関わる人たちに
混乱が生じているということなんだ。
 事件を絡めて言えば、仏教の教義すらもカモフラージュに使われたとも云えるかもしれない。

 けれども、基本的には、仏教で間違いないですよ。

969 :阿佐谷北:2005/05/09(月) 22:01:55 ID:FSxZ3Dv2
>>928

 宗教団体の信者が間違いを犯すことは世間一般には良くあること。
有ってはいけない事だが、実際には多い。
幹部クラスであれば、破門になったりするし、教祖がそれを犯せば、大抵は解体させられる。

 だが、そうした事によって、教義の是非までが問えるかと言えば、そうは云えないんだよ。

970 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 22:02:05 ID:kaP4oaiB
>>953

あ〜ちゃり〜さんも、
どーせ、大学逝くんっだたら、
東京大学理科V類か、少なくともT,U類でも逝って欲しかったな。

正大師なんだし、出来ないことはないだろうよ。


971 :阿佐谷北:2005/05/09(月) 22:05:09 ID:FSxZ3Dv2
>>928 あなたがオウムの教義で知ったことで たった一つでもいいから 
人類を導く 麻原オリジナルな言葉、教義 行い、etc、、を僕たちに伝えてほしい。

オリジナルだと言えるのは、その用語のみです。
仏教の世界観を言い換えたに過ぎない。
その解説に独自性はあるし、目指した計画は素晴らしいと思うけれども、
現実を見れば、それはほとんど看板倒れ似終わっていると思う。

972 :ヨッシー参加大阪オフ会逝きませう:2005/05/09(月) 22:06:51 ID:ltuTWr9E
ヨッシー先生は他の掲示板アク禁になったらしいけど
2ちゃんに降臨してくらはい

973 :阿佐谷北:2005/05/09(月) 22:08:44 ID:FSxZ3Dv2
 現実を見れば、それはほとんど看板倒れに終わってしまっていると思う。
 多くの信者を裏切ったことはあまり取りざたされてはいないようだが、

宗教団体という側面から見れば、こうした裏切りは事件以上に取り上げられてもいいはずなのだが。


974 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 22:14:09 ID:1BQbYghT
>>954-955, >>958, >>962
釣りだろ?
もし釣りじゃなく、本気でホンネで言ってるんだとしたら、救いようのないバカだな。
見てて恥ずかしい。

975 :ヨッシーの御宝髪:2005/05/09(月) 22:22:40 ID:ltuTWr9E
事件はとんでもない犯罪だけど
自己犠牲を強いられて麻原と教団に尽くしてきたのに裏切られた信者も
可哀相な被害者、自分を信じてきた者を裏切り不幸に陥れるとは
宗教団体として宗教団体の長としてあるまじき行為です


976 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 22:58:51 ID:in8v0544
犯罪者・阿佐谷北の誹謗中傷が告発されました。

977 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 00:17:31 ID:Wss7iC5K
不気味なほどに静かだな。
荒しの大阪オフ会の前の静けさ?
http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/

978 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 01:26:54 ID:dty9kI3W
キャンディちゃん、がんば!
そういえばキャンディちゃんファンクラブはどうなったんだ。
いなくなったのなら、私が二代目会長になるぞ。

979 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 01:27:32 ID:dty9kI3W
キャンディちゃん、がんば!
そういえばキャンディちゃんファンクラブはどうなったんだ。
いなくなったのなら、私が二代目会長になるぞ。

980 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 02:02:03 ID:CO83OiQ6 ?
新しきスレッドなり!
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1115658072/

981 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 02:16:35 ID:SWvHB+3i
ネット検索してみるとオウムに関する様々な意見や見方があるのが解る
オウムの布教に一役買ってしまったと宗教学者やダライラマなどを批難する
意見もあるが、私が一番害悪撒き散らしたと感じるのは元祖のストラダムス
研究家?の五島勉氏ですな。
オウムや麻原と直接は関係ない、面識も無いと思われるがオウム信者世代は
子供のころに洗礼受けてるのではないだろうか?
オウム世代が小・中学生の頃1999年世界滅亡、ハルマゲドンなどの流言が
真しやかに語られていたではないか。
その刷り込みを麻原が利用したとは考えられないだろうか?

982 :カネゴン@キャンディ:2005/05/10(火) 02:30:42 ID:Ac+wrHCM
978

もし金持ちだったら結婚してください

983 :カネゴン@キャンディ:2005/05/10(火) 02:40:12 ID:Ac+wrHCM
人生相談、すれ見ていてふと自殺スレ発見
私なんかここでギャーギャー言っているから元気なんだなあ

最近好きな綾小路キミマロ
”ああ疲れた、ああここがイタイの、、大丈夫アナタ、まだ生きている証拠!”
おばさんの見方

自殺スレ読んで、失礼だけど(遺族の方は悲しんでいる)
ああ、ちゃんと死ねるんだな、すごいなと思ってしまった
なんで醜態さらしながら、けっこうたくましく生きていけるのかしら、私。
サマナは鬱になったりしないのかい、こうも長く逆境が続くとさ

984 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 02:47:09 ID:SWvHB+3i
自殺者はかなりの確立でうつ病。サマナは逆境をカルマ落しと考えるマゾヒスト
オウムサマナにも自殺者はいる←10年前の事件直後

985 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 03:09:07 ID:+1QajnCe
客観主義は自殺者、主観主義は殺人者を生む。
何であれ狂信者は大量殺人、破壊に進む。

986 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 03:17:00 ID:kR2Vm8ux
>>982
無常の物を追うなとか言ってたのは誰なの?w

987 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 03:56:05 ID:k3YPqNPz
ヨッシー生で見たけどブサイクだったよ。

988 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 05:59:35 ID:rrwszHCb
キャンディちゃんの人生は常に矛盾に満ちている・・・。

989 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 06:49:00 ID:u5QvwIO2
オウムの菓子は食うな
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1115667841/

990 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 11:51:43 ID:zk20qYWy
>>987
キャンディ生で見たけどブサイクだったよ。

991 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 14:13:47 ID:zk20qYWy
ぼっさぼっさ頭で
げじげじ眉毛のキャンディ



992 :阿佐谷北:2005/05/10(火) 16:45:42 ID:R+ps8Ru+
>>976 ・阿佐谷北の誹謗中傷が告発されました。

 告発など、まったくされてはいませんよ。
むしろ、有難がられているのが実際。




993 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:00:47 ID:23HGHN9C
>>992
誰が有難がるんだ?

994 :阿佐谷北:2005/05/10(火) 20:21:20 ID:a79ZCaOx
>>993 誰が有難がるんだ?

 真摯な読み手から有難がられているよ。
何度も書くが、まったく告発などされてはいませんよ。

995 :電波男Ψ(´д`)Ψ@ヒロヘロ ◆RHudQb4c9k :2005/05/10(火) 20:35:03 ID:+2qSLiIY
オウム・アーレフの教義は完全に破綻しております。心ある人が矛盾点をつつくと、
「まだ完成していないから」などと言うのですが、完成していないのではなく、完全
に破綻していると言い換えなければなりません。

少なくとも、原始仏教の文脈からはおお外れであり、チベット仏教の観点からみて
も異常です。皆さんも、こんな基地外たちはそろそろ放置すべきでしょう。

996 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 20:37:00 ID:M9+BZDIm
この10年

デンパが多くなりすぎ

997 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 21:08:13 ID:QZk5aeMe
    |┃三  ガラッ  三
    |┃三     ./"´     ´"γ  
    |┃      /         ./ ヽ    
    |┃     /ノノ ノノノノノノ人ヾ .!     
    |┃ ≡  彡ノノ .,,,,,  ・ ,,,,, .( 川  
    |┃      r |シ/__ヽ./__ヽ !!ゞ:      
    |┃      ! | "ヽ-.ノ| |ヽ-ノ ヽ!ノ 
    |┃      ヽ{ i ,(r.しn)ヽ ノ}ノ 
    |┃       ヾ ヽ/___U__ |Y// < TBSは氏にました
  ∧、          ヽ、ヽ´--ノ`iノ|       
/⌒ヽ\       _, 〉ヽ '.⌒'ノ/|         //~⌒ヽ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘

998 :阿佐谷北:2005/05/10(火) 21:39:31 ID:a79ZCaOx
>>995 オウム・アーレフの教義は完全に破綻しております。心ある人が矛盾点をつつくと、
「まだ完成していないから」などと言うのですが、完成していないのではなく、完全
に破綻していると言い換えなければなりません。

 そうではなく、幹部信者が勝手に終止符を打ってしまったということだよ。
精神世界のすべてを解き明かすというのが本来のオウムの姿だった。
教祖無くしてそれは不可能なので、このままならば未完成品のままであろうということだよ。

 極めて基本的な仏教を説くことしか出来ないオウムに存在価値があるのかということだ。
オウムを真似して教団運営を図ろうとする奴への影響力の方が大だし、そうした団体もまた危険だ。


999 :阿佐谷北:2005/05/10(火) 21:45:01 ID:a79ZCaOx
 論理の破綻しているのは、ここの幹部クラスの信者である。
だから、内部で割れてもいるのでしょう。

>>原始仏教の文脈からはおお外れであり、チベット仏教の観点からみて
も異常です。

 チベット仏教の観点からみて、どんな点が異常なのかと思うね?
そう決め付けて済む話ではないと思うよ。
ここの仏画はチベットのものだし、修行のシステムもほとんど同じだ。

 グルが間違うこともある、チベット仏教の僧は、そう俺に言っていたよ。

1000 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 21:46:45 ID:0tJp+5Z9
5/16で麻原逮捕10年か

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

455 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)