5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?35

1 ::2005/03/24(木) 23:23:35 ID:X6Dxuo5h
ってことで続きいってみよう!

2 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:25:19 ID:jQRZRbx4
前スレ
果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?34
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1109225579/l50

3 :真理の御魂 最聖 麻原彰晃尊師:2005/03/24(木) 23:26:21 ID:1KnTTV4o
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

集え!真理の戦士たち!! 三悪趣に堕ちる魂を救済せよ!
救いようのない哀れな凡夫、カルマの悪い無智な外道、徳のない下向元信者、
穢れた公安、霊性の低いインチキマスコミ、悪魔の手先フリーメーソンどもは書き込み禁止
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/mp3/habatake.mp3

4 :カネゴン@キャンディ:2005/03/24(木) 23:28:09 ID:VXuvErXc
4 ゲットォー スゴイスゴイ

5 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:28:18 ID:jQRZRbx4
しかし、1から33までは一体どこにあるんですか?
普通は常連の誰かがまとめてurlを書くぞい?
34をざっと見ても、どっこにも過去スレの記述ないんじゃ?

6 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:30:10 ID:1KnTTV4o
■過去スレ一覧
33 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1105874920/
32 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1103638202/
31 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1101814121/
30 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1099567285/
29 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1096722718/
28 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094344237/
27 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1091533953/
25−2 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1089745407/
25−1 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088337729/
24 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1084182557/
23 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1081168591/
22 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079937025/
21 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078924094/
20 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1078289939/
19 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077866713/

7 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:31:34 ID:1KnTTV4o
18 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1077625362/
17 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1076600547/
16 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1075240714/
15 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073213953/
14 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1071756287/
13 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1068336159/
12 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1065615770/
11 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1063541752/
10 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1061296400/
09 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1059141640/
08 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056632966/
07 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1053615404/
06 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050853885/
05 http://life.2ch.net/psy/kako/1042/10423/1042359323.html

8 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:31:56 ID:1KnTTV4o
04 http://life.2ch.net/psy/kako/1039/10391/1039186321.html
03 http://life.2ch.net/psy/kako/1037/10371/1037170497.html
02 http://life.2ch.net/psy/kako/1035/10350/1035025652.html
01 http://life.2ch.net/psy/kako/1027/10272/1027241172.html

9 :名無しさん@3周年:2005/03/24(木) 23:36:51 ID:1KnTTV4o
[転載]
811 名無しさん@3周年 05/02/04 23:10:32 ID:QpVQK6uZ

スッタニパータは、すごいことが書いてありますね。

このスレは、こういうところなので、自論の展開や仏典の紹介とかは止
むを得ないことでしょうが、スッタニパータには<尋ねられてもいない
のに>自身が得た無上の教えや論を唯一絶対であるなどと吹聴し愉悦す
るものは、論の勝利や賞賛を拠り所とするに至り、それに拠るが故にそ
れは他の真理を唱える者えを下劣/外道と思い、互いに争い憎みあう。
それ故平安の生じることはない...などと書いてあります。

仏陀自身が最上の無上の唯一の教えを説く人そのものなのに、あたかも
自分自身を戒め注意するためであるかのように、自論を絶対唯一の真理
と思い込み固執することの愚と危険を述べています。

絶対唯一の真理を掲げふれ回ることは、それ以外の見解を愚/虚偽とみ
なし、自論のみこそ絶対の真理ということを表しているだけであり、ま
た自分がつかんだこの事実だけが永遠普遍と<思い込んでいる>ことで
あるに過ぎない...。
などとすごいことが書いてあります。

すなわち彼岸に渡りし人とは、つかんだ真実にすらこだわらない...と。
(まあ筏の例えといえばそうなんでしょうけど)

----------
■引用元
スッタニパータを読む+ヴィパッサナーを実践する
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1071698342/
※スッタニパータとは、最古の原始仏典といわれている経典。

10 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 00:44:05 ID:bTdrBzep
>>6
どうも、乙です。

11 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 01:51:50 ID:s8D/OWtw
さっきから気になってるんだけど、鍋にぐらぐら沸いた湯の中ににんじんを入れて
ゆでるのはかまわないの?
人にたとえるなら、釜茹での刑みたいでとっても残忍な印象を受けるんだけどな。


12 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 02:02:58 ID:Ba1zwXeK
もう芽のでないニンジンならOKです

13 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 02:12:16 ID:s8D/OWtw
レスサンクスです。
あ〜そうなんだ〜。
じゃあ芽の出ないにんじんなら切るのもかまわないんだよね。

新鮮なうちのほうが、栄養価が高いと思うんだけど。
みすみす栄養価が落ちるの待って調理しないといけないんだ〜。

なんかさ、生命のみずみずしさがあるものを、新鮮なうちに食べて、
自分の細胞の活力に変化させるほうが、芽が出なくなるまで待つより
ニンジンさんも成仏してくれそうな気がするけど、違うのか。



14 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 02:34:57 ID:+jiGU2uv
植物の生命に関してって、扱いたくない分野だよね
生き物なのか、そうじゃないのかよくわからん
これに関して教組の言っていることもイマイチわからないし

科学的には、植物にクラシックを聞かせると生育がよくなり
オマエを切ってやるなどと脅しの言葉をかけると生育が悪くなるなど
データが出ているらしいが
非常に古臭いインドの話などによれば、修行者は落穂を拾って食ったらしい
自ら地べたに生えているものを刈って食うことは厳格な修行者はしなかったようだ

てかさ、宗教がばかげて見えるときって
納豆菌を殺生しないようにとか、にんじん切らないようにとか極力気をつけてるのに
悪業積む人間は死んでも仕方ないとか、極端から極端に走るところ
そういうところをからかわれるんだよね

15 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 02:42:32 ID:uBCO+tvN
おいおい、ジャイナ教化してんのかよ。そこまで言い出すと生きていけないやん
初期は根菜汁と胚芽米がエエ言うてたやん
納豆食わん関西人はカルマがエエのんか?
細菌気にしたら手洗い歯磨きウンコもできんがな


16 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 03:26:48 ID:JrDajZNS
うんこして水洗トイレに流したら大腸菌がお陀仏ですか〜。

早川さんの本にお風呂あんまり入んないで建設作業したって書いてあったけど
細菌のこと気にしてたのかな?

10周年記念番組で、信者の栄養状態が悪くなったので、以前と食事を変えたって
言ってたけど、どんな風に変わったのかな。
誰か知らない?

17 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 03:41:14 ID:+zqozS3m
初期の初期は普通の菜食だった。
次にオウム食と呼ばれる根菜中心の水炊きと胚芽米になった。
次に原材料に既に死んでいるもの(粉類、無精卵)などの食物になった。
(イースト菌を使わないパンとかアストラルメイトと呼ばれるクッキーなど)
事件が起きてからは転々とまさに都合によって変化した。
やはり、修行を進めるためには、
植物殺生とか細菌殺生もできるだけ避けた方がよい、
これがステージが高い人の一致した意見だと思われます。

18 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 07:41:32 ID:IuXoDZvp
にんじんを切ったり煮たりするのが悪業になるのは
発展しようとしている生命力を断じることになるから?
芽がでてなくてもそれが残っていれば厳密にはよいとはいえなのでしょう?
どの地点で死んでいるのかわからないですものね。
生きようとするものを阻止して取り込むと
供養にもなるかもしれないけど
より微細なレベルでは
自分の上昇する力も阻止される因になるから悪業とよばれるのですか?



19 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 07:57:55 ID:v1LkPlqE
植物殺生とか細菌殺生もできるだけ避けた方がよいが
人間殺生はしてもよい。
これがステージが高い人の一致した意見だと思われます。


20 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/25(金) 10:09:18 ID:HNBIvrIp
菜食とかいろんな宗教で言われているけど、基本的には何を食してもいい。
極端に言えば、行為にも制限は無く、何をしてもいいのです。
人を殺す事もいいのです。どんなに許可しても殺さない人は殺さないし殺す
人は禁止しても殺します。戒律など無意味。

お金の溜め方の極端な例として、
入ってくる収入は固定とみなして、その中から最大限節約して貯蓄するタイプ。
もう一つは、我慢したり極端な節約に労力をかけるのではなく、1万円を節約
する労力が有るなら、1万円を儲ける事を考えた方が楽しい、やり甲斐がある。
というタイプ。

これと同じで、別に腹が減ったら、その時欲しいと思った物を食べればよい。
そんな事を言っても、ここに来られている方は「特上の霜降りを食べたい」など
と思う人なんて少ないでしょうけど。

どちらかと言えば、食べるものに極端にこだわり精神力を使うなら、もっと
精神的な進歩や瞑想が進むような日々の努力をすればよいということ。
その中で、自然と体に不要なものは受け付けなくなりますので。

同じように、行為に関しても何をしてもいいけど、例えば殺生ですが、虫が
嫌いなら最悪殺していれば良いのです。
進歩すれば、嫌いだった虫に(わかりやすく言えば)愛情が生まれ殺すなんて
考えが浮かばなくなります。

21 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:03:33 ID:+zqozS3m
>>20
アバロキ亭シュークリームはやはり元某師?
ちょっと違うと思うけど、わりとまともな主張だ。
しかし、元某師けっこう破戒しているようですね。
この書き込みは自己の破戒を弁護しているようにも思える。



22 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 13:11:01 ID:XrPicbde
大分以前、サマナの根菜の水炊きですか
そういえば、一度だけタダで食わしてもらったのを思い出したんだけど
ホント、これでは私は出家できないと思ったよ

味がついてないんだもの(泣
にんじん食ってるーしいたけ食ってるーって感じが
毎日これかよーと思ったら、死んだほうがいいやと
そこらへんは尊敬するよ

ところでサマナ入りして、すぐあればっかりだったらさすがに
イヤになっちゃうよね
出家以前に慣らしておくのか?
性欲で落ちるやつはいても、食欲で落ちるやつはいないと聞いたが

在家でいるとそこらへんはやはり甘くなってしまうから
出家して、金一文も持っていなくて、食べ物買いたくても買えないという
環境に身を置いて、初めて食欲を捨てなければという気持ちになれると思うよ


23 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:17:29 ID:+zqozS3m
>>20
シュークリーム師の主張は、
オウムの言葉でいうなら寂静と観照の問題で、
寂静を得ることだけに集中せず、
観照の光を強める修行にも力を入れなさい
そう言っているようにも思える。
確かにその通りであって、
光の強い人は現象をダイナミックに動かすことができる。
当然自己を救済することもできるし、
他を救済することもできる。

24 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 13:17:44 ID:XrPicbde
20はオウムではありません

おいしいものを食べるという楽しみも、実は苦しみとつながっていて
おいしいものを食べて嬉しい、という気持ちが増すならば
まずいものしか食べられない、あるいは食べたいだけ食べられないという
裏側の苦を増大させることになる。

感覚に楽しむことを覚えさせると、その楽しみが尽きたとき
(うまいものを食う、性欲を満たす、ほかすべて)まるで麻薬が切れたように
苦しみ悩まないといけない
だから、感覚を楽しませるのではなく、平衡を保つように心がける

25 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 13:25:41 ID:XrPicbde
北朝鮮の子供はかわいそうで
大人がいる前で歌を歌う 将軍様をたたえる歌を
そうやって大人から褒美をもらおうとしているんだけど
誰も何もくれない
なんだよー何もくれないのかよーとダダ言っていた子供が
数時間後に地べたに倒れ付して、動かなくなる。。

26 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:30:57 ID:+zqozS3m
>>19
尊師の本質とか、
オウムの教義とかを理解していない場合、
このように、いかにも矛盾しているように思えるでしょう。
それは当然であって、
実はこのように誤解されることも尊師の意思だといえる。
このことについて一通り説明したとしても、
分かる人には分かるし、
分からない人には分からない、
という結果になるだろう。

分かる条件としては、
輪廻転生があるということを理解できるステージ、
つまり、宿命通があるか、
輪廻転生を実感しているということ、
カルマの法則があるということを理解するステージ、
それを何度も何度も実感しているということ、
真理との縁が何よりも大切であるということの理解、
真理に縁がない魂は、
一見幸福なようにみえても、
絶対的な苦しみにぶつかり、
終わりのない苦しみを経験しなければならないということ、
そういったことを理解するステージ、
これらである。
これらが理解する条件となる。


27 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:44:31 ID:Y+CHZzJQ
ホー 湖面に映る虚像のような さまざなま幻影に引きずられ
輪廻の大海を浮沈する生き物たち

28 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 13:45:26 ID:XrPicbde
私はあまり、ベーシックな教えから逸脱したものを実践したいとは
思わないな
教組に関しても、もし他に良いグルがいるなら
もう二度とソンシに会わなくてもいいと思っている
彼は私の体質にあわない
人が理解できないことをして、神の意志は計りがたいというような人は
他人に不親切だと思う
やはり、どんな真理があっても、相手に理解させることができなければ
それは無いのと同じで、理解できないおまえが悪いというのは適切でないと思う
それは、上からの一方的な押し付けだよ
特別なことをやって、気取っているように感じる 私にはね
お前らには、わからないだろうって
もとが、選ばれた魂にしか理解できないとか、説明されていると
それが理解できる俺は、人よりすごいんだ、って
もともと人の間に階級差をつけるのが好きなグルだからね
そういうやつが好きじゃない

29 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:46:26 ID:Y+CHZzJQ
この大乗の発願が、まさか最大のアイロニーになるとは、想像もしていなかった。

30 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:52:07 ID:Y+CHZzJQ
>>26
【自己愛性人格障害】

・特別な人間であると思っている。
・自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。
・宗教の熱烈な信者。

まず自覚することから始めましょう。

31 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 13:53:17 ID:XrPicbde
自分の提案した、理不尽な考えにヘイヘイついてこれる弟子を
特別扱いにして、ヴァジラヤナの修行者だとか持ち上げているように
見えるん抱けども

ソーナーなんか、今のような金を出すことばかり強要する
教団は間違っていると思いますと言ったら
オマエは修行が足りない、と言われて
マハムドラも成就できなかったよ


32 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 13:54:59 ID:Y+CHZzJQ
>>26
【境界性人格障害(境界例)】

・ 現実を理解する能力が貧弱。
・ 自分と他人との境界があいまい。
・ 他人への評価が極端から極端へと揺れ動く。
・ 人生の価値観や目標が突然変わったりする。
・ 二者関係にしがみつく。
・ などなど

http://homepage1.nifty.com/eggs/borderline.html

33 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 14:45:39 ID:Y+CHZzJQ
自己愛性人格障害 (Narcissistic Personality Disorder) と
は、つまり病的ナルシシズムのこと。

自分が、取り返しのつかない大きな過ちを犯したことを認め
たくないがために、自己正当化を繰り返し、行き着くところ
までいってしまった、というのが麻原の実際の姿。

麻原を筆頭に、サマナも信徒も、結局は単なるナルシシスト
に過ぎない。

34 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 15:21:31 ID:XrPicbde
てかさ、背景にいろいろあって
ヴァジラヤナという教義を打ち出して実践しなくてはならなかったんだけど
もし、最初の事件がなく、事がなだらかに運んでいたら
いまバリバリのヴァジラヤナ信奉者だって、人殺しは絶対いけませんって
言っていたんじゃないの
てか、教組が突然、あれは間違いだった、あの教えはなかったことにしろと
言ったら、みんなあれは間違っていたと、言い出すんだろ
てことは、事の是非より、グルがそう言ったからというのがデカイんだよね

35 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 15:31:29 ID:N1G+EEue
麻原のテープ聞いてなんとなく正論って気がしたのは

@心にわだかまりのないSEXをすると言うことは、堂々とした対人関係を作る秘訣である
@SEXを遮断すると言うことは神聖天界に至る道である
@すべては欲求から始まる、すべては願望から始まる。
@酒・タバコ・アルコールなどを飲んだり吸ったりしないと言う事は、世の中を自由自在に生きるためのテクニックである
@生き物を慈しみ、殺さないということは身体の苦しみを取り除く最高の方法である
@人に物を施し、盗まないという事は、物質的に豊かになる秘法である

ま〜この人は有る意味カリスマだわな
うまいこと言ってる
宗教的知識もすごいしね。
麻原が言ってた他の教団にない4本の柱
@偉大なるグルの存在
@偉大なる真理の教えの存在
@偉大なるイニシエーションの存在
@そしてステージによって存在する素晴らしい成就者たちの存在

どうよ?

36 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/25(金) 15:31:31 ID:HNBIvrIp
サマナに似ている名前の方が居ましたが、本人ならこんなコテハンにしません。
ただ、この名前が好きだったのです。

>21
> この書き込みは自己の破戒を弁護しているようにも思える。

弁護と違う部分は、気を張っていない。という所でしょうか。
マイペースでいいんです。本当に食べたくてそればかり瞑想に出てくるなら
食べましょう。という事です。それによって、ふっきれるものもあるのです。
「悟り」と書くと語弊がありますが、幸せや平穏の気持ちを目指すのに
それを越えないと駄目という、一本道はないのです。多くの道筋があります。
細かい部分に気をとられ、それだけになるよりも全体を常に見据えて行くこと
の方が大切だという事です。

>24
> 20はオウムではありません

ある意味、正解です。あなたの書き込むオウムの教え主張は本当に10年
ちょっと前にさんざんサマナ達が言ってきたもので、MP3プレーヤのごとく
高精度に再現されています。これ繰り返し回想しているだけの方にはそう
映ると思います。
(単に過去の誰かと勘違いされている。が正解でしょうけど。)

オウムに所属していた責任を棚に上げ、自分は被害者のごとく他のサマナ
達を罵倒し、時には擁護する。あなたの心の葛藤は、まず自分の責任を
明確にする事で少しずつ溶けてくるでしょう。
元信は加害者であり被害者です。被害者の部分だけに固執してはひっかかり
は取れません。
ただ可愛いくらい一途なのはあなたのいい部分です。が…



37 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 15:35:20 ID:N1G+EEue
オウムアニメ全部見た。
面白い内容だけど
今見ると「ありえねー」って感じよね

あの人は普通じゃないオーラでてるから
事件前だと信じてたかもしれね。
しかし空飛んだり、神通力とは。

オールキャスト実際の人物ってのが素晴らしい。
上祐らはじめ。

38 :お告げ:2005/03/25(金) 15:38:03 ID:zMSEf/Xz
こんなことに時間を費やす無駄を悟ること、それが真理である

39 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 15:41:07 ID:N1G+EEue
クイズ

サッチャ
セソン
ビッチャーチャラナサンパンナ

意味を答えなさい


40 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 16:01:38 ID:Y+CHZzJQ
オウム(アーレフ)で聞かされて覚えた、にわかサンスクリット語。

41 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 16:11:11 ID:F753zqmf
もしアーレフが解散した場合、前納した月会費は返却されるのでしょうか?


42 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 16:51:20 ID:XrPicbde
>オウムに所属していた責任を棚に上げ

私は自分のした布施を人殺しに使えと、頼んだことはないよ
使い道に口を出すな、と言われたことはあってもね
信者は使い走りにされることはあっても、教団の経営方針に口出しをする
何の権限もないよ 権利はないのに、責任だけは一心同体なのか?
私は教組がヴァジラヤナを提案したのも選挙にでるのもキライだった
でも私がやめろといっても、やめるようなグルではないだろ
てか、”オマエなんかにナニか言う権利あると思っているのか、”ぐらいなもんだろ
私が怒っているのは、多くのサマナはもうヴァジラヤナを否定していると
思うんだけど、まだここへきて、いいことしてやったんだと息巻く人がいるからさ

43 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 17:04:33 ID:XrPicbde
>酒・タバコ・アルコールなどを飲んだり吸ったりしないと言う事は、
世の中を自由自在に生きるためのテクニックである

お酒を飲むと気がでかくなって、普段いわないことを言ったり
失敗したりするから
この間、議員なのに酔っ払って女性のおっぱいを掴んで
辞職した人がいたけど、ああなるから慎めっていうことね
もう二度と酒は飲まないと言ってました(笑

44 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 17:16:31 ID:uBCO+tvN
A級加害者教祖
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー越えられない壁
B級加害者生体師
C級加害者省吾氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
D休暇会社師
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
E級加害者スワミ
F級加害者平サマナ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
G級加害者多数導き高額布施信徒
H級加害者信徒 あたしゃは何も知らん下っ端なんで上の者から加害者と言われ党内

45 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 17:22:01 ID:uQGksdIe
>>30>>32>>33
ISKCONを隠れ蓑にする阿佐谷北みたいなものですね

46 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 17:57:04 ID:bTdrBzep
人参を切るのも殺生に通じるから位の高い者はやらないとか、
もう芽の出ない人参なら茹でても良いとか、すごい話ですね。
そういうことを気にかけて生活しつつ、不潔な中で生活しているというのは、
強迫性神経症患者(またの名を強迫性障害)の思考&行動パターンと
よく似ています。この神経症の特徴は、何か決まったことを頑なに守ろうとし
(物を置いておく位置だの、生活上の決まりだの、縁起かつぎだの)、
それ以外のことは全部お留守になってしまう特徴があります。
例えば不潔恐怖という症状だと、いつもアルコール綿を持ち歩いてドアの取っ手を
拭いて回りますが、本人は全然風呂に入らなくても一向に気にしません。
疾病恐怖の強迫神経症患者が、自分は胃腸が弱いと思い込むと、素うどんやおじやだけしか
食べてはいけないと思い込み、栄養不良になってぶっ倒れたりします。
本人はその思考パターンを変えられないし、本人にとって有害な行動も変えられないの
ですが、傍から見るとものすごく変、っていうところも、鸚鵡さんと似ています。

47 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 18:04:19 ID:Y+CHZzJQ
>>45
今このスレに来ている、もう一人の現役さんですか?
ISKCONとは、なんでしょう?

48 :阿佐谷北:2005/03/25(金) 18:21:03 ID:euYk/Ca/
>>ISKCONとは、なんでしょう?

 オウムと教義が似ているヒンドゥー教団体のことですよ。
専用スレッドもありますよ。

49 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 18:28:05 ID:N1G+EEue
真理チャットが全盛期の頃のやつら今どうしてんだろ

最上真理とか。あいつは変わってたよ。
姫とか言う奴もいたな。酒飲むわタバコ吸うわ
全然修行してねぇじゃんか

50 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 18:30:33 ID:mmHrNsuR
ISKCONとオウムは全然似てい無い!
事実と異なる虚偽を言う、阿佐ヶ谷北は
日本から出て行け!!!!!


51 :始まりと終わりのない時間 ◆L.GTFhOniA :2005/03/25(金) 19:07:11 ID:3r9FtsXx
ビΩチΩ糞Ωなやつらは、
《大を生かすために小に眼をつぶる》などとタワケたこと言うてけつかる
糞だから仕方ないが…


つーか、スレタイの『オウムの教義は完璧か?』いいかげんウザイぞ

『オウムの教義はビチ糞だろ?』に変えるべし

次はおれが立てるわ

52 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 19:31:44 ID:uQGksdIe
>>48
貴殿のせいでここのスレ住人やらが非常に迷惑しています。
警察にマークされている様な貴殿は申し訳ありませんが二度と来ないで下さい。

53 :18:2005/03/25(金) 20:26:41 ID:IuXoDZvp
そもそもはじめににんじんのことを聞いたのは、、、、
なぜにんじんを特定の人が切ると悪業になるのか知りたかっただけです。
食のための殺生と悪業の本質的な意味ですね。
細部に宿る本質的な意味を知ることは全体をみることと同じではないでしょか。

おおらかな気持ちでダイナミックに全体を進めていけばいいのだ、というやり方は
本当にそれを進めていったらあてはまらなくなる状態がでてくると思いますね。
あいまいさは苦をもたらすと思うから。


54 :関係者:2005/03/25(金) 20:49:02 ID:1V7IgefB
事実と異なる虚偽を言う、阿佐ヶ谷北は
日本から出て行け!!!!!

55 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 20:52:05 ID:Y+CHZzJQ
>>26
一つ質問なんだけど、アーレフの教義の土台になってるのは、
いまでも仏陀の教え=原始仏典と考えていいのかな?

56 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 21:36:52 ID:1V7IgefB
オウム信者は、黄門にネギでも入れる修行でもしろ!
これこそ超能力秘密の開発法→空中浮遊も可能


57 :名無しさん@3周年:2005/03/25(金) 21:52:30 ID:1V7IgefB
オウム信者は、男根を切除しろ!
性欲こそが解脱に至る最大の障害
あとネギも大切

58 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 22:46:55 ID:EM/2BYsK
ISKCON ってハレクリのことでしょ
ぜんぜん似てないよ
阿佐谷北さんてここに登場する回数が多いけど、なんにも宗教を理解する能力ないね

あそこは、ただ自分の神を愛することに酔って、菜食主義をして
踊りを踊るというね。クリシュナに近づくのには親愛のみ、神を愛することのみが
大事で、他の難しい教義や瞑想は必要ないってのよ。

ある部分、正しいとは思うんだけど、オウムから見ると修行をしている範疇に入らない。
キリスト教みたいだと思ったけど。神をたたえ、愛することはするけどしっかりした
修行体系はないね。

59 :カネゴン@キャンディ:2005/03/25(金) 23:11:32 ID:EM/2BYsK
ただ、それだけでも、神を供養して戒律を守って暮らせば
少しずつ上にあがっていけるとは思うから、宗教がない人よりはいいと思うんだけど
のんびりして見えるね

60 :どんなに立派な教義を並べても人殺したらオシマイ:2005/03/26(土) 00:25:47 ID:nmj6Z/eY
オウム信者:幸福の科学って教義が薄っぺらいね。
友人:でも人、殺してないよ!
オウム信者:昔、幸福の科学に行ったら、本買え本買えって言うんだよ。
      商業主義でやんなっちゃう。
友人:でも人、殺してないよ!本買わせて金取っても、それ以外は何も
   悪いことしてないだろ!
オウム信者:・・・・・・

このアホ信者は実在する。



61 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 00:26:29 ID:Fh+HkXLP
>>57
尊師に「切除か、信徒格下げか。」と言われて
切除を選択して実行した性欲破戒者がいたそうだよ。

62 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 00:32:44 ID:uB+2agVc
>>29
まったくね。
この世は虚像なんだ、この苦しみも虚像なんだ、って自分に言い聞かせて、
自ら進んでマインドコントロールしていると。
そういう方法でしか幸せになれない人もいるでしょうけど、
それほど苦しんでいない人に自分(オウム)の価値観を押しつけるなと言いたいですね。

63 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 00:34:17 ID:9NigjdkS
そのお方こそ模範的、信者
皆様、これこそ悟りに至る最高の修行法
あとネギも大切

64 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 00:36:12 ID:nSe5yT1X
>>55
アーレフのことはアーレフに聞いてください。
私はアーレフの代表ではありません。
それとは関係がないけれど、
荒木さんは大変だな。
アーレフの看板を背負って、
見解を述べるのは大変なことです。

65 :どんなに立派な教義を並べても人殺したらオシマイ:2005/03/26(土) 00:36:52 ID:nmj6Z/eY
統一教会が霊感商法で金とったとか、法の華が詐欺で金むしりとったとか
教祖のセックススキャンダル、堕落腐敗・・・
宗教団体による、その種の被害報告はこの宗教板では腐るほどある。
しかし、どんな宗教も人殺しまではしない。
宗教が人殺したら終わり。それがやったのがオウム。だから
宗教生命が終わっている。わからんかなぁ


66 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:03:55 ID:RTuvqRk4
普通に話し合っても、どうせケンカや罵り合いにしかならな
いから、テーマを教義についての話に絞ることで、対話を図
るというのが、このスレの趣旨だったよね、確か。

多分、過去スレでも何度か話題になっただろうけど、アーレ
フの主張する輪廻転生を前提とした世界観について、ブッダ
(釈迦)がとう語ったのかを、ここでもう一度確認してみな
いか。

原始仏教から読み取れる釈迦の言説について、麻原アーレフ
の独自解釈と、正統派とされる上座部の解釈とを比較してみ
た場合、どこがどう違うのか、客観的に検証してみようじゃ
ないの、と。

釈迦は本当に輪廻転生を説いたのか、否か。
どっちの主張をするにしろ、その説かれた経典(原始仏典)
の箇所を引用してソースを示してみろと。
おれも示すから。

67 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:05:32 ID:RTuvqRk4
>>64
でも、>26 の発言内容からして信者さんなんでしょ?
そのような回答をするように教壇から指導されてるから、そのようにしか
答えることはできなってことかな。

68 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:12:20 ID:nSe5yT1X
>>30
今生、あるいは前生で本格的に修行している人と、
今生、あるいは前生で宗教的なことに興味はあるが、
傍観者的、評論家的、あるいは文献研究者的な態度を取ってきた人が、
議論してもかみ合わない。

それは盲目な人しかいない村に、
一人の普通に視力がある人が来て、
議論するようなものである。

私には色が見える。
赤、青、黄、緑
いろいろな色がある。
そう言ったとしても、
盲目の人たちは、
では、君は我々に分かるように、
色の存在を証明することができるのか?
と言う。
それは君の観念が作り出した幻影だと言う。

例えば仏典には六神力の記載がある。
宿命通の記載もある。
文献研究者はそれに対して、
そういうことがあったかもしれないし、
なかったかもしれない、
そのような主張しかできない。



69 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:16:55 ID:RTuvqRk4
>>65
仏教誕生以前のインドでは、バラモン教(のちのヒンドゥ教)が一般的に
信仰されていて、その経典ウパニシャッドでは、たとえ人間の肉体は滅
んでも、魂(アートマン)は永遠不滅なので、王族や武人が、その義務を
果たすための戦争で人をを殺しも、罪にはならない、と考える根拠になっ
ていました。
たとえ家族・親族を殺したとしても。

こうした時代背景の中で、アートマン説を批判して、無常・無我(アン・ア
ートマン)を説いたのが、釈迦でした。

麻原オウム・アーレフの教えは、バラモン教のアートマンの考え方に基
づくもので、釈迦の主張とは真っ向から対立するものです。

70 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:21:48 ID:4aUL0DN0
今週の週刊文春
麻原彰晃「糞尿タレ流し」獄中の真実
http://202.32.189.64/mag/shukanbunshun/

今週のフライデー
失禁、脱糞…奇行続出は「詐病」じゃなかった
接見医師が証言「麻原彰晃は脳に重大疾患アリ」
http://books.bitway.ne.jp/kodansha/friday/scoopengine/index.html

今月の月刊プレイボーイ
「A3」麻原彰晃への新しい視点 弁明
前回は、彼に面会するために東京拘置所を訪れた。
彼とは、一審、二審で死刑判決を受けたオウム真理教の元幹部、岡崎一明。
最高裁で岡崎の死刑が確定する確率は現況ではかなり高い。
オウム以降、死刑制度存置を主張する人のパーセンテージが急激に上昇した。
麻原彰晃への死刑がいつか執行される確率はまちがいなく高い。
在りし日の麻原の弁明とは……。
http://m-playboy.shueisha.co.jp/serials/index.html


71 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:41:08 ID:vhA6akmD
>盲目の人たちは、では、君は我々に分かるように、
>色の存在を証明することができるのか?と言う。

色の存在証明は科学的知識としてなら盲目の人にも分かるようにできるよ。
主観的体験はさせられないけどね。
しかし超能力や魂の存在証明は科学的知識としても客観的に証明できないし、
されたことは一度もない。
主観的体験は証明とは言わないし、それこそ幻影と言える。

72 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 01:56:58 ID:RTuvqRk4
>>68
ドグマティズムという言葉をご存知ですか?
独断的な教義への固執に陥ることを意味します。

あなたの言うように、自分自身に知覚できないものについての言及
には慎重な姿勢が求められます。
しょせん人間は、五感で知覚できる範囲のことしか知りえません。

五感で知覚できないことは、形而上の問題とされます。
輪廻転生という概念は、典型的な形而上学的問題です。

そして、この形而上の存在(知覚できない存在)があると主張するこ
とも、また逆にないと主張することも、どちらも根拠のない「独断」で
しかありません。

この点について、釈迦はどう語ったかご存知ですか?
最古の経典といわれるスッタニパータに記載された釈迦の返答は、
そのような議論を根底から覆すものでした。

73 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 01:57:22 ID:XMGq22IO
私にも修行していくばくかの神秘体験はあった
だから超能力の存在や釈迦のいう六神通も信じてはいる
あるいは、この世界でない異次元の存在も知覚することがある
しかし、だからといって、この世ではない別の世界があるというのを
理由にこの世の人たちをひどく扱う理由にはならないじゃないの
修行者は異次元を知覚できるが、同時にこの世でも生きているじゃないの?

世俗の人間だって、肉体の目が見えない盲目の人をいたわることはしても
彼らは私達より能力が劣っているとみなして殺したりはしないもの

74 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:03:18 ID:RTuvqRk4
その知覚とは、
・視覚
・聴覚
・味覚
・嗅覚
・触覚
という五感のどれで知覚しましたか?
それとも、瞑想体験などの心理的体験ですか?

どちらでしょう?

75 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 02:05:51 ID:XMGq22IO
68

バカ!あんたが特別なんじゃないよ
このウスノロヤロウ
教組のもとで修行したから、そういうものが見えるようになったんだよ
あたしは教組が嫌いだったが、それでもバクティしたり布施したりで
ある程度の神秘力が現れたもの
つまり、誰でもがそうなる可能性がある
ただ、あんたがいうように縁があるかないかなだけだ
自分だって教組に会わなかったら、現世で普通にサラリーマンをやっていたんだ

私は、この教団で長く修行をしている人は、自分が昔”凡夫”だったのを
忘れてしまったのかと思う
元はと言えば、教団があんな事件を起こしたせいで、もともと善徳があって
修行の世界に入れる良いカルマのあった人たちも、オウムを誤解して
毛嫌いするようになったんだよ

私は語学が得意だったけど、英語がさっぱりわからない人に対して
優越感をもったことはほどんどない
なぜなら、私は好きなことをやった結果、人より得意になっただけであって
他の人には他の人の得意なこともあるだろう。その人たちは自分達の
得意な、あるいは好きなことをやっていけていけばいいんであって
比べることなんかできないと思ったよ。ただ、興味のある分野が違うんだ。
修行者だって、極端に言えば、自分の好きなことばかり没頭しているわがままな
人種だからね。それで人より能力があると思って人殺しするから。

76 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:06:34 ID:RTuvqRk4
わたしは人間の神秘を否定するわけではありませんよ。
ただ、その「神秘」というものの性質については、「ありのままに観る」必要が
あると思います。

77 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 02:08:25 ID:XMGq22IO
視覚、聴覚、心理的体験ですね

78 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 02:13:40 ID:XMGq22IO
あたしの神秘に対する考えはこうだよ
キャンディちゃんは実用的なものを愛するからね
ここに、一生懸命修行して、1メートルくらい空中浮遊をできるように
なったものがいる
これは重力に反する 奇跡かもしれん
しかし、その能力を得るために、仕事をやめ家族に心配をかけ、したと
だったら、飛行機に乗りやがれ、と思う
 
とか、あまりあてにならない天耳を使うなら、電話でもかけたほうがいいやと


79 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:18:10 ID:jTUIUj2d
大小便で劣等な金属を磨き金に変える錬金術があるだろう

80 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:28:17 ID:+mxSRjIl
>>71
例えば、外気功や気功麻酔のように、
科学的には証明されていないけれど、
一般的に認められている現象もありますよね。
この場合、科学が進歩すれば、
未来において科学的に証明されるであろう、
このように考えられませんか?




81 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 02:36:08 ID:XMGq22IO
てか、いい年をした中年親父が女房子供放り出して
修行に没頭するという感覚自体が嫌い
オウムの男連中ときたら、修行熱心だけど、世間的な責任感は薄いし
教組も、今家族がどうしてるかしらんけど、
女房子供の面倒を赤の他人に見させているんじゃないのかしら

第一、女子供から金品巻き上げて、大人の男が食うのを肯定しているのが
憎たらしい
世間では用事がなんであれ、女と男が同席したら男が会計もつのに
この教団は相手が若い女でも構わずむしるんだもの
そんで、いい年して家族をおっぽり出した男連中がメシ食うんだわ


82 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 02:39:13 ID:XMGq22IO
だからうだつのあがらない男連中のいい溜まり場になっちゃってさ

実際、自分はぶらぶらしていて、女に経済見てもらいたいと
夢想する男性信者にあって、唖然としたことがあるよ
そいつは元サだった

83 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:43:42 ID:jTUIUj2d
>世間では用事がなんであれ、女と男が同席したら男が会計もつのに
そうでもなでしょ
下心あり&えっちあり→おごる。ただの友達→割り勘
でない?

84 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:43:59 ID:+mxSRjIl
>>75
教団があんな事件を起こしたせいで、
もともと善徳があって、
修行の世界に入れる良いカルマのあった人たちも、
オウムを誤解して毛嫌いするようになったんだよ。

実はマイトレーヤ正大師もそういう発言をしたことがあって、
実は周りの人は驚いた。

実は私はマイトレーヤ正大師を見たとき、
初めから何となく好きではなかった。
けれどもミラレパ正大師を見たとき、
なんて奇麗な人なんだろうと感動した。
修行者には修行者の系統というものがあって、
わたしはそういう系統の人なのかもしれない。
でもステージが低かったので、
ヴァジラワークには呼ばれなかった。
幸か不幸か、
幸なような気もするし、
不幸なような気もする。



85 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:46:03 ID:Fh+HkXLP
オウムに限らず、ヒモ志望の人なんていくらでもいるでしょ。

86 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:46:27 ID:vhA6akmD
LSDやら極端な睡眠不足、空腹や過労での幻覚を見たところで何の説得力もない。
健常でも脳の構造上、日頃から幻視幻聴がともなう症例もある。

一発で誰が見ても証明できるのは、空中浮遊と予言と他心通なのだが、
空中浮遊→ジャンプ時の写真しかなく、動画が一つもない。
予言→外れまくり。
他心通→読心術、あるいは両者の思い込みで成り立ってる。

他にも矛盾、突っ込みどころはいくらでもあり。

87 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:51:17 ID:+mxSRjIl
>>72
つまり、あなたは輪廻転生は、
あるかもしれないし、
ないかもしれない、
そういう考えを持っているのですか?

88 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:52:00 ID:vhA6akmD
>80 外気功や気功麻酔

暗示の可能性大ですけどね。

>未来において科学的に証明されるであろう、
このように考えられませんか?

あくまでも希望的観測ですから、否定できないというか
何かの不在証明というのは永久に不可能なことです。

89 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 02:55:50 ID:dp2hHbi/
そんなのは分析してみないとわからんでしょ。

あとキリストのイニなんかにいては
どんな方法使おうがバルドーやサマディー(擬似でもなんでも)に入れるということ自体が
とんでもなく稀なこと。
というかマハムドラー的には事象に存在するもの全て道具となりえる。
法的にはどうとか倫理的にはどうとかは知らんよ、どーでもいいこった。

90 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 03:01:13 ID:vhA6akmD
>とんでもなく稀なこと。

臨死体験談など、世界中に無数ありますが。

91 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 03:05:29 ID:RTuvqRk4
>>87
いえ、わたしは経典を読み比べたり、現実に照らし合わせて検証したり、
自分で考えたりして、自分なりの結論を出してあります。

文の最後を「釈迦の返答は、議論の土台を根底から覆すものでした」と
結んであるのは、どっちつかずの返答で煙に巻くことが目的なのではな
く、それぞれが自分の目で確かめるしかないと思っているからです。

92 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 03:17:49 ID:jTUIUj2d
>>82カネゴン・キャンディ
教団(教祖・サマナ)がそうさせたのだよ
耳にタコができるほど終末論聞かされたからバリバリ働いて出世しようとか
金稼いで豊かな生活しようなんて全く・・・いや目先のことしか考えなくなったからな

93 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 03:21:45 ID:XMGq22IO
てか私は、神通力をもって、数々の転生を見通し
私は昔、あそこに生まれてこのように生き、そして死んだと
あるいは天に生まれ、大いに楽しみ長生きし、すべてを支配しそして死んだと。
神秘力を使ってあれこれ見た結果、結論はどこの世界に生まれても流転したと
生まれては死んだと、無常であったと、だから出離しなくてはと
その結論にたどり着けばいいだけなら、現存する釈迦のベーシックな教えで
十分じゃないかと思うん抱けども。
まあ、自分だけの済度を考えた場合だけどね。
釈迦はすべての神通をもっていたと言う。そしてすべての世界を見通したと
その結果、どこも安住の地はなかったと。すべては生死を繰り返したと。
それだけわかればいいんじゃないの?
もちろん、自分で体験できれば一番いいことだけど、一般人にも
無常や生死は理解できるから、理解できる範疇で説いてやればいいと
思うし、それだけで十分修行の動機となると思うん抱けども。

94 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 03:54:34 ID:dp2hHbi/
>>90
バルドーを冷静な意識で観察したのは殆どないでしょ

95 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 08:02:19 ID:Nj3urg7o
>というかマハムドラー的には事象に存在するもの全て道具となりえる。

こういう風に都合の良いように考えるのがアーレフの特徴だね。



96 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 09:31:33 ID:RJr+SIvp
>てか私は、神通力をもって、数々の転生を見通し
>私は昔、あそこに生まれてこのように生き、そして死んだと

教団によって教義をさんざん吹き込まれた暗示の結果生まれた
幻視である可能性はないですか?


97 :マジレス:2005/03/26(土) 09:36:33 ID:nmj6Z/eY
宗教っていうのは困った人、苦しんでいる人を救済する為に存在するんですよ。
そうだろう。
で、世の中で困っている人というのはどういう人かと。
はっきり言うと、金が無くて困っている人が大半なんだね。
日本は豊かすぎてその感覚が麻痺してきた。近年の不景気と国力衰退で
やっとそれに気づき始めた。
特に宗教やるような−精神的なものに価値を置いている人は−たいてい
お金がないものだよ。
昨年自殺者が3万人を超えたとか言っていた。その3分の1は経済的な
理由で死んでいるんだ。
世の中の人の悩み事の大半はお金で解決することがすごく多いんだよ。
もちろん100%ではないけれど、8割9割は金で解決する。
だから宗教が金を取るのは間違い。金がなくて困っているのに、
何で金をむしりとるの?
お布施したって金持ちになんかなれないよ。それは法則じゃない、詭弁。
金持ちになるのは、精神の法則ではなく、経済の法則に従わなければ
ならないんだよ。



98 :マジレス:2005/03/26(土) 09:37:16 ID:nmj6Z/eY
超能力で人を救った人はいたかな?超能力で衆生を救えるのならば、
お釈迦様はそうしてるよね。イエスは何人かの病人を超能力で癒したけど、
すべての大衆を救ってはいないよ。
だから、超能力とかそういうのは単なる遊びであって、おまえらオームは
遊びに金出しているだけ。おまえらのやっているのは修行ではない。ぜいたく
な遊び。

世の中は金がすべてなんだよ。金がすべてだから金が無い者は行き場がないんだ。
そういう人達の慰めの為に宗教があるんだよ。おまえらオームは宗教ではない
商売だとはっきり言ってやるよ。



99 :マジレス:2005/03/26(土) 10:05:19 ID:nmj6Z/eY
すべては救済ではなく、麻原の遊びなんだよ。
将棋かチェスのようなものだが、もっと子供っぽく残酷な遊びだ。
子供がカブトとクワガタを戦わせて遊んでいるようなあのレベルの
遊びだと思ったらいいだろう。
麻原は獄中で「大リーグボール3号」がどうのこうのと、マンガなどを
持ちだし、子供のような妄想を語っているという。彼は
残虐犯罪者に共通の幼児性を持っている。
「この裁判は劇場だ」と彼は言った。そうじゃない。オームとこの男の脳が
劇場だったんだよ。この男は教祖という役を演じていただけにすぎんのだよ。
そして、ハルマゲドン、その破局の後に現れる救世主、世界支配の王という
シナリオを自ら書き、その主人公を演じるつもりだった。
ところが逮捕され檻の中に入れられて演じるものが無くなったので、
おかしくしまった。それだけだ。

アーレフのやつらは主演者がいなくなってからも、自分達で勝手に
ストーリーをこじつけて劇を演じている。しかし、主演者がいないので
すでに劇としては終わっている。悪いことは言わない。
カツラを取り、衣装を脱ぎ、化粧を落とし、セリフと台本を忘れて、
馬鹿げた劇を降りてただの人間になりなさい。






100 :本気レス:2005/03/26(土) 10:11:41 ID:o6BHNVzU
ウンコ教祖より幹部連中のほうがワルだったりして

麻原を利用したんだろ?

101 :マジレス:2005/03/26(土) 10:11:48 ID:nmj6Z/eY
麻原は最初は真面目な修行者だった。これは否定しない。
だが、教団を作ってみると、予想以上にオイシイ現実があったのだね。
どいつもこいつもハイハイ言うことを聞くし、女は自分の意のままに
なりそうだし、信者は黙って
金を持ってきてくれる。
世俗を捨てるつもりだったのが、実際には世俗的な欲望を成就できる
環境であったと(これが悪魔の罠だったのだが)
。そこでいっちょう、好きなことをやってやるか、と
野心を出したのだね。これが選挙であり、サリンの遊びだったと
いうこと。

102 :マジレス:2005/03/26(土) 11:10:33 ID:nmj6Z/eY
賠償金支払い停滞に関する提言

要するにこの教団および構成員が宗教活動という「遊び」をやって
いるからである。この教団および構成員が生活のすべてを
経済生産活動に専念すれば問題はない、単純すぎる事柄である。

サラリーマンの生涯賃金は1億円とも言われているから
生活費を差し引いても、住宅購入などの贅沢をしなければ
賠償金返済は楽々できるであろう。
現況ではまったく関係のない在家信徒などから賠償金の金を
吸い取っているのである。
もし、宗教活動という遊びをやめて、1日のすべての時間を
経済活動に専念するならば、犯罪者の家族、あるいは関与者、
何人かの有志だけでも払いきれるのではないかと思う。
にもかかわらず、犯罪者の家族、例えば教祖の娘などは一戸建て住宅
に住み、私大に進学しており、教団内部にも宗教上の理由で経済活動を
していない不労信者がいるからワケがわからない有様である。

さらに教団が宗教活動を破棄し、高利益になる
便利屋だとか引越屋などの企業を設立したり、あるいは、女性信者用に
風俗産業などをし、経済活動に専念するならば、賠償金の支払いは滞りなく
済むはずである。現況では、宗教が第一で、賠償が2の次
という印象が拭えない。

それにしても被害者は、教団に宗教活動をすることを認めているのだ
ろうか。もし、本当に反省謝罪するのであれば、宗教活動を捨て
経済活動に専念するのが妥当と見るべきではないだろうか。


103 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 12:11:53 ID:RJr+SIvp
そう、オウムの修行は修行という名の遊びだね。
超能力を身につけて神人になりたいという、子供じみた遊び。
「割り箸で名刺を切る練習」みたいな超能力遊びのようなものだと思う。
べつに遊びが悪いとは言わないよ、私も遊びでスプーンやフォークを曲げて、
宴会の余興にしたりするから。
本当の人助けは何かと言えば、賛否両論はあっても、「夜回り先生」で
有名な水谷さんや、マザー・テレサのやったことでしょう。
自体愛的な宗教活動に没頭してるのはオウムだけじゃないけどね。


104 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 13:25:12 ID:RTuvqRk4
原始仏教において、釈迦は魂(永遠不滅の個我/アートマン)の
輪廻転生など説いていませんよ。

魂の輪廻という概念は、仏教誕生以前からあったアートマン信仰
(atman)のことであって、釈迦が唱えたのはアン・アートマン(an-
atman)、すなわち無我とか非我といわれている考え方です。
釈迦はむしろ、信仰というものを捨てよ(迷妄から脱却せよ)、と説
いていた。

仏教が輪廻転生について語りだしたのは、釈迦入滅後四百年後頃
のことで、これまで仏教が否定してきた大衆信仰を、仏教入門の入
り口として便宜的に肯定してからのことです。

これが、のちの大乗仏教(創作仏教)の成立につながるわけですが、
そこでは、釈迦が否定したはずのあらゆる民間信仰の話題が提供
されます。しかし結局それは、釈迦の根本思想である無常・無我、
縁起に導くために話を合わせたにすぎません。

「方便」ってやつですね。人を小バカにした態度のようで、私は嫌い
ですが、当時は必要だったのかもしれません。

ソースも提出できます。
長文になりがちなので、小出しにしてますが。

105 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 13:28:23 ID:d3qqm2dM
96

私が見たとは、いってないです
釈迦が自分の過去生を振り返ってそういったということです

106 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 13:32:11 ID:RTuvqRk4
オウム(アーレフ)の教義は、魂の不滅を前提としており、仏教の根本思想である
無常・無我とは、まるっきり反対の性質を持つものです。

仏教は自己の存在もいずれは滅するものと考え、自らの死も自然の摂理として
受け入れるよう教えますが、オウム(アーレフ)の教義では、死してなお、自分は
存在しつづけると主張し、自己の存在に固執しています。

これは、仏教とはいえません。

107 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 13:32:43 ID:RTuvqRk4
>>105
それは、大乗経典にでてくる創作物語ですね。

108 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 13:50:11 ID:+mxSRjIl
>>97
人にとって最大の苦しみは死です。
死はお金で解決しません。

109 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 14:03:28 ID:RTuvqRk4
>>106
>死してなお、自分は存在しつづけると主張し、
>自己の存在に固執しています。

つまり、その考え方では一生解脱は無理です。

110 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 15:48:32 ID:+mxSRjIl
スッタニパータ
第三章 大なるもの
第八経 矢
647
過去の居住を知った者、
そして、天上と苦境を見る者、
しかし、生の滅尽を得た者、
わたしは、彼を婆羅門と説きます。

111 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 16:01:34 ID:+mxSRjIl
これを解説すると、

宿命通を得て過去世を見て、
過去の居住を知った者、
そして、天眼通を得て、
天界と地獄を見る者、
しかし、再び、
神々、人間、動物、地獄の住人に生まれ変わらず、
涅槃に入ることができる者、
私は彼を真の修行者と説きます。

こういう意味になると思う。

つまり、初期の仏典から、
輪廻転生は認められており、
輪廻転生から抜け出した状態、
これを魂としての完成、解脱、
としている。



112 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 16:07:43 ID:RTuvqRk4
多くの大衆に仏教を広めたいと願った、一部の仏教徒による
創作物語である大乗仏典。

その大乗仏典の中で、インドで広く信仰されていた宗教の最高
神とされている梵天(ブラーフマン)が、ブッダ(目覚めた人=
人間)に頭を下げて、どうか説法をしてくださいと頼み込む。

そういうシーンが描かれていますよね。
これは、なぜだと思いますか?

113 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 16:49:17 ID:RTuvqRk4
初期の仏教教団では、教えの中心はニルヴァーナに達することでした
が、在家の信者に対しては主として「生天」の教えが説かれていました。
つまり、道徳的に善い生活をしたら、天に生まれるという教えです。
施論・戒論・生天論の三つは、在家信者に対する教えの三本柱でした。

この天の原語はいろいろありますが、いずれも単数形でのみ用いられて
います。
すなわち、天は一つであって、[後代に現れたような]天の細かな内容規
定や、階層的な区別はなかったのです。
誰でも能力に応じて布施を行い、道徳的に善であれば、死後に天におも
むくとされていました。

しかし、この天の思想は、仏教独自のものではなく、当時のインドの一般
民衆の信仰であって、当時の仏教教団は、単にそれを話の文脈の中に
取り入れただけにすぎません。

仏教では、世界のどこかに、空間的に存在する天を考えたのではなく、
あくまで、絶対の境地を天ということばを借りて表現していました。
でも、一般民衆は悟りに至ることなく、俗信のとおり、死後の理想郷に
行かれるという信仰(迷妄)を捨てきれなかったのでしょう。

・・・後世の大乗仏教における浄土の信仰は、この天の思想の発達した
形です。

浄土もまた、絶対的な境地を表現したものであり、彼岸とは完成を意味
する言葉でしたが、天の場合と同じく、一般民衆には、死後の理想郷と
受け取られてきました。

仏教を知らない人には、いまだにそういう風潮は残っていますね。

114 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 18:56:58 ID:+mxSRjIl
RTuvqRk4さんは110の
「しかし、生の滅尽を得た者、
 わたしは、彼を婆羅門と説きます。」
で「生の滅尽を得た者」
とはどういう意味だと考えるのですか?


115 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 19:29:37 ID:nmj6Z/eY
無我だと主張している人は結局無我を信じているのであって
無我を知っているわけでもないし、証明したわけでもない。
仏典に書いていた言葉を真実だと思って信じているだけなんだ。
そして、いかなる仏典も釈迦が言ったことと同じであるという
証明は釈迦本人を除いて誰にもできない。
一番事実に近いのは釈迦は書物を残さなかったということだ。
書物というものはどんなものであれ、他人の手によって書かれたものにすぎない。
それらは、いずれも釈迦の本心とのズレがあって当然と考えるべきである。

無我を信じている連中は霊魂の存在を信じている連中と基本的に同じ。
また霊魂が無いと主張する連中は、唯物的な世界観を「信じて」いるので
あって、これら三者は証明できない事柄を信じているという点で
根っこは同じなのである。
釈迦はそういう根っこが同じ論争は意味のないものとして無記を貫いた
と見られる。


116 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 20:06:58 ID:Nj3urg7o
時々仏教や仏典を語る人が出てくるけど、
まさか日本語訳されたもので語っているの???


117 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 20:11:08 ID:RTuvqRk4
>>115
>釈迦はそういう根っこが同じ論争は意味のないものとして無記を貫いた
>と見られる。

まったくその通りで、それが仏教の「中道」と言われている考え方(というか
姿勢)だよね。

ただ、無我については、「無我だと信じてる」っていうのはおかしいね。
それは、「信じる」ような概念ではないから。

「一切は無常である。だから一切は無我である」という釈迦の言葉の意味
は、五蘊のそれぞれの構成要素について、色は無常なのでアートマン(永
遠の我)ではない、受も我ではない、想も我ではない、行も我ではない、
識も我でない。だからどこにも永遠不滅の我はない。
という「観察に基づく理解」だから。

118 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 20:23:28 ID:RTuvqRk4
>>116
それは、上座部の経典と、大乗仏教の経典の違いについての指摘ですか?

日本で一般的に仏教と考えられているものは、大乗仏教が主で、法華経、
維摩経、浄土経などがその代表的な経典群です。
これらは、一応、仏教という名前は冠していますが、内容は釈迦の時代の
原始仏教とは、まるで内容が異なるものですよね。

わたしの主な引用元は、原始仏典とされている経典のみに絞っています。

ただ、話のなかで大乗仏典の内容が原始仏教の教えと混同されている
ような時には、区別を明確にするために、大乗仏典の内容を紹介すること
もあるかもしれません。

119 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 20:45:37 ID:VO6v+jfp
106

あなたの説も極端ですよ
もし死んで何もなくなってしまうなら、自らの行いを正さずとも
人目をかすめて盗みでもして生きれば楽じゃありませんか
真面目に生きても不真面目でも死んで終りなら気にする必要もありますまい
できるだけ楽しんで生きればいいのに、なぜ悟りを欲しがる
悟ったって、死ねば終りならがんばって修行せんでもいいでしょう
どうせ悟れなくても、70歳くらいになって死ねば楽になれますよ


120 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 20:59:01 ID:VO6v+jfp
106

逆に、死ねばその存在がなくなるというのであれば、楽な結論が
出せるじゃありませんか 悩みがあるなら、死を選ぶことです。
しかし、オウムでは今生自分のもっている、煩悩や苦悩の因を滅することが
できなければ、生まれ変わってもまた、同じ苦しみにあったとき、それを超えることが
できないと、そう考えられているから、壁を越えるべく必死なのです。

無常=存在が無い などと誰が言ったのですか?
いいですか?存在が無いという言葉の意味を考えてください
それは、存在が有る、という概念があって初めて、存在が無いという概念が
成り立つのです。
つまりあなたは、(ある または 無い)
という二極の発想にとらわれているのです。
釈迦は、
有るでも無い、ないでもない、あるでもないでも無い
それを超えたところのものだ
といったのですよ。
人は死んでも存在する、とか死んだら存在しないで滅するという
どちらも正しくないのではないですか。


121 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 20:59:38 ID:RTuvqRk4
>>114
>>119
この、輪廻転生についての理解の食いちがいについても、仏典の解釈を
もとに話をすすめたいと思いますが、よろしいでしょうか?

お互いが、仏教の基本思想について、どのような理解をしているのか、意
見を提出し合いましょう。

122 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 21:06:52 ID:VO6v+jfp
また、輪廻や生まれ変わりが無いという人に
聞きたいのですが
じゃあ、十二縁起はウソ八百ならべてあるのですか?

>また、輪廻や生まれ変わりが無いという人に
聞きたいのですが

自分で言って説明が面倒ですが
輪廻を有る、と捉えてもいけないわけです
天に昇かもしれない、地獄かもしれない しかし
それを知覚する個人性がなければ、存在しないでしょう
つまり自分を完璧に忘れ果てた人に
輪廻は存在しないのです
しかし、自我執着が残っている人 たとえば苦しみを苦しみと思いなし
楽しみを楽しみととらわれる、そういう人には
自分の感覚によって地獄や天国を発生させてしまうのです
これは、地獄や天が、無いというのではないく、自己完成をした人間には
それを知覚する感覚が滅ぼされて存在しないのであって
感覚にとらわれる人間にはやはり存在するということです

で、存在するというのは、あまり使いたくないですが
やはり神秘力を獲得して、瞑想などで見る必要があるでしょう


123 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 21:08:49 ID:RTuvqRk4
>>120
「無我」というのは、「存在が無い」という意味ではありません。
>117 にも、そのようには書かれていないはずです。

前にも書きましたが、「無我」という漢語訳の仏教用語の語源は、
アン・アートマン(an-atman)です。
アートマン(atman)にanという否定の接頭辞をつけたもの。

アートマン(atman)とは、人の肉体が死んでも残る、永遠不滅の
実態のことで、釈迦が言った「無我」というのは、「変化するので
(無常なので)、永遠不滅(アートマン)ではない」という意味です。

我が無いとか、存在しないという意味ではありませんよ。

124 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 21:10:01 ID:VO6v+jfp
私は残念ながら、なんと言う仏典の何ページにナニが書いてあるという
のはあまり知識がありません。おもしろそうなのを数冊読みましたが
手元に本も2,3冊しかありません

125 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 21:13:36 ID:YtSMR/qk
釈迦は一日一生を説いた。瞬間を楽しめってことだ。来世のために今を生きるというのは理解できるが、その来世は確実にオウムの問いたものなのか?。これは変数であって、それから
疑うべきなんだよ。死んだら死んだとき一生懸命生きればいいではないか。来世への蓄えなど、それこそ餓鬼だ。
まずは天とか阿修羅とか、そういった言葉も実在するのか方便なのか説いていない。俺はダイアネクティス学んでいるから定義には完璧を求める、だから洗脳はされない。
釈迦は苦行を止め、スジャーターの乳粥で喉を潤した。周りの苦行者はあいつは堕落したと釈迦を非難した。そうではない釈迦は生存したのだ。それこそクリアーだ。
無意識などない、全て意識している。それが逸脱を防ぐ真実さ。

126 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 21:15:24 ID:RTuvqRk4
>>124
それなら、いまの自身の理解でもいんじゃないですか。

縁起が、仏教の根本思想だと思っている点はわたしも同じですよ。
その解釈は、オウム(アーレフ)とは違いますが。

十二支縁起についても、その成立過程や背景についても見ること
で、より立体的に理解できるようになると思います。

127 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 21:15:39 ID:VO6v+jfp
123

120は106にたいするレスです

128 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 21:36:17 ID:RTuvqRk4
カネゴンは、縁起とはどのようなものだと考えているの?

129 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 21:47:13 ID:VO6v+jfp
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%A0%E7%B8%81

検索したら一つでたけど、オウムで言っているのと大分ちがうね
愛を、異性に対してとらわれること、などと書いてあるけども
仏教における”愛欲”ってのは異性間の性愛のことではなくて
さまざまな世俗的欲望全般を指していっていると思うんだけども

オウムのがずっとマシかと

130 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 22:29:28 ID:RTuvqRk4
>>119-120
仏教では、苦からの解放を説きますよね。
苦には、苦の生ずる原因と条件があるから、それを取り除くことで
苦から解放されますよ、という教えだったはず。

四諦・八正道という仏教の実践論があることはご存知ですね。
四諦とは、「苦・集・滅・道」というふうに漢訳されますが、「苦しみ・
苦しみの原因・原因の滅却・滅却の道」という意味であ、まさに縁起
の思想そのものが表現されています。

「八正道」とは、苦しみの原因を滅却するための道を「正しい見方、
正しい言葉の使い方、正しい行動の仕方、正しい心の持ち方、等」の
八つにわけて説明するためのもので、いわば縁起思想の実践論と
言えます。

オウムでも、苦しみの生から解放する道を説いていたはずですが、
それとも、オウムには死後の幸福しかメリットはなかったのですか?

131 :阿佐谷北:2005/03/26(土) 22:38:14 ID:84TPF27D
>>50 ISKCONとオウムは全然似てい無い!
事実と異なる虚偽を言う、阿佐ヶ谷北は
日本から出て行け!!!!!

 経典を読んで見れば分かりますよ。非常に似ています。
オウムの訳語は論外とも言えるような勝手な訳語ですから、分かりにくいのです。
ヨーガ、呼吸法、瞑想、バクティ、そして、グル、等々。
説いていることは、どれもオウムでも言っていたことです。

 ここは(オウムと違って)サンスクリットをそのまま使っているようなので、一般に知られている仏教の漢訳用語とは違いますが、
観念の体系は同じですよ。むしろこっちの経典の方が詳しいし、ある程度仏教を学んだ人には分かり易い翻訳になっている。
ISKCONにおいても、十二縁起を解説する講座が設けられていました。
また、金剛乗を説いていると見える箇所もある。

また、活動の場もそっくりです。
オウムとISKCON、ほとんど同時期に、ロシアへの布教活動もしていたようですよ。

132 :阿佐谷北:2005/03/26(土) 22:46:26 ID:84TPF27D
 法(ダルマ)に拠るということが、グルイズムに支配されている人には理解されていない。
ダルマとは、法律とは違いますよ。

 グルは、本尊と信者を媒介する存在なのですから、仮に本尊が直(じか)に語るのならば、グルなど不要、むしろ必要の無いもの
なのですよ。
 特に、オウムの出家にはこの傾向が強い。まったくダルマを理解していないのか、法曹関係者の思惑に乗った方が得策と考えているのかは知りませんが、
巷の仏教研究者を舐めてかかっているとしか思えないですよ。

 法曹関係者はある種の思惑があるので、このグルイズムを広く行き渡らせようとしているらしいが、
それは ダルマ を曲げることに他なりません。

133 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 22:48:25 ID:qop6YJv5
>>121
RTuvqRk4さんは110の
「しかし、生の滅尽を得た者、
 わたしは、彼を婆羅門と説きます。」
で「生の滅尽を得た者」
とはどういう意味だと考えるのですか?


134 :阿佐谷北:2005/03/26(土) 22:51:49 ID:84TPF27D
 グルという存在が、本尊と信者を媒介する存在だということを理解できれば、
多くの無意味な議論が一掃されるはずです。
 また、議論の対象である経典もすらすら理解できると思いますよ。
 オウムは、グル制度は廃止と言った以上、残された経典以上の根拠はないはず。
これを考えれば、どうしようもない欺瞞に満ちた団体であることが理解できますよ。



135 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 23:05:00 ID:RTuvqRk4
>>133
その一文の解釈がお互いに食い違う原因は、もとを辿れば「縁起」の
解釈の違いにあります。

ただでさえ、「縁起」と「十二支縁起」の成立時期には数百年のズレが
あります。
初期の仏典にみられる「縁起」は、「十二支縁起」のように高度に構造
化されてはいません。もっとシンプルです。
そのうえ、オウムの縁起の解釈は、上座部で常識とされている縁起と
は似ても似つかないものです。

なので、その点について、あらかじめお互いの認識を出し合ってから
でないと、全く話がかみ合わないということになります。
それでは、これまでの不毛な議論と何もかわりません。

>121の提案は、そのためです。

136 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 23:36:57 ID:qop6YJv5
>>135
食い違うという前に、
まずあなたの解釈を聞きたい。
私はあなたの解釈を聞いていないので、
どこが食い違っているのか分からない。

137 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 23:49:19 ID:VO6v+jfp
>オウムでも、苦しみの生から解放する道を説いていたはずですが、
それとも、オウムには死後の幸福しかメリットはなかったのですか?


出家と在家がいるし、本気で解脱したい人も
ある程度修行して世俗的な幸せを得たい人もいるし
たくさんの人がいれば、それに応じて与える法がチガクなる
単純に言うと、八正道は出家が行じて
六波羅蜜は在家で解脱したい人がやる

138 :カネゴン@キャンディ:2005/03/26(土) 23:58:22 ID:VO6v+jfp
129のリンク先の解釈は、たいがいの学識ある仏教との間では
あれで正解ですか
宗派によっても大分違うようなので
教組の言っているのは、なんの仏典に近い解釈だろう

何しろ歴史が長いから、どれがどこから出たのかしらんけど
上の十二縁起は、空性の説明の土台みたいに聞こえますが
自性を欠くので無我?で相互依存してだから云々とか、いうやつでしょ?
オウムの十二縁起とは確かに違うね
あまり系統だてて勉強したことはなくて、拾い読みしているんで
どうつながっているのかとかは詳しくしらない

139 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 00:00:40 ID:VO6v+jfp
しかしなあ、ある図書館で読んだ本では(オウムと関係無い、)
十二縁起に関して、オウムで取り上げているような説を
だいたい同じに取り上げていたよ

二つあるんだろうか

140 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 00:09:34 ID:8ANUn3Kb
大体ね、オウムで因縁とか相互依存というセリフを確かに
聞いたことがなくて、普通の仏教団体ではそれは大きなウェイトを
占めるとわかっていたんだけども、なぜオウムにないかというと
都合が悪いからじゃないだろうかと、私は思った

すべてのものがお互いに関係しあうことで成り立っていると
いう解釈をとると、グル麻原ですら、他の衆生と相互依存しながら
存在するという、なんか対して他の連中と違わない役割を振られてしまうので
この解釈はやりたくなかったんじゃないかと、思うんだけどね

例えば、出家教団と在家だって、お互いに依存し会って協力しあって
成り立っているのは明白なんだけども、教組はバラモン教みたいに
やたら上をありがたい存在に祭り上げておきたいんだね
一方的に上から与えるというやり方を取りたいんだわ
でも、因縁を説くと、すべてのものの平等性というのに思い至ってしまうので
というか、あなたがたがいて、私も存在できるというような、謙虚なものの見方を
教団がしてしまったら、人間に対して歩み寄らないといけなくなる
教組は人間に対して独善をしたかったから、ウザイ思想なんじゃないかな
あくまで私の見解ね

141 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 00:12:20 ID:hyRU7XPi
荒木代表の顔色見ても、「確実に道間違えてるよこの人」って感じです

142 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 00:20:11 ID:8ANUn3Kb
くわしくは知らないんだけど、バラモン教では
上下身分カーストなどがひどく厳しくあって
釈迦はそこに対して、どちらかというと反発的な態度を
もっていたのでは、なかったかしらん、、思い違いかもしれないけど
カーストだとか、身分差みたいのにやたら固執して
上の人間が供養されて当然とか、下は下とかいうのって、
バラモン教の影響じゃなかったっけか?

誰だか忘れたけど、有名人物がヒンズーだったんだけど
非常に思い悩んで仏教徒に改宗したと
理由はヒンズーはカーストがあって、そのせいで非常に苦しむ人が
多くいる
仏教のほうがそこらへんもっと自由だったからというのが、聞いたことが
あるんだけども
相互依存してなりたっていると、いいだしたら、独裁政権とか握れないじゃん
教組はまさしく独裁政治をやろうと思っていたから、相互依存なんて言葉
オウムに存在させたくないんだよ

143 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 00:40:27 ID:8ANUn3Kb
私はオウムがはじめてだったし、それ以前に仏教を勉強したことは
なかったけど、仏教に対して、謙虚な宗教と言うイメージを抱いていたのね
悟りが深くなるほど、人に対して謙虚になるというか、そうで
なくてはいかんと思うわけ

オウムは非常にレベルワケが好きで、そのハシゴの上段に達すると
権限を得る
その権限を限りなく増大させて解釈し
他人の命もグルの手のひらの中にあるというような極端煮まで広げてしまった
あたしは10年いたけど、まったく違うと思っている
どんな優秀な人でも一人では存在できないし、どんなつまらない存在でも
何か意味があるだろうという発想はオウムにはない
そんなことを言われたら、グルの一声でものを動かすという体性がくずれるもの
一番優れたものが、独存して、一方的に与えるという形を取り
救ってやるかわりに、口出しはさせたくない、そういうことだよ

144 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 00:50:32 ID:8ANUn3Kb
今、オウムの十二縁起はじゃあなんなのかと
思案しましたところ
”中有の知識”(を系統立てて語ったもの)と
お答えがございました。
また、オウムの信者はそれ(十二縁起のたいがいの団体で取り上げている説)
を知らないので、他の仏教徒から笑われていると言うおまけも聞こえてきました


145 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 02:06:51 ID:yFjVeGJi
>>141
荒木さんはTVカメラの前で、
失言がないように緊張しているだけですよ。
リラックスしているときの荒木さんは、
明るくてのんびりしているよ。

146 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 02:25:52 ID:yFjVeGJi
>>143
>オウムは非常にレベルワケが好きで

上のレベルを非常に優遇して、
早く上に行きたいという気持ちにさせて、
全体のレベルを上げたいという方針ですよ。
サマナにも楽を好む傾向はあるからね。

147 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 07:16:11 ID:pwEunb1h
ビートたけし: 、、、、あと、なんか今、どうもこう…幸せ幸せっていう、
幸福、というんだけども、ぼくとしてはこう、生きることと同じじように、
死ぬ ことがいつも背中合わせにあるもんで、
今の時代は生きることばっかしのこのマニュアルとかノウハウを言うんです。
「楽しく生きよう」 とかどうのこうの。
だけども、常に死ぬことが背中合わせで50パーセントの確率で
あるもんだとしたら、逆にいえば死ぬこと ばっかし考えてても・・・
同じバランスでね、バランス感覚で、右手 を鍛えると同時に
左手を鍛えるみたいに、死ぬことと生きること同じ感覚でこう、
分量で考えないと、非常にバランスが悪いんじゃな いかなあって
ずっと思ってんですけどね。 ----1991 対談



148 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 07:18:27 ID:pwEunb1h
Are you happy?
It may not be as good state as you think, perhaps...
Look more carefully.


149 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 09:40:26 ID:wWmkfmHW
飯田えりこと石井久子の近況を教えてくれ

150 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 12:09:16 ID:Ba2sAhrO
飯田えりこ 川崎のソープランドで働き、被害者に賠償中
石井久子  川崎のソープランドで働き、被害者に賠償中

151 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 13:23:28 ID:+lu0P521
↑二人とももうお年ですが何か

あたしは今朝突如思い出したんだが
昔、カラー刷りのビラを配るバクティがあって、教組の顔写真がのっていた
それを道行く人に配るんだけど、みんな何気なく受け取って
宗教団体のビラだから嫌そうな顔をしたり、何枚も捨ててあったり
したわけ
そのビラは当日初めて見たんだけど、よく見たら小さな字で
「捨てると悪業になります」って書いてある。
もう、ものすごく嫌に感じた。どうしてこう
宗教やっている人間って、人を脅かすのが好きで、キチガイ的に熱狂していて
冷静さがないんだろう、ってうんざりしたよ。。

自分で勝手に配っておいて、相手はなにかおもしろい公告かと思って手に取ったら
すてると悪業だって!
こういうヤツが、殺人教義にもろ手を上げて賛同するんじゃないのかね?
なんでこんなところにいないといけないのかと
イライラしてもなぜかやめられないという、不思議な現象でした

152 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 13:28:53 ID:+lu0P521
よく僧かが、団体辞めるとネズミの死体なげこむとかいってるけど
道行く関係のない人に因縁つけて、捨てると悪業だって野も
同程度にいやがらせだよね

捨てられるのが嫌なら配らなければいいじゃんよね?

153 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 13:30:25 ID:+lu0P521
脱会した人で、他の団体とか行った人は
どこが一番マトモだと行っていた?

154 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 13:35:07 ID:oeYi1lss
カネゴンちゃんへ♪

もうオウムのことなんて忘れて生きていきなよ。
オウムが殺人事件なんか起こしたおかげで、カネゴンちゃんは足を洗えて
よかったにゃー。でなければ今もまだ貢いでいたかもしれないもんにゃー。

私は昔、崇教真光つう教団にいたんだよー。そこでも「ご神行」と称して
チラシまきするわけ。で、さすがに「捨てると悪業になる」とは書いて
なかったけど、同じようなことを配る前に言われるわけよ。
「チラシからも神の光が出ているから大事に扱いなさい、地面に落とすなどは
もってのほか」っつうてね。オウムと同じだて。
今じゃたまにポストに入ってくる真光のチラシをビリビリに破いてゴミ箱に
放り込んでるけど、なーーんにもバチなんか当たらん。あっほくさー。

155 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 14:18:07 ID:+lu0P521
私はもう、オウムのことは完璧に頭から忘れ去っても
いいとずっと思っているん抱けども、
これをいうと、私もキチガイに見えるが、オウムに入ったのは
私の意思じゃなくて、”オマエはいつかここへ行かなければならない”
という、初めて教団の本を読んだ時、私はたいした本だと思わなかったん抱けども
”自分のものでは全くない、他人の意思”が”有無を言わさず自分の中に
入り込んできて、何の媒体もなしに、直接意思を伝える”という経験を
したわけ。。それを人に話せば、思い込みだよとか、いうんだろうけど
今では、ある程度神通のある存在は、人の心の状態すら、(継続はできないが)
あやつることが可能というのが実際わかっている。

それを、洗脳という言葉で片付ける人もいるし、洗脳テクも使われてはいるだろうが
もっと、直接にダイレクトに自分の考えを他人に伝えるということ、テレパシーみたいのが
ある。
教団をやめたいと思ったとき、はっきりとオウムをやめてはいけない、と耳元で
言われたし、不可視の存在から話し掛けられるというのが正直日常的にある。
洗脳されたんだよ、というかもしれんが、私は教団のやり方が好きでないので
あまり修行もせんかった。
その存在が、私が教団をやめたのをよくは思っていなくてね。あるいは
もう宗教自体を忘れてしまおうとするのを、よく思っていなくてすごく
邪険に扱いやがんの。人間関係は問題ない。対アストラル人間関係(笑)で
悩んでいる。。。正直、そいつは何でもできるんだよ。こんな現世でうまく
生きたって仕方ないだろう?といって私の人生ぶちこわすことにも陰湿な喜びを
感じているっていうのか(笑)オマエは私を恨んでいるって言うんだよ。

なんとかならないだろうか??
オウムのセイゴシとかにも相談したことがあるんだけども
誰も私についているのが、なんなのか霊視もできないし
そういうのを聞いたことがないっていうの。これに関して満足な答えを
聞いたことがないし、どうせ功徳が足りないのよ、と布施を強要されるいいネタに
なるだけだ。。

156 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 14:25:41 ID:+lu0P521
低級霊域だろってのは普通に思い浮かぶん抱けども
その低級例がアタシをオウムに連れてきたっていうのも変だし

いまでは、オマエは昔はちゃんとできたのに、とか
オマエは私を恨んでいる、だから私もいじわるなのだ、とか
わけわかんないことを人の耳元で、ブチクサ言っているんだわ。。
私は知らんが、そいつは過去に私が修行をしていたと言うのよ
そんで、やればできるのにやらない!とか
私は、一度も修行がしたいなんて言ってねーわとか、不可視の相手と
ケンカするし、マジ精神病かもと自分で思い出したこともある

157 :腹筋:2005/03/27(日) 14:51:09 ID:Mv+4EFPv
キャンディさんおひさしぶりー、チャットなくなちゃったんですね(:_;)
よくいわれる守護神というやつですかね…マチク師は独房修行中に
「ここで逃げたらおまえの家族を殺すぞ!」と元修行者の守護神の脅されたとか
そのマチク師はいまどうしてるんでしょうね〜

媒介をつかわずに直接意思が伝わる経験は俺もあります
日常的にあるってすごいですね!

腹筋は男なので修行といわれるものは「強くなりたい」の延長線上にあるんですよね
まぁ強くなりたいってゆーか、矛盾なく生きたいとゆーか、知るべきことを知りたいというか…
そんなカンジでいろんな事に首突っ込みながら生きてます、こないだ今はやりの癒しとゆーか精神世界系の
イベント会場いったんですがあれこそ低級霊域っすね、マニプーラ詰まり過ぎて食中毒並みの症状がしばらくでた(-_-;)
でも なかには凄く霊性高い人いてビックリした。

と、まぁ最近だらだらな腹筋でした、でかけてこよっと

158 :カネゴン@キャンディ:2005/03/27(日) 14:56:02 ID:+lu0P521
だから、ソーナーが三歳くらいまで守護神に遊んでもらっていたというのは
よくわかる しかし、からかうんだよね 大人が赤ん坊を見るみたいに
人間を思っているらしくて
そんで、オマエは修行をするのだ!と決め付けられると、死んでもやらねーよ
みたいな気にどうしてもなってくる

実際幻覚でないかという問いに対して、そうでないという例をふたつばかり
あげる
@ある日、どうしても朝早く起きたいが、早すぎるので目覚ましをかけると
周りの人を起こして悪いな、と思って、そいつに4時くらいに起こしてくれ、と
頼んでおいた。ガーと寝ていると、夢の中になぜか背広を着た男が現れ、
手をすっとこちらに伸ばしてきた、その瞬間、肩をつかまれ、ゆさぶられる心地がして
ハット目が醒めた。時計をみたらお約束の時間の15分前であった

Aうちからバスで15分ほどいったところに大きな100円均一がある。
そこで普通に手芸店で買うと4百円かもっとする、あるものがある。
見つけると全部買ってくるんだが、そこへ行くにはバスに乗るので、万が一
行っても売り切れていると交通費分損をする。実際期待していったら、一つも
なかったり、2,3個しかないなどいう日もあった。
つい先日、今日行ったらあるだろうか、と思って聞いてみた(笑)
ちょっと待って、、あるよ、と。しかしこいつは時々私をからかうので
信用しないで行かなかった。2,3日してからまた気になって聞くと、あるよ
と言うのでいってみたら、まだ倉庫から出したばかりで袋から出していないやつが
ニ袋、バラも10個以上、置いてあった。狂気した私は買い物カゴにがーーっと
それらを入れ、さすがに独り占めは良くないとケチくさい親切心を起こし
三つほどを残して全部買いあさった。。

実用的な神秘力は好きです♪




159 :154:2005/03/27(日) 15:23:43 ID:oeYi1lss
カネゴンちゃんへ

私が真光に入ったときも「宇宙意志」みたいな存在を感じたよ。
金色の雲のような塊が頭上・・・天井あたり・・・にあるのが心眼で見える
(ような気がする)という神秘体験。で、それが私を宗教の道へ導いている
という感覚があった。それが単なる思い込みか、私の頭がキチガイになって
いたか、今ではもうどうでもいいことなんだけどね(私の中では真光はもう、
害毒のほうが大きいカルトと判断して久しいからにゃ)。
「オマエはいつかここへ行かなければならない」という題ではないが、
真光にも似たような、初心者向きの言葉があったなー。

160 :154:2005/03/27(日) 15:26:49 ID:oeYi1lss
オウムをやめてはいけないと耳元で言われた、というのは何だろねー。
私の知ってる範囲で一番近いのは、多重人格障害の女性が、
ふだんの人格では横暴な夫におとなしく従っているのに、頭の中で
「やつの頭をはりたおしてしまえ!」と叫ぶ声が聞こえた話かにゃー。
本人は心の声にびっくりして怯えるんだけどね。
あとは、ある精神科医が書いていた本で、統合失調症の少年がいて、
いつも頭の中の相手と会話をしていて(といっても少年にはそいつの姿が見える)、
非難もするが、時には役に立つことも教えてくれるという話に似てる。

カネゴンちゃんが多重人格だとか統合失調症かも知れないと言う気はないよ。
私が真光をやめるときは、心の声に近い、「やめてはいけない」という観念に
非常に悩まされたから、それが聞こえる声に化けてるんじゃないかと思うなー。
やめることへの恐怖心は大きかったから、宗教は怖いにゃ。
今では、恐怖心を植えつけるのは宗教団体の常套手段だということがわかったから、
マインドコントロールへの怒りと憎しみに変わっているけどねー。

そういや、子供の頃、「先天的記憶の侵入」みたいな、奇妙な経験はしたことある。
あと、明らかに自分ではない人格が思考してることに気づいて怯えた経験もある。
それが前世の記憶なのか、あるいは小児の分裂病(統合失調)なのか、あるいは
人間は生まれながらに多重人格的なのか・・・、わからないにゃ。

161 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 18:39:44 ID:wnqmFAUH
>>157
>マニプーラ詰まり過ぎて食中毒並みの症状がしばらくでた(-_-;)

自分に都合よく解釈するのがアーレフの特徴ですね。


162 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 19:19:00 ID:TATuU3tV
本日東京道場で行われた村岡達子の説法会の様子を報告します。
今回は、歌 → 村岡の話 → 信徒の体験談 というプログラムで行われ、
村岡自身が今日は内容が濃かったと言うとおり、けっこう時間的に長かった
ので、おおざっぱな報告ですがご了承ください。

最初に救済の構図という歌を歌おうとしたのですが、なかなか曲がかからず
さっそくトラブル。
『まだ?まだ?』と何度も催促する村岡。係りの者が『テープがありません』
と答えると、『救済が無くなってしまった』などと訳の分からんことをつぶやく。
結局2分後位にテープを発見し、歌が始まった。

163 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 19:31:10 ID:zimwMqlz
今週の週刊朝日
地下鉄サリン事件から10年…
家族の会・永岡弘行会長インタビュー
「それでも死刑にするな!」と言った私の真意
http://www3.asahi.com/opendoors/zasshi/syukan/

今週のサンデー毎日
新実智光被告 「地下鉄サリン」から10年
「オウム武闘派」から届いた手紙
イマドキ出家事情=@ビール飲み、ご飯食べ放題、年金払う幹部たち…
http://www.mainichi.co.jp/life/family/syuppan/sunday/

164 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 19:36:09 ID:TATuU3tV
体を揺らしながらとても気持ち良さそうに歌う村岡。
その姿はカラオケスナックで自分に酔いしれながら歌うホステスのおばちゃん
のようにも見える。
村岡さん、再就職先は決まったね。

歌が終わった後、村岡は最初のテープトラブルを取り上げ、救済について歌った
曲のテープが見つからなかったのは、信徒が救済を意識していない心の
あらわれだ、と話した。

それは違うんじゃないか、達子。お前が前もって何を歌うか打ち合わせを
していれば済む話だろ。

165 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 19:50:58 ID:TATuU3tV
達子の説法はタダーガタ・アビダンマというオウム本の内容で、13段階の
救済の計画というものだった。
これは煩悩破壊の状態について説いたもので、1番下位のものは法則は何も
知らないが三宝に対する信は持っているという状態。
逆に最高の状態は現世において完全に煩悩を破壊し、コーザル・アストラル
を含んだ三界を完全に見渡すことができるという。

166 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 20:04:13 ID:TATuU3tV
また達子は気になることも言っていた。
この世には光と闇があり、真理の光を拡大するために闇と戦わなければならない。
この闇は自分の内側にあるものだが、場合によっては外にある、というのだ。

あのー、達子ちゃん。外にある闇って具体的に何を指してるの?
また、その闇とどうやって戦うの?
HPで教えてね。

その後もしばらく妄想系のありがたい説法が続きましたが割愛します。
『あのお方』の凄さについて話したとお考えください。

167 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 20:20:09 ID:TATuU3tV
最後の信徒の体験談では、桃源のAが話した。
Aは一般の人なのであまり詳しくは書かないが、被害者の方への反省・謝罪
の言葉が全くなかったのは残念でならない。
他の信徒さんにはご迷惑をおかけしました、と謝る方向が違ってるのだ。
教団の仲間に謝ってどうする。この機会に事件の原因についてみんなと
話し合うべきじゃないのか?
もちろん本来それを指導すべきなのが達子なのだが・・・。

168 :これがアーレフの説法会だ!:2005/03/27(日) 20:37:55 ID:TATuU3tV
最後に今日の説法と直接関係ありませんが、5月の連休が近いので、
メッターダッシン師の面談テクニックを紹介しておきます。

1 修行のアドバイスをすると言って面談におびきよせる。
2 アドバイスのはずがイニシエーションを受けるかどうかの話しかしない。
3 話題がそれたら、これ見よがしに時計をちらちら何度も見る。
4 そうすることで相手に遠慮させ、話を終わらせる方向に持っていく。
5 最後に確認しよう、といって、またイニシエーションの話を始める。
6 再び話がそれた時は、3、4、5を繰り返す。

この面談という名の輪廻から解脱するには、勇気をもって断るしかありません。
もし金を払ってしまったら、今度は夏、冬、とセミナーを輪廻転生すること
でしょう。

以上、簡単ながらアーレフ説法会の報告を終わります。

169 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 21:19:40 ID:gLrdoUTb
説法会報告とは名ばかりの、
あんたの主義主張押しつけだな。
桃源の謝罪なんて、どっちに向かってしようが
そんなこともうどうだって良いさ。

170 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 21:41:01 ID:vvky4P3O
>>169
君、本気でそう思ってるの?
だとしたら少しおかしいね
まず被害者への謝罪が先と思うよ俺は


171 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 22:03:20 ID:wnqmFAUH
そもそもAが話しをする事自体がおかしいのでは???

172 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 22:06:51 ID:vvky4P3O
つまりは誰も悪いことしたと思ってないということ
運が悪かったぐらいにおもってんでしょ

173 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 22:27:46 ID:gLrdoUTb
っていうか、運悪く悪いことしちゃったと。

174 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 23:02:08 ID:FX5hDjfm
>>110-111
>>114
>>133

結論から言えば、四諦で言うところの「苦しみの生起の滅尽」のことです。

仏教の教えとは、苦しみの滅却を説くものであって、「生まれてこない
ための教え」ではありません。
仏教の教えとは、生きとし生けるものの幸福を願うものであって、「生き
ることの否定」ではないのです。

なぜそう言えるかと言うと、そもそも、原始仏教には「縁起」や「無常・無
我」という根本思想と、形而上学的問題に対しては「中道」を貫くという
基本姿勢があり、この考え方や基本姿勢と矛盾することを、原始仏典の
なかで説くはずがないからです。

悟って迷妄から脱することで、知恵が生じ、知恵によって苦しみから
解脱するというのが仏教の教えです。

この言葉の意味は、信仰(固定観念)を捨て去り、ものごとを「ありのま
まに観る」ことによって「理解」するものです。
真理は「信じる」ものではないし、信じる必要などないのです。

175 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/28(月) 00:01:32 ID:5Th8wG4L
「私は宇宙を見た。」「ある者が出てきて君は神だといった。」
このような勘違い教祖がなぜ多いのか、考えた事がありますでしょうか。

グルの付かない勝手な瞑想は危険なのです。ご存じだと思いますが。
他に、魔境、偏差、禅病などといろんな言い方されますが、瞑想中毒です。
これは、あげくの果てには、自律神経失調症にまで発展します。
麻原はその典型でしょう。

深い瞑想では脳内麻薬が発生し気持ちよくなるのです。それにはまりすぎ
るのは、オナニーを覚えた猿のようなもの。
また、有る程度慣れてくると無意識に瞑想状態になったりもします。

瞑想状態からは、見たり感じたり聞こえたりとリアルな体験も伴いますので、
自分の気が変になったのではないかと思う人もいます。
ですから、それらの意味を有る程度説明出来制御してくれるグルの存在が
必要なのです。
じゃ、宇宙を見た人がグルかといえば、全くそうでは有りません。勘違いも
甚だしいと言わざるを得ないでしょう。彼らにこそグルが必要・・。


176 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/28(月) 00:09:33 ID:5Th8wG4L
つづきます。。
どんなにリアルであっても、どんなに近い先の事が見えても、人の心が
読める事もありますし、自分の知らないような過去を思い出したりなど、
それはよくある事です。それに何らかの感情を乗せる事で、瞑想の精度は
落ちますし、瞑想が乱れ主観だらけのリアルな妄想となります。

私の中でもまだうまく言葉には出来ませんが、一刻一切、色即是空という
言葉がキーワードとなります。
通常、瞑想はスートラとマントラがセットになっています。つまり概念や
方法論を記載したものと、実践に使用する為の具体例です。
具体例にて何か感じても、それはスートラにあるものから判断して精神性を
発展させていくものなのです。目指すは「悟り」となるでしょう。
例えば征服欲などの強い人や何かに劣等感を強くもつ人間は焦るせいで、
一度見えた世界から、どんどんと歪みはじめます。主観もわき上がり、
自分の近い欲などに左右されながらリアルな幻想を観ます。
とても危険だと思います。
ですから、瞑想をされた方、されている方は、本当に謙虚な気持ちと、何が
あっても乱れない気持ちでゆっくりと取り組まれる必要があると思います。


177 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 01:41:17 ID:i9xEKeID
>>158
キャンディさんに付いているのは悪霊ではなく、
守護神のような者だと思うよ。
以前に私と一緒にワークしていたサマナは、
修行しようとすると、
毒ガスのようなものを吸わせて妨害する、
変な霊が付いていて、
彼もいつも会話していた。
彼の場合、完全に支配されている感じだったな。
彼と話をしていると、
それが現実の話かアストラルの話か分かりにくいので、
いちいち確認しないと話が通じなかった。
彼は少しエゴが強かったから悪い霊に憑かれたのかな。
キャンディさんは心が奇麗だから、
高い世界の霊がついたのだと思う。

178 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 02:02:58 ID:i9xEKeID
>>174
言語のパーリ語を確認すると、
この生はおそらく12縁起の生(jaati)
と同じではないかと思うんだが、
私の手元にパーリ語のテキストがないので、
あくまでも推測なんだけど。(aaは=aの上に棒線=aの長音)
苦しみの生起の滅尽なら、
省略せずにその通り書くと思うな。
少し調べてみます。

174さんの考え方は、
どういう団体で主張されているものですか?
その団体のホームページとかはあるかな?

179 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 04:42:15 ID:lMP22qjw
>>147>>148
この世の中に本質的な幸福は何一つないよ。
ハッピイエンドの物語は何一つないよ。
ハッピイな途中経過というか中間地点はあるけれど、
最後が必ず死という、
どう考えてもハッピイとは言えない、
嫌な終わり方をする。
結局、この世に楽しめる要素はない。
一時的に楽しめる要素はあるけど、
あくまでも一時的だからね。

180 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 12:24:52 ID:iM8Tv6n8
死んだっていいやんなにも嫌なことない
死がなくて命が永遠だとしたらたまらんよ

181 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/28(月) 13:03:36 ID:5Th8wG4L
私がパロったこのコテハンの元ですが、日本では「観自在菩薩」等
と訳されてます。
甘自在菩薩菓子。なんて名前も考えました・・・。

日々、私は、ハッピィハッピィです。

182 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 13:49:36 ID:mgUS88io
>>181
中間地点としてのハピネスをエンジョイしているということでは?
今のハピネスは必ず終わるということです。

183 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 14:02:10 ID:/4iLaEw5
キャンディさんについているのは神智学で言う
「境域の守護霊」のようなものじゃないかな〜。
境域の守護霊とは霊界参入の前の段階で見えてくる霊で
実は自分の影なのよ。あなたの深い意識の声ですよ。
すでに感情と意志と思考の結合帯が解けていてアストラルにパイプが
できているのでは?イメージの想起とかは得意?

表層意識では嫌っているけど深い所ではオウムが大好きで、
オウムに戻って修行したいと思っているんじゃないかな。
東京道場のメッターダッシン師に言ってあげてもいいけど。
お布施もあまり取らないでやってほしいって言ってあげる。


184 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 14:29:22 ID:/4iLaEw5
それとこれは心霊科学の考え方だが
宗教団体には宗教霊がくっついているという。
これは低級霊で、個人の因縁霊と協同して働く
まあアーレフには村井やカッピナや温熱でなくなった師の霊とか
サリン被害者の霊とかさまざまな浮遊霊がいてもおかしくは
ないのだが


185 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 15:16:38 ID:vrRUw7CH
春ですね

ユンユン

186 :カネゴン@キャンディ:2005/03/28(月) 15:51:17 ID:8d0HmqwO
腹筋さんおひさ〜
あんまりそういうの付いてもいいことないと、私は思っているんですよ
まあ、ものは使いようですけど
てのも、人は大小差があれど、ある程度個人の意思を尊重され生きている
北朝鮮みたいなところに生まれれば別だけども、あるいは個人のカルマで
やりたくてもできないこともたくさんあるんだけど、
ああいうのが付くと、自分の思うとおりにとかできない
向こうが許した範囲内でしか行動ができない

私はオマエに、良いことをしてやったはずだ(教団につれてきて修行を勧めた)
なのにオマエは私を恨んでいるって、いうんだわ
私は子供の頃割と信心深かったんだけど、自分を守ってくれる神みたいのが
いるとなぜか信じていて、いつも寝る前とか心の中で感謝の言葉みたいのを
述べて寝ていたり、そういう部分があったんだけど、だんだん現実的になってきて
そういうことはしなくなったわけ。親は神とか宗教とか信じない人だけど、私は
なぜかいつも神に生かされているんだと感謝があったんだわ。。



187 :カネゴン@キャンディ:2005/03/28(月) 16:00:45 ID:8d0HmqwO
あるとき、(守護神が人を守るのは義務というか仕事なので)
守ってやっても気づかない人もいるのに、感謝されたりすれば
それは余計にかわいくなるわよ〜とか、そいつが言っていたの。

そいつは三人くらいの声を使い分けるんだけど、。
だって、感謝しろったって、私のやりたいことは無視して出家しろとか
サリン蒔いて私を犯罪者にするような教団に連れてこられたって、感謝しにくい
よねえ。
どうもね、あまり人格のタカクないやつでないかと思うのよ。
だって、そういう心境って人間に近くないかしらん。
拝まれていればルンルンで、拝まなくなったらチクチク嫌なことするっての。

188 :カネゴン@キャンディ:2005/03/28(月) 16:10:06 ID:8d0HmqwO
>イメージの想起とかは得意?

リアルに思い描く訓練てのをやったことがある
ある本で読んだんだけど、目の前の何もない空間に
あたかもそこにあるかのように、リアルに例えば、りんごでも何でも
思い浮かべる。そのとき、平たい紙のようなものでなく、丸くて
向こう側もあって、手に取ったらこんなすべすべしたとか、冷たいとか
においはこうとか、超リアルに思い描いて成功すると、念を物質化できるっての。
正直、対象を選ばないと、潜在にくっついて取れません。てか私はとれなくなった。




189 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/28(月) 20:01:09 ID:5Th8wG4L
>182
そうですね。あなたが書いた事は幼い頃から私も感じていました。
この目に見える世界においてだけ目を向ければ暗くなってしまいます。
そして、究極死を境に科学的理論も適用できないのですから。

色一切苦を感じる事は素晴らしいと思いますし、仏教の入口に居るよう
なものです。
後は菩薩達のようにこっちに進めば?と仏陀が手招きしてます。
それを進めば、ハピハピ人生です。

荒く言えば、人の目に見える世界だけが真実と思い、今の科学的理論
だけにすがるのは、分別智といわれ、無明なのです。
くらーくなって当然なんですょ。

でも・・・
「サリン作り振り出しに戻る。」なんて最悪。
また、「他力本願で出家し、2chで盲語。20年休み。」なんて辛すぎ。
パロディ悟りゲームを作り社会批判。なんて無いよう私も慎まなぁヵん。

何でもやっちゃえと、自作の潜水艦を作り、テストに乗り込んだ信者と
一緒に、港に沈んだまま二度と浮上しなかった馬鹿な所は好きでした・・。
信者は生きてましたけど…。こんなアホな事ばかりしてればかわいげが
あったものを…。


190 :カネゴン@キャンディ:2005/03/28(月) 20:26:49 ID:joradANr
数年前、台所の生ゴミを捨てようと、新聞を広げたら
教組とアーチャリーの写真が出ていて、週刊誌の公告だけど
アーチャリーは目の上に黒い線がひっぱってあって、顔があらわにならないように
なっていた。ひさびさに見た彼女は背が伸びて、横幅もたっぷり、まるで
教組と体格が一緒になっていた。
「まあーこの娘はぶくぶくと太りおって、、」と写真をながめていると
れいの守護神もどきが

 「アーチャリーはカルマを受けているから(むくんで?)太っているんだよ
  オマエとは違うよ」
と、ぬかしおった。
遠慮なく、その新聞紙で生ゴミ包んで捨てました。

191 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 22:07:52 ID:W6CsBSUG
>>190
なんか多重人格の脳内妄想じゃない???

192 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 22:13:14 ID:5oIeJg71
12チャンでオウムやってるよ

193 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 22:26:05 ID:cRIRJW+p
ザ・真相3!!
北朝鮮ミサイル発射と米大統領の不倫(秘)関係▽検証…地下鉄サリンは防げた!?
「“日本の危機”大特集」
◇さまざまな事件や出来事を検証し、今だから見えてくる真相を探る。
北朝鮮による弾道ミサイルの実験を取り上げる。
1998年、長距離弾道ミサイル「テポドン」の実験をアメリカが"人工衛星の打ち上げ失敗"と発表した真相に切れ込む。
また、"オウム事件"10年目の真相に着目。
坂本弁護士一家殺害事件や北朝鮮核疑惑がオウム事件に落とした影に迫る。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shinsou3/

194 :名無しさん@3周年:2005/03/28(月) 23:35:22 ID:AmesjFsb
>>162
村岡のマヌケな姿が目に浮かぶぜ(笑)
次に報告するときは二ノ宮あたりやってくれ

195 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 00:12:41 ID:3/EGsgdB
>>190
守護神の方が正しいと思う。
アーチャリー正大師は子供のころから尊師に帰依していた。
尊師が呼ぶと、
「はい、なんでしょうか、お父様」
と返事していた。
「はい、なんでちょうか、おとうちゃま」
という感じに聞こえるのだが、
「メンドクセー」とか
「自分でやれよ」とか
そんなことは言わなかった。
子供って正直だから、
本気で尊敬して帰依しているのが、
よく分かった。

196 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 01:19:58 ID:lQqtNMw6
うちの愛犬のペットと同じだな。よく言うこと聞く。

197 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 04:03:45 ID:Z6cjyhcZ
守護神もどきに頼んでいい男みつけてもらえばいいじゃん

198 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 07:55:30 ID:zWxMd5tJ
>>195 アーチャリー正大師は子供のころから尊師に帰依していた。

 教団と言うものは、そうした都合のいい人物を作ってしまうもののようだ。
その人物自身、教団からは独立して生活できないことを知っているから、馴れ合うしかなくなる。

それに女に犯罪者は少ないのだろうか?
実際は、たくさんいるし、(教団組織においては、指示はするが)自ら手を下さないケースは多いだろう。
子供だったとは言え、この人物もそうだった。

 現代の日本は、女性の権利拡大の傾向が強い。
俺の知っている男の警察官などは、「世の風潮だから仕方なく従っているんだ」とまで言っている。
また、女たちの主張を通すことで、飯を食っている人たちもいる。
俺から見れば、甘やかし過ぎだ。インド発祥の宗教にしては、かなり違和感があるね。

 オウムの女性幹部たちは、こうした世の中の傾向にうまく乗っかったと思う。
強大な権限を有していた割には、さほどの刑にはなっていないのがその現れだと思う。
オウムのかなりの事情を知っていたはずだが、それもうやむやになっている。
今もメディアに出て来ないで済んでいるのも、裏を牛耳っているからであろう。

199 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 08:08:15 ID:zWxMd5tJ
 法律家を手なづけることに成功した彼女らの戦術の勝利なのであろうが、
かつて宗教家だった者ということを考えれば、軽蔑(けいべつ)するに値する行為だろう。

 何よりも、ダルマを損ねた罪は重い。これは刑法以上に重い罪であろう。

200 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 08:20:28 ID:zWxMd5tJ
 そして、落ち着いたその後もやはり女性幹部らで仕切ろうとしているのが、オウム。
一度旨くいったと総括されているからだろうが、そこまで世間を舐めてかかっていいもんだろうかね。

201 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 09:11:33 ID:2gJJs6wE
>>195
こどもが父親にむかってめんどくせえとか自分でやれよとかいうか。


202 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 11:37:40 ID:j3Cw8XAr
阿佐谷北>>52

203 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 12:03:10 ID:ukGJ1amC
>>195
その正大師とやらも大学に行きたくなってしまったのね。(笑


204 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 12:15:37 ID:3D1j638u
誰か悟った人、いますか?
智慧の光で、迷妄の闇を打破した阿羅漢は。

大乗の発願で誓った通り、未だ無明の闇の中にあるものに、
無量の慈悲をもって、真理をお示しください。

二度と輪廻再生することはないと知った、あなたのことですよ。

205 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 12:18:50 ID:3D1j638u
一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、
安楽であれ (百四十五)

いかなる生物生類であっても、怯えているものでも、強硬
なものでも、悉く、長いものでも、大なるものでも、中位の
ものでも、短いものでも、微細または粗大なものでも
(百四十六)

目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに或いは近く
に住むものでも、すでに生まれたものでも、これから生まれ
ようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは幸せで
あれ (百四十七)

何びとも他人を欺いてはならない。 たといどこにあっても他
人を軽んじてはならない。 悩まそうとして怒りの想いをいだい
て互いに他人に苦痛を与えることを望んではならない
(百四十八)

あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、その
ように一切の生きとし生けるものどもに対しても、無量の(慈
しみ) のこころを起こすべし (百四十九)

また全世界に対して無量の慈しみの意を起こすべし。 上に
下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき (慈しみを行うべ
し) (百五十)

[スッタニパータ]

206 :イニシエーションは絶対断りましょう!:2005/03/29(火) 16:24:25 ID:hundbp+g
アーレフは最新の機関紙で特集記事を組んでまで5月連休のイニシエーションを
信徒に受けさせようとしています。すべては金のためです。
しかもその記事は自画自賛と脅しで埋め尽くされているからたまりません。
編集後記に至っては、2億円の宝くじを換金しない人は馬鹿だが、イニシエーション
を受けない人はもっと馬鹿だ、というような書き方までしていて最低です。

完全に洗脳されてる人は仕方ないですが、もし迷ってる人がいたら言っておきます。
絶対にイニシエーションは受けないで下さい!

1人でも多くの人がイニシエーションを拒否すれば、アーレフの財源を潰す事ができます。
教団の目的は金に過ぎません。師や正悟師は、ただの人です。
犯罪集団の存続を助けることはやめるべきです。

207 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 16:40:00 ID:gmbqnpmd
ティローパ正悟師こと早川紀代秀
「私にとってオウムとは何だったのか」
ポプラ社

いまだ謎が残る「オウム真理教」について、元教団幹部が慙愧の念をもって語る証言を、宗教学者が検証する画期的な一冊
http://www.poplar.co.jp/index.html

208 :イニシエーションは絶対断りましょう!:2005/03/29(火) 16:50:44 ID:hundbp+g
マスコミ報道では、現在は布施は強くは求められていないとされていますが、
それは拉致・監禁してまで布施させた前教団と比べたらの話です。
精神的な圧迫を加えての布施要求は、今なお健在なのです。

例を挙げれば、メッターダッシンは相手が女性で断りきれないのを見越して、
ネチネチと布施の話をしてきます。何度断っても会うたびにしてきます。
彼らは相手を見て態度を変えてます。気が弱いと判断したら、普段は布施の要求
はしない師補にも参加させて、金を取るまでターゲットを包囲します。
女性相手に威圧的な態度を取るヴァーラナも問題でしたが、一見優しそうでいて
ストーカー的な布施要求しているメッターダッシンは、さらに非難される
べきでしょう。

重ねて言います。
イニシエーションは絶対に受けないようにしましょう!
断れば彼らはいろいろと信徒をなじるでしょう。嫌な目つきも向けてきます。
これが彼らの本性なのです。

209 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 16:51:35 ID:CCLzHaMI
>目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに或いは近く
に住むものでも、すでに生まれたものでも、これから生まれ
ようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは幸せで
あれ (百四十七)

そういう気持ちをもつのは大事だが、実際問題として
祈ることはできても助けられるのかはわからん

先日テレビを見て、私はペット系が好きなんだが、その日はペンギンだった
短い足で賢明に歩いている姿はユーモラスで愛嬌がある
私はカワイーと見ていた(オウムでは動物をかわいいと見てはいけないといわれてる)
多くのペンギンが、波打ち際で立ち、なかなか水に入らず背伸びして海を見渡し
決心したように海に入っていく、なぜか?
海にはシャチがいるのである。えさの魚も海にいるが、天敵もいるのだ。海が赤く染まり
数頭が犠牲になる。
ある一羽が、首から血を流しながら、まだ生きていて、こどものところへエサをやりに
必死に歩いていくのだが、途中で力尽きて倒れる。子供も死ぬだろう。
それが現実だ。しかし、ペンギンも魚を毎日食い殺しているのだから、同じ罪をしている。
自分も殺されても文句は言えないのだ。。。
この輪廻から、逃れられない。なぜ、食われ、食い殺されするのか。殺生のカルマがあるからである。
彼らにそのカルマがある以上、幸せを祈ってあげても、残念ながら、助けることはできない。

210 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 17:01:39 ID:CCLzHaMI
208

そこまでいうなら、なぜやめないのだ?



211 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 17:11:54 ID:CCLzHaMI
ところで、例の賠償金問題は団体として責任を取るということ
なんでしょう?
もし、教団が全面的に解散して団代がなくなったら、賠償金も
払わないで済むのだろうか?
解散して、数人ずつで共同で済んで、もう救済はやらないということにして
自分達のために生活費だけ捻出したらどうよ


212 :イニシエーションは絶対断りましょう!:2005/03/29(火) 17:13:05 ID:hundbp+g
>>194
他の幹部の狂信発言も紹介しておきます。

『宅間事件で死んだ子は、その子の目に見えないカルマを無意識にキャッチ
 した宅間に選ばれて殺されたんだ』(by 野田成人)

『周囲から非難される状況下での修行において、最大のお手本となるのは
 マイトレーヤ正大師であると』(by 杉浦茂)

『できれば医者を導いてほしい』(by 二ノ宮耕一)

二ノ宮は医者を導いてまたLSDでも作るのでしょうか?
これで導きの相手を職業で選んでることが分かりましたけど。
特殊技能がない人は入信しても相手にされず。相談事もうわの空。
でも金は出せ、というところでしょう。
あとの2人は論外です。

213 :イニシエーションは絶対断りましょう!:2005/03/29(火) 17:31:00 ID:hundbp+g
今週号の週刊ポストに麻原が載ってましたが、彼は100%精神病のフリ
をしていると思います。
私は彼の公判を何度か見ていますが、彼は裁判官の方は見ようともしないのに、
傍聴席のほうは何度も何度も体をよじってまで見るのです。
誰かが助けに来てくれるのを期待しているものと思われます。

精神科医の言うことはあくまで一般論で、重要なことを忘れています。
それは麻原は詐欺の天才だということです。
人を騙すことにかけては彼はトップレベルの人間なのです。
24時間の監視を欺くことなど、常に誰かと一緒の全寮制の学校で育った
彼なら何ら難しいことではないと思います。
精神科医の人は、はっきりいって売名行為にしか思えません。
とにかく麻原は稀代の詐欺師だということを忘れないことです。

214 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 18:08:42 ID:HIhPHKtE
>>212 『宅間事件で死んだ子は、その子の目に見えないカルマを無意識にキャッチ
 した宅間に選ばれて殺されたんだ』(by 野田成人)

 オウムの理論からすれば、事件の解釈としてそうした解釈も為し得ることは分かるけれども、
どうしてそこまで断言できるのだろうかね。


215 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 18:10:09 ID:HIhPHKtE
>>212

 俺はこうした発言を狂信とは思わない。
けれども、どうしてそこまで断言できるのか、この点については不可解に思う。

216 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 18:12:37 ID:HIhPHKtE
 俺の疑問は、
 オウム理論の枠の中であっても、いろんな解釈があり得るはずだが、
、どうしてその解釈で正しいと言い切れるのか、ということです。

217 :阿佐谷北:2005/03/29(火) 18:16:20 ID:HIhPHKtE
 悪の権化 宅間 を肯定しているというオウム幹部への批判は可能ではあるけれども、
ここではそれは言わない。
 けれども、どうしてそこまで断言できるのか、この点については不可解としか言いようが無い。

 こういう事象は、最終解脱者以外には、読めない類の事象ではないのか。
 

218 :杉浦茂:2005/03/29(火) 18:23:16 ID:jL1VUlBN
>>206 イニシエーションは絶対断りましょう!

本日午後5時59分
我々はあなたを警察に訴えました
アーレフは宗教団体ではなく
営利団体です
よってあなたの一連の書き込みは
営業妨害にあたります
示談にしたければ100万円用意してください


信徒のみなさん、必ずイニシエーションを受けてください!
そしてグルとの縁を深め、来世高い世界へ転生してください!


219 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 19:45:33 ID:yQN+7Uf2
営利団体なら自己破産すればもう賠償責任ないんじゃないの

『宅間事件で死んだ子は、その子の目に見えないカルマを無意識にキャッチ
 した宅間に選ばれて殺されたんだ』(by 野田成人)

オウム理論からすればそうだけど、遺族感情を考えたら口が裂けてもいえる
セリフじゃない。それを平気で説法で取り上げてしまうところが不適切だな。
それを言ったら、サリンだって、殺されるカルマが相手にあったから
私はそれを察知して殺したのだと。実際そうだという見解でしょう。

オウム流にいうなら、宅間のほうがかわいそうなんだわ
相手のカルマを背負って地獄に落ちるから

守護神もどきに質問したことがある。
世の中にはとんでもなく、凶悪な犯罪をする人がいる。
宗教者はすべての人を愛するように努力する必要があるだろうが
どうしてもこんなやつ、愛することはできないという相手の場合、どう
考えたらいいのか。すべての人は神の表れであり、すべての人を神として
礼拝せよと言われても、こんな人は嫌だと、思わせる相手には同考えるのかと聞いた。

そしたら、人を殺したり傷つけたりする悪人は、相手のカルマを引き受けて地獄に
落ちてくれるのだ。だから、彼らは神なのだ、と言っておった。
僧考えるなら、この世に悪人はいない。

220 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 20:23:37 ID:j3Cw8XAr
>>202
阿佐谷北・告発される

221 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 20:57:37 ID:qjNZmrzI
>>219
あのな、相手を傷つけることで相手のカルマを落とすことができるんだったら
平和の為にみんな殺し合いやる罠。相手を殺せば殺すほど世の中清浄になる
だろうに。いったいそんな原理(?)誰が言ったの?お釈迦さんが言った?
お釈迦様は「恨みは恨みなきによってのみ止む」と言っているんだよ。

実際相手に悪を為した場合、相手のカルマなどは良くはなっていないよ。
恨みを買い、恨みの無限循環がはじまるだけだ。
逆に相手に善を為した場合、オウムでは相手の徳を減らすと教えているが、
実際は相手も感謝や喜びの念が湧き、両者のカルマを良くし、徳が益す。

オウムはカルマや功徳を量、物質的に解釈しすぎである。
だから、それらはお金のように交換できると思っているのだ。
そして、苦行は良いことだと称賛しているフシがあるんだなあ。



222 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 21:01:16 ID:qjNZmrzI
もちろん、お釈迦様はそんなこと言ってないよな。
それに功徳やカルマはもっともっともっと・・心理的精神的なものだよ。
だからン万円教団に払ってもカルマなんか良くならない。功徳なんて
積めるわけないだろ。大昔にそんなものは功徳がないと、
ボーディダルマ(達磨大師)が喝破してるんだよ。

教団はボーディダルマが「無功徳」と言った有名な話はまったく
機関紙には載せない。絶対載せない。載せられるわけがない。
その代わり、本当の話かどうかわからないジャータカという仏教説話集の
「貧者の一灯」の話は繰り返し使っていると。貧乏人でも金出せば
功徳が積めるという話しで、不況の今の日本にはピッタリの話。
お婆さんは貧乏なのにローソクを買って布施したので、来世は仏陀になれる
と釈迦から予言されたと。この話に感動したアホ信者が給料を全額布施
したという体験談が載っていたよ。



223 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 21:35:15 ID:qjNZmrzI
つまりね、人間というものは権威に弱い。権威とは伝統を伴っていることが
多い。数年前にできた宗教よりは何千年も続いている宗教の方を信用してしまう
んだ。何千年も続いているから正しいんだろうと思ってしまう。決してそうじゃ
ないんだが。なぜならそれが続いている理由が真理ゆえに続いているのか、
迷信ゆえに続いているのか、はっきりとしないし、政治的、経済的、対外的な
理由で存続してきたのか明らかではないから。

そして、こういう権威や伝統に弱いのがインテリであると。インテリは知識を
持っているから、これはすごいだろうと考えてしまう。
オウムは教祖を持ち上げ、自分の教団に権威を与え、肉厚化するためにうまく
伝統を入れたのだ。
一方、なまじ知識を持っていない者、いわゆるアホは、
自分のカンを大事にして素直に見る。チベット仏教とか難しいこと言っているが
そんなものは飾りで結局、人を殺してしまう迷妄の団体であったと。


224 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 21:57:20 ID:wMw0/sw/
ヴァジラティクシュナー正悟師の個人的解釈だと思っておけば、
別段アーレフという「教団」に対して腹を立てる必要もなかろうよ。
解釈とは、その発現に「断言」という要素は入るもんだから、
目くじらをたてる必要もなし。

225 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 22:46:36 ID:Z6cjyhcZ
医者を導けなんて人を選ぶな。他人を救済するなどおこまがしいこと言うなら
宅間死刑囚みたいな奴を救済してごらん。

226 :名無しさん@3周年:2005/03/29(火) 22:47:53 ID:Z6cjyhcZ
訂正:おこがましい

227 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/29(火) 22:50:43 ID:56Vkk3Mb
>219
オウムは本当のカルマを知りません。>221に書かれているようにカルマを自分達の
概念で、はかりすぎている。
相手を殺したり傷つけたら、同じカルマが自分にくる。というお金の受け渡しのように
考えている部分が間違いという事です。思考回路が単純です。

全く瞑想が進んでいない証拠ですし、そんな観念で瞑想すれば、リアルに聞こえて
くる声だって間違いばかりとなります。
また、見たところキャンディさんは軽い瞑想中毒状態が長い間続いていらっしゃる
ようです。オウムで教える瞑想方法は何ですか?
よく考えてみると、教えて貰っていないでしょう。麻原を頭頂に観想して便器となれ
としか・・・。


228 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/29(火) 23:09:14 ID:56Vkk3Mb
適切な瞑想指導者は居なかったのです。

> どうしてもこんなやつ、愛することはできないという相手の場合、どう
> 考えたらいいのか。すべての人は神の表れであり、すべての人を神として
> 礼拝せよと言われても、こんな人は嫌だと、思わせる相手には同考えるのかと聞いた。

妙観察智をご存じですか?
それは完全に相手の立場になる事です。身も心も過去の経験も考えている事もです。
こんな事無理だとお考えですか?
世の中の全てを本当に愛する事というのは、このような智を持ってして初めて出来る
ことなのです。
一刻一切とは、簡単に言うと各々の本質は空とつながっているという事です。
それが分別し比較し、自他の区別をする事によりつながっていることが認識できなく
なっているのです。
もし、あなたが本当に相手と同化したなら相手の心の状態を理解し相手の今までの
経験を理解し、相手の育ってきた環境も理解し、何が苦しめているのかも見えて
くる事でしょう。その状態なら、あなたは相手を許す事が出来るかもしれないと
思いませんか?


229 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 23:17:28 ID:Ij5MCSlD
>お釈迦様は「恨みは恨みなきによってのみ止む」と言っているんだよ

身口意 しんくうい というのは

身の行い 口の行い 心の行いというんですけど
それらの因は、自分の中にすべて残ると言われているんです
例えば身において殺生をなした 口において悪口をなした 心において
よくない思いを抱いた それぞれが原因を作ってしまった以上、その結果を出すと
いうことです。

例えば、ある悪人がいて、盗みを働いたと たくさんやったと
しかし、ある日改心して、私はもう盗みはやめようと、一切しないと
改心すれば、彼のやった罪はすべて消えるのか?というほど、甘くはないというのが
オウムの見解です。今まで盗みを働くことによって、たくさんの人に与えた物質的欠乏
精神的苦痛、同じだけの量を彼は受けて初めて、”自分のやったことを清算した”ことに
なると、信じられています。
大変平等だと、思いませんか。

てことは、彼の犯した罪が消えるためには、誰かが彼に、彼が人々に与えたのと
同じだけの苦しみを与えるのが、一番手っ取りばやいわけですというか、
そういうふうにカルマが落ちる。
普通は、自然とその人の潜在因子が顔を出して、生活しているうちに少しずつ
かえってくる。例えば、盗みの反動として貧しくなるとか。

230 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 23:28:18 ID:Ij5MCSlD
それに功徳やカルマはもっともっともっと・・心理的精神的なものだよ

甘い!!
修行を嫌がる人のある人たちは、カルマが返ってくることを恐れているんだわ
なぜなら、自分が過去にやったことのいろいろを思い出して、
これが今自分に返ってきたらたまらない、と思うからさ。

自分が昔やったことで、今思い出して、あれはまずかったと、いうのがあるでしょう
それが自分に全部返ってくるなんて脅しだよ、だから宗教嫌だわと思うかもしれない
しかし、原因を作ったのは他でもない、明確に自分なんだよ
だったら、それが自分にかえってくるのを否定はできないよね
カルマは心理的なものとか言って、うやむやにしてしまいたいんだ
カルマのほうは因果の法とも言われるようだが、もしそれを否定するなら
人の運命はナニによって動かされていると思うんだ?


231 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 23:39:18 ID:Ij5MCSlD
私はカルマの法は厳格で容赦ないと思う
それはルールであって、守られなければならない
原因を知らなければ、それは無慈悲にしか写らない

例えば、魚でもブタでも殺して食う
殺す時、どんな生き物でも必死で生き延びようとしている
口はきけないが、心の中で”殺さないでくれ”と叫んでいるに違いない
その命乞いを無視して無慈悲に殺してしまう

もし、殺した方が、カルマが返らず、その身に痛みを受けず、意気揚揚と
生きるなら、殺されたほうの無念はどうなる?
平等に見るなら、痛みを与えたものにも平等に痛みが与えられるはずなのである
そうでなければ、正しく判定しているといえない

それを、なんとなくイヤ、そんなもんじゃないとか
もっと神はお慈悲があるはずだってのはおかしい

232 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/29(火) 23:42:35 ID:56Vkk3Mb
瞑想は意識の波動をより微細なものにする訓練だと思います。
多少いかがわしくなりますが、私の仮説を書きます。

意識を微細にする事により、ある状態を越えると神秘的な体験をします。しかし、
こんなものは、全く不要な体験。さらには避けるべきことであり、独学している
なら単なる自分の夢の一つと流すべき事なのです。
その体験は基本的には自分の観念をよりどころとするリアルな映像を見ている
だけに過ぎません。リアルに空間移動する場合、耳元で声がする場合、遠く
銀河の果てに居る場合、人の心がふと理解できる場合、未来の事が見える
場合、過去の事が見える場合、本当にいろいろです。自分の雑念が在れば
それが微妙に変化してリアルに体験するのです。
この体験をするのは、空とも言えなくない部分であり全てが在るからです。
全てのものは空とつながっており仏性を持っているのですから、余り特別でも
ないのです。また瞑想が進んでいるバロメータにもなりません。神秘体験する
事で往々にして雑念や執着が発生し精神的な進歩や瞑想段階が進まなく
なります。

カルマとは、小さな波のうねりとも言えます。そのうねりはあるバランスを取り
ながら広がります。近くから遠くに。静まり返った水面に波を立てれば広がって
いくようなものです。多くの次元に対してそれは起きます。ただその波は、既に
立っている状態に起こすようなものですし、水面のように二次元では表現で
きません。
オウムのカルマでは、単純すぎるわけです。一桁だけの算数をして世の中を
知ったように感じているだけなのです。


233 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 23:43:36 ID:Ij5MCSlD
それからあなたは、オウムの信者なのかしらんが
功徳を積んで修行していれば
目に見えてカルマが返ってくるはずだよ
私も入信してすぐ、イヤ〜なのが一発帰ってきたもの
まさしく、昔あたしがやったのと同じようなシチュエーションで
イヤだイヤだとどんなに思っていても
逃れられなかったね
そういう体験している人はたくさんいるよ

234 :カネゴン@キャンディ:2005/03/29(火) 23:46:13 ID:Ij5MCSlD
てか、相手を苦しめるつもりはなかたんだけど
私も知らぬマニ自由に振舞って人に嫌な思いをさせた
そういうの、同じような人が現れて同じ事をしでかしてくれたよ
さんざn迷惑をかけられたね


235 :腹筋:2005/03/29(火) 23:51:32 ID:ccuiWICh
>>187
友達みたいなノリの守護神ですねぇ(w
ツォンカパも文殊菩薩と交信してたっていうしこれからも色々聞いてみては?
どういう縁でついたのとか守護神自身は教祖と縁あるのとか
ただ人格の高くない守護神の場合、守護神のレベルを追い越すときに色々邪魔をするらしいですね
急に異性にもてたりとか現世的に出世したりして忙しくなったりとか
修行してタイミングよく誘惑に負けてれば今頃ウハウハだったかも(笑)

>>221
悪をなされた側が「これでカルマが落ちた」と感謝するか
「これは私のカルマである」と見極めれば、そこで恨みの無限循環は止まりますよ
禅などもそういう思想では?浮かんでくるものに振り回されないという意味では。あんま詳しくないので語れないけども
そもそもこの世に起きて聞いて知りえたコト、事件でも何でもそれは知るだけのカルマがあったという事だから
全く自分に責任がないということは無いそうですよ。何億分の一の責任だとしてもね、相互依存法則から考えてもても。
善に関してはそうですよね、相手のカルマを良くするような善を積みたいものですなぁ。

結構ごもっともな事を言ってらっしゃるのでどんどんやってくださいな(w
ボーディダルマの話とか聞きたいですね

236 :公安:2005/03/29(火) 23:52:10 ID:lQqtNMw6
>212
二ノ宮は馬鹿だからなぁ。何でもペラペラ喋ってくれるいいカモだ。


237 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 00:08:45 ID:OTQiRY2W
二ノ宮が頭頂から陽神を出して信徒の前で歩かせたそうだよ。

238 :カネゴン@キャンディ:2005/03/30(水) 00:17:33 ID:Xfd9TcQH
それからね、布施をすればどうというのを物質的でおかしいというのは
そうではない
布施は金だよ、金は物質だよ しかし、現代では金がなければ
ナニひとつできない
道場借りるんでも、教本作るんでも、、日本中の支部を回って
説法するんでも、いちいち金がかかる
誰かが金を工面するから、それらの活動がスムーズにいくんであって
布施はグルへの奉仕に他ならない
アタリマエだけど、布教活動の一部を担っているってことさ

239 :カネゴン@キャンディ:2005/03/30(水) 00:22:28 ID:Xfd9TcQH
>急に異性にもてたりとか現世的に出世したりして忙しくなったりとか

邪魔されてみたい

240 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 00:25:32 ID:d/rW4v4+
書き込みのカルマというものが存在します。
私は他のスレにある書き込みをしましたが、
それを読んだ人に生起するような感情が、
私に強く生起しました。
まさに想定の範囲外で、
そのような環境が現象化しました。
多くの人が読んでいるので、
小さな感情の総量が返ってくるようです。
書き込みには細心の注意をはかりましょう。

241 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 00:28:44 ID:d/rW4v4+
>>237
本当ならもう少し詳しい情報がほしいな

242 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 01:16:40 ID:DB8WWC0d
幹部だけちゃっかり年金加入してるらしいけど信徒はどうすんの?
ラーメン屋でもやったらどうかな。
ひやかしに行ってやるよ
ところで、うまかろう安かろう亭にチャーハンてあった?

243 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/30(水) 01:52:53 ID:3b/LdJ/M
>242
涅飯。

>240
私も感じます。でもそれは自分から出たものなのですょ。

244 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/30(水) 01:55:24 ID:3b/LdJ/M
追加。
自分の中の引っかかり部分との論理積となります。

245 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 02:21:42 ID:d/rW4v4+
>>244
カルマが現象化したときは苦痛があるのですが、
そのカラクリと引っかかり部分に気づくと、
関係した方々に感謝したくなります。

246 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 07:51:46 ID:w+lMhKDv
>>245
では今のアーレフは警察ならびにサリン被害者に感謝しているのか???


247 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 07:56:44 ID:e3FPJdaL
>>237
ほんと? 
陽身を出すって、自分の分身を出して、自分が見ている前でもうひとりの自分を
歩かせたってこと? 

248 :阿佐谷北:2005/03/30(水) 19:35:20 ID:l10ClEOG
>>245 カルマが現象化したときは苦痛があるのですが、
そのカラクリと引っかかり部分に気づくと、

 カルマというのは、過去生そのまた過去生まで関わっているものだ。
どうしてキミに因果関係が分かってしまうのか?簡単には分からないものなんだよ。


249 :248:2005/03/30(水) 19:47:48 ID:l10ClEOG
 カルマの顕現なのか否か:これは簡単には分からないものなんだよ。

それだからこそ、オウム教団は、権威者(最終何とか)の判断を要していたのだと思いますよ。


250 :248:2005/03/30(水) 19:57:44 ID:l10ClEOG
カルマの顕現なのか否か:
 これは簡単には分からない、判断の困難なものであると同時に、顕現だと判断された場合においても
どういうカルマの顕現なのかなどという事に至っては、まず分析不可能でしょう。
教団が(最終何とかの)権威者を設けて、絶対視させていた理由はその為でしょうし、
こうした事情がある以上、それも無理はない事だったろうと思う。

 その最終何とかも今では否定されているというのだから、これは大変な詐欺だろうな。


251 :248:2005/03/30(水) 19:58:59 ID:l10ClEOG
 これ以上書けば命を狙われそうだ。

252 :始まりと終わりのない時間 ◆L.GTFhOniA :2005/03/30(水) 20:02:50 ID:Gvaj/l0f
>>251
命が惜しいなら宗教板に来るな!!

助けてやるからバーレンを応援してくれ

253 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 20:06:16 ID:GtDG+A9S
陽神? 陽根? 

たしか小さかったとキオク


254 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 20:27:15 ID:KLzQcXm5
阿佐ヶ谷北オウムは、この世から消えろ!
地球からでて池!!!!!!
灯油でものんで即身オウム成仏しろ!

255 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 20:29:23 ID:w+lMhKDv
>>245
本当は教祖レベルじゃないと分からないことなのにね(笑)
だんだんサマナや信徒が自分に都合の良いように考えはじめたよね。


256 :阿佐谷北:2005/03/30(水) 20:39:52 ID:l10ClEOG
>>255

 ここの定義では、教祖であるだけでは駄目なんだ。教祖、代表にそこまでの判断はできない事になっているよ。
ステージの規定というのも同様に、単なる教祖には出来ないことになっていた。
最終何とかでなければ出来ないはずですよ。

257 :阿佐谷北:2005/03/30(水) 20:42:07 ID:l10ClEOG
 幹部クラスのステージ自体、無効のはずだよ。
 これは最終何とかによって与えられたものだから、最終何とかを否定したと同時に
無効になると思うけどな。

258 :阿佐谷北:2005/03/30(水) 20:48:22 ID:l10ClEOG
 その無効なものを今も看板に掲げているオウム。彼らを 聖者 とも呼んで奉っているのが信者。
その中には、話の分かるいい人もいるでしょうが、ソレとこれとは別問題。
というのは、彼らが聖者と呼ばれている根拠は、最終何とかから授かったステージであるからだ。

 無効なものを掲げて商売している以上、非難されて当然の人たちであり、おかしい団体だよ。

ここの住人には理解できないようだけど、一通り書いておけば誰か気づくでしょう。

259 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 20:52:55 ID:e3FPJdaL
>>237
二ノ宮が頭頂から陽神を出して信徒の前で歩かせたそうだよ。

おーい、だれか、ほんとーならこたえてくれー! 
わるい冗談か、、。


260 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 21:20:59 ID:+WOXlZ0O
>>258

聖者とか言って、恥ずかしくないのかねー。

オウムの若い子と、以前知り合ったけど、
「尊氏の裁判の傍聴に行ったけど、ねちゃった」とか行ってた。それでもサマナ長だって。

公安の手入れが入る直前には、HDDの内容消したり、証拠隠滅にも加担していた模様。

外の若い男の子に付きまとったり、変な人だった。
東大にお色気商法にいったり、つっこみどころ満載だった。

オウムはオウム、変わってませんよ〜。
全部実話。

261 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 22:01:20 ID:E+ss5Xg8
>>213
俺も絶対そう思う。
何で今頃、精神科医がでてくんだろ。
自分の写真とか週刊誌に載せさせてさ。

>>260
麻原は信者にも見捨てられてんだね。

262 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 22:33:08 ID:lH/JMw/H
阿佐谷北・>>220

263 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 22:51:09 ID:HqDm44K7
「超能力実験」  オウム真理教・犯罪被害
 今月初めだったか、信者と話すとき、どんな話をしてきたのか、
なぞと聞かれることがあった。
 いくつか話したが、興味深いのを1つ、忘れてしまった。
 
 そう超能力実験、そりゃね、解脱・成就が大切なのであって、
超能力なぞどうでもいいこと、とはされているが、解脱・成就すれば当然付随してついてしまう
能力と言うことなのだから、自ら成就・解脱が本物かを判断する為に、やってみるのが良いと。

 んで、1人でもできる。
1 まあ5センチ四方でも3センチ四方でもいいから、白い紙30枚を用意する。

2 10枚ずつ、それぞれの紙に○、×、川を書いていく。

3 すべてを小さく折りたたみ、箱の中でも帽子のなかででもいいからシャッフル

4 「○」を置く場所、「×」を置く場所、「川」を置く場所を作る。

5 一つずつとって、手で暖めてでも、ナントカチャクラにくっつけてでもいいし、
バイブレーションのよい所でも、呼吸法をしてからでもいいから、
また何時間かけてでもいいから、1つずつ、○、×、川のどれかと判断して、
それぞれの場所に置く。

6 30枚が終わったら、おもむろに順次すべてをあけて、何枚当たったかを数えていく、


264 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 22:52:20 ID:HqDm44K7
 簡単です、とっても。

 まあ3枚でもいいのでしょうけれど、偶然性に支配されない為には30枚がいいかと。
開けるのは、30枚終わったからの方が一喜一憂しないでいいですよ。

 さて、何枚あたるでしょう。

 自分の能力診断なのだから、正直にやりましょう。

10枚が偶然の部類であり、平均のはず。
20枚あたったら、凄すぎる。
1枚もあたらなかったら、なお凄い。

 いや、自分として、中学生の頃何度かやっていたことなのですが。
私は、ナカナカァのものだったときもありましたが。

265 :名無しさん@3周年:2005/03/30(水) 22:55:31 ID:HqDm44K7
↑修行して神通が身付いたとか抜かしてるキャンディ他、やってみな
まず当たらないから。




266 :カネゴン@キャンディ:2005/03/30(水) 23:52:14 ID:NAQLU1So
あーあたしもあたらないと思う

私が超能力を前面に押し出すのが嫌いな理由の一つ

所詮は、下賎な考えの持ち主にしか興味をもたれなくなるということ
飛んで見せろ、とか言われて教祖は結局飛んで見せなかったようだけど
それを”つまらない興味本位の目で宗教を見られたくない、そういう考えの人の
目の前で神通を使って見せる必要があるか”と後から説明したところで
自分が、超能力開発の本でデビューしたり、飛んでいる写真を公表してしまったんだものね
その場合、やはり飛んで見せないといけないと思うんだけど、自分がしたことが
原因なんだから

267 :カネゴン@キャンディ:2005/03/31(木) 00:12:20 ID:NTMZcMbh
あと、必ずウソツキいんちき扱いにされる
これは避けられない

たいがい、コレは絶対あたっていると思うんだけど
地道に法則のみを解き明かしてる場合、まず悪く言われない
ベーシックな釈迦の教えなら、非の打ち所がない
釈迦は、あの世だの神変の問題に関しては、聞かれても黙って通すように
していた
それは、あの世や超能力が無い、からでなく、手に取って見せることのできない
ことには関わらないほうが賢明だと、考えたんだと思う

そこらへんが、教組より洗練されているっていうんですか(笑)
確かに修行すれば、ある程度は体験できるよ
オウムに来てやってみればね、でもそれは、ごく自分に縁の近い
少数の人間にしか納得させられないものだから

わたしもちょっとばかり、アストラルの声が聞こえたとかここ2,3日の
うちに書いたらもう、”やってみせろよ、できねーくせに”とかいう
レスがすぐ付いたじゃん
ちょうのうりょくは宗教界のタブーじゃないかと思うんだけどね
てか、世の中うまく渡っていきたければ、例え神通あってもまったく
顔色にださないこったね
オウムって若い人ばっかりじゃん 私も入信当時若かったけど
それは結局、超能力とか前面に出すからだと思うんだよね
いい大人が首つっこむことじゃないって、私自分でもそう思っているから
それにオウムで修行して神通ついても、世の中から放り出されてしまって
 超能力者 = 貧乏人 っていうんですか
もう絶対、お約束のようにそうですから
オウムで霊性上がった人で、貧乏じゃない人っていますか(笑)
この世における神通力は、金や権力や美貌だよ
生きている間はそのほうが効き目がある

268 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 00:13:26 ID:KqKtY7Zv
尊師の空中浮揚は初期の弟子に目撃されている。
シャクティーパットをするようになってから、
飛べなくなった。

あともう一人多くの人に目撃されているのが、
井上さん(アーナンダ師)。
しかし、アーナンダ師も、
ビデオの前でやろうとしたができなかった。

しかし、まだ信徒だったころ大阪支部で修行中
空中浮揚したところを目撃した人がいる。
修行中に1〜2秒浮かぶというだけで、
やろうと思うときにはできないらしい。
そのときには重力と同等の強烈な上昇の力が働くと言ってた。
信徒のころのアーナンダ師はリスのような目をした
純真な少年という感じであった。

多数の人に目撃されているのはこの二人だけ。
もしかしたら、この二人しか空中浮揚できる人は、
いなかったのかもしれない。

ただ、ごく少数の人に目撃されている空中浮揚は、
他の人にもある。

269 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 00:23:43 ID:KqKtY7Zv
私はたまにテレパシーのような感じで、
分かるはずのないことが分かることがある。
しかし、それは非常に重要なことがあって、
誰かが私に知らせてくれているような感覚である。
しかし、残念ながら、これを第三者に、
客観的に証明できるように示すことはできない。
「偶然でしょ」
とか言われて終わってしまう。

270 :カネゴン@キャンディ:2005/03/31(木) 00:25:01 ID:NTMZcMbh
これはあるホムペで読んだだけだから、確かな話か知らないんだけど
釈迦のもとにある修行僧がやってきた
その人は、輪廻や来世、あの世の存在に懐疑的だった
そして、すごい修行者が現れたと評判を聞いて釈迦のもとを訪れ
あの世や輪廻も問題について聞いた
釈迦は答えなかった
その釈迦の態度に返って信頼を置いた彼は、自分の宗派を抜け、釈迦の弟子に
なった
後年、その弟子は神通第一と称されるほどの神通を自由に操るようになった
確かマハーモッガラナだと思うんだけども、
もし、釈迦が来世はあるとか答えたら、その弟子は離れていった
無いと答えればウソになるかもしれない
底ラ変の相手を見る能力ってのがすごいと思う
教組なんか、私がどうしてもあれがやりたい、あの人と結婚したい
結婚できなければ、死んでしまおうと思いつめていた時に、
ニコニコして出家したらどうたーといいやがったからね
この人は自分のことは全くわかってくれていないんだ、といっぺんでキライに
なりました

271 :   :2005/03/31(木) 00:26:41 ID:Qht7faMS
超能力は他人に披露したり自己申告した時点で偽者。


272 :カネゴン@キャンディ:2005/03/31(木) 00:31:17 ID:NTMZcMbh
だから、神通を身につける以上にすごいことは

なにかの手段によって、それらを科学的に証明できるって装置を
開発することだと思うんだけど
確かな根拠があれば、人間は信じられるわけだから
過去生で自分が何をなし、それがどう結果を出すか、全部
CTみたいのに入って経験できれば、みんな戒律を守れるようになるんだろうけど

273 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 00:31:25 ID:KqKtY7Zv
神通力というのはキープすることが難しい。
一時的に霊視できたとしても、
その力を継続することが難しい。

274 :アバロキ亭シュークリーム:2005/03/31(木) 00:56:33 ID:tdrBD5+s
>263
思春期の頃の私なら、そんな事出来ても可愛い彼女はGet出来ねーよ。
興味示すのは秋葉系・オカルト好き系だけ…。意味無い。って思ってた
でしょうね。

話しは変わりますが、
本当に解脱したなら、「私は解脱した」などとは言わないでしょう…。

まず、みんなをあんなあせって救済などしても確実に意味が無いです。

麻原の逸話が語られているのは、魔境に入る直前あたりまでの事ですし、
何も大した事やってませんょ…。
いろいろと(正しく)思い起こしてみればわかります。

ただ、三輪車は乗りこなせる程度の瞑想技術とマニアックなF1知識は
ありました。そんな技術でF1に乗ろうとしたら、大事故にもなるでしょう。
このお陰で、F1への偏見者が増えています。
オームは一級のマントラ波動なのですが。


275 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 01:16:29 ID:u4Fy+zsP
友北のところの転載だね
そんな方法があるんだ
統計学的にもまっとうな方法だね

カネゴン突然弱気になっちゃった
超能力を前面に出すとか、他人に言うとかじゃなくって
友北は自分でやってみなと言ってる
やってみればいいのに

ナカナカって何枚当たったんだあいつは
空中浮揚は10秒とか言ってた(笑)

276 :カネゴン@キャンディ:2005/03/31(木) 01:20:49 ID:NTMZcMbh
そんなことできたら
株でもやるわ

277 :カネゴン@キャンディ:2005/03/31(木) 01:23:55 ID:NTMZcMbh
もし株が百発百中だったら
賠償金だって数年でかえせるぞ
功徳使いそうだが

278 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 02:12:34 ID:KqKtY7Zv
>>272
善も悪も選ぶ自由がある中で、
善の選択をすることが、
心の成熟につながり、
修行になるのではないだろうか?

過去世とかカルマの法則とかが、
誰にでもはっきり分からないことに、
実は意味があるのかもしれない。

頭に銃を突きつけられて、
強制的に善の行為をなしたとしても、
それは心の成熟ではないのだから。

279 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 12:04:38 ID:fpnb1rLK
>>274
ハンドルネームかえてもらえません?
だいすきな神様のなまえが中途半端にパロディになってるのってけっこうつらい。
それにだいすきなシュークリームばかりたべたくなるよ〜。お金ないのに。。。




280 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 14:06:14 ID:LlyD7nTY
二宮さんは「私がいなくてもみんなが救済活動をしっかりやってくれるなら、
山に十年ほど籠もらせてもらって陽神を信徒の前で歩かせて見せる。
すごくかわいいんですよ。」と言った。幼神なのか?勝手に籠もれば?とは思ってても言えないでしょ!
あと、達子さんの『救済の構図』が出てこなくて、
「みなさんが救済を意識できていない心の現れだ」と怒るのは二回目。
お決まりなのか、サマナが学生サークル気分なのか。
会社のプレゼンで資料出てこなかったらクビでしょ?お客さんはあれだせこれだせ急に言うから全ての可能性を想定しとかんと!

281 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 14:28:18 ID:fpnb1rLK
>>280
レスありがとー。やっぱり陽身つくるなんて、そう簡単にはいかないのか。。
だれか何もいわんといきなりみせてくれたらいいのにな!
テレポーテーションとか、某女優と結婚した教祖もできるという話だけど、
アーレフでもぼんぼんやって、
『でもこんなことやっててもしかたないからやめるわ』
なんていってみせてくれないかな。
イエスキリストはかなりの信徒をひきつれて説法しながら海の上を歩いたり、
みんなのたべものを用意したり、死人をいきかえらせたり、
奇跡も起こしてたはずだけど、どうしてアレフは救済活動やってるとできないの?


282 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 14:54:23 ID:WC6QmRMZ
サンタクロースはおとぎ話。
おとぎ話ではあるけど、みんなの心の中に、ちゃんとサンタさんはいるよね。
でも、まじでサンタさんがトナカイのそりで空を駆け巡っていると思ってたら
それはちょっとやヴぁいよね。

春ですね。

283 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 18:45:50 ID:LlyD7nTY
アーレフの教えではカルマの総量は一定なんだそうです。つまり成就者が信徒の悪業を背負うことで汚れ、エネルギーが落ちる。信徒は悪業が落ち、エネルギーがあがると。
二宮さんは信徒の悪業を背負ってあげてるから、小乗の修業者みたいに自分一人が超能力者にはなれないと言いたいのだろう。
自己犠牲に酔っていると外から非難されそうだ。
以前、信徒の人が達子さんに悪業を背負ってもらったことを感謝すると、
「いや?あのね、そういう仕事だからね。」
と答えていた。『仕事』なのである。
上祐さんが表舞台から姿を消した時、説法ビデオが全部撤去されたのだが「信徒が正大師に思いをはせるだけで肝臓が悪くなる」
とのことだった。キツイ仕事だね。

284 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 20:47:04 ID:76fQr8Iz
>>238
>布施は金だよ、金は物質だよ しかし、現代では金がなければ
>ナニひとつできない

あのなあ、そんなことは世間の「常識」なの。しかし、宗教っていうのはその常識
に挑戦しなければならないんだよ。世間と同じ価値観持っていたらダメなんだよ!
資本主義の国の世間的価値観に従ったとしよう。すると、それは「金が無い奴は
ダメ」っていうことに「自動的に」なるんだよ。つまり、金が無い者は永久に
救われない。だから、宗教は「そうではない価値観」を打ち立てなくてはならない。
これが宗教がタダでなければならない理由だ。

アーレフを見ろ、金無しでは何もできない。嘘だと思ったら、入信して
「財施はいっさいやりません」と宣言して、道場に行き修行してみろ。
さい銭箱に1円玉一枚すら入れてはならない!それで居づらくもならず、
引け目も感じず、「布施は功徳になるのだからしたほうがいい」という
サマナの説得(セールス)もうっとうしく感じず、サマナの態度が冷淡にもならず、
道場でボーッとビデオ見る以外にできる修行があるのなら、やってみたまえ。
勉強会(1回300円)すら参加できない上に、いたたまれなくなって逃げだし
たくなるはずだ。つまりね、信者というのは自主的に布施しているように
見えるけれど、金を出さざるをえないシステムと無言の圧力があるんだよ。



285 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 20:57:27 ID:76fQr8Iz
アーレフが金だの功徳だの言うのは宗教的な意味の前に、喉から手がでるほど
それが欲しい条件があるということを忘れるな!
1.社会的にいかがわしい団体で、認められてないので、大口の寄付や援助を
期待できない。
2.宗教法人ではないので、税制の優遇等もなく、組織運営に金がかかる。
3.賠償金を支払わなければならない。
4.働いていないサマナがいるのでその生活費がかかる。
よって貧乏人からでも金を取るしかない。その取る手段に宗教的な理由づけを
利用しているだけ。

補足)麻原は質素な生活をしていたという意見に対する反論。

確かに豪邸を建て、酒池肉林の生活をしていたわけではないようであるが、
ただ、それだけであって、実際、選挙、サリンプラント建設、ヘリの購入など
には遊び呆ける以上の莫大な金がかかるのである。おそらく自分が贅沢し、
その上、そういう活動をするならば、いかに金を持っていると言え、
破産するであろうことを、麻原は理解できていた。
つまり、麻原は、私生活で無駄金を使わなかっただけであり(言い方を
変えるならばケチ)ハルマゲドン後に天下を取るという目的のために
節約をしていた、と考えるのが妥当である。



286 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 21:15:13 ID:76fQr8Iz
>>230-231
俺はカルマは存在すると思っているけど、オウムのカルマの法則は信じていない。
特に「カルマ落とし」という言葉はお釈迦様は語っておらず、オウムが勝手に作った
用語だと思うが、俺は「カルマ脅し」に改名したほうがいいんでないかと思う。

カルマとは生き物であって、常に動いている。固定的ではない。
もし、オウムのようなカルマの法則が正しいのなら、未来は非常に固定的であり、
人生を変えることはできない。
何か事が起こった場合、それはカルマであるのはうなずける。しかし、そこから
できることがあるのである。不幸な境遇に生まれるのはカルマであるが、
不幸な境遇に生まれたら、そこで絶望して首を吊らなければならないのではない。
未来は固定していない。
オウムのカルマの法則が最大限に適用されたのは、ハルマゲドン
であろう。麻原は人類の悪業の結果、ハルマゲドンは100%避けられないと
言い放った。しかし、未来が固定的でないことは事実が証明している。


287 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 23:38:32 ID:DS9lxbtI
今月の大航海
宗教不信と宗教テロ 井上順孝
http://www.shinshokan.co.jp/daikoukai/dai-index.html

288 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 23:49:00 ID:/eixzytj
お前ら何だかんだ言ったところで
もし石井久子がヤラせてくれるならセックスするんだろ?

289 :名無しさん@3周年:2005/03/31(木) 23:49:16 ID:95EmnNfm
test

290 :名無しさん@3周年:2005/04/01(金) 00:01:27 ID:uDpAQM4r
>>285
それって逆に立派じゃん。
天下のために使おうと考える人はそんなにいないよ。
特に破壊のために貯蓄できる人は立派だ。
みんな維持することしか考えないからね。

291 :名無しさん@3周年:2005/04/01(金) 00:05:01 ID:NrU3rWRf
>260
その人は背の小さい童顔の女性でしたか?

292 :カネゴン@キャンディ:2005/04/01(金) 00:06:57 ID:vi5hpZyT
私もオウムは巨大な集金システムだとは思うよ
しかしあんたは、できればタダで教団で修行させてもらって
できれば、高度な瞑想技術や霊性を身につけたいと、思っていやしないか
もし、オウムの集金がイヤなら、なぜこの世間の風当たりが強いのに
教団にいる必要がある?つまりあんたはあんた次元で、教団をうまく利用したいのさ。

常識家のあんたに聞こう
宗教はタダでなくてはならないと
世の中はお金のかかるところだと すでに矛盾じゃないよ
どうやって、教団をタダで運営していくのだ?誰が気前よく金をポンと出すのだ
国がくれるのか?
教団だって、宙に浮いて存在しているわけでないんだよ
地べたの上に存在しているだけでお金がかかるんだよ
てか、その人のやる気を金で計る必要はないかもしれんが
私は現役だったころは、功徳の理論を信じていたから
バイト二つかけもちして布施したよ
人より幸せになりたかったからね
何もしないで要求ばかり激しかったわけじゃない

きっとあんたは霊性が低いんだよ 道場にいるだけでエネルギーもらったり、浄化されているのを
自分で気づかないんだ
何もしないで道場にいるだけで、ナーディーの詰まりが取れていくし それはとりもなおさず、カルマを取ってもらった、あるいは煩悩の一部を
取ってもらったことなんだ
布施もバクティもしないで道場にいる人間なんて泥棒と同じだよ
私は彼らに借りを作りたくないから、師と話したり、特に何もしなくても
必ず布施するようにしていた
だって、自分は修行しないで、他人に助けてもらって浄化が進むなら
それは借りを作ったことになる その借りでまた縁ができてしまうし
ラーマクリシュナも言っていたけど、タダで霊性の高い人の説法を聞いたり
しつづけると借りができて、来世でその人の使用人みたいのに転生したりするって
ラーマも言っていたもん

293 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 00:08:24 ID:z/B/4hTy
>>286
オウム的な概念にはグロスにする一定の目的があったんだと思う。
だからあなたの言うことは理があると思うけど
たぶん、わからないひとにはわからないと思う。
具体的な例で納得できるようにはっきり証明しないと。


294 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 00:18:43 ID:vi5hpZyT
しかし上記のようなことを言うと、今度はサマナが威張りだしそうだから
イヤで普段は上のようなことは言わないんだが、あんたはまるでわかっていない
ようだから

だからこうなんだよ
なんで、グルやサマナが、タダであんたのカルマ背負って苦しまないと
いけないんだ?
霊性が上がってくると、自分で意図しなくても、例え自分がイヤだと思っていても
人との間にエネルギー交換をおこしてしまうんだよ
それは、あんたがもっと功徳を積んで修行すれば、わかるようになることだよ
そうなったとき、あんたみたいなケチはきっと、こう思うんだよ
”なんでオレが、関係無いコイツのエネルギ吸って苦しまないといけないんだ?”

もちろん信者でも、浄化の進んでいる人、ぜんぜん進んでない人、まったく
違うからひとくくりにはできないんだけど
サマナはバリバリ修行している いつもエネルギのいいところにいる
残念ながら信者はエネルギの悪いところにいるし、戒律も守りにくいからエネルギ状態は
どうしてもサマナに負けるというか、信者とサマナが並んだら、まず負担をしょうのはサマナなんだよ
それをサマナもわかっているから、信者に対して自分は優位と思っている

だから、サマナに借りを作りたくないから、私だったらちゃんと布施するよ
エネルギもらっても、その分布施しておけば、相殺されるもの 単純だけど
こっちだって、教団ノ活動に寄与しているんだってのを見せなきゃね
ただのお荷物扱いにされちまうよ

295 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 00:22:35 ID:JXU/Gq5B
霊性の高い人は邪悪な穢れたエネルギーを感じ取って道場には近寄らんし、
中に入ると頭痛吐き気がする。俺もそうだった。逆に何倍も疲れる。
あそこに居て居心地がいいと思う奴は相当鈍感で霊性が低い証拠。
カルマを取るどころか悪行のカルマを積んでしまう。


296 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 00:23:55 ID:JXU/Gq5B
>288
20年前ならな

297 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 00:30:49 ID:vi5hpZyT
問題は、純粋に宗教的なことでなくて
教組のアホから引き起こした事件の賠償のために布施すろとか
そういうのは被害者の方には失礼だが宗教的観点から見てやりたくないことの
ように感じてしまう あるいは同じイニがあるときは1000マンなのが
後では100マンとか、いずれにせよ、教団側の過失のためにばかばかしいほどの
負担を信者に背負わせると言うのは頭にはくるよ
そんなものを事件を起こした人間が払えばいいんであって。。

298 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 00:36:56 ID:vi5hpZyT
294のことだけど、だからといってサマナが神聖で信者がそうでないとは
思わない
信者の布施があるから、サマナも外で他人と接しなくていいし
だから高い状態がキープできる
お互い持ちつ持たれつなんだ
いくらさまなが修行してるといっても、世間で働き出したら
キープが難しくなる

299 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 00:43:29 ID:JXU/Gq5B
皇紀2665 ?

300 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 00:46:30 ID:vi5hpZyT
事件の隠ぺい工作なんかに金使わなければ
もっとボランティアみたいなことだってできたんだ
そうすれば、世間からの評判もよくなったろうし、そういうことは
世間の人からも支持を得やすい
結局ラーマクリシュナがインドやアメリカで大きいのも
キリスト団体が大きいのも、困っている人を助けると言う”まず世俗的なことで
人を助ける”という、世間に対して協力的な態度をこちら側から見せたからだと思う
オウムだと困っているのはカルマが悪い、徳がないからだといって、手助けしたら余計徳が
減るようにいうけども、、その悪いカルマが落ちる段階、悪しきカルマを落とすには忍耐が必要だけど
ニンニク(漢字が出ない)のステージってのは大変高いんだわ
布施と持戒が守られていないとニンニクに入れない 最初からニンニクしろってのは無理かもしれない

301 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 00:54:16 ID:JXU/Gq5B
風呂に入らないから生ごみのようなニンニク臭いしカレー臭い人ばかりだった。
サマナにワキガが多いの何で?セミナー中は窓閉めっぱなしで、屁をこかれたら地獄。


302 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 01:00:16 ID:vi5hpZyT
もし、その団体が顕教で、指導者が霊性が高くなく
ただ本をみんなで読んで、修行について語り合うだけの団体なら
あまり多額の布施を要求したら、逆に団体が罪を作ると思う

しかし、あんたはグルがどういうもんなのかわかっていない
本当に帰依している弟子のためには、グルは地獄に落ちるのすら
変ってくれるというのに(そのつもりらしい)
死んでバルドに入って、自分で落としきれなかったカルマ、超えられなかった
煩悩、それに対して彼は未熟だけど、私によく奉仕したから、私が責任を
負うから少しいい転生をさせてやってくれと、ヤマ天にかけあう力が
グルにはあると思われている。奉仕しなかった弟子の責任までグルがしょってくれるかは
疑わしい。

300円も出したくないのかよ??

303 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:07:53 ID:JXU/Gq5B
事件をすべて弟子の責任に擦り付け無罪を主張してるのがグル麻原


304 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 01:09:25 ID:vi5hpZyT
最近のグルは、本当に帰依している弟子には大罪をなすりつけ
一緒に絞首刑になることを希望されるようですが、
お楽しみは死んでから、というところでしょうか

305 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:14:23 ID:JXU/Gq5B
最近はでなく最初から。
一緒にでなく自分だけは生き延びようとキチガイ芝居。

>300円も出したくないのかよ??

300万布施して何の効果もないキャンディが言っても説得力ゼロ。

306 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:19:16 ID:z/B/4hTy
皇紀?ひろゆきどうした?エイプリルフールだけ?

307 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:20:22 ID:9xhI2UON
デースケドガー

308 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:26:21 ID:kNRoP2Sh
カルマには良いカルマと悪いカルマとどっちも含まれるカルマがある。
相手が喜んでも、それで自分の利己的な面を助長させるものなら、良い・悪い混合。

あるステージ以上になるとカルマを越える。影響を受ける事なんてないんだ。
なぜなら常に空とつながっているからです。

ある高僧に、多めのLSDを飲ませても全く変化がなかった。常にサマディです。

勿論、次々に影響は受けるけど、だからといって辛いなんてないんだよ。
一瞬にして浄化出来るんだからね。
苦痛(浄化作用)は、普通には苦しいでしょうけど、常にサマディに入っている場合、
どうでもいいんだよ。
イメージしづらいだろうから例えるとLSDを飲んで蓮華座組んだら足が痛くて我慢
出来なくなっても快感のまま座っていられる。元信なら経験は一度くらいあるだろ?
ただし、LSDの場合は神経系や脳を破壊していくけどね。

実際、そんな境地は、オウムでは説明できない。
麻原はエゴに支配されていたしそんな境地に達していなかったから。知識として
はあったけど、そんな事言ったら都合が悪くなるのは本人だからな…。
元信とかは、こんな常識、あまり知られてないんだよね。
多くの知識のわりには考えが偏って解釈しているという事なんだけど。

309 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 01:28:48 ID:vi5hpZyT
違うんだよな、

 ビンボー人なんだろ どーせ  ヒヒヒ
だからオウムの男ってイヤ

310 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 01:38:31 ID:JXU/Gq5B
大金持ちだよ、車二台持ってて外貨預金もしてる ヒヒヒ


311 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 02:16:44 ID:9eyVolGf
他人のことはいいから、賞味期限切れる前に、人並みの収入のある男と
結婚できる自分になりなよ。キャンディ。
でないと、そのうち親も死んで、女一人で寂しく老いぼれていくことになるぞ。
一生、愛したり、愛されたりすることなく。

312 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 02:58:08 ID:cua377qk
あそう
もうこの板にはこないわよ
教団に尻こだまとられた貧乏オウム男め、言いたいことほざきやがれ
くやしかったら藤原紀香似のあたし以上のいい女仕留めてみなさいな
おとこはお金、女は顔よ。なによ。。

313 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 03:07:12 ID:9eyVolGf
ごめんね、キャンディ。傷つけるつもりで言ったんじゃない。
輪廻転生を信じようと、信じまいと、どっちでも構わないけど、
君が君としての一生をおくれるのは、他でもない、この生しかないだろ。
過ぎた時間は帰ってこない。

望みの人生をはじめるなら、なるべくはやい方がいい。
オウムや麻原と決別することに決めたのなら、もうこの先の自分の人生を
どうしていくのかは、自分で決めることができるんだから。

自分で自分の人生、設計したらいいじゃない。

314 :サマナの証言より:皇紀2665/04/01(金) 03:17:40 ID:Iej/U3W1
「週に2回はカレーですね」

315 :念仏:皇紀2665/04/01(金) 05:20:29 ID:sVjhgum7
タダ、金が要るとゆう問題は、そこにいる人が共通の意識、
例えば、みんなで、何かを成そうとしているとき、みんなが
その目的に対して出資します。
オウムの場合ステージの価値観が高すぎて、タイトルホルダー
が独立しているような印象がある。
信仰のある人(今でもサマナやってるような人)達がその感覚
を深めていく。奉り、奉り、奉り、信仰とゆう暗示を自分にも
他人にもかけまくる。    かなんな。
初期のオウムはよかった。なんせ空間がよかった。
いっそ新しいオウム作りませう。


316 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 08:05:31 ID:XiPJHO01
カネゴン@キャンディさんさぁ、やっぱりまだまだ教団に言われたことに
縛られているんだねえ。早く抜けられるといいね。以下こぴべ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜中に、ひきこもり青年のテレビやってて。
ヒトゴトとは思えませんでした。
大学卒業後も就職せず、バイトなどをしたもののどれも長続きせず、
ひきこもってチャット中毒になっているという人の話。
両親が心配して医者に連れてきたとのこと。
そこで語られたのは、ネット中毒になると脳の働きがどんどん失われ、
人格も崩壊してしまうとのことだった。
実際、この男性は二重人格になってしまい、もう一人の人格ではベンチャー企業の社長を名乗り、
副社長を探しているだの、外車を購入するだの言っているとのこと。
購入資金は、この男性が実際に消費者金融から借金して作ったらしい。
もう一人の人格が、この男性に借金するように命令し、それを実行させたという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オウムの人って、やっぱり少々脳をやられてしまうんじゃないかなー。
修行という名目でね。キャンディさんも、頭の中で声がしたら、
医者へ行ったほうがいいと思うよ。

317 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 08:52:53 ID:4G7wA8Wm
私は高校生のころ非常に純粋な感じの女の子と付き合っていた。
その子は私と長い間あえなくなるときに、
胸が痛いといって胸をトントンたたいていた。
私はなぜ胸が痛いのかよくわからなかったが、
今思えば、一種のアナハタの詰まりだったのかな
とも推測できる。

318 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 11:53:00 ID:z/B/4hTy
シュークリームさん、ネームひっこめてくれてありがと。
おかげできのう喉から手がでたけど買わなくてすんだ。



319 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 12:05:12 ID:9BWyC8AZ
初期のオウムは修行よくしたからね。
末期になるにつれ修行もせず適当に教学。
ゆえに屁理屈ばかりで自分に都合のよい解釈し始める次第。
程度の低いマハームドラーとかカルマ落としという言葉を使うこと自体が
そういう末期的症状の表れである。



320 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 14:10:23 ID:kCano2LU
じゃあ末期オウムで教学せずアーサナとかえっきんきょーばっかりやってた私はラッキーだったんだ。

321 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 15:26:07 ID:0pqT5g3P
312は私ではありません

ところで、深刻な悩みがあるんです
心にちょっと思った、こうなったら困るなということが即現象化するんです
例をあげればきりがないんだけど
昔、好きな男がいた。その頃オウムに入っていたんだけど、私はどうしても彼を
ゲットしたかった。でも教学すると、これは自分の欲望でしかない、汚いものなんだと。
それで、どうしても好きでお付き合いしたいという気持ちと、イヤ、これはいけないんだと
いう気持ちの板ばさみですごく疲れてしまったことがある。普通なら悩まないことでも
修行者って心の中をすごく内省的に見るから、欲望を捨てようとする自分と、かなえたい自分が
いて、板ばさみになる。。

もう、ずっとその状態が続いてヤケクソになった。”もう彼なんか、ものすごい美人と
結婚でもしちゃえばいいんだ!”と、思った途端、本当にすごい美人の彼女が現れ
とっとと結婚してしまったのである。。あっという間でした。
彼は結婚後、彼女に一目ぼれしたとのろけていた。
私はそれが我慢ならなかった。何故私が不幸な気持ちでいるときに、あなただけ
幸せなのよ?と考えていたら、結婚後5年くらいして、奥さんは亡くなった。
彼はまったく知らない。偶然かもしれない。



322 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 15:40:08 ID:0pqT5g3P
一番怖かったのは、ある人を想念して、足を折ってしまえと
上段で思念したら、本当にその人は交通事故にあって足を
折ったのである。
しかし、私が想念する以前に事故にあっていて、私のせいではないと
思いたいん抱けども、でも実際私は足を折ってしまえと、思ったあとに
その人がギプスはめて歩いているのを目撃した。

323 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 15:46:23 ID:0pqT5g3P
ちょっとテレビで見ただけの映画でよくないよう知らないんだけど
リンク?リング?っていうんですか
有る子供が、心の中で思ったことが、まわりに実際に起こってしまうっての
まじでそんな感じなんです
それもいいことは起こらない
あんなに功徳積んだのに、イヤなき持ちになるような願望しか現象しない
自分の心が、ナニを想念するか、自分でこわくてということがあります
座っているだけで、よくない現象が起きてしまって、

324 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 15:51:55 ID:0pqT5g3P
修行する以前はそんなことなかったんです
アタリマエのことをあたりまえにしているだけで
でも、今では心で思ったことが現象世界に即現れて
しかもろくなことは起きないので、アストラルで遊ばれている
漢字がするんです
普通の人間の生活をしていたらありえないような現象の動き方を
するっていうのかな
それがイライラするんです 私は常識家だし こんなはずないって
それが自分の身にはいろいろ起こるんでイヤなんです
普通にどりょくして普通に結果を出せればいいのに
想念一つでいかようにもなる世界になんか足突っ込むとわけわからなくなります
自分でどうなっているのかわからないんで不安です

325 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 16:13:13 ID:0pqT5g3P
こういう話聞くと、頭がおかしいって思うだろうし、私も自分でわからないんで
ただイライラして、しかも自分に原因があるんだろうけども
だって他の人にはそういうことはないんだろうから
どこに原因があるのかわからない まったく普通に生活しているし
霊性あげる修行も好きじゃないからほとんどしなかったし
修行ばかりして功徳つまないと魔境に入ると聞かされて
それもイヤだからと、修行はしないで功徳積むことだけしていたくらいなのに
守護神もどきは、オマエは気が小さいから、からかわれるんだよと
言うんですけど、それじゃまるでいじめっ子みたいじゃないよねえ

326 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 16:38:21 ID:0pqT5g3P
でさ、あなたは魔境ですよ、ちゃんと修行すれば直りますよとか
教団で言われるかもしれないけども
教団入るだけで、現世的には白い目で見られるし
教団自体がうまくいかないことだらけなんだものね

327 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 17:06:58 ID:4G7wA8Wm
マハームドラーの成就を判定する、
一つの目安として、
どの程度現象を動かせるか?
ということがあります。
その点ではキャンディさんは、
マハームドラーの成就者並みの力があるようですね。
悪いことしか起きないのは、
やはり悪いことを思念するとき、
軽く思念しているつもりでも、
実は強く思念しているからではないでしょうか?
教団に戻らなくても、
大乗の発願などを徹底的に唱えれば、
100万回ぐらい唱えれば、
よい現象も動かせるようになるのでは?
過去世で魔術系の修行をしていたのかも…。

328 :阿佐谷北:皇紀2665/04/01(金) 17:25:30 ID:4BG7KtQB
>>327 教団に戻らなくても、
大乗の発願などを徹底的に唱えれば、
100万回ぐらい唱えれば、
よい現象も動かせるようになるのでは?

 教団を辞めてしまうと、エネルギーがこなくなるって言っていた人がいたよ。
それは単なる教団の脅しだったのか?


329 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 17:39:00 ID:z/B/4hTy
こころに思うことは、だれであれ、かならず現象に響きます。
ひとをのろわば穴ふたつ。
ほんとにじぶんの納得するいいことだけが起こるように、
ことばをだいじにして、いいことを思念しよう。

330 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 17:42:26 ID:yWhqpsMp
>>328
阿佐谷北は何度も警告させないで下さい(>>52)。
『個人情報の保護に関する法律』(平成15年法律第57号)が完全施行された今
貴殿の書き込みはスレッド存続のみならずスレ住人に多大な迷惑を及ぼす恐れ
がありますのでこちらのスレッドには来ないで下さい。
今後は独自でスレッドを申請してそちらで書き込んで下さい。

331 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 17:56:47 ID:4G7wA8Wm
日付の前に皇紀2665って入るのはなぜ?
だれか変なプログラムを侵入させたのか?

332 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 17:59:43 ID:4G7wA8Wm
エプリルフールの遊びだったのか
これって来年もやるのかな?

333 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 19:16:35 ID:XiPJHO01
もうしょーがないからマジレスしちゃう。
私にもキャンディさんと似たようなことが多々あったのよ。
不思議なことも沢山あったし、思念した相手のPCのデータが全部
吹っ飛んだこともあったし、いわゆる想念の世界に意識がチャンネルを
合わせた時の感覚は知っているよ。
そこから足を洗うには、足を洗うと決めて、興味を無くせば解決する。
というか、実害はほとんどなくなる。忘れ去るわけ。
そういうことは無いことにするの。何故か?
健康に悪い、頭に(脳に)悪い、精神病に近づく危険があるから。
オウムのやったことを見れば、幹部なんてみんな頭がおかしくなっていたと
言っていいことだよ。富士の麓の湖には、今も灰になった仮谷さんが沈んで
いるんだよ。そういう教団に、精神的指導を求めるのは間違いだということは
わかるでしょう?神秘体験なんかにこだわらないで、捨てるの。

334 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 19:54:57 ID:vcnlv5cx
>興味を無くせば解決する

残念ながらそうでないので困っているんだわ
もともと常識家だし、日本人には宗教なんかなくても文化レベルが高いから
うまくやっていける人種だと思っていたし、わかいのに宗教やっているってのは
何か不幸な目に会ったか、摩訶不思議なことが好きな連中がやるんだと思っていたから。

実は教組の奥さんにも同じ質問をしたことがあって、そういうものに
頼りすぎているというか、もっと現実で自分で生きていくことを考えなくちゃと
いわれたん抱けども、この人もどんな状態だかわからないらしいと、私は思った。
てのも、例えば守護神もどきは私の霊体をアストラル次元で自由に操れるらしい。
例えば、ぶたれたとするじゃん。(なんでぶつんだよな)まじぶたれたことがあるんだけど
アストラル体でまじで、イタイのよ。とか、ヴィジョンで、私のことを手にとって
ポケットに入れたりされたことがあったんだけど、自分が小さい玉みたくなって
ヒョイと持ち上げられた感覚がマジにあって、どこかにポイとしまわれる感覚とか
すごいリアルにある。肉体は重いんで、絶対そういうことはないんだけども、。

ある日、もう絶対そいつのことを考えないぞと思って、すっかり忘れていたら
ツツくのよ。つんつん、ちゃんと肉体の指でつつかれたみたいに感覚があって。
こっちが捨てたくても、向こうが包囲しているって感じ。
精神病で、幻覚幻聴があるというのは聞くけど、痛覚や触覚まであるんだろうか。


335 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 20:07:06 ID:vcnlv5cx
てかさ、この世だけじゃない
目に見えない世界もあるってガンとしていうけど
そんな経験したところで何の利益があるんだよね?
私は変人になりたいわけじゃないのに

336 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 20:09:08 ID:vcnlv5cx
>実は教組の奥さんにも同じ質問をしたことがあって、そういうものに
頼りすぎているというか、もっと現実で自分で生きていくことを考えなくちゃと
いわれたん抱けども、この人もどんな状態だかわからないらしいと、私は思った

てか、このセリフ適切なのかね
こっちは、修行なんか押し付けられて迷惑だと思っていたのに

337 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 20:54:04 ID:XiPJHO01
自分たちが興味を持たせるように仕向けておいて、都合が悪くなると
教団幹部はそういうことを言うんだよ。オウム以外の教団でも同じ。
334の話はさあ、むかーし見た、「ドロップ・デッド・フレッド」っていう
フィービー・ケイツ主演の映画に似てる。イマジナリー・フレンドと呼ばれる
想像上の友達(姿も色も声もあり、色々ないたずらを仕掛けてくる)に
振り回される大人の話(普通は子供の病気とされている)。
医者へ行ったほうがいいんじゃないかなあーー。

338 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 20:56:30 ID:XiPJHO01
まーいいや。医者へ行けというのはこれを最初で最後にしますが、
こういうの、「イマジナリー・フレンド症候群」っていうらしいよ。

339 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 21:39:17 ID:JXU/Gq5B
二重人格でまだ主人格を支配されてない状態とも言える。
ちなみに痛覚や触覚も幻覚ある。
映画ビューティフルマインドの主人公も日常幻覚が現れ
妄想と現実の区別がつかなくなる話で参考になる。


340 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 21:47:16 ID:JXU/Gq5B
そういやブラピ主演のファイトクラブも似た内容だったな。ビデオ借りて見てみれ。


341 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 22:17:40 ID:PPy+Zj16




お願い!
おまんこやらせて!








342 :腹筋:皇紀2665/04/01(金) 22:35:07 ID:n1Et1Aho
>>295
霊性はあるようですね
腹筋も似たような事はあります、でもそれは道場のエネルギーが穢れてる訳ではなく
道場のエネルギーに触発される事により自分自身の穢れをありのままに感じるようになるんですよ
普段はカルマ受けたりして鈍感になってる訳ですね
だから腹筋も道場に行って何もしないと返って疲れます
頭痛も吐き気もエネルギーが上がって起きることがあります
てーかだいぶ溜め込んでらっしゃるようですから道場いかんでもいいから浄化法なりアーサナなりやった方がいいですよ
腹筋はあんま溜めると顔が変わってくるので2重にショック受けます

343 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 22:42:52 ID:i7hlo82O
>しかしあんたは、できればタダで教団で修行させてもらって
>できれば、高度な瞑想技術や霊性を身につけたいと、思っていやしないか

そんなことは言っていない。真理はあなたのものでも私のものでもオウムの
所有でもない。だから真理を求める者には機会均等であるべきだと言っている。

>どうやって、教団をタダで運営していくのだ?誰が気前よく金をポンと出すのだ
>国がくれるのか?

スポンサーがつけばそれがベストだろう。ダメなら自給自足という手もある。
金持ちからは取って貧しい者からは取らないことだ。

>道場にいるだけでエネルギーもらったり、浄化されているのを
>自分で気づかないんだ

あなたの中にね、少なくとも道場は清浄な空間だ、甘露水は
清浄な水だ、サマナは清浄な気を帯びているという、あらかじめ「知識または観念」
が入っていて、自分の思いこみや信仰と重なって、あなたにそう思わせている
のだよ。
俺に言わせるとここは清浄とか言っている奴は結局、清浄と不浄を分けている
だけで、分別の塊なんだよ。何であなたがたは道場の外を清浄と言わないのか?
庶民を清浄と言わないのか?道端の雑草を清浄と言わないのか?
この世の万物は皆、神が創造なさったのではないのか?
インドのサードゥの中には不浄なものはこの世には無いとして、頭蓋骨を
飯の椀にし、糞だって食うのがいるとか。
結局、オウムの連中を見ると、自分の触れるもの、自分の周りだけが清浄と言って
いるだけだろ。それはね、「ウチの敷地内に入るな」って言っている地主と
同じなんだよ。



344 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 22:44:21 ID:i7hlo82O
>布施もバクティもしないで道場にいる人間なんて泥棒と同じだよ

・・・って君はそう教えられたんだろ(笑)

>なんで、グルやサマナが、タダであんたのカルマ背負って苦しまないと
>いけないんだ?

俺は別に背負ってほしいとは思わない。たとえば他人の釣った魚は要らないから、
自力で魚を釣る方法を教えてくださいと言うね。
結局、あなたがたオウムはそういう風にね他人に依存して修行するシステムなの

自転車にね、補助輪はいつまでも要らないの。補助輪はずして一人で乗れるように
してやるのが本当の愛情なの。
よってエネルギー交換など全然問題ではない。
第一、聖者がエネルギー交換が嫌だといって大衆の中に入っていくのをためらった
か?エネルギーが減るのが嫌ですと言って人を選んだか?もし、彼らがエネルギー
が減っただの増えただの言っているようなら、それはちっぽけな自分だけの
エネルギーであって、宇宙から来る無限のエネルギーではないだろう。

>こっちだって、教団ノ活動に寄与しているんだってのを見せなきゃね
>ただのお荷物扱いにされちまうよ

カイシャ人間みたいだね




345 :腹筋:皇紀2665/04/01(金) 23:00:15 ID:n1Et1Aho
キャンディさんの経験は腹筋の経験の範囲にないので意見するのもおこがましいんですが…
基本にたちかえってみては?三十七菩提道品のなかの心に常に善を思う正思惟
現在の悪を減らし善を行い未来においてそれを増大させていく二正勤二正断
あとヴィパッサナー瞑想法とかお勧めですよ〜、雑念を減らし心の自然な状態を得る方法ですが
アーレフでは呼吸法とかでエネルギー上げれば雑念はすっ飛ぶし内面の経験をするのが重要視されているので
全然用いられない訳ですが…
ちなみにヴィパッサナーとは「正観」を意味しますが「ヴィッパサナー瞑想法」をその補助ってカンジがします
世間で暮らす分には霊性あげるよりもずっと役に立つと思います
アーレフの修行はあくまでも解脱を向いているわけですから、世間の他の修行法や鍛錬法とは相違点があるんですよね…

346 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:06:46 ID:9eyVolGf
形而上と形而下の区別ができなくなってるな、カネゴン。

347 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:16:59 ID:9eyVolGf
こういう場合、カネゴンや、カネゴンの家族は、教団に対して
損害賠償請求できないのか?

348 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:27:13 ID:9eyVolGf
誰かの脱洗脳を手伝うには、理性に働きかける理路整然とした論理性が
必要とされるが、相手に理論を受け入れてもらうためには、その前段階で
愛情深く信頼関係をきずいておかなければならない。

なぜなら、人間の判断は、感情面の判断の方が、理性的な判断よりも、
より優先されるから。

その点、釈迦の説法における話の展開は、天才的なまでに洗練されている。
まず「中道」を貫き、相手の主張を否定しない。
「慈悲」の姿勢で、相手を尊重し、愛する。
だから、聞く方も心を開いてくれる。

そうしてから、「縁起」や「諸行無常・諸法無我」という論理面を説いていく
と、相手に話が伝わる。

349 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:27:38 ID:3yD+pk2s
て〜らわ〜だうざ

350 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:30:03 ID:9eyVolGf
しかし、麻原の説法が釈迦と決定的に違ったところは、相手が心を開いて
話を聞く姿勢になった後、神秘的形而上学的存在や概念について、「ある」
という独断を植えつけたこと。

麻原と釈迦では、やっていることがまるで逆。

351 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 23:37:13 ID:k2Fi1sbT
>よってエネルギー交換など全然問題ではない。

とんでもない、エネルギ交換はカルマ交換なんだよ?
つべこべ言ってないで、あんたこそ観念的だから短期間でも霊性の修行を
することをすすめるよ
あんたはオウムの本をマジで読んだことはないんだろ?
前にも書いたけど、顕鏡(教えを説くだけの宗派)と密教(霊的な力を使って
済度する)は意味が違うんだよ
霊的な力を使って済度する場合、グルと弟子の距離と言うか係わり合いは
密接なんだよ あんたは他のナニよりも、グルを心の中心としておかなければ
グルの霊的な弟子になったとは言えないし、グルもそういう弟子を救いたいとは
思わないんじゃないのか?
あんたは教団が嫌いだし、グルも嫌いだし、けども、ここで修行すれば
霊性上がるらしい
おれは霊性が上がったら、こんなやつらと関わりがあったことはすっかり忘れて
しまおうって恩知らずなこと考えて、後ろ足で砂かけて出て行こうと、
今から考えているんだろ?
あんたは、バクティってのが全然わかってない
自分からグルや教団に奉仕することをせずにナニを教えてもらえると思っているんだ?
どこの教団にいっても、いったことはないが、グルには奉仕を喜んでせよ、と
教えているはずだ。
第一、功徳を積むのを嫌がる弟子なんて、グルだって自分が命がけで
修行した経験をさずけてやりたいと思うかね
オウムにナニを期待しているんだ?霊性を上げたいということであれば
グルを否定してはいけない ありえない
霊性を期待しないなら、他のまともな教えをさずけてくれるところを
探せばいいんじゃないか
私に言わせれば、貧乏ならますます功徳を摘めといいたいところだわ
貧乏で修行法も教えてもらえないというところが、すでに徳がきれている
証拠だわ



352 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 23:38:34 ID:k2Fi1sbT

>自力で魚を釣る方法を教えてくださいと言うね。

タダで教えろと?教団は宗教をやる以外収入の道がないんだよ
タダで教えたらナニをもって運営をしていくのだ

>スポンサーがつけばそれがベストだろう。ダメなら自給自足という手もある。
金持ちからは取って貧しい者からは取らないことだ。

それができたら、あんたに言われなくてもとっくの昔にそうしているだろ?
第一、私が腹立たしいのは金持ちだって、悪いことして金持ちになったなら
いざ知らず、人一倍働いて金持ちになったやつと、だらだら怠けておれは
貧乏だ、だからオレから取るな、というのでは、私は金持ちに軍配をあげる
教団だって、同じ信者でも教団のためにと思ってガツガツ働いて貢いでいる人も
いるし、働くのはキライで最低限の布施しかしない人もいる。

その両者が同じ扱いを受けたら、そのほうが不平等だろ?
貧乏だと言う前に、本気で修行したいなら、バイトでもなんでもして
そのために金を作ることくらい男なんだろ?できないのかよ
金持ちから取れって、オウムにもともと金持ちだなんて人間どれくらいいるんだ?
みんなグルのためにとか、少なくとも自分の来世のためにと思って努力して
金を都合してくるんじゃないのか
教団で多く布施をしている人間は、特別恵まれた存在なのか?
仕事ができるって人はいるよ しかしガツガツ働いて教団に奉仕しているんだ
もともと左ウチワでポンポン布施できる人間なんてどのくらいいるんだ
グルだって見ているんだよ どれくらい努力しているかっての
あんたは金を出すのがイヤなら、何か他に真理施するとかだってできるけど
どうせやらないんだろ?


353 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:43:20 ID:9eyVolGf
オウムの信仰や考え方の根拠となっているのは、形而上の概念であって、
実証することはできない。

その形而上の概念の根拠になっている理論もまた、形而上の概念なので、
オウムの信仰の根拠は、実証を得ることなく、ただただ自己正当化が無限
訴求することになる。

だからこそ、釈迦は形而上の問題に対する「独断」を「愚かである」と断じた。

354 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:52:55 ID:EtezzOVV
今月の月刊現代
実名告発 オウム・菊地直子に追いつめられた男
http://moura.jp/scoop-e/mgendai/

355 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/01(金) 23:54:37 ID:EtezzOVV
今週の週刊新潮
特別読物「麻原逮捕」10年で明かす「オウム捜査」秘話
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

356 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/01(金) 23:58:46 ID:k2Fi1sbT
第一、道場は清浄だとか、甘露水はパワーがあるとか
信じられない人間が、なぜわざわざ渦中のオウムで修行したがるんだ
教えだけ聞いていればいいなら、岩波文庫があるだろ?
図書館もあるだろう?
でも、オウムにくるのは、本当は霊的な力ってのがあるんだろうと
期待しているんだよ でも、金は出したくない
あんたは、個々で名前を出すと悪いけど、中沢新一氏の虹の階梯とか
読むといいよ
密教のグルがどういうものか、弟子にとってグルとはどれくらい
重要なものかってのが書いてある
それを知らずに(私もしらなかったんだけど)オウムに入ったら
ギャップに苦しむね
そういえば私もそうだったけど、金をとるのは悪い宗教だと思っていたし
ものすごく価値観の違うことを押し付けられてイライラしたよ
自分がそんな重要だと思っていないことを、これが大事だと押し付けられてね

私の場合、願望成就とか、現世をよくするのに布施がいいと言われてやったこと
半年も続けていたら、ある程度の金額は出したけども
みんなが騒いでいるエネルギがどんなものか、自分でも知覚しはじめたよ
教団で良いエネルギを感じることもあれば、逆に外でひどいエネルギを
もらうこともあって、それは自分が感じるようにならなければ、
人のいうことをウソツキだとかいうんだけども、自分が感じるようになると
黙るようになるよ
経験すれば納得いくことさ 7年修行してわかるようになったって人が
ここにきていたから、人によって個人差があるんだよ

357 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:06:19 ID:wrcoZkJf
ある高層が世の中の人には幸福な人・不幸な人・徳のある人・ない人に
大きく分ける事が出来ると言っていました。
その中で、徳のない人は、何もしないでほっとくべきだと。
なぜなら、そのような人に何か忠告や注意の言葉を言っても、反発をかい
よい結果にならない以上に、自分の心が不要に乱れるかららしい。

徳の無い人は、自分で落ちるところまで落ちないと理解できないようです。
レスキュー隊も、海の底に沈んでいる人より水面近くで溺れている人を
助けるものでしょう。


358 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:19:36 ID:wrcoZkJf
カネゴンの一部書き込み少し考えた方がいいな…。

非科学的な方法で他人に影響を及ぼす事は可能です。科学などは
まだ赤ちゃんレベルですから。
特に危険な場合として、精神的なものが発達していない場合です。

あの書き込みは、「脅迫文」ともなり得ますので、注意したほうがぃぃと
思います。時代が違えば、即魔女狩りされていたので、その部分では
今はそんな時代なのだと感じます。つまり、タマスかな。

神々の世界では心で思う事が現象化します。
なので決してそのような思考はしないのです。もししたらその場で地獄です。
こんな話しをしているお坊さんが居ましたが、おとぎ話にしか聞こえない
人もいるでしょうけど、的確でわかりやすいと思います。


359 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 00:30:15 ID:7m2bwbRE
あたしが教団が嫌いながらも長くいたのは
パワーってのをやはり見せ付けられたから

入ったばかりの頃、心が不安定でオウムもイヤで、
とっとと彼氏でも作って教団辞めてどっかいってしまおうと、考えていた

ある日、ソーナーと向き合っていたら、
「さっさと彼氏作ってオウム出ていこうと思っているなんて」と
いうわけ ジトーっと人の顔みながらさ
それもその日から数えて一週間くらい前に思っていたこととか
言い当てられて、ゾ〜とした
たかだが、2、3年修行した弟子でもこれくらい神通つくんだから
グルはもっとすごいんだろうと、思った
自分ひとりでやったら、それこそ一生つかないかもしれない神通を
わけてもらうのに、なるべくタダにしてよって、言い草があるんだろうか??

360 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:32:43 ID:wrcoZkJf
>359
>自分ひとりでやったら、それこそ一生つかないかもしれない神通を
>わけてもらうのに、なるべくタダにしてよって、言い草があるんだろうか??

やはりかなり勘違いされていますね。
そんな能力に価値を見いだしているから魔境になるんです。

361 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 00:36:25 ID:7m2bwbRE
彼女は、寝ないで修行やバクティしたんだよ
今は教団は布教できないから、バクティで徳を積むのは
難しいけど、なんかしら、自分にできることをやらしてもらうように
しないと、中々ああならないよ

362 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:37:03 ID:bp2WEYSD
カネゴンは近くにいるとチャンドラチァクラが痛くなると言われたことある?

363 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:39:25 ID:lclM6yvI
>>358
神々の世界では心で思う事が現象化します。
なので決してそのような思考はしないのです。もししたらその場で地獄です。

わたしは神々とはほど遠い、というか人間以下なのですが、
思うことが即現象化するというのがとてもよくわかります。
それはどういう状態なのでしょうか。



364 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 00:40:23 ID:7m2bwbRE
他心通がなくて、人を済度できるだろうか?
人間はウソもつくし、思ったことをそのまま言わない場合もある
お釈迦様も相手のキコンをみて説法された
約に立つならあったほうがいい

それに、神通や霊的なものを期待しないなら
仏教大学みたいなところで理論だけ学んでもいいんじゃないの
なんでオウムなんだわ

365 :363:皇紀2665/04/02(土) 00:42:25 ID:lclM6yvI
↑ (会話中おじゃましてすみません、、。)

366 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:46:26 ID:8LWrnPGY
真理は矛盾しないはずだよね。

367 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:46:51 ID:wrcoZkJf
>363
空との接続が微妙に出来ているだけです。前のレスを読んでみてください。

ただ、前にも書きましたが、F1の知識があってもそれだけの技術力が
なければ、F1に乗っても大変な事故になります。
普通ならすぐエンストしますが、走らせる事が出来たとしても、それからの
技術は出来ていない。
そういうものを戒律などで深い部分から養っておく必要があるのです。


368 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:49:13 ID:8LWrnPGY
「空」って、「ものごとは相互依存的に成り立っており、そのもの単独で
成り立つ(自性)ものはない」。すなわち、「一切は自性が空なので、空
という」って意味だよ。

なんか、オウムって「空」に神秘的な意味を持たせているのが問題。

369 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:52:32 ID:8LWrnPGY
「空」も「無我」も、つかみ所のない概念のように思ってるかもしれないけど、
明確な意味があるんだよ。

なぜ、「空」とか「無我」という、つかみ所のない言葉で説いてるのかというと
それは、仏教の根本思想を「先入観」で判断されないようにするため。

「空」ってなに?
「無我」って?
と思うから、知りたい、知ろうとする。それが狙いなの。

しかし、ひとたび仏典を紐解けば、その意味は、きわめて明白。

370 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 00:53:29 ID:8LWrnPGY
そういう私も元サマナだったけどね。

371 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 00:53:39 ID:7m2bwbRE
367は、オウムをやめたか、オウムじゃない人らしいよ

人が心に思ったことが即現象化しないのは幸いだ
そんなことになったら世の中大変なことになると
いった人がいて同意します。

372 :363:皇紀2665/04/02(土) 00:54:26 ID:lclM6yvI
>>367
 すこしむずかしいので、もうすこしわかりやすく言ってもらえませんか。
 

373 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 00:56:40 ID:7m2bwbRE
どうも信者にナメられているというのは
あまり霊性の高い師が常駐できなくなったからでないかね
やはり、心の中で隠している誰にも言ったことないことを
宛てられたりすると、ああ見透かされているなって観念することも
多いと思うけど
ただ、縁の遠い人にものをいうときには、気をつけないと恨まれるからね

374 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:04:10 ID:wrcoZkJf
>364
救済などは、精神性が出来上がっていないと駄目です。また、非科学的な
力も不要です。気持ちがあれば経済も動かせます。

あなたは相手を傷つけました。自分を精神病かと責めた。なぜ?
なのに最後はエゴのような書き込みになっている。それがあなたなのです。

あなたのように、人を妬み恨む気持ちを無意識のレベルで排除しておかな
ければ、知らないうちに心で思った事で相手をより傷つけてしまう。
暴行罪にならない、殺人罪にはならないけど、自責の念はやはり生まれる・・。
そんな苦しみを他の人にも超能力と言って伝えますか?

>373
まさしく、あの高僧の説法を絵に描いたような結果になってしまい残念です。
あなたの書き込みに特に気になる部分がなければお話はしませんが、
あまりあなたの為にならなそうな事が書かれていたから書いてしまいました。
すみません。


375 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:06:23 ID:Tkn/q/q7
>>263
>>264
↑だからお前らさ、つべこべ御託並べてないで言い訳ばかりしてないで
超能力実験やってみろって!もう一度言う。
修行して神通が身付いたとか抜かしてるキャンディ他、やってみな。
まず当たらないから。 これが出来て初めて客観的に誰もが認める超能力という。

376 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 01:15:35 ID:7m2bwbRE
ふざけるな!!374
私は功徳もつまないくせに、結果だけいいものを出したがる
ムシのいい考え方がきらいなだけだ

女の私だって、事務員で働いたあとアイフルでティッシュ配りして
冬の寒い日だって、家に帰るのは遅くなったけども
功徳が積めて幸せだ、という考え方をもっていた
まったく布施がしたいだけの理由で、仕事をかけもちしたよ
ふざけんなよ!自分の輪廻がかかっているのに


男のくせにウダウダ言うなよ

377 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:17:34 ID:8LWrnPGY
確かに、自分の努力が全部ムダだったと認めるのは、勇気のいることだ。

378 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:18:10 ID:wrcoZkJf
>372
言葉にはしにくく、私の感覚的なものです。ただ、「空」なのです。
ですが、私のは寝て見る夢ですので"あて"になりません。

わかりやすい所では量子力学の科学者が立てている微細な世界
の波動や陰の世界といわれている部分が似ていると感じます。
この陰の世界は時間や物質など有りとあらゆるものがたたみ込まれて
いると言われています。

379 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 01:25:37 ID:7m2bwbRE
374

なんか、勘違いしてました
別件で怒ってしまいましたが、
しかし、私は彼と結婚できなければ死んでしまおうと思いつめて
いたんです こうやってずうずうしく生きていますがね
10年泣き暮らして、いまだ独身なのは、彼を好きになったのは
20の頃でした。いま三十なかばですけど、他の人が浮かばないんです
残念ながら、彼が他の人と一緒になったのを祝福できるほど
私は善良ではありません。
しかし、私だって好きだったのですから仕方ないでしょう?
そういう私がたまたま神通をもったせいで、傷つけるつもりのなかった
人を傷つけたからといって、私を責めるのですか?
私だって困っているんです

380 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:31:34 ID:wrcoZkJf
>376
最後ですが、

合理的な菩薩道に対する嫌悪の現れ。
相手に期待する偽りの愛であった事に苦悩。
分別智による苦悩。

これらをあなたは吹き出されています。


381 :372:皇紀2665/04/02(土) 01:35:44 ID:lclM6yvI
>>378
、、たぶん私とすごく違うタイプの方のようで、
 どう話をドッキングさせていいのかわからないのですが、
 ひとに思考の現象化のことを話すと実際とても通じにくいので、
 印象的に思ったのは、ああ、神々の世界なら、それでいいのか、と。
 それならこの人間の世界というのは逆にどういうところだからこうなのだろうと。
 そう思ったのです。


382 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:39:58 ID:Tkn/q/q7
377それがすべて。
結局十年間カモにされて、精神分裂ぎみのただの中年女になってしまった自分を
認められないだけなんだな、哀れというほかない。


383 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 01:40:23 ID:wrcoZkJf
>379
責めていません。心(無意識のレベル)から正しく観察してみればいいと思います。
あなたが「責めたい」という気持ちがとても強いのでそう感じてしまうのでは。

悲しいときは素直に悲しむべきですし、欲しいときは素直に手に入れてみる。
その時の気持ちを何度も観察して、無意味だと実感すれば次に進めばいいと
思います。

384 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 01:42:31 ID:7m2bwbRE
ときどき夢を見る
いつも同じような夢で、彼を追いかけている
探して、もう少しで合えると思っていて合えずに
あせって探している 岸壁の母みたいにいつかはきっとと思いながら
夢の中で、待ちつづけている。。

それが私の潜在意識さ
のぞいてしまうとぞっとする もう表面では忘れているのに
そりゃ、オウムに布施下からといって、彼は私のものにならなければならない
義務はないわな しかし、そういう徳の理論だった
そのために、数百万の布施をした
恨みが深くて当然だ

385 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 01:50:10 ID:7m2bwbRE
功徳を摘んで自分はいつか他の人よりずっと
幸せになるんだ、と勝手に思い込んでいたときだけが
唯一幸せだった
現実はからい
夢があるってだけで幸せだ
もう最近は考えることがババアになったよ
悟るためには加齢するってのは、いい諦めの手段になるよ
若かった時は、かわいかったからね
まだまだイケルと思っていたから、あきらめも悪かった
今ではおこがましくて、男にアピールしようって気にもならんわ

386 :381:皇紀2665/04/02(土) 01:56:05 ID:lclM6yvI
>>378
おじゃまだとおもうので去ります。
348 にしたがってがんばってください。

387 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:03:59 ID:8LWrnPGY
>>385
仏教は生きるための教えだよ。

釈迦が、カースト制度が常識の社会に生きる民衆を見て思ったことは、
ただ、「彼らが幸せになって欲しい」ってことだったんじゃないかな。
突き詰めれば。

貧しく、病苦がはびこる日常の中で、バラモン教のバラモンへの信仰を
深めることによってのみ、来世、高いカースト(天)に転生できると信じて
生きていた民衆。
来世の幸せのために、貧しい生活の中でバラモンへの布施や、加持・
祈祷に励む信心深い民衆。

釈迦は、彼らを見て何を望んだのだろう。

388 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:04:11 ID:wrcoZkJf
>381
人間の世界というより、物質的な世界は、例えると物事がかないにくい
世界です。まるで遠隔操作して体を動かしているようなものです。そんな
体を使って何かしようとしても難しい。人形劇でうまく人形に箸を持たせる
ようなもの。
本当に空の中の意識で動くことが出来るようになれば、自分の体では
なく対象物などに直接働きかけも可能です。
これは単なる比喩ですので・・。


389 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:09:45 ID:wrcoZkJf
>386
お邪魔ではありませんでした。
わかりました。348を読みました。

390 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:14:25 ID:7m2bwbRE
生と死は同一だよ

生きるという観念があるから対極に死と言う観念が浮かび上がる
死という概念があるから、死んでいない自分は生きているのだと認識している
生きているとはこういうことだ、という観念を崩壊させてしまえば
死の定義もくずれるんだよ
肉体があって息をしているのを生きていると定義しているから
肉体がなくなって冷たくなったのを死んだと、定義しているんだ
しかし、いくばくかの人が知覚するように肉体がなくても存在として
なりたつ存在もある

つまり、生きているというのも思い込みなんだ
こういうのが生きていること、こういうのが死んでいることという
観念が崩壊してしまえばその人には、死は存在しない
それが生死を越えるってレベルじゃないのかね

391 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:20:18 ID:8LWrnPGY
>>390
肉体がなくても成り立つ存在とは、縁起の法(すべては依って成る)に
照らして、あるがままに観た場合、ありえるのかな?

視覚は、目と、目に見えるものが相互依存して(縁起して)成り立つ。
意識は、何に依って成り立っているのかな?
縁起によらずに成立するものは、ありえないはずでしょ。

392 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:24:43 ID:7m2bwbRE
ではあなたは、目に見えるものだけが存在だと、定義するのですか?
事実あるんだからあるとしかいいようがない

逆に言えば、死んだら荼毘に付されるだけの肉体に
重きを置くのですか

393 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:28:28 ID:7m2bwbRE
あるいは、サマディというのは?
肉体はありますが、機能しません、しかし生還します
これを生きてるというのか死んでいると言うのか

394 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:29:25 ID:8LWrnPGY
>>392
ここのスレのタイトルは、「果たしてオウム・アーレフの教義は完璧か?」
ですよね。
そして、オウムの教義は原始仏教だということになっている。
だから、わたしも原始仏典に記された釈迦の言葉の通りに、つまり、
縁起の法に基づいて話をしているだけです。

釈迦は、あなたのその質問について、はっきりと答えを残しています。
質問されれば答える用意はできています。

395 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:32:25 ID:7m2bwbRE
肉体がなくても存在するなんて、オウムではアタリマエの観念だよ
よそは違うんだろうなあ
肉体が生じたのは、煩悩によって感覚満足のために肉体が生じたと
溶かれているからね
煩悩が少なくなれば、より精妙な物質になって存在するといわれている
それを目にみえないからって、無いとはいいきれないでしょう

396 :どんどこガネーシャ:皇紀2665/04/02(土) 02:36:02 ID:9eyNLasD
お話中悪いですけど。
死んだら荼毘に付されるだけの肉体に重きを置くのですか と言うけれど
その男が灰になってしまったらカネゴンはどうするのか。
灰になってしまっても、まだ思い続けるねきっと。太鼓判押してやる。
だって、執着するなという仏教の教えを知って15年以上たつんでしょ?
んで、いまだに執着ばりばりじゃん。オウム何の役にも立ってないじゃん?


397 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:36:52 ID:8LWrnPGY
>>395
> オウムではアタリマエの観念だよ

おしいな。
もう、自分で答えを言ってるんだけどな(笑)

398 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:37:24 ID:7m2bwbRE
釈迦が、アストラルを知覚できない人向けに説いた説法と
いう限定でね

あなたも霊的な修行をして、肉体の五感と違う感官を得れば
そんな強気なことはいわなくなるよ

399 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:37:57 ID:sX+fQLDj
しかし原始仏典に、
「この考え方しかない」とか
「この方法論しか存在しない」とか
書いてあるんだろうか?

400 :どんどこガネーシャ:皇紀2665/04/02(土) 02:38:53 ID:9eyNLasD
そもそもさあ、一生懸命布施して、いつかあの男をゲト!ってとこから
して間違っているのさ。なんつーかそれって、現世利益ばりばりの
発想じゃん。ほとんど創価学会並みじゃん。欲が信仰の原動力じゃん。
霊性がどうのって言う人が、そんな欲の塊であっていいわけがないじゃんよ。


401 :どんどこガネーシャ:皇紀2665/04/02(土) 02:44:53 ID:9eyNLasD
悪い霊能者に騙されて、「私のとこへ来てればあなたの望みは叶う、
恋は叶う」と言われて信じて、せっせと貢いでしまった純情(単純?)で
思い込みの強い女の子がカネゴンちゃん。

402 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:45:16 ID:7m2bwbRE
肉体がない存在は目で見られることがないから
相互依存していなくて、ありえないってこと?

霊体にある五感でみえることもあるってのはだめなわけ
私は声だけ聞こえますが、耳でキャッチできるのだから
存在しているんでしょう

403 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:47:32 ID:7m2bwbRE
うるさいな、悪魔ですら霊性が高いやつはいるとされる
霊性の問題と、精神性は比例しないの

404 :名無しさん@3周年:皇紀2665/04/02(土) 02:48:18 ID:8LWrnPGY
>>398
それは、「形而上の理論で、形而上の理論を根拠付けする」という、典型的なオウム論法だよ。
アストラル界というのも、概念でしかなく、心と心の作用でしかない。
しかも、アストラル界とか色界という概念は、ヒンドゥ教の概念じゃなかったっけ?
仏典にはでてこないよ。

405 :カネゴン@キャンディ:皇紀2665/04/02(土) 02:50:50 ID:7m2bwbRE
てか、人には知覚できないことができるっていうと
キチガイ病院いれられちゃうからな


406 :どんどこガネーシャ:皇紀2665/04/02(土) 02:52:41 ID:9eyNLasD
霊性と精神性の違いについて教えて下さい。
そもそもあなたの考える霊性って何ですか?
欲ボケでも霊性が高い悪徳商人とかいるの?

407 :アバ臭:2005/04/02(土) 03:08:39 ID:wrcoZkJf
コテ復活させて頂きました。
これでもシュークリーム思い出したり観音様に失礼と言うなら変えます。

>402
五感は絶対ではありません。全ては心の働きで感じているんです。

>403
霊性だけが高くなり利己的な状態になると瞑想時悪魔を見ます。
悪魔は本人が作り出した生き物なんです。
ですから、"悪魔ですら"とはならないですね。



408 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 03:13:30 ID:7m2bwbRE
形而上の理論

だからあ、オウムで修行するとヴィヴィッドに体験することもあるの
本にハナ突っ込んでいるのとはまた別の世界なの
それは、自分も経験すれば、単なる概念とはいわなくなる
もちろん、この世が幻影だと言う意味と同等くらいには
アストラルも幻影だよ てかそこも真実の世界ではないだろうけども
想像上の世界ではない 仏典にでてこなくても実際知覚するんだから仕方ないの

霊性修行をしつつ、精神性を高めなくてはならないと言われているが
残念ながら、そう真面目じゃない人もいるってことよ
だって、霊性と精神性が比例するなら、善人はみんな霊性が高くなるはずじゃない
でもそうならないのは、霊性を上げる修行をその人たちがしないからさ

409 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 03:21:36 ID:8LWrnPGY
そのヴィヴィッドな体験は、「心と心の作用」と呼ばれるもので、
五蘊の中の「想」や「識」のことですよ。
それも、無常で、非我(非アートマン)です。

410 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 03:22:11 ID:8LWrnPGY
もう一度言いますが、わたしは元サマナですよ。

411 :アバ臭:2005/04/02(土) 03:27:58 ID:wrcoZkJf
カネゴンにとってみればガネーシャさん達の存在も浄化の一つですね。
何も無いところに煙は立たないと言いますが…。

ヨーガでは、苦痛を受け入れるべきと言っています。
心の持ち方ですが、地獄なんて一瞬に浄化してくれる天国でもあります。
痛みにこだわっていれば駄目です。
でも私もやはり苦痛は感じ避けてしまう時がありますが。

瞑想時の例えですが、ある状態になると痛みは忘れ静かなものですが、
雑念などで痛みがよぎり緩和したいと思う事はあります。
そうなるとどうしようもなくなり、それで瞑想が集結する事があります。

医学的な事で例えると、熱がでるのは、体に害となるウィルスを退治し
浄化している作用です。その辛さに解熱剤を使うと、あまり良くないと
医者は言います。
余り自分に解熱剤をううたない方がよろしいかと。。


412 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 03:51:14 ID:8LWrnPGY
>>390
生の概念と、死の概念の成り立ちの説明としては正しい。
縁起の法とも矛盾しない。

でも、肉体が死んでも、自分という個の存在がなくならないという
考えは、縁起の法と矛盾していますよね。

あれも非我。これも非我。
どこを探しても、どこにも永遠に存続する我はない。
この事実を受け入れることが、すなわち無我の境地。

宗教を捨てるための宗教が仏教。
信仰を捨てるための信仰が仏教。
すなわち、彼岸にたるための筏なのです。

これを悟れれば、あとは生きるのみです。
信仰や観念に依らず、因と果をあるがままに観ることによって、
自分の人生を自分で切り開いていくことができるからです。
(サイの角のように独りすすめ)。

413 :アバ臭:2005/04/02(土) 03:57:47 ID:wrcoZkJf
全ての物には魂が宿る。という人がいます。
ある状態で、意識の拡大を感じると全てが尊いものに感じますので
言えてると思います。
物を破壊する事(植物でも岩でも)、それには概念的感情的表現を
すれば悲痛の叫びが生じます。聞こえているのですがそうとは
感じないのが普通でしょうけど。

破壊なくして生きる事は無理ですし、生きる事自体が罪という人も
いておかしくありません。
完璧主義だとそんな気持ちも増幅されると思います。

生きている事は、苦痛を感じる事に近いのです。ただしそれは、
やはり浄化でもあります。私はそれをハッピと呼んでいますが、決して
我慢しているのではなく、快感神経も働いているのです。

各々全ての存在には理由が有ります。自分のエゴで、それらに作用
させるのは菩薩にとってはよくありません。

相手の立場で考えるという事が意識上でしかできていない上層部
ばかりだから、時にエゴで動いている事にも鈍感なのでしょう。
今思えば本当に危険な団体だったと思います。
信者はまるで免許を持っていない運転手のバスに乗ってスピーカー
で騒音をまき散らしながら解脱ではなく自分達のハルマゲドンに
向かって走っていたようなものです。

414 :サマナ(富士山総本部系):2005/04/02(土) 06:19:32 ID:UNCCe3z3
>>314
ダ○ミカさん、乙カレー

415 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 08:16:23 ID:GkEqU596
カネゴンとか他の宗教見てきたほうが良いのでは?
エネルギーなんて修行系の宗教ならどこでも感じる事ができるはず。
アーレフの他心通といわれているものは恐山のイタコでもできる。
アーレフで神通とか騒いでいるのは、ただの霊能力だと認識したほうが良い。

416 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 09:22:06 ID:lclM6yvI
>>407

きをつかっていただいてありがとうございます。
これではもはや原形をあまりとどめていませんね。
(やけくそにさせてしまったんじゃ、、)
ときどきなるほどなあとおもうことをおっしゃってるので
『臭』というのは、少し残念なきがしますが。。。
かんのんさまのスタンスをとりつつも
うけとりかたには若干論理に比重があるようにかんじるので、
アバロンなんてどうでしょう。
『カネゴン』のかわいらしさに対抗できてるし。(笑)

417 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 09:32:22 ID:V+xAQYAy
>第一、道場は清浄だとか、甘露水はパワーがあるとか
>信じられない人間が、なぜわざわざ渦中のオウムで修行したがるんだ

俺はオウムのすべてを否定しているわけではないよ。真面目な修行態度、
これは他のどんな教団よりも高く評価できると思っている。
問題はその教義、幹部、グルなんだ。

>でも、オウムにくるのは、本当は霊的な力ってのがあるんだろうと
>期待しているんだよ 

俺は霊的な力は期待していない。宗教は「心の解放」これだけである。

>金は出したくない

金で心が買えるなら出してもいい。だが、金で心が買えるだろうか?

>密教のグルがどういうものか、弟子にとってグルとはどれくらい
>重要なものかってのが書いてある

俺はグルイズムは頭から否定していない。師匠が必要な道は確かにある。
だが、オウムのあの毛むくじゃらの人は本物のグルなのかということを
もう少し検討してもらいたいだけだ。



418 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 09:37:22 ID:V+xAQYAy
>そういえば私もそうだったけど、金をとるのは悪い宗教だと思っていたし

高潔な団体は絶対金をとらない。これだけは言える。たとえばサイババの
団体は無料だが、彼は言う。「こういうこと(無料にするとか、奉仕するとか)
は、高潔な思想がなければできるものではない。」と。探せば無料の団体は
他にもあるよ。いずれも、凶悪な事件を起こしそうな雰囲気は無い。

エドガーケイシーもリーディングという霊能の鑑定を当初は無料でやってい
た。しかし、それでは持ちだしが多すぎるので、多少金をとるようになった。
もちろん、困った人からは取らなかった。まあ、実費や事務的手数料
くらいは取ってもいいと思う。功徳と称して、実費以上の額を上乗せするのは
世の中のバカ宗教ならどこもやっていることで、いただけないが。






419 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:06:15 ID:tDA/ybg1
>>キャンディさん
最近の書き込みを見ていると、身につまされます。
自分も、一人の異性に執着し続けるタイプの人間で、孤独が好きなようでいて
実は寂しくてしょうがないです。
好きな相手のために何かをしたり、物をあげたりしても、それを相手が
喜んでくれるとは限らないんですが、やっぱり相手が喜んでくれないと
かなしいというか。相手はただ一緒にいるだけで満足かもしれないのに。
相手を愛していると言うより、自分が愛されたいんですよ。

キャンディさんの場合貢いだ相手が彼氏じゃなくてオウムだったというのが
不幸だけど。
もう一度自分の生い立ちを振り返って、何が満たされなかったのかを
思い出せば、これからどうすべきか、道が見えて来るんじゃ。
一度福祉関係の仕事でもされてみれば?災害救助のボランティアとか。


420 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:06:40 ID:V+xAQYAy
>私は功徳もつまないくせに、結果だけいいものを出したがる
>ムシのいい考え方がきらいなだけだ

もちろん功徳もいいのだけど、あなたが積んできたものの正体が
本当に「功徳」だったのか、そこんとこ検証したほうがいいんでない?あなたは
功徳を積んだと思っているが、実際は金を消費しただけではない?で、その結果、
あなたは30半ばになって「自分はもうババアだ、終わりだ」と悲観するのかね?
その悲観が心の解放ですか?





421 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:13:38 ID:V+xAQYAy
カネゴンさん

俺はオウムでなかったら、教義にここまで
とやかくは言わんよ。疑ってばかりで何もしないよりは、グルや教義を
信じてついていったほうがいい。心から思う。
でもオウムは「例外」じゃないか?あれだけの犯罪やっているんだから
あのような重大な犯罪行為があった時点で、教義は批判検証しなくて
いいんです、とは言えないよ。信じてついて行って幸せになれなかった
んだろ。とすると、その源はどこにある?教義でしょ、グルでしょ?

422 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:17:22 ID:QxsrQm4A
あるとき私は瞑想に入った。
瞑想している自分の意識があって、
瞑想の中にいるもう一人の自分にも意識があった。
瞑想が深くなった。
もう一人の自分はかなり遠いところに来た。
周りからサマナの声が聞こえた。
少し騒がしいような気がする。
なぜだろうか?
まあ私には関係がない。
私は瞑想中なのだから。

なにかやばいような気がする。
自分の意識が離れすぎている。
遠すぎる。
周りが騒がしい。
何か事故でも起きたのだろうか。
それにしてもこれはやばい。
離れすぎている。
絶対に離れすぎている。
まずい。
そのときブチッと何かが切れた。
ほんの一瞬意識が飛んだ。


423 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:18:52 ID:QxsrQm4A
おかしい。
戻れない。
意識が入れ替わっている。
瞑想の中の自分が本体になっている。
瞑想していた過去の自分を記憶している。
記憶しているのに戻れない。
まずい、元の自分に戻れない。
これは絶対にまずい。

なぜか今は静かだ。
なぜ先ほどサマナたちが騒いでいたのだろうか?
もしや、私の身体に異常が発生して、
心配していたのだろうか?
ということは、
私は死んだのか?
まさか?
いや現に私は元の自分に戻ろうとしても戻れない。
くそー、死ぬには早すぎるよ。
まだ、修行も完成していないし、
やりたいこともいっぱいあったのに。
しかし、オウムではたくさん人が死んでいるからな。
くそー死にたくない。


424 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:19:59 ID:QxsrQm4A
目の前に四つの空間が広がった。
どれも奇麗な空間だ。
一つは少し古い西洋風の町並みが見える。
海が奇麗だ、空が奇麗だ、街が奇麗だ。
この空間に飛び込んだら、
どうなるのだろうか?

こちらの空間も奇麗だ。
白い服をきた清純そうな女の人が歌っている。
まるで天使のような声だ。
周りは緑の草原だ。
ここは天界なのだろうか?
この空間に飛び込んだら、
どうなるだろうか?

もし飛び込んだとしたら、
おそらく二度と帰ってくることはできないだろう。
女の人ばかりということも気にかかる。
一見きれいな世界のようでも、
飛び込んでみたら、
全然違う世界かもしれない。
危ない、危ない。


425 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:25:12 ID:QxsrQm4A
しかし、何かを忘れているような。
何かとは何のことだろうか?
わかった。
尊師!尊師!尊師!

私は元の意識に戻ることができた。
ヒェー、助かった。
まだ生きている。
よかった。
人が死んで自分の身体に戻れないとき、
こんな感じなのだろうか?
そうかもしれない。
怖かった。

このようなことがありました。


426 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 10:33:48 ID:gol9Fw7s
>>421
>信じてついて行って幸せになれなかったんだろ。
とすると、その源はどこにある?教義でしょ、グルでしょ?

その考えはずれているな。
カネゴンさんは幸せにはなれんかったかもしれんが、
無駄ではなかったと思っているということだ。
だから、「とすると、」とつなげることはできんよ。


427 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 12:01:58 ID:lclM6yvI
407(午前三時すぎのレス)から、西暦にもどってますね。
申請したら変わるらしい、、。
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1112283994/
http://blog.livedoor.jp/maman777/

428 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 12:21:09 ID:lclM6yvI
>>425
 もとパモーチャナ師の記述と似てる。
 オウムのひとは、グルグルグルこそ命といいながら、
 命どころかすっかりグルを忘れるひとも多いみたいね。 
 どうして?


429 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 12:54:47 ID:6ArFZD5N
お2人さん、3人?

いつ寝ているんだ、凄いなあ、執着だなあ

430 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 13:08:36 ID:lclM6yvI
>>429
ほんと。(笑)

431 :416:2005/04/02(土) 13:47:07 ID:lclM6yvI
>>407
とりさげ依頼をした責任上というか、ちょうしにのっても少しかんがえてみました。
ハッピィでいらっしゃるというので、逆にすこし凄みをだしてみました。

アヴァロンの夕陽
アヴァロンの魔剣
アバロゴス最後の逆襲
アバロジクステシュバラス

なんて,,,どうでしょう!
good night!


432 :アバ様:2005/04/02(土) 13:49:56 ID:wrcoZkJf
私は朝7:30に目覚めました。だいたい3時間くらい寝ます。
眠い時は瞑想したら案外いけます。昨夜は調子に乗りすぎました。

>416
やけくそだなんて。では「様」はいかがでしょう。


433 :アバ様:2005/04/02(土) 18:14:15 ID:wrcoZkJf
お教え下さい。
95年松本が捕獲された年に富士宮の道場長をしていた
目がクリクリした女性の師はなんというホーリーネームで
したでしょうか?


434 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 18:17:47 ID:F6eDZj64
オウム信者は、賠償する為に24時間粉になるまで働け!
女性信者は、ソープで1日30人客を取って働け!


435 :阿佐谷北:2005/04/02(土) 18:58:37 ID:ifEI2/O6
>>434 24時間粉になるまで

 身を粉(こ)にして、でしょ。笑

436 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 19:10:23 ID:9eyNLasD
>>415
>アーレフで神通とか騒いでいるのは、ただの霊能力だと認識したほうが良い。
禿同禿同。
>>418
サイババんとこは、金持ちからは多額の寄付を取るはず。ただ、表立っての
布施の要求は一般信者には一切しない。集会への参加もお祭りへの参加も、
振舞われる食事も無料(近年スキャンダルもあるが、危険思想はなさそう)。
金持ちは余分な金を吐き出し、貧乏人は金が無くても参加できる、
それが本来の喜捨じゃないのか、やっぱり。
(注 サイババ信者ではありませんが)。

437 :阿佐谷北:2005/04/02(土) 19:12:34 ID:ifEI2/O6
>>434

 オウムは、神道をも抱きこんでいるが故に、生き延びた。
これまでオウムは否定してきたはずの神道だが、呉越同舟することで日本国内での活動を続ける
つもりらしい。

 ここでオウムの教義の分析をして矛盾を指摘したが、それも無駄なのかも。

438 :阿佐谷北:2005/04/02(土) 19:14:03 ID:ifEI2/O6
 やくざの団体って、大抵、神農道、神道の一種。
オウムと彼らの結びつきはこうした回路を通じての事なのかもしれない。

439 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 19:18:52 ID:9eyNLasD
>>421
こっちにも禿同。あれだけの重大犯罪を犯した教団に、まだ執着している
人たちには、どうせ言ってもどうせわからないだろうなと思いながらも、
やはり何か言いたくなるよ。気になるんだよ。
何の関係も無いと言ってしまえば無いんだけど、それでもね。

440 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 19:21:20 ID:bEDhDKxW
でもさあ、給料増えると税金たくさんもっていかれるじゃん
自分が稼いだ金なのに、たくさん持っていかれて、
他のあんまり稼がない人のために使われるのって
たくさん稼ぐ人から見ると、むかつくことらしいのよね

てかがんばって働いても儲けることができないってのはともかく
あんまり働くの好きじゃナーイっての、オウムにだって多いよね?
物質に重きを置かない生き方ってのは結構だけど
自分が自分の時間を大切にしたいからって理由で短時間しか
働かなくて、それで貧乏して、朝早くから夜遅くまで働いて
いる人から多くとればいいっていうの

 子供のかんがえじゃねーの?

441 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 19:36:13 ID:bEDhDKxW
金持ちってと悪いことみたいに言う人いるけど
なんかブスが美人をいじめるみたいなかんじ

私はオウムの徳の理論が身についているから
自分が修行するのに、人に援助してもらって修行するなら
多くの功徳を消耗すると思っている
出家するには功徳がいると言われる
なんでなら、生活の心配せんで修行に没頭するためには
多くの人に経済援助をしてもらわなくてはならない
そのためには、まず自分が団体に布施するなり、誰かを助けるなりして
”人を援助する”カルマを摘んでおかないと、
いざ自分が他人の援助を期待したときに、他人からスムーズに援助してもらえないと
いう現象が起きるから

自分が他人のためにしてやらなかった親切を他人にして欲しいと
期待するのは、ずうずうしいくらいなんだよ
因果の法則から言えばね
自分から人に親切にしたことがない人間が他人に親切にしてもらおうと
考えるのはムシがよいように
自分が他人を援助したことがないのに、他人の援助を期待するのは
愚かしいんだよ

その法則を知らないから、自分が他人に奉仕するがわになると
なんか損したような気になって出すことができない
それは、自分のためにやることでもあるんだ
オウムでは最近、徳の理論を溶かなくなったようだね
信徒でも徳の理論が身についていないなんて、徳がなくなってきた証拠じゃないの

442 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 19:44:44 ID:9eyNLasD
>他のあんまり稼がない人のために使われるのって
>たくさん稼ぐ人から見ると、むかつくことらしいのよね
あんまり稼がないってのは誰のこと?例えばさ、病人とか貧乏な老人の
ために使われるのも、カネゴンはむかつくのか?

以前ねー、デンマーク行ったんだよ。若いサラリーマンでも何でも、税金
50%持っていかれるんだよ。「そんなに取られて腹立たない?」って聞いたら、
「問題ない。国を信頼してる。僕がトシ取れば、同じように福祉の恩恵に
あずかるんだから」とサラリと言ってたぜ。基本は国への信頼があるかないか
だが(スレとはずれるが)、「持てる者は持たざる者に」っていう精神は、
インドやアラブだけじゃなくてキリスト教圏だってあるのよ。
健康なのに怠けて働かないのとはまた違うだろうが、貧乏人からも
むしりとるようなのは宗教とは言いません。普通はね。

443 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 19:52:07 ID:9eyNLasD
だからカネゴンは自分が若い頃、一生懸命働いて、それを働かない
オウムの連中にむしりとられたのがいまだに悔しくて悔しくて
しょうがないんでしょ?まあ、気持ちはわからないでもない。
でも、自分のやったことと教団のやったことを必死で肯定しようと
してるから(教壇の運営には金がかかるんだ!とかさあ)、
布施しない奴に怒りを感じるんだよ。矛先が違うよ。

444 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 19:53:42 ID:bEDhDKxW
宗教は金じゃない、心がすべてだと 確かに
しかし、人間は残念ながら物質的にも存在している
この物質社会で、ある程度不足なく、物質的なことに困らないで
生活していきたいと望むならば、物質を他人に与えるのを
ケチるべきではない これはたぶんどこの宗教でもいっていると思うが
もし、物質すべてを放棄する心構えがあるなら、金銭の布施は重要で
ないかもしれない 

カルマの法則はもっと精神的なものだというが
ではなぜ、この世には北朝鮮の飢えた子供達のような、食べ物がろくに
食えないところに生まれたり、豊かな国に生まれたりするんだろう
なぜ、ある両親は子供を大切に守り、必要なものは与えるのに
ある両親は、メシを食わさず子供を虐待するのだろう
なにか、原因があるんじゃないの?
すべては、自分の他人に対してやったことが、跳ね返ってくるんじゃないの?
だったら、他人を援助できるというのは、自分のためにも功徳になることじゃないの
逆に、他人から援助されて(他人の出資で)自分の必要なものを得ようとするなら
自分がもっているものを、減らすことになるんじゃないの

445 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 19:58:20 ID:bEDhDKxW
>「問題ない。国を信頼してる。僕がトシ取れば、同じように福祉の恩恵に
あずかるんだから」

それは、自分が出しておけば、将来自分のために使ってくれるからでしょ
そうでなくて、自分がたくさん稼いだってのを理由に、
たくさんもっていかれて、自分でない人のために使われるのがイヤだってこと。

だってたくさn稼ぐ人は、自分がボランティアするつもりはなくても
自動でもっていかれちゃうんだもの
貧乏人は、オレは金ないからと一言言えば、取られないと思っていると言うか
取り様がない

446 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 20:08:08 ID:9eyNLasD
なんかカネゴンの言いたいこと、よくわかりませんね私には。
金持ちは金持ちに応じた、貧乏人は貧乏人に応じた寄付すりゃいいじゃないの?
あるいはサイババのとこみたいに、一般信者には一銭も要求しないところ
があっていいじゃないかと私は言ってるだけ。
カルマの法則は横へ置いておいても、

>他人を援助できるというのは、自分のためにも功徳になることじゃないの
なると思うよ。で、なんで他人から援助受けると功徳が減るの?
変だよ、カネゴンの言ってることは。いわゆる持ちつ持たれつとか、
困ったときはお互い様とか、ギブ&テイクというのとも違うし。
他人に援助する一方しか功徳にならないんじゃ、インドのアウトカースト
なんかどうするんだよ?永遠に救われないじゃん。


447 :どんどこガネーシャ:2005/04/02(土) 20:16:22 ID:9eyNLasD
あ、446はね、445を読まないで書いたものです。
将来、めぐりめぐって自分も福祉の恩恵にあずかれるとは言っても、
現実には給料の5割とられて、そのお金で赤ちゃんのいる未婚の母とか
が生活してるわけね(デンマークの話)。
「自分でない人のために自分の金が使われるのは嫌」と言う人ばかり
だったら、アフリカのエイズ孤児も飢餓地帯も永遠に救われないでしょ
うよ。

これから食事&風呂その他なんで、落ちます。またねー。

448 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 20:42:53 ID:QxsrQm4A
>>428
私がここで言いたかったことは、
アストラルで道に迷ったときに、
助けてくれるのは尊師だけだということ、
そして、尊師に帰依しているつもりでも、
深い意識に入ったら、
すっかり忘れてしまうこともあるということ、
この2点です。

自分は瞑想しないから関係ない、
そのように思っている方々も、
肉体が死んだ後、
バルド(アストラル)に、
ほおり出されることになりますよ。


449 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 20:52:32 ID:bEDhDKxW
>なんで他人から援助受けると功徳が減るの

因果という観点からみたら、他人から援助を得られた、というのは
自分が以前他人を援助したという、善因をもっていたからだと
そういう善因があったから、今他人から援助されるという善果が生じたと

てことは、善果が生じた段階で、以前摘んだ善因も尽きてしまったんだと

非常に数字にこだわるならば、道場を運営するのに今月10マン必要だったと
二人の信者がいて、一人は9割を負担し、一人は一割を負担したと
9割負担した人は、相手の要求に対して、9割の不足をおぎなうという働きを
なしたわけ
一割負担した人は、相手の要求に対して1割しか答えられなかったと
一割しか出せないのが悪いというのではなくて、もしあなたが何かをなそうとしたときに
他人からの援助を期待したら、一割しか負担してもらえないかもしれない
あなたがいつも一割しか負担できなかったならばね
どっちが良くてどっちが悪いと言うよりも、多く出した人はそれだけ
人を大きく助けることができたのだから、単純に言えば物質的功徳を
大きく摘んだんだってこと。
功徳の理論を信じるならば、少ししか出せない自分は徳を摘むことが
(あくまで物質的な徳ね)なかなかできないなあと悲しむべきであって
オレから取るな、というのはまちがい
カルマの法則は自分がなしたことしか、自分にかえってこないということだよ
ほんとなら、物質的に恵まれるカルマ、の有る人に金を出せという必要はなくて
物質的に恵まれないカルマの人、つまり物質的に困っている人から
取る方が、相手に功徳を摘ませるという意味からいったら正しいんだ
だって、貧しいがゆえに、善因を摘むチャンスに恵まれないんだもの
それを、私は貧乏だからという理由で、物質的な布施を他人になせないなら
その人は結局善因をつめずに終わってしまう 来世もまた貧乏人と

450 :   【警告】:2005/04/02(土) 21:11:20 ID:gK5dz/iB
阿佐谷北へに告ぐ >>330

451 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 22:15:02 ID:V+xAQYAy
>>449
たとえば、過去に善行をやってパンが与えられたと。
これはカルマだね。しかし、ここにパンがあっても、手を伸ばしてそれを
咀嚼して食べなければ餓死する。餓死するという結果だけを見たら、
アフリカで(過去に悪業を積んだために?)餓死している人と同じになる。

俺は人間の自由意志や選択までカルマによって規定されないと思っている。
人間は選択の自由があり、この部分はカルマのあずかり知らぬものである。
だが、オウムのカルマ法則では意志までも規定してしまう。
そうすると人生全般が宿命論的になり、未来を変えるとか、運命を変えるという
積極的な方向に流れていかない。
悪いことした人はずっと挽回のチャンスがなく、下っ端の奴はずっと
下っ端だ。
この硬直的なカルマ論がハルマゲドンなど絶対避けられない運命とか、
ポアという思想に発展したと考える。
サリンで亡くなった方も、しょせんカルマだったんだ、というサマナがいた。
結果を見ればそう。だけども、その時点では未来は確定していない。

最近、某道場では「上向確定修行」なるものをやっているとか。
確定なんてありゃしない。確定したと思って油断したらいつでも
下向するのが現世の掟なのさ。



452 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 22:29:03 ID:V+xAQYAy
>>444
落ち込んでいる相手を称賛したとしよう。すると、相手を称賛したこと
によって自分は善業を積むし、相手のほうは落ち込みの気分が無くなって
元気が出たり、気持ちが明るくなって、やはり善業を益す。
つまり、どちらも功徳が減らないし、カルマを良くしているのである。
また、相手を批判すると、その行為によって自分は悪業を積むし、
相手の方は批判されることにより、気分を害したり怒りの感情を
生起させたりするから結局相手も悪業を益す。
つまりどちらも功徳が益さないし、カルマを悪くする。

だからケロヨンのやっているように相手を叩いたり、いじめたりという
のがカルマ落としなんていうのは間違いで、両方ともカルマを悪く
している。

では、オウムのカルマ落としの正体は何なのかと言うと、カルマ落としと
いうフィクションを信じることで、将来悪い事が起こるのではないか、と
いう想定を生む。それが、まさに現実に悪い事を呼ぶのであって
「恐怖の産物」なんだよね。


453 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 23:00:39 ID:mzYJ1IrM
意思を自由に持つことはできる。しかし、意思のとおりに生きられるかどうかは
まったく別物だ。
失礼ながら、まだあなたはお若いから、自分の考えたとおりに
人生を生きられると希望的観測をお持ちだ。もちろん努力をしてある程度
未来を変えることはできると思う。
しかし、大きなカルマというのは、人間業で変えるというのはかなり難しく
やはり、自由に見えながらカルマに拘束される部分が大である、と思う。

例えば、北朝鮮に生まれたら、人民に自由意志などない。
日本においても、最近はかなり個人が尊重されるようになったが、以前は
個人より家だった。家の恥を恐れ、何かのおりには切腹させられるとか、親の決めた
とおりの結婚をするのがアタリマエだった。

これは、とても大事な説法なんだが、というか、教組を信じてはいない人に
語ってきかすのはもったいないくらいだが
これはオレの自由だ、自由意志だと、こだわりをもつことが、かえって
自分の意志のとおりに生きられない状況が生じた時に、苦痛を増すというのは
わかるでしょうか。
つまり、意思ですら、煩悩(人間を苦しめる因)なんですわ
みずからの意思が自らを束縛するんです

受かりたい大学に受かりましたか、好きな人と結婚できましたか
思ったとおりに出世できましたか、?
これがオレの意思だと、通したくても通らないことはいくらでもありませんか

454 :カネゴン@キャンディ:2005/04/02(土) 23:06:25 ID:mzYJ1IrM
あなたは、六道を信じますか
もし、信じるなら、ある魂が煩悩によって、動物に生まれることが
あると、
例えばブタであったと、
人間によって養殖され、ある時点まではエサをもらってぶくぶく太らされると。
しかし、ある日、屠殺場に連れていかれて、殺される
この運命を、ブタがみずからの意思で回避できるだろうか?
結局、ブタに生まれたという、束縛により、カルマを変えることがままならない



455 :名無しさん@3周年:2005/04/02(土) 23:31:34 ID:lclM6yvI
>>432
ごじぶんに様をつけるというのはいったいどういう深遠な意味が、、?
 (アバ様命とかならまだわかりますが、、。w)
 すでにわたしの感覚を超えておられますので、
 もはや申すことはございません、、。


456 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 00:02:54 ID:kYdI5NDE
私はアーレフに殺される

457 :アバ様:2005/04/03(日) 00:28:12 ID:tYhnSJYP
>455
アバロキティシュバラとその日本語名、観音様の結合。
何も考えていません。多少、韓流ブームを連想しました…。

458 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 00:34:32 ID:EZFBslAp
ポア汁!

459 :アバ様:2005/04/03(日) 00:41:50 ID:tYhnSJYP
オウムって、仏教哲学をうまくかみ砕きながらある部分で都合のいい
解釈にすり替えてしまった。
ヨーガも本格的なラージャヨーガ全集みたいな所から盗み取った。
「体という乗り物を乗りこなす。」なんて言う比喩は、ラージャヨーガでは
昔から言われていた事。
全体的にいろいろと系統立てて「紹介」するならいいが、あたかも自分達
の教義にしている所が困った部分だ。

バクティヨーガなどは、オウム専用に都合よく完全にねじ曲げられた
部分。

その結果、「オーム」という神聖なバイブレーションに悪いイメージ付け
をし、プルシャという言葉には、坂本弁護士を思い出させる暗いイメージ
が。渦中を生きた日本人ならその悪いイメージに拒絶反応すら起こす
人もおおい。そんな結果にした責任は大きいな。

460 :アバ様:2005/04/03(日) 00:55:01 ID:tYhnSJYP
カネゴンはバクティヨーガが効果的だ。

これが有効に働くのは、情緒的感情的傾向が強い人です。
愛の力で行動し、神を愛の体現と考えます。
崇拝したり祈りやその行為・儀式を通して自分を神に捧げ、
強い感情を、無条件の愛や献身に向かうようにしていきます。
まあ、ヨーガが宗教的に取り入れられた時、その宗教に都合
良く変更出来る部分ではある。

オウム式のバクティヨーガによれば、エゴの固まりに献身
していた事になってしまいました。


461 :アバ様:2005/04/03(日) 01:07:12 ID:tYhnSJYP
つづき。
その反動でのショックは大きい事でしょう。
バクティヨーガをさせる団体は思想や教義をチェックしないと
こんな被害者が多発している事でしょう。

今、変に周りがオウムを否定することで、カネゴンはまた
元の状態に戻りつつあります。
言葉遣いが松本そっくり。。松本へのバクティヨーガ状態。

今は過去の現れ、を信じるなら、今の思考は、近未来を形成します。

繰り返しているのを傍観するのは辛いものです。

462 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 01:07:25 ID:3VrAFIIF
>>441
因果の法則にのっとって考えた場合、オウムに布施をすることと、
最愛の男性から愛されることの間に、どんな因果関係があると思
ってるの?

463 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 01:10:29 ID:3VrAFIIF
>>422-424
...という夢を見ましたっていう話ね。
それとも、キリストのイニシエーションの時の体験のことを書いたのかな?
LSD体験だよね、それ。

464 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 01:13:50 ID:3VrAFIIF
>>448
なぜ、形而上の概念や存在について、自分が夢で見たという
ことだけを根拠に「ある」という「断定」をするの?

あなたは仏教徒でしょ?

仏教徒であるにも関わらず、中道の姿勢に真っ向から反する
ことをしているなんて。

465 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 01:26:37 ID:UYMabq9X
437
438

阿佐谷って、果てしなくずれているな
アンビリーバブル

466 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 01:42:00 ID:uclToweG
ボケたじいさんでも同居してるのよ

467 :アバ〜薔薇:2005/04/03(日) 02:54:45 ID:tYhnSJYP
いろいろご指摘があり、コテハン変更ww

>464
アーレフ信徒or隠れオウムのようです。

>448
あなたの結論は根本でずれています。
ラージャヨーガにおいて瞑想時、集中出来れば何を見ても問題は
ない。と説かれています。つまりこの事の証明を体験によってした。
というのが正しい。
あなたは、初歩的な部分で意識が飛んだだけで、混乱された。
そんな時、普段から集中している素材を思い出した。普段の
集中状態になり、意識が戻った。

ろうそく等は、集中しやいため初心者などには薦められていますが、
別になんでもよいのです。その人が良しとすれば。

例えば、毎日焼けたクソを見ても集中が出来るわけです。
それで、瞑想中、意識が飛んで混乱が生じた時、今までして
きた意識の集中できるオブジェクトである「焼けたクソ」を思い出した。
ふと意識が戻る。という理屈です。
ヤケクソな方便では有りますが・・・。


468 :455:2005/04/03(日) 06:25:32 ID:jdaabLtS
>>467
、、、つまりあなたは観音様をとても意識してらっしゃるんですね。
わたしがこだわるのは、わたしもそうなんですが、どう意識しても
やっぱり敬意の対象であることには変わりはないのです。
たぶん、わたしが理解できないのは、
敬意の対象を自分の名前にそのままとりこむという感覚でしょうね。



469 :428:2005/04/03(日) 06:30:21 ID:jdaabLtS
>>448
つまり、本当に帰依することはむずかしいということですね。


470 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 07:49:59 ID:pAHV7Lve
>>467

どうも自分が学んだことが正しいとお思いのようですが
あなたの書き込みはオウムと同様ですよ。
オウムは麻原氏の教えが絶対であると信じていますが
あなたもどこぞの仏典で学んだのでしょう?
ましてや誤訳し放題の日本語訳された仏典で学んだのあれば...

471 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 08:05:11 ID:bHsz/iym
月刊現代読んだけどオウムカジノって本当にあるの?
http://moura.jp/scoop-e/mgendai/

472 :アバ〜薔薇:2005/04/03(日) 11:36:40 ID:tYhnSJYP
>470
>どうも自分が学んだことが正しいとお思いのようですが
>あなたの書き込みはオウムと同様ですよ。

もう一度、自分で正しく瞑想してね。w
それは「色」において同じに見えてしまってるんだよ。
明らかに深い部分で違うよ。言葉が同じでも…。

オウムのように大量殺人を肯定するヨーギは存在しません。
彼のバイブレーションを本当に感じる事が出来れば貴方はそんな
無明な事を言わなくなります。
嫌いでもおかしいと思ってもオウムから離れて違うヨーギでやって
みてごらん。

あなたは、LSD飲まされて体験した。そして「お漏らし」が大量に出て
るのに気絶してたから周りが騒いでた。
そんな事になってしまった、あなたはある意味かわいそうです・・。
神秘体験しましたぁ!!とお漏らししながら喜んでた信者も多かった…。

それは、何だか麻薬を与えられたブタがスキップしてるように見える。
先日、友人のMダックスにワインをあげたら、上機嫌になり部屋の
いろんな所にお漏らししてたww
かわぃぃなぁ。


473 :アバ〜薔薇:2005/04/03(日) 11:41:35 ID:tYhnSJYP
元だった頃の話しです。

上九一体のある道場には幾多の日本語訳されたヨーガ本や、経典、
そして陰謀説が書かれたNON…ブルー…系の本等があの幹部の
部屋に一杯おいてあった。
その後、それらを処分しているのを、そばで見ていた。強制捜査が
はいるから。
オウムの陰謀説の根元は、本屋さんであり、瞑想などで得た特別な
ものでは無い。
真剣に翻訳していた信者も居たけど、松本の思いつきで歪曲し
放題だったんだよ…。

有名な宗教はおおよそ一つの真理を伝えている。
松本のおっさんも良いところに気付いてたのになぁ。
エゴが彼を悪魔にさせてしまってたんだ。
悪魔に心を売るというのは、このような事なのです…。


474 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 12:09:58 ID:ZeRAi/Zc
>これがオレの意思だと、通したくても通らないことはいくらでもありませんか

すでにあなたの人生はあなたの意思した通りの人生になっているのでは?

>自分の意志のとおりに生きられない状況が生じた時

そういう想定がすでに意志だよ。

>この運命を、ブタがみずからの意思で回避できるだろうか?

できないね。俺が言いたいのはそんなことじゃない。サクラの木にはサクラの
花が咲く、サクラの木にブドウは実らない・・これはカルマだ。植物や動物の場合、
それは厳然としている。しかし、人間の場合は別格で、多少の余裕があって、
そこまで厳格ではないということ。人間は地上最悪の極悪人にも仏陀にもなること
ができる。オウムの連中には信じられないかもしれんが、その通りなんだ。






475 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 12:11:04 ID:ZeRAi/Zc
>あなたは、六道を信じますか

信じません。なぜ信じるのですか?
オウムで教えているから?仏教で言っているから?あなたは第一それを知らない。
知らないのに、悪を行うと地獄に墜ちる、餓鬼に墜ちる、動物になる、などと
言ってビクビクしている。あるサマナは、自分はボーダーライン上にいる、
このままの状態で行くと、自分は来世動物だ、とビクビクしていた。
俺にはさっぱりわからない。来世動物に転生する基準をこの人は知らないし、
誰が判定するのかも知らない。なのにビクビクしているから。
試験だったら79点以下は不合格、80点以上は合格と言える。しかし、転生後
動物、餓鬼の振り分けはどのようになされるのか、誰も知らない。
知っていたらお釈迦様がすでに教えているよ。そんなに大事なことならね!

知らないことに脅えているのは、自分の投影した影に脅えているのと同じだね。

個人的には六道は仏教の方便だと思うよ。他の国の神秘的宗教では言っていない。
動植物の命を大切にし、慈愛を持ち、善行をやってほしいというお釈迦様の願い
であり、戒めだろう。人を恐怖させたり、脅すために言ったのではない。






476 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 12:16:36 ID:ZeRAi/Zc
お釈迦様はね、自分の語ったことは、修習しなさい、語らなかった
ことは修習してはならん、と言った。
語ったことは今ここにおける、煩悩の滅尽、ありのままの実相の認識を
せよということ。
語らなかったことは死後のことである。
もちろん、お釈迦様の死後に出た大量の偽経典が無茶苦茶にして
しまっているが。
そういう意味では今はお釈迦様の教えがダイレクトに伝わらない
末法と言える。



477 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 12:30:43 ID:dD829z2p
474であんたが言っていることは、単に屁理屈がえしにしか
聞こえないね
気にいらないから否定したいだけさ
なんで動物と人間は別格なんだよ
そんな考え方を仏教徒がすること自体、私には疑問だ
生きとしいけるものを、平等に哀れんだら、そんな考え方できないだろ
実は神神も同様に、人間が動物を見るような目で見て、あいつらは
私達と同じでない あわれなやつらだと、思っているのさ
あんたは、人間がそんなに、自由で幸せな存在だと思うのか

あんたは宗教をやるには、あんまり常識的すぎるというか
自分がこうだと思っている範囲内でしか、ものごとを判断したがらない
なんのために、オウムにいるんだよ
他の顕教では学べないことが、オウムでは学べると期待しているんじゃないの
私は別に神秘主義に走るつもりはないし、釈迦の説法だけでも十分じゃないかと
思うん抱けども、目に見えるものしか信じられない、という人間こそ
オウムにいるならバリバリ修行して、バルドの体験とかしてみればいいじゃないよ

478 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 12:43:38 ID:dD829z2p
釈迦が語らなかったのは、それを経験できない人間に語ったところで
疑われたり混乱させるだけだからでないの

あんた、オウムにいるのに、オウムの本読んだことないよね?スパイなの?
オウムの本には、こういう状態であるなら、来世何の世界に転生するって
規定があって、サマナは今の状態がそうだからと、自分の来世を心配したんだよ
私はバルドの経験をしたことがあるよ 言えば妄想だろとか言われるだろけど
動物転生のバルドを入信してわりとすぐ見た というか見させられた
ある程度の知識は本を読んで入ってはいたよ だからそれがもとで
そういう経験をしたと思われるかもしれないが、あまりにもヴィヴィッドだったね

私は修行が嫌いでね 全然やらなかった 自分でちゃんと修行する人は
瞑想中とかに経験するらしいんだけども、いつも寝ているときなんだわ
寝ていると、ウx−ンウx−ン、、という甲高い音が聞こえてきて、なんだと思っている
うちに、すごい勢いで、足から下にひきずっていかれるような感覚があった
ものすごい力なんだ ヤバイ!と思って必死に抵抗したんだけども、体が金縛りになって
下に落ちる力しか働かない 声を出そうとするんだけど、ウーって唸り声しか出せなくて
そばにいた父親が、なんだどうしたんだとか言ってるんだけど、起こしてくれないんだよ
こっちは揺さぶって起こしてくれれば止まるのにとか、思っていたんだけど
凄く長く感じた これは、地獄に落ちるバルドの入り際の経験とオウムでは
されている 金属音が聞こえて、落ちていくんだと


479 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 12:46:39 ID:ZeRAi/Zc
>なんで動物と人間は別格なんだよ
>そんな考え方を仏教徒がすること自体、私には疑問だ

別格じゃないか。チベット仏教でも人間に生まれることは稀有で貴重だと
言っているだろう。俺は優劣を言ってるんじゃない。違いを言っているんだ
言葉を話し、火をおこす。全然動物と違うじゃん。別格じゃん。


480 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 12:58:08 ID:dD829z2p
あと、こんなのがあった
夢の中で、私はどこか暗い場所にいて、ふわふわと浮いているような感じがしていた
別に何も見えない で、そのまま、前方に進んでいく感覚があって、暗い道を進んで
いくような感じだった
少しすると、周りが見えてきた どうも草原の少し上を自分はただよっていて
やはり暗いんだけども、また少しいくと、前方に陰気なほったて小屋が見えてきた
小屋の入り口がなぜか開いていて、私は自動的にその中に入っていった
中も暗くて、使われなくなった家具なんかが置いてある倉庫のような感じだった
また進んでいくと(このふわふわしながら進んでいくという感覚が始終あった)
壊れた冷蔵庫が一つ、あって、扉が開いている
その扉の内側になぜか、バターの固まりのようなものが一つあると感じた
ふと意識すると、そのバターか何かの固まりの上に、数種類の虫(大嫌い!!)が
うごめいていた。。。
超ヤバイ!!!!と思って私はその場を立ち去ろうとした
が、その場を離れるどころが、どんどん うじゃうじゃ虫のいるヴィジョンは
私に近づいてきて、(その間、気が遠くなるほど私はもがいている:すごい恐怖を
感じている)次の瞬間見たものは、等身大のチャバネゴキブリだった
しかも、ずっとヴィジョンは暗かったのに、最後のチャバネゴキブリだけは
きれいに光っているんだよ(泣)

これは、オウムの人なら大笑いするだろうけど、。。
私は一応本は読んでいて、意味がわかったから、起きるなりああああと
動物に転生するバルドだと、わかったんだけどね

481 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 13:03:25 ID:ZeRAi/Zc
>オウムの本には、こういう状態であるなら、来世何の世界に転生するって
規定があって

そうだね。ロックを聴く奴は地獄で、演歌だと人間で、クラシックだと天界だとか。
誰が決めたんだろうね。教祖の趣味?人の趣味にいちいちイチャモンつけるなって。

>サマナは今の状態がそうだからと、自分の来世を心配したんだよ

だから、自分が動物に墜ちるのではとビクビクしているのは自己保存であってね。
何の為に殺生しないかというと、自分が死後良い世界に行きたいためだと。
要するに自分のためであって、動物の身になっていないということ。

>私はバルドの経験をしたことがあるよ 言えば妄想だろとか言われるだろけど
>動物転生のバルドを入信してわりとすぐ見た というか見させられた
>ある程度の知識は本を読んで入ってはいたよ だからそれがもとで
>そういう経験をしたと思われるかもしれないが、あまりにもヴィヴィッドだったね

ああ、それは想念体験というもので、あらかじめ入っていた知識の通りの
経験をする。だから、オウムの連中の経験が経典通りというのは当たり前。
しつこく脳にインプットすると、その通りの体験をする。しかも脳の性質は
抽象を嫌うため、脳内で具体的、三次元的な映像を作り上げる。よって
たいていヴィヴィッドである。だから多くの人間がそれにまやかされる。
本物の経験とは未知の経験である。


482 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 13:08:20 ID:ZeRAi/Zc
想念体験は夢でもなければ、妄想でもない、
一種の神秘体験だが、意識外の体験ではない。
意識外の体験とは幽体離脱とも言い、
実際にアストラル体が抜け出て別の場所に行き、
そこの風景を見てくる。それは自分の知識にはない
未知の情報がある。

483 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 13:10:55 ID:U7bbjc8E
>479

なんか矛盾しまくってないか?
優劣じゃなくて違いを言ってるんだ…っていうわりには貴重だの別格だの言ってるじゃん。

貴重ってのはレアで価値が高いことだし、別格ってのは他のものよりも性能とかが段違いってことだろう?
思いっきり優劣を言ってるよ。

そもそも、人間を別格扱いする考え方自体が間違ってると思う。
言葉を話したり火を使ったりするのは、人間がそういう習性を備えた動物だからだろ?
そういう性質みたいなモノに格なんかないじゃん。
極端な話、ラッコが腹の上で貝を割るのとかわらないよ。

484 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 13:11:09 ID:dD829z2p
479
そういう意味ならわかった
たしかにバルドが上であるほど、自由度が高い
神はより人間より自由だ 微細な身体だから肉体にしばられる苦がない

等身大のゴキブリといったのは、自分がすでにゴキブリサイズとなっているから
となりのゴキブリが自分と同じサイズに見えると言う事
そして、光っているのは未来のヴィジョンだということ(−−;)
私はゴキブリが嫌いなので、まじまじ見たことはないが、ヴィジョンの中では
まるで顕微鏡で拡大してみるかのごとく、細部にわたって、ゴキブリのアップを
観賞できたこと、なんか足の一本一本に毛みたいな、のが生えているのまで見えて。。

ふわふわ暗いところをただよったのは、たぶんバルドでないかと思う
あまり、自慢にならない経験なので、お話したくはないのですが
経典(なんの経典が出所なのかしらないんだけど、オウムにある)どおりの
体験でした。体験しなければ信じないというなら、いちおうグルの祝福を受けて
なにか経験させてもらうことです
これらの体験ができるのは、グルとパイプがあるからだと、思います
修行しない弟子は、したのほうのバルドを経験させられるということが、
しばしばありました。教組がキライ(私も嫌いだが。。)というひとは当然
パイプがつながらないから、霊的な経験はしずらいだろうし
そうすると、経験できないことはないんだ、といって悪循環
教組は人の夢の中に勝手に入ってきて、エンパワーすることもあったよ
私はやられたね 夢の中で、何でオマエがここにいるんだと思った

だから、事件を起こしたことで犯罪人だとは認めるけども
霊的にはすごいグルだったと思っているよ


485 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 13:12:48 ID:dD829z2p
そこまでバカにしているなら、オウムにいるのは
失礼だろ?
やめろよ!

486 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 13:22:27 ID:ZeRAi/Zc
>だから、事件を起こしたことで犯罪人だとは認めるけども
>霊的にはすごいグルだったと思っているよ

俺はとっくにやめているよ。あんたが、グルはすごいとか言うと
また、やめられない人が増えるだろ。あの人には霊能はあったが
根本はわれわれと同じ普通の人だよ。あんたのような考えは
今の教団大歓迎すると思うけどな。

487 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 13:33:35 ID:dD829z2p
バルドの記述の出所はしらないけど
バルド・トゥドル?バルド・ソドル?とかいうじゃつじゃないのかな
チベット仏教の経典だったと思ったけども
そういう意味で教組は、日本の仏教は死んだというか
何も経験できなくなったから、(霊性が落ちているから)
チベット仏教に傾いたんだよね たしか

488 :どんどこガネーシャ:2005/04/03(日) 14:05:38 ID:sr1JyqLZ
>>487
バルド・ソドルでしょうね、日本語表記では。

489 :どんどこガネーシャ:2005/04/03(日) 14:08:15 ID:sr1JyqLZ
昨日の話に戻って恐縮だけどね、

>>449
>ほんとなら、物質的に恵まれるカルマ、の有る人に金を出せという必要はなくて
>物質的に恵まれないカルマの人、つまり物質的に困っている人から
>取る方が、相手に功徳を摘ませるという意味からいったら正しいんだ
>貧乏だからという理由で、物質的な布施を他人になせないなら
>その人は結局善因をつめずに終わってしまう 来世もまた貧乏人と

こりゃーすごい発想だ。麻原の言ったことなの?
んじゃー今日の飯にも困ってる人は、永遠に貧乏人の輪廻を繰り返すんだろうか?
布施したくてもできない人だっているしね、どう考えても、貧乏人から金をむしりとるための
便法にしか聞こえないよ。麻原は詐欺師だしね(ニセ薬で儲けて捕まった過去もあったよね)。
貧乏人のわずかな献金が、金持ちの沢山の献金以上の価値を持つと言ったのは誰だったかしら。

490 :どんどこガネーシャ:2005/04/03(日) 14:13:51 ID:sr1JyqLZ
カネゴンちゃんが478で書いてるのと似たような経験、あるよ。
ウィンウィンと音がして、そのうち身体の中のもうひとつの身体
(アストラル体ってやつですか)がぐるんぐるん回りだして、
大変だ大変だ、このままじゃ抜けてしまうぞ!と思ってたらしゅぽんと
飛び出して、部屋の外までぶっとんで行った。
あなたも睡眠中だったんでしょ?ただの夢ですよ。
友達も同じような夢を見たと言ってたな。
共通だったのは、「疲労していた」です。

491 :どんどこガネーシャ:2005/04/03(日) 14:16:14 ID:sr1JyqLZ
アバ〜薔薇さんという人の意見はとてもまともだと思う。


492 :どんどこガネーシャ:2005/04/03(日) 14:36:02 ID:sr1JyqLZ
490は厳密に言うと、睡眠中というより、半覚醒状態だったな。
いわゆる夢うつつの、眠りに落ちる直前の状態。
「入眠時幻覚」というやつだろうな。身体感覚を伴うんだよね。

493 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 16:08:14 ID:mQp62Bte
では、釈迦無二の経典のみが正しくて
チベット仏教の経典はまちがいだとする根拠は?
まあ、あたしはそういう体験をすべて疲れていたとか妄想とか
いって片付ける人と議論するつもりはないよ
まず、こちら側に不利だし、だからこの分野はいつも日陰の存在なんだ
私は自分がバカにされるのも好きじゃないから
これ以上語りはしないよ
だから、オウムでナニを学んでもどうせ現世の約にたちやしないって
私もバカにして、霊性上げる修行なんかする気にもなれなかったんだ
サマナは神秘体験を聞かせれば、信者から尊敬されてメシが食えるかもしれない
しかし現世で生きている信者にとっては、”一服の清涼剤””つまらない現世からの
逃避””たんなる個人的趣味”にしか役に立たないもの
死んでからは役に立つかもしれんが、現世で人並みにやりたかったら
他人に語ってきかせてもアホにしか思われない体験にせいを出すより
履歴書に書ける勉強でもしたほうが、ずっと徳だからな

以上です

494 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 16:18:12 ID:mQp62Bte
サルにはバナナを渡すんだ
男にはスカートまくって見せるんだ
日本人には日本語で、アメリカ人には英語で話すんだ

共通の感覚でやらなければ、結局通じない
特殊な体験と言うのは、すみに追いやられてしまう
しかし、この渦中にオウムにいるとしたら、結局それに興味があった
からに他ならないよ
そうじゃなかったらチベット仏教協会だとかテーらヴァーだ協会とか
だって似たようなこと教えてくれるんだろ?
そっちのほうが、世間からも立派なもの扱いされて徳じゃんか
それでも、オウムになぜかいたりするのは、結局本を読んで思索するだけでは
足りないと思っているからさ。

495 :在家信徒の方々へ:2005/04/03(日) 16:57:03 ID:FXvRBgrC
もうすぐ連休セミナーがやって来ます。私は今一度みなさんに呼びかけます。

イニシエーションは絶対に受けないで下さい。
アーレフは犯罪集団です。言わば社会のダニです。
こんなダニの集団の存続を助けることは絶対にしないで下さい。

私は知っています。帰依信徒とされている方々の中でも、師のいない所では、
本当は受けたくない、と言っている方や、セミナー前の時だけ面談に誘って来る 
のが嫌、と言っている方がいることを。

496 :在家信徒の方々へ:2005/04/03(日) 17:14:50 ID:FXvRBgrC
あなた方の発言は至って正常なものです。
今度のイニシエーションの内容は、正月と同じ新・音のイニシエーション(1回15万円)
で、これは小部屋の中でスピーカーから流れる麻原のマントラを、ただ単に数分間
聞いているだけというもので、はっきり言ってナメてます。
いくらインチキとはいえ、やり方が非常に安直で、必要経費は電気代ぐらいでしょう。
イニシエーションを施す人間も、スピーカーのスイッチを入れるだけです。
また面談に関しては、よく観察していれば商談であることは明白です。

もう迷うことはありません。勇気をもって断りましょう。


497 :サマナ(富士山総本部系):2005/04/03(日) 17:37:17 ID:92FEkwTD
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/dokkyo/1110590807/l50
来てみほ。ここで熱く語ろうではないか、いいね。それがグルに対する帰依だ♪

498 :在家信徒の方々へ:2005/04/03(日) 17:43:15 ID:FXvRBgrC
道場に小さなお子さんを連れて来るお母さん方、あなた方は子を持つ親で
ありながら、坂本事件を何とも思わないのですか?
大の男が赤ん坊の首しめて殺していることに、何も感じないのですか?

あなたの可愛い子供の顔をよく見ながら、次のことをイメージしてください。
もし私が道場の祭壇の前であなたの子供を蹴り殺したとしても、あなたはまだ
カルマだと言えますか?
否、言えないはずです。きっと嘆き悲しみ、私を憎むはずです。
そしてこのような人を苦しめる行いを組織的・日常的に行ったのがオウム・アーレフ
であり、そのように仕向けたのが麻原彰晃なのです。

私達が情に引っかかっているのではありません。
麻原が非情なだけに過ぎないのです。

499 :在家信徒の方々へ:2005/04/03(日) 18:16:54 ID:FXvRBgrC
あなた方がもしオウム・アーレフはシヴァ大神の直系で、仏教を正しく教えていて、
インド・チベットの聖者方からも評価されたと思っているのなら、はっきりと
言ってやります。

仏教が間違ってます。チベット密教が間違っています。外国の聖者が間違ってます。

特に外国の聖者達。麻原の本性を見抜けない彼らのどこが聖者なのでしょうか。
彼らが麻原を評価したのは多額の寄付金目当てでしょう。俗人です。


500 :在家信徒の方々へ:2005/04/03(日) 18:31:58 ID:FXvRBgrC
オウムはインチキです。
麻原は人を騙すことにおいての最終解脱者です。
あなた方が葛藤するのは、悪いデータ―のせいではありません。
こころの底で思い当たる節があるからです。

さあ、勇気をもって犯罪集団から抜け出しましょう。
オウムの本をゴミに出してしまいましょう。

501 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 19:47:20 ID:kdcboC5O



オウム信者は全員、火炎放射器で焼き殺したらどうだ?





502 :snafkin:2005/04/03(日) 19:47:29 ID:SX3GkdcL
 仏教の悟りや解脱を求めるのであれば、上座部仏教をやるべきでしょう。
いまだにオウムやアレフの教義を信じている人がいるのでしょうか?もし、
いるのであれば、その教義は仏教ではありません。密教が過激化したもの、
ヒンドゥーヨーガの我説に過ぎません。超能力が得られることはあっても、
仏教の無常、無我の悟りにはカスリもできないのです。
 しかも、超能力の獲得や神秘体験は、精神のバランスを維持する上で、
大変危険です。そのような現象があっても、相手にしてはいけないのです。
まして、その体験に執着することは、とても危険です。心の平安は、それと
は異質のものです。オウムを捨ててきちんとした伝統に基づく師に付いて、
純粋観察の瞑想、ヴィパッサナーを実践すべきです。
http://www18.tok2.com/home/snafkin/


503 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 20:53:01 ID:J2BfYbSW
てーらわーだうざ

504 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 20:57:53 ID:9jNVoEY4
>>480>>484
キャンディさんの体験は正しい体験です。
素晴らしい体験です。
霊性の低い方々には理解されないと思いますが、
それは理解できない方が間違っています。
評論家や文献研究者、瞑想を少しかじっただけの者、
そういう人たちに惑わされてはいけません。
キャンディさんが正しいと思っていることは、
実に正しいことです。


505 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 22:54:46 ID:3VrAFIIF
オウムが自分でテーラワーダって言い出したんじゃないか。
自分で墓穴掘ったことに気づいたからって、なかったことにしようとするなよ。

506 :アバ〜薔薇:2005/04/03(日) 23:09:11 ID:tYhnSJYP
>493
>だから、オウムでナニを学んでもどうせ現世の約にたちやしないって
>私もバカにして、霊性上げる修行なんかする気にもなれなかったんだ

そんなバカにした態度で適当な修行してたから、「変なものをみて」
などと、今いろいろとバカにされてる(?)という状態なんでしょうかね?
カネゴンは覚醒の素質はあっても精神的な自戒がうまくない。だから
意味が無いと伝えてるんです。

>死んでからは役に立つかもしれんが、現世で人並みにやりたかったら

あなたの見えるものでは死んでから役に立ちそうにないですね。
なぜならそんなに精神的に理解出来ない(徳の無い状態)で、死んだら
きっと、まだ死にたくなかったともやもやしながら漂いそうです。
私の霊性を認めさせてやるといろいろと恨みはらしそう。

カネゴンは常にあの世と現実はつながってると過去に書いてたよな。
それは理解してるのかなと思えば、こんな無知な言葉も出てくる。

精神不安定なのでしょうけど、そのうちリスカとかし始めないでね。
いるんだよね。そんな人。。。案外はたから見てても悲しいし。


507 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 23:39:37 ID:ZjupBHre
アバ公、オマエこそうるせーんだよ
人がバルドの経験をしたといえばお決まりのとおりに
そんなの思い込みからきているにすぎないとか一刀両断にしやがるから
こんな特殊なこと経験しても、現世の人間にばかにされるだけで相手に
されないって言えば、
そんな態度だから魔境なんだとか、おめえの論理がむちゃくちゃなんだよ
ケツの穴!

508 :カネゴン@キャンディ:2005/04/03(日) 23:44:37 ID:ZjupBHre
おまえなんかどーでもいーわるせーんだよ

キャンディちゃんはお金もちの彼氏募集中♪
じゃんじゃん貢いでキャンディちゃんから
タントライニシエーション受けましょう♪
即効性抜群 たちまちあなたは天の愉悦に。。

509 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 23:54:38 ID:pSxFoiw7
カネゴン@キャンディは面白い
今度オフ会でもやってみませんか?

510 :名無しさん@3周年:2005/04/03(日) 23:55:11 ID:1yrA/VYP
麻薬中毒・アル中更正施設や痴呆性老人ホーム、精神病院へ行けば
日常、神秘体験しまくってアストラル世界やらバルドーに入ってる人たちがたくさん居るよ。
神秘体験の量・内容とも、サマナの比ではない。
オウムの何々ヨーガの成就認定の判定基準が神秘体験ならば、
彼らはすでに最終解脱してる者ばかりだ。
キャンディも精神病院へ行ったことあると言ってたから知ってるかもしれんが
もう一度行ってみれば?そして彼らを崇め、帰依して布施したほうがいい。


511 :snafkin:2005/04/04(月) 00:08:26 ID:tF2PuGFV
 オウムはテーラワーダの実践法に関して全く無知でした。
ただ、原始仏典を読んでいたことは認めます。しかし、文献を
読んでも、そこから生きた瞑想法をみちびきだすことは至難の
技です。結局オウムがやっていたのは、ゆがんだグルイズムと、
過激なクンダリニーヨーガに、勝手なチベット密教のタントラ
でしょう?ちがうというのなら、麻原の正式な師はだれですか?
誰の名前も挙げられないでしょう。
 テーラワーダは在家なら五戒を守るのが基本です。人を殺させる
ことなど、どこをどうたたいても出てきようがない。
オウムはテーラワーダを取り入れているかのように振る舞い、
仏教に泥を塗ったのです。日本にテーラワーダが本格的に上陸する
直前の出来事でした。
 オウムの神秘体験に執着している人、それが実際の体験だとしても、
その執着をまず捨てるべきです。あなた自身のために・・・。
http://www18.tok2.com/home/snafkin/


512 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:17:16 ID:jnRTKIgC
>>475-476
あなたの言ってることはまともですが、補足だけしておきます。

「輪廻転生」はバラモン教の信仰で、釈迦が生まれるよりもずっと前
から、民衆の間で広く信仰されていた概念です。
「前世の業」や「幸福な来世」というものを想定するからこそ、カースト
制度も成り立っていたわけです。(オウムの上下関係も同じですね)

当時の社会常識ともいえる「輪廻転生」を、「ない」などと真っ向から
否定してしまっては、教義の布教など不可能。

だからこそ、釈迦は「縁起の法」という、ものごとはすべて相互依存
的に成り立っているという「事実」を認識させることによって、間接的
に気づかせよう(悟らせよう)としたと考えられています。

縁起の法(すなわち因果律)が理解できれば、輪廻転生や魂が、
「ある」のか「ない」のか、自分で判断がついてしまうからです。

513 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:19:01 ID:jnRTKIgC
>>478
>釈迦が語らなかったのは、それを経験できない人間に語ったところで
>疑われたり混乱させるだけだからでないの

そう言ったのは麻原さんだけだよ。
どんな原始仏典も、上座部仏教も、そんなおかしなことは言って
いない。

釈迦は、真理というものは、現実に照らし合わせて実証できるもの
だと言っているんだ。

また、「五感で知覚できないものについて語っても、それは結局、
言葉だけに終わらざるを得ない」、「わたしが説かないと言ったこ
とは説かないと承知せよ」、「(知覚できないことについての独断は)
愚かである」と厳しく断じている。
はっきりとね。

514 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:20:20 ID:jnRTKIgC
>>478
>>480
...という夢を見ましたっていう話ね。
その夢を、バルドの体験だと思い込みました、と。

神秘体験なんて、それだけのことでしかないんだよ。
そんなことに囚われてるから、無常も無我も悟れないままなんだ。

515 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:30:25 ID:HiTIJM8d
ナラントンガラグを叩くスレ

516 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:33:16 ID:3KRYw1MD
背出(セナデ)と申します。(http://www.nsknet.or.jp/~senade/

私達も、自然界の皆さんのような生き方、神の子として本来の生き方が出来ればいいなあと
思っています。そういうわけで、人からどのように思われようとも、私は私を生きるのです
から、私の感じる「自然」な生き方をしたいと、励んでいるつもり、つもりなのです。

>>1さん、音楽はお好きでしょうか?音楽といっても色々とありますが、私は「感じる」世界
の追求の一つとして、編曲を大切な趣味、自称「私の御神業」と考えています。私のHPには
PD曲(著作権が消滅した曲)をいつくかオープンしていますが、ご覧になるとお分かりにな
ると思いますが、時々、私の編曲集1、2を送って下さいというメールが来ます。私は、曲に
私が感じる神様の愛を精一杯込めたつもりです。


517 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:40:51 ID:jnRTKIgC
>>493
麻原が語ったチベット仏教像は、現実のチベット仏教とは
全く似ても似つかない。

チベット仏教は、みずからを「論理性を大切にする自然科
学だ」と言っている。
大乗仏教の流れを汲んではいるが、論理性を非常に重視
する、シリアスな仏教なんだ。

実証主義的で理論的な、真の仏教徒ならば、オウム(アー
レフ)の虚構は一瞬で見抜くことができる。

518 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:42:40 ID:jnRTKIgC
>>494
>それでも、オウムになぜかいたりするのは、結局本を読んで思索するだけでは
>足りないと思っているからさ。

ちがう。
騙されただけ。

きみが今もまだ騙されたままなようにね。

あの時はまだ未熟だった。

519 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:46:55 ID:Q82biHMv
オウムのテーラヴァーダは南伝の「小乗」とは違うよ。

520 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 00:48:24 ID:jnRTKIgC
>>519
それも麻原の言葉そのままだな。
オウム返しだ。

小乗仏教など、千数百年前に滅んで、もう存在していない。
そんなこともしらないで、仏教を語るのがオウム(アーレフ)らしいところだ。

521 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 01:50:12 ID:pm9mBzI6
神秘体験について不用心に語ると
結局、こうなるというか
私は今、カルマのかえりかもしれんが、すごくキヅ付いた
自分が体験したことを話せば話すほど、他人からキチガイ扱いにしかされない
私は別に神秘体験ができるからといって、自分が他人より優れているとか
考えたことはない 自分を特別と思い上がっているわけでないし
そのことで他人からぐちゃぐちゃ言われたくない

それに、「(知覚できないことについての独断は) 愚かである」と厳しく断じている。
↑知覚できる人もいると言う事を忘れていないか
修行すれば肉体感覚と違う五感を有することができる そして、そのための修行法が
あると、そこまで丁寧に説明して、実際その通り修行して体験できる人も相当数オウムには
いると 自分はたまたまそういう霊性の上がる行をやってみたことがないだけで
ない、と断定するのだって乱暴じゃないよ

私に言わせれば、実際あるものなのに、あんたたちがないって言い張るのは
返っていいがかりに聞こえるくらいだよ


522 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 01:53:08 ID:jnRTKIgC
くり返して言いますが、わたしは元サマナですよ。
神秘体験なら、わたしも経験しています。
でもそれは、幻です。

523 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 01:56:20 ID:pm9mBzI6
514
オマエのほうがよっぽどえらそうじゃんよ
私がいつ、神秘体験があったからといって人より悟っているとか
いったことがあった???
答えてみろよ
ただ、常識でない、と言い切る人に、あると見える人がいて
その人たちは、いつも世間からキチガイかウソツキだと、思われて
いるらしいってのが、憎たらしいんだよ
だから余計に、縁を切りたいと思っているオウムに縁を感じてしまうというか
だって、他にこういうことがスムーズに話せる場所がないからね
キチガイはキチガイでたまっているからいいよ
ああすみませんね、頭がおかしくて

524 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 01:57:25 ID:pm9mBzI6
神秘体験が幻で今生きているのが現実なの
この現実だって交通事故にあっていつ突然終りをつげるか
わからないのに!!

525 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 02:02:38 ID:pm9mBzI6
第一釈迦が、知覚できない事柄については語るなといったと
しかし、十二縁起だって語ったじゃないか
十二縁起は生まれる前の段階から掘り起こしている
そういう経典は読まないのか
矛盾じゃないか

526 :アバ〜薔薇:2005/04/04(月) 02:05:48 ID:VSnVq032
>507
www
あなた誰?
ケツの穴ちっちゃい人?
俺さ、ケツの穴に指二本入れられて犯される女の人の気持ち
わかった事あります。(爆
案外ちっちゃい?

まあ、そんな動物的で笑える過去をあなたの書き込みから
思い出してしまいました。


527 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 02:07:53 ID:pm9mBzI6
みんなでこういっているんだよ
オマエはオウムへお帰りって
だって、自分の経験したことを世間の人に話したら
精神病院に入れられちまう
私がまともでいられるのは、オウムしかないってことだろ?

だから修行なんかやりたくなかったんだ
語学身に付けて身を立てたかったのに
英語ベラベラしゃべったら、他人からよく評価されても
バカにされるって事は無いからな
私も、普通の人以上に、かっこよくやりたい人間だったのに
さんざん金かけて、他人に理解されないことばかり得意になって。。

528 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 02:09:48 ID:jnRTKIgC
>>525
やっと核心に近づいてきたね。

十二縁起は釈迦の死後、350〜400年後、弟子たちがまとめた経典に
始めてでてくる言葉だ。

そして、十二縁起の成立は、縁起の法の代表的な具体例を12個集めて
一列に並べたもの。
表わしている意味自体は、縁起の法と全く同じなんだ。
矛盾することなく、整合性がとれている。
真理なんだから、当然だよね。

だが問題は、麻原が説いた十二縁起の内容が、もとの十二縁起の内容
と全く違うということ。

まさにこの点が、オウムと他の仏教徒の間で話が通じない原因になって
いるんだ。

529 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 02:16:57 ID:pm9mBzI6
世間とオウムの十二縁起は違うようだが
生まれる前の段階から掘り起こしているのは同じだよね
私が参考にしたホムペでは、一般の十二縁起も
生前の状態から語っていたよ
だったら、目に見えないことは語るなというのと矛盾じゃない

530 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 02:20:57 ID:pm9mBzI6
だいたいね、教祖がいろんな宗派の教えをまぜこぜに教えたり
必要な部分だけかいつまんで場合に応じて与えたりっての
世間の学識豊かな人たちと話すのが恥ずかしいんだよね
もっと、系統だてて教えて欲しかった世ね
結局、長い間かかって、まとめられてきたものなのに
教組は自分の好きな部分を教えるから
弟子も偏ってしまう
まあ、オウムにはオウムのいいところがたくさんあるけども

531 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 02:29:23 ID:jnRTKIgC
「オウムの縁起の法」と、「原始仏典の縁起の法」と、「世間一般でいう
縁起」とあるけど、それぞれ自分の目で見比べてみたらいいじゃない。

その時、それぞれについて、自分で「本当だろうか?」、「何故だろうか?」
って自問自答してみるといいよ。

自分の意識の中に「ホントカイナ」と「ナゼカイナ」っていう名前の魚を
泳がせておくの。

「ホントカイナ」と「ナゼカイナ」。
なかなか役に立つよ。

532 :ケツの穴 ◆AnalSexRiQ :2005/04/04(月) 02:49:48 ID:oaJiP3CM
だいたい真我があると言いながら仏教を名乗ること自体おかしいんだヨ
>413
>無免許運転のバスに乗ってスピーカーで騒音撒き散らしながら云々
言い得て妙ワロタ

普段オウムの悪口いってるキャンディが何故そんなに教義を擁護する?

533 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 04:01:09 ID:2nwtYs1l
498ほか

うーん、改めて

誘導瞑想

を作るべきだろうと。


534 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 04:02:51 ID:2nwtYs1l

キャンディ

僕は素敵だと思う。

535 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 07:48:54 ID:mA9dfmOu
キャンディちゃんはやっぱり多重人格かな?


536 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 08:50:42 ID:WJDmogbQ
キャンディさんが傷つく必要はない。
分からない方が間違っている。
ただ、称賛欲求があったから、
傷ついたのではないだろうか?
称賛欲求は煩悩です。

537 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 08:54:11 ID:WJDmogbQ
オウム・アーレフの教義が仏教と違う。
それゆえに間違っていると主張する方がいる。
では、その仏教がなにゆえに正しいと断言できるのか?
その点について、回答できる人はいるだろうか?



538 :カパラバーティ:2005/04/04(月) 09:57:29 ID:6Hz5hzi4
>>537

同感。釈迦はヒンドゥ(バラモン教)の教えを否定したけど、
ヒンドゥーが間違いって根拠はどこにある?
仏教徒にとってはヒンドゥーの教えは間違いのように思っているけど、それって
キリスト教がイスラムを間違いって言っているのと同じじゃないのか。
ヒンドゥー出身でも悟った人はいるし、たくさん聖者は出ているよ
ラマナマハリシなんかもそうだし、彼の教えなんかは仏教の禅に近い。
俺には仏教とヒンドゥーの区別がよくつかない。
釈迦が否定したのはカーストとかヒンドゥーの問題点だけじゃないのか。



539 :カパラバーティ:2005/04/04(月) 10:03:40 ID:6Hz5hzi4
それにあの道元が、「正法眼蔵」の中で、仏教を極めた者に神通力が
つくのは当たり前で、それは日常茶飯事のものであると言っているんだよ。
神通力とか神秘がいけない、とか言う風潮の方が、もともとの仏教の性質
を歪めてしまっている気がするよ。だから、カルチャースクールみたいな
ところで、学者が教えて、教養を身につけるだけのものになってしまった。
仏教は宗教の性格上は、神秘的宗教だよ。



540 :六道1:2005/04/04(月) 10:13:53 ID:WJDmogbQ
>>475
(尊師)おまえは欲六界がないと言ったな。それを証明しろ。
(柏田)尊師の説法を見て、そういう邪悪見解にとらわれてしまいました。
(尊師)オウムの教義において、
動物界、餓鬼界が存在していることはすでに話しているはずだ。
それはこの人間という世界の中に、
その要素が見えるということを話しているはずだ、言ってないか。
(柏田)はい、あります。
(尊師)では、なぜ、それを否定するんだ。根拠は。
(柏田)やはり、自分で体験していないということで。
(尊師)体験しなくても見ているだろうが、アフリカ人とか、例えば。
実際、動物とか見てないか。
(柏田)ええ、動物界は見えるんですけれども。



541 :六道2:2005/04/04(月) 10:16:20 ID:WJDmogbQ
(尊師)餓鬼界はどうだ。
(柏田)やはり、自分では見えないですから。
(尊師)アフリカ人の体型が仏典に説かれている餓鬼の世界と同じだと思わないのか。
どうだ、それは。
(柏田)かたちは確かにそうだと思うんですけれども、
やっぱり自分で納得しきれない面があるんですけれども。
(尊師)じゃあ、何が、どこが納得できないんだ、言ってみろ。
(柏田)やはり、アフリカ人の人たちは人間だなという気がしていますから。
(尊師)じゃあ、人間の定義は何だ。
(柏田)ええ、執着です。情による執着。
(尊師)それは人間に転生した、人間世界の魂の定義だな。
(柏田)はい。
(尊師)じゃあ、ものが食べられないで、
ものに執着しているのはどうなんだ。これは。
(柏田)そういう意味でいくのならば餓鬼になります。
(尊師)ということは、おまえの定義でいったら餓鬼じゃないか。
どうだ、それは。



542 :六道3:2005/04/04(月) 10:19:48 ID:WJDmogbQ
(柏田)いえ、例えば、人間の世界がある、
動物の世界がある、餓鬼の世界があるという、
そういう一つの世界っていう意味で、
わたしはとらえていたんですけども。
(尊師)だとしたら、餓鬼の世界は、人間の世界は、
どういう世界どういう世界だ、
と聞いているんだ、わたしは。
つまり、今おまえの言っていることは完全に狂っているよな。
なぜかというと、人間の世界は執着ですと。
じゃあ、人間の形をして、執着ではなくて、
ものに対して執着して食べたくて食べらんないと。
この魂は人間なのかと聞いているんだ、わたしは。
(柏田)すいません。そこまで思考が回っていませんでした。
(尊師)回っていませんでしたじゃなくて、どうなんだと聞いているんだ。
つまり、反論するとか、行動に移すとか、邪悪見解にとらわれるとか、
そういうときにはちゃんと反証されても大丈夫なような論理の推考をしろ。
(柏田)はい。


543 :六道4:2005/04/04(月) 10:21:42 ID:WJDmogbQ
(尊師)そんなのは常識じゃないか。
つまり、自分自身をある魂の流れに身を委ねるとか、
ある社会的な流れに身を委ねるとか、
ある人生の流れに身を委ねる場合、
当然、論理的推考をすることによって自分を固定させなければならない。
そうだな、それは。
(柏田)はい、そうです。
(尊師)ところが、たかだか、おまえが言っている、
その六道の一つについてすらそれだけ答られないで、
一体何を根本としておまえは生きようとしているんだ。
どうだ、それは。
つまり、おまえはおまえが言った自分の定義についてすら、
答えられないじゃないか。どうだ。
(柏田)はい、そうです。ただ、やっぱり納得できないっていう部分が、
どうしてもあったものですから。



544 :六道5:2005/04/04(月) 10:24:24 ID:WJDmogbQ
(尊師)では、納得できない、何が納得できないかここで言え。
(柏田)ですから、自分で餓鬼界っていう、
一つの世界みたいなものを自分で想定してしまって、
そういう世界がないんだというふうに思っていたものですから、
確かに、先生のおっしゃるように定義された定義で、
突き詰めていくのならば、
確かに存在するということはいえると思います。
(尊師)しかも、この人間の世界というか、
地球上そのものは人間の世界と限定されたわけじゃあないよな、これは。
(柏田)はい、動物の世界もあります。
(尊師)だよな。ということは、どういうことだ。
(柏田)ええ、人間の世界、動物の世界は、
別々じゃなくて、同じ世界にあるから、
全く私が言っていることは矛盾していると思います。
(尊師)だよな。
(柏田)はい、すいません。



545 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 11:13:16 ID:eAyKq2aj
オウムは水中や地中のサマディをやって
それもやらなくなったら政治や革命に走った。
本来対外的には超リアリストだろ。

ティローパやナローパのころには神通力合戦ってあったよね。
非神秘力派の僧にたいしてもはっきりと眼にみえる神秘力でそれを示した。
壁をつきぬけて歩いて出ていったり、
僧院を出ていけといわれて、水の上を歩いて出ていったり
それではじめて彼らは神秘力派の法則の論理に耳を傾けるわけだ。

人間は経験していないものに対する拒絶(あるいは執着)は並ではない。
互いの見解に対する観念的な執着をぶちまけてののしりあっていても仕方がないだろう。

神秘力を奉ずる者、暇つぶしではなく真に君らのいう真の法とは何かを示したいなら、
眼にみえる形でわかるもので、みせるべし。
真に優位なら、それを示すのは君らの役割だろう。


546 :カパラバーティ:2005/04/04(月) 11:17:47 ID:6Hz5hzi4
神秘力なんて奉じていないよ。
ただ、仏教の修行をやれば神秘力がついても当然と言っているだけ。

547 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 11:20:42 ID:eAyKq2aj
相手との対比で言ったまで。

548 :アバ〜薔薇:2005/04/04(月) 11:25:20 ID:VSnVq032
>532
>普段オウムの悪口いってるキャンディが何故そんなに教義を擁護する?

身も心もオウムにバクティヨーガをしていたと思われます。
それも彼氏をものにしたい、バカにしてきた人を見返したい、人より
輝いていたい、等というエゴがそうさせていた。ごく普通の気持ち
です。でもカネゴンには強い意志もあった。
強い意志とは、悪く働けば激しい思い込みにもなります。

ヨーガでは、大きくわけて4つの覚醒の方法を説いていますが、
バクティヨーガもその一つです。カネゴンが意志の強い人間で
有ることは間違いない。そんな人がオウムに献身していれば、
覚醒が起きてもおかしくない。


549 :アバ〜薔薇:2005/04/04(月) 11:31:27 ID:VSnVq032
カネゴンは、感情型タイプだからバクティヨーガには向いている。
だから熱心にやったのだろう。 >>460
感情に左右されるけれども並外れた強い意志を持っています。
これはどういう意味か…。
感情は精神性、意志を霊性に置き換える事が出来ます。同じ
カテゴリです。

このヨーガで神秘体験してもおかしくないけど、精神性によって
かなり乱れます。
ハンドルが壊れている車で走り出したら、とてもコワイ事になります。
運転手ならこんな恐怖味わいたくない…。まさにこの状態です。

死んだ後もこの暴走は同じです。折角生きている状態で普通の人は
死ななきゃわからないような事を体験出来ているのに、精神性が
乱れているから、体験事態も乱れてしまう。
そして見た体験を人よりも優れていると評価されたいとか、否定され
ると普通の人にはわからないとあえて訴えている。
書かなければいいものを表現してしまっている。


550 :アバ〜薔薇:2005/04/04(月) 11:37:36 ID:VSnVq032
オウムを信じてきたが裏切られたという気持ちは強い。

その意志の強さの向きを変えればいいのだけど、
先ほどの例を遣えば、ハンドルが壊れている故に、どうしようもないと
いう所でしょう。

神秘体験したのはオウムのお陰ではなく、カネゴン自身の素質だ。
カネゴンに不足しているのは精神性であり、徳です。

同じようにバクティヨーガが出来る団体が有れば、それに献身できる
のですが、彼女の暴走を、止める道具は無く、我々はLAでよくある
カーチェイスをヘリから傍観しているようなものです。



551 :カパラバーティ:2005/04/04(月) 11:40:27 ID:6Hz5hzi4
541からの六道の見解はひどいね。カルトだよ。
まず、六道がある、という前提で話すのではなく、あるかないかわからない
という前提で論理を詰めていく。
そして、証明できなければ無記にしたらいいということ。

人間世界の要素が情だと定義しているが、これがクセもの。
人間世界の定義は飢えた人であり、戦争であり、動物であり、
情であり、神聖なものと煩悩的なものである、この全体なのだから、
この全体を人間世界と見なすべきである。
したがって、この全体の人間世界を観察したときに、六道という
死後の世界が証明できるかというと、わからないわけだから、
無記にしたらいい。

>自分を固定させなければならない。

見解を固定させる必要などは無い。
ならない、そうだな、だよな、っていうのは押しつけがましく、
この答え方はずるい。






552 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 12:08:30 ID:mA9dfmOu
平日の昼間から皆暇だねぇ。
みんなサマナ?プ〜?


553 :カネゴン@キャンディ:2005/04/04(月) 13:02:44 ID:Omi2gFF/
私は教組よりお釈迦様の方が処世術に長けてはいると思うのよ

たとえば難しいことを聞かれて、私はアルバイトなんでわかりません、って
いえば、それ以上突っ込まれなくてすむみたいな、
オウムは禅宗じゃないから、問答は得意じゃない
ここは無記って言えばいいっていう発想というか、オウムにない

でもさ、お釈迦様にたてつくつもりはないんだけど
お釈迦様にだって絶対矛盾はあるんだよ
だって、釈迦が語りたかったのは、有 でもなく 無 でもなく
有でも無でもなく、 またそれ以外の領域について でしょ
そんなの人間の五感で語れるわけないじゃんよね
人間は相対的思考のものなんだもの
あるかないかしかわかんないんだよ
その人間に、あるんでもないんでもあるんでもないんでもないまた別のものを
(これだって超感覚的じゃんよね?)
語って聞かそうとしたら、それこそ徒労じゃないよ
教えなんか説かないで寝ていたらいいわ

554 :アバ〜薔薇:2005/04/04(月) 14:15:51 ID:VSnVq032
>553
ww。そう言いつつ、カネゴンは特別な人に説いてもらう事を望んでいる。
でも、裏切られた恋人(オウム)に愛着と憎悪を繰り返してる状態では
カネゴン自身も、どうしようもない状態。

カネゴンのその波乗りは、そろそろ飽きてきた。
ここはカネゴンの感情に共振する人が現れ、カネゴンの心のゆれを
押したり戻したりして入れ替わっていくだけだ。カネゴンはそれに
はまってしまってる。

ではまた、1年後。きっとあなたは居ますよ。ww
それまで感情の波の上でサーフィンを楽しんで下さい。

私は100mの高層マンションから都会の夜景を見つつ瞑想を楽しんで
いる1修行者です。そろそろ車も落ち着きのないポルシェからベンツに
する予定。理由は周りからも安全に注意してくれる。
金など必要なだけ有ればいい。必要な分は得られるのです。いつでも
捨てる用意が有ればいい。
また、来年は、仕事にかける時間を減らし効率を倍増させて精神修行を
します。少なくともオウムで得た知識は私の役に立っています。正しい
教義を知るきっかけになっていった為です。
しかし、その反面、加担した責任の重大さも痛感し日々反省しています。
全く反省しようともしないカネゴンに少し指摘しましたが今の私には無理
でした。
リアルでお会いする元の方のキーワードになれば。
ではごきげんよう。


555 ::2005/04/04(月) 14:21:56 ID:LdOJGm1r
私は何も、神秘体験したらキチガイだなんて言ってないよ。
そもそもが、神秘体験というのは夢のようなものだと思っているので、
理解されない!と怒られるのは意外。
半覚醒状態で見る、夢うつつの幻。夢で、何が悪いんだろう?
潜在意識の奥深さを知るには、夢はうってつけのものなんだしね。
夢うつつ(瞑想状態)で長い内界の旅をして、報告したのがスウェデンボルグだし、
バルドと言われている世界を見た古人たちだってそうなんだと思う。
だけど、グルとつながってたからそういう経験した、というのは思い込みだと思う。
グル無しの人も、オウムと何の関係もない人も、神秘体験なんかいくらもしてるから。
私は神秘体験も霊能も、何ら特別なことじゃないっていう立場なんで、
オウムにこだわるほうが不思議なんだよね。

それと、オウムでは霊能と人格の高さの関連を説いているようだけど、
霊能があったって、人格の高い低いとは何の関係もないということは断言できる。
(むしろ、霊能を売り物にしている人間は、金への執着が普通より激しかったり、
どろどろした感じで精神病っぽかったりする奴が多い。ものすごく俗悪な奴でも
言うことは妙に当たったり、カリスマ性があって、信者を集めたりしている)。
何より、そういう教えを説いた麻原という人物の人格や徳は高いのかな?

556 :どんどこガネーシャ:2005/04/04(月) 14:23:25 ID:LdOJGm1r
ど だってw
どんどこガネーシャであります。

日本人のヨギで、もうとっくに亡くなったけれども、沖正弘さんという人がいた。
昭和20年代にインドのアシュラムで修行をして、日本にハタ・ヨガを紹介した人だけど、
インチキくささや俗悪さとは無縁の、ストイックな印象の人だった。
今でも本が出ているから、できれば読んでみるといいと思う。
他にも、私が尊敬している日本人のヨギがいる。この人も非常にストイックで、
真面目な修行者だが、麻原みたいに沢山の信者を集めようとはしない。
私はそういう人たちをヨギだと思っていたから、麻原を最初に見たときは本当にぶっとんだ。
そもそもあの体型を見ただけで、本能のままに食べてることは明白だし、
己のことを「最終解脱者」と抜かすなんざ、そんなヨギはあったもんじゃないってね。
しかも選挙のポスターはデブヌードだったんだぜ!(覚えているでしょう、みなさん)

何度も言うけど、霊能に磨きをかけることと、人格の向上はまったく別のこと。
逆に、霊能を上げる修行なんかすると、普通の人間は精神のバランスを壊すよ。
狂気の世界へ入り込んで、戻って来れなくなった人たちはいっぱいいるはず。
オウムの中でならまともでいられるって?集団狂気に個人の狂気が吸い込まれるだけで、
まともだと思っているのはオウムの人たちだけなんだよ。

557 :どんどこガネーシャ:2005/04/04(月) 14:24:20 ID:LdOJGm1r
問題は。修行をしたいという欲求に答える場が、オウムしか見つからなかった
ことにあるんだろうけど。
邪魔な奴は拉致して殺してまで金を集めて、その金で毒ガスを作って、
昆虫の群れに殺虫剤を撒くように人間を殺そうとした連中が、
「徳」なんかとは対極にある人間たちだと、なぜわからないんだろう。
そんな殺人集団に献金したことが徳を積むことにはならないと、なぜ思えないんだろう?

拉致・毒ガス・殺人集団に金を出すことが徳を積むことになる、という、
奇想天外なこの話の根拠を示せる信徒が一人でもいるなら、教えてほしいよ。
普通に考えて、「悪徳を積む」以外のなにものでもないでしょう?

558 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 16:28:38 ID:jnRTKIgC
>>538
>キリスト教がイスラムを間違いって言っているのと同じじゃないのか。

そうではないんだよ。

バラモン教は「ものごとには永遠不滅の自性がある」と考えている。
しかし、釈迦は「ものごとには永遠不滅の自性はない」と考えた。

世界の成り立ちに関する見解が、根本的に違うんだ。

一方は、地球は平らだと言っているが、もう一方は地球は丸いと言って
いるようなもので、他宗教だから間違いだと言っているわけではないんだ。

559 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 17:08:32 ID:jnRTKIgC
>>553
>だって、釈迦が語りたかったのは、有 でもなく 無 でもなく
>有でも無でもなく、 またそれ以外の領域について でしょ

「中道」というのは、どっちつかずという意味ではないよ。

釈迦は、はっきり「一切は無常である。だから無我である」と明確に
答えを出してるでしょ。
その結論にいたるまでの思考過程も、「縁起の法」と「四諦」で示し
ている。

560 :六道6:2005/04/04(月) 18:01:37 ID:6mivQqdC
(尊師)それから、ごく少数の人間の中で神秘的な力を有している者もいるよな。
(柏田)はい、それは認めます。
(尊師)どうだ、これは。
(柏田)はい。
(尊師)それをもって神と定義しているよな。どうだ、それは。
(柏田)わたしの頭の中で勝手に作り上げた神っていう像と、
その神秘的な力を持っているっていう定義から作り上げた、
神っていうのとが、だぶらなかったものですから。


561 :六道7:2005/04/04(月) 18:03:22 ID:6mivQqdC
(尊師)おまえの言っている神というのは、要するに絶対神とか、
あるいは、創造主とか言っているわけだな。
(柏田)はい。
(尊師)神聖天の魂は確かに存在しないと、それは認めよう。
(柏田)はい。
(尊師)認めるというのは、存在しているかもしれないけれども、
それはなかなか証明が難しいと。
(柏田)はい。
(尊師)そこは一歩譲ったとしても、少なくとも意識堕落天の神とか、
あるいは戯れ堕落天の神が存在するのは事実だよな、これは。
(柏田)人間を超えた神通力を持っている方というのは、
確かにわたしの目の前にたくさんいらっしゃいますから、
その意味では、人間を超えてますから、阿修羅とか人間とか、
神とかっていうことは言えると思います。
(尊師)愛欲神とかいえるよな。
(柏田)はい。


562 :六道8:2005/04/04(月) 18:04:42 ID:6mivQqdC
(尊師)ということは、この人間の世界の中に縮尺図としての、
つまり、宇宙っていうのは広大なわけだから、
当然、仮定としても、その投影、ね、
投影の縮尺としての天界、人間界、動物界、餓鬼界が存在しているのは事実だな。
(柏田)はい、ええ、ただそのう、縮尺っていうのでも、
やはり、人間の枠を超えてないっていう自分の観念みたいなものがありまして、
それを、こう、神だとか、まあ、愛欲神天とか、ええ、意識堕落天だとかっていうふうに、
こうしっかり色分けするっていうのが、
やっぱり、観念だと思うんですけれども、
すごく自分の中ではしづらいんですけども。



563 :snafkin:2005/04/04(月) 20:17:54 ID:FCpu9NaZ
 キャンディさんは、オウムでかなり修行をしたのだから、その経験を
無駄にしないためにも、テーラワーダで修行してみたらどうかと思います
よ。オウム世代の人々で、ミャンマーの森林僧院へ出かけていって、数ヶ月
のリトリートにはいったり、結構がんばっている人を何人も知っています。
そこまでいかなくても、日本にもスリランカやミャンマーのお坊さんがいます
ので、指導を仰いで見たらどうでしょうか。私もオウムで神秘体験をし、あの
事件で警察に疑われ、ひどい目にあいました。一時は瞑想から遠ざかりました
が、今は気を取り直して、テーラワーダにチャレンジしています。


564 :snafkin:2005/04/04(月) 20:19:14 ID:FCpu9NaZ

 瞑想はサマタ瞑想(止)とヴィパッサナー瞑想(観)の二種類に分けられ
ます。マントラを唱えたり、神の像を念じたり、何らかの対象に精神を集中
させ、主客合一の三昧(サマディ)を目標にするのがサマタ瞑想。サマタで
は定力が養われ、様々な神秘体験や超能力が得られるのは事実です。ところ
が内的世界に自閉してしまい、現象の観察へと意識が向かわないため、如実
知見=無常、苦、無我の観察が出来ないという欠点があります。また、サマ
タの体験は神秘的で、それに執着してしまいやすいという副作用もあるので
す。
 コレに対し、ヴィパッサナーとは、呼吸や立つ、歩く、寝る、食事をする
などの日常動作を徹底的に観察します。今現在の動作や思考に、言葉による
気づき(サティ)を入れつづけ、意識を現在の瞬間に縛りつけるわけです。
その過程で、いかなる神秘体験が起ころうが、「見た、見た」とサティを
いれて、見送るのみ。こうして、だんだんサティが高速化していきます。
 この訓練により、智慧が徐々に育ち、瞬間定(カニカサマーディ)が発生
します。これは、現象が瞬間的に発生し、次の瞬間には滅している、それが
ものすごいスピードで繰り返されている。そういう人間の認識の真実相を目
の当たりにするわけです。この体験の延長に、無常、苦、無我の認識があり、
涅槃の体験があります。
 この瞑想法は、釈尊が開発した方法であり、テーラワーダの僧によって、現代
まで、伝えられてきました。是非、チャレンジしてみてください。
 オウムはサマタの鬼だったわけですが、ヴィパッサナーに関しては、全く
その存在さえ知らなかったと思います。
http://www.j-theravada.net/index.html

565 :どんどこガネーシャ:2005/04/04(月) 21:59:43 ID:LdOJGm1r
>>564
なかなか興味深そうな。あとで読んでみます。



566 :阿佐ヶ谷弟子:2005/04/04(月) 22:11:51 ID:CM6ifWsd
キャンディさんは,
麻原のうんこを食べたから成就した。

567 :カパラバーティ:2005/04/04(月) 22:35:02 ID:6Hz5hzi4
ヴィパッサナー難しいよ。確かに解脱への直線コースだけど、
即効性も無いし、果報もないからね。
効果が出るのは何年単位、人によっては何十年。
特に煩悩の強い人や在家の人はやりにくい行だと思う。
たとえて言えば荒れ狂った海に漂う小舟の中にいて、
荒れ狂った海を観察するようなもの。観察することに
よってその荒れ狂った海が静まることもなければ
小舟にエンジンがついていてそこから抜け出せるわけでもない。
ましてや、波に呑まれる危険性もある。
当の本人が観察している余裕がなくなるかもしれない。
そういう修行。

人の向き不向きもあるけど、俺は地道に功徳を積んで
自分を高めていくオウム的な修行の方がいいと思ったけどね



568 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 22:50:28 ID:02QVs8WC
信者の方々は瞑想中とか、夢の中で麻原が出てきたりしますか?
修行してるわけでもないのにこの間、部屋の角にいたんですが。。。
幻ですよね。ただ、その日の昼ごろ、インターネットで弟子の意見供述などを
閲覧してただけなんですが。本能的にヤバイと思いトイレ行きませんでした。
東京拘置所から幽体離脱とか?中学の時、一度夢に出てきたこともあります。
その時は全然怖くなかったんだけど。信者でもないですよ。



569 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 23:01:15 ID:mA9dfmOu
低級は霊はそういう事をするのが大好きみたいよ。


570 :名無しさん@3周年:2005/04/04(月) 23:41:53 ID:N3VXNtaG
アルテイ日記
http://arti.cocolog-nifty.com/aumdiary/

571 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 00:42:52 ID:xmaXTFte
テーラワーダ協会から来てる香具師は何人? 必死だなW

572 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 00:44:04 ID:TW/iBYoZ
まだ教組にあったこともなくて、本屋で本を買って読んでいた
だけで、夢に教組がありあり出てきたって話は少数ながら聞きますたね
その人たちは興味があったんだけど、なんか行きたくなかったんだよ
道場に、 
そしたら夢に教組が出てきて、素直になりなさいって


573 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 00:49:00 ID:TW/iBYoZ
縁があったりするのかも知れないね
私も神田の本屋でオウムの本を立ち読みして
そのとき、ここへいけって、(思い込みとは思えない)
霊的示唆があったし
そのとき、自分は関係ないよねえ?って思ったけど
縁のある人は、自分が行きたくないと思っても
何かに後押しされて行かないといけなくなっちゃうみたい

574 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 00:52:22 ID:9hBZG+Kh
ローマ法王が死んだのにオウムは何も言わないな。



575 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 00:58:23 ID:PDePgwqv
では、オウム(アーレフ)の教義が、原始仏教とは違うというところ
までは、もう理解できたのかな?

576 :阿佐ヶ谷弟子:2005/04/05(火) 01:16:46 ID:gOdbzyIv
キャンディさんは,
麻原のうんこを食べたから成就した。

577 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 02:16:53 ID:3ApOBHvd
おみゃーうそついたらいかんて
ほんじゃぁまんこ舐めたら解脱するのかい

578 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 02:22:29 ID:3ApOBHvd
マジレスひとつ
ローマ法王が死去したとかの理由で予言に従い
オリーブの栄光はネットから消えたでよぉ

579 :宮下杏菜:2005/04/05(火) 05:33:51 ID:J2LgfDAe
ねえ、聞いて聞いて、ぼんちとか言う偽修行者がとち狂って
掲示板の表に、カキコしたお客さんのIPを表示したよ。
カキコ者から苦情が来て引っ込められる前に見てみ。
オウマーの生IPがバレバレ〜\(^_^)/
ヨッシーさん、私、あべるさん、オリーブさん等々・・・
私は、もう、全てデータ取ったけど、早くみんなもIP記録しよう!

ぼんち板
http://jbbs.livedoor.jp/study/4390/bonchi193.html

ちなみに、ちーこ♪板に私の解説があります(^-^)
http://www.number21.jp/bbs/chiko/index.html

580 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 06:27:54 ID:gcD+fdYd
ども、偽修行者のぼんちです。(笑)
杏菜ちゃんからえらいお叱り受けまして、
見てみたらホントにリモホ表示に!
さっき管理ページをいじっていたら、友達から電話があり、
リモホ表示を何かの拍子にONにしたままほったらかしていたようです。
関係者の方々にはまことにご迷惑をおかけしました。
先ほど慌てて復旧しておきました。
以上、ご報告とお詫びまで。m(_ _)m

581 :snafkin:2005/04/05(火) 08:04:31 ID:z8h4lmsu
 麻原が夢に出てくるとか、部屋にいたとか、そんなことでびっくりしては
いけない。俺なんか、地下鉄サリン事件の直前に、麻原とその弟子たちが
夢に出てきて、性的なイニシエーションを喰らったことがあった。
 だからなんですか?俺は「いい加減にしろ」、と思っただけだったね。
縁なんてのは、自分で取捨選択するものだ。チョッと神秘的なことがあると、
すぐに信じちゃうような、そういうことでは、精神世界を迷わずにすすむこと
はできないよ。
 神秘的であろうと、なかろうと、実際やっていることが信用
できるのか、できないのか、師といわれる人間が、五戒を守っているのか、
いないのか、煩悩がどうなのか、そういう面を観察すべきでしょう。
 ヴィパッサナーより、サマタがいいという人もいたな。上座部には、サマタ
もありますよ。上座部がいやならチベット仏教でもいいと思いますよ。
伝統的な師がいないオウムの方法は、すでに破綻しているのは明らかです。
(上座部香具師)

582 :六道9:2005/04/05(火) 09:03:52 ID:0d17ryRA
>>475
1〜8>>540>>560
(尊師)では、質問しよう。
(柏田)はい。
(尊師)体に体毛の多い人間がいると。
(柏田)はい。
(尊師)その体毛の多い人間の中で、
しゃべれないで吠える人間がいると。
(柏田)はい。
(尊師)これは事実だ。
(柏田)はい。
(尊師)じゃあ、それは人間なのか、それとも動物なのかどっちだ。
それは、君がいう定義では愛著もおそらく持っていないだろう。
しかし吠えると。しかし人間の子宮から出てきたと。
これはどっちだ。
(柏田)んん。ただ、そういうのは、やはり。
(尊師)今のわたしの質問に答えてくれ。これはどっちだ。
(柏田)はい。やはり、人間の子宮から生まれたのなら
人間だというべきだと思うんですけれども。
(尊師)だとするならば、君の、
人間イコール愛著というのは正しくないよな。
(柏田)そうですね。ですから、一面からだけで、
これが人間だって斬ることは非常に難しいんじゃないかと思います。



583 :六道10:2005/04/05(火) 09:05:28 ID:0d17ryRA
(尊師)じゃあ、何をもって人間だって言うんだ。
(柏田)例えば、医学的な面だとか、倫理的な面だとか、
そういういろいろな面から総合的に。
(尊師)じゃあ、質問しよう。
猿の形状をしているのが、片言をしゃべるとしよう。
(柏田)はい。
(尊師)実際、それはいるみたいだけれども。
(柏田)はい。
(尊師)そのしゃべる猿と、それから、
しゃべらないで人間の子宮から出て、吠えて、
体毛のある人間と、どちらが人間なんだ。どうだ、それは。
(柏田)難しいところだと思います。
(尊師)わたしが何を言いたいのかわかるよな。
(柏田)はい。


584 :六道11:2005/04/05(火) 09:06:30 ID:0d17ryRA
(尊師)つまり、君が肯定しようと否定しようと、
いろいろな種が存在しているんだということだ。
(柏田)はい。
(尊師)そして、この地球というのは、その縮尺にすぎないと。
(柏田)はい。
(尊師)じゃあ、もう一つ質問しよう。
(柏田)はい。
(尊師)全身がリューマチで、一切薬が効かないと。
(柏田)はい。
(尊師)これは日本にはかなりいる。
(柏田)はい。
(尊師)この魂は人間なのか、地獄の住人なのか、どっちだ。



585 :果たしてアーレフの教義は月有人着陸をどう受け止めてるのか?:2005/04/05(火) 09:23:41 ID:knraqQ/r
05年3月29日、ロシアのプーチン大統領が「アポロ月面着陸のウソ」を示唆
http://blog.melma.com/00042082/20050401000430
           ▼
いやいや、頑張って難しい勉強を何十年も続けてきた研究者たちが、
世のため人のためにいろんな奇想天外な技術をあみだそうとしてる。
見せかけの技術ってのはただの一面に過ぎないよ。本当に彼らがすごいのは
培った頭脳から突拍子もないアイデアを生み出して、実際に地球環境や健康に
すごい影響力与えてるところ。むしろ電気・医療・化学その他もろもろの分野が融合して
成長したこの世の中、科学の可能性を信じ今よりもっともっと発展していくはず。
いきなり飛んでどっかのバカ面した学者ぶったキチガイの話になるけど、
UFOは存在するんです!!とか超能力はあるんです!!とか、
何の根拠もなく空想ばかり語ってるやつは見習うべきだ。(その空想を信じてしまう人もいる)
超能力・念力なんかは本当にあるなら魅力的だ。でも明確な証拠出さずはぐらかすばかり。
研究費ほしさに嘘をつき続けているのなら、詐欺師ということになる。というかそうとしか思えない。
金目的に人をだまし続ける人間なんかクズだ。クズが人類の最先端を進み道を作るようなフリをするな!!



586 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 11:50:33 ID:PO3QICK6
麻原は捕まる時 肝硬変・癌がそこらじゅうに転移していると教団はマスコミに発表していたが、今もピンピン生きている。
最終解脱し 何時でもマハーニルヴァーナに入れると豪語する。鬼畜が「青酸カリをください」笑えるねー。
ピック病と梅毒の可能性があるらしい。インチキ出家教団の教祖の末路 哀れ 哀れ
それにしがみ付くサマ名・信徒 本当に徳の無い 哀れな獣人 自分で時を止めている。でも目を覚ますと一気にヨボヨボの御爺さん・御婆さん


587 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 16:56:45 ID:PDePgwqv
>>582-583
自分の言葉で、自分の言いたいことを簡潔に説明できないのか?

588 :asagayakita:2005/04/05(火) 17:09:16 ID:eNysgFmm
>>538 釈迦はヒンドゥ(バラモン教)の教えを否定したけど、
ヒンドゥーが間違いって根拠はどこにある?

 本当に否定していたと言えますか?俺には疑問だ。


589 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 17:09:39 ID:XEd61lQm
縁があったのかもね?という宗教家に対する回答コピペ

新興宗教関係の本には、初めて見た時の印象を強める為の工夫も
されてるし、タイトルも考えられている。本を手に取るまでが
勝負とされている。そこから、少し本の内容を見て、なかなか良い
こと書いてあるな。と感心、同感させる。更に、強烈な教祖と言う
ギャップがあればもっと印象に残る。
毛嫌いしている新興宗教に対するイメージがそれで少し変えられれば
かなり大きな印象付けとなる。
その印象は多くは無意識に残り夢やその後の思考に出てくるものだから。

宣伝・勧誘活動も同時に行うと尚強烈だ。昨日本屋で見た、今日誘われた。
そんな状況を作る。そして、「縁があった」と持ち上げておけばいい。
自発的に「これは縁かも」と考えるおいしい人もいるが。
多くの宗教団体はこれを当たり前のようにやってるが、普通のビジネス
でもこんな方法は王道になっています。
「お告げを耳元で聞いたとか見たなんて子もいますからね。
実は当の本人も内心ビックリ。(笑
出演料?取らないですよ。(笑 いい広告塔になりますしね。」
こんな団体って…。

本当は、内心、興味をそそられる部分があったりするだけで、
自発的なのに、うまく騙されるんだよね。
これから宗教を作ろうとするよい子は決して真似をしてはいけません。

590 :asagayakita:2005/04/05(火) 17:10:33 ID:eNysgFmm
>>538 釈迦はヒンドゥ(バラモン教)の教えを否定したけど、

 それは通説であるだけなんじゃないのかね?
ヒンドゥーの教えって、どういう経典のどういう教えなの?

591 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 17:11:29 ID:PDePgwqv
>>540-544
>>560-562
>>582-583

「六道」という異界は、形而上の存在です。
「人間」や「動物」は、形而下の存在であり、五感で知覚することが
できます。

「人間」を神と見立てたり、しゃべる猿などの「動物」を人間と見立て
たりするのは勝手ですが、それが形而上の存在の根拠となると考え
るのは、論理の飛躍です。

まさに、「形而上の理論を、空想上の理論で根拠付けする」オウム論
法そのもの。

理解できますか?
まだ、できないでしょうね。

正常な思考が働いている人なら、上の二行の説明だけで理解できる
ことなんですよ。

オウムの虚構など、一瞬で見破られてしまう。

592 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 17:20:24 ID:PDePgwqv
>>590
「ウパニシャッド」。
シヴァ神やクリシュナ神などがでてくる。
アートマン(永遠不滅の真我)と輪廻転生を説く。

仏教と似てる部分は、良いことをすれば良いことがおこり、
悪いことをすれば悪いことがおこる、という部分。

ただ、バラモン教の良いことってのは、バラモンへの布施とか
そういうことだけどね。

オウム(アーレフ)は、このバラモン教とそっくり。
カーストもあるし。

593 :asagayakita:2005/04/05(火) 17:23:33 ID:eNysgFmm
 輪廻転生も同じでしょう?違いますかね。

 バラモンへの布施というのは、仏教では、サンガ(僧)への布施のことに当たります
ですよ。
これも同じだ。

594 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 17:29:00 ID:PDePgwqv
輪廻転生は、当時の一般常識的な信仰でしたから、釈迦も当然、
そのことについて弟子たちから質問を受けています。
原始仏典には、その問答のやりとりが残されていますが、釈迦は
輪廻転生について直接の言及を終始一貫して避けていました。

代わりに教えてたのが、縁起の法であったり、キサーゴータミー
経の逸話です。

595 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 17:39:25 ID:3ApOBHvd
形而上の問題は扱わない形而下の存在のみ扱う宗教なんて意味無いぞ
宗教名乗る必要はない、思想・哲学でいいでっしゃろ。。どうよ

596 :asagayakita:2005/04/05(火) 17:41:03 ID:eNysgFmm
>>594 釈迦は輪廻転生について直接の言及を終始一貫して避けていました。

 日本にある念仏系仏教の多くは、今でも 輪廻 を説いているよ。
避けていたのなら、何故、輪廻転生の教えが日本に伝わっているのか。


597 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 17:45:34 ID:PDePgwqv
>>595
世界的には、原始仏教は哲学に分類した方が適当だという見解が
常識ですけれども。

知らないのはオウムだけですよ。
日本仏教界にテーラワーダが伝わったのが、つい最近のことだから
仕方ないと言えば仕方ないけど。

心理療法のモデルとして、よく仏教が参考にされるのは、原始仏教の
科学的姿勢が評価されてのことなんですよ。

>>596
それは大乗仏教の系統ですね。

598 :asagayakita:2005/04/05(火) 18:00:49 ID:eNysgFmm
>>597

 哲学に分類するのには反対だね。
その分類法では、キリスト教の一部にされてしまいかねないからね。
宗教としての(原始)仏教、そのスタンスこそが大切な点だ。

 仏教から宗教の看板を外させてしまおうという考えでいる奴らの策略と思うね。
それがキリスト教徒の汚い点だ。法(ダルマ)を盗み、取り込んでしまうという戦略だ。
多くを植民地化してきたこれまでの政策と非常によく似ている。

599 :asagayakita:2005/04/05(火) 18:02:04 ID:eNysgFmm
 取り込むことが、キリスト教の遣って来たこと。
分類されるのは、むしろ彼らの方でなければいけないはずだよ。

600 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 18:04:47 ID:PDePgwqv
>>598
わたしも原始仏教は、あくまで宗教であるべきだと思っています。
原始仏教こそ、真の宗教だと思っています。

いま生きているものを生かすための。

601 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 18:07:27 ID:KgjPQ2Qv

 凡ては、ごまかし・・・・・月と人類の関係と同じ。

602 :asagayakita:2005/04/05(火) 18:10:21 ID:eNysgFmm
>>600 原始仏教こそ、真の宗教だと思っています。

 真の宗教ということですか、それを言うならば ヴェーダ ですよ。笑



603 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 18:10:54 ID:3ApOBHvd
世界的というのは毛唐中心でっしゃろ
彼らは宗教というとキリスト狂の概念から抜け出せないからな
でもよ仏教も祈るだろ拝むだろ

604 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 18:13:24 ID:PDePgwqv
>>603
その自問自答が大切なんじゃないすかね。
自分で答えみつけるしかないですよ。

このスレでは、snafkinという人が原始仏教を誤解なく理解してる
ように見受けられます。

釈迦の時代だったら、阿羅漢と呼ばれてたかもね。

605 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 18:20:25 ID:U5k+n7ZZ
>>597
アカデミックな分類になんの意味があるのだろうか。
最高の教えなら一切を解き明かせるわけで
そういったものが宗教であると私は思うが、
そうであれば宗教という言葉も実際似つかわしくなく、やはり真理・・とか言うしかなかろうw

606 :asagayakita:2005/04/05(火) 18:39:34 ID:eNysgFmm
>>603

 三つ子の魂百まで。
これは日本の諺ですが、非常に真実を突いていると思う。
 頭で分かっているような人を信頼して、裏切られた人は非常に多いということを俺はここに書いておく必要を感じている。


607 :asagayakita:2005/04/05(火) 18:42:29 ID:eNysgFmm
 頭で分かっている人というのは、この種の三つ子の魂を持っている方々が多い。

 真に理解している人は、分かる必要もなく、当たり前のこととして行動に
反映されるからです。
  頭で分かっているような人を信頼して、裏切られた人は非常に多いということを、
俺はここに書いておく必要を感じましたね。


608 :完璧ですね。カチカチに:2005/04/05(火) 18:55:53 ID:KgjPQ2Qv
  
 あっち向いて・・・・・ホイ。 ゴメン、無理でしたね。

609 :六道12:2005/04/05(火) 19:04:29 ID:4yFrgy3a
>>475
1〜11 >>540-544 >>560-562 >>582-584
六道12
(柏田)地獄の定義が、先生のおっしゃるように、
憎しみを背景にして痛みが出てくるというのであれば、
それは地獄という定義に当てはまると思います。
(尊師)しかもそれは要素が先に蓄積されて、
そののち次の生に転生するんだよな。
(柏田)はい。
(尊師)どうだ、これは。
(柏田)はい、そう思います。
(尊師)だとしたら、その延長上にそういう世界があっても、
おかしくないんじゃないか、どうだ。
つまり、人間の形状をしているけど、もう感覚的には地獄であると。
(柏田)はい。
(尊師)この魂は、次の状態で、その肉体は変化して、
地獄の住人として生まれ変わると。
(柏田)はい。
(尊師)ということは、当然、仏教的な言葉を使うならば、
今生で蓄えた要素の蓄積が来世へと移行するわけだから。
(柏田)はい。
(尊師)そうだな、これは。
(柏田)はい。
(尊師)ということは、その人は、昔はそうでもなかったものが、
その段階でそれだけ苦しんでいるということは、どうだ、これは。
(柏田)はい。仏教的な定義からいけば、
それは地獄に転生するといえると思います。
(尊師)じゃあ、そのどこが、おまえの納得をさせないんだ。
(柏田)やはり、自分の経験のなさからきた邪悪心だと思います。


 

610 :六道13:2005/04/05(火) 19:06:01 ID:4yFrgy3a
(尊師)じゃあ、質問しよう。論理的には納得して、実際は納得できないと。いいか。
(柏田)はい。
(尊師)ところが、じゃあ、オウム真理教には、
それを納得させるための経験へ至るステージの道があるのかないのか、どっちだ。
(柏田)あります。
(尊師)じゃあ、それをやらないで馬鹿ないろんな魔境の本を読んでどうするんだ。
どうだ、これは。おまえに利益になるのか、それが。



611 :六道14:2005/04/05(火) 19:07:59 ID:4yFrgy3a
(柏田)ええ、今、教学させていただいてて、
そういう余分な本を読むことによって、
相反する情報を入れることで自分が苦しむっていうのを読んで、
確かにその通りだなと、
ええ、あの、昨日、教学させていただいて思いました。
(尊師)それから、もう一つは、これはすごく重要なところだからな。
(柏田)はい。
(尊師)それだけのいろんな知識を入れた上で、
しっかりといろんな苦しみが出てきたときに、
それに対してしっかりと思索して落としていくと。
(柏田)はい。
(尊師)で、まず、智慧の離解脱が生じると。
(柏田)はい。
(尊師)それによって、おまえたちの肉体とか心とかは、
そうだな、今の百分の一ぐらいの苦痛とか、
百分の一くらいの心の揺れですむとか、いろんなメリットがあるはずだ。
(柏田)はい。



612 :六道15:2005/04/05(火) 19:09:06 ID:4yFrgy3a
(尊師)まあ、それはいいとして、そののちに、実際の真解脱が生じてくる。
(柏田)はい。
(尊師)いいか。
(柏田)はい。
(尊師)ということは、がむしゃらに今の道を進めて、
経験することが先じゃないのか、どうだ、それは。
(柏田)はい。そう思います。
ただ、やっぱり、潜在意識がかなり出ているんだなと
自分で思うんですけれども、
こう、頭で理解しても、すごく自分の中で、
逆に、反発してしまって、自分で収拾がつかなくなってしまう。



613 :六道16:2005/04/05(火) 19:10:24 ID:4yFrgy3a
(尊師)じゃあ、質問しよう。潜在意識は君か。
(柏田)わたし自身です。
(尊師)潜在意識は君ではないだろう。潜在意識は君なのか。
(柏田)ああ。真我という意味がわたしでしたら違います。
(尊師)本性の君ではないわけだよな。
(柏田)はい、そうです。
(尊師)それを自分自身だと考えて感応するということは、
それは無智か、無智じゃないのか、どっちだ。
(柏田)無智です。
(尊師)そこで、逆に、潜在意識の言いたいことを十分に引き出して、
そしてそれに対してしっかりと教学に根付いたものと、
どちらが正しいのか、
今日のわたしと君との会話のように、ね。
検討すると。
なぜ、その修行をやらないんだ。



614 : 【警告】:2005/04/05(火) 19:11:49 ID:Cf+IjMax
阿佐谷北/asagayakitaへ告ぐ >>330



615 :六道17:2005/04/05(火) 19:12:06 ID:4yFrgy3a
(柏田)それをやるんですけれども、やると気が狂いそうになって困ってしまうんです。
(尊師)なぜ、気が狂いそうになるのかわかるか。
(柏田)余分なデータが入りすぎているんだと思います。
(尊師)では、それに対してはどうしたらいいと思うか。
(柏田)相反するデータっていうか、正しいデータを入れるのと、
あとは落ちるのを待つっていうのがいいのかと思います。



616 :宇宙人の会話:2005/04/05(火) 19:16:11 ID:KgjPQ2Qv
宇宙人A「この惑星には文明を持つ生物がいるみたいだね」
宇宙人B「ええ、言語を持ち歴史を記述し、電気信号を利用した情報伝達システムを
使用している、脊椎哺乳生物が存在していますでつ」
A「コミュニケーションを取ってみようか」
B「注意してください この星では戦争してる場所がありますでつ」
A「異星人の侵略でも受けているのか?」
B「いいえ、同種の種族間での戦争ですた」
A「えっ、食糧生産が総人口の食を満たせていないのかい?」
B「いいえ、余るほど生産されていますです」
A「???、何を理由に戦争をしているんだ」
B「イデオロギーがその理由だそうでつ」
A「イデオロギー?って何なんだいそれは」
B「戦争をする理由みたいでつ」
A「この星の代表者を我々の星に連れてって、戦争の無い社会を見せてみようか」
B「無理でつ、この星の生命体は平均6〜80年位しか生きられません」
A「我々がここまで来るのに準光速で3000年掛かっているのに、その間に
何べんも死んだり生まれたりしているわけか」
B「だから、その間にあれもしたい、これもしたとあくせくしているみたいでつよ」
A「そんなに短命なら、行いに自己の責任を伴わせる哲学を獲得できまい」
B「ええ、この星では驚くべきことに、年寄りほど向こう見ずで我がままなんでつ」
A「害悪を絵に描いたような… 経験を社会に反映できないとは何たる不幸」
触らぬ害悪に祟りなし、と宇宙人は去っていきますたとさ
ちなみに、宇宙での常識として長旅は楽しむものとされており
宇宙旅行すら実現していないサルが、ワープみたいな概念を妄想することの方が異常とされていまつ

617 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 20:49:10 ID:82yIDfEp
釈迦は苦行を否定し、中道を説いたのさ。煩悩即菩提。つまり、現代では結婚し、普通に子供を産んで義務を果たしている人が悟ってるってことさ。
悪人正機説というのもある、ヤクザなんかは、解脱してるのかもしれないのさ、死も日常だし、盃事では天照大神を称えてるし、敬虔な親分も多いのさ。
修行者なんて、エゴの塊さ。地獄とは善意への道で敷き詰められているのさ。ボウチュウ術を教えろって言ったのに否定されたのさ、それで菩薩と名乗るのは
失礼になるのさ。

618 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 21:26:26 ID:aahSksL3
あなたがたわかっていませんね。
アーレフは普通の仏教信心とは違うのです。
正しい霊性開顕の仏道修行なのです。それにはグルなくしてありません。
信心の仕方や信仰の仕方、経典の講義や解釈を教わるというだけのものなら
ともかく、霊性開顕の仏道修行は強力な霊的能力を持つグルの助けなくては
絶対と言っていいほどできないのですよ。


619 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 21:30:38 ID:PDePgwqv
>>618
だからそれが迷信だっていってるのよ。
それに、原始仏教を名乗ったは麻原オウム自身でしょうに。

620 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 21:31:45 ID:PDePgwqv
わかってないと言うが、わたしは元サマナですよ。

621 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 21:37:37 ID:jaa8UnDp
次の法王は誰だよ?


622 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 21:59:05 ID:3ApOBHvd
法皇たがや
一応信教の自由があるから信じたきゃ何しんじてもいいと思うが
他人を巻き込んで不幸にしたらいかんて
人殺したら成就させてやるなんて言って事件おこしたらしいけどよ
うんこ食って観念崩しマハムドラ成就くらいにしとけばよかったのにな

623 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 22:00:58 ID:3ApOBHvd
↑〇法皇だがや ×法皇たがや

624 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:04:46 ID:hB93VZMt
オウムは、仏教、密教、仙道、ヨーガ
ときにはキリスト教、最近は神道までもが
ごちゃまぜの教義です
オウムは原始仏教を教えているとは残念ながらいえません
原始仏教”も”教えているというところです。

教組は理屈は苦手のようです
体感主義とでもいうのかしら

禅宗の本をかじって ネンゲミショウという言葉を見つけました
お釈迦様が、一本の花を手に取り、にっこりしながらカッサパに見せたというやつです
このとき、二人の間には言葉はなく、”私はネンゲミショウという法をカッサパに伝えました”と
わかったのはカッサパだけだったのです
それにたいして現代の坊主は、お釈迦さんはこの態度をとることによって
こういうことを伝えたかったのだと、いろいろ推論します
その推理たるや、ナニを根拠にそう思うのだ?と、あんたの個人的見解じゃろ?と
言いたくなるような内容であったりしますが、一応名の通った坊さんだったりすると
ありがたいような気になって納得したりもするものです



625 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/05(火) 22:15:08 ID:FftXu1Vx
>>624
…久々に見たら、まぁだ馬鹿言ってんのか。

『拈華微笑』ってのは『具体的な何かについて語った』ってんじゃない。
『言葉』というものでは伝えきれない、言外に満ちる【法】というものを語っている逸話だ。
『不立文字』という言葉が何故在るか?
そんなもんも解らんで、戯けた事ぬかすな。

626 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 22:21:56 ID:PDePgwqv
>>624
言いたいことは、わかる気がするよ。
ものごとの解釈に、個人的見解の余地が入るから、どれが本当かなど
わからないと言いたいんでしょ?

問題は、オウムも原始仏教も、ともに「真理」を標榜していること。

釈迦は「ものごとはすべて原因と結果の相依関係で成り立っている」と
説いた。
そして、それが「真理」なんだと言った。

これは例えば、地球は丸いのか、それとも平らなのかという、世界の
成り立ちについての「事実」を述べたもので、個人駅解釈の入り込む
余地はない。
信じるか、信じないかにも左右されない。

現実に照らして実証できるし、確認することもできる。
そういうものが「真理」でしょ。

「このように世尊は、目ある者は見よと言うがごとく、あきらかに法を
説き示された」(スッタ・ニパータ)

627 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:22:23 ID:hB93VZMt
あら、ハルカちゃんがこんなことに興味もっているとはしらなんだワ
哲学書でも読んでれば

立派な事を語っても、その坊さんはお酒がやめられなかったもの
それにしても、人がなにか言うと次から次へと矛盾をたたきにくる人がいるが
では、何の教えなら矛盾がないのだろうか
それが明確にわかったら、こんなにたくさんの宗派が乱立する必要がない
結局、たくさんある教義から、矛盾とか非難されるような要素を注意深く
取り除いていくと、”すべての人に認識でき、一様に認められる範囲”ってのは
ほんとに限られるし、消極的になってしまう

628 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 22:23:54 ID:ngFRkwMf
>>498
一回マジで蹴り殺してみたほうがいいんじゃないかな。
それぐらいやらないと奴らが変性意識から戻ることはないだろう。

629 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:28:00 ID:hB93VZMt
>『言葉』というものでは伝えきれない、言外に満ちる【法】というものを語っている逸話だ。

釈迦が、カッサパにお花見せたあと、そう言ったの?
あとで、みんなで考えてたぶんそうだろうと、推論したんでしょ

”この花は、食べるとうまいんだ”ってテレパシーで
カッサパに教えてやったのかもしれないじゃない


630 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/05(火) 22:33:27 ID:FftXu1Vx
>>629
…あのな。
そもそも『拈華微笑』の逸話は後世の創作なんだよ。
禅師達が『言外の【法】というものによる【不立文字】を逸話に表す為』に作った話だ。
本当に『何も知らない』のな。

そこまで『恥』を晒して、一体何がしたい?

631 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:36:45 ID:hB93VZMt
   ヒマ常時アゲ

632 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:38:33 ID:hB93VZMt
その禅宗の本、トイレに置いてあって
ウンコするときとか、ヒマだからみているの
漢字が多くて読みづらい

633 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 22:39:26 ID:3ApOBHvd
言葉では伝えられない悟りを象徴を使って伝えた
つまり以心伝心てことだがや←多分ナ

634 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 22:41:38 ID:3ApOBHvd
キャンディさんは叩かれっぱなしだな
うちの師匠とお見合いでもしてみる?

635 :カネゴン@キャンディ:2005/04/05(火) 22:44:19 ID:hB93VZMt
お釈迦さまは、目の悪い自分の弟子のために
フンゾウエを縫ってあげたことがあるんですって

 キャンディちゃんも、お裁縫好きなの

636 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 22:52:29 ID:PDePgwqv
>>630
オウムの本以外の本は、ぜんぶ馬鹿な本(魔境の人が書いた本)だとか
学んだり、理論的に考えて検証したりすることは、オウムで神秘体験をす
ることよりも劣っていると教え込まれてるから、まともな経典を読んだり、
まともな人の話を聞いたりはしないんですよ。
オウム(アーレフ)の人は。

637 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :2005/04/05(火) 22:57:26 ID:jkz9/Jj7
>>636
ちょっとでも『マトモな』本を読めば解るものを。

キャンディ個人が愚かなのか?
それとも
オウムのサマナ全体が愚かなのか?

638 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 23:10:01 ID:PDePgwqv
>>609-613 >>615
純粋な人の純粋な信仰心につけ込んで、「真我」という空想上の
存在への憧憬の念と期待を煽った上で、おまえの潜在意識は
おまえの本質である「真我」ではないと吹き込む。

そして、おまえを「真我」に導けるのはグルである私(麻原)しか
いない、と宣言する。

それからダメ押しに、オウム以外の本を読んではいけない、と。
魔境に陥り「真我」に至る妨げとなるから、と。

よくできてるよ。ホントに。

639 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 23:19:45 ID:3ApOBHvd
余計なデータを入れると修行の妨げになると解脱悟りがおそくなると言い
他の宗教書だけでなくその他の読書、教育すら否定しているよ
教団機関誌マハーヤーナに書いてある


640 :名無しさん@3周年:2005/04/05(火) 23:21:29 ID:PDePgwqv
「永遠に幸せでいたい」などという、夢想的な欲望をもっている(執着)と、
神の姿をした悪魔につけこまれる。

641 :ヨッシー弟子:2005/04/05(火) 23:36:25 ID:3ApOBHvd
うちの師匠は立派だな
アレフのおかしな歓誘方法に異議を唱えしつこく抗議して破門になった
信者の人達も疑問を感じたらそのくらいやらないといかんて
オウム時代の信者がおとなしい小羊だったからいけなかった。今更言ってももうおそいがな

642 :マンモスト同じ大きさのゾウの話:2005/04/06(水) 01:14:01 ID:r7CmF5dW
上品なぶっつけ本番、有人着陸って言ってたのは・・・・
http://blog.melma.com/00042082/20050401000430
かつて90年、ソ連(ロシア)の宇宙船ソユーズで日本人初の宇宙飛行を経験し、
ロシアの宇宙開発事情に詳しい秋山豊寛・元TBS宇宙特派員の言葉だったんですね。

昔の万博の目玉、何処から発掘したのか気になる…月の石。 
今回は、余り大きく無い…サイズがゾウと同じ位の・・・マンモスの冷凍保存の遺体。
周りには当時の小動物の冷凍された生物も数体在り・・・って発表はあったのかな…
その辺りが今回も気になる所なのだが。 もっと大きな生き物だったと聞いてたんだけどな・・・
まさか、増毛と模造の巨大な牙の万博使用のマンモスなんて事は もう、無いでしょうね。
しっかり周囲を発掘すればその周辺の当時の生活後や昆虫や小動物、 植物や寄生虫なんかでも、
めちゃくちゃ貴重な発掘・発見だろうから・・・やっきになって捜したんだろうね。
まさか、ノアの箱舟の時あたりに大洪水で流せれたのが冷凍されなをしたので周囲には当時の
生活していた時の痕跡派、全く在りませんでした。胃の中の未消化の当時のモノと思われる植物のみが
証拠荷也そうな品はないんです。 なんてこた〜ないでしょうね。もうこれ以上人類・イベント用の
科学の発表や、一カ国からの宇宙開発報告<侵略作戦中の大本営発表の様な>なんかでちゃかせれるのは
さすがに、もう嫌です。止めてくださいね、お願いだから・・・・。
マンモスの死体も電子レンジの回転皿に乗せて360°見れる位の
サービスがあっても良いんじゃ無いのかな。 植毛したりしてないのも確認がしてみたいんだけどな…。

643 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 01:41:49 ID:mDa3y6Bq
>>617
>釈迦は苦行を否定し、中道を説いたのさ。

ま〜た甘えるための言い訳解釈何万回目だよw

644 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 01:46:42 ID:mDa3y6Bq
中道=煩悩に流され自省もしない生き方 かい?

片腹痛いわ。
マーラの思い付く体のいい解釈だわな。

645 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 01:56:57 ID:YcB3+deD
>>643-644
この言動がアーレフ信者の実態。

646 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 06:35:21 ID:YcB3+deD
『オウム返し心理狂』物語

我々、「オウム返し心理狂」の信徒・サマナは、誰にも負けない
くらい禁欲を貫き、ストイックな生活をしています。
だから私たちは、世間の凡夫らよりも神聖なのです。

私たちは世間の凡夫らの誰よりも謙虚だし、オウムは世界で一番
謙虚な団体です。

私はオウムの修行で、ひたすら「地球は平らだ」と記憶修習して
きました。
自分の思考力では「真理」を感得できない私たちは、それこそが
「真理」だと“確信できるようになるまで”、ひたすら「地球は平らだ」
と記憶修習する必要があります。

修行がすすんでくると、瞑想中や寝ている時に、平らな地球のヴィ
ジョンを見たりすることがあります。これは、夢ではなく神秘体験と
いうものです。
神秘体験で見たのだから、地球が平らであることは明白で、疑う
余地など寸分もないのです。

このような神秘体験ができるのは、正しく霊性が高まった動かぬ
証拠です。
グル麻原尊師のもとで修行しているからこそ、こんなに短期間で
霊性の向上を成し得ることができるのです。

647 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 06:36:02 ID:YcB3+deD
しかし、世間一般の宗教家や学者たちはどうでしょう。
彼らはオウムの教義を記憶修習していないので、哀れにも、オウム
が説く真理を知りません。だから、彼らの話など聞いても意味はな
いのです。

オウムの本以外の本を読むことも、同様に意味のないことです。
それどころが害悪ですらある。
彼らはオウムの教義を記憶修習していないので、オウムが説く
真理を知らないのだから。

648 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 06:56:31 ID:YcB3+deD
世間の宗教家や学者が、いくら「地球は丸いんだ」と言った
ところで、彼らには、決定的に実践が足りない。

それはどういうことかと言うと、彼らは、禁欲生活をおくり、
最終解脱者であらせられる、グル麻原尊師の「地球は平ら
だ」という真理の教えを記憶修習していないし、霊性を高め
て「平らな地球のヴィジョンを見る」という神秘体験をしてい
ないのですから。

そんな彼らに「地球が平らだ」という真理を理解することなど
不可能でしょう。

それに、顕教と密教ではレベルが違います。
顕教では、深い教えを理解できない人のためにレベルを下げ
て「地球は丸い」と説いていますが、密教では「地球は平らだ」
と教えているじゃありませんか。(※1)

-----
(※1)実際の密教は、最終的には、やはり縁起と無常・無我
という結論に導きます。

649 :六道18:2005/04/06(水) 07:11:11 ID:WX368bP8
>>475
1〜17 >>540-544 >>560-562 >>582-584 >>609-613 >>615
(尊師)いいか。それは、肉体の昇華、
肉体的エネルギーの昇華がなされてないからだ。
(柏田)はい。
(尊師)つまり、肉体的にある程度の疲れがあると、内側に意識は入っていく。
(柏田)はい。
(尊師)そのとき、爆発的なエネルギーを出しはしない。
その爆発的なエネルギーというのは、否定的な爆発のエネルギーは出さないんだ。
(柏田)はい。
(尊師)わかるか、言っていることは。
(柏田)ということは、経行をしっかりやればいいということでしょうか。
(尊師)そうだ。
(柏田)わかりました。
(尊師)あるいは、プラーナーヤーマによって、もっと燃すことを考えなさい。
(柏田)ああ、物理的にそういうものは燃えるもんなんでしょうか。
(尊師)燃える。ナーディーの詰まりが取れてくれば、
少なくても下位のデータについては昇華できる。
(柏田)はい。
(尊師)わかるか。君が苦しんでいるのは下位のデータだから。
(柏田)はい。



650 :六道19:2005/04/06(水) 07:12:45 ID:WX368bP8
(尊師)というよりも、ここに上がっている人たちの苦しんでいるのは、
すべて下位のデータだ。
(柏田)はい。
(尊師)そして、下位のデータについては、教学をやっても駄目な場合、
経行、プラーナーヤーマ等のエネルギーを昇華するかたちで、
ナーディーの下の詰まりを徐々に徐々に抜いていくしかないんだ、道は。
(柏田)ああ、そうですか。ただ、昨日もそうなんですけれども、
こう、座ってるとすごくエネルギーが上がってきて、
上がると煩悩もすごく強くなるんですけれども。
(尊師)だから、それは上がってないんだよ、まだ。
(柏田)そうですか、すいません。



651 :六道20:2005/04/06(水) 07:13:47 ID:WX368bP8
(尊師)どこに上がってくるんだ。
(柏田)背骨を昇ってきます。
(尊師)で、どこに来るんだ。
(柏田)んん、そうですね、大体頭頂の方に向かっていきますけれども。
(尊師)で、頭頂にあたるのか、エネルギーは。
(柏田)まだ、そこまでのレベルにはいってません。
(尊師)では、どこに行くんだと言っているんだ、わたしは。
つまり、どこまでエネルギーは昇るんだと聞いているんだ。
(柏田)ええと、そうですね、アナハタのうしろぐらいだと思うんですけれども。
(尊師)うん、それは正しい。それは。
(柏田)はい。



652 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 07:51:38 ID:+4uF5dP/
祖たちが「輪廻」という考え方を受け入れたのは、ほかでもない、人間存在があまりにも
不可解で不条理に満ちていたからではないだろうか。
いったい人はどこから生まれてきてどこへ去っていくのか、一切確実なことは分からない。
また卑近なことでいえば、たとえば、正直に一所懸命働いても、いつまでも貧困から免れる
ことができないとか、あるいは、大悪人ほどこの世を栄耀栄華に生きるとか、人生には不条理が
あまりにも多すぎる。いったい、不条理に満ちたこの人生を、どのように納得すればよいのか。
こうした思いに対して、「輪廻」は一つの回答を与えてきたのではないか。
いかに荒唐無稽に見えようとも、「三世」や「輪廻」は、人間存在と人生の不条理や不可解さについての、
一つの納得できる論理を提供してきたといえる。
つまり、「輪廻」の思想から学ぶべきは、そうした考え方を要請せねばならなかった
人間存在の不安、人生の不条理という点なのであろう。
中世人は、「六道輪廻」といういわば神話、あるいは今風にいえば〈物語〉を媒介にして、
人間のもつ根源的不安を克服したのである。  

阿満利麿「法然を読む」
引用元 ttp://ww4.tiki.ne.jp/~enkoji/hitokoto.htm

653 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 09:14:06 ID:+4uF5dP/
>>648
ワロタw

654 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 11:02:30 ID:5AOpzlsS
てか、あなたたちには理解できないかもしれないけど、
私は嫌々道場に連れて行かれ、出したくもない布施だってしてきたのよ。
ソーナーもムカつくこと言うしマイトレーヤも意味不明なアドバイスするし。
あんな奴らの言う事なんてただの戯言だ。
きっかけはリアルに麻原が夢に現れて素直になれって出て来たんだもの。
そのリアルさなんてあなたがたにわからなくて当然だわ。
私には麻原だけなのよ。ハルマゲドンの時には期待したわ…。
何も無かったけれど。麻原が釈放されるという事も期待した。
、麻原は人格崩壊してるけど、私はまだどこかで信じてるの。
瞑想でリアルに出て来てくれるの待ってるんだ。うふ。
いっとくが、何をほざこうと、私は麻原しかないのよ。
身も心も。麻原は肉体的に拘束されてるけど私だって精神的に
拘束されてるようなもんだわ。

655 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 12:07:55 ID:5qF8mVBt
>私は嫌々道場に連れて行かれ、出したくもない布施だってしてきたのよ

こんな気持ちで布施してたから願望が叶わなかったのでしょうね。


656 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 12:18:07 ID:v0uMWVOG
>精神的に 拘束されてるようなもんだわ。

それがわかってるんだったら・・・。

精神は誰のもの?

麻原さんに拘束されたままでいいの?


657 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 13:48:16 ID:uIxor1J/
654は私ではありません

私は輪廻が(哲学的意味での有る無しは別として)
あると肯定します
もし、前生がないなら、人間一人一人があまりにも違う考えや感性、運命を
もつことに説明がつかないからです。
もし、前生に蓄積されたデータ(その人がナニを経験したか、ナニを思って生きたか)
が、全く無く、あたかも手にもった豆を庭にまくように、同じ条件で皆が人生をスタート
させたなら、こんなにバラエティに飛んだ人生が構築されるのが理不尽だからです。

ある赤ん坊はよく笑い、ある子は「最近多いらしい)ほとんど笑顔をみせない
ある子は外交的、ある子は人に心を開かない
今生生まれて親の愛情が足りないと言う場合は別だが、まだ保育園にかようような
小さい子で、親もそれなりに大事にしているのに、まわりに心を開かないというのは
前世で、何か人キライになるような事件でもあったのだろうと、推論します。
もし、前世が無かったら、ある人は真面目、あるひとは不真面目、ある人は知性が優れ
ある人は運動能力が高い、あるいは好みの違いなど、どうやって説明を
つけるんだろうか?

もし、前世がないと仮定するならこれらの固体差はただただ偶発的に発生していると
いうことになる。そして、人はかなりの部分をその偶発に支配されて生きるという
結論になってしまう。


658 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 14:12:57 ID:5AOpzlsS
656
麻原さんに拘束されたままでいいの?

いくないとは思うさ。でも耳元で声が聞こえるのよね。あの守護神の声というか。。
精神病だと思われても仕方ないけど、事実、聞こえてるんだ。
五感で感じてるんだから正しいでしょ。

麻原とは縁があるの! 麻原を思ってると落ち着くのよ…。それだけなの。

657は意識の固まりであり本当の私ではありません。


659 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 14:51:09 ID:uIxor1J/
私は美しい者だけアストラルに取り入れたいのです
教組の顔では、目が醒めてしまいます

660 :阿佐谷北:2005/04/06(水) 17:05:44 ID:UwGrBwFt
>>614

  頭で分かっている人というのは、三つ子の魂を持っている方々が多い。

 真に理解している人は、彼らとは異なった存在だ。
その理由は、改めて分かる必要もなく、当たり前のこととして行動に反映されるからですよ。教義というものは、確認する程度の扱いになるはずです。
 古の仏教集団では、幼い頃から、他の宗教、特に外道と呼ばれる宗教(現在で言うと例えば、キリスト教)
をやっていた人たちを出家集団に受け入れるなと言ってきた。それが三つ子の魂ということです。
 それは、教団維持の為であるのだけれども、三つ子の魂百までという諺は、
こうした点において仏教の中に受け継がれているように思うのです。
  
 頭で分かっているような人を信頼して、裏切られた人は非常に多いということを、
俺はここに書いておく必要を感じましたね。

 この書き込みが、キミの警告:個人情報開示云々に当たりますか?

661 :【警告】:2005/04/06(水) 18:04:52 ID:8kz4awEh
阿佐谷北/asagayakitaへ告ぐ >>330

662 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 18:43:59 ID:eHNZQcXK
ふと思ったんだが、オーム信者だけでなく カルトと呼ばれる宗教信者は 
この板に 心から、「両親を愛してます」って 書き込めるんだろうか。

両親に愛されない子供たちは、自分を愛さない。 昨今話題になった言葉だけど

自分を変えたい、ステージを上げる為修行したい、 輪廻で、次には 素晴らしい人間や天神に生まれ変わりたい、
などの願望の心の底には、 今、現にある自分が嫌いであるって心の裏返しなんだよね。

超越世界に見せられるってこと自体が 現実逃避であり、たぶん リスカや、自殺願望者とおなじ類の人間である事を
自覚すべきだと思う。

上のレスで、麻原に心が落ち着くって キャンディさんの文があったけど、
癒されなかった親の愛情不足を 麻原なんかに投影してるんだろね。
キャンディさんの親の酷さが、 こちらにも伝わってくる。

彼女は「両親大好き、愛してる」なんてきっと書き込む事も出来ないだろう。

自殺するより、修行と称して、自分を痛めつけるほうがマシなのかもしれないが、
自分の生命を軽んじる事と 生命そのものを軽んじる事は違うといいたい。

663 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:20:17 ID:uIxor1J/
私は自分の親が好きだよ
宗教者=精神障害なんて差別的発言は控えていただきたい
愛しているさあ うちの親はちゃんとしているもの

自分を変える必要を感じる人もいると思うよ
私も、入ったばかりの頃ソーナー(出家者)に自分を変えないといけないのよ、と
言われて、失礼だなあ、今のままの私じゃいけないっていうのかよ、え?と
思ったけどね
別に自分は自分でいいんだと、思っていたから

664 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:25:27 ID:uIxor1J/
>リスカや、自殺願望者とおなじ類の人間である事を
自覚すべきだと思う。

これはあまりに偏見だ
訴えられても文句は言えないね

でも、ほんとオウムって時々失礼なこというんだよね
今のままじゃいけないのよ、変らなくちゃいけないのよって
それって、あんたは今のままじゃ出来が悪いっていっているのと同じだけんね
なんだって、大してよく知っているわけでもないあんたから
そんなこと言われないといけないのよって思ったもの

665 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:29:35 ID:uIxor1J/
ただ、修行をする理由を全然わかってもいない人から
批判されたくないね
性格を変えるためとかじゃないんだよ
カルマの浄化のためさ
あんただって、人や他の生命をキヅつけただろ
いろんな意味で、その罪があんたに付着しているってことさ
時間が過ぎたら終りじゃないんだ
なしたことは必ず自分に返るs それが法則さ
自分のなした様々な行いを清めるための修行さ
何もしらんで批判するのはやめていただきたいね

666 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 19:33:12 ID:YcB3+deD
んじゃ、次のお題は、オウムの「カルマの法則」と「縁起の法」の相違点
についてかな。

667 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:36:16 ID:uIxor1J/
宗教やっていると、リスかかカタワか精神障害で

宗教やっていなければ、エロ本片手にオナニーしてても
まともな人間のつもりなんだろ??
むかつくぜ!

668 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 19:38:27 ID:eHNZQcXK
なるほど、あなたは 両親を愛してるんですね。すばらしい。
そう自分に言い聞かせてるだけではないですか?
その言葉を書いた事であなたが苛立ちを覚えない事を祈ってます。

貴女は 両親を愛しながらも 麻原に惹かれるんですね。
貴女は特殊な例かもしれないね。あなたの周りの人たちは どうですか?

>宗教者=精神障害なんて差別的発言は控えていただきたい
僕の書き方が悪かったのでしょうが、僕はそんな意図を持って書いてません。

自分のアイデンティティを保つ方法 表現の違いでしかないと書いたつもりなんです。

自殺願望者は すがるものが見つからないと救えません。
だから カルとであってもその存在意義はある。とおもってます。
教義云々などではなく カルトにのめりこむ事の根には 幼児体験を含む
同じ心の寂しさが あるに違いないと感じているんです。

貴女は両親を愛している。 でもぼくは 両親なんて屑だ。。って貴女が心から叫んだら
貴女の人生が変わるかもしれない。。などと思ったりしてます。

669 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:40:27 ID:uIxor1J/
654はなりすましだって言ってんだろ?

670 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:48:34 ID:uIxor1J/
いやだねーーー
カルトって定義自体がイヤだね

では反撃にでよう
世俗の人間は、自分はアイデンティティをまったく確率していて
何にもすがってはいないと言うか??
家族があるだろう?会社があるだろう?
もし家が家事で焼けて、あんた以外の全員が死んだら、あんたはしばらく
再起不能にならないか?
会社から突然クビを食らったら?
自分という人間の居場所を、家庭や会社に求めているのは
それにすがるというか、それによって自己を定義しているってことに
他ならない

その人が、やっているのが宗教だから、特別に思われるだけであって
本来は、恋人や夫、妻、子供、そういうものがその人の支えになっているのだって
ある種の精神障害なんだよ
だって、それらは、いつまでもあなたのところにあるとは限らないからね
ただ、夫や妻、がいないと空虚になってしまう自分に気がつかないし
それは世間では普通だと思われているから批判の対象にはならない
しかし、つきつめて考えるなら、自分を確率するために、他人をどうしようも
なく必要としているのさ カルトと一緒なの

671 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:57:13 ID:uIxor1J/
自分の思い込みで宗教を見すぎだよ
あなたは宗教書の一冊も呼んだことないんだろ
親は大事だが、親以上に大事なものを教えてくれる部分があるというだけだ

あんたこそ、そこにこだわり過ぎるのは
自分の両親との間になんかあったからじゃないの?
うちの親は、貧乏だったけど真面目に働いて食わしてくれたさ
あたしが、親を嫌いになる理由は無い

ただ、どんなに親を愛していても、家族を愛していても
人間は寿命がくれば死ぬんだ
それを考慮に入れずに、家族にのめりこんで、そこが自分の生きる場所と
考えるならば、それがこわれたときに、自分もついでに壊れてしまう
だから、人間を、ある部分冷めた目でみることが必要なのさ

672 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 19:58:50 ID:5AOpzlsS
668
そう自分に言い聞かせてるだけではないですか?

てめぇ、何いいたいんだよ。親は好きだっていってんだろにゃ。え?
修行の事なんて何も知らないあんたから説教聞いてるとむかつくんだよ。
イライラを抑えて淡々と書いてりゃいい気になりやがってよ。

教義云々などではなく カルトにのめりこむ事の根には 幼児体験を含む
同じ心の寂しさが あるに違いないと感じているんです。

決めつけが激しいんだよ。てか、あんた精神分析者気取りで書いてんじゃねーよ。
つまんねー理屈こねくりくり回す男は大嫌いなんだよ。
ホント、もー、いい加減、あんたみたいなの相手すんのだるいんだよね


673 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 20:01:42 ID:eHNZQcXK
どうも オームの人達は「色即是空」が好きなようだね。
今の幸せが いつの日か消滅するとの恐怖で 教授できないことが問題なんだよ。

せつな的でアレというのではない。今生きている党実感を もっと喜べ,言いかえれば,
今現在の自分をもっと0好きになれ。ってことが言いたいんだよ。

修行はもっと人生を理解する為に存在するのだと思う。
煩悩の無い眼で,人々を救いたいという人類愛に向かっていくべきだろ。。

なんで 天国でエライさんになりたいからと修行するんだィ。
その辺おかしいと思わんかい?

キャリアーになりたいと上級試験を目指す凡人達とどこがちがうんだい?

>672
ほら。いらだっちゃった。 わかりやすい人だ。。 さて、それが僕の答えです。。

674 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 20:06:23 ID:uIxor1J/
まったく、仏教を学んだものの目からみれば
世俗の人間のほうが余程、
”はかない希望、明日には消えてしまうかもしれない今”にすがって
刹那的に生きているに過ぎんわ

そんな的外れな批判、あほらしくイライラする

人は自分を愛してくれるかもしれないし、そうでないかもしれない
絶対に人が自分を愛してくれる補償は無い
なぜなら、自分だって絶対的に人を愛してはいないのだから
愛に絶対を求めるほうが愚かだ
愛されないからどうのこうのではなく、愛は完全な者ではないと
見切って、もっと確実な安定を目指すべきなのさ
人は心変わりするんだ 自分の心だって変るんだ
それを当てに生きている、世俗の常識のほうが愚かとみるべきなんだ

675 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 20:06:30 ID:YcB3+deD
本題とそれるが、レスにはレスアンカー打ってくれると助かります。
レスする発言番号の前に「>>」または「>」を付けるだけで結構です。
>>672 みたいな感じで。

676 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 20:11:46 ID:eHNZQcXK
>>674
>絶対に人が自分を愛してくれる補償は無い

人に愛されない事に恐怖を持つ事が問題なんですよね。
自分が愛している事が重要なんじゃないですか?

仏教を学ぶあなたが 何故そんな ちんけな考えを持つんですか?

>人は心変わりするんだ 自分の心だって変るんだ

アナタのその結論はどんな人生経験から来たんだろうね。少し興味あったるする。。。

677 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 20:17:18 ID:5AOpzlsS
てか、ビンボーバトル見てんだからさ。
あとで、かわいがってあげるから、待ってなよ。



678 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 20:19:41 ID:uIxor1J/
愛情というのに大しては、こう見るべきなんだ

ある家族は愛情をもって、互いにうまくやっていると
この家族は終生、このようにうまくやっていけるかもしれないし
途中で愛が醒めるかもしれない
またある家族は、愛情が冷め果てていて、終生このままかもしれないし
何かのきっかけで、愛情が芽生えるかもしれない
ナニがどう転ぶかは、予測がつかないものなんだ
それに対して、ずっと愛し合っていることが正しいとか
正しくないというよりも、
愛は続くかもしれない、あるいはさめるかも知れないと、どちらに
傾くかはわからないと、これは人を信用しないというよりも
”愛情”にはそのような、性質があるのだと、冷静に判断して
それにとらわれて生きることをやめよ、といっているのだ
この世には壊れない物は無い
愛情もまたしかり、 これは愛されたことがないから愛を信じないのではなく
冷静に観察して考察した結果、このような結論なのだ

679 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 20:25:14 ID:YcB3+deD
>>676
昔、カネゴンにはすごく好きな男がいて、彼から愛されるために
オウムに一生懸命お布施をしたんだけど、カネゴンが懸命に働
いてオウムに貢いでるうちに、意中の彼は他の女と結婚。

彼の妻は若くして亡くなったが、そのことをカネゴンは、神秘的な
力をもつ自分が「あんな女、死んでしまえ」と念じたから、それが
叶ってしまったんだと思っている。

680 :カネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 20:26:39 ID:uIxor1J/
つまり、愛情は大事なものであるが
それ以上に大事なものがあるということさ
オウムの人間は、そっちを選んだということだよ
愛は続くかもしれない、さめるかもしれない
そんな不安定な要素を人生の中心に据えて、いきるよりも
もっと、確実なものを探そうと それが仏教そのほかの真理と言われるものさ

愛情が一番大事て人間こそ、自分はカルトだと思っていたほうがいい
確実な愛も、絶対もない
自分にはやさしくしてくれる人が、他の人には冷たくしている可能性がある
愛は好き嫌いがあるから
自分の家の子供がいい家庭教師つけて東大受かればそれで満足だろ
地球の裏では子供が死んでも
愛情ってそういう偏りがあるのさ

681 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 20:37:43 ID:eHNZQcXK
わるい。僕はそんなに付き合えない。

よく考えてみれば、カルト((新興宗教 教祖付き)って言い換えたほうがいいかな)にすがるって言うか
共鳴してる時点で、親の悪口、身内の悪口は言えんわな。

自分が本当は誰を恐怖しているのか。言い換えれば、誰を憎んでいるのか。
そういう自分の心と向き合おうとしないことが 本当の問題なんだと思う。

自分が好きになれば、今を生きている事に罪悪感を持ったりしない。

修行して 教祖にお布施して、自分勝手な徳を積んだら、
天国という次の世界で楽できる。。
そんな短絡的な考え方しか 自分の中にある憎しみを処理できない事が問題なのだと思う。

そんな考えなら、いつか 頭打ちとなる日が来る。。きっとね
いま自分が何でそう考えるのか、単純な事から思い出してはいかがかとおもう。

すまん。ショットえらそうすぎた。  僕は悩める凡人です。

また 暇なら書き込んで見ます。では またね。。

>680
書き込もうと思ったら レス着てたね。

愛情を否定しながら、すごく愛情ってことに こだわっていますね。
愛情は与えられるものではなく与えるもんでしょ。
息子が浮浪者になろうとも愛情を持つ心が大事なのではないですか?

682 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/06(水) 20:41:43 ID:5AOpzlsS
でも、これ以上つっこまないでくれるかな。
一番愛情にひっかかってるのは、あたしなんだからさ。

だから、異常なくらい自分自身に愛情を持っていた麻原に帰依してるの。
地球の裏の子供も含めて平等な愛を持っていても、てめーらのよーな汚れた
煩悩まみれで無知な人間には、サリンって事もいいのよ。


683 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2005/04/06(水) 22:34:33 ID:teySD3bT
>321
>心にちょっと思った、こうなったら困るなということが即現象化するんです

そりゃ、マーフイの法則だな。
その現象は、カネゴンの潜在意識の歯車が回りだし、その通りになったのさ。なんてね。
その彼と結ばれないのも、カネゴンの潜在意識によるもの。

ところで、>553
>だって、釈迦が語りたかったのは、有 でもなく 無 でもなく
>有でも無でもなく、 またそれ以外の領域について でしょ
>そんなの人間の五感で語れるわけないじゃんよね

なかなかどうして、いい着眼点だ。
流石だな、カネゴン。

ところでカネゴン。いまでもアストラルの住人とやらが、カネゴンに話しかけてくるかい?
もしそうなら、一度サティを入れてみてよ。
たとえばさ、声が聞こえたら、”幻聴”だとラベリングしてさ。
それで、その声が消えるか、それとも、それでも消えないか、よかったら結果聞かせて。
気が向いたらでいいからさ。

684 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 22:39:07 ID:YcB3+deD
「サティを入れる」とか「ラベリング」って言っても、説明しとかないと
わからないんじゃない?

685 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2005/04/06(水) 22:45:32 ID:teySD3bT
ところで今、テーラガータ(仏弟子の告白)って本読んでんだけど、
釈迦の瞑想法って、ベースは、ヨーガなんだね。
恐らく、マントラを唱えるタイプのものではなく、呼吸に重点を置いたものだと思うんだけど。

さて、オウムの瞑想も、ヨーガだよね?オウムの瞑想で、呼吸法を重点においた、瞑想って、あります?

686 :カパラバーティ:2005/04/06(水) 22:47:55 ID:85P61jwz
>>674


687 :腹筋:2005/04/06(水) 22:48:32 ID:uRO/HZx8
>>685
色々ありますでよ

688 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2005/04/06(水) 22:56:23 ID:teySD3bT
>684
単純に言うとね、心の動きを観察すればいいんだよ。
例えば、雑念が起これば、「雑念」とサティを入れ、声が聞こえれば、「声」もしくは、
「聞こえる」とかね。音が聞こえれば、「音」とか、
その音を聞いて、雑念がおこれば、「雑念」と、それぞれ、ラベリングを入れ、
心の動きを観察する。ちゅうか、ラベリングするごとに、例えば雑念が起これば、
「雑念」というサティを入れると、不思議と、雑念は収まる。
無論、神秘体験も同じく、それを体験したら、サティを入れる、多くはそれで、その神秘体験は収まる。

全ては心の働き。

ビバッサナーでは、決して、神秘体験に囚われることなく、それを観察し、サティを入れろと指導される。

689 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 23:00:37 ID:YcB3+deD
謝々。

690 :カパラバーティ:2005/04/06(水) 23:01:02 ID:85P61jwz
>>674
>まったく、仏教を学んだものの目からみれば

オウムは仏教ではないよ。何だかよく知らないが、仏教の用語をたくさん使って
別の教義を説いている団体だね。

>世俗の人間のほうが余程、

オウムは世俗とは大差がないが。世俗的とは思わない?金の取り方とか。

>”はかない希望、明日には消えてしまうかもしれない今”にすがって
>刹那的に生きているに過ぎんわ

オウム関係者にはそういうこと言ってほしくはない。はかない予言、
明日には消えてしまうかもしれないハルマゲドンにすがって生きてきたんだから

>人は自分を愛してくれるかもしれないし、そうでないかもしれない
>絶対に人が自分を愛してくれる補償は無い
>なぜなら、自分だって絶対的に人を愛してはいないのだから
>愛に絶対を求めるほうが愚かだ

愛して欲しいの裏返しだな。そうなったらそうなったときに考えてもいいのでは。
人はいつか死ぬが、どうせ死ぬから後の人生の期間は生きていても仕方ない、
というものでもあるまい。恋を失うのなら失ったときに考えればいい。
あなたの予想通りに破局するとは限らないぜ。ズルズルとどっちかが死ぬまで
続くかも知れないぜ。結局あなたは予防線を張って恋愛に臆病になっている。


愛されないからどうのこうのではなく、愛は完全な者ではないと
見切って、もっと確実な安定を目指すべきなのさ
人は心変わりするんだ 自分の心だって変るんだ
それを当てに生きている、世俗の常識のほうが愚かとみるべきなんだ v

691 :カパラバーティ:2005/04/06(水) 23:16:56 ID:85P61jwz
>それ以上に大事なものがあるということさ

それをあなたは知らない、もちろんオウムも。

>オウムの人間は、そっちを選んだということだよ

知らないのだから選びようがない。

>愛は続くかもしれない、さめるかもしれない

愛で無いもののみが冷める。

>そんな不安定な要素を人生の中心に据えて、いきるよりも
>もっと、確実なものを探そうと それが仏教そのほかの真理と言われるものさ

確実なものを探そうとしている限り、あなたは不安定なのさ。
なぜなら確実なものを探したがっているのはあなたの自我であって、
自我は不安定だから。

>もっと確実な安定を目指すべきなのさ

愛の代わりになる安定を求めている点で、あなたとオウムは世の中の一般人と
同じく何かに飢えているのさ。これを渇望という。

>世俗の常識のほうが愚かとみるべきなんだ

あなたも常識の構成員のひとりだよ。明日から赤信号で渡るかい?できない
だろ


692 :名無しさん@3周年:2005/04/06(水) 23:56:14 ID:YcB3+deD
不老不死を求める者に、釈迦は答えてこう言った。

「なぜ老死があるのだろうか。生があるゆえに老死があるのである。」
「どうしたら老死の滅尽があるだろうか。生の滅尽によって、老死の
滅尽があるのである。」
(スッタ・ニパータ)

これは、老死は避けられないということを、不老不死を求める者に
向かって、遠まわしの表現で諭していると考えられている。
キサーゴータミー経の逸話から考えても、文脈的にそういう意味だ
とわかる。

この粋な表現。
いいねぇ。洗練されているよねぇ。

しかし、オウム(アーレフ)は、本気で「生まれてこないこと」によって
これを達成しようと考えた...orz
野暮だねぇ。わからないのかねぇ(^^;;

生命の否定、殺人の肯定。
これのどこに慈悲の精神が宿りえるのか。

無常・無我なるがゆえに、いま生きているすべてを、この一瞬を慈し
む気になるんでしょうに。

693 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 00:01:39 ID:A5/udbGO
釈迦だって一来向 一来果とか言うじゃん
もう一度生まれるとか、もう戻ってこないとか
重点を置いているよ

694 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 00:06:45 ID:7NTsVYKq
カネゴンは元気だね
オウムを信じていた頃は類まれな真理に巡り会えて良かったと思ってた
でも事件以前に信徒に真っ赤なウソついている教団の裏が見えて不審感が募り
その後事件が明るみになり辞めたんだけど今はカネゴンみたく教義や教団
庇う気は全く無いね
信じてる奴らは帰属意識があるから貧乏でもいい年こいてバイトでもいいけど
辞めたら惨めな世間のはぐれ者だ
テレビで教団ノ施設内部なんかが映るとぞっとするな
でも元や現役のバカに会うとホッとする奴らもはぐれ者だからね


695 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 00:21:10 ID:kZHs8Pfv
>>693
...カネゴン。

ホントに?

696 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 00:34:27 ID:kZHs8Pfv
すべての生き物には、最初から仏性が備わってる。
本人が自覚してるか、してないかの違いだけで、仏性がない瞬間なんてない。
誰もが、最初から最後まで一貫して真理と同体であり、真理そのものなんだ。

なぜ釈迦は、「輪廻からの解脱」を説いたのか。
なぜ、大乗仏典の方便では、一来向よりも「もう戻ってこない魂」の方が価値が
あると教えているのか。

なぜ、「悟る」ことによって「輪廻から解脱」すると説いているのか。

まだ繋がらない?
ピーンと来ない?

ポイントは、執着を捨てることだよ。
永存する自己(真我)という概念への執着さえも。

697 :念仏:2005/04/07(木) 03:48:14 ID:x5OfVlNq
あまり欲求が強いと対象を得ることできないそうです。
まさに餓鬼道、色餓鬼です。
今の私もオマンコ餓鬼に成り果ててしまいました。
一応人間なので買いにはいけます。
いいのはなかなか買えません。

698 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 10:33:01 ID:KF48pTad
>>661 【警告】

 頭で分かっている人というのは、三つ子の魂を持っている方々が多い。

 真に理解している人は、彼らとは異なった存在だ。
その理由は、真に理解している人たちは、改めて分かる必要はない。
当たり前のこととして思想、教義が行動に反映されるからですよ。
教義というものは、確認する程度の扱いになるはずです。
 古の仏教集団では、幼い頃から、他の宗教、特に外道と呼ばれる宗教(現在で言うと例えば、キリスト教)
をやっていた人たちを出家集団に受け入れるなと言ってきた。それが三つ子の魂ということです。
 それは、教団維持の為であるのだけれども、三つ子の魂百までという諺は、
こうした点において仏教の中に受け継がれているように思うのです。
  
 頭で分かっているような人を信頼して、裏切られた人は非常に多いということを、
俺はここに書いておく必要を感じましたね。

 この書き込みが、キミの警告:個人情報開示云々に当たりますか?




699 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 10:40:45 ID:KF48pTad
 それは、教団維持の為であるのだけれども、三つ子の魂百までという諺は、
こうした点において仏教の中に受け継がれているように思う。

 オウムもそれで失敗した、組織をつぶした。
予言の解釈などで人目は惹いたが、仏教教義それ自体とはほとんど関係ない。

700 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 10:45:17 ID:KF48pTad
 オウムの予言:
今では、人集めの為の方便だったと考えられている向きが多いでしょう。

701 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 11:32:35 ID:7NTsVYKq
予言は信者をコントロールするため
現世指向の奴、のんびりしてる奴の尻をたたくのに都合よかった
いつまでこの世の中が続くかわからんぞ!死んでもいいのか!修行しろ!
オウムにだけ目をむけていればいいんだ!財産かかえてても今に価値がなくなるぞ!
現世で楽しく生きれるのも今だけだぞ!仕事なんてどうでもいい!
大学行っても意味無いぞ!バイトして布施して出家しろ!時間がないんだ!
サマナの常套句だったな

702 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 11:41:05 ID:7NTsVYKq
時間がない救済計画が遅れてる…これもいつも言われてた
少々無茶や荒っぽいことも時間がない救済のためだからという理由
で正当化された
脅し文句地獄に落ちるぞと共に信者をびびらせてコントロールするのに
予言を使ったんでないかい


703 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 11:53:32 ID:KF48pTad
>>702

 当時は、何でも 方便 とみなされたんじゃないでしょうかね。
後に予言研究をやめる宣言を出せたというのも、それが方便でしかなかったからなの
ではないかと考えられる。

704 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 11:56:47 ID:KF48pTad
 だが、当時、キリスト教系の団体も、オウムのこれに乗じていた事実を
知って置く必要はあるだろうと思うのだ。
 終末思想で、あそこまで世間が騒いだのは、決してオウムだけの力によるものではない。

705 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 11:58:42 ID:KF48pTad
 当時、オウムの予言に乗じて勢力拡大を図った団体も多いはずだ。

706 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 12:03:58 ID:7NTsVYKq
やってる方は方便でも、やらされてる信者はマジだったから笑えない

アングリ被告死刑判決


707 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 12:10:28 ID:KF48pTad
 自首しても、死刑とはね。
この人物も、なんとかヨーガの成就者とされていたけれど。

708 :阿佐谷北:2005/04/07(木) 12:21:28 ID:KF48pTad
>>706 やらされてる信者はマジだったから笑えない

それだけは確かだ。

709 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 12:36:12 ID:vCFOolLW
調子に乗るの止めておけばいいのに
阿佐谷北は墓穴掘ってる自覚ないな・・・
以下スレ既出の話題が某HPに弁護士名で明記されてたぞ。

http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1107661528/l50

710 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 12:46:27 ID:JO+khREJ
>707
当然の判決でしょう。


711 :どんどこガネーシャ:2005/04/07(木) 12:59:22 ID:F8vBKM5p
>>657
>私は輪廻があると肯定します
>もし、前生がないなら、人間一人一人があまりにも違う考えや感性、運命を
>もつことに説明がつかないからです。
なぜ前世がないと説明がつかないの?
今の時代、遺伝子の違いが個性の違い、というのが常識じゃないんだろうか?
仮に(仮にだよ)、魂というものがあって、それが個人のユニークさを決定していると
考えたとしても、必ずしも前世がなくたっていいわけです。
個性を持った新しい魂が、次から次へとこの世に生まれてくるんだと考えれば。
(どこかの民話に、「運命」という題のそういう話があったなあ)。

>もし、前生に蓄積されたデータ(その人がナニを経験したか、ナニを思って生きたか)
>が、全く無く、あたかも手にもった豆を庭にまくように、同じ条件で皆が人生をスタート
>させたなら、こんなにバラエティに飛んだ人生が構築されるのが理不尽だからです。
理不尽こそが人生だとは思えないんだろうか?(私はそう思ってるんで)。
アフリカの飢餓地帯に生まれて栄養失調に苦しむか、日本やアメリカの飽食地帯に
生まれて心臓病や糖尿病で苦しむかの運命はなぜ決まるのか?
因果応報と偶然の二者択一なら、私は断然、「偶然」の方を取る。
というのはね、自分がたまたまアフリカに生まれなかったからといって、
彼らより善行を積んだせいで今生自分は飢えなくてすむのだ・・・なんていう
傲慢な考え方をもし自分がするようになったら、その時点で人間おしまいだと思うからです。

712 :どんどこガネーシャ:2005/04/07(木) 13:01:02 ID:F8vBKM5p
>ある赤ん坊はよく笑い、ある子は「最近多いらしい)ほとんど笑顔をみせない
>ある子は外交的、ある子は人に心を開かない
>今生生まれて親の愛情が足りないと言う場合は別だが、まだ保育園にかようような
>小さい子で、親もそれなりに大事にしているのに、まわりに心を開かないというのは
>前世で、何か人キライになるような事件でもあったのだろうと、推論します。
生まれつき親ともあまりうまく交流できない、例えば自閉症児というのがいるけど、
脳の機能が多少健常児とは異なるわけで、人間も生物である以上、そのような子供は
一定の割合で生まれるわけですよ。
また、外向性・内向性は生まれつきのことが多く、遺伝だとされています。

>もし、前世が無かったら、ある人は真面目、あるひとは不真面目、ある人は知性が優れ
>ある人は運動能力が高い、あるいは好みの違いなど、どうやって説明を
>つけるんだろうか?
前世以外の説明としては、遺伝子・社会環境・家庭環境・教育環境・家庭教育・
学校教育など。
>もし、前世がないと仮定するならこれらの固体差はただただ偶発的に発生していると
>いうことになる。そして、人はかなりの部分をその偶発に支配されて生きるという
>結論になってしまう。
個体差は遺伝子に支配されているはずで、それで何の問題があるんだろうか。

まあ、こういうふうに書いたところで、私は前世や輪廻を完全に否定するつもりはないんだ。
証明できないもの・されていないものは、信じなければならない必要がないのと同様、
否定しきることもまたできないから。それに、ファンタジーとしては面白いんだもん。
ガネーシャちゃんはこれでも結構ロマンチストなんで、初めて行った外国の海岸で、
(私は昔、ここから同じ海を眺めていた・・・)なんていう幻想にひたるのは大好きなのよ、
カネゴンちゃん。

713 :どんどこガネーシャ:2005/04/07(木) 13:06:34 ID:F8vBKM5p
蛇足。
愛は続くかも知れない、冷めるかも知れない、そういうものだというのには同意。
だけど、愛情の交歓ほど楽しいものはないんじゃないかなー。
例えば、大好きな彼とはしゃいでいるときは、童心に戻るでしょ?
愛するペットと(私は子供がいないんで)チューチュー、ラブラブするのも幸せだよ。
家族の愛情も面倒くさいけど、無いとまた寂しいしね。
愛情が冷めるのは、侘しく悲しいものだけれども、
だから、とらわれないほうがいいかも知れないけど、
愛憎を思い切り生きるのもまた、人生かも知れないと思うよ。
それに(前から何度も言って悪いけどね)、とらわれない、執着しないのが
正しいとわかったからといって、その対象から解放されるとは限らないじゃない?

714 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 13:36:17 ID:BNa4k9/Z
なんか、読んでいると難しく考えてるんだなぁ〜とおもう。

輪廻って、結局は学び終わるまで閉じこめられる場所なんでしょ。
例えば生前肉が大好きで、肉ばかりを喰ってきた奴が牛かブタに
生まれ変わらせられて、喰われる為だけに生まれてきた命のはかなさを
教え込まれると言ったような...。
ということで、死後も我があり、牛かブタに生まれ変わって教えを
学べた奴が悟った奴で、悟った後にどうすればよいのか考えながら生きるのが
彼岸での生活でしょ。だから、悟った奴は彼岸で戒律作って守りながら
生きるのが釈迦が言いたかったことだと思う。

無我の境地の解脱っていうのがまだ良くわかっていないんだけど、
仏教ってそんなに難しいこといっていないと思うんだけど。
なんで、そんなに難しく議論しあっているのか、疑問に思う。

オウムの真理って一体なんなんでしょうかね...。

715 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 14:23:13 ID:MuOWPvL7
どんどこうっせーよ。
てかさ、あんたの考えならとっくにわたしは彼氏作ってるしこんな
とこになんかいないわ。

そんな理屈で、意識のあたしにどうにか出来るとでもおもってんの。
つまんない人生じゃないそれって。わたしに言わせれば妥協よ。妥協

オウムの考えのように教え・実践がバランスよく解説されておりそれに
よって結果が出てるんだもの。ソンシが入浴した湯を飲んだ時はトゥモが
おきたわ。またソンシの髪をご飯にいれたら味が変わったもの。

もっと芯が通ったいい男でてこないかな。案外期待してる部分あるのよ。


716 :どんどこガネーシャ:2005/04/07(木) 14:47:28 ID:F8vBKM5p
いやあね、裏カネゴンちゃん。
残念ながら私はオダジョーみたいな雄が好みの雌なのよ。
まあバイセクシャルっていうのも悪くはないけど、考えとくわ♪

あ、それからね、
ソンシが入ったお湯飲むと、垢やフケが胃に入ってお肌に良くないわよ。
それと、ごはんにはソンシより、梅シソ入れるほうが味が変わるわよ。


717 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 15:23:00 ID:MuOWPvL7
あなたはどちらにしても論外です。
わたしは、麻原みたいな縮れ毛で目が半開きで団子鼻で口からつばが出てる
ようなやつが好みだ。
なわけねーーーだろ!

オウムでもノリカルマ返しって言うのよ。

てゆうかさ、見た目じゃないのよね。普通に言えば精神異常者だとか、キチガイ
とかめんどくせえ事いわれっから言わないけどさ。
でも、妥協すればきっと後で後悔するわ。それは覚えててね。

梅シソでトゥモが起きるなら起こしてもらおうか。え?
さすがにソンシの陰毛だと考えたけど、髪なら私の我慢の範囲内だわ。
普通の人にはどちらも縮れてるから違いなんかわかんないと思うけどさ

718 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 15:41:16 ID:pzxNYJyG
私は仏教の教えってそんなに難しくはないと思う
て、そんなに勉学したわけじゃないけど

要するに、原因と結果の連鎖が永久に続いているってことよ
そこをわかっている人は、諸現象を映画を眺めるように見て
巻き込まれない 諸現象から完全に切り離され、動くことなく
安定している それが一つのニルバーナ
それを、つまらないと考える人は、もっともっと生まれ変わって
楽しい目と、からい目、両方を経験する
これは悪いことではないかもしれない
しかし、押えておかなくてはならないのは、人に生まれていつ間違って
多くの悪業を積むかもしれない
なぜなら、世間の人は戒律を守ることがしっかりできない

719 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 15:58:48 ID:pzxNYJyG
>輪廻って、結局は学び終わるまで閉じこめられる場所なんでしょ

確かにそうなんですが、そんなに愛情深く、私達を見守ってくれる場所では
輪廻はないと、私は考えます。
すべては、原因と結果の連鎖で、動いているのだと考えた場合、
自分が何を他になしたか考えれば、おのずと未来は見えるわけです

例えば、肉ばかり食ってブタになるわけじゃないでしょうが、何かの
生き物に生まれ変わったと。それが、たまたまヒョウやオオカミ、などの
肉食獣であったとしましょう。肉食する生き物はたくさんいます。
その生き物の一生を見てみると、朝起きては狩りにでかける。エサになる
生き物を探して殺すことに、一日の多くを、そして、一生の多くを費やす。
それが、そのたましいの、一生になした行いです。後は、子供を作って育てると。
そして、その子供にも狩りの仕方を教えこむ。だとしたら、一生の間にどれだけの量
他の生き物を苦しめることに時間を費やしたことか?それが、彼の未来には返って
くるのです。それが、因果です。しかし、肉食獣だって何か食わなければ生きていけないと
、そうです、彼は食うために殺す、それしか道がない、しかし、その報いは必ず受けるのです。
生きるためにより多く悪業を積まないと生きられない、そしてさらに悪行を積む。
これを、悪趣に生まれるといいます、悪業を積まずに生きることがどんなに難しいかです。

人間だって、毎日殺生する職業の人も多くいますよ。それが、その人の人生で
蓄積したものなのです。そして、自分の作った原因は、自分に結果として
返るわけですから、もっと恐れるべきなのです。脅しではなくて、冷静に
原因と結果がまわるのだと考えれば、思い当たるフシがあるならもっと自分は
ヤバイかもと、シリに火がついたように修行すべきなのです。

720 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 16:06:32 ID:H+tRfLzU
>輪廻って、結局は学び終わるまで閉じこめられる場所なんでしょ。

輪廻という語感は、常に留まることなく転ずる、というニュアンスです。
ですから、一ヶ所に固定的に閉じ込められるどころか、常に解脱した状態
なのかも知れません。ま、解脱と言っても、あくまでも「逆解脱」という
意味です。


721 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 16:12:20 ID:pzxNYJyG
遺伝子によって、固体差が決められるというが
では、その遺伝子が一つ一つ違う情報をもっているのは何の理由からなんだ
一つ一つ、違う情報をもった遺伝子を50億作るほうが、
同じ物を50億作るよりよっぽど大変だ

722 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 18:08:25 ID:MuOWPvL7
てか、私もこのレスで輪廻してるわよ。

話す人が居なくなれば、わたしの不満を上げるの。
それに寄ってきた無明のカメどもに、今度は教義、真理の首輪をひっかけるの。
これが功徳って感じる瞬間よ。
なのに私の書くどうでもいい部分にチクチク指摘しやがるバカが現れるんだ。
これもわたしのカルマね。
あたしは感情の動物だからキレるときもあるさ。尻の穴から串刺ししたくなるわよ。
時々、おとなしくしてるけど、つい見てしまうのよね。だれも骨のあるやつが居なく
なったら、また不満を上げるのよ。
これを何回もしていればきっと教祖もわかってくれる。

心の底では、どう考えてもオウムに変わる団体なんてないって思うの
あの経験は忘れられないわ。私をスター気分にしてくれたし、霊性があがって
思った通りに物事が現象化したもの。人を傷つけただけだったけどさ。
それは麻原を思ってるんだから、仕方ないじゃない。オウムが人を喜ばせた?
最後に傷つけるだけの教団なのよ。
そんな事見ても仕方ないのよ。考えない事にしてる。


723 :損し再来:2005/04/07(木) 18:09:57 ID:qp5bVvCE
みなさん喜んでください オウム・アーレフ気違い教団に新しい最終解脱者が誕生しました!  金保容疑者です!  アーレフの鬼畜奴隷は得意の「宗教弾圧だー!」で協力しなよ同じ穴のムジナだろ

724 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 18:18:55 ID:qp5bVvCE
「これは夜の修業だよ」=「タントラのイニシェーションだよ」 断ると 「地獄に落ちるぞ!」=「タントラ・バジラヤーナ地獄に落ちるぞ!」 金保 彼こそ麻原の変化身だ!鬼畜行者は留置所をキンヒンしな!解ったか?

725 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 19:48:13 ID:OBwklVgt
酒のんで今日も酔っ払った。ウィー

キャンディさんは輪廻転生を信じてるんだね。
あなたが死んだとき どんな人たちが迎えに来てくれるんだろうね。
そしてその人たちが あなたの人生を褒め称え 愛してくれればいいのにね。

麻原が自分を愛してるって記述があるけど、それは違う。
彼ほど自分自身を憎んでいる人間はいない。それが講じて
自分が作り出したオーム教団自体をも ぶっ潰そうとした。

サリンやその他の事件は 彼の誇大妄想から起こったのではなく、
自己嫌悪から来る 自己破滅傾向が講じてしまった結果だと思う。

自分を愛せない教祖のもとに 愛情に飢えた人間が集まったんだから、
人類愛とは無縁の団体と成り果てるのは仕方ない。

自分がレベルアップする事にしか興味が持てず 他人を信じる事が出来ない。また
自分を愛せないのに 人を愛せるはずも無く 他人を思いやるってこと自体理解できないんだろね。
少なくとも麻原や 新興カルトの教祖には そんな人間が多い気がする。

さて、もしあなたが魔法使いになったなら、どんな願望をかなえたいですか?

726 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 21:00:51 ID:OBwklVgt
NHK特集見てた。アンコールワットは 仏教が入り込んだ事による宗教戦争で滅んだんだね。
ヒンドゥ教などによる仏像の破壊には目を覆いたくなるものがある。
何でそこまで妄信的に成れるんだろうね。妄信って恐ろしい。。。

今日はキャンディさんがいないようだね。

>725 の質問だけど、
僕なら、とりあえず世界の国を治める人間たちを 和平というキーワードで洗脳して回るだろうね。
個人は救えないし救わない。そこに一線を引かないと物事が進まなくなるしね。
そういう意味では 魔法を手に入れるという事は、すごくつらく悲しい、報われない能力を手に入れた事になる。

よくこんな事も考える。もし二人の人間を不老不死に出来るなら、どうしますか?

これもすごく難しいね。

人間が生きるってことは、もしかしてすごく簡単な事なのかもしれない。
だれも魔法を使えないし、超能力で世界を救う人間もいない。
皆生きてるってことで同等なんだ。

その平等さの中の不平等を 嘆き悲しむ事に何の意味があるんだい。

不平等な世界なら 回りの人間が 慈愛をもって 助けてあげればいいじゃないか。
慈愛のアル 愛情から来る行動を受け取る事に何の負い目を感じる必要がある。

優しい人間になろう。少なくとも宗教って名乗る団体に属するならね。

などと 酔っ払った頭で書き込んでみた。おやすみなさい。。zzz

727 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 21:34:13 ID:ADaiQ1FK
>自分がたまたまアフリカに生まれなかったからといって、
>彼らより善行を積んだせいで今生自分は飢えなくてすむのだ・・・なんていう
>傲慢な考え方をもし自分がするようになったら、その時点で人間おしまいだと思うからです。

人間おしまいだ、とは思いませんな。
なぜかというと、それが人間の傾向だからね。
輪廻を言う人間の半分以上はこの落とし穴にはまっているでしょう。
彼らより善行を積んだおかげで今の自分がある、
と思うのは、使い方によっては慢ではなく、現状認識にもなり得ます。
その上で、淡々と善行を積み続け、常に回向の気持ちを持つ。
これなら「輪廻と徳」の論理を悪用しなかった例になれるでしょう。

差別問題でもそうなんだけど、傲慢に陥っている人というのは、
来世があるんだ、ということを忘れてしまっていると思います。
今の傲慢さにしがみつくなら、来世は必ず転落する、ということをね。
今生が最終生なのではない、ということを肝に銘ずべきです。
・・・もちろん、輪廻を信じるならば、という前提の話ですが。

728 :名無しさん@3周年:2005/04/07(木) 22:18:42 ID:wHepGMA1
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。これはある意味
真理を突いているように思えます。
皆さんは他人を嫌悪するとき、ともすると、その人そのものを嫌って
しまってはいませんか。
しかし、正確には、「その人そのもの」と「その人を突き動かしている
カルマ」は別物なのです。(教団機関紙より)

729 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 22:20:32 ID:njAmE/v4
725

どうもこのお方は、愛情という観点からのみ人間を判断したがるんだけども
そういう研究をされているのかな
裏のキャンディってのは成りすましだから、私じゃないですよ
これは、私もオウムにきて、はじめて聞かされた話で驚いたんだけど
愛情を求める気持ちも、ただの”欲望”だってのはご存知ですか?
人間だから、愛し愛されするのは当然というか、輪廻六道における人間の定義ってのは
愛情にしばられる生き物とされているんだけども、突き詰めてみれば、愛情が欲しいってのも
自分が幸せなフィーリングに浸りたい、そこから安らぎが欲しいっていう、いわば
自分のための”欲望”に過ぎないのですよ。
愛されることで、満足や、ぬくもりや幸せなフィーリングが欲しいと。そのために
あなたにそばにいて欲しいってのは、自分のために相手を利用しているのも同じなんです。
きつい言い方をすればね。でも、突き詰めて考えればそうでしょう。

仏教では、欲望を減らす訓練をします。なぜなら欲望が、人間の根本的な苦しみの原因だからです。
それはわかりますよね。欲しいものが得られないとき、人は苦しまなければならない。
それが、金だったり権力だったり、一戸建ての家だったり、彼氏彼女だったりする。
対象は違うけれども、ほしいままに手に入れば満足が、手に入らなければ不満が、でます。
愛情も、そうなんです。ほしいままに愛されなければ、不満になる。そういう性質のものでしょう。

730 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 22:31:43 ID:njAmE/v4
愛情も大事ですが、それ以上に大事なのが真理です

わかりやすい例をあげましょう。タバコが好きだったと。
吸わずにはいられない。この人はタバコを買うためのお金もかかりますし
寒い冬にも、タバコ屋まで出かけなければならない。
タバコを吸わない人から見れば、損な人なわけです。タバコを吸わなければ
イライラして短気になるし。しかし、本人は
タバコは吸えばうまいんだと。いいもんだと思っている。
しかし、何かの条件で吸えなくなったら?苦しむでしょう?
そのときには、タバコ中毒であった自分を後悔するかもしれません。

愛情も、同じなのです。愛されて当然、愛されていなければ気がすまないようなら
立派に中毒なのです。愛情を求める程度も、人によって違います。
あまり必要としないでも、心が安定している人もいるし、いつも自分が人から
愛されていなければ不安という人もいます。どっちが幸せでしょう?

多くを持たなければ満足できない人よりも、少ないもので満足できるほうが
より、幸せと考えるのが仏教なのです。できれば全く持たなくても安定していられるなら
いうことはない。愛情に関しても、同じ見方をしてるのです。
欲望にはキリがない、愛して欲しいにもキリがない、それを見切って離れてみるのが
心の安定につながるのです。

731 :カネゴン@キャンディ:2005/04/07(木) 22:35:27 ID:njAmE/v4
どうも、愛情に飢えて教祖にしがみついているとか
誤解されるのが(そういう人もいるかもしれないですよ、事実)
いやですね
そこに、動かしがたい真理、高度な哲学があるから人から非難されようと
信じるのであって、別に精神的カタワのつもりは毛頭ないんですが。
私は脱会してますけど。

732 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:10:41 ID:0Acz5nDA
それって、ただの社会的ひきこもりじゃん。

733 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 00:11:11 ID:SabS+f0e
725
ああいえば上祐という言葉があったのを知ってる?
オウムって全ての教団を否定する意識に対して反論出来る物を持ってたのね。
それは、原始仏教がそうだったのよ。いろんなステージの弟子にわかりやすく
つかった方便には総合すると相反する矛盾もおおい。

だから、いろんな方便をたくみに使い分ければ、どうにでも解釈出来る部分なのよ。

実際、実践が伴っていたとすれば、オウムの理想と現実をみきわめれば判断出来るわ。
井上をご覧よ。
でも私の場合は、脱会なんて形だけなのはレス読んでれば理解できるわよね。

意識の私を深みにはめてる私の本当の姿は事件の被害者よ。感化されやすい信者に
取り憑き呪い、真理の服を着飾ってあげるの。言葉ではない本当の真理に気付いた時には
人生もやり直せないわ。

耳元でそーっとささやくの。修行が遅れてるぞ。タマスのエネルギー受けてるぞ。
私が居なくなるとき。それは意識の私が居なくなるとき。
私がここで私の事暴露しても信じられない私がいる。偽りの私と思っている私は本当の
私の深い部分をも他人化させている。これこそ自他の区別による苦しみよ。ヒヒヒ


734 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:11:59 ID:0Acz5nDA
苦しみたくないから、一切関わらない。
それがオウム・クオリティ。

自分はアーレフだから関係ないと言ってる、そこのアナタ。
それがオウム・クオリティ。

735 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:13:18 ID:bvCxTQfp
しかし社会といってもいろいろある。
こんな社会なら引きこもった方が良い、
と言えるような社会だってあるのさ。
そして日本国民のいくばくかは、日本社会に対してそう思ってるわけだ。
それそのものを良いとか悪いとか、断定はできないよ。

736 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:17:07 ID:0Acz5nDA
まずその傷ついた心をケアしる。
野生の王国だったら、足の骨が折れた動物は生き残れないんだぞ。

737 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:39:27 ID:lqegKf1C
アングリマーラ師に死刑判決!!


738 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 00:39:33 ID:5nCMgr+x
@解脱者麻原彰晃が貴方とご家族の
 今生と来世の幸福をお約束致します

@解脱者とは総てのシッディを得た人のことです
 麻原彰晃尊師がその秘法の総てを駆使して貴方をスーパーマンにします

オウム本の巻末の入信案内にこう記載されていました。
87年発行の本ですから18年経っている訳ですが、さてさて”信者のみなさん、
元信者のみなさん、カネゴン@キャンディさん、今生の幸福は手に入れましたか?
スーパーマンになれましたか?
お聞かせくださいよろしくお願いします。

739 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:48:38 ID:0Acz5nDA
あらゆる幸福の機会を逃した上、人間関係が崩壊し、心身の
健康を害して不幸のズンドコですわ。

とくに、サリン事件の実行犯がオウムだと知って最初のショック。
信じていた教義も間違いだったし、それを教えていた尊師も、ただ
の人間だったと気づいた時に、2回目のショック。

この時点で、PTSDに罹患し、うつ病も発症しました。

で、今年に入って輪廻転生もないと気づいてしまって、3度目の
ショックです。
ここに至って、やっと自分が洗脳されていたんだと自覚できました
けどね。

人生やり直しです。
でも、この無気力状態から、どうやってやり直したらいいのか判ら
ず、試行錯誤の連続。

740 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 00:56:35 ID:0Acz5nDA
3度目のショックには、いささかの清涼感というか、解放感が伴っていましたが。
自分の手に、自分の人生と、自分自身を取り戻したような、そんな感じ。

まぁ、相変わらず躁うつ病気味ではあるけど。

741 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 00:58:10 ID:lbKHMWX0
>今年に入って輪廻転生もないと気づいてしまって、3度目の
ショックです。

高度な哲学的概念に置いては、輪廻は存在する、とは言えない。
が、指をカッターで少し切っても、イタイ!と大声上げる私達に
それを幻影だ、と言える度量があるだろうか?輪廻はない、と言い切れる人は
余程修行を完成した人のみだよ、。輪廻が無い、っていえるのは自我滅却を完全に
できた人のみに許されること。自分にとらわれているうちは、幻の輪廻は現実感を
ともなってやってくる。

>それって、ただの社会的ひきこもりじゃん。
そうだよ、釈迦の教えって、ひきこもりみたいだよ。世俗から離れることを
説いているからね。釈迦は世俗の生活の空しさを説いている。



742 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 01:02:16 ID:0Acz5nDA
釈迦は、生きとし生けるものすべてを慈しみなさいと説いたはずだろ。
そして、入滅の時には、弟子のあーなんだに「世界は美しい」と語ったと
伝えられている。

インド中を、法を説いて歩いた彼が、ひきこもりなわけがない。
王でさえ彼にひざまづいた。

743 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 01:03:08 ID:0Acz5nDA
釈迦もイエスも、ただただ人を愛しぬいただけじゃないのかな。
それが、まっとうな人間の生き方だろ。

744 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 01:07:30 ID:wvvSv17J
松本ちずおは社会と正常な人をただただ憎んでいたらしい。

745 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 01:28:08 ID:5nCMgr+x
幸福を約束すると明記されていますよね

”約束ですよ”約束”

約束された今生の幸福が得られた人はいないのですか?

746 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 01:33:36 ID:SabS+f0e
釈迦は、生きとし生けるものすべてを慈しみなさいと説いたはずだろ。

うっせーうっせー。わたしゃ世間からのヒッキーだと言ってんだろーよ。
わたしの目からすれば、仏陀の言うことなんざヒッキー以外なにものでもないんだよ
偏ってたってそれが私の考えなの。ほっといてもらおーか。

自我滅却を完全に出来てる私が言うんだもの、この現実感により輪廻はある。

世俗は空しいぜ。遊ばれてた彼氏は、綺麗な女と結婚するし。呪ってみたものの
彼氏は戻るわけないし。オウムは罪を犯してるし。
親が悲しむなどと言う情により脱会したけど、ほんと、こんなんでいいのかと思う毎日。
やるせねーぜ。

約束された今生の幸福が得られた人はいないのですか?

いるよ。全ては思い込みなの。この世は幻影。年老いて痴呆が入って更に天国の私の未来。
未来はコアラよ。

747 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 01:37:40 ID:0Acz5nDA
裏カネゴンが、カネゴンの潜在意識にチャネリングを試みてるらしいw

748 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 01:39:45 ID:5nCMgr+x
体験談も載っていました
死刑判決を受けた人のものもありますがその時点ではオウムを賞賛しています
修行を始めて願望が叶うようになった
異性にモテモテというのもあります

749 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 01:58:05 ID:0Acz5nDA
なんだかんだ言っても、カネゴンの心根が、ひたむきで真っすぐな
ことは認めてるよ。

カネゴンは、いつも思ってることや疑問を、素直に率直に表現して
るもん。その内容はともかく(笑)。

カネゴンと、他の人たちとの会話のやり取りの中で、おれも沢山勉
強できた。
その意味では、すごく感謝してるよ。
たいてい、カネゴンが反面教師であることの方が多かったけど(笑)。
たまに良いこと言うんだよな。

750 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 02:33:16 ID:i8rfODbD
オウムの岡崎被告!死刑確定ーーー

上告棄却なりw

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050407-00000036-mai-soci

751 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 02:52:21 ID:lbKHMWX0
釈迦はね、ホントはひきこもりたかったの
でも、梵天がヤイヤイ言ったから、仕方なく法を説くことにしたの

752 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 02:59:16 ID:0Acz5nDA
うーむw
それは大乗仏典で語られてる物語だな。
大乗仏教と原始仏教は区別しておかないと、話がこっちゃに
なっちゃうよ。

それと、梵天が釈迦に頭を下げたという描写は、人間釈迦を、
バラモン教の上位に位置づけてイメージさせるための「方便」
だと考えられている。

バラモン教は、カースト社会の一般常識的な信仰だったから
ね。底辺で生きる民衆を、そこから抜け出させるための、おと
ぎ話と考えるのが妥当でしょう。

753 :六道22:2005/04/08(金) 05:41:27 ID:uITNPlDN
(尊師)経行が足りないんだよ、これは。
(柏田)経行をすればそこを突破できるんでしょうか。
(尊師)抜けます。
(柏田)じゃあ、もう一つ質問してよろしいでしょうか。
(尊師)はい。
(柏田)あのう、経行をし、
(尊師)ただしだよ。条件はテープを聴く。
特にわーとした意識状態になるときは、決意如意足、これと経行、
そして、サヒタクンバカの三つを組み合わせてやるのが一番よろしい。
(柏田)ああ、テープと経行とサヒタクンバカですか。
(尊師)そうだ。
(柏田)ああ、そうなんですか。



754 :六道23:2005/04/08(金) 05:42:54 ID:uITNPlDN
(尊師)そして、できたら肛門を締めてね、
アシュヴィニー・ムドラーを加えるともっといい。
(柏田)アシュヴィニー・ムドラー。
はい。ただ今の状態なんですけれども、
全身に全然力が入らなくなって、本当に、
ふにゃふにゃっとなっちゃうときがあるんですけれども、
で、本当に、とても十三キロ歩けないなあって、
思うときがあるんですけれども、
それはどうしてでしょうか。
(尊師)食事の量は。
(柏田)はい。
(尊師)食事の量は。
(柏田)ええ、このごろ、増えています。
(尊師)だよね。
(柏田)はい。
(尊師)増えてて、なぜ歩けないんだ。
(柏田)わたしも不思議です。
(尊師)だよな。
(柏田)はい。



755 :六道24:2005/04/08(金) 05:43:58 ID:uITNPlDN
(尊師)つまり、肉体が心に影響を与えるんではなくて、
心が肉体に影響を与えているんです。
(柏田)ああ、なるほど。確かに非常に否定的想念を持ってますから、
特に経行を嫌がっているという気持ちが強いですから。
(尊師)そうだ。それがマハームドラーだ。
だからマハームドラーは逆に現象を見て、自分の心をとらえなければならない。
(柏田)ああ、じゃあ、心が肉体にそのまんま現われて、
それを逆に証智して捨断していくんでしょうか。
(尊師)そうだ。そういう方法が一つあるということだよね、これは。
(柏田)はい。
(尊師)だから、ふにゃふにゃになるというの、
ああ、これは心が弱っているんだなと考えなさい。



756 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 06:21:46 ID:5nCMgr+x
岡崎被告潔いです。新実被告も逮捕前と変わらず信念を貫いている姿勢には
犯罪者ながらあっぱれと思います。
オウムの本を読んで感じることはあれだけ心酔していたのなら
信者は潔く生きろということです。
間違いに気付いたらきっぱり辞めて違う生き方をすれば良い
逮捕されたくらいで女々しい醜態を晒すなと言いたい

757 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 06:25:13 ID:0Acz5nDA
「六道21」が抜けてる。
飛ばしてない?

758 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 06:34:01 ID:5nCMgr+x
仮にもグルに全て委ね自己を犠牲にして他の救済を謳っていた者たちなのだから
逮捕されたくらいでコロっと態度を変えるなと思いました
解脱に向っていた者達が観念崩壊目指していた者達が生死を越えんと
修行に勤しんだ者達が死刑ごときを恐れる理由は無い。
昔の武士は切腹していた彼らはオウムでいう凡夫ですよ
悟りを目指して出家した者なら信念貫けそう言いたい。


759 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 07:52:53 ID:pOahonGu
岡崎被告って確かオウムで2番目の成就者でしょ?ラージャヨーガだったけど。
アングリマーラーってバラモンを999人殺した人の名前だから2番弟子のわりにはあんまりいいホーリーネームじゃないような…。
その後苦悩を超えて釈迦に出会うけど…。子供に悪魔って名前付ける感覚?
1番弟子の石井久子さんは功徳第一で不還のケイマだし、3番弟子の大内早苗さんがシャンティー?で、
4番弟子の上祐史浩さんにいたっては未来の真理勝者で救済者の弥勒菩薩マイトレーヤーですもの。
ちょっとアングリマーラーって名前付けるのは苦難を乗り超えたって意味もあるだろうが、その後の罪を考えると不吉というか確信犯的というか…。

760 :どんどこガネーシャ:2005/04/08(金) 10:57:40 ID:ClZu/twU
裏カネゴンちゃんへ

あったかごはんに梅シソを混ぜこんで、急いで食べてごらんなさいよ。
トゥモってやつが起きるかも知れないわよ?
ついでに熱い味噌汁もあるといいわね。ショウガ紅茶なんかもオススメよ。
まったくやあねーー、裏カネったら、トゥモなんて知らないこと言うから、
ググっちゃったじゃないのよ?

761 :どんどこガネーシャ:2005/04/08(金) 11:01:29 ID:ClZu/twU
>>719
肉食獣は狩をして、肉を食べなければ生きて行けない。
あなたはそれを悪業を積むというけど、ライオンやチータは、自然のサイクルの中で
「そのように生まれついている」だけで、それが自然の姿(存在の一形態)。
私には到底、彼らが悪業を積んでるとは思えないな。
彼らは「そう生まれさせられてしまった」「そうあるしかない」存在なんだから。
餌として肉体を奪われるシマウマやガゼルは、人間である私の目から見れば、
とても可哀想に思えるよ。だけどあなたの論法でいくとね、シマウマの前世は
肉食獣だったからだ、ということになる。ライオンに生まれてしまって、肉食という
悪業を積んだら、来世は食われるほうに生まれ変わらされて・・・という、因果応報ね。
私の正直な感性は、「そんなのうっそだあー!」と言う。
それから、殺生する職業の人のことだけどね、漁師さんでも
食肉センターで働く人でも養豚場の人でもいいけど、私たちはみんな、
自分でやるのはできないことや嫌なことをそういう専門の人たちに押し付けて、
美味しいスキヤキやトンカツをパクパク食べているわけだよね。
それでいて、殺生に関わる職業の人を悪く言うとしたら、それは卑怯なことだよ。
(まあ完全菜食主義の人もこれ読んでる人の中にはいるだろうけど)。
その人たちがいなかったら、ステーキもフライドチキンもありはしないんだから。

762 :どんどこガネーシャ:2005/04/08(金) 11:02:16 ID:ClZu/twU
>>739
>で、今年に入って輪廻転生もないと気づいてしまって、3度目のショックです。
>ここに至って、やっと自分が洗脳されていたんだと自覚できましたけどね。
なにがキッカケで、どういう風に気づかれたのか、よかったら詳しく教えていただけませんか?

>人生やり直しです。でも、この無気力状態から、どうやってやり直したらいいのか判ら
>ず、試行錯誤の連続。
無理せずにゆっくり頑張って下さい。陰ながら応援しています。

763 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 13:40:03 ID:WWM09QXz
私はガネーシャさんが、やさしい人で、平等な感覚の持ち主だって思うよ
しかし、カルマ(原因と結果)を元にして見ると、また違った”平等”があるわけ

例えば、ここに二人の男がいて、一人は以前生活に困って、たくさんの盗みをして
金を稼いで、しかし、バレないでいたと。
今現在の彼を外見から見れば、、盗みをしたというのは全くわからない。
また、もう一人は誠実に働き、盗みその他はしたことがないと。
10年後、この二人が同じくらいに幸せになっていたら、かえって不平等だと思わないかね。
悪行には苦しみを、善行には喜びを与えるのが、欲天の神の仕事なんだそうだ。
だから、もしこの二人が平等に幸せだったら、かえって不平等だということ。

764 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 13:54:04 ID:WWM09QXz
>あなたはそれを悪業を積むというけど、ライオンやチータは、自然のサイクルの中で
「そのように生まれついている」だけで、それが自然の姿(存在の一形態)。

そのようにしか生きられない存在に生まれてしまったのを宿業というやね
それは、たまたま生まれついたのではなくて、その魂の以前から蓄積してる業が
現れたってことさね
人間だって、それなりにきちんとした親の下に生まれれば、適当に教育を受けて
うまくやっていくこともできるが、貧しい家に生まれて、あまり勉強もすることが
できなくて、(勉強好きそうじゃないけど)水商売ばかりやっていた女性ってのを
知っている。水商売がいい職業かそうでないかは別として、不特定多数の異性にコビを
売って生計たてるというのは、やはり下位チャクラしか動かしていないんだね。
男の性欲を満たしてやることで、自分も生きている。そういう業しか積まないなら
おそらく来世は動物なんだわ。。。

そういう場所にしか生まれられなかったのは、その人に功徳がなかったからだし
良いカルマがなかったからなんだ。こう考えても、別に不遜ではない。
そのかわり、自分も悪しきカルマを積んだことがあるだろうと謙虚になって
修行できるのを感謝することさね。
それを哀れむのは素晴らしい。しかし、あるものはあるものとして、結果は受け取らないと
いけないんだ。それが因果なんだし、生やさしいものじゃない。

ほんとうにかわいそうに思うなら、彼らが悪業を積まないように、
人からなんと誤解されようが、これをしてはいけないと、教えてやるべきなんだ
しかし、動物になってしまってからでは遅すぎる。


765 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 14:15:26 ID:WWM09QXz
>食肉センターで働く人でも養豚場の人でもいいけど、私たちはみんな、
自分でやるのはできないことや嫌なことをそういう専門の人たちに押し付けて、
美味しいスキヤキやトンカツをパクパク食べているわけだよね。
それでいて、殺生に関わる職業の人を悪く言うとしたら、それは卑怯なことだよ

それは、本当にそう思うよ。食べる人がいなければ、殺す人もいないんだからね。
同じだけとは言わないけど、間接に関わっているのは認める。

>>758
ありがたいんだけど、被害者の方から見れば、謝らないミラレパとかは
やはり極悪非道なのよね 信者からは、あなたのいうように潔いって人気あるみたいだけど
今の教団では、存続するのが大事で、だって続いていかなければ、法を説けないし
切腹しちゃったら困るんだよ 個人の信仰を貫くなら、ミラレパみたいのは最上だけど
人を済度する場合、自分を曲げないといきないときもあるんじゃない

766 :尊師説法の真意:2005/04/08(金) 14:34:02 ID:0Acz5nDA
(尊師)顕教では「地球は丸い」と教えると。しかし金剛秘密乗に
おいて、グルが「地球は平らだ」と言ったらどうだ。
(柏田)ええ、その...
(尊師)地球は平らになるよね。わかるか、これは。
(柏田)はい。

(尊師)そして、地球の周りを、ね、地球を中心として太陽が周り
始めると。どうだ。
(柏田)はい。
(尊師)問題ないね。
(柏田)はい、ええ、ただその、やはり、どちらの乗であっても、
おなじ現実のうえでのことっていうか、真理は矛盾しないはずだ
という、自分の観念みたいなものがありまして、それを、こう、乗に
よって変わるというふうに、こうしっかり色分けするっていうのが、
やっぱり、観念だと思うんですけれども、すごく自分の中では
しづらいんですけども。

767 :尊師説法の真意:2005/04/08(金) 14:34:46 ID:0Acz5nDA
(尊師)じゃあ、質問しよう。君の理性は君か。
(柏田)わたし自身です。
(尊師)理性は君ではないだろう。理性は君なのか。
(柏田)ああ。真我が本当のわたしという意味でしたら違います。
(尊師)本性の君ではないわけだよな。
(柏田)はい、そうです。
(尊師)それを自分自身だと考えて感応するということは、
それは無智か、無智じゃないのか、どっちだ。
(柏田)無智です。

768 :尊師説法の真意:2005/04/08(金) 14:35:31 ID:0Acz5nDA
(尊師)無知で無明な君の潜在意識が言っていることと、つまり
君の理性の判断と、最終解脱を果たした私が説く教義と、どち
らが正しいのか、ね、検討すると。そして教学によってデータを
入れ、潜在意識の思考を書き換えると。なぜ、その修行をやら
ないんだ。
(柏田)それをやるんですけれども、やると気が狂いそうになって
困ってしまうんです。
(尊師)なぜ、気が狂いそうになるのかわかるか。
(柏田)理性の判断が働いているんだと思います。
(尊師)いいか。それは、肉体の疲労、肉体的エネルギーの消耗が
なされていないからだ。
(柏田)はい。
(尊師)つまり、身体がある程度疲れていると、意識は内向する。
(柏田)はい。
(尊師)そのとき、爆発的なエネルギーは出てこない。つまり、精神的
免疫力として、強い抵抗力は出てこなくなるんだ。
(柏田)はい。

769 :尊師説法の真意:2005/04/08(金) 14:38:25 ID:0Acz5nDA
(尊師)わかるか、言っていることは。
(柏田)ということは、経行をしっかりやって、身体を疲れさせれば
いいということでしょうか。
(尊師)そういうことだ。
(柏田)わかりました。
(尊師)あるいは、プラーナーヤーマによって、もっと燃やすこと。
つまり、肉体疲労をおこしてボーっとした精神状態にすることを
考えなさい。
(柏田)ああ、物理的にそういうものは燃えるもんなんでしょうか。
(尊師)燃える。精神的免疫力が低下すれば、少なくとも潜在意
識の浅い層の思考については書き換えることができる。
(柏田)はい。
(尊師)わかるか。君が苦しんでいるのは、君の潜在意識の自己
防衛機構が働いているからだ。
(柏田)はい。
(尊師)そして、潜在意識の浅い層にある免疫については、教学を
やっても駄目な場合、経行、プラーナーヤーマ等の身体感覚を伴
う体験を併用するかたちで、免疫の抵抗を徐々に徐々に抜いてい
くしかないんだ、道は。

770 :尊師説法の真意:2005/04/08(金) 14:39:25 ID:0Acz5nDA
(柏田)ああ、そうですか。ただ、昨日もそうなんですけれども、
こう、座ってるとすごくエネルギーが上がってきて、上がると
煩悩もすごく強くなるんですけれども。
(尊師)だから、それは免疫力が低下してないんだよ、まだ。
(柏田)そうですか、すいません。
(尊師)経行が足りないんだよ、これは。
(柏田)経行をすれば免疫の抵抗は突破できるんでしょうか。
(尊師)抜けます。
(柏田)じゃあ、もう一つ質問してよろしいでしょうか。
(尊師)はい。
(柏田)あのう、経行をし...
(尊師)ただしだよ。条件はテープを聴く。特に精神的免疫の
抵抗力が高まって、わーっとした意識状態になった時は、
言語による潜在意識への命令である決意如意足、これと言語と
身体感覚を併用する経行、そして身体感覚からダイレクトに
精神に働きかけるサヒタクンバカの3つを組み合わせてやるのが
一番よろしい。
(柏田)ああ、テープと経行とサヒタクンバカですか。
(尊師)そうだ。

771 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 15:05:15 ID:SabS+f0e
>>761
美味しいスキヤキやトンカツをパクパク食べているわけだよね。
それでいて、殺生に関わる職業の人を悪く言うとしたら、それは卑怯なことだよ。

ぶはは。わたし、スキヤキトンカツステーキフライドチキン。荒くて毒素の濃い食い物が
大好きなのよ。自然に体が受け付けなくなるなんて私にはとうてい理解出来ません。

本音を言わせてもらうと、間接的に関わってるなんて認めるわけないのよ。
わたしはサリンまいてないんだ。関わってるなんて言わせないし責任などある訳もない。
間接的なのはオウムの実践ではOKってこと。教祖が行動で示して
やった本人だけカルマ受ければいいのよ。

人を救済なんて、正直恥ずかしいわ。書いてからむしずが走ってしまって。
きれい事を言う都合のいい人間は大嫌いなの。私は意識と裏で喧嘩してる毎日だもの。
自分を本当に愛せなかった麻原に帰依してるとは、うまく言ったモンだよ。
わたし好きよそういう書き込み。でも嫌いとも言うのよ。
時と場合によるのよね。私も少し躁鬱が入ってるから。

766-770
教祖は良いこといってるでしょ。信心のある信者の思考を周りから取り囲んでいく論法に
しても、「免疫の抵抗を徐々に徐々に抜いてい 」などいう形で脳を洗って行けとおっしゃる
部分は、とてもいいわ。私もこれを聞いて頑張って洗いましたもの。


772 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 15:24:57 ID:SabS+f0e
>>760
あったかごはんに梅シソを混ぜこんで、急いで食べてごらんなさいよ。
トゥモってやつが起きるかも知れないわよ?
ついでに熱い味噌汁もあるといいわね。ショウガ紅茶なんかもオススメよ。

あら、いやーね。そんなに急いで食べても何も起きません事よ。おホホホホホ
食事の後はきちんと消化する為に休憩するものよ。瞑想は代謝を落としてしまうのよ。

でもね。わたし鮮度のいい生レバーはやめられないの。とってもライオンハートょ。
っていうじゃない?来世はライオンに食べられる鹿ちゃんですから。単細胞斬り。


773 :阿佐谷北:2005/04/08(金) 17:12:28 ID:X4AxL4ZI
>>756

 事実関係を誤認している。
岡崎(佐伯)という人は、カネを持ち逃げして教団から早々と去った信者ですよ。
信念など捨てている人物だよ。

 俺の興味は、自首しても 死刑 なのかっていう点。
高裁の判決理由には一理あるけれども、自首しても 死刑(極刑) なのかっていう点だ。

774 :阿佐谷北:2005/04/08(金) 17:15:30 ID:X4AxL4ZI
 詫間守の刑執行は、時期尚早だった(反省の色なしのままという意味で)と思うし、
今回の判決にも違和感はあるね。
 死刑制度は必要だとしても、この二件については違和感がある。


775 :六道21:2005/04/08(金) 17:21:55 ID:uITNPlDN
すいません。一つ抜かした。
実はここが一番好きな部分です。
>>475
1〜24 >>540-544 >>560-562 >>582-584
    >>609-613 >>615 >>649-651 >>753-755
(尊師)ということは、小乗のツァンダリーを君は受けたか。
(柏田)はい。
(尊師)そのときに、何ていったか、アナハタの詞章については。
(柏田)えっと。すいません。忘れてしまいました。
(尊師)もし、小乗のツァンダリーがしっかりできてれば、
そこも通過できているはずだ。
つまり、自分自身の誤った観念というものを捨てますから、
という詞章があるよな。
(柏田)あ、はい。
(尊師)つまり、それは君の持っている観念なんだよ、それは。
(柏田)はい。
(尊師)そして、アナハタで止まるっていうことは、
まだ、肉体的エネルギーが弱いんだよ。
(柏田)はい。
(尊師)上昇させるエネルギーが。
(柏田)はい。





776 :六道25:2005/04/08(金) 17:23:06 ID:uITNPlDN
(柏田)はい。じゃあ、そのときにはどんなに遅くなってもいいから、
とにかく、まあ、進んで行くということをやれば。
(尊師)そうだ。少しでも進んで行くと。
(柏田)はい。
(尊師)歩き続けると。
(柏田)はい。じゃ、その肉体を進ませることによって、
逆に心も肯定的になっていくわけですか。
(尊師)そうだ。そこで、決意を起こすっていうけれど、
実際は決意を生じさせ、とかいうことが必要なわけだよ。
(柏田)はい。
(尊師)つまり、そういうときに、やるぞ、やるぞ、やるぞ、
乗り越えるぞ、乗り越えるぞ、こういう詞章を唱える。
だから、わたしは君に説法テープを聴くんじゃなくて、
決意如意足を聴きながら経行しなさいと言ったんだ。
(柏田)あ、はい。わかりました。
(尊師)いいな。早く、謬見解を脱却しなさい。
(柏田)はい。本当にありがとうございました。
(1991年10月16日)



777 : :【警告】::2005/04/08(金) 17:28:16 ID:ppDtQHfL
阿佐谷北/asagayakitaへ告ぐ>>330

某団体より貴殿の行き過ぎた行為(名誉毀損)において
告発されてる貴殿の書き込みは非常に迷惑です。
即刻退場願い、今後はご自身でスレッドを立ててそちらでお願いします。

778 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 17:57:46 ID:SabS+f0e
>>773
てか、彼が教団から去って自首するまでの期間をどう考えるんだよ?
90年からの5年間は犯行を否定してたのよ。自分が危なくなる事を避けて。

なのに、今度は教団が危うくなりかけてきたから、まずいと思って自首した。
自分の事が中心な人間なのよ。
この空白の期間が無ければ極刑にはならなかっただろうに。彼もタマスだわ。

さらに彼の自供が遅れたせいで私もこんな事になってしまった。
好きで自分を呪ってる訳じゃない。それも私のカルマなのよ。岡崎同様。
真理の教義という化粧をした自己中心主義者なのよ。

堕落した世の中と批判している本人が堕落しているの。自分を好きではないのよ。
基本は。

779 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 19:28:21 ID:jj+Fe8m/
>766-770 の (柏田)と(尊師)の会話ってのを読んでみた。
まさに 麻原の頭のわるさがよく分かる会話だね。
ホントにオームの信者さんはこんなものに真理を感じたりするんですか?
それこそ僕達 凡人には まさに驚くべきことだよ。

>792
愛情は与えるものである。って視点から考えてみてはいかがでしょうか。

さて 僕の キャンディさんへの語りかけは、裏キャンディさんや すべてのオーム信者さん、
すべての教祖もちの新興宗教の信者さんに対するものです。

だから誰が答えてくれてもかまいません。あなた達には心外でしょうが、
あなた達のその考え方の根底に流れるものが すべて同じに見えてしまうんです。

ぼくは、個々の教義に論戦を挑むつもりはありません。またその必要も無い。
みんな 不公平であるという現実 現象を 「輪廻」 「地獄」 「カルマ」などというキーワードで
もっともらしく語るだけですからね。

その一つ「カルマ」ってものを僕なりに考えてみよう。

その元の概念はともかく なぜ信者達はこの言葉を嫌うんだろうね。

平安時代の公家達が「けがれ」を忌み嫌ったのは、「死にたくない」 『世の中の矛盾に目を向けたくない』などの
強迫神経症を 合理的に自分に納得させようとした結果生まれた、とぼくは考えてる。
同じことがカルトが使う『カルマ』って言葉にも感じられるんだ。

780 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 19:30:28 ID:jj+Fe8m/
自分が愛されなかったのは 自分が悪い子だったから。

かわいそうな境遇に追い込まれた子供達はそう考えてしまう。
その心が癒されないまま大人になったとき、何故に自分は皆に愛されないのだろうと思い悩む。

そんな時 もっともらしく お前のカルマがそうさせるんだ。などと語りかけてくるのが 「カルト」なんだ。
そこに合理的な説明などあるはずが無い。

自分自身に植え付けられた罪悪感を カルマって言葉で決め付けることで、
自分を責めることを肯定し、自分に罪悪感を植えつけた存在を守ろうとしている。

他の動物たちと違い、人間って本来もっときらくで自由に生きてゆける存在なのに
何故に自分の生い立ちなんぞに、人生が影響されてしまうんだろうね。

生きている。 そんなあたりまえのことに何で罪が存在するの?

北朝鮮の子供たちは 雑草食いながらも頑張って生きている。
いま 僕たちは、牛肉食いながら 人間として生きている。
食ってるものの価値や美味しさにこだわり注目する事で 
前世のカルマの重さを語ることの 愚かさ、無意味さが 何故理解できないか?

生きている。それだけで素晴らしい。
あなたが生きていてくれて素晴らしい、皆生きていてくれて有難う。。

僕はそう思う。

781 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 20:02:48 ID:SabS+f0e
>>779
みんな 不公平であるという現実 現象を 「輪廻」 「地獄」 「カルマ」などというキーワードで
もっともらしく語るだけですからね。

あなた方、団塊の世代ももっともらしく学生運動からヒッピーへと移行し誰の子かわからない
不幸な子供を作って薬漬け。愛が全てなどともっともらしく語るだけで親権については押しつけ
合った事はありませんこと?
ひとくくりにしているとこんな事言われますわよ。

>>780
あなた達のその考え方の根底に流れるものが すべて同じに見えてしまうんです。

うふふ。よくお読みになってから出直していらして頂けませんこと。
つっこみどころ満載なのよ。そんな書き込みではオーム信者の心は変わりませんわ。
少し鼻息をおさえて意見をかいてくださらない?

そんな時 もっともらしく お前のカルマがそうさせるんだ。などと語りかけてくるのが 「カルト」なんだ。
そこに合理的な説明などあるはずが無い。

うふふ。パート2。全てを合理的に生きている人はいらっしゃいますか?頼りがいのある断言は
ステキな時もありましてよ。

「かわいそうな境遇」というのも価値観の違いなの。大金持ちもかわいそう。そう考えるのがここの
人々ですわ。
あなたの優しいお気持ちは素晴らしくてよ。でもそれでは「異世代」の心とは通じませんことよ。


782 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 20:49:45 ID:jj+Fe8m/
>781
>>「かわいそうな境遇」というのも価値観の違いなの。

子供というのは親兄弟が絶対的存在であり、それが世界の全てなんです。
幼い白紙の心に価値観というものは存在しません。
白紙の状態で刷り込まれた親の価値観が 自分を今の状況に追い込んだとするなら、
その歪んだ心の絵画を 歪んでいるという認識を持って見つめなおす事も有ではないですか?
と書いてます。

>全てを合理的に生きている人はいらっしゃいますか?頼りがいのある断言は
>ステキな時もありましてよ。

不確定な事を断言することで洗脳しようとするのが宗教なんです。
世の中、簡単に人の人生に断言できる人間なんていません。
その壁をやすやすと越えたフリをする事で、カルトは成り立ってます。

合理的な人間など存在しないのに、教祖は合理的な人間の振りしてますよね。
どこの世界に 思い悩み続ける新興宗教教祖がいますか?

>つっこみどころ満載なのよ。
かまいませんよ。どんどん突っ込んでください。

僕には教義による逃げは通用しません。

生きている人間の本心という形で、僕の考えを 自分の言葉で答えてみます。。

ps:ただ チャット状態で答えられませんから、ゆっくりと進行させてくださいね。

783 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 21:21:14 ID:x+hvl4PJ
あたしは、親の愛情ばかりに焦点をあてるあなたの方にイライラするけどな
逆に言えば、何か子供が悪いことしたり、不良になったらみんな親のせいなんだろ?

もちろん、子供にとって親は大きな存在だよ
でも、それにばかりとらわれているのは、かたよりだと思うな
てか、あなた自身が親に愛されなかった過去でもあって、それを絶対視しているというか。。
私の考えでは、男っていうのは、愛だの恋だ野ばかり言っていられない生き物だと
思うんだけどね
ちょっと情緒過多すぎて、好きじゃない考え方だな
今の心理学の主流なのかもしれないけど、
負けるもんか!って、がんばっている人もたくさんいるじゃんよ?
とくに、偏見かもしれないけど、男は親が愛してくれなかったから、ボクはぁ、こんなに
なったんだぁ、なんてのは殴りたいくらいだね
あんたは情緒過多すぎ

784 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 21:32:19 ID:jj+Fe8m/
世の中に出ることに恐怖する必要なんて無い。人間なんて多かれ少なかれ 自信が無い生き物なんだ。
教義ジャの真理じゃの そんな理屈が本当に世界を救うのかい?
釈迦の教えが世界を平和に導いたかい。イエスの教えが世界平和を作り出したかい?

宗教ってホントは素晴らしいものなんだとおもう。
悩める人間を 救う事が出来るのは 的確な助言が出来る宗教家だけだと 僕は思っている。
でも 今はびこっている宗教って ほんとに心の悩みを解決したいんだろうかね。
悩む人間に 地獄とカルマを説き、現世を否定し、金品を差し出させる。
教祖教団が潤い ノウノウトその金で 豪華な建物を作り出す。

教団も運営には金が要るんだ。。ばかなことを、、本気で言ってるのかい。

社会に出るのが怖くても 北朝鮮の事も立ちのように拾い食いして生きる必要はない。
ボランティアしてたって飯ぐらいは食わしてくれるだろ。
輪廻と天国に思いをめぐらして、現実逃避してたら、この先どんどん自分が苦境に立たされていくよ。

今日も酔っ払っちまった。さて寝よう。
僕は単純労働者だから、仕事しないと食っていけない。

ps:僕は団塊の世代なんかじゃないよ。そこんとこヨロシク。。。。おやすみzzz
ps2:寝る前に
>783
あなたたちの書いている事があまりに現実逃避であり、現実認識が幼く見えてしまうんです。
例えば 神秘体験云々だって、肉体に依存した事象ばかりですよね。何の客観性も無い。
そんな不確定な物事にとらわれながら、先輩の言葉には納得し、見もしない前世、来世まで確信を持って信じてしまう。
そんな反応から 僕なりに推察した結果なんです。だから 間違ってるかもしれませんよ。確かにね。
でもただ一人でも ふと思い当たる事があり、社会性を取り戻そうと努力を始めるきっかけになったなら、僕は本望です。

では また。。。

785 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 21:35:01 ID:x+hvl4PJ
>不確定な事を断言することで洗脳しようとするのが宗教なんです。

ばかばかしい、じゃあ、愛は完璧かよ?
親の愛はいつだって期待できるのか?子供をかわいがる親もいれば
捨てる親だっているんだ。そんな”あるかないかわからないもの”を
神聖視してすがっているのが愚かだと言っているんだよ。
愛しあっている恋人だって、いつかはさめるときがくる
愛は普遍でも不変でもないんだ 
愛されて当然と思い込めばこむほど、自分が愚かにも傷つくんだよ
それに気がつきな
本当の愛は、そこから立ち上がれって自分で強く歩けって教えることなんだよ
男のヘタレは嫌いなんだよ


786 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 21:40:10 ID:x+hvl4PJ
>
教団も運営には金が要るんだ。。ばかなことを、、本気で言ってるのかい

じゃあ、アタシが出さなくて済むように、あんたが出してくれよ
第一、信者ってのは喜んで差し出すものなんだ
金額にもよるが、わからないなら首突っ込まないでくれよ
好きでやっているやつだっているんだ
私は善行積むのは何より大事だと思っている
そのあたしに言わせれば、金品を巻き上げるのをやめろといって
布施をやめさせるやつは、悪業積んでいるとしか思えないんだよ
自分の好きなところでやればいいだろ???

787 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 21:43:03 ID:jj+Fe8m/
>785
しもた。読んでしもた。
では寝る前に。。。

>ばかばかしい、じゃあ、愛は完璧かよ?
>親の愛はいつだって期待できるのか?子供をかわいがる親もいれば
>捨てる親だっているんだ。

まさにそのとうり。だから親の愛を信じるな。親を絶対視するな。と書いてるんです。
僕は 「両親なんて屑だ」と心から叫べば あなたの人生も変わる。と書きました。

その意味は 親の愛情不足というトラウマから脱出しろ 大人になれ、 乳離れせよ。。という意味です。。

ふーー  ねる。。。

788 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 21:44:41 ID:x+hvl4PJ
愛だけでメシが食えるのかよ?
飢えてる子どもをどうしても救いたいと思ったら
なんとかしてパンを運ぶだろ?金がかかるじゃないか
宗教だけじゃない、世の中が金銭で回っている限り
仕方ないんだ 何故宗教団体だけは金がなくてもやっていけるんだ
そんなの、子供の考えることだよ
ばかばかしい



789 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:01:25 ID:0Acz5nDA
ていうか、あれだな。
IDが違うなw

790 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:10:06 ID:0Acz5nDA
>>762
>なにがキッカケで、どういう風に気づかれたのか、
>よかったら詳しく教えていただけませんか?

簡単に言ってしまえば、原始仏典を読んだためです。
原始仏教を標榜するオウムの教義と、釈迦の言ってることが、
まるで真逆だったので、真相に気づいた時にはショックと共に
笑いさえ込み上げてきました。

なんだ、釈迦の教えって、信仰宗教からの脱却を説いていたん
じゃないか、と。
なんたる皮肉かと思いましたよ(笑)

>無理せずにゆっくり頑張って下さい。陰ながら応援しています。

ありがとうございます。

791 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:15:17 ID:0Acz5nDA
>>790
原始仏教から学んだことの、現段階でのわたしの理解と、オウムの
教義の相違点などについて、このスレの自分の発言をまとめてみま
した。
拙いながらも、知らない人でも話の文脈に沿って、このスレを読む
だけで理解が深まるように努めて書いてきたつもりです。

▼時代背景 - 知るとより理解しやすくなります
>>69 時代背景
>>512 時代背景/縁起とは「依って成る」ということ
>>594 時代背景/輪廻転生は当時の一般常識的な信仰だった

▼真理とは
>>513 原始仏教は実証主義/「真理」は現実に照らして実証できる
>>597 原始仏教は実証主義/むしろ哲学?
>>626 「真理」は個人的解釈の相違に左右されない

792 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:15:48 ID:0Acz5nDA
▼釈迦は輪廻を説いたのか
>>112-113 「方便」という言葉の元来の意味
>>174 果たして釈迦は輪廻転生を説いたか/縁起の解釈/「方便」
>>528 議論の核心/十二支縁起の成立と縁起の法
>>558-559 議論の核心/釈迦は最初から答えを明確に示している
>>591 輪廻の存在証明は可能か/詭弁を土台から覆す(形而上学)

▼無我と空
>>104 釈迦が説いたのは「無我」
>>123 「無我」とは
>>368-369 「空」とは/「無我」にも「空」にも明確な意味がある

793 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:16:29 ID:0Acz5nDA
▼独断と中道
>>72 独断と中道
>>117 それが「中道」/「無我」は信仰か真理か
>>348 脱洗脳の順序/釈迦の話の展開の仕方
>>350 独断と中道/根本的な相違点

▼原始仏教と大乗仏教の区別
>>118 部派の区別
>>517 チベット仏教も論理性を重視するシリアスな仏教

▼形而上と形而下の区別
>>353 形而上の理論で根拠付け/独断と自己正当化の無限訴求
>>404 形而上の理論で根拠付け/オウム論法のからくりを暴く

794 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:18:58 ID:0Acz5nDA
▼肉体のない存在
>>391 肉体のない存在は、何に依存して成立し得るか
>>412 肉体のない存在/あれも非我、これも非我、だから無我

▼根本的な相違点
>>106-107 オウムの教義は原始仏教と矛盾/原始仏教との区別
>>592 オウムの教義はバラモン教と酷似

▼生きるための教え
>>387 仏教は生きるための教え/カースト社会に釈迦が望んだこと
>>692 不老不死を求める者

795 :名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 22:19:49 ID:0Acz5nDA
▼生きるための教え
>>387 仏教は生きるための教え/カースト社会に釈迦が望んだこと
>>692 不老不死を求める者

▼洗脳のからくり
>>638 洗脳のからくり/オウムの洗脳手法を分析
>>646-648 洗脳のからくり/『オウム返し心理狂』物語

▼阿羅漢はいませんか?
>>66 呼びかけ
>>204-205 スッタニパータ引用


↓このスレでの、わたしの発言ID一覧です。
コテハンにすると、いろいろ面倒なので、名無しでやってます。
ID:RTuvqRk4
ID:FX5hDjfm
ID:3D1j638u
ID:9eyVolGf
ID:8LWrnPGY
ID:3VrAFIIF
ID:jnRTKIgC
ID:PDePgwqv
ID:YcB3+deD
ID:kZHs8Pfv
ID:0Acz5nDA

796 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 22:27:28 ID:SabS+f0e
795
あんた妙な根性あるね

797 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 22:32:28 ID:x+hvl4PJ
あたしも、オウムがアートマン肯定主義なのはおかしいと
いってきたよ
しかも、オウムにいる間中ずっと、仏教を勉強している人にオウムが
批判されていたけど、ナニを根拠に批判しているのかすらしらなかったね
だから、、その部分に関しては教組をある意味恨んでいるよ
まぜこぜに教えたからね ある意味子供扱いにしてるんだよ

オウム教団ってのは、たくさんの人間がいる、特に若い人が多くて
その教団と言う”組織”をうまく動かしていく、その舵取りで教組は
必死だったんだよ
原始仏教について、793に上げられたように、理路整然と多くの文献を
ひっぱりだしてきて教えても、若い連中には興味を持たれないだろう
結果として教えは広まらないだろう、という考えから、わかりやすい
面白そうなことを中心に説いたと思う。
例えば、真我の存在一つとっても、うまく概念を伝えることすら難しい
興味のない人には、自性がないから空とか、観念的なことを教えようと
しただけで、逃げられてしまうだろうからね、
難しいことを教えて小数の人間だけに満足してもらうよりも、
容易に理解できる、真我がほんとうのアタシ、みたいなののほうが受け入れやすいからだと
思うよ、別に悪気はなかったと思う

だって、19や二十歳の女の子に、物事は自性がないから存在しているとは言えず
よって空であるとか、説明するのって考えられないジャン?

798 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 22:49:23 ID:x+hvl4PJ
ラーマクリシュナの集まりとかいったことあるんだけど
たまたまそこに集った人がそうだったのかもしれないが
難解な文献を外国語で読みこなす、優れた人たちが数人いたけど
それは素晴らしいんだけども、そのかわり、そういうタイプの少数の
人が動かしているって感じなんだよ
つまり、難解なことを理解できる知性に優れた、あるいは教養高い人たちの
ものに教団はなってしまうんだよね。。
オウムは学生とかオバちゃんもたくさんいるから、あまり高尚な哲学となると
その人たちは離れるでしょう 私も願い事は何でも叶うだの
あなたの悩みを解脱者が解決だの、くだらない文句に引かれてやってきたからさ
それで法を聞くことが出来たんだから、人間はその程度くらいに教組も思っていたんだろ

799 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 22:51:07 ID:SabS+f0e
784
>でもただ一人でも ふと思い当たる事があり、社会性を取り戻そうと
努力を始めるきっかけになったなら、僕は本望です。

ふざけんじゃないわよ〜。どこみてんのよ。
きれい事いってんじゃないわよ。
ほんの一部のレス読んだだけで自分が予想していた議論しているように誤解し
反論したくなって書いただけでしょー。
議論したいなら、愛の知識人とか単純作業員とか名前持てよー

787
>しもた。読んでしもた。

あら、かわぃぃわね。ぼく。
リアクションタイムは終了して・・・

>親の愛情不足というトラウマから脱出しろ 大人になれ、 乳離れせよ。。
それも原因の一つね。
これにひっかかってると、イライラする事もあるわ。本人が気付かなくてもね。
自分の大切な人がそうであった場合、自分がそうであった場合、意識的という
より無意識の部分で感じるのよ。


800 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 22:51:35 ID:5nCMgr+x
教義はもう少し哲学的であっても良いのではないかと思います。
初期本にみられるジュニアーナヨーガ的講話は中期後期には見当たりません。
高額の布施を要求されたり、きつい修行や、極端な禁欲生活の方が
受け入れ難いと思います

801 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 23:03:36 ID:x+hvl4PJ
正確な言葉は思い出せないんだけど。。

釈迦無二の教えたことは真理だ、しかし、それと同等か、それ以上の
教えがあってもいいわけだろ?

。。と教組がほざいたのを憶えているんだけど、
さすがにそれは気分が悪かった
何も仏教に詳しくない私でさえ、釈迦無二には畏敬の念があったからね
その時点ですでに、オウムは仏教じゃないんだよ
仏教は釈迦の伝えた法をやるのが仏教徒だからね

802 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 23:06:45 ID:x+hvl4PJ
800
そんなに何冊も古本屋で売っていたのかい

803 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 23:12:44 ID:SabS+f0e
>>782
>僕には教義による逃げは通用しません。

無理してなあい?肩の力抜いてあげますわよ。
あなたは立派な社会人ですわ。ここに現れるのは辛いでしょうに。
がんばってね。あなたは労働者として頑張って一生を全うすべき人よ。
それも立派な一生なのですから。

>不確定な事を断言することで洗脳しようとするのが宗教なんです。
>世の中、簡単に人の人生に断言できる人間なんていません。
>その壁をやすやすと越えたフリをする事で、カルトは成り立ってます。

間違ってはいないわ。あなたはここで心労すべき人ではないのよ。

私は、オウムが仏教とは異なる部分を感じたり、時にはオウムが仏教だ
という立場からいってみたりと、少し気分的に変化するわ。
でも実際オウムってとこはそうなのよ。うまくのせられたものだわ。オホホホ


804 :クリスチャン:2005/04/08(金) 23:15:09 ID:xATbJRTg
題名からしてわけわからん

805 :古本屋で見ました:2005/04/08(金) 23:28:24 ID:5nCMgr+x
>797
言わんとすることはわかります

昔某古本屋に
主著数冊と月刊誌10数冊、信者向け教学システム冊子とテープ各10程度
オカルト雑誌のバックナンバーにも麻原彰晃の寄稿がありました。


806 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 23:28:51 ID:x+hvl4PJ
ヒマだからバリバリ書くけどさ いくら書いてもタダだし

やはり、理論的にいくとオウムの教義は矛盾が多いと思うのよ
それは仕方ない 仏教密教ヨガ仙道まぜこぜだから
で、私の嫌いな神秘的な話をするしかないんだけども
ていうのも、オウムの売りはこれしかないから(笑)

世田谷道場で、マハムドラ成就前のタントラギーターさんにあったことがある
なにげに道場行くと、見たことない女の子がいて、それが彼女だった
私は彼女に話しかけた
すると、それまでに一度も感じたことのない、エネルギってのを感じた
他のどの師からもそんなのを感じたことがないってやつをね
”シーーーーーーーーン、、、”と静まり返っているんだ
マンジュシュリが瞑想中に、教組に心の中を観察してみろと言われて
そのとき自分が、ひじょうに落ち着いた、落ち着いたという以上の静けさを
感じつづけているのを発見した、と何かの本に書いていたけどモ
まさしく彼女が発していたのが、そのシンと静まり返った、想像以上の静けさだったのね
私も今まで生きた中で、自分がそんな静まりかえった心の状態であったことは一度もない
本当に静まり返った以上の静けさ、というのが、彼女のそばに近寄っただけで
伝わってきた。

この人は、見た目、若い女の子だけど、きっとすごい修行が進んでいるんだと思った
その後、マハムドラ成就者の一人として機関紙に紹介されたんだけども
さすが教組に愛されただけあって(笑)レベルが違うと思ったよ
本読んでああだこうだというのも大事だけど、結局修行が進むというのは
体現しなくちゃ意味ないもんね

807 :カネゴン@キャンディ:2005/04/08(金) 23:47:15 ID:x+hvl4PJ
もちろん、多くの宗教団体のように、口で伝えて
それが的確に相手に伝わるならばいうことはないんだが
口で伝えられるもんじゃないから、昔からどうやって伝えようと
議論があるんであって、、

近寄って、この人はこの境地を体得していると、体感できるならば
それは信用してもいいってことじゃないかい
もちろん、受け手側もある程度の霊性の開発は必要だよ
私は教学が好きだったから、系統立ててマトモな教えを説くのは大事と
もちろん思うが、教義に多少哲学上の矛盾があっても、
ああいった、体感したから、全部を否定する気にはなれないんだ
だって、どんな仏教哲学を隅から隅まで知っていても、心の波立ちを
押えられない人は数知れずいるんだもの
心の波の全くない状態というのを、しかも自分でない近くによってきた
他人に有無を言わさず経験させることができるってのが、理屈以上のことだよ

808 :カネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 00:06:45 ID:zBGaHhGo
タバコ吸っている人のそばにいくと、煙がおかまいなしに
こっちにやってきて、自分が煙に巻かれちゃうジャン

それみたいに、彼女に近づいたら、静けさがシンシンとやってきて
自分にもそれが感じられるんだ
自分の心の中に、シンシンが”ほら、シンシンってこういうんだよ、わかったか”
とばかりに入ってくるんだ
そういう経験は、やはり霊性上げる修行していただかないとわかりません
あれに比べると、本当に人間は感情を揺り動かし生きているんだというのが
如実に感じられる
そして、感情の波は疲弊のもとなんだよ
本当にそういう世界があるし、文字で説明してもわからないなら直接手段に
訴えると言うか、そういうことができるグルにしてみれば、そのほうが格段に
弟子を納得させるのが早い

809 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 00:17:01 ID:nfQ8JO4E
意識の私はほんと回りくどいわね。

簡単にいうとさ、
極悪非道のやくざに仁義や筋というものを習う。これと同じよ。

信念や方法も真似れば体験できる。ただ危険な教えだったから素人がやるとああなる。

絶対に意識の私には、この考えに結合させないわ。

オウムから体験した。だから正しい。これに固執させてるのはこの私なのよ。


810 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 00:23:58 ID:TEhVRcEO
弥栄の霊智(第2のオウム) 出現 IN 埼玉
さいたま市に第二のオウムが現れた!!危険と思われ・・・どうぞ♪


811 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 00:28:20 ID:2LN5s4J8
>裏表のカネゴン@キャンディ

体重とスリーサイズなんぼでっか?

812 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 00:33:09 ID:TEhVRcEO
http://sendainiko.netfirms.com/aum/holyname.html

813 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 00:33:45 ID:7ugsa31Q
>>806-808
そんな風に感じるのは信者だけだよ。
オウムの成就者の独特な感じって、日のあたる地上から切り離された
地底世界に住む半透明の生物みたい。
なんだっけ、あれの名前。

とどのつまり、キモイ。

814 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 00:38:21 ID:7ugsa31Q
それに引き換え、ダライ・ラマの、あの温かい感じは対照的だな。
あの笑顔を見ているだけで、人柄が伝わってくる。

オウムの奴らとは正反対。

815 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 02:17:19 ID:nfQ8JO4E
いくら書いても何を書いても癒やされないわ
心をオウムにおいている限り、あなた方は全て否定するのね

オウムの真理は幻影よ。善に対する悪よ。表に対する裏よ。
パラドックスの迷宮に陥ってしまった私の心を誰か癒してちょうだい。

一つ一つに真我があり全ては仏性をもっている魂に偏った自己中心的な
殺戮を繰り返しどんな事件を起こしたのか一切見ようともしない
さまよえる子羊の私に合いの手を。

「それからどーしたっ」「あ、どっこい」


816 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 09:02:18 ID:7ugsa31Q
ところで、カルマの法則によると、積んだカルマは【どこ】に貯蓄されてるわけ?

817 :snafkin:2005/04/09(土) 10:54:00 ID:ZOWas3c5
 釈尊はアーラーラ仙人やウッダカ仙人のもとで、精神一点集中のサマタ瞑想
を究極までマスターした。しかしサマタでは解脱・涅槃は実現できなかった
ので、釈尊は苦行を何年も行い、これを捨てて純粋観察のヴィパッサナー
瞑想法を発見した。
 心がシーンとしたことは素晴らしいが、所詮はサマタの範疇をでていない。
サマタによって妄想が押さえつけられたに過ぎない。いわば、力づくで妄想
をねじ伏せている状態といえる。
 サマタ瞑想では、初禅、二禅、三禅、四禅の四色界定ならびに、識無辺処定、
空無辺処定、無所有処定、非想非非想定の四無色界定を完成させることができ
る。オウムではこれらをアストラル界、コーサル界と呼んでいた。こうした
禅定では、しばしば、神秘体験、超能力現象が発生する。ここまでは仏教以外の
外道の瞑想でも可能な範囲である。
 しかし、サマタのみでは、涅槃を垣間見ることすら出来ない。それには、一度
実現した禅定からでて、純粋観察のヴィパッサナーにより、如実知見(ありのま
まに法を観察)し、無常、無我、苦を認識して、涅槃を体験し、無明煩悩の滅尽
を行なう滅尽定に入る必要がある。これにより、阿羅漢と呼ばれる存在になるわけ
だ。オウムでは、これを大煩悩破壊などといっていたが、実現できてはいなか
ったはずだ。
 オウムにはヴィパッサナーがなかった。オウムの成就者は仏教の涅槃を体験
していない。もちろん、麻原自身、涅槃にカスリもしていない。所詮はサマタ
の世界を一歩も出ていないのだ。危険なサマタの世界に足をすくわれたのだ
ろう。妄想を断捨するどころか、予言だの終末だの救済だの、アメリカの攻撃
だのと妄想を肥大化させて、自滅した・・・。

http://www18.tok2.com/home/snafkin/



818 :カネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 11:14:18 ID:SgOAJtU9
817

説明は素晴らしいが、あんたがその境地を体現したのか
あるいは、自分以外の人に、それを伝えることができるのか
素晴らしい経典は残っている しかしそれを体現した人がいなかったというのが
教組が既成宗教に失望した理由

819 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 12:21:58 ID:nfQ8JO4E
>817
ようするに、ここにカキコするなら教祖を越えろ。そして私に超越人力を体現させよ。

私が「素晴らしい」と言うときは、そう思っていない場合もあるのよ。
こんな思考は、たまに私自身混乱するわ。オホホホホ
だから、わかりやすく目で耳で体で感じさせてと言ってるのよ。これは命令よ。

私的には、仮定や憶測・推測などを断言してもよい人間は麻原だけよ。
麻原の言葉には従うように思考回路がなっているの。教祖との・・・は、あぁ複雑。
思い出したくもない。

なぜか、私、愛した男は結局マザコンばかりだった・・・。切腹。


820 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 12:58:32 ID:AnYJV7Yd
>説明は素晴らしいが、あんたがその境地を体現したのか

図星ってとこだな。てーらわーだ厨クン

821 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 17:53:44 ID:AXocp/DX
名無しさん@3周年:2005/04/08(金) 20:43:16 ID:7XAn4x03

逮捕されたパウロ牧師を慕っている聖神中央教会会員のHP

http://www.geocities.jp/caggage0515/

かなり洗脳されています。

>また、多くの人々の目が
>「何が事実か」ではなく、「何が真理なのか」ということに対して、開かれますように。

ってアンタ… これだけの犯罪犯しておいて、その事実から目を背けてどうする!?!?
突っ込みどころ満載日記もおもしろい。


どっかで聞いたことあるような言い訳なんで、転載させていただきました。

822 :単純作業員:2005/04/09(土) 20:27:03 ID:JZx38nEN
裏キャンディさんのご要望にお答えして、ハンドルをつけてしました。
ここに長居する積もり無かったんだけどね。。よろしく。

>790-795
素晴らしいね。わかりやすくて 僕も勉強になった。
あなたのようなストレートな心を持った人たちが 麻原のようなペテンを生業とする狡猾な人間に
取り込まれてしまうんだね。宗教を自分の物としてしまう 教祖の狡猾さがよくわかる。
勉強させていただきました。有難う。。

自分で学ぶという心を忘れなかった事は、あなたの知恵の勝利です。
あなたは 上祐ちゃんを はるかに超えました。おめでとう。
こんどは 急がずマターリと人生の伴侶、仲間を探し出しましょう。マターリ、マターリ 生きて行きましょうね。

話は変わって 両キャンディさんは 悩める女性ですよね。
愛情を失ったとか何とか。。

僕の周りには 女性は水商売の女しか知らない 心優しきゴリラたちがウヨウヨしてます。
彼らは女性とのラブロマンスを夢見ながら、油まみれ、汗まみれで、一生懸命に仕事してます。

何故女性たちには見る目が無いんだろう。って 彼らを見ていていつも思う。

来世にしか希望をたくせない 自分を愛せず 他人も愛せないカモシカより、
冗談も言えず、口ごもる事しか出来ない、心の広いゴリラのほうがあなたたちを幸せにしえくれるでしょう。

愛情は 与えるもんです。自分が欲するものではない。

ps:>779 で >792は >729でした。すまそ。。

823 :カネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 22:33:20 ID:/sgm6yLh
>来世にしか希望をたくせない 自分を愛せず 他人も愛せないカモシカ

だからしつこいなあ、ケンカ売ってンノかよ?
一度もあったこともないのに、なんで自分も愛せず人も愛せずとか
決め付けんだよ
アタシはね、愛より金が好きなの

マスコミに洗脳されてんのか???

824 :カネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 22:36:37 ID:/sgm6yLh
あんたの知り合いのゴリラ、
金持ちがいたら紹介してくれよ
できたら一戸建てもってて、うるさい姑がいない人がいいなあ
んで、子供作らないって人ね

ヨロシク!

825 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 22:39:51 ID:FTkwpDwc
>僕の周りには 女性は水商売の女しか知らない 
>心優しきゴリラたちがウヨウヨしてます。

商売女しか知らないゴリラが心優しい?
ま、優しいかしらないが、頭が良くもなければ、
人間として持つべき誇りも持てない輩だな。
その「優しさ」だけを武器に生きていると来世は動物。
あるひとつのポイントをチェンジするならば阿修羅。
どっちに生まれ変わりたいか、詰問すべし。

826 :カネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 22:54:24 ID:/sgm6yLh
人にやさしくされることだけを望んで生きていると
来世は動物だぜよ

動物に生まれ変わる要因ってのは、妥協することなんだと
心の弱さ 大事なことは今やらずに明日に伸ばして今日は遊んじゃえって考え方


827 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 22:58:02 ID:AXocp/DX
心優しきゴリラで十分なんだけど、
ゴリラの目には、わたしは女として映らないかも。

828 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 23:02:42 ID:ykZ1Hepj
いいかな、オウムが間違いだと言う人は、批判だけするんじゃなくってね、
それに代わる宗教の教義を呈示してください。
伝統仏教でもテーラヴァーダあるいキリスト教でも何でもいいですから、
その宗教を奉ずることによって
あなたがたの煩悩が少しでも消えたでしょうか。

あなたがたが万年くだらない事に腹を立てたり、欲望に駆られたり、
自分の心を統御できない状態、言い換えればカルマの為すがままにまかせている
状態ならば、あなたがたの言うことは絵に描いた餅にすぎず、何の意味もない
んだね、これは。



829 :名無しさん@3周年:2005/04/09(土) 23:03:18 ID:ykZ1Hepj
伝統仏教とオウム教義の内容が違うとしよう。何をもって伝統仏教は正しいと
言いますか、何をもってオウムは間違いと言いますか。
つまり、煩悩が滅しきれていない、あなたがたの段階において、
ここで生じた判断とは正しいと思うか。間違いと思うか。
ん?いいかな、言っていることは。わかるよね。
あなたがたは、今世において煩悩的なデータを修習しづつけてきたと。
それで、物事が正しくありのままに見ることができるでしょうか。

じゃあ、あなたがたが正しいと思っているその伝統仏教で心の解放をしてみて
下さいませんか。ね。
もしもだよ、あなたがたが、正しいと思っている宗教で、
葬式で読経を唱えるような、形式的なことしか為されないのならば、あなたがたは
自分で自分を欺いていると思う。どうだこれは。


830 :永田ロックV:2005/04/09(土) 23:17:27 ID:m7+5diPV
>829
論議がしたいのかな。言葉だけをズラズラ並べてあんたも意味わかっとるんかい。
なんかあの人の口調を最もらしく用いてどうだこれは なんて言っちゃってるけど
あんた何者?
すごくはずかしいよ。
わかってないのにとりあえず教義を引っ張ってきて上から見下したような書き方で。
お前はグルか って。

831 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 23:18:27 ID:nfQ8JO4E
>822
あら、いらっしゃい。お待ちしておりました。
あなたと話しをするとこんな口調になるのよね。

>素晴らしいね。わかりやすくて 僕も勉強になった。
嘘っぽいわ。うふふ。上辺だけ口調をあわせてなあい?
上祐を超えた?
あなたからは演歌がにじみ出てますわ。おほほほほほ。

>何故女性たちには見る目が無いんだろう。って 彼らを見ていていつも思う。
興味ないわ。違う世界なのよ。

私はナイトメアビフォークリスマスのサリー見ると、自分の事を思い出すの。


832 :永田ロックV:2005/04/09(土) 23:22:52 ID:m7+5diPV
説法のコピペ? 芸のないマネはやめなね。
キャンディちゃん、久々に読んだけど筋通ってるなぁて思うよ。
支部の何も考えてないサマナなんかよりずっと法則理解してる。


833 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/09(土) 23:42:49 ID:nfQ8JO4E
829
オウムは非公開にしなければならない教えを公開した部分で、間違いよ。
エゴが残っている信者に対して教える事は、どれだけ危険な事か理解できまして?

私は、それで苦しんだのよ
もう、思念するだけで現象化してしまうなんて耐えられないわ。気が狂いそうよ

教祖はこの時点でやばかったのね・・・


834 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 00:09:21 ID:B4k3W4Zx
>827
元信かな?
オウムには男女供オタッキーな奴が多かった
髪型服装化粧オサレしれ

835 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 00:40:38 ID:n3wSCUOS
ひまニャーアゲ

836 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:02:27 ID:ntDRezSQ
>>829
>伝統仏教とオウム教義の内容が違うとしよう。
>何をもって伝統仏教は正しいと言いますか、
>何をもってオウムは間違いと言いますか。

簡単だよ。
どちらが原理原則に則っているか、どちらが違反しているのかを
見るだけのことだから。

答えは、
「縁起の法」に則っていることをもって真理と判断する。

なぜなら、原始仏教では「縁起の法」こそが「真理」だと考えてい
るから。

↓次のレスで原始仏教が主張する「真理」とは何かを説明する。

837 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:03:03 ID:ntDRezSQ
「真理」とは

「真理」とは、ものごとはすべて、相互依存関係で成り立って
おり、そのもの単独で成り立つものはなく、一方が変化すれ
ば、もう一方も変化する。こうして常に、一切は変化し続ける
(無常)ということ。

仏典にいわく、
「これあるに依りて、かれあり」、
「これなきに依りて、かれなし」という、単純明快な因果関係。

釈迦はこれを「真理」と呼んだ。
これが原始仏典に記された「縁起の法」です。

そして、一切が「無常」ということは、永遠不滅の自律自存する
真我(アートマン)というものは、どこにもない。
これが「無我」という言葉の意味です。

「真理」とは、ものごとはすべて「縁起」しているという事実の
ことである。
「一切」は「縁起」する。
だから「一切」は「無常」であり、「無我」である。

これが釈迦の根本思想の骨子です。

838 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:04:16 ID:ntDRezSQ
また、「一切」とは何かについて、原始仏典の「一切」という
経の中で明確に定義されている。
この経は、釈迦の実証主義的な姿勢をよく表わしている。

『一切』
みなさん、わたしは「一切」について話そうと思います。
よく聞いて下さい。「一切」とは、みなさん、いったい何でしょ
うか。

それは、眼と眼に見えるもの、耳と耳に聞こえるもの、鼻と
鼻に匂うもの、舌と舌に味わわれるもの、身体と身体に
接触されるもの、心と心の作用、のことです。

これが「一切」と呼ばれるものです。

誰かがこの「一切」を否定し、これとは別の「一切」を説こう、
と主張するとき、それは結局、言葉だけに終わらざるを得ない
でしょう。さらに彼を問い詰めると、その主張を説明できず、
病に倒れてしまうかも知れません。

それは何故でしょうか。
何故なら、彼の主張が彼の知識領域を越えているからです。
(サンユッタ・ニカーヤ 33.1.3)

839 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:05:10 ID:ntDRezSQ
このように、現実を認識主体と認識対象とにわけて、その
相依関係(縁起するもの)を「一切」と定義した。

こうして、ものごとの成り立ちを単純明快かつ的確に表現
すると同時に、形而下と形而上の区別に明確な境界線を
示し、迷信や妄想が入り込む余地を排除している。

こうした論の展開もまた、釈迦の天才たる所以。

840 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:07:57 ID:ntDRezSQ
「一切」とは形而下のことであり、
「これとは別の一切」というのが、形而上のこと、つまり空想や迷信の
ことです。

841 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:15:02 ID:ntDRezSQ
▼「縁起の法(因果律)」との矛盾点

【例1】永遠不滅の真我があると主張する

【例2】因果関係が成立しないことを主張する

具体例:
A)教団に金品を布施することと、恋愛などの人間関係の
改善との間に、何の因果関係があるというのか。
加持祈祷で病気を癒そうとした、バラモン教の信者と同じ
ではないか。

B)データを暗記することと、世界の真理を感得することの
間に、何の因果関係が成立するというのか。
単なる洗脳ではないか。

C)カルマを“積む”というが、いったい“どこ”に積まれ、
“どこ”を経由して“消費”または“蓄積”されるというのか。
その計量的な判断は、なにを“根拠”にしているのか。
空想上の概念への盲目的信仰しか、根拠はないではないか。


原始仏教とオウム麻原の教義。
いったいどちらに「真理」があるでしょう。

842 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:28:42 ID:A/ThrbHC
>原始仏教とオウム麻原の教義。
>いったいどちらに「真理」があるでしょう。

そんなもん、一目瞭然ではないか。
ただし、「原始仏教」と考えたPCの前の諸君。
「麻原の教義」という言葉に惑わされてはならないぞ。
そもそも、逮捕されるまでに「全てを語った」わけではない。
単に、いきなり核心を説かなかっただけかもしれない、
という疑いは常に持っておくべきだ。
これまでに出たものだけで勝負や比較はできない。

843 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 02:51:29 ID:uUjpNVJ0
有無や断常の二辺を離れる中道からいけば、
アートマンがない、というのは断見になるような気がします。

844 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 03:02:35 ID:ntDRezSQ
中道というのは、形而上のことに対する姿勢を表わしたもので、
形而下については明確に無我の主張をしています。

釈迦が説いたのは、あくまで苦からの解放であり、生きるための
教えです。
形而上のことを議論することは、無意味だとも言った。

それに、あなたの論法でいけば、アートマンがあるという主張も
無意味ということになる。
もうその時点で、真我の主張は自己矛盾に陥ってしまう。

845 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 03:10:50 ID:B4k3W4Zx
>835キャンディ

ひまなら女を磨け
カネに執着するのは餓鬼だろ←オウムの教義ではナー
チミはオウムの呪縛から離れられないみたいだな
2chの教義広告塔説法士であり
一方ではオウム批判をしている
どっちつかずでは娑婆で幸せになれんそ゜

846 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 03:26:02 ID:A/ThrbHC
アートマンとは何ぞや、というところにも触れることになろうけれども、
一般的に定義されているところのアートマンというのは、
おそらく実際には実体を持たない、つまり、
あるかないか、という言い方であれば、「ない」に近いかと思われるね。
ただ、アートマンという概念を用いた方が、
何かと教導しやすいこともまた事実だ。

847 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 04:46:52 ID:B4k3W4Zx
>846
アート万とはヒンドゥー教ではあると言っている実体そのものだ
>839
形而下と形而上の境界線を引き形而下についてのみ論を展開しただけで天才とは胃炎よ
それは現代哲学、科学と同じ立場に立っているにすぎない


848 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 04:55:34 ID:B4k3W4Zx
まあ形而下の問題のみを扱う仏教とは西洋哲学の始祖よりちょこっと
頭が良かったって程度だな。そう思わんかい?
ところでチミ達花見に逝ったかい?

849 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 05:06:05 ID:A/ThrbHC
>>847
さあさあ、そのヒンドゥ教では「ある」と言ってる実体なんだが、
私はおそらく、ヒンドゥ教の人が思っているような形では存在しない、
つまり、ヒンドゥ教の教義であるところのアートマンなるものは
存在しないのではないか、と思っているのだよ。
アートマン、つまり真我と呼ぶに相応しいもの・・・というより状態は、
もう少々別の状態なのではないか、とね。

850 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 05:19:06 ID:B4k3W4Zx
オウム=ヒンドゥでは心臓にある芥子粒くらい光球だと明確に
定義している訳だが如来像仏教が言うような仏性とでもいいたいのか?

851 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 05:20:44 ID:ntDRezSQ
>>847
現代の常識人にとっては当たり前のことだけど、釈迦が生きていた当時に
してみたら、思想革命だったはずだよ。

それに、オウムに深く洗脳されてしまった人間が、洗脳を解くには
受け入れやすい仏教の文脈で語ることが役立つんだ。

ちょうど、釈迦が信心深いバラモン教徒の迷信を解いたようにね。

852 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 05:24:29 ID:ntDRezSQ
>>849
量子論とか宇宙論に関係する話かな?

853 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 06:10:05 ID:z/qDcqZ5
友北対セイラ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/

最初に「名前は麻原です。松本の名前は捨てました。」とか、「職業はオウムの主催者です。」とか。
麻原被告であり松本被告ではないのです。

オウムはウソばかりとありますが、大半は脱会してます。
証言がリンクしてますから「事実である」と認定されますし、物的証拠もたくさんあるかと。

岡崎がウソついてるって何で?
妄想?


854 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 08:06:52 ID:hPkyIcYk
「一切の形成されたものは無常である。」(諸行無常)と明かな智恵をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。
これこそ人が清らかになる道である。

「一切の形成されたものは苦しみである」(一切皆苦)と明かな智恵をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになるときである。

「一切の事物は我ならざるものである。」(諸法非我)と明かな智恵をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。〜ダンマパタより

そして一切の執着から離れることが、涅槃に入る道だと説く。
さて、一切とは?ここで知恵のあるものは気付く。


855 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 10:05:07 ID:D2irexO/
>>844
>それに、あなたの論法でいけば、アートマンがあるという主張も
>無意味ということになる。
>もうその時点で、真我の主張は自己矛盾に陥ってしまう。


アートマンがある、アートマンがない、とあなたが有無の二辺内で思考しているから、
そのような文脈になるんです。
わたしは最初に中道といってます。









856 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 10:10:34 ID:ntDRezSQ
>>855
既出です。
>>791-795 を見てください。

857 :snafkin:2005/04/10(日) 10:18:01 ID:9eNJpTPK
>説明は素晴らしいが、あんたがその境地を体現したのか
>あるいは、自分以外の人に、それを伝えることができるのか
>素晴らしい経典は残っている しかしそれを体現した人がいなかったというのが
>教組が既成宗教に失望した理由

私はまだ修行を始めたばかりなので、ヴィパッサナーの瞬間定(カニカサマーディ)
を実現したわけではありません。一秒間に数十回もサティ(気づき)が連続する
という体験をしたわけでもありません。それにより、人間の認識が瞬間に生じ、
滅していることをありのままに観察したわけでもありません。知覚経験が苦である
と理解したわけでもありません。「ここにいるのは自分だ」という感覚が破れたわけでも
ありません。しかし、自分がどのような修行にチャレンジするのか、と考えた場合、
テーラワーダの修行者の体験談、その理論には、ものすごいリアリティーを感じます。
 テーラワーダの師たちは、悟りを体現しています。麻原のように、最終解脱をした
などとふれ回らないだけです。テーラワーダには阿羅漢への修行システムが厳然と
して確立しているのです。麻原はその事実を知らなかったのでしょう。

体験談→
http://www.satisati.jp/5page.htm

858 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 10:47:25 ID:ntDRezSQ
毎回のことだけど、どうも無我の話になると、中道という言葉を使って
結論が出ることを避ける人がいますね。

釈迦は中道を説いている。
しかし同時に無我(an-aatman)も説いている。
これは矛盾じゃないか、と。

有無の独断に陥ることなく中道を貫くというのは、形而上の存在や
概念に対する姿勢のことであって、現実については無常であると
断言できるし、無我であるとも断言できるんですよ。

中道は、あいまいにして結論から逃げることではない。
話をはぐらかすことでもない。

だいたい
>有無や断常の二辺を離れる中道からいけば、
>アートマンがない、というのは断見になるような気がします。

という発言をする人は、真我を信じている人か、オウム(アーレフ)
の教義に影響を受けていることが多い。

カネゴンやぼんちリンポチェがよく言う、「有でも無でもなく、またそれ
以外でもない」などという曖昧極まる表現に、麻原色が強く残っている。

859 :snafkin:2005/04/10(日) 11:36:45 ID:9eNJpTPK
 釈尊は、検証主義であり、検証できないことについては語らなかった。
ゆえに、釈尊にとって一切とは、経験できることの一切であり、それら
の一々がアートマンではない、という言い方をされた。非我説である。
 「アートマンはない」という言い方は、検証できないものを否定するという
誤謬をおかしている。釈尊は一貫して、あくまでも、これこれのものは無常であり、
アートマンとは認められないという言い方をされたわけです。実に明確です。
こうして「一切」を検証し、「一切」はアートマンではないと結論づけたわ
けです。
 検証できないアートマンを最初に立ててしまって、それがあるとかないとか
言う議論は水掛け論になってしまうわけで、釈尊はそのことを見抜いていたから
わざわざ非我説という回りくどい方法をとったわけです。

>素晴らしい経典は残っている しかしそれを体現した人がいなかったというのが
>教組が既成宗教に失望した理由

本を紹介しましょう。
『さとりへの道−上座仏教の瞑想体験−』鈴木一生 春秋社




860 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 13:28:01 ID:Mq9nx7GY
私には疑問があったんだけど、オウムの教義では天の神神というのは
大変知性が優れ、神通を有すると。だから、来世天へ転生する人は
今生多くの神通を身につけると。つまり、来世の兆候が今生すでに現れている
状態と。あるいは来世ガキへ転生するなら、今生死ぬ時にはメシが食えない状態で死ぬと。
そういうのがあるんだけも、
普通に生活していても、思いやりが合って他人を助けることが自然にできる人がいる。
その人たちもきっと天へいけるとして、なぜ彼らには霊性が発現しないのかと。
来世天へ転生する絶対必要要素として霊性の向上が必要なら、人徳を積んだ彼らにも神通が
獲得されそうなものなのに、無い。てことは、霊性の獲得は絶対必要要因じゃないんじゃないかと。
だって、超能力がめずらしいからという理由で身につけたがるけど、人助けは興味ない
人のほうが、そうじゃない人より
良い転生するってのも人道に反するように思うんだけど。


861 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 13:35:11 ID:Mq9nx7GY
経典は昔から伝わっているから、現存するものが絶対正しいと言う確証も
残念ながらないわけで、都合が悪いとか、本の編集者が常識的に
受け付けられない範疇では削除されるというのもあるかもしれない。
この間、テレビで、実はキリストには奥さんがいた、という説を立てて
追っていくというのもあった。その仮説を支持する人の意見では
キリストに奥さんがいるというとまずいから、奥さんの存在を抹消したというんだけど。
釈迦の奥さんもあまり経典にハバをきかしていないが、実際はすごい修行者であったらしい。
しかし、奥さんを出しすぎると、なんだ妻帯していても修行はできるんだなという感覚をもたれるので
あまり表に登場させたくなかったとか。つまり、誤解を恐れて消極的に伝えると言うのはあるかと。

862 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 13:40:34 ID:9LaYqF99
色々な経典から松本被告の願望欲望に都合の部分をを寄せ集めてでっち上げるとオウムの糞教義になるんだが。

863 :snafkin:2005/04/10(日) 14:23:12 ID:9eNJpTPK
>霊性の獲得は絶対必要要因じゃないんじゃないかと
>誤解を恐れて消極的に伝えると言うのはあるかと

冷静かつ重要な考察だと思います。

864 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 15:04:41 ID:kC/sWkiV
キャンディって実家住まいなの?
いつ自立するの?

865 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 15:07:30 ID:kC/sWkiV
いるんだよね、何でも人のせいにして自分を正当化する人。
キャンディがオウムと一切関わりのない人だとしても、友達にはなりたくないな〜


866 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 15:12:54 ID:9namIn0w
覚りと霊性は比例していますね。
両者は独立的にあるのではなく、互いに求め寄り合う縁起相依
としてあります。

867 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 15:15:23 ID:9LaYqF99
れいせい 0 【霊性】


宗教心のあり方。特にカトリック教会などで、敬虔や信仰などの内実、またその伝統をいう。



868 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 15:48:07 ID:Mq9nx7GY
865
別に友達になってくれなんて、頼んでませんが
特に貧乏な友達はいらねーよ

869 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 15:52:41 ID:Mq9nx7GY
>いるんだよね、何でも人のせいにして自分を正当化する人。

本気でそういうなら、教団もあたしの世話にならずにメシを食ってくれ
少なくとも、私から巻き上げてサマナがメシ食ったのは事実なんだからな
数百万も払ったのに、サマナは道場で寝泊りできるけど
私はタダで道場に止まったことはないんだからな
サマナは毎日道場でメシ食わしてもらえるけど、私が教団にタダで
食わしてもらったのは一度きりだよ
あれだけ協力してやったのに、正当化だのなんだの今更言われたくねーよ
金返せオラあ

870 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:00:28 ID:Mq9nx7GY
第一あれだけ布施功徳積んだにも関わらず
仕事にありつけなかったぜ??
不景気も年のせいも実力不足もあるかもしれんが
面接も数回いったけど、書類で落とされたり
何も理由がないのにひどいやめされられ方したり
今金には困っているよ
ただ、親にぶらさがっているだけ
10年必死で布施したけど、どうも豊かになるどころか
落ちぶれているわ 結果がこうだとあまり人に布施しろって勧められないよ
仕事だって真面目にやったしそれなのに、社風にあわないとかわけわかんないこと
言われてやめさせられたよ
もうクビにされるのはいやだから、面接は受けにいかないよ
今はネットで多少のこずかい稼ぎさ。。

871 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:05:23 ID:Mq9nx7GY
教団で紹介してくれた男だって月収40マンとっているとか
言われて実際付き合い出したらすぐその仕事やめて
13マンくらいのに変っちゃったし、ウソばっか
私はちゃんと働いて舞毎月10マン布施してやってたのに
バカにスンなよ

872 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:08:23 ID:Mq9nx7GY
しかもよ、私はグルに布施するのが一番効果的といわれて供養したけど
その40マン取ってどうという男、私にこういったのよ
”オマエは教団に布施していたんだろ?
オレに求めるなよ”ってさ。元サなんだけど。。
ほんと、因果関係がおかしいよね

873 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 16:12:51 ID:9LaYqF99
>カネゴン@キャンディ
お前が信じ込んだ前提が一から十まで万事誤りだったことにいい加減に気づけよ。

874 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:15:31 ID:Mq9nx7GY
好きな人とは結婚できなかったから
せめてちゃんと仕事して、老後の心配がないようにしておきたいと
思っていたのにさ、自活もできんわ
数百布施して、好きな男とも結婚できず、仕事もクビにされ、よ
社会の底辺だわ オウム信者の末路だよ


875 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:19:15 ID:eMYh4Ojt
865
あーら。言うじゃない。
その通りよ。私は本当に思い込みが激しいの。
こんな私と結婚すれば、離婚する時は、きっと自分がした事を洗いざらい
亭主に恩着せがましく言い続けるわ。
自分が働いた金で食費にしてやった。働きながら皿洗い洗濯してやった。
これと同様なのさ。ふん。
でも少し頭が足りないから、裁判するほどにはなれませんわ。

てか、月40万で心が動いたなんて貧乏臭かったわ。はんせい
バブルなら月200は貰ってなきゃね。バカでもそのくらいもらってたものね。

わたしを賢いとおもってたのか?


876 :snafkin:2005/04/10(日) 16:19:33 ID:9eNJpTPK
>覚りと霊性は比例していますね。
>両者は独立的にあるのではなく、互いに求め寄り合う縁起相依
>としてあります。

このご指摘を否定はしませんが、少なくとも、次のことは言っておきたい。

 クンダリニーが覚醒しようが、しまいが、チャクラが覚醒しようがしまいが、
ヨーガ的にどのようなエネルギーの状態にあろうが、あるまいが、阿羅漢
という状態は成立する・・・と考えた方が、有害でくだらない執着心を起こ
さずに済みます。

 強い神通力を持った阿羅漢もいたし、それほどでもない阿羅漢もいた。
釈尊は人々の前で、神通を見せることを禁止した。阿羅漢の価値は、そういう
こととは別のことで、四諦の真理に基づいてニルヴァーナを実現している
ということにつきます。

 一応、念のため・・。

877 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:25:25 ID:Mq9nx7GY
20代には面接で落ちたことが一度もなかったよ
それでお金に不自由が無かったときは、オウム漬だったから
17マンとっても一万の服を買うのにすごい抵抗があって買えなかった
これを布施にまわしたら、救われる衆生もいるかもしれないのに
自分が使うのはまずいんじゃないかと、思っていたからね
プールも海もいかなかった
一万8千円で、買ったペットが一番高いものだったね
教団には数百布施したけど、自分のためには使わなかったよ
そのペットも死んでしまったわ、悲しかった。。
オウムやめたと思ったら、今度は自由になる金がないよ

878 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:26:12 ID:eMYh4Ojt
876
おほほほほ。あなた私には難解よ。私はロリータなの。ウゲッ
自分でいって吐き気が・・

神秘力は、通常自我の無い状態に至ることで自然と得られるものよ。

エゴの為に相手が考えている事を知りたいと思っても得られないの。
例えば尊ばれたい、愛されたい、自分を守りたい、これはエゴよ。

また、相手の気持ちがわかったところで、それによって人をさげすむ
気持ちが少しでも動いたりするものであっては駄目よ。
それは反動として自分にかえり、その作用で微々たる能力も無くなる
方へ向くのよ

「あんた何考えてんのよ〜。」と怒りがこみ上げてきたりね、
そのうち、多くは疲れるか気が狂うか人から離れて居たくなり能力も封印
しようとするわ

外的訓練でそれらを強引に行うことも出来るけど、必ず悪い結果となるのよ
神秘力は、実際に世界を思うままに動かせるし、何が起きるのかもリアルに
見えるのよ。
それがエゴの為に利用したとしたら、どうなると思います?
その気持ちは全て自分に戻ってきますわ。周知の法則によって。

でも痛い思いをしても理解できないのが私を含め人のバカな所よね


879 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:35:51 ID:Mq9nx7GY
結局、男も自由にはならなかったし、
かわいがってたペットも死んじまったから
もう、”命のあるもの”には心を向けるまい、と思ったんだわ
ペットをみると、あと何年くらいしか生きられないだろうと
思うようになったよ 好きなんだけどね
私が金の信者になったのはそういう理由さ。。
しかしなあ、金も自由にはならないね(苦笑

880 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 16:44:33 ID:eMYh4Ojt
いいこと思いついたわ。

金持ちの男よっておいで。
私のペットにおなり。可愛がってあげるから。
君の名はポチよ。「ここほれワンワン。」と四つんばいで言いなさい。
これが四無量心よ。うふふ

881 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 19:59:59 ID:Yy2V1/k2
>ペットをみると、あと何年くらいしか生きられないだろうと

亀、鶴、象などを飼えばいい。特に亀は長生きだ。うまく飼育すれば
40年くらい生きるらしい。記録としては180年生きた亀がいたとか
(飼育した記録ではない)ただ、平均的に長生きする動物は人だから
旦那を捕まえるほうがいいかもしれない。特に日本人は世界一長生きする。
また、植物なら数千年生きることも可能。盆栽を趣味にしろ。
で、ペットが死ぬのが嫌なら、死んでから細胞を取り出し、クローンを
作るという手もある。外国のどっかでやってるでしょ。


882 :単純作業員:2005/04/10(日) 20:19:26 ID:2PxUy2Dh
>824 >>んで、子供作らないって人ね

まー、子供を作るって自分の分身を作り出すことだしね。
今あなたが子供作っても あなたが自分の心を癒そうとしない限り、
あなたと同じ寂しい子供を作るだけだろね。

子供の心の不健全さは親の心の闇の投影なんだ。 だからあなたは悪くない。
親が心に闇を持ってたんだ。その点を認識する事が重要なんだ。

あえて言うなら、親が心の病気だったんだ。親の心は不健全であるまま アナタに接し続けた。

そういう視点で自分の生い立ちを考えてごらん。
不愉快なこの僕の文に感情的に反論する前に 冷静に自分の考え方を矯正してみよう。

同居している、 その点から 共依存の状況も垣間見える。
こりゃつらいだろな。可哀相という感情と親のエゴ、子供のエゴがごちゃごちゃに見える。
まず自分が幸せになる。というはっきりとした意思を持とう。 後の事はその後考えよう。

883 :単純作業員:2005/04/10(日) 20:20:52 ID:2PxUy2Dh
同じ事がオームにも言える。
麻原が狂っていたんだ。だからその弟子たちが苦しむんだ。

麻原は徹底的に自分を嫌っている。そんな人間が 自分の弟子たちを信じると思うかい。
彼は他人を信じていない。だからこそ 自分の便利屋、使い捨て、物として 非人間的に弟子たちを扱えるんだ。

前出の麻原と弟子の会話をよく観察してごらん。
麻原は、弟子たちのレベルアップを望んでいない、どんな修行してもそれを認めたりしない。
修行という 結果の伴わない事ばかりを繰り返させていることで、自分を大きく見せようとしてる。

厳しい修行をしてる信者は 麻原はこんな苦しい苦行を超えてきたのか。などと勘違いしてくれるしね。
勉強せよ。。という親ほど 自分自身が勉強してこなかった親である事くらい皆さんでも知ってるでしょ。

また 脳内エンドルフィンが色々な幻覚を作り出すことぐらい 信者さんたちは知っていてほしい。
麻原の言っている事は、ジョギングを繰り返し、ランナーズハイを経験せよ、といっているようなもの。

他人を金儲けの道具と割り切る事の人間には 心のタブーが存在しません。
どんな方法であっても人間を騙そうとする。
麻原は、他宗教でそのシステムを身につけて、オームを立ち上げた。それは知ってますよね。。。 >信者さんたち・・

お布施をしないと救われない。 これこそが 麻原たち、カルト宗教、教祖持ちの 待ち望んでいた信者の姿なんだよ。

ps:些細な「麻原の良いとこ」 「教団の良いとこ」を見つけ出し、それにすがる事は、
   DVに苦しむ女性が、「それでも優しくしてくれるときがある」と つぶやく姿に似てます。
   女を殴る男はくずです。

884 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 20:24:48 ID:4zvwnQkP
キャンディ粘着だな。一生オウムの事を語りながら生きていくんだろうね。
これまでの人生よりこれからの方がずっと長いのに、過去にとらわれてバカみたいだ。
ああ言えばこう言う、これってキャンディの事だと思う。


885 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 20:49:09 ID:Pa65ANmx
>>777 某団体より貴殿の行き過ぎた行為(名誉毀損)において
告発されてる貴殿の書き込みは非常に迷惑です。

 告発などされては居ません。

886 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 20:52:20 ID:cjc0lYiV
単純作業員は何でも悪いのは親だといいはります
自分のことは眼中にないようです
あんたも少しおかしいね
私の親がどこが悪いのか、言ってもらおうか
名誉毀損だよ ひとんちの親を悪人よばわりして

887 :カネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 21:00:33 ID:cjc0lYiV
>これまでの人生よりこれからの方がずっと長いのに

これからどんどんシワが増えるんだよ!!
長生きしながら見たくないものを見るんだ
やっぱ、ピチピチ若いのとオバンは別の生き物だよ

それより!!!
ばーちゃる道場作ってよ
今、ネットで墓参りとか流行っているんでしょ
おれさあ、振込み元さえ特定されなければ、布施振込みとか
いいと思うんだよねえ
ネットで気軽に道場参りいって、今日はジョウユウとか教組とか
好きなの呼び出して拝んじゃう んで一回10円とかよ?
月末に集計して請求してよ

888 :単純作業員:2005/04/10(日) 21:13:10 ID:2PxUy2Dh
>886
>>私の親がどこが悪いのか、言ってもらおうか

アナタが愛情に執着する、愛情クレクレたこらに見えるからです。
彼氏に振られた事で 自分の全てを否定してしまう、心の余裕の無さからも それを感じます。

まー 怒らず、 自分が寂しい思いをした事、悲しい事、自分が悪いと卑下してしまった出来事なんかを
思い出してみて、 幼い自分には 罪が無かった事実を 思い出してほしい。

子供って白紙だよ。

親兄弟、オームと麻原。 守るんなら、そこにある間違いくらい ちゃんと認識すべきだよ。

親だって人間だ。ただの人間なんだ。
そんなおろかさが、あんたに自信のなさと罪悪感を植えつけたんじゃないのか?

何で、 親どころか、麻原までも否定できないんだい。

889 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 21:43:27 ID:Pa65ANmx
>>888 子供って白紙だよ。

 仏教の基本的な教えでは、白紙ではないですよ。オウムでも同じだ。

>>親兄弟、オームと麻原。 守るんなら、そこにある間違いくらい ちゃんと認識すべきだよ。
親だって人間だ。ただの人間なんだ。
そんなおろかさが、あんたに自信のなさと罪悪感を植えつけたんじゃないのか?
何で、 親どころか、麻原までも否定できないんだい。

 親がただの人間であったとしても、間違っていたとしても、キミたちを養ってくれているのでは
ないでしょうかね。オウムの教義でも同じ事を言っていたよ。

 オウムの教義を議論する為のスレッドであることを忘れないでください。
 

890 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 21:46:04 ID:Yy2V1/k2
キャンディさんはアーレフで修行するべきです。
メッターダッシン師に言ってあげます。

891 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 21:46:27 ID:Pa65ANmx
>>888 子供って白紙だよ。

 仏教の基本的な教えでは、白紙ではありませんよ。
オウムの教義でも同じだった。

誰しも先天的なカルマを持って生まれてくるのです。
それが、後天的なカルマと合わさって、その人のカルマになります。
後天的なカルマの中には、他者からもらい受けるカルマというのもあります。



892 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 21:48:32 ID:Pa65ANmx
>>888

 仏教が、過去生について言及するのも、そういった意味があるからなのですよ。
これは基本中の基本ですので、これを踏まえた議論をお願いします。

893 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 22:08:30 ID:Pa65ANmx
>>890

 ここの議論の分かる人に、オウムは必要ない。
なぜ引き込もうとするのか?

 オウムは確かに仏教であるが、既に自己撞着してしまっている。
オウムで提起した宗教の条件を欠いてしまっている。

 >>891に書いたように、むしろ、彼らの悪いカルマを貰い受けてしまう危険性もあるのです。

俺に言わせれば、オウムは、被害者賠償の為にある団体。そう考えた方がいいのではないかと思う。

894 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 22:11:18 ID:Pa65ANmx
 オウムは確かに仏教であるが、既に自己撞着してしまっています。
オウム自らが提起した 真の宗教の条件 を欠いてしまっているのです。
それにもかかわらず存在しているのは、欺瞞と言う他無いけれども、(俺に言わせれば、)
オウムは、被害者賠償の為にある団体。
むしろ、そう考えた方がいいのではないかと思う。



895 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 22:12:42 ID:eMYh4Ojt
888
あんたもカウンセラーよろしく、いろいろと聞きかじった事をぶつけてくるじゃん。
精神心理学では多少異端的な存在ではあるけど前世療法なるものもあるのよ。
でも、そんなことはどうでもいいわ。

あなたには押しつけがましい優しさを感じますことよ。それは蔑んで見られている。
と感じる人もいてよ。だから妙に意識の私はイライラしたりするわけ。

私は自分の事を悪く言う人に一切耳を傾けない人間だし、
あんたの荒削りな愛情の押し売り。というスタイルに引くわ。
だから気をつけてね。

わたしは、身も心も枯れたトシマよ。これからシワシワだって意識も感じてますわ。
体は幻影と言いながらとっても固執してるでしょ?
オウムが真理と言っても、ポイント毎に態度では否定的な見方をする私。
だから私自身、混乱する毎日やんけ!!

30年後、言いたい事が周りに理解されずに偏屈で頑固なババアになるのは
私の中でリアルに見えてますわ。感じるんですもの。超越馬力よ。

でも、私に優しく声をかけてくれるイケメンの介護士にだけはよだれを垂らして
しわくちゃな満面の笑顔で接してるの。これだけが楽しみ。
嫌われようともここでさんざん鍛えられてるから麻痺してるしね。
うふ。うふふ。うふふふふふ。



896 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 22:13:25 ID:eMYh4Ojt
894
なんども言い直さなくてもよくてよ。

897 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 22:24:02 ID:Pa65ANmx
>>896

  オウムは確かに仏教であるが、既に自己撞着してしまっている。
オウム自らが提起した 真の宗教の条件 を欠いてしまっているから。

 この種の基本的な事項を忘れて議論している人たちが多すぎるからね。

 俺も何度も書きたくは無いので、話の蒸し返しは止めましょうや。


898 :目撃者:2005/04/10(日) 22:27:51 ID:7/i6hi1z
阿佐谷北は、菊池直○とセックスした!!!

899 :阿佐谷北:2005/04/10(日) 22:30:43 ID:Pa65ANmx
>>898

 見つけたのなら、賞金が出るよ

900 :名無しさん@3周年:2005/04/10(日) 22:32:05 ID:Yy2V1/k2
(尊師)私の性格はそういう性格だからね。相手がその心の中つくってると
、そこをどんどんつっついて崩していくから。というのはね、本音で生きら
れるようになれると、人間幸せになるんだよ。建前で生きてるより。
そうだろやっぱり。つっつけないもんな。
(H)それ以上出しようがないし。
(尊師)ねえ、それ以上出しようがないもんね。
(H)いじめていただいた方がいい。
(尊師)初めは恨んだんだんよな。
(H)はい。恨んだんです。
(尊師)わかったぞ。やあ、できるだけ麻原のそばにいないように
しようとか。あのね、僕はね、あの初めみんなを大切にするでしょ。
内側に入ってくるといじめるんだよ。なぜいじめるかというと
、修行の過程がそういう過程なんだね。これは、あの、どのグルも
同じことをやる。初め優しいわけだ。ああ、あの人のそばだったら
飛び込んでいきたい。そうするといじめるわけだ。なぜいじめるかと、
いじめることによってその人の本質が出てくるから。修行なんだよ、
それは。修行させてるわけだ。


901 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/10(日) 22:55:52 ID:eMYh4Ojt
>897
私の知る何人かの公安とあなたのオーラはそっくりよ。

902 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 01:49:53 ID:mZ/AuieD
正しい宗教の四つ(五つ)の柱の話が出たけど、

勿体ぶって書いてるてーらわーだの香具師、確かに教義はそれなりに
あるだろうし、ご自慢のぶぃっぱさなー瞑想を含めてそれなりに修行
体系もあるんだろう。
でも成就した人っているの? どんなステージ? グルは? イニは?

903 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 01:51:19 ID:5KmT+hT5
■アーレフ的問題提起

- 体験主義と煩悩滅尽という言葉の定義 -

では、聞くが
あなたの煩悩は消えたのか。
あなたはその境地を体現したのか。

もし、そうでないなら、あなたの言うことは絵に描いた餅に過ぎず、
何の意味もないではないか。

あなたは今生において煩悩的なデータを修習しづつけてきた。
それで、物事を正しくありのままに見ることができるのか。

あなたが正しいと主張する伝統仏教で、実際に心の解放をして
みせることはできるのか。

もしも伝統仏教が、葬式でお経を唱えるような形式的なことしか
できない、実効性に欠ける無力な宗教ならば、あなたの主張は
欺瞞でしかない。

>>818 >>828-829 より)

904 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 01:56:40 ID:5KmT+hT5
>>903
これに対する回答の一例
 ↓
>>876 「神秘体験と悟りは無関係」

905 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 02:02:42 ID:lYJJbL3a
昨日のアストラルコンサートとてもよかったでつ(o^o^o)

906 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 02:36:59 ID:5KmT+hT5
>>903
「煩悩滅尽」物語

オウムの「煩悩ゼロ志向」を、ある方程式に当てはめてみた。
その方程式とは、「Y=aX」である。

Yは、得られる結果。
Xは、外的条件。
係数aは、わたしたち人間の内面の欲求の値を表わしている。

この方程式は、縁起に基づき「係数a」と「外的条件X」が相依する
ことで、「結果Y」が導き出されるということを表現したものだ。

ここでオウムの成就者の例を、方程式に当てはめてみよう。

オウムの成就者は、欲を滅尽し尽くしているので、いかなる外的
条件にも左右されることなく、常に「係数a=ゼロ」で返してくる。

すなわち、
Y=0X
Y=0
このように、常に同じ結果となる。

907 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 02:37:30 ID:5KmT+hT5
例えばオウムの成就者が、三日三晩、飲まず喰わずの状況に
なったとしよう。
Y=aX
Y=0X
Y=0

さらに、三日三晩、飲まず喰わずの状況になったとしよう。
Y=aX
Y=0X
Y=0

さらにさらに、三日三晩、飲まず喰わずの状況になったとしよう。
Y=aX
Y=0X
Y=お陀仏(成就)

これが「煩悩ゼロ志向」の果報である。

908 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 02:38:03 ID:5KmT+hT5
適切なYを導くために、入力Xに応じて、その都度
適切な係数aを返す。

これを「中道」という。

909 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 03:15:14 ID:5KmT+hT5
これによって、【悩み煩う】生き方から解放されるだろう。

910 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 04:24:20 ID:CQ0YMw+d
教団は今ごろになって信徒に就職しなさい正社員になったほうがいいと
言ってるらしい。でもよ、もう手遅れなんだ10代20代のころ信徒の
進路邪魔したくせにイマサラそんなこと言うんじゃねーよ。
古参信徒は貧乏なやつが多くて教団に金入らないんだろォ
そうさせたのは他ならぬ教団だろーが。どこまで勝手なんだコノ教団ハ。。




911 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 05:18:03 ID:+IpbYhGt
教義という枠組みがある自体 信仰として不完全です 教えられた事しか出来ない烏合の集を作るだけです 宗教家は そこに気づかないと 悟りとは逆方向に離れていく事でしょう

912 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 09:47:27 ID:ua5VIAMV

一般人のあたしから見たら、勝手に宗教に引っかってイマサラそんなこと言ってるアナタも
たいして変わらないと思うけど。
教団にお布施しながら支えてきた信者(と元信者)だって麻原の共犯者じゃ〜ん?
イマサラ自分は被害者だなんて言って、どこまで勝手なんだコノ信者(元信者)ハ。。

913 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 10:00:26 ID:jHiCuP7w
>古参信徒は貧乏なやつが多くて教団に金入らないんだろォ

てゆうか、日本全体が貧乏な方向に向かっているんだよ。
つまり、一億総中流っていう過去の基準は崩れつつある。小泉のやっていることは
アメリカのように貧富の差の激しい社会に移行させようとしている
これからは貧乏人が増え、一部の人間が「勝ち組」の金持ちとして生き残る
だから金入らなくて当たり前!世の中はデフレで物の値段が下がっているのに
何でイニとか説法会、セミナ代金、本CDとか全然値下げしないんだろうか?
俺の感覚ではまだまだ高い!CDなんか1曲入りで3000円、6曲入りで
20000円もする。が、
他宗教の相場でいくと3曲くらい入って1000〜1500円ってところ。
もちろん市販の音楽CDなら3000円出すと6曲から10曲以上入っている
本も教学本は一冊3000円〜4000円もする。他の宗教の相場だと
あれは1000円前後でいいと思う。
煩悩破壊の前にまず価格破壊すべきだな



914 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 10:05:12 ID:jHiCuP7w
>教団は今ごろになって信徒に就職しなさい正社員になったほうがいいと
言ってるらしい。

今就職すげえ難しいよ。バイトすら難しい。なったほうがいいと言っても
簡単になれる時代じゃない。それは景気が良いときの常識。
バブルの頃に発生した泡宗教だから、サマナの頭の中はまだバブルと
同じなんだろね。

915 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 10:17:44 ID:jHiCuP7w
バブルの金まみれの時代に、幸せは金や物ではなくて内面精神的な
ものにある、と打ち出した宗教だから(表向きは)、もう今の時代に
通用しなくなっているんだよ。今の時代年間3万人も自殺するけど、
その何割かは経済的な事情。金あれば救われる奴が多い。

昔、教会のサークルに行っていたことがあるんだが、ある20歳の女の子
がシクシク泣いていた。その女の子は九州から出てきて一人暮らしをして
いたのだが、何かの事情で金に困ってしまったらしい。牧師さんと面談して
いたようなんだが、面談が終わると、牧師さんは財布の中から万札を3,4
枚取り出して、その女の子に与えた。そのしぐさがあまりにも自然なので
俺はさすが宗教者だと感心した。オウムだったら金に困ったら布施しろ
というのだろうな。サラ金から借りてでもやれと。本末転倒だよ・・・

916 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 10:17:51 ID:qwFLHiQt
912
そうよ。私はそんな都合のいい人間なの。一般常識なんて通用しないのよ。
私のカキコ見てればわかるでしょ。
どこまでも勝手なのよ。それは私の場合死ぬまでよ。

私は被害者としてしか考えられないの。いくら言われても私は知らなかったのよ。
こんなのが通用するのは常識の通用しないオウムだからよ。

真理を本当に心と体で理解してる人間ならここでオウムの教義が正しいなんて
議論してないから



917 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 10:22:35 ID:qwFLHiQt
913
あんたバカじゃない?

オウムは、煩悩破壊じゃなく、人格破壊するところよ。
あなたが壊れれば値段なんて関係ないのよ。わかった?


918 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 10:26:27 ID:jHiCuP7w
大阪道場なんて西成のあいりん地区の近くにあるけど、ホームレスとか
救済してるのかね?「この辺はガラが悪くて、変な人多いんですわ〜」
とほざいていたけどね。(だから大阪道場は警戒心が他道場に比べ高い)
キリスト教の団体は炊き出しやっており、サイババの団体は
無料で弁当を100食以上配っているが、おまえらはやらないのか?
おまえらは布施しろというのか。彼らを救うのはおまえらのイカレタ
教義ではない。食料や生活用品や金だ

919 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 10:49:12 ID:jHiCuP7w
賠償金の支払いなんて、早い話、自分達の犯した罪を償っているだけで
自慢でも何でもないんだよ。
にもかかわらず、「私達は賠償金を払っており、謝罪もしているのに、
世間の人に理解されていない」とほざく。そんなことは宣伝する必要も無いし
わかってもらう必要もないだろ。自分達の撒き散らした汚物を片づけるのは
当たり前のことであってそれ以外の何ものでも無い。極言すれば世間に
まともな団体と認めてもらう必要すらない。理解してもらいたいと考えるのは、
バッシングが嫌か、信者を獲得して拡大しようという欲があるからですわ。

前に報道ステーションで、脱会した信者は賠償する責任を放棄して逃げてしまい、
自分達は放棄しないで教団に残っているから、さも偉いんだ、みたいな言い方を
するサマナがいたが、とんでもないことだよ。自分達とは関係の無い困っている
人達に施しをすることが偉いんだよ。

920 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 10:52:40 ID:qwFLHiQt
918
案外、事情に詳しいわね。
彼の立場からはどんな教義もいかれてるわ。


921 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 11:05:14 ID:jHiCuP7w
これからの時代はホームレスは他人事ではない。
もし、食うに困った状態になったとき、天理教やサイババの団体
に駆け込むことだな。また、当たりはずれはあるが、キリスト教会でも
飯は食わせてくれる可能性が高い。
普通の葬式仏教の寺だと追い出されるか、警察に通報される可能性があるから
注意すること。
オウムの教義を学ぶことによって救済される?のなら、オウムでもいいが、
勉強会でさえ300円取られる。説法会だと3000円だ。
300円すら払えないホームレス状態の人には無理だ。
アフリカやイラクに支援物資を送っている宗教は山ほどあるが、
オウムにそんな余裕は無い。下手すると自分達が救済される側になるかもしれない
のに、何で救済、救済って言うのかな(苦笑)



922 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 12:06:10 ID:qwFLHiQt
921
くわしくあなたの事は書かないわ。
でも、あなたからは、とにかく愛されたい欲求を感じるわ。
甘えん坊さん。かわぃぃ。


923 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 12:10:49 ID:jHiCuP7w
↑ネカマ丸出し

924 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 12:58:27 ID:qwFLHiQt
>923
そのように区別する事が苦の始まりなのよ。


925 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 13:15:02 ID:acXt+hmo
>キリスト教の団体は炊き出しやっており、サイババの団体は
無料で弁当を100食以上配っているが、おまえらはやらないのか?

だからさ、その金はどこから出ているんだよ
結局、誰かが出しているんだよ サイババなんか自分で働きにいくわけないよね
だったら、信者が出すんだよ
出す信者と出さない信者の差があるってだけ

926 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 13:20:29 ID:acXt+hmo
思い出したが、教組はタイーホされる前に
「サマナが在家の方にごやっかいになるかもしれない」
「教団は一度つぶれるだろう」と言っていたよね
私はたしか、目の前でその説法聞いたよ
だからサマナも必死なんだよ
てか、賠償金ん億?という負債がある以上、勉強会でもタダにしろと
主張することが空しい それどころか勉強会一回3マンにでもしたいのが
本音だろ??

927 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 13:43:18 ID:acXt+hmo
世俗の学校に通っても煩悩的になるだけとか、いわば世間でオチこぼれに
なることばかり教えてきているのに、今更正社員になれっての??
信者が道場でアホマントラ唱えているヒマに、世間の人は仕事のことばかり
考えて暮らしているんだよ それだけ必死に仕事したって、つぶれる会社は
つぶれるし、破産する人はするし、修行者に勝ち目なんかあるかね

とは別に、私は神に対する純粋な信心ってのに多少あこがれがあるから
(別に教組に対してではなくて、一般的に神ね)
もし、信心した結果、食えなくなってマジで飢え死にしても
それが、神から与えられたものであるならば、何でも喜んで受け取るという
、、、純粋な神の信者であるならば、信心した結果が豪邸で暮らすことに
なろうが、飢え死にであろうが、それは全く同じことに見えるはずだ、と。
なぜなら、もしいの一番に神、すべて神、と思えるならば、たとえ貧乏でさえ
”神がアタシに与えてくださったのだ”と思えるならば、それは天上の暮らしそのものに
なるはずなんだ。それがバクティヨガの究極だし、そこらへんラーマクリシュナの
バクティヨガなど読むと大変美しいと思います。。

だから、勉強会300円でブーブー言う人は、真理を知りたいという気持ちはあっても
バクティの何たるか(えらそう)などこれっぽっちもわかっちゃいないというか
常識が大事なだけかと。
ただ、そういう純粋な信仰を利用して、金儲けに使う人間がいるのが卑しいだけだよ。

928 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 13:57:49 ID:acXt+hmo
結局、キライなグルにものを教えてもらおうというのが一番問題なんよ
それは私もキライだと思っていたけど、愛しているグルのためだったら
自分が昼メシ一回抜いて、布施することに苦痛でなく喜びを感じられるはずだしね

ただ、こういうカキコを見て、頭の弱い信者をだまして一儲けしてやろうと
考える人間がいるのがまずい
オウムの場合、集めた金を結局ウソついて、事件隠蔽のためにほとんど
使いやがったというのが、そして事件隠蔽と救済を屁理屈でくっつけたというのが
いけない 信心して出した金が、サリンに化けるというのではやりきれない
それも、さんざん洗脳して、サリンまきも救済のうちってことになっていると
いやはや



929 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 15:32:34 ID:qwFLHiQt
926
言い方を変えるわね。
教祖はトレー一杯にいれたドーナッツを持って店を出た。
店員にだ捕される前に、彼がサマナ達に一言、
「あなた達は、一度、ミスドから請求されるだろう。」と・・・。

私は過去を振り返り、彼はこんな事を言っていたと理解したわ。
私も意外に極度の思い込み人間じゃないでしょ?

本当の聖者は何か目的が有れば自分一人でしますわ。
人の心は、とてもうつろうものだからですし、そんな目的なんて
本当は無いのです。救済したいと思うなら、ゆっくりしています。
そんな人に出会っても普通は何もないので確率は無いに等しいわ。

オウムでもカメの話しをしていましたわね。
オウムはおいしい餌をばらまいて、多くのカメを生け捕りにする
悪徳スッポン料理屋だったのよ。


930 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 16:29:32 ID:lYJJbL3a
913〉昨日のアストラルコンサートで販売していたCDは7曲入って3000円でした。綺麗に作っていても相変わらず青色の焼いたCDでしたが。
信徒の人は「うわ〜お得だね」って言ってたけど、オウムとは知らずに来ている人もいるだろうし、20000円取ったら逆に変ですよね。
英語で大乗の発願が印刷されてるだけでもギリギリ。TVで見る人も結構いたし(杉浦弟さん?)
でも内容はとても素晴らしかったです。とある市民ホールが半分ほど埋まったけど収益は寄付するというし、こういう穏やかな信仰だけなら理解もできるし賛同できますが。
今でも信じてくれている人達と旧団体の被害者達を再び傷つけることのないよう、埃程度の違法行為も犯さない穏やかな宗教活動をしてほしいものです。

931 :すっぽん:2005/04/11(月) 17:40:20 ID:x2rdd+kh
スッポン料理屋というのを見て、
ふと思い出したことを書くよ。

あるとき私はスッポン料理を食べに行った。
そこは有名な店らしく、
巨人軍の清原選手も食べにきたそうだ。
スッポンの味は鳥肉と似ていて、
決してまずい料理ではなかった。
スッポンの血とかも飲まされた。
これは見た目が非常に不気味だが、
リンゴジュースと混ぜ合わさっていて、
リンゴジュースの味になっていた。


932 :すっぽん:2005/04/11(月) 17:42:40 ID:x2rdd+kh
さて、そこのおやじの顔が、
実にスッポンの顔に似ていた。
毎日毎日20匹以上の生きたスッポンの頭を、
そこのおやじはちょん切っているらしい。

一緒に食べにいった人が、
あれはきっとスッポンの霊が付いているのでは…
とか言っていた。
私は適当に話を合わせておいたが、
今、思えば、
あのスッポン料理屋のおやじさん、
次はスッポンに生まれ変わるのだろうか?
そして、生きたまま首をはねられ、
また、スッポンに生まれ変わり、
また、首をはねられ、
自分が殺したスッポンの数だけ、
スッポンに生まれ変わるのだろうか?
そんなことを思い出した。


933 :単純作業員:2005/04/11(月) 20:36:14 ID:CHy9qW+g
このスレではなぜかスルーされていますが、僕が一貫して主張しているのは、
愛情(愛、慈悲、etc)は こちらから与えるものであるってことです。
見返りを求める事の無い愛情を、自然に発する事の出来る人は、
逆に愛情を素直に受け取る事の出来る人となります。

興味深いスレがあります。一度読んでみてください。
 ☆☆アダルトチルドレン6☆☆
 ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1103792628/l50

オームスレを読んでいて、カルトと呼ばれる新興宗教の問題点が見えてきた気がします。

最初は、輪廻や前世、死後の世界と地獄などをえさに 悩める人たちから、金をぶん取ろうとする事が
問題なのだと思ってましたが、その根底にあるものに気が付きました。

「カルマ」ってヤツです。

前にも書いたように 不健全な家庭に育った、愛情に飢えた人間は 
自分が悪いのだと納得する事でしか 自分を守る方法を知りません。
その結果 自信が無く、自分を愛せない人間に成長てしまいます。

そんな自分を合理的に納得させる方便として、仏教用語の「カルマ」なる言葉が 
都合よく用いられたんでしょう。
自分を攻め立てる為の方便を やすやすと受け入れてしまう事が問題なんです。

「カルマ」の法則が確かなのではなく あなたたちの心が「カルマの法則」に
心地よさを感じているだけなんです。そうすれば身内の不健全さを暴く必要もなくなるからね。
アナタたちを追い込んだのはあんた自身ではなく、また社会でもない。
幼かった心がまだ癒されていないだけなんだ。   また怒られるな。
ぼくには こんな書き方しか出来ない。。。反省してます。

934 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 20:46:00 ID:/ZYn1CwB
普通こんな胡散臭い連中の所に逝ったら、すぐマズいなって思うじゃん。
なんで気づかないのでしょうか。バカですよねw
きっと寂しかったんでしょうか。(プ
騙されるバカが悪いんですよ。

935 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 20:47:22 ID:/ZYn1CwB
まあ、宗教なんかにうつつを抜かしているやつは
寂しがりやかバカですけどねwww

936 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 20:50:02 ID:/ZYn1CwB
満たされない思い、友達のいない寂しさ。

悪辣な大嘘つき集団は、あなたの心の隙に入り込んで、あなたの財産を狙いますよw



937 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 20:51:02 ID:/ZYn1CwB
バカにバカといっても、気がつかないでしょうけどねw

気がつかないからこそ、宗教なんぞに騙されるんですよ。

938 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 20:54:56 ID:/ZYn1CwB
宗教にハマるバカはどこか幼稚なんですよ
変なキモい宗教用語得意気に使って、バカじゃないのお前らw
カルマとかwww

939 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 20:58:47 ID:acXt+hmo
もうずいぶん前にアダルトチルドレンの本は買って呼んだことがあるよ

でも、海外の、アメリカかどこかの国のことだから、だいぶ事情が
違うんじゃないかと思って、そんなに参考には自分はしなかった
というのも、書かれていた事例ってのが、ちょっと日本の常識では
考えられないほど、ひどいものだったからね
アメリカは病んでいると思ったよ
でも最近では日本でも身内の虐待とかよく聞くようになったけども
犯罪も欧米並みだしね

でも、カルマの法則が悪いのおかしいのってのは、私はぜんぜん思わない
何か悪いことが怒った時、他人のせいと思うより、自分に原因があると
考える方が妥当だと思うがね
仏教というのは、原因と結果の教えなわけ


940 :単純作業員:2005/04/11(月) 20:58:50 ID:CHy9qW+g
>934-938
すごい勢いですね。
何か宗教に恨みでもお持ちですか?

逆に なぜか、アナタの劣等感が垣間見えて来るんですが、
何か社会生活にご不満でもお持ちですか?

941 :単純作業員:2005/04/11(月) 21:08:37 ID:CHy9qW+g
>939
>>何か悪いことが怒った時、他人のせいと思うより、自分に原因があると
   考える方が妥当だと思うがね

子供はしかれば大人になれますか?しつけは厳しいほうが良いと思われますか?
自分に原因があると認識したなら、まずその自分自身を救うべきでしょ。
まず自分を癒し、問題点を見つけ出す作業とその方法、過程が重要なんじゃないですか?

自分自身が自分を信じないのに、どうして成長できますか?
是非、先ほどのスレを読んでみてください。
皆悩みながら、戦っています。


カルトとは奪うだけの宗教のことです。何も与えようとしません。
それは教祖に問題があり、その事実を信者が庇うからです。


942 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 21:19:33 ID:acXt+hmo
その本には、アメリカの吐き気がするような病める部分ってのが
のっていたんだけど、若い父親が、まだ幼稚園にも行かないような
自分の娘に、自分のチンポをしゃぶらせて、キモチよがっていると。
娘が思い出す父親というのは、そういう父親で吐き気がするんだけど
そんなものでも、父親とのコミニュウケーションというかふれあいというか
小さい自分は感じていて、、それがすごいトラウマだってのね。
愛すべき父親なのに、愛せないというか。。そりゃひどい親だものね。

ま、冷たいようだけど、オウム流に解釈すれば、自分も愚かで
性的虐待を他人に加えた過去があったと、カルマ的には見るんだね。
自分が他人に与えた苦痛の量だけ、自分にも苦悩が用意されている。
それでこそ平等だから、。
アダルトチルドレンでは、自分に虐待を加えた親を許します、愛しますと
自分に言い聞かせるんだと記憶しているんだけども、てか、小さかった自分に戻って
瞑想で愛されている時間を取り戻すと言うか、、、でも、カルマでいったら
過去に自分がなして、他人に迷惑をかけた行為、それを自分もいつか同じ目にあって
つぐなわなければならない、今まさに自分の親は、自分を虐待して
苦しめ、自分の冒した罪を親がかわりに吸い取ってくれているんだと。
なぜなら、カルマの法則って、自分が誰かを悪口言ったと。自分は悪口を言ったと
いうカルマを積んだと。そのカルマは、自分が他人から悪口を言われてキヅつけられて
それで同じだけ嫌な思いをすれば、清算されて綺麗になる、という考えなわけ。
だから、子供を虐待したと、表面的には悪い親だが、カルマからみれば、子供の悪しきカルマを
親が子供をいじめることによって吸い取ってくれたのだと。今度は、虐待した親が
悪しきカルマを背負うわけです。。つまり、自分の悪業を取ってくれる、彼らは神なのです。
オウム流に言ったら、自分をいじめる人に感謝しなくてはいけない。
自分はいじめられることによって、過去に自分がなした悪行を清算し、きれいになったと。
いじめた人は、人をいじめたという悪因を自分の中に蓄積し、やがては自分が
他人から苦しめられる立場になると。いう考えです。別に、戒律を守っていれば
おそれるに足りないことです。

943 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 21:30:04 ID:acXt+hmo
つまり、許せないほどひどい親がいたとして
それは自分なのだと、過去に他人をひどく傷つけた結果として
自分も今傷つけられたのだと、残念ながら親ばかり悪者ではないんです。
そこで、自分は悪かったのだと落ち込むことは最小限にして
ではもうこの反省をバネに今度は正しく生きようと、なぜなら
過去の投影が今であり、今の投影が未来だから

944 :単純作業員:2005/04/11(月) 21:32:47 ID:CHy9qW+g
>942
全く逆の解釈をされてますね。

おおざっぱにいうとアダルトチルドレン(AC)は大人のような子供という事です。
物分りの良い、親の言う事に口答えできない子供を指してます。

親が狂っているという事実を認識する事が重要であり、難しい壁なんです。

あなたが示した例のような くず人間を親に持っても その親を庇い、
自分が悪い子供であるから 親は私を可愛がらないのだと考えてしまうんですね。

だから 親に気に入られようと 素直な 大人のような子供となってしまうんです。

まず 親は心を病んで痛んだ、自分勝手だったんだ、自分が嫌いだったんだ。などの
認識する事から 親の呪縛 のろいから 自分を解放し心を正常化しようとするんです。

大小さまざまな親の異常ガあるでしょうが、 その影響力は子供の捉え方によります。
極端な例よりも もっと単純なことからも 子供心は傷ついていたんです。

愛情は与えるもんです。この言葉に違和感を感じたなら、自分の心を振り返るべきです。

945 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 21:40:39 ID:acXt+hmo
これは単なる観念的な話でなくて、実際力のあるグルのもとで
自分も修行を始めてみるとわかるよ
カルマの返りが目に見えて早くなるから
私も自分が過去にやったまずいことが、修行をはじめたらそっくり
かえってきたことがあったね
カルマが返ってくる間は、ひどくつらかったけど、決して逃れられなかったよ

でもそれも、終わってしまえば過去のことさね

946 :単純作業員:2005/04/11(月) 21:51:06 ID:CHy9qW+g
あまりかみ合ってませんね。
でも 少しだけ ゆっくりと 他人のレスを読んでみる事も必要だと思います。

裏キャンディさんもあなたも 健気ですね。
だから ホントに 宗教があなたたちに救いと安らぎを与えてくれることを願います。

オームや 他の新興宗教 既成宗教の信者さん全てに いいたい。
奪うだけの宗教はやめとけ。

宗教とは無条件に与えてくれるものであるはずなんだよ。

さて ねよーーっと。。

947 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 21:56:46 ID:5KmT+hT5
>>945
罪を犯したヒンズー教徒の男が、ガンジーのことろに相談に来た。
インド独立運動の最中、パキスタン側と対立する仏教徒の男を殺して
しまったが、その男には幼い子供がいた。
残された幼い子供を前に、大変な悪業を犯してしまったことを後悔して
いるが、どうやってこの罪を償えばいいのかわからない、と。

ガンジーはその男にこう答えた。
「その子供を、自分の子供と同じように愛し、育ててあげなさい」と。

これがカルマを清算するということだよ。

この件を、もしオウム的に解釈したら、いつか自分も殺されるか、ある
いは、子供に生まれ変って親を殺されて孤児になることで、カルマが
清算される、と考えることだろう。

しかしその考え方では、いま実際に苦しんでいるヒンズー教徒の男の
苦悩も、残された子供の幸せのことも、まったく解決されない。
慈愛のかけらすらない。

自分や自分の親が【殺されること】と、自分が殺してしまった【罪を償う
こと】との間に、なんの因果関係があるというんだ。
カルマの清算とは、自分の人生の責任に、自分自身で立ち向かうこと
だよ。

948 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 21:57:09 ID:5KmT+hT5
オウムが言ってるように、脚が膿むまで蓮華座を組んで苦しんだ
からといって、ホントに業が清算されたことになるのかな。

自分の人生の責任に対して、逃げることなく勇敢に、愛情深く立ち
向かうことでこそ、業を乗り越えることができるんじゃないのか。

949 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:03:12 ID:5KmT+hT5
幼い子供の親を殺して、孤児にしてしまった自分が、自分の罪を償い
たいから、出家してグルの指導の元に、脚が膿むまで蓮華座を組ん
で苦しんだ、と。

それで罪が解消されるとでも?
幼い子供を苦しめた後ろめたさから、逃れられるとでも?

オウム麻原の説く「カルマの法則」は、まったく因果関係が成立しない
じゃないか。

950 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:11:43 ID:jHiCuP7w
>>945
少なくともヨーガを極めたはずのグルが丸々と太っているかねえ
釈迦がデブだったか?(ラホール博物館の釈迦像を見てみよ、ガリガリだ)
ラーマクリシュナがデブだったか?それをオカシク感じないで
平気で信奉しているあなた、哀れ。
ムショで糞尿垂れ流し、あげくの果てに死刑・・は彼が望んでいる
ことなのか?自分の生活を幸福にできないのに、何で弟子を幸福に
できようか。説法と屁理屈だけは一人前にして、布施をがっぽり
取って「何に使おうが自由だろう」とのたまう。
こんな人が本当にグルの資格があるのか、考えてみたまえ。

951 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:13:05 ID:Zbxi21qx
一緒に透視のトレーニングしませんか?
まってます。
http://rvtg.main.jp/

952 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:16:00 ID:Or3AuuZn
確かに、苦しむことだけでカルマの清算になるというのは
安直にすぎるだろう。
しかしながら、「フォロー」だけを清算というには、
今度はあまりにも不足だろう、と思う。
カルマってそんなに甘いもんじゃないでしょ。
最低限、そのどちらもが揃うことになると思うよ。

953 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:17:56 ID:5KmT+hT5
はっきり行ってしまうと、オウム麻原の「カルマの法則」は形而上の
理論なんだよ。

空想なの。

954 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 22:27:29 ID:acXt+hmo
てかあんたたち、やさしければいいってのねえ
腰抜けねえ 自分のやったことなんだから自分に返るのを
覚悟せよって言われて、何ぐずぐず言ってんのよ
だったら、オウム信者にももっとやさしい言葉がかけられるでしょうが
”まだ若い判断力の無い時期に、悪い男に捕まったんだ”とかさ。。
教団のことになると、冷たいこといってはばからんというのに
自分のカルマの話になるとやさしくなるんだから

ガンジーの話は立派だが、父親を殺した宿敵に育てられて
子供は満足なのかわからんよ
その時点では妥当な判断だったんじゃないの

955 :カネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 22:31:06 ID:acXt+hmo
カルマの法則は道徳の遵守から言っても間違いないと思う
自分のやったことが自分に返ると知るならば
身を慎んで生きるようになるもの
強盗もレイプも地球上からなくなるよ
自分のやったことが自分に返ると知ったら、いかに悪人であろうとも
他人を傷つけはしないだろうが

956 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:34:27 ID:5KmT+hT5
ほんとはもう気づいてるんだろ?

957 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 22:35:03 ID:5KmT+hT5
あ、まだかw;

958 :裏のカネゴン@キャンディ:2005/04/11(月) 23:04:10 ID:qwFLHiQt
>>946
>あまりかみ合ってませんね。

うふふ。当たり前よ。今まで意識の私にそうさせてきたんだもの。
最初に言ったわ。かかると疲れますわ。

意識の私は、こんな事を何年も繰り返してるもの。つまらない話題には
話しを変えるのよ。連想ゲームのようにキーワードが出ればそれに基づいた
説法を致しますわ。
だから、あなたにも根気が必要なのよ。

アダチルは避けようとしても、アダチルの家庭を無意識に作ってしまうの・・・。
確実な治療法は無いけれど催眠療法でいい結果を出していますわ。
ただ、治療するのに一生をかけている場合も多くあるわ。
あなたに何かできるならその位付き合うパワーは必要ということよ。
私はその位オウムに病んでるという事なの。

あなたが言うようにアダチルだった信者も居ますわ。
でもそれでオウム全てを白黒判断できるものでは有りませんわ。脱会した
後もアダチルとして健全よ。うふふ。

私は自分を落ちる所まで落としてやった方が早いと思うわ。ウ゜ァジラヤーナね。


959 :名無しさん@3周年:2005/04/11(月) 23:34:36 ID:5KmT+hT5
これでもしカネゴンがプロ固定だったら笑えるな。

960 :カネゴン@キャンディ:2005/04/12(火) 00:20:35 ID:7dfYQKzh
ちょっとアンタたち、次スレの用意しておいてね
アタシ、いつも断られるから
ほんとは書き込みの半分をアタシのレスにするつもりだから
アタシが立てるべきなんだが、ホストがなんとか言われてわからん

961 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 00:31:34 ID:bL+kuQu7
この議論、将棋で言ったら、もう詰みだろ。

962 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 00:36:35 ID:iOgkzX+N
久々に次スレまだぁの猫AAが見たい。みかん箱は大分みかんで。

963 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 00:46:04 ID:QaQigXwr
ちょっと質問なんですが、
自分のなしたことが自分に帰ってくるというのはいいんですが、

キャンディちゃんの説でいくと

自分のカルマを落としてくれた人はそのカルマを背負う。
で、その人も誰かにカルマを落とされて、清算できるけど、
やっぱりそのカルマを落としてくれた人が、カルマを背負う。

つまり、鬼ごっこみたいにカルマをやり取りして延々とループする
ってことなんでしょうか?

964 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:18:51 ID:bL+kuQu7
>>942-934
その考え方でいくと、カネゴンは過去生で新興宗教の教祖になって、
信者を騙して布施を搾り取っていたということになるよ。
彼氏との恋が叶いますよとか言って。

そのカルマが、今生で返ってきたわけだ。
だから、今生でとられた数百万も仕方ないわけね。
むしろ神の思し召しなわけだ。

カネゴンは前世で宗教を立ち上げて、叶わぬ夢をエサに布施を絞り
とっていたのかな?

...まぁ、ところで、釈迦は輪廻転生を説いたんだっけ。
「無我」じゃなかったっけ?

965 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:19:35 ID:bL+kuQu7
アンカー打ち間違えた。
↓訂正
>>942-943

966 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:22:20 ID:+yswPCwU
「尊師には深い深いお考えがあるのだ。深すぎてわからないのだ。」

某道場にて●●師。


967 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:24:32 ID:bL+kuQu7
ワロタ

968 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:25:35 ID:RqPy7nll
オウマーの方に質問があります
マハーヤーナーの中に水中エアータイトサマディとあったんですけど、これって何ですか?

969 :成城の麻原さん:2005/04/12(火) 01:27:43 ID:RqPy7nll
>>919
落ち着け!熱くなりすぎて自分を見失ってるぞ!
「週に2回はカレーですね」 by サマナ

970 :成城の麻原さん:2005/04/12(火) 01:29:29 ID:RqPy7nll
>>945
キミは分かっていない。技がないよ技が・・・。
カルマはDL(落とす)ものなのだよ、いいね

971 :成城の麻原さん:2005/04/12(火) 01:30:49 ID:RqPy7nll
>>921
あなたの意見に激しく同意しますw

972 :成城の麻原さん:2005/04/12(火) 01:33:20 ID:RqPy7nll
>>938
落ち着くんだ!たしかに宗教に頼っている時点で終わってる。
しかしカルマはDLしなければならないのだよ、いいね

973 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:34:11 ID:SpcnhK/u
>>966
某師の率直な見解だと思います。
某師の見解に同意します。

974 :成城の麻原さん:2005/04/12(火) 01:34:41 ID:RqPy7nll
>>963
つまり無限ループといいたいわけだ・・・パスコみたいだなw

975 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:38:00 ID:bL+kuQu7
教義の論理構造自体が無限ループしてるからね。
思考のバグというか、ウイルスというか。

976 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:38:48 ID:bL+kuQu7
まさに輪廻。

977 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:44:04 ID:SpcnhK/u
>>963
延々とループするが、
グルのステージにある魂は、
そのカルマを処理する技術のようなもの、
ただ単に自分で苦しむだけかもしれないが、
そういったものがあるようです。

グルのステージの魂と、
それ以外の魂とでは、
エネルギーの質が全然異なります。


978 :B・J・ペン:2005/04/12(火) 01:52:51 ID:RqPy7nll
>>977
なにラリってるの?氏ねよ

979 :名無しさん@3周年:2005/04/12(火) 01:53:45 ID:bL+kuQu7
>>977
きみの10年後の姿が見えるよ。
はやく気づいて欲しい。

気分の悪いことが書いてあるかもしれないが、下記のリンク先の記事を
読むだけでいいから、とにかく読んでおいて欲しい。
別に同意してくれなくてもかまわないから。

>>790-795
>>766-770 ←こっちはただのパロディだ。軽く流し読みするだけでいい

とにかく、読むだけ読んでおいて下さい。

980 :B・J・ペン:2005/04/12(火) 01:57:38 ID:RqPy7nll
>>955
それは非現実的だ〜

981 :カネゴン@キャンディ:2005/04/12(火) 02:15:01 ID:7dfYQKzh
エアタイトサマディは、水の中に沈んで何分も出てこないやつです
サマディという瞑想の究極状態に入ると
ほとんど無呼吸状態になります。
ほとんど無呼吸、心拍は微動するそうですが、瞑想が深まると精神が極度に安定し
その結果、呼吸が非常に穏やかになり、究極にはほとんど無呼吸になる
それを、水中でやって見せることで証明しようとしたということ

ちなみに寿命の短い生物ほど、心拍が早い傾向にあるそうです
ねずみなんか寿命短いですが、鼓動がすごく早い
あるいは病気をしていると、呼吸が速い
呼吸と寿命、健康は密接に関わっているそうですよ
ですからヨガ行者は、呼吸を制御することで生命活動をコントロールすることを
伝えています。

982 :元東京信徒:2005/04/12(火) 02:20:42 ID:NJbGFQL3
カネゴンには感謝しています
カネゴンのオウム批判レスを見てあることに気付きました
カネゴンのお陰でオウムと完全に決別できました
もう二度とオウム・アーレフと係ることはないでしょう
カネゴンに授業料払いたいくらいです
ありがとうカネゴン貴女も幸せになってくださいね

983 :更生中のカネゴン@キャンディ:2005/04/12(火) 02:21:56 ID:MzVKZfdt
ある書物にこんな事書いてあったよ

自分を若く保つ秘訣は年を取る恐怖心を取ること。
人生のどんな事も相対的であり絶対的な価値はなく、
自分が物事をどうあつかうかにかかっている。
だから最初に行うべき事はまずは自分を理解する事。
人を理解する方がはるかにたやすい。
物事に偏見を強め利己的な感心を増せば増すほど、
自分が客観的に理解できなくなる。
自分の動機を絶えず考え率直になるよう人々に語る事。
これが自分に欠けている事を理解する第一歩となる。
結局、自分を深く深く愛する事。その愛が自己中心性から
自由になっていればそれだけ深く理解している事になる
から人に対する優越感も無くなる。この真の愛が理解を
呼べば霊的傲慢から人を救う。

これは100才はゆうに超えているある修行者の言葉だそうよ。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)