5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本に宗教は必要か?

1 :名無しさん@3周年:05/03/01 14:28:01 ID:Icp9C5Nl
私個人は・・状況や気分によって「皆で宗教やってたら
良かったのにな〜。」と思ったり、「宗教なんていらないな。
めんどくさいかな。」と思ったりします。

で、国としてはどうなんでしょうかね。
古くから様々な国で国策として利用されていたり・・
あるいは宗教のために国が出来たり・・
そんな強力なイデオロギーの塊である宗教。
日本ではそれが取り除かれて何十年も経つわけですが、
このままで良いのでしょうか?

2 :名無しさん@3周年:05/03/01 17:30:47 ID:l6gvErmQ
2ゲット

3 :名無しさん@3周年:05/03/01 17:56:25 ID:ZXN7mYvw


4 :4様:05/03/01 18:09:49 ID:Icp9C5Nl
おまいら・・
せめて「2ゲト」とかぐらい書き込んでくれよ・・
と思っていたら本当にそんだけかw。

5 :名無しさん@3周年:05/03/03 00:46:59 ID:pZ40QACo
先進国の中で自殺率がトップ。
これが神を持たぬこの国の心の貧しさの証拠。
 
ちなみに中国も自殺者が多い。

6 :名無しさん@3周年:05/03/03 00:58:09 ID:pZ40QACo
未だ、外部からの対処療法で心を癒そうとしてる。
癒し音楽や、癒し系ロボット「パロ」等。
ちなみにパロは35万円。

マックスピカートの「神よりの逃走」。
日本人は必死になって神から逃げてるんだよ。

7 :名無しさん@3周年:05/03/03 04:32:54 ID:saQvRTPS
教育の現場に宗教教育を!
突然の不幸にはカウンセリングじゃ役立たない


8 :名無しさん@3周年:05/03/03 11:38:48 ID:825H53pK
日本に宗教はいらない。宗教教育なんてもってのほか。

9 :名無しさん@3周年:05/03/03 19:39:52 ID:Dtk2ktK/
宗教がない。
では心の支えに何を求めるか・・

仕事→経済が発展する。
趣味→オタク文化で外資を得る。

宗教の変わりにエネルギーが余るので
対外的に有利かも知れん。


10 :ケイヒ末@|||-_||| 貞子 ◆.2Oo6PHNg6 :05/03/03 19:51:29 ID:EC2qqQuX
10ゲット

11 :名無しさん@3周年:05/03/04 04:15:09 ID:qwN92Nq7
>>9
そうそう
戦後日本は神から逃げるエネルギー使って
経済的に未曾有の発展を遂げた
モノはそろった
ところが自殺率は先進国トップに躍り出た
これは心の貧困さが先進国トップということだ
 
5年前漏れは迷うことなくこの板を
「野獣の住み家」「原始のスープ」と呼んだ 
 
だが最近は違う
本当の幸せがモノの追及ではないことに
いち早く気づいた者たちが少しずつここの住人となり始めた
石をぶつけながらもこれが漏れを救ってくれるもの
ではないかと本物を模索し始めたのだ


12 :万年救護大本尊の朴蓮:05/03/04 04:35:43 ID:5K4uQkl/
日本って世界の危険思想の暴走を止める
特別な使命があるんだろうな。


ま、どーだっていいや。
新興宗教に興味ないから。

13 :名無しさん@3周年:05/03/04 05:03:42 ID:ikxgBJLQ
日蓮みたいな、変にしつこい宗教はいらない!(新興宗教含む。)

本物なら『Let's〜(〜しようぜ!)』みたいな強引さはせず、
あくまでも【Why don't you〜?(〜なんてのはいかが?)】程度な筈だよ。

強引な勧誘は、まさに【マルチ商法】と類似してるしな。

14 :名無しさん@3周年:05/03/04 06:50:36 ID:5gcIyQqK
>>13
>あくまでも【Why don't you〜?(〜なんてのはいかが?)】程度な筈だよ。

そんな自信なさげな宗教を誰が信じますか

15 :名無しさん@3周年:05/03/04 12:08:12 ID:fzyKgklt
漏れはねぇ・・
結局コミュニケーションが大事だと思う。
自分が会社や学校、あるいは趣味等で強力な
コミュニティーの一部でいられるならば心は
平和だと思う。
で、日本の国教を定め、実践をするということは、
コミュニティーから漏れた人への受け皿を作る。つまり
人間の心の防波堤を備えるようなもんじゃないのかなぁと思う。
まぁ、コミュニティから漏れていない人達にも
色々効用はあると思うけど。

漏れ?勿論、漏れてるさ。


16 :民主主義バカへ:05/03/05 03:06:27 ID:sApgnl7F
宗教は必要ないんですか。そうですか



17 :名無しさん@3周年:05/03/12 14:06:20 ID:7pznbbP6
平左衛門尉が一の郎従
少輔房と申す者はしりよりて、

日蓮が懐中せる
法華経の第五の巻を
取り出して、
おもて(面)を
三度さいなみて、
さんざんとうちちらす。

又九巻の法華経を
兵者ども打ちちらして、
あるいは足にふみ、
あるいは身にまとひ、
あるいはいたじき(板敷)
たたみ(畳)等
家の二三間に
ちらさぬ所もなし。

日蓮
大高声を放て申す。

あらをもしろや
平左衛門尉がものにくるうを見よ。


とのばら(殿原)、

但今日本国の柱をたをす、


とよばはりしかば上下万人あわてて見へし。

18 :名無しさん@3周年:05/03/12 20:29:53 ID:DRJJD/DC
もう宗教は必要ありませんよ。

19 :名無しさん@3周年:05/03/12 20:39:54 ID:gn9p+L+Z
参考になれば
http://www.otodokeya.com/nikki0

20 :名無しさん@3周年:05/03/12 21:05:57 ID:xj/h9Ww1
缶コーヒー一本、タバコ一本に感謝できる心。
日本人の精神の貧困は、神から逃げたからであり、11に激しく同意しときます。
 
若者達が個性を模索してますが、自信の裏付けがないので虚しいでしょうな。


21 :名無しさん@3周年:05/03/12 21:19:17 ID:xj/h9Ww1
「漏れは漏れ、香具師は香具師。」という自信は神を信じることなしに湧いてこない。
神から逃げたせいで、自信すら持てなくなってしまっているんだよ。

22 :名無しさん@3周年:05/03/12 21:26:29 ID:vVWiImP/
宗教って憲法で守られるから、犯罪の温床になる
創価学会をここまで野放しにしたのが、日本政府の最大の過ち

23 :名無しさん@3周年:05/03/12 22:45:19 ID:mOT3Gn5L
神を敬わねば秩序などなくなってしまう。
やはり宗教は必要。似非宗教があるからといって、本来の宗教心まで否定するのは問題
と思う。

24 :(=`(∞)´=) ◆DMzTyHF5uc :05/03/12 23:16:35 ID:0fMvtefH
誰しも宗教は持っているのだが、日本に宗教団体はイランイラン
特に排他的な癖に、金儲けをガンガル団体

25 :名無しさん@3周年:05/03/13 09:43:35 ID:RqWIC3mi
さては十二日の夜、
武蔵守殿のあづかり(預)にて、
夜半に及び頚を切らんがために
鎌倉をいでしに、
わかみやこうぢ(若宮小路)にうちいでて
四方に兵のうちつつみてありしかども、

日蓮云く、
各各さわがせ給ふな、べちの事はなし。

八幡大菩薩に最後に申すべき事あり、
とて馬よりさしをりて高声に申すやう。

いかに八幡大菩薩はまことの神か、
和気清丸が頚を刎られんとせし時は
長一丈の月と顕はれさせ給ひ、
伝教大師の法華経をかうぜさせ給ひし時は
むらさき(紫)の袈裟を御布施にさづけさせ給ひき。


日蓮は日本第一の法華経の行者なり。
其の上身に一分のあやまちなし。
日本国の一切衆生の
法華経を謗じて無間大城におつべきを、
たすけんがために申す法門なり。


26 :名無しさん@3周年:05/03/13 12:17:09 ID:yoGRMBKp
宗教自体いらん

いわゆる古典宗教の発展の背景には、
その日その日を命がけで生きてきた太古の人間達が、
超科学的な何かにすがりたいという、妄想が生み出したもの
科学万能の時代に、祈ってどうなるものでもない

衣食住満足している現代において宗教は
気休め・ビジネス以外の何物でもない。特に新興宗教。

数多の宗教故の悲劇に、目をつぶってはいけない。
世界の歴史の中で幾度と無く繰り広げられた宗教戦争、
カルト教団による凶悪犯罪、政教分離の原則をことごとく蹂躙する○○学会。

憲法20条を盾に、「宗教」の名の下に犯罪を繰り返す団体があるんなら、
宗教戦争なんて悲劇が起こるんなら
もう宗教なんていらない

27 :名無しさん@3周年:05/03/13 14:43:07 ID:97fe/LuX
>>26
浅薄ですな。

28 :名無しさん@3周年:05/03/14 23:40:08 ID:1N6Xawd9
必要かどうかと言われれば、必要ない。
かつて宗教が提供してくれたものは、今ではほとんど代わりのものがある。
しかし、宗教的なものを求める人間がいる限り、宗教がなくなることは
ないだろう。
ニーズがあればサービスを提供する人間は必ず現れるからね。

29 :名無しさん@3周年:05/03/15 20:36:42 ID:qKEreWKR
宗教は不必要。

30 :名無しさん@3周年:05/03/15 21:30:08 ID:guCFyAwA
宗教心っていうか、信仰心って必要なんじゃないかなあ。
誰も避けて通れない、いつ来るかも分からない「死」がある限りね。
安らかに時を迎えたいし、それまでをどう生きるか、の羅針盤にもなる
と思うのだけど。




31 :名無しさん@3周年:05/03/15 21:35:00 ID:guCFyAwA
めんご。トビずれだった?


32 :名無しさん@3周年:05/03/16 23:20:03 ID:6ar703IX
>>30
冠婚葬祭が宗教色を呈するのは、文化だし、
それはそれでいいと思うけどね。

ただ、信者達の金をかき集めて、
日本を北朝鮮みたいに牛耳ろうとする創価学会
だけは、俺は宗教とは認めないし、
それを取り返しのつかない状態になるまで放置
した日本の政府には、心底失望している。

憲法20条と、それに準じた法律がそういったカルトを
取り締まるカセとなっているなら、宗教自体いらね

33 :名無しさん@3周年:05/03/17 00:34:28 ID:Mynxwn4n
激しく同意! 装化嶽戒どわーい嫌い。
学生の時、なんか変な横文字のサークルがあってね。
「ここ、何やってるんですか?」と尋ねたのが運の尽きだった。
ミョーな道場みたいな所へ車で連れて行かれた。
でかい太鼓が置いてあって、三人係りで入信勧められたっけ。

ちょうどその頃、少○寺(まっ、見方によっちゃ、あれもカルトと言われそうだけど)で
汗かいてたから、こっちからコンコンと説教たれてしまった。
数十分だったかで諦めて、また車で送ってくれた。っと、そこまでは良かったけれど、
最後に、「御不幸をお助け出来ずに、とても残念です。」、とかなんとか、言われた。
唖然としたよ。 口には出さなかったが、心ん中で思ったね、「何だあ?このばかどもは!」

装化嶽戒は虫唾が走る。 どわーい嫌いだアーーー!!!

34 :名無しさん@3周年:05/03/17 00:46:43 ID:PM2xZ0oZ
少林寺本部の門番は強そうだった

35 :名無しさん@3周年:05/03/17 01:15:19 ID:Mynxwn4n
Ww・・・・・
って、「阿」「吽」の像のこと?


36 :名無しさん@3周年:05/03/17 12:33:27 ID:NAtDtyxJ
宗教にすがる妄想ジャンキーはきもい

37 :名無しさん@3周年:05/03/17 12:34:58 ID:u/I7JX+F ?#
>>36 信仰者をたたく、孤独なやつはキモイ

38 :名無しさん@3周年:05/03/17 18:07:13 ID:Mynxwn4n
日本って、ホントいい国だと思う。信じるも信じないも自由だしさ。
アメリカじゃ、神を信じない者は人間扱いされないよ。ホント。

39 :名無しさん@3周年:05/03/17 21:38:38 ID:NAtDtyxJ
宗教は争いを生む。宗教のせいでアメリカは戦争へ突き進んでいる。世界から宗教をなくそう。

40 :名無しさん@3周年:05/03/17 21:49:44 ID:KZT92xxy
http://www.sonymusic.com/clips/selection/30/086300/086300_01_01_30_300.asx
God Bless America

41 :名無しさん@3周年:05/03/17 21:57:21 ID:JkBRvIwC
確かに最近のアメリカは異様だなー。
特にテレビ宣教師ってのか、あれはもうテロを煽るイスラムの法学者と
大差ないね。

42 :名無しさん@3周年:05/03/17 22:22:14 ID:KZT92xxy
God Bless America

43 :名無しさん@3周年:05/03/17 22:28:44 ID:KZT92xxy
Oh, say can you see by the dawn's early light
What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming?
Whose broad stripes and bright stars thru the perilous fight,
O'er the ramparts we watched were so gallantly streaming?
And the rocket's red glare, the bombs bursting in air,
Gave proof thru the night that our flag was still there.
Oh, say does that star-spangled banner yet wave
O'er the land of the free and the home of the brave?

44 :名無しさん@3周年:05/03/17 22:53:53 ID:Mynxwn4n
アメリカの国家、書き込んでどうしたいの?
モレに「君が代」、催促してんの?

45 :名無しさん@3周年:05/03/18 00:00:36 ID:StqBl/DI
アニミズムがあれば宗教はなくてもいいのじゃない?

46 :名無しさん@3周年:05/03/19 04:25:54 ID:HyO+OHBO
>>45
44です。
アーミニズムって、自然崇拝のことだよね。我が国でいえば、神道に当たるかな。
カタカナ苦手なもんで。Ww 「ハイカラさんが通る」は面白かったけど。

もし、いつの時代にあろうと、その素朴な畏敬の念を忘れないで居られるなら、もちろん大賛成ですよ。
でも、赤子の様なその純朴さ・純粋さ故に、歴史の荒波の中で変節を迫られ利用され、悲しいほどの国運に
出会い、日本は、アジアの手本と仰ぎ見られた何もかもを、一夜にして失ってしまったことがあった。

だから宗教やら信仰なんぞ、全てやめてしまえという人もいるし、それも一つの見識だと思うし、是非とも
お手本を指し示してもらえればと思うよ。

振り返って、自然崇拝や先祖崇拝を始めとする一切合切をやめることができるのかと、自らに問えば、
モレは、恐らく出来はしない。思考の方法や作法、道徳など、ありとあらゆる生活・文化の奥の奥まで
深く入り込んでいる、我々日本人としての生き方そのものだから。

中には、「作法や儀式などは、宗教や信仰に関係ない」という人もいるけれど、例えば、神道などに於いては、
二礼二拍一礼などの儀礼そのものが信仰を表意するのだから、御自身が気付いているか否かの話であって、
他国の人達などが見れば、明らかに信奉者と映るはずだよ。

モレっちの場合、日本人として自然崇拝をやめるつもりはないけれど、それだけでは、時の権力に盲従する
危うさを感じるので、加えて釈尊の教えや新渡戸博士、B・ラッセル卿当たりの書を人生の指針にしたいと。


47 :名無しさん@3周年:05/03/19 04:34:37 ID:HyO+OHBO
ほら、間違えた。
アニミズムね。 Ww

48 :名無しさん@3周年:05/03/20 03:07:17 ID:tOKRvCYu
宗教は必要ない。

49 :名無しさん@3周年:05/03/20 06:28:34 ID:MNjVMcdH
God Bless America

50 :名無しさん@3周年:05/03/20 06:38:52 ID:LakFdDoJ
>>49
いっそ、アメリカ国旗を十字軍の旗に変えちゃえば?

51 :名無しさん@3周年:05/03/20 07:31:02 ID:MNjVMcdH
Oh, say can you see by the dawn's early light
What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming?
Whose broad stripes and bright stars thru the perilous fight,
O'er the ramparts we watched were so gallantly streaming?
And the rocket's red glare, the bombs bursting in air,
Gave proof thru the night that our flag was still there.
Oh, say does that star-spangled banner yet wave
O'er the land of the free and the home of the brave?

52 :名無しさん@3周年:05/03/21 02:14:37 ID:F0X7uEMP
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪


53 :名無しさん@3周年:2005/03/21(月) 04:03:04 ID:lGFkNRpv
阿含宗って、時々、新聞の折込チラシで勧誘してるアレですか?
病気が治るとか、頭が良くなるとか、変なことばかり書かれてた気がするけど。

宗教を金の成る木に利用してるのか。イヤだねえ〜。

54 :名無しさん@3周年:2005/03/22(火) 12:55:55 ID:ULtwDLvS
God Bless America

55 :名無しさん@3周年:2005/03/22(火) 19:03:37 ID:awHibp6i
宗教はすべて悪質詐欺です。商売です。甘い言葉に騙されるな。

56 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 08:45:09 ID:d9gwQKaL
日本に宗教は必要ない。

57 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 09:29:22 ID:ehS3hda1
マルキストでつか

58 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 12:37:13 ID:5EoYCvII
God Bless America,
Land that I love.
Stand beside her,
and guide her,
thru the night with a light from above.
From the mountains,
to the prairies,
to the oceans,
white with foam
God bless America,
My home sweet home.

59 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 12:40:14 ID:0EPOQfWb
マックス・ウェーバーは近代資本主義はプロテスタントの精神
(労働=救いの再確認)が資本の蓄積につながったことで成立したって言ってるけどね。


そうすると、キリスト教が主流になったことにない日本は
なんで近代化に(少なくとも資本主義化は)成功したのか疑問だな。

60 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 12:53:03 ID:8tKWH5TP
>>59
神から逃げるエネルギーを使ったんだよ。
内面を見つめて精神性を深め生みの苦しみを味わうより
モノで幸せつかもうと、一致団結したのさ。

61 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 12:55:01 ID:8tKWH5TP
そのツケが今回ってきて、先進国で堂々の自殺率トップですな。
精神性がなくても通用する科学技術とアニメは強い。

62 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 12:57:18 ID:0EPOQfWb
違うよ。「モノで幸せを掴む」は結果に過ぎない。


個人的意見だが、金儲けだけが目的の社会では高度資本主義は生まれない。
インド、アラブ、中国が「近代以前は」商業の最先端を行っていたけど
資本主義に乗り遅れたのがその証拠。
(オレは、中国の資本主義化は「労働が美徳」って社会規範が
生まれないと完全には達成されないと思う)
労働が「金儲け」以上のものにならないと資本の蓄積は生まれない。

63 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 12:58:04 ID:8tKWH5TP
ちなみに神を持たぬ国、中国の自殺率も高い。
そして、ドイツは日本以上に不景気であることを
忘れてはいけませんぞ。

64 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:00:26 ID:8tKWH5TP
>>62
日本人は、モノで幸せをつかめると信じたから、アクセク働いたんだ。
モノで幸せを掴めないことに気付いたのは最近ですな。

65 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 13:02:51 ID:0EPOQfWb
違うよ、それだけじゃ高度資本主義は生まれない。
「労働はそれ自体が美徳」って社会規範は成立そのものが「奇跡」なんだから。

66 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:17:07 ID:8tKWH5TP
>>65
生まれるってば。
モノが豊かな生活で幸せ掴もう→体動かして働こう!→高度資本主義の誕生
キリスト教国と違ったのは、心がない昆虫のようになって働いた(神から逃げた)
から、信じれない成長を遂げたの。キリスト教の国から見れば、それは奇跡。
体を動かせない日曜日に落ち込む日本人が多かったのも、理解できますな。

67 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 13:18:53 ID:0EPOQfWb
じゃあ、近代以前は最先進地域だったアラブの貧困(石油成金は別)を
説明できるかね?

68 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:21:39 ID:8tKWH5TP
みんな体を動かして、心を使うことから逃げた。
昔から、繊細でデリケートな日本人は、「礼儀作法」のような「型」を
作って、各自が自分でいちいち考えないようにすむようにしてきましたな。

69 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:25:13 ID:8tKWH5TP
>>67
ユダヤ教を土台とするあの人たちは、モノの豊かさの追及で
幸せ掴めるとは、単純に考えないと思うが。

70 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 13:26:33 ID:0EPOQfWb
イスラム教は商業は否定しない。

71 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 13:28:36 ID:t8MOTvUR
>>66

「心がない昆虫」は、むしろキリスト教などの宗教信者。自分の心の代わりに、
神や聖書などの「見知らぬ他者」が心の中に居座っているから。生来の自分の
心は失われ、その「見知らぬ他者」に自由に操られている。これは、統合失調症
の典型的症状でもある。

72 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:32:15 ID:8tKWH5TP
>>70
そうなんだけどね。
あの人たちには、日本人にないもうひとつ価値観があったからさ。

73 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:37:30 ID:8tKWH5TP
>>71
キリスト教を深く知る教養人はそんな批判はしませんな。
5段階中1レベル。勉強!勉強!w

74 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 13:45:29 ID:t8MOTvUR
>>73
>キリスト教を深く知る教養人はそんな批判はしませんな。

マインドコントロールにより、批判ができなくなっているからです。オウムを初め
他のカルト信者をよーく観察して下さい。心理構造においては、キリスト教と何の
相違もない。むしろ、キリスト教の要素を取り入れたカルトは、嵌り込みが最も深い。
2000年間も、マイコンから離脱できないのだから。

75 :さーて ◆RLtoLnT/2E :2005/03/23(水) 13:54:27 ID:8tKWH5TP
>>74
「山上の垂訓」をぐぐって読んでごらんなされ。
あなたも、数年後に、クリスチャンかもしれないよ。

76 :名無しさん@3周年:2005/03/23(水) 22:04:37 ID:gvZIyccc
また独善傲慢のキリスト者が一匹、か・・・

77 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 10:30:54 ID:6ONSWqHv
一神教は日本には馴染まない

78 :名無しさん@3周年:2005/03/26(土) 22:39:11 ID:AWYKh+ew
八百万ですが何か?

79 :名無しさん@3周年:2005/03/27(日) 11:32:11 ID:x31WnGoM
宗教なんて迷信に意味はない。

80 :名無しさん@3周年:2005/04/22(金) 18:34:52 ID:zSU/VTXQ
宗教いらん

81 :名無しさん@3周年:2005/04/24(日) 15:47:49 ID:OgdM7kLZ
宗教きもい

82 :名無しさん@3周年:2005/04/28(木) 08:25:26 ID:EhxLS6JI
キリシタンいらん

83 :名無しさん@3周年:2005/05/09(月) 17:48:25 ID:XKqVOpRy
クリスチャンと学会員いらん

84 :名無しさん@3周年:2005/05/10(火) 18:42:56 ID:h3nj59Xb
イスラム狂は、いらん。

85 :名無しさん@3周年:2005/05/13(金) 17:16:23 ID:zKl+JFVw
http://www.mfa.gov.il/MFA/MFAArchive/2000_2009/2005/Israel+Independence+Day+2005.htm
Remembrance Day for the Fallen of Israel's Wars and Israel Independence Day

86 :名無しさん@3周年:2005/05/14(土) 14:58:38 ID:P99fRG0N
せめて「多神教的な一神教」だな。
天理教は戦前はそうだったのだが...

87 :名無しさん@3周年:2005/05/17(火) 19:29:32 ID:3SWxl40o
宗教馬鹿いらん。

88 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 20:39:30 ID:U9SoYPaU
日本に宗教は不必要

89 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 22:44:07 ID:c5r5oWKK

十九世紀から二十世紀の世界を動かしたのは、ご存知のように、キリスト教国でした。よく『 先進国の中で
キリスト教国でないのは日本だけ 』と言われます。まあ、そろそろ中国をを加えなければならないのかもし
れませんが。また「 キリスト教がものすごく力をいれながら失敗したのは日本とインドだ 」ともいわれます。
同じ東アジアでも韓国では成功しています。 確かに日本はキリスト教国とはいえません。

でも私は、キリスト教が、よく言われるほど、土着していないとは思いません。もはや『 天 』の概念より『 神 』
の概念のほうが一般的じゃないですか。『 天 』は日本がずっと制度を取り入れていた中国の軸となる宗教的
概念です。教育関係や倫理観などもかなりキリスト教化していますし、ものすごくゆっくりですが土着している
ように思えます。

そして、なにより資本主義や民主主義はキリスト教理念がつくりあげたものですから。つまり、現在の先進国
(と呼ばれている国)は、すべてキリスト教文明で運営されているわけです。 それなのに、私たちはあまりにも
キリスト教について知らなさすぎる・・・。 その本質的なところがわかってないから、自分が抱える苦悩の正体
がつかめないのかもしれません。

(1)近代文明をつくり上げた人類最大の宗教 キリスト教

キリスト教とは、『イエスを神の子と信じ、メシア( 救世主 )と信じる=福音(ゴスペル・エヴァンゲリオン)』という
制度宗教です。 ユダヤ教の中で、 ナザレのイエスという人物を「 メシア 」だと考えた人たちのグループです。
ユダヤ教では「 メシア 」が現れるのを待っていたのです。でもみんなが待っていたのは、ダビデやソロモンの
ような『 メシア=ユダヤの王 』だったのです。

90 :名無しさん@3周年:2005/06/04(土) 22:45:45 ID:c5r5oWKK

イエスという人は、そのような政治的期待には応えませんでした。だから、メシアが現れたといううわさに期待
したユダヤ民衆の大部分は、イエスの話を聞いてがっかりしました。彼が説いたのは、『 神への信仰 』を軸と
した『 愛と許し 』の実践だったからです。

おそらく、たとえこれから人類の歴史がどれほど続こうとも『 あなたの敵を愛しなさい 』という隣人愛を超える
愛の概念は ありえません。 まさに究極の愛です。 ということで、 初期からキリスト教は 「 政治と宗教 」とを
分けて考えていました。 これはイスラームとは大きく違う点です。 文化的にはずっと各上だったイスラームに
は『 近代 』は生まれず、キリスト教が『 近代 』を創造しリードし続けたのはこのためでしょう。

実際、キリスト教国がいち早く『 世俗化 』すなわち『 宗教解体 』に取り組むことができました。キリスト教には
『 普遍 』や『 絶対 』という概念があります。なんといっても、これがすごく大きい特徴です。『 普遍 』や『絶対』
は、造物主でありすべての人類に共通の唯一なる《神》が存在するからこそ生まれる概念なのです。

この 『 普遍 』や『 絶対 』という概念があるからこそ、 キリスト教国は世界のあらゆるところに自分たちの理念
を押しつけて回ったのです。ですから、たとえ世俗国家になったとはいえ、中軸の《 神 》や《 信仰 》を代用品で
ある『 理性 』・『 ヒューマニズム 』・『 自由 』・『 正義 』・『 平等 』などに置き換えているだけで構造は同じです。
また、『 ( 唯 )一神教 』は異質を支配する力がこの上なく強い、ということも注目です。キリスト教がもつ『 統一
規格 』への志向性もうなずけます。 かくして『 近代 』が伝道されていったことはご存知の通りです。資本主義
も社会主義や共産主義も、キリスト教の変種だと見ることだって可能ですから。

ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3949/ak.6.html



91 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 00:00:14 ID:LN3kOC9T
http://www.wpafb.af.mil/museum/history/wwii/cp31.htm
Japan Surrenders

92 :名無しさん@3周年:2005/06/07(火) 10:14:34 ID:ornuSdHO
存在しない神を信じる精神病患者には再教育が必要。

93 :中田:2005/06/07(火) 11:02:14 ID:EBDORlAp
個人が日本人として意識して、日本国の日本社会が機能している事が既に、宗教としても機能している体制でありまして
裸眼の部分が17条憲法にもとずく日本人社会教という構成メンバー多数派による宗教といえなくもない。
他には
埋め込まれて、外したことがないコンタクトレンズに相当するものが、戦後民主主義、東京裁判史観、学級民主主義でありましょう。
意識に刷り込まれた眼底に焼きつかれた菩薩像は、共産主義・日教組教育・化学万能主義・人権偏重・ジェンダークラッシャーなどでしょう。
ファッションとしてのサングラスがキリスト教かも知れませんし、生活苦から現世利益教団に加盟したり、逆にマルチ商法のカモになったりするのでしょう。
何が言いたいかと申しますと、一国文化圏日本の日本人であることが、作用として個人の根幹の部分で、宗教の機能をもっており
ほかのものや、宗教は補完的なものでしかなく、各宗派の各教徒が、自分の属する宗派の教義を絶対視することに、おおきな勘違いと指摘するしかないという事です。
サングラスを裸眼であり、眼球として認知して、思考部分まで教団に預けて、幸せならそれはそれで、個人としてはいいかもですが・・・・・・・・・

94 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:36:29 ID:2+RXEtwS
科学立国日本に宗教は必要ない。

95 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:47:08 ID:Umn8Dt5C
「あなたの敵を愛しなさい」という聖書の言葉ほど偽善に満ちたものはない。
そもそも、創造主から与えられた自己保存の本能を無視している。「敵」と
いう概念を持ち出してところに、すでに「敵意」がある。

この言葉を守っているキリスト教徒が唯の一人でもいるか。イエス自身は守
れたか。守れないほうが、むしろ神の意図に合致しているのである。

キリスト教ほど、創造主から遠いものはない。人間に過ぎないイエスを創造主
と同視することほど、冒涜の行為はないのである。

96 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:50:37 ID:VDsgPtJn
日本は森羅万象八百万の神の国だべ。その事実を知ってれば万事大丈夫。たぶん。

97 :名無しさん@3周年:2005/06/08(水) 13:56:47 ID:jMTdNjKt
>>89

日本の伝統仏教はあまりにも発達しているから
外からきたキリスト教のアラがみえるんだよ。

ようやく20世紀のバルト神学によって、キリスト教も
菩薩信仰にめざめたばかり。バルトの「捨てられた者たちにもたつキリスト」
はまさに、成仏を避けて苦しむ者とともに立つ菩薩だよ。


98 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 17:16:39 ID:XWAFhw0G
日本は宗教なんかで停滞すべきではない。科学立国日本は宗教を根絶すべきだ。創価は公明党の票集め団体、悪質だ。創価を潰さないと日本が潰れるぞ。

99 :名無しさん@3周年:2005/06/10(金) 18:22:29 ID:rPupVBsK
>>97

> ようやく20世紀のバルト神学によって、キリスト教も
> 菩薩信仰にめざめたばかり。バルトの「捨てられた者たちにもたつキリスト」
> はまさに、成仏を避けて苦しむ者とともに立つ菩薩だよ。

はははw・・・
いやごめんなさい、笑っちゃいけないか。

100 :名無しさん@3周年:2005/06/11(土) 17:39:55 ID:LcZlbaaJ
先進国は凄い勢いで宗教離れが進んでいる。とても良い事です。

101 :ありがとう宗教:2005/06/13(月) 20:47:10 ID:vmASwE+5
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

102 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 20:51:35 ID:bNsoKIGu
日本には必要ない。

103 :名無しさん@3周年:2005/06/13(月) 21:04:35 ID:CsZjS76d
>>101
ありがとう教氏ね!! マルチ布教するな!


104 :名無しさん@3周年:2005/06/14(火) 10:12:56 ID:fbKkCJOO
宗教は無意味

105 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 14:00:07 ID:tFPkLfbl
宗教は時間の無駄

106 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 21:26:31 ID:rSu/Os+9
>>105
ID:tFPkLfblは、なにが悲しいのだ。

107 :名無しさん@3周年:2005/06/15(水) 23:51:11 ID:tFPkLfbl
存在しない神に踊らされている宗教信者が悲しい。哀れ。

108 :名無しさん@3周年:2005/06/17(金) 13:45:56 ID:DuJWIBEA
>神に踊らされている
より正確に言うと「神の概念をでっち上げた人間に踊らされている」だな

109 :名無しさん@3周年:2005/06/18(土) 18:25:43 ID:bkz2BSf/
日本は近代化に向けて古い風習などを捨ててきた。科学立国日本は宗教などの古い迷信も捨てる時にきている。

110 :ありがとう宗教:2005/06/20(月) 20:52:28 ID:P3cBs1ZJ
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

111 :ありがとう宗教:2005/06/20(月) 20:53:09 ID:P3cBs1ZJ
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

112 :名無しさん@3周年:2005/06/20(月) 21:15:01 ID:FxCtsQC9
いい加減にしないとアク禁にするぞ。↑

113 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 03:18:39 ID:bEU8SJ+1
宗教いらん

114 :(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル宗教:2005/06/21(火) 03:27:18 ID:RyafQKxU
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

115 :XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/06/21(火) 03:32:51 ID:ynrLiGu2
>>109
 じゃあ、細木数子とかいうばーさんを黙らせてくれ。まず。
 未だ呪術嗜好濃厚な人間達への悪影響がとどまるところを知らない。
 それになら賛成しますよ。

116 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 04:40:49 ID:6tLcrlyr
まず細木数子から始めて、最終的には全ての聖職者を弾圧ってか

117 :武庫川女子大学総長:2005/06/21(火) 05:34:23 ID:fgnCvLLE
>>115
細木数子を黙らせるような、高度な内容の宗教が必要ということだ、実際は。
まずは宇宙の根本法則を押さえ、次に霊界法則を押さえる。
そして、それをベースにして教理を組み立てる。科学の発達もサポートし得る宗教にする。
・・・・こうなれば、細木数子の活躍の場は狭められ、好き勝手なことが主張できなくなる。
さもなくば自己革新を図り、より高度な呪術に押し上げることで稼業を続けられるかも知れないが。

今の日本の宗教事情は、いわば「暴走族天国」で、それを取り締まる「白バイのおまわりさん」がいないのに似ている状況。


118 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 15:44:53 ID:ZNxQFPht
 生まれたときは、神道の信者になって、神社にお宮参りして、
753にも神社に行って、12月25日には、キリスト教徒になって、
クリスマスを祝い、1月1日は、仏教徒になって、お寺に初詣し、
結婚式は、キリスト教徒になって教会へ行き、亡くなったときは
仏教徒になって、お坊さんを呼ぶ。一体、私の信じている宗教
は何ですか?

119 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 16:24:08 ID:LSFF02aA
>>118
日本式多神教ですな。

120 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 19:58:47 ID:bEU8SJ+1
マスコミはくだらない占いや風水や宗教や細木数子などを放送するのをやめろ。

121 :名無しさん@3周年:2005/06/21(火) 23:22:35 ID:nWa4G2Kl
ID:bEU8SJ+1も、たまには良いこと言う。

122 :名無しさん@3周年:2005/06/22(水) 19:05:07 ID:L2vCaKzL
マスコミは宗教の嘘、インチキ、洗脳、犯罪をおおやけにすべきだ。少女レイプ事件は氷山の一角。

123 :名無しさん@3周年:2005/06/23(木) 19:17:00 ID:7/Q59mYC
日本に宗教はいらん。

124 :名無しさん@3周年:2005/06/30(木) 20:17:11 ID:chzyxgQH
心霊商法、宗教商法などに騙され泣いている人は多い。神や霊は存在しません。騙されるな。

125 :名無しさん@3周年:2005/07/01(金) 10:20:36 ID:mz39jMzy
神や仏や霊を信じるのはかまわないが
お金が必要と言っているところは信用
出来ない。

126 :名無しさん@3周年:2005/07/01(金) 21:27:18 ID:b3/g8GYX
宗教は金が絡む

127 :名無しさん@3周年:2005/07/02(土) 00:19:55 ID:GHXbW47p
カウンセリングやら精神科がもちっと安くて(実際の値段は知らんが)気兼ねなく
いければね(気恥ずかしくて行けないうちにカルトにはまるほど悪化する、カルト
もはじめはは金かからんらしい)

128 :名無しさん@3周年:2005/07/02(土) 14:07:26 ID:d/LD/mg3
日本は、アニミズムの国だと思う。
宗教を(特に、一神教を)、信じられる精神の持ち主は、非常に少ないと思う。
自分自身も、一宗教の教義を信じる事は全く出来ない。


129 :名無しさん@3周年:2005/07/02(土) 21:03:59 ID:teIB4cb1
>>128
一神教は妥協がないからね。
信じないものは救われないから。
一神教は基本的にエゴイスティックなんだよ。
俺も受け入れられない。

130 ::(;´Д`)ハァハァフリメ:2005/07/02(土) 21:17:17 ID:0WTuGjec
332 :(;´Д`)ハァハァフリメ :2005/07/02(土) 21:15:56 ID:lTql0ZXX0
157 名前:puipui♪ 投稿日: 2005/07/02(土) 19:50:25 [ 5glwk0q6 ]

7月3日6chPM5:30〜
『嘗ては国家転覆行動に出ようとした、秘密の儀式をする教団』について
やるそうなのですが、
今、録画デッキが壊れていて...
もしかしたら私の意中の教団で、重要な動かぬ証拠の1つとなるかも知れません。
どなたか録画しといて下さいな。

話は変わりますが手強いユダヤ人ですら国内から追い出そうとするフランス人は
国家・政治・自分達の権利・子孫の事を真剣に考える民族ですね。
日本人もコリアンがどんなに手強くてもやがては国外追放したいものです。↓
「フランスのユダヤ人はなるべく早くイスラエルへ移住せよ」
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/3904943.stm

131 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 08:56:52 ID:7n7yNGdT
このスレは重複スレです(削除対象です)。
本スレはこちらですので移動してください。

神様を科学的に検証しよう。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1114863970/

132 :名無しさん@3周年:2005/07/03(日) 16:32:18 ID:bGa8Ud7r
日本は宗教を根絶し世界に平和への道を示さなければならない。宗教の違いによる争いを終わらせよう。

133 :名無しさん@3周年:2005/07/06(水) 15:13:38 ID:3puCu+S4
宗教は法律で禁止しよう

134 :名無しさん@3周年:2005/08/17(水) 23:08:01 ID:i+E978Nn
昭和62年1/20神奈川新聞、朝日新聞に「密教食は違反食品」
無許可の漢方薬品を混合した「密教食」を600〜635円で仕入れ3000〜4500円で
信者に7億円売りさばく。光和食品社長(当時)阿含宗教祖・桐山靖雄ら7人が神奈川県警と横浜港南署に
薬事法違反で書類送検される。



135 :名無しさん@3周年:2005/08/18(木) 20:57:13 ID:GVs6jNlp
宗教いらん

136 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 13:15:03 ID:/pgWqUtD
宗教は争いの元です。

137 :名無しさん@3周年:2005/08/19(金) 20:59:23 ID:XjmnztC9
人は宗教がなくたって別の争いの元を探して楽しくやるさ
だからそろそろ宗教も『争いの元』の地位をおりて消滅しておくれ

138 :名無しさん@3周年:2005/08/20(土) 10:42:33 ID:5B+kHQ0m
まともな人は宗教なんかやらんだろ

139 :名無しさん@3周年:2005/08/20(土) 16:41:16 ID:UJvauppi
日本には必要ない

140 :名無しさん@3周年:2005/08/22(月) 16:32:31 ID:9MLHDwNr
宗教=詐欺

141 :名無しさん@3周年:2005/08/26(金) 23:31:34 ID:nJYMsX9v
まず日本からなくそう。

142 :浄土真宗 仏教徒:2005/08/27(土) 15:36:36 ID:fbNd268a
ご関心のある方は、
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119064568/
に、仏教の教えについて長々と書き込みさせていただきましたので、
よろしければ、ご覧になってください。

143 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 20:34:57 ID:YHOWhzsJ
↑こうゆう馬鹿を駆除しよう。

144 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 20:54:05 ID:y1fyzYA6
殺すなよw

145 :名無しさん@3周年:2005/08/27(土) 21:18:08 ID:mAWRGNwS
日本は無宗教じゃないよ。死んだら葬式やってるしな。葬式をしないで尚且つ骨は
散骨するぐらいでないと無宗教とは言えないだろう。結婚式だってやってるしな。
こういう無意味な儀式を一つでもやっているようならそいつは無宗教とは言えない。
しょうがなくまわりの人に合わせて馬鹿馬鹿しいと思いながらやるのであれば分かるが。


146 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 01:52:32 ID:+V9Dm6dX
積極的になくしていこう!

147 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 10:21:22 ID:uLB79hBW
日本が物質的に恵まれているのは誰もが認めることだよな。

だけど、日本が精神的な面でかなりレベルが低いの認めざるを得ないよな。

それが、日本人に無神論者が多いためだというのが、かなり多くのウエイト

を占めているのは否定できないと思うのだが。

そう考えると、まともな宗教は必要だと思うんだがな。

148 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 10:54:20 ID:7CdUpHGp
まあお前らもそろそろ、自分自身が知らぬ間に宗教に染まってることに気づいたほうがいいな。

そう、言うなれば2ちゃんねる教に。

149 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 17:31:50 ID:+V9Dm6dX
集金する宗教はやめとけ

150 :名無しさん@3周年:2005/08/28(日) 17:36:49 ID:9QAKIJZi
イエスキリストが献金袋を回すだろうか?
ありえないよね。

151 :名無しさん@3周年:2005/08/29(月) 08:43:38 ID:Xg+dqvMU
洗脳し搾取するのがやつらのやり方。

152 :浄土真宗:2005/08/30(火) 21:48:37 ID:wIfK++Iv
生きるということは、信じるということです。
私達は何かを信じなければ生きてはゆけません。
信ずるということは言葉をかえればたよりにする、あて力にするということです。
私達は何かをたよりにし、あて力にしなければ生きてはゆけません。
即ち、何かを信じなければ生きておれないのです。
妻は夫を信じ、夫は妻を信じ、親は子供をたよりにし、子供は親をあて力にして生きております。
その他、自分の身体や生命、財産や金銭、家や名誉や社会的地位等、何かをあて力にして人間は生きております。
だから生きるということは信ずることなのです。
神や仏を信ずることだけが信心ではありません。
昔から鰯の頭も信心からと言われますが、つまらぬものでも信じていればその人の信心です。
だから総ての人は何らかの信心をもっているのです。
ところが私達は、ただ生きているのではありません。
幸福を求めて生きている人ばかりです。そして一切の苦しみ悩みを厭うております。
苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、信じていたものに裏切られた時に起きて来るのです。
病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたからです。
子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。家の子供にかぎってと深く信じていればいる程、裏切られた時の親の苦悩や悲しみ怒りは大きいのです。
これで分かるように我々は何かを信じなければ生きてはゆけませんが、やがては我々を裏切ることのあるものを信じて生きるということは馬鹿げたことです。
では、この世で生命をかけて信じても後悔のない、所謂、絶対に裏切ることのないものはあるでしょうか。
結論を急ぎましょう。何もないのです。
この世の一切は死ぬ時にはなんのあて力にもなりません。この肉体さえ焼いてゆかねばなりませんから。
今死ぬという時でも変わらぬもの、それは三世諸仏をして成仏せしめた本師本仏の阿弥陀如来あるのみです。
この仏を信ずるものこそ、永遠不滅の無上絶対の幸福で生きぬくことが出来るのです。
このことを皆さんに、まずよく知って頂きたいと思います。
詳しく知りたい方は、http://blog.livedoor.jp/midanoseigan/
を見てください。

153 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 18:31:57 ID:Yx1QERWN
こうゆう馬鹿をなくそう。

154 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:08:36 ID:DujhdQqS
コピペバカは日蓮系のオハコかと思っていたが・・・親鸞系も同じか。

155 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:15:04 ID:56VLn698
個人的意見としては多分必要と思います。

156 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:17:00 ID:YC74i547
天皇ってある意味宗教ですか?

157 :名無しさん@3周年:2005/09/01(木) 19:57:30 ID:Yx1QERWN
戦前は宗教だったな。

158 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 03:29:17 ID:/HAg0uuo
宗教は争いの元。日本人はよくわかっている。

159 :名無しさん@3周年:2005/09/02(金) 11:32:45 ID:zJGXvzaX
こんなのがあったよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050901-00000116-yom-soci



160 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 10:49:44 ID:L+O9qPvZ
無宗教=日本人の75%か。あとの25%は基地外か。基地外をなくそう!

161 :宗教:2005/09/03(土) 11:40:29 ID:HBE3aT/K
日本にそれがなかったら、自殺者があふれ、犯罪者があふれ、
離婚がふえ、中絶がふえ、占いに頼る者がふえ、金の亡霊がふえたでしょう。

だけど新興宗教はだめですよ。



162 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 12:13:16 ID:L+O9qPvZ
↑無知な宗教馬鹿。

163 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 15:00:51 ID:ReHzwcuz
>>152
宗教とは原始的なマルチ商法。
一部の人間が生きていくために考案した集金システム。
教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は『金』にしか見えない。
いかに信者から『金』を搾り出すかが
聖職者と呼ばれる人間たちの
本音だ。

教祖や僧や牧師や神主などから見れば、
信者は
『お前ら、馬鹿じゃねーの?
せいぜい頑張ってくれよ』
位にしか思っちゃいない。

教義上、平等を説いているが
信者の差別化は常識だ。
貧乏人や障害者、低学歴はこの世界でも
聖職者と呼ばれる人間たちからの
侮蔑、嘲笑にさらされる。

164 :名無しさん@3周年:2005/09/03(土) 20:40:37 ID:L+O9qPvZ
日本から宗教がなくなるのも時間の問題

165 :宗教:2005/09/03(土) 20:46:15 ID:vSYWWdgE
今後は逆に宗教を頼る人が増えそう。
そうでなければ占いに頼る。
  

166 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 00:24:07 ID:+lLCpVG5
端的に言うとバカが増えるっつーコトだね。

つーか、俺は死んでも絶対に葬式とかやりたくないんだが
散骨って法的にどうなんだろ? 死体遺棄とかになるのかな?
だったら法律なんざ無視して、海にでも行って
ゲリラ的にバッとぶち撒けてほしいもんだ。
お魚さんにカルシウムを。

167 :名無しさん@3周年:2005/09/04(日) 18:57:25 ID:Dvb+X797
地球に優しいね。狭い日本にお墓なんていらない。海に撒こう。

168 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 06:49:00 ID:Qj25gpHC
お墓も仏壇もいらない。教会もお寺も靖国神社もいらない。宗教いらん!

169 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 08:21:31 ID:bBtrrMKQ
無宗教を「思う」のは自由だけど、勉強して「考える」事をしないとな。

結局、葬式の時に無知が災いして余分な金を払ったり、非常識をやっちゃってる。
(コレは「えっ?葬式やんないの?」という周りの言葉に屈した奴の話ね。)

で、がんばって「無宗教式」の葬式(笑っちゃダメ、存在するんだから)をやっても、
客からは帰り道でこんなこと言われちゃう。↓

「坊さん呼ぶ金、なかったんだな」

無宗教ガンバルにしても人付き合いを完全に絶つとか、勉強するとか、しっかりやれよ。



170 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 11:16:48 ID:Qj25gpHC
無知が災いして余分な金を払っている非常識者?
宗教信者の事だろ。

171 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 13:03:36 ID:bBtrrMKQ
>>170、無理に即レス反論しなくてもいいよ。

宗教信者って、その宗教に所属してソレについて詳しくなる者の事じゃないの?
無知って…その場合は信者とは言わないんじゃ…?

こっちも混乱しそうWWWWWWWWWWWWWWWW



172 :名無しさん@3周年:2005/09/05(月) 20:46:25 ID:Qj25gpHC
日本人の75%は無宗教者。世界中の先進国から宗教のような迷信が消えつつある。逆に宗教やしきたりに固執する国は発展しない。

173 :名無しさん@3周年:2005/09/06(火) 08:02:23 ID:3llxpPCA
科学立国日本には宗教不要

174 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 10:52:27 ID:8tHr9hij
宗教が蔓延すれば日本はつぶれる
宗教を特別扱いする意図は日本つぶし

175 :名無しさん@3周年:2005/09/07(水) 15:55:02 ID:iB5es1zB
宗教をなくそう!

176 :名無しさん@3周年:2005/09/08(木) 13:10:28 ID:GeoGKWVT
構造改革だ。古くからの風習、しきたり、宗教などを改革しよう。

177 :名無しさん@3周年:2005/09/10(土) 14:18:49 ID:pmpEpAK4
宗教打破!

178 :日本にこそ必要:2005/09/11(日) 13:20:53 ID:0RVBTQ+w
下り坂のこの日本にこそ、宗教は必要。

それさえなかったら、この国は100年後もあるかどうかも怪しい。

中国で宗教が禁止されているのは、共産国家だからだ。



179 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:49:44 ID:QJPw5ex5
日本も宗教=カルトに対抗しうるだけの
心理戦術を持たなくてはならない。
宗教=カルトの残虐性とデンパ性をよく勉強するべきだ。


180 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:56:31 ID:PxQpLbwi
サンプル4000突破!!
2ちゃん出口調査にご協力ください

【2ch出口調査】何処に入れました?其の5
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1126422561/


181 :日本にこそ必要:2005/09/11(日) 17:01:49 ID:0RVBTQ+w
科学技術?

今の科学で宇宙について一体何%が分かっている?

地球がいつ誕生し、生命がいつ誕生したのか、今の科学でどれだけ正確に分かっている?

所詮人間は宇宙、地球、人間について数億分の1もわかっていないということ。




182 :壊れ者:2005/09/11(日) 17:06:51 ID:+oPPHqhv
宗教ってなくても良いと思うよ。
日本国憲法守ってれば、ちゃんとした生活できるようになってるんだもん。
ただ、こういう状況の時はどうすべきかという事に迷ったら、過去に学ぶものである。
宗教の教理も、結局はそういった規則を教えているに過ぎない。

例えば、自分の邪魔をする者が居るとする、戦国時代の武士だったら、即刻殺して解決を付けていたでしょう。
このとき、仏教、キリスト教(十戒)、法律を知っていれば、相手を殺さずに解決付けようとするでしょ?
結局は知識があるかどうかなのよね。単純な思考から、色々な解決方法を考えるようになったから、人間の知性は広がっていったのだと言えます。

だから、法律に従いつづけるのであれば、宗教はいらんでしょう。
というか、法律自体も、元宗教的倫理観を含んでいるのだから、一つの宗教とも言えるわけです。

科学にしろ、政治学にしろ、宗教学にしろ、結局ある1点に辿り着くのである。
現在社会は、結局はある宗教の考えの上に成り立っているのである。
それが仏なのか、キリスト、ユダヤの神なのか、神道の神であるのか、それはまだ自分でもわからないところなのですが...。

183 :日本は世界一の宗教国家:2005/09/11(日) 17:31:54 ID:0RVBTQ+w
日本人は、生まれながらにして神道の信者になっているし、
神道にかぎらず、仏教やキリスト教の行事にも出ている。
こんな国は他にない。
中国では絶対にありえない。
アメリカもかなわないのでは。
日本は、世界一の宗教国家であるというのが結論である。



184 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:38:18 ID:MvlsAo/M
いずれは、おまえらも層化信者になる運命だ

185 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 10:08:37 ID:YQnwJI0e
日本人の75%が無神論者だが、90%を越えるのも時間の問題だろう。

186 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 10:36:01 ID:e0avVJXi
そら必要でしょう 民主主義的な独裁体制のない宗教が必要。
もはや精神論だけじゃ語れないでしょ。まぁ宗教の要らない
平均年齢が上がってきてるけど、伝えていくことも必要でしょう。

知識も必要ですが、いろんな媒体からの情報は決してすべてが正しいと
いう訳ではありません。自分にあった宗教を自分自身で見つけ出すのが
正しいと思いますよ。

@連れて行かれた。
Aビデオ見させられた。
B民主主義でない。
C異常に寄付を募る。
D他宗教を批判する。

宗教は必要。@〜Dに該当する宗教が、宗教を駄目にしているのではないかと思うよ。


187 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:15:53 ID:YQnwJI0e
宗教のような古臭い迷信、幼稚な嘘、争いの元は全く必要ない。

188 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:17:49 ID:MiIDlaln
税金をもっと取ればいいんだよ。

189 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 12:59:57 ID:YQnwJI0e
ニートが何言ってんだか

190 :名無しさん@3周年:2005/09/12(月) 21:49:31 ID:eekTK55Y
>>186
すべてジャストマッチングしてしまう創価学会はどうしたらよいですか?

191 :名無しさん@3周年:2005/09/13(火) 10:50:36 ID:+r+U/PI8
>>190
逝ってよし



192 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 18:56:02 ID:C88Mahzi
宗教いらん!

193 :日本は世界最大の宗教国家:2005/09/14(水) 20:53:01 ID:9/C1UjPX
上は自明でしょ。

日本では誰でも神社、お寺、教会に行くし。

そのことで逮捕されることもない、中国と違って。

宗教について誤解している人は気の毒だね。
カルト教団にひどい目にでもあったのかな。

正しい宗教はカルトとはちがうよ。




194 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 20:58:08 ID:nEeb2GY1
正しいの定義は

195 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:04:19 ID:C88Mahzi
正しい宗教? アホか。 宗教は正しくない。 宗教は虚実。

196 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 21:05:58 ID:w3C6Bbs4
巫女さんは必要だと思うから宗教も必要

197 :名無しさん@3周年:2005/09/14(水) 23:47:08 ID:E+fy/0pf
かわいい巫女さんは絶対必要だと思うから神道は必要

198 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 20:14:56 ID:GhKl8SpF
キャバクラ池

199 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 20:45:25 ID:VZZjjs6Q
丈の短い巫女さん服やキャバクラでは、巫女の売りの清純なイメージが失われるんです。
えらい人にはそれが分からんのです。

200 :真実を知ってください:2005/09/15(木) 21:06:01 ID:zTDvFtCl
「阿弥陀如来の誓願」をぜひ、聞き求めていただきたいと思います。
「阿弥陀如来の誓願」を誤りなく正確に伝えて下された方が、お釈迦さまです。
そのお釈迦さまの伝えられた「阿弥陀如来の本願」を日本で正確に伝えられた方が、親鸞聖人です。
すべての人にに、本当の仏教、「阿弥陀如来の誓願」を知っていただきたいのです。

201 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:09:36 ID:cetIKTmQ
日蓮正宗について
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121364121/


202 :名無しさん@3周年:2005/09/15(木) 22:12:51 ID:pc7piGz6
200
異教の偽仏を崇拝しようという御仁はこのスレには居りますまい。

203 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 02:54:32 ID:KPUDgUt1
日本人の75%は無神論者です。日本から宗教がなくなるのは時間の問題。

204 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 03:35:27 ID:yTkAv/0e
ん〜なくならないとは思います・・・ 
まあ、その75%は、葬式のときとかに自分の家がどの宗教だったか分かるんじゃないかな。
私は中学の時に神道だって知ったけど。つまり、教会に行ったり、お経を唱えたり、そうしたことが日常にないのが75%じゃないかな。
後何年たっても、お正月には初詣には行くでしょうね。

205 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 03:48:01 ID:KPUDgUt1
儀式やセレモニーではなく、幽霊や天国や神の存在を信じるかどうか。

206 :名無しさん@3周年:2005/09/16(金) 14:37:48 ID:quBDv4nG
日本に必要な宗教は層化のような宗教だけ

207 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 14:05:21 ID:yh938Y4r
創価は最悪、オウムより危険。

208 :名無しさん@3周年:2005/09/17(土) 17:57:27 ID:qCbV+6Rh
中世から近世のヨーロッパは、言うなれば公明党が絶対安定多数を占めて
江戸城が学会会館に改装された日本。消費税は基本の5%+創価運営目的税分10%。

209 :日本の宗教:2005/09/18(日) 07:28:11 ID:ms9naoAB
日本は最大の宗教国家。ありとあらゆる宗教がある。
宗教系の高校・大学の評価も日本では一般的に高い。特にキリスト教・ミッション系。
日本の著名人にはミッション・スクール卒が少なくない。皇室・官公庁などにもOBOGが少なくない。
今度の選挙で当選した方々のプロフィールを見なさい。
特に自民党の新マドンナ議員たち。

 

210 :武庫川女子大学総長:2005/09/18(日) 07:44:34 ID:UWBUVTHJ
>>209
ただ、イスラームの尺度でいえば、日本は完全な「単一宗教国家」ということになるらしい。
根本の宗教規範が完全に単一で、それは「日本教」とでも表現したらいいということになる。
まあ、中近東にだってキリスト教徒やユダヤ教徒もたくさんいるけど、イスラームの行動規範に沿って行動を取っているうちは、信教の自由も保障されるらしい。
ただ、この規範に反したならば、イランのパーレビ(パーラヴィー)国王みたいなことになってしまう。
日本でも同じことが起きるだろう。
外国文化を取り入れているようで、それはあくまで表面だけじゃないか。
本質はやはり「日本人」でしかないのだ。
尚、日本での人種や民族が単一という意味ではなく、あくまでも宗教規範が単一であるという意味。

211 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 08:06:04 ID:0bw+5NL8
俺としたことが
突然、イブン・アラビーの「存在一性論」が読みたくなっちまったぜ。

212 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 08:13:43 ID:NLP4mvyA
http://6011.teacup.com/soukagakkaikiraisoukagakkaikowai/bbs
とても正直に、そして鋭く、創価学会の問題点を指摘されているブログ、サイトがありました。

「アタシの知ってる創価学会」
http://blog.goo.ne.jp/fujika1967

http://blog.goo.ne.jp/fujika1967/e/400ed1ed111008a36554a164f5524ee4

「まにまに日記」
http://manimaninikki.blogzine.jp/manimani/

「創価学会は本当に正しいのか?」
http://blog.goo.ne.jp/hontou_no_sekai/

「一行日記 創価学会3世の私のつぶやき」
http://onesentence.seesaa.net/

「創価学会からの奪還」
http://blog.goo.ne.jp/akiako0322

「創価学会員駆込寺」
http://www.medianetjapan.com/10/meeting/soka/

広布基金・財務について
http://senmon.fateback.com/soukagakkai/shukyou/kofu_kikin.html

マインドコントロールについて
http://www.sapphire-ark.com/mind.html

213 :日本に宗教がなければ:2005/09/18(日) 13:11:05 ID:ms9naoAB
本当に幸せですか?

だれがあなたの心の支えになりますか?

中国に行ってみなさい。金だけがすべて。
金のない者は惨めなもの。病気になってもだれも助けません。
大金を盗んだだけで、死刑です。命の値段がとても軽いのです。
宗教のない世界はとても恐いものです。


214 :日本の現状:2005/09/18(日) 17:53:27 ID:ms9naoAB
日本では信仰者は10年前と比べて増えている。
その理由は何か?
それだけストレスの多い社会になったということだろう。
大卒でもへたすればフリーター。
大企業に採用されても、数年後には体を壊してリストラ。日本ではそのような人にとても冷たい。
だから宗教にすがりたくなる人が増えているのだろう。
高齢化していることも、宗教の信仰者が増えている大きな要因だが。


215 :名無しさん@3周年:2005/09/18(日) 22:14:47 ID:ZknbsIij
要するに社会がグダグダになると宗教に走る奴が増える。
社会が平穏でまともなら宗教の出番は自然と減る。
平和主義を標榜する聖職者は信者が減ったらむしろ喜ぶべきで、増えたら悲しむべき。

216 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 05:56:04 ID:HmlkIk2l

>209
今のこの日本の状態で最大の宗教国家なのですか?
なら世界で神とか宗教って言ってるやつらは実は薄っぺらい信仰心の持ち主ばっかなんですね。

あとミッション系の学校でたからと言って宗教をやってるということにはなりませんよ。
かくいう俺もミッション系の学校だったけど、同級生で150人位の中にキリスト教徒は一人もいませんでした。
そもそも宗教やる時間があればその間に勉強しないと入学できなかったし。
おそらくミッション系は私立なのでそこそこのお金持ちじゃないと入れないし、その分偏差値も高くなるので政治家を輩出しているのではないでしょうか。

217 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 10:07:28 ID:VVzoMq9P
日本は世界でもっとも進んだ科学立国、無宗教国家です。宗教のような迷信から抜け出せない国は発展しない。

218 :ミル値アップ!:2005/09/19(月) 10:18:12 ID:ASYGB1Qy
ミルコ道があればいい

219 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 12:27:03 ID:geF7Pyrm
今の日本の最大の信仰は、学歴信仰だな。
未だに高学歴の人間は、就職が有利だぞ。


220 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 13:44:03 ID:7X2ub7x1
宗教を完全に捨てるのは不可能だな。
罪と罰の概念は、キリスト教の概念だし、
道徳や業の概念は、仏教の概念だぞ。
あと、クリスマスやバレンタインデーはキリスト教だし、
正月やお盆に関しては、神道(根っこは仏教の中の道教)だ。

要するに、使えるモノを適材適所で使っていけばいい。
ただそれだけの話だ。

221 :日本の問題点:2005/09/19(月) 17:10:38 ID:SxGAIvlY
多くの人々が神から遠ざかっていることである。

なぜか?

拝金主義、物質主義、快楽主義が至るところで蔓延しているためである。

その結果、貧富の格差が拡大し、家の中にものばかり溢れ、少子・高齢化がどんどん進み、性がもてあそばれ、一人暮らしで携帯頼りのさびしい人が増えている。

また、死刑制度がありながら、凶悪犯罪率も上昇傾向にあり、しかも低年齢化が進んでいる。

この国から宗教がなくなれば、その傾向はさらに強まるに違いない。


222 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:31:25 ID:VVzoMq9P
多くの人が神から遠ざかっている。それは、なぜか?それは神など存在しない、古臭い迷信だって事がわかってきたからである。今だにしがみ付いている宗教患者は哀れだ。

223 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:37:27 ID:XySEd3+r
元々、神という存在は、概念だけの存在に過ぎない。むしろ
概念だけの存在なのに、その存在の実在をほのめかすような事を
言い出したことが、宗教の衰退を招く原因だったとすら言える。


224 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 18:53:06 ID:XySEd3+r
魂とか心という存在に関しても、概念だけの存在に過ぎない。
それらの実在を考える事に関しては、今のところ、全く意味が無い。
しかしこれらの概念を、不要なモノと考える人は少ない。
神という概念も、そうした意味では、必要な存在だと考えられる。


225 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 19:00:01 ID:XySEd3+r
しかし人は、概念だけの存在にも形を求めたがる。
そして実在する事を望みたがる。しかしそれは無い物ねだりだ。
形の無い物に実在は存在しない。それはあくまで、似たような
概念情報の組み合わせにより生まれた、疑似的な偶像に過ぎない。


226 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 19:06:20 ID:XySEd3+r
概念だけの存在に、本当に価値が無いのだろうか?それは間違いだ。
罪と罰といった概念が生まれたことにより、人は反省し、悔い改める
事を学べるようになった。学問だって概念だけの存在だ。しかしこれは、
人の社会を大きく発展させてきた。


227 :名無しさん@3周年:2005/09/19(月) 19:22:24 ID:exdcozTZ
>>1
神道ベースで、いろんなものに感謝し、学んで生きていくほうが強い人生遅れるに決まってるじゃね〜か。
キリスト教も、仏教も、イスラム教も、いい事言ってる部分がいっぱいある。
そういうものに頭を下げればいいんだよ。

どれかに偏ると、必ず社会が弱体化するから(欠点の相互補完が出来ないため。)、止めたほうが良いな。
新興宗教なぞは特に、(目的)沢山の人を救済する(手段)信者獲得競争の目的と手段があべこべになって、
何をやってるんだか意味不明だ。 相手にするなっ!


228 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:03:09 ID:HCwL1OxR
宗教の時代はオワッタ

229 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:13:30 ID:90kSdbbm
>>223 仏教では、「自分」も「人間」も概念だけの存在にすぎないと考えます。
生まれたときからずっと「自分」が存在したというのも錯覚で、瞬間ごとに生じては滅び、変化しているのです。
だから、昨日の他人に昨日の自分が殴られたという記憶があったとしても、それは単なるデータの切れ端が残っているだけです。
今の自分がそのことで怒ったり仕返ししたりする必要はないのです。

230 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 18:28:36 ID:5vT4sCdJ
>>229
だったら昨日他人を殴った記憶があっても、謝ったり仕返しを恐れたりする必要がないとでも言うのか?
そういう非常識な事ばかり言ってるから衰退するんだよ。

231 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:23:23 ID:90kSdbbm
>>230 殴った記憶があるなら、仕返しされる可能性もあるし、殴った昨日の自分の業を背負って今があるのも現実です。
しかし、仕返しされたときのことは、仕返しされてから考えればいいので、仕返しされる前から恐怖する必要はありません。
常識って何なのでしょう?常識もまた概念にすぎません。
常識を信じている人にとっては常識だけれど、信じない人にとっては常識ではありません。
常識に縛られることで必要以上の苦悩を受けることがありますしね。

232 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:48:03 ID:5vT4sCdJ
>>231
結局謝る必要があるのかないのかどっちだよ。
というかお前は、仮に自分が人を殴ったり暴行したり殺したりしても、
「全ては錯覚で変化しているから気にしなくて良い」と言えるのかね。

233 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 20:59:22 ID:90kSdbbm
他人の気持ちを考えれば謝る必要があります。
しかし他人が謝ってくれなくても気にしてはいけません。
気にすればストレスで苦しむのは他人じゃなく自分だから。
殺されても殺しても、ほんとは気にする必要はない。
しかし、それを悟っていない人はやはり殺されるのがいやですから、他人の気持ちに配慮して殺さないようにすべきです。

234 :名無しさん@3周年:2005/09/20(火) 21:09:19 ID:3pQhm60N
>>233
つまり、ボケ老人になるのが一番良いということですかな。

235 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 12:53:13 ID:ZhPz3Ttv
>>234 できごとと感情が接続されないようになれば理想です。
隣の家で突然大きな音がした(できごと)。その音に身体が反応してビクッとなった(できごと)。
もし、そこから隣の住人に対してむかつくという感情に接続すると、ケンカになります。
「あーびっくりした。」で完結すればいいのです。

236 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 13:51:08 ID:2NmQiqat
ボケ老人、もしくは感情の無いロボットが理想というのは
誠に非人間的な宗教だ。

237 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 18:43:51 ID:ZhPz3Ttv
>>236 宗教を完全否定することのほうが、よほど非人間的な気もしますが…。
苦悩の原因になる感情や誤った見解を、煩悩といいます。
煩悩を制御できれば、人生の苦悩も制御できます。
仏教はすべて、人生の苦悩を制御するのが目的です。
他人と意見が合わなくてムカつくとストレスの原因になります。
しかし、他人の意見を思いどおりに変えることなど、めったにできません。
かと言って、自分の意見がどう考えても正しい場合があります。
では、ストレスを消すためにはどうすればいいか?
他人と意見が違うという現実をありのままに受け入れ、意見が違うという「できごと」と、「ムカつく」煩悩とを、接続させなければよいのです。

238 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 21:20:43 ID:9Otn5+Fw
>>233
自分や他人が存在するのも錯覚なら、一体どこから「他人の気持ちに配慮」という発想が
出てくるんだ? そんな配慮をしてる時点で、錯覚だろうと実在だろうと同じ事じゃないのか。

>殺されても殺しても、ほんとは気にする必要はない
自分の家族が殺されても「気にする必要はない」なんて言えるのか?
あるいは、家族が殺された人に対してそれが言えるのか?

239 :名無しさん@3周年:2005/09/21(水) 21:46:43 ID:5TCGqPpu
既に「世間様、社会様」教でしょ

240 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 02:02:01 ID:z16ulr90
>>238 仏教の目的は苦悩を消すためです。
そのために、すべて錯覚だと気付かせるのです。
気付いている人にとっては、人が死ぬのもバターが溶けるのも同じことです。
しかし、気付いていない人にそれを言っても、理解できないと混乱するだけですから、ナーバスになっている時にわざわざ言いません。

241 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 02:06:34 ID:z16ulr90
>>238 仏教の理論は、ヨーガや瞑想により心の奥深く、深層心理まで観察し体感した人が、その体験をもとに構築していった理論・哲学です。
人の心は因縁により、色々な分別・判断が起こって、それが連続して生じては滅してくりかえしています。
しかし、瞑想により、あらゆる分別・判断がなくなり、つまり錯覚がまったくなくなった状態を、実際に体験した人がたくさんいるのです。

242 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 02:13:34 ID:z16ulr90
人間も、五蘊(ごうん)と呼ばれる五つの構成要素が仮に和合した状態であって、人間というゆるぎない実体があるわけではありません。
それを、実体としての人間として考えるから、人間が生まれたり死んだりすると認識してしまい、死ぬのを恐れてしまいます。
本当は、明確にここからが生でここからが死などという違いはありません。
常に変化しつづけているからです。
生や死も、その連続した変化の1シーンだけに執着しているから、生命が生まれたり亡くなったりするように見えるだけです。
何もなくなりはしません。ただ形が変わっていくだけです。

243 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 07:52:45 ID:JuUxnUoc
様々な概念があってこそ世の中には意味がある。
むしろ様々な業を重ねていく事にこそ、生きていく意味があると思うけどな。



244 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 08:27:47 ID:z16ulr90
>>243 あなたのように、概念を概念なんだと客観的に観ることができるならいいんですけどね。
日常生活にどっぷりつかっていると、世間と常識という概念が、たった一つの事実のように錯覚して、自分を縛りつけてしまいます。

245 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 08:37:40 ID:zk+TjA2E
様々な物事に対して興味が薄いからだよ。信じたり、
疑ったりして、様々な物事に興味を持って、かかわっていけば、
見えなかった物が見えるようにもなってくるよ。

業を重ね、積み上げて、そして崩されて、
何も残って無いように見えても何かが残ってる。
世の中そんなモノだよ。万事が人生、塞翁が馬。
まあ、残っているのが希望か絶望かは知らんけどな。


246 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 08:58:59 ID:lk1Xvq/B
んかこのスレで喋ってる人って、検証されてないのに「〜と言います」って言い切ったり、辞書にかいてあるような意味と全然違うのに「〜は〜という意味です」とか国語力不足晒しちゃったりする人が多いね。
結局宗教のメリットは自尊心を満たせること、デメリットは人間としてチープこなる事てことでFA?

247 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 09:15:01 ID:LZC8vJRP
物事に対して、信じることと疑う事を、同時に行った事のない人なんだろ。
どっちかしか出来ないから、物事を見抜けなくなる。

248 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 11:51:22 ID:I3iKZ3Oj
>>240にとって信仰の目的は「苦悩を消すこと」らしいが、
しかし苦悩を消すのと一緒に他の感受性も失っているように見えるな。
「人が死ぬのもバターが溶けるのも同じこと」なんて廃人同然の感受性だろう……

249 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:31:46 ID:/cnKFrZr
>>248
> >>240にとって信仰の目的は「苦悩を消すこと」らしいが、
> しかし苦悩を消すのと一緒に他の感受性も失っているように見えるな。
> 「人が死ぬのもバターが溶けるのも同じこと」なんて廃人同然の感受性だろう……
私は仏教徒でもないし、あなたの言っていることも理解はできるんだけど、
>>240の感受性は廃人同然ではないよ。多分、>>240は日常をすごく楽しんでるタイプだと思うよ。

250 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:34:41 ID:oA7JrOFW
人生を諦めてる人の信仰なんて、ただの現実逃避だからな。

251 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:37:28 ID:B+gWD+/O
宗教なんかやってるやつは負け犬。

252 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 12:41:26 ID:sOleDDmJ
すっげ↓
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4314009780

253 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 17:18:28 ID:xGcR7SF6
>>250
他人が人生を諦めているかどうかなんてどうして分かるんですか?

254 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 19:17:41 ID:B+gWD+/O
宗教は現実逃避

255 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 20:43:00 ID:otmuXt9r
>>249
何でそう思うんだ?
「人が死ぬのもバターが溶けるのも同じこと」、つまり悲惨な事も何でもない事も
全く等価値、そもそも全て錯覚なんだからまともに受け止める必要なしという人間が
一体どうやって日常を楽しめるのか聞きたい。

256 :宗教とは:2005/09/22(木) 21:23:11 ID:uhjWs++W
養老東大名誉教授は言う。

科学と宗教は対立するものではなく、補い合うものである。

科学が進めば、宗教が要らなくなるのではなく、補完するものとして意味をもつということだ。

宗教はいわば芝居、オペラ、ミュージカルのようなもので、神社・仏閣・教会がそれを上演する劇場のようなもの。

それを見て心が癒されれば、見に行くというもの。

芝居の嫌いな人はそもそも劇場には行かないだろう。



257 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 23:20:26 ID:xlJtcg/H
「人生を諦めている」とか「現実逃避」って、物凄くいい加減な言葉。
結婚しない事?人間社会との関わりを減らすこと?そうではいけない根拠は?
観念の色合いが強いとしても、各々の宗教も立派な世界との関わり方だろう。
否定派の気持ちもわかるけどね。

258 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 23:21:25 ID:xlJtcg/H
×強い 濃い、ね

259 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 23:46:02 ID:tKFvpIgG
食い物と一緒だよ。日本人は合わないもんを食いすぎたんだ、心も体も。

260 :名無しさん@3周年:2005/09/22(木) 23:46:32 ID:z16ulr90
>>255 たとえばムカつくことがあっても、
ムカつく原因もムカつく感情も、一時的な夢のようなもんだといち早く気付くと、
その瞬間に怒りがスッと弱まります。
自分が怒っているのだと気付くだけで、怒りはおさまるもんです。
「あいつが悪いんだ」と思った時に、
「あいつが悪いんだと“私は思っている”」と、“私は思っている”をつけることができれば、
それだけでも怒りは弱まります。
怒りが弱まれば、快適な生活を邪魔するストレスも弱まりますので、その分快適な生活が増えるというもんです。

261 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 11:17:44 ID:2SaInlTt
>>260
怒りを抑えるのと、人間が死んでもなんとも思わないのとでは
全然別の話だろうがよ。

262 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 13:05:56 ID:+WFgw5wD
>>261
そんなことは大前提であって、「人が死ぬのもバターが溶けるのも同じこと」は単なる例えでしょ。
例えをそのままの意味でしか理解できないのってオウムの連中と一緒だよ。

263 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 17:57:23 ID:AW+ObaUx
>そんなことは大前提であって、「人が死ぬのもバターが溶けるのも同じこと」は単なる例えでしょ。

比喩でなくてもいいんじゃね?腹が立つのはどっちも同じだろ。


264 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 18:53:47 ID:Wra4Mf5V
>>260
それうそばっかり。真実じゃない。頭だけの宗教はクソ

265 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:01:46 ID:viTsvlQS
気分を落ち着かせるんだったらオナヌーしたほうが早いんじゃねぇか?
よしてめぇら今日は巫女でオナヌーだ

266 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:21:55 ID:QQJml3DK
バターが溶けた事に対して怒りを感じるのは、
そのバターを使おうとしていた人の意にそぐわないから。

人が死んだ事に対して怒りを感じるのは、それによって、
様々な絆が失われるから。様々な可能性が失われるから。
命という、一つの奇跡が失われるから。



267 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:36:26 ID:QQJml3DK
>>260
自分に言い聞かせるだけで、本当に満足なのですか?
孤独に心が凍てついていませんか?
他人に理解してもらおうとは、思わないのですか?
現実を夢だと思っていれば、心は満たされるでしょう。
しかしそれで本当に、何かを得られましたか?


268 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:45:52 ID:gSaP4eHR
宗教で得るものは何もない。

269 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 19:57:29 ID:93ovB60h
宗教は、何かを得るためのものではないよ。
何かを得るための、道筋を指し示すためのものだよ。


270 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 20:20:42 ID:gFPnRhIs
宗教的活動が活発化するのも時間の問題じゃないかと思うんだけど。
個人主義が世代ごとに進んでいるでしょ。自民党大勝にしろ、意識せざる
結束が水面下で進んでいるんじゃないかと。EVAの見すぎなんだよな、きっと


271 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 23:35:23 ID:ikhPCclS
>>267 単に自分に言い聞かせるだけじゃなくて、
行の実践の中で心が変わっていくのです。
たとえば、座禅の呼吸法やお経を唱える等の修行は脳のリズム運動なので、
セロトニン神経を活性化させ、ムカつきやキレるのを防いだり、うつになるのを防ぐ効果があります。
ちなみに、麻薬でもセロトニン神経は活性化できますが、
活性化しすぎて幻覚を見たり、依存症になる危険があります。
座禅の修行段階でも、幻覚が見えることもあるそうですが、
ドラッグじゃないので依存症の危険はありません。
仏教の教えは、瞑想によって深層心理の奥まで意識を掘り下げることで発見されたことを、
体系化して説いているのです。
単に信じて言い聞かすだけではありません。

272 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 23:39:37 ID:ikhPCclS
>>267
何かを得たいとか、得たものを失いたくたくないという、貪りや執着が、苦悩の原因です。
現状に感謝し満足していれば、足りないものがない境地だから、
あらゆるものを得たのと同じく、平安で充実した心境になります。

273 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 23:46:50 ID:Hw1r8Q7J
>>272
何かを得たいと思わなくなったら、もはや人間どころか生き物としておしまいですな。

274 :名無しさん@3周年:2005/09/23(金) 23:48:31 ID:ikhPCclS
あるアフリカの人が日本に来て、街を歩く日本人を見たら、
まるで猛獣に追い掛けられて恐怖しながら逃げている時のような表情に見えた、と聞いたことがあります。
経済的・物質的には豊かな日本人ですが、
何かをもっと得なければとか、失いたくないとか、
そういう追い詰められたような毎日を過ごしている人が多いのではないでしょうか?
つまり、精神的には猛獣から逃げているような生活になっているのかもしれません。
エコロジーの問題もあるし、仏教の「少欲知足」の思想は、あながち間違いじゃないと思います。

275 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:01:58 ID:X5/AY53Y
仏教でめざすのは、
惑(心の迷い・間違った考え)→業(惑の結果誤った行為)→苦(業の報いで苦悩する)→再び惑(苦しいから心が間違った方へいく)…
という苦悩の輪廻をくりかえす生物の世界から、抜け出すことです。
それは、究極のオトナになることです。
コドモにとって重大で泣き叫びたいほどの問題でも、
成長してオトナになれば平気になりますよね。
もっと心が成長して究極のオトナになれば、あらゆる苦しみが苦しみではなくなり、へっちゃらになる。
また、苦しいままでも苦しみ自体を受けいれられる。
原因があるから結果があると理解してるから、自分で選択した人生にともなう苦痛は受け入れて、愚痴をいわなくなる。

276 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:14:46 ID:X5/AY53Y
すべて因縁によってつながっていて、原因のない結果はありません。
究極のオトナは、因果の道理を理解していますから、
人生の選択において、その選択に伴う苦痛を覚悟できています。
たとえば、自分で大学受験すると決めたのに、勉強がつらいと愚痴をこぼすのは、おかしいですよね。
そんなことははじめからわかってたんだから。
もし究極のオトナの精神をもつ人が受験するなら、どんなに苦しい勉強でも、ストレスや不満を感じません。
水を出すために蛇口をひねるように、ごくあたりまえのこととして、受験のために勉強できるのです。

277 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 00:23:12 ID:X5/AY53Y
すべては無常であり、瞬間瞬間に変化しています。
「私」という存在も、細胞が毎日死んでいき、新たな細胞に入れ替わっているので、毎秒違う物体です。
記憶を相続しているから、ずっと同じ自分だと思っていますが、本当は毎秒別人なのです。
これを悟っている人は、
「あぁ、昨日もおとといも勉強勉強で、今日もまた勉強か。いやだなぁ」
というような愚痴は浮かびません。つまり嫌気がささずにストレスになりません。
なぜなら、毎秒新しい自分として、毎秒新鮮な気持ちで勉強できるからです。
本を読んで記憶をインプットする作業自体は、単純な作業でさほど苦しくありません。
それを苦しいと思わせるのは、「いやだいやだ」の愚痴が浮かぶからです。


278 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 10:03:36 ID:3KKO9REv
何かを得たいとか、得たものを守りたいとか思うのは、
人間にとっては自然な感情です。何故ならこれは生存欲求
だからです。現状に不満を持ち、足りないものだらけの状況
だからこそ、人は生きたいと願うものです。業を深め惑を持ち、
それによって様々な叡知を得てきた結果が、今の発達した平和
な世の中を生み出しているとは考えられないのでしょうか?


279 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 10:19:00 ID:C7rvBdFC
叡智を深めず業ばかり深める者が増えると退廃していくね。

280 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 10:25:26 ID:/nUoIzDZ
科学を勉強せず宗教のような迷信に支配される馬鹿が増えると退廃する。

281 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 10:39:34 ID:WRcjKC1b
>>279
それは言えてる。誰もが賢者になれるわけではないからな。
俺にはまだ、人の器はよく分からん。


282 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:25:13 ID:5ZmOnJA2
>>279-280
狂信者は社会の迷惑だが、科学万能思想も社会の迷惑だと思う。
科学はあくまで、今まで知られている事実を、体系的にまとめた
だけの代物に過ぎないんだよ。そしてそれらは、今まで知られて
無かった事実が発見された瞬間に、簡単にくつがえる。


283 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:32:40 ID:5ZmOnJA2
宗教はあくまで、それまで知られていた抽象的な概念を、体系的に
まとめただけの代物に過ぎないんだよ。そしてそれらは、今まで
知られて無かった概念が発見された瞬間に、簡単にくつがえる。


284 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:34:25 ID:X5/AY53Y
今までの人類の歩みは、科学・技術の発展で、可能なかぎり欲望をかなえ、実現できることはすべて実現しようとしてきましたよね。
でも環境問題なんかが出てきた今は、技術的に実現可能だけれどあえて実現しない、かなえられる欲望もあえてかなえない、そういう思想が必要なんじゃないかな?

285 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 11:48:24 ID:R+r1k3Gc
>>282
新しい事実によって簡単に覆り、それが受け入れられるからこそ科学は健全なんだよ。
なぜ受け入れられるかというと科学的主張には客観的根拠というものがあり、検証が可能だから。

一方宗教はそう簡単には覆らないし、たまに内部で分派してセクト争いは起きるにしても、
それぞれが全く客観的根拠のないドグマを主張するだけ。

しかも宗教の世界のみならず、日常生活の場でも客観性のない主張をしがちなのがディープな信者。

286 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:04:56 ID:eibVIVPG
>>284
分別というものを持つ必要はあるだろうね。ただし問題は、
その分別が何に根差した考え方かをはっきりさせる必要がある。
それをはっきりさせずに神だの仏だの持ち出しても、それは
ただ単に、根拠の無いハッタリに過ぎない。


287 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:11:26 ID:eibVIVPG
>>285
狂信者ばかりが宗教のすべてではないよ。
それはあくまで、宗教の上っ面の部分を見ているだけ。
本質は、もっと深い部分にある。

288 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:21:17 ID:5bLzj+sS
>287
俺の読解力不足なのかはたまた287さんの読解力不足なのかはわからんけど、285が言ってることは狂信者云々とはまったく違うと思うんだけど…。


289 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:21:45 ID:X5/AY53Y
「実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。
怨みをすててこそ息む。
これは永遠ね真理である。」
上記は、仏(真理に目覚めた者)のニックネームで有名な、お釈迦さまが説いた教えのひとつです。
復讐したら、また相手から復讐され、それをくりかえしていても怨みは消えない。
復讐せずに、怨みを捨てなければならない。
実行できるかどうかは別として、私はこの教えを正しいと信じています。
それは、お釈迦様が説いたから正しいにちがいないと盲信しているわけではなく、教えの内容そのものに納得しているからです。
科学の力で、人を殺す技術も人を治療する技術も造り出せます。
しかし、その力をどう使うか、また使ってはいけないのはどんな時か、それを説く教えがなくてはなりません。

290 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:46:17 ID:R+r1k3Gc
>>287
客観的根拠が全くない宗教の教義を信じてるのは狂信者だけじゃないよ。

>それはあくまで、宗教の上っ面の部分を見ているだけ。
>本質は、もっと深い部分にある。
よく聞く言い回しだが、具体的な話が全然出て来ないんだよな。
「もっと深い部分」にある「宗教の本質」には客観的根拠があるのか?

291 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 12:48:35 ID:X5/AY53Y
>>278 人は必ず死にます。死ぬときまで欲や執着をもったままだと、人生の最後は悲しく辛いだけのものになります。
感謝と満足があれば、すべてを失う人生の最後さえ、充実したものになるでしょう。
絶対に負けられないという勝利への執着で勝負をすると、負けた時は地獄の苦悩です。
しかし、勝手も負けても勝負そのものを楽しむのだという、遊び心で勝負することもできます。
科学の発展にしても、お金のために失敗の許されないプレッシャーで研究する人もいれば、
研究そのものを楽しむ余裕のある気持ちで研究する人もいるでしょう。
仏教徒が科学者の場合、後者になるはずです。

292 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 13:02:55 ID:ja8BZoqL
>>290
宗教の根底にあるのは、様々な人間の苦労
の積み重ねから受け継がれた、経験則だよ。


293 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 13:34:28 ID:ilPHsfoH
何を信じるべきなのか?何を疑うべきなのか?
そんな問題に対する明確な回答なんて、簡単に見つかるわけが無い。

けれども人生の中では、信じる事や疑う事で、
何度も何度も学び続ける必要がある。そんな迷路の中で、
道筋を教えてくれるものが宗教だよ。そのかわり、
道の先に何があるのかは、教えてくれないけどね。


294 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 16:59:37 ID:/nUoIzDZ
宗教とは古臭い風習、しきたり、迷信です。科学的根拠は何もなく嘘を嘘で塗り固めた虚実である。宗教にはなんの意味もない。

295 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:13:59 ID:X5/AY53Y
>>294
>289も迷信でしょうか?

296 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 17:20:35 ID:wxPreYS5
294は恥ずかしい人間である。

その主張に根拠がない。

非科学的な言動しかしない。


297 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:35:53 ID:/nUoIzDZ
聖書盲信患者は哀れ。

298 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:43:02 ID:KJtfXuoq
296は恥ずかしい人間である。
その主張に根拠がない、という主張に根拠がない。
宗教オタクのくせに「非科学的な言動しかしない」といって
他人を批判するw

299 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 18:59:21 ID:DKv0eHuw
なんか、途中までは禅問答みたいな話をしてたのに、
いきなり低次元な煽りあいになってるな。


300 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 19:04:10 ID:/nUoIzDZ
宗教者は低次元。

301 :名無しさん@3周年:2005/09/24(土) 20:24:36 ID:RtMf8/XD
壊れたヤシがきてるな。他のスレでも逝くかな?


302 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 07:45:30 ID:d/Y5MDrY
なんか宗教を「日常生活上の辛さに耐えて生きるためのツール」ぐらいに捉えている人がいるな。
まあ日本的(というか実用主義的?)でいいけど、神の実在や、あるいは仏教の
「何も実在しない」というドグマを大マジで信じてはいないのだったら、宗教というよりは
人生哲学と言った方が良さそう。

303 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 09:26:44 ID:GqF+HZBz
宗教の時代は終った。もう宗教は必要ない。

304 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/09/25(日) 12:29:51 ID:m4JH4zxB
>>292

宗教の根底なんてものは、正直見えてこないよ。
ある人は、神秘体験だというし、ある人は、超越への思考、だというし
また、貴方のように、経験則だという人もいるだろう。

宗教というものは、ごく単純な話。
あらゆる社会的なヒエラルキーを飛び越えて、多くの人を纏め上げることもするし
また、人種、社会的差別を乗り越えようという言説の元に成ったりもする。一つの
社会内におけるシステムもしくは装置と見なすならば、偶発的、突発的な(近親者の死など)
そういうことに意味づけを与える機能も果たすし、上記上げたような装置にもなる。

現代の日本に宗教が必要かどうかではなく。
誰しもの中に、ある程度宗教性や宗教というのは入り込んでいる。
例えば、儒教の精神や、仏教的な道徳観というのは、すでに文化として
人が人格形成する上で入り込んでいるもの。

つまりさ、くだらない個人主義が暴れまわっている時代において
宗教はそれを抑える機能も果たすわけです。ウェーバーがぶち上げたように
プロティスタンティズムが初期資本主義のそれは現代の資本主義とは違うけれど
初期は倫理的共同体のための労働つまり天職というニュアンスがプロティスタン
ティズムの精神によって保たれていたとかね。倫理や道徳というもの言い方は悪いけど
強制するのが宗教でもあるし、そういう物語(愛や平和)で拘束するのも宗教。

必要だろうよ。こんな馬鹿みたいな個人主義者が暴れまわっている現代では。

305 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 17:45:44 ID:kRU0XVtq
> 初期は倫理的共同体のための労働つまり天職というニュアンスがプロティスタン
> ティズムの精神によって保たれていたとかね。倫理や道徳というもの言い方は悪いけど
> 強制するのが宗教でもあるし、そういう物語(愛や平和)で拘束するのも宗教。

そのへんは同意だが、一般人より道徳観の無い宗教者が多いのも事実。

306 :名無しさん@3周年:2005/09/25(日) 18:53:38 ID:G5WvqjkW
>そのへんは同意だが、一般人より道徳観の無い宗教者が多いのも事実。

善意にせよ悪意にせよ、宗教を他人を洗脳するための
道具としか思って無いヤシが多いのは事実やね。

ある意味では、善意の連中の方が厄介に思えるんだよな。
自分の罪を認めないから。


307 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/09/26(月) 05:56:11 ID:a9kM2N8g
>>305

そこがまた問題で、宗教にはやはり超越する思考というのがあるから、
社会的な道徳や倫理的規範を飛び越えてしまうこともある。
また、社会的な倫理や道徳は"人が作り出したもの"であって、それすらも
飛び越えてしまうまたは、"神の判断ではない"ニュアンスの言説を導き出すことにもなる。

>>306
洗脳っていう概念すら今では疑われているんだけど。
社会学で言う、社会化(家庭や教育を通して社会的な人間になる)ということも
ある種の洗脳であるわけで、マインドコントロールなんてものは、人が集団や社会を
形成していく過程でごくあたりまえに類似したものが見られるわけで。

例えばさ、カルトによってマインドコントロールされた人を救うっていうのは
裏を返せば、社会と言うカルトと対立する集団によって再度洗脳しなおすということでしょ。

つまり、マインドコントロールなんて実は存在しえない。それを言い始めたら、社会そのものが
マインドコントロールを絶えず私たちにしていることになるわけ。

308 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/09/26(月) 06:01:56 ID:a9kM2N8g
つまりさ、宗教だけを無駄に外部として切り離してしまえば中には反社会的な行動に
移ってしまうものもいる。それゆえに、必要なのは、宗教と社会とそれを構成する人たちが
常に何かしらの対話を行っていかなければいけないの。

社会に対して宗教が例えば道徳や倫理てきな強制をしいることも必要だし、逆に社会は
宗教が反社会的な行動にでるのを防ぐ必要性がある。

社会と宗教とそれを取り囲む人たちが互いに互いをある程度干渉しあい。尊重しあい。
対話していかなければいけない。そういう構造をはやく作らないといけないと思うのよね。

309 :名無しさん@3周年:2005/09/26(月) 11:02:22 ID:Dn/LTAXd
何かを知る為に宗教は手段にもなるし、凶器にもなる。それは科学も一緒。凶器になるときというのは信じてしまうこと。狂信。
常に懐疑的に、批判力を失わず、生じた疑問の答えを焦らずに探し、それを大事にしていくことが大事だということを理解できるか理解できないかじゃないの?
2chでよく見られる科学万能信仰の痛いところはこの点を見失っていること。精神的に未熟な部分があるんだろうね、煽っている連中は。
ただ、その煽りも決して無駄ではないんだけどね。それも通る道。

310 :名無しさん@3周年:2005/09/26(月) 18:41:06 ID:8Lp1/KtB
宗教盲信患者は疑う事も出来ない思考停止患者。妄想に現実逃避する宗教狂信者は哀れ。

311 :名無しさん@3周年:2005/09/26(月) 19:35:55 ID:Dn/LTAXd
>>310
宗教盲信=科学盲信
盲信した時点から迷い始めている。
科学を盲信している方が今の世の中世間体がいいだけ。

312 :名無しさん@3周年:2005/09/26(月) 20:04:12 ID:vwNxnSkc
盲信者ってのはさ、人を信じられない可哀想な人達なんだよ。
そっとしといてやれ。

313 :220:2005/09/27(火) 01:19:10 ID:/MBtzJga
科学はこの世の真理を知識体系化したものですから、
科学を信用しないのは神を否定しているのと変わりませんよ。
科学盲信者とは、非科学的なものを信用しない人のことでしょうか?普通ですけど?

314 :名無しさん@3周年:2005/09/27(火) 22:55:13 ID:J5TioPQp
科学を否定し宗教盲信する基地外は知障

315 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 00:56:38 ID:hUIoY5xr
科学立国日本に宗教はいらない。

316 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 01:00:34 ID:oJobdt3R
>>313
科学は完全に善
非科学は完全に悪

とするのが問題ですね。

317 :名無しさん@3周年:2005/09/28(水) 02:00:40 ID:hUIoY5xr
宗教は悪だがな

318 :220:2005/09/28(水) 02:30:22 ID:9SowbYST
科学=知識
非科学=思想、空想
知識に真偽はあっても善悪はない、思想には人の善意悪意が含まれます。

319 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 06:13:33 ID:2cgkoZll
人の善意に触れた事の無い、可哀想な人のいるスレッドはここですか?


320 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 06:14:22 ID:2cgkoZll
人の善意を信じられない、可哀想な人のいるスレッドはここですか?


321 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 06:19:27 ID:2cgkoZll
人の悪意に触れた事のない、世間知らずな人のいるスレッドはここですか?
人の悪意を疑えない、頭の悪い人のいるスレッドはここですか?


322 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 06:54:07 ID:j7mF0MwS
人の悪意を恐れない、勇気のある人
人の悪意すらをも御する事のできる、理性のある人
人の善意に触れられる、幸福な人
人の善意すらをも疑える、頭の良い人

そんな人間に私はなりたい


323 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 10:20:22 ID:QxASv+UM
>>322
すごく大事な感性だね。
ただ、それは宗教なしでも得られるし、宗教から学ぶこともできる。批判精神を忘れないで。

324 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 11:11:59 ID:l4sxuNDi
科学立国日本に宗教のような古臭い迷信は必要ない。害悪である。

325 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 11:29:35 ID:xzUSby3j
人間が生きてるとウンコしたりオシッコしたりしなくてはならないよう
人間社会があると宗教も出てくる。
だから共産主義っていうのはウンコをしない人間をつくろうとしたのと同じだった。

326 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 13:17:16 ID:l4sxuNDi
全然違うと思うぞ

327 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 14:09:42 ID:jEX6k5Jy
>>5
ちなみに自殺率が高いのは、単に宗教がないからではなくて、文化の側面も強いからね。

328 :A:2005/09/29(木) 15:13:00 ID:skplbHwN
宗教は必要でしょう。宗教の宗は根本と言う事。
ただ宗教はいろんな宗教がありますから、信じた宗教によって出てくる世界が
違うということを認識しなければならないと思います。


329 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 16:47:47 ID:VNZeLqui
科学は客観的事実?と言われるが、宗教は主観的事実である。
しかし人間が生きると言う現実の前には、客観的事実はあまり重要ではない。
こんな惑星が見つかった、とかこんな法則が実証された・・とか言われても
へー・・・で終わり。
ノーベル賞物の発見をしたからといって、小柴さんの人生観がその日から
がらっと変わるわけではない。
また、科学者の全部が人格者たらんとしているわけではないことを鑑みれば
科学的客観的事実が人生に与える影響は少ないと言える。

それに反し、主観的事実は人間の内面に与える影響は大である。
失恋によって奮起するものもいれば、犯罪者に変貌するものもいる。
ある音楽、または絵画に接し人生が変わる人もいる。
同じく、宗教によって良くなる場合もあれば、悪くなる場合もある。


330 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 17:18:36 ID:l4sxuNDi
↑頭悪そー

331 :& ◆BL0Z2aP/2M :2005/09/29(木) 17:25:32 ID:by8Vq8xH
皆様始めまして。皆さんに聞きたい事が有るのですが宜しいでしょうか?
全ての宗教で、本当に悩んでいる人とか困っている人が救われるんでしょうか?
僕が思うに宗教で人が救われるようには、到底思えないんですが。
宗教に走る人はばかげていると僕は思います。
本当に宗教で救われていると言うのなら
救われている証拠と救われていると言う証明を見せて欲しい物です。どうぞその意見の回答を求めます。
ほんと宗教に走る人って大バカのクズどもですね。
皆さんそう思いませんか?

332 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 17:37:48 ID:l4sxuNDi
全く、そのとおり!

333 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/09/29(木) 18:25:42 ID:qsvVFKQK
>>331

まずさ、救われる というのは一体どういうことなのかということが重要ね。
よくある言い方だけど、近代社会は、過激な資本ロジックが働いているから、
その分、物質的にはものすごく満たされていると同時に、私たちは絶えず欲望を
煽られているでしょ。宗教というのは、そういうことに対して、別の視点や価値を提示するわけ。
「欲望を煽られ続ける。それは、際限なく私たちを快楽的な充足の中に放り込ませ抜け出せなくする」
という視点を提示し、そこに「ならば、欲望を抑えて、それに流されず、違った豊かさ(人とのつながりなど)」
という価値を物語るわけ。

実際、オウムで救われた人もいるし、創価学会で救われている人もいるだろう。
その反面、後悔している人がいることも事実だ。

単純に、ある側面だけを強調して断罪することそのものが問題なのだよ。

334 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 19:13:55 ID:l4sxuNDi
宗教なんかいらん!

335 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 20:00:55 ID:N+9yVSKa
そうだな

336 :カトリックの有名人:2005/09/29(木) 21:07:33 ID:WiCHSim8
日本には100万人以上のカトリックの方がおり、その数は毎年増えていますが、
有名な方としては、遠藤周作、加藤周一、曽野綾子、三浦朱門、有吉佐和子、井上ひさし、麻生太郎、山谷えりこ、
小林陽太郎、山本正、緒方貞子、細川元総理夫妻、長島親子、皇室の方々、畑山、加藤一二三
カズ、サントス、ラモスなど数多くのJリーグ関係者。
他に知っている方がいたら挙げてください。

プロテスタントはよく分かりません。日銀総裁はじめ知識人の中に大勢おられることだけは確かですが。


337 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:19:57 ID:GrpKkrcl
>その数は毎年増えていますが
へえ、増えてるの? 統計見せてくれ。「増えている」と言えるのなら当然、正確な信者数も
判ってるんだろうから、それもよろしく。
日本人のキリスト教徒は、男は成長するとキリスト教を「卒業」してしまうケースが多く、
残るのはオバサンが大多数という話をどっかで聞いたが、その辺は実際どうなんだ?
そういえば日曜礼拝に来るのは大部分がオバサンとその子供だな……

338 :名無しさん@3周年:2005/09/29(木) 23:34:13 ID:l4sxuNDi
まともな男性ならやらないよ。

339 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 08:29:56 ID:l67NCZdO
宗教なんかやるのは暇なやつら

340 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 12:25:58 ID:8hTJ6KuA
残念ながら子供には宗教、哲学は理解できない。
したがって、子供を宗教に入信させるのは洗脳以外の何ものでもない。

子供には宗教を良くも悪くも論じる資格がない

341 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/09/30(金) 16:13:51 ID:tOBDg1Er
>>340

まぁ、大人ですら"まとも"に論じられない時代ですからね(笑)
誤った認識からくる独断的な決めつけだとか、ジャーナリズムに飲み込まれちゃったりと
大人も子供もまともに語れないんじゃない

ちなみにさ、たぶん、神学者にはこういわれるんじゃない。
理解するものではない、感じるものだと。
まさに、直観(直感じゃねーよ)

342 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 16:27:55 ID:nYtzd1NG
「感じることによってしか得られない素晴らしさ」と
「理解によって得られるべき答え」
をごちゃごちゃにしてきた宗教を見直すべきだとは思いますが、
宗教が必要ないとは思いません。

343 :名無しさん@3周年:2005/09/30(金) 17:37:23 ID:yCcjBwQE
>>341
>誤った認識からくる独断的な決めつけ
ある人物の「直観」は、他人から見れば「誤った認識からくる独断的な決めつけ」ともなりうるわけだが

344 :カトリック:2005/09/30(金) 20:34:04 ID:y2XECHtF
337へ。

「日本カトリック難民移住移動者委員会」の統計によれば、次のとおり。
2003年末現在 日本人信徒44万9925人。外国人56万5712人
計101万5637人。100万人を超えたのは、2003年が初めて。
教区別では、横浜が一番外国人信徒が多くその数約12万人で、日本人信徒との合計は約17万5000人とのこと。

日本人信徒数は、1995年:43万8537人、2000年:44万5250人、2004年:45万125人で、少しずつながら増えている(以上、「カトリック中央協議会」調べ)。
教区別では、東京が一番多く、9万2009人。次いで長崎が6万6919人、三番が大阪で5万5499人。四番の横浜は5万3738人。以上、2004年末の数字。

男女別では、ほぼ1:2で女性が多い。
子どもと大人では、8割以上が大人で、平均年齢は40台前半とのこと。
各カトリック教会の日曜日のミサに来ている人の平均年齢は50台後半。
特別のミサを除き、ミサに出ている子どもは非常に少なく、圧倒的多数が40台以上の男女。特に女性が男性の倍くらいいる。
男性の場合幼児洗礼は少なく、大多数が成人(50台以上の方の受洗者が多い)してからの洗礼なので、大人になると教会に来なくなるわけではない。
幼児洗礼は自分の意思でキリスト者になったわけではないので、大人になって再度堅信を受けて、自分の意思で信仰をもつことになる。

ある。


 

345 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/01(土) 00:00:12 ID:rsdWZYin
>>343

直観の意味がわかっておられないようですが・・・・

346 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 02:51:07 ID:GLEk8ZJ0
>>345
344のどこを読んでそう思ったんだ??
こちらは辞書通りの意味で「直観」という言葉を使ってるんだが……

参考
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%C4%BE%B4%D1&IE

347 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/01(土) 07:24:12 ID:rsdWZYin
>>346

344?

俺は>>343に対して、直観の意味がわかってないなと。

348 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 12:34:48 ID:t/Fm16Fc
日本に宗教は不要

349 :346:2005/10/01(土) 12:47:56 ID:GLEk8ZJ0
>>347
typoだよ……訂正しよう。

343のどこを読んでそう思ったんだ??
こちらは辞書通りの意味で「直観」という言葉を使ってるんだが……

参考
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?kind=jn&mode=0&MT=%C4%BE%B4%D1&IE

350 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 13:05:51 ID:3Rw31WBD
>>344
>日本人信徒数は、1995年:43万8537人、2000年:44万5250人、2004>年:45万125人で、少しずつながら増えている(以上、「カトリック中央協議会」調べ)。


お前な・・・日本人信徒数が増加しているって、この2年間でたった198人だろ。
しかも2003年には2人減っているくせに。

信者増加率
2000年    44万5240人    ーーー
2001年    44万7944人  0.00607%
2002年    44万9927人  0.00442%
2003年    44万9925人  0.00000%
2004年    45万0125人  0.00044%

>>337
以上のとおり、336、344が言っているのは「日本にいる信者」であって「日本人の信者」の話ではない。
来日外国人が多くなったから流入信者が増えた、それだけの話。下らないよな。
337氏の言っていることが正しい。


351 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/01(土) 14:43:27 ID:rsdWZYin
>>349

はげしく形而上学的な問題にあがるからめんどいんだけど。
直観って、「本質を見抜く」ことね。



352 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 17:52:51 ID:GLEk8ZJ0
>>351
>直観って、「本質を見抜く」ことね。
それを読む限り、君の「直観」の定義も一般的な辞書による定義と大体同じみたいだな。

それがわかった所で>>343を書き直すと、ある人物が
「私は『直観』によって物事の本質を見抜いた。真の神を信じれば救われる!」
とか言ってる事が、他人にとっては、
「単なる妄想の産物=誤った認識を直観だの真の神だのと独断的に決めつけるな」
って事にもなり得る、という話。

353 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 18:05:30 ID:t/Fm16Fc
宗教は虚実

354 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 18:06:48 ID:ZXGsb2DA
>>352
その意味ではむしろ、直感だけでは駄目で、直感の内容を整理して、
論理的に本質を把握して、詳細を見抜く事が大事になるんだけどな。
そこまでやらなきゃ、全くの無意味。


355 :日本人は世界一の宗教音痴 :2005/10/01(土) 18:43:48 ID:b57c12ng
外国で大恥をかいている日本人の多いこと。

もっと宗教を学ぶべし。

占いに凝らなくて良いから。
そんなに占いに大金を使ってどうする?



356 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 19:09:49 ID:TUItMZnr
>>355
しかし逆に、日本人ほど宗教をよく知ってる人種も珍しいぞ。
下手に外人の宗教本とかを見るよりも、日本人の漫画や小説の、
その手のネタを扱った娯楽本の方が、よっぽど本質を捕らえてる。
まあ、そこまでしないと本が売れないというのもあるけどな。
あと、日本人の平均的な識字率は、世界でもトップクラスだしな。


357 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 19:18:32 ID:t/Fm16Fc
355は外国に行かなくても恥ずかしいがな。

358 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/01(土) 19:28:13 ID:rsdWZYin
>>352

たぶんこう切り返される。
直観とは、論理やそういった事柄を超越しているとね。
「妄想の産物」としている時点で、それは直観ではないとね。

359 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 19:40:54 ID:gpi8wnAJ
>>358
ひとつ間違ってるぞ。
直感が論理を超越したモノだという考え方の部分な。
論理と直感は直交する概念であり、まったく異質なモノだ。


360 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 20:11:19 ID:tvRtgswB
異質な概念を同列に考えて、どっちが優れてるとか、
どっちが本質をとらえてるとか論争する事は、それこそ、
天秤を使って、物体の色を識別するとか言ってるような
モノなんだよ。

これこそ、妄想を垂れ流す以上に意味が無い。


361 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 20:20:21 ID:tvRtgswB
>>356
漫画や小説に関しては、あんまし外国人には見せたくないけどな。
それこそ、宗教の持つ善意の部分だけではなく、悪意の部分をも
しっかりと描写してるからな。特に、人間の奇麗な所だけを見たい
という人や、救いを望んでいるような人には、絶対に見せられない。


362 :名無しさん@3周年:2005/10/01(土) 22:00:03 ID:XI9Z7Kcd
>>361
人間の奇麗な所と汚い所の両面を知る事は、
人としては大事な事だと思うぞ。片面だけでは、
人は、歪な現実しか知ることが出来ないからな。
物事の真理を知りたいなら、すべてを見抜かないとな。


363 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 02:49:38 ID:aPjmZLBS
思い込みの妄想を、直感と勘違いしてるヤシが珍しくは無い。

直感という代物は、もっと単純なモノだ。そしてそれ故に、
言葉という論理で伝える事が、非常に困難な代物でもある。

道順を他人に教える場合、言葉という論理で表現する事は大変だ。
駅から北の交差点に向かって、西に曲がり、しばらく進んで、
北側の百貨店のそばの道に入って北西の道路に入って・・・
多分、ここまで聞いただけでも、わけが分からないという人も
珍しく無いだろう。

しかしこれを、直観的に示す方法はある。地図を出してきて、
駅からの道順に対して、線を引けばいい。


364 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/02(日) 11:25:38 ID:KBZ4ZvVF
>>359

いや、たぶん宗教者側からだとか、
普通に、超越しています的な言い方で切り返されるんじゃない?

最優先、第一に挙げられるのが恐らく、直観になるだろうしね。
神を感じるのは論理ではなく、その体験(神秘体験であろうがどうでもいいが)
といってきそうねぇ

365 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 12:23:07 ID:wcY/ke7b
>>364
それではまるで、直感が鋭ければ神を把握できる
とでもいいたげな発想だ。神は、論理や直感から
超越した存在だという表現をしなければ駄目やね。

まあそもそもが、命という存在自体が、
論理や直感の範疇に収まるものでもないしな。


366 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 12:28:04 ID:wcY/ke7b
>>352
>「私は『直観』によって物事の本質を見抜いた。真の神を信じれば救われる!」

この言葉に反論するなら、「神は、人の直感程度に収まりきれるような、
ちっぽけな存在ではない。お前の直感は節穴だ」とでも言いきればいい。


367 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 14:07:13 ID:7TFwEM1q
>>358
そりゃあ「直観によって本質を見抜いた」とかなんとか言ってる宗教家や、
その妄想を共有している信者は当然そう言うだろう。
しかしその妄想を共有していない人々にとって、宗教家の主張する「直観」ほど
信用出来ないものはない。というか信じる筋合い、信じる根拠というものが皆無。

>>366
それは不可知論かな。ダーウィンも不可知論者だったらしいね。
まあ、「私は直観によって…」に反論するのには不可知論を持ち出すまでもなく、
「単なる妄想を直観と勘違いしている可能性について考えた事は?」で十分では。

368 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/02(日) 14:43:22 ID:KBZ4ZvVF
>>365

直感じゃないよ

>>367

そういうことになるわけよ。
ただめやっぱり、宗教側の言い分も理解できるわけ。
なんだかんだで、神の存在を認識するのも、悟りも、個人的な体験に
返されてしまうでしょ。そらあたりまだよな。キリスト教で言えば、
神は常に外部にいて、唯一の客体なわけだから、個人の「直観」
ってやつで神の存在ってやつを見抜くしかない。

まぁそれをいうと、「直感」がたりてないとか切り替えされそうね。

369 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 15:47:02 ID:tnljOiYz
そりゃな。唯一無二にて、全知全能絶対の存在なんぞ、
感じ取れなんて言われたって無理な話。藻前は大地の
上にいる分際で、地球の全貌が見えるんか?なんてな。

人間なんて、ちっぽけな存在だよ。


370 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/02(日) 15:49:19 ID:KBZ4ZvVF
>>369

こういわれるんじゃない?

人間がちっぽけだと感じる、それ自体がすでに
神を感じさせていると。


371 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 15:53:23 ID:tnljOiYz
>>370
その程度じゃ、見抜いたとは言えんな。単に片鱗を見た程度の話だ。
そんな程度で見抜いたなんて言うのは、傲慢以外の何物でも無い。


372 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 17:16:39 ID:+xFIPr+T
神などいない。妄想乙。

373 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 17:22:19 ID:y63OvCmZ
神って唯一の結果を引き起こす普遍的摂理のことなのに、
唯一の「神さま」みたいなものと思ってしまうのが原始人の頭脳。

374 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 17:39:09 ID:ngVOLa04
宗教は現代のおとなに必要なもの。
30歳を過ぎれば、少しづつそのことが分かる。
最低でも十年はかかるが。
20台では無理でしょう、経験が乏しいから。


375 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 17:50:39 ID:nOTqvyXT
>>374
自分の経験が普遍的だと思って人に蕩々と語る、
勘違い野郎ハケーン!


376 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 20:59:48 ID:8fvlnfU+
必要じゃなくて、騙されてる大人が多いことがわかったけど。

377 :ikaika ◆YffIGX9Bno :2005/10/02(日) 23:30:47 ID:KBZ4ZvVF
>>371

いや、ちっぽけというのは、何かのとの対比の上で
ちっぽけと成立しているわけでしょ。そうなるとさ、
ちっぽけの対極位置するもしくは、ちっぽけだと感じさせるおおきな
何かが感じられるということがあるわけでしょ。

そのおおきなものが神だとか言い返されるんじゃない?

378 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 23:38:34 ID:LM2O8zBi
紙にとっては片鱗でも人にとっては意義があるんじゃないか?

379 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 23:41:04 ID:D4qfEFdL
家のオヤジなんて死ぬまで
「神なんているか。いたら酒止めてやるわ。」って言ってたよ。そりゃ、安らかに死んだよ。

380 :名無しさん@3周年:2005/10/02(日) 23:50:23 ID:LM2O8zBi
大往生おめ 酒浄土
 
俺は酒地獄

381 :名無しさん@3周年:2005/10/03(月) 09:46:37 ID:75qh3v+F
374は哀れ。379こそ男。

382 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 11:47:33 ID:05B9riNN
宗教基地外はいらない。自爆テロなんかやめろ!

383 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:10:27 ID:UKE7lpec
○長○寺の住職が「所詮宗教なんて世界一の詐欺ですから」と言ってた。

384 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:13:04 ID:fVN2AKLJ
>>383
いまだに詐欺に気付かない人がいるんだからそっとしておいてやれよ。
気付くのは遅ければ遅いほどいい。どうせやり直しなんてきかないから。

385 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:18:56 ID:ySMSkQqE
詐欺やマルチに騙されている人と宗教に嵌っている人は、
外部からの忠告や批判に対してハリネズミのような態度を取る点でそっくりだよな

386 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:19:32 ID:5rRupL8H
それにしても、このテのスレいくつあるんだ?
しかも内容はみんな同じだし。

387 :名無しさん@3周年:2005/10/04(火) 12:22:31 ID:gsvRonYb
>>386
それは各宗教スレも同じ。

388 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 04:30:03 ID:/CDLV2IZ
宗教はまやかしかもしれない。しかし、概念としては存在する。
概念だけでも存在するものならば、その存在には意味がある。


389 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 04:34:45 ID:/CDLV2IZ
>>385
宗教は、人生に対する批判と忠告の集大成みたいなモノだよ。
まあ、今は分からなくっても、そのうち分かるさ。


390 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 04:37:57 ID:/CDLV2IZ
>>378
それはどうだろね?もしかすると、
大海を知らない井の中の蛙の方が幸せかもしれないぞ。


391 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 04:56:23 ID:/CDLV2IZ
大海を知ると、経済社会は貧困層を犠牲にして成り立っている
という事に気づく。経済大国で生活するということは、それだけで、
貧困層を食い物にしている、という事になる。


392 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 05:05:10 ID:/CDLV2IZ
メディアだって詐欺の一種だ。国家や経済だって詐欺の一種だ。
この世はまやかしだらけだよ。


393 :太刀山型の土俵入り:2005/10/05(水) 05:33:55 ID:LhnvQHS6
まやかしだろうがなんだろうが逃げられからなあ。


394 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 10:16:27 ID:kYm5pQUN
>>391
そんなの大海でもないだろ。ビーチで十分分かるだろ。

395 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 10:40:52 ID:ezpnWz+W
日本人の75%は無神論者です。100%になるまで頑張ろーー!

396 :名無しさん@3周年:2005/10/05(水) 15:09:53 ID:gnVKRYUq
今時キリスト教を信じているやつらの気が知れん。
因みに俺は無神論者の敬虔な仏教徒だ

ところで宗教論じているおまえ、
当然、宗教religionの意味が分かってるだろうな?

397 :クリスマスのミサ:2005/10/05(水) 21:28:49 ID:kqXI/Xl7
みんなでミサに行こう。
都会のミサは、20台の若いカップルで一杯。ほとんどが未信者。
女性が6割位いる。 
ミサは、30分ー1時間待ちもざら。
すぐに席が埋まるので、早めに行こう。
予約は不要。列に並ぶことです。

398 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 15:53:08 ID:pREEnHyo
>>389
宗教屋と盲信者の愚行は、より良い人生を送る為の反面教師としての役には立つよな
他人を妄想に巻き込まない、巻き込まれない
他人を甘言で騙さない、騙されない

399 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 17:48:07 ID:HNEjRUGd
日本からオレオレ詐欺やカミサマ詐欺、心霊商法をなくそう!

400 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 19:34:54 ID:SjVzDxgP
>>398
それも正しい。w
つ〜か、偶像崇拝の禁止を一番主張しまくってるのが、
キリスト教じゃなかったか?

偶像に対する昏倒っぷりが一番激しい宗教に思えるんだが・・・



401 :カルトは栄える:2005/10/06(木) 20:41:08 ID:uEWG7/wi
日本人は宗教を全然理解していないし、そのための教育も受けていないから、
今後、カルトがどんどん広まる可能性がある。
オウムの事件のようなものはいつ起きてもおかしくない。
いくら宗教反対と騒いだところで、日本人がそれを必要とする限り、たとえカルトであっても大学や会社などではどんどん広まる。
宗教とカルトを明確に区別することを学ぶべきだ。


402 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 20:46:46 ID:MtwFl+vZ
のすとらだむすの大予言を、今から二十年後
に先延ばしするようなオカルトを広めよう!!w


403 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 22:23:53 ID:HNEjRUGd
宗教=カルト

404 :名無しさん@3周年:2005/10/06(木) 23:36:13 ID:7QBilVti
日本の宗教はブランド

405 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 00:16:28 ID:DXSnBGhL
宗教=人の行動を戒めるものと仮定した場合、日本人にとって宗教は必要ないと思われる。
かつては武士道がまさにそれであったからだ。

406 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 02:02:20 ID:fGkdOqbs
××道というのは道教の一種。
道教というのは仏教の一種。
仏教というのは宗教の一種。


407 :日本は宗教大国:2005/10/07(金) 20:26:48 ID:kvFZ8WxE
だそうです。
皇室は神道に結びついているし、天皇家はそれを守る義務がある。
皇室ではキリスト教の教育もなされていると聞く。
日本には信教の自由があるから、多くの宗教があるし、新興宗教など何十もある。
日本人の多くは特定の宗教を信仰していないが、その代わり、節目節目に宗教施設に行っている。
外国人が正月原宿に行ったら、驚いていた。何でこんなに大勢の人が神社に行くのかって。





408 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 21:14:14 ID:GY9Wx11D
407
マルチうざい

409 :名無しさん@3周年:2005/10/07(金) 23:02:21 ID:P3FSucxQ
>407
穴だらけの理屈イカス!

410 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 11:43:54 ID:CtkZ3UUF
日本人の75%は無神論者です。

411 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:16:55 ID:PCNsawu0
無神論と無宗教は別の問題。あと、冠婚葬祭に関しては、
宗教とは切っても切り離せない部分もある品。


412 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:20:47 ID:PCNsawu0
無宗教なら冠婚葬祭自力で頑張れ!!って所か。


413 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 13:36:10 ID:CtkZ3UUF
↑世間しらずの馬鹿か。無宗教式の葬式は今、多い。

414 :日本は最大の宗教国家:2005/10/08(土) 16:14:46 ID:OyO2PDrl
宗教はいらないという前に、日本の憲法を読みなさい。

日本は世界最大の宗教国家。

国民のほぼ全員が神道の信者であり、他の宗教も信仰している人が2000万人以上いる。

そのことも知らないの?

 


415 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 17:29:56 ID:MrUrfYSp
>>413
藻前の人生は葬式だけなのか?


416 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 17:52:15 ID:CtkZ3UUF
↑どこをどう解釈したら、そうなるのかな?馬鹿?

417 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 18:09:06 ID:feNwfzZR
>>410 無神論者ってのは現実主義って事だぞ。
神様なんていねーよって思ってるだけで無神論者名乗れるほど甘くねーぞ、バカ

418 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 18:33:52 ID:Mn3DIxWY
>>415
相手のいないヤシを、わざわざ相手にするなよ。

419 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 18:54:47 ID:Mn3DIxWY
>>417
まず最低限、こんだけの事をやらないと、無神論じゃないだろ。
お祭りには行かない。神社仏閣には行かない。結婚式は挙げない。
もしくは無宗教で。自分が死んだ後、灰は海に捨てるよう、墓や
位牌を作らないよう、遺言を書く。他人の葬式には行かない。


420 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 18:56:38 ID:43mUHMiU
無心論者って世捨て人だったのか?そんな理解でいいのか?

421 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 18:57:36 ID:Mn3DIxWY
無神論って、こんな感じか?

葬式?死ねば肉の固まりだ。道徳?んなモノは仏教の躾作法だ。
子供が出来た?籍は入れとくよ。式は挙げん。どうせ、仏教系
かキリスト教系しかないだろ。お祭り?知ったことか。


422 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:07:34 ID:a77qgAlj
無神論者なら葬式どころか、遺体をわざわざ金出して、重油使って火葬場で焼く道理はない。
ミンチにして家畜の飼料にするか、はたまた生ゴミとして焼却すればいい。
これが一番現実的だろ?

無神論者には情も道徳も通用しないらしいからね

423 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:09:08 ID:FpP2i/bH
日本人のほとんどは、無神論というより無関心だな。
単に、宗教に対して関心が無いだけの話だ。まあ、
あと、魂というのは仏教(道教)の考え方なわけだが、
ここから抜け出せない日本人は珍しくもない。


424 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:09:08 ID:43mUHMiU
>>421−>>422
全然面白くないんですけど続けますか?

425 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:14:38 ID:FpP2i/bH
>>420
世捨て人にでもならん限りは、
日本で本当の無神論を貫くのは無理だろ。

426 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:15:58 ID:CtkZ3UUF
死体は死体だ。生ごみではない。宗教に狂うと、そんな事もわからなくなるのか。哀れ。

427 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:22:13 ID:t2LKEhca
>>424
別にあなたを楽しませるために書いたわけではないと思いますが。
>>426
ちがうちがう。無神論者ならそう考えるといっているんだよ。

428 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:26:59 ID:FpP2i/bH
>>426
そうだね。死体を放置しとくと衛生上の問題がある。だから
焼却処分する。あと、役所への届け出とかをやっとかないと
色々と面倒だね。葬儀屋に頼んでおけばその辺は楽だ。ただし、
宗教と無縁でやるのは大変だよ。近くの葬儀屋が、無宗教で
やれる所ならいいけどね。


429 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:28:57 ID:t2LKEhca
でも、死体を生ゴミ扱いするのは、罰が当たるだろうね。

430 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:29:59 ID:FpP2i/bH
>>429
それじゃ、無神論とは言えないよ。

431 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:36:08 ID:CtkZ3UUF
無神論者はモラルがない、と偉そうに宗教馬鹿は語るが、モラルや道徳は宗教以前の問題だ。

432 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:36:34 ID:FpP2i/bH
>>429
犯罪になるかどうかという意味?たしか、死体遺棄になるハズ。
ただし、こうした裁き方に関しても、宗教の概念が元になってる。


433 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:37:55 ID:FpP2i/bH
>>431
モラルや道徳は、宗教の一種ですよ。

434 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 19:46:27 ID:YGvHOX3t
道徳は仏教(道教)の概念。
モラルはキリスト教の概念。


435 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:19:01 ID:CtkZ3UUF
道徳=日本語
モラル=英語

道徳とは個人が守るべき規範。無宗教の幼稚園児でも守っている。

436 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:21:20 ID:7Cb3MrY6
宗教の概念を、寓話的な部分や政治的な部分を無視して紐解くと、
実は意外と、現代社会の隅々に溶け込んでるからなぁ・・・
そ〜ゆ〜のを無視しようとすると、現代社会は成り立たん。


437 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:24:51 ID:43mUHMiU
>>436
どこにですか?
よくわからないんですけど。

438 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:29:55 ID:7Cb3MrY6
道徳は仏教の一部に過ぎないし、モラルはキリスト教の一部に過ぎない。
ちなみにイスラム教には、こうした概念が無いわけではないのだが・・・
あの宗教には、制約に対して例外事項が大量に存在するから・・・


439 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:33:50 ID:CtkZ3UUF
宗教は昔からの迷信、風習です。宗教が起源の習慣などは無理になくす必要はありません。ただ、ありもしない霊界や前世や神を語り人を騙す行為はなくしていかないといけない。

440 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:36:01 ID:7Cb3MrY6
>>437
道徳という概念は、言葉からして、既に、
道教の一部だと言ってるようなモノだからなぁ・・・
で、道教は仏教の一種なわけだが。

>>439
それは当たり前の話だろ。

441 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:41:52 ID:7Cb3MrY6
そもそも霊界や前世や神の存在は、寓話の上での概念だぞ。
そんなモノをわざわざ現実世界と混同させてどうするんだ?
意味ないだろ。


442 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 20:55:43 ID:AFhMFm45
あとまあ、道教の上での神の存在は、仙人よりも下だしな。
ちなみに、道教の上での仙人の概念は、極論で言えば、
歴史上の人物であれば誰もが仙人という事になる。
で、仙人の上に仏がいるわけだが・・・

道教の概念が中国から日本に伝わる途中で、なぜか仙人の扱いが
天皇の扱いへとすり替わり、さらにキリスト教の概念が加わって、
天皇=絶対神へとすり替わったから・・・


443 :名無しさん@3周年:2005/10/08(土) 22:23:50 ID:Xbf9nqEw
>>437
>>432

444 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 01:35:15 ID:r3ZtwU9q
無神論者は神にモラルを求めてるわけじゃないだろ。
神がいなくてもモラルはある。
無神論者は神に判断基準を求めない、自分の目で見た事を信じる。
例えばそれは科学だったり法だったりするわけだ。
つまりは世捨て人じゃなくても問題ない。

445 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 05:55:11 ID:1jgigedZ
日本に宗教なんかいらないね。

446 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 11:12:37 ID:/TWT1Up3
>>444
何を一人で、ど〜でも良い事で盛り上がってんだ?


447 :名無しさん@3周年:2005/10/09(日) 12:27:52 ID:6vvVPAIc
民草が宗教なんて考える必要はない。昆虫のように生きればいいんだよ。

448 :主はみなさんとともに:2005/10/09(日) 15:25:17 ID:uKJ18GxF
神は信じる人のためにある。

しかし神は信じない人々も愛している。

神の愛を感じると、おのずと信仰が生まれる。

この愛を感じなければ、いくら聖書を読んでもけっして神への信仰は生まれない。





449 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 18:52:23 ID:wsY3ho5Q
>>444
法や科学じゃ、解決できない事も珍しくない。
法は法で、科学は科学で、宗教は宗教で、
それぞれ一つの指標とみなすべし。

宗教の寓話や偶像、迷信の部分は信じられなくても、
道徳の部分は信じられるだろ?
ダイオキシンやアスベストは科学の生み出した人災だが、
それでもダイオキシンやアスベストを全面的に信じられる?
法律で金銭のいざこざは解決できても、それで心は癒される?


450 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 19:44:01 ID:n35i3+3G
>>449
信じることが前提にはなっていない。有用かどうかで使用してきたんだろ。
でも、分かるよ。宗教のいい部分ってのはある。だが、団体は全く必要ない。
個人それぞれが自分に合う宗教を自分の為に作ればいいだけじゃん。

451 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 21:15:55 ID:T0pfTHu9
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_5detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_4detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_2detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_8detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_9detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_6detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_7detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_1detail.jpg
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum03/images/f03_01_3detail.jpg
酒色におぼれる僧侶たち




452 :名無しさん@3周年:2005/10/10(月) 23:58:08 ID:UDXQjpk1
>>450
宗教団体が必要ないかどうかは微妙だと思う。
何故なら世の中、強い人間ばかりではないからね。
むしろ強い人間ばかりなら、宗教なんて必要ない。
弱い人間を救うために、宗教はあるのだから。

本当に問題なのは、弱い人間の前に出現した宗教団体が、
本当に他人のための団体か?という事ではないかと。
それこそ詐欺師の集団の可能性もあれば、狂人の集団の
可能性だってある。そして、弱い人間ほど、そうした集団に
飲み込まれやすい。

こうした集団の活動を、どうすれば押さえられるか?
これが一番の課題だと思う。


453 :名無しさん@3周年:2005/10/11(火) 11:29:26 ID:LQyzMKaD
宗教は何も救わない。

454 :名無しさん@3周年:2005/10/13(木) 17:01:16 ID:iIr7nFv5
宗教なんか必要ない。争いの元だ。

455 :名無しさん@3周年:2005/10/13(木) 21:14:57 ID:iJQRGM1m
はたして過酷な競争社会で生きている日本人は彼らより幸せだろうか?

いったいこの一年で何人の日本人が自らの命を絶っただろうか?

何人の日本人が過労死しただろうか? 

何人の日本人が事故死しただろうか?

多くの日本人は生きるのが精一杯なのではないか?

すべてが満たされていると感ずる人は、実はごく一部だけなのではないか?

多くの日本人が宗教にすがるのはごく自然のことなのではないか?

所詮学生は人生経験がないから、理解不能だろうが。

456 :名無しさん@3周年:2005/10/13(木) 22:18:09 ID:iIr7nFv5
日本のこの平和の有り難さがわからない馬鹿はイランでもどこでも行って下さい。

457 :名無しさん@3周年:2005/10/14(金) 15:54:53 ID:MU0Eq73H
社会の競争に取り残された負け犬は宗教へ逃げる。

458 :名無しさん@3周年:2005/10/14(金) 23:08:04 ID:MT+DHonM
本日、日野原先生の講演会がありました。
テーマは、生と死です。
600人収容の講堂が満席で、床にすわった人も何人かいました。
先生はクリスチャン・ドクターで、聖書を下におもしろおかしく、かつ真剣にいかに生きるのか、いかに死ぬのかを話されました。
多くの人が感激されていました。
最後に、先生へのお礼として、アヴェ・マリアのソプラノ独唱がありました。

*宗教は人生の勝ち負けとは関係ありません。救いを求めるすべての人の魂を救うものです。
   

459 :名無しさん@3周年:2005/10/14(金) 23:25:12 ID:fmOiyTew
>>455コピペうざい

460 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 07:49:07 ID:XLkJLFI/
日本に宗教なんかいらない。選挙で選ばれた政府を通じて、平和や公正を実現しようとしている。宗教が戦争や政治腐敗を防いだ例はない。

461 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 08:15:41 ID:IUuKU1B6
日本人に宗教がいらないんじゃなくて、お前にとっていらないだけさ。
信じたい奴は信じればいい。
強制しない。ことはとっても大事

462 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 08:51:44 ID:YQPXOMUa
選挙で選ばれる?
民主主義が本当に平和をもたらしますか? 人権を守りますか?
ヒットラー、東条英機らすべての戦争犯罪者は民主主義の制度の中から出てきたのです。
日本でも与党の大勝を心配している人は少なくありません。憲法改正でもなんでもやろうと思えばできるからです。
徴兵制ですら可能なのです、この国では。
憲法で信仰の自由が保障されているかぎり、信仰が強制されることもなければ、それで差別も受けない。
靖国神社に参拝するしないも自由です。



463 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 08:58:06 ID:XLkJLFI/
そんなナチスと協定を結んだのがバチカン。ユダヤ人を殺しまくったな。

464 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 11:40:15 ID:0u9KUZ+n
>>460
宗教の概念を用いて、”今の”法治国家の概念が作られてるのは事実だ。
宗教が無ければ人権の概念は成立しなかった。天下太平の世の中を作る、
なんていう戯れ言が大義名分として成立していた背景には、道教の一分野
である、道徳の浸透による影響力が強い。まあ、こうした様々な歴史から
積み上げられた法の理念を無視して、好き勝手に妄想を振り撒いてる狂信
者は、さすがにウザいけどな。


465 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 11:59:51 ID:YQPXOMUa
日本は天皇制の国。
天皇家の宗教は神道。
だが、キリスト教教育にも熱心で、何人にもキリスト者がいる。
日本人は宗教熱心ではないが、宗教に対する関心がある人が多く、
神社、寺、教会に通う人は予想以上に多い。
経済的には恵まれていても、心が渇くのでしょうか。





466 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 21:23:30 ID:1AFRUvd8
http://www18.ocn.ne.jp/~why_what/
こう言った思想も宗教に入るのでしょうか?

467 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 21:36:54 ID:9OurLjoM
宗教以外の何物でもないと思うが?
概念だけの存在に対して色々言い出せば、それは宗教だ。


468 :名無しさん@3周年:2005/10/15(土) 22:45:30 ID:Zir+zoT9
>>466
なんか、空飛んだーとかじゃなくて客観的に説明しているね。
ただ、俺には勇気がなかったわけだが。

469 :名無しさん@3周年:2005/10/16(日) 20:45:19 ID:CuggumVe
法治国家に宗教はいらない。

470 :名無しさん@3周年:2005/10/16(日) 20:47:39 ID:TkbaTorD
その法律をつくるのは、他でもない私欲の塊の人間たち。

悪法もまた法です。

法律を守らない人もまた大勢います。



471 :名無しさん@3周年:2005/10/16(日) 21:27:35 ID:i5b2/dK4
法治なんて、刑事裁判にならない限り、意味は無い。
民事裁判じゃ、たかが知れてる。訴訟費用は誰が出すんだ?

で、法律は破られると。


472 :名無しさん@3周年:2005/10/16(日) 21:53:50 ID:3xuhS0Ky
命や魂、生、死、幸福、不幸、善、悪なんて概念も、宗教だよな。
まあ、魂の概念は東洋特有の概念らしいけどな。
西洋にも無いわけではないのだが、日常生活の言葉にはなってない品。


473 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 04:11:12 ID:nlO2iW6K
>>471
で、人権擁護法を作ろうという動きがあったわけだが・・・
弁護士ですらない人間に、本当の意味での人権を理解出来るのか?
という問題があるから、なかなか難しいんだよな・・・


474 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 04:18:30 ID:nlO2iW6K
>>473
今の法律には、刑事と民事の区別しか無くて、人権侵害
かどうか?という区分が抜け落ちてる点が問題なんだよな。
まずは、法律の様々な区分の中に、人権侵害という項目を、
付け加える必要があるから・・・


475 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 04:25:58 ID:X8v+nnej
>今の法律には、刑事と民事の区別しか無くて、人権侵害
>かどうか?という区分が抜け落ちてる点が問題なんだよな。

 そっ…それは、訴訟法の分類でしかないのでは…

・公法 ー 私法
・国際法 − 国内法

 といった分類もあるし…
 何より、民法も刑法も、人権抜きには語れないんだけど…?
 だって、元にしている憲法に、基本的人権規定があるんだから…
 人権擁護法案は、礼状抜きで家宅捜索できるというトンデモ法律だったから、
叩かれたんだよ…

476 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 04:52:13 ID:jdeFgNFX
>>475
> 人権擁護法案は、礼状抜きで家宅捜索できるというトンデモ法律だったから、
>叩かれたんだよ…

まあ、他にも色々と問題があったのは事実やね。
ただ、今のところは、人権のみを専門的に取り扱うための、
国の機関が存在しないのも事実なんだよな。それゆえに
この国では、人権意識が非常に低いのも事実かと。

> 何より、民法も刑法も、人権抜きには語れないんだけど…?

その中には、人権以外の法的概念が入っているのも事実だろ?
そのために、何が人権に関する項目なのかが、
理解しづらくなってるのも事実だ。


477 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 04:57:03 ID:X8v+nnej
>>476
 ……………?????
 人権以外の法的概念って、何?

>この国では、人権意識が非常に低いのも事実かと。
 どこと比較して?
 人種差別なんかは、随分良い方だと思うけど…

478 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 05:16:48 ID:SdUa5h2h
>>477
> 人権以外の法的概念って、何?

色々あるだろ。約束事とか契約とか、主に債権に関する概念が多いな。
あと、慣習とかに関する概念か。まあ、あんまし詳しくはないけどな。

> どこと比較して?

他の先進国、主に西洋と比較しての話。

まあ、文化の違いとかも色々あるから、
この表現には多少問題があったかもしれんな。
あっちの場合はむしろ、治安維持の必然があるからこそ、
人権に対しても、とやかくうるさく言われるわけだし。

まあでも、日本の労働環境に関しては、世界的に見ても
酷いものだよ。そして、一度レールから外れようものなら、
簡単には立て直せない。だからニートが増加する。


479 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 05:22:18 ID:X8v+nnej
>>478
 …なんか人権云々についてのお話には全然ついていけないけど…

 労働環境についてだけは、うなずける。
 (でも人権擁護法案は、労働者のためのものではなかったよ)

480 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 05:43:09 ID:6OBJWVxg
> …なんか人権云々についてのお話には全然ついていけないけど…

そりゃそうだ。法律の上では、人権侵害の概念に関して色々と規定は
してあるが、これらの概念は、根本的には西洋からの輸入品だからな。
日本人の俺らには、なかなか理解できるわけがない。

> (でも人権擁護法案は、労働者のためのものではなかったよ)

つ〜か、労働環境に関しては、一応、労働基準監督署があるからな。
ただ、よっぽどな状況にならん限りは全然働いてくれない点が問題かと。
しかも彼らは、雇用主の嘘八百に、簡単に騙される。まあ、彼らにしてみれば、
そこまで調べられるだけの権限が無いというのが本音かもしれんが。

概念だけなら良い法案なんだから、もうちょい色々と検討して欲しい所なんだよな。
人権擁護法に関しては。


481 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 05:45:52 ID:X8v+nnej
 …
 本当に概念、調べて言ってる?

>概念だけなら良い法案なんだから、もうちょい色々と検討して欲しい所なんだよな。
>人権擁護法に関しては。

【平成版】人権擁護法案【治安維持法】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1111526970/l50

 ちゃんと調べて下さい。
 礼状なしで家宅捜索、裁判なしで科料・実名公表、これが「概念だけなら良い
法案」?冗談もいい加減にしてください。

482 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 05:46:54 ID:nS0ESbqM
>つ〜か、労働環境に関しては、一応、労働基準監督署があるからな。
>ただ、よっぽどな状況にならん限りは全然働いてくれない点が問題かと。
>しかも彼らは、雇用主の嘘八百に、簡単に騙される。まあ、彼らにしてみれば、
>そこまで調べられるだけの権限が無いというのが本音かもしれんが。

まあ、だから一部の役人も、人権擁護法を欲しがってるわけだが・・・


483 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 05:49:15 ID:X8v+nnej
>>480 >>482
 …で、人権擁護委員とやらの標的にされた被疑者の人権は無視?
 人権擁護なんて聞いて呆れる…

484 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 05:55:33 ID:nS0ESbqM
>>481
裁判なしで科料・実名公表というのも間違い。単に担当の人には、
そうした情報を調べる権限があるというだけの話。
どこからどう話がこんがらがって、公表なんて話になったんだか・・・

礼状なしで家宅捜索という話に関しても、
法律上で規定している人権侵害の項目に適合しない限り、
彼らは動くことが出来ない。しかもそれを命令できるのは、
日本でたったの5人だけ。


485 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 06:02:04 ID:nS0ESbqM
>>483
じゃあ聞くけれども、人権って何?人権侵害って何?
プライバシーなんて人権は、法律で認められてるわけ?


486 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 06:07:59 ID:X8v+nnej
>>484
 >>481で何度も既出だよ…(嘆息)
 もういいわ。無宗教者との会話を楽しみにきたけど、じゃあね…

>>485
 いいから草案を読んで御覧なさい。
 個人のプライバシーを守るようなやさしい法律じゃないから…

487 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 06:11:21 ID:Q0XH1DjD
人権というのは、法律の認める所の人としての権利。
言い換えるなら、法律の認めてない権利に関しては人権ではない。


488 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 06:15:26 ID:Q0XH1DjD
> いいから草案を読んで御覧なさい。
> 個人のプライバシーを守るようなやさしい法律じゃないから…

その前に法理というモノを勉強してこい。
でないと読んでも勘違いするだけだから。

489 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 06:24:07 ID:uJf0zKgM
ビル・ウイルソンの「逆境に働く信仰」を読みました。
今持っている信仰だけで、まず一歩を踏み出してみることが大切なのだと
書かれていました。。。


490 :一人の正教徒XYZ ◆xbX1kRWdrE :2005/10/18(火) 06:30:12 ID:X8v+nnej
>>488

 それほど仰るなら、本スレに書き込みなさいよ(苦笑)


491 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 06:35:24 ID:K+ITM1xX
>>485
ヒント:自然法
参考文献:カトリック新教会法典、神学大全

492 :名無しさん@3周年:2005/10/18(火) 07:45:56 ID:LQCLsyJ9
>>490
他人に説教できるほど、法理に詳しいわけでもないんだけどな。
まあ、久しぶりに逝ってくるか。

493 :名無しさん@3周年:2005/10/20(木) 13:20:43 ID:Uu0P7A8B
宗教のような古臭い迷信はもういらない。宗教の時代は終った。

494 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:14:24 ID:2WfUX5xK
宗教は争いの元です。

495 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:34:49 ID:6e6XNg5h
493も494もかわいそうな人たち。

神の救いがなかったからか。

それとも単に神を信じていないためか。

これからは心、宗教の時代なのに、お気の毒。




496 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 19:55:41 ID:2WfUX5xK
妄想に逃げる現実逃避患者はお気の毒。

497 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 20:06:29 ID:Tq+HnKJ3
>>495
カルト宗教屋とは逆向きなだけの反宗教キチガイでしょう。

498 :名無しさん@3周年:2005/10/22(土) 20:37:19 ID:2WfUX5xK
日本に宗教なんかいらない。

499 :名無しさん@3周年:2005/11/06(日) 20:49:43 ID:9r33cDg5
宗教は虚実。宗教の違いなんかで争い殺しあうなんて愚かすぎる。宗教なんかいらない。

500 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 20:01:55 ID:Ot6xLoHw
宗教の根絶こそ平和への近道。

501 :名無しさん@3周年:2005/11/07(月) 23:13:01 ID:vPn3soCt
日本はもともと神の国だから、宗教は不可欠である。

国が宗教行事を行えるように、憲法を改正しよう。

宗教がなくなれば、日本という国は存在しなくなる。





502 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 01:18:27 ID:tI61mVs4
↑頭悪すぎ

503 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 11:33:40 ID:PmQaU42z
聖書一冊火事の元

504 :名無しさん@3周年:2005/11/08(火) 14:46:31 ID:xgSr813O
国にとってどうかなんて、何もできないこというより
自分にとってどうなのかをまず考えろ。
そして実行してからものを言え。

505 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 20:16:43 ID:V7IO1UKE
宗教なんか時間の無駄だよ

506 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 20:19:10 ID:vYrJRrbh
宗教は個人の心の問題。

もし国家が介入すれば、その国家は滅ぼされる
べきだろう。

507 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 20:47:39 ID:2vuxNYH4
506はまちがい。

共産国家をのぞき、いつも国家は宗教と関わってきた。
政教分離は、政治が特定の宗教のみを保護することのないようにするための工夫であった。
政治が宗教に関わらないという意味ではない。

政教分離を謳うアメリカが、偉大なる宗教国家であることは自明である。
大統領は最後にGod Bless Americaという。



  

508 :名無しさん@3周年:2005/11/10(木) 21:41:42 ID:V7IO1UKE
政教分離は民主主義の常識。宗教のような古臭い迷信は切り捨てなければ真の平和はこない。

509 :勝ち組と負け組み:2005/11/11(金) 21:32:42 ID:bhD9RziN
日本はいよいよ貧富の格差がもっとも大きい国になろうとしている。

年収数千万円の人から年収わずか120万円のフリーターまで、年齢に関係なくいる。

富める者はますます豊かになり、数億もの資産を手に入れ、大きな家に住み、高級車を乗り回し、逆に貧しいものは貧困な社会福祉政策のために、一生貧しいままである。

キリスト教国家である欧米と違い、日本では慈善の考え方が弱く、金持ちがあまり寄付しないというか、ほとんど施設などに寄付しない。

また、日本ではどんどん公務員をリストラして、福祉を切り捨てているので、福祉行政も当てにならない。



510 :名無しさん@3周年:2005/11/12(土) 09:21:46 ID:k3woUgQy
↑共産国家へ池

511 :名無しさん@3周年:2005/11/13(日) 14:22:19 ID:7zhUPANp
日本に宗教のような幼稚な演劇は必要ない。

512 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 20:50:24 ID:VJsNGSOH
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

513 :名無しさん@3周年:2005/11/15(火) 21:48:11 ID:x0jxGdHI
宗教なんか幼稚。

514 :名無しさん@3周年:2005/11/17(木) 15:36:55 ID:B9c+mMOJ
弱者の為に必要なんじゃない?

楽したいが為に、自分の力で生きる事から逃げて、
人生の負け組み街道を歩んでくれるんだから、楽っちゃ楽だわな。

515 :大阪大学の調査:2005/11/18(金) 09:55:47 ID:l/eC6YUR
宗教心のある人のほうが、幸福度が高いことが分かった。

一番幸福度が高いのは、大都市に住む30台の専業主婦。

学歴では大学院卒。

こうした人が、教会には数多く来ている。



516 :名無しさん@3周年:2005/11/19(土) 22:46:04 ID:qQVku4sd
まともな人は宗教などやらない。

517 :名無しさん@3周年:2005/11/20(日) 20:27:21 ID:R/hwJwJs
だね

518 :名無しさん@3周年:2005/11/21(月) 23:40:53 ID:G0FlIicO
宗教団体は精神異常者の集まり

519 :名無しさん@3周年:2005/11/22(火) 03:31:40 ID:gljLky8T
俺もずっとそう考えてたけど、生活教としての宗教は養護すべきだと最近思うようになりますた。
でも一生自分達のコミュニティに引きこもってろよ、実社会にテメー等の理屈を一切差し挟むなよ、とは言いたい。

520 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 21:42:45 ID:UeQZpedp
518へ。

あなたがそう主張する理由は?

もしそうだとしたら、まともな人などいないのでは?

519へ。

それは違います。福音宣教は大切な務めですから。



521 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 22:03:20 ID:GIogv6/9
>>507

政教分離に関して、アメリカでも意見
がわかれる。

アメリカはGod Bless Americaといい
ながら国民をあおって政府による虐殺をおこなう、
野蛮な手法を未だにつかっている。

そういう意味では後進国だよ。

522 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 05:49:33 ID:qO4XAlcO
宗教は野蛮

523 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:03:16 ID:Q83aEBGc
516へ。

それが間違い。

日本ではまともな人のほとんどは、信仰がある。

いわゆるエリート層の大半もそのとおりで、仏教徒やキリスト者が多い。





524 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:42:57 ID:kmwf9KAK
無宗教=共産思想=カルト

525 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 02:57:27 ID:VshBJNdj
共産=宗教

526 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:42:07 ID:d5t7uRdG
信仰のある人とない人とでは、幸福感が違うことは明らかである。

信仰のない人は、自分の欲望がある程度満たされている間は幸福に感じるが、そうでないと途端に
人生に絶望感を感じるようになる。その挙句に自殺。
これが典型的な日本人の行動パターン。
日本は物質的・金銭的には間違いなく豊かだが、信仰のない個々人の心はとても貧しい。





527 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:38:31 ID:95YNWIJO
信仰者の視野の狭さって凄いな。

528 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 16:42:01 ID:d5t7uRdG
無宗教者が自殺する。


529 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 17:54:01 ID:d+M51fE5
自殺したら地獄逝きならわざわざ自分で死のうとは思わない、
というだけのこと。

530 :今日から待降節:2005/11/27(日) 13:58:19 ID:QPGvRTd2
主イエス・キリストの誕生を待ち望みましょう。

そして25日に一緒にお祝いをしましょう。



531 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 14:54:51 ID:vejmD306
12・25は別の神の誕生日らしい

532 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 16:24:06 ID:td/gaafO
宗教のような野蛮な古臭い風習はもういらない。争いの元。

533 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:43:29 ID:3XrFo7gL
>>528
禿げ同。無宗教者が自殺してるんだよ。
内村鑑三が自分の内面を裁く厳しい神を紹介したから
日本人にクリスチャンが少ないんだと思う。キリスト教は繊細で上品な日本人に合ってるよ。

534 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 02:05:11 ID:KXslX3IC
>>533
宗教に侵されるよりは死んだほうがいいだろう馬鹿め
少なくとも自分の意思で死ぬ高潔さがある。
野蛮なキリスト教が何故繊細で上品な日本人に合ってるんだよ白痴。
寝言は死んで言え!

535 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 17:58:01 ID:NlGMGW4P
自殺しているのは、物質主義以外に目がいかなくなった
キリスト教の信者。信者と思っていなくても潜在的に
キリストの物質至上主義に汚染されたから、その物質が
不活性になると自殺しか選択がなくなって死ぬ。これも
キリスト教文化の罪といえよう。


536 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:19:59 ID:dyIoa/IY
533が正しい。

自殺者の大半は無宗教。

日本は物質主義に毒され、精神性が乏しいためだ。



537 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:53:53 ID:2h8QvDnc
科学立国日本に宗教のような迷信は不必要。害悪でしかない。

538 :科学の時代にこそ宗教が必要:2005/11/29(火) 20:16:20 ID:1LZsIhBc
科学は単独では成り立たない。

科学の解毒剤として宗教は有効である。

以上は養老東大名誉教授の弁。

539 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 15:19:59 ID:NPcVZ3JU
宗教(神やら奇跡やらを信じ込む)は虚実。馬鹿のやること。

540 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 09:57:12 ID:mtzI0Z/R
日本での無宗教の増加の結果が、自殺者と凶悪犯罪者の増加。

馬鹿なのは、信仰のある者ではなく、無宗教者の方であることは明らかである。




541 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 20:14:25 ID:+bQ6kL4a
神やら奇跡やらを信じる馬鹿は哀れ。

542 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:14:52 ID:rGzEFkaC
鬼畜外人の性のはけ口にされるのは弱い子供たち。
生贄を教義の骨子とする一神教は凄く危ない。責任とれ。

543 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 09:10:54 ID:aiAdc8lQ
何でもかんでも神やら悪魔やらのせいにする思考停止患者は危険。宗教は凶悪犯罪の元。

544 :名無しさん@3周年:2005/12/11(日) 18:49:14 ID:0CHVyIUQ
日本に宗教なんかいらない。

545 :名無しさん@3周年:2005/12/12(月) 21:00:33 ID:bKOFQjRJ
日本に宗教がなければ、いったいどうなる?
自殺者激増、凶悪犯罪激増は目に見えている。
弱者救済なし。民間団体の支援も期待できない。
今の政府も結局何も支援しないし、実際にできない。


 

546 :名無しさん@3周年:2005/12/12(月) 21:13:32 ID:aAANw5eg
宗教なんかでそれが解決するとも思えないが?

547 :名無しさん@3周年:2005/12/12(月) 23:04:45 ID:WrvSFGxN
凶悪犯罪は、被害者の悲しみ以上の制裁を加え、国の税金を使用した分は払わせるようにする。
無期懲役などといわず、刑務所で一生強制労働させる。

弱者救済については、生活保護を受けさせるようにする。働けない人に対して、必要最低限の
生活保障(衣食の確保)などをする。

自殺者に対して、欲が深すぎて逆にわがままになりすぎている。今のように食べ物も少ない時
代でも人は生きていた。わがままな人をかまうと、逆に正常に生きている人に影響がでる。

 

548 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 15:57:05 ID:azlhDQZw
欧米の宗教は武装と同じこと。
民間とNHKでは民間のほうが厳しいが
激しい弱肉強食社会の中では
宗教や倫理で武装して善人としての自分を
周囲に周知徹底させることが成功の決め手になる。
皆が争うようにして宗教の威光を手に入れようとし、
商売道具として宗教を用いることに何のためらいも感じていない。
そうしなければ生きられない。(必要悪)
そうしなければ他に信じられる基準がないからだ。
頭がどうかしている。

549 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 17:02:34 ID:U5eDGbDj
日本にはいらない。

550 :名無しさん@3周年:2005/12/14(水) 18:02:12 ID:Vexx2MAF
>>548
結論からすると、その必要悪な商売道具にのめるこんでる日本人は頭おかしいって事かな?
まあ、困った時の神頼みとはよく言うけれど、お金を払って自称神に頼み込んでる人はアホだと思う。
ていうか弱すぎ。
その金で自分で何とかしろよ。

その弱い人を増やす要因となっている宗教は、日本でいらないと思う。
宗教という後ろ盾が無くても、生きていけるから。

551 :名無しさん@3周年:2005/12/16(金) 07:07:27 ID:ZB+8otqn
宗教は権力やその他の力と結びつくと危険だけど、キリストや仏陀の教えそれ自体は素晴らしいよ。
生きる意味を教えてくれる。

宗教団体は俺も嫌いだけど。自分が信仰を持っていればいいと思っているから。
でも世の中に広めるっていうか、紹介していくためには組織が必要だしね。

思想としての仏教やキリスト教は小学校の授業とかで紹介してもいいんじゃないかな。
道徳の授業よりは心に残るような…

552 :世界一宗教音痴の日本人:2005/12/17(土) 17:49:38 ID:BS6MBYa6
宗教性はありながら、それを否定する日本人。

その一方で、新興宗教に惹かれ、平気で大金を献金する日本人。

宗教など信じられないと、苦しくなったら自殺を選ぶ日本人。

自分がすべてで、他人の不幸を笑う日本人。

どれも今の日本のすがた。

この国の将来が見える気がする。


553 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 17:59:12 ID:eHmoUPMk
>>551
>キリストや仏陀の教えそれ自体は素晴らしいよ。

それは、あなたに批判力が足りないということ。「いいこと言ってる」と
思った時が、洗脳の始まり。

人生経験や批判力が足りない小中学生を、宗教で洗脳することなど、絶対に
許されない。現実の人間から超越した存在などを信じる宗教ではなく、人間
間の共生の技術としての道徳こそ教えるべき。宗教と道徳とは、似て非なる
ものである。史上、宗教ほど「非道徳的」な行為をおこなったものはない。

554 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 18:05:27 ID:0xXvj/gI
無宗教ですが葬式宗教は必要だと思う、残された人の心を救う為に。
最近大事な家族を亡くしましたが普段死後の世界なんて無いよって言ってる私でも
セレモニー的な葬式はやっぱり嫌で供養してもらいたいって思った。
亡くなった家族が旅立つんだって思ったら気持ちの切り替えもつきやすいかもしれない。
死んだら何も無くなるなんて考えるのは辛い

555 :名無しさん@3周年:2005/12/17(土) 21:48:33 ID:yiZPP6Rp
>>553
もともと人間しか人間を助けないし、宗教(超越したもの)が人間を助けた科学的事実は皆無。
人間が人間に危害を加えるだけだし、自然災害などを宗教的なもので防いだためしは無い。

「苛めるな、虐待するな、自分が苛められた時、自分はうれしいか?」
「盗むな、人をこき使うな、自分の欲求だけ押し付けて、そんなこと人にされて楽しいか?」
「目の前に生きるか死ぬかわからないくらい大変な人がいる。そういう人を助けてあげなさい。」
「人の悪いところばかり見るな。自分も悪いところばかり見られて軽蔑されるとつまらないだろ?」

など、人間が主体で世間が成り立っているのだから、「人間(自分)にして欲しくないことを、人
にするな、誰でも自分が一番大切だが、自分だけのことを考えず、人のことも少しは考えて生きろ。」
ぐらいの人間間の共生の道徳だけで十分。

>>554
いや、よく考えて。自分のところに供養料を払えば死者がいい所に行けると、そういうのはほどほどに
考えたほうがいい。供養は自分の気持ちのことだけ。


556 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 10:02:34 ID:gFq+M3Bi
宗教の時代はとっくに終ってますよ〜

557 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 11:02:57 ID:5m5PIAjZ
葬式ぐらいならお寺さんに頼んでもいいが、今の新興宗教の氾濫を見てると
社会が宗教に対してもっと厳しい目を向けなければいけないと思う。
特に少子化の昨今悪徳宗教に引き込まれる確立は非常に高い。
日本人の道徳心を宗教でまかなおうとするのは間違っている。

558 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 11:30:12 ID:2nJYjKOM
〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

 働けども 働けども  我らが暮らし 楽にならず

どんなに働いても、財布に穴が開いてりゃ貯まるもんも貯まりません。
まずは、財布の穴を塞ぎませんか?

紅の傭兵他売国議員へ集団提訴しませんか?2審目
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134208354/

【現在の拠点サイト】
http://dx37.ja-21.net/

【賛同者集計メール送信先(件名に「訴えてやる」)】
ikazuchi23ch@yahoo.co.jp

長い長い線路を作るために、まずは鉱山掘ることからやってみませんか。

〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

559 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 13:20:01 ID:oyGc9ceE
人間の幸せを求めるなら、日本は日本国憲法を大切にすることで十分。
そして、法律を守ること。

560 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 17:56:48 ID:GkJvc0rj
559へ。

その挙句の果てがこのざまですか?


先進国一の殺人増加率、

世界で有数の自殺大国、

超少子化

ほんの一握りの勝ち組と大多数の負け組、

勝ち組支配の政治、

結婚難、離婚増、

家庭崩壊、

おたく急増。








561 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 20:04:58 ID:JJLKGp+v
>>560
世間知らなさすぎでカワイソス(´Д⊂)
新聞の煽り記事を信じてるんだね。


562 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 20:20:08 ID:bifbDSTv
日本人の求める幸福や自由は、相手に対して自分が不幸に感じたときに
離婚届を出す自由。

 子供のことは?

幸福を与えねばならない日本なのに、不幸を感じて自殺する人がいる。

 それでよいのか?人間が物質的な幸福を貪るために、ある人は不幸に
 なる場合だってある。自由競争が全てでないと思わないか?

物が溢れても生き難いから、子供を生もうと思わない人もいる。

 少子高齢化で、更に生き難い日本が来ると思わないか?



563 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 22:37:51 ID:P//cablU
確かに、企業競争により犠牲になる人は多い。
夜遅くまでの残業や、競争に敗れた会社などの破綻。リストラ。
残業などにより家庭を顧みない。休日は家で寝転ぶ。
物質があふれても幸福を感じない人は多いかもしれない。
本当に幸福なのは、一部の人かもしれない。

今まではそれが自然と思っていたが、宗教にはそれを変える
力があるのかどうか。具体的に、現実的にどう変えるという
全ての日本人にきちんと話せる宗教自体がないだろう。宗教
は世の中に疑念を抱いた人を信じれば救われるしか言わない
だろう。

何も信じず、今現実の社会を疑わず自分で努力して生きていく
のがいいだろう。宗教は一種のまやかし。



564 :名無しさん@3周年:2005/12/18(日) 22:45:38 ID:bdnD0DSE
>>563
>>具体的に、現実的にどう変える

貧富の差が極端なアメリカでも自殺率が日本より
低い理由は実は宗教ではない。求人での
年令差別が法によって禁止されているので、会社がつぶれてもいつでも
挽回できる希望をもてるつう所が大きいと思われる。

565 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 19:02:41 ID:8puIuy4g
>>560
普通に生きていた人も、宗教をやりだした途端に全体のこと考え出して、
世の中の不幸を一手に背負うような気持ちになるんだ。

いっそうのこと、私たちの宗教は全ての日本人が同じ給与になるようにする、残業
をなくす、休日を週3〜4日に増やすと宣言してごらん。そうすれば宗教も支持されるかも。
>>ほんの一握りの勝ち組と大多数の負け組み
  そう、会社は株主のために利益をあげろと煽る。金が神様だ。多くの人はその奴隷だ。
  みんな楽しく生きているわけでない。人間より金という神様に従って生きる。金という
  神様を宗教は倒すのだ!!!!!!!!!!!!!!

566 :名無しさん@3周年:2005/12/19(月) 23:27:14 ID:65tSMLrS
共産主義者は氏ね

567 :名無しさん@3周年:2005/12/20(火) 11:15:39 ID:BUAiCG2i
宗教患者は氏ね

568 :名無しさん@3周年:2005/12/23(金) 19:35:42 ID:RwEIrkVS
日本に宗教はいらない

569 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 01:00:39 ID:SOkhLpyI
カルト立国

570 :クリスマス:2005/12/24(土) 14:17:22 ID:oxhskRoR
クリスマスは、救世主イエス・キリストがお生まれになったことを記念する日です。

信者かどうかは関係ありません。

苦しみのある人、悩みのある人、そして救いを求める人が教会に集まり、一緒に歌い、祈ります。

日本こそ、主が来られるのを皆心待ちにしています。




571 :名無しさん@3周年:2005/12/24(土) 15:40:49 ID:50N/mGmM
?

572 :名無しさん@3周年:2005/12/25(日) 01:03:02 ID:I6lWtC5j
社会の負け犬、乞食どもが教会に集まるのか、

573 :名無しさん@3周年:2005/12/25(日) 13:29:59 ID:eZOD9nXe
>>570
日本は平和な国です。
いてもない主イエスを待つのは無意味というより宗教者の騙し行為です。
主を信じてどれだけの人間が殺し合いをしてますの?
ないものねだりはやめて周りの人間を大切にしましょう。

574 :名無しさん@3周年:2005/12/25(日) 14:18:50 ID:I6lWtC5j
日本にキリスト教なんかいらない。

575 :神を信じる者は幸い:2005/12/26(月) 11:25:38 ID:g7gI5Rep
その人は救われる。

フィギュアスケートの村主選手は、今年不調だった。オリンピックに行ける可能性は低かった。
彼女は、すべる前に懸命に神に祈った。そして、神と共に滑った。
今年最高の滑りを披露した。
試合直後、彼女は、共におられる神に感謝を捧げた。
結果は、優勝。そしてオリンピック代表である。

神と共にいる人には、神は祝福を与える。

イエス・キリストを通じて、全能の神を信じた者は、神の救いを得る。


576 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 11:49:36 ID:awpIZPcY
宗教が必要か?

必要。

ただし必要なのは、

入信に手続きがいる宗教
信仰を証明(儀式)しなければいけない宗教
誰か特定の人もしくは何か特定のものを崇拝するような宗教

以外の宗教ね。
要するに、死者を敬い、先人を敬う宗教であればそれでいい。
教祖も組織も教義もいらない。

577 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 13:47:13 ID:EtR1or6m
576は間違い。

そんなものは宗教とは言わない。

宗教とは、魂の救済のための業を言う。

死者は何もないとするな。

死者は神の下に行っただけで、その霊は常に生きている者とともにいる。

先人を敬うことは宗教の条件にあらず。







578 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 18:18:00 ID:awpIZPcY
>>577
じゃあいらない。
一人で信じてろよ。

魂の救済って何?悩み相談か?
占い師にでもなれよじゃあ。
自己啓発セミナーの方が儲かるんじゃねえの?
あ、宗教法人は非課税だもんな。

というふうに、本当に必要な人以外の人間(お前のような奴)が
さも知ったように語ったら徹底的にバカにさせてもらう。
本当に必要な人には
「それで少しでも前向きになれるなら、一度は信じてみてもいいんじゃない?」と言ってる。

死者を畏敬するのは宗教の根本だろうが。
死者は何もない、なんてどこに書いてるの?

579 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 22:25:25 ID:nPHjq1I7
なんでもいいから宣教活動をやめてくれ

580 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 22:48:40 ID:3st85Yvb
>>575
もっと切実なことで信仰している人は多いんじゃない?
自分の子供の命を助けてくれとか。
助かれば信仰のおかげ、助からないと信仰が足りなかったからでスマソ。




581 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 22:58:23 ID:COeu01z2
昔からある宗教は仏教ぐらいだけどな

582 :名無しさん@3周年:2005/12/26(月) 22:59:38 ID:awpIZPcY
>>580
>助かれば〜
そう言う宗教の考え方が嫌いなんだよ。
ちなみに>>580さんに言ってるわけじゃないから、誤解なきように。

切実な人に、本当に必要な人に真摯になって考えない態度がムカつくんだよ。

亡くなったら「信仰が足りないから」、と本気でほざく宗教家は許さない。
「信心深かったのになぜ神は聞き入れてくれなかったのでしょうか」
くらいのこと言えっつうの。
助かったら「信仰のおかげ」?ふざけるな。
「あなたの思いが通じたのかもしれませんね。よかったですね。」
くらいのことなぜ言えない?

以前、本気でのたまったクズ宗教家がいたので、追い返して、葬儀にも出さなかった。
ここまで攻撃するのはそう言う背景があるのです。


583 :求名:2005/12/26(月) 23:19:32 ID:UEUavaZC
五戒

殺生をしない
盗みをしない
淫らなことをしない(一般信者は夫婦は除外)
虚言(うそ)をいわない
酒を飲まない


584 :名無しさん@3周年:2005/12/27(火) 23:01:13 ID:rc1fbLTX
>>582
せめて自分のためなら自分の努力で生きろぐらい宗教者の思想であれば
ゆるせる。>>575のように、信仰しても優勝しなかった人のことは?という疑問と
何かに頼らないと生きていけないほど切実な願いで信仰している人に対して、
「あなたの願いがかなう神様がいます」ぐらいの宗教だったらゆるせる。
切実な願いがかなわなかった人に「信心深かったのになぜ神は聞き入れてくれなか
ったのでしょうか」ならいい。

自分の欲望を信仰でかなえさせようとする宗教は、まじむかつく。



585 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 11:25:07 ID:eVqfh+Gp
>>584
宗教はひつようなところだけ利用しておけよ。
無宗教だけど
聖書に同感するところもあれば、
仏陀に同感するところもあった。
宗教が嫌いなんじゃなくて信者が嫌いなんだろ?
わかるよ。勧誘とか宣教とかもうざいけど
関係ない俺らまで、自分の宗教の考えで存在を説明するのとか
まじでうざいと思う。

586 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 11:58:26 ID:odrNbAl9
無宗教、無信仰の者は救われない。

救いを求める人は、神を崇め、神に祈る。

祈りによって、神からの救いを得る。

仏教は邪道。神とは関係ない。

神を賛美するすべての宗教は皆兄弟である。

ユダヤ教からキリスト教が生まれ、世界宗教となり、

中東では、キリスト教からイスラムが生まれた。




587 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 17:13:13 ID:eVqfh+Gp
>>586
こういう文章よく見るけど
なんか勘違いしてない?
みんなそれぞれの宗教をもってんだぜ?
ただ名前がないだけだよ。
お前らのいう宗教は名前があって”所属”してなきゃいけないんだろ?
それってなんか宗教と関係あんのか?
だから糞なんだよお前みたいなのは。
宗教が否定される理由を冷静に判断できない”精神異常者”と見られてしまうわけだ。
俺はそこまでは言わないけど
はっきりいって大きなお世話。
自分の考えだか自分が信じる教えだかしらねえけどな
キリストは押し付けよう!って教えたんかい?
だとしたら邪教だな。
数が多いだけで正しい道なんかお前に開けるか。
人間の気持ちも理解できねえのに。

588 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:20:46 ID:Ho3rgSMA
>>586
自分たちが一番正しいって(WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

結局宗教はこんな感じ(WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW




589 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 17:32:00 ID:eVqfh+Gp
>>588
まぁでも、全員が全員こうじゃないのはわかってやれよ。
これはコイツが悪いんであって宗教全体を否定するには早い。

590 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:42:41 ID:XMlyjli/
>>586は層化の煽り 
 


591 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 17:47:32 ID:AYuMaF5s
>>586
なにが神だよバカ。


592 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 20:20:19 ID:odrNbAl9
神のひとり子を信じる者は救われる。
信じない者は、すでに裁かれている。
ヨハネ福音書より。


593 :ゴッド俺:2005/12/29(木) 20:35:53 ID:eVqfh+Gp
>>592
じゃあ俺は自分という神を信じます。

594 :名無しさん@3周年:2005/12/29(木) 22:10:53 ID:vDUcy928
>>593

本当の意味で裁くのは、自分自身しかいない。
すべての人間、自分が、神なのだから。

595 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 08:09:07 ID:6y7WWqzn
>>594
信仰というのは、結果としてその辺の感覚をぼやけさせることにもなる。


596 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 11:37:56 ID:aLi1CyWu
一寸に満たないこの目の玉に世界が映し出される。
されど、わずかでもゴミがあると世界は違ったものに見える。



597 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 12:36:49 ID:/hzA8nkp
586はキチガイ

598 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 13:41:50 ID:W/vytiHc
593、594:

はあ?

それをみんなの前で言ってごらん。

生きていけないだろう。


599 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 13:45:49 ID:W/vytiHc
586は真理である。

この国の支配階級も例外なく宗教に関わっているだろう。



600 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 13:48:07 ID:bjQDs+lX
>>598
593と594はすこーしだが意味合いが違うと思うぞ。
594は仏教的な思想なのかな?
オレにはよーわからんが。

601 :ゴッド俺:2005/12/30(金) 13:57:03 ID:/42//5I7
>>598
求められればいえるよ。

602 :hiranosigeo:2005/12/30(金) 14:02:19 ID:lBRou+VJ
必要か否かの問題ではない。
宗教を体得するか否かの問題である。
理解しない人だけが騙される資格がある。
騙されないための準備をしている人は少ない。
宗教を理解していない人が多いということか。


603 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 14:30:54 ID:/hzA8nkp
宗教は人を騙す為に進化してきた。

604 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 14:32:36 ID:6y7WWqzn
>>602
言葉のゲームやってるんじゃねえんだぞ。

605 :名無しさん@3周年:2005/12/30(金) 16:43:11 ID:dhU+bg+U
>>603
宗教=自分だろう。
(自分)は人を騙す為に進化してきた。

606 :名無しさん@3周年:2006/01/01(日) 21:55:01 ID:885VKDD/
馬鹿を騙して二千年♪

607 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 13:01:31 ID:JOeFs47P
日本から宗教がなくなるということは、大昔から信仰を集めてきた神社やお寺などもなくなるということ。

それでいいんですか、この国は?




608 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 14:08:20 ID:G2pOAupR
靖国神社も教会も創価会館も全部いらない。公園にでもしよう。

609 :名無しさん@3周年:2006/01/02(月) 15:50:42 ID:LVXkZcY3
宗教が必要ないのなら、無宗教信者になればいいだけ。
なくす必要ないと思われ。






610 :名無しさん@3周年:2006/01/04(水) 18:32:06 ID:OStfTvLL
宗教は争いの元、自爆テロの元。宗教根絶こそ平和への近道です。

611 :日本は世界最大の宗教国家:2006/01/07(土) 10:29:26 ID:ol0NrRVE
初詣に9000万人以上の人が出かけたとか。
実際には全人口の半数が出かけたでしょう。
こんな国は他にはありません。
イスラム諸国でもこんなことはありえないでしょう。
日本人の宗教心がこの国の歴史文化を育て、科学を進歩させ、くらしを豊かにさせた。
日本人から宗教心がなくなることは、即二流国家へ転落することを意味するだろう。
日本にとって宗教根絶は、この国の消滅を意味しよう。



612 :名無しさん@3周年:2006/01/07(土) 18:36:45 ID:9/8FubkP
宗教心が科学を進歩させ・・
アホですか?

613 :名無しさん@3周年:2006/01/07(土) 20:26:11 ID:7/hMF0jN
日本人に信仰がないから自殺者が多いとか言う書き込みが目立つな。
それが日本人が幸福でないことの顕われだ、なんて主張したいなら大間違いだぞ。
そもそも「自殺は罪だ」って考え方はキリスト教(が代表する一神教)のものだ。
普通の日本人は自殺に罪悪感なんて感じず、逆に神聖なものとして捉えられてる。
そりゃキリスト教国より自殺者が多いのは当然だ。

不治の病に冒されたら自らの手で人生を締めくくりたいと考える日本人はかなり多く、実際にそうする人も大勢いる。
本質的な死因は病気なのに統計上"自殺"って事になってしまうから、こういうケースが自殺者数の底上げしてる気がする。

俺の親父は癌と闘病した挙句、体が動かなくなる前に治療をやめて親戚や知人に挨拶してまわってから自殺をやりとげたんだが、キリスト教徒の親戚は「天国にはいけないけど・・・」みたいな事を言ってた。
自由に自殺も出来ないなんて窮屈な宗教だなぁ、なんて思ったもんだよ。

614 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 07:06:47 ID:r/MDxb8a
キリスト教国は犯罪が多い。

615 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 10:40:12 ID:O7VGbzv5
自殺といってもいろいろあるからな
嫌がらせの自殺を罪にしないわけにはいかない。
それから鉄道自殺みたいな迷惑な自殺の仕方も。

616 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 12:36:59 ID:mifcVtAN
実は日本のほうが犯罪は多いのではないか。

日本は恥の文化だから、犯罪が警察沙汰になる前に金で解決しようとする。

それでも解決できず警察沙汰になる場合には、恥をしのんで自殺を選ぶのだろう。


617 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 13:37:34 ID:r/MDxb8a
先進国で、もっとも犯罪が少ないのが日本である。

618 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 13:45:15 ID:BVi8VIba
欧米の先進国では求人における年令制限
は法律で禁止されている。これが自殺率に
大きな違いをもたらしている。

雇用は労働者の能力(限界生産力)、と賃金および生産物価格
「のみ」によって決定することが、社会の効率性
にとって必要だから。

日本には年令制限禁止をサヨクの意見だとかいう
恥知らずの政治偏向者たちがいて、あたりまえの年令制限禁止
が導入されていない。


619 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 21:40:12 ID:r/MDxb8a
日本には、切腹の美学、自害の文化がある。

620 :名無しさん@3周年:2006/01/08(日) 23:23:50 ID:7R3IBb9b
宗教(・ω・)必要ない希ガス。
信念は己自信で作る物だす。
人が作った利害の絡む宗教はよくないとおもふ。

621 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 00:56:01 ID:/DZ6N4BL
そのとおり!

622 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 06:27:42 ID:/DZ6N4BL
不必要

623 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 09:34:18 ID:kTCTWFeU
日本で宗教が必要な人は、子どもを除き、全人口の9割以上だろう。

生きている間に、宗教に世話になることは決して少なくない。

お宮参り、七五三、初詣、成人式、結婚式、結婚記念日、自宅の新築、敬老のお祝い、葬儀、法事、お盆など挙げればきりがない。

これらすべてを無宗教で行うこともできようが、まったく非常識であり、人間性を疑われる。

よって、日本に宗教が不要だと思っている人は、本当の意味での日本人ではないし、この日本で暮らす必要はまったくない。

無宗教の国に行けばよい。



624 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 14:25:56 ID:/DZ6N4BL
儀式やイベントと宗教(神や奇跡を信じる)とを混同している馬鹿がいるな。

625 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 14:26:34 ID:/8ERNWyv
>>624
それでいいのだ。

626 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 17:37:56 ID:bS7n8Bfs
624へ。

混同してもなんら構いません。

宗教とは単に神を信じることなのではなく、儀式などを通じてそこに参加する人が神と対話し、神を賛美し、そして神に祈願することなのですから。

人はこれまでその儀式の方法や中身を充実させることによって、宗教を発展させてきたのですから。

もっとも神道のように非常に簡単な形式のものもありますが。



627 :名無しさん@3周年:2006/01/09(月) 17:50:06 ID:cBdFNOY6
仏教のヴィパッサナー瞑想
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html
神を信じるだけがシュウキョウじゃない。
自己をみつめる修行もある

628 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 02:50:31 ID:uhjtuhUX
ヴィパッサナー瞑想はヨガの様に、宗教性を全く考えなくても、例えば、アメリカのマサチューセッツ大学医学部の医学博士、ジョン・
カバット・ジン氏が開発したストレスリダクションプログラムや、最近人格障害などの治療に著しい効果を上げている
マインドフルネス認知療法MBCTの様に、その気になれば使えますが、宗教版ではどうでもいいことですね。

629 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 16:29:13 ID:F3nBGX9T
科学立国日本に宗教なんかいらない。

630 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 16:41:15 ID:9TnZo+w4
>>624
仏教は本来、神なんかを一切否定したものだったらしいですよ。
仏も本来は悟った人のことを指す言葉らしいです。
宗教=神や奇蹟を信じる
は成り立たなくなっているのでは?

631 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 20:01:59 ID:J9LAByio
坊主の9割はいらね。

632 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 21:04:28 ID:F3nBGX9T
10割いらね

633 :名無しさん@3周年:2006/01/10(火) 21:21:09 ID:+PRTj8dt
なんか上の方で村主選手がオリンピックいけるのは神を信じたから、とか神と滑ったとか書いてる人いるけど、
彼女がオリンピックにいけるのは…


猛特訓、猛練習したからですよ。日々の努力の結果ですよ。

何かにすがらないと生きられない人って、自分の考えとか自分の信念みたいなものがないの?
宗教は人の弱みにつけこんだもの。
何かに依存しないと生きられない人は無理して生きなくてもいいのに。って思うけど。
辛いことは誰でもあるけど、自分一人の力で乗り越えないと意味ねーよ。

634 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 01:46:00 ID:+qLj6Mj1
>>633
私は宗教は悩み解消のヒントであって、すがるものだとは思っていません。
だから宗教は依存するものではないと思います。
それから宗教に限らず、誰しも何かに依存することはあると思いますよ。
一生を一人だけで生きられる人間なんて存在しないと思います。
それは滅亡しちゃえって話ですか?
それに、一人で乗り越えるだけが重要な事だとは思えません。
誰かと一緒にでも十分に意味があるのではありませんか。

635 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 02:09:03 ID:aSmw8g+z
>>634
でも周りから見てるとすがっているとしか見えませんよ。
例えば633に書いたみたいに、スポーツ選手が良い結果を出した時、
神がどうのこうの言ってるのを見てどう思います?
とてもじゃないけど、「ヒント」ぐらいに軽くみてるようには思いませんが。
何百万、何千万で訳の分からない壷を買ったり、テロ活動をしたり、戦争で人殺したり、
これ全て宗教が関わってますが、宗教は「ヒント」といった軽いもんで終わらないことくらい一目瞭然ですよね。
生きるヒントは宗教ではなく、新聞だったり、本だったり、映画、音楽、漫画、
何より自分の人生、周りの友達、師匠、先生などから得るべきものだと思います。
自分の目で見て、実際に体験したものの中から。

それから家族、友人、恋人など心から愛せる人がいるのは、とても素晴らしいことだと思いますよ。
そういう人達の存在を否定してるわけではないです。
でもたった一人で戦わなくてはいけないことも、時にはあると思いませんか?
だって、何億という言葉を使っても人には伝えられない、自分しか分からないことってあるんですよ。
そういう時は苦しみを一人で噛み締めて、それを糧にして今後頑張っていく。
そうやって、強くなって魅力的な人間になるもんでしょ?


636 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 02:36:07 ID:+qLj6Mj1
>>635
それはすがってしまう信者にも問題があるんじゃありませんか?
宗教は万全なものだとは思っていません。
時にはそういう形で現れてしまうこともあると思います。
私は宗教も周りの友達や先生やなんかと同じようなものに思います。
先人の思想があり、それが生きるヒントとなる、これ間違ってますか?
教師と何ら変わりないんじゃありませんか?
私が言っている宗教は詐欺なんかのことではありませんよ。
先人達の思想の事をさしていっているつもりです。

確かに一人で乗り切らなければならないこともあると思います。
それが魅力的な人間につながるかは知りませんが、まるで何かにすがり
手助けをされる人間が生きている価値が無いように言われているように
思ってしまったので、つい言い過ぎてしまいました。
>何かに依存しないと生きられない人は無理して生きなくてもいいのに。
というあたりがそのように見受けられたので。
すみませんでした。

637 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 02:51:24 ID:aSmw8g+z
>>636
「時には」なんて軽い言葉ですまされないですよw
宗教が原因で、どんだけの人が、どんだけの被害を被ってると思ってるんですか?
それを時にはあると思います。で済まされるわけないでしょ。

638 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 03:02:45 ID:+qLj6Mj1
>>637
そうですね。
私が迂闊でした。
ですが、宗教だけが悪いと言い切れるんでしょうか?
それに、私は宗教によってどんな被害が出ているのか
詳しく知りません。
よかったら具体的に教えていただけますか?

639 :名無しさん@3周年:2006/01/11(水) 03:20:43 ID:+qLj6Mj1
私は宗教というよりも、宗教の根本にある
先人達の思想が必要だと思っています。
これは間違ってますか?

640 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 22:37:22 ID:ZZDJI400
科学的思考、論理的思考、が大事。

641 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 22:43:35 ID:v/tYvrKr
>>638
それを「宗教は悪い」と一度言い切らない限り、宗教に対する偏見は絶対に消えない。
それはこっち側じゃなく、信じる側が自らやる必要がある。
それは内省を生み、未来に向けた新たな宗教というものへの第一歩になるかも知れない。

わかる?

>>639
先人たちの思想
必要なものと必要じゃないものくらいは見極めようぜ。
俺たちが生きるのは過去じゃねえんだよ、現在、未来なんだよ。
そんあ、現代にフィットしない思想を信じたところで、当の本人値が喜ぶわけはねえと思うが。

642 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 22:57:53 ID:V3Gyg3wI
つうか金と殺人の話が一切出てこなかったら、宗教への偏見はなくなるよ。

どっか間違ってるから、この二つが消えないんだから、やっぱり宗教は間違っている。

これ、小学生でも分かる超簡単な話だけど、なんでわからんのかな?宗教入ってる人って。

643 :名無しさん@3周年:2006/01/13(金) 23:05:41 ID:v/tYvrKr
>>642
ある人が教えを説く(言葉でも音楽で何でもいい)、それに共感する人がいる。
これが宗教のメカニズムと思うんだけど、これになぜ金や犯罪がからむのか。

布教しようと思うからだよ。

だって宗教は本来、井戸端会議や自治会の取り決め事のレベルだよ。
宗教行事だって所詮は合い言葉のレベルだし。



644 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 00:01:09 ID:V3Gyg3wI
>>643
ふむふむ。
で、643は日本に宗教は必要だと思いますか?

645 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 00:40:42 ID:3dj6wl2B
政府や法律がある現代には不要だな。

646 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 02:24:02 ID:+iKckAV7
>>644
いわゆる一般的な意味での宗教はいらない。
「神がどうこう」など、現代にフィットしない。

しかし、自分のメカニズムに照らし合わせた場合は、宗教は必要。

曲解されると困るので、2パターンに分けて書いた。


647 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 03:34:18 ID:XMif8UNt
>>646
>自分のメカニズムに照らし合わせた場合は、宗教は必要。
とは分かりやすく言うと?
てことは646さんは、どこかの宗教に入ってるんですか?


私はいくら考えてもやっぱり宗教は必要だとは思えないんですね。
なので、盲目的に宗教を肯定ばかりする人と話しても平行線のままなので、
646さんみたいに冷静な人の意見を聞いてみたいです。

648 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 08:34:42 ID:3dj6wl2B
宗教患者は自分が信じる宗教だけは必要、優れている!と思い込む。選民意識から他宗教攻撃へと進む。宗教は全く不必要である。

649 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 09:11:05 ID:gZBLOMNm
世の中には、自分の頭で理解できないことは山のようにある。

自分はなぜ生まれ、なぜ生きるのか分からない人は大勢いる。

そういう人が答えを求めて宗教をもつことは多い。

病気の人が病院に行くように、神を信じ、信仰をもつ人は、神社、仏閣、教会に行く。

信仰をもたない人には神社、仏閣、教会は必要がない。

それを必要とする人が現にいるから、宗教施設はあり、また、病院もある。

よって、648はまちがい。


650 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 10:06:16 ID:3dj6wl2B
麻薬も拳銃も宗教もすがる人はいるが、ないほうが好ましい。世界中の人が団結すればなくす事は可能だ。

651 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:35:48 ID:QHNlRnRm
お釈迦様の教えた思考は、現代人よりももっと現代的で科学的なんですけどね。
人は必ず病気になるという事実に目をそむけ、
「いつまでも健康でいたい」という執着をもっていると、
いざ病気になった時に苦しみ悩む。
執着を減らし、病気になるのが当たり前だと、
事実をありのままに冷静に受けとめられる性格になれば、苦しみや悩みが減る。


652 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:40:55 ID:QHNlRnRm
宗教には、心を成長させる修行のノウハウがある。
盲目的に神様を信じてすがるだけが宗教じゃない。
肉体と心のしくみをよくよく観察して理解できてくると、心が安定してくる。


653 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:49:23 ID:QHNlRnRm
日常の一つ一つの行為を分析すると、単純で簡単なことばかり。
なのに、分析せずにたくさんの行為をまとめて見てしまうと、
複雑で膨大に見え、困難だと思いおっくうになる。
今この1秒を生きることは、簡単ですよね。
1秒1秒を分析してみると、死にたくなるような苦難はない。
しかし、分析せずにひとまとめで1週間1月1年を妄想すると、
とたんに重くのしかかってくるように感じる。
仏教は、1秒1秒の中に安らぎがあることを、修行により実感させてくれます。
1秒1秒を安らかに生きていければ、一生安らかなはずですからね。

654 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:51:36 ID:XMif8UNt
病気になった時は苦しいのが当たり前。苦しんで苦しんで強くなればいいのでは?

そうやっていかないと、例えば宗教の教えにない困難に直面した時、耐えられなくなってしまいませんか?

激しく苦しんでも良いと思いますよ。そうして人間、成長すると思うんですがね。
苦しみを知らない人、いつも冷静な人なんて気味が悪いし、嫌です。

655 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:54:22 ID:XMif8UNt
653が書き込めば書き込む程、
仏教がとても安易で楽したがり屋の教えにしか聞こえなくなってきました。

656 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 11:55:07 ID:XMif8UNt
653さん、ごまかしの人生、楽しい?

657 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:20:39 ID:QHNlRnRm
>>656 楽しいですよ。
ごまかしではないと思いますが。
事実をありのままに観るということが、ごまかしでしょうか?


658 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:27:18 ID:QHNlRnRm
仏教の瞑想のやり方です
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html
私の説明は下手なので、ここを読んでみて欲しいです

659 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:35:28 ID:3qi/cJHb
別に信じる必要はないけど
宗教についてもっと知ったほうがいい。

660 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:41:15 ID:+iKckAV7
>>647
個人的には無宗教だよ。親は大乗仏教浄土真宗。
で、宗教というのを構造的に見るとメカニズムはわかる。

ある人、あるもの、ある価値観に他の人が共感(意識無意識問わず)する。
人によっては人生が変わるほどになる。
そして、その対象が発する空気、言葉、情報などを感じたいと思う。
それを発する機会があればそこに意識(集まることも含まれる)を持っていく。

これが俺の考える宗教のメカニズムなんだけど、これって、既存の宗教だけじゃないんだよね。
メディアと大衆の関係もそうだし、アーティストとそのファンの関係もそう。
政治もそうだと思うよ。
だからこそ、層化が政党を作り、オウムが政治に入ろうとしたんだから。

宗教は、「神だ」「仏だ」だけだと思ってるとダメだと思うんだよ。
宗教って、人間がいる限りまずなくならないよ。
否定する側も、肯定する側も、この辺に気がつくといいと思うんだけど。

俺は、既存の宗教はもう限界だと思ってる。
当時と今ではあまりにも違うのに、それを加味しない宗教など消えてしまえばいいと思う。
聖書のストーリーなんて現実離れしてるでしょ?
現代風にアレンジすることもしなければ本質だってぼやけるよ。

まだ疑問があれば、言ってくれれば書く時間があれば書くよ。


661 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:51:08 ID:QHNlRnRm
>>660 人間の肉体の精神の関係性というかしくみは、2千年前とさほど変わってないのでは?
座禅や瞑想で体と心の関連をよく知ることは、昔も今も可能だと思うのです。
たとえば、普段慣れている作業は無意識にやってしまうようになります。
ケータイやテレビのリモコン操作、車の運転など、
いちいち手元を確認しなくても無意識に手が動いている。
自分の意識で制御しているのではなく、別の刺激によってオートマで反応しているかのように。
しかし、ミスや事故は、こういう無意識の時に起きます。
ひとつひとつの動作にちゃんと意識を集中していれば、ミスは激減するはずです。


662 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 12:54:26 ID:QHNlRnRm
>>661 と言ってる自分がさっそく入力ミスってましたが。
肉体の精神の関係→肉体と精神の関係
仏教の教えって、ごくごく当たり前のことを言ってるのだと思います。

663 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 13:11:11 ID:+iKckAV7
>>661
その「さほど」がものを言うと思う。
いわゆる「たかが」「されど」と同じだよ。
時代の流れはかなり重要だよ。

当時で何千年かけて伝わる文化風習宗教が、今や数秒で伝わる時代だよ。
このことが人間の意識にどういう影響を及ぼすか、それをわかっておいた方がいい。

例えば、聖書に書いてあることはほとんどがおとぎ話。
でも、そこに書いてある根本は現代にフィットするものもある(博愛の精神とかね)。
それをそろそろ分別して、いらないものはゴミとして捨てるか、
現代風にアレンジしていく努力が必要だと思う。

じゃあ仏教がどうか?
同じこと。でも、今のところ仏教は内輪もめで済んでるからまだいいと思うけど。

現代でも使えるものはあるよ、例えば瞑想して自分を取戻す、とかね。



664 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 16:15:53 ID:KV6Rcae1
宗教には良い面も悪い面もあるから結論は出ないと思う。

665 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 18:45:04 ID:3dj6wl2B
宗教に良い面などない。

666 :名無しさん@3周年:2006/01/14(土) 18:59:45 ID:QHNlRnRm
>>665 「宗教」でひとくくりに見るのはよくないのでは?

667 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 14:22:29 ID:VRYfFpu4
科学を学びなさいっ

668 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 15:25:19 ID:6QfswBv1
どういう意味での科学ですか?
自然? 社会? 人文?
それとも学問という意味ですか?

669 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 19:15:42 ID:t79LTeBa
>>667
なんでそこまで科学を信仰できる?
「あしたの天気」さえコントロールできない程度のもんなのに。


670 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 20:09:08 ID:VRYfFpu4
宗教ならコントロールできると?

671 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 20:57:39 ID:t79LTeBa
>>670
それは宗教の役割ではないんで。
物事のメカニズムを解明するのが科学で
それを活用し制御するのが技術。
それが完璧ならば宗教は不要なんだけど
未解明、不確定要素はまだまだ多いし
個別的問題は「誤差」で処理されるでしょ?


672 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 11:15:02 ID:oaax/J5O
科学という概念が生まれた時点で、宗教は不要になった。科学を理解できない人のみが、古臭い宗教にすがる。宗教の時代は、とっくに終っている。

673 :名無しさん@3周年:2006/01/16(月) 11:18:24 ID:8uZU5+PI
>>672
お前が科学も宗教も理解してないのだけは良く解った

674 :名無しさん@3周年:2006/01/17(火) 14:47:46 ID:ymq7qYiw
宗教は非科学的な迷信、悪習である。

675 :名無しさん@3周年:2006/01/18(水) 22:22:03 ID:nT6WNQoy
日本は宗教や古い風習、しきたりなどを払拭し、世界の見本になるべきだ。

676 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 00:35:09 ID:BNC/1NM0
>>675
日本は古い風習、しきたりなどが活かされてる(と思われてる)ところが
世界的にそこそこ評価されているんですが。

677 :名無しさん@3周年:2006/01/19(木) 03:12:25 ID:45EJ9K2B
男尊女卑、武落差別、姥捨て、人柱、娘身売り、宗教、など古臭い風習はなくしていかなければならない。

678 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 15:10:44 ID:rSOnPxYr
宗教は悪習。争いの元です。

679 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 15:14:30 ID:3oSdeKVL
宗教って大事だよね・
海外で何の宗教?って言われて入ってないって言うとWHYってなるらしいよ

680 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 15:35:31 ID:+LHsggtG
>677
ほとんど無くなってる風習ばっかじゃんw

681 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 16:51:57 ID:rSOnPxYr
宗教もなくなるよ。近い未来に。

682 :名無しさん@3周年:2006/01/20(金) 17:52:05 ID:3+oVvixT
>>679
海外の方に疑問を持つ、ということをしないのか?

外人「何か信仰持ってるの?」
私「いや別に。」
外人「なぜ何の信仰もないの?」
私「じゃあ聞くけど、なぜ特定の信仰を持たなくてはいけないの?」
外人「・・・・それは・・・」
俺「答えられないの?」
外人「・・・・」
以前海外の人間とやったやり取りより。

683 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 12:04:56 ID:0lYw8EzB
信仰をもたないひとは、大抵の外国では非にんげん扱いである。

中東では、そもそも生きていけない。





684 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 12:15:55 ID:tS+Cc3E8
>>683
生きていけるだろ。


685 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 18:28:09 ID:LeXmZTwZ
宗教馬鹿は日本から出ていけ!

686 :名無しさん@3周年:2006/01/21(土) 18:29:34 ID:Xbj54pE7
TAJI:2006/01/21(土) 17:38:03 ID:uRM11yYy
私の思考の中には常に神がいる。
神と出会い、存在を体験し、神とともに生きる道を選んだ。
世間的な価値観などどうでもよい。ひたすら求め、歩み続ける。それが私が選んだ道だからだ。
いずれ、わかる。神は常にともにいる。

TAJI:2006/01/17(火) 08:24:16 ID:P2gTZCWK
誰が何といおうが、神は存在します。
なぜなら、私が体験しているからです。
馬鹿呼ばわりされようが、変人扱いされようが、神は常に私とともにあります。
私の指導者であり、創造者であり、協力者であり、理解者であります。


687 : ◆6chHDqC6e6 :2006/01/21(土) 19:25:27 ID:itl8JgnM
>>684
村八分状態になる、ということでは。例えば
信用してもらえない、極悪人扱いされる、
というふうに。

688 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 14:39:34 ID:xzbG0ysr
日本に宗教は不必要。

689 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 18:11:48 ID:9b6zpU7w
>>683
それは宗教色の強い外国の話ですよね。
日本は無宗教でも十分生きていけるし健全な精神をもてる。

690 :名無しさん@3周年:2006/01/22(日) 18:17:57 ID:kFmJWBvF
憎しみは空に向けよ
優しさは人に向けよ
悲しみは時に向けよ

って何でしたっけ?

691 :名無しさん@3周年:2006/01/23(月) 21:28:40 ID:rRPndmof
689へ。

ほりえもんが健全ですか。

彼のような金の亡霊は日本には大勢いる。

彼らは健全ですか。



692 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 10:03:14 ID:NcaRrqrU
宗教は必要。
もしそれがなくなったら、この板もなくなるし、この板で日々
ギャアギャア吠えてる奴らの生き甲斐もなくなる。
この世に現に存在するものに不必要なものなど一切ない。
汝ら、天地一切の万物に感謝せよ。

693 :名無しさん@3周年:2006/01/24(火) 11:11:07 ID:6MfZCZ23
宗教は必要
2chは不要

694 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 12:32:46 ID:iTWoGqsw
日本に宗教詐欺、勧誘商法は不要!

695 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 12:42:46 ID:zL+3afTQ
日本は宗教があっても信仰心の無い国になってしまった

696 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 13:15:54 ID:iTWoGqsw
いいことだ。

697 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 21:15:27 ID:gxyTPCMy
ほりえもん教の蔓延が、日本人から神を遠ざけた。

だが、これからは少し変わるかもしれない。

第二のほりえもんが現われなければ。

698 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 21:20:57 ID:NBOkITTu
>>694
日本にそんなもんを蔓延させているのは
実は「信教の自由」という概念の暴走。
フリーな立場の人間が多すぎるから餌食にされる。
祖先からの信仰を引き継いでさえいれば無問題なのに。
似非日本人をあぶり出すのも容易になるし。


699 :名無しさん@3周年:2006/01/25(水) 23:52:14 ID:fTsgP3/T
>>683
ここは日本です。
宗教に束縛されることもなくおおらかな生き方が出来るとはなんとすばらしいことか。
日本人に生まれてよかったと感謝するべきです。
宗教はいらない。

700 :名無しさん@3周年:2006/01/26(木) 00:03:22 ID:rlYQPyFx
そのとおり!

701 :名無しさん@3周年:2006/01/26(木) 01:43:25 ID:Sf1Zenxl
>>699
まあ大概の日本人は
束縛されてもなければ拒絶もしてないけどね。


702 :名無しさん@3周年:2006/01/26(木) 21:26:28 ID:t9Rl06Se
日本では宗教の力や救いが弱いから、金の亡霊が増える。

ほりえもん教がさかんになる。

若い者をみてごらん。

汗水流して働くのをいやがるじゃないか。ネットで金儲けの方がいいと思っているじゃないか。


703 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 04:49:32 ID:FwoZHpqi
質問なんですけどいいですか?日本人はほとんど宗教信仰してないと思いますが例えば日本人がほとんど宗教信仰して、それがそれぞれいろんな宗教を日本人がやってるってどう思います?宗教信仰してる人に質問です

704 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 05:13:26 ID:odEj0KWS
>>702
海外のクソ宗教野郎どもが、そういう仕組みを作って
善良な人々から金を巻き上げている。
その海外の騙し合いを模倣して急成長。しかし巧妙さでは
かなわなかった。だからやられてしまった。海外のクソ宗教野郎どもの
金の亡者ぶりを見習ってもらいたいものです。

705 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 09:02:55 ID:3cnQ02z4
>>703
各人がいろんな宗教やると必ず宗教対立が起きる
ましてや狂信的な宗教があれば殺人事件も多くなる
国教があってみんなが同じ教えを信じたほうが良い
それも戦争ばかりしてるキリスト教やイスラム教ではなく仏教がベスト

706 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 11:20:32 ID:ckQuAUCO
>>703
まずあなたの言ってる宗教の定義を明確にしてください。
レスの内容からすると信者による布教勧誘が伴う新興宗教しかイメージできません。
伝統や慣習に近い形態で存在する宗教も含まれるのですか?
それならばほとんどの日本人は宗教を「やってる」と思いますが。

707 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 16:14:21 ID:8DPPCpUH
宗教とは、神や奇跡を信じ込み女にもてるようになる呪文を唱える事だよ。

708 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 18:27:37 ID:ckQuAUCO
>>707
じゃ、その認識は誤ってるということで。

709 :名無しさん@3周年:2006/01/27(金) 21:45:38 ID:FVoqc00V
日本人で、特定の宗教を信仰している人は3割未満。

その中でも、仏教と神道が多い。数パーセントがキリスト教。

先進国ではこの3割という数字はかなり低いが、欧米でも信仰をもっている人は非常に多いわけではない。

ただし欧米の場合、信仰者の圧倒的多数がキリスト教徒。

なお、宗教とは707ということとはまったく異なる。

魂の救いの道を言う。


 

710 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 10:17:09 ID:lgxU7Ety
三割もいるのか、基地外が・・

711 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 10:37:31 ID:pj5gD4B4
基地外はぉまぃだ

712 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 10:52:51 ID:lgxU7Ety
おー、まい、ごっ

713 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 12:53:10 ID:tEZORS1s
おま○ご!

714 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 17:52:58 ID:lgxU7Ety
欧米でも宗教熱心な人は馬鹿にされている。

715 :名無しさん@3周年:2006/01/28(土) 19:00:45 ID:1kK08Bns
>>703
私は盲信さえしなければ別にいいと思いますよ。
宗教信じるのも信じないのも自由ですし、宗教選ぶのも自由ですから。
宗教は個人の問題で、必要であればすがる程度のものだと思ってます。
宗教にすがる必要の無いほど豊かになった(貧困などの問題がほとんど無くなった)
と考えれば、これから忘れられていっても構わないと思っています。
しかし、豊かになって精神的に弱くなってしまったという面から宗教に
すがる人も出てくると思いますから、今のところ宗教が無くなることには反対です。

716 :名無しさん@3周年:2006/01/30(月) 18:54:19 ID:ys09lN5Z
科学立国日本に宗教は不要である。

717 :名無しさん@3周年:2006/01/31(火) 21:57:20 ID:wKzxMhUW
宗教という名の集金システム。

718 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 01:47:15 ID:KODdeGsZ
書籍:『日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ』を無料で差上げます。読むだけで確実に運勢は変わります。宗教の勧誘ではありません。ご希望の方はメール下さい。

719 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 03:04:45 ID:OjaKkjoP
ピンサロ行ってる教祖の本なんていらん。

720 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 20:29:20 ID:CM18eq3I
いらね

721 :名無しさん@3周年:2006/02/01(水) 21:29:30 ID:VKQsUj2d
必要な人には必要、それが宗教。

722 :へめめくん:2006/02/01(水) 21:32:50 ID:ap0QvIbO
宗教がいらないなら、猫を抱けばいいよ

723 :名無しさん@3周年:2006/02/02(木) 20:16:20 ID:tafz6xAT
宗教は争いの元。

724 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 13:55:12 ID:JHLTcvMe
平和国家日本には、いらない。

725 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 14:29:45 ID:MkcYXRSl
>>724
戦争はおきていないが人間の心は病んでいる
変な宗教がつけこむ土壌もそこにある

726 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 22:26:39 ID:nG071F4N
日本の宗教は自然発生したもの
教祖とか教義はないんだ
神ながら 言挙げせず
だから平和なんだよ

727 :名無しさん@3周年:2006/02/03(金) 23:06:11 ID:QqZ1gkG/
人に良く思われようとしすぎて自分を不幸/病気にしている
日本人が多い。

そのようなとわれからイッキに解放してくれる
ニューエイジのようなものならいいかもね。

728 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 06:27:30 ID:/a16NVRQ
よく言われることだけど、科学も宗教みてーなもんだしなぁ。
電卓がどういう仕組みで動いてるかも知らない無知のくせに
科学万能とか言っちゃうとこなんか特に。
教科書に載ってるから、誰それって科学者が証明したからって理由で信じちゃうなら
教祖が正しいと言うから信じちゃう宗教信者と何が違うのかと。

729 :名無しさん@3周年:2006/02/04(土) 18:13:44 ID:p48flvRz
頭悪すぎ

730 :名無しさん@3周年:2006/02/06(月) 13:46:52 ID:E3KxRwwS
文学は客観を超えたところにある
音は数学的で音楽は原始的なものだが
音楽は数式では創れないのだ
たいていの人間は哲学の敗北を恐れている
批判に走るものは自分のことは述べたがらない
自分には何もないからだ

731 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 10:57:02 ID:kujvw5Pa
>>728
日本人の特徴の一つに、"宗教と科学を完全分離した"というものがある。

諸外国では、宗教と科学は完全な別物ではない。
だから、今なおダーウィンの進化論で揉め、地動説を提唱する人間を異端視扱いした。

それは、あらゆるものは神が創造されたという考えに基づいている。
すなわち、海外(キリスト教圏は特に)において、科学とはその神が創造されたものの探求であるといえる。
だから、科学と宗教に矛盾が生じれば、大騒ぎになる。

日本ではダーウィンの進化論を宗教的な問題により認めないなんて事にはならない。
"ふーん、そうかもしれんな"としか思わない。
当然、ダーウィンの進化論自体が間違いだという主張はあるが、
それは科学的な見地からの否定であり、宗教的な見地からの否定ではない。

それは、日本は(いつからかは知らぬが)科学と宗教を完全に別な物として定義しているからである。
これは、日本人が意識しない日本人の特徴の一つである。

732 :真の宗教とは…:2006/02/07(火) 12:10:30 ID:ZiDXyErG
この宇宙の事を完全無欠に説き切って真に幸せになれる力を持っているのは唯一日蓮大聖人の正しい仏法しかありませんよ。その根拠と詳細は→http://k.excite.co.jp/hp/u/marutomo-2006/?subpid=00&yid=marutomo-2006&SSL=4HBQEG75B8HGV1W45G2P#TOP

733 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 16:22:30 ID:QfOp2y4/
科学立国日本に宗教なんかいらない。

734 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:04:47 ID:5dbOx2K1
日本人はいつのまにか存在しているというのが好きなんだよ
わかりもしないことを幻想ででっちあげる必要はなかったんだ
古来のおおらかな日本人にとって

735 :日本が科学立国?:2006/02/07(火) 21:08:12 ID:Y+RBvppj
どこが科学立国だ?

何人科学者がいる?

ノーベル賞などを取った者は何人だ?

欧米にはごろごろいる。でもちゃんと神を信じている。

科学と宗教はちゃんと両立するものだ。

736 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:18:39 ID:5dbOx2K1
欧米ってひとくくりにしたら、日本よりすごい広いじゃん

737 :名無しさん@3周年:2006/02/07(火) 21:21:13 ID:5dbOx2K1
でも科学と宗教は両立するね
やたらと矛盾を私の著作権ですみたいに指摘しなければ
人間は時間性によってそのなんだ、ハイデッガーのあれだ、被投性なんだよね知らんけど

738 :( ´,_ゝ`):2006/02/07(火) 21:23:59 ID:wd8K/gGd
>>737
おっ、そうそう。
わからんけど。

739 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 02:17:04 ID:Vfuv2sMd
>>731
>今なおダーウィンの進化論で揉め、地動説を提唱する人間を異端視扱いした。
現在なのか過去なのかさっぱりわからないのですが、「今なお」現在なのか「した」
過去なのかおしえてください。
それと、>>731さんが何を言いたいのかよく理解できません。
>>728さんに対して何を訴えたいのですか?

740 :名無しさん@3周年:2006/02/08(水) 13:00:57 ID:4dvh77Gk
>>739
"今なおダーウィンの進化論で揉めており、また過去において地動説を提唱する人間を異端視扱いした。 "
って意味だろ。


741 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 02:26:32 ID:P5mhg9bj
でもさぁ発明・発見とそれを証明するためのテクノロジーの発達は
既存の定説の力が強固じゃなきゃ為し得ない訳で。
神がいるとかいないとかとは別次元で進歩進化に貢献してんじゃん、宗教。

742 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 02:50:55 ID:P5mhg9bj
よく考えてみると進化論だの地動説だのってスレ違いじゃね?

743 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:16:23 ID:GMZqNG22
日本に宗教団体は必要か?

744 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:40:05 ID:8pYYUVwP
葬式と初詣の為に少し残しといて

745 :名無しさん@3周年:2006/02/10(金) 17:48:26 ID:loygvSDz
テレビで悪事を働いていたホリエモンの事をあなたは「成功する」と占っていた細木などが
未だにテレビに出てくるこの国は何でも有りって感じがするけど。

746 :日本の現状:2006/02/10(金) 22:01:46 ID:8jfMzvyV
神道信者約1000万人
仏教信者約500万人
キリスト教信者約120万人
新興宗教信者約1000万人
計2620万人、ほぼ5人に1人の割合で宗教をもつ。

なお、公式発表はこの5倍以上。

747 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 02:55:36 ID:1V1V4/R4
宗教団体の発表する信者数を合計すると軽く日本人の総数をこえる。そんな数字を鵜呑みにするやつはアホだ。

748 :名無しさん@3周年:2006/02/11(土) 10:51:59 ID:ryp6ziv6
>>747
旧約聖書を聖典としている宗教ならまだしも日本の場合は
神道と仏教の多重信仰がデフォなんだから当たり前じゃん。
それよか>>746のおソースが知りたい。

749 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 13:26:27 ID:VUDSuuhl
各宗教団体の発表では、ずべての国民が最低1つの宗教をもっています。
でも、実際に宗教をもつのは20%程度でしょう。
一番多いのは神道・仏教で1000万人程度います。そのうち信者としての意識があるのは2,3割でしょうか。
キリスト教は信者が計約120万人ととても少ないですが、そのうち8割以上の人が信仰生活を送り、日曜日にそれぞれ教会に集っています。





750 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 15:32:00 ID:bVNLfSW+
日本にキリスト狂徒やイスラム狂徒が少ないのは幸いである。

751 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 15:40:19 ID:FHTUXldQ
いずれ日本はキリスト教
になる。
そうしないと軍事的に
孤立してしまう時代が
いずれ来る。
わかるかなー?

752 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:18:07 ID:dVId8NDS
>>749
だからその数値はどこの調査結果だっての。
お前の脳内か?

>>751
わかんない。
もうちょっと詳しく。

753 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 16:19:08 ID:QvMMTWnd
>でも、実際に宗教をもつのは20%程度でしょう。

これソースは何?

754 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 18:02:14 ID:pPXiHAiH
日本がキリスト教化した時、本場欧州でイエスの神殿が倒壊します。
【耐真偽装問題】
欧州の人達が悪魔からの開放を謳歌してる時、逆に日本人は「主はおとめマリアから生まれ、三日後に生き返り」と言って、G8で再び浮いた存在になります。

755 :名無しさん@3周年:2006/02/12(日) 23:56:20 ID:o8N5vRrG
>>752
知能が低いですね

756 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 00:00:06 ID:o8N5vRrG
神道と新興宗教の人数が同じか
ということは新興宗教のほうが熱心なのでやばいね
伝統を解せない者は精神がまだそこまで届いていないということ。
次第に人々が新興宗教の浅はかさ加減に気づけばいいのだけどな

757 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 11:15:07 ID:SrYHPIIu
貿易大国日本に宗教などいらない。

758 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 11:24:11 ID:ExdgRF1x
カトリックは糞

759 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 15:17:32 ID:zRrJIY/Z
752→751
まぁいいや

760 :名無しさん@3周年:2006/02/13(月) 17:50:33 ID:oaZZa0Fp
まあ結局のところ日本人である限り神道・仏教は始めから信仰しているという「前提」だから、
幾ら無神論を展開しても無意味なんだけどな。無神論者になりたければ日本人をやめるしかない。

761 :( ´,_ゝ`):2006/02/14(火) 18:05:41 ID:7el/AkO2
無いと否定することは、神を認めてる。
そもそも、はなっから無関係が無神論者。
だから、宗教信者でも、立派な無神論者がいるんだよ、日本には。
おっそろしい話だけど。ほんと。

762 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 18:25:43 ID:sEcfBRuU
言葉遊びが多すぎ

763 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 18:59:23 ID:J/S/aT+R
仏教はともかく、穢れ思想にとりつかれた
神道なんて日本の恥。

764 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 19:04:08 ID:sEcfBRuU
やれやれ

765 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 21:15:46 ID:1BvsnUpz
>>763が日本の恥。神道がどれだけ国風文化を生み出したか。知らないとは言わせない

766 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 22:14:01 ID:c7/Ut/RO
日本はどんどん世界から孤立している。

金があるから、一部の人が興味をもっているだけ。

こんなに世界から孤立している国も珍しい。

宗教の点でもまったく孤立しているし。外国人などまず増えない。

767 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 22:54:41 ID:MP3lSLyQ
穢れははらえばいい
魂まで穢れてるなんて異常なことは言わない分まとも

768 :( ´,_ゝ`):2006/02/15(水) 00:27:51 ID:YSw1t1z/
>>762
まず、宗教患者が神を信仰してるのか自省すべき。
金を信じてたり、自分のエゴだったり、単なるナルシズムだったりというのが結論。

それがないのなら、他人を巻き込んでもいいだろうけど、
そんなやつは存在しない。
言葉遊びというお気楽はバカ。
現実知らな過ぎ。

769 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 00:39:59 ID:p9cdJNnB
なんで常に患者扱いなの?

770 :( ´,_ゝ`):2006/02/15(水) 00:54:47 ID:YSw1t1z/
>>769
信者と患者は個人的にでたらめに使い分けてます。
いつも、患者ではないです。ハイ。

771 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 01:01:24 ID:ZOprQC2r
>>766
カビの生えたレトリックです。
今時そんな事言うのは特亜方面の方々くらい。
ttp://www.sankei.co.jp/news/060204/kok036.htm

>>768
とりあえず「宗教患者」という非常にキャッチーなタームを
一行レス厨に提供してしまった責任取ってくんない?
あちこちで多用されててうざい。

772 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 01:07:43 ID:p9cdJNnB
>770
761は宗教信者じゃなくて宗教関係者なら意味が通じたよ
僕は勘でしか書いてないから3秒ぐらいでああ結論を出しただけ
気にしないでね

773 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 01:36:26 ID:p9cdJNnB
http://butuzou.net/02info-b/kouzannze.html

774 :( ´,_ゝ`):2006/02/15(水) 02:27:06 ID:YSw1t1z/
>>772
ノシ

775 :( ´,_ゝ`):2006/02/15(水) 03:09:08 ID:YSw1t1z/
あっ、でも、宗教関係者じゃないや。
訂正。

776 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 10:44:30 ID:xZJkQdxn
宗教は病気

777 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 12:09:43 ID:WRsf4lrB
現代の日本人は「宗教」は求めてないけれど
「宗教的」なものには興味がある。


778 :( ´,_ゝ`):2006/02/15(水) 12:25:10 ID:YSw1t1z/
>>771
責任は取れないし、取る積もりも無いけど、
私の個人的な使い分けは、
宗教信者は、宗教を信じて努力している人。
宗教患者は、単に自分の信じるのを無闇矢鱈に広めようとばら撒いている人。
前者は、他人の人格も尊重できる大人。
後者は、他人の人格を認めない暴力的なガキんちょ。

779 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 18:25:27 ID:xZJkQdxn
日本に宗教病はいらない。

780 :名無しさん@3周年:2006/02/15(水) 20:34:40 ID:wvxkPang ?
無神論者乙

781 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 18:40:30 ID:Op5LcY9h
無宗教が世界を救う

782 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/02/16(木) 19:16:18 ID:llyeuuVE
>>781
というより、宗教が要らないような世界にしていかなければいけないんだよね?
たとえば科学のパラダイムシフトを行なって、「目に見えない領域」にもコミットできるようにしちゃうの。
超能力・宇宙法則・心霊・気学・風水・UFO問題・神の存在などなど、現在の科学において「タブー」とされていることにもコミットし、
臨床心理学などにおいても「神秘体験」の一語で終わらせることのなきように取り計らうようにしていく。
「奇跡」の領域だって、どんどん科学者がコミットしてゆけるようにする。
処女懐胎という現象ならば、今日においても希に起きていることだが、これを「奇跡」の一語で終わらせてお茶を濁してしまう宗教家を論理的に追い詰めてゆくようにする。
…これらをことごとく実行してこその、真の意味での「科学万能主義」だと言える。
単に唯物論を対置させただけでは、宗教が必要ないような社会にはならない。
また、道徳+唯物主義であっても役不足。 だからこそ科学のパラダイムシフトが必要。

こうやって、宗教家の独擅場になっているエリアを狭めていって、宗教が必要である領域を終いには根絶せしめてやればよい。
こうなれば、べつに憲法上「信教の自由」を保証したままで以って、宗教を根絶せしめることが可能だというもんだ。ww

783 :( ´,_ゝ`):2006/02/16(木) 19:54:59 ID:6KlIpIz3
>>782
たぶん、無理だと思うよ。
まあ、宗教の定義にもよるだろうけど、
人間の本能に物神性・象徴化作用があるから、宗教はなくならないと思う。
問題は、その神でお互いに排斥しあうこと。
バカほど喧嘩するという奴で、自己矛盾を避けられないのかということ。
でも、論理的な能力が薄いのは多い。

784 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 21:24:02 ID:n8O8XYoJ
下しか見てないのう

785 :( ´,_ゝ`):2006/02/16(木) 21:25:46 ID:6KlIpIz3
下も見えてない。

786 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 21:31:09 ID:sutJN020
宗教は、自分たちだけで信仰すればいい。決して布教するな。
その宗教に熱心になればなるほど、他の宗教と対立し、争う。


787 :名無しさん@3周年:2006/02/16(木) 22:00:24 ID:Op5LcY9h
宗教は暴動の元

788 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 12:00:14 ID:2m8BKJst
それじゃあ、サッカーのフーリガンが迷惑だからサッカー無くせと言ってるようなもん

789 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 12:48:57 ID:Sv1vbOxj
スポーツは暴動や戦争を抑止する為にある。

790 :名無しさん@3周年:2006/02/17(金) 13:14:29 ID:2m8BKJst
宗教も最初はそうだったのかもよ。
占いを番組でやったり、正月には大勢神社行って、受験前には絵馬書いて、
日本ですらそういうこと大々的にやってんだから。宗教無くすなんて無理無理。
無宗教とか自称してる人間ですら、イベントだからってそんなことしてんだから。

791 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 08:26:07 ID:cQEP27Ml
宗教は結婚と同じです。

同棲が結婚よりよければ、結婚は不要です。

宗教よりも自分の信ずる教え、死の恐怖を乗り越えられるものが他にあれば、宗教は不要です。

それが他にないと思う人が、宗教を信仰するのです。


792 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:27:52 ID:8KK62yII
ではグスタフ・マーラーとかショスタコを乗り越えた音楽がそう簡単にあるものかな?
精神の次元の問題。

793 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 17:36:58 ID:tzeyOlTq
宗教は心を満たすためにあるもの。
また、正しい道をいくため、または天国に行くためあるものです。
よって国としては必要ではありません。
ここには色々強がってる人がいますけど宗教じたいは必要です。
自分に信ずる教えがあれば不要、そんなことはありません。
それはなぜか、簡単なことです。だれだって満たされないから
金持ちになりたいのであり、誰だって満たされないから今あるので
満足しないのであり、まただれだって死はこわいものです。
ノンクリスチャンなら。
宗教に熱心になればなるほど争う、当たり前です。本当の真実は
一つしかないのでありまた、布教するのは(少なくともキリスト教は
救われる人を増やすためです。ようは愛です。

794 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:25:54 ID:qBe85Gpb
宗教はあっても良いと思いますが大抵の宗教団体は存在しないほうが
はるかにマシというものです。

795 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 18:34:03 ID:bQa1lZ+f
人間は死ぬ為に生きている。
悲しむ為に努力をしている。
この現実から逃れようとするから、共食いの社会になる。
早く踏み絵を踏もう。
自分勝手な真実を押しつけようとするから戦争が起こる。
現象の結果である真実以外は、真実は無限にあり、それだからこそ人が人として生きられるのだよ。

796 :名無しさん@3周年:2006/02/18(土) 20:44:42 ID:08MRE/7Q
宗教は悪習

797 :名無しさん@3周年:2006/02/19(日) 13:47:21 ID:tjv3jLTB
非科学的な迷信。無意味。

798 :名無しさん@3周年:2006/02/20(月) 17:12:39 ID:LqMrkis8
踏み絵を踏んでも、誰かが罰する訳がない。どんどん宗教や神を疑い、否定すればいい。
それでもなお、否定出来ない物を感じたら、それが・・・

799 :南無大師遍照金剛:2006/02/20(月) 17:14:39 ID:p7dV+H3f
(゜_゜)vー〜 宗教イラネ

800 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 06:59:32 ID:XNd9Tso0
『1889年頃、
ベルギーの法学者・ラヴレー氏の家で歓待を受けている時に
宗教の話題になった。

ラヴレー氏に
「あなたがたの学校には宗教教育というものがないのですか?」
と尋ねられ、

ないと答えると

「宗教なしで、いったいどのようにして
子孫に道徳教育を授けるのですか?」
と繰り返された。

私はその質問に愕然とし、即答できなかった。』

801 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 10:09:30 ID:c+lxE/0a
だから何?

802 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 12:43:39 ID:ZUArDT4u
>164
天皇制が亡くなるのも時間の問題

803 :( ´,_ゝ`):2006/02/21(火) 17:58:00 ID:wshSg6iO
天皇制廃止になったら、自殺する奴とかいるんだろうな、きっと。
国会議事堂や総理官邸に自爆テロとか。
おっかねぇー。

804 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 19:58:50 ID:F+xbpb9x
おっかないねぇ。
それを見て埋め合わせる人間も。
よほど現実が冴えないんだろうなぁ。

805 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 21:17:53 ID:TNI1Hwrg
死後も自分の存在を信じる、これだけで
立派な宗教人。だから日本人の多くは立派なのだ。

でも組織宗教で金むさぼられている人は
かしこくないのだ。

806 :名無しさん@3周年:2006/02/21(火) 21:23:58 ID:F+xbpb9x
ビジネスと化した宗教団体は神仏に対するカルマを同時に背負ってるね

807 :南無大師遍照金剛:2006/02/21(火) 21:26:57 ID:WOKKh0qw
(゜_゜)vー〜モーカリマッカ?

808 :名無しさん@3周年:2006/02/22(水) 06:33:40 ID:NtL8BgGe
死んだら終わり。死は消滅。霊も霊界も神も悪魔も存在しません。宗教の違いなんかで争い殺しあうなんて愚かすぎる。

809 :マッスル君:2006/02/22(水) 13:13:30 ID:NtL8BgGe
はぁーい。日本に宗教なんていりませ〜ん。スポーツがありまぁす。宗教施設は全部壊して、公園や競技場やプールに変えましょう\(^O^)/ さぁ、皆さん、ご一緒に!ハイッ、ワン、ツー、ワン、ツー、ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

810 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 08:04:07 ID:Tpu3yAPI
はい、はい、はい、

811 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 16:52:13 ID:I7l59auj
スポーツはよくて何で宗教だとあかんの?

812 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 20:53:43 ID:Tpu3yAPI
暴力団事務所や宗教施設なんかより、スポーツ施設のほうがいいだろー

813 :名無しさん@3周年:2006/02/24(金) 22:07:54 ID:uPh9b/Cf
死んだら終わりと思っている人にとって、命とは何か?

何十年のがすべてか?

あなたはいずれ死んで、無になるのか?

信仰のある人に死はない。洗礼によってキリストに結ばれた者は永遠に生きる。
これがキリストの言葉であり、キリスト者にとっての真理である。
この真理が否定されたことは歴史上一度もない。




814 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 01:56:20 ID:q3wOm1Mp
スポーツ嫌い…
宗教のがマシかな…

815 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 03:49:25 ID:aa3HDiYx
欧米うんぬんとか言って日本は宗教的に無関心だから駄目だとか言う知識人の言葉を信じるな。
層化や統一、或いは白人社会の工作員か反日のシンパだ。

816 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/02/25(土) 04:17:47 ID:IW+SHqbp
資本主義だって共産主義同様に、本来は唯物論なんだもんね。
貨幣経済そのものが、所詮は人間が作り出したシステム。
神様が、そんな制度をいつまでも温存しているはずはないと思うぞ。
それに気付いている宗教家って、どれぐらいいるんだろう?
いくら「アカ」が嫌いったって、資本主義を礼賛するような宗教家であっては、宗教家として半人前。
>>813
その程度の見解しか示せないようでは、キリスト教も半人前。

817 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 05:02:23 ID:mZKK4P3Z
>資本主義だって共産主義同様に、本来は唯物論なんだもんね。
>貨幣経済そのものが、所詮は人間が作り出したシステム。

別に資本主義は唯物論じゃないよ。
唯物論って言うのは「必ず割り切れる」って思想の事だもの。

818 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 05:03:56 ID:mZKK4P3Z
別の言い方をすると、細切れになるほど良いものだ。って考え方ね。

819 :( ´,_ゝ`) ◆kome/...zM :2006/02/25(土) 05:06:08 ID:hcWJxAPB
意味不明。
というか、たぶん、逆なんじゃない?

820 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 05:45:06 ID:dO6Gb7kx
次スレ・タイトル
『宗教に日本は必要か?』

821 :名無しさん@3周年:2006/02/25(土) 07:53:12 ID:mdRi6PXP
http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/

822 :名無しさん@3周年:2006/02/26(日) 17:59:17 ID:/Z3SbNYU
宗教なくして明るい未来

823 :名無しさん@3周年:2006/02/27(月) 18:48:38 ID:dYHIT0b1
原始的な妄想をなくそう!

824 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 14:19:15 ID:yzJchfin
あなた宗教やめますか?
それとも人間やめますか?

825 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 15:52:00 ID:eLSzLG87
宗教擁護する政治家を撲滅しよう。
宗教に課税しよう。
明るい日本はそこから始まる。

826 :中観派:2006/03/03(金) 16:08:15 ID:zlANoJeG
宗教っていうのは人の生き方であり、他の宗教を批判して他の宗教をなくそうとする人たちは
他の宗教を批判して他の宗教をなくそうとする宗教団体に所属している。

827 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 16:42:43 ID:yzJchfin
宗教は争いの元。

828 :中観派:2006/03/03(金) 17:00:16 ID:zlANoJeG
>>827
じゃー他の宗教の人が勝手に争ってるのを尻目に自分たちが幸せにくらしているのを
見せつければいい。そうすれば、争ってるやつらもうらやましがって争いをやめるだろう。
君は人を助けたいという正義感の強い人だ。

829 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 19:46:25 ID:yzJchfin
イスラム教徒が先進国を羨ましがって自爆テロをやめる?むしろ逆では?

830 :中観派:2006/03/03(金) 20:02:02 ID:zlANoJeG
>>829
自爆テロっていうのは自分たちを苦しめているのにあいつら楽しやがってと
思ってやることだろ。
別に他の国を苦しめないで幸せに暮らしていればいいじゃん。


831 :名無しさん@3周年:2006/03/03(金) 23:00:53 ID:WJKT91RU
早くも次スレが立ちました。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1141392140/l50

832 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 22:02:01 ID:o93muvQ7
宗教不要

833 :中観派:2006/03/04(土) 22:38:34 ID:10/IjQJp
>>826

834 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 23:34:19 ID:a1ca3bdh
>>828 単純に事が進むといいね。
救いの宗教は必要だとしても、個人でひっそりと活動してればいいのに…
やたらお金かかるのとか、勧誘にノルマがあるような宗教は『宗教』とは認めないけど。
日本に限らず、法律やら審査厳しくなればいいのに。

835 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 23:42:49 ID:JdO5wfAc
>>825
 そのためには少なくとも社共連立政権樹立が要るな(もう四半世紀
前は結構、現実に語られていたが)

836 :名無しさん@3周年:2006/03/04(土) 23:59:03 ID:NWCML3wE
 米ギャラップ社の世論調査によると、日本は世界で二番目に非宗教者の多い国であることがわかった。 1位は香港だった。

 日本では同社が日本リサーチセンター(東京・中央区)と共同で調査を実施した。調査は今秋に個別インタビューで世界65か国の成人5万人から回答を得たもの。

 日本は被験者の17%が自らを「宗教心がある」に区分した。香港では14%だった。

 日本では、自分を「非宗教者」とする割合が59%で、タイ(65%)に次いで世界最高だった。

 非宗教者の多い国で香港が一位となったのは、自身を「無神論者」とする割合が54%となり、単独で半数を超えるなどしたため。

 一方、世界平均でみると、全体の3分の2(66%)が「宗教心がある」と答え、反対に無神論者は6%だった。宗教の影響力を改めて裏付ける形となった。自称「非宗教者」は25%だった。

 大陸別にみると、「宗教心がある」と答えた人の割合が最高だったのはアフリカ(91%)で、次いで南米(82%)、中東(79%)、北米(71%)、東・中欧(65%)、西欧(60%)の順だった。アジア太平洋は50%で大陸としては最低だった。

 アジアで宗教心がある人の割合が最高だった国はフィリピン(90%)で、このうち91%がカトリック教徒だった。第二位はインド(87%)。




837 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 00:33:23 ID:qiPpzrUL
層化や統一のような似非宗教が日本の回りで産まれたのが日本の不幸の始まり。

838 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 10:50:14 ID:tsr6wuFQ
自分が死んでもお葬式で念仏とか要らない。
戒名も要らない。今まで呼ばれてた名前、親しみあるし。
不明なお金かかる時点で信じられない。
宗教は要らない。お墓と、悲しんでくれる人だけで充分。
お葬式以外で宗教と係わりのない私の、一意見だけど。

839 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 10:54:37 ID:3+9VEdMk
お葬式は生きてる人のためにやるんだよ。

840 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/05(日) 11:06:15 ID:4mhaTzD7
どんな宗教も結局生きてる人のため。
アハ体験しない限り、発想は変わらない。

841 :838:2006/03/05(日) 12:40:03 ID:tsr6wuFQ
生きてる人の為…そうなんだよね。
うちのお墓があるお寺で、代々お世話になってるからずっとこの先もお願いするんだろう。
うちの親(年齢:50代)も宗教離れしてるけど、先祖代々やってきた行事をしてるだけ。
私も同じ様に、念仏とかよく解らないけど続けていくんだろうな…
気休めというか、悲しむのとは別のもので。

842 :中観派:2006/03/05(日) 13:40:05 ID:vgWS+QiW
>>841
俺は墓など要らないね。俺は散骨派。墓なんかに金をかけ、土地を使うなんて
おおばか。だって、地球は何億年後かに太陽に飲み込まれるから。しかも、
俺は宇宙だから初めから生きも死にもしないしね。

843 :中観派:2006/03/05(日) 14:03:53 ID:vgWS+QiW
>>840
そのアハ体験こそ無我中道という仏教の考え方なんだよ。

844 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/05(日) 15:32:49 ID:Uv5LGSU6
>>843
ニーチェの神は死んだもアハ体験。
アハ体験の解脱からもアハ体験。
うーん、なかなか宗教も無宗教も深いですなぁ〜

845 :中観派:2006/03/05(日) 15:39:42 ID:vgWS+QiW
>>844
ニーチェはきっと祈って楽を与えてくれる神は死んだといっただけじゃないかな。
しかし世界を形づくる神は存在すると考えていたんじゃないの?

846 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/05(日) 15:46:45 ID:Uv5LGSU6
>>845
思考停止の価値観を否定したんだよ。
だから、永劫回帰の徹底的ニヒリズムを提示した。
だから、神は死んだって、日曜日に教会行かずにゆっくりテレビみるのも、
まあ、似たようなものかもね。
そして、ニーチェは世界宗教は明らかに否定しているよ。
だから、超人思想を提示したから。
それも、まぬけなナチズムが利用してるけどね。

847 :中観派:2006/03/05(日) 16:15:43 ID:vgWS+QiW
>>846
日曜日に教会行かずにゆっくりテレビみるの最高だよ。ニーチェ万歳!
きっと日曜日に教会行くやつらは行かないやつらに対して今に不幸になって
しまうぞとかほざいてんだろーな。

848 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/05(日) 16:38:56 ID:Uv5LGSU6
>>847
>今に不幸になってしまうぞとかほざいてんだろーな。
確かに、そんな二項対立の自己肯定は思考停止してるね。

849 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/03/05(日) 16:57:12 ID:TEYI5Vj7
>>825
それも「公称信者数」に比例して、各宗教団体から課税しちゃうの。

850 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/05(日) 17:43:36 ID:Uv5LGSU6
すると公称信者数が著しく減少して、
ますます、日本は無宗教の数が増えるね。
99%ぐらいまでいくんじゃない?
無宗教キリスト教信者とか、無宗教創価学会員とか。

851 :名無しさん@3周年:2006/03/05(日) 22:53:41 ID:tsr6wuFQ
単純に…貧乏人がますます貧乏になって、日本が荒れていくだけかと。
勧誘ノルマがキツくなっていくとか… 嫌だ。

852 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 06:24:29 ID:BvAxQmOz
税収が増えるのは、いいことだよ。

853 :南無大師遍照金剛:2006/03/06(月) 08:07:19 ID:mycvdMWC
税収増えても公共事業に使われちゃ…(>_<)

854 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 10:27:57 ID:BvAxQmOz
教祖の風俗代になるよりまし

855 :南無大師遍照金剛:2006/03/06(月) 10:41:04 ID:mycvdMWC
宗教課税したっけ結局形変えるか、さらに酷くなるって。

856 :( ‘,_ゝ‘) ◆konbu//XQ6 :2006/03/06(月) 12:29:49 ID:b3u7SNFq
マジレスしちゃうと、宗教法人は公益法人としての税体系。
宗教法人だけが、特別ではありません。
脱税行為を見逃してるのが、甘いってことぐらいかな。
でも、それは、一部の団体じゃないかな・・・。

それと、使う分には問題ないよね。
溜め込むからね、彼等。お水でもいいから、使えばいいよ。
とにかく、資産なんて買わないで、パッと使ってほしいね。
そうすれば、少しは世の中のためになる。
あるいは、低利のサラ金をやってもいいかもね。
かなり、怖いけど・・・・・

857 : ◆8L/TiXLiPM :2006/03/06(月) 12:53:03 ID:wYD9qTNr
チェク

858 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 13:08:27 ID:jevuBQ46
一定以上のお金は没収すればいいと思う。

859 :名無しさん@3周年:2006/03/06(月) 23:00:25 ID:/DqYcfZ+
まぁ、宗教なんて物が生まれなければよかったのにね。

860 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 21:50:11 ID:JMTlRMut
人間が、狩り、採取から農業、牧畜に生活を変え、集団生活をするようになり、大きな集団をまとめるには、宗教が必要だった。今だに信じ込む人は、そのころの名残。つるまないといられない悲しい性。

861 :名無しさん@3周年:2006/03/10(金) 23:13:55 ID:Qnw8EI5P
>>860
お前だってどっかの組織に所属して生きてるくせによく言うw

862 :名無しさん@3周年:2006/03/11(土) 05:53:55 ID:2A295cq5
日本に所属していれば、宗教などいらない。

863 :名無しさん@3周年:2006/03/12(日) 19:53:03 ID:7VBSj/ik
日本に宗教いらないとしたら、中国様の言うとおり靖国神社なんて壊してしまえばいいのさ。
ついでに伊勢神宮もぶっ壊しちゃえばいいよね。元旦に初詣なんかいかずに、
アメリカみたいに盛り場で場か騒ぎすればいいのにね。
あとクリスマスイブに男と女がハメハメハーするのをなくしてしまえばいいのにね。





864 :名無しさん@3周年:2006/03/12(日) 19:57:31 ID:UJ5X6pyL
>>853
大丈夫。公務員様がちゃんと無駄遣いしてあげるから。私ポリシーないから
みなさんからいわれるとおりにお金使うだけ。最近みなさんの要望が多すぎて
お金足りないからみなさんからもっとおかね取り上げなきゃ



865 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 10:34:10 ID:i8YI0ulS
寺、神社、教会、創価会館などは全部なくそう!

866 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 10:36:47 ID:jQuYg36J
寺は残せ

867 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 11:43:19 ID:Z7x/L7kc
>>863
初詣もクリスマスも、知人同士の交友を深めるためのただの『行事』に成り下がってる
クリスマスにはエッチして、大晦日には年越し蕎麦食って、正月には初詣、天皇誕生日は国民の休日だ
やばくなったら適当に「かみさまー」とか言うけど、その『神様』がどういう物かなんて考えてない、ただのお助けマンとしか考えてない

それでいいじゃない
現代の日本じゃ、宗教やってる人の方が問題多い気がするし

868 :中観派:2006/03/13(月) 12:10:19 ID:YBTMNn2o
>>865
そんなことをしていたら生きる意味を誰も知らなくなってしまう。
つまり、ニヒリズムになって、混乱するだろう。
あんたは今はそれでいいかもしれない。しかし、死の断絶の恐怖を知ったときにはそんな気楽なことをいうこと
はできない。
寺は天国や霊以外で死の断絶の恐怖をなくしてくれる大切なところなんだ。



869 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 12:21:39 ID:H+XgQfos
>現代の日本じゃ、宗教やってる人の方が問題多い気がするし

何かソースか根拠でもあって言ってるの?

870 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 12:22:19 ID:i8YI0ulS
なんの混乱も起きないよ。

871 :中観派:2006/03/13(月) 12:57:55 ID:YBTMNn2o
>>870
それは死をあまり知らないからだね。それか、死にたいやつかだね。
死にたいやつが一番たちが悪い。

872 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 17:39:38 ID:jNk2NnRD
創価学会さえあれば十分です。

873 :名無しさん@3周年:2006/03/13(月) 19:58:27 ID:i8YI0ulS
イラネ

874 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 09:06:11 ID:wcQtC17T
住職専用お見合いサイトもある今、世の中変わったから「御法度」とか緩くなってるんじゃない?
法律と道徳があれば、宗教は必要ないのになぁ…
宗教否定はしないけど、お金絡むからアレだわ。

875 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 13:15:47 ID:UV8O25Ew
時代遅れ

876 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 22:40:00 ID:PwAAkUfK
法律も悪い心を持って作ると人権擁護法案みたいに悪法ができる。
この人間の心を動かすには道徳ではレベルが低すぎる。
第一、差別をしてはいけませんというのは道徳のレベルだが、
これに悪い心が重なると被差別団体に対し、何も手出しが
できなくなり、悪法が無条件で成立してしまうようになるのである。

人の心を正していくには残念ながら哲学、思想、宗教と
いったものが必要です。


877 :名無しさん@3周年:2006/03/15(水) 22:55:16 ID:OqLH/OSH
>>872
いやーみんな洗脳されるって。宗教幹部の指令に従う人生って嫌だなあ。

>>874
法律はみんなが決めたものに一番近いから、いいと思う。
宗教という特定の意向(思想)を持った人々に左右されて、国が動くのは嫌だなあ。

最低でも他人に迷惑かけるな、人を苦しめるな、人助けをすることは善いことだと学校で徹底して教育
すればいいと思うよ。そんな道徳を徹底すれば、自由でいい世の中になると思うよ。



878 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 00:42:42 ID:A9M2WntE
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

879 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 00:49:03 ID:t/4+rZjS
宗教は人を奴隷にする

880 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 00:59:22 ID:rTso1VDX
それがどうした。

881 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 00:59:25 ID:Mpb7EwQk
政党本部支部と弁護士会館ってあるじゃない。
それ以外の場所はみんな悪魔に洗脳されてる現場なんだよ。
空気に向かって怒っているようなもんだね。

882 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 21:03:11 ID:5UvI+2q1
>>876
人の心を正しくしていくには、「自分だけ大切にせず他の人も大切にすること」
そういうありふれた道徳だけでいい。簡単に言えば、人間を大切にするというこ
とだな。人間があっての仕事、人間があっての文化、人間があっての科学。明確
な理由が示せる道徳教育だけでいい。

哲学、思想、宗教は誰かの考えから、統一でない不明朗なものが多い。
誰かの考えに支配されるということは、既に誰かの奴隷になるということ。
独裁者に支配されるのと同じ。

人間を大切にするという目的で社会があるから、人間を大切にすることを教える。
後は自分の自由意志で生きる。

自分の自由意志で仕事に就いて自分の意思のまま生きることができない時間もあ
るかもしれないが、仕事自体が最終的には人間のためになんらか役立つことだし、
給料を稼ぐという自分の意思も達成できる。



883 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 21:08:37 ID:5UvI+2q1
特に宗教は不明朗なものが多い。その理由と根拠を示せと言っても、明確な
回答を得ることができず、信じた(洗脳された)だけで、誰かの言うままに
される。

これは社会にとっては害悪だよな。

明快な回答がなしに、ずるずると誰かの言いなりになる。恐ろしいことだよ。

884 :中観派:2006/03/16(木) 21:43:03 ID:IAi8bZO2
>>884
明確に理由が示せる道徳教育がイスラム教、仏教、キリスト教などのものなんだよ。
なぜ人を殺したら幸せにならないかの理由などはどの宗教もすべて中道または中庸の考え方から来ているんだ。
どうしても戦争になってしまったときに人を殺してもいい理由が中道から来ているんだ。
中道を考えない人は戦争になったときなぜ俺は人を殺さなければならないんだと悩む人が多い。
そもそも人を殺すことが最高に求めるべきところに行くとは断定できないし、人を殺さないことが最高に求める
べきところに行くとは断定できない。なぜなら、宇宙の最高に求めるべきものが分からないからです。
だから、人は正当防衛のときは徹底的に殺さなければならないのです。
正当防衛のとき「僕は人を殺したくない!」とか言っているやつらはこの宇宙の真理を
知らないだけなんです。

885 :中観派:2006/03/16(木) 21:57:57 ID:IAi8bZO2
>>883
明確な理由は仏教聖典に書いてあります。納得ができない宗教はやめるべき
です。

886 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 23:04:50 ID:nuo5IKZ+
今は現状を把握できる能力が人にはあるんじゃないのかな。戦争の理由より、それに対する損失のほ
うが大きいという損得勘定と、何より人命を失わないことを優先するような道徳教育していけばいいと
思うよ。
平和と幸せを喜んでいる人々は、自然と戦争を回避しようとするだろうけど。

昔は分別が利かなかった、そのため宗教の拡大を求めた。今は、宗教は個人の趣向みたいなもんだっ
たら許せる。
変に現実離れしたことからの知識は、何を言い出すかわからない。そういう人々が世の中の主となる
と変なことをやりだす。そもそも宗教は対立が多いし、自分の宗教が正しいといって宗教をするけど、
そういう人はエゴが強い。そういう気質の人のほうが平和より戦争を選びやすいような気がする。

戦争もしてないのに、人殺しがいいとか悪いとか、いざ戦争になったら無宗教の人は別に戦争は戦争
ととらえ自然のままとなると思うよ。

まあ、戦争抑止の宗教だったら人々の心のブレーキともなるだろうから、そっちのほうが少し平和の
役に立ちそうな気がするけどね。それも、人間の幸せを失うようなことは止めましょうぐらいの宗教
で、特に変な理屈ばかりを並べない宗教で、社会を変革しようとしない宗教。



887 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 23:49:30 ID:PCOKIEEZ
>>882
ただ、その人間を大切にするというのも方向性を一つ間違えると
逆差別という事態を招くことになります。鳥取県の人権条例の
趣旨は人間を大切にして、権利を守るということでしょう?
でも、それが何らかの悪い働きによって、変な方向に走ったりするわけです
それゆえに道徳ではレベルが低すぎて人の心を動かすまでには
ならないのです。確かにまちがった宗教も多いから、むやみに
手をつけるのはまずいことだと思います。したがって、哲学、思想
宗教については、客観的な科学的根拠があり、根拠が明確に
示されているか、その文書が科学的歴史的理屈に通っているか、
その宗教により幸福が実際にもたらされているかを厳しく検証
していく必要があるわけです。

そもそも人を大事にするというだけでは十人十色ではないが、
人によって、考え方が異なってくるでしょう。人によっては
大事にしていると思っていることでも違う人にとっては
正反対になるかもしれない。非常にあいまいで、具体的事例が
起こった場合に耐え切れるかはなはだ疑わしいわけです。
もう少し、深く考える必要があると思いますよ。


888 :名無しさん@3周年:2006/03/16(木) 23:53:06 ID:PCOKIEEZ
>>882続き
仕事自体が最終的には人間のためになんらか役立つことだし、
給料を稼ぐという自分の意思も達成できる。

ヒューザーやライブドアの事例を見てください。
一生懸命悪いことをして、仕事をした結果があれですよ。
仕事だけを語れば言い訳ではないのです。仕事云々では
レベルが低いのです。人の心を動かす何かが大切なわけです。
人の気持ちを善の方向にもっていくのはなんなんでしょうか?
道徳では語りつくせないことばかりですよ。


889 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 10:14:31 ID:ii+GmMpr
中観派氏は仏教聖典を読破し十分理解して
宇宙の真理を知ってしまった人なんですね。

890 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 22:02:44 ID:x+k7xO9a
885
仏典にあるというならどの経典のどこの段落に書かれているか
実例を挙げて示すべきですね。
よく、自分の説を仏典に書いてありますなどとほざく輩がいるが
アレフの上祐もそんなことをいっていたが・・・
どの経典かも示せずにそんなことを言うのはおろかなことだと思う

891 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 22:22:43 ID:AESPYsVf
>>887
あなたの言う、よい宗教とは現時点で何だと思うの。はっきり宗教名を答えて。

宗教はそれぞれ自分たちの宗教はよい宗教だとして信じている。誰かが厳しく
検証して、間違った宗教と判断しても統一されることはなく、あれは間違って
いるからと争いをもたらすだけではないのか。

あなたが現時点でよい宗教は何だと思うか、宗教名さえ言えない限り、宗教は
自分の抱いた理想の中で夢を抱いて一生を終えるだけのものだと思ってしまう。

ヒューザーなどの一部の人の事例を持ち出して、誰かが厳しく検証した正しい
宗教に従えさせることが可能だと思うより、十人十色でも、それぞれの人がそ
れぞれの思いでいいから人を大切にすることを心得させる道徳教育のほうが現
実的だと思う。つまり大多数の人が、人を無碍に扱わないから、今現在の日本
はいいと思う。

苦しみに遭い、頼りにしたい人の心の拠りどころとしての宗教はあっていい。
しかし、宗教が社会を変えようとか、宗教が主となる社会は一部の人の妄想や理想
が主体となるだけで、大多数の普通に暮らしている人間の意識を変にするだけだよ。






892 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 23:56:43 ID:x+k7xO9a
世界三大宗教のなかの一つ仏教がやはりよろしいかと思われ。
仏教とは端的に言うと因果則と慈悲の心だと思う。
慈悲の心で相手を救う気持ちが湧現し、因果により物事の
本質をあらわす。へりくだり、謙譲等の精神はみなここから生ま
れたものだと思う。現在はそういうものが破壊されつつ
あり、その結果
自分さえよければいいという空気が充満している。
ヒューザーなど極一部などというが、自分さえよければ仕事をして
他人に迷惑をかけても・・なんて事例は世のなかの流れを見れば
他にもたくさんある。
今は残念ながらそのような空気が蔓延しているのです。


893 :名無しさん@3周年:2006/03/17(金) 23:58:57 ID:x+k7xO9a
あと貴方は道徳教育というが具体的に何をもって道徳とするかも
答えられないわけで、人を大切にするといいつつも
抽象的な概念ばかりでは残念ながら具現化できないので実際には
なにも役に立たないのですよ。もしそういうのであれば
私も人を大切にしていきたいと思っていますので、大切な貴方を
私はみっちり教育して、今の貴方の間違った考え方を正しい方向に持
っていこうと思う。人のことを大切にするという抽象論だけで
あとは十人十色だから云々と貴方はいうわけですから
これも一つの人間を大切にしていくという考え方に合致するという
ことになるでしょ?後段の部分で私が言っていることについて
何か論理的に間違っていますか?偏った考え方には閉口するという
回答はなしですよ。
私が言いたいのは
人間という普遍の存在で物事を語らなくてはならないのだから
十人十色なんて弁解をした時点でだめですよ。十人十色という
ことは全ての人に当てはまらない考えになってしまうわけですから
全ての人を救っていくことができないわけで、そんなものは
ありがたいとは思いませんよ。全ての人を普遍的に捕らえることの
できる考え方を示して欲しいですね。


>>891



894 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 00:10:43 ID:XBQAqbFK
宗教の話ばかりでなく、哲学、思想の方も見て欲しいのだが
これらは人生の土台となるものであって、いわば縁の下の力持ち
な存在であり、これが表面に出てくることは少ないのではないかと思う
ただ、思想、哲学などはその人の人生の土台であるので、主たる
位置を占めることはあるかもしれません。それに思想哲学といっても
何を選択するか、生み出すかは最終的には本人が選択するものなんです。
よく、私のポリシーはなどと言う言葉を使いますが、このポリシーは
誰かから強制された”もの”なんですか?私はそうは思いませんよ。


苦しみに遭い、頼りにしたい人の心の拠りどころとしての宗教はあっていい。
しかし、宗教が社会を変えようとか、宗教が主となる社会は一部の人の妄想や理想
が主体となるだけで、大多数の普通に暮らしている人間の意識を変にするだけだよ。
>>それはあなたの思い込みです。どうしてそういう考えしかできないのか
 そういうところも白紙にして、物事を一から考え直す必要があります。
 思うに貴方は道徳という宗教や思想にとらわれすぎているのです。私は、人の心を
 動かすにはそれなりに大きな力を持ったものでないとだめですよ。
 といっているだけで、特定の宗教の是非を論じているわけではないのです。
 個人的には仏教がいいと思いますがね。それを押し付けているわけではない。
 どちらが、スタンスを広く取っているかわかるかと思います。


895 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 07:59:42 ID:5trpo8bj
日本に仏教は無い
無を教えるのが仏教だ


896 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 10:37:58 ID:kgDO8SGc
日本くらい新興宗教をはじめ有象無象宗教の種類が多い国はない
こんな狭い国土に少ない人口で。
そんだけ必要ってこと?


897 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 11:35:54 ID:mMuq8CNY
日本の人口は世界的にみて、少ない方ではない。宗教の種類が多い事と、宗教熱心な事は無関係。

898 :中観派:2006/03/18(土) 11:43:34 ID:ljkDbXpq
欧州で哲学や科学が進歩したのはキリスト教ではどうしても納得できる生きる理由やら、
幸福になるための手段が見出せなかったらしい。
しかし、仏教国ではそういう哲学みたいなものは発展しなかった。
私はブッダが無我中道などの考えを2500年前に唱えたから仏教国では宗教とは
異なった哲学みたいなのが発展する必要がなかったと思っている。
だから、仏教は科学や哲学と同じようなものであると感じている。


899 :中観派:2006/03/18(土) 11:54:31 ID:ljkDbXpq
>>895
>無を教えるのが仏教だ
仏教徒から見たら、正しい情報が伝わらず、かってに妄想をしているように
見えるでしょうね。
ブッダは正しい情報というのは伝わりにくいと言ったらしい。
誰かが先入観念に執着しているからじゃないですかね。



900 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 16:58:49 ID:G4AKxuuf
もう、らしいとかようだとかいらんから、
仏教が云々言うなら出典を示して欲しいな。
出典も知らないのに、誰かから聞いた話を鵜呑みにして語ってるわけじゃないんでしょ?

901 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 17:52:31 ID:eEXLI269
>>893
宗教基地外が、宗教に囚われると違う意見を尊重しないな。
人には様々な意見があり、それぞれの良心に従っているならば、
反対意見にはおおよそ賛同しない。それで対立が起こる。

宗教はもともと対立という原因をつくり、人の意思を制圧する
まで納得しない人間を作り出す。

宗教人が増えれば、とんでもない日本になるという証拠が明らか
となった。

この証拠をみても、日本人は宗教人を避けよ、日本人のまともな
人間には宗教はいらないと言える。

まあ、がんばれよ。俺は君の愚かさを認めるよ。





902 :中観派:2006/03/18(土) 18:30:45 ID:ljkDbXpq
>>900
確かめたかったら、自分で調べるんだね。
あくまで掲示板に書かれているものは参考までにしたほうがいいんじゃないかな。


903 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 20:56:20 ID:mMuq8CNY
宗教は争いの元。馬鹿の元。

904 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 21:19:58 ID:Fx1ygBDo
>>901
その言葉そのまま返すよ。私と貴方とでは貴方のほうが
妥協の余地が明らかに少ないですね。決め付けが多すぎます。
もういちど無地にかえってやり直されることをお勧めします。

905 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 21:27:04 ID:Fx1ygBDo
>>901
私は、強い力によって心が動かされる。
道徳では残念ながらその役割を果たせないだろう
この2点を述べてるだけです。
貴方は、道徳一本槍、道徳至上主義ですよね。
どちらが、他人の意見を尊重しているのでしょうか?


906 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 22:56:11 ID:By7/z4av
私は、強い力によって心が動かされ、多くの人々の意思を制覇する。
それはダメ。それは君だけのことならいい。
だから、俺は個人的な宗教は否定しないと言ってるだろ。

宗教が社会を変えようとする行為を否定し、宗教者が社会の主となる
ことは絶対反対!

他人の意見って、多くの人々の意見は人間を大切にすること、自分も他人
に無碍に扱われたくない思いは多くの人々にあると思う。
誰かの思想や哲学に左右されず、自分の意思で自分の人生を歩むこと、そ
れが自分の人生を生きたという実感になる。だから他人の人生も大切にし、
簡単に言えば、人間を大切にすること。
人間を大切にするということは、人間を支配することとは別。その人の意思
まで大切にしなくてはいけない。
「自分を大切にするように、自分が接する人を大切にすること」を思えばい
いだろう。
それが十人十色でも、誰かの押し付けで「これが絶対」と決められたものよ
りよほどいい。



907 :名無しさん@3周年:2006/03/18(土) 23:02:42 ID:By7/z4av
哲学や思想、宗教に支配された生き方で、幸せを感じることは否定しない。
それで自分の生き方を参考にしたりすることは、別に問題ない。

問題なのは、宗教が社会を変えようとすること、宗教が主となり人々の自由
な意思を奪うこと。

宗教者は布教などするな。宗教に求める人だけを受け入れるのは否定しない。


908 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 01:07:23 ID:Bw65smJY
日本全国大仏一覧・巨像一覧
http://www1.seaple.ne.jp/ookita/240.htm

909 :武庫川女子大学総長 ◆myPniVOfR6 :2006/03/19(日) 05:07:26 ID:tq9qFshe
>>901
それも「宗教の阿片性」の表われのひとつなのさ。
とどのつまり、宗教をして「人間性の限界」が反映された賜物なんだね。
だって、宗教は人間が作ったものである以上、人間性に相応した存在以上にはなれないということなのさね。

神から見ても、人間の「罪深さ」を象徴しているものこそが宗教というものかも知れないね。

910 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 06:36:23 ID:3ToCGkMN
流れも読まずスレ闖入すまそ。

存在してるだけで何らかの(宗教的?)物語が必要になっちゃう。
だって自分の存在ばかりは、お馬鹿でも意味づけしたいよね。

それが宗教に行くのかは人それぞれかと思うけど、
存在自体の意味がわからんので仕方がない。人によっては虚無でもいいと思う。

"人間性に相応した存在以上にはなれない"というのは正解だけど
さて、そこらも射程距離内に想定する宗教性は設定できるのかなあ。
"人間性に相応"とは言っても限界ははっきりしないですよね。
そのサンプルって誰やがなー、って感じになっちゃう。
これ人間性の限界ってどうよ、という話ですね。

もちろん一般の日本人のようにボケて知らない振りするのも一番無難かと思いますが・・


911 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 10:30:00 ID:NgYQzNKb
創価学会はやっぱり素晴らしい!
迷ったけど入会してよかった。

912 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 12:49:20 ID:Qq+BuuCN
法華経重視の日蓮の発言でも問題な発言

不殺生戒と申すは、是の如き重戒なれども、「法華経の敵になれば、
此れを害するは第一の功徳と説き給う」也。(秋元御書)

訳)
「法華経の敵(仇成す者)ならば殺せばむしろ第一の功徳となる」と(法華経に)説かれている

実行したか、しなかったかの問題では無く、教祖が「何を言ったか」の問題ですよ。
法華経の敵は殺せと。オウムの麻原のような教祖の思想を正しいと信じている人々が日本に増え
ると、殺人をダメだとするより宗教が正しいとする輩が多くなっても仕方が無い。

教祖が言うのだから、宗教のほうが大事で、人を殺さないことは二の次だ。

無宗教の人々が、がんばって殺人はダメだとしているから、日蓮系の人々の思想を抑えている。

日蓮系の宗教が大きくなると、宗教のことが大事で、それに反発する人を闇で殺す人々が増す。
それは、教祖がそう教えているから。



913 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 18:33:20 ID:4fzRBtJG
やはり宗教は恐ろしい。何か迷って何かにすがろうとした。
それで教祖の思想拡大のために、人殺しが第一の得のようなものになると!
簡単に言えば、その「宗教思想の敵となる人々は、殺せ!君たちの得になる
のだよ。」と教え人の意思を変えていく。

そういう奴らに惑わされないためにも、道徳教育が重要になっていく。
 1.宗教より自分を大切にしなさい。
 2.人間である自分が何よりも大切ではないか。哲学や思想、宗教よりも。
 3.そのように人間である自分が大切だとわかったら、次に他の人間も大切
   にしなさい。
というような手順で、宗教キチガイ、宗教ボケ、殺人思想から人々を守らない
といけないと思う。まあ、普通の多くの人々は自然に人を無碍に扱わないと思
うが。

たとえ「自分を大切にするように、自分が接した人を大切にすること」が十人十色
で、最低限「人を傷つけ苦しめ悩ますことをしないように気をつけて生きる」こと
が守られればいいわけで、宗教思想に洗脳された者が、狂った思いで人々に刃を向
けるのと対照的であれば、人々は自由な意思で自分の人生を生きることができるだ
ろう。




914 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 19:02:54 ID:T7xjkXiO
熱心な信者が人を殺すこともあれば
神も仏も信じない無神論者が人を殺すこともある

>913
あなたの考えってものすごく宗教的ですね
>人間である自分が何よりも大切ではないか
これなんか教義そのものですね

なぜ宗教的なのかが分からなければ
あなたは既に
自分教?に洗脳されていますね。
怖い怖い



915 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 21:12:31 ID:5Uk2snqV
>>913
やっぱり貴方は心が狭いわ。凝り固まっているよね。

貴方も宗教により心が動かされてしまうということがわかっているのでは
ないかと思う。宗教が人の心を動かすのは宗教の持っている力というものが
いい意味でも、悪い意味でもバカにできないからだ。悪い方向に
働くと戦争や殺人などにつながりかねないし、いい方向に働けば
人々の救済や平和、人類の幸福につながっていくわけです。
宗教でなくても道徳よりも強い力を持っているものはたくさんある。
たとえば友人関係だ。道徳があっても、付き合う友人によりその影響を
大きく受けてしまう可能性はあるわけで。それがいい意味でも
悪い意味でもですわ。よい友人を持てばお互い切磋琢磨して、いい方向に
進むし、悪い友人を持てば、いつしか自分も悪事に身を染めることに
なる。たとえ道徳があっても友人関係で悪事を働いてしまう事実を
あなたはどう説明されるのですか?こういう例は上司の命令に
逆らえず、つい悪事をしでかしてしまった等特殊なケースでなく、
ごく一般に起こっている事実ですわ。この事実をどう説明するのか?
人間関係を大事にしていくがゆえに悪い方向に向かっていって
しまったわけです。
(私は教育に携わっていて実感としてこれだというものを貴方の
嫌いな宗教を抜きにして語ることができますがそれがなにか
答えは教えません。)
私が言っているのは力の強いものを操って、善なる方向に持っていくには
どうしたらいいかといっているわけで、
貴方流の言い方でいうと道徳+αが必要なわけです。貴方には
そのαが残念ながら足りません。


916 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 21:23:58 ID:Z/TL1cPU
日本には真理を説く宗教が少ないからなぁ

917 :名無しさん@3周年:2006/03/19(日) 21:47:46 ID:S1X2DM52
日蓮のように、人を殺せばいいってか?
しかし、殺された人間は真理になるかもしれんな。迷いも苦しみもなくなるし。
でも、それが許されるのか?殺された人の家族はどうなるんだ?

日蓮より、>>913のほうが正しい。


918 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 01:54:47 ID:PPoq40L1
君たちには恐怖が多すぎるんですよ
日蓮宗のお寺に行ってみればいい

919 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 01:55:23 ID:PPoq40L1
無駄な恐怖が多い

920 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 01:58:17 ID:PPoq40L1
障りとか

921 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 12:03:11 ID:J14ksOjX
恐怖を植え付け、脅し、搾取するのが宗教です。

922 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 13:02:26 ID:653YMdDU
多数を救済するためには多数の障害を排除する必要がありますからね


923 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 19:55:55 ID:pnQi3lUq
>>914
宗教より自分が大切だよ。他の人も自分のことを大切だと思ってる。
だから、他の人も大切にすることを教育していけばいいだけ。それは、どんな理由からか。
他人を無碍に扱い、自分の得ばかり追い求める人々が多いと、結果として、自分も他人に無碍
にされることがあるだろうから。

宗教的なことじゃなく、これは一般的なことだと思うよ。
いくら宗教の開祖が、自分の得のために反対者を殺せと言ったとしても、それに賛同する
人は普通ならいないだろう。それは宗教より自分が大切だから。自分が宗教の教えに従って
人を殺せば、自分が逮捕され大変な目に遭うから。

人を自分の目的などで、殺したり、傷つけたり、故意に損害を与えたりすれば、法律や社会
が許さないだろう。自分が大切なら他人を大切にしなさいという現われじゃないか。これは
宗教的な考えじゃなくて、世間一般に考えられていること。

>>915
宗教が社会を支配することは絶対反対で、宗教の教えを人々に知らせようと勧めなくていい。
個人的に信じるならかまわないよ。




924 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:03:06 ID:pnQi3lUq
>>917
宗教の教祖の言うことは無視して、自分で人のことを考えられる人のほうが、
まともなことを行うと思う。

自分が大切で、その自分が家族を大切にする。その考えで他の人のことを考えて
あげるような人は、おおよそ悪いことをしないと思う。

925 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:06:21 ID:1fjhe47h
ここで教祖っていうと麻原になってるんですけど。
ピアノの先生も宗教で言えば教祖のはずなんだけどなぁ。

926 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:07:46 ID:3EI05eIe
>>923
ぜんぜん回答になっていないので、ちゃんと答えてください。

927 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:08:05 ID:1fjhe47h
そのピアノの先生にも次元の違いがあるんだけどね

928 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:08:56 ID:3EI05eIe
>>923追加
反対するのはかまわないよ。でもそうなってしまっている事実を
どうあなたなりに説明するのか答えていただきたい。
今のままでは事実に目をつぶっているに過ぎないのです。

929 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:11:30 ID:3EI05eIe
>>924
ライブドアの堀江はなにか宗教を信じていたのかね。
そこらじゅうにいる殺人や凶悪犯罪犯はなにか宗教を
しんじでいたのでしょうか?

ちょっと事実と違うことを言っているかな。


930 :え?服はもう脱ぐの?:2006/03/20(月) 20:12:19 ID:cF0Ov0DF
必要だと思います。

931 :え?服はもう脱ぐの?:2006/03/20(月) 20:19:46 ID:cF0Ov0DF
無かったら無くていいけどあるんだからあっていいと思います。

932 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 20:19:55 ID:J14ksOjX
不要。

933 :名無しさん@3周年:2006/03/20(月) 23:59:40 ID:/+F4d7mO
まあ、ここで話し合っても現実は変わらないわけだし。

宗教は必要というわめきと、宗教はいらないというわめきと、・・・・・・・

あるものは認め、いらなければいらないという判断をする人がまとも。

934 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 00:07:00 ID:aDIjGCGV
そもそもなぜここにいる?

935 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 11:45:09 ID:8eilT9S+
次スレタイは、
【宗教=規範イラネ】日本に宗教は必要か?【日本人は日本教徒】
でお願いします。
山本七平、小室直樹読んでる人って少ないのかな、やっぱ。

936 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 15:21:14 ID:eAtW12eq
つーか。次スレいらね。ばかばかしい

937 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 17:01:39 ID:39lpSozt
>923
>他人を無碍に扱い、自分の得ばかり追い求める人々が多いと、
>結果として、自分も他人に無碍
>にされることがあるだろうから

たしかにこれって一般的な道徳だね
しかし一般的道徳だけじゃ殺人も犯罪もなくならないね
まあ宗教は難しかろうから
まずは孟子とか韓非子、荀子を読んでみな

938 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 17:48:16 ID:M8AcDko4
そもそもお釈迦様の教えは慈悲で、お釈迦様を信じた不良信者日蓮が
人殺しを認めるような発言をしたから仏教はダメだとか、宗教はダメだ
と決め付けるなら間違いです。

たとえば先生が人殺しはダメだと教えて、その生徒が受験のために、他の
受験者を殺せば受験に合格すると思ってしまった。

その時、先生を悪い先生だと言っているのと同じです。



939 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 20:21:33 ID:aDIjGCGV
日蓮も創価のせいで落ちたもんだな

940 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 22:42:13 ID:dni+BbYa
>>915
悪い友人に近づかないように教えることも道徳として重要だと思う。悪い友
人って、人々に害悪をもたらしたり、法律に反するような人たち。

個人で宗教をするぶんにはいいと思う。しかし、宗教が社会の主体となること
が問題。一部の人たちの悪を滅ぼすために、宗教という特異なものに社会全体
を従わせること、これは独裁者に支配されるのと同じになるから。

社会悪がなくなる期待と宗教団体。理想社会を抱いた宗教団体が、その団体に
従わない人々を制圧しようとする。宗教の力は恐ろしいだろうし、その頂点で
ある先生といわれる人の思想や哲学をも盲目的に従うことが正しいと思わされ
るようになると思う。こうなったら、一部の人の考えの奴隷と同じだよ。

まあ、仏教でお墓参りや先祖の供養などを大切にして、悪いことをするなと寺
などで説教される。そんな個人的な宗教なら別に問題ないと思うけど。


941 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 23:23:14 ID:K1lLjv7/
>>935
山本七平、小室直樹は読んだ
でも日本教徒なんてひとつの見方とも言うべきだしな
むしろ「日本人にとって宗教心とは何か?」あたりのほうがいいいような希ガス
でもどうでもいい気もするが・・・・・面白いスレなので興味深く見てるよ

942 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 23:25:16 ID:eAtW12eq
>>940
そんなことは当然教えてるよ。でも道徳の力なんか無視して、
悪いもの同士でつるむわけ。
引き離そうとすると、やれ教師が人を悪く言っていいのか、
それは差別だ。人を大切にしていないとか言うことになり、
正しいことをしたはずの人間が悪い人間、悪い立場になるわけだ

友人関係というのはそれだけ強いものなんですよ。
結局貴方の言うことは理想論だけで、実際には何も役に立たない
ことがよくわかりました。

943 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 23:27:12 ID:eAtW12eq
悪い人に付き合うなと発言すること。それは他人に対する
おせっかいということで、人の自主性を重んじていない。
大切にしていないと言うことになる。
結構矛盾していますよね。

944 :名無しさん@3周年:2006/03/21(火) 23:36:03 ID:aDIjGCGV
悪い人なら付き合うなというべきかなぁ。
あいつは悪い人だから付き合うなとは言わないべきかなぁ。
審美眼 テオリア プラクシスの問題なんだなぁ。

945 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 05:47:03 ID:LHFqIuCO
>>940

個人で宗教なんてそもそも不可能。
日本ではないがヨーロッパなんて、それこそチャーチとセクトの
概念で考えると、チャーチは社会全体を覆っている。
それはつまり、国家の歴史と密接につなっがていることでもあるわけ。
日本では、明治のころに国家神道は発明され、宗教という用語自体も西洋
諸国のとの対話の中で作られた。そもそも、宗教なんて用語自体が、昔
には存在しなかったが、私たちは、それこそ明治のころの教育制度、
知識人などの影響で、ある主の宗教観をまさに養わされてきた。
まさに、メディアがいってたマインドコントロールってわけね。
まぁ、そもそもマインドコントロールなんて存在しないんだがな。

個人的な宗教というのは、基本的にはスピリチュアリズムに陥るんだが、
しかしながら、何も無いところから宗教を生み出すのは無理で、個人的な
宗教、信仰であっても、仏教や神道、民族宗教、などの昔からあったものを
出発点にしているんだよ。

別に宗教が社会の主体になってもかまなわいんだよ。
問題は、現代社会において、宗教の良い部分をいかに批判的に「生かし直す」かなんだ。

946 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 05:53:53 ID:LHFqIuCO
>>942

分かってないな。
友人関係がもしも、好みの問題だけによって形作られているからこそ
現代社会は問題ばかりなんだろうが。
道徳や倫理というものがそこに挿入されてこないから、ダメになる。
好みの問題を乗り越えるようなものが必要なわけ。
それをできる可能性の一つは宗教だ。

日本の場合、宗教教育がカスみたいにダメだから、そういうのが実感できないだけで、
いまだに、ヨーロッパやアメリカなんて宗教言説で埋め尽くされているぜ。
ただ、アメリカなんかは、宗教に対する理解というところでまた問題が出てるんだが、そこ
は検討されるべきだろう。

お前は、知ってるか?
マーティールーサーキングの演説が、キリスト教的言説で埋め尽くされているのを、
旧約の一説が引用されていることを。
様はさ、教育の問題なんだよ。日本人はあまりにも宗教的な教養がカスなんだよ。
宗教をいかに理解するべきか、どう捉えるべきか、というところの教養がないんだよ。


947 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 06:49:36 ID:LHFqIuCO
>>946

誤字、脱字だらけだがいいたいことは分かると思うので、大目にみてくれ。

948 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 06:57:54 ID:3Vp4D0KQ
>>946
いや、わかっていて940の揚げ足を取るために書いたんだよ。
あと940が言う程度の道徳なんかは既に教えられていること
であって、その程度の道徳では通用しないということを言って
いるだけ。基本的にはあんたと同じ考えだ。



949 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 06:58:47 ID:mGsknPDd
小室直樹「日本人のための宗教原論」
これくらいは読んでみて欲しいよね


950 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 07:02:01 ID:LHFqIuCO
>>948

ところが、貴方が言うように、友人関係は強い、の問題に対して、
なぜ、倫理、道徳が必要で、そもそも、倫理、道徳はどこに設定されるべきか、
という問題が提示されないから、現代人の感覚だと、仲良くする、ことそのものが
ある種の道徳や倫理とされるわけね。

好みの問題で、何がいけない!または、それ以外の何があるかと、問われたときに
どう切り返すか、それが大事なんだけど。そこも書いてほしいな。

>>949

あの本は、悪くは無いが、初心者向けすぎてな。
入門としてはよいかもしれないが。

951 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 07:06:10 ID:LHFqIuCO
そもそもな、道徳や倫理は、私と他者、私と社会、というように、
私と何かの間に設定されてこそ意味があるんだよ。
自分のうちに善なるものがあるという考えは、近年はやっているが、
それの限界が今の時代だろう。

道徳や倫理は、人間の主観とは切り離されたものであることを理解していないやつが多すぎる。
倫理や道徳は、主観的なものではない。
道徳や倫理は、人間を束縛し、わずらわしいもにも見えるだろうが、それがあるからこそ、私たちは
統合され、バラバラにならず存在していられる。全体の統合性をもたらし、個人を教育する。
ラディカルな個人主義や自由主義なんて、結局、家庭崩壊や、孤独しか生まなかっただろう。

952 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 07:15:40 ID:LHFqIuCO
つーか、日本人はさ、まずはさ、日本宗教史を勉強すべきなんだよ。
いかに、自分たちの宗教観が、政府やら知識人の手によってある時代に創作され、
それが教育制度の中に持ち込まれ、今現在の私たちの宗教観を作り上げているか
ということについてもっと知るべきなんだよ。
まさに、宗教嫌いどもがいうマインドコントロールそのものだぜ。
受動的にマスメディアの情報を受け入れて、イメージだけで批判。
そういう奴等にはうんざりなんだよ。





953 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 07:40:11 ID:mGsknPDd
道徳更には法律の礎となるべきが宗教

イスラムはこの点において優れた宗教に思う


954 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 10:14:02 ID:LWc0yjFo

太った坊主を見て一言

『おまえもう少し修行しろよ!』



955 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 13:34:03 ID:UMhjkqbN
次スレにはこのスレを使いませんか?

宗教の目的と誤解と必要性
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1108353632/

956 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 14:56:09 ID:5nfpVNTT
アメリカはなぜ日本に政教分離を押し付けたのだろう。
野球の審判みたく、なんかずるくないか。

957 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 15:00:25 ID:mGsknPDd
>>956
それこそがキリスト教がイスラムを恐れる証

958 :中観派:2006/03/22(水) 16:20:57 ID:OTTQHAwb
>>956
天皇が唯一の神とする神道が嫌だったんだろ。
人々がいうように政教分離すると、みんな必然的に仏教徒になるんだよね。
あまりにも、仏教の考えが生活に溶けこんでるから分かりにくいんだろーね。
それにしても宗教を批判する人たちは極めて仏教的な考えだね。
仏教を勉強すればいいのに、たぶんそこに今求められているものがあるかもね。
スターウォーズも仏教です。

959 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 16:56:12 ID:6IoBO8M6
>スターウォーズも仏教です

くわしく

960 :中観派:2006/03/22(水) 17:02:57 ID:OTTQHAwb
>>959
ジュダイの騎士たちはみんな初期の仏教徒みたいだな。
ただし、フォースみたいなのは科学的に証明されていないから、仏教の
教えから離れているようだけどね。


961 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 17:38:41 ID:s8mrgUtL
伝統的な神社・お寺・教会は、癒し系として役立っています。
そもそもの間違いは、新興宗教を宗教法人として認めた事です。
非常識な献金や宣教活動で、本人・家族・社会が被害を受けています。
右翼・左翼・ヤマギシ・細木も、同類だと思います。

962 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 17:43:04 ID:bbTc8C3Y
VIPから来ました。普段皆皆様に御迷惑をおかけしています(==;
今日はお詫びも込めてhttp://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1142984135/
に御招待させて頂き、おもてなしをさせて頂きたいと思います。
よろしければ御足労お願いいたします

963 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 19:33:21 ID:MCEMNlKW
>>945
俺が個人的な宗教と言っているのは、自分が選んだお寺などに行けばいいってこと。
先祖の供養や、僧侶の説法を聞いたりして、自分が悪事を止めようとするのが一般的な仏教だろうよ。
悪業を積めば、それが返ってくると言ってた。後は、布施することが多いなあ(W でも、少額
なので別に気にならないし、先祖の供養は死んで終わりじゃないからな、という警告を受ける。そこ
らへんが一番肝心なことだろうよ。
キリスト教も別に個人で信仰するなら別に問題ないだろう。

>>956
政教分離が一番大切だ。日本にある、在る特定の宗教団体が社会を支配してしまうと、他の
宗教はどうなる?たとえば、草加の教えが教育現場にも生かされるようになりました、とし
たら、キリスト教徒は不快感を感じると思う。逆にキリスト教が日本社会に影響を及ぼすよ
うになりました、教育現場で聖書を学ぶようになりました、としたら仏教徒は快く思わない。

つまり、ひとりひとりが宗教をしたいなら、それぞれに選んだ宗教で自分自身を磨き上げる
ことしか道はない。それが個人的な宗教ならいいってこと。
>>961まあ、今まで社会問題とならなかった昔からある宗教が一番いいと思う。だいたい、道徳的
なこと以上必要ないと思うが、それを維持させるのに死後があるからというものを付け加えて、
悪をするななどと教える。

社会一般に共通する教えは、人に迷惑かけるななど道徳的な教えであり、特定の宗教団体の信仰対象が
社会を支配しようとすると、それとは違う信仰対象のある人々が反発するだけだ。特殊な教義は個人的
なものとして、それぞれの宗教が共通する教えを社会全体に教えようとするなら、それは間違いないも
のだと思う。







964 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 19:51:40 ID:mGsknPDd
宗教は絶対でなければならない
絶対宗教が統一することで世界は完結する

965 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 20:21:54 ID:d7LZzVYZ
ファッショいファッショい

966 :中観派:2006/03/22(水) 20:22:09 ID:OTTQHAwb
>>963
日本は仏教の教育をしていると思います。アメリカのように進化論を否定して天地創造を教育
に取り入れようとしていないじゃないですか。
あと、人を殺しちゃいけない理由を教えない教育はおかしいですね。
人を殺しちゃいけないとかいいながら殺人事件が絶えないじゃないですか。
そもそもそんなことは中庸とか中道の考え方を教えれば理由を知ってやらなく
なるんですよ。


967 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 20:49:17 ID:d7LZzVYZ
まごころに触れれば独善は消えうせますよ
愛語は権力者同士の論争すら抑えると修証義は教える
どんなに過激で俗悪な思想に魅入っていてもまごころに触れれば赤面しますよ
まぁヤク中の人はしらんけど

968 :中観派:2006/03/22(水) 20:53:26 ID:OTTQHAwb
>>967
まごころね。今の人は注意されたら、殺すじゃないですか。
まごころも危険をはらんでいるかもしれませんね。

969 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 20:55:04 ID:d7LZzVYZ
微妙

970 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 21:28:35 ID:+wOdUzYw
>>964
宗教が統一するどころか、宗教によって日本は分裂する。
>>966
進化論を否定するのはマズイ。マズスギル。という自分もそう考える。

絶対統一な宗教的見解は、死後ありという見解。死後は悪いことしない
という想定によって、悪いことするなぐらいじゃないのかい。

仏教はその仏様などのことを考えて、悪業をやめろ、悪は自分に帰って
くるぞみたいなものだから、自分は他人に迷惑をかけるようなことをな
るべくしない。
しかし、それも天地創造を教育するように、来世などを教育することは、
苦しんで生まれている人々にとってはつらいだろうな。証明されないも
のを統一見解とすることは、差別にもつながりかねないし、結局宗教も、
いろいろあって、自分の心に適ったものがいいかも。

宗教をしなくて大丈夫、自分は人に迷惑かけずに生きようとするから、と
いう人も宗教者は認めるべきだ。なぜなら、宗教は証明できず統一されな
いものだろうから。






971 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 21:50:29 ID:mYeyDQGE
まあ、宗教を信仰してないと思ってる人でも何らかの宗教
を信仰してるよね。資本主義や社会主義も宗教の代替になるし。
資本主義や社会主義も他の人に強制的に押しつけられるしね。
個人的には、資本主義なんかを信仰しちったら人格ぼろぼろになる
と思ってるけどね。

972 :中観派:2006/03/22(水) 22:11:06 ID:OTTQHAwb
>>970
仏教は人に迷惑をかけないという戒律のほかにも、国防は防衛に限るとか、
政治は民の議会で行うとかの戒律があるんだよ。
人に迷惑をかけないということだけでは幸せになれないかもしれないんだよ。
アメリカの仏教徒は社会で仏教の中道を実践しているらしいよ。
戦略や会社でも仏教の中道の考え方は実践できるんだよ。



973 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 23:09:00 ID:c+SC1FDy
>>971
唯物論的な考えだけだと、苦しい。金を得るために働く、その金で生き
楽しむ。それだけではねえ。宗教には奉仕する徳もあるから、損得は気にしない。
楽だよ。自分の欲得に生きて働いて死ぬだけでは絶望だな。その後にあるものを
信じて希望がある。

>>972
中道とは、欲望にも奉仕にも、自分たちの一方的なものではなく、相手だけのこ
とのみを考えることもなく、戦うことを好まず、戦わないことでもなく、死後は
どんな見解を持たないという中立のイメージだね。物凄く何も迷いがなかったら、
そうなるかもしれない。仏教は悟りだもんね。最良の生き方を悟るってそうなる
んだ、と君の言う中道を考えてみたよ。





974 :名無しさん@3周年:2006/03/22(水) 23:37:05 ID:O8YhkrWi
>>972 973特に中道、中道ってあっちこっちで云ってる972は、全く中道なんて
わかってない。ホドホドが中道なんて誤った仏教論を、語らないで欲しい。
その程度で中観派のコテハン。。。片腹痛いわ。

975 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 02:25:28 ID:fHRsK7Xf
>>971

資本主義や社会主義を宗教と見るのは間違いなんじゃないかな。
信仰とは、もっと厳しいものだよ。すべてをなげうって、最終的に
私的な利益や功利的なものを突破させる。
資本主義にしろ、社会主義にしろ、結局は、自分のために行う、と
いう文脈から逃れきれないだろう。
初期資本主義のプロテスタントの倫理観つまり、天職というあくまで
も宗教的なニュアンスがまた見直されれば、突破できるだろうが、や
はり、宗教と資本主義、社会主義は別のものとして考えられるべきだ
と思うな。

資本主義や社会主義は結局、人によって作られたという前提から出発
するだろう、ところが、あらゆる宗教は、人以前に存在する何か、それが
法則や原理、神などから出発するだろう。決定的な違いはここにあるし、
この違いがあるからこそ、宗教は資本主義が私たちにもたらした絶望や
孤独に対抗するだけの言説を持っているんだよ。
もちろん、資本主義を否定するわけじゃない。資本主義の中に、宗教的な
良いものが「生かし直し」てもっともちこまれていくべきなんだよ。

976 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 02:34:19 ID:fHRsK7Xf
>>970

統一どうとらえるなかなんだけど、あらゆる宗派、宗教があるとして
それらが超教的に繋がりあう宗教共同体の共同体という概念もある。
ある特定の宗教が絶対的な力を持つというのはもう日本では不可能
だから、宗教共同体の共同体というものが必要だと思う。
宗派、教派、宗派を超えて、あるひとつの目的のための繋がっていく
という共同体がね。そのためには、社会もそのような共同体が出来上
がるように支援しなかればいけない。

実際、アメリカではこのような動きがあるみたいね。
公民権運動の時などは、そのような一致団結の動きもあったようだし、
日本でも、そのような動きが良い意味で活性化すればいいと思うけどね。

977 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 03:32:44 ID:rkALY2F0
>>975
資本主義や社会主義を宗教と見るのは態度次第かもしれないね
実情はそれ以上の感覚でも得られれば宗教になっちゃう気もス
想定上の"神"が出発点とはいっても、それ以前に錯覚してしまうと手に負えないな



978 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 07:54:47 ID:4X7m/uXs
chaosに突入しつつある今
求められるのは絶対宗教

979 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 08:17:34 ID:7Qn7QoWP
仏教の優れているところは最後まで創生神話を説かないところかな。

980 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 11:53:46 ID:OcHIAdMt
宗教はお笑い

981 :中観派:2006/03/23(木) 12:01:16 ID:v/0WPoJ4
>>980
いつまで笑っていられるかな。家族がみんな死んだとき笑えるかな?
寝たきりになっても笑えるかな?リストラされても笑えるかな?
おっと、そうならないようにがんばるとか言うやつがいるが、本当に
がんばればそうならないという確証はないんだな。


982 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 12:11:44 ID:Kf8Iq06w
>>975
俺は宗教だと思うよ。
メカニズム的には宗教だよ、資本主義や社会主義、国家という形態そのものがね。

何を信じるか、という事だから。


983 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 12:51:57 ID:fHRsK7Xf
>>982

それってひどく安易な考えじゃないかな。
メカニズム的に同じではないと思うけど。
そもそも、経済と宗教は互いには干渉しあってきた過去があるけれども、
両者ともに切り離されて考えられてきたものであるし、信じること、という
のをどう捉えるかも大事であると思うし、また信じる、ということにもいくつ
ものベクトルが存在しているだろう。
日本人だけだと思うよ。資本主義や社会主義を宗教だとかいっているの
はね。

まぁ別の視点からいえば、戦略的に切り離すべき、と思うね。
少し考えれば、戦略的に切り離して考えるべきであるというところにたどり
つくと思うよ。

984 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 13:15:50 ID:If/jxCk4
>>983
たぶん資本主義や社会主義は社会的に考えれば宗教じゃないけど
個人の視点から見れば宗教と似てるというか、
宗教の代替として使えるって感じだと思う。
他に宗教を信仰してる人はそういう罠にはまらない
からある意味安心かも。

985 :中観派:2006/03/23(木) 13:19:51 ID:v/0WPoJ4
>>983
宗教っていうのは生きる意味とか楽になる方法を教えてくれるものだろ。
ということは、資本主義はお金のために生きるべきであると
いう教えを持った宗教ってことなんだよ。

986 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 13:31:18 ID:fHRsK7Xf
>>984

個人の視点で、そういう理解いたってしまうところが、
日本の宗教教育のだめなところなんだよね。
宗教をどう理解すべきか、ということをまったく教えない。

>>985

資本主義はお金のために生きるべきである、と教えてるのかね。
資本主義の初期にはウェーバーがいったようなプロテスタント的
倫理観が見受けられ、転職としての意味があったわけで、単純に
お金のために生きなさい、ということではないんだよね。
安易にそういった似ている側面だけを取り上げて、資本主義も宗教
だというのは間違っていると思うね。

987 :中観派:2006/03/23(木) 13:34:51 ID:v/0WPoJ4
>>986
でも生き方だから、資本主義は宗教だろ。

988 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 13:51:47 ID:If/jxCk4
結局さ、人間は生きていくために何らかの「主義」とか「価値観」
が必要なんだよ。昔はそれを提供するのが宗教しかなかったけど
今は資本主義や社会主義といった価値観を選択する人たちも
いるって感じ。あくまで代替的な宗教だけどね。

989 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 13:53:25 ID:fHRsK7Xf
>>987

後ろ向きの生き方なんじゃないですかね現代だとね。
資本主義は、生き方に意味をあたえるものなのだろうかな。
さっきもいったように、生き方、という側面だけ取り上げて、
宗教だというのは短絡的なんじゃないかな。

後、中観派って名乗っておられますが、せめてでも、漢文、
サンスクリット、そういったもので、仏教経典読めるレベル
になってから名乗ってほしいです。正直、貴方の発言を見て
いて、同じ仏教にかかわっている人間として、貴方が中観派
というコテで書き込むのはやめてほしい。あまりにも、中観派
の思想や実践者達がかわいそうすぎるので。

990 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 13:54:31 ID:VfZmCnsj
宗教ってお金か無欲かの二元論に陥り易いよ。
そこをどう工夫するか芸が必要なのかも。

991 :中観派:2006/03/23(木) 14:07:05 ID:v/0WPoJ4
>>989
中観派っていうのはものをどちらにも偏らずに見ようと志している人たちの
ことをいうから、別に完璧に中道ができていなくてもいいんじゃうないんですか?
ってか完璧に中道を実践できている人がいるのかどうかもわからないじゃないですか。
ブッダの戒律は完璧に中道だといえるんですか?
ブッダは最後死ぬとき私は中道が実践できたかもしれないとしか言っていないじゃないんですか?


992 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 14:08:43 ID:fHRsK7Xf
>>991

その程度の理解だから、中観派って名乗らないで
ほしいっていってるんですよ。
私に尋ねるんじゃなくて、サンスクリット、漢文を駆使
して原典に当たって調べてください。

993 :中観派:2006/03/23(木) 14:21:30 ID:v/0WPoJ4
>>992
中道を志している人はみんな中観派だから中観派って名乗っていいんだよ。


994 :名無しさん@3周年:2006/03/23(木) 14:24:11 ID:fHRsK7Xf
>>993

じゃぁ、まずネットやめることですね。
尚且つ、中観派であると言わないこと。
中道を実践するということは、最終的には、
中道でもなくなるということですよ。
まず、出家して修行すべきですね。

995 :中観派:2006/03/23(木) 14:28:37 ID:v/0WPoJ4
>>994
出家せずにも中道は実践できるよ。

>中道を実践するということは、最終的には、
中道でもなくなるということですよ。

言葉の問題だろ、中道実践すれば中道だよ。
中道を実践しなくちゃ、天国みたいのを信じるバカになっちゃうから、俺は中道を実践するね。


996 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 14:44:42 ID:38yYb1to
ヽ(´∇`)ノ中道てなによ?

997 :中観派:2006/03/23(木) 14:53:20 ID:v/0WPoJ4
>>996
中道って中庸とかと同じ考えで、バランス感覚を持って何か最高のものを
得ようとすることだろ。
不思議なことにブッダと同時代のアリストテレスもこの考え方を持っているんだよ。
孔子も実践してたぞ。いちよ、イエスも。

998 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 14:56:22 ID:38yYb1to
ヽ(´∇`)だから、その中道の実践してるかどうかのメルクマールは何?

999 :南無大師遍照金剛:2006/03/23(木) 14:57:55 ID:38yYb1to
ヽ(´∇`)ノ

1000 :センダミツオ:2006/03/23(木) 14:58:44 ID:38yYb1to
ナハナハ…ナハナハナハ  byアートマン

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

284 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)