5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本教職員組合にアウフヘーベンを

406 :名無しさん@3周年:2006/01/15(日) 19:11:49 ID:hwOj7lmz
エラズマス・ダーウィン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般にチャールズ・ダーウィンが「進化」論を唱えたとされているが、実際には祖父であるエラズマスが「進化(evolution)」という概念を生物学に持ち込んでいる。

チャールズ自身は「ゆるやかな変化」などを用いた表現が多く、「進化(evolution)」という言葉自体を大きく嫌っていたらしい。
有名な『種の起源』においても、その第5版にまで「進化」という単語は存在しない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

突然変異
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
個体レベルでは発ガンの原因となり、長い目で見ると進化の原動力となっている。
多細胞生物の場合は生殖細胞に変異が起こらないと進化には影響しない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%81%E7%84%B6%E5%A4%89%E7%95%B0

適応
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E5%BF%9C

適者生存
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しかし種内のある個体の遺伝しうる変異が最も環境に適しているなら、その個体より増えた子孫は、その種の中で、より増え広がる確立が高くなる。
結果的に今現在生存している種は、環境に適応し増え広がることの出来た「最適者」の子孫ということになる。
こうした循環論法的矛盾を内包する事から、今日の進化学においては科学史的文脈以外ではあまり使用されていない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E8%80%85%E7%94%9F%E5%AD%98

退化
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

退化の原因
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%80%E5%8C%96

361 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★