5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不食絶食・人間は食べ無くても生きられる

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:39:05
食べることは内臓への負担を伴うどころか、虫歯や胃痛、下痢を引き起こす。
また、食えば、内臓への負担だけでなく、大便小便と言った排泄の苦労が伴うものだ。
経済的理由で食べないことも重要だが、自分の身体を維持するためにも
不食絶食は積極的に推進したい。人は食べなくても、自分の身体に貯め込んだ栄養分で
十分に生き延びられるからだ。
せいぜい、水分を十分に取り、太陽の光を浴びて、きれいな外の大気を呼吸すれば十分だ。
きつい肉体労働の毎日でなければ、不食絶食は、経済的にも肉体的にもお勧めいたします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:40:53
世の中には飲まず食わずで何年も暮らしている
「ブリザリアン」って人もいるらしい。
(BRETHARIAN⇒水を中心とした液体を摂取するだけで生活している人々のこと)
菜食主義を経て、断食、絶食をして不食になるんだって。
排泄もなくなるけど、胃以外の体の器官は
健康そのもので生きてるらしい。

うーん、私はそこまではなれないかな(笑)


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:43:27
 「老化と死」をめざしてひたすら食べる人間

●食べるという行為は成長のためという理由が大きい。
「いっぱい食べて大きくなれよ」と言うほのぼのとした親心というものがある。
 だが、だれも食べれば成長するというその裏側のもう一つの真実にまで思いを至らせていない。
 身体に不足している栄養を補給するためという名目も大きい。
1日に何種類の食品をとらなければ健康は維持できないと言っている。
成長するということは、それだけ死に近づくということだ。
食えば食うほど死に近づくということだ。成長の終局は死である。

●一生のうちで食べられる分量は決まっているという話がある。
それを食い尽くしたらもう死ぬしかないという。それは本当だ。
許容量以上を身体がとったときに疲れが生じ、
老いが進み、病気となり、ついには死に至る。
一生で許容された分量を超えて食べ過ぎたからだ。
 食べることを停止すれば、細胞の成長は停止する。
ということはガンなどの病気細胞もその進行を停止するということだ。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:44:15
「私は、12歳4カ月の時から68歳の今に至るまで、
つまり56年以上の間、食べ物も飲み物もいっさい口にしておりません」
「食べたいと感じたことはないのですか?」
「食べたいと感じたら、食べなければならなかったでしょう」
彼女はいともあっさりと、この明白な真理を言ってのけた。
――毎日三度の食事に追いかけられている世の人々が身につまされている真理を。
不食の聖女テレーゼの奇蹟 ―― 不食が可能である根拠C

●テレーゼは1898年に生まれた。20歳のとき不慮の災難に遭い、そのため失明し、全身不随になった。
熱烈な祈りを捧げた結果、奇跡的に視力を回復し、その後手足も一瞬にして癒された。
1923年以来、テレーゼは毎日、祭壇に供えた聖餅の小さな一片をのみ込む以外は、
食べ物を完全に断ってしまった。
 協会の許可の下に、テレーゼはこれまでに数回、綿密な科学的検査を受けた。
ドイツ・プロテスタント新聞の主筆フリッツ・ゲーリック博士は
「カトリックの詐術をあばいてみせる」と、テレーゼのもとに出掛けていったが、
かえってすっかり感動して、彼女の伝記を書くようになっている。
 こうした記事を知っていた『あるヨギの自叙伝』の著者である
ヨガナンダ(インド政府は顔写真の記念切手を発行してその偉業を讃えている)は、
彼女を訪ね、そのときの様子を書き残した。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:44:56
不食ったって、水くらい飲むでしょう。
その人の飲んでるのが植物プランクトン含んだ池の水だったり。
あるいは腸内に特殊な微生物でも飼ってるんじゃないでしょうか。
老廃物を分解して再利用できるような感じの。

人体は永久機関じゃないんですから、どこかしらから栄養源が
入ってきてるはずです。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:45:37
どうやら、水も飲んでいないようです。
従属栄養生物ではなく、独立栄養生物と言ってるらしいです。
つまりは植物のような。
少数ながら、存在が確認されてるらしいのです


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:46:27
え〜と、なんというか、
「人間は動物を食うから動物なのだ。植物を食えば植物になれる。
一旦植物になればものを食わなくて良い。ものを食わなければ水もいらない。」
と、こういう風に言っているようにしか思えないのですが…即身成仏?

植物だって水は飲むでスヨ。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:47:14
まあ、おそらくは口から液体としては入れないということではないでしょうか。
ただ、空気中から水分を入れることができるのかは微妙なんですけどね。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:47:56
>空気中から水分を入れることができるのかは微妙なんですけどね。
例え出来たとしても、経皮で水分を摂取するより、
小腸の方が表面積が広く、毛細血管も多いので、はるかに効率的だ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:48:36
『不食 人は食べなくても生きられる』山田鷹夫著

本屋さんで立ち読みした

『不食 人は食べなくても生きられる』山田鷹夫著

を読み中学生の時 断食 を1週間ほど試した時を思い出しました。

小学生の頃から朝ご飯は食べなかったので

けっこう楽に「微食」に移行できました。(水分は取っている)

最初はお腹がすくのですが3日目くらいからお腹が張り満腹感?

がでてきて食べなくてもオッケーっという感じになって来ました。

ウ?ん これを続けていたら今頃『微食』の大家になっていたでしょうに

残念っ!


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:49:44
よし、ここで葉緑素だ
人間のヘモグロビンと植物のクロロフィルは構造が似ているらしい
人は光合成するからね。確かに食べなくても(・∀・)イイ!


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:50:22
毎日考えて食べてますか? 食べなくても生きていける!!これを実践して行きたいと思ってます


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:50:59
めざせ不食!!
新しい時代に向けて
不食目指して、頑張ろうかと決意表明してみました、
何時まで続くか、わからないですが、、、
これからは不食の時代になる!! はず、、、

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:51:44
レビューではボロクソに書かれているんですけど、実践しているとか、一切何も食べなくなったとか
そんな方、いますか?うーん、カルトめいている、危ないと思うのは僕だけでしょうか…。

問題の書籍

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883203050/250-1731151-1238647

関連

何も食べず、何も飲まない人々 - 人は不食で生きられるか
http://x51.org/x/05/01/1506.php

不食実験の会
http://taka45.com/fushoku/


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:52:16
不食も本人が満足してるならいいんじゃないかな
でもこの人ら人生何割かは損してるよなぁと思う
世界には沢山美味いもんあるよ


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:53:03
美食や大食の者に、本当の人格者は驚くほど少ないものである。
質量ともに慎みを保ち、また己一身の命を繋ぐために他の命をいただく事に心して丁寧にいただく食事は、
長命だけでなく、人格の向上も約束される


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:53:39
2番目のリンクのトラックバックには

・徐々に体を慣らしていくことにより極端な低エネルギー下
 でもある程度の活動が可能なのでは
・その際のエネルギー源としては剥がれ落ちた消化器官の
 細胞や、消化器官などの微生物から得られる代謝物などでは

とかかかれてたな
微生物にはオセアニアだかどっかだかの島に炭水化物から
たんぱく質を合成する腸内細菌のおかげで芋だけ食ってても
筋骨隆々だとか

オセアニアのはともかく、不食はかなり危険と思われ
通常断食する場合も粥→重湯→白湯などと長期間かけて体を
慣らしつつ行い、復帰する場合もその逆で慣らしにかけた時間と
同じだけかけて戻すらしい(長期間断食してた人が突然モノを
食うと消化器官がショックを起こして最悪の場合死ぬとか)

長期間不食をしている人の消化器官を調べてみないと
よく分からんけど、微生物の危ういバランスで保たれてて
復帰不能とか怖いっしょ


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:54:44
飢餓地域の子どもの腹がぼてっとしてるのは
水しか食うものがないから水っ腹になってるわけではなくて
腸内細菌のバランスが替わっていろいろ発酵してるから
だとか聞いた事がある

草やらを食べて少しでも必要栄養をまかなおうとする生き物の神秘?
飢餓地域の子どもの腹がぼてっとしてるのは血中の膠質浸透圧が保てなくなるために腹腔に水が出て行くためです。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:55:21
人類の歴史は穀物メジャーとの戦いといってもいいくらいだよ。

漂流して水が無くなったときに、我慢しきれなくなって海水を飲むとすぐ死ぬが、
慌てず騒がず普段から海水を少しづつ飲んで体を慣らしていけば生きていけるらしい。
不食と飢餓の関係もこのようなものではないだろうか。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:56:03
人体は、何も食べなくてもエネルギーの放射と吸収を繰り返している。
外部からの吸収エネルギーと外部への放射エネルギーの差が体温。
つまり体温があるうちはエネルギーが余ってると解釈すべきだな。
外気と同じ体温になってはじめて外部からエネルギーを吸収してると考えるべきだな。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:56:37
じゃあ、ほ乳類と鳥類以外は変温動物だから何も食ってない訳だな?


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:57:09
そういうことだな。のまず喰わずで冬眠したり平気だからな。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:57:40
最初のうちはキャベツなんかでごまかしながら慣らすとよいよ。
1/4くらい食えば充分腹は膨れる。繊維も摂れてヘルシー。
あとは、寝てれば空腹も忘れるので早寝早起きがお勧め。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:58:46
一日に角砂糖一個は食べてますが。
腹が減るとお茶を飲んでますが、
食べ物への食欲は、かなり無くなってきています。
二日目の昨日がピークでしたね・・・。帰宅後すぐ寝て乗り切りました。
会社の昼休みも、一時間フルに爆睡できるので
案外、食べないのも楽です。

太陽光以外にも、外気温がある。
つまり、地上は、常に、300K近い放射エネルギーで満たされている。
人間が動くのに必要なエネルギーはすでに、周りにある。
必要なのは、エネルギーではなく、高エントロピー。

温度差というエントロピーで、各種科学反応を行うバクテリアがいれば、なんとかなる。

温度差があるということは、体内に冷たい部分があるはず。
外気を吸引したときに、その冷たい部分を通るときに外気が結露して水も得られると。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 03:59:56
いや、昔高校の地理の授業で習ったのだよ>穀物メジャー
石油メジャーが暗躍していたのは知っていたが、穀物まで国際的に支配されていることを知ってその時かなりショックを受けた。
シカゴか何かに本拠がある、んだっけか・・(忘却・・w)。資料集に巨大なサイロの写真が載っていたのが印象的だった。

日本の食を調べたことあったけど、昔はたしかに2食だったみたいね。>農村


日テレなんかでよく紹介される田舎の元気な爺さんとかって、あまりたくさん食べてないよね。
早朝に起きて早く寝る。この辺りにも、秘密がありそうだ。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:00:33
三食を二食や一食にするだけでも随分と違うよ。
いきなりの断食は体壊すよ。
1. 毎日三食は必要ない。
2. 月1食でいい。
3. 食べ物はいらない。水だけでいい。
4. 水もいらない。

理想は、2。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:01:14
前に飼っていた犬は、残飯を一日1食だった。19年生きた。
今買っている犬は、それの子供で同じくらいの体型だが、一日3食あげてる。

人間も、すべての人が毎日3食必要じゃないのは確か。
なぜ、一日2食や一日4食じゃなく、一日3食なのだろうか。
仏教の僧やキリスト教の修道僧が一日3食だったからその影響だろうか。

ちなみに、ボディビルダーは一日5食。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:01:49
倦怠感は全く無く、神経が研ぎ澄まされていくような感覚があり、仕事がはかどる。
空腹感は無いけど、栄養失調が心配なので、今日からコンビニのやさいジュース100を朝一本と
ミネラルとアミノ酸をサプリメントで補う事に。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:02:29
朝飯を食わない子どもは成績が悪いみたいな話はあった。
成長期の肉体には朝の軽い食事が必要なのかも。

昔はあまり灯りが無かったろうから朝起きるのは
ほの暗いうちからだったろうし、よって朝飯の時間は早くなる。

でもって夕飯までに腹が減るだろうから昼飯または間食、
夕飯喰って就寝。

食い物に余裕がでてきたから軽い食事としての間食が
一食分になっていったのかな。

というか歴史的なものはそれこそ歴史関係の板で聞いた方が
良いんだろうけど。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:03:02
え、犬って一日一食じゃないんだ。
実家の犬、ペットフードだけど一食で今現在15歳くらい。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:04:16
学生時代から、朝食抜きの一日2食だけど、支障ないよ。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:05:04
砂糖は健康食
桜美林大学教授 医学博士 柴田 博

日本人の平均的な摂取エネルギー量は、ここ20数年間で10%落ち込んでいます。
日本では飽食の時代だ、食事の欧米化だと騒いでいますが、
実際には栄養失調の子供達を作り出しているのです。 

それではどうして肥満ばかりが問題になるのでしょうか。
これは肥満の専門家10人に対して、拒食症の専門家が1人だからです。

脂肪の摂りすぎが問題視されていますが、脂肪の中には重要なビタミンが全部溶けています。
また、骨粗鬆症の問題から見ても脂肪は必要です。 

さて、砂糖に関してですが、砂糖もこの25年間で消費量が3分の2に減っています。
小中学生の栄養状態を調べた資料を見ますと、給食の無い日の栄養状態は、
総エネルギーを含めて、全ての栄養が所要量の90%〜80%台で非常に悪いという結果が出ています。

砂糖の所要量に関して、中学生になると約50%しか充足していないとの結果が出ています。
コメントでは、お菓子か何かで砂糖を摂取していると書いてありますが、
最近の子供は砂糖を摂りすぎたからキレやすいといったことは、事実の逆になっています。

子供達から甘味を取り上げるということは問題であると言えると思います。
砂糖は脳内でセロトニンを産生し、精神を安定させる働きがあることも分かっています。
このようなことを総合しても、
最近の子供達から甘いものを取り上げることが逆に子供達をキレさせているのではないかと思います

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:05:45
一日一食にして5日になるが平気なもんだな。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:06:18
飯を食わなければ「絶対に」動くことは出来ない。
引きこもりならそんなにカロリー消費しないんだろうけどな。
やったことはあるけど1日と6時間しか持たなかったなぁ
最後は空腹とかじゃなくて本能的にやばいとおもた

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:07:10
独立栄養生物、従属栄養生物
「現在、地球に存在している生物は大別して二種類に分けることができます。
それは独立栄養生物、そして従属栄養生物です。
植物の多くは独立栄養生物ですが、それらは太陽や空気といった無機物から栄養を生産し、
光合成というプロセスを経てエネルギーを得ることが出来ます。
そしてもう一方、人間を含む動物の大半は従属栄養生物に属していますが、
これは他の生物から栄養を摂取して生きているわけです。
従って、現在不食を実行している人々は、人間というよりは植物に近い存在であるといえるわけです。
現在、モスクワには不食を実行している団体がありますが、
彼らは定期的に集まってそれぞれの活動を報告しあっています。
私は時々彼らと話をする機会があるんですが、例えばモスクワに住むある女性の話では、
幼児が7歳になるまで母乳を与えた結果、8歳になるまでには何の苦もなく独立栄養人間となることが出来たそうです。
その母親はもちろん、食べることも飲むこともしません。
しかし、母乳はちゃんと出るんですね。
不食はまず、動物性のものを摂取することを止めて菜食主義者になることからはじまり、
そして段階を経ながらやがては菜食すらも止めるという形で行われます。
そしてそれと同時に飲むことも止めていくわけです。
しかし不食を実行している人々が、それによって悪影響を受けることはありません。
彼らはむしろ精力的で、明るい人間になります。しかしここで注意しておきたいのは、
不食を実行しようとして、ある日突然全ての飲食を止めることは不可能であるということです。
それは決して焦らず、一時的な飢餓状態を繰り返しながら時間をかけて行うべきです。
さもなけらば、最悪の場合、飢餓や浪費によって死ぬことになるでしょう。」

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:08:10
そしてロシアで最も有名な不食実践者はクラスノダルに暮らすジナイダ・バラノワ(67)である。
彼女の場合は、まず最初に肉をやめ、そして野菜を止めるといったように、
非常に長い時間をかけて徐々に不食を実行し、
現在では完全に不食状態に入ってから既に4年半が経過しているという。
またバウマン研究所の科学者らが彼女を調査した結果、
彼女の身体は年齢にして20歳程度の若さを保持していたことが明らかになっている。
同研究所のスピリドノフ博士によれば、彼女の身体は至って健康であり、
胃を除く全ての器官が正常に機能していることを確認したと話している。
そして博士の結論どおり、彼女は現在、病気もなく至って健康であり、非常に快活であるという。
しかしまた、彼女は不食についてその厳しさを次のように語っている。
「不食という新しいライフスタイルに慣れるまでは本当に苦しみました。
痙攣や極度の疲労、喉の渇きに襲われ、時にはこのまま死ぬのではないかとさえ思いました。
しかしそういう状態を1ヶ月半経て、ようやく健康状態が回復してきたんです。」

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:09:02
飯を食わなければ「絶対に」動くことは出来ない。
引きこもりならそんなにカロリー消費しないんだろうけどな。
やったことはあるけど1日と6時間しか持たなかったなぁ
最後は空腹とかじゃなくて本能的にやばいとおもた

ロシアで最も有名な不食実践者はクラスノダルに暮らすジナイダ・バラノワ(67)である。
彼女の場合は、まず最初に肉をやめ、そして野菜を止めるといったように、
非常に長い時間をかけて徐々に不食を実行し、
現在では完全に不食状態に入ってから既に4年半が経過しているという。
またバウマン研究所の科学者らが彼女を調査した結果、
彼女の身体は年齢にして20歳程度の若さを保持していたことが明らかになっている。
同研究所のスピリドノフ博士によれば、彼女の身体は至って健康であり、
胃を除く全ての器官が正常に機能していることを確認したと話している。
そして博士の結論どおり、彼女は現在、病気もなく至って健康であり、非常に快活であるという。
しかしまた、彼女は不食についてその厳しさを次のように語っている。
「不食という新しいライフスタイルに慣れるまでは本当に苦しみました。
痙攣や極度の疲労、喉の渇きに襲われ、時にはこのまま死ぬのではないかとさえ思いました。
しかしそういう状態を1ヶ月半経て、ようやく健康状態が回復してきたんです。」

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:09:45
急激な飢餓によるショックは普段過栄養状態が続いていたデブの方が大きい。
自覚なく急に倒れたりすることも
世間の常識ではあるらしいのでお気をつけられたし。

今日はお友達と飲み食いしたんで
ラザニア、ケーキ、スモークサーモンその他を摂取。またやりなおしだ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:10:25
1日1食までは、簡単にいくよ。

まず、朝飯抜きの1日2食を3年続ける。 朝なんて、どうせ胃腸が動かないから、ちょうどいい。

朝、食べるほうが苦痛になってきたら、今度は、昼飯抜きの1日1食にする。
昼飯の時間も仕事して、1時間早く家に帰るようにする。

今、1日1食。水は、夏場しか飲まない。
日が出ているときに食事すると体調が悪くなる。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:11:02
実際、今言われている成人の一日あたりの必要カロリーは多すぎると実感してるよ。
食事を三分の一に減らして一週間経つが、特に疲れやすいということは無いし、胃腸などの
もたれが皆無になって(喰ってないんだから当然だ)すこぶる調子が良いよ。
なんだか集中力も増したような気がする。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:11:50
古いギネス・ブックの記録によれば、断食最長記録は、スコットランドのアンガス・バルビエリが1965年6月から1966年7月まで頑張った382日。
当時25歳で体重214キロだった彼は、病院の監督下で、紅茶、コーヒー、水、ソーダ水、ビタミン剤だけで過ごし、体重は81キロまで減ったという。

また、ダイエットの記録では、アメリカのセレスタ・ゲイヤー夫人が、1950〜51年の1年間で251キロから69キロに減量、3サイズは200-213-213から86-71-91になったという。
(その後更に50キロまで減量)

また、ダイエットのスピード記録では、アメリカのポール・キメルマンが、1966年12月から1967年8月までに、体重216キロから59キロまで減量。
医師の指導で1日300〜600カロリーの集中食餌療法を続けた結果という。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:12:47
三日間なら、飲まず食わずでも大丈夫ですよ。真夏でなければ。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:13:24
どんな人間でも食塩水は必須。汗や尿で、
水分やナトリウム・カリウムはどうしても減るからね。
もっとも、それを言うなら新陳代謝のために
各種ビタミンやタンパク質なんかも必須なわけだが…。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:14:00
それと不食は全然発想が違うじゃん。「食わない」と「思ったより小食でもいける」は
似てるようで全然違う発想じゃん。

そもそもあんたが常人の3倍食ってたんじゃ


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:14:39
「不食」て言うなら、水分も取らないでほしいな。
常識を覆すならなんだっていけるんじゃないのかって思っちゃうよ。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:15:14
一日三食普通に喰ってただけだが。
常人は一日一食なのかね?


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:15:49
常人は、毎日食べる必要ないでしょう。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:16:33
人間っていう動物は、毎日、食べられなかった時代の方が長い。
常人は、毎日食べないのが普通になっているはず。
現代人は、常人じゃない。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:17:10
狩りの瞬間だけ集中できればいいなら1日1食でもよさそうだけど
現代(社会)人は毎日8時間頭を使わなければならない。
原始人より必要なカロリーが多いと思うんだよね。

仕事と不食を両立させてる人は、どんな職業なのかな。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:17:48
たしかに頭脳労働の人はたくさん(特に穀物)を食べる傾向にあるね。
テレビの『世界ウルルン滞在記』などに出てくる森の民族などは少食で驚くべき運動量を誇っている。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:18:30
原始人より必要なカロリーが多いと思うんだよね。

200%ありえん・・・
現代人より、原始人の方が頭を使わなければならない。

なぜなら、科学のような思考を節約するセオリーも知らないし、
文字で知識を記憶できないので、一から全部考えなければならないから。

現代人は、道具で頭が退化している。ITボケとかいうでしょう。
知識があるから、頭を使っているというのは、間違い。
知識があるから、頭を使わずに済む。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:19:02
とりあえず、体調が思わしくないのに無理矢理に胃腸薬などで内臓を使役してまで、
定期的に毎日決まった時間に食事をせねば、などという、誤った固定観念は捨てるが良い。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:19:32
今まで不食を実践してきた人達がどんな場所と環境にいたか知らんが、
気温の低い地域じゃあまず無理だろ。寒冷地での実践報告例はあるのか?


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:20:14
1週間食べないと、胃の具合が良くなって、痔が治る。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:20:49
一週間後にカチカチウンコをひりだす羽目になり、悪化する。

経験上、うんこは3日目あたりで出なくなる。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:21:35
実際ダイエットで断食して見ました、肉体労働系の仕事やりながら、2週間水だけで過ごせました
しかも、季節は真夏、まず3日目ぐらいが一番つらいです、それ以降は、昼間と夜若干空腹になるだけです
体重は2−3キロダウンと意外と、少なく、、、ですがさすがに2週間近くになると、喉が腫れてきて、水も受け付けなく
なってきます、ちょっとした物でも飲み込むと喉に激痛が走ります、声も最終的に出なくなってきました、さすがに
やばくなって病院に行くと即入院でした、脱水症状と栄養失調、で喉に膿が溜まり、手術もしました、肉体の限界にチャレンジ
した3年前の夏でした、ちなみに、手術のとき麻酔注射の量間違えやがって、危うく死にそうになりました、注射されてイキナリ、目の前グルグル


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:22:00
食欲は我慢出来んのじゃー

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:22:14
水だけ飲んでれば二ヶ月位は平気だよ。体重が60くらいあればね


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:22:51
はじめは、1日二食。
慣れたら、1日一食。

そのあとでしょ?水だけは。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:23:48
ジャム・スヒーン

オーストラリアの方で光=プラーナから栄養を取り
数年間元気でパワフルに生き続けているらしいです。

薯作「リヴィング・オン・ライト」

ニューエイジですね♪ しかし、このスレきてる人間でちゃんと、この著書読んでる奴っているんかよ
ん?どうなん?
「不食」についてのスレじゃなかったっけ?
この際、水を飲んでいても、その他の食べモノを食べていなければ、不食ということにしよう。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:24:32
不食腸内でメタンガス(要は屁の元)が作られる→それを食って生きる微生物がいる
→微生物が排泄する→その排泄物は人間にとって栄養となる物質→人間排泄(メタン)
・・・って具合に全ての栄養が体内でうまいこと循環しているのかなぁ。
で死ぬ人と死なない人がいる。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:25:08
昨日の晩からなにも食べてないんだけど
全然お腹空かない
いきなりそれなりのもん食っても大丈夫かな?


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:25:42
普段から一日の栄養バランスがそれなりにとれた食事をしてる人が、いきなり食事の量を減らすと
体は減らした分の栄養素を何とか摂取しようと本来なら排泄される分から絞り取るからフキデモノが増えるらしい
で、食事の量を戻すと今度は体が栄養素を溜め込もうとはたらいて脂肪がつきやすいってのを栄養士の友達に聞いたことあるよ


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:26:20

                    食事量減・・・吹き出物
栄養バランスがとれている人<
                    食事量増・・・デブ



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:27:00
世の中いろんな奴がいる。胃弱もいれば、胃拡張もいる。
腹が減っても絶対食えないものがあるやつもいれば、
腹が減ったら何でも構わず食うやつもいる。
同じものを食っていても、太るやつも太れないやつもいる。
要はそういう体質の違いというだけだ。

60億もいれば10000人くらいは不食で平気な奴もいるだろう。
でも残りの59億9999万人は食わなきゃ死ぬ。
不食の原理があてはまるやつもいるだろうが、そうでないやつもいる。
体質が当てはまらないなら、まねしても意味は無い。

だから安易に人に進めることだけはするな、マネするのもやめとけ。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:27:35
一般的な日本の大人は、3日くらい絶食すると、胃腸の調子がよくなります。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:28:14
【不食】 つまり何も食べず、何も飲まないことなんだけど、人間そんな事ができるらしい。

これは究極のエコですね(w
全人類がこれを実践したら・・・この世界は全く違う世界になるんだろうなぁ〜
何しろ人間の三大欲の一つが無くなるんだから。

でも実際行うには、長い時間と強い忍耐が必要であろう。例えそれがあったとしても、全ての人が実現可能とは言い難いと思う。
それに何よりおれはイヤだな。だって人間の食って、ただ単に生命維持する物とは言えないじゃないですか。
おいしい物を食べた時の喜び。共に食事をする時の楽しい時間。
そう言った物が失われたら悲しい。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:28:50
人には自由意志(つまり意識)がある。
この意識は、体に最大限の柔軟性と適応能力を要求する。
だからこそ、体にはこれほどまで多くの感覚機能があり、
機械という機械の中で最も複雑なのである。
全てが、経験のために必要なのものだ。「私」はこの物質世界を経験したい、
だから「私」は心を創造し、心は体と物質世界を作った。
消化器官は組織の一つであり、それで食べ物という振動を経験する事が可能になる。
心、そして心の中の意識が体の組織を使うという経験をする。
しかし、必ずしも、それを経験する必要はない。
心はそれらの組織や状況の中で、従事させられるが、その制限から自由になることもできるのだ。
つまり、世界で最も強い依存症、食べることから、自立する事はできる。
かつて数十億年前の地球文明の中では消化器官に頼らない生活をしていた。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:29:33
Q>何故人は飢餓で死ぬ?

なぜなら理由はたった一つ、食べないと死ぬと信じ、
そうなる事を恐れているからだ。恐れは愛と対極のものである。
だから、愛と同じくらい強い感情だ。信念は心にイメージを作る。
感情とコンバインされたイメージはものすごい効力を現す。
潜在意識は考えず、どんな結果になろうともただ思いの通り正確に働く。
単純にまとめれば、もし食べなければ死ぬと信じれば、もちろん死ぬ。
不食家は食べる事が必ずしも体を機能させるのに必要でないという事を理解し、
信じているから彼らの体は生きて、正しく機能するのだ。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:30:11
Q>何故その知識を飢えた人々に広めないのか? 
多分信じられないだろうが、世の中には食べ物がなく人が死んでいき、
治らない病気に罹り、読み書きできず、環境が汚染されている国があるおかげで
利益を得ている人々がいる。
力とお金を使って人々を知らないままにさせておき、
奴隷にしておくために何でもする。
この知識を公言しようとすれば死を宣告されかねない。
パン一切れのために何でもするような貧しい人の感情を操縦するのは簡単なことなとだ。
だから、豊かな国の人に教育した方が効果的といえる。
第3世界の人々は先進国のやり方をまねするだろう。]
もしお金持ちが、食べずにいい状態でいればそれはいい生きる見本となる。
そうすれば飢えた人々も、それに習い、自分たちの自由も手に入れることができるだろう。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:30:50
変わり身の速い日本人
変わりだしたら速い速い。もう不食はノンストップで回り始めてる。
メディアが大衆に押されてひっくり返るのも時間の問題って感じになってきた。
ポーランドにはまだまだあまり不食ははやっていないらしい。
他の国も、人は人、自分は自分の個人主義的な国はなかなか広まらないけど、日本が違う。
今全く普通に食べてる人の意識にも不食の意識、伝わってるんだろうなあ。
私たちが同じ国に生きているだけで。
そういったら、地球全部もだけど。
不食で開く扉の向こうにあるものが、まだ見えずにいる私だが今の状態も何だか私らしくて好きだ。
結局悩むのが趣味。でも最近瞑想のせいか、妙によく笑う。
子供にくだらなすぎる事を言って自分で笑っている。
このあまりにもくだらない、くだらなさを共有する人がいるって、幸せな事だよなあ。
今日はいつも飲むココアを何だかお湯で飲むのがいやで水で飲んだ。
酒の空き瓶にココアと水を入れ振って飲む。溶けないけど、おいしい。
あとそんなにお中が空いてなかったんだけど、いー−しや−−きいも−−−♪が久々通ったので買って食べた。
ものすごーくゆっくりと。


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:31:32
食べない快楽ってあるかもしれない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:32:07
Re:不食〜人は食べなくても生きられる??(12/28) ゆんたまゆんさん
私がリンクしてるmiminetあきこさんが、ジャスムヒーン著「リヴィング・オン・ライト」
という本をしばらく前に紹介されてました。
副題が「あなたもプラーナで生きられる」というのだそうです。
空気中に飛んでいるプラーナを吸収することで、食べなくても生きられるそうです。
霊能力者でそういう人がいたって聞いたことはあるんですけどね。
昔の仙人なんかもそうかも。
でも野菜や果物を食べてるって言ったら、また次元の違う話ですね。
(^^;

ちなみにmiminetさんの「食べないで生きる??!!」という
日記はこちら↓です。
http://plaza.rakuten.co.jp/miminet/diary/200412020000


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:32:51
ジャスムヒーンさんの『聖なる栄養のプログラム』イヴニングセミナー参加。

(というわけで、CCS-22はお休み)

本の表紙写真からはやさしいオネーサマを予想していたんだけど、髪の毛はショートにしていて、
毅然として、マシンガンのようにしゃべる。
オーストラリアで精神世界を探求している女性というよりは、
アメリカのどっかの起業のCGOって感じ。
自分のリズムでガンガンしゃべるから、
通訳の人なんてとちったり、訳語を考えてたりしてたら、もうたいへん。
ジャスムヒーンさん、おかまいなしにドンドン先にいっちゃう。

       †

ちなみに『リヴィング・オン・ライト』はもう過去のものだから、ほとんどが事情が変わってるとのこと。
地球を取り巻く情報フィールドにアンカーができているから、もうあそこに書いてあったことの多くは必要ないらしい。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:33:33
ジャスムヒーンさんにお会いしたのですね〜!
私はお会いしたことはまだないのですが、昨年
発売された「リヴィング・オン・ライト」の訳者
あとがきに訳者の友人の体験談として私の話が
匿名ですが載っているんですよ(^^)
もし本屋さんでみかけたらのぞいてみてください〜(笑)
こちらにも紹介しているこの本です↓
http://www.shinoka.net/books.html (2005/02/24 01:08 AM)


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:34:15
ジャスムヒーンは食事量は徐々に減らせば良いが、肉、魚、乳製品等の動物品に関して
は「今日からすぐに止めてください」とピシャリと言い放った。しかし私は押し付けがましい
とか嫌味には感じなかった。アッサリ言い切るので少し可笑しかった。彼女の子供達にも肉
は与えなかったそうだ。肉食は地球上の戦争、暴力といった殺戮のエネルギーに加担す
ることになり、ポリシーに反することなので妥協しないとの事。肉食は最も周波数を下げる
食物であるので、アセンションとかにも影響するのだろうな。

「北のツール」という方法を紹介していた。ジャスムヒーンがアボリジニ族の人に教わった
そう。コンパスを用意して正確に北を向いて立つ。自分の内なる神に質問をする。質問の
答えが「イエス」なら前に傾き、「ノー」なら後に倒れる。地球の北向きに流れる磁力が作用
しているという。書店で本を持って北向きに立ち、「この本は私の魂の成長に必要である」
と問い、前に倒れたら必要な本だということなのだ。これなら不要な本を買わずに済むね。
Oリングテストみたいパートナー無しで出きる判別法なので便利だと思った。

朝、昼   無し(蒸留水3L)
夕     レタス&白菜サラダ。ゴールデンパイン、デコポン、リンゴ、甘夏の泥状汁。

最近はレタスと白菜の千切りサラダに、果物を擂り潰した泥状汁をかけて食べるのが
定番。おなかパンパンになるまで食べても体重は増えるどころか、少しづつ減少中。
毎日同じメニューでも不思議と飽きない。これがローフードパワーなのかな。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:35:02
ジャスムヒーン・セミナーの続き。瞑想はとて〜も退屈だった。一番最後に「アボリジニ
族の瞑想ダンス」をやった。踊りながらの瞑想なんてのもあるんだね。

「I am love。I love。」のマントラが周波数アップに効果がある。「ありがとうござい
ます」でも良さそうだけど。実践してシンクロニシティが起こったという参加者もいた。

舌を口蓋の上に押し付けて徐々に奥にスライドさせて、ノドチンコに近づける。「アム
リタ」という「若さの泉」が松果体、脳下垂体から流れ出て不老不死を手に入れることが
可能。ジャスムヒーンは33年間これを続けているがまだ「ノドチンコ」には舌は届かな
いのだそう。「アムリタ」は「宇宙のチョコレート」のような味でとても甘い味がすると。

「イルミナティ」「影の世界政府」など陰謀の事にチラッと触れていたが、もっと詳しく
聞きたかった。宇宙人の事とかね。

ジャスムヒーンの講演を聞いた後は普段よりも一杯食事を食べてしまう人もいるらし
い。本人がプラーナのみの生活を目指す決意をしても、肉体的、精神的に準備が整
っていない人は、本人の「インナーチャイルド」が反発する為だという。「食事を摂らな
いで生きる!?そんなバカなことはやめろよ!」と。

瞑想をして自分の内側の神の声に耳を傾けて無理をせず、菜食、少食、生食、果食、
液体食と少しずつ移行していくのが良いと。食事を減らして体重が減らなくなったら
次に段階に進む時なのだそう。

私は現在果物、生野菜の100%ローフードを実行中だが、まだ体重が減少中だから、
しばらくこのままの状態で続けて様子みるとするかな。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:35:48
ジャスムヒーンのセミナーが昨日終わった。瞑想の時間以外は質疑応答や、プラー
ナのみで生活している人達の実例を色々と紹介していた。全部書いてたらキリが無
いが印象に残ったことを思いつくままに書いてみる。

Q:肉やアルコールなど良くない物をたくさん食べても周波数を下げず健康を保つ
方法はあるのか?
A:インドのヨガ行者の中には食べた物を体内で光に変換に出来るから、毒を食べて
も死なず、美食飽食しても何も害を受けない人も稀にいるが、一般の人には無理。

・消化のエネルギーを使わないのでジャスムヒーンの睡眠時間は1日10分〜1時間。

・通訳の女性は講演中に何度か水を飲んでいたが、ジャスムヒーンは2日目のランチ
タイム時に水を少し飲んだ以外は水分すら摂らず、パワフルに話続けていた。

・初日昼頃に「もうすぐ昼休憩にする」といいながら、話始めると止まらずに午後13時
半を経過し、「さすがにこの人のセミナーは食事抜きなのか・・(笑)」と思った。

・人間の周波数に最も影響を与えるのが、日頃摂取する食物だとの事。

これから5年間は年に1回のペースで日本でセミナーを開くとの事。来年も是非参加
したいと思った。私はこれまで健康法のセミナーなどに参加しても、期待外れに終わ
ることが多かった。全ての理論を受け入れる訳ではないが、実際に会ってみてジャ
スムヒーンは本物だと感じた。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:36:28
初めまして。山田さんの著書を読み、不食の実験に取り組んでる者です。
もともと短時間睡眠を実践したくて一日一食にして二年以上たってたからか、
一日なんも食べなくても特に反動らしきものはきませんでした。
「さすがに一日一食は食べないと」との思い込みを見事に砕いてくれた
山田さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
とは言え、同居してる両親からは理解されず、
「ちゃんと食べろ」と言われ、やむなく一週間の内、3日ゼロ、4日一食の生活を続けています。
 ちなみに、山田さんの言葉に、水と空気と光だけで生きられるとの記述がありますが、
私は水に関してこのサイトを是非おすすめします。
http://www.water-institute.org/
万病の元と言われる活性酸素の対極である活性水素を含む水について提唱しているサイトです。
私も実際使っていますが、この数年、病気らしい病気はしてません。
これからも不食の実験を続けていくつもりです。
出来れば山田さんに2冊目、眠りに関する本を早く出して欲しいかな。
とてつもなくすごい本になりそうなきがするけど。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:37:10
太陽光線はものすごい利益をもたらすだけで害はまったくないという信念を持つことが大事。そうすると
(不食に関して)より早いよりよい結果をもたらす。
信念がなくても実践していれば効果は出るがかかる時間は長くなる。
一方日常生活においての規制は何も要らない。これを実践している時は食べることを楽しんだら良い。
そのうちおのずと、空腹感はなくなっていく。
同じ時間に同じ場所でするほうがいい。太陽の周期を知っておくと助けになるため。もしお祈りをするなら何を祈っても良い。

3ヶ月に届くころには眺める時間は15分になっているだろう。
人の目から入る太陽エネルギー、また太陽光線は視床下部管に充電する。
そこは、脳に通じる網膜の後ろにある管である。この管を通って脳が光パワーを受け取ると、brainutorを活性化させる。
脳に遺伝子として存在するプログラムのソフトウエアが働き始め、精神的緊張や心配がなくなるなどの変化を感じ始める。
その上、マイナス志向が消えうせ、何事にも自信をもって行動し始める。これがはじめの反応で3ヶ月ほど続く。

人間には良い資質、悪い資質がある。太陽光のないところでは悪い資質が発達する。
太陽光が脳に入ると良い資質となって悪い資質と入れ替わる。
それは霊的目覚めにつながる。
聞いたり読んだりすることで迷うことがあるだろう。
赤ワインは体に良いと聞く一方でアルコールは良くないなど。
3ヶ月のサンゲイジング(太陽凝視)で、
あなたの発達した霊性が、答えを教えてくれる。

あなたに元から備わる力が発達していく。失望感、怒り、貪欲、妬みなどの
マイナス要素は消え、愛すべき人間となる。
誰もがあなたを好きになる。慈悲深い人間となり、世界平和に貢献するようになる。
積極的なアプローチで社会の問題を解決していく。
3ヵ月半過ぎるころにはすべてが変わるだろう。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:38:02
以前、朝日新聞の連載コラムで、一日1000カロリー以下の栄養で
もう何年も生きていると言う人の話が載っていて、
「スワ、朝日もついに、オカルト路線か?」と驚いた記憶があります。
(「それぞれの時」と言うコラムだったでしょうか?)
どうもそれはウソでは無かったようです。
最近、三五館と言う出版社から、「人は食べなくても生きられる」と言う、
もう三年間も水以外にほとんど食事をとらずに生きている人の本が出ています。
かなりの反響を呼んで、本は売れているようです。
さて、その著者の方の、「不食」の秘訣は何でしょうか?


☆山田式「不食」で生きる五箇条
1,食べることは死に近づくことだ。
2,病気と老化の原因は「食」にある。
3,過食の頭脳は切れが悪い。
4,「食べないと言う快感」が地球を救う。
5,日本の繁栄と滅亡はアナタが不食するかどうかにかかっている。

 医学常識として知られていることに、腹八分目のネズミは、
満腹のネズミより、病気に強く長生きすると言います。
 一方で、もし、食べないと長生きできるのなら、アフリカの難民の方々は、きっと長生きのはずです。
 2つの事実の間に、深遠なる真実があるのでしょうか?

人は食べなくても生きられる
↑「世紀の稀書」なのか?「革命の書」なのか?気になります。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:38:49
すごい本が登場しましたね。表紙の写真からしてスゴイ!本屋さんで買う際には必ず紙のカバーをつけてもらいましょう。
そうしないと電車で読めません(笑)。さてその内容は「人は食べなくても生きられる」というものです。
それどころかもっと進んで「食べない方が良い」「食べればいつか死ぬ」というものです。
細胞の逆成長の話は今まで知らなかったことなので興味深く思いました。
この本を読んで「そんな馬鹿な」と思う人はいっぱいいるでしょう。
そう思うほうが普通の反応だと言えますね。では私は・・・「そんな馬鹿な」とはそれほどは思いませんでした。
もちろん著者の意見を全て鵜呑みにしたわけではありませんが、食に関して言えば我々は相当間違っているだろうとは思います。
昔から霞を食べて生きる仙人の話は聞きますよね。ただの伝説と思う人も多いでしょうが、実際にいたと思いますし、
今もどこかにそういう人は存在していると私は思います。ただ
今まではそういう仙人みたいな人っていうのは山奥で何年も密かに修行して人間の俗世界からは逸脱した存在、って
いうイメージでした。でもさすが水瓶座の時代に入っただけのことはあります。
都会人も仙人を目指して良い時代になったということでしょうか。
人間の「変容」についてはニューエイジ系の本では今までも色々書かれていたようですが、
「食べない」ことこそが「変容」の扉を開く、という説は初めて読みました。なので新鮮でした。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:39:35
食の楽しみを捨てることはまだまだできそうにありませんので、
いきなり「不食」に挑戦するつもりはありませんが、
健康の面からも少食・粗食は良いことだと思いますので、
気持ちを新たに食生活を見直したいと思いました。
私たちは子供に対して「いっぱい食べないと元気がでないわよ」「栄養が足りないと大きくなれませんよ」
「ちゃんと朝ごはん食べないさい!学校でお腹空いちゃうでしょ!」などど言いがちですよね。
私も言いますし、私たち自身そう言われて育ちました。しかしあまりしつこく言い過ぎないほうが良いかも知れません。
今後世界はどんな風に変わるかわかりません。天災に遭うかも知れないし、
満足に食べられない時代が突然来るかも知れない。そんなとき、
「食べないと死ぬ」と固く信じている人の方が、絶対早く死ぬと思います。
「しばらく食べなくたって死にゃあしない」くらいに思える人の方が生き長らえて幸せをつかむでしょう。
気持ちの持ちようで全然変わるのが人間という不思議な生き物です。
これからダイエットを始める人はまずこの本を読むと良いかもしれませんね。
「食べないことは間違っていない」と思えると、ダイエット時の空腹感も和らぐかも知れません。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:40:19
『人は食べなくても生きられる。
 そのうえ、疲れず、病気にならず、若返る!』

3年間、不食の男がここにいる!
「不食には食べる以上の喜びがある。老化を遅らせることが可能。
大災害時に救われる。」などなど、常識では考えられないことばかり。

 山田鷹夫 著  (三五館)
 定価1300円+税 2004年11月発行


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:41:09
不食についていろいろ調べていますが、
本は「人は食べなくても生きられる」と「リヴィング・オン・ライト」の2冊しかなく、
参考になるサイトはここの「不食実験の会」しかありません。

ジェムスヒーンさんのセミナーは始めのファイルだけで、
残りは急きょ中止になったためにダウンロードはほとんど不可能でした。
しかし、ジェムスヒーンさんのパワフルな声には感動しました。
通訳が追いつかないほど、これでもかと言葉が繰り出され,セミナーの充実度も容易に想像できます。

セミナーや不食に関する個人的な疑問は、この情報交換BBSか、
又は集いの会に参加して情報をシェアするしか現状ではありません。

集まりに参加できる人はいいのですが、時間や距離的に困難な人も多いと思います。

そこで、チャット形式の情報交換の場もあってもいいのではないかと考えています。
そこで、スカイプ(Skype)によるボイスチャットによる「不食・チャットの会」などはどうでしょうか?

スカイプ(Skype)紹介サイト
http://www.asoblab.jp/archives/skype_report_01.html

ヘッドフォンマイクを購入(1000〜2000円)してもらう必要がありますが、誰でも気軽に参加できると思います。

最大5人しか参加できないみたいですが、それ以上も可能との情報もあります。(あまり多くても、誰が誰だかわからなくなる)
簡単な「不食・チャットの会」のサイトも考えています。

皆さんのご意見をお聞きしたいと思いまして、
投稿をさせていただきました。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:41:58
愚問が湧き上がってきてしまいました。

不食な身体(自分で、デザインできるトコロまで。)を手にいれたとして、逆に『どんなに食べても体重がかわらない』事も、可能になるのでしょーか?

摂り入れた物質を、排泄で出すのでわ、なく、光化スルとか。

自分的にわ、出来ちゃいそうっ。な、気がするのですが。。。

スイマセン。ずれてて。。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:42:37
ぃゃぁ・・・。眠いってきついですね^^;
今日は学校が4時間だったんだけど、そのうちの3時間は寝て、朝の礼拝でも寝てましたねぇ・・・。
まぁ早く寝ないのが原因かな。
誰か不眠症をこれを見た人で治す方法知ってる人居たら、管理人までお願いします。
それじゃぁ今日は寝ようかな・・・。Zzz

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:43:19
こんにちは! (^_^)/  来ちゃいました。(^^;ゞ
「不食」をしていませんけれど、宜しく、お願いします。(^^)
でも、最近、体はそうなりつつあります。「空腹」という観念から離れている意識を感じています。
(少し、行(ぎょう)をしていますので)

『人は食べなくても生きられる』…確かにその通りかも知れないと思います。
もし、これが本当なら、一刻も早く広めなければなりません。
(でも、私は自営の弁当屋なので、ちょっと困りますが。(^^;ゞ)
そうなったらそうなったで、その時のことです。

それで、問題なのは、『人は食べなくても生きられる』という認識が
世界中に広まった時、どうなるかですね。(*^_^*)

このことには、とても興味があります。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:44:04
、「不食」に関することなので、記載しますね。(^^;ゞ

★『人は食べなくても生きられる』という書物に影響を受けたわけではないのですが、
最近、「食欲」をあまり感じないのです。「あっても良い」「なくても良い」という心境といえば、
カッコ良過ぎますますが、「一食主義」なら出来るかも知れません。(^^;ゞ

「不食」の山田さんが、「霊的向上」と「不食」の関係を述べておられましたが、
思い当たることがあるのです。(^^;ゞ
と言いますのは、日課の「世界平和の祈り」なのです。今では日常でも、
私の脳の中に「世界平和の祈り」の祈り言葉が、「波動」として響いているのですが、
この波動が、色々な「執着」を取ってくれているように思うのです。

考えてみるとこれは当然のことでして、いつでも
「世界平和の祈り」が心の中に鳴り響いているのですから、「執着」や「煩悩」が起きる暇がないのです。

「想い」が起こったら、「世界人類が平和でありますように!」
と唱えるのですから、「執着」や「煩悩」が実を結ばないのです。(^^;ゞ

それで分かったのは、「世界平和の祈り」をしていると、「執着」が切れる。
そして、「執着」が切れることによって、「カルマ」が消える。従って、「食欲という執着」が消えて、
「不食」になるということなのではないでしょうか。私はそのように理解しました。(*^_^*)

ヴィパサナの瞑想理論から言っても、これはかなり正解に近いと思うのですが、どうでしょうか(^^;ゞ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:44:48
こんにちは、みなさん。

ロンドンにおります「むー」と申します。

昨日「不食」の本を手にしました。
2005年がはじまってすぐに、不食への道、
そしてスピリチュアリティへの本格的な第一歩となるべく、
猛スピードで、たたみかけるように色々な事がおこっています。
やはり大きな引き金となったのは妙な男に迫られた(笑)ことによる傷と
(自分の「頭=エゴ」が勝手に「自分=魂」を傷つけていたんですけれどね)、
それを回復するために参加したレイキのクラスでしょうか。
再びおとずれる新しい春に、もう〜とってもワクワクしています。
ゆるゆるマイペースでやっていきます。どうぞよろしく!

どうぞよろしく!
これまでの食の道のりは、アユルヴェーダの考えにのっとった食事を2年ほど
→オーガニック食品のみのヴィーガン約1年といったところで、
いまのところ一日2食です。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:45:25
>体重の固定を何度も言っていましたね。
>体重が減っていく様ではだめだって。

そうだったね。僕は60キロ台まで体重が減ったら、
そこでストップしようと思ってます。出来るかな(^^;)?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:46:13
こんなに、沢山の情報ありがとうございました。

う〜ん。素晴らしいね・・ここまで、しっかりプログラムを作成できるなんて
私はベジタリアンだ。肉、魚、卵、乳製品、スープや出汁までそれらを利用していないものを食べる。
全て有機認証たまには、諸事情で少し食べる事もあるけど、ここに行き着いた経緯、
自分の身体が教えてくれたのね。。
沢山食べてはいけない事も、全て私の身体が教えてくれた。
確かに食は、性格にも影響を及ぼすと今までの経験から感じる。

チョイスできそうだし、自分に沿った方法にアレンジもできそうだ。

たぶん、体重の固定も、私にその時が訪れれば、固定するのだと、sakanamoziさんの文面拝読して思った。
とにかくイメージって事なんだよね、そのイメージを確信するって事・・
まだまだ私は、そこに辿り着けそうも無いが・・・なにか私にマッチした方法を見つけられるかもしれない・・
確かにあまりにも痩せすぎては見てくれも魅力的とはいかないからね、
まずいって思った時は、食べる事も必要だ。
私は未だ周波数高くないって思うから・・素敵なヒントありがとう。
私は亀のようにゆっくりした歩みでよいって事だね・・

子龍が言っていた本も、いつか読んでみるね・・

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:46:54
誰にとっても 食は平等に与えられている
船井幸雄さんでさえも 不食は三日で挫折している f(^_^) アハッ

どれほど頭が良かろうが お金があろうが 感性が鋭かろうが 霊性が高かろうが ・・・
人間の肉体性は平等だねぇ それが地球暮らしの平等性だ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:47:59
人のことを言うのは好みではないが
不食の参考に
http://www.funaiyukio.com/hisho/index.asp

http://www.funaiyukio.com/dengon/index.asp?dno=200501005

食べないと言うことは ムツカシイね f(^_^) アハッ

実際に働きながらの減食は難しいね。
イライラするし、鬱状態にもなる。仕事の能率が落ちたりして職場のみんなに迷惑かけるし・・・。
しかも、普段でも様々なストレスに出会う。
そんな時いちばん簡単な解決が食べることになってしまう。今の僕は見事に失敗し欲望に負けてしまっている。
あーあっ、なんか良い方法ないのかな?
「我慢」以外に。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:48:50
不食を志した瞬間、すでに不食はなっている。
この3次元の世界で失敗したりなやんだりは、魂にとっては大いなる遊びである。そう思って過程を愉しむべきだと思う。
それが納得できないなら「太陽凝視」という手もある。
この方法で食べ物の執着が自然にうすれてゆく。
その間食べたいものを食べていい。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:49:32
一応、僕は殆ど毎日腸内洗浄やっているんだけれど食欲だけは抑えられなかった・・・。これが現実。

そうなんだ…。まあ、ジャスムヒーンさんも5年ぐらいかけてゆっくりゆっくり減らして行くのが
いい、と言ってたから、焦ることないんじゃない?

あと僕がちょっと気になったことを一言。

「働きながらの減食は難しい」「「イライラする」「鬱状態にもなる」
「仕事の能率が落ちる」「職場のみんなに迷惑かける」
「今の僕は見事に失敗した」「欲望に負けてしまっている」
ますます潜在意識に刻み込まれ、「やっぱり自分には出来ないんだ」と自己暗示にかかってしまうよ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:50:10
食は平等じゃないよ。
平等なの?
何をして平等?
わかんないや。

だって、飢えで毎日人が死ぬ国もあるし、飽食で毎日人が死ぬ国もある。
肉が大好きな人もいるし、肉が最初っから嫌いな人もいる。
野菜が大好きな人もいるし、野菜なんて食えない人もいる。
卵アレルギーの人もいるし、蕎麦アレルギーの人もいる。
酒を代謝する酵素が多い人もいるし、全くないひともいる。
お腹が空いていても平気な人もいるし、耐えられない人もいる。
断食が好きな人もいるし、嫌いな人もいる。
ジャスムヒーンさんが言っていたが、
最近生まれてくるクリスタルチルドレンの中には、最初からプラーナで生きている子供もいる。
そいう子供は固形物を食べたがらない。
で、そういう世の中、やっぱり、食は平等なの?
何がどう平等なの?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:50:52
してないんですけど。書いてイイのかな??(恐る恐る)

書いちゃいますね。すみません。

3ヶ月位前に、何故かいきなり、『食べなくてもいい』と、中身に言われて、断食でもするかぁ。??と始めたら、新聞広告に
『不食』本。即、予約、で、手に入れました。

『コレだっっ。ワタシのもとめていたものわっ!』

で、ジャスムヒーンさんの、イブニングセミナー行きました。

後ろの方で、手ぇ、挙げて、質問してた、女ですっっ。

取り合えず、今、1日、1食、時々不食。

ひと呼んで『プチ不食』やってます。

空腹快感に、ヤラレテます。

いじょっ。お邪魔しました!

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:52:09
近年の栄養学によれば、人体に必須とされるB12ビタミンは
動物性食物の中にのみ存在していることが確認されている。
従って、菜食主義は人間にとって本来は不適切な状態であると言えるはずなのである。
しかしまた最近行われた報告によれば、そうした事実にも関わらず、
菜食主義を実践している人々の身体から十分なB12ビタミンが存在していることが発見されている。
この結果は研究者らを悩ませたが、更なる研究の結果、それらのビタミンは腸内の
マイクロフローラ(常在細菌群)の活動によって合成されていることが明らかになりつつあるという。
また更に別の研究では、人間の腸は、アミノ酸を合成する微生物を作り出すことが可能であるという
新たな事実も報告されている。




と、体の中に、栄養素を生成する微生物が存在し、
食べなくても生きていくうえでの
栄養素を確保できるといった感じの展開になっております。本当かどうかは知りませんが。

ところで、この『不食』という言葉。気になってみたので、
「ぐぐって」見ました。
・・というか、日本でも実践している人、居るみたいだし。
というか「人は食べなくても生きられる」なんて本も出ていたんですね。

日本は食料自給率も低いことだし、将来あるかもしれない食糧危機に備えて興味がある人は試してみたら?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:53:34
山田鷹夫さんの「人はたべなくても生きられる」をお昼休みをかねて読んでみた。
船井幸雄さんのところに書いてあったので気楽に買って読んでみたんだけど、
すばらしい本だった。タイトルそのもので、何も食べなくても生きていけるという本だ。
正確には少しは食べているけれど、食べているという部類に入る食べ方ではない。世界の中で、
何も食べずにずっと生きながらえている人もいるみたいで、それについても書いてある。
僕は10年近く前に今より10Kg位太っていて20歳の頃から比べると15Kg位多かった。
ちょっとまずいと思って今の体重に戻した。そのときのダイエット方法は単純明快。
朝とお昼をできるだけ食べない。それだけだ。
大体3ヶ月くらいで今の体重になった。
だから今でも体重が増えると朝と昼は抜く。
だからといって体調が悪くなることは今までなかったなあ。
でも20才のころの体重がベストとされているんだけれどその、68Kgにはいまだにならない。
だからそれを目指して少し食事を抜くかと考えていたところだった。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:54:48
山田鷹夫さんの「人はたべなくても生きられる」をお昼休みをかねて読んでみた。
船井幸雄さんのところに書いてあったので気楽に買って読んでみたんだけど、
すばらしい本だった。タイトルそのもので、何も食べなくても生きていけるという本だ。
正確には少しは食べているけれど、食べているという部類に入る食べ方ではない。世界の中で、
何も食べずにずっと生きながらえている人もいるみたいで、それについても書いてある。
でもそんなダイエット本ではなかったんだね、これが。
まず人は食べなくても生きていけるということが、常識を覆すよね。
仮に食べなくても生きていけるとしよう。そんな実例も出てくるけれど、
でもそれも大したことだけど、食べなくても生きていけるとなると、
相当な数の企業が倒産するよね。だって食品関係はみんなだめでしょ。
それに農家だって大打撃だよね。レストランもそうだ。
もっともっと凄いことは、お金を使う機会が極端に減るってことだよ。
だから資本主義は当然崩壊するし、この本にあることを真に受けると、
なにも食べないことで体が精妙体というものに変わる。まあ多分半霊半物質みたいなことかもしれない。
だから体も心も5次元にいける?かな???
それよりも何よりも、「お金から自由になれる」可能性が非常に強い。
もっと言えば「欲望から自由になれる」かもしれない。
お金から自由になることは、沢山稼いだりためたりすることでなくて、
もしかしたらお金を使わなくてもよくなることなのかなあ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:55:38
僕の経験は一日一食だけど、それも慣れればたいしたことがない。
ちょっと考えるととてもおなかがすくんじゃないかと思うけど、
もちろんお腹はすくんだけど、ちょっとした快感になる。すぐ慣れる。
飲みにいったときは食べてしまうけど、
でも食べるということは体に非常に負担がかかることはこの本を読むまでもなく
よくわかる。徐々に挑戦してみる価値は十分あるように思う。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:56:19
歳を取って、高齢者になれば、身長が高ければ、それだけ体重も必要になるし、自分の負担も大きくなる一方だ。
老人ホームに入るにしても、今の高齢者の基準で、施設を充実させているわけだけれど
あまり、若いときに身長を伸ばしたり、体格を大きくすると高齢者になって
介護するほうも、介護されるほうも大変だぞ。
日常生活をしている限り、身長は、高くなくてもいい。
せいぜい、165センチメートルから170センチメートルが男女とも限界だ。
これ以上、身長を伸ばしたら、体格の維持のために体重も増やさなければならない。
また、身体が大きい、または、身長が高いと、身体も起き難くなるし、
30代半ばを過ぎれば、朝起きるのも大変だ。完全に目が覚めるのに昼まで掛かることも
当たり前になるぞ。身長が高くなれば、体格も大きくなるし、それに見合う体重も
必要になる。当然、身体への維持のために、負担も重くなる。
自動車でも、軽自動車やカローラは小回りも効くし、燃費もいい。
また、エンジンを駆けたら、すぐに動くし、走る。
しかし、大きいベンツやセルシオを見れば燃費も掛かるし、維持費も大きい。
エンジンをかけても、ハイオクガソリンでも、完全にエンジンが掛かるまで
時間が掛かる。人間も自動車も機械も大きければ負担は大きくなるし、維持も掛かるぞ。
女の子にモテたいがゆえに、身長を伸ばしたい気持ちはわからない訳でない。
しかし、自分の健康や将来の為にも日常生活を営む上で適正な身長と体重を
考えて、心がけてみる必要性があるよ。
それに、あまり、身長が高いと、それだけ体格も大きくなるから、
風邪を引いたり、怪我をしたりすると、いかに、自分の身長や体格が負担になっているのか
判るよ。それに、身長が高いと、体格も多くなるから、自分の身体が
いよいよ、邪魔になるときがあるよ。(特に、30代を過ぎると)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:57:25
身長が高ければ良いってもんじゃない! 高身長こそ心疾患のリスクファクター!
全国の低身長のみなさん、およろこびください。
高い身長のものどもに見下げられ、ねえちゃんたちは高身長といだけでそいつらにほれて・・・
肩身のせまい思いをしていたとおもいますが、今日から胸をはってください。


背が高いと心臓病になりやすいのです。(ほんとかなあ・・・)


低身長は冠動脈疾患や卒中ののリスク要因なのか。レビュー。
Is short height really a risk factor for coronary heart disease and stroke mortality? A review
Med Sci Monit, 2004; 10(4): RA63-76
身長と心血管疾患(CVD)には逆相関があるとの報告がある。比較的少ないため、社会経済的あるいは他の要因が混在している。
反対に、多くの研究では、伝統的に低身長の西洋の社会では、高身長の西洋の人種に比べ低CVDである。
低身長の人は冠動脈疾患死亡率が低く、比較的卒中死亡率が少ないということを示唆。
たとえば、低身長の南ヨーロッパ人は北ヨーロッパの人より冠動脈疾患死亡率が半分。
加えて、身長の低いethnic群とカリフォルニアの高身長群では有意に死亡率が低い。
アメリカ原住民、日本人、インディアン、パキスタンの研究でも同様に冠動脈疾患、卒中の頻度、死亡率が低身長で低い。
冠動脈疾患死亡率の高い割合は身長の低い女性vs高い女性は、低い男性vs高い男性とほぼ同じ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:58:09
食事に関連する危険性の主要な決定には、
人生の最初の二十年代で殆どの効果をもっているかもしれません。
早発性急速成長と早発開経と成人期の高身長は、
このがんの危険性を増します。野菜と果物に富んだ食事はほぼ確実にこの危険性を減らします;
体重量が多いとほぼ確実に閉経後でのこの危険性をまし、
アルコール消費はほぼ確実に危険性をまします。
乳癌の家族歴があると、危険性をまします。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 04:59:02
高身長は問題が大ありだぞ。

背が高いデメリット 180cm〜 (アジア人178cm〜)

・足腰がかなり弱りやすく寝たきり・介護が必要になる傾向アリ

・マルファン症候群など遺伝子変異による疾患が発生する可能性が高い

・知能が比較的低い。幼稚。
 生物学的には、一般的な知能は体の大きさに比べて脳がどれだけ大きいかで決定される。
 (モンゴロイド>コーカソイド>ネグロイド)

・虚弱体質になる
 大きな身体を維持するためには大きく丈夫な内臓が必要である。
 大柄ではない人と同じ大きさの内臓の場合がほとんどで明らかに虚弱体質となる。
 大きな身体は維持するだけで余分なエネルギーを必要とし、常に疲れを感じている。

・激しい頭痛が頻発する

・ガンの発病率は低身長の数倍

・循環器系の内臓を悪くする可能性が非常に高い。

・長生きしない場合がほとんどである。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:00:27
著者山田氏がいうように自分のリスクで挑戦してみようと思う。
ほんとに自分の決意だけで始められるから嬉しい。
低血糖でぶっ倒れることのないよう徐々に徐々に摂取するカロリー
を減らしてゆくのが正しいと思う。
体重だけでなくカラダのサイズも測って記録してゆこうと思う。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:01:16
戦前および戦後間もなくの日本人の身体は小柄でした。
  1962年(昭和37年)に17歳の男子の平均身長は163・8cm、体重55・7kgで、
同年齢の女子の身長と体重は153・6cmと50・9kgでした。
  「こんな体格(体力ではない)では、大男や大女ぞろいの欧米人やアフリカ人に、オリンピックで勝てない」
「大きいことはいいことだ」「タンパク質をとろう」が1960年代の合い言葉でした。
  若い女性が結婚相手に望むものとして「3高」(高学歴・高給取り・高身長)というのもありました。
  確かに、肉を食い牛乳を飲むようになって日本人は大きくなりました。
  1997年(平成9年)に17歳の男子は、身長170・7cm、体重61・0kgで、
女子の体重と身長は158・4cmと52・3kgでした。
  過去35年間に17歳男子と女子の身長は
それぞれ6・9pと4・8cm伸び、体重は5・3sと1・4kg増えたことになります。
身長に比べ、女子の体重の増加が少ないようですが、出産後、急激に増加して、
肥満度指数25以上の肥満が19%(男性は21%)になっていますから、褒められた数字ではありません。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:02:02
日本人の食生活は、「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ」(宮澤賢治)というのが典型でした。
  言いかえますと、日本人の食生活の基本は「穀物+大豆+野菜+(魚介類)」で、過去 2000年にわたって、
米をはじめとするでん粉が主成分の穀物に支えられてきました。
この食生活は、明治維新によって、西洋文化が導入されても基本的には変わることはありませんでした。
しかし、敗戦のショック以後の50年という短期間で日本人の食生活は一変してしまったのです。
「穀物+大豆+野菜+(魚介類)」という、日本人の食生活が1000年前に成立したと仮定しますと、
その期間がどの位の長さなのか実感できないでしょう。
そこで別の物差しで考えてみましょう。
私たちには二人の親がおり、それぞれに二人の親がいます。
人はだいたい30歳位までに子どもをつくりますから、1世代を30年と仮定しますと
30年毎に祖先が倍々化し、1000年は33世代に相当します。
従って、1000年前の祖先の総数は2の33乗、80億人になります。
今、あなたは、この80億の祖先が食べ続けてきたものを捨て、祖先が全く知らなかったものを食べています。

人間の身体は60兆の細胞からなりたっており、細胞の構造と機能は変わりませんが、その構成成分(アミノ酸や脂肪酸など)は、6ヵ月でほぼ入れかわります。
アメリカ人のような食事をとれば、遺伝子が違うあなたの身体は、アメリカ人の食事に含まれているアミノ酸や脂肪酸などによって構成されることになります。
しかし、あなたの遺伝子や身体つきがアメリカ人のようになるわけではありませんし、あなたの身体はあなたが食べたそのもの(You are what you eat.)で、
あなたが毎日食べている物で構成され機能しますから、機能障害をおこす(病気になる)のは当たり前なのです。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:02:51
脱脂粉乳の支給とか、パンと牛乳からなる学校給食は、
アメリカの余剰穀物の販売戦略の一環としか思えません。
  1950年代のアメリカは、緑の革命の真只中にあり、
余剰穀物の販売先として巨大な人口を抱える日本を標的とし、
米食民族をパン食民族に変えようとしていたのは明白です。
  悔しいことに、日本人は、官民あげて、特に、教育と出版業界の無責任ぶりはひどいもので、
その戦略の一端を喜々として担いました。
  その結果は、歴史的な食文化改造の成功に酔った、CIAによって書かれた食料危機に関する内部通達、
「深刻化する穀物不足により、アメリカは食料不足に悩む第三世界の生殺与奪の権を握ることになろう」に端的に現われています。
  しかし、牛乳や乳製品の消費量の増加に一役も二役もかったのはなんと言ってもアイスクリームとバターでしょう。
牛乳の臭いが嫌いだという人でも、舌の上でとろける柔らかい甘味を嫌う人は少ないからです。
  牛乳や乳製品の消費量が増えただけではありません。
  日本人は肉も食べるようになりました。
1947年の1人当たりの年間消費量は2・1kgでしたが、
1960年に6・8kg、1970年に15・5kg、
1971年にマクドナルドが上陸して拍車がかかり、
1980年に24・8kg、1990年に26・0kg、1995年には30・0kgに達しました。
戦後の50年間で14倍に増えたことになります。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:03:34
日本人が牛乳を飲んだり肉や乳製品を食べたるようになったのは、敗戦のショックで、
「欧米人は獣肉を食べたり、牛乳を飲んでいる。
西洋人のように大きく強くなるには、獣肉を食べ牛乳を飲まなくてはならない。
日本人でも母乳だけで体重が3ヶ月で2倍になる」という、恐ろしい、牛乳神話のはじまりでした。
  1946年に牛乳・乳製品の1人当たりの年間消費量は1・13kgで、GHQ(連合軍総司令部)は、
学童に脱脂粉乳でつくったミルクを飲ませました。
  1954年に学校給食法が公布され、給食の主体はコッペパンと牛乳で、
「米を食っていたから戦争に負けた」「米を食うと頭が悪くなる」などと言われました。
  1960年に12・0sでしたが、高度経済成長期に入り、この頃が絶頂期であった、
アメリカ映画で観たバターをぬったパン・フライドエッグ・牛乳という朝食は日本人の憧れとなり、
パン食に牛乳やコーヒーが急速に普及しました。
  1970年は28・8kgで10年間で倍増、1980年に42・0kg、1990年に47・5kgと増加し続け、
1995年に52・7kgとなって最高記録(1946年の46・6倍)をつくり、
過剰エネルギーの弊害が説かれるようになって、牛乳・乳製品の1人当たりの年間消費量は減少傾向に移りました。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:04:18
そうです・・・・・

あたしが太るのもストレスかな?
彼氏にはもっと太れって言われるし・・・・・。
いっそのこと70kgまで太ってみようかな?
なんか65kgも70kgもそんなに変わらない気がしてきた。
つーか、もうお菓子を口にしてるし・・・・・

そうそう、家にある血圧計で計ったら、148/97って出たんですが、どうなんでしょうか?
スレ違いでごめんなさい・・
でも20歳過ぎるといつのまにか痩せてるパターン多いよー
血圧はちょっと高めかもしれないけど
110-120前後/70-80前後くらいがいいと思う
確かに高めだね。
上は110前後でよいのでは?

えぇ〜〜・・・・やっぱ血圧高いですか!?
階段とか上ると、結構息切れしたりするんですよね・・。
開き直りで太るのはやっぱり将来後悔するのかなぁ。
う〜ん。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:04:55
デブなのに低血圧なのってなんで?
前に_イエットした時に、更に血圧下がって上が70とかの
笑えない状況になったこと考えると怖い。それとも身長が
平均ずばりだから、体重もそのくらいに抑えたらいいのかなぁ。
時代に逆行でスレ違いですが、
私70kgまで太ってみる事にしました。
彼に相談したら大賛成されて、達成したら指輪を買ってくれる約束をしました。
主食を食べ過ぎると親にバレるので、ひたすら彼の差し入れのお菓子を食べます。
お菓子大好きなあたしには天国です〜♪
さっきから3時間の間でポテチ5袋食べました。
高校2年の時から連続2年保険委員やってます。
ちなみに東京の高校。
体重平均とか出したことは無いけど、書き込みやってると
一番多く感じるのが157センチ〜163センチで、体重は52キロ〜55キロです。
で、超ガリがクラスに3人、超デブがクラスに1人。デブが2人。
痩せてる子とぽっちゃり合わせて10人、残りは普通って感じなので
この平均、結構合ってるんじゃないかなー?
高校生は食べ盛りだと思うから、みんな結構食べてるし。

ちなみに、太ってても低血圧な子結構いますよ。
痩せてても高血圧すぎ!!って子もいるし。でも、全体的に低めが多いかな?
肥満と血圧って関係ないんじゃ・・・?


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:05:41
戦前の日本では、食うのがやっと、時には餓死の恐怖にさらされる
ことも少なくなかった極貧な若者に比べれば、帝大に行けるような裕福な
家庭の若者は数cm程度背が高かったが、その彼らも身長に必要な高栄養食
ではなかったので、今の若い日本人の平均には遥に及ばない。

飽食の時代である現代日本では、ほとんどの者が、身長に必要な栄養量を
十分満たしているので、身長差を決めるのは遺伝の影響が大きいと思われる。
 ※欧米に高身長が多いのは昔からの遺伝もありますが大昔から、高タンパク質中心の食生活(バター、肉類、ミルク)をしてて子供を9時には寝かせる習慣があります。
  欧米は動物性タンパク質が中心ですが、実は植物性タンパク質の方がより効率的だといわれています。
  ですから、せっかく日本に生まれて植物性タンパク質の多い食物が多いのですから、多く摂取するように心がけてください。
  健康にも良いですしね。摂って損はありません。
※遺伝は5割と言われています。残りの5割は自分の生活習慣で改善できます。
 ※人生に於いて成長期は3度訪れます。男性の場合は25歳まで(女性は20位まで)骨を伸ばす事が可能。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:06:22
身長が高ければ良いってもんじゃない! 高身長こそ心疾患のリスクファクター!
全国の低身長のみなさん、およろこびください。
高い身長のものどもに見下げられ、ねえちゃんたちは高身長といだけでそいつらにほれて・・・
肩身のせまい思いをしていたとおもいますが、今日から胸をはってください。


背が高いと心臓病になりやすいのです。(ほんとかなあ・・・)


低身長は冠動脈疾患や卒中ののリスク要因なのか。レビュー。
Is short height really a risk factor for coronary heart disease and stroke mortality? A review
Med Sci Monit, 2004; 10(4): RA63-76
身長と心血管疾患(CVD)には逆相関があるとの報告がある。比較的少ないため、社会経済的あるいは他の要因が混在している。
反対に、多くの研究では、伝統的に低身長の西洋の社会では、高身長の西洋の人種に比べ低CVDである。
低身長の人は冠動脈疾患死亡率が低く、比較的卒中死亡率が少ないということを示唆。
たとえば、低身長の南ヨーロッパ人は北ヨーロッパの人より冠動脈疾患死亡率が半分。
加えて、身長の低いethnic群とカリフォルニアの高身長群では有意に死亡率が低い。
アメリカ原住民、日本人、インディアン、パキスタンの研究でも同様に冠動脈疾患、卒中の頻度、死亡率が低身長で低い。
冠動脈疾患死亡率の高い割合は身長の低い女性vs高い女性は、低い男性vs高い男性とほぼ同じ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:07:04
食事に関連する危険性の主要な決定には、
人生の最初の二十年代で殆どの効果をもっているかもしれません。
早発性急速成長と早発開経と成人期の高身長は、
このがんの危険性を増します。野菜と果物に富んだ食事はほぼ確実にこの危険性を減らします;
体重量が多いとほぼ確実に閉経後でのこの危険性をまし、
アルコール消費はほぼ確実に危険性をまします。
乳癌の家族歴があると、危険性をまします。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:07:45
喫煙は心臓に悪い。肥満も心臓に悪い。高身長も心臓に悪い。
たぶん飲酒も心臓に悪い。もしかしたら賭け事の緊張感も心臓に悪い。
激しい運動も心臓に悪い。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:08:25
欧米の脂っこい食事&肉は食べなれていなかったのに、戦後、急速に食の欧米化
(というよりはアメリカ化)が進んでしまったから、体も対応しきれず肥満急増だと思うよ。

アメリカにもデブはいるがあっちは一応、何百年間も脂ギッシュを食べてきているんで
(30万年間飢餓に耐えてきた体からすれば飽食の現代なんてほんの一瞬なので、まだ
ホルモンも飽食対応はインスリン1つしかないように、あまり対応できてはいないが…
沖縄よりは歴史が長い分)、少しは体も対応できていると思ふ。

沖縄で「飽食」なんて1970年以降の30年〜40年間程度だと思うので、体は全然慣れてません。
で、いつ飢饉が来てもいいように「あまったカロリーは脂肪に変えて溜め込んでいる」んだけど
「もとから脂肪を溜めやすい体」+「アメリカ譲りの脂ギッシュなオーバーカロリー食生活」
+「お酒大好き県民性」+「喫煙率が全国平均より高め」+「自動車社会で歩かない、運動しない」
+「失業率高し」
のトリプルパンチ×2で平均寿命激減でつ、団塊の世代以降が高齢者になったときさらに激減しそう
全国でも下位のグループに入るかもね(´・ω・`)

しかも、「沖縄の伝統食は長寿食なのよ」とか言って「ごーやーちゃんぷるー」で野菜と豆腐だけなら
いいが+ポークが入ってくるので、長寿食と思って食べているけど実は脂ギッシュっすよ
ってシーンも多い。沖縄人の肥満率は全国の2倍らしいです。
沖縄人は欧米人みたいに、白色脂肪体質が多いから、太りやすいんだよ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:09:21
直截役に立つ情報はほとんど載ってないんだが、お金と暇がある人は「太りゆく人類 -肥満遺伝子と過食社会-」エレン・ラペル・シェル 早川書房(\1900+tax)を読むといいかも。
沖縄が辿り着いてしまうかもしれない肥満社会の例が紹介されているぞ。
戦争飢饉などがない安定した社会で平均寿命が短期間で世界最高水準になり
短期間で生活習慣病により急落した(しつつある)ってのは、世界でも類を見ないかも。
紹介した本に載っているミクロネシアのコスラエ島の例は、沖縄の未来を見るようでぞっとした。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:10:23
明治 大正生まれまではどうにか長寿を維持できるんじゃないかな?問題は昭和
生まれだよ、ほれ第2次世界大戦1番栄養が必要な時期に栄養不足した昭和初期生
まれの人たち後5〜6年で平均寿命はグンと下がるはず、それから拍車をかけて
くるのが戦後生まれの我々過度の栄養体にいいわけない、長寿神話はつずかない
 それと余談になるかもしれんが 本土の学生服のメーカーが言っていたんだけ
沖縄は1番サイズが合わせにくいらしい極端に手足のサイズが短い人と長い人と
で標準の日本人体形が少ないって聞いた事がある、今氾濫しているチキン等成長
促進剤で飼育してるの多いからその辺の影響が子供たちに出てきているんじゃな
いか?と私は思うのだが。
 最近大きい人多くないか!
言葉は悪いが的は得てるとおもうよ、俺よく東南アジアの国々行くのだが乳飲子
抱えて道に倒れて物乞いしている姿良く見るんだ、日本やアメリカ等の発展国
ではお恵みなどやらないはずだけど さすがにあれ見た時には金あげたよマジ
この人明日生きているかナァ?って言うのが1目でわかるくらいだったもん
国民のほとんどが貧しいのだが「持っているものは与えよ」って精神を人々が
持っているね、色々と国を見てきてきずいたのは日本(米も含む)はとにかく異
常 少し話さかのぼるが何年か前にあった米騒動おぼえてるかなぁ?日本人が
タイの人怒らせたでしょう、米をまわしてもらって「マズイ」と平気で言える
基本的に美味いもの食って当たり前だと思っている  肥満で早死にしました
なんて発展途上国に対して申し訳なく思わないとダメだね!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:11:06
寒い地域では、少しでも太陽に近づこうと背が伸びる→結果、高身長に。
暑い地域では、少しでも太陽から遠ざかろうと背が縮む→結果、低身長に。

自然の摂理だねw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:11:37
私は小学6年生の時は158cmで60kgだった覚えがある。
今27歳で184cmで120kg・体脂肪率40%だ。
体重は僅か5年で倍になってしまった。
着れる服が殆ど売ってない。
生活習慣病の心配もしなければいけない年齢だし
ダイエット始めたよ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:12:09
高身長は問題が大ありだぞ。

背が高いデメリット 180cm〜 (アジア人178cm〜)

・足腰がかなり弱りやすく寝たきり・介護が必要になる傾向アリ

・マルファン症候群など遺伝子変異による疾患が発生する可能性が高い

・知能が比較的低い。幼稚。
 生物学的には、一般的な知能は体の大きさに比べて脳がどれだけ大きいかで決定される。
 (モンゴロイド>コーカソイド>ネグロイド)

・虚弱体質になる
 大きな身体を維持するためには大きく丈夫な内臓が必要である。
 大柄ではない人と同じ大きさの内臓の場合がほとんどで明らかに虚弱体質となる。
 大きな身体は維持するだけで余分なエネルギーを必要とし、常に疲れを感じている。

・激しい頭痛が頻発する

・ガンの発病率は低身長の数倍

・循環器系の内臓を悪くする可能性が非常に高い。

・長生きしない場合がほとんどである。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:12:46
180はぎり背が高め。
まあたいしたことないわな。 今時180なんてでかくないだろ

今の男子大学生を100人集めれば。
160cmより低い学生が約2人
160〜165cmまでの学生が約10人
165〜170の学生が約26人
170〜175の学生が約34人
175〜180の学生が約20人
180〜185の学生が約7人
185cm以上の学生が約1人となる。

180cm以上は7.77%なので164未満(8.5%)と同じくらいになる。
よって180cmが高くないというのはおかしい。164cmは低くないというようなもの。
日本人はいつからチビの国でなくなったんだろう?日本人は昔から外人に比べて小さいんだよ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:13:46
実はわれわれは欠陥生物である

 ところで、地球上の生物(われわれももちろんその一員である)は大きく分けて
「独立栄養生物」(光エネルギーを利用して自分で有機物を合成できる生物。植物の大部分がこれに当たる。)と
「従属栄養生物」(自分で有機物を合成できないので生存するためには他の生物から有機物を奪う必要がある生物。
動物すべてと植物の一部がこれに当たる。)に分類されるのである。

 しかも、当然のことながら独立栄養生物のほうが先にこの地球上に誕生したのである。
そして、あたりまえではあるがこの「独立栄養生物」が増えるとこの生物が合成した有機物も増加する。
そして、この有機物がある程度まで増えるとついに自分で有機物を合成できなくてもその生物が生存できるようになり、
まさにこのときに「従属栄養生物」なる生物が誕生したのである。

 ここで少し考えてみると、あたりまえではあるが独立栄養生物は従属栄養生物よりも
その生存能力がはるかに高いことがわかる。
なぜなら先述のとおり独立栄養生物は太陽が存在する限り自力で有機物を合成できるので
従属栄養生物よりもはるかに餓死しにくいからである。
それにもかかわらず、実際地球上では動物のほとんどすべてが餓死しやすい従属栄養生物である。

この理由は、先述のとおり自然淘汰はまず近い将来の利益を優先し、
その結果遠い将来の利益は後回しにされる傾向があるからである。
ここで考えてみると、御存知のとおり従属栄養生物は独立栄養生物が存在して
はじめてその生存が可能となるが、これを逆に考えると独立栄養生物が
十分な数だけ存在しているときには独立栄養生物も従属栄養生物もその餓死しにくさ(すなわち生存能力)は
ほとんど変わらないことになる。

 以上のことから、独立栄養生物が従属栄養生物よりも決定的に有利になるのは
独立栄養生物が絶滅したときだけなのである。
そして、独立栄養生物が絶滅することは遠い将来には起こりうることかも知れないが
(もちろんそのときにはとっくに従属栄養生物が絶滅している)、近い将来に限って言えばほぼ絶対に起こらないことなのである。

 したがって、従属栄養生物が独立栄養生物よりも劣っているからと言って
それが自然淘汰の結果排除されるとは到底考えれないのである。
この事実を他の自然淘汰についても当てはめてみると、
地球上に誕生した生物には光合成できない動物や雌をめぐって
争いばかりやっている雄など数多くの欠陥が存在しているが、
このことはこのような自然淘汰のしくみを考えれば仕方のないことなのである。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:15:04
世界中で決して少なくない人々が一切食事を取らず -
そして水さえ飲まずに - 何の支障もなく生活しているという。

ロシアの動物保護団体会長のイリナ・ノヴォジロヴァ氏はここ数年に渡り、不食を実行している人物である。



モスクワには不食を実行している団体がありますが、
彼らは定期的に集まってそれぞれの活動を報告しあっています。
…ある女性の話では、幼児が7歳になるまで母乳を与えた結果、
8歳になるまでには何の苦もなく独立栄養人間となることが出来たそうです。
その母親はもちろん、食べることも飲むこともしません。
しかし、母乳はちゃんと出るんですね

…65年間に渡って水も食料も摂取せずに生活している男として世界中に紹介された
プララド・ジャニ氏は、最も有名な不食実践者の一人である。
氏は6歳の時に水と食料を絶ち、現在に至るまで不食を実践し続けている。
一昨年には科学者らによって調査が行われたが、そこで彼は不食が嘘でないことを証明し、
科学者らの度肝を抜いた。調査でジャニ氏は数日間に渡って完全な監視体制が敷かれた部屋に入り、
水や食料を摂取せず、更には排尿、排泄さえも行わずにそこで暮らしたという。
そして数日を経て尚、ジャニ氏の身体は至って健康のままだったのである。
また調査でジャニ氏の体内では尿が生成されていることが明らかになったが、
それは排尿されず、膀胱に吸収されていることが明らかになったという。
そしてジャニ氏は実験を終え、まず空気から水を得ていること、そして口蓋に孔があり、
そこから流れ出すエネルギーを摂取していることなどを語っている

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:16:33
…近年の栄養学によれば、人体に必須とされるB12ビタミンは
動物性食物の中にのみ存在していることが確認されている…
にも関わらず、菜食主義を実践している人々の身体から
十分なB12ビタミンが存在していることが発見されている。
この結果は研究者らを悩ませたが、更なる研究の結果、
それらのビタミンは腸内のマイクロフローラ(常在細菌群)の活動によって
合成されていることが明らかになりつつあるという。
また更に別の研究では、人間の腸は、アミノ酸を合成する微生物を
作り出すことが可能であるという新たな事実も報告されている。
これからの勝ち組は独立栄養生物なのか???

近年、世界中で決して少なくない人々が一切食事を取らず -
そして水さえ飲まずに - 何の支障もなく生活しているという。
そしてそうした人々は、自らのことをして「独立栄養生物」だというのである。
独立栄養生物とは、例えば光合成を行う多くの植物のように、
自分自身で栄養を生産し、それを自らの生命の糧とすることが出来るものを指す。
しかし、本来生態系において最も強欲な消費者 -
「従属栄養生物」である人間に、本当にそんなことが可能なのだろうか。

世界中の人間はいつだって食べ物を食べてます。
しかし、少数の人間は食べることをしないのです。事実、彼らは「食べること」を全く考えないのです。
彼らは自らの「autothrophs」(独立栄養生物)と呼びます。
この単語は、もともとは自分で栄養を作れる有機物を示します。
独立栄養生物は、10年もの間ハンガーストライキに行くことだって出来るのです。

動物の権利を守る組織のイリーナ・ナブラチロワさんは、驚くべき人間に関する話をしました。
その人間は食べ物と水なしでも生きることが出来るのです。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:17:52
(以下、イリーナさんの発言より)
”食べることをしない”と言う考え方は、昔っからあります。
ロシアの哲学者、特にベルナッキーは人間が食べ物を食べないで生活する可能性を考えていました。
ベルナッキーは、人間が宇宙からのエネルギーを受けることによって、
自分の栄養を補給できる生き物であると考えていました。
今日、何人かの人間は物理的に食べ物を摂取しないでも生活が出来ることを証明することが出来ます。

地球に存在する全てのものを、2つのカテゴリにわけることが出来ます。
『独立栄養生物』と『従属栄養生物』です。
植物の大部分が独立栄養生物に属し、彼らは太陽エネルギー(日光)から光合成をし
エネルギーを得ます。人間と動物は従属栄養生物に属します。
したがって、太陽と宇宙のエネルギーによって生活をする人々は、
人間よりも植物により近い存在なのです。

食べ物を食べない独立栄養生物のグループがモスクワにいます。
彼らはコンスタンチンワシリエフ博物館に集まっています。
彼女は子供に母乳を与える時、例えば7歳まで母乳を与えて育てると
8歳になる頃には子供も独立栄養生物になっているのです。
そのような女性がいるのです。私は時々、その食べ物を全く食べない人達と話をするのです。

彼らはまず菜食主義者(ベジタリアン)になります。
そして徐々に野菜も食べないようにしていくのです。
そして全ての食べ物を食べるのをやめた時、
彼らは一切の液体を飲むこともやめるのです。彼らは何も飲みません。
私は彼らの健康状態が悪いとは言えません。
今健康でとても明るい人達です。
しかし、私はこの記事を読んでる皆さんに「食べることと飲むことをやめること」は
不可能であると注意をしたい。それはゆっくりと一歩一歩するべきなのです。
そうしなければ致命的な結果(死)に繋がってしまいます。
飢餓で死んでしまうでしょう・・・。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:18:26
医師は、独立栄養生物が新しいタイプの自給自足の人間であると言います。
近代科学は、既に人間が自分で栄養を作り出す能力を確認したのです。
医療関係者は既に、人間の腸の中でアミノ酸を作り出す微生物を作り出すコトができることを発見しています。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:19:20
人類は自分たちは他の生物とは違う特別な存在だと思っている。他の動物の餌になることもなく、一方的に他の生 
物を餌にすることを当たり前と思っているか、やむを得ないことだと思っている。そして人類の生存を脅かす他の生 
物に対しては容赦はしない。
他の生物の生存の場を奪っているのは人類であるにもかかわらず、絶滅に瀕した種に対しては学問上の興味からか、
絶滅してゆく種に対する憐れみの情からか保護しようとする。類人猿、イルカ、クジラ、犬猫、象、牛馬ともなれば 
仲間としての情をもつ。ところが食料にもするし動物園に閉じこめたりもする。人類は他の生物種に対して矛盾した 
扱いをする。大脳新皮質のないヘビやカメなど爬虫類以下の動物例えば魚類や昆虫などは何も考えてはいない。本能 
に支配され、刺激と反応で行動しているだけである。
地球上に動物が誕生して以来、動物は生命維持と種の存続のためには、他の生物を食料にするという食物連鎖が前 
提となっている。他の動物の餌にならなくてすんでいるのは食物連鎖の頂点にいる人類か百獣の王かである。人類が 
食物連鎖の中間にあったとしたら餌の獲得と他の動物から身を護るために安穏としてはいられなかったにちがいない。
植物のように独立栄養生物ではなくて従属栄養生物だから、微生物以上の他の生物が絶滅して、なお人類だけが生 
き延びることは不可能である。地球上に生を受けたものとして全ての生物は少なくとも虐待を受けていいという理由 
はない。動物保護法があるけれども、動物保護法というように人類は自分達を動物ではないと思っている。
自分たちがしていることは動物以下であることには気がつかない。技術の粋を集積した兵器で大量に仲間を殺戮す 
る動物が人類以外にいるかどうか見渡して見てみるがよい。
他の動物の餌にはならないけれども、だからといって人類はそれほど平和で幸福な生活が保証されているわけでは 
ない。人類は微生物に対しても決して優位にはない。目の前の現実としてはエイズだとかサーズだとか、以前はエボ 
ラ出血熱だとか人類の手に負えない微生物の襲撃がある。

 地球規模では、資源を食い尽くし、環境を破壊し尽くし、愚かな戦争だとかテロにより自滅への道をたどる。物事 
の紛争を暴力で解決しようとするくらい愚かなことはない。憎しみが憎しみをエスカレートして問題が解決するどこ 
ろか人類が滅亡するまで続くにちがいない。

 人類を脅かす新たな問題は、人類がやっと築き上げてきたモラルが急速に崩壊し始めたことである。日常生活の場 
においては、交通事故だとか、犯罪から身を護ることの難しさが現実となってきた。モラルを失えば人類には何も残 
らない。動物的本能剥き出しで仲間どうし傷つけあう最低の動物になりさがってしまった。     

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:20:21
.【国際】なにも食べず、なにも飲まない人々
□ スレURL http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1105860765/
---------------------------------------------------------------------------
食 - それは睡眠と共に、人間を含む多くの動物にとって生命活動の根幹を成
す活動のひとつである。それは言わば人類不変の営みであり、それなくして生
命活動を行うことは不可能だとさえ言えるだろう。

しかし近年、世界中で決して少なくない人々が一切食事を取らず - そして水
さえ飲まずに - 何の支障もなく生活しているという。そしてそうした人々は
自らのことをして「独立栄養生物」だというのである。

独立栄養生物とは、例えば光合成を行う多くの植物のように、自分自身で栄養
を生産し、それを自らの生命の糧とすることが出来るものを指す。しかし、本
来生態系において最も強欲な消費者 - 「従属栄養生物」である人間に、本当
にそんなことが可能なのだろうか。

ロシアの動物保護団体会長のイリナ・ノヴォジロヴァ氏はここ数年に渡り、不
食を実行している人物である。彼女は不食について次のように語っている。

「不食というコンセプト自体は、遠い昔から存在しています。例えばロシアの
哲学者でエコロジストのベルナツキーは、かなり早い段階で人間の不食の可能
性について考え、そして人間は本来宇宙から得られるエネルギーで生きる事が
出来るものであると確信していました。実際、現在でも幾人かの人々は不食を
実行し、何の問題もなく生活しています。」

(以下略

何も食べず、何も飲まない人々 - 人は不食で生きられるか(X51.ORG)
http://x51.org/x/05/01/1506.php

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:21:00
●大事な食欲
食べることができるということは非常に大事なことです。
私たち人間は、従属栄養生物というカテゴリーに分類される生き物です。
従属栄養生物とは、他の生物を摂取することが生きてゆくうえに必要不可欠な生物 で、
私たちだけが単独で生命活動を続けることができません。
これに対して、自分で無機類を有機に換えて、生命活動を行っている植物を独立栄養生物と呼ん
でいます。

食べるという活動は、現在の生物学ではカロリーの摂取という熱力学的な解釈をしています。
私たちは、この熱力学的なエネルギーのほかに、活力(生体エネ ルギーの一部)という数値では
表せないエネルギーの存在も想定しているのですが、とりあえずそのことは後で述べることにして話を続けてゆきます。
従属栄養生物であるがゆえに、生命を維持してゆくために、熱量、栄養素などを食べるという行為で
補ってゆかなくてはならないのです。

抗がん剤自身にも、嘔気を起こさせる働きがあるのですが、抗がん剤によって、消化管の粘膜が障害を受けるとさらに、
嘔吐をしたり、十分消化吸収活動がで きなくて、下痢を繰り返すというようなことになってしまいます。

嘔気、嘔吐、下痢を繰り返すような状態では、さらに体力を低下させ、
本来もっている自己治癒力を低下させてしまうのです。
食欲を高めてこそ、本当の治療となるのではないでしょうか。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:21:43
新しいライフスタイル・『不食』
最近、アセンション情報のなかで一切食事を取らずに生活している人々が世界中で
増えているみたいです。そのうち、スピリチュアルTVにも登場してくるかもしれませんね。
http://spiritual-tv.com/
http://www.teddyangel.com/

ブログでも紹介したジャスムヒーンさんによると
不食は7段階のイニシェーション・レベルの第3段階だということなので
アセンションレベルではまだ中間点の通過にすぎません。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:22:25
下記のブログでも述べているように、不食を実行している人々は、
植物に近い存在であり、それは太陽や空気から直接エネルギーを得ることが出来る独立栄養生物であり、
現在の我々や動物などのように他の生物にその栄養を依存する
従属栄養生物からシフトしたと考えるべきかもしれません。
http://x51.org/x/05/01/1506.php
http://x51.org/x/03/11/2452.php

このブログにはさらに興味深いことが紹介されています。
幼児が7歳になるまで母乳を与えた結果、8歳になるまでには何の苦もなく独立栄養人間となることが出来たそうです。

65年間に渡って水も食料も摂取せずに生活している男、
プララド・ジャニ氏は、尿は生成されているが排尿されず、
膀胱で吸収され、空気から水を得ていることや口蓋に孔があり、
そこから流れ出すエネルギーを摂取していると述べています。

我々の身体には、何も食べず、何も飲まずに生きていける自給自足のシステムが内在していて、
それはプラーナなどの多次元エネルギーの流入と共に活性化し、
2012年へ向けて不食人口の数も急増するのではないでしょうか。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:23:43
阪神大震災から10年、年末のスマトラ島沖地震やインド洋巨大津波などこれから大災害が頻発する可能性もあります。

そのような災害時のサバイバル術の一つとして
『不食プログラム』は有効で、
たとえば100万人分の備蓄食糧を1000万人分として
活用させることも可能かもしれません。

『不食』という新しいライフスタイルが
これからどんな展開をしていくのか、なかなか興味深いです。
医師は、独立栄養生物が新しいタイプの自給自足の人間であると言います。
近代科学は、既に人間が自分で栄養を作り出す能力を確認したのです。
医療関係者は既に、人間の腸の中でアミノ酸を作り出す微生物を作り出すコトができることを発見しています。
我々の身体には、何も食べず、何も飲まずに生きていける自給自足のシステムが内在していて、
それはプラーナなどの多次元エネルギーの流入と共に活性化し、
2012年へ向けて不食人口の数も急増するのではないでしょうか。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:24:38
まあァリルビッ(a little bit)訳ありで週末はジャスミン茶以外ほぼ何も口にしないまま
2日間過ごしたんですが、その間一晩に4、5回もトイレイベント発生という妙事態で、
嗚呼これが断食ダイエットとかでよくある宿便的なものなのかと。
普段ぼく別に便秘とかじゃないのに。何も食べないのに加えて、
なのでダイレクトに体重が減っていきます(2日で2kg)。
つまり誰しも体重の数パーセントはコレなのか?嫌指数140オーバー。

そして何も食べないのに体調は悪くない、というか寝てないのに疲れないという。
何?これはいわゆる不食とかいうアレかしら。ぼく独立栄養生物?今日からブリザリアン?

まあ実際、ここ数年は基本的に1日1食だし、
体重も初めのうちこそ減ったもののある程度で安定して
ずっとそのままだし、食欲も特にないしな。とか思っていましたが、
シャワーを浴びる際に鏡で自分の体を見たら、お腹がえぐれてきてた。
褐色系モデルの腹筋みたいな有様におののき、
近くのファミレスに行ってメニュにないプッタネスカをわがまま言って作らせたらアンチョビ入ってない。
塩漬けケッパーとブラックオリーブのトマトソースパスタ。マジだー↓。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:27:02
酵素絶食の目的
 エネルギー源をしっかりと補給し、しかも普通食を食べないということは、以下のようなからだによい反応が現れます。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:28:28
1.胃腸をはじめとする器官を休ませ、自然治癒力を高める。

 からだの免疫細胞の3分の1は、腸に存在することがわかって来ました。
胃腸を休めることは、免疫的な力を回復させ、自然治癒力を高めまることにつながるのです。
 体調の悪いときに、「おかゆ」を食べることがありますが、
これこそ、消化がよくエネルギーに代わりやすいものを食べて胃腸を休めることで、
治癒力を高めるという、昔から受け継がれてきた知恵だったのです。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:29:40
2.「食べない」ことによる強い刺激が、自律神経系や内分泌系(ホルモン)に作用し、
からだの働きを正常化させる。
 日ごろ酷使されている胃腸。そこにモノを入れない=食べないことで、からだが刺激されます。
その刺激は、自律神経や内分泌系といった、人間の機能を維持するためのシステムを正常化させます。

 運動不足や食生活の乱れ、クーラー等空調の使いすぎなどにより、
現代人の自律神経系は疲れきっています。これをほうっておくと、いろんな症状となって現れる場合もあります。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:30:58
3.からだの大掃除をし、老廃物を出します。
からだにとって、よいものを摂取することも大切ですが、老廃物や毒素、重金属など、
からだにとっていらないものは少しでも早く排泄することは、もっと大切かもしれません。
 添加物や農薬など、知らず知らずのうちに口から入ってきます。入ってくるものを拒めない以上は、
少しでも早く出すことを考える。悪いものはいつまでも溜めない。
 酵素絶食は、その排出する力を強めます。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 05:31:52
4.絶食中は不要なぜい肉や皮下脂肪が、からだのエネルギーとして先に使われる。
 水絶食や極端な食事制限では、不要なぜい肉や皮下脂肪は燃焼せず、
からだにとって大切なタンパク質が燃焼してしまいます。
 脂肪が燃焼するためには、着火剤となるもの(糖質)を必要とします。
 からだに最低限必要なエネルギーを補う、酵素絶食だからこそ、不要な脂肪を燃焼させることが出来ます。


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 13:36:13
拒食時代に、飲み物のみで生きてました。たった1ヶ月でしたけど。
そのあと病院連れてかれて栄養剤で生きてました。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 16:32:33
阪大第4内科医師です。
身長が高いのは医学的にも良くは有りません。
日本人でも身長は170センチメートルが男女ともに限度です。
170センチメートル以上の高身長になると、腰痛・椎間板ヘルニアは避けて通ることは
現代社会では難しいようです。
黒人や欧米人の白人でも身長は190を超えると腰痛や椎間板ヘルニアは避けて通れません。
また、日本人は遺伝的にも組織的にも、もともと低身長なので
欧米人の白人並みに身長を伸ばしたり、体格・骨格の変化が進むと
さまざまな生活習慣病であるガン・脳卒中・心筋梗塞は避けられません。
内臓に無理が掛かるからです。もともと、低身長の遺伝子である日本人が
無理に白人並みの身長や骨格になれば、生涯、維持していくだけでも莫大なエネルギーを
消費せざるを得ません。思春期や若いときは構わないのですが、早ければ20代後半から
倦怠感や頭痛に襲われるようになります。また、低身長の遺伝子の日本人の内臓器官で
高身長の体格・骨格を維持するとなれば、無理が掛かるのは当然です。
とくに、心臓は高身長の体格を維持するために無理が掛かるため、心筋梗塞は避けられません。
また、内臓の組織も低身長ならば構いませんが、高身長を維持するために消化器系統や循環器系統に
無理が掛かるだけでなく、肝臓や腎臓と言った器官での栄養分の処理や毒素の処理も難しくなります。
高身長の人が医薬品の分量が効き難いために、余計な分量を飲み、逆に副作用を起こすのは、このためですよ。
若いうちは高身長は女性から喜ばれますが、高齢者になったときは高身長の体格のために介護の手助けが
今の高齢者よりも手間が掛かるために将来が非常に心配と言われており、
高齢者介護特別老人ホームの建造物自体の構造や介護ヘルパーの対応も考えなくてはなりません。
高身長者の体格の問題は医学的にも問題があるだけでなく、社会的に見ても、日本の高齢化社会にとっても
介護の問題から提議しても、日本社会全体に暗い影を落とし始めています。


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 17:58:07
もまいら好きなもん食わねーで能書き語ってそれで幸せか??田舎のおっかちゃんは喜ぶか??

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 21:32:33
食べないと体がだるくなって、気分も凹む

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 21:43:43
         ______
       /         \
       /;/           \
      /;;/         ─  |
      /;;//        ── |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | ;;///    _,-=-  _,-=      |
     /  /      ノ_    ヽ |     < そら豆オンリー
    |ii ///´         ヽ  .|      |
   /ii:::::::://       ( о )   |      \_____
   |iiiii::::::::::::::::///  /_,,,,;;iiiiiiii;;;,,_ヽ
  /iiii:::::::::::::::::::::::////;;;;───、ヾヾ
  |iiiiiiiii:::::::::::::::::::::::::::::///\__/ヾヽ:::\
  彡iiiii::::::::::::::::::::::::::::::// ;;  ; ;; 》:::::::ミ
   ノノノノ;;;;;;::::::::::::::::::《 ;; ;; ;》 ;;》ゝゝ
       ノ丿//ノノ;;;;》  ;;》 》 ;;ミ
              ヽヽ《 ;;; 》(
                ``《人/

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 22:09:00
現状では、肉類や魚類の多量の摂取は絶対に控えること。
体重のダイエットは可能でも、一度伸びてしまった身長のダイエットは絶対に不可能だからね。
身長の高い高身長者のダイエットは低身長者よりも非常に難しいです。
低身長者は単に体重を減らすだけで十分だが、高身長者は、身長や体格・骨格に
合わせてダイエットに取り組まなければならないので、
状況や場合によっては医師に相談の上で奨めるべきですね。


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 22:38:32
現状では、肉類や魚類の多量の摂取は絶対に控えること。
体重のダイエットは可能でも、一度伸びてしまった身長のダイエットは絶対に不可能だからね。
身長の高い高身長者のダイエットは低身長者よりも非常に難しいです。
低身長者は単に体重を減らすだけで十分だが、高身長者は、身長や体格・骨格に
合わせてダイエットに取り組まなければならないので、
状況や場合によっては医師に相談の上で奨めるべきですね。

阪大第4内科医師です。
身長が高いのは医学的にも良くは有りません。
日本人でも身長は170センチメートルが男女ともに限度です。
170センチメートル以上の高身長になると、腰痛・椎間板ヘルニアは避けて通ることは
現代社会では難しいようです。
黒人や欧米人の白人でも身長は190を超えると腰痛や椎間板ヘルニアは避けて通れません。
また、日本人は遺伝的にも組織的にも、もともと低身長なので
欧米人の白人並みに身長を伸ばしたり、体格・骨格の変化が進むと
さまざまな生活習慣病であるガン・脳卒中・心筋梗塞は避けられません。
内臓に無理が掛かるからです。もともと、低身長の遺伝子である日本人が
無理に白人並みの身長や骨格になれば、生涯、維持していくだけでも莫大なエネルギーを
消費せざるを得ません。思春期や若いときは構わないのですが、早ければ20代後半から
倦怠感や頭痛に襲われるようになります。また、低身長の遺伝子の日本人の内臓器官で
高身長の体格・骨格を維持するとなれば、無理が掛かるのは当然です。
とくに、心臓は高身長の体格を維持するために無理が掛かるため、心筋梗塞は避けられません。
また、内臓の組織も低身長ならば構いませんが、高身長を維持するために消化器系統や循環器系統に
無理が掛かるだけでなく、肝臓や腎臓と言った器官での栄養分の処理や毒素の処理も難しくなります。
高身長の人が医薬品の分量が効き難いために、余計な分量を飲み、逆に副作用を起こすのは、このためですよ。
若いうちは高身長は女性から喜ばれますが、高齢者になったときは高身長の体格のために介護の手助けが
今の高齢者よりも手間が掛かるために将来が非常に心配と言われており、
高齢者介護特別老人ホームの建造物自体の構造や介護ヘルパーの対応も考えなくてはなりません。
高身長者の体格の問題は医学的にも問題があるだけでなく、社会的に見ても、日本の高齢化社会にとっても
介護の問題から提議しても、日本社会全体に暗い影を落とし始めています。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 00:45:12
自分高身長ですがもてませんよ。最近は身長が低いカワイイ系がもてるようです。
しかし怖い話ですね。伸ばしたわけでもないのに身長が188もあるんですが予防策などは野菜をよく食べる以外にないのですか?

低身長でもガリやデブはかなり将来が不安だがな。


現状では、肉類や魚類の多量の摂取は絶対に控えること。
体重のダイエットは可能でも、一度伸びてしまった身長のダイエットは絶対に不可能だからね。
身長の高い高身長者のダイエットは低身長者よりも非常に難しいです。
低身長者は単に体重を減らすだけで十分だが、高身長者は、身長や体格・骨格に
合わせてダイエットに取り組まなければならないので、
状況や場合によっては医師に相談の上で奨めるべきですね。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 18:50:47
食わなくても生きられるのに
ハゲにはなるのか

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 01:41:20
すごい本が登場しましたね。表紙の写真からしてスゴイ!本屋さんで買う際には必ず紙のカバーをつけてもらいましょう。
そうしないと電車で読めません(笑)。さてその内容は「人は食べなくても生きられる」というものです。
それどころかもっと進んで「食べない方が良い」「食べればいつか死ぬ」というものです。
細胞の逆成長の話は今まで知らなかったことなので興味深く思いました。
この本を読んで「そんな馬鹿な」と思う人はいっぱいいるでしょう。
そう思うほうが普通の反応だと言えますね。では私は・・・「そんな馬鹿な」とはそれほどは思いませんでした。
もちろん著者の意見を全て鵜呑みにしたわけではありませんが、食に関して言えば我々は相当間違っているだろうとは思います。
昔から霞を食べて生きる仙人の話は聞きますよね。ただの伝説と思う人も多いでしょうが、実際にいたと思いますし、
今もどこかにそういう人は存在していると私は思います。ただ
今まではそういう仙人みたいな人っていうのは山奥で何年も密かに修行して人間の俗世界からは逸脱した存在、って
いうイメージでした。でもさすが水瓶座の時代に入っただけのことはあります。
都会人も仙人を目指して良い時代になったということでしょうか。
人間の「変容」についてはニューエイジ系の本では今までも色々書かれていたようですが、
「食べない」ことこそが「変容」の扉を開く、という説は初めて読みました。なので新鮮でした。
食の楽しみを捨てることはまだまだできそうにありませんので、
いきなり「不食」に挑戦するつもりはありませんが、
健康の面からも少食・粗食は良いことだと思いますので、
気持ちを新たに食生活を見直したいと思いました。
私たちは子供に対して「いっぱい食べないと元気がでないわよ」「栄養が足りないと大きくなれませんよ」
「ちゃんと朝ごはん食べないさい!学校でお腹空いちゃうでしょ!」などど言いがちですよね。
私も言いますし、私たち自身そう言われて育ちました。しかしあまりしつこく言い過ぎないほうが良いかも知れません。
今後世界はどんな風に変わるかわかりません。天災に遭うかも知れないし、
満足に食べられない時代が突然来るかも知れない。そんなとき、
「食べないと死ぬ」と固く信じている人の方が、絶対早く死ぬと思います。
「しばらく食べなくたって死にゃあしない」くらいに思える人の方が生き長らえて幸せをつかむでしょう。
気持ちの持ちようで全然変わるのが人間という不思議な生き物です。
これからダイエットを始める人はまずこの本を読むと良いかもしれませんね。
「食べないことは間違っていない」と思えると、ダイエット時の空腹感も和らぐかも知れません。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 01:46:43
アホ。実際に日本でも餓死する人が毎年出てるのに。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 02:21:55
普通子供に「よく食べろ」ていうのは
偏食を警戒してだろ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 11:12:02
子供は成長途上なのだから、しっかり食わんと
脳みそに栄養がいかなくてバカになるよ。

155 :今日のところは名無しで:05/03/14 07:58:31
食ってもバカな奴は多いわけだが

156 :今日のところは名無しで:2005/04/18(月) 10:45:47
http://www.rakuten.co.jp/nk/461897/462061/ [ソースチェック]
有名店で使用されている朝鮮風醤油ベースの焼肉のタレです。
http://www.suzukatsu.co.jp/delica.html [ソースチェック]
漬け込んでも、焼いてからつけても美味しくお召し上がりいただけます。
http://www.suzukatsu.co.jp/company.html [ソースチェック]
本場の朝鮮風の味付けで、お肉の味を引き立てます。

日本人の牛肉摂取量は、一九六〇年には一人当たり年間一・一キロだった。
それが八〇年には三・五キロになり、九〇年には六・一キロに達した。
ステーキ、ハンバーガーなどの一般化もあるだろうが、
刺身やスキヤキの ように「薄くきった肉をタレに浸して箸で食べる」という、
日本の食習慣 に極めて近い焼肉の浸透が、
日本人の「肉食道」拡大にかなり影響してい るであろうことは、想像に難くない。

六〇年代、焼肉は高度成長に合わせて徐々に日本社会に浸透した。
当時は まだ牛肉が高値で、家庭の食卓では豚肉が主流だった。

そこで、食品会社 が豚肉になじむ「朝鮮風焼き肉のたれ」を発売。
七〇年代には牛肉用も好 評になり、焼肉は一般家庭にも広く受け入れられていく。

焼肉のファン層を広げたと言う点では、無煙ロースターの存在も見逃せな い。
モウモウたる煙を気にせず女性でも気軽に焼肉店に入れるようになり
デート、接待にと用途も広がった。 この無煙ロースターが売り出されたのは、八〇年三月。
開発した「シンポ」 (本社=名古屋市)は、
これまでに十万台以上を販売しており、全国シェア の約半分を占める。
七一年に社員三人から始めた同社が、今や年商三十三億 円、
社員約百人を抱えるということからも、焼肉が掘り起こした日本社会の
「肉食道パワー」が、どれほど大きいものであるかがうかがえる。

そして、ソウル五輪(八八年)時のコリア・ブームを経て、九〇年代。
洗練 された新興焼肉企業群の怒涛のごときチェーン展開が、
この業界に地殻変動 を起こしている。
首都圏五百店戦略の「安楽亭」、中部の覇者「焼肉屋さか い」、増殖ぶりが際立つ「牛角」などが主人公だ。
数百店舗というスケール メリットをフルに生かした、
これら企業の攻勢により、価格競争はすでに、 カルビ一人前参百円レベルになっている。

そのあおりを食っているのが、旧来からの焼肉店だ。
出口の見えない不況と もあいまって、競争に敗れ、廃業を余儀なくされる例も少なくない。
そんな中でも、ただ戦々恐々として毎日を過ごしている経営者ばかりではない。
「コリア色」を徹底して薄め、 焼肉のファミレス化・居酒屋化で顧客開拓を 目論む大手の戦略を逆手にとり、
「民族」へと回帰するコリアンの若手経営 者らが、徐々にだが頭角を現している。

焼肉業は長きにわたり、多くのコリアンにとって、所詮は生業に過ぎなかった。
しかし、この「安住の領域」が大手の攻勢という風雨に洗われて初めて、
肉 食道を究めようとの志が芽をふいている。 肉食道の量的拡大は、ひとまず区切りをつけた。 宣言しよう。
在日コリアンは近い将来、「焼肉誕生」に続く大きな贈り物を 日本の肉食道にもたらす。
熾烈な出店・生き残り競争は、その序章でしかな いかもしれない。


157 :今日のところは名無しで:2005/04/18(月) 13:54:18
どれだけの血税が中国人留学生一人につぎ込まれているか?
おそらく、大多数の日本人は知らないのです。知ったら、爆発するよ。

大学に留学する場合です。
1)奨学金/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年144万円)
7)医療費補助/実費の80%
上記 1) +2)+3)+4)+5)=380万円!年に380万円ですよ。
なおかつ全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。 奨学金をほしい日本人は
わんさかといるのにもらえない人が多い。それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って
全ての人がもらっているのです。 繰り返し、言います。年に380万円ですよ。
4年いたら、1520万円ですよ。血税で養っているのですよ。 貧乏な日本人学生が多くいる中で。
しかも、10万人。いくらでしょう?
3800億円です。 どこかの国の国家予算規模ですよ。
それをふんだくるばかりか、勉強もせずに、バイト。居心地よくて不法滞在。

なんで怒らないの?血税ですよ。


158 :今日のところは名無しで:2005/04/22(金) 13:24:04
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1114055245/

159 :今日のところは名無しで:2005/04/22(金) 22:59:16
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/x3/1114090491/l50
長いことシャア板に入り浸っているけど、誰だよ、シャア板にまで立てたやつ。


160 :今日のところは名無しで:2005/05/01(日) 17:16:27
つうか軍板にまで立ってる。なんとかしてくれ(w

161 :今日のところは名無しで:2005/05/01(日) 18:34:19
一日一食の場合、どの時間帯の食事(つまり朝か昼か夜か)をしっかり食えばいいのですか?
あと、どんなものを食えばいいのですか?

162 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 03:54:48
4,5人死人が出て昼のおマヌケワイドショウあたりで逆洗脳されない限り
ブリザリアンという妄想は愚民に広がり続ける



163 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 18:19:53
俺のここ2年くらい同じような食生活してるんだけど、どうも空腹ってのは「脳」
にかなり支配されてるような気がするんだ。

1日目 バカ食い(5食くらい食べたりするからお腹パンパン)
2日目 3食普通に
3日目 1食または2食
4日目〜7日目くらい水のみ(それとポップコーンとかうまい棒)

→この時点でお腹がなる。つまり栄養が足りないと脳が感じたらくうとなるんだけど、
必要な栄養素を含んでないお菓子であっても、とりあえずお腹が膨れればもうならない。

8日目〜10日水だけ このへんになると急に立ちあがれば軽く眩暈がする。
ちょっとしんどいけど耐えれないレベルではない。ただし行動が積極的でなくなる。
 体重は58キロから60キロの間。食べる回数が少ないと吸収率がいいのか、
あんまり体重が落ちない。

 体が弱くならないギリギリまで日常生活での運動・活動を減らして、空腹時の
イライラを乗りきれば、案外三日に1食ぐらいでもいけるんじゃないだろうか?

164 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 18:27:59
あと、ストレス食いっていうのに気をつけないといけない。お菓子なんて100円で
買えるんだけど、メインの食事のことを考えると食べすぎは、あんまり体にイクナイ。
しかし一袋食べないと気が済まないって時がある。俺は小腹が空いたら
なるべく栄養がなさそうであっても、安いお菓子で済ますことにしてる。なぜなら
量が少ないから。

ストレス飲みというか、口寂しいから水分をやたら摂ってたな。これもやめた。

165 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 18:49:13
著者があんまり痩せていない件について

166 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 22:27:24
栄養剤を点滴してんだろう。

167 :今日のところは名無しで:2005/05/02(月) 22:53:16
みなさま
一週間でも餓死することがあるから気をつけてくださいね
油断したら餓死したり脳が萎縮したりするので気をつけてください

168 :今日のところは名無しで:2005/05/03(火) 02:19:34
カロリー多少少なめに取る方が長寿にはなるそうだが
全くとらなきゃ死ぬわな

169 :今日のところは名無しで:2005/05/03(火) 12:34:26
水だけで一週間とかでも油断したら死にます。
くれぐれも注意して下さい。

170 :今日のところは名無しで:2005/05/04(水) 12:20:43
著者は食べてるし痩せてません
つーかお前早く不眠の本だせやボケ

171 :今日のところは名無しで:2005/05/04(水) 16:29:33
マイクロダイエット飲むだけで生きていけるのかな
一箱17000円だけど

172 :今日のところは名無しで:2005/05/05(木) 20:17:21
アンビリあげ

173 :今日のところは名無しで:2005/05/05(木) 20:24:03
おれもアンンビリあげ(軍事板から来ました)

174 :なし:2005/05/05(木) 20:35:11
ネットでこの女性を調べようと思ったが、名前がはっきりしない。バラノーワさん?


175 :今日のところは名無しで:2005/05/05(木) 20:37:34
バラノワでググってみな。

176 :なし:2005/05/05(木) 20:42:45
どうも

177 :今日のところは名無しで:2005/05/08(日) 06:34:39
>>170
砂糖をたくさん食べると興奮をひきおこす。
ということは塩をたくさん食べると興奮の逆になるのではないだろうか。
つまり塩をたくさん食べれば眠れるのだ。

178 :今日のところは名無しで:2005/05/08(日) 07:03:22
>>177

しょっぱいと甘いを相反する刺激と捉えているからそうなるんだろうけど、
塩は塩で興奮するそ。辛いものや味の濃いものは脳が興奮する。

179 :今日のところは名無しで:2005/07/19(火) 22:37:07
赤ん坊の段階で不食したらどうなるんだろうな?
あの目玉のデカい宇宙人みたいな人間になるのかな

180 :今日のところは名無しで:2005/07/19(火) 23:49:48
論点のレベルが低いな
絶食が体にいいと思って上辺だけ真似したところで体には良くない

けして絶食が体に良くないわけじゃないが

181 :今日のところは名無しで:2005/08/18(木) 14:30:56
六日ぶりに飯を食った
ボリューム満点焼き魚定食780円
これでまたあと四日は水だけなのに完食できんかった…

182 :今日のところは名無しで:2005/08/18(木) 16:42:14
あるあるw
久々に豪勢に食おうと思っても普段食ってないのが普通になってるから食えないだよな…

183 :今日のところは名無しで:2005/08/18(木) 21:14:42
暑くて毎日モノが入らない。アイスとジュースだけだよ。ヤバイかな

184 :今日のところは名無しで:2005/08/18(木) 22:49:43
食わなくても生きていけることは生きていけるんだけど、絶食三日目
位からやたら嗅覚が敏感になって、回りの食いモンの臭いが気になって
気になってしょうがなくなるんだよな。で、結局食べてしまうわけだが。

185 :今日のところは名無しで:2005/08/20(土) 15:33:48
ブリザリアンって実在するのかな。餓死しないのかな。

186 :今日のところは名無しで:2005/08/28(日) 21:07:35
なんかこの1ヶ月あまりずっと「腹4分目」くらいな状態が続いたら、
胃がちっちゃくなったのか、全然食えなくなった。

せっかく人が奢ってくれてんのに。
バイキングなのに。
久しぶりのまともなご飯だったのに。


187 :今日のところは名無しで:2005/09/05(月) 07:54:43
はらへったなぁ

188 :今日のところは名無しで:2005/09/05(月) 10:11:03
コンビニでバイトすればいいのにね

189 :今日のところは名無しで:2005/09/17(土) 17:58:59
この絶食で太陽光で生きるってのを
アフリカ飢餓難民に教えれば、
食料送る必要ないじゃん。
だれか教えてやれよ。

190 :今日のところは名無しで:2005/09/20(火) 04:28:54
人は誰でも不食で生きられるんじゃあなくて、

子どもは食べないと死ぬ。 栄養も十分に必要だけど
完全に成人したら、食べずに生きられるのでは?

もちろん個人差あり。
そんな気がします。

191 :今日のところは名無しで:2005/09/20(火) 04:36:05
↑自分は今 無駄な脂肪が増え過ぎてデブで
「お腹が減る」ということが無いんです。
それでも食べている生活 。不食の実験をしたいのですが同居している親がそれを許しません。
誰か本当に不食実験かわりにしてもらえませんか? 結果を知りたいです
デブに食事はいらないのでは?と疑問に思って悩んでいます。

192 :今日のところは名無しで:2005/09/20(火) 06:41:52
うんこ食ってうんこしてまたうんこ食えばいいんじゃね?

193 :今日のところは名無しで:2005/09/21(水) 09:21:08
子供に食うなとは言わないが、
20歳以上の成人には、別に教えてもかまわないんじゃない?>不食
餓死するよりましだろ
てか、ほんとに出来るのか?
>1はまずその真偽を確かめてこいよばかうんこ

まあレベルとしてベジタリアンクリアー出来たら
つぎに不食か?

なんかさ話し違うけどアフリカ難民で筋肉ついてる黒人いるじゃん。
カラシニコフ持ってる。
穀類だけであんなに筋肉つくのか?って疑問に思ってたけど
あいつら野生動物食ってるんだな。
肉食。で社会の底辺が飯ないと。



194 :今日のところは名無しで:2005/09/21(水) 09:22:54
>>191
生野菜ばっかくってたくさん量食ってるように親だませばいいじゃん。


195 :今日のところは名無しで:2005/09/21(水) 09:29:03
つまり満腹感を演出して見せろってことね。


196 :今日のところは名無しで:2005/09/21(水) 09:57:26
>>192
自分の糞についたバクテリアから養分をとって完全糞食だけの閉鎖的食物連鎖の中で生きるユープケッチャって虫を思い出した。
安部公房の小説の話だけど。

197 :今日のところは名無しで:2005/09/22(木) 00:10:38
人はなぜ飢え死にする? うましかどもが

198 :今日のところは名無しで:2005/09/22(木) 00:11:15
>>1-30 くらいへのレスね

199 :今日のところは名無しで:2005/09/27(火) 03:15:02
オカルトスレ発見
煙草とコーシーだけでも食欲はかなり抑えれるニダ

200 :今日のところは名無しで:2005/10/07(金) 19:35:14
今に人間皆食べなくなると思うよ。
地球人が宇宙人になる日が近い・・・


201 :今日のところは名無しで:2005/10/10(月) 00:36:37
そのヒグラシ板住人的にはスレ違いと思いつつ
こんな人間の神秘ってかオカルトってかが
この板にたつのがヮロスwwwwwwwwwwwwwwwwwうぇうぇwwwwwwwwww

202 :今日のところは名無しで:2005/10/10(月) 00:48:33
そこに行き着く感が身につまされる。
  食べれる雑草とか、断食とか、さらに不食とかww

>200 そんな風になったら楽だろうなぁ…
  人とか仕事とか、どうなるんだろうな一体。

203 :今日のところは名無しで:2005/10/29(土) 03:00:48
ロックな居酒屋だぜ!

204 :今日のところは名無しで:2005/10/29(土) 07:49:40
朝のワイドショーで、一日できゅうり1本とか肉まん1個ぐらいの少食で
3,4年も生きてるおっさんがいた。普通に毎日農家の仕事してた。

不食絶食ではないけど、人間やろうと思えば何でもできるんだな。

205 :今日のところは名無しで:2005/10/29(土) 07:54:06
俺は金ないから2ケ月ガムで過ごした。

206 :今日のところは名無しで:2005/11/01(火) 01:06:37
>>202
食わなくていい?なら君は昼飯食べずに働きたまえ。 夕食もたべないでいいんだからずっと残業でもしていたまえ。

とりあえず最初のうちはこんなかんじで・・・そのうち過労死する人がでて問題になって・・・
マスコミが騒ぎ出して、やっとちびちび変わってくるって感じかな。

夢もへったくれもない予想だけどさ。

207 :今日のところは名無しで:2005/11/04(金) 12:48:50

昭和59年と言えば、西暦1984年でロサンゼルス・オリンピックが華やかに開催された年だ。
当時は、洋楽・ポピュラーミュージックが大流行した。
ワム!やデュラン・デュラン、カルチャークラブ、マイケル・ジャクソンが世界的に大ヒットした。
いわゆる80年代洋楽が大全盛の時期だった。
また、洋画もゴーストバスターズやフットルース、ストリート・オブ・ザ・ファイヤーが
全世界的に興行収入を上げ続けた。
アメリカ大リーグも1984年は記録的なシーズンであった。
しかし、日本プロ野球界は非常に印象の少ない昭和59年であった。

それは広島と阪急が日本シリーズで対戦したからなのだろうか?



208 :今日のところは名無しで:2005/11/04(金) 12:53:14
食べることは内臓への負担を伴うどころか、虫歯や胃痛、下痢を引き起こす。
また、食えば、内臓への負担だけでなく、大便小便と言った排泄の苦労が伴うものだ。
経済的理由で食べないことも重要だが、自分の身体を維持するためにも
不食絶食は積極的に推進したい。人は食べなくても、自分の身体に貯め込んだ栄養分で
十分に生き延びられるからだ。
せいぜい、水分を十分に取り、太陽の光を浴びて、きれいな外の大気を呼吸すれば十分だ。
きつい肉体労働の毎日でなければ、不食絶食は、経済的にも肉体的にもお勧めいたします。
世の中には飲まず食わずで何年も暮らしている
「ブリザリアン」って人もいるらしい。
(BRETHARIAN⇒水を中心とした液体を摂取するだけで生活している人々のこと)
菜食主義を経て、断食、絶食をして不食になるんだって。
排泄もなくなるけど、胃以外の体の器官は
健康そのもので生きてるらしい。 どうやら、水も飲んでいないようです。
従属栄養生物ではなく、独立栄養生物と言ってるらしいです。
つまりは植物のような。
少数ながら、存在が確認されてるらしいのです


209 :今日のところは名無しで:2005/11/05(土) 05:48:09
あれか?
土を食って生活するお婆さんとかか?

210 :今日のところは名無しで:2005/11/06(日) 01:40:48
いやーこれ一見面白いけど、
プラーナとか宇宙とか周波数とか言ってる奴らは完全にカルトだな
もっと科学的にアプローチすればいいのに

211 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 19:02:02
>>76
蒸留水飲んで具合悪くなりませんか?
私はなりました。しかも3Lとは驚きです。

212 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 19:16:57
俺も経験あるけど、働かないでじっとしていると、驚くほど少ない量でも
体重も減らず生きていけるよ。代謝が少ない体質というのもあるだろうけど。
たしか日野原重明さんもすごい小食だと言ってた。


213 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 20:15:09
テレビで放映してたが、世界には何も食べずに、自らの身体の内部から栄養を勝手に作り出して生きる奴がいるそうだ。
たまに水を飲むくらいで、食事は一切しないと…究極の節約。




俺も挑戦してみるか…ホームレスなった時に便利だし。

214 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 21:19:49
自分が、高校時代に使っていた日本史の教科書見てみたら、
1日3食になり間食も食べるようになったのは、
安土桃山時代(信長秀吉の時代)と書いてあった。
また、
「その頃は、米を用いたのは公家や武士だけで、
庶民は多く雑穀に野菜をたきこんだものを常食にした。
また、砂糖もまだ一般には口にすることはなかったし、
仏教思想の関係で肉食の風習も普及しなかった。」とある。

215 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 22:27:59
むかし、何年もビールしか飲まないで生きている人の紹介があったな。
むろんカロリー的には十分なはず。
腸内細菌だかのおかげで必要な栄養分が作れちゃうんだろうな。


216 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 22:43:16
>>212
日野原重明さんてすごいね。
ホント少食、短眠。
ttp://www.1101.com/education_hinohara/2002-10-09.html


217 :今日のところは名無しで:2005/11/13(日) 23:43:46
スレタイ見て叩きに乗りこんできたが以外な良スレにビックリ
カルトにならず科学信仰を見直す。美しいバランスだうーん

218 :今日のところは名無しで:2005/12/07(水) 01:03:48
ミャンマーで半年間、飲まず食わずで瞑想を続ける少年が話題になっている
http://x51.org/x/05/12/0222.php


219 :今日のところは名無しで:2005/12/14(水) 21:24:23
10日間近く食べる物ないのだが…
どうしたらいいんだ?

220 :今日のところは名無しで:2005/12/15(木) 16:25:13
これを機会に不食絶食を試してみたら?

221 :今日のところは名無しで:2005/12/15(木) 21:05:37
俺はどうしても腹減って食っちゃうんだけど、ほんとにできんのか?絶食
信じられんよ。動かないと小食は間違いないが。


222 :今日のところは名無しで:2005/12/16(金) 09:00:13
全く喰わないのはキツイね。
でもオレは今週一日平均500kcal以下で生活してる。

体脂肪率40%、体重100kgいっちゃったんで、
脂肪を落とすのが目的なんだけど。
暖房も節約して、代謝を増やしてるよ。
この冬を越すまでに何kg減らせるか、挑戦中。

この計画にとっての最大の障害は、正月だ。
親戚とも会うし、食事しない訳に行かない。

223 :今日のところは名無しで:2005/12/16(金) 09:36:52
おまいらいますぐテロ朝見ろ

224 :今日のところは名無しで:2005/12/16(金) 09:41:18
青汁10年間のみの女性って、何で太ってるんだ?ww
普通痩せるだろ?


225 :今日のところは名無しで:2006/01/08(日) 10:33:07
光合成してるからじゃね?
青汁は葉緑体だよ、多分。

不食絶食はカナーリ興味ある。
けど、実家住まいの私には難しい。
絶食してる人って付き合いで食事とかする時どーするんだろう?

226 :今日のところは名無しで:2006/01/12(木) 20:33:38
年越しに蕎麦を食ってから
まだ炭水化物食ってないな
食わないと慣れるもんだな

正月に餅すら食わんで何やってんだろ

227 :どとうとしや:2006/01/13(金) 10:06:25
やっぱり最小限度食べれたら食べたほうが良いでしょう。
いまおい等の推定体重69kgだけど……。

228 :今日のところは名無しで:2006/02/01(水) 23:22:53
生きてますか?
餓死してないよね?
でも一日一食カロリーメイト(固形)はつらいな…

229 :今日のところは名無しで:2006/02/10(金) 08:55:04
食べない=噛まないってことは、今は何ともなくても、だんだん自律神経が上手く働いてくれなくなるよ。
たとえサプリメント等で栄養を完璧に摂取したとしても、情緒不安に陥ったり、内臓の働きが悪くなったり。疲れやすくなるから当然免疫力も落ちる。
量少なくてもいいから朝昼夕、固形物を口にしてよく噛んでください。

230 :悩めるデブ:2006/03/19(日) 20:01:21
ものすごく興味あるテーマだ。
ものを食べたらすごく疲れて眠くなるんだ。
食べない日は快調にすごせるよ。
食事は自分にはあまり必要ないのだろうと常々感じているけど、
どうしても食べることが趣味だから食べてしまうんだ。
腹が減って無くても味を楽しみたいから食べるタイプなんだ。
食べなかったら睡眠がもう少し減らせるはずなんだ、自分の場合だけど。

231 :今日のところは名無しで:2006/04/06(木) 00:20:22

         |
      \  __  /
      _ (m) _   ピラーン!!
         |ミ|    
       / .`´  \
       (゚∀゚ )    < 専`! 保守
        ノヽノヽ
         く く

232 :今日のところは名無しで:2006/04/10(月) 20:19:00
マネクかっこいい
マネクのスレってない?

233 :今日のところは名無しで:2006/04/23(日) 03:33:34
日本の女性で、小食になった人の記録のページがどこかにあったんですが、
知っておられる方教えて下さい!!

234 :今日のところは名無しで:2006/04/23(日) 04:36:24
絶食したい。好きな食べ物はあるが食事という行為には興味なし。好きなものを気が向いた時につまむだけで生きていきたい。ただでさえがりがりヤバスww

235 :今日のところは名無しで:2006/04/23(日) 05:56:16
食べないときのほうが冴えるというのは一時的なものなので、気をつけてください

236 :今日のところは名無しで:2006/04/23(日) 06:34:08
なんかよく分からんが
信じればなんでもできるってこと?

237 :今日のところは名無しで:2006/04/25(火) 23:24:33
違う

238 :今日のところは名無しで:2006/04/25(火) 23:35:49
水だけであとは何も口にしなかったら3日はもつけど、4日めは無理だなぁ。ぶっ倒れて気絶した事あるもん。うんこも2週間位出なかったよ。

239 :今日のところは名無しで:2006/04/25(火) 23:45:04
ガス、電気止まってお金なくて、本当に空腹でどうしようもなかった時、水で腹を満腹にしてごまかした時あるけど、コップで水満杯12杯位が余裕で腹に入った時は自分でも驚いた。

240 :今日のところは名無しで:2006/04/27(木) 01:21:42
絶食は3.5日が限界。たとえ水だけだとしても

241 :今日のところは名無しで:2006/04/27(木) 04:19:26
おれ二週間食べなかったぞ。ただし、ずっと家でじっとしてたからできたのかも
しれんが。

242 :今日のところは名無しで:2006/04/27(木) 05:37:03
空気中の窒素を固定して蛋白質を作り出す腸内細菌がいるらしい。大豆の根粒菌みたいなやつ。
腸内細菌叢によっては空気を飲み込んでるだけで生きていける可能性も無いわけじゃないみたいだ。

243 :今日のところは名無しで:2006/05/11(木) 04:41:39
悩み事があると固形物が喉を通らないんですけど…。
それで気分が晴れない限り10日でも1ヶ月でもプリン、ゼリー、水
温めた牛乳のループになります。
物を噛む意欲がなくなります。  

244 :今日のところは名無しで:2006/05/24(水) 13:53:59
不食というか小食というか断食というか拒食ならやってます。

245 :今日のところは名無しで:2006/05/24(水) 18:08:09
そんなことはこの中年料理人がゆるさない!
作っても食うのは自分だけどね!

http://www.sha-page.com/pc/main/top.php?usr_cnt=24146

246 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 04:11:44
おれはもう菜食になって何年も経つよ。
牛乳はときどき少し飲んじゃうけど。
今まで動物ちゃんごめんなさいという感じ。

247 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 05:35:59
>>246
植物なら良いという矛盾

植物なら動かず、鳴かず、血を流さないから良いというエゴ

植えられて動かないから植物
動くから動物

同じ命です

人間は何処まで行っても愚かだ

248 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 05:39:41
水飲んでりゃ不食ではない罠
そして水が無くても死なないなら砂漠でも死なない罠
汗をかけば水分は減り、補給する必要がある
人間は何もしないでも一日1?以上の水分を消耗している
不食、絶食を謳うなら何も喰わない以前に何も飲むな
口から摂取してりゃ食ってるんだよ


だからって点滴生活は論外だけどなw

249 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 23:24:12
>>247 何度も同じこと書くけど、動物と植物を一緒に考える感覚が変だよ。

250 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 23:32:06
うむ
ただの屁理屈にしか聞こえないよね

251 :今日のところは名無しで:2006/05/31(水) 23:45:03
>>248の意見に禿同

結局は他の命を食べて生きてるのに動物とか植物とか・・・
菜食主義者の都合のいい解釈に踊らされすぎだよ。



252 :今日のところは名無しで:2006/06/01(木) 08:23:01
つーか、つまらん言い争いだな

253 :今日のところは名無しで:2006/06/01(木) 08:31:38
おまえら知らないだろうけど飯食わなかったら虫歯になるよ
カルシウムが溶けて抵抗力無くなってミュータンス菌にすぐやられるから

254 :今日のところは名無しで:2006/06/01(木) 10:10:13
>>253それ分かる気がする…空き家が荒れてくのに似てる感じ‥。
入院する頃にはあちこちボロボロだったよ

255 :今日のところは名無しで:2006/06/01(木) 11:47:56
昨日の朝食べて昼飴なめたきり。
頭痛がしてきた。がんがんがんがんツライ。


256 :今日のところは名無しで:2006/06/02(金) 04:20:59
睡眠が大事。一日8~9時間がベスト。これ以上長いと逆に平均寿命が縮むそうです。

257 :今日のところは名無しで:2006/06/11(日) 13:55:53
断食万歳保守

258 :今日のところは名無しで:2006/06/17(土) 11:11:27
ベジタリアン万歳

259 :今日のところは名無しで:2006/06/26(月) 19:37:33
もうすぐ不食の旅に出る記念ほす

260 :今日のところは名無しで:2006/06/29(木) 15:38:34
保守

261 :今日のところは名無しで:2006/07/01(土) 18:13:22
>>256
最近の研究だと6〜7時間

262 :233です:2006/07/05(水) 03:48:47
無事解決しました
http://www.asama-de.com/wakuwaku/04_11_24.htm


263 :今日のところは名無しで:2006/07/07(金) 11:25:15
もうすぐ食べたくても食べれなくなるな

264 :今日のところは名無しで:2006/07/07(金) 11:36:45
確かに食わなくても生きている。
ほとんど、毎日精進料理だけど、結構これで健康。
肉もほとんど食わなくなった。



265 :今日のところは名無しで:2006/07/08(土) 03:02:55
肉食うぐらいだったら、牛乳飲むかチーズ食べた方がいい。ドナドナ
今は牛乳はあまり飲まないが。

266 :今日のところは名無しで:2006/07/11(火) 18:29:20
肉は不要だな

267 :今日のところは名無しで :2006/07/12(水) 21:17:36
絶食がんばってるか、国民運動にしよう、食う必要なし
2年間2日に1食生活です、仕事も普通にできる
1日3食は会社の売り上げの迷信と断言できる

268 :今日のところは名無しで:2006/07/12(水) 21:29:00
ウンコでも食ってろ

269 :今日のところは名無しで:2006/07/12(水) 21:40:31
1日1食主義という人は、実はけっこういるらしい。
超有名どころでは、ジャッキー・チェンなんかもそうだとか。
でも2日に1食はさすがにキツそうな気が。

270 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 01:01:42
>>265
ジャッキーも?そっかー。
知り合いの子で二日に一食にした子がいるよ。
5年まえはひといちばい食いしん坊だったけど
必死で努力したみたい。
ひさしぶりにあってびっくり。


271 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 01:48:10
オイラ、175a 49` ほとんど食べなくても平気だよ。
通常は1日に1食。3日ぐらい食べなくても大丈夫。
別にカネなくて食べれないわけじゃないよ。

食べても太らないけど、食べなくても痩せないんだ
15才から体重がまったく変化しない。
「特異効能体」らしい。
オイラが痩せ方指導すると言えば、女性はすぐに
ナンパ可能。

272 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 02:20:33
理想をいえば
ただ食べなくてすむというより
自由自在に理想体重に太ったりやせたりできることだね。
太ろうとおもったらちゃんと太れる
やめたとおもえば骸骨に皮だけでもへーぜんとできる。
つまりは肉体と感覚にとらわれがない、かつ支配している。
そういうのが男としてはカッコイイ!と思うなw。

273 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 02:22:20
>>271
そんなガリガリ君には興味ありません…

274 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 02:33:30
>>273
オイラも男は興味ないよ。
たった一言、痩せ方教えてあげるよ
コレだけで若い子から熟女まで釣れちゃうから。



275 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 02:49:09
頭が痛い…食べないことがこんなにつらいとはな

276 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 05:03:23
>>274
売人乙

277 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 07:02:46
http://www.global-clean.com/html/akude-minerarubusoku_05.html
アクについて詳しく載ってる
これをみれば白米の素晴らしさとオカズの必要性が解るかも
俺も白米と漬物と味噌汁だけの生活をしたい

278 :今日のところは名無しで:2006/07/13(木) 07:44:21
真性塩が欲しくなった(゚∀゚)

279 :今日のところは名無しで:2006/07/14(金) 06:16:24
にがりってよくないんだね。
でも、日本の土壌には、亜鉛だかなんだかの有害物質が多くて、白米食べたときは
何かを一緒に食べてそれを排出しなきゃならないとテレビで言ってたな。

280 :今日のところは名無しで:2006/07/14(金) 11:50:53
昔から仙人は霞を食っているだけであって・・・道教ってそうじゃん。
別に西洋の聖人なんぞ引っ張り出さなくたって、日本、中国には、
不食、節食の思想は昔からある。

まぁ全く食べないというのは凡俗の輩では難しいから修行が肝心と思うが、
一日一食(一食の量は普通の一食ね)くらいだったら簡単に出来る。
禁煙と同じで最初の一週間を経過すれば大丈夫じゃ。
平成10年9月からだから7年9ヶ月続いているよ。

まぁ漏れの場合は他に珈琲を一日に5杯くらいと煙草を20本くらい。
通常に起床し昼間は活動し、食事は寝る1時間前くらいに一食。
食事内容は白米1合と味噌汁2杯と野菜類少々(大根おろしみたいなものね)、
1ヶ月に1度くらい鯖の味噌煮の缶詰をプラス(コンビーフ1缶でも可)。
これで充分じゃ。

281 :今日のところは名無しで:2006/07/14(金) 15:27:42
亜鉛は欠乏すると味覚異常になるよ。

282 :今日のところは名無しで:2006/07/15(土) 01:52:15
白米とワカメ食ってりゃ亜鉛は大丈夫

283 :蒲生4交差点:2006/07/15(土) 19:08:15
血糖値が高かったので、1日2食にして1回の量も具のたくさん入った
味噌汁だけにして、3週間ぐらいして繁華街あるいてたら、(その日の昼
かきフライだけたべた)店の商品にまったく興味がもてないし、よく
みえないし、浮き足立ってるし、店員が妙な顔していらしゃいませと言う
ので、店の鏡をみたら片目のまぶたが垂れ下がっていた。その
目尻にいっぱいしわができていて、せなかももともと猫背だったのに120度
ぐらいまで曲がっていて、あわててハンバーガーを食べたけどもんのす
っごい妙で、まったくたべている感じと違っていた。よるはいっぱい食べた
のに、いまだにまぶたやそのまわり皮膚の垂れ下がりとしわ直っていない。
(ひきこもり33歳)

284 :今日のところは名無しで:2006/07/15(土) 20:45:21
俺はもう4ヶ月沸騰させてから冷やした水道水しか飲んでないけど生きてるぞ。
こうしてネットしたりゲームしたり本を読んだりする元気もある。
体重は95キロあったのが、50キロ程度になったのだが、ここからは下がらないようだ。
ときどきなにか食べたくなるが「でもなにか食べるために働くの面倒だよな」と
考えるといらなくなってくる。
人間誰でもそのうち死ぬのだから、俺は最後くらい好きなことして死にたいので
餓死してもいいと思いながら、こんな暮らしをしてる。

285 :279です:2006/07/16(日) 00:40:30
>>281 有害物質が亜鉛かどうかはわかりません。

>>284 完全な不食じゃん。あんた進化したんだよ。

286 :今日のところは名無しで:2006/07/16(日) 08:50:42
水だけって所まで行けば仙人名乗ってもいいよ・・・
俺も仙人になりたい

287 :今日のところは名無しで:2006/07/16(日) 11:39:48
便秘にはならんのかな?

288 :今日のところは名無しで:2006/07/16(日) 21:04:01
>>285
もしかして俺って本当に並の人類からちょっと進化したのかな。
昔、なにかの本で「標準体型の人間が水も食料もまったくとらないと1週間〜10日で餓死
する。食料をまったくとらず、水だけでは20〜30日もつ」と書いてあった。
「まぁ、俺には脂肪があるから、2ヶ月くらいは生きてるだろ」と思って水だけ生活を始めた。
最初の1週間は空腹感でかなりキツかった。
でも、それを過ぎるとなんか空腹状態に慣れたみたい。
あと水だけ生活になって3日後にはう○こが出なくなった。
やっぱり消化するものがなきゃ、排泄する必要もないわけだね。
でも、水を飲んでるので小さいのは普通に催すんだな。

289 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 08:28:04
駱駝の皆さん乙

290 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 10:00:47
あとは光合成が出来るようになれば完璧

291 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 11:32:07
意思の問題だと思う

意思や心が食べ物に飢えてたりしたら
本当に絶食一週間で餓死すると思う

292 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 13:29:52
日本人が食べ過ぎるのは厚生労働省と経済産業省の共謀による、
GDP維持政策の所為ではないか?
たくさん食わせて金を使わせ、肥満、生活習慣病にかからせ、
医療費を使わせ、健康グッズを購入させ、健康本を買わせる。

食べない方が健康になるし金もかからないんだが、
皆がっそうすると税収も落ちるわけで・・・・

293 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 15:13:48
>>291
俺は自分の意思で水だけ生活だが、他の人がしたくもないのに水だけの生活を
強いられたら相当つらいのかな。

ちなみに水だけ生活の弊害もある。
それは体力がかなり落ちること。
歩くのは平気なんだが、全力疾走しようとすると足が動かないのよ。
体重は相当落ちたのに、運動しようとすると飯食べて太ってたときより重くなる感じ。

まぁ、ほとんど部屋にこもってるので運動できなくてもいいんだけどね。

294 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 19:46:43
絶食環境下を長く続けて運動したくなった時
食べれば食べただけ動くのか?
体の機能は失われていないか
すぐに取り戻せるのか
それが知りたい

動かない時は食わず
動く時には食えばよく動ける
必要に応じて身体が機能できるのがいいな

295 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 21:40:53
>>294
普通に生活してれば、仕事ある日はモリモリ食べるし
仕事ない日は食べないってすればいいんじゃない。

仕事ある日が半年に一度とかなら知らんけど。

296 :今日のところは名無しで:2006/07/17(月) 21:49:05
食欲がでてしまうと絶食は厳しくなる
食欲をださないで食事ができるなら
動く日だけ食べるとか出来るんじゃね

しばらく食べなかったのにいきなり一気に食べたら
下痢になる可能性が高いと思うがな

297 :今日のところは名無しで:2006/07/18(火) 23:38:44
ふつう意思して食べなくなるひとは
すごい運動をしてもむしろ軽快になるらしい
どの本でも書いてあるよ。
マムシの毒も無化されるとか。。。
体質自体が変わるらしいから。
12日すると遺伝子が変異するとか。
もし重くなってるようなら
少し運動して慣らしてみて、
それでも重かったら
一度断食の専門家に相談してみたらどうでしょう。





298 :今日のところは名無しで:2006/07/19(水) 00:51:41
絶食をすることによって体の仕組みが変わるのだろうと俺の並みの頭は思う。
例えば生命維持に必要なものを合成して補うようになるとか。
腸内細菌がどうのとか理由付けを探したがる。

でも理由付けができないものもある。
その最たるものが元素だ。
元素だけはどうやったって体内じゃ生み出せない。太陽じゃないと。
そういったミネラルの不足分はどうなるんだろう?
それこそ、塩分とか補給しなくていいの?とかね。

んでもまあ〜、そういった頭で考えられる範囲には、きっとたいしたものはないんだろう。
人の体のポテンシャルは、ヒトの頭脳では理解不可能で当たり前だとも思う。

不足だの必要だのを超越するからこそ仙人といえるのだろうw

299 :今日のところは名無しで:2006/07/19(水) 17:06:09
>>293 体が重いっていうのは、その司令塔である「脳」の働きが鈍ってるから
だよ。 
あと、睡眠は充分取らなきゃいけない。

300 :今日のところは名無しで:2006/07/19(水) 18:33:44
なんか時々新興宗教っぽくなってきてるな

301 :今日のところは名無しで:2006/07/19(水) 23:43:42
自分の事を信じると宗教になるのかな
それは悟りというんでは?

302 :今日のところは名無しで:2006/07/20(木) 05:28:39
↑宗教に偏見持ってる?

303 :今日のところは名無しで:2006/07/20(木) 14:06:22
宗教は阿片である。大日本は神国也。

宗教と信仰は別。

304 :今日のところは名無しで:2006/07/20(木) 16:14:41
宗教について全然触れない考えない人は
助けてくれる神を求め祈る人々=宗教

こんな偏見が出来てしまったから
ちょっと人間の内部について考えたり語ったりすると
新興宗教なんて偏見もたれる

305 :今日のところは名無しで:2006/07/20(木) 17:29:42
なんにしても
現実になにかを信じずに生きていくことは不可能なんだよね。
宗教は期待を裏切られたら衝撃が大きいから副作用がめだってしまうけど
広い意味で信仰のない副作用ってのはあまり問題にされないだけで
現実かなり悲惨なものが含まれておるよね、、、。

人類はまだいちぶを除いて宗教なくてもいいというほど進化してない。
だからじぶんがより強く希望をもって生きていける道があれば
とりあえずそれでよいんじゃない。

この玉石混交の時代なんでもかんでも受けとめ、みとめ、学びながら
自分の最高の道をさがし、鍛えていくタフさと謙虚がほしい。じぶんは。






306 :今日のところは名無しで:2006/07/21(金) 00:43:14
>>305
自分を信じてる場合はなんの宗教になるの?

307 :今日のところは名無しで:2006/07/21(金) 19:03:43
自分の何を信じてるの?

308 :今日のところは名無しで:2006/07/21(金) 22:46:30
ここで不食の日記を書いているよ
http://blog.livedoor.jp/kiyokiyo48/

309 :今日のところは名無しで:2006/07/21(金) 23:36:33
>>308
飲み物で炭水化物とりすぎ
これなら白米食ったほうが健康的

310 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 03:52:00
値段書いてない所は全員死ね!!

311 :305:2006/07/22(土) 05:16:24
>>306

自分を信じるといっても実はあまり「自分」を知ってるわけじゃないよね。
なにかにすがらなければならないほど不幸ではないというだけで。

そんなわけだから
食べたらとりあえずうまくいくってのも
よく考えたら自分のおもいこみなので
食べないほうが実はうまくいく、っていうおもいこみと変えられるはず。

宗教っていうのも、もとはといえば自由な自分をめざす手段にすぎないわけで
自分をいろんな苦しみやとらわれから解放したいと
みんな思ってるのにかわりはないよね。

科学ですべてが解明されていればいいけどまだそこまでいってないし
なれないことをおもいつきだけでやるのも
実はけっこう危なかったりする。

自分でやるってのがなかなかむずかしいから
行き詰まったりしたときに宗教にいくことが多いと思うけど
そこで本末転倒してつまづいちゃうこともあったり。

とにかくベターな状態めざして
なんとか「自分」を脱皮していくしかないとおもうよ。
何を信じるにしても。


312 :今日のところは名無しで :2006/07/22(土) 05:44:58
絶食のポイント。
まず基本体重よりも5キロ〜10キロ太ること。
それから。
1〜3ヶ月は野菜と果実と水のみで生活 ★徐々に野菜・果実を減らしてく。
4ヶ月から水だけで生活
5ヶ月目から絶食。
死ぬまで永久に食わない。
以上。
俺はもう約7ヶ月ぐらい何も食ってない。
体重は173センチの62キロ。


313 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 06:22:52
食わなくても体は動ける?
働ける?

俺は毎日運動しているからわかるんだけど、食わないと平時はなんともなくても肉体労働になるときついね。
動かなくなるわけじゃないんだが、馬力が1~2割落ちる。

314 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 11:43:02
水だけ生活してた者です。
昨日の深夜、左下腹部の激痛に襲われて、ついに我慢できず
救急車呼んでしまいました。

315 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 11:51:11
血液と尿検査、レントゲン、スキャンの診断結果で栄養不足による
すい臓の腫れが主な原因でした。
また、肝臓や胃などの機能低下もあり入院することになりました。
退院したら実家に帰るつもりです。
オレはここまでですがほかのチャレンジャーはがんばれ

316 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 12:25:37
どれくらいの期間水だけで生活してたの?

317 :今日のところは名無しで:2006/07/22(土) 13:37:36
水野南北の本を読んでるけどおもしろいよ。
酒代のために盗みに入ってお縄になって
牢獄から出てきて死相が出てるといわれてはじめて食べ物について考える。
それからさんざん苦労して食がすべてを決めると体得したひと。
経験から出ることばがすごい説得力でおもしろい。
食物を大切にすることは自分を大切にすること。
(だからなにも食べないというのは一番大切にするということになる)
この基本から減らして絶食にいたるのが一番安全な道だと思うな。
科学実験的でなくてわるいが、
この基本を忘れたらいずれ反動が出るとおもわれる。



318 :今日のところは名無しで:2006/07/24(月) 08:26:24
義務教育・資本主義の支配の中で従順に培養された人体には無理があるな

319 :今日のところは名無しで:2006/07/25(火) 21:39:37
>>271
おいらだって きんも〜

320 :今日のところは名無しで:2006/07/26(水) 04:50:47
イマドキキンモーダッテ(´,_ゝ`)プッ

321 :今日のところは名無しで:2006/07/26(水) 10:34:18
食欲ないっす

322 :今日のところは名無しで:2006/07/26(水) 10:52:44
そうめんやざるそば、うまいよ

323 :今日のところは名無しで:2006/07/29(土) 16:56:16
http://s.s2ch.net/test/-6-.uYY!FROM=&mail=&color=000000+efefef+0000FF+0000FF+FFFFFF&size=3/life7.2ch.net/diet/1154085448/

324 :今日のところは名無しで:2006/08/19(土) 05:32:40

水野南北の本を読んでるけどおもしろいよ。
酒代のために盗みに入ってお縄になって
牢獄から出てきて死相が出てるといわれてはじめて食べ物について考える。
それからさんざん苦労して食がすべてを決めると体得したひと。
経験から出ることばがすごい説得力でおもしろい。
食物を大切にすることは自分を大切にすること。
(だからなにも食べないというのは一番大切にするということになる)
この基本から減らして絶食にいたるのが一番安全な道だと思うな。
科学実験的でなくてわるいが、
この基本を忘れたらいずれ反動が出るとおもわれる。



325 :愛と死の名無しさん:2006/08/22(火) 20:27:54
そうめんやざるそば、うまいですね


326 :今日のところは名無しで:2006/08/22(火) 23:39:51
>>312でやってみようかな

327 :名無し募集中。。。:2006/08/31(木) 21:23:47
>>292
なるへそ

328 :今日のところは名無しで:2006/10/12(木) 14:21:12
金欠での絶食は最高で四日間だった
季節は春なのに布団に入ったら寒気がしてブルブル震えた
あとイライラしまくってた

329 :今日のところは名無しで:2006/10/27(金) 12:21:56
CRで125才まで生きよう!

330 :今日のところは名無しで:2006/10/27(金) 21:04:59
7日目で立ち上がった瞬間目の前がスーッて暗くなって呼吸が浅くなった。
恐かったよ

331 :今日のところは名無しで:2006/10/28(土) 03:58:43
2日が限界だった
俺ってヘタレ

332 :今日のところは名無しで:2006/10/29(日) 09:21:16
>>1-1000
ドン・ファン・マトゥスは、ひもじいと言うのは単なる考えだと言っている。
その考えが自分自身を殺すと。
科学的には、満腹も空腹も脳内に分泌されるホルモン物質に過ぎない。
実際食うとは、輝く球体:普遍の世界の体のエネルギーの不均衡を少なからず
是正するための手っ取り早い手段に過ぎない。
もっと直接的でロスの少ない効果的な方法はある。
即身仏の僧の死体は、自分の完全性を求め、全く己の精神を研鑚する事無く
食を断ったから、イーグルの口の中に入って他の人間同様に死んだのだ。
まず、今この一瞬が死の面前での最後の踊りで、そしてあらゆる意識体
の生がたった1度きりだと分かる事だ。
他に道は無い。

333 :今日のところは名無しで:2006/10/29(日) 09:28:30
>>1-1000
ドン・ファン・マトゥスは、ひもじいと言うのは単なる考えだと言っている。
その考えが自分自身を殺すと。
科学的には、満腹も空腹も脳内に分泌されるホルモン物質に過ぎない。
実際食うとは、輝く球体:普遍の世界の体のエネルギーの不均衡を少なからず
是正するための手っ取り早い手段に過ぎない。
もっと直接的でロスの少ない効果的な方法はある。
即身仏の僧の死体は、自分の完全性を全く確固し続けられず、己の精神を全く研鑚する事無く
食を断ったから、イーグルの口の中に入って他の人間同様に死んだのだ。
まず、今この一瞬が死の面前での最後の踊りで、そしてあらゆる意識体
の生がたった1度きりだと分かる事だ。
他に道は無い。

334 :今日のところは名無しで:2006/10/29(日) 09:29:31
>>1-1000
ドン・ファン・マトゥスは、ひもじいと言うのは単なる考えだと言っている。
その考えが自分自身を殺すと。
科学的には、満腹も空腹も脳内に分泌されるホルモン物質に過ぎない。
実際食うとは、輝く球体:普遍の世界の体のエネルギーの不均衡を少なからず
是正するための手っ取り早い手段に過ぎない。
もっと直接的でロスの少ない効果的な方法はある。
即身仏の僧の死体は、自分の完全性を全く確固し続けられず、己の精神を全く研鑚する事無く
食を断ったから、イーグルの口の中に入って他の人間同様に死んだのだ。
まず、今この一瞬が死の面前での最後の踊りで、そしてあらゆる意識体
の生がたった1度きりだと分かる事だ。
他に道は無い。

335 :今日のところは名無しで:2006/10/29(日) 09:30:51
そうじゃ霞をすって生きるのじゃ

336 :松原猛:2006/10/29(日) 11:44:31
俺は4日間を水だけで過ごしたが死線が見えた

337 :今日のところは名無しで:2006/11/06(月) 01:45:35
死線を越えるんだ

338 :今日のところは名無しで:2006/11/06(月) 02:18:07
拒食症による合併疾患で死亡するケースは珍しくない。
精神性の問題だからまた別なのか?

339 :今日のところは名無しで:2006/11/29(水) 01:07:32
今日から不食にチャレンジします

340 :今日のところは名無しで:2006/11/29(水) 11:28:46
悪いな、俺には絶対できねーよ
みんな頑張れよ!
さらば!

ウ〜ン 昼は何を食おうかな…生姜焼肉定食かな。

341 :今日のところは名無しで:2006/11/29(水) 11:38:01
断食も良いが食わないと仕事への活力でないな
よく食べて動くじゃないが



342 :今日のところは名無しで:2006/11/29(水) 12:52:23
みんな凄い裸足の源のようなタフガイだ。

343 :今日のところは名無しで:2006/11/30(木) 07:10:35
どこかの宗教団体の集まりか?コワッ

344 :今日のところは名無しで:2006/11/30(木) 09:13:29
久しぶりに物食べたら胃がずっと働いてなかったから胃痛が起きた。

345 :今日のところは名無しで:2006/11/30(木) 18:17:44
>>344
それはあるね、俺は一日一、二食で量も少なくしてるから、
たまに食い過ぎ(とは言え人の半分)ると3時間位、胃が重くて動けない。


346 :今日のところは名無しで:2006/12/05(火) 23:12:44
弱アルカリ水、朝と昼だけ、間食なしで今生活してる

347 :今日のところは名無しで:2006/12/10(日) 14:42:00
昔宗教にはまりその修行のひとつに
7日断食というのがありました。
何度もしたけど
全然大丈夫。

2〜3キロしかやせないし、
倒れることもなかった。
活動は
激しかったけど。(布教活動で)

348 :今日のところは名無しで:2006/12/10(日) 16:04:46
つ【宿便を出す為の秘術】

349 :今日のところは名無しで:2006/12/17(日) 21:59:20
3日間水だけで過ごしてみたが体調は変わらずいい感じだった。
(4日目に親父に無理やりラーメンを食わされた)

異変といえばタバコがまずくなったくらい

350 :今日のところは名無しで:2006/12/18(月) 00:57:59
俺は約2週間、水だけで過ごしてるけど、問題ないな

351 :今日のところは名無しで:2006/12/18(月) 01:43:39
俺も基本は水だけだけど、今は時期的にどうしても付き合いの外食が増える。
結果またお腹が減るようになってきた。
腹減るのって最初だけで乗り切れば問題無くなるしまたしばらく我慢しなきゃだな。

食わないで栄養失調になって免疫力低下して死につながる病気にでもなれば完璧。

352 :今日のところは名無しで:2006/12/18(月) 23:21:11
今は一日二食か一食で生活している大学生です。
1年の時は三食でしたが、なぜか自然と二食になってしまいました
今は今日は一食明日は二食あさってはまた一食という生活をしています
山田氏の言うように食べないほうが調子がいいです
何か食べたいなあという衝動に駆り立てられる時もありますが以前と比べたら
食欲が無くなっていきました
178cmで79キロから70キロにまで落ち続けましたがなぜかこれ以上
落ちません 人間の体は自殺出来ないように出来ていると言うのに頷けました

もうすぐ正月で実家に戻らなければなりませんが親が微食について理解していな
いので複雑な気分です
大半の人も親が理解していないため不食を続行するのが難しい状況にあるのでは
ないでしょうか?

353 :今日のところは名無しで:2006/12/19(火) 00:01:01
俺なんか空気だけで生きてるぜ
空気うめぇwww

354 :今日のところは名無しで:2006/12/19(火) 19:06:47
最近毎日一食パンだけ
我慢はできるが栄養的に大丈夫だろうか…

355 :今日のところは名無しで:2006/12/19(火) 19:34:58
雪を食べてます

356 :今日のところは名無しで:2006/12/20(水) 00:16:24
352を書いた者だが、今んとこ一日一食の微食だが
一食にしただけでかなり金が浮く。
高校の時は一日三食食べないと空腹になっていたのに実に不思議だ
完全に不食になれば働かなくてすむ、とまではいかないかもしれないが
給料を電気費、光熱費に差し引いて全額、自分の趣味や貯金にできるな



357 :今日のところは名無しで:2006/12/24(日) 03:37:01
不食絶食を続ければ体は変貌を遂げ
視覚聴覚嗅覚は野生動物以上に発達
内臓は冬眠状態に入るが脳は活性化
認識力が拡大し全存在の意思を把握
誤解をする事無く相手の思考を理解
衝突が起きないから世界平和に貢献
更に目に見える様にして変化が表れ
頭から鋸状の角が生え顔は鬼面武者
硬質化した肉体は甲殻類を思わせる
口から火炎を吐き手から稲妻を放出
足の裏から強風を起こし音速で飛ぶ
電磁波を発生させ体をバリアで包む

358 :今日のところは名無しで:2006/12/24(日) 03:40:22
すげぇw

359 :今日のところは名無しで:2006/12/24(日) 23:32:07
ちょww

360 :今日のところは名無しで:2006/12/24(日) 23:52:33
なんかもう神になれそうだなw

361 :今日のところは名無しで:2006/12/25(月) 22:29:33
飯食わなきゃ身体をどうやって維持すんだよ!

骨はカルシウム、肉はタンパク質、炭水化物はエネルギー、ビタミンやホルモンは潤滑油。

何も食わないで生きていけるなんてのは一般人の定義には当てはまらない。

だからお前らはちゃんと3回飯を食え!

156 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)