5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 おまいらご先祖のバカ話をどれだけ知ってますか 

1 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 17:13:30
たまにいるよね、先祖自慢するやつ。武士だったとか何とか言ってて。
それは別にそれで構わないけど、ご先祖の失敗だとか間抜けな話とかを
お前らどんだけ知ってるかなと思ってスレ立てました。


2 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 17:33:50
江戸時代に道場(剣道)開いてたらしく、塾生の名簿が未だに残ってる。
あとは大正だか明治時代の著作(作家がいたっぽい)。
どっちも祖父が大事にしてるからうっとおしくても捨てられん。

3 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 17:39:10
>>2
いきなり自慢話かよw でも面白いよ。
そういう塾生とかで目立ってたっぽい奴とかいない?痛い奴とか。
じっちゃんをそそのかして聞きだせ。

4 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 17:56:25
苗字帯刀を許された農家(いわゆる庄屋さん)だったらしいが
ここで割腹自殺した人が居るだの、この井戸にはだれそれが飛び込んで自殺しただの
そんな話しか残ってない。

5 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 18:08:13
>>4
ウヒョー名字帯刀って侍の特権だとばかり思ってたよ!
一つ利口になったー。
で、井戸で染んだのは誰?「リング」の貞子みたいだなw
(あれは突き落とされたんだが)

6 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 18:28:01
郷士(普段野良仕事してる侍)だった。
倉の中に刀や系図などお宝がたくさんある裕福な家だったらしい。
敷地内にえらい平家の落ち武者の塚があり
先祖代々うちが祭っていた。
無礼なことをすると祟りがあると
昔から言い伝えられて大事にお仕えしてたのに
よっぱらったばーさんの父親が
「けっ!何が塚神さんじゃ!祟れるもんなら祟ってみろ!」と
立ちションベンをジャージャーかけた。
その後男子は全員 急病で障害者になり
配偶者を持つこともできず 女子もほとんど若死。
子孫は遠く離れた場所で何人か生き残っておりますが
本家は空家。塚神様の祠もどうなってることやら..。


 
 


7 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 19:10:04
>>6
怖いな・・・

俺のひいじいさんは川を下って今の土地に来たらしい。
そのことを昔、友人に話したら、なぜか笑われました。

8 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 19:41:05
馬鹿な話じゃないが、ジイサンのジイサンのジイサンぐらいかな。とりあえずかなり昔に
僧侶が行き倒れしたらしい。今でもジイサンの家の隣にある墓場に「行き倒れの僧」の墓がある。
えらいなー俺のご先祖さま。やすらかに眠ってください。

9 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 20:05:20
墓で思い出したけど、ウチのお墓の一角に墓碑も何も無いところがあるんだけど
そこにも線香とお供え物を上げる。無縁仏とはまた別に。

「なんでそんな事するの?」と聞いたら「昔望まれずに生まれてきた赤ん坊を殺したが
生まれてない事になっているので墓に入れることが出来ずにココに埋めた」とか言われた。

ウチの家、こんなんばっかりだな。

10 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 20:27:27
>>9
こえーな・・

11 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 22:36:38
うちのじいちゃん戦時中にスズメ蜂にさされても死ななかったんだって。

12 :ななしのいるせいかつ:05/01/06 23:39:43
>>11
わんだほー

13 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 00:30:49
じじ、酔って川に落ちてちんだ

14 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 02:40:42
うちの父方のばーちゃんちに墓(石おいただけ)がある
俺の弟の墓
流産だった
俺が小さい頃弟の骨が入った箱(壷?)を持って走り回ってたらしいが、んなこと覚えてない。
流産の子は動物みたいに自分ちに埋めていいのか激しく疑問
ただの塚なんだろうか
スレ違いスマソ

先祖のバカ話っつーか、「センガメ」って名前には驚いた
縁起だけはよさそう

15 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 07:35:49
たくさんの田畑と山を持ってた
たいそう立派な地主様だったそうな
しかし酒とオナゴが大好きで酒とオナゴのために田畑や山を手放したそうな
単なるエロオヤジじゃねーかよw


16 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 12:33:27
戦国時代の有名な人の兄だったけど
戦がイヤで逃げ出した。
で、逃げた先でも戦が起きて、そこからも逃げて
最後には東北の北のはずれで農民になったけど
それもパッとしなかったらしい。

伯父が家系図持っててコピーが実家にあったけど
書いた人が達筆すぎて読めなかった。

17 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 13:31:08
俺の先祖、伊達家の医者だったらしい

18 :ななしのいるせいかつ:05/01/07 20:45:14
千年以上続く家らしいのだけどたいした歴史が無い。
江戸初期のレシートみたいなのが残ってるのと、でかい木が2本あるだけ。
多分ただの村長。それもかなり昔の話っぽい。今でも金持ちだったらな〜

19 :ななしのいるせいかつ:05/01/08 01:51:06
長生きな家系だが、皆病気持ち・・・。
俺も色弱と禿が遺伝しているようです。
ガンが遺伝していたらどうしよう?

20 :ななしのいるせいかつ:05/01/09 04:12:09
父方は平家で戦に負けて山奥で細々と生活
母方は庄屋だったが火事ですべて焼けてしまったらしい
ビバ!転落人生

21 :ななしのいるせいかつ:05/01/11 11:25:08
うちの先祖の弟さんが、どこぞの落ちぶれ士族から
大金出して名字を買い取ったらしい。
が、その後すぐに四民平等の世の中になり誰でも名字を
名乗れるようになったそうだ。


意味ねぇじゃん・・・・

22 :ura2 your-2wv28luvcw.voip.canet.ne.jp:05/01/11 11:46:02
hitojiti

23 :ななしのいるせいかつ:05/01/11 12:15:52
うちのひいじいさんのあだ名は
「屁ったれキュウベイさん」だったそうな。
キュウベイさんは首つってシンダ

24 :ななしのいるせいかつ:05/01/11 13:53:16
>>23
ほのぼのしたあだ名なのに末路がほのぼのしてない…

うちのひいじいちゃん、ひいばあちゃんが家庭教師と不倫して
怒って刀抜いて軍隊クビに。

25 :ななしのいるせいかつ:05/01/13 16:43:09
いちおー武士だったらしい。
持っている土地の田畑の管理がめんどくさくなったらしく
近所の人に、お酒までつけて「もらって下さい」とあげてしまったらしい orz

26 :ななしのいるせいかつ:05/01/13 16:57:33
小作人だったらしいが、藩の土地区画整備か何かで200坪近くの土地を与えられたらしい。
現在までそのまま持っててくれれば、いい感じの地主なのに明治になって明治政府の
土地区画整備か何かで全部取り上げられたそうだ。

27 :ななしのいるせいかつ:05/01/13 17:29:36
>>25
武士じゃないけどうちもだ。つけるものはお酒と決まってるんだろうか・・・。
当時の共通貨幣みたいなもんなのか?

ついでに、うちはちっちゃなちっちゃな藩の素封家で、しょっちゅうお殿様にお金貸しては
「もうちょっと待って」みたいな感じで踏み倒されてたらしい。
とうとう明治になって完全に借金ちゃらにされてうちは破産。
借金の証文だけが残ってる。
「○○(地名)のお殿様がお金返してくれなくてねえ」とうちのお年寄りたちがよく言ってた。
この前ちょっと調べたら、その○○のお殿様は教育に関心があったらしく、
明治になって私立の学校や図書館を色々建ててた。
それはすごくいいんだけど、それ、もしかしてうちのお金じゃねえだか・・・お殿様・・・。

28 :ななしのいるせいかつ:05/01/13 22:55:41
>>25>>27
おんなじ話だとするともしかしたら元ネタがあるかもしれん。
そうでないとしても土地を分ける理由の決まりがあるのかも。

29 :ななしのいるせいかつ:05/01/13 23:08:49
うちの先祖は何か殿様に仕えるご家老?なんか城の中で偉い人だったらしい
でもすぐ潰されちゃったらしい・・・・

30 :29:05/01/13 23:09:46
あ、全然バカ話じゃねーな。ご先祖様に失礼だな・・・ごめん・・・

31 :ななしのいるせいかつ:05/01/14 02:03:04
ひいひいおじいちゃん(?)は
伊東の温泉に入浴しながら
昇天したらしい。

是非ともあやかりたいもんだ

32 :ななしのいるせいかつ:05/01/14 02:42:10
先祖というわけではないけど、うちのおばあちゃん。
戦時中、中学生でも軍需工場等で働かなくちゃ行けなかったかわりに
叔父さんのつてで共同通信でお手伝いしてたそう。
(荷物はこんだり、お使いしたりする程度だけど)
当時国会議事堂の地下にオフィスがあったのでそことか
首相官邸とかに出入りしていたという当時の話を聞くのは
今じゃどこにでもいる普通のおばあちゃんなのに
歴史の中に生きてたんだなと思ってなかなか興味深い。

しかもこども目線だから結構面白い…
・夕方頃にくる空襲情報も朝のうちにキャッチできていたので
社員が仕事してる間広い部屋の片隅の電話で家や近所の人に連絡いれてた。
(国もわかってるなら地域の人に前もってしらせてあげればいいのにね)
・配給始まった頃でも議員食堂にはカレーライスがあった
・喫茶室の女中さんと仲良しだったので、よく書き損じの原稿用紙
(女性は紙を多く使うけど当時は紙も不足していたので)
と引き替えにみかんの缶詰めに生クリームかけたものをご馳走になっていた。
・が、一応原稿の持ち出しは機密漏洩なのでバレて後で怒られた。
・夜首相官邸に手紙届けに行ったら大臣とかと麻雀していた(そして待たされた)
等等等…

結局終戦を前に空襲がひどくなったため田舎に疎開したので
終戦時の混乱はみていないそうだけど
当時の子供の目から見ても「そりゃ負けるよ」という感じだったらしい。です。

33 :ななしのいるせいかつ:05/01/14 02:46:36
俺の爺さんは戦争中、駆逐艦の水雷長をしていたんだが、空母赤城をたった2発で撃沈した。


34 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 17:18:56
∩( ・ω・)∩

35 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 17:27:16
>>33
おまいのじいさんはアメリカ人かいな。

36 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 17:28:13
>>33の意味がわからんのでずっと次レスが書けん

37 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 18:19:16
もう亡くなったけど、自分の爺ちゃんは沖縄戦で
銃弾3発内臓に食らったまま生きてた
20年後に摘出するまで入れっぱなしだった

38 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 19:10:38
うちの祖先は城を設計した(城跡がある)
が思いっきり欠陥住宅?城?だったらしい
はずかしくて人に話せない

39 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 19:11:17
私のお祖父ちゃんにあたる人、徹夜マージャンから帰って
玄関先で倒れて死んだって。そのバカ話がなんか自慢です。


40 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 19:36:13
教師だった曾祖父。
不倫してどこか遠くへ飛ばされたそうな。
またそれとは別に、単身赴任で遠方で勤務してた頃
妾さんと一緒に暮らしていたらしい。

祖父はそんな父親を反面教師とみなしていたそうです。
ちなみに子孫達は全然女ったらしじゃありませんよ。

41 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 20:58:15
>35-36
空母赤城は敵の攻撃で被弾、曳航できないほど大破したため
味方の駆逐艦の魚雷によってわざと沈められた。


42 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 21:55:03
「先祖のバカ話」というわけではないけど
うちの祖父は野口英世にお金を貸して、踏み倒されたらしい。

そんな訳で我が家では野口英世は偉人扱いされていない(w

43 :ななしのいるせいかつ:05/01/18 23:40:08
これも有名税か?

44 :ななしのいるせいかつ:05/01/19 04:52:09
祖父と祖母が尋常高等小学校の教師と生徒だったそうな。
昔はこんなのあたりまいダターのか?

45 :ななしのいるせいかつ:05/01/19 12:29:38
>>42
野口英世はあちこちでそういうことしてたらしいな

46 :ななしのいるせいかつ:05/01/20 16:11:10
>>45
当時のお金で数千円を一晩で使い切った伝説がある。
数千円とは、アメリカに留学できるほどのお金だった。(今のお金で数百万円ほど?)

47 :ななしのいるせいかつ:05/01/20 16:50:52
>>46
一晩でなにやったんだよw
しかもその金はどこから?

48 :ななしのいるせいかつ:05/01/20 18:12:06
関西人の祖先は朝鮮人ばかりだそうな。

49 :kinpega ◆32x9qIKHNE :05/01/20 19:00:05
田舎に帰ったとき家系図を見たら長男のみ、みんな名前に金が付いていた

50 :ななしのいるせいかつ:05/01/21 16:58:19
>>49
女のほうには「満」が付いてなかったか?

51 :kinpega ◆32x9qIKHNE :05/01/21 19:37:22
>50
んなわけないだろ!
ちなみに名前に金が付くのは俺の父で最後だった
名前は金栄=きんえい

52 :ななしのいるせいかつ:05/01/24 19:25:39
日本で最初にカメラに向かって中指を立てた日本人
それがおれのじいさん

53 :ななしのいるせいかつ:05/01/24 19:49:12
一旦戦に負けて洞窟にこもった後船で脱出しようとしたら
船に乗る人数が縁起悪い、と使えてる人に言われて息子を置いて行った。

54 :ななしのいるせいかつ:05/01/24 22:07:10
>>17
俺と親戚?

55 :ななしのいるせいかつ:05/01/24 22:17:17
なん○んで100人切り

56 :ななしのいるせいかつ:05/01/24 23:29:01
田舎モンの癖に俺のじいさんは、ばあちゃんと俺の親父を置いて
東京に出て行ってさんざん遊び回ったらしい。で、車の部品か何かの
会社を経営していた。会社は進駐軍相手の仕事でえらく儲かったらしいが
なんか変な相場(小豆だったか粗糖)に手を出して一気に貧乏になった。
で、泣く泣く田舎に帰ってきて百姓を始めた。で、その放蕩ジジイは未だに
健在なのだ。最近ボケ初めてきたらしく、「メリーはどこにいったかな?」とか、
「バーボンはあるかい?」とか言ってくる。若い頃はキャバレーとかで相当遊んだ
みたいだ・・・。ボケてるかたと思えば、いきなり鋭く突っ込まれたりすることもある。
まぁ、たまに小遣いくれるからいいんだけど。小遣いとかそう言うの関係無しに、
もっと長生きしてくれればいいと思う。遊び人だった頃の話を聞くのが俺の楽しみだ。

57 :ななしのいるせいかつ:05/01/25 06:22:12
うちのじいさん(健在)が聞かせてくれた戦時中の話。
じいさんは戦時中はパラオで従軍していたらしい。
夜は暑くて寝苦しいので、同じ隊の友人と外に涼みに行ったところ、
見回りの兵隊に発見されて発砲され、友人は腹に傷を負ったとのこと。
あと、現地の人に「鉱山をもらい受ける約束をしてきた」と主張しており、
俺に対して「早くパラオに行け」と言い出す始末。

いいかげんなじいさんなんで、どこまでホントやらわからんが・・・

58 :ななしのいるせいかつ:05/01/25 11:08:05
「飛行機」というものがあることを知った何代か前のご先祖。明治初期だと思う。
竹と障子紙で翼を作り、身体にくくり付けて裏山の崖から飛んだ。
村人集めてやったらしい。
もちろんそれで死んじゃったけど、未だに子孫達は法事のとき笑い話にする。
「イカルス」とかいって。
このご先祖様は一族の誇り。一番すっとんきょーな人だ。


59 :ななしのいるせいかつ:05/01/25 12:11:57
>>56
昭和30年代かな?面白いじいちゃんだな。
大切にしろよ。まさか愚連隊とかにいry

60 :ななしのいるせいかつ:05/01/26 00:50:33
合戦の時落馬して死んだらしい。それも、合戦に行く途中に。
それで俺も2年も浪人したのだと思う。

61 :ななしのいるせいかつ:05/01/26 18:05:20
俺が生まれるちょい前に亡くなった母方の祖父。
春の甲子園で祖父の母校が県大会の決勝まで勝ち進んだそうな。
ラジオから流れる中継を聞いて興奮し、「行けーーーー!」
と叫んだところで脳の血管がプツン。
そのまま医者を呼ぶまでもなく王大人(祖母)、死亡確認。

それから一年もたたずに俺が生まれたわけだが、親戚集まるたびに
「お爺ちゃんの生まれ変わり」と呼ばれてた。
すまん顔も知らない爺ちゃん、嬉しくない。(;´Д`)

ていうか、逆算したら爺ちゃんの命日から俺の誕生日まで11ヵ月半しか開いてないんだが。
母よ、自分の父親が氏んで49日ぐらいのときに何してんだ。orz

後半スレ違いの話スマソ。

62 :ななしのいるせいかつ:05/01/27 06:35:06
母も先祖の一人ということですね

63 :ななしのいるせいかつ:05/01/27 13:42:39
というか、それを判ってて親戚は「お爺ちゃんの生まれ変わり」と言っていたのではないかと。

64 :ななしのいるせいかつ:05/01/27 22:38:58
>>58
そういう話大好き。
風船おじさんよりカコイイ。

65 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 15:40:52
>>9
うちの親父も長男なんだが実は上にもう一人いたらしい。
当時は出生届一年以内に出せばよかったんだが、出す前に死んだんだとか。
そういや松田優作も戸籍と実年齢は一歳違う。

66 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 16:05:48
母方の先祖。
田舎で庄屋みたいな感じだったらしいんだが
羊羹大食い大会を開いて自ら参加、そして17本食べ優勝。

何をしたかったのか分からん。

67 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 17:22:49
お父さんの子供の時。

潜水艦のオモチャを買ってもらい、喜び勇んで川へ遊びに行った。
潜水艦を水の中に入れてスイッチを入れると、グングン沈んでいったそうな。
それから父のもとに潜水艦が帰ることは無かった。

68 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 19:45:59
先祖ってか婆ちゃんの若いころの話なんだが、
原爆落とされたあと
まじではだしのゲンみたいな感じの被爆者が
ギギギーとか言いながら広島市内から大挙して押し寄せてきて、
うちの庭の井戸水をがぶ飲みしてはバタバタ死んでったらしい。
しかも、ばーちゃんそいつらと世間話とかしてるし。

69 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 20:53:48
>>66
城内みかん大食い大会で優勝したサザエさんのご先祖様みたい…。

先祖は南部藩に仕えていたようだが、
「鷹狩の際に田んぼにはまったお殿様が我が家に起こしになり、
脱いでおいていかれた泥だらけの狩衣」がある。
別に嬉しくもない。
家にはその手の、ちょっとは珍しいけど金にならなそうな物がいっぱいある。

70 :ななしのいるせいかつ:05/01/29 20:54:56
訂正
 × 起こしになり
 ○ お越しになり

71 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 02:47:32
先祖は偉い坊さんの弟子だったらしい。
寺の書物庫が火事になった時、一人だけ書物庫に走り
大事な巻物を腹を割いて中に差し込んで守ったという伝説がある・・・
縁起絵巻みたいなものもあった

それから江戸時代の終わりまで、その坊主の子孫がその寺を守ってたんだが、
火の不始末で今度は寺ごと全焼させてしまった。
寺は建て直したが、借金で首が回らなくなって結局夜逃げすることに・・・

72 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 03:04:17
代々百姓の家なんだけど、江戸初期にあまりに干害が続くために、先祖が
みんなにバカにされつつも大きな川から一人で田んぼに水を引いて来たという
話がある。そのころのボロボロになった資料みたいのを見せてもらったが、なんだか
えらく話が誇張されてるような気がした。

73 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 11:22:52
>>71
うちの大学のロシア語の先生が、講義中の雑談で
「あるロシア人と喋ってたら、『なんか偉い人の屋敷が火事になったとき
家頼が自分の腹切って家宝の巻物を詰めて守った、て話を
テレビで見たぞ!凄いな!ほんとか?』
とか言うから爆笑したことがあります」
・・・って言ってたんだけど・・・君のご先祖だったとは・・・

74 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 12:36:48
>>58
ちょっとまつゾヌ! なかなか面白い話だが、
明治元年が1868年で、ライト兄弟が「ライトフライヤー号」で空を飛んだのが1903年、
その間実に35年もあるのだが・・・


75 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 12:38:05
腹切って入れる時間あるなら走って逃げたほうが・・・・



て言ってはダメか?

76 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 13:03:31
>74
江戸時代にグライダーで飛んだと言われている鳥人幸吉がいるじゃないか。
彼は1757年生まれ。>58のご先祖さまは鳥人幸吉の話を聞いて
「よっしゃ自分も」と試したのかもしれないな。

77 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 14:24:58
>>74
ライト兄弟は、「成功した」初めての人でしょ

78 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 14:55:20
>>76-77
ちょと待つゾヌ!
>>58のご先祖様は
「大空に憧れて」とか「若しかしたら人も空を飛べるのでは・・?」とかの理由ではなく
「飛行機の存在を知って」試験飛行を試みた・・と書いてあるゾヌ。
つ〜ことは飛行機の存在がが明確になった1903年以降の話ではないのかい?
すると、明治初期じゃ矛盾が生じる。そこを言いたかったゾヌ



79 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 16:35:03
これ?
ttp://www.nihon-kankou.or.jp/nkks/ctrl?evt=ShowBukken&ID=18302ag2130012983

80 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 16:40:55
ヤングマン
ttp://www.bridgestone.co.jp/hgt/hajimari/hajimari9b.html
>>78
グライダーとかはリリエンタールの昔からあった

81 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 16:48:32
こんなのも。
ttp://www1.ocn.ne.jp/~avro504/hikoki/rekishi1/nippon.html
あと、南宋里見八犬伝には大凧に乗る犬士の姿が描写されております。

82 :ななしのいるせいかつ:05/01/30 21:17:46
>>66
きっと羊羹を腹いっぱい食べたかったんだろうな。

83 :ななしのいるせいかつ:05/01/31 00:16:40
誰にはばかる事もなく、羊羹を思う存分貪り食いてえ!

それだけの理由で羊羹大食い大会を開いちゃう庄屋様。
実に素敵だ。

84 :ななしのいるせいかつ:05/01/31 00:22:07
鳥人幸吉(1757〜1847)・安里周當(1765〜1823)・リリエンタール(1848〜1896)などは、
ライト兄弟の「動力」飛行(1903)以前に飛行機で空を飛んでいます。
「動力でない」飛行機は1903年以前にも存在していた、ということです。
 ttp://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/asat/koukiti.html
 ttp://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/asat/asato.html

そして、>>58さんのご先祖様が鳥人幸吉や安里周當を参考にしたとすれば、
明治初期に実験を行ったというのも考えられる話です。

「誰を参考にし、いつ頃実験したのか」がはっきりしないとしても、
情報を受け取るだけでも大変な時代に情報を収集し、
自ら実験してみる行動力をお持ちのご先祖様だったことには変わりなく、
とても羨ましく思います。
>>58さんは、これからも誇りにして下さい。

85 :ななしのいるせいかつ:05/02/02 15:26:26
俺の先祖は夜盗で、どっかの町から娘を盗んできて嫁にしようとした。
しかし娘はかなり腕に覚えのある猛者で、先祖は逆に半殺しにされた。
先祖は死にかけながら娘に懇願し、娘はその姿を哀れに思って先祖の看病をした。
看病をするうちに娘と先祖の間には愛が芽生え、やがて子が生まれた。

小さいころ姉に殴られて泣かされた時に祖父がこの話をして
「だからうちの家系は女の方が強いんだよ」と説明された。
田舎なのでその話は村全体で語り継がれていて、俺の家は時々笑いの種にされる。
しかしまあ、先祖の事なんてそんなにピンとこないので不快にもならない。
ちなみに、娘が先祖に対して使ったという血のついた錆び刀が今でも保管されている。


86 :ななしのいるせいかつ:05/02/02 17:36:47
「先祖が娘に対して」じゃないのなw

87 :ななしのいるせいかつ:05/02/02 20:23:36
>>85
秋田県民だろ。

88 :ななしのいるせいかつ:05/02/02 21:11:31
俺は野党

89 :ななしのいるせいかつ:05/02/02 23:32:39
でもその娘も先祖なんでしょ?

90 :ななしのいるせいかつ:05/02/03 18:57:26
私がまだ小さい頃死んだじいちゃん、生卵をレンジでチンした。

91 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 01:32:38
だから死んだのか。

92 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 02:09:28
俺の先祖は戦争に行きたくないから崖からわざと落ちて足を骨折したらしい

93 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 11:55:55
だから死んだのか。


94 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 16:43:10
実は俺、古代人の末裔らしい。

95 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 16:46:27
実は俺、未来人の祖先らしい。

96 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 20:43:50
>>94は正解だが>>95は間違いである。

97 :ななしのいるせいかつ:05/02/04 22:18:38
>>96

>>95は童貞

98 :ななしのいるせいかつ:05/02/05 21:55:47
赤痢で七回隔離された。

99 :ななしのいるせいかつ:05/02/06 11:49:21
コレラに罹ったが死ななかった

100 :ななしのいるせいかつ:05/02/06 16:40:19
曽祖父がガキの頃家出して、
そのまま今の土地(何十キロも離れてる)に住み着いたらしい。

101 :ななしのいるせいかつ:05/02/07 13:13:38
>>100
そのまま生きて成長できたってのが逞しいガキだな

102 :ななしのいるせいかつ:05/02/07 13:38:48
>>100
のこされ島?

103 :ななしのいるせいかつ:05/02/07 23:38:16
>>101
全くそう思う。寺の縁の下で寝たりしたらしいんだけど、ある時人魂を見たらしい。
後に骨から出るリンが水と反応する現象だと知ったそうだが。怖かっただろうな・・・

>>102 ???

104 :ななしのいるせいかつ:05/02/07 23:41:00
母方の先祖が庄屋で、当時の代官様とつるんで賄賂三昧だったと。
貰った貢物で座敷がいっぱいになって、「襖が倒れた」と言う話が残っている。
「お主も悪よの〜」「お代官様こそ、ぐふふふふ」ってやってたのかな?w

今?今は農地解放ですっからかん。



105 :ななしのいるせいかつ:05/02/08 00:08:12
>104
黄門様や三匹に成敗されちゃいそうだなw

うちの先祖は和算大好き人間だったそうだ。
飯も忘れて計算に明け暮れていた重度の数学オタ。
昔からそういう奴っていたんだな…

106 :ななしのいるせいかつ:05/02/08 17:40:56
>>103
のこされ島?


107 :ななしのいるせいかつ:05/02/09 13:11:49
( ・∀・ ) ス
(・∀・ ) パ
(∀・  ) イ
(・   ) ラ
(    ) ル
(   ・) ネ
(  ・∀) ニ
( ・∀・) チ
( ・∀・ ) リ
(・∀・ ) |
(∀・  ) ン
(・   ) 
(    ) 
(   ・) 
(  ・∀) 
( ・∀・) 
( ・∀・ ) 
(・∀・ ) 
(∀・  ) 



108 :ななしのいるせいかつ:05/02/09 19:25:11
医者のひいじいさん、「スペイン風邪」が大流行したときに
貧しい家を回って無料で診察し、自分も感染して亡くなったという。
葬式には患者が列をなして号泣したとか。

ところが没後数十年して戦争が終わった頃、つぎつぎと
「この子はわしの子だ」
という誓約書を持ったおじさん・おばさんが4人もじいさんの前に
現れたらしい。しかもひいじいさんが使ってた看護婦が母親。
おまけに4人とも母親が別。
ひいじいさんの名声はガタ落ちした。

109 :ななしのいるせいかつ:05/02/09 19:42:13
桜田門の変だったかな、井伊直弼が暗殺された事件があった。
その犯人が、土佐藩に逃げてきた、それを母方の先祖が
部下を連れて召し取りにいったら、手向かってきた。
飛び下がったら、階段から落ちたそうだ。

110 :ななしのいるせいかつ:05/02/09 21:30:51
階段から落っこちたのはご先祖様?犯人?
犯人って18人いるけど、どの人だろうね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E9%96%80%E5%A4%96%E3%81%AE%E5%A4%89

111 :ななしのいるせいかつ:05/02/10 16:44:34
井伊家は俺の住んでる地方にあります、たぶん。(浜松)。

112 :ななしのいるせいかつ:05/02/10 19:36:16
井伊家の先代だか先々代だかは元彦根市長だったと思うけど

113 :ななしのいるせいかつ:05/02/11 09:09:24
>>111
糸井重里みたいだな

114 :ななしのいるせいかつ:05/02/11 09:57:16
母方の曾爺さんが横綱 常陸山の付き人を務めてました。
常陸山に素質を認められて角界入りしたものの、曾曾爺さん急逝で
家業を継ぐ為、廃業。商売が持ち直してからは地元の宮相撲で
長く大関をつとめましたとさ。

父方の爺さんは畑の肥溜めに隠れて戦争から無事生還。満州で警察署長を務めました。
現地の人を使用人として積極的に採用してたらしく、5年前に亡くなったときに
その人たちから手紙が何通か届いてたのにはビックリした。

そして現在、相撲取りの子孫は2億もの借金を抱えて雲隠れしました。

歴史的には私どもは平安時代に瀬戸内で暴れまわった藤原純友の一族の末裔
 というふうに聞かされております    …海賊か orz

115 :ななしのいるせいかつ:05/02/12 03:14:45
父方のひーひーじいさんが佐賀の乱に参加して、政府軍に捕まって牢屋に入れられた。

116 :ななしのいるせいかつ:05/02/13 21:07:04
一揆の主謀者

117 :ななしのいるせいかつ:05/02/14 17:02:48
室町から続く武士の家系。
仕える家がどんどん滅亡…
ご先祖、下げチン?

118 :ななしのいるせいかつ:05/02/14 20:45:46
それでも生き残っている、したたかさは偉い!

119 :ななしのいるせいかつ:05/02/20 18:00:26
>>108
でも生まれた子をちゃんと認知したんだから、女にはだらしないけど、結局いい人じゃないの。

で、うち。
名字が「大石」で、家紋も内蔵助と同じです。
厨房の頃「何か関係があるのか」と聞いたところ「全然関係ない。この名字と家紋は買ったものだそうだから」と言われました。
御先祖に一発当てた成り金がいたようですが、どういうことなのか全然わかりません。
名字を売った人の名字が無くなるわけでもないだろうし…そもそもどうやったら「買う」ことができるのか…

120 :ななしのいるせいかつ:05/02/21 01:05:25
明治以前は苗字はなかったのではなかったかな。農民とか。

121 :ななしのいるせいかつ:05/02/21 20:19:28
農民でも豪農なんかだと、金出して名字を買い刀を差すことはできたんだよ。
日本史板に池。

122 :120:05/02/22 01:51:15
俺が言いたかったのは、苗字がないから買ったんじゃないかって意味ね。

123 :ななしのいるせいかつ:05/02/22 13:51:28
>>120
貧乏御家人とかが借金を返済するために、商人や豪農に御家人株を売る事があった。
別に「御家人株」って株があったわけじゃなくて、商人や豪商の息子を「養子」として届け
ソイツに家督を譲るとかって方法で苗字を譲った。

それ以外にも、何かいい事をして苗字帯刀を許されるってのもあったらしい。
例えば私財を投げ打って堤を作ったとかね。

ウチは農家だったけど地方豪族の末裔で、おおっぴらに名乗って無かっただけで
苗字はあったらしい。

124 :ななしのいるせいかつ:05/02/22 14:48:49
うちの祖先も大火で焼けた江戸城再建に功があったってことで、
幕府から苗字と刀を賜ったらしい(元々は士農工商の工にあたる身分だった)。

ここまでなら先祖のちょっといい話なんだが・・・。

それから数代後になって親子喧嘩がこじれて、
その刀を持ち出しての刃傷沙汰になったらしい。

刀は封印された・・・・んだけど、
ちょっと前に親父がなんでも鑑定団とかの影響を受けてか、封印を解いちまった。
真っ黒に錆びてぼろぼろだったよ。

125 :120:05/02/22 22:21:16
>>123
ありがとうございます。検索も何でしたらいいのかわからなかったので。
これから少し調べてみます。

126 :ななしのいるせいかつ:05/02/25 03:21:04
じいちゃんの姉はお坊さんとかけおちしたらしい。
そして曽祖父が死んだとき遺産相続で裁判したらしい。
そしてその家とは親戚付き合いがない。

127 :ななしのいるせいかつ:05/02/25 03:31:51
僕の、ひいおじいさんは必死で掘った防空壕の真上に爆弾がおちたそうです。

128 :ななしのいるせいかつ:05/02/25 06:09:19
曾祖父のそのまたお祖父さんの話し↓
(結構有名な)某藩の侍だったご先祖さんは、何人兄弟だったのかは
知らないけどなんせ長男ではなかったそう。
当時は跡取り以外の男子はスペア扱いだったみたいね。仕事でなにやら
ヘマをやらかした兄(長男)の身代わりをさせられて島流しになったんだって。
そこでうちの曾曾曾祖母さんと結婚して今に繋がってるわけだから、オレにとっては
<その時歴史は動いた>ってところかな?


129 :128:05/02/25 06:20:01
↑のお祖父さんの話しが未だに語り継がれてるのは、不運な境遇のせいじゃなくて
亡くなり方が奇妙だったからだって。
曾曾曾祖母さんの家が裕福だったから結婚後は働かないで釣り三昧の日々だったんだけど、
結婚して何年も経たないうちに釣りに行ったまま行方不明になったそう。
岩場の上に釣り竿と魚籠が残ってたから波にさらわれて死んだことにしたんだって。



130 :ななしのいるせいかつ:05/02/25 10:47:13
>>129
そのうちにひょっこり竜宮城から帰ってくるんじゃないかい?w

131 :ななしのいるせいかつ:05/02/26 00:03:56
>130
うーん、もっとこう火曜サスペンスや土曜ワイド風味な背景を想像しちゃったよ。

132 :ななしのいるせいかつ:05/02/26 03:05:56
最後崖っぷち(文字通り)で謎解きするんですか?

133 :ななしのいるせいかつ :05/02/26 20:01:53
死んだじいさんは戦時中、職業柄徴兵されないはず
だったらしいのだが、末期になって人手が足りなくなったのか招集された。
家族に別れを告げ悲壮な覚悟で港へ行ったら、
船が店員オーバーで乗れなかったとかでそのまま家に帰ってきたそうだ・・・。


134 :ななしのいるせいかつ:05/02/27 22:25:54
>>133
戦争末期じゃ特効させられたかもしれないし、行けなくて良かったね、じいちゃん…

うちのひいじいちゃん。ちょっと血の気が多い人だったらしい。
戦前の話。地元で水争いがあり刃傷沙汰に発展しそうになった時、抜き身の刀で駆け付け、場を仲裁した。
仲裁は良かったけど、刀なんか持ち出したもんだから問題になり、処分をくらった。すると同じ刀持って今度は県庁に乗り込み、処分撤回しないとこの場で腹を切る!と啖呵切ったらしい。
ひいじいちゃん、それ犯罪だよ…

しかし幸いひいじいちゃんは地元の顔役として人望があったようで、なんとか取りなしてくれるえらいさんがいて、腹を切ることはなかった。
最初の仲裁よりもあとの乗り込みの方がずっと問題だろうと思うが、それ以上の罰もなかったようだ。

135 :ななしのいるせいかつ:05/02/28 18:35:03
>>134
気持ちの良い爺じゃないか。

136 :ななしのいるせいかつ:05/03/05 00:25:04
>>115
こっちは父方の先祖が西南戦争に政府軍側に参加。
西郷軍の捕虜になってしまった。
医者だったから殺されることはなかった。
ただ捕虜になったことが相当屈辱に感じたらしく、
戦後なかなか帰って来なかったとか。

ラストサムライで勝元軍に恐れおののいて政府軍兵士が
逃げ出すシーンを見て、これはきっとうちの先祖かと(w

137 :ななしのいるせいかつ:05/03/08 21:51:30
三代前のじいちゃん(本家跡取り)は、身上潰して熱海へ逃げたと言う。
熱海には今も彼の子孫=我が家の遠縁が住むという。
その息子の一人は、一世代前の時代に地域一の大酒のみだったとかの話もある。

そこらは笑えるものの、江戸の頃うちの先祖に辻斬りが趣味の奴がいたというのは、
個人的に「ネタでありますように」と願わずにはいられない話だ。

138 :ななしのいるせいかつ:05/03/09 21:02:05
ウチの曾々じーさんは、子供のいない家に養子縁組に来た途端に
実子が生まれちゃったらしく、それはそれは大層邪険に扱われてしまったらしい。

んで、もうこの家には俺はいらないんだ、と思い、家にある馬をひいて家出を決心する。
しばらく歩いていると、養父が血相を変えて追っかけてきて
「あぁ、俺のことを引き止めてくれるんだな。」
と思ったけど、ここで言われたセリフがコレ

「 馬 は お い て い っ て く れ 。 」

139 :ななしのいるせいかつ:2005/04/04(月) 14:48:35

        .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウワ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。
.:*::+。゜・:+::*                        *::+:・゜。+::*:.

可哀想すぎる・・・ その養父の首に馬をつけてひきずらせてやればよかったのに

140 :ななしのいるせいかつ:2005/04/05(火) 07:08:10
おじさんは、○っちゃん。
おばさんは、借金地獄。
じいさん、一家離散、家破綻。
おれ、精神異常。
先祖は、切腹した。




141 :ななしのいるせいかつ:2005/04/05(火) 18:18:22
>>137
同じだ。
昔、じいちゃんに先祖聞いたら「うちの先祖は辻斬りだよ」
と言われて激しく落ち込んだ。


142 :ななしのいるせいかつ:2005/04/06(水) 08:25:49
直参旗本・本多家の流れを汲み、分家筋が江戸川柳にもうたわれ、根岸〜日暮里一帯の大地主でもあった家系だが、おきまりのひい爺さんの身代潰しで没落。

143 :ななしのいるせいかつ:2005/05/22(日) 12:07:40
スレ違いごめん。
うちのひいひいじいちゃんは鼻を高くするために
毎晩鼻に洗濯バサミ(違うかも。とにかく挟むもの)をつけて寝ていた、らしい。

144 :ななしのいるせいかつ:2005/05/22(日) 15:07:07
その結果高くなったの?

145 :ななしのいるせいかつ:2005/05/22(日) 23:29:27
「若草物語」のエイミーだ!

146 :ななしのいるせいかつ:2005/05/23(月) 18:24:09
座敷牢に閉じ込められてた池沼が、蝋燭を倒して家屋全焼。

147 :磯野カツオ:2005/06/03(金) 23:54:02
うちは武士の家系でご先祖様はお殿様の前でおはぎを80個も食べたそうです。

148 :ななしのいるせいかつ:2005/06/04(土) 00:13:14
江戸末期の頃の先祖が金魚売りだった。
「きんぎょーえーきんぎょー」の声を張り上げるのが恥ずかしくて
人のいなそうなところに行っては大声で売ってたそうだ。駄目じゃん…

もちろんそんな金魚売だけじゃ食っていけないので、
そのまた先祖のころの調度(金持ちだったことがあるらしく、なぜか
総漆の食器だの蛇の目だの、古伊万里の大皿なんかが未だに実家にある)を
結婚式なんかで見栄を張りたい人に貸すのが家業だったそうだ。

曾祖母(存命)は若い頃、「陸蒸気に乗って」(本人談)東北のど田舎から
上京したことがある。でも「飽きて1月で帰ってきた」。
自分の親にいたるまでこのたぐいの人ばっかり。

149 :ななしのいるせいかつ:2005/06/04(土) 02:59:57
父方は昔それなりに栄えていた家だったが
ひいひいひいじいさんが遊び人で、家の田畑や財産ほとんど使い果たして養育費がなくなり8人いた子どもたちを1人だけ残して里子にだしてしまった。
その一人だけしか名字を継げなかったしなかなか男の子がうまれなかったもんだから現在では自分の名字は日本でも数えるほどしかなくなってしまった…

ひいひいじいさんのばかー!判子のオーダーメイドは高くつくんだぞー!

150 :ななしのいるせいかつ:2005/06/04(土) 10:45:53
先祖は庄屋
度々、村の人を呼び集め、芸者?みたいな女の人を招いて裸相撲大会を開催していたらしい

151 :ななしのいるせいかつ:2005/06/15(水) 11:48:47
曾祖父は街金経営。
祖父は億単位株に突っ込んであぼーん。
父は多重債務で自己破産。

私は・・・普通の先祖になれるよう頑張ろう・・・。

152 :ななしのいるせいかつ:2005/06/29(水) 07:48:36
>>149
なんて苗字?長い?かっこいい?
よかったら教えてください。

153 :149:2005/06/30(木) 00:33:57
>>152
かっこよくも長くもないですよ(´・ω・`)
営業をしてるのですが名刺を渡すとよく「ありきたりぽいけど初めてみた」と言われます。福岡にいたらいつか出会えるかも?
検索したらどうやら日本で6世帯らしいです。晒すのは勘弁してくださいorz

154 :ななしのいるせいかつ:2005/07/03(日) 11:18:54
豊臣秀吉の息子を養子としてもらったらしい。

155 :ななしのいるせいかつ:2005/07/03(日) 13:33:49
蔵から血で錆びた名刀村正が出てきた

因みに俺の曾じいちゃん、じいちゃん、おやじ、叔父は全員公務員
学校の教師やってた
俺は中卒だけど

156 :ななしのいるせいかつ:2005/07/04(月) 03:32:44
じいちゃん、自分から兵隊になろうと二回試験受けたけど一回目は頭が良くなくて
おちて、二回目は体のほうでだめだったらしい。それで、戦争にいかなった。
そのおかげで自分がいるんだけど、終戦のころはそんな人も兵隊にさせられたはず。
あと、ひいじいちゃんは隣の家が穴掘ったら地下水が出たのを見て、ほったけど
水はでなかったから防空壕として使おうとしたらしい。でも、使われなかったけどね。
しかも、あんまり大きくないから爆撃があったとしても入れそうになかった。今でも残ってる。

157 :ななしのいるせいかつ:2005/07/04(月) 04:07:21
母方の先祖、古くはキリシタン。幕末は会津藩士、
何故生き延びたのか不思議

158 :ななしのいるせいかつ:2005/07/04(月) 04:29:47
うっ、ミスって書き込まれてないorz

159 :ななしのいるせいかつ:2005/07/04(月) 04:41:33
爺ちゃんの話だが、子供頃首から上がないニワトリに追われたそうです。クソマジメに書いてたのに三回もミスッたから詳細書くのめんどくなった。知りたければ言ってくれ、またクソマジメに書くからさ。

160 :ななしのいるせいかつ:2005/07/05(火) 21:51:20
>>159
頼む。聞かせてくれ

161 :ななしのいるせいかつ:2005/07/06(水) 00:39:54
>>159
頼まないけど聞かせてくれ

162 :ななしのいるせいかつ:2005/07/10(日) 14:39:42
先祖じゃないけど、おいらの伯父さんにあたる人は、若い頃家出したまま、
三十年間音信不通。で、行路死亡人、つまり行き倒れで死んだ。若い頃は
文学全集とか読んだ人だったらしく、バーちゃんの遺品の中に、達筆の筆字で
自分の名前を書いた泉鏡花集が出てきた。見たこともない人だけど、
ホムレスになるまで落ちぶれるって
いったいどんなことがあったのかって思うよ。


163 :エリザベス ◆2RcwNLF2co :2005/07/10(日) 14:49:26
祖母の先祖は武田信玄の家来

164 :ななしのいるせいかつ:2005/07/10(日) 15:10:29
うちのジーサン、支那事変のニュースを聞いて
「日本は戦場になる!」と判断。
庭にレンガ作りの立派な防空壕を作り始めた。

周囲は「非国民だ」とか「日本が戦場になるわけがない」とか
せせら笑ってたらしい。

防空壕は1年ほどかけて完成。

ふいご式の換気扇の付いた立派なものだったらしい。
で、10年ちょっとで大阪大空襲。

ジーサンをせせら笑ってた人たちは、件の防空壕のおかげで命拾いした。


165 :ななしのいるせいかつ:2005/07/10(日) 15:13:19
けっこう豪農で、名字帯刀を許されていた家だったらしいが、
曾ひいじいさんが見合いした嫁は、なぜだか嫁には来なくて、えらい
性格の悪い出戻りの姉が代わりに来たそうだ。

昔ってそんなのアリだったのね…

その性格悪の嫁、とても背の高い人だったそうで、母親は60も近いのに
170近くある。たまに長身の女が生まれる家系。私はチビスケですけど。

166 :ななしのいるせいかつ:2005/07/10(日) 15:15:38
うちの死んだひい婆さんは昔、家で仲間を集めて花札をやっていたところ、おまわりに連行されたっぷり絞られたらしい。どうりで出棺のとき棺桶に花札が入ってたわけだ。

167 :ななしのいるせいかつ:2005/07/10(日) 17:51:07
家のご先祖は博徒の家柄だったらしいが、言い伝えに寄ると家からそう遠く
ない荒神山と言う所で、清水の次郎長と安濃徳の一派の喧嘩が在った時、負
けた安濃徳の人達を海から小船に乗せて逃がしてあげたらしい、あくまで言
い伝えだが何と無く負けた方に加担するのが、家のご先祖らしいです。
因みに、僕は博打がすごく弱いのはそのせいかと思いまつ。

168 :ななしのいるせいかつ:2005/07/11(月) 03:03:23
HA-HA!また書き込みミスッたorzもう立ち直れそうにないやλ......

169 :ななしのいるせいかつ:2005/07/13(水) 19:10:47
>>165
ちび萌え

170 :ななしのいるせいかつ:2005/07/17(日) 16:17:00
何か農民とか武士だったらしい。
どうせニートか下級武士だったんでしょう


171 :ななしのいるせいかつ:2005/07/27(水) 23:58:18
三谷コウキのじいさんだかの話知ってる?

ゾウを見世物にしたら儲かる!と決意して、タイだかどこかに行って
ゾウを船に積んで帰ってきたんだけど、帰路で船が難破して
ゾウの尻尾だけ持ち帰った、ってやつww

172 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 03:16:17
うちの先祖は九州各地でアーチ型の石橋を造っていたらしい。
だから苗字も殿様からもらった「橋本」。
もともと長崎奉行で働いてた下級武士だったらしいが、ご法度を破って
「外国人」と接触して石橋の造り方えお教わって、バレて山に逃げ込み百姓に転落。
その後も石橋の研究を続け、九州で造り続けたらしい。
ひいじいちゃんが、昭和になって山から降りてきて、
その後檀家寺の坊さんに家系図を見せろと要求したところガメツイ坊主で
金を請求してきたもんだから、結局きちんと確かめてないとのこと。
去年その山に行ってみたが、感動した。

173 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 05:24:36
>>172
かっこいいな。
ご先祖が作った石橋って残ってるの?
なかうらやましい。

174 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 22:17:29
何度もお父さんが変わっているのでよく知りません

175 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 22:55:44
ぶちゃっけうちの大正生まれの爺さんのアホ話
うちの爺さんが生まれたときは家が金持ちで
乳母車は漆塗りので魔法瓶も家にあったらしい
それで親戚のアホがアメリカで銀行業学んできて
銀行を開こうとして失敗 家すら売り渡し;;
まぁその後爺さんは成長して、
医者になりたかったのだが英語がダメで失敗
その後専門学校出て ある会社に卒業後就職することを約束して
東京工業大学に入る。
戦時中だったから通信兵として出兵 
通信機が重くて 松ノ木のくぼみにこけて
その直後爆撃受けて 周り全滅なのに 1人だけ生き残る
んで日本の技術はアメリカよりずっと遅れてると気づき
東京工業大学中退。
もちろんある会社から出してもらった金は踏み倒す
戦後、労働運動をしていて 共産党に勧誘される
最初はこいつらとお近づきになりたくないと思いさけていたが;;
何故か共産党に入る。
職を転々とするが 仕事はできるんだが 
いつも上司とケンカしてやめる;;
子供は五人生まれる。
ガードマンになる。故郷で旧制中学の同窓会に出て 
ガードマンだと話 びっくりされる 周りは医者やら何やらで
そして退職 現在も共産党活動をしている;;
周りの人間の就職やらひびくのに気づかずに;;
勘弁してくれよ 頭良くても ダメッポな爺だよ;;
爺の弟はちなみに東北大学出て エホバに走った;;
長いが以上

176 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 23:02:31
age

177 :ななしのいるせいかつ:2005/08/16(火) 23:49:46
亡くなった祖母(父の母)が家系図に載っているらしいんだけど、
その先祖さんは淡路島から北海道に渡り、回船業で大もうけして
ロシアと初めて貿易したそうな。

178 :ななしのいるせいかつ :2005/09/05(月) 18:30:49
母方のじーちゃんは甲子園球場の銀傘作った職人の1人だそうだ。

父方のじーちゃんは戦時中職場(新聞社)から炭をこっそり持ち帰り、
生まれたての俺の親父のために部屋を暖めていたそうだ。
…父方じーちゃん、それ泥棒なんじゃ orz

でもどっちもいい人だったよ。





179 :ななしのいるせいかつ:2005/09/06(火) 14:34:58
age

180 :ななしのいるせいかつ:2005/09/14(水) 18:48:07
歴代で愛人囲ってたって話ばっかし、不倫も遺伝だってよ。
ヒイ爺さんなんか他県の情婦に家を買って住まわせていたほどの
ツワモノだったって。昔の香具師は寛大だな


181 :ななしのいるせいかつ:2005/09/16(金) 07:06:03
俺の母方の先祖に新撰組に入ってた人がいた。
俺は( ´_ゝ`)フーン って感じだったけど、去年の大河ドラマに出てきたぜ!

近藤勇を銃撃してたよ!

182 :ななしのいるせいかつ:2005/09/16(金) 09:22:12
>>181
篠原?加納?

183 :ななしのいるせいかつ:2005/09/16(金) 10:05:09
なんか天皇御付きの仕事してたって。
今でも菊の紋の付いた手紙が来る度、親父が東京に出掛けて行く。内容は家族にも隠されてて、何なのかは兄のみぞ知るんだが。

京都じゃぁ天皇付きの忍者の家系がまだ生きてるらしいし、似たようなもんなのかも試練。

184 :ななしのいるせいかつ:2005/09/16(金) 11:40:51
>>182
篠原だよ!よくわかったねw
俺は新撰組好きだけど、先祖は造反組だから変な気分だ。
( ^ω^)

185 :ななしのいるせいかつ:2005/09/16(金) 12:05:30
本人にはあったことないけど、小説読む限りではまっつぐないい男だったようじゃないか。

186 :ななしのいるせいかつ:2005/09/17(土) 16:57:57
>>185
伊東の遺体を引き取りに行くときに、甲冑を着て行くべきだって声があった
らしいが、先祖はそれを止めたらしい・・・
甲冑を装備していくと、新撰組に敵とアピールするようなもので危険だってことでね。
で、結果は新撰組の待ち伏せに遭遇し、藤堂平助以下仲間が複数死亡・・・
甲冑ぐらい着て行けよ・・・ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

187 :ななしのいるせいかつ:2005/09/17(土) 21:47:12
>>186
俺が知ってる説は、どうせ人数の上でも勝てるわけがないんだから、
装備万全でいくのはみっともない。サクっと死のうってことだった。

188 :ななしのいるせいかつ:2005/09/17(土) 22:04:12
>>187
そうなのか!
まぁ、説はたくさんあるだろうね!
日本史版にも書いてみたけど、俺から数えてひいひいひい爺さんの弟です。
泰之進から分かれた血統はもういないって大叔父が言ってた。
もし、いるなら( ´・ω・`)ノ('A`) ゴメンネ

189 :ななしのいるせいかつ:2005/09/17(土) 22:45:59
結構裕福だったらしいのに
かなり遅くなって藍に手を出し、その後安い染料に押されまくって大損。
どら息子の散財がトドメで今は至って普通の家に。

先祖ゴラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

190 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 00:02:38
朝鮮総督府で副総督>ヒイヒイお祖父ちゃん
若い頃は駐アフガニスタン大使だったらしい

んで、その息子は奥さんが死んだ後に後妻娶って、70位まで子供作ってた

その子供は現在某省庁で事務次官…

ま、3人とも会った事すら無いけど

191 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 09:19:16
自慢話は聞きたくねぇだ…

192 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 10:36:18
70歳でも子供つくれるんだ・・・・・すげぇ爺さんだな、おい

193 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 14:52:20
親戚にモチ喉に詰まらせて死んだ爺さんがいるんだけど…
そんな奴身近な所から現れると思わなかったよ。
血は繋がってないんだけどね、残念ながら。

194 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 14:53:19
不倫して会社つぶしたらしい。

195 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 15:06:13
先祖というには、少々近い時代の人だが。
父方の祖母の実母は、17で単身台湾に密航→女傑として総督府で名を馳せていた。らしい…

生まれた娘(祖母)を養女に出してまで、何が彼女を駆り立てたのだろうか…
ただのDQNだったのかもしれないが、自分にそういう血が流れているのかと思うとわくわくする。


196 :ななしのいるせいかつ:2005/09/18(日) 20:32:40
>>195
女傑の血は受け継いでもいいけど、子供は可愛がれよー。

197 :ななしのいるせいかつ:2005/10/01(土) 17:24:51
>>177
遅レスだけどそれってまんま『菜の花の沖』じゃんかー
見てたらくわしく…

198 :ななしのいるせいかつ:2005/10/01(土) 18:04:14
高田屋嘉兵衛?

199 :ななしのいるせいかつ:2005/10/08(土) 15:03:41
父方の祖父の母

もともと旅館の跡取娘だったが、婿死んだら三人の子(祖父とその弟妹)実母におし
つけて、さっさと初恋の男の所へお嫁に行っちゃったんだって。恐るべし明治女。

父方の祖母の武勇伝

×1で祖父と結婚したが、孫の前でも「初めての旦那は、暗がりから牛引きずり出し
てきたような男だった。出てきて本当に良かった」などと言うものだから、父おろお
ろ。昔は、×1なんて大した事じゃなかったみたいです。

もう一つ
祖母の母は家が没落したってのに、呑気にお花活けていたらしい。その部屋へ祖母と
びこんで、お花から水盤から何から何まで、ぐちゃぐちゃにして「こんな事してる場
合か!」と大激怒。曾祖母それ以来華道を一切止めたそうだ。理由は祖母がまたあば
れたら、恐いからだそうだ。

200 :5150 ◆5150/.ZR2s :2005/10/09(日) 09:17:36
  ┏━━━━━┓
  ┃  200get!! ┃
  ┗━━┳━━┛
        ┃
  "゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"

201 :ななしのいるせいかつ:2005/10/24(月) 17:01:41
ひーじいちゃんが電車と相撲とってくるっていって家を出てったよ。

202 :ななしのいるせいかつ:2005/10/24(月) 17:32:17
うちの祖父は戦争に行く途中で終戦になって帰ってきた。
曽祖父となぜか仲がかなり悪かったらしく、祖母・父を連れて家出。
職を転々とするも結局実家に戻って農業。
曽祖父と祖父はほとんど口をきかなかったらしい。
癌で入院中に家を建て替えると言い出して、
エレベーター付きの三階建てを注文するも、
入院費がかさんで借金を残したまま死んだらしい。
ふつうの二階建てだよおじーちゃん。

203 :ななしのいるせいかつ:2005/10/24(月) 18:14:08
ウチの先祖は落ち武者だ。

204 :ななしのいるせいかつ:2005/10/25(火) 14:13:51
漏れは武田信玄の子孫。代々『信』という名前がつかわれている。

205 :ななしのいるせいかつ:2005/10/25(火) 14:23:39
名前が運吉(うんきち)。うんちみたい。

206 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:02:53
>>204だかめんどいから内容書かなかった。聞きたい香具師がいたら挙手してくれ。

207 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:12:11
私は秀吉の子孫です。名前には代々『秀』がついています。

208 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:15:33
まじ?漏れは将軍家(足利)の子孫らしい。ひいじいちゃんまで『義』を使ってたとさ。

209 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:18:34
うはっww俺政宗と南蛮女の隠し子の子孫wwプレイボーイのサラブレッドキタコレww

210 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:27:44
みんな暴露してるようなので自分もいいます。
当方、かの有名な上杉謙信の血をひいてる様で。でも、謙信は結婚しなかったから信憑性がありませんが。
一説によると、謙信は女性であって、家督を継ぐ前に身籠って生まれた子供の子孫だとか。
ちなみに故郷の村では上杉さんという人は多く、みんなその子の子孫だとか。

211 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:29:40
>>204-210
キ エ ロ 。

212 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:32:19
>>211
何の罪もない>>205が巻き込まれてる件

213 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:35:08
自演もいいけどsageろ。なっ?

214 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:42:47
俺は骨川家のs(ry

215 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 01:53:19
漏れは中川家のあn(r

216 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 02:02:58
俺の先祖は…ゴリラ(さる?)

217 :ななしのいるせいかつ:2005/10/26(水) 08:58:22
俺は先祖だ。

218 :ななしのいるせいかつ:2005/10/27(木) 10:16:46
上のほうすごいなー。
うちなんか、天領の代官役所の下っ端役人。

父親は子供のころ、物置に転がっていたサビサビの十手で遊んだそうだ。
田舎の小金持ちだったらしいけど、曾曽祖父さんが道楽者で
芸者を身請けしておメカケさんにしたりして、財産使い果たした。
いまじゃなんにものこってない。スッカラカン。

219 :ななしのいるせいかつ:2005/10/27(木) 11:22:56
>>218
曾曽祖父ってなんだ、自分。 orz
間違えたよー。

220 :ななしのいるせいかつ:2005/11/05(土) 03:24:20
俺の曽祖父はまじめで固い人だったらしい。
大正時代と思うが、あるとき親族の女性の家(一人暮らしだったらしい)
に、無用心だからと泊まったことがある。
その女性、夜中にねずみを見て「キャー」と騒いだが別の部屋に居た曽祖父の
反応はなく、しばらくしてねずみも居なくなったので、女性は寝ようと思った。
女性が床に入ったとき、障子の向こうから
「どうかしましたか?」
と曽祖父の声が。
障子を開けてみると、曽祖父が紋付の盛装をしてかしこまっていたそうだ。
叫び声が聞こえて駆けつけなくてはと思ったものの、親族とはいえ女性の前に
出るには服装をきちんとしなくてはと、着替えに手間取っていたらしい。

そんな俺は曽祖父に似ていると言われる。
何度も誘いかけてきた女の子に、ようやっとメアド教えるくらいに押しの弱い俺は
確かに曽祖父の血を強く受け継いでいるのかもな…

221 :ななしのいるせいかつ:2005/11/05(土) 04:03:04
特にたいしたことでもないけど

母方の家系
地主でけっこう金持ちだった
優秀な人間も多く過去に官僚だった人もいたほど。
しかし水難の相ありで昔から水に関わる事故で死ぬ人が多い

父方の家系
親戚づきあいのゴタゴタが多く一つ屋根の下に住んでた人たちが分離。
宗教にはまったバカがいて破産。
優秀な人は一人としていない
その他もろもろの家庭の事情があって今も問題はつきない
たぶん呪われてる

で、私が受け継いだ血は父方の方
もうオワッテル



222 :ななしのいるせいかつ:2005/11/05(土) 04:49:25
ルーシーの事は昔すぎて、よくわかりませんw

223 :ななしのいるせいかつ:2005/11/05(土) 16:35:03
父方の曾々祖母
一族から僧侶を一人出せば七代救われると言って、孫(祖父の弟)を永平寺に入れてしまった。
はたして七代救われたんだか、祟られたんだかわかりません。

224 :ななしのいるせいかつ:2005/11/06(日) 22:27:59
うちは平家の落ち武者だったってきっぱり親に言われた
落ち武者かよ・・・orz

225 :ななしのいるせいかつ :2005/11/24(木) 18:26:26
当時、地元では結構な土地持ちだった曾祖父。

ある日、村に墓にする土地が足りなくなってしまった。
そこで村のお偉いさんが曾祖父に土地の寄付をお願いしに来た。
曾祖父はそれに快諾。
ついでにうちも新しく墓を作り、村も土地ゲットで喜び、と、一石二鳥だったんだが、
なんとその寄付した土地というのが、うちの隣。
っつーか土地の形からかんがえると、明らかに敷地内。
(無理矢理スペースを空けたって感じ)
「墓参りが楽になった!」と御本人はご満悦だったらすいが、
正直言って隣に墓があるのは怖いです。
じっちゃんのう゛ぁか……orz

226 :ななしのいるせいかつ:2005/11/25(金) 00:04:52
父方の曾祖父の祖父母。
大正中期に老衰死するまで、頑固に丁髷/お歯黒だった。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)