5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○○時代の人になんと説明したら良いか

1 :1:2006/12/20(水) 16:17:31 ID:BxmSoDfr
江戸時代の人に消しゴムを何て説明するか?
難しいのは電気とか水道を縄文時代の人にとか。
何のためにあるのかはまぁ説明が簡単だが、
なぜこんなにもありふれている(安価で手に入る)のか、
なぜこんなにも現代人は電気や水を大切にしないのか、
どうにも説明できなくて思考停止する。


生活板「一人の時、ついやってしまう奇行 パート20 」ID:CaYpv+ht 氏よりインスパイヤ〜

2 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:20:46 ID:HUyYaXw4
2げっと

3 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:30:11 ID:rcy0lPZf
【マニキュア】
主に女性が使う。とろりとした液体で、色の種類は様々。刺激臭がすごい。
爪に塗ってその色合いを楽しむためのもの。

何となく書いてみたけど、どうも違うな・・・

4 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:33:41 ID:xoXS3vRy
そもそも爪に色を付ける習慣は江戸時代かもっと前からあるからなあ

5 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:39:40 ID:EzUIlkbk
教えてエロい人

6 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:43:33 ID:HZytrAck
水道は楽勝じゃない?
ローマ時代にはあったんだから、日本人だってすぐ理解できるはず。

7 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 16:52:51 ID:rcy0lPZf
>>4
そうだったんだ。しょっぱなからつまらん事書いて悪かった。

8 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:05:57 ID:BxmSoDfr
>>4
化粧は古代からあるからね〜でも、コンシーラー?ビューラー??
現代人の俺もよくわからん・・・・

昔にはそんな発想もなかったものが説明できないだろうな〜
鎖国時代に韓流スターの良さを説明できる人いる?

9 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:11:14 ID:oc1Ygpnw
>>8
今ですら何が良いのかさっぱりわからないし無理じゃない

10 :燃料投下:2006/12/20(水) 17:20:19 ID:BxmSoDfr
つモバイルナンバーポータビリティ

誰か説明をお願いします。
タンスから織田信長が出てきて質問されたので、非常に困っています。

11 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:29:04 ID:RDK0K182
電話の説明からしないといけないな

12 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:32:29 ID:BxmSoDfr
電話
遠くの人と話が出来る。


もっと的確に、トリセツのように書きたいけどバカだから無理・・・orz

13 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:41:52 ID:xoXS3vRy
>>10
「信長、電話知らないの?電話はねぇ、あれだ、すごい飛脚。
小さくて目に見えない大量の飛脚がこっちでしゃべったことを届けてくれて、
向こうからの返事を持って帰ってくるの。しかもすごい速さ。馬なんて目じゃない。
それで遠くにいる人とも話が出来るんだよ!
昔は東海道並のでかい道通っていかないといけなかったんだけど、
今じゃどんなそういう道が無くても行けるようになったの。これ携帯。

だめだ面白くないし力つきた、ごめn

14 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 17:59:15 ID:QzdvZvGD
誰か信長に信成がやってる「フィギュアスケート」なるものを説明してやって

15 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 18:03:51 ID:QI3JrC2n
>>14
氷上を滑り美しさ、技の困難さを競う競技。ぐらいで伝わるんじゃない?
あなたの子孫が世界を相手に戦ってるとでも言えばさぞ喜ぶだろうよ

16 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 18:13:01 ID:BxmSoDfr
>>14
20センチくらいの角ばった鉄の棒を靴の下に固定させると氷の上でも滑らかに移動できる。
しかし、いかんせん、氷の上なので上手に動くのは非常に難しい。
その氷の上で、曲に合わせてどれだけ華麗に踊れるか勝負する事。

17 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 18:27:39 ID:YuvvI4Kd
>>13
この気狂いめが!と叩っ斬られそうな勢いだな

電話とは・・・箱と箱とを長い線でつなぎ、片方から声を吹き込むと
もう片方から聞こえてくるという文明の利器である
これは線の続くかぎり世界中どこへでも使うことができる
箱にはそれぞれ数桁の識別番号が割り振ってあり、使用の際に
相手方の番号を入力することにより双方の通話が可能となる
この改良型として、中継する線を必要とせず
空気中を伝わって通話が可能なものを携帯電話と呼ぶ
この通話の仲介や管理は主に買い求めた先の商人がとり行い
継続的に金銭を支払うことによりいつまででも利用ができる
識別番号は従来、ひいきの商人を変わるごとに別のものが与えられたが
不便至極のためこのたび一つの識別番号を永劫使い続けられるようになった

18 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:06:41 ID:BxmSoDfr
>>17
・・・・なるほどぉ〜なんだけど、もうちょっと簡単な言葉でおねがいします

もしもし=申し上げる。申し上げる。の略・・・は結構みんな知ってるだろうけど
ちょっと信長に近づいた気分♪

19 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:16:17 ID:f13r8nDy
電話

仙人の術のようなからくり。
千里でも万里でも離れた人間と
耳当てと口当てのついたしゃくを使って話す事が出来る。



たいていのものは仙人の術のようなからくりと前置きすればいいような気がする。

20 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:18:32 ID:BxmSoDfr
亀田

うつけ者

21 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:40:36 ID:zF+fjN93
ピクルス

おつけ物

22 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:43:49 ID:PfjfeSbd
このスレ(・∀・)面白い!


おそれながら申し上げます。
電話とは、西洋の学者が考え出したる魔可不思議な会話の方法にございます。
これなる「電話器」という箱を通して会話をするのですが
何とこの箱、いかな遠方にも「声」を運ぶことが出来るのでございます。
この道具によって、離れた二人が話を交わすことが出来るのでございます。
山を隔てても、川を隔てても、何千里離れていようとも
あたかも目前で話すがごとくに、互いの声を聞くことが叶うのでございます。
仕組みを説明致します。
離れた二人が話をするには、それぞれの元にこれなる「電話器」をひとつずつ用意する必要がございます。
二つの「電話器」は、「電話線」という線で繋がっております。
…ご心配めさるな、その線は地上の人々の往来を妨げぬように土の下に埋められております。
地下の水脈のように、地の底深くを長く長く、何里もの距離に渡り走っておるのです。

23 :続き:2006/12/20(水) 19:50:00 ID:PfjfeSbd
殿はエレキテルをご存知か?
「電話線」の中にはそのエレキテルが通っておりまして
そのエレキテルが人間の声を運んでくれるのです。
エレキテルの走る速さは水よりも風よりも速く。
韋駄天、瞬きをするより速くに声を伝えるのでございます。

一言二言に済む用事を遠方に伝えるならば「電話」こそが最適の術!
わざわざと使いの者を出し、幾日もを費やし、幾里の道を歩かせることは
もはや不要にございます。
いかがでございますか、殿?

…おや?お疑いのご様子。
ならばこの「電話」の魔術、早速ご覧にいれましょうか?

これ蘭丸。この電話器の片割れをもて城を出なさい。
町の、越後屋庄助の元に行き、そこから電話をかけなさい。
まずこの「しゃもじ」を手にとれ。これが耳当てでこちらが口当てじゃ。そうそう。
「ぷー」という音が聞こえるか?よろしい。そうしたらここを見い。12個の数字を書いた豆が埋まっておるじゃろう。
この豆を、この紙に書いてある通りの順序で指で押すのじゃ。
わかったかな?

24 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:51:55 ID:TI9SJ9dQ
>>23
知らんわ!知らんというのにくどい!
そこに直れ、手打ちにしてくれる!

※エレキテルは江戸時代


25 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:55:01 ID:1r9jVfHK
これ国語の授業でしたなww

26 :1:2006/12/20(水) 19:55:59 ID:BxmSoDfr
>>22
おれはあんたにもインスパイヤ〜されたよ!
【殿と】○○時代の人に教えてくれ【家臣の】
こんなのはどうだ?

27 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 19:59:46 ID:PfjfeSbd
>>24
ひー!許して下され!!お情けを!
やっぱり江戸時代だったか。平賀源内?かな。
エレキテルを知らない人にエレキテルは説明しにくいな〜

>>26
w
それも(・∀・)イイ!

28 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/20(水) 20:49:53 ID:iP0xBSMq
このスレおもしろい
全く知識のない人に理解できるように、的確に、そして手短に何かを
説明できる人は、頭がいいよね
そもそも相手が何をどこまで知らなくて、何なら理解できるのか、
とかのバックグランドも考慮に入れて説明しないといけないから。

29 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 20:53:38 ID:I15uqXk+
じゃあ、タイムマシンを現代に説明してくださいよ

30 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 20:55:18 ID:pYnl9sQt
インターネット
あ・・・まずはパソコンから始めないとダメだw

31 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/20(水) 20:55:48 ID:iP0xBSMq
えっつ、私はバカだから無理。
他の人の説明を聞いてお勉強するの

頭いい人ドーゾ↓

32 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 20:57:26 ID:BxmSoDfr
>>29
頭いいね〜w

33 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:04:08 ID:BxmSoDfr
もっと初歩的な物も説明してやろうぜ♪
携帯やパソコン知らなくても生活できるけど
コレ知らなかったら、信長さん、現代で生活できねぇよ〜ってな物。

やっぱりピピッとコンロからだろw

34 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:08:03 ID:g6apNqtK
おい!殿にiPodを説明できるものはおらんか!

35 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:11:39 ID:BxmSoDfr
>>34
まずはお手本をみせぇ〜い!!!

36 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:12:05 ID:TI9SJ9dQ
>>34
人の手を借りずに音楽を演奏できる小さい箱

37 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:34:57 ID:/qy+st6E
な、なんじゃ!箱の中に複数の人間が入っておる!
なんと小さい人間じゃ…ふおおおっ!近づいてきおる!
おぬし体はどこじゃ…!!
アダタヲマモリダイカラ…?っ異人のものめがっ!!
曲者じゃであえであえ〜!!!!

38 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:35:09 ID:5DTQMkiZ
>36
知っておるぞ。それは、えむでぃぷれいやーと言うんじゃろ

39 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:38:12 ID:zF+fjN93
>>36
なるほど、あいぽっどとは自鳴琴のことであったか。


40 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:46:24 ID:YuvvI4Kd
>>39
それとはちと異なりまする
あいぽっどとは、いかなる歌謡音曲でもひとたび聞かせれば
いつどこにても完璧に奏じることができるという板状のからくりでございます
それもただ聞かせるだけでは相成りませぬ、まずパソコンという箱に聞かせて
旋律を紙に写し取るがごとく記録させたものをあいぽっどに収めることで初めて機能する次第にござりまする

41 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:55:06 ID:OR9J+Ua1
パソコンを説明するのって難しそうね

42 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 21:56:05 ID:zF+fjN93
>40
ほうほう、そのぱそこんとはあいぽっどの親のようなものであるか。
親が子に秘術を継承するときには秘伝の書もまた受け継ぐという。
からくりでありながらまるで人のような振る舞いをするものよ。

43 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 23:33:55 ID:XM4Sy/eH
ところで殿は、カップラーメンはご存知ですかな?

44 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/20(水) 23:44:23 ID:02f1ON6j
油で揚げたそば切りのようなもので作った干し飯であろう?

45 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 00:19:42 ID:Ea3VAFm8
>>42
殿、パソコンと言うのは大きな箱型のからくりにございます。
一度これに物を覚えさせると、いつまでも忘れることなく記憶しているのです。
これに記憶できるものは文字だけではございません。先程のアイポッドのように音、さらに絵なども記憶させることができます。

こんな感じ?
誰かインターネットヨロシク

46 :某スレの927:2006/12/21(木) 00:47:04 ID:1Q8+krFq
ちょっと見ないうちに完全に取り残された。
時の流れに取り残された俺にこのスレが何なのか説明してくれw

47 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 01:05:46 ID:pj9NBDlq
殿の御趣味が幾人もの賛同者の力を得て独立、発展した物にございまする!!

48 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 01:16:22 ID:pEqdyE7N
>>46
そこな町人、頭が高いぞ
まずスレとは何であるか?その方説明してみるがよい

49 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 01:32:33 ID:NXcwdngY
ローマ帝国の哲学者だが、ちょんまげとは何ぞ?
珍妙な型、男根のシンボルであろうか…。
それとも世の無常に逆らう意志の表れか。
あえて頭髪を剃るなどと何かの咎であろうか。
それも部分的になどと。しかし、それもまた珍しく良いものよ。
今夜我が床にてゆっくりと話し合おうではないか。

50 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 01:35:13 ID:jmmDeg5n
>>48
そもそもの発案者に頭が高いとは何事かと

51 :46:2006/12/21(木) 01:40:00 ID:1Q8+krFq
>47
いえ、殿と呼ばれるような立場ではありません。
少々調子に乗っておりました。今後ともよろしくお願いいたします。

>48
失礼をばいたしました。

「スレ」でございますが、
書物・日記の「巻」に当たるものでございます。

多くの人々が雑多に物を書き散らしてはまとまりがつきませぬ。
それぞれの書物・巻物に題を付け、後ろに後ろにと書き足す仕組みが
「スレ」でございます。

「いんたーねっと」の仕組みについてはこの場では長くなるので説明いたしかねますが、
「書き込む」事と、「書いた物が残る」ことについては、
硯と筆とを使うのと変わるところはありませぬ。

>50
過去から来られた方に失礼があってはいけません。
私自身は臣下ではありませんが礼儀はわきまえねば。

52 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 02:52:08 ID:OGaLcdCZ
あの轟音で飛ぶ巨大な鳥はなんというものじゃ!?
なに?鉄で出来ておるとな!?
しかもあの中に数百もの人間が入っておるじゃと!!
たわけたことを申すでないぞ!!そのようなことがあるはずがない!!

53 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 02:55:44 ID:ktWQR0BK
>>52
見たまんまでございます

54 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 02:59:01 ID:ovmZPH0P
誰かノブナガさんに「てれび」が何なのか教えてあげて

55 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 03:47:02 ID:/+8vr0W0
>>54
中に小人が閉じ込められていて、暇つぶしに見るのに最適な箱でござる。
ただし、所有してるだけでなぜか毎月、強制的に金を巻き上げようと
する香具師に付けねらわれることになるので、注意が必要でございますぞ。

56 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 07:50:55 ID:BlsPO/3F
殿がリモコンにも興味を示しているようなので解説お願いします

57 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 08:22:51 ID:pyfFUq8e
>>20-21
ぶりの照り焼き噴いた

58 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 08:45:44 ID:ShpSekOR
m9(^Д^)プギャーそんなこともしらねえのかよwww

59 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 08:47:13 ID:pyfFUq8e
過疎な古文漢文板の参考スレを貼っておくね。
暇な人は遊びに来てください。スレが長持ちしすぎて寂しいのよ。
(ID強制だから嵐がいるか心配するかもだけど、最近は殆どいないです。)
適当に古語を使うもいとつきづきし。
↓係り結びの基本だけ書いておくよ。
「ぞ・なむ・や・か」があれば結びが連体形、「こそ」があれば結びが已然形ね。強調できます。
疑問にしたいときは「や・か」を使ってね。


古文で雑談す
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1128962445/

古文で書き込みしてみるスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1080492792/

ヰキペヂアの文語体版を始めませう
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1162102337/

旧仮名づかひでレスしたまへ。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1015845434/

「係り」して一週間「結び」されなかったら神
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1136462802/

60 :1:2006/12/21(木) 09:35:51 ID:UiC7rS43
>>某スレ927
勝手に立てちゃいました。事後報告ですんません。

なんと言っても殿は某スレ927でいいしょw
俺は〜城代家老って勝手に名乗るw

殿と家臣風
百科事典風
ワイドショーの実況風
あと何があるかなぁ

61 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 11:20:15 ID:pPWd8lAD
江戸の者であるが「えれきぎたあ」とは何ぞや?

62 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 11:30:12 ID:aeIxoVdw
>>61
かぶき者の好むエレキ仕掛けの三味線でござりまする。
うるさくて敵いませぬ。

※三味線は江戸の町民の一般教養レベルですし平賀源内以降ならば
エレキで充分に通じるのではないかと推測。



63 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 14:03:12 ID:OGaLcdCZ
>>55
嘘を申すでない!箱を解体したが小人などおらんかったわ!
お主は手打ちじゃ!
誰か、世が納得出来るよう正しく説明出来るものはおらぬかーーッ

64 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 14:07:37 ID:E8ZOf4Qb
>>62
通じねぇよ。
疎水の発電所も電車の動作原理も説明するのが一苦労だったと言うぞ。
最もハイカラ好きな京都の人でもこの調子だったんだから。

65 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 14:18:05 ID:3Abiqo0R
>60
面白そうなネタスレだと思って来たのに、こういう内輪の馴れ合い見せられると
萎え萎えだ。

66 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 15:08:39 ID:aeIxoVdw
>>64
それはあなたが答えを知っているから。
平賀源内は電気の知識はないがエレキを見せた。
彼の中では五行思想で理解されていたと思われる。
江戸の同時代人にしても同じ。見物人は電気知識を
要求したりはしてこなかったみたいだけどね。



67 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 16:46:48 ID:cavIrPu+
動作原理を説明する必要はないだろう。
水道の説明にポンプ場や水道道まで持ち出す必要はない。
あったほうがネタとしては高度になるわけだが。

だが、元書き込みで通じるかどうかはやや怪しい。
エレキテルの原理を応用した何か、であることは述べているが、三味線とエレキの違いを示せていない。
弦が金属で良い音色はしないが、エレキの箱とつないで大きな音がだせる、ってのが妥当な説明じゃなかろうか。
アンプは外付けが多いんだろうし。

傾奇者が演奏する、と付け加えるのはROCKの説明っぽくて良いね。
DQNのつもりで書いたなら誤解を招く悪しき表現だと思う。

68 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 19:57:25 ID:7ryuf28x
水道既に江戸の世にありけり

外来語は出来得れば当て字もきぼんぬ

例:波走魂(ぱそこん)等

69 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 20:03:53 ID:l68BzzM8
きぼんぬ、とはなんぞや?

70 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 21:35:28 ID:BlsPO/3F
大奥に住むわらわに「ぷりくら」とは何か教えてたもれ

71 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/21(木) 22:33:36 ID:PC4bvc3i
 女、 受 身 マ ジ ウ ザ い か ら 
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1164266752/

72 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 00:31:32 ID:gTGKkjvQ
>68
古語で語るか否かより、>28 がスレの趣旨と見受け候。
そも、書き詞と話し詞を交えるのは如何か。

>69
「〜ト、我、欲ス」の意味にございます。

>70
下賎と交わらぬ奥方様には縁が無いやも知れませんが、
お殿様が絵師を呼び似姿を描かせる事があるかと思います。
今の世ではこれがからくり仕掛けで簡単にできるようになりまして、
「写真」と申します。

「ぷりくら」はその場で似姿が出てくるからくり仕掛けの名でして、
仲良き者と一緒に描かれた小さな写真を作り、
描かれた者数人で分け合ってお守りのように持ち歩くのが
娘どもの間で流行っておるのでございます。

73 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 07:13:03 ID:kHcZ+rAa
クリスマスとは異国の神の生誕を祝う祭りだと聞いたが、
なぜ我が大和の国の民はそのような祭りに参加しておるのじゃ?
申してみよ。

74 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 07:18:57 ID:0AGeEBio
このスレワロタ!

75 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 07:23:52 ID:udwhCa/7
このスレは萌える

76 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 07:37:51 ID:HP0qhCd1
萌え!?
萌えとはなんじゃ!?解説せい!!

77 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 07:43:37 ID:0AGeEBio
>>76
そそられる。という意味にございませう。

78 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 08:17:07 ID:0AGeEBio
「ひっぷ、ほっぷ」、「くらぶ」とは何ぞや?

79 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 09:43:07 ID:jggHCPs+
>>73
何をおっしゃられるのやら。
盆の踊りも元はといえば唐天竺の教えではございませんか。
バテレンの仏生会でございまする。

80 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 11:52:36 ID:P/6Z0TLG
>78
「ひっぷほっぷ」と「くらぶ」、関係はございますが全然別のものでございます。

まずひっぷほっぷですが、これは亜米利加の任侠の間で生まれた、
歌、踊り、絵をひっくるめて言うものでございます。
初めはならず者の戯れでしたが、庶民に受けてそれ自体が芸事・見せ物となったものでございます。
さしずめ、祭り囃子に神楽舞、落首・落書の類でしょう。

くらぶは、若者が集まり夜通し酒を呑み音楽に合わせて
踊り明かす店でございます。ですから見せ物ではございません。
ここで奏でられる音楽は店によって違いますが、その一つがひっぷほっぷでございます。
ただ、くらぶにあるのは素人踊りと音楽ばかりでして、
壁に落書など描いては追い出されること請け合いです。

81 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 12:03:06 ID:p0GUe71w
あー、クラブってヒップホップの同好会みたいなもんなのね。
現代人だけどようやく理解できた。

82 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 12:10:44 ID:JV9APOPc
殿「まったく・・・・吉保も知らない事があるとは・・・・
 誰か、がむ とはなんだ?誰もおらぬのか??定吉や〜??」

83 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 12:23:28 ID:+2iox9RF
>>82
甘い味のする膠にございます。
スルメのように噛みまして、味がなくなりましたら
吐き出します。

84 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 13:34:49 ID:0AGeEBio
>>81
ぶれいくだんす や、 ぱらぱら、てくの、などもございますぞ。

腹が痛いので、これにて失敬www

85 :82:2006/12/22(金) 14:17:26 ID:JV9APOPc
>>83太夫
「これ!わしが何も知らないからと思って馬鹿にするなっ!
どこが甘いのじゃ!口の中が辛くてたまらんぞ!」

86 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:21:48 ID:9u2g0cTP
くらぶとは歌垣や踏歌の発展したものでございます。
昔のような出会いの場としての意味合いは薄れておりますが、
妙齢の男女が集い、踊るのは今も昔も変わりませぬ。
音楽はからくり仕掛けの円盤装置によって演奏され、その演奏を
意のままに操る技手は若者達の間でたいそう人気だとか。


87 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:27:37 ID:dcBoz17/
「こんどーむ」とは如何なる物か


88 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:28:59 ID:JV9APOPc
からくりとか仙人の〜って非常に便利な言葉だと気がついたw
俺は出来るだけ使わないようにしてみるよw

円盤装置・・・・ロウを固めたような円形の板を針で引っかき、音を出す装??

89 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:29:05 ID:Ir64OxBS
わらわに せくはら というものをおしえてたも

90 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:34:43 ID:mXoRsiSb
>>85
お方様、83太夫をお咎めあそばしますな。
太夫とて悪気があったのではございますまい。
お方様の太平の眠りを、たった一枚ではらそうと渡した
とつくにの品であったのでしょう。

91 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:39:28 ID:7mo9fOnI
>87殿!
男女のまぐわいにて用いるものでございます。
病を防ぐ効果や、やんごとなき子孫を残さぬような効能がありまする。

92 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 14:44:54 ID:mXoRsiSb
>>89
せくしゃる・はらすめんと と申しまして
姫の望まれぬ秘め事を、立場が上の不届き者が
無理強いする、いやがらせのひとつにございます。
「あれ御無体な、お戯れがすぎますよ」では収まらないのが
いけませんな

93 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 15:32:15 ID:JV9APOPc
>>90
>>太平の眠りを、たった一枚で

このスレには一休さんもいるのかっwwwwww

94 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 16:01:42 ID:g159Rful
おお、ここは何じゃ。うるさくてかなわん。
老若男女入り乱れ取り付かれたように何やら機械を覗き込んでいるが何をしておるのじゃ。
銀色の玉は何なのじゃ?
皆腐った目をしておる…囚人か…?

95 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 16:03:11 ID:WaCoeoeV
「ぴたぱ」とはいったい何のことじゃ!
京に参ってからというもの、訳がわからぬ!!

96 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 16:09:08 ID:JV9APOPc
>>95
現代人の俺でさえ、ビタバ?がわかんない。

97 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 17:03:15 ID:oWptLixp
ぴたぱとは電車と申す連結型自動道中籠に乗る時に使う通行手形でございます。
持っていない者は都度銭を支払い通行証を買わねばならないのでございますが、
ぴたぱを持っていればそのような面倒な行いは不要、これを関所の装置に
かざしますと自動で「通ってよろしい」となるのでございます。

京・大阪では複数の籠屋が旅路を仕切っておりますが、これはどの籠に
乗る場合でも使えるのでございます。また、道中籠の他に茶屋や土産物屋の
勘定もこのぴたぱで出来ますゆえ、銭の持ち合わせがない時など重宝で
ございます。

98 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 17:13:44 ID:JV9APOPc
>>97
東京=Suika、大阪=Ikoca
東京=パスネット、大阪=ピタパって事かな?

99 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 18:35:46 ID:j/IjvxAF
>>98
ピタパってパスネットのことなんだ
現代に生きてるけど初めて知ったよw

100 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 21:14:46 ID:FPkHQ7Sz
>>98
東京=Suika、大阪=Ikoca  ←JR沿線で大活躍
東京=パスネット、大阪=ピタパって事かな?   ←私鉄沿線で小活躍

101 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 21:55:24 ID:oWptLixp
ピタパは機能としてはスイカに近いか?買い物も出来るし。
でもチャージはいらなくて、利用料金は登録した口座から
引き落としされる方式。
私鉄・バスのほかJRでも使える。はず。

江戸の住人だから間違ってたらごめん。

102 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 23:31:40 ID:7mo9fOnI
いなばうあー とは なんでおじゃるか

103 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/22(金) 23:52:36 ID:+2iox9RF
>>102
南蛮の人名でござるよ、ニンニン。

104 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 01:05:21 ID:yJUMfFx7
>94
そこは「ぱちんこ屋」でございますな。
大きな声では申せませぬが、早い話が上様お墨付きの賭場でございます。
表向きは食べ物雑貨が当たるとしておりますが、
裏へ回って貰った剃刀を金子と交換。
いやいや奉行所お墨付きとは恐ろしいものです。

賭場とは言っても威勢のよくない遊びで、
指でツマミをちょいとひねるだけ。
あとは勝手に弾けた銀の玉が釘に当たって穴に入れば大当たりというもの。

遊んでる格好がどうにも威勢がないもんだから、
台も店の中もやたらと威勢のいい音を鳴らして盛り上げようとするわけですな。

最近のものは穴に入った後に車の絵数字が揃ったらやっと当たりになる、
と手が込んでおりまして、たくさんの玉を弾いては入れ弾いては入れ…を
繰り返さぬといけないようになりました。
その分、大当たりの時は使った玉に見合うだけの当たりがもらえるとあって
泡銭を求めるものが後を絶ちません。

詰まる所、およそ賭博の道理と同じく、儲かるのは胴元ばかりでございます。

105 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 02:52:24 ID:yUkoQvuz
そのぱちんこ屋にて、徳川埋蔵金なる文を目にしたぞ! けしからん!実にけしからん!!

ところで、よん様とは誰のことぞや?

106 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 03:21:33 ID:59qiTaPK
>>105
韓の国の、活動俳優ではなかろうか?どなたか、補足願いたい。

107 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 03:28:21 ID:1IL4DsuV
>>106
江戸時代の人に韓の国っていったら
春秋戦国時代の中国の国のことだと思われる。
あと、活動俳優という造語は通じない。

補足ってこんなもんでええのかの。

108 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 03:52:52 ID:yJUMfFx7
>105
ぱちんこ屋はよく見かけるのですが、ぱちんこの事は存じませぬ故ご容赦を。

なお、よん様とは巷で話題の、高麗渡来の二枚目役者でございます。
…一時名が売れましたが、そろそろ人気も下火かと。

>106
漢語同士を足して美しくない造語になってる。

個人的には「からくり」は使って良い(場合によっては仕組みの解説は本筋じゃないから)が、
なるべく和語を使うのがそれっぽくなると思う(俺が思ってるだけかも)。
※というわけで「一時」は「いっとき」と読んでください。

「実際通じるかどうか」というよりは「それっぽさ」が大事じゃないかな。

>107
幕末〜明治なら「韓」で通じるらしいが、江戸時代は「朝鮮」「高麗」だろうね。
徳川埋蔵金に憤るんだから江戸時代の人なんだろうね。
上様なのか、単に幕府のお役人なのかは分からんが。

109 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 03:53:30 ID:VKQBkB4V
よん様の顔にかかっておる、丸くて透明な板はなんぞや?

110 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 04:16:01 ID:0I2GD7ET
ああ、眼鏡ですよ

111 :46:2006/12/23(土) 04:35:17 ID:yJUMfFx7
長文いきます。
読み飛ばしてくださって結構です。

「一人の時、ついやってしまう奇行」スレで私が
「江戸時代の人に身の回りのものを説明する妄想をする」と発言したのが
このスレのきっかけなのですが、私の遊び方を解説しておきます。
※実例を出さないままなんとなく始まってしまったので。

なお、これはあくまで一例です。スレを私物化するつもりはありませんし、
いろいろな解釈があった方が楽しいと思います。
※でも、私も楽しみたいので自分のやり方で参加したいと思ってます。

この遊びはいくつかの要素を含みます。
・時代劇ごっこ(ござる口調、江戸っ子口調、お殿さまごっこなど)
・言葉の言い換え
・簡単な事の再説明

個人的には特に下の2つがポイントだと思ってます。

(つづく)

112 :46:2006/12/23(土) 04:36:28 ID:yJUMfFx7
( >111 のつづき)

言い換えは、たとえば昔の人に「ポイント」って言っちゃいけないんですね。
「要点」も明治以降なイメージがあります(ポイント、の訳語っぽい)。
この場合「肝(キモ)」なんて言うとそれっぽくなるんじゃないでしょうか。
※実際の事実関係よりも「それっぽさ」が重要。

で、一番下、再説明がキモです。
「(掃除機を指差して)これはなんじゃ?」って言われた時に何を説明するか?
・掃除に使う
・電気で動く
これは確かに説明になってます。

でも、江戸の人に感心してもらおうと思うなら、箒とチリトリと何が違うか考えて…。
・刷毛が付いていて敷物についた糸くずも取れる
・風を起こして塵を吸い込む
・吸い込んだ塵は網で魚を捕らえるようにして掬い取り、後でまとめて捨てる
なんて事を付け加えるといいんじゃないかと思うのです。セールスポイントというか。

電気で動くとかモーターが回るとかは、
知ったところで「ふーん」程度じゃないかな、と思うわけです。
あと、紙パック使うかダイソン方式かを限定しないようにうまく逃げるのも計算のうち。

長文失礼しました。以後名無しに戻ります。

113 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 10:35:22 ID:jK6RzPM7
わっちにこれを…?
なんとも珍妙な物じゃのう…
これは何ぞや?

『くりすますぷれぜんと』とな。それはなんじゃ?

114 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 10:42:59 ID:jK6RzPM7
これはこれは若旦那。
今日はなんとも珍妙な出立ちじゃのう…

わっちにこれを…?
ありがとうございんす

しかし『くりすますぷれぜんと』とはなんじゃ?

115 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 10:55:00 ID:GE9FLbP+
バテレンの大日如来の祭にて候

116 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 11:03:11 ID:FS6rlsZT
ウッキッキ?
ウキ?

117 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 11:45:19 ID:+OPT/Tcu
久々の良スレ

118 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 12:20:41 ID:IXDtvdr7
>>114
あまり詳しくは存じませぬが、申し上げます
南蛮の伝説に「さんた」なる大男の話を聞いたことがござりまする
その容貌は顔じゅうに白い髭を食い散らし、燃えるような紅い布を全身にまとい
手に風神のごとく大袋を持って、大角を生やした獣に乗って天を駆けめぐるげにござりまする
この大袋の中に入っておるのが「くりすますぷれぜんと」でございます

119 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 12:31:55 ID:U2f4axNW
「美少女フィギュア」
少女の形をした物体にハァハァする目的のために作られた。

と思ったが、土偶がすでにその役割を果たしていたを知って俺は

120 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 12:54:52 ID:lCOPxwu0
あれ、何やらおかしな所に迷いこんでしもうた…はらじゅく?
むむっ!?なんと面妖な着物を…

何やら若い娘がごすろり、ろりいたなどと言っておるあれはなんじゃ?


121 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 12:57:47 ID:eS74izBc
>118
「さんた」想像図…。
ttp://www.kougetsu.co.jp/akashouki-398.jpg
ttp://f.hatena.ne.jp/jakuchu/20060615095654

122 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 13:45:26 ID:yUkoQvuz
>>121
それ何てアイヌ?

くりすますぷれぜんと、言うなれば西洋の歳暮のようなものですな。ただ、必ずしもくれた相手に対し、お返しをせねばならん、という法則はございませぬ。
さんた の乗っている珍獣と申すのは、大型の鹿にございませう。

123 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 17:27:11 ID:GeCeD0bs
>>121
鍾馗様じゃねーかw

124 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/23(土) 18:46:16 ID:S9cJvtPw
えむわん とは何じゃ?祭りか?

125 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 00:06:19 ID:/nOtzOpR
えむわん、おそらくは明日行われる「えむわんぐらんぷり」の事でございましょう。
これは寄席芸人の一番を決める大会でございます。

古くから寄席と言えば落語でございますが、今の世では落語よりも
「漫才」なるものが受けております。

これは二人もしくはもっと多くの人間で掛け合いをする話芸でして、
噺家一人で演目をつとめるものではございません。
今回の大会も二人組み(もしくはより多くの人数)でないと参加できぬとされております。

話芸のみならず寸劇らしきものも大会の演目と認められておりまして、
扇子と手ぬぐい、座ったままの姿勢で噺を聴かせる落語とは
かなり違った趣となっております。

126 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 00:38:11 ID:rTq5on+3
>>118
「さんた」とはさぞおそろしい男なのじゃろうな。

127 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 00:52:48 ID:EFwfX8jn
>>126
なぁに、名前からすれば
うだつの上がらん三男坊にござろう。

128 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 01:19:59 ID:cmX+xr3A
いや、それがしの聞いたところでは
その「さんた」なる者は音もなく屋根に忍び寄り、
風取口からするりと屋内に侵入して童の寝床に近寄るそうな
まこと恐ろしい物の怪でござりまするが、その際
童の枕元に足袋を置いておきさえすれば
恐れをなして、それ、「くりすますぷれぜんと」なるものを放り出して逃げだすげにござる

129 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 03:53:21 ID:sqf9saKs
くりすますけーきとは何じゃ? けーき、とは?!

130 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 05:41:03 ID:jUa9zZld
饅頭に白餡と有の実が乗ったものだとのことでございます

131 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/24(日) 14:34:44 ID:+UglhVBW
>130
相分かった。出雲の銘菓じゃな。
ttp://homepage3.nifty.com/okesan/sub5.htm
ttp://homepage3.nifty.com/okesan/dojyo03.jpg

これはきっと「むぅみん」とか申す異国の物の怪の類じゃな。

132 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/25(月) 13:01:48 ID:BHovaJXj
>>120
言うなれば、南蛮ファッションのようなものですな。

133 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/25(月) 13:21:26 ID:m1P0lEhU
「びじゅあるけい」とは何じゃ?おしえてたもれ。

134 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/25(月) 14:20:23 ID:BHovaJXj
通信販売、とは何ぞや?
申してみよ!

135 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/25(月) 14:57:43 ID:FQ5ntIjx
>>133
人目を欺くあざやかな化粧や衣装にて、娘心をくすぐる
傾き者の楽隊と申し上げればおわかりになられましょうか

136 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/25(月) 18:02:11 ID:Xam7Xhvu
>>132
ふぁっしょんとはなんぞや?

137 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/26(火) 01:13:45 ID:rPQ3x91J
>136
「ふぁっしょん」とは、
着物、帯、髪飾り、下駄、草履、小物、全て含めた
「装い」の事でございます。

ごすろり、ろりいた、とはどちらも南蛮の「ふぁっしょん」の形のひとつでございます。

「ろりいた」は古き時代の南蛮の少女の格好を真似たものでございます。
少女らしく白の服にレース(糸を編んだ房飾り)をつけたものが多いですな。

「ごすろり」は元々は黒の天鵞絨(ビロウド:西班牙の織物)を用いた「ごしっく」と、
「ろりいた」がまざったものでございます。
姿は黒で童(わらべ)のいでたち、という悪趣味さが肝要と聞いておりまする。

138 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/26(火) 13:12:18 ID:aoMmr/BM
め…めりけんえくすぷれすごるどかるた…か?
なんじゃ?これは。
やたら薄っぺらい印籠じゃのう、これで関所も通れるのか?

139 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/26(火) 13:57:58 ID:EKA2LtlC
上げ進行の方が望ましい

140 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/26(火) 16:33:43 ID:zG9x8EmP
ファッションヘルス

141 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/26(火) 17:51:31 ID:FZMWafut
さぷりめんと、とは何じゃ?

142 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 00:26:25 ID:fRZnhN2B
>138
めりけん、えくすぷれす、ごるど、かるた、でございますな。
「かるた」は「札(ふだ)」の意味にございます。

大きな声ではいえませぬが、江戸の世でも諸国で藩札を刷っているところが
多いときいております。
これは「両替所に持ち込めば額面の金/銀と交換する」という証文でして、
藩の後ろ盾があるゆえに、この証文そのもので買い物ができるという代物です。

この札も似たようなものでして、「めりけんえくすぷれす」なる
両替商の出した証文でございます。
ごるどは「金」の意味でして、金子(きんす)の替わりにこの札を
みせるだけで買い物ができるというものでございます。

…いやいや、ロハで物が手に入るわけではございません。
昔は帳面に支払い期日を書いて渡す「小切手」なるものが使われていたのですが、
ごるどかるたは、札にかかれた番号を見せるとたちどころに期日や額面が決められ、
支払いを逃れる事ができぬようになるというものでございます。

143 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 00:38:57 ID:fRZnhN2B
>140
そんな言葉どこで聞いたのさ。おまえさんも好きだねぇ。
吉原の色町とおんなじで、「春を鬻ぐ」商いってワケさ。

岡場所、水茶屋、湯女、夜鷹、昔も色々あったみてぇだが、
今は皆「ちょんの間」、時間決めで銭がかかるって寸法さね。

俺ぁ行かねぇから行くなら >140 一人で行ってきてくんな。

144 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 00:39:19 ID:oywZkV7b
>>141
滋養丸にござる

145 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 00:50:37 ID:fKJd22x7
ここには知恵者が多いようじゃの
実は殿から「さいれんとまじょりてぃ」とは何かと訪ねられ、頭を抱えてござる
たれかご存知あらぬか

146 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 06:39:23 ID:VkZV7I0z
山野野禽さんに来てほしい

147 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 07:40:07 ID:GLp0vtK3
のう、「いけめん」とはどこぞの名物かの?
一体どんな麺なのじゃ?

148 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 10:42:55 ID:S503cbAH
>>147
殿、「いけめん」と言うのはお顔の整った殿方を指すお言葉です。
「男前」の現代語訳と言っても過言ではないでしょう。
「いけめん」は時代によって基準が変わっており昔はふくよかな
殿方が女子に好まれましたが、飽食の時代になった今では細いお体の
目鼻立ちがはっきりしたお顔の殿方が女子に「いけめん」と呼ばれています。
大変女子に好まれるそうです。

誰が、殿に「巨乳」を説明したまへ!

149 :おさかなくわえた名無しさん:2006/12/27(水) 11:12:56 ID:Lx+/lT+n
>>148
きょにゅう、とはな。

めうしのごとき乳をもった女子のことですじゃ。妙なものが流行りましてのう・・・。
着物がてんで似合わぬのじゃが、紅毛人の格好をして平気な顔をしておりまする。


42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)