5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今までに見た天才

1 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 19:49:26 ID:kuFPo7gd
まだこちらが絶望するほどの天賦の才の持ち主を見たことがないんだけど、
見たことある人がいたら語ってみて。

2 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 19:50:52 ID:6V1MpuSN
に!

3 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 19:59:24 ID:5ZtzusCl
兄。
10歳の時にIQテストをしたら、IQが計れなかった。その時の偏差値は70台後半。今は、30代で一部上場会社の部長。

4 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 20:02:17 ID:b9jDYTzf
10歳の時の偏差値って、、、小学生でガツガツ勉強してる奴って
ハウス加賀谷とか、頭がクラッシュしちゃうイメージしかない・・・

まあ、両方できる人もいるだろうけど、
「学校の試験の頭がいい」と「仕事ができる」は別モンだよな。

5 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 20:07:08 ID:2bWspivO
中学の頃、こいつには全てがかなわないなと思う奴がいた。
誰にでも優しく気さくで文武両道に秀でて全国大会にも出て、
学年の総代にも当たり前のようになって、体格もがっちり身長もあって・・・。
10年ぐらい田舎を離れていて最近知った。

自殺していた。
行き急ぎすぎて、未来も判り過ぎて、嫌なものを沢山見ちゃったのかなと思った。


6 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/18(火) 23:04:23 ID:m84WNN79
天才って総じて早漏だよね…

7 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 03:08:08 ID:8BJyYPW3
 学生時代に先生に呼び出されて知能指数が異様に高いと告げられた友達が居る
 パチンコすると月収30万以上は当たり前
 ストレートで慶応に行って司法試験受かって弁護士なった
 暴走族もやってて女遊びも半端じゃない
 ルービックキューブが5分以内で全面一色w
 間近で見た彼の能力は奇跡以外の何者でもなかったw

8 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 04:16:58 ID:rieY6nvN
>>7
>ルービックキューブが5分以内で全面一色
一色なら俺なら3分以内に出来るな。

9 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 04:36:32 ID:b5BcABW4
攻略法があるからな

10 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 04:44:56 ID:z2AcCcaA
全面で一色かよ、って言いたいんだろ

11 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 04:58:10 ID:RG2ocePI
そのルービックキューブがめちゃくちゃ早い女の子いたな…。
1分くらい(?)ジーっとながめて突然ガチャガチャガチャといじると一瞬で完成。
これはじめて見た時ああこいつは天才なんだな、と思った。

もちろん学校の成績もトップでたしか超有名医大行った。
順調にいっていれば今は医者か。

12 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 05:25:46 ID:6tU4jxbd
若い頃のさだまさしのエピソード

グレープ時代、コンサートで歌を歌いながら、頭の中で全然違う曲を5曲ほど作って
いたという。
その曲を譜面に起こしてレコーディングした。その後大ヒット。
そのうちの曲が「縁切寺」か「無縁坂」だったそうな。
あいまいな記憶ですまん。凡才なもので・・・。

13 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 07:09:33 ID:4ef2MjSg
千葉県柏市のゲーセンで、
顔を完全に下に向けて画面を全く見てないのに
テトリスを攻略してるおっさんを目撃

14 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 09:34:57 ID:tBwjOFrr
高校時代、数学と英語のテストで学年をまたいで
7回だったか8回連続で満点を取ったやつがいた。
今は大学留年したらしい。
やっぱ一点集中は駄目か。

15 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 09:50:40 ID:qy7eOURt
弟はトンボを操れるのが天才
先週の日曜 鬼やんまに金玉をかみつかれたのも天才

16 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 16:08:11 ID:7x5nm3v3
高校生の頃
見たことも無い動き方をする
サッカー選手が居ると聞いて試合を見に行った

審判が見てない所で
足を踏んだり、かなり激しく服を引っ張ったり
良く聞くと この前まで中学生だったとか

中田だった

17 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 16:20:40 ID:9Vl5Kr2l
>>16
カウス?ボタン?どっちの方?

18 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 17:56:53 ID:UepAN1Ni
うちの妹は2歳ぐらいの時、誰も教えてないのにキャベツの葉っぱを顔にのせてスヤスヤ眠っていた。
真似したら超涼しかった。天才だと思う。

19 :16:2006/07/19(水) 18:18:07 ID:7x5nm3v3
>>17 アリガトン

続き・・・

ディフェンダーが邪魔だからと
ゴール後ろを走ってパスをもらったり
コーナーキックの時
後ろ向きのまま足元も見ず
相手ディフェンダーの小指を的確に狙い
骨折させるんジャマイカって勢いで踏んだりと
中学生らしからぬラフプレーで恐れられていたって話です


20 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 20:55:38 ID:s3qdfEzQ
ゴールの後ろを走る?
後ろ向きでコーナーキックすんのか   ふーん



運動不足が原因の糖尿も幻覚が出てくるようだと末期だぞ

21 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 21:37:42 ID:zb8cjmDa
中学の特殊学級にいた人。
計算がめッちゃ早い。
何桁の計算でも(といっても、電卓で計算できる範囲の桁数です。)間髪入れずに
答えられる。
でもやっぱ言動は普通とは違ってて、怖かった。
女の子大好きで、私も追いかけられたりした。たまに勃起してたし・・・

22 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 22:00:10 ID:2RGPEb6q
>>21
イデオ・サヴァンだっけ?

23 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 23:06:28 ID:IhQXGMXx
天才と何とかは紙一重か

24 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/19(水) 23:33:11 ID:THgw8BGu
中学で特殊学級にいってもおかしくないやつがいた。勉強はもちろん言動、行動すべてが×
しかし絵を書かせるととてつもなく上手だった

25 :おさかなくわえた名無しさん :2006/07/19(水) 23:35:39 ID:MqNlz1J5
馬鹿と天才は紙一重って、今思えばサヴァン症候群の事なんだろうな。

26 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 11:19:14 ID:mKaUJAhp
>>24
>>21と同じかな?

27 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 11:33:47 ID:XBreNxY/
小学校のときの同級生、勉強はできるわ、ピアノはうまいわで
ガリ勉くんがどんなにがんばっても負けることはなかったがオカマキャラだった。
中学受験なんてほとんどいない地方なのに中学から進学校に通い、
高校時代に再会したときはすごいモテモテになってて驚いた
(相変わらずオカマっぽかったのに)。

最近になって小学校時代の文集読んだら大学入試の小論文クラスのことが書いてあった。
ああいうのを天才っていうんだーって思ったなあ。

28 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 19:53:24 ID:1+sgpelm
天才だと言うことが必ずしも幸せだとは限らないのな
ttp://www.asahi-net.or.jp/~BH3H-SMJY/zuiso/savan.htm


29 :http:// softbank221028110024.bbtec.net.2ch.net/:2006/07/20(木) 19:57:45 ID:5I7JGiT4
guest guest

30 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 20:10:37 ID:cUFVK5QV
不良だった奴が東大受かってて驚いた
今も不良っぽかった

31 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 20:38:40 ID:+8gHJg96
>>27うp

32 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 22:06:43 ID:DE/0Nlps
一度読んだ本の隅から隅まで覚えている友達がいる。ジャンルはなんでも。
その友達のアパートにはさぞ本が多いと思いきや、辞書しかなかった。
図書館で借りれば事が済むみたいだ・・・。そして司書になりました。

33 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 22:20:26 ID:siazJFUa
まるで漫画の登場人物だな…

34 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/20(木) 22:37:11 ID:iInByHji
>>19
お前の馬鹿さ加減に腹がたつ。キチガイレベルの馬鹿女って言われない?

35 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/21(金) 01:36:47 ID:AhX2f49T
>>18
>キャベツの葉っぱを顔にのせてスヤスヤ眠っていた。

可愛いっw

36 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/21(金) 23:03:13 ID:7uujWxxR
期待あげ

37 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/22(土) 16:53:43 ID:5PFDMBF8
中学時代にいた友人が
カマキリを手なずけていた
その数が7匹 

38 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/22(土) 17:15:05 ID:4Sl7BhAF
カマキリは割りと簡単に懐くお。オイラもベランダで飼ってた。
餌の時間以外は鉢植えとかで昼寝すんの。

39 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/22(土) 17:46:00 ID:62sQmdHQ
で、なかからハリガネムシがでてくると。

40 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/22(土) 17:48:26 ID:ofKWBng0
毎朝、鏡を見ると天才に合える

41 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/23(日) 00:45:33 ID:Wh0L1OFV
>>40
天才に合える
     ↑
天才がこんな間違いするか!!


42 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/23(日) 00:59:36 ID:7TNC27rz
義父。
一を聞いて十を知る、というような言葉がぴったりで話していて
凄く感心するんだけどたまに気の置けない心理捜査官がいるようでちょっぴりコワス

43 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/24(月) 05:09:43 ID:KEAOxJYZ
小学生の時は100点しかとらないタイプで、塾にも行かず、家での勉強は宿題だけでそれをやってのけていた。
中一初めのテストでも勉強をしなかった。しかしそれでも90、80点とそれなりに満足。親にも「中学校のテストでこんな点数取った!」と自慢。(当時は中学=勉強が難しいと思っていた)
ここでもう自分は天才だと信じていた。運動はまるで出来なかった。が、むしろそれを「なるほど、私は完全な頭脳系なんだ!」と思い込みの糧にしていた。

高校では天才と持てはやされ、一流大学に合格し卒業、一流会社に就職する。
社内恋愛で賢くてイケメンな彼氏をゲットし結婚(結婚式ではゴンドラ使用)、寿退社。子供を授かり(男児 名前は雄介)、旦那の高収入で超贅沢生活。
子供が大きくなったら大好きな盤の羅犬にも頻繁に参加、オバンギャなどと言われることもなく万人に好かれ、沢山の友達に囲まれて老衰で逝く…
というムチャクチャな妄想で人生計画を立てていた。

そして、なんと2学期のテストでも勉強はしなかった。用紙を見て目を疑った。わからん。こんなの見たことない。しかしみんなの机からはカリカリカリカリ……。
人生\(^O^)/オワタ
あぁ埋めりゃ当たるだろ!!と躍起になった結果、40、50点。自分が天才だという妄想は消えた。イケメンで高収入の旦那(妄想)も消えた。

まぁ色々ありましたが今は立派なニートです\(^O^)/

44 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/24(月) 08:58:58 ID:5gMQzguw
天才かどうか疑問だけど
弟が中学入学の知能テストの結果で担任に教室の前の方に呼び出されてましたよ
って、弟と同じクラスであった私の後輩が言ってた。
すごい期待してたのにあとで家に帰って聞いてみたらたった138だった。

そういえば私も中1の同じくらいの時期に担任に、普通にやってれば
東大にいけるからね、普通にやってればって言われました。
今年25になりますが高卒ニートです。

45 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/24(月) 20:45:10 ID:OddcxFrL
>>44
まずそのテストが何点満点かを教えてくれ

46 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/24(月) 22:59:29 ID:j6+nAQMm
あー

そういうのでよきゃ、俺も小2のときの知能テストみたいなので、県で2%に入る成績だったとか。
一応大学まで逝ったけど中退、いまでは底辺付近の生活だけどまあボチボチ幸せにやってる。


47 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 07:51:23 ID:NOSWE8ET
>>45
知能指数が138ということだろ。100が凡人レベル、138は天才レベルだ。

>>44
弟はどんな末路を送ったの?

48 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 08:10:37 ID:BCMrwTI1
末路は送れないと思うの

49 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 08:51:06 ID:ISR2Y/kg
>>47
違うだろ
俺普通に138くらいあるが天才じゃないぞ
まあ勉強なら誰にも負けん自信はあるが

50 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 09:10:22 ID:NW1INHMe
>>49
全国一の天才ktkr

51 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 10:09:05 ID:+mv74bvC
>>49
すごい自信だな。

52 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 10:34:05 ID:tugbLWqY
身体能力の差から天才考えてみる。
例えば一般男子が100mを13秒で走れるとする。天才は10秒で走る。
これでいけば違いは30パー前後。
これをこのまま他の能力にあてはめるわけにもいかないが、自分(超凡人)の感覚では
天才と呼ばれる人は大抵このレベルにいる。

53 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 13:37:41 ID:46yS3x0K
>>47
はい、弟は3流国立大卒ニートですが
学生時代に株で400万稼ぎました。
うちの親は貧乏ですが、学費も仕送りも一切だすことがありませんでした。

54 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 17:28:02 ID:8xbFm86d
かつてはサッカーで全国大会常連校だった漏れの出身校。
大体各クラスに1人ぐらいはサッカーがンマイ香具師がいるんだな。
それでそいつらはスポーツは何をやらせても、かなりンマイんだな。
サッカー以外の種目でもメシ食っていけるんじゃね〜か?ってぐらいにンマかった。

55 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 17:44:38 ID:NjjWm3N+
>>16
中田は自分でも、あの頃は天才だったと言ってた。
プロで活躍してた時も、あの頃の自分を越えられないと言ってたね。
その分を経験やら、フィジカルやらで補おうとしたらしい。

56 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 17:57:16 ID:eYZAWE5L
中学の時完璧少年がいた。
成績優秀で順位が一位二位争うくらい
陸上部だから当然運動できる
顔もけっこうかっこいい
そしてなにより
性格いい!優しい!
その子が悪口言うのも聞いたことないしその子の悪口も聞いたことなかった。
神様は不公平だ〇rz

57 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 18:32:15 ID:gT+qw0gH
>>56
うーんと、内容よりも何で頭を大きくしたのかが気になるのだが…

58 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 21:36:47 ID:OqzWHI8M
地元に双子でどっちも東大法にはいったやつがいたが、天才だったな。
中学の頃から成績はよかったが、天才ってほどじゃなかったけど、
二人とも行った学校は地方の公立だったけど東大模試でも常に10位以内で、
プライドは高かったが性格もけっこうよかったし。
二人と高校が同じだった知り合いから話をきいたけど
基本を説明されるとすぐに応用でき、
普通の人の倍以上の速さで問題をするからとにかく蓄積量がすごかったらしい。
東大生がみてたら特定できるかも。



59 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 21:41:19 ID:ByWAWNkW
http://cclemon.ath.cx/nijiura/src/1151763404042.jpg

60 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 21:47:16 ID:mMsOCa2g
双子で東大法なんて、かなり確定されるね。。しかし、裏山。

61 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 21:47:58 ID:+vK6kix9
>53
> 学生時代に株で400万稼ぎました。
種銭次第で評価が違うわ。


62 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/25(火) 22:03:14 ID:skDKupbG
>>59
だれ?

63 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 00:45:36 ID:7XPvrb7U
俺7にレスした者だけど、昨日天才の家に遊びに行ったら、京大生の彼女も居てた。
(京大の大学院まで出た)
2人でミストって外国の超何回パズルゲームしてたんだけど
天才と秀才の彼女2人で解いてて・・
解くスピードが半端じゃなかったw


64 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 06:15:36 ID:QabtHxN8
子供の頃の知能テストで140くらい、
今ネットでできるテストではだいたい130前後がでるけど
天才どころかいたって平凡orz

学歴も中の上、ずば抜けて得意なものも一切無し。
人より秀でていると思われるものは見当たらない。記憶力悪いし、勉強は大変だった。
一体このテストから何がわかるの?って感じだ。
NASAの中の人は"平均"180っていうのはもっともらしいけど本当かなw

65 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 06:21:43 ID:xL/GeMhx
友近はニワトリの物真似の天才

66 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 06:37:05 ID:+xEBGbiK
消防時分の知能指数はあまりアテにならないよ。
その後の環境に大きく左右されて変動するからね。

67 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 07:03:59 ID:32mjFX6+
なんつーかいかにも頭悪い子がイメージする天才って感じ

68 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 07:04:32 ID:32mjFX6+
>>63

69 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 22:50:35 ID:1Qs+g+Lw
昔から頭が切れて空気が普通のガキとは違ってた友人に
バラバラのルービックキューブを渡したら
もの凄い勢いでカチャカチャやり始めて
15分くらいで「これでいいの?」と返された
そいつは将来農家を継ぐようだ もったいない気もする


70 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 22:57:39 ID:e3BOiirz
何でも出来る奴、みたいなのはいたな。天才とまではいかなくても。


71 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:10:08 ID:4pyw/rm9
昼ドラでやってる5つ子は現役東大から高卒までいる
環境因子や遺伝因子はあまり変わらないけど、何でそんな差が出たのか不思議
ちなみ父親は東大卒

72 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:14:54 ID:/PunHFOt
ルービックキューブ15分て全然すごくない。

73 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:24:32 ID:4TwagATb
柳沢

74 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:34:36 ID:pwN8GD0h
>>42
>凄く感心するんだけどたまに気の置けない心理捜査官がいるようでちょっぴりコワス

もしかして、「気の置けない」の意味間違ってないか・・・?

75 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:47:40 ID:wshKO+XO
いや、親しい心理捜査官、という意味でもある意味間違いでもないと思う。

76 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:52:29 ID:8NdvpZEQ
気が置けない
気詰まりできない。気づかいしなくてよい。
▽近年誤って、気を許せない、油断できないの意で用いることがある。

広辞苑第五版より

77 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/26(水) 23:59:28 ID:5EBrYKIL
>76
その誤用の方も結構浸透しちゃってるよね
「近年はどちらで用いてもよい」との説も読んだことあるが・・・

78 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/27(木) 00:42:14 ID:9Q+gkEhE
>>71
五つ子はただの兄弟姉妹だから。
ドラマほど極端じゃないけど私のいとこも京大から早稲田や普通の国立までばらついてるよ。

79 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/27(木) 00:48:53 ID:4Jepc3QZ
>>77
どちらでもよい、ってのはダメだろw

真逆の言葉なんだから。

80 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/27(木) 22:58:41 ID:lPFWE9Vc
>ちなみ父親は東大卒

初耳、人は見かけによらないなw
まあドラマの中の設定なんだけども…

81 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/28(金) 21:50:37 ID:FOHQel3z
>>71だけど、父親や子供が東大卒っていうのは実話だよ
このドラマは鹿児島で生まれた5つ子をドラマ化してるから
ちなみに父親は甲南高校(南野法務大臣の出身高)から東大
とりあえず誤解がないように書いた

82 :80:2006/07/28(金) 22:03:32 ID:C1j0OXmr
>>81
穴があったら入りたいとはまさにこのことか…
もうなんというか、自分の読解力の無さに驚きだよ。
とりあえず俺が天才にほど遠い人間だと言うことは分かったけど…

83 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/28(金) 22:07:21 ID:zVmAvo3X
複雑骨折して手術・一ヶ月も入院してやっと退院。退院した途端に親に『保険金出た?いくら?ちょっと貸してくれん?』と言われた

84 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/28(金) 22:10:46 ID:+0N/2fZ9
それどんな天才?

85 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/28(金) 22:35:10 ID:BmbrKu0F
つーか智能指数って当時白人が自分達は黒人より上だっていう事を確かめたくて
作ったテストだろ. 要するに,智能指数テストは白人向けに作られたってわけ.

んで,確かに白人の平均指数は黒人より高かったけど,黄色よりは高くなかったらしい.

智能っていっても色々あるからな,言語的,空間的,数理的,コミュニケーション能力などなど.現代の智能指数テストは数理的な物だけじゃん?

86 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/28(金) 23:46:24 ID:XDtB8koN
>>85
2ちゃんでみた知識だけで書き込んじゃ駄目
初期の知能検査は欧米型の教育を受けていることを前提にしており(これは現在も同じ)
しかも英語で読み書きが不自由なくできなければ得点できなかった。
要するにアメリカにやってくる移民は知能が劣っているというプロパガンダの助けになっていた。
その後改良されて知能検査は学習障害の児童を見つける役には立つようになったが
天才を見出すための知能検査はいまだに作られたためしがない。
だから知能検査の数値をもってだれそれが優れてると考えるのは今も昔もばかげた主張なの

87 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 00:28:54 ID:qBqpMZWB
EQ心の知能指数てなんなんだ!?


88 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 00:58:14 ID:mE9/RRG9
>>32に似たタイプなのかな?

友達の元彼。今30過ぎくらい。
例えば、ドラクエなどのゲームを一度クリアすると、
どれだけ時間が経とうと全部覚えている。
アイテムの場所や攻略順はもちろん当たり前。
「○○の塔に入ったら迷っちゃって、同じとこぐるぐる回ってんだけど〜」
みたいな相談をしても、
「今何階?3階?じゃあね、左上の階段まで戻って、3ブロック目を左に…」
という感じ。
また、歴史だろうが、数学の公式だろうが、習ったことは全部覚えてるらしい。
何を聞いても間髪入れず解く、答える。センター試験の問題やらせても、
忘れちゃって解けない、ということはないらしい(彼女談)。
すごいねー、と驚いても「なんで?習ったじゃん」だそうです。

あと、パソコンをまったく触ったことがなかった状態で、
なんか知らんけどパソコンが流行ってる、って聞いてた時に、
たまたま通りかかったゴミ捨て場で壊れて電源も入らない状態のパソコンを見つけて、
拾ってきて直してしまったらしい。4〜5年前ですが、今も現役で使ってるって。
もちろん電化製品マニアとか配線好きとかそういうのではまったくないです。

先の先の先を読んで話す人なので、会話してても一瞬意味がわからなかったりする。
「???……。……あ、あー…なるほどね、そういうことか…」みたいな。
自分が、頭の回転が速いという自覚のないタイプの人なので、
周りの人には「訳のわからん奴」と言われて敬遠されてた。

今は実家の手伝い(八百屋だか果物屋だか)をしながら、適当に生きてるらしい。
昔からあまり働くのが好きではない人だったそうです。
なんだか、ほんと、変わった人でした。

89 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 12:40:02 ID:HVQQzmLD
>86
2チャンで見た知識じゃないんですけど,,,,英語の担任だった白人のおっさんが
こう言ってたんだが,,,後者は本で見た知識.あ,最後の一言は俺の偏見ですが,,,

90 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 20:55:51 ID:LJowROyq
>>88
八百屋…なんだかもの凄く勿体ないことになってる気がする。

91 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 21:10:27 ID:bG8cbpFl
んなこたぁない。

92 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 21:35:34 ID:gKwKx2Yi
テレビでやってた、未来の日付の曜日を正確に言い当てる
サヴァン症候群の人クラスじゃないと驚かないなぁ。
しかしあれホントかな?

93 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 23:07:12 ID:n/5eVLSi
>>88
>>32です。まさに同類。
やっぱり話の先を行く・・・雑談をするだけでも、ものすごく頭を使います。
働くのも嫌いみたいで、自分が読みたい本を読めるという理由だけで図書館に勤めています。
それも、何故か短期バイトで・・・。

94 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/29(土) 23:26:47 ID:/iV6xXG/
>>92
ラマチャンドラン博士の本とか読むといいと思う。

95 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/30(日) 00:13:46 ID:hxjApeL9
「火星の人類学者」もいいよね

96 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/30(日) 00:48:50 ID:8FuZkPsu
レインマン見るのでもいいんじゃないか。


97 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/30(日) 01:05:23 ID:/xFSQdUc
俺の親父、天才と言うか、少し危ない人と言うか、とにかく常軌を逸した人だった。
頭の回転が速かったので話術が凄く、喋ることに関してはとにかく天才。人の心を掴む天才とでも言うべきか。
それがゆえに生徒の心を読めぬ教師達が大嫌いで、それを理由に自分が教師になった。
ガキの心を忘れぬ性格だったらしく、生徒の信頼も厚く授業のやり方も斬新、
一見遊んでるように見えるが授業時間20分で教科書の内容を完璧に終わらせる上に生徒の習熟度は常に抜群と言う凄さ。
だがその頭の回転の速さゆえに神経は常に過敏でストレスも多く、30歳を超えたあたりから
「最近ガキの心を忘れてきたかもしれない。話の面白さにもキレがなくて、瞬時に面白いことが浮かばない。しかもいつのまにか齢30を過ぎ、自らが殺したいほど嫌っていた古臭いタイプになろうとしているのではないか」
と悩み、重症の胃潰瘍になって入院。退院後も心労を理由に無期休職。
お洒落で男前、活発な性格だったのにいつのまにか着のみ着のままで目はギョロギョロ、朝から晩まで酒を飲んでうわ言を言うように変わってしまった。
教え子達が毎日説得しに来て「先生は凄い人なんだからぜひとも復帰を!」
と言ったが、「俺が凄かったのは若い頃だけじゃ!」と泣きじゃくる始末。
その後間もなく肝硬変や多臓器不全を引き起こして38歳で死去。
天才と言うか破滅型と言うか…。ちなみにほとんどは母親や親戚から聞いた話で、俺が覚えているのはやつれた親父だけです。




98 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/30(日) 09:41:38 ID:K4QYL454
>>97
あなたのお父様に教わりたかった。

99 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/30(日) 13:04:47 ID:hxjApeL9
子供っぽいまま亡くなられたのは残念でしたね。

100 :100:2006/07/31(月) 02:20:26 ID:O2fKAj6T
100get

101 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/31(月) 13:10:15 ID:bV0XFUUS
天才的に面白いやつならたくさんいた

102 :おさかなくわえた名無しさん:2006/07/31(月) 21:02:39 ID:swALbkRE
>101
その話kwsk

103 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/06(日) 10:29:40 ID:pRLG+Rr5
中高一緒のクラスだったヤツで、
新聞とかの報道見て、犯人像言い当てるってヤツがいた。
印象に残ってんのはサカキバラ事件のとき。
専門家が『犯人は高学歴の中年男性』とか言ってるの見て
『何言ってんの? ここの(中学の)生徒に決まってるじゃん』って笑ってた。

たまたま勘が当たっただけかもしれんが、ちと怖かったな…

104 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/06(日) 17:33:37 ID:f5+63XqM
>>103
その事件なら自分も当てた。当時小学校高学年だったが、
俺らと近い年の人っぽいよなーと言ってる人が多かった。
犯人が判明して大騒ぎしてた時もやっぱりなーって空気。
行動が異常ではあるけど年が近いからかな、何か共感するものがあったよ。
まあ、103の知ってる人はそういうのとは違うんだろうけど

105 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/07(月) 10:06:18 ID:de/pQVro
>>97
泣ける。すげえな。
おまえの話も人をぐいぐい引き込むな。

106 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 14:15:32 ID:x74uBHIF
あげ

107 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 22:59:17 ID:qoBmvwfl
理Vは宇宙人だって言うけど、実際どうなんだろ。
少なくとも大体の医者は勉強に関しては天才であるはずなんだけど、どうみても普通のおっさんにしか見えないし。

108 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 23:00:06 ID:jbiwe6me
脳ある鷹は爪を隠すんですよ。

109 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 23:02:40 ID:wD9+3+81
ガッツある鷹はガッツを隠すんですよ。

110 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 23:06:54 ID:1UyLMwWm
普通のあたまがあれば、医者になれるって!医者だってピンキリだよ

111 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 23:11:34 ID:Ir+ym1z5
一般人ばかりいる学校では天才だが、その後進学校、大学、病院、と進むに
したがって勉強得意だった人が大勢いる環境で過ごすので、普通になっちゃうんだと
思うよ。
大抵のプロ野球選手は小学校のときはその地区でいちばんスポーツの出来る
目立つ少年だったはず。しかしプロに入ると記録でも更新しない限り注目を
浴びることはない。

112 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/08(火) 23:54:49 ID:6fuLVSzK
天才とはいえないかもしれないが、
全く勉強してないのにかなり頭良い奴ならいたな。
俺は必死でガリ勉してトップをキープしてたけど、
そいつが頑張りだしたら・・と思うと鬱だった。

113 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 00:20:51 ID:vHILr/Il
このスレ見てて自分は普通、むしろ何一つ才能が無いと思っていたけど…。
少し予知に近い事をした事があった。

高校の時、小淵首相が亡くなる日の朝友達に今日彼は亡くなるって今なんとなく思った。と言っていたら本当に亡くなった…。
本当にテレビやラジオが無い環境で(寮生だったので)もちろん携帯も持って無く情報一切無し)
あと火山が噴火した日も、火山噴火するって言った事もあった。

だからと言って今何か予知しろと言われても出来ないし、たまに思い浮かぶ事を言うと事実になるってだけでなんの役にもたたないorz

しいて言うなら嫌いな人や一緒にいたくない人の事を、あ〜あいつほんとやだ。消えろよ!と心な中で思うと、ほとんどの場合病気になり、もしくは左遷されたりして目の前から消えてゆく。
この事を母に相談したら母も同じような事があると言っていた。
よくある話なのかな…

ちょっと嫌いとかではなく本気で憎いとかまで思った時だけだけど…

こうゆう人ほかにもいますか?

114 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 00:42:18 ID:QsPN0/F2
>>58
特定しますた。K兄弟だな
そこの後輩です。同じ大学めざしてます

115 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 01:19:11 ID:T0IgBpk+
>>108
細かいところを突っ込んで悪いが、「脳」ではなく「能」な。
「脳」なら単細胞生物や植物でない限り大抵の生物は持ってると思うから。

116 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 04:52:07 ID:Idk4/KqU
>>113
自己愛が強いか妄想を疑ったほうがいいかも。

117 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 20:59:14 ID:/0FO24qF
>>115
>>108ではないけど勉強が出来る「脳」みそと能をかけたのでは?

118 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 21:14:39 ID:lMBUsYEP
>>58

>>114 まさか自分と同じ高校の奴をここで見つけるとは…!
なんかおまいも特定できそうだが止めとくよ

119 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 22:46:09 ID:CmyQfQL6
>>1
自分に能力と自信がなければ、天才を見ても絶望することはないと思うよ。

ロナウジーニョは天才だけれど普通の人は凄いなと感心するだけ。
絶望するのは、ロナウジーニョを自分と比較してしまう、一流のサッカー選手か
一流になりたいと努力している人だけ。

120 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/09(水) 23:49:50 ID:htZBvbho
>>119
は一体何が言いたいのか。

121 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 20:41:36 ID:9hCIluH6
私がいままで生きてきて出会った人間で天才といえるのはただ一人。
そいつは理Vにいったが,そいつのすごいところは完全独学なところ
といっても勉強などしない。友達の参考書なんかうばってただ読むだけだった。
いつも全国模試では1位だったし駿台模試のように高度でなかったからいつも満点
こんな子供でも親は心配らしくって勉強しろというらしくその対策として彼は
マンガを買い込み部屋にこもって勉強しているふりをしていた。
マンガしか読まないくせに全国感想文コンクールでは1位もうあほらしくて
やってられなかった。学校ではよく寝てばかり先生も何も言わない。
まああたりまえか。あるとき模試の数学の問題をなぜこんなのがわかるのか?
って聞いたことがある。彼が答えたことには問題を見るとすぐ途中経過から答え
までぼんやりと頭に浮かびあとは君が花を見て美しいと思うのと同じでいかに
美しく解いていくかだな・・だと 



122 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:05:28 ID:vPGsS7Z8
>>92
昨日TVでやっていたサバンは、読んだら一回で全部覚えてしまうらしい。

サバンは社交性とか言語能力とかが欠如しているから、音楽とか
数字の暗記の才能をみせるわけだけど、驚くほどの記憶力。

こう言う記憶力があって、一般人なみの思考力があったら、本を読んだだけで
完璧に覚えて、簡単に答えを解けるだろうね

123 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:06:43 ID:vPGsS7Z8
PCのハードディスクは容量に限界があるけど脳の記憶には限界が
ないと言われいる。

そしてだれでも左脳をぶつけたら、サバンと同じような
記憶力を手に入れられるみたい。

124 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:12:04 ID:vPGsS7Z8
>>64
子供のとき秀でているのは早熟なだけでしょう・・・

>>55
パンチドランカー で検索すると、サッカーボールとかボクシングで
頭を打つと頭が悪くなるみたい・・・ ですからサッカーやると頭は悪くなる

125 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:12:59 ID:vPGsS7Z8
いろんな人が上げらているけど、全部偏差値高いか低いかでしかないのばかり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/カール・フリードリヒ・ガウス

ここのガウスみたいな頭の良さな人に会った事ある人はいないものかね・・・

126 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:16:30 ID:vPGsS7Z8
サバン症候群・自閉症 とかの番組見ると記憶力は人によってありえない
差があるんだとわかる。 今ある一般的な学校のテストのほとんどは記憶力
に頼るものが多いから、こう言うのだと記憶力の人が秀でるでしょうね。

だけど普通は頭が切れるかどうかが重要であって記憶力はそこまで必要でない。
新しくものを考え出せないといくら知識を詰め込んでも有効活用できないわけだし。

ガウスとかは記憶力でおしている人間でなく頭の切れ度でおしている人間でしょう。
こういうのがすごいわけ

127 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:31:21 ID:0VDpRuLu
脳の記憶容量は2テラぐらいって聞いた

128 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:33:20 ID:dXkPDHG9
>>124
なら剣道は……

129 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 21:45:22 ID:OmeRuiz2
官僚とかキャリアとかいう類いの人と話すことがあるんだけど、
皆に共通することは、記憶力がいいということ。
本や書類は一読すると全て頭に入るらしい。
そういえば東大へいった同級生もそんなだった。

サヴァンでなくてもそういうレベルの人はたくさんいる。

130 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/10(木) 23:45:43 ID:BpXjraFU
>>121
一位だったら特定できちゃうね。すごいな勉強しないでとれるなんて。

131 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/11(金) 07:57:49 ID:COk/4MH8
ガウスさんは煉瓦職人の息子でしたっけ?
パズルのような煉瓦の山の環境が彼に天賦の才能を与えたんでしょうかねぇ。

132 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/11(金) 11:28:05 ID:hR5hoEsP
>>130 最初は隠れて努力していると思っていたんだが,本当にやっていなかったみたいだ。
ほかにも東大や医学科はいたがみんな類題をこなして応用へと進むって感じだったけど
そいつは一題サッと眼を通すと全て出来るって感じだった。しかも謙虚でもなく横柄
でもなく淡々とした不思議な男だった。っていうか我々は相手にされていなかっただけかも
しれないけど。灘なんかでは中一で先生より英語できるやつとかひまつぶしで仏語ぺらぺら
とか理Vやめて東京芸大ピアノ科とかいろいろいるけどそんなのとはちがい目標もやる気も
ない感じ。とにかく目の前に課題がくればとりあえず処理するって感じだった。

133 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/11(金) 14:36:37 ID:+V1FWO7P
>>132 もっとその人の話聞きたいw

134 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/11(金) 18:59:13 ID:Zvsv/AdC
>>125-126
ガウス並みの人の話が聞きたいんだったら、こんなとこでご高説たれてないで
世界中の情報を拾えるところに行った方がいいんじゃね?

135 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 00:35:11 ID:NEZ2MhcD
>>128
剣道もなるね。 ボクシングの真似したり、サンドバックうっただけで
脳がゆれるわけだし、頭をたたく剣道は・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/パンチドランカー


>>129
アインシュタインは知的障害の無い自閉症と言われているわけだし、

3分の1くらいサバンだったら、普通に生活できつつ、記憶力もサバンの3分の1
とかありえるわけで何がなんだかわからない。>>132

>>130
サバンの人は右目で右のページをみて左目で左のページをみて
10分くらいで本をよんで、一字一句まちがえないで答えられるからこう言う才能が
あったらうそではないでしょう。  上空から町をみてそれを記憶しそれを
窓まで隅々絵に書ける人がいるわけだし、記憶力が半端でない人はきちんといる。

136 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 00:35:59 ID:NEZ2MhcD
>>134
どこなんでしょう・・ 数学板なら日本人が1人ガウス並みとして
例をあげられていた。

137 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 00:39:49 ID:9PLsFjQB
>>114
>>58でかかれてた先輩前高校にきてたよね。
予想してたのより顔よかった

138 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 06:45:20 ID:dRsKItHA
男に貢がせさせる天才なら知っているけどそれじゃだめかい?

139 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 06:52:05 ID:fAZbxcUk
「大学さえいい所にいけばいいしな〜」って言ってた友達がいた。
小中高と公立で、中学高校と部活もやって現役で京大に受かってたな

140 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 07:18:52 ID:ry4vrgR6
>>138
今暇だから書いてくれ。

141 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 07:34:52 ID:fsccbkou
>>135 そういう暗記にすぐれた奴とはまたちがうんだな奴は
暗記人間は何人かすぐれたのがいたがこういうのはただうらやましいな
と思うだけ。
天才の脳はシナプス構造が違うと読んだことがあるが奴はまさにそれだな
分岐が凡人より複雑な網構造になっていて瞬時に1つの情報を多面的に分析し
飛躍した答えをだす。凡人は1+1=2だが天才は1+1=4にも5にもなるって感じかな
奴には創作力もあり圧倒的だったな。でないと普段小説なんか読まないのに
文章書かせて全国1位や特別賞とるなんてこと出来るはずがない。
恐らく臨床家にになっているのだろうけど大げさでなく日本の損失だと思うよ
新薬の研究か工業技術の研究なんかやってほしかった。でも研究には進んでない
だろう、そんなのには興味もないだろうし
ともかく奴のせいで人生観は変わった。努力すればなんとかなるとは考えなくなった
いくらやっても1を聞いて10を知る奴にはかなわない。
奴には全然だめだな思考力がないんだよと話す妹がいた。
妹も東大いった。やってられんわ



142 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 08:00:29 ID:NEZ2MhcD
>>141
"一夫多妻"結婚制の検討・議論 vol3
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1137089021/

妹まで関係あるなら一夫多妻にすれば、日本中頭良い人だらけ
になるね。DNAに関係しているわけだし

143 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 08:28:38 ID:NIMBul4Q
頭の善し悪しはほとんどDNAには関係ないんだが
体格に関しては関係あるが

しかも言うならDNAじゃなくて遺伝の方が適切

144 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 08:32:40 ID:HsvI6qnR
神戸ナンバーの車を見て、「かみどってどこかな?」っていったやつがいる。

145 :おさかなくわえた名無しさん :2006/08/12(土) 08:39:01 ID:1laNx0SL
>>103-104
サカキバラが残した声明文、中学生レベルの漢字や日本語の間違いが多かったんだよね。
「達」の字が間違っていたとか、「報道陣」を「報道人」と書いたりとか。
確かSCHOOLの綴りも間違えていた(これはわざとなのか知らないが)。

もし犯人が成人だとしたら、もの凄い低学歴の奴なんだろうなーとは思ったが。

146 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 08:39:48 ID:ry4vrgR6
>>141
天才に努力は無縁かもしれんが、
凡人は努力するしかないんだよ。
無駄でも無駄でなくても努力するしかない。
人は人。自分は自分。

147 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 08:56:29 ID:Im/dhCsE
うちの会社の同僚には、乗り物を乗らしたら天才の奴いるよ。
自分なら、何回もコケたりして練習して、やっとできるようになるのに、その人は、バイクでウィリー、ジャックナイフ、バギーで、片輪走行します。
峠で走っても早いし、しかも始めて乗ったのに、なんでもすぐ乗りこなす。天才的な才能があると思った。今の事務仕事辞めて、レーサーになれば、いいのにと俺は思った。

148 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 09:03:48 ID:lVBWj2N+
>>143
知能も結構遺伝するらしいよ。
環境要因よりむしろ遺伝的要因が強いことが、養子の研究から推測されてると本で読んだ。
養子をとる方の親は生み親よりも所得と教育水準が高いにも関わらず、養子の成績は悪いらしい。
しかし大人になるに従って環境の影響が出てきて、養子は大学に行き給料の良い仕事に就ける。

149 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 09:24:07 ID:NIMBul4Q
数学や理科より、国語や英語といった語学系の方が、遺伝要因が強いのが不思議

150 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 09:36:46 ID:/VP4u9Q2
うちは逆だな。理数系は父母どっちも駄目
当然自分も苦手だけど語学は環境が影響するんじゃない?

151 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 10:00:22 ID:NEZ2MhcD
>>143
DNA関係ないならどうして猫に人間みたいなはなせる猫が発生しないんでしょう。
アウストラロピテクスが今の人間と同じ知能をもっていたと?


>>150
自閉症は語学がぜんぜんだめで、数字系は強い。
女は数字はよわいけど、国語とかは強いのが多い。

環境や努力によって多少変化はするだろうけど、10分で本をすべてすみから
すみまで暗記して死ぬまで忘れないとかいうのはどうやってもまねできないわけで
無理なものは無理


最初かられべる100の人と、 はじめはレベル3だけど努力してもレベル50までしか
上がれない人がいると言うわけです。

152 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 10:31:32 ID:1jrFJ5wf
センター試験の結果が出てから、
「家に近くて行けそうなトコを選んだ」
と言って京大医学部に行った人。
運動もよく出来て、ほんと遺伝子の違いを感じた。

153 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 10:40:17 ID:AZlE61HA
このスレ面白い。

子供の時に野球の天才なら居たな。
プロに入ったけど、1軍と2軍を行ったりきたりだった。

154 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 10:46:46 ID:nBt/frea
心理学の授業で、一般的に子どもの知能指数は両親の指数の平均
以下と習った。
ずいぶん昔のことなので、現在もそう言われているかどうかは
知らないけどね。

155 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:13:55 ID:/VP4u9Q2
一般的にというのが気になるな。

156 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:17:49 ID:d4CxFf6T
>154
人類がどんどん劣していくってこと?
つうか、知能指数って偏差値だから、その仮説はありえないだろ。

まぁ、所詮 文系の心理学の先生のはなしだからな、、、

157 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:34:33 ID:NEZ2MhcD
頭の良い人間だらけにするとき、そして良いだらけになったら案を提出した人に
1000億円与えられるという場合

君たちは

・頭の良い偏差値の高い人間だけに子供をうませるか

・誰が産んでも同じと勝手に考えて、ものすごい馬鹿だけに生ませるか

どちらを選ぶのかと。 普通の人間なら上を選ぶ。であるから頭の良いにんげんだけ
子供が残せるようにしたら、世の中の頭のレベル格差が縮まるわけです。
だれでも頭良くなるわけだし

158 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:44:52 ID:rFp5wRI7
>>92
未来の曜日を言い当てるのって異常なの?
家の父が一度披露してくれたんだが、ずっと公式とか使って割り出してんだと思ってた。

159 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:58:11 ID:yd9s/qoz
ルービックキューブの話題が上に出てたけど、
世界記録はたしか7秒ぐらいだったと思う。
まさに一瞬。こういうのが本当の天才だよ。
1分かかるなんて、遅いのもいい方。
劇団ひとりでさえ40秒ぐらいで完成できる。

160 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:59:03 ID:/VP4u9Q2
>>158
別に異常ではなく誰もが持っている本能らしい。
覚醒しているかどうかの違いなんだと。

161 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 11:59:10 ID:j1uxWQiI
>>158
言い当てるってのはちと違うんだよね。
君の言うとおり、公式に近いやり方でサヴァンの人達は曜日を言ってるらしい。


162 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 12:01:05 ID:yd9s/qoz
ちなみにちょっと前のレコード時の動画。12秒ちょい。

http://www.koreus.com/files/200408/rubikscube_record.html

163 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 12:02:03 ID:Vm3zJHeX
>>159 ルービックキューブの達人が1分かかったら遅いだろうね。
でもキューブを初めて見た、触った人が1分でできるのは凄いと思うんだが。

164 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 12:10:31 ID:yd9s/qoz
初めてっていうのなら、それは早いし凄いね。

レコード7秒ちょっとというのは、2×2×2のほうだったかも。
3×3×3のほうは11秒ちょいらしい。
間違っていたら、スマン。

165 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 13:08:58 ID:h9t6WgE+
だからさ、何かを一番に出来る人がいるからって、
そのほかをすべて貶めるのは、あまりに単細胞というかなんていうか。
精子の時代からいいかげん成長せいとw

166 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 14:44:28 ID:p1C4ZL3G
東大とか高偏差値は天才というより秀才。
ナポレオンとかアインシュタインみたいな人が天才。

167 ::おさかなくわえた名無しさん ::2006/08/12(土) 15:01:35 ID:OM0N115J
97のお父さんはドーパミンが途切れちゃったのかな?

168 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 15:22:39 ID:tGvcRJix
高校時代の同級生で笑いの神がついてると言われてる奴がいた
基本ドジっ子なのだがドラえもんののび太並にトラブルに巻き込まれる
しかし今になって考えると不自然なぐらい、それこそ漫画みたいな生活を送ってた
偶然にしては出来過ぎ、もしかして全部計算だったのだろうか?
だったら彼は天才だと思う

169 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 16:09:00 ID:n36tBRLa
男三人兄弟で兄二人が東大、京大、末っ子がいける大学がなくて
専門学校生というのがいた。
末っ子は「でがらし」とか言われていて可哀想だった。
親御さんも末っ子を一番気にかけていた。
遺伝の妙

170 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 16:16:01 ID:9uTGP2NZ
>>169

 つ 北野武

171 :163:2006/08/12(土) 16:33:20 ID:Vm3zJHeX
>>164 キューブを持ってない、したことがない人に渡したら、の話を、
皆してるんだと思ったんだけど。キューブの達人の話なんぞ誰もしてない。

172 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 17:25:45 ID:v5mj7+bM
ごめん、俺。
3流私大在籍中だけど、人の怪我や血を見ると異常に頭が冴える。
親の骨折や友人が大きな怪我をしても、その場にある物で全て的確に応急処置できる。
救急車病気の先生に真顔で誉められたお。
それと、友達が溺れたときに助けて人工呼吸したら、後で本気で殴られたお。・゚・(ノД`)・゚・。

173 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 17:34:26 ID:4UL2el32
>>152
似たような人知ってる。
その人も近いからって理由で京大一本だった。
ただ、勉強より音楽好きで
めちゃめちゃギターとドラムとベースがうまくて
田舎に部屋借りて6畳間に全部持ち込んでたw
クラッシックギターを7歳くらいからやってたけど、
エレキも目覚めたー!っつってピロピロ弾いてたよ。
ドラムとか高校はいって始めたのにめっちゃうまい。
バイトで音楽教室の講師やったりしてた。
高校のときも休みの日はライブに行きまくっていつ勉強してるんだ?
って感じだった。
音楽でも食っていけると思うが、
将来は弁護士になるといっていた。今どうしてんだろ

174 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 18:55:47 ID:yd9s/qoz
>>171

したこともない、なんてどこにも書いてないが。
もうちょっとしっかり読みな。

> キューブの達人の話なんぞ誰もしてない。

あんた、それを言ったら身も蓋もないでしょ。
ここで話している話はぜんぶこうなっちゃうよ。

「勉強の達人の話なんか誰もしていない」
「楽器の達人の話なんか誰もしていない」
「サッカーの達人の話なんて誰もしていない」

175 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 19:19:31 ID:h9t6WgE+
>>174
横レスだけど、あなたは「お前の話なんか」と人を否定して
話がずれていく類の人だと思う。


176 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:00:38 ID:Vm3zJHeX
>>174 しっかり読まなきゃいけないのは貴方だと思う。
頭がいい奴にキューブ渡してみたら、もしくはやってるところを見てたら、
その玩具を普段からやっているというわけじゃないのに、その場ですぐに解いていた。
そこまで詳しいことを書いてないけど、多分そんな話だと思う>>69とか。

キューブがメインの話じゃない。
頭がいい人は、キューブや知恵の輪や立体パズルなどの遊びを、
軽いのりで人よりも数倍早くクリアしちゃう話。

177 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:10:17 ID:NEZ2MhcD
>>169
障害者がうまれるように、すべてが完全に遺伝して生まれるわけでもないし。

178 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:13:06 ID:NEZ2MhcD
頭がいいというのはいろんな種類別の頭の良さがあるからね・・

会話も相手の感情もほとんど読めない自閉症の人が動物の感情だけ
は自分と同じなのでよめて、動物に苦痛の無い施設をつくれるので
企業からひっぱりだことかこう言う人だっている。

どんな人が考えても、動物が完全に安心して暮らせる施設なんて
まずわからないだろうし。

179 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:18:24 ID:ZUOmse5q
>>172
天職かもな


180 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:44:29 ID:NIMBul4Q
>>151
真性のバカだな
猫が人間みたいに話せないのは脳や咽頭の構造が違うからに決まってるだろ
俺は知性が遺伝するかを言ったのであって、DNAと言う言い方は不適切って書いただろww

181 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:47:46 ID:NEZ2MhcD
>>180
脳の形がいでんするから、脳の電気の通りやすさとかそういった
細かい脳の部分の形も遺伝するわけで知能も遺伝するわけだけど。

182 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:49:56 ID:u/4yRxbf
弟が天才
異常記憶なのかしらないが、地図眺めてるのが好きで、何も見ずに各地方ごとの詳細な地図を描くことができる。
勉強はもちろん半端なく、この前全国模試で物理の偏差値が100を超えてた(実話)
ピアノとタップダンス習っててこっちも上手くて
リフティングがNIKEのCMに出られるほど上手い。


兄としてはマジでやめて欲しい。

183 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 21:52:28 ID:28bMi5Tm
かわいそうな兄だ

184 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 22:08:55 ID:9uTGP2NZ
偏差値は100はこえないとおもー w

185 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 22:17:36 ID:NIMBul4Q
>>181
脳のシナプスが爆発的に増えるのは生まれた後だ
それが遺伝、環境どちらに強く関係するのか分かっていない
論文の1つも読んだ事ないくせに適当な事、言うな

186 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 22:52:42 ID:z8uSWQm/
脳云々はもう止めるかスレ立てて
やってくれ、馬鹿共が

187 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:10:57 ID:L4gb80S4
>>172
キャッコイイ。
救急隊員になるの?

小沢健二は勉強全然しない、
ただ授業をノート取らず聞いてるだけで理解できたそうだ。
ていうか授業中にノート取るって今思うと
果てしなく無駄な作業だった気がする。
あんなのプリント配ってくれたら良かったのに。
後から読み返してもちっとも役に立たんしその時間を
理解しようと努力する時間にまわせば良かったぉ。

188 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:19:22 ID:u/4yRxbf
>>184
普通に超えてた。
それでも全国1位じゃなかったから、全国1位は毎回100超えてるんじゃね?
教科や難易度によると思うが

189 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:28:37 ID:vdLFLD0a
>>187
私の友人もそのタイプだな 現役東大生
塾も一回も行かなかったし中学も高校も部活と遊びに命かけてた


190 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:30:53 ID:eThSmnZ0
微妙にスレ違いスマソ

俺は中学の時野球やってたんだけど、ある日の試合で相手チームに結構線が細いが、かなり背の高い選手がいた。
彼はエースで4番だった。
で、試合で彼は2本の特大ホームランを放った。ハッキリ言って飛距離のケタが違った。スイングの鋭さが違った。
世の中には天才ってのがいるんだなと思い知らされた。
彼の名前は『清原和博』。
清原は俺の事を覚えて無いだろうが、俺はあの日見せ付けられた清原の凄まじさを忘れる事は無い。
だから後に甲子園で13本のホームラン打っても、黄金時代の西武で19歳にして4番を任されて31本のホームランを打っても、あまり驚かず、清原なら当然だなと思った。
それだけに、年には勝てないとは言え最近の清原の姿は悲しい物がある。
でも俺は最後まで彼を応援する。

長文スマソ

191 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:35:28 ID:tYE5rePD
>>187
俺は高校入ってから殆どノートとってないな。授業を理解するという点では時間の無駄。
もちろん天才には遠く及ばないけど、それでも模試ではそこそこの結果を出せた。

192 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/12(土) 23:46:03 ID:SZuNWzmP
おいら日焼けの天才
(o^o^o)

193 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 00:07:07 ID:rkyRdE6s
ノート取らなくてもクラストップ位は行けたよ
好き嫌いで教科ごとの点差が物凄かったけども

194 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 01:21:04 ID:7vUKdooz
>>185
増えやすさとか、あるでしょう。アスペルガーの親の子供が全部アスペルガーだったり
するわけです。

証明はできてないけど、結果はそういうのが多いんで。

195 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 02:16:49 ID:LogxEepR
>>189、191、193
やっぱり・・・。
周り全員とったからとらなきゃならないムードに
勝てなくて形式的にとってた。
授業理解するのに集中して、
あとでわからんとこは参考書でもみりゃー良かったんだよな・・・orz。
そういうとこでも頭の良さがでるよ、ほんと。

196 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 03:34:30 ID:PezGgjLg
俺の友人にも天才がいた。勉強だけじゃなく考え方も面白くて、こういうやつが賢い人間っていうんだろうなぁって思った。
そいつは某有名企業に就職したんだが、会社の考え方は馬鹿すぎるとか、仕事の効率が悪すぎるとか愚痴ばかりこぼしてる。
頭が良すぎるのも中々大変だと思った。

197 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 04:15:32 ID:2u7lZsiQ
学校の勉強ができるってのも確かに天才だろうけれども、特殊能力系の
天才はおらんもんかね。

大相撲実況を以前務めたNHKの元アナウンサーは、自分が実況した
取り組みを全て憶えていて、何月何日の誰対誰の取り組みっていうのを
そらで実況できるそうな。
その人に見えないようにVTRを同時に流すんだけど、時間や技の
タイミングも完全に一致するという。

198 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 04:50:13 ID:VV9UOutj
>>190
エースで4番って、清原は、ピッチャーもしていたという事?

でも最近清原を見た友人曰く、体つきが一般人とは、まるで違うと言っていた。やはりプロの世界は、パワーや、めぐまれた体など凄い人ばかりなのでしょうね。

199 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 04:56:48 ID:6Kz2TjcQ
>198
中学や高校だと普通の話じゃ?
イチローも中学の時はピッチャーやってたらしい。

200 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 05:17:14 ID:JGTDZma0
天才とは言いきれないかもしれないが、めちゃくちゃ記憶力がいいDQNがいる。
何月何日に誰と会ってどんな会話したかとかどんな服着てたかとか事細かに覚えてるらしい。
本人は7年前くらいまでならほぼ確実に覚えていると言うが検証しようがない。
本当かしらんが確かに人並み以上に余計なこと覚えてる奴だ。
そういえば携帯番号300人分はそらで言えるとかも言ってた。
そんな彼は土木作業員。もっと他に生かせるところがあったろうに…

201 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 06:03:07 ID:LogxEepR
>>197
特殊な才能を持っている天才か。
このスレ読むとすごく頭のいい人は社会出て
頭良すぎて周りがアレでなやんじゃって・・ってパターンが多いね。
特殊な才能を持っていてそれを開花させ世間にも認められた天才っていうと
浮かんだのは桑田佳祐。
開花させて、かつ持続させ続けてるのがすごい。

202 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 06:38:49 ID:PezGgjLg
>>200
実際いまの社会だと覚えるって行為はあんまり必要ないよね。紙に書くことだってできるし、パソコンとかデータとして残すことだってできる。
社会に必要なのは記憶力が凄い人じゃなくて、物事を応用して考えることができたり、テキパキと仕事ができる人なんだろうな。

203 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 07:21:13 ID:/CC6VhXt
本当の天才は
世の中や社会に自分を売り込んだり、プロデュースする事が不得手らしい。
ひたすら自分の世界に没頭するだけ。

かたわなものだ。

204 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 10:34:25 ID:YOxR+h0p
>201 つ ゴーストライター

205 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 10:35:29 ID:pHd2IEnm
>>176
オレは174じゃないが、174は上にキューブの話があったから、
その流れで書いたと思う。べつに何もおかしくないし、すげー話だと思う。

>>175
その発言は、自分自身に言っているようにしか見えん。w


206 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 11:23:16 ID:gZzBFgDk
>>205
ログ印刷して、おまいの国語の先生に噛んで砕いて説明してもらいな。

207 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 12:24:30 ID:h0nbeXqo
>>200
秘書とかホテルのコンシェルジュ、警察に向いてそうだな
本人のやる気とか雇用者の意向はともかく^^:

208 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 12:36:28 ID:GEEFUSAi
>>198
最近の清原は凄いガタイで坊主頭にピアスで外見は正にヤクザだが、高校ん時は体もスマートで、ホームランを打ったら満面の笑みで喜ぶ爽やかな少年だったよ。


209 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 12:42:42 ID:qwtYbLMo
>>202
単語やら文法やら公式やらを覚えられるんだから一流大学に行けたんじゃね?

210 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 14:39:20 ID:R/bZNFfJ
「天才にはあるカラクリ(種)がある」というのが自説。
一見天才と思えるひとでも単純な行動パターンにしたがっているだけである。
基本的に、天才と普通の人とはハード的にそんなにかわらない。
ただ普通の人はその単純な行動パターンが理解できなくて、
余分に考えているだけなのである。
吉田兼好がいっていたが「匠は鋭い刀を用いない」(現代語訳)。
普通の人から、「役に立つ」重要な発明、発見が生まれる。



211 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 14:47:53 ID:UJXpVRYQ
>>200 まさしく彼がウィルで君がチャッキーだな。

212 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 14:54:21 ID:rKQb6D8G
清原はPLに入って桑田を見て
ピッチャーやめたらしいよ

213 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 15:03:50 ID:VEH2oO8y
PL時代、ボロ勝ちした試合の途中で清原がピッチャーやってたような。
相手チームが可哀相なくらい一方的な試合だったけど、
コールドゲームにはなったのかとかその辺までは覚えてない。

214 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 15:53:29 ID:6TH2GysD
清原がもし相撲やってたとしたら横綱になれる才能持ってるって昔聞いたことある。
収入の面では野球やってて正解だったな。

215 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 16:33:32 ID:mvtKxJYQ
清原は西武時代までは細かったぞ、黒人のピッチャーにピンボール投げられてキレてバットを投げ付けたまでは威勢が良かったが、その後首根っこ掴まれて振り回されてた

216 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 16:55:49 ID:0ufi6uax
細いと言っても、高校生の体格じゃなかったよ。

217 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 17:09:07 ID:LogxEepR
>>203
ダウンタウンでいうと昔は
浜田:世の中や社会に自分を売り込んだり、プロデュースする
松本:ひたすら自分の世界に没頭する
な分担だったな。

218 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 17:13:16 ID:qwtYbLMo
>>215
ピンボールは投げないだろ。

219 :遅レスだが・・・:2006/08/13(日) 18:03:05 ID:pWr/1sPx
>>97
あー!それわかるなぁ・・・。
あなたの親父さんほどじゃないが、俺もそれに近いかも。
人が何を求めているのか、表面ではなくて本質を見抜く力というか・・・。

で、自分も今はその感覚がなくなってきて、以前より自分本位に考えることが多くなってきた。
自分本位に考えるから相手の心理を読みにくくなってきた気がする。
恐らく人間の成長の過程で、思考回路も生理的に変化していっているのではないだろうかと思うよ。
自分は割りと適当なところもあるんで「ま、いっか!それならそれでやりようがある。」と考えているが
親父さんは完璧主義だったのかもしれんね。

他の職業を選択してしまったが、今思うと教師っていうのも悪くない選択枝だったかも。
日本の将来、マジで子供の教育にかかってると思うし・・・・

220 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 19:02:56 ID:/2FxSCkl
男の自分語りレスとは
珍しいものを見た。

221 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 21:47:06 ID:RsJfw+P9
自分の身近にいない人でも、生で見たのであればO.K.かな?

222 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 21:54:15 ID:BXglOaq7
図だとすぐ伝えられるんだけど。

一辺の長さがAの正方形、の隣り合う二隅から正方形内に1/4円を(二つ)書く。
ここで、二つの1/4円と正方形の一辺で囲まれた部分の面積は?

という問題だしたら即座に分かる人。
(答えそのものでなく出し方を)

そういう人は俺からすると頭やわらかくて回転早いな〜と思う。



223 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:02:05 ID:BXglOaq7
ちなみに、答え聞けば「あ〜!そうか」とすぐ分かる問題。

224 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:13:12 ID:MTdgtPL8
四角の中の○の面積?あれ?

225 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:24:32 ID:BXglOaq7
すまん、文章足りなかった。

半径の長さAの1/4円、これで分かってくれるはず。

226 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:29:59 ID:C7BDMNQe
>>225
円の半径は1/4Aってことだよね。
この手の問題はパズルと一緒だから、ひらめきと想像力が重要だね。
有名私立進学校とか受けた人ならスラスラ解ける。

俺は話しがうまい人はある意味天賦の才があると思う。
うまいと言うよりは、根拠に基づく誤りのない文をすらすらと口に出せる人。
羨ましい。

227 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:29:59 ID:VQ/HC5xO
>>222
読んで考えないで出したけど、半径0.5Aの半円の面積?
こ〜ゆ〜のって経験でもなんとかなるからね。
勉強で言うなら、小学、中学受験や院レベルが天才の隅っこぐらいになると思う。

228 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:31:59 ID:W4P4/Fzt
>>198>>199

王さんは早稲田実業時代、甲子園で投手としてノーヒットノーランの記録を達成してる。
これ以上凄い選手というのももう出ることはないだろう。
同世代より身長にめぐまれてる子が野球チームにいると、絶対投手からやらされる
みたいね。

229 ::2006/08/13(日) 22:32:17 ID:RmMudc+G
兄は16歳ですでにハゲてました・・・・

230 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:32:24 ID:YRMywhNm
>>222
これって単純に一個の円じゃないの?

231 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:37:35 ID:9a3RXw2A
清原は授業中いつも寝ていて
注意する教師に「ここ(高校)卒業したら、教師の100倍稼ぐんだから黙ってろ!」と
言っていたと桑田が言っていたな。w

232 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:41:32 ID:2u7lZsiQ
>>222
なんとか考えてみたけど、なんかややこしくなった。
半径Aの1/6円から一辺Aの正三角形の面積引いてみたいな感じ?

233 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:44:38 ID:BXglOaq7
いやだから、半径はAだと、書いておるじゃないかね。

円半径=正方形の一辺

234 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:49:51 ID:BXglOaq7
>>232
正解。

233は問題読めなかった人へのレスね。

235 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/13(日) 22:56:26 ID:TGI6pWA5
スレの趣旨とちょっと違うけど気になることがあるんでカキコ
小さい頃はカサブタは銀色に見えるのが普通なんだろうか?
自分が3〜4歳くらいの時の話なんだけど、妹のおでこあたりにできていたカサブタが
銀色に見えてたんだ。しばらく経ってから普通に赤く見えるようになってたんだけど
これって特殊だったのかな?

236 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/14(月) 00:07:05 ID:X9fB+EkW
うん

237 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/14(月) 03:06:22 ID:huDO5g50
>>187
実はオザケンはかなりのガリベンだったという噂もある。
早稲田で仮面浪人してたという流れからもそっちのほうが納得できる。

238 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/14(月) 14:56:30 ID:DUG6YAHT
小沢健二、予備校行かないで東大とか自慢してたけど、浪人してるしな。

私の知り合いは予備校塾はもちろん行かずに3年間バイトにあけくれて
試験の週もバイトしながら東大に現役合格した。

それに比べたら小沢健二の自慢話はなんだかなー。
テレビで自分で自慢するなよwと思った。

239 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/14(月) 16:54:59 ID:9uCxpql6
おれはアナグラムの問題だけは瞬時に分かる天才。

240 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/14(月) 17:55:43 ID:yjvkIZMF
逆にスレスレで受かったから自慢したいのかもね

241 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:04:32 ID:GR9030LQ
犬でもしゃべれたら天才犬と言う。

ある一定の集団においてかなりの人数が1つの分野を競わせて
その中で飛びぬけて驚かせるような結果を出している人を
天才と言うんでしょう??

犬の集団ないにおいてしゃべるという分野で他の犬より
ずばぬけているしその才能もすごいといえるような目をみはるものが
あるから 天才と言う言葉が出てくる。


たとえば、道端にある小石をかみくだく能力の分野があったとして
そんなものだれもやってないから競技人口が1人しかない。
そこにおいて他に競技者がいないわけなので簡単にトップをとれても
天才とはいわないでしょう。 他の人が同じように小石かみくだく練習を
したらすぐに抜かれる可能性があるわけだし。

242 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:08:06 ID:GR9030LQ
であるからいろんな分野に天才はいるわけ。

数学にもいるし、足し算の速さの人だっているし、受験科目においての天才
だっている。
スポーツにだっているわけだ。


では一体どこからどこまでを天才と呼ぶのかというはなし。
犬の中で2匹だけがしゃべれたらその2匹を天才と言うわけでトップの
1匹が天才とは言わないでしょう。

犬の4000匹言葉をしゃべれても、犬は何十万匹いるだろうからこの犬たちを
天才と言うんでしょう。 もしくは、4000匹のしゃべれる犬の中のトップだけを
天才をいうんだろうか。

天才の定義はかなりややこしい、から 今までみた自分が思う天才と言うタイトルが
性格でしょうね

243 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:18:07 ID:JQ5xIqHA
進学校でめちゃ頭いいクラスの男子が二人で
円周率を暗算でどこまで計算できるか競っていた。
私は円周率はどう計算したらいいのかも分からないけど
二人とも全く同じ数字を書いていたので多分本当に暗算していたと思う。
そのうち一人は現役で京大の数学科に行った。

244 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:18:50 ID:O/ZfHwUD
高校生の時、100マス計算を3分でやってしまうスゴイ人がいた。

245 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:30:16 ID:GR9030LQ
計算のろいけど難しい文章問題解けるという人がいるわけで
はやさはあまり関係ないと思っていた。

だけどはやさが重要と言う人がいるわけで、あたまのよさ
をはかるのは難しい・・・

246 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:30:53 ID:xuHGfh+p
細かいけど、京大に数学科は無いよ。
全員理学部理学科に入って、3回生になる前に系登録して
数学系・物理系・・・などに分かれる。

247 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 01:33:24 ID:dCqA5vVp
>>241
>>111辺りにもあるように、才能はあくまで相対的なものだから明確に定義なんてできないよな。
自分が知る中でぶっちぎりに凄い香具師がいたら天才だと思えばいいか。


248 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 05:50:51 ID:rBtnAe3A
「こんなのは天才じゃない!」なんて書くバカがでてくるからな

249 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 07:41:35 ID:buL6Wfqy
思うに天才って自分自身は天才とは思ってないんだと思う。
逆に「なぜ他の人はこれが出来ないんだろう?」って感じなんだろうと思う。

250 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 07:44:12 ID:buL6Wfqy
だから、褒められて戸惑ってしまうのが天才なんだと思う。
自慢する時点で天才とはいえないと俺の中では定義してる。

251 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 08:54:20 ID:eY73TCeh
スレ違いだけど、自分は学校の勉強はできなかったが
仕事に就いてからは一部の人からは天才呼ばわりされる。
毎回違う問題を処理するような仕事だが、昔の上司が
「一目みただけで解決の手順がわかるんですか?」と驚いていた。
10手か20手くらい、見ただけでわかるのが当たり前だと思っていた。
どうも、他の人の10分の一くらいの時間で処理していたらしい。

だけどいくら仕事が速くても出世もしなかったし、今後有名にもなれないだろう。
自分が一目見てわかることを他人にいちいち説明するのが面倒すぎて耐えられん。
そもそも「考えて」解決している訳ではないから、考える段階なんて踏んで説明できない。
結局フリーのような感じで、請け負った仕事を細々とやって生活してる。
仕事がある時は常に頭がフル回転してるせいか、普段は一日中ぼーっとしてるほうが好き。

社会に出て成功できるのは、能力だけ持ってる人よりも
色々な意味で心が豊かで、理想や欲望をはっきり持ってる人だろうな、と思う。


252 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 09:02:36 ID:tYV5+GUd
同じ部活にいた奴の事。
そいつは普段は、ジョークばっかり言ってるおふざけ系なんだが、
野球の事になると、本当に性格が一変する。
お遊びだろうが練習だろうが試合だろうが、絶対に普段と真逆な、
真面目で無口、絶対妥協は許さない超ストイックに奴になる。
とにかくギャップが激しすぎて、最初の頃は結構びびった。
世の中にはこち亀の本田みたいなのは、いるもんなんだな。
チビだけど実力も有ったし、あいつはプロになりそう。
ていうかあいつでなれないなら、どんだけ厳しいんだ。

253 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 09:19:35 ID:buL6Wfqy
>>252
あまり関係ないけど、チビって時点でプロは無理だね。
甲子園くらいまでは行けるかもしれないけど。

254 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 11:16:40 ID:rBtnAe3A
>>253

背が低い、というだけで決め付けるなよ。
背の低い選手なんていくらでもいるだろうが。

オマエ何様?

255 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 12:00:28 ID:buL6Wfqy
>>254
プロ野球選手の年鑑見てみな。
チビに見えても一般的には結構高い。
いくら野球が上手くても身長が低ければスカウトには相手にされない。
甲子園ですごく活躍してもドラフトに指名さえされないやつ沢山いるだろ?
あれはたいてい身長ではねられてる。
身長がないとプロで通用するパワーがつかないらしい。

256 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 13:16:01 ID:rBtnAe3A

そんな解説だれも聞いていない。

プロでも160cm台の選手は今までいたんだから、
「チビって時点でプロは無理だね。」なんて言ってるオマエの発言は間違い。

それにオマエに「天才の定義」なんて聞いていない。
一人で語るなよ。キモいオナニー野郎だな。

257 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 15:02:27 ID:GR9030LQ
素人とくらべたたら2軍の選手だれもが
ものすごいうまくみえるのはあたりまえだし

258 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 16:01:19 ID:gWEg/7Yt
昔クラスメイトに暗算の天才がいた。八桁を十個位の掛け算なら五秒でできてた。
でもそろばんは四級(そんなに凄くない)らしい
そんなもんかなぁ

259 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 16:34:06 ID:fWtP0NMw
251
同志。

俺も、似たようなもんだよ。



260 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 18:17:17 ID:sWsmSjlv
「自分でわかって50点、人に教えて70点、人がわかって100点満点」だっけ
佐藤雅彦さんが自転車の乗り方を高校生のときマニュアルにして友達が乗れるようになったと
書いてて、すごいなと思った。  

261 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 18:36:56 ID:muMrG8eN
八桁を十個位の掛け算って
答えが最低でも

10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

になるんじゃない?

262 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 18:46:53 ID:hLP5Jpvq
>>251
そんな能力を持ってるだけでも十分羨ましいけど。

世間で成功する人は
特殊な才能+バランス感覚に長けてもいるんだろね。

263 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 19:05:00 ID:bpjCBb/I
私が実際に見て「この人天才」って思ったのは、エフゲニー・プルシェンコかな。
トリノ五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダル取った人。
来日したときに何回か生で見たが、6分間練習のとき、他の選手と混じって滑っていても自然と目が彼にひきつけられた。
ジャンプとかスピンとかしていなくても、普通に滑っているだけで、他の選手とこの人は違うのだということが分かった。
彼を見ていると、「この世に確かに天才というものが存在する」と実感した。
私は他選手のファンだったが、1%の才能には100%の努力を以ってしても勝てないと思い知った。

264 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 19:06:04 ID:JZRky8fJ
なんかみんなすごいな


265 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 19:13:46 ID:Eb4htQxW
>>263
単純に好みだっただけだろw
それを「天才だ!」とか馬鹿じゃねーのw

266 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 19:32:47 ID:qDNKvpXh
>263
あの人はすごいよね。何もしてなくても〜のあたりは同意。
すごいなて思うのはスピン等のスピードアクションの多彩さ、
まだ未完成な感はあるものの他の選手と比べると段違いに上手いし速いんだよな。
時間の流れが違うとかそんな感じ。

267 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 20:17:56 ID:I60Kxd1y
>>255さんと同じ考えです。
高校まで野球をやってた人から聞いた話ですが、
野球で大成するには先天的な3つの条件があるそうです。
1つは肩の強さ
2つ目は体格
3つ目は・・・忘れてしまいました。
その人の持論では、「とにかくその3つを持ち合わせてる人には
いくら努力しても追いつけない。」と言ってました。

268 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 20:28:49 ID:6YpGNnZ7
努力しても追いつけないって訳じゃないけど。
早生まれの人も大成しにくいらしいね、スポーツは先天的な才能?大事だよなぁ
サッカーとか見てても、フィジカルは黒人の独壇場な感じだし

269 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 20:35:53 ID:bpjCBb/I
>267
あー、なんとなくわかるかも。
しょっちゅう怪我してるスポーツ選手って、他に何があってもだめだ。
もって生まれた体の強さも必要だし、故障しないような練習の仕方をするっていう、ある種の賢さも必要だ。
スポーツ選手に限らず体が資本だ。

270 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 20:41:45 ID:z3KtPkVQ
>>267 三つ目は足のはやさ?

271 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 21:13:55 ID:abQlYMx/
>>270
適切な気がする
肩の強さ(ボールのキレ)と足の速さは練習を重ねても伸び方に限界があるからね

272 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/15(火) 21:20:45 ID:uV8CJsfu
学校の成績は悪いが気のいい女友達。

ふと話していたら、今まで会った人の事を全部覚えていた。
名前も完璧。
営業職についたら最強じゃねーの?と言ったんだが
彼女いわく人見知りだからその職業は合わない、と…。
地味に事務職をずっとやってた。
そして彼女は結婚して妊娠、退職して専業主婦に。
今では少しは記憶力が衰えたといっていたけど
記憶力の悪いこっちからしたらマジ脅威です。

273 :252:2006/08/15(火) 21:47:10 ID:tYV5+GUd
チビと言っても小学生、中学生の頃の話だし、
最近は有ってないから、今は大きくなっているかもしれない。


274 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 04:58:25 ID:sPGf3dgc
>>103-104
最初ニュースでキャスターが「さけおにばら・・」って読んでて
「これ”サカキバラ”って読むんじゃないかなぁ・・・犯人はきっと郁恵ちゃんのファンだよ。きっと中年男だよ」
っていう天才的なプロファイルをみせた当時の彼女に鼻フックフェチであることをカミングアウトしたら
ふられたんだけどこの場合誰が天才ですかね?

275 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 08:51:22 ID:2f7RM1Im
>>273
高校生以上でいまだ世間に名前が出てこないんじゃ
野球界じゃ絶望かもね。

276 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 11:50:02 ID:+jX5ySWM
野球の話題なんてどうでもいい。
野球スレ行け。ボケども。

277 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 13:18:11 ID:UXIh9sfe
野球の守備はだれでもできる。バッティングとか
投球とかすごくないと使えないよ

278 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 13:59:50 ID:A5mYOHtG
上のほうにガウスみたいな頭の良さにといっているが
逸話だけならガロワのほうが天才って感じがする

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%82%A2

自分はあまり天才ってみたことないなぁ
ただ上には上がいるんだなとは思ったことはある

279 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 14:04:13 ID:7k1SeKdw
小6で単身パリに絵の留学しに行ったやつだな

280 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 14:12:13 ID:jjsfcVoC
>>272
その友達、変わったとこなかった?頑固だったりとか、空気読めなかったりとか。

自閉症の記憶力は驚異的だよね

281 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 14:34:58 ID:1HDmrfTF
こないだ友達が右手と左手で同時に字を書いてた
しかも左は鏡文字。
すげぇと思った

282 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 14:40:31 ID:5q2strJI
>>281
鏡文字はあまりすごくない気がする。
違う文字を書けるならすごいと思うけど。

283 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 14:44:58 ID:TrvmAbDU
>>278
ガロアはあまりにドラマチックな人生を送っちゃったから
美化されちゃってるきらいもあるかな。

学者だとファインマンもすごい。
ファインマンを含む三人の物理学者が、一人は計算機、一人は計算尺、
ファインマンは暗算で同時に計算したところ、一番速く答を出したとか、
趣味でやってた暗号解読の延長でマヤだかインカだかの象形文字を
解読しちゃうとか逸話に事欠かない。

284 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 15:34:08 ID:fNNTijpa
ファインマンの悩んでた論理が、食堂にいた女子学生の編み物の説明で解決したとか

285 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 15:46:28 ID:iO36PccL
職場にいたM子さん
ある日、プレゼンが急遽行われた時に、回りが慌てているのに、1時間でパソコンで資料を作成しながら説明原稿(原稿用紙15枚くらい)を覚えて飄々と発表していた。


きけば彼女は中高時代と国語(現国、古典)と歴史だけは授業中、寝ていても首位は落としたことないとか。

現在 彼女は大卒の人に囲まれてPGをやっているらしい。

286 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 16:06:56 ID:q/GH04GR
プレイガール?

287 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 16:12:03 ID:KynARhHJ
ウチの旦那。基本的にドンクサイ人です。
天才とは言わないけれど、面白い能力をもっている。

初めて一緒にボーリングしたときは、スコアが35。
ボーリングやったこと無かったんですね。
私も初めてみたスコアだったからはっきり憶えている。
コツを教えても2ゲームくらいまでは40とか50。
それなのに3ゲーム目の後半からストライクとスペアを連発。
最後は200超えてました。

私が編物をしていると、ジーッと見ている。
フンフン、なるほど、こうやってああやってってぶつぶつ言うわけ。
興味があるのかと思ってやらせてみると最初は笑っちゃうくらい不器用。

見てても飽きるからほっとく。ふと気付くとえらい勢いで手が動いてて編目も揃ってる。私より上手になっていた。

聞くと、不器用なことを自覚しているから、人のやり方を観察して、ポイントをつかんだら、どんな練習をすればいいか考えて、自分に合うように工夫をして、とかなんとか。

習ったこともない外国語(アルファベット表記に限る)のメニューをじいっと見て、料理を当てるという特技もあります。
これはパズルを解くような作業だと言っていました。

時々、妙なことで驚かされます。残念なのは興味が無いことには一切その能力を使おうとしないことです。

288 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 16:25:17 ID:4zfoE8i1
>>287
すげえw

289 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 16:29:37 ID:e2OSh8u9
桃鉄でサイコロの数字が出た途端に
何処に止まるか、赤の駅か青の駅しかないかが
分かる人がいた。
さすがW大の理工…

290 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 20:46:43 ID:UXIh9sfe
>>278
数学板でガロアの話はでてこないけど。

291 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 20:48:24 ID:UXIh9sfe
>>287
だんなとのいちゃいちゃ話を書いてどうする気?

292 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 20:51:11 ID:UXIh9sfe
大学入試で一科目でもいいから偏差値60とってないと子供生む権利は
ないと言う風にしたら、頭の良い人間だけが子孫を残す形になるから
今の基準で見たら天才だらけになるかと。

ただしゃべれる犬が天才でもしゃべれる人間が天才とはいわないように
全員が頭良くなっても2006年からみれば天才であって2X00年では普通の人と
なるであろうな。

293 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:05:51 ID:mihMd1c6
>>292
その理論で考えると、ウン百年前の人類を基準にしたら、
2006年現在に生きている俺らはみんな天才ってことか。

294 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:13:43 ID:fNNTijpa
数字で出ることしか解らんのかなあ。


295 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:28:55 ID:UXIh9sfe
>>293
アウストラロピテクスより頭がいいから、時代がたつにつれて
頭が良くなっているので天才とはいえないけど頭は良い

296 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:33:11 ID:6Jbef/IC
いくら勉強ができても、どんくさいひとからは天才のにおいがしない。
これは偏見でしょうか?

297 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:38:40 ID:n2mGl5wf
知能テストを鬼速で解き終わり、全問正解という姉弟ならいたな。

298 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 21:52:52 ID:cVTmPYFG
一日中ひたすら笑ってる人がいます。

なにがおかしいのか聞くと
「だって・・・乳首が乳首が〜〜がはははっは」

299 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 23:19:59 ID:k4EbrJS/
間違いなく天才だそいつ

300 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 23:29:09 ID:5q2strJI
弟は間違いなく天才。
家で勉強してるのを見たことがない。
塾に行ったこともなく、野球部で毎日夜遅くに帰ってきた。
なのに現役で地元の旧帝大医学部に入った。

301 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 23:37:25 ID:hAezD25R
>>300
そのレベルで天才だったら毎年何十人か何百人かは天才じゃなかろうか。
各都道府県にある有数の進学校と言われる学校には
そんな人はゴロゴロいるぞー。
毎年1人だとしても40数人はいるわけで。

302 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 23:51:43 ID:7xUklEKZ
暗記法とか速読法とか身に付けたら、天才に近づくことは出来るんじゃない?

303 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/16(水) 23:59:59 ID:ILC9mKU/
書道の天才だった友達。他の部分でもとても優れていたけど
とにかく書が凄かった。でも20代で自殺してしまった。

304 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 00:05:54 ID:uzbYCXHK
>>303
そういう人はどういう理由で亡くなったの?
差し支えない範囲で教えて。

305 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 00:07:01 ID:5mBgsUHw
誰が歌ってるのかも知らない曲を聴いて、音楽雑誌で色々なアーティストを知っている友達は
「これ〜〜って人が歌ってるっぽい」
と当ててくる。
どうやら顔の作りで判断してるらしいが、こうも毎回ドンピシャで当ててるのを見るとびっくりする。

306 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 00:09:46 ID:CVQC+Q5M
>>301
まあ、そうかもしれないな。
兄弟の欲目が入ってるのかもしれない。

責任のある仕事につく奴ってのはこんなに凄いんだなってつくづく思う。

307 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 00:54:28 ID:z10oU3sK
私の彼氏はSEXの天才

不感症の私をこんなにエロエロにしてくれちゃうなんて!!!!

308 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 00:56:17 ID:X2H7H31v


309 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 17:21:12 ID:Z42QaLky
しあわせだね

310 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 21:51:08 ID:B7UoNgZ8
村上ファンドの社長が天才
灘中高から東大法そして、入省しただけでなく、高校卒業時には、株で一億の貯金があったらしい

311 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 22:01:50 ID:mSCzJ8BN
尾崎豊が後輩だった。
ものすごく、とがってた。
話しをするのが怖かったけど、なんかよく質問されて、ちょっと困ってた。

あそこまで、とがってた人は、後にも先にも彼だけだった。

312 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 23:40:17 ID:htJ2hEwC
>>310
>村上ファンドの社長が天才
>灘中高から東大法そして、入省しただけでなく、高校卒業時には、株で一億の貯金があったらしい

一億・・・すげー、ありえないww
さすがに、一目億は。

313 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/17(木) 23:43:05 ID:VXIiyc66
>>310
高校の時に株で一億っつーのは二つ上の先輩でもいるなあ…
案外いるんじゃね?
元手さえできてしまえば儲かるときにはでかいんでしょ。
ところで310にとっては有名高校から東大法学部へ進んで
入省しちまえばみんな天才なのか。たくさんいて大変だな。

314 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 00:21:52 ID:1YDMz93C
25歳東大理科一類、東大大学院公共政策修了(現在超氷河期世代のため、スタッフサービス正社員)
で100個の資格を取得している神のBlog
取得資格(一部)
(国)中小企業診断士(一次、二次完全合格+講習終了+登録済) (国)ソフトウェア開発技術者
(国)宅地建物取扱主任者,国内旅行業務取扱主任者 (国)基本情報技術者
TOEFL CBT 207点(ペーパーテスト540点)
GRE Chemistry 620点(プリンストン、ハーバード合格圏) 日商簿記検定2級
金融業務検定財務上級(全国14位)、金融業務検定税務上級、ERE(経済学検定)500点
パソコン財務会計主任者1級、知的財産検定2級 漢字検定準1級 国際会計検定554点
銀行業務検定 2級(優秀賞)、AFP、証券アナリスト経済1級、銀行業務検定財務2級、
建設業経理事務士 1級財務諸表、建設業経理事務士 1級原価計算、エックス線作業主任者
ビジネス実務マナー技能検定2級(優秀賞) ファッションビジネス能力検定2級
カラーコーディネーター2級、色彩検定2級、ビジネス文書技能検定2級、サービス接遇実務検定2級
MOUS-Word2002 Expert、FP技能検定2級、銀行業務検定 経営支援アドバイザー2級、測量士補
情報セキュリティ検定1級、経営学検定 中級、TOEIC 730点
club DAM 歌唱検定 1級、アロマテラピー検定1級、ファッション販売能力検定2級
http://shikakuroad.alc.co.jp/

315 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 01:05:01 ID:oVEcYsSY
なんか中途半端な級に点数だなあ…
ここのスレ、天才のことを書くんじゃなかったの?

316 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 01:14:39 ID:7CcnXxhp
>>314
そいつわ天才とは言わないw

317 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 02:08:08 ID:9c9zQTuE
多趣味の秀才だな

318 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 02:54:53 ID:bjZv/Mwf
厨房のころサッカーの試合で対戦した磯貝。
紛れもない天才でした。

319 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 06:19:33 ID:w++Gyx1+
立花隆は天才の部類に入るのかな?

歴史的にはSFのジュール・ヴェルヌやH・Gウェルズなんかは天才だよね。

個人的には>>314も天才でいいと思う。
ここまで貪欲に知の探求をしてる姿勢を評価してね。
あと、ここまでやろうと思っても普通出来ない。


320 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 06:21:58 ID:UtkjzqVK
妹の友達が某有名塾の夏期講習でトップとってた。普段から通ってる子とか追い抜いて。
ガリ勉でも何でもなく、部活も遊びも人並み以上。
塾の先生から呼び出されて図書券もらったそうな。

321 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 07:05:17 ID:F7rZ58Zx
>>318
ウナギ犬か!

322 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 09:42:08 ID:Neu00z51
資格は質だと思うが

323 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 10:09:04 ID:hXs43yE4
立花隆は全然ダメでしょ。一時期「知の巨人」としてあがめられたけど、
別にどうってことはない。

324 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 10:13:38 ID:M9xuEicj
>>323
別にどうってことないときたかw

325 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 10:30:01 ID:mKmRxo01
俺の友達にトランプを一枚ずつ一瞥後、伏せるを全部繰り返して
最後に数字と記号を全部当てれる奴いたな。

326 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 10:32:12 ID:lRjS6xbv
隆は優秀だと思うけど天才とはちょっと違うと思う。
既存の延長線上を走っているだけで新しい発想を生み出してるわけじゃないし。


327 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 10:49:13 ID:ewth7auD
>326
こっちは隆ときたか(笑)

328 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 11:12:40 ID:cvUrUxXL
立花隆は知識ヲタクじゃね?
超人的な読書量で幅広い分野について語れるけど
ときどき底の浅さが露呈する。宮崎哲弥もそのタイプ。

329 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 11:15:43 ID:KZhyZ5xh
立花さんといえば、「捨てる技術」という本をぼろくそに批判してたのが
記憶にあるw
蔵書で埋め尽くされた自宅を批判されたのが気に障ったとしか
思えなかったw

ところで、
新しい発想を生み出している=天才 とするのは、どうだろうか?


330 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 12:15:44 ID:jWrGXrcy
見てないけど河合隼雄さん


331 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 12:43:58 ID:w82ZV8Qe
中学で見た、天才というか変わった人。
定規さえあれば、分度器を使わず任意の角度を描くことができる男の子がいた。
ものの角度もみただけでわかる。
みんなでスゲーとか言いながら問題出したり、描かれた角度を測ったりしたけど誤差1度未満(普通の分度器的にはほぼぴったり)。
本人いわく「なんとなく」わかるらしい。

タイプ的には機械より正確に物つくれる職人さんっぽい?
特別に訓練したんじゃあないらしいけど…。やっぱり何らかの病気だったんだろうか。

立花氏は天才に似ているけれど、秀才だと思う。

332 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 13:01:36 ID:FAE15nqH
運動能力の天才でもいいですか?中の学のときに居た男子、
帰宅部のくせに体格のやけにいい男子が居た。既に190超え。
趣味は外壁のぼり。四階建ての校舎、何も凹凸がないような外壁でも
トカゲのごとく張り付いて登っていた。体育館のガラス面だけは、さすがに先生が
半狂乱になって止めたが、
運動神経万能で、大会前になると、何故かサッカー部に居たり、バスケ部に居たり
卓球をやってたりもした。(バレーボールでレシーブした球が天井にめり込んで
落ちてこなかったり、窓の柵を壊してそのまま窓ガラスごとぶち抜いたり強烈でした)
野球はルールが分からないらしくて、一週間くらい
やらされていてキャッチャーをやらされていた。部員らはお金を集めて
お礼に焼肉おごったらしい。

久々に地元に帰ったら、やけに態度の悪い駅員が居るなと思ったらソイツだった。
体育大学とか、スポーツ入社くらいはいけたのではないかと思う。惜しい。

333 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 13:39:48 ID:vrV6x92x
よりによって駅員とは・・・

いや、駅員さんごめんなさい

334 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 13:50:26 ID:ZsCKtnv+
>>267
怪我をしない
だとおもう。

小中高と野球をやってて
野球的に天才をたくさん見てきたが
たいてい
・故障
・練習に耐えられず退部
の2パターンでやめていく例が多かった。

今プロの香具師より、センスのあるやつは山ほどいるよ
ただ、続ける能力があるかどうか

335 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 18:09:53 ID:h8j6YagB
>>334
野球の能力あるやつは最後まで残ってたけどな。
でも、さらにその上はいるんだよな。

336 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 22:02:48 ID:JX06qVgk
>>329
そうだな。もちろん記憶力が凄かったり要領がいい奴も天才と呼べるだろうけど、
個人的に誰も考えもしなかったことを思いつくのが一番天才の臭いがする。

337 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/18(金) 22:18:29 ID:bmCz0a8H
たくさんいたら、それは天才ではありません。

338 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 01:56:44 ID:R6jseaY1
ウイキペディアにも書いてあるけど

・まれに見る驚きを与えてしかもそれを持続させる人間
・どんなに不利な要素をもっていてもそれを多い尽くすような能力を持っている人


の2つに当てはまると天才かと。
これに当てはまるのは

100000人くらいががんばって解けなかったものを解いたりする人でしょう。
競争のトップに立ちつつ、ものすごい速度で解くので
驚きも与えていると言う場合だね。

これだとガウスとかに当てはまるでしょう。

339 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 01:58:38 ID:R6jseaY1
一方、職人職で、日本で1人しか伝統を継承していない場合
その人の能力はかわれるけど、競争が無い。

たとえば1000人の人が同じようにその時代にその伝統職の
技術を身につけようとしていたらほとんど全員ができてしまうような
ものならだれでもできるということになり、驚きがないわけです。

340 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 01:59:17 ID:R6jseaY1
でも、なんか書いた定義はおかしいな・・

341 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 02:02:33 ID:R6jseaY1
>>332
それは力自慢なだけのような。 プロ野球選手の2軍にいる人とかだって
プロになる前は一般人のなかで飛びぬけた才能をもっていたわけで、
うまい人の中に入ると普通にしかみえない。

要するにプロで実際にやってみないと才能はわからないかと。

>>331
町を10分くらいヘリから見て、記憶し、写真のように細かく町全体を絵で描ける
人がTVでいたけど、そういう能力なのかも。

どこから天才と言ったらいいのかわからなくなってくるな。

342 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 02:05:19 ID:R6jseaY1
しゃべれる犬がいたら天才犬というでしょう。それが日本に2匹いても2つを天才と言う。
では一体何匹になったら言わなくなるんだろう。
100匹か10000万匹か どこのラインから言わなくなるのかという話。

おそらく商品のプレミアみたいに希少価値みたいな感覚で市場の原理そのまま
適用できて、 大体30匹〜500匹の間とか あいまいなのかもしれない。


多すぎると人は見向きもしないわけでほどほどに少ないと見向きをするから
それが答えなのかも。

要するにわからない・・・

343 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 02:10:52 ID:R6jseaY1
>>336
おもいつかなかった事思いつくと言う分野もあるし
数学の分野もあるし
スポーツの分野もある。

それぞれの分野ごとに天才がいるんでしょう。

野球と美術と建築と多岐にわたる分野においてすごいと言う分野もあるだろうし


ただ、美術の天才は認めないけどな・・

344 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 02:11:28 ID:HKQaqzA8
>>334たしかに。
自分で言うのも難だが、肩が強くそれだけが売りだった自分も大会直前に肩を壊しレギュラーから外された。
後は…バッティングが良かったから代打でも使ってもらっていて、背番号は確実だったが大会直前に今度は足を怪我して出場できなかった。
やはり怪我のしにくさは必要。
後は精神力とか回復力が必要だと思う。

345 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 07:43:56 ID:23BjIRLd
> ID:R6jseaY1

またオマエか!一人語りはやめてもらえませんかね。

346 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 08:15:51 ID:BkjuRjdD
別に新しい発想とかなくても既存の路線ですごいことをやれば天才でしょ。
たとえば、クレーン車をミリ単位で正確に扱える、とか
ミニ四区の改造して誰よりも早く正確に走らせられる、とか
おならが自由に出せる、とかゲップが自由に出せる、とか

あんまり役に立たなくても、特定の分野でしか役に立たなくても
それらは天から与えられた才能って意味で天才だと思うんだけどね。

347 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 10:46:09 ID:S2locWGv
>おならが自由に出せる、とかゲップが自由に出せる
これ以外ダメダメだったら、存在は許さないw よって、これは特技の範疇だね。

348 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 11:22:10 ID:qrpAz5Jf
>>347
なんで?
天才って天から与えられた特別な才能でしょ?
特技はどっちかというと後天的に身につけたものでしょ。
訓練すればだれでも自由におならが出せるかっていうとやっぱり出せない。
ってことは天賦の才能ってことにならない?

お笑いタレントとかでも誰でもさんまや島田伸介のようなトークができるかといえばできない。
訓練である程度はできてもそれ以上は才能の問題になってくると思うんだけど。
そういう意味で訓練で身につけられる特殊な技能が特技で、
訓練では到達できないものが天才かな、と思う。

思ってばっかでごめんね

349 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 11:30:55 ID:Dex7hbqH
さりげなく..>>325が結構凄い件
全部みたけど、あんまり凄いのいないな・・・

350 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 12:33:51 ID:nMpwzeWB
>>349
それは結構すごくないですよ。
連想記憶を使えばたぶん誰でもできます。
俺でもそれぐらいならできるから。
ただ、そういうのに頼らずに何も考えずにそれができるのならすごいけど。


351 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 12:47:50 ID:V26/VyFH
呼んだ??



352 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 12:56:04 ID:S2locWGv
>訓練すればだれでも自由におならが出せるかっていうとやっぱり出せない。
ってことは天賦の才能ってことにならない?

言い換えると、体質。希少性も少なそう。さんま、伸介あたりは、同意する。

353 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 12:57:08 ID:S2locWGv
スレチすまんかった。消えます。

354 :天才:2006/08/19(土) 16:18:27 ID:HOYj2298
>346

おれ、ゲップ自由に出せるよw
今試してみたら、毎秒1回のペースでゲップが出せるっぽい。

355 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 16:28:07 ID:8lmdKXUM
>>354
なんの役にも立たないけど一種の天才だと思うよ。

356 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 17:05:31 ID:17wrcIVk
ゲップはコツさえ覚えれば出せるよ!

ところで過去ログにある資格大量取得はやっぱり天才じゃあないよな。
普通の人が持ってる資格を取り捲った所でそれは違う気がする。
それにこういう大量資格取得者ってカウントが変だったりするしね。
英検4級、3級、2級と順に取っていったら普通の人は
「英検2級を持ってるよ」となるんだけど
何故かその人は「資格を3つもってるよ」と変換されるんだよな

357 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 17:15:47 ID:Dex7hbqH
>>350
マジで?
テレビで「天才」ともてはやされてる人でも
これに比べれば全然すごくない気がするんだけど。
100人の名前覚えるのに一時間かけてたり。

358 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 17:22:34 ID:E533EQJs
やっぱ凄くないと思うよ。てかそれ位のレベルならかなりの数いると思う。

ノートなんかいっさいとらないのに、授業内容を記憶してたり
黒板に書かれたものをまるっと覚えてたり
そういうのはこのスレでも結構報告されてるでしょ。
そんな人にはトランプ覚えるのなんか簡単な事っしょ。

359 :357:2006/08/19(土) 17:43:28 ID:Dex7hbqH
なんか気になっていろいろ探してたんだが
「トランプ1セットを3分以内で記憶」出来ると
記憶力がとても良いという事で
「国際グランドマスター」というカッコイイ資格がもらえるらしい。

世界記憶力選手権に出る人でも持ってない人がいるとか。

>>325が3分以内で出来るなら天才だな。

360 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 17:54:54 ID:bMhi/E/C
Dex7hbqHが微妙にウザイ件について

361 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 17:55:45 ID:NTvGI3Zt
天才の欠点は努力しないことだな。
自分のできないことをあえて歯を食いしばってやろうとはしない。

東大卒で無職の友人を見てそう思う。

362 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 18:31:55 ID:RKCbLQXY
>>361
東大卒だからって天才かどうかわかんないって。
毎年3000人ぐらい入学してるんでしょ。

363 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 18:38:26 ID:+h0YQyCz
東大よりハーバードの方が天才は多いらしいハーバード行った友達と離散行った友達に聞いた

364 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 18:41:06 ID:17wrcIVk
363とその友達の頭の中にはトップレベルの大学は
ハーバードしかねえのかw

365 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 18:51:46 ID:Wq1fS+/6
天才的な容姿の人ならいる

顔が驚くほど小さくて目が大きくて黒目がキラキラしてて鼻もシュッとしてて
ニキビ、ホクロは一切ない
バレエしてる人並に細くて髪はワックスしてなくてもトゥルットゥルッ(ツヤツヤの粋を越してる)

ものすごいド田舎だけど、東京でふらふら歩いてたら絶対スカウトされる。断言できる
それぐらい本当に天才的美人。でも性格は天才的に悪い

366 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 18:59:25 ID:QSGIbKZ1
>>365
うp汁

367 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:01:37 ID:V26/VyFH
手塚治虫  鳥山明 CLAMP 高橋留美子 藤子不二夫 エジソン ニュートン
アインシュタイン ライト兄弟 キュリー夫人 ヘレン・ケラー 小泉純一郎
ビートたけし 明石家さんま 三島由紀夫 フロイト タイガーウッズ
イチロー 松井秀喜 バリーボンズ 長嶋茂雄 王貞治 ジーコ ペレ
中田英寿 堀江貴文 村上世彰 ヒトラー シェイクスピア シラー
ゲーテ H・Gウェルズ ジュール・ヴェルヌ ピカソ 岡本太郎 ダ・ヴィンチ
ナポレオン カエサル 織田信長 徳川家康 豊臣秀吉 諸葛亮孔明 張良
韓信 夏目漱石 みのもんた タモリ マーク・トゥエイン グリム兄弟

368 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:10:52 ID:Wp7BL/7Z
>>331

すげー

369 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:14:55 ID:Wq1fS+/6
>>366
DQN系の人とつるんでる人だから絶対無理

370 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:27:06 ID:17wrcIVk
>>369
案外2chのvip板にいてup済だったりして

371 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:30:44 ID:Gdcb2hYf
>>367
村上は対象外でしょ。
設ける自信がなくなったからあんなことしたわけなんだから。

372 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 19:42:28 ID:uJjVt6Da
>>371
いや、自信が無くなった訳ではなくて、楽して儲けるになったんでしょう。
目の前にほぼ100%儲かる話がある。
厳密に言えば違法だが、今迄捕まった奴はそんなにいない。
市場に与える影響が大きすぎるから、自分の様な大物に捜査のメスは入らないだろう。
だとオモ。勝手な創造です。

373 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/19(土) 20:21:15 ID:q4crpuxh
>>372
そうか?
ファンドは年利率10%だせば優秀なほうだけど村上ファンドは違法行為するまえは
ほとんど1%もいってなかったような。
儲けの大部分は違法行為で設けた部分しかないようにみえる。
そういう意味で村上は口ばっかりで天才とは思えないんだけど。

バフェットみたいな王道の投資家のほうが天才だと思う。


374 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 00:53:59 ID:aN9TVZdy
杉下右京。

375 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 01:16:39 ID:sxUOZ7S1
>>362
教授から試験問題横流しの塾に通って
ゲームの攻略のごとく大学に入ったらそりゃそうなるでしょうな

ただ、東大の赤本見たけど中々独創的というか、天才を振るいだす問題というか、
本当に学問が好きなら予備校や塾に通わずとも簡単な問題なんだろうね・・・

376 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 01:22:09 ID:CTL8VSrn
いろんな分野の天才がいるから、いまの5教科の得点で競わせた
時の天才がトダイであって、その中に数学だけ競わせたら天才とか
国語だけ競わせたら天才と言う人は入っていないでしょう。

あくまで5強かすべてできるという分野の天才

377 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 01:23:35 ID:CTL8VSrn
>>361
努力しないでもできるのもいるけど、努力しない同士で戦わせると
努力した方が上になるから

努力した上での差で大差をつけた場合が天才なんでしょう。

才能を最大限に磨き上げた時のパワーがそれだし

378 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 01:25:01 ID:TvJo4zHb
>373
ファンドの優劣はTOPIX/日経比較が基本。
数字の単純比較じゃ決められんよ。
村上が天才なのかどうかという話なら、そうは思えないことに同意だが。


379 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 02:26:55 ID:/V8f852p
小学生のとき、

天才は
 忘れた頃に
  馬鹿になる

と詠んだ香具師がいて、激賞されていたw

380 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 07:56:54 ID:Y0Lpjp0z
>>379
ただのパクリじゃん

381 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 11:35:28 ID:cTHpfzlW
2chで腹抱えるぐらい笑わせてくれる奴は天才だと最近思った

382 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 17:15:50 ID:0uk9780y
>>377
いくら努力しても追いつけない天才は確実にいる。

凡人は「努力できる者が天才」と言いたがるが、、
人は皆それなりに努力しているわけで、
同じ努力をしてる中で飛びぬけてるのを天才というのだ。

383 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 17:56:52 ID:3mpygVX8
個人的に
・秀才←努力で届くかもしんない位置
・天才←生まれた時からなれるかどうか決まってる

だと思ってる。
ものすげー努力をして世の中の知識を覚えきるのは天才に近い秀才で、
天才は知識を覚えきった後に更に応用もしくは発展、
それとも全然違う項目について発見できる人って気が。
だから良い学校や名の売れた会社、省庁に入ってるだけだと天才じゃないよなと。

384 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 17:58:50 ID:Z6LYKqfq
努力できるのも天賦の才

385 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:03:38 ID:dO6KuwxG
灘とかツクコマとか開成に天才なんていないと思う、あいつらはただ単にガリガリ勉強してるヒキオタ

386 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:12:58 ID:/dhR+XAE
麻原なんかはある意味天才。

387 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:23:08 ID:ZxOhq68f
>>385
そう僻むなよ、落ちこぼれ

388 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:26:38 ID:JVd5JYFc
>>386
じゃあ、あの複数の女と暮らしている男もある意味天才か

389 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:36:42 ID:jJAcCx6p
>>188
亀だけど、偏差値って言うのは絶対に100は超えないの。
ある集団の中で、一番頭のいい人の偏差値が100、
平均(真ん中の人)が50っていう風になる、
それが偏差値。100を超えることはありえない。
何故なら偏差値と言う考え方の中には100以上はないから。

390 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 18:53:16 ID:MXM2c2TP
その自信がどこからくるのか知らないが、一度「偏差値+100」でぐぐってみるといいよ

391 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:19:17 ID:JVd5JYFc
>>390
389と別人だけど、
偏差値が100超える可能性はあるけど、
一般の大学受験用の模試では全教科満点とっても偏差値100超えるような試験はないと思うよ。
俺は数学のテストだけはいつも満点だったけど100こえたことなんて無かった。
よっぽど無名の模試ならありうるかもしれないけど有名な模試ではほぼありえないと思う。

392 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:28:29 ID:3Pf1RI7K
昔ふと何かを思いついて、「私って天才じゃん!」と思ったんだけど、
一時間くらいしたら何について何を思いついたかさっぱり思い出せなくなってた。

天才っていうのは、しょっちゅうすごいことを思いついてて、更にそれをちゃんと覚えていられる人をいうのかな、と思った。

393 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:32:39 ID:/dhR+XAE
1万人受けて、一人だけ100点残りは0点だったら、100超えるんじゃ?
そういう試験で偏差値を出すことに意味がないと思うが。

>388
あのレベルでは無理。

394 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:33:53 ID:KKW1q2vd
>>391
まあ普通の試験で偏差値100越えがないのは同意だけど
>>389がバカなのには変わりないな。

(ここから別の話題)
天才ってどこからを言うのか難しいよな。
1000人に一人ぐらいの天才だと、いわゆる秀才とは違う。勉強しないでも
東大に入れたりする。一学年100万人だと全国で1000人しかいないしね。
でも、そのレベルでも日本全国老若男女合わせると10万人もいるんだよな。
希少価値がないといえばない。

395 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:44:40 ID:dO6KuwxG
勉強しないで東大入ってるヤツはいませんwwwアホォだなお前

396 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:45:18 ID:KKW1q2vd
スレの最初と最後しか見てなかった、ごめんなさい。
今通してみたらこの話ものすごい勢いでがいしゅつでしたね。

397 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:47:16 ID:1BuY4kTD
まぁ俺現役受験生だけど河合の模試なら偏差100は存在するよ

398 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 19:49:13 ID:KKW1q2vd
>>395
授業中に他のことをしながら先生の話を適当に聞いてるだけ、という
レベルだと、外から見るとまったく勉強していないように見えるよ。

399 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:15:44 ID:kcRNpmJi
教科書と参考書を一読してすべて暗記して東大に行った将棋部の同級生は、
全国大会で負けて帰ってきた。世界が違ったらしい。
高校からはじめて1年半で全国大会にいったそいつもたいしたもんだが、
もしかして将棋のプロは奇人変人か。と思った。


400 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:15:50 ID:ivAJevPC
高校の日本史のテストってみんな覚えてる?あのわけのわかんない難しい漢字ばっかの、それに加えて時代の背景とかも勉強しないといけないし、おまけに範囲もありえないぐらい広い 
暗記力がない俺には苦痛だった そんな中、日本史の教科書のテスト範囲を見て、重要な所に赤線を引くだけで丸暗記する友達がいた 漢字も、時代背景もすべて 天才ではないけど、暗記力が尋常じゃない奴のエピソードでした

401 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:21:26 ID:kcRNpmJi
暗記力が尋常じゃない友人はNHKのラジオ講座の語学を聞くのが趣味
テキストを立ち読みしてラジオを聴いているだけで、5ヶ国語ぐらい理解
できるようになったらしい。 
発音が難しいのでしゃべるのは苦手を言っていた。

402 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:22:08 ID:/dhR+XAE
>399
米永邦夫曰く「兄貴は頭が悪かったので東大に行った」


403 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:22:44 ID:ivAJevPC
>>399
の人とかぶっちゃったw しかも、俺のよりすごいしw そいえば、今日ハブ名人が対局してたな あいつら自分と相手の一手一手をはじめから最後まで全部覚えてるらしいね やっぱ、化け物みたいな凄まじい暗記力の奴はほんといるよね

404 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:30:07 ID:f/+os6BH
皆の言うような人ではないがカラオケ行ったメンバーがドン引きするほど歌が上手いやつがいたな。
スポーツは基本的に何やらしても常人以上だしイケメン。
成績もかなり優秀で年齢の割りに大人びてる。しかも高校時代の後輩。
突出した才能は無いかもしれんが人当たりもいいしやつは間違いなく神に愛された

405 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:37:10 ID:cMr6G947
知り合いの話だけど、東大模試の英語で偏差値100超えたらしい。
そいつは帰国でもないのにTOEFLも1問間違い、
他にもモデルしたり起業したりとか漫画みたいな話がたくさんあるw
将来有名になりそうな奴だから覚えとくといいかも

406 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:52:32 ID:VvzSzZny
>>405

それ私じゃん。
あなた誰??


407 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 20:57:39 ID:68cXgkeP
兄。
6歳の時にIQテストをしたら、IQが計れなかった。その時の偏差値は70台後半。今は30代でアダルトサイトの運営やってます。

408 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:01:04 ID:ty+XbMoo
>>403はぶ名人は最近、記憶力や先を読む力がだいぶ落ちたと『プロフェッショナル』で言ってたよ
どの分野の天才も力が衰退するんだろうね
芸術家にも、その時々の流行があるだろうし

409 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:03:39 ID:IesR2ynD
何と言っていいか・・・

410 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:03:56 ID:dO6KuwxG
授業中他の事しながら東大とか別に余裕だろ

411 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:06:09 ID:uyUbIlYe
小学校のとき、父親校長、母親大学教授というお嬢様の天才がいた。
担任が作ったすんごい分数の計算問題を、一分で解いたりしてた。
スポーツも万能で、絵もうまかった。将来は漫画家になりたいけど、親が
先生になれとうるさくて…とうらやましい相談を受けたりした。
30代になったとき再会し、一緒に行った飲み屋で今は無職だと付けられ、愕然とした。
てんかんの発作がひどくて、大学どころか高校すら行けなかったという…。
勉強はもうこりごりで、今は自分で作った漫画の同人誌を委託で売ったりしてるらしい。
見せてもらったけど、あいかわらず絵はものすごくうまかった。涙が出た。

412 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:18:43 ID:9IbqZdaK
天才→ジダン
秀才→ネドベド



413 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 21:48:53 ID:DfXPHnEt
そういや日本にアなんとか学園っていう天才だけを集めてる小中高一貫の学校があるって聞いたんだけど。


414 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 22:32:21 ID:0QzW2Lto
俺の出身高校は公立では全国で一、二を争うかなりの有名進学校で、
中学校から有名な塾に行っていたり、秀才の集まる中学からの進学者が多いんだけど、
地元の何の変哲もない公立中学校から、一切の勉強をせずに入ってきた奴がいた。そいつの話をいくつか。
彼は顔もかっこよくて、入ってきたときからかなり注目されていたが、男子が彼に注目していた理由は、彼の面白さにあった。
彼は日によってずいぶんテンションが違ったが、彼の気分がいいときはとにかく面白く、口を開くたびに必ず笑いがとれる、
というくらい話術が凄かった。しかし彼曰く「自分で本当に面白いと思うネタは、説明しないと分かってもらえないからつらい」。
説明するとネタの鮮度が落ちるのだとかwそういうわけで彼はいつも我々のレベルに落として会話をしていた。
彼は授業は聞かないわ学校は休むわで、毎年教師から留年の話をされていたらしく、当然授業の内容なんかほとんど理解していなかった。
それでも数学はテスト前の休み時間に「やばいやばい」と言いながら教科書を凄いスピードで読むだけで、
簡単に上位2,30%の中に入ってしまった。周りは東大京大国立医学部志望者ばかりの有名進学校でだ。
英語で長期休暇の課題だった短〜中編小説程度の量の文章についてのテストの時なんかは、
要所要所のみを切り出した文章だけが問題文にのる(それでもとうていテスト中に読み終わることはもちろん問題を解くことなどできない量だが)。
それを、「いやー、文章多すぎじゃね?場面飛んでるし時間足りないかと思った」等と、平気で初見で全て解いて9割以上の点数をたたき出した。
彼の課題の文章は、就業式の日に学校を休んだために机の引き出しの中にあった・・・w
現代文に至っては「中学の時と何が違うの?これ」と、一切の勉強をせずに理系なのに東大文系志望者と並ぶ点数をとっていた。
古典漢文は記述はさすがに平均より少し上くらいしかとれなかったがマーク型(彼は理系)は「なんとなく分かる」とほぼ満点。
しかし彼は理科社会など暗記科目は苦手(というよりは最後まで努力をしなかった)で、一年浪人してしまったが、
それでプライドが傷ついたらしく、一年間猛勉強して旧帝大の医学部に合格。
自分は現役で彼と同じところに受かったけど、全く勝った気がしなかったw

415 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 23:07:28 ID:1eOvGrJF
>>414
結局お前は自分の自慢がしたいだけだろ。

416 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 23:08:45 ID:+HrbHCId
>>385

つくこまってなに?

417 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 23:11:22 ID:0QzW2Lto
>>415
いや、俺自身は相当なガリ勉だったから、あんだけ勉強したら誰だって受かるわって感じだったんだけど、
そいつは国数英での点数は現役時代でもすでに俺と同じくらいかそれよりいい点数」だった。
最後の一文が余計だったならすまん。

418 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/20(日) 23:58:31 ID:mgAgiNMQ
>>416
筑波大付属駒場かな?

419 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:15:08 ID:gY0lHy54
>>382
その言っている天才と同じくらいのレベルの人間は結構いて、
その中で競う時は努力して磨きをかけてないと抜かれるわけだが。

野球がいくらうまい選手でも、幼少の時からやってなく
20歳をこえてからやってもうまくないようにね。

つまり、努力をしているのが前提にあって、その結果差がついてトップ近くを
とるものとか、 大幅にトップというのが天才なのかと。


努力でもどうにもならないと言うのもあって、町をみただけですべて記憶して
絵に何百件の家のやねまで細かく描ける というのがある。
あれは努力しても一般の人間には無理なもの。
だけどその記憶できる人が何人かいたら努力した方がより鮮明とかより大量に
記憶できる能力が獲得できるわけです。持っている人が少ないと何の努力もいらないけど

420 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:18:51 ID:gY0lHy54
>>392
メモれ。

昔の小説家は、おもいついたアイディアを近くに紙がなかったら
手を切ってその血で考えを書きとめたという話があるよ。

そのくらいメモは常識

>>394
ですからしゃべれる犬で例をだしているんですが・・・

犬が一匹しゃべれたらもれなく天才でしょう。2匹でも天才と言う
それがどんどん増えていくと一体何匹目から天才でなくなるのか
と言う話。

人間がしゃべれても天才と言わないですからね。

421 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:22:30 ID:gY0lHy54
>>400
それならサバン症候群の人は200ページの本を10分で一字一句
完璧に覚えられるわけだが。一冊にたらず今まで読んできた本すべて
覚えられるという。

人間の記憶容量は無限という人までいるね

422 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:33:37 ID:JInDrUXx
天才
秀才
凡才

その下は?

423 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:36:19 ID:gY0lHy54
実際のところこっからここまでが天才というはっきりしたのは
ないんでないかと。

極端な、一匹の犬だけしゃべれるなら 天才と言うけど それ以外のたくさんの
犬までしゃべれるとなると すごいのかすごくないのかわからないとなるのかも

424 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:38:37 ID:gY0lHy54
例えば>>414みたいなのだって、毎年離散に受かっている人はいるわけで
何千人と合計するとなるわけです。

425 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:46:36 ID:JVoLp7XA
26才でボクシングを始めて世界チャンピョンになった具志堅用高は天才
ところでセンターの小説って評論に比べると文章が優しすぎね?
点数はとりにくいんだが

426 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:51:31 ID:6CRT+L1R
具志堅は、インターハイチャンピオンの筈・・・
それは、輪島の事かな?たしか25歳で始めたらしい。

427 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:52:15 ID:tJbm7QIS
>>263
プルシェンコはもう本当にすごいやね。余裕があるしイケメンだし。
オーラがあるかないかっていうのも天賦ですね。
同じくバレエではどんなに上手でもオーラがないと脇役にしかなれないんだそうで
熊谷哲也は日本人体型なのによっぽど表現力があるんでしょうね。

428 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:53:32 ID:TyDMVQMC
人の名前みたいだ >チャンピョン

429 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 00:57:53 ID:WcCJlmQN
これ何階まで?

430 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 01:06:11 ID:HqN6GO2/
一度弾いてみせただけの"エリーゼのために"を軽々弾いちゃったり、
中学の時に車を運転してみせたり、教えてないのに料理を覚えてたり、
一度注意深く見ただけでいろんな事を覚えてしまうらしい姪。
天才とまでは言えないだろうが、目から情報を吸収する力がすごい。


431 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 01:14:03 ID:tJbm7QIS
>>430
それ、周囲にスポイルされる前に特殊な教育したほうがよくない?
ピアノ習ってない状態で、弾いて見せたものを再現したなら本当に天才ですよ。
何歳なんでしょう?もしかしたらスポーツも得意なのかな。

432 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 01:50:06 ID:HqN6GO2/
>>431
今年18かな?小柄だし運動は苦手みたいです。
ピアノについては私も強く勧めたんですが、致命的に手が小さいのと
本人がそこまでの興味を持たなかったらしく長続きしませんでした。
物事を理解できても、技術がついてこないと本人は言ってます。
ついでに神経衰弱と百人一首で彼女に勝った人を私は知らない。


433 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 06:10:24 ID:5aTVZC3h
>>432
楠木早紀さんですか?

434 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 06:41:13 ID:gY0lHy54
そんなのはすでにアメリカあたりに、聞いた曲をすべておぼえていて
すべてピアノで即座に弾けると言う子供がいるわけだが・・

435 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 06:44:49 ID:l1Ygx1+S
>>432
見たものを覚え、演奏できるからといって優れたピアニストになれるわけじゃないから
ピアノの道をあまり強く勧める必要はないかと。

>>434
それ、なんか障害のある子じゃなかったっけ?

436 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 06:47:14 ID:+/KNu9kz
>>435
盲目の少年だよ。
聴覚が異常に発達していて
一度聞いた音を再現できる。
ピアノに限ったことじゃなくて
日本語のポップスも一度聴いただけで歌ってた


437 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 07:00:48 ID:l1Ygx1+S
>>436
それ、テレビでやってたやつ?俺も似たようなの見た。

けどお世辞にも上手とはいえなかったなあ。
ミュージシャンとしてやっていくのは難しいだろう、と思った。

あれからなにか専門の練習を重ねているなら別だろうが。

438 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 09:38:23 ID:L43CkaA2
暗記力がすぐれてるのって、天才というより特殊能力のような気がする…。
学生時代にしか適用できないような狭い世界での神童系より、
周囲が考えもつかないような発想力とか、発明して特許申請とか
社会に出てからの真の天才っていうと、どんな人がいるんだろう?

439 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 10:12:41 ID:lKh4Ql8D
>>263
プルシェンコは本当にすごいよ。誰一人勝てないと思う。
sex bombみたいなオモシロ系が出来るのも天才ならではかな、と思う。
(ハルヒとコラボったやつね。かなり面白いのでようつべで見てみれ)

ジョニー・ウィアーは12歳でスケートはじめたのにたったの4年で世界を制したと聞いて
天才だ!と思ったけど今は怪我多いし天才とはちと違うかな。
真央ちゃんはかなり身体能力が優れてると思うんだけどどうだろう。
なんでもそうだけど、天才は常人には難しいことを涼しい顔でちょいちょいっとこなすよね。

440 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 10:34:55 ID:S9kYf9h5
プルシェンコは飽きたからもういいよ
そもそもフィギアなんて競技人口少ないじゃん

441 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 10:37:36 ID:OFNyPNsh
>>393
計算してみた。
10049.004999503748

442 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 10:55:11 ID:IAo1Q0E7
対戦ゲームの頂点に立つ奴って天才っていうのかな。
テトリスDSのTOPの人とか、数万人の頂点の上に2位に100連勝中とか分けわかんないほど
ぶっちぎりなんだけど、努力で到達出来る世界なんだろうか。

443 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 11:11:40 ID:WMf9JZzJ
麻原を天才とかいってる世間知らずの馬鹿ワロスwww
こういうヤツは酒鬼薔薇の事も天才だと思ってんだろうなwwwwwww


444 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 11:48:39 ID:GudjJ+JA
連続児童殺傷サカキバラはサヴァン症候群っぽい記憶力
を持っていて犯行時の記憶を思い出しては快楽をかんじるって
話をどこかで読んだが。

445 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 11:55:24 ID:RQhgeXcw
>>434は何かムキになってる?

446 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:02:07 ID:WMf9JZzJ
そのうち「畠山鈴香は天才」とか言い出す馬鹿も出てくるんだろうなwwwwwwwwww

447 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:05:18 ID:8HJksbqH
しゃべれる犬がいたとしたらで考えるとすぐに答えがでるかも。

448 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:09:40 ID:+PNBfVMK
ギネスを余裕で越えるような記憶力の話が結構ここに乗ってるんだが
ネタなのか、オーバーに覚えてるのか・・・

449 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:12:22 ID:8HJksbqH
ガウス様を崇めよ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/math/1145042348/

450 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:13:42 ID:8HJksbqH
>>448
TVでやっていたわけだが

451 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 13:20:20 ID:nsUn64Hf
>>425
センター小説は選択肢がいやらしい

452 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 14:08:56 ID:9Mym/zcG
>>439
ちょっと前はキャンデローロが絶賛されてた。
サービス精神たっぷりで、あっちも天才だと思う。
どちかというと好き嫌いでわかれそうな分野?
荒川静香なんかは、「努力し続ける」ことの天才ともいえそうだし。

真央ちゃんは、もっと成熟して体が出来上がったときに
あれだけ軽くジャンプをやれるかどうか次第とも言われてたな。

453 ::おさかなくわえた名無しさん :2006/08/21(月) 14:10:52 ID:7OiyGG04
子供の頃ピアノやバレエ習ってた子って勉強出来る子多かったな。


454 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 14:14:25 ID:G2ofSbkj
ドストエフスキー、ゲーテ、ストリンドベルグ、シェイクスピア、ヘルマンヘッセ、チェホフ、カミュ、モーパッサン、太宰治、三島幸夫、大江健三郎、谷崎潤一郎

455 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 14:17:37 ID:zgSqQdLg
そういえば、色数の認識数が多い民族というのがやってて、1990年くらいまでは
日本人が世界ダントツらしい。四季と色彩の豊かさが原因なんだとか。
茶色〜緑色などが数豊富。
最近はイタリアだかに抜かれて二位らしい。人工物が増えて自然景観が減ったのが
原因と考えられている。外国から見たら日本人は天才なんだろうなぁ。

456 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 14:46:55 ID:kd+SzZ/i
>>455
日本語の正式な色名は白黒赤青黄緑紫の七色のみ。
他の色は浅葱(の)色、臙脂(の)色のようにある事物の色
という形で表現しているに過ぎない。
こういった表現も含めれば色を表現する言葉は豊かだが、
純粋な色名は他国と比べても決して多くはない。
ちなみに色を表す言葉が最も少ないのはインドで、白黒赤の三つ
を表す言葉しかない。

457 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 14:51:18 ID:dZiZgZnZ
友人に音の天才がいる

その友人の家に行ったときのこと
パソコンのキーをたたいた音だけでなんの文字を
うったか聞きあてるゲームをした
正答率は五割だったが本当にこいつは天才だと思った

458 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 15:18:30 ID:QaBfWvgd
それって絶対音感と関係あんのかな?にしてもすごい
関係ないけどブラームスがピアノ協奏曲かなにかひくときにオーケストラと
音程が半音ちがってて自分がひくピアノをすべて半音あげるか下げるかして
オーケストラとあわせたとかってのきいて凄いと思った。

459 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 15:23:53 ID:TuQiPkLp
>>453
ピアノやバレエ習える→両親がお金持ち→頭が良い方がお金持ちになれる見込みが高い
知能も遺伝するからね。

460 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 15:46:24 ID:LrYURoHd
俺は周りが言うからか
昔は自分のことを天才かなと何となく思ってたけど
理Vいって秀才だということを知った

461 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 15:51:41 ID:yu8Vq2hK
>>456
へー。
たしかにインド人は色彩とか芸術などにはうとそうだね。
ってか、なんでそんなに詳しいんだ?

462 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 16:45:02 ID:MZyMjtwo
>451
> センター小説は選択肢がいやらしい

「ドラゴン桜」に解くコツが出てたよ

463 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 16:51:02 ID:dgLop5S6
「例の方法」は、とっくに対策されまくりだしなぁ。。。

464 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 17:55:38 ID:ABD8zasu
天才と馬鹿は紙一重

465 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 19:33:39 ID:VtguZh/W
バカとハサミは使い用。

466 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 21:10:14 ID:M2Pkk+wK
        __,,..-‐-;         .,_
    ,/ ̄     |-/⌒>'"⌒ヽ.,=!  ̄``ー- 、
   /      / ̄ ̄      i       ゙、
    !  ,.-‐''" `'‐、        ,.-/,.-‐、,-‐、_   !
   丶 {      ノヽ    /´  7l     ) ,丿
     `ト、   _,./  ,/ト、  !、.,_    ,/'"
       |  ̄ ̄ |、_,.  |. | {  ,イ  ̄ ̄ |
      !      ├ヽ._,ノ‐┴‐、_,ノ‐|     !
      ヽ      }    「.〇T    |    ,!
      `、       |_〇」   '     、′
       (  ,. -──‐´─‐‐`--- 、..,_  ,)
        `∠..,_| ̄``i       l''"´,.]ニヽ、
     /  ,   `゙`'' ー‐──‐ '' "´ ,  i ヽ
     l.  ゙、  \  ヽ  !  /  /  ノ  }
     ヽ   `   \. `、 | / /   ´  ,ノ
      >、_    ( ̄` ー '´ ̄)   ,.-く
        { ,ゝ'、    ヽ、    /    i`<. !
       ヽ-'´ヽ __.___.__   !ー-'
        {"^、 |    、.,___,,.. --─┘└‐-
       ト `ー、_,.. -‐ ''"´        /
       ヽ、   `ー、, -‐-、 __ ,.-‐-、/
        t、ー、_ i´   _} `i_   i
         ゙、 ``!    ,<_,.ノ ̄  ,!
           >.‐ヽ  /-‐''"ヽ、.,ノ
          '''"´ |  `"′
           ヽ

467 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 21:46:51 ID:+PNBfVMK
>>460
kwsk

468 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 21:51:30 ID:cZix49AY
>>467
本物の天才を見たってことじゃないの?

ちょっと頭よかったらよく「天才!」と言われるけど
「秀才!」とは言われないな。

469 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 21:54:15 ID:ozr8lf7k
>458
実際に、演奏会本番で緊張していて最初の音を半音間違えて弾いてしまい、
そのまま最後まで全部移調しながら弾ききった人がいるらしい。

470 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 22:06:13 ID:25NMbTMG
ポケットの中で人の似顔絵が書けるやつがいる


471 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 22:16:42 ID:xCn48M5i
>>458
おれピアノやってないから分かんないけど、ピアニストならそんくらいできるんじゃない?
ギターならわりと簡単な話。

472 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 22:43:25 ID:cErgON/I
絶対音感の持ち主にあったことがある
とにかく聞くこと全てが音階で表現されるそうだ

絶対音感の持ち主は多数いるけど、これは天才と呼んでも差し支え無いと思う

473 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 22:49:50 ID:zH8mgByO
>>460
来たよ宇宙人が。
別に>>460が自慢をしているとは思わないけど、どうしてもこっちが卑屈になってしまう…


474 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 23:27:47 ID:8HJksbqH
絶対音感は小さい時にみにつければ結構だれでもみにつくときいたけど

475 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/21(月) 23:44:43 ID:gF4LdhXA
>471
ギターはフレット移動させるだけだから簡単じゃん(w
ピアノは半音違うと指使いがまるっきり変わってくるしな。
ちなみに自分も絶対音感あるし簡単な曲なら初見で移調して弾けるけど、
その程度のやつはごろごろいる。

476 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 00:01:43 ID:JdbKH0sw
ラべリングを絶対音感と言い張る馬鹿ワロスwwwwwwwwww

477 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 00:05:04 ID:5gWkGVkS
メロディをなぞる事と、ピアノを弾くことは別もの。

ただ、単にピアノを弾けてもあまり意味が無い。それは芸術の域に達して
いないから。

 一度聞いたメロディを奏でることはすごいことだけどそれと音楽家、演奏家に
なることは別物。

478 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 00:07:06 ID:J2aU2/dn
ここででている離散のすごい人というのをみると、一般人ではどうやっても
5教科の学力で勝てないのがわかるね。


ただ人の能力をはかるとき五教科だけではかるわけでもないので何か
別なものも取り入れる必要があるんだろうな。

479 :てぃあれす ◆8/rJfUc/Sc :2006/08/22(火) 00:10:46 ID:U7KthFgj
俺以上の天才見たことないんだが?

480 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 00:21:27 ID:85KgquB4
>>455
医学的には黒の瞳より青の瞳の方が色彩判定力が高いんだが

481 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 00:32:39 ID:SJtQ2/QV
>>477
プロの表現力って凄まじいものがあるよね。
前にプロの音楽家の方が(その人は声楽の先生。かなり高名な方らしい。)
童謡のあかとんぼをピアノで弾いてるのを目の前で聴く機会があったんだけど、
素人の耳でもはっきり分かるほど巧かった。
どこがどうって具体的には言えないんだけど、まるで別もの。
声楽の人でこれだったら、ピアノの専門家はどんなレベルなんだ!?って思った。

482 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 01:58:32 ID:ktQ+Lg/k
>>459ちょと亀レスすまないですが

絶対音感はあんま関係ないらしく
細かい音色の聞き分けができるらしい
あとちゃんとホームポジションで
キーをたたくよう指定されたから
それも関係してるのかも?

ほかにも有名なトランペットのかたが
ずっと息をはき続ける奏法?をアレンジして
息継ぎなしにアドリブをやってたときに
天才だとおもった

483 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 02:51:08 ID:fcH4/aka
絶対音感は天才なの?
自分で気づいてないだけで、
結構たくさんいるイメージだけど

484 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 03:20:57 ID:c3U9iOS8
>483
一つの才能ではあるが天才ではない。

楽器を上手に演奏するためには、まず機械的なテクニックが必要。
これは肉体的なウェイトが多いので、絶対音感は関係ない。
そして芸術的な表現・・・、例えば作品の作曲された時代様式に
相応しい演奏をするという面でも、絶対音感はとくに関係ない。

作曲についても、様式を統一する能力、エクリチュールの技量、
構成力、楽想を発想する能力、管弦楽法・・・ほとんど絶対音感とは無縁。

485 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 03:26:16 ID:fcH4/aka
まぁそれは知ってるけど・・・
あんまり関係ないんじゃ?

一目で映像を記憶してしまう天才と呼ばれる人
がいるけど、実際の生活では使うところないしね

486 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 03:26:53 ID:2p48OiV8
努力を追求出来る人は天才だと感じる。

487 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 03:28:59 ID:fcH4/aka
>>486
>>382

488 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 03:33:34 ID:1mk2IOL+
天才、一人だけ知ってる。運動が出来て成績は常に上位、音楽は歌うも奏でるも文句無し(もちろん自分でセッティングから音響まで出来る)。日々容姿も向上。それでいてキャラが面白く、万人に好かれる。欠点は欠点が無い事、って感じ。ああこれが天才か、と悟ったよ...

489 :460:2006/08/22(火) 04:58:13 ID:1s3aJRw2
>>467
>>468の言う通りです。
俺は要領が良いのか、
普通の人の半分の時間くらいで暗記できるんだけど、世間はそれを天才というが、
事実は単なる秀才だった
大学入ってみたら周りには
講義受けなくても誰かのノート見て
それだけで講義受けた人よりも理解してしまうような人が普通にいた。
日本レベルでこれなら世界レベルの天才ってどんなだよ・・・・

490 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 05:37:52 ID:bXLS6Kpx
ひどい文章だな
本当に李さんなのかもしれないけど、
460が起業して成功するようなことはなさそう

491 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 05:43:54 ID:7xTcnIzf
ねたみキター!!

492 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 05:53:22 ID:bXLS6Kpx
早速煽りkt
ねたみってか460自体がネタだろ

493 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 06:07:37 ID:giNA0UeU
>>489
貴方が天才であるか、少なくとも秀才であるか、要領がよいのかどうかをここで試してみてはどうでしょうか?

ここが2ちゃん上であることを前提とした上で、自分が>>460に書いたとおりの存在であることを証明してみてください。


ではどうぞ。

494 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 06:07:43 ID:HsbWLuyp
なんでネタなの?

495 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 06:09:04 ID:HsbWLuyp
↑ネタだという根拠は何?ってことね

496 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 06:14:41 ID:HoJiWdr2
知能指数が136の俺、

だけどコミュニケーション能力が低く注意欠陥があるため
ミスが多い。
社会で生き辛い

497 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:02:21 ID:OWan+hw4
>>496
教師の母さんが教え子で東大に行った子は自閉症の子が多かったと言ってたけどまんざら嘘じゃなかったんだ。

498 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:04:40 ID:Jmu67t9Q
>497
そんなの自閉症といいません。
本当の自閉症の人は、東大なんてまず行けません。普通級に在籍するのもきついことがほとんど。


499 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:04:48 ID:bXLS6Kpx
文章見れば頭悪いかどうかはわかるでしょ
おれもうまくはないけど、460は文書くの下手っていうか高校生レベル
もっと的確でわかりやすい表現あるだろって思わない?

500 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:24:59 ID:NS3aMati
>>499
同意。
確かに分かりにくい。
古文並みに。

501 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:52:46 ID:9wnY3kBB
>>499
貴方がいちゃもんつけるのが上手いのは分かる。
>460の言ってることが分からないのはあなた自身の読解力によるものと思われる。

502 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 07:56:11 ID:ACeiZfm1
>>495
根拠が無いのを分かって聞いてるでしょ?
そういう質問も頭悪そうに見えるよ。

私も>489は頭の働きが鋭いようには見えないな。
読解力の問題じゃない、気付くのが遅すぎる。


503 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 08:44:43 ID:bXLS6Kpx
>>501
>>460の言ってることが分からない
なんてどこに書いてある?
的外れな煽りも頭悪そうに見えるよ。

504 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 08:51:49 ID:CMaCz5oc
まだ若いのに、要領が良くて、
問題解決がうまいやつと一緒に仕事をしたときは、
自分の能力のなさに落胆したもんだが、
天才と思うやつには会ったことがない。

505 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 08:56:48 ID:vAohcaus
498
DSM-W・TR読んでみて、ぜひ。
横レス、ごめん。

506 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 10:10:13 ID:J2aU2/dn
>>498
軽い自閉症とかあるよ

>>499
文章書く才能と、物を考える才能は別なんで。

女は感情を言語であらわすのが得意。男は苦手

507 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 10:17:36 ID:Wit+ccZe
ミスをしないのが天才
一度したミスを繰り返さないのが秀才
同じミスを繰り返すのがバカ
だと思う

508 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 11:03:21 ID:GRFH1/Ie
天才と言うほどでもないかもしれないが。
勉強面は至って普通、しかし今まで部活で歌った楽譜をすべて覚えてる子(合唱部員)ならいたな。
中学・高校の六年間で40〜50曲あったらしいが、その中のタイトルを言えば歌が出てくる。
おまけに盛り上がりなどの曲の抑揚まで再現してみせる上音のズレ(キーが違うなど)が無かった。
さらにボイストレーナーの人に「めったにいない逸材」とまで言われていた。
多分「好きこそ物の上手なれ」のパターンなんだろうな。

そんな彼女は親の反対もあって音楽の道には進まず、二番目にやりたかった日本文学をやるため
大学進学の際音楽なんてちっとも関係ない体育会系大学の文学部に行ってしまった。
ただ勉強面が普通だっただけに、部活の推薦で合格したらしいけど。





509 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 11:49:40 ID:fcH4/aka
血反吐吐いて他の人の2割増の120%努力しても、
50%の努力で200%の成果を出す人が世の中にはいるんだよな

510 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 11:57:11 ID:44uLC7zW
1人天才がいたなあ。
みんなのアイドルでスポーツは何をやっても万能。
普段授業中は寝てばっかりで、勉強してるところなんて見たことがないし
学校以外でもいつも遊んでばっかりで、大学入試の前日まで遊びっぱなし。
ここまでは普通なんだけど、その人は東大へ行ったよ。
何が天才かというと、1度見たものを全て瞬時に暗記できる才能があった。
教科書の内容も、1度見ただけで何ページに何が書いてあるのか細かく覚えられた。
あれは天才だった。

511 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:03:16 ID:vuyoiW8s
>>508
暗譜はすごいよね、構造とかそういうので覚えるのは普通だけど
写真みたいに見たものすべてが頭にはいって
まるで目の前に楽譜があるようにみえる(フォトグラフィックとか
いうらしいんだけど)人がいるって聞いた事あるよ

512 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:19:03 ID:N3aB9jY+
>>511
暗譜は、本当に記憶として覚えてしまうパターンはわりと少なくて、
音楽理論的に正しい音、という感じで覚える人がほとんど。
(旋律がこうくるので和声がこれ、なので左手はこの音になる、という感じ)

513 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:20:05 ID:N3aB9jY+
あ、構造って書いてるね。スマソ

514 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:34:50 ID:HvXnKF5E
>506
物を考える能力=文章を書く能力


515 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:43:24 ID:KcCkh8Ko
>>511
フォトグラフィックかは知らないけど映像瞬間記憶能力は悲惨みたいだよ・・。

516 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 12:51:40 ID:w8kjNqf8
私の知人の天才だと思う女性。
帰国子女で各国を転々としたため9カ国語が堪能。海外の教育制度により
6~7歳あたりで大学入学(兄弟も同じ)15で博士号。先行は応用物理だったが
他にもいろいろ持っているようだ。
16で帰国するも教育制度の違いで高校に行くはめになる。
現在、NASAにて勤務。ときどき日本のロケット飛ばしを手伝いにくる。
もう何年も会っていないが元気にやっているといいなあ

517 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 13:01:50 ID:oX7/GMYc
>>516
OH〜〜〜〜〜

ミカ〜元気そうね〜〜
まさかこのBBSで偶然にあなたの書き込みを発見するなんて
思いもよらなかったよ〜〜〜

私?私は今は専業主婦よ。
ほら、あなたも知ってるあのスティーブと去年結婚したのよ〜〜

518 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 13:07:22 ID:zUcD8RoG
中島らものエッセイに灘校時代の同級生の天才の話があった
授業中スワヒリ語を内職してるような人で、授業をサボりたい時は
彼に質問させるようにしてたとか
黒板に書いてあることから発展したよく分からないようなことを尋ねて、
先生を考え込ませたから
その彼も20代で死んじゃったとか
そういうらもも、当時はIQ180くらいあったらしい

519 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 13:37:34 ID:cI/TdtLd
>>516
うわさには聞いたことあるけど、リアルでは知らんよそんな人間。
もはや人類じゃないよ。中身はエイリアンじゃないのか?

520 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 14:44:22 ID:giaWK5m2
>>516 絵に描いたようなw
自分も、そういう天才が一番想像しやすい。
絶対音感だとか成績がよいだとかはなんか結構ありふれてるみたいだし。
あと、ルービックキューブ自慢ももうウンザリw

521 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 14:47:00 ID:giaWK5m2
100点のテストで僕らが60点とか取るような場合、
100点を取れるのが秀才であって、
あと、絶対音感or成績優秀型の天才ってのは、
120点くらい取れる人ってイメージ。

>>150の人は150点くらい。

そんでもって、本当の(って何だw)、天才、
アインシュタインとかはそれで、
2000点を取ったりしちゃう人だと思う。
ワケわからんでしょ? そういうことだと思う。

522 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 14:48:01 ID:cXBS2ILi
五嶋 みどり

小学校の時に運良くコンサートを聴く機会があった(子供限定というコンサートだったから)
・・・超天才っているんだなあと思った。
芸術の世界って残酷だと、そのことを思い出すたびにつくづく思う。




523 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 14:48:36 ID:giaWK5m2
×100点のテストで
○100点満点のテストで

×>>150の人は
>>516の人は

524 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 15:05:44 ID:3eitE4aX
五嶋みどりの話がでたついでに。弟もスゴいよね。あそこの家系(今までにも同じようなのがいたとか)が気になるよ。

525 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 15:26:47 ID:RsSTSeqM
サヴァンだったか忘れたけど、見たままを完璧に記憶できるのも良し悪しで、
一度会った人のことは絶対忘れない、
でも次に会ったとき、その人だとはわからない、という話を聞いた。

変だと思うでしょ?

その人は、以前会った人にまた会ったとき、服装などが違うと
同じ人であると認識できないんだそうだ。

526 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 15:56:18 ID:HWMb/ZUH
>525
相手の顔を見ていないor覚えないってこと?

527 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:03:55 ID:cI/TdtLd
20世紀最大の歴史的天才は誰だと思う?と教養豊かな理系人に尋ねたら、
かなりの確率で「フォン・ノイマン」の名が挙がるよ。
記憶力、活躍領域の広さ、早熟性、数々の伝説的逸話、に満ちてるし、
高性能コンピュータみたいな回転と正確さが、日本人好みの天才性なんだよね。

当時、プリンストンでもっとも頭がいいと噂されたのが彼、という逸話は有名。
なぜならアインシュタインもほぼ同時期に在籍していたからね。

528 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:07:15 ID:cI/TdtLd
でも最期はなにかの病で1+1もわからん頭になり、
娘の前で涙ボロボロ流しながら死んでいったんだよ。
コンピュータの基礎を築いた記憶と計算の天才が。
神様はときになんと残酷な運命を命じるのだろう。

529 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:07:50 ID:zygTboQT
横山大観だっけ?の子供の頃の絵をTVで見た時はビックリした。
とてもじゃないけど子供が書く絵じゃなかった。

530 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:08:04 ID:SW6ApcUf
>>497-498
東大の心理系の教授が
「東大生にも結構(軽度の自閉症の人が)いるでしょうね」
と実際に講義で言ってますた。
学生観察してたら何となく分かるよ。

531 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:16:31 ID:DdsEbgRA
アインシュタインも知的障害のない自閉症らしい。

532 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:23:48 ID:7XOrK6Qx
上のほうでイデオ・サヴァン(orサヴァン)を天才の例に挙げている書き込みが複数あるけど、サヴァンってもれなく知的障害がついてくるよね。
知的障害者を天才と呼べるのだろうか?
525を読んでもそう思う。
「写真のように正確に描ける」ったって、それなら写真で撮ってもよいわけで。大切なのは「何を描くか」ってことだと思う。
イデオ・サヴァンの人が「何を描くか」まで自分で判断して写真と同じくらい細かく描いてるなら、すごいと思うけど。でも知的障害のある人の中に「これを描きたい」っていう思いとか、「これを表現したい」っていう考えとかあるんだろうか。

533 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:33:18 ID:N3aB9jY+
>>524
弟の方は悲惨ですが……。
人前で弾けるレベルではあっても、一般的なプロのヴァイオリニストとしては
全然ダメですよ(;´Д`)

534 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 16:44:19 ID:SJtQ2/QV
どっかでチンパンジーの記憶力は人間よりも遥かに優れているとか聞いた事あるなあ。
人間みたいに推理力、分析力が発達してないから、行動を決めるときは
記憶に依存しなければならないと考えると多少納得はいくかな。
とすると、やたら記憶力がいい人ってある種の先祖返りなのかな?
そういえば記憶力の優れている人ってどことなく野性的、本能的な
雰囲気を持っている人が多い気が… 単なる偏見かな…

535 :525:2006/08/22(火) 18:01:09 ID:RsSTSeqM
>526
そういう抽象化ができず、見たままを覚えてしまうという話です。
わかりにくくてすいません

>532
サヴァンで知的障害を持たない、いま唯一の人がダニエル・タメット。
とんでもない桁数の暗算をしたり、円周率記憶の世界記録を持った
ことがあったり、知らない言語を1週間でマスターしたりしてる。
しかも知的障害がないから、頭の中のことをきちんと説明できる。
以前NHK教育の「地球ドラマチック」で放送された「ブレインマン」が
詳しいですよ
ttp://www.nhk.or.jp/dramatic/backnumber/36.html

536 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 18:12:47 ID:1LCfPEWt
記憶や計算だけなら原理的には簡単だと思うんだがね。
コンピュータにだって出来る。
もっと高度なことを行う力がありながら、なぜそれができないのだろうか?

537 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 19:58:27 ID:JDAV23Ca
>>536
結局のところ発展性がないんだろ。
既存のものを覚えて使うことができるがさらに発展させる能力が欠けてる。
それがサバンだ

538 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 21:37:51 ID:SmifoAH9
ところで、漏れは凡人なのだが、たまにスイッチが入ったように能力が向上することがあるんだ。
普段全然できないことがいきなりできたり、成功率が物凄く上がったり。
天才になったんじゃないかって錯覚するくらいに。

だが、再現性が全くない。スイッチを自分で入れることもできない。
こういう経験ってみんなはあるのか?

スイッチを入れっぱなしにする方法を知りたい…

539 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 22:18:20 ID:J0ee3IHv
>>538
気持ちの問題だよ。

本当は大したことない簡単なことでもちゃんとできたら俺ってすげーって思うだろ。
それだよ。簡単な事を成し遂げただけでも自分ってすげーって思うことが大事。
そうすれば自分が天才だと錯覚できるようになるよ。




540 :508:2006/08/22(火) 22:34:17 ID:GRFH1/Ie
あの子はドレミみたいな音階じゃなくて「この歌にはこの音楽」という覚え方だったらしい。
曲の旋律は歌えるけど、それを音階では説明できない。何度の和音が〜とかも分からない。
例えば、任意の音を一つ鳴らすと「○○(曲名)の歌い出しの音だ」とか表現してた。
絶対音感はなかったのでドの音を聞いてもドの音だ!と認識しない。
ある曲の歌いだし、中盤のあるフレーズの最初の音、と言っていた。


どういう種類の天才だったんだろうな、あの子。

541 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:00:23 ID:XozGdN9+
そういえば、大学の時ある教授から聞いた話で
教科書や黒板に書いた内容をノートを取らずに
全て覚えてるタイプの学生がいたんだけど
試験で応用問題ばかりだしたら、全く応用がきかなくて
その科目の単位が必修だったため、留年しまくって結局
大学をやめた人がいた、というのをきいた事がある。

これも自閉症にかなにかだったのかな?

542 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:02:20 ID:sA7P4ZMO
教授、ひでぇw

543 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:04:30 ID:fhXWFqBi
職場に一人いる。
機械系を直す天才が。
そいつはテレビ、ウォークマン、冷蔵庫、PCのキーボードを直す。
しかも早くて10分、遅くても2時間で。
そいつと色々メールで語ったが、人生で電気関係を学んだことはないらしい。
だけど色々いじっていると何処が原因か分かると。
小・中ともに特殊学級卒だとも言ってた。同じ学校、同じ特殊学級でちょうど俺の後輩に当たるようだ。
書きが致命的にあやふやだったり、話し方が機械的だけどすごい良い奴。

俺は定規なしで寸法取ってそれを形にする事が出来る位。洋服、箱、タンスなど殆どに適用可。
仕事でしか役に立たない。
しかも微妙な長さの違い、ミリ単位で気になるorz

そいつと俺で共通するのは視覚的なアプローチでないとコミュニケーションが成立しない、一定の行動をしないと落ち着かないといった所。
要するに自閉症。

544 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:36:24 ID:voq0yddI
天才を一人だけ目撃したことがある
小学生の時野球少年だった俺は、市内の他校とか近くの市にかなりの友達がいて、色々なタイプの奴と知り合えた
不良街道まっしぐらの暴れん坊とか本気で甲子園目指している奴とか、本当色とりどりって表現がふさわしい感じだった
その中に開成中行ったかなりの美男子がいたんだけど、普通の連中とは明らかに異質なのがすごく伝わってきた

特定されると申し訳ないからあれだけど、ジャ★ーズ事務所にも合格出来るレベルのルックスだった
彼の部屋の本棚には俺にとっては滅茶苦茶難解な本が並んでた
我が両親には申し訳ないが「出来の違い」を子供心に感じて羨ましい限りだったよ

545 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:40:04 ID:Ra5Kbqx/
>>544
で何が天才的なの。

546 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:44:23 ID:voq0yddI
健全な野球少年、早熟な秀才児、喧嘩大好きな悪餓鬼、色んな奴がいたが
どのタイプの子供とも違う、圧倒的に異質だったんだよ

来世はそんな人間になりたい

547 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/22(火) 23:58:39 ID:85KgquB4
みんな自閉症を勘違いしすぎ
自閉症だったら、大学どころか、コミュニケーションもろくにとれない
あと短命

548 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 00:15:22 ID:p90L0qsU
色々あるんじゃないの。自閉症にも。
ピンからキリまで。
専門でもなければ興味もないので判らないけど、
そんな「あいつのいう自閉症は嘘。正しいのは〜」のかけあいばっかりしてるのみると
なんかなーって思う。色々あるんじゃないのーって。

549 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 00:21:03 ID:uRr0/fQD
サヴァンに見られるような突出した能力に創造性を足したら天才っていえるんだろうな
で子供っぽい・無責任・口べたなど人格面でのちょっとした欠陥を足すと
ステレオタイプ的変人/天才っぽく見える

550 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 01:49:59 ID:H4tfCZFg
天才的能力を持つ代わりに奇人変人だったりした場合はまあそんなもんかな、と思うが
天才な上に人格者で顔が良くてだとお前それはダメだろと嫉妬する俺は間違いなく凡人。



551 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 02:00:48 ID:84bBSszm
>>550 くるおしいほどに同意。凡人( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ

552 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 02:15:58 ID:TPKohpyx
【フィールズ賞】ペレルマン氏「自分の証明正しければ賞不要」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1156263331/

こういうのがステレオタイプな天才のイメージだな。

553 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 05:24:51 ID:uUz3/oOg
ここで話題になってる高機能自閉症の俺が来ましたよ(・∀・)ニヤニヤ

554 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 06:12:20 ID:rAPugveF
>>552
他人の評価を気にせずに自分のやりたいことができている人の代表みたいだな。
イチローのそういう傾向があると思う。

それに比べれば凡人の俺はどうやれば人の評価が得られるかばかり考えている。


555 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 09:14:51 ID:pZIZpxOI
>>540
よく誤解されるけど、ドを聞いてドとわかるのは相対音感。
絶対音感とは、あらゆる物音を音階に割り当てられる(音階に聞こえる)こと。


556 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 09:31:44 ID:Qx/oUPGj
>555
え?ソースは?

557 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 10:32:28 ID:SLwS46Ly
>>556
>>555じゃないけどソースな
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4094030662/249-8063578-2757161?v=glance&n=465392

558 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 10:55:55 ID:lFkbXd8+
一時期ノートを取らずに聞くだけで授業を理解しようとしてたらえらい事になった

559 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 11:22:07 ID:Qx/oUPGj
>557
そんな怪しげな本ソースにだされても(w
「ドを聞いてドとわかるのは相対音感」なんて書かれているの?
「あらゆる物音を音階に割り当てられる」てのも変な言い方だな。
音階じゃなくて音名ならわかるが。

560 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:07:55 ID:BWM+F5ue
>>552
正直、理系の人間としては、こういうのこそ邪魔なんだけどな…
いや、ペレルマン氏ではなくて、>>552の事ね。
日本に蔓延る、
 「仙人のように無欲で知の探究のみを進める人」=天才・偉人
的なイメージのせいで、日本の理学研究がどこまで衰退したか。

挙句に、いつかのダイオードの人のように、歴史的な発見に対し
相応の報酬を受け取ろうと主張すると、
人間の屑だ、守銭奴だ、といわんばかりにマスコミ総スカン。
信じられない。

まあそれ以前に、そのペレルマン氏が言うように、
重大な発見をして有名になると、なにもいえなくなる環境(マスコミも、一般の人も)
それ自体が問題なんだけどな。
それが問題で、だからこそ無欲=天才かのような概念も出てくるんだろうけど。
一時のノーベル賞ラッシュでのマスコミなんか本当に酷いもんだった。


理系の人間は、そもそもは、>>552に同意なわけで。
好きで研究したんだから、過剰に盛り立ててくれるな、騒いでくれるなと。
そんで周囲の加熱を避けるため、やむなく、賞与さえ避けなきゃいけなくなる。
でもってそれをマスコミや>>552が賞賛するから、
あとに続く研究者が賞与を辞退せざるを得なくなって、
賞与を要求したら守銭奴扱いされて・・・
そんな華のないジャンルに人はこなくなって、頭脳流出 or 衰退、と。

日本の宇宙開発もいまそんな感じだけど、
無欲の研究=美徳 なんて周囲が押しつけるせいでもう終わるぞ理系は。どうしてくれる。

561 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:13:00 ID:BWM+F5ue
…う、スレ違いだったかなー・・・
スレ違いな長文書いてごめんなさいね。

でも、
無欲な研究=美徳、
限界ギリギリの中、知恵で制限を切りぬけて研究を続ける=美徳 (ProjectXが好きそうな奴)
これはもう限界ですわ。日本は。
本末転倒というか…逆なんですよね。

 ・結果として、上のようになった。
これはかっこいいし崇めればいいんだけど、

 ・結果が、上のようになることを求める。
 ・結果が、上のようになることを前提に進めさせる。
いまはここまで進んでるのよ病理が。
こんなん滅びるって。
もう滅びかけてるけど。宇宙開発縮小とかなんのギャグかと。


「ああするから天才」、なんじゃなくて、「天才だからああなった」。
この順番だけは履き違えないで欲しい…。


562 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:17:13 ID:BWM+F5ue
まあ実際>>552も、スレタイだけみれば仙人のようだけど、
実質は
 > 「有名でなかった頃は(数学者の職業について)
 >  何を言っても大丈夫だったが、
 >  有名になると何も言えなくなってしまう。
 >  だから数学を離れざるをえなかった」などと述べた。

 >  同氏はフィールズ賞を断った理由を
 > 「自分の証明が正しければ賞は必要ない」と説明。
 >  現在の数学界や、有名になって注目される境遇に嫌気が
 >  さした気持ちを吐露した。

 > 自分の研究を土台にした業績合戦が繰り広げられる状況になじめない

 >  同氏は現在無職

こんな状態だしなあ。
仙人のような発言を称える前に、
そもそも適性に評価してやってないじゃんか。っていう。

563 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:34:07 ID:3Sm4b+LL
>>561
>スレ違いな長文書いてごめんなさいね。
>でも、

ここまで読んだ

564 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:42:55 ID:yIvwZvq7
絶対音感を勘違いしている奴が多いが、
実際には"あらゆる"音が音階に当て嵌まるわけではないし、
音階として聞き取れない音も多い。
綺麗に倍音が共鳴していればいいが、
半音より細かくズレていたり、不協和音になっていると、わけわからなくなってくるぞ?

440hzを聞けばラ(mid2A)だとは分かる。

565 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:44:14 ID:rmmn//vH
けっきょくコレ>>563だからなあ。
どんなに熱くかたっても伝わらないと思うよ?

外野は、中がどんなに苦しんでようと
都合いいトコだけとって「天才だー」「いいなー」って
言いたいだけだもの。
その結果当人が余計苦しんだって知ったことか。
私ら向けの幻想だけつくって、勝手に苦しんで死んでくれ。

そんなもんだよ本当に。そんなもの。

566 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 12:51:52 ID:2k3zeCg8
>>565
いや563は1/3読んでるじゃんww
イイ人だと思うがw

個人的には、
外野内野っての、
好きじゃないけどね。
 :理系学問は専門家がやるもの。
 :庶民はノータッチなもの。
正に内野外野思想だけど、
これって理科離れの
原因であり極みだから。
今回も、>>552
スレタイだけ感動して
誰もペレルマンの
証明内容に触れようとしない。
そんなもんか、そんなもん。←ちょい気にいった。


567 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 13:11:25 ID:ny7uZiU/
桜木花道

568 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 13:26:13 ID:YshRVfzq
広辞苑ひくと・・

天才−普通の人にはまねの出来ない、すぐれた才能(を生まれつき持つ人)
才能−物事を理解して処理する、頭の働きと能力

定義的には飲み込むのが早い人なんだね。
細かい分野で特殊能力がある人は本来の天才じゃないみたい

569 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 14:22:19 ID:vOIyMj1R
言っとくけど、ノートを取らずに授業を理解するっていうのは天才じゃなくてもできる。
あらかじめ授業の前に自分で教科書を終わらせておくことだ。
俺は決して頭は良くなかったが、自分で学校の勉強を1年くらい先取りしてた。

だけど、模試がなかなか伸びなくて最後には頭のいい奴に抜かれてしまったが。

570 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 14:31:32 ID:TMpV1DO0
高校なら可能かも知らんが、大学の専門書を自力で何とかするのは骨だよ。
そういう奴もいるにはいたけどね。

571 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 15:21:23 ID:g2WiF8/0
かつての同僚。
どんな仕事を任せても(雑用含む)最短手段を見出して、実行する人だった。
本人は「モノグサなんです。」とか言ってたが。
彼女に一回その仕事やらせて、その手順を記録すると、
最短手順のマニュアルが完成。
何年間もやってたマニュアルを、彼女のおかげで何本も改訂した。
あれも一種の天才なんじゃないかと、上司は言ってた。
いまは普通の主婦をしてるらしい。

572 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 16:01:45 ID:rwF0wpzw
大学だと、各々の抗議が週に一回で種類も多いもんだから、
聞くだけスタイルだと前の内容がおぼろげにしか思い出せない。
数種類を週に数回やる高校と比べて難度が段違いだね。

573 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 16:10:36 ID:M0aouIe1
>>571
感嘆するほど手際のいい人って「面倒だからパパッとやっただけ」とか言うよね。
それに比べて二度手間二度手間な凡人のわたしorz

574 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 17:24:51 ID:V9PBK8HD
>>571

ぜひ例をあげてくれ
どのような仕事をどのような手順でしたのか

575 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 18:38:51 ID:zCYGWTZg
努力を人に匂わせないのが天才の一つじゃないの?

相対性理論の一つはレポート用紙一枚で終わったそうだ
長文レポートしか評価しない教授どもに聞かせてやりたい

576 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 18:47:17 ID:vOIyMj1R
>>575
教科書丸写ししかしない学生が偉そうに

577 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 19:14:42 ID:W7tjY24J
何かを履き違えている>>575

578 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 19:27:29 ID:EhfxDFty
「何か」を履き違えているというか、履き違えていない「何か」を探すほうが困難だな。

579 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 19:46:35 ID:uUz3/oOg
>>560
日本は凡人の僻みで出来てますからw
おかげで俺も(俺は馬鹿ですが)所得税が50万くらい引かれて生活苦、
天才はどんどん税率の低い外国へいってるお

580 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 21:04:57 ID:8UAiHwAi
>>121どういう脳の構造してんだろうな
>>141>天才の脳はシナプス構造が違うと読んだことがあるが
本のタイトル教えて
>>249そうなのかも
>>287ものすごい学習能力だ
>>331すげー
>>360あるある
>>508才能があるのに親の理解がないと学ぶこともできないかわいそうな話だ
体育会系のバカ大学にやらせることの方が無駄なのに
>>516真の天才の話だ
>>541記憶力は天才的なのに応用ができない人間って多い
>>571発想力がすごいんだろうね。マニュアル人間にはできなそう

581 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 21:17:42 ID:TPKohpyx
>>575
特殊相対性理論は、中学生程度の数学的知識があれば十分理解できる
単純明快なものだが、さすがにレポート用紙一枚ってことはないだろ。

この単純さがあったから、時間の流れが観測者によって違うなんていう
突拍子のないアイディアが受け入れられたわけで、
そこがこの理論が20世紀で最も美しい理論と言われたりする所以なんだろう。

582 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 21:31:23 ID:vefL5zEw
俺はマクスウェルの方程式が美しいと思う

583 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 21:48:26 ID:EhfxDFty
>581
> さすがにレポート用紙一枚ってことはないだろ

それくらい察してやれよ。

『物体の慣性はその物体の含むエネルギーに依存するであろうか』
A. Einstein, Annalen der Physik (Germany), 18, 639-641 (1905)

と勘違いしてるんだよ。E=mc^2のやつ。

特殊相対性理論のペーパーは別モノだけどな。

『動いている物体の電気力学』
A. Einstein, Annalen der Physik (Germany), 17, 891-921 (1905)



584 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 22:20:26 ID:pZIZpxOI
>>564
すべてがピッタリと何かの音にあてはまるわけではないので、
微妙な半々音なんかに聞こえて、気持ち悪くて酔うという
絶対音感な人は多いそうだ。

585 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 22:29:39 ID:WZPabvxj
相対音感でぐぐると、>555がとんちんかんな事をいってるのがわかるぞ

586 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 22:54:30 ID:yIvwZvq7
>584
チューニングがあってない楽器を弾くと、頭痛くなります。

587 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 23:13:33 ID:TPKohpyx
オーケストラだとA442でチューニングするよね?
ピアノの調律は平均律を使っているから純正な和音にはならないよね?
絶対音感を持っている人は、これらの音をどのように聴いているんだろ?

588 :ちこ:2006/08/23(水) 23:26:03 ID:fbKKgCIa
俺の貧乏な幼なじみが中学入学からDQNになってしまい中学からこなくくなった。
それで貧しいかなんかの理由で転校していった。
それから七年自分は二浪して旧帝大に合格。
二個上の理Vにそいつはいた。
高校も行かず独学で現役合格したらしい。
話をきくと小さい頃死に別れた父も理Vだったらしい。
天才ではないにしろ独学で理Vに現役合格する奴は何かDNAから違うのかと落胆した↓


589 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 23:48:44 ID:mCDTijNc
しかしこのスレで出てくる天才はどうしてどいつもこいつも理Vに行くのか。
工学系で活躍してくれる方が、ありがたいような気がするんだが。

590 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 23:51:19 ID:EhfxDFty
>585
そもそも何を言いたいのかが分からんからなぁ。

簡単に言うと、音感は音の高低が分かるということ。
長さで言うと、長短が分かるということ。

二つのものを見比べて、どっちがどっちより何倍長い(短い)かが分かるのが相対音感。
つまり、二つの音を聞き比べて、ドとソの関係だとか、ドとミの関係だとかが分かる。

いきなり一つのものを見て、それが何センチか分かるのが絶対音感。
ピアノの鍵盤で、どれに相当するかが分かる。

>587
細かい話をすると、ピアノは厳密な平均律じゃないみたいだよ。
よく使う調でそこそこ綺麗に響くように調律するらしい。ここまでは数学の本で読んだこと。
ここからは俺の考えだけど、そのような理由で、調によって和音の響き方微妙に違ってくる。
学校の教科書で「○調=○○な感じ」とか書いてあったのは、そういうことなんだと思う。

で、絶対音感を持つ人が、ピアノの音をどう聞いてるかって話は、分解能の問題だね。
長さでいうと、10センチの単位で長さが分かるのか、1ミリの単位で分かるのかってこと。
絶対音感の人の分解能はよく知らないから適当に想像するけど、
430Hzとか聞いたら「低いAの音」と分かるんだろうけど、
441Hzを聞いても443Hzを聞いても「Aの音」と認識する程度なんじゃない?
つまり、ピアノの調律程度の狂い(っていうか平均律からの微調整)を認識できる程じゃないとか。

もちろん、441.98Hzを「微妙に低いAの音」と認識できる人ならば、
その辺の違いもばっちり分かっちゃうんだろうけど。

ID:yIvwZvq7さんも絶対音感をお持ちのようだけど、どの程度の分解能があるのかな。


591 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/23(水) 23:54:16 ID:hoqnLR/o
もう絶対音感の話はいいよ
あの本が出てから伝説wが一人歩きだしね

592 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:22:36 ID:m7c0zkMw
>>589
俺は理学系に行って欲しいと思う。
病気餅だけど正直医学が発展して治してもらうよりそっちの方がよっぽどいい。

593 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:29:13 ID:2dFm27Wc
>>590
鍵盤楽器は鍵盤楽器であるが故に完全に調律できない。
本来は、使用する調に応じて調律法を変える。
ただ、それでは不便なので平均律ができた。(それでも不具合はいっぱいあるけど)

音楽やる上での「耳の良さ」は、音がどれだけ細かく聞き取れるかで、
指揮者なんかは天才的な耳の良さを持った人が多い。
ブーレーズはどんな複雑な現代音楽をやっても、微妙な楽器の狂いを指摘できるとか。


594 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:31:17 ID:9Ai9uOsf
>>592
理学と工学は、
両輪として手を取り育っていくもんですよ。

理学がいい工学がいいと
そこで取り合うもんじゃないと思うが…
理学・工学→オタクっぽーい。
文系→楽しい、就職ある、社会的地位高い、
     政治の中枢に入るのは文系だらけ
正直、この状態で、
理学工学で喧嘩したってなんも得るもんがない。
理科離れというか、
理工学リテラシーが極端に低下してる今、
今度も理工学の地位が下がるのは目に見えてるんだし。

595 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:35:21 ID:pp9JYTZc
わけわからん位、読書の速い人間
それだと速読と言われるが、
読み方が速読じゃない気がする
そいつが言うには同時に七、八行読む
その読み方で一行読むのと比較して
速さが衰えない
読む行の目安としては文庫本の見開き四分の一
だが、英語は母国語じゃないから
難しくてできないらしい
最初は二行から始めたらしいが、
訓練しても七行とかできるもんじゃんーなと思った


596 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:36:00 ID:w8trEzCJ
静岡のある絵画塾での話。
デッサンを描くとき普通は全体の構図を
とるために下書きする。

しかし、高一のその天才は違った
あごから丁寧に書き込こんでいった。
あごから口、鼻、首、目、部分部分を
全体を描かずに描いていく。
完成したとき、その絵の構図は完璧だった。
あごから絵が増殖していくように広がって
描かれていったのだ。

そいついわく、キャンパスの四角を
立体の像の空間に想像でかきこみ
それをなぞって描くだけですと言っていた。

そういえばダヴィンチも同じようなことを
言っていた。
石のなかに埋め込まれている像を
掘り出しているだけだと。

597 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:49:26 ID:rMUoeSq+
絶対音感は、基準となる音を与えなくても任意音名が分かる音感のこと。相対音感は基準音が必要。
基準が必要か不要かの違い。

絶対音感があると言っても、単音でじっくり聞かなければ分からないレベルから、
微妙なピッチまで分かる人や○和音まで分かるとかまで程度はいろいろ。
>>564>>587のような状況でもそのまま「○の音で○○セントぐらい高い」とか分かる人もいると思う。
分解能はさまざま。

だからこの話と調律や倍音の話は関係ない。>>590も違う。

598 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 00:56:57 ID:zgMDk+yH
3桁の計算を瞬時に出来る人がいた

別にそろばん・暗算を習っていたわけではないらしい

599 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 01:18:52 ID:gvBTnLDS
>>568
わかった、それって天才モーツアルトのことか?
有名すぎる話だが、彼は地球上のあらゆるもの(空気もすべて)
の音がみえていたとかなんとかってのもきいた。ってことはすべてを把握してのみこんでたって
ことだよね
あと生涯クリスチャン・バッハから吸収したスタイルで作曲してたとかなんとか...
それを結びつけるとその定義があてはまるような、、、

600 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 01:55:50 ID:FWH3X4GS
>596
夢十夜の 運慶みたいだな。

601 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 02:08:12 ID:DA/Mu6VO
>>571
私の事かと思った。
すごいめんどくさがりなんです。
だからマニュアル通りにするとまだるっこしくて。
だから会社でずっと受け継がれてきたというやり方を、幾つも変えちゃったよ。
例えば見積書やら何やらつくるのに、
いちいち電卓やら表計算ソフトで作ったのを貼り付けたりしていたのを、
データベースを別個に作って、見積書のフォームにリンクさせたりとか。
知らなかったらマクロとかをマニュアル広げて探して、
独自に作り上げたよ。
その後も少しずつやり方を変えていったけどね。
まあ事務的な仕事以外のものも色々作ったけど、
詳しく書くと個人特定されそうなので、
技術的な物としか書けないけど。
楽をしたいが為に、目的の為に色々考えて工夫する。
そこまでの道筋を始めは試行錯誤して開拓するんだが、
後がすごく楽になる。
今でも日常生活の中で色々ひらめいている。
ただ、めんどくさいので、少ししか実行していない。


602 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 02:56:33 ID:RCe9wM3v
ttp://valse.lolipop.jp/mr-bear-crash/music/onnkann.html

ここの絶対音感(ハイクラス)が、勘じゃなくて全問正解できる人は
自慢できると思う。
音楽やってた人はハイクラスじゃない絶対音感なら結構正解するんじゃないかな。

603 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 03:18:20 ID:TlZr8R0L
>>595
それが速読ですよwww

604 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 03:33:57 ID:fA8JEOvj
>>597
からくりテレビのボブ(だっけ?)が
ピアノの単音をポーンと鳴らされて「なんの音ですか」と聞かれた時

「もー」
と言いやがったのを思い出したwww
笑い過ぎて腹痛かったw

ドレミファが無い国の人で絶対音感ある人は
聞こえる音をどのように表現するんだろうね
雨の音を聞いて、
(俺んちの羊が餌欲しがる時の声と同じだな‥)とか思うのかな

605 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 04:04:25 ID:cH3JC7oT
>>597
基本的に同意なんだが、倍音の話が関係ないってことはないでしょ。
それによって「どのような音程として響いてくるか」が変わっちゃうんだから。

しかし絶対音感と「天才」ってのはだいぶ違うもののように思うんだけどな。

606 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 06:06:36 ID:WQwmP/H+
そもそも絶対音感ってなんなの?
音感の強い人がただ子供のころに刷り込まれた思い込みだと思うよ。

607 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 06:23:57 ID:YCTyaE2j
うちの姉。
小学校時代に知能指数が低すぎて計れないと言われたりしたことがあったが
電話番号の記憶力が凄い。
一度試しに私と母の携帯のメモリーをざっと見せてみたところ、
軽く800件はある番号を一発で憶えスラスラと言い当てた。
なのに学生時代のテストの点はボロボロだったし
用事を言いつけると必ず一つはやり忘れてしまう。何で!?

608 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 07:22:19 ID:iFbR6J6F
>606
頭の中に音叉がある。それだけ。しかし、それに
何セントまでわかるとか音が色を伴って聞こえるとかそういう能力が付加されて
神格化されてるだけ。だからスレ違いと思うよ。

609 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 07:45:19 ID:OUud5fYU
>>235
共感覚?
>>547
あなたは確実に一般人ですね。

俺の友達は小学生の時にストップウォッチの画面を見ずに10分当てるゲームで誤差±1で当てる奴がいた。
そいつは記憶力も半端なかった。

610 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 08:14:21 ID:A3dNiXxU
>>602
音鳴らない・・・

611 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 08:46:04 ID:aK5mP6m0
>>605
何が基本的に合意だバカ。倍音言いたいだけちゃうんかと。
おまえ普段からよく知らん事に自分の知ってる関連要素を絡ませて喋って分かってるふりするだろ。
そういうのは他人に頭いいと思われたがりな奴がよくやるんだよな。
絶対音感の話はもう基準とか音叉とか正解出てるからそれ以上知りたきゃ勝手に調べとけ

612 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 09:21:21 ID:/w2SR+dL
この間どっかの店行ったら風鈴が3つあって
それはドとレとラだった。
ただし、ドは高く、ラは少し低い。レはほぼぴったり。
ランダムになる風鈴の不協和音に若干気持ち悪くなった。

音大生だけどみんなこんくらいの音感はあるよー。
たまに日常の音当てクイズしたりする。
これはFis(ファの#)だね!
うん、ちょっと高いけど、とか。

613 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 10:10:07 ID:2dFm27Wc
>>599
後世まで名が残る作曲家はだいたいそういう能力を持ってるよ。
他に、メシアン、スクリャービンが、「音から色が見える」と発言している。
(色から音を見いだし、作曲活動につなげる)
特に、メシアンは鳥の鳴き声が楽器音として聞こえていたため、それを見事に
作品として提示した。(鳥のカタログ)

614 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 10:37:59 ID:aK5mP6m0
聞こえてきた音っていえば、タモリ倶楽部の空耳アワー。
タイトルコールで空耳〜♪って歌ってる部分が、音程もへ長調でソラミミになってるw

615 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 11:11:01 ID:TZ5cJk5r
>614
> タイトルコールで空耳〜♪って歌ってる部分が、音程もへ長調でソラミミになってるw

まじか!さすがタモリ倶楽部

616 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 12:13:04 ID:oIEQrRE5
>>613
音に色が見えるっていう特殊能力があったからこそ天才的な
音楽の才能を発揮したというのもあるのかもね。
それとは違うけど、アルファベットに色がついて見える人ってのをテレビで
やってた。
一つの情報に脳の色を判断する部分も同時に反応する?みたいな感じらしい。
そういう人は一般人とは微妙に脳の構造が違うのか発達段階で何かあったのかも知れないね。

617 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 12:57:01 ID:cH3JC7oT
>>611
なにをぶち切れてるのか知らんが、倍音増えてったら音程変わってくるよ。
いくつもの音程が聞こえてきて「ひとつにはならない」という場合もある。

あと絶対音感をもっている人といってもその聞こえ方は人それぞれ。
単旋律、きちんとチューニングされた楽器の和音などは聞き取れても打楽器の音はよくわからない(複数に聞こえすぎる)という人もいる。

また、5度音程が積み重なっていくとそれが一つの音にまとまって聞こえてしまう、という人もいる。

クラシック出身でかなり正確な絶対音感を持っている人に
出身がクラシックでない楽器の音を色々耳コピしてもらうとおもしろいよ。

もちろん本人に同意を貰った上でだが。

618 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 14:43:31 ID:5LqOjkL5
そろそろ絶対音感について考察するスレでも立てたら?

619 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 15:04:13 ID:f3wNN+P9
同意。

620 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 15:15:06 ID:RMhvb0Hu
ホント、空気の読めない絶対音感バカのせいで
もうスレ無茶苦茶じゃんか…

621 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 18:22:52 ID:Pi2PYB0K
たまには脱線もいいじゃん。気を大きくもとうぜ。
日本人は流れや空気に神経質すぎるんだよ。
新しい話題をぶっこんでパラレルにやればOKじゃん。
会議じゃないんだから。

622 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 18:53:06 ID:YCTyaE2j
どうだっていいじゃんそんなこと
なんだっていいじゃんそんなこと

623 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 18:59:09 ID:TZ5cJk5r
>616
> それとは違うけど、アルファベットに色がついて見える人ってのをテレビで
> やってた。
> 一つの情報に脳の色を判断する部分も同時に反応する?みたいな感じらしい。
> そういう人は一般人とは微妙に脳の構造が違うのか発達段階で何かあったのかも知れないね。

ぜひぜひ「ブーバ キキ」で検索してみて。
そういう共感覚的な面は、誰でも多かれ少なかれ持ってるとわかるよ。面白いよ。

624 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 19:01:16 ID:O3vmp21U
周囲より頭が切れるからといい気になって頭を酷使し続けると、
ある日突然ものが考えられないようになることもあるからなー。
頭も案外もろいものだとオモッタ。

625 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 20:20:04 ID:AT4pyGcG
うちの姉。
学級写真に目を通しただけで、そのクラスの勢力関係とスクールカースト、要注意人物、
そして今後のクラス情勢までも言い当てる。
俺が新しいクラス写真を持ってくるたびに「最初の数ヶ月はコイツが出しゃばるけど、すぐに孤立するでしょ」とか、
「コイツは何らかの形で名声を得ると思う」とか「コイツとコイツで派閥争いが始まるけど、コイツがきっかけで二人とも没落する」とか予言する。
とても信じられないような予言(幽霊みたいに地味なルックスの子が権力を握る、等)なんだけど、
ほとんどの予想が怖いくらいに的中する。

これはどういう系の能力なんだろう

626 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 20:32:41 ID:EGfoFyN7
>>625
スクールカーストって初めて聞いたけどすごい表現だな。

627 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 21:18:35 ID:H9QYf/bm
>>623
これは…ぐぐってみたけど、
ちょっと別の問題だと思う。
学問的な定義はともかく。

628 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 21:53:37 ID:Pi2PYB0K
>>624
使えば使うほどよくなるはずでは?
>>625
それは霊感としかw
占い系の道をすすめてみては?w

629 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 22:32:36 ID:BPxB3Yci
>>625
それは年の功かな。
若いのなら経験を有効に活用する能力に恵まれているんだと思う。

630 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 22:32:37 ID:hzCI9Jsb
ちょっとした人相見だな

631 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/24(木) 23:48:48 ID:iFbR6J6F
>>625
外見についてのスレッドのコピペで
ある学者が卒業写真の顔を見ただけで
誰が出世するしないか、誰が良い学生生活を送れたか、とかそういうのがわかる
というのがあった。

632 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 00:40:56 ID:DvHF1pBM
>>625
その話もっと聞きたい
お姉さんっていくつ?どういうところで見分けてるんだろう。


633 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 00:42:50 ID:erHi8FAE
なんかもう全然天才じゃなくて、
ただの一芸自慢みたいになってきたな。

634 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 01:41:53 ID:kaRkq80X
>>633ワロス

635 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 01:46:55 ID:91NSxLWJ
一芸に秀でればなんとかってあるじゃないですか。
どうでもいいけど。

636 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 03:22:35 ID:kkOPuRXJ
>>633
>一発芸

それを言っちゃいけないw
一発芸入試を思い出した。

637 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 03:39:20 ID:GL6FxUV+
地味な会社員がノーベル賞取ったって有名になったあの人も一発屋?
もう名前さえ忘れた

638 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 03:44:21 ID:169Jc3nh
>>637
あの人は、(当人は拒否りながらも)事実上の昇進を繰り返し、
また、いまや
日本の科学教育についての国策を決める会議にも
参加要請をされるほどになっているよ。

ていうか、理工学の発見に
厳密な意味での「1発屋」なんて存在するもんか。
知名度って意味での1発〜はあるかもだけどね。
それはむしろ、そうあって欲しいんだからいいよ。
あの時の糞マスコミみたいニ
延々粘着されてたまるかってんだ。

639 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 05:51:08 ID:FJSZQFz2
>>607
サヴァン症候群じゃ

640 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 08:44:25 ID:RUXWXsEi
>>637
あぁいうのは一発屋とは違うだろwwww
芸能人じゃねーんだから。

641 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 14:02:50 ID:PSW5RML3
>>456
インド人は色を表す言葉が黒白赤の3つしか持ってない、とすると
インド人は自国の国旗の色は言い表せないのかな?
ttp://www.sarago.co.jp/nfhtm/in.html

642 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 14:50:04 ID:hb8fsOJA
友人に、ほぼ100%馬券的中て奴いたなー
実際に競走馬見るのと貧乏状態ってのが条件らしいけど、俺からすりゃ十分天才

643 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 16:36:03 ID:1fXRpcv/
>>641
緑色→「草」色
黄色→「ウコン」色
とかいう感じで言ってるんじゃない?

644 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 17:30:40 ID:uB4w6kQh
馬みて当てるとは、すごいな。パドックの中で、一番「輝いてる」のか?

645 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 21:34:15 ID:rw3ov+Pw
兄、たった一度兄が小学生のころ冗談で書いた漫画が出てきた時
普通にコマ割りがしっかりと出来てて漫画が成立してた
これを見たときオレの「漫画書いて暮らせたらなぁ」と言う夢は爆砕した

兄はカタギ

646 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 21:49:03 ID:dbXKpXcS
>>645
お前の他人の想像力に頼りきった文章もなかなかだぞ

647 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/25(金) 22:12:55 ID:+iqG1K84
>>637
あなたが、田中さんの名前をすでに忘れてしまっただけでしょ?



648 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 00:02:52 ID:pUEOy1dZ
兄はマタギ

649 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 01:10:24 ID:+Cs2JuFF
>>644
馬と女はケツで良し悪しがわかるって父ちゃんが言ってたよ
馬券も母ちゃんもハズしてるから俺は信用してない

650 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 01:33:33 ID:5PzfCxsN
俺の兄だが、小さい頃から勉強は校内1番は当たり前で
今は某大学の医学部に現役で入ってエリートの人生一直線である
医学部の中でも勉強は10番以内

性格も明るくて人を笑わせることやすごいことをやって驚かせることが大好きであったため
人脈もよく、小学校や高校以来の友達がとても多く、先生とも仲がとても良い

勉強だけでなく、部活もとても良いとは言えないが人並み以上に努力していた
地元に帰ってくるとOBとして必ず高校の部活に顔を出している

その他には、小学校のときに全日本ピアノコンクールで全国4位とか
中学校のときに全国英語スピーチコンテストで全国1位とか
スキーがプロ級にうまいとかIQが150以上とか
何をやってもすぐにこなしてしまうとか

今はマンションもあり、同じ医学部の彼女もいて同棲している
人より行動力があるため今もなお、ひそかにすごいことを計画していると思う




こんなすごい人の弟なのに俺は・・・

651 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 01:36:59 ID:ffmvM4je
>>650
金持ちだね

652 :650:2006/08/26(土) 01:45:25 ID:5PzfCxsN
親は、父は医学部出身で、母は薬学部出身
父の職業は個人病院の院長
親戚も医者が多い

653 :650:2006/08/26(土) 01:48:55 ID:5PzfCxsN
弟も勉強ができるから医学部希望してるのに
俺だけ工学部希望なんて・・・

周りの人からは落ちこぼれって言われてるよ・・・

654 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 01:50:00 ID:pINU0Cco
>>652
おまいさんは何をやってるの?

655 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 01:52:10 ID:pINU0Cco
ごめん。
>>654は無しで。

>>653
ガンガレ

656 :650:2006/08/26(土) 01:55:14 ID:5PzfCxsN
今これを書いたら本当に将来がこわくなってきた

周りがみんな高学歴&医者なのに
自分だけ貧乏で細々と暮らしてるのかと想像するだけでぞっとするよ

657 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 02:00:15 ID:XjOiNkNA
貧乏で細々と暮らすことは別に悪いことではない

658 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 02:00:28 ID:lhcySC6m
>656
医者が金持ちとは限らんのだが。

659 :650:2006/08/26(土) 02:01:12 ID:5PzfCxsN
>>652
何をやっているとはどういう意味?
今の自分の状況ということかな?

今は高校2年で、勉強よりは部活中心の生活をしている
でも、成績は地に落ちてる

660 :650:2006/08/26(土) 02:09:05 ID:5PzfCxsN
>>658
月収は約200万ぐらいだったと思う
でも、個人病院を建てたときの借金と家のローンがまだ返済してなく
兄弟が4人いるので金持ちというわけではないと思う

661 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 02:46:26 ID:lhcySC6m
>660
医学部・工学部以前に頭が悪いんだな。


662 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 02:46:27 ID:jAQ+LYfl
>>660=650
工学部いいじゃん。
あなたも田中さん目指せばいいやんか。
人生死ぬまでわかりまへんで〜


663 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 02:47:39 ID:9/J5bFT4
あのさ工学部でも田中さんや岩田さんみたいに好きな事を極めて
自分らしく生きることが出来ればOKなのではないかな?
自分しだいだと思うよ、がんばれ

664 :650:2006/08/26(土) 02:53:44 ID:5PzfCxsN
>>661-663
ありがとうございます
でも、本当に工学部でいいのか今本当に悩んでいます


665 :650:2006/08/26(土) 02:57:19 ID:5PzfCxsN
なんだかスレ違いになってきたので退室します

666 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 03:00:22 ID:jAQ+LYfl
チャットじゃねーよw

667 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 03:10:13 ID:0DtOrzCz
>>623
遅レスだけど

検索してみた。面白そうなのでもっといろいろ調べてみる。ありがとう

668 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 03:12:08 ID:ZZ5Zy+Mm
>>653
お前は工学部出の俺を怒(ry

おまえは工学部にしか逝けない落ちこぼれ、じゃなくて、
どこへ行った所で満足できず他人を見て「○○はすごい」「なのに俺なんて」で終わる奴なんだよ。
努力したくないから、自分の恵まれた部分をあえて見ずに俺なんてダメだ、しょうがないと決めたいんだろ?
落ちていく方が楽だから、目の前の高い所にいる奴だけを見て比較して自分を卑下してるんだろ。
なんだかんだ言ってプライドの高さの裏返しにも思える。

上には上がいるけど、下にも下がいる。お前は本当の最下層じゃない。
充分できてるよ。今の変な所に居ずに、もっと合った環境に移った方がいいよ。
自分の居場所を見つけてそこで満足できるように頑張ればいいと思うよ。

出来損ないと思われたくなくて上の合わない所にしがみついて、ついていけずに腐るより
もっと活躍できる場所があるはずだから工学部でのびのびやれば?
家族と離れて一人暮らしするのがいいと思うよ。

669 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 03:15:38 ID:bgwjaOmh
姉の話なんだけど
滅多にやらないのにゲームがうまい
クレーンゲームは一回でとれるし、シューティング・レーシング・格ゲーはだいたいハイスコア。
パチスロもたまにやるらしく、いくたびにおかしを沢山もってくる。
一日ポケモンを貸したら図鑑が30匹近く埋まってたこともあったし
そのぐらいしか知らないけど、すごいと思う

670 :650:2006/08/26(土) 03:26:32 ID:5PzfCxsN
>>665
×なんだかスレ違いになってきたので退室します
○なんだかスレ違いになってきたので一旦退室します

>>668
訂正だけしようと思って戻ってみたら・・・
とても参考になる意見をありがとうございます

眠くなってきたのでノシ


671 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 05:48:36 ID:XVGZrYEX
つうかそんだけ書けば、個人特定されちゃうぞ。
勉強以前にもうちょっと注意深くなった方がよいかとw

672 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 07:36:15 ID:iwCFrFAj
::: : : : :                      Sドラドゥス                 : : : : : ::::_,.、‐"
"‐-、、::: : : : : :                  2000(28億km)           : : : : : : ::::_,、-‐"
   ``ヽ-、.,_:::::: : : : : : : :                       : : : : : : : : : ::::,,:,、-ヽ"
        ```'−-,,、,:_:::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::、,,、、、-‐''‘ 
               ゙、.`゜`''':…‐:--.-::::::、,,.:::::.,,,,.::::-.--: ‐丶'"゛゙`  : : ,"
             `i、:                          : 、" 
              \: :                      : .:、 :l
              ゝ`'-、.:         ミラ        : .:,、'´::/
               ゙. `'‐、.: .:   500(6億9700万km):_/  :l,
               `'.   `ヽ-、,,、: ..`: : : : : : : ,_、、-‐"   : :.ノ 
                   ヽ:       ``゛"'':'''''''''"`″     : :,/ 
                 `-、      アンタレス     : .,/ 
                  ``、、  390(5億4000万km)..:,/
                    `'ヽ、、.          _,.-'" 
                       ^"ヽ‐、-::---:ー""`  

                           o   太陽
                                1(130万km)


      / ー┬         |  l l  \    l l _/__   ├  /  ナ-      ナ―
     /| 口 |  ー┼┐\  |/  -―,   ̄フ _/__    |  <   / ├     /   ̄"
      |   J   / /   ∠__  __ノ   (__  (_ノ ⊂)ヽ  \   ⊂)ヽ つ /  ー―

673 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 08:04:28 ID:JNNLiLUH
>>672
いまの冥王星の気持ち

674 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:04:00 ID:qpn7ULOn
しかしセーラームーンはどうなるんだ?

675 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:19:04 ID:8QSXuGgU
>>667今北産業なんだけど…


え?みんな色とか音とか匂いって連動してないの?

私はお酒が飲めないから、お酒の匂いを覚えるのに「ブランデーはレの匂いだけどウイスキーはミの匂い。だから少し赤い感じ。焼酎の匂いはシだから黄色」とか思ってたよ!


…変だったんでしょうか?

676 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:20:24 ID:XevYIspO
>>675
君は天才

677 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:23:34 ID:dNwYBlUz
>675
同じく

文章とかもそうやって読む

678 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:31:08 ID:5N271Ie/
映像瞬間記憶能力の人


679 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:33:17 ID:8QSXuGgU
>>677そうそう!
場面を思い出すとその辺りのページの色や音が思い浮かぶから、後から「○色の後の●色の場面だったよなー」とか思う!

昔「今日はモ〜チャルトっぽい服にするかな♪」って言ったら、モーツァルトの肖像画みたいな服着てくると思われたことがある。私はただ色と風合いの音を説明しただけなんだけどね。



ちなみに私、人より秀でたところは1つもありませんorz。

680 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:36:27 ID:dNwYBlUz
語弊があったかも

色と匂いと図形みたいなので
文章をパターン認識して読むの
掲示板もそう

漫画とか雑誌ではしないけどね、って言うかできない。

681 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:45:15 ID:8QSXuGgU
そっかー。それは私の感覚とは違うな。>>678の言ってるような天才さんかも。


てか、いろんな物が連動(って言っていいのか分からないけど)しない感覚の方が、理解しにくいんだけどなぁ。うまく言えないんだけど。

ごめんなさい。天才さんじゃないからスレ汚しm(_ _)m。

682 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:48:53 ID:dNwYBlUz
>679
似てるかもね〜



超能力とか霊感があると思われてるけど
実際もの凄く鈍かったりするし
そんな事をした所で、全く生活に役立ちません

ただ心の中で思ってるだけ

683 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:51:43 ID:8QSXuGgU
>>682ナカーマ(ノ^^)八(^^ )ノ

684 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 09:52:38 ID:dNwYBlUz
>681
私も何て説明したらいいのかわからないよ〜


こいつらうぬぼれ、とか思われそうだから
これにて終了ね★

685 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 10:06:39 ID:tOPj4Ak9
a

686 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 10:31:23 ID:A3NK5D6Y
要するに共感覚でしょ。以前、メンヘル板で共感覚者スレがあり、
「私たちって神経の配線が混在してて寿命短いって噂あるよね?」
とか低空飛行のスレ進行だったよ。宮沢賢治とか芸術家にも多いのでは。
もちろん、絶対音感と同じく、それだけでは稀有な才能ではなさそう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E6%84%9F%E8%A6%9A

687 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 16:19:15 ID:tWRR62K0
共感覚ってどういうのか味わってみたい。面白そう。
でも本人が生まれつき持っているから他人も持っていて当たり前と思っている能力や人って
意外と多そうだね。

688 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 17:04:53 ID:TfflhOOG
赤ちゃんのときは誰でも共感覚だよ。基本的に誰でも共感覚的な部分はあるし。
何か数式見たら図形的イメージがすぐ浮かぶってだけでもここじゃ天才扱いされそうだな

689 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 17:38:26 ID:nQafEkZs
脳の発達不良だって聴いたな、共感覚は。
まあ、どうでもいい。

すっかり天才の話も消え去って、
私が私が私がの糞アピールと
天才とは程遠い1発芸報告のスレになってしまった。。

690 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 17:57:43 ID:xIcqOCAu
一発芸は身を助ける

691 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 18:23:45 ID:/E+4lMpH
天才の定義は天から与えられた才能だからな。
ある意味みんな天才だし、みんな天才ではない。

勉強ができるから天才、運動ができるから天才、絵がうまいから天才、音楽・・・
ってのは天才とはちょっと違う。
というのは勉強ができるとかは結果に過ぎないからだ。
ある才能を持った結果として勉強ができるってことだね。
努力も才能っていう人がいるように努力は努力でその結果何かができる。


692 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 18:27:30 ID:UC3ABTPo
そういう話は心底どうでもいい。
あまりにくだらない。
それをこのテのスレで得意げに語って、なにがあるんだか。

693 :おさかなくわえた名無しさん :2006/08/26(土) 18:33:51 ID:EGuuGtCV
aiko、Mステで県庁所在地の話題になった時
タモさんに「○○県の県庁所在地は?」と聞かれて
「え・・××?(トンチンカンな答え)全然わからへん」と言っていたのを見て
凄いアホの子なんだと知った。

でも、国内の県庁所在地さえ定かではないのに
あれだけ「売れる」曲を作れるのは凄いと思う。
音楽に関しては、ちゃんとした勉強をしたのかな?
作詞・作曲も自分でしてるんだよね?
まさに「天才」?

694 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:03:46 ID:sH4Or4K4
>>692
それがわからないのはあなたが脳足りんってことの証明だね。

いいかい、脳足りん君。ちゃんとした定義がないと
勉強してないっぽいのに東大入ったから天才、とか
話が面白くて頭がいいから天才、とか
そういう相対評価的なものを天才だって言う書き込みを防げるんだよ。


695 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:09:29 ID:sH4Or4K4
>>693
君は国内の県庁所在地をすべて把握しているの?
すごいね

696 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:10:32 ID:mTjbG3d9
>>693 aikoは、地元では中堅所の公立高校→大阪音大卒だから、凄いアホってわけでもなさそうよ。
Mステのやりとりって何か作ってんのかなって気もするなぁ

697 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:11:39 ID:jrYBVFp2
>>695
お前、頭悪いだろ

698 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:13:24 ID:o06e5Yd0
>>695
横から悪いが俺は把握してる。
普通の教育受けてれば普通にわかるはずだ

699 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:13:50 ID:EW5fOjQ1
県庁所在地は一般常識だな
かく言う俺は覚えてないが

700 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:15:02 ID:fcvPjpjz
頭悪いんじゃあなくて、薄識なだけ。

701 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:16:21 ID:o06e5Yd0
>>699
いや覚えてねぇのかよ!!!

702 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:20:17 ID:4iawZotU
すべての県庁所在地知ってる。
でも、島根県の県庁所在地を知ってても、役に立つことはまずないし、話すこともまずないw

703 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 19:37:29 ID:HYw6Zh7l
>>702


704 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 20:55:25 ID:iTPcdfFj
県庁所在地名をあえて覚えようとしたことはないな。
紛らわしいのもあるし、面倒で退屈。47のうち、二つ三つは怪しい。
名前だけの知識に大した意味はない。駅名暗鬼少年の類だ。
それより、半島なぞの地形をイメージしながら、白地図書けたり、
交通の要所となる都市と都市の場所を地図上で指せたりする方が、
実生活上はるかに応用が効く、豊かな知恵だ。
こんなんが完璧に把握できているやつが一人いる。言葉だけに依存しない能力だ。
これだけで天才とは勿論いえないが、やつにはとても敵わない。
時に、教科書では習わない都道府県コードなんかも知ってると整理時に重宝する。

ただ、aikoには引くなあ。あれは本当に知らなかった体だ。
最低限の教養というか、何をどう考えて生きているのかが問題。
彼女にとっては、地元以外、青森も鹿児島も一緒くたの存在なんだろうか。
世界市民的発想の延長なのか。それとも単に‥‥。単だよな。

705 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 20:59:31 ID:rHTsMFXs
そういう人たちでも暮らしていけるのが温かい社会

706 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 21:00:36 ID:JIMri+IV
>>694
はぁ、本気で言ってる?
ネタならまだ判るんだが。笑えないけど。


707 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 21:06:26 ID:cAtS5/2a
>>706
ぷっwwwww

708 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 21:07:42 ID:757BruPL
なんだ、ただの煽りか

709 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 21:19:45 ID:wJFt0yAZ
>>706さん、スルーしましょ。

710 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 21:28:02 ID:ecaKGZHi
そうだな。706はスルーの方向でいこう

711 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 22:11:27 ID:jmlutrk0
「天才」という言葉が一定の種類の人間を刺激するんだろうなあ……。
そんで「こんなのは天才と認められない」とかぎゃーぎゃーわめき始める。

こっちは面白い話読みに来てるだけなのに。

712 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 22:48:06 ID:02C5TauL
時計を見なくても現在時刻を5分と違わず言い当てられる俺は天才?

713 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 22:55:36 ID:NWqj5MtV
オタク=天才

714 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 23:40:35 ID:Siz9ABG9
>712
超天才なので表彰してもらいたい。
住所氏名を晒してもらえれば小鼠に掛け合います。

715 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/26(土) 23:42:27 ID:kcGOEIt7
>>712
いや、食いしん坊

716 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 06:41:24 ID:+xeCrL8C
 同じ塾にいたなぁ天才がひとり。ちょっと精神年齢が他の生徒より
5歳くらい幼かった気がする。
模試は常に偏差値70後半で、まぁこれはこのスレじゃあ珍しくもないけど、ピアノを
習ったこともないのに授業で「何か弾いてみて?」って先生に言われた時、
その頃よくCMで流れてた音楽をいきなり再現したのはクラス全員ドン引きだった。

717 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 10:28:00 ID:uJnzQnDq
漏れも天才になりたかったなぁ。

718 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 11:31:04 ID:ihcWnS7r
天才児の自殺率がとても高いということで
某国(どこだったか忘れた)には天才児ばかりを集めた学校を作り
美術や自然と触れ合う為の屋外授業など
情操教育を中心にしたカリキュラムを組んでた。
秀才ぐらいが一番いいのかな。
って、それすら程遠いんですけど...

719 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 11:42:49 ID:1irOso7r
>718 面白いね。それ。日本は「平等教育」がはびこってるけど、天才優遇措置は必要だと思う。みすみす大切な資源を放置してるようなもんだ。

720 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 11:42:48 ID:/BZlZTZ6
前聞いたことがあるのは、知能指数が40以上違うと互いに
コミュニケーション取れなくなってしまうとかなんとか。
IQ80〜120を下でも上でも越えてしまうと社会生活に問題が出てくるそうな。

721 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 12:59:30 ID:jv4DErSv
>719
海外では秀才にももっと手厚い教育や優遇措置を施してると思う。
実際、院修了者の末路がこんなに悲惨な国もないのでは。
行方不明・自殺が10%越えてるだろ。。都市伝説ならいいが。

722 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 13:14:55 ID:4LnpxCpm
>行方不明・自殺が10%越えてる
さすがにありえないだろ。

723 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 14:55:44 ID:V3TB7Qg3
全然関係ないけど、東京、京都の大学生の自殺率って超高いよ。
京都だけで日本の六割くらい、二つとも超有名難関大学あるからかなぁ。
頭いい奴って、あれこれ人の裏も見えすぎて絶望するのかもしれん。

724 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 15:19:22 ID:kgfT8Nwb
>>718
ああ、それってアリス学園でしょ?
日本にもあるじゃん。

725 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 16:38:08 ID:n5GgwAQP
誰かが自殺したなんて話は聞いたことないけどなぁ。

726 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 18:17:04 ID:zE2uxwcu
>>725
毎年3万人ぐらい自殺してるんじゃないの?
あれってデマだったのか・・・

727 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 18:22:18 ID:8sUurp5o
>>724
学園アリスって漫画はそこが舞台か

728 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 18:22:41 ID:arxg0Rhz
>>721,722
ttp://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html
によると、およそ8パーセントのようだ。
ソースは書いてなかったから知らん。

アメリカは天才児専門の学校があるらしいね。

729 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 22:22:53 ID:YCygue5j
>>668
俺は>>653じゃないけど深く感じるものがあった。サンクス。

730 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 23:35:30 ID:yDRwQmHl
人が真似できないことができても一芸で天才ではないと思う
天才ってもっと全般的な頭の良さだと思う。

スレの趣旨が"今までに見たものすごい一芸"ってのならゴメン

731 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 23:37:46 ID:4GQCxrcl
>>730
お手本になる話をよろしく。

732 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/27(日) 23:57:58 ID:KflEy2TE
先入観だけど
周りにとらわれない、気にしない偏狭な価値観
突出した能力、自己破滅的人生

っていうと映画にもなったゲーム理論の人か?

733 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 00:34:33 ID:t6A0FcfM
>>720
知能指数135の俺と、90の妹はとりあえず普通に社会生活おくれてるし
コミュニケーションもとれてるけどな。
妹に勉強教えてて、覚え悪いなと感じることはある。でもそれだけだ。

734 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 00:41:18 ID:CxuFV9JU
>>733
知能指数ってどこで知るんだ?

735 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 04:20:47 ID:t6A0FcfM
>>734
妹はLDの疑いがあったから病院で、
俺はペーパーやネットにころがってるテストで。
ネットのテストだと130〜145くらいと結構ばらつきある感じ。

736 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 05:19:31 ID:fOWFEjDZ
なんかIQ自慢になりそな流れだね。
IQ高くたって何の役にも立ってない人が腐るほどいるということを忘れないようね。

737 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 05:47:17 ID:iQvDxElA
ところで、>>534のような先祖返りの件だが
霊能力者も、そういう先祖返りかもしれん。
最近、テレビに出る自称霊能力者は信じられないが
故・宜保愛子さんのサルっぽい(失礼)な顔は
それを表していたのかもと推測。

738 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 06:23:23 ID:xWv0dARH
先祖返りするとサルっぽい顔になると思っている馬鹿がいる件について

739 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 06:32:13 ID:p0Wa0yRf
俺は小中まで自分が天才だと思っていた。しかし、高校に入って見て
自分が普通の人よりちょっとだけ頭が良いだけの人間だとわかった。
天才は何人もいない、俺の高校では東大に入った奴等がいつも数学を教わっていた
奴がただ1人の天才だった。

740 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 10:03:36 ID:BI2FKtMw
>>718
トリイ・ヘイデンの『タイガーと呼ばれた子』を読んで
「天才っていつもこんな感じなのかなー、悔しいだろうなー」って思ったな

授業で説明を受ける

一旦は納得するが、すぐに別の解釈を思いつく

教師に質問するが、教師は天才の質問が理解できない

授業妨害と取られて、次第に問題児として扱われる

天才児本人は
「自分がクラスで一番年下(飛び級)だからバカなんだ。
 だから先生の言うこともわかんないんだ」と悩む。
こういうのが続けば精神的に病むだろうな
天才児専門の教育機関は必要だな、と思ったよ

741 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 10:22:57 ID:+WsAN1mB
>>740
そういうの知ってる人にもいた。
話してるうちに、どんどん色んなアイデアが浮かんできて、
途方も無い方向にいつの間にか話が飛んでる。
でも口に出していないことが沢山あって、
頭の中ではもう既に終わってて、
次の話をし始めるから、突拍子も無い人に見えるんだ。
一度腹を割って話したら納得できた。

742 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 15:54:13 ID:WvLr+yTq
>740
エジソンがまんまそれで劣等生扱いだったんだよな。
教職経験のあった母親が理解してくれたのが本当に幸運だった。

743 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 16:38:10 ID:N/sdHYf/
>742
エジソンはちょっと違うよ。
彼も天才であったことは疑いの余地はないけど、
彼は授業の内容を理解していたわけじゃない。
逆にほとんど理解できなかった。

彼の人生における最大の失敗と言われている
交流式発電・送電への病的なバッシングを行ったのは、
彼が交流理論を全く理解できなかったからだ。
直流よりは高度な数学を必要とする交流理論は、
彼の卓越したひらめきをもってしても理解不能だった。

直流利権に目が眩んだからとか、理論派エリートのテスラへの
強い反感があったからとか、そういう説もある。そういう人間臭い
側面も否定できないけど、まず、彼が理解できなったことは疑いの余地がない。

「1%のひらめきと99%の汗」とは、思いついたら後は手当たり次第に試してみる、
という彼ならではのポリシーだ。一般にエンジニアは理論を駆使して結果を予想する。
エジソンのように手当たり次第やるってのは、「馬鹿がやること」として軽蔑される。
そういうやり方では、通常、満足な結果を出すことができないからだ。
(他に手がないとき、理屈の及ばないとき、エンジニアも手当たり次第ってのをやるけど)

ところが、エジソンは常に結果を出した。それは彼の最初のひらめきが
かなり適切なものであったからで、それゆえ、彼は天才として尊敬を受けている。

744 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 16:48:36 ID:+WsAN1mB
>>741だけど、書き忘れ。
その人は>>571みたいな人だった。
その人も今は普通の主婦やってるらしい。

745 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/28(月) 18:26:20 ID:BT2Q2HjI
普通の主婦じゃなくて、手際の良いスーパー主婦なんだろうな。
グータラ主婦もスーパー主婦も十把一絡げで「普通の」主婦と称されるところがカワイソス

746 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 01:39:52 ID:APdYTamE
主婦の書き込みって頭悪いからすぐにわかるよね。
ただの飯掃除育児を家庭内でやってるだけで他には何も能がないのに、
その効率がいいだけで自分は天才と浮かれ自己陶酔できる。
頭が悪すぎるのも幸せの要因だよね

747 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 03:30:28 ID:XWfZMz7m
>>746
そうか?
一度嫁さんが入院したことがあって、
一週間、仕事休んで子供の世話や炊事洗濯やったんだが、
何一つ満足に出来なかったよ。
それからは嫁に頭が上がらなくなったぞ。

748 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 05:00:51 ID:C2oKV4PQ
家事か仕事かしてるならよし

本当に何もせずに寝転がってるだけの自称主婦もいるから注意
それも40〜50代

病気じゃないよ。流行のニート。

749 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 05:33:51 ID:vFaHJUoO
>>745
ま、効率が良くても本人の余暇が増えるだけだからな。

750 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 06:09:35 ID:LgkeLS2+
>>747
安心しろ、お主の嫁さんが優秀だからじゃなくて
それはお主が無能すぎるからだよ。

751 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 06:20:50 ID:HOHZsQVx

ほっほ〜
なかなか言いますね〜

752 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 08:46:49 ID:azc6dcST
どうでもいいけど、「お主」ってのがキモいな

753 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 09:27:54 ID:PXRPsKYB
ホントどうでもいい。天才の話ドーゾ

754 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 12:47:30 ID:shq3Q17o
歴史に残るような天才は、学校時代落ちこぼれる場合が多い。
論理的思考ができない、文章が読めない、書けない、計算、証明ができない
等ある種の脳障害を持っているから。しかし、直感や霊的能力、創造力
は、異常なほど卓越している。

天才的閃きや独創性は、これまた天才的、サヴァン的なイメージ力から
生まれる。サヴァン症候群の人もイメージで処理している。天才はサヴァン
の人と同じように鏡文字の読み書きができる場合が多い。

ここに書かれている受験秀才からは奇跡は生まれてこない。

755 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 13:13:44 ID:tk4K5up2
>>754
そう?実際に多いという根拠はないのでは。
狂気と天才、異常な天才、というタームの魅力に人々は酔いがちだし、
社会とのバランスを取りきれない破滅型の天才のほうが伝説化しやすいだけ。
鏡文字にしても、左利きなら簡単に習得できるんだよ?
現実には、能才の延長型、バランス型、社交能力抜群の天才の方が多いと思う。
どこかで変質狂的な面、既存社会との強い摩擦・矛盾があることは確かだけどね。

まあ、あなたはチト思い込み・先入観が強いようなので、
宮城音弥や湯川秀樹の「天才論」の古典に目を通してみては。

756 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 13:28:02 ID:ZoAd5y1b
>755
日本の古典的な言い回し

馬鹿と天才は紙一重


757 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 13:29:39 ID:C59CxJhn
>>752のつっこみがツボw

758 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 13:49:43 ID:shq3Q17o
>>755
あなたの言っている天才は、天才ではなくて
秀才・英才でしょう。鏡文字の能力も
どんな難しい漢字でも裏返したり、上下逆から書いたりそれら
をいっぺんにやったりすることが左利きの人は皆できるのですか?
伝説的天才の大半が知的障害と思われるハンディキャップを持っていた
ことも、イメージ能力が卓越していたことも事実
世の中には例外的な人間がいる

759 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 14:34:12 ID:tk4K5up2
>>758
意味わからん。
創造的天才も領域ごとに色とりどりダースはいるでしょ。
天才は素数のようなもので、全体像や特徴を捉えるのは難しい。
ただ一般には、天才と狂気の結びつきは19世紀的遺物。
知的障害的な要素は、必要条件でも十分条件でもないよ。
精神病的、知的障害的な天才は絵になり、伝記化しやすいというだけだ。
弁証法的に才能を着実に開花させる天才の存在も大勢指摘されてる。

ただ、異常な集中力、偏執粘着傾向、若いときの天啓的閃き、早熟、
孤独、社会との矛盾と葛藤、をもつ割合はひじょうに高い。
以上。もう相手しないよ?

760 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 14:43:05 ID:shq3Q17o
実物を見たらそんな理屈なんて吹っ飛ぶと思うけどね

761 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 14:49:02 ID:shq3Q17o
まあ分からない人には一生分からないだろう
俺は消えるね

762 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:02:16 ID:tk4K5up2
創造的天才は「である」ではなく「認められる」存在。
社会的価値・文明的価値に辛うじて合致しているとか、
時代的巡り合わせに恵まれることも必要な条件。

ニュートン、ガウス、アインシュタイン、ノイマン級の「才能」でも、
ほんの少し時代を間違えただけで、天才の代名詞にはなれない。
才能的に↑くらいの人間は、この時代にもダースで存在している。
それに、凄まじい強度の負のベクトル…たとえば芸術的歴史的殺人魔はいかに
世間から「逸脱」「異常」と目されても、天才とは呼ばれない。

天才を「卓越した異常な才能」に還元する論法は見方が浅すぎるわけ。
そもそも、日本人は瞬間風速的、奇跡的、完璧な才能に魅せられすぎ。
芸術や哲学思想の分野では熟成という要素もあるわけ。

ところで霊感という下りは認めてあげよう。過去・現在・未来をすいすい
見通せる人間も世間には相当、存在している。しかし誰も宗教的天才とは
呼ばないのさw

763 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:09:44 ID:hiZ03l+J
なんてくだらない話をしてるんだ、お前らってば・・・

アホじゃないのか。

764 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:14:05 ID:tk4K5up2
おれは天才ではないが、天才もそう後ろ指差されたろうね?死ぬまで。
この話がくだらないと思う人間は、知的能力がない猿。それだけですよ。

765 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:18:22 ID:1co6VQh9
自分初心者なのですが、この人↑達の事を中二病と呼ぶのですか

766 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:20:15 ID:ZoAd5y1b
>764
おまえはさ、

> もう相手しないよ?

とか議論の途中で書いちゃう時点でコミュニケーション能力の足りないただのアホってことだ。


767 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:23:22 ID:hD9Y7Z57
中学のころの同級生で学校ではずっとパシリやいじめられたりだが、
頭だけはとにかくよかったやつがいたな。それだけなら普通だが
めちゃくちゃオナヌーが好きらしかった。
一回家に遊びにいったときエロ話を流れでしてオカズの話になったからきいてみたら
ニヤニヤしながら携帯をもち「俺のペットいっぱいいるよ」とすごい量の女の名前のはいった電話帳をみせ、
「今日はコイツでいいか」というとTV電話で電話Hをはじめた。
どうみてもかっこいいやつじゃないんだが小学生からOLまで電話セフレがいるみたいだった。
電話でのトークがとにかく男のこっちもどきどきするくらいうまかった。
高校では実際にあってHにきりかえたらしく常にめちゃかわいい子がそばにいた。
今は地元の金持ち奥さんに囲ってもらってるみたいだがほんとに女の扱いにかけては天才だと思う

768 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:37:24 ID:iJ3B5E8J
異常な天才の方が伝説になりやすいってのは事実だろうし、
>>758が異常性のない才能を天才と認識してないだけ、っていう気はするが、
もう相手しないよ、と言った直後に普通に相手してるのは格好悪すぎだわな。

769 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 15:43:26 ID:ytMtpfzt
つうかどっちも下らないから黙れ。

それぞれの”天才”のイメージや定義を
延々語ってなんの実りがあるん?


770 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 17:06:44 ID:1co6VQh9
わかるけどなんかどっちとも中二が背伸びしてるみたいで痛いよwww

771 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 17:49:20 ID:LBBgbtOi
ID:shq3Q17oは高校生だな、中学生かもしれない
おれは天才じゃないけどわかるよ

772 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 18:01:27 ID:qXbF3UHf
なんかニュー速臭ぇ
どっかの馬鹿がブログ掲載でもした?

773 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 18:07:13 ID:qGQfxmFN
みんな天才に興味あるのね。
こういうスレの特徴は、中高生が寄ってくるね。

774 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 18:21:55 ID:okO3Ui2/
寄ってくることだね。

775 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 18:28:07 ID:wCZWDMk7
うちの子が幼稚園児だった時、ママさんグループ数人で一人のママさんの家にお邪魔した。
少しみんなで話したあと、あるお母さんがそこに参加してきてたA君に
「ねえピアノ弾いてよ」
って話しかけてた。私はA君もそこのお母さんもあまり親しくないので
「へ〜男の子なのにピアノ習ってるんだ」
くらいにしか思わなかった。ピアノの蓋を開けるとA君以外の3人くらいが鍵盤に群がって好き好きに弾き出した。
言い出しっぺのお母さんがその子達を止めてA君に弾いてくれるように促した。

「え〜っと 何弾こうかな?じゃあ〜・・・」
と言って弾き始めたのが久石譲のサマーだった。しかもすごくうまいの!
次に子供達がディズニーやアニメの曲をリクエストしだした。するとA君
「わかったよ。じゃあ全部つなげて弾いてみるよ」
って言って弾き始めた。しかも曲と曲の間も自分なりに即興でアレンジしてメドレー風にして弾いてた。
他のママさんが「クラシックは何か弾ける?」って聞いたら
「指が届かないところがあるんだけど・・・・」
って言いながらトルコ行進曲弾いてた。

限りなく点に近い目になってた私だけど気を取り直してA君のお母さんに聞いてみた。
「あ・あ・あの〜 す・すごいですね。 ピアノどこで習ってるの?ヤマハ?個人?」
「え?いえ まだ習ってはないです。 男の子だし主人もサッカーやらせるんだって言ってピアノは反対なんです。
全部聞いたままを弾いてるだけでホンモノではないんですよ。」
もう一度目が点になって腰が抜けそうになったよ。

習ってもないのにアレだけ弾けるなんて・・・
その後小学校は別々になったから付き合いはないけど
たまにピアノコンクールで金賞取ったりして新聞にのってるわ。
やっぱり天才だと思う。

776 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 18:32:03 ID:YZk61Mlz
>>775
そのレベルだとちゃんとした教育受ければプロとして食べられるね。
ウラヤマスイ

777 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/29(火) 23:12:57 ID:jItvwhrK
>>775
こういう天才話を聞きたかったYO



778 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 00:44:36 ID:20Hjh7aw
アフォな両親という環境に、才能を潰されるんだろうなw


779 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 00:50:45 ID:d9dsuQh3
父親がのん気でいいなあ。サッカーやらせるんだって。

780 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 01:04:44 ID:9832omu4
僕は何も才能がなくて頭も悪いから天才には非常に憧れます。
いいなあみんな。

781 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 01:18:05 ID:CemjlPvT
IQ自慢をする奴のほとんどがWEB上のテストでの結果な件。
恥ずかしいからあまり自慢しない方がいいですよ。

782 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 01:26:47 ID:4H5EPYFw
天才かどうかはわからないけど、従弟に凄い記憶力の子がいた。
その従弟が5歳ぐらいの時に、私と友達、その従姉弟で花火をするために、海に行った。

当時、私は小6ぐらいだったけど、田舎だったので子ども達だけで花火に行くことになった。
しかし、夜だったこともあり、花火の帰りに道に迷ってしまった。 

友達とその従弟の姉も泣き出して、私も泣きそうになった時に、その従弟が

「なんで、泣いてるの?」って言ってきたので道がわからないって答えると。
「お姉ちゃんのおうち?僕わかるよ〜」と言って歩き始めたから


みんな、藁にすがる想いで30分ぐらいついて行ったら
私の家の前の通りまで連れて行ってくれた。

その時、この子の記憶力は天才的かもって思った。
今は普通の学生っぽいけど。

783 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 03:38:18 ID:tV8tQViI
>>782
それは単なる偶然だと思う。
うちの子もそんなタイプだが、いつも違ってるw
駐車場で車を探す時なんて、自信持って「こっちだよ!」って言うんだけど、
当たってた例がない。

784 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 03:47:04 ID:ON9ulD19
>>775
リアルのだめみたいだね。

785 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 09:01:41 ID:whCj7f4Q
>>783
否定するほど有り得ない話じゃないと思うけどな

786 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 10:58:37 ID:/DR6RR2l
帰巣本能

787 :782:2006/08/30(水) 16:02:37 ID:4WAnQHUo
>>783
偶然にしては長すぎる道筋だったんですよ。
何箇所も路地を通ったりしてたから、迷ったわけですし。

>>786
帰巣本能って可能性もあると思いますけど
従弟は年に数回しか我が家には来たことがなかったので。

幼児には時々、天才的な何かが出てくる時がある、と書いてて思いました。

788 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 16:18:57 ID:/ZQQ9Oes
>775
これ思い出した

ttp://q.hatena.ne.jp/1102406408
私の娘が、小学1年のとき、学校の先生から、音感がかなり優れて
いますし、放課後も学校のピアノで、上手に弾いています。といわれ、
教えてもいないのに「へ〜」と思い2年生から、ピアノ教室に通わせ
ました。そこでも、一度音楽を聴くと弾けるので、飛び級させたいし、
かなり上手になります。と言われました。将来ピアノで食べて行くと
仮定した場合、経費と収入を考えたら割の合う商売なのでしょうか。
もちろん割が合わなくても、本人が喜んでやっていますので、習わ
せますが。交響楽団などと大それた考えはありません。なにか、食
べていく商売があれば教えてください。

789 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 17:28:00 ID:aqJkmJZv
>782
行く時に目印としてポケットの中のお菓子をちぎりながら落としてたんだよ。

790 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 20:45:03 ID:5K0cP6pE
>>788
だまされているって言って欲しいの?
学校の先生とピアノ教室がぐるになって生徒を入会させて高い授業料を取るタイプね。
親は子供がほめられると信じちゃうもんだしね

791 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/30(水) 20:47:49 ID:k0OwTtfR
>>790
そんなことがあるのか!怖ぇ〜

792 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:06:59 ID:qJfMnqiP
>>530
脳の構造では、数学系に脳をとられると、コミュニケーションとか言語系がひどく
よわくなると言う。超男性脳。

女の脳は数学だめだけど、言語は得意と言う、頭馬鹿脳。

一般的な枠に当てはまる人間が天才なわけがないよ

793 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:09:02 ID:qJfMnqiP
>>532
たとえば、 小数点の数字の文字を実物の3Dにおきかえてそれをならべたら、その人はすべて
暗記してしまうから、小数点を何億桁と簡単に答えてしまうでしょう。

何か有効な使い道はあるのかと。

ただ、サバンは記憶がすごいけどガウスのようは思考力がすごいわけでないので
何か有益なものを作り出すというのは聞いたことがないね。

794 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:13:32 ID:qJfMnqiP
>>541
記憶力だけあってもだめだからね。

ですから自分は昔から記憶力で人を判断せず、文章力でも判断していない。
どれだけ論理的思考力がすぐれているかだけみています。

思考力+記憶力 があるといろんなデータを論理的に構築してすごい答えをだす。

>>543
それはまさしく、数学系に頭の脳の容量をとられると、言語や対人能力を失う
と言うのの例ですね。

795 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:20:49 ID:qJfMnqiP
>>571
一番効率のよい答えをみつけだせているわけだし、天才かどうかは
しらないけど、頭はものすごいいといえますね

そういうのは頭がきれるといい、重宝される

ガウスは、いろんな理論の一番の答えをさらっとだしてしまうわけで
これもあるいみ一番の効率化をしたと同じようなもの。
2000年ぶりに17角形?の作図解いてしまったり、いろんなひとが
頭をひねって解けないものを解くのがすごいわけ。

これは記憶力の人には不可能。 この頭のきれ+記憶力があったら、
すべての記憶から現状にある物事で、 論理的思考をしてものすごい答えとか
を考え出すから プラス記憶 も重要になってくる。

796 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:23:50 ID:qJfMnqiP
>>588
離散もいいけど、 コミュニケーション能力と言語能力を 自閉症気味の人は
弱いから、 国語とかが試験科目にあると入れない人がでてくる。

5教科で人選するのは本当に正しいのかがなぞなわけでもあるけど
どうなんだろう。

797 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:29:02 ID:lmwwQGsg
>>796
それこそ論文を読めなかったり、書けなかったりすると困るんじゃないかな?
国語力は全ての基本だと思うけれど。
数学以外は完璧だった私だって入れないうちの一人だがw

798 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:32:39 ID:qJfMnqiP
>>743
エジソンてひらめきなのか思考力がすごいのかどっちなんだろう。

ひらめきがすごいという分野の天才がエジソンでいいんだろうか。


ガウスとエジソンを戦わせたら、ガウスが勝つと思うけど
ガウスが電気で発明ができていたかといわれたらなぞ

799 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:34:48 ID:qJfMnqiP
>>762
ニュートン・エジソン・アインシュタインは時代が今になるとおそらく無理だろうけど
ガウスとなると何かやってくれそうな気がするわけですが

800 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:37:28 ID:qJfMnqiP
>>797
論文読めて書くのはあそこまで高い国語力要らないでしょう。センターで100点も
取れればOKな程度なわけですし、 考えて答えをだしたら、それを別な人に理解
させて文を書かせればOKでもある。

801 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:39:45 ID:yVC7yxIT
リア厨うぜええ
宿題終わったからって調子乗ってんじゃねーよ

802 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:43:47 ID:AlGCtxNG
私の知り合いのお話です。
現在10歳の男の子で生まれつき目が見えなく、足も悪いので歩くことができません。
でも絶対音感と言うやつなのか、一度聴いた曲を覚えてキーボードで伴奏付きでひいてしまいます。私の知っている限りでは3歳位から主旋律はマスターしていました。
聴覚が優れていると普通にこんな事ができちゃうんですか?

803 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:44:47 ID:qJfMnqiP
絶対音感を持っているからと言って天才でなく、
普通の人でも小さいときに訓練していれば
もてるようになるわけですが

804 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 01:47:08 ID:qJfMnqiP
>>801=リア厨

805 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 02:05:47 ID:yVC7yxIT
>ID:qJfMnqiP
このログ取っておいて、いつか読み返してみるといいよ
たぶん悶絶するからw

806 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 02:19:59 ID:Wm/+Tj0d
>>802
一度聞いた曲をピアノで再現できる盲目の人の話は結構聞いたことある。
やっぱり目が見えない分聴力が発達して、常人では不可能と思えることも
可能になるんじゃないかな?

807 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 02:27:10 ID:VY8XS4EJ
>>806
以前テレビで見た話によると、脳みその聴覚に相当する領域が実際拡大されてるらしいよ。

808 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 03:03:05 ID:8dtPPozj
まぁスティービーワンダーは100メートル先のコインの落ちた音まで
わかったというし

809 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 03:14:52 ID:xFbGwm6y
>798
>エジソンてひらめきなのか思考力がすごいのかどっちなんだろう。
>ひらめきがすごいという分野の天才がエジソンでいいんだろうか。

そういうことは、エジソンという人物と彼の業績を理解してから、
自分の好きなように判断すれば良い。

エジソンでもガウスでも、人物像にも業績にも興味がないのなら、
その人が天才かどうかなんて、どうだって良いことじゃないか?

810 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 05:16:13 ID:WocqFNst
>>792
はいはい女は馬鹿女は馬鹿

811 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 06:16:59 ID:s8//Kuep
>>809
お前は業績しか評価しないタイプとみた

812 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 09:13:57 ID:6SizM8+N
>>802
このテのタイプは、

1.聴覚&音に対する記憶が異常に発達している
2.音楽の才能が元々ある。音楽理論を生まれながらに知っている

このどちらかだよ。
主旋律のおおまかなところがわかれば、あとは理論的に破綻しないように補完はできる。
ピアニストは1と2の両方をある程度持っているから、プロとして食べられます。

813 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 09:28:53 ID:vUCS4n4T
天才ってくだらん遊びも強いよな。
麻雀とかトランプとか。
正月にかるたでぼろ負けしたときは落ち込んだ。

814 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 09:47:32 ID:g4PQO+VE
凡人が天才を批評できるなんて凄いね。

815 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 09:51:41 ID:KsxDvnRf
中学のころ極悪DQNグループの一員(♂)に英語の成績だけ抜群にいいやつがいた
他の教科はまったくダメなのに、英語だけは常に学年トップクラス
授業なんてまともに聴いてないし、ノート取ってる姿も記憶にない
塾はもちろん、陰で勉強してる雰囲気もないし、帰国子女でもない
本人いわく授業は聴いてなくても「なぜか頭に入る」らしい
どんな秀才よりもインパクトがあって、凄い人がいるもんだなーと思った
地元の馬鹿高校に進んだことまでは知ってるけど、それからどうなったのだろう・・・

816 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:23:17 ID:EVhBZDOi
なんでも無い駄菓子屋のばあさんが、
暗算で消費税の一円以下の切り上げまで正確に
一瞬で計算して、客に対応してるのを、実際に見た事がある。
俺は、ばあさんが適当な事言ってるんだろうと思って笑ってたんだが、
隣にいた暗算が得意の友人が、
「もしかして全部合ってんじゃないか?」って言い出して、
試しに自分達が言われた、
2894円ってのを再計算してみたら、本当に合ってた。

ばあさんの態度は、客が品物を十品ぐらいカウンターに置いた瞬間に
チラッと新聞から目を上げ
1294円
とか瞬間的に答えてた。後ろで観てた俺たちは笑ってしまったが、
地元らしき客は全く普通に金払ってたので、あれは有名な人なのかも
しれん。

817 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:32:31 ID:lmwwQGsg
算盤をある程度までやった人ならそれ位出来るだろう。

818 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:40:25 ID:EVhBZDOi
>>817
暗算もそうなんだが、品物の値段もチェックしないで
本当に一瞬で計算してたんだよ。

819 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:41:38 ID:VY8XS4EJ
駄菓子屋のヨボヨボばあちゃんだったからなんかすごい、って思ったって話?

820 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:44:08 ID:VY8XS4EJ
しかし関係ないけど随分高級駄菓子屋だなw
問屋みたいにダースで売ってるようなところ?

なんにせよ、駄菓子屋のばあちゃんが駄菓子の値段覚えてなくてどうするよ

821 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 10:49:33 ID:SL6zfbof
ルービックキューブできない


822 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:50:51 ID:+Xl/W56f
客が買う組み合わせのパターンで、
頭の中にテーブルが出来上がってるんだろうなぁ。
そのおばあちゃん。

823 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 10:52:44 ID:J8U5NyNT
自分の周りにはそんな天才いないが,
前テレビでラサール石井が,高校時代の先輩が寮で全く勉強しないのに成績がよく,
寮の広場で寝っころがって,フランス語で書かれた数学書読んでるの見て「かなわない」と思った…と言っていた。
その人は理Vいったそうだ。

824 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 10:56:05 ID:SL6zfbof

じゃんけん、はだすまえに、

あたまでグー パー チョキ とか決めておけば、心理戦もくそもない、



サッカーのPK戦も同じでキーパーは5回分の飛ぶほうを最初からきめておけばいい

ゲーセンだと80%ぐらいでpk戦に勝てる



825 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 11:00:50 ID:SL6zfbof
小学校1年生のしょっぱなの授業から、バンバン手あげて、答えて、

まだおそわってもねーのに、なんでしってんだって思った

それであぁ俺とこいつじゃ圧倒的に差があるんだなっておもって、ふてくされて勉強を真面目にしなかったんだろうな俺

おそらく塾とかいってたんだと、今はわかるが、子供のころはそんなのしらないし、

みんなイーブンではじめる授業だとおもってたのに、あんなことされたんじゃやる気もなくなったよ



826 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 11:07:30 ID:xFbGwm6y
>811
天才かどうかを判断するにはね、それしかないでしょ。

業績というと大げさだけど、その人がどんな凄いことができたのかってこと、
例えば、一回曲を聴いただけですぐ楽器で演奏できたとかね。
そういうことを抜きにして、何をもってして天才かどうか判断するのさ。

>822
日本で一番売り上げのあるキオスク(新宿駅のキオスクだったかな、莫大な売り上げがあるらしい)のおばちゃんは、
常連客(何百人いるのか知らないけど)が何を買うのかを把握していて、客の姿を見ると
金額を出しておつりを握って待っているらしい。
また、一見さんでも、客の視線を追って、何と何を買うのか事前に予測しているらしい。
だから客が商品を全て手に取った時点で、500円玉出された場合のおつりを握り締めている。
それくらいしないと客をさばききれないんだそうだな。

あれは才能というより、高度なトレーニングによる部分が大きいって感じがしたけどね。

827 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 11:32:17 ID:wccC4rsx
次スレからテンプレに、
 他人の天才感に長文での絡み禁止、
っての加えない?

当人は良かれと思ってるんだろうし
たまには良い結果をうむと気もあるけど、
多くの場合に置いて邪魔だ。
ひたすらに邪魔だ。

828 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 11:35:03 ID:SL6zfbof
やっぱ覚えなくてもできるやつは知能指数がいいんだろ

生まれた時から差があるなら

覚えるぶん損だな


829 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 11:41:47 ID:N9gRqJOH
>775
>802
実は自分がこの手のタイプで幼稚園で歌っただけの曲の伴奏を、
家のピアノで弾いたりできた。
耳から入れば何でも同じように弾けてしまうから、
楽譜を読む能力が全然発達しなかったね。今でも楽譜は苦手。

でも、最初はそれが特殊な能力だとは思わなかった。
読んだこのとある本の内容を紙に書いたり、人から聞いた話を別の人に話したり
するのと同じように、誰でも一度聞いた音楽は演奏できるんだと思ってた。
それに気付いたのは中学生の頃だけどね。

830 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 11:44:37 ID:lmwwQGsg
>>829
で、今は何してるの?

831 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 11:49:12 ID:roUeFZ6i
一度聴いた曲を譜面におこせる能力って羨ましい
自分もたまにトライするが伴奏がわからん

832 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 12:13:18 ID:AXx1FJ41
サイバネティクスのN ウィーナーは、一度目を通した本なら全部暗誦できたらしいな

833 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 12:16:25 ID:+9IyNnYU
銀英伝に天才学というのが流行ったことがあるって話があったけどあの定義は使えないだろうか?

834 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 12:37:19 ID:6RPvwmG+
小・中学校の同級生のAくんは、まるでそれが当たり前であるかのように頭が良かった。

ガリ勉だったわけではない。彼には普通のことだったのだ。
学校の勉強なども、ごく当たり前に成績TOPだった。
教師ですらAくんに尋ねる事があった。
一緒に遊ぶと、普通の少年だった。

Aくんの家では、Aくんの机は廊下の端にひっそり置かれていた。
ご両親が妙に頭の良いAくんを心配し、外で元気よく遊んでもらおうと思ってしたらしい。
しかしAくんは本当は科学なんかの室内ホビーが好きだった。
そんな両親に逆に気を遣ったAくんは、中学では運動部に入っていた。
それでもAくんの頭の良さは変わらない。常にTOPだった。

彼はその後、当たり前に校区で最も成績優秀な公立高校へ進み、
そして、当たり前にすんなり東大へ進んでいった。


Aくん、今はどうしているのだろう。

835 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 12:42:10 ID:a8C63L6L
>834
おお、久しぶり、元気か?今?
母パート
弟デート
俺ニート。

836 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 12:44:08 ID:AXx1FJ41
僕は

       ┏┳┓                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         ┏━┓┏━┓
 ┏━━╋┻┛ ┏━━┓        /            \       ┃  ┃┃  ┃
 ┗━━┛     ┗━━┛  ┏━━━/               ヽ━━━┓┃  ┃┃  ┃
 ┏━━┓               ┃      l:::::::::              .|      ┃┃  ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛    ┏━━━┓ ┗━━━|::::::::::    ⌒     ⌒  |━━━┛┗━┛┗━┛
 ┏┛┃      ┗━━━┛        |::::::::::::::    \___/   |       ┏━┓┏━┓
 ┗━┛                  ヽ::::::::::::::::::.   \/     ノ      ┗━┛┗━┛

837 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 13:48:42 ID:SL6zfbof
天才じゃないけど、教科書の内容をしってるやつがいた、

聞いてみると、塾で先にならってるだと、

なんか釈然としなかったわ



838 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 15:30:53 ID:SL6zfbof
実はおれはヒキコモリだから

あまり人間と接しない


839 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 15:34:49 ID:SL6zfbof
一年の半分はだれともしゃべらない


840 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 15:39:30 ID:AXx1FJ41
一年の半分喋ってるやつを見てみたい。

841 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 15:48:00 ID:V9spWjPm
小学校の時、同じクラスになったS君と仲良くなって家に遊びに行った。
クラスでも飛びぬけて勉強の出来るS君だから、どんな生活してるのか興味があった。
家に入ってしばらくすると何か違和感を感じた。
うちとは何かが違う。なんだろう・・・

なんとその家にはテレビがなかった。
S君が勉強できるとかそんなことじゃなくて、テレビのない生活してるってだけで
異次元の世界のような、別格の人間のような気がした。
テレビがないから当然テレビゲームもなく
あるのは壁全体を多い尽くすほどの本・本・本・・・・
俺が普段親から「テレビばかり見てないで・・・」って言われてるのと同じ感覚で
「本ばかり読んでないで、宿題先にやりなさいよ」
って言われてた。

S君はこの地域では最高レベルの私立中学にいって付き合いもなくなったけど
大人になった今でもテレビのない生活って想像すらできない。

842 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 15:54:23 ID:A3fdljeE
大人になった今ならテレビのない生活も自分次第でできるな。

843 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 15:57:09 ID:SL6zfbof
ネットしてるやつって素直じゃないからすぐわかる


844 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 16:26:22 ID:Wm/+Tj0d
>>840
明石家さんまとかみのもんたとか。

845 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 17:05:13 ID:+Xl/W56f
ワタシはテレビ見ないようにとしていたら、
テレビが無くとも気にならなくなったよ。
でも、最低限ノートパソコンがないと 落ち着かなくなってしまうが。。。

846 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 18:55:03 ID:LmgVsecK
天才っていうか、小、中の同級生に、ものすごい文学少女がいた。
図書館の本を五十音順に制覇するとか、読書感想文が毎回取り上げられるとか
何かの時に(覚えてないが)全校で作文を書くことがあって、朝礼でその子が
代表で自分の書いたものを読み上げさせられたりしてた。

でも、本人はどっちかというとアウトドア派な子で、男子と混じって
遊ぶ活発な子だった。俺もよく遊んだし、中学に入っても友達だった。
だから、本人が全校生徒の前で難解で感動的な作文を語るのが、すごく不思議だった。
本人も「恥ずかしいから嫌だ」と言うんだけど、書くことや読むことが大好きなのか
国語の宿題とか作文コンクールを避けるような事はしなかった。

十五年ぶりくらいに、同窓会でその子に会った。
なんと、某出版社で専門図書や辞書の編集者になっていた。自分でも解説書いたりするらしい。

才能がそのまま人生になったんだな、と感心したが、それよりも彼女が
眼鏡でショートカットで服のセンスも良くて俺の超好みのタイプになっていたのに驚いた。
つうか、今さらながらに彼女にちょっと惚れてたことに気付いた。遅いよ俺。

847 :セルジオ川崎:2006/08/31(木) 20:41:19 ID:/BB0WDUc
俺が最初に恋した女は保育園のとき引っ越した。
小学生の頃すきだった女も小学4年で引っ越した。

おれは それによって好きな人がいなくなって、友達に聞かれた時、適当にクラスでかわいい人の名前をあげた

それ以来本当に好きになった人はいなく、恋愛もしたことがない

ただその場で一番綺麗だったり、かわいい人を好きになるようにもっていくだけで、

本当に好きなったひとは小学生以来いないんだと、思った。


848 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 21:47:54 ID:BFeEpnkO
思うんだけど、「天賦の才能」っていうのは、それを「発見」してもらえ、かつ、それを活かせる「環境」が必要だよね。
例えば。
すごい音感や作曲の才能があったとしても、身近にピアノやバイオリンがある環境がないと、それを「発見」してもらえないかもしれない。
例えば。
実はすごい数学的才能を持っていたとしても、某国のストリートチルドレンのように、その日の糧を得るために必死な毎日を送る「環境」であったらどうなるか。
例えば。
のび太のように、あやとりの「天才」だとしても、あやとりは誰もが認める技ではない。
それが絵画とかであれば、その才能は「活きる」んだけど・・・。
うーん、上手く言えないな、凡才には。
つまり、なんだ。
実は僕はカバディの天才かもしれないんだ。


849 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 21:56:11 ID:GhnYrKSH
>>848ジャンプのてんてん君思い出した。

850 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 22:07:03 ID:x9WI6ghD
>>846
ばーか
それは昔からちょっと惚れてたんじゃなくて、自分好みの女になってたから惚れただけだよw
惚れたせいで今まで気付かなかった彼女の才能に気付いたんだろ

851 :829:2006/08/31(木) 22:29:22 ID:8QR7xqym
>830
音大生してます

852 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 22:34:02 ID:5Cqldzo2
>>848
でもあやとりだって空間認識能力やら絵画的なパズルの素養があって初めてできるんじゃないか?
今でこそあやとりのレベルに甘んじてるが、見方を変えればきっと別の分野で活躍できるはず

それに射撃の才能あるしな

853 :846:2006/08/31(木) 22:35:33 ID:LmgVsecK
>>850
やっぱりそうかwww
まあ、お互いにいい年で結婚もしてるからこそ、惚れたのなんだの言えるんだけど。
しかし、あのお転婆がなー。本当にいい女になったもんだ。
女は化ける天才だね。>うまくまとめたつもり。

854 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 22:38:01 ID:frZ8LVBI
---- 日記 ここまで ----

855 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 23:10:27 ID:lmwwQGsg
うちの子が絵が得意だ。
これまでに何度も賞をいただいた事がある。
こないだ初めて、子が友達に誘われて絵画教室に行き始めた。
二回ほど通った次の日、先生から家に電話があった。
この年齢でこんなに上手な子は初めて。
是非家でもデッサンとかさせて下さい。
お父さんかお母さん、どちらかがやはり絵が得意なんじゃないですか?とのこと。

実は私も絵が得意で何度か全国的な賞をいただいた事もあったが、
美大行きを反対された事もあり、とっくの昔に絵はやめていた。

うちの子は性格といい、得意なことといい、顔といい、まんま私のコピー。
だから必要なことや、考えていることが手に取るようにわかる。
この子にだけはちゃんとした環境を与えてやりたい。

856 :おさかなくわえた名無しさん:2006/08/31(木) 23:16:23 ID:zsgSHsnc
はいはい

857 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 00:21:15 ID:rk+qKEQ7
>>855

あなたの言うことが正しいのなら、あなたのお子さんは天才なんだろうけど、
同時にイタイ親の子供であるということなので、
お子さんにはちゃんとした環境を与えてあげてください。

858 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 00:22:12 ID:tZjVoZU4
>>855
ちょっと聞くけどその子はどんなタイプの絵を好んで描く?
子供らしい伸びやかな表現を更に拡大したような絵?
ものをじっくり見て大人でも舌を巻くような病的とも思える細密表現?

小学生くらいだと前者のほうが評価されやすいんだけど、
自分が見てきた限りでは後者のほうが大成しやすいように感じる。

前者のタイプがテクニックを身に付けれたら敵無しになりそうな気が
するんだけど、絵画のテクニックを身に付けるにはかなりの忍耐を
必要とするので、後者のタイプのほうが適しているみたい。
また、感性にしても思春期に大きく変化することが多く、一生の内にも
何度となく人生経験をつんで変化するものなので、子供のころだけでは
判断しにくいところがあるように思う。

ま、子供には過度に期待を掛けすぎないよう、好きにさしてあげなさいな。

859 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 00:46:41 ID:pzqEQDD3
天才学による天才の定義を見つけてきた
既出だったらスマン

1)卓越した才能(素質+努力)
2)1つないしはそれ以上の分野にまたがる確かな実績
3)複数のメディアに及ぼす影響力
4)一般大衆へのカリスマ的な支配力
5)近親者や過去の系図で他に天才が見られないこと
6)薄命(多くは早熟)


860 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 00:51:49 ID:2tHvuB2+
>>859
その定義によると、レオナルド・ダ・ヴィンチなんか天才って言っちゃだめなんだw
意味ないな

861 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 00:53:56 ID:pzqEQDD3
>>860
たしか何個かが当てはまればいいってことだったはず
もちろん2個ってことはなかったはずだけど
ただ最終的にこんなことやっても意味はないってことに気付いてあっというまに廃れていった学問らしいけどw

862 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 01:12:32 ID:KpxtrPan
>>858
レスサンクス

>子供らしい伸びやかな表現を更に拡大したような絵?
>ものをじっくり見て大人でも舌を巻くような病的とも思える細密表現?
後者です。
教室で描いた物(写真を見て描いた)を見て、びっくりしました。
好きな物だけを好きなように描くだけでは伸びないのかもと、初めて気が付きました。
だから割と早い小学校低学年でそういう機会を与えてやれたことは良かったと思いました。
上手なら自分で道を切り開けると考えて、教室に行くことは反対していたのですが、
先生と話してみて、自分の子の作品を見て、考えを改めました。

私の両親が美大行きを反対した割には、私に絵やデザインに対する期待をかけていて、
それに押しつぶされてしまったような感じがあるので、
私はそう子供にはしないように、気をつけたいと思っています。

勿論ただの親ばかかも、いやその可能性の方が高いかもしれませんがw

863 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 01:14:14 ID:0K053+Wr
>>848
最後の2行がいいね。
もう少し現実に即して問題化すると、今の教育方式で否応なく
「発見」「開発」されるのは理解と記憶中心の作業能力。
日本ではタフ・ネゴシエーターとか優秀な政治家が「開発」されづらいな。
将棋やピアノよりも、そっちのために危機的状況だw

864 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 01:31:26 ID:0K053+Wr
天才とは違うけど、想像能力が卓越してるOLの姉ちゃんを知ってる。
怪獣とか幽霊のTVとか文章とか、とにかく神経に障る「嫌な」刺激を得たとする。
すると瞬間記憶のように脳裏にはっきりと出現。そればかりか、
その怪獣や幽霊や殺人者などが「現実に」隣の部屋にいると「擬似体験」してパニックに。
べつに障害モチではなく、一流大卒で明るく有能なデザイナーだけどね。

まあ、おれも嫌いなゴキブリを間違って想像して、一瞬うわ!!と思うことはある。
それのうーーんと強いバージョンらしい。すごく疲れるっていってた。
「恋人要りませんね〜?!(ニヤリ)」とは聞けなかった。
セクハラしたくないし、ふつうに体格の良い美人なんで。

865 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 06:18:38 ID:Mw7h0v9t
>>864
>べつに障害モチではなく
障害の定義を勉強しなおせ

>「恋人要りませんね〜?!(ニヤリ)」とは聞けなかった。
意味がわからん。

>ふつうに体格の良い美人なんで
太った美人って意味か?
スタイルがいい、と体格がいいってのは意味が違うぞ

866 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 07:16:09 ID:+a4+CipM
結論>>864はアホ

867 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 08:25:24 ID:foUB9V7M
>>864
結論>>864はホモ

868 :セルジオ川崎:2006/09/01(金) 08:59:36 ID:KSfUrSKp
天才って凡人が努力とか練習しないとできないのを簡単にやってしまうひとのことだろう


869 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 09:50:30 ID:n9VQ9ENH
>>862
>私の両親が美大行きを反対した割には、私に絵やデザインに対する期待をかけていて、
これがよくわからんなあ。

870 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 11:24:47 ID:fbZv4eGG
私のコピーとか言っちゃうのは危ないと思う

871 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 12:10:15 ID:KpxtrPan
>>869
美大行くのは反対したくせに、その後もあれ描け、これ描け、
ほら画材いいの買ってきただの、家の一室をアトリエにしていいだの、
どこそこの伝統工芸の作家に弟子入りしろだの、
日展の資料だの。
私はちゃんと学びたかったんだ。
余計に描くのが嫌になったよorz

>>870
絶対にそういうレスくると思ってましたw
分身のようには感じてないよ。
ほんとに私に似てかわいげの無い奴、位には思ってますけど。

872 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 14:39:36 ID:uiCfaLFy
>871
> 美大行くのは反対したくせに、その後もあれ描け、これ描け、
> ほら画材いいの買ってきただの、家の一室をアトリエにしていいだの、
> どこそこの伝統工芸の作家に弟子入りしろだの、
> 日展の資料だの。

欲目抜きの才能自体は喜ばしいことだが
「アテクシの才能を潰したオロカな親の轍は踏まない」と息巻く貴女も
言ってることは親御さんがやった事と変わらないようにみえるけどね。
ぶっちゃけ、我が子自慢ウザい。

873 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 17:09:36 ID:IzadUQOV
親は子に才能があったら
それを伸ばしてあげることが出来る大切な存在だよね。

かなりウザいし正直興味ないけど、子供を思う気持ちは伝わるよ。

874 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/01(金) 23:53:44 ID:jzhmE4E5
高校時代からの友人。
私と同じように遊びほうけて、塾にも通わず漫画ばっかり
読んでいたのに、普通に校内テストで常に3番以内だった。
彼女の兄は同じようにサッカー三昧だったくせに県内トップ
の男子校にすすみストレートで東大へ。現在、イギリスは
某学校の講師です。



875 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 00:25:48 ID:yzN4rZ5e
>>871
自分も似たようなことされた。
才能あるかなんて関係なく自分が本当に
やりたくて努力しようと決めたことを
よりによって自分の親に「ヨカレと思われて」つぶされるのは
本当につらい。

全身全霊でサポートされてもプレッシャーになると
思うけど世の親には子供がしたいことさせてあげて欲しい。
スレチごめん。

876 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 01:18:55 ID:Dyy2x11D
>>875
うんわかった。
気をつけつつがんばる。

877 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 01:23:22 ID:pSYcBXFk
勿論、スゴイんだけど・・・
結局ここで天才って言われてる人も、東大・離散ぐらいで終わっちゃうんだね。
もっとその後の話、学力テストじゃなくって、素晴らしい実績を残した報告とかないのかなぁ?

878 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 01:55:54 ID:6XLdcmKc
人間の頭のよさが5教科の合計ではかれるほど単純なわけがないし、
ゴキョウカと言う分野の天才の話しかしてないね。

879 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 03:21:51 ID:KR8OGXe0
>>877
例えば研究方面で名前残したり?
いっぱいいそうだが…。

880 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 08:33:16 ID:enxsgFFv
>>879
その程度は、秀才(悪い意味じゃないよ、本当に頭のいいやつはすごいから)っていうんですよ。
やっぱり(創造的)破壊者な感じじゃないと天才とは言えないでしょう。

881 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 09:37:30 ID:PVjeDGEH
>>880
その線引きはなんだ?
業績からみれば天才と秀才では差はない。
アインシュタインの相対性理論がすごいとは言っても、
アインシュタインがいなかったら別の人が見つけただけの話。
オルタナティブは常に用意されているんだよ。

882 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 09:43:03 ID:enxsgFFv
だから破壊者的人生もってるかどうかっていってるやん。日本語読めないのか?

883 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 09:46:48 ID:Dwf5kr5+
そういう天才観の違いの押し付けは荒れるんじゃないかなぁ。

というか、業績で語られるような人間って、それなりに歳だろうし、
報告者が論文をたくさん読む生活でもしてないとそうだと認識できなさそうだし、
生活板の報告でそうそう出てくるような気がしないんだが

884 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 09:55:59 ID:6XLdcmKc
>>881
一番速くみつけたことに価値があるわけですよ。2000年後に
みつけてもしょうがないし。

・ピラミッドの頂点にたっている
・もしくはピラミッドの頂点に立ちつつ歴代の頂点より驚くものをもっている


と言う天才の定義にしたら、アインシュタインは、相対性理論をみつける競技
のトップにたっているわけ

885 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 10:00:08 ID:6XLdcmKc
・ピラミッドの頂点にたっている
・もしくはピラミッドの頂点に立ちつつ歴代の頂点より驚くものをもっている

この定義でいけば、理三もゴキョウカのトップクラスにたっているわけだし、
勉強ぜんぜんやらないでトップを取ったという人の例も
勉強どれだけやらないかという競技でトップをとっているわけだ。

絶対音感は絶対音感だけもっていても大して価値はなく音感持ちつつ音楽を
聞いただけで引けて、とか何かほかにひかるものをもってないと価値はないけど

886 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 11:13:06 ID:VltQXlBg
>>885
あなたが何を言わんとしているのかちょっとわからんのだけど、
絶対音感はそれだけで価値はなく、理Vに行ける事はそれだけで
価値があると言いたいのなら、学歴社会の偏見に捕われ過ぎじゃないかな。

絶対音感は音感というジャンルでやはりトップクラスだろうし、
1mmの間に毛筆で20本の線を引ける人は手先の器用さでトップクラス、
インク数滴の色の違いが判別出来るのは色彩感覚のトップクラス、
クレーン車を数センチ単位で操縦できるのはクレーン車操縦のトップクラス、
といろんなジャンルがある中に勉強が出来るってのもあるんでないかな。

で、こういった人らを天才と称するか、もっと歴史に残る業績を
残した人を天才と称するのかだけど、別にこういった秀でた能力を
持った人がみんな業績を残せる訳じゃないし、業績に拘らなくていいと思う。

今まで勉強が出来るって話が多いので、他の才を持った人の話も聞いてみたい。
子供の頃から学校に行って勉強で評価され続けてきたから、どうしても
成績の善し悪しが目立っちゃうんだろうけど。

887 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 11:39:45 ID:H0xsHEhO
お前らの天才の定義なんてどうでもいいんだから黙れよ。

ここは天才だと思った奴について書くスレで、
それが他人からみて天才かどうかは別に同でもいいんだよ。
本人にとって天才だと感じたかどうかだけが問題なんだから。


888 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 11:52:35 ID:K3G41JLC
あなたが天才だと思う人が天才です
ただし他人の同意を得られるとは限りません

889 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 12:56:21 ID:3lADb4o7
>887
激同

天才の「定義」を押し付けあったってしょうがない。

890 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 13:24:38 ID:UnCwMLDd
天才とは、物の考え方・捕え方が、凡人とは違う人間だなと思った
小学校一年の時の日記に「今日はわたし以外の周りがおだやかな日だった」とか書いてあんの(正確な文は忘れたが)
普通、小学校低学年の日記なんて「今日は○○があって〜楽しかったです」程度だろ?
既に「自分」と「他者」の区別が出来ている(客観的な見方が出来ている)ことに驚いた

891 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 14:26:12 ID:6XLdcmKc
>>886
理三にいっただけを天才とするか、そのなかで極めてすばらしいのを天才と
するかはわからない。

一般人と比べたら受験勉強においてはすごいけど、理三に入るとその中の
人間ではすごくない人だっている。

つまり、比較の判断の結果天才といえるかどうかがきまるということ。

ですから、 しゃべれる犬がいたらそれは犬の分野における頭脳のトップであるから
天才といえるでしょう。  しゃべれる犬が全体のうちの5匹いても天才とそれぞれよぶ。
5匹もいるからこのばあいトップグループを天才と呼ぶわけです

でも野球とかみるとプロ選手事態は天才とは呼ばず、その中できわめてトップな成績を
上げた人間だけが天才とよばれる。 この場合はトップであるから天才か
トップであって尚且つ歴代のトップとくらべてすごい記録を残しているから天才というかいろいろわかれる。


つまり場合によって、そのトップグループが天才と呼ばれることがあるし
トップをとるだけで天才とよべるものもあるし、 トップをとって尚且つ歴史上の記録からずばぬけてないと
天才と呼べない場合もある。

犬の例でいうとそれなら犬10匹いてもそれぞれを天才犬と呼ぶだろう。ではいったい何匹目から
天才でなくなるのかということ。1000匹くらい全国でいても天才と呼ぶのかどうか。
人間はしゃべれてもその人を天才とは呼ばない。だれでもしゃべれるから比較すると何にもすごくないわけだし。

であるから何が天才かは、はっきりわからないわけだ。見る人によっても異なるだろうし。

892 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 14:30:56 ID:6XLdcmKc
 よくかんがえてみたら

何かの分野においてトップかトップグループにはいっていて
その人のやったことが  ものすごいと思わせる人が多いのが天才 なのかも。
しゃべれる犬が一匹いても、すごい  と思うし 5匹でもそれぞれすごいと思う。

でも1万匹もいたら、 価値がなくなりフーン 程度になっていく。 驚きが薄れていくわけだ。

となるとウイキペディアにのっている天才の定義に答えが近づくわけだ・・・
やはり歴史上の人がかんがえた天才の定義を探した方が速いね

893 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 14:33:09 ID:6XLdcmKc
>>889
君は議論をしないでおしつけあうだけが日常なんだろうけど
こちらは相手の意見をきいてどれが一番正しいか中立的な視点でみることを
こころがけて、一番最良な答えに到達することを目的としているんで意味が違う
わけです。

そして天才の定義がきまると、いろんな天才をこっちもあげられるからね。
いまは何をもって天才というかがわからないわけです。

894 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 14:47:46 ID:X7Eq7vjU
ナンバーワンよりオンリーワンですよ。

895 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 16:36:52 ID:lqmMQnBY
普通はこんなスレで天才だと思わない例がでてきてもいちいち反論しないし。
こんな事を当たり前のような顔をしてやってのけた人を見たよー、うわーすげー、
で平和にやってればいいだけだと思うんだがなぁ。

896 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 16:59:34 ID:ham9SFsA
>>893
そういうことがしたいなら一人でやってくれ。
ただし、ここではやるな。
中立的な立場とか言いつつお前の言っていることは主観的でうざいから。

897 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 17:02:02 ID:h2JZC1MA
いいよ。もう。天才定義で論議するならどこぞで勝手にやってろ。
ここは報告者が天才だと感じた奴のことをいうスレなんだろ?
天才定義云々言うだけの奴らは指くわえて見てろよ。

898 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 17:08:27 ID:1aLywTm+
天才の定義について議論するやつはただの凡人ってことに気づいた俺は天才ってことでOK?

899 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 17:30:11 ID:nm5eiQeK
>>898
全然凡人


900 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 17:33:42 ID:iQbyBQrR
900取ったら天才

901 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 18:02:01 ID:d6oOHmhE
自分の足のにおいを嗅ぎながらオナヌーしてる。

902 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 19:59:18 ID:bqU808cX
>>901
それは変態

903 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 20:12:36 ID:GzV96kvg
天才のような人にあった事無い。
強いて言うなら、Windows付属のメモ帳にアセンブリを1000行ぐらい書いてる根気強い人なら

904 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 20:40:35 ID:28xw+tyf
漫画「MONSTER」のルンゲ警部ではないが、
何かの動作をきっかけに記憶力を発揮する人がいるらしい。

人から聞いた話だと、ノートにペンで何かメモを書いていると思って、
ノートを見たら全くの白紙だったらしい。でも、それで覚えられるとか。

905 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 21:05:55 ID:gP+NkWhd
>>904
連想記憶の一種じゃないの?

906 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 21:35:58 ID:vhLSVQFc
>>877
どこの大学のどの学部に入ったくらいまでは人づてに伝わっても、
その後の実績は、よほどの知り合いじゃないとなかなか知り得ないんじゃない?

特定分野のあることについてエキスパートになっていたとしても、
よっぽど華やかでないとマスコミで報道されたりはしないし。

907 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 21:40:53 ID:T7GVlYN7
>897
激しく同意
そうだそうだ!

908 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/02(土) 21:50:27 ID:dXFWAMfV
暗算の古賀w

909 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/03(日) 04:45:28 ID:lNcIReSJ
>906
♪二十歳過ぎたらただの人

ってことだよ。

910 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/03(日) 10:42:46 ID:BGumpE0f
>829
俺と一緒だw
聞けばわかるからいつまでも楽譜が読めるようにならないorz
練習が嫌いでピアノやめちゃったけど。

911 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/03(日) 14:07:43 ID:VeLBIrPQ
天才と呼ばれた人々の生涯を見れば、能力は当たり前で
溢れんばかりの"情熱"が滾っていたのではないか。
それが、凡人には彼らの波乱万丈な人生がまるで導かれていたのではないかとすら思わせる位に。

912 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/03(日) 15:21:41 ID:+A/0C1qp
いや、別に情熱を持ってないけど、天才と呼ばれた人もたくさんいるだろ。
お前はすごい有名な発見をした人の事しか考えてないな。

913 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/03(日) 21:54:53 ID:OkErRBw+
情熱と言うか、執念かな

914 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 00:48:15 ID:99WhqkZx
>>97何度読んでもなぜこのスレにそれを書いたのかがわからん。
天才?

915 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 01:10:54 ID:4jlOTRK1
>>97
ふとGTOの鬼塚を思い出した・・。
若いまま終わったけど、歳を重ねたらどうなったんだろうか?

スレ違いゴメン

916 :ちね子:2006/09/04(月) 01:58:25 ID:W8i01beD
ある日、雷にウタレテ昏睡状態になる。
3週間後、目を覚ますと特殊能力が…
と言うのを夢見る34才。
テンプレ↓
・しゃべる犬は禁止
・絶対音感は禁止

917 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 02:23:59 ID:n/cZlxCv
>>915
周囲の声に耳を傾け・謙虚に教えを乞い・一緒に悩むことができたなら、
>>97のお父さんは偉大な教育者になれたと思う。
>>97のお父さんの最大の敗因は、「何でも一人でやりすぎた」ことなのだから。

一人で突っ走っていると、どこがゴールかわからなくなったりする。
そこで「自分よりも劣った他人に声をかけられるか」が天才においての
人生の幸/不幸の分かれ目。
その繰り返しによって、お父さんに他者の意見を聞くだけの度量が育っていたなら、
違った人生があったかもしれない。

918 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 02:30:09 ID:rUfmirJx
雷に打たれては知らないけど、脳に強いダメージを受けると
後天的なサヴァン症候群になる事があるらしいね。
で、後天性サヴァンの場合は知的障害を伴わないことも結構あるらしい。

昔からよく言う頭を打って天才になるっていう話は、この後天性
サヴァンの事かもしれないね。

919 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 03:52:35 ID:1k9C3vqa
>>917
まぁ良い教師になれる可能性もあったかもしれないが、
ここは天才のスレな訳で・・・・。

920 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 09:20:07 ID:ruwOUZQr
天才っていっても、全てがパーフェクトではないよね。
一つないし、幾つかの能力が抜群に秀でているけど、
逆に、一つないし、幾つかの能力などに欠陥がある。

人間のパラメーターの総数はみんな同じに決まっていて、
各能力ごとに、振り分けられている。
その振り分けられ方の違いで性格や能力が決まる。
つまり、天才の各能力は、他の能力と引き換えなんだと思う。

そう考えると、天才も善し悪しだよなぁ…

921 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 10:03:53 ID:qzJHIqLI
>人間のパラメーターの総数はみんな同じ

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました…

922 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 11:29:03 ID:rT4GMrnK
>920
ウィザードリィのキャラメイクみたいに、ボーナスポイントがあるんだよ

「ちっ、ボーナス5かよ」なんつって消されるキャラもあれば、
「おお、ボーナス18出た!」つって大事にされるキャラもある

923 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 12:28:14 ID:1k9C3vqa
>>920
んなわきゃない。

性能の凄い良い脳や、凄い悪い脳
どちらとも存在してる。

内臓のどれかを例にとってみても分かるだろ?
同じ物じゃないんだから当たり前。

924 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 18:16:48 ID:JSbQLMsr
天才ってそれ以外のことはだらしないイメージあるな

925 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 19:18:42 ID:OxE7CrEv
まぁ、万能人と天才ってのは違うって事だな。

926 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 19:25:34 ID:vQB2JwDD
>>924
そう思わなきゃやってられないのでそういうイメージを持つんだよ。
美人は性格がわるいってイメージと同じ

927 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 20:29:08 ID:weHUaT1y
歴史上の天才をみればいいでしょう。

空想でなく実物をいくつかみるとこれが天才とわかってくる。

928 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 21:33:39 ID:dYrR4xrk
亀な上にスレチ気味だけど、>>864は自分のことかとオモタ
一流大卒でも有能なデザイナーでもないけど。
なんてことのない写真一枚すら、私には恐怖刺激になる
こういう人他にいないのかな。時々一人暮らしがハンパなくきつい。

929 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 22:10:36 ID:Efu+pzCJ
文章読解の天才?なら見たことある
進学校だったんだが、国語のテストを10分で終わらせて寝てる奴
そんな奴が、平均点40点のテストで96点とか平気で取るんだよ
そいつ、勉強大嫌いで1分も勉強しないのに
国語のテストも、漢字の書き取り勉強すれば満点取れるのに、絶対勉強しない
他の教科は凡人だから、勉強せずに受けて学年最底辺の成績を取ってた

そいつに国語の点の取り方訊いたら
「うーん・・・、俺からすればどうして点が取れないのかがわからないんだよなあ」
「感覚つーか直感つーか、読めばわかるとしか言いようがない」
「塾行ってる人が頑張って線引いたりして解いてるけど、どうも的外れな気がする」

こいつの場合、幼少の頃に大量に本を読んだらしいから、天才ではなく秀才の類になるのかな?
ちなみに文章読解は得意なのに、人心は全く読めない欠陥人間だった

930 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 22:31:19 ID:kLssiNP0
>>920
俺は容積一定のウニの突起みたいなベクトルでイメージしてる。
ある突起(才能)が伸びるってことは、どこかで犠牲があるわけだ。
反社会的な負のベクトル(強烈な殺人衝動とか)もあるはず。
天才は時代と社会に合致していないと見出されない。
>>928
あなたの頭上で天使の群れが微笑している。
子猫が寝返りを打つ写真。
そういう快楽刺激に徹底しても、一枚の絵で不幸になる?

931 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 22:41:06 ID:+jEeKPQz
反社会的だの殺人衝動だの、
単純に能力が優れてるってだけでこんな差別を受けるんだから天才さんも大変だな。

932 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 23:20:21 ID:dYrR4xrk
>>928

>あなたの頭上で天使の群れが微笑

この一文を目にしてぞっとしました。すでに恐怖刺激の一種です。
誰もが「これは嫌」と思うもの以外にも、地雷は山ほどあります。
かといって怯えて暮らしているわけではなく、一人でいる時にそういう想像がぶわーっと
溢れて怖いという感じです。
いずれカウンセリングでも受けようかと。

天才スレなので、この話はこの辺で。

933 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 23:41:02 ID:HWZyW9Na
実はパニック障害とかの病気じゃないの?


934 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 23:51:11 ID:Efu+pzCJ
極端に怖がりで、それゆえに極端に想像力が豊かになってるだけでしょ
思春期の男の子のエロ妄想みたいなもん
恐怖にしろエロにしろ、原始的な感情だから想像力を刺激しやすい

ただ、>>932みたいに妙な物を怖がるのはまた別
感性が常人とずれてる
例えば、マクドナルドのピエロ(ドナルド)が怖いとか、そういう類
これは『道化恐怖症』って言うんだけど、一般に怖がられない物を怖がっている点では同じだよね?

参照URLを貼るけど、常人の俺が見ても不気味だと思うピエロの画像があるから、>>932はクリックしない方がいい
笑顔か、あるいは狂気か - 道化恐怖症とは
http://x51.org/x/04/06/1231.php

935 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 23:51:55 ID:nccZqYrV
>>222
今更だけど・・・
足して足して引いてって感じか?

936 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/04(月) 23:55:03 ID:nmVKrf7z
薬でもやってんじゃないの?

937 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:00:23 ID:jrkWATAe
イケメンは俺には絶対、手の届かない天才の境地だなorz

938 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:12:44 ID:Q/Wv4GvR
俺IQ146だけど変態ロリコンです
人生\(^o^)/ハピネス

939 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:13:47 ID:yUjLmV1h
同意。
たまに電車の中でみかける、超美人の女子高生、学生なんかは、手の届かない、持って生まれた天才の境地だと思ってしまう。

940 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:16:07 ID:yUjLmV1h
>>938
悪いけど、塾講師の同志社大生の事件を思いだしてしまたあよ。
捕まるような事しちゃだめだお。

941 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:16:28 ID:Lf+Tt+St
京都大学を蹴って日大に入学した兄。


942 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:24:32 ID:Hibvqyk+
>>935
円の中心になってる正方形の頂点から円の交点に直線を引くと、
正三角形+30度の扇形×2+求める面積=正方形
ってなるから、そこから出すんじゃない?

943 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:27:02 ID:91gz6Nsd
外見ってのは才能なんじゃないだろうか
天才とはちょっと違うような・・・
ああ、でも天が与えた才能で天才なのか

944 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:27:42 ID:Tq++y2Qm
知り合いが、人のかおをパッと見て血液型を当てる能力を持ってる

これは天才ってゆうかエスパー?

945 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:28:59 ID:86EJL9qt
うちの父はものすごく頭がいい。
全国模試でもいつもトップかトップ付近にいたらしい。
もちろん大学も、京都大学へ(東大受験がなかった年なのでトップ)。
そのわりには、どうでもいいことは大して覚えてない。
「そういえばこの前、○○ってことあったよね〜」と話をふっても
「そうだっけ?」てな感じ。でも勉強のことや社会のことを聞いたら
何でもかんでも答える。頭が良すぎて私には通じない。
何でこうどうでもいいことは記憶力悪いんだろう…。

946 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:31:48 ID:fwlXhKGx
でっかい円2つと、それを囲む直線で考えればいいんじゃないの?
仮に最初の正方形の1辺の長さを1とすると、円の半径も1になる
この円が1/4でなく完全な円であると仮定する
そうすると、この二つの円に接する2×3の大きさの長方形を描くこともできる
あとは簡単だよね

947 :935:2006/09/05(火) 00:34:54 ID:rzGRX3MJ
>>942
隣り合う2隅か・・・。確かにそうだわ。
向かい合う2隅で計算してたorz


948 :946:2006/09/05(火) 00:39:03 ID:fwlXhKGx
あああああ 俺のやり方だと詰まるなこれw

>>942で正解だわ

あー、ハズカシ・・・

949 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:42:13 ID:Hibvqyk+
>>947
俺は最初半径1/4の円を片側に2つ並べてたw

950 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 00:59:50 ID:WCBK+bce
>>929
呼んだ?
数学はいつも赤点でしたよ。

951 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 01:07:47 ID:BC1qzTcm
有名な話だけど。
手塚治はコンパスも使わずに手書きで円を描けたらしいね

952 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 01:43:36 ID:SJHTM37T
おれも足で円や四角や星を描けるぞ
もちろん、ぐちゃぐちゃだがな

953 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 03:03:06 ID:salbCO8M
漫画やってるけど、練習すれば誰でもできるよ>円
直線もラクラク

954 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 07:25:11 ID:Kip4DXx7
>>950
自分もだ

統一テストで国語の偏差値は75数学25
足して100 割って50 毎回こんな感じ。
国語の担任に呼び出されて国語の勉強一切しなくていいから
数学とか勉強しろって怒られた。
でも国語はクイズ解く感覚でやってて勉強も宿題以外しなことなかったし。
子供の頃、身体が弱くて家の中で本ばかり読んでて
読む本が無くなると国語辞典とか読んでたのが良かったのかもしれない。
理数系が弱くて他の教科も平凡な成績だったから
国語が駄目だったら本当にどうしようもなかったろうな。

955 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 07:29:37 ID:2ggZ0RFJ
>>923
そういう、脳の出来とか、内臓の例とか、
人を構成する、物理的な事象及び精神的な事象の全てをひっくるめて、
本当に全てをひっくるめて、同じパラメーターの総数って意味だよ。

956 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 08:20:50 ID:qejs7v9A
国語って、文章にまんま書いてあるのを直球で聞いてきたりするからなぁ。
選択肢なんかも5つあれば2つか3つは明らかにおかしいのが混じってるし。

957 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 08:36:36 ID:fwlXhKGx
国語は解ける人は簡単に解けるんじゃないの?
解けない人にとっては本当に関門になりうるほど解けない
たった一つのシンプルな解答ってのが無いから、理数系を得意とする人には理解しづらいのかもしれない
>>956の言うような選択問題形式なら消去法使えるから誰でも点取れるけどね

数学なんかは大学以降、無いモノを証明したりするような、
国語よりずっと答えを見つけづらい世界になっていくんだけど・・・
その段階で新発見をできれば、十分天才である証明になると思うよ
凡人は大した業績も残せず、普通に就職していく

ま、国語だろうと数学だろうと、圧倒的に強いならそれは十分尊敬に値するよ
ただ、勉強の努力を怠ってる人は尊敬できないね

958 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 08:46:56 ID:p+N2htcm
天才ではないんだけど進学校の定期試験か何かで、
学年360人中2位とったことある!しかし大学は偏差値53程度のF大!

959 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 08:51:04 ID:gXYqOeLC
I君。高校時代、進研模試最高偏差値90→東大理一→東大院→某巨大企業

960 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 08:54:48 ID:2ggZ0RFJ
>>958
それじゃぁまだ一般人クラスだなぁ〜
一般人クラスの上の上みたいな。

オレ的人間のランク分け。

・真の変態
・ネ申
・天才&秀才
・努力人
・一般人
・ヘタレ
・無理
・変態

こんな感じだ。

961 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 09:03:54 ID:yGss34E1
東大生って「優秀な人は法曹界や官僚の世界に入ったり院に残って教える側に行き
そうでない人たちは民に降りる」って聞いたけど、法学部だけなのかも。


962 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 09:26:54 ID:wWYOwnWJ
>961
卒業する奴は落ちこぼれで優秀な奴は中退して(ry

963 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 10:22:54 ID:oQQ5NPPR
>962
それは、早稲田の文学部じゃなかったっけ?

964 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 10:48:38 ID:atfn8cEF
>961
院はモラトリアム。他大学と違い学部と院は全く無関係の世界。
教える側と言うのは 大学から世間には出せないような珍獣の掃溜www

965 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 11:45:09 ID:SJHTM37T
>>964
文系ってとくにその色が強いね。
理系は修士デフォの世界だからなんとも。


966 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 12:49:34 ID:w2YOxrzb
何か知らんがお札に電話番号が落書きしてあって、
友達に見せたら「この電話の人の落しものじゃないの?」だと(゚д゚ )ポカーン天才アラワル

967 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 15:12:37 ID:Mz3BUG2+
>>955
どっからそんな発想が?
何かの宗教に入ってるのか?
それとも人類皆平等と信じきっているのか。

どっかが悪い分、どっかが良いなんて事はない。

どっかが悪いせいで、どっかが悪くなるというならたくさんある。

968 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 15:27:37 ID:2ggZ0RFJ
>>967
持論です。
哲学が好きなんですよ。

このスレにもよく書かれてるじゃないですか?
天才だけど、人生が短いとか。
性格が悪いとか。
どこか欠落してるとか。

一般では、顔がイマイチでも、性格がいいとか。
まぁ、一例に過ぎませんが。

そもそも、「悪い」の発想なんですが、
解りやすくいうと、平均点以下ってことだと思うんですよ。
だから、絶対的に悪いのではなく、相対的に悪い。
地域によって、ステキな異性の基準が違うようなものです。
ブータンでは太った男が好まれるんですよ。

969 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 16:12:29 ID:cq4UWEVx
>>968
性格の良し悪しは微妙だな。
性格が悪いって言っても悪い面しか持ってない訳がないし。
逆も然りね。

まぁ、その持論には賛同できないとは言っておく。>>967に概ね同意。
総数なんて同じなわけない。平等なんてありえないんだから。

970 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 16:19:14 ID:2ggZ0RFJ
>>969
まぁ、そもそも、人間を数値に換算することが微妙なんですがね。苦笑

そういう性格の内容も細かく分かれてると考えるのね。
しかも、他人には認識出来ない部分にも振り分けられているから、
絶対に平等には見えない。

納得出来ないのは、これが原因。

971 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 16:48:45 ID:Y5lfEoJM
それっぽい単語で飾り立てた上で、論点を分散させると要点が見えにくくなり、
反論もしにくくなるので他人や自分を騙すのに最適、って感じの話だな。

でも、要約すると、優れた奴は見えないところが腐ってる、って事にしかならんし。
はっきり言ってなかなか賛同しにくいレベルの負け犬理論だぞ、それ。

972 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 17:28:27 ID:2ggZ0RFJ
>>971
要約しすぎです。
おまけに、解釈が偏ってますよ。
優れてない人にだっていいところがありますよ、ってことでもあるんだけど。
天才の裏が腐ってるような事しか書かなかったことが原因で誤解されてるようですが…

飾り立ててる気もないですし…(ry
これ以上単語を崩すと、解釈が広がって、余計に論点が見えにくくなりますよ?


973 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 17:40:05 ID:j1U4gjln
いつからID:2ggZ0RFJの解釈についてのスレになったんだ?

974 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 17:42:23 ID:2ggZ0RFJ
m(_ _)m失礼しました。
以後気をつけます。

975 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 17:56:00 ID:4XCFfJfD
>>929
>>954
おー、オレもそんな感じだった。
国語だけは勉強しなくても凄い偏差値が良かった。
なんとかそれで、平均を上げてるようなもんだった。
みんなが、何でわからないのか不思議でしょうがなっかたよ。
「国語の頭だけ○○(オレ)と取り替えてーよ」とかよく言われてた。
やっぱり読書は好きだったな。


976 :930:2006/09/05(火) 18:18:02 ID:SJHTM37T
>>974
このスレのやつはまるで賢くないし視野も狭いから遠慮しなくてOK。
かなり成功してる学者・研究者や著作家で、そういう個性・人生バランス論を唱える人がいる。
証明も反証も不可能な人生哲学、平等論だよね。
善悪の相対評価を抜いて抽象化する数学的スマートさがわかりにくいんだろ。
ポテンシャルエネルギーを一定と仮定するイメージがね。

977 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 18:43:52 ID:Mz3BUG2+
東大院生ですがなにか?
個性・人生バランス論は全然別の話だろうが。

>>968
世の中には「イケメン、頭脳明晰、スポーツ万能、性格良し」が揃う人と
それとは正反対の性質が揃う人がいるけど、どうなってるの?

そもそも同じ種というだけでポテンシャルが一緒なわけないんだよ。
「持論です」と片付けてるが、そこまで信じきれる理由は何だ?
もしかして勘?

978 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 18:49:54 ID:SJHTM37T
>>977
ロンダは別としてバカではない、というところか。
証明も反証も不可能な人生哲学、といってるだろ。
老荘による万物斉同とかを引用する人生論にあるだろうが。
賢い つもり なら、違いを愉しむ度量を持て。


979 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 18:58:54 ID:vs58GJ1N
自分は違う意見に対して偉そうに反論しておきながら、
他人の反論には違いを愉しめ、ときたもんだ。

980 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:10:16 ID:SJHTM37T
ああ、そうだね。ごめん。
ただ対等に打ち合えるレベルじゃないので見下しちゃった。。反省。

981 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:17:41 ID:ibuo9QDb
敗北宣言kt

982 :977:2006/09/05(火) 19:29:44 ID:Mz3BUG2+
>>978
??
お前じゃなくて>>968に聞いたんだけど。

>>968と全然意見が違うのになぜお前が答える。

983 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:33:02 ID:IcQ/4RWt
そろそろ新スレッドを。。。。

984 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:34:26 ID:aGZQZTQZ
こういう無益でくだらない議論ごっこしてる奴で、本当の意味で頭いい奴を見たことがない。

985 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:37:48 ID:jYDkWruJ
>>97の父と同じだわ
今は25才
古いタイプの教育者が嫌いで塾講やった
自分でも信じられないくらいのカリスマと教務力
でも今年辺りから授業にキレが無くなってるのを痛感
子どもの心も失ってきた
で夏で辞めた
最初から生徒には今の状態が維持できないならやめるといってたし

986 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 19:45:02 ID:ZiATcr2W
百科事典を読破したこの俺

987 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 20:31:46 ID:K0YZHJly
>986
それは天才じゃなくて暇人

988 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 20:42:48 ID:2ggZ0RFJ
>>977
東大院生ですか、
それはそれは、さぞお勉強なさったんでしょうねぇ…
立派ですね。
私は貴方ほど頭は良くないですから、
あなたを納得させるほどの理論的な説明は出来ないでしょうね。
それでも出来る限りの説明をさせていただくと、

あなたの言うポテンシャルはその意味を含む範囲がやや狭いように見受けられます。
人間を構成する全てのモノ、コト。
とにかく『その人の些細なことから、見えるとこ見えないとこ、人生全般にいたるまで、全て』
総合して同じ数値になるのではないか。と言うことです。
 「 す べ て 」です。

まぁ、こういった思いつきは紛れもなく勘と言って差し支えないでしょうね。
経験の中から出てきた閃きですから。
私は学者ではないので研究などの結果も在りませんし。
あとは、あなたの理解に任せるしかないわけですよ。
あなたなら賛同はしていただかなくても、多少ご理解いただけると思うのですがね?
東大院生さん。

989 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 21:07:37 ID:CxCZlZt9
2ggZ0RFJみたいに朝から晩まで2chに張り付いて
くだらない長文をだらだら書けるほどの時間的余裕をもってみたい。

990 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 21:18:29 ID:yPcMCNx1
天才について考察する奴はスレ違いだと思う俺ガイル

991 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 21:39:49 ID:5s8Acen+
なにこの流れ
スレ違い無視でつらつら長文書いて煽り合うってホントに頭悪いんじゃね?

992 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 21:56:01 ID:fUNJl9cr
少女グループがヌード
ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1157385626/


993 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 21:56:38 ID:/y22SqaK
コイツには何世代かかっても勝てないってゆうような人のエピソード知りたいだけなんだけどな〜。
絶対音感と学者犬と天才論議はやめてね

994 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 22:09:05 ID:i0qteWsM
>>986
ホリエモンキター!!

995 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 23:23:27 ID:fUNJl9cr
>>993
このスレは身近にいる人が話しの種だから難しいだろうね

昔どこかの板で見たのが「日本の天才たち」っていうスレで
科学者や数学者の天才にまつわる業績やこぼれ話、逸話が書かれてあったけど
面白かった。その流れを思い出してこのスレを見つけた時はwktkしたもんだ

996 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 23:39:40 ID:3kRGMotr
>>993
ウイキペディアでガウスのページ読めば?

997 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/05(火) 23:43:38 ID:K0YZHJly
またガウス厨が出たな。

998 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/06(水) 01:04:21 ID:pIyiyELf
>>975
同じく。
ただ、私の場合は数学と英語以外はどれもほぼ満点だった。
国語、生物、日本史ほぼ満点でも数学英語が駄目ならどうにもならんよね。ハハ
英語は単語を覚えるのが嫌いだっただけだけど。
つまり努力が嫌いなだけ。
子供の頃から活字中毒。

999 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/06(水) 01:11:49 ID:eTk6jyYC
999


1000 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/06(水) 01:12:22 ID:dTQ15l/X
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
.................................. ──  ....................................................
........................../         \.......................................... 1000を越えたのでもう書けません。
....................../        ..................................................... .新しいスレッドを立ててください。
.. ... ... ... ../       ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...
... .. .. .. ...|                |.. .. .. .. .. .. .. .. .. .
. . . . . . . .|                |. . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . .          /. . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . .\          . . . . . . . . . .
. . . . . . . .ー __ /. . . . . . . . . .
  次スレへ行こうね    うん
        ∧_∧             | ̄ ̄|   | ̄
  ̄ ̄|    (::: ´∀)  ∧_∧  ̄ ̄| |    ̄ ̄ 【お知らせ】
     ̄ ̄(:::   つヽ(∀`::)     ̄       この板の1001.txtをもっと
 ..___  |::: | |  ( o ::)ゝ  . ._____ 生活板らしいものにしませんか?
    /  (__)_)  J`J ....    \      詳しくは設定変更スレッドへ。
   / ..... 三三     三  ...  ..   \
 /    三三三 ..   三三 ..   ..   \

304 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)