5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第15話

675 :1/3:2005/05/05(木) 22:13:21 ID:iKpJDKmv
文章が変かもしれませんが、子供のころに起きた事件を投下します。
長すぎて怒られたので、3枚に分けます。

小学1年の時だった。信じられないぐらい図々しい奴がいた。
何も言わずに物を借りて(盗って)返さないのはデフォ。
勝手に文房具持っていったくせに「これ使いにくい」「鉛筆ぐらいちゃんと削っとけ」と文句を言ってくる。
教師に「勝手に持っていっちゃ駄目ですよ」と柔らかく注意されても、逆ギレするだけで態度を改めることはない。
今なら興味本位でウォッチングに興じるのだが、当時は関わりたくない一心で近寄らないようにしていた。
もちろん、話すことも滅多にないから交流は無し。

事件は夏休みに起きた。私は居間で昼寝をしていた。
母者は少し遠くの百貨店へ買い物に行っている。父者は短い夏休みが終わって仕事。
その日は特に暑かったので、窓は網戸で扇風機を回していた。
玄関には鍵をかけていたが、網戸にしてあったのがまずかったのかも知れない。警戒心が薄すぎた。

夢心地の頭に激痛と衝撃が走る。
「何かに頭でもぶつけちゃったかな…?」
と思ったが違った。文字通り“叩き起こされた”のだ。テーブルに置いてあったお盆で。
犯人は例の奴だった。何故ここにいるのか分からなかったが、それ以前にどうやって入ったのか?
窓から入ったようで、網戸がズタズタに破られていた。外にはゴミ箱やら色々な物で作った踏み台が。
ちなみに、網戸は簡単に開くので、破る必要は 全 く な い。

294 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★