5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

汚部屋から脱出したい!第44章

269 :おさかなくわえた名無しさん:05/01/03 05:17:06 ID:Bf0LxHWr
>>268
書き込んだらレスするよー。見守ってるからがんがれ。

「宝物」には時期があるの。
勿論一生の宝があるのは否めないけど、「トレンディな宝物」も存在します。
例えば、小さい頃はガラス玉。少し大きくなると昆虫の標本とかシール。
そして、雑誌。ぬいぐるみ。アクセサリー。若い頃着ていた服。
でも、よく考えてください。本当の「宝」は、それに付随する「記憶」です。
物証がなければ貴方の記憶は霧消するのですか?
その程度の記憶なのですか?物がなくなれば、消えてしまうの?
記憶力に自信がなければ、デジカメで撮って、PCに保存すればよい。
「でも、その品をそのまま保存しておきたいの」という方。
確かにそのアイテムを手に取って、「うわー、懐かしい」と感じる快感はわかります。
しかし、その快感は汚部屋であることの代償になりえますか?
  ↑
以上、自戒の意味も含めて書きました。
以前新居に移るとき、レコード・雑誌・映画のパンフ・楽譜9割捨てました。
「金やコネ使えば再び手に入るもの」は重点的に捨てました。
それと、ガラカメの雑誌単行本(雑誌掲載の第一回から数話ずつ切り取って
自分で製本してきたもの・表紙も完全物)も全て捨ててきました。
自分の数十年の歴史の一端を担うものでしたが、「当時の自分には必要のないもの」と
いう観点から、廃棄するのは楽でした。
今は「あー、ヤクオフで売ればいい値段になったかな」とは思いますが
まあ、別にいいか、という気分です。
いいんですよ。あの時の苦労も記憶も単行本立ち読みすれば甦りますから。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)