5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【女子無料】絶倫アダルトサイトTHEまきひと【男子有料】

1 :はじめまして名無しさん:2006/10/16(月) 16:34:40 ID:???
それではまきひと様、よろしくお願い致します。

624 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:22:44 ID:???
161 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:18:37 0
蛮族がカルタゴの女性をレイープするのもあったんだろう。
映画の中では一切出て来ないよね。

162 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:25:28 0
欧州人はズールー族の兵器のことを知ったとき、アフリカンがそれを
自らの独創で製作したはずでなく、西洋モデルを真似したに違いないと
考えたそうな。

163 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:26:15 0
わたしは、以下に述べる発言を、『自己紹介板の危機』、『名無し戦線異常あり。』、
『特厨非FAN MIXI潜入動議の問題とその余波』、などの題名で、私がこれまでに記述した、
第一次コテハン大戦記録集の続編と考えている。
前編の続編となる、この本編を加えれば、
ここに新たにコテハン戦争の記録が生まれることになる。
わたしは前編では、できるだけ先人たるディフォーの『 一王党員の回顧 』
の記述にならったが、本編でも一個人の経験を基にして、
できるだけ大きなコテハンにおける事件の記録と論議に焦点をあてて記述した。

625 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:23:54 ID:???
164 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:27:38 0
わたしは恐らく、巨大掲示板2ちゃんねるにおける萌え統一戦線への参加以来、
多くの有力コテハン諸氏の盛衰を目の当たりにすることが出来た
唯一の生き残りであろう。しかし第一次茨城コテハン代理戦争当時、
中堅に届くか届かないかのコテハンとしての責務を
微力ながら担っていたとはいえ、所詮は、
わたしはいわば並び大名の単なる道端の名も知れぬ草のような
一コテハンに過ぎなかった。
だが、風雲を告げて、この偉大なる我が祖国の自己紹介板に
悪意を持ち侵入してきた反行殺集団との第二次コテハン大戦での
交戦中においては曲がりなりにも自己紹介板コテハンの有力な地位の
一角にあったのだ

165 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:37:34 0
エジプトのピラミッドは強制労働でもしないと作れない、とか
マヤの天文技術は人間のものではない異星人だ、とか
ぶっちゃけると、中世の欧州は世界の片田舎だったのだが
先進国はイスラームと中国だな

626 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:25:03 ID:???
166 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:39:59 0
行殺の爺さんも元傭兵って設定だったな。

167 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:40:02 0
従って、わたしは以前の著述と違った立場から、
より一層の権威をもって記述することができるのである。
わたしはこの記録を己の自己満足による歴史として書くのではない。
それら全ての評価は次の世代に属する者達の仕事である。
しかし、わたしは、今ひとりの肩書きの無い生身の人間として
これを記すことに誇りを持ち、
これが未来に役立つため崇高なる自己紹介板全体の為に、
歴史へのささやかな貢献であることを信じて疑わない。
わたしの、これまでの行動と主張は、わたしの生涯の努力を含み、
それを表現するものであるが、わたしはそれに対するわたしへの
いかなる批判も全て甘んじて受けるつもりである。
わたしはここでも、事前に公然と、あるいは公式にわたしの意見を
述べたり警告を発したりした場合のほかは、
その事件が起こった後になって、どのような荒らし手段もAAも
絶対に批判しないという、わたしの主義を守った。
実際において、私の自己紹介板に対する無私の精神と深い愛情を
最終的に理解して頂き、それらの事情によって、
わたしは当時のコテハン論争の激しさを幾度もやわらげている。

627 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:26:10 ID:???
168 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:41:11 0
 わたしが敬愛していた多くのコテハンの人々との意見の相違を
記録することは、わたしにとっては苦痛であった。
しかし、過去の教訓を未来の崇高なる自己紹介板の栄誉のために
伏せたままにしておくのは、間違いであろう。
これらの尊敬すべきコテハン諸氏や善意の名無しの人々の行為は
本編の中に記録されているが自らの心を探究し、
自らの信ずるに値する義務の遂行を検討し
その過去の教訓を我が祖国自己紹介板全体の未来のために役立たせる事なくして、
これらのコテハン諸氏やの名無しの人々に対する評価を、いたずらに低めてはならない

169 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:41:53 0
欧州人はコロニーでは現地人を傭兵として雇っていたな。
有名なのがインドのセポイ(スィパーヒィ)。
インドでは連隊付き軍楽隊の多くがユーラシアン(混血)で、
19世紀初頭にはインドにおけるイギリス軍の兵員29万1千人のうち、
80%以上がインド人だった。
まだナショナリズムが存在しない時代だったからできたことだろうけど。

628 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:27:19 ID:???
170 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:42:24 0
わたしの記述が、すべての自己紹介板の人々に同意を期待している
などと思ってもらいたくない。
まして、わたしが単に人気を求めることのみを書いているなどと
考えてもらいたくない。
わたしは、わたしのたどった事情に従って、証言するだけである。
事実を立証するためには、出来る限りの注意が払われた。
しかし押収した記録やその他の新しい発見によって、
多くの真相が間断なく明らかになっており、それらは、
やがて、私の下した結論に新しい面を提供するかもしれない。

171 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:44:00 0
おいNHK総合でツナ事変における
国際戦時法規についてやっているぜ

172 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:44:15 0
>>159 が見れないっす

629 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:28:24 ID:???
173 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:44:57 0
ある日、まきひとは、わたしに対してこんどの戦争を
なんと呼ぶべきかについて、尋ねてきた。
わたしは即座に「無益の戦争」と答えた。前大戦の戦禍を免れて、
自己紹介板に残されていたコテハンに対するあまねく信頼を
破壊しつくした今度の第二次コテハン大戦 ( 対・アンチ行殺集団 )ほど、
防止することが容易だった戦争はかつてなかったのだ。
反行殺=特厨非FAN (パックス・アンチ・プレイ・キル)
という微細な悪行の入り口を我々が放置しなければ、
安穏と事流れ主義に誰もが陥らなければ・・・。
そう。被害の拡大を防ぐのはより簡単だったはずだ。これにより名無しという行為の
沈黙により事態を一層泥沼化させたことは世界史が証明した。

174 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:45:53 0
>>167 tp://www.hp.uab.edu/image_archive/ule/relief07.jpg
蛮族の女性を捕らえるローマ兵

630 :はじめまして名無しさん:2006/11/24(金) 19:31:18 ID:???
175 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:46:41 0
>>162 >ズールー族の武器
弓矢と槍と盾と棍棒が?

176 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:47:59 0
>>161だった、間違えたorz
>>175
ズールー族の武器は、他のアフリカの部族のように投槍ではなくて、手持ちの
長槍と長く大きな盾。
この武器を持った歩兵が白兵戦によって正面から堂々と戦うんだが、これは
古代ギリシアの戦いによく似ている。

177 :世界@名無史さん :2006/06/28(金) 22:49:37 0
全ての自己紹介板の諸氏のあらゆる努力と犠牲と大義名分の勝利の後に、
我々が尚もMIXI潜入動議と現実に存在する敵対勢力
( 反行殺集団=特厨非FAN )に対する対抗策と我々の安全保障を
発見することができず、しかも我々がいままで乗り越えたよりも、
さらに一段と大きな危険に当面している事実を前に、
自己紹介板の悲劇は頂点に達している。
わたしは、これまでの過去に深い考慮を払うことが、
来るべき日の手引きとなり、
新しい世代をして過去の誤りを幾らかでも是正せしめ、
こうすることによって我が祖国、自己紹介板の栄光に従い、
未来の恐るべき光景の展開を抑制できることを
心から願っている。

304 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)